•   0  (日程・名簿)
  •   1  議長(沼倉利光)
  •   2  市長(布施孝尚)
  •   3  議長(沼倉利光)
  •   4  企画部長(秋山茂幸)
  •   5  議長(沼倉利光)
  •   6  議長(沼倉利光)
  •   7  議長(沼倉利光)
  •   8  議長(沼倉利光)
  •   9  市長(布施孝尚)
  •  10  議長(沼倉利光)
  •  11  市民生活部長(神田雅春)
  •  12  議長(沼倉利光)
  •  13  議長(沼倉利光)
  •  14  議長(沼倉利光)
  •  15  議長(沼倉利光)
  •  16  市長(布施孝尚)
  •  17  議長(沼倉利光)
  •  18  総務部長(千葉博行)
  •  19  議長(沼倉利光)
  •  20  議長(沼倉利光)
  •  21  議長(沼倉利光)
  •  22  議長(沼倉利光)
  •  23  市長(布施孝尚)
  •  24  議長(沼倉利光)
  •  25  総務部長(千葉博行)
  •  26  議長(沼倉利光)
  •  27  6番(浅野敬)
  •  28  議長(沼倉利光)
  •  29  総務部長(千葉博行)
  •  30  議長(沼倉利光)
  •  31  総務部長(千葉博行)
  •  32  議長(沼倉利光)
  •  33  6番(浅野敬)
  •  34  議長(沼倉利光)
  •  35  総務部長(千葉博行)
  •  36  議長(沼倉利光)
  •  37  議長(沼倉利光)
  •  38  議長(沼倉利光)
  •  39  議長(沼倉利光)
  •  40  市長(布施孝尚)
  •  41  議長(沼倉利光)
  •  42  総務部長(千葉博行)
  •  43  議長(沼倉利光)
  •  44  17番(田口政信)
  •  45  議長(沼倉利光)
  •  46  収納対策課長(田村啓峻)
  •  47  議長(沼倉利光)
  •  48  17番(田口政信)
  •  49  議長(沼倉利光)
  •  50  収納対策課長(田村啓峻)
  •  51  議長(沼倉利光)
  •  52  議長(沼倉利光)
  •  53  議長(沼倉利光)
  •  54  議長(沼倉利光)
  •  55  市長(布施孝尚)
  •  56  議長(沼倉利光)
  •  57  教育部長(志賀尚)
  •  58  議長(沼倉利光)
  •  59  議長(沼倉利光)
  •  60  16番(田口久義)
  •  61  議長(沼倉利光)
  •  62  学校教育課長(永浦広巳)
  •  63  議長(沼倉利光)
  •  64  16番(田口久義)
  •  65  議長(沼倉利光)
  •  66  学校教育課長(永浦広巳)
  •  67  議長(沼倉利光)
  •  68  2番(日下俊)
  •  69  議長(沼倉利光)
  •  70  学校教育課長(永浦広巳)
  •  71  議長(沼倉利光)
  •  72  2番(日下俊)
  •  73  議長(沼倉利光)
  •  74  学校教育課長(永浦広巳)
  •  75  議長(沼倉利光)
  •  76  2番(日下俊)
  •  77  議長(沼倉利光)
  •  78  学校教育課長(永浦広巳)
  •  79  議長(沼倉利光)
  •  80  2番(日下俊)
  •  81  議長(沼倉利光)
  •  82  2番(日下俊)
  •  83  議長(沼倉利光)
  •  84  教育部長(志賀尚)
  •  85  議長(沼倉利光)
  •  86  3番(佐々木幸一)
  •  87  議長(沼倉利光)
  •  88  教育部長(志賀尚)
  •  89  議長(沼倉利光)
  •  90  3番(佐々木幸一)
  •  91  議長(沼倉利光)
  •  92  教育部長(志賀尚)
  •  93  議長(沼倉利光)
  •  94  5番(工藤淳子)
  •  95  議長(沼倉利光)
  •  96  学校教育課長(永浦広巳)
  •  97  議長(沼倉利光)
  •  98  教育部長(志賀尚)
  •  99  議長(沼倉利光)
  • 100  5番(工藤淳子)
  • 101  議長(沼倉利光)
  • 102  教育部長(志賀尚)
  • 103  議長(沼倉利光)
  • 104  5番(工藤淳子)
  • 105  議長(沼倉利光)
  • 106  学校教育課長(永浦広巳)
  • 107  議長(沼倉利光)
  • 108  17番(田口政信)
  • 109  議長(沼倉利光)
  • 110  学校教育課長(永浦広巳)
  • 111  議長(沼倉利光)
  • 112  教育部長(志賀尚)
  • 113  議長(沼倉利光)
  • 114  17番(田口政信)
  • 115  議長(沼倉利光)
  • 116  教育部長(志賀尚)
  • 117  議長(沼倉利光)
  • 118  17番(田口政信)
  • 119  議長(沼倉利光)
  • 120  総務部長(千葉博行)
  • 121  議長(沼倉利光)
  • 122  23番(二階堂一男)
  • 123  議長(沼倉利光)
  • 124  学校教育課長(永浦広巳)
  • 125  議長(沼倉利光)
  • 126  23番(二階堂一男)
  • 127  議長(沼倉利光)
  • 128  学校教育課長(永浦広巳)
  • 129  議長(沼倉利光)
  • 130  23番(二階堂一男)
  • 131  議長(沼倉利光)
  • 132  市長(布施孝尚)
  • 133  議長(沼倉利光)
  • 134  13番(伊藤栄)
  • 135  議長(沼倉利光)
  • 136  市長(布施孝尚)
  • 137  議長(沼倉利光)
  • 138  13番(伊藤栄)
  • 139  議長(沼倉利光)
  • 140  6番(浅野敬)
  • 141  議長(沼倉利光)
  • 142  6番(浅野敬)
  • 143  議長(沼倉利光)
  • 144  教育部長(志賀尚)
  • 145  議長(沼倉利光)
  • 146  市民生活部長(神田雅春)
  • 147  議長(沼倉利光)
  • 148  議長(沼倉利光)
  • 149  福祉事務所長(熊谷一)
  • 150  議長(沼倉利光)
  • 151  6番(浅野敬)
  • 152  議長(沼倉利光)
  • 153  市長(布施孝尚)
  • 154  議長(沼倉利光)
  • 155  6番(浅野敬)
  • 156  議長(沼倉利光)
  • 157  市長(布施孝尚)
  • 158  議長(沼倉利光)
  • 159  議長(沼倉利光)
  • 160  議長(沼倉利光)
  • 161  議長(沼倉利光)
  • 162  市長(布施孝尚)
  • 163  議長(沼倉利光)
  • 164  教育部長(志賀尚)
  • 165  議長(沼倉利光)
  • 166  議長(沼倉利光)
  • 167  議長(沼倉利光)
  • 168  議長(沼倉利光)
  • 169  市長(布施孝尚)
  • 170  議長(沼倉利光)
  • 171  教育部長(志賀尚)
  • 172  議長(沼倉利光)
  • 173  14番(浅田修)
  • 174  議長(沼倉利光)
  • 175  教育部長(志賀尚)
  • 176  議長(沼倉利光)
  • 177  14番(浅田修)
  • 178  議長(沼倉利光)
  • 179  教育部長(志賀尚)
  • 180  議長(沼倉利光)
  • 181  14番(浅田修)
  • 182  議長(沼倉利光)
  • 183  教育部長(志賀尚)
  • 184  議長(沼倉利光)
  • 185  議長(沼倉利光)
  • 186  議長(沼倉利光)
  • 187  議長(沼倉利光)
  • 188  市長(布施孝尚)
  • 189  議長(沼倉利光)
  • 190  総務部長(千葉博行)
  • 191  議長(沼倉利光)
  • 192  16番(田口久義)
  • 193  議長(沼倉利光)
  • 194  総務部長(千葉博行)
  • 195  議長(沼倉利光)
  • 196  16番(田口久義)
  • 197  議長(沼倉利光)
  • 198  市民生活部長(神田雅春)
  • 199  議長(沼倉利光)
  • 200  16番(田口久義)
  • 201  議長(沼倉利光)
  • 202  市民生活部長(神田雅春)
  • 203  議長(沼倉利光)
  • 204  議長(沼倉利光)
  • 205  議長(沼倉利光)
  • 206  議長(沼倉利光)
  • 207  議長(沼倉利光)
  • 208  市長(布施孝尚)
  • 209  議長(沼倉利光)
  • 210  建設部長(千葉雅弘)
  • 211  議長(沼倉利光)
  • 212  議長(沼倉利光)
  • 213  議長(沼倉利光)
  • 214  議長(沼倉利光)
  • 215  市長(布施孝尚)
  • 216  議長(沼倉利光)
  • 217  企画部長(秋山茂幸)
  • 218  議長(沼倉利光)
  • 219  15番(佐藤恵喜)
  • 220  議長(沼倉利光)
  • 221  企画政策課長(佐藤裕之)
  • 222  議長(沼倉利光)
  • 223  市民生活部長(神田雅春)
  • 224  議長(沼倉利光)
  • 225  福祉事務所長(熊谷一)
  • 226  議長(沼倉利光)
  • 227  15番(佐藤恵喜)
  • 228  議長(沼倉利光)
  • 229  市長(布施孝尚)
  • 230  議長(沼倉利光)
  • 231  15番(佐藤恵喜)
  • 232  議長(沼倉利光)
  • 233  市長(布施孝尚)
  • 234  議長(沼倉利光)
  • 235  議長(沼倉利光)
  • 236  6番(浅野敬)
  • 237  議長(沼倉利光)
  • 238  企画政策課長(佐藤裕之)
  • 239  議長(沼倉利光)
  • 240  6番(浅野敬)
  • 241  議長(沼倉利光)
  • 242  市長(布施孝尚)
  • 243  議長(沼倉利光)
  • 244  8番(伊藤吉浩)
  • 245  議長(沼倉利光)
  • 246  総務部長(千葉博行)
  • 247  議長(沼倉利光)
  • 248  8番(伊藤吉浩)
  • 249  議長(沼倉利光)
  • 250  総務部長(千葉博行)
  • 251  議長(沼倉利光)
  • 252  企画部長(秋山茂幸)
  • 253  議長(沼倉利光)
  • 254  8番(伊藤吉浩)
  • 255  議長(沼倉利光)
  • 256  25番(岩淵正宏)
  • 257  議長(沼倉利光)
  • 258  教育部長(志賀尚)
  • 259  議長(沼倉利光)
  • 260  11番(及川昌憲)
  • 261  議長(沼倉利光)
  • 262  市長(布施孝尚)
  • 263  議長(沼倉利光)
  • 264  11番(及川昌憲)
  • 265  議長(沼倉利光)
  • 266  市長(布施孝尚)
  • 267  議長(沼倉利光)
  • 268  5番(工藤淳子)
  • 269  議長(沼倉利光)
  • 270  福祉事務所長(熊谷一)
  • 271  議長(沼倉利光)
  • 272  5番(工藤淳子)
  • 273  議長(沼倉利光)
  • 274  15番(佐藤恵喜)
  • 275  議長(沼倉利光)
  • 276  議長(沼倉利光)
  • 277  議長(沼倉利光)
  • 278  市長(布施孝尚)
  • 279  議長(沼倉利光)
  • 280  総務部長(千葉博行)
  • 281  議長(沼倉利光)
  • 282  建設部長(千葉雅弘)
  • 283  議長(沼倉利光)
  • 284  4番(氏家英人)
  • 285  議長(沼倉利光)
  • 286  建設部長(千葉雅弘)
  • 287  議長(沼倉利光)
  • 288  4番(氏家英人)
  • 289  議長(沼倉利光)
  • 290  営繕課長(小野寺友生)
  • 291  議長(沼倉利光)
  • 292  4番(氏家英人)
  • 293  議長(沼倉利光)
  • 294  建設部長(千葉雅弘)
  • 295  議長(沼倉利光)
  • 296  議長(沼倉利光)
  • 297  10番(佐々木一)
  • 298  議長(沼倉利光)
  • 299  営繕課長(小野寺友生)
  • 300  議長(沼倉利光)
  • 301  10番(佐々木一)
  • 302  議長(沼倉利光)
  • 303  営繕課長(小野寺友生)
  • 304  議長(沼倉利光)
  • 305  10番(佐々木一)
  • 306  議長(沼倉利光)
  • 307  1番(熊谷和弘)
  • 308  議長(沼倉利光)
  • 309  営繕課長(小野寺友生)
  • 310  議長(沼倉利光)
  • 311  建設部長(千葉雅弘)
  • 312  議長(沼倉利光)
  • 313  1番(熊谷和弘)
  • 314  議長(沼倉利光)
  • 315  住宅都市整備課長(小野寺克明)
  • 316  議長(沼倉利光)
  • 317  7番(關孝)
  • 318  議長(沼倉利光)
  • 319  営繕課長(小野寺友生)
  • 320  議長(沼倉利光)
  • 321  7番(關孝)
  • 322  議長(沼倉利光)
  • 323  産業経済部長(高橋巌)
  • 324  産業経済部長(高橋巌)
  • 325  議長(沼倉利光)
  • 326  建設部長(千葉雅弘)
  • 327  議長(沼倉利光)
  • 328  市長(布施孝尚)
  • 329  議長(沼倉利光)
  • 330  7番(關孝)
  • 331  議長(沼倉利光)
  • 332  市長(布施孝尚)
  • 333  議長(沼倉利光)
  • 334  17番(田口政信)
  • 335  議長(沼倉利光)
  • 336  建設部長(千葉雅弘)
  • 337  議長(沼倉利光)
  • 338  17番(田口政信)
  • 339  議長(沼倉利光)
  • 340  営繕課長(小野寺友生)
  • 341  議長(沼倉利光)
  • 342  建設部長(千葉雅弘)
  • 343  議長(沼倉利光)
  • 344  17番(田口政信)
  • 345  議長(沼倉利光)
  • 346  市長(布施孝尚)
  • 347  議長(沼倉利光)
  • 348  9番(中澤宏)
  • 349  議長(沼倉利光)
  • 350  営繕課長(小野寺友生)
  • 351  議長(沼倉利光)
  • 352  9番(中澤宏)
  • 353  議長(沼倉利光)
  • 354  市長(布施孝尚)
  • 355  議長(沼倉利光)
  • 356  議長(沼倉利光)
  • 357  議長(沼倉利光)
  • 358  議長(沼倉利光)
  • 359  議長(沼倉利光)
  • 360  市長(布施孝尚)
  • 361  議長(沼倉利光)
  • 362  建設部長(千葉雅弘)
  • 363  議長(沼倉利光)
  • 364  議長(沼倉利光)
  • 365  議長(沼倉利光)
  • 366  議長(沼倉利光)
  • 367  議長(沼倉利光)
  • 368  議長(沼倉利光)
  • 369  議長(沼倉利光)
  • 370  市長(布施孝尚)
  • 371  議長(沼倉利光)
  • 372  議長(沼倉利光)
      平成27年登米市議会定例会 12月定期議会 会議録(第4号)
 平成27年12月10日(木曜日)
1.出席議員(25名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君       4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 伊 藤 吉 浩 君
   9番 中 澤   宏 君      10番 佐々木   一 君
  11番 及 川 昌 憲 君      12番 佐 藤 尚 哉 君
  13番 伊 藤   栄 君      14番 浅 田   修 君
  15番 佐 藤 恵 喜 君      16番 田 口 久 義 君
  17番 田 口 政 信 君      19番 相 澤 吉 悦 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君      21番 及 川 長太郎 君
  22番 庄 子 喜 一 君      23番 二階堂 一 男 君
  24番 八 木 しみ子 君      25番 岩 淵 正 宏 君
  議 長 沼 倉 利 光 君
1.欠席議員(なし)
1.遅刻議員(なし)
1.早退議員(なし)
1.中座議員(1名)
   9番 中 澤   宏 君
1.説明のため出席した者の氏名
  市   長     布 施 孝 尚 君    副 市 長     藤 井 敏 和 君
  総務部長      千 葉 博 行 君    企画部長      秋 山 茂 幸 君
  市民生活部長    神 田 雅 春 君    産業経済部長    高 橋   巌 君
  建設部長      千 葉 雅 弘 君    市長公室長     中津川 源 正 君
  財政課長      加 藤   均 君    福祉事務所長    熊 谷   一 君
  出納対策課長    田 村 啓 峻 君    市民活動支援課長  佐 藤   浩 君
  市民生活課長    佐 藤   豊 君    教 育 長     佐 藤 信 男 君
  教育部長      志 賀   尚 君    医療局次長     浅 野 雅 博 君
  会計管理者     千 葉 幸 毅 君    農業委員会事務局長 菅 原 貞 治 君
  水道事業所長    佐 藤 和 哉 君    消 防 長     佐々木 建 待 君
  監査委員事務局長  佐々木 義 文 君    環境事業所長    千 葉 祐 宏 君
  生涯学習課長    佐 藤 嘉 浩 君    学校教育課長    永 浦 広 巳 君
  危機管理監     星   茂 喜 君    建設部次長     千 葉   修 君
  土木管理課長    首 藤 正 敏 君    住宅都市整備課長  小野寺 克 明 君
  企画政策課長    佐 藤 裕 之 君    営繕課長      小野寺 友 生 君
1.事務局出席職員氏名
  議会事務局長    佐 藤 昌 彦 君    議会事務局次長   田 辺 賢 一 君
  議会事務局主幹                議会事務局
  兼議事・調査係長  菊 地   武 君    議事・調査係主査  浅 井 顕 裕 君
  議会事務局                  議会事務局
  議事・調査係主査  庄 司 美 香 君    議事・調査係主査  主 藤 貴 宏 君
  議会事務局
  議事・調査係主事  稲 辺 大 裕 君	
1.本日の会議に付した事件
  第1 会議録署名議員の指名
  第2 議案第122号 登米市津山集会所条例を廃止する条例について
  第3 議案第123号 登米市行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の制定について
  第4 議案第124号 登米市証人等の実費弁償支給条例の一部を改正する条例について
  第5 議案第125号 登米市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例について
  第6 議案第126号 登米市税条例の一部を改正する条例について
  第7 議案第127号 登米市立幼稚園授業料徴収条例の一部を改正する条例について
  第8 議案第128号 登米市公民館条例の一部を改正する条例について
  第9 議案第129号 登米市民族資料館条例の一部を改正する条例について
  第10 議案第130号 登米市介護保険条例の一部を改正する条例について
  第11 議案第131号 登米市営住宅条例の一部を改正する条例について
  第12 議案第132号 第3次登米市行財政改革大綱及び登米市行財政改革実施計画の策定について
  第13 議案第133号 工事請負契約の締結について
  第14 議案第134号 市道路線の認定につきまして
  第15 議案第135号 市道路線の廃止について
  第16 議案第136号 指定管理者の指定について(登米市迫公民館及び迫勤労青少年ホーム)
  第17 議案第137号 指定管理者の指定について(登米市北方公民館、迫農村環境改善センター及び登米市迫青少年センター)
  第18 議案第138号 指定管理者の指定について(登米市新田公民館)
  第19 議案第139号 指定管理者の指定について(登米市森公民館)
  第20 議案第140号 指定管理者の指定について(登米市米谷公民館、不老仙館及び東和楼台コミュニティセンター)
  第21 議案第141号 指定管理者の指定について(登米市米川公民館及び登米市東和国際交流センター)
  第22 議案第142号 指定管理者の指定について(登米市錦織公民館及び東和勤労青少年ホーム)
  第23 議案第143号 指定管理者の指定について(登米市南方公民館、南方農村環境改善センター、南方歴史民俗資料館、登米市東郷公民館、南方老人福祉センター、南方定住促進センター、登米市南方東郷運動広場、登米市西郷公民館及び南方就業改善センター)
  第24 議案第144号 指定管理者の指定について(南方産地形成促進施設)
  第25 議案第145号 指定管理者の指定について(平筒沼ふれあい公園)
  第26 議案第146号 指定管理者の指定について(迫梅ノ木公園、迫佐沼公園及び迫大東公園)
  第27 議案第147号 指定管理者の指定について(登米市迫体育館、登米市迫武道館及び登米市新田総合運動場)
  第28 議案第148号 指定管理者の指定について(登米市中田総合体育館、登米市中田球場及び登米市諏訪公園)
  第29 議案第149号 指定管理者の指定について(登米市石越体育センター及び登米市石 越総合運動公園)
  第30 議案第150号 指定管理者の指定について(登米市津山若者総合体育館及び登米市津山林業総合センター)
  第31 議案第151号 指定管理者の指定について(登米市豊里運動公園及び豊里花の公園)
  第32 議案第152号 指定管理者の指定について(登米市民プール)

