•   0  (日程・名簿)
  •   1  議長(田口政信)
  •   2  議長(田口政信)
  •   3  企画部長(田口俊郎)
  •   4  議長(田口政信)
  •   5  総務部長(佐藤順悦)
  •   6  議長(田口政信)
  •   7  企画部長(田口俊郎)
  •   8  議長(田口政信)
  •   9  会計管理者(及川登志郎)
  •  10  議長(田口政信)
  •  11  総務部長(佐藤順悦)
  •  12  議長(田口政信)
  •  13  企画部長(田口俊郎)
  •  14  議長(田口政信)
  •  15  総務部長(佐藤順悦)
  •  16  議長(田口政信)
  •  17  企画部長(田口俊郎)
  •  18  議長(田口政信)
  •  19  市民生活部長(志賀尚)
  •  20  議長(田口政信)
  •  21  総務部長(佐藤順悦)
  •  22  議長(田口政信)
  •  23  市民生活部長(志賀尚)
  •  24  議長(田口政信)
  •  25  総務部長(佐藤順悦)
  •  26  議長(田口政信)
  •  27  企画部長(田口俊郎)
  •  28  議長(田口政信)
  •  29  監査委員事務局長(千葉久義)
  •  30  議長(田口政信)
  •  31  福祉事務所長(千葉幸毅)
  •  32  議長(田口政信)
  •  33  市民生活部長(志賀尚)
  •  34  議長(田口政信)
  •  35  環境事業所長(佐々木秀悦)
  •  36  議長(田口政信)
  •  37  市民生活部長(志賀尚)
  •  38  議長(田口政信)
  •  39  産業経済部長(真山誠喜)
  •  40  議長(田口政信)
  •  41  議長(田口政信)
  •  42  農業委員会事務局長(佐藤昌彦)
  •  43  議長(田口政信)
  •  44  産業経済部長(真山誠喜)
  •  45  議長(田口政信)
  •  46  建設部長(二階堂眞博)
  •  47  議長(田口政信)
  •  48  消防本部消防長(菅原輝雄)
  •  49  議長(田口政信)
  •  50  危機管理監(中津川英雄)
  •  51  議長(田口政信)
  •  52  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  •  53  議長(田口政信)
  •  54  社会教育次長(鈴木均)
  •  55  議長(田口政信)
  •  56  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  •  57  議長(田口政信)
  •  58  議長(田口政信)
  •  59  産業経済部長(真山誠喜)
  •  60  議長(田口政信)
  •  61  建設部長(二階堂眞博)
  •  62  議長(田口政信)
  •  63  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  •  64  議長(田口政信)
  •  65  総務部長(佐藤順悦)
  •  66  議長(田口政信)
  •  67  企画部長(田口俊郎)
  •  68  議長(田口政信)
  •  69  市民生活部長(志賀尚)
  •  70  議長(田口政信)
  •  71  市民生活部長(志賀尚)
  •  72  議長(田口政信)
  •  73  福祉事務所長(千葉幸毅)
  •  74  議長(田口政信)
  •  75  福祉事務所長(千葉幸毅)
  •  76  議長(田口政信)
  •  77  総務部長(佐藤順悦)
  •  78  議長(田口政信)
  •  79  建設部長(二階堂眞博)
  •  80  議長(田口政信)
  •  81  産業経済部長(真山誠喜)
  •  82  議長(田口政信)
  •  83  水道事業所長(菅原守)
  •  84  議長(田口政信)
  •  85  医療局次長(千葉博行)
  •  86  議長(田口政信)
  •  87  医療局次長(千葉博行)
  •  88  議長(田口政信)
  •  89  議長(田口政信)
  •  90  議長(田口政信)
  •  91  議長(田口政信)
      平成25年第1回登米市議会 定 例 会 会議録(第8号)
 平成25年2月28日(木曜日)
1.出席議員(28名)
   1番 金 野 静 男 君       2番 工 藤 淳 子 君
   3番 小野寺 金太郎 君       4番 武 田 節 夫 君
   6番 阿 部 正 一 君       7番 佐々木   一 君
   8番 星    順一 君       9番 及 川 長太郎 君
  10番 浅 野   敬 君      12番 二階堂 一 男 君
  13番 相 澤 吉 悦 君      14番 八 木 しみ子 君
  15番 伊 藤 吉 浩 君      16番 庄 子 喜 一 君
  17番 關     孝 君      18番 田 口 久 義 君
  19番 佐 藤 恵 喜 君      20番 及 川 昌 憲 君
  21番 佐 藤 尚 哉 君      22番 沼 倉 利 光 君
  23番 佐 藤   勝 君      24番 岩 淵 勇 一 君
  25番 中 澤   宏 君      26番 伊 藤   栄 君
  27番 熊 谷 憲 雄 君      28番 岩 淵 正 宏 君
  29番 浅 田   修 君      議 長 田 口 政 信 君
1.欠席議員(1名)
   5番 遠 藤   音 君
1.遅刻議員(2名)
   3番 小野寺 金太郎 君      29番 浅 田   修 君
1.早退議員(なし)
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君   副  市  長  藤 井 敏 和 君
  総 務 部 長  佐 藤 順 悦 君   企 画 部 長  田 口 俊 郎 君
  市民生活部長   志 賀   尚 君   産業経済部長   真 山 誠 喜 君
  建 設 部 長  二階堂 眞 博 君   市長公室長    神 田 雅 春 君
  財 政 課 長  伊 藤 隆 敏 君   福祉事務所長   千 葉 幸 毅 君
  危機管理監    中津川 英 雄 君   会計管理者    及 川 登志郎 君
  環境事業所長   佐々木 秀 悦 君   教  育  長  片 倉 敏 明 君
  教 育 次 長              教 育 次 長
  (学校教育)   佐 藤 賀津雄 君   (社会教育)   鈴 木   均 君
                       農業委員会
  病院事業管理者  大 橋   章 君   事 務 局 長  佐 藤 昌 彦 君
                       消 防 本 部
  水道事業所長   菅 原   守 君   消  防  長  菅 原 輝 雄 君
                       監 査 委 員
  医療局次長    千 葉 博 行 君   事 務 局 長  千 葉 久 義 君
1.事務局出席職員氏名
                       議会事務局
  議会事務局長   村 上 昭 一 君   次     長  佐 藤 真 吾 君
  議会事務局                議会事務局
  主幹兼議事                議事・調査係
  ・調査係長    蛇 好 芳 則 君   主     幹  高 橋 正 博 君
  議会事務局                議会事務局
  議事・調査係               議事・調査係
  主     査  加 藤 善 己 君   主     事  庄 司 美 香 君
  議会事務局
  議事・調査係
  主     事  稲 辺 大 裕 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 会議録署名議員の指名
  第2 議案第10号 平成25年度登米市一般会計予算
  第3 議案第11号 平成25年度登米市国民健康保険特別会計予算
  第4 議案第12号 平成25年度登米市後期高齢者医療特別会計予算
  第5 議案第13号 平成25年度登米市介護保険特別会計予算
  第6 議案第14号 平成25年度登米市土地取得特別会計予算
  第7 議案第15号 平成25年度登米市下水道事業特別会計予算
  第8 議案第16号 平成25年度登米市宅地造成事業特別会計予算
  第9 議案第17号 平成25年度登米市水道事業会計予算
  第10 議案第18号 平成25年度登米市病院事業会計予算
  第11 議案第19号 平成25年度登米市老人保健施設事業会計予算
          開会 午前10時00分
議長(田口政信君) おはようございます。
 ただいまから、平成25年第1回登米市議会定例会8日目の会議を開きます。
 5番、遠藤 音君から欠席の届け出がございます。3番、小野寺金太郎君、29番、浅田修君から遅参の届け出があります。
 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりであります。
 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第83条の規定により、7番、佐々木 一君、8番、星 順一君を指名いたします。
 日程第2、議案第10号 平成25年度登米市一般会計予算、日程第3、議案第11号 平成25年度登米市国民健康保険特別会計予算、日程第4、議案第12号 平成25年度登米市後期高齢者医療特別会計予算、日程第5、議案第13号 平成25年度登米市介護保険特別会計予算、日程第6、議案第14号 平成25年度登米市土地取得特別会計予算、日程第7、議案第15号 平成25年度登米市下水道事業特別会計予算、日程第8、議案第16号 平成25年度登米市宅地造成事業特別会計予算、日程第9、議案第17号 平成25年度登米市水道事業会計予算、日程第10、議案第18号 平成25年度登米市病院事業会計予算、日程第11、議案第19号 平成25年度登米市老人保健施設事業会計予算の10議案を一括議題といたします。
 お諮りいたします。本議案に対する市長の提案理由の説明については、さきの施政方針の中で予算案説明要旨として既に説明されておりますので、この際省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認め、市長の提案理由の説明は省略いたします。
 会計ごとに議案内容の説明を求めます。説明は要点説明とし、簡潔明瞭に願います。
 議案第10号 平成25年度登米市一般会計予算について、担当部長より説明を求めます。
 歳入について。企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) おはようございます。
 それでは、議案第10号 平成25年度一般会計予算、初めに歳入の内容についてご説明申し上げます。
 資料につきましては、予算書、それから予算の概要、別冊1の資料をご準備いただきたいと思います。
 初めに、当初予算の概要書をお願いしたいと思います。
 1ページをお開き願います。
 ここは、企業会計を含めました各種会計予算の総括表でございます。
 一般会計につきましては、前年度対比2.6%、11億5,605万円の減額、国民健康保険特別会計につきましては1.2%、1億2,112万円の増額、下水道事業特別会計につきましては9.2%、4億3,098万円の減額となってございます。
 企業会計につきましては、水道事業会計が5.1%、1億6,090万円の減額、病院事業会計が0.6%、4,574万円の増額となっております。
 企業会計を含めた全会計の予算総額につきましては772億2,565万円という状況でございます。
 次に、2ページをお開き願います。
 2ページにつきましては、登米市総合計画における基本構想施策の大綱別予算の状況をあらわしたものでございます。
 次に、3ページをお願いいたします。
 歳入予算の款別集計表でございます。歳入予算の経常状況につきましては、後ほど予算書の事項別明細書においてご説明申し上げます。この場におきましては説明を省略させていただきます。
 次に、4ページでございます。
 この表につきましては、歳入を自主財源と依存財源に分けてあらわしたものでございます。平成25年度の自主・依存財源のそれぞれの構成比といたしましては、自主財源が23.7%、依存財源が76.3%という状況となっております。前年度と比較いたしますと、自主財源の割合が2.4ポイントほど増加している状況でございます。
 次に、5ページをお開き願います。
 歳出予算の款別集計表でございます。前年度と比較いたしまして、衛生費、労働費、教育費で増減額が大きくなっております。
 衛生費につきましては、一般廃棄物第二最終処分場整備事業の計上などがございまして10億7,387万円の増額、それから労働費では緊急雇用対策事業の減ということで13億3,417万円の減額、教育費では佐沼小学校校舎・体育館改築事業あるいは西部学校給食センターの事業の減などから17億5,363万円の減額となってございます。
 続きまして、6ページでございます。
 歳出予算の性質別構成比をあらわしたものでございます。このうち、義務的経費でございますが、人件費で前年度と比較して1億5,232万円の減額となっております。職員数の削減に伴う職員給与費の減が主な要因となってございます。また、公債費でございますが、市債の借りかえの減などから5億2,326万円の減額となってございます。
 消費的経費でございますが、前年度と比較して物件費で8億3,092万円の減額となってございますが、これは緊急雇用対策事業に係る賃金あるいは委託料の減額が主な要因でございます。また、補助費等においても2億9,092万円の減額となってございます。これは東日本大震災農業生産対策交付金などの災害に関連した補助金の減額などによるものでございます。
 投資的経費につきましては、普通建設事業費では単独事業費で11億2,213万円の増額となってございます。消防出張所整備事業あるいはもくもくランド施設の改修事業の計上などによるものでございます。
 また、災害復旧事業費で4億1,490万円の増額となってございますが、これは石越中学校災害復旧事業費の計上による増が主な要因でございます。
 次に、7ページをお願いいたします。
 人件費の状況でございますが、人件費につきましては後ほど総務部長のほうから説明申し上げますので、省略いたします。
 次に、8ページでございます。
 物件費の状況でございます。物件費につきましては、前年度と比較いたしまして賃金、委託料、備品購入費で増減が大きくなってございますが、賃金及び委託料につきましては緊急雇用対策事業の減によるもので、備品購入費につきましては小中学校の学校用コンピューター更新事業の増などによるものでございます。
 次に、9ページから15ページまでにつきましては、普通建設事業費を補助事業、単独事業、県営事業負担金等に区分し、それぞれ事業別に整理したものでございます。それぞれ事業名、計上している予算科目、事業費、財源内訳、事業の概要を取りまとめてございますので、後でごらんいただきたいと思います。
 次に、16ページをお開き願います。
 ここからは、歳入の状況でございます。
 まず、市税の概要でございますが、市民税、固定資産税、軽自動車税などの税ごとにその積算内容内訳を記載しているところでございます。このうち、個人市民税につきましては現年課税分で4.7%、9,860万円の増額で計上しておりますが、震災復興による雇用あるいは営業の増等を見込んだものでございます。
 また、17ページになりますが、固定資産税の現年課税分につきましては新築家屋などの増を見込み、1.3%、4,283万円の増額で計上したところでございます。
 さらに、18ページ、市たばこ税でございますが、税率改正などを見込んで11.3%、6,292万円の増額で計上したところでございます。
 次に、19ページをお開き願います。
 地方交付税の概要でございます。地方交付税につきましては、普通交付税で0.9%、特別交付税で1.1%、それぞれ前年度と比較し減額で計上しているところでございます。地方財政対策における地方交付税総額の状況等を考慮し、算定・計上したものでございます。
