•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(伊藤吉浩)
  •   2  委員長(伊藤吉浩)
  •   3  15番(佐藤恵喜)
  •   4  委員長(伊藤吉浩)
  •   5  監査委員(島尾清次)
  •   6  委員長(伊藤吉浩)
  •   7  15番(佐藤恵喜)
  •   8  委員長(伊藤吉浩)
  •   9  財政課長(加藤均)
  •  10  委員長(伊藤吉浩)
  •  11  15番(佐藤恵喜)
  •  12  委員長(伊藤吉浩)
  •  13  財政課長(加藤均)
  •  14  財政課長(加藤均)
  •  15  委員長(伊藤吉浩)
  •  16  監査委員(島尾清次)
  •  17  委員長(伊藤吉浩)
  •  18  15番(佐藤恵喜)
  •  19  委員長(伊藤吉浩)
  •  20  監査委員(島尾清次)
  •  21  委員長(伊藤吉浩)
  •  22  15番(佐藤恵喜)
  •  23  委員長(伊藤吉浩)
  •  24  9番(中澤宏)
  •  25  委員長(伊藤吉浩)
  •  26  財政課長(加藤均)
  •  27  委員長(伊藤吉浩)
  •  28  9番(中澤宏)
  •  29  委員長(伊藤吉浩)
  •  30  財政課長(加藤均)
  •  31  委員長(伊藤吉浩)
  •  32  9番(中澤宏)
  •  33  委員長(伊藤吉浩)
  •  34  市長(布施孝尚)
  •  35  委員長(伊藤吉浩)
  •  36  9番(中澤宏)
  •  37  委員長(伊藤吉浩)
  •  38  19番(相澤吉悦)
  •  39  委員長(伊藤吉浩)
  •  40  総務部次長兼税務課長(冨士原徹)
  •  41  委員長(伊藤吉浩)
  •  42  19番(相澤吉悦)
  •  43  委員長(伊藤吉浩)
  •  44  税務課長(冨士原徹)
  •  45  委員長(伊藤吉浩)
  •  46  収納対策課長(田村啓峻)
  •  47  委員長(伊藤吉浩)
  •  48  19番(相澤吉悦)
  •  49  委員長(伊藤吉浩)
  •  50  税務課長(冨士原徹)
  •  51  委員長(伊藤吉浩)
  •  52  24番(八木しみ子)
  •  53  委員長(伊藤吉浩)
  •  54  財政課長(加藤均)
  •  55  委員長(伊藤吉浩)
  •  56  総務部長(千葉博行)
  •  57  委員長(伊藤吉浩)
  •  58  監査委員(島尾清次)
  •  59  委員長(伊藤吉浩)
  •  60  24番(八木しみ子)
  •  61  委員長(伊藤吉浩)
  •  62  企画部長(秋山茂幸)
  •  63  委員長(伊藤吉浩)
  •  64  22番(庄子喜一)
  •  65  委員長(伊藤吉浩)
  •  66  収納対策課長(田村啓峻)
  •  67  委員長(伊藤吉浩)
  •  68  22番(庄子喜一)
  •  69  委員長(伊藤吉浩)
  •  70  収納対策課長(田村啓峻)
  •  71  委員長(伊藤吉浩)
  •  72  22番(庄子喜一)
  •  73  委員長(伊藤吉浩)
  •  74  収納対策課長(田村啓峻)
  •  75  委員長(伊藤吉浩)
  •  76  委員長(伊藤吉浩)
  •  77  10番(佐々木一)
  •  78  委員長(伊藤吉浩)
  •  79  収納対策課長(田村啓峻)
  •  80  委員長(伊藤吉浩)
  •  81  10番(佐々木一)
  •  82  委員長(伊藤吉浩)
  •  83  収納対策課長(田村啓峻)
  •  84  委員長(伊藤吉浩)
  •  85  10番(佐々木一)
  •  86  委員長(伊藤吉浩)
  •  87  収納対策課長(田村啓峻)
  •  88  収納対策課長(田村啓峻)
  •  89  委員長(伊藤吉浩)
  •  90  6番(浅野敬)
  •  91  委員長(伊藤吉浩)
  •  92  財政課長(加藤均)
  •  93  委員長(伊藤吉浩)
  •  94  6番(浅野敬)
  •  95  委員長(伊藤吉浩)
  •  96  2番(日下俊)
  •  97  委員長(伊藤吉浩)
  •  98  収納対策課長(田村啓峻)
  •  99  委員長(伊藤吉浩)
  • 100  2番(日下俊)
  • 101  委員長(伊藤吉浩)
  • 102  総務課長(大柳晃)
  • 103  委員長(伊藤吉浩)
  • 104  委員長(伊藤吉浩)
  • 105  委員長(伊藤吉浩)
  • 106  19番(相澤吉悦)
  • 107  委員長(伊藤吉浩)
  • 108  企画政策課長(佐藤裕之)
  • 109  委員長(伊藤吉浩)
  • 110  19番(相澤吉悦)
  • 111  委員長(伊藤吉浩)
  • 112  企画政策課長(佐藤裕之)
  • 113  委員長(伊藤吉浩)
  • 114  19番(相澤吉悦)
  • 115  委員長(伊藤吉浩)
  • 116  企画部長(秋山茂幸)
  • 117  委員長(伊藤吉浩)
  • 118  23番(二階堂一男)
  • 119  委員長(伊藤吉浩)
  • 120  人事課長(阿部孝弘)
  • 121  委員長(伊藤吉浩)
  • 122  23番(二階堂一男)
  • 123  委員長(伊藤吉浩)
  • 124  人事課長(阿部孝弘)
  • 125  委員長(伊藤吉浩)
  • 126  23番(二階堂一男)
  • 127  委員長(伊藤吉浩)
  • 128  総務部長(千葉博行)
  • 129  委員長(伊藤吉浩)
  • 130  3番(佐々木幸一)
  • 131  委員長(伊藤吉浩)
  • 132  人事課長(阿部孝弘)
  • 133  委員長(伊藤吉浩)
  • 134  総務課長(大柳晃)
  • 135  委員長(伊藤吉浩)
  • 136  3番(佐々木幸一)
  • 137  委員長(伊藤吉浩)
  • 138  人事課長(阿部孝弘)
  • 139  委員長(伊藤吉浩)
  • 140  総務課長(大柳晃)
  • 141  委員長(伊藤吉浩)
  • 142  1番(熊谷和弘)
  • 143  委員長(伊藤吉浩)
  • 144  市長公室長(中津川源正)
  • 145  委員長(伊藤吉浩)
  • 146  1番(熊谷和弘)
  • 147  委員長(伊藤吉浩)
  • 148  市長公室長(中津川源正)
  • 149  委員長(伊藤吉浩)
  • 150  1番(熊谷和弘)
  • 151  委員長(伊藤吉浩)
  • 152  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 153  委員長(伊藤吉浩)
  • 154  1番(熊谷和弘)
  • 155  委員長(伊藤吉浩)
  • 156  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 157  委員長(伊藤吉浩)
  • 158  1番(熊谷和弘)
  • 159  委員長(伊藤吉浩)
  • 160  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 161  委員長(伊藤吉浩)
  • 162  13番(伊藤栄)
  • 163  委員長(伊藤吉浩)
  • 164  人事課長(阿部孝弘)
  • 165  委員長(伊藤吉浩)
  • 166  委員長(伊藤吉浩)
  • 167  人事課長(阿部孝弘)
  • 168  委員長(伊藤吉浩)
  • 169  13番(伊藤栄)
  • 170  委員長(伊藤吉浩)
  • 171  市長(布施孝尚)
  • 172  委員長(伊藤吉浩)
  • 173  4番(氏家英人)
  • 174  委員長(伊藤吉浩)
  • 175  選挙管理委員会事務局次長(平山法之)
  • 176  委員長(伊藤吉浩)
  • 177  4番(氏家英人)
  • 178  委員長(伊藤吉浩)
  • 179  選挙管理委員会事務局次長(平山法之)
  • 180  委員長(伊藤吉浩)
  • 181  4番(氏家英人)
  • 182  委員長(伊藤吉浩)
  • 183  監査委員(島尾清次)
  • 184  委員長(伊藤吉浩)
  • 185  25番(岩淵正宏)
  • 186  委員長(伊藤吉浩)
  • 187  市長公室長(中津川源正)
  • 188  委員長(伊藤吉浩)
  • 189  25番(岩淵正宏)
  • 190  委員長(伊藤吉浩)
  • 191  市長公室長(中津川源正)
  • 192  委員長(伊藤吉浩)
  • 193  21番(及川長太郎)
  • 194  委員長(伊藤吉浩)
  • 195  選挙管理委員会事務局次長(平山法之)
  • 196  委員長(伊藤吉浩)
  • 197  選挙管理委員会事務局次長(平山法之)
  • 198  委員長(伊藤吉浩)
  • 199  21番(及川長太郎)
  • 200  委員長(伊藤吉浩)
  • 201  選挙管理委員会事務局次長(平山法之)
  • 202  委員長(伊藤吉浩)
  • 203  21番(及川長太郎)
  • 204  委員長(伊藤吉浩)
  • 205  選挙管理委員会事務局次長(平山法之)
  • 206  委員長(伊藤吉浩)
  • 207  21番(及川長太郎)
  • 208  委員長(伊藤吉浩)
  • 209  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 210  委員長(伊藤吉浩)
  • 211  21番(及川長太郎)
  • 212  委員長(伊藤吉浩)
  • 213  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 214  委員長(伊藤吉浩)
  • 215  選挙管理委員会事務局次長(平山法之)
  • 216  委員長(伊藤吉浩)
  • 217  21番(及川長太郎)
  • 218  委員長(伊藤吉浩)
  • 219  選挙管理委員会事務局次長(平山法之)
  • 220  委員長(伊藤吉浩)
  • 221  21番(及川長太郎)
  • 222  委員長(伊藤吉浩)
  • 223  選挙管理委員会事務局次長(平山法之)
  • 224  委員長(伊藤吉浩)
  • 225  21番(及川長太郎)
  • 226  委員長(伊藤吉浩)
  • 227  選挙管理委員会事務局次長(平山法之)
  • 228  委員長(伊藤吉浩)
  • 229  10番(佐々木一)
  • 230  委員長(伊藤吉浩)
  • 231  企画政策課長(佐藤裕之)
  • 232  委員長(伊藤吉浩)
  • 233  10番(佐々木一)
  • 234  委員長(伊藤吉浩)
  • 235  副市長(藤井敏和)
  • 236  委員長(伊藤吉浩)
  • 237  10番(佐々木一)
  • 238  委員長(伊藤吉浩)
  • 239  市長公室長(中津川源正)
  • 240  委員長(伊藤吉浩)
  • 241  10番(佐々木一)
  • 242  委員長(伊藤吉浩)
  • 243  市長公室長(中津川源正)
  • 244  委員長(伊藤吉浩)
  • 245  10番(佐々木一)
  • 246  委員長(伊藤吉浩)
  • 247  総務部長(千葉博行)
  • 248  委員長(伊藤吉浩)
  • 249  14番(浅田修)
  • 250  委員長(伊藤吉浩)
  • 251  総務部長(千葉博行)
  • 252  委員長(伊藤吉浩)
  • 253  14番(浅田修)
  • 254  委員長(伊藤吉浩)
  • 255  総務部長(千葉博行)
  • 256  委員長(伊藤吉浩)
  • 257  7番(關孝)
  • 258  委員長(伊藤吉浩)
  • 259  市民生活支援課長(佐藤浩)
  • 260  委員長(伊藤吉浩)
  • 261  7番(關孝)
  • 262  委員長(伊藤吉浩)
  • 263  総務部長(千葉博行)
  • 264  委員長(伊藤吉浩)
  • 265  7番(關孝)
  • 266  委員長(伊藤吉浩)
  • 267  市民生活支援課長(佐藤浩)
  • 268  委員長(伊藤吉浩)
  • 269  7番(關孝)
  • 270  委員長(伊藤吉浩)
  • 271  企画政策課長(佐藤裕之)
  • 272  委員長(伊藤吉浩)
  • 273  企画部長(秋山茂幸)
  • 274  委員長(伊藤吉浩)
  • 275  15番(佐藤恵喜)
  • 276  委員長(伊藤吉浩)
  • 277  総務部長(千葉博行)
  • 278  議長(伊藤吉浩)
  • 279  委員長(伊藤吉浩)
  • 280  10番(佐々木一)
  • 281  委員長(伊藤吉浩)
  • 282  総務部長(千葉博行)
  • 283  委員長(伊藤吉浩)
  • 284  3番(佐々木幸一)
  • 285  委員長(伊藤吉浩)
  • 286  企画部長(秋山茂幸)
  • 287  委員長(伊藤吉浩)
  • 288  3番(佐々木幸一)
  • 289  委員長(伊藤吉浩)
  • 290  企画部長(秋山茂幸)
  • 291  委員長(伊藤吉浩)
  • 292  3番(佐々木幸一)
  • 293  委員長(伊藤吉浩)
  • 294  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 295  委員長(伊藤吉浩)
  • 296  3番(佐々木幸一)
  • 297  委員長(伊藤吉浩)
  • 298  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 299  委員長(伊藤吉浩)
  • 300  3番(佐々木幸一)
  • 301  委員長(伊藤吉浩)
  • 302  企画政策課長(佐藤祐之)
  • 303  委員長(伊藤吉浩)
  • 304  3番(佐々木幸一)
  • 305  委員長(伊藤吉浩)
  • 306  6番(浅野敬)
  • 307  委員長(伊藤吉浩)
  • 308  企画政策課長(佐藤裕之)
  • 309  委員長(伊藤吉浩)
  • 310  22番(庄子喜一)
  • 311  委員長(伊藤吉浩)
  • 312  財政課長(加藤均)
  • 313  委員長(伊藤吉浩)
  • 314  22番(庄子喜一)
  • 315  委員長(伊藤吉浩)
  • 316  財政課長(加藤均)
  • 317  委員長(伊藤吉浩)
  • 318  財政課長(加藤均)
  • 319  委員長(伊藤吉浩)
  • 320  22番(庄子喜一)
  • 321  委員長(伊藤吉浩)
  • 322  財政課長(加藤均)
  • 323  委員長(伊藤吉浩)
  • 324  22番(庄子喜一)
  • 325  委員長(伊藤吉浩)
  • 326  監査委(島尾清次)
  • 327  委員長(伊藤吉浩)
  • 328  24番(八木しみ子)
  • 329  委員長(伊藤吉浩)
  • 330  中田総合支所長(佐々木茂光)
  • 331  委員長(伊藤吉浩)
  • 332  24番(八木しみ子)
  • 333  委員長(伊藤吉浩)
  • 334  津山総合支所長(高橋正弘)
  • 335  医委員長(伊藤吉浩)
  • 336  迫総合支所長(高橋充)
  • 337  委員長(伊藤吉浩)
  • 338  登米総合支所長(西條利光)
  • 339  委員長(伊藤吉浩)
  • 340  東和総務所長(千葉幸弘)
  • 341  委員長(伊藤吉浩)
  • 342  豊里総合支所長(目々澤義信)
  • 343  委員長(伊藤吉浩)
  • 344  米山総合支所長(小野寺稔)
  • 345  委員長(伊藤吉浩)
  • 346  石越総合支所長(小野寺千秋)
  • 347  委員長(伊藤吉浩)
  • 348  南方総合支所長(高橋美守)
  • 349  委員長(伊藤吉浩)
  • 350  24番(八木しみ子)
  • 351  委員長(伊藤吉浩)
  • 352  11番(及川昌憲)
  • 353  委員長(伊藤吉浩)
  • 354  人事課長(阿部孝弘)
  • 355  委員長(伊藤吉浩)
  • 356  11番(及川昌憲)
  • 357  委員長(伊藤吉浩)
  • 358  迫総合支所長(高橋充)
  • 359  委員長(伊藤吉浩)
  • 360  11番(及川昌憲)
  • 361  委員長(伊藤吉浩)
  • 362  総務課長(大柳晃)
  • 363  委員長(伊藤吉浩)
  • 364  11番(及川昌憲)
  • 365  委員長(伊藤吉浩)
  • 366  総務課長(大柳晃)
  • 367  委員長(伊藤吉浩)
  • 368  総務課長(大柳晃)
  • 369  委員長(伊藤吉浩)
  • 370  11番(及川昌憲)
  • 371  委員長(伊藤吉浩)
  • 372  総務課長(大柳晃)
  • 373  委員長(伊藤吉浩)
  • 374  11番(及川昌憲)
  • 375  委員長(伊藤吉浩)
  • 376  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 377  委員長(伊藤吉浩)
  • 378  11番(及川昌憲)
  • 379  委員長(伊藤吉浩)
  • 380  市長(布施孝尚)
  • 381  委員長(伊藤吉浩)
  • 382  11番(及川昌憲)
  • 383  委員長(伊藤吉浩)
  • 384  企画部長(秋山茂幸)
  • 385  委員長(伊藤吉浩)
  • 386  11番(及川昌憲)
  • 387  委員長(伊藤吉浩)
  • 388  豊里総合支所長(目々澤義信)
  • 389  委員長(伊藤吉浩)
  • 390  11番(及川昌憲)
  • 391  委員長(伊藤吉浩)
  • 392  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 393  委員長(伊藤吉浩)
  • 394  総務課長(大柳晃)
  • 395  委員長(伊藤吉浩)
  • 396  委員長(伊藤吉浩)
  • 397  20番(熊谷憲雄)
  • 398  委員長(伊藤吉浩)
  • 399  迫総合支所長(高橋充)
  • 400  委員長(伊藤吉浩)
  • 401  登米総合支所長(西條利光)
  • 402  委員長(伊藤吉浩)
  • 403  東和総合支所長(千葉幸弘)
  • 404  委員長(伊藤吉浩)
  • 405  豊里総合支所長(目々澤義信)
  • 406  委員長(伊藤吉浩)
  • 407  米山総合支所長(小野寺稔)
  • 408  委員長(伊藤吉浩)
  • 409  石越総合支所長(小野寺千秋)
  • 410  委員長(伊藤吉浩)
  • 411  南方総合支所長(高橋美守)
  • 412  委員長(伊藤吉浩)
  • 413  津山総合支所長(高橋正弘)
  • 414  委員長(伊藤吉浩)
  • 415  20番(熊谷憲雄)
  • 416  委員長(伊藤吉浩)
  • 417  米山総合支所長(小野寺稔)
  • 418  委員長(伊藤吉浩)
  • 419  20番(熊谷憲雄)
  • 420  委員長(伊藤吉浩)
  • 421  監査委員(島尾清次)
  • 422  委員長(伊藤吉浩)
  • 423  20番(熊谷憲雄)
  • 424  委員長(伊藤吉浩)
  • 425  委員長(伊藤吉浩)
  • 426  委員長(伊藤吉浩)
  • 427  5番(工藤淳子委員)
  • 428  委員長(伊藤吉浩)
  • 429  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 430  委員長(伊藤吉浩)
  • 431  5番(工藤淳子委員)
  • 432  委員長(伊藤吉浩)
  • 433  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 434  委員長(伊藤吉浩)
  • 435  5番(工藤淳子委員)
  • 436  委員長(伊藤吉浩)
  • 437  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 438  委員長(伊藤吉浩)
  • 439  5番(工藤淳子委員)
  • 440  委員長(伊藤吉浩)
  • 441  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 442  委員長(伊藤吉浩)
  • 443  5番(工藤淳子委員)
  • 444  委員長(伊藤吉浩)
  • 445  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 446  委員長(伊藤吉浩)
  • 447  9番(中澤宏委員)
  • 448  委員長(伊藤吉浩)
  • 449  財政課長(加藤均)
  • 450  委員長(伊藤吉浩)
  • 451  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 452  委員長(伊藤吉浩)
  • 453  9番(中澤宏委員)
  • 454  委員長(伊藤吉浩)
  • 455  財政課長(加藤均)
  • 456  委員長(伊藤吉浩)
  • 457  25番(岩淵正宏委員)
  • 458  委員長(伊藤吉浩)
  • 459  生活福祉課長(鎌田信之)
  • 460  委員長(伊藤吉浩)
  • 461  12番(佐藤尚哉委員)
  • 462  委員長(伊藤吉浩)
  • 463  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 464  委員長(伊藤吉浩)
  • 465  12番(佐藤尚哉委員)
  • 466  委員長(伊藤吉浩)
  • 467  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 468  委員長(伊藤吉浩)
  • 469  12番(佐藤尚哉委員)
  • 470  委員長(伊藤吉浩)
  • 471  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 472  委員長(伊藤吉浩)
      平成27年登米市議会定例会 9月定期議会 決算審査特別委員会 会議録
 平成27年9月16日(水曜日)
1、出席議員(24名)
   1番 熊 谷 和 弘 君(副委員長) 2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君       4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 伊 藤 吉 浩 君(委員長)
   9番 中 澤   宏 君      10番 佐 々 木 一 君
  11番 及 川 昌 憲 君      12番 佐 藤 尚 哉 君
  13番 伊 藤   栄 君      14番 浅 田    修 君
  15番 佐 藤 恵 喜 君      16番 田 口 久 義 君
  17番 田 口 政 信 君      19番 相 澤 吉 悦 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君      21番 及 川 長太郎 君
  22番 庄 子 喜 一 君      23番 二階堂 一 男 君
  24番 八 木 しみ子 君      25番 岩 淵 正 宏 君
1.欠席議員(なし)
1.遅刻議員(1名)
  21番 及 川 長太郎 君
1.早退議員(なし)
1.中座議員(なし)

