•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(關孝)
  •   2  総務部長(千葉博行)
  •   3  委員長(關孝)
  •   4  環境課長(木村達之)
  •   5  委員長(關孝)
  •   6  1番(熊谷和弘)
  •   7  委員長(關孝)
  •   8  環境課長(木村達之)
  •   9  委員長(關孝)
  •  10  1番(熊谷和弘)
  •  11  委員長(關孝)
  •  12  環境課長(木村達之)
  •  13  委員長(關孝)
  •  14  1番(熊谷和弘)
  •  15  委員長(關孝)
  •  16  環境課長(木村達之)
  •  17  委員長(關孝)
  •  18  1番(熊谷和弘)
  •  19  委員長(關孝)
  •  20  環境課長(木村達之)
  •  21  委員長(關孝)
  •  22  1番(熊谷和弘)
  •  23  委員長(關孝)
  •  24  環境課長(木村達之)
  •  25  委員長(關孝)
  •  26  1番(熊谷和弘)
  •  27  委員長(關孝)
  •  28  環境課長(木村達之)
  •  29  委員長(關孝)
  •  30  3番(佐々木幸一)
  •  31  委員長(關孝)
  •  32  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  33  委員長(關孝)
  •  34  環境課長(木村達之)
  •  35  委員長(關孝)
  •  36  3番(佐々木幸一)
  •  37  委員長(關孝)
  •  38  市民生活部長(神田雅春)
  •  39  委員長(關孝)
  •  40  産業経済部長(高橋巌)
  •  41  委員長(關孝)
  •  42  12番(佐藤尚哉)
  •  43  委員長(關孝)
  •  44  生活福祉課長(鎌田信之)
  •  45  委員長(關孝)
  •  46  12番(佐藤尚哉)
  •  47  委員長(關孝)
  •  48  生活福祉課長(鎌田信之)
  •  49  委員長(關孝)
  •  50  12番(佐藤尚哉)
  •  51  委員長(關孝)
  •  52  25番(岩淵正宏)
  •  53  委員長(關孝)
  •  54  環境課長(木村達之)
  •  55  委員長(關孝)
  •  56  25番(岩淵正宏)
  •  57  委員長(關孝)
  •  58  市民生活部長(神田雅春)
  •  59  委員長(關孝)
  •  60  24番(八木しみ子)
  •  61  委員長(關孝)
  •  62  長寿介護課長(金野信義)
  •  63  委員長(關孝)
  •  64  24番(八木しみ子)
  •  65  委員長(關孝)
  •  66  市民生活部次長(千葉ますみ)
  •  67  委員長(關孝)
  •  68  市民生活部次長(千葉ますみ)
  •  69  委員長(關孝)
  •  70  24番(八木しみ子委員)
  •  71  委員長(關孝)
  •  72  福祉事務所長(熊谷一)
  •  73  委員長(關孝)
  •  74  24番(八木しみ子)
  •  75  委員長(關孝)
  •  76  福祉事務所長(熊谷一)
  •  77  委員長(關孝)
  •  78  24番(八木しみ子)
  •  79  委員長(關孝)
  •  80  福祉事務所長(熊谷一)
  •  81  委員長(關孝)
  •  82  22番(庄子喜一)
  •  83  委員長(關孝)
  •  84  環境課長(木村達之)
  •  85  委員長(關孝)
  •  86  22番(庄子喜一)
  •  87  委員長(關孝)
  •  88  環境課長(木村達之)
  •  89  委員長(關孝)
  •  90  22番(庄子喜一委員)
  •  91  委員長(關孝)
  •  92  市民生活部長(神田雅春)
  •  93  委員長(關孝)
  •  94  22番(庄子喜一委員)
  •  95  委員長(關孝)
  •  96  市民生活部長(神田雅春)
  •  97  委員長(關孝)
  •  98  4番(氏家英人)
  •  99  委員長(關孝)
  • 100  環境事業所長(千葉祐宏)
  • 101  委員長(關孝)
  • 102  4番(氏家英人)
  • 103  委員長(關孝)
  • 104  環境事業所長(千葉祐宏)
  • 105  委員長(關孝)
  • 106  4番(氏家英人)
  • 107  委員長(關孝)
  • 108  委員長(關孝)
  • 109  10番(佐々木一)
  • 110  委員長(關孝)
  • 111  農業園芸畜産課長(髙橋一紀)
  • 112  委員長(關孝)
  • 113  10番(佐々木一)
  • 114  委員長(關孝)
  • 115  農産園芸畜産課長(髙橋一紀)
  • 116  委員長(關孝)
  • 117  10番(佐々木一)
  • 118  委員長(關孝)
  • 119  市長(布施孝尚)
  • 120  委員長(關孝)
  • 121  10番(佐々木一)
  • 122  委員長(關孝)
  • 123  市長(布施孝尚)
  • 124  委員長(關孝)
  • 125  10番(佐々木一)
  • 126  委員長(關孝)
  • 127  委員長(關孝)
  • 128  1番(熊谷和弘)
  • 129  委員長(關孝)
  • 130  農産園芸畜産課長(髙橋一紀)
  • 131  委員長(關孝)
  • 132  1番(熊谷和弘)
  • 133  委員長(關孝)
  • 134  農産園芸畜産課長(髙橋一紀)
  • 135  委員長(關孝)
  • 136  1番(熊谷和弘)
  • 137  委員長(關孝)
  • 138  農産園芸畜産課長(髙橋一紀)
  • 139  委員長(關孝)
  • 140  1番(熊谷和弘)
  • 141  委員長(關孝)
  • 142  16番(田口久義)
  • 143  委員長(關孝)
  • 144  新産業対策室長(伊藤秀樹)
  • 145  委員長(關孝)
  • 146  16番(田口久義)
  • 147  委員長(關孝)
  • 148  新産業対策室長(伊藤秀樹)
  • 149  委員長(關孝)
  • 150  16番(田口久義)
  • 151  委員長(關孝)
  • 152  新産業対策室長(伊藤秀樹)
  • 153  委員長(關孝)
  • 154  16番(田口久義)
  • 155  委員長(關孝)
  • 156  新産業対策室長(伊藤秀樹)
  • 157  委員長(關孝)
  • 158  16番(田口久義委員)
  • 159  委員長(關孝)
  • 160  新産業対策室長(伊藤秀樹)
  • 161  委員長(關孝)
  • 162  6番(浅野敬)
  • 163  委員長(關孝)
  • 164  商工観光課長(遠藤亨)
  • 165  委員長(關孝)
  • 166  新産業対策室長(伊藤秀樹)
  • 167  委員長(關孝)
  • 168  6番(浅野敬)
  • 169  委員長(關孝)
  • 170  商工観光課長(遠藤亨)
  • 171  委員長(關孝)
  • 172  6番(浅野敬)
  • 173  委員長(關孝)
  • 174  商工観光課長(遠藤亨)
  • 175  委員長(關孝)
  • 176  6番(浅野敬)
  • 177  委員長(關孝)
  • 178  13番(伊藤栄)
  • 179  委員長(關孝)
  • 180  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 181  委員長(關孝)
  • 182  13番(伊藤栄)
  • 183  委員長(關孝)
  • 184  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 185  委員長(關孝)
  • 186  13番(伊藤栄)
  • 187  委員長(關孝)
  • 188  ブランド戦略室長(渡邉誠)
  • 189  委員長(關孝)
  • 190  13番(伊藤栄委員)
  • 191  委員長(關孝)
  • 192  産業経済部長(高橋巌)
  • 193  委員長(關孝)
  • 194  22番(庄子喜一)
  • 195  委員長(關孝)
  • 196  農産園芸畜産課長(髙橋一紀)
  • 197  委員長(關孝)
  • 198  22番(庄子喜一)
  • 199  委員長(關孝)
  • 200  農産園芸畜産課長(髙橋一紀)
  • 201  委員長(關孝)
  • 202  22番(庄子喜一)
  • 203  委員長(關孝)
  • 204  農産園芸畜産課長(髙橋一紀)
  • 205  委員長(關孝)
  • 206  22番(庄子喜一)
  • 207  委員長(關孝)
  • 208  ブランド戦略室長(渡邉誠)
  • 209  委員長(關孝)
  • 210  農産園芸畜産課長(髙橋一紀)
  • 211  委員長(關孝)
  • 212  25番(岩淵正宏)
  • 213  委員長(關孝)
  • 214  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 215  委員長(關孝)
  • 216  25番(岩淵正宏)
  • 217  委員長(關孝)