 それから、震災復興特別交付税につきましては、東日本大震災の災害復旧事業などに交付されているものでございますが、石越中学校災害復旧事業などに対して総額9億5,789万円を見込んだところでございます。
 次に、20ページでございます。
 保育料の概要でございますが、保育料の負担金につきましては、入所人員の増を見込み、前年度と比較して1.4%、319万円の増額で計上したところでございます。
 次に、公営住宅、定住促進住宅使用料の概要でございます。公営住宅、定住促進住宅使用料につきましては、入居実績に基づき現年度分で公営住宅使用料を395万円、定住促進住宅使用料を63万円、それぞれ増額で見込んだところでございます。
 21ページをお願いいたします。
 幼稚園使用料の概要でございます。現年度分といたしましては、入園予定園児数の減、それから震災減免により12.9%、396万円の減額として計上したところでございます。
 次に、22ページでございます。
 給食事業収入の概要でございます。給食事業収入につきましても、対象児童生徒数の減が見込まれておりまして、児童生徒分といたしましては2.2%、694万円の減額として計上したところでございます。
 予算の概要については以上でございます。
 次に、予算書のほうをお願いしたいと思います。
 予算書9ページをお願いいたします。
 第2表債務負担行為でございます。平成26年度以降の支出見込みによるものでございますが、お示ししているとおり9件の設定でございます。内容といたしましては、借り上げ料あるいは利子補給金が主なものとなっております。
 次に、10ページをお願いします。
 第3表地方債でございます。地方債につきましては、26件で総額44億5,320万円の計上でございます。このうち、下のほうにございますが臨時財政対策債につきましては17億2,230万円の計上となっております。
 続きまして、15ページをお開きいただきます。
 歳入の事項別明細でございます。
 1款市税でございます。市税の内容につきましては、先ほど概要においてご説明申し上げました。省略いたします。
 17ページをお願いいたします。
 2款の地方譲与税から、19ページの8款地方特例交付金につきましては、それぞれお渡ししてある財政見通しに基づき計上したものでございます。
 19ページの9款地方交付税でございますが、これにつきましても予算の概要で説明したところでございますが、総額で201億4,885万円の計上、前年度と比較して4%、7億7,595万円の増額となっております。これは震災復興特別交付税を見込んだということによる増でございます。
 次に、11款分担金及び負担金でございます。1項の分担金につきましては農林水産業及び土木費の分担金でございまして、農林水産業費分担金につきましては土地改良事業における改良区等の受益者分担金の計上でございます。
 次に、21ページをお開き願います。
 2項負担金でございます。1目民生費負担金につきましては、老人福祉施設入所者負担金、それから保育料負担金が主なものとなってございます。2目農林水産業費負担金につきましては、排水機場などに係る負担金を計上したところでございます。3目教育費負担金につきましては、幼稚園、小中学校に係る日本スポーツ振興センターへの負担金でございます。
 次に、12款使用料及び手数料でございます。まず、1項使用料でございます。1目総務使用料から23ページの9目教育使用料まで総額で3億201万円を計上しております。主なものといたしましては、公営住宅使用料1億3,765万円、定住促進住宅使用料6,088万円、幼稚園使用料3,482万円などとなっております。
 次に25ページ、2項手数料でございます。真ん中の表です。1目総務手数料から27ページの6目教育手数料まで総額で3億9,842万円の計上でございます。主に窓口手数料で4,000万円、ごみ処分手数料で1億5,785万円、し尿収集運搬処分手数料で1億7,721万円の計上などが主でございます。
 次に、27ページの13款国庫支出金でございます。1項国庫負担金につきましては、1目民生費国庫負担金から3目災害復旧費国庫負担金まで総額で34億8,470万円の計上でございます。前年度と比較して、国庫負担金総額では4億7,310万円の減額となっております。これは佐沼小学校の校舎・体育館の改築事業に係る国庫負担金の減が主な要因となっております。
 次に、29ページをお願いいたします。
 2項国庫補助金につきましては、1目総務費国庫補助金から7目災害復旧費国庫補助金まで総額で8億7,048万円の計上でございます。前年度と比較して、国庫補助金総額では2億4,817万円の増額となっております。衛生費国庫補助金で一般廃棄物第二最終処分場整備事業に対しての循環型社会形成推進交付金3億6,280万円を見込んだことなどが主な要因となっているところでございます。
 次に、3項委託金でございます。国民年金事務委託金など総額で3,977万円の計上で、前年度と比較いたしまして1,726万円の増額となってございます。これにつきましても、指定廃棄物保管委託料1,446万円を新たに見込んだことなどによるものでございます。
 次に、31ページをお開き願います。
 14款県支出金、1項県負担金でございます。1目民生費県負担金及び2目衛生費県負担金の計上でございます。総額10億8,863万円でございます。このうち民生費県負担金につきましては総額10億8,441万円で、前年度と比較して7,972万円の増額となっております。各種扶助費に対する県負担金の増などを見込んだものでございます。
 次に、2項県補助金につきましては、1目総務費県補助金から35ページの8目教育費県補助金まで総額10億8,699万円の計上でございます。前年度と比較しますと、県補助金全体では10億8,761万円の減額となっております。これは緊急雇用創出事業補助金の減が主な要因となっております。
 また、32ページ、3目衛生費県補助金では、前年度と比較して3億3,626万円の増となっておりますが、再生可能エネルギー等の導入事業補助金の増によるものでございます。
 次に35ページ、3項県委託金でございます。総額2億4,797万円の計上でございます。県民税徴収取扱委託金など、県からの委託事業に係る計上でございます。前年度と比較して1億760万円の増額となってございます。これは参議院議員選挙、それから宮城県知事選挙に係る委託金を計上したことなどによるものでございます。
 37ページをお願いいたします。
 15款財産収入でございます。1項財産収入につきましては、土地建物貸付収入など総額3,576万円を計上しております。2項の財産売り払い収入につきましては、立木売り払い収入など総額5,292万円を計上したところでございます。
 次に39ページ、一番下のほうになりますが、17款繰入金でございます。2項基金繰入金につきましては、1目財政調整基金から41ページの7目東日本大震災復興交付金基金繰入金まで総額14億8,601万円の計上でございます。このうち財政調整基金繰入金につきましては8億8,143万円を計上しております。また、6目公共施設等維持補修基金繰入金につきましては、各種公共施設の維持補修に要する経費に対する繰り入れとして2億1,431万円、それから7目東日本大震災復興交付金基金繰入金につきましては、災害公営住宅の整備事業に対する繰り入れとして2億7,632万円をそれぞれ繰り入れしたところでございます。
 次に、19款諸収入の関係でございます。43ページをお願いいたします。
 3項貸付金元利収入でございます。3目衛生費貸付金収入につきましては、多重債務者救済貸付金の元利収入1億円の計上でございます。それから5目商工費貸付金収入につきましては、中小企業振興資金貸付金元利収入2億9,325万円を計上したところでございます。
 次に、5項雑入でございます。2目給食事業収入でございますけれども、給食事業に係る実費徴収金として3億5,928万円の計上でございます。前年度との比較では、児童生徒数の減により641万円の減額となったところでございます。
 次に、47ページをお開きいただきたいと思います。
 市債の関係でございます。市債につきましては総額44億5,320万円の計上でございます。前年度と比較いたしまして15億4,010万円の減額となっております。市債につきましては、地方交付税による財源手当ての高い起債を優先して計上したところでございます。それから、東日本大震災の災害復旧事業に係る起債が震災復興特別交付税に振りかえられたことなどにより、前年度と比較して約15億円の大幅な減額として計上したところでございます。
 最後に、184ページをお開きいただきたいと思います。
 地方債の年度末残高を示したものでございます。地方債につきましては、平成25年度中に44億5,320万円を起債するという見込みでございますが、一方、年度内に51億5,712万円の元金償還を見込んだところでございます。この結果、平成25年度末の起債残高の見込みは、前年度末と比較いたしまして約7億円減の505億6,353万円となったところでございます。
 以上で歳入の説明を終わらせていただきます。
議長(田口政信君) 続いて、歳出の説明を求めます。総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) それでは、歳出につきましては予算の概要のほうでご説明申し上げたいと思います。
 23ページからになります。
 それでは初めに、各目に共通します人件費について最初にご説明したいと思いますので、第1回定例会資料別冊1の65ページ、A3の縦長の表をお開きいただきたいと思います。
 これは平成25年度当初予算に係ります職員給与費、科目別に集計した表であります。一般会計、上段にありますが、下のほうには国保あるいは後期高齢などの4つの特別会計の一般職の給与費について取りまとめております。
 表の見方でございます。一番左側が会計区分ということで表記しております。その次が款項目、それからちょうど真ん中ですが、平成25年度の内容でございます。左側には職員数1)、それから給料、職員手当、共済等を入れております。それで、2)にはこれらの合計、給与費の総計を入れております。そしてその右側には24年度、前年度の職員数3)、それからそれに係ります給与費総計4)が入っています。一番右側は25年度と24年度を比較した数値、人員それから給与費総計という内容になっております。
 それで、一般会計、合計の欄でご説明します。ちょうど一般会計の下のほう、中段からちょっと下になりますが、一般会計の計がございます。25年度の一般会計の職員数につきましては965名でございます。給料、職員手当等を合算しまして、退手組合の負担金等も合算しまして75億7,749万円というのが25年度の給与費の総計でございます。これを前年度に比較しますと、右側の数値でございますが、職員数にしまして40人の減、それから給与費におきまして1億4,932万円の減という状況になっております。
 その下、特別会計でございます。4つの特別会計の計が下から2段目に書いております。職員数は53名、給与費については4,251万円という状況でございます。前年度と比較しますと、右側の数字ですが職員数にして2名の減、給与費は925万円の減という内容でございます。
 これらを合計しますと、職員数では1,018名、給与費総額が79億9,738万円、前年度比較につきましては42名の職員数の減、給与費で1億5,858万円の減という状況でございます。
 各款の各目に計上している給与費の説明については、今後省略させていただきたいと思います。
 なお、各予算書の一番後ろのほうには、会計区分ごとに給料あるいは職員手当、こうした内訳など給与費の明細書を掲載しておりますので、ごらんいただきたいと思います。
 それでは、予算の概要、23ページにお戻りいただきたいと思います。
 まず、議会費でございます。議会費につきましては、議員30名分の報酬、議会、委員会活動に要する経費を計上しているところでございます。
 その次ですが、総務費でございます。1目一般管理費につきましては、27ページにわたりまして予算計上しておりますが、行政区長の設置に伴う経費、あるいは人事課の庶務、職員構成、あるいは職員研修、これらに要する予算を計上しているところでございます。
 続いて、27ページをごらんいただきます。
 2目文書広報費でございます。この経費としましては、例規、法令整備、これらに要する経費、文書の収発等に要する経費、それから大きいのが広報とめの発行に要する経費等でございます。ホームページの運営に関する経費についても計上しているところでございます。
議長(田口政信君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 28ページ、3目財政管理費でございます。ここは予算書それから決算書などの印刷製本費が主な内容でございます。
議長(田口政信君) 会計管理者、及川登志郎君。
会計管理者(及川登志郎君) 次に、4目会計管理費でございますが、1細目会計管理費は歳出伝票の審査並びに公金管理に要する経費を計上しております。
 次の2細目検査管理費につきましては、工事検査、物品納入検査に要する経費を計上させていただいております。
議長(田口政信君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 5目契約管理費でございますが、入札及び契約事務に関する経費でございます。主に電子入札システム利用料でございます。
 6目財産管理費でございます。1細目公有財産管理費は、庁舎及び市有財産の維持管理費に要する経費を計上しております。本年度につきましては、老朽化しているこの迫庁舎の電話交換機本体、それから電話機等、これらの更新工事を予定しているところでございます。
 2細目の公用車管理費では、公用車8台の購入を計画しております。このうち1台につきましては、ガソリン車と比較しまして燃料費が節減できるLPガスを燃料とする軽貨物ワゴン車、これを試験的に初めて導入する計画でございます。
 3細目につきましては、各部署における共通物品の購入に要する経費でございます。
議長(田口政信君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 4細目の基金管理費になりますが、財政調整基金等の利子積み立てでございます。
 30ページになります。
 7目企画費でございます。1細目の企画一般管理費につきましては、企画部の一般事務に要する経費でございます。中には県移譲事務交付金の返還金、それから県経由処理交付金返還金がございますが、これは23年度分の精算によるものでございます。
 2細目の総合計画管理費につきましては、総合計画実施計画及び過疎計画等に関する事務費、それから負担金が主な内容となっております。
 3細目の登米祝祭劇場管理費でございますが、文化振興事業の委託、それから祝祭劇場の指定管理委託が主な内容となってございます。
 4細目の行政改革推進費でございますが、行政評価委員の謝金が主な内容でございます。
 31ページになります。
 5細目の男女共同参画社会づくり推進費でございますが、男女共同参画審議会委員、それから支援員の報酬、各種啓発事業に伴う講習謝金、それから会場使用料等が主な内容でございます。
 6細目の集会施設維持管理費につきましては、施設の修繕料を計上したところでございます。
 それから7細目、総務部の所管でございますけれども、情報公開推進費でございます。情報公開・個人情報保護審査会委員の報酬、それから費用弁償が主な内容でございます。
 8細目の国内交流費でございます。在京町人会、それから在仙町人会などの総会等の出席旅費等が主なものでございます。それから、富山県入善町との交流事業経費等を計上したところでございます。
 9細目の国際交流費でございます。これにつきましては、国際化推進指導員の謝金、それから国際交流協会への補助金が主な内容となってございます。
 10細目交通対策費でございます。これにつきましては、市民バスの運行業務委託が主な内容となっております。そのほか、米川地区の乗り合いタクシー運行事業補助金等でございます。
 なお、総合産業高校の開校に合わせまして、市民バスのダイヤ等を全面改定するため、運行路線等の調査業務を実施いたします。事業概要は別冊1の22ページに掲載してございますので、後でごらんいただきたいと思います。
 11細目の地域審議会費でございます。委員の報酬が主な内容でございます。