1.説明のため出席した者の氏名
市  長         布 施 孝 尚 君  副市長           藤 井 敏 和 君
総務部長         千 葉 博 行 君  企画部長          秋 山 茂 幸 君
市民生活部長       神 田 雅 春 君  産業経済部長        高 橋   巌 君
建設部長         千 葉 雅 弘 君  市長公室長         中津川 源 正 君
財政課長         加 藤   均 君  福祉事務所長        熊 谷   一 君
総務部次長兼税務課長   冨 士 原 徹 君  危機管理監         星   茂 喜 君
会計管理者        千 葉 幸 毅 君  環境事業所長        千 葉 祐 宏 君
総務課長         大 柳   晃 君  収納対策課長        田 村 啓 峻 君
建設部次長        千 葉   修 君  住宅都市整備課長      小野寺 克 明 君
教育長          佐 藤 信 男 君  監査委員          島 尾 清 次 君
監査委員         千 葉 良 悦 君  監査委員          田 口 政 信 君
教育部長         志 賀   尚 君  医療局次長         浅 野 雅 博 君
消防長          佐々木 建 待 君  監査委員事務局長      佐々木 義 文 君
農業委員会事務局長    菅 原 貞 治 君  水道事業所長        佐 藤 和 哉 君
企画部次長        中 澤 和 志 君  市民生活部次長       新 井 誠 志 君
企画政策課長       佐 藤 裕 之 君  人事課長          阿 部 孝 弘 君
市民生活課長       佐 藤   豊 君  市民活動支援課長      佐 藤   浩 君
契約専門監        及 川   仁 君  迫総合支所長        高 橋   充 君
登米総合支所長      西 條 利 光 君  東和総合支所長       千 葉 幸 弘 君
中田総合支所長      佐々木 茂 光 君  豊里総合支所長       目々澤 義 信 君
米山総合支所長      小野寺   稔 君  石越総合支所長       小野寺 千 秋 君
南方総合支所長      高 橋 美 守 君  津山総合支所長       高 橋 正 弘 君
選挙管理委員会事務局次長 平 山 法 之 君  検査専門監         菊   幸 誠 君
市民生活部次長      千 葉 ますみ 君  市民生活課長        佐 藤   豊 君
環境課長         木 村 達 之 君  国保年金課長        千 葉   清 君
健康推進課長       佐々木 秀 美 君  生涯学習課長        佐 藤 嘉 浩 君
福祉事務所長       熊 谷   一 君  環境事業所長        千 葉 裕 宏 君
生活福祉課長       鎌 田 信 之 君  クリーンセンター所長兼衛生センター所長 末 永   隆 君
子育て支援課長      鈴 木 文 男 君  長寿介護課長        金 野 信 義 君
			
1.事務局出席職員氏名
議会事務局長           佐 藤 昌 彦 君	
議会事務局次長          田 辺 賢 一 君
議会事務局主幹兼議事・調査係長  菊 地   武 君	
議会事務局議事・調査係主査    浅 井 顕 裕 君
議会事務局議事・調査係主査    庄 司 美 香 君	
議会事務局議事・調査係主査    主 藤 貴 宏 君
議会事務局議事・調査係主事    稲 辺 大 裕 君		


          開会 午前10時00分
委員長(伊藤吉浩君) おはようございます。
 それでは、ただいまから決算審査特別委員会2日目の会議を開きます。
 及川長太郎委員から遅参の届け出があります。
 説明のため今委員会の出席者は、市長、教育長及び監査委員並びにその受任者、並びに農業委員会会長、選挙管理委員会委員長の受任者であります。病院事業管理者石井宗彦君から診療のため欠席の届け出があります。
 審査に先立ち、委員各位に申し上げます。
 決算審査特別委員会の審査は、本日から3日間の予定であります。質疑時間は会派別に配分しておりますので、ご協力をお願いいたします。また、質疑は要点を整理し、簡潔にお願いいたします。説明員各位も本委員会の進め方にご理解をいただき、答弁は要領よく、完結にお願いします。
 これから議案審査を行いたいと思います。
 本委員会に付託された事件は、認定第1号 平成26年度登米市一般会計歳入歳出決算認定についてから、認定第10号 平成26年度登米市老人保健施設事業会計決算認定についてまでの10議案であります。各議案の内容説明は本会議で終了しておりますので、1議案ごとに質疑、討論、採決を行います。
 これから認定第1号 平成26年度登米市一般会計歳入歳出決算認定についての質疑を行います。
 お諮りします。
 認定第1号は範囲が広いため、初めに歳入について質疑を行い、歳出は数款ごとに分割し質疑を行いたいと思います。
 これにご異議ございませんか。
 (「異議なし」と叫ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。
 よって、認定第1号の質疑については、初めに歳入を行い、歳出は数款ごとに分割して行うことに決定いたしました。
 まず、歳入について質疑を行います。質疑はありませんか。佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) それでは、臨時財政対策債の関係でまずお聞きしますが、監査委員にお聞きしたいと思うんです。
 成果報告書の5ページに地方債の状況がありまして、その一般会計の欄の最下段に臨時財政対策債があります。26年度末現在高で190億と。これは全体の地方債の40パーセントになります。25年度はその左端にあるんですが、割合は37パーセント。ちなみに、平成17年度はどうかとみれば18.9パーセントということで、夕べ急ぎ計算してみましたが、いわば毎年、臨財債の増加ペースというのが上がっているというか、著しいものがあります。昨日もこの事は触れましたが、国税五税の一定割合とされる地方交付税の原資が地方交付税の必要額に足りないため発行されるということで、本来は地方交付税として来るべきものでありますが、こういう形になっているということであります。このことを今お聞きするというよりは、これがいわばどういうことになるかというと経常収支比率に大きく影響しております。
 監査委員は、監査意見のまとめで「経常収支比率が1.4ポイント上昇し、86.3パーセントとなっている。この比率は80パーセントを超えると財政構造の弾力性が弱まると言われている。」ということで、あと続いてるわけでありますけども、この収支比率、実は分母にですね、この臨時財政対策債が入っているわけですよね。後はもう一つ財源不足の関係のやつもう終わりましたけれども、残高まだあって。いわば見かけ上、良くなるというか、本来ならばこの分母に入れるのはどうなのかなというふうにもずっと思っているんですが、こういうふうにやれということになっているのだからそれはそれでいいのですけれども、実態問題はこの見かけ上収支、この経常収支比率改善というここだけ見てて果たして良いのかなと思うので、総括的に監査委員の見解をお伺いいしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 監査委員、島尾清次君。

監査委員(島尾清次君) 経常収支比率はですね、この比率が高くなってきますと財政の弾力性がなくなるというふうなことで、財政の健全性を維持する上で問題となってまいります。できるだけこの経常的に入ってくる収入が多くてですね、経常的に出ていく人件費、あるいは交際費等の額が少ない方が望ましいわけでございます。一般的に80パーセントというふうなラインをおおむね出しておりますけれども、どうしてもやはり市の場合ですと85パーセントを超えるような状況になってきているようでございます。
 今後ともですね、この方経常収支比率等については財政の健全性を図る上で重要な指標でありますので、注意して見ていかなければならないものといふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) ちょっと質問が悪かったのかと思うので、いわばこの生活費というか需要、この額に対して不足してるということで、本来交付税で措置すべきものを借金で肩代わりと、後で100パーセント償還時に見るからとは言うものの、借金は借金であります。これを収入の分母に入れるというのはどうなのかという疑問があるので、その見解をちょっと聞きたかったわけですが、財政課長にお聞きしますけど、この臨時財政対策債ともう一つ分母に入っている分、これを除いた経常収支比率良くなるかというのは計算していると思うんですけれども、持っているでしょうか。
 そして、それがこの決算の成果報告なり監査意見書なりに、何処か記載されているのでしょうか。そこをお聞きします。

委員長(伊藤吉浩君) 財政課長、加藤 均君。

財政課長(加藤 均君) 経常収支比率の分母の関係でございますが、経常収支比率の分母を算定する場合の分母につきましては、経常的な一般財源とい、国の考え方がございます。
 つまりは、経常的な一般財源でございますから、税それから普通交付税、それから各種の交付金、プラスの臨時財政対策債という位置付けになっております。この制度に則って積算しているということでございますので、この通知しか現在持ってございません。
 よろしくお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 総務省がホームページでも公開して、全国自治体、全部直ぐに、瞬時に見られますが、いわば決算カードと言うものであります。平成25年度決算状況、26年度はもちろん出ていませんし、私自身が計算すればいいでしょうが、26年度は勘弁していただいて、25年度はちゃんと出ているんですね。減収補填債特例分及び臨時財政対策債を除くと、経常収支比率は90.1になると。25年度は84.9ですから、90.1になると当然分母は少なくなるわけですからね。借金まで経常収入に入れるというのはどうかということで、国自体も疑問に思いながらこの統計を取る上で、除いた場合はどうなると出ているんです。
 だからこれを事務サイドというか、あるいは監査意見書というか、正式名称はアレですが、少なくともこの数値を入れて実際の経常収支比率はいくらなのかと。そういう分析というか、そういうものが必要ではないのかなと思うんです。そうして判断をすると、我が市の財政の指標の一つでありますが。
 ということで、これはちゃんと計算関係出ていますので、入れた方が良いのではないかと思うんですけれども、監査委員にもぜひそれはお願いしたいわけですが、一言ずつ。

委員長(伊藤吉浩君) 財政課長、加藤 均君。

財政課長(加藤 均君) これについてはですね、いわゆる決算統計、国の市政統計でございますが、そういった部分でも経常収支比率、ウチの方ですと86.3という事で報告になっておりますので、そういう観点で報告させていただいたということでございます。
 もちろん参考としてですね、臨時財政対策債を除けば高まるというのは承知いたしております。以上です。
   (「〇〇」の声あり)

財政課長(加藤 均君) ちょっと考慮してまいりたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 監査委員、島尾清次君。

監査委員(島尾清次君) 臨時財政対策債の償還についてはですね、現時点では100パーセント普通交付税に算入されるというふうなことでありますので、これまで経常的収入というふうな見方をしてまいりましたけれども、ご指摘のような点がありますので、そういった視点での今後分析等についても行っていきたいというふうに思います。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 財政課長、また聞かなくとも、今の監査委員も分析をするということですので、その結果が参考として成果報告書にも記載されるようになるもとと勝手に受け止めてこの部分は終わりますが、いちいち市長、副市長のコメントを聞く必要はないと思います。
 もう一つは、昨日も総括質疑でやりましたけれども、いわば地方交付税というのは完全に、絶対的に補償されるとは限らないということで、時の政府の判断によって大幅に動かされる場合もあるということであります。
 監査委員にお聞きしたいのですが、臨時財政対策債にしても、あるいは合併特例債にしても地方交付税で措置するとはいうものの、地方交付税総額はいろいろ変化があるということなので、例えば普通交付税がピークだった平成23年度と今回の決算の26年を見ますとですね、交際費の交付税算入額が2億8,441万円増加しているんですね。23年度から見て26年度。ところが一方で普通交付税というのは、23年度より26年度は8億7,200万円減っているということなんですね。
 単純に見れば交付税が増える、普通交付税要因があるにもかかわらず、それの倍以上も交付税が減るということで、どこかにその分がしわ寄せ行っていると。いわば交際費は100パーセント見ているというものの、一般財源に充てられる部分が減っているということになっているわけなので、そういう点で識者なんかによれば、この臨時財政対策債だとか合併特例債、いわばこの不安定要素を抱えているので、完全に保証されてるわけでもないと。しかも一本算定となると大体15億位減っていくだろうと言われている中でありますので、こうした不測の事態が起きた場合に対しての備えというか、必要ではないかとかいう見解もあるんです。私は全てそれがどうかというのはあるんですが、監査委員としですね、最後の昨日のまとめでもいろんな事態に備えた構えということをお話しされておりましたので、これも感想程度で良いんですがお聞きしたいと思うんです。

委員長(伊藤吉浩君) 監査委員、島尾清次君。

監査委員(島尾清次君) 普通交付税等の推移についてはですね、算定の基礎数値等の変動等もございますので、なかなか現象が国の政策等によるものかどうかの判断等については、私たちではしかねるところでございます。今後ともですね、国の推移等について動向を詳しく見守っていきたいというふうに思っております。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 終わりなんですが、昨日も市長に最後にお聞きして、いわば箱物と言った幼稚園とか保育所とか改築が迫られているものがあると。その通りなんで、それをひとくくりにして箱物は駄目だという意味で言ったのではなくて、箱物もやっぱり吟味をすると、何を優先するかということ、それはソフト事業だとしても一気にやれるわけではないので、そういうことなんですね。
 それである幹部職員からも、あるいは一般職員からも声が寄せられているんですが、今、庁舎よりも学校とか幼稚園とか保育園とか保育所とか、やらなければならないことがいっぱいあるのではないかと思うんだという声もあってですね、昨日、今日、若干ですが取り上げてみました。
 財政問題がどうあるべきかということは、引き続きこちらも研究をして建設的議論になるように努力したいなと思っていることだけで申し上げて、ここの部分は終わります。
 以上です。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) 私もですね、地方債の関係で続けて質問したいと思います。
 実は私はですね、臨時財政対策債、交付税三法と言われておりますから、普通交付税、特別交付税、そして臨財債ですね、こういう経常的に入ってくる、まあこれ制度でございますので、制度は制度として、また決算においてもですね、確実に手当をされていると。このことは現実として私は評価したいし、立派な運営だったというふうに思っております。昨日の市長答弁の中でも、そうした地方債、一般会計の中で今53億ほどある償還金の中で、財政手当が76パーセントほどされているんだというような市長の答弁がございました。
 続けてお聞きしたいのは、特別会計で下水道特別会計があります。それから参考として企業会計の中で、水道とか病院とか老健施設の関係がありますが、一般会計の部分では76パーセントといいますかね、まあこれ臨財債があって100パーセント部分がありますからですが、他の下水道とか企業会計にあっては、どういう交付税算入というかですね、そういう手当があるのか、まずお聞きしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 財政課長、加藤 均君。

財政課長(加藤 均君) 特別会計については、ただいま手元にございません。知っている範囲でお答えさせていただきますが、確か下水道につきましては、44パーセントの交付税算入があったと理解しております。その程度の地方債残に対して、交付税が見込めるということでございます。
 それから水道関係につきましては、一般会計出資債ということで、こちらで出資しております。これについては2分の1の交付税算入がございます。病院ついては、ちょっと資料をもってございませんので、後ほど確認してご報告させていただきます。

委員長(伊藤吉浩君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) 私はですね、一般会計でも今475億ですか、ありますが、一般の家庭で見ると借金ですからね、みんな支払いをしなければならないので大変でございますが、今、市長はじめ答弁の中では、行政の仕組みとして、要するに経常的に借金の支払いを税で手当をしていただいているということですから、これはもう一般にはあまり考えられない、行政ならではの特別な仕組みというふうなことだと思っています。
 例えば76パーセント手当をしてもらっているということは、24パーセントで100の仕事をするわけです。例えば100億の仕事、借入をすれば24億円を出せば100億の仕事を発注できるということです。町のためにも、町の経済のためにも、そういう資金を大きく活用できるというふうなことでもございます。これ行革でも、町の庁舎の仕組みでも、それから町の活性化でもですね、私は大いに活用すべきというふうにこう思っております。
 そこでお尋ねします。例えばこの中にですね、後のページには合併特例債事業とか、401ページですね、詳しく載ってございます。過疎対策事業で交付税算入とか、辺地債のではいくらだとかこう載っておりますけれども、監査委員のご指摘もありましたように、私も経常収支比率も非常に健全だと思っております。ただですね、健全なのは健全だというのと、もう一つはですね、あまり萎縮をして事業をしていないのではないかとも心配されるわけですね。
 改めてこの交付税算入の関係でお尋ねしますが、この合併特例債については、新市建設計画という計画の中にあって、その使い方をみんなで決めているわけでございます。果たして、その決めたうち現在何パーセントぐらいを消化した、そのことがこの数字にどのようになるんだろうと。要するに、あんまり使っていなければ経常収支比率も高くなりますし、いっぱい使えばですね、それは悪くなるというふうなことでございますから、要するに今10年経ちました。合併して10年経ちました。10年たってその使い方の程度というのは、どの程度なんだというふうなことをお尋ねします。
 次に同じく金額が大きいのが過疎債でございますので、過疎計画をみんなで承認しているわけでございますが、その過疎計画において計画された事業、要するに計画された借入をどの程度に見込んで、今どの程度に達しているのか、その条件についてお尋ねしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 財政課長、加藤 均君。

財政課長(加藤 均君) 申し訳ございません。まず先ほどの病院の関係からまずお話させていただきます。病院につきましては、基本的に22.5パーセントの算入があったと確認しております。
 それから合併特例債の活用状況でございます。合併特例債につきましてはハード、いわゆる建設事業分として、合併した際に当市に配分されておりますのが534億円でございます。平成17年から26年度まで10年間の活用実績といたしまして162億円、約30パーセントになろうかというふうな数字でございます。なお、昨年9月にですね、建設計画変更ということで議決いただきました。その際に、大体400億円ということで計画を出させていただいたというに考えていますが、そのうちその分にソフト分が40億円含まれておりますので、それを除きますとハード分として360億円になります。これで先ほどの162億円を割りますと大体50パーセント弱と、50パーセントを超えない程度の状況かなというふうに考えております。
 それから過疎債の関係でございますが、過疎債につきましては、基本的に年度年度で計画した分については使用させていただいているといふうに考えております。
 以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) 私、今、合併当初ですね、合併協議会で決めたのか534億円と、その後変更しているということですが、近年、物価の上昇も著しくて、工事案件によっては倍近くまで延びているという案件もありますから、私は400億円に照らして今の状況を見るのが正しいのかどうかわかりませんが、今後庁舎という問題がありますし、市長が再三言っておられます例えば子供園ですね。それから今、教育長もいますから、学校の統廃合の関係、いろいろあると思います。
 私はですね、やっぱりしっかりとしたそういう使い道を決めて、むしろあまり臆病にならないでやった方が良いのではないかと思うんです。先ほどもその比率については言いましたが、まず一般会計では先ほど言いました76パーセント算入。それから下水道については44パーセント。そして水道事業については2分の1、そして病院については22.5パーセントだと言いますから、要するに上の会計からですね、かなり私は積極的であって良いと思うし、下にあってはかなり慎重であらなければならないというふうなことだと思いますね、大ざっぱに見れば。
 そういう意味ではですね、まだまだ一般会計でやり残しの事業がたくさんございます。私は残すところ10年、この10年の中でもっと積極的にこれを活用すべしというようにこう思っております。いろいろ考え方がございますのでね、いろいろだと思いますが、26年度の決算を見れば、私は非常に堅実だと思いますし、この堅実の上に無謀でないしっかりとした運転をぜひ認められた制度をですね、仕組みを有効に活用して、積極的にまちづくりをして欲しいというように、期待したいところですが、市長の見解をお聞きしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) ご指摘をいただいたとおりでございます。
 そういった意味では、やはり不要な投資をする必要は全くございませんが、必要な投資をしっかりと精査をして取り組みを進めるということは、大変大切な取り組みだというふうに認識をしているところであります。
 そういった意味では、合併当初の記載残高と現状の一般会計の起債残高、大きな変動はございませんが、財政負担の内容は大きく変わってきております。そういった部分も踏まえながら、そして将来の財政的な見込等もしっかりと視野に入れながらですね、必要な投資、しっかりと取り組まなければならないというふうに思っているところであります。

委員長(伊藤吉浩君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) 借入するにあたっては、現在のその市の財政状況をですね、基金を170億持っていると。これも今までの登米市10年間の中で、これだけ豊かな財政状態のときというのは無かったと思っています。これはですね、大変大きな成果でありますし、この基金を見ただけでは立派だと思います。
 しかし、貯めることが目的ではございません。貯金をすることが目的ではございませんので、しっかりとその蓄えたその資金をですね、市民の幸せのために、これからの未来のためにですね、しっかりと活かしていただきたい。その部分は、要するに借入する部分の一般財源の一部としてしっかりと効果を出すはずでございますので、積極的に頑張って欲しいなと思います。
 要するに経常収入として見ないということは、一方では経常支出も減らさなければならないということでございます。収入を大きく見ないとその分、支出に代表される職員手当も大きく手をつけなければならないというふうなことでございますが、私も職員の数についてはこれ以上なかなか難しいところがあるなと実は思っておりまして、見るべき収入はきちっと見るというところがないと、場合によっては改革を急ぎすぎるというふうなこともございます。適正な私は改革、そのために投資、これをきちっとやってもらいたいとお願いして終わりたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 歳入ですので、町の一番の財源になる収入がですね、歳入が入ってこないとどうしようもないということでございますけれども、この歳入、市税から始まって17項目ずっとあるわけですけれども、これを見ますと不能欠損額、収入未済額ということでずーっとありますけれども、16款までですか、17款までですか、そこまでくると5,000万、あるいは収入未済額が8億というふうなことだなあと思っています。これを収めることができないというふうな方たちでありますので、そしてまた税の申告のときにですね、この課税するにあたっても「払えるんだ」というふうな仮定で課税していると思うんで、課税の仕方、そしてまた申告の仕方もですね、様々ちゃんとした指導をしてやっていかないと、もしかしたら不正とかが出てくるのかなというふうに思います。
 なんで今こういうふうなことを言うかといいますと、これが出て、多くなってくると大変なので、欠損額を減らしていくだけの話であって、減ることはないなと思いますけれども、今の世の中ですね、このようなことがますます多くなってしまっては大変だということで、課税のやり方をですね、今一度やっぱり精査するべきではないのかなというふうに思います。
 その辺のところをあまり長くなく、お願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 総務部次長兼税務課長、冨士原徹君。

総務部次長兼税務課長(冨士原徹君) ただいま、課税の仕方というふうなことでお問い合わせがありました。
 ご存じのとおりですね、税の課税にありましては、市民税にあっては申告というふうなことを基礎にやっております。毎年2月から3月までの申告を税務署で直接する方、それから市で申告する方おりますが、いずれもですね、うちの方は各市町村の申告会場を歩きまして、相談をしながら必要経費であったり、そういった部分の方も指導しながらですね、丁寧に説明をして、正しい申告をしているものというふうに思っております。
 以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 間違った申告をしているとは、私は一言も言っていないので、課税の仕方も今後多少なりとも考えなければならないのではないのかというふうなことを言いました。
 そしてまた、なぜ指導と言いますと、分からないでそのまま申告するとかかってしまうんだよね。それ役場の受ける方は全員分かっているんですけれども、申告する人というのは、まず10人のうち8人は分からないと思うよ。だから、やっぱり言わなければそのままで良いんだとか、報告しなければそのままで良いんだというふうなことではなくてですね、やっぱりちゃんとした指導をして、それを改善していかないとこういうふうになるなというふうに思います。
 そしてまた、この不能欠損額、収入未済額の減らす方法も今後考えていかないとダメだなあというふうに思います。
 その辺のところをもう一回、後は聞かないから。これ一番大切なところであって、取られる方も取る方も仇みたいになっているのではダメなんですよ。納める方は、「このくらい一生懸命やったんだから、これだけ収めるのは仕方がないな。これでいいんだな。」というふうに納得してもらわないと。ただ、「何でこういうふうになったんだろう。」となってしまうと大変なので、その辺のところをちゃんとした説明、そしてまた「後はこういうふうな経費は何かないですか。」というふうなことで聞いていかないと、言わないからそのままだというふうなことなくして。何回も言うけども。そこら辺の指導の方々お願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 税務課長、冨士原徹君。

