•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(二階堂一男)
  •   2  生活福祉課長(鎌田信之)
  •   3  委員長(二階堂一男)
  •   4  子育て支援課長(西條利光)
  •   5  委員長(二階堂一男)
  •   6  17番(沼倉利光)
  •   7  委員長(二階堂一男)
  •   8  監査委員(田口政信)
  •   9  委員長(二階堂一男)
  •  10  17番(沼倉利光)
  •  11  委員長(二階堂一男)
  •  12  市長(布施孝尚)
  •  13  委員長(二階堂一男)
  •  14  17番(沼倉利光)
  •  15  委員長(二階堂一男)
  •  16  福祉事務所長(熊谷一)
  •  17  委員長(二階堂一男)
  •  18  8番(岩淵正宏)
  •  19  委員長(二階堂一男)
  •  20  福祉事務所長(熊谷一)
  •  21  委員長(二階堂一男)
  •  22  8番(岩淵正宏)
  •  23  委員長(二階堂一男)
  •  24  市長(布施孝尚)
  •  25  委員長(二階堂一男)
  •  26  4番(氏家英人)
  •  27  委員長(二階堂一男)
  •  28  健康推進課長(千葉ますみ)
  •  29  委員長(二階堂一男)
  •  30  4番(氏家英人)
  •  31  委員長(二階堂一男)
  •  32  健康推進課長(千葉ますみ)
  •  33  委員長(二階堂一男)
  •  34  4番(氏家英人)
  •  35  委員長(二階堂一男)
  •  36  健康推進課長(千葉ますみ)
  •  37  委員長(二階堂一男)
  •  38  25番(佐藤恵喜)
  •  39  委員長(二階堂一男)
  •  40  市長(布施孝尚)
  •  41  委員長(二階堂一男)
  •  42  19番(相澤吉悦)
  •  43  委員長(二階堂一男)
  •  44  委員長(二階堂一男)
  •  45  福祉事務所長(熊谷一)
  •  46  委員長(二階堂一男)
  •  47  19番(相澤吉悦)
  •  48  委員長(二階堂一男)
  •  49  委員長(二階堂一男)
  •  50  農村整備課長(可野嘉裕)
  •  51  委員長(二階堂一男)
  •  52  22番(庄子喜一)
  •  53  委員長(二階堂一男)
  •  54  企画部長(秋山茂幸)
  •  55  委員長(二階堂一男)
  •  56  22番(庄子喜一)
  •  57  委員長(二階堂一男)
  •  58  企画部長(秋山茂幸)
  •  59  委員長(二階堂一男)
  •  60  22番(庄子喜一)
  •  61  委員長(二階堂一男)
  •  62  企画部長(秋山茂幸)
  •  63  委員長(二階堂一男)
  •  64  22番(庄子喜一)
  •  65  委員長(二階堂一男)
  •  66  商工観光課長(阿部孝弘)
  •  67  委員長(二階堂一男)
  •  68  22番(庄子喜一)
  •  69  委員長(二階堂一男)
  •  70  副市長(藤井敏和)
  •  71  委員長(二階堂一男)
  •  72  1番(熊谷和弘)
  •  73  委員長(二階堂一男)
  •  74  商工観光課長(阿部孝弘)
  •  75  委員長(二階堂一男)
  •  76  1番(熊谷和弘)
  •  77  委員長(二階堂一男)
  •  78  商工観光課長(阿部孝弘)
  •  79  委員長(二階堂一男)
  •  80  21番(及川長太郎)
  •  81  委員長(二階堂一男)
  •  82  農業委員会事務局次長(菅原貞治)
  •  83  委員長(二階堂一男)
  •  84  農林政策課長(岩淵俊明)
  •  85  委員長(二階堂一男)
  •  86  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  87  委員長(二階堂一男)
  •  88  農林政策課長(岩淵俊明)
  •  89  委員長(二階堂一男)
  •  90  21番(及川長太郎)
  •  91  委員長(二階堂一男)
  •  92  農業委員会事務局次長(菅原貞治)
  •  93  委員長(二階堂一男)
  •  94  21番(及川長太郎)
  •  95  委員長(二階堂一男)
  •  96  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  97  委員長(二階堂一男)
  •  98  委員長(二階堂一男)
  •  99  13番(佐藤尚哉)
  • 100  委員長(二階堂一男)
  • 101  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 102  委員長(二階堂一男)
  • 103  13番(佐藤尚哉)
  • 104  委員長(二階堂一男)
  • 105  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 106  委員長(二階堂一男)
  • 107  13番(佐藤尚哉)
  • 108  委員長(二階堂一男)
  • 109  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 110  委員長(二階堂一男)
  • 111  13番(佐藤尚哉)
  • 112  委員長(二階堂一男)
  • 113  市長(布施孝尚)
  • 114  委員長(二階堂一男)
  • 115  13番(佐藤尚哉)
  • 116  委員長(二階堂一男)
  • 117  市長(布施孝尚)
  • 118  委員長(二階堂一男)
  • 119  10番(中澤宏)
  • 120  委員長(二階堂一男)
  • 121  産業経済部長(高橋巌)
  • 122  委員長(二階堂一男)
  • 123  10番(中澤宏)
  • 124  委員長(二階堂一男)
  • 125  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 126  委員長(二階堂一男)
  • 127  10番(中澤宏)
  • 128  委員長(二階堂一男)
  • 129  産業経済部長(高橋巌)
  • 130  委員長(二階堂一男)
  • 131  3番(佐々木幸一)
  • 132  委員長(二階堂一男)
  • 133  農業委員会事務局次長(菅原貞治)
  • 134  委員長(二階堂一男)
  • 135  3番(佐々木幸一)
  • 136  委員長(二階堂一男)
  • 137  農業委員会事務局次長(菅原貞治)
  • 138  委員長(二階堂一男)
  • 139  3番(佐々木幸一)
  • 140  委員長(二階堂一男)
  • 141  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 142  委員長(二階堂一男)
  • 143  3番(佐々木幸一)
  • 144  委員長(二階堂一男)
  • 145  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 146  委員長(二階堂一男)
  • 147  3番(佐々木幸一)
  • 148  委員長(二階堂一男)
  • 149  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 150  委員長(二階堂一男)
  • 151  1番(熊谷和弘)
  • 152  委員長(二階堂一男)
  • 153  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 154  委員長(二階堂一男)
  • 155  1番(熊谷和弘)
  • 156  委員長(二階堂一男)
  • 157  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 158  委員長(二階堂一男)
  • 159  6番(浅野敬)
  • 160  委員長(二階堂一男)
  • 161  新産業対策室長(伊藤秀樹)
  • 162  委員長(二階堂一男)
  • 163  6番(浅野敬)
  • 164  委員長(二階堂一男)
  • 165  新産業対策室長(伊藤秀樹)
  • 166  委員長(二階堂一男)
  • 167  6番(浅野敬)
  • 168  委員長(二階堂一男)
  • 169  新産業対策室長(伊藤秀樹)
  • 170  委員長(二階堂一男)
  • 171  25番(佐藤恵喜)
  • 172  委員長(二階堂一男)
  • 173  新産業対策室長(伊藤秀樹)
  • 174  委員長(二階堂一男)
  • 175  25番(佐藤恵喜)
  • 176  委員長(二階堂一男)
  • 177  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 178  委員長(二階堂一男)
  • 179  25番(佐藤恵喜)
  • 180  委員長(二階堂一男)
  • 181  産業経済部長(高橋巌)
  • 182  委員長(二階堂一男)
  • 183  委員長(二階堂一男)
  • 184  25番(佐藤恵喜)
  • 185  委員長(二階堂一男)
  • 186  産業経済部長(高橋巌)
  • 187  委員長(二階堂一男)
  • 188  市長(布施孝尚)
  • 189  委員長(二階堂一男)
  • 190  15番(浅田修)
  • 191  委員長(二階堂一男)
  • 192  農業委員会事務局次長(菅原貞治)
  • 193  委員長(二階堂一男)
  • 194  15番(浅田修)
  • 195  委員長(二階堂一男)
  • 196  農業委員会事務局次長(菅原貞治)
  • 197  委員長(二階堂一男)
  • 198  15番(浅田修)
  • 199  委員長(二階堂一男)
  • 200  産業経済部長(高橋巌)
  • 201  委員長(二階堂一男)
  • 202  委員長(二階堂一男)
  • 203  産業経済部長(高橋巌)
  • 204  委員長(二階堂一男)
  • 205  15番(浅田修)
  • 206  委員長(二階堂一男)
  • 207  産業経済部長(高橋巌)
  • 208  委員長(二階堂一男)
  • 209  15番(浅田修)
  • 210  委員長(二階堂一男)
  • 211  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 212  委員長(二階堂一男)
  • 213  17番(沼倉利光)
  • 214  委員長(二階堂一男)
  • 215  農村整備課長(可野嘉裕)
  • 216  委員長(二階堂一男)
  • 217  17番(沼倉利光)
  • 218  委員長(二階堂一男)
  • 219  農村整備課長(可野嘉裕)
  • 220  委員長(二階堂一男)
  • 221  17番(沼倉利光)
  • 222  委員長(二階堂一男)
  • 223  農村整備課長(可野嘉裕)
  • 224  委員長(二階堂一男)
  • 225  委員長(二階堂一男)
  • 226  17番(沼倉利光)
  • 227  委員長(二階堂一男)
  • 228  防災課長(小野寺茂樹)
  • 229  委員長(二階堂一男)
  • 230  17番(沼倉利光)
  • 231  委員長(二階堂一男)
  • 232  防災課長(小野寺茂樹)
  • 233  委員長(二階堂一男)
  • 234  17番(沼倉利光)
  • 235  委員長(二階堂一男)
  • 236  防災課長(小野寺茂樹)
  • 237  委員長(二階堂一男)
  • 238  17番(沼倉利光)
  • 239  委員長(二階堂一男)
  • 240  防災課長(小野寺茂樹)
  • 241  委員長(二階堂一男)
  • 242  14番(伊藤栄)
  • 243  委員長(二階堂一男)
  • 244  土木管理課長(首藤正敏)
  • 245  委員長(二階堂一男)
  • 246  14番(伊藤栄)
  • 247  委員長(二階堂一男)
  • 248  土木管理課長(首藤正敏)
  • 249  委員長(二階堂一男)
  • 250  6番(浅野敬)
  • 251  委員長(二階堂一男)
  • 252  住宅都市整備課長(吉野晴彦)
  • 253  委員長(二階堂一男)
  • 254  15番(浅田修)
  • 255  委員長(二階堂一男)
  • 256  防災課長(小野寺茂樹)
  • 257  委員長(二階堂一男)
  • 258  15番(浅田修)
  • 259  委員長(二階堂一男)
  • 260  防災課長(小野寺茂樹)
  • 261  委員長(二階堂一男)
  • 262  3番(佐々木幸一)
  • 263  委員長(二階堂一男)
  • 264  住宅都市整備課長(吉野晴彦)
  • 265  委員長(二階堂一男)
  • 266  3番(佐々木幸一)
  • 267  委員長(二階堂一男)
  • 268  住宅都市整備課長(吉野晴彦)
  • 269  委員長(二階堂一男)
  • 270  3番(佐々木幸一)
  • 271  委員長(二階堂一男)
  • 272  防災課長(小野寺茂樹)
  • 273  委員長(二階堂一男)
  • 274  3番(佐々木幸一)
  • 275  委員長(二階堂一男)
  • 276  防災課長(小野寺茂樹)
  • 277  委員長(二階堂一男)
  • 278  1番(熊谷和弘)
  • 279  委員長(二階堂一男)
  • 280  警防課長(鈴木秀彦)
  • 281  委員長(二階堂一男)
  • 282  1番(熊谷和弘)
  • 283  委員長(二階堂一男)
  • 284  警防課長(鈴木秀彦)
  • 285  委員長(二階堂一男)
  • 286  13番(佐藤尚哉)
  • 287  委員長(二階堂一男)
  • 288  防災課長(小野寺茂樹)
  • 289  委員長(二階堂一男)
  • 290  13番(佐藤尚哉)
  • 291  委員長(二階堂一男)
  • 292  危機管理監(星茂喜)
  • 293  委員長(二階堂一男)
  • 294  委員長(二階堂一男)
  • 295  19番(相澤吉悦)
  • 296  委員長(二階堂一男)
  • 297  警防課長(鈴木秀彦)
  • 298  委員長(二階堂一男)
  • 299  19番(相澤吉悦)
  • 300  委員長(二階堂一男)
  • 301  警防課長(鈴木秀彦)
  • 302  委員長(二階堂一男)
  • 303  委員長(二階堂一男)
  • 304  委員長(二階堂一男)
  • 305  4番(氏家英人)
  • 306  委員長(二階堂一男)
  • 307  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 308  委員長(二階堂一男)
  • 309  4番(氏家英人)
  • 310  委員長(二階堂一男)
  • 311  教育長(片倉敏明)
  • 312  委員長(二階堂一男)
  • 313  4番(氏家英人)
  • 314  委員長(二階堂一男)
  • 315  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 316  委員長(二階堂一男)
  • 317  4番(氏家英人)
  • 318  委員長(二階堂一男)
  • 319  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 320  委員長(二階堂一男)
  • 321  4番(氏家英人)
  • 322  委員長(二階堂一男)
  • 323  5番(工藤淳子)
  • 324  委員長(二階堂一男)
  • 325  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 326  委員長(二階堂一男)
  • 327  5番(工藤淳子)
  • 328  委員長(二階堂一男)
  • 329  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 330  委員長(二階堂一男)
  • 331  5番(工藤淳子)
  • 332  委員長(二階堂一男)
  • 333  学校教育次長(千葉一吉)
  • 334  委員長(二階堂一男)
  • 335  6番(浅野敬)
  • 336  委員長(二階堂一男)
  • 337  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 338  委員長(二階堂一男)
  • 339  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 340  委員長(二階堂一男)
  • 341  6番(浅野敬)
  • 342  委員長(二階堂一男)
  • 343  教育長(片倉敏明)
  • 344  委員長(二階堂一男)
  • 345  6番(浅野敬)
  • 346  委員長(二階堂一男)
  • 347  教育長(片倉敏明)
  • 348  委員長(二階堂一男)
  • 349  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 350  委員長(二階堂一男)
  • 351  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 352  委員長(二階堂一男)
  • 353  6番(浅野敬)
  • 354  委員長(二階堂一男)
  • 355  教育長(片倉敏明)
  • 356  委員長(二階堂一男)
  • 357  21番(及川長太郎)
  • 358  委員長(二階堂一男)
  • 359  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 360  委員長(二階堂一男)
  • 361  21番(及川長太郎)
  • 362  委員長(二階堂一男)
  • 363  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 364  委員長(二階堂一男)
  • 365  8番(岩淵正宏)
  • 366  委員長(二階堂一男)
  • 367  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 368  委員長(二階堂一男)
  • 369  8番(岩淵正宏)
  • 370  委員長(二階堂一男)
  • 371  委員長(二階堂一男)
  • 372  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 373  委員長(二階堂一男)
  • 374  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 375  委員長(二階堂一男)
  • 376  8番(岩淵正宏)
  • 377  委員長(二階堂一男)
  • 378  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 379  委員長(二階堂一男)
  • 380  8番(岩淵正宏)
  • 381  委員長(二階堂一男)
  • 382  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 383  委員長(二階堂一男)
  • 384  8番(岩淵正宏)
  • 385  委員長(二階堂一男)
  • 386  社会教育次長(志賀尚)
  • 387  委員長(二階堂一男)
  • 388  8番(岩淵正宏)
  • 389  委員長(二階堂一男)
  • 390  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 391  委員長(二階堂一男)
  • 392  8番(岩淵正宏)
  • 393  委員長(二階堂一男)
  • 394  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 395  委員長(二階堂一男)
  • 396  19番(相澤吉悦)
  • 397  委員長(二階堂一男)
  • 398  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 399  委員長(二階堂一男)
  • 400  19番(相澤吉悦)
  • 401  委員長(二階堂一男)
  • 402  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 403  委員長(二階堂一男)
  • 404  19番(相澤吉悦)
  • 405  委員長(二階堂一男)
  • 406  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 407  委員長(二階堂一男)
  • 408  19番(相澤吉悦)
  • 409  委員長(二階堂一男)
  • 410  1番(熊谷和弘)
  • 411  委員長(二階堂一男)
  • 412  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 413  委員長(二階堂一男)
  • 414  2番(日下俊)
  • 415  委員長(二階堂一男)
  • 416  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 417  委員長(二階堂一男)
  • 418  2番(日下俊)
  • 419  委員長(二階堂一男)
  • 420  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 421  委員長(二階堂一男)
  • 422  2番(日下俊)
  • 423  委員長(二階堂一男)
  • 424  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 425  委員長(二階堂一男)
  • 426  2番(日下俊)
  • 427  委員長(二階堂一男)
  • 428  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 429  委員長(二階堂一男)
  • 430  20番(熊谷憲雄)
  • 431  委員長(二階堂一男)
  • 432  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 433  委員長(二階堂一男)
  • 434  20番(熊谷憲雄)
  • 435  委員長(二階堂一男)
  • 436  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 437  委員長(二階堂一男)
  • 438  委員長(二階堂一男)
  • 439  委員長(二階堂一男)
  • 440  8番(岩淵正宏)
  • 441  委員長(二階堂一男)
  • 442  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 443  委員長(二階堂一男)
  • 444  8番(岩淵正宏)
  • 445  委員長(二階堂一男)
  • 446  市長(布施孝尚)
  • 447  委員長(二階堂一男)
  • 448  8番(岩淵正宏)
  • 449  委員長(二階堂一男)
  • 450  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 451  委員長(二階堂一男)
  • 452  委員長(二階堂一男)
  • 453  委員長(二階堂一男)
  • 454  委員長(二階堂一男)
      平成26年第3回登米市議会 決算審査特別委員会 会議録
 平成26年9月22日(月曜日)
1.出席委員(23名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君       4番 氏 家 英 人 君(副委員長)
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 岩 淵 正 宏 君
   9番 伊 藤 吉 浩 君      10番 中 澤   宏 君
  11番 佐々木   一 君      12番 及 川 昌 憲 君
  13番 佐 藤 尚 哉 君      14番 伊 藤   栄 君
  15番 浅 田   修 君      17番 沼 倉 利 光 君
  19番 相 澤 吉 悦 君      20番 熊 谷 憲 雄 君
  21番 及 川 長太郎 君      22番 庄 子 喜 一 君
  23番 二階堂 一 男 君(委員長) 24番 八 木 しみ子 君
  25番 佐 藤 恵 喜 君
1.欠席委員(なし)
1.遅刻委員(1名)
  12番 及 川 昌 憲 君
1.早退委員(1名)
  19番 相 澤 吉 悦 君
1.その他出席
  議長 田 口 久 義
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君    副  市  長  藤 井 敏 和 君
