•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(關孝)
  •   2  委員長(關孝)
  •   3  10番(佐々木一)
  •   4  委員長(關孝)
  •   5  財政課長(加藤均)
  •   6  委員長(關孝)
  •   7  10番(佐々木一)
  •   8  委員長(關孝)
  •   9  財政課長(加藤均)
  •  10  委員長(關孝)
  •  11  24番(八木しみ子)
  •  12  委員長(關孝)
  •  13  収納対策課長(田村啓峻)
  •  14  委員長(關孝)
  •  15  24番(八木しみ子)
  •  16  委員長(關孝)
  •  17  都市住宅整備課長(小野寺克明)
  •  18  委員長(關孝)
  •  19  24番(八木しみ子)
  •  20  委員長(關孝)
  •  21  住宅都市整備課長(小野寺克明)
  •  22  委員長(關孝)
  •  23  24番(八木しみ子)
  •  24  委員長(關孝)
  •  25  住宅都市整備課長(小野寺克明)
  •  26  委員長(關孝)
  •  27  6番(浅野敬)
  •  28  委員長(關孝)
  •  29  総務課長(大柳晃)
  •  30  委員長(關孝)
  •  31  6番(浅野敬)
  •  32  委員長(關孝)
  •  33  市長(布施孝尚)
  •  34  委員長(關孝)
  •  35  総務課長(大柳晃)
  •  36  委員長(關孝)
  •  37  3番(佐々木幸一)
  •  38  委員長(關孝)
  •  39  税務課長(冨士原徹)
  •  40  委員長(關孝)
  •  41  3番(佐々木幸一)
  •  42  委員長(關孝)
  •  43  税務課長(冨士原徹)
  •  44  委員長(關孝)
  •  45  23番(二階堂一男)
  •  46  委員長(關孝)
  •  47  税務課長(冨士原徹)
  •  48  委員長(關孝)
  •  49  住宅都市整備課長(小野寺克明)
  •  50  委員長(關孝)
  •  51  11番(及川昌憲)
  •  52  委員長(關孝)
  •  53  環境事業所長(千葉祐宏)
  •  54  委員長(關孝)
  •  55  環境事業所長(千葉祐宏)
  •  56  委員長(關孝)
  •  57  11番(及川昌憲)
  •  58  委員長(關孝)
  •  59  11番(及川昌憲)
  •  60  委員長(關孝)
  •  61  環境事業所長(千葉祐宏)
  •  62  委員長(關孝)
  •  63  19番(相澤吉悦)
  •  64  委員長(關孝)
  •  65  収納対策課長(田村啓峻)
  •  66  委員長(關孝)
  •  67  税務課長(冨士原徹)
  •  68  委員長(關孝)
  •  69  19番(相澤吉悦)
  •  70  委員長(關孝)
  •  71  収納対策課長(田村啓峻)
  •  72  委員長(關孝)
  •  73  19番(相澤吉悦)
  •  74  委員長(關孝)
  •  75  総務部長(千葉博行)
  •  76  委員長(關孝)
  •  77  委員長(關孝)
  •  78  23番(二階堂一男)
  •  79  委員長(關孝)
  •  80  人事課長(阿部孝弘)
  •  81  委員長(關孝)
  •  82  市民活動支援課長(佐藤浩)
  •  83  委員長(關孝)
  •  84  人事課長(阿部孝弘)
  •  85  委員長(關孝)
  •  86  23番(二階堂一男)
  •  87  委員長(關孝)
  •  88  人事課長(阿部孝弘)
  •  89  委員長(關孝)
  •  90  市民活動支援課長(佐藤浩)
  •  91  委員長(關孝)
  •  92  5番(工藤淳子)
  •  93  委員長(關孝)
  •  94  市民活動支援課長(佐藤浩)
  •  95  委員長(關孝)
  •  96  5番(工藤淳子)
  •  97  委員長(關孝)
  •  98  市民活動支援課長(佐藤浩)
  •  99  委員長(關孝)
  • 100  5番(工藤淳子)
  • 101  委員長(關孝)
  • 102  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 103  委員長(關孝)
  • 104  委員長(關孝)
  • 105  1番(熊谷和弘)
  • 106  委員長(關孝)
  • 107  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 108  委員長(關孝)
  • 109  1番(熊谷和弘)
  • 110  委員長(關孝)
  • 111  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 112  委員長(關孝)
  • 113  1番(熊谷和弘)
  • 114  委員長(關孝)
  • 115  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 116  委員長(關孝)
  • 117  1番(熊谷和弘)
  • 118  委員長(關孝)
  • 119  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 120  委員長(關孝)
  • 121  17番(田口政信)
  • 122  委員長(關孝)
  • 123  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 124  委員長(關孝)
  • 125  17番(田口政信)
  • 126  委員長(關孝)
  • 127  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 128  委員長(關孝)
  • 129  17番(田口政信)
  • 130  委員長(關孝)
  • 131  市長(布施孝尚)
  • 132  委員長(關孝)
  • 133  17番(田口政信)
  • 134  委員長(關孝)
  • 135  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 136  委員長(關孝)
  • 137  21番(及川長太郎)
  • 138  委員長(關孝)
  • 139  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 140  委員長(關孝)
  • 141  21番(及川長太郎)
  • 142  委員長(關孝)
  • 143  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 144  委員長(關孝)
  • 145  21番(及川長太郎)
  • 146  委員長(關孝)
  • 147  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 148  委員長(關孝)
  • 149  21番(及川長太郎)
  • 150  委員長(關孝)
  • 151  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 152  委員長(關孝)
  • 153  3番(佐々木幸一)
  • 154  委員長(關孝)
  • 155  財政課長(加藤均)
  • 156  委員長(關孝)
  • 157  市長(布施孝尚)
  • 158  委員長(關孝)
  • 159  3番(佐々木幸一)
  • 160  委員長(關孝)
  • 161  市長(布施孝尚)
  • 162  委員長(關孝)
  • 163  企画部長(秋山茂幸)
  • 164  委員長(關孝)
  • 165  財政課長(加藤均)
  • 166  委員長(關孝)
  • 167  15番(佐藤恵喜)
  • 168  委員長(關孝)
  • 169  市長(布施孝尚)
  • 170  委員長(關孝)
  • 171  15番(佐藤恵喜)
  • 172  委員長(關孝)
  • 173  市長(布施孝尚)
  • 174  委員長(關孝)
  • 175  16番(田口久義)
  • 176  委員長(關孝)
  • 177  企画部長(秋山茂幸)
  • 178  委員長(關孝)
  • 179  16番(田口久義)
  • 180  委員長(關孝)
  • 181  企画部長(秋山茂幸)
  • 182  委員長(關孝)
  • 183  16番(田口久義)
  • 184  委員長(關孝)
  • 185  企画部長(秋山茂幸)
  • 186  委員長(關孝)
  • 187  委員長(關孝)
  • 188  4番(氏家英人)
  • 189  委員長(關孝)
  • 190  総務部長(千葉博行)
  • 191  委員長(關孝)
  • 192  4番(氏家英人)
  • 193  委員長(關孝)
  • 194  選挙管理委員会事務局次長(平山法之)
  • 195  選挙管理委員会事務局次長(平山法之)
  • 196  委員長(關孝)
  • 197  4番(氏家英人)
  • 198  委員長(關孝)
  • 199  総務部長(千葉博行)
  • 200  委員長(關孝)
  • 201  13番(伊藤栄)
  • 202  委員長(關孝)
  • 203  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 204  委員長(關孝)
  • 205  13番(伊藤栄)
  • 206  委員長(關孝)
  • 207  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 208  委員長(關孝)
  • 209  13番(伊藤栄)
  • 210  委員長(關孝)
  • 211  市長(布施孝尚)
  • 212  委員長(關孝)
  • 213  13番(伊藤栄)
  • 214  委員長(關孝)
  • 215  市長(布施孝尚)
  • 216  委員長(關孝)
  • 217  15番(佐藤慶喜)
  • 218  委員長(關孝)
  • 219  13番(伊藤栄)
  • 220  委員長(關孝)
  • 221  企画部長(秋山茂幸)
  • 222  委員長(關孝)
  • 223  13番(伊藤栄)
  • 224  委員長(關孝)
  • 225  企画部長(秋山茂幸)
  • 226  委員長(關孝)
  • 227  25番(岩淵正宏)
  • 228  委員長(關孝)
  • 229  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 230  委員長(關孝)
  • 231  6番(浅野敬)
  • 232  委員長(關孝)
  • 233  人事課長(阿部孝弘)
  • 234  委員長(關孝)
  • 235  6番(浅野敬)
  • 236  委員長(關孝)
  • 237  市民活動支援課長(佐藤浩)
  • 238  委員長(關孝)
  • 239  6番(浅野敬)
  • 240  委員長(關孝)
  • 241  人事課長(阿部孝弘)
  • 242  委員長(關孝)
  • 243  6番(浅野敬)
  • 244  委員長(關孝)
  • 245  総務部長(千葉博行)
  • 246  委員長(關孝)
  • 247  24番(八木しみ子)
  • 248  委員長(關孝)
  • 249  総務部長(千葉博行)
  • 250  委員長(關孝)
  • 251  24番(八木しみ子)
  • 252  委員長(關孝)
  • 253  総務部長(千葉博行)
  • 254  委員長(關孝)
  • 255  19番(相澤吉悦)
  • 256  委員長(關孝)
  • 257  総務部長(千葉博行)
  • 258  委員長(關孝)
  • 259  19番(相澤吉悦)
  • 260  委員長(關孝)
  • 261  総務部長(千葉博行)
  • 262  委員長(關孝)
  • 263  19番(相澤吉悦)
  • 264  委員長(關孝)
  • 265  迫総合支所長(高橋充)
  • 266  委員長(關孝)
  • 267  19番(相澤吉悦)
  • 268  委員長(關孝)
  • 269  総務部長(千葉博行)
  • 270  委員長(關孝)
  • 271  10番(佐々木一)
  • 272  委員長(關孝)
  • 273  総務部長(千葉博行)
  • 274  委員長(關孝)
  • 275  10番(佐々木一)
  • 276  委員長(關孝)
  • 277  総務部長(千葉博行)
  • 278  委員長(關孝)
  • 279  19番(相澤吉悦)
  • 280  委員長(關孝)
  • 281  総務部長(千葉博行)
  • 282  委員長(關孝)
  • 283  19番(相澤吉悦)
  • 284  委員長(關孝)
  • 285  総務部長(千葉博行)
  • 286  委員長(關孝)
  • 287  委員長(關孝)
  • 288  委員長(關孝)
  • 289  23番(二階堂一男)
  • 290  委員長(關孝)
  • 291  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 292  委員長(關孝)
  • 293  環境課長(木村達之)
  • 294  委員長(關孝)
  • 295  23番(二階堂一男)
  • 296  委員長(關孝)
  • 297  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 298  委員長(關孝)
  • 299  環境課長(木村達之)
  • 300  委員長(關孝)
  • 301  9番(中澤宏)
  • 302  委員長(關孝)
  • 303  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 304  委員長(關孝)
  • 305  9番(中澤宏)
  • 306  委員長(關孝)
  • 307  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 308  委員長(關孝)
  • 309  9番(中澤宏)
  • 310  委員長(關孝)
  • 311  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 312  委員長(關孝)
  • 313  9番(中澤宏)
  • 314  委員長(關孝)
  • 315  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 316  委員長(關孝)
  • 317  9番(中澤宏)
  • 318  委員長(關孝)
  • 319  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 320  委員長(關孝)
  • 321  9番(中澤宏)
  • 322  委員長(關孝)
  • 323  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 324  委員長(關孝)
  • 325  9番(中澤宏)
  • 326  委員長(關孝)
  • 327  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 328  委員長(關孝)
  • 329  9番(中澤宏)
  • 330  委員長(關孝)
  • 331  教育部長(志賀尚)
  • 332  委員長(關孝)
  • 333  9番(中澤宏)
  • 334  委員長(關孝)
  • 335  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 336  委員長(關孝)
  • 337  9番(中澤宏)
  • 338  委員長(關孝)
  • 339  市長(布施孝尚)
  • 340  市長(布施孝尚)
  • 341  委員長(關孝)
  • 342  9番(中澤宏)
  • 343  委員長(關孝)
  • 344  副市長(藤井敏和)
  • 345  委員長(關孝)
  • 346  9番(中澤宏)
  • 347  委員長(關孝)
  • 348  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 349  委員長(關孝)
  • 350  5番(工藤淳子)
  • 351  委員長(關孝)
  • 352  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 353  委員長(關孝)
  • 354  5番(工藤淳子)
  • 355  委員長(關孝)
  • 356  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 357  委員長(關孝)
  • 358  5番(工藤淳子)
  • 359  委員長(關孝)
  • 360  市長(布施孝尚)
  • 361  委員長(關孝)
  • 362  5番(工藤淳子)
  • 363  委員長(關孝)
  • 364  1番(熊谷和弘)
  • 365  委員長(關孝)
  • 366  長寿介護課長(金野信義)
  • 367  委員長(關孝)
  • 368  1番(熊谷和弘)
  • 369  委員長(關孝)
  • 370  福祉事務所長(熊谷一)
  • 371  委員長(關孝)
  • 372  1番(熊谷和弘)
  • 373  委員長(關孝)
  • 374  生活福祉課長(鎌田信之)
  • 375  委員長(關孝)
  • 376  1番(熊谷和弘)
  • 377  委員長(關孝)
  • 378  生活福祉課長(鎌田信之)
  • 379  委員長(關孝)
  • 380  21番(及川長太郎)
  • 381  委員長(關孝)
  • 382  環境課長(木村達之)
  • 383  委員長(關孝)
  • 384  21番(及川長太郎)
  • 385  委員長(關孝)
  • 386  環境課長(木村達之)
  • 387  委員長(關孝)
  • 388  21番(及川長太郎)
  • 389  委員長(關孝)
  • 390  環境課長(木村達之)
  • 391  委員長(關孝)
  • 392  委員長(關孝)
  • 393  12番(佐藤尚哉)
  • 394  委員長(關孝)
  • 395  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 396  委員長(關孝)
  • 397  12番(佐藤尚哉)
  • 398  委員長(關孝)
  • 399  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 400  委員長(關孝)
  • 401  12番(佐藤尚哉)
  • 402  委員長(關孝)
  • 403  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 404  委員長(關孝)
  • 405  12番(佐藤尚哉)
  • 406  委員長(關孝)
  • 407  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 408  委員長(關孝)
  • 409  12番(佐藤尚哉)
  • 410  委員長(關孝)
  • 411  長寿介護課長(金野信義)
  • 412  委員長(關孝)
  • 413  12番(佐藤尚哉)
  • 414  委員長(關孝)
  • 415  福祉事務所長(熊谷一)
  • 416  委員長(關孝)
  • 417  12番(佐藤尚哉)
  • 418  委員長(關孝)
  • 419  長寿介護課長(金野信義)
  • 420  委員長(關孝)
  • 421  12番(佐藤尚哉)
  • 422  委員長(關孝)
  • 423  4番(氏家英人)
  • 424  委員長(關孝)
  • 425  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 426  委員長(關孝)
  • 427  4番(氏家英人)
  • 428  委員長(關孝)
  • 429  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 430  委員長(關孝)
  • 431  4番(氏家英人)
  • 432  委員長(關孝)
  • 433  市長(布施孝尚)
  • 434  委員長(關孝)
  • 435  4番(氏家英人)
  • 436  委員長(關孝)
  • 437  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 438  委員長(關孝)
  • 439  4番(氏家英人)
  • 440  委員長(關孝)
  • 441  14番(浅田修)
  • 442  委員長(關孝)
  • 443  環境課長(木村達之)
  • 444  委員長(關孝)
  • 445  環境課長(木村達之)
  • 446  委員長(關孝)
  • 447  環境課長(木村達之)
  • 448  委員長(關孝)
  • 449  14番(浅田修)
  • 450  委員長(關孝)
  • 451  環境課長(木村達之)
  • 452  委員長(關孝)
  • 453  14番(浅田修)
  • 454  委員長(關孝)
  • 455  環境課長(木村達之)
  • 456  委員長(關孝)
  • 457  15番(佐藤慶喜)
  • 458  委員長(關孝)
  • 459  長寿介護課長(金野信義)
  • 460  委員長(關孝)
  • 461  15番(佐藤慶喜)
  • 462  委員長(關孝)
  • 463  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 464  委員長(關孝)
  • 465  15番(佐藤慶喜)
  • 466  委員長(關孝)
  • 467  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 468  委員長(關孝)
  • 469  15番(佐藤慶喜)
  • 470  委員長(關孝)
  • 471  市民生活部長(神田雅春)
  • 472  委員長(關孝)
  • 473  15番(佐藤慶喜)
  • 474  委員長(關孝)
  • 475  病院事業管理者(石井宗彦)
  • 476  委員長(關孝)
  • 477  11番(及川昌憲)
  • 478  委員長(關孝)
  • 479  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 480  委員長(關孝)
  • 481  11番(及川昌憲)
  • 482  委員長(關孝)
  • 483  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 484  委員長(關孝)
  • 485  11番(及川昌憲)
  • 486  委員長(關孝)
  • 487  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 488  委員長(關孝)
  • 489  11番(及川昌憲)
  • 490  委員長(關孝)
  • 491  市民生活部長(神田雅春)
  • 492  委員長(關孝)
  • 493  6番(浅野敬)
  • 494  委員長(關孝)
  • 495  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 496  委員長(關孝)
  • 497  市長(布施孝尚)
  • 498  委員長(關孝)
  • 499  病院事業管理者(石井宗彦)
  • 500  委員長(關孝)
  • 501  委員長(關孝)
      平成28年登米市議会定例会 2月定期議会 予算審査特別委員会 会議録
 平成28年3月3日(木曜日)
1.出席議員(24名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君(副委員長) 4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君(委員長)  8番 伊 藤 吉 浩 君
   9番 中 澤   宏 君      10番 佐々木   一 君
  11番 及 川 昌 憲 君      12番 佐 藤 尚 哉 君
  13番 伊 藤   栄 君      14番 浅 田   修 君
  15番 佐 藤 恵 喜 君      16番 田 口 久 義 君
  17番 田 口 政 信 君      19番 相 澤 吉 悦 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君      21番 及 川 長太郎 君
  22番 庄 子 喜 一 君      23番 二階堂 一 男 君
  24番 八 木 しみ子 君      25番 岩 淵 正 宏 君
1.欠席議員(なし)
1.遅刻議員(なし)
1.早退議員(なし)
1.中座議員(なし)
1.説明のため出席した者の氏名
  市   長      布 施 孝 尚 君    副 市 長      藤 井 敏 和 君
  総務部長       千 葉 博 行 君    企画部長       秋 山 茂 幸 君
  市民生活部長     神 田 雅 春 君    産業経済部長     高 橋   巌 君
  建設部長       千 葉 雅 弘 君    市長公室長      中津川 源 正 君
  財政課長       加 藤   均 君    福祉事務所長     熊 谷   一 君
  収納対策課長	 田 村 啓 峻 君	  総務課長	     大 柳   晃 君
  総務部次長兼税務課長 冨士原   徹 君	  環境事業所長	 千 葉 祐 宏 君
  住宅都市整備課長	 小野寺 克 明 君	  教 育 長	     佐 藤 信 男 君
  教育部長	     志 賀   尚 君	  病院事業管理者	 石 井 宗 彦 君
  医療局次長	     浅 野 雅 博 君    農業委員会事務局長  菅 原 貞 治 君
  水道事業所長     佐 藤 和 哉 君    消 防 長      佐々木 建 待 君
  監査委員事務局長   佐々木 義 文 君    会計管理者	     千 葉 幸 毅 君  
  危機管理監      星   茂 喜 君    企画部次長      中 澤 和 志 君    
  市民生活部次長	 新 井 誠 志 君	  市民生活部次長	 千 葉 ますみ 君
  企画政策課長	 佐 藤 裕 之 君	  人事課長	     阿 部 孝 弘 君
  市民生活課長	 佐 藤   豊 君    市民活動支援課長   佐 藤   浩 君
  契約専門監	     及 川   仁 君    迫総合支所長     高 橋   充 君   
  登米総合支所長    西 條 利 光 君    東和総合支所長    千 葉 幸 弘 君  
  中田総合支所長    佐々木 茂 光 君    豊里総合支所長    目々澤 義 信 君  
  米山総合支所長    小野寺   稔 君    石越総合支所長    小野寺 千 秋 君  
  南方総合支所長    高 橋 美 守 君    津山総合支所長    高 橋 正 弘 君   
  検査専門監	     菊   幸 誠 君    選挙管理委員会    平 山 法 之 君
                          事務局次長
  健康推進課長	 佐々木 秀 美 君	  国保年金課長	 千 葉   清 君
  生涯学習課長	 佐 藤 嘉 浩 君	  子育て支援課長	 鈴 木 文 男 君
  生活福祉課長	 鎌 田 信 之 君	  長寿介護課長	 金 野 信 義 君
  クリーンセンター所長 末 永   隆 君	  環境課長	     木 村 達 之 君
  兼衛生センター所長
1.事務局出席職員氏名
  議会事務局長     佐 藤 昌 彦 君    議会事務局次長    田 辺 賢 一 君
  議会事務局主幹                 議会事務局
  兼議事・調査係長   菊 地   武 君    議事・調査係主査   浅 井 顕 裕 君
  議会事務局                   議会事務局
  議事・調査係主査   庄 司 美 香 君    議事・調査係主査   主 藤 貴 宏 君
  議会事務局
  議事・調査係主事   稲 辺 大 裕 君	
1.本日の会議に付した事件
  第1 議案第11号 平成28年度登米市一般会計予算
  
          開会 午前10時00分
委員長(關 孝君) 皆さんおはようございます。
 ただいまから予算審査特別委員会2日目の会議を開きます。
 説明のため本委員会への出席者は、市長及び教育長並びにその受任者並びに監査委員、農業委員会会長、選挙管理委員会委員長の受任者であります。
 審査に先立ち、委員各位に申し上げます。予算審査特別委員会の審査は、本日から3日間の予定です。質疑時間は会派別に配分していますので、ご協力をお願いします。また、質疑は要点を整理し、簡潔にお願いします。説明員各位も本委員会の進め方にご理解をいただき、答弁は要領よく簡潔に願います。
 これから議案審査を行います。
 本委員会に付託された事件は、議案第11号 平成28年度登米市一般会計予算から、議案第20号 平成28年度登米市老人保健施設事業会計予算までの10議案です。
 各議案の内容説明は本会議で終了していますので、1議案ごとに質疑、討論、採決を行います。
 これから議案第11号 平成28年度登米市一般会計予算の質疑を行います。
 お諮りします。議案第11号は範囲が広いため、初めに歳入について質疑を行い、歳出は数款ごとに分割し、質疑を行いたいと思います。これにご異議ございませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(關 孝君) 異議なしと認めます。よって、議案第11号の質疑については、初めに歳入を行い、歳出は数款ごとに分割して行うことに決定しました。
 まず、歳入について質疑を行います。質疑ありませんか。佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) おはようございます。
 まだないようですので、私がじゃあ。まず、地方交付税に絞ってちょっとお聞きをしたいというふうに思います。
 28年度は、27年度に比べて3億300万ほど当初予算で増えているわけですけども、第二最終処分場関係で増えたような説明を受けたわけですが、この地方交付税に関しましては合併後11年目からですね、合併算定替によりまして段階的に5年間で縮減されるというふうになっておるわけですけども、今回この最終処分場ほかでプラスになっているんですが、この算定替の一本算定まで減額になるわけでありますけれども、28年度分ではその分どれくらい減額になる予定なのかどうか。その辺まずお聞きします。

