•   0  (日程・名簿)
  •   1  議長(田口久義)
  •   2  市長(布施孝尚)
  •   3  議長(田口久義)
  •   4  建設部長(千葉雅弘)
  •   5  議長(田口久義)
  •   6  10番(中澤宏)
  •   7  議長(田口久義)
  •   8  住宅都市整備課長(吉野晴彦)
  •   9  議長(田口久義)
  •  10  10番(中澤宏)
  •  11  議長(田口久義)
  •  12  住宅都市整備課長(吉野晴彦)
  •  13  議長(田口久義)
  •  14  10番(中澤宏)
  •  15  議長(田口久義)
  •  16  建設部長(千葉雅弘)
  •  17  議長(田口久義)
  •  18  12番(及川昌憲)
  •  19  議長(田口久義)
  •  20  市長(布施孝尚)
  •  21  議長(田口久義)
  •  22  12番(及川昌憲)
  •  23  議長(田口久義)
  •  24  市長(布施孝尚)
  •  25  議長(田口久義)
  •  26  6番(浅野敬)
  •  27  議長(田口久義)
  •  28  住宅都市整備課長(吉野晴彦)
  •  29  議長(田口久義)
  •  30  6番(浅野敬)
  •  31  議長(田口久義)
  •  32  16番(田口政信)
  •  33  議長(田口久義)
  •  34  住宅都市整備課長(吉野晴彦)
  •  35  議長(田口久義)
  •  36  16番(田口政信)
  •  37  議長(田口久義)
  •  38  住宅都市整備課長(吉野晴彦)
  •  39  議長(田口久義)
  •  40  議長(田口久義)
  •  41  議長(田口久義)
  •  42  議長(田口久義)
  •  43  議長(田口久義)
  •  44  市長(布施孝尚)
  •  45  議長(田口久義)
  •  46  市民生活部長(神田雅春)
  •  47  議長(田口久義)
  •  48  議長(田口久義)
  •  49  議長(田口久義)
  •  50  議長(田口久義)
  •  51  議長(田口久義)
  •  52  市長(布施孝尚)
  •  53  議長(田口久義)
  •  54  産業経済部長(高橋巌)
  •  55  議長(田口久義)
  •  56  16番(田口政信)
  •  57  議長(田口久義)
  •  58  新産業対策室長(伊藤秀樹)
  •  59  議長(田口久義)
  •  60  新産業対策室長(伊藤秀樹)
  •  61  議長(田口久義)
  •  62  16番(田口政信)
  •  63  議長(田口久義)
  •  64  建設部次長兼道路課長(千葉修)
  •  65  議長(田口久義)
  •  66  産業経済部長(高橋巌)
  •  67  議長(田口久義)
  •  68  16番(田口政信)
  •  69  議長(田口久義)
  •  70  建設部長(千葉雅弘)
  •  71  議長(田口久義)
  •  72  議長(田口久義)
  •  73  議長(田口久義)
  •  74  議長(田口久義)
  •  75  議長(田口久義)
  •  76  市長(布施孝尚)
  •  77  議長(田口久義)
  •  78  総務部長(千葉博行)
  •  79  議長(田口久義)
  •  80  議長(田口久義)
  •  81  議長(田口久義)
  •  82  議長(田口久義)
  •  83  議長(田口久義)
  •  84  市長(布施孝尚)
  •  85  議長(田口久義)
  •  86  企画部長(秋山茂幸)
  •  87  議長(田口久義)
  •  88  議長(田口久義)
  •  89  15番(浅田修)
  •  90  議長(田口久義)
  •  91  企画政策課長(佐藤裕之)
  •  92  議長(田口久義)
  •  93  財政課長(加藤均)
  •  94  議長(田口久義)
  •  95  15番(浅田修)
  •  96  議長(田口久義)
  •  97  企画部長(秋山茂幸)
  •  98  議長(田口久義)
  •  99  13番(佐藤尚哉)
  • 100  議長(田口久義)
  • 101  企画部長(秋山茂幸)
  • 102  議長(田口久義)
  • 103  13番(佐藤尚哉)
  • 104  議長(田口久義)
  • 105  企画部長(秋山茂幸)
  • 106  議長(田口久義)
  • 107  総務部長(千葉博行)
  • 108  議長(田口久義)
  • 109  13番(佐藤尚哉)
  • 110  議長(田口久義)
  • 111  4番(氏家英人)
  • 112  議長(田口久義)
  • 113  企画部長(秋山茂幸)
  • 114  議長(田口久義)
  • 115  4番(氏家英人)
  • 116  議長(田口久義)
  • 117  企画部長(秋山茂幸)
  • 118  議長(田口久義)
  • 119  4番(氏家英人)
  • 120  議長(田口久義)
  • 121  市長(布施孝尚)
  • 122  議長(田口久義)
  • 123  19番(相澤吉悦)
  • 124  議長(田口久義)
  • 125  市長(布施孝尚)
  • 126  議長(田口久義)
  • 127  19番(相澤吉悦)
  • 128  議長(田口久義)
  • 129  市長(布施孝尚)
  • 130  議長(田口久義)
  • 131  19番(相澤吉悦)
  • 132  議長(田口久義)
  • 133  市長(布施孝尚)
  • 134  議長(田口久義)
  • 135  8番(岩淵正宏)
  • 136  議長(田口久義)
  • 137  企画政策課長(佐藤裕之)
  • 138  議長(田口久義)
  • 139  8番(岩淵正宏)
  • 140  議長(田口久義)
  • 141  企画部長(秋山茂幸)
  • 142  議長(田口久義)
  • 143  25番(佐藤恵喜)
  • 144  議長(田口久義)
  • 145  財政課長(加藤均)
  • 146  議長(田口久義)
  • 147  財政課長(加藤均)
  • 148  議長(田口久義)
  • 149  25番(佐藤恵喜)
  • 150  議長(田口久義)
  • 151  市長(布施孝尚)
  • 152  議長(田口久義)
  • 153  25番(佐藤恵喜)
  • 154  議長(田口久義)
  • 155  総務部長(千葉博行)
  • 156  議長(田口久義)
  • 157  7番(關孝)
  • 158  議長(田口久義)
  • 159  議長(田口久義)
  • 160  財政課長(加藤均)
  • 161  議長(田口久義)
  • 162  7番(關孝)
  • 163  議長(田口久義)
  • 164  副市長(藤井敏和)
  • 165  議長(田口久義)
  • 166  総務部長(千葉博行)
  • 167  議長(田口久義)
  • 168  社会教育次長(志賀尚)
  • 169  議長(田口久義)
  • 170  7番(關孝)
  • 171  議長(田口久義)
  • 172  市長(布施孝尚)
  • 173  議長(田口久義)
  • 174  14番(伊藤栄)
  • 175  議長(田口久義)
  • 176  財政課長(加藤均)
  • 177  議長(田口久義)
  • 178  企画政策課長(佐藤裕之)
  • 179  議長(田口久義)
  • 180  14番(伊藤栄)
  • 181  議長(田口久義)
  • 182  市長(布施孝尚)
  • 183  議長(田口久義)
  • 184  14番(伊藤栄)
  • 185  議長(田口久義)
  • 186  財政課長(加藤均)
  • 187  議長(田口久義)
  • 188  議長(田口久義)
  • 189  議長(田口久義)
  • 190  13番(佐藤尚哉)
  • 191  議長(田口久義)
  • 192  議長(田口久義)
  • 193  議長(田口久義)
  • 194  議長(田口久義)
  • 195  議長(田口久義)
  • 196  議長(田口久義)
  • 197  市長(布施孝尚)
  • 198  議長(田口久義)
  • 199  企画部長(秋山茂幸)
  • 200  議長(田口久義)
  • 201  総務部長(千葉博行)
  • 202  議長(田口久義)
  • 203  会計管理者(千葉幸毅)
  • 204  議長(田口久義)
  • 205  総務部長(千葉博行)
  • 206  議長(田口久義)
  • 207  市民生活部長(神田雅春)
  • 208  議長(田口久義)
  • 209  福祉事務所長(熊谷一)
  • 210  議長(田口久義)
  • 211  市民生活部長(神田雅春)
  • 212  議長(田口久義)
  • 213  福祉事務所長(熊谷一)
  • 214  議長(田口久義)
  • 215  市民生活部長(神田雅春)
  • 216  議長(田口久義)
  • 217  環境事業所長(阿部信)
  • 218  議長(田口久義)
  • 219  議長(田口久義)
  • 220  市民生活部長(神田雅春)
  • 221  議長(田口久義)
  • 222  福祉事務所長(熊谷一)
  • 223  議長(田口久義)
  • 224  産業経済部長(高橋巌)
  • 225  議長(田口久義)
  • 226  建設部長(千葉雅弘)
  • 227  議長(田口久義)
  • 228  産業経済部長(高橋巌)
  • 229  議長(田口久義)
  • 230  建設部長(千葉雅弘)
  • 231  議長(田口久義)
  • 232  学校教育次長(千葉一吉)
  • 233  議長(田口久義)
  • 234  社会教育次長(志賀尚)
  • 235  議長(田口久義)
  • 236  4番(氏家英人)
  • 237  議長(田口久義)
  • 238  総務部長(千葉博行)
  • 239  議長(田口久義)
  • 240  4番(氏家英人)
  • 241  議長(田口久義)
  • 242  市長(布施孝尚)
  • 243  議長(田口久義)
  • 244  総務部長(千葉博行)
  • 245  議長(田口久義)
  • 246  4番(氏家英人)
  • 247  議長(田口久義)
  • 248  総務部長(千葉博行)
  • 249  議長(田口久義)
  • 250  6番(浅野敬)
  • 251  議長(田口久義)
  • 252  総務部長(千葉博行)
  • 253  議長(田口久義)
  • 254  市長(布施孝尚)
  • 255  議長(田口久義)
  • 256  6番(浅野敬)
  • 257  議長(田口久義)
  • 258  総務部長(千葉博行)
  • 259  議長(田口久義)
  • 260  11番(佐々木一)
  • 261  議長(田口久義)
  • 262  環境事業所長(阿部信)
  • 263  議長(田口久義)
  • 264  11番(佐々木一)
  • 265  議長(田口久義)
  • 266  副市長(藤井敏和)
  • 267  議長(田口久義)
  • 268  環境事業所長(阿部信)
  • 269  議長(田口久義)
  • 270  11番(佐々木一)
  • 271  議長(田口久義)
  • 272  環境事業所長(阿部信)
  • 273  議長(田口久義)
  • 274  14番(伊藤栄)
  • 275  議長(田口久義)
  • 276  産業経済部長(高橋巌)
  • 277  議長(田口久義)
  • 278  土木管理課長(首藤正敏)
  • 279  議長(田口久義)
  • 280  14番(伊藤栄)
  • 281  議長(田口久義)
  • 282  産業経済部長(高橋巌)
  • 283  議長(田口久義)
  • 284  議長(田口久義)
  • 285  10番(中澤宏)
  • 286  議長(田口久義)
  • 287  環境事業所長(阿部信)
  • 288  議長(田口久義)
  • 289  10番(中澤宏)
  • 290  議長(田口久義)
  • 291  環境事業所長(阿部信)
  • 292  議長(田口久義)
  • 293  10番(中澤宏)
  • 294  議長(田口久義)
  • 295  8番(岩淵正宏)
  • 296  議長(田口久義)
  • 297  社会教育次長(志賀尚)
  • 298  議長(田口久義)
  • 299  8番(岩淵正宏)
  • 300  議長(田口久義)
  • 301  社会教育次長(志賀尚)
  • 302  議長(田口久義)
  • 303  8番(岩淵正宏)
  • 304  議長(田口久義)
  • 305  19番(相澤吉悦)
  • 306  議長(田口久義)
  • 307  産業経済部長(高橋巌)
  • 308  議長(田口久義)
  • 309  会計管理者(千葉幸毅)
  • 310  議長(田口久義)
  • 311  19番(相澤吉悦)
  • 312  議長(田口久義)
  • 313  会計管理者(千葉幸毅)
  • 314  議長(田口久義)
  • 315  産業経済部長(高橋巌)
  • 316  議長(田口久義)
  • 317  19番(相澤吉悦)
  • 318  議長(田口久義)
  • 319  産業経済部長(高橋巌)
  • 320  議長(田口久義)
  • 321  7番(關孝)
  • 322  議長(田口久義)
  • 323  産業経済部長(高橋巌)
  • 324  議長(田口久義)
  • 325  7番(關孝)
  • 326  議長(田口久義)
  • 327  産業経済部長(高橋巌)
  • 328  議長(田口久義)
  • 329  市長(布施孝尚)
  • 330  議長(田口久義)
  • 331  12番(及川昌憲)
  • 332  議長(田口久義)
  • 333  農業委員会事務局次長(菅原貞治)
  • 334  議長(田口久義)
  • 335  産業経済部長(高橋巌)
  • 336  議長(田口久義)
  • 337  12番(及川昌憲)
  • 338  議長(田口久義)
  • 339  産業経済部長(高橋巌)
  • 340  議長(田口久義)
  • 341  議長(田口久義)
  • 342  議長(田口久義)
  • 343  13番(佐藤尚哉)
  • 344  議長(田口久義)
  • 345  議長(田口久義)
  • 346  議長(田口久義)
  • 347  議長(田口久義)
  • 348  議長(田口久義)
  • 349  議長(田口久義)
  • 350  市民生活部長(神田雅春)
  • 351  議長(田口久義)
  • 352  議長(田口久義)
  • 353  議長(田口久義)
  • 354  議長(田口久義)
  • 355  議長(田口久義)
  • 356  市民生活部長(神田雅春)
  • 357  議長(田口久義)
  • 358  議長(田口久義)
  • 359  議長(田口久義)
  • 360  議長(田口久義)
  • 361  議長(田口久義)
  • 362  福祉事務所長(熊谷一)
  • 363  議長(田口久義)
  • 364  議長(田口久義)
  • 365  議長(田口久義)
  • 366  議長(田口久義)
  • 367  議長(田口久義)
  • 368  議長(田口久義)
  • 369  総務部長(千葉博行)
  • 370  議長(田口久義)
  • 371  議長(田口久義)
  • 372  議長(田口久義)
  • 373  議長(田口久義)
  • 374  議長(田口久義)
  • 375  建設部長(千葉雅弘)
  • 376  議長(田口久義)
  • 377  議長(田口久義)
  • 378  議長(田口久義)
  • 379  議長(田口久義)
  • 380  議長(田口久義)
  • 381  産業経済部長(高橋巌)
  • 382  議長(田口久義)
  • 383  議長(田口久義)
  • 384  議長(田口久義)
  • 385  議長(田口久義)
  • 386  議長(田口久義)
  • 387  水道事業所長(佐々木秀悦)
  • 388  議長(田口久義)
  • 389  議長(田口久義)
  • 390  議長(田口久義)
  • 391  議長(田口久義)
  • 392  議長(田口久義)
  • 393  医療局次長(浅野雅博)
  • 394  議長(田口久義)
  • 395  16番(田口政信)
  • 396  議長(田口久義)
  • 397  医療局次長(浅野雅博)
  • 398  議長(田口久義)
  • 399  危機管理監(星茂喜)
  • 400  議長(田口久義)
  • 401  16番(田口政信)
  • 402  議長(田口久義)
  • 403  危機管理監(星茂喜)
  • 404  議長(田口久義)
  • 405  19番(相澤吉悦)
  • 406  議長(田口久義)
  • 407  危機管理監(星茂喜)
  • 408  議長(田口久義)
  • 409  10番(中澤宏)
  • 410  議長(田口久義)
  • 411  危機管理監(星茂喜)
  • 412  議長(田口久義)
  • 413  議長(田口久義)
  • 414  議長(田口久義)
  • 415  議長(田口久義)
  • 416  議長(田口久義)
  • 417  議長(田口久義)
      平成26年第3回登米市議会 定 例 会 会議録(第6号)
 平成26年9月11日(木曜日)
1.出席議員(25名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君       4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 岩 淵 正 宏 君
   9番 伊 藤 吉 浩 君      10番 中 澤   宏 君
  11番 佐々木   一 君      12番 及 川 昌 憲 君
  13番 佐 藤 尚 哉 君      14番 伊 藤   栄 君
  15番 浅 田   修 君      16番 田 口 政 信 君
  17番 沼 倉 利 光 君      19番 相 澤 吉 悦 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君      21番 及 川 長太郎 君
  22番 庄 子 喜 一 君      23番 二階堂 一 男 君
  24番 八 木 しみ子 君      25番 佐 藤 恵 喜 君
  議 長 田 口 久 義 君
1.欠席議員(なし)
1.  遅刻議員(なし)
1.早退議員(なし)
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君    副  市  長  藤 井 敏 和 君
  総 務 部 長  千 葉 博 行 君    企 画 部 長  秋 山 茂 幸 君
  市民生活部長   神 田 雅 春 君    産業経済部長   高 橋   巌 君
  建 設 部 長  千 葉 雅 弘 君    市長公室長    中津川 源 正 君
  財 政 課 長  加 藤   均 君    福祉事務所長   熊 谷   一 君
  建設部次長
  兼道路課長    千 葉   修 君    企画政策課長   佐 藤 裕 之 君
  税 務 課 長  冨士原   徹 君    長寿介護課長   菅 原   登 君
  会計管理者    千 葉 幸 毅 君    環境事業所長   阿 部   信 君
  住宅都市整備課長 吉 野 晴 彦 君    新産業対策室長  伊 藤 秀 樹 君
                        教 育 次 長
  教  育  長  片 倉 敏 明 君    (学校教育)   千 葉 一 吉 君
  教 育 次 長
  (社会教育)   志 賀   尚 君    病院事業管理者  石 井 宗 彦 君
                        農業委員会
  医療局次長    浅 野 雅 博 君    事務局次長    菅 原 貞 治 君
                        消 防 本 部
  水道事業所長   佐々木 秀 悦 君    消  防  長  佐々木 建 待 君
  監 査 委 員
  事 務 局 長  佐々木 義 文 君    危機管理監    星   茂 喜 君
  医療局企画課長  佐 藤   豊 君    土木管理課長   首 藤 正 敏 君
  下水道課長    菅 原 和 夫 君    国保年金課長   千 葉   清 君
1.事務局出席職員氏名
                        議会事務局
  議会事務局長   佐 藤 昌 彦 君    次     長  佐 藤 真 吾 君
  議会事務局                 議会事務局
  主幹兼議事                 議事・調査係
  ・調査係長    加 藤 善 己 君    主     査  浅 井 顕 裕 君
  議会事務局                 議会事務局
  議事・調査係                議事・調査係
  主     事  主 藤 貴 宏 君    主     事  稲 辺 大 裕 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 会議録署名議員の指名
  第2 議案第113号 登米市災害公営住宅の屋根等における太陽光発電設備の設置に係る
            使用料等に関する条例の制定について
  第3 議案第114号 登米市母子・父子課程医療費の助成に関する条例の一部を改正する
            条例について
  第4 議案第115号 財産の処分について
  第5 議案第116号 字の区域を新たに画することについて
  第6 議案第117号 登米市建設計画の変更について
  第7 議案第100号 平成26年度登米市一般会計補正予算(第4号)
  第8 議案第101号 平成26年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
  第9 議案第102号 平成26年度登米市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
  第10 議案第103号 平成26年度登米市介護保険特別会計補正予算(第3号)
  第11 議案第104号 平成26年度登米市土地取得特別会計補正予算(第2号)
  第12 議案第105号 平成26年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第2号)
  第13 議案第106号 平成26年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第2号)
  第14 議案第107号 平成26年度登米市水道事業特別会計補正予算(第2号)
  第15 議案第108号 平成26年度登米市病院事業会計補正予算(第2号)
          開会 午前10時00分
議長(田口久義君) おはようございます。
 ただいまから、平成26年第3回登米市議会定例会6日目の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第90条の規定により、24番、八木しみ子君、25番、佐藤恵喜君を指名します。
 日程第2、議案第113号 登米市災害公営住宅の屋根等における太陽光発電設備の設置にかかる使用料等に関する条例の制定についてを議題とします。
 本案について、提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 皆さん、おはようございます。
 それでは、議案第113号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、自立分散型エネルギーの確保とスマートシティの形成に向け、宮城県が進める災害公営住宅の屋根の貸し付けによる太陽光発電設備導入事業に対応するため、条例を制定するものであります。
 詳細につきましては、建設部長から説明させますので、ご審議を賜りご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。建設部長、千葉雅博君。
建設部長(千葉雅弘君) おはようございます。
 それでは、議案第113号登米市災害公営住宅の屋根等における太陽光発電設備の設置に係る使用料等に関する条例の制定につきまして、ご説明を申し上げます。提案理由説明書は4ページ、議案書は65、66ページ、資料につきましては別冊2、第3回定例会資料86、87ページとなります。
 それでは、議案書65ページをお願いいたします。先ほど市長が提案理由で申し上げましたが、宮城県におきましては災害時の自立分散型エネルギーの確保等を推進しておりまして、今回災害公営住宅を整備しました市と町の屋根を取りまとめし、太陽光発電の屋根貸し事業を実施することへの参加の呼びかけが県からありまして、登米市としましてはこれに応じることとし、その対応のために本条例を制定するものでございます。
 第1条は、趣旨を規定しているものでございます。第2条につきましては、使用許可の期間を定めているものでありまして、実際の発電期間20年に太陽光発電設備の取り付けと撤去の期間1年ずつを加えました22年としているものでございます。第3条は、使用料の額を規定しているものでありまして、使用する面積に市長が定める額を乗じて得た額に、消費税相当額を加えた額を年額とするものであります。66ページをお願いいたします。第4条は使用料の納付、第5条は使用料の減免、第6条は使用料の還付を規定しているものでありまして、本条例は交付の日から施行するものでございます。
 それでは、別冊2の86ページをお願いいたします。2の屋根貸し事業の内容でございますが、宮城県が県内の市と町の災害公営住宅の屋根を借りて事業を実施する事業者を一括で公募しまして、当該発電事業の候補者となるものを決定するものでございます。
 3の期間の対応としましては、県は事業者を募集し、事業者決定後は県と市、事業者の3者で協定を結び屋根貸し事業を行うことになるものでございます。登米市につましては、本条例を制定しまして、屋根の使用に係る使用料を事業者から受領するということになるものでございます。
 4の入居者の対応としましては、入居者の皆さんから屋根貸しへの同意をいただくことが前提となりますが、災害時には太陽光発電設備設置住宅に対しましては、発電中だけになりますが電力供給がされるということになるものでございます。
 次に使用料の額でありますが、単価につきましては参加する自治体共通に、県有施設の屋根貸し事業の最低使用料単価1平方メートル当たり50円を、同じように最低使用料単価として考えているものでありまして、実際の単価につきましては、決定になりました事業者からの提案単価となるものでございます。
 収入予定額としましては、まだ単価がわかりませんし、事業者の現地調査の結果によって面積が決定になりますが、最低使用料単価と登米市の災害公営住宅の屋根面積から算定いたしますと年額11万4,933円、22年間で計算しますと252万8,526円となるものでございます。この屋根貸し事業への参加自治体としましては、災害公営住宅を整備しております自治体のうち仙台市を初めとする16自治体でありまして、塩竈、気仙沼、名取市につきましては今年度対象施設がなく、石巻と多賀城市につきましては復興交付金を活用し、直接太陽光発電設備を設置するというものでございます。なお、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度につきましては、現時点では平成27年6月までとなっておりまして、登米市としましては災害公営住宅に限った取り組みということで、本条例を制定するものでございます。
 説明は以上でありますので、ご審議を賜り、ご決定いただきますようよろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。10番、中澤 宏君。
10番(中澤 宏君) 10番中澤です。お尋ねします。
 この条例の制定、いいと思います。賛成です。ただ、条例制定の趣旨でございます。市長の提案理由にもありましたが、まず1つは「自立分散型エネルギーの確保」、これはよくわかります。もう1つ、「スマートシティの形成に向けた事業の一環として」というのがありますが、県の考えるスマートシティというのは、このイメージというのはどういうことを想定してその一部なのか、ちょっとお話をいただきたいと思います。
議長(田口久義君) 住宅都市整備課長、吉野晴彦君。
住宅都市整備課長(吉野晴彦君) まず、スマートシティでございます。これにつきましては、ITとか環境技術を投入した、先端技術を駆使した町のつくり方ということで提示してございまして、今回の場合は再生エネルギーを利用するシステムをつくりました町ということで指定してございます。新聞にも載ってございますが、太陽光それから風力発電などの再生エネルギーを効率よく、環境負荷を抑える次世代都市というイメージでございます。
議長(田口久義君) 10番、中澤 宏君。
