•   0  (日程・名簿)
  •   1  議長(沼倉利光)
  •   2  教育部長(志賀尚)
  •   3  議長(沼倉利光)
  •   4  25番(岩淵正宏)
  •   5  議長(沼倉利光)
  •   6  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •   7  議長(沼倉利光)
  •   8  6番(浅野敬)
  •   9  議長(沼倉利光)
  •  10  副市長(藤井敏和)
  •  11  議長(沼倉利光)
  •  12  6番(浅野敬)
  •  13  議長(沼倉利光)
  •  14  副市長(藤井敏和)
  •  15  議長(沼倉利光)
  •  16  15番(佐藤恵喜)
  •  17  議長(沼倉利光)
  •  18  教育部長(志賀尚)
  •  19  議長(沼倉利光)
  •  20  15番(佐藤恵喜)
  •  21  議長(沼倉利光)
  •  22  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  23  議長(沼倉利光)
  •  24  13番(伊藤栄)
  •  25  議長(沼倉利光)
  •  26  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  27  議長(沼倉利光)
  •  28  13番(伊藤栄)
  •  29  議長(沼倉利光)
  •  30  13番(伊藤栄)
  •  31  議長(沼倉利光)
  •  32  議長(沼倉利光)
  •  33  議長(沼倉利光)
  •  34  議長(沼倉利光)
  •  35  教育部長(志賀尚)
  •  36  議長(沼倉利光)
  •  37  7番(關孝)
  •  38  議長(沼倉利光)
  •  39  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  40  議長(沼倉利光)
  •  41  7番(關孝)
  •  42  議長(沼倉利光)
  •  43  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  44  議長(沼倉利光)
  •  45  7番(關孝)
  •  46  議長(沼倉利光)
  •  47  教育部長(志賀尚)
  •  48  議長(沼倉利光)
  •  49  3番(佐々木幸一)
  •  50  議長(沼倉利光)
  •  51  教育部長(志賀尚)
  •  52  議長(沼倉利光)
  •  53  3番(佐々木幸一)
  •  54  議長(沼倉利光)
  •  55  教育部長(志賀尚)
  •  56  議長(沼倉利光)
  •  57  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  58  議長(沼倉利光)
  •  59  議長(沼倉利光)
  •  60  議長(沼倉利光)
  •  61  議長(沼倉利光)
  •  62  教育部長(志賀尚)
  •  63  議長(沼倉利光)
  •  64  25番(岩淵正宏)
  •  65  議長(沼倉利光)
  •  66  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  67  議長(沼倉利光)
  •  68  議長(沼倉利光)
  •  69  議長(沼倉利光)
  •  70  議長(沼倉利光)
  •  71  教育部長(志賀尚)
  •  72  議長(沼倉利光)
  •  73  9番(中澤宏)
  •  74  議長(沼倉利光)
  •  75  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  76  議長(沼倉利光)
  •  77  9番(中澤宏)
  •  78  議長(沼倉利光)
  •  79  教育部長(志賀尚)
  •  80  議長(沼倉利光)
  •  81  9番(中澤宏)
  •  82  議長(沼倉利光)
  •  83  教育長(佐藤信男)
  •  84  議長(沼倉利光)
  •  85  議長(沼倉利光)
  •  86  議長(沼倉利光)
  •  87  議長(沼倉利光)
  •  88  教育部長(志賀尚)
  •  89  議長(沼倉利光)
  •  90  14番(浅田修)
  •  91  議長(沼倉利光)
  •  92  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  93  議長(沼倉利光)
  •  94  企画部長(秋山茂幸)
  •  95  議長(沼倉利光)
  •  96  14番(浅田修)
  •  97  議長(沼倉利光)
  •  98  企画部長(秋山茂幸)
  •  99  議長(沼倉利光)
  • 100  議長(沼倉利光)
  • 101  議長(沼倉利光)
  • 102  議長(沼倉利光)
  • 103  教育部長(志賀尚)
  • 104  議長(沼倉利光)
  • 105  17番(田口政信)
  • 106  議長(沼倉利光)
  • 107  教育部長(志賀尚)
  • 108  議長(沼倉利光)
  • 109  17番(田口政信)
  • 110  議長(沼倉利光)
  • 111  企画部長(秋山茂幸)
  • 112  議長(沼倉利光)
  • 113  議長(沼倉利光)
  • 114  議長(沼倉利光)
  • 115  議長(沼倉利光)
  • 116  議長(沼倉利光)
  • 117  教育部長(志賀尚)
  • 118  議長(沼倉利光)
  • 119  議長(沼倉利光)
  • 120  議長(沼倉利光)
  • 121  議長(沼倉利光)
  • 122  教育部長(志賀尚)
  • 123  議長(沼倉利光)
  • 124  11番(及川昌憲)
  • 125  議長(沼倉利光)
  • 126  教育部長(志賀尚)
  • 127  議長(沼倉利光)
  • 128  11番(及川昌憲)
  • 129  議長(沼倉利光)
  • 130  教育部長(志賀尚)
  • 131  議長(沼倉利光)
  • 132  教育部長(志賀尚)
  • 133  議長(沼倉利光)
  • 134  11番(及川昌憲)
  • 135  議長(沼倉利光)
  • 136  教育部長(志賀尚)
  • 137  議長(沼倉利光)
  • 138  議長(沼倉利光)
  • 139  議長(沼倉利光)
  • 140  議長(沼倉利光)
  • 141  産業経済部長(高橋巌)
  • 142  議長(沼倉利光)
  • 143  9番(中澤宏)
  • 144  議長(沼倉利光)
  • 145  商工観光課長(遠藤亨)
  • 146  議長(沼倉利光)
  • 147  産業経済部長(高橋巌)
  • 148  議長(沼倉利光)
  • 149  9番(中澤宏)
  • 150  議長(沼倉利光)
  • 151  商工観光課長(遠藤亨)
  • 152  議長(沼倉利光)
  • 153  産業経済部長(高橋巌)
  • 154  議長(沼倉利光)
  • 155  9番(中澤宏)
  • 156  議長(沼倉利光)
  • 157  商工観光課長(遠藤亨)
  • 158  議長(沼倉利光)
  • 159  産業経済部長(高橋巌)
  • 160  議長(沼倉利光)
  • 161  11番(及川昌憲)
  • 162  議長(沼倉利光)
  • 163  産業経済部長(高橋巌)
  • 164  議長(沼倉利光)
  • 165  11番(及川昌憲)
  • 166  議長(沼倉利光)
  • 167  産業経済部長(高橋巌)
  • 168  議長(沼倉利光)
  • 169  11番(及川昌憲)
  • 170  議長(沼倉利光)
  • 171  6番(浅野敬)
  • 172  議長(沼倉利光)
  • 173  産業経済部長(高橋巌)
  • 174  産業経済部長(高橋巌)
  • 175  議長(沼倉利光)
  • 176  6番(浅野敬)
  • 177  議長(沼倉利光)
  • 178  産業経済部長(高橋巌)
  • 179  議長(沼倉利光)
  • 180  16番(田口久義)
  • 181  議長(沼倉利光)
  • 182  商工観光課長(遠藤亨)
  • 183  議長(沼倉利光)
  • 184  16番(田口久義)
  • 185  議長(沼倉利光)
  • 186  商工観光課長(遠藤亨)
  • 187  議長(沼倉利光)
  • 188  16番(田口久義)
  • 189  議長(沼倉利光)
  • 190  商工観光課長(遠藤亨)
  • 191  議長(沼倉利光)
  • 192  企画政策課長(佐藤裕之)
  • 193  議長(沼倉利光)
  • 194  商工観光課長(遠藤亨)
  • 195  議長(沼倉利光)
  • 196  議長(沼倉利光)
  • 197  商工観光課長(遠藤亨)
  • 198  議長(沼倉利光)
  • 199  議長(沼倉利光)
  • 200  議長(沼倉利光)
  • 201  商工観光課長(遠藤亨)
  • 202  議長(沼倉利光)
  • 203  議長(沼倉利光)
  • 204  議長(沼倉利光)
  • 205  議長(沼倉利光)
  • 206  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 207  議長(沼倉利光)
  • 208  産業経済部長(高橋巌)
  • 209  議長(沼倉利光)
  • 210  19番(相澤吉悦)
  • 211  議長(沼倉利光)
  • 212  企画政策課長(佐藤裕之)
  • 213  議長(沼倉利光)
  • 214  19番(相澤吉悦)
  • 215  議長(沼倉利光)
  • 216  企画政策課長(佐藤裕之)
  • 217  議長(沼倉利光)
  • 218  19番(相澤吉悦)
  • 219  議長(沼倉利光)
  • 220  副市長(藤井敏和)
  • 221  議長(沼倉利光)
  • 222  6番(浅野敬)
  • 223  議長(沼倉利光)
  • 224  商工観光課長(遠藤亨)
  • 225  議長(沼倉利光)
  • 226  商工観光課長(遠藤亨)
  • 227  議長(沼倉利光)
  • 228  6番(浅野敬)
  • 229  議長(沼倉利光)
  • 230  商工観光課長(遠藤亨)
  • 231  議長(沼倉利光)
  • 232  7番(關孝)
  • 233  議長(沼倉利光)
  • 234  議長(沼倉利光)
  • 235  企画部長(秋山茂幸)
  • 236  議長(沼倉利光)
  • 237  7番(關孝)
  • 238  議長(沼倉利光)
  • 239  副市長(藤井敏和)
  • 240  議長(沼倉利光)
  • 241  7番(關孝)
  • 242  議長(沼倉利光)
  • 243  副市長(藤井敏和)
  • 244  議長(沼倉利光)
  • 245  8番(伊藤吉浩)
  • 246  議長(沼倉利光)
  • 247  教育部長(志賀尚)
  • 248  議長(沼倉利光)
  • 249  8番(伊藤吉浩)
  • 250  議長(沼倉利光)
  • 251  議長(沼倉利光)
  • 252  議長(沼倉利光)
  • 253  議長(沼倉利光)
  • 254  教育部長(志賀尚)
  • 255  議長(沼倉利光)
  • 256  9番(中澤宏)
  • 257  議長(沼倉利光)
  • 258  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 259  議長(沼倉利光)
  • 260  9番(中澤宏)
  • 261  議長(沼倉利光)
  • 262  教育部長(志賀尚)
  • 263  議長(沼倉利光)
  • 264  9番(中澤宏)
  • 265  議長(沼倉利光)
  • 266  17番(田口政信)
  • 267  議長(沼倉利光)
  • 268  議長(沼倉利光)
  • 269  議長(沼倉利光)
  • 270  議長(沼倉利光)
  • 271  議長(沼倉利光)
  • 272  教育部長(志賀尚)
  • 273  議長(沼倉利光)
  • 274  19番(相澤吉悦)
  • 275  議長(沼倉利光)
  • 276  教育部長(志賀尚)
  • 277  議長(沼倉利光)
  • 278  19番(相澤吉悦)
  • 279  議長(沼倉利光)
  • 280  議長(沼倉利光)
  • 281  議長(沼倉利光)
  • 282  議長(沼倉利光)
  • 283  教育部長(志賀尚)
  • 284  議長(沼倉利光)
  • 285  議長(沼倉利光)
  • 286  議長(沼倉利光)
  • 287  議長(沼倉利光)
  • 288  教育部長(志賀尚)
  • 289  議長(沼倉利光)
  • 290  議長(沼倉利光)
  • 291  議長(沼倉利光)
  • 292  議長(沼倉利光)
  • 293  議長(沼倉利光)
  • 294  副市長(藤井敏和)
  • 295  教育部長(志賀尚)
  • 296  議長(沼倉利光)
  • 297  議長(沼倉利光)
  • 298  議長(沼倉利光)
  • 299  議長(沼倉利光)
  • 300  教育部長(志賀尚)
  • 301  議長(沼倉利光)
  • 302  17番(田口政信)
  • 303  議長(沼倉利光)
  • 304  企画部長(秋山茂幸)
  • 305  議長(沼倉利光)
  • 306  17番(田口政信)
  • 307  議長(沼倉利光)
  • 308  企画部長(秋山茂幸)
  • 309  議長(沼倉利光)
  • 310  22番(庄子喜一)
  • 311  議長(沼倉利光)
  • 312  企画部長(秋山茂幸)
  • 313  議長(沼倉利光)
  • 314  22番(庄子喜一)
  • 315  議長(沼倉利光)
  • 316  企画部長(秋山茂幸)
  • 317  議長(沼倉利光)
  • 318  22番(庄子喜一)
  • 319  議長(沼倉利光)
  • 320  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 321  議長(沼倉利光)
  • 322  議長(沼倉利光)
  • 323  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 324  議長(沼倉利光)
  • 325  議長(沼倉利光)
  • 326  議長(沼倉利光)
  • 327  議長(沼倉利光)
  • 328  教育部長(志賀尚)
  • 329  議長(沼倉利光)
  • 330  15番(佐藤恵喜)
  • 331  議長(沼倉利光)
  • 332  教育部長(志賀尚)
  • 333  議長(沼倉利光)
  • 334  15番(佐藤恵喜)
  • 335  議長(沼倉利光)
  • 336  教育部長(志賀尚)
  • 337  議長(沼倉利光)
  • 338  6番(浅野敬)
  • 339  議長(沼倉利光)
  • 340  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 341  議長(沼倉利光)
  • 342  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 343  議長(沼倉利光)
  • 344  6番(浅野敬)
  • 345  議長(沼倉利光)
  • 346  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 347  議長(沼倉利光)
  • 348  6番(浅野敬)
  • 349  議長(沼倉利光)
  • 350  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 351  議長(沼倉利光)
  • 352  議長(沼倉利光)
  • 353  議長(沼倉利光)
  • 354  議長(沼倉利光)
  • 355  市長(布施孝尚)
  • 356  議長(沼倉利光)
  • 357  企画部長(秋山茂幸)
  • 358  議長(沼倉利光)
  • 359  総務部長(千葉博行)
  • 360  議長(沼倉利光)
  • 361  市民生活部長(神田雅春)
  • 362  議長(沼倉利光)
  • 363  福祉事務所長(熊谷一)
  • 364  議長(沼倉利光)
  • 365  市民生活部長(神田雅春)
  • 366  議長(沼倉利光)
  • 367  福祉事務所長(熊谷一)
  • 368  議長(沼倉利光)
  • 369  市民生活部長(神田雅春)
  • 370  議長(沼倉利光)
  • 371  福祉事務所長(熊谷一)
  • 372  議長(沼倉利光)
  • 373  産業経済部長(高橋巌)
  • 374  議長(沼倉利光)
  • 375  建設部長(千葉雅弘)
  • 376  議長(沼倉利光)
  • 377  消防長(佐々木健待)
  • 378  議長(沼倉利光)
  • 379  教育部長(志賀尚)
  • 380  議長(沼倉利光)
  • 381  企画部長(秋山茂幸)
  • 382  議長(沼倉利光)
  • 383  議長(沼倉利光)
  • 384  議長(沼倉利光)
      平成27年登米市議会定例会 12月定期議会 会議録(第5号)
 平成27年12月11日(金曜日)
1.出席議員(25名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君       4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 伊 藤 吉 浩 君
   9番 中 澤   宏 君      10番 佐々木   一 君
  11番 及 川 昌 憲 君      12番 佐 藤 尚 哉 君
  13番 伊 藤   栄 君      14番 浅 田   修 君
  15番 佐 藤 恵 喜 君      16番 田 口 久 義 君
  17番 田 口 政 信 君      19番 相 澤 吉 悦 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君      21番 及 川 長太郎 君
  22番 庄 子 喜 一 君      23番 二階堂 一 男 君
  24番 八 木 しみ子 君      25番 岩 淵 正 宏 君
  議 長 沼 倉 利 光 君
1.欠席議員(なし)
1.遅刻議員
  19番 相 澤 吉 悦 君
1.早退議員(なし)
1.中座議員(なし)
1.説明のため出席した者の氏名
  市   長     布 施 孝 尚 君    副 市 長     藤 井 敏 和 君
  総務部長      千 葉 博 行 君    企画部長      秋 山 茂 幸 君
  市民生活部長    神 田 雅 春 君    産業経済部長    高 橋   巌 君
  建設部長      千 葉 雅 弘 君    市長公室長     中津川 源 正 君
  財政課長      加 藤   均 君    福祉事務所長    熊 谷   一 君
  産業経済部次長   丸 山   仁 君    商工観光課長    遠 藤   亨 様
  住宅都市整備課長  小野寺 克 明 君    企画政策課長    佐 藤 裕 之 君
  教 育 長     佐 藤 信 男 君    教育部長      志 賀   尚 君
  病院事業管理者   石 井 宗 彦 君    医療局次長     浅 野 雅 博 君
  会計管理者     千 葉 幸 毅 君    産業委員会事務局長 菅 原 貞 治 君
  水道事業所長    佐 藤 和 哉 君    消 防 長     佐々木 建 待 君
  監査委員事務局長  佐々木 義 文 君    環境事業所長    千 葉 祐 宏 君
  生涯学習課長    佐 藤 嘉 浩 君    防災課長      千 葉 勝 範 君

1.事務局出席職員氏名
  議会事務局長    佐 藤 昌 彦 君    議会事務局次長   田 辺 賢 一 君
  議会事務局主幹                議会事務局
  兼議事・調査係長  菊 地   武 君    議事・調査係主査  浅 井 顕 裕 君
  議会事務局                  議会事務局
  議事・調査係主査  庄 司 美 香 君    議事・調査係主査  主 藤 貴 宏 君
  議会事務局
  議事・調査係主事  稲 辺 大 裕 君	
1.本日の会議に付した事件
  第1 会議録署名議員の指名
  第2 議案第136号 指定管理者の指定について(登米市迫公民館及び迫勤労青少年ホーム)
  第3 議案第137号 指定管理者の指定について(登米市北方公民館、迫農村環境改善センター及び登米市迫青少年センター)
  第4 議案第138号 指定管理者の指定について(登米市新田公民館)
  第5 議案第139号 指定管理者の指定について(登米市森公民館)
  第6 議案第140号 指定管理者の指定について(登米市米谷公民館、不老仙館及び東和楼台コミュニティセンター)
  第7 議案第141号 指定管理者の指定について(登米市米川公民館及び登米市東和国際交流センター)
  第8 議案第142号 指定管理者の指定について(登米市錦織公民館及び東和勤労青少年ホーム)
  第9 議案第143号 指定管理者の指定について(登米市南方公民館、南方農村環境改善センター、南方歴史民俗資料館、登米市東郷公民館、南方老人福祉センター、南方定住促進センター、登米市南方東郷運動広場、登米市西郷公民館及び南方就業改善センター)
  第10 議案第144号 指定管理者の指定について(南方産地形成促進施設)
  第11 議案第145号 指定管理者の指定について(平筒沼ふれあい公園)
  第12 議案第146号 指定管理者の指定について(迫梅ノ木公園、迫佐沼公園及び迫大東公園)
  第13 議案第147号 指定管理者の指定について(登米市迫体育館、登米市迫武道館及び登米市新田総合運動場)
  第14 議案第148号 指定管理者の指定について(登米市中田総合体育館、登米市中田球場及び登米市諏訪公園)
  第15 議案第149号 指定管理者の指定について(登米市石越体育センター及び登米市石越総合運動公園)
  第16 議案第150号 指定管理者の指定について(登米市津山若者総合体育館及び登米市津山林業総合センター)
  第17 議案第151号 指定管理者の指定について(登米市豊里運動公園及び豊里花の公園)
  第18 議案第152号 指定管理者の指定について(登米市民プール)
  第19 議案第115号 平成27年度登米市一般会計補正予算(第6号)
  第20 議案第116号 平成27年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
  第21 議案第117号 平成27年度登米市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)
  第22 議案第118号 平成27年度登米市介護保険特別会計補正予算(第3号)
  第23 議案第119号 平成27年度登米市水道事業会計補正予算(第2号)
  第24 議案第120号 平成27年度登米市病院事業会計補正予算(第5号)
  第25 議案第121号 平成27年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第3号)