          開会 午前10時00分
議長(沼倉利光君) おはようございます。
 ただいまから12月定期議会4日目の会議を開きます。
 病院事業管理者、石井宗彦君から診療のため、欠席の届出があります。
 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりです。
 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は、会議規則第90条の規定により、8番、伊藤吉浩君。9番、中澤 宏君を指名します。
 日程第2、議案第122号 登米市津山集会所条例を廃止する条例についてを議題とします。
 本案について、提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 皆さんおはようございます。
 それでは、議案第122号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、津山本町3、4丁目多目的集会所、津山入沢多目的集会所、津山黄牛町多目的集会所及び津山南沢多目的集会場を主として利用している各関係町内会等に対して、無償譲渡を推進するため、本条例を廃止するものであります。
 詳細につきましては、企画部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。

議長(沼倉利光君) 議案内容の説明を求めます。企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) おはようございます。
 それでは、ただいま議題となりました議論第122号ですが、議案書の5ページをお願いいたします。
 議案第122号 登米市津山集会所条例を廃止する条例でございます。本文は、登米市津山集会所条例は廃止する。原則としてですね、この条例は交付の日から施行するものでございます。
 提案理由説明書は3ページでございますが、本市が所有する集会施設については、平成18年度に定めた集会施設適正化推進計画に基づきまして、施設を使用する行政区等に無償譲渡を推進することとしてきてございます。本条例は、集会施設として利用している津山町内の4集会所について、関係町内会等への無償譲渡を進めるため、財産区分行政財産から普通財産に変更するために条例の廃止を行うものでございます。
 それでは、資料として配布しております別冊3の5ページをお願いいたします。別冊3の5ページでございます。
 本条例で規定しております集会所は、この別冊3の5ページの地図に表示しております4施設でございます。一つ目がAの津山本町3、4丁目多目的集会所、二つ目がBの津山入沢多目的集会所、三つ目がCの津山黄牛町多目的集会所、四つ目がDの津山南沢多目的集会所でございます。
 次に、1ページにお戻りをお願いいたします。
 ここからは、施設ごとに集会所の概要、利用状況などを掲載してございます。まず、津山本町3、4丁目多目的集会所でございますが、所在地は津山町柳津字本町69番地1でございまして、平成5年に津山町が集落の諸行事、地域住民の連帯感の醸成の場とすることを目的に、新農村地域定住促進事業により整備したものでございまして、延べ床面積139.86平方メートルの木造平屋建ての集会所でございます。利用状況ですが、整備後主に津山本町3丁目、4丁目の町内会の集会施設として利用されてきておりまして、同町内会においては、光熱費等の水費を負担の上、管理を行ってきてございます。
 条例廃止の理由については、ただいま申し上げましたとおり、本条例を廃止いたしまして、行政財産から普通財産に用途を変更し、地域への無償譲渡に向けた取り組みを進めるものでございます。
 次に、2ページをお願いいたします。
 津山入沢多目的集会所でありますが、所在地は津山町柳津字黄牛山窪36番地で、平成2年に整備した延べ床面積127.05平方メートルの木造平屋建ての集会所でございます。
 なお、(2)の利用状況に記載した利用、あるいは管理の形態、それから(3)の条例廃止の理由については、4集会所とも同じでございますので説明を省略させていただきます。
 次に3ページ目ですが、津山黄牛町多目的集会所でございまして、所在地は津山町柳津字黄牛比良137番地で、平成元年に整備した木造平屋建て110.17平方メートルの集会所でございます。
 次に、4ページをお願いいたします。津山南沢多目的集会所でございます。
 所在地は、津山町横山字寺倉22番地11で、昭和63年整備の木造平屋建て146.80平方メートルの集会所でございます。
 無償譲渡を進めるにあたっては、その施設建設時において国庫補助事業等で建設した集会施設等については、補助金等にかかる予算の執行の適正化に関する法律での処分制限がございますので、その処分制限を迎える時期を見計らって国等と協議を行いながら、順次普通財産化し、町内会等と無償譲渡の協議を行ってきているところでございます。
 この本条例にかかる4集会所については、関係町内会等と無償譲渡の協議を進めてきてございまして、平成27年度中に無償譲渡契約を締結する予定というふうなことになってございます。
 以上で説明とさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第122号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第122号 登米市津山集会所条例を廃止する条例については、原案とおり可決されました。
 日程第3、議案第123号 登米市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の制定についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) それでは、議案第123号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律が平成28年1月1日に一部施行されることに伴い、同法第9条第2項の規定により、本市において個人番号を独自に利用することに関し必要な事項を定めるため、本条例を制定するものであります。
 詳細につきましては、市民生活部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。

議長(沼倉利光君) 議案内容の説明を求めます。市民生活部長、神田雅春君。

市民生活部長(神田雅春君) それでは、議案第123号 登米市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の制定についてご説明申し上げます。
 説明資料につきましては議案書6ページから、それから提案理由説明書につきましては3ページ、そして12月定期議会資料につきましては、別冊1の6ページからとなります。別冊1の資料に基づきまして、改正の内容について説明をさせていただきますので、別冊1、6ページをお開き願います。
 まず、条例制定の背景、趣旨についてでございますが、マイナンバーにつきましては、公平・公正な社会を実現するための社会基盤として、社会保障、税、災害対策分野におきまして、国・都道府県・市町村の間で情報連携を行うことができるものでございます。
 番号法では、第9条第1項関係の別表第1にマイナンバーを利用できる全国一律の行政事務について規定しております。ただし、地方公共団体では独自の行政サービスが数多く展開されておりまして、番号法の別表第1に規定された行政事務以外のマイナンバーの利用につきましては、番号法と同様、社会保障、税、災害対策分野において地方公共団体の条例に規定する必要がございます。
 本条例は、本市における独自利用事務とその事務を行うための庁内連携について、新たに医療費助成の三つの事務について、利用に関しまして必要な事項を定めるものでございます。
 次に、7ページと議案書6ページをお願いしたいと思います。条例の構成でございます。
 条例の構成につきましては、第1条で趣旨を。第2条では用語等の定義を。第3条で市民の責務を規定してございます。
 第4条では、本条例の根幹的な部分であります個人情報の独自利用の範囲を定めてございます。第1項では、どの機関が何の事務に利用するかを。別表第1、別表第2の機関及び事務の欄で規定し、第2項では連携し利用する情報の内容を。別表第2の特定個人情報の欄で規定することとしてございます。第3項では、本市の機関が保有する特定個人情報であって、事務に必要な限度で利用できるようにするよう定めたものでございます。第4項では、申請に必要な情報を確認した場合は提出書類を不要とするものでございます。
 第5条につきましては、条例の施行に必要な事項を規則にするものでございます。
 別表第1につきましては、今回、本市の独自利用事務として、登米市子ども医療の助成に関する事務、登米市母子父子家庭医療の助成に関する事務、登米市心身障害者医療費の助成に関する事務の3事務について利用することができることを規定し、別表第2では、それぞれの事務で連携に必要な特定個人情報を規定するものでございます。
 附則につきましては、マイナンバーの利用開始にあわせ、28年1月1日からの施行としてございます。
 今回、三つの事務について利用を規定いたしましたが、今後本市におきましてマイナンバーの連携が必要となった場合につきましては、別表1、別表2に追加していくことになりますので、その都度、必要について議会等で説明をさせていただき、条例の一部改正を行わせていただくこととなっております。
 説明は以上でございます。ご審議を賜り、ご決定いただきますよう、よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終りましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第123号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第123号 登米市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の制定については、原案とおり可決されました。
 日程第4、議案第124号 登米市証人等の実費弁償支給条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) それでは、議案第124号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、農業協同組合法等の一部を改正するなどの法律が平成27年9月4日に公布され、平成28年4月1日に一部施行されることに伴い、引用条項等の改正を行うため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては、総務部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。

議長(沼倉利光君) 議案内容の説明を求めます。総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) それでは、議案第124号 登米市証人等の実費弁償支給条例の一部を改正する条例についてご説明を申し上げます。
 議案書につきましては10ページを、それから提案理由説明書については3ページ、そして新旧対照表、これにつきましては8ページでございますので、お開き願いたいと思います。
 本案につきましては、本年9月4日に公布されました農業協同組合法等の一部を改正する等の法律、その第2条で農業委員会等に関する法律が大幅に改正されております。
 主な内容といたしましては、農業委員会業務の重点化、2点目として農業委員の選出方法の変更、三つ目としては農地利用最適化推進委員会の設置及び農業委員会ネットワーク機構の新設などが盛り込まれまして、農地利用の最適化を促進することを目的に改正がされたものです。これが来年の4月1日に施行されるということになってございます。
 この改正によりまして、その法律の中で多数の条ずれが生じることとなりました。それによりまして、本条例の第1条第7号で引用しております第29条第1項という引用が第35条第1項に変更されるということから、引用条項の改正を行うというものでございます。
 それからもう1点でございますが、この条例の中で「法令」という文言の定義の条文がございますが、その中に条例を括弧してですね、(条例を含む)と規定している部分につきまして、第1条の各号列記以外の部分、それから同じ第1条の第8号それぞれに同じような文言で規定されておりましたので、それを第1条の本文の中の「条例を含む」の次に、「以下同じ」という文言を加えることで、第8号中の当該文言を削って、規定の重複を手当するという内容になってございます。
 この条例は、来年の4月1日から施行となります。ただし、今お話しました法令の定義の部分、第1条の各号列記以外の部分及び同条第8号の改正規定は、公布当日からの施行ということになります。
 改正の内容は以上でございます。
 ご審議の上、ご決定賜りますよう、よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第124号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第124号 登米市証人等の実費弁償支給条例の一部を改正する条例については、原案とおり可決されました。
 日程第5、議案第125号 登米市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) それでは、議案第125号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律の施行にあわせて、平成27年9月30日に公布された地方公務員等共済組合法施行令等の一部を改正する等の政令において、地方公務員災害補償法施行令の一部が改正されたことに伴い、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては、総務部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。

議長(沼倉利光君) 議案内容の説明を求めます。総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) それでは、議案第125号 登米市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例についてをご説明申し上げます。
 議案書につきましては11ページ、それから提案理由説明書は3ページ、新旧対照表につきましては、提案理由説明書の9ページから13ページまでとなってございます。
 本案につきましては、被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律の施行によりまして、共済年金制度が厚生年金制度に統一されたことにあわせまして、本年9月30日に公布されました地方公務員等共済組合法施行令等の一部を改正する等の政令第8条におきまして、本条例の根拠法令であります地方公務員災害補償法施行令の一部改正が行われたことに伴いまして、本条例の一部を改正するものでございます。
 本条例は、登米市議会の議員、その他非常勤の職員及びその遺族の生活の安定と福祉の向上に寄与するため、地方公務員災害補償法第69条及び第70条の規定に基づき、議会の議員、その他非常勤の職員に対する公務上の災害、または通勤による災害に対する補償に関する制度等を定めたものでございます。
 本条例附則第5条第1項及び第2項では、本条例による年金たる給付である障害補償年金、障害補償年金及び遺族補償年金と休業補償が支給される場合におきまして、同一の事由について厚生年金保険保護等のほかの法令による障害厚生年金、遺族補償年金等の社会保障給付が支給される場合には、本条例による給付を調整し、減額して支給することを規定しているものでございます。
 それぞれの法令に基づく年金との調整率については、同条第1項及び第2項の表に規定してございます。なお、改正前につきましては、本条例により支給される年金たる給付と同一の事由で障害共済年金及び遺族共済年金が支給される場合には、共済年金で調整することとされていたものでございます。
 今回の改正内容は、地方公務員災害補償法施行令の一部改正によりまして、共済年金も厚生年金と同様に本条例附則第5条の調整の対象となることから、障害厚生年金、障害基礎年金、遺族厚生年金及び遺族基礎年金にかかる部分について、被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律に基づく障害共済年金、遺族共済年金にかかる文言を加えるというものとなります。また、調整率につきましては、変更はございません。
 地方公務員災害補償法施行令の一部改正にあわせまして、表の構成を整理したということで表全体の改正となっております。
 施行日につきましては公布の日としまして、改正後の新条例の規定は平成27年10月1日からの適用ということになります。また、経過措置といたしまして、本改正条例附則第2項から第3項までにおいて、地方公務員と共済組合法施行令等の一部を改正する等の政令の施行日前及び本改正条例の施行日前に生じた事由の取り扱い等を規定しているというものでございます。
 説明については以上でございます。ご審議を賜りまして、ご決定くださいますようよろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) わかりませんので、教えていただきたいんです。
 私どもに関係することがあるんですか。それから、これによって登米市内の何人ぐらいがかかわりを持ってくるのかを教えていただきたい。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) これは、要するに被用者年金制度がですね、今までの共済年金の対象だったものが厚生年金に一元化されたと。これは平成24年でしたか、その閣議決定に基づく法改正よるものであります。
 それに基づいて共済年金で支給されることになっておりますこれらの条例で定めている部分が、厚生年金の部分に変わったといったようなことを規定しなおしたという内容なんでありますが、これについての該当する、これまでそういった例は特に・・・。
 要するに今回の改正につきましては、共済年金で今まで取り扱っていたものが厚生年金部分に同一化されたと、一元化されたということに伴う条文の整理ということになっております。

議長(沼倉利光君) そのまま継続してどうぞ。

総務部長(千葉博行君) 対象をお話しますと、議会の議員、それから委員会の非常勤の委員さん、それから例えば非常勤の監査委員、審査会、審議会、それから調査会などの委員さん、それから非常勤の調査員、嘱託員、そういった方々、それからその他の非常勤の職員、全てこれには該当しますので、例えば何か障害が発生して病院にかかったりですね、あるいは年金などをもらう場合に該当するんですが、今何人がそれに該当するかとかちょっと細かいデータありませんが、そういった事態が起きました場合は、この条例でもって手当てをされるというものであります。

議長(沼倉利光君) 6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) じゃあ今、対象者の方々で年金を受給してない方は、まだ何の関係もないってことで受け止めていいんでしょうか。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) この適用日以前になった方については、従前の例のまままいりますが、今後発生した場合につきましては、新しい条例でもって規定された内容での補償になるということであります。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第125号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第125号 登米市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例については、原案とおり可決されました。
 日程第6、議案第126号 登米市税条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) それでは、議案第126号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、地方税法等の一部を改正する法律及び地方税法施行令等の一部を改正する政令が平成27年3月31日に公布されたことに伴い、徴収の猶予及び換価の猶予にかかる申請手続き等に関し、必要な事項を定めるため本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては、総務部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。

議長(沼倉利光君) 議案内容の説明を求めます。総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) それでは、議案第126号 登米市税条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。
 議案書につきましては15ページ、提案理由説明書は4ページでございます。新旧対象表につきましては、同じく提案理由説明書の14ページから18ページとなってございます。
 今回の条例改正につきましては、地方税法等が一部改正されたことに伴いまして、徴収の猶予及び換価の猶予にかかる申請手続き等に関しまして、条例で定めることとされた必要事項等を規定するため、税条例の一部改正を行うというものでございます。
 この徴収の猶予、それから換価の猶予ということでありますが、まずこの徴収の猶予につきましては、例えば風水害、病気、事業の休止などの理由でですね、申請に基づいて1年以内に限ってですが税の徴収を猶予できるという制度であります。それから換価の猶予と申しますのは、事業の継続、またはその生活の維持を困難にする恐れがある場合、猶予した方が徴収上有利だというふうな判断した場合は、職権で滞納処分による財産の換価を1年以内に限り、猶予できるといったものであります。
 そういった二つの点について規定するものであります。
 改正の概要につきましては、新旧対照表でご説明を申し上げます。新旧対照表の14ページからごらんいただきたいと思います。
 この14ページ、それから15ページにかけまして、第8条であります。
 第8条につきましては、今申し上げました徴収の猶予にかかる徴収金を分割して納付、または納入する方法について規定するものであります。
 次に、15から16ページにかけまして、第9条であります。
 徴収猶予を申請する場合の申請書への記載事項、それから添付書類などの申請手続きについてでございます。猶予を受けようとする金額が100万円以下、猶予期間が3カ月以内である場合などについて規定しております。
 次に、16から17ページでございます。
 第10条でありますが、第10条では職権による換価の猶予、それをする場合に、及びその猶予期間を延長する場合の分割納付、または納入方法等について規定するものでございます。
 次に、17から18ページでございます。第11条であります。
 申請による換価の猶予の手続きをする場合の申請書の記載事項、それから添付書類など申請手続きについて規定するものであります。
 次に、18ページであります。
 第12条につきましては、徴収の猶予、職権による換価の猶予、または申請による換価の猶予をするときの担保を徴する必要がない場合を猶予金額が100万円以下、猶予期間が3カ月以内及び特別な事情がある場合などと規定するものであります。追加となる条文につきましては、この第8条から第12条までですので、第13条から17条までについては削除ということになります。
 第18条及び第23条につきましては、地方税法を法というふうな表現に、それから地方税法施行令を令というふうに略称規定を改めてするものであります。
 続きまして、議案書の18ページをごらんいただきたいと思います。この18ページの中段から今回の改正条例の附則を掲載してございます。
 附則につきましては、第1項で施行日について規定しておりまして、来年、平成28年4月1日からとしております。それから第2項以降、経過措置については、施行日以降に申請があったものに適用するものといたしまして、施行日以前の分は従前の例によるというものであります。
 説明については以上でございます。ご審議を賜りまして、ご決定くださいますようよろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。17番、田口政信君。

17番(田口政信君) 一つはですね、これが申請主義なのかということと、申請いただいたときに誰が、いわゆる許可といいますかね、するのか。どういう機関があるのか。市長の名前で許可をするのか。
 それからですね、特別な事情がある場合というのは、担保を徴する必要がない場合、特別な事情とはこれ自体が特別な事情ではないのかというふうに思うんですが、どういうことなのか伺います。

議長(沼倉利光君) 収納対策課長、田村啓峻君。

収納対策課長(田村啓峻君) まず、第1点目の申請主義かということでございますが、徴収猶予については申請主義でございます。それから換価の猶予につきましては、従来は職権で行うのみということでしたが、今回の改正によって職権及び申請主義、申請主義の分が追加されたというところでございます。
 それから許可に関しては、登米市長ということになり、申請があり次第、直ちに判断をするということになります。
 それから特別な事情ということでございますが、担保を徴する場合100万円以上、3カ月以上の場合は、担保を徴するということに規定になります。特別な事情という場合は、100万以上の徴収猶予の申請があった場合、担保を提供するということになりますが、その担保として提供する不動産等、有価証券等がない場合は、ないものはもう提出ができない、担保の提供としてはできないということになるので、その辺は調査をさせていただきながら、聞き取りも行いながらその確認をすると。どうしてもないという場合には、特別な事情ということになると思います。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 17番、田口政信君。

17番(田口政信君) 前段は了解しましたけど、最後の分がちょっと理解不能なんですが、100万以上の場合、いわゆる必要としないのは100万円以下の場合と3カ月以内というのが担保がいらないということで、100万以上の場合でも事情があればいらないというふうに理解、今の説明はそういうふうに理解していいんですか。

議長(沼倉利光君) 収納対策課長、田村啓峻君。

収納対策課長(田村啓峻君) 100万円以上3カ月、3カ月100万以上で3カ月以内の場合は担保いらないということになりますので、議員のおっしゃるとおりのご理解ということになります。

議長(沼倉利光君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第126号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第126号 登米市税条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。
 日程第7、議案第127号 登米市立幼稚園授業料徴収条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) それでは、議案第127号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、平成28年度から預かり保育の拡充を図ることに伴い、拡充する預かり保育にかかる徴収金額を定めるとともに、多子世帯及び低所得者世帯の負担軽減を図るため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては、教育部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。