 33ページをお願いいたします。
 12細目まちづくり活性化事業費です。地域おこし協力隊員の報酬を計上してございます。これは23年度、24年度と県の事業によって地域おこし協力隊、米川地域振興会で受け入れ事業を行っておりましたが、24年度は隊員が体調を崩しまして、中途で事業を中止したということで、このことから総務省の制度を使って引き続き市が実施主体となって隊員を募集し、再度地域おこし協力隊の実証事業を続けて行いたいと思うのでございます。その他、集会施設整備事業補助金でございますが、3件分、900万円を計上しております。今のところ中田町の大泉行政区が予定されております。それから豊里町の東二ツ屋行政区、西二ツ屋行政区で現在検討されているという状況でございます。
 13細目政策推進費につきましては、職員手当に係る経費でございます。
 14細目協働のまちづくり事業費でございます。25年度は1,000人体制をとって地域コミュニティーごとに地域づくり計画の策定推進に当たってまいります。この計画づくりに要する経費の支援として、1団体30万円を限度として交付金を15団体分計上したところでございます。残り10団体ございますが、事業の進行状況によっては年度内で補正対応するということでございます。それから、24年4月に宮城県新しい公共の場づくりのためのモデル事業として、登米市民活動フォーラムNPO法人杜の伝言板ゆるる、それから本市の三者で中間支援組織としての登米市民活動プラザを開設し、事業運営を行っているところでございますが、その県のモデル事業の期間が24年度で終了ということで、25年度は本市が事業主体となって、県の市町村振興補助金を活用して継続して事業の運営を行う予定でございます。事業概要につきましては、別冊1の23ページ、24ページに掲載してございますので、後でごらんいただきたいと思います。
 15細目若者交流対策費でございます。若者交流モニターの謝金を計上してございます。それから、24年度に引き続き結婚支援活動としてイベントあるいは相談業務をNPO法人等に委託をして実施する予定でございます。
 8目電子計算費関係でございます。1細目システム管理費でございます。これにつきましては、公共施設間を結ぶ回線使用料、各種行政情報システムの保守管理委託料、それからアプリケーションソフトあるいは行政情報システムの賃貸料が主なものでございます。
 2細目情報化推進費につきましては、22年度に整備した光ファイバー網の保守業務、それから電力柱等の共架料が主な内容でございます。
 3細目南方住民情報センター費につきましては、施設の管理運営費でございます。
議長(田口政信君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 35ページでございます。
 9目支所費でございます。1細目迫総合支所から37ページの9細目津山総合支所まで、これらの経費につきましては各総合支所の業務、それから施設の維持管理費、これらについて必要経費を計上しているところでございます。詳細については省略させていただきます。
議長(田口政信君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 37ページをお開きいただきます。
 10細目迫総合支所協働のまちづくり事業費から18細目津山総合支所協働のまちづくり事業費まで、これにつきましては25年度も引き続き各総合支所に対して協働のまちづくり交付金、これを各100万円計上したところでございます。
議長(田口政信君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 概要の38ページから39ページにかけての10目交通安全対策費でございます。交通安全指導員137名の報酬、出動手当、それから交通安全対策関係団体への補助金、交通安全施設整備等に要する費用を計上してございます。定例会資料別冊1の25ページに、交通安全指導員の制服更新についての説明資料を掲載しておりますので、ご参照をお願いいたします。
 次に39ページ、11目防犯対策費でございます。防犯指導員138名の報酬、出動手当、防犯関係団体補助金等の計上でございます。これも定例会資料の別冊1の26ページに、防犯指導員の制服更新についての説明資料を掲載しておりますので、ご参照をお願いします。
 2細目防犯施設維持管理費の防犯灯のLED化でございますが、省エネルギーの観点及び市内事業者によります新製品の開発、新商品の認定制度の活用などによりまして、市内の防犯灯6,700灯余りを2年間でLED化する事業に要する費用ということで計上させていただいております。詳細につきましては別冊1の27ページをご参照いただきますよう、よろしくお願いいたします。
議長(田口政信君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 2款1項12目でございます。自衛官募集に要する経費を計上しているところでございます。
 2款2項1目税務総務費、それから2目賦課徴収費、これらにつきましては市税の賦課徴収に要する経費を計上しております。特に2目賦課徴収費の中では、今年は賦課徴収事務の効率化を図るために、ハンディターミナル8台を購入する計画でございます。さらに、納税組合等への補助金を計上しております。
 さらに、3細目で固定資産税の賦課業務で金額が大きいものを計上しておりますが、評価がえに伴いまして土地鑑定評価、それから業務委託料、これらに要する経費を3,100万円ほど計上しているところでございます。
議長(田口政信君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 42ページの3項1目戸籍住民基本台帳費でございます。2細目戸籍住民基本台帳費等管理費でございますが、窓口事務に要する費用並びに住民基本台帳法の改正に伴う住基システムの改修に要する費用等を計上してございます。
議長(田口政信君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 44ページ、2款4項選挙費でございます。46ページまで記しておりますが、今年度は各土地改良区の総代選挙費を計上しております。さらに4目につきましては本年4月に予定されている市議会議員選挙、市長選挙費を、それから5目につきましては7月に予定されております参議院議員選挙、それから6目につきましては11月20日任期満了によります県知事選挙が予定されておりますので、これらに要する必要経費を計上しております。
議長(田口政信君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 47ページ、2款5項統計調査費でございます。1目1細目につきましては、登米市統計調査員協議会補助金が主な内容でございます。
 2目委託統計調査費でございますが、25年度は基幹統計といたしまして工業統計調査、それから住宅土地統計調査が実施されます。その調査に要する費用が主な内容となってございます。
議長(田口政信君) 監査委員事務局長、千葉久義君。
監査委員事務局長(千葉久義君) 6項監査委員費でございますが、監査業務、監査委員の報酬、各種監査の費用弁償等を計上してございます。以上です。
議長(田口政信君) 福祉事務所長、千葉幸毅君。
福祉事務所長(千葉幸毅君) 49ページ、3款民生費でございます。1項1目社会福祉総務費、1細目社会福祉総務費一般管理費につきましては、民生委員推薦会の報酬、また福祉事務所の一般事務費でございます。また、継続事業として行う認知症対策調査事業の事業費を計上してございます。
 4細目介護保険安定対策費につきましては、介護保険給付費に対しまして市の負担分として給付費の12.5%を特別会計に繰り出すものでございます。
 次ページ、7細目社会福祉推進費につきましては、登米市社会福祉協議会、また民生委員・児童委員協議会への補助金等を計上してございます。
 2目社会福祉推進費、1細目高齢者福祉施設管理運営費につきましては、各老人福祉センターの指定管理料、また老人憩いの家等の維持管理費、登米高齢者コミュニティーセンターの駐車場の舗装工事等を計上してございます。
 次ページをお願いします。
 3目障害者施設費、2細目心身障害者医療費助成費でございますけれども、障害者の方へ医療費の自己負担分の助成をするもので、データ入力に係る業務委託料、また医療費助成費を計上してございます。
 4細目障害者自立支援費につきましては、別冊1の28ページに掲載しておりますが、居宅介護、また生活介護などの在宅系のサービス、それから就労の継続支援事業などの訓練等のサービス、補装具などの給付に係る経費を計上してございます。
 それから、5細目障害者自立支援医療費につきましては、障害による日常生活能力の回復、また改善のための更生医療費、また25年度から県から委託されます育成医療費に係る経費等も計上してございます。
 6細目障害者地域生活支援費につきましては、地域活動支援センター6カ所の非常勤指導員の報酬、それから施設の運営経費を計上しております。それに、手話通訳相談員1名の賃金、障害者の相談支援業務の委託料、日常生活用具の給付などの扶助費等を計上してございます。
 次の7細目障害者福祉推進費は、障害者相談員18名に係る賃金、常時特別な介護を要する重度の障害者に対する特別障害者手当等の給付費などを計上してございます。
 次ページをお願いします。
 4目老人福祉費でございます。2細目老人福祉施設入所措置費の扶助費につきましては、養護老人ホームきたかみ園に対する入所措置費として、市内の入所者89名分を計上してございます。
 7細目食の自立支援事業費につきましては、配食サービスに要する経費で、希望者に週3回実施し、年間2万3,345食の配食サービスを予定しております。
 8細目介護用品支給費につきましては、在宅高齢者の家族支援の扶助費として、1カ月600万円を見込んでいるものでございます。
 11細目緊急通報体制等整備事業費につきましては、ひとり暮らし高齢者の方の緊急事態に対応し、在宅での生活確保を図るための緊急通報装置、本年度40台購入分と、緊急通報システムの受信業務の委託料等を計上してございます。
 13細目老人クラブ助成費につきましては、市の老人クラブ連合会への補助、それから市内72の単位老人クラブの活動費の補助でございます。
 14細目敬老事業費につきましては、90歳、95歳、99歳以上の方々への敬老祝金等で、638名分を計上してございます。なお、25年度中に100歳を迎えられます方は、1月末現在で29名を予定してございます。
 次ページをお願いします。
 20細目につきましては、後期高齢者医療事務費、また給付費の負担金、また特別会計への繰り出しでございます。
 次に、2項1目児童福祉総務費でございますが、1細目児童福祉一般管理費につきましては、保育所緊急整備事業として市内に1カ所の私立保育所の定員拡大のための施設の増設補助に係る経費を計上しております。また、子育て用品の支給事業給付費で延べ7,447名分を計上しているところでございます。
 下のページに行きまして、5細目障害児童対策費につきましては、別冊1の30ページに詳細を記載しておりますが、本年度から放課後等のデイサービスに係る経費につきましては児童福祉法に基づく給付となったことから、これまで障害者自立法に基づく給付にしておりましたけれども、これから分離して新たにこの細目を設けたものでございます。
 それから、2目児童措置費、2細目認可保育所運営費でございますけれども、市内11カ所の市立保育所の委託料でございます。
 次ページをお願いします。
 5細目児童手当給付費につきましては、これも別冊1の31ページに詳細を記載しておりますが、児童手当支給対象児童を見込みまして支給額を計上したものでございます。
 続きまして、3目母子福祉費でございますけれども、3細目児童扶養手当給付費につきましては920名分の給付を計上してございます。
 次ページ、4目児童福祉施設費でございますけれども、1細目児童館管理運営費につきましては市内の4児童館の管理運営費に要する経費を計上してございます。
 3細目保育所管理運営費につきましては、公立保育所8カ所の管理運営費でございます。
 続きまして、4細目こじか園管理運営費につきましては、平成23年度から指定管理による児童デイサービスを行っておりますけれども、それに係るこじか園の指定管理料等を計上してございます。
 5目児童福祉運営費1細目放課後児童健全育成事業費につきましては、市内18カ所の放課後児童クラブの運営費を計上してございます。
 2細目子育て支援センター運営費につきましては、公立9カ所の運営費、また私立の佐沼保育園で実施しております子育て支援センターの委託費でございます。
 4細目低年齢児保育施設助成費につきましては、認可外の保育施設に対しまして4歳未満児の保育に対する助成経費、また施設運営に係る助成を計上しております。
 5細目延長保育事業補助金でございますけれども、認可保育所を対象に通常11時間の保育時間を超えて延長保育を行っている9施設への補助金でございます。
 次に、最後の次ページ、3項生活保護費でございます。2目1細目の生活保護各種扶助費、これにつきましては生活、住宅等の各種扶助でありますが、詳細につきましては別冊1の32ページに生活保護費の概要を掲載しておりますので、後でお目通しを願いたいと思います。
 以上でございます。
議長(田口政信君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) それでは、概要61ページの3款5項1目1細目災害救助費でございます。東日本大震災によりまして住家に全壊、大規模半壊等の被災を受けられた方々に対して貸し付ける災害援護資金及び既に貸し付けを行っております方々への償還に係る管理システムの導入に係る経費を計上してございます。
 次ページ、62ページの4款1項1目保健衛生総務一般管理費でございます。ここでは健康なまちづくり推進事業、休日急病救急業務、それから救命救急センターの運営に要する経費を計上させていただいております。
 次に、63ページをお願いいたします。
 2目保健衛生対策費1細目母子保健費でございますが、妊娠期から出産、乳幼児期までの健康保持と子供の健やかな発達の促進を図るため、各種健診を実施するための経費を計上しております。
 3細目健康診査費でございます。特定健康診査や各種がん検診などのための経費を計上させていただいております。検診事業の概要につきましては別冊1の33ページ、34ページをご参照いただきますようにお願いいたします。
 次に、65ページでございます。
 5細目精神保健費でございます。精神保健事業と自殺予防対策に要する経費を計上してございます。心の元気サポート事業につきましては、定例会資料別冊1の35ページに資料を掲載してございますので、参照をお願いいたします。
 3目予防費1細目予防接種費でございます。予防接種法に基づきます定期予防接種、それから小児肺炎球菌とヒブワクチンの無料接種などの任意予防接種費用、そして子宮頸がんワクチンの無料接種に要する費用等を計上してございます。予防接種事業の概要につきましても別冊1の36ページに掲載してございますので、ご参照をお願いいたします。
 概要の66ページの下段、4目環境衛生費でございます。次ページの2細目生活環境費でございますが、環境パトロール、それから生活環境を向上させるための事業について経費を計上してございます。特に今年度、アメリカシロヒトリの駆除対策事業につきましては予算を計上しておりますが、別冊1の37ページに詳細を掲載してございますので、参照をお願いいたします。
 68ページ、5細目環境保全推進費でございます。環境教育指導者研修、出前講座等、環境教育事業に要する経費を計上いたしております。
 それから次ページ、5目浄化槽事業費につきましては、下水道事業会計への繰り出しに要する経費を計上してございます。
 以上でございます。
議長(田口政信君) 環境事業所長、佐々木秀悦君。
環境事業所長(佐々木秀悦君) 次に、70ページから72ページまでの4款2項2目塵芥処理費です。
 1細目塵芥処理総務費は、ごみの収集運搬委託料が主なものです。
 2細目施設管理費ですが、ごみ処理施設の運転管理業務の委託料等を計上しております。
 次に、3細目リサイクル事業費ですが、資源ごみの収集運搬と中間処理業務委託が主なものです。