          開会 午前10時00分
議長(沼倉利光君) おはようございます。
 ただいまから12月定期議会5日目の会議を開きます。19番、相澤吉悦君から遅参の届け出があります。
 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりです。
 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は、会議規則第90条の規定により、11番、及川昌憲君、12番、佐藤尚哉君を指名します。
 日程第2、議案第136号 指定管理者の指定について(登米市迫公民館及び迫勤労青少年ホーム)から日程第18、議案第152号 指定管理者の指定について(登米市民プール)までの17議案を一括議題としています。一括して17議案の提案理由の説明を終えています。議案内容の説明、質疑、討論、採決は一議案ごとに行います。
 議案第136号について、議案内容の説明を求めます。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 皆さん、おはようございます。
 議案第136号 指定管理者の指定についての議案でございます。詳細説明を申し上げます。議案書につきましては59ページ、それから詳細の説明資料については定期議会資料の別冊の2の2ページの方をお願いしたいと思います。
 最初、議案書の方でございます。
 今回、議決をいただきます公の施設の名称でございますが、登米市迫公民館及び迫勤労青少年ホームでございます。指定管理者となります団体の名称につきましては、登米市迫町佐沼、佐沼地区コミュニティ推進協議会でございます。代表は会長、千葉 成幸氏でございます。指定の期間でございますが、平成28年4月1日から平成33年3月31日までの5年間とするものでございます。
 別冊の2の2ページの方をお願いいたします。その前に、別冊2の1ページの方に今回の27年度の指定管理者の指定手続きの流れを記載してございますので、ご参照をお願いしたいと思います。
 2ページの方でございますが、指定管理者の指定にかかる説明資料として、施設の概要から選定委員会の資料となりました資料についてご説明をしたいというふうに思います。1番は施設の概要でございますが、当該施設のいわゆる指定管理の対象となっております施設の概要が記載されておりますので、ご参照いただきたいと思います。3番には指定管理者の名称及び団体の概要等を記載してございます。先ほど申し上げた佐沼地区コミュニティ推進協議会の設立から役員数、職員数とそれから活動の概要について記載しております。
 次ページ、3ページでございますが、最上段に選定理由を掲げてございます。今回の指定管理者として選定した理由でございますが、佐沼地区コミュニティ推進協議会でございますが現在の当該施設の指定管理者でございまして、この施設が所在する地域におけるコミュニティ活動団体でございます。適切な管理運営等を安定的に実施する能力と体制を備えております。並びに施設利用者の意見要望等を反映した施設運営やサービスの向上、地域コミュニティ活動の展開などによりまして、最も効果的で地域に根差した施設の管理運営が期待できるものでございまして総合評価により選定したものでございます。
 下段の指定管理者から提案を受けました収支計画書でございますが、収入総額の中の指定管理料、平成26年度の実績と28年度から32年度までのそれぞれの指定管理料の予定額を掲載しております。一番右端の合計額の1億4,225万7,000円、この金額が後で補正予算書の方でお願いをしますが、債務負担行為の設定額となってございます。
 それから4ページにつきましてはコミュニティ推進協議会の役員名簿、それから5ページにつきましては今回の選定にあたっての選定基準と評価調書になってございます。こちら市側から提示いたしました仕様に対しての事業の実施の申請書に基づきまして、それぞれの項目についての評価を行ってございます。中段の方に一時評価の総得点がございまして、所管課と選定委員会のそれぞれの採点結果が載ってございます。下段に総合評価のコメントとして、選定委員会のいわゆる選定した理由について記載をされてございます。
 それから6ページについては、モニタリングの結果表でございます。これは23年度から現在までのいわゆる実績について、事業の実施状況、それから施設の利用状況等について記載してございます。それから下段の項目別評価につきましては、それぞれ指定管理者自身の自己評価と所管課の評価が載ってございます。7ページの最下段に総合評価を記載してございます。
 以上が説明となりますので、よろしくお願いをしたいと思います。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。25番、岩淵正宏君。

25番(岩淵正宏君) 迫公民館、ここの3ページなんですけども支出の分で提案。ここ太陽光発電やったかと思っていたんですけども、やらなかったんですか。26年度決算額で79万2,000円、28年度からは一気に80万以上も上がって、光熱水費なっていると。太陽光やった効果はどれくらいなのか。またこの28年以降ですね、87万、88万円台なっているこの収支計画というのはどういうものなのか、ちょっとお聞きしたいと思います。26年度がぐっと低かったためだったのか。その理由、お願いします。

議長(沼倉利光君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 迫公民館につきましては、ソーラー発電等の設備は入れておりません。それで金額が伸びたというのはありますけれども、平成26年度の実績を参考にいたしまして10%、この先の価格の変動等も考慮いたしまして10%ほど余計めに見てるというような内容でございます。

議長(沼倉利光君) いいですか。ほかにありませんか。6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 全般に共通したことを聞きたいんですが、選定委員会というのがございますが、この委員長さんというか代表者はどなたかはわかりませんが、その方にお尋ねをいたします。
 選定委員会としての期待値は、いわゆる35点、35点、30点の配点がございますが、今回は別にいたしまして、最終形としてどれくらいになるように期待をしているのかをお尋ねいたします。

議長(沼倉利光君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 私が選定委員会の委員長を務めさせていただいております。
 期待値ということであれば、理想形で言えば満点というのが理想ではございますが、現実的な流れで申し上げますとこの採点の構造から申し上げれば、7割から8割の間ぐらいというのが望ましい姿ではないかというふうには考えております。ですから結果的には今回で65、6点というのもございますが、ほぼ7割に近い評価ということはさせていただいているということでございます。

議長(沼倉利光君) 6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) いわゆる何ていうか良くなっているというふうに、この年を追ってですね、という見方でよろしいでしょうか。

議長(沼倉利光君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 各団体総じて申し上げれば指定管理の成熟度が上がってきているということで、非常に適切に管理をしていただいているという評価をさせていただいております。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。15番、佐藤恵喜君。

15番(佐藤恵喜君) 5ページでちょっとお聞きします。
 評価の一番がですね、「利用者の平等な利用の確保」です。最もいわば大事なものでありますし、本館はすきのないくらい利用頻度が高いものであります。頑張っているわけでありますが、採点はどちらも3点ということで厳しいわけですね。ところが総合評価コメントを見ますと設置目的に沿って、省きますが気持ちよく施設が利用できるよう管理計画になっていると。年度末にも云々、要望を早期に把握することやクレーム等、早急な対策に取り組む計画だと。サービス向上が期待できるというふうにこうなって、評価きちんとされているんですよね。それなのに評点3というのは、ちょっとどんなものかなと。辛いか甘いかは私の判断はもちろん内容わからないんで、当局の説明をいただければなと思います。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君

教育部長(志賀 尚君) その5ページの下段にですね、一番最後に5段階評価についての考え方が記載してございますが、こちらで示しました資料に基づいて指定管理の候補者から個々の事業計画が上がってくるわけですが、その仕様書と計画書を照らし合わせて仕様書の水準どおりであれば3点ということで評価をさせていただいております。
 その3点という評価が悪いということではございませんので、いわゆる水準どおりの計画になっているということでの3点の評価ということでございます。水準を上回れば、当然4点、5点というふうに上がっていくわけですが、基本は仕様に示した水準を満たしているんであれば3点ということの評価になってございますので、ご了解いただきたいと思います。

議長(沼倉利光君) 15番、佐藤恵喜君。

15番(佐藤恵喜君) わかるわけなんですが、4点にならなかったというのは具体的に何かこう不足しているのがあるんだということを、ちょっと指摘あるから恐らくそうなっているんでしょうから、具体的に紹介していただければなと思います。

議長(沼倉利光君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) なかなか4点にするっていうのはですね、ちょっとハードルが高くなりまして、例えば利用者の意見・要望の把握方法及び対応方法と2番の項目がありますけれども、それを4点にするには、例えば3点に加えてマニュアル等を整備してくださいよと。そういったことがあれば4点という評価をしたんでございますけれども、そこまではなかったということで水準の3点と、そういった評価になってございます。

議長(沼倉利光君) 13番、伊藤 栄君。

13番(伊藤 栄君) ただいまの意見と関連するんですけども、それで次ページ、6ページ、項目別評価。
 今の部長の答弁ですとこれAなんですけども、指定管理者、所管課、Sですね。基準を上回っているからSでしょ。先ほどの答弁は基準どおりであるから3点。ところが項目別評価では基準を上回っている、いわゆるSクラス。次の7ページ、総合評価もSですね。
 何かこれちょっと私わかんないんですけども、今の説明ですと基準どおりですので本来ならばAでないの。ところがここではSとなっているのです。ちょっと私、納得できませんのでお願いしたいと思います。

議長(沼倉利光君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 5ページの選定基準評価調書につきましては、これからの指定管理の計画を評価したものでございます。それから6ページのモニタリング結果表につきましては、これまでのその実績を評価したものというふうにご理解をいただきたいと思います。
 そのようなことで、計画を評価したものと実績を評価したものということで評価が違ってございます。

議長(沼倉利光君) 13番、伊藤 栄君。

13番(伊藤 栄君) 今回は森公民館がスタートなんですけども、じゃあこれから全てが・・・

議長(沼倉利光君) 迫です。

13番(伊藤 栄君) すいません。計画と実績、別であると。これ説明いただくまでわかりませんでしたね。こちらは計画ですよ、こちらは実績ですよと。まあモニタリングですからそうだと思うんですけども、そういう解釈でこれから見たいと思います。
 ありがとうございました。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案136号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第136号 指定管理者の指定について(登米市迫公民館及び迫勤労青少年ホーム)は、原案のとおり可決されました。
 議案第137号について、議案内容の説明を求めます。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 議案第137号 指定管理者の指定について(登米市北方公民館、迫農村環境改善センター及び登米市迫勤労青少年センター)でございます。議案書につきましては60ページ、それから別冊2の定期議会資料については8ページでございます。
 議案書の方でございますが、公の施設の名称はただいま申し上げたとおりでございます。指定管理者となる団体の名称でございますが、登米市迫町北方、北方地区コミュニティ推進協議会でございます。会長は名生東右氏、それから指定管理の期間については、前議案同様の28年4月1日から平成33年の3月31日までの5年間とするものでございます。
 別冊2の8ページをお願いいたします。記載の内容については前議案同様でございますので省略をさせていただきますが、ご参照いただければというふうに思います。
 9ページでございますが、選定理由のところでございます。この北方のコミュニティ推進協議会でございますが、子育て中の親が参加しやすいように独自の子育て支援事業計画を計画されているなど、効果的で地域に根差した管理運営と事業展開が期待できるもので、総合評価により選定したものでございます。5番に指定管理者の提案の収支計画書がございます。指定管理料につきましては、5年間の合計で9,106万1,000円でございます。これが債務負担行為の設定額となるものでございます。
 以下同様に、10ページについては役員名簿、それから11ページについては評価調書、12ページからはモニタリングの結果表となってございます。ご参照いただきたいと思います。
 以上で説明とさせていただきます。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。7番、關 孝君。

7番(關 孝君) 12ページのモニタリングの結果表から利用の状況を見ますと、23年度は2万4,903人から26年度実績で4万5,757人ということで、利用者が恐らく同じ類似の公民館の中では一番利用者が増えているような状況になっているように確認できるわけなんですが、その要因といいますか、この指定管理者の取り組みによってのことだというふうに理解するわけですが、世帯数の40倍、千何戸ですので世帯数の40倍。それから人口の10倍、まあ住民が10回ずつ利用しているような結果になるわけなんですが、これが突出しているように感じますが、この取り組みについてどのような要因で利用者が増大しているのかと。お尋ねしたいと思います。

議長(沼倉利光君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 大変申し訳ございません。23年度から24年度実績の比較での増減の理由というのは正確には把握しておりませんけれども、申請の内容を見ますとですね、地域の事業で、例えば子ども神楽でありますとかそういったことへの取り組み、あるいは公民館の有効活用ということで、合宿等も受け入れているといったような話も聞いております。
 そのような指定管理者の努力によって、利用実績が増えているものと理解してございます。

議長(沼倉利光君) 7番、關 孝君。

7番(關 孝君) 指定管理者の取り組みによってこれだけ公民館の利用が大きくなったというのは、まさに指定管理の成果というふうに見るわけなんですが4万5,000、まあ約4万6,000というふうになりますと迫の公民館が6万2,000ということで、それから比較しても非常に多い利用の状況の中で、職員については迫で6人。それから北方では4人というふうなことで、4人というのは公民館の標準の職員数だと思うんですが、これだけの利用者があって職員体制というのは十分だというふうに担当課では評価、理解しているのかどうかお尋ねします。

議長(沼倉利光君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 職員の配置につきましてはですね、そこの公民館のエリアの世帯数を基準にしてやってございます。それでありまして、迫については4名ですね。北方については2名というような配置になってございます。1つの基準として設けてございますので、その辺のご理解をお願いしたいと思います。

議長(沼倉利光君) 7番、關 孝君。

7番(關 孝君) 世帯数の基準だというふうな、まあ1つの基準だということは理解するわけですが、利用者が多いということに対しては、それもその基準の1つに当たらないのかどうか。指定管理者は、まあヒヤリングも行っていると思うんですが、指定管理者からはそういったお話しは特にいただいてないものなのか。
 あるいはこれだけの利用者が多くなってくると管理等々も非常に多くなってくるんだろうというふうに思うんですが、その辺についてはどのように担当課では理解をしているのか。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 指定管理の上では、いわゆる施設管理に必要な職員体制ということで基本的には考えてございます。あわせて生涯学習施設につきましては公民館事業として、いわゆる平均的な使用をいわゆる青年、それから高齢者、それから女性、青少年含めて各標準的な事業費を示して事業をやっていただくことにしておりますが、それをうまく活用していただいて、なおかついわゆる標準以上にですね、事業を組まれているところは確かにございますし、北方が一番典型的な例なんだろうなというふうに思います。
 事業の多い少ないに応じて当然、事務量というのは違いが出てくるんだと思いますけども、指定管理上はあくまでも施設の管理ということでの職員の算定になってございますので、その頑張っていただいている分については本当に北方の公民館の職員の方々がですね、奮闘されている成果だというふうに認識しております。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。3番、佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) 13ページにですね、所管課で評価されている上段の方なんですけども、施設所管課による評価ということで、施設設備の管理計画や修繕計画云々とこう書かれているわけですけども、ただ実際いろんな指定管理者に聞くとですね、施設改修要望に対してなかなか教育委員会の方では対応しきれてないという話はよく聞くんですけども、そのことに対して「計画的な修繕計画をつくっている」と前答弁あったと思っていたんですが、そこら辺具体的にどういうふうな形でなっているのか。ちょっとお聞かせをいただきたい。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 毎年、修繕計画自体を市全体で、いわゆる公共施設の修繕計画を持ってございますので毎年聞き取りをしまして、いわゆる修繕箇所についての年次計画と申しますか、実際は緊急度が各施設ごとに違いますので、緊急度も参酌しながら修繕計画を立ててやってございます。
 ご要望の修繕箇所について、やはりその修繕内容についての差異が大分あるもんですから事業費の観点も含めて、こちら側からすれば市全体の中での緊急度の判定もさせていただきながら、急ぐものから、いわゆる利用者の方々がですね、利用するのに支障が出るというようなことでは施設の運営もままなりませんので、そういう観点で順位をつけさせていただいて事業費を確保しているということでございます。

議長(沼倉利光君) 3番、佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) そうすると、どれぐらいの年間の修繕の予算、されているのか。予算的に。それから実際の話を聞くと、何か10割の要望に対して5、6割ぐらいの感覚なのかと。部長の感覚としてはどうなんですか。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 先ほど申し上げましたですね、要望の幅がその施設によって大分いわゆる異なるもんですから、基本的にはコミュニティ施設、少額修繕と20万までは各施設でやっていただくように指定管理の中で見てございます。それ以上のものについては、先ほど申し上げたように各施設ごとに聞き取りをしまして、緊急度に応じて予算づけをさせていただいていると。総額の予算取りをしてるわけじゃなくて、いわゆる全体の修繕計画の中で緊急度に応じてやってございますが、あとは執行しながらですね、例えば差額が出た場合については次の段階の修繕箇所というようなことで、できるだけ予算をやりくりしながら改修要望に応えていきたいということで考えてございます。
 全体がというか要望についての実施割合からすれば、7割程度なのかなというふうには思ってございます。

議長(沼倉利光君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 予算につきましては、基本的には毎年度500万程度の修繕費用を計上しているというふうに記憶してございます。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第137号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第137号 指定管理者の指定について(登米市北方公民館、迫農村環境改善センター及び登米市迫青少年センター)は、原案のとおり可決されました。
 議案第138号について、議案内容の説明を求めます。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 議案第138号 指定管理者の指定について(登米市新田公民館)でございます。議案書は61ページでございます。別冊2の資料につきましては、14ページからでございます。
 議案書の方でお示ししておりますのは、公の対象となります公の施設の名称は登米市新田公民館でございます。指定管理者となる団体の名称でございますが、登米市迫町新田、新田地区コミュニティ推進協議会でございます。代表は会長の新田 清氏でございます。指定管理の期間については前議案同様、平成28年4月1日から平成33年3月31日までの5年間とするものでございます。
 別冊2の14ページをお願いいたします。
 施設の概要から始まりまして、指定管理者の名称及び団体の概要等については前議案同様に記載してございますので、ご参照をお願いしたいと思います。
 15ページの候補者としての選定理由でございますが、新田地区のコミュニティ推進協議会におかれましては、伊豆沼や内沼などの自然環境を生かした地域理解のイベントを計画するなど、地域に密着した事業の展開が期待でき、施設の管理運営と事業展開がなされるものというふうに思ってございます。そのような点を総合評価により選定したものでございます。5番の指定管理者提案の収支計画書でございますが、指定管理料で5年間合計で8,068万7,000円を債務負担行為として設定するものでございます。
 それから16ページについては役員名簿、17ページについては評価調書でございますが、これにつきましては所管課の評価とそれから選定委員会の評価で若干異なっております。評価項目の1番の(2)のいわゆるサービスの向上を図るための具体的な手法及び期待される効果について、評価項目の②とそれから④が選定委員会の評価が4にアップしてございます。いわゆる水準以上の取り組みがなされているということで評価をされております。それで所管課の採点が63点に対して、選定委員会の評価が65点ということでございます。それからこれまでの利用状況、それから実績について記載しておりますモニタリング結果表については、19ページの総合評価でどちらもSということでございます。
 以上、説明とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。25番、岩淵正宏君。

