•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(伊藤吉浩)
  •   2  12番(佐藤尚哉)
  •   3  委員長(伊藤吉浩)
  •   4  長寿介護課長(金野信義)
  •   5  委員長(伊藤吉浩)
  •   6  12番(佐藤尚哉)
  •   7  委員長(伊藤吉浩)
  •   8  福祉事業所長(熊谷一)
  •   9  委員長(伊藤吉浩)
  •  10  12番(佐藤尚哉)
  •  11  委員長(伊藤吉浩)
  •  12  福祉事業所長(熊谷一)
  •  13  委員長(伊藤吉浩)
  •  14  12番(佐藤尚哉)
  •  15  委員長(伊藤吉浩)
  •  16  生活福祉課長(鎌田信之)
  •  17  委員長(伊藤吉浩)
  •  18  12番(佐藤尚哉)
  •  19  委員長(伊藤吉浩)
  •  20  生活福祉課長(鎌田信之)
  •  21  委員長(伊藤吉浩)
  •  22  12番(佐藤尚哉)
  •  23  委員長(伊藤吉浩)
  •  24  環境課長(木村達之)
  •  25  委員長(伊藤吉浩)
  •  26  12番(佐藤尚哉)
  •  27  委員長(伊藤吉浩)
  •  28  環境課長(木村達之)
  •  29  委員長(伊藤吉浩)
  •  30  委員長(伊藤吉浩)
  •  31  5番(工藤淳子)
  •  32  委員長(伊藤吉浩)
  •  33  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  34  委員長(伊藤吉浩)
  •  35  5番(工藤淳子)
  •  36  委員長(伊藤吉浩)
  •  37  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  38  委員長(伊藤吉浩)
  •  39  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  40  委員長(伊藤吉浩)
  •  41  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  42  委員長(伊藤吉浩)
  •  43  4番(氏家英人)
  •  44  委員長(伊藤吉浩)
  •  45  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  46  委員長(伊藤吉浩)
  •  47  4番(氏家英人)
  •  48  委員長(伊藤吉浩)
  •  49  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  50  委員長(伊藤吉浩)
  •  51  4番(氏家英人)
  •  52  委員長(伊藤吉浩)
  •  53  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  54  委員長(伊藤吉浩)
  •  55  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  56  委員長(伊藤吉浩)
  •  57  4番(氏家英人)
  •  58  委員長(伊藤吉浩)
  •  59  市民生活部次長(千葉ますみ)
  •  60  委員長(伊藤吉浩)
  •  61  市民生活部次長(千葉ますみ)
  •  62  委員長(伊藤吉浩)
  •  63  14番(浅田修)
  •  64  委員長(伊藤吉浩)
  •  65  福祉事業所長(熊谷一)
  •  66  委員長(伊藤吉浩)
  •  67  14番(浅田修)
  •  68  委員長(伊藤吉浩)
  •  69  福祉事業所長(熊谷一)
  •  70  委員長(伊藤吉浩)
  •  71  14番(浅田修)
  •  72  委員長(伊藤吉浩)
  •  73  福祉事業所長(熊谷一)
  •  74  委員長(伊藤吉浩)
  •  75  14番(浅田修)
  •  76  委員長(伊藤吉浩)
  •  77  福祉事業所長(熊谷一)
  •  78  委員長(伊藤吉浩)
  •  79  14番(浅田修)
  •  80  委員長(伊藤吉浩)
  •  81  22番(庄子喜一)
  •  82  委員長(伊藤吉浩)
  •  83  長寿介護課長(金野信義)
  •  84  委員長(伊藤吉浩)
  •  85  22番(庄子喜一)
  •  86  委員長(伊藤吉浩)
  •  87  市長(布施孝尚)
  •  88  委員長(伊藤吉浩)
  •  89  3番(佐々木幸一)
  •  90  委員長(伊藤吉浩)
  •  91  国保年金課長(千葉清)
  •  92  委員長(伊藤吉浩)
  •  93  3番(佐々木幸一)
  •  94  委員長(伊藤吉浩)
  •  95  子育て支援課長(鈴木文男)
  •  96  委員長(伊藤吉浩)
  •  97  3番(佐々木幸一)
  •  98  委員長(伊藤吉浩)
  •  99  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 100  委員長(伊藤吉浩)
  • 101  3番(佐々木幸一)
  • 102  委員長(伊藤吉浩)
  • 103  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 104  委員長(伊藤吉浩)
  • 105  3番(佐々木幸一)
  • 106  委員長(伊藤吉浩)
  • 107  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 108  委員長(伊藤吉浩)
  • 109  3番(佐々木幸一)
  • 110  委員長(伊藤吉浩)
  • 111  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 112  委員長(伊藤吉浩)
  • 113  委員長(伊藤吉浩)
  • 114  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 115  委員長(伊藤吉浩)
  • 116  3番(佐々木幸一)
  • 117  委員長(伊藤吉浩)
  • 118  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 119  委員長(伊藤吉浩)
  • 120  3番(佐々木幸一)
  • 121  委員長(伊藤吉浩)
  • 122  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 123  委員長(伊藤吉浩)
  • 124  国保年金課長(千葉清)
  • 125  委員長(伊藤吉浩)
  • 126  6番(浅野敬)
  • 127  委員長(伊藤吉浩)
  • 128  長寿介護課長(金野信義)
  • 129  委員長(伊藤吉浩)
  • 130  6番(浅野敬)
  • 131  委員長(伊藤吉浩)
  • 132  長寿介護課長(金野信義)
  • 133  委員長(伊藤吉浩)
  • 134  11番(及川昌憲)
  • 135  委員長(伊藤吉浩)
  • 136  環境課長(木村達之)
  • 137  委員長(伊藤吉浩)
  • 138  11番(及川昌憲)
  • 139  委員長(伊藤吉浩)
  • 140  環境課長(木村達之)
  • 141  委員長(伊藤吉浩)
  • 142  11番(及川昌憲)
  • 143  委員長(伊藤吉浩)
  • 144  環境課長(木村達之)
  • 145  委員長(伊藤吉浩)
  • 146  11番(及川昌憲)
  • 147  委員長(伊藤吉浩)
  • 148  委員長(伊藤吉浩)
  • 149  市民生活部長(神田雅春)
  • 150  委員長(伊藤吉浩)
  • 151  建設部長(千葉雅弘)
  • 152  委員長(伊藤吉浩)
  • 153  11番(及川昌憲)
  • 154  委員長(伊藤吉浩)
  • 155  市民生活部長(神田雅春)
  • 156  委員長(伊藤吉浩)
  • 157  委員長(伊藤吉浩)
  • 158  1番(熊谷和弘)
  • 159  委員長(伊藤吉浩)
  • 160  商工観光課長(遠藤亨)
  • 161  委員長(伊藤吉浩)
  • 162  1番(熊谷和弘)
  • 163  委員長(伊藤吉浩)
  • 164  商工観光課長(遠藤亨)
  • 165  委員長(伊藤吉浩)
  • 166  1番(熊谷和弘)
  • 167  委員長(伊藤吉浩)
  • 168  商工観光課長(遠藤亨)
  • 169  委員長(伊藤吉浩)
  • 170  1番(熊谷和弘)
  • 171  委員長(伊藤吉浩)
  • 172  商工観光課長(遠藤亨)
  • 173  委員長(伊藤吉浩)
  • 174  21番(及川長太郎)
  • 175  委員長(伊藤吉浩)
  • 176  ブランド戦略室長(渡邊誠)
  • 177  委員長(伊藤吉浩)
  • 178  商工観光課長(遠藤亨)
  • 179  委員長(伊藤吉浩)
  • 180  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 181  委員長(伊藤吉浩)
  • 182  21番(及川長太郎)
  • 183  委員長(伊藤吉浩)
  • 184  市長(布施孝尚)
  • 185  委員長(伊藤吉浩)
  • 186  21番(及川長太郎)
  • 187  委員長(伊藤吉浩)
  • 188  市長(布施孝尚)
  • 189  委員長(伊藤吉浩)
  • 190  21番(及川長太郎)
  • 191  委員長(伊藤吉浩)
  • 192  ブランド戦略室長(渡邊誠)
  • 193  委員長(伊藤吉浩)
  • 194  21番(及川長太郎)
  • 195  委員長(伊藤吉浩)
  • 196  商工観光課長(遠藤亨)
  • 197  委員長(伊藤吉浩)
  • 198  4番(氏家英人)
  • 199  委員長(伊藤吉浩)
  • 200  商工観光課長(遠藤亨)
  • 201  委員長(伊藤吉浩)
  • 202  4番(氏家英人)
  • 203  委員長(伊藤吉浩)
  • 204  商工観光課長(遠藤亨)
  • 205  委員長(伊藤吉浩)
  • 206  4番(氏家英人)
  • 207  委員長(伊藤吉浩)
  • 208  商工観光課長(遠藤亨)
  • 209  委員長(伊藤吉浩)
  • 210  6番(浅野敬)
  • 211  委員長(伊藤吉浩)
  • 212  登米産食材販売促進専門監(三浦洋一)
  • 213  委員長(伊藤吉浩)
  • 214  商工観光課長(遠藤亨)
  • 215  委員長(伊藤吉浩)
  • 216  商工観光課長(遠藤亨)
  • 217  委員長(伊藤吉浩)
  • 218  ブランド戦略室長(渡邊誠)
  • 219  委員長(伊藤吉浩)
  • 220  ブランド戦略室長(渡邊誠)
  • 221  委員長(伊藤吉浩)
  • 222  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 223  委員長(伊藤吉浩)
  • 224  25番(岩淵正宏)
  • 225  委員長(伊藤吉浩)
  • 226  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 227  委員長(伊藤吉浩)
  • 228  25番(岩淵正宏)
  • 229  委員長(伊藤吉浩)
  • 230  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 231  委員長(伊藤吉浩)
  • 232  15番(佐藤恵喜)
  • 233  委員長(伊藤吉浩)
  • 234  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 235  委員長(伊藤吉浩)
  • 236  15番(佐藤恵喜)
  • 237  委員長(伊藤吉浩)
  • 238  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 239  委員長(伊藤吉浩)
  • 240  委員長(伊藤吉浩)
  • 241  15番(佐藤恵喜)
  • 242  委員長(伊藤吉浩)
  • 243  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 244  委員長(伊藤吉浩)
  • 245  15番(佐藤恵喜)
  • 246  委員長(伊藤吉浩)
  • 247  産業経済部長(高橋巌)
  • 248  委員長(伊藤吉浩)
  • 249  15番(佐藤恵喜)
  • 250  委員長(伊藤吉浩)
  • 251  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 252  委員長(伊藤吉浩)
  • 253  13番(伊藤栄)
  • 254  委員長(伊藤吉浩)
  • 255  ブランド戦略室長(渡邊誠)
  • 256  委員長(伊藤吉浩)
  • 257  13番(伊藤栄)
  • 258  委員長(伊藤吉浩)
  • 259  ブランド戦略室長(渡邊誠)
  • 260  委員長(伊藤吉浩)
  • 261  13番(伊藤栄)
  • 262  委員長(伊藤吉浩)
  • 263  ブランド戦略室長(渡邊誠)
  • 264  委員長(伊藤吉浩)
  • 265  13番(伊藤栄)
  • 266  委員長(伊藤吉浩)
  • 267  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 268  委員長(伊藤吉浩)
  • 269  総務部長(千葉博行)
  • 270  委員長(伊藤吉浩)
  • 271  13番(伊藤栄)
  • 272  委員長(伊藤吉浩)
  • 273  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 274  委員長(伊藤吉浩)
  • 275  13番(伊藤栄)
  • 276  委員長(伊藤吉浩)
  • 277  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 278  委員長(伊藤吉浩)
  • 279  13番(伊藤栄)
  • 280  委員長(伊藤吉浩)
  • 281  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 282  委員長(伊藤吉浩)
  • 283  13番(伊藤栄)
  • 284  委員長(伊藤吉浩)
  • 285  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 286  委員長(伊藤吉浩)
  • 287  13番(伊藤栄)
  • 288  委員長(伊藤吉浩)
  • 289  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 290  委員長(伊藤吉浩)
  • 291  13番(伊藤栄)
  • 292  委員長(伊藤吉浩)
  • 293  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 294  委員長(伊藤吉浩)
  • 295  12番(佐藤尚哉)
  • 296  委員長(伊藤吉浩)
  • 297  新産業対策室長(伊藤秀樹)
  • 298  委員長(伊藤吉浩)
  • 299  12番(佐藤尚哉)
  • 300  委員長(伊藤吉浩)
  • 301  産業経済部長(高橋巌)
  • 302  委員長(伊藤吉浩)
  • 303  12番(佐藤尚哉)
  • 304  委員長(伊藤吉浩)
  • 305  産業経済部長(高橋巌)
  • 306  委員長(伊藤吉浩)
  • 307  12番(佐藤尚哉)
  • 308  委員長(伊藤吉浩)
  • 309  産業経済部長(高橋巌)
  • 310  委員長(伊藤吉浩)
  • 311  24番(八木しみ子)
  • 312  委員長(伊藤吉浩)
  • 313  新産業対策室長(伊藤秀樹)
  • 314  委員長(伊藤吉浩)
  • 315  24番(八木しみ子)
  • 316  委員長(伊藤吉浩)
  • 317  新産業対策室長(伊藤秀樹)
  • 318  委員長(伊藤吉浩)
  • 319  24番(八木しみ子)
  • 320  委員長(伊藤吉浩)
  • 321  新産業対策室長(伊藤秀樹)
  • 322  委員長(伊藤吉浩)
  • 323  24番(八木しみ子)
  • 324  委員長(伊藤吉浩)
  • 325  新産業対策室長(伊藤秀樹)
  • 326  委員長(伊藤吉浩)
  • 327  19番(相澤吉悦)
  • 328  委員長(伊藤吉浩)
  • 329  商工観光課長(遠藤亨)
  • 330  委員長(伊藤吉浩)
  • 331  19番(相澤吉悦)
  • 332  委員長(伊藤吉浩)
  • 333  産業経済部次長(丸山仁)
  • 334  委員長(伊藤吉浩)
  • 335  19番(相澤吉悦)
  • 336  委員長(伊藤吉浩)
  • 337  商工観光課長(遠藤亨)
  • 338  委員長(伊藤吉浩)
  • 339  19番(相澤吉悦)
  • 340  委員長(伊藤吉浩)
  • 341  商工観光課長(遠藤亨)
  • 342  委員長(伊藤吉浩)
  • 343  19番(相澤吉悦)
  • 344  委員長(伊藤吉浩)
  • 345  農業委員会事務局長(菅原貞治)
  • 346  委員長(伊藤吉浩)
  • 347  7番(關孝)
  • 348  委員長(伊藤吉浩)
  • 349  ブランド戦略室長(渡邊誠)
  • 350  委員長(伊藤吉浩)
  • 351  7番(關孝)
  • 352  委員長(伊藤吉浩)
  • 353  ブランド戦略室長(渡邊誠)
  • 354  委員長(伊藤吉浩)
  • 355  7番(關孝)
  • 356  委員長(伊藤吉浩)
  • 357  ブランド戦略室長(渡邊誠)
  • 358  委員長(伊藤吉浩)
  • 359  7番(關孝)
  • 360  委員長(伊藤吉浩)
  • 361  産業経済部長(高橋巌)
  • 362  委員長(伊藤吉浩)
  • 363  7番(關孝)
  • 364  委員長(伊藤吉浩)
  • 365  市長(布施孝尚)
  • 366  委員長(伊藤吉浩)
  • 367  7番(關孝)
  • 368  委員長(伊藤吉浩)
  • 369  市長(布施孝尚)
  • 370  委員長(伊藤吉浩)
  • 371  委員長(伊藤吉浩)
  • 372  1番(熊谷和弘)
  • 373  委員長(伊藤吉浩)
  • 374  警防課長(鈴木秀彦)
  • 375  委員長(伊藤吉浩)
  • 376  1番(熊谷和弘)
  • 377  委員長(伊藤吉浩)
  • 378  防災課長(千葉勝範)
  • 379  委員長(伊藤吉浩)
  • 380  1番(熊谷和弘)
  • 381  委員長(伊藤吉浩)
  • 382  25番(岩淵正宏)
  • 383  委員長(伊藤吉浩)
  • 384  土木管理課長(首藤正敏)
  • 385  委員長(伊藤吉浩)
  • 386  25番(岩淵正宏)
  • 387  委員長(伊藤吉浩)
  • 388  土木管理課長(首藤正敏)
  • 389  委員長(伊藤吉浩)
  • 390  警防課長(鈴木秀彦)
  • 391  委員長(伊藤吉浩)
  • 392  25番(岩淵正宏)
  • 393  委員長(伊藤吉浩)
  • 394  防災課長(千葉勝範)
  • 395  委員長(伊藤吉浩)
  • 396  25番(岩淵正宏)
  • 397  委員長(伊藤吉浩)
  • 398  防災課長(千葉勝範)
  • 399  委員長(伊藤吉浩)
  • 400  4番(氏家英人)
  • 401  委員長(伊藤吉浩)
  • 402  営繕課長(小野寺友生)
  • 403  委員長(伊藤吉浩)
  • 404  7番(關孝)
  • 405  委員長(伊藤吉浩)
  • 406  警防課長(鈴木秀彦)
  • 407  委員長(伊藤吉浩)
  • 408  7番(關孝)
  • 409  委員長(伊藤吉浩)
  • 410  警防課長(鈴木秀彦)
  • 411  委員長(伊藤吉浩)
  • 412  19番(相澤吉悦)
  • 413  委員長(伊藤吉浩)
  • 414  警防課長(鈴木秀彦)
  • 415  委員長(伊藤吉浩)
  • 416  2番(日下俊)
  • 417  委員長(伊藤吉浩)
  • 418  道路課長(吉野晴彦)
  • 419  委員長(伊藤吉浩)
  • 420  2番(日下俊)
  • 421  委員長(伊藤吉浩)
  • 422  道路課長(吉野晴彦)
  • 423  委員長(伊藤吉浩)
  • 424  2番(日下俊)
  • 425  委員長(伊藤吉浩)
  • 426  道路課長(吉野晴彦)
  • 427  委員長(伊藤吉浩)
  • 428  委員長(伊藤吉浩)
  • 429  23番(二階堂一男)
  • 430  委員長(伊藤吉浩)
  • 431  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 432  委員長(伊藤吉浩)
  • 433  23番(二階堂一男)
  • 434  委員長(伊藤吉浩)
  • 435  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 436  委員長(伊藤吉浩)
  • 437  23番(二階堂一男)
  • 438  委員長(伊藤吉浩)
  • 439  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 440  委員長(伊藤吉浩)
  • 441  23番(二階堂一男)
  • 442  委員長(伊藤吉浩)
  • 443  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 444  委員長(伊藤吉浩)
  • 445  23番(二階堂一男)
  • 446  委員長(伊藤吉浩)
  • 447  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 448  委員長(伊藤吉浩)
  • 449  教育長(佐藤信男)
  • 450  委員長(伊藤吉浩)
  • 451  4番(氏家英人)
  • 452  委員長(伊藤吉浩)
  • 453  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 454  委員長(伊藤吉浩)
  • 455  1番(熊谷和弘)
  • 456  委員長(伊藤吉浩)
  • 457  文化財文化振興室長(佐藤貞光)
  • 458  委員長(伊藤吉浩)
  • 459  1番(熊谷和弘)
  • 460  委員長(伊藤吉浩)
  • 461  文化財文化振興室長(佐藤貞光)
  • 462  委員長(伊藤吉浩)
  • 463  1番(熊谷和弘)
  • 464  委員長(伊藤吉浩)
  • 465  委員長(伊藤吉浩)
  • 466  14番(浅田修)
  • 467  委員長(伊藤吉浩)
  • 468  学校教育課長(永浦広巳)
  • 469  委員長(伊藤吉浩)
  • 470  14番(浅田修)
  • 471  委員長(伊藤吉浩)
  • 472  教育部長(志賀尚)
  • 473  委員長(伊藤吉浩)
  • 474  14番(浅田修)
  • 475  委員長(伊藤吉浩)
  • 476  教育長(佐藤信男)
  • 477  委員長(伊藤吉浩)
  • 478  14番(浅田修)
  • 479  委員長(伊藤吉浩)
  • 480  教育長(佐藤信男)
  • 481  委員長(伊藤吉浩)
  • 482  14番(浅田修)
  • 483  委員長(伊藤吉浩)
  • 484  教育部長(志賀尚)
  • 485  委員長(伊藤吉浩)
  • 486  2番(日下俊)
  • 487  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 488  委員長(伊藤吉浩)
  • 489  2番(日下俊)
  • 490  委員長(伊藤吉浩)
  • 491  教育部長(志賀尚)
  • 492  委員長(伊藤吉浩)
  • 493  2番(日下俊)
  • 494  委員長(伊藤吉浩)
  • 495  9番(中澤宏)
  • 496  委員長(伊藤吉浩)
  • 497  教育部長(志賀尚)
  • 498  委員長(伊藤吉浩)
  • 499  委員長(伊藤吉浩)
  • 500  9番(中澤宏)
  • 501  委員長(伊藤吉浩)
  • 502  25番(岩淵正宏委員)
  • 503  委員長(伊藤吉浩)
  • 504  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 505  委員長(伊藤吉浩)
  • 506  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 507  委員長(伊藤吉浩)
  • 508  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 509  委員長(伊藤吉浩)
  • 510  25番(岩淵正宏)
  • 511  委員長(伊藤吉浩)
  • 512  活き活き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 513  委員長(伊藤吉浩)
  • 514  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 515  委員長(伊藤吉浩)
  • 516  25番(岩淵正宏委員)
  • 517  委員長(伊藤吉浩)
  • 518  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 519  委員長(伊藤吉浩)
  • 520  25番(岩淵正宏委員)
  • 521  委員長(伊藤吉浩)
  • 522  教育部長(志賀尚)
  • 523  委員長(伊藤吉浩)
  • 524  25番(岩淵正宏委員)
  • 525  委員長(伊藤吉浩)
  • 526  教育部長(志賀尚)
  • 527  委員長(伊藤吉浩)
  • 528  25番(岩淵正宏委員)
  • 529  委員長(伊藤吉浩)
  • 530  16番(田口久義委員)
  • 531  委員長(伊藤吉浩)
  • 532  学校教育課長(永浦広巳)
  • 533  委員長(伊藤吉浩)
  • 534  16番(田口久義委員)
  • 535  委員長(伊藤吉浩)
  • 536  学校教育課長(永浦広巳)
  • 537  委員長(伊藤吉浩)
  • 538  16番(田口久義)
  • 539  委員長(伊藤吉浩)
  • 540  学校教育課長(永浦広巳)
  • 541  委員長(伊藤吉浩)
  • 542  16番(田口久義)
  • 543  委員長(伊藤吉浩)
  • 544  学校教育課長(永浦広巳)
  • 545  委員長(伊藤吉浩)
  • 546  16番(田口久義)
  • 547  委員長(伊藤吉浩)
  • 548  教育部長(志賀尚)
  • 549  委員長(伊藤吉浩)
  • 550  16番(田口久義)
  • 551  委員長(伊藤吉浩)
  • 552  市民生活部長(神田雅春)
  • 553  委員長(伊藤吉浩)
      平成27年登米市議会定例会 9月定期議会 決算審査特別委員会 会議録
 平成27年9月17日(木曜日)
1、出席議員(24名)
   1番 熊 谷 和 弘 君(副委員長) 2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君       4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 伊 藤 吉 浩 君(委員長)
   9番 中 澤   宏 君      10番 佐々木   一 君
  11番 及 川 昌 憲 君      12番 佐 藤 尚 哉 君
  13番 伊 藤   栄 君      14番 浅 田   修 君
  15番 佐 藤 恵 喜 君      16番 田 口 久 義 君
  17番 田 口 政 信 君      19番 相 澤 吉 悦 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君      21番 及 川 長太郎 君
  22番 庄 子 喜 一 君      23番 二階堂 一 男 君
  24番 八 木 しみ子 君      25番 岩 淵 正 宏 君
1.欠席議員(なし)
1.遅刻議員(なし)
1.早退議員(なし)
1.中座議員(なし)