10番(中澤 宏君) じゃあ、もう少しみんなが「なるほど、そうか」「そうなのか」と、わかりやすい説明に置きかえて話してもらえばいいかなと思いますね。例えば太陽光発電、今回のこれはこの一部であって、その全部というのは、だいたいイメージするとどういうので、そういう全体像あるいは未来像に向かって、今回「この一部なのだ」というお話をちょっとしていただくとありがたいんですけれども。もう1回課長、より詳しくちょっとお話しいただきたいんですけれども。
議長(田口久義君) 住宅都市整備課長、吉野晴彦君。
住宅都市整備課長(吉野晴彦君) あくまで県の指導でございますけれども、既存の電力系統を活用しながら、再生可能エネルギー等の供給や地域コミュニティでの効率的な電力、それから熱流通を実現するということでございまして、災害時に電力供給、今回の太陽光発電に関しましては災害時の電力供給が停止した際に、自力でエネルギーを確保できるシステムということで位置づけでございます。太陽光だけの意味で言えば、以上でございます。わかりましたか。
議長(田口久義君) 10番、中澤 宏君。
10番(中澤 宏君) ここでどうのこうのというのではないので、ぜひたぶん国がこうした構想の中で進めているんだろうと思いますから、何かの機会に課長、国が進めようとするスマートシティというのはどういうもので、また宮城県が目指しているこういうスマートシティというのはどういうもので、今回はこうしたことだということを、少しまとめて後から資料でもいただけたらうれしいですね。私たちも、この言葉というのは余りなじみがないので、詳しくわかりません。また、いろいろ多方面に考えられる言葉でもあるんですね。だから、ぜひその辺後で教えていただきたいと思います。以上です。
議長(田口久義君) 建設部長、千葉雅弘君。
建設部長(千葉雅弘君) ご質問のスマートシティの内容、それらにつきましてこちらでも調査をしまして、その内容をわかりやすくご提示をさせていただきたいと思います。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) 今、中澤さんがお話ししましたように、岩手県を中心としてスマートコミュニティ構想事業等が、例えば釜石、宮古市、それから北上市とで行われています。それはやっぱり独自に、自分たちが何かあったときに、そのエネルギーをしっかり使えるようなシステムをつくっていこうという、いわゆる地域主体型の事業構想なわけです。今回に関しては、県の働きかけというか、県の方向性の中だけでやっておりますけれども、今後とも市長、これは登米市としては、市民生活部でやっているエネルギーのさまざまな構想もありますけれども、この辺の絡みとして今後このスマートコミュニティ、コンパクトシティでもいいですし、さまざまな呼び方がありますけれども、地域の熱電源の源として市としてのかかわりをこれからどのように進めるという考えがあれば、お伺いしておきたいと思います。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) ご質問いただきました。市として、やはり再生可能エネルギーの最大限の活用というような取り組み、構想、いろいろと取り組みを進めておるところでございます。また、そういった意味では、各市民の皆さんにも住宅用太陽光発電の取り組みなどもいただいているような状況であります。そういった流れの一環として、今回県の取り組みについて条例化をさせていただきたいということでご提案を申し上げさせていただきました。
 また、民間の企業さんのほうからもやはり地域の中でエネルギー、特に電力を供給する体制をつくっていきたいというようなことで、事業化をされている市民の皆さんも数多くいらっしゃるというような状況でございます。市有地等につきましても、その利用についていろいろと申し入れを受けながら用地の貸借なども行っているような状況であり、我々としては市の取り組みということだけでなくて、やはり市民・民間事業者の皆さんの取り組みについても特に注意を払いながら、より連携ができるような取り組みとして、その取り組みを進めてまいりたいというふうに考えているところであります。
議長(田口久義君) 12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) 再生可能エネルギーというエネルギーの全体性からすれば、全体性と、それから自治体がやるべきいわゆる避難箇所を含めて、防災拠点等に含めての電源の供給体制。その辺の建て分けの中で、自治体が直接的に取り組むか否かというのが出てくるんだろうと思います。そうすると、どうしても市町村におけるやっぱり庁舎、病院、消防本部、学校、公園、体育館、道路、社会福祉施設、上下水道、その他等々出てくるんだと思います。それに向けて、やっぱり地域主導型の再生エネルギー事業というのは、登米市としても取り組んでいくべき方向だというふうに私は思うんですけれども、その辺までもうちょっと突っ込んで考えていくということは考えていないんですか。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) やはり、危機管理としてのエネルギーの自給の問題等もございます。そういった意味では、今市が指定をしております避難所また学校施設等についても太陽光の取り組みは行っておりますが、太陽光だけでは十分な電力の確保というまでには、実は至っていないというような状況でございます。市民の皆さんが多く避難をする体育館等の中では、蓄電池等も含めながらその対応を含めているところではございますけれども、それだけにとらわれずにさまざまな取り組みについては、しっかりと検証してまいりたいというふうに考えております。
 特にやはり登米市としては、太陽光もそうでありますけれども、ほかに再生可能エネルギーとして取り組める内容、さらに精度を高めながらそれらの取り組みについても検証をしてまいりたいというふうに考えているところでございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はございませんか。6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) 3点ほど。
 この災害公営住宅の屋根の構造というか、太陽光発電を考えて、既にそんなふうに支障なくつくっているんだかどうだかということ。それから21年後かな、取り外すとき、また補修が必要ないかどうかということ。それから、全部事業者は売電するのか。そして入居者は、災害公営住宅に入っている方が、例えばそうした災害のとき電気を使える者だかどうだか。それとあともう1つ、先ほど来お話あったスマートシティ、コンパクトシティ、コンパクトタウンでもいいんですけれども、それからエコタウンということも言われていますので、その違い等を後で結構ですので教えていただきたいというふうに思います。
議長(田口久義君) 住宅都市整備課長、吉野晴彦君。
住宅都市整備課長(吉野晴彦君) まず1番目の屋根の構造でございます。屋根の構造につきましては、太陽光パネルを最初から載せるような構造ではございませんが、今回の事業の中で発電事業者がその状況を確認して、それに見合ったもので提供するという形になってございます。
 それから2)として22年後、要は使用年限以降についての補修はないかということでございますが、当然その太陽光発電を設置する場合に屋根に穴をあけて固定するわけでございますので、22年後に防水の処理とか後始末での補修は出てくるものということで、(「それは事業者で」の声あり)そうです。事業者がやるように、公募内容の中で決めてございます。
 それから、全電力を売電するのかということでございますが、今回は宮城県一括しての事業設定でございますので10キロワット以上の売電であれば全量売電ということでございますので、通常時は全量売電をいたします。ただ災害時の場合は、当然通常の電源がストップしますので、その場合は売電もストップするということになりますので、その入居されているお客さまにつきましてはサービスコンセントというのが必ず1つ提供されまして、それから約1.5キロワットくらいの電源は利用できるという内容になってございます。
 それから4つ目に、スマートシティ、エコタウン等の種類につきましては、今後整理して提示したいと思っております。ご理解をお願いいたします。
議長(田口久義君) 6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) 説明を聞いて、納得しました。非常にいい考えだと思います。こうしたことを、県とか国から言われてするのもいいんですが、どうぞ布施市長、その辺をこれから先進都市として生きるためにいろいろな工夫を、職員は必ず知恵を持っていますので、発破をかけていただくようお願いして、終わります。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。16番、田口政信君。
16番(田口政信君) 基本的なことをお聞きします。これは契約者は誰で、宮城県が契約者なのかということと、使用料はどこに入るのか。その辺の基本的なことを、事業者と言われる人は一体どういう人たちが、例えば公営住宅の住民がみんなで事業者になれるのか、例えばですよ、そういうこともあり得るのかどうか。その辺、基本的なことをちょっとお聞かせください。
議長(田口久義君) 住宅都市整備課長、吉野晴彦君。
住宅都市整備課長(吉野晴彦君) 大変失礼いたしました。
 まず事業者でございますが、今後県で一括して公募の形式で企画提案していただくことにしておりまして、そこでは発電設備の機能を持った事業者でございます。今宮城県でやっております屋根貸しの事業者であれば、発電技術を持った事業者ということで、名前はあえて言いませんが11社ほどありまして、そのコンサルといいますか会社が事業者になります。契約は、登米市とその事業者と協定を結ぶという、県も含めて3者で協定書を結んで、県は市の立場に立ちまして、市に優位な形の情報を提供していただく役割を県が担うという形で、22年間の協定を結ぶという形になってございます。
 使用料につきましては、住宅都市整備課の使用料にそのまま、登米市のほうに納入されるということでございます。
議長(田口久義君) 16番、田口政信君。
16番(田口政信君) 何となくわかりました。
 それともう1つですけれども、中途で例えばそれを解除できるシステムは、その契約ですか、協定書の中にあり得るのかどうかということと、いわゆる事業者が登米市の公営住宅の場所あるいは向き、そういうもので選定されないという可能性はあり得るということも想定していいんですね。たぶん太陽光ですので、そういうことも事業者自身がきらってくるということもあるというふうに想定していいのかどうか。その2点をお伺いします。
議長(田口久義君) 住宅都市整備課長、吉野晴彦君。
住宅都市整備課長(吉野晴彦君) まず、屋根の向き等によっての発電量でございますが、これは当然その事業者が現地を確認いたしまして、採算が見合う屋根であるかどうかの確認は当然するものでございまして、それによって載せられる屋根を設定すると思います。面積として試算してございますが、これはあくまで切妻の方屋根部分の8割ほどで試算してございますが、実際は業者選定されてその提案書を見ないと、どれくらいの面積になるかはちょっと今の時点でははっきりしない部分でございます。
 中途解除でございますが、事業者が22年間継続して安定した経営ができるかどうかというのが1つの目安でございまして、倒産した場合というのは当然考えてございまして、そのときに次の候補者がそのまま継続するかどうかを確認するということで、その継続者がいるかどうか、その辺を確認するということになっておりますので、途中で解約も事業者によってはあるということでございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第113号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第113号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第113号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第113号 登米市災害公営住宅の屋根等における太陽光発電設備の設置に係る使用料等に関する条例の制定については、原案のとおり可決されました。
 日程第3、議案第114号登米市母子・父子家庭医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第114号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、次代の社会を担う子供の健全な育成を図るための次世代育成支援対策推進法等の一部を改正する法律が平成26年4月23日に公布され、平成26年10月1日に一部施行されることに伴い、引用法律の題名、改正等を行うため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては市民生活部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) それでは、議案第114号登米市母子・父子家庭医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例につきまして詳細説明を申し上げます。
 議案書につきましては、67ページでございます。提案理由書につきましては、10ページからの新旧対照表で説明をさせていただきます。
 本案につきましては、市長の提案説明のとおり、次代の社会を担う子供の健全な育成を図るための次世代育成支援対策推進法の一部を改正する法律が公布されまして、その中で母子及び寡婦福祉法が改正されまして、10月1日から施行されることに伴い、本条例の一部を改正するものでございます。
 改正の内容でございますが、第2条第1項の改正につきましては、「母子及び寡婦福祉法」の法律の題名が「母子及び父子並びに寡婦福祉法」に改正することに伴い、引用する法律名を改正するものでございます。
 第2条第2号の改正につきましては、母子及び父子並びに寡婦福祉法第6条第2項に新たに配偶者のない男子に関する定義規定が追加されたことに伴いまして、同条同項を引用する表現に改正するものでございます。
 第7条第1項及び第10項の改正につきましては、引用条項を訂正するものでございます。
 ご審議をいただきまして、ご決定いただきますようよろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第114号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第114号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第114号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第114号 登米市母子・父子家庭医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。
 日程第4、議案第115号 財産の処分についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第115号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、登米市迫町北方字川戸沼地内の土地を処分するに当たり、地方自治法第96条第1項第8号及び登米市議会の議決に付すべき契約、及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求めるものであります。
 詳細につきましては、産業経済部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 議案書は68ページでございます。提案理由につきましては5ページ、それから別冊2の88ページが関係資料でございます。
 それでは、議案書68ページ。議案第115号 財産の処分について。
 次のとおり財産の譲渡契約を締結することについて、地方自治法第96条第8号及び登米市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求める。
 平成26年9月4日提出 登米市長
 契約の目的ですが、財産・不動産の譲渡でございます。譲渡する物件、所在登米市迫町北方字川戸沼20番2。地目、雑種地。地籍、4万429平方メートルでございます。契約の金額、5,255万7,700円。契約の相手方、宮城県登米市中田町宝江黒沼字十文字260番地、株式会社スタンレー宮城製作所、代表取締役社長、熊谷重典。
 それでは、別冊の88ページをお願いいたします。
 譲渡金額の、これは譲渡単価でございます。平方メートル当たりの事業費相当額1,300円となっております。
 譲渡企業の概要でございます。設立が昭和45年5月22日、資本金4億9,000万円、従業員数140名、事業内容LED照明製品、液晶用バックライト光学部品、ヘッドランプ、ライセンスランプなどの製造でございます。
 事業概要、建物規模約1万4,900平方メートル。工場と金型倉庫等。投資額約38億円、雇用人数が新規雇用予定10名となっております。
 事業計画、平成26年10月工場建設工事着工、27年8月工事完了、27年9月稼働開始。
 添付書類といたしまして、89ページは位置図でございます。それから、90ページが譲渡予定図ということで、これは長沼工業団地に隣接する長沼企業用地ということでございます。
 91ページ、履歴事項全部証明書でございます。
 96ページから99ページまで、土地売買仮契約書となっております。
 以上、ご審議いただきまして決定されますよう、よろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。16番、田口政信君。
16番(田口政信君) 確認したいことは、現在まで「I Loveファーム」に、借地ですよね、たしか。やっているんですが、当初の借地面積と今回の売却、処分する面積というのはたぶんダブりがあるんだというふうに思うんですが、その辺の契約上の「I Loveファーム」との契約の状況だったり、その辺のことはどういうふうになっているのかと、それから「I Loveファーム」とのいわゆる借地契約とのかかわりで、何か今回処理をしたことがあるのかどうか、お伺いします。
議長(田口久義君) 新産業対策室長、伊藤秀樹君。
新産業対策室長(伊藤秀樹君) お答えします。「I Loveファーム」との契約は、6月議会でご承認いただきまして、変更契約ということで処理させていただいておりますし、その残った分で今回売却するものでございます。
議長(田口久義君) 今回何か処理したことは、特になければないということですか。契約等に関して。
新産業対策室長(伊藤秀樹君) 分合筆しまして、その分の測量設計等はかけております。
議長(田口久義君) 16番、田口政信君。
16番(田口政信君) つまり、「I Loveファーム」との関係については、別に問題はないんだということで理解をしていいんですね。そうすると、登記的にもそういうふうにしたんだということで、今回はそうしますと「I Loveファーム」の分は登米市所有の土地となって、今回の処分の面積については相手方の所有になるというふうに理解を。
 それからもう1点は、この今回の処分に伴って、後ほど道路のやつが出るようでございますが、そのほかの設備関係のいわゆる投資というものがどのくらい出てくるのか、お知らせをいただきたいと思います。
議長(田口久義君) 建設部次長、千葉 修君。
建設部次長兼道路課長(千葉 修君) それでは、先に道路関係の進捗状況について説明をさせていただきます。
 今提案の箇所の北側の道路、中沢線という市道でございますが、この整備につきましては6月議会の補正予算でお認めをいただきまして、今作業を進めているところでございます。現在、2回の説明会を開催いたしまして、それから現地にはどこまでお願いしなければならない、くいを打たせていただきまして地権者の方に確認をいただき、内諾をいただいているところでございます。これからの作業とすれば、その面積を測定し、一部建物移転等もご協力いただかなければならないところが出てきますが、それらの関係の補償費を積算して契約を結び、10月には工事を発注し、3月末を目標に完成を目指したいと思っております。
 それから、それにあわせて下水道の計画も進めておりまして、下水道の本管の延長等について今作業を進めているところでございます。
議長(田口久義君) 答弁は、それでよろしいですか。
 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 企業側が、今後経費としてかける予定というふうなことでございますが……。
議長(田口久義君) 16番、続けてください。
16番(田口政信君) 道路については今まで出されましたので、下水道だけで済むんだというふうに解釈していいんですかということを聞いているんです。今下水道の説明いただきましたので、それ以外に何もいいんですかということを聞いたんです。
議長(田口久義君) 市の分の負担はどうなのかということです。
 建設部長、千葉雅弘君。
建設部長(千葉雅弘君) 市の負担の関係でございますが、先ほど道路の関係ご説明させていただきましたけれども、6月議会で下水道事業関係も補正させていただいておりまして、ちょっと事業費は定かでありませんけれども、予算措置はさせていただいてございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第115号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第115号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第115号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することに異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第115号 財産の処分については、原案のとおり可決されました。
 日程第5、議案第116号 字の区域を新たに画することについてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第116号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、東和町の区域において土地改良事業(県営農地整備事業・青木地区)が施工されたことに伴い、同事業区域内の字を新たに画することについて、地方自治法第260条第1項の規定により議会の議決を求めるものであります。
 詳細につきましては総務部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) それでは、議案第116号 字の区域を新たに画することについてご説明を申し上げます。
 議案書につきましては、69ページから71ページ、それから提案理由書につきましては、5ページでございます。それから、別冊2の資料では、100ページから理由書を添付してございますので、お目通し願います。
 この事業につきましては、県営土地改良事業(農地整備事業・青木地区)としまして、平成17年度から総事業費3億3,000万円で着手されまして、平成26年度が完了年度となっております。事業の区域につきましては、東和町米川の青木地区内であります。総面積は約58ヘクタールでございます。平成19年度に面整備が終了いたしまして、平成25年度までに道路工、排水路工、附帯工などが完了してございます。また、事業の最終年度であります本年度は、11月ころに権利者会議が行われまして、換地処分等につきましては平成27年3月に予定されてございます。
 本件は、この施工区域内に混在しております字を新たに画しまして、土地の区画を合理的にしようとするものでございます。新たに画する字名、それからそれに包括される区域の詳細につきましては、議案書のとおりでございます。お目通しをいただきたいと思います。なお、位置図等の詳細については、別紙2の100ページ以降の資料を参照願いたいと思います。
 説明は以上でございます。よろしくご審議賜り、ご決定くださいますようお願いいたします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第116号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第116号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第116号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第116号 字の区域を新たに画することについては、原案のとおり可決されました。
 日程第6、議案第117号 登米市建設計画の変更についてを議題とします。
 本案について、提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第117号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、東日本大震災による被害を受けた合併市町村に係る地方債の特例に関する法律が平成23年8月30日から施行し、さらに東日本大震災による被害を受けた合併市町村に係る地方債の特例に関する法律の一部を改正する法律が平成24年6月27日から施行され、旧市町村の合併の特例に関する法律、附則第2条第2項の規定により、その効力を有する同法第11条の2第1項の地方債の特例が定められたことに伴い、登米市建設計画の計画期間及び財政計画等を変更するため、同法第5条第7項の規定により議会の議決を求めるものです。
 詳細につきましては企画部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) 議案第117号 登米市建設計画の変更についてでございますが、議案書72ページでございます。議案第117号 登米市建設計画の変更についてでございますが、それとあと提案理由説明書は5ページでございます。また定例会の資料別冊3、それからもう1つ、別添で右肩に議案第117号と記載しておりますA4横書きの新旧対照表のご準備をお願いいたします。
 それでは、定例会資料別冊3のほうで最初ご説明申し上げます。1ページでございますが、右肩にその1と記してございますが、登米市建設計画の変更についての概要を記載してございます。
 1の新市建設計画の法的位置づけ、それから2の登米市建設計画については、これまで同様のものでございますので省略をさせていただきます。3の計画変更の背景及び計画変更の目的についてでございますが、ただいま市長申し上げましたように平成23年8月30日に東日本大震災による被害を受けた合併市町村に係る地方債の特例に関する法律が制定されまして、被災市町村であります本市においては、合併特例債の発行期限が5年間延長されることになりました。さらに、24年の6月27日にはその一部を改正する法律が施行されまして、その名称につきましては「東日本大震災に伴う合併市町村に係る地方債の特例に関する法律」に改められるとともに、被災市町村である本市においてはその合併特例債の発行期限がさらに5年間延長されるというふうなことになりまして、合わせて10年間の延長で、平成37年度まで合併特例債の発行が可能となったというふうなことでございます。今回の登米市建設計画の変更につきましては、本市において平成37年度まで合併特例債を活用できる環境を整えるためのものでございます。
 次に、2ページをお願いいたします。5の計画の変更内容でありますが、現計画の平成26年度の終期を37年度までとする期間の延長、それと新たに合併特例債の活用が可能となる見込みの公共施設の除却に関する記述、それから現時点において合併特例債の活用を想定する事業を追加で記述するものでございますし、またこれらに対応する財政計画の変更も行うものでございます。6の合併特例債の内容については、省略をさせていただきます。
 7の合併特例債の発行の状況等ですが、平成25年度までの合併特例債活用事業実績は(1)の表のとおりでございまして、99事業で218億9,400万円の事業費で、152億5,440万円の合併特例債を充当してございます。本市の合併特例債を活用する建設事業の標準全体事業費は、(2)の表のとおり561億7,030万円でございまして、その起債限度額は533億6,170万円となってございますので、26年度今年度以降の借入可能額ですが、差し引きまして381億730万円というふうなことになってございます。
 次に3ページでございますが、(3)の基金起債限度額等については合併特例債を原資として地域振興のための基金を積み立てることができるものでございまして、本市の基金積立限度額は40億円になっているというふうなことでございます。なお、前年度末までに基金造成のために起こした合併特例債の償還が終わった範囲内で、基金の取り崩しが可能とされてございまして、建設計画に位置づけられた事業への充当が認められてございますが、本市ではこれまで積み立てを行ってきてございませんでした。
 次の8の計画変更のスケジュールでございますが、昨年の9月から先月8月までの間、ここに記載のように変更に係る経過をたどってきてございます。7月28日には、法に基づきましてあらかじめ宮城県知事と協議を行い、8月22日に知事から同意する旨の回答をいただきましたので、本日の議案提出となったものでございます。
 次に、4ページをお願いいたします。財政計画の策定(変更)というふうなことでございますが、1の財政計画変更の考え方でございますが、今回の変更につきましてはただいまご説明申し上げましたように、法改正により合併特例債の発行可能期間が10年間延長されたことに対応いたしまして、計画期間を37年度まで延長するものでございます。財政計画につきましても、これにあわせて期間の追加としての変更をするものでございます。