税務課長(冨士原 徹君) ただいまの申告の関係でございます。これまでも税務署と協調をしながらですね、11月には記帳説明会等、特に農業の方が多いものですから、当地方については農業の方を対象にしまして、記帳の仕方であったり、申告の仕方であったり、そういった部分の説明会を開催させていただいているところです
。
 今後はそういった部分も含めましてですね、いろいろな経費等も「こういうふうなものがあります」というふうなことの周知の方をですね、もっと広めていきたいというふうに思ってございます。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 未済額の減少対策。収納対策課長、田村啓峻君。

収納対策課長(田村啓峻君) それでは不能欠損額、それから収入未済額の対策等についてご説明させていただきます。
 まず、25年度までにつきましては、不能欠損額の増額が見られたということで、これを何とかしなければならないということで26年度の強化対策として、不能欠損額の縮減、それから現年分を滞繰に回さないようにということで、現年分の徴収強化を大きい目標として掲げさせていただいて、徴収業務をさせていただいたということでございます。
 これによって平成26年については、不能欠損額が約1億9,000万円の減額、それから収納率については0.23ポイントの増ということが達成することができました。ということになります。引き続き本市税関係では、3年間の収納率の計画書を策定して、毎年度様々な課題があるということで、その課題解決に向けて毎年見直しをしながら取り組みさせていただくと、26年度の重点事項。毎年重点事項を定めて取り組みをさせていただくという状況で、未納額の縮減、それから不能損額の縮減ということで取り組みさせていただきたいと思います。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 掲げてやるのは良いの。これ以上は良いから後は。経過の説明を聞いているわけではなくて、「今後」ということで聞きたので。
 申告にあたって、一番だよ、申告にあたってそのような説明会をします、記帳講習会もします、それは大いに結構。私が言っているのは、当日ここに来るんでしょう、申告に。それでその申告表を見て、「こうだ、ああだ」と言ってお互いに話をして、決まるものだから、そのときに「こうですよ」ということで決まってきますよね。その時点でも「後はないですか」と、「このようなことは何もない」、「こうやって使ったのないですか。」ということの指導もお願いしますと。優しくですね、「何としてでもこの人は黙っているから、徴収する」というのではなくて、そこを私は言いたいんです。その辺が非常にあると思う。終わってしまってから、いくら自分が思っても終わりなんだから、あれはね。
 その辺のところもお願いします。それだけでいいから。

委員長(伊藤吉浩君) 税務課長、冨士原徹君。

税務課長(冨士原 徹君) 申告相談の方ですね、職員の方にそういった部分、毎年指導しているわけですが、今後さらにその辺の部分を、指導してまいりたいというふうに思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) 収入のことでお聞きします。多少、前者に関係してくることろがあると思うんですが、まずこの収入についてお伺いします。
 今回も不能欠損、それから収入未済額ということで、収入に欠陥が生じたというふうなことになります。この内容はですね、税だけではなくて、その他の教育費からなにからいろいろとあるんですが、雑収入までの中でずっと合わせまして、収入未済額が……とにかく収入に欠陥を生じているということになりますと、歳出の面でね、どの様に対応したかですね。この不足額が出たことによって、どのような処理をしたかお伺いをいたします。
 その仕方なんですが、内部的な管理費に真に使いように優先したのかですね、それとも市民の福祉向上のために科目があるわけですから、その方を優先して使ったか。この欠陥を生じた数字ですね、どの様に対応をしたか、まず一点お聞きします。
 それから監査委員にお聞きしたいんですが、いろいろと本当に細かく監査結果を出していただきました。そして最後のこの全体の結びのところに、いろいろ予算執行から始まりまして、それから50ページですね、適正な事務処理ということで、元納税嘱託員による事件について取り上げていただきました。私は監査委員の目の付け所、素晴らしいなと思ったんですが、いろんなの不祥事件がこれまでもございました。そこで、やはりこの再発防止について、とにかく全庁上げて取り組むべきですよと。法令を遵守すること、それから危機管理を徹底した組織づくりに取り組んで欲しいというようなことで、指摘がございます。
 そこで、この市長についても内部監査権を有しておりますし、議会もいろいろ調査権、それから検閲権とか有しているんですが、なぜこういうふうな事件が起きるかということについて見解をお聞きしたいんですが、監査委員がいる、そして市長も内部監査ができる、議会も調査権がある、というふうなこういう体制が出来ているのに、こういう不祥事がこれまでもいろいろありました。指定管理の関係もありましたし、それからのコールセンターとかいろいろな、こう不祥事と言えば不祥事になりますが、いろいろなこういうことがありましたので、これをどうしたいかよいか、どのように考えているかをお聞きしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 財政課長、加藤 均君。

財政課長(加藤 均君) それでは最初のご質問の関係でございます。歳入欠陥を通じた結果、どのような対応をしてきたのかということでございます。
 予算執行をする、予算編成をする場合の前提として、やはり歳入の範囲で歳出を計上していくという基本的な部分がございます。執行にあたりましても、歳入が見込める範囲で執行してきたという経過、こういう結果だったということでございますし、この結果ですね、一般会計では実質収支で18億1,551万5,000円の残余ということになった結果でございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 合併以来、様々な業務上での不祥事件等ございました。その都度ですね、人事管理という観点から職員に対しては注意喚起を促してきたわけなんですけれども、やはり原因はそれぞれあろうかと思いますが、まずやはり組織として、それを事前にチェックをして、そういったミスの生じないような業務の運営の仕方、俗にいう「報連相」をしっかりするとかですね、そういったものを常に呼びかけておりますし、そのようにしていただきたいというふうに考えております。
 その辺は、今後もさらに注意をしてまいりたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 監査委員、島尾清次君。

監査委員(島尾清次君) これまでもですね、何度かこういった不祥事が発生してきてるわけですけれども、こういったものを防止するためには、職員一人一人のやはり意識の問題が一番重要ではないかというふうなことであります。そういったことについての取り組みをしっかりしていただくとともに、それから内部でやはりそれぞれの役割をきちんと果たしていただくのが大変重要ではないかと思っております。
 また、監査委員としてもですね、定期監査等で公金の取り扱い、あるいは各種団体の会計の取り扱い等、これらについてはですね、十分配慮してその都度、目を通させていただいております。
 今後ともきちん内部でですね、そういった取り組みをしていくのが重要ではないかというふうに思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) まさしくそのとおりだと思います。やはり市政の信頼を損ねるということは、本当に最低のことでございますから、やはり今お話あったような取り組み、しっかりしていただければと思います。
 それから前にですね、平成の5・6年、7・8年、その頃だったと思うんですが、世の中のずいぶんいろいろと事件がございました。そのときにですね、外部監査を導入する自治法改正があったと思うんですが、俗にいうオンブズマンですか、そういった方々がいろいろ、ちょっとそういったことに対しての監査をしておりますが、このオンブズマンっていいますかこの外部監査委員の導入については、いかがお考えでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 答弁お願いします。企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 外部監査員の導入につきましては、これまで実質検討した経緯はございませんが、現状のところ現体制の中での監査体制をまずしっかりつくっていくというふうなそういった取り組みの中で、必要があればですね、そういったところも将来的には検討をする時期があるかもしれませんけれども、現時点では検討を始めていないという状況でございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 税の収納に対して、お伺いいたします。
 平成26年度、米の大暴落において、大変市民の収入が減というようなわけでございましたが、収納率が一般会計の分では微増してございまして、そういう経済状況の中で、収納率アップに努力した結果がこの数字に表れているということは、その労を多とするところでございます。
 先ほどの答弁で、「毎年課題を決めて、それに対して」ということでございますが、一時は債権管理を一体化して徴収に当たっておりましたが、その後、各部署にまた戻したということ。微増であれ、こういう経済状況の中で収納率が上がったということについての要因、あるいは重点目標として掲げた、どういうことを重点として、この収納に当たられたかという点についてお尋ねいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 収納対策課長、田村啓峻君。

収納対策課長(田村啓峻君) まずは市税の状況でございますが、25年度と比較して若干の収納率の向上が図られたという状況でございました。しかしながら農業の大幅な減という状況があって、国保税についてはその影響をかなり大きく出たというところはありますけれども、全体としては何とか前年以上の収納率を確保できたというところでございます。
 それから税外債権についての取り扱いでございますが、一時4債権の滞納繰越分を収納対策課で一元管理すると、結局4債権の滞納繰越分、全員の分を収納対策課でさせていただいたんですが、人数的には約2,000人ほどいたと記憶しています。税の滞納が約6,000人ぐらいいらっしゃるということで、収納対策課7名で徴収業務を行っておるという状況を考えると移管を受ける、一元化をするということは収納対策課で責任をもって停滞の整理をするというところでございます。現状を考えると非常にそれは難しい。それから債権の所管課の担当職員においては債権管理、それから徴収、これに関する知識がやはり不足していたという状況から、収納対策課が主体となりまして研修会等、それから個々の指導等をさせていただいて、現在、税外債権の未収金の減という状況になったというところでございます。
 私ちょっと感じているところでありますが、それぞれの所管課の担当職員、知識の向上等が図られているという状況でありますので、現在、収納対策課では市の全部の債権を対象に年間50件程度受けるというところにしております。これは私の方で責任をもって取り扱える範囲内というふうに考えて、50件程度というもので対応をさせていただいているという状況でございます。
 この方針は当面、引き続き対応をさせていただきたいんですが、今後はそれぞれの税外債権について困難案件は非常にあるというのは把握しております。ただ、主体は所管課でるというところで所管課において、徴収困難案件は収納対策課で対応をさせていただくという方針で進めさせていただきたいと思っております。よろしくお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 日々努力されていることが数字に現れたということですが、納税貯蓄組合の果たせる役割というのは、非常に収納率のアップには非常に大きな役割を果たしておるわけですが、昨年度、4組合が解散されたというようなことを聞いてございます。その納税組合、貯蓄組合の対応と申しますか、なかなか後継者になる人が居ないからって解散するという様な様々ありますが、あと組合から脱退するっていう方も非常に多くなってきているのではないかと。例えばそういう状況が今あるわけでございますが、その辺に対しての対策をどのように今後とられるか、またさらに収納嘱託員という、6名でございますか、ご委託してその方は日々努力して非常に成果が上がってるんではないかというんですが、どの程度、収納嘱託員の果たせる役割というのがございますでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 収納対策課長、田村啓峻君。

収納対策課長(田村啓峻君) まずは、納税組合への関係でございます。25年度、26年度で比較して、4組合の解散というふうになりました。減少傾向は、これは続いているという状況でございます。これに対しての対策でございますが、組合長さん、それから支部長さん等の研修会の中で納税推進、それから組合加入についてお願いをしているという状況にとどまっている状況でございます。
 この減少している理由としては、やはり個人情報の問題、それから後継者不足というところがあろうかと思います。これについては、なかなか当市として対応が非常に難しいという状況になっております。やはり地域の一番小さい単位での組織ということになろうかともいます。その部分のところも含めてですね、組合長さん等の研修会でお願いをしていると言う状況にとどまっております。
 それから2点目の嘱託員の関係でございます。例えば市税等においては、まず嘱託員の役割としては分納管理をしていただくと。分納管理というのは、まず職員が分納希望者に対しましては、分納額を決めさせていただく。それの毎月の徴収管理をお願いしているところです。本来は職員がやるべきことなんですが、非常に分納者が多いということで、今の体制では分納管理までは出来ないという状況で、嘱託員を採用させていただいて、毎月の徴収、それから管理までお願いするというところです。
 一番、嘱託員のメリットとしては、やはり分納管理、それから毎月訪問することによってその家族の状況が把握できると。その報告を私どもに報告をいただいて、そこでさらなる増額ができる。「これ厳しい」っていう状況であれば再度相談させていただいて、それを納税嘱託員の方に報告させて、また再度、分納額の増になるか減になるか、そういう対応にしておりますので、その部分は大きな成果になっているんじゃないかなというふうに思っております。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 納税嘱託員の役割について具体的にいただきました。非常に徴収率、あるいは納税意識の滞納者と申しますか、それの向上に非常に役割が多いというふうに思います。それで現在6名でございますが、やはりその役割が非常に多いとなるならばこれから増員をして、さらなる収納率アップみたいなのは考えていらっしゃいましょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 収納対策課長、田村啓峻君。

収納対策課長(田村啓峻君) まず、ご質問の点でございますが滞納額、4年連続で滞納額の縮減が図られております。27年度に繰越した金額は、約13億ぐらいございます。合併から最大で17億程になりました。今13億と言うことで、毎年4年連続の滞納額の縮減が図られたというところでございます。これと同時に滞納者、つまり訪問徴収をする件数も少なくなってきております。
 そのことを踏まえると、今の体制で十分ではないかなあと思っております。それ以上に、基本的に我々の目的は、滞納額の縮減、収納率の向上、未収金の減ということになりますから、その部分では、「もっと職員が頑張んなくちゃいけない」というところになろうかと思います。その部分は毎年、課題解決に向けて精査をして取り組むということの方が大事だろうというふうに思っておりますので、今の嘱託員の体制は変えない方向で考えております。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑は。それでは、ここで10分間休憩したいと思います。
 
          休憩 午前10時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時01分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 ほかに質疑はございませんか。佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) 私からもこの市税の収納についてちょっとお伺いします。
 前年と比べてどうのこうのとあるんですけども、それを見てもですね、徴収努力は認められるわけでありますが、この26年度分の不納欠損はやむを得ずやった分があると思いますけれども、納められる方で、当然納めてもらわなければならないんですが、26年度分で強制的に差し押さえ、あるいは公売、それによって金額の充当となった分の件数、あるいは金額がどのくらいあるのか、その件をお聞きいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 収納対策課長、田村啓峻君。

収納対策課長(田村啓峻君) ただいまのことについて、お答えさせていただきます。別冊3の資料の12ページをごらんいただきたいと思います。
 12ページの方には、平成24年度、25年度、26年度の3カ年の滞納処分の状況が記載されております。これについては登米市の分、それから滞納整理機構の分、ということで記載をさせていただいております。ご報告をさせていただいております。平成24年度は一番下の合計欄277件、25年度が261件、平成26年度が314件の滞納処分、差し押さえを行いまして、314件のうちの市税に充当した金額が約3,166万4,000円ほどということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) すいませんね。資料にあったんですね。かなりの金額になるんですけれども、この差し押さえまでいく段階ですね、市独自に調査してやる分もあると思うんですが、督促状を出して、それから予告状というのか、それからいろいろ「差し押さえをしますよ」とそこまで行く段階ですね。市の流れとしては、その後、徴収課で単独でできるんですよね。その流れをちょっと教えてください。

委員長(伊藤吉浩君) 収納対策課長、田村村啓峻君

収納対策課長(田村啓峻君) まず、徴収までの流れを説明させていただきます。
 まず、課税通知をださせていただく、こちらは税務課の方で対応させていただいておるんですが、その後、納期までの納付がなければ、二十日以内に督促状を送付するという規定に基づいて、当市では大体二十日をめどに督促状を送付させていただいているというところでございます。
 それで法律、地方税法の規定では、「督促状を送付してから十日を経過するまでに納付がなかった場合には、差し押さえをしなさい」、できるではなくて、差し押さえをしなければならない規定になっております。ですので、法律上は督促を出して、それが届いた日から十日を経過した時点で、差し押さえをしなければならない法律になっております。
 ただそれでは、我々の職員も財産調査とか、いろいろしないと差し押さえができないというところでありますので、そこからやはり猶予という形で催告をさせていただいていると。催告の種類として、1号から4号までの4種類を催告としてさせていただいております。それぞれ人によっては普通の、通常の催告、それから呼び出し状、最終通告という段階を踏んで、それでも納付に応じない、私どもとの話し合いが分裂した場合には、財産調査をその後に行って、差し押さえをさせていただくという流れでございます。その後に換価をさせていただいて、市の方に充当して、それから配当計算を相手方に送るという流れでございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) この最後まで行くのには、やはりよほどの調査、そういったものがあると思いますけれども、その調査に関しましてですね、適切にやっぱり執行してるものかどうかですね。預金の調査とか。そういった不動産関係とかですね、かなり難しい面が出てくると思いますけども、権限はあるんですけれども、十二分にこの権限を活用して、市の職員でやってるものなのですか。その辺ちょっと。

委員長(伊藤吉浩君) 収納対策課長、田村啓峻君。

収納対策課長(田村啓峻君) 市税の取り扱いに際しましては、通常、完結型っていうふうになってます。裁判所への申し立ては基本的にはできない債権ですから、登米市で課税をして最後まで収納していただくと。または、強制的に徴収をするというところまでになっております。それに伴って納付がない方については、地方税法、国税徴収法に基づいての調査権が認められております。これは個人に対しても私ども税に対する職員は、徴収吏員の章が発行されておりますけれど、個人的に財産の調査が認められるという権限を与えられております。
 通常は市長名ということで調査をさせていただいておりますが、26年度のまず催告の数でございますが、26年度は8,900通ぐらい・・・
 (「〇〇」の声あり)

収納対策課長(田村啓峻君) 法律に基づいて、何々法に基づいて調査をするという通知書を出していただいて、適切にしております。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 財政分析指標についてお尋ねをします。
 先日の健全化判断比率等を見ても、登米市の26年度決算は、健全の上に超が付くかという私は思いがいたすわけであります。そこで、中澤議員ともかぶりますのをお許しいただきまして、それだけでいいのかということがあります。全て市民が望むことを全てやり終ったあとで、これであれば本当に褒められたことだと思いますが、そこでですね、ただいま計画されておりますクリーンセンター100億、米谷病院40億、新庁舎65億、公認陸上競技場、仮に10億、それから認定こども園30億円を見込み、また市民病院のリニューアルも30億を見込んだと、このくらいの大雑把な数値を見込んで、実質、新庁舎計画だと32年度ですから、その後2、3年かけて、これら全てをやり終えたと仮定してすね、平成34年なり35年度の実質公債費比率は、いわゆる早期健全化基準の25.0の5掛けだと12.5ですし、6掛けだと15になろうと思いますが、この過去5年では最大が13.7なんですが、その13.7を超えるものかどうか。大ざっぱで結構ですので教えていただきたい。

委員長(伊藤吉浩君) 財政課長、加藤 均君。

財政課長(加藤 均君) 今後予想される事業ということで庁舎、それからクリーンセンターの関係、米谷病院、それから認定こども園の関係等々ご紹介ございました。このうちですね、クリーンセンターについては、100億というようなご紹介でございましたが、3分の1が国庫補助ということで、残余の3分2の分につきましては、当初、合併特例債ということも考慮しておりましたが、国の交付金が充て込める可能性が非常に強い部分でございます。これの部分については、そういった前提に立つと直接実質公債費率に影響を与えないんだろうなというように考えております。それで実質公債費の関係でございますが、ご紹介ありましたように、25パーセント以上になりますと早期健全化基準に該当するということで、財政健全化計画の策定が求められるということで非常に窮屈になります。ただ、財政運営上ですね、25パーセントは目安にならないんだろうというふうに思っておりますし、これに近くなればなるほど非常に厳しくなるだろうと思います。
 そうしますと当然、現行の10.6パーセントが非常にいい線かなというふうに思います。そういった観点でですね、今ご紹介いただいた事業を見通してみますと庁舎、それから認定こども園については、合併特例債が該当になるということでございますし、米谷病院についても、現在新しい改革プラン作っていると思いますが、その状況に応じて普通交付税の該当になる起債を借りることができる可能性が強いというふうに思っております。
 そういった観点で35年、実際は試算はしておりませんが、35年を見通した場合は、少なくとも22年度の13.7まではいかないというふうに考えております。
 以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) それを聞いて安心したところであります。先ほどの紹介の中に、登米で今、話題になっております懐古館も当然入るということでございます。ぜひそのような見通しのもとに、積極財政で打って出て欲しいなということだけお話して終わります。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。日下 俊委員。

2番(日下 俊君) それでは、法人税の滞納についてちょっとお伺いしたいんですけども、先ほどの前者のお話の中で、処分まで行かない前の段階です。いろんな市施設、直接でなくても、また指定管理もあるんですけれども、いろんな契約等しているとこもあると思うんですが、そういったところが不納になった場合には、何かペナルティ的なものが今あるでしょうか。お伺いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 収納対策課長、田村啓峻君。

収納対策課長(田村啓峻君) ペナルティ的なところということでございますが、まずペナルティーとしての第1番目は、延滞金の加算ということになります。法人市民税、それから固定資産税、特徴の分とかいろいろあるんですが、それが法人として納付がなければ、延滞金、個人と同じように税ということになりますから延滞金。
 それから時効は5年時効になりますから、その間に私どもの方で対応させていただくと。
 指定管理については、課税がされているかどうかというところになります。もちろん指定管理で課税されてないところが非常に多ございますので、その営利目的かどうかによるところがございますので、現在、私が把握している部分では、記憶はないということでございます。ただ、もし滞納がなったという場合には、地方税に基づいて処分をさせていただくという流れになっております。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 日下 俊委員。

2番(日下 俊君) そうすると例えば年度内あたりに払ってしまえば、たぶん年を越してしまえばね、たぶん契約不履行だとか、入札ダメとかいろいろあると思うんですけれども、そうすると年度内ぐらいは、例えば指定管理のところに何か物品を納入したり、契約してた場合はちょっと継続なるという考えでいいんですか。その辺お聞きします。

委員長(伊藤吉浩君) 契約関係。総務課長、大柳 晃君。

総務課長(大柳 晃君) 未納した場合の契約関係ございますけれども、指名競争入札の場合ですが、未納がないことということが登録原則となってございます。万が一未納が発生した場合は、一定期間においては指名の方は留保させていただくという経過措置をとっております。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 質疑なしと認めます。
 これで質疑を終わります。
 ここで説明員の入れ替えのため、暫時休憩します。
 
