•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(宍戸敏郎)
  •   2  32番(小野寺金太郎)
  •   3  委員長(宍戸敏郎)
  •   4  副市長(井林貢)
  •   5  委員長(宍戸敏郎)
  •   6  32番(小野寺金太郎)
  •   7  委員長(宍戸敏郎)
  •   8  副市長(井林貢)
  •   9  委員長(宍戸敏郎)
  •  10  産業経済部長(小野寺富雄)
  •  11  委員長(宍戸敏郎)
  •  12  38番(佐藤尚哉)
  •  13  委員長(宍戸敏郎)
  •  14  産業経済部長(小野寺富雄)
  •  15  委員長(宍戸敏郎)
  •  16  38番(佐藤尚哉)
  •  17  委員長(宍戸敏郎)
  •  18  産業経済部長(小野寺富雄)
  •  19  委員長(宍戸敏郎)
  •  20  38番(佐藤尚哉)
  •  21  委員長(宍戸敏郎)
  •  22  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  •  23  委員長(宍戸敏郎)
  •  24  38番(佐藤尚哉)
  •  25  委員長(宍戸敏郎)
  •  26  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  •  27  委員長(宍戸敏郎)
  •  28  37番(佐藤勝)
  •  29  委員長(宍戸敏郎)
  •  30  産業経済部長(小野寺富雄)
  •  31  委員長(宍戸敏郎)
  •  32  37番(佐藤勝)
  •  33  委員長(宍戸敏郎)
  •  34  市長(布施孝尚)
  •  35  委員長(宍戸敏郎)
  •  36  37番(佐藤勝)
  •  37  委員長(宍戸敏郎)
  •  38  産業経済部長(小野寺富雄)
  •  39  委員長(宍戸敏郎)
  •  40  22番(千葉清昭)
  •  41  委員長(宍戸敏郎)
  •  42  市民生活部長(星英雄)
  •  43  委員長(宍戸敏郎)
  •  44  22番(千葉清昭)
  •  45  委員長(宍戸敏郎)
  •  46  市民生活部長(星英雄)
  •  47  委員長(宍戸敏郎)
  •  48  27番(武田節夫)
  •  49  委員長(宍戸敏郎)
  •  50  商工観光課長(神田雅春)
  •  51  委員長(宍戸敏郎)
  •  52  総務部長(小竹秀悦)
  •  53  委員長(宍戸敏郎)
  •  54  27番(武田節夫)
  •  55  委員長(宍戸敏郎)
  •  56  商工観光課長(神田雅春)
  •  57  委員長(宍戸敏郎)
  •  58  市長(布施孝尚)
  •  59  委員長(宍戸敏郎)
  •  60  27番(武田節夫)
  •  61  委員長(宍戸敏郎)
  •  62  13番(佐久間孝夫)
  •  63  委員長(宍戸敏郎)
  •  64  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  •  65  委員長(宍戸敏郎)
  •  66  農村整備課長(佐藤芳樹)
  •  67  委員長(宍戸敏郎)
  •  68  13番(佐久間孝夫)
  •  69  委員長(宍戸敏郎)
  •  70  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  •  71  委員長(宍戸敏郎)
  •  72  13番(佐久間孝夫)
  •  73  委員長(宍戸敏郎)
  •  74  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  •  75  委員長(宍戸敏郎)
  •  76  15番(岩淵正宏)
  •  77  委員長(宍戸敏郎)
  •  78  商工観光課長(神田雅春)
  •  79  委員長(宍戸敏郎)
  •  80  15番(岩淵正宏)
  •  81  委員長(宍戸敏郎)
  •  82  商工観光課長(神田雅春)
  •  83  委員長(宍戸敏郎)
  •  84  委員長(宍戸敏郎)
  •  85  委員長(宍戸敏郎)
  •  86  商工観光課長(神田雅春)
  •  87  委員長(宍戸敏郎)
  •  88  15番(岩淵正宏)
  •  89  委員長(宍戸敏郎)
  •  90  商工観光課長(神田雅春)
  •  91  委員長(宍戸敏郎)
  •  92  10番(佐々木康明)
  •  93  委員長(宍戸敏郎)
  •  94  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  •  95  委員長(宍戸敏郎)
  •  96  10番(佐々木康明)
  •  97  委員長(宍戸敏郎)
  •  98  産業経済部長(小野寺富雄)
  •  99  委員長(宍戸敏郎)
  • 100  10番(佐々木康明)
  • 101  委員長(宍戸敏郎)
  • 102  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 103  委員長(宍戸敏郎)
  • 104  20番(三田静夫)
  • 105  委員長(宍戸敏郎)
  • 106  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  • 107  委員長(宍戸敏郎)
  • 108  20番(三田静夫)
  • 109  委員長(宍戸敏郎)
  • 110  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  • 111  委員長(宍戸敏郎)
  • 112  20番(三田静夫)
  • 113  委員長(宍戸敏郎)
  • 114  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  • 115  委員長(宍戸敏郎)
  • 116  20番(三田静夫)
  • 117  委員長(宍戸敏郎)
  • 118  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  • 119  委員長(宍戸敏郎)
  • 120  20番(三田静夫)
  • 121  委員長(宍戸敏郎)
  • 122  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  • 123  委員長(宍戸敏郎)
  • 124  20番(三田静夫)
  • 125  委員長(宍戸敏郎)
  • 126  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 127  委員長(宍戸敏郎)
  • 128  20番(三田静夫)
  • 129  委員長(宍戸敏郎)
  • 130  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 131  委員長(宍戸敏郎)
  • 132  18番(西條清貴)
  • 133  委員長(宍戸敏郎)
  • 134  農林政策課長(工藤政宏)
  • 135  委員長(宍戸敏郎)
  • 136  委員長(宍戸敏郎)
  • 137  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 138  委員長(宍戸敏郎)
  • 139  18番(西條清貴)
  • 140  委員長(宍戸敏郎)
  • 141  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 142  委員長(宍戸敏郎)
  • 143  18番(西條清貴)
  • 144  委員長(宍戸敏郎)
  • 145  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 146  委員長(宍戸敏郎)
  • 147  8番(及川長太郎)
  • 148  委員長(宍戸敏郎)
  • 149  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  • 150  委員長(宍戸敏郎)
  • 151  8番(及川長太郎)
  • 152  委員長(宍戸敏郎)
  • 153  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  • 154  委員長(宍戸敏郎)
  • 155  39番(西條多美子)
  • 156  委員長(宍戸敏郎)
  • 157  商工観光課長(神田雅春)
  • 158  委員長(宍戸敏郎)
  • 159  39番(西條多美子)
  • 160  委員長(宍戸敏郎)
  • 161  商工観光課長(神田雅春)
  • 162  委員長(宍戸敏郎)
  • 163  委員長(宍戸敏郎)
  • 164  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 165  委員長(宍戸敏郎)
  • 166  1番(中澤宏)
  • 167  委員長(宍戸敏郎)
  • 168  市長(布施孝尚)
  • 169  委員長(宍戸敏郎)
  • 170  産業経済部次長(佐藤順悦)
  • 171  委員長(宍戸敏郎)
  • 172  1番(中澤宏)
  • 173  委員長(宍戸敏郎)
  • 174  産業経済部次長(佐藤順悦)
  • 175  委員長(宍戸敏郎)
  • 176  1番(中澤宏)
  • 177  委員長(宍戸敏郎)
  • 178  市長(布施孝尚)
  • 179  委員長(宍戸敏郎)
  • 180  41番(及川昌憲)
  • 181  委員長(宍戸敏郎)
  • 182  産業経済部次長(佐藤順悦)
  • 183  産業経済部次長(佐藤順悦)
  • 184  委員長(宍戸敏郎)
  • 185  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 186  委員長(宍戸敏郎)
  • 187  委員長(宍戸敏郎)
  • 188  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  • 189  委員長(宍戸敏郎)
  • 190  農村整備課長(佐藤芳樹)
  • 191  委員長(宍戸敏郎)
  • 192  農業委員会事務局長(芳賀秀二)
  • 193  委員長(宍戸敏郎)
  • 194  農林政策課長(工藤政宏)
  • 195  委員長(宍戸敏郎)
  • 196  41番(及川昌憲)
  • 197  委員長(宍戸敏郎)
  • 198  12番(大場文雄)
  • 199  委員長(宍戸敏郎)
  • 200  農政総務課長(尾形秀逸)
  • 201  委員長(宍戸敏郎)
  • 202  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  • 203  委員長(宍戸敏郎)
  • 204  12番(大場文雄)
  • 205  委員長(宍戸敏郎)
  • 206  農政総務課長(尾形秀逸)
  • 207  委員長(宍戸敏郎)
  • 208  農業委員会事務局長(芳賀秀二)
  • 209  委員長(宍戸敏郎)
  • 210  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  • 211  委員長(宍戸敏郎)
  • 212  12番(大場文雄)
  • 213  委員長(宍戸敏郎)
  • 214  委員長(宍戸敏郎)
  • 215  47番(及川清孝)
  • 216  委員長(宍戸敏郎)
  • 217  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 218  委員長(宍戸敏郎)
  • 219  47番(及川清孝)
  • 220  委員長(宍戸敏郎)
  • 221  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 222  委員長(宍戸敏郎)
  • 223  47番(及川清孝)
  • 224  委員長(宍戸敏郎)
  • 225  市長(布施孝尚)
  • 226  委員長(宍戸敏郎)
  • 227  47番(及川清孝)
  • 228  委員長(宍戸敏郎)
  • 229  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 230  委員長(宍戸敏郎)
  • 231  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  • 232  委員長(宍戸敏郎)
  • 233  19番(金野静男)
  • 234  委員長(宍戸敏郎)
  • 235  農地管理課長(及川久範)
  • 236  委員長(宍戸敏郎)
  • 237  19番(金野静男)
  • 238  委員長(宍戸敏郎)
  • 239  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  • 240  委員長(宍戸敏郎)
  • 241  19番(金野静男)
  • 242  委員長(宍戸敏郎)
  • 243  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  • 244  委員長(宍戸敏郎)
  • 245  21番(伊藤吉浩)
  • 246  委員長(宍戸敏郎)
  • 247  産業経済部次長(佐藤順悦)
  • 248  委員長(宍戸敏郎)
  • 249  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  • 250  委員長(宍戸敏郎)
  • 251  産業経済部次長(佐藤順悦)
  • 252  委員長(宍戸敏郎)
  • 253  産業経済部次長(佐藤順悦)
  • 254  委員長(宍戸敏郎)
  • 255  21番(伊藤吉浩)
  • 256  委員長(宍戸敏郎)
  • 257  産業経済部次長(佐藤順悦)
  • 258  委員長(宍戸敏郎)
  • 259  産業経済部次長(佐藤順悦)
  • 260  委員長(宍戸敏郎)
  • 261  産業経済部次長(佐藤順悦)
  • 262  委員長(宍戸敏郎)
  • 263  21番(伊藤吉浩)
  • 264  委員長(宍戸敏郎)
  • 265  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  • 266  委員長(宍戸敏郎)
  • 267  21番(伊藤吉浩)
  • 268  委員長(宍戸敏郎)
  • 269  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  • 270  委員長(宍戸敏郎)
  • 271  21番(伊藤吉浩)
  • 272  委員長(宍戸敏郎)
  • 273  産業経済部次長(佐藤順悦)
  • 274  委員長(宍戸敏郎)
  • 275  35番(植田正俊)
  • 276  委員長(宍戸敏郎)
  • 277  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  • 278  委員長(宍戸敏郎)
  • 279  35番(植田正俊)
  • 280  委員長(宍戸敏郎)
  • 281  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 282  委員長(宍戸敏郎)
  • 283  35番(植田正俊)
  • 284  委員長(宍戸敏郎)
  • 285  農村戦略推進室長(五十嵐孝也)
  • 286  委員長(宍戸敏郎)
  • 287  35番(植田正俊)
  • 288  委員長(宍戸敏郎)
  • 289  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 290  委員長(宍戸敏郎)
  • 291  44番(阿部正一)
  • 292  委員長(宍戸敏郎)
  • 293  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 294  委員長(宍戸敏郎)
  • 295  商工観光課長(神田雅春)
  • 296  委員長(宍戸敏郎)
  • 297  44番(阿部正一)
  • 298  委員長(宍戸敏郎)
  • 299  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 300  委員長(宍戸敏郎)
  • 301  商工観光課長(神田雅春)
  • 302  委員長(宍戸敏郎)
  • 303  委員長(宍戸敏郎)
  • 304  25番(小白幸記)
  • 305  委員長(宍戸敏郎)
  • 306  委員長(宍戸敏郎)
  • 307  企画部長(島本和男)
  • 308  委員長(宍戸敏郎)
  • 309  農村戦略推進室長(五十嵐孝也)
  • 310  委員長(宍戸敏郎)
  • 311  25番(小白幸記)
  • 312  委員長(宍戸敏郎)
  • 313  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 314  委員長(宍戸敏郎)
  • 315  25番(小白幸記)
  • 316  委員長(宍戸敏郎)
  • 317  市長(布施孝尚)
  • 318  委員長(宍戸敏郎)
  • 319  教育長(佐藤壽昭)
  • 320  委員長(宍戸敏郎)
  • 321  25番(小白幸記)
  • 322  委員長(宍戸敏郎)
  • 323  市長(布施孝尚)
  • 324  委員長(宍戸敏郎)
  • 325  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 326  委員長(宍戸敏郎)
  • 327  2番(沼倉利光)
  • 328  委員長(宍戸敏郎)
  • 329  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  • 330  委員長(宍戸敏郎)
  • 331  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  • 332  委員長(宍戸敏郎)
  • 333  2番(沼倉利光)
  • 334  委員長(宍戸敏郎)
  • 335  農産園芸畜産課長(遠藤仁)
  • 336  委員長(宍戸敏郎)
  • 337  2番(沼倉利光)
  • 338  委員長(宍戸敏郎)
  • 339  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 340  委員長(宍戸敏郎)
  • 341  2番(沼倉利光)
  • 342  委員長(宍戸敏郎)
  • 343  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 344  委員長(宍戸敏郎)
  • 345  14番(小川勝男)
  • 346  委員長(宍戸敏郎)
  • 347  委員長(宍戸敏郎)
  • 348  市長(布施孝尚)
  • 349  委員長(宍戸敏郎)
  • 350  企画部長(島本和男)
  • 351  委員長(宍戸敏郎)
  • 352  14番(小川勝男)
  • 353  委員長(宍戸敏郎)
  • 354  副市長(井林貢)
  • 355  委員長(宍戸敏郎)
  • 356  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 357  委員長(宍戸敏郎)
  • 358  産業経済部長(小野寺富雄)
  • 359  委員長(宍戸敏郎)
  • 360  委員長(宍戸敏郎)
  • 361  委員長(宍戸敏郎)
  • 362  26番(太田博)
  • 363  委員長(宍戸敏郎)
  • 364  危機管理監(阿部力郎)
  • 365  委員長(宍戸敏郎)
  • 366  26番(太田博)
  • 367  委員長(宍戸敏郎)
  • 368  危機管理監(阿部力郎)
  • 369  委員長(宍戸敏郎)
  • 370  26番(太田博)
  • 371  委員長(宍戸敏郎)
  • 372  防災課長(村上昭一)
  • 373  委員長(宍戸敏郎)
  • 374  危機管理監(阿部力郎)
  • 375  委員長(宍戸敏郎)
  • 376  総務部長(小竹秀悦)
  • 377  委員長(宍戸敏郎)
  • 378  16番(佐々木一)
  • 379  委員長(宍戸敏郎)
  • 380  都市計画課長(及川甚悦)
  • 381  委員長(宍戸敏郎)
  • 382  16番(佐々木一)
  • 383  委員長(宍戸敏郎)
  • 384  都市計画課長(及川甚悦)
  • 385  委員長(宍戸敏郎)
  • 386  16番(佐々木一)
  • 387  委員長(宍戸敏郎)
  • 388  都市計画課長(及川甚悦)
  • 389  委員長(宍戸敏郎)
  • 390  16番(佐々木一)
  • 391  委員長(宍戸敏郎)
  • 392  市長(布施孝尚)
  • 393  委員長(宍戸敏郎)
  • 394  17番(伊藤栄)
  • 395  委員長(宍戸敏郎)
  • 396  都市計画課長(及川甚悦)
  • 397  委員長(宍戸敏郎)
  • 398  17番(伊藤栄)
  • 399  委員長(宍戸敏郎)
  • 400  都市計画課長(及川甚悦)
  • 401  委員長(宍戸敏郎)
  • 402  17番(伊藤栄)
  • 403  委員長(宍戸敏郎)
  • 404  建設部長(猪股武彦)
  • 405  委員長(宍戸敏郎)
  • 406  都市計画課長(及川甚悦)
  • 407  委員長(宍戸敏郎)
  • 408  7番(相澤吉悦)
  • 409  委員長(宍戸敏郎)
  • 410  警防課長(金和男)
  • 411  委員長(宍戸敏郎)
  • 412  7番(相澤吉悦)
  • 413  委員長(宍戸敏郎)
  • 414  消防本部消防長(佐々木信一)
  • 415  委員長(宍戸敏郎)
  • 416  7番(相澤吉悦)
  • 417  委員長(宍戸敏郎)
  • 418  消防本部消防長(佐々木信一)
  • 419  委員長(宍戸敏郎)
  • 420  9番(田口久義)
  • 421  委員長(宍戸敏郎)
  • 422  建設部長(猪股武彦)
  • 423  委員長(宍戸敏郎)
  • 424  警防課長(金和男)
  • 425  委員長(宍戸敏郎)
  • 426  9番(田口久義)
  • 427  委員長(宍戸敏郎)
  • 428  消防本部消防長(佐々木信一)
  • 429  委員長(宍戸敏郎)
  • 430  9番(田口久義)
  • 431  委員長(宍戸敏郎)
  • 432  消防本部消防長(佐々木信一)
  • 433  委員長(宍戸敏郎)
  • 434  委員長(宍戸敏郎)
  • 435  45番(小野寺寛一)
  • 436  委員長(宍戸敏郎)
  • 437  道路課長(千葉郁郎)
  • 438  委員長(宍戸敏郎)
  • 439  警防課長(金和男)
  • 440  委員長(宍戸敏郎)
  • 441  45番(小野寺寛一)
  • 442  委員長(宍戸敏郎)
  • 443  市長(布施孝尚)
  • 444  委員長(宍戸敏郎)
  • 445  道路課長(千葉郁郎)
  • 446  委員長(宍戸敏郎)
  • 447  37番(佐藤勝)
  • 448  委員長(宍戸敏郎)
  • 449  建設部長(猪股武彦)
  • 450  委員長(宍戸敏郎)
  • 451  総務部長(小竹秀悦)
  • 452  委員長(宍戸敏郎)
  • 453  33番(浅田修)
  • 454  委員長(宍戸敏郎)
  • 455  警防課長(金和男)
  • 456  委員長(宍戸敏郎)
  • 457  33番(浅田修)
  • 458  委員長(宍戸敏郎)
  • 459  警防課長(金和男)
  • 460  委員長(宍戸敏郎)
  • 461  33番(浅田修)
  • 462  委員長(宍戸敏郎)
  • 463  企画部長(島本和男)
  • 464  委員長(宍戸敏郎)
  • 465  33番(浅田修)
  • 466  委員長(宍戸敏郎)
  • 467  消防本部消防長(佐々木信一)
  • 468  委員長(宍戸敏郎)
  • 469  36番(佐藤恵喜)
  • 470  委員長(宍戸敏郎)
  • 471  建設部長(猪股武彦)
  • 472  委員長(宍戸敏郎)
  • 473  36番(佐藤恵喜)
  • 474  委員長(宍戸敏郎)
  • 475  市長(布施孝尚)
  • 476  委員長(宍戸敏郎)
  • 477  36番(佐藤恵喜)
  • 478  委員長(宍戸敏郎)
  • 479  建設部長(猪股武彦)
  • 480  委員長(宍戸敏郎)
  • 481  42番(田口政信)
  • 482  委員長(宍戸敏郎)
  • 483  副市長(井林貢)
  • 484  委員長(宍戸敏郎)
  • 485  42番(田口政信)
  • 486  委員長(宍戸敏郎)
  • 487  副市長(井林貢)
  • 488  委員長(宍戸敏郎)
  • 489  委員長(宍戸敏郎)
  • 490  22番(千葉清昭)
  • 491  委員長(宍戸敏郎)
  • 492  副市長(井林貢)
  • 493  委員長(宍戸敏郎)
  • 494  22番(千葉清昭)
  • 495  委員長(宍戸敏郎)
  • 496  副市長(井林貢)
  • 497  委員長(宍戸敏郎)
  • 498  43番(八木しみ子)
  • 499  委員長(宍戸敏郎)
  • 500  土木管理課長(佐々木文明)
  • 501  委員長(宍戸敏郎)
  • 502  委員長(宍戸敏郎)
  • 503  建設部長(猪股武彦)
  • 504  委員長(宍戸敏郎)
  • 505  43番(八木しみ子)
  • 506  委員長(宍戸敏郎)
  • 507  土木管理課長(佐々木文明)
  • 508  委員長(宍戸敏郎)
  • 509  41番(及川昌憲)
  • 510  委員長(宍戸敏郎)
  • 511  企画部長(島本和男)
  • 512  委員長(宍戸敏郎)
  • 513  市民生活部長(星英雄)
  • 514  委員長(宍戸敏郎)
  • 515  41番(及川昌憲)
  • 516  委員長(宍戸敏郎)
  • 517  27番(武田節夫)
  • 518  委員長(宍戸敏郎)
  • 519  警防課長(金和男)
  • 520  委員長(宍戸敏郎)
  • 521  都市計画課長(及川甚悦)
  • 522  委員長(宍戸敏郎)
  • 523  建設部長(猪股武彦)
  • 524  委員長(宍戸敏郎)
  • 525  委員長(宍戸敏郎)
  • 526  委員長(宍戸敏郎)
      平成21年第1回登米市議会 予算審査特別委員会 会議録
 平成21年2月27日(金曜日)
1.出席委員(43名)
   1番 中 澤   宏 君       2番 沼 倉 利 光 君
   3番 三 浦 誠 一 君       4番 星   順 一 君
   5番 宍 戸 敏 郎 君(委員長)  6番 關     孝 君
   7番 相 澤 吉 悦 君       8番 及 川 長太郎 君
   9番 田 口 久 義 君      10番 佐々木 康 明 君
  12番 大 場 文 雄 君      13番 佐久間 孝 夫 君
  14番 小 川 勝 男 君      15番 岩 淵 正 宏 君
  16番 佐々木   一 君      17番 伊 藤   栄 君
  18番 西 條 清 貴 君      19番 金 野 静 男 君
  20番 三 田 静 夫 君      21番 伊 藤 吉 浩 君
  22番 千 葉 清 昭 君      25番 小 白 幸 記 君
  26番 太 田   博 君      27番 武 田 節 夫 君
  28番 稲 邉 裕 人 君      29番 氏 家 英 人 君(副委員長)
  31番 菅 原 直 行 君      32番 小野寺 金太郎 君
  33番 浅 田   修 君      34番 千 葉 和 典 君
  35番 植 田 正 俊 君      36番 佐 藤 恵 喜 君
  37番 佐 藤   勝 君      38番 佐 藤 尚 哉 君
  39番 西 條 多美子 君      40番 高 泉 雅 樂 君
  41番 及 川 昌 憲 君      42番 田 口 政 信 君
  43番 八 木 しみ子 君      44番 阿 部 正 一 君
  45番 小野寺 寛 一 君      46番 熊 谷 憲 雄 君
  47番 及 川 清 孝 君
1.欠席委員(3名)
  11番 遠 藤 卓 郎 君      24番 二階堂 一 男 君
  30番 遠 藤   音 君
1.遅刻委員(8名)
   1番 中 澤   宏 君       3番 三 浦 誠 一 君
   8番 及 川 長太郎 君      28番 稲 邉 裕 人 君
  33番 浅 田   修 君
1.早退委員(2名)
   8番 及 川 長太郎 君      15番 岩 淵 正 宏 君
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君    副  市  長  井 林   貢 君
  総 務 部 長  小 竹 秀 悦 君    企 画 部 長  島 本 和 男 君
  市民生活部長   星   英 雄 君    産業経済部長   小野寺 富 雄 君
                        産業経済部
  建 設 部 長  猪 股 武 彦 君    次     長  佐 藤 順 悦 君
  財 政 課 長  千 葉 雅 弘 君    建設部次長    斉 藤 輝 雄 君
                        会計管理者
                        会計管理室長
  建設部次長    高 橋 千 壽 君    事 務 取 扱  阿 部 静 男 君
  土木管理課長   佐々木 文 明 君    道 路 課 長  千 葉 郁 郎 君
  建築住宅課長   金   正 男 君    都市計画課長   及 川 甚 悦 君
  下水道課長    沼 田 一 夫 君    農村整備課長   佐 藤 芳 樹 君
  商工観光課長   神 田 雅 春 君    教  育  長  佐 藤 壽 昭 君
  農 村 戦 略               消 防 本 部
  推 進 室 長  五十嵐 孝 也 君    消  防  長  佐々木 信 一 君
  消 防 本 部
  消 防 次 長  千 葉 勝 男 君    危機管理監    阿 部 力 郎 君
  防 災 課 長  村 上 昭 一 君    消防総務課長   及 川 一 夫 君
  予 防 課 長  須 藤 昌 美 君    警 防 課 長  金   和 男 君
                        農業委員会
  指 令 課 長  小野寺 恒 夫 君    事 務 局 長  芳 賀 秀 二 君
                        農 業 園 芸
  農林政策課長   工 藤 政 宏 君    畜 産 課 長  遠 藤   仁 君
  農政総務課長   尾 形 秀 逸 君    農地管理課長   及 川 久 範 君
1.事務局出席職員氏名
                        議会事務局
  議会事務局長   阿 部 篤 雄 君    次     長  佐 藤 昌 彦 君
  議会事務局長                議会事務局
  補佐兼議事                 議事・調査係
  ・調査係長    高 橋   敬 君    主     幹  千 葉 文 男 君
  議会事務局                 議会事務局
  議事・調査係                議事・調査係
  主     幹  蛇 好 芳 則 君    主     査  菊 池   亮 君
  議会事務局
  議事・調査係
  主     査  加 藤 善 己 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 議案13号 平成21年度登米市一般会計予算について
          開会 午前9時30分
委員長(宍戸敏郎君) おはようございます。
 それでは、第2日目の予算審査特別委員会を開催いたします。
 ただいまの出席委員は37名であり、定足数に達しております。
 ただいまから、予算審査特別委員会3日目の会議を開きます。
 欠席届け出委員、24番、二階堂一男委員。
 遅参届け出委員、1番、中澤 宏委員、3番、三浦誠一委員、28番、稲邉裕人委員、30番、遠藤 音委員、33番、浅田 修委員。
 説明のため、本委員会への出席者は、市長、監査委員及びその受任者並びに選挙管理委員会委員長、農業委員会会長、教育委員会委員長の受任者であります。
 これより議案審議を行います。
 2月25日に引き続き、議案第13号 平成21年度登米市一般会計予算についての審査を行います。
 3款民生費、4款衛生費についての質疑は終了していますので、5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
 32番、小野寺金太郎委員。
32番(小野寺金太郎君) 概要書の59ページ、一般失業対策事業についてお伺いをします。