 次に、2の経費の積算根拠ですが、新たに加える平成27年度から37年度までの後期財政計画に計上した、主な歳入及び歳出の積算根拠を5ページまで記載しておりますが、説明は省略をさせていただきます。
 次に6ページですが、ただいま説明いたしました内容により計画いたしました、平成27年度から37年度までの後期財政計画の一覧でございます。
 それでは、続きまして別冊のA4横書きの新旧対照表のほうをご準備いただきたいと思います。まず、表紙のほうですけれども、左から変更後のページ、それから変更案、変更前のページ、変更前の現行を示した表となってございます。
 初めにこの表紙でございますが、下のほうでございます。左のほうでございますが、今回の変更事項を新たに追加してございます。
 次に2ページですが、(3)の計画期間につきまして終期を平成26年度より37年度に変更し、21カ年の計画とするものでございます。それから、平成17年度から26年度までの10年間を前期計画といたしまして、27年度から37年度までの11年間を後期計画とするものでございます。
 次の3ページでございますが、3)スポーツの振興の部分ではパークゴルフ場の整備にその合併特例債の活用が想定できることから、文言を追加してございます。
 次に4ページでございます。3の公共的施設の運営等適正配置整備についてでございます。これまで合併特例債の対象とされておりませんでした公共施設の除却等に対し、新たに特例債の活用が可能となる見込みであることから、計画に記述を追加するものでございます。それから、新たな庁舎の建設につきましては「検討していくものとします」から、今回「検討の上整備するものとします」に文言の変更を行うものでございます。
 次に5ページでありますが、1の財政計画作成に当たっての主な前提条件でございます。先ほどご説明申し上げましたように、計画期間を延長するものでございまして、また(1)基本的な前提以降の記述につきましては、平成17年度から26年度までを前期財政計画、それから27年度から37年度までを後期財政計画とするに当たりまして、1)の基準値の部分のように前期と後期に分けてそれぞれ整理をしたものでございます。
 以降、主な項目についてご説明を申し上げます。5ページから6ページにかけてでございますが、2)でございますが地方交付税の後期財政計画の前提条件につきましては、普通交付税における合併算定がえの終了に伴う影響額、それから税制改正による影響額などを見込んでいるところでございます。
 それから、6ページから7ページにかけての6)の地方債については、合併特例債を後期財政計画ではおよそ216億円見込みまして、前期の実績見込額とあわせて全体で変更前と同額のおよそ396億円といたしてございます。
 次に、(3)の歳出における主な前提条件以降の記述についても、歳入同様前期と後期に分けた整理の記述をしたものでございます。1)の人件費の後期財政計画においては、定員適正化計画などによる一般職員の削減を見込んだものでございますし、次の8ページの5)公債費の後期財政計画では、前期財政計画の実績見込額までの地方債に対する償還予定額に、後期財政計画の事業実施に伴う新たな地方債の償還見込額を加えて算定したものでございます。8)の普通建設事業でございますが、後期財政計画におきましては総合計画実施計画の事業費、それから今後見込まれるであろう普通建設事業費などを見込んだものでございます。
 次の9ページでございますが、前期財政計画の平成17年度から21年度までの歳入でございますので、これについては変更ございません。それから10ページについても、前期財政計画の歳出でございますので、これも変更してはございません。11ページでございますが、平成26年度までを前期財政計画とするために、これまでの現行の3の後期財政計画の文面のみを削除するものでございます。次に12ページでございますが、平成22年度から26年度までの歳出でございますので、これも変更はございません。
 次の13ページでございますが、このページ以降につきましては平成27年度から37年度までを後期財政計画として新たに加えるため、3後期財政計画と(1)歳入、(2)歳出の各項目及び各年度の表を追加するものでございます。
 資料は以上でございますが、今回の建設計画の変更につきましては、議決をいただいた際に、後日総務大臣及び宮城県知事へ送付する予定となっているところでございます。
 以上、議案第117号 登米市建設計画の変更についての説明といたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) 説明が終わりました。質疑については休憩後といたし、ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午前11時03分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時11分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 これから質疑を行います。質疑はありませんか。15番、浅田 修君。
15番(浅田 修君) まずこの合併特例債の件でございますけれども、この計画なんですけれども、いろいろな事業計画、これは随時37年度まで発行可能なんですけれども、37年度ということはないと思うんですけれども。それまでに随時毎年変更とかそういったことが、例えば加える、あるいはやめるというようなことは随時できるものなのか、どうなのか。
 それから、今回パークゴルフの分まで入ったようでございますけれども、陸上競技場あるいはパークゴルフ場、それから庁舎ですか、建設関係なんですけれども、そういった1つの目的基金ですか、そういった積み立ても可能なのかなというふうに思いますけれども、その点についてどのように考えているのかお伺いします。
議長(田口久義君) 企画政策課長、佐藤裕之君。
企画政策課長(佐藤裕之君) 合併特例債の変更の関係でございますけれども、当然今回変更ということで計画書をつくってございますけれども、具体的な事業については毎年度総合計画の実施計画に係りまして変更作業を行ってございます。その中で、当然変更が行われてくるというような考えでございます。以上でございます。
議長(田口久義君) 財政課長、加藤 均君。
財政課長(加藤 均君) 基金の関係でございますが、資料別冊3の3ページごらんいただきたいと思います。この3ページの一番上、(3)基金起債限度額等ということで、先ほど部長が説明申し上げましたが、積立限度額で40億円、それから起債限度額ということで38億円ということで配分いただいておりますが、基金を活用できるという部分についてはこれのみということでございます。先ほどお話しいただきました目的基金、庁舎とかそういった公共施設の関係の基金ですが、これは建設のための基金ということになります。ここにある基金につきましては、いわゆるソフト事業に充てていいよという基金でございますので、該当にならないということになりますので、よろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) 15番、浅田 修君。
15番(浅田 修君) ハード事業はだめ、ソフト事業の分だけの基金積立という、そうなの。前にそういった目的基金も積み立てて、ハードの部分も積み立てて、その分の利子も稼げるというような一つの案もあったような感じするんですけれども、なくなったんだかどうなのかね。そういったこと頭さちょっと入っていたものですから、質問したんです。事業計画の変更等については、随時加除できるんですけれども、そんなそんな簡単に加除できる話ではないんだよね。だから、計画きちっとやった中でまずやっていただきたいというのが実際ですけれども。これ以上に大きな、今3つの計画が示されているようなんですけれども、その点何かほかにこの特例債を使ってやりたいなというような事業なんかは、これには書かれていなくても何かないですか。こういったことも見込まれると、だから言われないところあるから、企画部長言われないところあるから、市長とか副市長、もしあれば。
議長(田口久義君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) 今回のこの計画の変更でございますが、建設計画の文面がございますけれども、そういった中で読み込める部分というのは、随時実施計画の中で入れかえながらやっていくというふうなことはできるというふうに考えてございます。ただ、どうしてもこれまでこの建設計画の文章の中で読み込めない部分、あるいは触れていない部分、そういったものをやろうとするときには、今回と同じような手続でこの建設計画の変更もまた作成して、県と調整しながら議会の承認をいただくというふうな形になります。
 それから、個別の事業というふうなことでございますけれども、大まかに想定している部分は例えばパークゴルフ場とか陸上競技場とかありますけれども、総じて今お話しいただきましたようにこの文書の中で読み取って、その都度3年間の総合計画の実施計画の中で示した中で対応していくというふうな、そういった形に考えておりますので、よろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。13番、佐藤尚哉君。
13番(佐藤尚哉君) 計画の変更の内容ということですね。計画期間を平成26年度から37年度まで延長するということなんですけれども、その中で今もありましたけれどもパークゴルフ場であるとか公認陸上競技場、そして新庁舎、今回「検討の上整備する」というふうな内容でこれから、この前までは「検討していく」ということから一歩進めてありますけれども、こういうふうなことで決算資料の後期財政計画が13ページからありますけれども、この中に全てこういうふうな計画が入っての後期財政計画になっているものかどうか、その辺お伺いします。
議長(田口久義君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) 先ほども少しお話しさせていただきましたけれども、これからの後期11年間というふうなことの計画でございまして、それぞれ全てが精査された事業費というふうなことにはなってございませんが、そういったものも含めて、今現在想定されるものそれぞれの見込みというふうな形で掲載させていただいてございます。
議長(田口久義君) 13番、佐藤尚哉君。
13番(佐藤尚哉君) いくら計画とはいっても、見込みの部分で建設計画等をつくっていくやり方というのは、どうなんだろうなというふうな思いで見ております。庁舎建設についても「検討の上整備する」というふうな内容で、踏み込んではいるものの「建設する」とまでは言っていないんですね。そういったものまで全て、総合公認陸上競技場であるとかパークゴルフ場であるとかという部分も含めて、議会では一向に審議も何もしない中で、計画だけが先行していくというやり方でいいものなのかなというふうな思いで見ておりました。もう一回お願いします。
 それから、一歩進めて庁舎建設について「検討の上整備する」ということでありますけれども、どうなんでしょう。今、例えば現在の迫庁舎ですね、耐震補強も多額のお金を使って整備をした。これから先25年以上もつ、公共建造物の長寿命化という問題もありまして、そういうふうな一方では長寿命化のこともあります。もし建設に向け整備するということの中身で、迫庁舎であるとか中田庁舎の維持管理費に多額のお金が必要だということで言っておりますけれども、要するに建設費よりも維持管理するほうが3倍から4倍ものお金がかかるということを言われておりますけれども、新庁舎を大きくすればするだけ20年、30年たったときに将来に対する負担がすごく大きくなっていくということを、やっぱりよく考えていかなきゃないんでないかなというふうに思うんですけれども、そういうふうな検討されたのかどうなのかということですね、お伺いしたいというふうに思います。よろしくお願いします。
議長(田口久義君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) 先ほどもご説明いたしましたが、このたびの建設計画の変更につきましては、大震災に伴いまして合併特例債の発行期限の延期に対応するというふうなことで、今後見込まれる事業変更後の建設計画へ盛り込むというふうなことでございます。いわゆる今後のさまざまな事業実施に際しまして、より有利な起債である合併特例債を活用できる幅を広げておく、あるいはそういった環境をあらかじめ整えておくというふうな趣旨のもとでの変更でございます。
 それから、こういった建設計画といえども計画ですので、その辺のご審議いただく部分の内容とか、そういった部分の出し方というふうなことでございますが、実質今回後期の11年間についてこういった内容でお示しをしてございますが、総合計画の実施計画につきましては毎年度議会のほうにご報告申し上げながら、さらにはこのたび総合計画今改定作業中でございますけれども、それもその機会を捉えながらご報告しながら策定していくというふうなことにしてございますので、そういったあるいは毎年の予算審議の中でいろいろな計画に対するご審議もいただいているところでございます。そういった部分もございますし、今回今もお話し申し上げましたように特例債の活用できる幅を広げておく、あるくいはその準備をしておくというふうな意味合いでの捉え方もございますので、よろしくご理解のほどお願いしたいと思ってございます。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 新庁舎の建設につきましては、これまでもいろいろご質問の中でお答えしてございますけれども、現行の新市の建設計画におきましても、新庁舎については「検討していく」という文言がありますし、総合計画でも「検討の上推進をしていく」というふうな位置づけをしておりました。ただ、るるの事情がありまして、今日まで着手できなかったというものがあると思います。今議員お話のように、例えば迫庁舎の耐震補強をされて、確かに耐震的には前と比べますと非常に強固になってございますけれども、躯体そのものが相当古くて、65年の耐用年数ということからしてもあと25年、じゃあその25年後には建てかえする必要があるといったときに、そのときにどういった財源があるのかとか。あるいは3つの庁舎、そして支所もございますけれども、その維持管理経費、これはやはり老朽化してきますと年々ふえてきてまいりまして、この庁舎につきましても空調だったりあとは設備関係、この大がかりな整備等も今後する必要があるなどなど考えますと、どの時期にどういったことをすべきかということをやはり真剣に考える必要があると思います。
 大きな庁舎を建てて将来負担ができるということなんですが、負担はどのときでも、どの時代でも当然維持管理にはかかるわけでして、現在のさまざまなものをそのまま古いままもっていくか、あるいは新しくして集約してしまうか、その辺総合的にいろいろ考えて建設の必要性なり時期なりを検討していきたい。慎重にその辺は進めていきたいと考えております。
議長(田口久義君) 13番、佐藤尚哉君。
13番(佐藤尚哉君) よく理解できないので、後で討論します。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。4番、氏家英人君。
4番(氏家英人君) 新旧対照表から若干質問させていただきたいと思います。
 これは6ページから7ページにかけての部分でございますけれども、後期財政計画でおよそ216億円を見込んで、前期財政計画の実績見込額と合わせて全体でおよそ396億円を見込むということで、この額は書いてあるとおり借入可能額572億円の69.3%、約7割であるということでございます。震災が発災したので、合併特例債を発行できる期限が10年間延びたということでの、今回この建設計画の変更であります。震災前と震災後、ちょっと考え方は変わっていって当然なんじゃないかなというふうに思ったわけでございます。あくまでも合併特例債、登米市が発行できる可能額の約7割は使っていきたいんだというふうな考えでいるのかどうか、お答えいただきます。
議長(田口久義君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) 合併特例債の発行の全体の見込額のお話でございます。ここに書いてあるとおり、当初10年間で396億円を見込んでおったというふうなことでございますけれども、これまでの10年間で合併特例債見込事業、さまざまございましたけれども、当初見込んでおったものを有利な交付金事業なり、補助事業なり、そういったものを当て込んできた事業がございます。特に合併特例債といえども借金でございますので、それよりも補助金あるいは交付金等の事業を活用して、有利な財源のもとで事業を消化してきたというふうなことで、当初の計画よりも発行額については抑えられた、そういったことで抑えられたというふうなことでございまして、予定事業をやらないで抑えてきたというふうなことではないというふうに私どもは理解してございます。
 そういった意味からも、今後においてもそういった考え方のもとで当初見込んだそういった部分での活用を図っていきたいというふうな、そういった考え方でございます。
議長(田口久義君) 4番、氏家英人君。
4番(氏家英人君) 考え方はわかるわけでございますけれども、きのうの報告第7号、第8号ですか、企画部長答弁されました。登米市の財政は健全であるということでありました。それは、そうだろうと思うんですね。一方反対から見れば、もしかするとやるべきことをやってこなかったのかな、そういうことのあらわれなんじゃないかなというふうにも思われるわけでございます。「実施するべきことをやらなかったわけではないのだ」というふうなお話もされましたので、その辺はいいとしたいと思います。
 じゃあ、4ページにちょっと移ります。庁舎建設についての部分でありますけれども、前者からも質問ありましたが「検討していくもの」から、今回「検討の上整備する」としていますけれども、「整備する」というのはこれは「建設する」ということなんですよね。ややこしいちょっと表現なので、こういうところははっきりさせていただきたいなというふうに思っています。ただ「建設する」というふうになりますと、前者のお話のとおりかなというふうに思います。ややもすると「建設ありき」で進んでしまうのではないかと。私は、決して新庁舎建設に対して反対の立場ではありませんけれども、きちっとこの場合は「整備する」「建設する」としなくても、十分いいのではないのかなというふうに感じるわけです。実際、今やっとといいますか、4月に新庁舎建設検討委員会というのが始まって、たった2回ですけれども検討を始めたばかりのことでございますし、現行のまま「検討していく」でいいのではないのかなというふうに思うわけでありますが、その辺どういうふうにお考えですか。やはり「建設する」と、どうしても明記したいということなんですか。
議長(田口久義君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) 「建設する」ということの表現ではなくて、表現上は「整備する」という表現でございます。これまでの「検討していくものとします」から、「検討の上整備するものとします」というふうなことでございます。これ、事前に県のほうともいろいろその辺のところ、これだけではなくて全体についてやりとりをさせていただきながら、指導いただきながらやってきたわけでございますけれども、今議員お話のとおり「検討していくものとします」というふうな中でも合併の協議のプロセスなりその後の検討の経過なり、そういったものも含めれば合併特例債の活用としてはあえて文言整理、追加というふうなことも必ずしも必要とはしないのではないかというふうなお話もございましたが、ただそういった部分でより読み取りやすくといいますか、担当者が変わってそういったいろいろ読み取り方が違っても困りますし、その辺もう少し踏み込んだ形で「整備をする」というふうなことでの表記をさせていただいたというふうなことでございます。現行の中でも読み取れないというふうなことではございませんでした。
議長(田口久義君) 4番、氏家英人君。
4番(氏家英人君) 私はだから、そういうところがわかりにくいと言っているんですね。現行のままでも現在進行形できちんと、検討委員会なんかも発足して動いているわけですし、あえて「整備する」というふうに変更する必要あるのかなと。「整備する」ということと、「建設する」ということは同じ意味なのかと聞けば、また曖昧な答えであります。どうやって市民に説明すればいいのかなと思うんですね、この辺のことについて。その辺のちょっと考え方というか、提案者の市長に聞きたいと思うんですけれども、お願いします。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) この新庁舎については部内で検討組織を立ち上げ、またそれらに向かった経緯といたしましては、先般一般質問でもちょっとお答えをさせていただいたところでありましたけれども、やはり当初定員の適正化計画の中で、今現在400名以上の職員を減らしているという状況、またそういった状況の中で、やはり必要な庁舎としての規模や内容など、十分に精査が至らないというような状況もございました。そういった意味では、さきの13番議員のご質問にもございましたとおり、庁舎に関する維持管理、また今分庁舎になっていて市民の皆様からもワンストップで課題がなかなか解決をしないとか、さまざまなご指摘もいただいておるところでございます。そういった意味では、しっかりとした住民サービスを提供する上においても、やはりその取り組みについてはなお一層より具体的な検討に着手すべきというような判断の中で、庁舎建設整備についての取り組みについてしっかりと検討するということで、内部で決定をしたというふうな状況でございます。
 そういった意味合いから含めれば、今までの「検討」ということだけでなく、より精度の高い取り組みを進めていくという意思表示の中で「整備をする」と、文言を加えさせていただいたということでございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) 私もこの4ページのことでお聞きしますけれども、新庁舎のことで私何も聞いたことも1回もないんですけれども、こういうやっぱり「検討の上整備するものとします」ということですので、さまざま検討委員会も立ち上げているというので、ここまできてしまったらやっぱり市長として本当に建てるのだか、やめるのだか、建てなくたっていいのだか、そこら辺をやっぱり曖昧でなくきちっと言ったほうがいいと思う。そこのところ、お聞きします。私としては、やっぱりそのようなことならば建てたほうがいいと思います。「建てる」というふうなことで「検討します」とか、あるいはさまざまあると思いますけれども。そこのところ、曖昧でなくはっきりと聞いてみたいんだけれども、お願いします。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 庁舎に対する必要性、それを十分に踏まえながら取り組みをするということでございますので、建設をする方向で内部で検討しております。
議長(田口久義君) 19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) そのようなことであれば、私としては今の分庁舎、やっていますけれどもそこから全部引き上げて、場所はどこになるかわかりませんけれども、引き上げたところというのは、さまざま研修で歩いてみましたけれども、かなり過疎化になるんですよね、全部1カ所でやると。そこのところ、全部空になるんですよ。1つのところは庁舎の入り口が草だらけ、駐車場も来ないから草になっていたなというふうなところもありました。ただそればりでなくして、人によってそれは見る人、見る人あると思いますけれども。ただ具体的に建てるというんであれば、場所はどこになるかわかりませんけれども、今の迫庁舎を観察しますと駐車場も今の3倍くらい欲しいと思いますよ。今中田、南方に来ている車も相当ありますからね。だからそれが全部1カ所になるというと、それだけの敷地が欲しくなるというふうなことで、やっぱり庁舎建てるそのものの、何十億だかわかりませんけれども、そのもののお金だけじゃなくして、環境整備の分さも相当なお金がかかると思います。それでも、市長は建てるというふうなことですか。もう一度お願いします。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 当然そういったことは検討、考慮しなければならないというふうに思っております。また、そういった意味では庁舎という施設がやはり市民の皆さんにとって利便性が高くなければ、その機能は十分に発揮をしないというふうに思っておりますので、ご指摘をいただいた点十二分に踏まえながら、検討してまいりたいと思います。
議長(田口久義君) 19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) そして、市長は市民を非常に大切にしております。ですから、市民の意見というものを非常に聞いて歩くというふうなことも言っておりますから、まずは市民の座談会でもどこでもいいから、そのような形もいいから、ここまではっきり言ったんならば「このようなことでやりたい」というふうなことで、さまざま説明をしていかないとなかなか理解されないんでないかなというふうに思われますので、まずは怖がらないで、腹を決めたんならばまずは市民に意見を聞いて、そして進めてください。そうでないと、クーデター起きたりなんかしたら大変なことになってしまうからね。だから、まずはそこからスタートしてやってもらえばなというふうに思います。もう一度お願いします。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 我々が今考えている庁舎というものは、職員のためのものではございません。市民のためにどのような姿がよいのか、それを我々として今十分に検討を進めておるというような状況でございます。そういった考え方やその取り組みについても、しっかりと市民の皆様にご説明をしながら、ご理解をいただくようにしっかりと取り組みを進めてまいりたいと考えております。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。8番、岩淵正宏君。
8番(岩淵正宏君) 先ほど企画部長の説明の中では、特例債の幅を広げておくということで説明ありました。別冊3の3ページに、4月から5月にかけて変更案について地域審議会へ諮問ということでやったようでございます。この地域審議会、旧町の本当に有識者というか議員OBの方々もおられますが、その方々についてはプロジェクト事業、地域政策事業、本当に理解している方々が多いのかなと、各地そんなふうに思っておりますが、この地域審議会でいかなるご意見等いただいたのか、または要望等もその中でもしあれば、ちょっとお聞きしたいなというふうに思うんですが。
議長(田口久義君) 企画政策課長、佐藤裕之君。
企画政策課長(佐藤裕之君) 地域審議会につきましては、4月30日から5月28日までの期間で旧町域で実施したところでございます。その中でご意見をいただいておりますが、何点かお話をさせていただければ、例えば「若い人が安心して子育てができる環境整備していただきたい」という意見、それから「ほかの町から来て、住んでもらえるようなまちづくりをしていただきたい」という意見、さらには「登米市が豊かになるような地域づくりを考えた計画整備をしていただきたい」というようなご意見が出たところでございます。
議長(田口久義君) 8番、岩淵正宏君。
8番(岩淵正宏君) そのような意見を反映したところは、どこに取り入れた部分あるのか。「その意見だったら、合併特例債をここに利用して」というのが話の中、諮問した中で「ああ、これは取り入れていくべきだ」というようなことが、何か載せたのがあれば教えてください。
議長(田口久義君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) 建設計画というふうな形でいろいろご相談申し上げたところでございますけれども、地域審議会の方々については今お話しのように総体的な部分も結構多かったものでございますから、そういった部分につきましてはご意見を伺って、それを今後のまちづくりといいますか、ただいま総合計画作成中でございますけれども、そういった場面でも十分参考にしていける部分かなというふうに考えてございまして、建設計画自体に直接変更をかけて取り組むというふうな部分ではないのかなというふうな判断をいたしました。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。25番、佐藤恵喜君。
25番(佐藤恵喜君) 簡潔にお伺いします。横長というんですか、この建設計画の、先ほど氏家議員からも指摘あったんですが、地方債216億円を見込んでいたが、今度は396億円を見込んだということが記述され、それを受けて17ページ、18ページに財政計画変更案が示されているということなんでしょうかね。その前の部分でもいいんですが、お聞きしたいのは1つは歳入の分で、ちょっときょう資料置いてきて正式な言い方忘れましたが、合併16年目から一般算定によって、本市の場合少しずつ年によって変動しているのですが、約50億円減額になると。これに対して、「これではいかん」ということで支所の存在等も加味して、約半分くらい国が交付税で、交付税算定台帳の中の地域振興費の中で加算になっていくわけなんですが、ということですよね。これはどこにどう変更が、それが含まれているのかという、そしてそれは、いくらくらい見ているのか、年度ごとに。それをお聞きしたいと。
 歳出については、これも企画部長さっきの質疑で「見込みを計上している」という答弁でしたので、パークゴルフ場の建設費はいくら見込んでの今回の計画なのか。新庁舎についても、同じく建設事業費いくらと見込んでの今回の変更なのか、それを教えていただきたいと。陸上競技場も今回変更でしたっけ、あえて聞かなかったんですが、陸上競技場も含めてです。これはもう既に折り込み済みというか、入っているということの説明なんでしょうが。