委員長(關 孝君) 答弁を求めます。財政課長、加藤 均君。

財政課長(加藤 均君) 平成28年度地方交付税の予算の関係でございますが、概要書の17ページにその関係の数字が掲載されておりますので、ごらんいただきたいと思います。概要書の17ページでございます。
 概要書の17ページ上段でございますが、地方交付税の概要ということで、右側の説明欄に普通交付税それから特別交付税、震災復興特別交付税ということで三つの品目について記載しております。今、委員さんおっしゃられた第二最終処分場の関係ということで、これで6億7,000万ということでこの部分で今回増えたということで、結果的にこの比較増減で3億300万ということで増しているということでございまして、普通交付税だけとってみれば3億円以上の減額を見込んだところでございます。
 それでこの上段の普通交付税の関係でございますが、基本的な考え方といたしまして前年度の決定額から積算しているところでございます。ここにありますとおり前年度決定額が177億5,133万1,000円、これに減額要因として96.22パーセントかけまして、結果的に170億8,100万円ということにしております。増減といたしまして、7億ほど減額している状況でございます。
 この内訳といたしまして、まず地方財政対策による影響ということを考えております。これにつきましては、国レベルで地方交付税が減額されております。この影響といたしまして、約1億6,000万円の減。それから人口減少。この人口減少につきましては、人口の減少額として一人当たり約12万円というふうに積算しておりまして、国調の速報値で2,000人の減といった部分が出ております。これが平成28年度から影響してくるものというふうに考えておりますので、この部分2億4,000万の減でございます。さらに合併算定替、先ほどおっしゃられました合併算定替の影響ということで今年度、28年度から合併算定替の段階的縮減期間に入るわけでございますので、この分を考慮いたしまして2億7,000万減ということで、結果的に170億8,100万といった積算をしたところでございます。
 よろしくお願いいたします。

委員長(關 孝君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) 今いろいろ細かく言ってもらったんですけども、この合併算定替に限定すれば約2億7,000万円ぐらいの影響額、これでよろしいですか。
 それとですね、26年から減る分に対しまして、支所に要する経費ということで上乗せ分なりましたよね。それはどれくらい。上乗せ分はどれくらいになるのか、見通しているのか。その辺お願いいたします。

委員長(關 孝君) 財政課長、加藤 均君。

財政課長(加藤 均君) お話のとおり合併算定替の終了ということの影響ということで、今年度については2億7,000万と算定したところでございます。
 それから支所に要する経費ということで国の考え方といたしまして、本庁を除く支所1カ所につき基準額として2億4,000万ということで、当方ですと8カ所分ということで算定になっております。ただ、本庁からの距離、あるいは人口等によって補正がされるということでございまして、これについては総数が見えております。大体18億程度が算入されるというふうに積算いたしております。以上でございます。

委員長(關 孝君) ほかにございませんか。八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) それでは、市税についてお伺いをいたします。
 まずは市民税でございますが、28年度は4.8パーセントの増、個人市民税でございますが4.8パーセント増えていると。その理由は、米価の上昇によるというふうな説明を受けました。そこで増えるのはいいんですが、やはり収納率を高めるそういう手だてが大切ではないかと思います。この財政状況というのは、やっぱり健全であるかどうかというのはこの徴収率が尺度になっていると言われていますので、この収納対策ですね。増えたものの、どのようになっていくのか。やっぱり力を入れなければならないと思いますので、その対策についてお考えがあればお聞かせください。

委員長(關 孝君) 収納対策課長、田村啓峻君。

収納対策課長(田村啓峻君) 市民税の収納対策、市民税以外に固定資産税、軽自動車税、特別会計の保険料等ございます。それを含めてちょっとお答えをさせていただきたいと思いますが、収納対策課の方では徴収対策として、3年間の徴収計画を策定しております。27、28、29年度の3カ年の計画を策定して、それに基づいて毎年見直しを行って単年度の徴収計画も策定しております。単年度については前年度の反省を踏まえて、翌年の徴収対策を決定させていただいているという状況で取り組みさせていただいております。
 ちなみにですね、例えば米価、農業所得の減少が大きかった場合にこれが回復するまで、徴収率が向上するまでには、やはり翌年、農業所得が増になっても数年かかるという経験上考えております。それの対策としては、やはり滞納処分の厳格化ということしかないだろうというふうに経験上考えておりまして、それに基づいて3年度の計画を策定しているというところでございます。
 以上でございます。

委員長(關 孝君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) なぜ私がこの米価の上昇による農業所得の増によって市民税が増えたのをお聞きしたかといいますと、米価が上がったといえども農家の経済状況といいますか、実感として受けてないと思うんですね。本当に米価が増えて暮らしも良くなったというふうな。それで税だけが伸びていくのは、そこの部分でやはり手立てを加えないと、やっぱり理解してもらえないようなことがやっぱり考えられますので、ですからここの部分をただ米価が上がったからどうのこうのじゃなくて、もう少しやっぱり心ある手立てをしないと徴収率が伸びないんじゃないかと。そういうふうに思ったものでお聞きをいたしました。一般的なやり方でなくて、個々の理解はやっぱり得るようなそういう取り組みをしていただければと思います。本当にこの徴収率、財政状況の尺度になるということを頭に入れて、取り組んでいただきたいと思います。
 それからですね、概要の18ページの住宅使用料でございます。
 この公営住宅、これは家賃改定がされておりますがどのように。上がったのか下がったのか。それから災害公営住宅の戸数。それから入居状況等についてお伺いします。
 それから定住促進住宅でございますが、これは今何世帯、全部入っているのでしょうか。みなし仮設住宅が終わったので、一般の方も入居しているというふうなことも説明されましたが、その部分についてまずお伺いしたいと思います。

委員長(關 孝君) 都市住宅整備課長、小野寺克明君。

都市住宅整備課長(小野寺克明君) 市営住宅の家賃改定の部分でございますが、まず一つはですね、一般市営住宅の家賃改定による増ということで、収入超過者の方への加算金の増額、これが主な要因となってございます。ただし、市営住宅そのものではですね・・・すいません。
 災害公営住宅の入居状況でございますが、現在60戸の部分については全て入居しているような状況でございます。
 また、定住促進住宅の入居状況でございますが、現在294戸・・・すいません。257戸のうち、空き戸数が9戸というような状況でございます。これは28年の1月末時点での入居状況となってございます。
 それから、みなし仮設住宅として定住促進住宅、17戸ほど27年度中ございましたが、この27戸のうち17戸が一般入居にということ。退去によりまして一般入居があったということで、この部分について家賃の方を増額と見てございます。
 以上でございます。

委員長(關 孝君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) 災害公営住宅60戸ということですが、これは戸建てもありますよね、後から建てた。それも含めると60戸じゃないじゃないですか。もう一度。

委員長(關 孝君) 住宅都市整備課長、小野寺克明君。

住宅都市整備課長(小野寺克明君) これまで建設しております、入居が行われております災害公営住宅については60戸でございます。
 そして、現在24戸の部分につきましては建設をしてございまして、28年度中に入居可能というようなことでその部分については、一応家賃の部分では7カ月分の家賃を見てございます。以上です。

委員長(關 孝君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) 私もちょっと勘違いしたところあります。
 そうしますと60戸、84戸ね。何か予定していましたので、その60戸の部分というのはわかりました。この災害公営住宅ですが、管理状況はどのようになっているんでしょうか。

委員長(關 孝君) 住宅都市整備課長、小野寺克明君。

住宅都市整備課長(小野寺克明君) 管理状況というお尋ねでございますが、基本的には住宅都市整備課の方で管理をしてございます。個々のそれぞれ何かあれば、うちの方でお話を受けて対応しているところでございます。

委員長(關 孝君) ほかに。浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 予算書39ページ、40ページ。概要の3ページ、財産収入と寄附金の欄でお尋ねします。
 不動産売払収入がほとんどないんですけども、前の説明だと計画的に不要の市有財産は売却していくというようなことをお聞きしていたような気がしますが、28年度はそうした予定はないのか。
 それから寄付金ですとふるさと応援寄附金、この1億2,000万計上の根拠。私は一桁違って10億台にいけるんじゃないかという気がするんですが、どのような考えでこのくらいにしたのかお尋ねをしたいと思います。

委員長(關 孝君) 総務課長、大柳 晃君。

総務課長(大柳 晃君) まず1点目の土地売払収入でございます。
 これにつきましては委員ご指摘のとおり、遊休財産につきましては積極的な利活用、あるいは売却ということを計画的に進めていくということにしておりますが、予算書につきましては頭出しということで、今回ここに計上させていただいたということでございます。
 それから2点目のふるさと納税、1億2,000万ということにつきまのご指摘でございます。
 これにつきましては、今年制度改正をいたしまして、一昨年が750万程度だったものが1億2,000万まで全国の皆さんから応援いただくことになりましたということで、今年を下回らないような形で28年度も取り組みをしていきたいというふうに思っていますし、もっともっと高みを目指していかなければならないというふうには考えておりますが、最低ラインとして予算上は1億2,000万ということを設定させていただいたということでございます。

委員長(關 孝君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 大体そのくらいのことはわかっていて聞いているんですが、不動産売払収入については、今の時点でどのくらいになるだろうということも言えないですか。
 それから寄附金ですが、市長並びに登米市のシティプロモーションにかかってくると思うんです。ですからマスコミでよく取上げられているうまくいっている例だと、私は10億台は楽にいけるんじゃないかというような見方でお尋ねをしたわけですが、目標が低いとやっぱりやることがちょっと過去の延長線上になるので、その辺のことを指摘したわけですが、担当としてはそういうお答えが無難でしょうから市長に何か記すところがあったらば、このふるさと応援寄附金のことでお聞きをしておきたいと思います。

委員長(關 孝君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) ふるさと応援寄附金につきましては、宮城県はそれほど多くはないというような状況があるようでございます。お隣、山形県につきましては、全国上位のランキングに随分入っている自治体もあるようでございます。そういった中で、ある山形の市の市長さんとお話をさせていただきました。応援寄附金が非常に多いのは、特色ある農産物ということだけに限らず、意外と工業製品等も非常に人気があるというようなお話をいただいております。
 登米市といたしましても市としてそういった取り組みができるような事業所もあるというふうにも考えておりますので、そういった分の情報収集も積極的に進めながら、なお一層シティプロモーションに努めながら、この数倍の目標を目指して頑張ってまいりたいと考えております。

委員長(關 孝君) ほかに質疑はありませんか。総務課長、大柳 晃君。

総務課長(大柳 晃君) 公有財産の売払いにつきましてでございますが、27年度の実績におきましては19筆、3万3,000平米、金額にいたしまして3,900万程度売払いを進めております。28年度におきましても、これに負けないような取り組みを進めていきたいというふうに思っております。

委員長(關 孝君) ほかに。佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 概要の14ページの先ほども話が出ました市民税のことなんですが、米価上昇による農業所得の増という要因でしょうけども、この所得割の24億の内訳。給与所得と農業所得の割合というか額と、件数がわかればお願いしたいんですけども。

委員長(關 孝君) 税務課長、冨士原 徹君。

税務課長(冨士原 徹君) ただいまの28年度予算における所得というふうなことになりますが、農業所得につきましては、27年度につきましては課税所得で9億8,000万ほどでございました。これを農業につきましては米価の上昇と、あとはナラシ対策交付金の分で徴収ということを見込みまして、約10億程度増えるのではないかというふうなことで想定をしております。それで約20億程度と。
 給与につきましては、27年度ですと720億。給与につきましては前年並みというふうなことで、今年は見込んでおります。件数につきましては、ただいまちょっとはっきりわからないので後ほどということでお願いします。

委員長(關 孝君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 去年はその米価の上昇ということがあったんですけども、今後の市税のこういう構造というのは、どういうふうに今見ているのでしょうか。今後の数年の単位。

委員長(關 孝君) 税務課長、冨士原 徹君。

税務課長(冨士原 徹君) 当税務課の方で財政見通しを立てているわけでございますが、農業につきましては、近年の状況から大きな伸びはないのではないかというふうなことで思っております。
 それから給与につきましても、たまたま27年度につきましては3パーセントほどの上昇があったんですけれども、こちらにつきましてもですね、例年ですと1パーセントないし2パーセント程度の伸びしかないというふうな部分がございます。人口減少に伴ってそういった部分も勘案しますと、こちらも大きな伸びは期待できないものというふうに思っております。以上です。

委員長(關 孝君) ほかにございませんか。二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 2点ほどお願いします。
 概要書の15ページでありますけれども、軽自動車税の関係で25.1パーセントの増を見込んでいるということで、説明では税率改定の理由だということですけれども、それだけなのか。それから台数の見込みもこれの中に入っているのか、これが1点。
 それから18ページの定住住宅の関係でありますけれども、この使用料の4.2パーセントを見込んでいるということでございますが、今の定住促進住宅、5カ所あるというふうなことですけども、これは入居率を現在いくらで、いくらぐらい目指して4.2パーセントの数字なのか。それから使用料の過年度分、700万ほどありますけれども、12.4パーセントの収納率ということで見込んでいるようでありますが、この12.4というのはどの辺からきた数字なのか。そして5カ所ある部分で地区ごとに過年度分等の割合が違っているのか、その辺についてお伺いします。以上。

委員長(關 孝君) 税務課長、冨士原 徹君。

税務課長(冨士原 徹君) まず初めに1点目の軽自動車税につきましてですが、まず税率改正の部分で今年増額というふうなことで見込んでおります。こちらにつきましては、いろいろ種類はあるんですけれども、主に軽四輪の部分で1.5倍になるというふうなこと。それからバイクにつきましてもですね、その辺が1.5倍ないし1.25倍程度というふうなことの増になります。
 台数につきましてはということですが、台数につきましては当初予算の計上につきましては、平成27年9月末現在の台数を基に5万700台というふうなことで見込んでおります。これにつきましては、前年度と比較しまして64台ほどの増というふうなことで見込んでおります。
 以上でございます。

委員長(關 孝君) 住宅都市整備課長、小野寺克明君。

住宅都市整備課長(小野寺克明君) 定住促進住宅の入居条件でございますが、管理戸数が257戸に対しまして、契約者の状況というのが234戸となってございます。またそのほか、いわゆるみなし仮設住宅で8戸、そして南三陸町への貸出が5戸ございます。また、緊急保留分1戸というようなことで先ほど申しましたとおり、空き家状況というのは9戸となってございます。これらにつきましては、退去後の修繕を行ってございまして今後、逐次入居募集をしていくということで考えてございます。
 また、過年度分の徴収率ということでございますが、これにつきましては平成26年度の徴収実績に基づきまして収納率を定めたものでございます。一応、団地ごとということではなく、全体として収納率を定めたものでございます。以上です。

委員長(關 孝君) ほかにございませんか。及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) ちょっと角度を違ったところからいかせていただきます。
 財産収入、生産物売払収入、40ページです。汚泥肥料売払収入。これは一般廃棄物のし尿等、さらには農集排の炭化肥料の販売収入だというふうに理解しております。
 今、全体で26年度の中で61.4パーセントの汚水衛生処理率がありますけれども、27年度に関しては75.9パーセントという目標をもってやっているようですが、この処理量は一般廃棄物のし尿とそれから農集排になろうかと思いますけれども、その売り上げ量と売り上げ単価、どの程度にみられているのか。これは、いわゆる環境基本条例にもうたっていますし、環境基本計画の中でもやっています、いわゆる生活におけるそういったもののリサイクル制、さらにはその施設そのものは生活を高めるための衛生処理施設として、処理しながらそれをまわしていくというような基本的な考え方があろうかと思います。それでその多くは、園芸や農地等への利用がされていると思います。
 そういう意味でこれまでといいますか、27年度でも結構でございます。どの程度の面積の農地にそれが還元されて、リサイクル制を持たせておるのか。いわゆるお金と面積の検証というものをどのようになされているか。いわゆるこの間出された第一次の検証の中にこの部分の検証が入っておりませんでしたので、その確認をさせていただきたいと思います。

委員長(關 孝君) 環境事業所長、千葉祐宏君。

環境事業所長(千葉祐宏君) 衛生センターにおきまして今ご質問のように、し尿の残渣、それから農集排の汚泥、あるいは浄化槽汚泥を炭化いたしまして、炭化費用ということで15キロ入りの袋を一袋160円で販売をしているところでございます。それで、それらを主に土壌改良資材としてお売りをしているところでございますが、その面積につきましてはちょっと把握はしておりませんが毎年ですね、1万一千袋ほど生産し、同数量を販売しているという状況でございます。

委員長(關 孝君) 量までしかわかりませんか。

環境事業所長(千葉祐宏君) 面積につきましては把握をしないところでございます。申しわけございません。

委員長(關 孝君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) そうするとこれは15キロのやつが160円で1,100袋・・・

委員長(關 孝君) 1万一千。

11番(及川昌憲君) 1万一千袋、勘定合うのかな。1万袋だと合わないじゃないですか。合わないよね、私計算できないんだけども。それはそういう部分もちょっと確認させていただきたい。
 そうすると農集排もこれで終わり、計画も終わりになっていきますし、し尿の部分もつくればそっちに減っていくというふうになると思いますけども、この見通し全体量でどの程度、炭肥の生産といいますか、最終的にはどの程度までの量になっていくのか。

委員長(關 孝君) 環境事業所長、千葉祐宏君。

環境事業所長(千葉祐宏君) 大変申しわけございません。そのお尋ねの点については、精査をしない状況でございます。申しわけございません。

委員長(關 孝君) ほかにございませんか。相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 議案書16ページなんですけれども。
 滞納繰越分が載っていますけれども、似たような説明も出たと思いますがこの繰越、これなぜ出るのかとなると払ってもらえないから出たんだろうけど、そうじゃなくして、この滞納になるというふうな原因ですね、これを究明していかないといくら集めに行ってもダメでないかなというふうに思います。
 そしてまた今現在ですね、所得の申告がなされておりますけれども、この申告によって税というものは大きく変わってくるものでありまして、申告に来た方は「このようなことになればいいのになあ」というふうに思っていても言われないから、申告されないからこうだというふうなことではなくして、そういう時はやっぱ素直にですね、「こうだよ」ということで教えていただきたいなあというふうに思います。そうでないと、絶対ないと思いますけども、誤った課税になるなというふうこともあります。
 そしてまた、滞納する方がどうしてそうなっているのか。あるいは精査した結果、逆に非課税にしなくてはならないというふうなことも、もしかしたら出てくると思いますので、その辺のところも精査してやるべきではないかなというふうに思います。お願いします。

委員長(關 孝君) 収納対策課長、田村啓峻君。

収納対策課長(田村啓峻君) 市税の滞納繰越分の精査ということでございますが現在、市税の滞納者というのは約6,000人弱というふうに見ております。徴収対策の係が約7名。なかなか一人一人の精査というのは非常にあの難しいところでございますが、催告等の送付によって相談の際にいろいろ家計収支等を出していただいて、ご相談させていただいて納税についてご協力をいただく。もしくは滞納処分、滞納処分の中には「落とす」、「取る」二つの意味があります。そういう判断をしながら、収納率に結びついていっているという状況でございます。
 なお、今後の相談方針につきましてもやはり、なるべく自主納付が一番大切でございますのが、なかなか忙しい方いっぱいいらっしゃいます。そういう点では、やはり夜間相談も継続して、実施して納税の機会を拡充するという方向で考えさせていただきたいと思います。
 以上でございます。

委員長(關 孝君) 税務課長、冨士原 徹君。

税務課長(冨士原 徹君) 申告相談の関係でございますが、今日も含めて現在、申告相談を行っております。こちらにつきましては、お客さまというふうな形でですね、申告相談には職員が「親切丁寧にあたるように」ということで常々指導はしておるところでございます。
 また毎日ですね、夜6カ所にあるんですが、そちらの方情報の連絡を取り合いながら、その時に合った部分を次の日に活かすというふうな取り組みをさせていただいておりますので、今後ともそういった形の対応を取らせていただきたいと思います。

委員長(關 孝君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 徴収の仕方を私、聞いているんでないので。その様に滞納になっているのが、なぜその人が滞納しているのかというふうなことも調べていかないと、いつまでたってもただ取り逃してはダメでないかというふうに思って聞いているんです。
 あるいは本当に困ってね、「もしかしたら非課税にしなければいけない生活をしているかもしれない。そこのところを調べてください、精査してください」ということを言っているのであって、何人いてとかそういうことはいいんです。そのようなことでなくして、納める方も滞納している方も非常に心を病んでいると思う。だから相談に来たらどうのこうのでなくして、そういうことももしかしたらばあるんでないかと思うから、「そのようなことも調べてください」と、「今後について課題にしてください」ということですので、「じゃあそのようなことでします」というふうなことでもらえばいいのだけども、くどいことはいりません。

委員長(關 孝君) 収納対策課長、田村啓峻君。

収納対策課長(田村啓峻君) ただいまご指摘いただいた件でございますが、いろんな角度からやはり私どもも調査研究、それからご相談をさせていただくという形の考え方は変わりませんので、ますますそういう考え方をご理解いただく、それから積極的に情報提供もさせていただくという形で今後進めさせていただきたいと思います。

委員長(關 孝君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 請求するのは当たり前の話なんだよ。請求して取るのは当たり前の話なのね。滞納しているところに督促状とか行くんでしょう。だからその時に行った人を、やる人を「本当にこの人は何もなく滞納しているのか」と。あるいは「何かの原因があってこうなっているのではないか」というところを調べてくださいと。私、督促状をやれと言っているわけではないんだよ。
 そういうことで、あるいは別な角度で本当に納められなくなっているのではないかというふうなこと。例えば民生扶助、逆にやらなければいけないのでないかというようなことになっているかもしれないよということを言っているだけ。だからそれは滞納どうのこうの、ああだこうだということでなくして、言っていること自体が私聞いていることと違う。お願いします。あとは言わないから私。

委員長(關 孝君) 生活の実態にあった徴収のあり方。総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 滞納している方々には、それなりの個々の理由があろうかと思います。やはり収納対策課の方でも個々にいろんなケースをよく聞きながら進めているようでございます。あとは委員のご心配されているようなケースもいろいろありまして、例えば福祉の方だったり、民生の方につなぎながら支援策なども提案しながら、その滞納の減少の方に進めていきたいなというふうに、あとは生活支援というんですかね。そういったような手立ても十分に考えていく必要があろうかと思っております。

