•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(二階堂一男)
  •   2  委員長(二階堂一男)
  •   3  19番(相澤吉悦)
  •   4  委員長(二階堂一男)
  •   5  代表監査委員(島尾清次)
  •   6  委員長(二階堂一男)
  •   7  19番(相澤吉悦)
  •   8  委員長(二階堂一男)
  •   9  代表監査委員(島尾清次)
  •  10  委員長(二階堂一男)
  •  11  19番(相澤吉悦)
  •  12  委員長(二階堂一男)
  •  13  総務部長(千葉博行)
  •  14  委員長(二階堂一男)
  •  15  24番(八木しみ子)
  •  16  委員長(二階堂一男)
  •  17  代表監査委員(島尾清次)
  •  18  委員長(二階堂一男)
  •  19  24番(八木しみ子)
  •  20  委員長(二階堂一男)
  •  21  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  •  22  委員長(二階堂一男)
  •  23  24番(八木しみ子)
  •  24  委員長(二階堂一男)
  •  25  福祉事務所長(熊谷一)
  •  26  委員長(二階堂一男)
  •  27  住宅都市整備課長(吉野晴彦)
  •  28  委員長(二階堂一男)
  •  29  24番(八木しみ子)
  •  30  委員長(二階堂一男)
  •  31  財政課長(加藤均)
  •  32  委員長(二階堂一男)
  •  33  22番(庄子喜一)
  •  34  委員長(二階堂一男)
  •  35  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  •  36  委員長(二階堂一男)
  •  37  22番(庄子喜一)
  •  38  委員長(二階堂一男)
  •  39  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  •  40  委員長(二階堂一男)
  •  41  22番(庄子喜一)
  •  42  委員長(二階堂一男)
  •  43  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  •  44  委員長(二階堂一男)
  •  45  22番(庄子喜一)
  •  46  委員長(二階堂一男)
  •  47  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  •  48  委員長(二階堂一男)
  •  49  22番(庄子喜一)
  •  50  委員長(二階堂一男)
  •  51  総務部長(千葉博行)
  •  52  委員長(二階堂一男)
  •  53  市長(布施孝尚)
  •  54  委員長(二階堂一男)
  •  55  22番(庄子喜一)
  •  56  委員長(二階堂一男)
  •  57  11番(佐々木一)
  •  58  委員長(二階堂一男)
  •  59  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  •  60  委員長(二階堂一男)
  •  61  11番(佐々木一)
  •  62  委員長(二階堂一男)
  •  63  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  •  64  委員長(二階堂一男)
  •  65  11番(佐々木一)
  •  66  委員長(二階堂一男)
  •  67  6番(浅野敬)
  •  68  委員長(二階堂一男)
  •  69  副市長(藤井敏和)
  •  70  委員長(二階堂一男)
  •  71  6番(浅野敬)
  •  72  委員長(二階堂一男)
  •  73  総務課長(丸山仁)
  •  74  委員長(二階堂一男)
  •  75  6番(浅野敬)
  •  76  委員長(二階堂一男)
  •  77  17番(沼倉利光)
  •  78  委員長(二階堂一男)
  •  79  学校教育次長(千葉一吉)
  •  80  委員長(二階堂一男)
  •  81  17番(沼倉利光)
  •  82  委員長(二階堂一男)
  •  83  委員長(二階堂一男)
  •  84  委員長(二階堂一男)
  •  85  4番(氏家英人)
  •  86  委員長(二階堂一男)
  •  87  税務課長(冨士原徹)
  •  88  委員長(二階堂一男)
  •  89  4番(氏家英人)
  •  90  委員長(二階堂一男)
  •  91  12番(及川昌憲)
  •  92  委員長(二階堂一男)
  •  93  産業経済部長(高橋巌)
  •  94  委員長(二階堂一男)
  •  95  学校教育次長(千葉一吉)
  •  96  委員長(二階堂一男)
  •  97  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  •  98  委員長(二階堂一男)
  •  99  委員長(二階堂一男)
  • 100  12番(及川昌憲)
  • 101  委員長(二階堂一男)
  • 102  産業経済部長(高橋巌)
  • 103  委員長(二階堂一男)
  • 104  学校教育次長(千葉一吉)
  • 105  委員長(二階堂一男)
  • 106  12番(及川昌憲)
  • 107  委員長(二階堂一男)
  • 108  産業経済部長(高橋巌)
  • 109  委員長(二階堂一男)
  • 110  学校教育次長(千葉一吉)
  • 111  委員長(二階堂一男)
  • 112  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  • 113  委員長(二階堂一男)
  • 114  11番(佐々木一)
  • 115  委員長(二階堂一男)
  • 116  9番(伊藤吉浩)
  • 117  委員長(二階堂一男)
  • 118  総務課長(丸山仁)
  • 119  委員長(二階堂一男)
  • 120  9番(伊藤吉浩)
  • 121  委員長(二階堂一男)
  • 122  産業経済部長(高橋巌)
  • 123  委員長(二階堂一男)
  • 124  9番(伊藤吉浩)
  • 125  委員長(二階堂一男)
  • 126  市長(布施孝尚)
  • 127  委員長(二階堂一男)
  • 128  総務課長(丸山仁)
  • 129  委員長(二階堂一男)
  • 130  9番(伊藤吉浩)
  • 131  委員長(二階堂一男)
  • 132  総務部長(千葉博行)
  • 133  委員長(二階堂一男)
  • 134  12番(及川昌憲)
  • 135  委員長(二階堂一男)
  • 136  委員長(二階堂一男)
  • 137  総務課長(丸山仁)
  • 138  委員長(二階堂一男)
  • 139  企画部長(秋山茂幸)
  • 140  委員長(二階堂一男)
  • 141  12番(及川昌憲)
  • 142  委員長(二階堂一男)
  • 143  委員長(二階堂一男)
  • 144  総務部長(千葉博行)
  • 145  委員長(二階堂一男)
  • 146  委員長(二階堂一男)
  • 147  委員長(二階堂一男)
  • 148  20番(熊谷憲雄)
  • 149  委員長(二階堂一男)
  • 150  豊里総合支所長(目々澤義信)
  • 151  委員長(二階堂一男)
  • 152  20番(熊谷憲雄)
  • 153  委員長(二階堂一男)
  • 154  津山総合支所長(高橋正弘)
  • 155  委員長(二階堂一男)
  • 156  20番(熊谷憲雄)
  • 157  委員長(二階堂一男)
  • 158  東和総合支所長(千葉幸弘)
  • 159  委員長(二階堂一男)
  • 160  米山総合支所長(小野寺稔)
  • 161  委員長(二階堂一男)
  • 162  委員長(二階堂一男)
  • 163  豊里総合支所長(目々澤義信)
  • 164  委員長(二階堂一男)
  • 165  津山総合支所長(高橋正弘)
  • 166  委員長(二階堂一男)
  • 167  東和総合支所長(千葉幸弘)
  • 168  委員長(二階堂一男)
  • 169  米山総合支所長(小野寺稔)
  • 170  委員長(二階堂一男)
  • 171  20番(熊谷憲雄)
  • 172  委員長(二階堂一男)
  • 173  米山総合支所長(小野寺稔)
  • 174  委員長(二階堂一男)
  • 175  20番(熊谷憲雄)
  • 176  委員長(二階堂一男)
  • 177  代表監査委員(島尾清次)
  • 178  委員長(二階堂一男)
  • 179  1番(熊谷和弘)
  • 180  委員長(二階堂一男)
  • 181  市長公室長(中津川源正)
  • 182  委員長(二階堂一男)
  • 183  1番(熊谷和弘)
  • 184  委員長(二階堂一男)
  • 185  市長公室長(中津川源正)
  • 186  委員長(二階堂一男)
  • 187  1番(熊谷和弘)
  • 188  委員長(二階堂一男)
  • 189  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 190  委員長(二階堂一男)
  • 191  1番(熊谷和弘)
  • 192  委員長(二階堂一男)
  • 193  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 194  委員長(二階堂一男)
  • 195  1番(熊谷和弘)
  • 196  委員長(二階堂一男)
  • 197  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 198  委員長(二階堂一男)
  • 199  1番(熊谷和弘)
  • 200  委員長(二階堂一男)
  • 201  6番(浅野敬)
  • 202  委員長(二階堂一男)
  • 203  市長公室長(中津川源正)
  • 204  委員長(二階堂一男)
  • 205  6番(浅野敬)
  • 206  委員長(二階堂一男)
  • 207  15番(浅田修)
  • 208  委員長(二階堂一男)
  • 209  総務課長(丸山仁)
  • 210  委員長(二階堂一男)
  • 211  15番(浅田修)
  • 212  委員長(二階堂一男)
  • 213  総務課長(丸山仁)
  • 214  委員長(二階堂一男)
  • 215  25番(佐藤恵喜)
  • 216  委員長(二階堂一男)
  • 217  南方総合支所長(高橋美守)
  • 218  委員長(二階堂一男)
  • 219  25番(佐藤恵喜)
  • 220  委員長(二階堂一男)
  • 221  総務部長(千葉博行)
  • 222  委員長(二階堂一男)
  • 223  19番(相澤吉悦)
  • 224  委員長(二階堂一男)
  • 225  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  • 226  委員長(二階堂一男)
  • 227  19番(相澤吉悦)
  • 228  委員長(二階堂一男)
  • 229  委員長(二階堂一男)
  • 230  19番(相澤吉悦)
  • 231  委員長(二階堂一男)
  • 232  委員長(二階堂一男)
  • 233  19番(相澤吉悦)
  • 234  委員長(二階堂一男)
  • 235  総務部長(千葉博行)
  • 236  委員長(二階堂一男)
  • 237  11番(佐々木一)
  • 238  委員長(二階堂一男)
  • 239  津山総合支所長(高橋正弘)
  • 240  委員長(二階堂一男)
  • 241  11番(佐々木一)
  • 242  委員長(二階堂一男)
  • 243  津山総合支所長(高橋正弘)
  • 244  委員長(二階堂一男)
  • 245  11番(佐々木一)
  • 246  委員長(二階堂一男)
  • 247  津山総合支所長(高橋正弘)
  • 248  委員長(二階堂一男)
  • 249  3番(佐々木幸一)
  • 250  委員長(二階堂一男)
  • 251  人事課長(大森國弘)
  • 252  委員長(二階堂一男)
  • 253  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 254  委員長(二階堂一男)
  • 255  3番(佐々木幸一)
  • 256  委員長(二階堂一男)
  • 257  人事課長(大森國弘)
  • 258  委員長(二階堂一男)
  • 259  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 260  委員長(二階堂一男)
  • 261  3番(佐々木幸一)
  • 262  委員長(二階堂一男)
  • 263  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 264  委員長(二階堂一男)
  • 265  13番(佐藤尚哉)
  • 266  委員長(二階堂一男)
  • 267  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 268  委員長(二階堂一男)
  • 269  13番(佐藤尚哉)
  • 270  委員長(二階堂一男)
  • 271  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 272  委員長(二階堂一男)
  • 273  13番(佐藤尚哉)
  • 274  委員長(二階堂一男)
  • 275  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 276  委員長(二階堂一男)
  • 277  13番(佐藤尚哉)
  • 278  委員長(二階堂一男)
  • 279  企画部長(秋山茂幸)
  • 280  委員長(二階堂一男)
  • 281  委員長(二階堂一男)
  • 282  12番(及川昌憲)
  • 283  委員長(二階堂一男)
  • 284  企画部長(秋山茂幸)
  • 285  委員長(二階堂一男)
  • 286  人事課長(大森國弘)
  • 287  委員長(二階堂一男)
  • 288  12番(及川昌憲)
  • 289  委員長(二階堂一男)
  • 290  企画部長(秋山茂幸)
  • 291  委員長(二階堂一男)
  • 292  人事課長(大森國弘)
  • 293  委員長(二階堂一男)
  • 294  総務課長(丸山仁)
  • 295  委員長(二階堂一男)
  • 296  14番(伊藤栄)
  • 297  委員長(二階堂一男)
  • 298  教育長(片倉敏明)
  • 299  委員長(二階堂一男)
  • 300  14番(伊藤栄)
  • 301  委員長(二階堂一男)
  • 302  市長(布施孝尚)
  • 303  委員長(二階堂一男)
  • 304  14番(伊藤栄)
  • 305  委員長(二階堂一男)
  • 306  市長(布施孝尚)
  • 307  委員長(二階堂一男)
  • 308  24番(八木しみ子)
  • 309  委員長(二階堂一男)
  • 310  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 311  委員長(二階堂一男)
  • 312  24番(八木しみ子)
  • 313  委員長(二階堂一男)
  • 314  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 315  委員長(二階堂一男)
  • 316  24番(八木しみ子)
  • 317  委員長(二階堂一男)
  • 318  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 319  委員長(二階堂一男)
  • 320  企画部長(秋山茂幸)
  • 321  委員長(二階堂一男)
  • 322  24番(八木しみ子)
  • 323  委員長(二階堂一男)
  • 324  6番(浅野敬)
  • 325  委員長(二階堂一男)
  • 326  市長(布施孝尚)
  • 327  委員長(二階堂一男)
  • 328  6番(浅野敬)
  • 329  委員長(二階堂一男)
  • 330  9番(伊藤吉浩)
  • 331  委員長(二階堂一男)
  • 332  市長公室長(中津川源正)
  • 333  委員長(二階堂一男)
  • 334  9番(伊藤吉浩)
  • 335  委員長(二階堂一男)
  • 336  市長公室長(中津川源正)
  • 337  委員長(二階堂一男)
  • 338  9番(伊藤吉浩)
  • 339  委員長(二階堂一男)
  • 340  市長公室長(中津川源正)
  • 341  委員長(二階堂一男)
  • 342  9番(伊藤吉浩)
  • 343  委員長(二階堂一男)
  • 344  市長公室長(中津川源正)
  • 345  委員長(二階堂一男)
  • 346  委員長(二階堂一男)
  • 347  7番(關孝)
  • 348  委員長(二階堂一男)
  • 349  総務課長(丸山仁)
  • 350  委員長(二階堂一男)
  • 351  市長公室長(中津川源正)
  • 352  委員長(二階堂一男)
  • 353  7番(關孝)
  • 354  委員長(二階堂一男)
  • 355  総務部長(千葉博行)
  • 356  委員長(二階堂一男)
  • 357  7番(關孝)
  • 358  委員長(二階堂一男)
  • 359  市長(布施孝尚)
  • 360  委員長(二階堂一男)
  • 361  7番(關孝)
  • 362  委員長(二階堂一男)
  • 363  市長(布施孝尚)
  • 364  委員長(二階堂一男)
  • 365  7番(關孝)
  • 366  委員長(二階堂一男)
  • 367  迫総合支所長(高橋充)
  • 368  委員長(二階堂一男)
  • 369  7番(關孝)
  • 370  委員長(二階堂一男)
  • 371  総務課長(丸山仁)
  • 372  委員長(二階堂一男)
  • 373  7番(關孝)
  • 374  委員長(二階堂一男)
  • 375  総務部長(千葉博行)
  • 376  委員長(二階堂一男)
  • 377  7番(關孝)
  • 378  委員長(二階堂一男)
  • 379  市長(布施孝尚)
  • 380  委員長(二階堂一男)
  • 381  17番(沼倉利光)
  • 382  委員長(二階堂一男)
  • 383  副市長(藤井敏和)
  • 384  委員長(二階堂一男)
  • 385  委員長(二階堂一男)
  • 386  委員長(二階堂一男)
  • 387  総務部長(千葉博行)
  • 388  委員長(二階堂一男)
  • 389  1番(熊谷和弘)
  • 390  委員長(二階堂一男)
  • 391  健康推進課長(千葉ますみ)
  • 392  委員長(二階堂一男)
  • 393  1番(熊谷和弘)
  • 394  委員長(二階堂一男)
  • 395  健康推進課長(千葉ますみ)
  • 396  委員長(二階堂一男)
  • 397  1番(熊谷和弘)
  • 398  委員長(二階堂一男)
  • 399  健康推進課長(千葉ますみ)
  • 400  委員長(二階堂一男)
  • 401  1番(熊谷和弘)
  • 402  委員長(二階堂一男)
  • 403  5番(工藤淳子)
  • 404  委員長(二階堂一男)
  • 405  生活福祉課長(鎌田信之)
  • 406  委員長(二階堂一男)
  • 407  子育て支援課長(西條利光)
  • 408  委員長(二階堂一男)
  • 409  5番(工藤淳子)
  • 410  委員長(二階堂一男)
  • 411  生活福祉課長(鎌田信之)
  • 412  委員長(二階堂一男)
  • 413  子育て支援課長(西條利光)
  • 414  委員長(二階堂一男)
  • 415  5番(工藤淳子)
  • 416  委員長(二階堂一男)
  • 417  子育て支援課長(西條利光)
  • 418  委員長(二階堂一男)
  • 419  6番(浅野敬)
  • 420  委員長(二階堂一男)
  • 421  子育て支援課長(西條利光)
  • 422  委員長(二階堂一男)
  • 423  6番(浅野敬)
  • 424  委員長(二階堂一男)
  • 425  子育て支援課長(西條利光)
  • 426  委員長(二階堂一男)
  • 427  子育て支援課長(西條利光)
  • 428  委員長(二階堂一男)
  • 429  環境課長(木村達之)
  • 430  委員長(二階堂一男)
  • 431  6番(浅野敬)
  • 432  委員長(二階堂一男)
  • 433  6番(浅野敬)
  • 434  委員長(二階堂一男)
  • 435  10番(中澤宏)
  • 436  委員長(二階堂一男)
  • 437  長寿介護課長(菅原登)
  • 438  委員長(二階堂一男)
  • 439  子育て支援課長(西條利光)
  • 440  委員長(二階堂一男)
  • 441  健康推進課長(千葉ますみ)
  • 442  委員長(二階堂一男)
  • 443  環境課長(木村達之)
  • 444  委員長(二階堂一男)
  • 445  市民生活部長(神田雅春)
  • 446  委員長(二階堂一男)
  • 447  10番(中澤宏)
  • 448  委員長(二階堂一男)
  • 449  市民生活部長(神田雅春)
  • 450  委員長(二階堂一男)
  • 451  10番(中澤宏)
  • 452  委員長(二階堂一男)
  • 453  市長(布施孝尚)
  • 454  委員長(二階堂一男)
  • 455  10番(中澤宏)
  • 456  委員長(二階堂一男)
  • 457  市長(布施孝尚)
  • 458  委員長(二階堂一男)
      平成26年第3回登米市議会 決算審査特別委員会 会議録
 平成26年9月18日(木曜日)
1.出席委員(23名)
   1番 熊 谷 和 弘 君        2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君        4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君        6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君        8番 岩 淵 正 宏 君
   9番 伊 藤 吉 浩 君       10番 中 澤   宏 君
  11番 佐々木   一 君       12番 及 川 昌 憲 君
  13番 佐 藤 尚 哉 君       14番 伊 藤   栄 君
  15番 浅 田   修 君       17番 沼 倉 利 光 君
  19番 相 澤 吉 悦 君       20番 熊 谷 憲 雄 君
  21番 及 川 長太郎 君       22番 庄 子 喜 一 君
  23番 二階堂 一 男 君(委員長)  24番 八 木 しみ子 君
  25番 佐 藤 恵 喜 君
1.欠席委員(なし)
1.遅刻委員(なし)
1.早退委員(なし)
1.その他出席
  議長 田 口 久 義
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君    副  市  長  藤 井 敏 和 君
  総 務 部 長  千 葉 博 行 君    企 画 部 長  秋 山 茂 幸 君
  市民生活部長   神 田 雅 春 君    産業経済部長   高 橋   巌 君
  建 設 部 長  千 葉 雅 弘 君    市長公室長    中津川 源 正 君
  財 政 課 長  加 藤   均 君    福祉事務所長   熊 谷   一 君
  危機管理監    星   茂 喜 君    会計管理者    千 葉 幸 毅 君
  総務部次長兼
  収納対策課長   高 橋 俊 朗 君    総 務 課 長  丸 山   仁 君
  住宅都市整備課長 吉 野 晴 彦 君    教  育  長  片 倉 敏 明 君
  代表監査委員   島 尾 清 次 君    監 査 委 員  千 葉 良 悦 君
                        教 育 次 長
  監 査 委 員  田 口 政 信 君    (学校教育)   千 葉 一 吉 君
  教 育 次 長
  (社会教育)   志 賀   尚 君    医療局次長    浅 野 雅 博 君
  消 防 本 部               監 査 委 員
  消  防  長  佐々木 建 待 君    事 務 局 長  佐々木 義 文 君
  農業委員会
  事務局次長    菅 原 貞 治 君    水道事業所長   佐々木 秀 悦 君
  企画部次長    中 澤 和 志 君    市民生活部次長  新 井 誠 志 君
  企画政策課長   佐 藤 裕 之 君    人 事 課 長  大 森 國 弘 君
                        市 民 活 動
  市民生活課長   金 野 金 一 君    支 援 課 長  佐 藤   浩 君
  法制専門監    及 川 延 幸 君    健康推進課長   千 葉 ますみ 君
  環 境 課 長  木 村 達 之 君    国保年金課長   千 葉   清 君
  長寿介護課長   菅 原   登 君    生涯学習課長   佐々木 洋 一 君
  福祉事務所長   熊 谷   一 君    生活福祉課長   鎌 田 信 之 君
                        クリーンセンター
                        所長兼衛生センター
  環境事業所長   阿 部   信 君    所     長  千 葉 祐 宏 君
                        選挙管理委員会
  子育て支援課長  西 條 利 光 君    事務局次長    平 山 法 之 君
  迫総合支所長   高 橋   充 君    登米総合支所長  高 橋 秀 広 君
  東和総合支所長  千 葉 幸 弘 君    中田総合支所長  佐々木 茂 光 君
  豊里総合支所長  目々澤 義 信 君    米山総合支所長  小野寺   稔 君