議長(沼倉利光君) 議案内容の説明を求めます。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 議案第127号 登米市立幼稚園授業料徴収条例の一部を改正する条例についてでございますが、議案書につきましては20ページ、それから提案理由説明書につきましては19ページの新旧対照表をご参照願います。それから本日ご配布申し上げました別冊の定期議会資料の別冊4、議案127号関係の資料をご準備お願いしたいと思います。
 最初に条例改正の要因でございますが、別冊の4の資料の1ページをお開きいただきたいと思います。「登米市立幼稚園における預かり保育について」という資料でございます。それをごらんいただきながら、ご説明したいと思います。
 条例改正の要因でございますが、平成28年度から市内の小規模保育事業所から3歳児を受け入れる保育所の入所枠を確保する必要がございます。いわゆる小規模事業者については3歳児までしか、いわゆる保育できないことになっておりますので、4歳、5歳になりますとそこから出てですね、特定の保育所に入所するためのいわゆる枠をあらかじめ確保しなければなりませんので、公立の保育所等、認可保育所においてですね、入所枠を確保することになりますが、それに伴って現在の保育所の状態でも待機児童が生じてございますので、幼稚園で既存の保育所の認可保育所の4、5歳児の枠を、いわゆる幼稚園で保育所同様の預かり保育を行うことでその枠の余裕を生じさせるということで、総じてですね、認可保育所の待機児童の解消を図ろうとするための事業でございます。
 別冊4の資料のイメージ図のところで見ていただくとわかりますが、現行については幼稚園で幼稚園教育の部分と、それから預かり保育を実施してございます。それに加えて28年度からは、保育所型の預かり保育をいわゆる土曜日、それから長期休業日の期間も預かり保育をすることで、保育所から移っていただく方にですね、幼稚園で保育所と同様の保育サービスを実施したいということでございます。
 今回の条例改正の具体的な改正の内容でございますが、これまで一律の料金体系でございました幼稚園の授業料、それから預かり保育料につきまして、先ほど申し上げたように保育所型の預かり保育を導入する観点で、認可保育所と同様に市町村民税の所得割の階層別の料金体系とすることが第1点でございます。
 それから第2点目は、待機児童の解消策として一部の幼稚園で行います保育所型の預かり保育にかかる市町村民税の所得割の料金別の所得階層別の料金体系とするということでございます。具体的な改正内容について、新旧対照表の方でご説明をしたいと思います。
 新旧対照表の19ページをお願いいたします。
 1条でございますが、料金の規定でございますが、これまで・・・失礼しました。
 まず表題でございますが、これまでの料金体系に保育所型の預かり保育料を追加することから、表題を幼稚園授業料等と「等」という字を加えまして、「等徴収条例」に改めるものでございます。
 それから第1条でございますが授業料に、第1条も表題の解説同様にですね、授業料に、及び預かり保育料の規定を追加して、まとめて授業料等ということで規定するものでございます。
 それから第2条でございますが、これまでは条の中で直接規定をしておりました授業料と預かり保育料を別表での規定に改めるものでございます。
 第3項につきましては、これまでの規定に変更を加えまして、月の途中での入退園の場合の授業料の算定についての規定を追加しております。
 それから第3条から第5条でございますが、これも授業料等という「等」という語句に語句の改正を行うものでございます。
 それから第6条でございますが、(授業料等の減免)に改めるとともに、所得階層別の料金体系とすることに伴って、保育料と同様にですね、減免する場合の授業料等の減免の場合の考え方を整理したものでございます。
 それから次ページでございます。20ページからは、第2条の規定によります所得階層別の料金体系の別表でございます。
 別表第1と第2につきましては、いわゆる1号認定の満3歳以上の子どもについて、幼稚園教育と通常の預かり保育のみを利用する子供さんにかかる徴収金額を定めるものでございます。これは、さっきの別冊1の現行のいわゆる預かり保育の体系の方々に対する料金の体系ということでございます。それから別表第1の表の備考で、所得階層の判断基準となります市町村民税の所得割の適用時期、それから計算方法などの規定をしてございます。それから備考の4では、母子世帯等で負担の軽減を図る対象世帯についての規定をしております。
 それから21ページの備考の5でございますが、第3子以上の入園者への無料化の規定、それから同一世帯から二人入園している場合の半額の徴収とする旨の規定を設けてございます。これは、保育料との整合を図ったものでございます。
 それから22ページでございます。
 別表の2でございますが、預かり保育料にかかる階層別の徴収金額でございます。これは先ほどご説明したように、現在やってございます預かり保育の部分でございます。備考の第1の預かり保育の短期利用の場合の限度額にかかる規定をしておりますが、備考の2から4までは、別表の第1と同様の規定になってございます。それから備考の5につきましては、保育所保育料の同階層との負担額の均衡上、母子世帯、在宅障がい児等のいる世帯ではですね、市長が認める世帯に限って負担額をゼロとするものでございます。備考の6については、別表第1と同じ取扱いでございます。
 23ページの別表の第3でございます。
 これは先ほど申し上げましたように、幼稚園において実施する保育所型の預かり保育の階層別の徴収料金表でございます。保育所から移っていただきます方、園児につきましては、早朝からの園児の受け入れ、それから土曜日の保育、長期休業期間中の保育の実施と保育所と同様のサービスを提供することに伴いまして、保育所保育料と同様の負担をしていただくということで徴収金額を定めてございます。備考についての規定は、別表第1及び別表第2の説明、規定の内容と同じでございます。
 続きまして、別冊の4の方の2ページの方の資料をごらんいただきたいと思います。
 これは改正の考え方の概要をまとめたものでございますが、これは保育所と同じようにですね、料金体系を考える必要があることから、現在の表、今回改正しようとしております表ごとのですね、関係をそこに明示してございます。改正の料金表の中で、別表第1関係と太枠で囲っておりますが、いわゆる第1階層から第8階層までの区分については、保育所の保育料と同じ規定になってございます。ただ、保育所の方につきましては、いわゆる給食費等ですね、それから預かり・・・いわゆる拡大分の、拡大分というか朝の早い時間帯ですとか、夕方の時間帯まで含めて、経費をほとんど含めてですね、保育料として徴収している関係上、いわゆる今回幼稚園で行います預かり保育につきましては、例えば土曜日ですとか、それから給食センターから給食を提供していただいている関係上ですね、長期休養期間中は給食の提供がございませんので、その分を返金しまして月800円マイナスさせていただいております。それらを差し引いて、いわゆる保育所の保育料とそれから今回拡大して幼稚園に導入します預かり保育料との保育料の差が生じないようにですね、負担の均衡を図るためにマイナスした料金で徴収したいということでございます。料金の体系を定めているものでございます。
 それから、次の3ページの改正による変更点でございますが、基本的に改正前と改正後で比較してございますが、例えば減免によって、先ほどお話したように所得が低い第1、第2階層でございますが、授業料についてゼロにしてございます。それは、いわゆる保育料との均衡上ですね、ここでゼロにすることで、同じ負担額になるというようなことで改正したものでございますので、その趣旨でごらんをいただきたいというふうに思ってございます。いわゆる保育所における待機児童の解消のために今回、こども園に移行するまでの間にですね、幼稚園での預かり保育の導入をしたいと、保育所型の預かり保育の導入をしたいということでございます。ただし、先ほども申し上げました小規模保育の受け入れ先との関係がございまして、市内14園あります幼稚園のうち保育所型預かり保育を実施するのは、佐沼幼稚園、新田幼稚園、中田幼稚園、南方幼稚園の4園に限定させていただくということでございますので、よろしくお願いをしたいと思います。
 以上、説明とさせていただきますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようよろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終りましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
 それでは質疑あるようですので、ここで10分間休憩させていただきます。
 
          休憩 午前10時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時08分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 質疑を行います。16番、田口久義君。

16番(田口久義君) 1点だけお伺いしたいと思います。
 この条例の改正の趣旨は、低所得者世帯の負担軽減を図るためとありますが、そうすると全体、総計とすれば税収的というか、財政的にトータル的にはプラスになるのか、マイナスになるのか。その場合の差額、現行と改正した場合の差額は、大体概算でどれくらいになるのか、その点だけを。
 それから軽減になる世帯数も何戸くらいあるものか、その点についてお知らせいただきたいと思います。

議長(沼倉利光君) 学校教育課長、永浦広巳君。

学校教育課長(永浦広巳君) まず、この改正を行うことによって、財政的な負担というところですけれども、まず第3子以降無償化というものも含めてですが、1,500万ほどの影響額が出ると試算しております。この試算は、今年の入園児を想定した算定での試算ですけれども、1,500万ほどの影響があると試算しております。
 それから減免の対象人数ということですけれども、これにつきましても今年度で申し上げますと、大体2階層、3階層に該当する、今年の場合ですと該当している世帯の割合が1割程度ということになりますので、その1割程度ぐらいの軽減世帯があると想定しております。

議長(沼倉利光君) 16番、田口久義君。

16番(田口久義君) 1割というのは、何戸ぐらいに。大体でいいんですけども。

議長(沼倉利光君) 挙手願います。学校教育課長、永浦広巳君。

学校教育課長(永浦広巳君) 現在、園児数が660人ほどおりますので、複数いる世帯もいますけれども大体60数件、想定しております。

議長(沼倉利光君) いいですか、ほかに。2番、日下 俊君。

2番(日下 俊君) それでは、提案説明書の20ページの第7条の3号についてお聞きします。
 階層区分における税額ということであるんですけれども、園児の父及び母の税額の合計額とするとしております。その下に、「園児の父又は母以外の世帯員が家計の主宰者である場合は、その者の税額を合算した額とする」というふうに記載してございますけども、保育所の保育料に関しては全員のを合算した金額で算出しているということだったんですが、これを見ますと、もし父母が、この多分おじいさん、おばあさんだと思うんですけれども、おじいさん、おばあさんより高い場合は、このおじいさん、おばあさんの収入を除いた税額で付加するということでよろしいんでしょうか。

議長(沼倉利光君) 学校教育課長、永浦広巳君。

学校教育課長(永浦広巳君) 幼稚園の授業料での算定方法ですが、基本的にはその世帯の主たる、父母の税額の合計でこの階層区分を算定することにしております。
 ただ、その父母が収入が低い場合でそれ以外の、父母以外の家族の構成員がその生計の主宰、主たる所得者という場合は、その税額も含めた額でこの階層区分を認定するというものでございます。

議長(沼倉利光君) 2番、日下 俊君。

2番(日下 俊君) 例えばですね、私どものような例えば個人経営のものが、例えば家族経営をしていた場合に、おじいさん、おばあさんが低い場合もありますし、家庭内で給料上げ下げすることはできるわけですね。そうすると極端な話、父母の給料を下げて、おじいさん、おばあさんの給料を上げた場合には、全部足して全合計となりますけれども、ただおじいさん、おばあさんのやつが父母より低く抑えた場合は、その父母の合算で許可するということになるとは思うんですけれども、いかがでしょうか。

議長(沼倉利光君) 挙手願います。学校教育課長、永浦広巳君。

学校教育課長(永浦広巳君) 実際の所得よる税額で判断することになりますので、父母が極端に所得が低くて、それ以外の方が取得が多くて、主たる生計維持者ということであれば全体での判断になります。

議長(沼倉利光君) 2番、日下 俊君。

2番(日下 俊君) ちょっとその辺、非常にあやふやというか、決めてないよみたいな感じの答弁なので、しっかりとその辺をいろんな場合を考えて想定された方がいいと思いますし、例えば今、同じ家の中で同居、同じ生計をしている家族もございますけれども、最近見ますと同じ敷地内で別棟で生活をしている家庭もあります。ただ泊まるだけの部屋、別棟で。そして食事とか、お風呂とか母屋に行って入るよという人もいるんですけれども、そういった方の考え方というのは、どういったふうになりますか。

議長(沼倉利光君) 学校教育課長、永浦広巳君。

学校教育課長(永浦広巳君) 実際判断する場合ですが、実際の住民票だったり、住民票ですね。そういったものから判断せざるを得ないところもございますので、住民票から判断していくことになるかと思います。
 すいません。所得の関係につきましては、申告に基づく税額、住民税になりますので、それに基づく判断ということになります。

議長(沼倉利光君) いいですか。特別に発言を許可しますので、2番、日下 俊君。

2番(日下 俊君) すいません。今、住所で判断というんですけども、ですから同じ住所・・・

議長(沼倉利光君) ごめん、ごめんね。答弁者ね、しっかり質問者に答えるようにしてもらわないとこういう形になりますので、答弁者の方、気をつけてください。2番、日下 俊君。

2番(日下 俊君) ですからお聞きしたいのは、今、番地で判断ということですから、例えば25番地、一つありますけども、同じ敷地で別棟だと多分25の1とか、2とか枝番で書いてあると思うんですよ。そういったときはどうするんですか、ということをお伺いしているんです。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 先ほど学校教育課長が申し上げた趣旨はですね、基本的に税の申告と同じで同一世帯、同一生計か別生計かということの区分は当然、税の方で判断されていますので、その取扱いに準じて、その限度額の計算についても計算させていただくという趣旨でございますので、よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。3番、佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) 3点ほどお聞きしたいんですけど、まず1点はですね、この預かり保育する人数なんですけども、幼稚園、前からよく議論されていました入園率がかなり、やっぱり40、50というような、正確な数字は忘れましたけども、そういった残りの人数でこの預かり保育の人数を決めるということなんでしょうか。
 まずそれが一つと、それから幼稚園と保育園の、これも前にもいろいろ話がありましたけども、指導内容の調整というのはどういうふうにされてきたのか。
 それから3点目に、この人的体制はどういった格好で預かり保育を担うのか。
 その3点についてお伺いします。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 今回、拡大します保育所型の預かり保育の人数でございますが、先ほど別冊の4の資料でご説明したとおりですね、今もやっております通常の預かり保育の子供たちもおりますので、基本的に預かり保育の分も1学級というふうに考えてございます。幼稚園の学級の1学級の考え方で35人まででございますんで、その預かり保育とそれから拡大します保育所預かり保育をプラスしてですね、合計35人以内での受け入れになるというふうに思ってございます。
 その4園で計算して今のところ、保育所型の預かり保育で全体で受け入れ可能な人数については、68名程度かなというふうに思ってございます。4園で68名程度かなというふうに思ってございます。
 それから体制でございますが、基本的には今広報等で募集をしておりますが、この預かり保育の拡充、保育所型の預かり保育を実施するために、任期付きの職員採用をしたいというふうに考えております。それでその任期付きの職員採用をすることで、いわゆる正職員を預かり保育の保育に充てることで万全を期したいということで考えてございます。
 指導内容につきましてですね、基本的に幼稚園は幼稚園の指導要領ございますし、それから保育所については保育所指針がございますが、もともと保育指針の考え方については、4歳、5歳については幼稚園の指導要領をもとにしてつくっておりますので、基本的な部分については同じだというふうに思っています。
 ただ違いますのは、いわゆる1時半頃ですね、いわゆる保育の部分でございますが、それはお話したように、今度幼稚園に保育所型の預かり保育を入れることで通常の預かり保育の子供と、それからそれ以外の土曜日、それから長期休業の部分も来る預かりの子供さんがいらっしゃると。だから預かり保育の教室の中にですね、いわゆる通常の時間帯で帰る子供さんと、それ以外に土曜日とか、長期休業の時も来るお子さんがいるというか、二つになるというようなことは当然、心配しておりますので、預かり保育の計画をきちっと立ててですね、預かり保育事業が円滑に運営されるように幼稚園の方、指導してまいりたいというふうに思ってございます。

議長(沼倉利光君) 3番、佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) 四つの園で受け入れが68名可能だということなんですけど、そうすると先ほど4、5歳児の待機の関係からいきますとですね、どれぐらいカバーできるのかということと、それから今、任期付き職員の採用ということなんですけど、これ何名ぐらい採用予定なんですか。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 待機の現在、保育所の方で待機児童も含めて今、入所申込みを受けて調整しているところでございますが、昨年の実質のいわゆる保育所の待機の状況からすると、この人数丸々空けばですね、定員的には解消できるものというふうに思ってございますが、ちょっと今年の申込みの状況がわかりませんので、いわゆる保育所の場合ですと年齢ごとに受け入れするための必要な職員の確保数が違いますので、例えば0歳児ですと3対1ですし、あとは6対1とか、20対1とかというふうに各年齢ごとに対応の職員の基準がございますので、それに伴って受け入れられる単位も決まってございますので、それをできるだけ4、5歳児の分を幼稚園で受け入れられる分をですね、待機分を解消するために移っていただくということが今回の主でございます。
 それから先ほどお話した任期付きの職員の採用については、広報でもお知らせしておりますが、一応15名程度ということで採用としてございます。

議長(沼倉利光君) ほかにありませんか。5番、工藤淳子君。

5番(工藤淳子君) 何点かお尋ねしたいと思います。
 今回のこの授業料、公立の対象は佐沼、新田、中田、南方何ですけども、このほかに私の登米町の方で民間2カ所だけの民間幼稚園、登米幼稚園がありますけど、この授業料はこの第3関係の預かり保育料、具体的な額はどうなるのか。登米幼稚園はこども園の方じゃなくて施設型、確か幼稚園としてそのまま継続してやりたいということでやっていると思うんですけど、その保育料はこれに準じて行うものなのかというとこと。
 2点目は、それぞれ預かり保育料の中に減免が、「災害、その他やむを得ないと認めるとき」とあるんですけど、災害、その他の部分ではどういう条件のときに認められるのか、そのこと。
 それから前の質問者の方も任期付き職員に、一般質問でもしたんですけど、2年限定、募集要項には両方の資格を持っている幼稚園と保育園、両方持っている資格の人を2年間と確かなったと思うんですけど、その後はいろいろどういうふうに想定して2年になるのか。この2年過ぎたあとの体制はどうなるのかなって、その点をお願いします。

議長(沼倉利光君) 学校教育課長、永浦広巳君。

学校教育課長(永浦広巳君) まず、別表第3関係の保育所型預かり保育料の料金ですが、これにつきましては登米市立、公立幼稚園の保育所型預かり保育料を行う場合の料金ということになります。それから私立幼稚園の幼稚園授業料につきましては、別に定めることになります。
 その料金につきましては、今後ですね、1号認定、2号認定、3号認定の料金体系の中で1号認定として規定、設定ですね、していくことになります。ですので、また私立幼稚園につきましては、また別の規定ということになります。
 それから減免の対象となる災害ということですけれども、これまでも災害等で減免しておりますが、地震での家屋の崩壊、崩壊があったりですね、そういったことで、そういった場合に適用していくということになります。

議長(沼倉利光君) 学校・・・失礼しました。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 補足説明をさせていただきますが、私立幼稚園の場合は、もともと独自の授業料をとっているところもあるものですから基本的に国の、登米幼稚園の場合は、来年から国の給付を受けたいということでございますので、国の給付で支給される部分、いわゆる支給の対象になる部分についてはですね、その負担のあり方は今の保育料と同じような、こども園と同じような料金体系になるんだと思うんですが、それ以外に認められればそれ以外の独自に徴収することもできるので、さっき学校教育課長が申し上げたのは、独自の料金設定をすることも内容によっては可能なもんですから、それは各園ごとで定めるようになるということでございます。
 それから2年後のいわゆる幼稚園、任期付きの採用が終った時点でですね、どうなるのかというようなことでございますが、先日ご説明した幼稚園と保育所等の再編も含めて、それの経過にあわせてですね、いわゆる待機児童の解消を図るということと、それから保育所と幼稚園のいわゆるこども園化を進めるという観点で、その事業の進捗状況にもあわせてですね、保育の状況に待機解消のために必要であれば、その時の判断で期間の延長であったり、それから人数の増減であったりというようなことは当然、2年後にさらにまた判断するようになるというふうに思ってございます。
 とりあえず今、見込んでおりますのは、2年を目処に採用して、任期付きの採用をして、この預かり保育も含め当面の保育事業にたえられるような職員の採用してまいりたいということでございます。

議長(沼倉利光君) ここで途中ですが9、番、中澤 宏君から中座の届出があります。10番、佐々木 一君を会議録署名議員として追加の指名を行います。
 質疑を継続いたします。5番、工藤淳子君。

5番(工藤淳子君) 私立幼稚園は独自というか国の給付ということで、そうすると大体でいいんですけども、具体的でなくていいんですけど、この預かり、今回示された保育料とは安くなる可能性は同じぐらいなのか。
 その辺と、それから減免の場合、今答弁の中は地震とか言ってましたけれど、災害の部分はわかるんですけど、例えば具体的に一般の市税とかほかの税では親が、例えば会社が倒産したとか、病気になって仕事ができないとか、そういう部分を聞きたかったんですけど、そういう部分は減免の対象にならないのかどうか。
 それから部長が言った「任期付き職員については2年間の様子を見ながら」と言うんですけど、なかなか保育士不足のところで、今回は正職ということでやりますけども何回も、そして足りなくなったときに、「また延長するかもしれない」と言いましたけど、子供というのは本当に環境、保育される保母さんとの信頼関係が大きく影響するんで、ちょこちょこ期間、短い期間にそういうんでなくて、もっと長期的な見通しでやるべきじゃないかなと。
 例えば大崎の、この間も言いましたけど、大崎の方は5年間という、任期付き職員の採用は条件の中に5年間となっていますけど、そういう長期間の採用ということ考えるべきでないかなと思うんですが、その辺をお願いします。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 1点目の減免の関係でございますが、いわゆる減免できる事由、減免の事由に該当するかどうかについては当然、そのときの状況を聞き取りして判断することになると思いますが、今さっき議員おっしゃるような事由であれば当然、年度の途中で経済状況が変わってですね、収入がなくなったとかってことについては、減免ということでなくて、いわゆるその事由によって納められる時期だったり、それから額、いわゆる収入がなくなることで階層の分類が変わるというかですね、そういうことで普通は処理されているというふうに思ってございますので、そのときの家庭の事情での相談には乗るということございます。
 それから任期付きの職員採用についての期間なんですが、先ほど申し上げたように、登米市の場合は幼稚園と保育園のいわゆるこども園化に向けた再編の進み具合もございますので、全体の事情からいえば当然再編、こども園化の実効が上がればですね、いわゆる施設からすれば集約されるということもございますので、その進み具合を見て判断をせざるを得ないのかなというふうに思ってございます。
 当然、民営化を希望される社会福祉法人もございますので、それらの職員採用についても当然関連してくるというふうに思いますので、それらとの動きを見ながらですね、とりあえず2年については考えておりますが、その時点でそれらの動きをもう一度検討させていただいて、任期の延長とか、それからについては判断をさせていただきたいというふうに思ってございます。