議長(田口久義君) 財政課長、加藤 均君。
財政課長(加藤 均君) それでは、数値でございますので、一覧表をごらんいただきたいと思います。別冊3の最後のページ、6ページごらんいただきたいと思います。歳入のナンバー9、地方交付税の欄でございます。平成27年度188億円から、最後の平成37年度152億円ということで、大分減じております。これにつきましては、先ほど部長から説明いたしました合併算定がえの終了の影響、それから人口減少といった減額の影響が見込まれますので、そういった部分を積算に入れております。「具体にはどうなのや」というご質問でございますが、平成27年度と平成33年度を比較していただきたいと思います。単純に差っ引きしますと、約36億円減額しているというふうに思います。「じゃあ、この内訳どういうふうに積算したのや」ということでございますが、まず合併算定がえの終了による影響、これまで50億円ということで言われて来たわけなんですが、これの見直しが昨年から総務省において行われているということで、お話のありました支所の経費、あるいは追加でさらに検討されているという状況があります。具体に見えているのは支所の経費の部分だけなんですが、総務省の考え方として当初減額が見込まれていた部分の半分程度は復元したいというような意向があります、具体にあるようです。これを受けまして、登米市としては50億円の2分の1、25億円は復元していただけるんだろうというふうに積算いたしまして、ここの部分での減額は25億円というふうに見込みました。
 それから、税制改正がございます。消費税率の改定に伴いまして、地方自治体に交付される地方消費税交付金、これがふえてまいります。これが逆に交付税上、減の要因になるものでございます。これが4億円の減ということで見ておりますし、さらに人口の減、これが平成32年の国勢調査がありますが、その時点で現在から比較すると約1万人近く、人口問題研究所の推計では減じるといったような予想もありますから、この部分も加味いたしております。この部分につきましては、約8億円ということで減額を見込んだわけでございます。
 それから、地方税の部分見ていただくと、全体的に減額しているのが見えると思います。逆に地方税の減額というのは、交付税の増にも見込まれますので、この部分でプラスの1億円ということで見込みました。あわせて36億円の、この平成27年と平成33年の対比では減ということで見込んでおります。以上でございます。
議長(田口久義君) 3事業の建設費、どれくらい見ているのか。財政課長、続けてください。
財政課長(加藤 均君) それでは、3事業の見込事業費ということで、財政計画作成する上でどうしても想定できるものについては想定に入れるという必要がありましたので、概算事業費というか見込まれる事業費ということで見込んでおります。まずパークゴルフ場ですが、約6億5,000万円ということで見込んでおります。次に庁舎でございます。65億円程度ということで見込んでおりますし、陸上競技場につきましては5億5,000万円程度ということで、こういった部分で財政計画のほうに盛り込ませていただいております。よろしくお願いします。
議長(田口久義君) 25番、佐藤恵喜君。
25番(佐藤恵喜君) 建設計画総体のきょう議論ですので、個々の事業について今見込額も示されましたが、そのことはきょうの議論では触れないと思いますが。きょうの先ほど来の質疑ではっきりしたのは、新庁舎については整備すると、このことは市長からすれば「建設する方向で検討している」と、もう踏み込んだ、はっきりした「建設する」という答弁で、その点では市長の姿勢は明確に示されました。そうしますと、今回議会でこの建設計画変更案を承認ということになれば、市長としてはいわば議会のゴーサインをいただいたと、一路邁進、脇見をせず建設に向かうという意思をさらに固めるという受けとめ方になるのでしょうか。
 もう一つ細かいこと、こいつはでも財政課長さ細かいことでちょっと、それは資料の提供のことなんですが、後にしまして。ちょっといわば私の姿勢としては、我が会派でありますが、2月の代表質問あるいは6月の一般質問でも触れておりますように、「拙速な『建設ありき』の姿勢は改めなさい」ということを主張してきておりましたので、明確な市長の建設するという方向を示された中で、黙って賛成というわけにはいかないというのは筋を通す上からも当然のことであります。市長としては、本当に議会の承認を得るならばもう本当にということで、今後補正で出てくる市民の意見交換の場というんですかね、正式名称忘れましたが、これももう建設という大前提のもとで突き進むということの受けとめになっていくんでしょうね。そこだけお聞きしておきたいと思います。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) やはり、なぜ庁舎が今そういう状況になっているのかということを、しっかりと皆さんにご理解をいただかなくてはいけないというふうに思っております。そういった意味では、議員各位からさまざまご質疑をいただいておったところでございますので、そういった部分をしっかりと踏まえながら、そのありようを市民の皆様にも説明をし、そしてご理解をいただきながら取り組みを進めなくてはいけないというふうに思っております。そういった意味では、すぐにゴーサインということで、すぐに絵を描くというような状況では今はないというふうに考えておりますので、そういった意味ではしっかりとそういった部分を踏まえながら取り組みを進めていくというような形で、我々は考えておるところでございます。決してお墨付きをいただいたということで、市民の皆様にそのことをお伝えをするつもりはございませんので、よろしくお願い申し上げたいというふうに思います。しっかりとその意義を、議員各位にも当然でございますし、市民の皆様にもお伝えをしながら、その取り組みを進めてまいりたいと考えております。
議長(田口久義君) 25番、佐藤恵喜君。
25番(佐藤恵喜君) 市長はさきの一般質問で、同僚議員の質問に対して「候補地ももう心の中、腹の中、頭の中にはある」という趣旨の答弁をされておって、絵はもう相当描いているんだろうとは思いますが、今はそんなに描いていないと。そのことのやりとりはきょうはもうやめまして、庁舎の65億円という見込み、これは本体のことだけを見込んでいるものなのでしょうか。いわば、もしも新たな場所となれば、敷地造成どうする、そこへのアクセスの道路がどうするとか、そういうものというのはこの見込みには入っているんでしょうか、入っていないんでしょうか。入っていないんであれば、もちろんの分については現時点で聞いても出てくるわけではないんですが、入っているかどうかだけ教えてください。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) この建設計画には、建設、それから設計関係、それから解体でございます。当然用地等については、建設場所が未定ですので計上はしてございません。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 後期の財政計画の中でお尋ねをいたしますが、5番目の維持補修費なんですが、27年度には3億5,914万9,000円という計画であります。前期の計画を拝見しますと、6億900万円という数字がずっと示されてまいりました。27年度、およそ2億5,000万円の減額をした中での計上でございますけれども、単純にこれから維持補修費というのはますます係り増していくというふうな認識を私自身は持っておりますし、公共施設の適正配置の計画も示されてはおりませんが、策定をなされ、これからさまざまな配置の計画がなされ、統廃合がなされていくものと思うわけなんですが、この財政計画果たして適切なのかどうか、私には非常に疑問に思うわけなんですが、その辺の根拠をお示しいただきたいと思います。
 あわせて、先ほど庁舎あるいはパークゴルフ場、陸上競技場の金額、おおよその事業費が示されましたが、このほかにも建設計画の中には図書館を核とした複合施設、いわゆる生涯学習センター、この金額はおおよそどの程度この中に示されておるのか。それから建設、いわゆる事業年度なんですが、当然ながら何年度にということで示されておると思いますので、庁舎建設何年度、パークゴルフ場、陸上競技場、その生涯学習センター、何年度の財政計画の中に示されておるのかお示しをいただきたいと思いますし。
 あわせて、例えば今回は示されておりませんが、4番の氏家議員のほうからホワイトスペースを活用したというような防災にかかわる、あるいは市民に情報提供する部分、こうした内容は今回の建設計画の中で検討されなかったのかどうか、お尋ねします。
議長(田口久義君) 答弁は休憩後といたし、ここで昼食のため午後1時まで休憩いたします。
          休憩 午前11時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 7番、關 孝君に対する答弁を求めます。財政課長、加藤 均君。
財政課長(加藤 均君) まず、維持補修費の関係でございます。3億5,900万円ということで統一して適用させていただいております。この金額につきましては、平成25年度の2月補正予算ベースということで適用させていただきました。今後迎える一般財源の不足の時代ということでございますので、この程度ということで見積もりさせていただきました。なお大きな修繕ですが、国の方針として長寿命化につながる修繕改修事業については起債を認めると、建設事業費として起債を認めるというようなこともございますので、大きなものについては長寿命化といった考えの中で、建設事業費として取り扱えるようにしたいなというふうに考えております。
 その次に図書館ですか、教育委員会のほうの位置づけとしましては、生涯学習複合施設というふうな名称で位置づけしているようでございます。これにつきましては、平成28年から平成30年度の予定ということで、37億円ほどの事業費で見込んでいるようでございます。
 それから、先ほど申し上げました事業の年度でございます。庁舎につきましては、平成28年から平成32年ということで見込んでおります。陸上競技場につきましては、平成27年から平成29年ということでございますし、パークゴルフ場につきましては、平成28年から平成30年ということでございますが、なおこの事業費あるいは予定年度につきましては、あくまで建設計画の財政計画を見積もるためのものということで、正式には内容を検討して整理するということになると思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
 それから、防災の関係ということですが、特に私のほうで整理しているものはございません。よろしくお願いします。
議長(田口久義君) 7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 維持補修費については、昨年の平成25年度の実績で計画をしているということなんでありますが、これからますますそういった、大規模は別としても恐らくふえ続ける一方であるというふうに私は認識しております。それが、果たして平成37年度まで同じような金額で本当に大丈夫なのか。あくまでも見通しだというふうなことでありますけれども、この見通しこそが登米市の財政運営をしていく中で大変重要になってくると思いますので、その辺の見解を副市長にお尋ねしたいと思います。
 それから、各年度にわたって生涯学習センターは、平成28年から平成30年度、37億円だというふうなお話で、この財政計画に入っているということでありますけれども。ちょっとお尋ねいたしますが、事業費にかかわる部分での積算なんでありますが、当初庁舎建設事業は60億円という計画で始まりました。今回の後期の財政計画の中では5億円ふえているような状況なので、この根拠についてお尋ねいたします。さらには陸上競技場、当初テニスコート等々の整備も含めた中で17億円という当初の計画だったんですが、それが5億5,000万円になったこの根拠についてもお尋ねをいたしたいと思います。
 以上お尋ねします。
議長(田口久義君) 副市長、藤井敏和君。
副市長(藤井敏和君) 議員お話のとおり、後期財政計画を考える上でまさにこれからの登米市の財政非常に厳しくなっていく中で、その見積もりをどう見積もるかということは非常に重要なものだという認識はしてございます。そういう意味では、例えば維持補修費が同額で、なおかつ平成25年度ベースでそのままいって大丈夫なのかということでございますが、逆に申し上げれば「このくらい厳しい形で運営していかないと、財政が厳しいんだ」という思いを込めた後期計画ということでご理解いただきたいと思います。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 庁舎の整備費用の65億円でございますが、この内訳でございます。建物の工事請負は60億円でございます。それから解体が3億円、その他は設計、施行管理、地質調査等々の経費でございます。
議長(田口久義君) 社会教育次長、志賀 尚君。
社会教育次長(志賀 尚君) 公認陸上競技場についてですが、当初積算については議員お話のとおりテニスコートも含まれておりましたが、現在考えておりますのは陸上競技場本体のみの、建設計画に載せておりますのは陸上競技場本体のみの整備計画ということでございます。それについても、当然グレードがございますので、申し上げておりますように公認の記録が取れる陸上競技場ということで、規模それから整備内容も含めて現在検討しているところでございます。
議長(田口久義君) 7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 最後に市長にお尋ねいたしますが、同僚議員、一般質問、さまざまな機会に例えば「図書館の建設はどうなんだ」というふうなことを質疑しているときに、あるときには建設計画、あるいは教育委員会もそうですが、生涯学習計画の中で計画されているということで「確実にそれを形にしていく」というお話があってみたり、ある一般質問のときには「必要性も含めて検討していく」というお話をされたり、今回確認いたしましたらば、平成28年度から平成30年度で建設計画に37億円の財政計画をした中で、建設計画ということの形の中でいわゆる「つくる」というふうな形で判断していいのかどうか。
 先ほど、庁舎については「整備をする」というふうなことで明言をしておりますけれども、この生涯学習センター「整備をする」というふうなことでの建設計画というふうなことで理解していいのかどうか、お尋ねいたします。
 それから、庁舎建設の費用の部分でございますが、建設部分に関しては当初の60億円と変わりないのかなというふうに思いますけれども、市長はこれまでの中で職員も少なくなっていく、あるいは適正な規模というようなお話もしておる中で、建設事業費については一向に変わりない数字がここで10年間、10年たっても同じ金額を示されたわけなんですが、市長この事業規模に、いわゆる予算に関しては当初の市長のお話からしますと適正な規模というふうなことになってくると、当初の計画よりも私はいくらかでも縮小し、事業費を圧縮しというふうな感じで受けとめておったんですが、結果同規模の事業費が示されております。市長の本音はどこにあるのか、伺います。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 生涯学習施設、そういった機能についての必要性というのは我々も十分感じておりますし、そういった整備を進めるということで我々も考えてございます。
 それから、庁舎建設の経費ということでございます。これにつきましては、やはり実際に合併当初と比べた場合に、今職員数が3分の2くらいになっているという状況、そういったものを含めて考えますれば、当然体制・規模というのは当初の規模よりも小さくなっていくというような想定がされるわけでございます。そういった中で、もう一方要するに庁舎という機能と、それから市民が集まる場所という意味での機能を、その中にどのような形で結局盛り込むのかということが、大きな課題になってくるだろうというふうに思っています。そういった意味では、そういった機能をどのような形で進めていくのかということもきちんと整理をしながら、その施設整備に向かっては取り組みを進めてまいりたいというふうに考えてございます。単純なる庁舎という機能としての予算としては、やはり当初の計画よりは大分小さくなるものと考えております。
議長(田口久義君) ほかに質疑ありませんか。14番、伊藤 栄君。
14番(伊藤 栄君) 建設計画を聞いていますと、あたかも広域4事業だったように陸上競技場とパークゴルフ場、庁舎だけが私には突出して聞こえております。そのほかは、今後作業をする実施計画を静かに見守っていきたいと思います。
 そこで財政計画後期、別冊3のね、ここに平成30年度は突出して普通建設事業費100億円、ここからスタートするんですよ、庁舎が。あるいはパークとか陸上、わかるんですけれども。ここで2つほど、この事業で建設事業費が、いわゆる特例最後の37年度に登米市の健全化判断比率、報告第7号、8号でありましたように、この時点の数字はどうなのかというのが1つ。
 それから関連して、平成30年度普通建設が100億円超えています。この100億円が37年度までいった場合の、いわゆる健全化判断比率がどの程度になるのか。仮定でよろしいです、それお伺いします。
 それから、これ関連すると思うんですけれども、合併して5年間は特例措置で過疎地域が3町ありました。また議員立法で5年間延びて、最後は平成27年度までですが、その過疎計画というのは今後どのような国では動きになっているのか、まずその2点お聞きしたいと思います。
議長(田口久義君) 財政課長、加藤 均君。
財政課長(加藤 均君) それでは、まず健全化判断比率のうち、実質公債比率のことだと思いますが、今議会に提出した報告で実質公債費比率につきましては11.7ということで、昨年より若干下がっているということで報告いたしました。この実質公債費比率ですが、この計画の平成37年度、ここの推計では13.1という推計をしております。平成30年度、建設事業費103億円ということで、ピークを迎えるような形で作成しておりますが、この年度につきましては、これも推計ということですが8.6程度ということで考えております。実説公債費比率につきましては、3カ年の平均ということで積算するようになっておりますので、若干ピークがおくれてくる部分もあるのかなということでございます。以上でございます。
 100億円、ずっと同じ額でもっていった場合ということですが、特にそういう想定はしておらないわけですが、少なくともイエローカードあるいはレッドカードに該当するようなことはないというふうに考えております。
議長(田口久義君) 過疎計画はいいですか。企画政策課長、佐藤裕之君。
企画政策課長(佐藤裕之君) 過疎計画の関係でございます。現行の過疎計画につきましては、平成22年の9月に議決をいただいておりまして、計画期間が平成22年から平成27年度までの6年間となっているところでございます。先ほど議員さんがおっしゃったとおり、平成24年の6月に過疎法の一部会計がございまして、現行の期間が28年から平成32年まで5年間延長されるということになってございます。そうしたことを踏まえまして、現行の過疎計画につきましては、平成27年度に新たな計画策定の作業を進めたいというふうに考えてございまして、今の状況では27年度中に過疎に該当する市町村につきましては、計画策定を行う議決をいただくという状況になってございます。以上でございます。
議長(田口久義君) 14番、伊藤 栄君。
14番(伊藤 栄君) 市長ね、今担当課長から庁舎をつくってもパークをつくっても37年度、この最終年度には実質公債費比率が13ですね。おとといもあったんですけれども、同僚議員から、市民満足度から見た場合いろいろな事業を先送りして、登米市の財政は、一般会計・特別会計・企業会計、合わせて起債が960億円ですね、それだけあります。しかし、登米市の財政はもう全く優良生、優等生の判断比率、数字で載っていますね。イエローカードの数字が25、登米市は数字ばかりでも半分なんですよ、11.7ですから。市長、この数字わかりますよね。つまり、この10年間で特例債延長になりました。私はこの特例債、被災地には申しわけないんですが、いい機会としてやるべきですよ。私は、私の意見ですよ。登米市が財政が健全であるということは、元気なんです。元気なうちに、後世に負担をかけないでやるべきことはやってくださいということね。
 今市長も副市長も「財政が厳しい」なんて言っていますけれども、この数字では登米市の財政は全く厳しくない、健全経営、超健全経営。しかし市民の皆さんは、そんなことわかりませんよ。やっぱりやることやって、地域の要望、地域の課題をこの機会にぜひやってください。これ、市長のいわゆるこの間も言いましたけれども、残された任期は決断の任期。
 それから、国では第二次安倍内閣が「地方創成」ということに4本目の矢を放して、「全国隅々まで」って言っていましたね。大臣の声を聞きますと、やっぱりこれから特例債は合併地域だけでしたが、そのような事業のメニューが、もうどんどん出ると思いますよ。それを市長ね、やっぱりいいこの機会に捉えて、どんどんやっぱり出してください。それ、ぜひお願いします。私の今意見で、市長何かコメントをいただきたいと思います。お願いします。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) ご指摘をいただきました。決して要望に応えていなかったわけではありませんが、ただやはり優先的な取り組みをさせていただく中で、どうしても新しい取り組みについては、取り組みがおくれていたというような状況は、確かにあったのかなというふうに思っております。そういった意味では、議員からご指摘をいただきました内容、またこの合併特例債の適債事業においても、例えばそういったさまざまな事業が組み入れられるのであれば、それらもしっかりと組み入れながら取り組みを進めてまいりたいというふうに考えています。
 また、国のほうに対しましては、基本的に出されたメニューに取り組むということではなくて、むしろ地域課題を精査をしながら、我々のほうからこういうような取り組みをしたいというような提案を積極的に進めながら、実効性のある取り組みに取り組んでまいりたいというふうに考えております。議員ご指摘をいただいた点を十二分に踏まえながら、取り組みを進めてまいりたいと考えております。
議長(田口久義君) 14番、伊藤 栄君。
14番(伊藤 栄君) すみません、1点だけ。この特例債でいろいろな、例えば庁舎の場合とかありますね。新たな土地をこういう財産に取得する場合、この特例債というのは適用になるのかどうか。パークゴルフ場もありますよ、陸上競技場もありますよ。今市で持っている市有地以外に土地を求める場合、この合併特例債というのが適用になるのかどうか、具体的に教えていただきたいと思います。以上です。
議長(田口久義君) 財政課長、加藤 均君。
財政課長(加藤 均君) 施設整備に当たって用地取得が必要ということであれば、対象になるというふうに考えております。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第117号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第117号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 まず、提案に反対者の発言を許します。13番、佐藤尚哉君。
13番(佐藤尚哉君) 日本共産党市議団を代表し、議案第117号 登米市建設計画の変更について反対の討論をいたします。
 いろいろあるんですけれども、新たな庁舎建設について「検討の上整備する」と、庁舎建設に向け一歩進めました。その建設計画、市長はさらに建設をする方向でということまで進めました。全くの住民不在であるという点であります。新庁舎建設について、多くの市民の理解が得られていないこと、市民にそうした是非を問う機会も与えられておりません。さらに、公共施設の長寿命化などを進めている中で、迫庁舎で言えば耐震補強し、25年以上使えるということもあります。
 市長は、「中田庁舎や迫庁舎が古くなっているから、維持管理費がふえている。だから、新庁舎建設をしたい」と言いますけれども、新庁舎65億円、さらに今資材が高騰しております。そうした中で、20年、30年と経過したときに、建設費の3倍から4倍と言われるこの維持管理費がかかるというふうに言われております。将来負担が大きくなるということからも、反対です。建設は、有利な合併特例債を活用すると言いますけれども、将来負担を払拭することはできません。さらに不安要素として、説明にもありましたが、これから1万人の人口が減少し、8億円もの財政が厳しくなる。こうした材料があるのに、全く市政の方向性に一貫性というものが見えないというふうに思います。今公共施設の見直しにも着手しようとしているときでもあります。そうした中でも、本当に問題だというふうに思います。
 今、総合支所の体制、機能等も、どういうふうにするのかということでもはっきり決まっていない中で、建設に向け整備を急いでやる必要はないのではないか、ありません。こうした中から、反対の理由とさせていただきます。皆さんのご賛同を心からお願い申し上げまして、反対の討論とさせていただきます。
議長(田口久義君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 次に、原案に反対者の発言を許します。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) ほかに討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで討論を終わります。
 これから議案第117号を採決します。
 この採決は、起立によって行います。
 議案第117号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
   (賛成者起立)
議長(田口久義君) 起立多数です。よって、議案第117号 登米市建設計画の変更は、原案のとおり可決されました。
 ここで、説明員入れかえのため暫時休憩いたします。
          休憩 午後1時27分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時29分
議長(田口久義君) 再開します。
 日程第7、議案第100号 平成26年度登米市一般会計補正予算(第4号)、
 日程第8、議案第101号 平成26年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)、
 日程第9、議案第102号 平成26年度登米市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)、
 日程第10、議案第103号 平成26年度登米市介護保険特別会計補正予算(第3号)、
 日程第11、議案第104号 平成26年度登米市土地取得特別会計補正予算(第2号)、
 日程第12、議案第105号 平成26年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第2号)、
 日程第13、議案第106号 平成26年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第2号)、
 日程第14、議案第107号 平成26年度登米市水道事業会計補正予算(第2号)、
 日程第15、議案第108号 平成26年度登米市病院事業会計補正予算(第2号)、
 の9議案を一括議題とします。
 一括して提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第100号から議案第108号までの提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、平成26年度登米市一般会計補正予算(第4号)から、平成26年度登米市病院会計補正予算(第2号)までについて、各種会計予算の補正を行うものであります。
 一般会計につきましては、歳入歳出予算の総額にそれぞれ3億913万円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ470億8,148万円とするものであります。
 その主な内容として、歳出ではごみ処理施設修繕事業7,410万円、事業復興型雇用創出事業2,713万円、農地・水保全管理支払事業4,738万円、道路維持補修事業4,803万円、道路整備事業1,621万円などを計上しております。
 歳入では、市町村合併推進体制整備費補助金などの国庫支出金5,359万円、緊急雇用創出事業補助金などの県支出金5,543万円、特別会計などからの繰入金1億3,260万円、前年度繰越金7,778万円などを増額する一方、起債を1,790万円減額して計上しております。また、債務負担行為補正として追加3件、地方債補正として変更2件を計上しております。
 特別会計につきましては、国民健康保険特別会計の歳出で事業の清算に伴う返還金など1億3,660万円を、後期高齢者医療特別会計の歳出で広域連合への納付金など879万円を、介護保険特別会計の歳出で事業の清算に伴う返還金など1,259万円を計上しております。
 土地取得特別会計の歳出では、土地開発基金への繰出金4,638万円を、下水道事業特別会計の歳出では、浄化槽施設整備事業など1億6,161万円を、地方債補正として変更1件を、宅地造成事業特別会計の歳出では、一般会計及び土地取得特別会計への繰出金5,255万円を計上しております。