  • 218  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 219  委員長(關孝)
  • 220  商工観光課長(遠藤亨)
  • 221  委員長(關孝)
  • 222  25番(岩淵正宏)
  • 223  委員長(關孝)
  • 224  委員長(關孝)
  • 225  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 226  委員長(關孝)
  • 227  商工観光課長(遠藤亨)
  • 228  委員長(關孝)
  • 229  25番(岩淵正宏)
  • 230  委員長(關孝)
  • 231  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 232  委員長(關孝)
  • 233  25番(岩淵正宏)
  • 234  委員長(關孝)
  • 235  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 236  委員長(關孝)
  • 237  25番(岩淵正宏)
  • 238  委員長(關孝)
  • 239  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 240  委員長(關孝)
  • 241  25番(岩淵正宏)
  • 242  委員長(關孝)
  • 243  19番(相澤吉悦)
  • 244  委員長(關孝)
  • 245  農産園芸畜産課長(髙橋一紀)
  • 246  委員長(關孝)
  • 247  19番(相澤吉悦)
  • 248  委員長(關孝)
  • 249  農産園芸畜産課長(髙橋一紀)
  • 250  委員長(關孝)
  • 251  24番(八木しみ子)
  • 252  委員長(關孝)
  • 253  商工観光課長(遠藤亨)
  • 254  委員長(關孝)
  • 255  企画部長(秋山茂幸)
  • 256  委員長(關孝)
  • 257  24番(八木しみ子)
  • 258  委員長(關孝)
  • 259  企画部長(秋山茂幸)
  • 260  委員長(關孝)
  • 261  8番(伊藤吉浩)
  • 262  委員長(關孝)
  • 263  ブランド戦略室長(渡邉誠)
  • 264  委員長(關孝)
  • 265  8番(伊藤吉浩)
  • 266  委員長(關孝)
  • 267  産業経済部長(高橋巌)
  • 268  委員長(關孝)
  • 269  産業経済部長(高橋巌)
  • 270  委員長(關孝)
  • 271  8番(伊藤吉浩)
  • 272  委員長(關孝)
  • 273  ブランド戦略室長(渡邉誠)
  • 274  委員長(關孝)
  • 275  ブランド戦略室長(渡邉誠)
  • 276  委員長(關孝)
  • 277  8番(伊藤吉浩)
  • 278  委員長(關孝)
  • 279  ブランド戦略室長(渡邉誠)
  • 280  委員長(關孝)
  • 281  8番(伊藤吉浩)
  • 282  委員長(關孝)
  • 283  商工観光課長(遠藤亨)
  • 284  委員長(關孝)
  • 285  8番(伊藤吉浩)
  • 286  委員長(關孝)
  • 287  産業経済部長(高橋巌)
  • 288  委員長(關孝)
  • 289  8番(伊藤吉浩)
  • 290  委員長(關孝)
  • 291  商工観光課長(遠藤亨)
  • 292  委員長(關孝)
  • 293  8番(伊藤吉浩)
  • 294  委員長(關孝)
  • 295  産業経済部長(高橋巌)
  • 296  委員長(關孝)
  • 297  8番(伊藤吉浩)
  • 298  委員長(關孝)
  • 299  産業経済部長(高橋巌)
  • 300  委員長(關孝)
  • 301  2番(日下俊)
  • 302  委員長(關孝)
  • 303  商工観光課長(遠藤亨)
  • 304  委員長(關孝)
  • 305  2番(日下俊)
  • 306  委員長(關孝)
  • 307  副市長(藤井敏和)
  • 308  委員長(關孝)
  • 309  2番(日下俊)
  • 310  委員長(關孝)
  • 311  商工観光課長(遠藤亨)
  • 312  委員長(關孝)
  • 313  2番(日下俊)
  • 314  委員長(關孝)
  • 315  商工観光課長(遠藤亨)
  • 316  委員長(關孝)
  • 317  2番(日下俊)
  • 318  委員長(關孝)
  • 319  市長(布施孝尚)
  • 320  委員長(關孝)
  • 321  2番(日下俊)
  • 322  委員長(關孝)
  • 323  商工観光課長(遠藤亨)
  • 324  委員長(關孝)
  • 325  委員長(關孝)
  • 326  11番(及川昌憲)
  • 327  委員長(關孝)
  • 328  農村整備課長(可野嘉裕)
  • 329  委員長(關孝)
  • 330  11番(及川昌憲)
  • 331  委員長(關孝)
  • 332  農産園芸畜産課長(髙橋一紀)
  • 333  委員長(關孝)
  • 334  11番(及川昌憲)
  • 335  委員長(關孝)
  • 336  委員長(關孝)
  • 337  委員長(關孝)
  • 338  1番(熊谷和弘)
  • 339  委員長(關孝)
  • 340  土木管理課長(首藤正敏)
  • 341  委員長(關孝)
  • 342  1番(熊谷和弘)
  • 343  委員長(關孝)
  • 344  土木管理課長(首藤正敏)
  • 345  委員長(關孝)
  • 346  1番(熊谷和弘)
  • 347  委員長(關孝)
  • 348  土木管理課長(首藤正敏)
  • 349  委員長(關孝)
  • 350  1番(熊谷和弘)
  • 351  委員長(關孝)
  • 352  土木管理課長(首藤正敏)
  • 353  委員長(關孝)
  • 354  1番(熊谷和弘)
  • 355  委員長(關孝)
  • 356  土木管理課長(首藤正敏)
  • 357  委員長(關孝)
  • 358  21番(及川長太郎)
  • 359  委員長(關孝)
  • 360  警防課長(鈴木秀彦)
  • 361  委員長(關孝)
  • 362  21番(及川長太郎)
  • 363  委員長(關孝)
  • 364  警防課長(鈴木秀彦)
  • 365  委員長(關孝)
  • 366  21番(及川長太郎)
  • 367  委員長(關孝)
  • 368  警防課長(鈴木秀彦)
  • 369  委員長(關孝)
  • 370  25番(岩淵正宏)
  • 371  委員長(關孝)
  • 372  警防課長(鈴木秀彦)
  • 373  委員長(關孝)
  • 374  防災課長(千葉勝範)
  • 375  委員長(關孝)
  • 376  25番(岩淵正宏)
  • 377  委員長(關孝)
  • 378  警防課長(鈴木秀彦)
  • 379  委員長(關孝)
  • 380  6番(浅野敬)
  • 381  委員長(關孝)
  • 382  道路課長(吉野晴彦)
  • 383  委員長(關孝)
  • 384  6番(浅野敬)
  • 385  委員長(關孝)
  • 386  14番(浅田修)
  • 387  委員長(關孝)
  • 388  警防課長(鈴木秀彦)
  • 389  委員長(關孝)
  • 390  14番(浅田修)
  • 391  委員長(關孝)
  • 392  警防課長(鈴木秀彦)
  • 393  委員長(關孝)
  • 394  14番(浅田修)
  • 395  委員長(關孝)
  • 396  警防課長(鈴木秀彦)
  • 397  委員長(關孝)
  • 398  14番(浅田修)
  • 399  委員長(關孝)
  • 400  警防課長(鈴木秀彦)
  • 401  委員長(關孝)
  • 402  14番(浅田修)
  • 403  委員長(關孝)
  • 404  警防課長(鈴木秀彦)
  • 405  委員長(關孝)
  • 406  14番(浅田修)
  • 407  委員長(關孝)
  • 408  消防長(佐々木建待)
  • 409  委員長(關孝)
  • 410  14番(浅田修)
  • 411  委員長(關孝)
  • 412  消防長(佐々木建待)
  • 413  委員長(關孝)
  • 414  14番(浅田修)
  • 415  委員長(關孝)
  • 416  警防課長(鈴木秀彦)
  • 417  委員長(關孝)
  • 418  警防課長(鈴木秀彦)
  • 419  委員長(關孝)
  • 420  14番(浅田修)
  • 421  委員長(關孝)
  • 422  委員長(關孝)
  • 423  消防長(佐々木建待)
  • 424  委員長(關孝)
  • 425  14番(浅田修)
  • 426  委員長(關孝)
  • 427  警防課長(鈴木秀彦)
  • 428  委員長(關孝)
  • 429  15番(佐藤恵喜)
  • 430  委員長(關孝)
  • 431  土木管理課長(首藤正敏)
  • 432  委員長(關孝)
  • 433  15番(佐藤恵喜)
  • 434  委員長(關孝)
  • 435  19番(相澤吉悦)
  • 436  委員長(關孝)
  • 437  10番(佐々木一)
  • 438  委員長(關孝)
