•   0  (日程・名簿)
  •   1  議長(沼倉利光)
  •   2  19番(相澤吉悦)
  •   3  議長(沼倉利光)
  •   4  総務部長(千葉博行)
  •   5  議長(沼倉利光)
  •   6  産業経済部長(高橋巌)
  •   7  議長(沼倉利光)
  •   8  農林政策課長(岩淵俊明)
  •   9  議長(沼倉利光)
  •  10  19番(相澤吉悦)
  •  11  議長(沼倉利光)
  •  12  産業経済部長(高橋巌)
  •  13  議長(沼倉利光)
  •  14  農林政策課長(岩淵俊明)
  •  15  議長(沼倉利光)
  •  16  19番(相澤吉悦)
  •  17  議長(沼倉利光)
  •  18  農林政策課長(岩淵俊明)
  •  19  議長(沼倉利光)
  •  20  7番(關孝)
  •  21  議長(沼倉利光)
  •  22  産業経済部長(高橋巌)
  •  23  議長(沼倉利光)
  •  24  7番(關孝)
  •  25  議長(沼倉利光)
  •  26  産業経済部長(高橋巌)
  •  27  議長(沼倉利光)
  •  28  7番(關孝)
  •  29  議長(沼倉利光)
  •  30  市長(布施孝尚)
  •  31  議長(沼倉利光)
  •  32  11番(及川昌憲)
  •  33  議長(沼倉利光)
  •  34  産業経済部長(高橋巌)
  •  35  産業経済部長(高橋巌)
  •  36  議長(沼倉利光)
  •  37  11番(及川昌憲)
  •  38  議長(沼倉利光)
  •  39  産業経済部長(高橋巌)
  •  40  議長(沼倉利光)
  •  41  11番(及川昌憲)
  •  42  議長(沼倉利光)
  •  43  産業経済部長(高橋巌)
  •  44  議長(沼倉利光)
  •  45  議長(沼倉利光)
  •  46  議長(沼倉利光)
  •  47  議長(沼倉利光)
  •  48  議長(沼倉利光)
  •  49  市民生活部長(神田雅春)
  •  50  議長(沼倉利光)
  •  51  議長(沼倉利光)
  •  52  議長(沼倉利光)
  •  53  議長(沼倉利光)
  •  54  市民生活部長(神田雅春)
  •  55  議長(沼倉利光)
  •  56  議長(沼倉利光)
  •  57  議長(沼倉利光)
  •  58  議長(沼倉利光)
  •  59  福祉事務所長(熊谷一)
  •  60  議長(沼倉利光)
  •  61  議長(沼倉利光)
  •  62  議長(沼倉利光)
  •  63  議長(沼倉利光)
  •  64  議長(沼倉利光)
  •  65  建設部長(千葉雅弘)
  •  66  議長(沼倉利光)
  •  67  議長(沼倉利光)
  •  68  議長(沼倉利光)
  •  69  議長(沼倉利光)
  •  70  産業経済部長(高橋巌)
  •  71  議長(沼倉利光)
  •  72  議長(沼倉利光)
  •  73  議長(沼倉利光)
  •  74  議長(沼倉利光)
  •  75  水道事業所長(佐藤和哉)
  •  76  議長(沼倉利光)
  •  77  議長(沼倉利光)
  •  78  議長(沼倉利光)
  •  79  議長(沼倉利光)
  •  80  医療局次長(浅野雅博)
  •  81  議長(沼倉利光)
  •  82  9番(中澤宏)
  •  83  議長(沼倉利光)
  •  84  医療局企画課長(阿部桂一)
  •  85  議長(沼倉利光)
  •  86  9番(中澤宏)
  •  87  議長(沼倉利光)
  •  88  医療局企画課長(阿部桂一)
  •  89  議長(沼倉利光)
  •  90  議長(沼倉利光)
  •  91  議長(沼倉利光)
  •  92  議長(沼倉利光)
  •  93  医療局次長(浅野雅博)
  •  94  議長(沼倉利光)
  •  95  議長(沼倉利光)
  •  96  議長(沼倉利光)
  •  97  議長(沼倉利光)
  •  98  議長(沼倉利光)
  •  99  市長(布施孝尚)
  • 100  議長(沼倉利光)
  • 101  企画部長(秋山茂幸)
  • 102  議長(沼倉利光)
  • 103  産業経済部長(高橋巌)
  • 104  議長(沼倉利光)
  • 105  総務部長(千葉博行)
  • 106  議長(沼倉利光)
  • 107  建設部長(千葉雅弘)
  • 108  議長(沼倉利光)
  • 109  産業経済部長(高橋巌)
  • 110  議長(沼倉利光)
  • 111  議長(沼倉利光)
  • 112  7番(關孝)
  • 113  議長(沼倉利光)
  • 114  市長(布施孝尚)
  • 115  議長(沼倉利光)
  • 116  新産業対策室長(伊藤秀樹)
  • 117  議長(沼倉利光)
  • 118  7番(關孝)
  • 119  議長(沼倉利光)
  • 120  産業経済部長(高橋巌)
  • 121  議長(沼倉利光)
  • 122  7番(關孝)
  • 123  議長(沼倉利光)
  • 124  市長(布施孝尚)
  • 125  議長(沼倉利光)
  • 126  議長(沼倉利光)
  • 127  議長(沼倉利光)
  • 128  議長(沼倉利光)
  • 129  議長(沼倉利光)
  • 130  議長(沼倉利光)
  • 131  議長(沼倉利光)
  • 132  議長(沼倉利光)
  • 133  議長(沼倉利光)
  • 134  議長(沼倉利光)
  • 135  議会運営委員長(佐々木一)
  • 136  議長(沼倉利光)
  • 137  議会運営委員長(佐々木一)
  • 138  議長(沼倉利光)
  • 139  議長(沼倉利光)
  • 140  議長(沼倉利光)
  • 141  議長(沼倉利光)
  • 142  23番(二階堂一男)
  • 143  議長(沼倉利光)
  • 144  25番(岩淵正宏)
  • 145  議長(沼倉利光)
  • 146  23番(二階堂一男)
  • 147  議長(沼倉利光)
  • 148  議長(沼倉利光)
  • 149  議長(沼倉利光)
  • 150  議長(沼倉利光)
  • 151  議長(沼倉利光)
      平成27年登米市議会 定例会 6月定期議会 会議録(第5号)
 平成27年6月29日(月曜日)
1、出席議員(25名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君       4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 伊 藤 吉 浩 君
   9番 中 澤   宏 君      10番 佐々木   一 君
  11番 及 川 昌 憲 君      12番 佐 藤 尚 哉 君
  13番 伊 藤   栄 君      14番 浅 田   修 君
  15番 佐 藤 恵 喜 君      16番 田 口 久 義 君
  17番 田 口 政 信 君      19番 相 澤 吉 悦 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君      21番 及 川 長太郎 君
  22番 庄 子 喜 一 君      23番 二階堂 一 男 君
  24番 八 木 しみ子 君      25番 岩 淵 正 宏 君
  議 長 沼 倉 利 光 君
1.欠席議員(なし)
1.遅刻議員(なし)
1.早退議員(なし)
1.中座議員(なし)
1.説明のため出席した者の氏名
市長          布 施 孝 尚 君    副市長         藤 井 敏 和 君
総務部長        千 葉 博 行 君    企画部長        秋 山 茂 幸 君
市民生活部長      神 田 雅 春 君    産業経済部長      高 橋   巌 君
建設部長        千 葉 雅 弘 君    市長公室長       中津川 源 正 君
財政課長        加 藤   均 君    福祉事務所長      熊 谷   一 君
危機管理監       星   茂 喜 君    教育長         佐 藤 信 男 君
教育部長        志 賀   尚 君    病院事業管理者     石 井 宗 彦 君
医療局次長       浅 野 雅 博 君    農業委員会事務局長   菅 原 貞 治 君
水道事業所長      佐 藤 和 哉 君    消防本部消防長     佐々木 建 待 君
監査委員事務局長    佐々木 義 文 君    産業経済部次長     丸 山   仁 君
環境事業所長      千 葉 祐 宏 君    子育て支援課長     鈴 木 文 男 君
会計管理者       千 葉 幸 毅 君    防災課長        千 葉 勝 範 君
人事課長        阿 部 孝 弘 君    総務部次長兼税務課長  冨士原   徹 君
農林政策課長      岩 淵 俊 明 君  
国保年金課長      千 葉   清 君  
長寿介護課長      金 野 信 義 君  
医療局経営管理部次長
    兼       大 森 國 弘 君
登米市民病院事務局長    
医療局総務課長     千 葉 淳 一 君
医療局企画課長     阿 部 桂 一 君
新産業対策室長     伊 藤 秀 樹 君  
下水道課長       菅 原 和 夫 君
      
1.事務局出席職員氏名

議会事務局長          佐 藤 昌 彦 君  
議会事務局次長         田 辺 賢 一 君
議会事務局主幹兼議事・調査係長 菊 地   武 君
議会事務局議事・調査係主査   浅 井 顕 裕 君
議会事務局議事・調査係主査   庄 司 美 香 君
議会事務局議事・調査係主査   主 藤 貴 宏 君
議会事務局議事・調査係主事   稲 辺 大 裕 君

    


          開会 10時00分
議長(沼倉利光君) おはようございます。
 ただいまから6月定期議会、五日目の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりです。
 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は、会議規則第90条の規定により、9番、中澤 宏君、10番、佐々木 一君を指名します。
 これから諸般の報告を行います。今、定期議会への付議追加予定案件は、市長から提出された議案4件、委員会提出の議案1件、議員提出の議案1件であり、別紙議事日程及び議案その2、その3のとおりです。
 6月12日以後、6月4日までに受理した陳情、要望書等は、別紙陳情・要望文書表のとおりです。これで、諸般の報告を終わります。
 日程第2、議案第73号 平成27年度登米市一般会計補正予算(第3号)から、日程第10 議案第81号 平成27年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第2号)までの9議案を一括議題としています。議案第73号平成27年度登米市一般会計補正予算(第3号)の質疑の途中です。引き続き質疑を行います。質疑はありませんか。19番、相澤吉悦君。