  石越総合支所長  小野寺 千 秋 君    南方総合支所長  高 橋 美 守 君
  津山総合支所長  高 橋 正 弘 君    検査専門監    末 永   隆 君
1.事務局出席職員氏名
                        議会事務局
  議会事務局長   佐 藤 昌 彦 君    次     長  佐 藤 真 吾 君
  議会事務局                 議会事務局
  主幹兼議事                 議事・調査係
  ・調査係長    加 藤 善 己 君    主     査  浅 井 顕 裕 君
  議会事務局                 議会事務局
  議事・調査係                議事・調査係
  主     事  主 藤 貴 宏 君    主     事  稲 辺 大 裕 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 認定第1号 平成25年度登米市一般会計歳入歳出決算認定について
          開議 午前10時00分
委員長(二階堂一男君) 皆さん、おはようございます。
 ただいまから、決算審査特別委員会2日目の会議を開きます。
 病院事業管理者から、公務のため欠席の届があります。
 説明のため、本委員会の出席者は市長、監査委員及びその受任者、並びに農業委員会会長、教育委員会委員長、選挙管理委員会委員長の受任者であります。
 審査に先立ち、委員各位に申し上げます。
 決算審査特別委員会の審査は、本日から3日間の予定でございます。質疑時間は、会派別に配分していますので、ご協力をお願い申し上げます。
 また、質疑は要点を整理し、簡潔にお願いをいたします。説明員各位も、本委員会の進め方にご理解をいただき、答弁は要領よく、簡潔にお願いをいたします。
 これから議案審査を行います。
 本委員会に付託された事件は、認定第1号 平成25年度登米市一般会計歳入歳出決算認定についてから、認定第10号 平成25年度登米市老人保健施設事業会計決算認定についてまでの10議案です。
 各議案の内容説明は本会議で終了していますので、1議案ごとに質疑・討論・採決を行います。
 これから認定第1号 平成25年度登米市一般会計歳入歳出決算認定についての質疑を行います。
 お諮りいたします。認定第1号は範囲が広いため、初めに歳入について質疑を行い、歳出は数款ごとに分割し質疑を行いたいと思います。これにご異議ございませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(二階堂一男君) 異議なしと認めます。よって、認定第1号の質疑については、初めに歳入を行い、歳出は数款ごとに分割して行うことに決定しました。
 まず、歳入について質疑を行います。質疑はありませんか。相澤委員。
19番(相澤吉悦君) 46ページっていうのは歳入だっけね。決算書の46ページの下段のほうに書かれていますけれど、収入済額のうち横領という言葉がありますけれども、この横領は何回も何回も前にもここ出ているんですけれども、このほかにも出ているなと思いますけれども、その発覚するにあたって、監査委員さんに聞くんだけれども、これ監査するときにどのような方法で見つけるんですか。田口委員でもいいんだけれど。
委員長(二階堂一男君) 代表監査委員、島尾清次君。
代表監査委員(島尾清次君) お答えさせていただきます。
 ここに記載されております公金横領につきましては、徴収嘱託員、さきに発生いたしましたそれによるものでございます。
委員長(二階堂一男君) 相澤委員。
19番(相澤吉悦君) それはわかるんですけれど、このほかにもっとあったなというふうに記憶あるんですけれども、これ早期に発見すると、何も構わないでおくとこのようになるので、早期に発見するとこれ防げるんですよね。1年前にもちょっとあったなというふうに思います。この件についてはですよ。その前に、もっとこいつさ載っていたなというふうにありますけれども、こういうこと非常に残念なんで、そのほかに皆さんにも迷惑かかっている。保証人さんも迷惑かかっている。市民の暮らしも迷惑かかっている。最も迷惑がかかるのは監査委員だと思うけど。監査委員の方がさまざま責められるところもあると思いますので、これ発覚しないようにとにかく早期に(「発覚しないようにじゃなくて発生しないように」の声あり)発生しないようにね、ごめんなさい。言い方間違いました。発覚しないようにではないです。発生しないように、この対策方々、これをきっちりと今後研修なり、研修って意識づけの問題でありますから、さまざま検討して絶対ないようにというふうなことでお願いします。もう一度お願いします。
委員長(二階堂一男君) 監査委員でよろしいですか。監査委員、島尾清次君。
代表監査委員(島尾清次君) 私が記憶している限りでは、公金横領については徴収嘱託員の横領だけだというふうに認識をしております。また、債権の管理につきましては、年あたりから収納対策監が重点的に取り組んでおりまして、各担当課の職員を集めて研修会等を開催しております。そのことによって、だいぶ債権管理に対する意識が、職員の意識が向上してきているというふうに見ております。
委員長(二階堂一男君) よろしいですか。相澤委員。
19番(相澤吉悦君) そういうふうに答弁されると言いたくなるんだけれども、意識が向上しているとかさ、そういう話じゃないの。絶対だめなの。研修して意識が向上しているって、そういう話じゃないでしょ、だって。誰もそういうことする人なんかいないんだから。たまたまそう出ただけの話であって、だからみんなで気をつければ、これね絶対大丈夫だよと。みんなでこんなことはだめだよと言うことで、俺それだけでもいいと思うんだけれど。さまざまなものすごい研修してこうだっていうと、まあ時間これなくなるから、そのようなことで絶対今後ないようにお願いします。
委員長(二階堂一男君) 答弁いらないですか。総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) この公金横領事件につきましては、いろいろ本当に大変ご迷惑をおかけいたしました。ことし判決が出まして、一定の解決はしたわけですけれども、今後このようなことが2度とないように十分職員、それから嘱託員ともども注意をしながら事務を進めてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑ありませんか。八木委員。
24番(八木しみ子君) 私たちは、この決算審査の場合、行政効果どの程度上げているかというのを心にしながら見ておりますが。まず、監査委員にお聞きいたします。せっかくでございますから。審査の結果でございます。きのう審査報告があったわけでございますが、その結果につきまして、ことしもこの内容及び執行状況について、おおむね適正というふうな結果を出しております。この「おおむね」ということは、普通だったら適正だったよというふうなことなんですが、何かちょっと否定的なところもあるのかなというふうなことを感じましたので、どういう部分でおおむねということを使ったかどうかですね。
  それから、もう1点は、行政のこの経費の本当に最小の経費で最大の効果を上げているかどうか、そういったところはどういうふうに捉えているか。この2点について、お伺いをいたします。
委員長(二階堂一男君) 監査委員、島尾清次君。
代表監査委員(島尾清次君) おおむね適正であるというふうな表現をさせていただきましたが、決算審査の基本につきましては、関係法令に基づいて予算が執行されているか、あるいは係数が正確であるかなどでありますが、これらについては記載のとおり問題がありませんでした。しかし、一般会計と特別会計を合わせますと、2億円近くの不納欠損処分をしております。また、大変努力はされているようですが収入未済額が依然として多額にわたること。さらには、一部ではありますが不用額や流用、充用において、予算編成の段階で十分注意すれば予測できたのではないかと思われるようなもの。あるいは、積算が十分でなかった点などが見受けられましたので、おおむね適正であるというふうな表現をさせていただいたものであります。また、さらにつけ加えれば、一般会計だけで500億円を超える決算でありますので、全ての証書類に目を通すことは不可能でございますので、どうしても抽出審査にならざるを得ない部分がございます。その結果から、全体を推測することになりますので、そういった面からもおおむね適正であるというふうな表現を用いさせていただきました。
 また、ご指摘いただきましたように地方自治法の第2条の第14項ですか、「住民の福祉の増進に努めるとともに、最小の経費で最大の効果を上げるようにしなければならない」というふうにうたわれております。その規定につきましては、監査委員が監査をするに当たっての心構えとして、常に念頭に置かなければならないものと思っております。決算審査に当たりましては、このような観点にも意を配慮しながら審査に臨んでいるところでございます。しかし、効率的・効果的という点については、審査意見書に記載することは大変難しく、どうしても監査委員の主観的な意見になる心配もございます。このため、審査意見書では、いろいろな角度からの決算の分析を行いまして、それをグラフや表にしてあらわしてございますので、それらからご理解いただくのが一般的なようでございますので、そのようにご理解をいただきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 八木委員。
24番(八木しみ子君) どうもありがとうございます。おおむねの意味は、やはりこの点に絞られたかなというふうに思います。
 そこでお伺いしますが、この不納欠損についてまずお伺いいたします。不納欠損は、決算書、市税それから11款の分担金及び負担金。また、12款の使用料・手数料と、このようにこの科目の中で不納欠損されております。これは、大変本当にゆゆしき問題だと、監査委員が指摘するだけの本当に大変な問題だと私は思います。この処分ですね、何か最近簡単にこういう処理をしているような気がいたします。もっとこの慎重を期すべきではないかというふうに思いますが、一度その債権債務、これは決定して、そして調定するわけでございますが、それがまず収入にならないということで、いとも簡単にこの、理由はいろいろその説明を受けていますが、ただこれ簡単にすべきことではないと思うんですね。その過程をどのようにやっているか、まず原因もそうですがその姿勢についてお伺いをしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 総務部次長兼収納対策課長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) それでは、不納欠損の慎重にということでございますけれども、不納欠損の状況につきましては、別冊の4のほうに過去3カ年25年も入れまして、3カ年の状況を記載しております。我々収納対策課で担当する税、それから介護、それから後期の保険料を入れたものでございますけれども、昨年と比較しまして横ばいでございますけれども17万7,000円ほどですか、若干ふえております。特に25年度の状況でございますけれども、要するに基本的にはこの表にあるとおり地方税法の18条、それから15条の7の4項、いわゆる執行停止後の3年間で消滅、18条というのは5年の時効のことでございます。それからあと、いわゆる地方税法の15条の7の第5号ということで、例えばその法人の倒産によります即時欠損とか、それからあと介護保険料は料でございますので時効が2年とか、後期高齢者も同じく2年ということで、法律にのっとった適用をしているわけでございます。今回、25年度につきましては、いわゆるその地方税法の18条の部分として、市税として9,020万5,000円ほどあります。これは、上の昨年度と比べましてかなりふえているわけでございますけれども、ただこのうち、いわゆるその単純に時効を迎えたわけではなくて、この中で6割以上がいわゆるその生活困窮であるとか、あるいは行方不明とかということで、いわゆるその下の部分の執行停止をかけたものも約6割以上ございます。ということで、滞納者の綿密な調査に基づきまして、やむを得ずその時効のほうが先に到来してしまったというふうな状況でございます。個々滞納者ごとに綿密な調査した上でやむを得なく不納欠損に至ったということでございますので、委員ご指摘のとおり、その簡単にとか単純にというようなことではなくて、いろいろその生活状況、経済状況それらを綿密に調べながら、いわゆるやむを得ず不納欠損したというようなことでございますので、ご理解をお願いいたします。
委員長(二階堂一男君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) それでは、市税についてはやむを得ずというふうなことで答弁をいただきました。いろいろ頑張ったとは思うんですけれども。分担金・負担金もかなり不納欠損ということで出ていますし、それから使用料手数料これも、例えば使用料・手数料というのはやはりこれ受益者負担というか、分担金もそうなんですが、特定の人にこういった徴収をしていると思うんですね。そうしますと、これはいろいろとその経費につきましては、施設の維持管理だったり、それから減価償却に充てたりとかという、いろいろと使い道が収支バランスとっての負担だと思うんですが、これが入ってこない場合ですね、どのようにその財源を調製しているか。その点含めてお話いただきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) 保育料の負担金でございます。16ページになりますけれども、今回25年度の不納欠損につきましては、8人分で74万8,380円ということでございます。この対応につきましては、先ほど徴収対策課長がお話しましたように、徴収対策課等々のご協力をいただきながら、同じような形で不納欠損に至らないような努力はしているところでございます。ちなみに25年度につきましては、4月、8月、それから12月、3月にそういう執行停止等、時効に至らないための分納誓約等々やってきたところでございます。そういう努力がありまして、保育料につきましては、だいぶ不納欠損については少なくなってきているということでございます。
委員長(二階堂一男君) 住宅都市整備課長、吉野晴彦君。
住宅都市整備課長(吉野晴彦君) 住宅の使用料でございます。住宅の使用料につきましては、これまで公債権と私債権が9町それぞれ異なった形で存在してございまして、現在のといいますか、25年までの条例では公債権の扱いと。そして、旧迫町の条例を参考に条例制定をしまして公債権の取り扱いとしてきておりましたが、26年の4月に国と最高裁の判決等の判例から私債権の扱いに取り扱うことに決定をしていただきまして、26年度債権からは私債権の扱いとなってございます。今回不納欠損したものにつきましては、25年度までの公債権のうち、時効が到来した債権でございます。内容につきましては、約実件数29件ございまして27件が生活困窮者でございまして、収入の向上の見込みのない世帯がほぼでございました。それに対して、5年の時効到来部分で平成7年から平成20年までの債権につきまして、687万9,100円を不納欠損したところでございます。これまでの徴収事務はどうやってきたかということでございますが、登米市の市営住宅の家賃等滞納整理実施要綱に基づきまして、1回目の督促でございますが、納期限の20日を経過したものについて督促状を発送してございます。それから、それに対して納期が納めていただけない場合は3カ月ごと、それから5カ月以降に催告書を発送してございます。それから、契約時に連帯保証人をつけてございますが、その連帯保証人に対しても納付依頼の協力依頼書、それから連帯保証の債務履行要請書等を送付してございまして、電話等それから戸別訪問を実施いたしまして、2月、5月、12月に定期的に戸別訪問して収納をしているところでございます。またその生活困窮者に対しましては、分納誓約をしていただくよう努力しまして時効の中断を対策として手当てをしているところでございます。
 以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) この徴収については、職員の皆さん苦労しているのはわかるんです。ですが、最近これがどんどんなんか出てきていますので、やはりもう少し慎重にこの欠損処分はしていただきたいと。いろいろと理由はあると思うんですが、それまでの欠損処分なるまでの、もう少し努力をしていただきたいなというふうに思います。そして、この決算審査の結果で、「おおむね」がとれるように頑張ってほしいと思います。
 それから、地方交付税でございますが、地方交付税の中で特別交付税が12億6,000万、7,000万ほど収入になっておりますが、これはどういう理由で入ったのかご答弁をお願いします。
委員長(二階堂一男君) 財政課長、加藤 均君。
財政課長(加藤 均君) 特別交付税につきましては、普通交付税で補足されない経費等について、特別交付税ということで交付になるわけでございます。具体に申し上げれば、災害等特殊な財政事情によってみられる部分ということでございます。本年度、昨年度と比べて5,000万ほど減っております。これにつきましては、平成24年度に外国人登録の住基システムの改修というものがありまして、それが25年度はなくなったということで結果減しているということでございます。
 以上でございます。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) 税の徴収率について、徴収の状況についてお尋ねいたします。市では、平成23年4月に債権管理条例を施行して、昨年の7月でございましたか、これを徴収対策課で市税以外の4債権も対策課でやってございましたが、昨年7月から債権所管課で対応されてございまして、もう既に1年2カ月ほど経過してございますが、徴収率についてはどのようなその効果とか、移行したことについての検証いかがでございますか。
委員長(二階堂一男君) 収納対策課長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) 平成25年度の徴収率につきましては、税につきましては総体からしますと、約0.2ポイント下落したというようなかっこうでございます。ただ、滞納繰越分につきましては、若干下落しましたが、現年課税分で少し上がったということで、全体では前年度と比べまして若干の上昇、滞納繰越金等と現年度と比べまして若干の上昇があったというような状況でございます。一応の目標といたしております25年度の、いわゆるその徴収率向上計画の目標値をクリアしたということでございまして、それなりの効果があったのかなというふうに思っております。
 一方、そのいわゆる税外の部分でございますけれども、税外部分につきましても今委員おっしゃるとおり、25年の7月から収納対策課のほうで従来まで税外4債権を担当していたものを、収納対策課ではいわゆる市の債権全体について、そのいわゆる徴収困難の案件とか、それからそのいわゆる債権の適正な管理ということで、抜本的なその管理について、いわゆる要するに市を挙げて対応するということで研修、その他いろいろ会議等を開催しまして、その啓発・啓蒙に努めたわけでございます。そういったことで、いわゆるその合併前からの塩漬けとされておりましたような、その不良債権の欠損処理とかということで進んできたという経緯もございまして、それからその現年部分の適正な管理をしているということで、いわゆるその収納率、あるいはその収納額、あるいはその収納未済額、いろんな観点から検討をさせていただきましたが、25年度と24年度を比較しますと若干のその改善点が見られているというふうに分析しているところでございます。
委員長(二階堂一男君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) 改善されているということでございますが、行財政改革実施計画の資料をいただきました。それによりますとですね、市税等の一元化による徴収率向上の分について、25年度は滞納繰越金の分でございますが21.12%から20.71%まで下がっておられます。現年度分も若干下がっておるということでございますが、それでも評価とすれば年度計画を超えた達成状況という評価をなされてございます。金額で申しますれば、平成24年度の滞納繰越金は8,136万円増、25年度は6,555万円増ということで、率が下がっていてもこれだけ上がったからいいというふうに解しておるのか、その件。
 あと、とりあえずそれを先にお伺いいたします。
委員長(二階堂一男君) 収納対策課長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) 今のご質問でございますけれども、八木委員からもご指摘なとおり、いわゆる収入未済額あるいは不納欠損、前年度と比べまして特に不納欠損につきましては、横ばいといいながらも若干ふえておりますし、特に25年度につきましては一般税というよりも国保税のほうが現年課税分で相当の、金額で言いますと5,000万から6,000万、約36.9%の収入未済額の伸びがございます。これは決していいことではございませんので、当然それは理由になる原因はございます。いわゆる税率のアップとか、あるいはそのいわゆる課税をするための基準所得が、いわゆるその24年に対してのベースで課税するものですから25年は。それが、その23よりも24は上がった。ところが、実際に財布から出すのは25年ですから、25年は昨日の沼倉委員さんの総括質疑にもあったように、相当いわゆる国保世帯の所得がダウンしているわけでございます。そういった意味での、いわゆる現年課税分の収入未済額があったのかなというふうに判断しておりますが、そういった等々の原因がございまして、いわゆる収入未済額そのものにつきましてはかなりの金額になっておりまして、今後特にその農業等々の、いわゆる農業所得が伸びないということから判断いたしましても、今後ともこの収入未済額あるいは不納欠損の額をいかに少なくするかと、あるいはそのいわゆる滞納している方というのは、だいたい全体の1割でございますので、残りの9割は善良な納税者でございますから、その納税者の納税意欲をいかに阻害しないかというようなことで公平公正な徴収、収納に努めてまいりたいというふうに思っております。
委員長(二階堂一男君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) この実施計画によりますと、平成25年度は年度計画を超えた達成状況ということでSの評価をなされてございます。これに対しての私どもは、この年度計画が低くしてあるのではないかと、年度計画超えたからSでいいんだということではないと思います。今、次長おっしゃるとおり、公平公正、あるいはそういう中でするんであれば、例えば現年度分の徴収率96.95、滞納繰越分が20.71、これは現年度の計画を超えた達成状況ということで、どの程度の年度計画どうして当初臨まれたのかお伺いいたします。
委員長(二階堂一男君) 収納対策課長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) どの程度の率を設定したかというご質問でございますけれども、私たちといたしましては、その実施計画はもちろんでございますけれども、少なくともその前年度の目標といたしましては、前年度の率をいかにそのキープ、あるいはそれを超えたいというふうなことで毎年、いわゆるその徴収目標を立てておるわけでございまして、結果といたしましてこういった計画に実績が載るわけでございますけれども、これで満足しているというわけではございません。なお、もっともっとやっぱり100%というのはなかなか難しさもございますけれども、それをいかに近づけて、いわゆる負担の公平公正を確保するかということに主眼を置いて、事務を執行しているところでございます。
委員長(二階堂一男君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) 年度計画を超えた達成ということで、前年度の徴収率を加味して年度内にしたと。この資料を見ますと、25年度は前年度よりも徴収率が下がってございますね。それで、前年度の状況、本当は目標を少し高めにして努力をするということであると思うんですが、前年度よりも率が下がってでも年度計画超えたと、達成状況が超えたという評価をされている。ここに疑義があります。だから、いろいろな所管課にこうした等々、あるいはさまざまな行財政改革をなされて、目標を下げて下げたのを達成したからSの評価だというふうに、私はこの表から解されるわけでございますが、その辺のご見解をよろしくお願いします。
委員長(二階堂一男君) 収納対策課長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) ご指摘はごもっともというふうに認識しております。今後も今のご指摘を踏まえながら、徴収に一生懸命頑張りたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
委員長(二階堂一男君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) それだと、やはり目標は下げたというふうに解してよろしいかと思います。
 市長、こういうふうな行財政改革の判断をなされる際に、いろいろこの経済情勢等々も加味しながらでございますが、やはりせめて前年並みの目標を達成しようという目標、あるいはそれよりいくらかでも、コンマ2ポイント、1ポイントぐらいアップしようという目標を立てなければ、何のための行財政改革でこの債権所管課に移行されたのか、その行財政改革の何があらわれていないというふうに思慮されるわけでございます。また、最終目標というところでこの数字を見ますと、滞納繰越分の進捗度がまだ85.9%ということ。100%という目標に対しての85.9ということでございますので、この26年度までですか実施するこの計画ですが、次に向けていかがな対策をとられますか。
委員長(二階堂一男君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) それでは、私から最初に、この実施計画の積算の仕方といいますか考え方でございますけれども、この5カ年の実施計画をつくる際に基準年度の徴収率を1つの実績としまして、各年度それぞれ目標を立てて取り組んできたということでございます。この場合、平成21年度の数値が1つの目標でございました。21年が基準徴収率ということで、この折は市税は現年が96.04%、滞納繰越分が16.27ということで、それをその各年度収納率を上げていきましょうということで、この25年度の目標はそのときにつくった目標数値は96.70。そして、滞納繰越分については20.00ということで、その25年度の目標に比べれば実績としてはいくらかその収納率が向上したということで、Sの評価をさせていただいたということです。あくまで、その当時の基準徴収率に応じた各年度の目標がクリアされたというご理解をお願いしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 議員のご指摘重く受けとめております。また、そういった意味では計画どおり、またそれ以上に取り組むということの中での、やはりその時点時点での修正、そしてより高い取り組みを求めるという基本的な取り組みがしっかりと、やはりこれからも行われなければいけないというふうに考えております。そういった意味では、計画どおりということだけでなく、例えばその現年の中においての四半期ごとの徴収状況などもきちんと整理をしながら、より高い効果を発現できるようにしっかりとその進捗状況については図ってまいりたいというふうに考えております。また、計画の取り組み等につきましても、今後の取り組みの方向性とその考え方といたしまして、まず計画を立てる。その計画を年度ごとの達成状況を把握をしながら、その目標をより高い目標に変更していく、そのような取り組みもあわせて行いながら、より実効性の高い取り組みに進めてまいりたいと考えておございます。