 今回の一般質問の中にも、昨今の経済情勢を踏まえていろいろな質問がございました。今回失業対策事業の予算に盛り込まれた2,200万円というこの予算は、今の情勢にちょっと足りないような、あるいはこれから補正で補助するということもありますが、国の動向を見ながらこれから行っていくような予算に見えるわけでございますが、この予算はあくまでもそのような考えで2,200万円という低い設定にしたものか、このことについては副市長にお伺いをします。
委員長(宍戸敏郎君) 副市長井林 貢君。
副市長(井林 貢君) 今回お願いしております当初予算につきましては、臨時議会でも申し上げてございますけれども、20年度において債務負担を計上した分を当初予算に計上させていただいております。内容については、概要説明の際にお話し申し上げていたとおりでございます。
 それで、これだけでいいのかというご質問だろうと思いますけれども、今後の対応につきましてはけさの報道等によりますと、3月4日には二次補正の関連法案も可決されるのではないかということでございまして、当方としましても早々に臨時議会をお願いしまして、補正をお願いしたい。補正の中にも盛りだくさんございまして、20年度分の補正と21年度分の補正、両方でお願いしたい。その中で、雇用対策につきましては1億円台の金額でおおむね枠が示されておりますので、それを有効に活用すべき対策を講じたいということで準備をさせていただいているところでございます。ただし、この事業につきましては3年間の事業ということになっていますので、各年度にどういう配分で事業を進めるかというところを現在精査中でございますので、臨時議会の際には詳細なものをお示ししたいというふうに考えているところでございます。
委員長(宍戸敏郎君) 32番、小野寺金太郎委員。
32番(小野寺金太郎君) 内容的にはわかりますが、ことしは去年とは違いましてかなりひどい状態になると予想されます。「9億7,000万円という第二次補正が来るから、それで対応したい」ということであれば、それでもいいわけでございますけれども、本来ですと世の中の動向を踏まえて予算計上するのが当初予算でございますので、計上するのが筋ではないかと思います。
 1億円という話も今ございましたが、1億円で足りるものかどうかということもわからないわけでございますし、また最近この登米市ならず近隣の市に職業を持っている人達が結構いますが、「1日おきに出勤してこい」とか、さまざま言われている、そういう会社もあります。そんな状況にありますので、3月までにはいろいろな会社の方針が出てくると思いますけれども、この1億円の今お話がありましたけれども、1億円のお金では到底無理ではないかと思います。もう少し予算を多く計上した方がよいのではないかと思いますが、もう一度お伺いします。
 さらに、74ページの消費者行政推進費についてもお伺いしますが、関連するような感じのことになりますけれども、今度は困った人たちの相談相手でございますが、この相談をする相談員の方々の予算措置はこれで足りるのかということでございますが、毎年同じような予算で同じような執行をしているんであれば、だれがやっても同じでございますが、情勢が変わったときは即対応するのが行政の仕事であろうと私は思いますが、その点についてお伺いします。
委員長(宍戸敏郎君) 副市長、井林 貢君。
副市長(井林 貢君) 前段の方のご質問についてお答え申し上げます。
 同じような答えになるかもしれませんけれども、この当初予算編成時におきましては国の方向性はわかってございましたが、どの時点で可決されるのか、成立するのかということは全く予測つきませんでしたので、当初予算には計上しかねたということだけはぜひご理解いただきたいと思います。
 それから、1億円程度で足りないんじゃないかというお話がございますが、1億円がまさに適切なのかどうかというのは、これは国の枠を各地方団体に配分した場合の額でございまして、それをさらに市独自のものとして対策をどのように講じていくのかということにつきましては、これからの状況を見極めながらさまざまな角度から検討していくべきものであろうというふうに思ってございます。
 ちなみに、80名募集しておりました臨時雇用につきましては、3月2日まででございますけれども、55名になってございまして、さらに追加募集もいたしているところでございます。
 そのほかの質問につきましては、産業経済部長の方から答えさせていただきます。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) こうした経済金融情勢の中での雇用に対する相談業務でございますけれども、答弁におきまして緊急経済雇用対策本部相談窓口も設置してございますので、産業経済部の職員体制の中、さらに生活相談員も設置してございますので、こうした連携体制の中で相談業務については強化を図っていきたい、そう考えてございます。
委員長(宍戸敏郎君) よろしいですか。
 ほかに質疑はございませんか。38番、佐藤尚哉委員。
38番(佐藤尚哉君) 新規就農者への支援金制度の導入についてなんですが、どういう理由で決断をしかねているのか、率直な考え方を聞かせてほしいんですけれども。こうしたことに対する要望等はないんでしょうか。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) 新規就農者の皆さんに対する支援については、過半一般質問でもございましたけれども、私ども就農者の皆さんを対象とした研修、そした場においていろいろな市、あるいは関係団体の支援に対しての要望をお聞きしてございまして、やはりその中では技術支援、実際学校で学んだ部分と現場に入った部分での差がありすぎると。そうしたことでの特に技術支援あるいは交流、そうした部分の支援要望がございますので、市としてはそうした新規就農者の皆さんの意向を踏まえたそうした研修の場等々に力を注いでいきたいと、そう考えてございます。
委員長(宍戸敏郎君) 38番、佐藤尚哉委員。
38番(佐藤尚哉君) そうした要望等もある中で、今や登米市としては東北でも一、二位の生産力を誇る登米市として、やはり農業を市の基幹産業として力を入れていくというふうなことで、インパクトのある施策ではないかというふうに思うんですけれどもね。もう一度、しっかりとした答弁をいただきたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) やはり、市の基幹産業としてこれからを担う方に対しての支援でございますので、市はもとより担い手経営支援センター、それから農業振興協議会、それから関係農業団体と連携した、皆さん方の要望にこたえる支援については一層力を注いでいきたいと、そう考えてございます。
委員長(宍戸敏郎君) 38番、佐藤尚哉委員。
38番(佐藤尚哉君) ことしから、転作作物として米粉用米の栽培に力を入れる方針が示されておりますけれども、大変大事な取り組みというふうに思います。この生産を拡大していく上でのネックとなっているのが、実需者の確保、米粉の活用策、これなんですが、どのようにこれをつくり出していくのかということで、その方策いろいろあるかと思いますけれども、お伺いしたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) 米粉米の利用の拡大というふうなことのようでございますが、21年度の転作の推進の中で一つの重要な推進方策というふうに位置づけておるところでございます。21年度の計画は、ただいま取りまとめ中でございますが、現在把握している中で2件の米粉利用米の計画が出てきております。一つはJAみやぎ登米さんが中心になって、学校給食に米粉パンを提供しているわけでございますけれども、その分の利用分が約30アール程度。それから、今年度県の補助事業を活用いたしまして、登米ライスサービスが米粉用機械、製粉機を導入したわけでございます。そこで、農家の方々と契約をして進めたいというふうな面積が12ヘクタールほど、現在のところ出てきております。そのほかにも、個別農家の方で実需者との結びつきを模索している状態がありまして、まだ正式には出てきておりませんが、もう少しふえるのかなというふうに考えておるところでございます。
 問題点といたしましては、登米ライスサービスで米粉の機械、製粉機を導入したわけでございますが、実需者というふうになりますと、そこではなくてその次の加工業者というふうな実需者との契約が求められるというふうなことになるそうでございます。その辺のこれからの商品開発、それらを含めながら規模の拡大と言いますか米粉用米の有効活用を図ってまいりたいというふうに考えておるところでございます。
委員長(宍戸敏郎君) 38番、佐藤尚哉委員。
38番(佐藤尚哉君) やはり、実需者との契約が一番大事なんですけれども、その部分をしっかりと確保していくための、やっぱり支援をしっかりとやっていただきたいというふうに思うんですけれども、もう一度お伺いします。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) まったく、そこが一番大切なところというふうに認識をしておりまして、ただいま登米ライフサービスの方で出荷をしていく市内の業者さん等、予定しているところがあるようですけれども、そちらでの商品開発というふうなことで、県内の大学との連絡調整を図りながら、ご意見等をちょうだいしながら、新しい開発に努めているというふうなことでございますので、その辺は力強く支援をしてまいりたいというふうに考えております。
委員長(宍戸敏郎君) 37番、佐藤 勝委員。
37番(佐藤 勝君) 37番です。
 商工費でお伺いしますが、私は一般質問を13日に行いました。それで、その中で定額給付金が支給された際には、市内で給付金が消費されるようにそういう促進策をとるべきだと、こういうことを申し上げまして、答弁としましては「商工関係者など関係機関と協議し、対応を検討していく」と、こういう答弁でありました。その後、29番議員も同様の質問でありましたが、その際もほぼ似たような答弁でありました。
 そろそろ、さっき副市長もおっしゃられたように、4日にはもう国の予算が可決されるということになっております。現在どこまで進んでいるのか、やるのかやらないのか、その辺端的にお伺いします。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) ご質問いただいたように、定額給付金を基本とした市内の経済、産業の活性化に向かっての取り組みでございますけれども、答弁で申し上げたように3商工会、それからとめっこマネーの協同組合の方からこの発行についての要望がございました。現在、要望ありました団体と行政との間で、その発行についての細部を詰めてございます。市とすれば、定額給付金については市民の皆さんに給付されるわけでございますので、そうした市民の皆さんがいかに有効にそれを市内でご活用いただけるのか、幅広くご利用いただけるのかというような点、それから発行する諸課題について現在調整中でございまして、近々にその方向性を見出したいと、そう考えてございます。
委員長(宍戸敏郎君) 37番、佐藤 勝委員。
37番(佐藤 勝君) ただいまの部長の答弁では、限りなくやる方向で検討されているというふうに、そのように理解できますが、市長これはやるのかやらないのか、ちょっとはっきりしてください。
委員長(宍戸敏郎君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 最大限の効果を発揮できるように、実施するつもりでございます。
委員長(宍戸敏郎君) 37番、佐藤 勝委員。
37番(佐藤 勝君) じゃあ、私の聞き方ではやるということに理解したいと思います。
 商工関係者からも、その後も「これは何とか実現してほしい」と、こういうことでありました。そしてまた、けさの新聞に「大崎市では1割5分増しの商品券を出す」と、こういう記事もありました。別によその都市がどうあろうと、登米市は率先してこれをやるべきだと、こういうふうに思いますので、ぜひその方向でお願いしたいと。
 それに関連してですけれども、この間も3商工会が合同で市長に要望に伺ったと、こういうふうに聞いております。私は余りそっちの方には門外漢でありますけれども、3商工会が統合の話というのもさきにちょっと聞いたような気がしますが、その辺はどういうことに進捗されているのか、その辺だけちょっと聞かせてください。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) 3商工会の統合でございますけれども、登米市合併の際それぞれの商工会については二次統合ということで、三つに統合されたわけでございますけれども、その段階では次の一次統合ということで一つということで進んだ経緯がございますが、現段階ではそうした条件が整っていないというような状況にございます。
委員長(宍戸敏郎君) ほかにございませんか。22番、千葉清昭委員。
22番(千葉清昭君) 商工観光課内に消費生活相談員3名置いてございますが、悪徳商法でありますとかあるいは多重債務被害等の相談に乗っているわけですが、昨年のこの2月議会の一般質問で自殺予防との関連でこの活動についての要望をしておりますが、そのときに20年度は自殺防止対策連絡協議会を設置して活動するというような答弁がありましたが、この款で聞くのもどうかと思いますが、ほかで聞く場がございませんのでお尋ねをするわけですが、答弁願います。
委員長(宍戸敏郎君) 市民生活部長、星 英雄君。
市民生活部長(星 英雄君) 自殺予防関係につきましては、私ども市民生活部の所管でございまして、現在自殺予防の行動計画ということで関係機関の皆さんに寄っていただきながら策定作業中でございまして、ほぼ原案が固まりつつございます。これらを成案化して、新年度に実効性のある取り組みをしてまいりたいというふうに思ってございます。
委員長(宍戸敏郎君) 22番、千葉清昭委員。
22番(千葉清昭君) つい先日、ついに11年連続で全国で3万人突破という報道がありました。本市でも、つい1週間くらい前に50代の夫婦が福島県に行って心中するという、本当に大変痛ましい事件がありました。依然として、本市の自殺率も高いわけでありますが、栗原等では市の担当者だけでなくて、仙北信用組合とかあるいは法律の専門家とか、あるいは保健師等が入っているのかお医者さん等も入っているのかわかりませんが、そういう自殺防止のきちんとしたプロジェクトチームをつくって相談に乗っていると。そして、かなりの効果を上げているようでありますが、本市では昨年そうした連絡協議会設立の答弁があったにもかかわらず、余り活動は目につかないわけですが、どういう形で今進めておりますか。
委員長(宍戸敏郎君) 市民生活部長、星 英雄君。
市民生活部長(星 英雄君) 今年度の20年度の事業といたしまして、そういった「心の健康」のような講演会であったりという取り組みをいたしております。今ご提言ございましたように、関係機関一丸となっての取り組み体制というものにつきまして、ただいま申し上げました自殺予防行動計画という部分を関係機関と一体となって作成中でございまして、それらの取り組みを早々に関係部門ごとに取り組んでもらう体制づくりを今しているところでございます。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑はございませんか。27番、武田節夫委員。
27番(武田節夫君) やっと回ってきました。
 所管でありますので、簡単に聞きます。概要書の59ページのシルバー人材センターの運営費、前年対比で約10%ほど減額になっていますけれども、本来補助金を出している団体について、営利があってある程度決算で利益が出れば、やはりそれ相当の減額をしていかないと補助金の意味がなくなると思うんですね。その辺に対する考え方と。
 また、昨年質問した経緯がありますけれども、県でもシルバー人材センターに対する補助金ゼロに多分なっていると思います、ことしは。その辺に対する考え。あるいは隣接市がこのシルバー人材センターに対する補助金がどういう形で運営されているものなのか。やはりある程度立ち上がれば、これは補助金というのは国県もなくなっていけば、やはりそこで経営意識を強めていくんであれば、段階的に予算を削減して考えていく必要があると思います。
 それに伴いまして、雇用対策としてこれは総務の方に伺いますけれども、昨年たしかシルバー人材センターの決算を見ますと、公共事業に対する売り上げが民間の事業よりも、私の記憶では6割か6割以上になっていると思いますけれども、その辺登米市の若い人たち、そしてまた兼業にかかわっているそういう雇用対策と連携したときに、公共事業に対するシルバー人材センターの発注というか、その辺の関連をどういうふうに位置づけているか。その辺だけ伺いたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 商工観光課長、神田雅春君。
商工観光課長(神田雅春君) それでは、シルバー人材センターに対する補助金の考え方についてお答えいたします。
 今ご質問ありましたとおり、登米市の補助金につきましては20年度につきましては県内ほかの市との比較をさせていただいております。その結果を見ますと、登米市の場合は仙台市に次いで2番目の補助金の額、1人当たりについても県内の市で2番目の補助金の額となっているところでございます。この額につきましても、県内の平均的なレベルまでもっていった方がいいのではないかというような、担当レベルでの検討をいたしておりまして、将来そこにもっていくための年度計画的なものを今策定しているところでございます。
 それで、今回はその中で400万円を削減するということで、急激な削減を避けるための措置としてやっております。センターといたしましても、今現在2千数百万円ほどの前回の繰越余剰金があるところでございますが、仕事の受託している中で運転資金というような形で、月平均ですと約2,000万円が必要だということで、その分は何とか確保しながら、余り利益がないような形の補助金にさせていただきたいというふうに考えているところでございます。
委員長(宍戸敏郎君) 総務部長、小竹秀悦君。
総務部長(小竹秀悦君) シルバー人材センターへの公共の業務の発注でございますが、これにつきましてはシルバー人材センターの設立の目的でもございます高齢者への雇用機会の確保という点がまず1点。それから、同時にそれらの業務を専門の業として事業を実施している皆さんへの、そういう事業者への配慮が同時に必要になるということ。それからもう一つは、経費の面がございます。我々は、最小の経費で最大の効果を上げるということから、発注する業務の専門性、それらを考慮して、専門的な業者さんにお願いをしなければいけないものはやはり専門性の高い業者さんにお願いをしながら、そしてそんなに専門性を必要としない業務についてはある程度の高齢者への就業機会の確保というような観点から、シルバー人材センターにも発注をするという形でこれまで進んできたわけでございます。
 ただいまのご質問の内容ですと、シルバー人材センターへの発注業務量の方が専門業者を上回っているというようなご指摘でございます。現下の厳しい雇用状況につきましては、これは専門の業者さんもそれからシルバー人材センターに登録されている皆さんにも、同じような状況があるわけでございますが、今後の推移を十分見守りながら市としてその辺の発注の割合について十分検討してまいりたいと、このように思います。
委員長(宍戸敏郎君) 27番、武田節夫委員。
27番(武田節夫君) 今、部長の方から高齢者の雇用、そしてまた事業者への配慮、両面を説明を受けました。私は、民間と公共に対する比率を聞いたわけなんです。別に、公共業者に対する割合を聞いているわけでないんですよ、部長それは。民間事業、一般生産組合とか農業とか公共事業の割合を、去年の決算を見て私は聞いているわけなんです。別に、事業者の割合が多いとか少ないとかという話じゃないですから、その辺のところきちっと考えていただきたいと思います。
 それで、市長に伺います。やはり、今こういう不況の中で、事業者に対する配慮が一番雇用対策にも大きな役割を担うと思います。これは決して、高齢者の方に就業の機会を与えちゃならないという意味ではございません。こういう不況だからこそ事業者に対する配慮を、市長の政策としての考えを伺いたいわけです。
委員長(宍戸敏郎君) 商工観光課長、神田雅春君。
商工観光課長(神田雅春君) それでは、今お尋ねの公共事業の割合について、19年度でございますが、実績についてまず御報告をさせていただきます。
 受託実績が3億5,900万円のうち、公共事業が1億4,800万円、それから一般企業からの受託が1億4,600万円、それと一般的な個人等につきまして6,400万円ということで、約50%に近い割合というふうな状況に今なっているところでございます。
委員長(宍戸敏郎君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) シルバー人材センターの設立趣旨については、議員も重々ご承知のことと存じます。そして、民業を圧迫しないような配慮というようなことでございますが、もちろんきちんとした成業の中でお取り組みをいただいている事業者の皆さんを圧迫をすることのないような形で、そういった取り組みを支援していかなければならないというふうに考えているところでございます。ご指摘をいただいたあたりを十分に踏まえながら、発注の様相につきましても精査をさせていただきたいというふうに思っております。
委員長(宍戸敏郎君) 27番、武田節夫委員。
27番(武田節夫君) 私の勘違いかどうか知りませんけれども、たしか公共が3億円か4億円の中で割合が多いようなちょっと数値を示していましたので、後でちょっと調べまして、再度機会ありましたら質問したいと思います。以上です。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑はございませんか。13番、佐久間孝夫委員。
13番(佐久間孝夫君) 予算書の137ページ、5目、6目、7目についてお聞きをいたします。
 5目畜産振興費、前年比61%多くなっておるんですが、この中身をご説明を願いたい。
 6目園芸振興費、これも前年比3倍以上の予算になっていますが、この中身をこれも説明願いたい。
 7目農村整備費、これが逆に前年比88%も少なくなっておると、この中身をご説明を願いたい。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) それでは、畜産業費と園芸振興費の関係をご説明をさせていただきます。
 まず、畜産振興費の中で増額というふうなことでございますが、特に大きなものは平成20年度から24年度までの継続事業で、畜産担い手育成総合整備事業というふうな事業に取り組んでおります。その事業が、今年度初年度というふうなことでありますが、来年度2年目というふうなことで、本格的な畜舎の整備とかの事業費が拡大しているというふうなことで、主にその分で事業費そのものが1億6,649万4,000円増額しているというふうなことでございます。主な畜産の増額の要因は、このことでございます。
 それから、園芸振興費の増額でございますが、強い農業づくり交付金の補助事業というふうなことで、アイラブファーム登米が園芸施設を設置するというふうなことでありまして、その事業費そのもので新たに1億2,240万円の増額というふうなことでありまして、これが主な要因となっております。以上でございます。
委員長(宍戸敏郎君) 農村整備課長、佐藤芳樹君。
農村整備課長(佐藤芳樹君) 7目でございますが、主にでありますが経営体育成基盤整備事業の地区の減と、村づくり交付金の事業費の減でございます。
委員長(宍戸敏郎君) 13番、佐久間孝夫委員。
13番(佐久間孝夫君) アイラブファーム、順調に進んでいるんですか。何か、事業が縮小するということも聞いたんですが、この予算どおりいくわけですか。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) アイラブファーム登米の事業でございますけれども、ただいま事業計画書がほぼ完成いたしまして、県の方に提出をしているところでございます。この事業につきましては、一番当初からは今の段階では縮小というふうなことになっておりますけれども、今の段階でこの計画どおり進むものというふうに考えておるところでございます。
委員長(宍戸敏郎君) 13番、佐久間孝夫委員。
13番(佐久間孝夫君) ちょっとおかしいよ。どこに、縮小するのにこの予算は縮小しないということは、ちょっと整合性に欠けている。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) 縮小といいますと、一番最初に当初計画をした約3万平方メートルのハウス温室というふうなことを、年次計画のもとで進めるというふうな話でありまして、今回事業計画に乗せている21年度分につきましては6,400平方メートルというふうな計画の中の事業というふうなことでございます。これにつきましては、計画どおり進めてまいるというふうなことで、事業申請をとり行っているところでございます。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑はございませんか。15番、岩淵正宏委員。
15番(岩淵正宏君) 1点、お聞きします。概要74ページ、観光費の中で下から2行目、イベントに対する補助金、昨年の当初予算は登米秋まつり補助金ほか14件でございました。21年度では、このように秋まつり補助金ほか18件、4件ふえております。同僚議員の一般質問等で、似通ったイベント等はまとめたり、そういう整理をしていくという市長答弁もあったやに聞いておりますが、このふえた理由。金額では160万円ほどふえておりますが、そのふえた理由。また、そのふえたイベントの経済効果等、どういう目的でこの当初予算に載せたのかお聞きします。
委員長(宍戸敏郎君) 商工観光課長、神田雅春君。
商工観光課長(神田雅春君) それでは、ご説明いたします。
 概要の中で、件数とそれから金額ともふえているのではないかというような内容でございますが、これにつきましてはふえているものにつきましては、昨年度補正で承認をいただきました伊達な広域観光推進協議会の負担金等が新たに含まれている内容でございます。金額についても、それらのものでございます。
 大変失礼しました。イベントについての増加でございますが、これにつきましては昨年度と変わってはおりませんが、款項目の変更によりましてもくもくハウス関係のイベントがこちらの観光の方のイベントに入ってきているということでございまして、昨年度との変更は特にございません。
委員長(宍戸敏郎君) 15番、岩淵正宏委員。
15番(岩淵正宏君) もくもくハウスが観光目の変更に入ったと。4件ふえていますよね、昨年当初から比べると。しっかりそこのところ。
委員長(宍戸敏郎君) 商工観光課長、神田雅春君。
商工観光課長(神田雅春君) それでは、ふえた分についてお答えいたします。
 このイベントにつきましては、もくもくランドの秋まつりの補助金が50万円、それからもくもくランドのイベント補助金が64万円となっております。
委員長(宍戸敏郎君) 暫時休憩します。
          休憩 午前10時14分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時16分
委員長(宍戸敏郎君) 再開いたします。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 ここで、26分まで休憩いたします。
          休憩 午前10時16分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時26分
委員長(宍戸敏郎君) 再開いたします。
 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 休憩前に保留してある分の答弁をお願いいたします。商工観光課長、神田雅春君。
商工観光課長(神田雅春君) どうも、大変申しわけございませんでした。
 それでは、4件についてお話しいたします。先ほどのもくもくランド、秋まつり補助金、それからもくもくランドイベント補助金、それから平等沼へらぶな釣大会の実行委員会大会の補助金、それから米山の桜まつりの補助金というような内容でございます。これにつきましては、目の統廃合という形で道の駅等が6款とかそれから目が相当変わっておりまして、類似事業を一つの項目にまとめたための変更でございます。以上でございます。
委員長(宍戸敏郎君) 15番、岩淵正宏委員。
15番(岩淵正宏君) そうすると、件数ではその4件、わかりました。金額だと160万円しかふえていませんが、これを合計すると180万円を超えるような予算でございます。そうすると、これまで出していた補助金の減の分があるのかどうか。その点1点。
 それから、このもくもくランド秋まつり補助金ともくもくランドイベント補助金、この中身の違いですね、お知らせください。
委員長(宍戸敏郎君) 商工観光課長、神田雅春君。
商工観光課長(神田雅春君) まず、イベント補助金の減ですが、これにつきましては昨年度と同額になっております。
 それと、もくもくランドのまつりの相違点でございますが、秋まつりにつきましては年に1回の事業ということで、19年ですと秋の10月28日に実施しておりまして、そのための実行委員会を特別につくってやっているところでございます。それから、もくもくランドのイベントの補助金につきましては、これは協同組合のもくもくランドが実施しておりまして、これは年間のイベントということで、道の駅の中での工作コンクールとかあとふるさと絵画展、それから山野草展を春・秋の2回、それからもちまき大会、ライトアップ、それから初売りということで、年を通した事業というような内容になっております。以上でございます。
委員長(宍戸敏郎君) よろしいですか。
 ほかに質疑ございませんか。10番、佐々木康明委員。
10番(佐々木康明君) 概要書の64ページ、代表質問の中でもお聞きしましたけれども、和牛ブランド推進協議会の負担金が、対前年比300万円の減額になっております。さらに、支出が昨年度の支出の36万6,000円という、かなりどこを目途にこの事業を推進しているのかなというふうに危惧される部分がございます。
 その中で、20年の3月から全頭の枝肉に「みやぎ登米」という押印をするという形で今回産地表示を明確にして、それでさらにこの前の答弁では肉質が上物で率が70%を超えるというような、かなりブランドとしては高付加価値のある登米牛なんですけれども、当然300万円減額したということ、これが今後の事業にどういうように影響していくのか。それと、JAみやぎ登米も同額の負担金になっているというふうに判断しておりますけれども、そこのところがどうなっているのか。
 それから、事業を推進するための積算根拠をいずれはっきり示していただきたいんだと、何にどういうふうに使うのかというそのことが明確でないと、前回もお聞きしましたけれども、市場の動向をしっかりとらえるということと、それに関係をしながら販路をどのようにしていくのか、そこのところがちょっとわかりづらい。やはり、市と農協が一緒になって肥育農家をしっかり支えていくということが、根幹にあるのではないかなと。これも5年計画でブランドづくりをしていくということなんですけれども、設立以来4年たつともう1年で終わりなんです。もっと継続的にやっていくためには、例えば前沢牛のように毎年1年間1,000万円ずつかけて、1億円以上もかけてブランドを確立したというふうな例もあります。
 そういうことからも、特に1日1億円を目指す中で非常に有効な登米市の産業振興につながる部分ですので、遠藤課長、そこのところを明確な今後の方針、そして21年度はこういう方針でしっかり販路を拡大していくんだと、マーケティングもリサーチもしっかりしていくんだということをお示しいただきたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) ただいま、和牛ブランドづくりにつきましてのご質問でございますけれども、和牛ブランドづくりの平成20年度の予算は800万円というふうな予算でございました。それが、21年度予算要求で500万円というふうな、300万円の減額となってございます。和牛ブランドづくりというふうなことで、ブランドづくりにかける進め方というふうなものは、基本的には肉質、それから発育性を兼備した牛づくりというふうなことで進めておりますけれども、その方向性は変わってございません。この方向性の中で、どのようにして消費者の方々までお届けできるのかというふうなことだと思いますけれども、平成20年度につきましては生産基盤対策というここうなことで、東京食肉市場の社長さんとの懇談会などを開催いたしておりますし、さらに三つの枠で、一つ目が生産基盤対策というふうなことでございます。それから二つ目が、消費販売対策というふうなことで、これは登米産牛の取り扱い店というふうな、地元の取り扱い店の21店認定をして、地元で登米産の牛肉を取り扱っていただいているというふうなことでございます。それからもう一つは、地元の学校給食の牛肉の活用というふうなことで、学校給食に地元登米産の黒毛和牛の肉を使っていただいているというふうな事業がございます。
 それから、地産地消の集いというふうなことで、さまざまな牛肉を活用した料理等の紹介というふうな事業も行っております。それから、各種イベントでございますけれども、仙台で行われました「おいしいもの市」、あるいは東京で開催いたしました麻布十番納涼まつりなどなど、多くのイベントに参加をして広告・宣伝対策というふうなことでこれまで取り組んできたところでございます。
 事業費につきましては、実際平成20年度の決算見込みというふうなことでございますが、約1,020万円の決算見込みを想定してございます。これに沿った形で次年度の計画予算を策定したというふうなことで、事業費的には市500万円、それから農協500万円、そして生産者団体の方が約20万円程度というふうなことで来年度の事業を計画しているところでございます。
 それから、ブランドというふうなことでございますが、前沢牛とかさまざまな和牛ブランドがありますけれども、うちの方で持っているデータでございますが、前沢牛のA4・A5と言われる上物比率でございますが、68%というふうなデータを独自資料でございますけれども持っております。登米市のA4・A5の比率というふうなことでございますが、約70%というふうなことで、前沢牛などにも引けをとらないくらいの数値はあるというふうなことでありまして、これからこれらを前沢牛と同等くらいの登米産牛というふうなPRをしていくために、各大消費地などに出向いてさまざまなPR活動を継続して進めていきたい。それから、各種共進会等でも実績を残して、買参人あるいは消費者の方々に認められるような牛づくりというふうな方向で進めてまいりたいと思っておるところでございます。