19番(相澤吉悦君) おはようございます。二日間休みましたけれども、その間にちょっと考えていたのがずれたこともあるかもしれないですけど、よろしくお願いします。
 概要の6ページなんですけれども、議会費ですね。先進地視察に係る費用弁償ということで載ってますけれども、これ誰答えるのかわからないけれど、新庁舎建設にあたってたよね、確か。そうだと思うんですけども、様々いきさつあると思うんですけれども、まだ建てるのか建てないのかわかんないのに先進地というのもなんかなぁということがありますので、その辺のところ、まあ行くなっていうわけでないんだけれども、説明してもらえればなというふうに思います。
 次にですね、14ページなんですけれども、緊急雇用対策費なんですが、これ非常に助かっていいことなんですけれど、私もこうなればいいなぁというのずっと思っているんですけれども、緊急雇用対策でですね、雇ってもらう方も非常にありがたいんですけれど、ただそれが全て公費でもって賄えているというふうなことがありますので、それ終わると即解雇されるんでないかなぁというふうに思います。一人でも二人でもですね、これに採用なればなぁというふうなことでずっと思っているんですけれど、このことについて追跡調査というようなこと、もしやってれば、あるいは企業訪問ということで様々なお話聞いてればなというふうなことで、そのほかにあればお聞かせ願いたいと思います。まあ一つとして、人手が足りなくてすごく困っているところだったらいいんですけれども、そうでなくすごく優秀な会社ほどみんな雇ってもらっているなあということが、そうでなければないんですけれど様々ないきさつあると思うんでその辺のところですね、調査もししていればお願いしたいと思います。
 次に、これも14ページなんですけれども、農業振興費の中でですね、担い手育成事業というふうなことで、これ中間管理機構で今やってますけれど、例えば私相澤吉悦が全部離農しますよというふうことで、人に全部ですね、中間管理機構をとおして、全部貸し手というふうなことで全部貸したと。ただ私が機械を全て持っているということで、隣三軒ぐちから食べるくらいなんとかお願いしますというようなことで1町くらいの田んぼ、例えばですよ、耕作してしまったというふうな時に、頼まれても同じことなんですけども、それが何ももらってなければいいんですけれど、最高70万離農というふうなことでもらってますけれども、そのようなことが頼まれてこうちょっとやるっていうこと自体、あるいは機械持ってていいのか、そういうふうなところちょっと聞きたいんですけれど。
 そういうふうなこともしあれば、なくてもですね、ならずあらずですので、様々これからいっぱい出てくると思いますので、きちっとその辺のところ説明をしていかないと最後にトラブルが起きて、返還しろしろのなんだのとなってからなぁと思いますんで、一応3点についてお願いします。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) それでは1点目の議会活動費についてでございますけれども、要求は議会事務局の方でされたようですが、内容については、庁舎建設については特別委員会設置されまして、現在小委員会を活動中ということです。その委員会活動として、必要な経費ということで計上されました。
 視察につきましては、新築の部分だけではなくて、例えば分庁方式でやられているところかどうかですね、いろんなパターンを今検討されていることは漏れ伺ってございます。以上です。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 緊急雇用創出事業につきましては、21年度から実施をいたしております。これまで臨時職員の数につきましては、21年から26年度まで、これは雇用創出数ということで1,013になってございます。それから委託事業等の雇用創出数、これにつきましては1,827人という数字でございます。合わせまして2,840人の、これはそれぞれの年度事業の雇用された人数という累計でございます。
 その後の雇用の継続の状況については毎年度ですね、追跡調査というふうなことで聞き取り等を実施しておりますが、そのデータ現在持ち合わせておりませんが、かなりの人数が継続雇用されているということで確認をしているところでございます。

議長(沼倉利光君) 農林政策課長 岩淵俊明君

農林政策課長(岩淵俊明君) 3点目の担い手育成支援事業に関連しまして、農地中間管理事業を活用して、出し手として持っていた農地を全部受け手側に提供した後に、出した側の方がその面積のうちいくらか、例えば耕作というようなことをした場合、いわゆる出し手として国の方から経営転換協力基金という30万、50万、70万という3種ありますが、それを交付受けていた場合どうなるのかというようなお尋ねでございますが、いわゆる持っていた農地を全て事業を通して出し手側ということになれば、離農というような位置づけをされてお金を交付されるということになりますので、相澤議員さんがお話しされるような形のものは、現に存在しないものと私どもは理解しておりますが、万が一にもそういうことになればですね、いわゆる私ども市の方で事業の進捗管理という立場から、国費分の返還というものが生ずるものというような形で私どもは理解しております。以上でございます。

議長(沼倉利光君) 19番、相澤吉悦君。

19番(相澤吉悦君) わかりました。この議会費ね、別に騒ぐわけでもないんだけど、そのほかに含めて、分庁舎もいいのではないかという話も含めて見にいくのであれば、それは大いにですねその辺のところ聞き取って参考にしてもらえばなというふうに思っております。なかなか新庁舎問題について先進地と言いますと、もしかしたら建てないうちに設計どうしたらいいか、ああしたらいいか、このように建てたらいいか、そりゃ一つの案ですけれど、そういうこともあったのではないかなというふうに思いました。そういうふうにしてね、建てるんだというふうなことじゃなくて、様々な参考にしてやってもらえばなというふに思いますので、そのようなことでよろしくお願いします。これは答弁いりません。
 次に、緊急雇用対策ですね、これ本当に、合わせて2,840人ですか、これだけの方が潤ったなというふうなことで、非常に助かっているなというふうに思います。ただ反面、事業者側もですね、これをお手伝いできたと、もらったというふうなことで、やっぱり当たり前じゃなくしてですね、「あぁ私たちも助かったな」というふうな感謝も一つあってもいいんじゃないかなというふうに思います。感謝してると思いますけれども、ただその中でいま部長が言いましたようにですね、何人かが雇用されているというふうなことで、非常にこのいいことなんで、今後もできるだけ企業訪問というような形で、雇われているところだけじゃなくしてですね、今後、企業訪問、様々こっちに来てますんで、企業訪問どうですかというふうなことで、気軽に立ち寄ってお話ししてもらえばなぁと思っております。今もやっていると思いますけれども、さらにそのようなことで広げていけばもっといいかなぁと思いますので、その辺のところお願いします。
 次の中間管理機構、全部やってこれは離農だというふうなことで、やれば公費を返してもらえますよというふうなことでありますけれども、機械も持っててダメなんですか。機械は全て買った物なんで自分のものなんですけれど、それを持っているとですね、どうしても頼まれたときやっぱり動くんですね。自分のものでないですよ。自分の田んぼは全部貸しているから、自分では何もないね。こんでオーケーなんだけども、例えば熊谷さん、隣から、「ここ3段、おらいでやってたんだけど作ってくれないですか」と、機会あるからそこまで位ならいいんでないかということで、「そうならば」と気軽にやると思うんです。やってるわけないと思うんだけど、そういうこともダメなのね、一切ね。そんで機械持っている自体は、どうなんですか。機械なければ何もできないんですけれど、機械持ってっていいのならば、いいというふうなことでですね、これを実際私耳にしているから言うんですよ。そういうこともあるということがありますので、知らないでいるだけでね、ちゃんとしたんだから最初のスタートで説明していかないと、私はダメだと思う。今認識してなければ、それでなくていいんだよ。ただ公費というのは、1回渡してから返せというのはなかなか難しいことでトラブルなりますので、その辺のところですね、今度貸し手、借り手全部すぱっとこの説明をきちっとやっていかないとこれからますます増えていくと思うので、その辺のところ機会と一緒にお願いします。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 私の方からは、緊急雇用にかかります部分についてお答えをしたいと思います。この間の事業の事業所数、274事業所となってございます。事業そのものは、現在は継続されている部分でないと登米市の場合は該当にならないというふうなことでございますが、これまでこの事業を活用してこられた事業所の状況、あるいは雇用された方々のその後の雇用されている状況等、これは調査をしながら企業訪問と合わせてですね、足を運んでまいりたいというふうに考えておりますのでよろしくお願いします。

議長(沼倉利光君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) 事業におきまして、いわゆる農業用機械関係の細部まで、制   度の枠組みの中で規定されている書き物等はございませんが、相澤議員さんおっしゃりま すとおり、自分が持ってたもの以外であっても、現実的な話となればそういう場面も相当数想定されるかと思います。その辺につきましては、経営転換と言いますのはあくまでも離農という活字使ってますが、いわゆるそれが全て営農にかかわる資材関係まで全部手放すのかなというようなところまでの詳細な規定までされておりませんが、現に今お話しいただいたようなことなどが確かに想定が十分されると思います。その辺につきましては、今後事業を進めるにあたってですね、いわゆる実際の出し手側の農地の所有者等の方々につきまして、できるだけトラブルの少ないような方向で私ども関係機関と一緒に対応してまいりたいというように思います。以上でございます。

議長(沼倉利光君) 19番、相澤吉悦君。

19番(相澤吉悦君) ありがとうございました。私どもは離農だと、全部あとやめましたよと、そして離農だということであれば、やっぱりトラクターなんか持ってて、畑もダメなんですか。うそだっちゃそいづ。畑くらいいがすぺっちゃ、ぶったってね。いいと思うんだけど、わからないけれども、畑もダメならば本当にダメなんだ。ただコンバインとか、乾燥機とかいざ持ってれば、大きい人もやめるからね今は。持ってて、それが家の中に壊れるもしないであっててだよ、秋になると必ず忙しくなると、「コンバインあるものちょっと刈ってけらいんちゃや」というようなことも出てくるんじゃないかなと思うわけ。その辺は何も土地持っているわけでもない、ただ機械でばーっとやる分いいんでないのっていうふうな、私たちそう解釈するとやってしまうんだよね。ただ一人刈ってしまうと次も頼まれるんだ、必ずこういうのは。だからそういうところもちゃんと説明しないと。「畑でこうやってやって、トラクター使ってというのはいいんですよ」とか、「これはダメだよ」というようなことでね、意外とみんな同じくなってしまう。農家っていうのはそうなんだでば。あの義理があるもんだから、人情があるもんだから、自分が今までやってきたもんだから、これくらいってなことでやるってことがあるんですよ。何ももらってなきゃいいんだよ。何も離農の何も私もらってないよというんであれば、ただ貸したばりなら何やろうといいんだけれども、それを公費をもらってしまうとそういうふうな枠組みでくくりされるから、その辺のところちゃんとやっぱり、今も説明はしてると思うんだけど、そのようなところね、機械を持っててちょこっとやってもダメなんだね、畑やっても。これだけ聞くから。そんで細いようだけれども、それがもじゃもじゃしてると最後まで引くと思うので、お願いします。