委員長(二階堂一男君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) 平成21年度の数値を土台としてやったと、いろんな総合計画は毎年ローリングをするわけですね。この行財政改革については、毎年ローリングとかそういう見直しとか、そういうものを5年前に決めたからいいんだということではないと私は思います。特に、滞納繰越分は16.07%ぐらいの徴収率。これではならんということで、債権管理条例を施行したわけでございまして、それから1年か2年しているとすぐ、「とってもだめだ。そっちに任せる。」という話で、こういう数字ではやはり、しっかりとしたその今市長答弁されましたが、毎年このしっかりした検証をして、税の公平公正な負担になるような努力はまだまだ余地があるんではないかというふうに思いますので、努力を期待したいと思います。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) 歳入の中の市税に関しまして、ちょっとお伺いをいたします。
 決算審査の中にも書いてますけれども、収入未済額は年々少し減っていると。25年度も4,500万ほど減少しているようでありますけれども、それに対しましてやはり不納欠損、これも年々増加をしているわけでございますね。収入未済額が前年と比べて4,500万ほど少なくなっているんですけれども、25年度は不納欠損約5,500万、不納欠損多くなっているわけでございます。この5,500万を不納欠損にしなければ、収入未済額は当然減らないわけでありますけれども、そういったことでこの市税の不納欠損についてお伺いをいたしますけれども、この内容的には生活の困窮世帯がふえてやむを得ないといった状況があろうかというふうに思いますけれども、中にはやはりこの調査をした結果、回収が可能な債権が恐らくかなりあるというふうに思います。そういった債権をですね、分納誓約をすれば時効の中断になるわけですけれども、分納誓約に応じなかった、あるいは分納誓約書は出したけれどもこの支払いをしなかったケース、それでそういったものの中で強制執行までいかなかった債権、そういったものはどれくらいあるのか、その辺をお聞きをいたします。
委員長(二階堂一男君) 収納対策課長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) いわゆるその不正債権の回収の方法といいますか、仕方の考え方だと思いますけれども、別冊の資料4のほうに、12ページのほうにも記載してございますとおり、いわゆるその滞納処分差し押さえの執行状況が載せております。平成25年度の状況でございますが、最近といたしましては、いわゆるその不動産公売、主には水田、田んぼの公売ですけれども、これが24年度あるいは25年度に実施しております。そういった意味で、財産調査、もちろんその給与の差し押さえ、それからいろんな分納誓約も含めていわゆる時効中断のいろんなその要件を満たすような対応をしているわけでございますけれども、特に最近は不動産公売をメインに少なくとも年に1件、あるいは2件、本年度も一部予定しているものもございますけれども、そういった意味でやっぱりその担税力のあるいわゆる滞納者、我々からすれば悪質という表現しますけれども、経済的な余裕があるのに納税しないと。そういう方につきましては、やはり生活困窮とか行方不明とかとは別でございますので、そういった意味では是々非々の対応をとっていると。今後もそういうことを、特に一番その滞納の整理といたしましては効果があるのは、我々としてはやっぱり差し押さえというふうに認識しております。中には、そういったことに対していろいろクレーム、あるいはいろんな苦情の電話もまいりますけれども、やはり一番その公平平等に効果があるのは差し押さえというふうに考えておりますので、今後もいかにその差し押さえの件数、ことしの目標といたしましては、1人職員当たり50件を目標に差し押さえをやろうというふうに26年度は考えておりますので、そういった意味で一生懸命やっているということをご理解願えればというふうに思っております。
委員長(二階堂一男君) 佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) いやいや、私聞いたのは、わかるんですよここに表にあるのは。だから、ここまでいかなかった件数があるんですかっていうのを聞いているんですよ。払える能力があるのに、金額か何かで差し押さえまでいかなかた件数あるんですかというの。この払えるやつ全部差し押さえしたんですか、この不納欠損までいかなかったというか。調査をして、この人は回収可能ですと判断して、差し押さえ本当は、どうしても払えなきゃ差し押さえするんですけれども、そこまでいかないで、そして分納誓約書を出してまるきり払う気がないと。そうして不納欠損になった、今回25年度欠損にした物件というか債権があるんですかということを聞いているんですよ。
委員長(二階堂一男君) 収納対策課長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) 今の、すみませんでした。最後のその不納欠損するまでにはいろんな状況、あるいはその経過がございます。基本的には、やっぱりその差し押さえ、要するに順番に見ますと、まずもって滞納がある。督促を出す。そしてまた催告をする。それに反応があるかどうか、反応があれば通常は分納したり生活相談をします。そして現年度分はもちろん完納して、いわゆる滞納分については分納するというようなことで分納誓約をします。それをきちっと履行している方はそれでよろしいんですけれども、そうでない方も多々おります。その方につきましては、また別な意味で随時の催告をいたします。でも、それでも応じなかった方もかなりやっぱりあるわけでございまして、その方につきましては、やはりその給与差し押さえであったり、あるいは不動産差し押さえということをしますので、完全にその分納誓約を要するに履行できなかった方々について、全て債権の、いわゆる不良債権にならないで不納欠損できるかということを問われれば、全てやっているとは言いがたいんですけれども、(「物件があるのかないのかを教えてください」の声あり)それはございます。(「何件あるの」の声あり)ちょっと今、その資料は持っておりませんけれども、何件というのは後で報告させていただきます。
委員長(二階堂一男君) 佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) いや、そこのところが大事じゃないですか。払えるのに、結局払わなくて、差し押さえもできなくてもう不納欠損処分してしまったと。本当に、これはごね得、逃げ得ですよ。こういったところを本当にきっちりやらないと、本当に正直者がばかを見るって、ほとんどが正直者ですけれども。いや、本当ですよこれは。そういったところの資料ないんですか。今もっていないの。逃げ得、ごね得は、こいつは絶対本当に、必ずあと裏のほうで広がるもんだから。絶対これ本当に許してはならないというふうに思います。必ずお願いしますよ、そういったところは。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はございませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 成果説明書の10ページ、自主財源、依存財源のところでお尋ねします。
 総務部長、企画部長は25年度は別な部署でいらしたので、副市長のほうがお答えやすいかと思いますので、副市長にお願いします。自主財源をふやす努力は、一通りなさってきたろうというふうに思いますが、市税をふやすということは産業政策と一緒でなければこれ論じられないと思います。そうしたこととは別に、考え方1つでふやせるのが財産収入、あるいは寄附金かと思いますので、何か今になってもう少しこういう点で努力すればふやせたのになというようなお感じがあるかどうか。
 そしてもう1つ、依存財源の試算につきましても、あまりにも消極的な財政運営でなかったかと。いわゆる市民要望をあまり取り上げようとしない、そういう市政でなかったかという思いがするんです。その結果として、超堅実な指数になっているのだろうなと思います。実質公債費比率11.7、将来負担比率59.4。これは数字ではほめられるかと思いますが、決して市政運営の全体トータルで考えれば、あまり褒められることではないのではないかと思いますが、その辺のご感想をお願いします。
委員長(二階堂一男君) 副市長、藤井敏和君。
副市長(藤井敏和君) 浅野委員のご質問にお答えさせていただきます。
 まず基本的に、その自主財源と依存財源の比率ですが、これ一般論で申し上げますと昔で言うその3割自治という考え方ございますので、そういう意味から見れば私どもとすれば依存財源はまだまだ多いだろうと、もっともっと自主財源を確保しなきゃいけないというのが財政構造全体としては言えるんだろうと思っています。じゃあそういう中で、自主財源をふやす道筋をどうするのかというと、これも委員お話のように基本的には産業振興、産業政策によって、法人税等の税収をふやすということがまず基本にはなるんだろうと思っています。一方で、たぶん委員のお話なのは、例えばふるさと基金的なものをもうちょっとふやす工夫が必要がないかというお話だろうと理解していますが、それについても過度な募集はどうかという意見もさまざまありますが、私どもとしてもよりそこのPRをしながら、こういう財産収入の増加策というのは考えなければいけないという認識は持ってございます。
 それから、歳出そのものがその抑制的にきた結果として、こういう構造になっているんじゃないかという話でございますが、これは再三申し上げておりますように、中期的な市の財政状況を考えればやはりきちんとした財政の担保はまず必要だろうと思いますが、一方で真に必要な市民ニーズには、やはり的確に応えていくべきだろうと。例えば、道路整備でありますとかいうものについても、随分要望がございます。そういう中で、可能な限り単独でも取り組めるものは取り組むという姿勢は必要だろうというふうに私自身は思ってございます。以上です。
委員長(二階堂一男君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) ふるさと応援寄附金等について言及がありましたので、このことにつきましてちょっとだけお話しますが、やっぱり周りから見て登米市のありようが共感を得られないと、やっぱりこういう寄附というのはふえないんだろうなというふうに思います。ぜひその辺は、全体的な市政のあり方についてご一考いただきたいなと思いますし、担当のほうに何か工夫があればこの際お聞かせいただきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 総務課長、丸山 仁君。
総務課長(丸山 仁君) ふるさと応援寄附金でございますが、ご案内のとおり本市の現在のその取り組みにつきましては、現金あるいは指定金融機関への納付のみというふうな形で、振り込みからの手続きの期間が約3日から4日というふうにかかって、どちらかというと使いやすいといいますか、利便性という点では課題があるのかなというふうに考えております。そういったことで、これまでも市長答弁してきておりますとおり、使いやすい手軽にその寄附ができる制度ですね。クレジット払いであるとか、コンビニ納付であるとか。そういった取り組みを他の自治体でも実際実施しておりまして、それだけ件数がふえているというような状況もございますので、それに向けて現在取り組みを進めていると。ただ、このシステムにつきましては、いろんなそのシステム会社が開発しておりまして、コスト面であるとかその手数料、そういったところをしっかりと検証しながら進めてまいりたいというふうに考えております。
 それからですね、ことしから寄附者に対する特典として、特産品これまで10品目でございましたが、今年度から25品目にふやさせていただきました。その結果、この4月から8月までの実績を24年度と比較いたしますと、件数で50%ほど伸びてございます。そういったことで、今ふるさと応援寄附金いろいろとマスメディアでも取り上げられておりますけれども、地元特産品のPRであるとか、あるいはそのできるだけ登米市のファンになってもらう方、来訪者が余計ふえるような形で地域の活性化につながるように、他の自治体の取り組みも参考にしながら取り組んでまいりたいというふうに考えております。
委員長(二階堂一男君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 努力されているということは、改めてわかりました。50%増で満足しないで300%、500%なるように期待したいと思います。終わります。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 学校給食費、雑入ですね。49ページ、50ページについてお伺いします。学校給食費、不納欠損は330万円ということで、かなり減少しているように書かれています。しかし、昨年の決算であります24年度分では、この学校給食費、不納欠損あえて1,962万円も、その前の年は1,000万でして、かなり不納欠損によって収入未済を減らしたはずでありますけれども、現実は昨年の3,605万円から3,509万ということでいくらも改善していない。その上で、まだ330万円も不納欠損を出している。これは全然改善していないという、この数値を見ると改善していますけれども、現実は前年度比で全然改善していないように思うんですけれども、このことについてどのように対応するかお伺いします。
委員長(二階堂一男君) 教育次長、千葉一吉君。
学校教育次長(千葉一吉君) 不納欠損の改善が見られないということでございますが、さきに答弁をしておりました教育委員会の給食費の不納欠損のあり方等々については、さきにご説明したとおりでございますが、実際徴収率は現年度では、21年を基準にすれば96%が現在25年度は98.2%、それから滞納繰越金いわゆる過年度分につきましては、21年度が13.5、それから23年度、24年度が16.1、17.9と。それから、さきにも申し上げました25年度は、若干嘱託職員と税務課とのかかわりがあって落ちておりますが12.2%。全体では、25年度は90.5%、21年度と比較しますと5ポイントほど上がっております。全然努力してないんでないかということでございますが、給食費の不納欠損は全てが要保護または準要保護でございます。これらにつきまして、徴収がなかなかできないというか生活困窮者であるというような判断のもと、税務課のほうに、審議会のほうに委託しまして、そして確認をいただいて不納欠損をしている状況でございます。
委員長(二階堂一男君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 不納欠損については、先般の会議でありましたので、だから330万についてはこういう状況だってあるんですけれど、私が指摘しているのは、この収入未済そのものが3,500万ということで前年度比で100万しか改善していない。もっともっとこの収入未済額少なくなってもいいんじゃないかということで、もっと努力してくださいね。前のことを言ってもしょうがないんです。現実は、前年度比で100万しか改善していない、しっかりとその現状を踏まえて頑張ってほしい。答弁いりません。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(二階堂一男君) 質疑の途中でありますけれども、ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午前11時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時10分
委員長(二階堂一男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 歳入について、質疑を続けます。ほかに質疑はありませんか。氏家英人君。
4番(氏家英人君) 平成25年度、本市における歳入決算が約500億円ということで、そのうちの自主財源といわれる部分が130億で、依存財源と地方交付税等々ですけれどこれが370億円、7割という状況でありまして、自主財源の比率をどのように上げていくかということが本市における永遠の課題なのかなというふうに思っています。先ほど休憩前に6番委員が、「どうやって自主財源を上げるのだ」という質疑をいたしましたので、ざっと関連させようかなと思って挙手をしたつもりでございました。成果説明書の3ページ。市税等収入状況でございます。市民税、固定資産税、軽自動車税、市たばこ税等々ございまして、平成24年度に比べて平成25年度、たばこ税なんですけれども、平成24年度は6億2,500万円だったんですけれども、それが平成25年度は約7億になっているわけでして、不納欠損の収入未済額もゼロというふうな状況になっています。金額的に言えばかなりの増になっているということで、どういう理由なのかなと、何か努力でもされたのかなと。まずちょこっと、どういう見解なのかお知らせください。
委員長(二階堂一男君) 税務課長、冨士原 徹君。
税務課長(冨士原 徹君) 今ご質問にございました、市たばこ税の関係でございます。市たばこ税につきましては、年々販売本数自体は減ってございます。ただし、去年の、平成25年の4月に税率改正がございまして、その部分で旧3級品以外というものがあります。これは、マイルドセブンとかセブンスター、通常の一般的に高いたばこというふうな形で言われるものなんですが、この部分について1,000本当たり644円。それから、旧3級品といいましてエコー、しんせい等については305円ほどの税率改正がございました。その部分で去年は多くなったということでございます。
委員長(二階堂一男君) 氏家英人君。
4番(氏家英人君) ああ、そうでしたね。確かに税率改正があったからですね。私にすれば、喫煙者がふえたのかなとちょっと単純に考えまして、あるいはこうやってある意味命をすり減らしながら高額納税をしている市民が多い中で、なかなか公共施設においては、本市においては分煙する場所もないという中で冷遇しているのはどうかなというふうにもサラリと思ったので、聞いてみたのでありました。ありがとうございます。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 基金運用の関係でございます。この場でよろしいですかね。運用利益の部分もありますので、歳入の中でお話を聞いていいのかなと思いまして、手を挙げたところであります。育英資金の関係、登米市それから浅野等々あって、それから高齢者の肉用牛の貸付基金、登米市の後継者肉用牛貸付基金等々、滞納が延滞があるわけです。この延滞の状況、理由といいますか延滞理由、その辺の簡単にでいいですから理由の把握をどのようにしているか。
委員長(二階堂一男君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) それでは、お答えをいたします。牛の貸し付けの件でございますけれども、これは長く貸し出しのこの制度を続けております。したがいまして、現に利用されている牛、それから既に牛そのものがいないというふうな状況もございますけれども、整理の仕方といたしましては、毎年度そちらの滞納の整理のほうについては、文書で発送いたしまして請求をし、取り組みをしているところでございます。
委員長(二階堂一男君) 学校教育次長、千葉一吉君。
学校教育次長(千葉一吉君) 育英資金の未収金のご質問でございますが、現年度部分で合わせまして335万ほどの滞納となっておりますが、内容につきましては非常に生活困窮者というようなこともありますが、その中では現年よりも過年度の分を少しずつ納めるというようなことで、現在現年51人おります。そのうちの35人につきましては、過年度分が残っているというようなことで納めてもらっておりますし、その他についても少しずつ納めていただいておるところでございます。それから、非常に高額なまたは部分につきましては、収納対策課に移管しまして、移管したところ合わせて5件110万くらいのお願いを収納対策課のほうにお願いしたところ、半分以上65%ぐらい7、4万ぐらい納めていただいているというようなことで、いろんな意味でその滞納部分については努力をさせていただいておりますし、ある意味では分納なりそういった部分で少しずつはいただいているというような状況でございます。
委員長(二階堂一男君) 収納対策課長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) 先ほど佐々木委員さんからご質問ありました、「分納している方で不納欠損をしている方の数字は」ということでございました。結論的に申し上げますと、具体的な数字は把握していないのが実情でございます。ただ、昨年度ですね、25年度分納誓約を新たに結んだ方は65件いらっしゃいます。
委員長(二階堂一男君) 今のは、昌憲委員に対するご答弁のほうを。
委員長(二階堂一男君) 及川昌憲委員、もう1回。
12番(及川昌憲君) 私聞いたのは、その滞納の状況をしっかり把握しているかということなんですよ。例えば、牛のほうで文書でご連絡申し上げているとか、それから過年度分についての徴収を教育委員会ではやっているという話していますけれど、そういうきちんと1件1件をどういった状況下にあるのかを見据えて、計画的な延滞の回収に努めるという部分がきちんとなされているかということをお話として聞きたかったんです。質問の仕方が悪かったのかもしれませんけれども、それをしないといわゆる計画的な回収は無理なんですよ。その辺の認識をどのようにお持ちなのかということです。
委員長(二階堂一男君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) きちんと整理をして把握をしております。したがって、毎年督促通知をしているところでございます。
委員長(二階堂一男君) 学校教育次長、千葉一吉君。
学校教育次長(千葉一吉君) 奨学資金につきましても、産業経済部長の話のとおりきちっと把握しておりますし、催告状それから保証人への通知、その他の部分でしっかりと事務はさせていただいていると思っております。
委員長(二階堂一男君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) それでは、心配なく計画的な回収がなされるというふうに認識していいのかなというふうに思いましたので、委員長の名のもとでもしよければ、その産業経済部関係の牛の関係のその状況の内容の資料等あればいただきたいと思いますし、教育の分に関してもそういうふうにお願いしたいと思います。こういうふうなことを見ると、いわゆる不納欠損なりというものの処理は、一切ないという認識でよろしいのかというふうに思いましたので安心しました。
委員長(二階堂一男君) 部長その辺いいのね。資料ほしいっていうのですが。産業経済部長高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 資料は、後で提出させていただきます。
委員長(二階堂一男君) 学校教育次長、千葉一吉君。
学校教育次長(千葉一吉君) 資料は提出させていただきますし、現在のところ3育英資金についての不納欠損はございません。
委員長(二階堂一男君) ここで改めて、先ほどの佐々木 一君への答弁漏れがあったということで、収納対策課長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) 大変申しわけございません。それでですね、今の新しく分納誓約を結んだ方、昨年度65件、24年度は53件ということで、例年よりもだんだん少なくなってきているのが実情でございます。そのうち、何もいわゆる何ていいますか、単純にそのいわゆる5年の時効を迎える方という方は、かなり少ないというふうに思っております。特にその高額累増案件等につきましては、もちろん差し押さえ、それから滞納整理機構に移管するというようなことで対応しておりますので、今後も善良な納税者の納税意欲をそがないようには一生懸命頑張りたいというふうに思っておりますので、こういうことのないように努めたいというふうに思っております。よろしくお願いいたします。
委員長(二階堂一男君) 補足答弁に対して、佐々木 一君。
11番(佐々木 一君) ただいまの答弁では、この漫然とではないんですけれども、何もしないで不納欠損にしたものが多少なりともあるといったような答弁でありますけれども、これは本当にですね、必ずこういったことはないようにしてもらわないと、言葉で本当に市民の負担の公平性あるいは財政の健全化、たびたびこれは言われるわけですけれども、そういったことを言葉だけで全然この何ていうか熱いものが伝わってこないんですよね、今の答弁を聞くと。ぜひとも言葉だけでなく行動にあらわして、実績をあらわしていただくことをお願いいたしまして私はいいです。よろしくお願いします。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はございませんか。伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) それでは、浅野 敬委員もお聞きした点、重ねて確認させていただければというふうに思います。ふるさと納税の関係でございます。これにつきましては、当初目的、故郷に恩返しをしたい人が国中たくさんいると。それから、都市と地方の税制格差をいくらでも少なくするというようなことが目的で創設された事業だというふうに思っています。この事業が発足してから約8年ぐらい経過するというふうに思いますが、これまでの実績どういったような状況になっているのか。それで、成果はどういったことが上げられて、まとめられているのか確認させていただければというふうに思います。細かい点については、人数であったりリピーターがどれぐらいなのか。それから、金額ベース的にはどういった推移なのか。さらには特典。その辺は特産品をお返ししているというふうに思いますが、今回25品目というふうなことになっているようでございますが、どういったことにこだわりを持って行われているのか。その他、もろもろわかる点、よろしくお願いしたいというふうに思います。
 そして、そういったことの成果を踏まえて、今後どういった取り組みをなされるのか。目標値、目標額、その辺を確認させていただければというふうに思います。
委員長(二階堂一男君) 総務課長、丸山 仁君。