  • 439  警防課長(鈴木秀彦)
  • 440  委員長(關孝)
  • 441  10番(佐々木一)
  • 442  委員長(關孝)
  • 443  警防課長(鈴木秀彦)
  • 444  委員長(關孝)
  • 445  10番(佐々木一)
  • 446  委員長(關孝)
  • 447  消防長(佐々木建待)
  • 448  委員長(關孝)
  • 449  12番(佐藤尚哉)
  • 450  委員長(關孝)
  • 451  住宅都市整備課長(小野寺克明)
  • 452  委員長(關孝)
  • 453  12番(佐藤尚哉)
  • 454  委員長(關孝)
  • 455  住宅都市整備課長(小野寺克明)
  • 456  委員長(關孝)
  • 457  12番(佐藤尚哉)
  • 458  委員長(關孝)
  • 459  土木管理課長(首藤正敏)
  • 460  委員長(關孝)
  • 461  12番(佐藤尚哉)
  • 462  委員長(關孝)
  • 463  委員長(關孝)
  • 464  委員長(關孝)
  • 465  1番(熊谷和弘)
  • 466  委員長(關孝)
  • 467  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 468  委員長(關孝)
  • 469  1番(熊谷和弘)
  • 470  委員長(關孝)
  • 471  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 472  委員長(關孝)
  • 473  1番(熊谷和弘)
  • 474  委員長(關孝)
  • 475  学校教育課長(永浦広巳)
  • 476  委員長(關孝)
  • 477  学校教育課長(永浦広巳)
  • 478  委員長(關孝)
  • 479  21番(及川長太郎)
  • 480  委員長(關孝)
  • 481  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 482  委員長(關孝)
  • 483  21番(及川長太郎)
  • 484  委員長(關孝)
  • 485  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 486  委員長(關孝)
  • 487  21番(及川長太郎)
  • 488  委員長(關孝)
  • 489  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 490  委員長(關孝)
  • 491  21番(及川長太郎)
  • 492  委員長(關孝)
  • 493  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 494  委員長(關孝)
  • 495  21番(及川長太郎)
  • 496  委員長(關孝)
  • 497  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 498  委員長(關孝)
  • 499  22番(庄子喜一)
  • 500  委員長(關孝)
  • 501  副市長(藤井敏和)
  • 502  委員長(關孝)
  • 503  22番(庄子喜一)
  • 504  委員長(關孝)
  • 505  副市長(藤井敏和)
  • 506  委員長(關孝)
  • 507  教育部長(志賀尚)
  • 508  委員長(關孝)
  • 509  22番(庄子喜一)
  • 510  委員長(關孝)
  • 511  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 512  委員長(關孝)
  • 513  22番(庄子喜一)
  • 514  委員長(關孝)
  • 515  学校教育課長(永浦広巳)
  • 516  委員長(關孝)
  • 517  22番(庄子喜一)
  • 518  委員長(關孝)
  • 519  学校教育課長(永浦広巳)
  • 520  委員長(關孝)
  • 521  23番(二階堂一男)
  • 522  委員長(關孝)
  • 523  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 524  委員長(關孝)
  • 525  23番(二階堂一男)
  • 526  委員長(關孝)
  • 527  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 528  委員長(關孝)
      平成28年登米市議会定例会 2月定期議会 予算審査特別委員会 会議録
 平成28年3月4日(木曜日)
1.出席議員(24名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君(副委員長) 4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君(委員長)  8番 伊 藤 吉 浩 君
   9番 中 澤   宏 君      10番 佐々木   一 君
  11番 及 川 昌 憲 君      12番 佐 藤 尚 哉 君
  13番 伊 藤   栄 君      14番 浅 田   修 君
  15番 佐 藤 恵 喜 君      16番 田 口 久 義 君
  17番 田 口 政 信 君      19番 相 澤 吉 悦 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君      21番 及 川 長太郎 君
  22番 庄 子 喜 一 君      23番 二階堂 一 男 君
  24番 八 木 しみ子 君      25番 岩 淵 正 宏 君
1.欠席議員(なし)
1.遅刻議員(なし)
1.早退議員(なし)
1.中座議員(なし)
1.説明のため出席した者の氏名
  市   長      布 施 孝 尚 君    副 市 長      藤 井 敏 和 君
  総務部長       千 葉 博 行 君    企画部長       秋 山 茂 幸 君
  市民生活部長     神 田 雅 春 君    産業経済部長     高 橋   巌 君
  建設部長       千 葉 雅 弘 君    市長公室長      中津川 源 正 君
  市民生活部次長	 新 井 誠 志 君	  財政課長	     加 藤   均 君
  市民生活部次長	 千 葉 ますみ 君	  健康推進課長	 佐々木 秀 美 君
  市民生活課長	 佐 藤   豊 君	  国保年金課長	 千 葉   清 君
  教 育 長	     佐 藤 信 男 君	  教育部長	     志 賀   尚 君
  病院事業管理者	 石 井 宗 彦 君	  福祉事務所長	 熊 谷   一 君
  環境事業所長	 千 葉 祐 宏 君	  生涯学習課長	 佐 藤 嘉 浩 君
  子育て支援課長	 鈴 木 文 男 君	  生活福祉課長	 鎌 田 信 之 君
  長寿介護課長	 金 野 信 義 君	  クリーンセンター所長 末 永   隆 君
                          兼衛生センター所長
  会計管理者	     千 葉 幸 毅 君	  環境課長	     木 村 達 之 君
  産業経済部次長	 丸 山   仁 君	  産業経済部参事	 遠 藤   仁 君
  農林政策課長	 岩 淵 俊 明 君	  ブランド戦略室長	 渡 邉   誠 君
  農産園芸畜産課長	 髙 橋 一 紀 君	  農村整備課長	 可 野 嘉 裕 君
  商工観光課長	 遠 藤   亨 君	  新産業対策室長	 伊 藤 秀 樹 君
  登米産食材販売    三 浦 洋 一 君    農業委員会事務局長  菅 原 貞 治 君
  促進専門監
  農業委員会事務局次長 佐 藤 真 吾 君    建設部次長	     千 葉   修 君  
  危機管理監	     星   茂 喜 君	  土木管理課長	 首 藤 正 敏 君
  道路課長	     吉 野 晴 彦 君	  住宅都市整備課長	 小野寺 克 明 君
  防災課長	     千 葉 勝 範 君	  営繕課長	     小野寺 友 生 君
  下水道課長	     菅 原 和 夫 君    消 防 長	     佐々木 建 待 君
  消防次長	     尾 形 善 英 君	  消防総務課長	 加 藤   勤 君
  予防課長	     高 橋 勝 義 君	  警防課長	     鈴 木 秀 彦 君
  指令課長	     猪 股 久 雄 君	  教育部次長      高 橋 秀 広 君
  教育総務課長     伊 藤 隆 敏 君	  学校教育管理監    小野寺 文 晃 君
  学校教育課長	 永 浦 広 巳 君    活き生き学校支援室長 菊   祐二郎 君
  教育企画室長	 岩 淵 公 一 君	  文化財文化振興室長  佐 藤 貞 光 君
1.事務局出席職員氏名
  議会事務局長     佐 藤 昌 彦 君    議会事務局次長    田 辺 賢 一 君
  議会事務局主幹                 議会事務局
  兼議事・調査係長   菊 地   武 君    議事・調査係主査   浅 井 顕 裕 君
  議会事務局                   議会事務局
  議事・調査係主査   庄 司 美 香 君    議事・調査係主査   主 藤 貴 宏 君
  議会事務局
  議事・調査係主事   稲 辺 大 裕 君	
1.本日の会議に付した事件
  第1 議案第11号 平成28年度登米市一般会計予算
  