議長(沼倉利光君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) 農地中間管理事業におきましては、相澤議員さんがお話しされるとおり、水田のほか畑も農地の対象になりうるというような部分で、経営転換のほかに、いわゆる主たる作物の営農形態を、いわゆる今まで三ついろんなのをやってたのを二つ減らして、一つに転換するというようなものも経営転換の制度の要件を満たせば、お金が交付されるというような複雑な内容となっておりますが、実際現地でこの事業活用して出し手側の方が、いわゆる水田はもとより畑でも日常生活の中で、いわゆる近場にあれば、なおさらそういう事態が懸念されるのではないかということを踏まえたご指摘だと思います。
 確かにこの辺につきましては、現に私ども市内の関係機関と連携して離農、いわゆる経営転換する方々にいろいろ細部まで説明をしているところでございますが、いったんそののちのトラブル、あるいは不安解消につながるような対応ではなくて、この事業を取り組むにあたって登米市農地中間管理事業運営協議会という会を立ち上げておりますので、そこで関係機関よったのちに、今お話ししていただいた内容を再度徹底してまいりたいというように考えております。以上でございます。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。7番、關 孝君。

7番(關 孝君) 概要の7款2項観光費の観光施設整備費にかかわってお尋ねをいたします。
 今回は三陸道パーキングエリアの活性化施設のいわゆる委託料ということで、実施設計の予算が組み込まれておるようですが、先にホームページ、またその他の広報等で、いわゆる「道の駅を募集」しますよという広報が、これは5月に公表されておりますが、この中で活性化施設のイメージ図というものが公表されております。これまでどうゆうその経過経由を経て、こうしたイメージ図が公に公表されているものなのかお尋ねをいたします。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 活性化施設のイメージ図ということふうなことでございますが、26年度にこれは基礎調査ということで業務を委託して、実施しているところでございます。その中で業務の項目といたしましては、施設の整備条件の整理、それから施設現場検討、施設のコンセプト検討、また計画実施に向けてのいろんな課題の整理というふうなこういった業務の項目になっておりまして、この中で現在お話しいただいておりますそのイメージ図というふうなものも作成をしているというふうな内容でございます。

議長(沼倉利光君) 7番、關 孝君。

7番(關 孝君) 業務の中にそういったものが入っておったというふうな理由だというふ    うにいま受け止めましたが、我々もそうなんですが一般の方々がこのイメージを見た時に、これからできる施設、こういったイメージのものができ上がるんだろうというような形の中での名称募集されております。しかしながら、これまで私も前回は所管部署でこの計画、この事業整備の部分で委員会の中でも様々なお話がされておりますが、登米市にとってこの活性化施設というのは、今後の様々な登米市の農産物の販売、それから観光、様々な部分で大きな役割を果す非常に重要な施設だということで、特に専門家、あるいは委員会も含めて様々な意見を聞いて、ぜひ登米市にふさわしい、あとからこういう施設を造って何だというふうに言われないような施設整備をするべきだというふうことで委員会でも話し合われてきたわけなんですが、実は委員会の中にもこうした施設になるというようなお話が一つもない中で、一般にこのようにあたかも既成事実のように公開されているという部分では、大きな疑問を持っておるわけなんですが、その辺についての見解をお尋ねします。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) お話しのイメージ図の件につきましては、今説明をしました業務委託の中で作成をしていたものというふうなことでございます。また、名称につきましては、これは募集をしましてですね、数多くの案なるものもこう寄せられておるところでございます。今後、検討その委員会など設置をいたしましてですね、名称も決定をしていきたいというふうに考えているところでございます。
 皆さん方の意向といいますか、名称に対する考え方については、例えばこのイメージ図を見て描かれるというふうなことも当然かというふうにこう思います。そういう意味では、登米市のそのイメージに合っているものかどうかというふうなことを考えますとですね、基本的な基礎調査については実施をいたしました。それを参考にしまして、今後イメージ図も含めて建物の構成、あるいは設計とこれから入っていきますので、その中で煮詰めていきたいというふうに考えております。

議長(沼倉利光君) 7番、關 孝君。

7番(關 孝君) 最後の発言になりますが、これは市長にお尋ねをいたしたいと思います。
 業者に委託したその内容の報告の中でイメージ図が作成され、そのイメージをもってこの道の駅の名称が決まっていく。大きい理由として、そうしたものがなされていく。果してこれでいいのかどうかというふうな、私は大きな疑問をもっているわけであります。イメージ図を作るんであれば市民はもとより、それにかかわる様々な専門的知識を得た皆さんの意見を反映させてイメージが作られるものであり、まさしく名称募集するにあたってもほぼそうしたものが決定された形の中で名称が決まっていくものというふうに理解されますが、今回のこの進め方、プロセスについて市長はどのようにお考えか見解をお尋ねします。

議長(沼倉利光君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) イメージ図の掲載についてご指摘がございました。イメージ図ということでございます、もちろんそれが決定ということではございません。とは言いながら、一定程度その地域の様子でありますとか雰囲気等について、ご承知置きをいただく必要もございました。そういった意味では意匠といいますか、そのイメージのパースの図につきましても、登米市らしいというような内容をどれだけ盛り込めるかということについては様々議論はございましたが、そこの精査、要するに完成系というところまでには至ってはおらなかったということでございます。
 そういった中でのそういったイメージ図を公表をした上で、名称を募集をしたいうことにつきましてでございますけれども、いろいろな申請手続き等の中で様々な準備事業を進めなければいけないという時間的な制約の中で、取り組みが不十分であったというような部分があるということにつきましては、しっかりとこれからも検証をしながら、また有識者の皆さんや議会等にも様々なご意見やご指摘もいただきながら検討整理、そしてまた、取り組みに進めてあたってまいりたいというふうに考えてございます。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) 1点だけお伺いします。
 畜産振興費の有機センターの管理費でございます。今回この施設に関してはどの場所かということと、それから豊里が平成12年に建設されて、そのあと石越が13年、迫・南方が16年、それから中田17年、登米19年、まずサブセンター南方ありますので、62年に造られてます。年数もだいぶ経ってきました。それでまあ23年から27年、今年度までがいわゆる修繕応急修理費5,000万でしたか、という計画の中で計画を立てて、これを維持管理してきたように思われますけれども、これまで23年から27年までこの辺のトータル的な応急処理費の推移、どのようになっているのか。
 それから一応公共管理施設の管理の中での予算付けのスパンとして27年までですけれども、今後この畜産振興という視点を持ち合わせながらこの有機センターの今後のありよう、さっき耐用年数の含めることもお話ししましたけれども、その辺の考え方について伺いしたいと思います。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) まず、今回お願いしております修繕に係る場所というふうなことでございますが、直接の今回あてようとしているところは、中田有機センターということでございます。
 それからこれまで相当年数が経過をしまして、有機センターの修繕費の状況ということでございますが、手元にある数字でお答えしたいと思います。24年度、31件で1,595万7,000円。
 (「23年から27年まで」の声あり)

産業経済部長(高橋 巌君) 申し訳ございませんが、24年から26年まで3カ年間の額が手元にありますので、それでお知らせを申し上げたいと思います。4,650万の金額となってございます。
 それから今後の対応というふうなことでございますが、有機センターの修繕につきましては、今年度それから来年度、豊里の有機センターにつきまして国の補助事業でございますマネジメント事業というふうなことで、事業実施主体が県の農業振興公社になりますが、そちらの事業に登米市も参画をいたしまして、修繕をしていくというふうな今の予定になってございます。その際にその事業にのりますためには、有機センターの稼働率約7割、70%の稼働率を有しなければいけないというふうな一つの条件がございます。豊里の場合は、その条件にのれたというふうなことでございます。ほかの有機センターにつきましては、現在のところその利用状況に若干欠けるとそういう状況になっておりますが、今後稼働率の向上を図りまして、できますれば国の補助事業にのって、計画的な修繕をしてまいりたいというふうに考えております。年数が経っておりますけれども、今後も登米市の農業を支える大切な施設でございますので、金額的には大きくなるわけでございますが、計画的な修繕計画で対応してまいりたいというふうに考えております。

議長(沼倉利光君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) そうするとおおむね、例えば23年から27年までの応急修理費に関しては、5,000万程度というふうな計画をもっておったようですけれども、24年から26年で4,650万ということでございますので、どうなんでしょうね、それをはるかに超えているようになるんでしょうかね、23年からすると。推測ですけれどね。それがもし5,000万程度であれば計画通りだろうと思いますけれども、いわゆるこの応急処理ということの中で、この施設が今後どの程度計画的修繕を行っていくとありますけれども、どの程度まで見込んでいくのか。そして今後それを新たにするとか、大規模な改修とか、そういったものの計画もこの計画的修繕計画の中で持ち合わせているのか。
 それから稼働率の話しがでましたけれども、極端な話、稼働し始めてから3年間位で3分の1位にぐーっとこう人数の分で落ちてる部分があったんですね。今もその傾向は続いているのか。人数が落ちても量が増えているということもありますけれども、その人数と量の推移はどのような傾向にあるのか。いわゆる全体で6施設、7施設ですか、だいたい建設費で20億かかっていたんですね。そうすると今後これを維持管理していくのが非常に大変なところ出てくるんだと思いますので、抜本的なこの有機センターのありようというようなのはそろそろ考えていかなくてはいけないと。さらに、前に一般質問等でもずっとこれを市でやるのかという話もしましたけれども、その辺に関しては部長、まだその時は部長でなかった、今の部長さんでなかったかもしれないですけれども、その辺の考え方についてどのように整理されてきたか。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) まず修繕の経費につきましては、先ほど3年間で4,600万という金額でございます。ここ最近の推移では、毎年のように1,000万を超すという金額のというような状況でなっておりますので、その5年間で5,000万円という金額と比較をすれば、オーバーはしているであろうというふうに思われます。
 それから今後の修繕計画ということでございますが、豊里につきましては、いわゆる大規模修繕になっているわけでございます。したがいまして、先ほどお話をしました稼働率を上げる形でその事業にのせていくということでは、いわゆる大修繕の方向で持っていく、そういう必要があろうというふうに思っております。
 それから利用の状況というふうなことでございますが、利用者、それから利用料につきましては、人数的にはこれは増えるというよりも傾向としては同じ、あるいは減少をしていくというふうな傾向にあろうというふうに思います。したがって量的な問題につきましては、利用者が減れば減っていくというふうな傾向にあろうかと思いますが、一戸あたりの使用頭数等については、これは維持、あるいは畜種によっては増えていくというふうな部分もございますので、同程度、減るというよりも同程度の傾向かなというふうに思っております。
 それから今後の方針ということでございますが、市といたしましてはJAの方に現在は指定管理をしておりまして、今後もその形で進めていくという基本的な考えは持ち合わせているわけでございますが、JAとの指定管理を継続する中で今後の施設の運営については、どのような形が望ましいのか、今、市の施設は6カ所、そしてJAの施設は1カ所、合わせて7カ所というふうな市内の状況でございますが、その畜産の利用の状況、あるいは今後の施設の修繕のあり方、施設の運営等については、JAの方と検討してまいりたいというふうにこう考えております。