          休憩 午前11時26分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時26分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、歳出について質疑を行います。まず、1款議会費、2款総務費について質疑を行います。
 質疑はございませんか。相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 2款第1項、軽微なことなんですけれども、登米市市民歌制定委員会謝金とありますけれども、素晴らしい市民歌ができました。そして毎日流れるんですけれども、何が流れているか誰もあんまりよくわからないというふうなことでですね、これ正直な話この間、何だかのつどいということでね、公民館の2階で約180人ぐらい集まってましたかね、そこで市民歌斉唱というふうなことで、全員立って音楽流したんですよ。流して歌ったときに、音楽は流れてくるんだけれども、人の声がほとんど、行ってた人はわかると思うんですけれども。だから昼間流れる曲わかるんですけれども、あれにカラオケじゃなくして、曲も付けた方がもしかしていいのかなというふうに思うんでそのことです。せっかく作ったので誰も知らないじゃダメだ。

委員長(伊藤吉浩君) 企画政策課長、佐藤裕之君。

企画政策課長(佐藤裕之君) 市民歌のお尋ねでございます。市民歌につきましては、本年2月定例議会において行政報告をさせていただいたところでございますが、2月一日に制定をさせていただいたところでございます。
 それで今の防災無線の部分だというふうに思ってございますけれども、防災無線につきましては今年の5月から、市内386局の・・・
 (「曲を流すか、流さないか聞いているだけ」の声あり)
 曲につきましては、歌詞付ではなくて、あくまでメロディの部分ということで、それを市民の方々にできるだけ覚えていただければなあということで、現在の予定では歌詞を含めた部分については考えておりません。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) そういうふうな答弁でないの。私、聞いているのは、「歌詞付けて流されないですか、流してください」と、これは百何十人もいて誰も歌う人いないんだよ、一人も。そうだから言ってるの。ここで歌ってみなさい、誰か分かる、そうならば。わからないと思うよ。だから歌詞流してみた方がいいのでないかと。ダメだったらダメでいいんです。もう1回お願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 企画政策課長、佐藤裕之君。

企画政策課長(佐藤裕之君) 防災無線の部分につきましては、時報ということで、11時50分から12時半の間に流しているところでございます。
 それで市民歌全体部分になりますと結構時間がかかるということで、あくまで時報という意味合いのもとにですね、流させていただいている部分でございますので、現段階においてはそのままの中で進めていきたいというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) そうしたならば、そこまで言うのであれば、どのようにして市民に知らせるの。どこで知らせるの。知らせるような場ないんだよ。誰も聞かない。恐らくここの中で歌えと言われたって、何人いるんですか、そうしたら歌える人。ないんだよ。そういうふうなことだから、せっかく作ったものだから、浸透するようにお願いします。それならば。浸透すべきだ。お願いでいいから俺、後は答弁いらないから。

委員長(伊藤吉浩君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) お昼の時報につきましては、どうしてもですね、市民歌全体ですと3分から4分かかりますので、そういった中で1分以内にまとめるというふうなことを一つの考え方としてメロディだけにさせていただいてございます。
 それからその市民歌をもっと広める機会を当然私どももつくっていかなくてはいけないというふうに思ってございまして、ただいまお話いただきました会議の冒頭にですね、ご披露も含めて合唱の機会をつくっていただいたというふうなこともございますが、そういったことも含めてですね、市の各部署で様々な市民の皆さんとの懇談会なり、そういったイベント、あるいは運動会、そういったことの際にですね、必ず市民歌を流すようにというふうなことで、そのCDを配布させていただいてございますので、それらの活用をさらに徹底しながら市民の皆さんに歌詞付きの市民歌をですね、聞く機会をさらに増やしていきたいと思ってございますので、よろしくお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 成果表のですね32ページ、職員厚生費についてお伺いいたします。
 監査委員の意見書にありますように、この厚生費が約1,000万、不用額が出てるわけでありますけれども、ここにあるようにですね、職員の厚生費はだいたい検診業務に使われているふうな記憶であるんですけれども、このほかには厚生費の使い道はないのかどうか。
 それからメンタルヘルスの部分があるわけでございますけれども、この部分何人がですね、受検して27年度に職場復帰ができたのか、その辺についてお伺いいたしたい。あわせて、現在の年休の取得率もですね、やはりワークライフバランス等も考えると、このメンタル関係と無関係ではないといくふうに思いますので、その部分についてもお伺いしたいと。以上であります。

委員長(伊藤吉浩君) 人事課長、阿部孝弘君。

人事課長(阿部孝弘君) 職員厚生費についてのお尋ねでございました。不用額1,000万ということでございます。この不用額につきましては、26年度に防災服を購入いたしました。防災服を購入いたしましたが、当初の予算よりも非常に安価で購入することができました。本来であれば減額補正すべきでございましたが、減額補正をいたしませんでしたので、この1,000万の不用額の大方はその防災服ということでございます。大変申し訳ございません。
 それからメントヘルスでございます。メンタルヘルスにつきましては、平成26年度、七日以上の方、これが19人いらっしゃいます。それが病気休職というふうにつながった方も3人ということでございます。
 それから年休の取得の関係でございます。年休の関係につきましては、毎年八日程度でございますが、具体的な数値、ちょっと今、探し兼ねておりますが、大体その程度で推移しているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 大半がですね、防災服の差額だというふうなことでありますけども、今言われましたですね、やはりその辺で早めにわかれば、これも監査委員の意見にもありますように、早めに予算替えをしてですね、ほかに回すべきだったなというふうに思います。
 それから特にこのドック含めてですね、職員の予定したような受検者がなかったのかどうか。その辺の職員のですね、健康意識についてどのように思っているのか。そしてメンタルヘルスについては、19人中3人が病気になったということですけど、残りの16人については、当然職場にいるわけでありますけども、その後の経過というふうな部分についてはどのように捉えているのか。27年度にはどのようになっているのか、その辺についてもお伺いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 人事課長、阿部孝弘君。

人事課長(阿部孝弘君) ドックですとか検診のお尋ねでございます。対象者976人でございますが、そのうちですね、受診者・・・失礼いたしました。対象者が976人、そのうち受診者は955人ということになっておりまして、受診率は97.8パーセントでございます。このうち一般健診が611、人間ドックが365ということでございます。
 それからメンタルヘルスの関係でございます。引き続き病気休暇という職員も当然ございます。これにつきましては、メンタルヘルスケアルームによります臨床心理士による指導、それから職場への巡回相談、こういったこと。それから各所属においてですね、風通しの良い組織をつくっていただくということでお願いをしているところでございます。
 それから年間3回、互助会だよりというものを発行しておりますが、その中でもそういった精神疾患にかからないように、早期にそういった病気ならないようにですね、コミュニケーションを図る、そういったことも呼びかけをしているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) メンタルヘルスの部分でありますけれども、そのような形の中ですね、コミュニケーションが取れてないとメンタルにですね、何回もかかるというふうなことと思いますけれども、その辺については、やはり自社の職場の中ですね、長を中心にして自社の明るい職場づくりに努めていただきたいというふうに思いますけども、その辺の意思統一というものは、幹部級はできているのかどうか、総務課長にお聞きします。以上。

委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) やはり委員ご指摘のようにですね、職場での風通しというんですか、そういったコミュニケーションがうまくいってるところと、やはりそうでないところ、これは仕事にも影響してきますし、そういったメンタル的なものにも影響してくるということで、私は冗談といいますか、とにかく年1回は全体でですね、意見交換できるような場を設けましょうというお話もしておりますし、先ほど課長からお話しましたように互助会の事業としてですね、各部ごとにある程度の予算を割り当ててまして、そういった機会を設けるようなこともしております。それは管理、監督者、十分に自覚してその辺を当たっていただきたいということでお願いてございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) まずですね、ページ30の職員研修についてお伺いしたいと思います。
 ここには職員の自主研修支援事業、昨年、確か健康づくりを中心に二グループが参加されていたというふうに思います。それからコーチング研修、これは人材開発の技法だというふうには聞いてるんですけれども、それからもう一つ接遇研修という形で研修を実施されたというふうになってるんですが、まず1点目ですけれども、このコーチング研修ちょっと具体的なふうにわかんないんですが、このコーチング研修とですね、接遇研修の成果というか、その実施した後の効果はどうだったのか。ひとつその点をまずお聞きしたいと思います。
 それから2点目ですね、44ページの新電力の関係なんですけども、昨年取り組まれたその施設数とですね、効果があったということなんですけど、どの程度の効果なのか。これについてお聞きしたいと思います。
 それから3点目がですね、ページ47のふるさと応援基金の充当なんですけども、これはどういうシステムでですね、この事業に充てるかというこのシステムのあり方と基準についてお伺いしたいと思います。とりあえずまず3点お願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 人事課長、阿部孝弘君。

人事課長(阿部孝弘君) コーチング研修とそれから接遇の研修について、お尋ねがございました。
 まず、コーチング研修でございますが、こちらは平成25年度から実施しております。内容といたしましては、管理職10名、この方を皆さんをですね、各部局から選んでいただきまして、専門のコーチング研修の会社の方、その会社の方とですね、電話を介しましてやり取りをいたします。10名ですね、公務員もそうですが民間の企業の方もそうです。そういった方々が入った中で、電話でのやりとりをいたします。例えばですね、コミュニケーションについてでありますとか、それから職場の風土を活性化させるためにはどうでありますとか、様々な観点から問いかけをいたしまして、その問いについてお答えをすると。それをほかの9人の方がですね、自分の意見をまた言いながら進めていくということでございます。
 コーチングを受けた職員については、一人5名のステークホルダーということで、そのコーチングで受講いたしました様々な技術ですとか、それから成果といったものを伝えていくということで、5名ですから毎年50名ですね、コーチングを受ける管理職は10名ということで2カ年実施しているところでございます。
 その成果というところでございます。これによってですね、一人一人の職員の能力が最大限引き出され、組織全体の力が増大するということでございます。この成果につきましては、コーチングの会社の方から全職員にアンケートを取っておりまして、職場の中で、例えば自分の所属以外のところにも関心を持つようになったとか、そういった様々な観点から効果測定をいたしまして、一定程度の効果が表れているという客観的な評価もいただいております。
 ただ、まだ限られた人数しかこのコーチングに関わっておりませんので、この限られました人数を職場の中にですね、波及させていく、増やしていくといったことをこれから考えていくところでございます。
 それから接遇の研修でございます。接遇につきましては、新規採用職員をはじめですね、研修を行っているところでございますが、毎年のように臨時、非常勤の職員の皆さんも仕事に就いていただいているということもございまして、平成26年度につきましては初歩的な、必ず職員としてマナーとしてですね、身につけておかなければならない内容の研修を臨時・非常勤の職員の皆さまを対象に行ったところでございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 総務課長、大柳 晃君。

総務課長(大柳 晃君) それでは、2点目の新電力の成果という部分についてお答えをさせていただきます。昨年度ですね、東北電力から新電力会社の方に、登米市内でもこちらの庁舎であるとか、学校であるとか、電力の使用割合が大きなところを中心といたしまして、33施設を新電力の方に切り換えをさせていただいております。
 結果といたしまして、いろんな手数料を控除後の金額でありますけれども、約340万ぐらいの電気料金が節約できたと、率にいいますと7.2パーセントぐらいの削減効果があったということでございます。なお、本年からはプラス26施設、次にもっと節電が図られるなあと施設も入れまして、本年度からは59施設で取り組みを進めているという状況でございます。
 それから三つ目のですね、ふるさと応援寄付金の充当の内容でございます。これにつきましては、寄付者の方から子どもの教育のため、あるいは故郷の自然のため、あるいは文化に使ってくださいという一定の意向が示されております。その金額ごとにそれを事業化する部署に照会をかけまして、最終的に庁内で組織しております検討組織の中で「この事業だったら寄付者の思いが反映されるんじゃないか」というような選定過程を経て、翌年度の事業化へ充当されているという内容でございますので、よろしくお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) そうするとコーチング研修は、会社のいろんな最後のこういうアンケートを含めてですね、一定程度の効果はあったというような評価で考えていいんですか。
 それが1点とですね、それから接遇研修なんですけども、市の窓口の方にはそういうクレームが来てるかどうかわかんないんですが、ちょっと我々もたまたまやっぱりそういう声聞くんでよ。市の窓口の方にはそういったクレーム等みたいなものは来てないのかどうか、その2点。
 それから新電力のことなんですけども、これ結局、全ての施設が対象になるわけでないという今ことだと思うんですが、その効果が大きいというのは、どういうどこで判定するんでしょうか。その3点お願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 人事課長、阿部孝弘君。

人事課長(阿部孝弘君) まず、コーチング研修についてでございます。先ほど申し上げましたように、一定の効果はあるというふうに認識しておりますが、まだまだ職場全体には広がっていないということでございます。まず、課長職がですね、職員一人一人の目標を確認し、職員の内なる力を引き出すことによって目標達成を支援する。その繰り返しをこれからも続けていきたいと思っております。
 それから市民の皆さまからのクレームと、接遇に関するクレームというお尋ねでございます。市長公室を通じまして、あるいは直接ですね、市民の方からクレームといいますか、職員の応対がいかがなものかというお話は我々もいただいております。その都度ですね、その該当する所属にどのような内容なのか具体的に調査を求めまして、こちらでその回答を得て、しかるべき指導しているという状況でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 総務課長、大柳 晃君。

総務課長(大柳 晃君) 効果が高いという部分の説明でございます。電力が自由化になっている部門ということにつきましては、高圧電力を使用しているという形になります。現在の登米市の公共施設で高圧電力を使用してる施設、約半分程度ありますけれども、その中でも電力の使用割合が高い33施設をまず選んで、その成果を検証させていただいたと。
 結果として一定の割合の成果が出てきたということで、次に今度は電力の使用割合の高い所を足して、この取り組みを進めているという内容でございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 成果説明書35ページの出張市役所とそれから61ページの結婚活動支援事業、2点についてお伺いをいたします。
 出張市役所、前年度開催実績3回でございます。昨年度調べましたところ、昨年4回、25年度ですね、25年度4回、それから24年度も3回という実績でございます。正直言って、非常に1年間でこれだけかということで、少ないという感想でございますけれども、周知ということで、広報ですね、「広報とめ」にも載っておりますが、「広報とめ」で何回お知らせしてるかと、その他としてどういう方法で市民に知らせているか、まずこの点をお伺いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 市長公室長、中津川源正君。

市長公室長(中津川源正) 出張市役所でございます。委員ご指摘のとおり、年間の実施回数につきましては、平均3ないし4回というふうなことで現在、推移してございます。委員お話のように、広報で毎年お知らせをしてございまして、45のメニューを広報でお知らせ・・・失礼しました。呼びかけをさせていただき、そしてホームページでお知らせさせていただいている状況でございます。
 現実に開催回数が少ないということに対しましては、やはりこの広報等だけで、受身に形でずっときていること自体がそれでいいのかという疑問点、さらには課題というふうに考えてございまして、これからどのように訴えかけながら、この取り組みについて各種団体にやっていただけるかというふうな部分について、検討化されていきたいなというふうに考えてございますし、ぜひ良い取り組みなのでご理解いただき、進めていただくように準備してまいりたいというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) この成果説明書を読みますとですね、「出張市役所を開催し、団体等の要請により、職員が出向いて担当業務を説明した」というように書いてあります。ということは、「要請されれば出向いて説明しますよ」という、そういうふうにも受け止められますので、今ございましたけれどもやっぱり「どんどん呼んでください」というね、そういう形でお願いしたいと思います。ということは、高齢化がどんどんどんどん進んでますので、本当になかなか市役所まで行くのも大変だという方多いかと思いますので、やっぱりほんとその辺でやっぱり考え方とかやっぱり思い切ってお知らせもですね、検討していただきたいと思いますので、じゃあこの件についてもう一回ちょっとお願いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 市長公室長、中津川源正君。

市長公室長(中津川源正君) ただいまご指摘のように、こちらで待っているという形ではなくて、いろいろお知らせをしながら出向くような状況を取れるように準備を進めてまいりたいと思いますし、今までの45のメニューとはいうものの、今の課題といいますか、近々の課題等についてもいろいろ市民の皆さまにお知らせ、勉強していただきたい部分もございますので、そういったことも含めてやってまいりたいというふうに考えます。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 次に、結婚活動支援事業についてございますけれども、自分磨きセミナーとかと出会いイベントですね、これは昨年度と比較しますと確実にというより、かなりあの増えているなという感想を持っております。25年度と比較して26年度が増えているというふうに思いますけれども、これ特別委託先で、これまでとちょっと違ったことを頑張ってやりましたよとか、そういったのがあるのかどうか、その辺あたり把握してるかお伺いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 結婚活動支援事業につきましてですね、出会いイベント、それから自分磨きセミナーですか、参加者数、前年度より増加してございますが、26年度につきましてはイベントの方を前年度よりも1回多く開催してございまして、なるべくですね、参加できる機会を多くということで、増やさせていただいております。
 それから結婚相談会につきましては、各公民館等を回りまして、相談活動をさせていただいておりますが、なかなか公民館の方においでいただける人数が少ないということで、訪問の相談の対応とかですね、そういったふうな工夫もさせていただいて取り組みを行っているところでございました。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) それで、現実にゴールインしたとか、その辺あたりは追跡といいますか、もし把握とかはできてますのでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 追跡調査の関係でございますが、26年度につきましてはですね、イベント開催の結果、一応今後も連絡を取り合うという形で15組の方々、一応カップルというふうなことでですね、この後も連絡を取り合うということでご報告をいただいているところでございます。
 それから25年度の出会いのイベントで知り合われた方々でございますが、今年の2月にご連絡をいただいた分でございますけれども、籍を入れるということで3組の方にご報告をいただいてございます。
 それから26年度の結婚相談事業におきまして、相談によって後押しをしましてですね、一組の方が成婚されたということで、計4組の成婚のご報告をいただいているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) やはりですね、これからますます本当にこういう場といいますか、そういう結婚を望んでいる方も多くなってきていると思います。ただ、やっぱりこのままでですとやっぱりなかなか目にみえる成果っていうのがどうなのかなという感じもしますんで、やっぱり例えば、ちょっとお金をかけてもですね、例えば結婚プランナーとかね、そういったのであったり、あるいは思い切って結婚推進係という部署を設けるとかですね、そういったちょっともう思い切った政策なんかもやっぱりやるべき時期に来ているんじゃないかなと思いますんで、その辺のところをお伺いして終わります。

委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 今後の部分ということでございますけれども、結婚プラン談というお話だったんですが、現在、委託業者の中でもですね、協力員ということで参加者、あるいはそういったものの掘り起こしをお手伝いいただける方をですね、一緒に協力をいただきながらやっているという部分もございます。
 それから今後の取り組みというふうになるんですけども、先日、補正予算でもお願いしましたけれども、近隣の広域連携によりまして、市内での出会いイベントとは別にですね、そういった広域で連携してそういったイベントもやらさせていただいて、出会いの機会も増やせるようなですね、工夫をしながら今後も取り組んでまいりたいというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) ページはないんですが、身障雇用の件でお伺いしたいと思います。
 登米市は、一般・特別会計合わせて975名、職員おりますね。パートや臨職含めますとかなりの数であります。この数は、名実ともに登米市で一番の大企業と言われておりますね。それで私、たぶん身障雇用は、企業30名だか50名いる企業は必ず1名採用しなければならないということを大ざっぱに覚えているんですけども、今資料見ますと登米、中田、米山に確かに身障雇用、使ってます。
 それで登米市はですね、ちょっとよくわからないのですが、使わなければならないという法律の枠から見れば、何名採用しなければならないのか。それからその充足率っていうんでしょうかね、その中の何名雇っているのか実際に。そしてパート、臨職の方は何名いるのか、それお伺いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 人事課長、阿部孝弘君。

人事課長(阿部孝弘君) 身障の雇用者の数ですとか、率ですとか、そういったことも含めたお尋ねでございます。ただいま申し訳ございませんが、率、それから数、持ち合わせておりませんが、お尋ねの法律の対象になっているかという点については法律の対象になっておりますし、それからその割合、これについては、直近では満たしているというふうに認識をしております。数と割合については、後ほど答弁させていただきます。

委員長(伊藤吉浩君) ここで昼食のため、午後1時まで休憩いたします。
 
          休憩 午前11時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後13時00分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。人事課長、阿部孝弘君。

人事課長(阿部孝弘君) 引き続きお答えをさせていただきます。
 障害者雇用率でございます。これにつきましては、障害者の雇用の促進等に関する法律、この中で一定の割合以上ということで義務づけられております。50人以上の事業所ということになっておりますので、当然、市は対象になるということでございます。それから率、雇用率でございます。これにつきましては、重度の場合はですね、2人にカウントされると。身障2級以上の場合は、2人にカウントされるということがございまして、率が算定されております。市長部局で申し上げますと正職員1,129人、非常勤287人おりますけれども、27.8人がですね、法定の雇用率ということになっておりまして、現在27人でございます。充足をしているということでございます。
 それから教育委員会、同じように4人に対しまして5人ということで、こちらも達成しているということでございます。それからこの対象となりますのは1年以上の雇用ということになりますので、正職員と非常勤ということになりまして臨時、それからパートは含まれていないということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) つまり今数字出してもらったんですけども、臨時とパートは含まれていないということですね。それでね、最近の社会の傾向を見ますと、求職よりも求人の割合が非常に多くなってきている。それだけ世の中が活性化して良いことだなと思っているんですけども、身障者はますます現実に厳しい環境におりますね。
 それで私は目につくのは、市役所内部では臨時の方ですけども、何名かはご存知なんですが、この極力ですね、こういう市役所、先頭になってやっぱり採用していただく方策を取らないと、なかなか現実に民間の方が採用となりますと厳しい環境にありますので、役所等でぜひ今の人事課長には、職員だけであるということでありますので、臨職とパートの方で極力使っていただけるように、市長、少しこの何ていうんですかね、腹をくくっていただきたいとこう思いますよ。
 今、女性に優しく、あるいはいろんな採用枠だとか管理職が言われておりますけども、その反面、身障者にはなかなか目が届かないというような傾向にありますので、私は登米市がね、もっと先頭に切って、働ける方、働きたい方、実際にかなりおりますので、私はね、厳しい条件かと思いますけれども、緩やかに採用枠、いわゆる条件等を緩やかにして、ぜひ採用枠を増やしていただきたいと思います。市長の答弁いただければと思いますが。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) ご指摘いただきました。市としてですね、どのような形でということでございました。我々といたしましては、当然この法定雇用率はしっかり遵守しなければならないということ。それからもう1点は、やはり今雇用情勢が大きく改善をしてきている中で、逆にその雇用が難しくなってきているという状況もございます。また、ご指摘を通りですね、やはりその障害者の皆さんの社会参画がなかなか難しいというような実態もございますので、そういった部分、職種、業務に応じてですね、障害の状態にもよりますけども、そういった皆さんがしっかりとご勤務ができる場をしっかりと見定めながら、取り組みを進めたいというふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。氏家英人委員。