          開会 午前10時00分
委員長(關 孝君) 皆さんおはようございます。
 ただいまから予算審査特別委員会3日目の会議を開きます。浅野 敬委員から遅参の届け出があります。
 昨日に引き続き予算審査を行います。
 審査に先立ち、もう一度申し上げます。質疑は要点を整理し、簡潔にお願いします。特に説明員各位については、答弁は要領よく簡潔に願います。
 議案第11号 平成28年度登米市一般会計予算の3款民生費、4款衛生費の質疑の途中でありますが、総務部長から昨日の答弁で訂正の発言があります。総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) おはようございます。
 昨日、佐々木 一委員からご質問のありました「本庁に集約する業務を支所でも受け付けるのか」という問いに対しまして、「両方でそれは受け付けをします」というふうな答弁をしましたが、それは一時的な受け付けについては従来通りなのですが、本庁に移った業務については基本的には本庁で行いますが3ヵ月、移行後3ヵ月ついてはスムーズな移行を行うといことで、両方でその事務を行うということに訂正させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

委員長(關 孝君) 次に、環境課長から昨日の答弁で発言の訂正があります。環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) おはようございます。
 昨日の二階堂委員の「長沼の水質対策の予算が計上されていないが」の質問に対しまして、「蓮の適正管理は県で行う」と沼全体の蓮の適正管理を行うような誤解を招く答弁でありましたので、正しくは「ダムの管理上必要となるボートの航行旋回を考慮し、長沼ダム副堤及び各トンネルの水閘の水際から50メートルの範囲は、蓮刈りを県で行う」ということに訂正させていただきます。よろしくお願いいたします。