  総 務 部 長  千 葉 博 行 君    企 画 部 長  秋 山 茂 幸 君
  市民生活部長   神 田 雅 春 君    産業経済部長   高 橋   巌 君
  建 設 部 長  千 葉 雅 弘 君    財 政 課 長  加 藤   均 君
                        教 育 次 長
  教  育  長  片 倉 敏 明 君    (学校教育)   千 葉 一 吉 君
  教 育 次 長
  (社会教育)   志 賀   尚 君    代表監査委員   島 尾 清 次 君
  監 査 委 員  千 葉 良 悦 君    監 査 委 員  田 口 政 信 君
  監 査 委 員               市民生活部
  事 務 局 長  佐々木 義 文 君    次     長  新 井 誠 志 君
  福祉事務所長   熊 谷   一 君    健康推進課長   千 葉 ますみ 君
  市民生活課長   金 野 金 一 君    環 境 課 長  木 村 達 之 君
  国保年金課長   千 葉   清 君    長寿介護課長   菅 原   登 君
  生活福祉課長   鎌 田 信 之 君    子育て支援課長  西 條 利 光 君
                        クリーンセンター
                        所長兼衛生センター
  環境事業所長   阿 部   信 君    所     長  千 葉 祐 宏 君
                        農産園芸畜畜産
  農林政策課長   岩 淵 俊 明 君    課     長  高 橋 一 紀 君
  農村整備課長   可 野 嘉 裕 君    商工観光課長   阿 部 孝 弘 君
  ブランド戦略室長 渡 邊   誠 君    新産業対策室長  伊 藤 秀 樹 君
  登米産食材販売               農業委員会
  促進専門監    佐 藤 嘉 浩 君    事務局次長    菅 原 貞 治 君
  建設部次長                 土木管理課長   首 藤 正 敏 君
  兼道路課長    千 葉   修 君
  住宅都市整備
  課     長  吉 野 晴 彦 君    危機管理監    星   茂 喜 君
                        消 防 本 部
  防 災 課 長  小野寺 茂 樹 君    消  防  長  佐々木 建 待 君
  消 防 次 長  尾 形 善 英 君    予 防 課 長  高 橋 勝 義 君
  消防総務課長   加 藤   勤 君    指 令 課 長  猪 股 久 雄 君
  警 防 課 長  鈴 木 秀 彦 君    学校教育管理監  小野寺 文 晃 君
  教育総務課長   伊 藤 隆 敏 君    生涯学習課長   佐々木 洋 一 君
                        活き生き学校
  学校教育課長   大 柳   晃 君    支 援 室 長  菊   祐二郎 君
  病院事業管理者  石 井 宗 彦 君    会計管理者    千 葉 幸 毅 君
1.事務局出席職員氏名
                        議会事務局
  議会事務局長   佐 藤 昌 彦 君    次     長  佐 藤 真 吾 君
  議会事務局                 議会事務局
  主幹兼議事                 議事・調査係
  ・調査係長    加 藤 善 己 君    主     査  浅 井 顕 裕 君
  議会事務局                 議会事務局
  議事・調査係                議事・調査係
  主     事  主 藤 貴 宏 君    主     事  稲 辺 大 裕 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 認定第1号 平成25年度登米市一般会計歳入歳出決算認定について
          開議 午前10時00分
委員長(二階堂一男君) 皆さん、おはようございます。
 ただいまから、決算審査特別委員会3日目の会議を開きます。
 及川昌憲委員から遅参の届け、相澤吉悦委員から11時ごろから中座の申し入れがあります。
 18日に引き続き議案審査を行います。
 認定第1号 平成25年度登米市一般会計歳入歳出決算の3款民生費、4款衛生費の質疑の途中でしたので、引き続き3款民生費、4款衛生費について質疑を行います。
 質疑に入る前に、9月18日の工藤淳子委員並びに中澤 宏委員に対する答弁漏れがありましたので、答弁をいただきます。
 まず初めに、生活福祉課長、鎌田信之君。
生活福祉課長(鎌田信之君) 福祉タクシー利用実績事業329人の実績内訳でございます。障害別では、身体障害246人、知的障害26人、精神障害57人となっております。また、329人のうち、障害者の中で高齢者に該当する方は204名いらっしゃいます。
 以上で報告とさせていただきます。
委員長(二階堂一男君) 次に、子育て支援課長、西條利光君。
子育て支援課長(西條利光君) 高等技能訓練促進費、これまでの受給者数でございますが、22年度から25年度までには6名の方が修了、准看護師の資格を取得しております。
 以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 以上で補足答弁を終わります。
 それでは、3款民生費、4款衛生費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 成果表143ページ、敬老事業についてお伺いします。敬老祝い金について伺います。
 25年度についての実績がありますけれども、これは前にもお話ししましたけれども、実は登米市はこれを支給するに当たっては、満年齢でその条例ではうたっております。敬老祝い金の支給額は次に定めるとおり満99歳の者は5万円、95歳の者は7万円、99歳以上の者は10万円というふうになっております。これは、満年齢で書いております。この満という考え方をいいますと、例えばことしのこの平成26年で満90歳になりますという方について、この方が4月2日の生まれであったと。そうすると、この方は4月2日の時点で既に満90歳になっております。この方が運悪く8月31日に亡くなったということになりますと、実際は90歳と4カ月と28日、約90歳と5カ月近く満でこの方は生存していたことになります。一方、この来年の3月31日で満90歳になる方、不幸にして9月1日という起算日でありながら、9月2日に亡くなった。満90歳にならなくて、6カ月以上満90歳に足りない。それでもこの方はもらえる。これは不平等だと思うんですけれども、監査委員さん、どなたでも結構です。不平等のこのような状況の支給というのは、監査上いかがですか。簡単にお伺いします。
委員長(二階堂一男君) 監査委員、田口政信君。
監査委員(田口政信君) 議選の監査委員に質疑が来たのは全国でも初めてだろうと思いますが、ご指名でございますので、考え方について。
 あくまでも監査委員でこの件について検討してございませんので、個人的な見解を述べさせていただきますが、どこの基準日でもそういう事態が発生するというふうに私は思いますので、今の規定どおりの基準でずっとやってきていますので、そのことを続けることが大切なのかなと私は思います。
委員長(二階堂一男君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 今、監査委員に感想を聞きました。問題なのは、この基準日の設定の仕方であります。一方では、ほかの条例を見ますと、他の町では満という言い方をしておりません。9月1日で90歳の方で、そのときに住民登録に載っている方。つまり、亡くなった方は、その9月1日ではだめですよという、そういった書き方をしております。しかし、登米市では、満90歳という、満95歳という満年齢でしっかりと条例でうたっております。もしそうであるならば、満に達した時点で、4月だったり5月だったり、その月ごとにしっかりと満年齢に達した方にこの祝い金を支給するのが、本来の平等な支給の仕方ではないかと。さっき言ったように、3月31日までの方は半年以上も満年齢に達していなくてももらえる。これはどう考えても、満90歳を超えて1日が1年の思いで長生きしている老人の方を思うと、あまりにも不平等だと思います。この条例を改正して、平等に支給できるようなそういった条例の改正を市長は考えることができませんか。
委員長(二階堂一男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 100歳の年齢に達された方々につきましては、できるだけ当日にお祝いを届けさせていただいております。誕生日ということで、100歳につきましては大きな区切りということで、お祝いをお届けしているというような状況でございます。90歳、95歳、そういった皆様につきましては、やはりこの敬老の日、この時期にやはりご長寿をお祝いするという趣旨でこの取り組みをさせていただいているというのが現状でございます。そういった意味では、必ず90歳になったときにというようなことであれば、お誕生日の日に皆様のところにお届けをするということになろうかと思いますが、やはりこの敬老行事、敬老祝い金という性格からすれば、やはり一定程度のその区切りの中でお届けをするという形のものが、その期間、特に敬老の日という、国民の祝日というものもございますので、そこと合わせて多くの皆様にお祝いをいただくというような取り組みが肝要なのかなと思っておるところであります。
委員長(二階堂一男君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) そうであれば、条例を変えてください。条例ではちゃんと第3条に、満90歳、満95歳、満99歳と、ほかの町の条例は満年齢は書いておりません。単にその9月15日だったり、9月1日に99歳を迎えた者、90歳を迎えた者という、そういった書き方をしております。登米市は満年齢で書いております。満年齢であるならば、この「満」という字をあえてとって、そして条例を改正しないと、本来の趣旨ではないと思います。やはり、この辺については十分に、どちらにしても検討してもらわないと、せっかく90歳と5カ月、6カ月近く長生きした方は報われない。一方は6カ月以上まだ90歳にならなくてもお祝いしてもらえる。これは年寄りにとって、かなりの不平等だと思います。どちらにしても、もしこの日にやるのであれば、満年齢という「満」という字を条例の中で削除してほしいと思いますけれども、もう一度どなたでもいいです、答弁してください。
委員長(二階堂一男君) 福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) 今、ご指摘があった分については、近隣市町等も確認しながら、その条例の関係についてはちょっとご検討させていただきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) 成果表125ページ戦没者追悼式費の57万2,609円。この事業概要、効果については、大戦の惨禍を風化させることのないようということになっています。この予算でやって、風化させることのないようにと、当然大切なことというふうに私も思ってございます。ただ、今、遺族会の会員の方々、かなり代がわりになって本人ならず、奥様、息子、今は孫の代までなっているのかなというのが現状でございます。風化させることのないようにということで、内容を見ますと、やっぱり遺族とともに戦没者の慰霊を行ったとあります。これで十分なのかと。風化させないためには、一般の方々も慰霊式典、私は案内があって、こういう悲惨な体験をしたんだと。例えば、その遺族の方々の代表のお話を聞くなり、そういう内容のものがあってしかるべきなのではないかなというふうに思います。これで十分とお考えなのかどうか、まず、そこをお聞きします。
委員長(二階堂一男君) 福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) 委員がご承知のとおり、現在、祝祭劇場の会場に遺族会の方々にご案内して開催しているところでございますけれども、会場の都合でなかなか一般の方々にご案内した際、会場の都合で入れないというようなことも考えてございました。実際、今、委員がお話しのとおり、広くご案内を差し上げればいいところでございますけれども、会場の都合で今そういう形で、遺族会の方々の人数を制限させていただきましてご案内を差し上げているところでございます。
委員長(二階堂一男君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) 制限をしてということで、どうでしょう。それが本当に果たしていいのかなというふうに思います。会場を、例えば健康まつりのときは蔵ジアムを利用したり、市内には本当に多くの人が集まる場所があるのではないかなと。ずっと、祝祭劇場でやっていたからこれまでどおりと、前年どおりというのが、今の市のどのイベントでも前年踏襲型という形になっているというふうに思います。特に、来年は戦後70年。そして、登米市にとっては合併10周年、その何周年事業、登米市の場合は5周年も、余計なこともやったのかなという感じはありますが、この節目、ぜひこれは何らかの、それこそ風化させないための式典が必要かと思います。遺族会の方から市長のほうに要望書等も出ておると思いますが、今の段階で市長のこの戦没者追悼式にかける思いを一言聞いておきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 戦没者追悼式の件についてということと、翌年の取り組みについてということでお話をいただきました。まず、この戦没者追悼式の開催時期ということで申しますれば、どうしても夏の暑い時期というような状況がございます。また、ご遺族の皆様も高齢化なさっているというような状況等もあり、会場としては空調がやはり一定程度きくようなところでなければ、なかなかご出席いただくことも大変なのかなというような思いをしているところでございます。
 それから、翌年度の取り組み等につきましては、遺族会さんからさまざまお話もいただいております。そういった意味では、今お話をいただきましたとおり、戦後70周年、合併10周年というような節目ということもございますので、どういった取り組み、また内容等にしていくのか、ご提案をいただいた内容は我々も承知しておりますので、その内容と全体の整理をしていかなくてはいけないと思っております。ただいま、内容等については検討中ということでございます。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 3次救急に対する負担金について、お尋ねしたいと思います。成果説明書174ページでございます。
 本市では、大崎市民病院、それから石巻赤十字病院の救急センターそれぞれに負担金を出しておりまして、平成24年度につきましては、大崎市民病院へは1,490万円。それから、石巻赤十字病院には880万円。それが、おのおの1,900万円、それから2,700万円と、かなり負担金が25年度多くなっています。これはどういった基準で負担金の額が決まるのかなということで、説明いただきます。
委員長(二階堂一男君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) 石巻赤十字病院の負担金増額の理由、それから、大崎市民病院の負担金についてでございますが、石巻赤十字病院の負担金につきましては、平成24年度までは各市・町の負担金額を抑えるために損失額を最小限度としておりましたけれども、平成25年度から自治体の救命救急センターに対する負担金が特別交付税措置されることから、特別交付税措置される額の限度額の1億4,462万5,000円を、従来の人口割と実績割により負担金を構成市町村で案分したことによります。
 また、大崎市民病院につきましては、25年度に負担割に関しての見直しを行いまして、従来、人口割50、実績割50とされてきたところを見直しをかけまして、人口割3分の1、実績割3分の2として実績割を中心にされたものということで、24年度実績から25年度実績が大幅に変わっております。
 以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 大崎市民病院、それから石巻市民病院、それぞれ今の説明ですと、実績が多くなっているんだと。要するに、登米市からの患者の輸送が多くなっているというふうな感じに捉えることができます。本市においては救急外来棟なるものが建設されまして、そこでいわゆるなかなか対応できないと。対応できない患者が多く、石巻あるいは大崎のほうにお世話になっていると捉えていいんですか。
委員長(二階堂一男君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) 救急救命とそれから2次救急ということで、登米市の救急医療は行われているわけですけれども、登米市内の医療に関しましては、1次診療、2次診療ということで休日・急病医療業務ということで実施しております。あと、救命救急につきましては、大崎市民病院、それから石巻赤十字病院ということで、重度の方はそちらのほうにということで対応しておりますので、症状によって重症度によってそれぞれ利用されているというところでご了解いただきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) それでは、185ページ、ちょっとワクチンのことについてお尋ねしたいと思うんですけれども、子宮頸がんワクチンついてであります。
 この実績、昨年度に比べて16.5%ということであります。平成24度は1,907人がワクチンを接種し、平成25年度はそれが314人に減ったと。この理由は、国で接種を控えるようにというふうな勧奨があったからということでございますけれども、本市において副作用ですかね。そういった症例はありますか、ありましたか。
委員長(二階堂一男君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) 現在のところ報告されておりません。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。佐藤恵喜委員。
25番(佐藤恵喜君) ちょっと時間がないので簡潔にしますが、成果説明185ページに予防接種事業費、その状況一覧表もあります。市長はこの間、各議員の質問に対して、子ども医療費無料化の拡大をということに対して、本市は予防接種で頑張っているからいいんだという答弁を繰り返しております。
 そこで、委員会で、県内の任意予防接種費用助成状況はどうなっているか資料を求めたところ、丁寧な資料をいただきました。例えば、ロタウイルス。登米市だけではありません。専売特許ではないんですね。おたふく風邪にしても、成人の風疹にしてもそうです。それで、一つだけ、ロタウイルスでいえば、全額助成は7自治体。その中には栗原、七ヶ宿、色麻、加美、女川というように、全て中学校卒業まで子ども医療費助成をやっている自治体です。ということで、市長の言い分というのは通用しなくなったのではないかと思うんですが、一言だけ市長から。
委員長(二階堂一男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 今、ご質問をいただきました。この予防接種ワクチンの取り組みということだけではなく、やはり全体としての健康づくりをしっかりと進めていくということでお話をさせていただき、その例の一部としてこのワクチンの接種についてお話をさせていただいております。
 それから、ご質問をいただいております子ども医療費の無料化ということでございます。今、委員もご承知のとおり、市として子ども・子育てに関するさまざまな取り組みをしております。そういった状況の中で、これから特に必要と思われる取り組み等について、やはり検討していかなくてはいけないということで、内部的に今検討を進めているような状況でございます。内容等整理をしながら、またその取り組み等については議会にもご提案を進めながら、その取り組みを進めていくというような今考え方で進めておりますので、内容等については今しばらくお待ちいただきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 成果報告書の169ページ、生活扶助費でお伺いします。
 この世帯数と人員と金額が書かれていますけれども、この扶助費、いくらぐらい、最高額で何ぼもらっているのか。最高と最低の差があると思うんですけれども、これがわかればお知らせ願います。
委員長(二階堂一男君) 暫時休憩します。
          休憩 午前10時24分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時24分
委員長(二階堂一男君) 再開いたします。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) 今の質問なんですけれども、世帯状況、それから受けている扶助等によってちょっと違いがございますので、ちょっとその辺、手元に資料がございませんので、改めまして資料をご提出したいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) わからないということで、お願いします。なぜこういうことを聞くかというのは、ひとり暮らし、あるいは状況はみんな違うんですけれども、国民年金もらっているよりももらっている。そしてまた、パートで働いている人よりもただいて、もらっているのが大きくなっているときがあるのではないかなというふうな感じもしたので、今聞いてみました。世の中不公平が、さっきからこの話が出ていますけれども、まずは保護するのはそれはそれで、日本というのは福祉が非常に行き届いているので、そのようなことになりますけれども、やるならやるにしてもその辺のところですよね。ちゃんとしたルールにのっとってやっていると思いますけれども、まずは参考までに聞きました。
委員長(二階堂一男君) 答弁要りませんね。ほかに質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
 これで、3款民生費、4款衛生費の質疑を終わります。
 ここで説明員の入れかえのため、暫時休憩します。
          休憩 午前10時26分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時29分
委員長(二階堂一男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費について質疑を行います。
 質疑に入る前に、農村整備課長より資料の訂正の申し出があります。これを許可いたします。農村整備課長、可野嘉裕君。
農村整備課長(可野嘉裕君) まことに恐れ入りますが、主要施策の成果説明書の訂正についてお願い申し上げます。
 訂正の内容でございますが、成果説明書の245ページでございます。12細目中山間地域等直接支払交付金事業費の10行目でございます。推進事務事業の後に、下から2番目です。「17万9,929円」と推進事務事業費の金額を記載いたしましたが、「17万9,925円」の誤りでしたので、訂正していただきたいと思います。お願いいたします。
 次に、247ページでございます。14細目農地・水保全管理支払事業費の11行目でございます。下から6行目でございます。共同活動支援98組織の次に、「6,969ヘクタール」とありますが、「7,571ヘクタール」の誤りでございましたので、訂正していただきたいと思います。
 ここに深くおわび申し上げますとともに、ご訂正のほどよろしくお願い申し上げます。
 以上です。
委員長(二階堂一男君) それでは質疑に入ります。
 質疑はありませんか。庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) 5款の204ページ、補助金関係のことについて、ここにシルバー人材センターへの事業補助金として2,600万円計上してございます。平成25年度には、補助金交付基準が策定されてございます。それで、施策の成果12ページを見ますと、補助費、これが全部該当するかどうかはでございますが、24年対比で25年度は2億1,800万円ほど減額されてございます。いろいろ行革の資料を読みますと、収支状況等々、交付団体に対して調査分析をしたということでございますが、大きくどのように見直し、あるいはなされたのか。シルバー人材センターについては後ほどお伺いしますが、これはたぶん登米市補助金検討委員会、副市長が委員長さんをされていると思うんですが、基本的なことを。この実施状況を調査、分析したと。収支収入のことは、ここに記載されてございますので、具体的にどのような見直しをされたのかお尋ねします。
委員長(二階堂一男君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) 行革の大綱の推進担当部でございます、企画部からまずお答えしたいと思います。
 補助金につきましては、行政改革の実施計画の中で、その持続可能な財政基盤の確立の中の健全な財政運営の推進経費という中で、節減、合理化の中で整理を行わせていただいてございます。そういった中で、補助金の整理、合理化という項目がございまして、それで23年度と24年度について交付基準の策定を行うという計画でございました。
 その内容でございますけれども、25年度においては、その補助金の見直し方針の策定ということで実施してございまして、例えば、補助金の使途が適切であることをまず前提に、その補助金の必要性、あるいは妥当性、そういった判断する検証基準、それをまず決めましょうというふうなことで、25年度において実施したところでございます。その内容的には、その補助金の公益性、社会的ニーズ、それから有効性、積算基準の明確性、それから補助金の交付額の妥当性というふうなことで、この5つの視点で検証を行うこととしておりまして、それぞれの補助金等の予算措置の前に、交付要綱の整備の際に、その適正化審査委員会を開催しまして、審査補助金の、それから交付の決定をするということでございます。