 いずれ生産者、農協さん、一体となってこのような事業に取り組んでまいるというふうなことでございますので、よろしくお願い申し上げたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 10番、佐々木康明委員。
10番(佐々木康明君) 課長のこの事業に対する思い入れというものは、ある程度伝わってきますけれども、少し足りないかなと思うところは、消費者をいかにつかんでいくかと。消費ニーズをいかにつかんでいくかということだというふうに私は思っております。
 過半の新聞に、栗原と比較するつもりはございませんけれども、市内及び仙台の消費者と直接さまざまなイベント以外でも、食味をしていただいたりという機会を積極的に持って進めている事例もございます。市長が麻布十番に行ったり、それからさまざまなイベントにも参加しておりますけれども、とにかく消費者ニーズをいかにつかむかというところを、もっと例えばマーケティングリサーチをするなり、例えば前回質問しましたけれども、広告会社であったり販売業者であったり、そちらとの連携が今後どうなっていくのか。
 それと、先ほども聞きましたけれども、時限立法みたいなもので5年計画なんですよ。これが、5年過ぎたらそこでやめてしまうのかどうか。まだまだこれは続けていかないと、しっかり定着するものにならないと思いますけれども、そこはどうなんてすか。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) 和牛ブランドづくりの推進体制でございますけれども、当初5年計画ということで進んでまいりました。前段2年間については、総論では合意形成ができましたけれども、各論ではなかなか合意ができなかったという経緯がございまして、今委員ご質問のように19年度は少額の執行になった経緯もございます。しかしながら20年度から、枝肉にしても子牛にしてもそうした方向性が確立し、推進してございまして、今後とも一層進めていきたい、そのように思ってございます。
 それで、その消費者対応ということでございまして、これについては今年度から物産ステップアップ事業というものを創設し、農業部門、商工部門、観光部門、これの一体となった取り組みをし、内外にこうした取り組みを発信していきたいと、そう思ってございます。当然、その中にはマーケティングの対応についても組み入れていきたいと考えてございます。
 それから、5カ年計画で今進んでございますけれども、各部会の皆さんからについてはぜひ継続した取り組みを市と農家に求められてございますので、今後の推移を見ながらこれについても継続した方向で進んでいきたい、そう考えてございます。
委員長(宍戸敏郎君) 10番、佐々木康明委員。
10番(佐々木康明君) 100年に一度とか200年に一度という経済不況なんですけれども、その中でも登米市の一次産業、主産業であります農業は、そんなに大きな影響はないのではないかというふうに言われてもいます。米価の下落などありますけれども、ですから特に1日1億円、さらにその上を目指すんであれば、ブランドをしっかり確立していくということと、それから市内でのPR活動も若干少ないのかなと。中田庁舎には牛がいます。そっちにもいます。でも、例えばのぼり旗を立てて、「前沢牛に匹敵するこれだけの上物なんだよ」というPRもぜひしていって、そして消費者ニーズにこたえていただきたいなというふうに思います。そこの部分聞いて終わります。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) 確かに、市内のPR、看板も少ないというようなお話もございまして、次年度国道沿いに設置してございます看板を活用した市内の指定店のPR、あるいは三陸縦貫道のアクセス道路に対する、今回既決予算の中で現在発注してございますけれども、そうしたものについても周知できるようなPR効果について取り組んでいきたいと、そう考えてございます。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑はございませんか。20番、三田静夫委員。
20番(三田静夫君) 概要の64ページ、お願いしたいと思います。
 まず、畜産振興費でございますけれども、一番下の畜産担い手育成総合整備事業について若干お聞きしたいと思います。これは、今回3億2,100万円ほど歳出になっておりますけれども、21年度に向けた申し込み件数に応じた件数なのか、それとも新たな形で申し込みを受けるような形をとるのか。まずその辺をお聞きしたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) 21年度の事業につきましては、当初20年度は19年度から計画策定を行っておりまして、年次計画で事業を進めてございます。21年度の事業は、20年度とまた別な方というふうな事業でございまして、それぞれ新しい事業者を対象にした事業でございます。
 申し込みにつきましては、計画策定年度19年度に事業計画を策定しておりまして、その時点で毎戸畜産農家から申し込みをとって計画を策定しているというふうてことでございます。その中の年次計画を立てておりまして、21年度に想定している事業の分を今回計上しているというふうなことでございます。
委員長(宍戸敏郎君) 20番、三田静夫委員。
20番(三田静夫君) ということは、1年前戻しで申し込みをとって、それに基づいた予算措置をしているわけですね。それでいいのかな。
 それと、21年度は大体何件くらいの件数なのか。
 それと、この申し込み要件なんですが、内容なんですね。担い手とここになっておりますけれども、おおむね年齢的にどの程度までが担い手なのか。ほとんど認定農家となりますと、今かなり年齢が上がっても認定農家に認定されている方が多いんですが、今畜産に限る農家がかなり出てきているようなんですが、年が若くてもある程度年とっていますね。その辺の要件なんですが、その辺を含めてお願いします。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) まず、後継者の年齢というふうな用件の方でございますけれども、ただいま20年度に取り組んでいる畜舎を整備する農家4件ございますけれども、その農家の方々はいずれも20代、30代の後継者がいる農家でございます。それから、21年度に計画をしている農家も、後継者がいる、あるいは40代の今の経営者というふうなことで、今後畜産の振興に寄与できる方というふうなことで進めておるところでございます。
 それから、年次計画というふうなことでございますが、全体の20年度から24年度までの計画でございますが、草地造成が19カ所、それから草地整備が3カ所、飼料畑造成が1カ所、施設用地造成が15カ所、それから畜舎整備が32棟、堆肥舎が16棟、飼料庫が4棟というふうな全体の事業計画になってございます。
 そのうち、21年度につきましては草地造成1カ所、畜舎の施設用地造成が2カ所、畜舎整備が4棟、堆肥舎3棟、飼料庫2棟というふうな事業の計画でございます。
委員長(宍戸敏郎君) 20番、三田静夫委員。
20番(三田静夫君) 20年度から24年度まで、5年間の時限立法みたいな形で時限付きの事業だと思うんですが、仮に今課長の答弁ですと20代か30代の後継者がいるというふうな形になっているんですが、例えば今40代、あるいは50代前半くらいで、後継者がいなくて新たな形でこれから事業に取り組みたいというときは、用件の中にクリアできるかできないか、その辺もちょっとお聞きしたいなと思っているんですよ。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) この事業は、名称が畜産担い手育成総合整備事業というふうなことでございますが、事業主体につきましては宮城県農業公社というふうになってございます。そこの利用者というふうなことで、各農家の方々がその畜舎等を利用するというふうなことであります。担い手というふうな名称がついておりますけれども、明確な何歳までの担い手というふうな基準はないと思います。その中で、これから新しくやりたいというふうな場合でございますが、当初計画を19年度に策定をしておりまして、24年度までの年次計画を策定したというふうなことでございますので、今のところ計画変更の予定はございませんので、当初計画の方向の中で進めていくというふうな考えでございます。
委員長(宍戸敏郎君) 20番、三田静夫委員。
20番(三田静夫君) そうなると、新たな形で申し込みはできないということなんですか。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) 今のところ、19年度に計画を策定をした中で進めるというふうなことで、この事業につきましては新たな事業申請は、今のところ想定はしていないというふうなことであります。ただし、これは継続事業でございまして、別の国の事業等もございますので、もし新たに畜舎整備等を希望する農家の方々等が出てくれば、用件が合えばそちらの新たな事業で進めていきたいというふうな考えでございます。
委員長(宍戸敏郎君) 20番、三田静夫委員。
20番(三田静夫君) かなり補助率のいい、畜産農家にとっては本当にいい形の事業なんですよ。できるだけ、もう少し広く考えていただきまして、今後畜産振興に何とか頑張っていただきたいと思っております。
 それから、先般8番委員もちょっと一般質問で申し上げておりましたけれども、実はきのうの県議会の村井知事の答弁で、8年後に開催されます全国和牛能力共進会が、和牛のオリンピックと言っておりますけれども、これが宮城県で誘致したいというふうな形で進んでいるようでございます。前々からそのような予想は立っていたんですが、きのうの知事の答弁でまずほぼ確定だろうと私は思うんですが、それに対する当地区の登米地方では、県内屈指の畜産の生産地でございますし、昨年も宮城県の和牛能力共進会で総合優勝をとるなど、ものすごく畜産振興にかなりの力を入れている登米市でございますので、その全国の共進会におきまして今後どのような形で取り組もうとしているのか、一言まずお願いしたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) 8年後といいますか、宮城県で全国和牛能力共進会が開催される方向というふうなことで、今正式に市の方にそういう通知とか連絡というふうなものはございません。ただし、その方向で進んでいるというふうなことは認識をしておりまして、和牛生産者の方々、繁殖農家、肥育農家、ともに話し合いをしながら、よりよい成績を得れるように農協等と協議をして、一緒に進めてまいりたいというふうに考えております。
委員長(宍戸敏郎君) 20番、三田静夫委員。
20番(三田静夫君) それから、先ほど私の前に質問されました10番委員が質問したんですが、登米市の和牛ブランドづくり推進協議会でございます。300万円の減額の理由は、先ほど10番委員の質問でわかりました。ただ、1点だけ私の方から申し上げたいのは、20年度までは生産基盤の確立ということで、畜産農家の生産に対するいろいろな事業にかなり力を入れてきたと思いますが、やはりこれからは先ほど10番委員が申し上げましたとおり消費拡大に相当な力を入れていただきたいと。
 我々は、農畜産物はつくることはできるんですが、売り方のプロではないんですね。やはり、売り方をもう少し自営等々といろいろな形で密接に連絡をとられて、この売り方を何とか開拓していただきたい。これが今の我々畜産農家、特に畜産ならず米づくり農家もそのとおりなんですが、日本一の環境保全米の生産地でありながら、なかなかそれに対する農家の恩恵が少ないような私は気がするわけなんです。
 今回はこの和牛ブランドづくり推進協議会でございますけれども、とにかく和牛に関することすべて全力で販売に力を入れていただきたいなと思っておりますが、いかがですか。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) その前に、全共の宮城の誘致でございますけれども、きのうの県議会で知事は「条件が整えば、誘致を検討したい」というような答弁だったと思っております。地元登米市といたしましても、その前にやはり長崎全共を目指した取り組みに全力を傾注しているというふうなことでありまして、そうした結果を踏まえながらさらに改良に努めて、全共宮城に向かった取り組み、そうしたものの条件が整えば知事はゴーサインというようなことと私は理解してございまして、それに向かった取り組みに市としても関係団体と一体となって取り組んでいきたいと、そう思ってございます。
 それから、ブランド対策でありますけれども、さっき申し上げましたように枝についても子牛についても方向性が固まりまして、今後はそれに向かって走るだけであります。やはり、次の対策とすればご質問にあったように消費拡大の部分でございますので、これについては3月4日、5日とも東京でそうした催しも企画してございますし、それから行政部門、それから農協部門、あるいは団体と一体となった取り組みについては、これまで以上に力を取り組んでいきたいと思ってございますので、ぜひご理解とご支援をいただきたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 20番、三田静夫委員。
20番(三田静夫君) 部長、今の部長の全共の答弁なんですが、全くそのとおりと思いますけれども、ただ3年後長崎全共が開催されますけれども、長崎全共終わってから対策を考えたって、全く意味ないんですよ。もう今のうちから、かつての宮崎とか鹿児島が全共で日本一をとった経緯は、もう10年も前からやっていかなければあのようないい成績はとれないわけですよ。その辺のところを、県内でも屈指の畜産生産地でございますので、この登米市から発信していただきたいと思っておるわけでございますので、よろしくお願い申し上げます。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) 確かに鳥取全共でありましたか、あれについてもやはり宮城が支援したものについては、結果としてはいい評価が得られなかったわけでありまして、特に共進会についても登米地域が主導権を握ってございまして、特に繁殖部会の代表の方々については長崎全共なりあるいは宮城全共に向けた取り組みについては、強い意思と提言を県の方に申し上げているようでございまして、地元としてもそうした取り組みに対する改良を進めてございまして、その中で今年度から市が畜産総合支援の中で導入についても方向性を大きく変更しながら支援していくということでございますので、ぜひご理解と私どももそれに向かって支援体制を構築していきたいと、そう考えてございます。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑はございません。18番、西條清貴委員。
18番(西條清貴君) 私は、概要書で63ページに農業振興の活性化に関する経費ということで、登米ブランド認証というのがありますけれども、このブランド認証は順調に進んでいるのか、拡大しているのか、その辺をお尋ねしたいと思います。
 それから、71ページについてはいろいろ林業費について挙げられておりますけれども、市有林についての伐期、こっちの施政方針では収穫期という言葉であらわされておりますけれども、収穫期に入っている林分といいますかね、そういった面積がどれくらいに達しているのか、つかんでいればお尋ねをしたいと思います。
 それから、針葉樹、広葉樹の混交林を図っていくと、こういった部分での計画が方針で述べられておりますけれども、その目的といいますか効果といいますか、そういった部分をどのようにとらえているのか、お尋ねをしたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 農林政策課長、工藤政宏君。
農林政策課長(工藤政宏君) 登米ブランドの認証の方ですが、平成19年度におきましては67品目というふうな形で、今年度平成20年度で合計合わせまして125品目を認定したところでございます。今後もふえるかというふうなことでございますけれども、やはり今後とも地域の皆様方に登米ブランドの認識をしていただき、また付加価値を高める意味でも、生産者といいますかそういうふうな加工商品を製造している方にも認証制度の普及を図って、数多くの認証になるように進めていきたいと思っております。
委員長(宍戸敏郎君) ここで、暫時休憩します。
          休憩 午前10時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時59分
委員長(宍戸敏郎君) 再開いたします。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) ご質問いただいてございます、森林整備計画の中で長伐期化、広葉樹と針葉樹の方向性でありますけれども、その効果ということでありますけれども、やはり森林の持つ多面的機能の確保と、それからやはり災害に対応する森林の保全、そうしたものを重点化にしていきたいと、そのように思ってございます。さらに森林セラピーの基地を含めて、おいでいただく方に四季のいやし効果がとられるような森林整備にしていきたいと、そのように思ってございます。
 なお、今後伐期を迎える面積につきましては、現在施業計画を持ってきてございませんで、後に資料でお示しをいたしたいと思ってございますけれども、ただ相当の面積がございまして、これを長伐期化に向けながら収入間伐をし、75年体制の中に進んでいくという計画でございます。
委員長(宍戸敏郎君) 18番、西條清貴委員。
18番(西條清貴君) ブランド化については、先日も山形セレクションですか、山形県のブランドということになるんでしょうけれども、8割以上が「余り効果がない」「デメリットを感じている」「かえってコストがふえた」、そういった受けとめ方をしている、見方をしている農家も多いようですけれども、そういうことがないようにしっかりと進めていってほしいと思いますけれども、その辺の方向性をお尋ねしたいと思います。
 それから、林業に関してですけれども、「林業を理解している職員が少ないのではないか」と、そういった部分を以前申し上げたことがございます。ぜひ、そういった部分での関係の研修を積んでいただくとか、そういった部分も必要ではないかと思いますし、登米市の森林整備計画は今策定中ということなんですが、この森林整備計画というのはいつごろにできるものなのか、その辺を以前聞いたときには20年度中にもできるような、勘違いかもしれませんけれどもそういったお話を受けたような記憶があるような感じがしますけれども、その辺についてお尋ねをしたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) 登米ブランドの効果を山形の例にとらえてご質問でございますけれども、効果がないんでないかということでありますが、市が認定してございます安全・安心、そして生産者のこだわり、そして生産者がみずから生産し、開発し、拡大したものを産地ブランドとして認証してございまして、これについては認証いただいた方々については、そうしたみずからの取り組みがそうした認証されるということで大いに期待と、それからさらに製品の付加価値を高める取り組みにしてございまして、やはり産業振興の中ではこうした取り組みの一つ一つが大切であろうと、そのように思ってございます。
 さらに認証された方については、さらに新たなブランド開発、地元からとれる製品で諸費流通にかける取り組みも今計画している方もございますので、ぜひそうした支援体制を進めながら、この登米の産地ブランドの中からトップブランドが創出できるような取り組みを支援していきたいと、そう思ってございます。
 それから、林業を担う職員ということでございまして、これについては私どもも2,500ヘクタールの市有林を有してございますので、特に地域性を考慮した研修、あるいは現場を確認できるような職員体制の確保については、鋭意努めているところでありますで、ご理解いただきたいと思っております。
 それから、森林整備計画については今年度改正時期でございまして、林政審議会等々のご意見をいただき、現在森林法に基づく公告期間でございまして、これが完了すれば施案ということでございまして、施案の後に議員各位にご配付いたしたいと思ってございますので、お目通しをいただければと思ってございます。
委員長(宍戸敏郎君) 18番、西條清貴委員。
18番(西條清貴君) 私は、4番委員と逆の方向から栗駒山を目指して、雄大な雪景色の栗駒山を目指して30分前後車で走ってくるわけですけれども、この森林の持つ多面的機能あるいは公益的機能というものは、最近のCO2の削減問題も絡みましてかなり大きく位置づけられてきております。やはり「水の里登米市」、いろいろな「環境の町登米市」、そういった言葉をよく耳にします。キャッチフレーズですけれども、そういったことをいろいろな計画策定されたものに、表紙に載ってきます。やはり、こういった環境の面で水質浄化、そういった働きもかなり大きいものがありますので、しっかりとこういった森林の役割をとらえていただきまして、今後とも細かな数字を挙げた森林施業計画をぜひ立てていただきたいとた思います。その思いをお尋ねしまして、質問を終わります。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) ご質問いただきましたように、やはり森林機能の整備については大きな課題であり、今二酸化炭素の吸収源対策としても取り組まなければならない、そう思ってございまして、市有林につきましては森林施業計画に基づきました計画を確実に実行していけば、達成できるものと思ってございます。また、民有林につきましても、20年度から取り組んでおります美しい森づくり事業、この事業によって50%の補助でございますので、ぜひこうした事業を活用しながら、荒廃とは申しませんけれどもおくれている収入間伐をいただきながら森林の保全に努めていただければと思ってございますので、この事業についても積極的に進めながら森林の機能保全に努めていきたいと、そう思ってございます。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑ございませんか。8番、及川長太郎委員。
8番(及川長太郎君) 1点のみ。64ページの有機センターの保守点検料、修繕料、この内容をお知らせ願います。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) 有機センターの修繕料でございますが、年度内に有機センターの点検を行いまして、その中で必要と認められた修繕箇所というふうなことで、迫有機センターの攪拌機の修繕、中田有機センターの攪拌機の修繕、石越有機センターの発酵槽オーバースライダーの修繕というふうなことの計画を現在してございます。
委員長(宍戸敏郎君) 8番、及川長太郎委員。
8番(及川長太郎君) 堆肥が余計集まれば、使う頻度が多いから確かに故障も多いのはわかりますが、年数的なことあると思いますが、今後もこのような事態が続くのでしょうか。
 それから、有機センターのストック場所あると思いますが、今堆肥製品の売れ具合はどのようになっていましょうか。以上。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) 有機センターの堆肥の売れ行きの状況というふうなことでございますが、現在6カ所市で設置した有機センターがございますが、そのうち今の時期、これから3月、4月というふうな堆肥の散布時期が来るわけでございますが、その時期を過ぎればほぼ有機センターの堆肥ははけるのではないかというふうな想定をしてございます。
 それから修繕というふうなことで、経費がかかるのではないのかというふうなことだと思いますが、19年度の修繕で修繕費で1,200万円ほどかかってございます。20年度の修繕で、現時点でございますけれども1,100万円の修繕費がかかってございます。これらの有機センターにつきましては、平成13年に設置したのが第1号というふうなことで、それから逐次各地区で有機センターを建設してまいりましたが、多くの有機センターが5年程度経過いたしまして、修繕かかさんできているというふうな状況でございます。修繕をしなければ、有機センター搬入ストップというふうなことにもなりますので、修繕経費がかかるというふうなこともありますし、大きな課題だというふうに認識してございます。
 この辺につきましては、担当者の間でございますけれども、県の方にあるいは大型修繕の事業等ができないのかというふうな要望等もいたしておりまして、結論はまだいただいておりませんが、そういう要望はしているところでございます。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑はございませんか。39番、西條多美子委員。
39番(西條多美子君) 概要書の74ページ、7款1項2細目の商工振興育成費のところでお聞きします
 商店街にぎわいづくり戦略事業費補助金として2,166万円ばかり出ていますけれども、これは中央商工会佐沼商店街だけが対象なんでしょうか。ことし三陸道の開業もございますし、それに登米の秋まつりに合わせて高倉勝子美術館のオープンもございます。にぎわいづくりに登米商店街が該当になっているのかどうか。これは、県の補助金300万円も使えるということも伺っていますので、そこが市の計画にも載っているのかどうか、お伺いします。
委員長(宍戸敏郎君) 商工観光課長、神田雅春君。
商工観光課長(神田雅春君) ただいまご質問ありました商店街にぎわいづくり戦略事業につきましては、昨年から事業が開始されておりまして、事業については3年間ということになっております。現在認定されていいるのが佐沼の大通り商店街共同組合ということで、21年で2年目となりましてハード事業に着手するというような内容になっております。
 そのほかに、市の商店街の活性化計画におきましても、各商工会ごとにそういうところを1カ所くらいずつモデル事業をやりたいということでありまして、登米につきましても登米の三日町、九日町の方の方々とただいま県の商工会連合会の実験事業というものをことしさせていただいておりまして、21年度からのにぎわいづくり戦略事業に取り組みたいというような内容で今進んでいるところでございます。
委員長(宍戸敏郎君) 39番、西條多美子委員。
39番(西條多美子君) 三陸道での観光客とか、いろいろな形で登米の町の活性化も今後ますます期待されるところでございますので、ぜひこの事業を登米の方でもしっかりとやっていただきたいと思います。終わり。
委員長(宍戸敏郎君) いいですか、答弁。商工観光課長、神田雅春君。
商工観光課長(神田雅春君) ただいま、県の方で第2次の要望ということが来ておりますので、その中で要望が出てくると思いますので、それに向かってあと市の方では全面的に支援してまいりたいと思っております。
委員長(宍戸敏郎君) ここで、11時25分まで休憩いたします。
          休憩 午前11時14分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時25分
委員長(宍戸敏郎君) 再開いたします。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 18番、西條清貴委員の質疑に対する答弁保留があります。伐期についての面積、内容等について答弁願います。産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) 先ほど18番委員からのご質問の伐期をむかえた面積ということでございまして、これにつきましては平成21年度を初年度とする10年間の森林整備計画を策定してございまして、市有林の伐期例について杉は50年、檜は70年と定め、これについては5年間の施業計画に基づいて実施するものでございまして、これらの対象となる林分につきましては杉、檜合わせまして537ヘクタールとなってございまして、これについて今後施業計画に基づいた対応をしていくことになります。大変申し訳ございませんでした。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑はございませんか。1番、中澤 宏委員。
1番(中澤 宏君) 物産振興費の物産ステップアップ事業費についてお尋ねをします。市長の施政方針演説の中で1番目は医療体制の整備であり、2番目が産業の振興が掲げてありまして、その中で「農商工連携の中で一体的に推進する物産ステップアップ事業を新たに創設し、ビジネスチャンス事業と連携を図りながら登米ブランド品、地場産品の販売戦略を強力に進め、農業経営の改革を支援してまいります」と。改革を支援するというのは、極めて市長の熱い思いを感ずるものであります。
 そこで、市長の思いを少し聞いてみたいと思うんですが、まず市長はこの地域農業、何を課題と思い、どんなまず農業経営を、地域農業というかそういうふうなことを目指そうとしていたのかということであります。
 それから、農商工連携でございますので、この事業を通じて農業がどう変わり、あるいは商業がどう変わり、あるいは工業がどう、こうしたことに携わっていくのか、この辺についてお尋ねをまずしたいと思います。お願いします。
委員長(宍戸敏郎君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) まずご指摘をいただきました、今現状農業の課題ということでお答えをさせていただきます。
 やはり農産物の価格の低迷、そしてさまざまな農業資材やまた昨年の夏までに関しましては、原油等の燃料の高騰等によって非常に再生産が難しい現状になってきているところであります。そういった中において、それではまずは農業の構造改革をしていかなくてはならないということでございますけれども、このことについては非常に大きなテーマでもございますし、市単独で早急にできる取り組みでもないという状況にあるわけでございます。
 それでは、しからば今の農業の大きな課題ということであれば、生産と消費をいかに連携をさせていくことができるのか、例えば農産物に関しましては工業製品ではございませんので、決められた分をつくろうと思っても天候等の条件によって作柄が思うようにいかないときもあったり、またある意味非常に多く豊作のときもある。しかしながら、その収量が所得に直接は反映がしていないというような部分もあるわけでございます。そういった意味におきまして、市内の中の流通消費の系統立てを進めることによって、市内でつくられたものが余さずというか、漏れなく市内の中で消費をすることのできる受け皿をつくることが何よりも必要ではないかというふうに考えたところであります。
 そういった意味では、家庭内におきましてもむだのない食材の利用というような形の中で、環境保全そして消費の循環というものを進めなくてはなりませんが、その仕組みを市内、登米市という大きなくくりの中で取り組むことができないのかということを、まず第1点考えたわけけでございます。そして、それにつきましては農業生産者の皆さんだけでなく、やはり消費をする仕組みをどのように変えていくのかというようなことがらも含め、取り組む必要があるであろうというふうに考えて、そういった部分の指示を産業経済部の方にいたさせまして、このような物産ステップアップ事業というような形でご提案を申し上げさせていただいているというような状況でございます。
 詳細につきましては、産業経済部長より答弁をいたさせます。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部次長、佐藤順悦君。
産業経済部次長(佐藤順悦君) それでは、この登米市の物産ステップアップ推進事業についてなんですが、これは施政方針、それから総括質疑等でもたびたびお答えしてきたところでございます。今市長が申し上げたとおりでございますが、これまでは商工観光課あるいは農林水産課、それぞれ産業経済部内では取り組んできましたが、やはり登米市というものを全面的に出すためには、組織を挙げて財源も一括集中して取り組まなければ、対消費者の方々にアピール度あるいは信頼度、これがなかなか上げていくのが難しいかなということで、一元的にやろうということで本年度から取り組む事業でございます。
 特に、一人行政だけではなし得ませんので、今ある団体、例えば観光物産協会、あるいは農産加工連絡協議会、あるいは商工会、商店街等々と連携を深めながら、これを一元的にやってくことによって地産地消をさらに拡大できないのかというふうな考え方でおります。特に、八百数十万円の今回の予算でございますが、今回特に販売を市内はもとよりでございますけれども、例えば仙台都市部の団地等、そうした消費者あるいはホテル、デパート等の調理人、あるいは調理関係者、あるいは流通業者、ホテル関係者もそうですが、そういう方々にはぜひ地元にお招きして生産現場を見ていただく、そうした中でPRあるいは販路拡大をしていくというようなものを、ことしから始めたいというふうに思っておりますし、ブランド認証125件ございますが、これに加えビジネスチャンス事業で新たな企業でもって商品開発等できたものにつきましては、仙台あるいは東京等での食材フェア、こうしたものを開催しまして、PRあるいは販路拡大に結びつけていくという考え方を持っております。
 さらに、これまで米粉関係では昨年まではいろいろな講習会等で栄養士さん、あるいは一般の消費者の方々を対象に講習会をやってきましたが、本年度はそれを一段アップさせまして、何とか商品化に持ち込めないかというふうに考えております。特に、道の駅あるいは産直施設等多数ございますので、そういう方々の協力を得ながら商品化をし、何とか販売できないかと。市内道の駅、産直施設多数ございますが、そこでやりたいという考え方も、この事業で取り組みたいというふうに思っているところでございます。
 それから、今観光物産協会では仙台の方に施設を、登米市の出先機関と申しますか、本拠地となるような施設を持っていますが、この物産協会と連携をますます深めまして、観光物産協会が将来的には自主自立できるような、そういう技術、スキルアップ等を図るというようたことも想定しておりまして、当協議会との連携も今回含めまして、新たな商品開発あるいはワークショップ等を進めてまいりたいというふうに考えております。