委員長(關 孝君) ほかにございませんか。
 これで質疑を終わります。ここで説明員の入れかえのため、暫定休憩します。
 
          休憩 午前10時41分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時44分
 

委員長(關 孝君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
    次に、歳出について質疑を行います。まず、1款議会費、2款総務費について質疑を行います。質疑ありませんか。二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 概要の25ページ、職員厚生費の中で人間ドックの予算が取られています。これは、前年度の実績と目標をどのようにおいているのか。それからその下にストレスチェック等委託料がありますが、これはどう  いった内容でこれを実施して、どのように結果を活用するのか。その下のメンタルヘルスにいかないためにと思いますけども、どのような活用方法をするのかということ。
 それから31ページの協働のまちづくり事業の中でございますけれども、この中でですね、別冊の2にもありますけれども、リーダー養成事業があります。これは各コミュニティ組織の職員及び集落支援員を対象にして、年12回の講習会をするということでありますけども、実は昨年始まりました集落支援員に関しまして、実際に支援員の方に話を聞きましたらば、実際に何をしたらいいのか。自分の席はあるんだけども何をやったらいいかわからなかったということで、その中でなじめない部分もあって、自分の仕事がないということで早めにやめられたという内容の話を聞いております。
 その辺ですね、やはりこういったことがあれば、こういった養成講座とかもっときちっと早くやっていれば、そういったこともなかったのかなと思いますけども、その辺の集落支援員の実態と、それからこの中でそれらをどのように変えていくのかについてお伺いをいたします。以上です。

委員長(關 孝君) 人事課長、阿部孝弘君。

人事課長(阿部孝弘君) 人間ドックの関係でございますが、平成27年度につきましては、共済組合の方から割り当てがございます30歳以上3人に一人、60歳到達者3人に二人という配分をいただきまして、そのほとんどの方に人間ドックを受診していただいております。配分数は421、そのうち417ということでございます。そのほかに脳検診ということで40歳以上5人に一人、180人分を176人の職員に配分しているところでございます。
 2点目のストレスチェックの関係でございます。
 ストレスチェックにつきましては、厚生労働省から示されております57の質問が記載された調査表で実施する予定としております。調査表の質問項目、例えば「心身のストレス反応に関する項目」でありますとか、「仕事のストレス要因に関する項目」、そういった項目がございまして、それぞれの評価点数の合計点が高い方が当然に高いストレスを抱えていると判断されるということでございます。なお、この高ストレス者の方につきましては医師の面談ということで、そのストレスの状態でありますとか改善策等の指導をいただくということでございます。高ストレス者の割合につきましては、大体5パーセント程度の方というふうに見込んでおります。以上でございます。

委員長(關 孝君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) それでは、集落支援員の関係についてお答えいたします。
 集落支援員につきましては、昨年度ですね、各コミュニティにおきまして5月から7月までにかけて採用をしていただきました。その後そろいましたところで、うちの方でも研修会等開催させていただいたところですが、今委員さんご指摘のとおりですね、「なかなか何をやったらいいかわからない」というふうな声も若干聞こえてきた部分もございました。毎月の定例の活動報告を見させていただく中におきましては、様々な地域づくり事業であったり、従来の社会教育事業であったりというふうなことで、携わっていただいている実態は見えるところではございます。
 しかしながら集落支援員さんを中心に地域づくりをお願いしたいと、一人だけでなくて公民館のスタッフもあわせてお願いしたいというふうなうちの方の立場でありますので、28年度につきましては、リーダー養成講座ということで集落支援員とスタッフを対象に研修をさせていただきますが、そのリーダー講習会以外にも毎年のようにやっております地域づくりの研修会でありますとか、それから事例発表会というものも去年から各コミュニティの優良事例といいますか取組事例を発表して、紹介していただくような取組みもやらせていただいておりますので、そういった事業を通じましてですね、館長さん以下ほかのスタッフの方々にも共に進めていただくというようなことで、ご理解をいただきながら活用を進めてまいりたいというふうに考えてございます。

委員長(關 孝君) 人事課長、阿部孝弘君。

人事課長(阿部孝弘君) 申しわけございません。人間ドックの関係でございます。
 先ほど共済組合の関係でお話しさせていただきましたが、このほかに市立病院、あるいは市立の診療所、こちらの方で人間ドックを行う分ということで100名分ございました。失礼いたしました。

委員長(關 孝君) 二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 前に時間外のことをお話ししましたけども、やはり職員はいろんな部分でストレスを受けたり、感じているという部分が見えますんで、ぜひこのストレスチェックですね、十分に活用して、そしてそれがドクターだけじゃなくして、やっぱり出た結果については各職場ごとに私はきちっと把握をしてですね、みんなでメンタルヘルスにいかない前にぜひ対応してほしいということを申し上げておきたいというふうに思います。せっかく人間ドックの割り当てがあるわけでございますから、100パーセント以上に活用できるようにぜひ職場での指導もお願いしたいと思います。
 それから協働のまちづくり、後段でいろいろといただきました。やはりコミュニティの中に入るわけですから、その中でやっぱりノウハウをきちっと持ってやらないと、どうしても机だけあてがわれてしょぼんとしていることではもったいないわけですから、このことを十分に中でやっていただきまして、今年は集落支援員が途中でやめることがないように。そしてそのことが、それをもって協働のまちづくりがどんどん前に進むように、そのこともですね、これは計画ですから、今答弁ありましたような中身でぜひお願いしたいことを申し上げて終わります。

委員長(關 孝君) 人事課長、阿部孝弘君。

人事課長(阿部孝弘君) ストレスチェック、あるいはメンタルヘルスの関係につきまして、職員の間で共有いたしますし、それからこういったことをですね、組織の中でしっかり形づくっていくための衛生委員会等もございますので、そういった中でもしっかりと議論してまいりたいと考えております。
 それから人間ドックにつきましてもご発言のとおりでございますので、100パーセントを目指して受診をしていただくように配慮をいたします。

委員長(關 孝君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 集落支援員中心の地域づくりの関係につきましては、職員もコミュニティの担当制をしいてございますので、そういった部分も含めて全体でその部分を共有しながらですね、集落支援員を中心として地域づくりを進めてまいりたいというふうに考えてございます。

委員長(關 孝君) ほかに。工藤淳子委員。

5番(工藤淳子君) 今の二階堂委員と関連して、協働のまちづくりに関連して、災害公営住宅の特に大網地区のコミュニティづくりについて伺います。
 2、3日前にも産業建設常任委員会で現場を見てきて、災害公営住宅24戸も大分進んでいるんですけども、特に新しくできる24戸は南三陸町対象の方で、被災した自治体ではどこでも公営住宅に移った後のコミュニティづくりをどうつくるかが問題になっていると思うんですけども、この支援員、仮設にいた時は常駐して、津山なり南方の仮設、今の仮設もいたと思うんですけど、今度はこういう方がいなくなることによって大丈夫なのか。孤立しないのか。
 そして、この西大網地区の区長さんから、新しく20戸できた分ね、「戸数が急に増えて、そして顔見知りでない方、知らない人達同士の集まりなんで、かかわり方が難しい」という声が出されているんですけど、ここの地区の場合はどういうコミュニティづくりを考えているのか伺います。

委員長(關 孝君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 災害公営住宅の関連につきましては、市内の何カ所かの町域でも建設が行われまして、そこにも新しく入居されている方がいらっしゃるという状況になっていると思います。今委員おっしゃるようにですね、なかなかなじみのない方がいらっしゃるということで、それはそのとおりだというふうに承知しておりますけども、そういった方々も含めまして、既存の自治会、町内会の中であったりですね、そういったところで地域のコミュニティを形成していただくというようなことで進めてまいりたいというふうには考えておりますけども、コミュニティに配置をしております集落支援員の方にもそういった実態の把握といいますか、そういうことで集落を点検していただくということを含めまして、取り組んでいただきたいというふうに考えております。

委員長(關 孝君) 工藤淳子委員。

5番(工藤淳子君) そうすると独自の新しく公営住宅の自治会ではなくて、元々ある大網西地区全体のコミュニティになるわけですか。その点と、それから新しくできた、今度できる方も集会所は集会所とどちらにもあるんですけども、集会所だけあってもそのコミュニティづくりはどうなっていくのか。ほかの自治体ではやっぱり孤立してしまう、特に公営住宅のところで問題になっている部分が結構あると思うんで、その点をお願いします。

委員長(關 孝君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 新しく災害公営住宅に入られた方々のコミュニティの行き先といいますかそれにつきましては、それぞれその地域によって実態が違うのかなと考えているところもございます。ちなみに申しわけないんですが私のところの例で言いますと、公営住宅ございますがその方々はですね、既存のそこの町内会に加入していただきまして、その中でコミュニティを図っていただくというふうなことになっております。それぞれそういったことで、地域ごとに若干違いはあるのかなというふうには考えておりますけども、そういった実態も含めてですね、地域の方々と早くコミュニケーションがとれるように、そういった形のあり方というものについてコミュニティ組織の方でもですね、かかわっていただくようなことで推進してまいりたいというふうに考えております。

委員長(關 孝君) 工藤淳子委員。

5番(工藤淳子君) 前お話ししたその区長さんは、もっと市の方でもかかわって、もちろん自分たちもやるんですけども、市の方でももっとかかわってやれるようなその体制をしていただきたいと要望が寄せられているので、孤立する方がないようなそういうコミュニティをぜひつくっていただきたいと思います。以上です。

委員長(關 孝君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 関係の部署ともいろいろ相談しまして、コミュニティづくりについてですね、できる限りのことを考えて取り組みたいと思ってございます。

委員長(關 孝君) 質疑の途中ですが、ここで10分間休憩いたします。
          
          休憩 午前11時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時08分
 

委員長(關 孝君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 質疑ありませんか。熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 概要の30ページの国際交流費、国際交流に要する経費で、旅費で「随行特別旅費ほか」ということで510万6,000円でございますけれども、この「随行特別旅費ほか」について主な内訳をお伺いをしたいと思います。
 それから同じく概要の32ページで、若者交流対策費ということで3市広域連携ですね、それからもう一つが仙台圏広域連携ということで、この3市の広域連携、それから仙台圏広域連携それぞれイベントの方を何回実施するかについてお伺いをいたします。

委員長(關 孝君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 初めに、国際交流の関係につきましてお答えをさせていただきます。
 随行特別旅費というふうな記載でございますが、28年度につきましては、登米市とサウスレイク市が姉妹都市を提携してから10周年の記念だということで、今年度サウスレイクで行われます記念式典の方に市長をはじめとする訪問団を派遣することとしておりまして、その旅費を計上しているところでございます。
 それから若者交流対策費の関係の結婚活動支援事業の方ですけれども、栗原、一関、登米市の3市の関係の分につきましては、昨年に引き続き1回開催をさせていただきたいと思ってございます。それから仙台圏の・・・失礼しました。3市はですね、予定では2回でございます。登米市で開催する分と栗原市で開催する分ということで、それぞれ1回ずつで2回、今年度は予定してございます。
 それから仙台圏の方の連携の部分につきましては、1回の開催というふうなことで予定してございます。

委員長(關 孝君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 国際交流に要する経費ということで、旅費ほかということなので旅費のほかにもあるのだろうということで、500万以上なのでお伺いをしたところでございます。じゃあこれは全部旅費なんでしょうか。

委員長(關 孝君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 国際交流費の旅費ほかの部分につきましては、訪問する際の記念品等の経費を計上しているところでございます。

委員長(關 孝君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) それから派遣人員ということで市長ほか7人ということで、これはどういった方々行かれるか。もし決まっていればお伺いをしたいと。

委員長(關 孝君) サウスレイクに随行される方、市長のほか7名というのはどういう方々かという。市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 失礼いたしました。先ほどの答弁の中で記念品というお話をしましたけれども、旅費の中にはですね、随行員とその方々の旅費のみということでございますので、訂正させていただきます。記念品は別な科目でございます。
 それから市長のほかですけれども、国際交流協会とかあとは議会の方からもということで、それからできれば産業関係というところも含めまして、職員の引率を含めまして、市長を含めて8人ということで現在予定しているところでございます。

委員長(關 孝君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) せっかくお金かけていくわけですので儀礼的な訪問にならなくて、やっぱり本当に本市にとってもメリットのある訪問ということになりますようにお願いをいたします。

委員長(關 孝君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 式典に出席するほかですね、ただいまのところでございますが、向こうの交流委員会等との話し合い等を持ちまして、今後お互いをもう少し深く市民の方々に紹介をいたいというふうな提案もいただいておりますので、そういったところの話し合い等も含めまして、今後につながる視察訪問というふうにしてまいりたいと考えてございます。

委員長(關 孝君) ほかに。田口政信委員。

17番(田口政信君) それでは、まず第1点目は協働のまちづくり事業費の協働まちづくりリーダー養成についてお伺いをします。
 これは講座的に定期的に開催、年間12回というふうになってございますが、目的地といいますかね、目標はどこにおいてそれをなさるのでございますか。ただ単に協働のまちづくりを担っていただいているコミュニティの皆さんのいわゆる勉強会なのか。それとも市が目指す協働のまちづくりの方向付けをこの講座で伝授していくのか。それを確認させてください。

委員長(關 孝君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 協働のまちづくりリーダー養成事業の関係でございますけれども、研修の内容といたしましては連続講座ということでございますが、この中で実際に地域で地域づくり活動を進める上で必要な知識を養っていただくということで、例えば企画力向上ですとか、情報発信力を向上させる講座、あるいは話し合いを進めるために必要なワークショップの演習とかですね、そういった地域づくりを進める上での実践を想定した内容の講座というふうに考えているところでございます。

委員長(關 孝君) 田口政信委員。

17番(田口政信君) そうしますとある意味技術力といいますかね、運営技術力の講座のようでございますが、いわゆる協働のまちづくりを支えるコミュニティが目指すものをぜひこの講座の中に取り入れていただきたいというふうに思います。前々から申し上げてございますコミュニティビジネス等も含めた講座にしていただければと幸いに思います。
 それから次ですけど、シティプロモーションの事業でございますが、移住・定住とリンクする部分があるんだというふうに私は思っているんですが、いったい登米市は何を中心にこのシティプロモーション、移住・定住を目指していくのでございますかね。それをちょっと確認させてください。

委員長(關 孝君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) シティプロモーションと移住・定住、何を目指してというところのお話でございますが、総合計画の方でも人口の減少に向けてということで計画を捉えておりますけれども、その中で例えば若者層、あるいは子育て世代の登米市への呼び込み、それからそういった方々の定住につなげるということで、そうすることで地域の活力を維持していきたいというふうなことを目標といたしまして、取り組みを進めていきたいというふうなところでございます。

委員長(關 孝君) 田口政信委員。

17番(田口政信君) つまりシティプロモーションだったり、移住・定住というのは全国どこでもやっているので、そこに参入するわけですから、ある意味ね。いったい登米市は何を売りに。自然を売るのですか。食を売るのですか。そういういわゆる教育を売るのですか。そういうことをきちんとしないと、いわゆるもやのかかったプロモーションになりやしないかという心配をしているわけなので、様々な事業を組み立てようとしていますんでそれはきちんと整理をしてですね、目指すものを掲示していかないとどうにもならんというふうに思うんです。
 移住・定住をはじめ様々な地域の取り組みは、組織的にもあるいはアイデア的にも素晴らしい市、町がございますので、ぜひ参考にしてですね、例えば大崎は移住・定住のいわゆる移住支援センターというのを置いているんです。これは民間も含めて、様々な団体も含めて支援センターを立ち上げて、そこにお金を投入して、例えばですよ。そういう手法もありますし、あるいはそれぞれの地域特長を生かしたワンポイントのいわゆる移住・定住。今、移住・定住のメインというのは、山梨、長野が先行していると言われています。その手法などもちゃんと研究をしていただきたいということ。
 それからですね、もう既に東京ビッグサイトへのブースも考えているようでございますが、このブースは全国津々浦々から非常に多くの市が参加をしている。多分今年はもっと増えるんだというふうに思うんです。ただ、宮城県が一応参加はしていますが、その宮城県の取り組みがいまいちなんですよね。ですから近隣市町村と連携をとって、ぜひ実のあるものにしていただきたいというのが私の願いです。ですから後出しじゃんけんですからね、登米市はある意味。そういった意味で、後出しじゃんけんに勝つ方法も模索していただきたいというふうに思います。
 市長、連携というものについてはどうなんですか。そういう移住・定住、あるいはこのシティプロモーションにかかわるというものについては。近隣だったり、県内の連携についてちょっとお伺いします。

委員長(關 孝君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 先ほどほかの委員の方からも婚活事業の中で3市合同の事業ということでご質問をいただきましたが、そういった意味では、まずこういった取り組みの中で、しっかりと相互に連携を進めていかなければならないというふうに思っております。
 そういった意味ではこのシティプロモーション、それぞれの市、町でですね、行っている部分とそれから相互に連携ができる部分というものが少なからずあろうかと思いますので、しっかりとそういった部分も含めて、連携を進めてまいりたいというふうに考えております。しかしながら連携を進めることによって、地域の特色や強みが薄まるようではならないというふうに思っておりますので、その辺は十分に我々も気をつけながら取り組みを進めてまいりたいと考えております。

委員長(關 孝君) 田口政信委員。

17番(田口政信君) ぜひ特徴ある取り組みをいただきたいというふうに思います。
 それからもう一つですが、大学等のフィールドワークの誘致促進というのは、具体的にどういうふうなことなのかということと、細かいことですが50万円の負担金でございますが、この概要説明だと51万という数字もあるのですが、それはどういうことなのかお伺いします。

委員長(關 孝君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 大学等のフィールドワーク誘致促進事業の関係でございますが、これにつきましてはですね、学生の皆さんが講義によって得られる知識というものを実社会の現場において、実際に活用させる実践教育というものがあるのだそうですけども、そのフィールドにぜひ登米市を選んでいただきまして、登米市を現場として学習をしていただきたいというふうなことをPRするものでございます。
 それで経費の内容といたしましては、5人以上のグループで宿泊して登米市においでいただくということを条件にいたしまして、一グループあたり最大5万円の補助金を差し上げるというふうなものでございます。
 それから51万円の関係につきましては、1万円はこれは学校等へのPRのための職員の旅費というふうになってございます。

委員長(關 孝君) ほかに。及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 概要の29ページの登米祝祭劇場の管理に要する経費の中で、前に相澤委員も聞きましたが、修繕費、工事請負費の中身をお知らせ願いたいと。
 それから別冊2の6ページの結婚活動支援事業の事業概要の1番目、②の出会いの機会を提供するイベントの開催、それから3番の結婚相談、4番の啓発活動及び婚活支援員の育成について、それぞれ中身をお聞かせを願いたいと思います。

委員長(關 孝君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) まず初めに、祝祭劇場の管理に要する経費ということで工事請負費の内容ということでございますが、28年度につきましては、建物の周辺の池がございますけれども現在、仮設の車止めを設置しているわけですが、これに代わりまして景観を配慮したフェンスを取り付けしたいということで計上させていただいているところでございます。
 それから結婚活動支援事業の内容ということでございますけれども、出会いの機会を提供するイベントの開催ということで、こちらにつきましては現在、市が行っております市内の事業所と連携して行っております部分で出会い、いわゆる出会える機会パーティ、婚活パーティのような出会いの機会を年に4回ほどこちらの方では考えてございます。
 それから結婚相談事業につきましては、ご本人であったり、家族であったり結婚に関して相談したい方々から随時、事務所での受付とそれから希望があれば訪問しての相談事業への受け付けも賜るというふうな内容でございます。
 それから啓発活動といたしまして、婚活支援員の育成というふうになってございますけれども、これにつきましては、現在NPO活動団体に支援事業を委託しているわけでございますが、この団体と一緒になってこういった事業にご参加をいただく方の後押しといいますか、掘り起こしといいますかそういったお手伝いをして下さる方の育成ということで事業内容に盛り込んでいるところでございます。

委員長(關 孝君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) まず、祝祭劇場。池はフェンスを付けるとすると保存するのですか。
 前に相澤委員が、「夏はボウフラがわいて環境的にも良くない」というそういう話もありましたし、イベントで出演者、楽屋裏が雨、雪降った時、せっかく立派な着物、あるいはそういう衣装が汚れる恐れもあるし、ぜひ整備をしてもらいたいというそういう話も前からあったようでございますが、その辺の考えはありますか。

委員長(關 孝君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 祝祭劇場の池の関係でございますけれども、5年前の東日本大震災で池も被災をいたしまして、その時に修理ということで直しているわけなんですが、直す場合の検討ということで、まず池を埋めた場合にさっきおっしゃったような建物と池の間に空間があるわけなんです。滝というイメージの空間があるわけなんですが、そちらの方に崩壊する危険も考えられるということで、その分も含めて修理をすると結構金額が多額にかかると。それから池につきましては、あの建物が水の里をイメージした建物ということで、建物と池が一体化した施設というふうな捉え方となっておりまして、これは設計者の方の一応ご意見をお伺いしないとなかなか難しい部分があるというふうなことから、今回につきましては、フェンスによる安全のための施行というふうなことでさせていただきました。
 それで池の水の環境の部分につきましては、現在自然に排水できるような状態にしておりまして、四つあるうち二つはほとんど空の状態になっておりますけれども、大きい方が若干水がたまっておりますので、それは環境が悪くならないように水池ポンプなりを活用して今後管理をするように施設側にお願いをしたいというふうに考えてございます。
 それから下の部分の着物が汚れるというふうなところでございますけれども、確かに地下の通路を歩いていて雨とか風の日なんかには隙間から入ってくる部分も確かにあるわけでございますが、ちょっと仮設のカーテンのようなものとかですね、あるいはプラスチックの板のようなもので仕切りができないかというふうなことでいろいろ検討させていただいておりますが、ちょっと消防設備の関係等もございまして、なかなか今実現できない状態であるということですので、ちょっとご理解をいただきたいというふうに考えております。

委員長(關 孝君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) むしろ利便性を考えればあそこは平らにして、むしろ駐車場とかある程度、舞台を使う人たちの資材の運搬もかなり不便なようでございます。やはり利便者の声を聞くのが一番だと思います。その設計者も確かに思いがあって造ったと思いますが、じゃあその辺をぜひ確認して、よいとなればその辺は駐車場とかそういう別な利用、用途に考えるということでよろしいですか。

委員長(關 孝君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) ちょっと先ほどもお話したのですけれども、池を埋める部分につきましては、設計者の方のお話の部分とそれから多額の経費がかかる部分もあるということでございます。それで施設そのものが20年経過いたしまして、結構中の設備も毎年度更新ということで結構経費がかかっているわけなんですけども、今後におきましても空調設備の関係の更新でありますとか、音響設備のデジタル化というようなことで結構多額の経費が必要になるということもございますので、そういったところも含めてどういう優先順位で維持していくかということでございますので、ご理解をいただきたいというふうに考えております。

委員長(關 孝君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) じゃあその確認だけお願いしたいと思います。
 それから婚活支援員の育成という項目がありますが、これまでも何人か支援員は育成できて実績も上がっていると思いますが、やはり昨年度の実績、あるいは今年度の目標というものがあったらお聞かせ願いたいと。