4番(氏家英人君) 成果説明書というのは、私思うにですね、単なる昨年度の事業報告の場ではないだろうというふうに思っていて、次につなげるための成果報告書だというふうな思いからですね、ちょっと質問したいなと思っていました。
 113ページ、成果報告書、今定期議会の一般質問でもちょっと触れさせていただきましたけれども、選挙の関係であります。平成26年度は12月に衆議院選挙が行われて、投票率はごらんのとおり51.84パーセントと、私なりにはかなり低いと思っているところでございます。そしてちょっと明確に一般質問のときも答えいただけなかったと記憶しているので、改めてこの場でお聞きしますけれども、投票率を上げるための方策というものは、何らかはやはり手だてを講じていかなくてはいけないのだろうというふうに思っている中で、今期日前投票というのが一般的になってきまして、本市では九つの会場といいますかね、期日前投票所というものを総合支所を中心に設けているわけでございますが、期日前投票でかなりの投票率が期待されているのは、実は市役所、総合支所等々に設置する期日前投票所ではなくて、大型の商業施設に設置した場合、かなりの投票率アップというのが期待というか、結果として出てているということをお話しさせていただきました。
 改めて聞きますけど、どうですかね。大型商業施設にですね、期日前投票所を設置して、投票率アップ、これを市民の目に見える形でですね、取り組んでいただきたいと思うわけでございます。総合支所に設置しているから支所まで来いというふうな立ち位置じゃなくて、そこに有権者が、多くの有権者がいるのであれば、バリアフリー等々も考えましてですね、大型商業施設の方に期日前投票所を設置に伺うといいますかね、そちらに設置するという考え方が正解だと思うんですけれどいかがですか。

委員長(伊藤吉浩君) 選挙管理委員会事務局次長、平山法之君。

選挙管理委員会事務局次長(平山法之君) 今ご質問をいただきました期日前投票所を商業施設等に設けるという件についてでございますが、一般質問でもご答弁申し上げましたけれども、今後のそういうことも含めてですね、検討させていただきたいと考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) ぜひ時代の流れに沿ってですね、設置していただきたいというふうに思っているところでございます。
 加えて言えば114ページなんですけれど、選挙公報、これの配布のためにですね、98万円なにがしという費用がかかって、これは区長報酬とは別に区長さんにお支払するというふうなものがある。そうですか。それならそれでいいんですけれど、実は今ですね、ネット選挙というのが公開になっていまして、東日本大震災が発災する前には選挙公報というものを市のホームページ、あるいはインターネット上にですね、掲載することがダメだったんですけれど、震災後、被災者が広いところに転居したという事実がありましたことから、インターネット上での公開というのが可能になったんですね。今は多くの自治体が選挙公報はインターネット上で公開しています。本市でも取り組むべきじゃないんですかね。その辺のことちょっとお尋ねしたいなと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 選挙管理委員会事務局次長、平山法之君。

選挙管理委員会事務局次長(平山法之君) 選挙公報につきましては、近年ホームページ上で、委員おっしゃられるとおり公開されているところが増えてございます。今後、登米市の市長・市議会議員選挙ということになるかと思いますけれども、そういった選挙でもそういった選挙公報の公開ということも今後考えていかなくちゃならないということで考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) ぜひ昨年度の成果をきちんとですね、照らし合わせながら次はこうしていくんだと、改善する努力というものを市民の目から見えるような形で進めていただきたいなというふうに思うわけでございます。来年7月に執行される予定の参議院選挙から投票できる年齢も18歳以上に引き下げになるということもありますので、そういうふうなインターネット関係、あるいはそういう若い人たちが行きやすい、投票しやすいところに、投票所を設置するなどの対策というか、これなくしては投票率のアップというものは望めないと思うので、ぜひ取り組んでいただきたいと思うわけです。
 監査委員さんからのちょっと意見を見たら、この部分について何もなかったんですけれど、衆議院選挙の場合だと3,800万のお金がかかったわけで、そしてこの程度というか、これぐらいの投票率でありました。費用対効果という面で、監査委員からのご意見を伺いたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 監査委員、島尾清次君。

監査委員(島尾清次君) 定期監査等を通じてですね、投票率の向上については、選挙管理委員会事務局の方にお話をさせていただいてきております。それから特に、この国政選挙についてはですね、今お話のように18歳未満の方も投票できるようになるわけでありますので・・・以上ですか、以上の方も投票できるようになりますので、できるだけ若い人も投票しやすいような環境づくりが大切ではないかと思っております。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) 成果表36ページ、広報広聴費の方でございます。13節に委託料、中でコミュニティエフエム市政情報等放送委託業務375万、これについての成果の確認というのはしておるのかどうか。例えば、何人くらいこのエフエムエフエムから市政情報を得ているのがあるか、私は調査必要かと思うんですね。この375万が本当に適当なのかどうか、まずその成果の確認はしておりますか。

委員長(伊藤吉浩君) 市長公室長、中津川源正君。

市長公室長(中津川源正君) 具体的なエフエムを視聴していただいた方々へのアンケート等を実施はしてございませんで、成果の確認というのは具体には現在しておりません。
 現在は、予定しておる時間帯をどのように放送させていただいているかというふうな時間の確認だけでございましたので、そういった効果については、やはり今後調べていく必要があるので、どのような方法で実施できるかエフエムとも相談して進めたいなと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) そういうのが、もう何年目になるかね、やっぱり必要じゃないかと。防災無線に代わって、情報伝達手段の一つとして市の方で捉えてるんですから、数がね、リスナーていうか聞く人が多ければ、もっと委託料を増やして大々的にやっぺし。調べた結果、少ないのであれば、委託料半分にして定時の時間1回だけでいいやと。そういう方向をやっぱ見据えるのも、市の役割じゃないかなと思いますよ。それをしっかりやるか、やらないかお願いします。


委員長(伊藤吉浩君) 市長公室長、中津川源正君。

市長公室長(中津川源正君) 先ほども申し上げましたように、エフエムの方とですね、どのような形で調査ができるか、あの取り組みをさせていただきたいというふうに思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 21番、及川です。まず先ほど選挙費用が出ました。
 農業委員選挙、それから総代選挙は無競争で、衆議院選挙、投票率は先ほども出ましたが、いろんな期日前投票、夜8時までやって、前にも話しましたが、投票時間の繰り上げ、6時、7時までやっても投票率が50パーセント台というなれば、時間外がこの衆議院でも2,100万、農業委員会でも50なにがし、選挙告示と同時に期日前一日8時までやっております。最終日は、せめて時間を繰り上げて、極端な話、午前中というわけにはいかないんでしょうが、仙台なんかもいろいろ事件がありました。そんなこんな次の日までやって職員の健康上もこれもうまくないし、いろいろ時間、国政と首長、市議会選は時間が最大どれぐらいまで詰められるか。そういう選挙ごとに反省して、そういう項目が出たかどうか教えていただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 選挙管理委員会事務局次長、平山法之君。

選挙管理委員会事務局次長(平山法之君) 期日前投票の状況でございますけれども、期日前投票につきましては、平成23年の県議会議員選挙から一部の、迫の期日前投票所を除きまして期間の短縮と、それから投票時間の短縮ということで、市議会議員、市長選挙につきましては短縮してございませんけれども、それ以外の選挙につきましては、そういった取り扱いをさせていただいてございます。
 1カ所、期日前投票につきましては、最低市内1カ所、その自治体1カ所の投票所は、公職選挙法で規定される期間とそれから投票時間について、フルで実施しなくちゃならないということが定められております。それ以外の期日前投票所1カ所以外、1カ所を除いては選挙管理委員会で決定できることになってございます。そういったことで、そのような取り扱いとさせていただいてございます。
 それから確かに期日前投票につきましては、合併当初の当時の市議会、それから市長選挙の期日前投票の全体に占める割合というのは10.6パーセントというぐらいの数字でございましたけれども、昨年の衆議院議員総選挙のときにつきましては25.88パーセントということで、投票率全体でそういったことでも2倍以上、全体の4分の1以上が期日前投票でおいでいただいているということでございます。ただし、投票率は逆に合併当初の市議会議員選挙につきまして82.51パーセントということで、先ほどからお話に出ている去年の衆議院議員総選挙は51.84パーセントということになってございまして、期日前投票が伸びていると、率が伸びているということが必ずしも全体の投票率には結びついていないというような状況でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 当日の投票時間。

選挙管理委員会事務局次長(平山法之君) 申し訳ございません。当日の投票時間につきましては、登米市の選挙、例外的な一つ二つを除きまして、1時間の短縮ということで取り扱わせていただいてございますけれども、この辺につきましても県の選挙管理委員会の方に協議させていただいてございまして、理由等どうしても例外的な、本来投票の繰り上げということは例外的な取り扱いだというようなことになってございますので、そういったことで1時間何とか認めていただいているというような状況でございます。選挙人に対しての投票時間の確保と機会の確保ということでございますので、ご理解いただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 理解はするんでございますが、期日前投票25パーセント、ならば期日前投票をなるべく奨励して、その方が投票率も上がるし、それでは国政選挙と地方選挙ですか、最大時間は、選挙法で決められる時間は、何時間繰り上げ最大でできるんですか。

委員長(伊藤吉浩君) 選挙管理委員会事務局次長、平山法之君。

選挙管理委員会事務局次長(平山法之君) 期日前投票のという・・・。すいません。最大ということになりますと、ちょっと改めて確認させていただいて、後にご答弁させていただきたいと思います。
 すいません。交通の不便なところ、離島等の交通の不便なところ等の取り扱い等で相当詰まるところもございますけれども、一般的なところでの取り扱いというところでは、そんな極端な時間数が詰まってるというところは、例はないとは思います。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) だから独自、仮に自治体で決められる時間帯があるんですか。国政選挙は国でやるから最大、これはね全国共通で何時から何時まで、市町村首長、議会選挙は最大、極端な話、午前中までやれるか、5時でやめるか、その辺の判断といいますか、自治体で決めるあれはないんですか。決められないですか。それだけ教えてください。最大何時間詰められるか。

委員長(伊藤吉浩君) 選挙管理委員会事務局次長、平山法之君。

選挙管理委員会事務局次長(平山法之君) 大変申し訳ございません。最大ということでございますので、改めてちょっと確認をさせていただいて、ご答弁を申し上げたいと思います。よろしくお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) それは後で聞いて、それから水の里といいますか、31ページではなかった・・・。祝祭劇場・・・51ページ。効果で「利用者へのサービスの向上が図られる」とありますが、確かに向上が図られたと思いますが、前に災害、地震のときの現場を見させてもらいました。いろいろ野外ステージは使用してなかったようですし、中庭といいますか、水の里だから水がたまっていなければ、水の里にならないという、そういうあれもありますが、水の里の水、保留している敷地、あれは何とも、今後活かし方次第ではやっぱり一考を要するんではないかなと。
 ちょうどいろんなイベントのとき、荷物を運ぶときも大変楽屋に苦労して、雨、雪のときなどはやはり、いろんな、大切な着物とか道具、そういう物が汚れたり、破損する不都合がかなり出ていると聞きます。
 そういう今後の修繕計画といいますか、やはりかなり水の里の利用頻度あるようでございます。今後、計画的にあの場所は、改築なり、修理・補修、そういうのを考えないと利用者に不便な思いさせては利用向上に、サービスの向上というわけには、これはちょっと整合性とれないと私は感じ、思っております。お聞かせください。

委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 祝祭劇場の設備についての、施設についてのお尋ねでございます。ご案内のとおり祝祭劇場は建設後20年も経過してございまして、かなり設備によってはですね、修理を要するもの、あるいは交換しなければならないような設備というのも出てきております。
 そういった中で、現在、池などもですね、震災によりまして水が入れられない状況が続いているわけでございますけれども、施設全体の修繕の状態を見ながらですね、お客さんにご不便のないような修繕と、それから補修、それと後それからその段階で可能な限り荷物の運搬ですとか、そういった部分にも配慮できるような方法が取れるのかどうかですね、その辺検討しながら今後施設の維持管理を進めてまいりたいというふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 水の里ですが、やはりあの4メーター、5メーターの段差が、4メーターの段差というのではないね。やっぱり相当あそこの現場を見ますと、落下したら大きな事故につながる。そういう場所もやはり、きちっと網など張ってあると思いますが、この際ですのでその楽屋と、やるときはやっぱり早急にこれは計画しないと。事故が起きてからではね、補償金の方がかえって高くなるから。修理、あるいはそういう改築を早急にして、事件・事故が起きてからでは遅いので、やれることをやって、やらなくていいものはやらなくてもいいのですが、やれることをやっていただきたいと思います。その辺の計画、今後どういうふうに進むかお聞かせを願います。

委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 祝祭劇場の施設の管理につきましては、利用者の方々のご意見もお聞きしながらですね、それから運営協議会の中で危険箇所等把握しまして、修繕を行っているところでございますけれども、そういった部分につきましてですね、できるだけ危険のないような、安全な施設となりますように、今後も声を聞きながら取り組んでまいりたいと考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 選挙管理委員会事務局次長、平山法之君。

選挙管理委員会事務局次長(平山法之君) 大変申し訳ございませんでした。先ほどの投票日の投票所を閉じる時刻の繰り上げ、最大何時間かということでございます。
 特別の事情がある場合ということがございますけれども、その中では4時間以内の範囲内において繰り上げることができるとされてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 4時間、今まであたりを見ながらというのは、やはり登米市らしさ、変わったことやるのも一つの投票率、逆に時間短縮で投票率が上がれば、「どうしてもっと早くやらなかったのか」と、そういうことも懸念の事項として出てくるんではないかなと。今後、これからの選挙、10月ありますか。これは来月、間に合わないんですか。最大その繰り上げということは。

委員長(伊藤吉浩君) 選挙管理委員会事務局次長、平山法之君。

選挙管理委員会事務局次長(平山法之君) 来月、実施される宮城県議会議員一般選挙につきましては、投票時間等につきましては、選挙管理委員会の方で既に決定させていただいてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) わかりました。そうするとその都度、選挙のある時期に選挙管理委員会で時間を決めてやるということですね。確認しておきます。

委員長(伊藤吉浩君) 選挙管理委員会事務局次長、平山法之君。

選挙管理委員会事務局次長(平山法之君) 投票時間の繰り上げ時刻、閉鎖する時刻の繰り上げにつきましては、市長・市議会議員選挙につきましては、市の選挙管理委員会限りでの決定ということになりますけれども、県の県議会とか、県の選挙とか国の選挙なりますれば、県の選挙管理委員会の方との協議の上でということになります。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) そうすると市町村選挙は、最大4時間以上もできるんですか。そこだけ確認しておきます。

委員長(伊藤吉浩君) 選挙管理委員会事務局次長平山法之君。

選挙管理委員会事務局次長(平山法之君) 最大4時間というのは、市の選挙であっても変わりません。それは、ただ選挙管理委員会、登米市の選挙管理委員会の決定ということでの取り扱いでできるということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) まず、この成果説明書の49ページ、2款1項7目1細目のですね、職員の提案募集をして、提案件数が18件で入賞が11件、そのうちの6件はもう具体的な取り組みを始めていると。後の5件は、実施の可能性を検討している。この実際にもう取り組みを始めたこの6件の内容ですね、その辺をまずお聞きをいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 企画政策制作課長、佐藤裕之君。

企画政策課長(佐藤裕之君) それでは、お答えをさせていただきます。
 6件の内容でございますけれども、一つ目はですね、スマートフォンの歩数計のアプリを活用した中で、歩数に応じて仮想の登米市内の観光地を巡る旅をすることで、楽しみながら健康づくりに取り組んでいただくという取り組みでございます。二つ目でございますけども、地域の集会所等を活用しながら、作業療法等による認知症の予防を推進し、生活習慣病改善、それから健康寿命の延伸に繋げていく取り組みでございます。それから三つ目でございますけども、運動をこれから始める方に対して、運動しやすい環境づくりを行うと。その中で運動を続ける人に対して、ポイント付与した中で、健康づくりに取り組んでいただくという取り組みが三つ目でございます。それから四つ目でございますけども、健康診断の受診、あるいはスポーツ教室に参加した場合に、一定のポイントを達成した方に対して市内の協力店で特典を得ることで、健康づくりに取り組んでいただくという取り組みでございます。それから市内企業が開発したですね、野菜パウダーを活用した健康・栄養事業の実施に向けた部局内検討組織の立ち上げをしながら、市民の健康状態の向上につなげていく取り組みという部分でございます。それから六つ目でございますけども、人事異動等におきまして作成をいたします事務引き継ぎ書を活用した中で、文書事務のレポート作成、あるいは点検等を行うことで、職員の能力向上と職員間のチェック体制の構築を図るというような取り組みでございます。以上6点でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) 今、六つの内容をお聞きしたんですけど、そのうちの五つが恐らく一つの課で提案したものかなというふうに思います。健康づくり、これは大事ですけれども、この六つを具体的に取り込んだわけですけれども、なかなか議員提案はものにならないんですけれども、これは確率がいいですね。やはり内容がよろしいんだろうと思いますけれども、副市長の方からちょっとお聞きしたいんですが、この18件という職員全体からですね、18件の募集、提案か、提案の件数と提案した内容ですね、そういったことを総括するとどういうふうに今評価をしておるものか。その辺ちょっとお伺いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 26年度につきましては、こういう提案制度とそれから職員が自主的に県外等に行って調査をする活動での成果と、こういうものとある程度テーマを統一した形でやらせていただいておるわけでありますが、そういう意味では、より具体的に検討する項目が決まっている関係で相当の提案はあったと思いますが、総括すればまだまだいろんな切り口からの提案がもっと欲しいなという思いはございます。
 ただそうはいいながら、逆になりますけれども、具体的に今ご紹介した6点の取り組みが始まったということは、より現実的な政策提案がなされたという意味での評価をさせていただいておるところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) これがですね、ますます実を結んで、市民のサービスにつながればというふうに思いますけれども、少し議員の方も聞いていただいて、なるべく実現に向けて頑張っていただければというふうに思います。
 それとですね、ページでいいますと、戻りますけど30ページ、先ほど前者の議員からもあったんですが、この職員研修費、これでですね、窓口担当者の接遇研修、主に臨時職員のマナーといういことで研修を実施したようでありますけれども、そういったことに対しましては通常の相談、苦情に関してはですね、それに対してしかるべき指導をしているといったようなさっきの答弁があったわけですけども、そういった通常の相談・苦情以外のですね、以外といいますか、いろいろと合併も10年がたちまして、いろいろな方々がいらっしゃるわけですけども、度の過ぎた苦情、あるいはクレーム、そういったことに対した対応ですね、そういったことはどういった対応、指導をしておるのか。私も職員の方からもですね、職員が受ける苦情に対しての苦情もちょっと受けるもんですから、その辺の対応どのようにしているのか、まずお聞きいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 市長公室長、中津川源正君。

市長公室長(中津川源正君) 苦情といいますか、いろいろご意見も含めまして、様々、市長に直接いただくそういった苦情、さらには私ども市長公室の方に提言箱を通していただく苦情とかですね、直接のホームページを通してメールでいただく苦情等ございます。そういった文書でいただく苦情等、要請等につきましては、委員さんおっしゃるような強烈な、なんていうんですか、場合によっては苦情というよりも度を超したような内容というのは、文書ではごくまれにはにはございますけれども、あまり多くはございませんが、やはり直接、場合によっては市長に会わせてくれていうふうなことで、怒鳴り込んでくる方も中にはおりまして、そういった方々に直接市長にお会いしてお話いただくこともできないもんですから、直接的には私どもの方でお話を聞いて、そしてできるだけ丁寧な対応をさせていただいている状態でございますけれども、確かに本当に苦情、苦情といいますか、本当のことを言ってるかわからないような妄想的な部分でお話いただく方もございますので、それらについてどのような対応をしているかといいますと、適宜といいますか、相談に時間をかけながら対応させていただいて、次の苦情につながらないような対応をさせていただいているというのが現状でございます。
 年間100を超えるようなそういったご相談や苦情がございますが、その5パーセントから1割ぐらいについては、やはりいわれのないような苦情といいますか、そういったものもございますので、今申し上げましたような対応を取らせていただいているというのが現状でございます。以上になります。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) 今、5パーセントから約1割くらいの方が私も聞くんですけども、それにかなり苦慮しているというようなことも聞くんです。そのことがですね、公務の円滑、適正な執行及び運営を確保することに支障ができているというようなことも聞きますんで、やはりその辺もうそろそろ厳格に対処してもいいんではないかなと私は思うわけでございます。
 そのためにはですね、やはり市で作っている庁舎管理規則、このせっかく作っている規則をやはり遵守して、私は対応した方がいいんではないかなというふうに思うわけでございます。この中にもですね、12条の第5号では、「庁舎において、金銭、物品等の寄付の強要、または押し売りしようとする者」、こういった者、あるいは「職員に面会を強要する者」、こういった者にはですね、「退去を命ずることができる」と、ここまでしっかり規定しているわけでございますので、あくまでも公務に支障が出ているのであればですね、やはりそれなりの対処をしても私はいいんではないかなというふうに思うわけですけども、その点どうですかね。