 企業会計につきましては、水道事業会計では資本的収入でインバーター設備導入補助金670万円、収益的収入で還付消費税2,112万円などを計上しております。
 病院事業会計では、災害対応型バルク等設置のための建設改良費など2,145万円と、債務負担行為補正として追加1件を計上しております。
 以上、各種会計の補正予算の概要を申し述べましたが、詳細につきましては関係部長等から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明、質疑、討論、採決は1議案ごとに行います。
 議案第100号 平成26年度登米市一般会計補正予算(第4号)について、議案内容の説明を求めます。企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) それでは、登米市一般・特別改正予算書、並びに予算に関する説明書、それから一般・特別会計補正予算の概要、それと別冊2の第3回定例会資料をご準備いただきますようにお願い申し上げます。
 初めに、補正予算書の1ページをお願いいたします。
 議案第100号 平成26年度登米市一般会計補正予算(第4号)でございますが、市長がただいま提案理由の説明の中で述べてございますので、省略をさせていただきます。
 次に、5ページのほうをお開き願います。第2表債務負担行為補正でございます。公共料金口座振替支払事務に係るソフトウェア補修業務委託料、それから事業復興型雇用創出助成金、それとふるさとベンチャー創業支援資金の債務保証に係る損失補償の3件について、平成27年度からの債務負担の追加をお願いするものでございます。
 26ページに、関連の債務負担行為に関する調書を載せてございますので、後ほどごらんいただきますようにお願いいたします。
 次に、6ページをお願いいたします。第3表「地方債補正」でございますが、道路整備事業と消防施設整備事業の2件についての変更でございます。道路整備事業につきましては、市道大洞9号線整備に合併特例債を予定し、限度額を1,670万円増額し、8億1,960万円とするものでございます。また、消防施設整備事業につきましては、消防署東出張所の整備に関して市町村合併推進体制整備費補助金の充当により合併特例債3,460万円を減額し、11億6,120万円とするものでございます。なお、地方債の現在高見込みに関する調書につきましては、27ページにお示ししてございますので、ごらんいただきますようにお願いいたします。
 続きまして、歳入の事項別明細でございますが、10ページをごらんいただきたいと思います。主なものについてご説明申し上げます。
 初めに、13款2項1目民生費国庫補助金でございますが、説明欄の保育緊急確保事業費補助金1,721万1,000円は、地域子育て支援拠点事業などに対しての補助金でございますが、国の内示を受けての計上でございます。次の8目総務費国庫補助金の説明欄、市町村合併推進体制整備費補助金3,638万4,000円でございますが、消防署東出張所の整備に対する交付決定を受けての計上でございます。
 次に、14款のほうにいきたいと思いますが、2項2目民生費県補助金の子育て支援対策臨時特例基金特別対策事業費補助金1,635万7,000円の減と、次の保育緊急確保事業費補助金1,721万1,000円の増は、厚生労働省安心子供基金事業で実施する子育て支援対策臨時特例基金特別対策事業が内閣府所管の保育緊急確保事業に移行したことによりまして、財源の組みかえになったものでございます。なお、事業内容の精査により県からの内示額が組みかえ前との差額85万4,000円の増額となってございます。次の被災した子供の健康生活対策等総合支援費補助金733万円でございますが、これは東日本大震災被災者の保育所保育料の減免に対しての県補助金でございます。
 3目衛生費県補助金のみやぎ環境交付金1,000万円でございますが、サンクチュアリセンターリニューアル事業の太陽光発電設備設置工事への補助金でございます。次の4目労働費県補助金緊急雇用創出事業補助金2,919万円でございますが、事業復興型雇用創出事業及び地域人づくり事業に充当するものでございます。次に、5目農林水産業費県補助金になりますが、青年就農事業補助金225万円につきましては、交付対象者の要件変更及び新規対象者の増によるものでございます。10目の商工費県補助金の消費者行政活性化事業補助金300万円でございますが、市町村消費者行政活性化事業に対して県からの内示があったものでございます。
 次に、3項5目教育費県委託金の放課後子ども教室推進事業委託金185万2,000円でございますが、委託金額の確定に伴い増額補正するものでございます。
 次の16款1項寄附金は、一般寄附金1件、民生費寄附金1件、衛生費寄附金3件、教育費寄附金5件の寄附があったものでございまして、合計10件131万円の計上でございます。
 次の17款1項特別会計繰入金でございますが、次の12ページまでにわたりますが国民健康保険、後期高齢者医療、介護保険、下水道事業の各特別会計につきましては、平成25年度一般会計繰入金の清算によるものでございます。5目の宅地造成事業特別会計は、長沼企業用地の売り払いに伴い一般会計で負担した関係経費分の繰入金でございます。
 次の2項7目ふるさと応援基金繰入金でありますが、寄附者の意向に沿った活用を図るために23件分、461万円の事業化のための繰り入れでございます。
 次の18款1項1目繰越金でございますが、前年度の繰越金でございます。
 次に19款ですが、5項3目雑入の石油製品利用促進対策事業費補助金290万5,000円は、病院事業会計で登米診療所に980キログラムの災害対応型バルク1基を設置することに対しまして、日本LPガス団体協議会からの補助金でございます。それから、東日本大震災発生後にサウジアラビア王国から我が国への寄附金を原資に設立されたサウジLPガス災害支援基金から、同事業に対し被災3県に限りかさ上げ補助される部分として、災害対応型バルク等LPガス機器導入補助金250万円を計上してございます。
 このページの最下段から14ページにかけては20款市債でございますが、1項5目土木費の道路整備事業費債1,670万円は、市道大洞9号線整備に伴って合併特例債を増額するものでございます。それから、14ページの6目消防費の消防出張所整備事業債3,460万円の減額は、前段の消防署東出張所整備事業について、市町村合併推進体制整備費補助金の交付決定による予算組みかえに伴い、減額するものでございます。
 以上で歳入の説明を終わらせていただきますが、歳出についてはそれぞれの関係部長等から説明をいたしますので、よろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 歳出予算につきましては、補正予算の概要書をごらんいただきたいと思います。
 初めに、5ページをお開き願います。
 2款1項1目一般管理費、1細目総務一般管理費でございます。これは、今後設置予定の新庁舎建設市民会議に係る経費といたしまして、委員謝金10人分、8回開催予定ということで、その見合いをお願いするものでございます。謝金の単価につきましては、4,500円を見込んでございます。本市の新庁舎建設につきましては、現在庁内の検討組織においてその必要性について確認を行い、基本構想の策定に向けた作業を進めております。市民会議は、基本構想に対し市民の視線からの意見や提案をいただき、基本計画に反映していくために設置するというものでございます。
議長(田口久義君) 会計管理者、千葉幸毅君。
会計管理者(千葉幸毅君) 続きまして、4目1細目の会計管理費につきまして。これにつきましては、公共料金の講座引き落としに係るシステム導入に要する経費を計上しております。市の電気・水道・電話料金の支払いは、ほとんどが納付書によって行われておりますが、これを口座引き落としによる支払いに変更するものでございます。
 具体的には、東北電力などの各事業所から、利用料金の引き落とし明細データが七十七銀行経由の公共料金事前明細サービスシステムにより、市にデータが伝送されます。そのデータを財務会計システムに取り込み、伝票をそれぞれ起票することなく一括起票し、支払いを行うものです。このことにより、これまでの各部署での伝票起票や納付書の取りまとめ、また会計管理室での伝票の審査事務等が大幅に削減され、事務処理の軽減が図られることになります。実施時期につきましては、2月からとしてございます。
 予算といたしまして、公共料金事前明細サービスシステム導入の基本手数料月1万6,200円の2カ月分3万2,000円と、従量手数料として請求データ1件当たり約43円の2カ月分、数にしますと1,330件くらいの経費5万8,000円の手数料を見込んでおります。それから、伝票を一括起票するため財務会計システムの改修業務委託料として、パッケージのソフトウェアまた導入経費の632万3,000円、ソフトウェアの保守業務委託料として2カ月分7万7,000円を計上しております。
 それから、各種公金の口座振替・口座振込に係るデータ伝送システム構築に要する経費を計上してございます。現在、市営住宅使用料や学校給食費、また下水道の受益者負担金などの口座からの支払いの口座振替、これにつきましては各担当部署で金融機関にフロッピーディスクを持ち込んで依頼しておりますが、一部の金融機関から平成27年度からフロッピーディスクでの取り扱いを終了する旨の通知があり、今回データ伝送移行の必要が出てきたということでございます。これまで行ってきましたデータ伝送による市税や保険料の口座の振替、また児童手当や生活保護費、医療費助成などの口座の振込、これとあわせて新たなデータ伝送システムを構築し、対応するというものでございます。これについての開始は、12月からとしております。経費といたしましては、各金融機関とのデータ伝送システムの利用料、月3万240円の4カ月分として12万1,000円、またこのデータ伝送システム構築によります金融機関との伝送テストデータの作成業務委託料532万8,000円、また備品購入としてノートパソコン一式の……、(「簡潔にお願いいたします」の声あり)23万4,000円を計上してございます。以上でございます。よろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) すみません、先ほどの説明で補正金額を言うのを忘れておりました。先ほどは報償費36万円でございます。
 続いて、2款1項5目契約管理費1細目契約管理費でございます。44万8,000円でございます。これは、2年に1度行われます競争入札資格審査申請の受付業務でございますけれども、申請書の受け付け、書類整理、システム入力作業など事務量が一時的に増大するため、11月から3月までの5カ月分、臨時職員1名分の雇用に伴う賃金を補正するものでございます。
 続いて、2款1項6目財産管理費4細目基金管理費でございます。131万円の補正でございます。これは、ふるさと応援寄附金としていただきました寄附金でございます。本年5月以降に頂戴した10件分、これをふるさと応援基金に積み立てるというものでございます。
 それから、続いて2款2項2目賦課徴収費2細目市民税賦課業務費でございます。267万4,000円の補正でございます。これは、申告業務に使用するパソコンの更新に要する経費でございます。現在、申告相談業務は旧町単位の9カ所で行ってございます。パソコンは、平成18年に導入いたしまして、使用頻度の高い申告受付用の33台につきましては、24年の10月に既に更新してございますが、今回更新するのはプリントサーバーとして使用していた9台、それから予備機として使用している6台の15台ということでございます。毎年の制度改正、情報量の増加等で機能的に十分発揮できなくなったというようなことで、備品購入費、それからセットアップの委託料を見込んだものでございます。
 続いて、2款2項2目賦課徴収費3細目固定資産税賦課業務費でございます。600万円の補正をお願いするものです。これは、固定資産税の評価がえに要する経費でございます。固定資産税につきましは、3年に1度評価がえを行うわけですが、これが平成27年度予定されてございます。そして、今回の評価がえから新たに土砂災害特別警戒区域の減価補正が追加されるということで、該当する土地の1筆ごとの地籍だったり所有者、地目等の把握のため、測量、データ作成、これを新たにする必要がございます。その分が300万円でございます。それから、航空写真によってデータ作成を行ってございますが、当初山林を除いて行う予定でしたが、近年三陸道の整備あるいは太陽光発電などの用地として山林の形状が変更される例が多くなってきたということで、公正な課税を行うために今回は山林部分についても航空写真によるデータ作成を行うということで、300万円補正をお願いするものでございます。ちなみに土砂災害特別警戒区域、現在135カ所が指定されてございますけれども、今後県の連絡が入りまして新たに56カ所増加、合わせて191カ所ですが、200件程度を見込んだ補正ということでございます。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 3款民生費1項社会福祉費1目社会福祉総務費9細目国民健康保険事業特別会計費に要する経費につきましては、高額療養費の自己負担限度額の所得区分が平成27年の1月診療分から改正されることに伴いまして、電算システム改修経費として99万7,000円を国民健康保険特別会計に繰り出しするものでございます。
議長(田口久義君) 福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) 同じく3目障害者福祉費1細目障害者福祉諸費の5万円につきましては、障害者総合支援法において市町村の必須事業とされた障害者に対する理解を深めるための研修・啓発を実施するため、精神保健福祉普及啓発事業を活用し、講演会の開催経費として、講師謝礼、旅費、パンフレット作成料や会場使用料の補正をお願いするものです。なお、事業費は県の精神保健福祉普及啓発地域講演会負担金を活用しての事業でございます。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 失礼いたしました。同じく4目でございます。老人福祉費17細目老人保健特別会計費77万8,000円の増額補正につきましては、過年度に老人保健医療において給付された医療費について、平成25年度に交通事故等による第三者からの損害賠償金等の収入金がありましたので、老人医療給付費国庫負担金、県負担金及び支払基金からの交付金から給付した分の清算に伴う返還金を計上するものでございます。
議長(田口久義君) 福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) 失礼いたしました。2項児童福祉費1目児童福祉総務費1細目児童福祉一般管理費です。備品購入費5万1,000円の補正につきましては、ふるさと応援寄附金事業を活用し、石越保育園の図書充実のため図書購入するものでございます。5目児童福祉運営費5細目延長保育事業補助金費でございます。負担金、補助金及び交付金24万円につきましては、国の保育対策等促進事業費補助金実施要項の一部改正により、加算金等の額の改正に伴い補正をお願いするものです。なお、補助対象となる保育所は、私立保育所、延長保育を実施していただいている9カ所でございます。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 4款衛生費1項保健衛生費5目浄化槽事業費1細目下水道事業特別会計費につきましては、浄化槽事業分として下水道事業特別会計に356万3,000円を繰り出しするものでございます。
議長(田口久義君) 環境事業所長、阿部 信君。
環境事業所長(阿部 信君) 4款2項2目2細目塵芥処理費施設管理費でございます。今回補正額7,410万8,000円は、ごみ処理施設の維持管理に関する費用でして、修繕費でございます。詳しくは、定例会資料別冊2の1ページをごらんいただきたいと思います。今回の事業の目的でございまして、平成元年から稼働している当クリーンセンターのほうの施設でございます。可燃ごみ処理施設の1号系、これは大震災以降かなりの稼働率を見ておりまして、そのせいもありまして施設の劣化等が進んでおります。8月8日、実は誘引送風機という排ガスを送り出す装置なんですけれども、この装置の羽根車がシャフトのところから欠落いたしまして、操業不能というふうな形に陥っております。ここの部分に係る修理費として、1号と2号、両方とも同じような状態にあることが心配されるものですから、このための費用3,780万円、それからそのケーシング側なんですけれども2,000万円、それと中の排ガスをコントロールしているダンパーですけれども、その修繕費用の500万円、それとこれは定期的に修理する計画にもありましたけれども、空気圧縮機、これの修繕で925万6,000円、それから粗大ごみのほうですけれども、これの一次破砕機の歯のガイドプレートになりますけれども、ここの部分の修繕費用が205万2,000円の、7,410万8,000円というふうな形で、次のページに見開きでA3の図面を出しております。1ページ目の1)から5)までの番号のこの箇所が、A3のほうの数字になって赤文字で記載されている部分ですので、それぞれの部分の箇所の修繕というふうな形になります。
 以上、7,410万8,000円の計上になっております。
議長(田口久義君) 説明の途中ですが、ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午後2時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時09分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 16番、田口政信君から中座の届け出があります。
 説明員におかれましては、説明は極力簡潔にお願い申し上げます。
 引き続き説明を続けます。市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 4款3項病院費1目病院費病院会計費でございます。これにつきましては、ふるさと応援寄附金を活用して購入を予定しております備品と登米診療所の災害対応設備の設置に係る経費として、病院事業会計へ繰出金として1,531万1,000円を計上するものでございます。
議長(田口久義君) 福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) 5款2項失業対策費1目一般失業対策事業費1細目緊急雇用対策費の地域づくり事業に要する委託料205万2,000円につきましては、平成26年度宮城県緊急雇用創出事業等補助金の中で障害者相談支援事業所サポート事業を活用し、地域の無業者を障害者総合支援法に基づく相談支援事業所等で雇用し、障害者福祉サービスに関する経験を積ませることで、当該事業所または当分野他事業所での就業に結びつけるものでございます。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) その下でございますが、事業復興型雇用創出事業に要する経費、別冊2の3ページをごらんいただきたいと思います。これは、登米市が認定いたしました産業政策の支援を受けた事業所が対象となっております。新たに1人以上雇い入れた場合に、3年間で1人当たり最大225万円を助成するというもので、25年度から実施をいたしております。当初県からの内示額8,817万8,000円、当初予算では6,140万円を計上しております。その差額2,713万8,000円を予算計上するものでございます。
 続きまして、9ページお願いいたします。6款1項3目6細目担い手育成支援事業費225万円の補正増でございます。青年就農給付金支給に要する経費、こちらは1人年間150万円、夫婦であれば225万円でありますが、対象者の増によりまして225万円を増額するものであります。12細目農地中間管理事業費54万4,000円の増でございます。農地中間管理事業につきましては、農地中間管理機構からの業務の一部を市が受託して、農地集積・集約化を図るものでございます。その事務費といたしまして、需用費・役務費を計上いたしているものでございます。
 次、7目14細目農地・水保全管理支払事業費4,738万1,000円の増でございます。別冊2の4ページをごらんいただきたいと思います。農地維持支払活動、それから資源向上支払活動に対しまして、国が2分の1、県4分の1、市4分1の助成を、共同活動に対して支援をするものでございます。農地維持支払活動につきましては9,926ヘクタール、交付金が6,771万2,000円となっております。これは、市負担分でございます。こちらは、145組織となっております。資源向上支払活動、こちらは8,802ヘクタール、交付金が3,781万8,000円、同じく市負担分でございます。合わせて1億553万円ですが、当初で5,894万9,000円を計上いたしておりますので、その差額4,658万1,000円と事務費としまして80万円を予算計上するものでございます。
 続いて、8目農業集落排水事業費1細目下水道事業特別会計費1,324万円につきましては、特別会計に繰り出しをするものでございます。
 7款1項2目1細目中小企業振興資金融資費でございます。967万5,000円の増でございます。中小企業の資金融資に要する経費、これにつきましては登米市中小企業振興資金融資制度による申請、貸付金額が増いたしまして、中小企業振興資金保証料補給金の今後の不足分を増額計上するものでございます。
 続いて、3目1細目消費生活推進費94万4,000円でございます。消費生活相談員の業務実施に係る経費を増額するものでございます。
 次、2項2目1細目公園等管理費529万2,000円を増額するものですが、観光公園等の管理に要する経費、長沼フートピア公園のオランダ風車階段の改修工事費でございます。本階段につきましては、経年劣化によりましてタイルが剥がれ、危険な状態にございます。安全対策、公園環境整備を図るため、タイル張り替え、壁の塗装を行うものでございます。
 次、3目1細目観光施設管理費324万円の増でございます。観光施設の管理に要する経費、地域活性化施設基本調査業務委託料でございます。これにつきましては三陸沿岸道路、いわゆる三陸道ですが、その延伸が迅速に現在進められております。本市といたしましては、三陸道の整備効果を最大限に活用し地域活性化を図るため、登米・東和インターチェンジ以北にパーキングエリアを誘致するとともに、その隣接地に休憩施設を市が設置することについて、これまで国に強力に働きかけをしてまいりました。これらのことを踏まえて、本年3月に三陸沿岸道路登米志津川道路へのパーキングエリア及びインターチェンジの計画整備に関する要望書を、国のほうに提出をいたしているところでございます。
 平成22年5月以降、仙台河川国道事務所と断続的に打ち合わせを重ねてまいりました。しかし、国では方針が定まっていないということから、これまで公表を見送ってきたものでございます。今般、国土交通省社会資本整備審議会の第12回国土幹線道路部会が本年6月に開催され、無料の高速道路における休憩施設の方針が同部会に諮問され、その中に「本線直結の道の駅の整備を基本とし、認める」という記載がなされたわけでございます。本線直結を可とする道の駅の具備要件が近々公表されるという見通しがありますので、市として道の駅整備を進めるというふうにいたしたわけでございます。今般の基本調査業務委託料につきましては、施設の計画条件の整理、適正規模等について調査業務を委託実施するものでございます。
議長(田口久義君) 建設部長、千葉雅弘君。
建設部長(千葉雅弘君) 8款土木費2項2目1細目道路維持補修費でありますが、別冊2の5ページをお願いいたします。市道の維持補修に係ります通報要望に対応するために、早急な対応か必要な箇所の補修としまして2の事業概要に示しておりますが、道路維持補修業務委託としまして31カ所、それと道路維持補修工事としまして1カ所分を合わせて4,803万1,000円を増額するものでございます。次の6ページに位置図を示してございますので、ご参照をお願いしたいと思います。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 11ページをお願いいたします。3目1細目単独事業費1,621万3,000円の増額でございます。別冊2の7ページをお願いいたします。これは、大洞工業団地整備計画に伴うものでございます。この図にございますように、大洞団地計画区域外の道路整備ということで、団地内を横断する市道大洞9号線の拡幅工事を団地外の市道においても、今後当該工業団地に進出する企業によって大型車両の通行等による交通量増加が見込まれることから、友愛団地交差点付近まで拡幅をするものでございます。事業内容としましては、道路測量設計250メートル、966万6,000円、用地買収費254万4,000円、物件移転・工作物補償400万円、契約書印紙代3,000円となっております。
議長(田口久義君) 建設部長、千葉雅弘君。
建設部長(千葉雅弘君) 同じく8款土木費5項下水道費1目1細目下水道事業特別会計費でありますが、公共下水道施設の管理に要する経費分としまして下水道事業特別会計へ繰り出すものでありまして、1,169万円を増額するものでございます。
 次に、6項住宅費1目1細目住宅管理費でありますが、職員の産休・育休に伴います臨時職員1名分の賃金49万8,000円を補正するものでございます。
議長(田口久義君) 学校教育次長、千葉一吉君。
学校教育次長(千葉一吉君) 10款2目2細目、これにつきましては、児童生徒の土曜日・夏休みの学び支援を行う学び支援コーディネーターの事業の進行状況にあわせて、予算の組みかえをお願いするものでございます。
 その下でございますが、2項小学校費でございます。これはふるさと応援寄附金、これは宝江小学校ということで指定されておりまして、宝江小学校に児童用図書を備えるものでございます。
 その下でございます。3項中学校費、これもふるさと応援寄附金によるものでございまして、佐沼中学校のライン引き、それから東和中学校のロイター板等々を初め、市内10中学校にそれぞれ備品を備えるものでございます。
議長(田口久義君) 社会教育次長、志賀 尚君。
社会教育次長(志賀 尚君) 13ページ10款5項2目1細目の社会教育活動費でございますが、放課後子ども教室の推進事業に要する経費でございますが、利用者の増、当初40人見込んでいたのが64人までにふえてございまして、その増分に対応した学習アドバイザーと安全管理員の有償ボランティアの方々の謝金を追加計上してございます。消耗品については、その教室の開催に伴う経費でございます。
 それから、下の段の公民館費の公民館施設管理費でございますが、これについては定期点検の結果、不良箇所が見つかりました北方公民館の非常灯等についての交換工事でございます。
 それから、4目1細目の図書館施設管理費でございますが、これとそれから文化財保護施設管理費、それから博物館施設管理費については、ふるさと応援寄附金の指定寄附に基づきますそれぞれの図書の購入だったり、それからガラスケースの購入だったりということで、応援寄附金を活用しての購入でございます。
 それから5目文化財保護費でございますが、文化財保護費の中の補助金ということで東和町の華足寺、震災で山門が被災してございましたが、やっと事業費等が確定したことによりまして、市の補助分約25%でございますが、その分を補助金として支出するということでございます。県の補助金が50%、それから復興交付金から6.25%ですか、その残りが華足寺さんの負担ということで事業が進められることになってございます。以上でございます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。4番、氏家英人君。
4番(氏家英人君) 補正予算書概要です。5ページ、総務一般管理費の部分でお尋ねいたします。新庁舎建設に係る部分で、早速というんでしょうか市民会議、これを設置すると。そして、謝金として36万円が計上されています。さきの一般質問、15番浅田議員への答弁によりますと、年内中に新庁舎建設につきましては新庁舎建設検討委員会に基本構想を出してもらって、それから市民会議というものを設置して、そこでの検討を来年度設置する予定の基本計画、それに反映させていくんだというふうな話でしたね。答弁でしたけれども、どうして今早速市民会議というものを拙速に設置するのかなというふうに思います。
 それから、設置するならば委員数ですね、先ほどの説明だと委員数は10人、謝金が4,500円で、今年度8回会議を予定していると。具体的にいつごろ設置するのかなというふうにお尋ねしたいと思います。それから委員の構成ですね、構成員。どういう人を想定しているのか。10人では足りないと思うし、委員の構成もちょっと知りたいところです。例えば私一般質問でも言いましたけれども、男女比であるとか、年齢構成であるとか、例えば、地域バランスであるとか、さまざま考えられるかと思うんですが、どのように検討してこういうふうに計上してきたのか。
 それから加えて言えば、この市民会議の構成員は公募委員枠というのはあるのかなということです。もし公募委員枠があるならば、今定例会で私も提案させていただきましたけれども、無作為抽出で市民に公平性を保つような委員の選び方ということを考えてのことなのかどうか。その辺についてお尋ね申し上げます。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) まず、この市民会議をなぜ今の時期に予算計上なのかということなんですが、いろいろご質問にもお答えしておりますように、ことしじゅうに基本構想についてはまとめたいということで、今作業中でございます。大分骨子のほうもまとまってきておりますけれども、この市民会議につきましては11月ころの招集といいますか、委嘱を考えておりまして、9月補正でお願いしておいて、年内中に1回目、2回目の会議を招集できればという心づもりでいたわけでございます。