 そういったことから、25年度においてはその基本方針の策定をしたところでございますので、その先ほどの補助費の直接の補助金額の減少というふうなところの結びつきの活動ではなくて、今後の補助金のあり方の検討方針をまず作成させていただいたというふうな、そういったことでございます。
委員長(二階堂一男君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) この12ページの性質別決算の補助費等、これは先ほども話しましたが、この補助金関係、全部包含しているとは思ってございませんが、23年度から24年度につきましては3億272万円ほど増額され、25年度は前年対比2億1,844万円5.6%減じられてございます。
 いろいろこの補助金の交付基準、今、社会性、公益性、団体育成というようなこともあろうかと思いますが、大きく補助金を削減した、団体名は結構でございますが、著しく2億円も減じられたということになれば、団体名は結構でございますので、どういう観点からどの程度大幅に、特色のある削減の仕方だったり、そういう検討をされて補助金の交付をしたと思うんでございますが、お知らせいただきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) それぞれ個別の補助金の内容を今ちょっと把握しているものがございません。補助金全体につきましては、25年度の当初予算ベースでは240件ございますので、そういった部分の中で24年度と比較いたしまして、予算計上が低かったという部分を考えますと、まず一つは国、県の補助金の財源を一部として充てる事業補助という、いわゆる国県の補助事業です、そういったものが当初予算ベースでは約30%ほど下がってございました。というのは、前年に震災関係のものが多かったということもありますので、その辺が一番大きな要因かなと考えてございます。そういったところでございます。
委員長(二階堂一男君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) いろいろ国県の事業等々、あるいは社会的ニーズということで、耐震診断とか地域産材の活用事業等々の新しい事業もありますし、また子育て支援では子育て支援対策事業費補助金等々、新規にもございます。そういう中で、今、国、県の絡みのことについてはいいんですが、一応団体の自立促進という観点から補助金の見直しもされていると解してございます。今、部長のご答弁では、当初から国県絡みの何が少なくなったからということであるならば、いろいろ団体の自立促進等々に関する補助金は見直していないと。これから削減を、年次で削減された団体もありますが、そのある程度団体の自立促進を促せば、自立されていると思えば、その補助金の対象を見直すというような考えがあろうかと思うんですが、その辺のお考えは。
委員長(二階堂一男君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) 補助金、大きく先ほど申し上げました国県補助金絡みの部分と、それから市の単独補助の部分があります。それから、団体に対しては、いわゆる運営費補助という形で出ているものもございます。その運営費補助等につきましては、登米市の運営費に関するその補助割合なり、あるいは団体の会員の人数に対しての割合なり、そういったものの適正規模というふうな部分を算定していかなくてはいけない部分もあるのかなと思ってございます。そういったことを県内の他市町村の事例も含めながら、見据えながら、それからあとその運営補助の次年度への繰り越し金額の大きさとか、いろいろございますので、そういったところを総合的に検討しながら、その積算基準の明確化を図っていかなければならないものと思ってございます。
委員長(二階堂一男君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) そこで、5款のシルバー人材センターの高齢者就業機会確保事業補助金として、2,600万円計上してございます。これは、年々補助金を削減いたしてございます。今後どのようになるか。例えば、この施策の成果の報告書を見ますれば、23年と24年を比較すると、277件、3,891万円ほどアップしていると。受託の実績ですね。25年度は、188件で36万円ほどの事業費がアップされていると。先ほど企画部長のお話であれば、いろいろこの補助交付団体の県内のいろんな状況等々を鑑みて調整をしたいというお話でございます。シルバー人材センター、非常に多岐にわたって、市民生活の中でご活躍をいただいて大変ありがたいことでございますが、非常に3億、4億円ぐらいの受託実績。ちなみに、登米市で一般会計の13節を見ますと、シルバー人材センターに市で1億円ほど一般会計で委託をなされております。今後、この育成、あるいはその補助金の見直し等々、あるいは補助金はこのままでずっといくのか。その辺の考えを担当部長からよろしくお願いします。
委員長(二階堂一男君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) シルバー人材センターの補助金の件でお尋ねがございました。
 シルバー人材センターにつきましては、平成20年度4,400万円の補助でございましたが、その後5カ年で2,600万円までの減額という計画を立てまして、25年度2,600万円ということでございます。その考え方につきましては、県内のシルバー人材センターへの補助金の額、これを参考にいたしまして、1会員あたり2万6,000円が適当な額ではないかということで、会員1,000名でございますので、2,600万円ということで削減をしてまいりました。
 現在、他市の状況を見ますと、平均で2万7,000円程度ということになっておりますので、登米市のシルバー人材センターへの補助金の額というものは、現段階では適正な額ではないかなと考えております。
 それから、市の発注ということでお話がございました。市からの発注につきましては、おおむね一定額で推移しております。今後もそういった形で推移していくのかなと、そのように考えております。よろしくお願いいたします。
委員長(二階堂一男君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) 団体当たりの、今、適正なということでございますが、トータル的に見ますと他のシルバー人材センターは、こんなに補助金をもらっていないように私は感じてございます。そのかわり、市の仕事、先ほど一般会計で1億円ほど、あるいは病院とかさまざまなのもあるともっともっとあると思うんですが、補助金の削減をもっと、交付基準の中で団体育成ということに私は解してございますが、事業費の補助という観点からになりましょうか。少し補助金を削減して委託料をふやして、そういうところで高齢者の就業機会もふえると思いますし、そういう考えと申しますか、そういうふうに私は思うんでございますが、検討委員会の委員長さんにお尋ねしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 副市長、藤井敏和君。
副市長(藤井敏和君) お話しのとおり、シルバー人材センター、そもそもの理屈というのが、高齢者の就業機会をいかに確保するかということの中で、登米市の中で高齢者の皆さんがお集まりいただいて、一つの組織として大きな力を発揮していただいているという部分については評価させていただきたいと思いますので、この部分の運営に関して、今、委員がお話しのように、それをその事業として支援するのか。あるいは、一定の運営費として支援するのかというあたりのバランスが必要なんだろうと思ってございます。基本的には現在は県内の中では適正な補助水準だと、支援水準だと思ってございますが、なお、先ほど申し上げたような観点を含めて、これからもいろんな動向は注視させていただきたいと考えてございます。
委員長(二階堂一男君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 269ページ、1細目観光費の19節負担金、補助金及び交付金についてでありますけれども、総額では平成24年度と比較で215万6,375円の減額でございますけれども、補助金についてでございます。この中で、減額になっているもの、また増額になっているもの、それから変わらないものがありますので、増減のあるものをちょっと読み上げさせていただきます。
 東和の秋まつり補助金3万円の減、2013よさこい&ねぷたinとよさと補助金17万円の減、ふるさと米山秋まつり補助金8万7,000円の減、まるごといしこしまつり補助金3万円の減、石越町冬のまつり補助金7万円の減、もっこり牛まつり補助金7万円の減、もくもくランド秋祭り補助金3万円の減、もくもくランドイベント補助金4万円の減、以上が減でありまして、唯一増額になっているのが、なかだの秋まつり補助金3,125円の増額でございます。3,000円です。その他は変わりございません。ちなみに登米市観光物産協会補助金765万円、これは一番高いんですが、変わっておりません。ということで、まずこの昨年度の個々の補助金は、どのような基準で決定したのかをお伺いいたします。
委員長(二階堂一男君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 補助金の件でお尋ねがございました。補助金につきましては、今、委員がお話しのように、平成25年度、主に町域のイベントについて減額をさせていただいたところでございます。一つ一つの事業につきまして精査をいたしますと、補助金がその事業の多くの割合を有している補助金、あるいは協賛金ですとか、さまざまな負担をいただいて実施しているイベント、そういった多岐にわたっているのが実情でございます。平成25年度につきましては、そのうち町域に係るイベントにつきまして、こちらで検討させていただいて、事務局にもこちらの考え方をお伝えして、一定の額の削減にご協力いただいたところでございます。
 なお、それ以外の補助金につきましては、現在産業経済部でイベント補助金のあり方について検討中でございますので、それ以外につきましては、27年度の中で一定程度反映させていただきたいと考えております。
委員長(二階堂一男君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) やっぱり、イベントも私も携わっておりますけれども、人口減少、あるいは高齢化、さらに来場者の減少など、本当に運営自体厳しくなっているのが現状でないかと感じております。本市も合併して10年目に入りましたので、やっぱり特にこういったイベントの補助金に関しても、必要なところにはしっかりと出すと。また、出し過ぎないという部分で今答弁もいただきましたけれども、しっかりと検討していただきたいと思いますので、もう一度お願いいたします。
委員長(二階堂一男君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 今、お話しいただい点を踏まえて十分検討させていただきます。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) 成果説明書214ページから農業委員会の。荒廃地252ヘクタールありますが、この対策といいますか、どのような中身で対策を行いましたか。それから、その上の面積1万8,985ヘクタールとありますが、ちょっと今農業センサスの2010年の面積を確認したら1万6,272万、この違いは恐らく減反、あるいは畑地、山林等々ありますが、その差がこの2,713ヘクタールよりあるのかどうか確認したいと思います。
 それから、215ページ、1日1億円創出プランの検証を行って、ことしは21億8,000万円の減、いろいろな条件が重なって、それで来年のこの目標を見ますと、これはたぶんJAの米への買い入れ価格が8,500円と思った以上に下がって、来年の目標が159億8,000万円の米の売り上げで、達成率が90.8となって、畜産が143億2,000万円、105.8ということでございますが、この目標は目標でありますが、この減少を何でカバーするかという対策をお聞かせ願いたいと思います。
 それから、232ページ、有機センター、50%の利用率を超えたのは、南方55.3、豊里76.1かな、あと4地区は稼働率が5割以下ということで、この対策、恐らく放射能の関係もあったと思いますが、今後の取り組みの方法。それから、237ページの繁殖素牛導入、肥育素牛導入、これは継続すると思いますが、茂洋で継続するか。それから、素牛導入で手いっぱい申し込みがあった時点で、全部補助をしているかどうか、確認したいと思います。
 それから、256ページ、松くい虫の関係でございます。対策といたしまして、各委託先は森林組合でありますが、伐倒が300本。それから樹幹注入がありますが、これからも松があるうちは、継続してやるんでしょうかね。今後の見通し、松くい虫に関する考え方。
 以上、お願いします。
委員長(二階堂一男君) 順次、答弁願います。農業委員会事務局次長、菅原貞治君。
農業委員会事務局次長(菅原貞治君) 耕作放棄地の問題ということでございます。
 まず初めにですけれども、調査対象農地の面積の違いでございますけれども、この面積は農業委員会で持っております農地管理システムでの田んぼ、畑、樹園地の面積でございます。
 それから、今後、耕作放棄地の問題をどういうふうにやっていくのかということでございますけれども、耕作放棄地の問題は農業委員会の業務の中でも大きな問題の一つと、課題の一つと考えております。これらにつきましては、平成21年度の農地法の改正におきまして、農業委員会では全ての農地について、農地利用状況調査をすることが義務づけられました。それで、昨年の調査結果で、約252ヘクタールの耕作放棄地が確認されたわけでございますけれども、そのうち約100ヘクタールですけれども、それが再生可能と思われる荒廃農地、それからあと150ヘクタールが森林原野化したものということで確認しております。
 この農地所有者に対して、荒廃した原因の聞き取りを行いました。その中で、約24%の方が高齢化という原因ということです。それから、58%の方がその農地の耕作条件が悪いということでございましたことから、この多くのものが耕作放棄地の条件不一致ということのために生じているのではないかなと思っております。
 今後の対応としましてですけれども、まず150ヘクタールの森林原野化したものにつきましてですけれども、農地に再生することが困難なことから、本人の申請によって山林等への非農地証明処理といいますか、そういった形で農地から外すということをやっていきたいと思っております。
 それから、次に再生可能と思われる100ヘクタールの農地なんですけれども、そのうち約50ヘクタールが農振農用地内というふうになっております。この部分について、農地の再生に向けて取り組みをやっていきたいなと考えております。なお、農地の再生に当たりましては、耕作放棄地再生利用緊急対策交付金という事業がございまして、その活用を進めてまいりたいと思っております。
 以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 農林政策課長、岩淵俊明君。
農林政策課長(岩淵俊明君) 215ページの1日1億円の創出プランの検証についてのご質問にお答えいたします。
 品目の中で、米と畜産の部分についてお話がございましたが、畜産につきましては目標に対して、平成25年値が表のとおりでございますが、米についてはどう今後考えるのかというご質問でございますが、表にありますとおり、目標年に対して90.8%となってございます。平成26年産米の米価の状況等を見ますと、最低水準というような状況下にございます。今後の目標額の考え方につきましては、現在産業経済部内で諸計画の見直しの業務が進行中でございます。この計画の中で、品目、米につきましては、米価の状況であったり、国の政策の動向であったり、その辺、諸環境の条件を踏まえた中で目標年における算出額の目標額を定めてまいりたいというように考えてございます。
 以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 有機センターの利用率についてのご質問でございます。
 有機センター、平均利用率45.2%という状況になってございます。その内訳でございますけれども、迫、とよま、石越、この3つの有機センターで汚染堆肥がございまして、平成25年度中、その出口対策として、その汚染堆肥の袋詰め等を行っております。その際に、有機センターを稼働停止させてございます。その関係で搬入ができなくなりまして、利用率が下がったというふうな状況となってございます。
 それから、もう一点、畜産総合振興対策事業についてのご質問でございます。
 繁殖素牛導入事業、茂洋で実施していくのかというご質問でございます。平成26年度につきましては、茂洋で実施いたしてございます。27年度以降につきましては、関係機関と相談の上、新たな対象牛を検討させていただければと思っているところでございます。
 それから、導入に対して全て補助しているかというご質問でございますけれども、これに対しては繁殖素牛導入事業116頭、平成25年度でございまして、それに対して全て助成を行っております。
 肥育につきましても295頭申請がございまして、それに対して全て補助をいたしてございます。
 以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 農林政策課長、岩淵俊明君。
農林政策課長(岩淵俊明君) 256ページの森林病害虫等防除費の関係で、13節委託料の業務のうち松くい虫の樹幹注入の件でご質問がございましたが、委員がご承知のとおり、松くい虫の対策につきましては、調査、そして業務の実施ということで、なかなか大変な分野でございますが、25年度の樹幹注入につきましては、市内の3公園について樹幹注入をしておりますが、樹幹注入といいますのは、松枯れの防止というのを主たる目的として実施してございます。したがいまして、私どもとすれば、年度計画に沿って経年これまでも実施してきておりますので、今後も市の公園管理という部分で必要な業務だろうというように考えてございますので、継続して実施してまいりたいと考えてございます。
 以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) 農用地、かなり再生可能な面積は100ヘクタールぐらいあると、そのうち50町歩は可能だと。あとは、150ヘクタールは非農地証明で再生不能という考え方ですが、その再生可能にするのにはいろんな太陽光発電とか、あるいは今朝の新聞にも出ましたレンタルカウといいますか、牛を貸して放牧して防ぐとか、そういう来年に向けてのそういう発想。あるいは、今太陽光発電とかメガソーラー、そういう農地にも可能な時代になりました。今までそういう面積がありまして、今後そういう可能な面積はなかったんですか。検討はしたでしょうか。
委員長(二階堂一男君) 農業委員会事務局次長、菅原貞治君。
農業委員会事務局次長(菅原貞治君) 太陽光パネル等の設置ができないのかということでございますけれども、特に荒廃農地につきましては、「再生可能エネルギー電気の発電の促進に関する法律」というものが平成26年5月1日に法律が施行されました。それにつきましては、市町村で国の指導のもと基本計画を作成しまして、その計画に基づいて事業所が認可申請をすると。それで、認可申請になった場合には、農地法の許可があったものとしてそういったパネルができるというものでございますけれども、ただこれにつきましても、優良な1種農地というんですか、そういったものについては太陽光発電はできませんので、1種農地内のそういった遊休農地についてはできるという形になっております。ただ、まだこういったものについての計画づくり等は進んでおりません。
 以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) それから、素牛導入でございますが、米にかわる畜産という、今度恐らく売り上げなんかも逆転すると思います。やはり、3年後の全国和牛能力共進会に向けて今繁殖も減っている状況でございます。なぜ減っているかというと、やはり年をとった方がもう飼えないとか、そういうなぜ飼えない条件かを、その条件をクリア、払拭してあげれば頭数継続になると思いますが、そういう条件整備といいますか、JAと協議して、キャトルマンションとかそういうのをやらないと、米がこのとおり8,500円、やはり耕畜連携の中で、畜産振興で空き馬屋の利用とか、いろんな手だてはあると思いますが、老人がなぜ飼えないかと、そういうようなやっぱり条件をクリアして、1頭でも2頭でも飼いたいというようなそういう条件整備をやったらいかがと思いますが、その辺の考え方。そして、制度的に今、妊娠牛を5年とかで区切らないで、10歳まではとれますので、その条件、あまり厳しくすると借りる人がいないので、その条件緩和も考えてはいかがかと。その辺の条件緩和の考え方をお聞かせ願いたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) キャトルマンションについてのご質問かと理解いたします。
 なかなか市が事業主体となってキャトルマンションを実施するというのは、難しいというふうには考えてございます。いかなる方法があるか、農協さんとも協議をさせていただければと考えておるところでございます。
 それから、俗にいうはらみの導入かと考えてございます。一定の年齢までにつきましては、現在の導入事業の中で対応させていただいているところでございます。それ以降、10歳というお話ではございますけれども、その牛の耐用年数等もございますので、それらを含めて検討させていただければと思っております。
委員長(二階堂一男君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。質疑の途中でありますが、ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午前11時07分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時16分
委員長(二階堂一男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 ほかに質疑はありませんか。佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 238ページの園芸振興費ですね。決算額で2,323万円ということですね。畜産振興と比べても、畜産振興の決算は2億3,573万円、10分の1ですね。こうした予算額に対して、半分以下ということで、だいぶ少ない。余しているように思いますけれども、どうしてなのでしょうか。お伺いします。
委員長(二階堂一男君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 園芸振興費の補助金に対するご質問かと理解いたします。
 園芸産地拡大事業補助金につきましては、予算額4,629万5,000円の予算でございました。執行が1,760万円という執行となってございまして、2,800万円ほどの不用額が発生してございます。これにつきましては、年度末になりまして、資材等の助成を行っておったわけなんですけれども、26年4月からの消費税引き上げなどを控えて、ビニールの張りかえや施設の更新などの駆け込み需要があるものと想定をいたしてございました。そのために、不用額ということで落とさないでおったわけですけれども、結果的に伸び悩みまして不用額が発生してしまったという状況でございます。
委員長(二階堂一男君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 不用額が発生しないような、やっぱり取り組みが必要だと思います。中田種苗供給センター、この関係で、やはりできるだけ安価な苗を購入したいという農家の意向だったんですが、ことしいろいろ苗が値上がりしておりまして、なかなかこれは園芸振興からいっても大変だなと思いますけれども、この辺の状況をつかんでおりますでしょうか。
委員長(二階堂一男君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 中田種苗供給センターの苗の供給につきましては、25年度生産から若干の値上げをさせていただいたと聞いてございます。中田農業公社の経営改善に向けた、計画の一環と理解しているところでございます。
 それから、特殊ではございますけれども、ワクチンの接種した苗等の販売も行っているということから、苗の単価が上がったというふうに聞いております。
 以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) そうしたところに、市として任せているだけというのはやっぱりいかがなものかというふうに思います。
 それから、負担金、補助金の交付金状況なんですけれども、宮城県の青果物価格安定総合補償、登米市の青果物価格安定総合補償協会ということでの負担金ですね。それから、その園芸産地拡大の事業補助金ということで見ましても、件数で77件、1,760万円という金額。この辺を具体的に、やっぱりどうしなければいけないのかという部分では何か考えているでしょうか。
委員長(二階堂一男君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) まず、苗につきましてですが、新技術導入に伴う事業につきましては、園芸産地拡大事業の事業の中の園芸産地育成新技術支援事業等で実施いたしてございます。資材購入の一部の助成になればということで、補助事業は実施しているところでございます。