1.説明のため出席した者の氏名
市  長     布 施 孝 尚 君	 副市長	    藤 井 敏 和 君
総務部長     千 葉 博 行 君	 企画部長	    秋 山 茂 幸 君
市民生活部長   神 田 雅 春 君	 産業経済部長	    高 橋   巌 君
建設部長     千 葉 雅 弘 君	 市民生活部次長	新 井 誠 志 君
市民生活部次長  千 葉 ますみ 君	 財政課長	    加 藤   均 君
市民生活課長   佐 藤   豊 君	 環境課長	    木 村 達 之 君
国民年金課長   千 葉   清 君	 健康推進課長	    佐々木 秀 美 君
教育長      佐 藤 信 男 君	 病院事業管理者	石 井 宗 彦 君
監査委員     島 尾 清 次 君	 監査委員	    千 葉 良 悦 君
監査委員     田 口 政 信 君	 教育部長	    志 賀   尚 君
生涯学習課長   佐 藤 嘉 浩 君	 福祉事務所長	    熊 谷   一 君
環境事業所長   千 葉 祐 宏 君	 監査委員事務局長   佐々木 義 文 君
会計管理者    千 葉 幸 毅 君	 生活福祉課長	    鎌 田 信 之 君
クリーンセンター所長               子育て支援課長	鈴 木 文 男 君
兼衛生センター所長  末 永   隆 君	 産業経済部次長	丸 山   仁 君
長寿介護課長   金 野 信 義 君	 農林政策課長	    岩 淵 俊 明 君
産業経済部参事  遠 藤   仁 君	 ブランド戦略室長   渡 邉   誠 君
農産園芸                 新産業対策室長	伊 藤 秀 樹 君
畜産課長     髙 橋 一 紀 君	 農業委員会事務局次長 佐 藤 真 吾 君
農村整備課長   可 野 嘉 裕 君	 危機管理監	    星   茂 喜 君
登米産食材販売
促進専門監    三 浦 洋 一 君	 住宅都市整備課長   小野寺 克 明 君
農業委員会 
事務局長     菅 原 貞 治 君	 防災課長       千 葉 勝 範 君
建設部次長    千 葉   修 君	 営繕課長       小野寺 友 生 君
土木管理課長   首 藤 正 敏 君	 消防次長       尾 形 善 英 君
下水道課長    菅 原 和 夫 君	 消防総務課長     加 藤   勤 君
道路課長     吉 野 晴 彦 君	 指令課長       猪 股 久 雄 君
消防長      佐々木 建 待 君	 学校教育管理監    小野寺 文 晃 君
予防課長     高 橋 勝 義 君	 学校教育課長     永 浦 広 巳 君
警防課長     鈴 木 秀 彦 君	 文化財文化振興室長  佐 藤 貞 光 君
教育部次長    高 橋 秀 広 君	 教育企画室長     岩 渕 公 一 君
教育総務課長   伊 藤 隆 敏 君	 
活き生き学校
支援室長     菊   祐二郎 君	 
		
			
1.事務局出席職員氏名
議会事務局長          佐 藤 昌 彦 君	
議会事務局次長         田 辺 賢 一 君
議会事務局主幹兼議事・調査係長 菊 地   武 君	
議会事務局議事・調査係主査   浅 井 顕 裕 君
議会事務局議事・調査係主査   庄 司 美 香 君	
議会事務局議事・調査係主査   主 藤 貴 宏 君
議会事務局議事・調査係主事   稲 辺 大 裕 君		


          開会 午前10時00分
委員長(伊藤吉浩君) おはようございます。
 ただいまから、決算審査特別委員会3日目の会議を開きます。監査委員、千葉良悦君から欠席の届け出があります。
 昨日に引き続き、審査を行います。
 認定第1号、平成26年度登米市一般会計歳入歳出決算の3款民生費、4款衛生費の質疑の途中でありましたので、引き続き3款民生費、4款衛生費について質疑を行います。
 質疑はございませんか。佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) 120ページのですね、介護保険推進費の中でお伺いしたいというふうに思います。介護保険の関係でこの間、補正予算でもやりましたけれども、事業者が増えていくということですね。教育民生の方で介護保険に加入している皆さんとお話したんですけれども、一番なのは人手不足だということだったんです。
 要するに、介護保険に従事、働く人が少なくなっていく中で、要するにいろんな事業者が増えていくということで、果たして競合しないのかなって。人をしっかり確保しないと新しい施設や何かも造っていくことができないのかなということで、こうした計画ですね、全体のいつそれまでにどうしていくのかという計画をですね、つくっているのかどうなのか。そうした検討をしている場があるのかどうかをお伺いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、金野信義君。

長寿介護課長(金野信義君) お答えさせていただきます。介護職員の不足につきましては、以前からいろいろお話しいただいているところでございます。現在、直接そういった事業者とのですね、協議というんですか、そういった場は持ってございませんけれども、今回の介護施設整備にあたっては、応募法人につきましてもそういった部分、十分ですね、職員体制が確保できるような部分でご相談に応じながらですね、対応をさせていただきたいと考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) 全体がどういうふうなっているのかという部分で、要するに今の段階では介護事業者が計画をすれば、それをそのまま認めていくということで、計画性があるかどうかということを聞いているの。それでその部分で、しっかりした答えをいただきたい。そうしないと全体、要するに介護事業者同士が競い合うというか人を、そうすると全体に足りなくなってきている中でどうするのかということなので、もう一回お願います。

委員長(伊藤吉浩君) 福祉事務所長、熊谷 一君。

福祉事業所長(熊谷 一君) 介護施設につきましては、委員ご存知の通りですね、地域密着型については市町村の認可でこれは整備ができます。そういうことで、地域密着型以外につきましては、県の認可ということになります。毎年、今回、第6期の介護保険事業計画を昨年策定したわけでございますけども、その計画の中で市の施設整備計画については、介護保険運営委員さん方の協議をいただきまして、整備計画を立てているわけでございます。
 ただ、委員さんお話しのとおりの地域密着型以外、例えばデイサービス等々については、これが県の方で認可になりますので、なかなか整備が終わるまで市町村にはその内容が伝わってきませんので、そういう形で登米市全体の介護保険事業計画ということでは、第6期の介護保険事業計画しかないところでございますので、県の計画以外の県の認可についてはなかなか計画的には整備できないと言うようなことでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) 登米市として、それを把握しなくて良いのかということなんです。必要だよね。

委員長(伊藤吉浩君) 福祉事務所長、熊谷 一君。

福祉事業所長(熊谷 一君) 大変失礼いたしました。その関係についてですね、特にデイサービスセンターにつきましては、市のわからないところで整備が始まっております。そういうことで、給付の方は市町村が給付をするわけでございますので、県の方にはきちっとその整備計画等々の相談に行った時点で、市の方に情報を提供していただけるようお願いしているところでございます。そういう形で今、市内の介護保険施設の整備状況については把握しているところでございます

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) 126ページ、障害者福祉諸費なんですけれども、昨年の1月ですね、障害者権利条約が日本で批准されまして、障害のない人と同等のことができるようにということで、「どこで、誰と暮らしてもよい」という、そういうふうな権利だというふうに思うんです。一応、登米市のですね、いろいろな障害者に対する政策、様々ございまして、いろいろとあるんですけれども、しかし全体としてですね、登米市がこの批准以後、私が必要だと思っているのは、要するに障害者とその家族と、それでその施設の事業所とそれから登米市が関わってですね、やっぱりこの障害者とどういうふうにつき合っていけるのかという部分ですね、その部分がしっかりと検討していくところというのがあるのかどうなのか。あったとしてもそれ以降ですね、批准以降どういうふうな、これに対して対応・対策なりを立てているのかお伺いしたいというふうに思います。

委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、鎌田信之君。

生活福祉課長(鎌田信之君) 障害者自立支援協議会という組織がございまして、そちらの方で障害者の方、あるいは障害者支援団体とか入っておりますので、その組織の方で今後煮詰めた部分もありますし、また、必要な部分、話を進めてまいりたいというふうに思います。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) これを見ますと、やっぱり地域での受け入れや何かも必要になってくるわけで、やっぱり地域にしっか溶け込んだ中で社会の一員として普通に暮らしていけるような、そういうふうな計画をしっかり作っていただきたいというふうに思うんですけれども、もう一度お伺いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、鎌田信之君。

生活福祉課長(鎌田信之君) その辺につきましても自立支援協議会で、その内容を煮詰めた上でどのような方法を取れるとか、そういったものの検討を進めてまいりたいというふうに思います。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) 今からということなので、しっかりほかの町で取り組んでいるところもあるんです。そうした部分でですね、取り組んでいただきたいというふうに思います。
 それから188ページですね、環境保全推進費ということでありますけれども、登米市の環境市民会議ですね、あるわけなんですけれども、見ましてですね、今年、環境基本計画なんですけれどもね、平成27年までの計画というのができておりまして、それを見ているんですが、この先ですね、一般質問でも長沼のことを触れましたけれども、非常に人が集まるところでもあり、またその自然の環境であるとか生態系も含めて、やっぱり整備する必要があるというふうに思うんです。そのために何かやっていることはあるのかということなんです。そういった会議の中でも出ているのかどうかっていうことですね、初めにお伺いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) 環境市民会議の方でも生態系に関する部分については、意見は出ております。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) いろいろ意見も出てですね、みんながやろうとしていることなんですけれども、だけれども前に進まないということで、環境もあまり改善しないし、自然環境も自然に任せているってことで、今、自然だから自然に任せると外来植物や生物やそういったものが入ってきて、それだけでは守れないので、しっかり駆除もしなければならないということなんです。そういった関係者がですね、一堂に集まれる場をつくってもらって、それでどうしたらいいかということを話し合う場を設けてほしいんです。
 そのためには、市がしっかりとした計画性を持ってやるということですね。それからもしできるのであれば、環境基本計画もあるんですけれども、さらに条例等で多くの人に協力をもらえるような体制までつくっていく必要があるじゃないかというふうに思うんですけれども、お伺いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) 関係者の集まる場所の提供ということでございますが、環境市民会議をメインといたしまして、地域のNPO団体等も交えまして今後協議を重ねてつくっていく方向で考えていきたいと思います。
 それから条例等の体制整備でございますが、こちらにつきましても今後検討を重ねて考えさせていただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。

委員長(伊藤吉浩君) 工藤淳子委員。

5番(工藤淳子君) 169ページの保健衛生総務費の中で、②のところにAED、正式には自動体外式除細動器を持ち出し用として9台を総合支所に配備したと、こう書いてあるんですけど、今月に入ってから私の町内会の方で2週間ぐらいの間に3件、救急車で運ばれる方がいて、そのうちの2人の方が脳梗塞的な、はっきりは病名わかりませんけれどそういう事態になって、その後に町内の人が集まる場があってその中の話で、「こういうのあると良いよね」って、まあ救急車を呼ぶのが1番の手段だと思うんですけれども、そのほかにも救急車が来る間の本当にこう、こういう場合は何秒、早い時間に対処すればそのリスクが少なくなるっていうことで、確か私も総合支所にあるなと思って、「配備あると思います」と言ったんだけど、こういうときに総合支所ではいつでも借りられる状況なのかな。
 そこの辺と、それから市民の方からは「総合支所もいいんだけれども、コンビニなんかも」、前にも出たと思うんですけれども議会で。24時間開いているコンビニで、すぐこう使えるような、そういうシステムはできないのかしらね、と話していたんです。その辺ちょっと伺いたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) AEDのご質問をいただきました。
 総合支所に配備した機種につきましては、当初はイベント用という形ですので、ご予約いただいて、例えば運動会があるとかそういうときに使っていただく、地区で何か催し物があるときに使っていただけるような体制というところで整備させていただきました。日頃の救急対応につきましては、AEDの啓発と同時に消防の方と共同いたしまして、救急対応の講習会も、消防ももちろんやっておりますけれども、AEDの扱いについての研修を定期的に行っているところでございます。
 もう一点、あとコンビニ等でのすぐに24時間動いているところでというところにつきましても、昨年度もお話は出ていて、今年度も消防と協議をしているところとございます。ただし、コンビニのお店にすぐっていうところにはまだ至っておりませんので、今後も検討を続けてまいりたいと考えております。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 工藤淳子委員。

5番(工藤淳子君) 今言われた講習は、対象は市の職員の方なんですか。それとも町内会ですか。そのことと、それがあるから誰でも使えるってわけじゃないんで、本当に症状によってね、使えるどうかというのも考えなくちゃいけないんですけれども、せっかく支所にイベント用ってあるんですけども何かもう少し、どうしたら一般の方もね、もちろん救急車の方の消防の方の応援も必要なんですけれど、そういう場合でない場合も、例えば私の町内会には元看護師の方、資格を持ってる方なんかがいるので、そういう元医療のそういう人たちにもやれるんじゃないかと声もあったんで、もっとこうどうしたらこういう方法でできるっていうようなね、そういう周知も必要というか。そして、やっぱり今、お年寄りだけでなくて、50代、60代の若い方も本当に周りに増えているんで、これはやっぱりコンビニの24時も含めて、あとほかでもできる方法があればいいんですけれども、そういうこともぜひ考えていただきたいなと思うんですけれども。

委員長(伊藤吉浩君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 定期的な研修といたしましたところは、まずはAEDを公共機関施設においておりますので、その方たちが安全に使いこなせるようなというところで、定期的な研修を継続しておるところです。一般の救急対応につきましては、消防の方と緊急対応の研修、消防の方でもいたしておりますので、市民からの要望に応じてやっていると伺っております。それらも協力をしながら啓発してまいりたいと考えております。
 もう一点、救急対応については救急の方と共同してまいりたいと考えております。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 講習会対象者。

健康推進課長(佐々木秀美君) 救急対応の講習会の対象については、地区からのご要望ということでございますので、地区で保健師、栄養士等が要望をいただいて消防につなぐというころもございますし、あと消防の方で直接ご要望いただいて研修を継続しているというふうに聞いておりますので、それらは連絡を取り合いながら実施して今後も続けてまいりたいと考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 市民を対象としているのか、職員を対象としているのか。

健康推進課長(佐々木秀美君) AEDの研修については置いているところの、私どもが実施している対象は職員、または非常勤の職員であるとか、置いているところの職員対象の研修でございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。氏家英人委員。

4番(氏家英人君) 成果説明書の180ページなのですが、いのちの電話に対する委託料のことです。平成26年度は120万の委託料をお支払いになっておりますけれども、平成24年度、25年度は100万円だったのかなっていうふうに記憶しておりまして、20万上がったということであります。どうして委託料が上がったのがなと。それだけ相談が増えているのかなと。
 あるいは、宮城県における登米市の平均寿命ですか、ワーストワンだということがですね、昨年度の登米市統計書にも載っておりますけれど、そういう結果になっております。その辺の関係とかはあるんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) この事業については平成21年の事業から実施しておりますが、議員お話の通り100万で委託をしておりました。現在、行っておるのは、仙台市が若者を対象に「いのちのホットテレホン」ということでやっておりまして、単独でお願いしているのは仙台市と登米市でございました。100万でお願いした時点で、なかなか100万では受けきれないという条件がございまして、あと件数の問題、あといのちの電話の担当者と協議をいたしまして、20万委託料を上げたということでございました。もちろん相談の件数についても昨年度については上がっておりますので、その辺りを考慮しまして上昇しているというふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) 登米市民からのいのちの相談、これの件数が増えているということというのがわかりました。いのちの電話の方から、きっと状況報告書というのがあがっていると思うんです。年に2回かと思いますけれど、いわゆる利用者区分の問題で女性、男性、あるいは小中高校生、20代、50代、どういうふうな区分になっているか教えていただきたいと。

委員長(伊藤吉浩君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 男性・女性の区分でいきますと、相談者は女性が多ございます。年代的には、若者が多いという報告を受けております。ただ、年代ごとには、大変でこぼこがあるというか、26年度については増えております。
 27年度の傾向を見るとまだそこまではいっていないという傾向は見れておりますが、特徴的にはそのような内容になります。造園業、るりっぺ、ひろえ、まりこ、ちづこ、ゆうか、ゆき、さとこ、けいこ、まっす、かず、ゆい

委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) よくわからない報告のように感じますけれども、登米市自殺予防対策電話相談事業実施要項なんていうのがあるので、これにはきちんと相談者区分も小学生から70代まで10代区分で男女比。きっときちんとしたデータはあると思うんですね。それ後からでよいのでいただければというふうに思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
 2006年と2007年、本市においての自殺者数というか、人口10万人における自殺者率というんですかね、県内でワーストでした。それを受けて本市では、2006年時の自殺率36.6パーセント、これを何とかしようということで自殺予防対策行動計画というのを立てたんですね。それで2015年、今年度までにその自殺率を29パーセント台に落とすんだと、そういう取り組みを一生懸命やっていくんだというふうなことでありましたが、今の状況どうなっていますかね。29.2パーセント以下に収まりそうですか。そのような取り組みをしてきたと思うんですけれど、ただいのちの電話もこのように増えている状況を鑑みると、ちょっと難しいのかなというふうにも思うんですね。2014年度も半分以上過ぎていて、その辺の状況をちょっとだけ教えていただきたい。

委員長(伊藤吉浩君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 自殺者数でいきますと平成24年度は33件、25年度16件、26年度18件というような現状がございました。

委員長(伊藤吉浩君) 自殺率の関係。

健康推進課長(佐々木秀美君) 自殺率の関係ですと今、26年度現在でですね、26年度は10万単位でいきますと21.3、全国で20.0、県で22.3という現状でございましたので、大変な時期よりは減少しているという現状は見られてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) その答弁をお聞きして少し安堵したような感じがしました。
 話は元に戻りますが、いのちの電話の相談件数が多いんだということは何となく聞き及んでいたところで、このように委託料が上がっているっていうのはどうなっているんだろうなと。こういうのはやっぱり努力の結果だと思うので、きちんとですね、成果説明書の方に「こういう努力をした結果、こういうふうに下がっている」と、そこまでが成果報告書の書き方だと思うんです。ただ報告だけなんですね、いつも言うんですけれども。「これだけ委託料かかりました」、終わりなんですね。これではちょっと納得しないというかわかりにくいので、ぜひですね、そういうふうな努力の経過というものを良い成果の報告として、市民にお知らせする意味もありますので、載せていただければいいのではないかと思います。よろしくお願いしますが、千葉次長辺りに。

委員長(伊藤吉浩君) 市民生活部次長、千葉ますみ君。

市民生活部次長(千葉ますみ君) ありがとうございます。今後も自殺予防対策につきましては当課だけではなく、この部だけではなく、関係機関と連携しながら成果を上げるように努めていきたいと思います。
 あと先ほどいのちの電話の関係がありましたけれども、いのちの電話につきましては利用者数が多いってこともありますし、それから他市との委託料の関係もありますし、あとそれから今後のいのちの電話にこちらで期待する役割ということもございまして、委託料の増額ということを検討しながら進めているところでございます。よろしくお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 成果説明の書き方について。総務部長ですか、いいですか。そのまま続けてください。

市民生活部次長(千葉ますみ君) 成果説明書につきましては、できる限り見やすく、成果がわかるような形で今後も検討していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) 前者とちょっと係わりあるのかなと思いますけれども、子供のですね、貧困対策。子供の貧困が全国で、大体子供の6割が貧困だと言われておりますけども、登米市の実態をちょっと教えていただければなというふうに思います。どの場所が、子供の貧困対策の人数なのかなということころをちょっと教えていただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 福祉事務所長、熊谷 一君。

福祉事業所長(熊谷 一君) 総括というか、福祉事務所生活福祉課で生保を担当している関係で、うちの方でいろいろな問い合わせについては答弁しているわけでありますけれども、実際の子供の貧困の数については、当福祉事務所で押さえている生活保護世帯等々の数字、あと教育委員会が把握しております準要保護世帯等の数字ということでしか現在のところ把握しておりません。今、手元に資料がございませんので、ちょっと正確な数字はわかりませんけれども、そういう形で子供の貧困については数字は把握しているというような状況でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) 今年ですね、生活困窮者自立相談支援事業ということで、予算を付けているよね。そういった中で、その数字をつかんでないということはどういうことなんでしょうかね。教育部局と福祉事務所との連携も深めながらやっていくというような話なんですけれども、実際全然つかんでいないのが、委託しているということだけれども、どこに委託しているんだか。丸投げで全然こっちは関知しないということですか。