委員長(關 孝君) 引き続き質疑を行います。質疑ありませんか。熊谷和弘委員

1番(熊谷和弘君) それではですね、概要の67ページの住宅用新・省エネルギー設備導入支援事業費についてお伺いいたします。別冊2の24ページに詳しく載っておりますので、こちらで質問させていただきます。
 事業概要の(5)ですね、補助見込み件数及び補助金額ということで3つ載っておりますけれども太陽光発電システム、これは今年度も補助金を出しておりますけれども、今年度のこれまでの実績について、まずお伺いをいたします。

委員長(關 孝君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) 3月1日時点で110件の申請がございました。

委員長(關 孝君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 補助金額的にはいかがでしょうか。

委員長(關 孝君) 環境課長、木村達之君

環境課長(木村達之君) すみません。ちょっと金額の方おさえてきませんでした。申し訳ございません

委員長(關 孝君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 110件ということで、これは今年度の見込みの件数に対してはどういった現状でございましょうか

委員長(關 孝君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) 今年度の見込み件数は115件でございます。

委員長(關 孝君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 恐らく今年度はほぼ予定通りということではないかなと思いますけれども、この現状ほぼ予定通りというに対してはどのように評価されているか。

委員長(關 孝君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) 昨年度まで、既存住宅の施工に対する業者設定がございまして市内業者に限られていましたが、27年度からその業者要件を撤廃したことによりまして、既存住宅の設置割合が増えているということで、おおむね26年までは平均して80件ペースで来ていたものが、現在115件の見込みになるまで増えてきたということでございます。

委員長(關 孝君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) その他については今年度からということでありますので、やっぱり市長の施政方針でもですね、「再生可能エネルギーの利活用を推進するため」として述べられておりますので、力を入れるものと感じておりますけれども、具体的に市民へのお知らせ、周知ということではどういった形でやっていくのか。お伺いいたします。

委員長(關 孝君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) 広報でお知らせすることと、ホームページの方に掲載させていただきます。

委員長(關 孝君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) やはりですね、確かに広報なんかにも載っていますけども、以外と知らない方がまだまだ載っていても「見ていない」とかですね、「知らなかった」と言う方、私もよく言われたりしますので、やっぱりあと当然ホームページなんかだと余計に年配の方なんか見ていなかったりということあるので、この辺もですね、せっかく一応あるだけじゃなくて、実際にこの補助金もちゃんと利用して設置していただいて、初めて意味があると思いますので、その辺もぜひ。今言ったホームページだとか、あるいは広報だけじゃなくて、またしっかりそれ以外なんかも検討していただきたいと思いますけれどもいかがでしょうか。

委員長(關 孝君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) 周知方法について再度検討させていただきます。

委員長(關 孝君) ほかに。佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 2点ほどお伺いをいたします。
 63ページのですね、健康診査費についてお伺いをしたいと思います。
 その中でですね、特に特定健康診査委託料ということなんですけれども今、登米市の方では第2期の特定検診実施計画ということで25年度から実施されているというふうに思うんですが、前の計画の中での反省の中でもですね、受診率は高いんですけれどもその後の実施指導がかなり低いということなんですが、最近の第2期目のですね、検診の受診率と実施率はどういうような推移になっているか。まずそこからお伺いをしたいと思います。
 それからもう1点、前議員も質問したのですけれども、そのエネルギーの中で今回、木質バイオマスのペレットと薪の暖房機器の設置事業ということで5件を予定されているんですけれども、ペレットに関しては市内に今1業者、生産しています。薪に関しては、いろいろ製材業者の方で設置しているところもあるようには見えたのですけれども、そういった材料の供給に関してのいろいろ調査とか何かはされているのかどうか。その点についてお伺いしたいと思います。

委員長(關 孝君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 特定健康診査についてご質問ということで、お答えいたします。
 特定健康審査については、40歳以上については国保の事業として計上してございますが、衛生費の方であげておりますのは20歳から40歳未満の方々の分の予算を計上してございます。ご質問の内容については、特定審査の40歳以上分、国保でやっている分が違うだろうと認識いたしますので、そちらでお答えいたしたいと思います。
 今までの状況ですと25年、26年度の傾向については、受診率については同様に60%を超えておりますが、特定保険指導についてはなかなか上がらず、26年度については6.3%の受診率ということで県内でも低く経過しておるところでございます。
 このあたりにつきましては再度、国保と協議いたしまして、国で定めた方への受診の勧奨はもとより、再度対象者をさらに限定して特定した形で、行動の変化が見れる形でできないかところで、実施については検討いたしているところでございます。

委員長(關 孝君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) 薪の材料の供給に関してでございますが、特に登米市内の方へは調査の方はしてございません。材料の供給につきましては、栗原にある日本の森バイオマスネットワークの方で薪の方の供給も行っているということで、そちらの方からの供給も可能だという認識でおります。

委員長(關 孝君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) じゃあ特定健診のいろんな実施率に関しては、国保で聞いた方がいいんですか。であればその時に聞きます。わかりました。
 今のエネルギーの関係なのですけれども、前に環境市民会議の中の講演会でちょっと話が出た中で、ヨーロッパでは農家の冬の副業としてそういった薪の生産とかもやってるという形で、国内でもやっているような話は聞きますけれども、そういった間伐材とか何かを利用した形での供給体制、そして農家の冬の副業という面でもですね、かなり有効ではないかということで、確か木の駅というような構想もあったようには聞いているんですけれども、そういったペレット、薪ストーブの供給だけでなくて、そういった循環するような形での今後の構想というのはないのですか。

委員長(關 孝君) 市民生活部長、神田雅春君。

市民生活部長(神田雅春君) 今、お話ありましたヨーロッパの関係でございますが、ヨーロッパの方は、私も研修会出させていただきまして、薪を使った発電とかですね、そういうのまでみんなやられているということでございます。
 ただ、今市内の森林につきましては、まだ木の表皮等に放射能が若干残っているということもございまして、燃やす燃料としてはなかなか難しいのかないうふうに考えてございますが、木でも芯部分については、あまりそういうような放射能はないということも一応出ておりますので、そういうのも使いながらできればなというふうに考えてございます。
 今の薪等のですね、その辺の森林組合等の取り組みについては、産経部長の方から答弁させていただきたいと思います。