委員長(關 孝君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 結婚活動についてのお尋ねでございますけれども、婚活支援員の育成につきましては、そちらの委託しております団体の方で行っておりまして、目標ですね、各町域に二人ぐらいずつ欲しいということで、できれば大きい迫とか中田は3人ぐらいずつ欲しいというような目標を掲げまして、現在取り組んでいるところでございます。
 それから現在は10人程度ということになってございますが、それから市外では栗原市の方にも何人かいらっしゃるということで、これはNPO法人の方でお願いしている方ということでございますが、市外にもいらっしゃるというふうに確認をしているところでございます。

委員長(關 孝君) ほかに。佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 2点ほどお聞きしたいんですけども、まず26ページの財政管理費の中で先ほどもちょっと質疑あったのですが、合併算定替終了に伴う財政対策連絡協議会負担金ということなんですけどもこの協議会、今どういった課題を持って、これからどういった方向で今検討しているのか。その内容について一つお伺いをしたいと思います。
 それから2点目なんですけども、30ページの交通対策費についてお伺いしたいと思います。
 委託料の中で陸前豊里駅、それから柳津駅の切符の委託料ほかとかあるんですけども、市長にお伺いしたいのですが、前に市長も新聞の記事にも出ておりましたけども、気仙沼線のBRT化がかなり進んでいるということなんですが、JRと実際この気仙沼線の方向について、どの程度の今、話合いというか現況になっているか。まず一つそれをお伺いしたいと思います。
 それから2点目になんですけども気仙沼線、震災前はですね、豊里もですが、朝と夕方に直通の仙台行きの列車があったということで、かなり利便性が高かったわけですけども、今現在はそれが全て運行を中止しているわけです。そういった意味で、JRとの話の中でそういった利便性の確保のために何か要望していることがあるのか。
 それともう一つ、登米市として前に観光計画の中でちょっと話をいただいた「市外から来た人の市内を歩くアクセスがなかなか問題である」という課題を指摘されているわけですけども、そういった点からも含めてですね、この駅をもう少しアクセス良いとかそういった何か対策は考えられているのかどうか。その2点についてお伺いをします。

委員長(關 孝君) 財政課長、加藤 均君。

財政課長(加藤 均君) 財政管理費に計上しております合併算定替終了に伴う財政対策連絡協議会負担金5,000円の関係でございます。
 この対策協議会につきましては、平成25年の11月に設立されたと記憶しております。目的といたしましては、その時点でですね、例えば登米市の場合ですと合併算定替の終了によりまして、50億円が交付税減額されるといった見通しがございました。合併市町村につきましては、各団体とも同様の問題を抱えていたということで、そのままですと非常に財政が心配されるということで設立されたものでございます。
 現在、国内の合併市379市が完了して活動をしているということで、主な内容につきましては、国の方に合併算定替終了に向けてですね、「算定方法の見直し」、これを何とかお願いしたいということで訴えかけるといったような活動をしております。この活動の中でですね、平成27年1月に国の方から基本的な算定替の考え方、見直しの考え方が出されております。具体には、これまで算定替によって減額されるといったうち、7割を復元するといった方針が出されたと。この部分については、この会の成果であるというふうに思っております。こういった活動を引き続き現在も進めているというふうに聞いております。
 以上でございます。

委員長(關 孝君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 気仙沼線の件につきましてご質問をいただきました。
 まず、この気仙沼線全体のBRTに関しての取り組みということにつきましては、南三陸町におきましてはまちづくりを進めていく観点から、また今現状の公共交通の利便性の実態からBRTで進めて欲しいというようなお話がされたところでありました。
 我々といたしましてもですね、やはりBRTで是としたところでございますけども、その以前の会議の中でも当市につきましては、在来線、要するに鉄路とBRTと混在をしておりますので、それぞれの利用する皆さんについて、できるだけ不便を来すことがないというような条件を付けさせていただき、またそしてその取り組みにつきましては、現状これを維持するというようなお話をいただきましたので、気仙沼線の柳津駅以北のですねBRT化につきましては了承をさせていただいたということでございます。
 気仙沼市におきましては、まだ結論は出ていないというようなお話ではございますが、気仙沼市としても公共交通のあり方と、そしてその影響と利便性をどのように確保するのかというような観点について、JRさんとの協議がなされているというようなお話を伺っているところであります。
 また利便性の向上、アクセスの向上という意味におきましては、当市といたしましても南三陸町さんについても同様でございますが、やはり仙台圏へのアクセスの向上についていろいろとお話をさせていただきました。しかしながら今現状としては、JR単体でのアクセス制の向上については実態問題としてなかなか厳しいものがあるというようなお話をいただいております。アクセスが向上したことで利用者の利便性は高くなってはいるとはいうものの、実態としての利用者の数がやはり震災前と比べると半分にも満たないような状況に今なっているというようなお話でございました。何とかこういった部分において、全てにおいて採算性を含めてですね、利便性を向上したいというようなお話はいただいてはおりますが、恐らく来年度中にはですね、例えば三陸縦貫道が志津川インターチェンジまで延伸をされるというようなこと等も想定ができるわけでありますので、高速バス等の活用によるアクセス性の向上などについても多角的にやはり検討をすべきというようなお話になっているというようなことで、我々としては認識をしているところでございます。

委員長(關 孝君) ほかに。佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 最初のですね、合併算定替のことは経過はわかるんですけども現在、これからもこういった目標でいくというものがあるのかどうか。そこだけお聞きしたいと思います。
 それからBRTのことなんですけども現在、豊里から電車に乗って前谷地まで行くと待ち時間があったりしてですね、電車で仙台に行くのはかなり時間的なロスもあるわけなんです。ですからこれは利用状況に応じて、JRはなかなか「うん」と言わないのはわかるんですけども、ぜひそういった時間的なアクセスのこともJR側に少し要望をしていただきたいと思いますし、その駅を使ったですね、市内に来られた方が市内を循環できるような、駅をポイントとしたアクセスができるような体制をちょっと市としても検討していただきたいということ。その2点お伺いします。

委員長(關 孝君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) それでは、JRさん関係の件につきまして、まず私の方からお答えさせていただきたいと思います。やはり陸前豊里駅周辺に移り住まわれた皆さんの状況等をいろいろ推察してみますと石巻圏や仙台圏へのアクセス、そういったものを重視して移られてきている方も多いというような認識を私自身も思っております。でありますからJR東日本さんについては、そういった部分に対するアクセスの向上等についてもいろいろと要望させていただいております。今、具体にアクセスの待ち時間等のお話もいただきましたので、そういった分についてですね、利便性の向上が図られるかどうかその辺につきましてもしっかりと要望させていただきたいというふうに思っております。
 駅からのアクセスについては、担当の方から答弁させます。

委員長(關 孝君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 登米市を訪れる際にJRの駅を経由して、そこを窓口として登米市に入ってくるというふうなそういった方々へのアクセスの向上というふうなことでございますけれども、ただいま市民バスの方ですね、平成27年の4月から総合産業高校の開校とあわせた形で新たなダイヤ編成をさせていただきました。
 その際に、従来の市民バスのダイヤからの主な変更の内容としては、JRの駅との接続というふうなことを一つの目標といいますか、目的として取り組んだところでございます。市内の石越、新田、あるいは豊里、そういったところもございますし、近隣では瀬峰駅、それからくりこま高原駅というふうなことでやらせていただいてございます。
 ただ、全ての列車のダイヤに合わせたですね、なかなか市民バスの配車、あるいは運行というものが現実的にはかなわない部分がございますので、ただそういったところを経由して朝、あるいは帰りというふうな時間でのダイヤに合わせた最低限の市民バスの編成をしたところでございますので、なお今後も4月からのJRのダイヤ改正もございますけれども、そういったものも見据えて、修正しながら取り組んでまいりたいというふうに思ってございます。

委員長(關 孝君) 財政課長、加藤 均君。

財政課長(加藤 均君) ただいま申し上げました合併算定替の終了に伴う交付税の算定方法の見直しでございますが、先ほど申し上げましたとおり7割が合併団体に対して復元されるといった一定の成果が出ているというようなことでございまして、その部分では一定の成果を得たということで終了ということになろうかと思いますが、ただ算定方法の見直しの期間なんですが、現在も行われております。最終的には平成30年度までに行われるというような部分がございますので、この辺の情報の収集だったり、あとは国とのやりとりだったりというのを引き続き進めていくということのようでございます。
 以上でございます。

委員長(關 孝君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 市長に2点、まとめてお伺いします。
 総務の委員会で危機管理監から状況を聞いておりますけども、市長の考えを伺いたいと思います。
 一つは女川原発の安全協定の関係ですが、昨年2月定期議会でこの協定書の議会審議の中で附帯決議をしました。自治体並みの事前了解事項を盛り込むようにということで、市長が質疑の中でですね、いわば「事前了解事項を含めて協定見直しが必要だという立場で、これからもしっかり向き合って進めていきたい」という答弁をされておりますので、危機管理監としては、事務方としては日程調整などでまだ会議は開いてないということだったんですが、どういうふうになるのでしょうかね、新年度に向けて。市長としての決意も改めて伺いたいということです。それが1点です。
 もう1点は、庁舎建設の関係。
 具体的に、個別的事業費は今回計上になっておりませんが、事務費の中では「着々と」と言うんですか進められておるわけであります。その点で、栗原市の例を度々出して恐縮ですけども、スポーツパーク計画を市長が打ち出して市民向け説明会を5カ所で開催したと。様々な意見をお聞きしたということが報道されておりますけども、こうした姿勢に立つのが私は当たり前の市長としての姿勢だと思うのですけど。新庁舎については何ら、区長さん方に説明をしたということで終わりとするものなのか。新年度、「いや違うんだ」と。「当然早い段階で説明会も開催するんだ」という立場でいるのかお伺いしたいわけです。

委員長(關 孝君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) まず、安全協定についてでございます。
 我々といたしましては、やはり安全協定の締結も、またこの原発問題については、やはり市民の安心・安全をどのように取り組んでいくのかということが非常に大きな課題であるというふうに認識をしております。そういった意味では、これまでもそういった取り組み等について、当然今の協定の中でですね、取り組んでいる内容についても昨年、我々としては十分とはいえない対応があった事例もあったというふうに認識をしておりますので、そういった分についてもしっかりと真摯な対応を求めてまいったところでございます。そういった意味では、このことにつきましては本市だけでなく、やはり2市3町それぞれ協定としてですね、一緒になって取り組みを進めておりますので、そういった部分も含めてしっかりと整理・精査をしていきながら、電力さんとの話し合いを進めてまいりたいというふうに考えております。
 それからですね、庁舎建設に向けてということでございます。
 このことにつきまして、栗原市さんの事例もご紹介をいただきました。今現在といたしましては、議会の方でも特別委員会を設置をいただいて、今ご議論をいただいているような状況もございます。我々といたしましてもそういった議論も含めて、いろいろな課題やご質疑などもいただいておりますので、そういった部分もしっかりと答えながら精査をし、そして市民の皆さまにも改めてそういったご説明の機会をつくってまいりたいと考えております。

委員長(關 孝君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 1点だけですが、安全協定の関係で、市長としては今はっきりそういう含みがあったのかどうかわからない答弁だったのでお伺いしますけども、昨年の議論の段階と同じように、現在も立地自治体並みの協定が必要だと。もちろんその協定を結んであっても、女川にも石巻にも昨年の事故というんですかね、報告が相当遅れているという大問題もあったんで協定が締結であと終わりというのではなく、常の検証というか。
 そして必要な東北電力への申し入れなどもその都度機敏にやっていかなくてはないんですけども、基本的には立地自治体並の事前了解事項を含めた協定を目指すと。そのためにEPZ管内自治体の首長会議の協議会だったでしょうか。これをそういう立場で臨んで、その座長というか市長、会長ですので、できるだけ早期のそれに向けた会議なども開いていくと、そういう決意でいるんでしょうか。

委員長(關 孝君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 私といたしましましては、もちろん登米市としての立場と全体の取りまとめという立場がございます。そういった意味では、やはり全体の意見集約を含めてしっかりとした議論がなされ、そしてそういった取り組みにつなげられるように力を注いでまいりたいと考えております。

委員長(關 孝君) ほかに。田口久義委員。

16番(田口久義君) ちょっと昼休みまでの時間がなくなりました。できるだけ端的にお話したいと思いますし、答弁もその様にお願いできればと思います。
 別冊2の8ページ、9ページについてです。移住・定住促進事業の概要がありますけれども、先ほども質疑がありましたが、この部分については総合計画の中でも大きな柱の一つであろうとその様に思います。そういった意味で考える時にこういった部分は、先ほどもお話しがありましたように全国で今取り組まれているわけでありますから、本市は本市としての特に特色のある施策を打ち出す必要があるのだろうと思った次第でございます。それでこういった部分でいろいろ補助的な内容がありますけれども、定住していただくための呼び水としてこの施策が果して十分か。あるいは十分というよりは適当と考えているのかどうなのか。その辺をまず、考え方をお話し下さい。

委員長(關 孝君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 移住・定住の促進策でございますけれども、先ほども委員の方からお話がございましたように、決して登米市が先んじているわけではなくて、これまでどちらかというと少し薄かった部分もございますので、その辺はやはり少し遅れた部分でやっていかなくてはいけないというふうな認識はしてございます。
 ただそういった中で、これらの今回28年度の予算に組ませていただいた施策については、現状の中で考えられる部分というふうなことで、積み上げをさせていただいたところでございます。ただこれらを実施していくためには、これはあくまで支援の部分でございまして、そこに行き着くまでの移住を希望する方々へのアプローチの仕方であったり、あとその方々を受け入れて体験をしていただくとか、あるいはその体験をサポートするための市内の組織の体制だとか、そういったものを今後一つずつつくっていかなければいけないものというふうに思ってございます。それらと一緒にですね、こういった施策がまわり始めることによって、移住の促進につなげてまいりたいというふうに考えているところでございます。

委員長(關 孝君) 田口久義委員。

16番(田口久義君) 随時さらに加えていくというような内容だと思うんですけれども、例えば具体的に言いますとですね、補助対象経費として500万以上の取得に対して10分の1の限度の60万円とか、あるいは取得総額300万円以上に対しても10分の1の限度額40万円とか具体的にあるわけなんですけれどもちょっと私は、その他にもいろいろ下段にもあるわけなんですが、ちょっとインパクトが少ないといいますかもっとメリハリをつけた、移住者が見て、「ああこれはいいなあ」と思うような施策を出していただければいいのかなと思ったわけでございますので、そういった部分での考え方、もう少し工夫する必要があるのではないかなと思うわけです。
 それからもう一つは周知の方法でございますけれども、いろいろ執行当局としては周知の方法は考えているとは思いますが、例えば具体的にその例を挙げて、何歳以上の何人の家族がこうした場合には、これこれこれ。これ単品でなくて、加えて合計で補助金が決まる部分もあると思うんです。そしてまた、このほかにもほかの施策もあると思いますので、その辺わかりやすくですね、きちっと「ああこれはいいなあ」と。「私も行ってみようと思っていたので、ぜひ行きたい」というような施策を打ち出す必要があると思うわけでございます。その辺の考えについて質したいと思います。

委員長(關 孝君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 今回、予算を措置させていただきます支援事業につきましては、先ほども少しお話をさせていただきましたがこれが全てではなくて、これにつながる予算、実際予算はかからなくてもですね、これにつながる様々な取り組みが必要だというふうに認識してございますので、そういった中でこれらの一つのきっかけとなるようなお知らせ等もしていきたいというふうに思ってございます。
 それから住まいサポート事業につきましては、ただいま一言でインパクトの強いというふうなことの話だったと思いますけれども、この住まいサポート事業につきましては、基本額に対して加算額というふうなことも設定してございます。登米市に移住した方については20万円を加算するとか、市内の工務店で新築した時には10万円を加算する。あるいは中学生以下の子供一人につき5万円を加算するというふうなことで、それで最大で100万円というふうな措置になってございますので、登米市に移住する際の住まいサポートにつきましては最大100万円というふうなのが一つの、一言でお知らせできる内容なのかなと思ってございます。
 それからこういった施策の周知保方法等につきましては、今回ここでは移住・定住促進事業というふうなことで掲載させていただいていますけれども、そのほかにも各部署にわたって子育ての支援でありますとかそういった部分もございますので、そういったものを全庁的なですね、登米市の今の施策をわかりやすく横断的に取り組めるようなそういったパンフレット等もつくりながら、登米市に来た際の支援のあり方がどういうふうになっているかというのを見やすいような形でですね、一目でわかるようなそういったパンフレット作成等もしながら広報してまいりたいというふうに思ってございます。

委員長(關 孝君) 田口久義委員。

16番(田口久義君) これが全てでないということもわかりました。
 ただ要するにこれを見た限りでは、ちょっとこれ見て「行ってみよう」という気持ちにはなるのかなという疑問があったものですからお話をさせていただいたわけでございます。これを見た限りでは、その人はそこへ前から行ってみようと。それがたまたま登米市であったと。行ってみたついでにこういう制度があるからじゃあこれもいただいておこうというような施策にしか見えないわけでございますから、もっと主体的に人を呼ぶんだという表現の仕方、内容を考えていただければなお良いのかなと思ったわけでございます。一言、簡単でいいですから。

委員長(關 孝君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) ぜひ私どももですね、この補助事業の制度をつくるとか、あるいはパンフレットをつくるというのが目的ではなくて、移住・定住の促進というふうなことでございますので、そういった取り組みが図られるように努力しまいりたいと思います。

委員長(關 孝君) 質疑の途中ですが、ここで昼食のため午後1時まで休憩いたします。
 
          休憩 午後12時01分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分

委員長(關 孝君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 質疑を続けます。氏家英人委員。

4番(氏家英人君) 予算概要42ページでございます。所管なので端的にしたいと思うんですけれども、選挙啓発費の部分でありまして、昨年6月定期議会の一般質問で私、投票率のアップについて様々質問をさせていただきまして、そのことを踏まえて当初予算に戦後70年あまりがたって見直された選挙権年齢18歳以下への引き下げに対する「選挙へ行こう」という啓発運動について、どのような予算がつくのかなと思っていたところですが、何らこれまでの選挙と変わっていないように感じるわけでございます。選挙啓発費としてちょっと啓発意識というもの、低いのではないかと思うのですが、その辺総務部長でしょうか。お願いしたいなあと思います。

委員長(關 孝君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 選挙投票率の向上というのは、非常に大きなテーマになってくるかと思います。今回18歳に年齢が引き下げられるということもありまして、いろいろお話などをちょうだいして今年度の取り組みとしては、高校に出前講座のような形で選挙制度、あるいは投票においての様々な勉強会というんですかね。そういった講座などを実施するということで、それからあとは例えば選挙をする場所。例えば人の集まりやすいようなショッピングセンターというようなお話もありまして、これは選挙管理委員会の委員さん方などといろいろ協議してまいりましたけれども、やはり課題もいろいろございます。
 まず、できないことの理由を述べるというわけでありませんけれども、やはり場所、適当な場所があるか。あるいは実施するためには、そこまでのインフラをまず整備する、整理すると。そういったことがありまして、それからもう一つは人的な手当て。それから既存の投票所との兼ね合いなどなどいろいろ検討しまして、なかなか実施にはハードルがもう少し高いなというふうに今考えております。

委員長(關 孝君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) わかりました。様々な自治体の取り組みとしてですね、高校へ対する出前講座等々様々なことをやっているようでありますので、しっかり取り組んでいただきたいと思います。予算には反映されてないようですけれども。
 それから期日前投票所のこと今ちょっと部長おっしゃいましたけれど、国政選挙においてはですね、国政選挙における期日前投票所の設置に関する費用は、国の負担にほとんどなるはずでございまして、本市が投票率アップを考えた時に取り組もうと思うのであれば、それほど難しいことではないというふうに思っています。大型商業施設のみならず、本市においては4カ所も道の駅なんかがありますし、あるいは病院なんかでも可能なのではないかというふうに思っているところであります。
 そしてですね、今年の7月に多分執行されるでありましょう参議院議員選挙、これに対する啓発ポスターをつくるようですけれども、どういうふうに18歳、19歳に対して促しを進めることができるのか。あるいは、今年度当初予算で来年の4月に執行されます市長、そして市議会議員選挙についての予算も800万ほど計上されておりますけれども、こここそですね、きちんとした18歳、19歳に対する啓発という部分で考えなければいけないと。なぜ予算化なってなかったのかなというふうに思うわけであります。
 43ページの市長、市議会議員選挙の部分の委託料の中で啓発幕の製作委託料なんていうのがありますけど、どういったものなんですか。

委員長(關 孝君) 選挙管理委員会事務局次長、平山法之君。

選挙管理委員会事務局次長(平山法之君) 期日前投票所の設置につきましては、9月定例会においてもご質問をいただいておりまして、選挙管理委員会といたしまして検討をしてまいったところでございます。
 先ほど事務局長がお話いたしましたけれども、私ども想定されますイオンタウン佐沼の方にお邪魔いたしまして、状況について確認させていただきました。その際お話いただいたのは、設置につきましては可能であるというご回答はいただいてございます。会場としましては、イオンタウン佐沼にはクローズされたスペースという、催し物をやるスペースというのは特別ないということで、いろんなイベントなどが開催されております吹き抜けのセントラルコートというような場所ということが提示、場所としては提示されました。
 それで、その使用に関してですけれども2、3カ月前までに申し込みいただきたいという件がありました。もし予約が入っていれば、それはちょっと実施できませんと。最初に予約が入っていた場合は難しいというお話がございました。ちょっと心配いたしましたのは、やはり衆議委員の解散総選挙となりますと突然解散いたしますので、なかなかそこでバッティングしている場合には実施は難しいのかなという心配がまず1点ございました。
 それから場所的な問題としていたしましては、その場所がゲームセンターと隣接しているというような場所でございまして、そういったところで騒音というか音量等も大きいということで、必ずしも場所的に静穏ではないということでそういった環境にあるというような認識でございました。
 それから効果といたしまして、確かに委員さんお話のとおりこれまで実施しておれなかったそういった場所で実施するということであれば、一定の効果というのは当然あるとは思います。ただイオンタウン佐沼に関してでございますけれども、登米市役所の迫庁舎、今一番期日前投票が多く来ていただいておりますけれど、そこから1キロ。それから南方庁舎から3キロということで、比較的近いところにあるということでございました。
 それから先ほどお話申し上げましたとおり人的な問題。それから経費の問題、経費につきましても全てということではなくてですね・・・
 (「わかってます」の声あり)

選挙管理委員会事務局次長(平山法之君) 申しわけございません。
 それから、あと啓発についてございますけれども、特別な予算化ということはしてございませんが、予算ゼロで出前講座、そういったことを行う予定でございます。
 それから今年度各高校の方にもお邪魔いたしましてお話を伺ってまいりまして、そういったことの予定を立ててございます。それから各広報とかということで、18歳選挙年齢の部分についても広報はしてまいりたいと考えてございます。