総務課長(丸山 仁君) まず、これまでの実績から申し上げさせていただきたいと思います。本市では、20年度からこのふるさと応援寄附金取り組んできたところでございまして、25年度までで328人の方から、9,267万2,000円ほどの寄附をいただいております。なお、7月末現在では、344件となってございまして、寄附金額も9,431万2,000円となってございます。これらにつきましては、10の事業メニューを設けまして、寄附者の方からその事業メニューから選択していただいて寄附をいただくというような取り組みでございまして、これまで9月補正時点で申し上げますが308件分の寄附金を、金額にいたしますと9,206万9,000円になりますが、これを130の事業に充当してきたところでございます。充当してまいりました事業の中でやはり一番多いのが、地域医療の体制整備。そういった事業への活用が多くあるわけでございまして、25年度につきましても医療局のその機器の整備等に基金を充当させていただいてきているところでございます。
 それから、特産品のPRにつきましては、特産品につきましてはやはりできるだけその地元の特産品、PR、さらには先ほども申し上げましたとおり、登米市のファンになっていただくというふうな観点から、できるだけ高額なものということではなくて内容、種類、そういったものの充実に努めているというところでございます。
 それから、課題といたしましては、本市の特典につきましては、まず1つは3万円から10万円未満の方には3,000円相当の特産品。それから、10万以上には5,000円相当の特産品と、大きくこの2つの区分でございます。この特典の区分の見直し、今後図っていかなければならないのかなというふうに考えているところでございます。
 それから、寄附金の目標額ということでございますが、あくまでも寄附金ということで寄附者の善意といいますかそういったものでございますので、特段目標額については定めていないところでございます。以上です。
委員長(二階堂一男君) 伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) 現在、事業メニュー的には10項目というふうな内容というふうに思っていますが、ここに農業関係を守るとか、農業を支援するというようなメニューについては、たぶん入っていないんではないかなというふうに考えます。今回、ここまで米価が下落して、非常に農家サイド的には大変厳しい状況になっておりますので、その辺もぜひ事業メニューには入れて全国発信をしていったほうがいいのではないかというふうにまずは考えます。
 それから、特典については特産物いろいろあると思うんですけれども、私が知る限り農産物の特典というのは……ある。結構ほかの状況を見ると、牛肉、豚肉、米、野菜、果物、これが本当にベスト品というようなことでございますので、やはりそういった農産物をしっかりやっぱり登米市の特典として選択できるような体制が必要だと。それが、たぶん登米市農産物のブランド化、商品開発等々につながるというふうに思っているところでありますが、その辺産業経済部長の考えを伺いたいというふうに思います。
委員長(二階堂一男君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 産業経済部の中で、そういう話を最近実はしておりました。例えば、米、今言われた牛肉なども含めてそういうことを話をし、検討といいますか、頭の中にはしておるというふうな状況でございます。
委員長(二階堂一男君) 伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) ぜひ、来年度に向けてそういった事業改革というか、その辺検討していただければというふうにはまずは思います。
 それから、先ほど総務課長がお話した特典について、3万円から10万円は3,000円の特典。それから10万以上が5,000円の特典。やっぱり全国的レベルを見ると、やっぱりもう少し頑張って、気持ちに対して気持ちを返すという意味ではもう少し頑張ってもいいのかなというふうに思います。
 それから、たぶん特典については年1回のお返しというようなことだというふうに解釈するわけでございますが、もう既に全国の自治体を見ると、気持ちに対して何回でももらった分だけ返すというような自治体も出てきているというふうに思いますので、その辺もぜひ検討していただければというふうに思います。
 それから、たぶん今回安倍さんがお話したローカル・アベノミクス、それから地方創世の一環でふるさと納税制度の拡充が決定しましたよね。それを受けて、どのように本市としてはさらに考えるのかも再度確認を申し上げたいというふうに思いますし、このふるさと納税の特典、特徴としましてはたぶん皆さんわかっていると思うんですけれども、国民の皆さんもわかっているというふうに思います。まず1つは、地域の特産をしっかりもらえると。それから、生まれ故郷以外でなくてもオーケーである。それから、税金が控除をされる。それから、使い道の指定が自分でできる。それから、複数の自治体を選んでも構わないというようなことなので、その辺もう少し来年度に向けて考えるところはあるというふうに思いますが、どうですか。市長。
委員長(二階堂一男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) ご指摘をいただいた内容を十分に我々も認識をしているところでございます。また、そういった意味ではやはりその寄附金の額で、当然寄附者のご負担をいただかなければいけない、控除されない金額が5,000円ということでございますので、そういった部分も踏まえてしっかりとそのお返しといいますか、その気持ちにどうやって応えるのかということを、我々も考えてまいりたいというふうに考えています。また、ただ全国の事例で取り沙汰されておりますのは、非常に高額なお返しをするようなケースも出てきているようでございます。本来、そのお金は税として納税されるべきお金が、実は特典として多く寄附者の皆さんにお返しをするということになりますれば、ある意味税を、要するに税金を形的には納付をする形にはなりますが、実はその税の還付を寄附金のお返しの中でいただくというような形になり過ぎるということは、我々としては避けなければならないことではないのかなというふうに考えておるところでございますが、とは言いながら、やはり地域をどうやってPRするかという点も含めて検討をさせていただきたいと考えております。
委員長(二階堂一男君) 総務課長、丸山 仁君。
総務課長(丸山 仁君) 今の特典の状況でございますが、今25品目この中には米も入っております。それから、肉も入ってございます。そのほかに木工品、それからみそ、しょうゆ、ハムの詰め合わせ、そういったものが入っているところでございます。ただ、米の詰め合わせが、いわゆるそのもらった方からすると「若干少ない」というふうなそういう意見も何件かございますので、その辺の、特にその米も含めてなんですが、農家の方々の収入の増加につながるような取り組みを検討してまいりたいというふうに考えております。
委員長(二階堂一男君) 伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) 米なども送られているというふうに思いますが、たぶん登米市のブランド米というような位置づけではないですよね。産業経済部さんから見れば。たぶん、特定の方々のお米を商品化したお米というような意味だと思うので、やっぱりその辺は登米市の米ブランド、環境保全米ブランドを、そこに結びつけていくというような施策が必要だと私は思います。それから、たぶんプレゼント競争というふうなことが、一番心配されているというふうなことだろうというふうに思うわけでございますが、たぶんマスコミさんでは今回のこのふるさと納税、すごいブームなると。既にブームになっていると思うんですけれども、やっぱりそこにしっかり意識を持って、そこに積極的に取り組んでもいいのかなというふうに思います。たぶんこれがもしかして、いろいろなところに行って農産物のPRとかイベントとか何度かするよりも、大変なPR効果、戦略ができるんだろうというふうに思います。もっともっと私たちの持っている資産をPR、情報発信していくというようなことがこのふるさと納税のツールだというふうに思いますので、今後もっともっと登米市応援団をつくっていくためにも、もっともっとこの辺を頑張っていってやっていただければというふうに思います。
委員長(二階堂一男君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 国のほうでもこの制度を拡充するという構想もあるようですので、しっかりと対応していきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はございませんか。及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 小さなことですみませんけれども、ちょっと確認させていただきたいと思います。総務、それから衛生、農林水産、商工、消防、教育のところに自動販売機の電気料収入があるんです。それに対して、それはまあ電気料、自動販売機あるから電気料払うんでしょうけれども、そしてそれとあわせて敷地使用料があるんです、自動販売機の。そうすると、総務には敷地使用料あり、衛生にはなくて、民生にあって、農林水産は農林水産で敷地料あり、商工はなし、その他であります、消防もなし、教育もその他というふうになっています。その敷地使用料がない、電気料が発生していて敷地使用料がないということの意味がわからない。
委員長(二階堂一男君) 暫時休憩いたします。
          休憩 午前11時41分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時43分
委員長(二階堂一男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 及川昌憲委員の質問に総務課長、丸山 仁君。
総務課長(丸山 仁君) 現在、市が管理しております施設の中に自動販売機53台ほど設置をしているところでございまして、行政財産の使用許可で出しているところが15台ございます。それから、行政財産の中でその貸付料として収入しているところが、その残りの38台ということでございまして、電気料の考え方につきましては子メーターを設置している自動販売機がございます。それにつきましては、直接電気料を納めていただいているということでございます。それから、子メーターを設置していない自動販売機につきましては、その施設の電気料全体に係るその稼働率に基づいて按分をさせていただいているということでございます。
 敷地料でございますが、自動販売機につきましては、自動販売機の貸付料要領がございまして、飲料水につきましては、貸し付けの場合は年間売り上げの8%ということでございます。たばこについては、2%ということでございます。以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) ただいまの敷地料の件について、企画部で管理してございます津山観光物産センターの例を申し上げますと、電気料は市のほうで支払っているものでございますので、年間電気料実費の部分をその管理している管理者のほうからいただいております。また、それと自動販売機の設置している場所がJRの所有地というふうな、市の所有地以外の場所に設置されていて、ただ電気料は隣接ですのでその一角のものとして捉えているというふうなことで、敷地料が入っていないというふうなそういった例もございます。
委員長(二階堂一男君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) それは、収入の部のどこの部分に入るのかちょっとわからないので、企画のほうはちょっと私確認していなかったものですから。例えば、消防敷地内にありますね。そこでも敷地使用料は、発生しないのか。今、答えた人。例えば、だからさっき言ったように、自動販売機電気料は消防はあり、敷地使用料は消防なし。こういうのがあるのね、例えば。だからなぜそういうふうなのが発生するか、だから具体的に言えば消防内に自動販売機がある。そこには電気料は発生するけれども、敷地使用料は発生しないわけは誰か答えて。こっちで統括して話したんだから、こっち聞いたほうがいいかもしれない。
委員長(二階堂一男君) 暫時休憩いたします。
          休憩 午前11時47分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時48分
委員長(二階堂一男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 行政財産、あるいは普通財産、そこにその自販機を設置する場合の基準というのはそれぞれありまして、ただ今委員お話のように、その個々に土地だったり、建物だったりの状況が違う可能性もありますので、その辺はちょっと調査をさせていただきまして後ほどお答えをさせていただきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(二階堂一男君) これで質疑を終わります。
 ここで説明員の入れかえのため暫時休憩をいたします。
          休憩 午前11時48分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時48分
委員長(二階堂一男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、歳出について質疑を行います。
 まず、1款議会費、2款総務費について質疑を行います。質疑はありませんか。熊谷憲雄委員。
20番(熊谷憲雄君) 各総合支所の燃料費、本当にこのごろは燃料費も高騰いたしまして、大変だなというような思いでおりますが、燃料費で豊里支所、ガソリンだけ49万円というようなことで、ガソリン以外は燃料費は全然使っていないんでしょうかね。
委員長(二階堂一男君) 豊里総合支所長、目々澤義信君。
豊里総合支所長(目々澤義信君) ご質問の燃料費、ガソリン代公用車8台分のガソリン代ということで、なお豊里総合支所自体公民館施設に間借りしているといったことで、実際の施設管理については、指定管理者の公民館のほうで管理しておって、そちらのほうに経費があるといったことでございますのでよろしくお願いしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 熊谷憲雄委員。
20番(熊谷憲雄君) はい、わかりました。間借りをしているということで、燃料費はこっちに載せていないということですね。
 それから、不思議なことがあったのは津山。ガソリンリッター139円、それから軽油が148円という、ガソリンの値段と軽油の値段が逆転しているんだけれども。
委員長(二階堂一男君) 津山総合支所長、高橋正弘君。
津山総合支所長(高橋正弘君) 再確認の上、ご答弁したいと思います。
委員長(二階堂一男君) 熊谷憲雄委員。
20番(熊谷憲雄君) 一番本当に不思議、何だと思ったのが津山の総合支所のガソリンと軽油で、この燃料費調べたら混合油使っているところが東和、米山、津山。津山はリッター170円、米山が358円、何かみんな数字がばらばらなんだけれども。それから、東和が混合油等となって190円53銭、これは等というのは混合油のほかに何が入っているの。
委員長(二階堂一男君) 順次答弁をお願いします。東和総合支所長、千葉幸弘君。
東和総合支所長(千葉幸弘君) 東和総合支所でございます。混合油等となっております。それで、これ内容ですね、ちょっと調べてから回答したいと思います。
委員長(二階堂一男君) 米山総合支所長、小野寺 稔君。
米山総合支所長(小野寺 稔君) 米山でございます。単価がちょっと割高になっているというようなことでございます。これにつきましても、やはり調査をさせていただいてご回答させていただきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 質疑の途中でありますが、ここで昼食のため午後1時まで休憩いたします。
          休憩 午前11時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
委員長(二階堂一男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 先ほど熊谷憲雄委員の対する答弁に対して、豊里総合支所長から訂正の申し出がありますので、これを許可いたします。
豊里総合支所長(目々澤義信君) 大変失礼を申し上げました。先ほど灯油については、指定管理者である公民館のほうで支払っているというふうな旨の答弁を申し上げました。実際は、オール電化ということで灯油の使用はございません。ただし、電気料・水道料について支所の占める面積按分で、支払者である指定管理者のほうにお支払いをして、指定管理者のほうから納入をいただいているといったことでございますので、よろしくお願いします。大変失礼申し上げました。以上です。
委員長(二階堂一男君) 津山総合支所長、高橋正弘君。
津山総合支所長(高橋正弘君) 同じく説明書の訂正お願いします。説明書の85ページになります。中段でございます。11節の需用費の燃料費でございます。ガソリンと軽油と混合油等、3段になっておりますが、訂正後の金額を申し上げます。ガソリン65万7,662円。数量の訂正もございます。4,167.71リットル。軽油、金額が69万8,646円。数量が5,122.51。混合油ですけれど、これはオイルになります。ツーサイクルオイルになります。金額が3,600ちょうど。数量が3リットルでございます。大変申しわけございませんでした。以上、訂正申し上げます。
委員長(二階堂一男君) 東和総合支所長、千葉幸弘君。
東和総合支所長(千葉幸弘君) 東和総合支所の燃料費の区分なんですが、混合油などと表記しておりますが、確認しましたところ草刈り用の混合油を2社から購入しまして、1社が混合油1本で請求、もう1社がガソリンとオイルと分けて請求がきたということで、表記上混合油などと表記しましたのでご理解願いたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 米山総合支所長、小野寺 稔君。
米山総合支所長(小野寺 稔君) 先ほどの軽油の単価の関係でございます。確認しましたが、購入月あるいは購入業者の差異によってもあるところと思いますが、一番の安価な単価で税込みでございます191円から395円というような請求の単価であったというようなことでございます。中身は、191円につきましては9リットル。380円というのはあります。それが、8リットル。395円が30リットル。合わせて57リットルの2万410円というような内容になってございます。以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 熊谷憲雄委員。
20番(熊谷憲雄君) 津山、それから東和についてはよろしいんですけれども、今の米山の混合油が300いくら、ちょっと私はあり得ない数字だなと。普通に、私はよくガソリンとそれからオイルを買って、20リットルなら20リットルつくるんですけれども、買っても200円はまずしないんじゃないかな、1リットル。それ380円とか、何でそういう値段で買っているの。私は考えられないね、それは。
委員長(二階堂一男君) 米山総合支所長、小野寺 稔君。
米山総合支所長(小野寺 稔君) この単価につきましては、よく調査させていただいて、まず確認をさせていただきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 熊谷憲雄委員。
20番(熊谷憲雄君) こういうふうになると、何か今燃料費だけのことを言っているんですけれども、ほかのところの皆この数字もかなり間違いというか、あるんじゃないかなという気がするんですけれども。大丈夫なんですかね、監査委員さん。差しかえも前からかなりあったんですけれども、それ以外にもこのようにあるということは大丈夫ですか。
委員長(二階堂一男君) 監査委員、島尾清次君。
代表監査委員(島尾清次君) 詳細な部分については、わかりかねる部分もありますので、今後支所のほうを通じて、よく調査をさせてご答弁差し上げたいと思います。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。熊谷和弘君。
1番(熊谷和弘君) 35、36ページで、3細目広報広聴費でございます。5番目、「出張市役所を開設し」ということで、昨年度実績4回、開催4団体149人参加ということになっております。それで、平成24年度の実績見ますと3回、3団体239人ということで、非常に毎年少ないんだというふうに思いますけれども、この出張市役所をやっているというこのお知らせはどういった方法で周知しておりますでしょうか。
委員長(二階堂一男君) 市長公室長、中津川源正君。
市長公室長(中津川源正君) ただいまの出張市役所の周知の方法というふうなことでご質問でございますが、毎年6月1日号に出張市役所を広報で載せてございまして、全体の事業メニューが54種類ございまして、2ページ見開きでお知らせをしていただいている状況にございます。毎年4団体から3団体、5団体程度というふうなことで少ないようでございますが、その実施していただきました団体につきましては大変喜んでいただいている状況でございますので、周知の方法をこれでいいのかというのも含めて検討させていただきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) ただ、やっぱり結構見逃している人も多いんじゃないかと思います。ちなみに、私の部落でも平成24年やりましたけれども、市役所の職員の方とかあとOBの方がね、そのときには放射能と農産物ということでやりましたけれども、こういったことをやっているんで、ぜひやったほうがいいんじゃないかということでいろいろリードして開催した経緯もありますので、ぜひその辺のお知らせも積極的にやっていただきたいと思います。あとは、やっぱり効果ということで、「市民一人一人の行政への参加意識を高めるとともに、市民との積極的な情報を共有に努めた」ということありますけれども、やっぱりなかなか、特にこれから高齢化になっていきますと、高齢者の方なんかも情報を得にくいという部分なんかもありますので、ぜひできれば、例えば昼間なんかでも出向くとかも、そういった形で積極的にこういったことをやっているということで、情報を提供をよろしくお願いをしたいと思います。以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 市長公室長、中津川源正君。
市長公室長(中津川源正君) これまでは、開催のご案内だけでございましたので、この実施した内容なんかの紹介も含めまして、いろいろ広報等でお知らせをした上で募ってまいりたいというふうに考えます。よろしくお願いいたします。
委員長(二階堂一男君) 熊谷和弘君。
1番(熊谷和弘君) 別件でございますけれども、15細目若者交流対策費、61、62ページでございます。13節委託料ということで、結婚活動支援事業。決算額は約250万ということで、平成24年が241万5,000円ということで、25年度が8万3,000円のプラス、ほぼ同じでございますけれども、事業の内訳ということでまず自分磨きセミナー。これが24年度8回、昨年度5回の開催でございます。それから、出会いイベント。これも24年度7回、昨年度6回ということで、これはそれぞれ減っていますけれどもどういった理由かお伺いをいたします。
委員長(二階堂一男君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。
市民活動支援課長(佐藤 浩君) お答えをさせていただきます。結婚対策事業につきましては、24年度から業者のほうに委託をして行っているところでございますが、昨年度プロポーザルによりまして契約をしてございます。回数は、それぞれ5回以上の相談会、イベントを設けてくださいというような仕様になってございましたので、事業者のほうの実績といたしましてこういった形となっているわけでございます。以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 熊谷和弘君。
1番(熊谷和弘君) それからですね、その下になりますけれども結婚相談会。これは、24年12回に対して、25年度19回ということでふえております。ただ、回数のほうが、相談件数19件です。19回やって19件ということは、1回当たり1件。おととしに、平成24年度につきましては、12回やって10件ということで、平均1回にもなっていないということであります。果たして、まずこれせっかくやっていますけれども、どれだけ意味があるのかなということで、見直しとかも必要じゃないのかなと思いますけれども、その辺はいかがでございましょうか。
委員長(二階堂一男君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。
市民活動支援課長(佐藤 浩君) 結婚相談会につきましては、ただいまお話ございましたとおり昨年度19回、前年度は12回ということでございますが、なかなか地元で相談がしにくいというふうなお話もあったようでございますが、中には最初にお母さんが相談に見られて、その後に今度別な会場でご本人がまた詳しくお話を聞きに来るといったようなケースもございますので、もう少し利用の認知度が上がるような周知方法などに努めていただきまして、相談件数をふやしていただくような努力もしてまいりたいというふうに考えてございます。
委員長(二階堂一男君) 熊谷和弘君。
1番(熊谷和弘君) それで、日程を見ますと結婚相談会というのは、午前中にやっていますね。それで、自分磨きセミナーと出会いイベントが午後からまた連続してということで、これやっぱり非常に出る方も疲れるんじゃないかと思って、やっぱりこの辺あたりもちょっとスケジュール見直すべきじゃないかなと思います。あわせて、例えば参加者のアンケートなんかとっているかどうかですね、この辺もしっかりと生かしていただきたいと思いますのでお伺いをいたします。
委員長(二階堂一男君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。
市民活動支援課長(佐藤 浩君) セミナーと出会いイベント等につきまして、午前中セミナー、午後にイベント、あるいは午後セミナーをして夕方にかけてイベントといったようなケースもございます。それぞれセミナー、イベント等も参加者のほうからアンケートをいただいておりまして、いただいたアンケートをもとに事業者のほうと私どもも入った形でいろいろご協議をさせていただきまして、次回以降に向けて有効な開催方法というものもいろいろ検討しながら進めてきておりますので、今後もそういった参加者の皆さんの意見をくみ取るような形で進めてまいりたいというふうに考えております。
委員長(二階堂一男君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 自分磨きセミナーと出会いイベントについては、本当にもう結構派手なチラシが入ってきますので、皆さん目にしているかと思いますけれども。相談会は広報にですね、本当に小さくしか載っていないので、たぶん見逃している人もいるのかなと思いますんで、この辺の周知もやっぱり本当に、現実相談件数少ないわけですので、やっぱりしっかりと今後いろいろとお知らせをしていただきたいということを要望して終わります。