 4細目一般廃棄物処理施設整備事業費ですが、第二最終処分場整備事業に要する経費で、実施設計等の委託費のほか、工事請負費として10億3,000万円を計上しております。なお、事業概要につきましては資料別冊1の38ページをご参照お願いいたします。
 次に、3目し尿処理費1細目清掃総務費ですが、委託料はし尿の収集運搬委託料ほか3件でございます。
 2細目施設管理費ですが、本年度から施設の運転管理業務を委託するため、委託料が1億4,874万9,000円となっております。
 以上でございます。
議長(田口政信君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 概要72ページの3項1目病院費でございますが、病院事業会計への繰り出しに要する経費でございます。
 同じく4項1目上水道費でございますが、水道事業会計への繰り出しに要する経費を計上してございます。
 以上です。
議長(田口政信君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 73ページでございます。
 5款1項1目労働諸費でございます。2細目につきましては、シルバー人材センターの運営に要する経費でございまして、このうちの高年齢者就業機会確保事業補助金につきましては前年度より200万円減の2,600万円で計上してございます。
 それから、3細目につきましては、教育委員会の所管になりますけれども、勤労青少年ホームの管理等に要する経費でございます。
 それから、大きく緊急雇用の事業費について、今現在また県との調整等も行ってございますので、これが固まり次第、別途お願いすることと今進めておりますので、よろしくお願い申し上げます。
議長(田口政信君) ここで10分間の休憩をいたします。
          休憩 午前10時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時09分
議長(田口政信君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 20番、及川昌憲君より中座の申し出がございます。
 説明を続けます。農業委員会事務局長、佐藤昌彦君。
農業委員会事務局長(佐藤昌彦君) 概要書74ページでございます。
 農業委員会費1細目は農業委員48名の報酬、総会や農地部会等の費用弁償など、農業委員会の運営に要する経費でございます。
 2細目農地流動化推進事業費につきましては、利用権の設定等により担い手への農地集積に要する事務費でございます。
 3細目農業者年金費は、農業者のための国民年金上乗せ年金でございまして、農業者年金への加入推進や各種手続に要する経費でございます。
 4細目農地制度実施円滑化事業費は、遊休農地や違反転用等、農地の利用状況の調査など、農地の有効利用に要する経費でございます。
議長(田口政信君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 75ページをお願いいたします。
 6款1項3目農業振興費でございます。1細目農業金融対策費につきましては、制度融資に係る利子補給金等を計上してございます。
 2細目農作物生産安定対策費でございますが、まず環境保全型農業推進に要する経費の中で、備品購入として昨今熊の出没等が市内でも見受けられますので、この捕獲機を購入する経費を計上してございます。
 それから、次の農作物生産流通対策に要する経費でございますが、これはカドミ米の対策費でございまして、平成24年産、数も確定いたしまして、1,073袋分の処理あるいはその補助等に要する経費でございます。
 次の環境保全米ステップアップ事業に要する経費でございますが、CO2削減効果をあらわすカーボンフットプリントの事業に取り組んでございます。南方町水稲部会の協力のもとで、本年1月から実際に表示のスタートをしてございます。次は環境保全米にかかわる部分でこの事業に取り組んでまいりたいということでございますが、全地域というのは少し難しい部分がございますので、1つないし2地域を選んで、この部分のスタートを切っていきたいということで、この費用を計上してございます。
 それから、インターネット動画配信事業につきましては、引き続いて取り組むということでございます。
 水稲直播推進事業でございますが、平成27年度、300ヘクタールの目標を立てて現在取り組んでございます。本年度は130ヘクタールを目標として、これに要する補助等を計上しているところでございます。
 次に、米づくりの匠育成支援事業ということで掲げてございますが、JAと連携して、特に何としてももう少し作付を拡大していきたいという部分のササニシキ、あるいは直播に合う品種の拡大、そういった部分で、匠というよりは相談役あるいはリーダー、何か心配が出たときに近くの方に聞くことができる、このような取り組みを進めてまいりたいということの経費でございます。
 77ページをお願い申し上げます。
 5細目農業農村活性化推進費でございますが、市単独の事業としてこの間取り組んでおりますビジネスチャンス支援事業、予算の規模も同額で計上してございます。
 7細目担い手育成支援事業費でございます。この中で、青年就農事業、いわゆる経営開始型の補助、こういった部分も国の制度と関連して計上してございます。
 78ページでございます。
 8細目食材・物産販路拡大事業費でございます。大地の恵みと海の幸ビジネスマッチング、登米市食材フェア開催促進事業、それから登米産食材利用促進販売拡大事業、これらについては食材として登米市産の農産物をさらに販路を広げていく、あるいは量的に拡大していく、こういった取り組みを行っていくための費用でございます。
 それから、登米ブランド認証事業につきましては、この間説明申し上げてきてございますけれども、新たにトップブランドの立ち上げ、さらにはこれまで取り組んできたブランドの品目については地域認証品として引き続きサポート、支援していくという部分の費用でございます。特に登米ブランド推進協議会の独自のホームページを持ちたいということで、こういった費用も計上しているところでございます。それから登米産米販路拡大事業、これも引き続いて取り組んでまいります。
 79ページをお願い申し上げます。
 中段に都市部進出型直売活動、いわゆる地産都消促進事業という部分がございます。これは首都圏をターゲットにいわゆるインショップでの新たな機会をつくっていくための事業でございまして、約10回程度予定してございます。こういう中で、課題等の整理をしていく1年にしていきたいということで、所要の費用を計上してございます。
 次に、アグリビジネス人材育成事業、これは登米市の単独事業でございまして、これからの農業にかかわる人材をつくっていくという観点で、基礎コースについては7回、それから発展コースについては5回、この事業を予定してございます。なお、この事業については25年度だけの事業ではなくて、引き続いてそれ以降も取り組んでいくことで、25年度スタートを切っていくということでございます。
 それから、9細目農山漁村活性化プロジェクト支援交付金事業費でございますが、これは有限会社伊豆沼農産が取り組んでございます交流施設、直売施設の整備事業でございますが、24年度は計画の策定、そして25年度以降ハードの事業に入ってまいりますので、国の補助分、2分の1でございますけれども、その額を計上してございます。
 それから、10細目戸別所得補償経営安定推進事業費でございますが、人・農地プランに基づく部分に要する経費、経営転換協力金あるいは分散作法解消協力金、こういったものを計上してございます。
 次に80ページ、畜産振興費でございます。各種家畜導入に要する経費ということで、畜産総合振興対策事業補助金の中で茂洋号の繁殖素牛の導入の加算措置、5万円で150頭分、それから肥育素牛の場合の、若干値段による段階がございますけれども、3万円から5万円の加算措置を拡充してございます。
 81ページをお願い申し上げます。
 稲わら一時保管に要する経費でございますが、本年度は国の委託事業として全額要する経費を計上してございます。これは24年10月12日に国のほうから指定廃棄物としての指定を受けました。量としては2,235トン、それから24カ所にかかわる部分の保管に要する経費でございます。全額国の委託費でございます。
 それから、6目1細目園芸振興費でございます。園芸につきましても、市長が施政方針で述べたように、1つは外張りビニールあるいは中古ハウスの再利用の補助、それから新規就農者への施設補助、こういったものを拡充してございます。さらに、上段のほうに青果物安定相互補償負担金がございますけれども、キャベツにつきましても一般作物と同じようなことで今後運用を行っていくということでの計上でございます。
 次、7目農村整備費でございます。これは県営の圃場整備事業やかんがい排水事業に係る負担金などを計上してございます。
 84ページをお願い申し上げます。
 14細目農地・水保全管理支払事業費でございます。これは現在の組織よりも10組織多い96組織、全体の協定の農用地7,369ヘクタールを見込み、計上してございます。
 それから、15細目の環境保全型農業直接支援対策事業費でございますが、この部分については国からの直接支払いとなってございます。県と市の分を合わせまして、例えばJAS有機とか冬季湛水で取り組んでいる方々への交付金を支出する費用を見てございます。
 85ページをお願い申し上げます。
 9細目農業関連施設費、ここでは1番の教育委員会所管分もございますけれども、農村環境改善センター、それからその他のコミュニティセンター等の維持管理に要する費用を計上してございます。
 86ページでございます。
 10目農村公園管理費につきましては、農村公園の管理経費を計上してございます。
 87ページをお願い申し上げます。
 2項2目1細目林業振興費でございます。次ページにかかりますけれども、地域材需要拡大支援事業、これは市の単独事業でございます。前年度500万円増の2,000万円を計上してございます。それから、里山再生事業につきましても引き続いて取り組むということで、同額ではございますけれども計上してございます。
 3細目市有林管理費、ここで市有林二酸化炭素吸収量販売事業に要する経費ということで、所要の委託費等を計上してございます。これは平成24年12月1日にフォレストック協会から認証を受けまして、CO2の吸収量のクレジットの販売を行うことで、取り組みを行うことにしてございます。歳入の中では、298万8,000円の歳入を見てございます。このほかに、オフセット・クレジット、いわゆるJ―VERの認証も25年度中に受ける予定でございますので、これの販売も歳入で350万円ほど見てございます。
 次に、飛びまして90ページをお願い申し上げます。
 7款1項2目1細目中小企業振興資金融資費でございます。これは中小企業の資金融資に要する経費を計上してございます。
 91ページをお願い申し上げます。
 2細目商工振興育成費でございます。ここで、新規として報償費、商業サポーター謝金、それから印刷製本費で65万円ほど見てございますけれども、謝金は20万円、合わせて85万円でございますが、いわゆる商い応援事業として消費者の視点で市内の飲食店やあるいは商品、こういったものをPRするパンフレット、そういったものをつくっていきたいということでの事業に要する経費を計上してございます。
 それから、3細目企業誘致費でございます。この中で次ページ、92ページになりますけれども、企業支援活動費に要する経費ということで、中段に企業立地奨励金、1億3,062万5,000円計上してございますけれども、これは企業立地促進奨励金5社で3,892万4,000円、それから企業立地投資奨励金5社で6,270万円、雇用促進奨励金につきましては181名分で1,900万円、環境整備奨励金は1社500万円、上水道料金助成金が1社500万円、条例に基づくそれぞれの奨励金を計上したところでございます。それから、コールセンター立地促進特別奨励金につきましては、2社分で2,489万円を計上してございます。
 93ページをお願い申し上げます。
 1目1細目観光費でございます。これの主な部分で言いますと、4月から6月までの期間、仙台・宮城デスティネーションキャンペーンが開催されます。既にさきの補正予算で可決いただいているところでございますが、主な事業としては3月31日にオープニングイベント、それから4月27日から29日、長沼フートピア公園で風土博、それから6月30日は南方花菖蒲の郷公園でファイナルイベントという大きな事業を1つの核にしながら、レンタカーの利用者への助成事業、最大8,000円使った場合2,000円をキャッシュバックする取り組みや、栗駒高原から迫、中田、登米の観光物産センターまでのバスを1日6往復、ワンコイン、500円で運行する事業、あるいは観光をタクシーで行うための事業、それから北上川や長沼の遊覧船で案内する事業、こういったものを予定してございます。
 それから、3目観光施設管理費でございます。これにつきましては、一番最後にもくもくランド木質バイオマス発電施設の工事管理委託料、工事請負費を計上してございます。
 大変申しわけございませんが、本日配布の資料をご参照願いたいと思ってございます。25年度はこの施設の整備と建屋等の建築に要する部分の費用でございまして、予定としては26年度の早い時期から供用していくというふうなスケジュールで今進めているところでございます。
 大きな目的としては、停電時にも道の駅の機能がきちんと発揮できるようなものに活用していきたいと。
 2番目は、木材の新たな利活用によって間伐を進めて、健全な森をつくっていくということでございます。
 それから、3番目に発電方式、現在のところガス化発電と蒸気による発電の2つがあるわけでございますが、当市においては蒸気による発電システムを採用したということでございます。
 それから、4番目の発電施設の規模でございますが、現在使っている施設の使用電気量等から見て、時間当たり63.5キロワットが必要となります。さらに7月、8月の夏場の最大時の電力使用量が75キロワットになっていること、それから高圧充電している現在のキュービクルに送電するということを考えますと、6,600ボルトに対応するためには85キロワットの発電能力が必要ということで、85キロワットの発電の規模にしたいということでございます。それで、これに対応するボイラーは3トンボイラーとするというふうな内容でございます。
 5番目は、本年度予算計上した部分の明細でございます。
 次ページ、6番目は木質バイオマスエネルギーの生産から活用までという流れで、チャートをつくってございます。まず、現在の登米市の森林の状況からすれば、年間の素材生産量が3万立米というふうな状況になってございます。いわゆるA材、それからB材は今現在使われてございますが、C材はほとんど使われていない状況になってございます。今回のバイオマスについてはこのC材の活用、ここに着目してございます。当然このほかにバーク等も出てまいりますので、こういった部分も使っていくということでございます。この電気を起こした部分と、排熱についても施設の暖房等に活用していくということで、構想しているところでございます。
 次の7の維持管理の費用でございますが、現在のところ年間の費用をトータル2,691万5,000円と見てございます。これは素材の購入費、C材1トン当たり6,000円、それからバーク材については1トン当たり1,250円、これで年間910万3,000円、それから素材チップの加工あるいはもくもくランドまで運んでくる経費等で846万8,000円、それから実際にボイラー等を動かすための人件費等で500万円、それから保安管理業務委託で47万1,000円、それから定期点検で266万円、それからその他諸費ということで121万3,000円を見ているところでございます。
 最後に8、このバイオマス発電のもたらす効果は一体何なのかということで、6点ほど記載してございます。特に2番目の、今まで山のほうに置きっ放しだったC材をきちんと活用することによって、283ヘクタールの間伐の推進につながると。さらに森林所有者は間伐処理が増加して、林業の経営意欲の向上につながると。試算では1ヘクタール当たり6万4,000円の収入増になるのではないかと試算してございます。それから、間伐等が進むことによりCO2削減効果によって地球温暖化の防止を図るということ。それから最後に、41%を有する登米市が県内の林業のトップランナーとして自負しているところもございますが、新しい時代を切り開くということで、先ほど申し上げたようにフォレストックあるいはJ―VER等の買い取り制度が始まりますので、この事業に協賛していただける企業さんがあらわれれば、さらにそういった収入も見込めるわけでございますので、そういった努力もしながらぜひこの事業を成功させてまいりたいということで、取り組みたいと思ってございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 以上でございます。