議長(沼倉利光君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) いわゆる畜産という事業をしながら、そこから出てきたものを処理するという一面の中でこの計画はスタートせざるを得なかった現実があって、それをいわゆる循環型農業に転換しようという、ある意味それを活用するという展開を登米市の場合は踏んできたわけですね。ですからその活用が、いわゆる循環農業としてどのように今後位置づけて、登米市らしい登米市の畜産というものを、登米市の農業というものを、登米市の大地というものを提案していくかということの大前提がやっぱり必要だろうということを思います。そのことによって、それを維持したり、管理したりしていくというそのディフェンスの部分をどのように構築していくかということでありますから、これは攻める農業の循環型、環境保全型の農業に対して、守るという部分がありますので、これはしっかりと、指定管理で今いくというようなお話しをしてましたけれども、その循環型農業の一つの枠組みの中でこういったものの畜産の施設をどのようにするかっていうのは、もうちょっとJAとだけ話するのではなくですね広く、やっぱりこのありようについては、市がリーダーシップを取りながらしっかりやっていくよう強く望むということと、それから計画的な修繕計画については、早めにその計画性を出して、当面のありようについては提示願いたいというふうに思います。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) ただいまお話しいただきました。いわゆる登米市の畜産振興、そして環境保全型農業の推進、そういう一体的な取り組みの中で生産された堆肥の有効活用をぜひ図ってまいるように、努めてまいりたいというふうに思いますし、あとは施設のありようにつきましては、これは当然、将来的にずっとですね、造った施設が同じように利用できるということだけではございませんので、今後の利用の状況について、きちんと取りまとめ、その上で修繕の計画を作成してまいりたいというふうにこう思いますので、よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) このほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり。)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第73号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 意義なしと認めます。
 よって、議案第73号 平成27年度登米市一般会計補正予算(第3号)は、原案のとおり可決されました。
 説明員入れかえのため、暫時休憩します。
 
          休憩 午前10時41分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時43分
 

議長(沼倉利光君) 再開をいたします。
 次に、議案第74号について議案内容の説明を求めます。市民生活部長、神田雅春君。

市民生活部長(神田雅春君) それでは、議案第74号 平成27年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について説明申し上げます。
 予算書は38ページから、予算の概要につきましては23ページからとなります。予算書38ページをお願いいたします。
 平成27年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)は、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億5,749万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ120億8,597万8,000円とするものでございます。
 今回の補正につきましては、平成26年度の医療費が確定したことから、本年度の医療費等を推計し、その他の後期高齢者支援金、介護納付金などを現在の見込み額に補正し、歳出の総額を見込んでございます。
 歳入につきましては、医療費の推計などにより国、県、支払基金等からの交付金を調整したところでございます。今年度は、農業所得を始め、被保険者の平成26年所得が大きく落ち込み、国保税額が当初予算と比較しおよそ3億1,000万円の減額見込みとなってございます。その一方におきまして、今年度から国の財政支援として、低所得者の軽減割合に応じた保険者への財政支援が拡充されたことによりまして、一般会計から繰入金の増加が見込まれるところでございます。それでも不足する額につきましては平成26年度からの繰越金を充てることで、厳しい状況ではございますが税率改正は行わずに予算を調整したところでございます。
 まず、歳入につきましては予算書事項別明細書でご説明させていただきますので、予算書44ページ、45ページをお願いいたします。
 第1款1項国民健康保険税でございますが、一般・退職被保険者等の医療分、それから後期高齢者支援分、介護納付金分につきましては、課税所得の減少によりまして合わせて3億1,351万5,000円を減額するものでございます。
 3款1項1目療養給付費等負担金8,779万5,000円の減額補正につきましては、交付の対象となる歳出の保険給付費、後期高齢者支援金、介護納付金の減少によるものでございます。2項1目財政調整交付金1節普通調整交付金3,292万2,000円の減額補正につきましては、前項と同様に療養給付費等の減少により、減額補正をするものでございます。2節特別調整交付金611万5,000円の増額につきましては、震災一部負担金免除に伴う補正でございます。
 4款1項1目療養給付費交付金1億3,211万7,000円の減額につきましては、退職被保険者の医療費に対し、退職被保険者に係る保険税を控除した額について交付されるものでございまして、保険給付費の減少に伴う補正でございます。
    46ページ、47ページをお願いいたします。
 5款1項1目前期高齢者交付金につきましては、前期高齢者の被保険者の割合による負担の不均衡を調整するもので、3,966万6,000円を減額補正するものでございます。
 6款2項2目都道府県調整交付金1,646万1,000円の減額につきましては、国の療養給付費負担金と同様に、歳出の療養給付費等の減により減額補正するものでございます。
 9款1項1目一般会計繰入金1節保険基盤安定繰入金1億8,203万9,000円の増額につきましては、保険税の軽減を一般会計から国保会計へ繰り入れるものでございます。
 今回の補正は制度改正により、低所得者の軽減割合に応じた保険者への財政支援の拡充が行われ、さらに国保税の軽減の増加が見込まれることから、増額補正するものでございます。4節給与費等繰入金につきましては、人事異動等による人件費の減少に伴い、一般会計から262万8,000円の繰入額を減額補正するものでございます。5節財政安定化事業繰入金につきましては、保険料の負担能力不足や高齢者が多いことなど特別な事情に対する支援といたしまして一般会計から繰り入れるものでございまして、今回、低所得者対策を強化した制度改正と国保税軽減額の増加により6,129万円を増額補正するものでございます。
 10款1項1目1節前年度繰越金につきましては、平成26年度決算剰余金の見込額を財政調整基金へ積立した残りから2億1,817万円を前年度繰越金として補正するものでございます。
 続きまして、歳出につきましては予算の概要で説明させていただきますので、予算の概要の23ページをお願いいたします。
 1款1項1目1細目職員給与費262万8,000円の減額補正につきましては、人事異動に係る人件費の減少によるものでございます。
 2款保険給付費につきましては、医療費の推計に基づく補正でございまして、1項療養諸費の7,622万4,000円と24ページになりますが、2項高額療養費の507万5,000と合わせた8,129万9,000円を減額補正するものでございます。
 3款1項1目1細目後期高齢者支援金につきましては、75歳以上の後期高齢者医療制度への現役世代の負担分でございまして、6,881万1,000円の減額を見込んだものでございます。
 5款1項2目1細目老人保健事務費拠出金2万8,000円の減額補正につきましては、今年度の拠出額が確定したことによるものでございます。
 25ページになります。
 6款1項1目1細目介護納付費6,973万7,000円の減額につきましては、介護保険の40歳から64歳までの2号被保険者に対する負担分でありまして、社会保険診療報酬支払基金から示された額に補正するものでございます。
 11款1項5目1細目償還金6,501万3,000円の増額補正につきましては、平成26年度療養給付費等負担金の返還金でありまして、現在確定している分を計上するものでございます。
 説明は以上でございます。ご審議を賜り、ご決定いただきますようよろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
    これから議案第74号を採決します。
    お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第74号 平成27年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第75号について議案内容の説明を求めます。市民生活部長、神田雅春君。

市民生活部長(神田雅春君) それでは、議案第75号 平成27年度登米市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。
 予算書は54ページから、予算の概要につきましては26ページとなります。予算書54ページをお願いいたします。
 今回の補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ5万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7億9,689万7,000円とするものでございます。
 補正の内容につきましては、4月の人事異動によります人件費の調整に伴う補正のみでございまして、補正予算の冒頭に総務部長よりご説明を申し上げておりますので、歳入歳出の説明につきましては省略させていただきます。
 説明は以上でございます。ご審議を賜り、ご決定いただきますようよろしくお願い申し上げます。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
    質疑はありませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
    これから討論を行います。討論はありませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
    これから議案第75号を採決します。
    お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第75号 平成27年度登米市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決されました。
    次に、議案第76号について議案内容の説明を求めます。福祉事務所長、熊谷 一君。

福祉事務所長(熊谷 一君) それでは、議案第76号 平成27年度登米市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。
 補正予算書は66ページからでございます。
 今回の補正は、歳入歳出それぞれ17万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ89億842万3,000円とするものでございます。
 それでは、歳入につきまして事項別明細書で説明申し上げますので、72ページ、73ページをお開き願います。
 1款1項1目第1号被保険者介護保険料1節現年度分につきましては、介護保険条例の一部改正によりまして、第1段階介護保険料の軽減による調停見込額1,342万円の減に伴い補正するものでございます。
 次に、7款1項2目その他一般会計繰入金1節事務費繰入金につきましては、人事異動に伴う人件費の補正17万9,000円の減でございます。5目低所得者保険料軽減対策繰入金1節現年度分の補正につきましては、介護保険法施行令の一部改正により、介護保険料軽減後補てんするための繰入金1,342万円を計上しております。なお、負担率は国が4分の2、県が4分の1、市は4分の1でございます。
 歳出につきましては、補正予算書の概要27ページからですが、補正内容につきましては人事異動に伴う人件費の減額補正ですので、総務部長が説明しておりますので省略させていただきます。
    以上、説明を終わらせていただきます。よろしくお願い申し上げます。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
    質疑はありませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
    これから討論を行います。討論はありませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第76号を採決します。
    お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第76号 平成27年度登米市介護保険特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決されました。
 ここで10分間休憩をいたします。
 
          休憩 午前10時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時07分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
    次に、議案第77号について議案内容の説明を求めます。建設部長、千葉雅弘君。

