•   0  (日程・名簿)
  •   1  議長(田口久義)
  •   2  市長(布施孝尚)
  •   3  議長(田口久義)
  •   4  企画部長(秋山茂幸)
  •   5  議長(田口久義)
  •   6  総務部長(千葉博行)
  •   7  議長(田口久義)
  •   8  企画部長(秋山茂幸)
  •   9  議長(田口久義)
  •  10  会計管理者(千葉幸毅)
  •  11  議長(田口久義)
  •  12  総務部長(千葉博行)
  •  13  議長(田口久義)
  •  14  企画部長(秋山茂幸)
  •  15  議長(田口久義)
  •  16  総務部長(千葉博行)
  •  17  議長(田口久義)
  •  18  企画部長(秋山茂幸)
  •  19  議長(田口久義)
  •  20  市民生活部長(神田雅春)
  •  21  議長(田口久義)
  •  22  総務部長(千葉博行)
  •  23  議長(田口久義)
  •  24  議長(田口久義)
  •  25  市民生活部長(神田雅春)
  •  26  議長(田口久義)
  •  27  総務部長(千葉博行)
  •  28  議長(田口久義)
  •  29  企画部長(秋山茂幸)
  •  30  議長(田口久義)
  •  31  監査委員事務局長(佐々木義文)
  •  32  議長(田口久義)
  •  33  福祉事務所長(熊谷一)
  •  34  議長(田口久義)
  •  35  市民生活部長(神田雅春)
  •  36  議長(田口久義)
  •  37  環境事業所長(阿部信)
  •  38  議長(田口久義)
  •  39  市民生活部長(神田雅春)
  •  40  議長(田口久義)
  •  41  産業経済部長(高橋巌)
  •  42  議長(田口久義)
  •  43  農業委員会事務局次長(菅原貞治)
  •  44  議長(田口久義)
  •  45  産業経済部長(高橋巌)
  •  46  議長(田口久義)
  •  47  議長(田口久義)
  •  48  建設部長(千葉雅弘)
  •  49  議長(田口久義)
  •  50  消防本部消防長(佐々木建待)
  •  51  議長(田口久義)
  •  52  危機管理監(星茂喜)
  •  53  議長(田口久義)
  •  54  消防本部消防長(佐々木建待)
  •  55  議長(田口久義)
  •  56  危機管理監(星茂喜)
  •  57  議長(田口久義)
  •  58  学校教育次長(千葉一吉)
  •  59  議長(田口久義)
  •  60  社会教育次長(志賀尚)
  •  61  議長(田口久義)
  •  62  学校教育次長(千葉一吉)
  •  63  議長(田口久義)
  •  64  産業経済部長(高橋巌)
  •  65  議長(田口久義)
  •  66  建設部長(千葉雅弘)
  •  67  議長(田口久義)
  •  68  市民生活部長(神田雅春)
  •  69  議長(田口久義)
  •  70  建設部長(千葉雅弘)
  •  71  議長(田口久義)
  •  72  学校教育次長(千葉一吉)
  •  73  議長(田口久義)
  •  74  社会教育次長(志賀尚)
  •  75  議長(田口久義)
  •  76  危機管理監(星茂喜)
  •  77  議長(田口久義)
  •  78  市民生活部長(神田雅春)
  •  79  議長(田口久義)
  •  80  産業経済部長(高橋巌)
  •  81  議長(田口久義)
  •  82  福祉事務所長(熊谷一)
  •  83  議長(田口久義)
  •  84  市民生活部長(神田雅春)
  •  85  議長(田口久義)
  •  86  企画部長(秋山茂幸)
  •  87  議長(田口久義)
  •  88  総務部長(千葉博行)
  •  89  議長(田口久義)
  •  90  市民生活部長(神田雅春)
  •  91  議長(田口久義)
  •  92  議長(田口久義)
  •  93  市民生活部長(神田雅春)
  •  94  議長(田口久義)
  •  95  福祉事務所長(熊谷一)
  •  96  議長(田口久義)
  •  97  総務部長(千葉博行)
  •  98  議長(田口久義)
  •  99  建設部長(千葉雅弘)
  • 100  議長(田口久義)
  • 101  産業経済部長(高橋巌)
  • 102  議長(田口久義)
  • 103  水道事業所長(佐々木秀悦)
  • 104  議長(田口久義)
  • 105  医療局次長(浅野雅博)
  • 106  議長(田口久義)
  • 107  医療局次長(浅野雅博)
  • 108  議長(田口久義)
  • 109  代表監査委員(島尾清次)
  • 110  議長(田口久義)
  • 111  議長(田口久義)
  • 112  17番(沼倉利光)
  • 113  議長(田口久義)
  • 114  市長(布施孝尚)
  • 115  議長(田口久義)
  • 116  産業経済部長(高橋巌)
  • 117  議長(田口久義)
  • 118  総務部長(千葉博行)
  • 119  議長(田口久義)
  • 120  17番(沼倉利光)
  • 121  議長(田口久義)
  • 122  議長(田口久義)
  • 123  議長(田口久義)
  • 124  議長(田口久義)
  • 125  議長(田口久義)
      平成26年第3回登米市議会 定 例 会 会議録(第7号)
 平成26年9月17日(水曜日)
1.出席議員(25名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君       4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 岩 淵 正 宏 君
   9番 伊 藤 吉 浩 君      10番 中 澤   宏 君
  11番 佐々木   一 君      12番 及 川 昌 憲 君
  13番 佐 藤 尚 哉 君      14番 伊 藤   栄 君
  15番 浅 田   修 君      16番 田 口 政 信 君
  17番 沼 倉 利 光 君      19番 相 澤 吉 悦 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君      21番 及 川 長太郎 君
  22番 庄 子 喜 一 君      23番 二階堂 一 男 君
  24番 八 木 しみ子 君      25番 佐 藤 恵 喜 君
  議 長 田 口 久 義 君
1.欠席議員(なし)
1.遅参議員(1名)
  11番 佐々木   一 君
1.早退議員(1名)
  19番 相 澤 吉 悦 君
1.中座議員(なし)
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君    副  市  長  藤 井 敏 和 君
  総 務 部 長  千 葉 博 行 君    企 画 部 長  秋 山 茂 幸 君
  市民生活部長   神 田 雅 春 君    産業経済部長   高 橋   巌 君
  建 設 部 長  千 葉 雅 弘 君    市長公室長    中津川 源 正 君
  財 政 課 長  加 藤   均 君    福祉事務所長   熊 谷   一 君
  危機管理監    星   茂 喜 君    会計管理者    千 葉 幸 毅 君
  環境事業所長   阿 部   信 君    教  育  長  片 倉 敏 明 君
  教 育 次 長               教 育 次 長
  (学校教育)   千 葉 一 吉 君    (社会教育)   志 賀   尚 君
  病院事業管理者  石 井 宗 彦 君    医療局次長    浅 野 雅 博 君
                        消 防 本 部
  水道事業所長   佐々木 秀 悦 君    消  防  長  佐々木 建 待 君
  監 査 委 員
  事 務 局 長  佐々木 義 文 君    監 査 委 員  島 尾 清 次 君
                        農業委員会
  監 査 委 員  千 葉 良 悦 君    事務局次長    菅 原 貞 治 君
1.事務局出席職員氏名
                        議会事務局
  議会事務局長   佐 藤 昌 彦 君    次     長  佐 藤 真 吾 君
  議会事務局                 議会事務局
  主幹兼議事                 議事・調査係
  ・調査係長    加 藤 善 己 君    主     査  浅 井 顕 裕 君
  議会事務局                 議会事務局
  議事・調査係                議事・調査係
  主     事  主 藤 貴 宏 君    主     事  稲 辺 大 裕 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 会議録署名議員の指名
  第2 認定第1号 平成25年度登米市一般会計歳入歳出決算認定について
  第3 認定第2号 平成25年度登米市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
  第4 認定第3号 平成25年度登米市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について
  第5 認定第4号 平成25年度登米市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について
  第6 認定第5号 平成25年度登米市土地取得特別会計歳入歳出決算認定について
  第7 認定第6号 平成25年度登米市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
  第8 認定第7号 平成25年度登米市宅地造成事業特別会計歳入歳出決算認定について
  第9 認定第8号 平成25年度登米市水道事業会計決算認定について
  第10 認定第9号 平成25年度登米市病院事業会計決算認定について
  第11 認定第10号 平成25年度登米市老人保健施設事業会計決算認定について
          開会 午前10時00分
議長(田口久義君) おはようございます。
 ただいまから、平成26年第3回登米市議会定例会7日目の会議を開きます。
 11番、佐々木 一君から遅参の届け出がございます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第90条の規定により、1番、熊谷和弘君、2番、日下 俊君を指名します。
 日程第2、認定第1号 平成25年度登米市一般会計歳入歳出決算認定について、
 日程第3、認定第2号 平成25年度登米市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について、
 日程第4、認定第3号 平成25年度登米市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について、
 日程第5、認定第4号 平成25年度登米市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について、
 日程第6、認定第5号 平成25年度登米市土地取得特別会計歳入歳出決算認定について、
 日程第7、認定第6号 平成25年度登米市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、
 日程第8、認定第7号 平成25年度登米市宅地造成事業特別会計歳入歳出決算認定について、
 日程第9、認定第8号 平成25年度登米市水道事業会計決算認定について、
 日程第10、認定第9号 平成25年度登米市病院事業会計決算認定について、
 日程第11、認定第10号 平成25年度登米市老人保健施設事業会計決算認定についての10議案を一括議題とします。
 一括して、提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 皆さん、おはようございます。
 それでは、認定第1号 平成25年度登米市一般会計歳入歳出決算認定から認定第10号 平成25年度登米市老人保健施設事業会計決算認定についてまでの平成25年度登米市一般会計歳入歳出決算ほか9会計の決算について、地方自治法第233条第3項、地方公営企業法第30条第4項の規定により、議会の認定に付するものであります。
 それでは、平成25年度登米市一般会計及び各種会計の決算の概要につきましてご説明申し上げます。
 平成25年度の地方財政は、国の中期財政フレームにおいて、平成25年度から3年間地方一般財源を平成24年度の水準を下回らないよう確保するとされたものの、長引く景気低迷を反映して地方税の増収が見込めない中、震災に関連する復旧復興関連経費が加わるなど、地方財政を取り巻く環境は厳しい状況にありました。
 登米市におきましても、市税が震災に伴う復興需要や戸別所得補償制度による農業所得の伸びなど一時的な伸びが見込まれたものの、一般会計歳入総額の約半分を占める地方交付税が地方財政計画において前年度対比2.2%の減額で計上されるなど、非常に厳しい中での財政運営となりました。
 このような中、平成25年4月に多くの市民の皆様のご信任を賜り、登米市長として引き続き市政運営の重責を担うこととなり、平成25年6月の第2回登米市議会定例会におきまして所信を述べさせていただき、「産業振興」、「市民が安心して暮らせる健康なまちづくり」、「こころ豊かに生きる「登米人」の育成」、「協働のまちづくり」を重点施策として位置づけるとともに、総合計画の基本理念であります「市民との協働による登米市の持続的な発展」を目指し、施策の推進に取り組んでまいりました。
 平成25年度予算につきましては、改選年度ということから、当初予算では義務的経費を初め経常的な経費や継続事業及び災害復旧経費などを中心に編成し、6月補正において新規事業などの政策提起経費を含めて計上したところであります。
 平成25年度の主な事業といたしましては、環境問題への対応や災害対策として防犯灯LED化事業や指定避難所再生可能エネルギー等導入事業など、加えて消防出張所の整備や予防接種事業の拡充、さらには平成27年度までの継続事業として一般廃棄物第2最終処分場の整備に着手するなど、市民生活の安全安心を図る取り組みを進めてまいりました。
 また、東日本大震災からの災害復旧事業として、石越中学校災害復旧事業や東和総合運動公園災害復旧事業など、加えて災害公営住宅の整備に取り組んだところであります。
 この結果、繰越分を含めた一般会計の最終的な予算規模は約523億円と、過去最大となりました平成23年度の約578億円には及ばないものの、引き続き500億円を超える大規模なものとなりました。さらには、一般会計に特別会計6会計を加えた全会計合計の予算規模でも約797億円と、800億円に迫る規模となっております。
 次に、一般会計及び特別会計の歳入決算につきましてご説明申し上げます。
 平成24年度からの繰り越しを含めた歳入決算額は、一般会計で499億8,778万5,000円、特別会計6会計で273億6,080万3,000円、全会計合計で773億4,858万8,000円となりました。
 このうち、一般会計における歳入の主要科目について見ますと、市税では市民税などが増加したことなどから、前年度より3億1,020万2,000円多い74億5,205万1,000円となり、決算額の14.9%を占めております。
 地方交付税につきましては、震災復興特別交付税が10億3,139万5,000円増額したことなどから、前年度より8億3,448万9,000円多い213億9,109万5,000円、決算総額の42.8%を占め、国庫支出金は65億2,143万5,000円で構成比13.0%、県支出金は34億779万1,000円で構成比6.8%となりました。
 市債につきましては、前年度より15億319万5,000円少ない38億2,870万円で構成比7.7%となっております。
 なお、収入未済額につきましては、一般会計は16億9,601万5,000円で、そのうち10億2,912万1,000円が翌年度への繰越事業などに係る国県支出金で、5億4,206万8,000円が市税の滞納分であります。特別会計全体における収入未済額は、9億7,343万7,000円で、翌年度への繰越事業などに係る国県支出金が1億4,366万4,000円、残りの8億2,977万3,000円の多くは、国民健康保険税や介護保険料、下水道事業負担金の滞納分などとなっております。
 また、不納欠損額は一般会計で6,808万3,000円、特別会計で1億2,885万6,000円となりました。
 次に、一般会計及び特別会計の歳出決算につきましてご説明申し上げます。
 平成24年度からの繰り越しを含めた歳出決算額は、一般会計で475億4,065万円、特別会計6会計で263億8,910万8,000円、全会計合計で739億2,975万8,000円となりました。
 一般会計の歳出決算額のうち、支出額の多い費目を順に見ますと、その決算総額に占める割合は、民生費23.4%、総務費13.6%、公債費12.6%となり、これら3費目で236億326万7,000円、全体の49.6%を占めております。
 また、特別会計の歳出決算額は、国民健康保険特別会計が105億1,477万6,000円、後期高齢者医療特別会計が7億7,744万2,000円、介護保険特別会計が80億1,698万8,000円、土地取得特別会計が8億316万8,000円、下水道事業特別会計が62億7,189万3,000円、宅地造成事業特別会計が484万1,000円となっております。
 一般会計及び特別会計6会計の主な事業の実績につきましては、平成25年度決算に係る主要施策の成果説明書のとおりであります。
 なお、平成26年度への繰越事業は、一般会計で繰越明許費19億3,721万7,000円、事故繰越4億5,380万1,000円、継続費逓次繰り越し8億円、介護保険特別会計で繰越明許費154万3,000円、下水道事業特別会計で繰越明許費3億2,599万9,000円、宅地造成事業特別会計で繰越明許費9,961万5,000円となっております。
 この繰越事業の財源としては、一般会計では、国県支出金などの未収入特定財源19億4,478万8,000円、既収入特定財源が4,076万4,000円、一般財源12億546万6,000円で、介護保険特別会計は一般財源154万3,000円、下水道事業特別会計では既収入特定財源が544万8,000円、未収入特定財源2億9,976万4,000円、一般財源2,078万7,000円、宅地造成事業特別会計は一般財源9,961万5,000円となっております。
 また、不用額につきましては、一般会計で15億4,216万円、特別会計で6億4,009万3,000円となっており、これらについては事務事業の効率的執行や経費節減による成果でもあります。
 なお、実質収支額につきましては、一般会計で12億90万5,000円、特別会計で8億4,430万2,000円となっております。
 最後に、基金の状況でありますが、市債償還の財源とするための減債基金の取り崩し、特定目的基金の事業への充当や積み立てなどにより、一般会計及び特別会計を合わせた平成25年度末基金現在高は187億9,758万4,000円となりました。
 次に、公営企業会計の決算につきましてご説明申し上げます。
 初めに、平成25年度登米市水道事業会計決算の概要についてでありますが、平成25年度登米市水道事業は、東日本大震災の災害復旧事業を終えるとともに、経営環境の変化と震災を教訓として新たな水道事業の構築に取り組みました。
 収益的収支の収入は23億2,137万5,000円で、うち給水収益は22億2,713万3,000円、費用は21億4,822万9,000円となり、純利益は1億3,652万6,000円を計上しました。
 資本的収入は11億749万9,000円であり、資本的支出は、取水施設整備事業、新田配水池築造事業や緊急時用連絡管整備事業等の建設改良事業費に13億441万4,000円、企業債の元金償還金に6億2,079万9,000円、総額19億2,521万3,000円の支出となりました。
 次に、平成25年度登米市病院事業会計及び平成25年度登米市老人保健施設事業会計決算の概要につきましてご説明申し上げます。
 平成25年度の病院事業の運営につきましては、第2次登米市立病院改革プランに基づき、質の高い医療を安定して提供し、安全安心な地域社会を構築するため、効率的な運営と適正な執行に努めてまいりました。
 改革プランの目標と比較いたしますと、入院患者数は、医師の長期病休や退職等の影響により、病床利用率が計画より下回り1万779人減少しました。外来患者数につきましても9,480人、訪問看護利用者につきましても5,793人の減少となりました。
 経営状況では、患者数の減少等により、経常損益で1億6,424万5,000円の損失となりましたが、純損益で6,450万6,000円の純利益となり、年度末の未処理欠損金は103億6,139万1,000円となりました。
 資本的収入は、9億2,261万4,000円であり、資本的支出は、登米市民病院の救急外来棟・地域医療連携センター増築工事の繰越事業や、上沼診療所新築事業、さらには医学生奨学金等貸付事業の実施などにより、総額で11億7,165万3,000円の支出となっております。