委員長(伊藤吉浩君) 市長公室長、中津川源正君。

市長公室長(中津川源正君) 委員おっしゃいますとおり、やはりどうにもならないような事案で担当部署が大変困っているというようなことがございまして、そうした場合は、その担当部署で解決できないというふうなことで、私どもの方に来ていただいて、対応をしているというような実情がございます。
 そういった中で、委員おっしゃいますようにきちんと「ダメなものはダメなんだ」というふうな部分での受け答えをやはり取っていかなきゃないというふうに感じておりますので、その辺は今後、取り組みとしてさせていただくようにいたしたいなというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) とにかくですね、あまり刺激をしたくないから穏便にといったような考えは当然なるわけですけども、やはりですね、公務を円滑に進めるために一つここをもう一歩踏み込んだですね、対応をしていただきたいというふうに思います。
 それとですね、それに関しまして具体的なやつを一つ二つ言いますと、まず一つは、総合支所でも恐らく経験があるというふうに思いますけども、強引なチケットの販売等々が私はあるように聞くわけでございます。そういったこともですね、本当に穏便に済ませたいから、しょうがないからということでつき合う場合もあると思うんですけども、やはりそれを1回認めるとこれがだんだんですね常習化して、「今まで良かったのに、なんでダメになったのか」と、逆にそういったことになり兼ねませんので、そういったことも一つ総合支所の分は、支所長たちがある程度の命令ができる権利があるようでございますので、あくまでも庁舎の管理規則を守ってですね、やっていただきたいというふうに思います。
 それとですね、まず言われるのが政党、自民党、共産党、社民党、いろいろあるわけですけども、その政党の機関紙、新聞等もあるわけですが、それのですね、庁舎内でのいろいろなことを聞くわけですけども、それもこの庁舎の管理規則に当てはめれば、これまでは何とか穏便にすませてきたようでありますけれども、この管理規則にあわせてですね、やっぱり厳正に対処するべきというふうに思うわけでございます。その中で7条にありますけれども、「何人も庁舎において掲げる行為をしてはならない」と、これはですね、市長の許可を受ければ別ですけども、許可を受けないでこの行為をしてはならないということにですね、ならないものの中に、庁舎内における物品の販売、宣伝、勧誘、その他これらに類似する行為、これは執行中、休憩中、職務の執行中、休憩中関係ありませんでですね、とにかく庁舎内ではもうこういうのはダメですよと、明確に決めておるもので、これは駐車場も含むわけですね。そういったことでありますので、この庁舎に関しましては、総務部長が総括するようでありまして分庁舎、あるいは出先機関はその出先機関の事務所の長がその事務を司るというふうに決まっておるようでありますので、その点につきましてもですね、総務部長の考え、一つよろしくお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 今、ご指摘の件につきましては、合併前からそういったものに関してはある程度寛容なといいますか、規則どおりあくまで運用してなかったというようなものがありまして、それが現在にまで続いているようなものもあるようです。ただ、様々な考え方がある中で、やはり規則にのっとった形での対応のし方については今後、十分検討して進めなければならないものだと思います。なお、これは本庁舎のみならずですね、全ての部署においてもそのような考え方に整理させていただきたいなと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。浅田 修委員。

14番(浅田 修君) それに関連いたしましてですね、私の方からもちょっと腑に落ちないなということで今質問するわけでございますけども、やはりこういった政党の機関紙でございますけども、前々からこう言われておるところでございます。そういった中でですね、やはり庁舎でのそういった機関紙の販売はさせないという行政、そういった町も出てきました。いっぱい出てきました。そういった中でですね、やはり登米市としても、この庁舎内における、職場における公務員の政党機関紙各紙の購読の状況なり、勧誘の実態、そういったものは、やはり調査すべきというふうに思いますけどもどうでしょうかね。
 さらにまた、そういったこの庁舎だけでなく、公共施設がなり、まあ指定管理、登米市にも随分されております。そういった中での職場等についてもですね、実態調査をするべきというふうに思いますけどもその点の考え方、お願いしたいというふうに思います。
 そして最終的にはですね、やはりこういった勧誘なり、さらに集金までしているというようなお話を聞いております。そういったものは、ぜひ禁止処置が妥当というふうに思いますけれども、その点の考え方一つお聞きします。

委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) そういった各種購読だったり、購入については、たぶん個人個人の考え方ということが多分にあろうかと思いますが、先ほど来ご指摘の庁舎の管理規則、そういったものに照らし合わせて必要な場合はですね、そういった実態の調査、あるいは改善方策、そういったものについては考えていく必要があるのかと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) この件については、調査をするということですか。そして、その判断はどのようにするんですか。

委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 今ご答弁申し上げたように、庁舎の管理規則にのっとってですね、必要であれば実態調査をいたしますし、しかるべき措置を講じたいと思っております。その今お尋ねの件については、庁舎内での販売だったりですね、そういったものに該当するということであれば、その実態の調査をさせていただければと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。關 孝委員。

7番(關 孝君) 1点は、空き家情報バンクについてお尋ねしたいんでございますが、2款1項7目の企画費でよろしかったでしょうか。続けます。26年度の実績、成果説明書で見られないもんですから、実績を教えていただければと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民生活支援課長(佐藤 浩君) 空き家情報バンクについてのお尋ねでございます。空き家情報バンクにつきましては、予算がございませんで、ゼロ予算で運営してございますので、予算、決算とも数字的には出てこないというふうな状況でございます。
 実績についてちょっとご答弁を申し上げたいと思います。空き家情報バンクにつきましてはですね、今年の9月一日現在のでございますが、登録されている物件の総数が現在は13件でございます。それから空き家を借りたいというふうな借りたい方の、利用したい方の希望の方がですね、現在71件の登録となってございます。
 それから26年度につきましてはですね、いろいろ情報提供の結果、4件につきまして空き家バンクの貸し借りが成立しているというふうな実態でございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) 予算を伴わないということは、決算の特別委員会になじむのかどうかということで方向性を変えますが、ホームページの方でもこの空き家情報バンク、紹介になってますので、そういった関連でもお尋ねをしたいというふうに思っておりますが、また市では空き家等の適正に関する条例を議会の提案で本年4月一日から施行しておくわけですが、その3条に「市の責務としてこの目的を達成するために、必要な施策、総合的計画を実施しなければならない」ということなんですが、半年経ちましたが何かそのことについてどのように検討されているのかお尋ねします。

委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 今年度、その空き家条例が制定されました。それで現在、その実態調査、以前にやっておりました目視による調査に加えまして、さらにそれを絞り込んでいる作業を今しているところと聞いております。
 さらには特定空き家の判定、その作業を今後はしていくということで、とにかく条例もですが、国の方も特措法できておりますし、早急な対応をとにかく進めるようにと指示をしております。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) 実は、空き家情報バンクを拝見しておって気になったことがございます。
 条例の言葉として「管理不全な状態」というふうなことが条例にうたわれておりますが、私から見て、それに似たというか、それであるものではないかというものが、実はこの空き家情報バンクの方に物件として紹介になっておるものがございます。そうしたことが果して適切なのかどうか。20年にこの空き家情報バンクというのができたわけなんですが、そういった管理不全な建物と思われるものが、そういった空き家バンクの方に登録になっているという状況を見ますと、実は利用者が71件あると。ところが物件は13、現在は13しかないというようなことなんですが、果たして本当に市内に、今、調べているということなんですが、本当にそれだけしかないのだろうか。
 一方でこの紹介になっている空き家が、本当にその空き家バンクとして利用者に提供するものとして相応しいのかどうかというガイドラインというか、検証が必要なのではないかというふうに思ったんですが、その辺はどのように取り組まれているのでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民生活支援課長(佐藤 浩君) 空き家バンクの登録に関しましてはですね、実態といたしまして、なかなか登録していただける件数が少ないというふうな状況がございます。そういったことから市内にお住まいの方で、市内に固定資産持っていらっしゃる方にですね、切符を送る際に一緒に空き家バンクの登録のお知らせなどもですね、あわせてやらせていただいておりまして、これ25年度からの取り組みですが、それによって若干件数が増えまして、成立にもつながっているというふうな状況もございます。
 ただ、今議員お話のようにですね、確かに何回紹介しても場合によってはなかなかこれ住めないんじゃないかというふうな物件もございまして、成立に至らないというふうなものもございますけれども、ご本人の意向によりまして登録をさせていただいているわけでございますが、なかなか要望といいますか、希望のないものについては再度ですね、意向を確認するなどの対応をしながらバンクの管理をさせていただきたいというふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) 私の話し方が悪いんだろうというふうに思いますが、いわゆる条例を制定した中で「管理不全な状態にあるのではないか」と思われる、私が見てですよ、と思われる建物が空き家バンクに紹介になっておるということになってますと、市が制定した条例と一方行政が運営している事業と、そこに大きな一致してないことになっているので、それが適切なんですかというふうなお話をしましたので、今後の課題だと思いますから、ぜひその辺も含めてこの空き家バンク制度のあり方というか、内容についてもきちんと見直して進めていただきたいということを申し上げておきたいと思います。
 同じ項目で、先ほど相澤委員が市民歌のお話をしました。私も同感というふうに思っております。百数十万かけて市民歌ができ上がりました。いかにこれを市民の方々に普及するかという戦略が必要なんだろうというふうに思っておりますが、先般学校の先生からこのようなお話を伺いました。「お宅の学校では市民歌、歌っているんですか」というようなお話で、そのお話をした先生は、「うちでは毎日CDをかけて、うち方の子供たちは全部歌えるんです。」というふうなお話をしておりました。一方の聞かれた先生は、「いやうちの方では、まだ取り組んでないんです。」ということでもありました。
 そういったことを考えると、いかにこれを市民、あるいは子どもたちに歌っていただくかという戦略が必要なんだろうというふうに思いますし、先ほども回答にありましたけれども、例えば市のあらゆる行事、あるいはパンフレットの余白に必ず市民歌の歌詞を印刷をして、あるいは開会のときには必ずそのかけて歌うとかという、そういうことでの普及の戦略が必要なんだと思いますが、その点の考え方と、先ほど防災行政無線の1分間ということであれば、おそらく1番の歌詞の音楽は今流れてるんだと思うんですが、それにCDの中に例えば佐沼小学校の子どもたちが歌った素晴らしい歌声の部分もありますので、ぜひ試しにでもいいのでそれを試行してはいかがかと思いますが、もし防災無線で音楽しか流せない規定、理由があったら教えてほしいのですが。

委員長(伊藤吉浩君) 企画制作課長、佐藤裕之君。

企画政策課長(佐藤裕之君) 市民歌の普及の考え方でございます。委員おっしゃるとおりですね、なかなか市民歌、普及してない部分もあるかというふうに考えてございます。それで26年については、CDを作成いたしまして、それを各公共施設、それから市内の小中学校、高校も含めてでございます。さらには道の駅と物産施設等にも配布をさせていただいたところでございます。それで配布に合わせてですね、ただ配布するということではなくて、その各それぞれの団体において、できるだけ活用していただきたいという旨を付した依頼書を送付させていただいたところでございます。
 今、委員からもご紹介があったとおり、学校においてはですね、音楽の授業の中で歌を歌ったりですね、あるいは会議等の中で、会議の開催前、あるいは会議の中間の地点でメロディを流していただいた場合もございます。ただ、まだなかなかですね、市民全体にということでは普及に至ってないというのは十分認識しているところでございますので、今後ですね、機会を捉えた中で、一人でも多くの方に市民歌を分かっていただくというような形を持ってですね、取り組んでいきたいというふうに考えてございます。
 それから二つ目の防災行政無線の部分でございます。今、委員おっしゃるとおり、約1分11秒の時間でメロディを流させていただいているところでございます。これについても時間そのものが11時半から12時という限られた中での時報に合わせた中で、メロディを流させていただいたところでありますが、先ほどお話あった「別な小学校の部分も」というのもありましたが、その辺についてはですね、ちょっと今後、私どもとしては市民歌を知っていただくということを一番に考えた中での取り組みでございますので、それらを踏まえた中で少し取り組みについてですね、検討させていただきたいというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 特に規定はございませんけれども、ただですね、時報・・・

委員長(伊藤吉浩君) ほかに、佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 先ほどの庁舎管理のあり方についての質疑ありました。総務部長にお聞きしますが、政党機関紙の販売をさせないとか、問題だとかという質疑だったわけでありますが、これは今資料ないので正確にはどこの判決、裁判所の判決か今正確には言えないのですが、このことは既に司法の場でも論議されておりまして、いわば憲法等での規定する「政治活動の自由」、「購読者の思想・信条」、「政党支持の自由」等からして、簡単に言えば問題なしと、いわば調査活動などは、その思想調査に該当するのではないかというような趣旨の判決等も出されておりますので、先ほど「必要であれば」というふうに言って打でしょうか、調査と言いましたが、しっかりと憲法、法律、そして判決・判例を踏まえて対応すると思うんですけど、基本的姿勢だけ伺っておきます。法律違反、憲法違反にならないような対応だと思いますが。

委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 先ほどのご答弁でも申上げましたけれども、やはり様々なその課題があると思います。まず、今お話のようなその個人思想・信条の問題もありますし、ただ一方で管理運営上、庁舎の管理運営上ということと、どのようにその辺を折り合わせるかといいますか、その辺の整合性を検討した上で、そういった趣旨での調査であれば可能なのかなというふうなことでのご答弁になります。

議長(伊藤吉浩君) それでは、ここで10分間休憩いたします
 
          休憩 午後14時03分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後14時11分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 質疑はございませんか。佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) 先ほど私ちょっと質問したやつで、誤解を受けているようなところもありますので、ちょっともう一度、私お聞きするわけですけども。
 当然この政党機関紙ならずですね、宗教の自由、そして政党の自由、何を誰が読んでもこれ、構わないわけであります。ただですね、うちの方でこの庁舎管理規則っていう規則をつくっているわけですよね。その中で、さっきも言いましたが7条でうたっていますけれども、「庁内における物品の販売、宣伝、勧誘、その他これらに類する行為、これはしてはなりません。」というふうに、「特に市長が許可した場合は別です」というふうにうたっているわけです。
 私は別に何を読もうがそれは庁舎外なら構わないと思います。庁舎内でやっているということを聞いていますから、これはこの庁舎管理規則に抵触して違反するんではないかなということで、私はこの質問して言ったわけでありますけども、それに対して何かうまくないところあるんですかね。私、庁舎内でやっているということを伺いしましたから、それはちょっと、ずっとですね長年、合併してから、登米市になってから10年、おそらくそれがずっと続いてきて、もう常習的ですね、本当に毎週。毎週配布になって、毎週集金して、これが物販の販売に当たらないのかどうか。そしてまた、庁舎内で勧誘を受けるという話も聞きます。外でやる分には私、何も関係ないです。あくまで庁舎内でやっているから問題になるのではないかなというふうに言ったわけですけれども、もう一回、総務部長そこのところ。

委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 私もそのように答弁したつもりでございまして、管理規則上そういった、それ以上のものとの整合性を図りながらですね、規則上の調査はできるんではないかということでのご答弁であります。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 52ページのですね、行政改革推進の中の指定管理者制度導入の推進ということで、指定管理に関しましてはそういう視点で言えば一定の成果はあったんだろうと思うんですけども、ただいろいろ指定管理を受けている皆さんから声を聞くとですね、「民間の能力等を活用し」というところがなかなか、市は従来通りの考え方で進めているというような受け止め方が大分多いというふうに思います。
 それで具体的にちょっと例を挙げてお話ししたいんですけども、ある行事、イベントのときにですね、登米市内の物産の販売をしようとして申請したら、「ちょっとこれは難しいと、市が主催した行事であれば可能だ」というような話を受けたということなんですけれども、これは基本的には、何もどっちも問題ないんじゃないかなというふうに思うんですが、そういった具体的な例もありましてですね、もう少し民間が自由に動ける、活動できる、指定管理をもっといろいろな市民のサービスの向上に使える、そういった制度に仕上げるべきだなっていうふうに思うんですけれども、そういった観点からその点についてまず一つお伺いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) ただいま委員お話しの部分につきましては、指定管理制度そのものの目的でございますので、まさに民間のノウハウを活用して市民サービスの向上につなげるというふうなことが重要だというふうに思ってございます。
 ただそういった中でですね、ただいま一つの事例としてお話いただきました、物販と施設とそのイベント、その関わりが個別具体な部分じゃないとなかなかお答えできるところというのはないんですけれども、一般的に考えれば施設の利用にあたっては、利用する市民党の方々に対して直接的に利用を制限するようなそういった行為でければ、それぞれの施設においても一つの活用の、使用の申請に基づいた許可というようなことで、行政財産等では可能であるんだというふうに思ってございます。
 ただ、今お話申し上げましたように、一つ一つの事例の、どういった施設で、どういったイベントで、どういった物販になるのかですね、その辺のところでの判断というのが出てまいりますので、一言でお話することは出来ませんけれども、ただ全体的にはそういった部分も含めて、ノウハウの活用が必要であろうといったふうには思ってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 確かに、個々の具体的な事例にと言うことにはなるかと思うんですけれども、ただその事例は、県内からいろいろな方達がその行事に参加して、その人たちのために登米市の物産を販売する企画はどうだろうという提案が出たときに相談したら、「市の主催じゃないと難しい」というような回答を得たというふうに聞いてるんですけれども、そういったことの事例も含めてですね、いろいろな各指定管理者から「こういった取り組み、提案はどうなんだ」ということを今後いろいろな意味でですね、検討する余地はあるんでしょうか

委員長(伊藤吉浩君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 検討する余地はというよりもですね、そういったことは当然のことながら、これまでもそういった取り組みについて提案があって、それが利用する立場の方々に不利益、あるいは利用の制限を加えないものであれば、可能な限り許可してご利用いただくというのが基本的な考えだと思ってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) ぜひもう少し自由度を高めていただきたいというふうに思います。
 それから2点目ですけれども、58ページの地域おこし協力隊なんですが、これ昨年2名ということだったんですけれども、なんか途中で一人いろいろと事情があって今一人というふうに聞いておりますけれども、この地域おこし協力隊、どういうシステムで採用されるようになっているんでしょうか。例えば自治体が募集するのか、その隊員の方が応募するのか。そこの今現在されているシステムをお聞かせいただきたい。

委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 地域おこし協力隊の採用でございますけれども、基本的にはですね、私ども自治体の方が必要だということで募集をいたしまして、応募いただいた方の中から採用するというようなシステムになってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 第二次総合計画でも戦略の一つに定住・移住ありますよね。この地域おこし協力隊、かなりやっぱりそういう意味での切り口になるというふうに、かなり評価も高いようなふうに全国でも聞いております。今、市では募集しているんですか。

委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 地域おこし協力隊につきましては、今年度は1名で今やってございますけれども、来年度以降に向けましてですね、地域の方の希望も聞いてございますが、どういったことに、地域おこし協力隊につきましては、「どこの地域がどういったことをやりたいのか」というふうなことが一番大事だと思いますので、そういった部分でご希望があった場合に、いろいろ市としても必要と認めた場合ですね、募集させていただくというふうな形になる。現在は、募集はしておりません。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 企画部長の前に答弁あったときにですね、今年度定住・移住の基本的な考え方をまとめるということの答弁があったわけですけれども、それに沿った一つの柱ではないかなというふうに思いますので、ぜひその辺は前向きに検討していただきたいというふうに思います。
 最後1点なんですけれども、117ページのですね、4細目の全国消費実態調査なんですけども、これ5年に1回実施されていることなんですが、この全国消費実態調査、これ結構、税制とか年金、福祉政策等に検討される資料だというふうに聞いているんですけれども、これ国の統計ですけれども登米市としてもこの調査の結果を分析し、何か活用されているのか。その点についてお聞きしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 企画政策課長、佐藤祐之君。

企画政策課長(佐藤祐之君) 今、ご質問あったですね、全国消費実態調査の部分でございますが、成果説明書の方にも記載をさせていただいたところでございますが、家計の実態調査ということと、あと全国地域別の世帯の所得分布についてもこの中で整理をされているというところでございます。
 それで、今具体にこれを使ったという取り組みはございませんけれども、こういう資料を元にですね、今後、様々な施策の中にそれを参考にした中で、施策として生かされていくのだろうというようには考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) ここにですね、地域別の世帯の所得分布とか消費の水準というふうに書かれていますので、いろいろと参考になる資料もあると思うので、ぜひ括用していただきたいと思います。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 52ページの行政改革推進費、指定管理者制度ではなくて、その上の行政評価システム。文言表記で、「評価結果を改善につなげるため、実施計画や予算編成の参考とするとともに」とございます。参考にして取り上げた具体的な例をご紹介いただきたいと思いますし、それが外部評価委員会の評価結果と、いわゆるどのように、微妙な違いがあったのかどうかということをお知らせください。

委員長(伊藤吉浩君) 企画政策課長、佐藤裕之君。

企画政策課長(佐藤裕之君) それでは、ご質問の外部評価についてお答えをさせていただきます。平成26年度の実績を基にですね、何点かその事例についてご説明をさせていただきたいと思います。
 一点目はですね、有害鳥獣駆除隊の補助事業というのが外部評価の対象となったところでございますが、委員会の意見としては、「事業の必要性から後継者の育成確保に努めるべきだ」というふうなご意見をいただいたところでございます。それを踏まえた中ででございますけれども、昨年ですね、関係条例の一部改正を行いまして、登米市鳥獣被害対策実施隊を組織したところでございます。その結果については当市予算、それから実施計画の中でも反映をさせたところでございます。
 それからもう一点でございますけれども、人権啓発活動事業というのがございました。これにつきましては、中学生を対象とした人権講演会の開催の部分でございます。それでこれまでの例と致しましては、毎年1校で開催していたところでございますが、一巡するまで9年間を要すると言うことがございましたので、委員会の意見としては「在学中に聴講できない生徒もあるということから、見直しを行ってはどうか」という意見が出たところでございます。それを踏まえた中で今年度からではございますけども、3年間で市内10校の中学校で講演会を開催するということにしてございまして、これについても実施計画、あるいは当初予算にも反映をさせていただいたというところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 毎回、毎年、決算審査の際に不要額のことについて議論されてございまして、一般会計で14億8,500万ほどの26年度不要額を計上してございます。その約1割が総務ということで、この款で質問させていただきたいと思います。
 先ほどのご答弁でも減額補正をすればよかったという答弁もございました。いろいろ市民のみなさま、あるいは議会議員、私も含めてですが、いろいろこういう事業、あるいはこういうものに取り組んでいただきたいというときに、「予算がない、予算がない」というような答弁が、私だけではない、あるいは市民のみなさまからもそういう声を聞くわけでございまして、この多額な不要額を監査の意見書にもございますね、しっかりと検証してという。効率的な事務執行によってであればよろしいのでございますが、そういう体制を今後どのように改めるのか。
 またさらに、監査意見書によりますと、「事業未執行によるものもある」ということでございまして、当局としては事業未執行で不要額はどれ程になったのか把握してございましょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 財政課長、加藤 均君。