建設部長(千葉雅弘君) それでは、議案第77号 平成27年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、ご説明を申し上げます。
 補正予算書78ページをお願いいたします。歳入歳出予算の補正でありますが、予算の総額から歳入歳出それぞれ1,401万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ52億1,198万円とするものでございます。
 今回の補正につきましては、4月一日付の人事異動に伴います職員人件費の減額補正でありまして、総務部長が一括して人件費の説明をしておりますので詳細の説明は省略をさせていただきますが、歳入につきましては、歳出と同額の1,401万8,000円一般会計繰入金を減額するものでございます。
 説明は以上でありますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
    質疑はありませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
    これから討論を行います。討論はありませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
    これから議案第77号を採決します。
    お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第77号 平成27年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第78号について議案内容の説明を求めます。産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) それでは、予算書の90ページをお願いいたします。議案第78号 平成27年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第1号)でございます。
 第1条でございます。歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ460万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ11億3,971万5,000円とするものでございます。
    歳入につきましては、96、97ページをお願いいたします。
 3款繰入金1項1目一般会計繰入金でございますが、460万1,000円を増額するものでございます。
 次に、歳出につきまして概要の30ページをお願い申し上げます。
 1款事業費1項2目1細目長沼地区事業費460万1,000円を増額いたしております。これは長沼企業用地維持管理業務委託料を増額しているものでございますが、長沼企業用地維持管理業務委託料につきましては、当初予算におきましては排水溝清掃、また防災地の除草、敷地周辺の除草、必要最小限の経費を計上しておるところでございます。今回、市内企業の移転によります新工場完成と、また市道回復工事の完了に併せまして、周辺のり面の除草、さらに雑木伐採、市場運搬等処理業務といたしまして、2,600平方メートルで341万3,000円をみているものでございます。
 失礼いたしました。のり面の除草業務で2万7,000平方メートルこちらで118万8,000円、それから雑木伐採等で341万3,000円をみているものでございます。合わせてこの金額になっておりますので、よろしくお願いをしたいと思います。
    以上で説明は終わります。ご審議を賜り、ご決定くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
    これから討論を行います。討論はありませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
    これから議案第78号を採決します。
    お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第78号 平成27年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第79号について議案内容の説明を求めます。水道事業所長、佐藤和哉君。

水道事業所長(佐藤和哉君) 議案第79号 平成27年度登米市水道事業会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。
 水道事業会計の補正予算書をご用意願います。
 1ページでございます。予算第2条業務の予定量、第3条収益的収入及び支出、第4条資本的収入及び支出並びに2ページの第6条議会の議決を経なければ流用することのできない経費につきましては、4月の人事異動に伴います人件費の補正でございます。
 16ページをお開き願います。
 16ページ収入の第8款第2項営業外収益3,084万円の増額につきましては、退職手当給付引当金戻入額でございます。これは当初予算において設定しました退職給付金が人事異動によりまして減少しましたので、その差額を戻入として収益に計上するものでございます。実質的には手当の減額ということになります。
 支出の第9款水道事業費用1,876万7,000円並びに18ページの資本的支出331万8,000円の減額につきましては、異動に伴うものでございます。
 19ページの損益計算書比較をごらんいただきます。第25列でございますが、当年度の予定純利益は、当初予算から4,962万4,000円の増額で、7,029万8,000円となりました。
 続きまして、2ページにお戻り願います。予算第5条債務負担行為でございます。
 浄水施設等運転管理常務委託12億円、排水施設等維持管理業務委託3億円を追加するものでございます。浄水施設等運転管理業務委託は、平成23年度から5カ年で委託を行っておりましたが、本年度で委託期間満了となりますので、改めて平成28年度から5カ年間委託を行うというものでございます。本業務は、浄水施設や排水施設の一部につきまして運転と保守管理を行うもので、現在の委託内容に現在施工中であります下り松のポンプ場や新田の配水池、それらの施設を加え、あるいは水質検査業務や水処理薬品の調達などを加えて5年間で12億円としたものでございます。
 また、排水施設等維持管理業務はこれまで単年度で委託しておりましたが、管路の漏水や破損等のいわゆる緊急的な修理業務と年間を通して行う漏水調査業務に、管路やその付属施設の保守管理業務を加えたものでございます。業務を一体的に、そして5年間継続して行うことにより、さらなる管路の維持管理の向上と有効率、優秀率の向上を図るものでございます。二つの業務委託は今後公募型プロポーザル方式で受託者の選出を行う計画としております。
 続きまして、第7条継続費を予算第10条として設定するものでございます。昨年度から実施しております保呂羽浄水場の下り松ポンプ場整備事業は、平成27年度において建物の築造、28、29年度において電気機械設備工事を行う計画としておりました。また、ポンプ場から浄水場への導水管の敷設につきましても、27、28年度でそれぞれ発注する計画としていました。しかし、これらの工事につきましては関連性が強く、一部に同時施工することが望ましいというふうに考えましたので、継続費を設定し工事管理を一体的に行うことで事業の円滑な推進を図り、早期の供用を開始へ向けて推進を図るものでございます。
 説明は以上でございます。ご審議を賜り、ご決定くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
    これから討論を行います。討論はありませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
    これから議案第79号を採決します。
    お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第79号 平成27年度登米市水道事業会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決されました。
    次に、議案第80号について議案内容の説明を求めます。医療局次長、浅野雅博君。

医療局次長(浅野雅博君) それでは、議案第80号 平成27年度登米市病院事業会計補正予算(第3号)についてご説明を申し上げます。
 補正予算書1ページをお願いいたします。
 第2条収益的収入及び支出でございますが、既決予定額から3,608万2,000円を減額し、支出の総額を88億9,007万3,000円とするものでございます。
 第3条につきましては職員給与費の補正に伴いまして、議会の議決を経なければ流用することのできない経費を減額するものでございます。詳細につきましては11ページ、12ページをお願いいたします。収益的収入及び支出の支出でございますが、第1款病院事業費用1項医業費用1目給与費3,608万2,000円の減額につきましては、人事異動や退職に伴う4月一日現在の職員数に基づき再積算をし、また非常勤職員取扱規程の改正や看護師等の退職に伴う非常勤職員の採用及び退職手当組合への特別負担金の確定に伴うものでございます。
 続きまして、給与費の詳細につきまして4ページ、5ページ給与費明細書をお願いいたします。まず職員数でございますが、行政職で1名、医療職で5名の減により、補正前との比較で6名減の462名でございます。次に、給与費の内訳でございますが、先ほどお話させていただきましたが非常勤職員取扱規程の改正や看護師等の退職に伴う非常勤職員の採用により、報酬で3,089万8,000円の増額、人事異動や退職に伴い給料で2,150万4,000円の減額、手当で94万6,000円の減額、退職給付費で1,537万6,000円の減額を合わせまして、2,382万4,000円を増額するものでございます。また、法定福利費につきましては、共済組合負担金5,990万6,000円を減額するものでございます。それらを合算し、給与費として総額3,608万2,000円の減額をお願いするものでございます。
 補正予算書8ページ、平成27年度登米市病院事業予定損益計算書をお願いいたします。今回の補正による予定損益につきましては、4医業外費用の(3)雑損失の下段になりますが、補正後の当年度経常損益につきましては、2億6,859万9,000円の損失を見込むものでございます。なお、損益計算書及び貸借対照表の推移につきましては、14ページ、15ページに記載しておりますのでご参照願います。
 説明は以上でございます。ご審議を賜り、ご決定くださいますよう、お願い申し上げます。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。9番、中澤 宏君。

9番(中澤 宏君) 何点か会計の事務というか、表し方というかそのことについてお尋ねをしたいと思います。
 今、次長から説明していただきましたが、2ページですね。2ページに収入と支出が載ってございますけれども、その給与の関係、支出の方ですが、医業費用の給与費の中で46億6,592万4,000円となっておりますが、一方5ページの給与の今の説明の合計では、54億2,631万2,000円になっております。この差額はもしかして退職給与、法定福利費ですね、今説明ありましたように減額された共済費と退職給与費がここに含まれているものというふうに思います。そのことは特別損失の中の引当金の繰入額の7億6,000に入っているものと思われますが、一方その下の方にですね退職給与費に11億4,700万、今年退職給与費が出ますね、この退職組合からいただく11億4,700、全額積立だと思うんですね、法定福利費の中で毎年積み立ててると、全額積立をしてると思うんで、その11億4,700万の退職金というのはどこで収入として受けているのか。そのことについてお尋ねをしたいと思います。

議長(沼倉利光君) 答弁を求めます。医療局企画課長、阿部桂一君。

医療局企画課長(阿部桂一君) ただいまのご質問にお答えをさせていただきます。
 まず、2ページ目の給与費の額と5ページ目の合計が合わないという部分でございますが、この部分につきましては中澤議員さんがおっしゃるとおり、退職給付の引当金が2ページ目の3の特別損失の引当金繰入額、この7億6,038万8,000円がそのまま給与費の明細書にはのってきてございますので、この分を足しますと合計が合うといったことになってございます。
 それから退職給付費の繰入でございますが、5ページ目の中断の11億4,753万8,000円の中に、この7億6,038万8,000円の引当分も含まれているといったことになってございます。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 9番、中澤 宏君。

9番(中澤 宏君) この引当金は、今年の掛金ですよね。例えば今年の共済掛金、それから退職組合員にかける、将来退職金になるだろう引当金をですね、今年は7億6,000万かけてると思うんです。一方ではその掛金に対応したというか、今年もらう退職金は11億4,700万ここにあると思うんですが、これ相殺でかけているんですか、相殺でかけるんですか。じゃあもっと聞きますけれども、たぶん7億6,000万というのは全額合わないと思うので、この引当金の繰入額というのは、たぶん退職給与引当金と要するに貸倒引当金、この間いろいろ決議しました医師に対する奨学貸付金ももしかしてこの中に入っているのかなというようにも思うのですが、差し引きだったり、一緒だったりというような感じもするんですが、その辺もうちょっと説明してもらっていいでしょうか。
 なぜ私が言うのかっていうのはですね、要するにこの明細書がこちらに収入、支出に表れた時に、どっちかというとわかりやすい方がいいのではないかと。要するに数値、決してごまかしているとかというふうなことではございませんけれども、わかりやすくまとめた方がいいのではないのかなというふうに思ったもので、そこの、何ていうかな、表し方の方法ですよね、そのことをもう少し工夫されてはどうかなというように思ったんです。せっかくこの明細がありますから、この明細に対応した実施計画を作れば非常にわかりやすい。これだと専門家しか、何かと検査、検証していかないと中身がわからないような状況になってますので、もう少しわかりやすい様な形で表した方が、結果は同じだと思うのですがいいのではないかというようなことで質問しているところでございます。