委員長(伊藤吉浩君) 福祉事務所長、熊谷 一君。

福祉事業所長(熊谷 一君) 数字的には生活保護世帯の子供の人数、それから教育委員会が所管しています準要保護世帯等の子供の人数の把握は行っております。
 今、委員お話の生活困窮者自立相談支援事業の中で、今年の4月からお願いしてやっているわけでございますけども、その部分についても数字は把握しております。ただ、子供の貧困というよりも、先ほどもちょっとご答弁させていただいたんですが、親の困窮がイコール子供の困窮につながるわけでございます。そういうことで自立支援事業の中では、人数的には把握しております。8月末までの件数について今、手元にございますので、その授業での把握状況をお伝えいたします。
 経済的困窮というようなことで、ご相談にお見えになった方が22件ございました。それから家計管理の課題とか就職活動困難、就職定着困難、そういう方も最終的には経済的困窮ということでいろいろご相談に来ているわけでございますけれども、トータルで家計管理の課題とか就職関係で24件のご相談を受けているところでございます。このほかいろいろな家庭問題等もございまして、4月から8月末現在で相談件数は現在のところ386件、相談に来ております。その相談を受けましてハローワーク、それから生活保護が必要であれば生活保護の申請に至っております。ハローワークの方でも就職活動の支援等を行っているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) もちろん生活困窮が子供の貧困というイコールなところはあるんですけれども、子供が何人こういった事態に陥られているという実態をつかまないで全然件数だけの報告というのは、なんかこういまいち。じゃあ子供は大丈夫なのかと。実際、よく報道されておりますけれども、家庭の中では1食しか食事は取られないんだと、取らせられないんだというような生活困窮、結構報道されておりますけれども、そういった実態を全然つかんでいないということなんですか。子供の人数もつかんでいないということは。

委員長(伊藤吉浩君) 答弁を求めます。福祉事務所長、熊谷 一君。

福祉事業所長(熊谷 一君) 人数については、ちょっと今手元にございませんので、生活保護世帯での子供の人数、それから準要保護世帯等は教育委員会では押えております。そういうことで、国の子供の貧困率については、前にもちょっとご説明申し上げましたけれども16.3パーセントという数字が出ておりますので、本市においては実際その率に近い数字かなということで考えているところでございます。実際の人数については、ちょっと手元に今資料がございませんので、申しわけございませんけれども。

委員長(伊藤吉浩君) 浅田修委員。

14番(浅田 修君) 私、すいませんでした。6割と言いましたけれども、6人に1人ということで、実際登米市でもそういう人数だということは、大変高い率なんだよね。本当、大体6人に1人のような状況なんでありますんで、もうちょっとですね、きちっと調査の上で少し対応をお願いしたいというふうに思います。どうでしょう。

委員長(伊藤吉浩君) 福祉事業所長、熊谷 一君。

福祉事業所長(熊谷 一君) その調査については今年県の方で、この子供の貧困についての計画を県の方でも着手したようでございます。その計画の中にもですね、実態把握についての項目があるようでございますので、どういう形で登米市として把握ができるかちょっと検討させていただきまして、早急にその辺の把握調査はしたいと思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) その数字の把握、イコール対策ですよ。そういったことも含めてやっていかないとダメだということでございますので、要望しながら終わります。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 福祉団体育成費について、これでは122ページになりましょうか。高齢化社会を迎えまして、住民一人ひとりが地域において支え合うということは、これから非常に重要なことだと思います。昨年の実績では、支援するために51団体、登米市内には302の行政区がございますが、やはりこれをどんどんと推進して、地域でみんなで支え合うというような方向に進まなければと思うんでございますが、今年の対応、そして現在の状況、そしてこれからどう進められるのか、お尋ねをいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、金野信義君。

長寿介護課長(金野信義君) お答えいたします。26年度の取り組み状況につきましては、48団体が25年度からの前年度に引き続き取り組みを行った数でございます。それで26年度、新たに3団体が加わりまして、計51団体となってございます。市内、302行政区ございますけれども、そのうちこれまでの累計で294行政区が取り組んだところでございますが、結果的に302行政区のうち8行政区の方がですね、結果的に取り組まなかったという状況がございます。これまでの状況については以上でございます。
 この事業につきましては、平成20年度から平成26年度までのですね、県の市町村地域福祉おこし事業によります補助事業ということで、この事業につきましては平成26年度で終了というふうな状況になってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 大変この、県から来た事業だからということのみならず、やはりこれから大事な事業ということで、何らかの単独でも、そういう地域で支え合うということをみんなでやっていくっていうような施策が必要ではないかと思うんですが、市長いかがですか。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) こういった取り組み、これは県事業ということでございますが、やはり地域づくり、そしてその地域の人の係わりをどうやってきちんと継続をしていくのかということについては、大きな課題であるというふうに思っております。
 そういった意味では、福祉の観点で行う事業もございますが、企画の方もですね、地域協働の取り組みの中でもこういった取り組みができないものかどうか、いろいろと内容も含めて検討させていただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 今、浅田委員が言われた貧困にも関連するわけですけれども、3点ほど質問をいたします。
 まず、152ページのですね、母子福祉一般管理費ということで、母子生活、ひとり親世帯ということなんですけれども、今も出ましたが子供の貧困率が16.1パーセント。まあ、国の統計ですけれども。その中でもですね、ひとり親家庭の相対的貧困率が50パーセントを超えるということで、大変国の方でも危機感を持っているわけですが、それで次の153ページに載っている扶助費の母子父子、この人数がですね、今登米市で把握しているひとり親世帯ということの数字として考えてよろしいんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 国保年金課長、千葉 清君。

国保年金課長(千葉 清君) 母子・父子家庭医療費補助金の対象になっている世帯ということでございますけれども現在、人数的には2,213人という26年度末の実績になっておりますが、これはでひとり親として医療費助成申請を上げていただいた中で、この事業はですね、所得制限がございまして、所得制限以内の方について2,213名いるということでございます。それで相対の登録予定としてこちらで抑えている数字は、2,829人というふうなことで押えておりまして、ただ所得制限がある関係上、母子・父子家庭医療費の助成となっている方が2,213名ということの数字でございます。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) わかりました。それで、ひとり親世帯に対する支援ということですね、母子生活支援施設の入所とそれから高等職業訓練、そして次のページの医療費の助成、それから児童扶養手当の支給ということが今、登米市としてですね、ひとり親世帯に対する支援をしているメニューというふうに考えていいんですか。
 はい。それでですね、これのメニューに対して今担当課として、これで十分という話ではないんですけれども、何か改善の余地はあるというふうに考えている点があるかどうか、お聞きします。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) ひとり親家庭への支援という考えでございますけれども、現在、生活に困っているというかそういった、あと自分で養育ができないとか、子供が親の面倒を十分受けられないという親に対しまして、国の制度に基づきましてやっているところでございますが、さらに充実した施策ができるかどうかを検討して、これから考えて行きたいというふうには思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) それでもっと充実した検討をと言うことなんですけれども、その検討の中で具体的に考えられていることはあるんでしょうか。
 例えばですね、貧困の連鎖という言葉をよく聞くんですけれども、子供達に対する学習支援というのもかなり各自治体で今取り組んでいるんですが、登米市でも款が違うんですけれども教育委員会でも学び支援でしたっけ、そういう事業に取り組んで成果が上がっているっていうふうにも聞いているんですけれども、そういったことも含めてですね、相対的に今後もう少し充実したいという点があるかどうか、お聞きしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君

子育て支援課長(鈴木文男君) 子育て支援サイドとしますと経済的な支援に助けてあげるのが一番、そういったことを踏まえまして、そういった面から検討していきたいというふうには考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 確かに直接的な経済支援が一番良いんでしょうけれども、ただやっぱり一番就労支援を含めですね、国もいろいろ今そういう方策を出してきていますけれども、ぜひそういった意味で総合的な対策を考えていただきたいということで、2点目に移りたいと思います。
 161ページのですね、昨日も質疑で出たんですけど一時保育のことなんですが、これは保護者が病気でなかなか保育ができないということでの一時保育なんでしょうけれども、最近、今子供たちのいろいろな支援の中でですね、病児・病後児保育という視点も出てきております。これは子供達たちが病気にかかっていてなかなか対応できないということで、仕事に行けなくなるということでですね、親が困っているときに何とかしたいということで出てきたことだと思うんですけれども、昨年度の子育て支援計画の中でも検討されていたというふうには聞いていたんですが、実際これ最終的にどういう方向づけにされたのか。その点についてお伺いをしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 病児・病後児保育につきましては、議員おっしゃる通り、子育て支援事業計画での推進の1項目に挙げているところでございます。具体的には病児・病後児保育のできる場所の検討を含めながら、当面ファミリーサポートセンター事業を活用しながら対応をしていくという方向で進めるということに、計画ではしておるところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) ファミリーサポートセンターというのは今、市内に設置されているんですか。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) そのファミリーサポートセンター事業と申しますのが、協力会員、利用会員という登録制になっておりまして、南方サポートセンターを本部としまして、各9町域に子育て支援センターで、そういった受付的な部分も含めてやっております。
   その中で協力会員で、病児・病後児保育をできる方の人材発掘も含めて、そういった対応で当面行っていきたいなというふうに考えておるところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) わかりました。
 最後に、3点目なんですけれども、174ページのですね、検診の関係・・・違う違う。すいません、175ページですね。検診の関係でですね、一番下の方に重症化予防事業というふうにありますよね。この間、説明の中で対象者が554人、アプローチ率が81.7パーセント。その中から受診率が確か42パーセントと聞いたんですけれども、そこを間違っていたら訂正をお願いしたいんですが、そういったことで重症化予防事業をされているということなんですが、この中で重症化予防という中でですね、どういった項目が順番的に多いんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 申しわけありません。
 HbA1c糖尿病の関係、血圧が一番多ございます。その中で180・・・少々、すいません。申しわけありません。

委員長(伊藤吉浩君) 暫時休憩します。
 
          休憩 午前10時49分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時49分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) (聞き取り不可)で課題となっているのが69パーセントで、LDLという高脂血症の形が26パーセント、糖尿病のA1cという検査値のものは11パーセントということで、血圧が高いという方の件数が、パーセントが一番を多ございますのが、554名の内容でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) それでその対象者、今言ったようなアプローチ率、それから受診率をかけていくと、最終的に受診した方が189人前後という数字でよろしいですか。そういう考え方で。いいんならいいんです。
 それで189人ということはですね、残りの365人は受診してないということになるんですけれども、なかなかこの受診率というのは難しいとは思うんですが、そこら辺はどういうふうにその後に指導とか、工夫をされているのか、その点についてお伺いします。

委員長(伊藤吉浩君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) この事業につきましては、554名の方に初めにハガキで「受診なさいましたか」という啓発をいたしました。そうしまして返信率が38.9パーセントということで、ハガキによる勧奨についても返信が213名ございました。その中で、ハガキでも回答せずになかなか受診も至ってない方が387名おる方を対象に、訪問やら電話やらで啓発したというところがございます。そしてさらに訪問した数が、アプローチした数が316名という数になりまして、81.7パーセントを直接訪問したり、お会いしたり、電話を受け取ったりといった数になってございます。
 そうした結果ですね、ハガキと、ハガキでご回答いただいたことも信頼はいたしますけれど、さらに国保のデータで受診状況を改めて確認されたところが234名という形になってございます。さらに受診したい人に対しては、今後の対応については、なかなか訪問したり、電話したりということがなかなかできないという状況もございますので、改めてその方たちには継続した支援をしているところでございますが、受診に決定的に至るというところまでは、なかなか難しいところの現状でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 細かい数値をもう一回、後で教えてほしいわけですけれども、そうするとさっき言われた国保のデータでいろいろとそれ分かるんですか。例えば受診とか何とかっていうのは。今、何か国保データって言われましたけれども。そこだけお聞きします。

委員長(伊藤吉浩君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 国保の協力をいただきまして、対象者を限定いたしまして調べさせていただいております。

委員長(伊藤吉浩君) 国保年金課長、千葉 清君。

国保年金課長(千葉 清君) 国民健康保険の方には、病院の方から診療報酬明細書という請求書が来てございます。その中で、受診すれば当然、医療費がかかるわけでございますので、請求があるということで、受診したかどうかの確認をそのレセプトを持ってするというふうな事後処理をしているということでございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 所管でありますが見落としがございましたので、122ページの22番委員が触れたところの関連でお尋ねをします。
 地域ふれあいコミュニティ事業におき、51団体が取り組まれて、「住民一人ひとりが地域において支えあい、支援する体制づくりの推進を図った」とございます。26年度で終了の企業という説明はいただきましたが、この51団体が取り組まれた事業内容の具体的なご紹介をいただきたいと思います。類型的なもの、あるいは特徴的なものを分けて教えていただきたい。

委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、金野信義君。

長寿介護課長(金野信義君) ただいまのご質問の内容でございますが、各行政区の実績報告等が手元に今、資料を持ちあわせてございませんので、具体的な行事内容につきましては、今ご説明しかねるところでございます。
 基本的にはこの事業につきましては、各行政区内の住民を対象としましたレクリエーション行事、後はいろいろ防災教室等とかですね、そういった物の事業に対しての支援という形で行わせていただいてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 要は、ここでおっしゃっているくらいの、いわゆる効果が高かったという見方はしていないんですか。つまり効果の高い良い事業であれば、当然この県の補助事業が終わった後も先ほど市長がおっしゃったように、続けていかなければならないと思うんですよ、市でね。それには、いろいろな工夫は当然必要でありますから、担当課として、いわゆる上の人ですね、トップの人に、何ていうか取り組むべきか、あるいはやめるべかというような適切な判断ができるような検証結果を常に心がけていただきたいということでありますので、資料がないからこの場で答えられないということは、やっぱりあってはならないことだということだけは申し上げて終わります。

委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、金野信義君。

長寿介護課長(金野信義君) 大変失礼いたしました。
 おっしゃる通りですね、これからその内容についてさらに内容を検討しまして、次年度以降の取り組みについても検討されていただければと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) ちょっと確認だけ、時間の都合上。先ほど佐藤尚哉委員がお話ししておりました部分で、成果説明書181ページです。
 環境市民会議の関係と、それからそれに合わせて登米市、登米の生物多様性戦略の関係でございます。この3月に計画書ができ上がって、生物多様性、本格稼働して行くわけでありますけれども、環境市民会議は2回ほど講習会をしておりましたが、これは先ほどの説明だとまた何か進めていくような話をしておりましたけれども、環境市民会議の行方はどうなるのか。

委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) 環境市民会議につきましては、27年度以降もそのまま団体として継続をしております。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) 具体的な進行工程における位置付けがどこを見てもないのでありますけれども、どのようになっているのか。それを受けて、平成27年度4月からそれがスタートしていくわけでございますけれども、その中における各課との庁内連絡会議、進行過程を進める中でですね、そういったところが庁舎内ではプランの実施主体の1構成員として登米市も入っているわけでございまして、その辺がどういった形で開催されているのか。その市民会議のありようというものの確認と、庁舎連絡会議の環境保全会議がどのようになっているか。

委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) 環境市民会議につきましては、26年度まで4部会を組織して活動しておりましたが、27年度から2部会へ統合したということで、地球温暖化対策並びに循環型社会形成部会、それと自然環境・生活環境の創造保全部会ということで、この2部会で今後活動をしていくということにしております。
 取り組み内容につきましては、毎年開催しておりますシンポジウム「人と野生動植物の共生を考える集い」と、それからもう一つ別なシンポジウムということで、二つのシンポジウムの開催を予定しているということでございます。それとクリーンアップ湖沼群の実施ということで、環境市民会議がメインとなりまして、市内の湖沼のクリーンアップを実施しているということでございます。
 それと多様性プランの庁内会議ということでございますが、庁内会議の前に平成27年度、今年度でございますがプランの進行管理といたしまして、現在仮称でございますが、登米市生物多様性推進会議というものを設立する予定にしております。こちらにつきましては、今後関係主体が行う生物多様性の取り組みの進捗状況の把握を毎年度行いまして、本プランに掲げた行動計画と目標の達成状況を整理いたしまして、追加的に必要な施策、それから取り組みを検討していくということにしております。庁内会議につきましては、必要に応じて開催していくという計画にしております。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) 私が聞きたいのは、やっているのかやっていないのかなんですよ。この「とめ生きもの多様性プラン」の中で、環境市民会議は役割分担の中でどこにも位置づけされないのに、それをなぜ残しておるのか。逆に言えば、かえって環境保連絡会議、庁舎内でしっかり各部との連携を持って連絡調整を図りながら、さらには仮称であります登米市生物多様性推進会議、そういったところがしっかり進行管理を確認しながら進めていくのが筋だろうというふうに思っているんですよ。どうしてそれが、またそういうふうな形で、何となく講演会・講習会みたいなものをやる役割を担って、この市民会議がまた出てくるのか。もう少し、やっぱりそれは進化していった方がよろしいのではないかと思いますので、その辺の確認はさせていただきたいと思います。
 あわせて、バイオディーゼルエンジンの推進事業でありますけれども、このことについて26年度の集約結果の中で、「油の性質上、バス等あまり車に良くない」というふうな集約をしてますけれども、これはこのまま推進していくんですか。

委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、木村達之君

環境課長(木村達之君) 多様性プランの推進体制の中に、先ほどお話ししました仮称でございますけれども、生物多様性の推進会議、こちらと連絡調整を図るということで市内の多様な主体という中に市民会議、それからNPO等が入っておりますので、そちらと推進会議と連携しながら今後進めるという計画になっております。
 それからバイオディーゼルでございますが、26年度バイオディーゼルを利用した車でございますが公用車が1台、これが環境課にございます公用車でございます。それから市バスが1台ということと、それからはんとく苑の車が1台と塵芥収集車が10台ということで、13台の車が使用をしております。今後もバイオディーゼルにつきましては、継続するという考え方、基本方針で現在進んでおります。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) 企画で取りまとめた26年度の検証の中では、あまりやる気のない検証結果が出ています。どこで書いたか分からないけども。いわゆる油がどう機械の、自動車との関係があまり不都合だってことなんでしょうね。そういったものもちゃんと確認しておいて下さい。
 さらに生物多様性に関してはですね、まだ仮称という話ではとてもとてもダメじゃないですか。早くその辺はしっかり進めていただきたいと思います。
 あと26年度で3款、4款にわたる関係で様々な施設を建設いたしました。どこがいいでしょうかね、どこか1カ所でも良いんですけれども、そこで地域産材木質化の中で特に配慮した建設物があるのであれば、確認させていただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 暫時休憩します。
 
          休憩 午前11時06分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時07分
 

委員長(伊藤吉浩君) それでは再開いたします。市民生活部長、神田雅春君。

市民生活部長(神田雅春君) 市民生活部関係の中で建物を新たに造るものとしては、浸出水処理施設というものがございますが、その中におきましても市内産材等を使ったものはございませんので報告させていただきます。

委員長(伊藤吉浩君) 建設部長、千葉雅弘君

建設部長(千葉雅弘君) 地域産材の活用の関係でございますけれども、24、25からの繰越事業としまして、災害公営住宅60戸、昨年度完成してございます。その中で特に協議会から買い取りをしてございますが、32戸に関しまして、当時確か市内産材80パーセントの使用を目標に確か掲げているということでございますので、一番多いのは災害公営住宅という形になると思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかはございませんか。及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) いや、最後の質問だけが何かクローズアップされて、最初の部分は何か消えてしまったようですけれども、その辺もきちんと答えていただきたいと思います。
 それで3款関係、いわゆる児童福祉費を始めとする工事関係一切については、そういった配慮はなかったということでよろしいのですか。確認です。

委員長(伊藤吉浩君) 市民生活部長、神田雅春君。

市民生活部長(神田雅春君) 市民生活部関係で今回新たに建てたものというのは、なかなかございませんので、そういう使う機会というのもなかなかございませんでした。

委員長(伊藤吉浩君) よろしいですか。ほかにありませんか。
 それでは、これで3款民生費、4款衛生費の質疑を終わります。
 ここで10分間休憩いたします。
 
          休憩 午前11時10分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時19分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) それでは265ページの補助金、それから266ページ公園等管理費についてお伺いをいたします。
 初めに、補助金についてでありますけれども、このページに載っております補助金対象のうち、まず平成24年度と比較して25年度に減ったものは八つありました。東和の秋祭り、それからYOSAKOI&ねぷたinとよさと、ふるさとよねやま秋祭り、まるごといしこいまつり、石越冬のまつり、もっこり牛まつり、もくもくランド秋祭り、もくもくランドイベントでございます。それで唯一増えたのが、なかだの秋祭りで3,125円の増、登米市観光物産協会補助金は一番高くて増減がありませんでした。
 次に、25年度と比較して26年度に増えているのは二つあります。後は増減がありません。増えた二つは、なかだの秋祭りで1万2,459の増、登米市観光物産協会が40万円の増となっております。
 初めにこの補助金、どのような基準で決定したのか、まずお伺いをいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) 補助金の考え方でございます。
 イベントの補助金については、26年度につきましては基本的に25年度の額をベースにしておりまして、その中で増えたのはなかだの秋祭りの補助金が若干増えているというのは、これは実費分といいますか、変わった警備費分で少し増えてるという形でございます。
 それから観光物産協会の部分で40万ほどを増額しておりますが、これははっとンの着ぐるみ代としてですね、キャラクターのはっとンの着ぐるみ1つあったわけなんですけれども、車等で移動がしやすいようなソフトな素材のハットンの着ぐるみを購入するということで、40万の増額いう形になっております。なおですね、26年度まではこういったイベントの補助金、前年度までの額なりを踏襲しておりますが、27年度からはいわゆるこれらの補助金を四つの分類に分けまして、それぞれ補助率を決めて算出をしているということでございますし、その額については基本的に多く26年度と変わるものではございません。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) やっぱりですね、祭またイベントに対しては、いろいろ運営が非常に厳しいという声も聞かれております。やっぱり祭り、イベントというのはですね、地域活性化、あるいは地域おこしの原点でもあるというふうに考えます。例えばですね、米川の水かぶりはユネスコの世界遺産登録を目指しております。そういった意味ではですね、やはり必要なところにはしっかりと出すということで、大胆な見直しなども必要なのではないかなと思いますけれども、この点についていかがでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) 今、委員おっしゃる通りですね、それぞれのイベントについて、その重要性なりといったところを勘案しながら積算をしなければいけないと思っておりますし、今言われたような米川の水かぶりにつきましては、伝統文化型ということで一番高い補助率を適用した形で算出を、27年度しております。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 次にですね、公園等管理費でありますけれども、昨年も質問しましたが、グリーンキャンプなかだ入込客数ということで95人、実は25年度53人、24年度6人ということで、大変昨年度と比較しますと1.8倍、一昨年と比べますと約16倍というすごいへ伸び率なっておりますけれども、何かまた努力した結果でしょうか、お伺いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) グリーンキャップなかだについて、26年度の実績が95人ということで、これも前年と比較すれば40人ほど多くなっているということでございますが、その大きなものとして明治大学のサークルの方がキャンプにいらっしゃいまして、その部分で非常に大きな実績となっておりますが、まだまだ95人という形では胸を張れるものではないというふうに思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 本当に全国的に、やっぱりもっともっと発信すればですね、増えると思います。委託料約58万円支払っておりますので、しっかりと取り組んでいただきたいと思います。では、最後にいただいて終わります。