 老人保健施設事業は、利用者に一日も早く家庭復帰していただくため、個別的ケアの充実に重点を置きながら、収支均衡を目指した事業運営を行ってまいりました。
 利用状況では、年間延べ入所者が前年度に対し414人減少し、短期入所者と通所者につきましては、それぞれ536人と559人増加しました。経営状況では、利用者の減少等により、経常損益で2,748万4,000円の損失、純損益でも4,983万7,000円の純損失となり、年度末の未処分利益剰余金は、5,664万円となりました。
 以上、平成25年度登米市一般会計歳入歳出決算ほか9会計の決算の概要についての説明とさせていただきますが、ご審議を賜り認定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明は会計ごとに行います。
 説明は要点説明とし、簡潔明瞭に願います。
 認定第1号平成25年度登米市一般会計歳入歳出決算認定について説明を求めます。企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) それでは、私のほうからは、一般会計に6特別会計を加えました登米市の7会計の平成25年度決算の概要について説明を申し上げます。
 資料につきましては、主要施策の成果説明書と、それから別冊4の2つを使用したいと思いますので、ご準備方をお願いいたします。
 初めに、成果説明書のほうでございますが、1ページをお開きいただきます。
 1の総括表の歳入決算でございますが、全7会計の25年度決算における歳入の決算総額は、773億4,858万8,000円でございまして、予算現額と比較して23億8,159万8,000円の減で、執行率は97.01%となってございます。
 このうち、一般会計の歳入決算額は、499億8,778万5,000円で、予算現額と比較して22億8,604万3,000円の減、執行率は95.6%でございました。
 また、特別会計については、6会計合わせて273億6,080万3,000円、予算現額と比較して9,555万5,000円の減で、執行率は99.65%でございます。
 続きまして、下の表でございますが、歳出決算でございます。
 全7会計の25年度歳出決算総額は、739億2,975万8,000円で、予算現額と比較し58億42万8,000円の減で、92.72%の執行率でございます。このうち、一般会計の歳出決算額は475億6,065万円で、予算現額と比較して47億3,317万8,000円の減、90.95%の執行率でございます。
 次に、特別会計の歳出決算ですが、6会計合わせまして263億8,910万8,000円で、予算現額と比較し10億6,725万円の減、執行率は96.11%でございます。
 続きまして、次のページ、2ページをお開きいただきます。
 実質収支総括表でございますが、まず、ただいまご説明申し上げました歳入決算額から歳出決算額を差し引いた歳入歳出差し引き額ですが、一般会計では24億4,713万5,000円、6特別会計では、9億7,169万5,000円でございまして、7会計合わせますと34億1,883万円でございます。このうち翌年度繰越財源として、一般会計では12億4,623万円、介護保険特別会計では154万3,000円、下水道事業特別会計では2,623万5,000円、宅地造成事業特別会計では9,961万5,000円をそれぞれ繰り越すことから、これらを差し引いた実質収支額は一般会計で12億90万5,000円、6特別会計で8億4,430万2,000円でございますので、全会計合わせますと20億4,520万7,000円となってございます。
 次に、一番下の表でございますが、実質収支額のうち財政調整基金への繰入額ですが、財政調整基金を設置しております4会計で、総額10億3,700万円となってございます。
 続きまして、隣の3ページでございます。
 市税等収納状況ですが、まず一般会計の税目の収納状況でございます。一般会計は、市民税から入湯税までの7税目で、調定総額80億4,672万352円に対しまして、収納額が74億5,205万1,258円、収納率は92.61%でございます。不納欠損額は5,494万3,551円で、収入未済額は5億4,206万8,394円でございます。なお、この収入未済額には、還付未済額234万2,851円を含んでございます。
 次に、特別会計の収納状況ですが、国民健康保険税は調定額37億4,651万8,568円に対して、収納額28億9,166万3,232円で、収納率77.1%、不納欠損額8,962万3,788円、収入未済額は、7億7,203万148円でございます。
 次に、後期高齢者医療保険料は、調定額4億9,527万9,900円に対して、収納額4億9,097万9,810円、99.13%の収納率でございます。不納欠損額79万5,800円、収入未済額498万1,490円となってございます。介護保険料は、調定額13億7,171万759円に対し、収納額13億5,190万8,466円、収納率は98.56%、不納欠損額416万4,269円、収入未済額1,766万7,310円でございます。
 続きまして、4ページをお願いいたします。
 基金の状況でございます。
 まず、一般会計の基金の状況でございますが、一般会計の積立基金16基金の25年度末現在高は158億392万3,000円で、うち財政調整基金54億2,574万8,000円、減債基金34億7,830万5,000円、公共施設等維持補修基金が20億4,734万4,000円などとなってございます。また、運用基金、6基金でございますが、その現在高は9億8,867万円で、積立基金と合わせますと全基金の25年度末現在高は167億9,259万3,000円でございます。
 次に、特別会計の基金でございますが、25年度末現在高は20億499万1,000円ですので、一般会計、特別会計における全基金の25年度末現在高は187億9,758万4,000円でございます。
 続きまして、5ページをごらんいただきます。
 地方債の状況でございます。
 一般会計では、25年度中に38億2,870万円を借り入れ、51億6,889万1,000円を償還したことにより、25年度末現在高は493億8,876万2,000円でございます。特別会計の25年度末現在高は、317億621万5,000円ですので、一般会計と特別会計を合わせますと810億9,497万7,000円でございます。これに企業会計の156億1,875万円を加えた25年度末現在高は、967億1,372万7,000円でございますので、企業会計を含めた地方債残高の平成24年度、前年度との比較では、約28億円の減額となってございます。
 次の6、7ページについては、これら地方債の借入先及び利用別現在高の状況をあらわしたものでございますので、省略させていただきます。
 次の8ページは、健全化判断比率と公営企業会計に係る資金不足比率でございますが、これは今定例会の報告7号、8号で説明しておりましたので省略させていただきます。
 続きまして、9ページをお願いいたします。
 会計別の歳入歳出決算でございます。
 一般会計の歳入決算でございますが、決算額は499億8,778万5,000円で、そのうち9款の地方交付税が213億9,109万5,000円と一番多くなってございます。次いで1款の市税74億5,205万1,000円、13款国庫支出金の65億2,143万5,000円の順となってございます。
 この歳入を自主財源と依存財源に分類整理したものを、次の10ページに示してございます。自主財源比率は26.1%、依存財源比率は73.82%という状況でございます。
 続きまして、11ページでございますが、一般会計の歳出決算でございます。
 決算額は475億4,065万円で、そのうち民生費が111億2,799万5,000円と一番多くなってございます。次いで総務費の64億8,123万2,000円、公債費の59億9,404万円の順となってございまして、この歳出を性質別に分類し整理したものを、次の12ページに示してございます。
 12ページですが、まず義務的経費でございます。人件費、扶助費、公債費を合わせた総額は200億925万6,000円で、歳出総額の42.09%を占めてございます。消費的経費については、物件費、維持補修費、補助費等を合わせまして117億3,655万7,000円で、24.69%でございます。投資的経費は、普通建設事業費と災害復旧費で72億5,881万4,000円でございまして、15.26%となってございます。その他の経費については、85億3,602万3,000円で17.96%の割合でございます。
 続きまして、13ページでございます。
 財政分析指標を掲載してございます。まず、表内の区分4行目の経常収支比率ですが、25年度は84.9%で、24年度の85.7%と比較して0.8ポイント低くなってございます。これは、歳入におきまして市税などの経常一般財源が増加し、歳出では人件費が減少したことが主な要因でございます。
 次に、実質公債費比率ですが、24年度に比較し1.1ポイント改善した11.7%となってございます。
 その他の指標につきましては、ごらんのとおりでございますので省略させていただきます。
 続きまして、14ページから19ページにかけましては、特別会計6会計の歳入歳出決算でございますが、一般会計決算説明後にそれぞれの担当部長等からご説明申し上げますので、この場では省略させていただきます。
 続きまして、別冊4のほうをご準備いただきたいと思います。別冊4でございます。
 表紙をめくって1ページでございます。
 平成25年度歳入決算額説明資料でございます。
 一般会計の1款の市税でございますが、収入済額、左から4列目ですが、収入済額は74億5,205万1,258円で、不納欠損額は5,494万3,551円、収入未済額は5億4,206万8,394円となってございます。これには、備考欄の還付未済額234万2,851円が含まれてございます。
 2款の地方譲与税から10款交通安全対策特別交付金までにつきましては、予算現額と収入済額は同額となってございます。それから、歳入の約42.79%を占めます9款の地方交付税でございますが、普通交付税が184億3,131万5,000円、特別交付税が12億6,753万円、震災復興特別交付税が16億9,225万円となってございます。地方交付税全体では、震災復興特別交付税の増によりまして、24年度に比べて8億3,448万9,000円の増額となってございます。
 次に、11款分担金及び負担金でございますが、収入済額は3億767万8,196円、不納損額は96万6,348円、収入未済額は1,413万8,118円となってございます。不納欠損額は、保育料負担金などで、収入未済額のうち保育料負担金が1,289万8,660円となってございます。
 次の12款使用料及び手数料ですが、収入済額7億3,324万9,105円、不納欠損額は712万7,800円、収入未済額は3,850万3,910円でございます。不納欠損額は、公営住宅使用料等でございます。収入未済額のうち、公営住宅使用料が3,097万5,490円、定住促進住宅使用料500万5,300円、し尿収集運搬処分手数料が171万1,820円などとなってございます。
 次に、2ページでございます。
 13款国庫支出金でございますが、調定額74億4,698万9,789円、収入済額が65億2,143万4,789円、収入未済額は9億2,555万5,000円で、繰越事業に係る財源でございます。
 14款県支出金は、調定額35億1,135万7,690円、収入済額34億779万1,408円、収入未済額1億356万6,282円で、これも繰越事業に係る財源となります。
 次に、3ページの15款財産収入でございますが、調定額1億7,764万9,135円、収入済額1億7,654万2,415円、収入未済額は110万6,720円で、土地貸し付け及び売り払い収入でございます。
 16款の寄附金でございますが、収入済額は1,270万7,363円で、上杉奨学金貸付基金寄附金など54件の寄附金であります。
 次に、17款繰入金でございますが、収入済額は17億6,298万9,457円で、特別会計繰入金1億4,631万2,386円、基金繰入金16億1,667万7,071円でございます。
 次の18款繰越金は、前年度からの繰越金でございます。
 次の19款諸収入ですが、調定額11億6,166万7,380円、収入済額が10億8,554万9,811円、収入未済額は7,107万6,238円で、給食実費徴収金3,509万3,271円、そのほかに後期高齢者医療広域連合給付費負担金過年度返還金2,940万6,078円などでございます。
 次は20款市債でございます。収入済額38億2,870万円、うち合併特例事業分は10億6,630万円で、全体の27.9%、普通交付税からの振り替え分の臨時財政対策債は17億1,510万円で、全体の44.8%を占めております。
 以上が一般会計の歳入の概要についてでございますが、歳出の説明については、主要施策の成果説明書等で各部長等からご説明を申し上げます。
 なお、成果説明書の表記でございますが、記載しております内容は主なものでございまして、その合計が必ずしも細目の合計額と一致してはございませんので、あらかじめご了承いただきますようにお願い申し上げます。
 以上で歳入の説明を終わらせていただきます。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) それでは、歳出につきまして、成果説明書に基づきご説明申し上げます。
 それでは、20ページをお開き願います。
 1款1項1目議会費1細目議員報酬費でございます。議員数は平成25年4月から4名の減となっております。議員26人分の議員報酬、期末手当、共済費でございます。
 2細目議会活動費です。市民との意見交換会を市内21カ所で開催しております。会議の開催状況は定例会、臨時会合わせて6回の開催、会議日数は32日、192議案を審議してございます。特別委員会は、予算及び決算審査特別委員会、福島第一原発事故放射能汚染対策特別委員会で、開催状況等については記載のとおりでございます。
 22ページからは、各常任委員会の活動状況でございます。
 24ページ以降には、議会改革推進会議、政策企画調整会議、それから全員協議会等の開催状況について記載してございます。
 26ページには、請願・陳情の審査、処理状況、また議員研修会の内容を記載しております。
 それから、28ページには政務活動費交付金の支出内訳を記載してございます。
 続いて、2款1項1目一般管理費でございます。
 29ページをお開き願います。
 平成25年度の職員採用試験の状況につきましてですが、上級、中級、初級合わせまして310人が受験しまして、37人を採用してございます。区長は任期2年でございまして、平成25年度に新たに302人を委嘱しております。
 30ページ、2細目職員給与費でございます。これにつきましては、別冊4の13ページをお開き願いたいと思います。
 A3の一覧でお示ししてございますが、平成25年度決算職員給与費科目別集計表(一般職)というものでございます。これにつきましては、特別職を除く一般職について、一般会計並びに公営企業会計を除きます特別会計に分けて記載してございます。中段の一般会計の計なのでございますが、人員は948名で前年度対比40名の減となってございます。職員給与費の合計は、73億2,925万円、前年比較しますと3億5,654万円の減となってございます。
 次、下段の特別会計でございますが、4会計で職員数は52名、対前年比較ですと2名の減となってございます。職員給与費も2,071万円の減となってございます。
 これらを合わせまして、公営企業会計を除く一般特別会計における職員数は、ちょうど1,000名と、前年比較ですと42名の減、職員給与費は3億7,726万円の減額ということになってございます。
 なお、これからの各担当部長等からの説明におきましては、各款項目ごとに記載しております職員給与費の説明は省略させていただきます。
 それでは、成果説明書の30ページにお戻り願います。
 3細目宮城県自治振興センター費でございます。仙台市を除く県内34の全市町村で構成します、宮城県自治振興センターの運営に要する負担金でございます。
 4細目秘書業務費、市長交際費でございまして、31ページにその執行状況を記載してございます。
 5細目職員研修費でございます。登米市人材育成基本方針に基づきまして、各種研修等行ってまいりました。新規事業でありますコーチング研修や職員自主研修支援事業などの職場内研修、これには359人。それから、宮城県市町村職員研修所研修や宮城県への職員派遣など職場外研修として193人、合わせまして552人が研修参加してございます。
 33ページになります。
 6細目職員厚生費でございます。職員の各種健診や人間ドックに加えまして、メンタルヘルス職場復帰支援等を実施してまいりました。
 7細目市政功労者表彰費です。市政の発展に寄与し功績のあった108名に対しまして、表彰状を授与いたしました。
 35ページになります。
 2款1項2目文書広報費でございます。1細目法令集管理費でございます。条例、規則等の制定、改廃についての定期的なデータ更新を行っております。年4回、316件ございました。
 2細目文書収発・保存業務費でございます。税関係等、迫総合支所を除きます本庁舎分の郵便料などの通信運搬費でございます。
 3細目広報公聴費でございます。「広報とめ」の発行のほか、ホームページやメール配信サービス、コミュニティFMなどによる市政情報の発信状況、これにつきましては37ページまで記載しております。お目通し願います。
 なお、フェイスブックの運用につきましては、平成25年4月から開始したというところでございます。
議長(田口久義君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) 続きまして、38ページ、3目1細目財政管理費でございます。これは予算の調整、執行管理、財政調査分析等の事務を行ってございまして、支出の主なものは予算書、決算書説明資料等の印刷製本費となってございます。また、合併算定がえ終了に伴う財政対策連絡協議会に加入してございます。
議長(田口久義君) 会計管理者、千葉幸毅君。
会計管理者(千葉幸毅君) 39ページでございます。
 同じく4目1細目会計管理費は、一般会計、特別会計及び歳計外現金の収入処理や支出伝票の審査並びに各種基金、有価証券の管理、保管を行っております。
 2細目の検査管理費は、工事完成検査など703件の検査を行っております。また、工事成績評定を行い、工事の質的向上など施工業者の育成に努めております。以上でございます。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 43ページをお願いいたします。
 2款1項5目契約管理費でございます。1細目契約管理費、入札等の実施状況をまとめてございます。44ページには、落札率や登録業者数、建設工事における不落の状況等を記載してございます。平成25年度は、建設工事のスムーズな発注と事業の進捗が図られ、不調、中止は93件、25.8%ということで、前年より20.1ポイントの改善となってございます。
 45ページをお願いします。
 2款1項6目財産管理費でございます。1細目公有財産管理費でございます。市有財産の維持管理として、建物の損害保険料や各種業務委託、修繕工事等について、46ページにかけまして記載してございます。
 また、平成24年度から策定委員会により検討していただいております登米市公共施設適正配置計画案、これが3月に示されましたので、今後各部局で検討の上、全市的な視点での適正配置計画を策定していくこととしております。
 2細目公用車管理費でございます。公用車の維持管理に係る経費でございます。役務費の自動車損害保険料は、消防本部、水道事業所、医療局を除く全車両分を取りまとめて手続を行っております。なお、平成25年度には8台の公用車を購入してございます。
 3細目共通物品管理費、48ページになります。これは迫庁舎で使用しておりますコピー用紙、あるいは伝票類を一括購入している経費でございます。
 4細目基金管理費でございます。平成25年度におけるふるさと応援基金充当事業の一覧でございます。ふるさと応援寄附金の受納につきましては、54件分、929万6,982円、これを基金のほうに積み立てしてございます。
議長(田口久義君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) 同じく49ページの下の部分、括弧書きの財政課の部分ですが、財政調整基金には利子の積み立てを、減債基金には6億円の予算積み立てと利子の積み立てをしてございます。
 次の50ページ、7目1細目企画一般管理費でございますが、登米市民歌の歌詞の募集に着手いたしました。また、地域総合整備資金1件の貸し付け、地域の元気臨時交付金と復興交付金の基金積み立てを行ってございます。
 次に51ページ、2細目総合計画管理費でございますが、総合計画実施計画のローリング、過疎計画の変更、それから辺地計画の策定及び変更を行ってございます。また、28年度を初年度とした第2次登米市総合計画の策定に向けて、総合計画審議会の設置や庁内組織の立ち上げとともに、まちづくり市民意向調査等を行ったほか、策定支援業務の委託も行ってございます。
 次に、下段から52ページの上段にかけての3細目登米祝祭劇場管理費ですが、祝祭劇場について、指定管理により公益財団法人登米文化振興財団に委託しているものでございます。