議長(沼倉利光君) 医療局企画課長、阿部桂一君。

医療局企画課長(阿部桂一君) 記載の方法につきましては、相互がすぐわかるような方法でちょっと検討させていただきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第80号を採決します。
    お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第80号 平成27年度登米市病院事業会計補正予算(第3号)は、原案のとおり可決されました。
    次に、議案第81号について議案内容の説明を求めます。医療局次長、浅野雅博君。

医療局次長(浅野雅博君) それでは、議案第81号 平成27年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第2号)についてご説明を申し上げます。
 補正予算書1ページをお願いいたします。
 第2条収益的収入及び支出でございますが、支出の予定額に1,836万5,000円を増額し、支出の総額を4億6,646万3,000円とするものでございます。第3条につきましては、議会の議決を経なければ流用することの出来ない経費を増額するものでございます。詳細につきましては11ページ、12ページをお願いいたします。収益的収入及び支出の支出でございますが、1款老健事業費用1項事業費用1目給与費1,836万5,000円の増額につきましては、人事異動に伴う4月一日現在の職員数に基づく再積算、非常勤職員取扱い既定の改正に伴う非常勤職員の採用による増額を行うものでございます。
 続きまして、給与費の詳細につきまして4ページ、5ページ給与費明細書をお願いいたします。
 まず、職員数につきましては補正前と同数でございます。次、給与費の内訳でございますが、先ほどもお話をさせていただきましたが非常勤職員取扱規程の改正に伴う非常勤職員の採用により報酬で1,993万1,000円の増額、人事異動に伴う給料で36万1,000円の増額、手当では24万2,000円の増額、合わせまして2,005万円を増額するものでございます。また、法定福利費につきましては、共済組合負担金168万5,000円を増額するものでございます。これらを合算し、給与費として総額1,836万5,000円の増額をお願いするものでございます。
 続きまして、8ページ平成27年度登米市老人保健施設事業予定損益計算書をお願いいたします。今回の補正による予定損益につきましては、4事業外費用(2)雑損失の下段になりますが、補正後の当年度経常損益につきましては、4,794万1,000円の損失を見込むものであります。なお、損益計算書及び貸借対照表の推移につきましては、13ページ、14ページに記載してございますのでご参照願います。
 説明は以上でございます。ご審議を賜り、ご決定くださいますよう、お願い申し上げます。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
    質疑はありませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
    これから討論を行います。討論はありませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
    これから議案第81号を採決します。
    お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第81号 平成27年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決されました。
 説明員の入れ替えのため、暫時休憩します。
 
          休憩 午前11時33分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時34分
 

議長(沼倉利光君) 再開をいたします。
    日程第11、議案第93号 平成27年度登米市一般会計補正予算(第4号)、
    日程第12、議案第94号 平成27年度登米市土地取得特別会計補正予算(第1号)、
    日程第13、議案第95号 平成27年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第2号)、
 日程第14、議案第96号 平成27年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第2号)の4議案を一括議題とします。一括して提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) それでは、提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、議案第93号 平成27年度登米市一般会計補正予算(第4号)から、議案第96号 平成27年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第2号)までについて、各種会計予算の補正を行うものであります。
 一般会計につきましては、歳入歳出予算の総額からそれぞれ1億4,749万円を減額し、予算の総額を歳入歳出それぞれ467億7,947万円とするものであります。
 その主な内容として、歳出では道路新設改良事業1億1,136万円などを減額、歳入では、道路新設改良事業に充てる市債1億570万円と、財政調整基金からの繰入金を4,179万円減額して計上しております。また、継続費補正として追加1件、地方債補正として変更1件を計上しております。
 特別会計につきましては、土地取得特別会計の歳出で宅地造成事業特別会計への繰出金5億3,968万円の減額を。下水道事業特別会計の歳出で公共下水道施設整備事業3,484万円の減額と地方債補正として変更1件を計上しております。
 宅地造成事業特別会計では、(仮称)長沼第二工業団地整備事業を平成28年度までの継続費として実施することに伴い、同事業費5億7,468万円の減額と継続費1件を計上しております。
 以上、各種会計の補正予算の概要を申し述べましたが、詳細につきましては関係部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますよう、お願い申し上げ、提案理
 由といたします。

議長(沼倉利光君) 一括して議案内容の説明を求めます。企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) それでは、お手元に6月24日提出の補正予算書をご準備いただきますようにお願いいたします。
 初めに、補正予算書の1ページをお開き願います。議案第93号 平成27年度登米市一般会計補正予算(第4号)でございます。
 今回の補正は第1条にございますが、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億4,749万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ467億7,947万6,000円とするものでございます。併せて第2条の継続費の追加、そして第3条の地方債の変更を行うものでございます。
 次に、4ページをお願いいたします。
 第2表継続費補正でございます。継続費の追加をお願いするものでありますが、内容は大洞9号線道路整備事業について平成28年度までの2カ年の事業として継続費を追加するものでございます。各年度の年割額は、平成27年度8,000万円、28年度1億1,136万6,000円でございます。なお、継続費についての進捗状況等に関する調書として、財源内訳等13ページに記載してございますので、のちほどお目通しをお願いいたします。
 次に、5ページをお願いいたします。
 第3表地方債補正でございます。道路税整備事業に係る地方債の借入限度額について、補正前の11億7,570万円から1億570万円減額し、10億7,000万円とするものでございます。また、地方債の年度末現在高見込みに関する調書を14ページに掲載してございますので、これものちほどお目通しをお願いいたします。
 次に、歳入の説明に入りますので、事項別明細書の9ページをお開き願います。
 まず、17款繰入金2項基金繰入金1目財政調整基金繰入金でございますが、本補正予算の財源調整のため4,179万円を減額するものでございます。
 次に、20款市債1項市債6目土木債1節道路橋梁債道路整備事業債でございますが、大洞9号線改良舗装工事の減額補正に伴って、市債1億570万円を減額するものでございます。
    以上、歳入の説明とさせていただきます。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) それでは、歳出につきましては予算の概要5ページの方をお願いいたします。
 まず、各科目の説明に入ります前に今回の追加補正につきましては、一般会計を始め各会計ともに(仮称)長沼第二工業団地整備事業の実施を平成27年度から平成28年度まで2カ年の継続事業とすることに伴うものとなっておりますので、全体的な理由等につきまして私の方から説明させていただきたいと存じます。
 大洞地区(仮称)長沼第二工業団地整備事業につきましては、平成25年度に測量設計業務へ着手以来、平成26年度に用地取得及び物件移転等開発等許認可を経まして、平成27年度に造成工事を行い、年度内の事業完了を予定して取り組んでまいりました。地権者をはじめとする関係皆さま方のご協力の下に、年度を繰り越してはおりますけれどもおかげさまで用地取得と農地転用、許認可手続きを完了することができた状況となってございます。
 現在、工業団地造成工事と大洞9号線道路改良舗装工事を一括発注すべくその準備作業を進めているところでございますが、今後のスケジュールにつきましては、どうしても年度内完了が困難となっている状況にありますことから、この際工程を見直しし、平成28年度までの継続事業として実施することとしたものでございます。本来であれば本事業の内容、また規模等から判断をいたしますと当初予算の編成段階におきまして、継続事業として設定すべき案件であったものと深く反省をしているところでございます。心からおわびを申し上げますので、よろしくお願いを申し上げます。
 それでは説明に入ります。
 5ページ、7款商工費1項2目3細目企業誘致3,503万3,000円の減額でございますが、宅地造成事業特別会計への繰出金を減額するものでございます。工程見直しによりまして、水道施設設置工事につきましては平成28年度に着手することとして減額するものでございます。
 失礼いたしました。ただいまの企業誘致費の減額の金額でございますが、3,500万3,000円の減額でございます。
 次、8款土木費2項3目1細目単独事業費1億1,136万6,000円の減額につきましては、大洞9号線道路改良舗装工事請負費を減額するものでございますが、内容につきましては別冊4の1ページをごらん願います。
 事業目的につきましては記載のとおりでございます。事業概要、補正の理由でございますが、ただいま申し上げましたが大洞9号線は(仮称)長沼第二工業団地を縦断する路線でございます。工業団地と一体的な整備を図る観点から、現在一括発注の準備を進めているところでございます。27年度中の事業完了を予定しておりましたけれども、工業団地整備事業を2カ年の継続事業に変更するということに伴いまして、本事業におきましても2年間の継続事業とし、現予算額から平成28年度施工予定分の事業費を減額するものでございます。
 事業内容でございますが、現予算額1億9,136万6,000円でございます。施行延長が535メートル、27年度事業費といたしまして8,000万円、工事内容は土工1,500立米、排水工360メートル、擁壁工20メートル、28年度の事業費でございます。1億1,136万6,000円、土工2,200立米、排水工550メートル、擁壁工34メートル、道路付帯施設工一式、舗装工3,930平方メートル、区画線工1,539メートルとしてございます。
 進捗状況及び今後の予定でございます。
 26年度は測量設計業務、用地取得及び物件移転等行ってございます。27年度改良工事、28年度改良・舗装工事となってございます。事業箇所図につきましては、ごらんをいただきたいと思います。今回の補正額につきましては、地方債1億570万円の減額、一般財源が566万6,000円の減額となってございます。
 それでは、予算の概要5ページへお戻りいただきたいと思います。
 次、8款5項1目1細目下水道事業特別会計費112万1,000円の減額でございますが、公共下水道事業特別会計への繰出金を減額するものであります。工程見直しによりまして、公共下水道工事につきましては本年度事業では着手できないことから、全額を減額するものでございます。
 以上で説明は終了いたします。ご審議を賜りまして、ご決定くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) それでは、続いて議案第94号 平成27年度登米市土地取得特別会計補正予算(第1号)の説明を申し上げます。
 議案書は15ページとなります。それから予算の概要につきましては、7ページお開きいただきたいと思います。
 補正第1号でございますが、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ5億3,968万5,000円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5億5,698万9,000円とするものでございます。
    予算書21ページをお開き願います。
 歳入につきましてですが、2款繰入金のうち土地開発基金繰入金、これを5億3,968万5,000円減額するものでございます。これは先ほど産経部長、説明のとおり、事業年度を2カ年に分けたことによるものでございます。
 歳出につきましては、他会計繰出金で造成事業を行う宅地造成事業特別会計への繰出金を同額減額するという内容となってございます。
 説明は以上でございます。ご審議を賜りまして、ご決定くださいますよう、お願い申し上げます。