委員長(二階堂一男君) 要望ですね。ほかに質疑はありませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 所管でございますが、さわりだけさわってしまって結論めいたことを聞きかねておりましたので、あえてご質問します。
 成果説明書の37ページの移動市長室、それから31ページの市長交際費、それと36ページのコミュニティFM、この3点について総務部長も市長公室長も変わったばっかりで、わかる範囲で結構ですし、わからない点があったらば副市長に補足をお願いしたいと思います。
 まず、移動市長室につきましては、総合支所単位で9カ所実施したと。それでその、いわゆるいろんなことを市民の要望等について聞いたというふうに常任委員会では説明を受けましたが、その後議会の意見交換会の報告書に豊里会場で26年7月23日に行われた意見交換会では、こういうことが出ているんです。一応読み上げます。「昨年11月ごろ移動市長室が開催され、さまざまな意見を申し上げたが何一つ実現されていない。何のためだったのか。」というようなご意見でございますが、こうしたことの積み重ねがいわゆる市民との信頼感を欠くことではないかと。協働のまちづくりもそこで進まなくなるのではないかというふうな、私は心配しているわけですが、その辺のご見解をお聞かせいただきたいと思いますし、その市長交際費につきましては、合併以前の各町でも200万とか250万の各町その程度の予算化していてやっていたと思いますが、9つが1つになったから前の1つでいいとは私は思っていないんです。町が大きくなった分、やっぱり合併する前の3町分、ないしは2町分は必要なんではないかというように、ざっくばらんにそう思うんですよ。ですから、いわゆる登米市として意を欠いているようなところはないかということを聞かせていただきたいし、それからコミュニティFMにつきましては、情報伝達のメインのツールとして、いわゆる検証の結果メインとして位置づけておられるかどうか。まずこの3点をお聞かせください。
委員長(二階堂一男君) 市長公室長、中津川源正君。
市長公室長(中津川源正君) 議会の意見交換会の折の移動市長室についてでございますけれども、移動市長室につきましては、各支所ごとに開催してございまして年1回、本年度におきましては午前と午後と別れて年2回やっていただいている移動市長室もございます。メニューにつきましては、支所ごとに検討いただきまして健康教室の参加とか、福祉作業所への視察、さらには小中学生との意見交換会など行っておりますが、そのほかに市民の皆様または団体との意見交換会を実施してございます。その中で、今回のご意見だと思いますけれども、何らかの質問をいただきました内容について、十分整理されていないまま行き違いがあって回答に至っていないというふうなことかと存じます。改めておわび申し上げたいと思いますし、その内容について確認させていただいて回答させていただきたいと思います。本年につきましても、既に4回移動市長室を開催してございまして、いただきましたご意見に対しましては丁寧にきちんと対応させていただきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 交際費につきましては、旧町で各200万程度ずつというふうなことでございますけれども、基本的に本市の交際費につきましては、近隣の市町村と比較して少ない額ではないというふうに承知してございます。ただ、その使用の方法、または旧町で使用していた実態など、さらに他の市町村の使用の実態なども確認しながら再度どうあるべきか、どういうふうな使用が適切でさらに効果の上がるような使用になるのかというふうなことについては、調査をさせていただきたいというふうに考えてございます。
 情報伝達手段の1つでございます、はっとエフエムでございますけれども、やはり今後緊急のそういった伝達手段の大きな役割の1つとして位置づけられるというふうに認識してございます。私どもの広報広聴のほうの立場で申し上げますと、広報やまた緊急のメール、さまざまの情報伝達手段がございますが、やはりその1つの大きなウエートを持つのがはっとエフエムというエフエムの活用というふうに考えてございますので、今後もそういった位置づけの中で進めてまいりたいなというふうに考えてございます。
委員長(二階堂一男君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 今のコミュニティFM、これがメインでというふうな位置づけなんでしょうか。私はメインではない補助的なものだろうと、そうだったらわかるんです。ですからその辺を、やっぱり市民が一番わかりやすいことの手段をメインとすべきだと思いますので、これ以上言ってもたぶんだめでしょうから、予算審議等でもう一度お話したいと思います。
 それから、交際費につきましては、やっぱり費用対効果を考えてやるべきだと思うし、ほかのよその町よりも多くても別に支障はないというふうに思うんです。ですから、相関関係なんですよ、市長のいわゆる活動に支障のないように、いわゆるトップセールス何度もやるんだというような意気込みを示されているんだから、そういうふうに十分に対応できるような予算措置が望ましいと思っていますし、ぜひ副市長にも市長の何割かは分担していただいたほうが、私はいいのではないかというふうに申し上げて終わりたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 答弁いりませんか。ほかに。浅田 修委員。
15番(浅田 修君) 今の本庁機能が3カ所に分かれているというところでありまして、職員等の会議等が結構あるのかなというふうに思っております。1カ所によって会議すっぺやというときの、いろんな年間のいくらの会議があるかちょっとわかりませんけれども、その中での職員だけでも結構でございますけれども、ロスタイムなりいろんな経費かかっていると思います。いくらぐらいで見ていますかね。
委員長(二階堂一男君) 総務課長、丸山 仁君。
総務課長(丸山 仁君) お答えいたします。迫庁舎、中田庁舎、南方庁舎、本庁機能のある庁舎の分での移動の内容についてのみ、ご報告させていただきたいと思います。ちょっと今手元に、支所からの移動の分はちょっと手元に資料がないものですから。それで、本庁機能のある3庁舎間での会議等での移動の件数が5,351件でございまして、職員数にいたしますと6,752人ということでございます。これは、在勤地内旅行命令簿、あるいはその公用車の運転記録簿のほうから出して、はじいているものでございます。これを距離に換算いたしますと、約7万600キロぐらいになるということでございまして、これにかかる往復時間、あくまでも決裁の際の待機時間は含めない単純なる往復時間だけ見ますと、2,540時間ほどかかっているのかなというふうに捉えているところでございます。これをですね、人件費ベースに置きかえますと、840万ほどというふうに試算をしております。なお、移動に要する燃料費につきましては、リッター10キロというふうに計算いたしますと約100万ということでございます。
委員長(二階堂一男君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) このように3カ所に分かれているというだけで、職員だけでこのぐらいのロスタイム、さらに金額が経費かかっているということで、まず早目にとにかく庁舎の一本化をしていただければというふうに思っておりますけれども、その点についてなるべく年度を逆に繰り上げても頑張っていただければというふうに思っております。
 それから、これを市民に換算するといくらですかね。全然試算したことないですか。
委員長(二階堂一男君) 総務課長、丸山 仁君。
総務課長(丸山 仁君) 大変申しわけございません。現時点では、市民換算はしていないところでございます。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑は。佐藤恵喜委員。
25番(佐藤恵喜君) 成果説明書82ページ、南方総合支所維持管理費の中で電気料金も示されております。太陽光発電設備導入されている庁舎ですので、そのことによっての25年度の年間の発電電力量や、売電するくらいの余剰発電はないでしょうけれど、東北電力へ支払う電気料金がどの程度節約になったのかと。あわせて、CO2排出抑制は、なければないでいいんですが、それをお聞きしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 南方総合支所長、高橋美守君。
南方総合支所長(高橋美守君) お答えいたします。南方庁舎におきましては、平成23年4月からソーラーシステムを稼働させまして、そこで発電をしております。25年度お尋ねの内容でございますけれども、25年度実績としては発電量が3万2,830キロワットアワーでございます。それを1キロワットアワー15円ということで換算しますと、49万2,446円になります。今回、電気の支出980万ほどありますけれども、これについては約4.8%の節約ということで把握しております。もう1つ、CO2の換算については今具体的な数字ございません。以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 佐藤恵喜委員。
25番(佐藤恵喜君) 公共施設には25年度も総合体育館、中田とかいろんなところに設置とか相当進められております。これはもちろん推進していかなくちゃないんですが、今、南方庁舎での説明あったように、全体のまとめというのはどこでやっているんでしょうかね。そしてそれは、今聞いたようなのを数字で示すことできるんでしょうか。25年度のいわば取り組んだ成果だと、それこそ成果報告をお願いしたいわけであります。
 そして、もう1つは設備費ですね。投資した分、減価償却で計算していくようになるんでしょうか。費用対効果、数字的にはこういうことだと。そこには、CO2排出抑制量もほしいのですけれども、どこなんでしょうかね、その取りまとめは。各部署ということでは持っているかもしれませんが、この資料報告をお願いしたいんです。
委員長(二階堂一男君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 太陽光発電の関係につきまして、恐らく今各部署で、例えば補助メニューに乗ったりさまざまな取り組みをしておりまして、一括で取りまとめはまだたぶんされていないのかと思いますので、今お話のあった再生可能エネルギー対策として、まとめてこちらとしても管理していければと思います。後ほどその辺については、対応させていただきます。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はございませんか。相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) 成果報告書97ページになんですけれども、この納税嘱託員6名。そしてまた、税務嘱託員509人ですか、ありますけれども、これ納税嘱託員のこの6人の選抜というか頼むときにはどのような、何かあるんですかね。これお聞きします。
 そしてまた、納税組合、貯蓄組合のことなんですけれども、前回の私の質問の中で納税組合がやり方がこれで正確になるのか検討する必要があるというふうな答弁をいただきました。納税組合長、私もやっていますけれども、切符送られたときは、それを組合長が全部班長にですね、一人ずつこの紙を印刷して渡すんですよ。そして、班長が個人に渡して、その1週間後に徴収をして、そして組合長に持ってくると。次の渡すときには、もらったお金の領収証も添えて、またそれを1カ月遅れでやるというふうなのが私たちのやり方なんですけれども、これは全部あらかじめみんな誰にもわかることをやっているんですけれども、そういうほうがいいのだかというふうな、私はそれでいいと思うんだけれども、方向として検討する必要もあるんでないかというふうなことがありました。非常にこの、税を集めるというのは大変なことで、納税組合があるから私は税率が上がっているなと、収納率が上がっているなというのもありますけれども、その辺のところお願いします。簡潔に。
委員長(二階堂一男君) 収納対策課長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) まず、第1点目の納税嘱託員の選任の方法ということでのご質問です。これは1年単位の更新でございまして、人事課のほうに登録いたしまして、その中から面接をいたしまして選抜して採用している状況でございます。
 それから、納税組合の、いわゆるその徴収方法の問題ということでよろしいでしょうかね。相澤委員さんの組合長さんの組合では、今言ったような方法で現金ということで集金なさっているということでございますけれど、やっぱり組合員につきましてはいろんな、合併前からのいろんな経緯がございまして、組合員の集金の仕方、あるいは納税の方法はみんなそれぞればらばらでございます。例えば、単純に申し上げますと、全て口座振替でしかやっていないところもございますし、あとはその納税通知書をそのまま納税組合員に渡しっぱなしで、納税はその組合員個人がやるといった方法もございます。私たちのほうでは、その組合員のいろいろそのやり方を尊重いたしまして、一番はその納付率が下がらない方法が一番よろしいかとは思っておりますけれども、これが一番妥当な方法というようなことで強制、あるいは指導しているわけではございませんけれども、ただ昨今そのいわゆる、なるべくその現金を取り扱うと事故も起きますし、あるいはその前々から申し上げますとおりその納税組合長さんのなり手が少ない、役員不足ということもございまして、組合長さんの負担軽減というようなことからも考えまして、口座振替を推進しているというふうな状況もございます。そういったことでございます。
委員長(二階堂一男君) 相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) これね、納税組合長さんなり手いないっていうから、納税組合に対して今金額にすると大した補助金でもないんだけれども、一番お金を集めにいくのは納税組合だと思うんだけれども、ただそれに対してもう少し、組合員に対してだよ。組合員に対して、補助金をふやしたらばなというふうに思います。紙使って何かしているのは、補助金で使っていいんですか。何だかわからないけどね。今、組合長の軽減をするようにというふうなことで、何回もこれ言うんだけれども、口座振替を全部してくださいというふうなことなんだけれども、できれば私も全部したいんだけれども。どこもみんな同じだと思うだけども、口座振替できないんですよね。何でできないか、みんなわからないだろうな。何回も言うんだけど、ここで。できないんだよ。口座振替できないの。ぜできないのかわからないでしょう。これマイクで言っていいもんだろうかな、こういうこと。簡単に言うと、農協から断られるんだよ。口座振替というの、やらないでくださいと。こういうこともあるということね。だから、全部できるということではないよと。暫時休憩にしてくれないですか。個人情報になってしまうから。
委員長(二階堂一男君) 暫時休憩いたします。
          休憩 午後1時37分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時38分
委員長(二階堂一男君) 再開いたします。
 相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 大変申しわけございませんが、暫時休憩をお願いしたいと思うんですけれども。
   (「賛成」と呼ぶ者あり)
委員長(二階堂一男君) 暫時休憩いたします。
          休憩 午後1時38分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時41分
委員長(二階堂一男君) 再開いたします。
 相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) さまざま申しましたけれども、そのようなことで、もう一度答弁をもらいたいんですけれども、納税組合のやり方は全てわかっていますので、それでいいものだか今の実情わかって運営してもらいたいなというふうに思います。納税組合、私は大切にしてもらいたいというのが1つの願いですので、このまま放置をしないで何とかお願いをしたいなというふうに思います。今の事情わかりましたね。お願いします。これは総務部長にでも。
委員長(二階堂一男君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 納税といいますと国民の義務ということで、基本的にはその自分で納付していただくというのが原則なのだと思いますけれども、やはりその地域性だったり、これまでの経過だったり、口座振替にしろ納税組合にしろ、さまざまな納付の方法がございます。今後はその辺についても、委員のおっしゃるような内容等も十分検討といいますか、勘案しながら今後のあり方を検討していきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) このちょっと、協働のまちづくり事業費でお聞きをいたします。各総合支所では、ほとんどの総合支所ではこの地域課題に有効にですね、この100万円活用されているようでありますけれども、津山の総合支所長さんにお伺いします。津山では今回決算ゼロなんですけれども、この内容といいますか、地域の課題がもう津山としてはないのか。あるいは、この市民の主体的な活動に対してこれが出るわけですけれども、この主体的な活動という意味での分野でなかなか主張があるのかどうか、その辺ちょっとお聞きをいたします。
委員長(二階堂一男君) 津山総合支所長、高橋正弘君。
津山総合支所長(高橋正弘君) お答えいたします。津山町の場合は、よその地区と比べまして町内会を除いて交付金の対象となる団体が少数でございます。この交付金を毎年活用できない年もございます。なお、25年度におきましては、類似の事業でございます、協働のまちづくり事業の補助金は活用しております。それから、主体的な事業ということでございますけれども、各地域におかれましては町内会を始め年間いろんな事業計画を組んで事業を展開しておりますが、たまたまこの交付金にも制約がございますので、これを活用しなかったということでございます。以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) 結構津山としては、この事業費は使い勝手が悪いんですね。そうですよね、事業計画をいろいろ立てたとしても使えないということは、せっかくこう100万円ずつ使って、それでなくても足りないというところかなりあるものですからね。それを全然使わないというのは本当にもったいないと言えば、もったいないですよね。そういったことで、何かに使えるじゃあ、有効に使えるように津山としてこっちのほうに要望的なものは出しているんですか。この辺ちょっと改善できないかとかって、その辺。
委員長(二階堂一男君) 津山総合支所長、高橋正弘君。
津山総合支所長(高橋正弘君) 主管課のほうに対しましては要望はしておりません。ただですね、この事業私の地区のような小さい町にとりましては、いつも事業としてあれば活用できる事業だと思っております。先ほど説明しました、じゃあ地域でどうして利用できないかというお話でございますけれども、交付金の使途につきましては、地域でやっている事業というのはお祭り等の行事が多々あるわけですけれども、食料費を中心とした事業費でございまして、協働のまちづくりはある程度制約ございますので、材料を使ってやる事業とかそういった事業が主でございます。またあと、25年度におかれましては、相談件数もありました。ただその事業内容につきましては、備品購入が主たる事業でございまして、当然これは交付金の対象となりませんでした。以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) 私はこの事業、割と幅広く使えるものだと私は思っているんですけれども、どうなんですかね。ちなみに26年度は、今のところ予定とか実績はあるんですか。
委員長(二階堂一男君) 津山総合支所長、高橋正弘君。
津山総合支所長(高橋正弘君) お答えします。26年度は、1団体現在歴史に関する資料作成と、それに関する看板の作成の計画をしておりまして、10月には申請書が上がってくる予定でございます。なお、それと同時に先ほど申し上げました類似の事業でございます、協働のまちづくりの事業補助金パートナーシップ型が追加が上がってきます。以上でございます。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 2点ほどお聞きしたいと思います。
 29ページの職員採用のことなんですけれども、ここに受験者と採用者の数が書かれているんですけれども、土木がゼロ。これは試験の結果だからしようがないんだろうなと思うんですけれども、前に一度ある機会に聞いたときに、土木の職員が足りないと。それで、なかなか募集しても集まらないというような話を聞いた経過があるんですけれども、そこら辺の状況についてちょっとお聞きしたいと思います。
 あともう1点ですけれども、58ページの地域おこし協力隊員の報酬の件なんですけれども、実は今年の意見交換会で東和の米川に行ったときですね、この隊員の方がちょうど2人来られていて、交換会終わってからちょっといろいろ状況を聞いたとき、たしか報酬は私14万か15万って聞いていたんですけれども、ちょっとこれ単純に計算すると12万何ぼぐらいなんですけれども、ちょっとそこら辺の差額と何かほかにもまだあるのかなということで、その2点についてお聞きします。
委員長(二階堂一男君) 人事課長、大森國弘君。
人事課長(大森國弘君) お答えいたします。佐々木委員さんのおっしゃるとおり、土木関係の職員採用なんですけれども、応募者も少なくて今復興のほうでいろいろ民間企業に流れたり、それからあとは県のほうに行ったりという状況でございます。去年、土木ゼロということで、所管課のほうからもぜひその土木職員を採用してくれというヒアリング結果がございましたので、今回試験時期を早めて7月の上級中級の試験を実施したところです。それでその結果、土木のほうは何とか1名採用いたしますし、また今度は9月21日に土木の職員の初級で募集いたしますけれども枠が2ということで、そちらのほうに2人応募がございます。何とか土木の職員を確保したいと考えてございます。以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。
市民活動支援課長(佐藤 浩君) それでは、地域おこし協力隊の報酬の関係でお答えをさせていただきます。25年度の決算に載ってございます報酬の金額につきましては、年度4月からでなくて年度途中からの数字となってございまして、少ないというふうなことでございます。ちなみに報酬は月額16万円支給をさせていただいているところでございます。
委員長(二階堂一男君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 1点目の土木のことなんですけれども、ことしは1名まずとりあえず採用になるようなんですけれども、確かに土木課っていうのは少ないなとは思っているんですけれども、そういったことに対する学校とかに働きかけはしているのでしょうか。まず、そこをお聞きしたいと思います。
 それから、今、年度途中からということだったんですけれども、これたしか特別交付税で年間400万と報酬もなんか上限が200万というふうになっているんですけれども、実はその東和に来た方ちょっと話を聞いたら、なかなか大変なんで父親から仕送りされているという話もあったんですけれども、どうなんでしょうか。
委員長(二階堂一男君) 人事課長、大森國弘君。
人事課長(大森國弘君) お答えさせていただきます。
 単にその募集しても、やはり登米市職員として採用させていただきたいものですから、各学校を回らせていただいております。小牛田農林、迫桜高校、石巻工業、その他直接私お伺いしまして、進路担当の先生とじっくりお話させていただいて、そして何とか優秀な人材をくださいということでお願いしに行っております。以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。
市民活動支援課長(佐藤 浩君) 地域おこし協力隊の報酬につきましては、県内5団体ほどで協力隊を活用してございます。そのうち4団体で、本市と同じ水準の報酬を交付しているということで、先ほど佐々木委員ご案内のとおり特別交付税上の報酬200万以内という範囲内ということで、そういった課題になっているものと考えております。それで、お父さんからの関係ということについては、ちょっと事実掌握しておりませんので確認をさせていただきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) それでですね、またその地域おこしのことなんですけれども、そのとき話し合った人たちとの話、それからあと別の機会に政務調査である地域に行って研修に行ったときに、その方たちたまたま話した方たちが地域おこし協力隊だったんです。それで今、その地域に仕事をつくってそして定住しているという話を聞いたんですけれども、その協力隊の方から言われたことは、やっぱりその受け入れる地域で一体どういうポリシーを持ってまず受け入れるかということが大事だろうと。そして、その2、3年のうちにいかにこう定住していくかということが、最終的にはいかにこの若い人たちを定住させていくかということに尽きるんだろうなと思うんです。そういった意味で、登米市で受け入れたとき、どういった思いで受け入れたのか、ちょっとお聞きしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。
市民活動支援課長(佐藤 浩君) 登米市におきましては、市では25年度から、昨年度から協力隊として受け入れをしているところでございますけれども、米川地区におきましては、地域ブランドの確立でありましたり、それからあと地域資源の活用をしまして交流事業をもっと大きく進めたいといったような目的がございまして、そういったことを前提に協力隊をお願いしているといったような状況でございます。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 関連で地域おこし協力隊の報酬ということでありますけれども、これが地域にとって十分な働きをしているのか、地域にとってどういうふうな存在になっているのかをお伺いしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。
市民活動支援課長(佐藤 浩君) 本市では、東和町の米川地区のみ協力隊を置いてございますけれども、地域からは昨年度は関西方面からの学生さんに大勢おいでいただきまして、地元の人たちの交流をしたり、あと新たな地域資源の発見なんかも行っていただいたというようなこともございまして、地域からはいろいろな取り組みがされているということで大変喜ばれているというふうに思っております。