委員長(關 孝君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 市内の現に生産・供給している箇所としては、ペレットについては1業者ございますし、あと薪については登米の森林組合で、これはあの生産・販売をしているというふうな状況が市内ではございます。
 そういう今後の方向性につきましては、ただいま放射能の問題、市民生活部長の方から話がありましたが、そういった課題があるわけではございますがこれは全体的な木質バイオマスの利活用というふうな面で、産業経済部といたしましてもこれは今後の大きな取り組みをしたいという方向性で考えているところでございます。

委員長(關 孝君) ほかに。佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) 概要47ページ、お願いします。
 そこにですね、ボランティア協会への補助金がございます。これまでずっと補助額は59万円できたんです。今年はですね、今度は60万円と1万円上がったんですけれども、何で上がったのかということでお願いします。

委員長(關 孝君) 生活福祉課長、鎌田信之君。

生活福祉課長(鎌田信之君) ボランティア協会の補助金でございますけれども、こちらにつきましては今年度に補助金審査適正委員会というふうなものがございまして、そちらに審査の提案をするために生活福祉課の方で事業関係を精査いたしまして、60万円ということで計上したところでございます。

委員長(關 孝君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) 実情をしっかりと調査してからですね、予算措置なりしてほしいなと。今、友の会9団体ですね、ここで配分しているんですけれども、同じように均等割りにしようか、それともボランティアの会員の数によって分けようか、そういったことでですね、少ない予算を有効に活用する方法をやっているんですけれども、そういうふうな時に1万円上げるということなんです。
 そういうふうなことでいいのかなということなんですけれども、私も帰って説明しなきゃならないのでお願いします。

委員長(關 孝君) 生活福祉課長、鎌田信之君。

生活福祉課長(鎌田信之君) ボランティア協会からの実績報告というものを参考にしまして、それぞれ対象経費でありますとか積算の考え方を精査いたしまして、今回59万から60万円ということで計上させていただいた経過がございますので、その辺ご理解をお願いしたいと思います。

委員長(關 孝君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) 全然わからないですけれどもやめます。

委員長(關 孝君) ほかに。岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) 別冊資料の方の先ほど熊谷委員がちょっと質疑して足らないところというか、確認したいと思います。
 事業目的ですね、「地球温暖化の原因である二酸化炭素の排出量削減」というのが第一の目的のように捉えられます。住宅用にした理由、例えば住宅用じゃなくても休耕地とか耕作放棄地等、日当たりの良い場所等に設置した分の補助等についてはどうなるのか。
 それからこれまで27年以前ですね、この補助を利用して、例えば4キロワットを使っていたと。増やしたいといった場合は対象なるのかどうか、それが一つ。
 それから過去には設置業者、市内業者の設置の分というような制限があったような気がしますが、今回はこれ見るとその分はないように感じるわけですが、市外の業者さんを利用してもこれは対象なるのか。その三つをまずお聞きしておきます。

委員長(關 孝君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) この補助金につきましては、あくまでもの住宅用ということで要綱の方を整備させていただきましたので、農地の方において売電とか行う部分については対象外という考えでおります。
 それと増基ですね、例えば4キロワットを5キロワットに増やすという部分につきましては、今年度までの要綱上はオーケーという形になっておりましたが、新たな要綱では一人につき1回という部分で考えて、要綱の方をつくらさせていただいております。
 それから業者でございますが、市外業者の縛りが26年度までございましたが、27年度から市外業者のしばりを撤廃した要綱をつくって、本年度運用したということでございます。

委員長(關 孝君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) 大体わかりました。
 あと新エネルギー、省エネルギーの観点で、まだ一般には普及しておりません。これからもし増えるであろう、例えば小型の家庭用というか風力、それも今だいぶ研究されてきております。これは普及のめどがたってからとは思いますが今後、登米市で二酸化炭素排出量削減という目的であれば、その検討も今後視野に入れてほしいなというところでございます。
 それからあくまでもこの二酸化炭素の排出量削減であれば、農地に付けたって二酸化炭素量削減になると思います。荒らしておくよりも有効に利用するという観点から、何らかの方策を今後検討する気があるか、ないかだけちょっと確認しておきます。

委員長(關 孝君) 市民生活部長、神田雅春君。

市民生活部長(神田雅春君) ただいまご提案のありました家庭用の風力発電、小型の風力発電だと思いますが、今の風力発電の小型につきましては、まだまだ性能的に追いついていないということでございまして、ある程度そういうのがめどが立つような形になれば、その辺につきましても検討してまいりたいと考えております。
 それから農地にということになるとどうしても売電というか産業用という形になってしまいますので、その辺につきましては今回の補助の方からは外させていただいております。

委員長(關 孝君) ほかに。八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) 私からは、老人福祉についてお伺いしたいと思います。
 予算を見る限り、元気老人に対してのいろんな施策はみられますが、介護が必要な高齢者の施策といいますか、特に痴呆老人についてお伺いしたいのですが・・・痴呆老人じゃない、痴呆の高齢者の方ですね、失礼しました。認知症ですね。私が認知症になったような、大変失礼いたしました。訂正して質問したいと思います。
 認知症でございますが、かなり認知症の方が増加している傾向にございます。この間もいろいろと徘徊の事件があって裁判まで行ったということでございますが、この予算を見る限り、そういう認知症に対する予算がどこに組み込まれているのか、まずお伺いしたいと思います。

委員長(關 孝君) 長寿介護課長、金野信義君。

長寿介護課長(金野信義君) 一般会計の老人福祉費の方にはですね、認知症対策関係につきましては予算措置はございませんが、介護保険特別会計そういった部分で、認知症総合対策ですか、新年度から始まります。そういった部分の予算計上はさせていただいております。

委員長(關 孝君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) そうしますと介護保険の項目には載っているわけですね。ですが市の方ではですね、24年それから25年にわたって東北大の協力を得てですね、いろんな調査研究していますね。その結果はどうなって、どのように生かされているんでしょうか。
 それから24年度には登米市民病院の方に物忘れ外来を開設したと。そのかかりつけ医いいますか、そういった運用は今でも続いていて、どのような傾向になっているかお伺いしたいと思います。
 まず、この東北大学の協力を得て調査研究を進めた結果、いろいろとこの結果に基づいて市の方では、「登米市独自の認知症対応のシステムの構築を図っていく」というふうなことをうたっております。これ2カ年です。24年と25年。このシステムとはどういうものか。全然、私たちには見えないんですが、このことについてお伺いします。

委員長(關 孝君) 答弁。市民生活部次長、千葉ますみ君。

市民生活部次長(千葉ますみ君) ただいまの平成24年、25年に行われた東北大学の認知症の調査の結果ということですけれども、その結果につきましては、登米市内にどの程度の認知症の患者さんがいらっしゃるのか。それから予備軍としてどういったような方がいらっしゃるのか。その予備軍の方に対して、どのような対策を立てて行ったらいいのかといったような事業の基礎資料とさせていただきまして、それを第6期介護保険事業計画に生かさせていただいたところでございます。