議長(田口政信君) 建設部長、二階堂眞博君。
建設部長(二階堂眞博君) それでは、同じく94ページになります。
 8款土木費1項土木管理費1目1細目土木総務管理費でございますが、旅費等の事務費のほか、委託料として道路整備を実施した路線の台帳修正業務の委託料、それから負担金、補助及び交付金は各種事業促進のための協会、同盟会への負担金でございます。
 次ページ、95ページをお願いいたします。
 2目1細目用地対策費でございますが、市道整備に伴う用地買収業務と登記事務及び未登記の事務に要する経費を計上してございます。
 2項道路橋りょう費1目1細目道路橋りょう総務一般管理費の報償費でございますが、道路愛護団体へ活動に対しての謝金でございます。
 それから、2目1細目道路維持補修費でございますが、市道管理に要する除草、除雪等の委託料、道路舗装等の工事請負費、砕石等の原材料費を計上しております。
 3目道路新設改良費1細目単独事業費につきましては、まず委託料として支所線の工事をJRへ施工委託をしております。残り10路線は測量設計の委託でございます。工事請負費につきましては10路線、きめ細かな道整備事業では25路線、そしてそれらに伴う用地補償費を計上しております。
 次ページ、97ページをお願いいたします。
 2細目補助事業費でございますが、市道4路線の委託料、7路線の工事請負費、それらに係る用地補償費を計上しております。なお、単独補助事業の事業概要につきましては、資料別冊1の49ページ、50ページに掲載しております。箇所図については51ページ、52ページとなっておりますので、ご参照いただきたいと思います。
 続きまして、4目1細目橋りょう維持補修費では、委託料につきましては2橋の長寿命化に伴う詳細設計を委託するものでございます。
 98ページをお願いいたします。
 3項河川費1目1細目河川維持費の報償費には、市内48団体の河川愛護会への報償費、委託料には河川堤防の除草作業や配水場の操作点検業務の費用を計上しております。
 次に、4項都市計画費1目1細目都市計画総務一般管理費では、事務費のほか都市計画審議会委員への報酬費、費用弁償、それから負担金、補助及び交付金につきましては、都市計画事業推進のための各協会への会費と西舘揚水機場の期間外排水経費負担金を計上しております。
 99ページをお願いいたします。
 2目土地区画整理費1細目日根牛地区総合整備事業費でございますが、日根牛地区の周辺整備に伴う負担金及び補助金でございます。
 それから、3目街路事業費1細目街路整備費は、街路の支線誘導表の材料費等でございます。
 4目都市排水路費1細目都市排水路整備費でございますが、豊里下町にあります防災調整池のしゅんせつ等に係る工事請負費でございます。
 5目1細目都市公園管理費でございますが、都市公園25カ所の管理経費と、錦公園の古木伐採業務、それから指定管理の委託料でございます。
 2細目都市公園整備費は、工事請負費として街路灯の改修工事のほか、豊里下屋裏公園の整備費を計上しております。
 100ページをお願いいたします。
 6目1細目景観形成費では、景観形成会議に要する経費、街なみ景観整備審査会に関する経費を計上しております。街なみ景観整備事業として、小関邸の一部について公園整備に伴う工事請負費を計上しております。
 5項下水道費1目下水道整備事業費につきましては、公共下水道への繰出金を計上したものでございます。
 6項住宅費1目1細目住宅管理費でございますが、住宅管理に関する経費と工事請負費については改修工事、解体工事などを計上しております。
 101ページをお願いいたします。
 3細目地震対策費では、昭和56年以前に建築された木造住宅の耐震化を図るため、委託料に耐震診断助成事業委託料と、負担金、補助には耐震改修工事助成補助金を、また地震時の児童生徒を初め通行者の安全確保を図るため、危険ブロック除去事業補助金を計上しております。
 4細目定住促進住宅管理費は、5団地の定住促進住宅の管理経費と基金積立金を計上しております。
 次に、102ページをお願いいたします。
 2目1細目災害公営住宅整備事業費につきましては、資料別冊1、53ページに事業概要を掲載しておりますが、これらに係る経費、工事請負費を計上しております。
議長(田口政信君) 消防長、菅原輝雄君。
消防本部消防長(菅原輝雄君) 同ページ、9款消防費でございます。
 1目常備消防費1細目常備消防一般管理費でありますが、消防の事務費や庁舎、車両の維持管理に要する経費、備品購入費では消防ポンプ自動車、救助用ゴムボートなどの更新経費を、次ページ、103ページでは防災拠点の施設充実を図るため、宮城県再生可能エネルギー等設備導入事業を活用させていただき、本年は消防防災センターに蓄電池設備、消防西出張所、北出張所には太陽光発電設備、蓄電池設備をそれぞれに設置するための経費や、消防救急デジタル無線整備事業計画に基づいて実施設計の業務委託を計上してございます。再生可能エネルギー等の設備導入事業の概要につきましては、別冊1の54ページに記載してございますので、お目通しをお願いいたします。
 次に、2目非常備消防費でございます。1細目消防団運営費は、団員1,739名の報酬、費用弁償、備品購入費では団員の安全対策を図るため、防火性能の低下した防火衣の更新経費、非常備消防団報償組合などへの負担金が主でございます。消防団防火衣整備事業の概要につきましては、別冊1、55ページに記載してございますので、お目通しをお願いいたします。
 次ページ、104ページをお開き願います。
 2細目防火推進費は、総務部所管の事業もございますが、林野火災発生危険時期の監視業務や、市民に対する防災訓練等に要する経費、幼児少年期の防火教育として幼年防火祭り、小中学生対象の防火啓発ポスターコンクール開催経費や、登米市婦人防火クラブ、消防講演会への活動補助金を計上してございます。
 次に、3目消防施設費でございます。1細目防火水槽設置費は、消防水の充実を図るため、設置5カ所、漏水による解体1カ所の工事費を、給水設備の整備と合わせ経費を計上してございます。
 2細目消防施設維持管理費でございます。消防団車両、施設等の管理費や修繕等に要する経費と、工事請負費では火の見やぐら8基の解体工事、ホース乾燥塔6基の設置工事及び消火栓維持管理費負担金が主でございます。
 次ページ、105ページをお願いいたします。
 3目消防ポンプ置き場整備事業費は、3棟の解体工事や工事に伴う関係業務に要する経費を、4細目小型動力ポンプ整備では過般消防ポンプつき軽四輪駆動積載車5台の購入に要する経費を計上してございます。
 次、5細目消防出張所整備事業費では、出張所整備計画に基づき消防南出張所の新築工事を初め、消防東出張所、津山出張所の用地取得、測量、実施設計業務などの経費を計上してございます。事業概要につきましては別冊1、56ページに消防南出張所、57ページに消防東出張所、58ページに消防津山出張所を記載してございますので、お目通しをお願いいたします。
議長(田口政信君) 危機管理監、中津川英雄君。
危機管理監(中津川英雄君) 防災費になります。4目防災費1細目の防災無線管理費におきましては、固定型、それから移動型の防災行政無線の適正な機能維持のため、各種設備、中継局施設の点検料、修繕料となります。そのほか、平成24年度から実施しております防災無線の屋外子局のバッテリーの定期交換、105台分が主なものとなっております。
 次ページ、107ページをお願いいたします。
 2細目水防費におきましては、水防訓練に要する事業経費のほか、津山町域に設置してあります3カ所の雨量観測装置の更新並びにこれらの維持管理料など、水防対策に要する経費を計上いたしております。
 続きまして、5目1細目の災害対策費におきましては、防災会議の委員の報酬、それから災害優先電話などの使用料のほか、県補助金を活用した大規模な指定避難所の太陽光蓄電池設備の導入5カ所分の経費を計上いたしております。これら指定避難所の導入内訳につきましては、別冊1の59ページに記載しておりますので、お目通しをお願いいたします。
 以上です。
議長(田口政信君) 教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 108ページをお願いいたします。
 10款教育費でございます。1項教育総務費です。教育委員会運営費につきましては、教育委員会の開催に要する経費でございまして、教育委員の報酬、費用弁償などを計上しております。
 2目1細目事務局一般管理費につきましては、教育委員会の事務局の管理に要する経費でございます。文化・スポーツ表彰や、作文、論文コンクールなどの報償費、それから教育文化振興補助金など、所要の経費を計上しております。
 次に、2目2細目学校教育一般管理費でございます。学校教育振興に関する経費及び事務局費につきましては、障害児就学指導委員会等の開催に関する所要の経費を計上しております。補助金のうち、中体連参加補助金につきましては660万円、日本スポーツ振興センター負担金については644万5,000円を計上しております。
 次に、109ページをお願いいたします。
 スクールガードリーダーに要する経費につきましては、スクールガードリーダー5名の活動に要する所要の経費を計上しております。
 次に、登米っ子学習に要する経費につきましては、児童生徒の学力向上のため、授業と家庭学習のサイクル化を目指しまして登米っ子ノートを作成するものでございます。
 次に、110ページをお願いいたします。
 4細目奨学事業費でございます。仙台学寮の管理費及び奨学金事務に要する経費でございます。仙台学寮の光熱水道費のほか、奨学生選考委員会委員の謝金でありますとか、奨学金貸付基金への繰出金を計上しております。
 5細目スクールバス運行費でございます。市のスクールバス17台の運転手や添乗員の賃金のほか、運転業務を委託しておりますスクールバス14台の委託に要する経費でございます。備品購入費につきましては、東和地区のスクールバス2台を更新する予算を計上しております。
 次に、3目1細目でございます。外国語指導助手に要する経費につきましては、市内中学校10校に配属します外国語指導助手の所要の経費を計上しております。
 次に、111ページをお願いいたします。
 教育研究所費でございます。市内小中学校及び幼稚園教員の資質向上を図るため、教育研究所で実施する専門研修の講師謝金、心の相談員4名の謝金でありますとか、専門カウンセリング業務の委託に要する所要の経費を計上しております。
 3細目適応指導教室運営費でございます。不登校児童生徒の自立と自発的な学校への通学復帰を目指しまして、けやき教室を運営する経費でございます。
 4細目活き生き学校支援費につきましては、不登校、暴力行為でありますとかいじめ、児童虐待問題を抱える子供などの自立を支援するため、訪問指導員5名に対する謝金を計上しております。
 次に、112ページをお願いします。
 小学校費でございます。小学校管理運営費は、小学校22校の管理運営費でございます。
 工事費につきましては、北方小学校屋内運動場の床の防湿対策と、床の張りかえ工事を実施するものです。そのほか、米川小学校の屋内体育館の床の研磨と塗装工事、それから米山東小学校の防風柵設置工事、横山小学校、石森小学校の電気設備の改修工事などの経費を計上しております。北方小学校の工事概要につきましては、別冊資料1の60ページに掲載してございますので、あわせてご参照いただきたいと思います。
 次に、113ページでございます。
 2目1細目教育振興一般管理費の主なものでございます。備品購入費でございまして、18年度に配置しました学校の学習用コンピューターを更新するものでございます。小学校は6校分で392台のコンピューターを購入するものでございます。この学習用コンピューターの明細につきましては、別冊資料1の61ページに詳細を掲載してございます。ご参照いただきたいと思います。
 次に、居心地のよい学級づくり支援事業費でございます。学級集団における満足度のアンケートと、その分析に要する所要の経費を計上してございます。小学生全員を対象としまして、年2回実施する予定でございます。学級運営などの指導に活用してまいりたいと思います。
 次に、2細目要保護・準要保護児童生徒費、小学校の就学援助に要する経費でございます。対象児童数につきましては、25年度485人分を計上しております。
 次に、3目1細目建築工事費でございます。佐沼小学校の校舎・屋内運動場の解体工事及び校庭整備や駐車場整備などの外構工事費を計上しているものでございます。
 次に114ページ、中学校費でございます。中学校管理運営費につきましては、中学校10校の管理運営費でございます。
 委託料のうち、バスケットボールライン修正業務につきましては、競技規則の改正に伴いまして、石越中学校を除きます市内9中学校の屋内運動場のコートラインを修正するものでございます。
 それから、工事請負費につきましては中田中学校の内装工事、それから登米中学校の電気設備工事の改修工事費を計上しているものでございます。
 次に、115ページをお願いいたします。
 教育振興費でございます。このうち、備品購入費につきましては、小学校と同じく18年度に購入しましたコンピューターを新たに購入するものでございます。詳細につきましては、別冊資料1の62ページに掲載しておりますので、ご参照願いたいと思います。
 次に、居心地のよい学校づくりの支援事業につきましても、小学校と同じように全中学生を対象として年2回実施するものでございます。
 それから、青少年ピースフォーラム派遣事業につきましては、平和教育の一環といたしまして、長崎市の平和祈念式典に合わせまして中学生5名を派遣する所要の経費を計上してございます。
 次に、キャリアセミナー推進事業費でございます。多くの職種の方々からお話をいただきまして、職につくために必要な方法でありますとか、職につくための力などについてお話をいただきまして、中学生に自分の進路を主体的に選択、決定する意欲や態度を育成していただくための経費でございます。その所要の経費を計上しております。
 次に、学校音楽支援事業費でございます。昨年度からの引き続きの事業でございます。中学生の音楽活動を充実させるため、キーボードでありますとかテナーサクソフォン、トランペットなどの楽器を整備するものでございます。
 次に中学校就学援助費でございます。
 次に116ページ、幼稚園費でございます。幼稚園運営管理費につきましては、市内14園の運営管理費でございます。
 補助金及び交付金につきましては、市民税非課税世帯等に対して授業料の一部免除または補助をするものでございます。
 施設整備費の30万円につきましては、私立幼稚園1園に対する施設改修費に対する補助金を計上してございます。
議長(田口政信君) 教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 117ページになります。
 続きまして、5項1目1細目社会教育総務費につきましては、社会教育委員及び公民館運営審議会開催に伴う委員報酬や旅費及び教育事務所、公民館、社会教育関連施設の事務事業等に要する経費を計上してございます。
 118ページをお願いいたします。
 2目1細目社会教育活動費につきましては、生涯学習課、各教育事務所が行う学習活動の事業実施に要する経費及び学校・地域教育力向上対策事業の経費を計上いたしております。
 2細目文化振興費につきましては、小学生、中学生を対象とした青少年劇場や高校生絵画展、各種文化事業、また民俗芸能団体などが行う文化活動の支援と、学習活動の発表の場に要する経費を計上いたしております。
 次に3目1細目公民館施設管理費、次ページの2細目公民館活動費につきましては、施設の貸し出し並びに管理に要する経費でございまして、森公民館を除く11公民館の指定管理に伴う委託料等に要する経費を計上いたしております。
 次に、120ページの4目図書館費でございます。1細目図書館施設管理費につきましては、図書館利用者の利便性を図るための蔵書や新書の整理及び関係資料の収集などに要する経費を計上いたしております。