委員長(二階堂一男君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 今、登米市内、まちづくり基本条例に基づいて、地域づくり計画を進めております。そうした中に、やっぱりこうした人材を投入していくということが、すごくいいんではないかというふうに、今の答弁の中からも言われましたけれども、やはりもっともっとこういうふうな人を活用するべきだというふうにも。それでこれを、各地域に広げてほしいというふうに思うんですけれども、この辺の考えを伺います。
委員長(二階堂一男君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。
市民活動支援課長(佐藤 浩君) 地域おこし協力隊を各地域に広げてということでございますけれども、ただいまお話ございましたとおり、昨年度から今年度まで2カ年をかけまして全てのコミュニティで地域づくり計画を策定していただきますよう今、当課としても支援を行っているところでございます。そういった中で、計画の中にどういった地域づくりが行われるのかということが盛り込まれてくると思いますけれども、先ほど佐々木委員からもお話ございましたように、各地域におきましても協力隊等の活用に当たっては、それなりにいろいろ意味合いを持って活用をお願いしたいというふうに考えているところでございます。計画づくりの段階で、さまざまの地域の方向が明らかになってまいりまして、地域の皆さんの考え方もそういった外部の人材を活用してやろうということであれば、私どももそういった人材の確保に努めてまいりたいというふうに考えておりますし、またほかの地域おこし協力隊以外の制度もございますので、そういったものもどちらがいいのかということもあわせていろいろご相談をさせていただきたいというふうに考えております。
委員長(二階堂一男君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) ぜひ、次年度に生かしていただきたいと思います。
 それから、その男女共同参画社会づくり推進費なんですけれども、19節の負担金補助金及び交付金ということでゼロ円なんですね。それで、この辺も含めて女性リーダーを育成を目的として、その地域参画推進講習会とかやって、その女性の受講生を女性も含めて参加させたということであるんですけれども。これが始まりだと思うんですけれども、やっぱり学んだことを次に生かしていくということが必要だというふうに思いますけれども、どうもこういうふうなこの負担金の活用やなんかも含めて、なんかこのまま尻すぼみで終わってしまうのかというふうな不安なんですけれど、その辺はどういうふうに考えているでしょうか。
委員長(二階堂一男君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。
市民活動支援課長(佐藤 浩君) 女性リーダー研修会後の人材の活用というふうなお話でございますが、22年度からリーダー研修会を開催いたしまして、女性リーダーの育成ということでやってきております。それで受講された中には、女性の方にはそういった経験を生かしましてまちづくりとか地域づくりへの参加、それから女性支援なんかをやってみたいというふうな抱負も聞かれているところでございます。それからあと、現在いろんな審議会等の公募委員ということで積極的に応募していらっしゃる方もおりますけれども、受講された皆さんの人材といったものの活用ということについて、今後どういうふうないろんな情報提供をしたり、含めながら私どものほうとしても考えてまいりたいというふうに思っております。
委員長(二階堂一男君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 言いたいのは、いいことをやっている中で、やっぱりそのかけ声だけに終わらないでほしい、こういうふうなことでお願いしたいと思います。それから、国内交流費なんですけれども、いろいろこう国内交流活動の推進についてということで、郷土出身者交流、在京在仙等町人会とかということでのその国内交流あるんですけれども。来年度10周年記念ということで、いろいろ行事やなんかも予定しているようなんですけれども、郷土出身者、いろんな方がいっぱいいるかと思うんです。各方面で活躍している方々をやっぱりどういうふうに生かしていくのかという部分で、しっかり掘り起ししないとだめなんではないかなというふうに思いますけれども、その辺お伺いしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) 郷土出身者の中には、ただいま委員お話のとおりさまざまな分野でご活躍をされている方がいらっしゃいます。そういった中で、郷土出身者、特に在京会のほうの連絡協議会のほうを組織してございますけれども、そういった中でも会長さん等に就任していただいている方には、こちらから行ってある程度その会社の経営者であったり、そういった方々がより多くついていただいているような状況でもございます。あるいは、そういった方々のネットワークも通じて、この登米市のためにより多くの活動をしていただける方、そういった方の発掘等についても努めていきたいというふうに考えてございます。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。
 質疑の途中でありますが、ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午後2時02分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時11分
委員長(二階堂一男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 ほかに質疑はありませんか。及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 55ページ、国内交流費。合併前から米山を中心にして、入善との国内姉妹都市交流をしてきました。合併10年たって長い歴史があるわけでありますけれども、今後の、今子供たち中心型ですけれども前にもお話したことがあります。この入善との国内交流のありようというものを、どのようにとらまえているかということが1点。
 それから、33ページ職員厚生費。登米市としては、その検診を高めて市民にとってはそういった疾病にならないような取り組みをしてきたわけでありますけれども、職員の受診実績。まずその2点。
委員長(二階堂一男君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) 富山県入善町との姉妹都市交流の関係でございますが、ただいま委員お話のとおり、合併前の米山町の開拓の歴史の中で入植先の地域というふうなことで入善と……(「前置き長い」の声あり)今後のあり方でございますけれども、これまで子供中心ということ実施してきてございますし、またその米山町の後継ということで支所のほうで主に担当をしていただいて、これまでその交流の主な部分を担ってきていただいてございますが、ただ今後については姉妹都市でございますので一地域というよりも、登米市全体での取り組みの方向性を探っていきたいというふうに考えてございます。ただ、そういった中でもその姉妹都市交流というふうなことで、交流先の姉妹先の入善町のその考え方というふうなところもございますので、その辺を確認しながら、より深い交流を進めていければというふうに考えてございます。
委員長(二階堂一男君) 人事課長、大森國弘君。
人事課長(大森國弘君) 受診率ということで、一般健診それから人間ドック含めまして受診率97.5%でございます。
委員長(二階堂一男君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 対象の分野はちょっと、対象のことはわからなかったものですから、事務組合も含めて全体というとらまえかたでいいのか、そしてできれば詳細なるその受診の内容について、きょう今持ち合わせていなければ後でお示ししていただければと思います。
 それから、その国内交流でありますけれども、やっと今後を探るというふうな話でしたけれども、もうしっかりこの辺は国内交流をどのように進めるかくらいは、しっかりしておったほうがいいと思うんですよ。農業委員会も行ってきましたし、それから常任委員会も行ってきましたし、そういった意味で非常にいい場所でもあります。お互いのよさをお互いに協同し合って、協同による姉妹都市の発展みたいなものもあっていいんだろうと思いますので、その辺はぜひ探っていただきたいと思います。その辺の考え方。
 それから、46ページに委託料の中で登米市高濃度PCB廃棄物処理収集運搬業、それからポリ塩化ビフェニルの廃棄物というのがありました。それで、登米市においては平成18年にでしたか、教育委員会管理だったと思いますけれども、PCBのコンデンサの盗難事件があったわけでありましたね。それで、いわゆるこの2001年に、このPCBの処理法が制定されたわけでありますけれども、法整備された割にはその処理施設が整備されていないということで、そのまま保管の状態が続いておったというふうに認識しておりました。この25年において、この運搬料を含め委託料の中で決算していますけれども、今登米市にはPCBポリ塩化ビフェニルの廃棄物はもうないという認識でよろしいですか。
委員長(二階堂一男君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) 私も当時の産業建設常任委員会とご一緒に入善のほうに行かさせていただいて、いろいろ町も見させていただきました。そういった中で、JAみやぎ登米のお米がその入善の工場のほうでパック詰めにされて、メーカーのほうでそういった工場も設置しているというふうなことでございますし、それからあと海洋深層水の活用等の飲料水もやっているというふうなことで、いろんな特産品なりそういった部分の取り組みも一生懸命取り組まれている町だなというふうに思ってございます。姉妹都市交流、人的なその交流というふうなことの先に、そういった産業面等のそういった交流まで最終的には行ければいいのかなというふうな思いもございますので、その辺についてもその交流部署の企画部であったり、米山の総合支所であったりというふうなこと以外にも産業経済部なりあるいは市民生活部になり、そういった市を挙げての取り組みを少しずつ前に進められればいい結果につながっていくのかなというふうに思ってございますので、そういった取り組みを検討してまいりたいと思ってございます。
委員長(二階堂一男君) 人事課長、大森國弘君。
人事課長(大森國弘君) 健康診断の結果ということでご報告させていただきます。まず、これらの公営企業を除く職員ということで対象にさせていただいております。受診結果でございますが、要経過観察ということは、今後その経過を見てそれからもう一度というところでございますけれども、それが全体の27%でございます。そして要精密検査となりました職員の割合が29.8%ということで、異常なしの割合が14.8%でございます。今後、やはり健康は自己管理ということでございますけれども、私のほうで呼びかけをいたしまして受診をしっかりしていただくように、そしてあとは、もしその特定保健指導が必要な場合は、よりその参加していただけるように、今度は時間外での対応も今検討しております。いくらでも参加していただけるように、そして自分の健康を守っていただくように取り組んでまいりたいと思います。以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 総務課長、丸山 仁君。
総務課長(丸山 仁君) それでは、PCBの保管それから処分の状況につきましてご説明申し上げます。25年度につきましては、高濃度PCBを含む高圧コンデンサー、これは3基ですね。国が100%出資しております特殊法人の日本環境保全株式会社北海道事業所、こちらのほうで処分をさせていただいたところでございます。このコンデンサー3基は、佐沼中学校、中田学校給食センター、米山中学校から出てきたものでございます。それで、現在の賦存量ということでございますが、毎年各部局のほうに賦存量の調査をさせていただいております。ことしも7月に実施をさせていただいたところでございますが、現在PCB汚染物につきましては、比較的その処理の簡単な安定器類、これが184個でございます。それから、微量PCBを含むトランス、ちょっと物が大きいんですが変圧器ですね、これが31個ということで、合計で215個、現在保健事務所のほうに届け出をしている保管場所で保管をしているということでございます。このうち、比較的処理の容易な安定器でございますが、25年度に処理を行いました北海道の事業所のほうで、この処理工場が完成をしたということで、27年度から処理の受け入れを行うということでございますので、早速今年度中に来年の処理に向けた登録を進めているところでございます。
 それから、微量PCBを含む変圧器ですね、31個これは重量にいたしますと約1トン近くになるものでございますが、これは委員お話のとおりなかなか民間の処理施設しかございませんので、絶縁油の部分だけは処理を受けますよと。ただ、フレーム、筐体まで一緒にの処理をする施設というのが、全国で8カ所、これ全て民間でございます。主に中部、近畿、東海のほうに集中しておりますが。実はですね、この8民間施設のほうに処理の受け入れをできないかということで問い合わせをさせていただきました。その結果、非常に残念な結果なんですが、東北地方のものは放射能の影響がまだあるので当分受け入れないという回答でございました。ただ、今保健福祉事務所のほうからの情報によりますと、どうやら秋田の民間処理施設のほうで、時期はまだ未定でありますが処理工場を建設する予定だという情報が入ってございます。今後、そのそういった国の動向、あるいは秋田のその建設時期等の詳細、そういったものを情報収集しながら引き続き適切な管理に努めてまいりたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いします。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) 56ページ、国際交流費。実はあしたからオーストラリアのメリバラ市の子供たち引率が来るわけですけれども、この国際交流事業で、登米市に国際化推進指導員というのは恐らく他の自治体ではこういう指導員置いているところはないと思うんです。たぶんないと思います。それで、私はこういうせっかくすばらしい専門の方がおりますのに、以前「メリバラ市とは、どうして姉妹都市を成熟しているのに結ばないんですか」ということを話しているんですけれども。この、あしたから実際来るんですけれども、この姉妹都市の締結に向けてどの程度のいわゆる何ていうのか、進捗っていうんでしょうかね、1点お聞きします。
委員長(二階堂一男君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) メリバラ市との国際交流でございますが、昨年私メリバラ市に行ってまいりました。行った目的は、これまでの国際交流をさらに進めていこうと、一歩前に進めていこうというふうな意味合いで、そういった任務を持ちまして行ったところでございますが、当然あちらの交流しているその中高の学校でございますが、学校の校長先生ともお会いし、実は1つの約束を進めてきたところでございます。あした、そのメリバラ市の高校生がこちらに参るんですけれども、そのときに友好確認書といったものの取り交わしをすることにしております。これは、あちらのオルドリッチステイトハイスクールという学校でございますが、それと登米市教育委員会との友好関係を結ぶということで、今後一層文化交流あるいは教育交流といいますか、そういったことに対する取り組みが進むのではないかなというふうに思っておりまして、明日は極めて大事な1つの確認書の取り交わしになるということでございます。いわゆるその、今委員おっしゃいました友好姉妹都市提携というふうなところまではいってはおりませんが、これまでの交流事業よりは一歩も二歩もといいますか進む形になるというふうなことでございます。
委員長(二階堂一男君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) 今の、いくらか前に進んだのかなと思います。しかし、この埼玉県の春日部市とは、このメリバラ市は姉妹都市結んでいますね。それで、日程見ますと何かオーストラリアの方は春日部市にも寄ってくるんだそうですが、友好都市は締結する、これはもう大事だと思うんですけれども、やはり姉妹都市、国際的な認知国際的に認知されたやっぱり取り交わしを、やっぱりもうこれだけの登米市ですので、いずれ近いうちに締結できるように、これ第一歩としてぜひ期待をしております。
 それからですね、合併前に南方の町で友好都市を締結しております中国の無錫ね。あったと思うんですけれども、そのままになっていますね。せっかく南方の町が、議員初め町長初め一生懸命になって南方の、中国のその町と都市と友好都市結んでいるのに、そのままになっているんですけれども10年間。これは、私はお互い何ていうんですかね、いわゆる置き去りにしていると思うんですけれども、やはりこちらからもっとアプローチすべきですよ。やっぱりね、何ていうんでしょうかね、この10年間いろいろ忙しかったかもしれませんけれども、せっかく外国とこういう友好関係結んでいるんですから、やっぱりこれからはもっと積極的に、市長ね。町と町、自治体と自治体の交流ですので、やはり積極的にやるべきではないのかと、こう思うんですがいかがでしょうかね。
委員長(二階堂一男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 合併前の旧町時代から、それぞれの町々がさまざまなな町との交流を行っておったところでございました。また、そういった中で、やはり民間レベルでも相互交流がしっかりと行われている地域ということの中で、これまで姉妹都市締結を結ばさせていいただいておるというような状況でございます。そういった意味では、それ以外にもこの10年間の間には、先方のほうからその姉妹都市というようなお話もなかったわけではございませんが、まずはそういった形での相互交流をやっぱり当初まずしっかりとあるべきと、要するにその自治体間のその友好関係は当然必要なことではありますけれども、やはりそれが地域に浸透していかなくては、真の意味での国際化にはなかなかつながらないのではないかというようなところで、現在に至っておるというような状況でございます。そういった意味では、やはりその相互交流の今主役となっているのは、海外派遣をしている子供たちということではございますが、やはりそれ以外の部分でももちろん、その地域の産業的な交流の意味合いも含めてしっかりと取り組みを進めるべきというようにも思っておるところでございます。そういった意味では、明日お見えになるメリバラ市の皆さんも、そういった意味で、これからの交流の第一歩がまた改めてスタートするのかなというような思いをしているところでございますので、よろしくお願いを申し上げたいというふうに思います。また、そういった意味では、これまで相当の子供たちが海外に派遣をしております。そういった意味では、そういったところから新たな視野を持った世界に羽ばたく人材が今生まれてきているようなお話も、卒業された皆さんのさまざまな動向等の中でお話を聞かせていただいておるところでございます。そういった意味では、しっかりとその辺の将来の部分に対しての展望も見据えながら、しっかりと連携を進めてまいりたいと考えております。
委員長(二階堂一男君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) あのね、中国は御存じのとおり、政治的レベルではいろいろぎくしゃくしているということを聞こえます。しかし、民間レベルではもうすごい活発、日本でつき合えるのが一番中国ですから。国会レベル、国会議員政治的なレベルはそのとおりですけれども、民間レベルのつき合いはもう圧倒的に多い。やはり、私は10年間もずっと何ていうんですか、さましているというんでしょうか。そういう状況ありますので、やはりこれからもっとやってください。それは応援します。
 それからね、教育委員会と向こうの高校が友好都市やる。登米市は市長は、市長みずから登米市がやるべきですよと私は思うんですよ。登米市だってもっと教育委員会じゃなくて、市長がやっぱりね、友好向こうとやるように、私はいずれそうなるとは思うんですけれども、むしろ教育委員会よりも登米市市長でないのかなっていう感じしますが。いかがでしょうかね。
委員長(二階堂一男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 「行政レベルでの交流を」ということでございました。以前に、メリバラ市さんのほうから表敬で1度お見えをいただいたことがございました。そういった意味では、その際にお越しをいただいた経緯の中で、やはり春日部市さんとの交流を進められておるというようなお話もお伺いをし、それ以降その行政間での連携というものは特にはなかったということでございました。そういった意味では、今後どのような取り組みとして進めていく方策があるのか、その辺も含めてしっかりと検討してまいりたいと考えております。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) 成果表61ページの若者交流対策について、お伺いをいたします。この事業なんですが、出会いの場の確保としての機能は向上しているというふうな成果説明でございますが、この事業を実施している内容はわかりました。ですが、この24年度から始まって、この24年度、25年度、2カ年の実績、要はカップルができたかどうかという成果ですね。それから、ことしに入りましてもう半年になりますが、どのようなその進捗というか推移をしているか、まずこの点についてお伺いいたします。
委員長(二階堂一男君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。
市民活動支援課長(佐藤 浩君) 結婚支援事業の成果ということについてお答えさせていただきます。結婚支援事業でございますので、最終的な成果は成婚ということになろうかと思いますが、現在までのところ24年度からの関連でそういった報告は聞かれていないところでございます。それで、25年度の成果といたしまして、記載のとおり出会いのイベントに男女合わせまして、延べ166人の方にご参加をいただいているところでございますが、中にはだいたい主催者のほうからいろいろ聞き取りをさせていただきましたが、その中で5、6組ぐらいの方々がメールのアドレスを交換して、おつき合いに発展をしているようだというふうな情報もいただいてございます。それで、参加者の皆さんにはカップルが成立したとか、あるいはつき合いが進展したとかというふうな変化があった場合は、ぜひ事業者もしくは市のほうにお知らせをいただきたいというふうなお願いをしているところでございますが、なかなかそれに対しては今お答えがないのが現状でございます。ただ、そういったおつき合いが続いていると、何組かまだ続いているというふうな状況も聞いてございますので、今後もいろいろ情報収集をしながら、そういった推移を見たいと思ってございます。それから、26年度につきまして2回出会いのイベントを開催してございます。その中で、アンケートの中で年齢の差がちょっと大きくてですね、話しづらかったとかというふうな回答もございましたので、ことしの2回目9月13日の土曜日実施してございますが、このときは男性が40歳以上、女性が30歳以上ということで、年齢を区切って実施させていただいておりました。それぞれ9人ずつ18人の方にご参加をいただきまして、夕方からの会でございましたので、お酒を飲みながらいろいろお話をしていただいたというところでございますが、女性の方の積極的さが見られた割には、男性陣がちょっと引っ込み思案ぎみだったかなというふうな主催者のほうの連絡をいただいているところでございます。雰囲気は大変いいようでございましたので、主催者のほうももしよかったらば、こういった年齢制限をした取り組みを様子を見ながら続けてまいりたいというふうなことを聞いてございます。以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) 24年度、25年度はまあゼロというふうなことのようです。26年度いろいろ何か工夫なされているようで、この取り組みはいいと思うんですが、ただもうかなりの経費もかけておりますし、ある程度の実績が出なかったら決してそのいい方法ではないんじゃないかと私は思います。そこで、今こう人口減、それから少子化というふうなことが大きな問題になっているときですから、この事業も事業なりにいいところはあると思うんですけれども、もう少し取り組みを別な形を模索してみるのもいいんじゃないかと思うんです。まず1つは、昔あった仲人制度といいますか、やはりそのいろいろと何かお世話したい方がいっぱいいるはずですから、こういった方をもう一度見直すというふうな方法はいかがでしょうか。特に、私心配しますのは、こういったところに来る方は、まあまあ遊び感覚からカップルが誕生すればいいんですが、やはり農家の担い手ですね、なかなかその結婚ができない状況がやっぱり見られますので、この担い手を育成する意味でも農家の嫁さん探し、これはやはりこの人の何か状況をわかっている仲人さんでないとだめだと思うんですね。ですから、この仲人の導入についての今後の考え方をお聞きしたいんですが、富山県の砺波市ですか、ここでは何かおせっかいさんがいるそうです。いろいろとこのおせっかいをすると。結婚からその他いろんな困りごと、何か相談事、そういったおせっかいさん的な人材が必ず地域にいるはずですから、そういった方々の起用も考えるべきだと思うんですが、今後どうでしょう。考えをお聞かせください。
委員長(二階堂一男君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。
市民活動支援課長(佐藤 浩君) お答えをさせていただきます。仲人さんとかおせっかいさんというようなことでございますが、現在登米市が委託をしております業者のハピふるWeddingというNPO法人でございますけれども、こちらの中で婚活サポーターというものを持っておりまして、現在十数名ですね、婚活サポーターという方がいらっしゃるというふうに聞いてございます。この方々は、自分磨きセミナーでありますとか、出会いイベントのほうに、なかなか自分で進んで出にくい方々を後ろから背中を押していただくというふうなことの役割を務めていただいているというところでございますが、現在13人ということで、業者のほうでは市内全ての町域にそういう方がほしいというふうな話でございますけれども、現在5町域ぐらいですかね。そういったところに留まっているような状況でございますので、そういった婚活サポータなんかの活用というふうなことも業者との連携の中で考えながら、この結婚事業がより内容充実したものになるように今後も取り組んでまいりたいというふうに考えてございます。
委員長(二階堂一男君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) 時間もなくなりそうです。そうしますと、この事業一本でいくというふうな理解をせざるを得ないのですが、農家のお嫁さんとなるとやはり、その婚活サポーターっていうとちょっと若手の方かなというふうなことで、何ていうのか農家の事情を知っている方はやっぱり地域にいるんですよね、年取った方でも。そういった方々を、模索してみる考えはございませんか。何かやっぱりこういういろんな取り組みをもう少しいろいろ工夫しないと、もうこれ3年目で実績出なかったら、やっぱり思い切ったことも取り組むべきだと思うんです。いかがでしょう、この考え方。