 次の4細目行政改革推進費は、行革大綱及び実施計画に基づきまして、行政評価等を実施してございます。行政評価については、270の事務事業について内部評価を行い、そのうち複数の事業で構成される6つの基本事業について外部評価を行ってございます。指定管理者制度については、新規導入5施設、更新26施設について指定管理者の選定を行ってございます。それから、指定管理団体職員を対象とした労務及び税務会計研修会を開催しまして、指定管理団体職員のスキルアップ等の支援を行ってございます。
 次に、53ページ中段以降の5細目男女共同参画社会づくり推進費でございますが、男女共同参画基本計画、行動計画に基づき、女性リーダーの育成やデートDV講習会の開催など各種事業の推進を行ってございます。
 次の54ページの6細目集会施設維持管理費では、直営で管理している施設に係る修繕料等でございます。
 次の7細目の情報公開推進費でございますが、55ページに開示請求の処理状況を掲載してございますが、163件の情報公開開示請求、9件の個人情報開示請求に対しての処理でございます。
 次の8細目国内交流費は、在京等の町人会の郷土出身者交流会、あるいは国内姉妹都市交流を行ってございます。
 次に、56ページ、9細目国際交流費ですが、市内に在住する外国人支援のため、外国人相談窓口を設置し、行政手続支援や生活相談に応じてございます。支出の主なものは、登米市国際交流協会等への補助金等でございます。
 次に、57ページ、10細目交通対策費でございますが、市民バスの運行や米川地区乗り合いタクシー運行事業を行ってまいりました。また、総合産業高校開校などに伴い、平成27年4月から市民バス運行ルートの見直しを行うための地域交通ネットワーク計画の策定にも取り組んでございます。
 次に、58ページ、11細目の地域審議会費は、委員の報酬が主なものでございます。各地域審議会の活動状況は、表にあるとおりでございます。
 次に、12細目まちづくり活性化事業費ですが、東和町米川地区に総務省の地域おこし協力隊制度を活用して隊員1名を任用しております。また、宝くじ助成事業を活用し、コミュニティ組織等6団体に対する補助金の交付や、集会施設整備を行った1自治会に対し補助金を交付してございます。
 次に、59ページの下段、13細目政策推進費でございますが、職員提案の募集事業を行ってございまして、51件の提案があり入賞が7件、このうち4件については具体的に取り組みを始めたところでございます。
 次に、60ページ、14細目協働のまちづくり事業費ですが、まちづくり基本条例に基づいて地域づくり計画策定に取り組むコミュニティ組織に対して、人的、経済的な支援をしてございます。また、協働のまちづくり推進のため、コミュニティ団体を対象にした地域づくり研修会の実施のほか、登米市民活動プラザを活用したNPO交流会等を実施してございます。
 次に、61ページ、15細目若者交流対策費でございますが、結婚活動支援事業をNPO法人に委託し、各種セミナー、出会いイベント、結婚相談会を開催し、出会いの場を提供してまいりました。
 次に、62ページ、2款1項8目1細目システム管理費でございますが、登米市行政情報システム及び行政情報ネットワークシステムの管理運用を行ってございます。また、災害時における業務継続の早期復旧を目指して、登米市ICT業務継続計画を策定してございます。
 次に、64ページ、2細目情報化推進費でございますが、平成22年度に地域情報基盤整備事業により整備した光ケーブルの管理運用などを行ってございます。
 次の65ページは、3細目南方住民情報センター費ですが、住民情報センターの管理運営を行ってございまして、事業としてはパソコンの入門講座などを実施してございます。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 66ページです。
 2款1項9目支所費でございます。1細目迫総合支所維持管理費から86ページにかけまして、86ページの9細目津山総合支所維持管理費まで、これにつきましては各総合支所の運営や維持管理費の状況、事務の執行状況について記載してございます。説明は省略させていただきますので、お目通しを願います。
議長(田口久義君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) 次に、87ページから90ページにかけてでございますが、各総合支所における協働のまちづくり地域交付金による活動状況を掲載してございます。昨年度は26の活動が行われてございまして、事業予算の執行率は85.1%でございます。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 91ページでございます。
 10目交通安全対策費1細目交通安全指導員運営費につきましては、交通安全指導員126名分の年報酬、費用弁償及び合併前から使用しておりました制服の更新の費用でございまして、交通安全運動期間や各種行事に出動いたしまして交通事故防止に努めたところであります。
 2細目につきましては、交通安全の推進に係ります経費及び交通安全関係団体に対する補助金等でございまして、市民の交通安全意識の高揚、交通安全、事故の防止等に努めたところでございます。
 次のページをお願いいたします。
 3細目交通安全施設維持管理費につきましては、カーブミラー等の交通安全施設の整備に要した費用でございます。
 93ページをお願いいたします。
 防犯推進活動費につきましては、防犯指導員134名に係る年報酬や費用弁償、それから指導員用の制服等の購入に係る経費でございまして、定期パトロールやイベント等への出動などの防犯活動を実施いたしまして、安全安心なまちづくりに努めたところでございます。
 2細目につきましては、防犯灯の修繕、それから2,702基のLED化に要した経費でございます。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 95ページでございます。
 12目諸費でございます。1細目自衛官募集事務費、平成25年度の募集活動によります登米市内からの入隊者は、6名でございました。
 それから、2細目の諸費でございます。IT関連情報の提供を行う、古川広域地区電信電話ユーザー協会への負担金を支出してございます。
 次のページお願いします。96ページです。
 2款2項1目税務総務費でございます。1細目税務総務一般管理費から3細目固定資産評価審査委員会費まで、適切な税務事務執行のための費用の執行でございます。平成25年度は固定資産評価に関する異議申し立てはございませんでしたが、委員改選に伴い委員会を1回開催してございます。
 次、2目賦課徴収費でございます。97ページから99ページにかけまして、各市税の賦課徴収業務の取り組み状況を税目ごとに記載してございます。
 それから、100ページから103ページにかけましては、平成25年度の課税状況、収納状況等について記載してございますので、お目通しを願います。
議長(田口久義君) ちょっとお待ちください。ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午前10時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時09分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 議案内容の説明を求めます。市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) それでは、104ページをお願いいたします。
 3項1目戸籍住民基本台帳費2細目の戸籍住民基本台帳管理費につきましては、法に基づきました戸籍事務、住基事務、諸証明の交付事務など、住民に直結した市民サービスと人権の擁護、啓発に努めたところでございます。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 108ページでございます。
 4項1目選挙管理委員会費でございます。選挙管理委員会の開催状況等について記載してございます。
 同じく2目、選挙啓発費につきましては、109ページ記載のとおりでございます。
 次、110ページ、3目の土地改良区総代選挙費でございます。2細目北上川沿岸中田地区土地改良区総代選挙及び3細目東和町土地改良区総代選挙につきましては、いずれも無投票でございます。
 4目市議会議員・市長選挙費は、112ページになります。任期満了に伴う市議会議員及び市長の選挙に係るもので、いずれも選挙となりました。投票率は69.61%でございました。
 114ページになります。5目参議院議員選挙費です。任期満了に伴う参議院議員通常選挙を実施したものであります。投票率は46.8%台でございました。
 116ページでございます。6目宮城県知事選挙費、これも任期満了に伴う宮城県知事選挙を実施したものでございます。投票率は43.67%でございました。
議長(田口久義君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) 118ページ、2款5項1目1細目統計総務一般管理費でございます。各種施策の基礎資料とするために、平成25年度版登米市統計書を作成してございます。支出の主なものは、市統計調査委員協議会への補助金でございます。
 次に、119ページ、2目1細目経済センサス調査費から、120ページの5細目商業統計調査費につきましては、それぞれの統計調査の実施または実施のための準備業務に要した経費でございます。
議長(田口久義君) 監査委員事務局長、佐々木義文君。
監査委員事務局長(佐々木義文君) 121ページをごらんいただきます。
 2款6項1目2細目監査業務費でございます。定期監査以下6項目の監査、審査、検査に要する経費であります。詳細につきましては、123ページまでをごらん願いたいと思います。
議長(田口久義君) 福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) 3款民生費についてご説明いたします。
 124ページをお開き願います。
 1項1目1細目の社会福祉総務一般管理費は、民生委員、児童委員一斉改選に伴う委員会開催に係る経費や、成年後見制度利用支援事業後見人謝金、認知症対策調査事業に係る経費を支出したものでございます。
 次ページをお願いいたします。
 3細目、4細目につきましては、介護保険特別会計への繰り出しを行ったものです。
 5細目は、戦没者追悼式開催に係る経費を支出したものでございます。
 126ページをお願いいたします。
 7細目社会福祉推進費につきましては、セーフティネット支援対策事業の委託、また登米市社会福祉協議会、民生委員・児童委員協議会へ補助金を交付し、福祉の推進を図ったものでございます。
 8細目福祉団体育成費につきましては、地域ふれあいコミュニティ事業補助金として実施行政区に、社会福祉対策経費といたしまして、各福祉団体に対し登米市社会福祉対策事業費補助金を交付しております。
 127ページをお願いいたします。
 10細目行旅病人死亡人取扱費につきましては、身元不明死亡者2件に係る死体検案、火葬などの経費を支出したものでございます。
 128ページをお願いいたします。
 2目1細目高齢者福祉施設管理運営費につきましては、老人福祉センター、老人憩いの家等の管理運営に要した経費です。下段の工事請負費につきましては、登米高齢者コミュニティセンター駐車場舗装の整備を行ったものでございます。
 129ページをお願いいたします。
 3目1細目障害者福祉諸費は、複数の福祉サービスを利用した場合の負担軽減や、」市外の障害児施設利用の負担金として利用者支援を行う経費等を支出したものでございます。
 2細目心身障害者医療費助成費ですが、心身障害者の医療費に係る一部負担金への助成として、1,933人に1億5,370万円余りを支出しております。
 130ページをお願いいたします。
 3細目障害程度区分認定審査会費につきましては、障害者の区分認定を行う障害程度区分審査会に係る経費でございます。
 4細目障害者自立支援費は、主に障害者の方々が利用された障害福祉サービスに係る介護、訓練給付費として12億6,822万円余りを支出したものでございます。
 以下、136ページの7細目障害者福祉推進費まで、障害者総合支援法に基づく事業及び地域生活支援事業として実施している事業内容を掲載しておりますので、お目通し願います。
 138ページをお願いいたします。
 1項4目1細目老人福祉一般管理費ですが、前年度からの繰越事業である東日本大震災により被災した福祉施設整備の支援として、介護基盤復旧まちづくり整備事業補助金を交付したものでございます。
 2細目老人福祉施設入所措置費でございます。養護老人ホームきたかみ園ほかへの新規の入所者11名の判定を実施いたしました。登米市から入所している方は、平成26年3月末で79人ですが、この方々の入所措置費などを支出したものでございます。
 3細目の生活支援ハウス運営事業費から144ページ中段までの生きがい対応デイサービス事業までは、高齢者福祉サービスに要した経費でございますので、お目通し願います。
 145ページをお願いいたします。
 18細目社会福祉法人等対策費ですが、介護保険サービスの利用者負担軽減等を実施した社会福祉法人に対して補助金を交付し、介護保険サービスの利用増進を図ったものでございます。
 20細目につきましては、後期高齢者医療広域連合への負担金及び後期高齢者医療特別会計への繰出金でございます。
 147ページをお願いいたします。
 2項1目1細目児童福祉一般管理費につきましては、子ども・子育て会議、児童厚生施設運営委員会の開催、保育所緊急整備事業として私立認可保育所2カ所に対して補助金を交付し、定員の確保とあわせ保育環境の整備を行っております。また、認可外保育施設を利用する低所得者に対し、認可外保育施設保育料補助金を交付し、保護者の経済的な負担軽減を図ったほか、保育士等処遇改善臨時特例事業を実施し、私立認可保育所に補助し、保育士等の処遇改善を行い人員確保に努めました。
 150ページをお願いいたします。
 4細目家庭児童相談室運営費につきましては、保健師1名、家庭児童相談員3名により要保護児童や課題のある家庭の子供への対応を、各種関係機関と連携しその課題解決に当たりました。相談実人数は315人、延べにして3,186人でした。
 152ページをお願いいたします。
 2目2細目認可保育所運営費につきましては、私立認可保育所11施設に8億3,972万円余りの運営費を支弁し、月平均約855人の保育を実施いたしました。
 次ページをお願いいたします。
 3細目乳幼児医療助成費につきましては、乳幼児に対する医療機会の確保と子育て家庭における経済的負担の軽減を図っており、乳幼児4,043人に対して1億1,704万円余りを助成しております。
 155ページをお願いいたします。
 3目1細目母子福祉一般管理費につきましては、母子生活支援施設措置費として母子寮に対する措置費等の支出、高等技術訓練促進費として准看護師の資格を取得するための支援を行い、母子家庭の自立のための支援を行いました。
 157ページをお願いいたします。
 4目1細目の児童館管理運営費につきましては、市内4カ所の児童館の事業として、自由来館事業、放課後児童健全育成事業、母親クラブ事業等を行い、心身ともに健やかな子供の成長を図りました。利用状況については、ごらんのとおりでございます。
 159ページをお願いいたします。
 3細目の保育所管理運営費につきましては、市内8カ所の公立保育所の運営に要した費用でございます。各保育所の実績は161ページまで記載しておりますので、お目通し願います。
 161ページをお願いいたします。
 4目4細目のこじか園管理運営費につきましては、社会福祉法人恵泉会に指定管理施設として管理運営を委託し、知的障害児のサービス提供の拠点として障害児の療育をとおした心身機能の発達促進や保護者等への支援など、質の高い療育を行いました。
 次ページをお願いいたします。
 5目1細目の放課後児童健全育成事業費につきましては、公立16カ所、民間1カ所の17カ所におきまして、日中仕事のため保護者が家庭にいない児童の生活指導や居場所づくりを行い、放課後児童の健全育成を図りました。
 163ページをお願いいたします。
 中段の2細目の子育て支援センター運営費につきましては、公立9カ所の子育て支援センターで事業を行っております。また、民間の子育て支援センター1カ所につきまして、運営を委託しております。
 164ページをお願いいたします。
 3細目の一時保育事業運営費につきましては、保護者が一時的に保育が困難になった場合に保育を行う事業で、4カ所の認可保育所で延べ160回の利用がございました。
 4細目の低年齢児保育施設助成費につきましては、市内9カ所の認可外保育施設に対して、4歳未満児の低年齢児の受け入れ数に応じた補助金の交付とあわせ、登米市単独の認可外保育施設助成事業補助金を加算し、低年齢児等の受け入れのための支援を行いました。
 165ページの下段をお願いいたします。
 5細目の延長保育事業費補助金につきましては、保育時間の延長を行っている市内9カ所の認可保育所に補助金を交付し、保護者の就労時間に対応した子育て支援を行いました。
 167ページをお願いいたします。
 7細目障害児保育事業費につきましては、障害児を保育した市内4カ所の認可保育所に、県補助事業の基準額の交付にあわせ、登米市単独の補助金を加算し、障害児保育の支援を行いました。
 169ページをお願いいたします。
 3項2目1細目生活保護各種扶助費につきましては、511世帯664人に対して、生活扶助等の各種扶助として総額9億4,788万円余りの給付を行ったものでございます。平成24年度末と比較しますと、世帯数で6世帯、人数で6人の減となっております。以上でございます。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) それでは、170ページをお願いいたします。
 4項1目国民年金事務取扱費につきましては、法定受託事務でございまして、国民年金の被保険者資格並びに保険料の免除、各裁定に関する事務と、協力連携事務といたしまして、制度の周知や相談業務を実施したところでございます。
 171ページをお願いいたします。
 5項1目1細目の災害救助費につきましては、東日本大震災により被害を受けた住家98件の解体撤去を行っております。また、震災廃棄物の処理につきましては、品目ごとに分別した後に民間事業者の施設に運搬し、平成25年5月末までに搬出が完了しております。これをもちまして、被災家屋の解体撤去の事業が完了しております。また、この事業の委託料につきましては、被災住家等解体業務、災害廃棄物処分業務、災害廃棄物分別運搬業務等で前年度繰越明許費で4億9,802万738円となってございます。
 なお、平成23年度からの累計といたしましては、被災住宅等解体撤去件数が2,012件、災害廃棄物処理量が19万6,000トンとなっております。172ページの災害救助費につきましては、同じく大震災関係の災害援護資金に要した経費を支出したものでございます。
 173ページをお願いいたします。
 4款1項1目保健衛生費でございます。1細目の保健衛生総務費でございますが、健康の保持・増進、健康なまちづくりを市民の皆さんと協働で推進していくための啓発と、市医師会や歯科医師会と関係機関、並びに市民の方々との協議会の開催や各種保健事業を実施したものでございます。
 また、初期及び2次救急医療の確保を図るため、登米市医師会に委託して休日救急医療業務を実施いたしました。平成25年度の受診者数は、合計で5,884名となってございます。3次救急医療につきましては、大崎市民病院と石巻赤十字病院の各救命救急センターにその役割を担っていただいておりまして、その運営費の一部を負担しております。
 177ページをお願いいたします。
 2目保健衛生対策費1目の母子保健費につきましては、妊娠の届け出時に保健指導から始まりまして、望ましい健診回数とされております14回の妊婦健康診査の無料化、保健師、助産師によります新生児訪問、継続した各時期の乳幼児健査の実施等、妊娠期から一貫した子供の健全な発達と健やかな成長を目指して事業を実施したところでございます。
 また、子育て支援センターと一緒に実施いたしました「こんにちは赤ちゃんサロン」につきましては、母親同士の交流の場として、母親の孤立の防止や育児不安の軽減につながっているところでございます。妊産婦及び新生児の訪問につきましては、里帰りや入院の方以外はほぼ全員へ実施しておりまして、現在、出産後の入院期間が短くなっている中で、母親だけでなく家族の不安解消や情報の提供に重要な機会となっているところでございます。
 178ページの2細目生活習慣病予防対策費につきましては、本市の健康課題であります脳血管疾患等の生活習慣病予防対策は喫緊の課題でございます。しかしながら、生活習慣の改善は個々の健康づくりの意識に左右されることが大きく、継続して意識の変容を目指して働きかけていく必要がございます。平成25年度に新たに重症化予防対策として、受診の必要なハイリスクの方に対しまして、個別に電話や訪問による受診勧奨、それから生活指導を実施してまいりました。対象者589人中、433人、73.5%の方に直接働きかけ、今後国保データや今年度の健診受診結果等から事業の効果を確認していくこととしてございます。
 179ページをお願いいたします。
 3細目健康診査費でございますが、特定健診のほか、各種のがん検診、肝炎ウイルス検診、それから歯周病疾患検診等、11の検診を実施しております。がん検診に関しましては、受診率50%を目指し各種の対策を実施してまいりました。目標には届かないところでございますが、昨年と比較いたしますと若干ではありますが受診率が上がっております。大腸がん検診につきましては、市民病院に。その他の検診につきましては、予防医学協会、対がん協会等に委託して実施しているところでございます。