 2細目図書館活動推進費につきましては、迫図書館、登米図書館、中田図書室が行う読書活動の事業展開に伴う経費と、子育て事業の一環としてのブックスタート事業実施に要する経費になっております。
 5目1細目文化財保護費につきましては、地域にある貴重な文化財や、地域に伝わる伝統芸能などの調査研究を行う経費を計上いたしております。
 2細目文化財保護施設管理費につきましては、登米市歴史資料館等の指定管理料、さらに中田民俗資料室ほか3施設の管理並びに保存と活用に要する経費を計上してございます。
 次に、121ページの6目社会教育関係施設費でございます。1細目視聴覚センター管理費につきましては、視聴覚センターの運営基準に基づき、学習、研修センター機能の充実を図るために要する経費になっております。
 2細目視聴覚センター活動費につきましては、視聴覚センターの機能を生かしたインターネット、Eメール講習会、パソコン講習会など、各種講習会の開催、OA機器の操作技術講習会等に要する経費を計上しております。
 次に、3細目中田生涯学習センター管理運営費につきましては、施設の貸し出し及び維持管理に要する経費になっております。
 4細目公民館類似施設管理費につきましては、善王寺コミュニティセンター、東和楼台コミュニティセンター等の指定管理料並びに宝江ふれあいセンターほか3館のふれあいセンターの指定管理料を計上いたしております。
 次に、122ページの7目博物館費1細目博物館施設管理費につきましては、歴史博物館、高倉勝子美術館並びに石ノ森章太郎ふるさと記念館及び石ノ森章太郎生家に係る施設の保守点検、日常清掃業務や修繕などに要する経費を計上してございます。
 2細目博物館活動費につきましては、歴史博物館、石ノ森章太郎ふるさと記念館で開催される特別企画展や事業開催に要する経費を計上してございます。
 次に、6項1目1細目保健体育総務一般管理費につきましては、スポーツ推進審議会の委員報酬、費用弁償等及び登米市スポーツ振興計画に基づき行うスポーツの推進と健康、体力の増進に要する経費を計上してございます。
 次に、123ページになります。
 6項2目1細目体育館管理費につきましては、体育館、運動場、武道館、運動公園など指定管理施設23施設及び中田、南方体育センター、米山体育館、東和総合運動公園などの維持管理に要する経費を計上いたしてございます。
 2細目運動場管理費等につきましては、東和総合運動公園、吉田運動場、中津山運動場、津山運動広場等の施設の維持管理に要する経費を計上してございます。
 3細目その他体育施設管理費につきましては、中田サイクルセンターの維持管理に要する経費を計上いたしてございます。
 124ページになります。
 3目1細目保健体育活動費につきましては、教育委員会が各種団体の協力と支援をいただきながら行う各教育事務所、公民館、体育館等が開催した事業に要する経費を計上いたしてございます。
 2細目総合型地域スポーツ振興費につきましては、市内9つのスポーツクラブに対する育成助成費を計上いたしてございます。
 次に、4目海洋センター費でございますが、1細目海洋センター活動費、次ページ、2細目海洋センター管理費につきましては、迫、中田、米山の3海洋センターの施設管理費と事業経費を計上いたしてございます。また、別冊資料1の63ページに長沼艇庫保管ボート整備事業の概要について掲載してございますので、ごらんいただきたいと思います。
 以上でございます。
議長(田口政信君) 教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 125ページ、7項学校給食費でございます。1目1細目学校給食センター管理運営費でございます。これの主なものにつきましては、給食の賄い材料費、それからセンターの機械整備の委託料など必要経費を計上しております。
 次に、2細目給食センター一般管理費でございます。これにつきましては、委託料の主なものでございますけれども、北部、西部、東部・東和、東部・津山の4学校給食センターの給食調理業務の委託料でございます。
 それから、4細目給食センター建設事業費でございます。25年度から、西部学校給食センターが開設いたします。これによりまして、現在の新田、北方、南方学校給食センターの解体を予定しております。これに関する必要経費を計上してございます。
 以上でございます。
議長(田口政信君) ここで、昼食のため午後1時まで休憩をいたします。
          休憩 午後0時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
議長(田口政信君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 午前に引き続き一般会計の説明を求めます。産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 126ページでございます。
 11款1項1目農業用施設災害復旧費でございます。万一の災害等に備えて計上しているものでございます。よろしくお願い申し上げます。
議長(田口政信君) 建設部長、二階堂眞博君。
建設部長(二階堂眞博君) 続きまして、127ページをお願いいたします。
 2項公共土木施設災害復旧費でございますが、これも通常の災害に要する経費として工事請負費を計上しているところでございます。
議長(田口政信君) 教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 3項文教施設災害復旧費でございます。公立学校施設の災害復旧に要する経費につきましては、災害時の緊急対応のための予算でございます。
 次に、石越中学校の災害復旧費でございます。校舎・屋内運動場の改築工事の設計監理業務、それから工事請負費、それから仮設校舎借り上げ料などの関連予算を計上しております。改築工事の概要につきましては、別冊資料1の64ページに掲載してございますので、あわせてご参照願います。
 以上でございます。
議長(田口政信君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 続いて4項でございます。その他公共施設等の災害復旧費でございます。これにつきましても、万一公共施設等に被害が生じた場合に復旧事業に要する経費を計上しております。
議長(田口政信君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 128ページ、12款公債費でございます。地方債の元利償還に要する経費、それから一時借入金の利子に要する経費などを計上してございます。
 13款予備費でございますが、5,000万円を計上したところでございます。
 次、129ページは基金の状況でございます。
 以上で一般会計の説明を終わらせていただきます。
議長(田口政信君) 次に、議案第11号 平成25年度登米市国民健康保険特別会計予算について、説明を求めます。市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) それでは、議案第11号 平成25年度登米市国民健康保険特別会計予算につきまして、予算書の185ページをお願いいたします。
 平成25年度の登米市国民健康保険特別会計の予算でございますが、歳入歳出の総額を98億3,004万6,000円と定めるものでございます。第2条で一時借入の最高額を1億5,000万円と定めるものでございます。第3条で、予算の流用関係でございますが、保険給付の過去に計上した予算額に過不足を生じた場合には、同一款内での経費の各項の款の流用をお願いするものでございます。
 予算内容につきましては、予算の概要のほうでご説明いたします。
 予算の概要、130ページをお願いいたします。
 運営方針の部分でございますが、国民健康保険の都道府県単位化について国民健康保険法が改正され、県では平成22年12月17日に市町村国保広域化等支援方針を策定いたしております。現在それに基づき、それぞれの市町村で環境整備に取り組んでいるところでございます。また、国の方向でございますが、社会保障と税の一体改革関連法案の中で、低所得者の保険料軽減の拡大、短期労働者に対する被用者保険の適用拡大、高齢者医療制度の見直し等の方針が示されております。国保を取り巻く環境につきましては大きく変化しつつあるわけでございますが、そういった状況の中で平成25年度の予算編成に当たっております。
 医療費の推計でございますが、1人当たりの医療費の自然増については7.84%の増と見込まれるところでございます。しかしながら、ここ数年被保険者数が減少傾向にございまして、医療費全体での伸びにつきましては前年対比で1.85%と推計しているところでございます。
 131ページをお願いいたします。
 歳入の状況でございます。
 平成24年度と25年度の比較増減を掲載しておりますので、あわせてごらんいただきたいと思います。
 1款保険税では、一般分と退職分の合計で25年度の欄、23億5,925万6,000円の計上でございます。構成比で全体の24%になってございます。前年対比で2億4,639万6,000円の増でございます。なお、税率につきましては、本算定前でございますので現行の税率で算定してございます。
 3款国庫支出金でございますが、計で28億9,026万4,000円でございます。全体の29.4%の構成比となってございます。
 4款療養給付費交付金でございますが、5億7,337万1,000円でございます。前年比で7,280万円の減となってございます。
 5款前期高齢者交付金でございますが、14億133万7,000円でございます。全体の構成比は14.3%となっております。
 7款共同事業費交付金でございますが、13億6,845万7,000円で、全体構成比で13.9%、9款繰入金につきましては計で5億8,581万1,000円、全体構成比で6%となっております。
 歳入合計で、98億3,004万6,000円、前年比で1億2,112万4,000円の増という内容でございます。
 次ページ、歳出のほうでございます。
 2款保険給付費として、計で60億1,812万9,000円、全体の61.2%の構成割合でございます。前年比で3億2,364万7,000円の減となっております。
 3款後期高齢者支援金でございますが、13億6,848万3,000円で、13.9%の構成比でございます。この部分で、前年対比で1億3,255万円ほどの増になってございます。これについては、1人当たりの負担額の増によるものでございます。
 7款共同事業費拠出金でございますが、14億3,785万6,000円を計上いたしてございます。構成比で14.6%でございます。前年対比で2億5,969万8,000円の増となってございます。
 以上のような歳入歳出の状況でございますが、133ページ以降に事業の内訳について掲載しておりますので、ご参照いただきたいと思います。
 143ページの基金の状況でございますが、25年度末現在高で1億37万7,000円ということでございます。大変厳しい状況にあるということでございます。ご案内のように、24年度の所得につきましては現在申告相談の段階でございますので、所得の確定あるいは24年度の決算と繰り越し見込み等が確定した段階で本算定という手順をとらせていただくことにしております。その際に、改めまして補正予算等でご審議をいただくわけでございますが、本算定に際しましては所要の財源の確保を図りながら、国保の事業の健全運営に努めてまいりたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。
 以上でございます。
議長(田口政信君) 次に、議案第12号 平成25年度登米市後期高齢者医療特別会計予算について、説明を求めます。市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 議案第12号 平成25年度登米市後期高齢者医療特別会計予算につきましては、予算書の217ページでございます。そちらをお願いいたします。
 25年度の登米市後期高齢者医療特別会計予算につきましては、歳入歳出予算の総額を7億5,716万5,000円と定めるものでございます。
 予算内容につきましては、当初予算の概要の144ページをお願いいたします。
 運営方針として示してございますけれども、ご案内のように後期高齢者医療制度につきましては宮城県後期高齢者医療広域連合が運営主体となっておりまして、市の業務といたしましては主に資格の異動や各種申請の受付、保険証の引き渡し、保険料の徴収事務となっているところでございます。
 保険料につきましては、県内均一の保険料となっておりまして、広域連合において賦課を決定し、市が徴収しております。加入する全ての人に負担していただくこととなっております。保険料でございますが、前年度見直しが行われておりまして、均等割額が4万920円でございます。所得割の率については8.3%となってございます。
 保険料の軽減措置でございますが、これまでと同様に低所得者については所得に応じて均等割額が9割、8.5割、5割、2割の軽減、また被用者保険の被扶養者の方々の部分でございますが、同様に激変緩和措置ということで所得割は賦課されておりません。均等割額も9割軽減ということで、継続されているところでございます。保険料の賦課限度額につきましては、55万円に見直されてございます。
 運営方針の下段でございますが、この制度につきましては現在社会保障制度改革国民会議で高齢者医療制度改革の方向性について議論がされているところでございます。その動向を注視しながら、広域連合と連携を密にして、適切な事業運営に努めてまいりたいと考えているところでございます。
 それでは、歳入歳出についてご説明いたします。
 145ページをお願いいたします。
 1款後期高齢者医療保険料でございますが、4億6,444万7,000円でございまして、構成比で61.3%でございます。
 3款繰入金でございますが、一般会計繰入金でこの分につきましては職員5名分の人件費及び事務費繰り入れ、並びに低所得被保険者の保険料均等割軽減負担分の繰り入れ、被扶養者の保険料均等割5割軽減の負担分の繰り入れ等で2億7,544万4,000円の繰り入れとなってございます。構成比で36.4%となってございます。この2つで全体の97.7%の構成となってございます。歳入合計で7億5,716万5,000円でございます。
 歳出のほうでございます。
 146ページでございます。
 2款後期高齢者医療連合納付金でございますが、7億68万5,000円ということでございまして、全体の93%を占めてございます。
 以下、事業内訳につきましては次ページ以降に記載してございますので、ご参照いただきますようお願いいたします。
 以上でございます。
議長(田口政信君) 次に、議案第13号 平成25年度登米市介護保険特別会計予算について、説明を求めます。福祉事務所長、千葉幸毅君。
福祉事務所長(千葉幸毅君) 議案第13号 平成25年度登米市介護保険特別会計予算について、ご説明申し上げます。
 予算書につきましては、234ページからでございます。
 予算の概要書につきましては、150ページからでございます。
 予算書の234ページをお開き願いたいと思います。
 歳入歳出予算、それぞれ75億3,117万3,000円とするものでございます。
 最初に、債務負担行為につきまして、予算書の267ページをお開き願います。
 地域包括支援センターシステム借り上げ料及び保守業務委託料、また高齢者健診事業、生活機能評価事業につきまして、記載のとおりでございます。
 歳入につきましては、事項別明細書でご説明申し上げますので、予算書の242ページをお願いします。
 1款1項1目の第1号被保険者の介護保険料につきましては、65歳以上の方々に負担いただく保険料でございますが、第5期介護保険事業計画で基準額、月額4,990円、年額5万8,932円としており、現年度分の保険料につきましては12億9,376万2,000円を計上し、また滞納繰越分につきましては242万6,000円を計上しております。
 続きまして、3款1項1目介護給付費負担金13億2,686万5,000円につきましては、国の負担分として施設分の介護保険給付に係る分の15%、同じく在宅分の20%分を計上しております。
 続きまして、3款2項国庫補助金でございます。1目調整交付金に6億3,050万1,000円を計上しております。2目地域支援事業交付金の介護予防事業につきましては、介護予防事業に係る25%を計上しておりますし、3目の地域支援事業交付金につきましては事業費の39.5%をそれぞれ計上してございます。