議長(沼倉利光君) 5番、工藤淳子君。

5番(工藤淳子君) 最後になるんですけれども、預かり保育料のとこに、別冊4の方に第2階層で「母子世帯等」となっているんですけど、これの中に父子世帯も入るんですか。それだけ。

議長(沼倉利光君) 学校教育課長、永浦広巳君。

学校教育課長(永浦広巳君) 父子世帯も入っております。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑ありませんか。17番、田口政信君。

17番(田口政信君) すいません。ちょっと条文構成上、内容については委員会でお伺いしましたので。
 6条ですけれども、先ほど今、工藤議員も触れられましたが、いわゆる現行には上位法の生活保護法というのが規定をされてございますが、あえてその6条部分から生活、いわゆる上位法の部分を削除した理由とですね、7条以降のいわゆる別表には生活保護法だったり、児童福祉法というものが規定をされているんですが、それで条例の構成上は大丈夫なのか。その点だけお伺いします。

議長(沼倉利光君) 学校教育課長、永浦広巳君。

学校教育課長(永浦広巳君) まず、最初の減免の関係から生活保護法が除かれたということですけれども、別表の方に生活保護の階層を設けましたので、こちらからは減免の対象とはしないという内容にしております。
 それから・・・。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 別表の作成でですね、いわゆる生活保護の世帯については、もともと授業料を全部ゼロにしてございますので、あえて生活保護の規定を減免などに入れなくても、もともとの料金、料金というか授業料を取らないということでございますので、それは整理をさせていただいたということでございます。
 それからもう1点目、ちょっと忘れてしまいましたが、料金のことだったでしょうか・・・その考え方でございます。すいません。

議長(沼倉利光君) 17番、田口政信君。

17番(田口政信君) 私は内容云々でなくて、「構成上、大丈夫か」ってことを聞いてるので、つまり本文に規定がないものを別表に規定されるという条文のつくり方というのは、あるのかというお伺いなんです。「それで大丈夫ですか」というお伺いです。それだけ確認させていただければ大丈夫ですから。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) もともとお話して、第1条の授業料の考え方のところでお話をすればよかったんですが、基本的に今まで個別に授業料とそれから預かり保育料、条立てして規定しておりましたものを表形式にしたということで、その授業料等の規定の仕方については別表方式に改めたものですから、本文の中であえて減免についてもですね、その規定については整合を図るために条文から外させていただいたということでございますので、法令上はいわゆるそういう整理で、ダブルでというか規定の仕方の考え方を整理させていただいたということでご理解いただきたいというふうに思います。

議長(沼倉利光君) 17番、田口政信君。

17番(田口政信君) そういう判断であればそれでいいんですけど、通常、私の考え方はですね、いわゆる何条に別表で定めるという項をうたって、はじめて別表が発生するという私の理解なんです。そういうんでないと、別表というのは勝手に一人歩きする別表になってしまうんではないかという危惧があるんですが、それで法制当局と調整してあるんであればそれで結構だと思いますけども、その辺は十分注意して条文の組み立てをしていただきたいというふうに要望いたします。
 こちらで答弁いただけるんであれば、そちらの総務法制関係の答弁の方、お願いしたいというふうに思います。

議長(沼倉利光君) 意味はわかりますね。総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 議案提案前にはですね、法制の担当の方と十分、条文の内容等については精査しているはずでございますので、その内容については誤りがないと考えてございます。

議長(沼倉利光君) ほかに。23番、二階堂一男君。

23番(二階堂一男君) 確認をさせていただきます。
 別冊4の2ページ、一番下の共通の欄でありますけども、多子世帯の軽減の中ですね、第2子は半額と。それで括弧書きで世帯で入園している二人目と、こういうことになりますと、例えば二人入っていたと。年代が進んで一人が小学校に入ったと。一人になった場合には、半額が帳消しになるのか。もとに返ってですね、全額になるのかとか、その辺確認したいんですが。

議長(沼倉利光君) 学校教育課長、永浦広巳君。

学校教育課長(永浦広巳君) 第2子の考え方ですけれども、ここではあくまで幼稚園に入っている人数での第2子、二人目ということですので、卒園して一人になれば第1子という数え方でございます。

議長(沼倉利光君) 23番、二階堂一男君。

23番(二階堂一男君) 内容はわかりました。
 そうするとですね、せっかく第3子以降は無償ということであれば、このですね、入園を抜いてですね、第2子半額というふうにした方がわかりやすいし、私は若い方々ですね、かなり元気がでるんでないかと、こういうふうに思うんですけども、その辺は考えなかったのかどうかお願いします。

議長(沼倉利光君) 政策提案は大丈夫。学校教育課長、永浦広巳君。

学校教育課長(永浦広巳君) 第2子の考え方ですけれども、これにつきましては、現在も幼稚園の軽減でですね、第2子以降という考え方がここと同じ、世帯で二人目ということですので、それをそのまま第2子につきましては、その数え方とするということにしております。
 それから第3子以降につきましては、こちらは幼稚園、そういう関係なく、第3子以降ということで、こちらについては無償ということでしておりました。

議長(沼倉利光君) 23番、二階堂一男君。

23番(二階堂一男君) やはり二人入ってとき、一人が小学校に行けば残った一人が全額になるということに理解をするとですね、やはり政策的な部分もあろうかと思います。全くあるんですね。3子以降が無償、それから、だったらば第2子は半額と、入園も何も記載しないでというふうなことをですね、ぜひと思うんですが、これは政策的なもんですから、市長にこの考えですね、やっぱり聞いておかないとうまくないんですが、市長の考えをお伺いします。

議長(沼倉利光君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) ご指摘をいただきました。
 幼稚園授業料全体としてもですね、政策的に大分ご負担を少なくするような取り組みをさせていただいているというような状況がございます。また、この幼稚園の問題に限らずですね、保育所の問題についても全体的な子育ての支援のあり方を再構築を、また十分な検討をしていかなければ、なかなかそういった部分までには今、現状としては踏み込むことはちょっと難しいというふうな判断をしているところであります。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。いいですか。13番、伊藤 栄君。

13番(伊藤 栄君) 今、ひと・もの・しごとふるさと創生で前回市長は、「1番の目玉は子育て支援ですよ」と。それで二人目以降は半額、三人はタダ、すごいことを言いましたね。そのときですね、二人目、1番目が18歳になるまで、いわゆる子供は三人ですよ、という私は解釈してましたよ。つまり現行のままですと、1番目が小学校に入れば何ら変わりはないですよね。例えば2人兄弟だとします。1番目が幼稚園を卒園して、学校に入りました。2番目が幼稚園に入りました。全然半額にならないんじゃないですか。私の言っていることわかりますかね。
 これはね、市長、子供がやっぱりね、子供が今少ない時代で、何とか若いカップルが子育てしやすいようにということで市長もかなり力を入れておるんですけれども、子供を多くつくっていただくためには、やっぱりね、18歳とか二十歳とか上が成人になるまでやっぱりカウントしないと何にも意味ないのではないかと。そうなりませんか、市長。
 こういうこと書いていますけれども、いかがでしょうかね。前に質問、「前に18歳になるまで」ということを何か記憶あるんですけれども結局、その言ったことをここに出さないと。と思いますが、いかがでしょうかね。

議長(沼倉利光君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) まち・ひと・しごと創生総合戦略の中で、ご説明をさせていただいた内容についてご質疑をいただきました。
 あのときにお話をさせていただいた内容といいますのは3子以降、特に3子以降のですね、多子世帯への支援をしっかりと進めていくという旨でお話をさせていただいたところでございます。
 今現状、登米市内のお子さまをお育ていただいている皆さんの平均的な人数というのは、だいたい今現状にお二人というような状況でございます。でありますから、何とかもう一人子育てをしていただいてですね、まずは少子化に当たってのしっかりとした支えをぜひ進めていきたいということで、3子以降ということで、そういった取り組みを今させていだいてございます。
 また、3子以降についての制限撤廃等につきましても、例えばできるだけ幅広く取り組むことができるような取り組みとして、今回ご提案を申し上げたところでございます。2子以降ということになりますと、先ほどもお答え、今23番議員にもお答えをさせていただきましたが、この幼稚園授業料にとどまらず保育園授業料等も含めて取り組むというような形になるようになると思います。そういたしますと、相当な財政的なありようというものについてもしっかりと踏まえて、政策的な判断をしなければならないというふうにも思っているところでございます。
 そういった意味では、今現状としてまずしっかりと取り組むことができる内容として今回ご提案をさせていただいておりますので、ご理解をお願い申し上げたいというふうに思います。

議長(沼倉利光君) 13番、伊藤 栄君。

13番(伊藤 栄君) 「ご理解してください」とかね、「多子世帯の軽減」というのは何となくわかるんですけれども、実際にね、この登米市で3子、子供が三人いるという世帯はまれですよ。全くまれだと思いますよ。まず二人。詳しい3子の方が何パーセントいるかわかりませんけども、まずうちの方では三人というのはいません。多子というのはやっぱりね、二人目、二人から考えてもらえませんと。どうせやるんですから。
 それでね、保育園も多子世帯の軽減で、2子は世帯で入園している二人目以降半額、3子以降は無償、保育園もこうなっていますよね。これをね、市長ね、やっぱり思い切ってやるべきですよ。これこそふるさと創生会議、ふるさと創生でしょう。
 何とか子育てしやすいような環境を、行政がやっぱりここに視点を設けてやるべきではないかなと思いますよ。市長、「理解してください」と言っても、やっぱりね、なかなか難しいと思います。多子世帯というのは、やっぱり二人からですよ。そういうことをよく考えていただきたいと思います。

議長(沼倉利光君) 6番、浅野 敬君。答弁は、答弁はいいんですか。

6番(浅野 敬君) 私言ってからでいいから。

議長(沼倉利光君) 6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 13番、伊藤議員と同じ考え方を思っております。私も教育民生、所管でありまして、この辺を気づきませんでしたことを恥じ入る次第であります。
 これは政策として大いに進めた方がいいと思うし、大体わかりにくいことではダメだというふうに思うんです。ですから、全く伊藤議員と同じ主張になるわけなんですが、この条例の、いわゆる今この段階でですね、ここの共通とかっていうことを別に生かさなければこの条例生きるんでしょ、今のままで。そこだけ確認させていただきたいし、財政的な負担というような、できない理由をおっしゃいましたが、例えば保育園の方も全部ひっくるめても、いくらとも変わんないんじゃないかというふうに思うんですが、何億ぐらい違ってくるんでしょうかね。ちなみに聞かせていただきたい。

議長(沼倉利光君) 答弁を求めます。いいですか。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 今回、幼稚園の授業料の改正ということでお願いをしておりますが、基本的に今回の趣旨についてはですね、多子世帯については、3子以上の多子世帯についてはお話のあったように、いわゆる政策的に多子世帯の負担の軽減ということで、3子以降は無料ということでございますが、2子については、いわゆる同時期にですね、同じ時期に結局、幼稚園に入っていた場合の負担の軽減を図るということでの趣旨でございます。当然、卒園して小学校に入れば、幼稚園の分はかからない分でございますので、その意味での負担軽減ということでございます。
 それで前のいわゆる保育料の方からいえばですね、ちょっと私の考えですが、基本的に保育料全体を国の標準よりも登米市の場合は軽減してございますので、いわば国の基準の6割程度にしてございますので、その軽減分での効果として大体、当時の試算で9千万ちょっとだったというふうに思いますが、基本的にその分は他市よりもですね、保育料をいわゆる安くしているということで、それを基準に今回の幼稚園の授業料についても保護者負担のあり方を考えてございますので、もともとの保護者負担自体がですね、他市に比べて軽減しているというようなことで、その分についてはPR不足の点もあるかと思いますので、その辺も含めて登米市は努力はしているということでご理解をいただければというふうに思います。

議長(沼倉利光君) ごめん、質問者はですね、「これをやった場合、どの程度の負担になるか」ということをお尋ねになっているので、そこに答えていただけますか。市民生活部長、神田雅春君。

市民生活部長(神田雅春君) 今、ご質問のあった金額につきましては、まち・ひと・しごと創生の中で一応試算はさせていただいてございますが本日、大変申し訳ありませんが、資料を持ってきてございませんので、後ほど示させていただきたいと思います。

議長(沼倉利光君) 答弁がですね、保留ということでありますけども、昼食近いので、もしほかに質問があればこの質問の方を優先して、あとは昼食後の答弁という形にしたいんですけども、ほかに質問のある方いますか。ない。
 それではここで昼食のため、午後1時まで休憩といたします。
 
          休憩 午前11時55分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 先ほどの質疑を継続します。答弁を求めます。福祉事務所長、熊谷 一君。

福祉事務所長(熊谷 一君) 6番議員さんの保育料関係の第2子の関係でございます。第2子の年齢を18歳までカウントを上げた場合ですね、保育所では人数的には300人ほど、金額にして3,092万3,000円ほどの減収となります。

議長(沼倉利光君) 6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 3,000万が多いか少ないかについての考え方が分かれるところだろうと思っております。登米市の基本的な政策として、そのくらいを思い切って貫くことができないのかなと。それは議会と市民との意見交換会でよく出されました「新庁舎建設の前にやることがあるじゃないか」ということが、今はっきりと私にはわかりました。こういうことをやるべきだという市民の考え方が強いんだろうなと思ったところであります。でありますから、その辺をお考えていただいて、直せるものであれば直していただきたいというのが私の考えでありますが、どうでしょうか。

議長(沼倉利光君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) このことだけに捉われず子育ての支援のあり方というものは、総合的に様々、今後とも検討していかなくてはならない大きな課題だというふうに思っております。経済的な支援、また子育て環境の全体的なあり方、そういったものについても多角的にしっかりと検証を重ねながら、内容としてはしっかりと取り組みを進めてまいりたいと考えております。

議長(沼倉利光君) 6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) ですから、私どもがお話ししたことを取り入れるという考えでよろしいんでしょうか。いわゆる世帯の第2子を半額ということに、踏み切るということに受け止めてよろしいんでしょうか。ということは、途中からまたね、元に戻るなんていうことは、やっぱり受け止める方が非常に混乱すると思うんです。私は全てのことは、シンプルイズベストだというふうに考える方ですので、ぜひ結論的なことをお聞かせいただきたいと思います。

議長(沼倉利光君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 子育て支援について、様々なご要望やご期待もいただいているところでございます。もちろん経済的な支援もありますし、それからそれ以外の部分に対する取り組み等についても十分に検証を進めてまいりたいと考えております。いただいたご意見につきましては、今現段階ではそういった精査が行き渡っておりませんので、お答えにつきましては保留させていただきたい。ただし、その趣旨については、十分に我々としても理解をしたところでございます。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第127号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第127号 登米市立幼稚園授業料徴収条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。
 日程第8、議案第128号 登米市公民館条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) それでは、議案第128号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、迫公民館、新田公民館、南方公民館及び津山公民館の冷房機器設置に伴い、冷房料を定めるため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては、教育部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。

議長(沼倉利光君) 議案内容の説明を求めます。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 議案第128号 登米市公民館条例の一部を改正する条例についてでございます。議案書は25ページ、提案理由説明書の26ページに新旧対照表がございますので、あわせてごらんをいただきたいと思います。
 今回の改正でございますが、迫公民館、新田公民館、南方公民館、津山公民館の各部屋に、これまでなかった冷房装置を整備したことに伴いまして、施設使用料の各部屋ごとの冷房料金の規定を追加するものであります。
 新旧対照表の方をごらんいただきたいというふうに思います。別表に各公民館ごとの施設使用料が規定されてございます。そのうち、今申し上げました迫公民館、新田公民館、南方公民館、津山公民館の各部屋のうち記載しております部屋について、これまで冷房の料金設定がございませんでした。いわゆる冷房設備がございませんでしたので、今般、冷房設備を追加して設備しましたので、それに伴います料金設定を行うものでございます。
 内容については以上でございますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますよう、よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第128号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第128号 登米市公民館条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。
 日程第9、議案第129号 登米市民俗資料館条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) それでは、議案第129号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、中田民俗資料室の老朽化に伴い、当該施設を廃止するため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては、教育部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申上げ、提案理由といたします。

議長(沼倉利光君) 提案内容の説明を求めます。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 議案第129号 登米市民俗資料館条例の一部を改正する条例についてでございます。議案書は27ページ、提案理由説明書の28ページに新旧対照表を載せてございますので、ごらんいただきたいと思います。
 今回の改正でございますが、登米市中田町宝江新井田にございます中田民族資料室につきまして、老朽化に伴い、用途を廃止して解体・撤去をすることから、本条例中の中田民俗資料室にかかる規定を削除するものでございます。
 中田民族資料室でございますが、旧新井田小学校の体育館を中田町域で民族資料室、民俗文化財の保管場所として使用しておりましたが、老朽化による雨漏り等で中に収蔵してございました民俗文化財の保存に支障が生じたことから、今般、その収蔵されておりました民俗文化財について、昨年、旧善王寺小学校校舎に移設して、建物については用途を廃止するものでございます。
 説明については以上でございますので、ご審議の上、ご決定くださいますようよろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。14番、浅田 修君。

14番(浅田 修君) この件については反対するものではございませんけれども、ただ善王寺小学校の民俗資料文化財ですか、その分をどのような方向付けで今考えているのかですね。この善王寺小学校を見ますと、倉庫にしているというような状況でございましてですね、その行方が全然知れないという状況でございます。
 ただそこに突っ込んでおけばいいというような状況ではないと思うので、今後どのように計画をされているのか。その点ちょっとお伺いします。いつまで、どのような形で引っ越すのかお伺いします。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 旧善王寺小学校の校舎につきましては、市内にございます民俗文化財のうちですね、類似するものを含めて一旦そこに整理をさせていただいて、収蔵させていただいております。
 所管します教育委員会といたしましては、文化財保護委員等の方々のですね、ご意見を徴収しながら、さらなる民俗文化財の整理であったり、それからいわゆる展示してですね、お見せできるような設備をしなければならないと思ってございますので、年次計画でその整備を図ってまいりたいというふうに思ってございます。

議長(沼倉利光君) 14番、浅田 修君。

14番(浅田 修君) 一旦ということなんですけども、一旦の保管が何年になりますかね。随分になりますよね。それがどのような計画、どのように表されているのか、ちょっとお伺いするということなんです。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 現在、検討中でございまして、年次計画で、先ほども申し上げたように基本的な方向としては展示設備だったり、分類だったり、表示だったりということで公開できるような状態に持っていくということで方向性は定めでございますが、基本的な「何年にどういうという設備を」ということは、これからの検討ということでございます。

議長(沼倉利光君) 14番、浅田 修君。

14番(浅田 修君) しばし前からのその答弁なんですよ。それが気が付いたら、善王寺小学校にみんな保管されているような状況でありますので年次計画が、いつからその年次計画立ててやるの。それを聞きたいんです。そういった見通しがどのようになっているのか。今から検討するという話じゃないでしょう。移動する時点からもう検討されるはずじゃないの。善王寺小学校掃きだめのところでないよ。ごみの。
 そして、どのような価値があるかわかりませんけども、あれは欲しい人からみれば大きな財産ですよ。宝だと思いますよ。だからどういった形が、処分するなり何なり、そうでなければ建物を建ててそれを保管するなり、同じものも結構あるという中でね、やはりもうちょっと考えてね、早めにそういったものをどのような処分も含めてやった方がいいのかなと思うんです。どうなんでしょう。ずっと同じ答弁して、毎年同じこと話すんでなくて、たまにかわったことも考えてみたらどうですか。善王寺小学校、ごみの掃きだめみたいな形ではないんですよ。さっきも言ったように、欲しい人から見たら宝ですよ、あれは。ただそういったことも含めて考えてみてください。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 各町域の方々からいただいた貴重な民俗文化財というふうに捉えております。ただ今、分類、それから整理のために旧善王寺小学校に集めさせていただいておりますが当然、今議員からご指摘があったように保管の仕方も含めてですね、価値等も含めて判断する機会が当然、我々が事務の職員が判断するわけにもいきませんので、文化財保護委員の方々と協議しながら、その整理の仕方についても今検討しているところでございますので、できるだけ早い時期にですね、整理がつくように頑張りたいと思ってございます。
 よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第129号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第129号 登米市民俗資料館条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。
 日程第10、議案第130号 登米市介護保険条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) それでは、議案第130号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律が平成28年1月1日に一部施行されることに伴い、同法別表第1の68の項及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律、別表第1の主務省令で定める事務を定める命令第50条第1項第11号の規定により、保険料の徴収猶予及び減免の申請事項に個人番号を加えるため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては、総務部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。