 183ページをお願いいたします。
 精神保健費でございます。相談事業といたしまして、こころの相談、それから心の元気相談室、子育て元気サポート事業、いのちホッとテレホン事業等の4つの事業を実施いたしております。啓発事業といたしましては、精神保健講座、傾聴研修等を実施することで、相談支援体制の充実を図るとともに、お互いに支え合える地域づくりを進めることで心の健康づくりを進めてまいりました。傾聴研修会につきましては、平成25年度から社会福祉協議会と共催開催しておりまして、現在4つの傾聴自主グループが活動を開始しておりまして、その活動支援も実施しております。また、重要施策の1つであります自殺予防対策の現状につきましては、平成20年度に行動計画を策定いたしまして、登米市自殺対策連絡協議会を設置し、関係機関との連携を図り、対応しているところでございます。
 185ページをお願いいたします。
 3目予防費1細目予防接種費につきましては、予防接種法に指定される定期予防接種と任意予防接種がありますが、いずれの予防接種につきましても、感染症の発生、蔓延、重症化を防ぐためには重要でございまして、接種率の向上を目指して事業を実施してまいりました。乳幼児予防接種につきましては、平成22年度から他市町村に先駆け、任意予防接種への助成を開始いたしました。これまで6種類のワクチンへの助成を実施してきました。その後、定期の予防接種化が進み、子宮頸がん、ヒブ、小児肺炎球菌ワクチンにつきましては、平成25年度から定期の予防接種として実施されております。ことしの10月からは、新たに水痘ワクチンと高齢者肺炎球菌ワクチンが定期化されることになってございます。
 予防接種の実施に当たりましては、市内医療機関との連携はもちろんのこと、多岐にわたる予防接種を適期に接種してもらうため、出生届時や新生児訪問等を通しまして、保護者への接種のスケジュール等の周知も同時に実施したところでございます。
 次に、188ページをお願いいたします。
 4目環境衛生費2細目生活環境費でございます。内容については189ページになりますが、アメリカシロヒトリの駆除につきましては、初期駆除が大切であるということから次年度での発生の抑制を図るために、初期駆除に必要な自走式セット動噴器等を購入いたしまして、各公衆衛生組合へ貸し出しとあわせて、駆除剤、BT剤の交付を行いまして駆除を実施したところでございます。
 191ページをお願いいたします。
 5細目環境保全費でございます。登米市生物多様性とめ戦略につきましては、登米市生物多様性とめ戦略検討委員会を3回、それから生物多様性の保全に関するシンポジウムを1回開催いたしまして、平成26年度中の生物多様性とめ戦略の策定に向けまして、普及・啓発事業を展開したところでございます。
 193ページ、6細目サンクチュアリセンター管理運営費につきましては、直営施設の維持管理費でございます。
 それから、194ページ、住宅用太陽光発電システム設置事業費につきましては、クリーンエネルギーの普及を図るために設置費用の一部を補助したところでございます。
 5目下水道事業特別会計費につきましては、浄化槽事業に要する経費を繰り出したところでございます。以上でございます。
議長(田口久義君) 環境事業所長、阿部 信君。
環境事業所長(阿部 信君) 195ページをお願いいたします。
 2項清掃費1目清掃総務費でございます。3細目の一般廃棄物処理施設整備事業として、13節委託料、前年度からの繰り越しですけれども、新たな第2最終処分場の基本設計と生活環境影響調査を実施して、現状把握と将来予測を行い縦覧を行いました。
 次ページ、196ページです。
 2目1細目塵芥処理総務費でございます。収集ごみ及び搬入ごみ総量2万5,815トンを処理処分したものでございます。また、24年度に引き続き、宮城県が行う気仙沼ブロック2カ所の震災焼却灰を受け入れて埋め立て処分いたしました。
 197ページ、2細目施設管理費、クリーンセンター稼働による処分料でございます。
 次ページ、198ページ、リサイクル事業費の支出でございます。
 199ページ、4細目一般廃棄物処理施設整備事業費として、第2最終処分場整備に係る実施設計、それと新たな第2ごみ処理施設の処理方式検討委員会の開催を行いました。
 201ページです。3目し尿処理費でございます。清掃総務費の中でございます。13節の委託料で個別し尿、それから浄化槽で農業集落排水汚泥を収集運搬処理いたしました。
 2細目で衛生センターの運転管理費と維持管理費の実施でございます。なお、「タンピくん」は、1万1,178袋ほどの販売となっております。以上です。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 202ページでございます。
 3項1目1細目病院会計費につきましては、病院事業に係る繰り出し基準によります繰り出しでございます。
 次に、203ページ、4項1目1目上水道事業費につきましては、これにつきましても上水道事業に係る経費の繰り出しでございます。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌幸君。
産業経済部長(高橋 巌君) 204ページをお願いいたします。
 5款労働費1項1目1細目労働諸費につきましては、東北労働金庫が融資する原資として4,000万円を預託いたしております。
 2細目シルバー人材センター運営費は、登米市シルバー人材センターへ2,600万円の補助金を交付しております。
 3細目勤労青少年ホーム管理運営費は、東和勤労青少年ホームの管理運営に要した経費となっております。
 206ページ、5款2項1目1細目緊急雇用対策費でございます。市の臨時職員として延べ177人、委託事業により延べ297人、合わせて延べ474人の新規雇用を創出いたしました。また、事業復興型雇用創出事業の実施によりまして、被災求職者22人を雇用した事業所を支援いたしております。
議長(田口久義君) 農業委員会事務局次長、菅原貞治君。
農業委員会事務局次長(菅原貞治君) 209ページをお願いいたします。
 6款1項1目農業委員会費の1細目農業委員会運営費でございますが、総会や農地部会等で農地の権利移動や転用などについて審議を行い、秩序ある農地の利用調整を図っております。会議の開催状況、農地法3条、4条、5条の許認可の状況は記載のとおりでございます。
 続いて212ページ、2細目農地流動化推進事業費でございます。農業経営基盤強化促進法により利用権の設定等を行いまして、担い手に農地の集積を図っております。
 213ページ、3細目農業者年金費でございます。農業者年金は、農業者のために国民年金に上乗せする公的年金であり、農業者年金の加入促進を図っております。
 214ページ、4細目農地制度実施円滑化事業費でございます。遊休農地や違反転用など農地の利用状況を調査し、農地の有効利用を図っております。以上でございます。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 215ページをお願いいたします。
 6款1項2目1細目農業総務一般管理費でございます。登米市農業振興協議会におきます農業生産1日1億円創出プランの検証概要につきましては、算出額は347億7,200万円で、前年より21億円の減額となりました。その主な要因は、畜産は肉牛価格の上昇等により8億円増額、野菜類は単価上昇等により2億円増額いたしましたが、米が仮渡金の減額等により30億円と大幅に減額したことによるものとなっております。
 217ページ、3目2細目農作物生産安定対策費です。環境保全米ステップアップ事業、農作物病害虫防除事業、有害鳥獣対策事業のほか、玄米等の放射性物質測定事業、水稲直播の推進事業等への取り組みに要した経費でございます。水稲直播につきましては、食用で233.1ヘクタールの取り組みとなり、目標を上回る実績となっております。
 222ページ、お願いいたします。
 4細目農業経営基盤強化対策につきましては、認定農業者連絡協議会の活動に対し、補助金交付等を行い、経営の安定と改善を目指す取り組みを支援したものでございます。
 5細目農業農村活性化推進費です。ビジネスチャンス支援事業につきましては、地域食材を活用した加工施設や調理施設の整備等の新たな取り組みを支援し、活力ある経営体を育成しながら地域経済の活性化を図ってまいりました。
 223ページ、7細目担い手育成支援事業費です。農業研修及び新規就農者等に対する支援を行いました。国の青年就農給付金制度につきましては、5人の対象となっております。
 224ページ、8細目食材物産販路拡大事業費につきましては、大地の恵みと海の幸ビジネスマッチングを開催したほか、食材フェアや食材利用促進販路拡大事業等を通して、登米産食材のPRと実需者による取り扱いの促進に取り組みました。仙台ロイヤルパークホテル、JAみやぎ登米との三者連携協定を締結することとなり、ホテルによる登米市産フェアが5回実施されております。また、登米ブランド認証事業につきましては、制度全体の見直しを行い、対象品目を絞り、安全安心を保証する新たな制度へとリニューアルしております。登米産米販路拡大事業については、都市部等のホテルやイベント等で登米産米のおいしさをPRし、販路の拡大に努めてまいりました。また、アグリビジネス人材育成事業では、アグリビジネス起業家育成塾を新たに実施し、財務会計やマーケティングの基礎並びに企業的な経営マネジメントの講座や、ビジネスプランの作成手法等について学んでまいりました。
 228ページをお願いします。
 9細目農村漁村活性化プロジェクト支援交付金事業費は、農業生産法人が実施する農家レストランや農産物直売所、農産物加工所などの整備に対し、国の補助事業を活用して支援を行っているものでございます。
 229ページ、10細目戸別所得補償経営安定推進事業費でございます。人・農地プランに位置づけられた認定農業者等の中心経営体へ農地集積を図るため、農地の出し手となった農家に対して、経営転換協力金並びに分散錯圃解消協力金を交付したものでございます。
 11細目農業災害復旧支援費です。震災により被災した畜産農家に対する畜舎等の施設整備、また放射性物質濃度軽減対策としてのカリ肥料配布に対する補助金を交付しております。
 230ページ、12細目6次産業化支援事業費でございます。平成24年度において、農業生産法人が国の補助事業の強い農業づくり交付金事業を活用して取り組んだ農産物の加工処理施設の整備が、全額平成25年度へ繰り越し実施したものでございます。
 231ページ、4目1細目水田農業構造改革対策費については、転作のための条件整備等に支援を行っております。また、米の生産調整や水田農業ビジョン、産地づくり対策等を実施する登米市農業再生協議会へ負担金を支出しております。
 232ページ、5目1細目畜産振興費でございます。畜産振興事業及び有機センター管理事業等を実施しております。市の有機センター6施設につきましては、指定管理による管理運営を行い、有機質資源の有効利用を図っているところでございます。畜産総合振興対策事業におきましては、乳用牛、肉用牛の優良牛導入に対する補助金交付を行っております。
 238ページをお願いいたします。
 6目1細目園芸振興費でございます。中田種苗供給センターの直営による運営体制を整備するため、株式会社中田農業開発公社へ土地の無償貸与と施設の無償譲渡を行いました。園芸産地拡大事業によりハウス整備、機械整備等に対して補助金を交付しております。
 239ページ、7目2細目土地改良負担金総合償還金対策事業費につきましては、荒砥沢ダム頭首工等の土地改良施設の償還事業負担金でございます。
 3細目農業用排水施設等維持管理事業費は、農業用排水路の管理及び湛水被害対策、さらに県営湛水防除事業で造成した排水機場の維持管理経費等でございます。
 242ページ、4細目県営かんがい排水事業費は、県営かんがい排水事業の事業推進を図るための事業地区負担金などとなっております。
 5細目土地改良施設維持管理適正化事業費、243ページの6細目基幹水利施設管理事業費、7細目国営造成施設管理体制整備促進事業費につきましては、県営及び団体営で造成した排水機場・樋管などの整備補修管理業務等でございます。
 244ページ、8細目農業水利調査計画事業費は、伊豆沼2工区地区農地整備事業委託金等、9細目経営体育成基盤整備事業費は、県営圃場整備事業の負担金及び補助金等、10細目中山間地域総合整備事業費は、県営事業として実施しております東和地区の圃場整備に係る負担金等でございます。
 245ページ、11細目農道整備事業費は、県営農道整備事業及び市営ふるさと農道緊急整備事業の工事請負費等でございます。
 246ページ、13細目仮屋排水機場・水門、飯土井水門維持管理費は、仮屋排水機場及び宮城県より管理受託している飯土井水門の管理運営費用でございます。
 247ページ、14細目農地・水・保全管理支払事業費は、共同活動並びに復旧活動に取り組んだ組織に対する支援交付金に係る市の負担分を、県協議会に支出しているものでございます。
 248ページ、15細目環境保全型農業直接支援対策事業費は、地球温暖化防止や生物多様性保全の営農活動に取り組んだ農業者に対して、支援金を交付したものでございます。
 16細目飯島地区創設換地用地取得事業費は、県営圃場整備事業飯島地区の創設換地による企業用地を取得し、都市農村交流促進施設整備事業の促進を図っているところでございます。
 8目1細目下水道事業特別会計は、下水道事業特別会計農業集落排水事業への繰出金でございます。
 249ページ、9目1細目農村環境改善センター維持管理費につきましては、迫、中田、米山、南方の農村環境改善センター等の管理運営費でございます。
 250ページ、2細目その他農業関連施設費は、豊里多目的研修センター等8施設の管理経費等となっております。
 254ページから2項林業費でございます。
 255ページ、2目1細目林業振興費では、市内産木材の需要拡大を図る地域材需要拡大支援事業補助金を交付いたしております。
 256ページ、3細目市有林管理費は、森林経営計画に基づく森林施業を実施し、市有林の適正な管理に努めてまいりました。また、市有林の二酸化炭素吸収量の販売を行い、持続的な森林の整備を推進しているところでございます。
 257ページ、4細目林道費でございます。林道及び作業道の維持及び開設事業費でございます。ふるさと林道登米東和線開設に係る負担金及び関連経費を支出しております。
 261ページ、7款商工費でございます。
 262ページ、1項2目1細目中小企業振興資金融資費は、中小企業振興資金の保証料補給金、利子補給金、預託金を支出いたしております。
 2細目商工振興育成費は、商工会等に対する運営及び事業支援を行ってまいりました。また、商工街路灯のLED化を継続実施しております。震災による被災事業所等再建事業補助金並びに被災商工会施設等復旧支援事業補助金につきましては、前年度からの繰越事業でございます。
 264ページ、3細目企業誘致費でございます。新規立地企業としては、市内農産物等を使用して加工製造販売を行う企業1社が操業を開始しております。また、新たに自動車部品の製造に取り組む製造業1社が工場を増設いたしております。企業活動の支援としましては、ビジネスマッチング、学校等進路指導担当者と企業採用担当者との情報交換会、企業情報ガイダンスなどに取り組んでまいりました。新たな工業団地の整備につきましては、候補地の絞り込みを行い、大洞地区ほか2地区を選定いたしております。
 267ページ、3目1細目消費生活推進費につきましては、消費生活に関する相談や多重債務110番に係る事業費でございます。
 268ページ、2項1目1細目観光費については、仙台・宮城デスティネーションキャンペーンが開催され、市内無料周遊バスやくりこま高原駅臨時バス運行、登米風土博覧会の開催などにより観光客の誘客に努めてまいりました。
 270ページ、2目1細目公園等管理費は、長沼フートピア公園、平筒沼ふれあい公園、三滝堂などの各公園、275ページの3目1細目観光施設管理費は、とよま観光物産センター、春蘭亭、東和物産館、もくもくランド等の各施設の管理運営費でございます。
 277ページ、4目1細目食材物産ステップアップ事業費でございます。本市の多様な食材、物産を紹介するためのPR活動や、交流活動を展開した経費となっております。
議長(田口久義君) ここで昼食のため午後1時まで休憩いたします。
          休憩 午前11時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 19番、相澤吉悦君から午後2時より早退の届け出があります。
 議案説明を続けます。建設部長、千葉雅弘君。
建設部長(千葉雅弘君) それでは、成果説明書278ページをお願いいたします。
 8款土木費1項1目1細目土木総務一般管理費でありますが、登米・中田地区の圃場整備が終了しました地域について、道路台帳の補修正業務などを行ったほか、各種協議会での活動に対し負担金を支出しまして、国県事業の調整と推進を図ったものであります。
 279ページをお願いいたします。
 1項2目1細目用地対策費ありますが、市道整備に伴います用地買収業務の推進と取得した用地の登記事務を行ったものでありまして、登記の状況につきましては下段の表のとおりでございます。
 280ページをお願いいたします。
 2項道路橋梁費1目1細目道路橋梁総務一般管理費でありますが、道路愛護団体が行う市道の草刈りや環境美化などへの活動支援を行ったものであります。
 281ページをお願いいたします。
 2項2目1細目道路維持補修費でありますが、市道の舗装補修や各種維持補修を行い、通行の安全確保を図ったものでございます。詳細につきましては、283ページまでとなっておりますので、お目通しをお願いいたします。
 284ページをお願いいたします。
 3目道路新設改良費1細目単独事業費でありますが、市道10路線の道路改良工事、7路線の舗装工事、きめ細かな道整備事業による38路線の現道舗装工事、21路線の調査測量設計業務を行ったものでございます。また、平成24年度からの繰越事業としまして、10路線の道路改良工事、6路線の舗装工事、29路線の現道舗装工事、4路線の調査測量設計業務を進め、市民生活の利便性向上と危険箇所の改善を図ったものでございます。詳細につきましては、288ページとなっておりますので、お目通しをお願いいたします。
 289ページ、2細目補助事業費でありますが、市道6路線の道路改良工事、5路線の舗装工事、6路線の調査測量設計業務を行ったほか、繰越事業として6路線の道路改良工事、5路線の舗装工事、1路線の調査測量設計業務を進め、幹線道路の整備を図ったものでございます。詳細につきましては、292ページまでとなってございます。
 293ページをお願いいたします。
 2項4目橋梁維持費1細目橋梁維持補修費でありますが、平成23年度に策定しました橋梁長寿命化修繕計画をもとに修繕詳細設計業務を委託したほか、橋梁維持のための修繕工事を行ったものでございます。
 294ページをお願いいたします。
 3項1目1細目河川維持費でありますが、河川の排水等不良箇所の補修整備、それから河川愛護団体が行う河川清掃などへの活動支援を行ったものでございます。詳細につきましては、295ページまでとなってございます。
 296ページをお願いいたします。
 4項都市計画費1目1細目都市計画総務一般管理費でありますが、用途地域の見直しや都市計画マスタープランの修正に向けまして、都市計画審議会で修正案を審議するなど、平成26年度の都市計画決定に向けました取り組みを行ったものでございます。
 297ページをお願いいたします。
 2目1細目日根牛地区総合整備事業費でありますが、国及び県事業による北上川左岸整備事業の桜並木公園整備や、国県事業の早期実施に向けた活動を支援したものでございます。
 次に、中段の3目1細目街路整備費でありますが、江合地区側溝補修を行い、都市計画街路の適正管理に努めたものでございます。
 それから、下段2細目石越駅周辺整備事業費でありますが、駅前ロータリーや駐車場の整備を行い、駅周辺利用者の利便性向上に努めたものでございます。
 298ページをお願いいたします。
 4目1細目都市計画排水路整備費でありますが、豊里下屋浦調整池のしゅんせつ等を行うとともに、施設の維持管理を行ったものでございます。
 299ページをお願いいたします。
 5目1細目都市公園管理費でありますが、市内25カ所の都市公園の維持管理を行ったものでございます。詳細につきましては、300ページ上段までとなってございます。
 次に、300ページ中段、2細目都市公園整備費でありますが、都市公園の下屋浦公園を整備するとともに、中江中央公園のLED化など施設改修を行い、公園利用者の安全確保に努めたものであります。
 301ページをお願いいたします。
 6目1細目景観形成費でありますが、町並み景観整備事業としまして、桜小路公園を整備するとともに、登米地区の町並み保存整備に対し助成を行い景観の形成を推進したものであります。詳細につきましては、302ページ中段までとなってございます。
 302ページ、中段の5項下水道費1目1細目下水道事業特別会計費でありますが、下水道事業特別会計公共下水道事業費分の振り出しを行ったものでございます。
 303ページをお願いいたします。
 6項住宅費1目1細目住宅管理費でありますが、政策空き家としている市営住宅の解体や給水管更新等を行ったものでございます。詳細につきましては、304ページまでとなります。
 305ページをお願いいたします。