 いずれにしましても、登米市挙げて対外的には信頼度アップ等進めてまいりたいということでの、今回の事業を創設したところでございます。以上でございます。
委員長(宍戸敏郎君) 1番、中澤 宏委員。
1番(中澤 宏君) いろいろ説明いただきましたけれども、今までもずっとやってきている事業が大半でございました。あえてここでステップアップと掲げたのには、それなりに今までの反省もあったろうというように思うんですね。そこで、私は大切な視点というのは、今までにやってきたことの反省を踏まえて、どんな方向を目指してもう一歩上がろうとしているのかという、目指すことがもう少し具体的だったらわかりやすいのかなというように思ったんですね。
 時間もありますからちょっと端折りますけれども、要するにこの864万円というのは、
 今次長からもありましたから、今までもやってきた事業も含まれているわけで、この864万円がすべてことしのために新しく手当をした予算だというふうな内容ではないというお話をいただいたところです。だから、目指すのがどこなのかというのがわからないから、お金がこれでいいのか、足りないのか多いのかというのも全然わからないですが、難しい事業であってもステップアップをするというのは、一言なかなか今まで進まなかったというのは難しかったから進まなかったわけなんです。これは、ちょっとした推進事業だけで簡単にステップアップというものはできるものなのか。あるいは、今後市としてハードの部分まで含めて本当の意味で改革をするという目的に向かってやろうとする事業なのか、その辺ちょっとお聞きしたいと思っております。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部次長、佐藤順悦君。
産業経済部次長(佐藤順悦君) 昨日全国直売所の研究会が中田環境改善センターであったんですが、その中でもいろいろな議論がされたところでございます。改革というお話が今ございましたが、きのうの話の中でもこれまでは農業あるいは農家という表現で総称で呼んできたところなんですが、やはりこれから農業は戦略を持った農業経営者、経営、いかにもうかるか、いかに所得を上げていくか、そのように考え方を変えなければいけないというようなお話もございました。今回のステップアップ事業につきましては、やはりみずからビジネスチャンス事業等に取り組んで新たな起業をされた方々もおりますし、あるいはブランド品を開発された方もおります。そういう方々の製品を特にこの事業でもって対外的にやっていきたいと思っております。
 それで、すべて何か今までやってきた事業の延長ではないかというご指摘でございますが、確かにそういう事業もございます。しかしながら、今まで1年ビジネスチャンス事業等も含めてやってきたところで感じているのは、仙台の飲食店あるいはホテル等でもいろいろなフェアをやってまいりました。それにも、私たちも行ってまいりました。それで、そういう方々と意見交換の中で話が出ましたのは、「だめだよ。ホテルに売り込みに来てもだめだよ。飲食店に売り込みに来てもだめだよ。要は、流通業者といかに登米市が接点を持つか、流通業者ですね。やはり、私たち仕入れするためには流通業者との話でしかなくて、市と直接はできないんだ」というような話もございました。そういう意味におきまして、ことしは特に流通業者等をぜひ登米市にお招きするとか、あるいは私の方から仙台でそういうフェアの中でお呼びするとか、そういう観点から新たな施策を展開してまいりたいというふうに思っております。
 特にきのう、研究会の中で名刺交換等いろいろさせてもらいましたが、東京で卸売協会の副会長さんですが、「こんなに農産物が豊富な登米市だとはわからなかった。来てみて初めてわかった」というようなお話をいただきました。「ぜひ、登米市とかかわりを持ちたい」というようなお話もいただきまして、私たちも「ぜひおじゃまさせてもらいたい」という話をこちらからさせてもらいました。要は、そういう方々とのつながり、こうしたものが今までは欠けておったのではないかなと。今までは、どちらかというとイベントの中で販売あるいはPRという観点でございましたが、これからはそういう方々の中にみずから入っていって、販路拡大についてこちらの思いを述べて、認めていただくというような形でやりたいという思いが、この事業の中には含まれておるところでございます。
委員長(宍戸敏郎君) 1番、中澤 宏委員。
1番(中澤 宏君) 次長の言われること、イメージとしてわかるんですが、今までの考えの少し延長くらいで、なかなか具体的でないところも、市長の答弁もそういうところもあるんですが。
 私、実は流通もずっと今までいろいろな方が手がけてきたんですね。難しいんですよ、なかなか。その難しいところを前提にしながら、それを乗り越える力というのが必要だと思っております。市長の目指す地域内の地産地消の流通システムの確立、いいことですね。ぜひやってほしいと思うんですよ。そのためには市長、ただ推進をするという、この推進事業をするというのではなくて、市長が目指したそのことを実現をどうするんだということが、とても私は大切だと思うんですね。
 そこで市長、2期目もし市長になられたら、市長、その実現のために、単純に今推進事業だけですよ、これ市でやっているのは推進事業。でも、実際はつくる技術があってもお金がなかったり、いろいろな不足している部分がみんなあるんですね。そういうふうなことでは、なかなかうまくいかないというのも農商工連携の問題点でも実はあるんです。そういう意味では、目線を一つに同じにできないというところがあるんですが、そういう意味では私は市長、市が今出番だと思うんですね。いろいろな施設の活用も含め、市が今アイラブファームには3億6,000万円の土地を手だてをしながらも園芸振興しました。しかし、地元の皆さんにはそれだけの多くの手出しはしていないですね。これ、市長の思いですが、これからハードも含めてどれだけのことをやっていこうというふうにお考えなのか。聞いて終わりにしたいと思います。ステップアップだけにとどめてしまうのか、それを実現するためにもっともっとこれから足して、いろいろ実現しようとしているのか、そこですね。
委員長(宍戸敏郎君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 委員のご指摘の点につきましては、どれだけの不足している部分について支援をしていくのかというようなご指摘でございました。このことにつきましては、実質的に手掛けていただく皆さん、要するに我々としてのスタンスは結局どうやって支援をしていくのかということが、大きな課題であります。そういった意味では、市が持っている施設、そしてそういった事がらをどういった形で応援をしていくのかということが大きな課題というふうに思っておりますが、私の話もなかなか具体性が見えてこないというようなご指摘もいただいておりますが、その不足の部分の具体性もまだ見えていない状況の中で、我々としてどのような形で支援ができるのかということでございます。
 そういった意味では、別にアイラブファームについての支援ということだけでなくて、そういった実際の足りない部分の具体のご提案などもいただいて、そして我々としてもどういった形で積極的に支援ができるのかということを、むしろしっかりと対応していきたいというふうに思っておるところであります。そういった意味では、我々としてそういった仕組みをつくるべく関係機関との協議をさせていただきながら、具体の肉付けの作業に一緒に取り組んでいきながら支援をしていきたいというふうに思っております。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑ございませんか。41番、及川昌憲委員。
41番(及川昌憲君) 短い時間でありますので、よろしくお願いします。
 農業振興費、地産地消をさらに進めるということで、福祉施設、病院、学校へそれぞれ地産地消を進めるためのシステムを構築してやっていくということでございますけれども、それぞれ各福祉施設、病院、学校への21年度の数値目標はどの程度なのか。それを進めるシステムはどういったものを考えておられるのか。
 それから、農村整備費。「より安全な食の安定生産を図るために、多面的な機能のさらなる向上と環境に配慮した農業・農村整備事業を進める」とありますけれども、多面的な機能のさらなる向上、環境に配慮した農業・農村整備事業とは、どういったものなのか。農業委員会の皆さんも来ておりますので、農業委員会として今農地政策、さまざまに大きな変動がありますけれども、いわゆる認定農業者、集落営農等を含めた担い手に対する農地の集積目標を、21年度はどの程度持っていられるのか。
 それから、水産業振興費。漁協の皆さんに補助金を出しておりますけれども、この程度の補助金で大丈夫なのか。漁協の生産額並びに就業している方々の人数等が、私は勉強不足でございますので、この点をつけ加えてつないでいただければ幸いでございます。簡単にでよろしいですから。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部次長、佐藤順悦君。
産業経済部次長(佐藤順悦君) 地産地消の目標ということでございますが、これは一般質問の中でもご質問あってお答えしていますが、学校につきましては22年度の目標20%に対して19年度の実績は20.2%ということで、目標値が低いのではないかというふうにご指摘あるかもしれませんが、地産地消推進計画の中ではクリア……。
   (「もっと簡潔に」と呼ぶ者あり)
産業経済部次長(佐藤順悦君) 学校については、22年度が20%、27年度が25%、他の施設についてはちょっと私の方では把握しておりません。
委員長(宍戸敏郎君) その目標数値、明確にということで。産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) 新たな地産地消システムの構築ということでございますけれども、これについては現在各町域単位で給食なり保育所、福祉の方に供給してございますけれども、これを登米市全体の中で包括的に対応できる地産地消流通システムの構築を進めていきたいと思ってございます。そこの供給できるシステムを構築し、そこから各施設へ、その供給母体から各農家なり、あるいは各商店街に、そうした流通がとれるようなシステムの構築に農商工連携の中での構築に向けた取り組みをいたしていきたい、そう考えてございます。
委員長(宍戸敏郎君) 福祉、病院、学校、それぞれに対する数値目標を知りたいということなんですが。
 ここで、暫時休憩します。
          休憩 午前11時47分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時48分
委員長(宍戸敏郎君) 再開いたします。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) 地産地消の三つの目標というふうなことでございますが、全体で25%という目標はありますが、学校あるいは福祉施設、それから病院というふうなものに分けての数値は策定はしてございません。うちの方では持ち合わせてございません。先ほど申し上げましたように学校給食では20.2%、それからポイントを抜いたところでございますけれども、保育所では原材料で10.59%、登米市内からの購入率は70.29%というふうな数値が出ております。
委員長(宍戸敏郎君) まだ3問ほど残っているが……。
 農村整備課長、佐藤芳樹君。
農村整備課長(佐藤芳樹君) 農村整備事業における環境整備事業ではどういうものがあるかということでありますが、現在県営事業でありますが迫町の新田の駅の付近ですけれども、飯島ほ場整備区域におきまして環境に配慮したその地域で棲んでいる魚とか、そういうのを調査しまして、コンクリート水路とかの対応、深水とかお助け水路等をやっております。そして団体事業、登米市で事業主体となっている事業におきましては、中田の庁舎の裏の前造排水路でございますが、現在施工中ですけれども、それも実施しているところであります。
委員長(宍戸敏郎君) それから、担い手に対する目標ですね。農業委員会事務局長、芳賀秀二君。
農業委員会事務局長(芳賀秀二君) 目標の関係につきましては、市で策定いたしまして農業経営基盤強化の促進に関する基本的な構想には、26年度までに74%ということにいたしております。それで、農業委員会での計画はということでございますが、この74%に限りなく近づけるように推進をしていきたいというふうに思います。委員には、いろいろとご協力をいただいております。以上でございます。
委員長(宍戸敏郎君) もう1問、水産事業に関する補助金の額等々の内容。農林政策課長、工藤政宏君。
農林政策課長(工藤政宏君) 農林振興費の補助金でございますが、外来種駆除事業の補助といたしまして、伊豆沼漁協組合の方に一応10万円と、それから長沼漁協の方に5万円で実施していただいております。この額が少ないんではないかというふうなことでございますが、この額につきましては一応伊豆沼漁協につきましては登米市で10万円しておりますが、栗原市の方でも19万円ほどの補助の中で外来種の駆除対応をというふうな形で実施しているところでございます。額の不足につきましては、この額で漁協の方にお願いしているというふうな状況ですので、ご理解願いたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 41番、及川昌憲委員。
41番(及川昌憲君) 私は、今下からの部分で水産振興費、補助金の額はわかるんです。内容もわかるんで、いろいろなことがあるんだろうと思いますので、それで漁協の生産額が幾らであったり、そこで就業している方々が何人いるのかわからないと、具体的ないろいろな社会的な補助金のあり方もあるんでしょうけれども、その組織に対しての補助もあるんですから、その辺がどうなっているのかわからなかったから、そこを参考までに聞きたかったものですから、漁業生産額ですか、あとは就業している方々の人数がどれくらいなのか知りたかったものですから、それをお話ししていただきたかったんです。それは、組合長さんいますから後で聞いてもよろしいかと思いますので。
 それで、一つ一つやっぱり例えば地産地消にしてもどのようなシステムを構築するかというようなことでお伺いしましたけれども、そういうような流通のシステムをきちんとするんだというようなことでありますけれども、やっぱり年次目標をしっかり数値目標をつかんだところに包括的なシステムをというふうな話をするんであれば、その辺はきちんと担当部で押さえておく必要というのがあるのではないかというふうに思います。ですから、さっきのあとは農地の集積目標もですけれども、遠い先のことではなくてそこに向かうための年次年次の目標をやっぱりしっかりつかんで、それに向かった行政運営をしていだくようお願いしておきます。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑ございませんか。12番、大場文雄委員。
12番(大場文雄君) 農業者年金のことで伺います。
 この制度は、農業者の将来の生活、経済のために必要な制度だと思っておりますが、なかなか加入の状況が進まないという状況にありますが、この制度の必要性を考えた場合、どういう形で農業者の将来を守る立場から推進をしていったらいいのかということでありますが、その辺の考え方をお持ちでしょうか。お聞かせをいただきたいと思います。
 それから、先ほどもございましたが、有機センターの今後の運営についてでありますが、このセンターはご案内のとおり、畜産の糞尿処理を適正な処理をするということで大きな目的を持って畜産振興の中の大きな位置づけをされているわけでありますが、実際のこれまでの運用の中で堆肥の搬入が畜産農家の希望に沿う規模になっているか。さらにまた、生産され処理された堆肥が有効に活用されているかという、そういう循環がうまくいかないと大変制度の目的も十分達し得ないわけでありますが、将来的な畜産経営の規模等も把握しながら、この事業を今後考えていく必要があると考えますが、その点についての考えをお聞かせいただきたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 農政総務課長、尾形秀逸君。
農政総務課長(尾形秀逸君) 農業者年金につきましては委員ご案内のとおりでございまして、農家、農業者のいわゆる老後の生活安定というようなことで、その大事な制度でございますが、現在の推進につきましては農業委員さんを中心にしながら、農業委員会では年金加入者協議会をつくっていまして、その代議員さんが約250名ほどいらっしゃいますが、その方たちにもいろいろな研修会を通じながら推進をお願いしているところでございますが、残念ながら農家の皆さんはこの制度につきましては理解はされているというように思っていますが、ただこういう農業情勢あるいは社会情勢がございまして、なかなか加入者が少のうございます。
 参考までに、20年の4月から12月まででございますが、登米市農業委員会関係では7人の方が新規で加入されていますが、県全体ではわずか38人というようなことで、各それぞれの県内地域でもそれぞれ推進しているわけですが、いろいろな社会情勢があるようでございまして、なかなか思うように進まないというのが現状のようでございます。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) 有機センターの件でございますが、有機センターの大きな考え方といたしましては、登米市内環境保全型農業推進の中での生産部門の重要な施設というふうにとらえております。有機センターの利用の状況でございますが、畜産農家すべての搬出される堆肥のうち、大体2割程度が市内農協の有機センターを含めて7カ所の有機センターで処理されている量というふうなことでございます。
 それで搬入計画につきましては、畜産農家、有機センターごとに利用組合を組織化してございまして、利用組合の方でセンターの方と調整を図りながら計画的な搬入を行っているというふうなことでございます。有機センターだけでなくて、畜産だけでなくて、水稲の環境保全米等々に有機センターの堆肥を有効的に活用していただくというふうなことで進めておりますが、大分農家の方々からも有機センター堆肥のよさというふうなものを認めてきていただいてございます。もう少し資源循環というふうな輪をつくりながら、登米市の農業の環境保全型農業の推進に努めてまいりたいというふうに考えております。
委員長(宍戸敏郎君) 12番、大場文雄委員。
12番(大場文雄君) 農業者年金の関係でありますが、なかなかこうした今日の農業情勢、その他さまざまな難しい情勢の中で加入促進は難しいということでありますが、実は前の議会で会長さんにも出席をいただいておりますが、そのときのお話しでは推進の母体になっております農業委員さらには代議員の方、こういう方々自身の加入率も非常に低いということで、果たしてそういう本来であれば最もその制度を理解されている方々でありますが、そういう中で真の推進ができるのかなという感じを持つわけでありますが、その辺についてはどうでしょうか。
 それから、畜産有機センターの関係でありますが、将来のそうした畜産振興を見込んだ有機センターの今後のあり方、それから現実的に農家の受入規模に対する現在の有機センターの規模というものは達成されているかという点であります。その辺について、もう一度お願いしたいと思っております。
委員長(宍戸敏郎君) 農政総務課長、尾形秀逸君。
農政総務課長(尾形秀逸君) 農業委員あるいは代議員さん方には、今ここに細かい資料を持っていませんので人数はわかりませんが、確かに加入されていない農業委員もいらっしゃいます。これにつきましては、それぞれの各農地部会等を開催していますが、その都度あるいは先般の全員協議会も開催したわけですが、その際にも極力加入されるように事務局としても要請はしてございます。
委員長(宍戸敏郎君) 農業委員会事務局長、芳賀秀二君。簡潔に。
農業委員会事務局長(芳賀秀二君) では、私の方から補足説明をさせていただきます。
 農業委員が加入しないといいますのは、一つにはもう年齢が過ぎた農業委員さんもございます。そこで、現在48人中農業者年金に入っておらない方は6名でございます。あと、1回旧制度脱退一時金で受給されまして、その後また新制度に加盟されておりますので、現在は6名ということになっております。以上でございます。
 あとは、19町ということですね、そういう委員がおりますので、以上でございます。
委員長(宍戸敏郎君) 有機センター。農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) 有機センターでございますが、将来の畜産振興の中で家畜糞尿処理というふうなものは、規模拡大も含めた中でついてくる課題でございますので、有機センターの役割は今後とも重要になってくるというふうに考えております。
 それから、有機センターがどれくらい使われているのというふうな話でございますけれども、月ごとに利用率を出しておりますが、1月に限って申し上げれば前六つの有機センターの平均利用率が61.7%というふうな状況でございます。
委員長(宍戸敏郎君) 12番、大場文雄委員。
12番(大場文雄君) 農業者年金の関係、その農業者の将来の生活安定をための制度というとでありますから、この農業者年金も含めてそうした農業者の将来の生活を考えた上での農政の推進方、よろしくお願いして終わりたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) ここで、昼食のため13時まで休憩いたします。
          休憩 午後0時03分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時02分
委員長(宍戸敏郎君) 再開いたします。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 8番、及川長太郎委員、15番、岩淵正宏委員より、及川長太郎委員については午後1時から、岩淵正宏委員については午後4時から、早退の届出がございます。
 13番、佐久間孝夫委員、41番、及川昌憲委員より午後一時中座の届出がございます。
 ほかに質疑ございませんか。47番、及川清孝委員。
47番(及川清孝君) 2点ほどお伺いをいたしたいと思います。
 先日、私も所管ですので、所管で出てこなかった分をお聞きをいたしたいと思います。
 先ほどから、10番それから20番、それから1番委員が我が市の販売戦略についていろいろ質問をいたしておりまして、販売戦略のことしの方針というのが大分わかってまいりましたけれども、去年の1月18日に私たちの会派で民俗研究家の結城登美雄さんを呼んで勉強会をし、そのとき結城登美雄さんいわく「私は登米市の販売戦略の総合プロデューサーになってもいいよ」というような話がありましたので、その後3回ほど勉強会をいたしまして、販売戦略会議を立ち上げるというそのような段取りで、今までこの議員の中にもそれぞれ産業経済委員長、それから及川昌憲委員長さんなど入っていただいていろいろ協議をしてきたんですけれども、なかなか先が見えない。結城先生のああいうネーミング、それからさまざまな報道機関に対するそういう有名度というのを、「自分がなってもいいよ」ということですから、それなりに覚悟しているというように言われておりますけれども、彼をこの登米市の販売戦略の中に巻き込んでいくというのがなかなか出てこないような気がいたします。
 どういうようなことを、今後そういうような話の中で出ておりますので、どのように結城先生に出ていただいて、この登米市の販売戦略のために働いていただけるかというようなことで、市の方ではどのように考えているんでしょうか。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) 市が新年度から新たな戦略として販売の部分に強化をしていきたいと、そう考えてございます。そうした中での、行政単独では難しいわけでありまして、農商工連携さらには知名度を持った方、あるいはさまざまな企画をしている方、あるいは金融機関の皆さん、そうした方々のやっぱりご指導とお力添えをいただきながら進めなければならないと、そう考えてございまして、結城先生もご指導いただく一人として考えていかなければならないと思ってございますが、現段階で結城先生にすべてをプロデュースをお願いするという段階にはまだ至っていないということを、ご理解いただきたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 47番、及川清孝委員。
47番(及川清孝君) もちろん、登米市の販売戦略と同時に、実際に売っていくのは農協ですから、農協も大きくかかわっていただかなければならないということでございますけれども、農協からは私たち3回ほど勉強会には一職員が参加をしておりますけれども、その農協との話し合いというのはどのように登米市の販売戦略の中で話し合いがなされているんでしょうか。私たち行政ばかりが先行するのか、それともJAの方はどのような形でこの販売戦略の中に組み入れようとしているのか。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) 登米市の農産物の販売を考えれば、やはり主産地として市場戦略の中で産地間対抗に打ち勝たなければならないと、それはやはり農協の大きな宿命だと思ってございます。さらに、市場にはやはり気象条件なり作柄によって市場のリスクが伴うわけでありまして、そうした部分については皆さんからご質問あったように、直売施設なりあるいは加工に回す、あるいは企業と一体となった商品の流通、さらには今申し上げているような新たな地産地消流通システムを構築しながら、この販売の戦略を進めなければならないと思ってございまして、その新たな部分については当然農協との連携、商工会との連携、生産者との連携、これについては重要な課題だと認識してございます。
 ただ、こうした大きな構想に進むに当たっては、やはりすぐ打ち上げてすぐ成果が見えるというものではございませんで、市長が申し上げているとおり産業経済部に現在取り組んでいるそれぞれの課題の分析、あるいは対応できる範囲、あるいは生産の状況等々についての課題整理を指示されてございまして、産業経済部ではそれについて今事前の準備段階で取り組んでございまして、当然実行していく段階については農協との協議もしなければならないと考えてございまして、近々に機会の中でトップ会談も予定してございます。そうした中で取り組まさせていただきたいと思ってございます。
委員長(宍戸敏郎君) 47番、及川清孝委員。
47番(及川清孝君) きのう、市長も参加しました全国の直売所のサミットですか研究会ですか総会ですか、ありましたんですけれども、その中では多分登米市内の直売所にかかわる多くの方々が参加をしたと思いますけれども、その直売所の皆さん方、それからそういうパネルディスカッションの中でこの販売戦略について、ただ直売所に売ればいいという話ではなかったと思います。市長は、どのようにきのうの会議を経て販売戦略を立てなければならない、そしてその実効性のある販売戦略を立てなければならないと思っているのか。市長の見解をお伺いします。
委員長(宍戸敏郎君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) まず、直売所が生まれてから約20年が経過をしてきて、そして全国で1,300カ所の直売所があり、年間7,000億円の売り上げが今あるというような状況でございます。そして、要するに結城先生のお話によりますと、マーケティングの論理から言えば、決して便利なところにあるわけではない直売所が消費者の皆さんから支持をされ、これだけ普及しているということを、やはり我々はしっかり認識をしなくてはならないだろうというようなお話をいただきました。そして、ただし消費行動等がやはり年々変化をしてきている状況の中で、そういった状況の変化に柔軟に対応ができる直売所も求められているということも、現実であるというようなお話もいただいたところであります。
 そういった中におきまして、大きな課題としては、直売所の問題としてはやはり価格の問題と、そして直売所としての商品構成の問題、そして何よりもその直売所が物をただ売るということだけではなくて、やはり消費者の皆さんとそして農業生産者の皆さんの接点の場として活用をしていかなくちゃならないというようなことが、実は昨日いろいろとそういった三つの大きなテーマの中でご議論がされ、そしてそれぞれ参加者の皆さんからご意見をいただいたというようなことでございます。
 そういった意味におきましては、行政としてできることは、やはり消費者の皆さんが求めているのは生産の形が見えるそういった商品でありますとか、そして決して価格の高だけではないものを求めているのが消費者であるというようなお話も伺ったところでございます。そういった意味では、行政として一つの直売所だけでは解決し得ない事がらについて、行政として支援をしていく取り組み、そしてまた市内にございます15カ所の直売所の連携の中で地域の特色を生かして、そして個別の直売所の皆さんの多様な取り組みが生かせる、そういった仕組みをつくっていくことが大事ではないかと考えております。
委員長(宍戸敏郎君) 47番、及川清孝委員。
47番(及川清孝君) きのうの話し合いの結果は、大体わかりました。
 登米市では、登米市の農産物の販売額はもちろん宮城県で一番で、東北地方で第3位だというように私たちも自負をいたしておりますけれども、まだまだ登米市の知名度というのが非常に低いのではないかと、こう思います。やはり、まず最初には仙台市の自給率が2%というようなことですので、まず仙台市に対して「仙台市の農産物は、登米市が責任を持って生産して供給をしますよ」という、そういうアピールでもして知名度を上げていかなければならないと思いますけれども。
 JAあさひなでは、富谷の成田というところに直売所があります。ラジオでコマーシャルをしているんですけれども、「元気君市場」とかってやっているんですけれども、ここの直売所はレジにいつでも10人以上の人が並ぶような、そういう直売所があります。やっぱりそのようにして、皆さん方から先ほどから具体的な販売戦略が見えないというようにこのように言われておりますので、そういうようなのも一つの方法ではないかなと、このように思っております。まずそれが一つ。
 それから、私たちの委員会で愛菜館の調査をしたことがあるんですけれども、今どこの直売所も冬の出品物が非常に少ないというような、そのような状況でございまして、もと私たちの中田の時代にはそういう直売所のための小さなハウス等に補助を出して園芸振興を図ったことがあるんですけれども、市になりましてからは約500平方メートル以上ですかの園芸のみにしか使えないハウスの補助を出しますよというような、そのようなことがあったんですけれども、やはりそういう小さなハウス、直売所の皆さん方が必要だというそういうものの助成制度というのも設けながら、直売所のますますの販売を促進して、年をとって生きがいづくりのために販売している方もありますので、そういう人たちのための支援というのも私は考えていったらいいのではないかと思いますけれども。以上2点。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) 登米の農産物については、やはり市町村では全国規模の産出額を誇ってございます。ただ、委員ご指摘のように、知名度が不足しているんではないかということであります。これについては、私どももあるいは経済団体についても一体となって取り組まなければならない課題だと思ってございまして、それらについてはやはりこれまで取り組んできた、行政が行ってきたさまざまな流通、あるいは販路拡大、消費拡大、これらについてもこれまでの取り組みをさらに進化させるために新たな事業に展開していきたいと、そう思ってございます。
 ただ、あさひな農協さんが仙台で物産市場を開設しているということもございますけれども、これについてはやはり農協としての大きな判断だと思ってございまして、さらにそれに伴う生産者との連携体制もあろうかと思いますので、そうした方向性については経済団体の中での協議を進めながら、実現についての協議を進めさせていただきたいと思ってございますけれども、ただ行政主導ですべてやるものがこうした新たな展開に結びつくとは限らない部分もございますので、やはりそこは生産者なり経済団体との合意形成も必要かなと思ってございます。
 それから、小規模ハウスの件については、農産園芸畜産課長の方から答弁をさせます。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) 直売所等への出荷用の小規模なハウスというふうなことでございますが、現在30坪以上、100平方メートル以上のハウスであれば補助対象にしているところでございます。あともう一つ、年間当たりおおむね6カ月以上園芸の方に利用するというふうな条件がございます。そのような状況で、今対象にしているところでございます。
委員長(宍戸敏郎君) よろしいですか。
 ほかに質疑ございませんか。19番、金野静男委員。
19番(金野静男君) 19番、金野です。1点だけお伺いいたします。
 農業委員会費の中で、報償費というようなことで作業標準賃金の改定というかそういったようなものが検討されるようでありますけれども、小作料につきましてもこの21年度には改定の年度に当たっていると思っておりますけれども、その改定の基礎というかは、米価あるいは転作奨励金等も含まれていろいろ論議されることだと思うんですけれども、その辺の基礎となるものはどういうようなものか、まずお聞かせいただきたいと思います。農地の流動化というようなことでございますけれども、今の小作料体系でなかなか流動化が進まないという現実もあるわけでありますので、どういったような考えで、委員会が開かれるとは思うんですけれども、今農業委員会としてどういったような考えでいられるか、お伺いをしたいと思います。まず、その1点だけ。
委員長(宍戸敏郎君) 農地管理課長、及川久範君。