25番(岩淵正宏君) 18ページでちょっとお聞きしたいです。(2)施設管理以外で仕様書に定める事業の実施状況。これ見ると23、24、25と少年教育がかなりの参加者数を誇っていたと。26年度回数が2回だけとなった。逆に今度、家庭教育にシフトして件数ともに増えている。何か要因があるのかどうか、ちょっとお聞きしたいと思います。

議長(沼倉利光君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 事業につきましては、公民館で地域の要望とかそういったものを聞きながら判断してやっているとふうに考えてございます。
 それで申し訳ありませんが、ここの部分の要因については把握してございません。申し訳ございません。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第138号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第138号 指定管理者の指定について(登米市新田公民館)は、原案のとおり可決されました。
 議案第139号について、議案内容の説明を求めます。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 議案第139号 指定管理者の指定について(登米市森公民館)でございます。議案書については62ページでございます。詳細の説明資料については、別冊2の20ページからでございます。議案書の方で議決いただく項目についてご説明します。
 公の施設の名称については、ただいま申し上げましたとおり登米市森公民館でございます。指定管理者となる団体の名称でございますが、登米市迫町森、森地区コミュニティ推進協議会。代表は会長の鈴木 香氏でございます。指定管理の期間につきましては、前議案同様28年4月1日から平成33年3月31日までの5年間でございます。
 別冊2の説明資料の20ページをお願いいたします。
 施設の概要、それから指定管理者の名称、団体の概要等については記載のとおりでございます。
 次ページ、21ページに選定理由を掲げてございますが、森地区公民館につきましては奥州森邑十三講秋祭り等の地域文化の継承のための活動が計画されておりまして、地域に根差した施設の管理運営と事業展開が期待できることから、総合評価により選定したものでございます。指定管理者からの提案によります収支計画書が下段に記載してございます。指定管理料で5年間の合計で9,803万3,000円が債務負担行為の設定額となるものでございます。
 それから役員名簿、23ページには評価調書、それから24ページからはモニタリング結果表となってございます。これにつきまして、25ページのモニタリング結果の総合評価でございますが、総括の(2)番の「施設の適切な維持及び管理並びに管理にかかる経費の縮減が図られているか」という項目がございますが、そこが指定管理者の自己評価ではSとなってございますが、所管課の評価でAとなっているということでございます。その理由としまして、所管課による評価の欄に記載してございますが、個人情報の保護及び安全確保についての独自の取り組みまでは行われておらず、水準通りの内容であることからA評価としたものでございます。その結果、総合評価で自己評価についてはS、所管課の評価についてはAということになってございます。
 以上、説明とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。9番、中澤 宏君。

9番(中澤 宏君) ここに限ったことでないんですが、この支出の中に施設管理費というのがあります。指定管理の中にね。施設管理委託費というのがありますが、この施設委託管理費というのはですね、どういうのなのか。ここにあっては、これ以降のものについては人件費よりも管理委託費の方が多い部分も出てきますので、参考までにちょっとお尋ねしたいと思います。

議長(沼倉利光君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 施設管理委託費につきましては、消防設備の保守点検でございますとか、それから自家用工作物の電気設備等の保守点検、それからごみ収集でありますとか防火対象物の保守点検、それから浄化槽の保守点検、それから定期清掃等もございます。公民館によっては日直等で対応している、夜間、休日対応しているところもございますし、そういったもの諸々ですね、委託に出しているものの総合計がここに載っているわけでありまして、確かに公民館によっては違うという、金額が例えばあの日直、夜間管理まで人をずっと貼りつけてというところとそうでないところがあったりして、差が出ているということも事実でございます。以上でございます。

議長(沼倉利光君) 9番、中澤 宏君。

9番(中澤 宏君) そういう夜間をやるとかね、そういう管理委託費というのは、私は好ましいと思います。ただですね、例えば保守点検とか同じような共通のものをそれぞれの公民館でやるのが好ましいのか、それとも要するに規模の利益です。全ての公民館で全部同じようにやるというふうなことであれば、まあ最終的にはね、施設の管理というのは市ですよ。管理者に何か事故あったから、その責任を負わせるというものではありません。したがってですね、管理の状況は市が直接把握しておくというふうなことが望ましいですし、その管理委託のあり方、この辺についてどのように検討されているか。検討してればですね、そのことについてお尋ねをしたいと思います。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 今、申し上げた各種の経費の委託についてですが、選定委員会の方でも、いわゆる直轄で管理していた時は町域ごとに全部それを種別ごとにまとめてですね、いわゆる見積もりをして、いわゆる落札をいただいて効率的に契約されていたというような集合契約のような形にしておりましたんで、指定管理になって個別にですね、「各々発注するんでは効率が悪いんじゃないか」ということも選定委員会の方からも指摘を受けてございます。
 それで町域に複数のコミュニティ施設があるところについては、できるだけ町域単位等で共同で、例えば全館の清掃委託ですとか電気の点検等も含めてですが、そういう同じ種別の契約に関しては共同でいわゆる発注できないか、その辺についての話し合いをですね、各コミュニティごとに共同でやっていただくようにお願いをしているところでございます。

議長(沼倉利光君) 9番、中澤 宏君。

9番(中澤 宏君) えっとね、コミュニティにお願いするというんでなくて、指定管理に出す時に市の方針として決めていく必要があるわけですよ。だから教育長、まず教育委員会としてどういう方法がいいのか。本当にコミュニティにお願いする部分というのは、そこにお願いすると。そうでなくて、施設本体のそういう保守管理とかね、そういうふうなものについては、やっぱりある程度市が主体的にやっていくと。それでこれは指定管理から外していくということが、私としては望ましいというふうに思います。
 それから経費的にもですね、一つ一つ頼むよりもそういうふうにして一括にして頼むというふうなことは大切だと思いますし、ぜひその点を検討していただければと思います。
 そしてコミュニティの人たちの本当の、ここにかかわるその人たちの仕事というのもですね、どこにエネルギーを割いて仕事をしてほしいのか。足りない足りないというのは何でもやれば足りなくなるし、本当にそのコミュニティの皆さんに委ねたいもの、それは何なのかというふうなことをもう少し役割分担も含めて検討していただきたいと思いますが、教育長から一言、頂戴したいと思います。

議長(沼倉利光君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) 今、議員さんからお話しあったことについては、当然のことだろうというふうに思います。ただし、市の全体としてのやはり管理というふうなことになりますとなかなか行き届かない部分もございますので、可能な限りその施設の中で管理をしていただくということが基本的には考えておりますが、やはり何かトラブルがあった時に、それが市が責任を逃れるというふうなことではなく、その辺の考え方についても教育委員会として統一性を持った管理のあり方を考えていきたいというふうに思います。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第139号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第139号 指定管理者の指定について(登米市森公民館)は、原案のとおり可決されました。
 議案第140号について、議案内容の説明を求めます。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 議案第140号 指定管理者の指定について(登米市米谷公民館、不老仙館及び東和楼台コミュニティセンター)でございます。議案書については63ページでございます。
 対象となります公の施設の名称については、今申し上げたとおりでございます。指定管理者となる団体の名称でございますが、登米市東和町米谷、米谷地域づくり推進協議会でございます。代表者は会長の秋葉茂雄氏でございます。指定の期間でございますが、前議案同様平成28年4月1日から平成33年の3月31日までの5年間とするものでございます。
 別冊2の資料の26ページでございます。
 施設の概要についてですが3施設ございますので、それぞれに掲載をしておりますのでご参照をお願いしたいと思います。
 それから27ページの下段に選定理由が書いてございますが、米谷地域づくり推進協議会におきましては、事業計画の中に地域の歴史を学ぶ独自の学習活動を取り入れるなど地域に密着した施設の管理運営、それから事業展開が期待できるものでございます。その点を総合評価により選定したものでございます。それから指定管理者からの収支計画書でございますが、28ページでございますが指定管理料として5年間の合計で1億1,544万7,000円を3施設の合計の指定管理料として債務負担行為するものでございます。以下、それぞれの施設ごとの収支計画書を記載してございます。
 それから30ページには役員名簿、それから31ページの評価調書については所管課、選定委員会の評価とも同一の得点となってございます。モニタリング結果表については32ページから33ページにかけて、これも各施設ごとにモニタリング結果表がございますので37ページまで参照をいただければというふうに思います。
 以上でございますので、よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。14番、浅田 修君。

14番(浅田 修君) 実際どのような施設だかわかりませんけどもですね、東和の楼台コミュニティの分でありますけども、実績がこのような数字になっているという状況の中で、行政区でも使ってないのか。どのようなこの使用状況なのかですね。もし行政区だけで使っているっていうんだったら、この部分を行政区に集会施設として無償とかなんなり考えていった方がいいのかなというふうに思うんですけども、どのような状況なんでしょうかね。

議長(沼倉利光君) どっちですか。答弁を求めます。生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 楼台地区、米谷の4区と5区というところが楼台地区ということなんでございますけども、利用の実態につきましては主にこの地区での使用ということになっているかと思います。今後につきましてはですね、部長の方からお願いしたいと思います。

議長(沼倉利光君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 昨日もですね、議案の中で津山の集会所の条例の廃止の件ございましたけども現在、集会所の配置の適正化というふうなことで、これまで集落等へ無償譲渡を進めてきてございます。
 この楼台のコミュニティセンターにつきましても集会施設ということで、検討の中には加えさせていただいてございますけれども、ただ建物自体の規模が大きくて、その地区での無償譲渡を受けて維持管理をしていくというのは、実際なかなか困難な規模の施設というふうなこともございますし、それから確か各地区にですね、それぞれ最寄りの集会所もあるというふうなことから、他の集会所と同じような形で地域に無償譲渡していくというふうなことには、ただいま申し上げましたように規模的にも困難だというふうなことで、集会所の無償譲渡の対象から現在のところ外しているところでございます。

議長(沼倉利光君) 14番、浅田 修君。

14番(浅田 修君) 地域の声としてどのような声があるんでしょうかね。早く言えば、だったら取り壊しても大丈夫。まあ築何年だかちょっとわかりませんけどもですね。そういった中で、そういった考えも市ではあるのか。地域で、「ぜひそのままにしておいておければ」と。もっと別な集会施設があるというふうになれば何かこう無駄な、この利用状況から見ればね、なのかなと感じるんですけども。感じないですか。

議長(沼倉利光君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 地域におきましてはですね、この楼台のコミュニティの活動の場というふうなこともございまして、一集落じゃなくて複数集落の中でこういったコミュニティセンターを活用していくというふうなことでございますので、地域においては廃止というふうなことではなくてですね、「存続を」といった意味合いでの、意味合いといいますか利用の形態での継続を望んでいるというふうに理解してございます。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第140号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第140号 指定管理者の指定について(登米市米谷公民館、不老仙館及び東和楼台コミュニティセンター)は、原案のとおり可決されました。
 議案第141号について、議案内容の説明を求めます。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 議案第141号 指定管理者の指定について(登米市米川公民館及び東和国際交流センター)でございます。議案書につきましては、64ページでございます。
 公の施設の名称でございますが今申し上げましたとおり、登米市米川公民館、登米市東和国際交流センターでございます。指定管理者となる団体の名称でございますが、登米市東和町米川、米川地域振興会でございます。代表者は会長、及川 浩氏でございます。指定の期間でございますが、前議案同様平成28年4月1日から平成33年3月31日までの5年間とするものでございます。
 別冊2の38ページをお願いいたします。
 施設の概要でございますが米川公民館、それから東和国際交流センター各々について記載してございます。
 それから次ページ、39ページの選定理由でございますが、米川地域振興会におかれましては独自のホームーページによる地域情報を発信するなどしており、地域に密着した、地域に根差した施設の管理運営、事業展開が期待できることから、総合評価により選定したものでございます。
 40ページ、指定管理者から提案のありました収支計画書でございます。1番目に2つの施設を総括いたしました合計の収支計画書がございます。それの指定管理料の欄、5年間の合計で9,687万6,000円の指定管理料の債務負担行為を設定するものでございます。
 それから各々の収支計画書、42ページには役員名簿、それから43ページは評価調書でございます。評価調書については所管課、それから選定委員会の評価とも同一になってございます。44ページからはモニタリング結果表、47ページまでのモニタリングの結果となっております。
 説明は以上でございますので、よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。17番、田口政信君。

17番(田口政信君) 国際交流センターですけど、どういう利用のされ方がしているのか。最近利用者数が2.5倍くらいになっているんですが、そのモニタリングの結果表ですよ。その中で2.5倍くらいになっているんですが、これはどういう理由なのか。わかるんであれば教えてください。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 大変申し訳ございませんが、指定管理者から報告のあります利用状況の明細をちょっと持ち合わせてございませんので、後で明細についてのご説明をしたいというふうに思ってございます。よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 17番、田口政信君。

17番(田口政信君) 先ほども出ましたけども、東和にはこういう施設がいっぱいあってですね、いわゆるろくしち会館、国際センター、あるいはあそこの・・・吉田って言うんですか、あそこはね。その大きな、集落では賄いきれない施設がいっぱいあるんですね。それを大きいものはこういうふうに、いわゆる公民館と連動させた指定管理というような管理の仕方を今現在、取っているんですが、将来的どういう形にしていくかということをきちんと見極めないと、いわゆるほかの集落との均一性といいますかね、いわゆるバランスというのが非常に悪くなるので、前から申し上げていますけどもほかの町域の集落はそれぞれの地域が建設をして、あるいは土地代まで地域が賄って建設してやっている部分が結構あるし、東和の場合はそういういわゆる過疎債かなんかで建ててあげて、そして地域に委ねてきたという経過があるので、その辺の見極めをきちんとしていかないと、この指定管理にぶっこめばいいんだという発想では、均一性は私は失われるなと。というか平等性が失われるというふうに思いますので、その辺の検討をぜひこの5年の機会にですね、していただきたいなというふうに思うんですが。

議長(沼倉利光君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) ただいま東和町域のですね、コミュニティセンターについてのお話がございました。現状といたしましては、集会施設の適正化計画の中ですね、その対象範囲の中で検討に入った部分が東和嵯峨立センターと東和楼台、それから東和の国際交流センターの3つでございます。そのほかに各集落にございますけれども、この3つ以外については各集落に無償譲渡をするというふうなことで協議を進めてきてございます。そういったことから昨年もですね、行政財産から普通財産化するための条例の改正もお願いしたところでございます。
 それでただいまお話しいただいたその3つのコミュニティセンター、いわゆる1集落じゃなくて複数集落で活用しているコミュニティセンター、3つあったわけでございますけれども、その嵯峨立のコミュニティセンターについては解体をしてございます。それで残っているのが、先ほどの東和楼台のコミュニティセンターと東和国際交流センターでございます。これらについて先ほども申しましたように、集落に無償譲渡というふうなことでは荷が重すぎる施設でございますし、その活用も複数集落にわたっているというふうなことで当面、指定管理というふうなことでの位置づけをしてきてございます。
 ただ、これらについてもその施設の老朽化なり、利用の形態、そういった部分につきましてはやはりただいま議員お話しのように、そういった方向性をですね、ある程度の年度をかけて検討していくべきものというふうには思ってございます。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第141号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第141号 指定管理者の指定について(登米市米川公民館及び登米市東和国際交流センター)は、原案のとおり可決されました。
 ここで10分間休憩いたします。
 
          休憩 午前11時01分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時10分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 議案第142号について、議案内容の説明を求めます。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 議案第142号でございます。指定管理者の指定について(登米市錦織公民館及び東和勤労青少年ホーム)でございます。議案書につきましては、65ページでございます。
 対象となります公の施設の名称については、今申し上げたとおりでございます。施設名称が二つございますが、建物については一体化しております。指定管理者となる団体の名称でございますが、登米市東和町錦織の錦織地域振興会でございます。代表者は及川登志郎氏でございます。指定管理の指定の期間でございますが、前議案同様平成28年4月1日から平成33年の3月31日まででございます。
 別冊2の説明資料でございますが、48ページでございます。
 施設の概要ですが今申し上げましたとおり、施設名称二つになってございますが建物は一体化しておりますので、施設概要を記載しておりますのでご参照願えればというふうに思います。それから指定管理者の団体の名称及び団体の概要については、記載のとおりでございます。
 次ページ、49ページに4番として選定理由が書かれてございます。この錦織地域振興会でございますが地域の文化、歴史、自然を学習に取り入れるなどの取り組みをしてございまして、地域に根差した施設の管理運営、事業展開が期待できることから、総合評価により候補者として選定したものでございます。5番の指定管理者から提案されております収支計画書でございますが、指定管理料の合計の欄、5年間で1億572万6,000円でございますが、この金額が債務負担行為の設定額となるものでございます。
 50ページが役員名簿、それから51ページについては評価調書、所管課、選定委員会の評価とも同一でございます。52ページからはモニタリング結果表となってございます。54ページまでがモニタリング結果表となってございます。
 以上、説明とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第142号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第142号 指定管理者の指定について(登米市錦織公民館及び東和勤労青少年ホーム)は、原案のとおり可決されました。
 議案第143号について、議案内容の説明を求めます。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 議案第143号でございます。指定管理者の指定について(登米市南方公民館、南方農村環境改善センター、南方歴史民俗資料館、登米市東郷公民館、南方老人福祉センター、南方定住促進センター、登米市南方東郷運動広場、登米市西郷公民館及び南方就業改善センター)でございます。議案書につきましては66ページでございます。
 対象となります公の施設の名称については、今申し上げたとおりの9施設でございます。指定管理者となる団体の名称でございますが、登米市南方町、南方コミュニティ運営協議会でございます。代表は会長、後藤一衛氏でございます。この南方コミュニティ運営協議会でございますが、3つのコミュニティが1つの運営協議会組織として結成しておりまして、町域にあります施設を一括してこのコミュニティ運営協議会が指定管理を受託しているものでございます。指定管理の期間でございますが、平成28年4月1日から平成33年の3月31日まででございます。
 別冊2の55ページをお願いいたします。説明資料の方でございますが、今申し上げましたとおり施設の概要については九つの施設がございますので、記載については施設ごとに七つの施設に分けてございますので、55ページから57ページまで施設の概要が書いてございますので参照をお願いしたいと思います。
 それから58ページに指定管理者としての選定理由が記載してございます。今申し上げましたように町域の公民館を一体的に運営することにより、サービスの向上や経費の節減が図れる利点などがございます。いわゆる地域に根差した施設の管理運営と事業展開が期待できることから、総合評価により選定したものでございます。5番の指定管理者の提案の収支計画書でございますが、58ページに全ての施設を総括した収支の総括表がございます。その指定管理料の欄、5年間で3億5,871万5,000円を債務負担行為により設定するものでございます。
 次のページからは、各々の施設の収支計画書となってございます。それから63ページについては役員名簿、64ページについては評価調書となってございます。それから65ページからは各々の施設についてのモニタリング結果表となってございます。78ページまでがモニタリングの結果表となってございますので、ご参照をお願いしたいと思います。
 以上、説明とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) 非公募でございますので、やっていただけるということは非常に助かる部分もあるわけでありますけれども、その中で南方の歴史民俗資料館、どうなるのでしょうか。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 現在、文化財の担当の方でですね、市内にあります文化財施設のあり方について、全体の考え方を今整理しているところでございます。南方のこの民俗資料館につきましては、青島貝塚からの埋蔵文化財についての展示等をしてございますが、その他の町域からご寄贈いただいた民俗資料等もございますので、それらの整理をしながら埋蔵文化財の保存施設と、いわゆるバックヤードとしての役割ということで、現在のところ検討進めているところでございます。管理については、引き続き指定管理者のところでお願いをしたいというふうに思ってございます。