委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) グリーンキャンプなかだに限らずですね、市内の公園等様々な施設に関して、様々な方、市内・市外問わず多くの方々に利用していただけるよう発信に努めていきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 222ページの登米市産食材利用促進販売拡大事業の中で、食品輸出促進協議会に参画しております。これはいつから参画して、それから「農畜産物輸出につなげるための情報収集の内容」とありますが、どういった内容で、今後これを生かせるとしたらいつ頃からこの輸出というか、そういう目標年次がありましたらお知らせ願います。これはTPPの絡みも出てくると思いますので、どの程度考えておりますか。
 それから224ページ。都市部進出型直売活動(地産都商)の「マーケットの大きい首都圏における小売活動に挑戦する事業者への支援」とあります。法人者、都内の実施店舗は都内のスーパー1店でございますが、実績と今後の進め方、それから今後の継続性の見通しをお聞かせ願いたいと思います。
 それから264ページの中ほど、グリーン・ツーリズムで中学生の受け入れを行っておりますが、今後の考え方ですが中学生ばかりではなく一般、今後、宮城全共2年後にあります。そういう民泊組合とそういうのを立ち上げて、宮城の全共ですとホテルが恐らく足りなくて、岩手県、福島県、山形、そちらの東北6県のホテルを貸し切ると。そういう方向になると思いますので、いくらかでも登米市内にお金下ろしていただくようなそういう民泊組合といいますか、これからそういう考えがあるかどうか聞かせを願いたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ブランド戦略室長、渡邊 誠君。

ブランド戦略室長(渡邊 誠君) 輸出促進につきましてご質問いただきました。
 宮城県食品輸出協議会につきましては、平成22年の2月に設立されておりまして、登米市につきましては設立からメンバーというふうになっております。なお、本協議会はですね、地元伊豆沼農産の伊藤社長が会長になっているところでございます。
 本市におきましては、まず国の方でもですね、平成30年に1兆円と輸出額をすることを目標に輸出の振興に取り組んでおります。本市におきましても、既にいくつかのを事業者がですね、香港ですとか台湾などアジア諸国への輸出に取り組んでいるところでございます。本市におきましてもこの輸出協議会に参画しているほかですね、平成24年度に6次産業化のセミナーを開催をいたしました。また昨年度もですね、補助金等活用セミナーにおきまして、ジェトロ仙台の所長さんを講師として招へいをいたしましてですね、市内の方々にも輸出の取り組み方法ですとか支援策につきまして、情報提供の方を図っているところでございます。輸出という非常に困難な事業に挑戦する事業者に対しまして、関係機関とも連携をいたしまして積極的に推進をしていきたいというふうに考えているところでございます。
 もう一つ地産都商事業でございます。地産都商事業につきまして、ご質問いただきました。本市の農産物の販売でございますけれども、従来市として市場出荷ですとか、仙台圏を中心に行われてきたところでございますけれども、この事業につきましては、従来あまり行われてこなかった首都圏への小売活動を支援するということを目的に実施をしているところでございます。
 平成26年度におきましては、市内の農業法人の方が中心になりまして、首都圏の高所得者層をターゲットとしたスーパーの方に小売活動を実施をしているところでございます。ただ、中間事業者などの中間マージンが一定程度取られてしまうということで、なかなか収益性を確保するということが難しい状況でございますので、より有利に販売するためですね、直接小売店舗と結びつくことができるような営業活動の方を進めているところでございます。もう一歩まできている事業者もございますので、今後とも引き続きまして支援の方を継続してまいりたいというふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) グリーン・ツーリズムの成果表に基づくご質問でございますけれども、いわゆるここに掲載されております実績については子供達、中学生の受け入れという形での実績でございます。それをどうこれから大人も含めて受け入れていくのかといったところは、これからの大きな課題でありますし、今、農家民宿は市内に2件ほどありますし、いわゆる民泊の規制もこのほど緩和されましたので、そういったものを活用しながらですね、交流人口の拡大を図ってまいりたいというふうに思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 全共についてのお問い合わせでございます。
 平成29年9月からですね、5日間の予定で全国和牛能力共進会宮城大会が開催されるわけでございます。この期間中になりますけれども来場者に対してですね、観光コースの設定が今考えられているところでございます。その設定コースの中にですね、登米市の区域を含めていただきまして、市内で宿泊できるような体制を取っていただけるように推進を図っていきたいというふうに考えているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) わかりました。輸出の関係でございますが、伊豆沼農産はドイツの方にハムですか、それから以前は震災前、香港・マカオに牛肉、まあ数量は少ないんですが送った経緯もありますし、やはり今、TPPをにらんでこういう外国に肉、あるいは米なども考えられるはずなんですが、やはり現地の方に出向いて、そういう市場調査等、これは市長必要ではないかと思います。市長の考え方をお聞かせ願いたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 市場調査というようなお話でした。これにつきましてはですね、この前の研修会の中でも貿易関係の取り組みをいただいておりますジェトロの所長さんを招へいして、ご講演をいただいたところでもござますし、そういった意味では、海外における市場のニーズ、どういった部分があるのかということについては、しっかりと情報収集をしていかなければならないと思っております。
 また、当然その情報収集にとどまらずそういった情報を意欲ある事業所、もしくは農業法人の皆さまにもおつなぎを申し上げながら、またそういった活動がですね、当然そういった事業所の皆さんが直接交渉できるような環境を整える上で、我々としてどのような支援が必要なのかしっかりとその取り組みも踏まえながら、実施に向けた支援を行ってまいりたいと考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) それは判りますが、やはり見ると聞くとでは大違いでございます。やはり現場を見ないと、どういうそっちの産地でニーズを持っているか、やはり現地確認、そういうのも一つの生きた勉強と言いますか、情報収集は確かに情報集まるんですが、それをどう生かすか。やはり目の当たりにした方が、肌で感じた方が取り組みとしては、今農家、ここでさえ外国に行ってそういうのを勉強している時代ですので、行政マンとしてはやはり世界を見なければ、むしろTPPは必ずこれは入ってくると思わなければなりませんので、ぜひそういう海外を目指して登米市の物産を販売するような、そういう大きな物の見方をしてもらいたいと思います。
 もう一度市長のお考え。現地に職員を送ってそういう研修を、研修と言いますか現地を見て、そういう農産物を送る姿勢があるかどうか。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) やはり肌で感じるということは、大変必要だというふうに思っております。そういった意味では、市単独になるのか、またそういった取り組みの中ですね、連携をした中で事業を実施するのか、そのありようについては十分検討をさせていただきたいと思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) わかりました。それから先ほど市内のスーパーの実績、収益性がないといいますが、売り上げといいますか実績、むしろこの売り上げの方が経費よりもちろん少なかったから、今後これは継続といいますか、一過性のもので終わって、これからまだまだ考える余地があると言いますが、これからの方向性はどういった考えなのかお知らせを願いたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ブランド戦略室長、渡邊 誠君。

ブランド戦略室長(渡邊 誠君) 地産都商事業でございますけれども、こちらにつきましてはビジネスチャンス支援事業の中にですね、地産都商チャレンジャー支援事業というメニューを設けております。一過性にとどまる事業ではございませんで、制度として支援策を設けておりますので、ご希望がある事業者の方いらっしゃればですね、ご支援が可能でございます。
 なお、26年度におきましては市内の農業法人の方がですね、首都圏のスーパーで販売を行ったわけなんですけれども、10月まで行ったわけなんですが、配送料が高騰しているといった状況もございまして、純利益が10%ほどともいうような形で、人を雇って雇用して事業を行っている企業としてはですね、なかなか継続が難しいというような内容でございまして、非常に厳しい結果であったというふうに認識をしております。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 経費がかさむということでわかりました。
 それからグリーン・ツーリズムの関係ですが、やはり今後中学生ばかりではなく、一般を対象にした全国に発信して、ぜひ民泊組合、そういう大きな中で全国から宿泊客を呼び込むようなそういう取り組みをしていただきたいと思いますが、この辺の民泊組合の立ち上げといいますか、その辺の考えをもう一度お聞かせ願いたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) 今現在、その民泊組合というものの具体的な検討には入っておりません。グリーン・ツーリズム推進協議会、及川委員さんも含めて40名の会員の方々がいらっしゃいます。そういった方々とも連携をしながら、そういったことも含めて検討してまいりたいと思います。


委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。氏家英人委員。

4番(氏家英人君) 264ページ、観光費の部分なんですけれども、県内初となるAR機能をですね、取り入れた観光パンフレットを作成したと。そして、一部動画による情報発信を平成26年度行ったとしておりますが、このパンフレットいつ作ったんですかね。

委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) その観光パンフレットについては、現物はこれでございますが、26年度に作成をしておりまして・・・すいません、今その何月何日というのはちょっと把握をしておりませんが、5万部を作成をして市内等に配布しております。

委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) そのAR機能を取り入れた観光パンフレットは、3月の二十何日頃の多分、作成だと思うんですね。1週間も昨年度は発信していないはずなのに、胸を張ってね、こういうふうに成果説明として書いているのはどうかなあというふうにも思うんです。
 それからですね、レンタカーのキャッシュバック事業、これは昨年度の事業だったんだけれども、繰越しして今年度ということなんですけれど、これの今現在の状況というか、どうなっています。

委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) まず、パンフレットについては、そういったことで3月なんだろうと思います。それを27年度において活用をしているということでございます。
 それからレンタカーのキャッシュバック事業につきましては、7月から実施をしておりまして、7月・8月と今、実績が上がってきております。7月の実績が57件、8月が67件ということで、こちらとしてはまずまずのスタートを切れているのかなというふうに認識しております。

委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) キャッシュバック事業というのは、これは良い事業だと思っていましたので、そういう活用実績があるということを知って良かったなと改めて思っているところなんですけれど、パンフレットの方に戻りますけれど、ここ11節、昨年度は350万ほどの予算で様々なパンフレット等々を印刷製本をしているわけですけれども、やはりこういった成果報告書にはですね、作成日、それから作成部数こういうのも明記できないものなのかなあと思うんです。これだけただね、「はっ登米」、「ほっ登米」印刷しましたと、265万円かかりましたと。川内印刷さんが受注してくれました。これだけではなくてですね、いちいち質問しなくてもいいように、作成日、作成部数これも入れていただきたいなと思いますとともにですね、産経部に限ったことではありませんが、こういった市民にお知らせしたい印刷物等々を作った場合は、議員控え室に、例えばですけれど個人のパンフレット入れみたいな物もありますので、そういうところに忍ばせておいていただければありがたいのかなというふうに思うわけです。その辺どうでしょうかね、課長。

委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) ありがとうございます。成果説明の記載の仕方については、成果がわかるような形で調整をしたいと思いますし、あと作成をしたそういったパンフレット等の成果物、今おっしゃられたように、議員さん方にもぜひ広めていただきながら活用していただくような形でやってまいりたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 4点お尋ねします。223ページの登米産米販路拡大事業、アンケート調査でわかったであろう消費者の動向及び登米市産米の評価はどうだったのか。
 2点目、224ページの地産都商、将来性があるとの見込みを持っておられるのであろうから、課題を一つずつクリアして、大いに進むべきだと思っております。中長期的な視点を持つことが大事だと思っておりますので、小手先のあれではダメですから、本気になってやっていただくことが良いのではないかと思っております。
 それから270ページ、観光施設管理費のとこの年間利用者数ですが、積算根拠は施設ごと共通の根拠でなっているんでしょうか。そして特に道の駅ですと、今この登米市内にある道の駅は、宮城県内ではどのくらいの位置にあるのか。また、東北に広げればどの位置にあるのかということをお知らせいただきたい。
 それから272ページの食材物産ステップアップ事業の中に、登米市がずっと行っております麻布十番祭りへの出店は、この項目でしょうか。別なところであるのでしょか。
 以上4点お話しが聞きたい。

委員長(伊藤吉浩君) 登米産食材販売促進専門監、三浦洋一君。

登米産食材販売促進専門監(三浦洋一君) 平成26年度のアンケートの結果から見えて来る状況について、ご報告をさせていただきます。
 登米産米のお試しパックの試食につきましてのアンケートにつきましては、おいしさだけの聞き取りだけではなくて、仙台圏と首都圏に区分して集計を行っております。その中から見える点につきましては、まず1点目、仙台圏では56%の方がひとめぼれを日常的に食べているのに対し、首都圏につきましては、コシコシヒカリ27パーセント、あきたこまち19パーセントが人気があると。それから1回の購入量につきましては、仙台圏では30キログラムが約4分の1を占めているのに対しまして、首都圏では5キログラムが中心であり、無洗米の割合も仙台圏よりも高いというふうな状況が出ております。
 また、環境保全米の認知度につきましては、仙台圏では6割を超えていたものの、首都圏では14パーセントにとどまっているというふうな状況もございまして、今後、生産者団体とも情報の共有を図りながら、本市の環境保全米の認知度の向上とか販路拡大のために活用・取り組みを続けてまいりたいというふうに思っております。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) それでは、観光施設管理費の道の駅の入込客数の考え方ですが、これは主にレジの通過数等を基に算出をしているということでございます。
 それから、登米市の道の駅の位置付けでございますが、市内にはご存知の通り四つの道の駅がありまして、県内には12あります。一つの市内に四つの道の駅があるというのは、東北も含めて非常に珍しいところなのかなというふうに考えますし、また今1つ東和の方に道の駅を整備を進めておりますので、五つということになればかなり特色のある形になるのかなというふうに考えております。ほかの市のですね、利用者数というのは抑えておりませんので、市内の利用者数だけしか押させておりません。利用者数のランキングについては・・・
   (「〇〇」の声あり)

委員長(伊藤吉浩君) 販売額ランキングとはわからないの。商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) 今のところランキングというのは把握しておりませんので、確認をしておきます。

委員長(伊藤吉浩君) ブランド戦略室長、渡邊 誠君。

ブランド戦略室長(渡邊 誠君) 地産都商事業につきましてご質問をいただきました。
 こちら現在では補助事業のメニューの中に制度として位置づけているわけでございますけれども、平成25年度に市が実証事業行っております。こちらにおきまして、いくつか課題が見えてきております。まず、物流面におきましては、配送経費がかさむ大型野菜を控えるということが必要であるということ。配送経費の割合の低減化というものがですね、必要でございます。また、制度全般でございますけれども、手数料率をですね、これがやはり30パーセントを超すというと利益・・・。
 (「私わかっているんです。だからそういうことをクリアして、広めていくつもりがあるかどうかだけ聞きたい」の声あり)

委員長(伊藤吉浩君) 本気度だそうです。ブランド戦略室長、渡邊 誠君。

ブランド戦略室長(渡邊 誠君) こうした課題を把握しておりますので、もっとも大きい販売手数料を省くためにですね、直接小売り店舗に営業かけていくというためにですね、市としても支援をしてまいりたいというふうに考えているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 麻布十番納涼まつりへの出店についての質問でございます。この麻布十番納涼まつりにつきましては、昨年平成26年につきましてはですね、まだ銘柄が統一なっておりませんでしたので、登米産牛という扱いで出店をさせていただきまして、2,500本の牛肉の販売をさせていただいております・・・
 予算科目につきましては、成果報告書の233ページのですね、負担金、補助金及び交付金の中の登米市和牛振興協議会の事業として行っておりますので、予算はこの補助金の中から実施しているということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) 所管ですけれども1点。
 成果報告書250ページ、下から二つ目というか木工需要開拓事業補助金80万。この説明を見ますと、「スギ矢羽集成材、あと松材等による木工品新商品開発」とあります。どのような新商品がこれまでできているのか。また、この補助金については26年度のみならず、その成果を見ればどんどんと新しい新商品、推奨しても良いのかな。マルを一つ足しても進めるべきというふうに思うのですが、その成果を伺います。

委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) 木工需要開拓事業補助金80万の関係でございますが、支出先につきましては津山木工芸品事業組合ということで、ご承知の杉の矢羽材ということで作る新規商品等に関する開発経費ということで、定額で補助しているものでございます。
 これにつきましては、もくもくハウスであったり、過去には仙台東口に店舗がございましたが、今は場所移を移して店舗を構えておりますが、店に主とした陳列する置物であったり、あるいは台座的なものであったりというような形で、それぞれ組合の方で工夫をして商品開発に臨んでいるところでございます。
 当然この施設を利用しております津山木工加工研修施設につきましては、指定管理者ということで様々な取り組みをしておりますが、これまでは一定の矢羽集成材、あるいは木工品の販売に至っておりますので、私どものほうとすれば開発はある程度、一定程度進んでおるものというような意識づけをしております。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) そうすると、これといった新商品というのは出ていないですね。ずっと毎年毎年、指定管理の上乗せのような補助金に見て取れますよね。やっぱり登米に行ったらこれが、素晴らしいい木工品があるよというような名目であれば、こういう説明書きもよろしいかと思いますが、やっぱり成果表に載せるんですから、ちょっとここは文言工夫した方が良いんじゃないですか。新商品、新たな商品生まれていないのに、新商品の開発に関するっていうのは、ちょっと変だと思いますが。所見だけ聞いて終わりにします。

委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) 毎年度、木工品の新たな商品開発というのには取り組んでおりまして、少なからずも1以上はございますので、それが具体的にいわゆる商品としての販売力がどれほどあるかというのは別にしまして、商品開発はしているというような理解をしていただければというように思います。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに、佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 成果報告書の225ページ下段、経営体育成支援事業があります。人気あるというか、みんなが注目して口コミでも情報交換して利用されているものであります。対象は中心経営体ということも記載されております。本市の市長の姿勢は、農業の担い手はいわば意欲ある全ての農家と。規模大小問わず、経営体の法人云々も問わずということで来ております。その点ではその一つとして、この中心経営体への国の事業を活かしたもの、これは最も必要なことでありますがこの中に、お聞きしたいのは集落営農組織、この活用実績は26年度あるんでしょうか。
 それから集落営農についての記述はほとんど見なかったのですが、担い手という位置付けはあるもののどんな取り組みを26年度したのか見えないので、完結に説明いただきたいということ、こうした農機具導入支援、いわば個別小規模農家には何か支援策というか実績があるんでしょうか。その三つです。

委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) 2点ご質問をいただきましたが、経営体育成支援事業の事業実施者の範囲につきましては、人・農地プランに位置づけられた中心経営体ということで、認定農業者が含まれます。したがいまして、ご質問ありました集落営農という方々の分につきましては、個人法人問わず、いわゆる人・農地プランの中心経営体という位置付けの定義がございませんので、事業実施というのは25年度からでは実績はございません。
 それから「集落営農に対する取り組みが成果説明書に記述されないが、どういう考え方で」という様な形でご質問を受けましたが、集落営農につきましては、国の制度の中で補助金の受け皿等を中心にして過去に集落営農が組織化されたという大きな経過がございますが、現在私ども担い手の育成確保という部分におきましては、農地中間管理事業の事業制度創設とともに、集落営農組織につきましては、私どもいろいろご相談、現在受けておりまして、将来の法人化等に向けたそれぞれの話合いであったり、あるいは地域によっては集落営農組織の維持というような様々考えがございますので、それぞれの地域における集落営農組織の考え方を尊重しながら、それぞれ個別に対応しているというのが実態でございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) もう1点、小規模農家に対して。

委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) 大変申しわけございません。
 小規模農家に対する支援につきましては、ただいま申し上げましたとおり担い手ということで、比較的国の制度そのものも認定農業者等を中心とした大規模型の方に移行しておる現状にあります。議員皆さまの方からいろいろな場で小規模農家、あるいは経営規模の小さい農家の育成支援もこれまで以上に内容を見直して拡充すべきというような点でご指摘を多くいただいておりますので、その辺につきましては今後、私ども産業経済部の中でどういう取り組みができるのか検討してまいりたいというように考えております。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) ここで昼食のため、午後1時まで休憩いたします。よろしくお願いします。
 