 それから、青果物価格安定総合補償制度についてでございますけれども、県の制度につきましては、70%から90%までの20%を補償する制度。あと市の補助につきましては、90%を超える分の価格補償をする補助制度でございます。それぞれかかった金額を市、農協、それから生産者の負担分に応じて、負担をしているというふうな状況となっているところでございます。
委員長(二階堂一男君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) この間、やっぱり米の値段が今回急激に仮渡しが下がりまして、園芸振興に力を入れていくということでのその市長の方向も出されました。この間は、やっぱり安定したこの米に誘導されてきたんですけれども、やっぱり特別に力を入れる必要があるのではないかなと。こうした価格補償であるとか所得補償であるとか、そうしたことも含めて、もっと真剣に園芸振興するんだよというふうな方向がやっぱり示されていないということで、これは市長がこの間ずっと言ってきたことでもありますし、やっぱり特別な市長の思い入れなり、力を入れた政策なりということを推進するということですね。はっきりしていかないといけないのではないかと思いますけれども、いかがでしょうか。
委員長(二階堂一男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 園芸振興の部分で、大変なかなか難しいというようなお話をいただきました。もちろん、産地として形成をしていくに当たって、なかなか作付、作柄が一定しないというような状況等もあるというようなことから、この青果物価格安定総合補償制度を導入し、支援をしておったというような状況でございます。
 また、園芸の拡大、産地化ということにつきましては、市単独だけで取り組みがなかなか十分にできることは大変難しいというような状況等もございます。そういった意味では、市と生産団体等とも連携をしながら、しっかりとした取り組みを進めていかなくてはいけないと思っております。そういった意味では、生産の現場の実態をいち早くその流通、また需要家の皆さんにおつなぎをしていくことで、その取り組みを今現状は支援しているというような状況でございますが、もっと大きい規模で取り組みを進めて行くというふうな事柄になれば、市単独だけではなかなか十分な成果を上げることは難しいと思いますので、そういった部分につきましては、農協さん等ともしっかりと連携をしながらその取り組みを進めていきたいと考えております。
委員長(二階堂一男君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 秋田県の大潟村でもカボチャを初め野菜に相当力を入れて取り組んできて、成果を上げているんですよ。やっぱり、米の単作地帯という同じような条件もありますし、その辺しっかりと学んでいただかないと、この先ますますこの地域が先細りしていくということなので、その辺、今の市長の答弁を聞いた中では、何をどこにどういうふうに向けていくのかという具体的なことが全然見えないということで、やはり大変今の答弁だけでは先が見えないのではないかなと思いますけれども、もう一度お願いしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) ですから、要するに市の一存で産地形成をするというようなことは、なかなかそう簡単にはいかないということがございます。生産者の皆さんともしっかりと連携をしながらその取り組みを進めてまいりたいと考えております。
委員長(二階堂一男君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。中澤 宏委員。
10番(中澤 宏君) 今の13番委員に続いて質問いたします。あまり本当は言いたくなかったんですが、何か答弁があまりよくなかったと思ったので、質問させていただきます。
 市長も所信表明では、園芸振興を米、野菜に次ぐ3つ目の柱にしたいということでございましたから期待をしておりました。しかし、今も言われたように、予算額に対して50%を切る決算額だったと。
 それで、一つ、特に露地野菜を振興したいんだという話がありました。この中に、露地野菜用の資材整備事業については、補助の金額が13万3,000円、わずか2件の申請であったというふうなことです。露地野菜は相当つくっているようにも思うんですが、要するにこういうこととはどういうことなんだろうと。需要なくして施策の浸透なし。要するに、市長の思いは農家には届いていなかったと。届け方が悪かったとか、そうした総合的な点検をどのように行ったか、まずお尋ねしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 園芸振興費のほとんどを占めます園芸産地拡大事業補助金でございました。これは産業経済部と、それからJAとこの事業組み立てについては打ち合わせをしながら、この間実施してきております。特に25年度につきましては、大幅な補助金額のアップを図ってまいりました。その実施推進方法につきましては、これは農協さんの各生産部会、園芸に関する生産部会の総会等に出向いて、その中でチラシを配りながらPRをし、取り組みの推進を図ってきたということでございますが、結果として、先ほど課長から一点ほどその理由と思われる点をお話し申し上げたわけですが、現在の園芸、野菜、花も含めて、なかなかかつてのような取り組みのムード、力、そういったものが現場ではなかなか感じられないというのが現状でございます。したがって、具体的にこれからどのように進めていくのかという点については、県、それからJAと部長級、あるいは課長職員級で今話し合い、詰めている状況でございます。団地化を何とか図ってまいりたいと、進めているところでございます。
委員長(二階堂一男君) 中澤 宏委員。
10番(中澤 宏君) 団地化、私も一つの町に10ヘクタール規模の団地を1つずつ、1団地10億を目標に頑張ってくださいというふうなことを言ったこともありました。ただ、部長ね、今聞いていると、要するに農協と相談したからとかなんかと言われましたけれども、実際、農家には浸透していないですね。たぶんそう言うと思ったんです。でも、それは大きなやっぱり見方の誤りだと思います。これは今言うように、今園芸振興の進め方というのは大変難しいですね。もっと圃場に入って、農家と手をとって、一つ一つの制度を受けた農家がセールスマンになって、こうした制度を受けたと、こうしたやり方があるんだと、セールスマンになって進められるような、そうしたもっと密着した関係をつくっていかないと、これはだめだと思います。ただつくればもうかるというものではありません。一生懸命頑張って努力をした人なんですね。だから、その努力を一生懸命に一体となって支援するような、そういう密な関係をつくっていくことが必要だと思いますけれども、担当者この半分しかある意味では仕事をしていないということになりますからね。努力の成果が見えないわけですから。今度は足りなくなって補正を組むくらいに、私は期待したいと思うんですが、課長から一言お願いします。
委員長(二階堂一男君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 補助の執行についてのご質問でございます。
 確かに、補助事業のパンフレット等を持って総会等にお邪魔をさせていただきました。その中で、事業の内容等、お話をさせていただいた面も多々あったわけなんですけれども、その中で、各部会の皆様がその補助の内容についてよく知らなかったという点が多々ございました。確かに、PR不足であったというふうに感じておるところでございます。今後、ますます部会等歩きまして、PRに努めさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
委員長(二階堂一男君) 中澤 宏委員。
10番(中澤 宏君) 部会に話せばいいというか、農協に話せばいいというか、そういうことでないスタンスを期待したいんですね。もっと、例えばさっきのビニールの張りかえ、農家は決まっているわけです、大したないんだから。そうすると、だいたい話せばわかることですよ。だから、そこら辺で何ていうか、他力本願というか、もっと足の突っ込み方が私としては足りないのではないかというように思うんです。
 それから、露地野菜については、一つ一つが小さいたぶん補助事業だと思います。ビニールを1本買えば何千円とか何百円の補助だと思います。それが、要するに何百万も何千万もするような機械の補助と同じだったらば、面倒くさくてそんなのいいよと言われるかもしれません。いろんな意味で改善の余地ややり方、進め方というのはあるように思うんですね。もう少し抜本的にどう園芸を振興させるか、そのことを考えてほしいなと思います。部長から一言もらってやめます。
委員長(二階堂一男君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 具体化する方策をただいま真剣に検討中ということでございます。市の職員が直接農家とかかわりを持って進めているというふうな現状でもそうありますし、なお、JAとあるいは生産者団体と……足りないというふうなご指摘でございますので、そうならないように進めてまいりますので、よろしくお願いいたします。
委員長(二階堂一男君) ほかに質ありませんか。佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) まず、1点目なんですけれども、210ページの農地転用についてお聞きしたいんですけれども、先ほど太陽光発電でも質問があったわけですが、営農と発電をするソーラーシェアリング、それは別にしてですけれども、現在の今、農業委員会での太陽光発電の転用での許可というのは、面積的には25年度の実績ではどれぐらいあるか。それから、先ほど1種農地はだめだという話だったんですけれども、今その転用の条件というのはどういうふうになっているんでしょうか。
委員長(二階堂一男君) 農業委員会事務局次長、菅原貞治君。
農業委員会事務局次長(菅原貞治君) 太陽光発電の25年度の実績というふうなことでございます。
 これでは、全体の中で、昨年度は2.5%で7件の転用申請がございます。
 それから、太陽光発電の条件と申しますか、ございますけれども、基本的に先ほど申し上げましたとおり、1種農地のほうは太陽光発電は許可されません。2種、3種農地といいまして、市街化がある程度進んでいる地域の中では太陽光発電は実施が可能というふうなことになっております。ただ、このごろやはり買い取り制度の関係が、金額が結構高い状況でございまして、26年度に入ってきまして、結構その転用の申請件数が多くなっております。数字的には、たしか十二、三件はもう既にその太陽光発電は受け付けをして許可になっております。8月現在までですね、26年度。昨年が1年間で7件ございましたけれども、もう既に十二、三件と思いましたけれども、そういう状況になっております。
 以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) その2種、3種農地の中で、市街化が進んでいるということなんですけれども、もう少し具体的にどういう状況なのか。状況というか、条件なのか、お聞かせいただきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 農業委員会事務局次長、菅原貞治君。
農業委員会事務局次長(菅原貞治君) まず、農地のほうでございますけれども、農地につきましては、1種、2種、3種と分かれております。1種というのは、先ほどから申し上げましたとおり、10ヘクタール以上の農地がつながっております優良な農地を1種農地と申します。それから、最初3種ですけれども、3種のほうは市街化区域とか、市街化が進んでいる地域、この辺でいいますと迫町の中の都市計画の用途指定関係、住宅地域とか、そういうふうな用途指定のされているところが3種となります。また、庁舎、支所の周囲とか、あと高速道路の入り口から近隣地といいますか、そういったところが3種農地というふうになっております。それから、その地域は原則として太陽光の発電は許可されます、3種は。それから、2種と申しますのは、3種の周りである程度市街化が進んでいる地域ということでございます。そこにおきましては、その申請者がその土地以外に代替する土地がないといった場合にその状況を勘案して審査されまして、許可される場合があるというふうなことでございます。そういったふうに、土地の状況によって太陽光発電が許可される土地、そうでない地域というふうになっております。
 以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 2点目なんですけれども、先ほども出ましたけれども、有機センターの関係なんですが、かなり修繕、修理が今出てきているなと数字的に見えるんですけれども、これは例えば各施設ごとに老朽化度を判定するとか、そういった今状況を見つめて、更新計画をするとかなんか、そういう点は考えられているんでしょうか。
委員長(二階堂一男君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 修繕についてのご質問でございます。
 各有機センターの故障等が多くなってきているのも事実でございます。その中で、豊里の有機センターにつきまして、ストックマネジメントという制度がございます。これにつきましては、平成26年度、本年度になりますけれども、県の県費によります調査を行いまして、27年度修繕を行うと。その調査に基づいて修繕を行うという制度でございます。ただ、現在の段階でこのストックマネジメントに乗れる有機センターにつきましては、利用率70%程度が基準になろうかというふうに思ってございます。利用率の向上を図りまして、本制度で他の有機センターにつきましても修繕ができるように進めていきたいと考えております。
委員長(二階堂一男君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 3点目なんですけれども、263ページの商店・商店街等アドバイザー業務とあるんですけれども、これは具体的にどういった内容になって、それで何か少し新しい目というか、動きがあるのか、その点についてお伺いしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 商店・商店街等活性化アドバイザー派遣事業についてのご質問でございます。
 この事業につきましては、商業経営や商店街づくりを具体的に指導、助言できる専門家の方を派遣しまして、魅力ある個店や商店街づくりを支援するという内容でございます。主な内容といたしましては、経営の基本でありますとか、財務管理でありますとか、商品デザインでありますとか、そういった個別の指導テーマに基づいて助言をいただくということでございます。25年度につきましては、3つの商工会合計いたしまして42件でございました。このアドバイザー派遣の中でも、例えばこのように店舗を改修すれば売上増につながっていく、あるいはお客様が多く入ってくるといったような形のアドバイスをいただいた方につきましては、その後店舗イメージアップといった市の事業を使っていただいて、売上増、あるいはお客様の増につなげていただくと、そういった事例もございます。
 以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) この事業は、それなりに評価はされているんですか。
委員長(二階堂一男君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) すみません、失礼しました。
 使っていただいた方には、非常に使い勝手のいい事業であるというふうに評価をいただいていると思っております。
委員長(二階堂一男君) いいですか。ほかに質疑はありませんか。熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 270ページの公園等管理費、グリーンキャンプなかだについてでございます。
 去年もこの内容について同僚議員が質問しておりますけれども、グリーンキャンプなかだ入れ込み客数53人ということで、平成24年度は6人でございました。したがって、単純計算で約9倍ということにはなっておりますけれども、これはふやすために何か一生懸命努力をした結果なのか、たまたまこういった結果なのか。まず、この点をお聞きいたします。
委員長(二階堂一男君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) グリーンキャンプなかだにつきましては、今お話しのように前回もお話がございまして、努力をいたしますとご答弁を申し上げました。具体的な内容でございますが、観光公園、あるいは産業経済部で所管しております森林公園を含めまして、各小中学校、あるいはPTAの代表の皆様に「こういった地内の公園がございますので、ぜひご利用いただきたい」といったような内容でお知らせいたしまして、ご利用をお願いしてまいりましたが、お話しのように利用がそんなに伸びていないというのは実情でございます。使っていただいた方々ですが、中田中学校のPTAの皆さんですとか、無線クラブの皆さんですとか、そういった方々に使ってはいただいておりますが、なお一層、広報の手段を検討して、利用の増につなげてまいりたいと考えております。
委員長(二階堂一男君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 経費面で計算しますと、平成24年度は6人でしたので、入れ込み客数1人当たり9万3,000円かかっております。今回、53人になりましたけれども、それでも約1人当たり1万円かかっておりますので、本当に一生懸命努力しても、これが何百人とかそういうそれ以上の数になればいいんですけれども、やっぱりある程度限界があるのかなという感じもしておりますので、ぜひもっともっと利用者をふやすための取り組みも含めて、本当に思い切った見直し、決断をする時期になっているのではないかと思いますので、もう一度お願いいたします。
委員長(二階堂一男君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 広報、そういった手段、再度考えてまいりまして、利用の増に努めてまいりたいと考えております。
委員長(二階堂一男君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 成果説明書の206ページ、緊急雇用対策費についてお尋ねします。
 事業概要及び効果のところに、「次の雇用までの短期の雇用、就業機会の創出、次の雇用に向けて働きながら技術及び資格取得等、安定的な雇用創出と経済の活性化に資する雇用創出を目的として事業を実施した。そして、効果のほうは、合わせて延べ474人の新規雇用を創出した。また、災害求職者22人の雇い入れにかかる費用の助成を行い、市内事業者を雇用面から支援した」とございます。働きながら技術及び資格取得というのは、何人あったのか。それから、全体的に市の直接、あるいは民間委託等いっぱいありますが、思いがけないくらい効果のあった事業について、4点ないし5つ、具体的にどれとどれとどれかを教えていただきたい。
委員長(二階堂一男君) 新産業対策室長、伊藤秀樹君。
新産業対策室長(伊藤秀樹君) 緊急雇用事業についてのご質問でございます。
 最初の安定的な雇用創出という部分では、約200名の方が次の事業所に雇用になっております。
 それから、具体的に四、五件と言われますと、全体的にこの期間内の緊急雇用につきましては、おおむね全ての事業で効果があったのかなとは思っておりますが、とりわけ農林業人材育成の部分につきましては、結構農業の部分でそのまま正社員化するという件数が多ございました。正社員にしたのは、菜の花村、サクライさん、近藤さん、登米ライスさん、伊豆沼農産さん、オジマスカイさんでございます。
 以上です。
委員長(二階堂一男君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 200名が、いわゆる今でも現在もそういう状況でつながっているのかどうか、検証している、大丈夫。というのは、全額国負担だから、これをもっともっと知恵を出してやるとすばらしい成果が出るのではないかということを指摘したいんです。あまりにも一般的な、どうでもいいようなことにも広げてしまったのかなという残念な点ですが、全般的によかったと、効果があったというんだから、そういう市当局の見方がそうであれば、議会ではもう少し調査して、いろいろ助言しなければいけないと思ったところなんです。特によかったのは、この207ページの民間を応援した分がある程度の効果はあったということで受けとめていいですね。
委員長(二階堂一男君) 新産業対策室長、伊藤秀樹君。
新産業対策室長(伊藤秀樹君) すみません。正確な数字がございましたので、先ほど200名程度と言いましたが、184名でございました。全体に占める割合は77.6%でございます。
 それから、ことしに入ってからですが、大変残念な状況も、この緊急雇用を23年、24年使った企業がそういう倒産の状態になっているということもございますが、全体的には緊急雇用事業としては雇用者を守るといいますか、ふやしたということで一定の成果はあるかなと思っております。
委員長(二階堂一男君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 今、お話しになったのはDIOジャパンのことだと思うんだけれども、184名からDIOジャパンの分を引いたのが、いわゆる今つながっているということでいい。
委員長(二階堂一男君) 新産業対策室長、伊藤秀樹君。
新産業対策室長(伊藤秀樹君) 25年度対象事業の中での184名でございます。
委員長(二階堂一男君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。佐藤恵喜委員。
25番(佐藤恵喜君) 今の緊急雇用の関係からですけれども、コールセンター倒産ということで、市としては労働者の生活資金の手当て、利用しやすいものということで利子補給をすると、無利子でと。そこまではよかったんですが、労金の対応で、私も勉強不十分で未払賃金立替払制度へ申請したものは30万円までと。あるいは雇用保険に加入していたものは20万円までということで、これはすぐにでも対応できるなと。ところが、30万円口については、未払い賃金の確定通知書が来なければだめだということになると、その通知書が労基署から来て、1週間から10日で未払い賃金が振り込まれると。直前に融資といったって、これは変なものになると。もう一つ、20万円のほうについては、雇用保険、失業保険をもらっていればだめだと、これもおかしな話になって、その都度伊藤室長にこちらから情報も流し、労金ともかけ合って、何とか打開をと室長に頑張っていただいたわけですね。さらに、共産党県議団に要請をして、県の担当課は、名前を今忘れましたが、そこと交渉していただいて、未払い賃金申請した融資のものについては、とにかく途中段階で認めるということで貸し付けを受けられる期間を短くするということと、20万円のほうについては失業保険をもらっていても、それでも満額ではないわけですから、当然融資対象にするということで、ようやく労働者にとって借りやすいものに、利用しやすいものに大きく前進したなと思っております。そういう点では、伊藤室長にも頑張っていただいたので苦労話を聞きたいのですが、時間がないので申しわけないんですが、現在の貸付申請状況を手短に。
 もう一つは、この就職説明会。先週19日に行われましたが、再就職の見込み、一体見えたのでしょうか。その状況を手短に伺います。
委員長(二階堂一男君) 新産業対策室長、伊藤秀樹君。
新産業対策室長(伊藤秀樹君) 今のところ、正式に融資決定したという情報はまだいただいておりませんが、30万円口につきましては一、二件の相談、それから20万円口につきましては4件ほどの相談があるという報告を受けております。
 それから、金曜日の就職説明会だったんですが、解雇された七十数名の方にハローワークを通じて開催要項等お送りしたんですが、実際来ていただいた方は16名でございました。思ったほどニーズが少なかったのかなという印象を持っております。その中で、面談はそれぞれの方々が何社か回っていただきまして、次につながる、その場で即決ということではございませんので、今後面接にさらに進む方もいらっしゃるかなと思っております。
委員長(二階堂一男君) 佐藤恵喜委員。
25番(佐藤恵喜君) 次に、成果説明書217ページにあります環境保全米ステップアップ事業との関係です。
 本市農業の推進施策の柱が環境保全型農業を推進するということで、それは大事な観点でありますが、この中で聞きたいのは、いわばもう一歩進んでというか、環境保全型農業の大事な柱の一つである有機農業について、どんな取り組み、25年度されたのかなということを聞きたいわけです。いわば有機栽培の稲ならず、野菜等の栽培面積、農家戸数や作物などについて、どうなっているか。成果説明書には出てこないので、しかし市内では苦労しながら取り組んでいるわけですよね。私などがここで言ったから進むとか、単純に思わない。そして、現実を見ると、例えば草取りとの闘いだというようなものあるんですよね。有機農業といえば、いわば合成化学肥料を使わない、農薬も化学合成のものは使わないというのが基本になっているだけに、いわば土地本来が持っている地力を生かした、そして地力を保ちながら継続できる農業をと。そういう点では、本市が掲げる環境保全型農業、そして循環型農業を考える上でも、この有機農業というのは真剣にやっぱり考えていかなくてはならないと。
 しかし、頑張れだけでは進まない。さまざまな行政の枠組み支援というのがなければ、前進しないものだというふうに思っております。先ほど来出ていますように、米価暴落の中での登米市農業が生き抜く上での一つの方策としての位置づけも大事ですし、ヨーロッパ諸国では、このWTOの交渉締結後、急速にやっぱり国自身が有機農業を推進するというふうに傾斜してきているんですね。それは、アメリカ型の巨大企業と立ち向かっていく上でも、面積では絶対勝ちようがないわけですから、こういう観点からも力を入れておりますし、日本政府も有機農業推進法、何年前でしょうかね。10年前でしたか、法律もつくっておりますので、登米市としてはやっぱりここにもっと目を向けるということが必要だと思うので、どんな取り組みなのか。