委員長(關 孝君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) 繰り返しの答弁はやめていただきたいと思いますので、忠告させていただきます。申しわけありませんけれど。
 わかりました。私、一番気にしているのは、投票率アップはもちろんのことなのですけれども、選挙違反を起こしてしまわないかという意味での選挙についての勉強をさせるべきだというふうに思っているんです。しっかりと予算化すべき部分だったのではないかなというふうに。だからこそ思っているわけで、部長しっかりですね、高校に出向いての出前講座等々でその辺、本市から・・・何ていいますかね、まちを思うがための違反者なんか間違ってもでないような講座を期待したいと思いますがいかがですか。

委員長(關 孝君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) やはり初めての選挙を経験するということですので、その辺はしっかり講座の方でお伝えしたいというふうに考えてございます。

委員長(關 孝君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) 概要書30ページ、国際交流費でちょっとお尋ねします。
 先ほど前任者の方が質問してちょっと聞き取れなかったものですが、概要書にある随行特別旅費は500万。ところが別冊2ですと400万。まずこの差はなんだったのかお願いします。

委員長(關 孝君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) その差はということでございますが、旅費の中には随行特別旅費ということで、青少年海外派遣の部分の随行員2名分ということで100万ほど計上させていただいているところでございます。

委員長(關 孝君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) ああそうですか。やっぱり聞かないとわからないものですね。
 それで今回、10周年記念で市長をはじめ8名、7名ですか、いわゆる向こうに行って親善を深めてくる、非常に大事だろうと思います。この姉妹都市は、青少年の末永い交流、そして市民レベルも末永くしていただくというのは第一であります。
 そこで私は、昨年度だったと思うんですけどもお話しました。いわゆる合併して10周年はこれまでどおり子供たちの交流を第一ですけども、10年過ぎればそろそろ青少年の交流はもちろんでありますが、大人のつき合いもどうなのか。つまり経済交流ですね。そっちの方を私、申し述べました。それで今回、産業経済人ですか、何名か連れて行くということですけれども、その点手短に。どういう方たちを想定しているのかお聞きします。

委員長(關 孝君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 産業関係の方々つきましては現在、訪問先としまして、トヨタ鉄工の方のテキサス工場の方を訪問させていただくということも今現在予定してございますので、その関連の方々にご同行をいただくようなことを考えてございます。

委員長(關 孝君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) それもいいのでしょうけども、市長ね。この施政方針に第二次総合計画の中での重点戦略、その3番目にいわゆる産業・・・何て言うんですかね。起業・創業・既存企業施設のいわゆる取り組み等、海外にもっと向けたいということを言っていますね。
 それで、若干紹介します。このサウスレイクは、300万人以上の大都市です。その隣にあるのがサウスレイク。それで300万人都市のすぐ近くにある、いわゆるベッドタウンしているのがサウスレイクなんです。それで20年前は確かに1万人ぐらいでしたが、今は3万人とも4万人ともいえる非常にリッチな高級住宅がいっぱい増えているというまちなんです。シティなんですね。その方々たちは、こんなこと言っております。食べ物は、非常に健康に気をつけて、安心安全のいわゆる日本食というんでしょうかね、オーガニックフーズというんでしょうか。そういうのが非常に今流行っているというんでしょうかね。そういうまちなんだそうです。まちはね。
 私はそこで、登米市でいろんな起業している方、あるいは会社をつくっている方いっぱいおりますよ。今度の6月か7月に訪問する時、トヨタとかそういうのじゃなくて、地元で起業している方々に旅費を出すんじゃなくて、市長、「一緒に同行してくれませんか」という声がけしてください。確かに市長とか議長は公務で行くからこれはいいと思います。しかし民間の方々たちは、1回呼びかけをしてもゼロならばいいですよ。やっぱりいると思います。私は。
 今、日本はTPPで攻められるどうのこうのと言ってるんですけれども、こちらから攻めてください。現に20年前は登米の町で姉妹都市を結んだ時は、農産物とかそういうのをいわゆる直接輸出するというのは考えられませんでしたね。ところが今、宮城県はじめ小さな自治体も向こうと直接つき合いしているまちにやっていますね。それをぜひこの登米市の中で、市長これからやるべきでないのかと私思っているんです。その点市長ね、この手の親善訪問は握手してそれで終わり、どちらかというと。「これからもお願いしますよ」というのじゃなくて、もっといわゆる湖に石を投げれば波紋なりますね。そういう形のおつき合いをこれからやるべきではないのか、こう思っているんですけども。市長、考えいかがですか。

委員長(關 孝君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) ご質問いただきました。10年前ですか、姉妹都市の調定にお邪魔をした際にもそういった経済交流の取り組みについて、いろいろと調査研究をさせていただきました。今回につきましてもですね、今議員からご指摘をいただきましたとおり、様々農産物等の海外輸出などをいろいろ取り組んでいただいている皆さん、結構でてきておりますので、例えばそういった皆さんにはですね、やはりこういった取り組みの中でご紹介ができるかどうかも含めて、いろんなお手伝いをさせていただきたいと。
 そういった取り組みに対して、一緒にお取り組みをいただける方ということでの声がけが必要ではないかというご質問でございますので、そういった部分しっかり声がけをさせていただきたいというふうに思います。

委員長(關 孝君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) その点ぜひお願いしますよ。若干時間ありますので広く声をかけていただき、市長とならば一緒に行きたいという方、多分おりますので、自分では、各個人ではこの手の経済交流のためには行けないんです。自治体の首長が旗降って行けば、市民のそれなりの活動をしている方も多分いると思いますので、ぜひこれはお願いしたいと思います。
 それからもう1点。次のページなんですけど、若者交流対策費ですね。この間、私の所管の委員会で市民生活部長とちょっとやり取りしたんですが、これは政策だということで私やめました。
 今ここにも載っているように、婚活活動にもやっていますよと。そして市民生活部の方では子育て支援、あるいは乳幼児のいろんな検診の補助とか様々あります。しかし肝心のですね、市長ね、私はこれまではどうなのかなという感じはあるんですけども、要はこの登米市が今の人口維持、あるいは増えていくためにもまず結婚してください。結婚していただくことが私は前提ですね。子育て支援も幼稚園の保育所の支援も。結婚していただくためには、まずそれが前提だと思います。
 それで市長ね、今申し上げましたんですけども、結婚のいわゆる婚姻届というのでしょうか。その時点でお祝などをいかがなものかな。簡単な話、結婚お祝金支給。この間、登米誕生お祝金、あれと同様のこういうものは考えられないものなのかなあということを私思ったものですから、市長はどうでしょうかね。これは政策ですから。どうですか。

委員長(關 孝君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 結婚祝金ということでお話をいただきました。
 結婚というものですね、やはりご本人のみならず友人、知人、多くの皆さんに祝福をされる、そのような人生の大きな節目というふうに思っているところであります。そういった意味では、そういったお届をいただく際に市としてお祝、祝意をどのような形で表すのかということは大変大切なことではないのかなというふうに思っています。
 ある休日、震災直後だったと思います。要するに休日の際にですね、休日の受付をしている際にたまたま婚姻届の提出の場面に遭遇をいたしました。心からお祝いを申し上げさせていただくとともにですね、お二人とも非常に喜んでいただいたというのが印象的でございました。そういった意味では、そういう取り組みに対してどのような形で応援をし、お祝をしていくのかということにつきましては、十分検討してまいりたいというふうに考えております。

委員長(關 孝君) ほかに。佐藤恵喜委員。

15番(佐藤慶喜君) 委員長、ちょっと歳入に戻るんですが、自分の時間なのでお許しはダメなんでしょうかね。

委員長(關 孝君) 歳出に関連しての質疑、関連させての質疑であれば受け付けたいと思います。伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) 今度、青少年の海外派遣事業が企画部にまいりましたね。
 私は、このオーストラリアのメリバラシティというんですか、ここは今は登米市の教育委員会と向こうの高校がいわゆる何て言うんですかね、友好都市という形で結んでいるんですけれども、私はゴールはね、まず世界的認知をいただく姉妹都市だと思うんですね。姉妹都市。バーノンとサウスレイクは姉妹都市結んでいますが、なぜオーストラリアとしないのか。しばらくこのままでいくのか。それとも考えているのかですね、これぜひお聞きしたいと思います。

委員長(關 孝君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) メリバラと当市の関係については今、委員お話のとおりでございます。以前の議会等でもそういった一般質問等でご質疑をいただいたと記憶してございます。
 国際的な姉妹都市についてはもちろんなんですけれども、お互いのですね、互いの両市のあるいは両地域のそういった友好のつき合いの中で、どうそういった形に醸成していくのかというのが一番大事なことなんだろうと思います。当市の事情だけでですね、要請だけで姉妹都市というふうなことにもなりませんし、またメリバラサイドだけでの話では当然結べることはできないものでございます。
 ただ、メリバラについては国内でもですね、埼玉の川越だったでしょうか、春日部です。すいません。そういったところと複数、既に友好都市を締結されているというふうなこともございますので、その辺のところを互いに認識を高め合いながらそういった情勢をつくり出しながら、将来的にはそういった方向に向かうのがいいのかなというふうなことで思っているところでございます。

委員長(關 孝君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) あの部長ね、このメリバラとは、旧中田町時代から既に15、6年も前からおつき合いしているんですよ。だから私言っているんです。いつまでも友好的なつき合いよりもまず結んで、何も難しいことないのですから。それでね、やっぱりアプローチだと思うんです。だって、春日部市とはすぐやっているんですよ。なぜ登米市でできないの。そんなね、ここには教育長もたぶん去年あたり行ったと思うのですけれども、やはり正式な認知をいただくことが私は大前提だと思いますよ。それをぜひ早急にやってください。ぜひお願いします。そして、安心して登米市の子供たちが訪問できるように、相互訪問できるようにやっぱりやるのが私は前提ではないのかなとこう思います。よろしくお願いしますよ。

委員長(關 孝君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) ただいまお話いただいたことも含めましてですね、そういった方向に向えるようなそういった交流を進めてまいりたいというふうに思ってございます。

委員長(關 孝君) ほかにございませんか。岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) 1点だけお聞きします。
 別冊2の方からちょっとお聞きしたいんですが、9ページの移住定住、先ほど田口委員が言ったことにプラスしてです。この補助の部分です。
 9ページ側で空き家改修事業で予算化しております。この中身を見ると空き家の所有者が直して、屋根、外壁、水回り等直して貸す場合、それは補助の対象になりますよという意味ですよね、これね。
 逆に空き家ですから、その所有者、何で貸すのに、2分の1補助だから半分は空き家の所有者が出さなければならないということなので、これ仮に借りる側で「どうぞ勝手に、好きに直して使っていいですよ」と言った場合も想定されると思うんですね。これ片手落ちじゃないかなというふうな・・・これダメだね、悪い表現ですね。ちょっと不備ではないかなというような気がしますが、その場合どうなるのかちょっと確認をしたいと思います。

委員長(關 孝君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) 空き家の改修事業についてお答えを申し上げます。
 確かに委員お話のとおり、借りる側が改修した場合に補助を出すといったふうな自治体の例もございます。当市の場合はですね、今回このようにさせていただいたことといたしましては、修繕をした場合に一応所有者の方にですね、空き家の財産ですけれども、その価値が上がるということで、所有者の方にその部分が帰属するというふうなことの意味もございまして、今回所有者というふうな取り扱いをさせていただきました。
 委員お話の部分につきましては今後、実際に運用していく中でそういった実態等があれば、その辺ですね、あわせて今後運用してまいりたいというふうに考えているところでございます。

委員長(關 孝君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 別冊2の60ページの職員の人員配置等でお尋ねをします。
 ここに書いてある給料人員というのは、いわゆる正職員だけと思いますが、一つは臨時職員とあと再任用の職員と、それから何だっけ、臨時職員と非常勤職員ですか。あと参与というのもこの一般会計の部分ではあるんでしょうか。その辺についてまずお尋ねをします。

委員長(關 孝君) 人事課長、阿部孝弘君。

人事課長(阿部孝弘君) お答えをいたします。
 この集計表でございますけれども、こちらにつきましては再任用、それから任期付き職員も含んだ表でございます。なお、非常勤、臨時職員、パート職員は含まない表でございます。
 それから参与というお話がございます。こちらは医療局でございますので、この表には含まれてございません。

委員長(關 孝君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) そうすると再任用は含んでいるんですね。はい、わかりました。
 それから先ほど来でています7ページのシティプロモーション推進事業と次ページの移住・定住促進事業について、多分これ関連あると思いますので考え方をお尋ねしたいと思います。
 シティプロモーション推進事業の②、シティプロモーション推進事業委託業務。これは公募型プロポーザルとなっておりますが、非常に結構なことなんですが、いわゆる頼む方の考え方がしっかりしていないと良いあれが得られないのではないかと思いますので、どのようなお考えのもとに出されるのだかということ。そして当然リターンを求めなければならないと思うんです。この事業をこれから推進していくのにあたってね。その辺の考え方。
 それから次のページの移住・定住促進についても同様かと思いますが、ふるさと回帰フェア、これは昨年もやっておられるんでしょうか。そして、その成果とはどうだったんでしょうか。移住交流&地域おこしフェアというのも何回目なんだかということをまずお尋ねをします。

委員長(關 孝君) 市民活動支援課長、佐藤 浩君。

市民活動支援課長(佐藤 浩君) お答えをさせていただきます。
 まず、シティプロモーションについてでございますけれども、シティプロモーションにつきましてはですね、委託業務の部分につきましては、そこにもございますけれども本市の委託の内容といたしまして、まず市のイメージを表せるようなキャッチコピー、それからロゴマーク等を制作すると。それから市を紹介するような動画をつくる。それからそういったものを市を紹介するインターネット上のそういう専用のサイト、ホームページのようなサイトを設けるというふうなところ。あとはマスコミに対してですね、出演する場面を大きくするように宣伝活動をしていただくというふうな観点から、プロポーザルによって提案をお願いするところでございます。
 ただ、提案をいただく際にはですね、例えば市のイメージの確立については市民の皆さんの意見を取り入れた形でそういったものを制作するようにというふうなことでの提案ということで、ある程度提案側の考え方が反映できるように、あまり細かいところまで規定しないような提案の仕方をいただくような今考えているところでございます。
 それから移住・定住につきましてですね、ふるさと回帰フェア等についてでございますが、これは東京の方で毎年度行われているものでございます。当市では今まで、ちょっと見学はさせていただきましたが実際に参加したことはございませんので、28年度からここに参加をさせていただきたいというふうに考えております。

委員長(關 孝君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 一番後ろの職員の配置等について、いわゆるここに載っていない・・・何て言うんだろう、臨時職員って言うんですか。これの人数等すぐわかりますか。この款ごとというか、部ごとというか。わかんなければ後でも結構なんですが、それをお知らせいただきたいと思いますが。
 それからですね、先ほど来、市民活動支援課長が答弁をしているわけですが、昨日の行政報告いただいたのでは、行政組織の改編になりまして、ただいまお答えいただいたようなことが企画政策課になるのですか。その関連でですね、この表の職員数が多分増減あると思うんですが、これどのくらい増えたり、どのくらい減ったりするんだかというのを今の予定、考え方で結構ですがお知らせいただきたい。

委員長(關 孝君) 人事課長、阿部孝弘君。

人事課長(阿部孝弘君) まず、1点目のご質問でございます。非常勤、臨時、パート職員等の新年度の任用予定でございますが、市長部局合計で412人でございます。教育委員会部局が162人、合計574人を予定をしております。
 なお、部局ごとにもですね、例えば総務部であれば非常勤8人、企画部であれば2人ということで集計がございますので、必要であれば後ほどお示しをいたしたいと思います。
 それから組織改編の関係でございます。この内容につきましては、平成28年4月一日現在ではその組織まで想定しておりませんので、その後の議会なりで予算を補正をしていくということになるかと考えております。

委員長(關 孝君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 総数については動かないという考えでいいのね。はい、わかりました。
 せっかく支所長さん方、おいでになっていますのでお尋ねをしたいと思います。
 以前から大分話題になっておりました支所の役割と配置される人数等について、いろいろな考え方があると思うんですが、9人のご出席の皆さんの中で、この28年度の方針として示されたことにみんな納得しているんだろうと思うんですが、「もう少し数を減らしてもいいのに」という思いの方と逆に「もう1人は絶対欲しいんだ」というような考えをしている方、もしいらっしゃれば。このいわゆる「決められたとおりでいい」というのであれば発言しなくて結構ですが、少しこの際お話ししたいという方がいれば承りたいと思います。
 委員長(關 孝君) 考えがある方、挙手願います。
 ないようでありますから、よろしいでしょうか。ほかに。八木しみ子委員。
 24番(八木しみ子君) 女川原発についてお伺いしますが、先ほど15番議員からも出たことに関連いたしますが、今度ですね・・・何ページ。防災。防災といいますか、先ほど15番委員にはそういうこと言わないで受け付けたんですが、ダメなんですか。市長の給料と関係あるということでよろしいでしょうか。
 女川原発にかかる安全協定について、先ほど15番議員が質問いたしました。これに関連してなんですが、30キロ圏の住民の会、女川原発再稼働反対ということで住民の会が発足するのはご存知でしょうか。2月の河北新聞に載ったんですが、その設立総会ですね、今月の12日に登米市で開催するというふうなことで、私も気になって新聞切り抜いたわけでございますが、この会はご存知のようにUPZ7市町のうち立地自治体を除いた五つの市町の住民がまとまって発足させるものでございます。
 この会の狙いはですね、とにかく当面の課題、これは東北電力と五つの市町と安全協定を交わしました。昨年の4月。この見直しを挙げております。この協定した中には、再稼働につながる事前了解ですか、この権限が含まれてなかったと。再稼働への拒否権を持てるようにしたいと。これが大きな課題として、今回の設立総会には上げるようでございます。
 そこでお伺いしますが、15番議員の答弁に対して市長もこの安全協定の見直しの必要性は認めたようでございます。したがってこういう市民の動きもございますので、早めに会議をね、5市町の市長会議をもっていろいろ協議すべきだと思いますがいつ頃、予定なさるでしょうか。

委員長(關 孝君) 執行部、答えられますでしょうか。総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) すいません。危機管理監、9款の方で待機しておりましたので。一応県知事、それから関係する首長の日程調整というのは、これまでずっとやってきたのですがなかなか合わなかったのですが、今月中にですね、何とか調整したいというふうに考えてございます。

委員長(關 孝君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) 今月中ということで調整・・・市長会議、もてるということですか。
 なぜ私これをね、今こういうふうに、市長が首長ですか、五つのまちの市長が県といろいろと協議している最中に、こういう住民の方々が先に立って動き出すというのは、これはやっぱり自治体としてはもっともっと住民の安全・安心を考えた場合、早く取り組むべきだと思うんですね。そういったことでお聞きしているんですが。
 それではいろいろ調整もあると思いますが、今月中に調整を図ってみるということで理解しておいていいでしょうか。

委員長(關 孝君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 失礼しました。UPZの首長とあと県との協議という場を今模索中でございます。先ほど私、知事も入ると申し上げましたが、それはまだ未定でございます。

委員長(關 孝君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) そうすると担当者同士での協議ということですか。今月中に。そのように。
 いろいろですね、よその県でも再稼働してまた何か起きたりとかいろいろ出ていますので、あと裁判沙汰にもなっておりますので、早くこの女川原発のあり様について皆さんが安心できるような体制、早めに協議して決めて行くべきだと思います。よろしくその辺、取り組んでいただきたいと思います。

委員長(關 孝君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) UPZ首長並びにその事務局レベルでの協議会を今月中に何とかしたいというふうに考えてございます。
 やはりこういう住民の方々のご心配ですとかですね、そういったものも異議受けながらしっかり対応していきたいというふうに考えてございます。

委員長(關 孝君) ほかに。相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 21ページお願いします。概要書の。
 議会タブレットでもう1回聞くかと思ってるんですけれども、この目的ですね、「ペーパーレス化による経費削減を図る」というようなことですから、これ最初に執行部から示されたものではないのですけれども、説明の時にあったのですが今回は60万、あるいは120台最後にやれば800万余計かかりますよというんですけれども、その辺のところ確認したいと思いますので。本当にそのようになるんですか。
 あるいはペーパーレス化によって、「いやいや100万ずつ少なくなりますよ」というふうなことかもしれないので、確認の意味でお伺いします。短くお願いします。

委員長(關 孝君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) それでは私の方からお答えさせていただきますが、議会事務局の方でも導入にあたっていろいろ試算した模様でございます。それで今回、例えば予定どおり30台を議会の方で導入した場合の導入の費用がですね、年間大体360万ぐらいかかるだろうと。そして逆に、例えば資料の作成にかかる経費、これが本会議、委員会合わせまして大体120万から30万ぐらい、これが節減になります。それからタブレットを導入することによって例規ですね、2年に1回厚い例規を印刷していたものがなくなるということで、これが200万ぐらい。合わせますと大体、それでも導入経費の方が36、7万高いんですけれども、これは一部負担を議員さん方から求めるということで、結果的には経費の増にはつながらない手法だというふうに伺っております。

委員長(關 孝君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 「議員から負担してもらうから、まずは大丈夫だよ」ということなんですけども、ここに書かっているのは政務調査費だね。政務調査費から振り込むとなっているね。私もらっていないので、請求書よこしてもらえば私払いますので。人の口座からだまって引くということはないと思いますので、このように進めば恐らく決まると思うんですけども、そういうことでどのような方法でやるのかわからないけれども、私は政務調査費利用していないので現金で払いますから。どのような形でやるのかわからないんだけれども、その時には請求方お願いいたします。

委員長(關 孝君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) その一部負担があるというつくりになっているということのお話はいただいております。月2,000円相当ということなんですが、その徴収の方法、あるいは何を手当てに負担されるかということは、恐らく議会事務局の方から指示があるものと思います。

委員長(關 孝君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) この別冊2には、政務調査費を充てるとなっているよ。ただ、私の一般質問の中では何か「個人的に払う」というふうになってしまったんだけども、それはそれで決まったことだからいいです。そのようなこと、私にはそのようにしてください。
 次にですね、33ページなんですけども、そこから支所。支所長さんたち今日みんないっぱい来ていますけども、先ほども出た話なんですが、支所というものは旧町村のそこの窓口で非常に忙しくみんなやっているように思います。生まれたのから亡くなったのから、全てのことについての窓口で、一生懸命対応して市民にサービスをやっているわけですけれども、一般質問の中で私、「どこまで進むの職員の削減」というふうなことでやりました。そしてさらにまた、400人も削減になったところから60人、あるいは70人、そのくらいまでまだ削減しますよというふうなことなんですけども、私見た限りでは支所というものは本当に市民と直接のつながるところであって、あれ以上職員を私は削減してはダメだというふうに思っております。これ以上やると市民のサービスが怠るなあというふうに思っています。それで私、迫町に住んでいますので、迫の総合支所長に指名するんですけれども、この辺について今の実情、正直に言った方がいいなあというふうに思います。今のままで、私は最低でも今の現状で進むべきと。これ以上は削減すべきでないというふうに思っているんですけれども、その辺の思いですね、お願いいたします。