農地管理課長(及川久範君) 標準小作料の改定につきましては、委員お話しのようにことしが改定の年に当たってございます。その算定の方法ですが、いろいろな県あるいは国からの指標がございまして、まず収入をどう見るかということで、米価を過去5カ年にさかのぼってその中庸と申しますか、一番高い時代の米価あるいはそれからあと一番低い米価、それを取り払って中庸3カ年、中庸という言葉を使っていますが、それらの収入を見ると。あと、米のほかにいろいろな付随したわらとかそういったものを含めて、収入をまず最初に見ると。それから、支出につきましてはいろいろな米をつくる際の農薬、肥料、もろもろの経費ですね。土地改良区から言いますと水利費、経常経費、これらも支出の方に含まれると。そういったもろもろの収入、支出を計算しまして残余が出ますけれども、経営者報酬なんかも含みましてその残余を標準的に小作料としてお示しを申し上げております。
 算定に当たりましては、貸し手あるいは借り手、それらの代表の農家の方5名ずつ、さらには学識経験者の方5名と、15人で構成する小作料協議会の中で審議をしていただいて決定をすると。有効期間と申しますかは3カ年ということで、ことし21年から22、23年までの適用をさせていただいております。
 ただ、ご案内のように農地改革プランが今農水省でありますが、その中で小作料の設定を見直すような動き、小作料は今後設定をしないで、それに変わるべく近傍の実勢小作料と申しますか実際の料金はどうなんだという情報提示に変えていくと、そういったような動きも確かにございます。ただ、先日先ほど申し上げました小作料協議会で設定した金額につきましては、現在のところ21、22、23年度、これを適用期間とさせていただいております。以上です。
委員長(宍戸敏郎君) 19番、金野静男委員。
19番(金野静男君) ありがとうございます。大体、その中身はわかりました。
 やっぱり、登米市内でも小作期間が切れて、それで農業委員会にご相談に行ったらば、「お互いでまず決めてください」というような指導を受けたというようなお話も聞いておりまして、やはりただなかなかそれもできないんで、一つの農業委員会としてのできれば農地流動化に結びつくような小作の設定にお願いをしておきたいなと思っておりますので、よろしくお願い申し上げたいと思います。
 それから、ちょっとさっき1点と言いましたけれども、もう1点だけ。
 概要の64ページにありまして、これ「ぎゅうぞう」と読むんですかね、畜産振興一般管理費というようなことで「牛像看板用地借上料」というようなことで7万1,000円ほどあるんですけれども、これは何カ所か、どういったような、何か中田の上沼だかにありますね、牛像。あれのことを語っているんですか。その辺、中身簡単にお願いします。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) この予算につきましては、合併前から南方の専用線沿いに牛像がありまして、そちらの借地をしている分というふうなことで計上をいたしております。
委員長(宍戸敏郎君) 19番、金野静男委員。
19番(金野静男君) 1カ所ですか。面積的にいくらぐらいんなんだ。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) 失礼いたしました。今、牛像が市内3カ所建ってございます。南方の専用線沿いに2カ所、中田の346号線沿いに1カ所ございますが、南方の1カ所と中田の1カ所、計2カ所分の借上料というふうなことでございます。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑ございませんか。21番、伊藤吉浩委員。
21番(伊藤吉浩君) 何点かお聞かせ願いたいというふうに思います。
 それでは、61ページなんですけれども、担い手育成支援事業の中で、まずもって新規就農者受入体制事業、それからリーディングファーム事業、それから新規就農者支援事業、ニューファーマー事業、この辺のまずもって内容と、昨年度実績がわかればお聞かせ願いたいというふうに思います。
 それから、その下段でありますふるさと農業体験費についての内容と、前年度の実績内容、その辺もお聞かせ願えればというふうに思います。
 それから、65ページになります。園芸振興費の中で先ほどご説明いただいたわけなんですけれども、園芸産地拡大事業、アイラブファームさんの件でございますけれども、先ほど規模・面積等は確認したわけなんですけれども、年間の販売額、それから一応国・県・市・自己負担の割合、その辺も確認させていただきたいというふうに思います。
 続いて、75ページになります。物産振興費、物産ステップアップ事業なんですけれども、事業概要を見ますと謝金、旅費、印刷製本費、テント設営費、細々あるわけなんですけれども、その辺の内容がちょっと見えかねますので、その辺ももう少し具体的にご説明いただければというふうに思います。以上です。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部次長、佐藤順悦君。
産業経済部次長(佐藤順悦君) それでは、最初に新規就農者受入体制整備事業、あるいはリーディングファームということの内容でございますが、新規就農者支援事業につきましては新規に農業に従事する方に対しまして、1人3万円を1年分支援するという内容でございます。これまでの実績は、平成17年3名、平成18年6名、平成19年4名、平成20年今現在4名という状況でございます。新年度につきましては、3名分を見込んでおるところでございます。
 それから、新規就農者受入体制整備事業といいますのは、新たに就農したいという方に例えば花の栽培とかあるいは畜産関係、そういう技術指導を、先駆的に取り組んでいる方々のお宅に、事業者におじゃましまして受け入れてもらいまして、いろいろな指導をいただくというような状況でございます。これに対しまして、その受け入れていただいた方に月1万円、これを報償というような形で支援しているところでございます。ことしは、6件分を見込んでおるところでございます。
 それから、リーディングファーム指定事業というのがありますが、これは1日1億円創出プランの中に重点作物というのを12品目ほど掲げております。例えばキュウリ、イチゴ、トマト、それからナスとかホウレンソウですね。これらに取り組んでいる農家の方々に、いろいろな指導、助言をいただいているという事業でございます。新規就農者はもとより、例えば花卉であればその部会の方々、ナス部会とかキュウリ部会の方が新たに取り組むような方々を指導していただくというようなことで、先駆的に取り組んでいる方々にお願いしまして、この方々に支援していただいた報償を予定しているものでございます。1人当たり年間2万円、12品目でございますので12人分というような形でもっての予算化をしているところでございます。
 それから、農業研修支援につきましては先進地研修、これは外国もあるんですが、外国は最近ございませんけれど、研修する場合も国内の先進的な団体あるいは個人問わずでございますが、支援しているという内容でございます。今回は、個人に1人当たり3万円というふうなことで、4名分をみているところでございます。
 それから、担い手経営開始支援事業あるいはニューシニアファーマー支援事業、これにつきましては新規に就農する方々が農地の取得あるいは借用、初めてやるものですからなかなか軍資金的なものも問題あるんですが、そういう面に幾らか支援しようということで10アール当たり5,000円というような支援事業を考えているところでございます。
 その他につきましては、それぞれの課長から答弁いたさせます。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) 園芸関係の方をお答えさせていただきます。
 まず、アイラブファームの事業費、それから補助率というふうなことでございますが、総事業費で3億659万円となってございます。これは、補助対象以外の設計監理、あるいは防災調整地等の事業費も含めた金額でこのくらいになってございます。補助対象事業費といたしましては、このうち2億4,000万円でございます。補助金額は、国の補助が50%で1億2,000万円、県の補助はなしで、市町村で1%で240万円となっております。それから、その他事業費というふうなことで、自己負担になりますけれども、1億8,419万円というふうになってございます。なお、防災調整地については、済みません。訂正させていただきます、含まれておりません。
 それから、販売額というふうなことでございますが、平成22年度の計画でございますが、パプリカA級品からC級品まで含めて8万7,255トンの生産を見込んでございます。売上額といたしまして6,461万2,000円を見込んでいるところでございます。以上でございます。
委員長(宍戸敏郎君) それから、ふるさと農業体験費の実績等についても質疑がございましたが……。産業経済部次長、佐藤順悦君。
産業経済部次長(佐藤順悦君) 次長の佐藤でございます。
 005細目ふるさと農業体験費でございますが、先ほど漏らしてしまいまして申しわけございません。これは、これまで合併前から続けている事業なんですが、小学生の方々を先進農家に、一つの学習の一環としまして先進農家を見学するという事業がされております。ことしは5校を予定しております。特に小学校でございますが、5校予定しております。3農家、これは学校の要望で、例えばイチゴ栽培を見たいとかキャベツ関係を見たいとかいろいろありますけれども、そうしたところを学校の要望の中で取り組んでおります。これまでの実績なんですが、20年度ですと石森小学校、浅水、宝江、加賀野、上沼小学校等が先生方付き添いの中でやっております。見学先としましては、グリーンポート中田とか中田種苗センター、それから酪農家、野菜農家、キュウリあるいは果樹の農家、リンゴ、こういう農家を訪問して学習をしているというような内容でございます。以上でございます。
   (「まだあるよ、ステップアップ事業」と呼ぶ者あり)
委員長(宍戸敏郎君) 答弁。産業経済部次長、佐藤順悦君。
産業経済部次長(佐藤順悦君) 予算の中身ということでございますが、ここに報償金とか普通旅費とか挙げているんですが、先ほども新たに取り組む者、あるいは従来からやっている者ということで掲げていますが、特にこの予算の中で考えているのは登米市食材フェア開催促進ということで、先ほど申し上げましたが仙台等都市部のホテルですね、これの開催に72万円ほど考えております。
 それから、都市部の消費者あるいはさっき申し上げました流通業者、東京等の流通業者等、あるいはホテル、デパートの調理人等あるいは関係者等を地元にお招きして現地を見ていただいたり、PR活動等に62万6,000円ほど考えております。
 それから、登米地域資源連携活用事業というのをこの中で考えております。これは、農業者、商業者、食産業、サービス業の方々、異業種の方々にお集まりいただきまして、メンバーとしまして登米市内の資源の有効活用どうあるべきか、そういう検証、分析、それから新たな商品開発、これら等にワークショップ形式で協議していきたいというふうに考えております。特に、これには登米市観光物産協会の協力を得た中で進めてまいりたいと考えております。
 それから、もう一つの事業としましては、先ほど言いましたが米粉の商品開発、これはぜひ製品化した中で道の駅あるいは直売所で販売していきたい。これに178万5,000円、先ほどの地域資源連携活用には110万円ほどというふうに考えておるところでございます。特に3月になりますが、東京のメトロポリタンホテル、これは全国的なチェーン店なんですが、ここの総料理長等が登米市にまいりまして、生産現場あるいはどういう産物があるのか見てみたいということでまいる予定になっています。昨年もこういう例がございましたが、そういう方々も積極的に受け入れた中で販路拡大に結びつけてまいりたいというふうに考えておるところでございます。
委員長(宍戸敏郎君) 21番、伊藤吉浩委員。
21番(伊藤吉浩君) まず、担い手育成事業の関係なんですけれども、やはり実績等々お聞かせ願いますと、まだまだ人数的には不足しているのかなというふうに思います。しっかりとした1日1億円を目指す以上、やっぱり年間もう少しの人数を目標とした中で担い手育成に努めていただければというふうに思っています。できれば、もう少し年間目標額、何名とかというようなことを設定していただければというふうに考えております。
 それから、ニューファーマーの件なんですけれども、現在土地取得だけで10当たり5,000円というような支援体制なんですけれども、もう少しその辺、力も入れていいのかなというふうに考えます。現在の助成対象者は、多分50歳から60歳ですよね。いわゆる今団塊の世代の方々が退職なされるわけですから、せめて65歳くらいまでの方を対象として、もう少し支援体制を整えてもいいのかなというふうに考えるわけであります。
 それから、ふるさと農業体験でございますけれども、これは学年とか人数とかその辺ちょっとわからないんで、もう1回お聞かせ願いたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部次長、佐藤順悦君。
産業経済部次長(佐藤順悦君) 昨年の実績で申し上げますと、石森小学校では学年が3年生、それから4年生ですね。人員は23人。それから、浅水小学校さんでも24人、それから宝江小学校さん23人、加賀野小学校43人、上沼小学校45人というよな状況になっております。小学3年生を対象にしております。申しわけございません、4年生ではございません。3年生だけでございました。
委員長(宍戸敏郎君) ニューファーマーの支援体制アップ、産業経済部次長、佐藤順悦君。
産業経済部次長(佐藤順悦君) 先ほどお話ししました担い手経営開始新事業10アール当たり5,000円、そして今ご質問のニューシニアファーマーは取り組んだ場合1アール5,000円とありますが、これは正直言って実績まだございませんでした。それで、支援の内容を拡充してはというご指摘でございますが、この辺は今設けている補助制度が果たしてマッチングしているのかどうかを含めまして、全体的な見直しの中で今ご指摘あった点も含めて検討してまいりたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) もう1点ありますね。担い手育成事業の目標設定、アップのための目標設定。
産業経済部次長(佐藤順悦君) これまでの当初予算は、要求し予算化していただいているところなんですが、私どもとしましても目標を高く掲げてやりたいというふうな気持ちは十二分に持っているところでございます。事あるごとにいろいろな研修回とあるいは4Hクラブとか、そういう会合等の中でも私たちも周知し、こういう支援業がありますよというような呼びかけはしております。啓発等もしておるんですが、実績がこのような状況でございますが、今後につきましては、今後の登米市の基幹産業の農業の担い手という観点から、広くこれらの新事業が活用できるように啓発に努めて、目標を高く持って進めてまいりたいというふうに考えております。
委員長(宍戸敏郎君) 21番、伊藤吉浩委員。
21番(伊藤吉浩君) 現在、世界的経済不況の中、登米市もそのあおりを受けていると思うんですけれども、やはり基本的には第一次産業の活性化が登米市には欠かせないというふうに思いますので、その辺の多様な担い手の掘り起こし、育成、その辺に力を入れていただければというふうに考えます。
 それから、ふるさと農業体験におきましては、多分農業体験だけなのかなと。その辺考えると、食育とかそういった面も教育委員会としっかり連携した形の中で事業推進していくことがこれから大切というふうに考えます。
 それから次、園芸振興費のアイラブファームの件でございますけれども、結構やっぱり面積的にも販売額的にも登米市の農業生産からすればすごいウエートを占めていくことかなというふうに思います。そういった中で、アイラブファームさんが今後環境保全に対してどういった取り組みを考えているのか。そういった実績、計画があれば、お聞かせいただきたいというふうに思います。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) ただいまのアイラブファームが今後、環境的な方策というふうなことでどのようなものを考えているのかというふうなことでございますが、今までの話し合いの中での話になりますけれども、例えばアイラブファームのハウス、パプリカの残さですか、それらを堆肥化などをして農地に散布をするというふうな資源循環型、そのような面も一応検討しているというふうなことでございます。以上でございます。
委員長(宍戸敏郎君) 21番、伊藤吉浩委員。
21番(伊藤吉浩君) 現在、登米市では環境保全型農業を推進しているわけでございますので、その辺もしっかりアイラブファームさんにお話ししていただき、登米市の中での新しいモデルといいますか、環境保全型農業をしっかり目指していくわけなんですから、その辺もご指導いただければというふうに思います。
 それから、やっぱり産業と農業、それから環境、そういったことが共生していくことが大切だというふうに思います。
 それから、本来この園芸振興費なんですけれども、基本的には一般農家といいますか園芸農家さんに支給されるべき項目かなというふうに思います。それが、現在企業さんにそういったこと、補助金が向けられているわけでございますので、今後本来の目的である企業さんだけじゃなくて、やはり一般農家さんに対してこれくらいの補助金が出ていれば、非常に私たち納得し、大賛成するわけでございますので、その辺のお考えもひとつよろしくお願いします。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) ただいまの市内の農業者の方々への園芸関係の助成というふうなことでございますが、市の単独事業で園芸産地拡大事業というふうな事業を展開してございます。これは、園芸用ハウスの施設整備に対する助成、それから園芸用機械整備の助成、それから分解性マルチとかですけれども、環境保全資材の利用に対する助成、園芸産地の定着化というふうなことで、園芸用農地の客土等への助成、それから指定産地の定着化事業というふうなことで、グリーンポートといいますか、集出荷場があるわけですけれども、そこの利用者に対する助成、それから園芸生産者の確保対策というふうなことで、新規に取り組む場合の苗購入の助成というふうなこととで、農業者に対する助成を行ってございます。この金額の総額が1,675万3,000円というふうな金額になってございます。
 それから、価格対策といたしまして宮城県青果物価格安定相互補償、それから登米市の独自補償制度というふうなものにそれぞれ282万3,000円、1,376万5,000円というふうな金額を予算化要求をしているところでございます。以上でございます。
委員長(宍戸敏郎君) 21番、伊藤吉浩委員。
21番(伊藤吉浩君) それから、最後になりますけれども、物産ステップアップ事業の件でございますけれども、やはりどうしても施政方針には話されているわけなんですけれども、どうしても従来的なイベント型事業というふうに見えるわけでございます。しっかりとしした新たな事業の創設とか商品開発、特産品、その辺にしっかり力を入れたステップアップ事業というふうなことで、できればお願いしたいというふうに思います。以上です。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部次長、佐藤順悦君。
産業経済部次長(佐藤順悦君) ご指摘のとおり、イベント開催等に終わらず、さらにこれからの農業経営といいまか農家の方々の所得向上ということを考えまして、新たな開発等そして新たな販路拡大、そちらの方に重点を置いてことしは進めてまいりたいというふうに考えております。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑ございませんか。35番、植田正俊委員。
35番(植田正俊君) 65ページにある、今みんなが言った園芸振興費、アイラブファームなんていうの、一体どこに書かれているのか。この説明書に書いてくれないのか。
委員長(宍戸敏郎君) 答弁。農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) 失礼いたしました。この予算概要書の中には、園芸振興費の中で補助金というふうなところで、園芸産地拡大事業補助金ほか1件というふうな表記にとどめさせていただきました。もう少しわかるように記載をすればよかったのかなというふうに思います。
委員長(宍戸敏郎君) 35番、植田正俊委員。
35番(植田正俊君) だから、親切でないって言うんです。この予算書にもありませんよ。私真剣に聞いていたけれども、一つも言っていませんよ。よくこういうのに載っていれば、厳しく質問もできるんですがね。そういうことではやっぱりだめですよ。
 とは言うものの、このことについてアイラブファームなるものは、国から補助金50%、それから県から何か10%とかって聞いたんですがね、それでいいですか。そして、県ではなくて市で出したんですか。それで、これバラ色のように見えますがね、農業なんていうのはある時期によってだめになるかもしれませんですよね。それで、市がやるというのは今度計画を延ばしたとかいろいろありますが、先行き心配ないですか。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) 予算概要書の件でございますけれども、この中にはここのアイラブファーム以外にも、畜産にしても施設園芸にしても相当の各生産法人に対する助成をしてございまして、この中には事業名で記載させてございます。それで、提案理由の説明の中でこの部分についてはつけ加えて説明したわけでございますので、ぜひその意をくんでいただきたいと思ってございます。
 それから、農業の先行きをご心配いただいてございますけれども、やはりそうした委員のご質問のようにならないように支援をし、そして生産者みずからも取り組んでいかなければならないと、そう思ってございますので、ぜひご理解をいただきたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 35番、植田正俊委員。
35番(植田正俊君) 立派な返答ですので、そのようにお願いします。
 それでは、このおのおのの成果をひとつ言ってもらいたいんですがね、この68ページにある共同活動支援事業費交付金というの、金額が大分大きいですが、この内容を。
 あとは、共同活動支援事業費交付金、68ページにあるね、今言った金額が相当大きいんですが、この内容、簡単でいいから。
委員長(宍戸敏郎君) 農村戦略推進室長、五十嵐孝也君。
農村戦略推進室長(五十嵐孝也君) 農地水環境保全向上対策の支援費でございます。共同活動と営農活動支援がございます。いわゆる共同活動、1回部分につきましては、田畑の面積合わせて4,879.78ヘクタール分の支援費といたしまして、5,325万6,000円。それから2回部分でございますが、営農基礎活動支援というようなことで、営農基礎活動73組織ございますけれども、この73組織に1組織当たり5万円というようなことでありますので、365万円。それから、営農活動支援の中に先進的支援がございます。いわゆる6,000円口でございます。反当6,000円、取り組んだ場合支払われるというようなものでございます。これにつきましては増加分も含めまして、増加分と言いますのは今度生産調整で水稲を多くつくることができるというようなことがありますので、それを含んだ面積が3651.27ヘクタール、交付金額で5,326万7,000円。それから、これまで説明しておりましたが、県の肩代わり分がございます。これが1,987万7,000円、合わせて2回部分につきましては7,679万4,000円。それから、これに事務費を加えまして1億3,488万6,000円ということで計上してございます。以上でございます。
委員長(宍戸敏郎君) 35番、植田正俊委員。
35番(植田正俊君) あといま一つ聞いて終わりにするから。75ページに観光物産施設仙台物産館のことが載っておりますが、これからの見通し。私は、もっともっと金かけてもっと大きな市場みたいにしたいと願っているんですが。どうですか、これ。その辺について、計画みたいもの。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) 仙台物産館については、19年度から常設店として開設し、それから今年度については屋外施設の拡充を図りながら内部の販売と外部の販売を行ってございまして、今議員ご指摘のようにそこを大規模に改造し、市場的な部分についてということについては相当の課題を解決しなければ実現できない問題なのかなと、そう考えてございまして、現施設を有効に活用しながら仙台での物産の販売、それから観光のPRの拠点施設として活用したいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑ございませんか。44番、阿部正一委員。
44番(阿部正一君) 2点ほどお尋ねをいたしたいと思います。
 概要書の63ページですが、登米ブランドについてお尋ねをいたします。前に一般質問で登米市のブランド品を海外市場に、そしてその環境づくりをというようなお話をしてまいりましたが、これからどのように取り組んでいくのか。まず、これまでの取り組みをいたしてまいりましたことについて、お話しをしていただければというふうに思います。
 それから、74ページですが、先ほどもありましたけれども、生活相談員でございますが、ここに3名というふうにありますけれども、今大変な世の中になっておりまして、この3名で十分に対応できているのかどうなのか。これからも、これでできるのかどうなのかをお聞かせをしていただきたいと思いますし、顧問弁護士さんがおられると思うんですが、その方々のかかわりはどのようになっているのか、お聞かせをしていただきたいというふうに思います。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) 登米ブランド品の海外輸出ということでございますけれども、登米ブランド品ならず登米市内の農畜産物の海外への輸出については、市のビジネスチャンス支援事業を活用しながらアジア圏への米の輸出、あるいは商談、そうした取り組みがなされております。また、過半の一般質問でもございましたように、全農みやぎが仙台牛の良質部分を試験的に香港の方に輸出したというような経緯もございます。ただ、それについても登米産の牛は該当しませんでしたけれども、そうした取り組みが行われているということであります。
 ただ、いずれにしてもさまざまな相場の問題なり相手の関係なりがございますけれども、こうしたビジネスチャンスを活用しながら挑戦いただく方については、支援をしてまいりたいと、そう考えてございます。
委員長(宍戸敏郎君) 生活相談員3名でOKかという。商工観光課長、神田雅春君。
商工観光課長(神田雅春君) それでは、生活相談員の関係でご答弁させていただきます。
 まず、3名でできるのかということでございますが、平成19年と20年の1月までの相談件数を単純に比較してみますと、19年度で298件ありまして、1月まで既に324件ということで、既に昨年度の相談件数をオーバーしている状態でございます。相談員につきましても、19年度の2名体制から20年度3名体制ということでやっておりまして、足りているのかという内容につきましては、県の方の生活相談窓口もありましてそちらとも協力体制でやっておりますので、今のところは大丈夫というふうに一応考えております。
 また、生活相談員の質の向上という点にづきましても、21年度につきましては新たに消費者行政活性化基金事業というものが今度ありまして、その中での消費生活相談員のレベルアップ事業というようなメニューもありまして、それにつきまして今度相談員を派遣して質の向上に努めたいというような形で考えております。
 それから、顧問弁護士の件なんですが、相談の中でも多重債務の相談につきまして約50%ほどあるような状況でございます。この多重債務は、サラ金、ヤミ金等になってきますと過払い金等も発生する事例もありますし、実質的に相談員だけでは相談の内容が不十分ということで、現在はあとは司法書士、それから市内の開発弁護士の方と協調して相談の後処理をしているような状況でございます。また、個別の案件につきましては市の顧問弁護士の方にも、今のところは事例はありませんが、相談はしていけるというような状況になっております。以上でございます。
委員長(宍戸敏郎君) 44番、阿部正一委員。
44番(阿部正一君) 今、海外市場にというようなことで取り組みをいたしているというようなことですが。牛についてはわかりますが、どのようなところにどうしているのか、もう少し具体的に話をしていただければと思います。
 それから、相談員の関係ですが、やはりいろいろ聞きますと少し人数が足りないんではないかというようなお話もお聞きしますが、そのようなお話を聞いているかどうかお聞かせを願います。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) 海外の輸出の部分でありますが、特に米については生産調整の中で新規需要米を作付けされた方が、国と県の商談会、バイヤーの会議に出席いたしまして、そして香港の販売先との連携を図りながら輸出しているというような状況であります。さらに、もう一方についてもこの事業を活用しながら商談会に参加し、現地の販売者との交流を図りながら推進に取り組んでいるというような状況にもなってございます。
 それから、畜産については試験的に取り組んでおりましたけれども、やはり輸出する途上の関係もございまして、仙台市場では現段階では対応できないという課題もございまして、試験的な段階にあるといういうような推移にございます。
委員長(宍戸敏郎君) 商工観光課長、神田雅春君。
商工観光課長(神田雅春君) 消費生活相談員の人数につきましては、今勤務体制の中で日曜日の勤務等につきましてもありまして、第3日曜日、それから毎週月曜日の夜ということで相談体制をとっておりまして、その中で職員の勤務体制をやっているために、若干相談員が薄い日もあるわけでございますが、その辺につきましては職員もその辺に協力体制をとりまして、一緒に相談をしているという状況で、今のところは何とか回っているというような状況でございます。足りないというような状況までは、直接私の耳には今のところ入ってきている状況にはありませんので、よろしくお願いしたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) ここで、2時13分まで休憩します。
          休憩 午後2時03分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時13分
委員長(宍戸敏郎君) 再開いたします。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 40番、高泉雅樂委員より、午後3時過ぎごろ早退したい旨の届出がございます。
 引き続き、質疑ございませんか。25番、小白幸記委員。
25番(小白幸記君) ちょっと、第5款、6款、あるいは7款にもわたるようになるかと思うんですが、質問しますので端的に伺いますので、沈黙の時間や長いつけたりは要りませんので、あらかじめ委員長取り計らいをよろしく。
 63ページに、登米市農村戦略推進会議負担金があります。この推進会議というのは、どういうことを議題にどういう開催回数をもって、この推進会議のメンバーはどういうふうになっているか、資料が実はほしいんです。すぐあれば出していただきたいんですが。その上でお話しをしたいと思います。
 それから、雇用対策の括弧書きの中に、離職者技術取得支援給付金200万円と、この中身はどういうふうになっているのか。つまり、求職者、離職者である人がこのことについて学びたいということであれば全部支給するのか。先ほどから答弁を聞いていると、予算要求の段階の積算基礎を持っていればすぐ答えられるんじゃないかと思うことがなかなか出てこない。そのことをちょっと不思議に私は感じていますので。市長のところでチェックしたり、その前から部長がチェックしたり、いろいろしているんだろうと思うけれども、とにかく項目に間違いなく数字が散りばめられていれば、それで予算書ができるということではないと私は思うんだ。その経過をちょっと、市長なり財政担当の企画部長なりお話しをいただければいいんです。
委員長(宍戸敏郎君) 暫時休憩します。
          休憩 午後2時16分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時17分
委員長(宍戸敏郎君) 再開いたします。
 休憩前に引き続き会議を開きます。答弁。企画部長、島本和男君。
企画部長(島本和男君) 2点目の質問について、私の方から答弁したいと思います。
 予算作成に当たりましては、これは各部署でいろいろ積み上げていただきます。そして、各その部署でいろいろ内容を部長を中心にして検討の結果予算要求をさせていただいておりますが、その中で企画部財政担当としましては、当初予算で計上するもの、あるいは国県等の補助がある場合、それがまだ確定しなかった場合は後で補正予算で対応するものと、そのような仕分け方などをして当初予算計上をさせていただきました。
 なお今回につきましては、施政方針の中でも説明しましたとおり、改選年度ということであらかじめ継続事業等、国等の関連がある事業等、そのようなものを優先的に今回計上させていただいております。そういう予算計上の仕方を今年度はさせていただきました。
委員長(宍戸敏郎君) 農村戦略推進室長、五十嵐孝也君。
農村戦略推進室長(五十嵐孝也君) 登米市農村戦略推進会議の概要を説明させていただきます。資料は、設置要綱等を渡してあります。
 この推進会議でございますが、18年4月1日設立しております。設置の目的は新たな対策、いわゆる農地・水・環境保全向上対策、もとは品目横断的経営安定対策、経営所得安定対策等大綱決定以降の新たな対策の対応と、登米市の農業振興計画の策定のために設置されたものでございます。構成メンバーは、管内の七つの構成団体の代表者で構成されております。予算は、今議員から質問ありましたように100万円、農協から100万円、改良区から5万円、迫農業共済から5万円というようなことでございます。
 なお、推進会議の成果につきましては、1日1億円創出プラン、登米市農業ビジョン、登米市食料農業農村基本計画ですね、それから農地・水・品目の加入申請事務を行っているというようなものでございます。以上でございます。
委員長(宍戸敏郎君) 25番、小白幸記委員。