 続きまして、4款1項1目介護給付費交付金につきましては、支払い基金からの交付金でございまして、21億170万円を計上しているところでございます。
 続きまして、5款1項1目介護給付費負担金10億2,845万8,000円につきましては、県の負担率、施設分が17.5%、在宅分が12.5%の交付率でございます。
 次ページ、244ページをお開き願います。
 5款3項1目地域支援事業交付金、介護予防事業分、また2目の地域支援事業の包括的支援事業2事業につきましては、それぞれの交付金を計上してございます。
 続きまして、7款1項一般会計繰入金でございますが、1目介護給付費繰入金につきましては介護給付費の12.5%、9億589万3,000円を計上しております。
 2目その他一般会計繰入金につきましては、職員の人件費、賦課徴収費、それから認定事務等に係る事務費を繰り入れてございます。
 3目及び4目は、地域支援事業に対する繰り入れでございまして、補助率につきましては介護予防事業分が12.5%、それから包括的支援事業2事業につきましては19.75%を計上してございます。
 それから、7款2項基金繰入金から次ページの9款3項3目返納金までは、科目設定でございます。
 4目雑入につきましては、要介護認定情報の開示に伴うコピー料金の計上でございます。
 続きまして、歳出につきましてご説明申し上げますので、予算概要書の150ページをお願いしたいと思います。
 運営方針には第5期介護保険事業計画に基づきまして、平成24年度の実績を踏まえ、給付費の推移等、また介護保険事業の内容について記述しておりますので、後にご参照願いたいと思います。
 次ページから、対前年度比、各表掲載してございますので、これにつきましてもご参照をお願いしたいと思います。
 155ページをお願いします。
 歳出の詳細でございます。
 1款1項1目2細目総務一般管理費につきましては介護保険の事務費で、介護保険運営委員会の委員報酬、費用弁償等、また包括支援システムの保守委託料でございます。
 2項徴収費につきましては、介護保険料の賦課徴収費に要する経費でございます。
 次ページ、4項認定事務費2目介護調査費でありますが、役務費で主治医意見書の作成料を年間6,100件分を見込んでおります。また、委託料につきましては介護認定審査を居宅介護事業所へ委託するもので、本年度は年間5,800件を見込んでおります。
 続きまして、3目審査判定費につきましては、審査委員23名の委嘱、また5名編成で24合議体、審査会は年間180回の開催を計画しております。
 次ページ、157ページをお願いいたします。
 2款1項でございますけれども、ここからは保険給付分でございます。1目居宅介護サービス給付費に27億2,529万5,000円計上しておりますが、これについてはヘルパーによる訪問介護や入浴リハビリ、デイサービス等の給付でございます。
 それから、3目地域密着型介護サービス給付費につきましては、認知症対応型のグル―プホーム、または地域密着型の特別養護老人ホームの給付費でございます。
 それから、5目施設介護サービス給付費、これにつきましては特別養護老人ホーム、老人保健施設の入所者740名分の給付を見込んでおります。
 次ページ、9目居宅介護サービス計画給付費につきましては、ケアプランの作成で月平均2,220人、年間で2万6,640人を見込んでいるところでございます。
 次、2項介護予防サービス費でありますけれども、1目介護予防サービス給付費につきましては、要支援者のサービス給付でございます。これに係るサービスを見込んでございます。
 3目地域密着型介護予防サービス給付費、これにつきましても要支援者の地域密着型の施設での給付でございます。
 次に、159ページをお願いしたいと思います。
 訂正でございますけれども、上段の2行目に「1項介護サービス等諸費」とありますが、「2項介護予防サービス等諸費」と訂正をお願いしたいと思います。
議長(田口政信君) もう一回お願いします。
福祉事務所長(千葉幸毅君) 159ページの上から2行目、「1項介護サービス等諸費」とありますけれども、これを「2項介護予防サービス等諸費」と訂正をお願いいたします。大変失礼を申し上げます。
 続きまして、7目介護予防サービス計画給付費につきましては、要支援者のケアプランの作成料でございます。
 続きまして、4項1目高額介護サービス費で1億449万9,000円を見込んでおります。介護サービス費の利用者分で、自己負担額が所得段階におきまして1万5,000円、2万4,600円、3万7,200円と、それぞれ超えた分を給付するものでありまして、772人、9,347万円分を見込んでございます。
 次、下のページ、6項1目特定入所者介護サービス費2億8,559万1,000円でありますが、これについては低所得者の施設入所における食費または居住費の負担上限額を超えた利用者の給付に係る費用を計上してございます。年間6,900人分を見込んでございます。
 次に次ページ、161ページをお願いしたいと思います。
 4款1項介護予防費でございます。1目1次予防事業費につきましては、特定健診を受診した高齢者を対象に生活体力の測定や介護予防運動の実技等を行うリーダー養成等を実施する経費を計上してございます。
 2目2次予防事業費につきましては、2次予防対象者の抽出業務、また特定高齢者の実態把握や介護予防事業の委託料、特定高齢者延べ1,100名の介護予防事業費を見込んでいるところでございます。
 それから、次ページの2項1目から4目まででございますけれども、これについては介護予防ケアマネジメント事業、また総合相談事業、権利擁護事業、包括的継続的ケアマネジメント支援事業等で、地域包括支援センターへの委託業務でございます。
 それから、5目の2事業につきましては地域包括支援センターの運営協議会、それから介護給付適正化事業、家族介護事業等に係る経費でございます。
 それから、最後になりますけれども、166ページに基金の状況を掲載しておりますので、お目通しを願いたいと思います。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。
議長(田口政信君) 次に、議案第14号 平成25年度登米市土地取得特別会計予算について、説明を求めます。総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 予算書につきましては268ページでございます。お開き願いたいと思います。
 議案第14号 平成25年度登米市土地取得特別会計予算でございます。
 歳入歳出の予算総額は、それぞれ333万8,000円と定めるものでございます。
 それでは、予算書の274ページをお開きいただきます。
 歳入でございますが、1款財産収入につきましては、基金の運用による積み立て基金利子を62万9,000円見込んでおります。
 2款繰入金につきましては、宅地造成事業特別会計から企業誘致の貸付金相当額269万9,000円の繰入金を予定しております。
 それでは、歳出につきましては概要の167ページをお開き願います。
 1款諸支出金でございますが、土地開発基金の繰出金でございます。土地の貸付金に相当する額と利子を積み立てするものでございます。
 以上で説明を終わります。
議長(田口政信君) 次に、議案第15号 平成25年度登米市下水道事業特別会計予算について、説明を求めます。建設部長、二階堂眞博君。
建設部長(二階堂眞博君) それでは、予算書278ページをお願いいたします。
 議案第15号 平成25年度登米市下水道事業特別会計予算でありますが、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ42億7,803万9,000円とするものでございます。
 282ページをお願いいたします。
 債務負担行為として、水洗便所及び排水設備改造資金利子補給として平成26年度から平成30年度まで、損失補償として平成31年度まで設定するものでございます。
 次ページ、283ページの地方債につきましては、各事業につきましては限度額総額を8億4,930万円設定するものでございます。
 次に、概要の169ページをお願いいたします。
 下水道事業につきましては、平成24年度の繰り越し事業の早期完成を最優先にし、新規整備地区については事業の精査を行いながら予算執行に努めてまいります。また、施設の維持管理を初め経費の節減に最大限努めておりますが、さらなるコスト縮減に向けて処理施設の包括的民間委託導入の具体化を検討してまいります。
 歳入につきましては、概要の171ページをお願いいたします。
 1の分担金及び負担金のうちの分担金につきましては、農集排、浄化槽の供用開始に伴うものであります。負担金については、公共下水道の供用開始によるものでございます。
 2の使用料及び手数料の使用料は、公共下水、農集排、浄化槽の使用料で、全体で4.4%の伸びを見込んでおります。
 3の国庫支出金は、公共下水、特環下水及び浄化槽事業に対する補助金でございます。
 4の県補助金は、農集排事業に対する補助金であり、県交付金は農集排整備推進交付金でございます。
 6の一般会計繰入金は19億8,817万5,000円を、基金繰入金は8,800万円となっております。
 7の繰越金については、科目設定であります。
 8の諸収入、3)の雑入は、県道錦織バイパスに伴う下水道管の移設補償費であります。
 起債については、下水道事業に対するものでございます。
 歳出につきましては、概要の175ページをお願いいたします。
 1款1項1目2細目公共下水道一般管理費の中段にあります委託料は、使用料徴収事務を水道事業所へ委託する費用を計上しております。公課費には、消費税として平成24年確定申告納付額及び平成25年度分中間納付額を計上しております。
 次ページ、176ページをお願いいたします。
 2目2細目農集排一般管理費、中段の委託料はこれも同じく水道事業所への委託金を計上したところでございます。
 3目2細目浄化槽一般管理費につきましても、同様の内容を計上しております。
 2項施設管理費1目1細目公共下水道施設管理費では、4カ所の浄化槽センターの施設管理費と、工事請負費には舗装補修工事、県道工事に伴う下水道管移設工事などの工事費を計上しております。
 次ページ、178ページをお願いいたします。
 2細目農集排施設管理費では、21カ所の施設管理費と、積立金として1,663万9,000円を計上しております。
 3細目浄化槽施設管理費には、法定検査料、浄化槽清掃、点検業務費を計上しております。
 4細目災害対策費では、処理場から発生する汚泥の放射能測定を検査委託する部分を計上してございます。
 次ページの179ページをお願いいたします。
 2款事業費1項下水道施設整備費でありますが、1目2細目公共下水道施設整備費の中段、委託料は佐沼環境浄化センター増設工事を下水道事業団へ委託するものでございます。工事請負費9,590万円は、迫地区と中田地区の管渠工事であります。
 3細目特定環境保全公共下水道施設整備費は、公共下水道以外の7町域の下水道施設整備費を計上しているものでございます。
 次ページ、180ページをお願いいたします。
 2目2細目農集排施設整備費は、工事請負費として大泉地区の処理施設、躯体工事等と管渠工事費を計上しております。
 181ページ、3目2細目浄化槽施設整備費では、高度処理型25基、コンパクト型75基、計100基の整備を行うものであります。
 3款公債費には各事業の元金、利子償還金、総額23億1,398万4,000円を計上しております。
 183ページには、基金の状況として平成25年度末現在見込み額を示してございます。
 以上でございます。
議長(田口政信君) 次に、議案第16号 平成25年度登米市宅地造成事業特別会計予算について、説明を求めます。産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 予算書307ページでございます。
 議案第16号 平成25年度登米市宅地造成事業特別会計予算でございます。
 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ270万円と定めるものでございます。
 次に、概要の184ページをお願い申し上げます。
 建設部の所管でございますが、日根牛地区の宅地造成事業は平成19年度に実施設計を開始し、20年度に用地買収補償契約、21年度に宅地造成工事の施工、22年度に分譲のための確定測量業務を実施して、平成23年度から分譲開始、その後24年度には宅地造成地の不要土砂の撤去運搬業務により、移転対象者の円滑な移転を図ってまいったところでございます。本年度は、繰越金について一般会計への繰り出し、1,000円を計上するものでございます。
 次に、長沼地区の宅地造成事業は平成21年度から始まった事業でございまして、同年度中に一部を企業用地として貸し付けしております。このほかに、長沼工業団地として整備した用地は平成23年度に完売しております。本年度は、企業用地の貸し付け収入の土地取得特別会計への繰り出し269万9,000円を計上しているものでございます。
 以上で説明とさせていただきます。
議長(田口政信君) 次に、議案第17号 平成25年度登米市水道事業会計予算について、説明を求めます。水道事業所長、菅原 守君。
水道事業所長(菅原 守君) それでは、別冊の水道事業会計予算書、それから当初予算の概要についてでございます。予算の概要につきましては、工事箇所等に表示誤りがありましたので、けさほど一括差しかえさせていただきました。大変申しわけございませんでした。
 それでは、説明に移ります。
 議案第17号 平成25年度登米市水道事業会計予算についてであります。
 予算書の1ページをお願いいたします。
 第2条の業務の予定量でございます。平成25年度の給水件数、年間総配水量は記載のとおりでございます。年間総有収水量は、前年度より2.8%増の831万3,700立方メートルと定めてございます。25年度の主な建設改良事業は記載のとおりでありまして、総額で11億2,870万6,000円となります。詳細については、後ほどご説明いたします。
 次に、第3条収益的収入及び支出でございます。
 第8款水道事業収益は23億2,716万3,000円、それから第9款水道事業費用は21億7,071万4,000円でございます。
 それから、第4条資本的収入及び支出でございます。
 2ページをお願いいたします。
 第10款資本的収入は6億1,167万4,000円、第11款資本的支出は17億2,769万4,000円でございます。
 1ページの下段に記載されております括弧書きでございます。収入額が支出額に対して不足する11億1,602万円は、過年度分損益勘定留保資金と当年度分の消費税及び地方消費税資本的収支調整額で補填するものでございます。
 2ページに戻っていただきます。
 第5条でございます。債務負担行為は、図面複写機の導入費として4年間の債務負担行為を設定するものでございます。
 第6条企業債でございますが、浄水施設整備事業ほか4事業の企業債、総額で借り入れ限度額3億2,400万円を設定するものでございます。
 なお、以下の説明は省略させていただきます。
 8ページをお願いいたします。
 給与費明細書でございますが、職員数のうち特別職は上水道運営審議会委員10名でございます。一般職は30名となります。25年度は、給与費、法定福利費、合わせまして2億6,379万5,000円というふうになります。
 次に、収益的収支見積書についてご説明いたします。
 19ページをお願いいたします。
 ここでは、主なものをご説明いたします。
 まず、収入のうち、8款1項1目給水収益でございます。25年度も民間住宅等への入居等によりまして、給水件数、水量ともに増加が見込まれますことから、水道料金収入は前年度当初より4,664万4,000円多い22億4,820万円を見込んでございます。
 それから、20ページの3項9目でございます。その他特別利益は、水道水の放射能検査経費に係る東京電力からの賠償金でございます。震災対策に対する国庫補助金、それから一般会計からの出資金が終了したことによりまして、大幅に減額となってございます。
 21ページでございます。