委員長(關 孝君) 補足ありませんか。その結果。続けて。

市民生活部次長(千葉ますみ君) その結果につきましては大変申し訳ありませんが、本日手元に資料持ってきておりませんけれども、全国的な認知症の発症率、それから認知症の予備軍といった数値的なものとしては、登米市内は大きく変わりはないといった結果をいただいておりまして、それに基づいて事業を実施しております。

委員長(關 孝君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子委員) その調査なんですがね、これは多分国が今から5年くらい前にこの認知症対策を拡充するということで、いろんな指針を出しました。その結果に基づいて進めたと思うんですが、いろいろですね、その成果というか対策に生かされていないというふうなことを感じたもんですから今、お伺いしたんです。
 そうしますとですね、登米市にこの認知症の方、おおよそでいいですから何人くらい、予備軍の何人くらいいらっしゃいます。
 それからあといろいろと行方不明とかなってね、警察から連絡のあった方、どれくらいいらっしゃるか。数字でお願いします。

委員長(關 孝君) 福祉事務所長、熊谷 一君。

福祉事務所長(熊谷 一君) 認知症調査につきましては、委員お話のとおり24年、25年と2ヵ年で長寿介護課の方と健康推進課の一体的な事業として実施しております。その調査結果はにつきましては、認知症につきましては今まで厚生労働省で出されていました認知症の人口に対するパーセントと同じ様な中身で、登米市内でもそういう実施結果が出ました。
 今年の認知症の人数と思われる部分については、約2,500人というような形で人口に対しての率というようなことで、東北大学からの調査結果にもそういう率で報告をいただいているところでございます。
 また、その対応につきましては、昨年からいろいろ介護保険の関係でご説明申上げましたけども、認知症対策といたしまして包括支援センターの方に支援員を置きまして来年度、28年の4月からその包括支援センター等で配置いたしました支援員を活用して、登米市独自の活動といたしまして28年度から介護保険会計でご説明申上げましたけども、認知症総合事業、それからその事業の中でですね、いろいろの市内の認知症カフェとそれから認知症サポーターの養成等をこれまでも実施してきたところでございます。
 特にその認知症対策については28年度から重点的に取り組むというようなことで、今回介護保険特別会計の方に計上させていただいているところでございます。

委員長(關 孝君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) 予備軍どれくらいですか。それから行方不明になって、いろいろ報告あった方。

委員長(關 孝君) 福祉事務所長、熊谷 一君。

福祉事務所長(熊谷 一君) ただいま手元の方には持ってきておりませんので、特別会計の介護保険会計の審議の中でご提示させていただきたいと思いますけれども。

委員長(關 孝君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) すぐ答えられないような調査を今までやってきたのかなというふうに思いますが、やはりこの問題は単独ではできない。いろいろと地域の協力も得なればないし、それからいろんな関係者、病院含めてね、連携を取りながら対応しないとうまくないと私は思います。
 いろいろ今年度もですね、28年度に対する市長の施政方針もいろいろ包括支援センターへの認知症地域支援推進員の配置、それからサポーターですか、サポーターの養成を進めると。このサポーター養成というのは前から出ているんですよね。何人ぐらいいらっしゃるんでしょうね、こういう方々ね。
 そうやって認知症対策の強化に取り組んでいるというふうなことなのですが、この老人福祉の方に何も出てなかったから今聞いているんですが、やっぱり一貫した取り組みをしないとなかなか成果が見えない。私の地域の中でも老老介護、もう家族が子供が離れてますから、その中で認知症の方が出てきて大変な思いしているんですよ。その対応が本当にどうしたらいいかということで、地域もどのような手当したらいいかがわからなくて、そういう経過もございますから、この問題には本当に高齢者が増えてくる。そして介護が必要な高齢者が増加するというふうな中で、しっかり取り組んでいただきたいと思います。

委員長(關 孝君) 福祉事務所長、熊谷 一君。

福祉事務所長(熊谷 一君) 今回の一般会計の高齢者福祉につきましては、介護の状態が必要な方についての予算計上はされておりません。介護の関係、特に今委員お話の認知症関係につきましては、介護の特別会計の方で予算計上をさせていただいて対策をとっているところでございますので、特別会計の中で詳細についてはご説明申し上げたいと思います。

委員長(關 孝君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 概要の66ページ、市営墓地管理費についてお尋ねをいたします。
 各墓地につきましては、共同墓地はその該当者が自ら土地を求め、あるいは区画整理の工事を自ら行い、そして管理を墓地管理組合、あるいは何かの会をつくって、応分な会費収めて墓地管理をいたしておるのが実情でございます。
 市営墓地の管理費、今回清掃業務委託料計上されてございますし、また区画整理事業費、工事の請負費も計上されてございます。
 そこでお尋ねをいたすわけではございますが、使用料について、あるいは手数料ですか、計上されておりますが、やはり墓地管理については今、協働のまちづくりを推進している中で、やはりこの管理は墓地管理組合とかそういう該当者としてそういうふうに移行する時期ではないのかいうふうに思料するわけでございます。歳入の中には督促手数料などもここに科目設定をしているようですが、いろいろ事務も煩雑になって担当者も苦慮しているのではないかというふうに思ってございます。いずれそういう時期ではないかというふうに思うのですが、その方向性についてどのような見解をお持ちでしょうか。

委員長(關 孝君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) 市営墓地につきましては、市営迫佐沼墓地条例に基づいて管理を行っているということでございます。
 それと管理組合の移行についてですが、佐沼墓地には市外の利用者も結構入っているということでございまして、管理組合の設置に移行するのはなかなか難しいのではないかということでは考えております。

委員長(關 孝君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 今どこも後継者不足で元の墓地でない、やはりお子様がそちらの方に行って、家族なられて帰ってこないというそういうのが散見しているわけですよ。その佐沼の市営墓地のみならずそういう今流れでございまして、そういう中でやはり旧町の条例とはいえ、やはり時代に沿った様々な改革はしていかなければならない。難しいのではなく、「それを改革するにはどのようにしたらいいのかな」というようなことの方策等々、何か検討した経過はございますか