 それで、委員は一応今10名予定してございまして、ことし8名、そして先ほど議員お話しのように基本的には執行部で進めております基本構想に対するご意見を、市民という立場からいろいろご意見を頂戴して、そして来年の基本計画のほうに結びつけたいということなんですが、そういった形で市民の意見を吸い上げる、あるいはパブリックコメント等もその間には入れる予定にしてございますけれども、そういった仕事の流れにしていきたいなというふうに思います。来年度につきましても、また何回か会議を招集する経費は予算をお願いしたいというふうに考えてございました。
 それから委員につきましては、今の考え方ですけれど学識経験を有する方、そういった方が2名ほど、それから公共団体のさまざまな代表の方々5名ないし6名、それから公募による市民を2名から3名くらいというふうに今考えています。年齢のバランスだったり、」男女のバランスだったりということも当然考えていきたいと思いますし、それから今回いろいろご提案ございました無作為抽出の手法についても、この会議でちょっと使ってみようかというふうに今担当とは話してございます。
議長(田口久義君) 4番、氏家英人君。
4番(氏家英人君) だいたいわかりましたけれども、例えば、今まさに新庁舎建設検討委員会がさまざまなことについて検討を重ねているところでありまして、検討をやっぱりまとめた段階で、その考え方でいいのかどうかを市民会議に諮るとかというふうな手法が本当なんだろうというふうに思います。もっと言えば、市長が例えば「ここにこのような規模で庁舎を建てたいんだ」ということについて、市民会議に諮るであるとか。本当で言えば検討委員会で検討するべきことというのは、そういうところなんだろうというふうに思いますね。余り白紙の状態でみんな入れていくのは、どういうものかなというふうに思うわけでございます。
 人数、10人で少ないと思います。それから公募枠、2人から3人、これも少ないのではないか。全体人数で言えば、15人から20人は必要じゃないですか。私はそう思いますね。たった10人の市民会議にお任せして、大丈夫なんでしょうかね。学識経験者2名、それから団体の長、代表の方五、六名、それから公募で二、三名と。これは、ちょっといわゆる立派な人たちの中に公募で選ばれた人2人いても、萎縮して何もしゃべれませんよね。普通で考えれば、そうじゃないでしょうか。ややもすれば、市の意向、市長の意向に沿った普通の市民でない人が学識経験者や団体のトップとして選ばれかねないと、そういうふうに思われかねないということを言いたいんです。
 だから、10名では足りないです。最低でも15名から20名。ほかの自治体の場合を調べてみましたら、30人、50人とか、市民会議の場合ですよ。多いところで、100人もありました。どうしてこういう進め方するのかな。10人にこだわりますか、市長。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) ご質問いただいております内容等について、また公募のあり方というものについても、我々としても内部的に検討をしているところでございます。内容をしっかりと精査をしながら、人数についてはふやす方向で考えていきたいと思います。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) それから、その市民会議で検討していただくものにつきましては、やはりこちらでまとめた基本構想の案を検討していただくということですので、候補地の内容についてもいろいろご意見を頂戴するということでございます。
議長(田口久義君) 4番、氏家英人君。
4番(氏家英人君) 新庁舎を建てていくのだと、整備していくのだということは、本当に今後20年後、30年後、あるいは50年後の登米市の未来を考えるときに、とても大きい、そして大切な事業だと誰しもが思うと思うんですね。なので、特に不公平感を持たれないようにといいますか、どう言っていいかわかりませんけれども、誰が見ても公平な会議の中でというか、会の中で話し合いが行われていくんだというところを、市の姿勢としてまずは見せていっていただきたいというふうに思います。意見になってしまいましたけれども。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) いただきましたご意見、十分検討させていただきたいと思います。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) 関連して、所管でございますがあえて確認させていただきます。この新庁舎建設市民会議と、それから議会と市長のいわゆる立場というかな、この市民会議の権限というか、どの程度を想定していらっしゃるのか。それから、ただいま氏家議員が話したとおり、委員を10名と担当が上げてきたのに対して、市長は何ら違和感を持たないでこのまま提案しているのかということが、私は心配なんですよ、確かに。そこら辺を率直にお聞かせいただき、改善するつもりでいるのだかということを確認させていただきます。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) まず、この市民会議の設置の目的でございますけれども、まずとにかく建設に当たって市民の意見、提案、そういったものを計画に反映させるために皆さんにお願いするということでございまして、具体的には建設場所だったり、機能だったり、規模だったり、その他新庁舎の建設に関してさまざまなご意見を頂戴する予定にしてございます。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 公募の中で多種多様な皆さんのご意見を伺うということになれば、やはり当初の10人ということで足らないというふうな判断をしているところでございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) じゃあ、なお確認ですが、きょうは新庁舎建設も含んだ建設計画を議会としては承認したわけなんですよ。ですから、この新庁舎建設市民会議では、建設するということからスタートするんですよね。建設の是非までは戻らないんですよね、そこだけ。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 建設に向けた検討をお願いすることにしてございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。11番、佐々木 一君。
11番(佐々木 一君) 1点だけ。4款2項2目2細目のクリーンセンターの修繕料についてお伺いいたします。前々から心配していたこのクリーンセンター、説明では8月8日に故障して現在1炉がとまっておるようでございますけれども、まずもってこの故障、説明では装置の劣化が進んでいるというふうにありますけれども、この故障について想定していたのか、急に想定外の故障だったのか。
 それと、今回この補正が通ればこの2炉、正規にいつごろ稼働するのかですね、まずその辺お聞きをいたします。
議長(田口久義君) 環境事業所長、阿部 信君。
環境事業所長(阿部 信君) それでは、今回の事故についてもう少し詳しくお話しさせていただきますと、誘引送風機、別冊2の2ページを、A3版のほうをお開きいただきたいと思います。右側のほうに、1)可燃ごみ処理施設排ガス用誘引送風機羽根車修繕というふうなことで赤く1)があるわけですけれども、煙突の手前で集塵機から出る排ガスを強制的に引っ張りまして煙突に送り出す機械でございます。これの上流側、集塵機側に赤く塗っているところ、ケーシング修繕というふうなことを書いてありますけれども、ここの部分に風量調整するダンパーがあります。ダンパーと一体になりましてエキスパンション、伸縮部分がありまして、ここの部分の鉄板が剥離してさびて落ちて、ここは2階相当になるんですけれども、そこから誘引送風機の手前のダンパーをかいくぐって誘引送風機の羽根車のほうに引っかかったというふうな形で、これくらいの幅のやつで……これは想定できておりませんでした。点検している箇所については、各器具等に重点を置きまして、器具の点検を毎年やっているわけですけれども、煙道の中、ここまでは想定できておりませんでした。
 これの修繕が9月26日ころに修繕が終わるというふうな予定でして、現在取りかかっておりますけれども、その間集めた生ごみについては最終処分場の灰の上に防臭シートをかぶせて保管してあるというふうな形で、けさ現在で最終処分場のほうには300トン、ピットの中には270トンのごみがあります。そういうふうな形で、11月ころまでには山に保管して、養生してあるものも焼却処分して、完了するのではないかなというふうな現在の予想でございます。
議長(田口久義君) 11番、佐々木 一君。
11番(佐々木 一君) 今の説明では、想定外の故障だということもありますけれども、今1炉がとまっているんですよね。その残りの1炉で、今土日も休まず24時間稼働でやっているようでありますけれども、それでも処理しきれなくて最終処分場に今置いているようでありますけれども、8月8日に故障してきょうまで予算、恐らくこういったことは私は臨時議会開くくらいのあれがあるんでないかなというふうに思うんですけれども、危機感といいますか余りにも悠長な考えといいますか、私はちょっと理解できないんです。なおさら、今24時間稼働している2号炉、これにしても説明でも「設備劣化が進んでおり、1号炉と同様の故障の恐れがある」と。これをずっと動かして、それが普通だと思っているんですかね。こういったことが、この急遽故障したのももう少し、そっちのほうではもう四、五年で新しく建つというふうに思っているんでしょうけれども、地元にすればまだ何にも説明がないと。
 それに加えて、今回こういった故障があって、最終処分場に生ごみまで捨ててあると。実際地域住民から来ているんです、「カラスがこのごろ大分ふえた。何かシートかかって、最終処分場に山になっているよね」と。もちろん説明、私らにもないから、わからないですよね。危機感というか、これから新しくつくるのも、恐らくかなりの支障がこれによって出るんではないかなと私大変心配しておるんですけれども、副市長、今からもこういった考えでいくんですか。「ならば四、五年、金をかけないでもってくれればいいな」と、その気持ちはわかるんですよ。ただ、こうやっていちいち我慢して我慢していくと、こうやって大きな故障出て、今回は羽だからいいけれども仮に炉が大きく壊れた場合、取り返しつかなくなりますよね。これから新しくつくる予定ですけれども、それまでの考えですね。やはり定期的に検査しているんですから、恐らく金をかけて業者に頼んで点検しているんですから、そろそろこういったところが報告なんか出ていると思うんです。そういったことに対して、やはり最低限の考えで「ならば、もたせたい」という気持ちはわかるんですけれども、こういったことを現在の故障を踏まえて、これからの対応、どういった対応を考えているか、副市長からお願いします。
議長(田口久義君) 副市長、藤井敏和君。
副市長(藤井敏和君) 今回の対応についての予算措置等について、後でまた所長から説明させますけれども、実は震災以降で非常に機器というか、施設全体に負荷がかかってきたということで、実は23年、24年の頭くらいでしたか、一度やっぱりちょっと大きな事故がございました。その段階から、できるだけきちっとした定期点検にお金をかけて、未然防止の対策というのをきちんととりましょうというスタンスで、これまで臨まさせてきていただいておりました。ただ、結果的に今回こういうトラブル起きたということで、そこの要因分析しますと、実は外側からではなかなか確認できない場所であって、何かの別の科学的、理化学的な手法を使わないと発見できないような箇所であったということは反省点としてございまして、これからもこの機器が活用される間は、佐々木議員は「もたせる」という話をされたんですが、もたせるんじゃなくてしっかりと新しい機器ができるまでは、きちっと維持管理できるような体制というのを改めて再構築させていただきたいと思っています。維持管理なり点検にお金をけちるつもりは、一切ございません。
議長(田口久義君) 環境事業所長、阿部 信君。
環境事業所長(阿部 信君) 8月8日の事故以来なんですけれども、既に工事のほうは発注しておりまして、緊急というふうなことで決済をいただきまして、既存予算で修理のほうに着手しております。それから生ごみの処理なんですけれども、これについても先週でしたか防臭シートのほうが届きまして、それをかけた以降はカラス等の被害はないというふうな形で認識しております。これらについても、臨時のごみ置場整備というふうな形で、緊急でヒラバヤシ環境サービスのほうと維持管理をしながら一緒にやるというふうな形で契約を結びまして、対応しているというふうな形になっております。
議長(田口久義君) 11番、佐々木 一君。
11番(佐々木 一君) ただいま副市長のほうから「金をけちる気はない」と、当然その気持ちでやっていただかないと困るわけでございますけれども。
 じゃあ、今もう取りかかっているんですね、修理には。それでも9月26日、やっぱり結構かかるんですね、日にちね。その間、だから今稼働している2号炉、これまで1号炉とまってから、2号炉とまったことないですか。そこをまず確認しますとともに、そういったことをこれからこの9月まで想定しているかどうかですね。しているんでは、うまくないんですけれどもね。そういった危機感、本当に持ってもらわなきゃ困るんです。そこのところ、もう一回お願いします。
議長(田口久義君) 環境事業所長、阿部 信君。
環境事業所長(阿部 信君) 2号炉については1度とまっておりまして、点検をして無事また再稼働しております。細心の注意を払いながら、同じような事故のないように、全員で細心の注意を払って運転している状態です。
議長(田口久義君) ほかに質疑ありませんか。14番、伊藤 栄君。
14番(伊藤 栄君) 2点ほど。産経部の8ページ、地域復興型雇用創出事業、この事業主、登米市で何件あるのか。
 それから次のページ、地域活性化施設基本調査業務委託料、これ実はこの9月の一般質問に向けて、私三陸道の関係者に聞きましたらば、「米谷インターの上り車線は、三陸道は、来年南三陸の志津川インター開通しますが、米谷には落ちる計画はありませんよ」。もう1つ以前、議会で昨年ですけれども要望していた「それではパーキングどうなっていますか」、この2つ聞きましたらば「パーキングはちょっとね……」と濁らせたんです。それで、6月に社会資本何だか会議から報告がありまして、無料区間でありますので道の駅を設置していいようなことを言われたんですけれども、ここで登米市として三陸道の、いわゆる社会資本何とか協議会のほうからOK出たと思うんですが、このことによって登米市で、かなり期間あるんですけれども、どのような政策会議をしたのか。ただ何もしないで、いわゆる基本調査の業務を委託するのか、そこちょっと不思議なんですね。
 あと聞きたいこと、かなりありますよ。全ていわゆる業者に委託するのか。それとも、庁舎の政策会議でどのようなことをまとめて、この基本調査を頼もうとしているのか、その点お伺いしたいと思います。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 最初に、事業復興型雇用創出助成金の事業のほうでございます。登米市が認定した産業施策の支援を受けた事業所、具体的には登米市企業立地奨励金を受けた事業所で、これは10事業所となります。それから、登米市被災事業所再建支援事業補助金を受けた事業所、これは205事業所ということで215事業所が対象となるということになります。
 それから、+本日提案を申し上げました三陸沿岸道路と連携した地域活性化施設の整備ということでございますが、道路のインター等の関係については後でお願いをしたいと思います。それで、道の駅の整備の方法といいますか、それらについては、具体的にはもちろん今回の予算措置をしていただければ調査に入るということでございますが、この取り組みに当たりましては、国のほうの予定が平成27年度に三陸道の志津川インターまで開通をするということで、その際に国のいわゆる残土の処理の場所として東和町の……、ちょっとお待ちいただきます。東和町のその場所、米谷平倉という地名でございます。その場所に国としては防災ステーション、それからトイレ等を設置していくということでございます。その整備とあわせて、市のほうの活性化施設、いわゆる道の駅の整備も進めてまいりたいというふうなことで、それらにつきまして政策会議で協議をいたしました。したがいまして、調査そのものにつきましては、国のほうで既に調査業務を発注しているというふうな状況がありまして、それらとの整合性を図る必要がありますので、歩調を合わせていきたいというふうに考えております。
議長(田口久義君) 土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 登米東和インターチェンジの下りのランプといいますか、おり口といいますかのぼり口といいますか、そちらの設置については国のほうの回答では、これまで何回か協議した中では国としての設置予定はないということで聞いております。
議長(田口久義君) 14番、伊藤 栄君。
14番(伊藤 栄君) 三陸道、今現在ありますパーキングは利府の春日パーキング、そこから気仙沼までの距離で登米市米谷がちょうど中間地点で、距離的にもいいんだそうです、時間的にも。それで、前回我々の同僚議員に勧めてというか、いろいろな協議して質問させたんですけれども、国でこれだけ進もうとしておりまして、当然土地も取得して防災ステーションはそれにあわせてやるということで、かなり進んでいるなと思って私も安心しました。実は、なかなか姿が見えなかったものですから、私は米谷にある登米市の市有林、そこを逆提案にして、いわゆるパーキングなりオール登米市で道の駅パーキングのようなものを全部出したらいいんでないかということを思っていたんですけれども、今回国で土地も取得し、残土も処理し、こういう防災ステーションもやるということでありますので、期待をしますが。
 活性化施設、普通我々見るパーキングの状況を見ますと、ほとんどさまざまな業者が入っておりますけれども、要望としましては中身全てオール登米市で管理運営できるように、それくらいのひとつ意気込みでこの調査業務委託を業者に要望して、それなりの方向をつくっていただければなと思います。ご意見があればいただきます。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 施設の整備につきましては、国で整備をするエリアというんですかの部分と、それから本日ここに提案している地域活性化施設につきましては、これは市の整備というふうなことになりますが、いわゆるそういうエリアの範囲といいますか、それはこれから決めていくというふうな状況でございます。なお、道路整備等も出てまいりますので、それらの市・国の役割分担を今後明確化していくというふうなことになります。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
 それでは、ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午後3時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時09分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 質疑を続けます。10番、中澤 宏君。
10番(中澤 宏君) じゃあ、私もごみ処理施設についてお尋ねをしたいと思います。
 別冊2の1ページに示されておりますけれども、こういうわけですぐに工事すること、いいと思います。すぐやっていただきたいと思いますし、これには賛成でございます。それで1つお聞きしたいのは、9月26日までに修繕を終了するというような話でございますが、これは1号・2号ともに26日で終了して、通常の運転に入るというふうなことなのか、それとも要するに壊れたほうだけ26日なのか。改めて確認をさせていただきたいと思います。
 それから2つ目でございますけれども、今回7,400万円を投じた大修繕になるわけでございますけれども、この修繕は結果としてこの施設の延命化というか、長寿命化が図られると考えていいのかということでございます。予定では29年、30年に新しい施設の建設というような計画を聞いてございますが、先ほど11番の佐々木議員のほうも申し上げましたが、「地元には何ら説明もない。地元軽視じゃないか」という話もありますし、また新設の焼却方式についても全く議会には示されないということで、「議会軽視でないか」というようなことが言われておりますけれども、ある意味では今までのそうしたおくれが今回長寿命化を図られることによって、十分に地元の皆さんと、また議会と相談する機会を得たというように解釈してよろしいのか、その点についてお尋ねをいたしたいと思います。
議長(田口久義君) 環境事業所長、阿部 信君。
環境事業所長(阿部 信君) 今回の故障で9月26日までと申し上げましたのは、1号炉の補修でございます。1号炉の羽根車関係の壊れた部分を補修しまして、2号炉とあわせて通常運転にもっていきたいというふうに考えております。
 それから、7,400万円が延命化というふうなご質問なんですけれども、今回の施設についての誘引送風機関係、それからガスのダンパー関係は5年はもつであろうというふうに考えております。
 それから、2号炉の補修につきましては、同じような再発防止というふうなことで、ごみの少ない時期に直していきたいというふうに考えておりまして、時期をずらした形で、これから年末にふえたり、それから1月の頭にふえたりというふうな時期をずらした上で、施設を整備していきたいというふうに考えております。
 それから、地元軽視、議会軽視というのは、ちょっと私のほうからは答えを控えさせていただきたいと思います。
議長(田口久義君) 10番、中澤 宏君。
10番(中澤 宏君) そうすると、9月26日で故障している1号炉については修理を終わって、1号・2号の通常運転に入ると。11月まで500トンは、そうするとそのような形なので順調に処理されるというふうに理解していいんですね。
 それから、じゃあ2つ目は、今5年延びる話がありました。要するに今回の大修繕によって、当初予定した新しい炉の建設に予定の変更が出るのか出ないのか、その辺についてお尋ねをしたいと思います。
議長(田口久義君) 環境事業所長、阿部 信君。
環境事業所長(阿部 信君) 今回の修繕とそれから第2ごみ処理施設、これについてはまた別事業として別個で事業進行しております。当初の計画どおりというふうな形で、第2ごみ処理施設のほうの事業も基本計画等の着手というふうな形に進んでおります。
議長(田口久義君) 10番、中澤 宏君。
10番(中澤 宏君) 今回の補正とは違うということですが、関連でございますが、じゃあ改めてお願いを申し上げたいと思いますけれども、さきの議会報告会の中でも「うわさにはいろいろと聞く。でも、地元には具体的な説明はまだない。協力する、しないにかかわらず、まず私たちがここで暮らしているこのことで、市の計画なりお話をぜひ話してほしいんだ」というよう要望がございましたので、ぜひ早急にそうした会を持っていただくようにお願いしたいと思っています。
 また、全員協議会とかそういうところでも、議会としてもこれからどういう施設がいいのかというふうなことではいろいろと議論をさせていただいておりますので、改めてその施設の焼却方法についても議会と正面から話し合うと、そうした姿勢でぜひ臨んでいただきたいと、こうお願いして終わりたいと思います。以上です。
議長(田口久義君) 答弁はいいですか。
 ほかに質疑はありませんか。8番、岩淵正宏君。
8番(岩淵正宏君) 概要の13ページ、教育委員会のほうですけれども、公民館費。北方公民館非常灯器具及びバッテリーということで151万円。指定管理になっているところで、どこからどこまでが市で修繕というか、恐らく各公民館修繕費あると思うんですが、その境目の金額をまず聞きたいのと。これ、ことしになって壊れたのか、前々から例えば要望等があって今回補正を取ったのか、そこまず1点お聞きします。
議長(田口久義君) 社会教育次長、志賀 尚君。
社会教育次長(志賀 尚君) 指定管理の中での修繕費の計上についてでございますが、いわゆるコミュニティ施設については10万円、それから体育施設については20万円の範囲で、小破修繕については指定管理者のほうでやっていただくということで、協定を結ばさせていただいております。今回については、当然金額的にも工事の内容等についても大きな修繕になりますので、それについては直接協議会のほうで施工するということで考えてございます。
 なぜこの時期かというようなことだと思いますけれども、基本的に定期点検を、消防・非常灯器具でございますので毎年点検していたんですが、故障の原因がはっきりしたのがことし、いわゆる当初予算の策定後でございまして、その直し方も含めて検討していてこの時期になってしまったということは大変申しわけございませんが、早急に適正ないわゆる管理ができるように、非常灯でございますので夜間の使用に支障が生じないように、早速交換したいというふうに思ってございます。
議長(田口久義君) 8番、岩淵正宏君。
8番(岩淵正宏君) 非常灯だからということで、早急にということ。意見交換会で、議会で私ちょうどこの北方公民館担当、そして新田公民館も担当で新田に行ったんですよ。そこで毎年言っているんですけれども、非常灯でないんです、非常階段、外に出る。「もう、さびだらけで真っ赤になっているのを毎年言っているんだけれども、さっぱり直してけねよね」ということで、コミュニティの代表の方から強く言われたわけなんです。そういうのは、全然教育委員会に入っていないのかどうか。もし入っていれば、来春あたりの当初予算に組まれる予定なのか。ちょっと関連で、すみませんけれどもお願いします。
議長(田口久義君) 社会教育次長、志賀 尚君。
社会教育次長(志賀 尚君) たびたびご心配をかけて申しわけございませんが、いわゆるコミュニティ施設それから体育施設を通じて、全施設について担当の職員のほうで聞き取りをしてございまして、それを計画的に修繕計画の中に載せて修繕していくということで、お待たせしているところもありますけれども、きちっと修繕計画の中で精査するように担当のほうに話したいというふうに思ってございます。
議長(田口久義君) 8番、岩淵正宏君。
8番(岩淵正宏君) よろしくお願いしたいと思います。非常灯が優先なのか、非常階段が優先なのか、そこはしっかりと精査していただきたいと思います。答弁、要りません。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) 概要の5ページをお願いいたします。財務会計システム改修業務委託料とありますけれども、委託料がどうのこうのという話じゃないんですけれども、600万円というふうなことで非常に高額なんですよ、この委託料というのは全てが。全部足したら、すごいお金になるなと思っていますけれども。ただ、これをこういうふうに委託するときに、やっぱりただ任せただけじゃなくして監督もきっちりやっていかないと、間違いのもとなんですよね、必ず。今までも何回かシステムのどうのこうの、私よくシステムのことわからないけれども、コンピューターのことわからないんだけれども、このことだけは今ここの時点で間違うと、皆だめなんだよね。だから、やっぱり監督をきちっとこれやっていくべきだと、私思うんですけれども。まあ、やっていることはやっているんだと思いますけれども、間違いのないような対策を講ずるべきだなというふうに思っております。
 それから、大変申しわけないんだけれども、5款労働費ですので私の所管するところなんですけれども、緊急雇用対策費というようなことで、今までも緊急雇用対策で非常に助かったなということがありますけれども。1年で終わるところと、今回みたいに「3年までいいですよ」というふうなことで補助金が出ていますけれども、これは215施設が適用になるということなんですけれども、今までこれで雇った業者というのはわかりますかね、215のうち何ぼだか。およそでいいんですけれども、正確でなくても。一応、2つお願いします。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 25年度の実績でございます。2事業所、人数は22人、助成金額は2,077万6,000円という、これは25年度の実績でございます。
議長(田口久義君) 挙手して。会計管理者、千葉幸毅君。
会計管理者(千葉幸毅君) 失礼しました。
 今回、公共料金の口座引き落としにかかるシステムの導入というようなことで、財務会計システムの中でそのデータの連動をさせるというようなことで、今ある会計財務システムの中にオプションとして別なものをセットするというふうなことで、それにかかるソフトウェア、それから導入の手数料等の委託料を今回計上させていただいたということで、今お話しいただいた導入に係る作業の経費、これについては企画のシステム担当のほうとシステム検討委員会等でも進めて料金計上しておりますし、今ご心配いただいておりますシステムが順調に進むように、こちらでも注意をして進めていきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) 19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) お金のことはいいんですけれども、間違いのないようにというふうなことで、何だか何だかわからないけれども別なのをつけるんですか、そこさ。同じメーカーでないと合わないですよ、絶対これだけは。何回も俺言った。簡単に語ると、イセキのトラクターにクボタつけたって合わないから、わかりますか。これだけは昨年から市役所の方たち、非常に身にしみたと思うよ。だから、同じメーカーで同じ型式でなきゃだめ。それをやってください、お願いします。