          休憩 午後12時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 質疑はありませんか。佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 222ページに青年就農給付金、上の段にもあって、その前ページにその人数の内訳等が載っております。これは新規就農者、非農家出身という方はいるんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) 青年就農給給付金の対象者、うち夫婦4組ございますけれども、その方々の中に非農家出身者がどうかということでございますが、出身地は現在手持ちの資料で把握してございますが、農家かそうでないかは、後でお答えしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) いわば先ほど大規模というか経営体育成と、この市の中心的な担い手だと位置づけて、それはそれでその通りなんですが、それだけではないと、担い手は。兼業で小規模であっても必死に頑張ってきたから登米市の水田農業はあるので、大規模で優秀だといっても補助金なくしてはやれないというのもあって、その中でも個別農家は個々にとにかく頑張っているということで、その支援策を考えようと。それは先ほど課長から答弁あったので、後はこちらも一般質問申し上げたようにいろいろ研究したいと思っておりますが、そういう中で今なぜ他産業からの農業への進出や取り組みになっているのかと、新規就農ね。
 いわばそれをお聞きしたかったのは、全国こう見ますとね、国の15万円の補助金にとどまらず、自治体独自、市独自で商農機具、例えば30万円とか管理機みたいなのとかに対して助成をするというような取り組みもあるわけなんですね。だからそうやって、いわば登米市、もともとの登米市の農家、農業者の経営をどう守っていくかというのと同時に、大いにこの登米市に来て農業、新規参入結構ですと、こうした支援制度を持ってますというふうな取り組みが必要ではないのかなということを思うものですから、お聞きしたわけですけれども。それはどうでしょうかね、部長ね。そういうのも必要なんでないでしょうかね。国の支援、交付金ぽっきりではなくて。だからそこら辺は、非農家出身かどうかも報告がないという点ではやっぱり不十分なので、やっぱりよく聞いて、やっぱり「こういうのが必要だ」とか、「こういう要望があるんだ」とかというのをやっぱり聞いてですね、リタイアしないようにしっかり支えるということが必要ではないかなと思うものですから、お聞きするわけであります。いかがでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) まず、青年就農給付金の対象者の中には、数字、しっかりと確認できないということで、課長は後ほどというふうな答弁をいたしておりますが、いわゆる新規参入の方もいるというふうに私は聞いております。
 それから支援の関係でございますが、これは全く無条件でですね、例えば農業機械もいろいろあるかと思いますけども、そういった農機の購入に対する支援、無条件でというふうなお話になりますと非常に難しい面はあろうかと思いますけれども、一般質問の際にも答弁を申し上げましたが、市としては認定農業者なり、大規模農家に限定した支援事業ではございませんということで、意欲のある、いわゆる兼業農家の方も含めてですね、意欲のある農業に取り組みされる方であれば支援の対象にしているというふうなことでございます。
 その中で一つ一つを申し上げれば、例えば支援事業の中でそれなりの要件は当然ながら設けているわけでございますが、そういう幅広く支援できるような内容については、今後も継続をして、そういう基本の元に支援事業の組み立てをしていくというふうな基本的な考えをございますので、よろしくお願いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) もう時間ないので一言ですが、青年就農給付金、これも今提案しましたがどう受け止めたのか分からない答弁でありますが、無条件ではないんです。だから、よく調べる必要があると。例えば実施している自治体では、最低10年間農業を続けるとか、最低義務年限、義務年限と言いますかね、そういう言い方ではないと思いますが、そういうような条件も付けながらなんです、当然。ということで、よく研究をするように求めて、再質問はちょっと時間がないので。以上、頭にだけ入れていただきたい。

委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) 時間ないところすいません。先ほどご質問の青年就農給付金で後でお答えしますという回答をしましたが、青年就農給付金を受けている人を含めた平成26年度の新規就農者、登米市で29名ございます。このうち非農家からの新規参入は12名の方々というような数値となってございます。時間ないところ大変申しわけございません。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) 224ページ、伝統野菜復活プロジェクトの件であります。
 これ、非常に私は一目置いてるんですけれども、この伝統的野菜というのは、まだまだ市場には出回っていないと思うんですが、この二つの事業をしてどういう評価がありましたか。そして、これからどのように伸ばそうとしているのか、まずお伺いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ブランド戦略室長、渡邊 誠君。

ブランド戦略室長(渡邊 誠君) 伝統野菜復活プロジェクトにつきまして、ご質問をいただきました。こちらの事業につきましては、平成25年度と26年度の2カ年におきまして、これまであまり知られてこなかった市内の伝統野菜の発掘調査を行った所でございます。この2カ年におきまして、20品目の伝統野菜を発見することができたなところでございます。
  本事業につきましては、残念ながら予算措置を伴う事業としては、26年度で終了となってしまいましたけれども、今後は予算がない中での活動となるわけではございますけれども、引き続き情報収集の活動を継続するとともにですね、小中学校などを教育の現場における食育などの場での成果物、昨年、「ずだね(地種)、たねでます」というですね、冊子の方を作ってホームページの方にも記載をしておりますけれども、そのような取り組みをしてまいりたいというふうに思っているところでございます。
 なお、市内の伝統野菜の生産の状況につきましては、非常に高齢化した農家の方がですね、作っているという危機的な状況もあるわけでございますけれども、市内のスーパーさんですとか、若手の農業者でこの種を引き継いで生産をしてくれている動きも出ております。また、新しい販路の開拓などにも努めているようなことも出ておりますので、引き続きまして取り組みを継続してまいりたいというふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) 何かあまり詳しく説明いただきますと、次、困ったなと思っているんですけれども。私はね、貴重な地域資源、あまり目立たなかったものがここでようやく復活したということで、非常に嬉しく思っておりますね。それで登米市にですね、いわゆるブランド品というのは何品目ありますか。それ、何品目あるか。ブランドと言われる物。

委員長(伊藤吉浩君) ブランド戦略室長、渡邊 誠君。

ブランド戦略室長(渡邊 誠君) 8品目でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) 登米市にブランドと言われている認証品目は8種目。私はもっとあったのかなという感じで見ていたんですけれど。実はね、登米市に8品目、日本全国で1,600だか500だかあると言われているんだそうです。消費者から見れば全く分からない。みんな全てブランド品であると。これが外国人から言われますとね、全く分からない。何がブランドなのかということですね。
 私は貴重な地域資源、ここにしかないものだけが本当の価値のあるブランドではないかなって感じで見ているんですね。それで予算がない中で今年度は取り組みますよと言うんですけれども、ここにこそブランド戦略の第1として取り組むべきではないんですか、と思いますよ。いかがですか。

委員長(伊藤吉浩君) ブランド戦略室長、渡邊 誠君。

ブランド戦略室長(渡邊 誠君) 伝統野菜など在来品種でございますけれども、高度経済成長以降ですね、生産・流通・販売の経済効率化最優先の風潮の中で、多くの物が消滅してきたわけでございます。そんな中でも生き残っているこの品目につきましては、委員ご指摘の通り、ここにしかない貴重な地域資源だと認識をしているところでございます。
 事業につきましては、平成26年度に調査結果を取りまとめたということとですね、これを活用いたしました料理でございますけれども、こちらの試食会の方を開催をしているところでございまして、予算措置が伴う事業としてはなかなかちょっと今後継続というところは難しいのでございますけれども、予算ない中ではございますけれども最大値取り組みを進めてまいりたいというふうに思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) ぜひね、産業経済部で、私はブランドというのはね、どこにでもあって実際消費者の方は「何がブランドなの」そういうのですからね。ブランドというのは、そこにだけしかないものですよ。この点ね、しっかりと念頭に入れて戦略してください。お願いしますよ。
 次に250ページ、地域産材需要拡大支援事業補助金。ここには41戸で、補助金いくらだろう、1,600万の事業費ですけれども、26年度新築した家屋というんでしょうか、登米市で何戸あって、この事業を使った家屋が何戸だったのか。

委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) 1,630万円の補助金を交付をするにあたっての対象者は記載の通りでございますが、登米市内の26年度期間中の建築物の届出件数につきましては、今手元に資料持ち得てございませんので・・・ちょっと訂正をさせてください。大変申しわけございません。41件、1,630万円で登米市内の新設持ち家の住宅数が245戸でございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 新築の戸数ということでのご質問でしたが、成果説明書の100ページにですね、家屋調査の状況ということで一覧載せてございますが、新築ですと専用住宅で340戸、全ての建物を合わせますと木造・非木造合わせまして521戸ということになります。

委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) 100ページ見ても521戸、先ほどは200戸ですか、240。その中でもわずか41件。まあ、6分の1。これはね、私は決して多い少ない、何か認知度が少ないんじゃないのかなという感じがしますね。それで、これはこのいわゆる事業を行うためにはある程度の基準が、条件があると思うんですけれども、まず地元の建築士であるというのが第一だと思っているんですけれども、それは間違いないですか。あくまでも地元の大工さんですよ。こうですね。

委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) ただいまお話されましたとおり、市内産材を使って、建築士は市内の施工の方というような内容となってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員

13番(伊藤 栄君) それでね、私は市内に、建築士が何軒あるかよくご存知ありませんが、市内にかなりの市の外から来ている建築士さんが見受けられます。しかしその人達がですね、登米市産材を使った建物は該当なりませんね。要は、地元の事業主が活性化しながら地元の産材を使ってもらえればなおさら良いんですけれども、なかなかそうもいかない現実があります。それで、第1義にはまず地元の産材、ブランドと言われる杉、特に津山ブランドと言いましょうかね、地元の産材使っていただければ、私は良しとしなければ。せっかく240戸、後はいろいろな建物を見ると500戸もありますね。地元の産材を使ってもらえれば、私はある程度良しとしなければ。もう少し条件を緩やかにできないものか、こう思いますが。

委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) 当該事業の実績の推移を見ますと、確かに震災後のいわゆる復興・復旧の動きも一定程度収まりつつあるという中で、新設持ち家の住宅戸数全般的に見ても減少傾向にございます。その中で、当該事業の交付対象者数も24年度と対比してみますと、大体25、26戸ほど、戸数にして減少しております。
 こういう事業の必要性の検討と含めて、そしてなおかつこの授業の制度のあり方ですね、ただいま、「余りにも厳しすぎるのではないか」というようなご指摘もいただきましたが、事業の継続性とあわせて、制度の中身も実施する際のいわゆる緩和関係も含めて検討してまいりたいという様に考えます。

委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) ぜひ、それは考えていただきたいと思います。
 それからもう一点ね、253ページ。このふるさと林道、これ何かしばらく前にからこの事業があるようなんですけれども、まあ26年度は180メートル。これ、いつまでかかるんでしょうか。延長はたぶん5キロ、6キロあると思うんですけれども、これいつまでかかるんでしょうかね。それで今、何パーセントぐらい進んでいるのか。

委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) 当該林道整備につきましては、幅員5メートルで、全体延長4,380メートルを登米町・東和町間を結ぶ一級林道でございます。事業期間は平成21年度から平成30年度までの10年間ということで、事業着手した整備でございます。事業主体は宮城県となってございまして、現在まで舗装した区間が1,120メートルで、いずれも登米町側ということで、舗装を延長ベースで全体の中で見ますと進捗率が26パーセントほどというような状況となってございます。したがいまして、全体延長に占める舗装割合ですと、まだ4分の1程度というような中で、事業施行年度とすれば中間年の5年を折り返しまして、26年度、6年目が終了したというような状況となってございます。
 このことにつきましては、かねてからいろいろな場で要望等も出されておりまして、ただいま県の方といわゆる予算の貼り付けということでいろいろと努力はしてまいりましたが、いかんせん国の予算ベースがいわゆるこれまで震災復興の沿岸部を中心に林道の予算配分が重点的になされてきたというような経過もございまして、なかなか思うような事業費の貼り付けが見られなかったということでございますが、ただいまご説明しました通り、進捗率が芳しくございませんので、このことにつきましては予算の獲得に向けた動きを県の方にお願いして、県の方からいろいろ努力して、国の方からの傾斜配分についてお願いを今年度もしておるところでございますので、よろしくお願いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) 今ね、答弁いただきました通り、4.3キロで進捗率が20パーセントと。10年間ですよ。まあ、県の事業ですから登米市で負担をして、県の事業だから仕方がないのかなとこう思っているんですけれども、造った後からすかすか不具合箇所が出ているような感じもする。わずかの期間ですので、こういうね、市で代わってやってもいいのではないですか。あんまり期間かかりすぎます。
 と言うのはね、ここに同じページなんですけれども、市民公園ありますね、市民公園。ここに利用者あるんですけれども、この方達もあの公園は、キャンプ場はリピーターの方多いですから。何かこれが登米市の事業かな、まあ登米市の事業でしたらすぐやるんですけれども、いかんせん県の事業ですので、あまりね、私は何というんですかね、県の事業だから仕方ないやって感じでいると思うんです。そうではなくて、町と町を結ぶ、何というんでしょうかね、まあ万が一の場合の災害ルートにもなり得る道路ですから、これはもっとスピード感をもって、ならば登米市で代替工事をして早期にやってください。いかがですかね。

委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) ただいまお話しされた通り、当該路線につきましては、登米森林公園、それから登米の森林セラピーというような市の大きな目玉としている施設がございますし、さらにはこの林道整備で高性能作業機械が通れる、林業の活性化にも結びつくというような目的、それから登米町と東和町を結ぶ林道とはいえ、やはり生活道路としてのいろいろな多くの機能を持った道路でございます。
 私どもは県の事業だからということで負担金を出せばいいというような姿勢ではなくて、これまでも事業費の貼り付けについては一所懸命努力してきたわけではございますが、結果として現下の状況となってございますので、「市が代わって」というようなところまでは私、今この場でもちろんできませんけれども、そういう気概をもって県とこれから交渉してまいりたいというように考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) 少し、今の農林政策課長の答弁を私しっかりと受け止めましたので、これから県、あるいは県がそのとおりでしたならば市で代わってやるぐらいの気概を持ってやっていただきたい。答弁で詳しくなったんですけれども、ご存知の通りあそこは森林セラピーとか、あるいは森林公園とか、結構遠くからリピーターの方が何人も来ていますので、毎年来ていますので、いつまでもあの状態では何とも申しわけないという気持ちでおります。ぜひ、関係部長、担当部長、力を入れてやっていただきたいと思います。
 それからその下のね、森林公園利用者があるんですけれども、実際にキャンプで宿泊した方がここに何名おりますか。

委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) 3,020人利用していますけれども、このうちの宿泊した方々というような理解の仕方でよろしいでしょうか。宿泊した方々につきましては、750人というような数値で挙がってきてございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) ぜひ、報告ですので宿泊者の方もですね、ここに書いていただければよろしいかなと思います。ここに宿泊する方はね、本当に電話も通じない、テレビもない、それを求めて来ているんですね。本当によく遠くから来てくれるなと思って。それこそ今キャンプ場というのは、みんな便利なところだけなんですけれども、ここは全くの山の中で綺麗な星だけが見えるというふうなキャンプ場ですので、そういう方々のためにもですね、いつまでも道路工事しているのではなくて、全線開通をスピード感持ってやっていただきたいと思います。以上で終わります。

委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) ただいまご指摘いただいた点を踏まえまして、今後の施設管理の運営等にあたって行きたいというように考えます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) 259ページからですね、企業誘致費の関係でお伺いしたいと思います。
 企業立地、ここの中でありますけども、「新規立地で操業を開始した企業はなかったものの」ということで書いてあります。また、この企業活動の支援ということですね、上の方から「近年、経済の回復基調が報じられてはいるが」とありますけど、よくわかりませんけれども「地方では事業活動の縮小や雇用機会の減少が見受けられる」というふうにあります。先日新聞を見ていたら9割の企業がですね、地方への進出は考えていないでございます。それで、今年度に入ってその状況はどうでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 新産業対策室長、伊藤秀樹君。

新産業対策室長(伊藤秀樹君) 今年度につきましても、企業誘致で市内に来ていただける企業はまだ1社もございませんが、県を通じまして問い合わせは数件ございました。ただ、市の財産としてのところが売り渡す土地がないものですから、照会を受けても何ともならないといいますか、何とか工業団地の早期整備を行っていきたいと思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) 今のお話の通り、なかなか進まないんですね。それでこれについてはですね、今、様々な地域で地域の担い手である中小企業であるとか業者、さらには農家であるとか協同組合の育成を図りながら、地域社会の持続的な発展に対して取り組むところが増えてきております。それは中小企業振興条例とか、そうしたものを作ってやっているところなんです。それで登米市としてはですね、どうなのかなと。この選択と集中の中でやっていくのか、少し変わった視点でしっかり地域経済を支えるような、そうした方向での考え方になっていかないものか。
 また、中小企業振興条例等に向けては、どのような考えを持っているかお伺いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 中小企業振興条例ということで、前の一般質問においても頂戴をしたかと思います。その際にもお答えはいたしておりますけれども、市といたしましては、今年度取り組んでおります商工観光振興計画、その中で企業誘致も含めて、商業、工業、雇用の関係も計画の中で盛り込んで行くというふうな現在の考え方をしております。
 したがいまして、それらの状況を見据えながらですね、条例の制定等については引き続き検討させていただいたいというふうに思います。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) この条例化に向けての取り組みということなんですけれども、今の答えにある前にですね、少し地域に根差したそうした地域活動を支援するような体制については、条例等は関係なしにその辺に力点を置いていくことがですね、大切だというふうに思いますけれども、その辺の捉え方を一つお伺いしたいというふうに思います。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 力点と申しますかそういう形、どういう形の支援が出てくるのかというふうなこと、まあいろいろな支援があろうかと思いますけれども、いろいろとお話し、ご相談いただければ積極的に対応をしてまいります。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) それではですね、ぜひそういう機会をつくっていただきたいというふうに思いますけれども、いろいろな協同組合の関係、それから消費者の関係、いろいろな方々とお話をしていただいて、情報をよく収集していただいてやっていただくようにお願いしたいんですけれども、よろしいでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 商工会をはじめ、あるいは消費者の会というような組織もございます。そういう方々との情報交換、これからも充実をさせていきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。八木しみ子委員。

24番(八木しみ子) 私からはですね、監査委員の個別事項への指導についてお伺いしたいと思います。
 コールセンターの立地促進奨励金の返還金でございますが、成果表をいろいろ見たんですがこのことについては特に記載されておりませんので、この監査委員がいろいろと指導しておりますので、中身について詳しくまず説明していただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 新産業対策室長、伊藤秀樹君。

新産業対策室長(伊藤秀樹君) コールセンターの立地促進奨励金でございますけれども、23年度と24年度にそれぞれ交付しております。23年度が1,350万、24年度が立地特別奨励金加算奨励金ということで563万、合せて1,913万円でございます。これを昨年の11月27日付で破産管財人の方に返還命令書を送付しているところでございます。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) これは、市独自の立地奨励金ですよね。このほかに返還金といいますと国からの補助金に対する返還金もあると思うんですが、これは何もいいんですか。解決したんですか。

委員長(伊藤吉浩君) 新産業対策室長、伊藤秀樹君

新産業対策室長(伊藤秀樹君) 国からの補助金の関係につきましては、まだこちらの調査した金額が8,867万8,820円ですがこれを全額、今年の6月18日付で請求しているところでございます。ただ、この金額が国で認めるといますか、その辺の部分につきましては、今後9月下旬から10月に国交省の方で発表する予定でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) これですね、監査委員の指摘事項では、今後のこと書いているんですね。「国や県と協議・折衝され、市の負担軽減を務められたい」と。ここに私は何か意味がいっぱいあるような気がするんですよ。今、お話された8,800万ですか、これが6月18日付で会社に請求したんでしょうか。それとも、これ返さなければならない金額なんでしょ、返還金として。そうしますと、9月にどうのこうのと今聞いたんですが、この事案ですね、不適正な事案としてやはり議会の方に報告すべきじゃないかと思うんですが。1回は、いろいろとコールセンターの会社がうまくいかなくなったとき説明があったんですが、その後の経過については全然説明がなかったものですから今聞いているんですが。もうちょっとこの辺を。返還金が、市がこの8,800万というのも出さなくてはいけないとなったら大変なことになりますので、もう少し詳しく説明してください。

委員長(伊藤吉浩君) 新産業対策室長、伊藤秀樹君。

新産業対策室長(伊藤秀樹君) 本社DIOジャパンの経営不振からですね、子会社であります当市に立地いたしました東北創造ステーションに対する市独自の奨励金とそれから緊急雇用創出事業を使った国からの補助金、その2通りでございます。
 26年につきましては、立地奨励金の方、これは5年継続しないとダメだという要綱がございますので、それに基づきまして26年中に返還請求をしております。その後、各子会社、全国に17ほどあるんですが、厚労省、それから会計検査員等の指摘を受けまして、26年の8月に国から「各コールセンターにつきまして調査しなさい」という通知が来ました。その結果、ただし、その時点ではもう破産宣告といいますか破産の裁判が始まっておりまして、東北創造ステーションにつきましては、その時点でもう書類等は全てDIO本社及び破産管財人の方に行っております。破産管財人から県を通しまして、東北創造ステーションの書類等をいただきまして、ようやく確定させた金額が先ほどの8,800万でございます。それに基づきまして、破産管財人宛てに7月に請求しているところです。
 先ほど申し上げました通り、国に全国で登米市を含めまして報告しているところですが、その自治体によって破産管財人が出てきた書類等がバラバラでございます。それを国としてどう認めるかという公表が今月末から来月にあるということでございます。それに基づきまして返還、今度は市が、国から県、県から市という順番になりますが、県から市に対しまして返還請求が来るかと思われます。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) そうしますとこの8,800万というのは、破産管財人に請求していると。それが破産してしまっているから、まず来る見込みがないですよね。これはそうしますと、市が独自で出した1,913万、これは丸っとどこからも取れないというふうなことだと思うんですが、まあ損するわけですね。そのほかにこの8,800万、もし請求しても来なかったらこれを市が県に返還しなくてはいけないというふうな、そういう理屈になってくるんですか。そうですか。ですからここの監査委員の指導の中には、国や県と協議・折衝して、折衝しなさいという言葉が入っているからちょっと私もどういうことかなと思って質問に立ったんですが、そうしますとこれ大きな問題になりますね。今月末にいろいろと結果が来ると思うんですが、じゃあこれね、ここで言ったってあれですから、内容は判りましたので次、議員全員に対して説明して、対策。できるだけ負担軽減に努めるように頑張っていただきたいと思います。7分しかありませんので。

委員長(伊藤吉浩君) 新産業対策室長、伊藤秀樹君。

新産業対策室長(伊藤秀樹君) ご指摘の通り進めたいと思っております。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 成果報告書のですね、265ページお願いします。
 この補助金ということで、佐沼桜まつりから始まってですね、グリーン・ツーリズムまでありますけれども、様々なイベントがこれだけ開かれている中で、長沼花火のときにちょうど市民歌が流れたんですよね。私、「何だこれ」と思ったんですけれども、そういうことで市民歌にこだわっているわけではないんですが、これだけのイベントの中でね、もの凄い人がここに集まるというふうなことで、ここで始まるときに、あるいは何らかのときにその市民歌なるものをちょっと流しただけで、ものすごく広まるなというふうに思っているんですけれどもどうでしょうかね、これ。こういう質問していいんですか、私。ごめんね。