議長(沼倉利光君) 議案内容の説明を求めます。総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) それでは、議案第130号 登米市介護保険条例の一部を改正する条例についてご説明を申し上げます。
 議案書につきましては28ページ、それから新旧対照表につきましては、提案理由説明書の29ページでございます。
 今回の条例改正につきましては、マイナンバー制度の導入によりまして、いわゆる番号法が来年1月1日に一部施行されることに伴いまして、主務省令により介護保険料の申請事項に個人番号を加えることとされたために、本条例の一部を改正するというものでございます。
 改正部分につきましては、新旧対照表29ページをごらんいただきたいと思いますが、第10条につきましては保険料の徴収猶予についての規定ですが、その申請書に個人番号を追加すると。同様に第11条につきましても、保険料の減免の規定にも同じく個人番号を追加するという内容でございます。
 以上で説明を終わります。ご審議を賜りまして、ご決定くださいますよう、よろしくお願いします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。16番、田口久義君。

16番(田口久義君) 1、2点確認をさせていただきたいと思います。
 この個人番号が必要なのは、介護保険条例の中ではこの保険料の徴収・猶予、あるいは減免の申請の際には個人番号が必要になってくるという改正でよろしいわけですね。
 それでそれ以外の事務手続き等については、個人カードがなくても用は足せるという解釈でよろしいかと思うんですけれども、その点確認をさせてください。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 今回、条例改正をお願いしたのは、この介護保険条例で規定している部分だけでございまして、番号法にかかわってその条例を改正する必要があるのは、この介護保険条例で恐らく最後になると思います。
 それ以外については、規則だったりですね、規定の方での改正になりますので、そちらは必要に応じて改正になるということであります。

議長(沼倉利光君) 16番、田口久義君。

16番(田口久義君) 介護保険の部分について質問をしているわけでございますから、当然ほかの部分についてもそういった部分が出てくるのだろうと思います。
 それで本来はこの個人、マイナンバー制度については、123号で質問すればよかったのかもしれませんけれども、この議案130号の中にいろいろと個人番号の利用に関する施行することに伴いとか、個人番号を加えるためという部分が提案説明書の中にありますので、それに関連してちょっと2、3お聞きしたいと思います。もし、本旨から外れる場合には、議長さんにストップしていただいても結構でございますので。
 過般にも説明あったかと思うんですけれども、ちょっと私、このイメージがまだちょっとつかめていませんので、私の聞いた限りではこのマイナンバー制度というのは、個人カードというのは主に保険や年金が一つ、それから税制、そして三つ目に防災に関する部分で使用されるんだいうことを聞いております。
 そしてその個人番号カードというのは、身分証明をするためのといいますか、そういった類のものであるというふうに聞いておるわけでございますけども、例えば身分証明するとなると我々一般市民は、特殊な方は除いてもですね、あまり利用する頻度がないのかなと。仮に必要になっても、身分証明書を発行していただければいいわけだと思いますし、そういった意味では、郵便できましたよね。簡易書留できたあれを持ってカード申請をするわけなんですが、例えば我々、市民一般とすれば今のところあまり必要性がないものですから、特に申請しなくてもいいのかなっていう感覚でいるわけでございます。
 そういった考え方でよろしいのでしょうかと聞くのもおかしいかもしれませんけれども、いいのかと思いますけれども、そういったことも含めてですね、今後普及率はどのくらいに想定しているのか。その辺もちょっとお話をいただければと思います。
 とりあえず2問目、そういうことです。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、神田雅春君。

市民生活部長(神田雅春君) それでは、今ご質問のありましたマイナンバーの関係でございます。
 マイナンバーには今回、皆さん方に11月以降郵送で、簡易書留でいったものにつきましては、通知カードというものでございます。この通知カードによりましてですね、一緒に個人番号カードの申請も含めてですね、中に入っていらっしゃったと思います。それで身分証明のほかに何かに使うのかというようなお話しでございますが、今、e-Tax(イータックス)といいますか電子申告なんかにつきましてですね、住基カード等でやってございますが、今度期限が切れましたら全てこちらのカードで行うということになりますので、こちらの方も必要になってくるのかなと思ってございます。
 それから、普及率等につきましてどれぐらい見ているのかということでございますけれども、今年度の予算、補正でお願いしたものにつきましては、国でのカードの普及枚数というものを人口按分にさせていただきましたもので補正予算とらせていただいておりますが、その件数といたしましては6,000件という件数で一応算出してございます。

議長(沼倉利光君) 16番、田口久義君。

16番(田口久義君) 6,000件ということから聞いても、さほどあまり普及はしないのかなという感覚で捉えるわけでございます。ただ、多分これは私の推測ですけども、行政側とすればやはりマイナンバーカードがないといろいろ面倒くさいとか、時間がかかるとか、そういったような部分がもしかしたら出てくるのかなと。そういった部分で何年か後には、やはりこれをつくらざるを得ないような格好になるのかなと考えておるところでもございますけれども、その辺の見解。
 そして一つはですね、セキュリティの点も過般にも質問があったかと思うんですけれども、この介護保険に、仮に自分に関して庁舎においてそのカードを紛失したとか、あるいは誰か第三者にちょっと見せたとかなんかした場合に、そのセキュリティ部分にその番号については当然、知られないような格好になっているかと思うんですけれども、そのことも含めてですね、我々一般にはクレジットカードとかありますけれども、そういた類のものと同じ、セキュリティ上、考え方でいいのかどうか。その点も確認させてください。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、神田雅春君。

市民生活部長(神田雅春君) まずカードの普及につきましては、今現在、市独自で用意させていただいているのはコンビニ交付ということで用意させていただいておりますし、国の方でも今後保険等への利用等の活用も含めてですね、今検討されているところでございます。どちらかというと、使う人によっては利便性が非常に高まるということでございますので、その利便性が高いと思われる方につきましては、個人番号カードの作成に至るのかなというふうには考えてございます。
 それから紛失したときの際のということでございますけれども、それから他人に見せた場合ということでございますが、これもキャッシュカードなんかと同じようにですね、他の人に使っていただくというものではございませんので、紛失した場合等につきましては、届けていただいたときには、もうほかの番号等で新たな個人番号を通知するというような形にもなりますし、セキュリティにつきましても悪意があった場合等につきましてはですね、非常に厳しい罰則規定なんかもございます。
 それでなくした場合の、今回の新条例での申請になりますが、例えばカードつくらなくても個人番号、通知カードで番号がわかりますので、その番号がわかれば、それで申請するものについては構わないということでございますので、特別個人番号カードを持つ必要は今回の条例のほかにはございません。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第130号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第130号 登米市介護保険条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。
 ここで説明員入れかえのため、暫時休憩します。
 
          休憩 午後1時29分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時30分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 日程第11、議案第131号 登米市営住宅条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) それでは、議案第131号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、福島復興再生特別措置法の一部を改正する法律が平成27年5月7日に施行されたことに伴い、公営住宅の入居資格の特例を見直すため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては、建設部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。

議長(沼倉利光君) 議案内容の説明を求めます。建設部長、千葉雅弘君。

建設部長(千葉雅弘君) それでは、議案第131号 登米市営住宅条例の一部を改正する条例につきましてご説明を申し上げます。議案書は29ページ、提案理由説明書につきましては5ページ、それから新旧対照表につきましては、同じく提案理由説明書の30ページ、最終ページとなります。
 今回の条例改正につきましては、ただいま市長、提案理由で述べましたとおり、福島復興再生特別措置法の一部を改正する法律の施行に伴います改正でありまして、公営住宅への入居者資格の特例としての単身での入居特例につきまして改正前の特別措置法の規定では、平成23年3月11日において避難指示区域内に居住し、その後、避難指示区域外に避難した方を住居制限者として特例の対象者としてきましたが、今回の特別措置法の改正によりまして避難解除区域等に帰還された方のうち、何らかの事情によりまして避難解除区域等から出て、別の区域に居住された方を特定帰還者として区分し特例者としたことから、条例の改正を行うものでございます。
 提案理由説明書30ページ、お願いいたします。新旧対照表でございます。表の右側が現行で、左側が改正案でございます。
 右側、現行の第7条第1項第6号の規定におきます福島復興再生特別措置法第30条は、居住制限者を指すものであります。左側、改正案の第6号の規定につきましては、改正後の福島復興再生特別措置法で第28条が特定帰還者、第40条が居住制限者を指すものでありまして、従来の居住制限者に特定帰還者を加え、特例対象者とすべく改正を行うものであります。
 説明は以上でありますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第131号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第131号 登米市営住宅条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。
 日程第12、議案第132号 第3次登米市行財政改革大綱及び登米市行財政改革実施計画の策定についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) それでは、議案第132号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、現行の第2次登米市行財政改革大綱の計画期間が平成27年度をもって終了することから、平成28年度から平成32年度までを計画期間とする第3次登米市行財政改革大綱及び登米市行財政改革実施計画を策定することについて、登米市議会基本条例第12条第2号の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 詳細につきましては、企画部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。

議長(沼倉利光君) 議案内容の説明を求めます。企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) それでは、議案第132号 第3次登米市行財政改革大綱及び登米市行財政改革実施計画の策定についてご説明申し上げます。
 議案書は30ページ、提案理由説明書は5ページの下段でございます。なお、説明につきましては、右肩に議案第132号と記載しております第3次登米市行財政改革大綱、それから第3次登米市行財政改革実施計画の2種類の資料で行いますので、ご準備をお願いいたします。
 まず、大綱についてですが、表紙をお開きいただきます。目次で、大綱の構成についてご説明を申し上げます。
 第3次大綱の構成については、大きく四つの項目立てをしてございまして、第1は目的、第2は、これまでの取り組みと第2次の検証を引き継ぐべき課題についてまとめてございます。また第3では、改革の必要性、基本理念、体系、基本方針、さらに第4の進め方では、推進期間などについて記載しておるところでございます。
 次に、1ページをご覧いただきます。
 初めに第1の目的ですが、時代の変化に適応した自治体として進化をしていくため、第3次の行財政改革大綱を策定するものでございます。
 次に、第2のこれまでの行財政改革の取り組みと課題ですが、平成17年度から27年度までの期間で取り組んできた財政改革の行財政改革の取り組み実績と第2次の検証と引き継ぐべき課題について、1ページから3ページにまとめてございます。
 2ページからのその2の引き継ぐべき課題ですが、(1)の市民参加のまちづくりの推進、(2)の公共サービスの担い手の多元化、(3)の簡素で効率的な行財政運営の推進。次に3ページになりますが、(4)の職員の能力開発と行政サービスの向上、(5)の安定した財源の確保、(6)の健全な財政運営の推進の6項目にわたりまして、その項目ごとにこれまでの取り組みの概要と引き継ぐべき課題について整理をしてございます。
 次に、4ページをお願いいたします。
 4ページから12ページにかけては、大綱の基本理念と基本方針についてでございます。初めに、1の改革の必要性として、(1)の地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進、(2)の財政状況の①、歳入の状況、5ページの②、歳出の状況、次に6ページになりますが、(3)の人口減少、少子高齢化に伴う行政課題の多様化、次に7ページでは、(4)の定員適正化計画に基づく職員数の状況として、それぞれ項目を立てて改革の必要性を記載してございます。
 次に、8ページの2の基本理念でございます。
 前段の改革の必要性を踏まえまして、時代にふさわしい効率的で質の高い市政の実現を図るため、協働による持続可能な行財政運営の構築を基本理念としてございます。
 次に、3の体系でございますが、13ページの体系図をお願いいたします。13ページでございます。
 第3次行財政改革を実行するために、協働によるまちづくりの推進、持続可能な財政運営の推進、効率的な行政運営の推進の三つの基本方針を定め、それらを具現化するため九つの重点項目と17の取り組み項目を設定し、取り組むこととしてございます。なお、9ページからの4の基本方針に掲げた各取り組み項目の内容については、実施計画の中で具体的な取り組み事項をご説明させていただきますので、ここでは省略をさせていただきます。
 次に、12ページをお願いいたします。
 第4の第3次行財政改革大綱の進め方ですが、推進期間は平成28年から32年度までの5年間でございます。推進体制は、市長を本部長とする行財政改革推進本部を中心に、関係課長等で構成する行政管理改善委員会において効率的な運営を図ってまいります。さらに外部委員で構成する行財政改革推進委員会において、ご意見やご助言をいただくこととしてございます。また、進行管理では実行性を確保するため、取り組み項目ごとに実施計画を策定し、達成すべき目標や目標値、期間等を定め、PDCAサイクルによる進行管理を行ってまいります。また、その進捗状況については、公表することとしているところでございます。
 続きまして、実施計画についてご説明をさせていただきますので、実施計画の方の表紙をお開き願います。まず、目次ですが、実施計画の構成は計画の位置づけ、計画期間、進行管理、実施計画の四つの項目立てをしてございます。
 それでは、1ページになりますが、1の実施計画の位置づけでございます。
 行財政改革大綱で定めました三つの基本方針を確実に推進するため、実行プログラムごとに実施時期や達成年度、達成すべき指標を明らかにし、行財政改革を推進するものでございます。2の計画期間、3の進行管理については、先ほど説明をさせていただきましたので省略をさせていただきます。
 次に、2ページでございます。
 ここからが実施計画となりますが、初めに基本方針(1)の協働のまちづくりの推進についてでありますが、①の市民参画によるまちづくりの推進として、1、市民活動を担う人材の育成など、4ページまで五つの実行プログラムを掲げてございます。
 次に、5ページをお願いいたします。
 5ページの②の多様な担い手の連携強化として、6の総合窓口業務等の委託の推進など、7ページまでにかけて五つの実行プログラムに取り組んでまいることとしてございます。
 次に、8ページをお願いいたします。
 ③の公正の確保と透明性の向上でございますが、10の行政情報の発信強化など、9ページの上段までにかけて3件の実行プログラムを掲げてございます。
 次に、9ページの下段からになりますけれども、基本方針(2)、持続可能な財政運営の推進についてですが、①の計画的な財政運営の推進では、13の中長期的な見通しを踏まえた財政見通しの策定など、10ページまでにかけて三つの実行プログラムについて記載をしておるところでございます。
 次に、11ページの②、安定的な財源の確保と経費の節減・合理化では、16の市税等の収納率向上など23ページまででございますが、24の実行プログラムに取り組むこととしてございます。
 次に、24ページをお願いいたします。
 ③の地方公営企業等の経営健全化でございますが、39の病院事業の経営健全化など、26ページまで六つの実行プログラムを掲げております。
 次に、27ページでございます。
 基本方針(3)の効率的な財政運営の推進ですが、①の効率的な組織構造の構築として、45の時代にふさわしい行政組織の見直しなど、29ページまでにかけて五つの実行プログラムに取り組んでまいることとしているところでございます。
 次に、30ページでございますが、②の人材の育成及び確保として48の職員研修の充実など、31ページ上段までにかけまして3件の実行プログラムに取り組んでまいることを記載してございます。
 次に、31ページ下段からの③、ICTの積極的活用でございますが、51の電子申請サービスの推進など、33ページまで4件の実行プログラムに取り組むこととしているところでございます。
 以上のですね、実施計画54プログラムが、第3次行財政改革実施計画の具体的な取り組みとなるものでございます。
 なお、最終の34ページには、基本方針から実行プログラムまでの流れを体系図としたものを掲載しておりますので、ご参照いただきますようにお願いいたします。
 以上で、第3次登米市行財政改革大綱及びその実施計画についての説明を終わらせていただきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。15番、佐藤恵喜君。

15番(佐藤恵喜君) この議案については、全員協議会2回ほどあったでしょうか。そこでも指摘しておりましたが、再度ダブる面もありますがお伺いしたいと思います。
 まず、この第3次計画で削減効果、第2次では35億8,000万という説明があったと思いますが、第3次計画ではどのくらい見込んでいるのかということです。それは収入というんでしょうか、それの増あり、あるいは支出の減ありということの関係だと思います。
 それから二つ目には、5ページの窓口業務の民間委託があります。これは全員協議会でも触れておりました。いわば市が業者に発注し、その請け負った業者が窓口事務を進め、そのときに疑義が発生したと。よくわかんないと、この事務どうすればいいのか。それを市の正規職員に照会すると、聞くと、事実上の指揮命令、答えれば事実上の指揮命令となり、偽装請負となるということで、東京などの労働局で指摘をしているという問題があります。
 茅ケ崎市の資料、これも前回言ったかと思うんですが、去年の11月19日、議会全員協議会に示した資料で、当初この本市のように窓口業務の外部委託をやろうとしたと。準備を始めたならば、今のような問題が出てきたと。その偽装請負に触れない範囲で業務を縮小してやってみるかと検討しましたらば、結果的には職員削減にならないと。費用対効果の面でプラスにならないと、メリットが出ないということなんですね。
 結論としては、こうしたことから市民課窓口業務等の外部委託を実施し、そのメリットが十分に出るためには、労働局の見解が「疑義照会の際には、現場責任者への指示ができると変更されることが不可欠だ」と結論づけて、窓口業務の外部委託が難しいと考えて、いわば通常どおり正規職員でやっていくという見直し方針を立てた、そういう自治体もありますので。これはこういう指摘があるのに、あくまでもやっぱりこれをやり通すという今日、示された計画でありますが、検討の余地、再度ないのかお伺いしたいと思います。
 6ページ、実施計画の6ページに保育所幼稚園民営化の推進もあります。
 ここに効率、効果的な運営ができるんだというふうに言っていますが、端的にお聞きしますけども、いわば直営での保育士の配置基準と民間の認可保育園の保育士の配置基準、基本的には変わらないと思うんですね。じゃあどこで効率化は図られるんでしょうか。保育士の人数は変わらないということだと思うのですが、その確認と、どこで効率化が図られるのか。効率化といいますけど、いわば人件費等をどうやって浮かせるのかというのを聞きたいのです。
 それから14ページに、保育料・幼稚園授業料の適正化というのがあります。
 これはこの前の議案で、幼稚園授業料の関係で保育料を含めて負担軽減、強い要求が各議員から出されたわけでありますが、ここでの適正化というのは今年、来年はもちろんしないんでしょうが、5年間のうちには適正化というのは値上げを見通しているんだと。いわば登米市の保育水準、国基準の6割で頑張るというのが今、示されてはおりますが、この見直しをすると、引き上げるという考えも含まれているのかというのをお聞きしたいわけです。
 次に、各種検診の関係であります。
 検診料の適正化、この適正化、ここははっきりですね、期待される効果として、自己負担を導入するというふうになっておりますね。いわば多くの検診項目、無料で進めてきて、誇るべき健康づくりの施策の一環だと思うのですが、これはやっぱりこのとおり自己負担を導入するというのは、強い決意なんでしょうね。
 なぜ私、これ問題かというと、今、市長自身も市民の皆さんの生活実態はわかると思うんですが、全てではないんです。もちろん所得格差というのが全国で問題になっておりますが、ぎりぎりの収入でぎりぎりの生活をしている市民の方々が、我々はもちろん、私はわかりません。正確な数字はわかりませんが、間違いなく増えているなあというのは、地域を眺めてもあります。そのぎりぎりの生活をしている方々が、一定余裕ある人からみれば、「1,000円、500円、検診料もらったっていいんでないの。自分の健康のためなんだから」と。それこそ健康づくりの意識づくりにプラスになるという理由で言ってもですね、ぎりぎりの生活の方にとっては、結局は受診、検診抑制ということが大変心配なるんですよ。
 したがって、そうしたことも踏まえての今回のいわば行財政改革なのかなと思うんで、これについても見解をお伺いしたいと思います。
 以上です。

議長(沼倉利光君) 企画政策課長、佐藤裕之君。

企画政策課長(佐藤裕之君) 私から1点目のですね、第3次行財政改革大綱の削減額について説明をさせていただきたいと思います。
 今回ですね、歳入、歳出両方合わせまして、計画全体で約35億8,500万円の削減額となってございます。また、内訳でございますけども、歳入の増加による部分が10億5,100万円、それから歳出の削減によるものが25億3,400万円となっております。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、神田雅春君。