 3細目地震対策費でありますが、市内の一般住宅を対象としまして木造住宅の耐震診断、補強工事に対し助成を行ったほか、危険ブロック塀の撤去など、地震災害に備える事業を実施したものであります。
 中段の4細目定住促進住宅管理費でありますが、5つの定住促進住宅の維持管理修繕を行ったものでございます。詳細につきましては、306ページまでとなっております。
 307ページ、5細目住環境リフォーム助成事業費でありますが、市内工事業者が施工します住環境リフォーム工事に対しまして助成を行い、市民の生活環境の向上と地域経済の活性化を推進したものでございます。
 308ページ、2目1細目災害公営住宅整備費でありますが、東日本大震災により住宅を確保することが困難な方に対し、災害公営住宅60戸を整備するため、昨年度に引き続き施設整備を行ったものでございます。詳細につきましては、312ページまでとなってございます。
議長(田口久義君) 消防長、佐々木建待君。
消防本部消防長(佐々木建待君) 313ページ、9款1項1目1細目常備消防一般管理費でございます。
 315ページまで主な事業成果を記載してございます。
 消防体制は、1本部1署5出張所に職員161名で消防救急車両などの資機材を配置し、さらに消防団との連携強化を図り、火災、救急などの災害対応を行っております。また、高度な知識と技術の習得を図るため、職員研修を実施しております。
 314ページです。
 指令センターでは、災害の受け付けから指令まで的確かつ迅速に行い、現場到着時間の短縮に努め、被害の軽減が図られております。また、市民6,215人に普通救命講習等の応急手当普及啓発活動を実施し、これまでの普及効果とあわせ心肺停止者に対する市民の応急手当実施率は40%を超えており、市民の救命に対する意識向上が図られております。
 315ページになります。
 予防業務では、火災予防運動を実施し、市民の防火思想の普及に努めたほか、防火対象物の指導を実施したことにより、事業所の防火管理体制の充実と違反対象物の減少を図ることができました。また、婦人防火クラブや自主防災組織と連携し、防災体制の充実と減災への取り組みを行っております。それから、年末年始は火災の発生の危険が大きくなることから、大型物販店での出火防止広報及び応急仮設住宅での防火指導を実施し、防災意識の高揚を図っております。
 316ページから317ページ上段は、施設の適正管理を図るため、整備の保守点検委託、消防救急デジタル無線整備事業実施設計業務などの33委託業務に要した経費、太陽光発電設備、蓄電池の設置工事、消防力確保のための車両等整備計画による消防ポンプ自動車等の備品購入費、下段から318ページまで救急研修、学校教育及び資格取得の職員研修など、職員の能力向上のために要した経費でございます。
 319ページをお願いいたします。
 2目非常備消防費でございます。1細目消防団運営費では、消防団員1,609人の報酬や訓練、災害活動の費用弁償及び活動時の安全確保のため安全編上靴・防火着の更新、320ページでは宮城県市町村非常勤消防団員補償報償組合などへの負担金でございます。
議長(田口久義君) 危機管理監、星 茂喜君。
危機管理監(星 茂喜君) 同じく320ページでございます。
 2細目防火防災推進費。平成23年に発生しました東日本大震災時の状況、その当時の対応をまとめました東日本大震災記録書を本編700部、ダイジェスト版1,500部を発刊してございます。
 続いて、321ページをごらんください。
 19節です。自治総合センターコミュニティ助成事業補助金、地域防災組織育成助成事業、こちらを活用して迫の自主防災組織連絡協議会へ補助金を交付してございます。同協議会におきましては、プレハブ等の物置を4つほど整備してございます。
議長(田口久義君) 消防長、佐々木建待君。
消防本部消防長(佐々木建待君) 322ページ、3目消防施設費でございます。
 1細目は、火災対応のため、年次計画として整備しております防火水槽設置費。2細目は消防団の活動用機材の配備、消防施設、消防車両の修繕や火の見やぐらの解体、ホース乾燥塔設置に要した経費でございます。
 323ページ、3細目消防ポンプ置き場等整備費は、消防団積載車整備にあわせ置き場の整備を実施しております。
 324ページ、4細目小型動力ポンプ整備費は、更新計画によるデッキバン積載車5台の購入に要した経費でございます。
 326ページまで、5細目消防出張所整備事業費は、出張所整備事業計画による南出張所整備の新築工事、東出張所の実施設計、用地取得、造成工事、津山出張所の地質調査等に要した経費でございます。
議長(田口久義君) 危機管理監、星 茂喜君。
危機管理監(星 茂喜君) 327ページをお願いいたします。
 9款1項4目1細目防災無線管理費でございます。こちらにつきましては、防災無線及びデジタル移動系防災行政無線の保守点検及び修繕のほか、屋外子局96局194台のバッテリーの交換を行ってございます。
 続いて、328ページ、2細目水防費です。水防費につきましては、水防訓練及び北上川及び旧北上川の重要水防箇所の点検、巡回を行ってございます。
 次に、329ページをごらんいただきます。
 329ページにつきましては、防災ステーションの整備ということで、米山地区に整備をいたします防災ステーション、こちらのほうの実施設計業務を行ってございます。同じく津山町域に設置しております雨量観測装置が3台ございますが、こちらの観測精度の維持のため再検定の必要があることから経費の関係上、交換を行ってございます。
 続いて、330ページをお願いいたします。
 9款1項5目1細目災害対策費でございます。平成25年度におきましては、災害時における応急対応のため、災害時応援協定をここに記載してございます5つの団体と提携をしてございます。さらに、緊急時に対応するための地震速報であったり、弾道ミサイル等の有事情報、こちらの部分を登米市メール配信サービス及びコミュニティFM等に自動的に配信するための装置でございます。自動起動装置の整備、全国瞬時警報システムJアラートの自動起動装置の整備を行ってございます。
 続いて、331ページをお願いいたします。
 指定避難所再生可能エネルギー導入事業につきましては、市内指定避難所がございますが、そのうち15カ所へ大震災の経験を踏まえ、太陽光の発電装置を設置します。この事業に基づく実施設計、さらに25年度におきましては5カ所の体育館、こちらのほうに太陽光発電を設置してございます。工事請負費につきましては、コミュニティFM中継局、こちらのほうは26年度の繰り越しとなってございます。以上です。
議長(田口久義君) 学校教育次長、千葉一吉君。
学校教育次長(千葉一吉君) 10款1項1目教育委員会費1細目教育委員会運営費、これは教育委員の人件費を初め、委員会運営のための経費でございまして、332ページでございますが、25年度は委員がかわっておりまして、久保泰宏委員が退任されまして、新たに大久保芳彦委員が誕生しております。
 334ページでございます。
 1細目事務局一般管理費でございます。これは、教育委員会事務局の運営の事務的経費に充てるものでございます。登米市の教育通信簿、それから登米市教育文化振興補助金の交付、それから文化賞、スポーツ賞の表彰を行っておりますが、ちなみに体育振興の国際大会5名というのは、中学生の軟式野球アジア大会出場5名でございます。
 335ページでございます。
 2細目学校教育振興一般管理費でございます。主としまして、中間にありますが、学び支援コーディネーター及び支援員謝金の655万何がしの部分でありますが、これは実績が児童生徒で5,279名、708回、支援員延べ2,300人以上の方々にご協力をいただいて行いました事業でございます。
 336ページをお願いいたします。
 上段にありますが、中体連参加補助金、これには975万何がしがありますけれども、中体連、全国に50人、東北大会に137人、県大会に1,046人の生徒さん方が出場しております。
 4細目奨学事業費でございますが、これは奨学金貸付事業、特に上杉先生からは500万円の寄附がありまして、平成17年からの寄附は総額4,500万円に上がります。それから、この科目には仙台学寮でございまして、定員12名に対し10人の入所者がありましたが、年度途中3名の退寮がありまして、25年度中12カ月いらっしゃったのは、7人というふうになっております。
 337ページでございます。
 5細目スクールバス等運行管理費でございます。スクールバスの運行は、小学校は22校中20校、幼稚園は14園中12園の運行でございます。
 338ページ、スクールバスの関係が上にありますが、備品購入費で25年度マイクロバス2台を購入しておりますが、これは米谷小学校、錦織小学校のマイクロバスでございます。
 それから339ページ、教育指導費でございますが、1細目のJET推進費、25年度中には男性6名、女性4名、合わせまして10名の外国指導助手に在籍して指導していただいておりました。
 それから、2細目教育研究所費であります。これは、教師の指導力向上及び児童生徒、保護者の教育相談等に要した経費でございまして、339ページから340ページまででございます。
 それから、340ページの下になりますが、3細目適用指導教室運営費、これはけやき教室の運営管理に要する経費でございまして、341ページの上段、21年からの利用者通所者が書かれておりますが、平成25年は小学校3名、中学校5名、計8名の登録がございまして通所していただいております。
 その下、4細目活き生き学校支援費でございますが、これは不登校傾向の児童生徒の学習指導に要した経費でございまして、多くは下にあります報償費、訪問指導員謝金6名の経費になっております。なお、この経費につきましては、全額県の委託金にて行う事業でございます。
 342ページ、小学校費学校管理費1細目小学校管理運営費でございます。これは、児童の健康安全など学校生活を支える環境の整備に要した経費でございます。ごらんのとおり報償費から、342ページから343ページまで書かれておりますが、特に中段の下にあります教育用コンピュータソフトウェアバージョンアップということで、これはおわかりのとおり、26年4月9日にそのサポートが切れるというようなことで、北方小学校ほか13校に対してのコンピュータソフトのバージョンアップをしたものでございます。
 344ページ、工事請負費でございますが、ごらんのとおりですが、繰り越しをいたしました米川小学校のり面工事、東郷小学校の校舎改修工事は、本年6月ないし5月に完了しているところでございます。
 345ページ、18節の備品購入でございますが、上から特別支援教室用備品ということで書かれておりますが、これは西郷小学校に関する部分が6行まで書かれております。学校備品は、佐沼小学校と米谷小学校でございます。
 346ページ、教育振興費でございます。児童の学習支援に要した経費でございます。13節委託料の標準学力調査業務、これは4教科、小学校4年生から6年生を対象に行った事業でございます。
 それから、347ページの要保護・準要保護児童就学援助費でございますが、これはおわかりのとおり経済的な理由により就学困難な児童の保護者に必要な援助を行うものでありまして、括弧書きしておりますが、計560人。全小学校の児童4,268人ですと13.1%に当たりまして、この中には115人の被災者の方々がいらっしゃいます。
 348ページ、1目学校建設費の1細目建築工事費でございます。ごらんのとおりでございまして、繰り越しされました佐沼小学校の外構工事は、本年6月に完了いたしております。
 349ページ、中学校費に入ります。学校管理費1細目中学校の管理運営費でございます。これは、生徒の健康や安全な学校生活の支援に要する経費でございます。項目等につきましては、小学校の学校管理費と同様でございます。特に、350ページの部分でのバスケットボールコートラインが293万円になっております。これは、石越を除く中学校9校の部分でございまして、290万円以上の金額になっております。
 351ページでは、以上のようなふうになっております。
 それから、18節の備品購入費の一番上ですが、これもまた消火栓ホース34万円になっていますが、これは3校、中田、南方、津山の分でございます。
 352ページ、教育振興費1細目教育振興一般管理費です。これは生徒の学習活動の支援に要した経費でございます。中段にあります委託の中の標準学力調査は、中学生5教科、1年・2年を対象にして行っております。
 18節の備品購入につきましては、ごらんのとおりでございますが、学校図書・学校教材ほかとなっておりますが、これは図書部分を抜き出しますと、図書購入部分には147万7,000円を支出しております。
 353ページになりますが、青少年ピースフォーラム参加負担金ということで、これには、新田、東和、豊里、石越、津山の生徒さん5名と女性の職員の計6名が参加しております。
 2細目要保護・準要保護生徒就学援助費でございまして、これも中学校では計300名、2,291名中300名ということで13.1%の割合になっておりますが、うち被災者の部分については、64名となっております。
 354ページでございます。
 幼稚園費でございまして、1細目幼稚園管理運営費でございます。これは園児の生活、保育の支援に要する経費でございます。
 355ページのほうに移ります。
 一番上にありますが、1,800万円という金額でございますが、送迎バス、おわかりのとおりこれは車両3台分、運転手3名、添乗員3名ということで、石森観光タクシーに委託していてこういった金額になっているわけでございます。
 19節負担金補助及び交付金の幼稚園就園奨励補助金でございますが、これは登米市立が21人、私立が157人、被災者が57名というふうな内訳になっております。
議長(田口久義君) 社会教育次長、志賀 尚君。
社会教育次長(志賀 尚君) 356ページの社会教育総務費からでございます。
 5項1目1細目の社会教育総務費でございますが、社会教育事業の推進に当たりまして、社会教育委員さん、それから公民館運営審議会の委員さん等の必要な費用について記載してございます。基本的な方針、社会教育事業に対します基本的な方針、それから事業運営についての話し合いを図っていただいた経費となってございます。それから、海外研修に要した経費、それから357ページにつきましては、各社会教育関係団体に対する補助金等の支出をしてございます。
 359ページでございます。
 社会教育活動費でございますが、生涯学習課及び各教育委員会事務所が行った学習活動の推進と、それから学校施設の開放事業の状況、それから放課後子ども教室等の実施に要した経費を掲載してございます。特に、23年度から3カ年で事業展開しております学校・地域教育力向上対策事業でございますが、記載については361ページから362ページにかけてでございますが、それぞれ3地区ずつ3年に分けて事業の開始をしてございます。東和、中田、石越については3年目、それから登米、豊里、津山については2年目、迫、米山、南方が1年目でございまして、25年度で全ての地域で事業が実施されている状況になってございます。363ページまで、その社会教育活動費の事業費となってございます。
 それから、365ページでございますが、公民館施設管理費でございますが、12の公民館の指定管理に要した経費、それから公民館の駐車場整備に要した経費となってございます。明許繰越として、登米公民館のトイレの洋式化並びに新田公民館の駐車場の工事で1,248万円を26年度に繰り越ししております。
 367ページをお願いいたします。
 2細目の公民館活動費でございますが、森公民館分の学習機会の提供に要した経費と、3款及び5款、6款に施設の指定管理料を計上しております、いわゆる公民館等の公民館事業にかかわる分の委託料の経費を載せてございます。指定管理料については、3款、5款、6款のそれぞれの条例上のいわゆる目のところに計上してございますが、ここについては、いわゆる公民館事業分だけの委託料として事業費を載せてございます。
 369ページでございます。
 図書館施設管理費につきましては、蔵書それから新書の整理及び関係資料の収集等に要した経費、それから利用者の利便性、それから図書館の適切な管理に要した経費の内訳となってございます。
 370ページ、図書館活動推進費につきましては、迫図書館、それから登米図書館、中田図書室で行いました読書活動の事業内容と、それからブックスタート事業等を実施して、子育て環境の推進に要した経費について掲載してございますので、お目通しをお願いします。
 それから、372ページでございます。
 5目1細目の文化財保護費でございます。地域にございます貴重な文化財、それから伝統芸能等の保存や活用、調査研究などに要した経費について掲載してございます。お目通しをお願いします。
 373ページでございます。
 2細目の文化財保護施設管理費でございますが、歴史資料館ほか不老仙館、南方歴史民俗資料館等の効率利用を図るため、指定管理による効率的な施設運営を図るとともに、中田民俗資料館ほか2施設の管理や維持保存に要した経費になってございます。前年度から繰り越しをいたしました旧登米高等尋常小学校のガラス交換工事、それから登米懐古館屋根の雨漏り修繕工事等を実施したところでございます。
 374ページ、発掘調査費でございます。3細目の発掘調査費でございますが、仙台地方・家庭裁判所登米支部庁舎の建てかえに伴います寺池館跡発掘調査による経費、それから前年度から繰り越しいたしました発掘調査事業に係る整理作業に係る経費、それらについての経費の内訳を掲載してございますので、お目通しをお願いします。
 376ページ、6目1細目の視聴覚センター管理費につきましては、視聴覚センターの管理運営計画に基づきます学習・研修センター機能、それから教材センター機能、情報センター機能の充実を図るために要した経費となってございます。
 377ページ、視聴覚センター活動費につきましては、視聴覚センターの機能を生かしました学校教育関係者、社会教育関係者への各種講習会の開催状況、ICT技術講習会に要した経費の内訳となってございます。
 それから、378ページをお願いいたします。
 中田生涯学習センター管理運営費につきましては、施設の貸し出し状況、それから維持管理に要した経費の内訳となってございます。お目通しをお願いいたします。
 それから、次ページ、379ページでございますが、下段のほうでございます。公民館類似施設管理費につきましては、東和楼台コミュニティセンターほか2施設の管理と、それから石森ふれあいセンターほか4施設のふれあいセンターの指定管理料、維持管理と社会教育事業の充実を図った経費となってございます。380ページまで記載してございますので、ご参照お願いします。
 381ページ、博物館施設管理費でございますが、歴史博物館、高倉勝子美術館、石ノ森章太郎記念館及びその生家に係る施設の保守点検、日常清掃業務、修繕などに要した経費となってございます。お目通しをお願いしたいと思います。
 次ページ、382ページ、2細目の博物館管理費でございますが、歴史博物館、石ノ森章太郎記念館で開催された企画展や事業開催について要した経費でございますので、その開催状況についてはお目通しをお願いしたいと思います。383ページまで記載されてございます。
 384ページをお願いいたします。
 6項1目1細目保健体育一般管理費でございますが、市民誰もが親しめるスポーツの推進と体育指導員や、体育協会等へのスポーツ団体が取り組みましたスポーツの振興と健康増進の事業に要した経費となってございます。詳細については、お目通しをお願いしたいと思います。
 385ページでございますが、体育館管理費でございます。中田・南方体育センター、それから米山体育館の利用状況並びに、指定管理23施設の指定管理料及び維持管理に要した経費の内訳となってございます。ご参照をお願いします。
 387ページでございますが、運動場管理費でございます。東和総合運動場ほか、3運動場の施設の維持管理に要した経費となってございます。内訳については、388ページの上段までとなってございますのでお目通しをお願いいたします。
 それから389ページ、保健体育活動費でございます。各種団体の協力と支援をいただきながら、各教育事務所、公民館、体育館等が開催いたしましたスポーツ活動の推進に要した経費について、それぞれ掲載してございます。395ページまでとなっておりますので、お目通しをお願いいたします。
 続いて、396ページでございます。
 総合型地域スポーツ振興費でございます。地域住民の自主的なスポーツ活動を支援するために設立いたしました、総合型地域スポーツクラブの活動支援に要した経費でございます。それぞれ各スポーツクラブに補助金等を支出してございますので、ごらんいただきたいと思います。
 次に、397ページでございます。
 4目1細目の海洋センター活動費になってございます。迫、中田、米山のB&G海洋センターの事業活動に要した経費でございます。
 2細目のほうは、同様に3つのB&G海洋センターの施設管理の運営に要した経費でございますので、399ページまでとなっておりますので、お目通しをお願いいたします。
 400ページでございます。
 体育施設整備費でございます。東和総合運動公園の環境整備工事及び津山河川運動場へのトイレ設置工事に要した経費であります。また、明許繰越として1億4,337万7,000円を26年度に繰り越ししてございます。以上でございます。
議長(田口久義君) 学校教育次長、千葉一吉君。
学校教育次長(千葉一吉君) 学校給食費でございます。1細目の給食センター管理運営費でございますが、ごらんのとおり5センターの管理運営費が掲載されております。
 403ページ、2細目給食センターの一般管理費でございます。各給食センター別に給食の回数ですが、東和506食、北部2,023食、南部1,313食、西部3,480食、津山320食でございまして、それらにかかわる一般管理費の部分でございます。