議長(沼倉利光君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) 何年かけて検討するのでしょうかね。23年に大震災によって被災を受けてから年数もたつわけでありまして、この内容については先の常任委員会でも現地調査をしながら、それぞれに議会としての考えに対して検討を加えるというふうなことでご返事がございました。その結果がこのような状態で引き続いて、また指定管理の中で受け継いでいくということ。もう少し市側とすればですね、しっかりとした見通しを示しながら指定管理のあり様というものを提示していかなければならないのではないかというふうに思いますので、その辺の考え方をもう一度、教育委員会の方でダメであれば別な方でもよろしいですので、その見解を聞きたいというふうに思っています。
 それとあと評価の関係でございますけれども、これは南方に関してということではございません。評価の関係で、まず歴史民俗資料館について自己評価の中で、いわゆる無料観覧を今していると。無料観覧をしているから利用件数はゼロということになっていくわけでありますけども、自己評価の中で安全確保が不十分、いわゆる十分に応えられない状況の中で無料といえども観覧希望者には観覧させている。そして、指定評価はAという部分の中で見ている。この辺の評価の基準がやっぱりわからないということ。
 それから全般的に公民館を中心とした社会教育施設について、いわゆる施設管理の状況についてはわかるんでありますけども、事業を含めた、いわゆる仕様書の中に書き込まれている部分についての設置目的に対する評価がこれで十分なのか。それぞれの施設が持つ設置目標があるわけでありますけども、いわゆるファジーに目標書かれていますので、やっていることもファジーに答えている。もうそろそろ目的に対する実績評価としての評価基準を設けて、しっかりとした評価を進めていくことも大切ではないかというふうに感じたところでございます。この辺の見解をお聞きしたいと思います。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 議員からのお尋ねについて、いわゆる指定管理の捉え方とそれからいわゆる実質の事業の展開、事業の実施ということの評価についてということとの兼ね合いだというふうに思いますが、例えば南方の民俗資料館ですといわゆる建物の管理運営等、中に所蔵されているのが埋蔵文化財なものですから、いわゆる文化財の保存とか展示についての基本的な知識自体がですね、指定管理者の中で十分にできるというふうに思ってございませんので、ほかの文化財施設と同じように文化財としての保存・管理についての基礎的な部分については、教育委員会が直接事業運営にかかわらなければならない部分が大半なのかなというふうに思ってございます。指定管理上で、いわゆる建物の管理だけお願いをしているというふうな状況のところもあるわけでございますが、それと中身によってはですね、いわゆる文化財のような専門的な知識なり、それから上位の機関と申しますか、例えば県の文化財保護課とかの関連があるものについてはですね、教育委員会の方が直接運営についてもやっていかなければならない部分もあるのかなというふうに思います。
 それと指定管理の仕様書の中には当然、直接やる部分については仕様に盛り込んでおりませんので、その使い分けというか運営の仕方についての実績の出し方と申しますか、きちっとした整理が必要なのかなというふうに思ってございます。
 それから社会教育事業自体ですね、各公民館等で行っていただいております事業の実績とそれから指定管理との関係ということだと思いますが、それについても各事業については、実施状況はそれぞれ決算書の方で、決算の成果説明書の方で取りまとめてお出ししている部分もございます。指定管理につきましては一番最初に申し上げましたように、社会教育事業として標準でお願いをしている事業費についての仕様に対して、実際にやっていただいている事業の実績を報告いただいております。こちらの示している標準の仕様に対しての評価ということで載せていただいておりますので、標準を上回ったような事業を実施していただいているところもありますけれども、それらについてできるだけレベルが上がるようにですね、当方としては指導してまいりたいというふうに思ってございます。評価の表し方というか、指定管理とその事業の評価との区分というか表現の仕方については、なお検討を加えたいというふうに思ってございます。

議長(沼倉利光君) そのまま継続で。

教育部長(志賀 尚君) すみません。答弁漏れでございました。
 いわゆる適切な施設使用料なり自己負担も含めてですね、事業への取り組みの仕方ということなんだろうというふうに思いますが、全て無料が当然いいとは思いませんし、適切な費用負担があって事業に取り組まれることの方がむしろ健全なのだというふうに思いますが、社会教育施設ということでの公民館の位置づけもございまして、基本的にはこれまでの経過上ですね、多くの事業がいわゆる主催して一斉に実施するというような事業になってございますので、その事業のあり方についても実施団体と協議しながら、その費用負担のあり方についても検討してまいりたいというふうに思ってございます。

議長(沼倉利光君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) いや、部長の気持ちはわかりましたので。なお、じゃあもう一度。
 民俗資料館の無料拝観にかかわる安全性の問題をお尋ねしたわけでございまして、今取り組みを行っているというところで評価はまあ良しとしながら、当事者の指定管理者の自己評価の中では安全管理や利用者の要望に十分に応えられていないという状況でございますので、1階はいいんですけども2階はあのとおり全然手つかずでやばい状態になっていますので、そういった意味での安全管理についてはある一定の配慮が必要だというふうに思いますので、その辺の考え方を伺っておきたいなと。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) いわゆる埋蔵文化財等、上にご寄贈いただいた民俗文化財等がございます。それらも先ほどお話ししたように、施設の基本的な方向性を定めて、ほぼ方向性については定めてまいりましたんで、実際の整理も含めてですね、早速適切な管理になるように努めてまいりたいというふうに思ってございます。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第143号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第143号 指定管理者の指定について(登米市南方公民館、南方農村環境改善センター、南方歴史民俗資料館、南方東郷公民館、南方老人福祉センター、南方定住促進センター、登米市南方東郷運動広場、登米市西郷公民館及び南方就業改善センター)は、原案のとおり可決されました。
 議案第144号について、議案内容の説明を求めます。産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) それでは、議案書67ページをお願いいたします。議案第144号 指定管理者の指定について(南方産地形成促進施設)でございます。
 施設の名称でございますが南方産地形成促進施設、いわゆる道の駅みなみかた、愛称はもっこりの里でございます。指定管理者となる団体の名称、特定非営利活動法人もっこりの里でございます。指定の期間、平成28年4月1日から平成33年3月31日までの5年間でございます。
 内容につきまして別冊2、79ページをお願いいたします。
 募集の方法は公募でございます。応募は1団体のみでございました。施設の概要は記載のとおりでございますので、ご覧いただきたいと思います。指定管理者の名称及び団体の概要等につきましても記載のとおりでございます。
 次、80ページでございます。
 選定の理由でございますが、同団体は適切な管理運営を安定して実施する能力と体制を備えております。また、道の駅として利用者への交通や地域情報等の提供、休憩施設の提供を行うとともに、地域活性化のため農産物の担い手育成を図るイベントを実施することとしております。施設を有効に活用し、利用者の利便性向上と地域振興につながる効果的な施設管理が期待できますことから、総合評価により選定したものでございます。指定管理者選定の収支計画につきましては記載のとおりでございますが、指定管理料につきましては5年間で2,985万6,000円となってございます。
 81ページが役員名簿、82ページが選定基準、評価調書でございます。83ページから84ページがモニタリング結果表となってございます。総合評価といたしましては、前年よりも利用者が増加をいたしておりますし、自主事業の収支につきましても増加をいたしている状況でございます。評価をSといたしております。
 以上、説明を終わりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。9番、中澤 宏君。

9番(中澤 宏君) 常任委員会でも少し宿題を出しておりましたので、じゃあ私からお尋ねをします。
 まず80ページ、収入の部のですね、自主事業等収入。括弧して指定管理者業務充当分とありますが、この数字は誤りはございませんか。
 二つ目、道の駅の事業は大変期待しております。また評判もとても良くて、ますますの繁盛を期待しているところですが、将来ね、この道の駅って年々年々事業を拡大していました。良いですね。さあこの道の駅、どのような目標を目指していく、その目標に向かってのこの5年間というのはどういう位置づけなのかというふうなことを宿題に出しておりましたので、その辺をお尋ねしたいというように思います。まずはね。

議長(沼倉利光君) 挙手願います。商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) それでは1点目、指定管理料にかかる収入と支出についてですね、収入の分で指定管理料業務充当分ということで括弧書きで記載がございます。これにつきましては、収入の指定管理業務にかかる収入と支出の指定管理業務にかかる支出の差額をここに括弧書きで掲載しているわけなんですが、この意味については支出の分の指定管理料の中にですね、例えば26年度の人件費、あるいは光熱水費委託料の中に自主事業分ということで職員の人件費等ですね、なかなか案分できないということで一括して掲載しているものですから、その分を収入の充当分ということで掲載しているものでございます。

議長(沼倉利光君) 目標については。産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 2点目についてお答えを申し上げます。
 道の駅の設置の、当該施設の設置目的については記載をしているところでございますけれども、本施設につきましては農業の振興、それから地域の活性化を図るための施設でございます。これまでの取り組みの状況をご覧いただきますように、利用者増、あるいは直売所の売り上げ増というふうなことで、地域の活性化を図る施設として目的を達成していただいていると。その目的に沿って運営をしていただいているものというふうに認識をいたしているところでございます。
 今後につきましても地域の活性化施設、道の駅の特性を生かしながら、登米市の活性化を図る施設としてですね、位置づけをした上で運営を、当面指定管理制度を生かしながら運営をしてまいりたいというふうに考えているところでございます。

議長(沼倉利光君) 9番、中澤 宏君。

9番(中澤 宏君) じゃあ、もっと簡単に聞きます。
 例えばね、これ参考に平成26年度の数字があって、28年以降からの数字がありますね。継続性の原則化ということからすれば同じような数字が並んでいいはずなんですが、ここについては例えば支出、自主事業支出がここでは1,010万2,000円、次の年からは30万5,000円という経理がなるわけです。ずっとね。3,500万、3,600万、3,700万。なぜこのように違うんだろうと。だから、だからこう書いてしまうから、上にいって収入の総額で「内指定管理業務充当分」というのが片方は1,994万円が内指定管理料で、28年度からは248万7,000円、これでいいのかということなんですよ、単純にね。
 それから部長答弁、部長答弁。今まで大変成績いいね、道の駅。それでね、例えば「今まで一所懸命やってきたので、実はもっと伸ばしたいんだ」と。「みんなももっと伸ばしたい」という、例えば持っているとかね。「いやいや、もう限界です」というふうなことなのか。例えばもっと伸ばしたいということであれば、何がこれから課題とか、どんなことを執行していけばいいのかという、そういう課題をね、お聞きできれば大変いいんです。ただ、「今までもやってきたんで、これからもまたお願いします」という指定管理だったのか。それとも指定管理者にどんな期待をして、どんな方向に向かっていくようにお願いして、それを今後市がどのようにお手伝いをしていくのか。そのことを聞きたかったんですよ。もう1回お願いします。

議長(沼倉利光君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) 1点目のお答えですが、いわゆる26年度の決算と28年度の計画、大きく変わっているといったところで非常にいずいところがありますけども、これはいわゆる人件費分でですね、28年度については1名分指定管理分として見ているということで、28年度からは明確に区分をして計画をしたという形でこのように載せております。26年度の決算においては、その辺の区分ができなかったということでこのような計画になったようでございます。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 今後の方向性というふうなお話しで、現在の課題等のお話しもいただいたわけでございますが、道の駅のいわゆる状況につきましては、市内の状況を見ますと総じて上向いてといいますか、利用者については増の傾向にあるというふうに思っております。したがって市の直営、あるいは指定管理の状況、そういったことを見ますと指定管理の良さといいますか、そういう面が発揮されているものというふうに思っております。
 したがって市の、地域の活性化を担う中心的な施設として今後も運営をしてまいりたいというふうに思っております。

議長(沼倉利光君) 9番、中澤 宏君。

9番(中澤 宏君) 商工観光課長の説明だと1名の人件費ということなんですが、1名の人件費。人件費にしては結構高いね。その答弁でいいの。
 それから部長、そういうね、何ていうかな私が心配しているのは、指定管理にこう出 すでしょ。よく丸投げという話がありますけれどもね、事業はこっちの人たちにやってもらうんですけども、やっぱり指導とか監督、あるいはしっかりとした目標というのは、産業経済部の中にきちんとあると。そうでないとね、担当者変わったときにぶらぶらしているんですよ。だから出してしまえば、5年間そのまんまと。頑張るも頑張らないもその指定管理者次第というふうなことでなくて、やっぱりある意味では事業の手となり足となって動いてくれるのは、指定管理者そのものでありますけれども、その指定管理者の思いと一緒にね、市としてもそういう考えや思いが一緒であってほしいなというように私は思うんですよ。そのことで事業がね、上手に繁栄していくということになってほしいと。
 だから単純に指定管理をしたということが終わりではなくて、指定管理をすることによって「新しい5年間がこれから始まるのだ」というような思いで、ぜひやってほしいなということを願っております。最後に。

議長(沼倉利光君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) 26年度の充当分につきましては、職員分の7名分の人件費とあと光熱水費委託料の一部分が入っております。28年度以降はですね、いわゆる光熱水費委託料の一部分を充当するという形の考え方でございます。施設の維持管理の部分ですね。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 大変ありがとうございます。現在、市内の道の駅の方々と連絡会議等、年間を通じて実施をしているというふうなこと。意見交換も行っておりますので、それらの機会を十分に活用しながら市が5年間指定管理した中で頼みっぱなしというふうな、そういった状況のないように十分考慮してまいりたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) 公募ということで、まあ1件ということになるんだろうと思います。まあこれはご案内のとおり、指定管理者の団体そのものが産地形成促進施設の適正かつ効率的な運営のもと産地づくりを促進し、まちづくりに資するということで、これはそもそもここをやるためにできた組織ということの捉え方なんです。
 ですからここで設立目的が、この団体が産地づくりを促進するというふうな捉え方をしております。ですからそういう時に、指定管理に指定するという段階の中で、こういったものをしっかり設立目的に対して実績を上げているかという部分の評価が見えてこないんですね。もし内々にあるんであれば、これまで平成17年にこれを団体設置されておりますけれども、どういった産地づくりがなされて、そしてここまで来て、これから促進しようとしているというふうな考え方をどの程度持ち合わせているのか。
 さらに、この道の駅そのものが特産品の開発と加工を挙げているんですね。そういった意味でこれから3期目に入るわけでありますけども、2期目における特産品の開発・加工はどの程度のものの実績があったのか。
 なぜこういうことを言うかというと、先ほど中澤議員が言ったように、次の2億、3億を目指す時にこのことをしっかり持ってないと、いわゆる継続するための施設、継続するための団体になっていくという可能性が非常にあると思うんです。そういった意味の見方をどの程度、市としては捉えているのか。その辺のことをお伺いしたいと思います。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) これまでの加工等をはじめそれぞれの実績、どのような内訳になっているか、状況になっているかというふうなことにつきましては、今手元に資料がございませんのでご説明しかねます。後ほどお知らせを申し上げたいというふうにこう思います。
 また、ただいまご指摘いただきました。いわゆるこの施設の持っている目的、いわゆる地域の農業の振興をこの施設が担っているというふうなその目的、今後の方向性について十分に認識をしながら指定管理、施設の運営に当たってまいりたいというふうに今後思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

議長(沼倉利光君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) 部長がそういうふうに言うんであれば、ぜひご期待を申し上げたいと思いますし、そのことがしっかりしていないと次への発展はやっぱり望めないんだろうというふうに思いますんでお願いします。
 それとあわせて、いわゆるその施設そのものが今のままの状態でいいのかというところの考察をどの程度、産地形成促進施設の今後の方向性の中で市としては見ているのか。いわゆるこういった特産品の開発・加工、さらには産地づくりを進めていく中であのスペース、あの機能でいいのか。そういうふうな計画性。
 特に、登米市は今6次化産業を含めた新しい農業の展開、さらには販売の方法についても深く議論を重ねながらその方向性を今歩もうとしているわけでありますから、その辺との兼ね合いの中でこういった施設に関してどういった認識を持って進めようとしているのか。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 施設そのものの今後、あるいは施設のスペース的なもの。あるいは機能的なもの。まあそういったあり方というふうなご指摘かと思います。
 修繕、あるいは照明の改善等の要望もありまして、それらの対応については年次計画を立てながら組んでいるところでございます。しかしながら、現在のところ南方に限らず、他の施設も含めて施設全体のスペース、機能、そういった改修とかも含めたあり方については、現在のところまだ手持ちございません。今後の検討課題だというふうに思っております。

議長(沼倉利光君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) ぜひ新たなる流通の仕方、それから6次化産業を含めた中でこういった出先の道の駅ですから、出先といいますか一番表面に立って出てくる部分でございますので、やっぱりそういったしっかりとした生産、振興計画のもとにおけるそれぞれの施設のありよう、規模、それから機能、そういったものをぜひしっかりと当事者側と議論を重ねていただいて、その検討を進めていただきたいというふうに要望しておきます。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 市内の道の駅、4カ所だったでしょうか。そことのいわゆる数字の出し方がちょっと違うように思いますが、全体の成績は好調だと先ほど同僚議員の方からお聞かせをいただいたとこなんですがもう少しわかりやすい、全体の内容がわかりやすいような方法にしていただけないものかどうか。
 それからもう1点は、隣接に登米市役所南方庁舎だったでしょうか、市民生活部が入っておりますが、これが仮に新庁舎が建設された時点では当然、そこからは別な用途になろうかと思いますが、そうなった時は道の駅にプラスの影響になるか。あるいはマイナスの影響になるか。所管課ではどのように見ているんでしょうか。わかる範囲でお聞かせをいただきたい。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 1点目については市内全体の・・・
 (「いやいや、ほかの法人はこのような表し方ではないような気がした」の声あり)

産業経済部長(高橋 巌君) 実績の出し方については、これは現在の指定管理の方から、指定管理者側から出されたもので、それを使用している、掲載しているというふうな状況でございまして、必ずしも統一されたものではないというふうなことでございますのでご理解をいただきたいと思いますが、いわゆる来年度以降の数値の出し方については、これは統一をしたものというふうなことでございます。
 それから2点目の、もし新庁舎ができた際のいわゆる今の南方庁舎の状況が変わった場合にというお話しだと思います。
 産業経済部といたしましては、いわゆるその南方庁舎の活用について十分に今後検討をしていくということからすれば、道の駅の運営に直接マイナスの影響が出るというふうなことは考えておりません。