市民生活部長(神田雅春君) 私の方からは、窓口業務の民間委託というようなことでお答えさせていただきます。
 これにつきましては全員協議会でもお話しさせていただきましたとおり、確かに議員ご指摘のとおり東京の方での労働局から偽装請負の指摘等がありましたし、茅ケ崎市での経営改善方針の見直しというのも資料的に提供をしていただいてございます。
 当市といたしましても、今後ですね、是正指導を受けている自治体、それから実際に窓口業務の委託を進めている自治体も数多くございます。その辺をどこが是正されて、上手くいっているところはどういうふうな形でやっているのかというのも含めまして、これから資料を収集しながら検討させていただくということでございます。決してメリットもないのに窓口業務を全てやるというような考えは到底、毛頭ございませんので、その辺についてはご理解いただきたいと思います。
 あと最後の検診の関係の方、先にちょっと答弁させていただきますけれども、これにつきましても本来、検診そのものにつきましては、生活習慣病の予防と疾病の早期発見ということでございまして、受診率の向上というのがまず一番最初の目的ではないかと思ってございます。
 その中でも各種検診での自己負担、どういうふうな形がいいのかというのも含めましてですね、今後、近隣の状況等も見ながら、負担についても検討させていただくというような状況でございます。これにつきましても無理な検診料の上げ方ということではございませんし、ちょっとした検診を希望する方につきましては、病院の方でもプチ検診等もやって自己負担をしながらやっているというのもありますので、より良い方向の検診について総合的に考えていきたいというふうに考えてございます。

議長(沼倉利光君) 福祉事務所長、熊谷 一君。

福祉事務所長(熊谷 一君) 私からは、実行プログラム7番の保育所・幼稚園の民営化の推進につきましてお話しさせていただきます。
 公立・私立でも今の保育所・幼稚園でそのままやっていく分については、これは職員の配置基準は定められておりますので、何ら公立・私立変わるわけではございません。ただ、ここに現状と課題があるとおりですね、大分幼稚園・保育園も老朽化しております。それに伴いまして、保育園では待機児童、それから幼稚園では定員割れというような状況もございまして、幼稚園の再編計画等もあるわけでございます。そういった中で認定こども園化に伴いまして、民間の方々から引き受けできるような施設については、民間さんのノウハウを生かしてもらった中で、再編計画等と市の計画等と見合わせながら、再編計画をしながら、ある程度民間のお力をお借りできる部分は、民間の力を借りて効率化を図っていくというようなことでございます。

議長(沼倉利光君) 15番、佐藤恵喜君。

15番(佐藤恵喜君) 市長にお伺いしたいんですが、窓口業務の民間委託の関係です。
 これはある職員の方の声も含まれているんですが、窓口業務というのは、例えば定型業務と。戸籍事務とか決まったことをやるんだと。申請あれば機械から出して、あとは申請者に渡すんだと。いわば定型業務で、何ら複雑なことはないんだと。だからこれは民間委託結構でないかというのがスタートの考え方のようなんですが、私はそうは思えないんですよね。
 例えば、戸籍事務の関係でいえば、出産だとか、死亡だとか、結婚だとか、離婚だとか、人生にとって喜びでもあるだけでなくて、大変な困難なことで申請せざるを得ない。本当に本人にとっては、窓口に行くのも大変な思いをするという場合もあると思うんですね。そのときに窓口の職員の方が、どんな声をかけたりとか、直接的に聞かれないのに声をかけて余計なことを言うという意味ではないですよ。しかし、この不安などを動作等から、表情から察してですね、必要な判断も職員の立場でやれる場合もあるんだろうと思うんです。
 議会の意見交換会で昨日、総務常任委員会の担当だということで、意見の一つに窓口対応のこともありました。支所の。私は、やっぱり人員配置と同時に、やっぱりプロの職員として市民に接すると、そのことによって「今、市民の置かれている状況がどうなっているのかなあ」というのを肌で感じると。そして、それが政策に反映されて行くと。こういう何て言うんですかね、前線というのも言葉はおかしいんですが、いわば市民と直接日常接する窓口というのは、機械的仕事で終わりだという対応ではないというふうに思いますので、そういう点ではメリットがなければやらないという部長答弁ありましたが、そもそも検討テーマから外すと、なぜできなかったのかということを市長からお伺いしておきたいと思います。
 もう一つは保育所の民営化なんですが、効率化というのは人員は変わりないんだと今、所長答弁ありました。そうすると、どこで事業費が浮くんだろうと。結局は民間の保育士さん、低賃金なんです。なかなか国の運営費のあれは、ちょっと今正確には忘れましたが、負担する分ありますが、毎年定期昇給するようなそういう仕組みにはなっていないんです。なかなかベテランになっても賃金が上がんない。もちろん若い人も安いということで、保育士不足になっていると。そういう中で、全て民間に持っていくというようなそういう計画でありますけども、これもちゃんと見直すべきではないでしょうか。
 前にも申し上げたように、栗原市は全部直営でやっていくと、これからもと。ここにもまた、それこそ若い人たちにとって魅力のあるまちづくりの点から、また大きな遅れをとるということにつながりかねないのではないかと心配するんでありますが、この点。
 検診についてもぎりぎりの生活の市民の実態を考えれば、繰り返して悪いんですが、余裕ある人は1,000円、2,000円の負担はどうでもいいかもしれないというか、頑張ってやると思うんですが、ぎりぎりの方の生活を思い浮かべるならば、長年頑張ってきたこの登米市の誇るべき検診の無料化での自己負担導入というのも、これもおかしいんではないかと思うんですね。
 市長からその三つの点、再度お伺いしておきたいというふうに思います。

議長(沼倉利光君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) ご質問いただきました。
 窓口につきましては、定型的な業務という部分ともちろん相談窓口といいますか、そういった部分での様々な役割というものが求められるというふうに思います。そういった意味では、やはり窓口の中でもですね、やはり市民の皆さんのしっかりとしたニーズをくみ取ることができるような窓口の体制のあり方、そういったものについても当然、今ご指摘をいただいたような点も踏まえながら検証を示していかなくてはならないというふうに考えているところでございます。要するに、しっかりとした対応が求められる部分と定型的な部分という形の中でですね、窓口の機能が、要するに取り分けてそういった対応ができるのかどうか、そういったことについてもしっかりと検証をしていかなくてはならないというふうに考えております。
 それからこども園等の民営化についてのご指摘をいただきました。栗原市さんとの取り組みの違いということで、お話をいただいたところであります。
 そういった意味では、今現状、そしてこれからの短期、中期の状況等を見据えて考えますれば、やはり子育て支援策を含めた環境の改善をしっかりと進めていったにせよ、その効果が出てくるのは喫緊、すぐに出てくるわけではないというのが今の実情ではないのかなあというふうに思っております。そしてそういった中において、民間の事業所の皆さまにおかれましても、やはり少子化という流れは、これは保育事業者の皆さんが課題解決できるものではございません。ある意味、市がこれからしっかりとしたそういった受け皿を市が積極的につくるということは、もちろん市民の皆さんが選択肢をつくるという側面では良いのかもしれませんが、ある意味、民間の保育事業者の皆さんがそれによって保育士の確保でありますとか、そして入園児の確保が非常に厳しくなるということも想定をされるわけであります。
 しかしながらそういった中にあって、各保育事業者の皆さまから、「むしろ今、こういった状況の中で我々がもっともっと意欲を持って取り組んでいくことで、子育て環境を改善をすることができるのではないか」というような提案も含めて、その条件が整えば我々としてもしっかりと取り組んでいきたいというような姿勢を示されましたので、そういった中で、もちろんその計画等を我々もしっかり精査をさせていただきながら、しっかりとお任せできるというような判断に至れば、当然そういった皆さまに意欲的に取り組んでいただくことが必要ではないのかなというふうに考えているところでございます。
 決して、市として子育てを放棄をするということではなく、我々としてしっかりと果たさなければならないこと。そして民間の中で意欲ある取り組みをしているものについては、我々があえてそういった場に大きく踏み込むことはいかがなものかというような思いで、このような取り組みとして計画を出させていただいているような状況でございます。
 また、検診等におかれましても議員からもご指摘がございました。
 一定程度の皆さまにおかれましては、多少の負担は良いのではないかいうようなお話も今ご質問の中でもお示しをいただきました。やはりそういった意味では、市民にとって必要な検診のあり方の中で、どのようなご負担もいただくようなことができるのか。そういったことについても、しっかりと検証をしなければならないというふうに考えているところでございます。

議長(沼倉利光君) 15番、佐藤恵喜君。

15番(佐藤恵喜君) 検診の一定負担、議員からも発言あったと。これは受け止め方、市長そうではないんです。だからそういう方もいるだろうと。しかし、市民の生活のぎりぎりの状態がある中で、自己負担導入はダメでないですかと。検診、逆に受診を抑えることになりませんかと言ったのであって、全く捉え方は違います。一言。

議長(沼倉利光君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) ですから私は、検診はしっかりと受けていただく環境は必要だというふうに考えております。そしてそういった中で、議員からご紹介あったというのは、「有料化をせよ」ということではなく、「一定程度のご負担をいただける方については、いかがなものか」ということで、私の方としてはお話をさせていただいておったということでございます。
 要するに一律、皆さまからご負担をいただくことが取り組みとして検診の成果を、そしてその結果を我々として求めていく中で、どういったことが妥当な判断なのかということについては、しっかりと検証をしながら取り組みを進めてまいりたいと考えているところであります。誤解のないようによろしくお願い申し上げたいと思います。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。6番、浅野 敬君。
 すいません。ここで10分間休憩させていただきます。
 
          休憩 午後2時10分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時18分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 質疑を継続します。6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 前者に対する答弁で、この5年間の効果がおよそ35億とお聞きをしました。入りでプラス10億、そして出でマイナス25億でしょうか。
 私の感覚として、もう少し入りの方増やす計画でも良かったかなというような気もするわけですが、それは良しとして、出の方の25億の内訳ですね。多分1番が職員人件費の削減となっているけど、私は自然減だというふうに理解しますが、これで多分トップだと思うんですが、この実行プログラムのうちから、上位五つ程度を金額別に教えていただければと思いますがいかがでしょうか。

議長(沼倉利光君) 企画政策課長、佐藤裕之君。

企画政策課長(佐藤裕之君) ただいまのご質問についてお答えさせていただきます。
 1番大きいものでございますけども、議員お話のとおり人件費でございます。これが5年間で約20億9,000万円を見込んでおります。2番目でございますけども、公共工事のコストの縮減ということで、この部分が2億5,000万円でございます。さらに3番目でございますけども、予算編成におけます経費の削減ということで、これにつきまして1億を見込んでいるところでございます。それから4番目でございますけども、通信料金の関係で約1,700万円ほどを見込んでございます。それから5番目でございますけども、電気料金の削減ということで、約1,100万円でございます。これが上位五つでございます。

議長(沼倉利光君) 6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) こうした財政改革の大綱とか実施計画というのは、文章表現すればこのようになるだろうなというふうに思うわけでありまして、それに特別な異議を申し上げませんが、やっぱりこの評価されるのは計画したことが本当に実行されて、そして計画以上の効果があったということが評価のもとになるんだろうなと思っております。それが民間にも、あるいは還元できるもとになるんだろうなというふうに思うわけですので、ぜひその点を留意しながら進めていただきたいと思いますが、その決意のほどをトップの方からお聞かせいただきたいと思います。

議長(沼倉利光君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) ご指摘いただきましたこの計画は、立てるだけで終わりではないと。しっかり計画を進めながら、より以上の効果を求めよというご指摘をいただきました。
 これまでの取り組み等についても、やはり年度途中、また実施していく中でより高い効果が望めるものは、しっかりとその取り組みを進めていく、これが何よりも必要ではないかと考えております。絵に書いた餅ではなく、実行性のある取り組みとすべく、普段の検証と努力を重ねながら、より以上の効果を発揮してまいりたいと考えております。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) それでは、この件につきましては総務常任委員会の方でも調査をさせていただいたところでありますが、時間が足りなくて調査未了というふうになっているところもありますので、今後必要に応じて随時、進捗等々を調査していければというふうに思っているところでございます。そんな中で、何点かちょっとお聞きしたいというふうに思います。
 まず一つ、これまで改革の中の大きな改革としては定員適正化、それから指定管理、それから協働、民間委託等々、大きな改革を進めてきたわけでございます。それで一定の効果があったというふうには思っているところでありますが、企業だと経営が悪化した場合、人員の整理、それから資産の売却等々が非常に大きな改革でありますが、現場的には現場の業務改善というふうなのが基本中の基本というふうなことでありますので、その辺の今後の改革ではなくて業務の改善、その辺はどのように考えているのか確認させていただければというふうに思います。
 それから2点目でございます。国から示されている公共施設総合管理計画、それから今後導入される新しい新公会計の複式簿記の関係、それから固定資産台帳の整備等々があるというふうに思いますが、その辺の関係との整合性といいますか、リンクのさせ方。その辺、どのように考えているのか確認したいというふうに思います。
 それからもう1点ですけども、改革の見える化というような中で、現在ですと広報誌やホームページを使った情報公開というふうなことを進めておりますが、さらなる見える化をどのようにしていくのか。その辺、確認させていただければというふうに思います。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 日常の業務改善、そういったものをどう進めていくかということでございますが、ご指摘のとおり一つ一つの業務をどのように工夫すれば、今まで例えば1人でかかっていたものが0.7人になるとか、そういった取り組みはそれぞれの部署で必要だと思います。
 たまたまこの間、ちょっと事務のミスがありまして、それを契機に各部署に一つ一つの事務の見直しをですね、例示的に1件か2件そういった作業をして、全体の業務も同じような形で改善の見直しをしようというお話などをして、実際に取り組んでもらっておりますが、これは日常の業務であるというふうに捉えております。
 それから公共施設といいますか、総合管理計画の関係でございますが、これは登米市においては27年、そして28年の2カ年で取り組みたいと考えております。相当な事務量になりますので、一つには先ほど議員もお話のあったように固定資産、市が持っている固定資産の台帳、データ、それを全て整理するということになりますし、あとは公会計制度の導入にもそのデータは使われますので、相当な数のデータを整理していくという作業が今後出てまいります。そこら辺については、しっかり取り組んでまいりたいと思います。
 それから様々な形での情報発信、どうしていくんだということでございますが今、様々なツールでもって市民に対しての情報を発信しておりますけれども、その年代、例えばメールだったり、ホームページを対応される方、利用が可能な方、またそれ以外の方などなど様々いらっしゃるかと思いますけれども、そういった様々なツールを利用してですね、見える化というものには取り組んでいく必要があろうかなと思っております。

議長(沼倉利光君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) 大きな改革とは別に、やっぱりしっかり一人一人業務の改善、そういったことをきっちりしていくことが最終的には自治体経営につながっていくというふうに思いますので、その辺の徹底をしていただければというふうに思います。先進的なところだと、まずは時間の使い方の無駄の削除とか、その辺いろいろ考えているところもあるようでございます。その辺、しっかり進めていただければというふうに思います。
 それから行革については、やっぱりこれまで資産取得がなかなかやっぱり見えなかったというふうなことがあろうというふうに思います。それからそういった関係で財政コストが非常に見えなかったというふうな一面もありますので、その辺はやっぱり今後しっかり市民の皆さんに対しても見える化というような形をつくっていく必要があるというふうに思いますので、その辺もご検討いただければというふうに思います。
 それらもう一つ、先ほどから削減効果というふうなことで35億円というふうな金額ベースはわかるわけでございますが、どうも実感としては、市民感覚としてはその効果額がどのような形でどのように市民に還元されて、サービスが向上になったのか。市民満足度が向上になったのかというふうなところまでいくと、なかなか見えない状況にあると思うんですよ。
 そういったこともありますのでその辺、やっぱりもっと削減効果を見える形につくってはというふうに思っているところでございます。ちなみにふるさと基金なんかを例にとれば、しっかり使い道を限定して基金として積立てて、それに利用していくというふうな形をとられているというふうなことでありますので、その削減効果35億円分、丸丸とはいいませんけれども、しっかりそういった積立基金的なことにまわして、さらにそこから先の使い道をしっかり市民に見せていく、理解していただく。そして、市民満足度を向上させていくというふうな取り組みというのが非常に大事になってくるんだろうというふうに思いますが、その辺いかがでしょうか。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 1点目の件でございます。総合管理計画の目的には、「どういった資産があるかというものの把握」と「今後どのようなコストがかかるか」というものを明らかにしていくということでありますので、当然それは財政運営にも反映していくというものでしっかりその辺の整理をしてですね、こちらの方の見える化については進めていきたいと考えてございます。

議長(沼倉利光君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 2点目の削減効果額の使い道の使い方のですね、明らかにして経営努力がどういう形で実を結ぶかというか、振り返られるかというふうなことだというふうなことでございますが、これについて確かにお話のとおり、これまでの改革によって生み出された効果額の総額は押さえてございますけども、具体的なその活用方針を設定してこなかったというふうなことで、今のようなお話をいただいたものというふうに思ってございます。
 結果的にですね、効果額については財政の健全化、スリム化がどこまで達成されたかとの実績について、その振替として使っていくというふうなことで、ただいまご提言いただきました基金化というのも、確かに一つの方法だというふうには、今お話いただきながら感じたところでございます。
 そういったことも含めながらですね、今後考えていきたいというふうに思ってございますが、現行の第3次の行財政改革につきましては、第2次総合計画で掲げましたし、それから「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の重点施策、そういったものに投資していきたいというふうなことで、改革の前段での考え方もございますのでその辺の整理をですね、どういうふうに見えるようにできるかというふうなことを検討してまいりたいというふうに思ってございます。

議長(沼倉利光君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) せっかく全職員上げて行財政改革を進めているというふうなことでございますので、それをやっぱりしっかり市民の皆さんに見える形の中で説明責任を果たしていくべきだというふうに思いますので、今後ご努力をご期待します。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。25番、岩淵正宏君。

25番(岩淵正宏君) この実施計画ですけども、教育委員会部局部門というか、私はそこもほしかったのかなというふうに思っています。28年度以降であれば当然、小中学校の統廃合についても、もう計画に出ていても遅くないと。遅いくらいだというふうに思っています。もしね、今ある小中学校統廃合した場合の削減効果等もやっぱり試算しておくべきというふうに思いますが、それはまな板の上に乗せたことがあるかどうか。そこのところちょっとお聞きしたいと思います。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 幼稚園と保育所の再編とそれから小中学校の学校再編についても含めてですね、再編の基本方針はつくってございますが、いわゆる具体的な再編の方向性が基本的にまだ見えないので、その額の試算までに至ってないのが実情でございます。
 ただ、学校再編についての考え方を整理する段階で我々の検討はいたしておりますが、それがいわゆる各町域ごとにお邪魔をしてこれから説明会に入るわけですけれども、その方向性が見え次第、実施計画の中で掲載できる分については、順次掲載していくということで考えてございます。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑は。11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) 最終確認ということで、確認させていただきたいと思います。
 市が地域と行政が対等な立場で役割分担を行う市民協働の考えのもと、コミュニティ組織など市民活動になる団体の育成活動を支援していく。そういった協働体制を確立していく必要性の中で、今回この行政改革大綱の基本理念と基本方針ができてきた経緯があります。第3次を迎えた今、市長にお伺いしますけれども、登米市は集権統合型の登米市を目指していくのか、分権分散型を標榜していくのか。それについて、確認をさせていただきたいと思います。
 なぜかというと、一方で協働社会論を標榜してコミュニティ組織の存在を最近、非常にウェイトを大きくしております。そうするとそういうところから推察すれば、その向こうに見えるのは地域自治区というものの体制を標榜するのではないかという思いもするわけでありますので、そういったことを含めたときに集権統合型なのか、分権分散型なのか、その辺のご認識を再確認させていただきたいと思います。

議長(沼倉利光君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 画一的な分散化、集権化ということにはなかなかならないだろうというふうに思っております。やはり地域の皆さんの中でですね、課題を共有しながら、また我々もその課題を共有をしながら、ともに連携をしながら取り組むべき内容と、そして市としてむしろ主体的に機能をし、市民を守ったり、様々な支えをつくっていったりする部分というものをしっかりと我々は認識をしなければならないというふうに思っております。
 そういった意味では地域活動といますか、そういったものについては、やはり分散型の取り組みの中で、そしてかといってそこだけでやはり解決をしないようなものについては、市が責任をもってそれを支えるという、補完の取り組みの中でですね、我々は機能をしっかりと果たしていくべきではないのかなというふうに考えているところであります。