 それから、次に215のうち22施設で2,700万円くらいだというふうなことでありますけれども、これは聞いたことあるんですけれども、雇用された人たちの追跡調査と言えば大きくなるんですけれども、1年未満で終わっているのだか。あるいは補助金が切れた時点で解雇されているんだか、あるいはそのまま続いている人があればいいなと非常に思っているんですけれども、ここまでの追跡調査もやっぱり私はやるべきだと。非常に高額なお金を使っているんで、雇ったほうも助かる、働いたほうも助かる、そしてまた「誰一番もうかるのや」というふうなことになりますけれども、全部に行くんじゃなくして、22人しかいないんだからね。それでものすごいお金が行っているものだから、ただそれで終わっては私はだめだと思う。だから、やっぱり適用するから皆いいんだよというふうなことがありますけれども、最後には何とかお願いしてそのまま継続していくように、私は努力すべきだと思う。ただ、それで「終わったから、さよなら」というふうなところが非常に多いように見えますので、その辺のところの追跡調査もししていれば、お願いします。
議長(田口久義君) 会計管理者、千葉幸毅君。
会計管理者(千葉幸毅君) お話をいただきました財務会計システムの改修業務、これは今入れている財務会計システムの業者の同じシステムに、新たにオプションとして口座振込というか払い込みシステムを入れるというようなことでございますので、ご理解をお願いします。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 本事業に係る、昨年は2社、22人という実績でございますが、今年度も2年目ということで継続されているものというふうには思いますますが、ちょっとそこはまだ確認はいたしておりません。ただし、これまでの緊急雇用事業、数多くいろいろな事業をやっておりますが、これまでは追跡調査をしたこともございますので、今後もそういう形で調査をし、整理をしてみたいというふうに思っております。
議長(田口久義君) 19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) わからないということですけれども、「2年目だから、まだわからないよ」ということですけれども、今までのやつもやっぱり追跡調査してくたさい。2事業所だよ、これいい、悪いを別に俺言っているわけでないよ。2事業所で22人、これありがたい話なんだけれども、それで2,000万円、1,000万円以上のお金が1事業所に行っているというようなことで、これがずっとたまっていくとすごい額になるなと思うんで、やっぱりそれの効果が生きるように、このお金が生きるように私はやりたいなと思うんですよ。ただ、「それが緊急雇用対策だよ」と言えば、それで終わってしまうんだよ。「これが緊急雇用対策の趣旨です」と言えばそれで終わるんですけれども、やっぱりそこまでの支援してもらった事業主も、そしてまた雇ってもらった方もそうなんですけれども、もう少し考えてもらえばなというふうに思います。
 この辺のところ、たまには事務所を回ってみるとか、2つしかないんだもの、だってね。10人も行っているところ、何人行っているかわからないけれども、22人がどっちにどう行っているかわからないけれども、今だと2つでしょう。だから、たまにはそこさも顔出してみてもいいと思います。そしてまた、今までやってこられたところさも、たまには寄ってみて「どうですか」というふうなことでお願いすべきだと思います。もう一度お願いします、あと終わりだから。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 事業の目的は、被災地域で安定的な雇用を創出するというのが目的でございますので、そのようにしてまいります。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 5款2項1目の一般失業対策事業費にかかわってお尋ねいたします。この事業復興型の雇用創出事業なんですが、いわゆる株式会社創造ステーションの離職者は、この事業の対象となるのかどうか、まずお知らせをいただきたいと思います。
 それから本補正予算を組むに当たって、8月11日に解雇通知をいただいたということで、市としていわゆる離職者に対する支援、他の町では美里町がこの緊急雇用の事業を独自の事業として、直接町が受け入れるという支援策を発表しておりますが、当市としてそういった離職者の支援はこの補正予算の中で考えられなかったのか、お尋ねします。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) まず最初に、創造ステーションを離職された方が、先ほど申しました215の事業所に雇用されるというふうなことになれば、対象になるということになります。
 それから、2点目の市の直接雇用というふうなことでございますが、現在各部署でこの緊急雇用創出事業に基づいて職員を雇用しているという状況がございます。今回につきましては、そういうことも担当部といたしましては検討といいますか考えてはおりましたが、いわゆるそのほかに緊急雇用創出事業で実施されている他の会社への働きかけ、あるいはハローワークと連携をした市内職場等への再就職のあっせん等、そちらのほうに重きを置いてきたというふうなところでございました。
議長(田口久義君) 7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 今回、4月1日採用から10月1日の採用まで36人分の見込みというような補正予算ですが、この補正の中でこれからでも対象となる人員というのはこの36名丸々になるものなのか、それともこのうちの新たに新規募集をしてというような形は何名になるのか、お知らせをいただきたいと思います。
 それから、けさの地元紙の朝刊に、これからの市の対応策として離職者の方々から市長宛、あるいは議会宛にさまざまな要望をいただいている形の中で、特に当面の生活資金についてこれまでの制度を超えた市独自の資金制度の要望があり、それを受けて昨日の説明会の中で恐らく新産業対策室長が皆さんに示したお話がございました。そうした対象の制度資金に対する金利といいますか利息を、市のほうで負担するといったような内容であったというふうに思いますが、見出しを読んだときには市としていい対応を考えたなと思ったんですが、中身を読んでいきますと実は年度内に要項を制定し、議会に補正予算で提出するというような内容が書かれてあって、大変愕然といたしました。今当面の生活資金に困って、きょう、あす生活していくのに大変だという中にあって、その要項を制定するのは今年度、いわゆる年度内ということは12月中と。そして、次の議会ですから12月議会の補正予算に、そういった部分を計上するという内容であったというふうに理解をいたします。
 市長にお尋ねしますが、今こうした離職者、今どうやって生活していくかという皆さんの心情を思ったときに、本定例会の中で要項は一晩でも、2日でも3日でも要項なんていうのは制定できるというふうに思いますし、さらに24日までの会期があるわけなんですから、追加で補正でそうした予算措置は十二分に可能ではないのかというふうに考えますが、そうしたことをやってやるのが登米市としての責任と姿勢だというふうに思いますが、市長の考えをお尋ねします。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 最初に本年の見込みの人数ということで、こちらは資料のほうに表をつけてございますが、25年度の人員については22人ということですが、この方々は2年目に入るというふうなことでございます。それで、それらも含めて80、さらに36ということで、合わせますと116人分の金額が予算的にはあるというふうなことです。ただし、それはいつ採用、雇用になるかというふうなことで、予算の範囲内で人数的には移動が出てくるというふうなことでございます。現状を申せば、実際募集に当たってはこれから対象事業所に通知を配付する、あるいはホームページでお知らせをする、昨年もそういう方法で募集をしているというふうなことですので、直接ご案内を差し上げて募っていくというふうなことになるわけでございます。
 それから、2点目の昨日の説明会の件でございますが、市の独自の支援策といたしまして、これも検討いたしました。皆さんから要望が出された内容については、これは市独自のいわゆる融資策といいますか、あるいは支援事業というふうな趣旨ということで受けとめております。新しい支援策というものをつくるというふうなことでありますと、やっぱりそれなりに時間がかかるということで、産業経済部としましては、現在ある国の制度、あるいは県それから社会福祉協議会の制度、それらを活用し、そして有利子・無利子とありますが、その有利子の部分について市で助成をすると。結果、無利子で融資が受けられる、そういう状態にしていくというふうな支援策を考えたところでございます。昨日も、その方向で市では検討、考えておりますということで説明を申し上げたとこでございます。
 したがいまして、今ある制度で融資を受けるというふうなことですので、手続的にはもう即申請をしていただいて、融資をしていただくと。返済の際に、利子がいくらというふうなことで発生をしてまいりますので、それにそれ相当額を市では助成をするというふうな方法を考えておりましたので、対応としては今ここで予算的にも、12月補正でもこれは対応できるのではないかというふうに考えたところでございます。
議長(田口久義君) 市長から答弁ありますか。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) ちょっと部長の話が言葉足らずなところもありましたので、概要的にお話しをさせていただきます。具体的には、労働金庫さんの融資について市のほうで利子補給をさせていただくということで、きのうの説明会の後も早速その手続をしていただいておるところでございます。そういった意味では、離職者の皆さんに対する生活資金の補給については、しっかりと対応しているというような状況でございます。
議長(田口久義君) よろしいですか。
 ほかに質疑はありませんか。12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) 6款農林水産業費でございます。ここに、一般質問でもお話ししましたけれども農林水産業の地域の活力創造プラン、産業政策と地域政策、ここに両輪が出てきています。農地中間管理事業、これが産業政策。そして農地・水管理支払いに関する部分に関しては、これは地域政策と。いわゆる「4つの改革」の中の2つが、ここに載っているわけでございます。
 それで、まず最初に農地の管理事業に関する経費でありますけれども、きょう農業委員会が来ておりますので、受け手の方々の募集はこの間行われたわけでありますけれども、出し手の問い合わせなり申し込み、そういったものはどの程度今あるのかを確認させていただきたいと思います。それで、この中間管理機構の取りまとめについては、先般我々も勉強会したときに、12月を一応の目安としながら出し手に対するさまざまな措置があるわけでございます。その中に、地域に対する支援という地域集積協力金、これは地域です。それから個人に対しては、リタイアする場合の支援、経営転換協力金。そしてあとは、耕作者の集積協力金、この3つの柱の中で支援事業があるわけでございます。
 それで、特に経営をリタイアする場合の支援ということで、5反以下は30万円、その間2ヘクタール以下50万円、2ヘクタール超える度70万円、これは前から提示されておったわけですけれども、今般地域に対する支援ということで地域集積協力金というものがあって、それは市内の地域という大枠のくくりがあるわけでありますけれども、この地域のくくりをどのような形で考えられているのか。そして、本格稼働は来年だといいながらも、地域に対するこういった問いかけ、推進、この辺をどの程度行っているのか、中間管理機構に関しては。それから、業務委託が国から2,000万円程度来るんだろうと思いますけれども、それは予定されているのがJAだということで、南三陸とJAみやぎ登米になっていくんだろうと思います。それで、その辺の煮詰め具合はどこまでいっているのか全然見えてこなくて、結果的には出し手の方々も農業委員会に相談に行ったり、農協に相談するんだけれども、具体的に進めるという営農プランも立たないという状況もございますので、その辺の状況はどのようになっているのかということです。
 それから、日本型直接支払制度の関係で、いわゆる農地・水保全活動がありますけれども、これは今年度は国の予算措置として実施していて、方向とすれば27年度から法律に基づいた実施するというふうな予定の中で進められている。このくらい、力の入れようはあるわけでありますけれども、その制度全体の中で多面的機能支払いとそれから中山間地直接支払い、それから環境保全型直接支払いの支払い増があって、特に登米市でやっているのが多面的機能支払いと、それから環境保全型の直接支払いやっております。
 それで、多面的機能支払い、農地維持支払いと資源向上支払いがセットになっているわけでありますけれどもね。この中で、もう1つプラスの資源向上支払いの中の長寿命化対策というのがあります。この辺の状況内訳、どのようになっているのかということであります。その辺からお願いしたいと思います。
議長(田口久義君) 農業委員会事務局次長、菅原貞治君。
農業委員会事務局次長(菅原貞治君) 中間管理事業に関する農業委員会での相談内容ということでございますけれども、件数あるいは10件程度ですか、と思われますけれども来ております。それで、その内容としましては、例えば苗代とかそういったもの、あと通作路がないとか、そういった条件不利地の農地が誰も借り手がないというふうなところで、中間管理機構を利用したいんだけれども、どうなんでしょうかといったもの。それからあと、地域に担い手がいないということで、離農したいと思うんだけれども、貸し手がいないと。それで、この中間管理事業に関しましては、農林水産省のほうから直接ダイレクトメールが農家の方に行っていまして、「こういった事業がありますので、ぜひ利用してはいかがでしょうか」というふうなものが来ているようでございまして、そういった問い合わせが多うございます。
 それで農業委員会のほうは、この中間管理事業の受け手の関係では、一番最初の相談業務をやるというふうなことになっております。その中で、こちらのほうでは農地台帳の交付とか、それから対象となる地域が農業振興地域外ということで、その農地の確認、それから農業者年金の確認、それから贈与税の納税猶予の確認等、そういったことをやるというふうなことで内部で打ち合わせをしております。以上です。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 今農業委員会のほうからお話がありましたが、出し手の受け付けの状況というか予定ですが、農地中間管理機構と契約を締結をするというふうなことになりますが、それはこの9月補正後ということで登米市は契約を締結する予定にしております。それで、出し手の受付開始は9月下旬を予定していると、チラシの全戸配布による周知を図っていくということにいたしております。それから、借り受け希望者、受け手のほうですけれども、これは第1次募集が7月10日から8月11日までの1カ月間で、登米市の場合は189経営体が募集の結果出てきているというふうなことで、これは機構のほうに登録をされるということになっております。
 それから、地域集積協力金のくくりはどうするのかというふうなことでございますが、まだ正式には決まっておりません。登米市は、受け手のエリアをどの範囲にするかという際に、登米市全域ということにいたしております。これは、人・農地プランのエリアを登米市一円にしたというふうな絡みもございまして、登米市の場合は一本化したことによって、受け手の方は市内全ての農地を受け入れ、借り受けすることができるというふうなことになっております。集積協力金のエリアにつきましては、これはそのエリアをどのように線引きするかによって、その集積率の数字が、これは数字的には影響が出てきますので、どういうくくりでやったほうが登米市の実態に合っているのかというふうなところをよく吟味しようというふうなことで、今考えているところでございます。
 それから、地域への働きかけということですが、実はチラシにつきましては、これまで事業のお知らせということで、市内全世帯のほうに配布をしているということ。それから、これまでは25年度分になりますけれども、ことしの1月に各地区を巡回する形で25年度の生産調整等の説明会をした際に、事業の概要についてはお知らせをしているというふうなこと。それから、JAとのかかわりの中ではJAの集落営農ビジョンの策定とあわせて、この地域への周知、それから取り組みを一緒に進めていこうということで、農協とは話をしながら進めてきたところでございます。実例としましては、集落営農ビジョンの集落座談会、農協さんは2回目あたりにも入っているわけですが、その中で可能な場面については市の産業経済部のほうからも職員が出向いて、その場に行って周知、話し合い等に参加しているというふうな状況でございます。
 それから、事務費の状況ということで、いわゆる委託費でございますが、こちらのほうはきょうの補正でお願いをいたしております54万4,000円でございますが、第1次登米市全体に機構のほうから示された金額が471万5,000円という金額でございました。この金額を、市とそれからJAみやぎ登米と南三陸3者で振り分けをしていくということになりまして、登米市については、このうち83万9,000円を配分金の中から市の配分ということで金額的には受けている状況でございます。そのうち、今回は54万4,000円を増額ということで補正をお願いしてございますが、差額の29万5,000円については、既定予算の財源の置きかえにしているものでございます。
 それから、JAみやぎ登米については372万4,000円、南三陸については15万2,000円という、現在のところこの金額でございますが、農協さんではとてもこの金額では受託できないということで、実際それではどれくらいの経費を要するのかというふうなことで、実額で出していただいて機構のほうに要求、要望をしているというふうな状況でございます。先ほどお話しいただきましたが、金額的にはそれに見合うといいますか、いわゆるもう既に半年26年度の場合は経過しておりますから、その月数に見合った金額が示されそうだというふうなことで、連絡は受けているところでございます。
 それから、多面的機能の関係でございますが、27年度からは法律化されるということで、その中の復旧活動支援事業のことだというふうに思いますが、現在市内22組織で事業を実施していると、434ヘクタールの面積で、支援交付金は725万円と、こういう状況になっているところでございます。以上です。
議長(田口久義君) 本日の会議時間は、議事の都合によりあらかじめ延長します。
 12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) 今、答弁漏れ議長にないかと言われて、ちょっと困りましたけれども、長寿命化の部分はどうなっているのかというような部分も一緒に聞いたような気がいたしましたので、いわゆる22組織ありますけれども、その中で長寿命化の部分というのはどの程度あるのかというようなところも聞きたかったんです。隣から「何もなし」と言われましたので、このことは別な機会でじっくりお話ししたいと思いますけれども、基本的には農地中間管理の部分は産業政策として非常に重要な部分で、どうしても国の流れの中で自治体がなかなかそれに迅速についていけない部分なんかもあったりして、大変だというようなことはわかるんですけれども。
 例えば今の話だと、出し手が9月下旬からスタートするというふうな話でしたね。そうすると、受け先がまだ「うん」と言っていない状況もある中で、9月の下旬というのはあと何日もないわけですから、JAみやぎ登米なりとその辺がしっかりしていないと、「うん」と言われてからそっちの組織体制が整うまでも大変なことでございますので、その辺の内々的連携はしっかり図っておかないと、これも機能していかないのかなというふうなところがございますので、その辺の取り扱いについては産業経済部、さらにはもしかしたらトップ同士の中でしっかり話していかないと、現場同士ではなかなか「うん」と言わないようなそういうような関係になっているかもしれませんので、その配慮はぜひしっかりしていただかなければならないのかなというふうに思っています。
 それから、農地・水の部分ですけれども、実績を提示するのはいいんです。それで、26年度も確かにふえている。私がこの両輪であったり4本の柱であったりということは、いわゆる直接支払いの部分に関しては、みやぎ登米は進んでいるんだろうと思っていますよ。でも、これをしっかり位置づけていく努力をしていくためには、もうちょっと前に向けた取り組み姿勢が登米市の中でもあっていいのかというふうに思います。それは、例えば環境保全型農業の直接支払いとすれば、例えばカバークロップするとすれば、もう準備をしておかなくちゃいけない。そういうとっかかりに対するアシストが、結局産業経済部の中ではないんです。個人がやるか地域がやるかで、お任せきりになっているわけです。もうちょっと前に向けた、プッシュするような形でのやっぱり政策支援があってよかろうかというふうに思いますので、その点は少し考えていただければというふうに思っていますので。補正はこの程度でありましょうけれども、指導する、推進する補正、政策補正はしっかり持ってやっていただければなというふうに思っています。その辺の感想をお願いしたいと思います。
 それから、先ほど地域活性化施設基本調査業務委託の関係でありましたけれども、前の私どもの常任委員会、私の記憶からすれば佐藤 勝委員長のときだったと思いますけれども、常任委員会としていわゆる地場産品の生産体制を確立しながら、そこに集荷してそこで販売する、さらにはそれを流通させる、そういった施設をつくっていただけないかというふうな提案要望を常任委員会としてしたような記憶をしています。もしかしたら、認識がちょっとずれているかもわかりません。その政策提言の意図はぜひ、今部長それを引き継いでいるかどうかわかりませんけれども、ご確認をいただきながら、今回のこの調査を含めて、道の駅構想もあるようでございますので、理解していただければというふうに思っていますので、その辺の確認をさせていただきたいと思います。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 多面的機能の関係につきましては、数的には25年度と比較しましても確かにふえているというふうな状況はございますが、さかのぼりますと、当初始まった当時と比較しますと必ずしもそうではない状況でございます。事務的な煩雑さといいますか、困難さというふうな状況もあって、やめられた地域もあるわけですけれども、産業経済部は26年度を迎えるに当たって、これだけの新規の取り組みを実績として挙げる中身としては、かなり出向いて勧誘といいますか説明会をしたというふうな状況がありますので、なお目標といたしますカバー率等もありますが、それ以上になるようこれからも取り組みをしてまいりたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。
 それから地域活性化施設、道の駅の関係につきましては、私もそういうことがたしかあったのではというふうに認識をしたところでございますので、ぜひ生かすように努力をしてまいります。
議長(田口久義君) 答弁漏れはないですか。
 ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第100号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第100号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 まず、原案に反対者の発言を許します。13番、佐藤尚哉君。
13番(佐藤尚哉君) 13番、佐藤直哉です。議案第100号 平成26年度登米市一般会計補正予算(第4号)に反対の討論をいたします。
 登米市建設計画で、新庁舎建設に向けて可決されましたけれども、この議案は建設を前提にした新庁舎建設市民会議の設置を予算化しているものでありまして、認められないということです。多くの市民はこの合併して10年間、合併効果を実感することもなく、市民サービスは縮小、廃止の対象にされてまいりました。そうした中で、多くの市民の皆さんが今度の新庁舎建設に対して理解をして、これにゴーサインを出すことはないだろうというふうに確信しております。こうした意味で、この部分の予算が掲載してあります本補正予算に反対の討論といたします。よろしくお願いします。
議長(田口久義君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 次に、原案に反対者の発言を許します。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) ほかに討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで討論を終わります。
 これから議案第100号を採決します。
 この採決は起立によって行います。
 議案第100号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
   (賛成者起立)
議長(田口久義君) 賛成多数です。よって、議案第100号 平成26年度登米市一般会計補正予算(第4号)は、原案のとおり可決されました。
 ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午後4時04分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後4時13分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、議案第101号 平成26年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について議案内容の説明を求めます。市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) それでは、議案第101号 平成26年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。
 今回の補正の歳入歳出予算の総額等につきましては、市長が提案理由で説明したので省略させていただきます。
 歳入につきましては、補正予算書34ページからの事項別明細書でご説明申し上げます。よろしいでしょうか。
 3款2項2目1節被災者健康支援事業補助金につきましては、被災者の健康実態を把握するための特定健康審査等追加支援事業として、国庫補助金が交付されることとなりまして、647万4,000円を増額補正するものでございます。
 4款1項1目1節療養給付費交付金につきましては、平成25年度の医療費の確定に伴う清算額を歳出から返還するため、調整減として見込んでいました2,869万9,000円を増額補正するものでございます。これにつきましては、例年返還額について歳入で1カ月分の交付金の中で清算額の調整を行っておりましたが、今年度は返還額が1カ月分の交付金額を上回ったことから、歳入での調整ができないということで歳出からの返還となったものでございます。
 9款1項1目4節給与費等繰入金につきましては、一般会計の説明でも申し上げましたが高額療養費のシステム改修委託料分として、一般会計からの繰入金99万7,000円を増額補正するものでございます。
 9款2項1目1節財政調整基金繰入金につきましては、平成25年度一般会計繰入金、国県支払基金の負担金等の清算に伴う繰出金、返還金等の財源調整を行うため、基金からの繰り入れとして6,372万円を増額補正するものでございます。
 10款1項1目の繰越金につきましては、平成25年度決算剰余金から基金積み立てと、6月に繰越金として計上した残額3,671万3,000円を計上するものでございます。
 歳出につきましては、予算の概要で説明させていただきます。概要の15ページをお願いいたします。
 1款1項1目2細目総務一般管理費につきましては、高額療養費自己負担限度額の所得区分が平成27年1月診療分より改正されることに伴い、システムの改修が必要となることから、システム改修に伴う経費として99万7,000円を総額補正するものでございます。
 11款1項5目1細目償還金1億2,084万6,000円の増額につきましては、平成25年度事業費確定によるもので、記載しております負担金、補助金等の返還に要する経費でございます。
 11款2項1目1細目一般会計繰出金につきましては、平成25年度一般会計繰入金の事業費確定による清算に係る一般会計への繰り出し1,476万円を増額補正するものであります。
 16ページにつきましては、国民健康保険の財政調整基金の状況でございますので、お目通しをお願いいたします。
 説明は以上でございます。ご審議を賜り、ご決定いただきますようよろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第101号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第101号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第101号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第101号 平成26年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第102号 平成26年度登米市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について、議案内容の説明を求めます。市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) それでは、議案第102号 平成26年度登米市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。