議長(沼倉利光君) 6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) いや、まあ「マイナスの影響にならないような施設利用になるように、担当課としては発言していきたい」というふうなことが言えると私どもも安心なんですけども、全く心配をしてないということなので、責任を持った回答ではないんではないかというふうに思うんです。その辺もし、さらにお答えいただけるんであればいただきたいと思います。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 大変失礼いたしました。影響の及ぼさない施設運営を行ってまいります。

議長(沼倉利光君) 16番、田口久義君。

16番(田口久義君) 1点だけ。この収支計画の中で、収入も支出もそうなんですけれども自主事業等収入、自主事業等支出とあるんですが、この自主事業等というのはどういう意味なのか。その辺をまず説明いただきたいと思います。

議長(沼倉利光君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) 自主事業というのは、いわゆる物販販売ということでございますので、そのほかいろいろな広告等、そういった形で取り組んだところについてここに述べております。

議長(沼倉利光君) 16番、田口久義君。

16番 (田口久義君) 物販販売ということですけれども、これはあくまで1年間の売り上げの金額ではないと思うんですが、その辺の区分けというか、考え方としてもう1回お願いしたいんですけど。

議長(沼倉利光君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) ここに掲載されております自主事業とう収入というのは、いわゆる販売手数料として実際にこのもっこりの里の収入として扱っているものという形になります。

議長(沼倉利光君) 16番、田口久義君。

16番(田口久義君) そうすると販売の手数料という解釈になるわけですね。そうすると売り上げとかなんかは、特にそれぞれの道の駅によってその表現の仕方が違うので、ここで特にそういった部分の表現はしなくてもいいということの解釈でよろしいわけですね。
 そうした場合に、「内指定管理業務充当分」というふうに何か分けているんですけども、その辺もう少しわかりやすくですね、「こっちは指定管理料の分だ、こっちは指定管理料の分ではありませんよ」というその部分がちょっとわかりづらいので、その辺どういうふうな解釈、まあもう少しわかりやすく表現していただければいいのかなと思いますけども、その辺の考え方。「これで良いんだ」ということであればそれでいいですけども、これで良いんであればもう少しわかりやすくこの辺の内訳を表示すべきだと思うんですが、その辺いかがでしょうか。

議長(沼倉利光君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) この部分はですね、いわゆる様式ということで候補者の方で記入をしているところで、まあ少しわかりづらいといったところは非常に当課としても感じているところでございます。その辺のところは今後、いわゆる実績等でですね、整理されるところもあると思いますのでよろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) そのまま継続して。企画政策課長、佐藤裕之君。

企画政策課長(佐藤裕之君) 今ですね、様式の部分についてのご意見等ございましたが、自主事業がある部分についてはこういう括弧書きをした中で整理をさせていただいているところでございますが、なかなかちょっと今、わかりづらいという部分もございましたので、どういった形がわかりやすい形で皆さまの方に説明できるかも含めまして、様式の方については改めて検討させていただきたいというふうに考えてございます。

議長(沼倉利光君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) ここに記載されている括弧書き、特に28年度以降の部分につきましては、施設の維持管理部分で記載されているところでございます。

議長(沼倉利光君) 暫時休憩します。
 
          休憩 午前11時57分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時58分
 

議長(沼倉利光君) 再開いたします。
 答弁を継続してください。商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) いわゆるですね、施設の維持管理の中で機械警備であるとか、自動ドアの保守点検、電気保安、そういったところ指定管理部分で一定の割合で指定管理料で積算している部分ございます。それ以外の部分について自主事業として上げているといったところでございます。

議長(沼倉利光君) いいですか、質問者。
 (「わからない」の声あり)

議長(沼倉利光君) いやいや、質問者は16番なので。
 それでは、昼食のため午後1時まで休憩して、質問者の意向をしっかり確かめて、答弁ですね、継続でお願いします。休憩します。
 
          休憩 午前11時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 病院事業管理者、石井宗彦君から診療のため早退の届け出があります。
 16番、田口久義議員の答弁を求めます。商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) 資料の80ページの自主事業等収入の中の指定管理業務充当分という形でのまず内訳でございますが、これらにつきましては施設の供用部分の維持管理の中で、指定管理者に負担をしていただく部分という形になります。
 具体的に言いますと、それぞれの割合がありまして電気料、電気保安料であれば指定管理料の2分の1、それから水道料については4分の3が指定管理料で負担するものという形で、それ以外のものを指定管理者が負担していただくものでございます。具体的な数字で言いますと光熱水費で35万円、施設管理委託費で97万8,000円、施設運営費で56万6,000円、人件費で59万3,000円ということで、合せて248万7,000円という形になっております。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第144号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議はありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第144号 指定管理者の規定について(南方産地形成促進施設)は、原案とおり可決されました。
 ここで先ほどの答弁の保留がありますので、17番議員の答弁をお願いします。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 先ほど議案第141号の中で東和町国際交流センターのですね、利用者増の要因をお聞かれしましたけれども回答することができませんでした。確認いたしましたのでお答えいたします。選挙、あるいは葬儀での利用での人数増ということでございました。
 それともう一点なんですけれども、別冊資料8ページの方でちょっと修正をお願いしたいんですが、別冊資料8ページでございます。過ぎたもので大変申し訳ございません。
 北方公民館の分のですね、3の指定管理者の名称及び団体の概要等というところで、団体の設立年月日が昭和3年3月3日と書いてございますが、平成3年の誤りでございました。大変申し訳ございません。

議長(沼倉利光君) 次に、議案第145号について議案内容の説明を求めます。
 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 議案書の68ページをお願いいたします
 議案第145号 指定管理者の指定について(平筒沼ふれあい公園)でございます。
 施設の名称につきましては、平筒沼ふれあい公園。指定管理者となる団体の名称等でございますが、所在地は米山町、名称については吉田コミュニティ運営協議会でございます。指定の期間でございますが、今回初めての新規の指定ということになりまして、平成28年4月1日から平成31年3月31日までの3年間でございます。
 内容につきましては、別冊2の85ページをお願いいたします。
 募集の方法は公募でございます。今回2団体の応募がございました。
 施設の概要につきましては記載のとおりでございますので、ごらんいただきたいと思います。
 指定管理者の名称及び団体の概要等につきましても記載のとおりでございますが、一番下、市からの受託状況ということで、吉田コミュニティ運営協議会につきましては現在、吉田公民館、吉田体育館、善王寺コミュニティセンターの指定管理者となっているものでございます。
 86ページをお願いします。選定理由でございます。
 同団体は、当該地域のコミュニティ活動を実践している団体でございます。地域や観光公園という施設の特性を理解し、適切な管理運営を安定して実施する能力と態勢を備えております。また、プロジェクトチームを設立いたしまして、来場者増加の取り組みを検討することとしており、設備利用の促進と観光振興のさらなる発展が期待できることから、総合評価により選定したものでございます。管理者提案の収支計画書につきましては、記載のとおりでございます。指定管理料は、平成28年度から30年度までの3年間で計3,922万6,000円となってございます。
 選定結果につきましては、別紙2のとおりで後ほどご説明申し上げます。
 87ページは役員名簿でございます。88ページが別紙2でございます。指定管理者の選定結果についてでございますが、応募団体は吉田コミュニティ運営協議会と特定非営利活動法人ワーカーズコープでございます。審査結果は、評価項目ごとの得点はそれぞれ記載のとおりで、合計得点は吉田コミュニティ運営協議会が67点、特定非営利活動法人ワーカーズコープが61点となり、吉田コミュニティ運営協議会が選定されたものでございます。
 89ページと90ページは特定非営利活動法人ワーカーズコープの概要等と提案の収支計画、定款等に定める事業内容となっております
 91ページから106ページまでは、吉田コミュニティ運営協議会の概要として規約、平成26年度の事業報告書と収支決算書、平成27年度の事業計画と収支予算書を添付しているものでございます。
 107ページが吉田コミュニティ運営協議会、そして108ページが特定非営利活動法人ワーカーズコープ、それぞれの選定基準評価調書となっております。
 選定委員会における総合評価コメントにそれぞれ記載されているところでございますが、吉田コミュニティ運営協議会におきましては、「地域や観光公園という施設の特性を理解し、市内の観光施設との連携や地域住民との協力、サービス向上による施設利用の促進と観光振興のさらなる発展が期待できる」という高く評価される一方で、ワーカーズコープにおきましては、「観光公園として観光の振興を図る計画が希薄であり、みずからが経営する福祉施設との共同、共生、就労支援の要素が強く、観光施設として適切な管理運営が行われるか懸念される」との評価が選定結果となったものでございます。
 以上で説明を終わりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。19番、相澤吉悦君。

19番(相澤吉悦君) これは公募ということでですね、随分遠くからまで公募しているようですけれども、全国どこでも公募してくれれば、みんな点数のつけ方によっては受けることができると。指定管理を受けることができるということなんでしょうかね。お伺いします。

議長(沼倉利光君) 企画政策課長 佐藤裕之君

企画政策課長(佐藤裕之君) お答えさせていただきます。
 指定管理者の募集につきましては原則公募となってございますので、今のご質問のとおりですね、公募の段階で応募があればどなたでも構わないという形になろうかと思います。

議長(沼倉利光君) 19番、相澤吉悦君。

19番(相澤吉悦君) 特にですね、今何で聞いたかというのは、やっぱり公募して地域の観光を目指していくと、遠くから来て観光開発するのもそれは一つの手段かもしれないけれども地域の、今の選定基準の中で点数を高くつけたというのは、地域を全てわかっていて、地域の観光に結びつけますよというふうなことで吉田コミュニティがなったんですけども、これをこれからも継続していくように。何かの境がないと、これからそういうふうなことでドーンと来られるとさっぱり地域に根差したんじゃなくして、ほかの方にやられるような感じにも持つんですよ。これは良いことだか悪いことだか区別はまだつかないんだけども、「極力、地域のだ」ということで、何かで限定できないんでしょうかね。それ限定してダメなものならダメだでわかるんですけれども、そうでないとこれからは様々な世の中の移り変わりの中でですね、そういう方たちが、乗り込んでくるというのは言い方が悪くなるんですが、「私たちが行って、では登米市を開発しようかな」ということが、来てもそれが上手く行けばいいけども、地域との様々なトラブルが出てくるんじゃないかなというふうにも思うんで、その辺どうなんでしょうかね。

議長(沼倉利光君) 企画政策課長、佐藤裕之君。

企画政策課長(佐藤裕之君) 先ほど私ですね、公募が原則だというお話しをさせていただきましたが、非公募による場合もございます。例えばでございますが、地域の住民などによる管理でサービスの向上や地域の活性化が期待できる場合。例えばでございますけど公民館、あるいは集会施設等が該当するのもございます。
 ですので募集については公募するか、非公募するかについても委員会の中で判断しているというところございます。

議長(沼倉利光君) 19番、相澤吉悦君。

19番(相澤吉悦君) 全部非公募にすれば、それは何も今私が立つことはなかったんですけども、たまたま公募ということで出して、東京の方がこれに応募しているから聞いたんです。点数なんてのはつけようなんだよ、申し訳ないけど。もしかしたら、そっちの方が点数つければ高くなるかもしれない。
 ただそういうものではなくしてですね、やはり地域に、そこにあるものは地域の方々、様々な努力をして、そして英知を出して観光に取り組んでいくと。それならいいんだけれども、大きなプロジェクトの中でやるなら、大きな組織の中に入ってそれを開発していくというならいいんだけども、今もうできて、それを維持運営していく、これから良い方向に進もうなということだから言っているんですよ。だからほかから来てもいいのかなというふうに思ったんです。全くそのとおりいいことなら、「これからもほかからどんどん入れてやりたいと思います」と、いうふうな気持ちだったらそのように言って下さい。それで3回目だからあともう言えないから。
 ただ、私はそうではないと思う。やっぱりそこのところは様々な面があって、地域の方が一生懸命こうやってやろうとしているのに二つ並んで応募されて、東京の方これ随分、介護からなにからやっていて、3億いくらかの資本金だし、2,000人以上の従業員もいるというふうなことで、「これを一緒にやって束ねてやろうかな」という感じで恐らく今度は東北だというようなことで来たんだと思うんですけども、ただそれが指定管理に出した時に、果たして地域とうまくいくのかなというふうな考えもあります。だからあえて今、言いました。これからはやめろとは、絶対ダメだとは言わないけれど、「そのような方向になられては」というふうに思っています。
 これ、もしかしてこれからの方向性についてですね、市長どうなんでしょうね。これ。立派な方たちが答弁しているからいいんだけれども、ただ一つの私が提案していることだから、それに対しての答えというのは市長以外言えないと思うよ。お願いします。

議長(沼倉利光君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) ご質問いただきました。指定管理者の選定委員会の委員長という立場でお答えさせていただきますが、先ほど課長が答弁申し上げましたように、まず入り口として「公募にするのか」「非公募にするのか」という判断から一度入ります。その中で「公募でいい」という判断になった場合には、入り口論で申し上げれば居住地、要するに所在地で分けるという分け方はできないと考えてございます。
 ただ、ただいま議員お話のように、我々としても地域資源である施設を維持管理をお願いするということでありますから、それが地域にとって最も効果的に運営管理されるという視点での評価を行わせていただくということが原則でございますので、そういう趣旨、背景をご理解いただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) この外れた団体の方の登米市とのかかわりは、この暮らし・しごと何とかかんとかというののあれで、現にそちらの、米山の方で活動されていたんでしょうか。
 そして「選定されなかったよ」という通知は当然、出していると思うんだけども、その辺の文面について適切に対処されたんだろうなと思いますが、どうなんでしょうか。

議長(沼倉利光君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) それでは1点目ですけども、このワーカーズコープという団体、米山に事務所がありまして、ここに書かれております生活困窮者の自立支援の「ともまち登米」というのは、迫に事業所を設けて事業を行っているというところでございます。
    (「選定されなかった通知については」の声あり)

議長(沼倉利光君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) 選定漏れの結果通知についてもそちらの方に出しております。

議長(沼倉利光君) 6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 当然、「審査の結果、今回は選定されませんでした」という内容なんでしょうねということなんです。
 特に、「選定されなかったので通知します」では、ちょっと芸がないなと思ったもんですから。どうなんですか?

議長(沼倉利光君) 通知の内容。商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) 「審査の結果、当該団体にはならなかった」といったような通知でございます。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。7番、關 孝君。

7番(關 孝君) 今回提案された指定管理の中で、唯一複数の応募ということの中で評価された結果だというふうに理解をしておりますが、107ページ、8ページの選定基準評価調書の中では、総合評価のコメントというふうなことで各それぞれの団体の特徴は書かれておりますが、その基となるいわゆる提案している計画自体がこの資料の中から読み取ることができないので当然、副市長を先頭に選定委員会がなされているというふうな部分を否定するものでありませんが参考までに。
 例えば、審査結果で②の部分が16点、10点ということで6点差、これが一番の大きな評価の違いだと思うんですけれども、この中身については今、観光振興の部分というふうな評価をされておりましたが、それぞれどういった計画、提案が具体的になされて、こうした得点になったものか。その基となる計画というのは、お示しいただくことはできないんでしょうか。
 なかなかこの評価調書だけでは、どういった提案がなされてこういった評価をされたのか、その基となる部分が読み取れなくて、「私はどう判断したらいいいのかな」というふうなことで今、少し悩んでおるんですが、それをお示しいただくことはできないんでしょうか。

議長(沼倉利光君) 暫時休憩します。
 
          休憩 午後1時20分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時22分
 

議長(沼倉利光君) 再開をいたします。企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 計画書の提出というふうなことでございましたが、計画書自体はですね、かなりボリュームもございまして、これまでこういった議案の審議の際の資料を取りまとめさせていただいてございます。
 今回、手元にございませんけども、今回のこの提案書、この平筒沼の関係の部分につきましても、それぞれ大体40ページぐらいの資料になるかというふうに思います。そういった関係でですね、提出するというふうなことであれば少し時間をいただきたいということもございます。
 それから全体というふうなことでお話しさせていただければですね、ファイル1冊以上のボリュームになってきているわけでございますので、通常についてはですね、こういった資料でこれまでさせてきていただいてきましたので、今後もそういった取り扱いをさせていただきたいというふうなことで考えてございます。ただ、今回の平筒沼につきましてお時間をいただくというふうなことであれば、新規の競合する案件というふうなことでですね、資料は提出させていただきたいと思いますが、時間を頂戴したいというふうなことでございます。

議長(沼倉利光君) 7番、關 孝君。

7番(關 孝君) 先ほども申し上げましたが、いわゆる1番の「利用者の平等な利点の確保及びサービスの向上が図られているものであるか」というのが審査の得点で違う大きな部分でしたので、この部分に関してのみで結構ですので、担当部局の方からでも結構ですので、私は円滑な議事の運営が必要だというふうに理解しておりますので、口頭でも結構です。それぞれどういった提案がなされて、その結果どの部分が評価され、どの部分が課題であったのかというふうなことを簡潔にご説明いただければと思います。

議長(沼倉利光君) 答弁者、概要でいいですからね。質問者に答えていただきます。
 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) それでは、まず経過について私から口頭でお話しさせていただきます。2団体出された中で大きな要素のポイントとしては、サービス向上のための手法の期待感ていう部分が大きく点数が別れたわけでありますが、まず吉田コミュニティについては当然、従前から地域に密着した団体でありますので、「平筒沼をうまく活用しながら管理したい」といういろんな計画が書面なり、口頭でお話しをいただきました。
 これに対してワーカーズコープさんの場合には、「支店が現在行っております福祉サービスのための人材をより効率的に確保するためにも、この指定管理を受けて、それで一体的に運営したい」という趣旨のご発言があったもんですから、それはちょっとやはり本来の施設管理の目的からすると弱いのかなということで、この部分の評価が大きく差がついたという結果ございます。

議長(沼倉利光君) 7番、關 孝君。

7番(關 孝君) それでは今後のためにあえてお尋ねをいたしますが、いわゆる選定されなかった団体において、吉田の選定されたコミュニティにはない良い提案というのはなかったのかどうかお尋ねいたします。

議長(沼倉利光君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) これについて、先ほど相澤議員からもお話しございましたが、全国規模で展開している団体であるということで、いろんな形でのノウハウ、経営としてのノウハウをお持ちだという点は評価ができるんだろうというふうに考えてございました。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) それで今回の議案関係ということだけではなくて、これまでの136号までを含めた中で若干質疑をしたいというふうに思います。
 今回ふれあい公園につきましては、吉田コミュニティさんの単独とういうような受託をされておるところでありますが公民館、それから社会施設、拠点施設、この受託のあり方なんですけども、一般的には単独コミュニティで受託というふうなスタイルを取っているわけなんですが、南方だけが運営協議会スタイルで受託と。その辺の評価といいますか、どちらのスタイルが現段階でいいのか。
 それから、今後に向けてどういったスタイルがいいのか。その辺、評価しているんであれば、その辺お聞かせいただければというふうに思いますが。その辺はどうでしょうかね。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 所管の教育民生でも同様のお尋ねがございましてお答えさせていただいておりますが、指定管理をする側からすれば、いわゆる建物の管理とそれから事業の運営と両方ございますが、基本的にコミュニティ自体の活動が一体となされた方が活動としては、より利用する方々にとってですね、利便性が高いということであれば、効率の面から言えば当然三つのコミュニティが別々にやるというよりは、いわゆる一つの運営協議会の形でまとまってやられる事業の方が効果は高いというふうには判断してございます。
 ただ、一般的に地域の状況によって集約することで、いわゆる利用者の方々の声の反映が鈍くなるっていうか、いわゆる拾いきれなくなるようなことがなければ、むしろその地域全体のコミュニティとして共通してやれる部分についての取り組みが進んでいるところもございますんで、その方向が望ましいのかなと思っております。地域ごとに複数のコミュニティがあるところについては、先ほどの経費の節約の面もございますけれども、いろんな面で一本化することでメリットがあるものというふうに思ってございます。