委員長(關 孝君) 迫総合支所長、高橋 充君。

迫総合支所長(高橋 充君) 人員の削減について支所長の思いということでございますが、昨年の12月の下旬にですね、人事課長の方から人事の定数の削減ということで1名の減が通達ありました。2年続けての減ということでございまして、私自身ですね、市民のサービスの低下につながるかなという不安を抱いたところでございます。
 しかしながらやはり支所といたしましては、市民の窓口ということで、これはサービス低下にはつながらせてはならないという意気込みでございます。そういった中で、仕方なく地域係から結果として1名を減じなければならないのかなあと思ってございます。
 そういった意味で私自身も含め、職員も含めですね、人は切っても市民のサービス低下につながらないようさらなる職員間同士の目配り、気配り、そしてまた心配りをしながら、この難局を乗り切っていこうというようなお話をしてですね、今後もやっていかなければならないと思ってございます。そういった意味でサービス低下につながらないよう、職員ともども頑張ってまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

委員長(關 孝君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 素晴らしい答弁をいただきました。このようなことで、たとえ一人二人削減されてもみんなで頑張っていくというふうな今の心構え、素晴らしい心構えだなあと思います。この間も言いましたけれども、365日といわないけれどもそのくらい毎日のように残業を繰り返して、一生懸命職員はここで働いています。その辺のところですね、やっぱり人事する時には削減ばかりでなくして、その意見も聞いて適正に配置し、そしてまたこれからもそういうふうなことあまりないようにすべきと。経費削減だけじゃなくして、やっぱり一番はそこにいくのでないかなと思います。
 これ以上は、私は削減は無理だというふうに思っています。何を尺度にそう言うのだといいますけれども、そんなに人が余っているんだったら残業することはないと思う。そこまできてしまったなあというふうに思います。一つの制約の中で、これからいけば500人の人が削減されるというようなことは大変なことだと思います。それをみんながまかなってやるということは本当に大変なことだなあというふうに思いますんで、その辺のところ十分なる、これから市長をはじめ副市長も二人になるというふうなことでこの間、可決になりましたので、その辺のところまで十分に配慮してやってもらいたいなあと思いますのでよろしくお願いいたします。答弁のほどお願いします。

委員長(關 孝君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 合併して11年経過しました。合併の経緯はいろいろございましたが、やはり合併した九つのまちそのままでは規模だったり、職員数ではできるのかといったようなところからの定員適正化計画を策定してこれまできたと。支所の人員についてもまた来年度、業務の見直しの中で業務とともに1名減をお願いしたわけなんですが、ほぼ支所の人員についてはだいぶ適正規模に近づきつつあるのではないかなと思います。あとこれからは、さらに機能の方でより市民の方々の力になれるような、そういった組織体にしていきたいというふうに考えてございます。

委員長(關 孝君) ほかに質疑ございませんか。佐々木一委員。

10番(佐々木 一君) 今、総合支所の関係で出たんですけれども、昨日の行政報告で行政組織の改編あったわけですけれども、これは市長部局で24課3室体制から25課2室体制。これはいいとして、最後に総合支所に関してということであったんですけれども、「産業経済部、建設部にかかわる総合支所業務のうち、本庁に集約可能な業務を整理し、本庁業務としていく」ということは、本庁業務に大分移すようにとれるのですけれども、この集約可能な業務とはどのような業務を想定しておるのか。
 また、28年度からの総合支所と本庁の関係ですけれども、この本庁と総合支所の構想ですね、どのように考えておるのか。とりあえず28年度ですね。そしてまた、これからどのように変わるのか。ある程度あまり大きく変わらないのか。その点をちょっとお聞きいたします。

委員長(關 孝君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 昨日もちょっと簡単にご説明させていただきましたが今、支所の方には本庁の各部署からの部局からの業務がいろいろ窓口としてですね、機能していただいているのですが、そのうちの人員も全体的に減っていく中でもう少し効率的な業務ができないかということで、特に産経部でお願いしていた分、あるいは建設部でお願いしておりました例えば道路の管理だったり、そういった部分については本庁一本でもできる体制が可能だというようなことでその分を本庁に移し、支所の業務を負担軽減したという流れであります。
 あと28年度につきましては、そういった支所の業務をもう一度洗い直してですね、整理した上で今後さらに本庁と支所、どのような関係であるか。これは本庁と全体の組織の見直しもいずれ検討する必要があると思いますけれども、お互いにより機能が高まるようなそういった組織にしていきたいと思います。
 あと言い忘れましたが、支所の見直しの中で健康づくり係、これまで支所の配置ということだけでおりましたが、実態にあわせまして本庁の健康推進課と密接に絡むということでこれは健康推進課所属、そして各支所兼務という形にさせていただいてございます。

委員長(關 孝君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) 本庁で事務そのものはもちろんできるというふうに思いますけれども、一番はやはり市民の要望、相談ごとにいかに的確に対応するかということが前提にあるというふうに思います。それがないと市民満足度とかそういったことは得られないわけでありますので、業務はできるのですけれどその業務に行くまでの市民の思いをですね、くみ取ってそれを確実に反映させる。やはりこれは総合支所の役割は、私はかなり多いと思うんですけども、そういった目配り気配りの点ではどういった考えを。本庁の方でですね。市民の相談、あるいは要望に対しての目配りの点ではどういったふうに考えていますか。

委員長(關 孝君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 本庁に一括したといいましても窓口といいますか、受付から全て一切合切本庁だけという考えではなくて、これまで支所で受付もして自分たちがやっていた部分、それはただつなぎの分としては当然市民の窓口は総合支所の方が多いと思いますので、そちらからスムーズに業務が本庁の方に流れるようなそういう仕組みで対応していきたいというふうに考えてございます。

委員長(關 孝君) ほかにございませんか。相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) タブレットのことで確認します。今ここにある資料は、今度からこないんですか。これ、全部。それだけ聞くから。こないのでは私、議会されないので。これだけお願いします。今後ですよ。

委員長(關 孝君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 私からお答えいたします。
 想定している議会運営ではですね、基本的にはタブレットで様々な書類を見るということなんですが、この概要書と決算の成果説明書、これについては最後までペーパーで印刷したものを配布したいというふうな考えだそうでございます。
 概要書です。この予算は概要書、それから決算は成果説明書というふうな想定をしているようでございます。予算書につきましては、タブレットでの閲覧ということになろうかと思います。

委員長(關 孝君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) これはこないのね。予算書はね、概要だけくるの。それでこれこなければ、タブレット使えない人は見られないのだ。恐らく、ないんだものだって。だから言うんだよ。この問題についてはこの間も言われたけれども、「タブレット使えない人は議員になれないぞ」ということのように噂がでていますよ。それだけ言って終わります。

委員長(關 孝君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 確かにタブレット導入になれば、タブレットを使わないとなかなか書類の確認ができないかと思います。ただ、私もだったんですが、初めて使う時はやはり戸惑うのですが何回か教えてもらったりですね、操作を繰り返しているうちにある程度、見られるようになるのかなと思いますので、その辺は議会事務局とどうぞ連携してですね、進めていただければと思っております。よろしくお願いいたします。

委員長(關 孝君) ほかに質疑ございませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(關 孝君) これで質疑を終わります。
 これで1款議会費、2款総務費の質疑を終わります。
 ここで10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後2時03分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時12分
 

委員長(關 孝君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に3款民生費、4款衛生費について質疑を行います。
 質疑ありませんか。二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 4款のですね、衛生費についてお伺いをいたします。
 61ページ、ウォーキング推進事業についてお伺いをいたします。
 この中で登米市オリジナル歩き旅を昨年に続いて継続運用するということになっておりますけれども、これが現在の取り組みの状況、何人ぐらいが参加しているのか。そして、今年度の目標はどれぐらいにしているのか。そして、PR等については十分にやっているのかどうかお伺いをいたします。
 それから66ページであります。
 環境保全推進費でありまして、市長は施政方針の中で、河川や湖沼の自然環境を保全するということで水質向上対策として蓮の葉の除去等について掲げていたわけでありますけれども、この中に質向上ついて平筒沼については入っているんですが、長沼等について入っていないんですけども、この辺についてどのようになっているかお伺いをいたします。

委員長(關 孝君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) それでは、ご質問のありましたウォーキング推進事業についてお答えいたします。
 ウォーキング推進事業については今年度の8月から実施いたしまして、現在登録数については800人ほど登録してございまして、毎日の運用につきましては現在430人前後、毎日動いている、活動している数というふうに捉えてございます。
 その中でなかなか登録はしているけれども、毎日継続できないという方たちのお声も聞いておりまして、電池の減りが激しくてというところもございましたので、使い方についてのお話、または伝達をするとともに、啓発につきましては歩き旅そのもの、歩くということも推進するのが第一でございますが、食生活のイベントでありますとか、歩く以外の健康イベント等でも全て啓発をしておるところでございます。
 さらに目標といたしましては、本年度800人が登録してございますので、800人の登録以上の運用状況になればというふうに考えてございます。

委員長(關 孝君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) 長沼の水質関係でございます。長沼の水質関係につきましては昨年、県が事務局となりまして長沼ダムの利活用会議の方、設置をしております。新年度においては、その会議の中で蓮の適正管理や水質浄化対策のあり方などの検討を行っていくという考え方でおります。

委員長(關 孝君) 二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) ウォーキングの方ですね、これはスマホを活用するということですけれども、私のようにスマホを持っているけどなかなか活用難しい部分がありますんで、もっとわかりやすくいつでも参加できるように、誰でも参加できるように、ことに高齢の方も簡単に参加できるようなそういう案内とかPRとかですね、ぜひやってほしいんですけどもその辺もうちょっとだけ。
 それから今の湖沼の水質でありますけれども、予算がなくとも大丈夫なんですか。その辺については。例えば今話した長沼の蓮の刈取り、その会議の中の予算で十分できると。こういう解釈でよろしいのかどうか。以上。

委員長(關 孝君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 私どもも高齢者、スマホを使い慣れていない方々への啓発というところも重々考えておるところでして、28年度事業につきましては、皆さんから募集したマップの第1弾をつくっておりますけれども、来年度は第2弾を策定する予定でございます。それらを活用しながら、スマホを使い慣れていない方々へも啓発を同時にしてまいりたいと思っておりますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

委員長(關 孝君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) 蓮の適正管理等につきましては、県の管理予算の方で実施するという計画になっております。

委員長(關 孝君) ほかに。中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) それではですね、予算書の54ページ、3款民生費の認定こども園施設整備事業費についてお尋ねをします。別冊は14ページ、15ページについてお尋ねをいたします。
 まず最初に今年、平成28年4月の小学校の入園する子供たちが638人でございます。そのうち幼稚園を経て小学校に入ってくる子供が382人。全体の61.3パーセントでございます。資料が10年前まではなかったので平成22年で見ますと、この人数はもっと100人多くて488人でございました。割合も68.7パーセントということで、7割の方は幼稚園を経て学校に来ているということでございます。そういう意味では、ここ7年間で子供たちが幼稚園から来る率というのは、10パーセント程度減り、100人ほど少なくなっているというような状況になります。
 今般、そういう意味で市にあってはこども園というふうなことで、保育園にも幼稚園の良いところをと。また、幼稚園にも保育園の良いところということで、認定こども園を今回、市では提案したところでございます。私も大変期待しているので、この件について改めてお尋ねを申し上げたいと思います。
 それでここの資料の中では定員が、一つの例をとりましょう。例えば、中江こども園についてお尋ねをします。定員が保育所80人、幼稚園分が20人となって定員が100人となっておりますが、これはあくまでも幼稚園教育を施すという人数ではなくて、要するに保育にかける、保育にかけないという部分での事業としての区分、どういうふうに捉えてよろしいのか。その件について、まずお尋ねをいたしたいと思います。

委員長(關 孝君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 中江認定こども園の保育所80人、幼稚園20人という区分けでございますけれども、幼稚園の20人につきましてはあくまでも保育が必要ない、1号認定といわれる幼稚園ということでの区分けでございます。以上です。

委員長(關 孝君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) それでね、事業としての人数を定めるということだと思うので、この事業費をいくら充てるかという部分だと思いましたので続けてお尋ねします。
 ということはその1日1日、要するに幼稚園、こども園の状況については、午前幼児教育、午後保育と例えばした時に、今ですと保育園児は幼児教育ではなかったと思うんですが、今度はこの80人、0歳児からいますから80人ではないと思いますが、今までいた20人だけでなくって、例えばこの80人の場合でしたらば何人の方が新たに幼児教育を受けられる、幼児教育の拡大というふうなことになるのか。たまたま中江こども園ということを例にとってお知らせをいただきたいと思います。

委員長(關 孝君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 今、事業者選定している段階の数字なんですけれども、一応私どもの案としましては、4、5歳児については40人という形で保育所の人数を40人という形で考えております。なお3歳児からの教育をやる場合ですと、3歳児20人、4歳児20人、5歳児20人という形で規模を考えているところでございます。以上です。

委員長(關 孝君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) それは、幼稚園部分も含んででしょうか。それとも80人の部分が60人ということですか。改めてお尋ねします。

委員長(關 孝君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 説明、足りませんでした。その3歳児20人、4歳児20人、5歳児20人の中には、先ほど申しました1号認定の子供も20人含まれるということで、ご理解いただきたいというふうに思います。

委員長(關 孝君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) そうするとその定員が100人の中で、60人は幼稚教育を午前中に受ける機会を得るということですね。そうしますと今まで、例えばその中江の・・・中江でない、佐沼幼稚園ですか。佐沼幼稚園の定員20人の子供たちが幼児教育を受けるということが、今度はこども園をつくることによって、その20人が60人まで学びの機会を増やすことになるのだというようなことでよろしいのですね。

委員長(關 孝君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 今まで保育所を利用している子供さんにつきましても、幼児教育、幼稚園教育の場が設定されるということで、ご理解いただきたいというふうに思います。

委員長(關 孝君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) 期待しております。そこでこの幼稚園教育を受けるにあたっては、先生も教諭の資格が必要だというふうなことになりますが、今般こうして急な対応にもなったわけなんですが、これらを担っていただく教諭、職員のそうした皆さんの資格というか、準備というか、そういうふうなことは万全に整えられているのかお尋ねします。

委員長(關 孝君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 認定こども園の先生の資格につきましては、幼稚園の教諭とそれから保育士の資格、両方を兼ねそなえた人ということになっております。ほとんど、この頃携っている先生方につきましては、両方の免許を持っているという方が大多数でございます。ただし一つしかない人につきましてはこの計画期間、31年度までの間にそういった取得の機会を設けるということを国でもしておりますので、必要な単位を取得した上で両方の資格を取ることが可能ということになっております。以上です。

委員長(關 孝君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) 今回はこども園の第1号でございますが、これから2号、3号と続くわけでございます。そうした人の手当てというか、そういった施設の支援だけでなくて、そうした人の支援にも積極的にかかわって計画が円滑に進められてね、子供たちのために、あるいは親のためにもなるようにどうぞ頑張っていただきたいと思います。
 そこで続けてお尋ねします。さて今までは、保育園とか幼稚園の申込み、市を通じて行ってきましたが、今回こども園ができたことによって申し込みはですね、今までと同様に市が窓口になるのか。それともこども園に直接申し込みをすることができるのか。そのことについてお尋ねします。

委員長(關 孝君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 先般の質疑の中でもありましたけれども利用者との契約につきましては、認定こども園の事業者と利用者の契約になります。申し込みにつきましても、認定こども園に申し込んだ上で市の利用調整を図るということになっておりますので、その申込書がそのまま市の方へ来た形で、市で最終的には利用調整を図りながらお願いするということになるはずでございます。以上です。

委員長(關 孝君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) 市のかかわり方なんですが、ここを認定こども園、ある意味何でもできるという大きな機能を満たすためには、こども園という部分の裁量もある意味必要で、どこをどのように頼みたいか、頼めないかという部分はですね、ある程度そうした部分の加減というか、裁量というかそういう部分も大切なのかなと私、実は思っています。
 要するにただに預けるところというのではなくて、そこがやっぱ学校、愛着。そこの頼れるところということが大切なんだろうなというように思っていますので、そういうところにも今後、国としてはそういう園にも相当の配慮をしていただいて、親と園がやっぱり深く結びついて信頼が深まる関係も計画されているようにもありますので、これの辺は今始まったばかりなのでどうのこうのというようなことではございませんが、いろいろと考えていただければと思っています。
 それから利用料金。利用料金というのは保育料とか、あるいは授業料と。こういうふうなものは今まで幼稚園、あるいは今まで保育園だったところから比べると高くなるのかどうなのか。このことについてお尋ねします。
 なお、保育料については、幼稚園になっても延長保育とか預かり保育とかありますから、それはそれで今までもやっていますから、そういう今までの部分の利用は利用として一般的にそういうふうなものが高くなるのか、ならないのか。そのことについてお尋ねをします。

委員長(關 孝君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 認定こども園の中に1号認定、2号認定、3号認定という子供さんの区分けがあります。2号認定、3号認定の子供さんについては保育園児ということになりますので、1号、2号、3号の認定ごとに保育料を定めて実施することになります。それで2号、3号の保育の必要な子供さんの料金につきましては、現行水準を維持しながらということで先般答弁したところもございますので、それを基本に考えていきたいというふうに思います。
 ただし、1号認定につきましては幼稚園部分の生徒の授業料でございますけれども、その辺につきましては国の制度にのっとった形で、所得に応じた階層区分で利用料を徴収するというようなことになろうかというふうに考えております。以上です。

委員長(關 孝君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) じゃあこの部分の1号は幼稚園ですね。2号は3歳、4歳児の保育。2号、3号は0歳から2歳児の保育というようなことになりますが、その1号の幼稚園。幼稚園児について今度は教育委員会の方から、教育部長の方からその件についてはお尋ねをいたします。

委員長(關 孝君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 幼稚園の方はですね、現在ご案内のとおり定額の授業料とそれから預かり保育をやっている部分については預かりの料金を定めてございます。さっき子育て支援課長申し上げましたように、認定こども園の中に入ります部分については認定こども園全体の料金体系がございますので、1号認定、2号認定、認定の違いで料金区分が違ってくるわけでございますが、基本的には所得に応じた、今までは定額、どの所得の方であっても定額の料金制でございましたが、次回からはいわゆる認定こども園化になれば所得に応じた料金体系というふうに移行になるということでございます。

委員長(關 孝君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) その点についてだけ気になっておりましたので、早めの周知をしていただいて、保護者の皆さまにもぜひご理解をいただくようにやっていただきたいなあと思います。
 その利用料がある意味で安いという部分では、民間でも先進地においては寄附金でやっているとかね、いろんなことがあるようです。また、寄附金をとらないということになればそういうこととか、いろいろ園の円滑な運営にあたっての事業がうまく成り立つための様々なことを、全体にわたって説明する機会というのはやっぱ必要なのかなと思いますので、よろしくご指導いただきたいと思っています。
 それからもう一つはですね、続いては小規模保育事業所の件であります。
 次はこれは資料がありまして、この資料はですね、まずは住民基本年報というのがあって、これから5歳刻みで人口を出して表しております。実は、平成17年の人口が9万1,468人でございました。これは平成27年、10年たって8万3,763人で7,705人が10年間で登米市においては減っているんですが、実は全体的に減っているのではなくて、増えている年齢があります。これは80歳以上の高齢者の皆さん。これは非常に長寿になってきましたから、人口が実は増えております。それから64歳、60歳、要するに団塊の世代の皆さんも非常に健康でございまして、実は年齢的にはそのくらいの年齢の層が今すごく多くなっているということなんです。その人たちを合わせると大体7,000人ぐらいですね、その人たちの人口が実は増えているんです。ということは、7,000人全体で減っているということは1万4,000人が、要するにその他の年齢において1万4,000人の人が人口が減っているということです。
 単純に見ると7,000人なんですけれども、実は増えている年齢が何世代かにありまして、そうでない年齢の層はもっと谷が深くて減っているということになります。
 特にこの幼児の人口の減少というか、幼児の全人口に占める割合というのは、非常にいま少なくなっております。子供たちの数もですね、実は迫が非常にもしかしたら多いかもしれない。中田が非常に多いかもしれないと思うかもしれませんが10年前は、例えば迫だと199人が生まれておりましたが、今は171人です。26年度で。中田でも117人が107人。実は、九つのまちの中で七つのまちは全部減っています。増えているのはどこかというと豊里町、1人増えています。わずかに。それから南方町62人が73人、11人増えているんですね。これは総じて、南方は特別にいいんですが、総じて子供たちの数が減ってきているという状況にあるわけでございます。
 そうした中において、私は短期的には非常に今待機ということを捉えれば、この待機の皆さんにどう向き合うかということを考えれば、すぐにでも対応していただける小規模事業所というのは大変貴重でありますし、大変ありがたいことであります。一方においては、こういう状況を考えますとたくさんの施設があるということは、長期的な必要量から見ると果してこれは本当にどうなんだろうというのが私の不安であります。これからも小規模事業所が増えるということなんですが、一方においてはこども園のように、要するに預かりながら教育を施してくれるという機関がこっちにもそっちにもあっちにも出るわけです。ということになりますから、私としては非常に心配していると。
 そこでさらにお尋ねしますが、小規模事業保育園、小規模保育事業所と連携施設となります保育園、幼稚園。この関係についてお尋ねをしたいと思います。
 この小規模保育事業所と将来、何らかの形に、例えば幼稚園一任いうふうに親が思えばそちらの教育を受けることになります。今でも保育所からかなりの4、5歳児が幼稚園の方に変わっている例もありますので、そうしたことの関係を改めてお尋ねをしたいと思います。

委員長(關 孝君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 小規模保育事業所の関係でございますけれども、小規模保育事業所につきましては先般、中澤議員さんへの一般質問の答弁の中でもお話しした経緯がございますが、あくまでもこれまで認可外保育施設だった施設が今回の新制度に伴いまして小規模保育事業所に変わってきたということで、相対的な人数につきましては220人ということを想定していまして、子ども・子育て支援事業計画上で想定する人数を今回、来年度開所する2カ所、それから来年度改修する1カ所の13カ所で約225人の0から3歳児を預かれるということでほぼ計画どおり。それ以上増やすという計画は、今のところ持っておりません。
 それからそれに伴います連携施設でございますけれども、これから整備していきます認定こども園、それから幼稚園の預かりの拡充等、そういった部分での連携を図りながら進めていければいいのかなというふうに考えているところでございます。
 以上でございます。