議長(沼倉利光君) 建設部長、千葉雅弘君。

建設部長(千葉雅弘君) 続きまして、議案第95号 平成27年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第2号)につきまして、ご説明を申し上げます。
 補正予算書25ページをお願いいたします。
 歳入歳出予算の補正でありますが、予算の総額から歳入歳出それぞれ3,484万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ51億7,713万9,000円とするものでございます。
 28ページをお願いいたします。
 第2表地方債補正でございますが、公共下水道事業の限度額の変更でありまして、1,630万円を減額するものでございます。なお、26年度末の地方債現在高見込額につきましては、36ページにお示ししておりますのでお目通しをお願いいたします。
 今回の補正につきましては、先ほど産業経済部長から説明がありましたとおり、(仮称)長沼第二工業団地整備事業の全体工程見直しによります平成28年度までの継続費設定に伴うものでありまして、造成工事に関連します公共下水道の汚水環境築造工事につきまして、工程上、平成28年度の施行が妥当と判断したことによりまして、平成27年度予算に計上しております所要の予算額を減額するものでございます。
 補正予算書32、33ページをお願いいたします。
 歳入につきましては、国庫支出金の社会資本整備総合交付金を1,742万円、それから一般会計繰入金を112万1,000円、それから公共下水道事業債を1,630万円それぞれ減額するものでございます。
 歳出につきましては、補正予算の概要9ページをお願いいたします。
 2款事業費1項1目2細目公共下水道施設整備費の大洞地区汚水環境築造工事費につきまして3,484万1,000円減額するものでございます。
 説明は以上でありますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 予算書の37ページをお願いいたします。議案第96号 平成27年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第2号)でございます。
 第1条、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ5億7,468万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5億6,502万7,000円とするものでございます。
 歳入につきましては、44ページ、45ページをお願いいたします。
 3款繰入金1項1目一般会計繰入金につきましては、3,500万3,000円を減額するものでございます。2目土地取得特別会計繰入金につきましては、5億3,968万5,000円を減額するものでございます。
 大変失礼いたしました。予算書の40ページをお願いいたします。第2表継続費でございます。
 1款事業費1項企業用地造成事業費、事業名、(仮称)長沼第二工業団地整備事業でございます。総額、10億3,068万8,000円。年度、平成27年度。年割額4億5,600万円、平成28年度5億7,468万8,000円の年割額でございます。
 次に、歳出につきましては概要の10ページをお願い申し上げます。
 1款事業費1項1目大洞地区事業費5億7,468万8,000円の減額につきましては、(仮称)長沼第二工業団地造成工事請負費を減額するものでございます。
 別冊4の2ページをごらん願います。
 事業目的は記載のとおりでございます。事業概要、補正理由、(仮称)長沼第二工業団地整備事業につきましては、関係地権者との協議に日数を要し、用地取得、農地転用等、許認可手続きに遅れが生じたことなどから、工程を見直し平成27年度から平成28年度までの継続費として事業を実施することといたしました。このため現予算から平成28年度施行予定分の事業費を減額するものでございます。また、先ほども申し上げましたが、本来事業の内容から申しまして、当初予算の段階で継続事業ということで設定をすべき案件であったというふうに反省をいたしております。心からおわびを申し上げたいと思います。
 事業の内容でございます。
 (仮称)長沼第二工業団地造成工事、現予算額が10億3,068万8,000円、造成面積12.2ヘクタール、27年度事業費でございますが4億5,600万円、土工が9万3,000立米、伐採工10ヘクタール、調整池工500平方メートル。28年度事業費が5億7,468万8,000円、土工11万9,000立米、調整池工521平方メートル、防災工一式、用水路工266メートル、のり面工5,120平方メートル、植栽工1,600本、上水道施設工506メートル、消防水利工3カ所、消火栓設置工1カ所となってございます。
    進捗状況及び今後の予定でございます。
 25年度に測量設計業務、26年度用地取得及び物件移転等開発等許認可、27年度造成工事同じく28年度造成工事となってございます。事業箇所図、ごらんいただきたいと思います。
 今回の補正額につきましては、土地取得特別会計繰入金が5億3,968万5,000円の減額、一般会計繰入金が3,500万3,000円の減額となってございます。
    以上で説明については終了いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりました。これから一括して質疑を行いますが、昼食のため午後1時まで休憩といたします。
 
          休憩 午後12時01分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き会議を開きます。説明が終わりましたので、これから一括して質疑を行います。質疑はありませんか。7番、關 孝君。

7番(關 孝君) まず、予定をしておいた27年度に終了しないので、28年度に継続費というふうなことで、事実上1年この事業の完成が先延ばしになっておりますが、先ほど補正の理由の中で様々に原因、理由を説明はなされておりますが、例えば、関係地権者との協議に日数を要したこと、あるいは用地取得、農地転用の許認可に時間を要したということで、もう少し具体的にその内容についてお示しをいただきたいと思います。
 それから市長は26年度の市政方針の中で、この事業、恐らく市政方針の中での最大の目玉として、企業誘致を掲げられております。中で、「26年度には、用地取得と造成工事への着手を予定しておる。企業誘致によって、市内により多くの雇用の場をつくり、創出し、地域経済の活性化と若者等の定住化を推進するために、早期の完成を目指す」ということで施政方針述べられております。事実上この26年度の施政方針が実現をできなくなったと。1年先送りなったということで、市長にとってみれば断腸の思いではないかと思いますし、登米市にとっても1年先送りになるということは大きな損失にあたるんではないかと思いますので、市長の思いをお聞かせください。

議長(沼倉利光君) 答弁を求めます。市長 布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) この工事の延長ということにつきましての見解ということでございます。私の思いということにとどまらず市民の願いということで、この企業用地の造成については、市民の皆さまからも非常に大きな期待を寄せていただいておったところであります。そういった意味では、我々といたしましても最大限早期の完成に向けた取り組みということで、様々関係部局の方で取り組みをさせていただき、また関係する各部の連携等についても特にそういった意味では、異論のないようにその取り組みを進めてきておったところでもございました。
 そういった中にあって、後期のスケジュールの問題や様々な整理・精査、我々といたしましてもこういった工事のスケジュールの遅れが出ないようにということでの工程管理の指示徹底をいたしておったところでございますけれども、そういった状況の中でこのような状況に至ったということ、大変に私といたしましても非常に残念に思っておるところでございます。とは言いながら、今回このような形で議会にお示しをさせていただくところではございますが、とは言いながら様々なその事務手続きやら後期のスケジュールの精査を持って、一日も早く完成をすることが我々の大きな責務であるということ、肝に命じながら取り組みを進めてまいりたいと考えておるところでございます。よろしくお願い申し上げます。

議長(沼倉利光君) 新産業対策室長、伊藤秀樹君。

新産業対策室長(伊藤秀樹君) 地権者との協議、用地取得の汚点のことにつきましては、地権者の方々には皆さん協力していただきまして、反対という方々はいっらしゃいませんでした。ただその中に代替地を求める方がいらっしゃいまして、その代替地の取得に三者契約ということで市が代替地を探したんですが、その時間に若干時間を要したということでございます。
 それから農地転用に関しましては、地区内12.2ヘクタール中、農地が4ヘクタールちょっと超してしまいまして、大臣までの許可ということで当初3カ月から4カ月を見込んでいたんですが、結果的には6カ月かかったということでございます。以上です。

議長(沼倉利光君) 7番、關 孝君。

7番(關 孝君) 当初の農地の転用の許認可手続きが、いわゆる国の許可になったということでございます。そうしますと先ほど補正の理由で、「関係地権者との協議に日数を要す」ということで、その日数を要したことが一番の原因でそのことによって農地取得、農地転用の許可の手続きが遅れを生じたと産業経済部長は説明をしておりますが、それは誤りであったというふうに理解してよろしいんでしょうか。
 地権者との協議は、若干時間を要したというふうな今説明をされました。いかにも地権者との協議に時間を要し、そのことで用地取得、農地転用に遅れが生じたというふうに提案理由では読み取れますが、私も今対策室長がお話しのように、地元の地権者はこのことに対して反対する者が一人もなかったと伺っておりますし、この事業が始まるとき地元の区長さん方には、「一人でも反対者が出ればこの事業はできなくなります。よそのところにすぐ予定候補地があるので変わります」というお話しも申し上げて、区長さん方が地権者の皆さんには、全員に賛成していただくような努力をしていただいて初めてこの事業がスタートしたわけであります。そのことが実は今お話を聞きますと、その面積要件で国の許可になってしまったということで、それは事業の見通しに甘さがあったのではないかというふうに指摘をしたいと思いますが、その点に関して見解を伺います。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) ただいまご指摘いただきました点について、まず具体的な日にちも含めての答弁をしたいと思いますが、まず三者契約の関係につきましては5月7日、これは地権者と契約を交わしております。そのあとですね、登記完了が6月8日となってございます。それから農地転用の関係でございますが、国の許可がですね4月28日、そして登記完了が4月30日というこれは具体的な日付でございます。
 提案理由でも申し上げたところでございますが、こういう地権者との交渉も含めて、あるいは事務手続きも含めて繰越で措置しているというふうなこともあるわけでございますが、議員ご指摘のように、当初のスケジュールの設定に甘さがあったというふうに私自身も思っております。反省をしているところでございます。

議長(沼倉利光君) 7番、關 孝君。

7番(關 孝君) 先ほどいわゆる当初予算の中で、この手続きがなされなかったことに産業経済部長は議員の皆さまにお詫びをしたいというふうなことをお話ししておりましたが、私は別の方にお詫びをしてほしいというふうに思っております。いわゆるこの事業進めるにあたっては、地権者の多大なご協力があって初めてこの事業が推進してきたわけであります。地権者の方々には、27年度に工事をして、27年度末完了して、販売すると、いわゆる誘致企業募集するというふうな形で説明をなされていたはずであります。そのことが、いわゆる見通しの甘さによって、関係職員は最大の努力をなされたのかもしれません。しかしながら結果、このように1年も大幅にこの事業が遅れてしまうことに対しては、契約書にはそのような取り決めはなされていないかもしれませんが、前提条件として私はこのご協力いただいた地権者の皆さま、そして地域の方々のご理解に対して大変申し訳ないことだというふうに思っております。ぜひその辺について、もう一度市長の方からお話をいただきたいと思います。