議長(沼倉利光君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) その辺、今後に向けてでしょうけれども、しっかり整理して評価して、判断をしていっていただければというふうに思います。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第145号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第145号 指定管理者の指定について(平筒沼ふれあい公園)は、原案のとおり可決されました。
 議案第146号について、議案内容の説明を求めます。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 議案第146号 指定管理者の指定について(迫梅の木公園、迫佐沼公園及び迫大東公園)でございます。議案第146号から152号までについては体育施設、体育関係の施設でございまして、公募による指定管理者の募集いたしましたが、全て現指定管理者のみの応募となってございます。全ての期間、全ての施設について、更新により5年間の指定管理とするものでございます。
 議案第146号でございますが、議案書については69ページでございます。
 指定管理に付します公の施設の名称については、ただいま申し上げましたとおり迫梅の木公園、迫佐沼公園、迫大東公園でございます。指定管理者となる団体の名称でございますが、登米市中田町宝江黒沼、特定非営利活動法人登米市体育協会でございます。会長は佐々木 猛氏でございます。指定の期間につきましては、平成28年4月1日から平成33年3月31日までの5年間とするものでございます。
 施設の詳細等については、別冊2の109ページからでございます。
 募集の方法については、先ほど申し上げたように公募でございました。応募されたのは、登米市体育教会だけでございました。施設の概要でございますが、それぞれ梅の木公園、迫佐沼公園、迫大東公園ごとに掲載しておりますので、お目通しをいただきたいというふうに思います。
 110ページには指定管理者の名称、それから団体の概要等について記載してございます。
 下段でございますが選定理由として、登米市体育協会につきましては適切な施設の管理運営を安定的に実施する能力と態勢を備えている団体でございます。サービスの向上と利用者満足度の高い効果的な管理運営が期待できることから、総合評価により指定管理者として選定したものでございます。
 111ページ、指定管理者から出されております収支計画書でございます。3施設の合計の計画総括表がございます。指定管理料の欄でございますが、5カ年の合計で8,797万2,000円の指定管理料の債務負担行為を設定するものでございます。
 それから112ページまでが、それぞれの施設ごとの収支計画書となってございます。それから114ページには役員名簿、それから115ページについては評価調書を掲載しております。評価調書につきましては所管課、それから選定委員会の評価の得点とも同じ68点いうふうになってございます。
 モニタリングの結果については116ページからでございますが、それぞれの施設ごとに評価をいたしておりまして所管課、それから自己評価についても3施設とも同一となってございます。
 以上、説明とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。9番、中澤 宏君。

9番(中澤 宏君) お尋ねします。
 梅の木公園とか様々なことだと施設委託費の中では、管理委託費は例えば芝の管理とかそういうふうなものも含まれているのかということ。それで、例えば一般的に指定管理に出した方がいいのか。それとも通常の入札によって、例えばここだけでなくて広くいっぱい芝の管理があるわけでございますが、そうした時に通常の市が入札に附すようにして管理を委託した方がいいのか。あるいは一定の業者を育てて、そこに管理をした方がいいのか。あるいは今回のように、それぞれのところでやった方がいいのか。
 そうしたことを検証したことはあるんでしょうか。もし、あるとすれば教えていただきたいと思います。

議長(沼倉利光君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 委託の内容といたしましては今おっしゃったとおりですね、芝生の管理でありますとか除草、それから建物であればいろいろな浄化槽ですとか、それから防火設備とかそういったものが出てきます。先ほど指定管理の議論でもありましたとおり、その考え方は部長が答えたとおりだと思うんでけれども、指定管理という基本的なことでありますれば施設の管理をお願いするということで考えておりますので、基本的には指定管理者に対してその管理を個々にお願いするという方針で現在考えて、こういったものを作成して出しているというところでございます。

議長(沼倉利光君) 9番、中澤 宏君。

9番(中澤 宏君) 指定管理の仕方だと思うんです。だから、これは今までのようなやり方だね、こういう管理の仕方もたぶんあるんだと思います。
 それからいろんなやり方があって、例えばですよ、比較検討してみなければどっちがいいか悪いかわからないんですよ。むしろ検討した結果、こっちの方がいいという場合もあるんですよ、だから一概には言えないですよ。例えばそういういろんなやり方があると思うんです。
 それで、少なくともそういうものは毎年毎年同じで、管理料も変わらない。例えば指定管理に出したから、変化が一つもないというのでいいでしょうかというふうに思うんですよ。これは、ある程度どこの事務所でもみんな努力しているよね。指定管理に出すと変わらない、というのはいいのかなと。それは多分もしかしたら比較検討して、反対しないからいいということに今日してますけどね。それは常にやっぱり比較検討して、指定管理に出したものであってもより良い方向というのはどういう方向が望ましいのか、そういうふうなことをやっていかないと、いつまで「なぜ指定管理に出したのか」、指定管理者もね、「本当にその能力を発揮してもらいたいというところは何なのか」、もう少し工夫・検討がされてもいいのかなと思うんです。
 こういうやり方をずっと続ける方がいいのか。それぞれやっぱり検討して、もしかしたら今日は賛成だから比較検討した結果、この方がいいのかもしれないんだけれども、今後に向けて、なお良い管理のあり方というものをどうあるべきかということを検討した方がいいんではないかなと思うんですが、一言いただきたいと思います。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 議員のおっしゃる趣旨は、例えば芝の管理を例にとれば、特別その芝の管理をするのに資格等は必要ないし、創意工夫でいろんなやり方が経費の面でも、それから施設の状況の維持管理に関してもですね、別の管理形態があった方がより効率的で、経費的にも安く済む場合もあるんじゃないかということだと思います。
 ただ片方で申し上げたように、浄化槽の点検ですとか、いわゆる資格が必要なものとかについては、やはり専門の業者さんにお願いした方が当然、法定上の検査という場合はクリアしなくちゃいけない面もあるので、なかなかそれは各施設でできない部分もあるということで、その委託委託に応じてですね、議員のおっしゃるようなどうゆう管理方法が一番望ましいのかということについては、引き続き検討してまいりたいというふうに思ってございます。

議長(沼倉利光君) 9番、中澤 宏君。

9番(中澤 宏君) 例えばね、簡単考えれば、一つ一つのところで除草機の機械を一台一台持つよりも、毎日使っていた方がいいわけですよね。資格が必要なんだから、資格が必要なところはそこに頼めばいいわけです。そうすると今までのやり方にとらわれない、より良い方向というのは何なのかというところは、やっぱり考えていってほしいなと思います。
 毎年同じようなじっと管理委託費が出ている。これがいいのか、それともそこに何か工夫されるものがあって、やれるところがあれば創意工夫をしてもらいたいというふうに期待します。
 それからここで3問目ですからね、さっきの例えば道の駅の関係、経理が変わったという時は、変わった経理の方を示すときやっぱり最後に注意書き、最後には「こういうことで会計の方式を変えましたよ」と、「だから今までと来年は違うんですよ」という表記をするように習慣づけた方がいいかもしれない。そこだけ申し上げて終わります。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。17番、田口政信君。

17番(田口政信君) すいません議長、ちょっと休憩をしていただきたいんです。

議長(沼倉利光君) 暫時休憩をします。
 
          休憩 午後1時40分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時44分
 

議長(沼倉利光君) 再開をいたします。
 ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第146号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案146号 指定管理者の指定について(迫梅の木公園、迫佐沼公園、迫大東公園)は、原案のとおり可決されました。
 議案第147号について、議案内容の説明を求めます。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 議案第147号 指定管理者の指定について(登米市迫体育館、登米市迫武道館及び登米市新田総合運動場)でございます。議案書については、70ページでございます。
 指令管理に付します公の施設の名称は今、申し上げた3施設でございます。指定管理者となる団体の名称等でございますが、登米市迫町佐沼、文化スポーツクラブ迫でございます。代表者は会長の佐藤 聡氏であります。指定の期間でございますが、平成28年4月1日から平成33年3月31日までの5年間とするものでございます。
 別冊2の方の資料でございますが、122ページをお願いいたします
 そこに施設の概要として三つの施設の概要を記載してありますので、お目通しをお願したいと思います。
 123ページ、指定管理者の選定理由、最下段に掲載しておりますが、文化スポーツクラブ迫につきましては、利用者の意見を積極的に取り入れ、ニーズに対応したスポーツ振興事業実施するなど利用者に対してのするサービス向上と満足度の高い効率的な管理運営が期待できることから、総合評価により選定したものでございます。
 124ページ、指定管理者から提案されている収支計画書でございます。3施設合計の総括表が一番上段に掲げてございます。指定管理料の欄、合計で5カ年の合計で1億3,054万2,000円を計上しております。この金額が債務負担行為の設定額となるわけでございます。以下、それぞれの施設ごとの収支計画書、それから126ページにおきましては別紙1、文化スポーツクラブ迫の役員名簿となってございます。
 それから127ページにつきましては評価調書、所管課、選定員会の評価とも68点で同一でございます。128ページからはモニタリング結果表でございます。それぞれの施設ごとにモニタリングの結果を掲載していますので、お目通しをお願いしたいと思います。
 以上、説明とさせていただきますので、よろしく願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。19番、相澤吉悦君。

19番(相澤吉悦君) 別に文句があるわけではないんですけども、新田の球場ですね、前に一般質問したことあったんですけども、様々な面において地域として使う時に、「公民館に行ってもダメだ」というふうなことで、非常に使いづらいということがあって、あのグラウンドだけはぶんと離した方がいいんではないかなというふうなことも話したことあったんですけども、その辺のところ多少なりとも検討したのか。あるいは、どのような方向に進んでこうなったのか、それだけお聞きします。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 過日、議員さんから一般質問受けた時点で、すぐにスポーツクラブ、それから新田の公民館のですね、地元のコミュニティの方ともお話をしまして、いわゆる地元の利用者にとって一番いい管理形態ということでお話しをしましたが、鍵の管理については新田のグランドの近くの方にお願いしているということで、利用者の方からの申請が基本的には、文化スポーツ迫の事務所が迫の公民館のところにございますんで、申請に行く手間はあるんでけすれども、実際の鍵の管理に関しては地元の方にやっていただいているということで、文化スポーツクラブの方でもそういう不便がないように今後とも心がけたいということでございますので、これまで通りの管理にしたいということでその時点でこちらで検討させていただいて、こういう結果となってございます。よろしくお願いします。

議長(沼倉利光君) 19番、相澤吉悦君。

19番(相澤吉悦君) 新田野球クラブの人たちが中心となって、グラウンドを非常に大事に使って、ぶったりとったりしてきれいに管理を、みんなに頼まれたわけではないんですけども一生懸命やっているようですので、その辺のところ十分に頭に入れてもらいたいなというふうに思います。あの人たちが、もしかしたら私たちができるんだったらば指定を受けてもいいというふうな話も承ったものだから、このような話をしました。
 ただ一つだけ、そういう方向で進むというというのであれば、できるだけそのような方向で地域の方が地域でやれるんだというふうんことで非常に、せっかくものすごく望んで望んで、望んでできたグラウンドだったものだから気持ちも入っていると思いますので、その辺のところをですね、よろしくお取り計らいのほどお願いいたします。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第147号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第147号 指定管理者の指定について(登米市迫体育館、登市迫武道館及び登米市新田総合運動場)は、原案のとおり可決されました。
 議案第148号について、議案内容の説明を求めます。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 議案第148号 指定管理者の指定について(登米市中田総合体育館、登米市中田球場及び登米市諏訪公園)でございます。議案書につきましては、71ページでございます。
 指定管理に付します公の施設の名称については今、申し上げた3施設でございます。指定管理者となる団体の名称でございますが、登米市中田町宝江黒沼、特定非営利活動法人登米市体育協会でございます。代表者は会長、佐々木 猛氏でございます。指定管理の期間でございますが前議案同様、平成28年4月1日から平成33年3月31日までの5年間とするものでございます。
 別冊2の説明資料でございますが、134ページでございます。
 施設の概要について、三つの施設ごとに概要を記載しておりますのでお目通しをお願いしたいと思います。
 次ページ、135ページでございます。
 指定管理者の選定理由、一番最下段に記載しております。この特定非営利活動法人登米市体育協会につきましては、施設管理についても利用者と協力することにより経費を節減することにしていることから、サービスの向上と利用者満足度の高い効率的な施設の管理運営が期待できるものでございます。総合評価により選定をいたしております。
 136ページ、指定管理者から提案のございました収支計画書でございます。3施設合計の収支計画総括表が一番上段に載ってございます。指定管理料の欄の合計額、2億1,598万6,000円が5年間の指定管理費用として債務負担行為設定をするものでございます。以下、各施設ごとの収支計画書となっております。
 それから139ページにつきましては役員名簿、それから140ページにつきましては評価調書でございますが、評価について所管課と選定員会の評価で、1の評価項目(中)の(2)、サービスの向上を図るための具体的な手法及び期待される効果のうち、④の地域や関係機関との連携の計画内容について所管課は4の評価をしておりますが、選定委員会ではいわゆる水準通りの計画であるということで3の評価となってございます。したがって、評価の総得点が所管課については69点、選定員会については68点となってございます。
 以下、141ページから142ページについては、141ページから施設ごとにモニタリングの結果表を載せてございます。146ページまでとなってございます。
 以上のとおりでございますので、よろしくご審議をお願いしたいと思います。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第148号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第148号 指定管理者の指定について(登米市中田総合体育館、登米市中田球場及び登米市諏訪公園)は、原案のとおり可決されました。
 議案第149号について、議案内容の説明を求めます。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 議案第149号 指定管理者の指定について(登米市石越体育センター及び登米市石越総合運動公園)でございます。議案書につきましては、72ページでございます。
 指定管理に付します公の施設の名称については今、申し上げた2施設でございます。指定管理者となる団体の名称等でございますが、登米市石越町南郷にございます特定非営利活動法人いしこしENJOYクラブでございます。代表者は、理事長の金 輝彦氏でございます。指定の期間でございますが、平成28年4月1日から平成33年3月31日目までの5年間でございます。
 別冊2の説明資料でございますが、147ページでございます。
 施設の概要、それぞれ体育センター、総合運動公園に分けて記載をしておりますので、お目通しをお願いしたいと思います。
 148ページの下段に指定管理者としての選定理由を掲げてございます。特定非営利活動法人いしこしENJOYクラブにつきましては、施設の空き時間を利用してスポーツ振興事業を積極的に行うことにより、利用者の増加と健康増進を図ることとしており、利用者満足度の高い効率的な管理運営が期待できることから、総合評価より選定したものでございます。
 148ページでございますが、指定管理者から提案があった収支計画書でございます。2施設合計の収支計画総括表の方をごらんいただきたいと思います。指定管理料の欄、5年間の合計で7,252万9,000円を債務負担行為の設定額として設定するものでございます。以下、各々の施設の収支計画書を掲載してございます。
 152ページにつきましては役員名簿、それから153ページにつきましては評価調書でございますが一次評価として、得点として所管課、選定委員会の点数とも69点となってございます。
 それからモニタリング結果表が154ページから157ページまで掲載しておりますので、お目通しをいただきたいと思います。
 以上、説明とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第149号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第149号 指定管理者の指定について(登米市石越体育センター及び登米市石越総合運動公園)は、原案のとおり可決されました。
 ここで10分間休憩をいたします。
 
          休憩 午後1時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時08分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 ここで19番、相澤吉悦議員に対する不足の答弁がありますので、副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 先ほど相澤議員から指定管理者の公募の要件で、県外からの参入の件お答えさせていただきました。あのお話は、基本的にはそういう考え方が基本でございますが、実は細部を確認させていただきましたら、今回についてはさらに応募要件の中で「登米市内に事務所、または事業所を有する法人等」という要件を付けさせていただいておりますので、補足説明とします。
 次に、議案第150号について議案内容の説明を求めます。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 議案第150号 指定管理者の指定について(登米市津山若者総合体育館及び登米市津山林業総合センター)でございます。議案書につきましては、73ページでございます。
 指定管理に付します公の施設の名称につきましては今、申し上げた2施設でございます。指定管理者となる団体の名称でございますが、登米市津山町柳津のつやまモクモクスポーツクラブでございます。代表者は、会長の佐々木善市氏でございます。指定管理の期間でございますが、平成28年4月1日から平成33年3月31日までの5年間とするものでございます。
 別冊2の説明資料でございますが、158ページをお願いいたします。
 登米市津山若者総合体育館、それから津山林業総合センターについての施設概要を掲載しておりますので、お目通しをいただきたいと思います。
 159ページ、指定管理者の選定理由が一番最下段に掲載しております。つやまモクモクスポーツクラブにつきましては、スポーツの振興事業を実施しておりますが、ニーズに応じたスポーツ振興事業を実施しておりますが家族で参加できるように夜間にも事業を実施するなど、参加者の増大に向けての取り組みがされております。スポーツ振興と健康増進を図ることへの取り組みなど、より満足度の高い効率的な管理運営が期待できることから、総合評価により指定管理者として選定したものでございます。
 160ページでございます。指定管理者の提案によります収支計画書でございます。2施設の合計収支計画総括表がございます。指定管理料として5年間の合計で、8,182万9,000円を債務負担行為の設定額とするものでございます。
 162ページにつきましては役員名簿、それから163ページにつきましては評価調書でございます。所管課、選定委員会の評価とも69点となってございます。164ページからはモニタリングの結果表でございます。167ページまでとなっております。お目通しをいただきたいと思います。
 以上、説明とさせていただきます。よろしくお願い致します。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第150号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第150号 指定管理者の指定について(登米市津山若者総合体育館及び登米市津山林業総合センター)は、原案のとおり可決されました。
 議案第151号について、議案内容の説明を求めます。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 議案第151号 指定管理者の指定について(登米市豊里運動公園及び豊里花の公園)でございます。議案書につきましては、74ページでございます。
 指定管理に付します公の施設の名称につきましては今、申し上げた2施設でございます。指定管理者となる団体の名称でございますが、登米市豊里町の特定非営利活動法人とよさとマイ・タウンクラブでございます。代表者は、理事長の酒井 明氏でございます。指定の期間でございますが、平成28年4月1日から平成33年3月31日までの5年間とするものでございます。
 別冊2の説明資料につきましては、168ページをお願いいたします。
 施設の概要として二つの施設の概要を掲載しておりますので、お目通しをお願いいたします。
 169ページでございます。指定管理者としての選定理由が一番下段にございます。
 特定非営利活動法人とよさとマイ・タウンクラブにつきましては、利用者に安全で快適なスポーツ環境提供するとともに、健康の保持や体力の増進を図る場として地域住民一体となって施設を有効活用し、利用者満足度の高い効率的な管理運営が期待できることから、総合評価により指定管理者として選定したものでございます。
 170ページでございます。指定管理者から提案されております収支計画書でございます。
 二つの施設の合計の収支計画総括表がございます。指定管理料の欄、5年間で1億1,282万円の指定管理料を債務負担行為として設定するものでございます。
 173ページにつきましては役員名簿、それから174ページにつきましては評価調書でございます。所管課、選定員会の評価とも69点となってございます。175ページからはモニタリングの結果表となってございます。180ページまででございます。お目通しをお願いしたいと思います。
 以上、説明とさせていただきますので、よろしくお願い致します。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。17番、田口政信君。