 それから、404ページの4細目給食センターの建設事業費でございますが、ごらんのとおり旧南方給食センターの外構工事、解体、その他でございます。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 405ページをお願いいたします。
 11款災害復旧費でございます。405ページ、1項1目1細目農業用施設災害復旧事業費につきましては、震災関係が1件、平成25年の大雨及び台風関係14件の復旧事業に係る費用でございます。それから、震災関係で、迫森農業研修センターの解体工事費についてもこの中で支出いたしております。
 407ページをお願いいたします。
 2目1細目林業施設災害復旧事業費でございますが、大雨及び台風による林道等被災の復旧等の経費でございます。
議長(田口久義君) 建設部長、千葉雅弘君。
建設部長(千葉雅弘君) 409ページをお願いいたします。
 2項1目1細目道路橋梁災害復旧事業費でございますが、東日本大震災や平成24年2月に発生しました凍上災害、さらには25年7月14日、7月26日発生の大雨により被災しました市道の復旧事業を実施したものでございます。詳細につきましては、412ページ上段までとなってございます。
 412ページ中段をお願いいたします。
 2細目災害関連地域防災がけ崩れ対策事業費でございますが、東日本大震災により個人住宅の裏山で発生しましたがけ崩れ箇所の復旧工事を実施したものでございます。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 続きまして、413ページをお願いいたします。
 3目1細目都市計画施設災害復旧事業費の前段につきましては、東日本大震災により被害を受けました市営迫・佐沼墓地の復旧工事に支障となっておりました墓地の移転工事を行った後、その後災害復旧工事を行ったものでございます。
議長(田口久義君) 建設部長、千葉雅弘君。
建設部長(千葉雅弘君) 同じく413ページ下段、住宅都市整備課分につきましては、平成25年7月26日発生の大雨により崩落しました鹿ケ城公園北側の復旧事業を実施したものでございます。
 414ページをお願いいたします。
 4目1細目河川災害復旧事業費でございますが、平成25年7月26日発生の大雨により被災しました消火栓等の復旧工事を実施したものでございます。
議長(田口久義君) 学校教育次長、千葉一吉君。
学校教育次長(千葉一吉君) 文教施設災害復旧費、公立学校施設災害復旧費1細目公立学校施設災害復旧事業費でございますが、これは石越中学校の災害復旧工事の部分であります。なお、平成26年3月28日に建設は完了しておりまして、外構工事につきましても本年6月30日に完成しております。以上でございます。
議長(田口久義君) 社会教育次長、志賀 尚君。
社会教育次長(志賀 尚君) 417ページの社会教育施設災害復旧事業費でございます。東日本大震災で被害を受けました社会教育施設の災害復旧事業につきまして、調査業務及び実施設計の業務、それから災害復旧の工事に要した経費でございますが、全ての施設について年度内、25年度内の供用開始ということで復旧の工事を目指したわけでございますが、一部工事を終えることができませんでしたので、現年度の明許繰越として4億5,888万円、それから事故繰越で2,979万1,000円を26年度に繰り越してございます。420ページまでの記載となってございますので、お目通しをお願いします。
議長(田口久義君) 危機管理監、星 茂喜君。
危機管理監(星 茂喜君) 421ページをごらんいただきます。
 11款4項1目1細目その他公共施設等災害復旧事業費でございます。こちらにつきましては、25年7月の大雨及び25年9月の台風18号、こちらの被害対策ということで石越の倒木の処理、さらには浸水対策のために土のうを製作してございます。以上です。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 同じく421ページの後段になります。
 平成25年9月の台風18号によりまして被害を受けました防犯灯、カーブミラーの修繕及び2カ所の市有共葬墓地の樹木が倒木したため、倒木の伐採と処分を行ったものでございます。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 422ページ、商工観光課の分でございます。東日本大震災により被災した観光公園の施設を改修したものでございます。
議長(田口久義君) 福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) 同じく422ページの11款5項1目1細目民生施設災害復旧事業費につきましては、前年度からの繰越事業であります東日本大震災により被災した、登米デイサービスセンターのり面災害復旧工事を行ったものでございます。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 2目1細目衛生施設災害復旧工事費につきましては、同じく東日本大震災により被害を受けました、兵粮山共葬墓地の災害復旧工事を行ったものでございます。
議長(田口久義君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) 423ページをお願いいたします。
 12款1項1目1細目長期債元金償還費でございます。423ページの中段の表には、平成25年度の借入先別の起債償還内訳を記載してございます。また、参考として起債償還に係る地方交付税の算入額を下のほうに記載してございますので、お目通しをお願いいたします。
 次の424ページ、2目1細目長期債利子費は、平成25年度まで借り入れを行った地方債についての利子を償還してございます。内訳は、前ページをご参照いただきます。
 次の2細目一時借入金利子費でございますが、一次借入金はございませんでしたので利子の支出もございませんでした。
 次の3目1細目公債諸費は、ケヤキ債の発行経費でございます。1億円発行し、消防出張所整備事業に充当してございます。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 425ページでございます。
 14款1項1目諸費1細目公金横領補填費でございます。係争中でございました徴収嘱託員の横領の関係で、平成26年1月に新たに市県民税3万4,500円が確認されたものであります。そのうち県民税分案分いたしまして1万3,831円、これを宮城県に納付したものでございます。以上でございます。
議長(田口久義君) 次に、認定第2号平成25年度登米市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について説明を求めます。市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) それでは、平成25年度国民健康保険事業特別会計決算についてご説明を申し上げます。決算書につきましては160ページからでございます。成果説明書につきましては、426ページからでございますので、ご準備をお願いいたします。
 まず、決算書で決算の概要についてご説明いたします。
 歳入につきましては、160ページ、161ページでございます。
 歳入合計につきましては、収入済額の欄の総額で110億8,148万9,895円となりました。歳出につきましては、次ページ、162ページ、163ページをお願いいたします。歳出合計につきましては、支出済額の欄で総額で105億1,477万6,146円となりました。歳入歳出差し引き残額につきましては下段に記載してございますが、5億6,671万3,749円となってございます。基金繰入額につきましては、2億9,000万円でございます。
 実質収支に係る調書につきましては、決算書の180ページにございますので、あわせてご参照をお願いいたします。
 続いて、決算の概要でございます。成果説明書のほうで説明させていただきますので、426ページをお願いいたします。
 平成25年度3月末の国保加入世帯につきましては、1万3,277世帯でございます。被保険者数につきましては2万5,572人で、国保加入者率につきましては30.45%となりました。前年度と比較いたしますと、国保加入世帯で430世帯の減、被保険者数で849人の減となっております。国保加入者率につきましては、0.75ポイント低くなっております。
 歳入構成でございますが、国庫支出金が28.88%、保険税につきましては26.09%、65歳から74歳までの医療費に交付されます前期高齢者交付金につきましては11.39%、退職者医療に対します療養給付費交付金につきましては6.02%、県支出金につきましては5.71%となりまして、その他が21.91%となってございます。前年度と比較いたしますと、国保税、療養給付費交付金等が増加いたしましたが、国県支出金、繰入金等が減少し、総額で8,900万5,000円減少したものでございます。
 なお、歳入の資料といたしまして、定例会資料別冊4の5ページに歳入決算額について掲載してございますので、ご参照をお願いいたします。
 歳出構成でございますが、保険給付費が62.48%、後期高齢者医療制度給付費の4割を負担する後期高齢者支援金が13.59%、介護保険制度保険給付費の約3割を負担する介護納付金が6.29%、その他が17.64%の構成比となってございます。
 歳入同様前年度と比較いたしますと、支援金、諸支出金が増加いたしまして、総額では4,016万4,000円の増となってございます。
 続いて、基金の保有額でございますが、平成25年度末で2億3,499万4,000円となりました。前年度末との比較では、1億2,491万1,000円の増となってございます。その内訳につきましては、積立額が3億5,000万円、運用益が18万4,000円、取り崩し額が2億2,527万3,000円となってございます。
 保険税につきましては、平成25年度の保険税現年度収納額が27億2,778万円で、前年度と比較いたしまして5億8,028万2,000円増加したものでございます。
 納付状況でございますが、現年度課税分で前年度より0.56ポイント低下いたしまして、92.08%となってございます。滞納繰越分も含めました全体では、72.69%から4.49ポイント上昇いたしまして、77.18%となったところでございます。不納欠損額につきましては、8,962万4,000円となっております。
 保険給付費につきましては、65億7,015万5,000円で、前年度より5,567万6,000円の減となっております。後期高齢者医療に対する拠出金、支援金につきましては、前年度から5,999万2,000円多い14億2,847万4,000円となっております。
 介護給付に係る社会保険診療報酬支払基金へ納付する介護納付金につきましては、前年度から4,496万7,000円減少しまして6億6,133万5,000円となっております。
 以上、国民健康保険特別会計の詳細説明とさせていただきます。
議長(田口久義君) ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午後1時57分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時06分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、認定第3号平成25年度登米市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について説明を求めます。市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) それでは、平成25年度後期高齢者医療特別会計決算についてご説明申し上げます。決算書につきましては、181ページからでございます。成果説明書は、446ページからでございますので、ご準備をお願いいたします。
 まず、決算書で決算の概要についてご説明を申し上げます。
 歳入につきましては、181ページ、182ページでございます。
 歳入合計は、収入済額の欄の総額で7億8,313万7,958円、歳出につきましては、次ページ、183ページ、184ページでございます。歳出合計につきましては、支出済額の欄の総額で7億7,744万1,811円となっております。下段の歳入歳出差し引き残額につきましては、569万6,147円となってございます。基金繰入額についてはございません。
 実質収支に関する調書につきましては、決算書の191ページでございますので、あわせてご参照をお願いいたします。
 決算の概要につきましては、成果説明書446ページでご説明させていただきます。
 後期高齢者医療制度でございますが、運営につきましては、宮城県後期高齢者医療広域連合が運営主体となって実施しております。市町村におきましては、主として被保険者の資格異動の受け付け、それから医療給付の受け付け、保険料の徴収事務等を行ってございます。保険料の状況につきましては、平成25年度の現年度分と滞納繰越分を合わせた収納額につきましては、4億9,098万円となり、収納率は99.13%となってございます。平成25年度の被保険者数につきましては、1万4,569人で、総人口8万3,991に対しまして17.3%の加入割合となってございます。
 なお、資料として定例会資料別冊4の6ページに歳入決算額について掲載しておりますので、ご参照をお願いいたします。以上、詳細説明とさせていただきます。
議長(田口久義君) 次に、認定第4号平成25年度登米市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について説明を求めます。福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) それでは、平成25年度介護保険特別会計決算についてご説明いたします。
 資料は決算書192ページから、成果説明書450ページから、それから別冊4第3回定例会資料でも説明いたしますので、準備方お願いいたします。
 初めに、決算状況は決算書でご説明申し上げます。決算書は192ページから193ページでございます。
 初めに、歳入でございますが、歳入合計は193ページの左から2行目の収入済額の欄の総額で80億9,090万2,253円、歳出につきましては、次ページの195ページ、左端の支出済額の最下段、80億1,698万7,972円となりました。歳入歳出差し引きは、195ページの下段に記載しておりますが、7,391万4,281円で、うち基金繰入額は3,700万円となっております。
 歳入につきましては、別冊4の第3回定例会資料でご説明申し上げます。別冊4の7ページをお開き願います。
 第1号被保険者の介護保険料ですが、現年度、滞納繰越分の合計収入済額で13億5,190万8,466円となっております。国庫支出金は、介護給付費負担金、調整交付金、地域支援事業交付金、介護保険事業費補助金、介護保険災害臨時特例補助金の合計で21億2,919万4,245円の収入済額となっております。支払基金交付金は、介護給付費、地域支援事業交付金で、収入済額計22億3,228万円となり、県支出金は、収入済額計で10億9,558万5,935円となっております。繰入金は、一般会計、財政調整基金からの繰入金で11億9,778万2,000円となっております。
 歳出につきましては、成果説明書でご説明いたします。成果説明書450ページをお願いいたします。
 450ページから次ページの451ページまでは、事業概要、決算状況、介護保険料、第1号被保険者の状況及び第1号被保険者に係る要介護認定者数の推移、保険給付状況の推移をまとめたものでございますので、ごらんいただきたいと思います。
 452ページをお願いいたします。
 1款1項1目2細目総務一般管理費につきましては、介護保険運営委員報酬等や市内5カ所の地域包括支援センターで使用しております地域包括支援センターシステム保守委託料及び回線使用料等を支出したものでございます。
 456ページをお願いします。
 2目1細目企画調査費につきましては、介護認定審査に必要な申請者の調査の状況、457ページは主治医意見書作成に係る経費、調査委託に係る経費の状況でございます。
 458ページ及び459ページ上段につきましては、3目1細目審査判定費で、介護認定審査の判定状況及び審査会に係る経費の状況でございます。
 459ページ中段、2款1項1目1細目居宅介護サービス給付費から、463ページ、10目1細目特例居宅介護サービス計画給付費につきましては、各種介護サービスに係る経費の状況でございます。お目通しいただきたいと思います。
 464ページ、2項1目1細目介護予防サービス給付費は、要支援1及び2の方々が利用した介護予防サービスに係る経費の状況でございます。以下、467ページ上段まで介護予防に係る各種経費の状況でございますので、お目通し願います。
 467ページ下段、4項1目1細目高額介護サービス費は、同一の月に自己負担額が一定額を超えた方に対して、自己負担分を給付し負担軽減を図ったものであります。
 469ページをお願いいたします。
 6項1目1細目特定入所者介護サービス費は、施設サービスを利用した所得の低い方に対して、食費・居住費の負担上限額を超えた分を給付したものでございます。
 472ページをお願いいたします。
 4款1項2目1細目二次予防事業費につきましては、虚弱状態にある高齢者の実態把握事業の委託、介護予防事業の委託に係る経費を支出したものでございます。
 473ページ、2項1目1細目から、475ページ、4目1細目までは、市内5カ所の地域包括支援センターに対して介護予防ケアマネジメント事業、総合相談事業、権利擁護事業、包括的・継続的ケアマネジメント支援事業を委託した経費であります。
 476ページをお願いいたします。
 2項5目1細目任意事業につきましては、登米市社会福祉協議会に対して介護家族のリフレッシュ事業を委託したものでございます。以上で説明を終わります。
議長(田口久義君) 次に、認定第5号平成25年度登米市土地取得特別会計歳入歳出決算認定について説明を求めます。総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) それでは、土地取得特別会計の決算についてご説明いたします。
 決算書につきましては、213ページから221ページとなります。あわせて、成果説明書480ページをお開き願いたいと思います。
 初めに、決算書でございます。213ページ。
 歳入の分で収入済額8億317万9,361円、次のページの歳出の支出済額でございますが、8億316万8,420円、差し引き1万941円、これは翌年度へ繰り越しということになります。
 それでは、歳入につきまして217ページをお開き願いたいと思います。
 1款1項財産運用収入でございますが、これは土地開発基金の利子でございます。
 それから、2款1項他会計繰入金につきましては、1目の宅地造成事業特別会計繰入金は、長沼工業団地にございます株式会社I LOVEファームからの借地料収入分を本会計に繰り入れるものでございます。
 2目の一般会計繰入金は、今後の工業団地造成に要する経費分ということで、8億円を追加繰り入れしたものでございます。
 歳出につきましては、219ページでご説明いたします。
 1款1項1目土地開発基金費でございます。1細目の土地開発基金管理事業につきましては、歳入でご説明いたしました土地開発基金積立金利子と一般会計並びに宅地造成事業特別会計からの繰入金を土地開発基金へ繰り出したものでございます。ちなみに、土地開発基金の25年度末残高は、現金、土地合わせまして16億4,771万6,000円となってございます。以上でございます。
議長(田口久義君) 次に、認定第6号平成25年度登米市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について説明を求めます。建設部長、千葉雅弘君。
建設部長(千葉雅弘君) それでは、平成25年度下水道事業特別会計の歳入歳出決算につきましてご説明申し上げます。
 決算書は222ページから、成果説明書は481ページからとなります。それから、本日配付させていただきました別冊7、第3回定例会資料認定第6号関係を準備お願いいたします。
 初めに、歳入からご説明させていただきます。
 決算書の222、223ページをお願いいたします。
 下段の歳入合計でございますが、収入済額は総額で64億9,763万7,626円となってございまして、そのうち分担金及び負担金、それと使用料の収納状況につきましてご説明申し上げますので、別冊7の資料をお願いいたします。2枚物の資料でございまして、1枚めくっていただきたいと思います。
 まず、上段の分担金・負担金でございますが、平成25年度の現年度分につきましては、真ん中の欄ですけれども、3事業合わせまして収納率が96.25%でございまして、平成24年度と比較しまして3.14%の増、それから滞納繰越分につきましては、3事業合わせまして10.51%、平成24年度に比較して7.09%の増となってございます。
 徴収に当たりましては、滞納繰越額を減らすための現年度分の収納率向上と、滞納繰越分につきましては公債権ということで、5年で時効ということになりますので、時効中断のための分納誓約の取り交わしなどを行ったところでございますが、既に5年を経過している債権などがございまして、時効により3,035万960円を不納欠損処理したものでございます。