財政課長(加藤 均君) それでは、個別の不要額の発生した事業については担当の方からでご説明いただきたいと思いますが、一般会計全体の傾向についてお話したいと思います。
 一般会計全体で不要額でございますが、平成26年度は14億8,545万2,000円ということになりました。一方、25年度を見ますと15億4,216万円ということで、差し引きしますと26年度は5,600万ほどの減というふうな状況になっております。経費の節減の効果であるというふうな認識はございます。
 平成26年度決算での歳出不要額、この内容を若干見てみますと、大きいのはですね、民生費で3億1,000万ほど。それから消防費で1億8,000万ほど。こういった部分が大きくなっております。
 この中身を見てみますと、民生費では生活保護費や障害者への給付費、こういった部分が大きいというものでございます。それから消防費につきましては、防災情報伝達手段拡充事業、これを25年度からの繰越しで実施しようとしておりましたが、途中で断念したという結果ですね、残となったものでありまして、繰越事業につきましては、補正で減することができないといった状況がございます。こういった形で不要額が大きくなっているということでございます。
 なお、不要額につきましては、最終的には歳入歳出差引額となりまして、繰越金として翌年度以降に使われるということにはなりますが、なお予算を精査しながらですね、不要額の縮減に取り組んでいきたいというふうに考えております。よろしくお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 事業未執行によるものと、2款に絡めて私は、本来ならば総括質疑の部類になると思うんですが、「全体で事業の未執行による不要額はどれくらいあるのか当局では把握してございますか」ということを問うたわけでございます。トータル的に。
 それから、ただいま財政課長からご答弁いただきましたが、先ほどもご答弁ございましたがやはり1年、年度末を見越して必要額、あるいはということで補正があるわけでございますので、やはりそういうことを繰り返さなければこの不要額の減少、あるいは予算の有効な活用というものができないというふうに思うわけでございますが、来年に向けてこういう不要のチェックをして、減額補正をどの時期に、しっかりと事業の見通しを見て行うかというようなことを考えてございますか。お伺いします。

委員長(伊藤吉浩君) 財政課長、加藤 均君。

財政課長(加藤 均君) 使い終わった部分の整理ということでございますが、既に見通しのたったものについては9月でも若干、補正減させていただいておりますし、本格的には12月、あるいは2月の補正で具体に整理させていただきたいというふうに考えております。よろしくお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 経費削減の分と未実施の分とか、その辺の把握。財政課長、加藤 均君。

財政課長(加藤 均君) ただいまその辺の整理した資料はもっておりませんが、未実施の結果不要額となったものにつきましては、先ほどの防災無線のエフエムの関係のみというふうに考えております。その他につきましては、基本的に事業実施の結果、残になったという部分であろうというふうに考えてございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 今、財政課長からご答弁いただいたその1件ということで解してよろしいですか。

委員長(伊藤吉浩君) 財政課長、加藤 均君。

財政課長(加藤 均君) 小さな事業ではもしかしたらあろうかと思いますが、私が耳にしている大きなものでは、それということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) では、監査委員様、このようにあくまで一件のみぐらいならここまで活字化にならないと思うんですが、大きな額はいりませんから、大体何件ぐらいこの監査の状況で見受けられましたでしょうか。今資料なかったら後で結構でございますので。
 それでやはりね、今年度この事業するんだよと予算を組んで、いろいろなアクシデントがあって契約に至らなかった、事業を辞めざるをえなかったというのは先ほど補正で、あるいはやはり計画を、別なものにも監査意見もございますが、繰り越さないできちっとその事業年度に解決するという努力は、安易な繰り越しというのは避けるべきだというふうに思います。ここ2、3年、震災復興で大変いろいろな業務が過多で、そういうのもやむを得なかったと思うんですが、落ち着いてきたところを見れば来年に向けたそういう予算の執行状況について、本年度もまだ半年しか使ってございませんので、それに向けての意気込みについてお尋ねして終わります。

委員長(伊藤吉浩君) 監査委員、島尾清次君。

監査委(島尾清次君) 不要額については、決算審査の中で不要額調書等を提出していただいて審査させていただきました。
 今、具体的に何件かはちょっと手元に資料がございませんけれども、一般的にはですね、できるだけ単独事業、一般財源で構成されている事業等については、不要額が発生した場合には次の事業に活用できる頻度が高いわけでございますので、できるだけ早い時期にですね、補正減をして、次の事業に活用していただきたいというふうに申し上げております。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに、八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) 同じく不要額のことでお伺いします。本日は各支所の支所長さん達がみんな来ていますので、支所費についてお伺いしますが、この支所費、決算書から見ますと全般で予算総額2億7,527万6,137円です。そこで出た不要額が2,316万2,863円となっております。この不要額の額には、協働のまちづくりの部分がちょっと入ってるようでございますが、各支所ではどのような予算執行をしたのかですね、これざっと当てはめてみただけでも各支所250万は不要額として出ている勘定になります。
 そこで、各支所長さん方にどういう内容だったか。中田がですね、一番不要額が残っているような感じしますので、中田から一つよろしくお願いしたいと思います。なぜ残ったのか、節約したのかですね。それとも当初から過大見積もりだったのか、その理由も含めてお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 中田総合支所長、佐々木茂光君。

中田総合支所長(佐々木茂光君) 中田総合支所、500万程度の不要額が出ております。これは中田庁舎には、教育委員会、産業経済部、農業委員会、建設部と入っておりまして、その部分の維持管理費が主になっております。事業費というものは、独自での事業費というのは持っておりませんので需用費、あるいは維持管理するための委託料等が主でございまして、それらの入札結果、あるいは燃料費等の不要額が主となっておりまして、項目が多いものですから一つ一つ補正で対応をするということは困難であったため、不要額として積み上がった金額が500万ということになります。

委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) それでは2番目のところはですね、津山町になっています。後ちょっと2、3個続けて指名しなくとも状況をお知らせください。

委員長(伊藤吉浩君) 津山総合支所長、高橋正弘君。

津山総合支所長(高橋正弘君) 中田と同様で需要費の燃料関係、それから電気量、以上でございます。

医委員長(伊藤吉浩君) 迫総合支所長、高橋 充君。

迫総合支所長(高橋 充君) 迫の総合支所ではですね、燃料費で前年対比で15.5パーセントの減でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 登米総合支所長、西條利光君。

登米総合支所長(西條利光君) 登米総合支所につきましては、93.56パーセントの執行率でございました。不要額は先ほどお話しにあったように、需用費の残、後は需用費の中の修繕費の残が主なものでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 東和総務所長、千葉幸弘君。

東和総務所長(千葉幸弘君) 東和総務所の予算の執行率は、93.8パーセントでございます。燃料費の縮減とそれから委託料等の執行差額ということで、200万ほど執行残が出ております。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 豊里総合支所長、目々澤義信君。

豊里総合支所長(目々澤義信君) 豊里でございます。豊里につきましては、執行率81.9パーセント、250万ほどの不要額、残がございます。その主なものについてですが、需用費の節減部分がございます。大きいのが通信運搬費、1回線の電話利用回線を休止したと、不要な部分がございましたので、その不要額が50万ほどございました。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 米山総合支所長、小野寺 稔君。

米山総合支所長(小野寺 稔君) 米山でございます。予算執行率88.91パーセントというようなことで、不要額が286万2,000ほど発生してございます。これまでの支所と同等でございます。需用費の燃料費のいわゆる削減、それから庁舎管理の委託料の執行残というようなものが主になってございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 石越総合支所長、小野寺千秋君。

石越総合支所長(小野寺千秋君) 石越におきましても不要額につきましては、需要費が主なものでございます。それから石越総合支所に関しまして、協働のまちづくりで30万円ほどの残が出ておりますけれども、25年度につきましては100万執行いたしましたが、事業そのものにつきましては4事業ということでございましたので、若干残が出ましたけれども地域内の需要につきましては十分お答えできたと感じております。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 南方総合支所長、高橋美守君。

南方総合支所長(高橋美守君) 南方総合支所でございます。26年度の執行率は、96.44パーセント、不要額は143万ほどになっております。これも需要費の節減とか、あと委託料のですね差額などが主でございます。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) どうもありがとうございました。大体、予算残額合ってました。ぴったり合ってたのはですね、私が調べたのですよ、登米町、南方さん、あと私がちょっと調べ方が悪かったかなんか残額がちょっと違いますが、今の様子を聞きますと本当に皆さん予算を大事に使ってきたと。いろいろ燃料費とか事業費の節約が一番良かったんじゃないかと思いますが、しかしこれなぜ皆さんに聞いたかと言いますと、今回不要額が本当に今まで聞いていたようにたくさん出ました。
 本当に必要があって予算計上したのか、議会ではもう必要があって出されたと思って全部承認しておりますので、それが執行されないとなるとどういう理由かなというふうなことで、今日はその意見が大分出たんですが、私も各支所が地域にあって、何かしてくださいと頼みに行くと、「予算がないない」と言われると。この予算の中身だと思うんですね。例えば、大きい何処か直してというのは予算がない、需用費なら余るくらいあるというふうなことになるかと思います。
 とにかく支所の方ではですね、適正な見積もりの中でそういった今の節約の精神をもって、市民サービスの方に頑張って欲しいと思います。とにかく行政の活動というのは、全て住民の福祉向上のために行わなければならないわけでございますから、しかも「最小の経費で最大の効果と」こういう大きい目的がございますので、頑張っていただきたいと思います。ありがとうございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) 二階堂委員がご質問しました件につきまして、若干確認させていただきたいと思います。
 2款1項1目6歳目の関係でありますけれども、職員厚生費です。メンタルヘルスケアの関係でありますけれども、26年度において19人、そして3人の方々というふうな数字的なお話しはされました。ここに再確認ですけれども、このことにおける対応効果、さらにはそれらを含めて26年における課題、そして今27年度においては、それをクリアしようとして実際やっていると思いますので、27年度における状況。この3点について、簡単にでよろしいですから。

委員長(伊藤吉浩君) 人事課長、阿部孝弘君。

人事課長(阿部孝弘君) お答えをいたします。先ほどの数字の件は、その通りでございます。
 それから課題と27年度の考え方ということでございます。まだ、今年度半年経過しておりませんが、今年度につきましても依然としてメンタル疾患の職員は増加の傾向にございます。その原因は様々でございますけれども、これまでの対応だけではやはり不十分なんだろうなというふうに認識をしておりますので、これまでの対応に加えて、現在その対処の方法を考えております。
 それから今年の12月からストレスチェックということで、メンタル面での職員の状況を調査しなければならないということになっております。そのストレスチェック、これも重要なツールでございますので、それも含めまして総合的に考えていかないとなかなかこの減少傾向に持っていくことは難しいんではないかと、そのように考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) ですから26年度の段階でそういった状況について、しっかり精査しておけば、27年度における対応のあり方というものは自然と出てくるわけです。今それを検討しているような状況では対応が鈍い。
 ですからそれぞれの年度の中で執行されたものに関しては、委員長が言っておりましたように、しっかりとした結果と成果を見つめ、課題を整理して27年度に向けた1日1日の歩みを進めていかなければ、こういったことは解決しないのだろうというふうに思いますので、そういった対応をぜひ強めていただきたいというふうに思います。
 それからグリーン購入の件につきまして、この項目にあるものですから、いわゆる2款1項6目3細目19節。ですからこれは、本当は地球温暖化を含めて環境を大切にするというふうな視点がございまして、平成13年にこれはできたわけでありまして、どちらかと言うと市民生活部で管轄しておった方がこの内容については整理されやすいのではないかなと思いますけれども、ここにありますので、ここでこのグリーン購入の内容についてご質問させていただきたいと思います。
 これは調達方針について、登米市も平成19年度にその方針をまとめたところでありますけれども、それに向けて前に私はこれを2度も3度も質問した経緯があります。これがしっかり各職場、各職域に浸透することが大切だろうというふうに思います。ここで、八木委員さんのようではありませんけれども、代表してでもいいですし、各総合支所の方々に総合支所におけるグリーン調達の現状についてお伺いを申し上げたいと思います。全員とは言いませんので、一番最初の迫でよろしくお願いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 迫総合支所長、高橋 充君。

迫総合支所長(高橋 充君) 26年度のですね、グリーン購入費でございますけれども、大きく2つあります。消耗品関係と事務用品の関係でございます。消耗品というのはトイレットペーパーが中心でございまして、金額で16万7,412円でございます。事務用品、器具関係でございますが、26度は大会議室の椅子・机を購入いたしましたので、これで342万576円、合計で358万7,988円となっています。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) 平成19年度の調査からすると迫の部分に関しては、逆にグリーン調達費が減になっております。これは全体の中で、全体調達を本部の段階でやったりするというようなこともあったのかと思います。
 そこで、グリーン購入のメイン事務局と言いますか主管部の中で、全体の量についてどのように26年度の実績をお持ちであるか、お願いを申し上げたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 総務課長、大柳 晃君。

総務課長(大柳 晃君) 現在、手元に持っているデータにつきましては、それぞれのいわゆる適合割合のパーセンテージのデータを持ってございます。全体で6分類の59品目となっておりますけれども、その中で印刷用紙、これが82.2パーセント。それから文具類86.8パーセント、応室家具類63パーセント。この三つが残念ながら目標を達成することができなかったという状況となってございます。
 これにつきましては、各部署にフィードバックいたしまして、再度ご指摘がありました意識の向上に向けた取り組みを進めていきたいというふうに考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) 今はパーセンテージを話していただきましたけれども、OA機器類、電気製品類、自動車類についてはどういった状況にあるのか。それで全体としてどの程度の、できれば対比として、25年度対比でどういった推移になっておるのか。
 さらにこれは一般会計分だと思いますけれども、病院とか水道の分についてはどのような把握の仕方をしているのか。

委員長(伊藤吉浩君) 総務課長、大柳 晃君。

総務課長(大柳 晃君) 説明不足の部分がございました。OA機器につきましては、93.5パーセント。それから自動車関係につきましては100パーセントという数値になってございます。全体では89.6パーセントということで、前年度、25年度対比でございます。91.4パーセントと比して、マイナスの1.8パーセント、ポイントが下がっている状況でございます。
 それから実績の把握でございます。市長部局を中心とした把握となってございまして、内容等につきましては、ポータル等に開示いたしまして、全体の方に周知をしているというような状況でございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 病院、水道関係。

総務課長(大柳 晃君) 総務課としては、把握はしておりません。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) ですから私は市民生活部なのかなというふうに思うんですよ。このことの本質的な目標は、そこにあるわけですから。病院も水道会計もここ何十年間ずっとしていないんです、これ。前にも質問したときは、一般会計分としか説明はなかったんですね。その辺の整理の仕方は一考すべきかなというふうに思いますし、どこでこういうことが中心になって取り組んで、どういった成果を求めるのか。成果を求めるためにやっているわけですから。そこを履き違えないようにしていただきたいというふうに思います。
 もしその点あれば。市民生活部ですか、どちらですか。

委員長(伊藤吉浩君) 総務課長、大柳 晃君。

総務課長(大柳 晃君) ただいまのご指摘の件でございますが、実行体制としてどういう規模が、体制が一番効率的なのかという部分につきまして、ただいまご指摘いただいたことを再考いたしまして、検討を進めていきたいというふうに思います。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) それでは、次に交流の関係でございます。国内交流の関係で、前にお話しておりました入善町との交流の深化を求めるというようなことを、先2014年にお話しした経緯がございます。
 そこで市長は、交流の深化に努めるというようなお話をされました。これに向けた取り組みはどのようになされて、どういう深化を26年度遂げたのか。

委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 入善町との交流についてのお尋ねでございますが、26年度につきましては、交流の深化に向けまして、こちらの担当と入善町の方にですね、マラソンの際に一緒に同行させていただきまして、入善町の交流の事務局であります教育委員会の方々、教育長さん含めてですけれども、交流に向けた意見交換をさせていただいたところでございます。
 その結果でございますけれども、当面ですね、お互いのイベント等において交流を図るというふうなことで進めていこうというふうな内容でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) 市長、交流の深化とは、そういった程度のものだったんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 人的交流のみならずですね、産業の部分での交流ということもございます。以前、入善町にお邪魔をした際にですね、登米市の環境保全米のライスパック、入善町の工場で製造されているというような状況、またその工場の中では入善町のコシヒカリも同様に、ご飯パックを製造されているというようなつながりもございます。
 そういった意味では、やはりお互い共通した食文化というものもございますので、農産物等の連携というものも、しっかりと図らなければならないというふうな認識を持っております。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) その話は、前市長もなされたように記憶しております。いわゆるそれを担当する部署がマラソンに行った際に、教育部局とお話ししてきた。やっぱり部局は部局の中での話し合いにしかならなんですね。国際交流を含め、国内交流も交流という存在は何なのかということをもうちょっと突き詰めて執行にあたってやっていかないと、なかなか深化を進めるというのはできないんじゃないですか。しっかりとその歩みを進めることが大切だというふうに思います。
 ですから、ここにもやっぱり結果と成果ではきちんとした住み分けの整理がなされていないからこういうことになるんだと思いますよ。担当部どうでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 委員には昨年もそういったご指摘もいただきまして、確かに私も産業面も含めた様々な交流を進めさせていただきたいというふうなことでお話しを申し上げました。
 そういったことから、ただいま市民活動支援長がお話しいたしましたように、時期としてはマラソンの時期でございましたけれども、あえてこちらから職員を派遣してですね、そういった担当部局同士の申し入れもさせていただきました。
 また、それに合わせて今年ですね、10周年記念でこちらにですね式典においでいただきました入善町長さんを始め、議会の先生も若干来ましたけれども、そういった中でも交流のあり方についてもう少し幅広くですね、子供たちの人的交流だけじゃなくて、地域と地域の交流に広げていきたいというふうなお話も申し上げさせていただきました。
 その後、また今年こちらから職員を派遣してですね、具体的な交流のあり方、実際実施する一つの手段として、どういったステップを上がっていくのかというふうな具体的な話をするために職員を派遣してございます。ただどうしてもですね、交流につきましてはいわゆる相互交流でございますので、こちらだけの思いなりで全て進むわけでもございませんのでですね、その辺につきましては、なかなか目に見える形をすぐにというのは難しいところでございますけれども、ただお互いの相互理解の中でより少しでも地域全体の広がりの交流となるような努力をですね、今後ともさせていただきたいと考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) 民間も交えて、ぜひそういった深化の遂げる交流のあり方を進めていただきたいと思います。現に入善の水を使って加工しいてる方もおりますので、誰とは言いませんけれどもそういったことが非常に6次化産業の中でも生かされている現実もあるようでございますので、そういった取り組みをぜひ進めていただきたいというふうに思います。
 それでは、今日は総合支所長の方々も来ておりますので、これは質問というよりもちょっとお聞きしたいことでございますのでお許し願いたいと思います。
 豊里町の下町町内会コミュニティセンター建設事業ということで、1,500万ほどの補助金がありました。この建設にあたって、木質化とか地域産材とかそういったことはどういった位置付けで、市側と関わりがあったのか、ないのか。

委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。では最初、豊里総合支所長、目々澤義信君。

豊里総合支所長(目々澤義信君) 支所の方では担当をしておりませんので、市民活動支援課の方でお答えいただくことになります。よろしくお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) あと例えば、これは内容はよく分からないんですけども、交通対策費の15節、登米市産業高校前バス乗降場の整備工事があります。このことについてもさっきいったことの内容について、どういった認識を持っているか。これはこっちですか。

委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、佐藤浩君。

市民活動支援課長(佐藤浩君) お答えを申し上げます。登米産業高校前のですね、バスの乗降場につきましては、バスが回転する部分のアスファルトの舗装とですね、それからお客さんが待合のための屋根ということでございますが、屋根につきましては、木質でない金属のものを使ってございます。いわゆる木質等については、使っていない状況でございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。答弁訂正。総務課長、大柳 晃君。

総務課長(大柳 晃君) 大変申し訳ございません。先ほどの答弁に認識の誤りがございました。グリーン購入のデータ的には、水道・病院等の企業会計部分は含まれたデータということで整理をさせていただいております。大変失礼いたしました。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。
 それでは、ここで10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後15時03分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後15時12分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。監査委員、千葉良悦君から早退の届け出があります。
 ほかに質疑はありませんか。熊谷憲雄委員。

20番(熊谷憲雄君) それでは、追加説明書の54ページ、国内交流費のところから登米市在京町人会連絡協議会の総会が昨年の7月25日に開催し、17人の参加があったと。今年も各旧町で東京何々会の総会が開かれていると思いますが、先日中田町にふるさと訪問ツアーということで、東京中田会、それから横浜の中田連合自治会の人達が22名、今月の11日から13日の日程でまいりました。中田では、横浜の緑区に中田という町がありまして、そこと旧町時代から物産展を開いて交流を行っております。また、葛飾の中野橋町内会、そこにも物産展で行っております。中田の今までは農産物、それから油麩とか、りんごとかですね、いろんなものを持って行って、販売して、餅つき大会をしたり、そうして交流を深めている。
 本当にこの町人会、その総会に参加するだけでなく、逆にその町にゆかりがなくとも、また来ていただくというようなことが本当に理想ではないかなと私は思っております。その地域の人達に、登米市のおいしい農産物、おいしいものを本当に食していただくと。先日サンシャインで歓迎会をしましたが、その折にも仙台牛のしゃぶしゃぶ、仙台牛じゃない、仙台牛も出しましたし、それから大泉のポークのしゃぶしゃぶも出しました。それから上沼のきゅうり、本当に一級品ばかり、ごちそうして大変喜んでいただいたわけでございます。市長にも参加をしていただきまして、歓迎の言葉もいただきました。
 各所長さん方にもお伺いしたいんですけれど、このようなことをやれというのはちょっと、ただ中田で今このようにやっていることについて一言ずつ。

委員長(伊藤吉浩君) 迫総合支所長、高橋 充君。

迫総合支所長(高橋 充君) 私も以前、中田の総合支所長でございましたし、それについては大変よろしかったと思ってございます。
 それで東京迫会の方ですけども、今年は7月の夏祭りの日にふるさと訪問ツアーということで企画いたしまして、ウエルカムパーティーで登米産食材を提供したところで大変喜ばれたところでございます。また、11月一日に総会がございますので、30周年記念ということでお土産に宮城県の環境保全米を持っていくというような予定でございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 登米総合支所長、西條利光君。