 そして、まとめてお伺いしますが、少なくても成果、この間の予算措置から見ても、あまり農協任せ、個々の生産者任せではと思うんですけれども、位置づけをしっかりさせていくという考え方があるのかどうか、伺いたいわけです。
委員長(二階堂一男君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 有機栽培についてのご質問かと理解いたします。
 有機栽培のうち、現在把握しているのは水稲、米についてのみでございます。他の作物につきましては、改めまして資料等を出させていただければと思っているところでございます。
 有機栽培米につきましては、平成25年度につきましては、豊里の水稲生産組合の協力をいただきまして、栽培データの注視をいたしてございます。それ以降、今度はその栽培に関するデータのほかに、流通過程等のデータも必要になってきますので、それらを含めてカーボンフットプリントということで差別化を進めてまいりたいと考えておるところでございます。
 あと、有機栽培米の作付面積になりますけれども、平成25年度につきましては、184.3ヘクタールほどの作付実績となっておるところでございます。他の作物等の資料につきましては、改めて提出させていただければと思っております。
委員長(二階堂一男君) 佐藤恵喜委員。
25番(佐藤恵喜君) これは、184ヘクタールというのは農協系統の分ということなんでしょうけれども、それ以外もありますよね。個々の農家で取り組んでいる、全体像はつかんでいないようですが、それもつかんでほしいということと、戸数も農協の分だけでも今わかれば、戸数だけでもお聞きしたいと思います。
 部長でしょうかね、市長というよりは部長に、いわば本当に有機農業推進計画をつくってでも力を入れるという方向に向かう考えというか、どうなんでしょうかね。簡単なことではないんですが、今各地での、市内でも既に米への部分、今紹介があったようにありますので、これを本当にもっともっと市としても重大な位置づけで臨んでいくという点で、基本的考え方、お伺いします。
委員長(二階堂一男君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 環境保全型農業の推進計画のお話でございますが、計画の見直し、今年度作業をするというふうなことで、これは環境保全型農業に限らずでございますが、全体的に見直しをするという作業に今着手しておりますので、その中で当然位置づけていくというふうな、その方針を示すということでございますので、よろしくお願いします。
委員長(二階堂一男君) 佐藤恵喜委員、昼食の時間なのでこのまま休憩しますので。
 質疑の途中でありますが、ここで昼食のため午後1時まで休憩いたします。
          休憩 午後0時02分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
委員長(二階堂一男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 佐藤恵喜委員。
25番(佐藤恵喜君) 成果説明書232ページ、それ以外にも放射能汚染対策の取り組み状況は掲載されております。部長に一言お伺いしたいのは、汚染稲わらの保管施設の管理ということですが、5月ころでしたか、6月ころでしたか、鍵が施錠になっていなかったとかということがあったり、きのうちょっと電話をもらったんですが、私自身けさまで確認に行けなかったので、特定してこうだというふうには言いませんけれども、何かビニールハウスに穴があいているとかということも情報が入りまして、確実なのか、私はまだ確かめてはいませんが。ということで、改めて管理の徹底ということをしっかりと求めたいと思います。当然ですということで、答えはなくてもわかりますが、一言いただきたいのと、汚染牧草の関係、25年度で被覆業務、いくらか一定の大金をかけて、県の農業公社だったでしょうか、行ったという報告で、それはわかります。どう対応したらいいか、正直指定廃棄物と同じような処理をというのが、市当局なり、議会の国への要請事項に入っていますけれども、とにかく長期戦も覚悟せざるを得ないかともいう状況でもあるんですけれども、そこで保管をたまにはとにかく劣化するからこん包し直すということの繰り返しでもいいのでしょうが、ペレット化による減量化というのも岩手県の自治体では取り組んでいるというのもあるので、そういうのは考えてきたものなのかどうか、伺いたい。
 それから、市長にですが、栗原市の佐藤 勇市長と最終処分場を含めての問題についての意見交換あり、情報交換なりされているものなのでしょうか。隣の自治体同士、そして大量に抱えているということでの連携というんでしょうか、連帯というんでしょうか。そうした確認などもされているのかどうか、お伺いしたいと。
 以上です。
委員長(二階堂一男君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 汚染稲わらの保管の関係でございますが、現在、定期的に職員が現場に出向いて、数値の測定とそれから施設の確認を行っているということでございます。施錠の件につきましては、これについては全く産業経済部の落ち度でございましたので、これについては部内で改めて管理体制の徹底を図りまして、現在やっているところでございます。
 それから、施設の、今、穴ということがございましたが、そういった事例がございました。即その場では応急処置といいますか、具体的に言いますと補修をして直しているということでございます。今後、そういう状況があれば、即座に対応していくわけですが、期間が長引けば長引くほどハウスそのものが劣化をしていくはずですので、その辺も今後これは全面的に国の対応を求めていくと。いわゆる汚染牧草の被覆の直しも含めてやっていくというふうな考え方でございます。
 それから、汚染牧草の処理の方法については、これは指定廃棄物ではございませんけれども、実際に地元で処理をするということは、これは非常に困難でございますので、指定廃棄物と一緒の処理を今後も進めていきたいということでございます。長期的な、時間的な大きな問題があるわけでございますけれども、現在のところはその処理の方針を貫いていきたいということで、したがってペレット化等については検討はしていないところでございます。
委員長(二階堂一男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 栗原市長さんとの情報交換ということでございました。
 まず、この汚染牧草、汚染稲わら等の保管管理、またこれからのありよう等につきましては、本市とそれから栗原、大崎といろいろと協議をしながら、相談をしながらさまざまな対応も検討し、またそういった意味では、先ほど産業経済部長からも答弁をさせましたが、汚染牧草の処理についてということで、県に意見を述べているというような状況でございます。
 それから、最終処分場の状況についての意見交換というようなご質問でございましたが、これにつきましては、意見交換ということよりも、今現状、栗原市が今とっておられる状況、またその調査の現況など、そういったことについては、いろいろと機会を捉えて我々にも情報提供いただいているというような状況でございます。
委員長(二階堂一男君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。浅田 修委員。
15番(浅田 修君) 212ページの農地流動化について、お聞きしたいと思います。
 これまで、利用権設定等の中で、大規模農家のほうへとにかく集積しましょうやということで補助まで出してやってきている中で、今回の米価の状況等の中で、利用権設定の料金も農業委員会で指導しているという中で、相対は相対なんですけれども、ある程度の指導はしているという中で、どこからこの利用権設定、料金がことしは生み出されるのかなというふうに今思っているんですけれども、その点について、今後のこういう農地流動化の中で、どのような考えを示していけばいいのかなということで、我々も大変悩んでおりますけれども、農業委員会でどのようにご指導していくつもりですかね。
委員長(二階堂一男君) 農業委員会事務局次長、菅原貞治君。
農業委員会事務局次長(菅原貞治君) 農業委員会につきましては、年に農地の賃借料情報というふうな形で情報提供を行っております。平成21年度までは小作料という形でお示ししておりましたけれども、農地法の改正がありまして、賃借料情報という形で今はやっております。それは、極端な例えば親戚の貸し借りとか、そういうのは除きまして、平均的な賃借料の情報を皆さんの公表しておって、それを参考として決定していただいております。
 それで、今、委員さんがおっしゃったように、ことしの米価低迷を受けまして、その土地の賃借料、ちょっと変えなければいけないのではないかとかという意見なんかもいただきましたけれども、基本これは10年間だったら、10年間の平均的なことになってくるのかなと。実際、中間管理機構関係になりますと、10年になりますけれども、ことしは安くなった、でも来年はわからないというふうなことにもなろうかと思いますけれども、そういった料金に関して、少し安くしたほうがいいのではないかというふうな話もあるんですけれども、あくまでもこちらのほうとしましては、実際の賃借料の平均的なもの、それを皆さんにお示ししているというふうな状況でございます。ただ、今言われたように、その金額ではちょっと厳しいのではないかというふうな話もあったりはします。ですから、最高額、最低額といいますか、そういった表示をしておりますので、そういった米価を懸念して下落するといいますか、そういった方向にはあるのかなとは思います。
 以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) なかなか答弁がわからないんですけれども、平均というのは10年間はもちろんいいです。ただ、前に3万円の料金を当時は2万円にしようかというような中で、中途で下げたときもありました。でありますので、どのように今後、この中で例えば利用権設定の賃借料も払えない農家が、大きい農家ほど払えなくなってくるという現実をどう捉えるのか、もう一度お願いしたいなと。ある程度の価格の設定の指導は必要なのかなと思うんですけれども、貸すほうも借りるほうも大変だと思うんですけれども、どのような考えですかね。もう一度お願いしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 農業委員会事務局次長、菅原貞治君。
農業委員会事務局次長(菅原貞治君) 手元にあるんですけれども、農業委員会からのお知らせという形で、こういうふうな形で、賃借料情報という形で皆様にお示ししております。
 それで、この価格の決定につきましては、両者で既に金額を決めてくるお客さんもあれば、その場で農業委員会の意見を聞いて決めているというふうな場合もございます。ですから、当然その米価というものを意識した中で、その中で両者で話をして決めていただくと。ただ、こちらのほうでこういうふうにしなさいということは、基本的にはしていないということでございます。やはり、個人の利益関係にもなりますので、本人たちの、資料的なものはお示ししますけれども、最終的な決定に当たっては両者のあくまでも協議ということでございます。
 ただ、ちょっと懸念していることが一点ございまして、それはこういった賃借料にやっていくと、担い手の方がどうしても利益が出ないというふうなことも想定されてきております。そういった場合に、賃借料から作業委託、そういうふうなものに移行している場合といいますか、そういったものもございます。そういうふうな形で受けないというんですか、利用権設定等での契約をしないという事例もちょっと若干発生してきてはおります。
 以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) 作業委託となれば、収量が何ぼ出ようがその作業料金でもらえるから、ある程度何ぼかまけるからやということも、それはあるんですけれども、ただ前には農業委員会である程度指導して、段取りして、そういった価格を下げたときもあったわけなんです。だから、今後の考えはどのようなのかなということでただしたんですけれども、なかなか答えが出ないという状況ですね。それも含めて産経部長ですか、その件もある程度一言、産経部のほうの考えもお聞きしたいなと。
 それから、あわせて、環境保全米と慣行栽培の農家のメリットがいくらぐらいあるのか、ちょっとお聞きしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 使用貸借の賃料、借地料のことでございますので、私に尋ねられれば、今の農業委員会の答弁がございましたので、産経部といたしましては、今の委員さんのご意見、あるいは農家の特に大規模農家の方々の意向としては十分理解できますので、産経部としては農業委員会のほうとその辺のあり方、今後の進め方等十分に協議、検討させていただきたいなと思っております。
 それから、ちょっとお待ちいただきます。
委員長(二階堂一男君) 暫時休憩いたします。
          休憩 午後1時14分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時15分
委員長(二階堂一男君) 再開します。
産業経済部長(高橋 巌君) 環境保全米の有利な、価格の面でいくら違うのかというふうなお尋ねですね。
 ひとめぼれ、環境保全米は1等米8,500円、それからJA米8,400円、それから一般米が7,900円と、こういった差額になってございます。これはひとめぼれの例でございます。
 それから、ササニシキ、環境保全米8,700円、JA米が8,600円、一般米は8,100円と、こういった差額でございます。
委員長(二階堂一男君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) 1俵当たり100円のメリットしかないという中で、農協ともこういろいろ相談してやっていると、常に答弁しているんですけれども、ほとんどメリットがない環境保全米なのね。だから、このメリットがない中で、農協の網をかぶせて、全て農協の資材を、全てではないんですけれども、ほとんどの農協の資材を買わせているという現状ですよ。どう考えますかね。
 さらに、いろんな環境保全米を振興するためには、何回も何回も書類を書かなければならない、提出しなければならないという、そういったデメリットがあると。さらにまた、農家でやれやという作業の中では、三角の旗ですか、そういったことも、あんなことやと思うかもしれないけれども、何百本も刺している人もいるんですよ、筆数で。そういったことをさせている環境保全米の事業の中で、それはそれで考え方があろうかと思いますけれども、水稲直販を市で推進している中、それを環境保全米に、逆にたった100円のメリットかもしれないけれども、それにもなっていない。環境保全米の対象にもならないということは、どういうことなんでしょうね。たかが100円かもしれないけれども、今度逆に言えばだよ。だから、本当にやるんだったら、水稲直販でこれぐらいの収量ができるんだよとか、そういった面でもうちょっと力強くやるなり、さらに環境保全米とのCタイプであれ何であれ、それも本当にメリットが出るような事業にするべきと思っているんですけれども、どのような考えなんでしょうね。何かこう、いろんなわけがわからない矛盾があるようでございますけれども。
委員長(二階堂一男君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) JAのいわゆる購買資材の購入等の利用につきましては、これはそれぞれ組合員が判断をし、利用されているというふうに私は認識いたしておりますので、それは産業経済部として、市としてどうのというふうなことは言えないのではないかなと考えております。
 それから、環境保全米のその取り組みについては、これは登米市の大きな特徴、いいところというふうなことでございますので、この手間暇をかけること。それから、米価のメリットのこと。いろいろその問題課題はあろうかと思いますが、このような状況の中で、しからば登米市の米のよさ、PRできるところはどこにあるのかというふうなこともなってくるのではないかと。したがって、今まで築いてきたこの環境保全米という宝を今後も維持継続、守っていく必要があるのではないかというふうに私は思うわけでございます。
 それから、直播の関係でございますが、これは経費、コスト面での大きな取り組みの、今の段階では大きな手法だと位置づけております。したがって、その推進に当たってはできるだけ農家の皆さんの取り組みに支援できるようにということで、今後も続けてまいりたいと考えているところでございます。
委員長(二階堂一男君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) 米の環境保全米だけではなく、直播の米はおいしいと言われております。逆に、これは直播の米だよということで別で売っている方もいるということで、ぜひそういった面も含めて、環境保全米はおいしいんだよというようなPRもある程度必要なのかなと思っております。その点、検証してください。
 それから、もう一点だけなんですけれども、平筒沼の観光の件でございますけれども、公園管理の件270ページでありますけれども、その中で平筒沼、結構テレビでも桜の時点で放映されて、大変な混雑をしているということはあります。また、周辺の整備をなかなか整っていないということもございまして、大変な交通整理なのでありますけれども、その前に平筒沼に行くところはどこだろうねということが結構あると。そして、東小学校の入り口の信号のところなんですけれども、それがわからないと。どこから入るのかということで、あの辺の人たち、やたら交通整理までしてくれていて、案内をしてくれているというような状況です。でありますので、ぜひ大きな看板を設置して、今度道路の拡張も含めて予定もあるんですけれども、それにあわせて、その前にでも結構でございますれども、そういった看板の必要性は考えられないのかどうなのか。これはどこが担当だろうね。
委員長(二階堂一男君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 平筒沼に来られるお客様がなかなかそこに行けないと、行き方がわからないというお話だと思います。地元の方にも今のお話によればご迷惑をおかけしているという状況でございますので、平筒沼に向かうルートについて、現場を早急に点検させていただいて、看板の必要性についても検討させていただきます。
委員長(二階堂一男君) いいですか。ほかに。沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 成果表の240ページの農業用排水施設等の維持管理事業と、それから成果表の243ページの基幹水利施設管理事業についてお尋ねいたします。
 25年度の成果として、このような金額で記載されているわけでございますけれども、ことし26年にあっては、この管理費で電気代の高騰によってかなり各土地改良区において、その委託の中で大変だということが、中田の土地改良区の幹部の方からお話を聞きました。たぶん、中田ならず、各町域の改良区はこの委託についての維持管理で、電気料で大変な状態になっているのではないかというふうに推察するわけですけれども、担当部ではどのような考えを持っているかお尋ねいたします。
委員長(二階堂一男君) 農村整備課長、可野嘉裕君。
農村整備課長(可野嘉裕君) 各改良区で管理していただいている機場関係の電気料につきましては、平成26年度におきましては、値上げ分を計算して計上させていただいておりますので、今後改良区と用水時期が終わりましたので、各電気料を精査しまして、実績に応じて改良区と協議の上、契約変更を行うという段取りになっております。国から補助金が出ます基幹水利事業につきましては、歳入の関係でことし1月に市長並びに改良区の理事長が国、県の補助金をアップしていただけるように要望に行っております。それに対して、今年度になってから、4月、5月と県の登米地域事務所を通じて、県の農林水産部にその市に対する電気料のアップ分の補助のアップをお願いしているところです。現在のところ、その歳入に関しての返事はまだ県から届いておりません。各改良区に対する電気料値上げ分については用水時期が終わりましたので、早速協議をさせていただいて、これから速やかに対応していきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 担当部では、その電気料の値上げによって各改良区がこの委託を受けて大変だという状況については把握しているということでありますけれども、やっぱり早急に、どの程度の値上げによってその前年度の中で過不足があるのか。現状では、そういった状況はわからないんですか。
委員長(二階堂一男君) 農村整備課長、可野嘉裕君。
農村整備課長(可野嘉裕君) まだ具体的に改良区のほうから実際の実績の数値に基づいた電気料の不足分についての要望はまだ届いておりませんので、こちらのほうから働きかけてそこら辺の調整を開始したいと思います。
委員長(二階堂一男君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 私は、その幹部からだいたいの金額も聞いているんですけれども、いいです。ここで聞いていないというのであれば結構ですけれども、これは国、県がなかなか改良区の思うような状況にならなかった。その場合、市としては、国も出さない、県も出さないからといって、ここでいえば、市は20%分ということになっていますけれども、そこについては市は国も県も出なければ、市は出せないということなのか。それとも、市としては、そういった状況を踏まえながら、しっかりと市内の各改良区に対して、その電気料の値上げで、その話し合いの上、ここまでだったら出せるよというそういった状況になれるのかどうか、それはいつごろなのか、その点についてお伺いします。
委員長(二階堂一男君) 農村整備課長、可野嘉裕君。
農村整備課長(可野嘉裕君) 先ほどもお答えしましたとおり、早急に改良区と実績に基づいた金額の調整をいたしまして、それに対して歳出面での手当ては、議会で予算を認められておりますので、歳入面の関係で検討。さらに要望いたして、財政当局と相談しながら進めてまいりたいと思います。早急に改良区のほうから実績を挙げてもらいまして、10月中にその調整を図りたいと思います。
委員長(二階堂一男君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。
 これで、5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費の質疑を終わります。
 ここで説明員の入れかえのため、暫時休憩いたします。
          休憩 午後1時28分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時30分
委員長(二階堂一男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、8款土木費、9款消防費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 成果表の327ページ、防災無線についてお伺いします。
 先般、議会で意見交換会が行われました。その際に、宝江地区の方から防災無線の中で、中田の庁舎の防災無線上の機材が水のために使えなくなり、その間交換した際に一般の中で使えない機種が発生したと。しばらくそういう状況が放置されていたということなんですけれども、その状況についてお知らせ願いたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 防災課長、小野寺茂樹君。
防災課長(小野寺茂樹君) 中田の防災無線の水没によります、修理ということでのご質問だと思います。
 この部分については、10月27日に防災無線室の暖房用の配管が破裂いたしまして、天井から水が漏れたということで、防災無線の操作卓が故障ということでございました。これらについては、メンテナンスを行っております会社にお願いして、同じものではないんですけれども、他から引き上げた同機種を保管して、部品の調達を行いまして、復旧を可能にしたわけでございますが、一部プログラムに不具合がございまして、一時、時差放送放送等が行われなかったということがございまして、その後改修をしているところでございます。
委員長(二階堂一男君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) その後はわかるんですけれども、ただいま申しましたように、これは昨年の10月27日、一体この水漏れ事故で、私たちがその方のお話でありますと、日本無線会社の機種が聞こえない。中田地区では、50台ぐらい聞こえない機械があったと。しばらくそれに対するフォローがなかったということなんですけれども、この期間というのはだいたいどれぐらいあったんですか。聞こえるようになった、聞こえない人たちは何台ぐらいあって、それが聞こえるまでどのぐらいの日数がかかったか、お聞かせを願います。
委員長(二階堂一男君) 防災課長、小野寺茂樹君。
防災課長(小野寺茂樹君) ただいまお話があった部分については、中田で一番最初に整備いたしました日本無線さん、JRCで設置をした個別受信機でございましたが、その後に放送卓のほうは一時、もう一度パナソニック製にかえておりまして、その時点ではそのJRCに対応するプログラムを引き継ぐことができたわけでございますが、今回の水没事故によりまして、そのプログラムが修復不可能ということで、JRCの対応する機器については現在もならないという状況でございまして、それについては台数等も支所にも確認したわけですが、だいぶ古いもので何台あるかはわからないという状況でございまして、対応については、申し出があった部分については、メンテナス会社のほうでパナソニックの個別無線機が在庫としてある部分については対応するということで、現在対応させていただいているところでございます。