委員長(關 孝君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) これ以上申しませんが、子供の定員は一定であっても全体の子供の数は減るということです。私が言いたいのは、要するに将来の必要量というのはどの程度なのか。要するに短期的な需要を満たす部分と長期的な必要量というものを勘案しながら施設整備というのは、ある意味ではあるべきではないかということなんですね。
 先ほどもお話をしましたが、子供の数は減っています。今度は子供が幼児教育に移ります。今までは、幼児教育が減ってきましたよ。そしてこれが移りますよ。幼児教育の拡大になります。一方においては、子供たちの数が減ります。こうした予測をどのように立てるか。このことがですね、適正な設備の設置というようなことになるんだろうと思います。今日は時間がありませんからこの点を深く議論するつもりはありませんけれども、ぜひ考えていただければと思います。
 そこで市長、お尋ねしますが、私は今年の認定こども園はこれでいいと思います。今後これをどのように発展させ、成長させていくかということなんですが今、小規模事業所がたくさんある地域の中ではこういった対応もある意味では必要だと思っています。しかし、全くないところにも今しないという話でもありますし、それから今認定こども園をつくるといってもこれから減るかもしれないです。民間の皆さんに全てを委ねるということになれば、今もしかしたら最も過大な設備投資をしていかなければならないかもしれない。これからは子供が減りますから、その部分が課題になってしまうと。それを積極的に民間の皆さんに設備を投資させるというのは、果して本当にいいのだろうかということを考えますとやっぱり施策、政治としてですね、一定のそういう特別な地域にあってはやっぱり市が設備を設置して、そうした子供たちの教育、親の就業支援、そういうふうなものに充てるべきだというように思いますが、その柔軟なというか、多様な対応の仕方についてお尋ねをしたいと思います。

委員長(關 孝君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) ご質疑いただきました。この小規模保育事業所が増えたことによって、これが課題ではないかというようなご指摘もございます。そういった意味では、合併以来保育所の定員の増、それから施設の新たな増設なども民間の保育事業所の皆さまに整備をしていただき、合併当初と比べますと相当数、実は保育の需要に応えるための体制づくりを進めておりましたが、なかなかそれでも十分とはいえないような状況でございました。
 そしてこの傾向がどこまで続くのかということと、そしてそれに付随をする少子化の中でこの折り合いをどうつけていくのかというご指摘だというふうに受け止めました。そういった中におきましては、今現状といたしまして全体の出生、小さな子供のですね、お子様の中で一定程度、今・・・
 (「それはわかっているから」の声あり)

市長(布施孝尚君) すいません。自宅で保育をする方の割合が減ってきているというのが大きな課題だというふうに考えております。若年層の共稼ぎ世帯がこれからまた増えてくるというような状況等も想定されますので、そういった部分を慎重に推移と経過を推計しながらですね、適切な対応として我々としても計画を立ててまいりたいと考えております。

委員長(關 孝君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) ここ急速に待機児童が増えたのは、人口が減っていますけれどもね、子供たちの出生人口が減っていますが、市長の言われるように親の就業支援、すぐ出産しても長期に休むというよりは早くに職場復帰をするという方もあって、そういう需要が0歳児からたくさんあるという事情。このことが、最近にわかに変わってきたということがあります。しかしこの形はですね、これから急に変わるということではなくて、この状況はしばらく続くんだろうなと思いますので、これからの待機というのは今までのように格段に増えるという待機ではなくて、この状況がなだらかに推移するのではないかというのが私の見方であります。今までとの待機のとり方というのは、違うのではないかと。むしろ少しなだらかに人数的には減ってくるかもしれない。
 これは大きなこども園の皆さん、こども園というか保育園や幼稚園の皆さんも実は人口減少に伴う経営の問題というのは大変心配なのだろうなと私、実は思っています。だからそんなところにもですね、配慮をしながら子供施策というのはやっぱりきちっと市が主体となって打っていくというふうなことも大切だとも思っています。事業計画される副市長にですね、
ちょっと今後の実施計画に載せている件について、一言お話を賜ればと思います。

委員長(關 孝君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) こども園含めまして、これからの政策の中で常々市長も申しておりますが、基本的には民間の皆さんのお力も十分借りながらという整備はありますが、一方で公という立場で果さなければいけない機能というのも十分あるんだろうと思っています。そこの兼ね合いは十分考えあわせながら、施設整備に取り組んでまいりたいと思ってございます。

委員長(關 孝君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) じゃあ、どうぞよろしくお願いします。
 それでは、最後に一つだけ。中江こども園の関係で最近、近くを通る皆さんが「あこにこども園ですってね」と「あそこは橋のたもとで、一番交通の渋滞が朝晩激しいどころですね」というお話がございます。あえて承知でその場所なんだろうと思います。交通渋滞でも親の就労の障害にならないための施策はどう整えたのか、あるいは整えようとしているのか。そのことについてお尋ねしたいと思います。
 「こども園に送りに行ったといったらば遅刻してしまった」というふうなことのないようにしていかなければなりません。あるいは、その帰りも同様でございます。その点についてお尋ねをしたいと思います。

委員長(關 孝君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 先般の2月補正の際にもちょっとお話したところでございますけれども今、その事業者を公募しているところでございます。その公募の中にそういった渋滞、交通の緩和等を含めて、駐車場の確保を求めて募集要項を記載しているところでございます。それで一方通行的に、この前申しましたとおり川の方向に抜けたりとか昔の法務局の入口の細い方、あちらの方に抜けたりとか、そういった方法でできるだけ送迎をスムーズに行えるようにということで、事業者の方には指導していきたいというふうに思っております。
 以上でございます。

委員長(關 孝君) ほかに。工藤淳子委員。

5番(工藤淳子君) 今の中澤委員と。私はそこで、保育施設で働く保育士について伺いたいと思います。
 12ページ、別冊2の迫児童館整備事業が載っているんですけど、定員140名なんですけどもこの保育士は何名ぐらいなのか。それと保育士は、募集は足りているのか。19ページにも今出た小規模保育事業所が載っているんですけど、そちらも保育士は足りるのか。
 それから全体で、市としてこのほかにも民間の保育園とか公立の保育園、それから幼稚園もあるんですけど、どれぐらい不足しているのか。市として調べているのか、まずお聞きします。

委員長(關 孝君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) まず、1点目の迫児童館の建替えかかります保育士といいますか、児童館子育て支援指導員の関係でございますけれども、その部分につきましては現在も迫児童館、児童クラブも含めて140人定員で実施しているところでございまして、決して十分な指導員とはいわないまでもギリギリの状態でも運営している状況ではございます。
 それから19ページにあります小規模保育事業所につきましても現在、認可外保育施設で運営している事業者が、新制度に伴いまして小規模保育事業所へ移行するということで計画している事業者でございますので、今の保育士の確保というか、今の保育士をそのままそういった小規模保育事業所に充てる形でやっていけるんだろうなというふうに考えております。
 それから市全体での保育士の不足人数につきましては、ちょっと民間の方については詳細な数字を把握しておりませんけれども、登米市公立の部分で申しますと現時点で約20人ほど必要と思われる人数から不足しているという状況になっております。
 以上でございます。

委員長(關 孝君) 工藤淳子委員。

5番(工藤淳子君) 公立が20人、それからこの児童館の方なんですけども、私も最近わかったんですが、小学校にいる障害を持つ子供がこの児童館を利用する時に、正式な名前わからないのですけど、臨時の職員の方、事務補助員ですか。そういう方が児童館に一緒についていっているということを聞きました。多分、児童館の方で足りなくて行っているんじゃないかなって私は思って、不足しているんじゃないかなと思っています。ただし、学校の方でそうやっていて、「学校の方で困らないんですか」と聞いたら、「学校で用事がある時はそちらを優先して、児童館の方に任せる」ということ聞きましたけど、それにしてもこういう体制で来年度も、28年度もやっていくのかということと、それから小規模事業所13カ所あるうち、A型の全員保育資格持っているところは4カ所、あとのところはB型、半分以上ということで、なかなか保育士が集まっていない状況なんじゃないかなと思うんですけどその辺はどうでしょうか。

委員長(關 孝君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 児童館の児童クラブの時間になりますと、小学校の方から小学校に勤務しております教員補助といわれる、支援を要する子供さんについていただいている教員補助の先生を今年度から児童館の方でも任用できるような形でなっていまして、そういった形で小学校の方から児童クラブの方へ移動して、下校後は児童クラブの方の勤務にあたっていただいているという状況でございます。
 それから小規模の13カ所につきましては、これは市としましてもB型からA型への移行を指導しているところでございますが、ご案内のとおり保育士さんが確保できないということで、B型のままとどまっているという状況でございます。以上です。

委員長(關 孝君) 工藤淳子委員。

5番(工藤淳子君) 今度は市長に伺いたいと思います。
 待機児童を解消するために今度、今回こうしたこども園とか小規模保育ができたわけですけども、それでもまだまだ、この間の質問では自己都合で30名の待機児童がまだいるっていうことを子育て支援課からいただいたのですけど、そのほかにもこれから働きたくて子供を預けたいという人を含めれば、もっともっといると思うんですね。
 私もあと実際に子供3人いる方、去年も保育園に申し込んだけどダメで、今年もダメだったというそういう、「何とか定員増やせないのか」って保育園で、豊里の方なんですけども、そういう相談を受けて今、子育て支援課の方と相談したりしているんですけども、なかなかそれにはやっぱり保育士がいないと預かれない状況ってあります。こういう待機児童解消のためにこの保育士の問題を抜きには、市長が言うようにこれから目指す安心して子育てできる登米市、それにはちょっとなっていかないじゃないかなと私は思うので、独自の保育士に対する、集まるような政策が私は必要なんじゃないかなと思います。もっと待遇改善や募集しても集まるような、そういうことを考えていただきたいと思うんですけど市長は考えてないでしょうか。

委員長(關 孝君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 先日、市内の民間保育事業所の皆さまから様々ご要望をいただきました。議会の方にも提出をされたというふうに聞き及んでいるところでございます。
 公立民間を含めてですね、やはり保育士の不足が非常に大きな課題であるいうこと。とはいいながら早急にですね、今すぐに、では人の手当てが十分にかなうかというとそれもまた難しいというな現状もお話、お伺いをいたしました。そういた意味では、ご提言をいただいた内容等も踏まえながら、やはりしっかりとしたですね、保育士さんが本来の仕事がしっかりとできるような環境づくりをどのようにお手伝いできるのかということについても、検討すべき状況でないのかなというふうに考えているところでございます。
 議員の方からもいろいろとご指摘をいただきましたが、やはりこういった部分をお互いに知恵を出し合いながらより良い保育環境をつくるための取り組み、しっかりと我々も考えてまいりたいと考えております。

委員長(關 孝君) 工藤淳子委員。

5番(工藤淳子君) 周りには、本当に資格を持っていても一般事務をやっている。やっぱり一番は待遇、なかなか生活していけないというそういう状況が大きいので、ぜひその辺を考えていただきたいのと、あと公立が不足しているのが20名ということでしたけども、民間の方も含めてぜひ調べていただきたいと思います。よろしくお願いします。

委員長(關 孝君) ほかに。熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 概要の51ページでございます。老人クラブ助成費についてありますけれども、登米市老人クラブ連合会補助金につきましては今年度ですね、27年度と変わってないんですが、単位老人クラブ活動補助金は27年度と比較して、わずかではありますけれども69万円減ということになっているんですね。それで、この減の理由についてお伺いをしたいと思います。

委員長(關 孝君) 長寿介護課長、金野信義君。

長寿介護課長(金野信義君) お答えいたします。28年度につきましては、804万5,000円の予算計上でございますが、クラブ数では157クラブを見込んでございます。平成26年度の実績としましては154クラブということで、前年度の実績を見込みまして28年度予算計上させていただいたところでございます。

委員長(關 孝君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) そうするとクラブ数は増えているんですよね。増えて、補助金は下がった。その辺のところどういった計算でとか、その辺あたりちょっと説明お願します。

委員長(關 孝君) 福祉事務所長、熊谷 一君。

福祉事務所長(熊谷 一君) 今クラブ数は増えているというような長寿介護課長からの説明でございますけれども、そのクラブの構成員の人数によって10人から29人が1クラブ3万5,000円の助成になっております。そういったことで30人から40人、41人から61人、61人以上が6万円というような金額になっております。その辺で少ない会員数のクラブ数が増えたというようなことで、前年より下回っているというようなことです。

委員長(關 孝君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) わかりました。それからもう1件ですね。概要47ページで生活困窮者自立支援費ということでですね、これ私も本当にこれから大変重要な事業であるというふうに思っております。
 それで来年度から新たに出ますこの生活困窮者就労準備支援事業委託料ということで、この就労準備支援ですね、これちょっと具体的にどういった事業になるのか詳しくお伺いをしたいと思います。

委員長(關 孝君) 生活福祉課長、鎌田信之君。

生活福祉課長(鎌田信之君) 生活困窮者自立相談支援事業におきまして、支援の対象となった方のうち、就労によって自立を目標とする者の就労するに際しまして、生活基礎能力とか、対人能力でありますとか、社会適応能力に問題があるのではないかというふうな判断をされた方につきまして、この就労準備支援プログラムを策定しまして、例えばあいさつなど普通の生活習慣の形成でありますとか、定時通所の励行、そういった就労に役立つような技術関係の習得などを通じまして、最終的には就労を目指していくものということで進めていくところでございます。

委員長(關 孝君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) そうすると、例えば具体的にはどういった施設とか場所でやるようなこういった事業なんですか。

委員長(關 孝君) 生活福祉課長、鎌田信之君。

生活福祉課長(鎌田信之君) 具体的にはただいま公募型ということで、法人格を有するところに委託をするというところで進めてございます。それでそこの窓口の中で、例えばそういったプランのとおりにやっていくようなところを事業所とか開拓を進めていく中で、このような方々を自立に向けた支援を進めていくというようなことでございます。

委員長(關 孝君) ほかにございませんか。及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 66ページのアメリカシロヒトリの駆除業務なんでございますが、発生する年度といいますか、毎年発生するわけではないですが、今年あたりかなりの予想されるのかなと思っています。それで前にかなり高木といいますか、高い木の駆除がなってなくて、消毒が終わった後また洗濯物に虫がついたりというそういう声がありました。そういう機械といいますか、このMSがどういう機械でやるかわかりませんが、この機械の配置と偏った場合の駆除の日程的な調整と、機械が何台と間に合っているかどうか。まず1点。
 それから市営佐沼墓地の管理に関する経費の中で工事請負費、区画整備とありますが、これは新たにといいますか、墓地の区画を整理して販売するかどうか。この中身をお知らせ願いたい。
 それから斎場の修繕料、この中身についてもお聞きいたします。以上3点。

委員長(關 孝君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) アメリカシロヒトリにつきましては、27年度は地域防除等で徹底していただきまして、発生が抑制されたということでございます。本年度につきましても同様に家庭や地域、公共施設での駆除を推進するという考え方でおります。
 それで駆除する機械でございますが、防除機械につきましては各支所ごとに配備は既に済んでおります。それとあとは、各支所を含めた各公共施設に高枝切りばさみの方も全て配備済みということでございます。
 高木につきましては、各施設の高木につきましては、環境課の方で予算化しておりまして、こちらの方で高木の駆除委託、業者委託を行うということにしております。それで高木については、ある程度発生を抑制させるという考え方でおります。
 続きまして、墓地でございます。
 墓地の区画整備でございますが現在、市営墓地のブロック内の空きスペースに14区画の墓地を整備するという考えでおります。現在、墓地の区画数につきましては、全体で1,305区画あるんですが、実際使用されている区画が1,276区画、残区画が現在29区画ということになっております。大体、年平均で10区画程度でていると、お貸ししているという状況でございますので、今回14区画を整備して、今後墓地を造成すべきかどうかと。それから市内の共葬墓地にどのくらいの空き区画があるかを調査いたしまして、そちらの空き区画がある場合、希望者を紹介するという考え方も検討が必要だということで、今年度検討していきたいなと考えております。
 続きまして、斎場でございます。
 斎場につきましては平成20年度供用開始ということでございまして、平成26年度から経年劣化や耐用年数によりまして部品の交換が必要となってきております。それで26年から修繕料を平準化するということで、これから毎年いろいろな修繕が発生していくということになりますので、例年修繕料が計上されるという形になっていくということになります。

委員長(關 孝君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) この墓地、そうすると区画的には整備しなくても29区画余裕という解釈でいいんですね。供給と需要のバランスからすると。そうすると今14区画ですか、これ1区画いくらで分譲といいますか、そういう考えがあってやるんですか。あえて余裕がある、先ほどほかの兼ね合いもあるということで、あえてこの余裕がなくて、要望があってやったこの工事なのか。
 それからこの斎場についても毎年、そうすると何年ぐらいこれぐらいずつ580万、これから10年とか5年とかその辺の見通しはどうなっていますか。

委員長(關 孝君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) 墓地の区画につきましては、1区画市内の方であれば28万円の永代使用料をいただくということになります。それと市外に住所を有する方につきましては、1区画33万6,000円という使用料をいただくということになっております。
 それで先ほどもお話したんですが空き区画、現在29区画残っております。29区画あるんですが、毎年10区画ずつ減っていくという状況に、許可しているという状況になっております。ですので、28年度に10区画を貸し出せば19区画しか残らないという形になりますので今回、前もって14区画を整備するということでございます。
 それから斎場の修理でございますが、昨年はバグフィルターとかいろいろな部品が交換ということになっておりますが、予定としましては毎年度500万程度の修繕が発生していくということになっています。施設が続く限りという感じになります。

委員長(關 孝君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) この墓地については、そうするとあと2年か3年で余ったことがなくなるという解釈でよろしいですね。
 斎場の件、では斎場やっているうち毎年ずっとこれくらいずつかかるというそういう解釈でよろしいんですか。

委員長(關 孝君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) 修繕が終わってまた年数がたてば耐用年数が来てしまうという形になりますので、どうしても繰り返し修繕を行っていくという平準化された修繕を行うという形になります。

委員長(關 孝君) 質疑の途中ですが、ここで10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後3時05分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時13分
 

委員長(關 孝君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 質疑を続けます。佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) 概要の61ページです。
 ここに地域包括医療とケア体制推進会議をするということなんですれども、誰が主体になって進めていくのかということでお伺いします。

委員長(關 孝君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 地域包括について誰が主体となってというところでございますが、事務局については健康推進課で行っておりますが、協議会を開いておりまして、会長に木村先生をお願いいたしまして協議をして進めております。

委員長(關 孝君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) これはいずれ社会福祉協議会やなんかも入ってくる事業と一体になるということで、確認してよろしいですか。

委員長(關 孝君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 社会福祉協議会ももちろん入ってございますし、病院または事業者等も入っております協議会の中で協議してございます。

委員長(關 孝君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) これはまたあとで尋ねます。
 64ページですね。ここに食生活改善費ございます。
 食が正しく取れないと病気になるということなんですけども、それでよろしいでしょうか。

委員長(關 孝君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 病気になるとまでは申しませんが、大変食生活は重要な位置を占めているということは認識してございます。

委員長(關 孝君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) 今あったようにですね、やっぱり腸内環境をしっかりと整えるということですね。やっぱり病気にならない体をつくるということが大事であるというふうに思います。昨年ですね、減塩食の普及について取り上げてまいりましたけれども、それを具体的に来年度ですね、この予算の中でどういった具体的な取り組みを進めるのかということでお伺いしたいと思います。

委員長(關 孝君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 予算の中で大きく捉えているところは見えてこないかと思います。ただし、議会の方で前検討いただきましたとおり、食品の事業者でありますとか、店舗さんでありますとか、共同の視点で減塩、さらに野菜摂取をアップするというところを相談しながら啓発する事業を企画してございまして、相談中でございます。

委員長(關 孝君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) その辺はですね、しっかりした取り組みをしていただかないと、重要性からいったってすごく大事なことだということを私言っているんです。それなのにまたそれほど取り組みが変わらないようでは、これはうまくないなということでございますので、その辺お願いしたいと思います。
 それから46ページ、7細目の社会福祉推進費になります。
 ここにですね、登米市社会福祉協議会への補助金が1億1,109万7,000円ということでございます。それで社協の全体の予算、いくらになるかご存知でしょうか。

委員長(關 孝君) 長寿介護課長、金野信義君。

長寿介護課長(金野信義君) 平成26年度の収支決算の数字で申し上げますと、支出の方で12億199万7,470円でございます。

委員長(關 孝君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) 補助金としてはですね、1億1,100万ということですが、事業費としては12億。大体12億から14億ぐらいになってございます。
 それで今後いろんな、先ほども言いましたけれども、包括ケアの関係も出てまいります。そうした中で、やはり社協が事業を進めるにあたって本当に必要な手立てをとっているかということをお伺いしたいんです。
 先月、秋田県藤里町の社会福祉協議会の会長さんがまいりまして、講演を聞きました。それで藤里町は人口が3,600人ちょっとなんですけれども、社協の予算額は2億7,000万なんですね。一人あたりに直しますとこれが7万5,000円ほどになります。
 登米市の場合ですね、12億から14億、これを計算しますと一人あたり1万7,000円なんです。1万7,000円と7万5,000円、こんなにも差があるということで、やっぱり必要なところにしっかりとした必要な手立てをしていかなければならないということだというふうに思いますけれども、その辺どのように捉えているでしょうか。

委員長(關 孝君) 福祉事務所長、熊谷 一君。

福祉事務所長(熊谷 一君) 今回、計上しているその補助金につきましては、地域福祉事業に携わる職員の方々、29名分の補助金を計上しているところでございます。社会福祉協議会さんにいろんな事業等について委託をしている部分が多々あるわけですけども、その委託の部分につきましてはその委託内容に応じまして、人件費等も積算した中での委託を行っているところでございます。
 実際、社会福祉協議会さんでも現在その職員の定員適正化計画とかいろいろですね、中身につきまして検討されているようでございます。できる限り社会福祉協議会さんの地域福祉関係につきましては、収益事業のない事業でございます。その部分につきましては、その人件費等は手当てを今後もしていかなければならないというふうに考えているところでございます。

委員長(關 孝君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) しっかりしたその予算の裏付けがないと本当に縮小縮小だけでは、成り立っていかないんではないかと考えているところです。
 46ページの一番下に介護職員初任者研修等受講支援事業ですね、今度新たにこれ今年度からの事業というふうになります。一般質問した関係もあるので、どういった事業になるか説明お願いします。

委員長(關 孝君) 長寿介護課長、金野信義君。

長寿介護課長(金野信義君) 介護職員初任者研修等受講支援事業ということでございます。
 こちらにつきましては、高齢者の介護に従事する人材の確保及び既に終了している介護職員の資質向上を図るため、介護初任者研修課程等の受講費用の一部助成、それから市内事業所への就業支援を行うものでございます。
 対象になる研修につきましては、一つとしまして介護職員の初任者研修課程でございます。それから介護職員実務者研修でございます。そのほかに介護職員初任者研修課程助成金対象者で、研修終了後6カ月以内に市内の事業所に就労した場合の就労準備金の支給というふうな内容になってございます。
 それで助成対象経費としましては、受講費用及びテキスト代、その経費の2分の1でございます。5万円を上限とした予算の範囲内で交付するものでございます。
 それから補助対象者としまして、交付申請時に市内に住所を有し、研修終了後6カ月以内に市内の介護サービス事業所等に就労を希望する方、それから既に事業所に、申請時に3カ月以上継続して従事している介護職員の方、それから本市の介護予防日常生活支援総合事業の多様なサービス提供の担い手として、参加を希望している方を対象にしているものでございます。
 それから就労準備金の対象につきましては、助成対象研修修了者で研修終了後6カ月以内に市内の事業者に就労した場合、就労準備金として一人1回に限り5万円を予算の範囲内で支給するものでございます。
 以上でございます。