25番(小白幸記君) 資料を届けていただきましたが、予算の内容もちょっと触れておりましたけれども、予算の額とか問題でなくて、私は農村戦略推進会議というのですから、かなり幅広いことにこの推進会議は検討に及ぶのではないかということです。当初予算の積算基礎までここに出てきましたが、つまり水稲を初めとする転作作物も含めたいわゆる園芸、その他まで含んでいるということについては理解ができます。しかし、なぜ農村戦略の中に畜産の問題がないんですか。林業の問題がなぜないんですか。
 例えば、農林省がやっていることで、農地・水のことをやってきた資料を今示されたんですけれども、例えば林業のことを一つ例にとれば、山村再生プランということについて「それなりの金を出すよ。ちゃんとやんなさい」という事業も実は農林省はやっているんだ。そういうことの検討もしないで、この予算を立てるときの根本的な結果はここから出てくるんでないかなと思ったの。ところが、何だか去年の予算額を足したり引いたりして、羅列しただけに過ぎないんでないかと思う。この問題を、何とかの組合長と理事長を集めてただ事なかれ主義でやっても、この人たちはもうそろそろ田んぼに行かなくなったり山に行かなくなったりしている人たちだから、農地・水・環境の問題がどういうふうになっているのかわからないんだよ。
 市長も何か第一番目に入って、阿部長壽、この人は変わったのかな、西城弘、千葉仁一、千葉喜三郎、石川雄紀、佐々木孝行と。この人たちをフォローしているメンバーは、だれですか。例えば森林の問題で言いますと、森林環境保全整備事業もあるんだよね。そうすると、市民生活部環境課のメンバーも実はこの中に行ってなきゃない。さっき何だかインフルエンザのことを、出てきたらすぐ保健所と産業経済部とどこだか一緒になって対策に走ると言ったけれども、そのことを登米市がやっておかなきゃないんでないの。
 だから畜産の問題は、酪農のことは「ら」の字もなくて、和牛ブランドだの何だのってべこのことは全部和牛のことね。こういう、何が農村戦略なの。こんなことで1億円創出をけつたたいて、だれのけつたたくかわからないけれども、やってもおれは実現不可能だと思いますよ。養鶏やっている人もいるんだ、畜産でも。豚をやっている人もいる。長沼と伊豆沼にだけ水産協同組合があるんでなくて、北上川漁業協同組合もあります。これは涌谷から飯野川、逆まわりに言いますと津山、登米、東和を含み新迫川の下流、米山の議長のちょうど家の前あたりが境で、そういうエリアで漁業協同組合がある。
 「どこどこには何ぼの補助金やればいい」って、補助金やればそれで終わりでないから、市の政策は。それを何十年もやってきたんだから。それをいまだに続けているというこの感覚は、おそれ多くも農村戦略なんて言葉を使って、確かに組織条例の中にはあるんだ。そういうことをやっていても、私は農林振興課の中の農村戦略推進室、それから別表第2には農村戦略室は農政企画係でやると。こんな矮小化して、名前さえつけておけば予算とれるからみたいな話で、何にも例えば6款、7款にわたる雇用の問題も含めてどうするかということがさっぱり出てこないところで、えらい人たちが会議しているんじゃないかとおれは思うの。このことについての感想を、ぜひ聞きたい。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) 沈黙になるようでありますけれども、今ご質問いただいたようにこの会の設立につきましては市長が申し上げたとおりであります。特に、19年度から経営安定対策が本格運用される、農政の大転換ということで、この事業が市内で組織する農業団体が一体となって円滑に進めるように、そしてその安定対策の本格的稼働に合わせてこの登米市の農業振興の1日1億円なりあるいは成長戦略あるいはビジョンを策定し、その策定に取り組んできたわけでありまして、その委員構成については農業団体の代表者でありますけれども、その下には各課長の幹事会、あるいはその部門ごとの部会を設けながら計画を策定し、そして現在についてはこの計画の取り組みの実績の検証をし、それに対して検証に基づいて実効性を確保するために、次年度対策に反映する支援策をというようなことで取り組んでまいってございます。
 ただ、議員ご指摘いただいたように、森林の部分、雇用の部分が入ってございませんけれども、その部分についてはやはり労働については労働行政の中で対応させていただいてございますし、それから森林については林業行政の中で方向性については林業審議会にご相談を申し上げながら取り組む方向についてご意見、ご提言をいただきながら取り組んでいるというようなことでありまして、ぜひこうした制度の中で進んでいるということについてご理解をいただければと思ってございます。
委員長(宍戸敏郎君) 25番、小白幸記委員。
25番(小白幸記君) 部長、今何か呼吸困難を起こしているようだな。そんなことを今言ってその場を過ごしても、何の役にも立たないの。もう、私も4年間ずっとこの予算の姿を見てきて、項目に挙げればいい、つまり役所の中のセクト主義で縦割り行政でやってきたことの姿が、全部あらわれている。例えば、こういうことも農林省は、「金っこ出すからこいつもやれ」ということを言っているんだ。
 林業のことにかかわって言いますけれども、教育ファームの取り組みに対する支援というのもあるんだ。教育長、どう思います、どこで何かやっていましたか。学校林はある、刈り払いしないでもう40年も50年もたって、立派な林になっている。山見さ連れていったことありますか、例えば。それから、農村コミュニティーの再生活性化支援事業もある。そうすると、これはコミュニティー事業のかかわりを持った予算の支出をどこの課が、どこの部がやっているか。このことも包括的にやるのが戦略なんだ。戦略があって、戦術が出てくるわけだ。こんなことをやっていたら、どこに行っても戦いに勝てるわけがないと思うな。
 つまり、農業総生産額では宮城県で登米市は最高だ、東北で3番目だとか言うけれども、中身はまことにつじつま合わせの予算を提案して、そしてことしも多分私も含めてこのメンバーだから原案賛成で通るから、これでいくわけだ。もう4年これをやってきたわけだ。結果どうですか、そしてころころころころ農業政策がまた変わる。例えば、12月3日に農林水産省が農地改革プランというものを出してきた。簡単に言えば、企業参入も農地の賃貸借で可能にするということも含めて、ちゃんと出してきている。しかし、農地転用規制の厳格化という項目もちゃんとつけている。
 ところが厳格にしたけれども、昔の地主は「おまえにおらいの土地貸すからな」と言ったのに、今度地主が貸してひどい目に遭わせたんだけれども、逆が出てくるわけ。企業が賃貸借で借りた金に、持ち主に金を貸して取り返す段取りをするよ。そういう時代なんですよ。こんなのんきなことをやっていたんでは、アイラブファームが来るから、登米市の農産園芸が振興できるなどという甘い考えは捨てた方がいいんでないかと、私は思っている。べこもいなければ、山のこともない農村戦略推進会議なんていうのは、やめた方がいいんでないか。市長、どのように思うの。そんなことでないから。旗っこ立てれば、集まってはっとが何ぼか売れるという話とは違うんだよ、これ。
委員長(宍戸敏郎君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 厳しいご指摘をいただきました。
 まず、この農村戦略推進会議の成り立ちということで申し上げますれば、もちろんこの字句から読み取れることは、地域の生活まで及ぶような非常に多岐にわたる取り組みになるだろうというふうなことは想定されるわけではございましたが、この会議の設立の趣旨は先ほど産業経済部長から答弁をいたさせましたような、そういった取り組みをまず包括的に、そして各行政、そして各関係機関連携のもとで取り組むべきというようなことがらの必要性が生じ、設置をさせていただいたわけでございます。そして、その所期の目的が達成されてきた後に、ではこれからどのようにしていくのかというふうな、また新たな課題が今出てきておるところでございますので、そういった部分につきましてはこれからの戦略推進室の中での大きなテーマとして、議題としてしっかりと議論をしながらその取り組みをさせていただきたいというふうに思っております。
委員長(宍戸敏郎君) 教育長、佐藤壽昭君。
教育長(佐藤壽昭君) 先ほどのご指摘ですけれども、確かにそのとおりだと私も思います。たまたま歴史的に文部行政、そのまますっぽりとひたひたときておったという流れがあったという流れがありますものですから、他部署につきましては認識不足ということを改めて反省をするわけです。ただ、その地域から物事を発想しますと、地域から見ればそれぞれの行政の区分けはないわけでありますので、発想としてはこれからやっぱり登米市に根づいた発想とすれば、行政の壁というのは取り破らざるを得ないだろうと。そういう意味では、委員会としましては微弱ではありますけれども、少しずつその方向で教育行政に取り組んでいくということでご理解いただきたい、そう思います。
委員長(宍戸敏郎君) 25番、小白幸記委員。
25番(小白幸記君) 市長。市長の直属の登米市の再生をかけた農村戦略推進室にしてはどうですか、組織条例を変えて。そんな、何とか係がやる程度の話でないんだよ。そこは、組織はやっぱり戦略を生んでいく舞台になるわけだ。農地が大事にされていく、耕作放棄地も再生していくという中で、登米市の農業がおのずからそこで再生していく姿が見えてくる。だから、あなたの直属の中でこの問題を考えていく方が、私はいいと思う。農村というのは、何も佐沼の大通り商店街を含まないというんでないよ、農村だからここも。そういう観点でやっていかないと、新しい切り口が見えてこなければ、ただ羅列した、去年の予算書を出してそいつを赤鉛筆で書き直した予算書になっているようにしか見えないこの予算書の、予算はやっぱりその市の顔でもあり、本当に市長が持っている何に情熱を傾けていくかという姿が見えてくるものでなければだめだと。役所の今までのただ縦割りのことを積み重ねても、私は市民のための予算書としてのまっとうはできないと思う。そういう意見を言いながら、私の質問は終わります。
 ただ、市長はそのことについてちょっと考えを言ってください。
委員長(宍戸敏郎君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 直属の組織をというようなご提言をいただいたわけでございます。そういった意味では、直属の組織というふうになりますと、非常に多岐にわたる範囲の広い、そしてそうしますと逆に大勢の皆さんがかかわっていくというような形になることも想定をされるわけでございます。そういった意味では、総合的な判断の中でご指導いただいた点、十二分に踏まえていきたいというふうに思っております。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) 今、委員ご質問の中で予算書は赤ペンで修正しただけというようなことでございますけれども、事業名については同様でございますけれども、中身については1日1億円なり、あるいは今議員からご指摘あった国の農政がめまぐるしく転換してございまして、そうした中身を吟味させながら計上させておりますので、その点はご理解をいただきたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑ございませんか。2番、沼倉利光委員。
2番(沼倉利光君) 概要の65ページの、話題になりましたアイラブファームのこの園芸振興費についてお尋ねをいたします。
 先ほどのどなたかの説明では、21年は6,400平方メートルということでございますけれども、当初は一気にやるということがこの中では計画がどのような年次計画になっていくのか、その辺についてお知らせを願いたいと思います。と申しますのは、あとの約2万3,000、4,000については来年度すぐやるのか、それとも3年計画なのか、その辺についてお知らせください。
 次に、この土地については当初は農地に転用するというようなお話でございましたけれども、現在どうなっているのか。そして、この農地についての貸した場合については市のものなので、税というものはどちらも存在しないのかどうか、その辺についてもお尋ねします。
 それから、このアイラブファーム、当初の予定よりは残念ながら小さくなったわけですけれども、現在で雇用はどのような形になっていくのか。また、今回このような状況の中で、市の当初の目的だった企業戦略の中での誘致ということから見れば、どの程度の貢献度になるのかですね。期待をしていますけれども、どういった状況になるのか。ぜひお伺いをしたいというふうに思います。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) アイラブファームの年次計画というふうなことでございますが、来年度またというふうな具体的なものはまだございません。経済の状況を見ながら、年次計画達成に向けて頑張っていくというふうなことだと思います。
 それから、農地というふうなことでございますが、あの場所につきましては農地というふうなものではありません。宅地の中に施設用地を建設するというふうなことで、農業振興地域整備計画上では農業用施設用地というふうにしてございますが、農地法上での農地というふうなことではございません。
 それから、雇用というふうなことですが、今の計画の中でですけれども、雇用者というふうなことで、年間選果箱詰め360人、収穫360人、ほ場管理500人というふうなことで、1,220人の年間見込み、作業力というふうなことを見込んでおります。
委員長(宍戸敏郎君) 貢献度。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) アイラブファームの地域への貢献度というふうな話でございますが、経済効果というふうなことでございますが、税の関係で申し上げますと市に入ってくる法人税、これは均等割で一応5万円というふうな見方、それから固定資産税で建物償却資産というふうなことで、合わせて281万6,000円、合計286万6,000円を見込んでおるところでございます。
委員長(宍戸敏郎君) 2番、沼倉利光委員。
2番(沼倉利光君) 経済状況を見ながらということは、残念ながらそうすると来年この状況では、まだ建設結果がないということなんですけれども、そうすると当初の事業費である3億609万円の事業費の範疇内というか、それとも来年のこの6,400平方メートルだけで3億円余のお金をかけることか、その辺についてもう一度お尋ねします。
 それから、雇用につきまして何か1,220名というすごい膨大な人数を使うようですけれども、よく考えてみると三、四人くらいの人が常駐いるだけという気がするんですけれども、これくらいだと私の知っているあるトマトをつくっている方でも、近くにいる方でも、これ以上の20人前後の人を使っているんですけれども、これで雇用計画というのはちょっといかにもお寒いなという気がするんですけれども、ぜひこれ本当に景気の状況を見ないきゃいけないんですけれども、担当当局も大変だと思いますけれども、これはぜひ目標達成の方向で、ただ残念ながら前の新聞でも、円高によりかなり韓国からパプリカが輸入されいるということを聞きますけれども、やはりその辺の状況についてはしっかりとした3億6,000万円余のお金をかけた土地でありますので、年間に土地代5万円とか固定資産税281万円というお話ですけれども、これだって全部建てた場合の281万円ではないかと思うんですけれども、もう一度お尋ねします。
委員長(宍戸敏郎君) 農産園芸畜産課長、遠藤 仁君。
農産園芸畜産課長(遠藤 仁君) まず、年次計画というふうな話でございますが、21年度につきましては約3億円の事業というふうなことで、第一期工事のみというふうなことでございます。それから、雇用につきましては、先ほど申し上げた数字のほかに、実際そこの社員がおるわけでございます。5人の株主社員がおりまして、そちらの方々もその方に従事をするというふうなことでございます。
 済みません、固定資産税につきましては、縮小した後の算定でございます。
委員長(宍戸敏郎君) 2番、沼倉利光委員。
2番(沼倉利光君) 当初ここを工業団地という形の中で、あえて先ほどの21番議員からありましたように、実際は園芸振興費という、なぜか工業の関係に園芸振興費が入らざるを得ないような状況の会社であります。これ部長、道路だからという形にならざるを得ないのかなという、一般の市民からのお話がございますけれども、これ例えば地産地消の中で何人かのこういった形の農家がやっていくという場合についても、同じように土地を買ってそして貸すという方法で、このような補助金制度の中で事業がこれからも一般の農家に対してもこのような規模であれば、1町歩前後でもやれるということなんでしょうかね。そうしないと、何とかアップというのにつながらないような気がするんですけれども、その辺についての公平的な事業の推進というのは、いかがでしょうか。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) このアイラブファームの誘致については、当初は企業誘致の形、それからこの農業生産株式会社となりまして、この生産法人については昨年の12月に市の認定農業者の認定を受けてございまして、そうした立場で今園芸振興費の中に支援事業として予算を計上させていただいてございます。また、市内の農家の皆さんがこうした取り組みをする際についてはどうなのかということでありますけれども、一つの例とすれば畜産振興の中で草地の市有地の貸し付け等々もやってございます。さらに、この場所といいますか土地を買ってまで与えるのかということでございますけれども、その立地する事業の要件を十分に精査しながら対応していかなければならないと、そう考えてございます。
委員長(宍戸敏郎君) 2番、沼倉利光委員。
2番(沼倉利光君) 3億6,000万円のこの今回の北方の土地が、全部工業に入るかどうかわからないんですけれども、ぜひこの残った土地にいち早く企業を誘致していただきたいんですけれども、概要の74ページの企業誘致費の中に、そのための対策費というものがどの程度入っているのか、最後にお伺いします。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) 土地取得については全体で3億6,000万円を予定してございまして、アイラブファームの貸し付け部分については農業施設用地と、ぞれから西側の部分については企業の誘致ということでの設定をしてございます。そうした中で、予算計上の中には企業誘致対策として、企業かはちょっと別にしましても、載せてございまして、そうした中で強力にこうした経済情勢でありますけれども進めなければならないと思ってございます。
 ただ、やはりこれまでも市が進めておりましたあの場所を対象にした企業さんについても、その計画については「一時凍結させてほしい」とかさまざまな要件がございますけれども、県との連携あるいは情報の環境条件の提案を行いながら、あの場所への23年以降に供用開始となりますので、それに向かった取り組みについては万全の体制で取り組まなければならないと、そう認識させていただいてございます。
委員長(宍戸敏郎君) 沼倉委員、いいですか。
 ほかに質疑ございませんか。14番、小川勝男委員。
14番(小川勝男君) それでは、質問させていただきます。
 最初に市長にちょっとお伺いしたいんですけれども、これは総務省の財政局財政課長の内かん目次です。それらを熟読の上今年度の予算に反映させたのか、まずそれを1点最初にお伺いしたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 暫時休憩します。
          休憩 午後2時48分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時49分
委員長(宍戸敏郎君) 再開します。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) ご指摘をいただいた件でございますけれども、地方財政計画のことかと思いますが、その辺の部分につきましては十二分に精査をさせて積み上げておるところでございます。
 詳細につきましては、関係職員より答弁させます。
委員長(宍戸敏郎君) 企画部長、島本和男君。
企画部長(島本和男君) 今市長答弁したとおりでございますが、前にも副市長が答弁していると思います。地財計画を示されたものに基づきまして、交付税の参入やらいろいろな諸数字について今回計上させていただいております。
委員長(宍戸敏郎君) 14番、小川勝男委員。
14番(小川勝男君) なかなか、その内容が多岐にわたるものでございますから、今度の予算書を見ると、これは20年の予算の編成の基本的な考え方に拘束されるものでも何でもないです、内かん書は。ですけれども、これはあくまでも根本にしながら予算執行というようなことがあります。
 そこでお伺いします。この中に、61ページなんですよ。そこにふるさと農業体験費、小学生先進農家見学に要する経費10万5,000円とありますね。ところが、この内かんによりますと、20年度に開始する子ども農山村漁村交流プロジェクトの推進のため、国においてはモデル事業を実施することとしているが、事業の推進体制及び受入体制の整備及び宿泊体験整備に要する経費については、財政措置を講ずることと。ところが残念ながら、今回もこういう農村交流体験事業の中では10万5,000円、しかし国の方針ではこういう方針でいきましょうと、お寒い限りでございます。
 やはりこういうものは、これからの農村実情を知ってもらう交流の中で、若人がどんどん我が市に来まして新たな展開が始まるというような関係で、こういうものが10万5,000円という予算、この内かん書等の中で財政措置を講ずるというような文句があります。それから、このことが1点。このようなものがあるとすれば手を挙げて、やはりこういうものが最初にその政策の中にもっと、予算の執行の中では考えさせるところがあります。
 また、今度はこれは公園管理費と第3セクターの中でございますけれども、それも管理運営の委託事業もありますけれども、この中でこういうこともありますね。今までもいろいろ話題になった、公園管理それから施設があります。その中では、この内かんによりますと第3セクター等の資金調達に係る損失補償については、要するにこれからふえるであろう債務関係の補償関係が入るかもしれません。住民への情報開示の徹底、このようにあります。ところが、今までは住民への情報開示はなかったですね。これらが、この内かんによって初めて、拘束されないけれども国の方針として要望された。これらを生かさなきゃならないと私は思いますね。その件。
 それから、これは70ページです。森林インストラクター謝金10万9,000円、これは市がこれからセラピー基地に始まる森林公園の中で、謝金10万9,000円、これは資格ある方ですか。それとも、今度全市を挙げてすべての職員、すべての住民、すべての地域に関係する方がやはりこういうようなインストラクター、その中に十分な知識、研鑽を持たなきゃ対応できないというような感じがします。事業を大きくするとすれば、そういうことがあろうかと思います。先ほど小白委員も言っておられましたけれども、やはり事業展開にそういうものを生かさなきゃならないと思います。そういう意味で、これはどうなっているのかお伺いします。
 それから、あと1問で終わります。林業総務、70ページですよ。この中で市有林森林国営保険料296万8,000円、この樹齢、樹木、面積、それと今森林保険の中で70年年齢樹とか80年齢樹とか、そういうような樹齢、保険をかけてもむだだというふうな森林情報も流れます。これらをあわせてどのような効果、それからこれからの補償になったときどのような内容なのか、それだけで結構ですので時間あとありませんので、それだけ4点だけお答えください。
委員長(宍戸敏郎君) 順次答弁願います。副市長、井林 貢君。
副市長(井林 貢君) 財政課長の内かんというのは、たしか1月の末に出ておると思いますけれども、財源措置をするということで今お話しありましたが、どういう形でかというのは明記はされておらないと思いますけれども、財政措置の仕方につきましては補助金でやる場合、あるいは特別交付税でやる場合、それから普通交付税の単位費用の中に一部算入すると、そういう形がありますが、そこの姿はまだ見えておりませんというところだけひとつご理解いただきたいと思います。
 それから、3セクの公表の件でございますが、自治法に基づきます議会への公表はさせていただいておりますが、一般の公表はしてございません。ただ、今小川委員さんがおっしゃったのは、多分債務保証とかがあって、損失補償等があって、地方団体が損失を補てんしなければならない状態のところをある程度指している部分があろうかと思います。今のところ、登米市の場合は損失補償してございませんので、そこにはまだ至っておらないということだけご報告申し上げておきたいと思います。
 その余の件につきましては、産業経済部の方からお答えさせていただきたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) 国策の中からのご質問でございまして、まず一つの子ども農村漁村交流モデル事業でございますけれども、これについては前に45番議員が一般質問をした件かと思ってございます。これについては、現在モデル地区、モデル町村ということで、県内では3地区かと思ってございます。近隣では南三陸かなと思ってございまして、この際このモデルとなる地区となる要件がございまして、四つあったと思いますが、その中で登米市としては合致することができなかったことから、申請はできなかったという経緯があります。ただ、この事業の中に誘致するということから、グリーンツーリズム推進事業の中でこうした対象校に対する体験学習の場として、私どもは取り組んでいるというような内容になってございます。
 それからもう一つ、森林インストラクターの関係でありますけれども、これは事業の際に資格を持った方に対する謝礼ということでありますので、ご理解をいただきたいと思います。
 それから、森林保険について効果がないんではないかということでありますけれども、これについてはやはり火災等々、あるいは災害等を兼ね合わせれば、この森林保険に加入しているというようなことでありますので、ご理解いただければと思います。
委員長(宍戸敏郎君) いいですか。産業経済部長、小野寺富雄君。
産業経済部長(小野寺富雄君) このインストラクターの指導につきましては、新たな森づくり等で津山とかがやってございますけれども、そうしたことにお出でをいただき、指導いただいてございます。当然、その森林セラピーの中でこうした事業があれば、この中にも組み入れていかなければならないと、そう考えてございます。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑ございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(宍戸敏郎君) これで5款労働費、6款農林水産費、7款商工費についての質疑を終わります。
 ここで、3時10分まで休憩いたします。
          休憩 午後2時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時10分
委員長(宍戸敏郎君) 再開いたします。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 17番、伊藤 栄委員より、4時半ころ早退の届出がございます。
 次に、8款土木費、9款消防費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。26番、太田 博委員。
26番(太田 博君) 2点ほど。
 まず、9・1の防災の関係で聞きます。9・1の県の防災訓練でありますけれども、登米市で行うために登米市民がどのような役割分担で市民参加する訓練なのか。それとあわせて、ここは平日だと思いますけれども、その辺の訓練の全体像がもし現時点でイメージしてあれば、お知らせ願いたいと思います。
 それから、防災ラジオの関係でありますが、配付前に受信状態の確認をしたと思いますけれども、現時点でちょっと二、三人の方からまるきり役に立たないという声も聞いております。逆にいいという声も聞いております。ただ、買ってむだだったという声も多いものですから、その辺の対応はどのようにしているのか、2点についてお聞きします。
委員長(宍戸敏郎君) 危機管理監、阿部力郎君。
危機管理監(阿部力郎君) それでは、まず最初に9.1総合防災訓練の関係でございますけれども、これは宮城県沖地震が発生してからずっと実施されておるものでございまして、今回はその前の開催も含めまして44回目の開催ということで、本来ですと県内を7ブロックに分けまして栗原が21年度実施予定でございましたけれども、地震災害等の復旧対応をしているということで、登米市が今回担うことになりました。
 それで、訓練の場所等でございますけれども、既に県の方から危機管理監等が来庁されまして、場所等の確認を行っておりまして、現時点では予定地といたしまして長沼フードピア公園ですね。それで、昨年10月末と11月1日の2日間、自衛隊の大幅な訓練が行われまして、状況等については県の方でも把握しているということで、あの地を候補地として現在進めておりまして、これに対する関係団体の打ち合わせがこれから行われまして、現在2回目の打ち合わせが行われる予定になっております。それで、一応参加団体は約90団体、2,500名を想定してございます。
 それから、今回いろいろと訓練の内容といたしましては、大体毎年想定した訓練が地震、津波、風水害、火災、その他林野火災等々でございますけれども、今回の訓練の内容としましては地震と風水害と火災をメインに訓練するということでございます。これにつきましては、大規模な訓練となりますので、市民の方々、特に毎年実施しております6・1の市における全体訓練を各支所の訓練、それはやりますけれども、市としての全体訓練は行わないでこちらの方に傾注するということで、それでできるだけ地元の自主防災組織あるいは関連機関に呼びかけまして、訓練の中に参加していただくというようなことで、具体的にはこれから各団体等と詰めておりますけれども、消防等の方と連携をとりながら遺憾のないように進めてまいりたいと思っております。
 それから、防災ラジオでございますけれども、昨年8月第1回目、10月第2回目ということで、おかげさまで1万4,000台のラジオを手当いたしまして、市民の方々からは1台当たり1,000円ということで配布いたしましたけれども、やはりそれから毎日のようにクレームと申しますか、「聞きづらい」とか「見てくれないか」というのが毎日のようにございまして、私どもでメモをとった部分で150件ほどそれぞれ職員が出向いて対応してまいりました。ほとんどが、難聴地域と言われるところにつきましても、防災アンテナのいわゆる外部アンテナを設置することによって解消している状況でございまして、個人からの申請あるいは区長さんを通しての申請、いろいろございましたけれども、私どもとしましてはとにかく聞こえないと役目を果たさないということで、誠心誠意いろいろと対応してまいりまして、何とか現時点では若干ございますけれども対応している状況については、ほぼ満足いただいているのかというふうに思っておりますけれども、なお毎日のように「見てくれないか」という問い合わせはございますので、これからも対応してまいりたいと思っております。以上であります。
委員長(宍戸敏郎君) 26番、太田 博委員。
26番(太田 博君) 防災の関係でありますけれども、90団体の2,500名くらいの規模ということでございますが、そこで市民にいろいろと参加してもらいたいという声がありますけれども、どういう立場で市民が参加するかと。この訓練を通じて市民が何を得るのか。この今回の訓練の最大の目的ですね、毎年やっていると思いますけれども、いざこういう市民が参加して約900万円ですか、かかりますけれども、これだけの経費をかけて行う訓練でございますので、何か得るもの、期待するものがあると思いますけれども、その辺どのように感じていますか。それ1点。
委員長(宍戸敏郎君) 危機管理監、阿部力郎君。
危機管理監(阿部力郎君) 防災訓練を、市民のそういうふうな日々の平常の訓練の場にどういうふうに活用できるかということでございますけれども、私どもといたしましても市の防災計画、災害対策法に基づきました防災計画がございまして、さらには国民保護計画あるいは市の危機管理指針に基づいたマニュアルはございますけれども、やはり市民の方々が生きた訓練ということになるためには、やはり参加してそこで経験をしていただくということが一番でございます。
 それで、自主防災組織のキーワードといたしまして、自助、共助、公助という言葉がございますけれども、今回こういうふうな防災訓練は、この三つがまさに一堂に会しての訓練であるというふうに認識しております。そういうことで、炊き出し訓練とかあるいはいろいろ想定されたAEDとかいろいろな訓練がありますけれども、自助の部分とそれから避難所の開設とかそういうふうないわゆる協働の隣保精神に基づくもの、さらには今回はいろいろな機関がまいりますので、その公助の日ごろの災害現場で頑張っている姿、そういことも目の当たりにできるわけでございますので、そういうふうな体験と、それからあとこういうふうに常に自衛隊とか警察とか動いてますよということを改めて認識してもらって、国民の80%が地震に対する不安を持っているということでございますので、それをできるだけ解消できるような場にしたいというふうに考えております。
委員長(宍戸敏郎君) 26番、太田 博委員。
26番(太田 博君) 防災、大体わかりましたけれども、いずれ全体で2,500名という部分、登米市民がこれまで旧町域で行った訓練をやめて、これ一本に絞るということでございますので、市民の参加人数、制限するかどうかわかりませんけれども、その辺参加人数、全体で市民だけ。関係団体はいいですから、一般市民がどのような自主防災組織を通じてやりますけれども、この辺をどの辺までの声掛けをしていくのか。まず1点、お聞きします。
 それから、防災ラジオでありますけれども、日々いろいろ苦言が来るということでございますが、これはすべて外部アンテナ等を例えば立てながら、機器がむだにならないことにする努力はすべてするのでしょうか。
委員長(宍戸敏郎君) 防災課長、村上昭一君。
防災課長(村上昭一君) 市民の声掛けということで質問がありましたけれども、自主防災それから協定事業所等を通しまして、全体の市民の方々に声掛けをいたしまして参加を呼びかけるということで考えておりますので、よろしくお願いしたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 危機管理監、阿部力郎君。