委員長(二階堂一男君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 在庫でどこかの会社でやってくれたというお話なんですけれども、そうすると、私たちが議員との懇談会の際に出た、一体その機種が何台あったか、そしてそのために何台ちゃんとその会社からやったのかという、そういった実数はデータとしてないんですか。それが、いつだったんですか。会社からやったという。それで、元の区長さんからお話があったのは、その間、もうかなりの時間何もフォローがなかったということなんですけれども、それについてはいかがですか。
委員長(二階堂一男君) 防災課長、小野寺茂樹君。
防災課長(小野寺茂樹君) 当初、私のほうでもJRCの個別無線機が鳴らないということがわかりませんで、支所からこういう問い合わせがあるということがありまして、私のほうでもそれについて事実関係を承知したわけでございます。ちょっと手元に資料がございませんので、何月何日という部分についてはちょっと今お答えできませんが、それらについて、その対応についておくれたことについては、この場でおわびを申し上げたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 私におわびするのではなくて、やはり当初、その機種をして聞こえなかった方にちゃんと今の思いを伝えたほうがいいのかなと思います。事故でしたので、これはしようがないと思いますけれども、やはりその後のフォローというのが大切だと思います。現時点でその分が、例えば私のそのときに会議の中では約50台というお話でありましたけれども、そういった数字をもうちょっときちっと把握して、そして全部そのJRCというか、日本無線会社の分については全部改善しましたよと、ほかの機種にかえましたよという、そういったことをやはり確認してもらいたいと思います。よろしくお願いします。
委員長(二階堂一男君) 防災課長、小野寺茂樹君。
防災課長(小野寺茂樹君) 何台ぐらい配付したかということについては、私のほうでもちょっと調べられなかったということでございます。その点について、大変申しわけなく思っておりますが、申し出がある部分については対応したいということで、よろしくお願いしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) まず、この決算は昨年度のいわゆる決算でありますが、関連していますので、ここで委員長の了解を得て話させていただきます。
 道路管理のほうであります。ページは280ページから、281ページからですけれども、実は、先月、中田町の加賀野2丁目、私の目測ですと長さ400メートル。そこに街路樹が42本、既に伐採されております。そこでお尋ねしたいのは、たぶん地域から要望があったと思うんですが、街路樹というのは地域から要望があれば伐採するものなのか。もう一点、街路樹が果たす役割というものはどういうものなのか。それについて、まずお伺いしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 街路樹についてのお尋ねでございます。先月、加賀野2丁目のほうで街路樹の伐採ということでございます。
 まず初めに、街路樹の伐採を行ったことについておわびをしたいと思います。今回、街路樹の伐採、地域からの要望があったものの、樹木の伐採に当たって、地域の住民の方々の要望があったとはいえ、植樹した方々の思いとか、まちづくりに取り組んでいる方々の思いがある樹木への配慮が、思慮が足りなかった部分について、まずおわびを申し上げたいと思います。
 基本的には、いろんなさまざまなご要望がございます。木については毛虫の問題であったり、街路樹によって明かりが遮られたりということもあって、それから通行する車両がその街路樹をよける形で、通行の安全についても危険であるというようなご要望がございまして、今回、街路樹に隣接する住家の方々全体のご意見ということで伐採をさせていただきましたが、今後において地域の方々と協議させていただきながら緑化について検討してまいりたいと思ってございます。
 また、街路樹の果たすべき役割ということですが、まちづくりの観点からすれば、当然その街路樹の持つ意味合いについては非常に重いものがあると認識してございまして、今後においては、それらを含めて伐採しない方向でとにかく調整したいということでございます。
委員長(二階堂一男君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) 地域への思いやりが足りなかったということで、若干申しわけないという気持ちをいただきました。それでいいんですけれども、切ってしまった。今は抜根までされております。
 私は、登米市内で梅ノ木とか、加賀野というのは、いわゆる地下もこの間工事されましたけれども、一番価格のいい需要のあるところであります。東京でいえば六本木ヒルズと同じように、加賀野ヒルズ、梅ノ木ヒルズと同じような地域なんです。それで、これから今後気をつけるということでありますけれども、今、課長が申し述べたような役割よりも、何といっても団地というのは必ず街路樹があるんです。この庁舎の脇にもあります。それは、今、ヒートアイランドというんですかね、そういうのを防止する以上に、その地域の付加価値、いわゆるバリューを上げる。緑がいかにこの我々人間の目に必要なのか、団地には必ずあるんです。そういうことから申しますと、街路樹は意外にも地域にいっぱいありますよ。一部の地域の方が邪魔だから、交通の支障だからというよりも、街路樹は立派な公共の財産ですので、いかに残すか。現に、登米市では毎年剪定をしています。そして、アメリカシロヒトリの防除もしています。しっかりと管理をして、その伐採の要望がある方を説得しなければだめなんです。それをぜひこれからやってください。そして、その後に本来ならば、コブシとブナ、よそから持ってきて植えるべきですよ。私はそう思っているんです。やっぱり、それだけ街路樹の果たす役割というのは本当に大事だと思いますので、これを機会に教訓として今後は絶対そういうことのないように、もっともっとやっぱり市長を先頭にして大事にし、その地域を守っていただきたいとこう思います。これは答弁があればいただきますが、無理しなくてもよろしいです。
委員長(二階堂一男君) 土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 今、お話しいただいた伐採後の扱いでございますけれども、国で定めてございます道路緑化技術基準なるものがございます。そちらの中で示されている成長の遅い樹木とか、通行の安全確保を優先するような樹木等の選定などを行いながら、地域の方々とご相談をさせていただきながら、街並み形成に今後も努めてまいりたいと思いますので、よろしくご理解をお願いいたします。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 305ページの地震対策費でございますが、補助金が6件で321万8,000円でございます。このほかに補助申請というのはなかったのかどうかお尋ねします。
委員長(二階堂一男君) 住宅都市整備課長、吉野晴彦君。
住宅都市整備課長(吉野晴彦君) 地震対策費でございますが、補助金の申請として5件でございました。このほかには、年々23年度から減少気味にはなってきているようでございます。以上ででございます。
委員長(二階堂一男君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。浅田 修委員。
15番(浅田 修君) 防災ラジオについてちょっとお伺いします。
 防災ラジオは、各家庭に結構出回っておるわけなんですけれども、その活用方法が実際どれぐらい活用されているのか。いわゆる電源を入れているのかどうなのか、電池が入っているのかどうなのか、確認したことはありますか。
委員長(二階堂一男君) 防災課長、小野寺茂樹君。
防災課長(小野寺茂樹君) 防災ラジオの利用状況ということでございますが、ここ数年間は調査してございません。
委員長(二階堂一男君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) やはり、防災ラジオはラジオの中で重要度が増しております。こういった災害が結構あるわけなんですけれども、今までも含めて。やはり、そういった危機に対応するためにも、やはりそういったもうちょっと何らかの方法はないですかね、活用する、させる方法。せっかくのラジオ、皆さんに安い価格で提供したものですから、その点についてもう一度。
委員長(二階堂一男君) 防災課長、小野寺茂樹君。
防災課長(小野寺茂樹君) ただいまご質問があった件につきましては、市からの災害情報の伝達手段の一つということで位置づけてございますので、それらを含めて防災ラジオの活用も含めて啓発してまいりたいと思っております。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 296ページの都市計画マスタープランについてお聞きしたいんですけれども、今、修正作業に着手しているということなんですけれども、どういった点が今修正されようとしているのか。それから、どういった地域が対象になっているのか。その点についてお聞きします。
委員長(二階堂一男君) 住宅都市整備課長、吉野晴彦君。
住宅都市整備課長(吉野晴彦君) マスタープランの修正でございます。
 現在のマスタープランにつきましては、平成20年の策定のまま利用されているところでございますが、東日本大震災によりまして情勢が変わってきたものと、それから開発計画など、いろんな大型店舗の開発とか土地の利用の形態がだいぶ変ってきてその要望があるというところで、現在その用途地域の変更について、ロックシティの近辺、それから中江、それから大洞の工業団地等の用途地域の変更の見直しをかけてございます。
 以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) そうすると、これは用途地域の変更ということで今やられていて、それだけの限定なんですね。
委員長(二階堂一男君) 住宅都市整備課長、吉野晴彦君。
住宅都市整備課長(吉野晴彦君) 用途地域の変更ももちろんございますけれども、それに合わせた市街化区域等の見直しも一緒に、全体的な修正も今試みているところでございます。
委員長(二階堂一男君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) もう一点、あと自主防災組織についてお聞きしたいんですけれども、今これまでも何度も報告されていますけれども、全行政区に自主防災組織が結成されているということなんですけれども、それからあと防災備品の整備も完了しているということなんですが、地域のいろんな防災組織からなかなかその後の展開が見えないという話の中で、各町ごとに協議会をつくるという話も聞いていたんですけれども、そういった話のその後の進行状況というのはどういうふうになっているかお聞きしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 防災課長、小野寺茂樹君。
防災課長(小野寺茂樹君) 自主防災組織の活動状況ということでのご質問だと思います。
  現在、登米市内では石越地区、津山地区、あと迫地区、あと東和地区で連絡協議会が発足してございます。これらについては、災害時における相互の応援も含めた規約ということで、平常時についてはそれぞれの情報交換なり、避難計画、避難状況の訓練等の情報交換を行いながら実施をしているところでございます。あと、中田地区の一部については、コミュニティ単位で結成されているところもございます。そのほかの地域については、総合支所とも連携しながら、今後結成に向けてお願いをしていくということで引き続き努力してまいりたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) その4つの地区、あとそれから中田の一部の地区ということなんですけれども、その他の地域に関しては、支所を含めて具体的に今話は進んでいるんでしょうか。
委員長(二階堂一男君) 防災課長、小野寺茂樹君。
防災課長(小野寺茂樹君) 一応、その自主防災組織の皆さんが集まった機会等を捉えましてお願いをしているわけですが、まだ具体的な取り組みについて、そのほかの地域については、具体的にうちのほうに情報は入ってきていない状況であります。
委員長(二階堂一男君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 314ページの応急手当普及啓発ということについてでございます。
 初めに、ちょっと河北新報に載りました全国の記事があります。簡単にちょっとご紹介させていただきます。「心肺停止した人を間近で目撃した市民が、実際にAEDを活用した事例は少ないと。12年の事例を見ますと、市民の目撃された心停止事例は2万3,797件のうち、実際に使われたのは881件で、使用率3.7%」ですけれども、これはこれと同じ状況の使用率、本市では掌握していますか、データありますでしょうか。
委員長(二階堂一男君) 警防課長、鈴木秀彦君。
警防課長(鈴木秀彦君) ただいまのご質問の応急手当普及啓発の心肺停止の関係でございますけれども、現在、消防本部で押さえておりますのは、救急隊が心肺停止であるという通報を受けた段階で、実際AEDが配備されている施設等で実際使用された件数というところを若干さかのぼって、私のほうで何件か確認しておりますけれども、実際に現場に行ったところ使用されていたというのは、平成25年9月に津山町の老健施設で87歳の女性に実際使用していたというのは確実に1件押さえております。そのほか、救急隊が心肺停止状態で通報を受けた段階で実際使った、使う前に対応するまでに至らなかったというのは数件確認しておりますが、それ以外の一般市民の方が直接使用したというデータはこちらで今のところ押さえておりません。
 以上です。
委員長(二階堂一男君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) AEDの台数自体は、これは全国的にも確実にふえておりますけれども、やっぱり設置場所とか、あるいは啓発方法ということで、まだまだ全国的にも見直すとか、そういった課題ということで捉えておりますので、ぜひこの辺あたりも取り組みが必要かと思いますのでお願いいたします。
委員長(二階堂一男君) 警防課長、鈴木秀彦君。
警防課長(鈴木秀彦君) ただいまのAEDの設置箇所等も踏まえまして、現在市内には76カ所ほど公共施設、さらには消防本部等の車両等に備えているAEDもありますけれども、例えばこれにつきましても、ご存じのとおり公の施設にありましては、通常の日中の時間帯、夜間帯には使用できないということで、消防関係のほうでも全国的にコンビニエンスストアであったり、そういう民間の施設に働きかける方向で全国的に動いているところでございますので、その辺も含めて今後検討したいと思います。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 331ページの15節工事請負費、コミュニティFMの中継局等の整備事業ということで、9,872万2,000円ほどの金額なんですが、工事費ゼロということでございます。どういうふうな事情だったのかということと、いつまでこれは整備していくのかという部分と、それからその情報伝達をしていく役割としてどういうふうな位置づけにあるものなのか。FMラジオという媒体を通して、これで全市民が災害時の情報などを瞬時に捉えることができるのか、そうした役割をこのFMはどの程度行うものなのかお伺いしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 防災課長、小野寺茂樹君。
防災課長(小野寺茂樹君) コミュニティFM中継局の整備事業の支出ということでのご質問が1点目だと思います。
 これについては、3月に契約を行いまして、その時点での前払い金等が発生しなかったということで、ゼロ円ということでの支出になってございます。今後の工事の状況につきましては、3月に工事の部分と、あと工事監理設計業務並びに中継局の免許申請業務の3つを同時に入札にかけたわけでございますが、工事監理設計業務並びに免許申請業務のほうが不調となりまして、再度26年度に繰り越しまして、5月に残りの2つの事業について再度入札をしたわけでございます。ただ、その部分でも……、大変申しわけございません。この事業については、3月に発注するという段階で、ことしに繰り越して実施するということのお認めをいただいた部分でございまして、それに基づき契約をしたところでございますので、その部分についてはご了解をお願いしたいと思います。
 また、今後の情報伝達手段の中でのFMをどう考えているのかというようなご質問もあったと思いますが、これらについては、市民への情報伝達手段といたしましては、現在防災行政無線、ホームページ、コミュニティFM、市民メール配信サービス、あとはNHKのテレビデータ放送など、また緊急速報メールなどが活用できる状態となってございます。その中で複数の情報伝達手段を活用しながら、現在運用しているところでございます。その中で、今回FMをエリアが市内の40%程度ということもございまして、これらを市内全域に広げるための中継局の整備をお願いしているわけでございまして、これらの整備が終わればある程度皆様の全域においてFMが聞こえるという中で、災害時等における情報伝達の大きなツールとして考えているところでございます。ただ、一つのコミュニティFMだけに頼るのではなくて、メールサービスであるとか、その他のさまざまなテレビデータ放送などを組み合わせながら、その情報伝達を行っていくということが重要だと考えているところでございます。
委員長(二階堂一男君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) もっとてきぱきと手短に答えていただかないと。要するにどうするのかと、FMを情報伝達のメインにしていくのかという部分で、そうだともそうでないとも言っていないので、この辺はっきり答えていただきたいと思います
委員長(二階堂一男君) 危機管理監、星 茂喜君。
危機管理監(星 茂喜君) それでは、今後の方向性のお尋ねかと思います。
 ご承知のとおり、防災無線を使って皆様に外部的なものでお知らせをしているところです。位置づけとして、FMについてはご承知のとおりラジオを介して皆様に情報をお伝えする、このような役目を持ってございます。現在、防災無線の総合的な、例えばいつまで使えるかもちょっと検証しなくてはいけない時期にかかってございますが、それも踏まえながら、例えば今台風であったり、さまざまな気候状況によっては、防災無線も聞こえない状況下にある場合も当然考えられます。そういった状態において、例えば屋内に避難をしている状況下において、皆様に確実に情報をお伝えできるツールとして、現在コミュニティFMを使ってお伝えしたい、このような考えのもとに整備をしているところです。委員がご指摘のとおり、例えば今後登米市の防災情報をきちんと皆様にお伝えすべきツールとして、例えばコミュニティFMを使うのか、防災無線を整備して使うのかについては、その辺も総合的にきちんと検証しながら方向性を定める必要があるのかなと思っている状況です。
  以上です。
委員長(二階堂一男君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。質疑の途中でありますが、ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午後2時04分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時13分
委員長(二階堂一男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 ほかに質疑はありませんか。相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 319ページお願いします。
 消防の人たちも何もないということなので、消防団運営費について。この消防団、定員が2,053人、実員が1,609人ということなので、400人ほど少ないなと思います。さまざま災害も今テレビで見ますとありますけれども、この全体的に人口が減っているということで、非常に定員も難しいと思うんですけれども、この呼びかけ方どのようにしていますかね。私も消防団に入ったことがあるんですけれども、苦労したんですけれども、今後もしそういう呼びかけがあるのであれば、簡単にお願いします。
委員長(二階堂一男君) 警防課長、鈴木秀彦君。
警防課長(鈴木秀彦君) ただいまのご質問でございますけれども、消防団員数、確かに定数よりもかなり低いですね。現在、1,609名ということで、かなり人数が減っているのは事実でございます。25年度につきましては、78名の方が入団して、退団が96ということで、マイナス18という実数はこちらでも把握しているところでございます。
 ただ、今ご質問にありましたとおり、加入促進につきましては、この6カ月間で従来どおりの加入促進のほかに、各種イベント、どうしても消防にかかわるイベントだけではなくて、各事業所が主催するイベントにもこちらのほうから消防団係の担当者が出向きまして、パンフレット等の配布を今しまして、9月1日現在で1,604人まで、約十何人ほどもち返しております。このような形で、従来の型にはまった加入促進だけではなくて、広く今後とも促進をしていきたいと考えております。
 以上です。
委員長(二階堂一男君) 相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 従来と違ったことということで、私が2回目に言おうとしたのは、やっぱりただ区長さんだけとかそうではなくして、私たちが消防に入ったときは、消防団に入りたくてもいっぱいで入れなかったというのがあったんですよね、私のときそうだったから。それで、その後に減ってきたということは、世の中が忙しくなったんですよ。私たちが入ったときは、ほとんどうちにいて農家をしている人たちだったから時間が自由にとれた。ところが、今は農家が全くだめだから、みんな勤めに出ているから、今、課長が言ったように、会社に出向いて会社の人たちに了解をもらわないうちは入れないんだよ、誰も。そういうところが、非常に今の答弁はよかったなと思います。
 それで、さらに、もしこのままで定員400人も、500人も減っているということでありますので、市の人口もそれなりに減っているのだから、思い切って定数の見直しというふうなことも視野に入れるべきではないかなと思います。会社に出向いて一生懸命やるのも一つの方法。そして、また地域を挙げて消防団を応援するのも一つの方法。ただ、いつまでもいつまでもこのままではなくして、全体が下がっているのだから、やっぱり定数の見直しと、これは消防団に入っているとわかるんですけれども、分団としても非常に団員がいないということは、分団長になったらわかるんですけれども、非常に苦しいところがあるんですよ。その辺のところお願いします。
委員長(二階堂一男君) 警防課長、鈴木秀彦君。
警防課長(鈴木秀彦君) 定数の考え方のところでございますけれども、委員が今おっしゃられるとおりでございます。基本的なところでは、前回消防長がお話ししたとおり、消防力の整備指針というのがありますけれども、ただどうしてもやはりあまりにも指針と比べるとかけ離れているという現状がございますので、第2回目の定例会で伊藤委員から一般質問がありましたけれども、10年目に向けた組織改革の中で、さらにこういう定数も検討していかなければならないかと考えております。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(二階堂一男君) これで、8款土木費、9款消防費の質疑を終わります。
 ここで説明員の入れかえのため、暫時休憩いたします。
          休憩 午後2時19分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時19分
委員長(二階堂一男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、10款教育費について、質疑を行います。
 質疑はありませんか。氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 成果説明書348ページ、10款2項3目建築工事費でございます。
 ご案内のとおり、佐沼小学校老朽化のために、平成23年から24年にかけて校舎の改築、それから体育館も改築していただいて、大変ありがたいなと思っているところでございまして、平成25年度においては外構工事を行いました。けれども、一部繰り越したということでございます。関連するので言いますけれども、6月議会の一般質問でも少しだけ触れさせていただきましたが、いわゆる現在の校庭の状況ですよね。校庭北側のブロック塀が、あまりにもやはり低過ぎるのではないのかと。子供たちがあの状況で自由にボール遊びもできないような形でございます。防球ネット等々の必要性とかあるのではないかなと思っているところでございますが、その辺のことについて、今も9月の末でございますけれども、どんなふうな考えでいらっしゃるのか、教育長、お尋ねいたします。
委員長(二階堂一男君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) ただいまの氏家委員さんのご質疑にお答えしたいと思います。