委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) 市民歌を各イベントのときに流して、PRに努めてというお話でございますので、それぞれ各イベントですね、実行委員会という組織でそれぞれやっておりますので、そういったことも含めてですね、今ご提案いただいたことも含めて、伝えていきたいなというふうに思います。

委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) ありがとうございます。そうしてまた、この補助金を見ますとですね、どうも若い人たちが一所懸命やっている長沼花火、そしてまた伝統ある水かぶり、水かぶりあるね、ここに。水かぶりというには、あれだけ一生懸命やってテレビで放送されて、寒いところ一生懸命やってもたった9万円と。何てことだろうと思ってこれを見てるんですけれども、熱出るからですか。そしてまた、何も私利私欲もなくやって、何万人も寄せて、長沼花火も大変な苦労をして上げているところも25万円だというふうなことですね、補助金あり方、これならこれで市では良いんだということならそれで良いんですけれども、様々なイベントある中で公平公正ということはなかなか難しいもので、それぞれの支援の仕方にですね、一工夫あってもいいかなというふうに思います。
 特に若い人たちは、登米市を担って一生懸命頑張って盛り上げようとしていますので、その辺のところをいくらか緩和してあげればなあと思います。この件について、ここにせっかくきている丸山次長からね、今後、なかなか若い世代の中でホープですので、一言聞きたいなと思いますのでよろしくお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、丸山 仁君。

産業経済部次長(丸山 仁君) 地域をいろいろ内外にPRする非常に絶好のイベント、機会だというふうに捉えております。議員ご指摘の点もしっかりと踏まえながら、今後の補助金のあり方について検討させていただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) ありがとうございました。まあ、これ以上言うとおかしくなるので、ここまでで止めておきますけれども様々な、市長もですね、イベント、そっちこっち見て歩いてわかるなあと思っていますので、よろしくお願いします。
 次にですね、272ページの食材・物産ステップアップ事業というふうなことでですね、この事業の概要が載ってますけども、登米市おいしいもの市というのが仙台市で、あるいは東京、福島、神奈川、東京、こう載っていますけれどもですね、これは幅広いPRをするんだと、そしてまた地域の食材を販路拡大するんだというふうなことが載っていますけれども、イベントをここまでやって、その追跡調査と言いますかね、成果は今どうなってますかね。ここのところお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) ただいまお話しいただいた各種交流イベントでございますが、長年続いているものでございます。数値的な成果といったところは、なかなかお示しするのは難しいんですけれども、各イベントともですね、もうすっかり登米市のブランドといったところで認識をいただいておりまして、毎年これを楽しみに来ているんだという声をいただいているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 楽しみに来てもらって、大いに結構。ただ、それ以上、もう1歩、2歩外に出てくれなければダメじゃないかなというふうに思っております。何て言うのかな、ステップ・ジャンプ何とかってありますね。ホップ・ステップ・ジャンプですか、それくらいの勢いでですね、行っていければいいなというふうに思うので、もう一工夫、何かあれば。進んでいかなければ、ただイベントをやったに過ぎないなと。それでは私はダメだと思うよ。そのことが1つね。1つずつ聞きますか。もう1回、ちょっとだけね。ちょっとだけだよ。

委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) おっしゃられる通りですね、登米市の魅力をPRするだけではなくて、販路拡大とかそういったものにもつなげられるような形で、取り組みを進めてまいりたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 大変ありがとうございました。
 大変申しわけないですけれども、ページ戻ってしまうんですが、213ページですね。農業委員会で誰も説明しないから、ひとつやってみるから。
 農業委員会でですね、26年の6月から10月まで農地利用状況調査をやったということですけれども、これ大いにやってもらって良いんですが、ただその中で減反でですね、すごく荒れていたところをそれを非農地にしろとか、農業委員の方がだよ、「とても上から怒られて仕方がないから、何とかしてほしい」と言って歩いているようだが、ただなかなか荒れた農地を元通りに戻すのは至難の技なんですよ、これね。それをどうしてもやれというふうなことで、誓約書みたいなものを書かせてハンコを付かせるんだよね。あれがですね、このままで良いのかと。ここまでさせたのは誰なのって。ここまでさせたのは誰なんだと、何にも言われないから減反もする必要はないと、絶対荒れなかった土地をこういうふうにしたのは、私が悪いわけではなく誰が悪いわけでもない、国の責任だと思うんですけれども、そういうわけで非農地にするということは地目を変えるということで、今後田んぼにするとしたって、何をするにももうできないんですよ。
 例えばそういうふうな大きな道路が入ってきてね、買われるといっても雑地で買うんだよ。山林で買われるんですよ。田んぼではない。だから私は、それはあえてね、勧めて非農地にすることはないのではないかなと。あ、ごめんね、5分ね。はい、お願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 農業委員会事務局長、菅原貞治君。

農業委員会事務局長(菅原貞治君) 農業委員会の方ではですね、農地法の定めによりまして毎年1回、農地の利用状況調査をやっております。その中で、農地の荒廃したところにつきましては、農地の利用意向調査というふうなことをしなさいということで、農地法の方で規定されております。それでその中ではですね、今後どのように利用するかというふうなことを聞いておりまして、あわせて良好な管理をしていただきたいというふうなことも指導しております。そういった中で農家の方の捉え方として、農業委員さんいらっしゃいますので、来るのでやらなければならないのかなというふうな感じで、それで大分改善している面もございます。
 それで後、非農地にする分につきましては、森林原野化といいますか、大きな木が育ってどうしても戻せないというようなところですか、20年以上大きな木が伸びると、そういったところについては申請をいただいて、山林原野というふうな形で処理をしております。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。關 孝委員。

7番(關 孝君) 概要書の223ページから、ブランド推進事業についてお尋ねいたします。
 これまで様々なブランド戦略によって、登米市の様々な物産品、ここは農業分野に係わる部分だと思うんですが、全国ブランドに近づきつつある部分も多くなってきているのではないのかなというふうに思うわけですが、戦略室長にお尋ねいたしますけれども、これまで取り組んで来られて、登米市のプランドというものがこれまでと比べてどの程度皆さんに認識されるようになってきたというふうにお感じになっているのか、まずお尋ねしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ブランド戦略室長、渡邊 誠君。

ブランド戦略室長(渡邊 誠君) ブランド推進事業につきまして、ご質問をいただきました。
 本市の登米ブランドでございますけれども、この地域の持ち味でございます環境保全型農業、耕畜連携の資源循環型農業の取り組みを推進をいたしまして、産地の魅力の向上を図るというために実施をしているところでございます。なかなか首都圏における認知度自体につきましては、調査というところはですね、難しいわけでございます。また、全国1,700の自治体がですね、それぞれしのぎを削っているわけでございますけれども、本市の販路拡大の事業等で環境保全米ですとか、本市の農産物の販売につきましては、市が直接農産物の集荷を行っているわけではございませんけれども、着実に販路の拡大はですね、進んでいるというふうに感じているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) 全国自治体がしのぎを削って取り組んでいるということでありますが、どうしても我々ここで生まれてここで育って、ずっとそうした視点でしか見ていないものなんですが、室長としてもう少し大きな位置から見たときに、この登米市のブランドの可能性というものは、今後ますます私は広がっていくのではないのかなというふうに思っておりますが、今後の可能性と、そしてこれから戦略があったらば聞かせていただきたいというふうに思います。

委員長(伊藤吉浩君) ブランド戦略室長、渡邊 誠君。

ブランド戦略室長(渡邊 誠君) 総括的な視点というところからのご質問かと思います。
 登米市ですね、私も登米市に来てから4年になるわけでございます。その前、東京に長くいたわけでございますけれども、やはり平成17年にできてですね、東京にいたときもコンビニから荷物を出すときに「登米」と書いて、店員さんがなかなか読んでいただけないというようなそういった体験もしているわけでございますけれども、まだまだやはり誕生して間もない自治体であるというところがあろうかと思います。
 我々のですね、この産地の持ち味でございます環境保全型農業ですとか、そうした取り組みを実直に進めて行くことですね、きっと我々の魅力を理解してていただけるようになるんではないかなというふうに感じているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) 最後にお尋ねしますが、いわゆるここの登米産仙台牛であるとか、あるいは環境保全米であるとか、009(ゼロゼロナイン)きゅうりであるとかというふうな、今はブランドとしてその個々の物をPRしておるわけなんでありますが、私、それっていうのはなかなか非常に限界があるんではないのかというふうに思っているんです。
 そうしたときに、やはりブランド戦略で大切なのは「登米市」という、いわゆる登米市のブランド、いわゆる登米市自体を全国区にすることが非常に大切なんだと。それで、登米市で作ったものは安全で安心だとか、こういう取り組みをしている町なので、登米市のものについては少し高くても買うんだとかいうですね、そういう登米市自体を全国ブランドにしなくちゃないというふうに考えるんですが、もう一度お考えをお尋ねしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ブランド戦略室長、渡邊 誠君。

ブランド戦略室長(渡邊 誠君) やはり実需者ですとか消費者が選択するという動機になりますのが、地域の魅力があってこそだというふうに思っております。そちらにつきましては、委員ご指摘の通りだというふうに思っております。なお、現在、地方創生の関係で本市といたしましても、シティ・プロモーションの方をですね、取り組んでいくということで、企画部の方でもですね検討されておりますので、そうした産地の売り込みを我々も一緒になってやっていきたいというふうに思っているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) ぜひ、その部その部だけじゃなくて庁内全体、登米市としてのやはりブランド戦略を一つになって行っていきたいというふうなことを希望したいと思います。
 269ページの指定管理料、高森公園の指定管理業務にかかわってお尋ねいたしますが、平成26年度中にチャチャワールドいしこしのあり方を決定をし、報告をするというふうなお話を伺っておりますが、まだそうした報告をいただいておりませんが、どのようになったんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) チャチャワールドの件につきましては、今回の議会でも、いわゆる株式会社いしこしの経営状況の報告をいたしたところでございます。
 市といたしましては、基本的な考え方として、今の遊園施設をいつまで継続できるのかというふうなところ、率直に申し上げまして大型のいわゆる重量感のある遊具につきましては、これは耐用年数等ございまして、それをまたさらに更新をすると、新たなものに更新をするというふうなところは非常に厳しいということを会社の方に伝えまして、そういう基本的な考えの元に、これからのチャチャワールドのあり方をどうしていこうかというふうなことを会社として十分に検討をしていただきたいということで、お願いをしているところでございます。
 市の現在の考え方といたしましては、できるだけ施設そのものが廃止というよりも、今後どのような姿で運営をしていけるのかというふうなところを模索しようと、そういうお話を申し上げているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) 何ていう言葉を発したらいいのか分からないんですが、「26年度中にその方向性を示す」というふうなこと、これは所管の委員会でもお話をされていましたので、その方向性が示されるものだと思っておりました。このことについても登米市の得意な「決められない、先延ばしなのか」というふうな今思いをして聞いておるわけなんですが、先延ばしをして何か見出せることがあるのか、どうなのか。
 市長にお尋ねしたいと思いますが、これいつまでにその方向性、別にやめろとか何とかっていうことを言っているわけではないんです。市としての考え方をいつまでに示されるのか、はっきりしていいただきたいし、そうであれば先延ばしをしないで、その時期までにしっかりと結論を出していかないと指定管理者、いわゆる指定管理を受諾した方々、地域の方々、大変将来の展望が見いだせないので非常に困惑することにつながっているんだと思うんですが、市長としてこれ、いつまでに結論を出される考え方なのかだけお尋ねします。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 高森公園の活用ということにつきましては、やはり市の財産でございますので、十分に内容を検討しなければならないというふうに思っております。そういった意味では、チャチャワールド設立当初のコンセプトというものを今後、維持をしていくことで将来性を見出すことができるのかということにつきましては、先ほど産業経済部長がお話をした通り、ちょっと難しい部分があるのであろうというような我々としては考えを今持っているというような状況でございます。とは申せ、やはり屋外であのような形ですね、伸び伸びとむしろ子供たちが手足を伸ばして活動ができる場所というものも、そうそうないというふうに考えておるところであります。そういった意味では、やはり子供たちにとっての憩いの場、そして市民にとっての憩いの場となるような、やはりコンセプトをしっかりと組み立てていく必要があるのだろうというふうに思っております。そういった意味では、そのことにつきましては、チャチャワールドという施設というくくりということにとどまらず、市民の憩いの場としての機能ということであれば他部署にも連携をすることでございますので、他部署との連携も合わせながら将来的な活用策を早急に取りまとめをしながら、そしてその考え方に当たっては株式会社いしこしにもですね、一緒に参画をしていただくような形でぜひ結論を導きたいというふうに考えております。
 それについては、そういった形でございますので、一定程度の時間は必要かとは思いますが、できうる限り年度内にはですね、その大きな方向性を関係者の皆さまとともに導き出すスケジュールで取り組みを進めてまいりたいと考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) 確認いたしますが、そのいわゆる高森公園、チャチャワールドも含めた施設のあり方については、市長の言葉であれば早急に年度内、市長の早急は年度内ということなのかどうかわかりませんけれども、年度内にその方向性を示すということを確認してよろしいでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 私の思いとしては、年度内にまず結論を導きたい。もし万が一そこまでに結論が導けない場合においても、やはりその内容等については議会等にも報告を申し上げたいというふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。
 これで5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費の質疑を終わります。
 ここで説明員の入れ替えのため、10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後2時04分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時13分
 

委員長(伊藤吉浩君)休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に8款土木費、9款消防費について質疑を行います。質疑はありませんか。熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) それでは、311ページの消防団組織の概要と312ページ、山火事監視業務について伺います。
 初めに、消防団員の実員ということで、昨年度比マイナス25名、それから女性団員も5名の減、充足率も1.2パーセントの減、平均年齢が0.1歳高くなっております。ちなみに24年度比で見ますと43名の減、充足率で2パーセントのマイナスということでございます。これは退職者分をですね、新入団員者でカバーできなかったと思いますけれど、昨年度ですね、何か新入団員を増やすための新たな取り組みとか、そういったことはなされたかどうかまずお伺いをいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 警防課長、鈴木秀彦君。

警防課長(鈴木秀彦君) ただいまの委員のご質問でございますけれども、「消防団員の減少に伴って、加入促進は行ったのか」というご質問だと思います。
 昨年度、委員今おっしゃられました通り、26年度につきましては年度内ですね、入団数が56名、あくまでも数字上ですが退団が112名ということで、年度内計算だけで単純に56名が減少しているというのが事実でございます。そのことを踏まえましてですね、団員の加入促進につきましては、従来通り団員の方々のご協力、さらには地元の区長さん方のご協力をいただきながらですね、実施しているところでございますが、なかなか団員確保には至っていないというのが現状でございます。
 その中で昨年議会のときもお話しさせていただきましたけれども、待っているだけではなくですね、消防のイベント、それ以外のイベントの際、関係部署のイベントの際に消防協会というのがございますので、そちらの方から提供していただいていますパンフレット、さらには小物類ですね、加入促進用のグッズ等がありますけれども、その辺の配布も合わせて推進活動を行っております。さらには消防団協力事業者の方々にですね、事ある都度現場の方でお願いしているところでございます。あわせまして、現在、消防団の見直しの検討会を開いておりますので、その中で加入促進についての今後の方策も検討・研究していることにしております。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 1番、熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) ちなみにですね、昨年度比で見ますと豊里市団は6名のプラスということで、唯一ですけれども旧町で。平均年齢も0.5歳若くなっておりますので、ぜひですね、やっぱり例えば、ポスターちょっと余計に貼るとかですね、とにかく本当に何かやったことないようなことでもいいですし、ぜひしっかりと取り組んでいただきたいと思います。
 それから次に、山火事監視業務でございますけれども、東和町米川地区、蚕飼山山頂の監視所での監視業務、これ昨年度で打ち切りというふうに伺っておりますけれども、もし事実であれば打ち切りになった理由もあわせてお伺いをしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) 26年度、この東和町の米川地区蚕飼山の山頂の監視場、実施してございますが、この26年度で打ち切りとういうことは聞いておりませんが。27年度も実施してございます。さらに付け加えますと東和、登米のみならず、27年度からは津山町域も監視の対象にしてございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 1番、熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 実は、私のところにはそういったことで確認していただきたいということもありましたんで、この場をお借りして確認しましたんで、今の件についてはしっかりとまた引き続き取り組んでいただきたいと思います。以上で結構です。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。25番、岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) 3点お聞きします。
 287ページに、河川維持費ございます。26年度、毎年、毎年度同じような草刈から始まって、こういう維持作業をやっているのは存じておりますが、この維持の中で堤防の強度等の検査、または漏水の点検とか何年に1回とか、または毎年度とか、これは一級河川にあれば県がすべきなのかなと思いますが、最近の堤防決壊見ると本当に大きな川、北上川等に流れる支流についても、これ随時行うのが市の責務じゃないかなと思いますが、その点検、または県に求めているのかどうかまず一点。一つずついきます。まずそれ。

委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、首藤正敏君。

土木管理課長(首藤正敏君) 市内を流れる川の堤防の部分の検査、点検ということでのご指摘でございます。これについては毎年国と県において、河川を愛護する時期をとらまえて、それから洪水時期とらまえて構造物関係をメインにした形で点検をいただいてございます。
 これは県だけではなくて市も参加しますし、場合によっては、消防団等の方にもご参加いただいて点検をさせていただいている実績がございます。

委員長(伊藤吉浩君) 25番、岩淵正宏君委員。

25番(岩淵正宏君) では、その点検の結果、安全だという結果がでているかどうかね、一つ答えもらいます。
 それから二つ目です。304ページ、救急の分でございます。救急件数が3,403件、前年度比93件増というようなことで載っております。救急搬送先の状況は、市内・市外どのような割合になっておるのか確認します。

委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、首藤正敏君。

土木管理課長(首藤正敏君) 点検結果についてのご質問でございます。これについては、その都度施設を点検した結果として、それぞれの管理者において対応が必要なのについては措置するようにという通知をいただいたりですね、その場で方向性を示されている状況です。

委員長(伊藤吉浩君) 警防課長、鈴木秀彦君。

警防課長(鈴木秀彦君) 続きまして、救急車の収容状況のお尋ねかと思います。
 平成26年度中におきましては、救急出場が件数だけで3,393件、成果説明書にあるとおりでございます。その中で搬送人員、実際に搬送したのが3,100名でございます。その内訳としまして、収容先が市内の市立の病院、診療所等に搬送しましたのが1,812人の方、後は私的診療所ですね、個人病院等で市内で33人ほど、後は管外ということで、主な管外の収容先になりますけれども石巻赤十字病院へ661人、大崎市民病院へ1,972人という搬送状況になっております・・・大変失礼いたしました。197人という搬送状況となっております。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 25番、岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) 分かりました。それでは3点目まいりたいと思います。
 今度は319ページ、1番下段でありますが使用料及び賃借料の中で、防災無線中継局敷地借上料、この2段目に18万7,708円、大沢・吉田共有林組合、その一つ飛んで同じく中継局の借上料、笑沢(わらいざわ)と読むんですか。(笑沢)えみざわ。3万3,600円とあります。面積の違いからのこの借上料なのか、この金額の差異の理由お願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) この行政無線の中継局の敷地借上料の金額の差でございますが、まず大沢・吉田共有林の組合につきましては、面積が469.27平米でございます。その下の笑沢森林組合につきましては、84平米となってございます。
 平米あたり400円の単価で計算して賃借料を決めてございますので、その中身の差がこの金額の差になっているということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) そうすると笑沢84で間に合っている中継が、この大沢・吉田だとまず5倍も必要な面積なのかどうか、これが適当かどうか。それ、お聞きします。なぜ建てる部分が違うのか、その理由ね。
 それと次のページ、321ページも聞いときます。
 はっとエフエムの中で、「市役所庁舎及び防災センターから登米コミュニティエフエムが行うエフエムFM放送へ、放送割り込みをする緊急割込装置を整備した」とあります。この26年度から現在まで、緊急割り込みの実態があったかどうか。あったとすれば何件で、どのようなことで割り込んだのかお聞きしたいのですが。

委員長(伊藤吉浩君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) まず319ページの大沢・吉田と笑沢森林組合の面積の差でございます。どちらもその中継局に行く道路がございます。その部分の差でございます。
 次に、321ページでございます。エフエム放送への緊急割り込み放送をしたことがあるかどうかということでございますが、26年度中には実績はなかったものでございますが、月に定期的に1回、もしくは2回割り込みの動作確認のための、訓練のための割り込み放送をしてございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。氏家英人委員。

4番(氏家英人君) 301ページになりますが、災害公営住宅の部分についてお尋ねというかしたいと思うんですが、26年度までに本市では60戸、災害公営住宅を建築しましてですね、そのうちの半分以上ですか、32戸だと思いますが、地元の業者の皆さまで造っていただいている協議会方式という形で、登米市の産材をふんだんに使って建てたという実績がありまして、かなり評価が高かったなあと思っているところでございます。
 良いことは継続すべきだと思うし、また、震災からの復興を関係の需要も落ち着いてきたということで、市内のそういった建築関係の業者の皆さまもきっとですね、これから24戸建てる計画がある本市でありますので、協議会方式というふうな形で進めるのかなあ思っていますが、この実績を踏まえて、良かった実績を踏まえてですね、今後計画している24戸についてどのような形で進めるよう考えているのかお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 営繕課長、小野寺友生君。

営繕課長(小野寺友生君) 今後の建設、24戸についてでございますが、直接建設方式、または今委員さんお話しした通り協議会による買い取り方式ということが考えられますが、24戸については直接建設方式で考えております。
 あとその他でございますが、協議会による買い取りとする場合にはですね、同協議会が法人格を取得し、建築宅地取引業の資格者を置かなくてはならないということで、需給が難しいということで今のところ考えております。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。關 孝委員。