委員長(二階堂一男君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。
市民活動支援課長(佐藤 浩君) 新しい取り組みということなんですけれども、先ほど婚活サポーターのお話をさせていただきましたが、今年度新たな取り組みといたしまして、相談会になかなかやっぱり相談に行きにくいというふうなお話もございましたので、今年度1対1の相談ではなくて、懇談会という形で広く結婚に関する一般的なお話をしましょうと、当然その中には農家の諸事情の関係ですとかそういったことも入ってくるわけでございますが、当事者、ご結婚を願っているご両親とかお父さんお母さん、それから近所の方々なんかにも入っていただきまして、そんないろんな結婚に関するお話し合いをさせていただいているというふうな取り組みも始めてございますので、そういう取り組みの中からそういったおせっかいさんに当たるようなサポーターなんかも出現していただければいいのかなというふうに思ってございまして、今年度はそういった取り組みをちょっと見守って進めてまいりたいというふうに考えてございます。
委員長(二階堂一男君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) 委員からご提案のありました仲人制度の復活というふうなことでございますが、その結婚の部分につきましては、以前のその仲人報奨制度を取りやめたというふうな経過につきましてはもうご承知だとおもいますけれども、かなりそのプライベートな部分の問題も出てきまして、あるいは個人情報等の関係で断念せざるを得なかったというふうな背景の中で、今のようなその結婚支援事業に移ってきた経過がございます。そういった中で、ただいま課長のほうでお話いたしましたNPO法人のほうでサポーターですか、婚活サポーター等の要請をしながら取り組んでいるというふうな、そういった部分の活用も含めまして、より慎重な取り組みが必要なんだろうというふうに思ってございます。そういった中で、どのようにすればより成果が上がるのかというふうなことも含めて、検討してまいりたいというふうに思ってございます。
委員長(二階堂一男君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) いろいろあったからということですが、とにかく農家の嫁さん探し、このことはまた別に考えて取り組んでいただきたいと思います。答弁はいいです。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑ございませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 成果説明書の56ページの国際交流費については、14番伊藤 栄委員にお任せするとして、55ページの国内交流費についてお尋ねします。
 登米市合併して以来間もなく10年でございますが、その間いわゆる国内姉妹都市は、富山県の入善町だけ。登米市になってからはまだないわけですが、先ほど市長が伊藤委員に向こうからですか、呼びかけがあったやにお話になりましたが、国内のほうではそういうことはなかったんでしょうか。あるいはこちらから呼びかけ、いまだなっていないけれどもそういう芽があったのか、なかったのか。そして、少しふやしたいと思っているんだか、全く考えていないんだか。そこからお話いただきたいと。
委員長(二階堂一男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 改めて国内交流といいますか、国内の他自治体との連携というものについて感じさせられたのは、やはり東日本大震災が契機でございました。そういった意味では、あのときには本当にあらゆるつてを頼って、実は応援、そして支援をお願いをさせていただいたという経緯がございます。そういった意味では、合併当初そのホタルの交流ということでのその全国各自治体への、例えば支援の要請でありますとか、それからあとは我々もちょっと失念をしておりましたが、今は登米町合併をいたしましたが、要するにその明治時代以降一度も合併をしない自治体の協議会というものがございました。そしてそういったご縁の中で、震災後いち早くご支援をいただいたのが静岡県の湖西市さんでございました。そういった形の中で、例えばその湖西市のその式典にご案内をいただいてお邪魔をさせていただき、その際には災害時の応援の協定の締結を結ばさせていただきました。それから、全国ボート場所在地のご縁の中で長野県の下諏訪町ともそういった意味では、その災害時の応援協定なども結ばさせていただいておるところでございます。そういった意味では、そのいろんなかかわり合いの中でさまざまな連携を今模索をしているような状況は当然ございます。またそういった意味では、やはりさきに各委員の皆様からもご指摘をいただいておりましたとおり、各それぞれの地域との相互連携を図れるような取り組み、そういったものを模索をしながら、その先にその姉妹都市の締結というもの、またより強い連携を模索をするということも当然これから視野に入れなければいけないものと考えてございます。
委員長(二階堂一男君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 進めようとしているということで理解します。たぶん、日本国内の地理的なことも考慮に入れて、例えば北は北海道とか、今お話あった静岡とかね。そういうような感じで進めていただきたいなということを申し上げて、終わりたいと思います。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) それでは、成果説明書からはなかなか読み取れない部分というようなことで確認させていただければというふうに思います。本市におけるクレーム処理の状況、対応、その辺確認できればというふうに思います。合併して10年になるわけでありますが、全国的にはこのクレーム対応の問題がクローズアップされておりますし、職員の皆さんも非常に苦慮している。さらには、非常に悩んでいる自治体が多いというふうなことでございますので、その辺の対応。それから検証のあり方。それから課題。それから防止策。その辺について確認したいというふうに思います。この問題につきましては、全部局、教育委員会とか病院関係も全て含まれるわけでございますが、まず総括している担当部にお聞きしたいというふうに思います。
委員長(二階堂一男君) 市長公室長、中津川源正君。
市長公室長(中津川源正君) ただいまいただきましたクレームの処理の関係でございます。まず、クレームにつきましては直接、例えば市長へのメールとか市長への提言箱にいただくもの、さらには各部署のほうに直接要望なりクレームというふうなことでいただくものとございます。基本的に、市長公室のほうにそのクレーム等についてご報告いただく場合と、そしてワンストップサービスというふうなことで、できるだけ早く担当部署のほうでその内容について検討いただきながら、解決策やそのクレームに対する処理といいますか、対応をいただいているというふうなところでございます。その市長へのメールや市長への提言箱については、25年度の実績としては、市長へのメールが59件。さらに、提言箱には42件。また、私ども市政モニター設置しておりますが、市政モニターからのいろいろな市政に対する要望要請等については42件ございまして、それぞれ担当部署のほうにお分けして集約した上で対応なり、その方針についてお伝えしているところでございます。特にクレームといいますか、かなり重いクレームというと失礼なんですけれども、なかなか難しいクレームについてでございますが、担当部署で十分対応しきれないものについては、直接市長公室のほうでいろいろ調整を図りながら対応に当たっているというふうな部分もございますし、場合によっては、法制法務のほうの担当と弁護士と相談しながらどのように当たるかというふうな対応もさせていただいているところでございます。基本的には、できるだけワンストップサービスというふうなことで、クレームやそういったご相談については、できるだけ早い回答、早い対応というふうなところで捉えてやらせていただいているというのが現状でございます。
委員長(二階堂一男君) 伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) そうすると、全庁挙げてといいますか、各何部に何件の苦情があってどういった処理をされているとかという総枠、そういった何ていうか数だったり、そういったことの把握というのはどのような状況になっているんですか。
委員長(二階堂一男君) 市長公室長、中津川源正君。
市長公室長(中津川源正君) ただいまのご質問でございますが、クレームと要望といいますか、要請とかなりクレームに近い要請とか要望というふうなのもございまして、それぞれでそれがクレームだというふうなことで色分けをして何件あるというふうな整理の仕方は、恐らくされていないかと思います。私どものほうで市長公室に、先ほど申し上げました市長へのメールや提言箱、さらには各部からのクレームに対しての対応等については、だいたい1週間に3件ぐらいずつ来ておりまして、年間かなりの数、200件とかそういうふうな数にはなっております。そういったクレームではない要望、要請に近いような内容については、各担当部署のほうで対応処理といいますか、しているというふうなのが現状で、先ほど申し上げましたように積み上げして、例えば、いらっしゃるのは建設部でのそういった道路の要請、要望とかクレームなどについて恐らく積み上げしていらっしゃいますけれども、そのほかについてはちょっとどのような処理しているかというのは承知していないところでございます。
委員長(二階堂一男君) 伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) 今、お話をお聞きするとたぶんクレーム関係、苦情関係については、各担当者ごと、担当部局ごと、担当課ごと最善の努力をしているというふうなことだというふうに解釈しますが、たぶん職員の一個人、個人的には苦情を言われるというふうなことは、大変な精神的なストレスを抱え込んでくるのかなというふうに察しするわけでございます。管理職ぐらい上になってくると、そういったストレスもふえて病休になっている方々なんかもふえてくるのかなと心配しているところなんです。ですから、やっぱりそういった処理の方法を全庁挙げてどうするかというようなことも、やっぱり考えていくべきだというふうに私は思います。まず基本的には、1つは全庁を挙げてしっかり集約していくことが必要なんだろうなというふうに思います。それから、統一的な取り扱い手順、いわゆるマニュアル化をすることが必要だというふうに思います。マニュアル化をすれば、職員の皆さんもそのマニュアルに乗って、しっかり自信を持って対処できるというふうなことだと思いますので、その辺は非常に大切だと。そして、市が原因の苦情もあるというふうに思いますし、市が原因でない不法不当な原因、いわゆる悪質なクレーム、その辺に別れてくるのかなというふうに思いますので、その辺もしっかり仕分けができる仕組みが必要だというふうに思います。そしてそれから、クレーム情報は全職員に配置して、どのような状況になっているのか全職員で共有することと、それからたぶん今はクレーム処理についての専門職といいますか、専門職員的な方はいないというふうに思うわけなので、そういった方をやっぱりしっかり配置して、そういったことに対処できる専門職のレベルアップといいますか、その辺非常に大切なんだろうなというふうに思います。そういったことがしっかりできれば、職員の皆さんも、それから市民の皆さんも非常にうまくまちづくりができていくんだろうなというふうに思いますが、その辺どうでしょう。
委員長(二階堂一男君) 市長公室長、中津川源正君。
市長公室長(中津川源正君) 何点かご指摘と、さらにはこのような形のほうがよろしいというお勧めをいただきました。その中で、先ほど来申し上げておりましたクレームの処理といいますか、要望・要請以外のそういったクレームの処理については、基本的にそこにお寄せいただいたクレームについては、私どもの市長公室のほうに上がるというふうな形をとってございます。それで、なおかつある程度担当者は市長公室におりますけれども、その問題事案が難しい案件については、私ども管理職のほうで対応しているというふうな状況であります。ただ、ご指摘いただいた専門職というふうな部分については、やはりクレームの数も多くなったり複雑化しておったり、さらには行政的なそういった能力がある程度高いベテランの職員が当たるのも必要だというふうに考えてございますので、それらについてはやはり今後検討していかなきゃないんだろうなというふうな部分がございます。さらに、クレームの共有につきましては、できるだけそういった各部署に共通するようなクレーム課題とかについては、個人情報の守られる範囲内の中での共有というのは必要かと存じますので、ある程度その辺のことは考えていかなきゃないなというふうに考えております。統一した取り組みの手順等については、基本的に先ほど申し上げましたように私どもの市長公室に上がってくるという流れにはなっているものの、再度このわかりやすいようなそういった取り組みの集約のあり方というふうなところは、職員におつなぎできるようにしたいと思っておりますし、あと職員が抱え込まないような取り組みとするために、できるだけクレームについては一人で対応しないで2名、複数体制で対応していただくというふうなことのお願いをしてございますので、そういったクレームによって体調を崩すとか、そういったことのないような配慮を今後してまいりたいというふうに考えております。
委員長(二階堂一男君) 伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) 参考事例というふうな形で、やっぱり企業さんのクレーム対応の仕方というふうなのもたぶん行政で見習うべき点なのかなというふうに思います。企業スタンス的には、クレームの約80%は企業責任であるというふうな大きな基本スタンスの中で誠意を持って対処しているというふうなことでございますので、その辺もぜひ参考にしていただければというふうに思いますし、それでクレームが炎上してしまうパターンというのも非常に多いというふうに思います。一番トラブルの炎上してしまう共通点、1つはおわびができない。それから、言いわけをしてしまう。それから、事実確認をできないというふうなことが炎上してしまう3大要点だというふうに企業の皆さんは捉えておりますので、その辺しっかりマニュアル化をしていただいて、しっかり対応していっていただければありがたいというふうに思います。
委員長(二階堂一男君) 市長公室長、中津川源正君。
市長公室長(中津川源正君) そういった企業の取り組み等を勉強させていただきながら、しっかり対応させていただきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。
 質疑の途中ですが、10分間休憩いたします。
          休憩 午後3時01分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時09分
委員長(二階堂一男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 ほかに質疑はありませんか。關 孝委員。
7番(關 孝君) 概要書54ページの情報公開推進費にかかわってお尋ねをします。市の情報公開の推進のあり方についてお尋ねをいたしますが、24年4月1日にまちづくり基本条例が施行いたしまして、まちづくりに関する情報が共有されることというのが基本原則とうたわれております。それを受けて、25年度情報公開あるいは市民への情報提供、あるいは市民との情報共有、どのように推進なさってきたのかお尋ねいたします。
委員長(二階堂一男君) 総務課長、丸山 仁君。
総務課長(丸山 仁君) 企画費の情報公開推進費につきましては、これは情報公開、それから個人情報保護審査会の委員会に要する……よろしいですか。それで、ここで予算につきましては、市民の知る権利を……(「その予算の分を聞いているのではなくて、全体のことを聞いている。「情報公開の推進について」ということ」の声あり)広報広聴の分だと思いますので、市長公室長にかわります。
委員長(二階堂一男君) 市長公室長、中津川源正君。
市長公室長(中津川源正君) ただいまのご質問は、まちづくり基本条例に基づきますそういった情報の提供のあり方とか、それをどのように実施しているかというふうな部分だと承知いたしました。私ども市民の皆様への情報の提供の手段としては、前にもご質問いただいた際にホームページ、はっとエフエム、メールの配信、広報、さらにはフェイスブック等で情報の提供をしているところでございますが、そういった意味で市民の皆様にさまざまなそういった情報のツール、自分がこの情報を得たい部分、必要なところを取りにきていただくようなその情報を提供させていただきながら、そういった意味では、まちづくり基本条例等々に反映させていただくような内容の提供というふうな形で現在進めているところでございますけれども、さらにこれらの情報については、まだまだ十分検討しながら改善をする余地が残ってございますので、それぞれのツールごとに課題等を洗い出ししながら、さらに補強していきたいなというふうに考えてございます。
委員長(二階堂一男君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) 具体的にお尋ねいたしますが、24年の6月定例会議員の一般質問だと思いますけれども、いわゆる庁議と言われる登米市の場合だと政策調整会議になるんでしょうか、あるいはさまざまな対策本部、その他の推進本部等々の会議の内容について、当時の総務部長から早急に公開をしていくという答弁を得られておりますが、いまだ2年たってもホームページ等々でその様子を図ることができないのですが、この2年間のうちにどのように検討されてきたのかお尋ねします。
委員長(二階堂一男君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 情報開示といいますか、行政の情報開示といった意味からすれば各種委員会等については公開をしているものもございます。それからあと、政策決定等に係るものについては、基本的には公開できない内容等もございますので、それについての公開のあり方については、その都度判断をさせている状況でございます。
委員長(二階堂一男君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) 2年前も全く同じ答弁がなされておりまして、そうでない部分に関しては早速1日も早く公開をしていくというふうな答弁をこの議場でなさっておるのですが、いまだそういったのが出てこない原因はどこにあるんでしょうか。市長にそうした意がなかったのか、指示がなかったのか、引き継ぎがなかったのか。であるならば、いつから、例えば今度政策調整会議をしたときにそのことを諮って決定をして、即公開をしていくというふうな考え方が必要ではないのかと思いますが、市長にお尋ねします。
委員長(二階堂一男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 政策会議の中で議論をする内容の多くは、詳細な事業の決定ということ以上に、その方向性についての議論が非常に大きな内容となってございます。そういった意味では、そのことだけがその重きをなすということではなくて、それ以上の部分できちんとした組み立てをした上で、もちろん情報の公開やお知らせをしていかなくてはならないというような案件が非常に多いのが実情でございます。そういった意味では、決してその情報を開示しないというわけではございませんが、もろもろそういった部分、市以外に関係をする部分等も案件としてはある場合もございますので、そういった部分につきましてはその先方の意も受けながら、公表できるものについてはしっかりと公表してまいりたいと考えております。
委員長(二階堂一男君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) どうも市長の考え方が、この基本条例を策定していながら市民に情報を提供したい、しなければならないという市長の考え方が足りないのではないのかというふうに私は思います。お隣、石巻市では、平成22年5月24日に庁議でこうした市の重要施策等を審議策定する会議の附則、付議事項あるいは概要等速やかに公表するということで、9月の庁議についても即概要、それから付した資料等々、ホームページで見ることができるような取り組みをいたしております。ということで、2年前に今議場にはおりませんが、同僚議員がお伝えお話をしたときに、「できるだけ早くやります」「即やります」というふうな答弁だったのが、いまだ2年たってもそういったことがなされていない原因は、私は市長にあるんではないのかというふうに思います。できるだけそうしたさまざまな重要な、あるいは企業誘致であるとかさまざまな部分に関しては、それは当然ながら非公開というふうなことでもいいと思いますが、概要であるとかそうしたさまざまな市の方向性については、どんどん公開していくことが市民との協働を進める一番の大切なことだと思いますが、いつから市長やられていくんでしょうか。次の政策調整会議をまず初めとして、ぜひ公開をしていくということを明言していただきたいのですが。
委員長(二階堂一男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) ですから、その公表しないということではなくて、そういった部分しっかりと状況内容等をその把握をしながら、情報の提供をさせていただきたいというふうに思っております。
委員長(二階堂一男君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) あとは、市民そして議員各位、職員の皆さんが今の市長の答弁をどのように捉えたかということだと思います。私はできるだけそうした部分、ましてや新しい新庁舎の建設検討の部分に関しても、庁内でそうした委員会を開いて取り組んでいるということについても、随時市民の皆さんに公開・公表をしていって、さまざまな意見を頂戴すべきというふうな考え方に立っております。
 それから、次に66ページからの総合支所の維持管理費にかかわってお尋ねいたしますが、まず総合支所にかかわる公用車の燃料費についてお尋ねをいたします。今伺いますと3カ月に1度入札に付して、その都度、例えば場所が交代したりするということになっております。そういたしますと、さまざまやっぱりその地形上、非常に遠くなったりというふうな部分が、不便が必ず出てきているんではないのかなと思いますが、9つの総合支所一つ一つに聞けばいいところですが、代表して迫の総合支所長そういった現状、課題どのように捉えているでしょうか。
委員長(二階堂一男君) 迫総合支所長、高橋 充君。
迫総合支所長(高橋 充君) 26年1期目の3カ月の間は、迫関係につきましてはJAみやぎ登米の給油所ということで、場所につきましては新田駅から茂栗のJRの立体交差の手前でございます。そういったことで、約往復すると大変な、1リットル以上かかるような給油所でございますので、支所といたしましては向こうのほうの現場のほうに行ったときに公用車の燃料等を見ながら、随時給油をするようにお話しているところでございます。
委員長(二階堂一男君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) そうしたことになってまいりますと、迫の総合支所では工夫をしながらできるだけその近くに行ったときに入れるようにという工夫はなされておるようですが、そこまで行く間に経費を余計かけている。入札に付しているのは当然だと思うんですが、そのことによって余計経費をかけてそこまでいかなくちゃないという一方では、時間もですけれど現状があるというふうに思います。それから、お尋ねをいたしますと消防本部では、基本的には各総合支所はその町域の中での入札に付すということだと聞いておりますが、消防本部ではたぶん効率性を考えたのか、例えば新田の一番遠い場所ではなく、もっと効率よくというふうな給油の方法を今とっておられるということも伺っております。そうしたことを考えると、いわゆるさまざまな課題はあるにしても市内にそのどこでもというか、最もその効率のよい形の中での給油方法というのが考えられないのかどうか、まずお尋ねします。
委員長(二階堂一男君) 総務課長、丸山 仁君。
総務課長(丸山 仁君) 今の關委員ご指摘のとおり、各町域ごとに入札によって給油所を決定しているところでございます。それで、今消防署の話がございましたが、消防署ならず緊急車両ということで位置づけておりますが、これにつきましてはその都度その都度、その契約している町域の別のところの契約業者でも給油をできるというふうな取り扱いを7月からさせていただいているところでございます。なお、全車両についての取り扱いについて、現状は公平な受注機会の確保という形で取り組んでいるところでございますので、1つの研究課題として捉えさせていただきまして検討させていただきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) 公平な受注機会の確保というのは、当然入札に付す側から言えば考えなくてはならないことだと思うんですが、どこでも入れられるような形の中で、あとはどこに行って入れるという部分に関しては各支所ごとに、やっぱりそういった公平性の配慮をした形の中で給油をすれば、その辺は十二分にクリアできるのではないのかなというふうに考えますので、ぜひその点、再度ご検討願いたいというふうにも思います。
 それから、東日本大震災を経験して災害時なんですが、この款で、この給油にかかわってお尋ねをいたしますわけですが、非常にやっぱり公用車の給油というのは重要になってくるんだろうというふうに思います。しかしながら、伺いますとJAみやぎ登米さんとは災害時の給油関係の協定は結ばれているということでありますが、ほかのいわゆる市の燃油 組合ですか、そうしたところとの災害応援協定は結ばれていないというふうに伺いまして、非常に心配するわけなんですが、その辺ぜひこうしたこれまでお世話になっているあらゆる給油所さんとそうした災害時の応援協定というか、協定を結んで万が一のときに十二分効果を発揮できるようにすべきではないのかなと思いますが、その辺の見解をお尋ねします。
委員長(二階堂一男君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) ちょっとその辺について、恐らくやっていないという状況だと思いますけれども、これについてはJA同様ですね、JAについては災害時にいち早く対応していただいたという経緯もありましたけれども、あわせて今後の災害対応ということで検討させていただきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) 検討というような事項ではないのではないのかなと思いますので、市長の、登米市を代表する市長トップとしての判断をぜひここで示していただきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) いろいろとご相談を申し上げておったというふうな経緯もあったと思います。しっかりと連携ができるようにぜひ進めてまいりたいと考えています。