 若干、ごらんのとおり佐沼小学校の改築に当たりましては、途中で想定外のアスベストが検出されたことで、引きずられる形で外構工事のほうを翌年度に繰り延べさせていただきました。ですが、6月30日をもちまして無事完了したところでございます。
 ただいま、防球ネットの必要性等々の考えはというようなお尋ねでございますけれども、確かに交通量の激しい中に小学校のエリアがございますことから、校長先生初め学校の先生方等々とその辺ちょっともう少しお時間をいただいて、検証しながら対応策を検討してまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
委員長(二階堂一男君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) いやいや、だからもう6月30日に外構工事は繰り越したけれども完了したと。これでもう終わりだというようにしか思えないなと思っているんです、教育長。やはり、何ていうんですかね。子供たちの安心安全の確保、教育環境の整備、こういったものを考えたときには、早急に対応すべきものではないのかなと、私は思うんです。課長、これから考えるということでしたけれども。
 それから、校庭と職員駐車場ですか、を隔てる何物もないですよね。あれも校庭からサッカーボールを蹴ると、ややもすれば駐車場を越えて道路まで出てしまうという状況。これだって、やはり早急に考えるべきものではないのかなと思うんです。外構工事は終わったから、ことしの分はもう終わったと。つきましては来年だと。1年間放っておくんでしょうか。教育長、お願いします。
委員長(二階堂一男君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 佐沼小学校の校庭でございますが、学校体育館があのような形で整備されて、状況が本当に一変したところでございます。特に校庭については、これまでの校庭と全くまた別の形になりましたので、さまざまな安全対策が必要であるということは認識しているところでございます。
 まず、学校のほうには、すぐ近くにブロック塀があって、そして民家といいますか、がございます。そことの距離をかなり何メートルでしたかとりまして、そちらではボール運動とかそういったものについてはしないようにというふうなことで、だいぶ校庭の内側のほうで現在は使っているという状況でございます。あそこの境といいますか、その辺について、今まで裏側だったのが表側というふうな形で見えるような形になりましたので、その辺、民家の方とも十分検討しながら、安全対策は考えていきたいと思っているところでございます。
 駐車場等も当然だいぶ状況が変わりました。校庭で遊んでいて、ボールが駐車場のほうに行ってしまうというようなことも確かに予想されるところでございます。その辺の整備の仕方を今後煮詰めていくところでございますが、いずれ学校のほうでは、校庭の使い方についての指導をかなりしっかりやってもらっておりますので、まだあれで安定した形での教育環境ということで捉えているわけではございませんので、その辺は学校と十分協議し、あるいは地域と十分協議して、安全対策を講じてまいりたいと思っております。
委員長(二階堂一男君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) ぜひお願いしたいんです。教育長の答弁を聞きますと、子供たちに校庭でボール遊びを我慢させることが安全対策なんだというふうにしか聞こえないので、補正予算なりなんなりで対応、あるいは、しっかり安全対策については取り組んでいただきたいと思っています。
 続いて、369ページなんです。図書館の関係なんですけれども、聞くところによると、最近図書館システム、これにちょっと不都合が散見されるというふうな話を耳にしますが、どうなっていますかね。
委員長(二階堂一男君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 不都合というのは、システムの不都合という解釈でよろしいでしょうか。
 実は、この26年からというようなことで、これまでのシステムを更新しなければならないというようなことだったんですけれども、さてどのようにしようかというそのシステム更新がまとまりませんでした。そういうことで、現在図書の整備計画をあわせて、そちらの延命措置をとらせていただいて今使っているというような状況でございます。図書館の整備構想をまとめると同時にではございませんけれども、何とか早急にそちらの方をまとめて対応したいなという考えでおります。
委員長(二階堂一男君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 市民が結構ちょっと不都合を感じているという話を聞いたので、早急にこれらも対応してほしいなと思うと同時に、これまでのように機械を使ったハード型の管理システム、これにこだわる必要もないんだろうと思っています。調べればよくわかることで、いわゆるネットを使った管理の方法でありますとか、それぐらいで対応できる蔵書数なんですよね、この登米市の場合は。お金をかければいいというものでもないと思うし、あるいはこういった管理システムこそ、プロポーザルといいますか、さまざまなアイデアを持っている市民が多ございます、会社もいっぱいありますので。そういった方向でぜひ考えてみていただきたいと思うんですけれども、どうでしょうね。これまでとスタイルを変えてみて、いいきっかけになると思うんです。どうでしょう。
委員長(二階堂一男君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) これまで、職員の研修の中ででも各団体、あるいは各会社、こちらのほうからさまざまなご意見をいただいております。間もなくまとまるのかなという考えでおりますけれども、最終的にはどのような形で方式をまとめたらいいのかというようなところまで、何とかまとめたいと思っております。よろしくお願いします。
委員長(二階堂一男君) よろしいですか。氏家英人委員。
4番(氏家英人君) ぜひ、早急に図書の整備計画ですか、いろんな人の話を盛り込みながら決めていただきたいなと思っていますので、よろしくお願いいたします。
委員長(二階堂一男君) 答弁よろしいですね。ほかに質疑はありませんか。工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 成果説明書の401ページの学校給食センターについて。
 この概要の中に、地元産食材の利用促進に引き続き取り組むと書いてあるんですけれども、現在、どれくらいの割合になっているのか。わかれば、何品目ぐらいになっているのかお願いします。
 それと、次のページの403ページに幼稚園のほう、学校給食センターが現在は米山とか何カ所かの幼稚園にしかまだなっていないんですけれども、ここに「全ての幼稚園に給食を提供していくための整備計画などについて審議した」とありますけれども、どういう計画になっているのか、その辺お願いします。
委員長(二階堂一男君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) ただいまの工藤委員のご質問にお答えいたします。
 まず、地産地消、地元の新鮮な食材の活用の実績でございますけれども、金額ベースで申し上げますと、19.62%という形になってございます。目標値といたしましては、25%を狙って頑張っておるところでございますが、何て申し上げたらよろしいんでしょうか、特に新鮮な野菜などに関しましては、農協さんにもだいぶご尽力いただきまして、集荷から配送まで産経部が中心になっていろいろ対策を講じておるわけでございますが、そういった組織体も活用させていただきながら頑張っておるところでございましたが、20%を切るような状況になってしまいました。これは、ご案内のとおり西部学校給食センターという登米市の一番大きいセンターが25年度からスタートしたわけでございますけれども、伴って集めさせていただく、必要とする食材も野菜も大量になってしまうということで、なかなか集荷に応じることができないといったことで、なかなか使えなかったというところも事実あるわけでございます。
 それから、幼稚園の給食についてでございますけれども、従来これまで米山町域、それから南方町域では給食の提供を行ってまいりました。加えまして、石越町域に幼稚園が1カ所ございますけれども、ここでは副食のみの提供をさせていただいておりました。こういった形で、登米市内実施の形態がばらばらでございましたが、ここに来て西部学校給食センターも整ったということで、お母様方もお父様方も、ご父兄の要望も非常に強いということもございましたことから、27年4月から一斉に全ての幼稚園に完全給食を提供していくというふうな内容にまとまったところでございます。よろしくお願いいたします。
委員長(二階堂一男君) 工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 幼稚園のほうは27年から一斉にということなので、やはり要望が強いので、これはやっぱり実現していただきたいと思います。
 学校給食のほうは、私も前の款でちょっと質問しようかと思ったんですけれども、ずっと21年から17%とか、そして24年が19.68%で、それと変わらなかったのかなと思って、さっき質問しようと思ったんですけれども、そのときもやっぱり目標は25%を目指して頑張りたいと昨年も言ったんです。西部のほうでこれだけ多くなるというのは、やはりあきあき目に見えていたのではないかなと。私も一般質問の中で何回か取り上げたんですけれども、やはりこの辺はもう少し、確かに農協さんでは赤字覚悟でやっていると前にも聞いたこともあるんですけれども、子供たちのために安全な食材提供というのは本当に大事なこと。
 それから、前のほうでも質問やっていましたけれども、農業振興という米価がこうやって下がっている中では、この位置づけも大きいものがあると思うので、ぜひこの辺は農協さんと工夫してぜひ取り組んでいただきたいと思うんですけれども、その辺だけ。
委員長(二階堂一男君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) ただいまのご質疑にお答えいたします。
 農協さんに頑張っていただいているのは、大変重々私どもとしても感謝しておるところでございますが、引き続き産経部を通じながらご尽力いただくように、そしてよりパーセンテージが目標に近づくように、引き続き努力してまいりたいと思います。
 なお、蛇足ではございますけれども、この19.何がしという数字を申し上げました。ですけれども、残念ながらこの中には牛乳の地元の利用率が入ってございません。と申し上げますのは、登米市内でだいぶ多くの生乳が生産されているはずでございますけれども、生産者の企業さんにお聞きしたところ、その集荷ルートを正確につかむことができないことから、登米市産の生乳の使用割合を公表することができないということで、19.62%の中には、牛乳はゼロ%という形になってございます、残念ながら。これを仮に全て登米市産の割合に仮定いたしますと、生乳を全部登米市産の牛乳で子供たちに飲んでもらっているんだよということに仮定いたしますと、全体で36.01%という結果になります。したがいまして、仮定ではございますけれども、そういった状況にあるということも一つお含みおきをいただきたいと思います。
 それから、先ほどご質疑の中で、品目の件についてもお尋ねがございましたけれども、答弁が漏れてございました。25年度の実績でございますけれども、登米市産の使用割合は35.2%となってございます。これは目標としております35%をクリアしているということでございますし、また県内の状況を見ましても、県内産の使用割合は43.0%ということで、よその団体よりもずっと引き離して、県内第1位と実績を維持しておるところでございます。よろしくお願いいたします。
委員長(二階堂一男君) 工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) パーセントはわかったんですけれども、その品目数が私はちょっと知りたかったんです。もしわかれば、後でもいいんですけれども。
委員長(二階堂一男君) 学校教育次長、千葉一吉君。
学校教育次長(千葉一吉君) 細かい数字になりますが、主食類での食材は7品目。野菜類につきましては38品目でございます。それから、果物類については5品目。キノコ類については2品目。それから、加工食品類につきましては15品目。肉類・魚介類については、3品目、以上となっております。なお、間違いがあれば後で訂正しますが、データとしては間違いないと思います。
委員長(二階堂一男君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 教育行政のトップであります教育長に3点お尋ねします。
 成果説明書の335ページ、「教員の指導力向上のための実践研究を推進する学力向上研究指定校事業等を行った」とございます。どのような狙いというか、目指すものであったのか。そして、その成果はについてお尋ねします。
 2点目、336ページ、仙台学寮が定員に満たなかった本当の原因は何でしょうか。
 それから、3点目は339ページ、教育研究所費の中にございます幼保小連携研修会、この成果についてどのようなものを感じておられるか、またそれをどのように生かすおつもりなのかをお聞かせいただきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) ただいまのご質疑のうち、仙台学寮の定員についてのお尋ねにお答えいたしたいと思います。
 定員割れの原因というお尋ねでございますけれども、私どもの推測でございますけれども、建物の建築が55年というふうな30年以上経過する建物でございます。寮生の方々には安心して親御さんのもとを離れて生活をしていただけるように不具合があった都度修繕は行っておるところでございますが、残念ながら風呂場の浴槽は据え置き式といいますか、置くタイプであったり、現在の若い世代にとってはちょっと前時代的な設備なのかなと。もちろんエアコンもございませんし、そういった中でのことから、比較的若い方々から敬遠されているのかなと感じております。
委員長(二階堂一男君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。
活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) 一番初めのご質問にお答えいたします。学力向上指定校事業でございます。
 登米市では、平成25年度より佐沼小学校で研究指定校として実践、算数科の教科を取り上げて研究を進めていただいておるところでございます。昨年度が1年目、今年度2年目、来年度が3年目、最終年ということになっております。それぞれ初年度、それから今年度も中間発表といたしまして、公開研究会として市内の先生方はもちろんですが、それ以外の先生方も研究会に参加しながら研究を広めていくという方向で今進めているところであります。
 具体的な学力の向上につきましては、現在佐沼小学校で分析をしているというところでございますが、先生方に一生懸命やっていただいておりますので、子供たちの学力は向上しているものと考えております。
 幼保小連携研修会でございますが、これにつきましては、登米市の研究所の事業といたしまして、先生方を対象にそれぞれ幼児教育についての研修を深めているというところでございます。
 なお、現在登米市では特別支援教育の関係で、幼稚園、あるいは保育所と小学校の連携、あるいは小学校と中学校の連携、中学校と高等学校の連携等もできるだけ綿密に連携をし合って、子供たちがスムーズな環境移動ができるようにということで取り組んでいるところであります。
 以上です。
委員長(二階堂一男君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) まず、教育長に確認します。
 今、担当の課長からお答えがありましたが、教育長は全くそのとおりで結構ですか。何か補足することも何も全然なければ、改めてお聞きしたいと思いますが。
委員長(二階堂一男君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 今、研究所の事業の一つである幼保小研修会とかについて、あるいは佐沼小学校の指定校での取り組みについてということで、説明を申し上げました。やはり、我々が学校教育、その他進めていくときに極めて大事なのは、教員の資質向上でございます。当然のことながら、教育公務員特例法にもしっかり研修についてうたわれておりまして、研修については、教育公務員の権利でもあると同時に義務でもあるという捉え方をしております。したがって、その研修については十分保障し、そしてみずからの資質を高めていくこと、そのことがある意味学校教育においての全ての鍵を握っているというふうな捉え方をしておりますので、先ほど具体的な事例で二、三の例のご質問をいただいたわけでございますが、そのほかにおいても、やはり教員の資質向上、その部分については今後もしっかり取り組んでいきたいという考え方をしております。
委員長(二階堂一男君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 教員の権利でもあり、義務でもありというくだりがありましたが、その辺がちょっと何をおっしゃろうとしているのかわからないところがあるんですが、改めて教えていただきたいということが一つございます。
 その次、仙台学寮につきましては、いわゆる設備を改修する考えは今のところ全くないんだよという受けとめでよろしいんでしょうか。だから、先行き、入寮者が少なくなれば閉鎖するというようなことを考えているのかどうか。いわゆる仙台学寮の役割は終わったと思われているのかどうかということをまずお聞かせいただきたいし、その3点目の幼保小の連携というのも、何となく物足りないんですよね。一通り連携というのは、これは誰が考えたって、小学校と中学校の連携はあるの。中学校と高校だってあるし、だからそこを、例えば幼保に限ってこれからどうしていきたいと、何か考えがあるのかどうかを、なければないでいいんですよ。そこを教育長に明言していただきたいということであります。
委員長(二階堂一男君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 教育公務員の研修ということでの質問でございます。
 公務員といいますと、一般公務員も当然あるわけでございまして、一般公務員は実務的な研修といったものが必ず必要でございますし、その研修を進めているわけでございます。ただ、教育公務員の場合は、特例法に示されている研修というのが義務づけられておりますので、そういった意味で義務的なものでもあり、また権利としてもしっかり保障されているので、いわゆる研修についてはしっかりと取り組んでいかなければいけないと、そういうふう意味で、義務、そして権利というふうなことを申し上げました。
委員長(二階堂一男君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) 私からは、仙台学寮の今後の取り組み方、考え方についてお答え申し上げたいと思います。
 ご案内のとおり、仙台学寮の入り口部分には、登米市のアンテナショップ、仙台市における重要な物産の販売でありましたり、登米市のPRをする施設がございます。連日多くの方々でにぎわっておるのも事実でございます。ですが、残念ながら駐車スペースが非常に手狭であるということも事実でございます。その裏に仙台学寮があるわけでございますけれども、それらを考え合わせまして、単に学寮としての部分だけではなくて、広くそういった利用状況も考えながら対応を考えてまいりたいと思っておるところでございます。よろしくお願いいたします。
委員長(二階堂一男君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。
活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) 幼保小研修会につきまして、再度ご答弁申し上げます。
 先ほど教育長が申し上げましたように、教員の質を向上させるというのが研修でございまして、幼稚園、あるいは保育所から小学校に入るときに、現在小1プロブレムというような言葉もありますが、以前のようにスムーズに移行ができないという子供さんが最近多くなってございます。そういうこともありまして、できるだけお互いに、幼稚園、保育所でどのような活動をしてきたのか、どういう子供さんなのか、小学校ではどのような活動になるのかというあたりをお互いに研修し合う。そして、実際に新しく就学する学校の先生方と連携をとりながらスムーズに子供たちが学びにつけると、そのようなことを狙って行っているところでございます。
 以上です。
委員長(二階堂一男君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) お答えを聞くたびに、私とは教育委員会の人たちは住む世界が違うのかなと思って、なかなか理解できないんですが、教育長に最後、登米市のいわゆる教育委員会といったらいいでしょうかね、この25年度事業全体を通じて何か反省することがあるのか、また目指すべき方向を一口で言っていただきたいということであります。
委員長(二階堂一男君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 昨年度、平成25年度です。25年度も含めて、これからの登米市の教育の方向性といったことは内部でも検討してまいりました。前の議会だったと思いますが、現在教育振興基本計画といったものを策定中でございます。これは、学校教育、それから社会教育両面にわたって今策定している、今後5年間はこういった方向でいこうと、そして途中見直しをかけて10年後の一つの姿、そういったことで今進めているところですが、全く一口でいえばということになりますけれども、「地域とともにある学校づくりを目指す」と。あくまでも、これからの教育といったものが、いわゆる成長社会から成熟社会に入ってきているわけですので、当然のことながら学校教育も少子高齢化を迎えて、学校だけで教育を行うという時代から、学校と地域と保護者とこの辺がしっかりと連携をとった、それぞれが責任を持った立場での教育のあり方、それを目指そうということで今進めているところでございます。具体的なことで説明すれば、もちろん理解してもらえるとは思いますが、かなりの分厚いものといいますか、内容が濃いものになりますので、本当に一言で言えば、先ほど言いましたように「地域とともにある学校づくりを目指す」ということになります。
委員長(二階堂一男君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) 341ページの活き行き学校支援の不登校児童生徒、それから個々の学習支援、訪問指導の172回、260回。小中学校の割合、復帰率はどのくらいか。
 以上、簡単にお願いします。
委員長(二階堂一男君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。
活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) 不登校支援のご質問だったと思います。
 訪問指導員、小学校、中学校ということなんですけれども、平成25年度小学校は全部で子供たちは……数でございますが、対象が12名ございました。それで、訪問指導員は6名でそれぞれの小学校中学校を回っていただいたところでございます。回数、自宅に172回、それから小中学校に回ったのが260回、計432回ということでございますが、具体的に小学校何回、中学校何回というのは、その260回を分析した数がございませんので、失礼申し上げたいと思います。
 それから、学校に戻った子供なんですが、1名だけでございますが、現在小学校に復帰して学校生活を元気に行っているというところでございます。大変失礼いたしました。
 以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) そうしますと、率にすると約10%ですか。今後もこの見通しといいますか、こういう支援は行っているんですが、小中学校の割合からすると、中学校が多いのかな、やっぱり。それからすると、今後やはり高校とかなんとかの進路のことも考えられますので、もう少し徹底した支援というものがあればいいのかなと思います。その辺の考え方だけお願いします。
委員長(二階堂一男君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。
活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) 平成25年度不登校の児童生徒、中学生63名、小学校25名、計88名でございました。そのうち、不登校支援といたしましてはけやき教室を開催して、約1割がそちらのほうで学習をしているということでございます。そのほかに、ただいま申し上げましたように、訪問指導員として自宅に訪問して学校復帰を目指す、あるいは学習指導を行うという指導を行っております。現在、各学校には、このような子供さんがいましたらぜひ訪問指導というこの制度を使って子供たちの支援をしていきたいという話は常々行っているところでございます。つい先日も中学校から要望がありまして、また新たに訪問指導員をふやしたところでございます。できるだけそのような形で、必要に応じながら支援を厚くしてまいりたいと考えているところであります。
 以上でございます。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) ちょっと長くなりますよ、私は。まず、334ページ、下段に登米市教育文化振興補助金があります。全国大会、国際大会、東北大会、まずこの補助金額。特に国際大会5人行って23万4,000円、これで足りるのかなと思いますが、その算出の根拠。宿泊代なのか、足代なのか、それをまず一点聞きます。