7番(關 孝君) 309ページ、消防の方になりますが備品購入費、災害対応型特殊消防ポンプ自動車CD-1型、あるいは315ページ、小型動力整備費の可搬消防ポンプ付四輪駆動(デッキバン)積載車5台購入されているわけですが、この部分に関して、先の6月定期議会の中でも契約行為の中でお話をして、いわゆる納期の問題でありました。震災前は7カ月かかるというお話しをいただいていて、震災後9カ月だということで、これは「業者の方を調査して、そのように言われているからだ」ということでありました。本当にそうなのかなあと思って、調べられるくらい調べていました。
 習志野市では、27年6月4日入札のCD-1型、納期は12月21日、唐津市6月30日入札したやつは10月26日の納期ということで、実に本市では10カ月、あるいは9カ月、10ヶ月というような・・・そのくらいはならないですね、7カ月、8カ月というようなことだったんですけれど、そういうふうなよその自治体では、同じCD-1型でも様々にそのぎ装とか違っている部分はありますが、それにしてもこうした短期間での入札が施行されていることで、できないことはないんだなということで、どうも登米市は業者に言われるままそうしたこう設定にはなっていないのか。そのことが市民生活の安全、安心をさらに高めるためのことにつながっていないのではないのかという疑問を持ちましたので、このことについてもう一度お尋ねをしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 警防課長、鈴木秀彦君。

警防課長(鈴木秀彦君) ただいまの議員のご質問ですけれども納期の関係、6月議会でも答弁させていただきました。
 その後、今年度27年度の納期設定につきましても、「もう少し早くならないのか」ということで、6月以降ですね、私どももさらにいろいろ調査しながら、今回決定しております業者と調整しまして、CD-1につきましては、納期は設定したものの、実は昨日中間検査、約8割の検査を終わりまして、従来よりもかなり早い時期ですね、年内納期という形で進んでいるところでございます。
 あわせましてデッキバンにつきましても、前回よりもかなり早い時期に納入できるというところで現在進めているところでございますので、今後につきましても業者の都合というか、そういうところのみならずですね、こちらの方の意見も出していきながら調整していきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) 今後、入札に付すにあたっては、いわゆる工期というものの考え方なんですが、どのように設定をされ、また2月末ということでなくて、十分その実態に合ったその工期の設定という部分が可能になってくるのではないかというふうに思いますので、ぜひそうした方向で、様々に調査をされて取り組んでいただきたいと思います。
 あともう一つ、これは私確信をもっていうお話しではないので、議会での発言としては適切かどうかわかりません。4月から、例えば6月の議会までの間というのは、事業者にしてみれば仕事もない時期なんだそうであります。そうした時期の発注になりますと、やや価格にも反映されるというのではないのかというお話が関係者から伺っておりますので、その辺についてもさらに良いものを、さらに税の部分を有効に活用する方法の一つにもなるのではないかと思いますので、その辺もご検討いただきたいということを申し上げておきたいと思います。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 警防課長、鈴木秀彦君。

警防課長(鈴木秀彦君) ただいま委員にご指摘ありました通り、設計額の関係、さらには納期の関係もですね、引き続きこちらの方で検討・検証しながら進めていきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君)ほかに質疑はありませんか。相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 大変ご苦労さんでございます。
 この間ですね、消防団の総合演習に行きましたけれども、その時ですね、わたし祝辞というのは先にやるものだと思っていたけれど1番最後だったね。来賓紹介も一番最後だね。私たちはいいんですよ。ただ、ほかから県議会議員さんも来ている、ほかからも農協の組合長も来ている、みんな来ている中で1日あそこで拘束するということは、私はいかがなものかって。朝の8時半から、8時に始まるといのであれば、みんな8時に合せて一緒に行った。ただそれが一番最後までいなければダメだと、こういうふうなことではいかがなものかと思うよ。お願いします、静かにね。3分しかないんで1分で話してください。

委員長(伊藤吉浩君) 警防課長、鈴木秀彦君。

警防課長(鈴木秀彦君) まずは、先日の消防団演習への参加、大変ありがとうございました。無事、悪天候の中でしたけど、足元が悪かったんですけども・・・
 ただいま委員ご指摘の来賓の紹介の関係でございますが、これまで慣例となっております消防の訓練礼式の基準にのっとりまして、この観閲であったり、そういう式典の次第が決まっているもので、その中で閉会の方に来賓の紹介等という項目が入っているため、それに従って行ってきたわけでございますけれど、今回、前前回あたりからご指摘を受けているのは私もご存じであります。今回戻りまして、さっそく月曜日ですね、消防長をはじめ幹部の方で協議いたしまして、「今後の対応はやはり考えるべきではないか」という結論に達しておりますので、さらに検討をさせていただきたいと思います。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。日下 俊委員。

2番(日下 俊君) 284ページ、建設部の方にお伺いをしたいと思います。
 道路改良工事の中排水線、26年の半分くらい全国の工事やったんですけれども、27年度も継続してやっているんですが、これ完成の時期というのはいつ頃になるのか、まずお伺いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 道路課長、吉野晴彦君。

道路課長(吉野晴彦君) 中排水線でございますけれども、完了といたしまして、29年に完了予定としてございます。補助事業でございますので、今、集中して補助の配分をして、工事の方早く終わるように努めているところでございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 日下 俊委員。

2番(日下 俊君) 一つ気になっているのが、佐沼から行って加賀野を抜けて、給食センターの中を通るような感じになるんですけれども、完成図的なのはあの辺はどのような感じになるのか。あのままだと結局、現の給食センターの中を通過するような形、玄関のすぐを通過するような形なるんですけれども、どのような完成図になるのかお伺いをしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 道路課長、吉野晴彦君。

道路課長(吉野晴彦君) 中排水線の国道とのタッチ部分までの間でございますけれども、給食センターの南側に倉庫があるんですが、そこの倉庫の部分を道路として使用させていただくということで、現在、用地の方進めているところでございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 日下 俊委員。

2番(日下 俊君) そうすると今の現給食センターの敷地内は全く通らないということか、それとも半分くらい削って、道路となるのかをお伺いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 道路課長、吉野晴彦君。

道路課長(吉野晴彦君) 給食センターの敷地内の南側を通っていくと。給食センターそのものにはかからないんですが、倉庫と敷地の分を道路として利用させていただくということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)
 これで8款土木費、9款消防費の質疑を終わります。
 ここで説明員の入れ替えのため、暫時休憩いたします。
 
          休憩 午後2時39分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時42分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、10款教育費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 2点、まずお伺いいたします。
 成果表にしますとですね、326ページの学校教育振興一般管理費、さらには331ページの教育研究費に共通する部分でありますので、両方に絡めてお答えをいただきたいというふうに思います。
 この中ですね、教育委員会として学力向上研究指定校事業や、あるいは教育研究所の中では小中学校教員の資質の向上に向けた事業が展開をされているわけであります。子供たちの学力向上ですね、子供達にとっても非常に重要な問題だろうというふうに思います。単に順位を競うという意味ではなくして、やはり充実した実力を身につけると、こういうことの上に立ってこの学力向上が必要だというふうに考えている者の1人であります。それでですね、その中でこの間、別添の資料でいただきました第1登米市総合計画の中の比較検証報告書の中に、この学力調査事業が入っております。それでこの中を見ますとですね、この実施の内容、「年1回、小学4年生からで中学校2年生までの全児童生徒を対象に、国語・社会・算数・数学・理科・英語の学力と生活調査を実施」と。「全国平均を100として、全教科103ポイントを目指して実施し、結果を学校ごとに分析し改善に向けた具体的な方策を立てて学力の向上に務めた。」と、このように報告されておりますけれども、現時点でこの目指した103ポイントですね、全国を100とした場合に、どの点まで改善をしたのか、まずお伺いをするものでございます。
 それから二つ目はですね、345ページの教育振興一般管理費の中で青少年ピースフォーラム参加負担金がゼロになっておりますけれども、この関係についてお伺いをいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) ご質問ありがとうございました。
 まず1点目でございます。学力向上に向けてでございます。登米市の教育委員会としても大きな課題としてとらえておる問題でございまして、今ご指摘あった通りですね、目標といたしましては全国比103を目指して取り組んでいるところでございますが、なかなか期待をするような数値に上がっていないというような現状でございます。
 昨年度末に実施をいたしました結果から申し上げますと、昨年度小学校では96.9ポイントでございます。それから中学校では89ポイントということで、前年度と比較いたしますとやや減少の方向に進んでいたということでございまして、なお各学校にこの結果を踏まえた指導の充実をお願いしているというところでございます。
 それから2点目のピースフォーラムに関して出ございますが、実は昨年度計画をいたしておりましたが、8月8日だったと思いますが台風がちょうど長崎に上陸するというようなことがございまして、急遽この事業は取りやめになったということでございます。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 今の後ろの方はですね、自然災害のために中止せざるを得なかったというふうに受け止めてよろしいですね。計画をして人数もそろったというふうな解釈でよろしいか。はい、それではこの部分については了解いたしますが、先の学力向上の部分について、それでは具体的にどれとどれをどの様に、向上対策として具体的にやったのかですね、その辺について確認をしたいんですけれども、どうぞお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) まず、このテストの活用ということでございますが、各学校でテストの結果を学年ごと、それから教科ごとに分析をしてもらいました。そして、それぞれで課題になっていること、それから改善に向けた対策は、それぞれの学校で取り組んでいただいているということでございます。それが1点目でございます。
 それから学力の向上に向けた教育委員会での取り組みということでございますが、まず一番は授業を、わかる授業づくりということでございますので、その結果を踏まえた上で1時間1時間の事業を丁寧に積み上げていく、つくっていくということに重点を置いて指示をしてまいりました。具体的には、授業の最初にしっかり今日の勉強は何をするんだということを指示する。それから授業の終わりには、勉強したことをしっかりできたのかどうかということの振り返りを取り入れていくというあたりを重点的に進めてきたところでございます。
 それから学級が安心して勉強できる状態になっているかというのが、実は大きな問題でございまして、そういう意味では学級満足度調査というのを年に2回実施をしてございます。その結果を踏まえて、まず子供達が安心して勉強できる環境をつくると、その様な取り組みを進めながら学力向上に向けていくところでございます。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 今の学力の部分でですね、今振り返り授業のことが出ましたんで聞こうかなと思ったんですが、実は議会としてですね、委員会として一昨年、秋田の由利本荘市の教育委員会といろいろと話をして、いろいろ教えられてきました。その部分について、報告書の中でも報告しておりますし、委員会の中でもお話をしたことがあるわけでございますけれども、やはり隣の県の秋田がですね、ああいう形で非常に良い成績を残していると。点数だけではなく、子供達が実力をついているということについて、やっぱり多くの学ぶべき点があるだろうというふうな報告をしたわけですけれども、その点についてはどのような活かし方をされたのかですね。全く私たちの報告書が活かされていないのか、その辺の部分について振り返り授業がありましたけれども、それ以外について参考にしなかったのかどうか、その辺について確認をしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) 実際に成績の高い県の資料は参考にはさせていただいておりますが、実際にそちら辺に向かって視察をしていくってことは、実際は行うことができませんでした。
 ただ、資料といたしまして授業の流し方等々につきましては、研修会等もございますし、県レベルでの研修会もございます。そのような研修会に参加したものを活用しながら、各学校に還元しているというようなところで進めて来たところであります。

委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) ぜひですね、良いものは取り入れていただきまして、子供達のために活かしてほしいし、それから理科を好きになるためには実験が非常に有効的だというふうに、前にいつか報道されておりました。それで登米市も学校に対して実験器具、かなり用意したはずでありますけれども、それらを積極的に有効に活用しているのかどうかですね、その辺を確認したい。
 それからコミュニティスクールですね、石ノ森小学校と新田小学校ですか、やっておりますけれども、その部分でかなり良い傾向が出ているというふうに思っておりますけれども、その部分ついてやはり良いものを早速活かして、方針では30年度に全校にするというふうなことの方針のようでありますけれども、結果がせっかく出ているのであれば、私はもっと前倒しをしてですね、それを早く活用すべきだと思うんですけれども、それについてもう一度お願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) ご指摘の通りでございます。
 学校には、様々な教材を配当して、予算をつけて配置しているわけでございます。せっかくの教材・教具ですので、積極的に使うということは常々学校の方に伝えているところでありますので、今後ともその辺は子供さんのために、ぜひ積極的に使ってほしいということは続けてまいりたいと思います。
 それから先進的に進めている学校の効果、確かにございます。新田小学校、それから石ノ森小学校、特に学力という面からすればテストの結果は上位のほうにありますので、その辺は十分今後とも活用してまいりたいと思いますし、様々な場面でその話を聞くような機会を設けてまいりたいというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 理科の教材をですね、これからもっと活用するということですから、ぜひ体験した部分ですね、子供は自分のものにできるというふうに思いますし、若干戻りますが、先ほど由利本荘市の中で一番私ども関心したのは、やはり振り返り授業の中で、この中ではですね、自分の習ったことを復習しながら自分で発表して、そしてお互いにディスカッションをするということになれば当然、理解度も深まるし、発表能力も付くし、自分の考えも深くなると、こういう私は中身だなというふうに思いました。したがってですね、通り一片の振り返り事業ではなくて、やはり子供達にしっかりと残るような、そういう内容を研究してほしいし、この中身を教育研究所でもその辺ですね、せっかくいろいろなことをやっておられますけれども、もっともっと生徒・子供に、児童・生徒にですね、本当に身につくようなそういう研究をなさって、そして市内の小中学校の先生方が一緒に向上して、そしてそれが子供達に乗り移ると、こういう形をぜひつくってほしいというふうに思いますけれども、その件について。
 それからもう一つはですね、コミュニティスクール、まだ始まって時間は短いわけでありますから、まだ学力のポイントについては差がないのかどうか、その辺を確認しながら、最終的には教育長の今後の方針について、進め方についてお伺いをしたいと思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) ありがとうございました。
 秋田県の由利本荘の取り組み、それから研究所の有効な活用につきましては、今後なお一層ですね、検討をいたしまして、本市の子供達にとってよりよい進め方、取り組み方を検討してまいりたいというふうに考えてございます。ありがとうございました。
 私からは以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) ただいまの質問でございますけれども、まず一つには学力向上の面につきましては、県のテスト、それから管内のテストも実施してございます。テストすれば成績が上がるといふうなことでは全くございません。それを基にしながら、やはりそれぞれの学校でしっかり、なぜこの部分が落ちているのかという分析をした上で、その結果をしっかりと課題を踏まえた上で、さらに先生方がどの分野で落ちているのか、それぞれの教科ごとに協議をした上で対策を練っていくという形にしなければ、何度やっても同じ結果になるだろうというふうなことは十分踏まえてございます。そういった意味で、そのテストの結果を生かしながら、教師の指導力というかそういう体制をしっかりと取っていきたいということがまず第1点。
 それからコミュニティスクールでございますけれども、30年度前にできればというふうなことではありますが、ここに進める上にあたっては大変な準備が必要であり、地域とのいわゆる連携・説明等も必要でございます。そういったものの理解を十分に得ながら、慌てないで進めていきたいなというふうに考えてございます。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。氏家英人委員。

4番(氏家英人君) 2分しかないんですけど、333ページで、「学校を取り巻く環境」というのは、僕が中高の頃は、校内暴力だったかな、それからいじめ問題と、今はやっぱり不登校なんだろうというふうに思っているところでございます。現状、不登校の児童数というのは大体、前に聞いた覚えがあるんですが、60、70人でしたっけ。そんな感じでしたっけ。60、70人だそうです。その不登校の児童生徒をですね、昨年度は訪問指導6人で対応をしてきたんだということでありまして、本当にこれで足りるのかな。と言うのもですね、私の知り合いのご子息も不登校と、学校になかなか行かないと。それで、「訪問指導員がちゃんと伺ってやっているはずだよ」と言うんですけれど、月に一度も来てくれないという様な話もあるんですね。その辺どうなっているのか。足りているのかどうなのか。

委員長(伊藤吉浩君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) 昨年度、訪問指導員6名の先生方にお願いをして、各家庭、それから各学校に周っていただいたところであります。足りているか足りていないかということであれば、「十分足りている」というふうには我々はお話しできないかなと思っています。やはり全体的には昨年度も78名の不登校児童・生徒おられました。その中で訪問指導員が係わることができた子供は、家庭への訪問、それから学校への訪問で20名程度でございます。ということからすれば、当然足りないということでありますが、やはり家庭の事情もございますし、家庭の希望、本人の希望等もございまして、希望があったときにはできるだけ、極力そちらの方に向けると。そういうふうな形で進めているところであります。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 質疑はありませんか。熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 成果説明書373ページの博物館活動費でございますけれども、髙倉勝子美術館、来館者数は大変少ないんですけれども、26年度は25年度と比較して787人の減ということになっておりますが、毎年企画展が行われております。髙倉勝子美術館、平成25年度8回ですね、企画展ありますけれども、昨年度3回でしたけれども、これは何が特別な事情があったのかどうか、まずお伺いをしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 文化財文化振興室室長、佐藤貞光君。

文化財文化振興室長(佐藤貞光君) 髙倉勝子美術館の入館者数のお話しかと思います。入館者数につきましては、昨年度3,346名ということで、減った原因だと思いますけれども、なかなか自主事業が前年度から比べて5回ほど減ったということでの約40名ほどの減が生じてございますし、展示の方を変えることがなかなか難しいということでの入館者の減というふうに解釈しております。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) その中でもさらに高校生、年間5人ですね、たったの5人。1日5人ではなくて、年間5人で間違いないと思います、これ。実は、昨年も9人ということであります。近くに登米高もありますし、当然高校、美術部もあるかと思います。さらに歴史博物館に関しても高校生、昨年35人、それから25年度も26人ということで、非常に少ないというふうに思います。これ例えば、小中あるいは高校も含めて、いろいろ「こういう企画展やっていますよ」ということでポスター張るとか、そういったお知らせなんかはできるのか、やっているのか、その辺をお伺いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 文化財文化振興室長、佐藤貞光君。

文化財文化振興室長(佐藤貞光君) 髙倉勝子美術館につきましては、指定管理者の方でポスターの掲示等をお願いしているものと思っております。歴史博物館につきましては、市の施設でございますので、各学校の方にもお願いをしておるということでございます。
 ただ、残念ながら高校生の入館者につきましては、これから登米市を担う若者でございますので、できるだけそういった方々の入館を促せるような魅力ある展示をやるよう、これから進めて行きたいというふうに思っております。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) やはりですね、若いうちに文化、芸術、歴史、特に地元の歴史に振れる、あるいは見るというね、そういった機会をつくることも大人の我々の役目であると思いますので、しっかりと取り組んでいただきたいということを要望して終わります。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。
 ここで、10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後3時03分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時11分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 質疑はありませんか。浅田 修委員。

14番(浅田 修君) 学校図書について伺います。
 小学校、そして中学校の図書、いくらお買い求めなかったのかをまず伺いたいと思います。そしてですね、それはまた後でお知らせいただきたいですけれども、今の現状、学校図書の現状でございます。大変古い本が整然と並べられている状況でございましてですね、まず古文書と言われるくらいの古い本を並べられているという状況の中で、どのような整理状況になっているのか、お聞かせいただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 学校教育課長、永浦広巳君。

学校教育課長(永浦広巳君) 小中学校の図書室の本につきましては、そういったご指摘をいただいていることは承知しております。それでいろんなですね、整理も必要でありますので、ボランティアだったり、そういったご協力もいただきながら、また図書司書の先生がたもおりますので、そういったところと相談しながら、そういった整理を進めていきたいと考えているところでございます。
 また、学校図書の購入についてというご質問ございました。小学校につきましては、毎年8万から10万ぐらいの予算を配置しております。それから中学校につきましては、15万から20万くらいの予算を配置して、学校ごとに選定して購入いただいております。

委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) こういうふうに学習教材とまとまっているからさ、全然わからないのね。
 だからこれを分けて報告いただければいいのかなと思うんですけれども、たった8万や10万のですね、学校図書の購入というような状況でございまして、本当にそのためにも仕訳しないとダメなんですよ。ダメなのはダメと廃棄しながらですね、やはりやっていかないと。その点、本当に司書の先生でやれるんですか。それでなくても先生方の大変忙しいという話のある中でですね、本当にできる話なんですか。ボランティアもそういった方々がいっぱいいるんですか。であるので、やはりこういったものを廃棄なり整理なりですね、臨時で頼んで、正規で頼んで、とにかく早速まずやるということが先決じゃないの。
 「来るか来ないかわからないボランティアの人たちにやってもらうんです」という話はないでしょう。いつのことになるかわからない。でありますんで、早速やるっていう答弁はないでしょうかね。

委員長(伊藤吉浩君)教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 今委員からご指摘いただいた通り、学校図書の充実に関しては、予算的にも人的にもですね、非常にまだまだ不足しているという状況で認識をしてございます。学校図書に関しての先生方の中の検討、いわゆる組織的にも図書活動進める部会がございますので、その先生方の意見も聞きながら計画的な整備に努めてまいりたいというふうに思いますので、できるところから実施して、手を付けてまいりたいと思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) この小学校と中学校が同じ文言で報告されているのね。「小学校の学習活動や年間行事が効果的に実施できるよう、学校図書及び学習教材の充実を図った」って。全然図ってないんじゃないの。言っていることとやっていることが全然違うと。そういうことでありますんで、廃棄するかしないかの判断もやはり司書ですか、司書の方が何人いるか登米市内ではわかりませんけれども、そういった方を頼みながらですね、ぜひ来年度早速、まず廃棄するものは廃棄、置くものは置くというそういった考え方の中で、整理をしていくということは、もうちょっときちっと話してもらわないと分からないね。
 子供達の本当、だいたい古文書的な本なんてあるような学校図書、ほこりもかかっているんですよ、新しい本に。そういった掃除も含めてやって行かなければならないという現実を見ながらですね、もうちょっと教育長、見てください現場。教育長が卒業してきた学校、校長でやってきた学校きちんとなっていますか。来年早々、そういった方々を頼んでね、きちっと整理してください。考え方。

委員長(伊藤吉浩君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) ご指摘ありがとうございます。
 まず、学校図書館については各学校によってその分類、あるいは整理、そういったもののいわゆる格差が非常にあるように思います。学校には全て司書教諭がおります。ただ、それが図書館の整備・管理という部分でしっかりとやられているかどうかについてはなかなか、先ほどおっしゃわれたように、仕事の関係上、その人に選任するわけではなかなか行けない状況があります。それからPTAの予算を借りながら、あるいはボランティアさんを利用しながらきちっと整理し、子供達が気持ちよく本が読める環境を整えている学校も結構ございます。そういった部分の学校を参考にしながら、これから図書館の充実、私自身としては、学校図書館の整備、それは学校で子供たちが憩いの場となるように進めていきたいなって思い持ってございますので、ただいまいただきましたご意見も頭に入れながら整備をしていきたいと考えてございます。よろしくお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) 小学校22校ですか、中学校10校、なされているところもあると。もちろんそのようでございますけれども、されていないところは全然されてないということでございますので、とにかく点検しながらですね、きちっと来年度にあたってやって行くということを言われますか、教育長。