 下段の下水道使用料につきましては、現年度分が3事業合わせまして99.57%の収納率、平成24年度と比較しまして0.01%の増、滞納繰越分につきましては、収納率が36.42%で、24年度と比較しますと14.62%の増ということになってございます。
 使用料の徴収につきましては、上水道と一緒の徴収ということで、現年度分の収納率は高い収納率となってございますが、既に5年を経過している債権もございまして、時効により392万1,293円を不納欠損処理したものでございます。今後につきましても、滞納繰越額を減らすための現年度分の収納率向上と、それから滞納繰越分につきましては、分納誓約などの時効中断の手続を進め、時効による不納欠損額の縮減に向け取り組むものでございます。
 次に、歳出につきまして、成果説明書でご説明申し上げます。
 成果説明書の481ページをお願いいたします。
 1款1項1目2細目公共下水道一般管理費、それから次ページの482ページの農集排一般管理費、それから483ページの浄化槽一般管理費でございますが、水道事業所へ下水道使用料徴収事務を委託いたしまして、現年度分の収納対策を行ったほか、宅内排水設備設置工事に対する補助金などを交付しまして、水洗化率の向上に努めたものでございます。
 484ページをお願いいたします。
 2項1目1細目公共下水道施設管理費でございますが、公共下水道の浄化センターや中継ポンプ場、下水道管渠の管理、修繕を行ったものでございます。それから、工事では東和町地内舗装補修工事ほか74件を実施してございまして、詳細につきましては、487ページ中段までとなっております。
 それから、487ページ下段、2細目農集排施設管理費でございますが、農業集落排水処理施設24地区の管理修繕を行うとともに、米山町中津山地区舗装補修工事ほか21件の工事を行ってございます。詳細につきましては、489ページまでとなってございます。
 490ページ、お願いいたします。
 3細目浄化槽施設管理費でございますが、浄化槽施設の管理修繕を行ったものでございます。
 下段の4細目災害対策費でございますが、東日本大震災に伴う下水汚泥の放射能検査を行ったものでございます。
 491ページをお願いいたします。
 2款1項1目2細目公共下水道施設整備費でございますが、実施設計などの委託10件、舗装補修工事など7件、水道管移設補償2件を行ったものでございまして、平成25年度末の公共下水道の整備率は、78.3%ということになってございます。詳細につきましては、493ページの上段までとなってございます。
 493ページ中段、3細目特定環境保全公共下水道施設整備費でございますが、特環迫処理区の登米町、南方町、それから米谷・錦織処理区、豊里、石越、津山処理区におきまして、管渠の実施設計委託3件、汚水管渠工事14件、それから水道管移設補償4件を行ったものでありまして、平成25年度末の整備率は80.4%ということになってございます。詳細につきましては、494ページまでとなってございます。
 495ページをお願いいたします。
 2目2細目農集排整備費でございますが、米川、長谷、沢田、大泉地区、4地区の整備を行ったもので、4地区合わせまして委託3件、処理施設や管路の工事25件、それから水道移設補償4件を行ってございます。詳細につきましては、497ページまでとなっております。
 498ページをお願いいたします。
 3目2細目浄化槽施設整備でございますが、合併処理浄化槽122基の整備を行ったものでございます。詳細につきましては、500ページまでとなっております。
 次の501ページから503ページにつきましては、公債費の元金利子の償還金でございます。1細目が公共下水道、2細目が農業集落排水、3細目が浄化槽のそれぞれ元金利子を支出したものでございまして、地方公共団体金融機構にかかります利率4%以上の地方債につきまして、補償金免除繰り上げ償還としまして6億1,400万円、繰り上げ償還を行ってございます。
 504ページをお願いいたします。
 5款1項1目1細目公共下水道施設災害復旧事業費でございますが、東日本大震災に伴います公共下水道施設の災害復旧工事を、補助、単独合わせまして91件、それと水道管移設補償6件を行ったものでございます。
 507ページをお願いいたします。
 2細目農集排施設災害復旧事業費でございますが、農集排施設の災害復旧工事を、補助、単独合わせまして68件と水道管移設補償3件を行ったものでございます。詳細につきましては、509ページまでの記載となってございます。お目通しをお願いいたします。以上でございます。
議長(田口久義君) 次に、認定第7号平成25年度登米市宅地造成事業特別会計歳入歳出決算認定について説明を求めます。産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) それでは、決算書のほうは243ページからごらんいただきたいと思います。
 まず、歳入についてでございます。歳入合計欄の収入済額の欄で、総額1億445万6,299円となっております。
 歳出でございますが、245、246ページ、歳出合計の支出済額でございます。484万1,299円となっております。
 歳入歳出差し引き残額が9,961万5,000円で、全て繰越明許費となっております。
 歳入の内容につきましては、事項別明細書247ページをごらんいただきたいと思います。
 財産収入につきましては、土地貸付収入でございまして、長沼企業用地の貸付料となっております。繰越金は、前年度からの繰越金でございます。
 他会計繰越金につきましては、一般会計からの繰り越しでございますが、大洞地区工業団地造成測量設計の費用となっております。
 歳出につきましては、成果報告の510ページでご説明申し上げます。
 1款1項1目1細目一般会計繰出金につきましては、前年度繰越金を一般会計へ繰り出ししたものでございます。
 2細目土地取得特別会計繰出金は、長沼企業用地貸付料を土地取得特別会計へ繰り出ししたものでございます。
 2款1項1目1細目大洞地区事業費は、新たな工業団地の整備として大洞地区の造成を行うため測量設計業務に着手したものでございます。
 2目1細目長沼地区事業費は、市内企業から長沼企業用地への工場移転による土地取得の申し出がございまして、土地譲渡に向けた測量業務を実施したものでございます。以上でございます。
議長(田口久義君) 次に、認定第8号平成25年度登米市水道事業会計決算認定について説明を求めます。水道事業所長、佐々木秀悦君。
水道事業所長(佐々木秀悦君) それでは、別冊でございます。平成25年度登米市水道事業会計決算書、1ページと2ページ、お願いいたします。
 収益的収入及び支出でございます。
 収益的収入8款水道事業収益の決算額は、23億2,137万5,198円です。その主なものは、水道の料金収入でございまして、平成24年度決算より1億6,049万円ほど減少してございますが、主な理由は特別利益、これは災害の復旧費補助金でございます。これと夏場の天候不順による給水収益の減少によるものでございます。
 次に、収益的支出、9款水道事業費用の決算額は21億4,822万8,800円です。24年度決算より2,484万円ほど増加しております。
 次に、3ページ、4ページをお願いいたします。
 資本的収入及び支出です。第10款資本的収入の決算額は、11億749万9,239円です。繰越事業の関係から、予算の執行率は88.8%となっております。
 次に、11款資本的支出の決算額は、19億2,521万2,625円です。これについても、繰越事業の関係で予算の執行率は、80.8%となっております。
 平成26年への繰越額でございますが、取水施設整備、浄水施設整備、配水管整備、ダクタイル鋳鉄管の更新、緊急遮断メール整備の5事業11件、総額で2億7,476万9,000円でございます。
 なお、下段に記載してございますが、資本的収入額が資本的支出額に不足する8億1,771万3,386円は、過年度分損益勘定留保資金と減債積立金の取り崩し及び当年度分消費税の資本的収支調整額で補填をしております。
 次に、財務諸表でございます。
 5ページをお願いいたします。
 25年度の損益計算書でございますが、営業利益については、給水収益の減と減価償却費や資産管理業務等の営業費用が増加したことなどから昨年度と比較し減少。また、経常利益につきましては、特別利益の災害関連補助が減少したことなどから減少し、当年度利益が1億3,652万6,061円となっております。
 6ページ、7ページをお願いいたします。
 平成25年度の剰余金計算書でございます。25年度における資本合計の動きを示しております。資本金と資本剰余金、それに利益剰余金合わせて資本合計が256億7,082万2,958円となっております。
 8ページをお願いいたします。
 剰余金の処分計算書の案でございます。これにつきましては、別紙議案として上程をしておりますが、25年度末の未処分利益剰余金1億3,652万6,061円の全額を減債積立金とするものでございます。
 9ページ、10ページをお開きください。
 25年度の貸借対照表でございます。それぞれのページの下段をごらん願います。25年度末の資産及び負債・資本の合計は261億9,778万8,596円で、前年度より6億8,157万円ほど増額となっています。
 10ページ中段の企業債残高でございますが、110億1,102万8,672円であり、24年度より1億8,080万円ほど減少しております。
 以上が25年度決算の概要でございます。11ページ以降につきましては、25年度水道事業の概況について記載をしてございますので、お目通しをいただきたいと思います。
 最後に61ページ、お願いいたします。
 平成25年度水道事業会計のキャッシュフローでございます。中段をごらんください。平成24年度末残高は16億3,530万2,000円でしたが、25年度中の営業活動、投資活動、財務活動によりまして、25年度末の資金残高は、22億7,780万1,000円となり、6億4,249万9,000円の増となっております。説明は以上でございます。
議長(田口久義君) 次に、認定第9号平成25年度登米市病院事業会計決算認定について説明を求めます。医療局次長、浅野雅博君。
医療局次長(浅野雅博君) それでは、平成25年度病院事業会計決算の状況につきまして、別冊決算書によりご説明申し上げます。
 1ページ、2ページをお願いいたします。
 まず、決算額でございますが、(1)収益的収入及び支出につきましては、収入の第1款病院事業収益が73億7,633万316円、支出の第1款病院事業費用が72億7,968万4,569円となってございます。
 次に、(2)資本的収入及び支出につきましては、収入の第1款資本的収入が9億2,261万4,214円、支出の第1款資本的支出が11億7,165万3,884円となってございます。
 また、米山診療所非常用発電装置更新事業にかかわる収入1,494万6,500円、支出1,748万6,000円を翌年度繰り越しとしております。
 続きまして、3ページ、4ページをお願いいたします。
 損益計算書でございます。(1)医業収益から(2)医業費用を差し引きました医業損益は、5億3,881万3,889円の損失でございます。3医業外収益から4医業外費用差し引きました医業外損益は、3億7,456万8,615円の利益でございます。これらを合わせました経常損益は、1億6,424万5,274円の損失となったところでございます。
 また、特別損失が2億2,875万2,113円の利益となり、これと経常損失を合算した当年度の純損益につきましては、6,450万6,839円の純利益となってございます。前年度繰越欠損金にそのまま補填する形となりまして、年度末の未処理欠損金は103億6,139万1,039円となったところでございます。
 次に、9ページ、10ページをお願いいたします。
 貸借対照表でございます。
 資産合計と負債資本合計は、それぞれ87億5,699万9,668円でございます。
 9ページの2、流動資産合計14億8,981万4,403円から、翌年度への繰越財源253万9,500円を差し引きました額14億8,727万4,903円と、10ページの5流動負債合計14億3,263万1,693円を比較しますと、流動資産が流動負債を上回るため、不良債務が解消したところでございます。
 11ページ以降につきましては、附属書類ということで病院事業の業務状況につきまして記載しております。主なものについてのみご説明申し上げます。
 まず、21ページ、22ページをお願いいたします。
 年度末職員の状況でございます。正職員、非常勤職員の平成25年度末の職員数につきましては、573人となっており、平成24年度末と比較しまして13名の増でございます。
 次に、24ページをお開き願います。
 患者数と料金収入でございますが、平成24年度と比較しまして病院事業全体では入院患者が1,933人の減、収益につきましては1,448万6,700円の増収、外来患者数につきましては1万1,249人の減、収益につきましては1億3,133万7,666円の減収となったところでございます。
 25ページから26ページにつきましては、診療科ごとの患者数の状況ですので、お目通し願いたいと思います。
 続きまして、27ページ、28ページをお願いいたします。
 病床利用率でございます。患者数の減少によりまして、病院事業全体で76.4%であり、昨年度と比較して1.4ポイント減少してございます。
 29ページから48ページまでは、施設ごとの収入と費用の状況でございます。お目通し願いたいと思います。
 次に、49ページをお願いいたします。
 (1)重要契約の要旨でございますが、1件2,000万円を超える資産を取得する契約は、登米市民病院電子カルテシステム整備事業でございます。(2)企業債及び一時借入金の概況でございますが、登米市民病院エレベーター改修事業に係る新規借り入れ2,320万円を含む年度末残高は、39億2,313万2,167円となっております。また、一時借入金の年度末残高は、民間金融機関1社からの借り入れ10億円でございます。
 次に、51ページ、52ページをお願いします。
 補助金・負担金の受け入れ状況でございます。項目欄の右側のほうでございますが、病院事業欄でご説明いたします。
 収益勘定につきましては、一般会計からの繰入金14億924万2,280円と地域医療再生事業補助金などの国県補助金1,106万1,089円を合わせまして、14億2,030万4,170円となってございます。
 資本勘定につきましては、一般会計からの繰入金4億3,810万2,720円と地域医療再生事業補助金などの国県補助金4億6,131万1,494円を合わせまして、8億9,941万4,214円となってございます。これら収益勘定と資本勘定を合わせました補助金・負担金の受け入れ合計は、23億1,971万8,384円となっております。
 次に、60ページ、61ページをお願いします。
 固定資産明細書でございます。施設の改修や機械備品の増減をまとめたものでございます。ご参照願います。
 次に、64ページをお願いいたします。
 (3)投資明細書でございます。出資金の欄で医学生奨学金及び看護学生貸付金で5,190万円の増加となっております。
 最後に、66ページから69ページの参考資料といたしまして、経営分析表を添付しておりますので、お目通し願いたいと思います。説明は以上でございます。
議長(田口久義君) 次に、認定第10号平成25年度登米市老人保健施設事業会計決算認定について説明を求めます。医療局次長、浅野雅博君。
医療局次長(浅野雅博君) 続けて、平成25年度老人保健施設事業会計決算の状況につきまして、別冊決算書よりご説明申し上げます。
 1ページ、2ページをお願いいたします。
 まず、決算額でございますが、(1)収益的収入及び支出につきましては、収入の第1款老健事業収益が3億6,227万5,783円、支出の第1款老健事業費用が4億1,193万5,834円となってございます。
 次に、(2)資本的収入及び支出につきましては、支出のみの決算でございまして、第1款資本的支出が4,347万557円となってございます。収入につきましては、過年度分損益勘定留保資金で補填したものでございます。
 次に、3ページをお願いいたします。
 損益計算書でございます。
 1事業収益から2事業費用を差し引きました事業損益は、930万5,466円の損失でございます。3事業外収益から4事業外費用を差し引きました事業外損益は、1,817万9,324円の損失でございます。これらを合わせました経常損益は、2,748万4,790円の損失となったところでございます。また、特別損益が2,235万2,832円の損失となり、これと経常損失を合算いたしました当年度の純損益につきましては、4,983万7,622円の純損失となってございます。前年度繰越利益剰余金から補填する形になり、年度末の未処分利益剰余金は、5,664万687円となったところでございます。
 次、8ページ、9ページをお願いいたします。
 貸借対照表でございます。
 資産合計と負債資本合計は、それぞれ8億3,540万3,956円となっております。
 10ページ以降につきましては、附属書類ということで老人保健施設事業の業務状況について記載しております。主なものについてのみご説明申し上げます。
 12ページをお願いいたします。
 業務量でございますが、入所介護サービスにつきましては、年間延べ患者数は前年度より414人減少いたしまして、収益でも477万9,077円の減収となっております。短期入所介護サービスにつきましては、延べ利用者数で536人増加いたしまして、収益でも708万8,885円の増収となっております。通所介護サービスにつきましては、延べ利用者数は559人増加いたしまして、収益でも448万5,789円の増収となったところでございます。
 次に、18ページ、19ページをお願いいたします。
 企業債の残高でございますが、平成25年度では3,597万6,706円を償還いたしまして、未償還残高は6億8,459万151円となっております。
 最後になりますが、20ページから23ページは、参考資料といたしまして経営分析表を添付しております。お目通しお願いしたいと思います。説明については以上でございます。
議長(田口久義君) 以上で、認定第1号から認定第10号までの議案内容の説明が終わりました。
 ここで、監査委員から平成25年度決算審査意見の報告を求めます。監査委員、島尾清次君。
代表監査委員(島尾清次君) それでは、監査委員を代表いたしまして、平成25年度一般会計、特別会計及び公営企業会計の決算並びに平成25年度基金運用状況の決算審査の結果について、概要をご報告申し上げます。
 市長から審査に付されました平成25年度各会計の決算等について、6月16日から7月31日までの日程で決算審査を実施いたしました。その結果について、監査委員3名の合議により審査の意見を取りまとめ、8月25日に市長へ決算等審査意見書を提出しております。
 審査に当たりましては、歳入歳出決算、証書類及び政令に定められた附属書類につきまして関係職員から説明を聴取したほか、例月現金出納検査及び定期監査等の結果を踏まえて、法令その他の規定に従って処理されているか、予算の執行が適正であるかなどに主眼を置いて実施いたしました。
 その結果、いずれも関係法令に準拠して作成されており、それらの計数は証書類と符合し正確であり、その内容及び予算執行状況につきましては、おおむね適正であると認めたところであります。
 それでは、決算の状況について申し上げます。
 ご配付の決算等審査意見書の2ページをお開き願います。
 なお、意見書の構成につきましては、表やグラフをふやし見やすいように変更しておりますので、ご理解をお願いいたします。
 初めに、各会計の決算規模について申し上げます。
 一般会計は、歳入決算額499億8,778万円、歳出決算額475億4,065万円で、歳入歳出差し引き額は24億4,713万円となっております。
 また、特別会計は、6会計の総額で歳入決算額273億6,080万円、歳出決算額263億8,910万円で、歳入歳出差し引き額は9億7,169万円となっており、形式収支、実質収支ともに全会計で黒字となっております。なお、翌年度への繰越金には、公金横領による現金不足額857万4,287円が含まれております。
 次に、一般会計ですが、6ページをお開き願います。
 表の上段の太字が25年度、下段が24年度となっております。収入済額は499億8,778万円で、前年度と比較しますと収入済額で43億9,500万円、不納欠損額で658万円、収入未済額で2億2,764万円とそれぞれ減少しております。
 20ページをお開き願います。
 支出済額は475億4,065万円で、前年度と比較しますと支出済額で44億8,783万円、翌年度繰越額で4億1,134万円とそれぞれ減少しております。不用額は、前年度と比較しますと2,714万円減少しておりますが、予算現額に対する比率では前年度より0.3ポイント上昇しております。なお、執行率は90.9%となっております。
 次に、特別会計ですが、6会計の中から国民健康保険特別会計について申し上げます。
 31、32ページをごらん願います。
 国民健康保険特別会計の収入済額は110億8,148万円で、前年度と比較しますと収入済額で8,900万円、不納欠損額で390万円、収入未済額で2,071万円とそれぞれ減少しております。また、支出済額は105億1,477万円で、前年度と比較しますと4,016万円の増加となり、不用額は2億1,258万円減少しております。なお、執行率は、98.8%となっております。
 それでは、一般会計及び特別会計の決算状況を審査した結果、特に留意されたい事項について申し上げます。
 48ページをお開き願います。