登米総合支所長(西條利光君) 登米町では、毎年こちらから出向いてですね、仙台登米会開催の総会の席上に出向いてですね、今年も商工会、森林組合、農協関係の役員と一緒に行ってきましたが、ふるさと納税のPR、市歌のPRをして、最後は校歌を歌って解散してきたんですけれど、東京では2年に1回お邪魔して、同じようなことをやってきていると。  合併前は、登米の物産を持って東京まで行ってですね、油麩等を持っていって、そこで展示販売して、全部完売して帰ってきたということもありましたが、今はそこまでは行ってないと。
 それで今、中田町さんの取り組み、向こうの町人会なりが登米市にいらっしゃって、こちらで交流しているというお話聞きましてですね、大変新鮮、これまで登米ではそういうのはなかったものですから、来るというときにはウエルカムで、同級生で歓迎しますが、町をあげて歓迎するというのがなかったものですから、非常に新鮮に感じました。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 東和総合支所長、千葉幸弘君。

東和総合支所長(千葉幸弘君) 東和の方でも仙台東和会、そして東京宮城東和会の総会等に東和の特産品を持って販売等しております。また、今年はですね、東京東和会では、生しいたけ、ほだ木についた生しいたけを持って行ってプレゼントしたということで、非常に喜ばれており、今後ですね、そういったこの産業の振興にも物産の交流にも拡大すればいいなと思っております。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 豊里総合支所長、目々澤義信君。

豊里総合支所長(目々澤義信君) 豊里の在京豊里会というのがございまして、結成40年目を迎えてございます。例年3月の下旬頃に総会がありまして、こちらの方から私はじめ町内の各組織の代表さん、市議の皆さん等々で参加をしているところでございます。なお、物産の販売等も地元のはっととか、そういったものをそろえながら、「地元の物産こういうのがありますよ」ということで紹介を兼ねながら販売もしているところでございます。
 こちらでの地元での交流というのはこれまでなかったかというふうに思いますが、そういった面も含めて在京の役員さん方とそういったお話も今後進めていけたらいいなというふうに思ってございます。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 米山総合支所長、小野寺 稔君。

米山総合支所長(小野寺 稔君) 米山でございます。やはり米山でも東京米山会がございまして、3月に総会を開いているというようなことでございます。出席者につきましては、ただいま支所長さん達から紹介なった人員でこちらから出向いているわけでございますが、やはり物産につきましても米山の主たる物を持参いたしまして、販売促進を、PRを行ってございます。
 ただいま中田さんのですね、そういった交流、ぜひ市内全域っていいますか米山もぜひ参考にさせていただいて、交流を深められればよろしいかなと思ったところであります。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 石越総合支所長、小野寺千秋君。

石越総合支所長(小野寺千秋君) 石越でございます。石越におきましても東京石越会の総会を11月8日に東京上野で開催する予定になってございます。アトラクションを通じた交流等毎年行っておりますが、中田町域の取り組みについてもこちらからご紹介して、活動に参考にさせていただきたいと思います。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 南方総合支所長、高橋美守君。

南方総合支所長(高橋美守君) 中田町さんでの取り組みにつきましては、町と在京町人会のつながりを深めるため、大変有意義なものだと感じております。
 南方ではですね、10月の25日に在京町人会の総会がありますので、ぜひ今のお話を情報提供としてですね、今後のあり方について役立てていきたいというふうに思っています。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 津山総合支所長、高橋正弘君。

津山総合支所長(高橋正弘君) 貴重なご意見いただきましたので、11月に仙台の方で総会ございますので、その席で執行部の方と協議・調整したいと思います。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷憲雄委員。

20番(熊谷憲雄君) 今、せっかく支所長さんたちが来ているものですから、一言ずつ聞きたいなということでお伺いいたしました。 各町で、仙台、東京とおのおの一回ずつ行っているところ、それから2年に1回の東京の開催だっていうところとかいろいろありましたが、各町それぞれ物産を持って、それを販売しているようなことで、本当に農業もこのようなときですから、ぜひ都会の方たちに登米市のいいものを大いにPRしていただいて、産業の発展に寄与していただければなというふうに思います。
 それから去年もちょっと聞いたんですけれども、しつこいようですが支所の維持管理で、米山の支所長さん、なんでこの今年も混合油がこんなに高いのかなと。東和、南方、ここに載っているのでは津山、186円から205円、米山が315円。どういう訳だかちょっと教えていただけますか。

委員長(伊藤吉浩君) 米山総合支所長、小野寺 稔君。

米山総合支所長(小野寺 稔君) 米山でございます。委員のご指摘でございます。
 昨年のこの決算審査特別委員会でも指摘受けたところでございます。その後、9月以降につきましては、町内の販売店の単価を確認させていただいて購入を図っているところでございますが、この決算成果に表れる数字というのは、9月前の購入に当たったためにですね、こういった単価になっていると。27年度の成果からは、いわゆる一般の単価になっているということでございますので、その点ご了承お願いしたいなと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷憲雄委員。

20番(熊谷憲雄君) 私は、結構混合油使うものですから、ガソリンとそれからオイルと、オイルはJAさんのスタンドで購入するわけですけれども、ガソリンが例えば160円にしても、後オイルというのは500ccで1,000円。そうするとね、大体単価としては、1リッターに40円プラスすれば、自分で作るのだから、200円あれば混合油は作れます。
 だからほかの支所の南方、津山、東和が妥当なのかなと。突出して米山さんが315円というのがなんか納得いかないというか。監査委員さん、これはどのように見ましたか。

委員長(伊藤吉浩君) 監査委員、島尾清次君。

監査委員(島尾清次君) 昨年の決算でもご指摘いただきましたので、その後のですね、定期監査でガソリン等の購入数量、あるいは公用車の走行距離、それから燃費等詳しく調査をさせていただきました。
 その結果、ガソリン等についてはですね、単価契約ともしていることもあって、特に問題等はありませんでした。しかし、ご指摘いただきましたこの米山町の混合油についてはですね、ご指摘いただく前の9月までの前に購入した分が26年度の決算にも表れてきたということでございます。ですから支所長が言われるようにですね、来年度の決算ではこういった数字は出ないものというふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷憲雄委員。

20番(熊谷憲雄君) いくら言ってもしょうがないから、まず適正な単価で物品は購入するようにお願い申し上げて終わりにします。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) これで1款議会費、2款総務費の質疑を終わります。
 ここで説明員の入れ替えのため、暫時休憩致します。
 
          休憩 午後15時28分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後15時30分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、3款民生費、4款衛生費について質疑を行います。質疑はありませんか。工藤淳子委員。

5番(工藤淳子委員) 成果説明書の142ページ、事業概要及び効果のところに、登米市子ども・子育て会議を4回開催して、登米市子ども・子育て支援事業計画を作成したということで、まだ全員の議員には配布されていませんけども、教育民生には資料が配布されたようで、これを読んでちょっとあの今後の進め方についてちょっとお尋ねしたいと思います。何点か。議員向けには10月6日ですか、前に聞いたときには全員協議会があるんで、そこで提案されるような話も受けたので、そこでもできるんですけどもちょっとお尋ねいたします。
 計画案が子ども会議で大枠を決めて、そして幼稚園と保育園の一体化に向けた具体的な中身にこの方針はなっています。それで、現場の保育所の所長さんたちは分かっているのかなとちょっと聞いたところ10月の、今月の4日にあの保育所長部会というか会議があって、その中で示されたっていうことで、何人かの園長さんにお聞きしたんですけれど、「あまり急なのでびっくりした」という声が多く聞かれました。
 例えば今、市の方では民営化についてこれまでもずっと進めてきてますけども、具体的にもっと関係者の意見を聞いて、この案を出すべきじゃないのかなと私はちょっと思うところがありました。後その9月の5日のとき、4日のときに開かれたその所長さんたちの資料も見せてもらったんですけど、その中には具体的に事業費の金額等も書いてあって、子供の人数とか書いてあったので、その点はどういうふうに考えるか。
 例えばですね、まだ園長さんに話聞いてみるとその事業費、どこにどういうふうに一体化をしていくか、個人的に迷っている園長さんたちが今までずっといたみたいです。それをいきなりああいう形で出されて、突然の方針計画を出されて、「これに乗っかんないとできないのかなあ」というそういう不安にさせさせられたと言うんですけれど、その点と、それからこの保育所指針の中には、その中に一体化を「全ての幼保連携型認定子ども園としての運営を目指します」とはっきりここに書いてあるんですけど、この関連でこういう規定の仕方でいいのか、その辺の考えをまずそこら辺を伺います。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君

子育て支援課長(鈴木文男君) 子ども・子育て支援事業計画の考え方でございますけれども、議員皆さまにこういった形で、黄色い表紙の計画書を既にお配りしているというふうに思っております。
 そういった中で、その子ども・子育て支援事業計画では、平成31年までの保育ニーズに応えるべく、施設の確保の方策というものを記載している状況でございます。先般10月4日、登米地方保育所連絡協議会の席におきまして、登米市の実施計画の概要的な部分でご説明したところでございます。その中で、今般実施計画に載っておりますその認定こども園化の内容をお示ししたという状況になっております。それでこの子ども・子育て支援事業計画の中で、一体化、認定こども園化に向けて取り組むという内容でございますが、これにつきましては、公立の保育所・幼稚園の再編に限った部分でございまして、民間の方まで再編をこのように進めるという記載にはなっておらないという状況でございます。
 以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 工藤淳子委員。

5番(工藤淳子委員) 今示されたその冊子には、具体的に今回園長さんたちに出された何年に移行と何年に進めるというそういうのまで示されていますか。ちょっと私もその本の中身は確認されていないので、その辺を。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 子ども・子育て支援事業計画につきましては、そこまで具体なものは示しておりません。あくまでも登米市総合計画実施計画に基づいた再編整備という位置付けにもなってますので、そちらの方で認定子ども園、公立の保育所・幼稚園の再編に伴う認定子ども園化という形で、実施計画上記載しているという状況でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 工藤淳子委員。

5番(工藤淳子委員) だから大まかなことは子ども子育て会議で、大まかな見通しの大きいところは子ども・子育て会議で話合われたと思うんですけれど、それは示されていると思うんですけれど、具体的に例えばですね、今、公立だけ、公立の幼稚園と民間保育所の両方一体化だって言ったんですけども、公立だけの問題じゃないんですよね。そして、登米市内は公立8カ所ありますけども、民間も10カ所の保育園があります。そういう含めた形でのやっぱり整合性を図らなければならないので、出すときももっと事業者の意見も保育所関係の意見聞くべきしゃないかなと思うんですね。
 そして例えばですね、園長さんたちが話していたのは財政の問題です。6番議員が午前中の会議でもこの幼保一体化に30億円の計画でありましたけど、この予算で示されているのを見ると1億一千幾らとか1600万とか、1億超えた額が示されていますけども、この補助金で本当にやれるかって園長さんたちは不安がっています。これは対象になるのは建物だけ、そして国と県からの3分の2の補助で、もちろん市からも出ると思うんですけれど、こういうこともあって、例えば私の町の登米保育所、登米町は民間と公立が1カ所ずつ、そして民間の幼稚園が1カ所あります。民間の保育所のところは、本当に山の上にあるので、本当何年も前から園庭が狭くて運動会もできないような状態なので移転を考えてて、もしこういう制度があれば乗っかってやりたいと思ってると私も相談を受けたりして、あと市民生活部、支援課にも行って相談したりしてますけれども、市の条件は、公立の保育園がそういうふうに造る場合は、市有地をということで限定してますけども、登米の町の場合はその園長さんが言うには、市有地がなかなかない、適当なところね、そういうときには、見つかればいいんですけどもね、それでやれますけども、見つからない場合もあって、その土地を確保するのに何千万というお金はできないというそういう意見もあります。それで子供の人数も登米の町は160人でしたかね、あるんですけど、だからそういう関連でこの案も計画案も立てるべきじゃないかなと私は思うんですけれど、その辺はどうでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) その市有地の貸与ということにつきましては、そういった趣旨を持ちながら今進めているところでございまして、市有地を確保できないというような、公立の再編に絡んで民間にお願いするんですけれども市有地を確保できないというような地域につきましては、ある程度土地取得、もしくは建設部分相当ぐらいの補助なりを考えながらということでも検討しているところでございます。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 工藤淳子委員。

5番(工藤淳子委員) そのある程度の補助というのは、具体的にどの位かわかれば。
 それと例えばですね、その土地を取得して市有地でやったとしても、建設費用となった場合にね、所長さんたちの話によると毎月50万ぐらい、月ですよ、月50万くらいの経費を削減しないとできないようなあれがなっている。成果表にもその下の方に、市立保育園の処遇改善を行ったってありますけども、そういう改善ではとてもとても間に合わない状況があるってことがあるっていうこともあります。その辺も聞きたいのと、それから子供の人数が公立の豊里では200人、それから登米の今言われた登米子ども園となってますけれど、ここには160人とかこの人数があるんですけど、こういう設定ではどうかなあって本当に、元保育者なんですけれど見れるのかなあって思います。
 保育園・幼稚園の4、5歳児位だったらもしかしてできるのかもしれませんけど、保育園にはまだはいはいの赤ちゃん、それからよちよち歩きの子供、そういう子供たち含めての今80何人、90人定員でやっているわけなんですけど、200人となっていつ起こるかわからない災害・震災が起きたときに、こういうのが本当にできるのかなと思いますけどその辺をお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 施設の規模ということでございますけれども、ご承知の通り今、市内で十分な有資格者を確保できないという状況にもなっております。そういった部分も含めまして、ある程度合理的なといいますか、そういった人員の確保、十分な人員の配置を含めた中でこれからそういった整備をしていけばなという考えもございまして、できるだけ統合という形で進めるという方向で検討したところでございます。
 それからその規模につきましては、一応幼稚園の子供ということで、1号認定の定員、それから保育の必要な子供ということで2号認定の定員というような部分で、3号認定もございますが、そういった認定区分ごとの定員を設定して、十分見守れるような環境で整備していきたいというふうには考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 工藤淳子委員。

5番(工藤淳子委員) これから少子化になってくるんで、この規模ね、規模の問題はぜひ検討しなくちゃないんじゃないかなと思います。5年後、5年間の中でやると言うんですけど、その5年後には国で示されている人口減少ではかなり減ってくる、子供も少子化になってくるとも言われているんで、これからの進め方の中でぜひ園長さんたちとそういうのは検討していただきたいなと思って。まず現状を、現場の意見をよく聞いて計画を進めていただきたいということを思います。
 それからもう1点だけ161ページの低年齢の助成事業で、今年から県単独の無認可保育園を、小規模保育園を無認可して補助して、機児童解消に向けたって、向けましてその事業が載ってますけども、あるお母さんから小規模保育園の一時預かりに子供を預けていたところ、家庭の事情でどうしても、おばあちゃんに見てもらっていたおばあちゃんがどうしても長期に用事で出かけなければなくて、子供を見れる人がいないっていうことでそこにお願いしようとしたら、ちょうど夏休みにもかかっていたところで、夏休み中は幼稚園のそこから出た子供さんたち、幼稚園の子供さんたちが戻ってくるんで無理ですと断られたっていうことなんです。
 それと子育て支援センターにも、近くのセンターに行ってもそこでも断られたって、そしてすごく困っている様子でした。だから一時の預かりなんですけども、本当にこれからもこういう例があるんで、公立の中に2カ所、民間ですかね、一時預かりの保育園は2カ所ありますけども、一時の預かりでもそういうときのために何名か枠を設けておく必要、そういう体制が必要じゃないかと思うんですけれどどうでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 一時預かり事業、一時保育事業の関係でございますけれども、当初民間の方でも3ヵ所、それから公立の方で、公立の方は石越保育所も実施してございますけれど、人員確保できないということもございまして、結果的には2カ所の民間の方で実施していただいたという経過がございます。
 確かに夏休み中につきましては、幼稚園の預かりを利用する子供が増えてくるという事態がございますが、来年度以降、そういった幼稚園の預かり拡充も含めて検討しているところでございますので、そういった事態にはできるだけならないようにしたいと考えているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。中澤 宏委員

9番(中澤 宏委員) じゃあ私から。明日かなと思いましたが、今日お尋ねします。
 病院へのですね、繰出金についてお尋ねしたいと思います。26億の説明がございました。これ病院事業会計の決算書では17ページになります。そこには26億円の内訳が書いてありますけども、ここで補助金、あるいは交付税算入がどの程度、26億円のうちあるのか。一般財源から実質どれだけの金額を繰入しているのか。そのことについて一つはお尋ねしたいと思います。
 それから二つ目は、別冊3の中でですね、ここでは一般会計の一番最後に職員の給与、科目別集計表というのがありますが、一般会計、ここでは児童福祉師、ここで給与人員104人の明細が載っておりますが、下にはですね、臨時職員とか非常勤とかパートを含まないというようになってございますので、決算書の96ページだと思いますが、改めて保育所管理運営費の中の臨時、非常勤、パート等、ここの正職員に対応した部分の数字をお知らせいただきたいと思っております。ここについてはですね、たぶん資料がなければ今日教えていただかなくて結構です。後で数字をいただければいいと思います。これは後ほど幼稚園の方でも聞きますので、今日教育長おいででございますがそういうふうなことで、教育長って、教育部長いますので、後でこれは幼稚園の方のその部分についてもですね、お聞きしますのでよろしくお願いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 財政課長、加藤 均君。

財政課長(加藤 均君) それでは、交付税の関係もございますので、私の方から病院事業に対する繰出金について、数字的な部分ご説明差し上げたいと思います。
 平成26年度病院事業への繰出金につきましては総額、ここに載っておりますが、26億3,125万3,000円という状況でございます。これに対する交付税算入が約9億円ということで算入されている状況でございます。この26億3,000万円の内訳でございますが、商務省の繰出基準に基づくものと、それから改革プランに基づくものと、2種類に分かれております。総務省の繰出基準に基づくものが19億2,000万、それから改革プランに基づくものが7億1,000万ということで、26億3,000万ということになっております。
 前年度、前前度の状況をご紹介しますと、平成24年度につきましては20億6,000万、それから25年度につきましては18億5,000万ということで、20億円以内、あるいは20億前後ということで、この程度で落ち着いてきたわけですが、26年度につきましては、ご承知いただいております通りですね、電子カルテシステムの導入ということで5億4,000万ほどの経費がかかっております。これに対しまして、一般会計から繰り出したという部分もございますし、それから米谷病院の整備の関係で1億1,000万ほど、こういった部分の繰り出しがあったということで、大きくなっている状況でございます。
 以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 保育所関係の人件費につきましては、明日提出ということでよろしくお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏委員) じゃあ人件費については後ほどね、資料でいただきたいと思います。
 それでは今財政課長から説明がありましたが、この病院事業会計には26億円の内訳が1番から16番まで載ってございます。この名称、この繰入額に対応したその数字がどのようになっているのかお知らせいただきたいと思っております。今説明にもありましたが、去年は20億6,000万、その前は18億5,000万、いずれもですね、建設事業を行っておりますので、たまたまそういう事業が大きいと非常に繰り入れも大きくなるのかなと思いますし、改めて多額になりましたこの繰り入れの状況がどのような状況になっているのか、詳しく教えていただきたいと思います。これも今日でなくて財政課長、結構でございますので、整理して後で教えてください。お願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 財政課長、加藤 均君。

財政課長(加藤 均君) 具体な数字は持ち合わせてございませんが、概要について申し上げますと総務省に・・・それでは後ほど。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏委員) 1点だけお聞きいたします。121ページ戦没者追悼式でございます。
 26年度は、各地区の遺族、あと来賓ということで370人、今年は70周年ということで様々なイベントありましたが、28年度にはまたこの26年度規模になるのかなというふうな予想がされるわけです。
 そこでですね、この所感として今各地でこの戦没者追悼式のあり方、孫子に伝えるため子供たちも参列というかこの式にですね、参加してる自治体もあるということで、登米市の今後の、26年度振り返り、28年度以降戦争風化させてはならんという意味でも私は子供たちの参加もぜひ募るべきと思う1人でありますが、今後のあり方をどのように検討するかお聞きいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、鎌田信之。

生活福祉課長(鎌田信之君) 戦没者追悼式でございますけれども、今年につきましては70周年ということで、企画も70周年記念式典も行ったわけですけれども、来年度以降につきましては、26年度同様ということでは考えておりますけれども、会場等の面とかいろいろなことも勘案しながらその辺については、また遺族会の方とお話し合いを進めながら今後も検討していきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉委員) 120ページのですね、1細目社会福祉総務費一般管理費という中でちょっとお伺いしたいと思います。
 東北新生園の関係でその利用の状況ですね、この検討とかそういったことはどうなっているのか、お伺いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 成果表169ページにございますが、市長を会長としまして、東北新生園の将来構想を進める会ということで、平成26年12月に立ち上げまして、東北新生園についての協議を進めているところでございます。
 内容ついては、治療棟等複合施設の建設に向けて希望が出ておりますことを取りまとめ、県への申請をし、さらに新生園の今後についての検討を進めるというところ主題に協議しておりところでございます。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉委員) すみません、169ページね。それで、これがそういうふうに検討するということになっているんですけれども、実際には検討する会議とか打ち合わせとかがそうしたものが進んでいるのかどうかということでお伺いしたいと思うんです。まずお伺いします。

委員長(伊藤吉浩君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 検討会を実施しております。さらに、市長等が東京、国会への審議をする際にお話しを持って行って協議しております。ということで、協議は数回進んでおります。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉委員) その辺がですね、実際に新生園におります自治会の皆さんであるとか、入所者の皆さんそういった方々のですね、協議はなかなか進んでいないというように聞いておりましたので、これも全国的に見ますとほかの施設でもどんどんと利用の拡大や何かのことが進んでいるようでございますので、そういった点ですね、これで終わりにしないで、もっともっと進めて早くに皆さんが安心できるようにしていただきたいというふうに思いますけれどお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 今後につきましても自治会長さんを始め、施設の職員の方々と協議を進めておりますので、今後とも継続してまいりたいと考えております。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。
 審査の途中でありますが本日の会議はこの程度とし、これで散会したいというふうに思います。
 なお、次の会議は9月17日午前10時から行います。本日はこれで散会いたします。
 
 
          散会 午後4時00分
 

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>