17番(田口政信君) 公募のあり方、仕方と言いますかね、例えば2施設とか3施設を一括して指定管理の依頼になっているわけですけども、施設ごとの公募なのか、一括2施設、3施設一体の公募なのか、それをちょっと確認させて下さい。

議長(沼倉利光君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 一括の公募というふうなことでございます。施設ごとではなくて、一括の公募ということで。

議長(沼倉利光君) 17番、田口政信君。

17番(田口政信君) 参入側にとってはですね、参入しにくい状態ではないんだろうかということを思うんですけども、例えば先ほど新田の話出ましたが、「新田の球場だけだったら私たちでもやれるなあ」というグループが出たとした時に、参入ができないのではないのかという、このシステムは。という懸念をするんですが、効率的な指定管理のやり方をすればこうゆう三つとか四つというのはいいんでしょうけども、そんなところは配慮に値しないんでございますかね。

議長(沼倉利光君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 指定管理に出す際の施設のくくりの話でございますけども、確かに一つ一つやればそれは参入機会は増えるわけでございますけれども、ただいま議員お話しのとおり施設の一体的な利用であったり、地域性の問題であったりそういったところを、あるいはその施設の種別の問題であったり、そういったところをある程度まとめた上で指定管理に出すことによって、その効率性を発揮したいというふうなことでこれまで取り組んでまいりました。

議長(沼倉利光君) ほかに。22番、庄子喜一君。

22番(庄子喜一君) 指定管理を受ける団体の職員の体制と申しますか、その待遇の問題等々については、これまでもいろいろ議論があったところでございますが、非常に働いている方の労働の質と申しますか、非常に高いものがあるわけですが、この辺の人件費の扱いについては、指定管理で非常に浮いたのは人件費なんでございますが、これからはどのように改善をしていくのか。そういう何か指針がございますれば、お示しいただきたいと思います。

議長(沼倉利光君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 指定管理に出す際の人件費の考え方といいますのは、25年度に民間の給与実態調査等を参考にいたしまして、その指定管理料の上限額における人件費の考え方というのを示してございます。それに基づきましてですね、26年度の指定管理に付する施設、あるいは更新施設について、その考え方でもって反映させてきたところでございます。
 それにつきましてはですね、公民館のように指定管理業務に施設の維持管理のほかに事業実施を含んだり、あるいは人材の育成、経験の蓄積が必要となるそういった施設については、昇給を踏まえた上限額を設定してございます。それから社会体育施設のように施設の維持管理のみの施設、そういった部分につきましては、昇給分というふうなことは含めておりませんけれども、上限額を設定したというふうなことでございます。
 その昇給がある施設についてはですね、国税庁の民間平均給与の実態調査における仙台国税局所管の東北6県の平均給与年額等を参考にしながら、25年に見直しを行って26年度か適応してきているというふうなことでございますので、今後についてもその考え方でもって対応してまいりたいというふうに思ってございます。

議長(沼倉利光君) 22番、庄子喜一君。

22番(庄子喜一君) 昇給も踏まえた中で上限を示していると。その中での給与体制とかそういうものについては、その団体に委ねられておられるのか。あるいはいろんな様々な、今の議案の中にもあるんですが、職員の中で正職員、パート、臨時職員、あるいはこのマイ・タウンクラブにおきましては代行員3名というような、そのような職員の配置がなっておるわけなんですが、この辺の職員の配置の基準、あるいその上限額は示してございますので、その団体に委ねておられるのか。例えばいろんな事業展開するには、やはりマンパワーの必要性というのは非常に求められるわけなんですが、その辺の考え方はいかがなんでしょうか。

議長(沼倉利光君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 上限額を示した上で、その中身については団体に委ねているのかという質問でございますけども人件費、給与については、基本的にそれぞれお一人お一人の採用するその時の年齢であったり、あるいは前歴が加算できるものであったり様々でございます。ということでございますので、基本的には採用する際に、その指定管理の団体の方でお決めになるというふうなことが基本でございます。
 ただそういった中で実際、基本的にはそちらでお決めになりますけども、あとはそういった部分の実際の運用については、それぞれ指定管理を担当する部署でもってご相談に応じながら、あるいは確認をしながらですね、より適切になるように進めているというふうなことでございます。

議長(沼倉利光君) 22番、庄子喜一君。

22番(庄子喜一君) この151号関係でございますが、職員数6名、正職員2名、パート1名、代行員3名というふうにお示しをいただいておるわけですが、この代行員の業務の内容、あるいはこの方の給与体制とはどのような状況になっておられるのか。

議長(沼倉利光君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 代行員というのはですね、休日夜間の受付というふうに理解してございます。処遇でございますか・・・。

議長(沼倉利光君) 暫時休憩します。
 
          休憩 午後2時24分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時25分
 

議長(沼倉利光君) 再開をいたします。答弁を継続してください。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 大変申し訳ございません。申請書の趣旨の方を見ますと給料ではなくて、賃金とのことで職員4名の金額を上げてございますので、臨時の賃金というふうに認識をしてございます。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第151号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第151号 指定管理者の指定について(登米市豊里運動公園及び豊里花の公園)は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案152号について議案内容の説明を求めます。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 議案152号 指定管理者の指定について(登米市民プール)でございます。議案書につきましては、75ページでございます。
 指定管理に付します公の施設の名称につきましては今、申し上げた登米市民プールでございます。指定管理者となる団体の名称でございますが、登米市迫町佐沼のスポーツアカデミー、プラス清建グループということでございます。代表者につきましては、株式会社スポーツアカデミーの代表取締役役の中野成章氏でございます。指定の期間でございますが、平成28年4月1日から平成33年3月31日でございます。
 別冊の資料でございますが、181ページをお願いいたします。
 登米市民プールの施設の概要を掲載しておりますので、ごらんをいただきたいと思います。それから指定管理者の名称、団体の概要等についても掲載してありますので、参照をお願いしたいと思います。
 182ページに選定理由がございます。このスポーツアカデミー・清建グループにつきましては、民間プールを運営している企業と施設の維持管理が可能な企業との共同企業体でございます。体育施設の効用を発揮して、適切な管理運営が安定的に実施す能力と態勢を備えてございます。加えて、子どもから大人まで各世代に合わせた事業メニューや健康寿命の延伸をテーマとして市と連携した事業の取り組みなど、利用者の満足度の高い効率的な管理運営が期待できるものでございます。このようなことから、総合評価により選定したものでございます。
 指定管理者から提案のありました収支計画書でございますが、指定管理料の欄、5年間の合計で1億6,204万円の指定管理料を債務負担行為として設定するものでございます。
 184ページにつきましては、各々の会社の役員名簿でございます
 それから185ページにつきましては評価調書、所管課選定委員会の一次評価の得点、どちらも69点となってございます。186ページ187ページにつきましては、モニタリング結果表となってございます。ご参照をお願いしたいと思います。
 以上、説明とさせていただきますので、よろしくお願いします

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。15番、佐藤恵喜君。

15番(佐藤恵喜君) 志賀部長、社会教育次長の時だったかも知れませんが、トイレの洋式化、女子トイレなど私、確認してないんですが、やるという明確な答えありました。どうなったんでしょうか。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 私も当然お話ししたとおり洋式化については、全ての体育施設のですね、洋式化に含めてやるということで、ただ実際は予算の都合もございますので実施はしておりませんが、必ず実施するということでお話しいただいております。

議長(沼倉利光君) 15番、佐藤恵喜君。

15番(佐藤恵喜君) 再質問ならないように、新年度予算にでも盛り込んでいただくようにお話ししておきますが、あともう一つ。
 これは直接的に今度の、これから5カ年計画に入らなくともいいものでありますけども、先に一般質問でしておりましたように健康管理、健康推進上からも市民プールの活用、もっともっと研究、努力というかね、必要だろうと話をしておりましたけど、今回の選定にあたってもそうしたものが市の指導的な立場からですね、何かこう協議したりとか工夫されたりとか、位置づけというか発展したものがあるもんなんでしょうか。なければないで、これは社会教育というよりもこっちも、市民生活部も関係するわけですが、しっかりとした位置づけが必要かなと思いますのでお伺いします。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 市内にあります総合型のスポーツクラブに呼びかけて、この市民プールを使ったアクアビクスの取り組みだったり、水中での運動のいわゆるスポーツクラブの会費をいただいてやる教室の中に組み入れていただくような取り組みはさせていただいているというふうに思ってございます。
 いわゆるスポーツクラブならずですね、地域の体育団体の中にもそういう活動を取り入れていただきたいというふうに思ってございますし、私の方でも機会があれば体育協会とか関係の団体を通じて、そういう水中スポーツの普及とか取り組みについて検討してまいりたいというふうに思ってございます。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 代表の団体の内容について、わかるかどうか確認したいと思います。
 役員が極端に少ないというような思いがするんですが、それで別冊2の181ページに職員数46名、それと全国に直営施設を23施設持っていると。この職員数46名を単純に直営施設で割ると、1施設に2名ずつ配置しているという考え方でいいかどうか。
 そして、定款の事業内容で現におやりになっている事業種目は全てなのか。特に3番の学習塾の経営、それから7番の不動産売買賃貸管理仲介等、8番のホテル宿泊施設の経営等のことは、現在でもやっているかどうか確認したいんです。

議長(沼倉利光君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 定款を見ますと体育、スポーツクラブの管理運営及びその企画、それからスポーツクラブに関する出版及び指導者の育成、学習塾の経営、飲食店、喫茶店の経営、それから不動産の売買等、今言われていた内容は全部含まれていると考えております。

議長(沼倉利光君) やっているか、やっていないかは。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 定款ということでありますので・・・すいません。

議長(沼倉利光君) 6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) そこまでつかんでいた方がいいと思うけども、現にわからなければわからないということでいいですよ。

議長(沼倉利光君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) すいません。そこまでの損益計算書とかそこまで出ていないという状況なので、すいませんが把握しかねております。

議長(沼倉利光君) 6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) いわゆるこの会社のビジネスモデルに関することなんだよね。要は、間接的経費を極力少なくしてあるんだろうなというふうに理解できるわけなのね。
 それで職員数46名だけど、実際に管理運営にかかわる人員はもっと多いんだろうなと、一カ所あたり。そこら辺だけは担当課としてつかんでいておいてほしいという願いなんです。その辺わかりませんでしょうか。

議長(沼倉利光君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 申し訳ございません。手元にある定款等の資料ではそこまで確認できませんので、おっしゃるとおりですね、そのように今後務めさせていただきたいと思います。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第152号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第152号 指定管理者の指定について(登米市民プール)は、原案のとおり可決されました。
 日程第19、議案第115号 平成27年度登米市一般会計補正予算(第6号)、日程第20、議案第116号 平成27年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)、日程第21、議案第117号 平成27年度登米市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)、日程第22、議案118号 平成27年度登米市介護保険特別会計補正予算(第3号)、日程第23、議案第119号 平成27年度登米市水道事業会計補正予算(第2号)、日程第24、議案第120号 平成27年度登米市病院事業会計補正予算(第5号)、日程第25、議案第121号 平成27年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第3号)の7議案を一括議題とします。
 一括して提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) それでは、提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、議案第115号 平成27年度登米市一般会計補正予算(第6号)から議案第121号 平成27年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第3号)までについて、各種会計予算の補正を行うものであります。
 一般会計につきましては、歳入歳出予算の総額からそれぞれ3,653万円を減額し、予算の総額を歳入歳出それぞれ473億6,112万円とするものであります。
 その主な内容として歳出では、小規模保育設置促進事業7,943万円、環境保全型農業直接支払事業2,499万円などを増額する一方、畜産環境総合整備事業1,098万円、道路新設改良事業1億8,305万円などを減額して計上しております。
 歳入では、子育て支援対策臨時特例基金特別対策事業費補助金などの県支出金6,479万円を増額する一方、社会資本整備総合交付金などの国庫支出金3,441万円、道路新設改良事業などに当てる市債7,750万円を減額して計上しております。また、繰越明許費1件、債務負担行為補正として追加29件、地方債補正として変更4件を計上しております。
 特別会計につきましては、国民健康保険特別会計の歳出で保険税還付金など626万円の増額と債務負担行為1件を。後期高齢者医療特別会計の歳出で、保険料還付金102万円の増額を。介護保険特別会計の歳出で、保険給付費など114万円の増額と債務負担行為3件を計上しております。
 企業会計につきましては、水道事業会計で債務負担行為補正として追加1件を。病院事業会計で、がん診療機能促進事業の実施に伴う医業費用82万円などの増額と債務負担行為補正として追加11件を。老人保健施設事業会計で、債務負担行為補正として追加4件を計上しております。
 以上、各種会計の補正予算の概要を申し述べましたが、詳細につきましては関係部長等から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。

議長(沼倉利光君) 議案内容の説明、質疑、討論、採決は1議案ごとに行います。
 議案第15号 平成27年度登米市一般会計補正予算(第6号)について、議論内容の説明を求めます。企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) それでは、登米市一般・特別会計補正予算書並びに予算に関する説明書、それから一般・特別会計補正予算の概要、そして12月定期議会資料の別冊1をご準備いただきますようにお願いいたします。
 初めに、補正予算書の1ページをお願いいたします。
 議案第115号 平成27年度登米市一般会計補正予算(第6号)でございますが、第1条で歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,653万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ473億円6,112万7,000円とするものでございます
 次に、5ページをお開き願います。第2表、繰越明許費でございます。
 別冊1の1ページもあわせてごらんいただきますようにお願いいたします。別冊1の1ページでございます。
 8款土木費6項住宅費の災害公営住宅整備事業について、用地取得に不測の日数を要したことから、土質調査及び設計業務に遅れが生じ年度内完了が困難となったことにより、繰越明許とするものでございます。金額は2億4,387万8,000円でございます。
 次に、予算書の6ページをお開き願います。
 第3表、債務負担行為補正でございますが、特定健康診査、各種がん検診委託料など6件の委託業務と奨学金システムサーバー機器等の借上料1件、公民館などの指定管理委託料17件、それから学校給食センターの調理業務や配送業務等の委託料5件、合計29件について、平成28年度から最長平成32年度までの債務負担の追加をお願いするものでございます。25ページから関連の調書を載せておりますので、後ほどごらんいただきますようにお願いいたします。
 次に、8ページをお願いいたします。第3表の地方債補正でございます。
 地方債につきましては、変更4件でございます。内容は、児童福祉事業においては学童クラブの運営による過疎債の減額460万円と中田児童クラブ室等新築事業による合併特例債の増額340万円との差額120万円を減額するものでございます。それから里山再生事業においては、事業の追加により過疎債120万円の増額、道路整備事業では、国の社会資本整備総合交付金の減額に伴い過疎債、辺地債、合併特例債において7,680万円の減額補正をするものでございます。また、橋梁整備事業では社会資本整備総合交付金が増額されたことにより、辺地債80万円を減額し、合併特例債10万円を増額することの差額70万円を減額するものでございます。
 なお、地方債の現在高の見込みに関する調書を27ページにお示ししてございますので、後ほどごらんいただきますようにお願いいたします。
 次に、12ページをお願いいたします。
 事項別明細書の歳入でございます。主なものについてご説明申し上げます。
 初めに、13款国庫支出金2項1目1節の説明欄ですが、地域活性化・地域住民生活等緊急支援募金の1,000万円の増額補正でございます。これは10月末日までに地方版総合戦略を策定した市町村に国から交付されるものでございまして、農林水産業費の担い手育成支援事業として、担い手農地集積推進支援事業に充当するものでございます。
 その下の市町村合併推進体制整備補助金1,809万円は、市民バス利用環境整備関連事業としての市民バス停留所建屋及び消防救急車両に搭載する自動心臓マッサージ器整備事業に対する交付決定を受けての計上でございます。
 次の2目2節の子ども・子育て支援交付金4,840万8,000円ですが、国の補助基準の確定により、放課後児童健全育成事業や一時預かり事業など各メニューの補助金額に変更が生じたものでございます。また、その下の子ども・子育て支援整備交付金770万7,000円の減額は、中田児童クラブ室等新築事業の内示に伴い補正するものでございます。
 次の5目1節の社会資本整備総合交付金の1億385万3,000円の減額補正でございますけれども、主に道路整備事業に対する交付決定によるものでございます。
 次の14款県支出金2項1目1節の宮城県少子化対策支援市町村交付金276万円の増額補正でございますけれども、これは結婚活動支援事業及び不妊に悩む方への特定治療支援事業に対する交付決定を受けてのものでございます。
 次の2目3節の放課後子どもプラン推進事業費補助金、子ども・子育て支援交付金、そして1行飛ばしまして、子ども・子育て支援整備事業費補助金でございますが、国の補助基準の確定により放課後児童健全育成事業や一時預かり事業などの各メニューの県補助金額に変更が生じ、それぞれ組み換えを行うものでございます。また、子育て支援対策臨時特例基金特別対策事業費補助金の7,061万3,000円の増額は、新たに小規模保育事業を実施する事業者に対して、施設改修費や施設賃借料の一部を補助するための県補助金でございます。
 次に5節の生活困窮者就労準備支援事業費等補助金150万円ですが、これは地域において生活困窮者支援等のための共助の基盤づくりとして実施する地域福祉等推進特別支援事業の採択によるものでございます。
 次の5目1節の日本型直接支払交付金1,874万8,000円は、環境保全型農業直接支払交付金について交付申請面積の増加により、その増額分を補正するものでございます。次の4節畜産競争力強化対策整備事業費補助金ですけれども当初、基準事業費でもって畜舎や堆肥舎等への補助金額を計上しておりましたが、特認事業としての事業実施が認定されたことにより補助金の総額を行うものでございます。
 次に6節の森林環境保全整備事業補助金1,162万8,000円の減額は、間伐等を実施する市有林管理事業の財源として見込んでおりましたが、要望通りの配分を得られないため減額し、下に一行飛んだところの復興木材供給対策間伐推進事業補助金として振り換えるものでございます。次の山の幸振興総合対策事業費補助金ですが、予定しておりました事業主体から事業中止の申し出があり、事業中止するものでございます。
 次に6目1節の消費者行政活性化事業補助金と消費者行政推進事業補助金は、県の補助金体系の変更により財源の組替えを行うものでございます。
 次に、ページ一番下から次ページにかけてとなりますが、16款寄附金1項寄附金はそれぞれの目について、本年度の7月1日から9月30日までにふるさと応援寄附金としてのご寄附をいただいたものでございます。全部で405件、総額1,460万2,000円でございます。
 次に表を一つ飛ばしまして、19款諸収入3項2目3節の災害援護資金貸付金元利収入ですが、資金の繰上償還が2件あったものでございます。
 次の5項3目2節の一時保育事業利用者負担金164万5,000円は、利用者増に伴い増額補正するものでございますし、8節の教育施設移転補償費の760万3,000円の減額は、中田町内の市道中排水線整備工事の施工延期に伴い、北部学校給食センターの倉庫及びフェンス等にかかる移転補償費を減額するものでございます。
 最後になりますが20款市債につきましては、先ほど地方債補正の変更の中でご説明申し上げましたので省略をさせていただきます。
 以上で歳入の説明終わりますが、歳出につきましてはそれぞれの関係部長等から補正予算の概要をもとにご説明を申し上げますので、よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) それでは、歳出の説明をさせていただきます。予算の概要6ページをお開き願いたいと思います。
 2款1項6目財産管理費4細目基金管理費でございます。1,460万2,000円の増額補正でございます。これは先ほど歳入の方でもご説明いたしましたが、ふるさと応援寄付金、これ7月1日から9月末日までにいただいた分でございます。これをふるさと応援基金に積立てるというものでございまして、件数にして405件分でございます。
 続いて2款2項2目賦課徴収費2細目市民税賦課業務費でございまして、107万6,000円の増額補正でございます。これは主に三つありまして、1点目は産休に入る職員の代替の臨時職員1名分、この2カ月分の賃金26万6,000円を見ております。それから税システム、来年の4月からそのシステム業者が変更になりまして、それに伴いまして新規作成の帳票やら封筒、それと納税通知書、納付書、それらの様式変更などに伴いまして、印刷の単価、枚数等が増えることから、既決予算で不足する分を補正させていただくものでございます。この分は市民税の納付書、それから新しい申告新システムの課税基本台帳などの分、45万9,000円ということでございます。それから3点目が委託料でございまして、これも申告支援相談用のパソコン58台へのシステムのセットアップ費用、これが35万1,000円ということでございます。
 同じく3細目固定資産税賦課業務費での180万2,000円。それから4細目の軽自動車税賦課業務費での21万9,000円の増額補正つきましては、ただいまの市民税と同様に新システムへの変更に伴います納税通知書や送付用封筒の印刷経費を補正するものでございます。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、神田雅春君。