 今回の補正につきましての歳入歳出等の予算の総額につきましては、市長の提案理由で説明させていただきましたので、省略させていただきます。
 歳入につきましては、補正予算書44ページからの事項別明細書でご説明いたします。44ページをお開きいただきたいと思います。
 1款1項1目後期高齢者医療保険料1節現年度分補正額297万4,000円につきましては、平成26年度後期高齢者医療保険料の本算定を行ったことに伴う予算の調整でございます。
 4款1項1目繰越金1節前年度繰越金、補正額569万5,000円につきましては、平成25年度決算剰余金を計上するものでございます。
 5款2項1目の保険料還付金1節保険料還付金につきましては、補正額12万4,000円でございます。これにつきましては、平成25年度保険料還付金支払額が確定したことに伴い、広域連合から追加交付されるものでございます。
 続きまして、歳出でございます。予算の概要で説明させていただきます。概要の17ページをお願いいたします。
 2款1項1目1細目後期高齢者広域連合納付金715万8,000円の増額補正につきましては、平成25年度後期高齢者医療保険料等の確定に伴う追加納付、及び平成26年度後期高齢者医療保険料の本算定による増分を追加するものでございます。
 3款2項1目1細目一般会計繰出金163万5,000円の増額補正につきましては、平成25年度の事務費等の確定による清算に伴いまして、一般会計へ繰り出しするものでございます。
 説明は以上でございます。ご審議を賜り、ご決定いただきますようよろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第102号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第102号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第102号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第102号 平成26年度登米市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第103号 平成26年度登米市介護保険特別会計補正予算(第3号)について、議案内容の説明を求めます。福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) 議案第103号 平成26年度登米市介護保険特別会計補正(第3号)について、ご説明申し上げます。補正予算書は48ページからでございます。
 今回の補正は、歳入歳出それぞれ1,259万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ79億1,900万6,000円とするものでございます。
 歳入につきましては、事項別明細書54、55ページをお開きいただきたいと思います。
 4款1項1目介護給付費交付金の374万円の増額は、平成25年度介護給付費の実績に伴う追加交付分でございます。
 4款1項2目地域支援事業支援交付金の185万2,000円の増額は、平成25年度介護給付費の実績に伴う追加交付分でございます。
 8款1項1目繰越金の700万4,000円の増額は、平成25年度介護保険特別会計決算に伴い、繰越金を計上したものでございます。
 歳出につきましては、補正予算書の概要で申し上げますので、18ページをお開き願います。
 7款1項2目1細目償還金の667万7,000円の増額は、平成25年度介護給付費等の確定による国庫補助金、県負担金等の返還によるものでございます。
 3項1目1細目他会計繰出金の591万9,000円の増額は、平成25年度介護保険事業費の確定による介護給付費、事務費、地域支援事業に係る一般会計への繰り出し分でございます。
 19ページをごらんいただきたいと思います。介護保険特別会計平成26年補正現在の基金の状況ですので、お目通しいただきます。
 以上です。よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第103号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第103号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第103号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第103号 平成26年度登米市介護保険特別会計補正予算(第3号)は、原案のとおり可決されました。
議長(田口久義君) 次に、議案第104号 平成26年度登米市土地取得特別会計補正予算(第2号)について、議案内容の説明を求めます。総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 議案第104号 平成26年度登米市土地取得特別会計補正予算(第2号)のご説明を申し上げます。
 議案書につきましては58ページ、予算の概要書の20ページをお開き願います。
 補正第2号は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,638万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億5,771万円とするものでございます。
 予算書64ページをお開き願います。歳入でございます。他会計繰入金でございまして、宅地造成事業特別会計繰入金、これが4,638万1,000円の増額でございます。これは、長沼工業団地の用地を株式会社スタンレー宮城製作所へ売却した代金でございます。歳出では、同額を土地開発基金へ繰り出すというものでございます。
 基金の状況につきましては、概要書の21ページでご確認を願います。
 説明は以上でございます。ご審議賜り、ご決定くださいますようお願いいたします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第104号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第104号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第104号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第104号 平成26年度登米市土地取得特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第105号 平成26年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第2号)について、議案内容の説明を求めます。建設部長、千葉雅弘君。
建設部長(千葉雅弘君) それでは、議案第105号 平成26年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第2号)につきましてご説明を申し上げます。
 補正予算書68ページをお願いいたします。
 歳入歳出予算の補正でありますが、予算の総額に歳入歳出それぞれ1億6,161万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ48億7,846万7,000円とするものでございます。
 次に、地方債の補正でございます。71ページをお願いいたします。第2表地方債補正でありますが、浄化槽整備事業の限度額の変更でありまして、3,960万円を増額しまして、9,930万円に変更するものでございます。
 次に、歳入につきまして事項別明細書で説明を申し上げます。75、76ページをお願いいたします。
 3款国庫支出金1項2目1節の浄化槽市町村整備推進事業費交付金でありますが、交付額の確定見込みによりまして598万3,000円を減額するものでございます。
 次に、6款繰入金1項1目1節一般会計繰入金でありますが、公共下水道施設管理費の増、それから農業集落排水施設管理費の増、それと浄化槽施設管理費と浄化槽施設整備費の増によるものでありまして、合わせて2,849万3,000円を増額するものでございます。
 次に、7款繰越金1項1目1節前年度繰越金でありますが、平成25年度決算に係ります繰越金でございまして、公共下水道、農業集落排水、浄化槽合わせまして9,950万6,000円を増額するものでございます。
 次に、9款市債1項3目1節特定地域排水事業債でありますが、浄化槽整備伴います事業債でありまして、3,960万円を増額するものでございます。
 次に歳出につきまして、補正予算の概要でご説明を申し上げます。概要の22ページをお願いいたします。
 1款総務費1項総務管理費1目2細目公共下水道一般管理費でありますが、平成25年度決算に係ります繰越金相当額の一般会計への繰出金5,938万5,000円を増額するものでございます。
 2目2細目農業集落排水一般管理費につきましても、繰越金相当額の一般会計への繰出金3,524万9,000円の増額、それと3目2細目浄化槽一般管理費につきましても、繰越金相当額の一般会計への繰出金487万7,000円を増額するものでございます。
 次に、2項施設管理費1目1細目公共下水道施設管理費、10ページ、23ページの2細目農業集落排水施設管理費、それと3細目浄化槽施設管理費につきましては、それぞれ施設管理に要する経費を補正するものでありまして、別冊2の8ページをお願いいたします。2の事業概要でありますが、公共下水道につきましては、早急な対応が必要なものとしまして、マンホールポンプ修繕2カ所、それから施設修繕2カ所、マンホールの高さ調整7カ所、舗装補修と管路修繕1カ所、合わせまして1,168万8,000円の補正をするものでございます。農業集落排水につきましては、管路敷の舗装補修で249万9,000円、浄化槽につきましては、ブロアとろ材修繕で124万8,000円を補正するものであります。
 大変申しわけありませんが、予算の概要23ページにお戻りいただきたいと思います。2細目農業集落排水施設管理費のうち農業集落排水事業運営基金積立金でございますが、25年度に交付を受けました県の推進交付金の清算に伴うものでありまして、1,074万円を補正するものでございます。
 2款事業費1項3目2細目浄化槽施設整備費でありますが、申し訳ありません、別冊2の9ページをお願いいたします。2の事業概要に申請受理状況を示してございますが、平成26年7月末現在69件となってございまして、昨年同時期の申請件数を上回っております。今後の設置状況を考慮しまして、20基を追加するものでございます。その事業費として、3,593万円を増額するものでございます。
 それから、補正予算の概要24ページに基金の状況、それから予算書の79ページに地方債の状況を掲載してございますので、ご参照をお願いいたします。
 説明は以上でありますので、ご審議を賜り、ご決定いただきますようよろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第105号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第105号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第105号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第105号 平成26年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第106号 平成26年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第2号)について、議案内容の説明を求めます。産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 議案書80ページをお願いいたします。
 議案第106号 平成26年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第2号)でございます。
 歳入歳出予算の補正第1条。歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ5,255万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億6,848万7,000円とする。
 歳入について、事項別明細で説明いたします。86ページ、87ページをお願いいたします。
 歳入1款2項1目不動産売払収入5,255万8,000円を増額するものでございます。土地売払収入でございますが、長沼企業用地の売払収入でございます。
 歳出については、概要のほうで説明いたします。概要の25ページをお願いいたします。
 2款1項2目1細目長沼地区事業費5,255万8,000円を増額いたします。一般会計への繰り出し、土地取得特別会計への繰り出し、それぞれ土地取得費、それから売却測量業務費のそれぞれの財源元へ繰り出しをするものでございます。
 説明は以上でございます。ご決定いただきますようよろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第106号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第106号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第106号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第106号 平成26年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第107号 平成26年度登米市水道事業会計補正予算(第2号)について、議案内容の説明を求めます。水道事業所長、佐々木秀悦君。
水道事業所長(佐々木秀悦君) 平成26年度登米市水道事業会計補正予算(第2号)でございます。
 別冊補正予算書1ページをお願いいたします。
 今回の補正でございますが、予算の繰り越し等を受けまして消費税額を再計算した結果による補正と、北方配水池のインバーター設備工事に対する国庫補助金の補正をお願いするものでございます。
 第2条収益的収入及び支出の補正です。第8款水道事業収益は、2,112万5,000円を増額し、補正後の総額を26億5,896万6,000円とするものです。
 第9款水道事業費用は562万円を増額し、補正後の総額を28億373万7,000円とするものです。
 第3条資本的収入及び支出の補正です。第10款資本的収入は670万円を増額し、補正後の総額を15億86万5,000円とするものでございます。第3条の括弧書きでございますが、収入額が支出額に対して不足する9億2,776万7,000円は、過年度損益勘定留保資金と当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額で補填するものでございます。
 ちょっと飛びますが、9ページをお願いいたします。
 収益的収入及び支出見積書でございます。消費税の再計算を行った結果、収入8款2項3目1節還付消費税を2,112万5,000円、支出9款2項9目64節その他支出特定収入仮払消費税562万円を、それぞれ増額をお願いするものでございます。
 次に10ページ、資本的収入及び支出見積書でございますが、10款3項1目9節その他国庫補助金670万円です。これは、今年度におきまして老朽化しました北方配水池のインバーター設備を更新する予定でございますが、国の補助事業メニューの中から二酸化炭素排出抑制対策事業費補助金、これが該当することになったことから補正をお願いするものでございます。
 最後に11ページ、お願いいたします。
 損益計算書ですが、補正2号後の純損失はB欄25列に記載のとおり2億7,457万3,000円となります。
 説明は以上でございますので、ご審議の上決定くださいますようお願いをいたします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第107号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第107号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第107号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第107号 平成26年度登米市水道事業会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決されました。
 ここで、病院事業管理者石井宗彦君から公務のため午後5時ころ早退の届け出があります。あらかじめ報告いたします。
 次に、議案第108号 平成26年度登米市病院事業会計補正予算(第2号)について、議案内容の説明を求めます。医療局次長、浅野雅博君。
医療局次長(浅野雅博君) それでは、私のほうから議案第108号 平成26年度登米市病院事業会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。
 まず、別冊補正予算書1ページをお願いいたします。
 第2条収益的収入及び支出でございますが、収益的収入の予定額に23万1,000円を増額し、収入の総額を79億5,037万円に、収益的支出の予定額に637万8,000円を増額し、支出の総額を89億9,198万6,000円とするものでございます。
 詳細につきましては、恐縮ですが10ページ、11ページをお開き願います。
 今回の補正の内容でございますが、病院診療所において車椅子の老朽化及び台数の不足等により、患者様にご不便をかけている状況が見受けられるということから、その利便性向上のために車椅子13台を新たに購入するもので、医療消耗備品費23万1,000円を増額するものでございます。財源につきましては、ふるさと応援寄附金で対応し、一般会計から繰り入れするものでございます。
 それから、登米市民病院におきまして平成27年1月から電子カルテが稼働することになっておりますが、稼働により電気料の不足が見込まれることから、光熱水費308万5,000円を増額するものでございます。それと、平成26年度の診療報酬改定により、看護基準7対1の取得について新たにデータ提出加算の要件が課され、それに対応するため維持業務委託料194万4,000円を増額するものでございます。
 また、雑損失111万8,000円の増額でございますが、これはこの後に説明する資本的収入及び支出の建設改良費1,508万円の消費税相当額を増額するものでございます。
 恐縮ですが、1ページにお戻り願います。
 第3条、資本的収入及び支出でございますが、資本的収入及び支出の予定額にそれぞれ1,508万円を増額し、収入の総額を12億7,283万4,000円に、支出の総額を15億513万6,000円とするものでございます。
 詳細につきましては、恐縮ですがまた12ページ、13ページをお願いいたします。
 今回の補正の内容でございますが、登米市民病院の小児科外来で使用しているバリアフリースケールを利便性の高いものにするため新たに購入するもので、機会備品購入費10万円を増額するものでございます。財源につきましては、ふるさと応援寄附金で対応し、一般会計から繰り入れするものでございます。
 また、登米診療所では非常用発電装置が未整備であり、大規模な災害等による停電が発生した場合、診療に支障を来す可能性があるため、災害対応型バルク等を設置するものであり、実施設計業務委託料77万8,000円、工事請負費1,420万2,000円を増額するものでございます。財源につきましては、石油製品利用促進対策事業費補助金等で対応し、一般会計から繰り入れするものでございます。
 登米診療所への災害対応型バルク等設置事業の詳細について、ご説明申し上げます。別冊の資料2の10ページをお願いいたします。設置場所は、登米診療所敷地内でございます。設備の内容でございますが、バルク容器と言われるタンク1基、LPガス非常用発電機1基、照明作業灯3基などとなっており、事業スケジュールについては記載のとおり10月に実施設計を行い、その後11月から来年1月にかけて設置工事を行う予定としているものでございます。なお、バルク容器に重点されているLPガスについては、通常時からガス給湯器で使用し、災害時の停電が発生した場合には自動的に発電機のエンジンが始動し、電気が供給されるものでございます。
 恐縮ですが、予算書1ページにお戻り願います。第4条債務負担行為でございます。第1表債務負担行為補正により、1件の追加をお願いするものでございます。
 詳細につきましては、2ページに記載しておりますのでお開き願います。登米市民病院と登米診療所におきまして、電子カルテシステム導入に伴う機器等の保守管理委託契約につきまして、平成27年度から平成31年度までの5年間の保守管理委託料の追加をお願いするものでございます。
 説明は以上でございます。よろしくご審議の上ご決定くださいますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。16番、田口政信君。
16番(田口政信君) 災害対応型のバルク等の設置についてお伺いしますが、これまで登米市ではいわゆる災害時の非常電源を、太陽光に重点的に頼ってきたというふうに私思っていますが、あえてここでLPガス使用の非常電源の設置に踏み切ったわけと、それからこの石油製品利用促進対策事業費補助金なるものの経過といいますかね、そういうものがどういうルートで、そしていわゆる事業提案になってきているのか、その辺の2点をお伺いします。
議長(田口久義君) どなたですか、答弁者。医療局次長、浅野雅博君。
医療局次長(浅野雅博君) 今回のこのバルクにつきましては、防災課のほうで補助申請していただいて、それで私どものほうの病院に設置するというふうな形で導入を検討してきたところでございます。昨年度もこのことについては、そういった補助金を活用して診療所のほうに設置しようというふうにお願いしたところでございますが、昨年度は残念ながら採択されなかったというふうな経緯で、今年度またお願いしてそれが採択されということで、今回こういう形で予算をお願いしたところでございます。
議長(田口久義君) もう1点。危機管理監、星 茂喜君。
危機管理監(星 茂喜君) それでは、災害バルクの関係の答弁をさせていただきます。
 今次長がお話ししたように、バルクにつきましては防災課のほうで補助申請をさせていただいているところです。2つほど、補助事業を活用させてこの事業を展開してございます。1つが石油ガス災害バルク等の導入に係る事業補助金、こちらの部分については日本LPガス団体協議会、こちらの団体が国の補助金を活用して地方団体、病院であったり福祉事業所等に災害対応のための発電装置、このような形の中の事業展開でございます。昨年は残念ながら登米市は該当しませんでしたが、本年度は該当させていただいて、活用させていただいているところです。
 あともう1つ、こちらの要件が前提にございますが、サウジLPガス災害支援基金災害対応型バルク等LPガス機器導入補助金、こちらも同時に活用して本事業1つが、すみません戻りますが、石油ガス災害バルクのほうにつきましては対象経費の2分の1、最大500万円。サウジのほうにつきましては、同じく対象経費が2分の1で、交付対象額は250万円となってございます。ただ、対象経費につきましては、全てが補助金の対象になるわけではなくて、例えば本体であったりそのような要件を加味して災害の……すみません、ちょっとお待ちいただきたいと思います。先ほど歳入のほうにありましたけれども、290万5,000円とあとは250万円、こちらの補助金の対象になってございます。以上です。
議長(田口久義君) 16番、田口政信君。
16番(田口政信君) 私聞いたのは、ほとんどが太陽光で対応しているのに、なぜLPガスかという部分を聞いたんです。それは、病院という特殊事情のためにLPガスの補助申請をしていたのか。登米市のスタンスとして、そういうものがあれば申請をしてくという、いろいろなもののエネルギー源に申請をしていくというスタンスなのか、それともこれまで進めてきたように太陽光中心のスタイルなのかということを確認したかったということです。
 それからバルクですが、いわゆる業者負担というのは、通常ですとバルクは設置者でなくて業者にもいくらかの負担があるというふうに私思っているんですが、それはどんなもんでしょうか。
議長(田口久義君) 危機管理監、星 茂喜君。
危機管理監(星 茂喜君) すみません。太陽光とこちらのバルクの部分については、今議員さんお話しされたように、これから再生エネルギーももちろん含めてそうなんですが、例えば太陽光に限らず活用できるものは活用させていただく、このような考えももちろんございます。そういった形の中で、昨年から国のほうから先ほど話をさせていただいたLPガスの協会のほうで、この補助金を活用した補助事業を展開したものですから、登米市においても太陽光につきましては要領もございます。あとは、その辺を踏まえてこちらの補助要項に手を挙げさせていただいたということです。
 あと負担なんですけれども、先ほどちょっと私お話しさせていただいたように、今回は総事業費に係る市の負担はございますが、企業というような形の中では負担は求めてございません。以上です。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) 今の答弁ですけれども、私の解釈しているのは、ガスというものは災害のときだから、災害のときには電気は来ないね。病院は特殊だから、そのガスを利用するというふうなことで設置したんだと、俺はそう思っているんだけれども、そうでないですか。
議長(田口久義君) 危機管理監、星 茂喜君。
危機管理監(星 茂喜君) もちろんそのとおりです。ただ、その中でこの要件、ガスにつきましては設置できる施設が実は決まっているんですね。例えば、給食センターとか病院とか福祉施設、そういう部分がございますので、その中で太陽光はご存じのとおり昨年は体育館を含めて5カ所、ことしは公民館、指定避難所を含めた形の中で10カ所させていただいています。その中の選定の1つとして、ことしは登米の診療所のほうにガスを使えるバルクを設置させていただいた、このような形でございますので、よろしくお願いします。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。10番、中澤 宏君。
10番(中澤 宏君) 実は今まで太陽光で、今度ガスでしょう。国も天然ガスとかLPガスから水素を取って空中の酸素と反応させて、要するに電気を起こす、要するに発電をする、そこでね。発電をするということを普及させたいというような計画なんですが、一般家庭では「エネァーム」と言われる方式なんですが。要するに、このやつというのはそういう発想でいいんですか。それとも、どういう方法なんでしょうかね。材料としては、国が今進めようとする方向とも同じにも見えるんですけれども、この方法というのはこれから進めようとする国の政策の中の一つというふうに考えていいんですか。要するに、これがこれからの国の普及型になるんだというように捉えていいんですかね。
議長(田口久義君) 危機管理監、星 茂喜君。
危機管理監(星 茂喜君) 大変申しわけございません。なかなかそこまでは検討段階に、すみません、正直に言います、いっていないです。今回の選定につきましては、太陽光はもちろん常時使えるんですが先ほど言った、例えば補助金の対象ということで、常に病院であれば給湯であったり調理にも使える、このような形を踏まえた中で、さらに昨年とことしの2カ年というような現状の中から選定をさせていただいて、手を挙げて申し込んだ、このような形になってございますので、よろしくお願いします。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第108号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第108号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第108号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第108号 平成26年度登米市病院事業会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決されました。
 以上で本日の日程は全部終了しました。
 お諮りします。あすの9月12日及び9月16日は、常任委員会開催のため休会としたいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、あすの9月12日及び9月16日は休会とすることに決定しました。
 なお、次の会議は9月17日午前10時から行います。
 本日はこれで散会します。
          散会 午後5時12分
 上記会議の経過を記載し、その相違ないことを証するためここに署名する。
       議会議長  田 口 久 義
       署名議員  八 木 しみ子
       署名議員  佐 藤 恵 喜

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>