危機管理監(阿部力郎君) 後段のラジオの部分でございますけれども、私ども屋外のスピーカーが350台ほどございますし、それから既に整備されております個別受信機が各家庭に6,600台行っております。今回ラジオが1万4,000台、この中には個別受信機とラジオのどちらも持っている方、あるいはラジオを2台、3台と購入している方もございますので、細かい状況については把握できませんけれども、一応2万7,000世帯から換算しますとこういう形で76%くらいの方が個別の聞こえるラジオとか受信機を持っているということでございます。しかしながら、やはり緊急放送等でどうしても聞きづらいとかそういうこともございますので、ラジオにつきましては極力100%に近い、ちょっと雑音が入るとかいろいろございますけれども、とにかく100%に近い受信できる状況を目指しておりますし、さらにはそういうふうな部分で恩恵に預かれない部分、いわゆる情報がはっきり伝わらないという部分につきましては、消防団の無線とかさらには各総合支所で広報車による活動とか、そういうようなことを通しまして情報が確実に伝わるような形で対応してまいりたいというふうに考えております。
委員長(宍戸敏郎君) 総務部長、小竹秀悦君。
総務部長(小竹秀悦君) 防災ラジオの難聴対策について、私から答弁をさせていただきます。
 この防災ラジオの普及の趣旨については、今危機管理監が申し上げたとおりでございますが、この希望をとったりあるいは実際にご配付をする場合に、行政区長さんの手をわずらわせまして大変お世話になったんでございますが、今危機管理監が申し上げたような個別の要請があったことに個々に対応するという方法も一つの方法ではございますが、いつまでもこのような状況で対応するというわけにもいきませんので、一応この段階できちんと締めをする意味からも、もう一度行政区長さんのお手をわずらわせることになりますが、受信状況について防災ラジオの購入世帯に対しまして全世帯調査をいたしまして、そしてその調査結果に基づいてきちんと対応するという形でやらせていただきたいと、このように思っております。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑ございませんか。16番、佐々木 一委員。
16番(佐々木 一君) この概要書で言いますと、79ページの6目の景観形成費、その中の報酬で街なみ景観整備審査会委員報酬、報償費として報償金、景観懇話会委員謝金、それと新聞にもきのうですか松島が今度景観行政団体になったということで、登米市の次に2番目になったということで、登米市が大変先輩のようで先進地のような感じをあの新聞を見た限りでは受けるわけですけれども、その関係でこの委託料、景観計画策定業務委託料350万円、これは20年、21年度で策定するようでありますけれども、この計画の策定、これは市全体を見た計画だというふうに思いますけれども、この計画に前に恐らく平成5年から旧登米町の条例で策定をいたしましたこの街なみ景観整備審査会、これが平成5年になったようでありますけれども、もう15年以上たつわけですね、この審査会。この審査会の意見と言いますか、そういったものがこの今回の景観計画策定業務、この計画にどのように生かされるのか。あるいは全然関係ないものなのか、まずその辺お聞きいたします。
委員長(宍戸敏郎君) 都市計画課長、及川甚悦君。
都市計画課長(及川甚悦君) 景観計画でございますが、平成20、21年度で策定を予定してございます。それで、景観の懇話会につきましては15名で組織をして、現在策定に向けて会議等を進めてございます。登米町の街なみ景観等々の絡みにつきましては、街なみ景観整備事業等の計画と整合性をとった形で進めたいと考えてございます。
委員長(宍戸敏郎君) 16番、佐々木 一委員。
16番(佐々木 一君) 当然、これはこういった専門的なずっとやってきた方々の意見を聞きながらやるのが筋だというふうに思いますし、この景観計画は一応市全体で言いましても恐らくこれは登米町を中心とした計画だというふうに思います。それが、補正でも出たんですけれども、この街なみ景観整備審査会とこの一番下にあります負担金ですか、補助及び交付金で街なみ景観整備事業補助金、これが前回の補正では400万円ほど減額になったようでありますね。その内容が、「申請者がなく、減額になった」といったような説明だったようでありますけれども、この登米市内でもいろいろな情報を発信して、これから宮城の明治村を売ろうとしているときに、だんだん今回200万円、この交付金、補助金ですか、これを減額するというのはどういったあれなんでしょうかね。
 申請がないからだんだん減らしていく、これが理由かもわかりませんけれども、前年度19年度も恐らく申請が11件だかもしかしてなかったような話も聞いております。そういったことで、3年間もせっかくこういった条例をつくりながらないといったことは、どうしてないのか、そこから普通ならいくと思うんですけれども、そこにいかないんですかね。申請がないから、だんだん予算を減らしていく、こういった考えなんですか。お願いします。
委員長(宍戸敏郎君) 都市計画課長、及川甚悦君。
都市計画課長(及川甚悦君) ただいまの街なみ景観整備事業につきましては、旧登米町域が策定をいたしました要項の規定によりまして、申請者が行います事業に対して3分の1、あるいは100万円の安い部分の補助金ということになってございます。それで、前年度につきましては400万円計上させていただいてございましたが、やはり申請をいただいた方がいなかったという部分を加味させていただきまして、今年度は200万円ということで計上したところでございます。
 ただ、今後景観計画あるいは将来的に景観条例等々を策定するのとあわせまして、ぜひそういった景観整備には力を入れてお願いをしてまいりたいと考えてございます。
委員長(宍戸敏郎君) 16番、佐々木 一委員。
16番(佐々木 一君) そこで、根本的な考えですね。かなり今、本当に名前が出ていますよ、宮城の明治村、登米町。それと、恐らく豊里小中学校ですよ、全国的によく視察も来ていますし。今、いろいろさっきから農業分野でも、さっぱりめりはりがない、アピールするものがない、登米市は一体何を売ったらいいんでしょうかといったような、いろいろご意見もあったわけですけれども、せっかくこれから三陸道もできますし、景観行政団体になったと。この景観行政団体はただの名称なんですか、これは。恐らく、申請の件数がないというのは、私が考えるには上限100万円、あるいは3分の2、これが恐らく影響しているというふうに思います。聞くところによりますと、大体手をかけても1千何千万円単位でかかるところがずいぶんあるように聞いております。こういったところに、100万円をもらってもやはりなかなか気が進まないというのは、これは地権者といいますか地主の方々のこれは思いだというふうに思います。登記簿上は、これは個人の財産というふうに思いますけれども、考えればこれは本当に市の財産ですよ。そういった考えになれば、もう少し利用率を高くする要項なり何なり、こういったことを変更しても、何とかせっかくできた街なみの景観、これを利用した登米市の宮城の明治村、登米町、こういったことをアピールするのにどうしてもう少し踏み込んだ、今まで申請がないからと予算を減らすと、こういった考えではとてもとても私はうまくないんではないかなというふうに思いまして、まずもってこの要項の見直し、これをやる気があるかないか、まずお伺いいたします。
委員長(宍戸敏郎君) 都市計画課長、及川甚悦君。
都市計画課長(及川甚悦君) 要項につきましては、建物の外観に要する経費、あるいは集権施設、それからブロック等々の地区の差異ということになってございます。そうした関係で、金額的には最大100万円という形にしたものと思われます。
 ただ、今後その景観計画とあわせまして、やはり新たな景観地区という形で率先して推進をしていくような形になるものかなと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 16番、佐々木 一委員。
16番(佐々木 一君) じゃあ、市長にお伺いいたします、これはやはり政策的な面もありますので。
 今も言いましたとおり、これはやはり個人の財産ですけれども、市の財産です。これをいかに生かすか、そしてまた登米市をいかに売り出すか。そういったことに対して、今いろいろ聞いたんですけれども、市長の考えをお伺いいたします。
委員長(宍戸敏郎君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 施設の改修ということにつきますれば、相当額の経費がかかることが措定されるわけでございます。そしたまた、そういう中において景観という部分に配慮したものがどの程度必要なのかというような部分の検証がまず必要だろうというふうに思っております。また以前に、この地域の景観形成の中におけるさまざまな改修の事例の研修会が登米町であった際に、設計士の方からも建築要件等の緩和等も必要なのではないのかというようなご意見もいただいているところであります。
 そういった意味では、そういった関係者の皆様といろいろと協議をさせていただきながら、地域にとってどのような形をとっていくことが地域の景観づくりに大きく前進することができるのか、検証してまいりたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 17番、伊藤 栄委員。
17番(伊藤 栄君) 16番さんが、私の町を話していただいたことは、非常に気持ちがいいことであります。
 実は関連するわけでありますが、まず初めにこの景観行政団体に昨年4月になりまして、2年計画で計画をつくるということであります。端的に申しますと、この計画をつくってこれをどうするのかということが一つ。それから、この間の補正でも話しましたが、市長の特命で20年7月、去年の7月に宮城の明治村構想・まちづくり計画というのが出ました。それらは、どう今後生きるのか。そしてまた、おととしですか、宮城大学の学生等がこのまちづくり計画にずいぶん携わったわけでありますけれども、それらの計画はどう生きていこうとしているのか、あわせて伺うものであります。
委員長(宍戸敏郎君) 都市計画課長、及川甚悦君。
都市計画課長(及川甚悦君) 景観計画につきましては、登米市全域を対象に計画を策定するものでございます。それで、計画の内容といたしましては、各地域に存在します良好な景観の整備保全を推進する、それから良好な景観の形成に向けて、行為等の制限を定めると。あわせまして、景観重要建造物、景観重要樹木の指定等の方針につきまして定めるものでございます。それで、当然その景観計画につきましては、関連計画と整合を図りまして、新たに景観地区等々を指定させていただきまして、登米の明治村構想の中でうたってございます計画と整合をとりたいと考えてございます。
 なお、景観計画策定後には、景観条例等についても視野に入れたいと考えてございます。
委員長(宍戸敏郎君) 17番、伊藤 栄委員。
17番(伊藤 栄君) この景観行政団体は、条例をつくったりあるいはいろいろな基準を定めたり、あるいは開発行為を制限できたりというふうにできるんだそうでありますね。それはご存じですが。担当課長さん、申しわけございませんが、登米の町に仕事として行ったことありますか。
委員長(宍戸敏郎君) 都市計画課長、及川甚悦君。
都市計画課長(及川甚悦君) 行ったことはございます。
委員長(宍戸敏郎君) 17番、伊藤 栄委員。
17番(伊藤 栄君) 実は、現場を知らないで言っている方が意外と職員の方におりますので、担当課長さんがしっかりと知っているということで、私も安心をしました。
 登米市には、確かにさまざまな景観が優れたものがあるわけであろうと思います。しかし、私は16番委員がさっき申しましたように、何と言ってもある街なみ、文化財、建造物、これがまぎれもなく登米市の核となって内外に広く認知されているということは、委員の皆さんも周知のとおりであろうと思います。ここに、やっぱりピンポイントに集中すべきではないのかなと思いますよ。それで、今回景観行政団体を21年度につくって、どこに委託するか、これはいいんですけれども、せっかくこういうのをつくるんでありますから生きるように、これは約束していただきたいと思います。
 登米のまちづくりで、これまで私もさまざま意見を申しましたが、何々委員会あるいは何々まちづくり委員会、全部それできていますね。しかし、その後どうなったのか。私も関連して聞いておりませんけれども、みんな逃げていく、執行部の答弁は。事実、今16番が話したように合併前に町で、これ関連するんですけれども、合併直前に個人の所有物を町で借用し、総額1,000万円くらいのあれをかけてまいりました。そういう事例もあるんです。
 それで、街なみすべて景観のような感じで私は見ているんですけれども、関連してもう個人では到底手がつけられない代物ばかりなんです。つまり、残ってしまったということです。ここに今度は思い切って、登米市の力で面倒を見るべきではないのか。長期間の年次計画を立ててもよろしいですから、やっぱりやっていただきたい。なぜかと申しますと、観光客が訪れて歩くところ、皆さんご存じかと思うんですけれども、やはり中心というんでしょうか、必ず歩く通りがあるんですね。私は、登米の町全部というんじゃないんです。そこの通り一角でもいいから、やはり個人の所有物であろうと市で建物を借りるなりして、整備していかなければ私はならないと思いますよ。合併前にやったんですから、合併直前に。それらも景観行政団体と関連して話すわけでありますけれども、どうぞ思い切って集中してやるべきではないのかという感じがいたします。
 最後に、委託はどこに頼むと言いましたか。
委員長(宍戸敏郎君) 建設部長、猪股武彦君。
建設部長(猪股武彦君) この景観形成団体に指定されましたのは、景観法に基づきましてのことでございますが、この景観法の考え方そのものがこれまでの我が国は例えば効率重視といいますか、そういった合理的な主義を中心とした国土づくりを進めてきた、まちづくりを進めてきたというふうな反省に立って、ここでそういった景観あるいはそういった美しさとか、そういったことに基づいた国土形成、街なみづくりというふうな方向に転換をすべきだというふうな考え方が基本にあるようでございます。そういった意味で、今回の景観計画を策定することによりまして、各地域の方々が身近な景観をもう一回振り返っていただいて、見直していただいてというふうな意識づけが一番大きいというふうなことでございます。
 それで、特に今回の登米地域につきましては、昔からの武家屋敷というふうなことで、古い建築物が非常に多うございます。それらにつきましても、改めて見直して保存すべきは何か、それから手を加えるとすればどのような方法がいいのかと、そういったことを改めて考えて、そのエリアを定めるというふうなことで、地域の方々の意識を涵養するといいますか、そういったことが非常に大きいというふうに思います。それで、お尋ねの登米町域につきましては、特に今回の計画の中では大きなウエートを占める部分になるというふうに思いますが、お話のありました20年の7月に提示されました構想につきましては、それらを反映する形になるというふうに思います。
 ただ、お話の改修事業に対します申請が少ないというふうなことにつきましては、市長の答弁の中にもございましたが、登米町域でフォーラムを開催いたしましたが、そこでのパネラーの発言の中に会津若松市のまちづくりのリーダーの方がお出でになりまして、その方の事例発表等がございました。その補助内容等々につきましても、いろいろ登米町域の補助内容とも比較をさせていただきましたが、基本的にはそう登米町域の補助の要項は劣ってはいないというふうに私は受けとめてございます。あくまで、その観光ルート、散策ルートの一番要因となります塀、あるいは塀越えの植栽、あるいは蔵等々の外観の保持が非常に大きなウエートを占めるというふうなことでございまして、今回これまで進めてまいりました要項、3分の1、それから100万円以内というふうな補助基準につきましてはそう貧弱なものではないと。会津若松市と比べましてそういうふうに受けとめてございます。このことにつきましては、なお少ない理由は何かとか、そういった現時点ではどうかというふうなことにつきましては、もう一回精査させていただきたいというふうに考えてございます。
 それから、委託先につきましては都市計画課長から申し上げます。
委員長(宍戸敏郎君) 都市計画課長、及川甚悦君。
都市計画課長(及川甚悦君) 景観計画につきましては、平成21年度の予算の中で委託業務を計上してございます。21年度につきましては、まだ確定をいたしてございません。
委員長(宍戸敏郎君) いいですか。
 ほかに質疑ございませんか。7番、相澤吉悦委員。
7番(相澤吉悦君) それでは、概要書の81ページ。02の非常備消防費、消防団運営費というふうなことで伺います。ここに消防団演習、出初式ほか記念品等、あるいは旅費として出動手当等が載っておりますけれども、出初式に私も行ってみました。すばらしい格好いい出初式でした。すごかったです。ですけれども、私ももと消防です。出初式、演習というものは、やっぱり私は消防団が全員出るべきでないかなというふうに思います。なぜ出ないのかなというふうに、半分の団員しか出ていないなというふうに私は思っております。なかなか難しいと思いますけれども、なぜそのようにしたのかなというふうなことで、ちまたのうわさ、あるいはこれは分団長から聞いてるんですけれども、「予算がないから、半分にしてけろ」と言われたとか、そのようなことも聞いておりますので、それでは消防団に入った意味がないんでないかなというふうに思います。その辺のところ。
 あとは、出初式、消防団と消防署が一緒になってやるというのは、これは非常にいいことですけれども。間違いましたらごめんなさい、消防団の団長の訓示、ありましたでしょうか。お願いします。
委員長(宍戸敏郎君) 答弁。警防課長、金 和男君。
警防課長(金 和男君) ただいまのご質問でございますけれども、ことしの出初式に全団員が出ないんではないのかというようなご質問でございますけれども、決算議会のときもお話し申し上げましたけれども、団員の招集については全団員の方にご案内を差し上げております。その中で、師団の事情もございまして、登米市の方針としましては消防団員を全部一カ所に集めるわけにはいかないという考えでございます。そこで、各師団に車両と人員を配備いたしております。そちらの関係で、会場に来られない団員もあるというようなことでございますし、それから団員それぞれの事情もございまして、今年度については約消防署、団合わせまして1,000人ちょっとくらいの参加という形になっております。4月1日現在の団員数については1,706名でございます。以上でございます。
 団長の訓示というようなお話でございますけれども、今年度から出初式のあり方を変更してございます。というのは、消防出初式というような形で登米市の出初式であるというようなことから、消防団それから署団一堂に会しての出初式というような形になっております。その基準といたしましては、仙台市を参考にいたしまして計画を練ったわけでございまして、その中で市長の告示のみというような形になっておりました。それを踏襲したというような形でございます。以上でございます。
委員長(宍戸敏郎君) 7番、相澤吉悦委員。
7番(相澤吉悦君) もっとも格好よく今答弁しましたけれども、仙台市と比較した。仙台市は100万都市ですよ。ここは8万何ぼでしょう。なかなかそのようなことでいいことはいいんだべけれども、案内はしたけれども事情によって来れないと、これは事情によって来れないことはしょうがないことであって、ただ迫師団では偶数奇数がありまして、1分団、2分団、その議席一つ飛んで出ているんですよ、全部。あとの人は出れないというふうなことで。消防というのは、皆さんは毎日行っているからわからないと思いますけれども、非常勤消防というものは、みな待機していればいいというんじゃないですよ。やっぱり、出るときは全員が気持ちを一緒になってしていかないと、出初式、演習もそうですけれども、そのようにしてずっときたんですよ、今まで。
 市長のあいさつで、それでいいんだというふうなことで、決めたからそれでいいんだというならば、決めたことはそれはしょうがないかもしれないけれども。ただ、私としては消防団1,730名ですか、今いるのが。その中で1,000人、730名、半分が漏れるというふうなことで、これでは私は消防団の意識が高まることは全くないと思いますよ。せっかく「消防団に入ってけろ、入ってけろ」って入れたときに、「出初と演習だけは出てけろ」というふうなことで入れているんですよ、みな。お金がないとか銭かかるとかって、そういう問題でないですよ。もう一度お願いします、短く。
委員長(宍戸敏郎君) 消防本部消防長、佐々木信一君。
消防本部消防長(佐々木信一君) 消防団の消防出初式については、警防課長からお話ししたとおりでございます。それで、全団員をこちらの方に招集しないのかということですけれども、防災を担う我々といたしましてはいつどこで災害が発生するかわからないというような、常に危機管理を持っております。そういうことで、全団員を迫なら迫の消防防災センターに集めるということは、それはでき兼ねるとその辺はご理解はいただきたい。そういうことで各師団、先ほど警防課長が話したとおり、消防車両、各師団なり各分団なりで1台ずつを置いて、そちらの方で待機をして、その地区の防災をそのときは担うというような取り扱いをしております。
 それから、全団員を出さないということは決してございません。こちらの方では、最低でも各師団100名は出してほしいというような指示をいたしておりますので、その辺もひとつ誤解を招かないように私の方からも話ししておきたいと、このように思います。以上でございます。
委員長(宍戸敏郎君) 7番、相澤吉悦委員。
7番(相澤吉悦君) 「誤解を招かないように」って、誤解を招いているんですよ。みんな。誤解しています。あと5分ですのでね、だから「短く言って」って言っているんであって、なかなか駆け引きになると同じことなんですけれども、ただ今までのやってきたことと全く違うものだから、みな戸惑っているんですよ。「手当が払えないから、出られない」って、中田に行っても言われた、迫でも言われた、今一生懸命そちこちいろいろなことで歩いていますから、だからそういうことを聞くんですよ。わかりますか、私だけでなく言われてると思いますよ。だから、そういうことなんです。
 そんな格好いいこと言わないで、いいですか、消防団は災害があったときは生命財産を守っていくんだけれども、みなはっぴも着て、作業着も着て、車も持ってきて安全靴履いているんですよ、みな。災害になったらここから行くんだもの、どこに行くったってすぐ行けるんでないの。消防署はではどうするの、消防車あそこから行くんでしょう。みなそっちこっち、分団の人もね。そういうことで、そんなことを言わないで、いくらでもできるでしょう。みんなが消防団が望んでいることだもの、なぜできないんですか。団長さんもあいさつさせらないような、訓示も語られないような、だったら別にした方がいいんでないの。消防は消防で、消防士は消防士でやった方がいいんでないの。何言ってるの。
委員長(宍戸敏郎君) 消防本部消防長、佐々木信一君。
消防本部消防長(佐々木信一君) 「予算がないから、半分にしてほしい」というような、そういうことは申しておりませんので、その辺はひとつご了承いただきたいと。本当に全団員が出ていただきたいのですけれども、そういうことで作業服を着て分団で待機している人も置かなきゃいけないということ、ひとつその辺もご理解は賜りたい。
 それから、このことが全団員に届くように、幹部会議等随時開かれておりますので、その席で私の方からもその辺ひとつお願いしたいということを、議会の方からもこういう話があったと、そういうことのないようにということで話をしていきたい、このように思いますので、ひとつよろしくお願いしたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに。9番、田口久義委員。
9番(田口久義君) 2点ほど確認をしておきたいと思います。
 概要書の77ページの単独事業費の中で工事請負費の、補正の中でも話が出たんですけれども、請け残の件あるいは不用額が出た場合の措置の仕方でありますけれども、たしか補正の中での答弁では一度とにかく戻すというような結論であったかなと記憶しておりますけれども、その根拠といいますか一度戻すことによってどういうメリットがあるのか、その辺のところを一つ伺いたいというのが1点と。
 それから、できればこの請け残あるいは不用額が出た場合に、いろいろな市民からの要望事項が多分何百件とあるかと思うんでございますけれども、そういった方に向けることが、年度内に早急な手続を踏まえて向けることができないものなのか。また、そういった姿勢は大変大切だと思いますので、そういったことに対する今後の対策として、どのように考えることができるのか。その点についてまず伺いたいと思います。
 それからもう1点でございますけれども、概要書の82ページの消防施設費についての、防火用水の増設の関係ですけれども、防火用の水源の確保の考え方としてコンクリートの防火水槽と、それから昔からあるように消火栓があるわけでございますけれども、何か最近は消火栓というよりは防火水槽が主流みたいなやにお聞きをしておるわけでございますけれども、それはなぜなのか。その根拠といいますか、そしてまた現実的に消火栓は現在は施工等、増設等は行われているのかいないのか、その箇所箇所によってやはり消火栓が必要な場合もあろうかと思いますので、その辺の考え方についてお話しをいただきたいと思います。時間ありませんので、なるべく簡単にお願いします。
委員長(宍戸敏郎君) 建設部長、猪股武彦君。
建設部長(猪股武彦君) それでは、最初に工事の請け残の取り扱いでございますが、建設部で用意しました21年度事業の概要をちょっとごらんをいただきたいというふうに思います。
 これの2ページに、2ページは単独事業費といたしまして36路線の予定本数路線を示してございますが、ことしは例えばこの調書をごらんいただきましておわかりのように、3本目の糠塚線につきましては改良工事250メートル行いますと、こういうふうなことでございます。それからその次につきましても舗装工事残、こういうふうな事業をやりますというふうなことでの予算であります。これ以外の路線をやることにつきましては、議員の皆様方にはまだご理解をいただいていない路線というふうなことになりますので、それはいたしかねると、こういうことです。そしてこの請け残の扱いですが、これは維持費に使ったらいいのではないかというふうな趣旨かと思いますが、これは道路新設改良費で財源は起債なり補助金なりでありまして、一般財源につきましてはほんの微々たるものであります。維持費に回しますのは一般財源でしかできませんので、この道路新設改良費で何億を減額いたしましても、減額になりますのは特定財源がほとんどだというふうなことをご理解をいただきたいというふうに思います。
委員長(宍戸敏郎君) 答弁。警防課長、金 和男君。
警防課長(金 和男君) 消防水利の関係のご質問でございますけれども、防火水槽一辺倒の整備になっているんじゃないかというようなご質問でございますけれども、近年大変地震が多発しておると。最近の地震では昨年の6月14日、そのときの地震でも耐震性の防火水槽には被害はないけれども、消火栓についてはやはり管網が破断したりというようなことで、消防水利として使用不能の状態になるというような関係がございます。それで、消火栓は設置できないのかという部分でございますけれども、これは消防水利の基準によりますと消火栓一辺倒に偏ってはならないと、均等、平均的な整備が必要だというような関係がございます。登米市の方針といたしましては、現在は防火水槽を基準に整備をしている状況でございます。防火水槽がどうしても設置できる用地がないという場合については、管網がそれなりの太さの配管が布設されておるんであれば、消火栓の設置も考慮するというような形でございます。
 それから、整備の数でございますけれども、毎年度実施計画に載せて整備しているという状況でございます。以上です。
委員長(宍戸敏郎君) 9番、田口久義委員。
9番(田口久義君) 私の持ち時間はもうなくなったそうなんですけれども、そうすると例えば消火栓、今の説明ですと防火水槽、コンクリート水槽の方がいろいろな意味でいいんだという話ですけれども、例えば防火水槽だと消防ポンプを持ち込んで団員が措置しないとなかなか使用できないという部分があるわけですよね。消火栓の場合は、例えばその責任等、分担等をきちっとしていれば、一般の人でもかぎを使用してすぐ利用できるという利便性もあるわけです。そういった意味では、ぜひ消火栓を設置していただきたいという要望があるところもあるわけなんですが、何せ消防長は「いやいや、防火水槽でなきゃだめだ」というような話で、その辺の使用形態の趣旨からいいましてちょっとかみ合わない部分があるわけなんですけれども、その辺の整合性といいますか、どのようにしたらいいんでしょうかね。その点についてもう一度答弁をお願いしたいと思います。
委員長(宍戸敏郎君) 消防本部消防長、佐々木信一君。
消防本部消防長(佐々木信一君) そうしたら簡潔に申し上げますけれども、消火栓の中で市民の方も利用してできるんじゃないか、それはもっともでございます。ただ、利用できる範囲というのは、ホースが大体3本くらいの設置でございますので、60メートル範囲しかできないというような、そういこともあるということもご理解を賜りたいと、このように思います。
 それで消火栓を設置する場合については、先ほど警防課長も話したとおり、地形的に無理な場合、傾斜地でぜひともそこが無水利で必要だと、たまたまそこに管網が走っているというときには、消火栓を設置するというような形でやっておりますのでひとつご理解を賜りたいと、このように思います。
委員長(宍戸敏郎君) 9番、田口久義委員。
9番(田口久義君) 済みません、もう1回だけ。
 要するに、地域住民が消火栓にしてほしいと言っているのに、なぜ防火水槽でなくてわからないと頑張らなきゃないのかなというのが、そこがちょっとやってもらうことは大変ありがたいことなんですけれども、その辺なんですよね。例えば枯れ葉等にちょっと火がついた場合、なかなか消防ポンプで持ってきてそこの水槽にホースの吸管を入れてやるとなると、一般の方々ではなかなかできないと。したがって、消火栓をある箇所に設置していただきたいというのが要望なわけです。それに対して消防長が、「いやいや、コンクリート水槽でなきゃだめなんだ」という理論がちょっとわからないものですから、その辺もう1回だけじゃあお願いいたします。
委員長(宍戸敏郎君) 消防本部消防長、佐々木信一君。
消防本部消防長(佐々木信一君) 何もぎりぎり「消火栓ではだめだ」とかって言っているんじゃなくて、先ほども警防課長が申し上げましたとおり、消火栓は消火栓としてやはり利点もありますし、防火水槽は防火水槽としてのあると。その中で、これから登米市を災害から守っていくためには、やはり水利の確保というのは非常に大切になると。その意味で、防火水槽、半分半分というのはそこなんですが、たまたま言っている箇所が私は存じておりますけれども、あの箇所はやはり消火栓は完備されております。そういうことでやはり完備されていない防火水槽というのが、設置するんであればということで無水利地区でもあるので、うちの方でも計画を立てて防火水槽ということにしているわけでございますのでひとつご理解のほど賜りたいと、このように思います。
委員長(宍戸敏郎君) よろしいですね。
 ここで、4時16分まで休憩いたします。
          休憩 午後4時06分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後4時16分
委員長(宍戸敏郎君) 再開いたします。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 2番、沼倉利光委員より16時40分ころ早退、37番、佐藤 勝委員より4時45分ころ早退の届出がございます。
 ほかに質疑ありませんか。
 その前に、あと何名くらい質疑したい方おられるか。わかりました。
 ほかに質疑ございませんか。45番、小野寺寛一委員。
45番(小野寺寛一君) 2点ほど質問させていただきます。
 概要書の76ページでございます。用地対策費でございます。事業遂行には、用地が非常に大きなかかわりがありますが、大変ご苦労をかけているところでございますが、まず用地対策に要する経費の中に報償費、協力員謝礼がありますが、この基準についてお願いしたいと思います。
 それから委託費、未登記処理業務に係る委託でございますけれども、前に質問したところ多くの未登記の部所があって、道路台帳の関係でそれをきちっと整備を年次計画でやっていくということでございますが、この予算でどのくらいの見通しをしているか、その積算基礎等についてお伺いいたします。
 二つ目は、消防団の81ページでございますが、消防団員定数によりますと2,000名からの消防団員の定数でございますが、現在先ほどのお話しによりますと1,700人というようなことで、300人ほど不足している。この不足団員の補充についての考え方について、市職員の消防団員を認める、それから高校生も入っておるというようなところもあるわけですが、この考え方についてお伺いしたいと思います。団員増について。
 以上2点について、お伺いいたします。以上です。
委員長(宍戸敏郎君) 道路課長、千葉郁郎君。
道路課長(千葉郁郎君) まず、委託費についてご説明を申し上げます。
 委託費は、大体1件当たり15万円から20万円程度の委託費になります。したがいまして、大体20件から25件程度というふうに、こちらの方で見積もっております。
 それからもう1点でございますけれども、報償費でございますが、報償費はごらんのようにすべての面において用地等々については大変難しい案件を抱えておりまして、特にその用地にご協力をいただいたというふうな方に、報償費として旅費程度ですか、この程度の報償費を出しておるところでございます。実際、平成20年度はございませんでした。今のところございません。
 以上でございます。
委員長(宍戸敏郎君) 警防課長、金 和男君。