委員長(關 孝君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) 丁寧に説明いただきました。それでこの事業、ぜひですね今、介護職員も本当に足りない状況になっておりますので、多くの人に知らせて使い勝手のいいものにぜひしていっていただきたいということで終わります。

委員長(關 孝君) ほかにございませんか。氏家英人委員。

4番(氏家英人君) 概要の65ページです。別冊資料でいいますと22ページになります。
 予防接種事業についてでありまして、インフルエンザワクチン接種の一部助成についてちょっとお尋ねしたいと思います。
 本市におきましては65歳以上、そして60歳から64歳以上の一部の方に年1回インフルエンザワクチンの助成をしております。これは全額補助なんでしょうか。

委員長(關 孝君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 高齢者のインフルエンザについては全額ではございません。市が5,300円を補助しまして、ご本人負担が1,800円でございます。

委員長(關 孝君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) あの1,800円という金額なんですけれども、本市で補助している額というのは。これって安く感じる高齢者もいるでしょうけれども、この1,800円が重荷になって接種をためらっている高齢者もいらっしゃるんだろうというふうに思うんですね。
 例えば、65歳以上をひとくくりにするのではなくて、75歳以上は全額補助にしてあげるでありますとか、そういう考えはないんでしょうかね。この辺のくくりにつきましては、各自治体で決めてもいいと思うんですけれどもどうでしょう。

委員長(關 孝君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 定期予防接種、予防接種法条に65歳以上という規定がございますので、そこは包含して考えていきたいと思っております。

委員長(關 孝君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) 次ですね、65歳以上といっても本当にいろいろ格差といいますか、年収とでもいいますかね、いろいろあるかと思うんですね。弱い高齢者に限って、きっと1,800円を払うのをためらってワクチンを接種しないというふうな事例あるかと思うので、その辺やはり考えていただきたいと思います。市長。
 それからですね、任意接種の部分についてじゃあお尋ねいたしますけれども、本市ではおたふく風邪、ロタ、それから高齢者に対する肺炎球菌ワクチンの一部助成、これがありますけれど、周りを見渡せばですね、例えば小学生まで、あるいは中学生まではインフルエンザワクチンを無料にする。あるいは大人は1回でよくても、子供たちが接種しなければいけない回数は2回ですね。普通は2回受けると思うんですけれど、1回目は1,500円、2回目は1,000円とかですね、いろいろそのまちの特色をこういった政策の中でも見せていると思います。
 本市でもですね、子供に対するインフルエンザワクチンは無料にするとか、それは考えてもいいのではないのかなと。特に2人、あるいは3人お子さまがいるとする。その人たちがインフルエンザワクチンを接種したら、3人でいくらになるんですかね。毎年2回も。すごい金額になるかと思います。
 一つ面白いこと考えたんですけれど、例えば中学3年生であるとか高校3年生、要は受験を控えた子供たちには無料にするとかね。「登米市ってね、君たちの勉強を後押しするんだよ」と。「インフルエンザに負けるなよ」と。この時期になるとすごい親は、子供がインフルエンザに感染することを恐れます。それは受験生、特にです。ちょっと高熱があっても無理して学校に行って、そしてまき散らして大変な目にあうようなね、議場でもありましたけれど。そういうのが非常に困るわけでございます。その辺の考え方というか、シティプロモーションにもしっかりとつながっていくんだろうと思うので、これは市長にですね、ちょっと話がそれたのでこういった考え方ってどうか。「勉強応援インフルエンザワクチン無料化」とかそういうのどうでしょう。

委員長(關 孝君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) インフルエンザワクチンにつきましては、いろいろとそういったお話もございます。またそういった意味では、インフルエンザワクチンの効能・効果といいますとほかの予防接種と違ってですね、100パーセントの予防はなかなか現実的には難しいというのが実態でございます。とはいいながらインフルエンザワクチンの効果といたしましては、例えば重症化の予防というような観点があろうというふうにも思いますので、そういった意味での効能効果をどのように見ていかなければならないのかということについては、しっかりと精査をしなければならないというふうに思っています。
 またそういった意味では、やはり今回インフルエンザの流行がですね、大分受験時期にずれ込んで発生をしているというような状況もございます。こういった予防に関する一番の取り組みは、もちろんワクチンの接種も大きな効果を発揮するわけではありますけども、やはり常日頃からのうがい、手洗い、そしてしっかりとした歯磨きなどにつきましてですね、やはり効果が高いというふうにも言われております。そういった意味では、学校、そして保育所、幼稚園等でも様々な取り組みをしているところではござますけども、なお一層そういった取り組みをするということとあわせ、ご提言の内容についてしっかりと検討をさせていただきたいと思います。

委員長(關 孝君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) ぜひ考えていただきたいなあというふうに思います。
 それから別冊22ページなんですけれども、子宮頸がんワクチンついてちょっとお尋ねしたいんです。来年度の予算ということで、20人を見込んで330万円あまりの予算をつけておりますけれども・・・32万円ぐらいの予算を計上しておりますけれども、これって必要な政策、必要ですか。もう役割、終わったんじゃないですかね。やめる勇気はありませんか。必要な人というか、受けたい人は自分で受けるものじゃないのかなというふうに思うのですね。どうでしょうその考え方。どうしても出さなくちゃいけないものなんですか。

委員長(關 孝君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 子宮頸がんワクチンにつきましては、まだ定期接種としての対応となっております。ただしその中でですね、副作用の観点から25年の4月から定期に入りましたけれども、副作用との因果関係がまだ未確定だということで積極的な勧奨はしないという段階のまま継続しておるところでございます。というところで、この人数の予算をそのまま残してございます。

委員長(關 孝君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) ここにあげている20人というのは定期で。私、詳しい意味わかりませんけれど、そういうことならばしょうがないというか、こういうふうに予算化しないとダメなものなんですね。はい、了解いたしました。

委員長(關 孝君) ほかに。浅田 修委員。

14番(浅田 修君) 65ページの資源ごみ回収報奨金でありますけれども、これはどのような形でこの報奨金が支払われるのか。大体いくらぐらい、どなたに支払われるのかお聞きします。
 それから不法投棄実態をちょっとお聞かせいただければと思います。

委員長(關 孝君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) 資源ゴミの回収報奨金でございますが、こちらは廃棄物の再利用を促進して、家庭から排出される一般廃棄物から資源ごみを回収する団体へ報奨金を交付という目的で行っております。それで平成26年度におきましては20件ございまして、交付実績が8万3,419円でございました。

委員長(關 孝君) 不法投棄。

環境課長(木村達之君) 不法投棄でございますが、平成25年から・・・すいません。22年度からの分をちょっとご報告させていただきます。平成22年度が289件、23年度が242件、平成24年度が217件、25年度が212件、それで26年度266件という結果となっております。

委員長(關 孝君) 資源ごみの奨励金について。

環境課長(木村達之君) 報奨金の交付団体でございますが、PTAとか、それから婦人会など各種団体となってございます。

委員長(關 孝君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) こういったものがPTAでやる分、よく夏休みですか、子供会の方でやる部落もあるようでございますけども、こういった面でやはり推進するためには、子供たちに教えるという意味においても、もうちょっとどのような推進方法があるのかということはやっぱり探ってみた方がいいのかなというふうに思いますよ。
 そして現実、集めてそれを売った時点で、「皆さんにアイスクリーム食べさせるから」と食べさせたらマイナスだったというような感じもあるんだから、そういった面も考えてあげてもうちょっと推進する方法、策を考えてみてください。
 それから不法投棄、件数もだけども何トンぐらいあるのかなと今思ったんですけれども、ただこの中でいろんな不法投棄のこういう件数もあるという中で、一部の登米市内の中で赤い鳥居をつくっておいておくという、不法投棄しないようにということでですね、その効果が抜群だというようなのをテレビでもやっていた経緯がございまして、その点の考え方、地域からの反応なんか聞いたことないですか。

委員長(關 孝君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) 確かに委員さんおっしゃるとおり、赤い鳥居のものが迫町内でもございます。それで効果のほどにつきましては、特に環境課の方には届いてはおらないということで、鳥居の看板というよりは不法投棄の防止看板などにつきましては、要請があった箇所について全て立てるようにはしております。ですから特に鳥居のやつの部分については、今の段階で特に考えておらないということでございます。

委員長(關 孝君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) 考えてないということはほとんど聞いて、大体情報がないというのではなく、情報を聞きに行くとかさ、なんとかするべきでないかなと思うんだけどもね。そういった配慮がやっぱ足りない。テレビでなんかもやっているようだから、効果的なところを見聞きして、もし「それがいいんだ」となったらもうちょとそれを増やしてみようかとか、もうちょっと考えてみて。

委員長(關 孝君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) 十分検討させていただきたいと思います。

委員長(關 孝君) ほかに。佐藤恵喜委員。

15番(佐藤慶喜君) 別冊の11ページの特養等のユニット化ですが、ユニット化によって入所定員というのはいくらか減るんでしょうか。もう一つはユニット化で、いわば施設としての収入増の期待は、期待というか実際収入増になるんでしょうか。

委員長(關 孝君) 長寿介護課長、金野信義君。

長寿介護課長(金野信義君) この内容につきましては、現在の地域密着特養ですか、そういったところで多床室がございます。それにつきまして、ユニット型の個室化のための補助金でございます。そういうことでございますので定員そのものは、全体の定員は変わりないということでございます。
 それから当然、報酬につきましては、多床室よりは個室の方が高くなるわけでございますので、収支の方も改善のことがみられるということでございます。

委員長(關 孝君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤慶喜君) 次に、概要の61ページに先ほど尚哉議員も触れましたが、地域包括医療推進事業推進会議の委員謝金等計上されております。
 この関係で先ごろ、先日ですか、田上先生が河北新報で紹介される記事がありました。登米市地域包括ケア推進アドバイザーとして就任されているということなんですが、どんな役割で、そしてどういう実際の指導、援助いただいているものなのかなと。報酬の問題ではないでしょうけど、報酬などもあるのかなとか。この推進会議の中とのかかわりはどうなっているのかなということをお聞きします。

委員長(關 孝君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 田上先生に関しましては、4月一日からアドバイザーとして就任いただきまして、報酬についてはございません。
 それで会議の時にご出席いただくとともに現在、在宅医療に特化して先生が実施されておりますので、その視点でアドバイスをいただいたり、あとは市内の先生方との協議を深めていただき、地域医療について語り合う場面を設けさせていただいております。また、専門職の皆さん、または地域のスタッフであるとか、事業所の方々、ケアマネジャーの方々、それらの方々が勉強会を継続して、専門職の共同事業ということで協議を重ねております。それらの中にも先生にご出席いただきまして、その中でアドバイスをいただいたり、現状を把握していただいたりということを重ねておるところでございます。

委員長(關 孝君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤慶喜君) 相当の役割を発揮し、貢献をしていただいているという今の説明、答弁だと思います。
 それでここに計上されているケア体制推進会議というのは、この委員報酬、謝金から見ても年に1回か2回かの会議なのかなと。実戦部隊というか、それではないと思うんですね。もうしばらく前になりますが、「地域包括ケア体制が大事だよ」というのがボチボチ紹介される時代ですけれども、広島県の御調町だとか、近くでは涌谷、あるいは岩手県の藤沢、ここが全国の先進を切って頑張ったと、頑張って今もいるわけでありますが、その推進に当たっては病院長が責任者になって、中には課長、保健福祉全体の病院長とあとは行政の課長を兼ねて、兼務して全体の指揮にあたっていたということもあるんですが、本市の場合はこの推進会議での情報交換等があるんでしょうが、そういう実践的な推進体制というのはどうなっているもんでしょうか。

委員長(關 孝君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 先ほど来申し上げておりましたこの会議の下にですね、担当課、私ども健康推進課と長寿、または医療局の職員等がその中に事務局として体制を整えております。その中の情報交換をいたしながら、さらに事業者等との共同事業と称しまして20回ぐらい今年はさせていただきまして、当事者間のある、自分たちがこの中で何をしていけばいいかというあたりを中心に協議させていただいて、実践に結び付けていこうとしているところでございます。

委員長(關 孝君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤慶喜君) 推進会議の木村会長さんで役不足とかという意味ではもちろんありませんが、事務局というか職員の段階で実践的に対応していると。それをやっていてですね、やっぱり責任者としてきちんとした人を配置すべきだとか、そういう取り組んできてでの何ていうか、先ほど三つの病院を紹介しましたが、やっぱりこの地域のどなたがいいのかね。病院事業関理者ではもっともっと荷が重くなって難しいのかなあと思ったりもするんですが、そういう体制をもっと整える必要性というのは実際感じる時ないでしょうかね。部長でしょうかね。やっぱ課長でいいのでしょうか。どちらからも。

委員長(關 孝君) 市民生活部長、神田雅春君。

市民生活部長(神田雅春君) 今、お話いただきました。やっぱり地域包括ケアにつきましては、今の現状といたしまして開業医の先生方、高齢化して、後継者もいないということで、さらに10万人当たりの医師の数も県内で最下位だということでございまして、その件をどうやってフォローしていくかということで介護、福祉、健康、そういうものをいかに連携をさせていくかということでやっておりまして、推進会議につきましては米川診療所の木村先生、この方も地域医療関係に非常に造詣が深い方でございまして、全く役不足ということではございません。
 それに今、松本病院長ともですね、今打ち合わせ行政の方でさせていただきまして、病院のかかわり方等につきましても今いろいろお話合いをさせていただいているところでございます。

委員長(關 孝君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤慶喜君) これ以上のことは、なお私も研究して次の機会にまた触れたいと思いますが、この関係で病院会計の中の方がいいかもしれませんが事業管理者、出席されておりますので、簡単にお聞きしたいと思うんですが、この田上先生の紹介されたこの記事にですね、こういうのがあります。
 「現状、医師不足を目の当たりにした」と続けてですね、「都市圏から交代で複数の医師が派遣される体制ができれば、改善できるとみている」と。「都市に住みながら地方に貢献したいと考える医師は少なくない。そしてもう一つ、医師を育てる教育の受け皿が登米にないことですね。本年度からうちが総合診療医の研修施設に認定され、その資格を取れるようになりました」とあって、こういうのを知るにつけですね、もっとやっぱり工夫というのを本当に市立病院全体の力を結集して、簡単に言えば「田上先生がこう頑張っているんだよ」と、何だというふうなもんではないんでしょうけど、何かやっぱり知恵、力の発揮しどころというのを考えなくてはないのかなと思うんですけども、もう一つとしては総合診療医の研修施設についても市立病院として、代表質問の答弁でもありましたが大学とか、今度でてくる新大学との連携ですね、ありましたが、こういう田上先生がやっている診療所との連携では、どういうふうにか工夫なんないんでしょうかね。

委員長(關 孝君) 病院事業管理者、石井宗彦君。

病院事業管理者(石井宗彦君) それでは、私もその記事拝見しました。25年に田上先生開業されましたけれども、その当時から今言われた首都圏と登米とを循環する、そういうシステムをつくりたいということでありまして、そして今回、田上先生のところは、プライマリーケア連合学会というところが認定する家庭医の研修プログラムというのをつくりましてですね、それに私たちと連携して、もうしばらくするとそのプログラムにのっかって卒後5、6年目の先生が実際に登米の病院で働くというか、研修ですね。研修するというシステムが動き出しますので、それはそのようにやっていきたいと思っております。
 それからもう一つは大崎市民病院、それから仙台日赤病院、いわゆる大きな三次救急のところで基幹型プログラムというのをどんどんこれから出てきます。それとも登米の市民病院ほか全部連携して、そのプログラムにのって後期研修の方がいらっしゃるようなシステムづくりも間もなくできてくるんじゃないかなと思っておりますので、その様にやっていきたいと思っております。

委員長(關 孝君) ほかにございませんか。及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) まず、細かいことは時間がありませんので別な機会にやりますけれども、概要64ページ、食生活、食育推進会議。27年度食育推進会議を何名で何度開催され、今年は推進会議、確か21名が定数化、定数というか21名までオーケーなんだね。それで28年度については、何名で何回の会議を予定しておるのか。

委員長(關 孝君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 食育推進会議については、年間2回でございます。委員については21名以内で18名、公募した委員さん3名入っております。
 そして28年度についても2回と、ワーキングという形で食育を考えてまいりたいとしております。

委員長(關 孝君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) 食育基本計画に関しては、ちょうど2期目が終了するということで、今回は所管でございませんからあまり説明も受けておりませんけれども、少し内容を変えたつくりで第3期の方向性を見つけようとしている、計画をつくりあげようとしているようでありますけれども、ということはその計画づくりにおいて、27年度は2回しかやらなかったということですか。それでつくってからもやるのは2回ということで、その回数は改めて27年度に食育推進計画をつくるために推進委員の皆さんが、2回も一生懸命なんでしょうけれども、そういった回数をもってしっかりつくり上げたという部分に関しては、どのように捉えているのか。
 それとなぜこういうことを言うのかというと、28年度の計画を出す段階で、第3期の食育基本の計画が提示されない中でこういう計画を組むということは、非常にあまりやり方、進め方としては良くない進め方だというふうに私は思うんです。いわゆる2期目までの成果検証しながら、課題がどういったものがあって、28年度からこういうふうなものをやっていきますよというふうなものが普通のやりようなんですね。提示できないままで28年度計画していますから、その辺の関係性。
 さらに28年度における第3次計画、示されておりませんけれども、第3次計画でこれから想定される食育基本計画の事業というのは何なんでしょう。

委員長(關 孝君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 食育推進会議については、お話いただいたように2回でございますが、その間にワーキングを行いましたり、あとは会長と連携を取りましたり、あとは部内、幹事会と申しまして、関係課の課長さん方のご意見を頂戴したりというところを間にいれまして、2回の会議で実施計画を策定してございます。
 もう1点、「計画がまだ出されてない中で予算化ということは」というところのご意見でございますが、その辺りについてもそういうご意見もごもっともであろうかとは思います。ですがその中に反映、出てきているものについては、随時計画に入れようということで、基本的には今、案として出されているので明確になっている部分については入れております。姿勢としては、協働という姿勢は今までどおり変わらずに実施してまいりますし、あと情報提供のスタイルをもう少し全体に、民間も企業もまた私たち所内の関係各課とも連携を取りたいというところが重点的なところでございますので、そこはさらに力を入れていきたいと考えてございます。

委員長(關 孝君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) じゃあ優しく。28年度において、具体例はどういった事業がメニューとして用意されていますか。

委員長(關 孝君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) ただいまパブコメ中の計画ではございますけれども、本日終わりの事業でございますが、基本方針としましては、0次予防からの健康推進、2番目といたしまして健康寿命の延伸、3番目として豊かな食の継承ということを掲げまして、それぞれのライフステージにあわせた目標を立てて、実施して行く予定でございます。
 さらに取り組みの視点といたしましては、やはり基本としては一人一人が取り組みやすい健康づくりの環境づくりというところを視点としてございますが、それをさらに今年度は市民、地域団体、企業の活動をつなぐ協働というところで、それぞれの事業所やら社会福祉協議会、公民館との協働の中で、公民館とはプログラムを提供して協働で何かをするというような事業を予算化してございます。それらを基盤にすること。または実践に結びつける情報提供ということで、先ほど申しましたけれども店舗等における地場産品やら、あとは「いただきますの気持ち」というところで、その辺りを新しいポイントとして、食べるということの意味を伝えていくことを中心に計画してございます。

委員長(關 孝君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) 具体的にどういったものかというようなことが、なかなかこの予算書の中から見えてこないのが残念でございます。いわゆるこれをつくるのがしっかり明示できなかったことによって、1年目からのスタートがしっかり切れないんだろうというように思いますので、今後の事業展開にご期待を申し上げ、さらにこの環境基本計画については、あとでお示しされるのですから、その節にしっかりとご議論をさせていただきたいというように思っております。
 あとこれはちょうど環境関係の分野の中で、環境基本計画もこれからできてくるのだろうと思います。その中で2款にもあったんですけれども、いわゆる集落の公民館の建設関係、3基用意していました。それから様々に今年度の建設部分にありますけれども、地元産材における木材の利用について、それぞれに産経で聞けばいいのかと思うんですけれども、この分に関して市民生活部担当課だと思うので、後の方がいいというのであればこの次の4款でやりますけれども、環境基本計画実施計画の中にそれをうたっている部分があったものですから。どうしましょうかね、どちらがよろしいですか。

委員長(關 孝君) 市民生活部長、神田雅春君。

市民生活部長(神田雅春君) 環境基本計画の中にもですね、今おっしゃられたような内容もございます。ただ、環境基本計画の中でもいろいろ各部局からいただいた内容を載せている部分もございまして、主体的には産業経済部で実際やられておりますので、6款の中でぜひその辺を聞いていただくとありがたいなと思っております。

委員長(關 孝君) ほかに質疑はございませんか。浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 概要の61ページの、先ほどの15番委員にかぶりますが、田上先生にアドバイザーをお願いしているということをお聞きしましたが、いわゆる田上先生の善意に頼ってやっているという解釈でよろしいでしょうか。
 そしてその活動については、非常にありがたいという認識でよろしいでしょうか、担当課の方としては。
 それからそのご認識を市長並びに病院事業管理者にそれぞれお聞かせをいただきたいと思います。

委員長(關 孝君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 田上先生がこちらにおいでになった時にOMCということで、地域と一緒に医療を進めていくという講座も開いております。それらについては、健康推進課のスタッフも協力をしながら、一緒にやっているところもございます。というところで、お力を借りながら一緒に地域の情報を共有しながら実施しているというふうに認識してございます。

委員長(關 孝君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) この地域包括ケアのアドバイザーの就任につきましては、田上先生からもいろいろご意見もいただき、また我々の方からも考え方についていろいろとお話をさせていただきながら、「ではどのような形でお力添えをいただくのがよろしいか」というご相談させていただいた上で、アドバイザーにご就任をいただいておるところであります。しっかりとそのお互いの思いをしっかりとつなぎながら、取り組みを進めてまいりたいと考えております。

委員長(關 孝君) 病院事業管理者、石井宗彦君。

病院事業管理者(石井宗彦君) 私も田上先生の馬力といいますか、行動力とですね、企画力、非常に敬服しておりまして、先ほど佐藤委員にお答えしましたけども、この度やっと田上先生のプログラムを当病院事業と連携してやっていくことになりましたので、非常に喜んでおります。それでプログラムで、病院事業で、登米で研修した先生がですね、そのうちいずれ常勤医になってくれればいいなと思っておりますので、よろしくお願いします。

委員長(關 孝君) 暫時休憩いたします。
 
          休憩 午後4時03分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後4時03分
 

委員長(關 孝君) 再開いたします。
 本日の会議はこの程度とし、これで散会したいと思います。
 なお次の会議は、明日3月4日午前10時から行います。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労様でした。
 
 
          散会 午後4時04分

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>