 それから、続きまして……。1つずつ行くか。10項目ぐらいあるから。まずはそいつ。
委員長(二階堂一男君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) ただいまの教育文化振興補助金の実績について、お答え申し上げます。
 国際大会5人で23万4,500円の支出でございました。これは、台湾で行われました軟式野球アジア選手権大会に中学生……(「それはわかるから、算出根拠」の声あり)、失礼いたしました。補助率30%でございまして、足代、宿代、食費、それから参加料、そういったものの3割補助となってございます。
委員長(二階堂一男君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) これは、まず回数制限があるのか。例えば、ちょっとアーチェリーなんですけれども、国際大会26年度において10月には中国のほう、そういう点々としてポイントを重ねないとパラリンピックに出られないというような状況がありますので、そこを一点、まず確認します。年1回なのか、それとも行くたびその補助が出るのかどうか。
 363ページ、南方教育事務所の委託料の中で、秋まつり業務というのがあります。片や、例えば、登米、中田、東和、米山等は7款にこの負担金、補助金というのがあります。この仕訳は、これでいいのか。これはどこに聞けばいいんだろうね。内容が違うからこうなったのかどうか。
委員長(二階堂一男君) 質疑の途中でありますが、答弁は休憩後といたしまして、10分間休憩いたします。
          休憩 午後3時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時09分
委員長(二階堂一男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 岩淵正宏委員の質問に答弁を求めます。教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) それでは、教育文化振興補助金についてお尋ねがございました。
 この趣旨といたしまして、目的といたしましては、宮城県、東北地区、あるいは国の代表としてそれぞれの大会に出場した際はということでうたってございます。回数、年1回かというようなことでございましたが、回数に規定はございませんので、それになりに優秀な成績をおさめていただければ、補助させていただきたいと思いますが、予算的に200万円という予算でございまして、その辺もご承知おきいただきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 363ページ、南方教育事務所、南方秋まつり業務、こちらの秋祭りというと、一般的には産業関係の秋祭りというような捉え方をしていますけれども、こちらの場合については、文化発表会というようにお考えいただきたいと思います。お願いします。
委員長(二階堂一男君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) 続いて、364ページ、前に一般質問でもやりましたが、補助金の適正化というか、公平化についてであります。みやぎ長持唄全国大会200万円、夏の山唄全国大会30万円、この違いをお願いします。
委員長(二階堂一男君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 25年度はこのように執行させていただきまして、昨年度補助金の見直しということで、検討させていただきました。その結果ということで、26年度につきましては、暫定的というんでしょうか、緩やかにというようなことで夏の山唄につきましては減額させていただいて、それから……、失礼しました。逆です。200万円から最終的にはということで、3割ずつダウンさせていただいてというような形でダウンさせまして、夏の山唄につきましてはということで、26年度はそのような形で実施しております。
委員長(二階堂一男君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) それは今度あと予算で。続いていきます。
 387ページ、ここに運動場管理費の中で、夜間照明の関係でちょっとお聞きしたいと思います。アーチェリー場、テニスコート、それから吉田運動場ですか、夜間使用の割合はわかるでしょうか。石越もナイターつけたかとは思いますが、とりあえず成果表に出ているこの利用人数のうちの夜間利用等の利用率、お願いいたします。
委員長(二階堂一男君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 施設の貸与というようなことで、各施設確保しておりますけれども、申しわけございませんが、昼間、夜間、あるいは休日といったような分類はいたしておりません。申しわけございません。
委員長(二階堂一男君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) 利用するとき、利用報告書出しますので、恐らく調べればわかるかと思います。これ、後でいいです。調べてください。
 それから、恐らくかなり夜間に使用する人一般の方、日暮れが早くなると中高生でも使っているのを目にしますが、今度、今、東和総合運動公園、人工芝のほうにだいぶ形が見えてまいりました。方向性、夜間照明あればいいなと誰もが口にしているわけですが、その方向性の考えはあるかないか、お願いします。
委員長(二階堂一男君) 社会教育次長、志賀 尚君。
社会教育次長(志賀 尚君) 今後、整備する夜間照明についてのお尋ねかと思いますけれども、基本的にやはり必要性の話というか、多目的グラウンドとして整備したことも含めて、必要性を考えて整備してまいりたいと思ってございます。
委員長(二階堂一男君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) 続いて、393ページ、委託料の中で登米市駅伝競走大会事業180万円。出場者を見ると、昨年は四百何十人だったのかな、そのようなのがありました。一方、カッパハーフマラソンは2,000人以上の参加で300万円。1人当たり換算に直すと、駅伝競走のほうは参加人数で割ると3,781円、カッパハーフは1,176円、スタッフの数等にもよるかと思いますが、その算出基準をお伺いしたいと思います。やっぱり、今後こういう事業、一番は参加人数プラス最低限のスタッフ人数、やっぱり人数的な算出が私は好ましいのではないかなと思いますが、お聞きいたします。
 同じく、各地区の運動会ありますね。392ページですか、各地区の運動会があります。その運動会の決算額が393、394ページにあります。一番多いところで聞きます。1人当たり、例えば南方教育事務所、南方コミュニティ運営協議会で運営している運動会ですが、90万3,000円、これは参加人数が2,200人。それから上の石越地区が71万3,000円、参加人数は2,860人、人数にすると石越地区のほうが600人も多いと。ただ、委託料というかそれは石越が20万円低いというような形になりますが、その算出根拠、あわせてお聞きします。
委員長(二階堂一男君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 初めに、駅伝競走大会とカッパハーフマラソン大会の比較ということで、お答え申し上げます。合併して5年前ということで、駅伝競走大会が発足いたしました。今度は5回を迎える内容でございます。これは、歴然とした教育委員会の事業というような形でやっておりますし、一方カッパハーフマラソンにつきましてはということで数を数えて、たしか二十五、六回ぐらいだったように記憶しておりますが、こちらのほうは合併前の登米町からというようなことで、こちらにつきましては、さまざまな協賛団体から何からいただいて事業を実施していただいております。なくしてはならないというようなことで、委託事業というような形でこちらに計上しておりますけれども、その違いが一つでございます。
 それから、あと運動会の関係でございます。こちらにつきましては、現在、市民活動支援課と一括交付金というような形で検討させてもらっております。平成19年、合併してから3年、4年目にやっぱり見直しさせていただきまして、さらにまたというような形で、また見直ししなければならないのかなというようなタイミングもございまして、今一括交付金というような形で検討させてもらっています。
委員長(二階堂一男君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) 私が言いたかったこと、その一括交付金の算定に対してはやっぱり公平にお願いしたいところではあります。特に、各旧町からの継続事業でそういう開きが多いというのが散見するわけです。一般質問でもやりました例えば395ページ、言うのも申しわけないんですが、何回も。がんばる杯豊里ゲートボール大会10万円、宮城の明治村ゲートボールも10万円。それに対して石越のあじさいゲートボール大会は3万円。上から4段目のやまゆり杯のゲートボール大会3万円。人数にすると、一番多いのがやまゆり杯280人参加しているんです。それで3万円の補助。がんばる杯、北上水系豊里、こちらは成果表に出ていましたが、こちらは180人なんです、参加人数。1人単価に直すと、やまゆり杯が1人当たり107円、豊里が555円、このくらいの大きな開きがあります。その一括交付金算定基準ではどうぞ高いところに合わせていただきたい。どうですか。
委員長(二階堂一男君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) ご指導いただきましてありがとうございます。
 私たちだけではなく、ほかの課とも協議してというようなことでございますので、できるだけ迷惑をかけないような形で対応できたらばなと考えておりますので、よろしくお願いします。
委員長(二階堂一男君) よろしいですか。ほかに質疑はございませんか。相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 先ほどの説明の中にも出てきたんですけれども、364ページ。このみやぎ長持唄全国大会、夏の山唄全国大会、この違いがあるんですけれども、私は高いとか安いとか一向に関係ないんです。この違いがなぜこういう違いになったのか。このようなことだよと聞けば、「ああ、やっぱりもっとやったほうがいいな」ともなりますので、この違いを言ってください。
委員長(二階堂一男君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 初めに、みやぎ長持唄全国大会、お伺いしている内容では、合併の前の南方町時代にということで、何とか自分たちのところに合ったイベントはないだろうかというようなことでお話しなさっていたとき、現在文化振興財団の理事長さんと、それから……(「そいつはいいから、いいから。何でそういう額を払っているんだか言って」の声あり)そのときお伺いしますと、積み重ねというような形でずっと計上しておりましたというような内容で、200万円というような数字、最初は250万円だったようにお伺いしていますけれども、それからあと減額して200万円になりましたと。
 それから、あと夏の山唄につきましては、これにつきましては2年前から何か申請がありましたということなんですけれども、使用料をとるか、あるいは金額をとるかというとき使用料の減額をお願いしたいというような形で、何かそのときは見送りになりましたということで、25年度からあと30万円の申請というような内容です。
委員長(二階堂一男君) 相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 場所がどこでやったのかこれはわからないけれども、水の里ホールなら800人入るんだけれども、入場料2,000円にしても160万円だ、満杯にして入るのが。ただ、200万円というの、南方当時から振り込まれているから200万円なの。そこら辺、俺はわからないんだけれども、一向に。何で200万円になったのか、一向にわからないんだよ、今話されていることが、私。ざっとだけでいいの。そのようなことだよということで言っていればいいけれども、難しく話さないで、何が積み重ねになったの。そういうことが一向にわからないよ。お願いします。
委員長(二階堂一男君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 端的に言いますと、水の里ホールでやっていましてということで、それからあと賞金を出しておりましたというようなお話。それから、あと入館者につきましては、入場料を徴収しておりませんというような内容で伺っておりました。
委員長(二階堂一男君) 相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) あのね、入場料を取らないからって200万円出すというのは、だから、俺は今入場料のことを言ったんだよ。2,000円でも160万円なんだから、一向に取らなくても160万円だよ。そのほかに恐らく施設の使った分があるんだけれども、さまざまあると思うんだけれども。これは別に高いから指摘するわけではないんだけれども、そういうふうな出し方でなくて、誰も入場料ただにしますからとやったら、ほかの団体でも出すんですか、こういうこと、出すの。ほかにいっぱいイベントをやってきても、補助金をもらってやった人は一人もいないでしょう、恐らく。だから、補助金というものは、さまざまなことがあるんだから、何ぼチャリティーショーをやっても「誰もお金くれ」と言ってやっていないんだよ。出すのはいいよ、出すのはいいから、ただでやっても何でももいいんだけれども、ただ、ただでやるんであれば、2,000円でやっても800人入ったって、それくらい入るんだから、あそこ。160万円でしょうということを言っているの。それ以上出すというのは、いかがなものかなと俺は思うんですけれども、だから、高いのは高いでいいんだけれども、夏の山唄というのはどこでやるの、こいつ。公民館でやっているんですか。公民館で、米山体育館ですか。どこでやろうとも、この差というのは俺が納得するようにしゃべってもらえばいいんだよ。
委員長(二階堂一男君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 昨年度、そういうわけでこの事業につきまして見直しをさせていただきました。ということで、あと26年度ということで先ほど説明させていただいた内容でございます。
委員長(二階堂一男君) 相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) あのね、そういうふうに、申しわけないけれども安くしろなんて一言も言っていないよ、俺、一向に。金額が高いから安くしなさいということは一向に言っていないよというの。なぜこうだかを説明してくれと言っているだけの話で、見直すからこうだということで。これ以上言っても、もうだめだね、恐らく。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。1分ね。熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) それでは、1分間でお願いします。
 336ページ、仙台学寮管理人(1人)報酬約1,186万円、前年比でも160万円増ですけれども、これだけ支払っている理由をお願いします。
委員長(二階堂一男君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) 仙台学寮の管理人でございますが、月額18万3,700円でございますので……管理人は1人でございまして、月額18万3,700円支払ってございます。
委員長(二階堂一男君) 時間切れでございますので、これで終わります。ほかに質疑はありませんか。日下 俊委員。
2番(日下 俊君) それでは、成果説明書の403ページ、給食センター一般管理費についてお伺いします。
 この給食センターの委託をしている業者、2者、シダックスヒューマンサービスとニッコクトラスト東日本がございますけれども、3年契約のようでございます。先ほど、食材の地元の供給率19.6%ということでございますけれども、これは入札のときの仕様書にこういった地元食材の調達率とか、そういったことは書いて入札されているんでしょうか。お伺いをしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) アウトソーシングに関しまして、このいわゆる調理を行ってもらっている業者さんには、そこまで指示はしてございません。あくまでも栄養士、メニューを考える職員がその辺を考えて努力しているところでございます。
委員長(二階堂一男君) 日下 俊委員。
2番(日下 俊君) 調理師の方が工夫しているということでありますけれども、最近、直近のこの幼稚園、小学校、中学校の給食の残飯率というのはいくらぐらいか、このリストをもし金額換算すれば、どのくらいなのか。もしわかれば、お聞きしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) 25年度の残食率でございますが、全体で9.9%という状況でございます。
委員長(二階堂一男君) 日下 俊委員。
2番(日下 俊君) そうすると、1割が残飯として残っているということでございます。最近、子供たちは好き嫌いも多ございます。そして、この給食で非常に大切なことが、好き嫌いのほかに食物アレルギーという問題がございまして、非常に人数もふえているようでございます。市では、この生徒の食物アレルギーの人数とかは把握されておりますでしょうか。
委員長(二階堂一男君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) アレルギーについては、非常にいろいろ他県では重大な事故も発生していることから、毎年毎年その状況につきましては、きちんと親御さんの状況にも耳を傾けながら、お医者さんのご意見をいただきながら対応しておるところでございます。
委員長(二階堂一男君) 日下 俊委員。
2番(日下 俊君) 他県では、この食物アレルギーによって訴訟になっていることもございます。そういったアレルギーに対しての個別の対応とかは、どのようにされているんでしょうか。もし対応があれば、お伺いしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) そのお子さんの状況にもよるわけでございますが、一番厳しい状態にありますお子さんは、大変残念ながら給食の提供は差し控えさせていただきまして、ご家庭からお弁当の持参という方もいらっしゃいます。また、そのお子さんの状況に応じまして、そのお子さんに大丈夫な食材を使ったそれ用のメニューでありましたり、あとそれから除去食といいますが、例えばピーナッツアレルギーであれば、ピーナッツの材料をそのメニューから外すとか、その状況に応じてそのセンターができる内容で対応させていただいているところでございます。
 人数に関しましては、25年度の実績で、全体で実人数で小学校が133人、中学校が61人というような状況でございます。
委員長(二階堂一男君) よろしいですか。ほかに質疑はございませんか。熊谷憲雄委員。
20番(熊谷憲雄君) 4分でございますので、349ページの中学校管理運営費についてお伺いいたします。これは、「生徒の安全を確保するため、学校施設の適切な維持管理に努め、各種保守点検業務及び施設の整備改修工事を行った」となっているんですけれども、聞くところによりますと、中田中学校のベルが故障して一部聞こえないところがある。それを本年の夏休み中に改善するというお話であったが、いまだに修理されていない。本当に、生徒の安全を確保するための学校施設の維持管理という、これはどういうことで夏休み中に直すと言っておきながら、いまだにまだ直していないのか。本当に始業時間、それから終業のとき、終わりのベルも聞こえない場所がある。災害時、本当に大変なことになるのではないかと思うんですけれども、これはいつ直す意思があるのかないのか。
委員長(二階堂一男君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) すみません。大変申しわけないですけれども26年度の今の取り組みの状況、ちょっと手持ちに持ってまいりませんでしたので、頭に入っておらないんですけれども、そういったことであれば、早速戻りまして確認いたしまして、必要な措置を対応したいと思います。
委員長(二階堂一男君) 熊谷憲雄委員。
20番(熊谷憲雄君) やるということで話を聞いたそうだが、こういうことは確認してとかなんとかという話ではなくて、もう知っていることだと私は思うんですよ。終わりのベルも聞こえないという場所があっていいものかと。ぜひすぐやるように、もう一回。
委員長(二階堂一男君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) 大変申しわけありませんです。戻りまして、すぐやるように頑張ります。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(二階堂一男君) これで、10款教育費の質疑を終わります。
 ここで説明員の入れかえのため、暫時休憩します。
          休憩 午後3時34分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時38分
委員長(二階堂一男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、11款災害復旧費、12款公債費、13款予備費、14款諸支出金について、質疑を行います。
 質疑はありませんか。岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) 422ページ、工事請負費、上段です。長沼フートピア公園オランダ風車災害復旧工事。これだけの金額をかけて復旧したにもかかわらず、やっぱり行くたび回っていないという方のお話を聞きます。確かに私も通るたび、きょうは回っていたかなと、あそこを見る機会があるんですけれども、確率が悪く、長沼の竣工式のとき、県知事が来たときようやく私は初めて復旧工事後回っているのを見ました。いかなる理由で回していないのか、そこを聞きます。
委員長(二階堂一男君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 長沼フートピア公園のオランダ風車の件でございます。
 オランダ風車につきましては、登米市シルバー人材センターのほうに風車の運転を委託しております。年間で120日以上回すということで契約をしております。シルバー人材センターのほうにも確認いたしましたが、主に土日。あるいは夏休み、ゴールデンウイーク、そういった時期に特に回すようにはしております。だた、作業員がオランダ風車のほうに行きましても、風の向きですとか風の強さ、そういった状況によっては回らない日も当然ございます。なぜ回らないかというお話は商工観光課にもいただいておりますが、そういった理由によって回らないことがあるということでご理解をお願いいたします。
委員長(二階堂一男君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) ちょっと理解できませんね。観光名所の一つなんですよ。何で、土日なんですか。せめて、120日を240日に、または300日にして、風の強いとき、あまり強すぎるときは当然回さないというのはわかります。そこですね、その観光の捉え方。いいですか、120日で。これは、市長の所見もちょっと聞きたいんですけれども。
委員長(二階堂一男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) やはり、お見えになった皆さんにごらんいただくということは、大変大切なことだと思っております。
委員長(二階堂一男君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) 25年度はこういう状況だと、直したと。恐らく回したのも120回、今後どうします。その観光の一つ、あそこの丘に行くとオランダを体験できるよと。120日の倍回す、そういう何ていうんだろうな、意欲というか、ないですか。予算の関係で120日にしているんですか。そこだけ確認して、お願いします。
委員長(二階堂一男君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 現在のところ、年間120日ということで委託料をお支払いしておりますので、今後につきましては、皆様の声を材料にいたしまして判断させていただきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(二階堂一男君) これで、11款災害復旧費、12款公債費、13款予備費、14款諸支出金の質疑を終わります。
 これで、一般会計歳入歳出決算の質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(二階堂一男君) 討論なしと認めます。
 これから、認定第1号を採決いたします。
 お諮りいたします。本案は、原案のとおり認定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(二階堂一男君) 異議なしと認めます。よって、認定第1号 平成25年度登米市一般会計歳入歳出決算については、認定することに決定しました。
 本日の会議はこの程度とし、これで散会したいと思います。
 なお、次の会議は9月24日午前10時から行います。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労さまでした。
          散会 午後3時43分

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>