警防課長(金 和男君) 団員の定数の不足分をどう考えているかというようなご質問でございますけれども、現在の定数につきましては2,053人というような定数になっております。団員の現数でございますけれども、20年の4月1日現在では1,706名というようなことで、定数には至っておらないわけでございますけれども、公務員、これは県職員も含めましてでございますけれども、県職員の方々の中で教員、学校の先生方も団員になっております。それから、市の職員、一般職の職員でございますけれども、その職員の方々も団員になっておるというようなことで、市の職員につきましてはこれは市長の承認を得ないと団員にはなれないわけでございますけれども、要件を満たしておれば団員になれるというようなことでございます。
 それから、高校生にもというようなお話でございまして、新聞紙上で高校生が団員になったという部分がございますけれども、まだ高校生の方まではアプローチはしていないというような状況でございます。いずれにせ、団員を定数に満たすように、消防といたしましてはあらゆる機会をとらえまして啓発している状況でございます。以上です。
委員長(宍戸敏郎君) 45番、小野寺寛一委員。
45番(小野寺寛一君) 小野寺であります。
 委託料についてでございますが、道路台帳との関係というような形で、これは未処理の分がいっぱいあると前に聞いたところでございますが、そうしますと20件ずつだとしばらくかかるというようなことでしょうか。まず、それについてスピードアップをお願いしたいと、そのように思います。
 消防団については、市職員それから学校職員も入ってもいいというようなことに通達があるというようなことを聞いております。現在、登米市では10名ほどが団員になっているというようなことを聞いていますが、登米市職員としてもう少し団員に入ってもいいんじゃないかというようなことを思っていますので、市長その考えについてお願いを申し上げます。以上。
委員長(宍戸敏郎君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 市の職員としての責務と、そして消防団員としての責務、その辺のところを十分考慮しながら検討してまいりたいというふうに思っております。
委員長(宍戸敏郎君) 道路課長、千葉郁郎君。
道路課長(千葉郁郎君) 未登記の件数でございますけれども、平成20年の12月末で758件ございます。内容は、合併時に旧町から887件持ってまいりました。それで、17年の4月から20年の12月まで38件の未登記が発見されております。全体で925件になりました。未登記の処理を行った件数が167件で、先ほど申し上げたように今現在758件の未登記があるということでございますので、なお一層未登記の解消に努めてまいりたいと、こういうふうに考えております。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑ございませんか。37番、佐藤 勝委員。
37番(佐藤 勝君) 37番ですが、二つお尋ねします。
 一つは道路整備についてですけれども、一般質問でも申し上げましたが、やはり今景気対策に直結する事業の一つとしては道路整備であろうと、これもご理解いただけると思いますが、私の一般質問の答弁に受益戸数の少ない狭隘道路の改良工事はいまだ進んでいないという、これはそのとおりなんですが、実際今この景気対策でいろいろな通常にはない予算が来ますよね。その機会に、このいわゆる狭隘道路の改良、補助事業とかそういうのは毎年淡々と進めていけばいいと思いますが、何しろこの狭隘道路あるいは受益者戸数が少ないという道路は必ず後回しになりますね。ですから、この機会ですから来年つくと言われている、来年度の予算に入っています例えば地域活力基盤創造交付金、これは道路財源の身代わりみたいなものですよね。これはそんなに長続きする、しかもこの金額が9,400億円となっていますが、これが毎年このまま続くとは考えられません。したがって、こういうのを使ってぜひやったらどうかというふうに、私は提案したいと思いますが、お考えを聞きたいと思います。
 それからもう一つは、防災ラジオ。これは、私も相澤議員ほどではありませんが各地を回ると、防災無線で申し込みがおくれたとか、いろいろな事情で「今、隣に行ったっきゃいいのやっていた」と、こういうので改めて見直して、「欲しい」というそういう声を聞きます。これは、先ほどこの件に関する質問で、総務部長はいわゆる故障じゃなくて受信が不能というんですか、そういうところの措置はそろそろ切り上げたいみたいなことで、それでまとめて区長さんにそれを事情聴取してもらいたい、こういうお話がありました。そのときに、改めてとってみたらどうかなというふうに思いますが。私は、かなりの台数になると思いますが、いかがなものでしょうか。2点、お願いします。
委員長(宍戸敏郎君) 建設部長、猪股武彦君。
建設部長(猪股武彦君) まず、1点目の地域活力基盤創造交付金を活用して、道路整備を促進すべしというふうなお尋ねでございますが、このことにつきましても今回当初予算で計上してございます補助事業につきましては、ほとんどがこの交付金事業を活用しての路線となってございます。そしてこれは、各自治体の枠いっぱいまで私どもは要求しておる内容というふうにご理解をいただきたいというふうに思います。
 それで、お尋ねの地域に密着した生活道路につきましては、こういった事業に該当しない路線というふうなことになります。それで、今回の道路財源の見直しの一環といたしまして、地域道路等整備事業債というふうな起債、これはこういった補助基準に満たない道路でも充当できるような起債の発行が許可になるようでありますので、そういった起債を活用しての道路整備について検討をしているところでございます。
委員長(宍戸敏郎君) 総務部長、小竹秀悦君。
総務部長(小竹秀悦君) 先ほどの難聴機器の関係でございますが、これは切り上げるということではなしに、これまで配布したものについて一定期間経過しておりますので、現段階で一度整理をきちんとさせていただきたいと、聞こえないものは聞こえないものとしてきちんと対応して、聞こえる状態にしたいという趣旨でございます。
 それから、今新たに注文漏れの市民の方を対象に再度希望を募ったらどうかというご提案をいただいたわけでございますが、これは当初からお話しを申し上げておりますとおり、台数がまとまって安くなったということがまずございました。ですから、このような形でご希望をとれば恐らく一定程度の台数というのは希望されるんでしょうが、ただ単価ということを考えると相当の開きが出てくるであろうと。それから、新たに転入をされてきた方もいるということもあります。ですから、今回の防災ラジオについては予備調査をし、さらに本要望という形でご注文いただいたわけでございまして、今お話ししたような新たな転入者等の部分まで含めて、当分の間は難聴対策に全力を尽くさせていただいて、今後の課題としてただいまご提案をいただいたことについては検討させていただきたいと、このように思います。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑ございませんか。33番、浅田 修委員。
33番(浅田 修君) 時間はたっぷりありますので。消防の方でちょっとお聞きしたいと思います。
 リヤカーのポンプでございますか、可搬車ですか、その実態がどのようになっておりますか、ちょっとお聞きしたいなというふうに思います。
委員長(宍戸敏郎君) 警防課長、金 和男君。
警防課長(金 和男君) 今議員がご質問なさった部分については、小型動力ポンプの手引き、リヤカーに乗ったポンプのことかと思いますけれども、現在登米市内9師団ございますけれども、47台手引きのポンプがございます。以上です。
委員長(宍戸敏郎君) 33番、浅田 修委員。
33番(浅田 修君) 今回、今期で佐々木消防長、消防業務に大変長く勤務していただきまして大変ご苦労さまでございましたけれども、何かまだ手引きポンプが47台もあるということで、何か心残りあるのかなというふうに思います。この実態でございますけれども、やはり少人数で軽トラック等に乗せなければならないという危険性も多分に含まれているという状況でございます。各町によって全部整備されてきた町、あとそれから整備されてこなかった町がそのままの状態になっているという状況でございます。時代にちょっとそぐわないような実態ではなかろうかなというふうに思いますので、これからのことしの分になかなか載っていないようなんですけれども、この計画性というのはどのように考えておられるのか。その点をお聞きしたいというふうに思います。
委員長(宍戸敏郎君) 警防課長、金 和男君。
警防課長(金 和男君) 議員ご指摘のとおり、時代にそぐわないと。それから、機動性に欠けるという部分は十分認識しております。その中で、消防団の組織の改革、変更とあわせまして、手引きのポンプを軽積載車の方に更新時に変更をかけるというような計画を持って、現在実施計画の方に登載しまして、着々と準備中でございます。以上です。
委員長(宍戸敏郎君) 33番、浅田 修委員。
33番(浅田 修君) 更新時というのは、いろいろ更新時があるはずだよね。どこで更新になるかわからないのさね。軽トラックならまだわかるんだけれども、「車検切れだから、ではこのついでに」ということになるんですけれども、リヤカーに車検ないしね。だから無車検、そのような状況なものですから、やはりもうちょっとスピードを上げて改革するようにやったらどうですかね。財政ですかね。あっちではお金がないというんですけれども、こっちではお金があるんですか。
委員長(宍戸敏郎君) 企画部長、島本和男君。
企画部長(島本和男君) 実施計画の策定時点で、消防本部の方とその辺は十分打ち合わせをして、予算計上をさせていただきたいと、このように思っております。
委員長(宍戸敏郎君) よろしいですか。33番、浅田 修委員。
33番(浅田 修君) このリヤカーの方ですね、いつ大体整備が終わるような段取りになっているんですか。ちなみに、米山の方は終わってきました、合併時点で。今なっている町が、結構3町、4町あるんですか。その実態の中で、やはりもうちょっとスピード感を出して改革していかなければならないのかなと。消防長、答弁してみて。
委員長(宍戸敏郎君) 消防本部消防長、佐々木信一君。
消防本部消防長(佐々木信一君) この手引きのポンプに関しましては、やはり前からこの問題はありました。そういうことで、今年度団長、師団長、それから消防長ということで、各師団のポンプ小屋、それからポンプの状況、全部調査いたしました。それとあわせて、組織の班の人数等も調査いたしまして、その結果やはり早急に手引きのポンプから積載車ということに移すべきだろうというようなことにもなっております。
 しかしながら、先ほど警防課長が話したとおり、1班で2人しかいないというような、そういう班も結構あるわけです。どこどこということは申し上げませんけれども、そういうところを再編成をいたしまして、手引きのポンプについてはやはり災害、火災のときには出動しないで、隣の班の積載車を利用しているというようなこともございます。それから早くやはり軽積載車にしなきゃいけないということは、消防団員が持っている小型のトラックに載せてそれを利用しているというようなこともあります。それでは決して緊急車でございませんので、途中に何かあっても困りますし、それから現場に行くまで交通事故、それから人が荷台に乗ってはだめですよと、緊急車でありませんのでだめですよと言っても、やっぱり乗って出場するということも多々聞いておりますので、そういうことも考慮しながら、財政の方と打ち合わせをしながら、早急に軽可搬を積載車の方に変えていくというように努めていきたいと、このように考えて申し送っていきたいと、このように考えております。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑ございませんか。36番、佐藤恵喜君。
36番(佐藤恵喜君) 簡単なことなんですが、下水道の特別会計繰出金がありますのでここでお聞きしておきますけれども、整備計画、整備エリア等見直しをするという方向は示されておりましたが、聞き漏らしているかもしれませんが、21年度でやるということだったんでしょうか。理由等は要りませんので。
委員長(宍戸敏郎君) 建設部長、猪股武彦君。
建設部長(猪股武彦君) この基本構想の策定マニュアルは国の方から示されるものでございまして、これがまだそういった考え方、方向につきましてはいろいろな通達で来てございますが、マニュアルにつきましてはまだ示されてございません。私どもといたしましては、23年か4年ころかなというふうな見直しの時期、そのころになるのではないかというふうに思ってございます。
委員長(宍戸敏郎君) 36番、佐藤恵喜委員。
36番(佐藤恵喜君) 次に、市長が施政方針で雇用促進住宅について、譲渡を受ける予定だというふうに申しております。この関係ですが、雇用促進住宅の関係で有償譲渡という方向は前にも示されておりますが、若干おとといの国会の質疑で共産党の佐々木憲昭議員に対して、舛添要一厚生労働大臣が、廃止することとした閣議決定、「この見直しも含めて、すべて検討する」というような答弁もあります。さらに調べてみますと、長野県の市長会が「将来の取り壊し費用や維持管理費などを支払うように求める」と、県の市長会でそういうこともあるんですね。いろいろな動きがあると思うんです。したがって、本市として市長として、いわば有償譲渡ということだけでなくて、長野県の市長のような対応なり、無償譲渡を含めていわば国民の財産を自治体が引き受けるということでありますので、無償譲渡だったって決して理屈が成り立たないはずはないんで、そうした姿勢が必要なのかなと思いますけれども、どうなんでしょうかね。
委員長(宍戸敏郎君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 雇用促進住宅の件についてお答えをさせていただきます。
 全国さまざまな自治体の中で、いろいろな動きがあるようでございます。そういった意味では、情報収集についてアンテナを高くし、そして市としての基本的なスタンスをしっかりと伝えながら、この交渉に当たっていきたいというふうに思っております。
委員長(宍戸敏郎君) 36番、佐藤恵喜委員。
36番(佐藤恵喜君) その姿勢で頑張っていただきたいんですが、1点だけ。いわば県内の自治体、所在市町での足並みをそろえると、いい方向に向くためのそういうのも必要かと思いますけれども、それは情報交換等はどういうふうになっているんでしょうかね。
委員長(宍戸敏郎君) 建設部長、猪股武彦君。
建設部長(猪股武彦君) 私の方では、機構の方に譲渡を受けるというふうな申し入れをいたしまして、現在の県内の自治体の動向についてやっと情報を出していただいた状況であります。そして、その内容も限られた情報しか提供されてございません。それは、機構の方では自治体同士で情報交換して、いろいろな共同行動をとられると困るというふうな観点だというふうに思いますけれども、お話のようにこの話が浮上してからかなり機構の方も方針が変わってきておるようであります。ですから、私どもといたしましても早々に軽々に合意に至るというふうなことについては、これは慎重に進めなければならないというふうな感じでおります。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑。42番、田口政信君。
42番(田口政信君) 私の持ち時間3分しかございませんが、協力をいただいておりますので何分か超過してもかまわないということでございます。
 消防の職員給与費について、2款でお伺いすればよかったんでございますが、昨年の11月に、19年かな、11月に特殊勤務手当を否決をいたしました、議会が。消防業務については非常に特殊な部分があって、特殊勤務手当に対する考え方を考え直さなければならなという部分があるのではないかというふうに思っていますが、また財政的にももしかしたら交付金当たりで対応されているのではないのかなというようなことを思うんですが、その辺の再提案をする気持ちがいつかあるのかどうかをお伺いをしたいんでございますし、先ほどインフルエンザの話がございまして、そういう危険な勤務の場合の措置について、市としての考え方をちょっとお伺いします。
委員長(宍戸敏郎君) 副市長、井林 貢君。
副市長(井林 貢君) 消防職員の特殊勤務手当につきましては、議員ご指摘のとおり条例改正の時点で議会の同意といいますか議決を得られなかったということで、廃止に至ったわけでございますので、その議決は重く受けとめてまいりたいというふうに考えてございます。それから、よく話としてありますのは、一つの参考として交付税で入っているから、入っていないからというのは一つの目安ではありますが、これは絶対のものではないということだけをぜひご理解をいただきたいというふうに思います。
委員長(宍戸敏郎君) 42番、田口政信委員。
42番(田口政信君) たしか交付税に、常備消防費あるいは緊急業務費の中に、そういうものの算定があるというふうに聞き及んだことがあるんでございますが、それは消防だけでなくあらゆる危険を伴うものについて、そういう手当を支給すべきだという基本的な考え方があって、そういうふうな配慮がなされているんだという理解をしているんですが、それでも副市長の言うのも正論だと思いますが、その辺の方向づけとしてはどうなのか、それを再確認させてください。
委員長(宍戸敏郎君) 副市長、井林 貢君。
副市長(井林 貢君) この特殊勤務手当そのものにつきましては、もう皆さんご承知だと思いますけれども、やはり仕事をする上で給料表で見られない部分の不快なり危険なり、そういったことを考慮して手当で措置するという趣旨でございます。ですから、いろいなご意見がございましたが、消防のどの部分が危険、不快かというところの判断もあるわけでございまして、私どもは条例提案の段階まではそういう特殊性があるんではなかろうかということで、いろいろお願いを申し上げたところでございますが、それがまさに特殊性はないというご決断をいただきました。ですから、それは重ねての回答になりますけれども、そういう考え方でございます。
 しかし、将来に向けて全く何もないということではございませんが、それは状況の変化によってどうするかというのは、これはまた別の時点で改めて判断すべきことだろうというふうに考えているところでございます。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑ございませんか。
   (「関連」と呼ぶ者あり)
委員長(宍戸敏郎君) 関連。22番、千葉清昭委員。
22番(千葉清昭君) 今の消防職のことですが、消防長は大変本当に長いことご苦労さまでございました。消防長は今回退職されますので、給与表を見ますと消防職には7級職が一人もいなくなるんですね、4月から。6級職ということになっていますね、この212ページの。それで、非常にどういう今までの経過があったかわかりませんが、消防長の下にちょっと空白があるんですね、消防職に。それでこのままいきますと、消防署長もそれから次長もみんな同じ5級職の人たちになるというような感じになるんですが、150人からの消防職がいる、部下がいる消防長が6級職というのは、これはちょっといかがなものかと、責任の度合いからしても。
 消防職に、ここのところにちょっと級別表のところに6級のところに空白があるのは、これはどういう経過があってそういうけうになったんでしょうかね。私はむしろ、特殊勤務手当云々よりもこの辺の整理をきちんとすべきだというふうに思いますが、どうですか。
委員長(宍戸敏郎君) 副市長、井林 貢君。
副市長(井林 貢君) 今議員ご指摘の点は、多分212ページの消防職の級別人員だと思います。この4月1日現在におきましては、消防長の後任が決まれば7級ということになります。それで現時点では、4月1日現在の今の人員で措置をさせていただいております。細かい話になりますけれども、どの方が消防長になるかによって給料が変わってございます。そういったことも、給料表の計算上できませんので、今は空欄でございますが、いずれ6月議会のときは補正もお願いし、級別の人員も変わってまいりますので、その点はご理解いただきたいというふうに思いますので、今までどおりそういった消防の職務級の原則というのは、しっかりと守られていくというふうに考えておるところでございます。
委員長(宍戸敏郎君) 22番、千葉清昭委員。
22番(千葉清昭君) 今現在の級別でということですが、そうしますとこちらはいわゆる部長級でもうお二人の方が退職されるわけですけれども、それでも7級職はことしの4月でも7人いらっしゃるということなんですが、これはどういうことですか。今現在であれば、2人減ることになるはずですが。
委員長(宍戸敏郎君) 副市長、井林 貢君。
副市長(井林 貢君) 現時点では10名おりますので、3名が退職ということで7名ということにさせていただいたんだろうというふうに思います。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑ございませんか。43番、八木しみ子君。
43番(八木しみ子君) 時間が余りございませんので、どなたか発言があったらと思っていたんですが、出てこなかったのでお伺いをいたします。
 概要の77、78ページでございますが、この中で道路維持費のところで、除雪の関係についてお伺いいたします。ことしも本当に思いがけない大雪が降りました。この除雪が、なかなかことしも対応がまずかったと思います。いろいろ苦情も行っていると思うんですが、この除雪のあり方は毎年いろいろな住民からの苦情がございますので、何か対応に改善をした面があるかどうか。まず、それ1点です。
 それから、橋梁維持費でございますが、工事請負費、これはどこの部分なのか。まさか豊里大橋ではないかなとは思うんですが、豊里の大橋も今回の大雪でかなり歩行者が危険な状態が何件かございましたので、これは土木事務所の関係でございますが、その後の状況を何か把握していらっしゃるかどうか、この点についてもお伺いいたします。
委員長(宍戸敏郎君) 土木管理課長、佐々木文明君。
土木管理課長(佐々木文明君) 除雪についてでございますが、除雪につきましては10センチメートルを目安として除雪に入るということになっております。それで、路線につきましても一次路線、それから二次路線、それから三次路線と、そういう順番で実施するようになっております。それで、判断につきましては、各総合支所で判断をして除雪のスタートに入るというふうになっております。土木管理課が取りまとめではございますが、かなり町域ごとで積雪量が大分違っております。それで、地域の実情を知っている支所の方から業者の方に連絡いたしまして、それで除雪のスタートという形になっております。たまたま、今年度の除雪につきましては休日等が重なっておりまして、土曜日、それから日曜日等の除雪が多かったわけでございまして、それでスタートがおくれたものと思っております。
 それから、続きまして橋梁の維持費でございますが、これは別段どこということで予算をとっているわけではございません。ただ木橋等ございますので、床版等の傷みがあった場合補修したり、それから敷砂利等を行うという予算計上でございます。
委員長(宍戸敏郎君) 除雪情報、豊里の件ね。大橋。
 暫時休憩します。
          休憩 午後4時53分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後4時53分
委員長(宍戸敏郎君) 再開いたします。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 建設部長、猪股武彦君。
建設部長(猪股武彦君) 豊里大橋も、このたびの降雪では非常に、特に通勤、通学時間の降雪というふうなことで非常にご迷惑をおかけいたしました。それで、お知らせをいただきまして直ちに除雪するようにとわたらせましたが、基本的には除雪はその日の通勤、通学時にできるだけ支障を来さないように除雪をするというふうなことでございますので、できるだけ6時、7時、その通勤、通学ラッシュが始まる前に除雪が終わるような除雪方法をとってございます。ところが今回の降雪は、ちょうど6時から7時過ぎころに一番のピークの降雪時間帯になりまして、そういったことで非常にそれも急激に積もったというふうなことで、非常に私どもも対応の仕方が難しかったわけでございますが、特に豊里大橋の歩道については電話をいただきまして早々に対応させましたが、特に湿り気の多い雪で非常に申しわけなく思ってございました。
 あと、豊里大橋の改修計画、これは土木行政推進計画の後期計画に、ちょっと私今持っていませんが載っておったというふうに思ってございますが、なお確認してどのような県で位置づけをしたか、改めてお知らせをさせていただきたいというふうに思います。なお、もし載っていない場合は、必ず載せるように後任者に引き継ぎたいというふうに思います。
委員長(宍戸敏郎君) 43番、八木しみ子委員。
43番(八木しみ子君) 豊里大橋につきましては、登米市の南の玄関口でございますので、部長3月までの間に何とか力を尽くしていただければというふうに思います。
 それから除雪なんですが、これは今回平日に大雪が降ったということでありますが、これはやっぱりかなり苦情が来たんです。議員は何の役にも立たないというふうなことで、お叱りも受けました。総合支所から行くばかりじゃなくて、やっぱり本部の方ではもっと対応をスムーズにできるように、これから特に気をつけて当たっていただきたいと思います。
 それから、融雪材なんですが、道路が狭いずっと山あいに入っていくところの住宅があるんですが、その道路が車が通るとすっかり圧雪されて、その後が歩くのがかなり凍っちゃって歩けないと言うんですね。ですから、自転車で歩く方もおりますので、この融雪材をどこかに置いておいていただければというふうなこともございますので、この融雪材についてはどのようにお考えでしょうか。
委員長(宍戸敏郎君) 土木管理課長、佐々木文明君。
土木管理課長(佐々木文明君) 除雪につきましては、確かにやればやったで苦情が来るということもございます。あと、時間的な問題もございますので、どうしても場所、それから順番がやっぱり違うのではないかとかって、いろいろな苦情が来ます。今回の除雪につきましても、直接支所の方に来ないで、土木管理課の方に直接苦情という形で五、六十件、確かにまいっています。ですので、みんながきれいに除雪できるようなグレーダーを全部配置できればよろしいんですが、中にブルドーザー、それからショベル等で実施しておりますので、機械の状況等もございますので、その辺についてはご理解の方をいただきたいと思います。
 それから、融雪材につきましては、散布機で散布している箇所もございますし、それからドラム缶型、それから巣箱のような融雪材箱を置きまして、その中に小袋で分けましたりあとバケツを入れて散布できるような状況にもしております。希望があれば、区長さんとそれから地区の方からどうしても必要だということであれば、その場所には融雪材を設置しておきたいと思っております。
委員長(宍戸敏郎君) ほかに質疑ございませんか。
 その前に最終確認したいんですが、もう何人おられるか、正確に手を挙げていただきたい。2人。じゃあ、この款についてはきょう頑張って終了させたいと思います。
 41番、及川昌憲委員。
41番(及川昌憲君) それでは、消防施設の関係でいきます。
 9番田口久義委員もお話ししましたけれども、21年度の防火水槽の設置計画、実施予定が4カ所のようでございます。これは、財政的なものもあるんでしょうけれども、過疎債充当の中での設置ということで、設置箇所がそういった意味では片寄りを覚えるのではないかと。そういった意味で、ほかの地域に関する優先性、必要性等をかんがみたときに、財政の方でこの辺の財政的配慮をきちんとやる必要性があると思いますけれども、今後の設置についての財政的あり方をどのように感じているか、財政当局に伺いたいと思います。
 それから防災の関係で、きのうもお話ししたんですけれども、雰囲気が悪かったので。新型インフルエンザの関係、本年度の対策としての予算的措置なり、どういった方策を考えておるのか。その辺、2点お願いします。
委員長(宍戸敏郎君) 企画部長、島本和男君。
企画部長(島本和男君) 防火水槽の設置について、今ちょっと片寄りがあるんでないかというご質問、財政当局がどのような予算ということでございますが、消防の方で防火水槽の設置基準に基づきまして年次計画を立てております。それに出されたものにつきまして、私の方は消防の方から優先度で来たものということで、そのような予算措置をさせていただいております。こちらの方から「ここに」とか、そういう指示はしておりません。
委員長(宍戸敏郎君) 市民生活部長、星 英雄君。
市民生活部長(星 英雄君) 新型インフルエンザの部分につきましては、実はこの2月17日に国の行動計画であったりガイドラインであったりというのが改定されて、公表されてございます。これを受けて、25日の日に東北ブロックの会議が開催され、市町村の役割等々の伝達といいますか、そういった会議がございました。これらを受けて、これまで感染症マニュアルの中で対応という、代表質問の中でも答弁してございましたが、これを受けて新型インフルエンザに対する行動計画等を策定して万全を期していくということでございますが、発生した場合の予算措置ということでございます。これは、これはいつどのような形で発生するかわからないということがございますので、これは当然緊急的な予算措置で対応していくことになるだろうというふうに思ってございます。
委員長(宍戸敏郎君) 41番、及川昌憲委員。
41番(及川昌憲君) 新型インフルエンザに関しては、同僚議員が一般質問でやっておりますので、対応政策をきちんと早急に積み上げて、しっかり遂行していただきたいと思います。
 それから、防火水槽に関しては、これはじゃあ偶然に過疎債だけの過疎地域に集中したという考え方でいいんですか、21年度は。そういったこともありますから、ここは余り時間使いたくありませんので、ただ公平性なり優先性をしっかり吟味した中で、バランスのある設置の仕方をぜひ財政の方からも、その辺の視点もこちらと協議していただいてやっていただきたいと思います。終わります。
委員長(宍戸敏郎君) 27番、武田節夫委員。
27番(武田節夫君) 最後の質問、4分くらいですので、再質問はしませんので、簡単に答弁お願いします。
 防火水槽なんですけれども、これは一定の距離、あるいは住居の密度によって一定の基準に基づいて設置しているわけだと思います。その中で、従来の防火水槽は大分上の部分に立てているものですから、大変枯れ葉とかいろいろな形で老朽化になって、それに伴って新しく建てるものなのか、あるいは新しい場所に設置するものなのか。その辺の今後の計画性と、今年度の防火水槽の設置数だけお願いいたします。
 あともう一つ、それに関しまして一般質問でお話ししたように、防火水槽に係わる経費、これは二次製品と現場打ちではどれくらいの価格の違いなのか。当然これは、同価格あるいは現場打ちの方が安いんであれば、当然内需拡大も含めてそれをあえてやっぱり安い方に進めるべきと思います。
 あともう一つ、下水道事業について伺います。私も、同僚議員の話でないですけれども、いろいろ歩いているうちに、特に下水道工事につきましては特に東和地区は岩盤がかなり多くて、半分も能率が上がらない、そういう下水道工事をやっているところが結構あるというふうに聞いております。その辺のところは、監督員がきちっと現場を定期的に回ってそれなりの計画変更なり設計変更しているかどうか。それをしなければ、やはり相当苦労してもなかなか地盤の硬いところについては相当の苦慮をしていると思うんですね。ぎりぎりの予算でやっているんで。その辺に対する考えを聞きたいと思います。再質問はいたしません。
委員長(宍戸敏郎君) 警防課長、金 和男君。
警防課長(金 和男君) まずもって、21年度の設置数ということでございますけれども、先ほど議員の方からありましたように、過疎債を使いまして4基を整備する予定にしております。
 それから、既存の防火水槽でふたのかかっておらない防火水槽、この整備でございますけれども、コンクリートの耐用年数、これは国の補助基準でございまして、50年になっております。ですから、まだ設置されて50年に至らないという防火水槽が大半でございます。その中で、亀裂等が入った場合については順次補修をかけると。それから、新しく整備する防火水槽につきましては、市街地、準市街地の地域につきましては、その中で用途地域につきましては、1の防火対象物から水槽までの距離が100メートル以内になるようにと。それから、準市街地、市街地で用途地域以外の場合については120メートル、その他の地域については140メートルになるように順次設置しております。ですから、現在のところは地権者の撤去の要望がない限りは、すべて他の地域へ無水利地区への整備とさせていただいております。以上です。
委員長(宍戸敏郎君) 都市計画課長、及川甚悦君。
都市計画課長(及川甚悦君) 防火水槽設置に係ります経費の関係でございます。
 現場打ち、二次製品につきましては、躯体の価格についてはほぼ同額となってございます。ただ、現場の立地条件での部分で金額的に変わってくることもございます。
委員長(宍戸敏郎君) 建設部長、猪股武彦君。
建設部長(猪股武彦君) 水槽の件につきましてはそういうことでございまして、市といたしましては現場打設を基本に発注をしてございます。ただ、道路補償工事等の関係で工期を急がせられるというふうな場合について、二次製品を使うケースがございますが、基本的には現場打ちでもって発注をしております。
 それから、下水道事業の掘削溝でございますが、これは設計と現場が相違ある場合につきましては、現場で監督員の話し合いのもとに適宜変更を行っているところでございます。
委員長(宍戸敏郎君) よろしいですか。
 ほかに質疑ございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(宍戸敏郎君) これで、8款土木費、9款消防費についての質疑を終わります。
 お諮りします。
 本日の会議はこれで散会したいと思いますが、ご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(宍戸敏郎君) 異議なしと認めます。
 したがって、本日はこれで散会することに決定いたしました。
 なお、次回の委員会は3月2日午前9時半から開きます。
 本日はこれで散会します。
          散会 午後5時07分

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>