市民生活部長(神田雅春君) それでは、7ページの方お願いいたします。
 3款1目2細目戸籍住民基本台帳等管理費921万9,000円の増額補正につきましては、個人番号の通知カード、それから番号カードの裏面にあります追記覧に住所や氏名が変更になった場合に記帳する印字システムの導入経費でございまして、各総合支所の窓口に設置する費用とシステムの保守委託2カ月分を計上するものでございます。
 保守委託につきましては5年間の期間を予定してございまして、残る期間につきましては債務負担行為の補正をお願いしているところでございます。
 カードの追記欄につきましては非常に幅が狭く、手書きでは困難な状況にございまして、住基システムと連携した本システムを導入することによりまして、事務の効率化が図られ、申請に来ていただいた方の待ち時間の短縮につながるものでございます。また、財源につきましては全額交付税で措置されることとなってございます。

議長(沼倉利光君) 福祉事務所長、熊谷 一君。

福祉事務所長(熊谷 一君) 3款民生費でございます。1項1目3細目介護保険推進費につきましては、介護保険特別会計への繰出金114万2,000円を増額補正するものです。内容につきましては、介護保険特別会計でご説明申し上げます。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、神田雅春君。

市民生活部長(神田雅春君) 9細目140万2,000円の増額補正につきましては、マイナンバーやシステム業者等の変更によりますシステム改修等に要する経費を国保会計に繰り出しするものでございます。

議長(沼倉利光君) 福祉事務所長、熊谷 一君。

福祉事務所長(熊谷 一君) 3目1細目障害者福祉諸費につきましては、職員の休職に伴い臨時の事務補助員1名分の任用経費として3カ月分の賃金の補正をお願いするものでございます。
 3細目障害程度区分認定審査会、報酬15万9,000円、旅費1万3,000円につきましては、当初年間13回の審査会を計画しておりましたが、計画していた審査会以外に臨時で3回開催したことにより、今後当初計画に基づき開催する不足分を補正するものでございます。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、神田雅春君。

市民生活部長(神田雅春君) 4目18細目後期高齢者医療特別会計費97万7,000円の増額補正につきましては、事務費負担金、給付費負担金につきまして後期高齢者連合の27年度分の負担金が確定したことによる減額でございます。
 それから一部負担金免除特別負担金195万円の増額につきましては、平成26年4月から12月分の診料分の震災一部負担金免除実績に伴う負担でございまして、市町村ごとの一部負担金免除額から特別調整交付金等を控除した額を補正するものでございます。

議長(沼倉利光君) 福祉事務所長、熊谷 一君。

福祉事務所長(熊谷 一君) 2項1目1細目児童福祉一般管理費です。報償費につきましては、実施計画で計画しております保育園の整備運営にかかる民間事業者の選定のための整備運営事業者選定委員会の委員謝金を補正するものでございます。負担金補助及び交付金の補正につきましては、小規模保育設置促進事業費補助金でございます。
 別冊1、12月定例議会資料2ページでご説明申し上げますので、ご準備お願いいたします。小規模保育設置促進事業の概要でございます。
 1の事業目的につきましては、待機が多い0歳児から2歳児の待機解消を図るものでございます。
 2の事業概要でございます。事業主体は、米山町中津山字谷地渕3番地、地域活性株式会社でございます。小規模保育事業A型で、施設予定地はきらり保育園さぬま定員19名、迫町佐沼字南佐沼一丁目5番地12、きらり保育園かがの定員19名につきましては、中田町石森字加賀野三丁目9番地5の2施設でございます。
 補助金の内容につきましては、(2)の賃借料補助につきましては既存建物を借り上げて小規模保育事業を実施する場合に貸主に支払う礼金及び建物賃借料の補助を行うもので、補助率は県が3分の2、市が12分の1、残り4分の1が事業者負担となります。なお、1事業所あたり4,100万円の上限額がございます。
 きらり保育園さぬまにつきましては、補助基準額が3,290万円、県・市の補助額2,467万4,000円、きらり保育園かがのにつきましては、補助基準額が2,902万3,000円、県・市の補助金額が2,176万6,000円となっております。
 次に(3)の改修費等補助につきましては、小規模保育事業を実施する場合に必要な改修整備等にかかる費用の補助を行うもので、補助率は賃借料補助と同じ補助率です。なお、本補助金も1事業所あたり2,200万円の上限額がございます。
 きらり保育園さぬまにつきましては、総事業費2,440万円、県・市の補助金で1,649万9,000円、きらり保育園かがのにつきましては、補助基準額2,430万4,000円、県・市の補助金額1,649万9,000円となっております。
 事業費の内訳につきましては、記載のとおりでございます。ごらん願います。今回の補正につきましては7,943万8,000円、財源内訳につきましては県支出金7,061万3,000円、一般財源882万5,000でございます。
 それでは概要書8ページにお戻り願います。
 3目1細目母子福祉一般管理費の63万3,000円の補正につきましては、平成26年度児童入所措置費国庫負担金、平成26年度児童入所措置費県負担金、平成26年度母子家庭等総合対策支援事業費国庫補助金の確定により、それぞれの返還金額を補正するものでございます。
 3細目児童扶養手当給付費の75万1,000円の補正につきましては、平成26年度児童扶養手当国庫負担金の額の確定により、返還金を補正するものでございます。
 5目1細目放課後児童健全育成事業につきましては、平成27年度に施行された子ども・子育て支援新制度に伴う平成27年9月に放課後児童健全育成事業にかかる補助基準額などの改正が4月にさかのぼって改正されたことから、不足する補助金を補正するものでございます。
 別冊1の定期議会資料3ページで説明を申し上げますので、3ページをご準備お願いいたします。
 1の事業目的につきましては、民間児童クラブに補助金を交付し放課後児童健全育成事業の運営の安定化、児童にとって快適な環境整備を図るものでございます。
 2の事業概要でございます。(1)の事業実施主体は迫町佐沼錦の錦学童クラブ、南方町峯、白鳥ホワイトキッズの事業者でございます。
 (2)の対象事業及び補助基準額につきましては、児童クラブの運営費補助の放課後児童健全育成事業、既存施設の改修、設備の整備及び備品購入が補助対象の放課後子ども環境整備事業対象事業に、新たに送迎時の車両にかかる燃料費等が補助対象となります放課後児童クラブ支援事業場が新設されております。この3事業分の補正をお願いするものでございます。
 補助基準額及び改正前・改正後の金額につきましては、二つ目の右側端の補助基準額の欄でございます。改正前が274万1,000円、改正後が370万6,000円。開所日数加算につきましては改正前が9,000円、改正後が1万5,000円。長時間加算額につきましては改正前8万7,000円、改正後が13万1,000円に改正されております。
 (3)の補助所要額につきましては、錦学童クラブが517万5,000円、白鳥ホワイトキッズが1,232万5,000円、合計補助金所要額が1,750万でございます。
 当初予算で576万4,000円を計上しておりますので、今回1,173万6,000円の補正をお願いするものでございます。なお、補助所要額、内訳、財源等につきましては、ごらんのとおりでございます。
 9ページをお願いいたします。概要書の9ページでございます。
 3細目一時保育料運費委託料555万8,000円の補正につきましては、幼稚園終了後の預かり保育長期休業中の預かり保育の利用者が当初見込みより大幅に増加したことから、補正をお願いするものでございます。
 4細目低年齢児保育施設助成費、負担金補助及び交付金の補正につきましては、基準額の改正及び利用者の増により22万1,000円。認可外保育施設助成事業補助金につきましては、当初見込みより利用者が増加したことにより、2万円の補正をお願いするものでございます。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 続きまして、6款農林水産業費でございます。
 1項5目1細目畜産振興費1,098万6,000円の減額でございます。
 畜産環境総合整備事業負担金を減額するものでございますが、本事業は国の補助事業で公益社団法人みやぎ農業振興公社が事業主体となりまして、本市は事業参加者となって豊里有機センターの大規模を修繕に取り組んでいるところでございます。
 当初計画では、平成27年度と28年度の2カ年にわたって施工することになっておりましたが、県内の事業調整の関係で計画変更となりまして、27年度は測量設計費と事務費のみの負担金となりました。工事につきましては28年度に実施することとなったことから、その不要額を減額するものでございます。
 次、7目3細目農業用用排水施設等維持管理事業費403万9,000円の増額でございます。
 排水機場管理業務委託料を増額するものでございますが、中田地区の排水機場につきまして、本年度より県営水利施設整備事業五ヶ村堀地区の工事が施工され、定位部排水機場が撤去されたこと並びに9月の台風による降雨のため、例年よりも稼働日数が増加したことから人件費等掛り増し分を計上しているものでございます。
 次、13細目日本型直接支払事業費2,499万8,000円の増額につきましては、環境保全型農業直接支払交付金を増額するものでございます。内容につきましては、別冊1の4ページをごらんいただきたいと思います。
 事業の運営目的でございます。農業の持続的発展と農業の有する多面的機能の健全な発揮を図るものでございます。
 事業概要ですが、化学肥料・農薬の5割低減の取り組みとあわせて、自然環境の保全に効果の高い営農活動を支援する事業でございます。今年度から対象者が農業者個人から農業者の団体を基本とする制度に改正されました。組織化に伴いまして共同作業が促進し、申請面積が増加いたしました。さらに堆肥の施用につきまして、新たに支援対象となり、当初見込んだ計画を上回る事業要望がありましたことから、不足する事業費を今回増額する内容となってございます。
 (1)対象者、農業者の団体及び一定の条件を満たす農業者となってございます。
 (2)対象取組及び交付単価、①の有機農業、②のカバークロップの作付け、③の冬期湛水管理につきましては10アール当たり8,000円、堆肥の施用については10アール当たり2,200円となってございます。
 (3)負担割合は、国2分の1、県・市それぞれ4分の1でございます。
 取組内容でございます。内訳でございますが有機農業等ということで、①②③をまとめてございます。取組面積、上段の括弧が当初の計画の数字、下がその後増えたあとの面積となってございます。それから申請額につきましても同じでございます。
 今回の補正額、有機農業等で552万5,000円、堆肥の施用で1,947万3,000円、合計で2,499万8,000円でございます。なお、財源内訳、取組数についてはごらんをいただきたいと思います。補正の内訳につきまして、ごらんのとおりでございます。
 次、2項2目1細目林業振興費でございます。492万3,000円の減額でございます。
 まず、上の里山再生事業補助金129万4,1000円の増額でございますが、広葉樹の天然更新事業6.47ヘクタール分の不足分を計上いたしております。
 また、山の幸振興総合対策事業補助金621万7,000円の減額でございますが、株式会社みやぎ東和開発公社が事業主体となりまして、キノコ菌床栽培と直売、道の駅利用者の収穫体験等を行うため、キノコ菌床栽培施設、これはハウスでございますが、その整備を実施する予定でございましたが、生産に必要な菌床の安定的な供給が非常に困難だというふうな理由により、事業を中止するというふうに申し出がございました。その不要額となったものでございます。
 次、7款商工費1項2目2細目商工振興育成費87万5,000円の増額でございます。
 空き店舗活用事業補助金を増額するもので、店舗改修費及び店舗賃借料にかかる申請件数の増加によりまして、不足分を計上しているものでございます。

議長(沼倉利光君) 建設部長 千葉雅弘君。

建設部長(千葉雅弘君) 続きまして10ページ下段、8款土木費でございます。
 今回の土木費の補正につきましては、全て国庫補助金の確定によりまして補助対象事業費が減額になったことに伴います補正でございます。
 2項2目1細目道路維持補修費につきましては、道路定期点検業務委託料につきまして、補助対象事業費の確定に合わせまして200万円を減額するものでございます。
 次に3目道路新設改良費2細目補助事業費でございますが、当初予算におきましては補助要望額の70%で予算計上してございましたが、補助決定額が要望額の43%という状況でありまして、補助対象事業費の確定に合わせまして委託料、工事請負費、公有財産購入費、保障補てん及び賠償金つきまして、合計で1億8,305万7,000円を減額するものでございます。
 次ページ、11ページをお願いいたします。
 4目1細目橋りょう維持補修費でございますが、橋りょう定期点検業務委託料につきまして、補助対象事業費の確定に合わせまして21万6,000円を減額するものでございます。

議長(沼倉利光君) 消防長、佐々木健待君。

消防長(佐々木健待君) 同じく11ページ、9款消防費でございます。
 1項1目1細目常備消防一般管理費でございます。平成28年度新規採用消防職員被服等貸与でございまして、これは宮城県消防学校での初任教育が平成28年4月6日から実施されることから、今年度に購入し入校に備えるもので、採用予定職員2名の制服、活動服の被服、防火衣等の購入費110万4,000円をお願いするものでございます。以上です。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 続きまして、10款1項2目2細目の学校教育振興一般管理費でございます。
 学校教育振興に関する経費として中体連等の大会参加費の補助金でございますが、今年度当初予算で見込んだ大会の出場数を上回る好成績がございまして、既に当初予算で見た見込みの当初予算額を上回る勢いでの選手の出場がございます。今後開かれる大会分が不足することから、67万4,000円を補正するものでございます。
 4細目奨学事業費でございます。55万1,000円ですが、次年度から機器等の更新を予定しております奨学金のシステムについて、今年度中にソフト、いわゆるシステムの方のソフトの更新業務を委託するものでございますが、これまで市全体の電算の入れかえと並行して作業を進めてまいりましたが当初、必要経費が見込めなかったことから今回補正をお願いして、今年度内にシステムの改修を終えたいということでございます。
 それから10款4項幼稚園費1目1細目の幼稚園管理運営費でございますが、これにつきましては別冊1の5ページで説明を申し上げたいと思います。
 これにつきましては、幼稚園事業料の条例の一部のところでご承認をいただきましたが、基本的に28年の4月から公立の4幼稚園におきまして、4・5歳児を対象とした幼稚園における保育所型の預かり保育の拡大に対応して入所・入園される子どもさん方のいわゆる保育環境を整備するために、設備等の改修を行うための経費でございます。
 事業の概要でございますが、対象施設は今お話ししたとおり四つの小規模保育施設事業所の受け入れにかかわる、保育所に関係する4・5歳児を受け入れるための幼稚園でございます。保育所型の預かり保育を拡大して行う幼稚園ということでございます。佐沼幼稚園、新田幼稚園、中田幼稚園、南方幼稚園でございます。
 それから整備の内容でございますが、いわゆる保育所と同様に土曜日、それから長期休業期間中も保育を行いますので必要な空調設備、それから子供が増えることによりまして、現在のいわゆる保育室の環境を整備する必要がございますのでトイレ改修工事、それから固定棚の移設工事、それから午睡のためのカーテンの設置等を予定してございます。それから子供の数が増えることで、備品整備として円状のテーブル・椅子、それから畳、布団用収納棚等、それから冷蔵庫等の備品を購入しようとするものでございます。
 環境整備と備品整備合わせまして、今回の補正額の819万3,000円を補正するものでございます。
 概要の方に戻っていただきます。
 12ページの中段、市立幼稚園の管理運営に要する経費として、市立幼稚園に対します就園奨励費の補助金でございますが、国の単価の改正がございまして追加の交付の見込まれることから、必要額として66万2,000円を補正するものでございます。
 10款7項1目2細目の給食センター一般管理費でございますが、これは先ほど道路新設改良の減額に関連しておりますが、市道中排水線の整備工事の新設改良費の減額に伴いまして、新設改良止のちょうど予定地となっておりました北部学校給食センターの敷地内のいわゆる倉庫とフェンス等の移設の工事を予定しておりましたが、市道の改良工事が次年度に繰延になったことから、計上しておりました必要額を減額するものでございます。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 続きまして、13ページをお願いいたします。
 12款交際費1項1目元金1細目長期債元金償還費の180万円の補正につきましては、災害援護資金の繰上償還が2件あったことによりまして、県に返還するものでございます。
 それから14ページは基金の状況でございますので、ごらんいただきますようにお願いします。
 一般会計補正予算の概要につきましては以上でございますので、よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

議長(沼倉利光君) お諮りします。
 本日の会議はこれで延会したいと思いますが、これにご異議ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、本日はこれで延会することに決定しました。
 お諮りします。
 来週の12月14日及び15日は、全員協議会及び委員会開催のため休会にしたいと思います。これにご異議ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、来週の12月14日及び15日は休会とすることに決定いたしました。
 なお、次の会議は12月16日午前10時から行います。
 本日はこれで延会とします。ご苦労様でした。
 
          延会 午後3時23分
 
 
 上記会議の経過を記載し、その相違ないことを証するためここに署名する。
 
 議会議長  沼 倉 利 光
 
 署名議員  熊 谷 憲 雄
 
 署名議員  及 川 長太郎
 
 署名議員  庄 子 喜 一
 
 

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>