議長(沼倉利光君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) その今の説明からすれば、地域自治区というふうなものの考え方はないという考えでよろしいのですか。いわゆる地域課題に関しては協議会程度のようで、そこで様々な協議をして地域活動してもらう、それを支えていくという考え方。いわゆるそこに地域自治区というような、地域の自律性を強く求めていくということはないという考え方でよろしいのでしょうか。

議長(沼倉利光君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 今、地域づくり、またまちづくり、それぞれ各地区でお取り組みをいただいております。そしてまた、その取り組みのありようについて、一様ではないというような状況の中でございます。もちろん地域によっては、非常に積極的に主体的なお取り組みをいただいているような地区もある反面、なかなかそういった取り組みにまでは、まだまだ課題があるというような状況があるところもあるわけでございます。
 そういった意味では、一律一様にその取り組みを画一化的にはなかなかできない。ただし、しかしながらこれからの取り組みとしてですね、やはりその地域活動の中でその地域がより主体的に動ける環境については、我々はしっかりとサポート、支えをしていく必要があるであろうというふうに考えております。
 そういった意味では、地域自治のその範疇がどの程度までなのかということについては、私自身ここまでというような線引きは今のところ持ち合わせてはおりません。そういった意味では、やはりその地域の自主性と、そしてその意欲をしっかりと我々としてはまず支えていく中でですね、それぞれの地域づくりのありようというものがより具体的な姿として見えてくるというふうにも思いますし、またそういった中においては近い将来というよりも、もうちょっと先の未来ということで考えますれば、議員からお話をいただいたその地方自治という部分まで踏み込むような取り組みになる部分はあるだろうというふうな想定はしているところであります。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。5番、工藤淳子君。

5番(工藤淳子君) 先ほども15番議員が質問したんですけど、実施計画の保育所と幼稚園の民営化の推進ということで、一言だけお話ししたいと思います。
 午前中もあったように、幼稚園の預かり保育のことで、本当に同じ市内の子供でもほんとにいろんな施設、それから基準があって、具体的な保育のやり方でも大分いろいろ違う複雑な制度になっています。
 先ほども、前に全員協議会で出たときに、本当にこの制度自体について、私も保育経験者ですけども中身についてはまだまだ、具体的なところでこのところはどうなのかなあというとわからないところもいっぱいある中で、全員協議会では確か中澤議員だと思うんですけども、メリット・デメリットを示してほしいという意見も出ました。
 全国の様子を見ていると、急いでこども園にしているところは少ないと思います。仙台市なんかもそうなんですけども、やっているところは少しずつ増えているんですけども、どうぞ市としては急いでやらないでいただきたいなと思います。保育園とか幼稚園にも説明をしたいという、そういう場を設けたいということも出ていますし、保護者に対しても十分な説明会をこれからやるんだと思うんですけども、そういう意見を聞いて、どうぞどういう形がいいのかというのをよく検討した上で進めていただきたいと思います。
 親の立場からすると、小規模保育園が、事業者が悪いというんではないんですけど、できたら親たちは認可保育されている保育園に入りたい。だけどなかなか定員、待機児童が多い中で入れなくて、今現在、小規模保育に入っているという親たちもいます。そういうことを含めると、本当にどういう形がいいのかというのを判断して進めていただきたいと思うんですけど、その辺をちょっとお願いします。

議長(沼倉利光君) 福祉事務所長、熊谷 一君。

福祉事務所長(熊谷 一君) 今、議員のお話のとおりですね、これからは認定こども園というような再編計画もちょっと全員協議会の方でお示ししたわけでございます。来年度からすぐ着工するというようなことではございません。じっくりですね、やはり議員お話しのとおり民間の事業者の方、それから保護者の方々等の意見交換会をしながら、どういう形で認定こども園化を進めたらいいか、またそういう事業者さんの希望等ですね、意見交換しながら進めてまいりたいと考えております。

議長(沼倉利光君) 5番、工藤淳子君。

5番(工藤淳子君) 一番影響を受けるのは、実際の保育される子供たちだと思います。短時間保育、長時間保育で、片方の子はもう午前中で帰るのに、自分は残ってまだ保育園や幼稚園にいるっていう。本当に保育士の方も本当に大変だと思います。こういう形では。
 今までは朝保育園に来れば夕方まで、幼稚園は朝来て午前中とかね、ある程度そういう中でできているものが本当に、受ける保育時間によってバラバラになって、本当に子供たちも保育士も大変な状況になると思うんで、その辺をぜひ今話したような形でぜひ進めていただきたいと思います。

議長(沼倉利光君) ほかにありませんか。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論ありますか。
 まず、原案に反対者の発言を許します。15番、佐藤恵喜君。

15番(佐藤恵喜君) 15番、佐藤恵喜です。日本共産党市議団を代表して反対討論いたします。第3次登米市行財政改革大綱及び登米市行財政改革実施計画の策定についての反対であります。
 窓口業務の民間委託、保育所・幼稚園の民営化の推進とその関連での職員定数管理の適正化に反対です。保育料、幼稚園児授業料の適正化の名による値上げはしないこと。検診料に自己負担導入はやめることを求めます。その上で、そのことを申し上げた上で、さらに反対の理由を申し上げたいと思います。
 職員削減を達成するためにこの計画では、先ほど申上げました窓口業務の民間委託、保育所の民営化をはじめ、非常勤職員の活用や業務委託化が挙げられています。東京都足立区では、昨年1月から戸籍住民課の業務の大半を富士ゼロックスシステムサービスに民間委託し、大問題になっています。労働者の多くが安上がりで働く契約社員になり、5分で終わるはずの手続きが3時間もかかるなどトラブルが続出し、「民間企業の社員が戸籍を扱うことに守秘義務は守られるのか」と住民から不安と撤回を求める声が上がっています。東京法務局も偽装請負の疑いで立ち入り調査し、改善指示が出されました。守秘義務を危うくさせ、機械的な対応しかできずにサービスも低下する。公的な仕事にもかかわらず、働く方々は不安定な非正規労働者、これでいいのでしょうか。
 登米市の計画もこうしたやり方がかいま見られます。こうしたやり方では、登米市が進めようとしている若者の定住化促進やUターン、Iターンによる定住化人口の増加につながらないどころか、定住化促進に真っ向から逆らうことになるではありませんか。低い賃金で市の仕事を担うワーキングプアを市自らつくり出すことになります。一方で、人材育成の重要性を力説する市長の姿勢は、私には到底理解できるものでありません。
 公務労働、低い賃金の労働者に置き換えること、これは真の本当の行政財政改革とは言えません。市民や時代の要請に機敏に応えられるよう、必要な職員をきちんと正規で配置することこそ必要です。公務労働に同一労働、同一賃金の考え方を徹底し、公契約条例を制定して市の仕事を担うに相応しい賃金を保証することです。それが本市で働く方々の所得を増やすことにつながります。安定した雇用と福祉や暮らしを守る市民生活の向上の施策が市民の担税力を高め、消費を上向かせ、地域経済を活性化させます。そうした取り組みが、ひいては安定した税収を確保することにもつながります。これこそが本当の行財政改革といえるのではないでしょうか。
 最後に一言ですが、計画では次のように書かれております。「景気の低迷や一本算定による普通交付税の大幅削減など、市の財政を取り巻く環境が一層厳しくなることが予想され、効率的な財政運営と経費の節減を念頭に置いた中長期的な視点からの財政が必要となります」、このように書かれております。そうであるならば、なぜ使える庁舎を解体し、新庁舎を建てるのか。理解せよという方がおかしいのではないでしょうか。こうしたことも行財政改革に長寿命化の文言も入っておりますが、そうした観点での庁舎の位置づけも必要ではないでしょうか。
 以上、理由を申し上げて終わります。どうぞよろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。ありませんか。
 次に、原案に反対者の発言を許します。もう一度。次に、原案に賛成者の発言を許します。
 ほかに討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで討論を終わります。
 これから議案第132号を採決します。この採決は、起立によって行います。
 議案第132号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
 (賛成者起立)

議長(沼倉利光君) 起立多数です。よって、議案第132号 第3次登米市行財政改革大綱及び登米市行財政改革実施計画の策定については、原案のとおり可決されました。
 日程第13、議案第133号 工事請負契約の締結についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) それでは、議案第133号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、登米市災害公営住宅となる迫西大網第二住宅新築工事の請負契約を締結するに当たり、地方自治法第96条第1項第5号及び登米市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 詳細につきましては、総務部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。

議長(沼倉利光君) 議案内容の説明を求めます。総務部長、千葉博行。

総務部長(千葉博行君) それでは、議案第133号 工事請負契約の締結についてのご説明を申し上げます。議案書につきましては、31ページをお願いいたします。提案理由説明書につきましては、6ページでございます。
 本案の提案理由につきましては、ただいま市長から申し上げましたとおりですが、本工事につきましては東日本大震災に伴う災害公営住宅の整備を行うものでございます。
 契約につきましては11月10日に入札を執行いたしまして、落札した業者と11月13日付で仮契約を締結してございます。請負金額につきましては3億1,050万円、税込みでございます。契約の相手方は、株式会社太田組でございます。なお、事業の詳細等につきましては、建設部長から説明をいたします。
 よろしくご審議を賜りまして、
ご決定くださいますようお願い申し上げます。

議長(沼倉利光君) 建設部長、千葉雅弘君。

建設部長(千葉雅弘君) それでは引き続き、私から災害公営住宅新築工事の概要につきまして説明をさせていただきます。資料は別冊1、12月定期議会資料8ページとなります。別冊1の8ページをお願いいたします。
 今回整備いたします災害公営住宅につきましては、既に整備しております災害公営住宅60戸に加えまして、市外で被災された方々を対象として災害査定で認めていただいております84戸との差の24戸を整備するものでございます。
 工事の概要といたしましては、2の工事概要に示しておりますが、迫町佐沼大網地内の敷地面積2,963平米の土地に、構造が鉄骨造の一部二階建てで床面積が1,470平方メートルの災害公営住宅を整備するものであります。間取りといたしましては2DKを22戸、3DKを2戸としているものでありまして、1階には2DKを18戸、3DKを2戸、それから共有スペースの集会所を廃止しまして、2階には2DK4戸の配置としているものであります。工期につきましては、28年3月31日までとしているものでございます。
 今回の災害公営住宅の整備検討に当たりましては、入居予定者が市外被災者ということで、前回の60戸の入居から漏れました市外被災者の方の多くが南方の仮設住宅に入居しているという状況が見られたところであります。このことから、既に仮設住宅でのコミュニティが形成されていること。できるだけ生活習慣を変えないこと。南方仮設住宅にできるだけ近い位置であること。さらには対象が高齢者の方が多いということから、見守りや入居者間の支え合いなどを考慮しまして、長屋方式の災害公営住宅としたものであります。
 このことを基本といたしまして、位置と敷地の広さを考慮しまして大網地内の今回整備する場所としたところでございます。また、構造につきましては、長屋方式で面積が約1,500平米くらいの一棟の建物ということから、建築基準法に適合する準耐火建築物か非耐火建築物の木造での施工、さらには非耐火建築物の鉄骨造での施行を総合的に比較検討いたしまして、その結果、鉄骨造としたものでございます。
 次ページの9ページが今回、建設いたします災害公営住宅の建設場所の案内図と建物の配置図、次ページ10ページが建物の東西南北4方向の立面図、それから11ページが1階平面図、それから次の12ページが2階平面図、それから13ページが先ほど総務部長から説明がありましたが仮契約書の写し、それから14ページが入札結果という資料でございます。
 説明は以上でありますので、ご審議をいただき、ご決定くださいますようよろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。4番、氏家英人君。

4番(氏家英人君) 今回ですね、南方仮設に住まいされている南三陸町の被災者の方を対象にというふうな形での整備というふうなことでございますけれども、今説明にありましたけれど木造と鉄骨造ですか。様々比較した結果、低コストというふうになったとはいえですね、少し残念な気持ちがあります。どうして木造にできなかったのかなあということです。
 そのことはいいんですけど、気になることはですね、交通安全対策をやはり考えなくてはいけないのではないかなということでございます。
 この公営住宅の向かいの道路、隣接する道路もかなり狭いですし、既に向かい側に災害公営住宅20戸でしたかね、大網地区。もう既にできておりまして、この大網西地区だけでも災害公営住宅に住まいするというか、世帯数でもう46世帯ぐらいなるんでしょうか。人口増と考えれば100人は増えているのかなというふうに思います。その辺の交通安全対策はどう考えているのか、住宅前ですね。
 それから県道との十字路ですね、最近なんか大網コンテナプラスでしたっけ、そういった新しい施設もできたようでございますので、その辺の考え方は持っていらっしゃるのかなというところでお答え願います。

議長(沼倉利光君) 答弁を求めます。建設部長、千葉雅弘君。

建設部長(千葉雅弘君) ただいま4番議員からご質問いただきましたが、今回24戸の整備、さらに第1期で迫西大網住宅として22戸整備してございます。合計46戸ということで、人口が増えてきて、さらに交通量も増えてくるというようなことでございます。
 それで市道の交通安全対策ということでございますが、その辺につきましては今後の交通事情、そういう変化を見ながら必要な場合は適切に対応させていただきたいというふうに考えてございます。

議長(沼倉利光君) 4番、氏家英人君。

4番(氏家英人君) ぜひですね、私も注視しときますので対応していただきたいなあというふうに思っております。
 この資料でいいますと11ページなんですけれども、1階の平面図です。集会施設も中に入っていますね。大網西地区には集会所というのはあるんですけれど、昭和30年代につくられた本当に古い当時の町営住宅、あれを集会所という形で使っているというか、使えるような状況でもないんですけれどね。
 例えば加賀野住宅ですか、住宅に住まいの皆さまはもちろん、その地域の皆さまも集会所として使っている、使うことが可能だと。ここでのこの集会所は、大網地区の人、住民も使うことは可能なんでしょうかね。そうなればいいなという思いでお尋ねしたいと思います。

議長(沼倉利光君) 営繕課長、小野寺友生君。

営繕課長(小野寺友生君) 大網地区の皆さんにも使っていただけるような、ただし今回、今ご説明申し上げた中では「入居者のため」というようなスペースを集会所77平米設けましたが、今後地域の区長さんとも相談いたしましてですね、使えるような恰好でちょっとお話もしてみたいと思って考えております。

議長(沼倉利光君) 4番、氏家英人君。

4番(氏家英人君) 建設部長のお話では長屋方式にした理由の中でですね、見守りとかですね、支え合い、これを重視したのでこういうふうな長屋方式にしたんだと。ぜひですね、地域の人もかかわれるようにして、さらに見守りとかですね、支え合いが可能になるような素晴らしい施設に、何ていうか利用者を広げることでつなげていってほしいなと思いますけれど、どうでしょうか。もう一言お願いします。

議長(沼倉利光君) 建設部長、千葉雅弘君。

建設部長(千葉雅弘君) 今、入居者の方々の見守り、さらには支え合い、それらの向上に向けて、地域の方々の支えをというご質問をいただきました。その辺につきましては、地元の行政区の区長さん等々と相談しながら、その辺できれば地域での支え、それらをいただく方向でご協力をいただければというふうに考えてございます。

議長(沼倉利光君) ここで10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後3時04分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時13分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 質疑を継続します。10番、佐々木 一君。

10番(佐々木 一君) 今回の災害公営住宅、これまでは一戸建て、あるいは2世帯一戸建てが主だったんですけども、今回この長屋方式、いろいろ説明は伺ったんですけども、この入居予定者への説明、あるいは理解というものは得てですね、始まったものかどうか。まずその辺、1点確認をしたいというふうに思います。
 次にですね、この11ページの平面図からちょっと質問するわけですけれども、出入り口は中通路を通って、中通路からの恐らく出入り、外からは入られないんですよね。バルコニーというかありますから。そうなりますと、この玄関の扉ですけども全部外開きなんですが、特に高齢者が今回多いといったような状況であります。この突発的な事故といいますか、衝突ですね。ドア開けた状態で廊下を通っている人の。そういったことが心配されるわけですけれども、普通ホテル関係でも全部ドアは、ああいったところは内側に、内開きですよね。それがこういったかなりのある多い世帯ですけれども、この玄関のドア、外開きといったこれでいいのかどうかですね。ちょっと心配なもんですからね、お聞きいたします。

議長(沼倉利光君) 答弁を求めます。営繕課長、小野寺友生君。

営繕課長(小野寺友生君) 入居者の理解ということでございますが、当初60戸から漏れた方、あと電話による問合せ、その他電話の問合せについてですね、入居者の意向をある程度聞いております。それをもとにですね、今回予定者の、予定者というより設計の段階からそういうことを踏まえまして、今回設計をさせていただきました。
 もう一つ、今回長屋方式ということで、廊下の幅が2メーター60ぐらい幅ございます。そして車椅子等でドアを廊下側に開けたとき、危険じゃないかということでございますが、2.6メートルあれば、ある程度回避ができるんじゃないかということで、今回2.6メートルという通路の幅にさせていただきました。

議長(沼倉利光君) 10番、佐々木 一君。

10番(佐々木 一君) 車椅子もそうなんですけれども、通常歩くのはあんまり真ん中というか壁際歩きますよね。そういった場合、何でこれが内側にできないんですか、内開きに。内開きすれば何も問題ないと思うんですけども、外ばっかりだから結局、開けた瞬間にぶつかる可能性もあるわけですよね、表見えないんですから、だから結局、さっきも言いましたけど、ホテル関係なんか全部内ですよね。だから内側にできないんですか、内開き。

議長(沼倉利光君) 営繕課長、小野寺友生君。

営繕課長(小野寺友生君) ご質問の内開きにできないかということなんですけども、計画段階で内部についてはバリアフリー等とも考えまして、できるだけ広い面積を確保したいということで今回、外開きというような恰好に計画させていただきました。

議長(沼倉利光君) 10番、佐々木 一君。

10番(佐々木 一君) 事故がなければいいんですけれども、あったら「それ見ろ」と言われないように頑張ってください。

議長(沼倉利光君) ほかに。1番、熊谷和弘君。

1番(熊谷和弘君) 工事請負仮契約書によりますと、工期が平成28年3月31日までということで、これは間違いない。間に合うんでしょうか。

議長(沼倉利光君) 営繕課長、小野寺友生君。

営繕課長(小野寺友生君) 工期については、今のところ仮契約書の中では3月31日という契約をしたわけでございます。実際問題、今回建設期間には8カ月間程度かかります。平成27年度での完成はできない状況と今のところなっております。
 建築や電気及び機械については平成28年6月、外構工事については建築工事完成後の施行箇所もございますので、平成28年4月末までの予定と考えております。

議長(沼倉利光君) 建設部長、千葉雅弘君。

建設部長(千葉雅弘君) 今、営繕課長、工期的なことをお話しました。それで、このあと議案第115号で27年度の登米市一般会計補正予算6号があります。その中で繰越明許費の設定をお願いしているものでございます。
 本来であれば、9月でその辺、繰越明許費の設定をしまして、工期的なことをきちっと定めて対応すべきだったんですが、こういう事態に陥ったこと大変申し訳ございませんでした。

議長(沼倉利光君) 1番、熊谷和弘君。

1番(熊谷和弘君) 入居者の募集締め切りは、確か今月18だったでしょうかね。今月中と伺っております。いずれ、まず完成し次第というか、まずもって入居者決定というのはいつ頃の、今後のスケジュールでなりますでしょうか。

議長(沼倉利光君) 住宅都市整備課長、小野寺克明君。

住宅都市整備課長(小野寺克明君) 入居者の仮申し込みについては、12月18日までの期間で現在、仮申し込みを受け付けをしてございます。その後入居者等のですね、入居資格等の確認等行いまして、28年1月末には仮入居決定通知を行うことで現在、進めてございます。

議長(沼倉利光君) ほかに。7番、關 孝君。

7番(關 孝君) 先ほど前者が鉄骨造、これ一部2階建てだというふうに思いますが、「木造でなくて残念だ」というふうなお話しもされましたが、比較検討の結果ということでしたが、具体的に比較検討して鉄骨造になった部分をご説明いただきたいというふうに思います。