 支出のうち、9款1項1目原水及び浄水費は、浄水場の維持管理経費でございまして、前年度より1,951万2,000円増額となってございます。その主な要因といたしましては、22ページのちょうど中段になりますが、22節動力費において水処理量の増加と、それから電力料金等の値上げを見込みまして予算措置いたしましたことと、それからその下、23節の薬品費において、24年度の経験を踏まえまして夏場の濁水と濁度対策に係る薬品費の増額を見込んだことによるものでございます。
 25ページをお願いいたします。
 中段になりますが、6目総係費でございます。794万1,000円増額となってございます。その要因といたしましては、26ページの17節委託料におきまして、26年度からの企業会計制度の改正に伴いますシステム改良や、固定資産調査等経費を新たに予算措置したことが主な要因となってございます。
 次に、28ページの3項2目臨時損失でございますが、これは水道水等の放射能検査経費でございます。震災対策が終了したことによりまして、大幅な減額となってございます。
 29ページをお願いいたします。
 資本的収支見積書でございます。
 収入のうち、10款1項1目建設事業債は、5事業に対する企業債であります。充当する事業及び金額は、記載のとおりでございます。
 2項3目補償金につきましては、県道改良や長沼ダム、そして下水道整備に係る配水管の移設補償金でありまして、前年度より5,153万4,000円減額となってございます。
 それから、3項1目の国庫補助金も、災害復旧費補助金が終了したことによりまして、大幅な減額となってございます。
 それから、4項1目でございます。他会計出資金は、6事業に対する一般会計からの出資金でございます。充当する事業及び金額は、記載のとおりであります。石越浄水場の自家発電設備の整備に対する出資金が終了したことから、大幅に減額となってございます。なお、本年度から始まります保呂羽浄水場取水施設整備、それから配水ブロック化事業に係る国庫補助金等の特定財源につきましては、国や県と協議しながら補正で対応したいと考えてございます。
 30ページでございます。
 支出のうち、11款1項建設改良費でございます。総額で11億3,185万6,000円を計上いたしました。詳細につきましては、別冊の予算の概要でご説明いたします。
 1ページをお願いいたします。
 中段ころになりますが、主な建設改良工事であります。
 初めに、取水施設整備事業でございます。保呂羽浄水場の新たな取水設備の詳細設計と中継ポンプ場の用地取得、そして錦織、米川浄水場の取水ポンプの更新と電気盤の改良を行います。
 次に、浄水施設整備事業でございます。保呂羽浄水場天日乾燥床、二池の床板設置工事と、それから石越浄水場に高濁度対応に係る計装機器整備、そして薬品注入設備等の改良を行います。また、水質検査機器の更新経費も予算措置いたします。
 それから、配水管整備事業につきましては、水道管の新設工事、道路改良、そして下水道工事に伴う水道管の移設工事等、計56件を計画してございます。また、借地となっております迫川水管橋以降の管路用地を購入するものでございます。
 それから、緊急時用連絡管整備事業は、保呂羽水系と東和水系を結ぶものでございまして、25年度は米谷から米川までの管路の布設と、工事が終了いたしました箇所の舗装復旧を行います。
 それから、緊急遮断弁整備事業は平成20年度から実施しているものでございまして、これまで5カ所が整備済みでございます。25年度は米川配水池に2基設置いたします。
 それから、ダクタイル鋳鉄管更新事業ですが、中田町石森加賀野地内の水道3号線の改良延長2,000メートルのうち、25年度は1,190メートルを実施するものでございます。
 それから、登米市西部地区の安定給水を実現するための配水ブロック化事業でございますが、迫町西部地区に新たな配水池を整備するための設計と、用地取得を実施いたします。
 なお、3ページ以降はただいまご説明いたしました事業を詳細に記載してございますので、お目通しをいただきたいと思います。
 では、予算書に戻ります。33ページをお願いいたします。
 損益計算書の推移でございます。
 25年度当初の23列当年度純利益でございます。25年度は1億1,462万7,000円を見込んでおりまして、前年度より4,554万7,000円増額となってございます。この要因といたしましては、浄水場の電力料金の増額により、4列の営業費用は増加しているものの、給水収益の増加を見込んでいることから、12列の営業収益は増加してございます。
 また、22列の特別損失の災害復旧の経費が終了したこと等によるものでございます。
 それから、次の34ページの貸借対照表の推移でございます。
 25年度当初の15列、資産合計、そして37列、負債資本合計は前年度より1億2,785万2,000円増額いたしまして、259億4,814万1,000円となるものでございます。
 説明は以上でございます。
議長(田口政信君) 次に、議案第18号 平成25年度登米市病院事業会計予算について、説明を求めます。医療局次長、千葉博行君。
医療局次長(千葉博行君) それでは、議案第18号 平成25年度登米市病院事業会計予算について、ご説明申し上げます。
 予算書は別冊でございます。また、説明資料といたしまして、これも別冊で平成25年度登米市病院事業会計・老人保健施設事業会計予算の概要を配布させていただいておりますので、あわせてごらんいただきますようにお願いいたします。
 まず、予算書1ページをお開き願います。
 第2条業務の予定量でございまして、病床数、延べ患者数、一日平均患者数の予定量を定めてございます。
 病床数につきましては、一般病床376床、療養病床は豊里病院の30床、合計406床でございます。これは前年同様でございます。一般病床376床のうち、市民病院南館の30床につきましては現在は非常用病床ということで休床してございますので、実質的な稼働病床といたしましては一般病床346床、病床合計では376床ということになってございます。
 延べ患者数につきましては、入院11万5,705人、外来31万6,158人を見込んでございます。一日平均患者数は、入院317人、外来1,296人を見込むものでございます。
 なお、詳細につきましては別冊の予算の概要3ページに、各病院、診療所、それから訪問看護ステーションごとの積算内訳を載せてございます。ご参照願いたいと思います。
 次に、第3条収益的収入及び支出、並びに第4条資本的収入及び支出についてでございますが、別冊の予算の概要に基づいて説明をさせていただきます。
 予算の概要の1ページをお開き願います。
 本表につきましては、各病院、診療所及び訪問看護ステーションごとの収益及び費用を一覧にしてございます。
 右端の病院事業計という欄をごらんいただきます。
 病院事業収益としましては77億5,213万5,000円、内訳といたしましては医業収益が68億8,345万円、医業外収益が6億3,800万1,000円、特別利益といたしましては2億3,068万4,000円を計上してございますが、これにつきましては病院特例債の元金償還相当額の繰入金でございます。
 病院事業費用としましては、合計が75億1,354万5,000円、内訳としまして医業費用72億8,115万8,000円、医業外費用2億2,238万7,000円、医療機器等の突発的な修繕などに対応するための予備費ということで1,000万円を計上してございます。
 次の2ページをお開き願います。
 資本的収入及び支出でございます。
 収入では、総額6億3,985万1,000円、内訳といたしましては一般会計からの出資金4億3,429万1,000円、国県補助金1億3,856万円、他会計負担金として6,700万円を計上してございます。
 支出では、総額は8億7,053万5,000円でございまして、内訳といたしましては建設改良費3億560万1,000円、投資としまして医学生奨学金貸付金7,540万円、企業債償還金として病院特例債を含めた元金償還分4億8,953万4,000円を計上してございます。
 建設改良費の主な内容といたしましては、概要の7ページに記載してございますが、上沼診療所の新築工事費のほかに訪問看護車両の購入費、あるいは施設の改修費、医療機器整備費等を計上させていただいております。
 それでは、予算書2ページにお戻り願います。
 第5条債務負担行為につきましては、3ページに記載してございますように市民病院のカルテ管理システムの債務負担でございます。
 次に、第6条一時借入金につきましては、限度額を30億円と定めるものでございます。
 第7条は、予定している各項の経費の金額の流用でありまして、医業費用と医業外費用との間での予算流用についてできるというふうに規定してございます。
 第8条は、議会の議決を経なければ流用することができない経費といたしまして、職員給与費及び交際費を定めるものでございます。
 最後に、第9条の棚卸資産購入限度額につきましては14億1,412万6,000円と定めるものでございます。内訳につきましては、予算の概要書の2ページの中段の表にお示ししてございますので、ご参照願います。
 次に、予算書7ページの給与費明細書をごらん願います。
 まず、1表の総括ですが、職員数につきましては前年との比較増減はございません。給与費の計として39億3,493万6,000円を計上しておりまして、前年度に比べますと859万9,000円の減額となってございます。法定福利費は6億2,334万1,000円を計上しておりまして、前年比216万円の減額ということでございます。これらを合わせまして、職員給与費の合計として45億5,827万7,000円を計上するものでございます。
 給与費の増減の内訳につきましては、このページ下の2表、給料及び職員手当の増減額の明細に記載のとおりということでございます。
 それから、個別の手当ごとの内訳等につきましては、ページ中段の表をご参照願います。その他の詳細につきましては8ページ、9ページ、各表にまとめてございますので、ご参照願います。
 最後に、予定損益計算書でございますが、予算書13ページをごらん願います。
 調整の結果、当年度の経常利益につきましては790万6,000円と見込むものであります。それから、当年度の純利益としましては2億3,859万円を見込むものでございます。
 説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。
議長(田口政信君) 次に、議案第19号 平成25年度登米市老人保健施設事業会計予算について、説明を求めます。医療局次長、千葉博行君。
医療局次長(千葉博行君) それでは、議案第19号 平成25年度登米市老人保健施設事業会計予算について、ご説明申し上げます。
 こちらも、予算書は別冊となります。
 予算書の1ページをお開き願います。
 予算の概要のほうは8ページ以降となりますので、ご参照願いたいと思います。
 第2条業務の予定量でございますが、入所利用者数を2万7,375人、通所利用者数を5,852人、一日平均入所者数を75人、一日平均通所利用者数を19人と見込むものでございます。どちらも昨年の予定量を若干上回る見込みとしてございます。
 次に、第3条収益的収入及び支出並びに第4条資本的収入及び支出につきましては、予算書3ページをお開き願います。
 予算の概要のほうは9ページとなります。ご参照願います。
 まず、老健事業収益の総額につきましては3億7,865万8,000円、その内訳としまして事業収益3億7,740万3,000円、事業外収益として125万5,000円を計上するものでございます。
 支出では、老健事業費用総額として4億454万3,000円、内訳として事業費用3億8,933万9,000円、事業外費用1,520万4,000円を計上するものでございます。
 項目ごとの詳細につきましては、概要に記載のとおりでございます。お目通し願います。
 次に、資本的収入及び支出でございますが、施設改修と送迎車購入のための建設改良費801万4,000円、それから企業債償還金3,597万7,000円を計上してございます。内訳につきましては概要のほうの12ページに記載してございますが、ちょっと記載内容に誤りがございましたので、大変申しわけありませんがこの場で修正をお願いいたします。
 この表の中の建設改良費の主な事業概要の欄でございますが、「浴槽設備改修工事」と記載してございますが、これは「高圧機器交換工事」の誤りでございました。もう一度申し上げますと、「浴槽設備改修工事」は誤りでございまして、「高圧機器交換工事」というふうにご訂正をいただきたいと思います。これは電柱からの電気の引き込み部分に設置してある機器でございまして、老朽化が進んでいるということでの交換でございます。
 なお、資本的収入につきましては、単年度分損益勘定留保資金で全額補填するというものでございます。
 予算書の1ページにお戻り願います。
 第5条では、経費の流用について規定してございます。
 また、第6条では議会の議決を経なければ流用することができない経費として、職員給与費と交際費を規定してございます。
 第7条では、棚卸資産の購入限度額を定めております。
 次に職員給与費ですが、予算書5ページをお開き願います。
 まず、職員数につきましては前年との比較増減はございません。給与費の計として2億2,052万4,000円を計上しておりまして、昨年に比べまして1,466万7,000円の増額というふうになってございます。また、法定福利費でございますが3,776万6,000円の計上ということで、292万3,000円の増額となってございます。これらを合わせまして、職員給与費の合計は2億5,829万円を計上するものでございます。
 次に9ページでございますが、予定損益計算書をお開き願います。
 下から3行目になりますが、当年度純損失といたしまして2,588万5,000円を見込んでございます。前年度繰越利益剰余金と合わせまして、年度末未処分剰余金を8,317万8,000円と見込むものでございます。
 説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。
議長(田口政信君) 以上で、議案第10号 平成25年度登米市一般会計予算から議案第19号 平成25年度登米市老人保健施設事業会計予算までの議案内容の説明が終わりました。
 これから総括質疑を行います。発言の通告者はありませんでした。
 これで通告による総括質疑は終わりました。
 ほかに総括質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。議案第10号 平成25年度登米市一般会計予算から議案第19号 平成25年度登米市老人保健施設事業会計予算までの10議案については、議長を除く議員全員をもって構成する予算審査特別委員会を設置し、これに付託の上審査することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) ご異議なしと認めます。よって、議案第10号 平成25年度登米市一般会計予算から議案第19号 平成25年度登米市老人保健施設事業会計予算までの10議案については、予算審査特別委員会を設置し、これに付託の上審査することに決定しました。
 お諮りします。ただいま設置されました予算審査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長を除く議員全員を指名したいと思います。これにご異議ございませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました議長を除く全議員を予算審査特別委員会委員に選任することに決定いたしました。
 委員の氏名朗読は省略をいたします。
 ここで、予算審査特別委員会の招集を口頭で行います。
 予算審査特別委員会の正副委員長の互選のため、委員会条例第10条第1項の規定により、直ちに登米市議会議事堂に参集されるよう通知します。
 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 本日はこれで散会します。
 大変ご苦労さまでございました。
          散会 午後2時07分
上記会議の経過を記載し、その相違ないことを証するためここに署名する。
       議会議長  田 口 政 信
       署名議員  佐々木   一
       署名議員  星   順 一

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>