 まず、予算執行について申し上げます。翌年度への繰越事業費は、災害復旧事業の完了に伴い減少してきておりますが、予算繰越は会計年度独立の原則に対する特例をなすものであり、今後繰り越しが慣例化することがないよう計画的な事業執行に努めていただきたいと思います。
 また、市税、分担金及び負担金などにおいて、いまだ多くの収入未済額や不納欠損額が発生している状況にあります。市民負担の公平性の確保と財政健全化の観点から、各種債権につきましては適正な管理を行うことが必要であり、組織を挙げた徴収体制の整備により、収入未済額の縮減と慎重かつ厳正な不納欠損処分の事務処理に努めていただきたいと思います。
 次に、公金の取り扱いや事務処理については、法令等に基づく適正な処理を心がけ、市民に信頼される事務執行に努める必要があります。日常業務の中に、市民と市政との信頼関係を損ないかねないリスクが潜んでいることを全職員が認識し、事務に取り組んでいただきたいと思います。
 続きまして、基金の運用状況について申し上げます。
 53ページをごらん願います。
 運用基金につきましては、年度末残高は26億3,738万円となり、前年度と比較しますと8億2,845万円の増加となります。それぞれの基金は設置目的に沿って運用が行われておりますが、貸付基金につきまして償還の延滞が発生している状況にありますので、申込者と保証人に対して制度説明を徹底するなど適正な債権管理ができる環境整備に努め、安定的な制度の運用を図られるよう望むものであります。
 続きまして、公営企業会計について申し上げます。
 61ページをごらん願います。
 水道事業会計につきましては、水道事業収益が23億2,137万円、水道事業費用が21億4,822万円となっておりますが、水道事業の主な財源となる給水収益は22億2,713万円で、前年度と比較しますと2,127万円減少しております。
 64ページの表をごらん願います。
 当年度純利益は、1億3,652万円となっております。給水件数は増加しているものの、給水人口は減少の傾向にあり、今後減収が想定されることから、引き続き効率的な配水管理を徹底し、良質で安全な水道水の安定供給に努めていただきたいと思います。
 71、72ページをごらん願います。
 病院事業会計は、病院事業収益が73億7,633万円、病院事業費用が72億7,968万円となっております。
 75ページの表をごらん願います。
 当年度純利益は6,450万円で、年度末の未処理欠損金は103億6,139万円となっております。第2次市立病院改革プランに基づき、3年連続の黒字決算となり、経営基盤の強化に努められたことは評価されます。
 一方、ここ数年の患者数の減少傾向により、医業収益の減少が懸念されます。これまで以上に効率的な事業運営と経営改善に努められるとともに、今後も地域医療の機能の充実及び医療提供体制の整備を図り、市民に質の高い安全で安心な医療を安定的に提供されるよう望むものであります。
 86、87ページをごらん願います。
 老人保健施設事業会計は、老健事業収益が3億6,227万円、老健事業費用が4億1,193万円となっております。
 89ページの表をごらん願います。
 当年度純損失が4,983万円で、当年度末の未処分利益剰余金は、5,664万円となっております。今後、事業費用の増加や施設の維持管理経費の増大など、経営を取り巻く環境は一層厳しさを増すものと思われます。今後、経営改善に努められるとともに、利用者が安心安全に利用できる施設管理と利用者サービスの提供に重点を置き、さらなる事業の推進に取り組んでいただきたいと思います。
 震災から3年、いろいろな課題を乗り越えながら登米市震災復興計画を推進され、震災対応も大きな山を越した感があるのではないかと思われます。未曽有の大災害からの復旧復興でありますが、震災復興交付金や災害復旧事業費を活用しつつ、将来を見据えて起債残高を縮減し、減債基金を積み立てるなど、健全財政を堅持されてきたと言えます。
 しかし、これからの財政運営を考えますと、地方の景気回復の足取りは重く、米価の下落も心配されるなど、今後も普通交付税に頼った財政運営にならざるを得ないと思いますが、その普通交付税も合併算定がえ特例期間の終了による減額が現実のものとなってきます。
 一方、歳出を見ますと、少子高齢化対策や公共施設の老朽化に伴う維持管理費の増大など財政需要が山積しております。さらに、ごみ処理場整備事業などの大型事業に多額の資金需要が見込まれることから、第2次登米市行財政改革実施計画の実現など、不断の行財政改革を進めながら、引き続き健全な財政運営がなされるよう期待するものであります。
 なお、詳細につきましては、お手元の決算等審査意見書をごらんいただきたいと思います。
 最後になりますが、平成25年度の決算審査におきまして、長期間にわたり市当局及び関係各位のご協力をいただき、本定例会にご報告申し上げる運びとなりましたことに対し、衷心より感謝を申し上げます。
 以上を申し上げまして、決算審査の報告とさせていただきます。ありがとうございます。
議長(田口久義君) これで決算審査意見の報告は終わりました。
 ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午後3時12分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時21分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 これから総括質疑を行います。
 総括質疑は、決算全体に及ぶ質疑とし、個々の質疑については決算審査特別委員会でお願いします。
 発言通告者はありませんでしたので、通告による総括質疑はありません。
 ほかに総括質疑はありませんか。17番、沼倉利光君。
17番(沼倉利光君) 会派絆を代表いたしまして、総括質疑を申し上げます。
 一般会計の歳入であります市民税のことと、それから監査委員からの指摘のありました収入未済額と不納欠損についてもお伺いするものであります。
 25年度の市税は、74億5,205万1,000円、3億1,020万2,000円の増ということで報告があり、4.34%の増ということであります。これを見ると所得がふえたということでありますけれども、その状況を調べていただきましたらば、24年、つまり23年の申告を見ますと、給与所得は1,029億3,000万円、25年度会計年度の24年分の申告を見ますと1,063億4,000万円、つまり25年度決算の中では34億1,000万円の増、パーセントで3.3%の増ということであります。
 一方、農業所得を見ますと、23年の申告である24年度の会計報告によると、農業所得は36億7,862万7,000円。25年度、つまり24年度分の所得は55億8,000万円余に上ります。この増は19億1,081万円ということで、パーセントで51.9%に上るということで、農業所得が一気にふえております。ある意味では大変喜ばしいことでありますけれども、その24年度所得分の状況を見ますと、米価の増によるもの。それから精算金の増、それからそ精算金についても22年度と23年度の精算金が一気に精算されて、しかも東電からの賠償金も入ってこの所得に至ったということであります。
 ところが、昨年の申告分、25年度の所得分でありますけれども、一転して34億3,287万円、つまり21億円も農業所得で25年分は落ちております。農業総生産額も、平成24年は369億円、25年は347億円ということで、単純で22億円の減であります。
 さて、この市税でありますけれども、今年度、この26年度の状況を見ますと、昨年の米価1万1,200円から8,400円という概算払いになり、なおかつ直接支払いの交付金が反当1万5,000円から7,500円に半減した場合どうなるかという試算でありますけれども、この状況によりますと、昨年の農業所得よりも23億5,000万円の減となる。つまり、前年度に対比して農業所得が3分の1以下になるという、税務上です。そういう状況になって、私は農家にとっても市民にとっても、危機的な状況になるというふうに思っております。
 こういう状況の中で、市は26年の後半、そして27年度に向かって、どのようなこの市税の確保対策に向かっていくのか、市民の所得向上を目指すのか、お伺いするものであります。
 次に、先ほど申しました、監査委員からの指摘のありました収入未済額、款項目によって改善した款もあります。しかし、残念ながらいまだに改善しない収入未済額、それから不納欠損額増の款があります。この不納欠損、収入未済額について、今後どのように対応していくのか。まして、この26年度のこのような状況になりますと、来年度はなお色々な面で収入が減ってくるということで、この収入未済とか不納欠損が増になる傾向を心配するものであります。何とぞ、この今後の市税と収入未済、不納欠損についての答弁をお願いします。
議長(田口久義君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 会派絆からご質問いただいた3点について、お答えをさせていただきたいというふうに思います。
 私からは、全体の概要についてまずお答えをさせていただき、内容詳細等につきましては関係部長より逐次答弁をいたさせるところでございます。
 ご指摘のとおり、25年度決算の状況等を顧みますと、これから地方交付税の減額等の状況以上に、実は市税の減収が危惧されるというような状況があるわけでございます。また、それは市の財政状況の上から考えるということだけでなく、市民生活、市の経済全体を見渡した場合においての影響のほうが、実はこれ以上に大きな影響が出るのではないのかなということで危惧しているところでございます。
 そういった意味では、平成22年に米価が大幅な下落をしたときがございました。そのときの対策等も含めて、今産業経済部として、JAさんとも連携しながらさまざまな対応について現在協議をしているような状況でございます。
 また、この取り組み等につきましては、やはりその収入減ということ以上に、可処分所得は恐らくそれ以上に大きく減少することが危惧されるわけでございますので、抜本的な対策が何よりも必要だというふうに考えてございます。
 また、当然収入が大きく、著しく減少するような状況等になってくれば、当然ご指摘をいただきますとおり収入未済額、また不納欠損に至る事案もふえてくるのではないかというような、我々としても危機感を持っておるところでございます。
 そういった意味では、適正な徴税対策はとることは当然ではございますが、申告相談等も含めて、さまざま納税相談に丁寧に対応し、そして安心して皆様のほうからその取り組みができるような手だてを講じていかなくてはならないというふうに考えておるところでございます。一朝一夕に、すぐに解決ができる問題ではございませんが、市民生活の状況、つぶさに我々としても注視をしながら、適切な対応をしっかりととってまいりたい。
 また、その取り組みにつきましては、一地方自治体だけで取り組める状況では到底ないというような危惧もしているところでございます。国、県も含めた総合的な対策が必要ということで、早速にも関係各位のほうにもその旨取り組みを進めるように、我々のほうからも働きかけをさせていただきたいと考えているところでございます。
 私からの答弁は、以上とさせていただきます。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) それでは、特に農業所得のお話がございました。それで、産業経済部として今回、ことしのJAみやぎ登米における概算金、12日に公表、発表なったというふうなことで、改めて影響額を試算してみました。それについて、最初にお話を申し上げておきたいというふうに思います。
 産業経済部の1日1億円で整理をいたしました25年の米の算出額は、先日もお話し申し上げましたが130億4,000万円となっているわけでございます。それで、JAみやぎ登米は60キログラム当たり、1俵、これはひとめぼれの環境保全米Cタイプでございますが、8,500円といたしております。これの25年産米を見ますと1万1,200円でございましたから、これの比率を見ますと75.9%、約76%という比率になります。この比率から推計をいたしますと、99億円、単純な推計でございます。99億円となります。したがって、その差額が31億4,000万円という、これは米価下落に伴う影響となっております。
 さらに、米の直接支払交付金の関係でございますが、平成25年は10アール当たり1万5,000円、そして26年は7,500円と半額になるわけでございます。これが平成25年、14億7,000万円に対して、26年は7億3,500万円ということで、7億4,000万円の減額。合わせせますと38億8,000万円、これは登米市全体における米の下落、あるいは国の制度改正による影響額というふうになっているわけでございます。
 これに対して、現在、国のほうで制度として、価格が下落した場合の補填の制度がございます。これらの制度を見た場合に、収入減少影響緩和対策、ナラシ対策と言われております。これについては、現在は4ヘクタール以上の認定農業者等が、組織も加入できますが、加入できる制度でございます。これは、標準的な収入との差額の9割を補填するというふうな制度。さらに、この制度に加入しないそのほかの方、これは円滑化対策ということで、これはナラシ対策における国費相当分の5割を交付するというふうな内容となっております。
 実は、このナラシ対策には、その補填の割合、20%と10%の2つの加入があるというふうなことで、登米市の場合、これは25年の数字でございますが、20%の下落までの場合に加入している方が6%、比率でございます。それから、10%に加入している方が94%で、ほとんど10%のほうに加入をしておられると。これはその加入の率によって、当然掛金が違ってくるというふうなことでございます。
 これは、ことしの数字はまだわかりません。あるいは、個別に拾っていかないと面積も出てきませんから、正式には推計も難しいわけですけれども、例えて全て10%で計算をした場合、これは計算をしてみたところ、このナラシ対策で補填される金額は10億円ちょうど、10億円という数字が出てまいりました。
 それで、31億4,000万円の減額があったわけですが、この今の制度上で10億円程度、あるいはそれ以上というふうなことになるかもしれませんが、これぐらいは補填されると。しかしながら、これは半分にも満たないわけでございます。
 こういう中で、産業経済部として今何ができるのかということを、部内で検討を今しているところでございます。それについて、1つは今お話し申し上げた収入減少影響緩和対策、それから円滑化対策、これは今ある制度ですから、これは国では各自実施するわけですが、通常金額的に、数字的にまとまるというふうなことは、年を越しますから、来年の6月ころであろうというふうに言われております。それをできるだけ早く、早期支払いをするように、これは県、国のほうに市として強く働きかける必要があると。もちろん、その予算の確保も必要になるというふうなことでございます。
 それから、米の市場流通対策、需給調整の関係なんでございますが、これは今は、米の需給調整については、平成19年の経営所得安定対策が導入された際、これ以降、農業者あるいは農業団体が主体的に調整をするというふうなシステムに移行しております。したがって、国は米価の調整には積極的には関与しないというふうなことに、今はそういうスタンスをとっているというふうに思っております。それで現在、どのように行われているかと申しますと、米穀安定供給確保支援機構、米穀機構という組織で主食用米を加工用米とか飼料用米に買い上げて、売却をするというふうな市場調整をしているというふうなことでございます。25年産米も、ことしの4月にこの措置をとったというふうなことでございますが、これは26年産米についても同じような方法で市場の引き締めを図っていく必要があるのではないかと。これらも働きかけをする必要があるというふうに、部内では話をしております。
 それから、今できることは何かというふうなことですが、これは22年産米の教訓、あるいは例もございますので、市としてはJAと連携をとりまして、金融の支援策を実施してまいるということで、22年産米の場合は緊急支援資金の利子補給、それから農業経営維持資金の利子補給、これらを行っておりますので、これらをもとに今回についても今検討している、準備をしているというふうな状況でございます。
 それで、長期的に考えてみますと、ずっと言ってきているのが、やっぱり園芸の振興を市としては図っていかなければいけないというふうに思っております。登米市の場合は、やっぱり稲作に非常に比重がかかっておりますので、その重みを野菜に、畜産はそれなりの重要な位置、比率を占めておりますが、園芸のほうに何とかシフトしていく、そういうシステムをぜひつくっていかなければいけないというふうに考えておるところでございます。その点についても、農協あるいは県の出先の農業振興部、あるいは普及センター等と今いろいろと調査研究をしているというふうなことでございます。
 それから、主食用米については、これは生産調整の中で加工用米、あるいは飼料用米への転作を推進していきたいというふうに思っております。
議長(田口久義君) 本日の会議時間は、議事の都合によりあらかじめ延長します。
 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 市税確保対策あるいは不納欠損等については、市長答弁の言葉に尽きるのかなと思いますけれども、昨年、25年の決算をその前年と比較しますと、やはり全体では3億1,700万円ほど市税のほうは増加していると。やはり、その主なものは個人の市民税でございますから、やはり農業所得の増加分というのはその25年度決算では大きかったのかなと。あと、そのほかにたばこ税あるいは固定資産税、これらもやはり増加してございます。
 いずれ我々といたしましては、その適正な課税、そして適正な徴収ということに尽きるわけですけれども、不納欠損につきましても毎年度多額なものが発生してございますが、収納に関しては職員も非常に研修も積み、努力もしておるのですが、どうしてもやはり原因の大きなものは、生活困窮というものが一番の原因を占める状況でございます。その徴収に当たっても、その状況を詳細に把握しながら、丁寧な対応をしていきたいというふうに考えております。
議長(田口久義君) 質疑にふさわしい質疑をしていただきたいと思います。17番、沼倉利光君。
17番(沼倉利光君) 何でこの質疑かというと、議員必携によれば、決算の審査によって、この審査の結果を来年度予算に、どのように編成に生かすかということが決算のある意味では目的だというふうに思っております。ですから、総括質疑の中で、歳入だけでなく、成果表を見てそういった中で比較していくと、この歳入では浮かれてはいけないような状況だということで、あえて歳入歳出あわせての総括質疑をさせていただきました。
 いろいろ詳しくいただきましたけれども、とにかくこの状況では26年度大変だということをしっかりわかっていただいて、27年度の決算で頑張ってもらいたいというふうに思います。答弁は要りません。
議長(田口久義君) よろしいですか。
 ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで総括質疑を終わります。
 お諮りします。
 認定第1号から認定第10号までの10議案については、議長及び議員選出監査委員を除く議員全員で構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託して審査することにしたいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。
 よって、認定第1号平成25年度登米市一般会計歳入歳出決算認定についてから、認定第10号平成25年度登米市老人保健施設事業会計決算認定についてまでの10議案については、議長及び議員選出監査委員を除く議員全員で構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託して審査することに決定しました。
 お諮りします。
 ただいま設置されました決算審査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長及び議員選出監査委員を除く議員全員を指名したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。
 よって、決算審査特別委員会の委員は、議長及び議員選出監査委員を除く議員全員を選任することに決定しました。委員の指名朗読は、省略します。
 ここで、委員会条例第10条第1項の規定により、決算審査特別委員会の招集を口頭で行います。
 決算審査特別委員会の正副委員長の互選のため、直ちに議事堂に参集されるよう通知します。
 以上で本日の日程は全部終了しました。
 お諮りします。
 9月18日、9月22日は、決算審査特別委員会のため、また、9月19日は、交通安全宣言大会のため休会としたいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。
 よって、9月18日、19日、22日は、休会とすることに決定しました。
 なお、9月24日の会議は、会議の開始時刻を繰り下げ、決算審査特別委員会が終わり次第開くこととします。
 本日はこれで散会します。
          散会 午後3時44分
 上記会議の経過を記載し、その相違ないことを証するためここに署名する。
       議会議長  田 口 久 義
       署名議員  熊 谷 和 弘
       署名議員  日 下   俊

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>