議長(沼倉利光君) 営繕課長、小野寺友生君。

営繕課長(小野寺友生君) 鉄骨造に今回した理由でございますが、計画した住宅は、不特定多数の方々が利用する共同住宅は登米市において防火地域等の指定がなく、木造の建物でも可能となるため、木造での検討もしましたが、その場合、建築基準法の定めにより火災時に安全に避難ができる建物とする必要がございます。このような規模で木造とする場合、燃えにくさを重視するか、延焼防止を重視するかによって2種類の方法がございます。
 燃えにくさを重視する場合は、建物が火に耐え、炎を遮ることで避難する時間を得るために柱などを太くし、倒壊を防ぐことと、防火道を設置し延焼を抑える準耐火建築物の位置づけとして施行する方法で、その場合鉄骨造より経費が8,000万円程度割高になります。
 延焼防止を重視する場合には、建物の全体が燃えることを防ぎ、避難する時間を得るために建物の間にコンクリート製、もしくは鉄骨の防火壁を設け、延焼を防ぐ非耐火建築物に位置づける施工方法もございます。この場合、施行箇所から雨漏りなどのリスクの発生と鉄骨造に比べ、経費などが3,000万円程度割高になります。
 一方、鉄骨造は倒壊や延焼の予防策の経費は必要ないゆえ、防火壁で区分する必要もないことから、入居者の安全性及び経済性を重視いたしまして、鉄骨造の共同住宅と計画いたしました。

議長(沼倉利光君) 7番、關 孝君。

7番(關 孝君) 今のお話を聞きますと、まず予算、いわゆる金額を優先したというふうに伺ってよろしいんでしょうか。そう捉えられると思いますが、市長の市政方針では、「とにかく登米市では、登米市産材を使って木造というふうな部分、市が行う公共施設の建物については積極的に木造でいくんだ」というふうなこと施政方針でもうたわれ、また今回森林組合が中心となって取り組んでいる災害公営住宅にかかわって、関係団体の連携により調達から製材、建築に至るまでオール地元のというふうなことで、これを進めていくんだというふうなお話しも施政方針の中でうたわれております。
 そのことについて、まず産業経済部ではどのような、これは産業経済部の施政方針であってもおかしくないわけであります。その辺はどう建設部と連携をされて、判断をされたのか。また、最後に市長はどのような、この市長が掲げた施政方針に対してどのような判断で今回の建設方法に至ったのかお尋ねします。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 産業経済部といたしましては、以前から登米市の公共施設の木造・木質化指針ということで、取り組みを進めているところでございます。この間、市の公共施設、大きなもの、あるいは規模的に小さいものとございますけれども、特に大きな学校関係等については、これはご案内のとおり構造的にですね、木造というふうな面については、これは難しい面があろうかと思いますが、できるだけ内装関係でですね、木質化を進めていっているというふうなことでございます。
 したがって、年次的に見てみますと、市の全体的な公共施設の建築、最近・・・
 (「市のことを聞いているのではなくて、今回の議案に対して聞いているので、適切に答弁いただきたい」の声あり)

産業経済部長(高橋 巌君) 今回の災害公営住宅、説明あった内容でございますが、内装的には木質化の取り組みをしているというふうに産経部でも判断をいたしておりますので、ご理解をお願いしたいと思います。

議長(沼倉利光君) 建設部長、千葉雅弘君。

建設部長(千葉雅弘君) 今回、鉄骨造での建築ということでございますけれども、市内産材の活用につきましてもその辺検討してございまして、今回の鉄骨の中でも約12パーセントくらい市内産材の活用ということで、活用できるという状況にはございます。
 あと建設につきましては当初、前回の一期のときの協議会方式での買い取り方式も検討したんですが、どうしても宅建法上の取り扱いで2回目の受注が法人化しないとできないというようなことでありましたので、その辺も考慮しまして、こういう形での請負ということにしたものでございます。
 さらに鉄骨造という構造につきましては、先ほど営繕課長ご説明申し上げましたが、コストだけで鉄骨造という形にしたものではございませんで、入居者の方の安全性、さらにはどうしても被災者の方ということで、できるだけ早く公営住宅の方に入居していただきたいということで、木造ですともう少し時間もかかるというようなそういうことも総合的に考慮しまして、鉄骨造という形にしたものでございます。

議長(沼倉利光君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) この内容につきましてですね、やはり当初の指示として、できる限り木造で建築をしたいという思いで指示をさせていただきました。そしてまた、入居される皆さんについて、あとこういった環境の中でですね、いろいろな図面の中で説明を受けたところではございますが、できる限り一つのフロアで皆さんがお住まいできるような環境をぜひ整えたいということ。それから防火壁、防火扉等々いうものの整備ということになりますと、むしろそういった意味では広い空間の中でですね、みんなが共有ができる環境について、しっかりとした対応がなかなか難しいというような状況もあったところでございます。
 今回のこの事案ということだけにとどまらず、今後ですね、やはり公営住宅等の整備、またその整備のあり方等につきましては、今後は今回の反省点も踏まえながら、よりしっかりと取り組めるような環境ができないものか、さらに研究を重ねながらですね、その取り組みに進めてまいりたいと考えております。

議長(沼倉利光君) 7番、關 孝君。

7番(關 孝君) 安全性は最優先であるべきだというふうな認識はもちろん一緒です。そうした中で市内の技術、市内産材を活用した技術の中で、その安全性を最高に高めながらそういった施設整備ができないかという挑戦をするのが、施政方針に掲げた市長の姿勢ではないのかというふうに私は思うんです。
 それから大変残念なお話しがありましたが、1日も早くつくりたいというふうなお話を建設部長がなされましたが、スタートから様々な開発行為も含めた遅れが実は事務手続の中であって、最後にここにきてからそういったことを理由で早くつくる方法ということで、このような施工方法を選択されたというのであれば、まさに市長が掲げた意と相反するお話の中ではないのかなというふうに思います。
 現状の中で早く入居させたい方法を選択したというのはわかるんですが、その以前にここまで時間がかかってきた原因がそこにあったわけですから、そういったことをないがしろにして、今ここで何とか早くしたいというふうな、ここでこういう方法をとったというお話であるならば、それにはなかなか賛同することが、理解することができないというふうに思います。
 市長にもう一回、こういった挑戦をしていかない限り、いつまでたっても登米市では木造化が進んでいかないというふうに感じるわけなんですが、この施政方針を掲げておるわけですので市長、本当にこれからもこういうふうなことをやっていく考えがあるのか、ないのか。そこだけは明確にしていただきたいというふうに思います。

議長(沼倉利光君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 市内産の集成材の研究・開発というものも、一つは課題としてはまだまだあるんだろうというふうに思っております。
 そういった意味では、先ほどもお答えをさせていただきましたが、今回の取り組みにかかわらず、やはり市内産材の活用という意味では議会からも様々なご指摘をいただいて、チャレンジをしているような状況もございますので、そういった意味では、今後の公共施設等の整備に当たっても、やはりしっかりとした研究と精査と、そして実現性を突き詰めてまいりたいというふうに考えております。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。17番、田口政信君。

17番(田口政信君) 今の件ですけど、なぜそんなにぶれんのかなということです。確かに、諸般の事情があってそういう方向にせざるを得ないという状況があるんだと思います。
 これまでも学校の机についても下の部分は、いわゆる何て言うんですか、ポールって言うんですか、鉄骨ふうのやつですんで。そういうものもいわゆる私たちは、ぜひ実現性の高いものを求めて同意をしてきたんですが、今回はその根本からちょっと違ってはいなかったのかということなんです。せっかくいい方針を掲げてですね、私たちも少しコスト高になるけれども、そのことに同意をしているわけですんで、そういうスタンスをぶれないで貫いていただきたい。
 確かに鉄骨で、内装とかそういうもので市内産材を使える場面もあろうというふうに思いますけども、どうも指示の仕方がちょっとぶれてんのではないのかというふうなことを思うんですが、その辺はどうでございますかね。

議長(沼倉利光君) 答弁を求めます。建設部長、千葉雅弘君。

建設部長(千葉雅弘君) 考え方がぶれているのではないかということで、今回の災害公営住宅につきましては、先ほど市長、答弁されましたとおり、木造での建設の検討ということで当初ありました。
 その中でどうしても、先ほど営繕課長説明しましたが、木造ですとそういう耐火の関係での安全性から、なかなかコストやいろんな面で対応が難しいということで、総合的な判断から鉄骨造という形にしたものでありまして、決して木造を最初から考えないでこういう鉄骨造にしたということではないので、ご理解をいただきたいと思います。

議長(沼倉利光君) 17番、田口政信君。

17番(田口政信君) もう仕様はきちんと決まっているので、先ほど建設部長が言ったように12パーセントぐらいがいわゆる産材といいますか、木質の部分があるんだというようなご説明ですが、それを仕様をですね、若干変更するというようなことも視野に入れられるんですか。それとも、もうこれ以上、そういう段階ではなくて、これで固まっているんだというふうに理解していいんですか。

議長(沼倉利光君) 営繕課長、小野寺友生君。

営繕課長(小野寺友生君) 今回、災害公営住宅で使う箇所でございますが、先ほど腰壁等の内装だけと申しましたが、土台、柱、間柱、窓台、住居の玄関、洋室の腰壁、共有スペース、先ほど申し上げました集会所の内装等にですね、あと玄関、通路、階段、1階、2階の廊下、集会所の腰壁等にですね、市産材の内装材として使う予定としております。

議長(沼倉利光君) 建設部長、千葉雅弘君。

建設部長(千葉雅弘君) 市内産材の活用につきまして、約12パーセントということでございますが、この議案お認めいただきましたら、請負主の方とその辺協議しながら活用できる部分を見出して、相談しながら進めていきたいというふうに考えております。

議長(沼倉利光君) 17番、田口政信君。

17番(田口政信君) ぜひ、それはお願いしたいというふうに思います。
 いずれ、いわゆる公営住宅を待っている人たちが一日も早くというような思いは一緒だし、私たちもスムーズに建てていただきたいという思いは一緒なんで、ただしその思いとですね、いわゆる建設に至る経過のいわゆるポリシーといいますかね、そういうものもきちんと伝えながら組んでいかないと、こういう事態になって私たちが納得せざるを得ないような状況をつくり出されているということなんです。
 ただせっかく市長が、いわゆる方針として掲げている木質化なり、そういう地域産材を利用する方針を貫くような事務スタッフがきちんと存在するようにですね、これからぜひやっていただきたいと思うんです。そうしないと市長が言ったことが片っ端から崩れていくような、いわゆるやむを得ない状況をつくり出す、この間の机についてもそうなんです。机についてもそうだし、そういうものをつくり出さないような事務手続、事務展開をぜひお願いしたいと思いますが、市長その辺の認識についてどうですかね。

議長(沼倉利光君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 決して私の指示を全く聞かないということではありませんし、またそういった中ではですね、やはりできること、できないこと。また今できること、できないこと。また将来に向けて、やはり取り組まなければならないこと、様々課題はあるわけでございます。そういった意味では、今回の事例にとどまらず、やはり今後ともしっかり地域でできることは地域で賄っていくという基本的なスタンスのもとで、その実現性を追い求めながら取り組みを進めてまいりたいと考えております。

議長(沼倉利光君) ほかに、9番、中澤 宏君。

9番(中澤 宏君) 私たちも審査をした手前ですね、私からも一つ申し上げたいと思います。
 建物には個別の小さな住宅もあれば、これ程の大きな住宅もあるわけです。24戸も入りますから火災とかですね、先ほど担当課長が申しましたように、そういう危険性というのは非常に大きいと思われます。一般的に「建物」とひとくくりに言ってもですね、建物には様々な種類があります。例えば学校でもですね、大きな柱は全部鉄骨材です。全てを木造でつくればいいというものでは、私はないと思っています。
 そこでね、一般的にこれほどの共同住宅が木質で、世間一般にいっぱいつくられていれば、それはそれで「なぜそれができなかった」というふうなことになるかもしれません。この住宅のこの進め方というのは、そういう社会一般的な状況に照らして、どうだったのか改めて私からお尋ねしたいと思います。

議長(沼倉利光君) 営繕課長、小野寺友生君。

営繕課長(小野寺友生君) この規模での木造住宅というのは、設計事務所さん等にもちょっと調べていただきましたけども、本当に数が少ないというか、ないような状況というのを確認しております。

議長(沼倉利光君) 9番、中澤 宏君。

9番(中澤 宏君) 理由はそういうことなんですよ。事業を進めるときに、あまりあやふやなことでなくて、これはやっぱり担当職員も一生懸命思慮してこの方がいいんだというふうなことなんで、そういうことで進めないと、これから入居する人が「何でもっといいものができたんでないか」と迷うんでないですか。これが最高、皆さんが入るために最大の努力をさせていただいたと。ぜひ皆さんに喜んで入居していただきたい、このことを申し上げてやっぱり市長答弁しないとダメでないかなと思います。
 最後に市長の考えを聞きます。

議長(沼倉利光君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 私自身が専門家ではございませんので、まず当初、思いとして木質化の中で、地元産材をできるだけ活用した中で建物を建ててほしいということ。そしてもう一つは、やはり主に入居されると思われる皆さまは、南方の仮設住宅にお住まいの方々が多いということ。それから高齢者の皆さまが非常に多いということで、やはりこれは戸建ての住宅よりも、地域の隣近所のかかわり合いがより密接になるような長屋形式でつくりたいということでお話をさせていただきました。
 そしてそういった中で、建設部の方でいろいろと熟慮、考慮をした上で、やはり木造建築としては非常に難しいというような状況があり、私自身このような判断に至ったということでございます。
 そういった意味では、詳細の思いについて私の言葉が足らずにですね、そういった形になったということにつきましては、ぜひご理解をいただきたいというふうに思いますし、とは申せ、先ほども申し上げましたとおり、では今技術的に無理だから・・・しっかりと入居される皆さんにですね、安心してお住まいできるような環境を整えてまいりたいと考えております。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。6番、浅野 敬君。
 6番(浅野 敬君) せっかく落ち着いたとこで、また申し上げるのはちょっととがめるところがあるんですが、ずっと、何ていうか不安に思っていることが一つあるんです。いわゆる執行部側の答弁の統一性がないということなんですよ。一般質問に対してもそのとおりでありますので、ぜひその点についてはピシっとした1本の線でお答えいただくよう、これはお願いだけしておきます。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第133号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第133号 工事請負契約の締結については、原案とおり可決されました。
 本日の会議時間は、議事の都合により、あらかじめ延長とします。
 日程第14、議案第134号 市道路線の認定について、日程第15、議案第135号 市道路線の廃止についての2議案を一括議題とします。
 一括して提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) それでは、議案第134号並びに135号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、泥内線ほか143路線の市道路線認定並びに、泥内線ほか56路線の市道路線廃止を行うに当たり、道路法第8条第2項の規定及び同法第10条第3項の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 詳細につきましては、建設部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。

議長(沼倉利光君) 一括して議案内容の説明を求めます。建設部長、千葉雅弘君。

建設部長(千葉雅弘君) それでは、議案第134号 市道路線の認定につきましてご説明を申し上げます。議案書につきましては32ページから50ページ、資料につきましては別冊1、12月定期議会資料の15ページから26ページに認定路線の位置を示しましたA3版の図面を添付しておりますので、準備方お願いしたいと思います。
 議案書32ページをお願いいたします。
 中段、表の左側から、今回認定をお願いいたします路線の路線番号、路線名、起点、終点、延長と幅員の最小値、最大値を記載しているものでありまして、32ページから50ページに示しております路線、全体で144路線、延長83.5キロメートルの認定をお願いするものでございます。
 その認定理由といたしましては、圃場整備に伴うものが東和町域で55路線、延長が28.5キロメートル、県や市の道路改良などに伴うものが55路線、延長が48.5キロメートル、市道の整備要望に伴うものが31路線で、延長が5.3キロメートル、三陸沿岸道路の(仮称)登米パーキングエリア、それとインターチェンジ整備に関連しますものが3路線、1.2キロメートルとなっているものでございます。
 別冊1の15ページをお開きいただきたいと思います。
 図面に赤字で数字を記載しておりますこの数字が、今回認定をお願いいたします市道の路線番号でありまして、15、16ページが迫町域、17ページから20ページまでが東和町域、それから21ページが中田町域、22ページが迫、中田、米山町域、23ページが米山、豊里町域、24ページが石越町域、25ページが南方町域、それから26ページが津山町域にかかります認定路線を示しておりますので、お目通しをお願いいたします。
 説明は以上でありますが、144路線、延長83.5キロメートルの市道認定をお願いするものでございます。よろしくお願いいたします。
 それでは引き続き、議案第135号 市道路線の廃止につきましてご説明を申し上げます。
 議案書は51ページから58ページ、資料につきましては別冊1、12月定期議会資料の27ページから35ページに、廃止路線の位置を示しましたA3版の図面を添付しておりますので、準備方お願いいたします。
 議案書51ページをお願いいたします。
 中段の表の左側から、今回廃止をお願いいたします路線の路線番号、路線名、起点、終点、延長と幅員の最小値、最大値を記載しているものでありまして、51ページから58ページに示しております路線全体で57路線、延長が56.8キロメートルの廃止をお願いするものでございます。
 その廃止の理由といたしましては、圃場整備に伴うものが東和町域で29路線、延長が23.8キロメートル、県や市の道路改良などに伴うものが25路線、延長が31.8キロメートル、市道の整備要望に伴うものが1路線で、延長が0.2キロメートル、三陸沿岸道路の(仮称)登米パーキングエリア整備に関連したものが2路線で、延長が1キロメートルとなっているものでございます。
 次に、別冊1の27ページをお開きいただきたいと思います。
 図面に青字で数字を記載しております。この数字が今回廃止をお願いいたします市道の路線番号でありまして、27、28ページが迫町域、29ページから32ページが東和町域、それから33ページが中田町域、34ページが米山町域と豊里町域、35ページが津山町域にかかります廃止路線を示しているものでございます。お目通しをお願いいたします。
 今回は57路線、延長56.8キロメートルの市道の廃止をお願いするものでございます。
 説明は以上でありますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますよう、よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 質疑、討論、採決は1議案ごとに行います。
 議案第134号について質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第134号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第134号 市道路線の認定については、原案とおり可決されました。
 次に、議案第135号について質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第135号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第135号 市道路線の廃止については、原案とおり可決されました。
 日程第16、議案第136号 指定管理者の指定について(登米市迫公民館及び迫勤労青少年ホーム)、日程第17、議案第137号 指定管理者の指定について(登米市北方公民館、迫農村環境改善センター及び登米市迫青少年センター)、日程第18、議案第138号 指定管理者の指定について(登米市新田公民館)、日程第19、議案第139号 指定管理者の指定について(登米市森公民館)、日程第20、議案第140号 指定管理者の指定について(登米市米谷公民館、不老仙館及び東和楼台コミュニティセンター)、日程第21、議案第141号 指定管理者の指定について(登米市米川公民館及び登米市東和国際交流センター)、日程第22、議案第142号 指定管理者の指定について(登米市錦織公民館及び東和勤労青少年ホーム)、日程第23、議案第143号 指定管理者の指定について(登米市南方公民館、南方農村環境改善センター、南方歴史民俗資料館、登米市東郷公民館、南方老人福祉センター、南方定住促進センター、登米市南方東郷運動広場、登米市西郷公民館及び南方就業改善センター)、日程第24、議案第144号 指定管理者の指定について(南方産地形成促進施設)、日程第25、議案第145号 指定管理者の指定について(平筒沼ふれあい公園)、日程第26、議案第146号 指定管理者の指定について(迫梅ノ木公園、迫佐沼公園及び迫大東公園)、日程第27、議案第147号 指定管理者の指定について(登米市迫体育館、登米市迫武道館及び登米市新田総合運動場)、日程第28、議案第148号 指定管理者の指定について(登米市中田総合体育館、登米市中田球場及び登米市諏訪公園)、日程第29、議案第149号 指定管理者の指定について(登米市石越体育センター及び登米市石越総合運動公園)、日程第30、議案第150号 指定管理者の指定について(登米市津山若者総合体育館及び登米市津山林業総合センター)、日程第31、議案第151号 指定管理者の指定について(登米市豊里運動公園及び豊里花の公園)、日程第32、議案第152号 指定管理者の指定について(登米市民プール)の17議案を一括議題とします。一括して提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) それでは、議案第136号から第152号までにつきまして、提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、議案第136号 指定管理者の指定について(登米市迫公民館及び迫勤労青少年ホーム)から議案第152号 指定管理者の指定について(登米市民プール)まで、地方自治法第244条の2第3項及び各施設の設置条例の規定に基づき、各施設の管理を行わせる法人その他の団体を指定するに当たり、同法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 詳細につきましては、関係部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。

議長(沼倉利光君) お諮りします。本日の会議はこれで延会したいと思いますが、これにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、本日はこれで延会することに決定しました。
 本日はこれで延会します。ご苦労様でございます。
 
          延会 午後3時57分
 
 
 上記会議の経過を記載し、その相違ないことを証するためここに署名する。
 
 議会議長  沼 倉 利 光
 
 
 署名議員  伊 藤 吉 浩
 
 
 署名議員  中 澤   宏
 
 
 署名議員  佐々木   一

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>