委員長(伊藤吉浩君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) 図書館の整理につきましては、特に今までの学校ずっと見てきますと夏休み中に集中して、その1人の担当者だけでなくて、全ての教員を動員して廃棄処分をするというケースが非常に多くなっているように思います。そういったことも含めて、学校図書館の整理について集中して行うように、そしてまた子供達が気持ちよく図書館を活用できるように進めていきたいというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) いつまでやるんですか。ずっと古文書を置いておくんですか、古文書的な本、ほこりかけて。どうでしょう。

委員長(伊藤吉浩君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 今教育長申し上げたようにですね、各学校の状況がみなまちまちでございますので、先ほど申し上げたように予算の関係もございますので、できるところからやっていくということでございます。それを何年までに全部ということにはなりませんけども、できるだけできるところから手をつけて計画的にやって行きたいというふうに思ってございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。日下 俊委員。

2番(日下 俊君) ページ数でいうと379、380ページ。この中に登米市スポーツまつり、それから登米市駅伝競走大会、そしてカッパハーフマラソン、この他にフーデックスマラソンとあるわけですけれども、健康のために非常にスポーツは結構なんですが、同じような職種ってか種目が四つもあって、なおかつ日付も近い。そして、これは準備する方は大体一緒ということで、果たしてこう三つも四つもこういった種目が必要なのかなという意見も聞かれるわけでございますけれども、こういった同じようなマラソンに属する競技っていうんですかね、これが四つもあるってのは、これやっぱりどこかで調整するとか減らすとか、統一するとか私は必要なんではないかなと思うんですが、この整理・統合は市長部局で私は音頭をとってやるべきではないかなと思いますけれども、この四つを何とかする意向はないかどうかお伺いしたいと思います。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 「同じような種目のものがたくさんあるのではないか」というご質問なんですけれども、まず成り立ちとか実際の競技の内容とか違っております。
 スポーツまつりについては、若い人からお年寄りの方まで日常的にスポーツを皆さん楽しめるようなきっかけづくりといことで、スポーツまつりを行っておりますし、駅伝競走大会については登米市市政5周年の記念事業としてスタートした事業でございます。これについは主に中学生、高校生出ております。それからカッパハーフマラソンにつきましては、登米町時代からのイベントでございまして、これにつきましては今年で30回になるというそういった歴史を持つ行事でございます。
 そういった成り立ちとかですね、それから対象者、これらが違うものですから、各々スポーツ大会が開催されているという状況でございますので、ご理解をいただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 日下 俊委員。

2番(日下 俊君) いろんな建物とかなんかもそうなんですけれども、やはり建物なんかだとスクラップアンドビルド、つまり時代に合わないものはちょっとやめて、時代のあったものに変えていく。そしてこれも多分生い立ち、一言でこのマラソンの類と思っていたんですけども、たしかに違うわけでございます。ただ、これがね、駅伝競走においては5周年記念で出たのが周年事業じゃなくて、毎年やっているわけですよね。周年事業ではなくなっているわけですよ、これ。例年事業ということになっているんですけれども、果たしてこれも必要かどうか。そしてまた、新しく市長の思いが入ったフードマラソンですか、非常に大人数が出て、確かに大盛況なんですけども、これをやはりずっと同じような形でやっていくと、またこの四つが五つになったりするわけですので、これ周年事業でやったのであれば、本当は5周年、10周年、20周年というのが通常の周年事業と言うんですけども、これ毎年事業になっているので、これ必要ではないとは言わないですけれども、やはりこの辺の整理整頓、もしくは時期をずらすだとか、やはり同じ方がしょっちゅう準備で借り出されるというのは、このほかにあと各町でいろんなスポーツ大会あるわけですよ。
 そうすると日曜日がないという事情になってしまうんですね。そうするとスポーツ推進委員やそれからスポーツ振興委員になる人が全くいなくなるので、やはりその辺は部を横断して、これは少し一回整理整頓していただく必要あると思うんですけれどもいかがでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) さっき担当課長申し上げたように、いろいろないきさつがあって、これまで事業を仕組んできた面がございますが、今委員のお話の通り、やはり一定時期になりましたら、いわゆるその大会の目的ですか、またその達成状況も含めて関係団体等を含めて開催の仕方、それから時期、規模、それから種目別のですね、大会の意義と申しますか開催の意義等も見直しを図りながら検討を進めてまいりたいと思ってございます。
 当然、文化それからスポーツに通じていえることでございますが、常に市民のニーズに応じたような事業の展開というのが一番だと思ってございますので、それらも含めて検討を進めてまいりたいと思ってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 日下 俊委員。

2番(日下 俊君) 決してやめてほしいということじゃないんです。ですからその時期を考える、そしてまた日時、それからやる時間ですかね、そういったものも含めた中で、ぜひ検討をお願いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) まずはですね、昨日、非常勤職員の皆さんの幼稚園等のですね、賃金の実態調査について資料をお願いしたところ、ただいま教育総務課長から資料を頂戴しました。今、幼稚園、そして保育園の実態を見ますと、正職員の賃金に比較して非常勤の賃金というのは3分の1以下になっているなというふうなことでございました。なぜこれを聞いたかと言うと今、市が進めようとしている認定こども園という大きな改革がですね、待遇改善の大きなチャンスにしてほしいという思いでございました。そこで、その実態調査、実態はどうなっているのか。その実態をどのように改善するかというふうなことで、資料調査したところでございました。ありがとうございました。
 それから私から何点かまたお願いをしたいと思っております。
 その一つはですね、今、学校を建設してから、大分それぞれの学校で子供たちの数が非常に少なくなっていると言われております。今、一つ一つの教室、各学年ごと小学校中学校一つ一つの学校の教室で学ぶ子供の人数ですね、例えば10人以下もあれば、40人に近いところもあるかと思います。そういう実態をぜひ示していただきたい。それが今後ですね、どのように統合を進めていくのか、あるいは管内の状況の差というものはどのようになっているのか、その実態をぜひ教えていただきたいというふうに思っております。
 それからもう一つはですね、教育委員会ですから幼稚園の関係でございます。
 最近、幼稚園で学ぶ子供たちの数が大変減ったと言われております。どの程度減っているのか、これをですね町域ごとにぜひ示していただきたいと思っております。幼児教育はとても大切でございます。ただ大切な幼児教育が年々年々そこで学ぶ子供達が少なくなっているということでは、先ほどの学力向上の面でもあるいは幼少保一体の指導の中でもですね、大切なところだと思っております。ぜひその実態を教えていただきたいなというように思っております。
 そこで最後にお尋ねしたいのは、今、成果報告書の中では336ページから、工事請負費があります。明許繰越の分を含めると1億5,000万ほどの工事がされているようでございますが将来、例えば学校統合とか様々なことが考えられるとすれば、そのようなことにもしかして心配なのは、工事をした、すぐ統廃合だというふうなことにはならないのかということでございますし、また来年度もこういう予算審査にあたって、本当にこの予算が妥当なのかというふうなことを審査する場合ですね、そうした大きな方向というか流れをわからないとなかなか審査できないということもございますので、そうしたことを踏まえて、今後どのような形でそういう方向を示されるのか、ぜひ教えていただきたいというふうなことでございます。簡単で結構です。

委員長(伊藤吉浩君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 私の方から1点目の小中学校の児童生徒の状況というか人数・・・わかります。概要申し上げると小学校22校あるうち、一般的に1学年で2学級以上つくれるところは二つしかございません。ご質問いただいた分は、資料で提供します。

委員長(伊藤吉浩君) 続けて。
 いわゆる大規模改修を予定している学校についての統廃合ということでございますが、今、いわゆる再編についての考え方を整理してございますが、事業費も当然ござがいますけれども、いわゆる大規模改造と言われるものについては、1億を超える事業費になると思ってございます。
 ただ、その統廃合の計画が5年も10年も先ということであれば当然再編が必要だとしても当面の安全確保はしなければならないので、大規模改造についても年数の折り合いということはないですけれども、子供達の安全を教育委員会としては優先としたいということで考えています。必要な改造については行っていくということであります。

委員長(伊藤吉浩君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) それはね、教育委員会だけがわかっていてもダメなんですよ。ぜひ地域の皆さんにも議会の方にも言っていただかないと、それが本当にいいのかわからないんですね。ぜひそういう情報、方針、政策を共有してですね、審査をしたいというふうに思っていますので、どうぞよろしくお願いしたいと思います。答弁いりません。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏委員) では、何点かお聞きします。
 成果表331ページ、JET推進費です。市内10校の中学に一人ずつ配置なっています。
 2行目には「外国語教育の充実を図った」とございます。特に中学校、成果出ましたか。英語の成績どのように向上したか、まずお聞きいたします。
 それから350ページ。青少年海外派遣受け入れ事業、2番目の方にサウスレイクから、あと一番下のアメリカまで26年度やりました。少人数で「ここに行ってみたい」という生徒、かなりあったと思います。自己負担も伴う部分もあり、なかなか家庭の事情では行きたくてもいけない、まず行った方たちの応募基準というか選考基準、そういうのがあるのかどうか。市で全額ね、こういうものは負担してでもこれだけの人数なんで、私は手当してもいいのかなと思うものでございますが、その部分お聞きしたいと思います。
 それから385ページ、これ毎年言っています。同じような競技で、今、日下委員からも出ましたが、豊里教育事務所にあってはゲートボール大会が10万円、石越教育事務所にあってはあじさいゲートボール大会3万円、前のページにいくとみやぎの明治村は10万円、
 これ参加人数わかれば聞きましょう。
 そして、その補助金額と整合性が取れているかどうか、とりあえずこの3点をお聞きします。

委員長(伊藤吉浩君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) それでは1点目の質問についてお答えをいたします。JET推進事業でございます。
 市内中学校に1名ずつのALTの先生方を配置して、英語の授業に入っていいただいているところであります。成果ということでございますけれども、学力テストの点数からみますと、なかなかその数値的な成果は大きく見られていないというのが現状でございます。
 ただ、小学校にも行っていただいておりますし、我々も時々中学校の授業を見させてもらっていますけれども、子供達が英語の授業に取り組んでいる姿は、私どもの目からすれば意欲的に取り組んでいるのかなととらえているところでざいますが、ただ数字的な面はまだまだ成果として表れていないというのが現状でございます。以上です。

委員長(伊藤吉浩君)生涯学習課長 佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) まず、海外派遣事業の件についてでございます。
 カナダにつきましては、10名を募集したところ6人が応募してきたということで、作文を出していただいて、人を応募したくらいOKということで派遣しております。
 それからオーストラリアにつきましては、5人のところ5名の募集かけております。これにつきましては、学校長の推薦がございます。一定の成績を取っている生徒を対象にしてございます。
 それからアメリカにつきましては、10人募集のところに10人来たんですが1人都合が悪くなってということで9人での実施。これも作文をいただいて、選考しているということでございます。
 それから次に、385ページのですね、毎年行っている補助事業の関係の参加人数ということでございますが、順番違うかもしれませんがまずは明治村のゲートボール大会、263人です。それから登米市カップグランドゴルフ大会、265人。飯塚杯ソフトテニスが二つ合わせて・・・

委員長(伊藤吉浩君) ゲートボール関係で。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) ゲートボール関係ですか。豊里のガンバル杯、232人というような状況でございます。それから石越あじさいゲートボール大会、240人となってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) まず、最初の1点目ですね、効果が見えてないと。英語に慣れ親しむ最初の導入の部分での成果だけなのかなと。それだったら10人いらないんじゃないかなって私思うんです。大きな学校、地域によっては何校もある。例えば言って悪いんですけれども、地域に1校しかない、例えば豊里小中に1人、例えば複数地区の二つの中学校区に1人でもいいんじゃないかなというふうに思うんです。小学校もそれなりの数ですから。それで同じような報酬を恐らく支払っているんでしょうからね。そういう何て言うんでしょう、合理的な使い方をしてはどうかという意見ですが、その答弁いただきます。
 海外派遣事業、わかりました。大体が希望した人数通りと。私たちの息子たちのとは、もう抽選で決められた経緯がありましたのでお聞きしました。負担額、これ1人当たりの聞いておきますので、無料にできないかどうかまで答弁をいただければと思います。たった6人か、6、5、9で20人、その分ですよ。そういうのを考えてもいいんじゃないかと思います。
 それからゲートボールの方ですがやっぱり人数割りで、これ教育事務所対応なので、そういうふうに出ているのは重々わかります。やっぱりね、あっちのゲートボール大会に行くと「商品こんなのもらった」だとか、行く人が言うんです。そこの事務局やった人は、「うちでは予算これしかないから」、そんな登米市同じ市内でやっている大会でどうなのかなと思いますんで、これは再考の余地があると思いますんで、ひとつご検討いただければと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き活き学校支援室長(菊 祐二郎君) 最初のALTの数のことでございます。
 確かに大きな学校、町域にたくさんの小学校、幼稚園がある学校につきましては、それぞれ先生方が受け持つと言ったらいいんでしょうか、担当していただいている学校の数は違っておりますが、全体的に言わせていただけますれば、大きな学校は逆に少ないぐらいになっているのかなと感じております。一人の先生、例えば三つのクラス、四つのクラスがある学校においてはですね、一人のALTの先生が全部の授業に回るということは実際難しい話ですので、その辺は逆に足りないぐらいになっているのかなと思います。
 それから小学校にも月に1回程度回っていただいておりまして、その辺につきましては、学校、町域を越えて行っていただいているところもあるところでございます。

委員長(伊藤吉浩君)生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) まず、海外派遣事業の件についてでございますが、すみません、先ほどオーストラリアコース、募集定員5人のところに11人の応募でございました。大変申しわけございません。
 それで各コースの負担額なんですが、カナダコースは1人当たり19万6,500円、2分の1負担でございます。それからオーストラリアは5万円、これは定額の5万円です。それからアメリカコースは18万8,000円、2分の1というふうになってございます。
 議員のご提言のですね、「何とか無料にできないか」ということではございますけれども、やはり適正な受益者負担というのを原則的に考えなければいけないのかなと思いますので、その辺はこれからの検討となっております。
 それからゲートボール大会でございますが、実は去年、外部評価の方で「改善」という指摘を受けてございます。この中で昨年中にですね、今後のこの事業の持ち方、補助の仕方について検討しております。それでこの固定した事業については、ある程度その補助事業としての役割を達しただろうという判断に立っております。それで27年度の補助額は定額、そのまま据え置いたんですが、来年度は75パーセント、再来年度は50パーセントに減額した上で、一度精算した形にしてですね、新たな補助の制度といいますか、補助体系を確立して補助をしていきたいと考えてございまして、現在新たな補助の内容については検討中ということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏委員) 受益者負担、わかります。5万と19万とのこの差、オーストラリアとカナダで行く費用が違うからそれだけ差をつけているのかなと。ただ、そこなんですよね、どこのコースでも例えば5万だけとか、何ていうのかな、同じ参加、ひとつの目的、事業目的に参加するのは三つコースあるけど、どこを選ぶ、または学校長推薦、様々その応募の方法があると思いますが、そこのとこはもう少し考える余地があるのではないかなと思うので指摘しておきます。
 あとこの予算書でわからない点、26年度スポーツ審議会、特に陸上競技場等の審議会等は開催なかったのでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君)生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 陸上競技場につきましては、26年度以前にですね、その場所の候補地として2カ所ほど提案をいただいておりましたので、26年につきましては、特に諮問する内容がないという判断から、開催していなかったということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員

25番(岩淵正宏委員) その2カ所の場所を受けて、教育委員会ではどのような検討なされたかをお聞きします。

委員長(伊藤吉浩君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 去年の市の建設計画の中で整備する方向でということで考えてございましたので、それに基づいた、いわゆる総合実施計画の中に必要な費用を盛り込んで行くということで、実際27年の1月にお示した実施計画の中に、いわゆる陸上競技場の整備計画ということで計上してございます。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏委員) 2カ所という場所の選定を受けての検討はどうだったんですか。

委員長(伊藤吉浩君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 年次計画できちっと整備していくように考えておりますし、進め方については2カ所の場所の検討も含めてですね、市民会議を立ち上げて、その規模なり、それから場所の考え方についても整理してまいりたいと思ってございます。そういう検討を26年度にしたということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏委員) 先ほど誰かから出ました「決められない」、また市民会議ですか。そこなんですよ。市の方針として、「ここが風もあたらない」、「地質も良い」、決めてやったらいいんじゃないですか。これ以上時間もったいないんで、早期に建てないなら建てないでもいいですからね、方向性決めてください。希望して終わります。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。田口久義委員。

16番(田口久義委員) 成果説明書327ページの委託料の上段の方ですけれども、学校施設非構造部材震診断及び実施設計業務864万の決算ということでございますが、この耐震診断ついては、一般的には構造材についての耐震診断という考え方が私にはあるわけなんですけれども、非構造部材の耐震診断という言葉の意味といいますか、これはどういったことなのかまずお聞きしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 学校教育課長、永浦広巳君。

学校教育課長(永浦広巳君) 非構造部材の耐震化ですが、まず非構造部材の中身ですけれども、ここで言いますのは屋内運動場等のつり天井とか天井の裏板、それからあと壁材、それから照明器具、あと窓ガラス、そういったものになります。そういったものの落下等を予防するための調査ということになります。

委員長(伊藤吉浩君) 田口久義委員。

16番(田口久義委員) そうするとプールの天井等が崩壊した事故等がありましたけど、そういった部分に備えるという解釈でよろしいんでしょうか。
 それでは、こういった部分については市内の施設としてはだいたい何カ所位があって、この26年度にはどれくらいの実施をしたものなのか、その辺のことについて、まず伺いたいと思います。
 そしてまた、今後のもし残っているとすれば、実施計画とか見通しについてお話いただければと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 学校教育課長、永浦広巳君。

学校教育課長(永浦広巳君) まず、26年度につきましては学校施設等全てをですね、診断と実施設計を行っております。それから工事につきましては、27年度に今、実施しているところでございます。
 それで工事を行う施設数ですが、小学校、中学校、あと幼稚園のいずれも屋内運動場、それから武道館等になりますが、34施設を今、実施しております。

委員長(伊藤吉浩君) 田口久義委員。

16番(田口久義) その完成度というか進捗度はどうなっているのか。34施設で全て完了するということであれば、いつの時点で完成するのか、その点も伺っておきたいと思います。
 そしてまた、この補強の方法といいますか、まあ専門的な話になるかもしれませんけれども、例えば天井等においてはどの様な方法で。簡単にで結構ですから、どのように補強されて、その後、一切地震が来ても大丈夫なのか、その辺の担保ができているのか、その辺も確認をしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 学校教育課長、永浦広巳君。

学校教育課長(永浦広巳君) 主な工事内容ですが、一番多いのが飛散防止のための窓ガラスへのフィルムの貼り付け、あとは破損等により危険だと思われる機材と言いますか器具の交換、そういったものになっております。あと壁もはがれそうとか、そういった危険な物の交換・補充というふうになっております。
 それからあと工事につきましては、市内を町域ごとに工区を分けまして進めているとろでございます。それで年度内には終わる予定で進めております。

委員長(伊藤吉浩君) 田口久義委員

16番(田口久義) ちょっと一点だけ聞き忘れましたけれども、そうすると全体のこの工事費というか、事業費は幾らほどになるんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 学校教育課長、永浦広巳君。

学校教育課長(永浦広巳君) 事業費で総額ですが、2億5,300万ほどとなっております。

委員長(伊藤吉浩君) 田口久義委員。

16番(田口久義) 了解いたしました。それではせっかくですので、もう1点だけ質疑させていただきたいと思います。
 平成26年度の市長の市政方針の中に、ナンバー3として「心豊かに生きる登米人の育成」という目標があるわけでございますが、この中で学校教育においては、「児童生徒の学力向上に取り組むとともに、子供達が地域に根差した学習活動を通して、ふるさと登米に誇りと愛着が持てるような教育を推進してまいります」とあります。それで、このような課題に対応するために、例えば登米市子ども・子育て支援計画の策定、そしてまた先ほど来二階堂委員等からもありましたけれども、「児童生徒の学力向上対策、そして学校トイレ環境整備事業等に取り組んでいきます」とあるわけでございますが、この3点のうちのまず第1点、登米市子ども・子育て支援事業計画の策定という部分でございますけれども、これはこの成果説明書の中で、どの部分にあたるのか。まず、その辺をお伺いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀尚君) 計画作成にかかる費用については、3款の児童福祉費の中で計上してございます。検討委員の事務局として、教育委員会と福祉事務所、市民生活部長とそれから福祉事業所長、それから26年度だと教育次長が参加してございます。
 費用的には、全部児童福祉費の中での支出でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 田口久義委員。

16番(田口久義) そうするとこの登米市子ども・子育て支援計画の策定という部分での質問でございますけども、この辺の進捗度はどの程度、どのような内容で進捗されているか。
 そしてまた、その成果については、どのように考えているか。その辺、簡単で結構でございます。お願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 市民生活部長、神田雅春君。

市民生活部長(神田雅春君) この子ども・子育て支援計画につきましては、今年の3月に一応策定させていただきました。それで目標等については非常に大まかなものでございまして、これから一番大きい問題につきましては、幼稚園・保育園、それを子ども園化していくというようなことでございまして、その辺の再編計画等につきましてはほかの計画、その下にぶら下がる計画で今策定中でございまして、後に議員みなさまの方にもその辺については説明させていただきたいと思っております。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。
 これで、10款教育費の質疑を終わります。
 審査の途中でありますが、本日の会議はこの程度とし、これで散会したいというふうに思います。なお、次の会議は、9月25日午前10時から行います。
 本日はこれで散会いたします。大変ご苦労様でございました。
 
          散会 午後3時57分

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>