議長(沼倉利光君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 先ほどもお話をさせていただきましたが、この事業につきましては、市民の多くの皆さまが大きな期待を寄せられておる事業でございます。また、特に議員からもご指摘をいただいておりますとおり、地元地権者並びに地域の皆さまのご理解とご協力、工事また今後発生いたします工事にあたっては、やはり工事車両の通行等の中で多大なるご迷惑もおかけをするというような案件でございます。地権者並びに地域の皆さまに改めてお詫びを申し上げますとともに、この工期の遅れにつきましては、市民全ての皆さんにお詫びを申し上げなければならないというふうに思っておるところでございます。大変申し訳なく思っております。また、1日も早く工期が短縮できるように、最大限の努力をさせていただきたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 討論、採決は一議案ごとに行います。これから議案第93号について討論を行います。
 討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第93号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 意義なしと認めます。
 よって、議案第93号 平成27年度登米市一般会計補正予算(第4号)は、原案のとおり可決されました。
 これから議案第94号について討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第94号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 意義なしと認めます。
 よって、議案94号 平成27年度土地取得特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決されました。
 これから議案第95号について討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第95号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 意義なしと認めます。
 よって、議案第95号 平成27年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決されました。
 これから議案第96号について討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第96号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 意義なしと認めます。
 よって、議案第96号 平成27年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決されました。
 日程第15、発議第8号 登米市議会会議規則の一部を改正する規則についてを議題とします。
 本案について提出者の趣旨説明を求めます。議会運営委員長、佐々木 一君。

議会運営委員長(佐々木 一君) 発議第8号、登米市議会会議規則の一部を改正する規則についての提案理由の説明を申し上げます。
 近年の男女協働参画の状況に鑑み、登米市議会においても男女協働参画を考慮した議会活動を推進するため、会議規則中、会議の欠席に関する規定を一部を改正するものであります。なお、委員会の欠席についても同様の改正を行うものでございます。
 また、政策企画調整会議について、機動的な会議とするため、構成員を見直し、改正するものです。
 議員各位におかれましては、本趣旨をご理解いただき、ご賛同くださいますようお願いを申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

議長(沼倉利光君) 説明を求めます。議会運営委員長、佐々木 一君。

議会運営委員長(佐々木 一君) どうも大変失礼いたしました。今のでだいたい理解得たのかなと思ったんですけれども、それではもう少し詳細にご説明申し上げます。まず、この皆さま方にご配布申し上げております新旧対照表に沿って、ご説明を申し上げます。
 この市議会規則の会議規則でありますけれども、欠席の届出ということで、第2条の第2項に「議員は出産のため出席できない時は、日数を定めて、あらかじめ議長に欠席届を提出することができる」、この1項を追加するものでございます。
 続きましてこの93条のですね、委員会の関係ですけれども、「委員は出産のため出席できない時は、日数を定めて、あらかじめ委員長に欠席届を提出することができる」、この1項を追加するものでございます。それでは、もう一度言います。「委員は出産のため出席できない時は、日数を定めて、あらかじめ委員長に欠席届を提出することができると」、この1項を加えるものでございます。
 次に、この政策企画調整会議の分でありますけれど、これですね、これまでは、「議長、副議長並びに議会運営委員会委員、各常任委員会及び広報広聴委員会の各委員長」とありましたところ、「議長、副議長並びに議会運営委員会、各常任委員会、広報広聴委員会、及び議会改革推進の各委員長」を構成員とするというふうに改正するものでございます。どうかご賛同よろしくお願い申し上げます。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから発議第8号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 意義なしと認めます。
 よって、発議第8号 登米市議会会議規則の一部を改正する規則については、原案のとおり可決されました。
 日程第16、発議第9号 国民的合意のないままに安全保障体制の見直しを行うことを求める意見書を議題とします。本案について提出者の趣旨説明を求めます。23番、二階堂一男君。

23番(二階堂一男君) 23番、二階堂一男であります。発議第9号の提案理由を申し上げます。
 本年は、戦後70周年の節目の年になっております。太平洋戦争で、日本は国内だけでも3 10万人以上の犠牲を出し、広島、長崎への原爆投下を受け、1945年8月15日ポツダム宣言を受諾し、戦争が終わったのであります。そして1947年5月3日に戦争の反省から、戦争放棄、国民主権、基本的人権の尊重を基調とする日本国憲法が施行されました。その前文には、「政府の行為によって、再び戦争の惨禍が起こることがないようにすることを決意し」とあります。以後70年間他国と戦争をすることなく、ひたすら経済活動中心に励んだ結果、世界有数の経済大国としての地位を確保するに至ったのであります。
 しかしながら昨今の政治情勢動きを見ますと、集団的自衛権行使容認に見られるように、憲法を都合よく解釈変更をするとともに、歴代内閣が守ってきた武器輸出三原則をも変更、さらには国家安全保障会議設置法及び特定秘密保護法等々、安倍総理の独裁的とも言える形の中で次々と成立させていることは、非戦の国から戦争のできる国づくりへ進むことにほかならず、大きな不安と恐怖を感じざるを得ません。こうした状況下、地方議会として日本の平和と国民生活を守る立場から、こうした政府の暴走に歯止めをかける意味において意見書を提出するものであります。議員皆さんのご賛同よろしくお願い申し上げます。
 それでは本文に入ります。
 発議第9号、平成27年6月29日、登米市議会議長、沼倉利光殿。
 提出者、登米市議会議員、二階堂一男。賛成者、登米市議会議員、及川長太郎。同じく 佐々木幸一、同じく賛成者、佐藤恵喜、同じく賛成者、及川昌憲、同じく賛成者、八木しみ子。
 国民的合意のないままに安全保障体制の見直しを行うこと行わないことを求める意見書。上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条第1項の規定により提出いたします。
 別紙本文を読み上げます。
 国民的合意のないままに安全保障体制の見直しを行わないことを求める意見書。
 政府は第189回通常国会に、「国際平和支援法案」及び「平和安全法制整備法案」の2法案を提出、現在、国会で審議中です。国際平和支援法案は、多国籍軍等の戦争を自衛隊が随時支援できるようにするための恒久法であり、平和安全法制整備法案は集団的自衛権の行使を可能とするための自衛隊法改正案など10法案を一括したものです。
 いずれも自衛隊の武力行使の条件を整備し、これまで自国防衛以外の目的に行使できなかった自衛隊の力を米国等の求めに応じて自由に行使できるようにするものです。戦争を放棄し、戦力の不保持を定めた憲法に違反することは明らかです。
 政府は長年にわたって、「憲法9条下において許容されている自衛権の行使は、わが国を防衛するため必要最小限度の範囲にとどめるべき」として、集団的自衛権の行使や他国軍の武力行使との一体化を憲法違反としてきました。
 今回の2法案は、平和憲法下のわが国の基本政策を転換し、戦争を放棄した平和国家日本のあり方を根本から変えるものであり、国会における参考人をはじめ多くの憲法学者が「違憲」と批判していることなどからも、国民の多くは、「なぜこの時期に平和安全法制の見直しをしなければならないのか」、「日本が戦争や紛争に巻き込まれるのではないか」、「自衛隊員の安全はどうなるのか」など大きな疑問と不安を感じ、慎重審議を望む声が大きくなってきています。
 このように、国民の理解が深まらない状況下で、憲法への抵触まで指摘される中では、慎重な対応が必要です。
 よって、本市議会は、国民的合意のないままに、安全保障体制の見直しを行わないことを強く求めるものです。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出いたします。
 平成27年6月29日、宮城県登米市議会議長 沼倉利光ということで、宛先は衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、内閣官房長官、外務大臣、防衛大臣であります。
 以上、ご提案申し上げます。皆さま方の賛同よろしくお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。25番、岩淵正宏君。

25番(岩淵正宏君) 意見書のこの文言の中でございます。
 8行目、後段ですね、「戦力の不保持を定めた憲法に違反することは明らかです」と、このように言い切っているわけですが、安倍総理の国会を見るとそちら側は「合憲である」というような説明がなされております。我々登米市議会、このように違反することは明らかですと言い切っていいのかどうか、その見解ですね。
 文章の後段4行目では、「憲法への抵触まで指摘される中では慎重な対応が必要です」と言っています。
 前段では明らかと言って、後段では抵触まで指摘されてるんだよというような文言になってますので、果たしてこの言い切り方、文章の表現の仕方でいいのかどうか疑問を感じるわけですが、そのところ説明願います。

議長(沼倉利光君) 説明を求めます。二階堂一男君。

23番(二階堂一男君) 憲法には、やっぱりですね軍備は持たないと明記されております。そのことがまず一つの根拠でありますし、ご案内のとおり多くの憲法学者も違憲だと言っております。特にその中で注目すべきは、これまでの政府の憲法解釈を担ってまいりました内閣法制局の元長官二人もですね、これについては完全に違憲だと、憲法違反だと、このように言い切っている内容となっているわけでして、このことがですね、私はもっともこのよりどころだというふうに思っております。
 そういったことを考えますと、私はここできちっと言い切ってですね、やはり「憲法に照らし合わせるとそういう形になってますよ」とこういう強い意志をですね、私は示すべきだというふうに考えているところでございますので、ご理解をいただきたいというふうに思います。以上です。

議長(沼倉利光君) ほかにありませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから発議第9号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 意義なしと認めます。
 よって、発議第9号 国民的合意のないままに安全保障体制の見直しを行わないことを求める意見書は、原案のとおり可決されました。
 本意見署は、議長名をもって直ちに関係機関に送付します。
 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 これで6月定期議会を閉じます。
 お諮りします。6月30日から9月2日までの65日間を休会としたいと思います。
 これにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 意義なしと認めます。
 よって、6月30日から9月2日までの65日間を休会とすることに決定いたしました。
 なお、次の会議は9月3日午前10時から行います。
 本日はこれで散会といたします。
 
          散会 午後1時31分
 
 
 上記会議の経過を記載し、その相違ないことを証するためここに署名する。
 
 議会議長  沼 倉 利 光
 
 
 書名議員  中 澤   宏
 
 
 署名議員  佐 々 木 一
 
 
 

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>