委員長(二階堂一男君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 成果表31ページの職員研修費についてお尋ねします。大変ぶしつけですけれども、今この議場にいる職員の皆さんで他の市、町をしっかりと行政視察という形で行政視察をされた方、手を挙げてください。しっかりと行政視察して相手を応対して、その行革だったり、病院だったり、そういったものを25年度までの中で視察した方、手を挙げてください。何人おられますか。市長、今部長級だったり、次長級だったり、そこの3、4人の方、手を挙げました。これが登米市の将来を勉強する、我々議員は本当にありがたいことで政務調査費だったり、それから会派のいろんな研修でいい町、いい病院、そういったものをいろいろと研修してきております。しかし残念ながら、同じものを見てこないことによって、ただ耳で聞く、それからインターネットで見ると違って、現場の空気を全然知ることができない。市長こういう状況の中で、職員研修が本当に将来に結びつくと思いますか。私は今回、教育民生で病院の医療局にとてもその松阪市の病院がすばらしいということで、「ぜひ一緒に行ってほしい」と言ったら、「いや一方が行くので医療局は行けない」ということで、結局は行けなかった。行ってみれば本当にそのすばらしい方だったので、ぜひうちのほうに来て講演してほしいというくらいの状況だった。残念ながら、合併する前は旧町域で3つの常任委員会があって、毎年度最低でも27人の管理職が議員と一緒に付いて視察をしてきた。しかし、現在登米市では、3常任委員会で3人しか行けない。この状況は打破して、やはりこれは副市長でも市長でも結構です、もっと国内のいい自治体を見て、そしてそれを登米市に取り入れる。そういった姿勢が必要ではないかと思いますけれども、いかがでしょうか。
委員長(二階堂一男君) 副市長、藤井敏和君。
副市長(藤井敏和君) お話のとおり、他の自治体の実情を見るということも非常に大事なことだとは思います。ただ、その方法論として議員の皆さんがいらっしゃる常任委員会に同行するのがいいのか、別な形で情報を仕入れながら現地に出向いて勉強するのがいいのか、そのあたりについては十分検討させていただきたいと思いますが、必要性は十分認めたいと思っております。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(二階堂一男君) これで1款議会費、2款総務費の質疑を終わります。
 ここで説明員の入れかえのため、暫時休憩いたします。
          休憩 午後3時28分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時31分
委員長(二階堂一男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、3款民生費、4款衛生費について質疑を行います。
 ここで、先ほどの關 孝委員の質問に対する答弁について補足がありますので、総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 先ほど、關委員への答弁の中で石油商組合との契約の関係で、ちょっと誤った部分がございます。JAさんを含む業界の方と締結しているのは、LPガスの関係では34社と25年の6月に協定を結んでおります。それであと、燃料の供給につきましては、むしろそのJAさんを除いた、逆に石油商組合登米市部、これは25社でございますけれども、この方々とは応援協定を既に結んでいるということであります。JAさんにつきましては、今その応援協定の協定についての協議を今進めているという状況だそうでございます。訂正させていただきます。
委員長(二階堂一男君) それでは3款、4款について、質疑はありませんか。熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 137ページの1細目保健衛生総務費でございます。AEDについてでございますけれども、昨年度53台、24年度も53台ということで、これはふえておりませんけれども、ふえていない理由。設置台数ふえていない理由は、どういったことでございましょうか伺います。
委員長(二階堂一男君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) AEDの設置台数でございますけれども、174ページでよろしいでしょうか。174ページになります。AEDにつきましては、現在25年度につきましては、リース料金ということで53台分リース料金支払っております。AEDの購入につきましては、26年度台数をふやしております。
委員長(二階堂一男君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) そうすると、25年度は契約の関係でふえていないということでよろしいんでしょうか。
委員長(二階堂一男君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) はい。25年度につきましては、53台になります。
委員長(二階堂一男君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 26年度は、何台ふえたのでしょうか。
委員長(二階堂一男君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) 失礼しました。25年度はふえておりません。(「26年度だよ、続けてどうぞ」の声あり)26年度は、23台ふえております。
委員長(二階堂一男君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) ということは、まだまだ設置するべきところがあるということですので、ぜひしっかりと設置をしていただきたいと思います。以上です。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はございませんか。工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 成果説明書の135ページの福祉タクシー利用料金助成329人になっていますけれど、これは高齢者の方と障害者の方いると思うんですけれど、この内訳をお願いします。人数の状況どうなっているか。
 それから、157ページの児童館管理運営、利用状況が出ています。開館日数が、この4つの児童館が294日。それから、子供児童クラブのほう、162ページのほうでも開催日数が、ちょっと表の下のほうに294日になっています。この間審議した子ども子育てのこの学童放課後児童クラブの関係する条例案では、この開館日数1年につき250日以上原則としてってなているんですけれども、これでもいいと思うんですけれど、実態は児童館でも学童クラブでもやっぱり290、300日近く開所していますので、この辺の条例考えなくてもいいのかなって、この考えをお願いします。
委員長(二階堂一男君) 生活福祉課長、鎌田信之君。
生活福祉課長(鎌田信之君) 福祉タクシーの高齢者障害者別の実績ということでございますけれども、ただいま資料を持ち合わせておりませんので、至急取り寄せたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 子育て支援課長、西條利光君。
子育て支援課長(西條利光君) 児童館の開館日数、児童クラブの開設日数についてのお問い合わせでございます。さきに審議委員会付託になりました条例の中では、250日ということで、250日が最低基準ですということで、条例で定めることになっています。250日以上でございます。それで、今運用しております児童館、児童クラブにつきましては、規則の中で休館日を設けております。休館日は日曜日、あとは休日、あとは年末年始ということで、25年度それ以外をトータルしますと294日ということで、開館日数は25年度は294日。クラブについても同様の休日を定めていますので、開館日は294日ということで運営させていただいております。以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 内訳はちょっとわからないということなんですけれども、このことについては、私も一般質問で何回も取り上げて、やっとこのガソリン券も認めるということになったんですけれども、この間も前の一般質問で言ったように、それが非課税世帯になっているんでね。その後もやはり対象になるお母さんたちからは、「ぜひ非課税だけでなくてその幅を広げてもらいたい。大変だ」ということをその後も寄せられているので、ぜひこの検討、そのときも検討といいましたけれど、どういうふうに検討をされているのか。その辺を伺いたいのと、それから条例上は250日以上でそれでもいいんでしょうけれども、実態が294日になっているんで、やはりこの294日を下回らないような、私は条例設定がほしいんでないかなと思うんですけれど、その辺をお願いします。
委員長(二階堂一男君) 生活福祉課長、鎌田信之君。
生活福祉課長(鎌田信之君) 本年度から実施しております燃料費助成でございますけれども、8月31日時点で72件ということで交付されておりますけれども、まだ事業効果として上がっていない状況にあるということが見受けられますので、この辺のところ条件の緩和でありますとか、その辺のところを検討するということで進めてございます。
委員長(二階堂一男君) 子育て支援課長、西條利光君。
子育て支援課長(西條利光君) 現在運用しております294日という数字、毎年変わるわけですけれども、最低基準の中で250日というのは国の基準でございますが、この事業は市町村だけが実施するということではなくて、社会福祉法人とかそういう部分のところでも運営可能でございます。そういう意味から、広くその新規参入等図る上でもその基準は、250日以上ということで国の基準で考えております。
委員長(二階堂一男君) 工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) ぜひ、福祉タクシー券のほうは、条件を緩和といいましたけれど、ぜひそういう方向で検討、検討って毎年何年も何回もやってやっとここまできたんですけれども、ぜひそれだけ対象になっているお母さんたち大変な状況だということを含んでもらって、前向きに検討していただきたいと思います。
 それから、この開設日数なんですけれども、もちろん新規参入も含めてなんですけれど、やはり前の質問でしたとき審議の中では、この児童館と放課後児童クラブ一体のもの1年かけてやるという、そういう回答をもらったんですけれど、その意味でもやはりこれは新規参入するとこでも、やはり基本的なところは一緒だと思うので、ぜひそこら辺は下回らないようなやり方で条件、最低基準設けていただきたいなと思います。
委員長(二階堂一男君) 子育て支援課長、西條利光君。
子育て支援課長(西條利光君) 放課後児童クラブについても、その受け皿整備が重要と考えております。それで、放課後児童クラブにおいても待機児童の発生しないように、今その受け皿の拡充を図っている段階でございます。その中で、国の最低基準は当然に守るべき基準でございますので、希望としてはそういう民間、公立は当然ですが民間に対してもできるだけ日数、休館日数の少ない形でのご協力をお願いしていきたいというふうに考えております。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 成果説明書の155ページ、高等技能訓練促進費というところの受給者6名のうち修了者3名としてと読んで、あと残り3名がまたその途中なのかどうかということを教えていただきたいこと。
 それから、171ページの委託料、被災住家等解体業務委託先株式会社イシケンほか11件という表示なんですが、これ11件と書いていいのかな。11社ではないのかなと思うんで、その辺が。11件とすれば委託先が何社かで物件が11件だと私は読むんですが、その辺をどうぞ教えてください。
委員長(二階堂一男君) 子育て支援課長、西條利光君。
子育て支援課長(西條利光君) 155ページ高等技能訓練促進費でございます。ご質問のそのとおりでございまして、3名が25年度中に卒業したということでございます。残りは3名でございます。
委員長(二階堂一男君) 浅野 敬君、もう1回。
6番(浅野 敬君) 上の段で人数区分3と次もあるね、月額10万円の人と月額7万500円と36カ月と27カ月とあるんだけれど、残っている、いわゆる残っている3名の方はどういう区分の方ですかと。
委員長(二階堂一男君) 子育て支援課長、西條利光君。
子育て支援課長(西條利光君) 内訳資料、資料としては持ち合わせしておりませんので、取り寄せて報告いたします。(「覚えている範囲で」の声あり)
委員長(二階堂一男君) 子育て支援課長、西條利光君。
子育て支援課長(西條利光君) 月額10万円の非課税世帯が一人と記憶しております。課税世帯が2人ということで記憶しております。
委員長(二階堂一男君) 環境課長、木村達之君。
環境課長(木村達之君) 被災住家等の解体業務の件数でございますが、ちょっと表記の仕方がうまくなかったかもしれませんけれども、こちらにつきましては契約数でございます。それで内容につきましては、業者イシケンさんで4契約、それからリサイクルセンター宮城さんで5契約、それから東北コンストラクションさんで2契約、鈴和建設さんで1契約の12契約という内容でございます。
委員長(二階堂一男君) 浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) じゃあ委託先が4社でもって、物件案件が12件だったよということでいいんですね。そのように書いていただくとありがたいんです。
委員長(二階堂一男君) よろしいですか。
6番(浅野 敬君) はい。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。中澤 宏君。
10番(中澤 宏君) 10分間だけお尋ねします。まず、民生費のほうから2つお尋ねします。それから、衛生費のほうからも2つお尋ねしたいと思います。
 まず、3款民生費のほうなんですが、成果報告書の124ページでございます。一番下に13節委託料が載ってございます。認知症で大変困っているという話がよく聞きます。今回、この認知症対策調査事業の委託を639万2,000円で委託をしてございますが、この調査を通じて、今後どのような事業に発展していくのか。あるいは、今回やったことによって市民が、あるいは認知症の当人であったり、あるいは家族であったりが、どのような利便がよくなるというか、何ていうんですか利益があるというか、改善されるというか、どういうふうなことに発展していくのか、まず1つお尋ねしたいと思います。
 次に、同じく民生費の中から、今浅野委員もお尋ねしましたけれども、その高等技能訓練促進費でございます。とてもいいなと思いました。これは市が主体なのか、あるいは国の要するに施策の一環なのか、この辺についてお尋ねをしたいと思っております。財源も含めて、この手当がどのようになっているのか。また、こうしたいい事業が今後とも続けられるのかということと、それから過去に、今までに、ことしはこういう成果。3人の修了した方がありますが、今までこの事業を通じてこうした修了した方が何人いるのかというふうなことで、わかれば教えていただきたいと思います。
 次に、衛生費でございます。衛生費からは、まず1つは献血についてお尋ねをしたいと思います。成果報告書では175ページでございます。献血会場に行ってみますと若い人が来て、協力してくださっているんですね。とても尊いことだなと思っております。それで、この資料を見ますと前月で114%ですから目標を上回る、大変いい成績のように見えます。そのときですね、この目標というのは、どのように設定してきたんだろうというふうなことをまずお尋ねしたいと思います。
 2つ目は、登米市における、例えばその必要な献血量に対して、今回その供給するこの献血がどの程度の割合になっているのかということです。
 それから3つ目は、ここに成分献血が書いてございません。成分献血が書いておりませんので、たぶん成分献血の人もあろうかと思います。結果として、その血液製剤という形に回れば、たぶんその要するに血液に対して成分献血は10倍の価格だとも聞いておりますので、だいたいここで協力してくださった方の要するに貢献度というのが非常にわかると思うんですが、そういった数字のほうあらわし方についてお尋ねしたいと思います。
 次に最後になりますけれども、4款の成果報告書の194ページでございます。住宅用の太陽光発電システム設置事業費についてでございます。一般質問でも私お尋ねしましたけれども、答弁がございませんでしたので改めてお尋ねをしたいと思います。平成25年度は、目標の800万に対して513万6,000円の実施でございました。国としては、クリーンエネルギーの普及というふうなことでございますから、広くこうした事業に取り組まれる方を支援するというふうなことでございますが、市としてはさらにその国の施策に加えて市の施策として、「既存住宅には、市内の業者から取りつけたものでなければならない」というふうなことが、結果としてブレーキになっているのではないかというふうなことをお尋ねしたところでございます。それで、22年、23年、24年度の予算と決算額がどのようになっているのか、お尋ねをいたしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 私のほうから、まず1点目の認知症調査の結果、今後どう発展していくのかというお尋ねでございます。今後調査の結果をどのように生かしていくのかということで、お答えをさせていただきたいと思います。まず調査の結果でございますが、全体で188名の方にご協力をいただき調査をしたところでございますが、調査の結果健常という判断された方が68名36%、認知症という判断された方が30名16%と、残り境界状態ということで90名の方48%という結果でございます。したがいまして、市内の認知症の有病率につきましては、16%ということでございました。この結果、平成22年度の国勢調査の75歳以上の1万4,072人にこの割合を掛けますと、登米市の推定認知症患者数およそ2,200人強と推定されます。また、境界状態の軽度認知症につきましては、6,700人弱という結果になってございます。この結果を受けて、どのように今後という部分でございます。調査の結果につきましては、東北大学のほうから調査結果報告書をいただいてございまして、この中の考察におきまして今後の課題としまして、まず推定約2,200名とされる認知症患者に対する対応体制の確立が必要とされるということ。あとは、家族の啓発活動やかかりつけ医との連携によりまして、認知症を早期発見をし、抗認知症薬の内服と介護保険によるサービスなどの心理的、社会的介入を組み合わせた包括的介入を積極的に行うことが望ましいと考えるとされてございます。また、境界状態であります軽度認知症障害は疾患未満の状態で、現時点での明確な発症予防方法は存在しないとして、強いて言えばバランスのとれた食生活、適切な運動、旅行などの社会参加などが有効であるという程度であるということでございます。このためにも、家族への啓発活動や家族との連携によります認知症の早期発見と、適切な包括的な介入体制の確立が求められているとされてございました。このことから、本年度策定予定でございます第6期の介護保険計画の中で、これらを踏まえた対応策を検討してまいりたいというふうに思ってございます。認知症対策につきましては、認知症施策対策推進5カ年計画ということで、いわゆるオレンジプランというものが国のほうからも示されてございますので、これら等も踏まえながら6期計画の中に盛り込んでまいりたいというふうに考えてございます。以上でございます。
委員長(二階堂一男君) 子育て支援課長、西條利光君。
子育て支援課長(西條利光君) 155ページ、高等技能訓練促進費関係でございます。根拠法令はですね、母子及び寡婦福祉法に基づきまして促進費を支給しております。平成21年度までは、県の事業として実施してまいりましたが、平成22年度からは市町村の事業ということで取り組みまして、4分の3が国の補助金ということでございます。以上でございます。実績はですね、ちょっと手元資料持ち合わせておりませんので。
委員長(二階堂一男君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) 「献血者の目標はどのように決めているのか」でございますが、赤十字センターのほうで年間必要量人口と前年度実績で按分したもので提示されております。また、登米市内の需要量に対しての供給割合についてでございますが、この件につきましては資料として準備しておりませんでしたので、早速確認いたしまして報告させていただきたいと思います。
 それから、成分献血につきましては、成分献血実施中の事故ということがありまして、現在献血車での成分献血というのをやっておりません。センターのほうで実施ということですので、ご協力よろしくお願いしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 環境課長、木村達之君。
環境課長(木村達之君) 太陽光発電システムの設置事業の補助金についてでございます。過年度分の予算額と決算額ということでございますが、手元には予算額がちょっとございませんので、助成件数と決算額について報告させていただきます。平成21年度が129件の助成で、1,552万8,000円の助成でございます。それから、22年度が73件の880万7,000円の助成となっております。それから、23年度75件の助成で719万円の補助ということでございます。それと、平成24年度が86件の608万9,000円の補助という形になっております。
委員長(二階堂一男君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 今、予算の関係なんですが23年度については一応2,000万円、24年度については800万円でございます。
委員長(二階堂一男君) 中澤 宏委員。
10番(中澤 宏君) 時間がないので、最後の質問を。私のね、私の時間がないので大切に使いたいと思いますので。それでね、最後の太陽光発電のほうですね。これは、特別交付税ということですから、市が当初予算に計上すれば予算額の半分が使う使わないにかかわらず市のほうに入ってくるという事業でございます。したがって、どんどんやってもらえばいいと思うんですけれども、あえてここにその23年度は2,000万を計上し、その後800万、800万です。しかもその800万を計上したにもかかわらず、さらにその制約があって結果として500万足らず、要するにその予算額の60%程度にしか使っていないということです。国は、単純にクリーンエネルギーの普及を目指しているわけです。それで、あえて市が特別な制約を行ったことによって、その補助を本来は受けられる人が受けられていないというふうなことですから、この辺は見解を改めてお尋ねしたいと思います。この間もお知らせしましたが、石巻市は登米市と同額、気仙沼市では私どもはキロ当たり2万円に対して2万5,000円、栗原市は3万、それから大崎市では、市内業者については額は別にして3割の割り増しを助成しているというような例があります。いずれにしても、他自治体では登米市のように、市内業者だけしかしないというような件は全く見られなかったということでございますから、改めてこの見解をお尋ねしたいと思います。
委員長(二階堂一男君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 今、中澤委員さんがお話されたとおり、他市におきまして市内業者に限られているというところは当市だけでありまして、市内業者に対して補填して出すというのは大崎市とか、そういうところが何町かあるようでございます。市内業者に限ってということで当市ではやってございますが、特例条項の中で例えば、住宅メーカーが設置した住宅ですと後づけになりますとなかなか保証が受けられないというそういう制約なんかもございまして、そういう特例等は設けておるのもございます。しかしながら、前回一般質問を受けたときに市長のほうからもお話ありましたとおり、今後につきましてはいろいろと検討はさせていただくということで考えてございます。
委員長(二階堂一男君) 中澤 宏委員。
10番(中澤 宏君) 今後というのは、26年度も25年度からすれば今後に当たります。この決算を見てね。要するに、悪いと思えばいつからでも変えることできるわけです、要するに26年度からでも。この事業は、もしかしたらそんなに長く続かないかもしれません。要するに国の方針は、これは結構コストがかかりますから石油エネルギーに比べれば3倍のコストがかかってしまう、売電ではね。だからそういう意味では、もっとコストの安い部分を普及したいという方針に変わってくるかもしれません。それで将来変わるから何でもいいんだというのでなくて、そういうどうもまずいなと思ったときには、速やかに変えるというやっぱり何ていうかね、エネルギーもなければならないのではないかと思いますけれども、市長に聞いて終わります。
委員長(二階堂一男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 今、委員からご指摘ありました今後の見通しというものもしっかりと見据えながら、有効に活用できるように進めてまいりたいと考えております。
委員長(二階堂一男君) 中澤 宏委員。
10番(中澤 宏君) あのね、さっきも言いましたが財源は国です。財源はね。財源は、国で出しています。それで、国が例えば25年度でいうと800万に対して400万きているわけですね。単純にその2分の1を補助したいということですから、800万まで国としてはぜひその補助の部分として面倒見たいということです。市は、やっぱり市の政策として、あとはその特別なオプションをつけていくわけですから、それはそれとして市が独自にさまざまなその政策部分として、さまざまな加算して助成することは構わないと思います。しかし、広く受けられるその補助については、他市と同様登米市に住むと受けられなくてというのではなくて、登米市にあっても他市と同様に受けられ、しかも登米市にあってはさらに受けられるというようなことであったほうが、私はいいのではないかというように思いますが、市長改めてお尋ねします。
委員長(二階堂一男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) ご指摘いただいた点、十二分に踏まえながら早目の対応を考えいきたいと思います。
委員長(二階堂一男君) ほかに質疑はありませんか。何人ありますか。まだありますね。
 まだあるようでありますので、本日の会議はこの程度とし、これで散会したいと思います。
 なお、次の会議は9月22日午前10時から行います。
 本日はこれで散会いたします。
          延会 午後4時06分

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>