委員長(關 孝君) 環境課長、木村達之君。

環境課長(木村達之君) 特に検討は行っておりません。

委員長(關 孝君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一委員) 検討を行わないでやる気はないのかどうかですが、督促料まで科目設定しているわけでございまして、非常にこの管理については事務方で苦慮されているというふうに思ってございます。いろんな今、先ほども申しましたけれども、市を挙げて協働のまちづくり、「自分たちでできることは自分たちでやろう」というような、市外の方がいらっしゃっても何かのゆかりがあってそこに墓地を求めてらっしゃるわけですから、そういう中でやはりいつまでもこうではないんだよという方向付けをして、やはりなんか「市営墓地でやっているからみんなお任せでいいんだ」という思いのみならず、やはり先祖を供養する、「自分たちでやるのは自分たちでやれる」いうようなそういう方向性を示していかなければ、これからの時代に合わないのではないか。まして市で協働のまちづくりということを強く力を入れて様々な施設管理等々、今回もB&Gを一つにまとめてちょっと異論があったわけですが指定管理に一元化するというなことで、非常にこれから定数削減もどんどんされている中でそういう方向性がまだないということですが、課長はないようですが部長さんはどうですか。

委員長(關 孝君) 市民生活部長、神田雅春君。

市民生活部長(神田雅春君) ただいま委員申しましたとおり、この佐沼墓地以外にですね、条例で定めている墓地、石越、津山等にございます。そのほかにもですね、条例に載ってない市営墓地というのが数多くございまして、その取り扱いについては非常にまちまちな状況になってございます。
 その辺どのような形で一本化できれば一番いいと思っておりますので、その辺ちょっと検討させていただきたいと思います。

委員長(關 孝君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一委員) まあ検討、そういう答えだと思うんですが、なかなか検討しても「いつ頃まで、どのような方向性」とかそういう検討のプロセスと申しますか、今ございますか。

委員長(關 孝君) 市民生活部長、神田雅春君。

市民生活部長(神田雅春君) 今ご提案ありましたことにつきましては、これからということでご理解いただきたいと思います。

委員長(關 孝君) ほかに。氏家英人委員。

4番(氏家英人君) 環境事業所長にその考えをお尋ねしてみますけれども、概要の68ページに載っております塵芥処理費の部分、指定ごみ袋についてでございますけれど、よく高齢者とか主婦の井戸端会議等々でよく話題に出るので、ちょっと考え聞いてみたいなと思うんです。「10袋500円というのは高い」というお話よく聞くんですが、その辺どういうふうにとらえていますでしょうか。

委員長(關 孝君) 環境事業所長、千葉祐宏君。

環境事業所長(千葉祐宏君) ごみ袋の料金のお尋ねでございます。
 現在の登米市ではですね、平成9年4月からごみの有料化制度というものを立ち上げまして、ごみ処理費用の一部を皆さまにご負担いただくという考え方でございます。それで1袋、約40リットルから45リットル入りでございますが、そのうち1枚50円でお買い求めていただいておりますが、そのうち34円相当がごみ処理の費用に充てているという状況でございまして、ご理解をいただきご購入をいただいているところでございます。

委員長(關 孝君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) では、10枚500円は決して高くはないんだというふうな見解ということなんでしょうかね。でもやっぱり一般的には高いんじゃないかと。「隣の町ではもっと安いのに」とか。あるいは「10袋セットじゃなくて5袋でいいんだ」とか、もうちょっと買いやすいというか、やっぱり高齢者とか主婦層はそんなふうにお話ししております。
 だからなんと言いますかね、もったいないのでぎゅうぎゅう詰めにしてしまうんですよね。ぎゅうぎゅうぎゅうぎゅうに詰めて結局ごみに出すので、要は燃えにくいごみを出しているんですよ、要はもったいなくて。あの焼却施設に負荷がかかってしまっているのかなというふうにも感じるところなんですよ。もうちょっと若干、例えば400円くらいで売るとかいうふうにしてですね、余裕をもってごみを出してもらった方がよほどいいと思うんですけれど、どんなふうに思います。

委員長(關 孝君) 環境事業所長、千葉祐宏君。

環境事業所長(千葉祐宏君) ごみの指定袋が登米市が高いというお話でございますが、これは先ほども申しましたが、ほかの市町村ではその中にごみ処理分を転嫁しないという市町村もございますので、そこと比べれば当然高いのということになります。
 それから「現在10枚入りで販売しております袋、5枚にできないか」というお話しですが、可燃ごみの指定袋につきましては年々販売枚数が増えておりますので、これまで通りですね、需要が多いということですので10枚入り、そのままにしたいと考えてございます。
 それから燃えないゴミの指定袋でございますが、こちらはそう何回も使わないというようなお話しもご指摘のようにございましたので、27年度からですね、今まで10枚ワンセットだったのを5枚ワンセットにさせていただきまして、販売をしているところでございます。

委員長(關 孝君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) なるほどよくわかりました。そういうふうな状況の変化によってですね、柔軟に対応していく姿勢を示していっていただきたいというふうに思います。終わります。

委員長(關 孝君) ほかにございませんか。
 これで3款民生費、4款衛生費の質疑をお終わります。
 ここで説明員入れかえのため、暫時休憩します。
 
          休憩 午前10時44分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時46分
 

委員長(關 孝君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に5款労働費、6款農林水産業務費、7款商工費について質疑を行います。
 質疑ございませんか。佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) 概要書のですね、78ページの稲わらの一時保管に要する経費ということで出ているわけですけれども、その中の委託料ということで1,711万3,000円計上なっているんですけれども、昨年が約800万で倍以上の予算計上なっているんですが、まずもってこの倍以上になった経過といいますか、原因をまずお聞きをいたします。

委員長(關 孝君) 農業園芸畜産課長、髙橋一紀君。

農業園芸畜産課長(髙橋一紀君) 汚染稲わらの委託料についてお答えをいたします。
 平成28年度につきましては、汚染稲わらの保管庫の補強を予定してございます。この金額で大体700万程度の委託料を増額というふうな形で計上させていただいているところでございます。

委員長(關 孝君) 佐々木一委員。

10番(佐々木 一君) これは、じゃあわかりました。
 それとですね、新聞報道になったわけですけれどもこの汚染稲わらに関しましてですね、環境省で放射能の再測定をした結果、基準値を上回る放射性物質が3分の1に減ったといったような報道がありましてですね、わたくしが大変びっくりしたのですけれども、その中でこの「再測定をした」という報道があるんですが、この再測定の方法ですね。ロールを一個一個一個測定したものか。県内39カ所で行ったようでありますけれども、この入っている情報ですね、どういった方法で測定したのかまずその辺をお願いします。

委員長(關 孝君) 農産園芸畜産課長、髙橋一紀君。

農産園芸畜産課長(髙橋一紀君) 汚染稲わらの再測定についてお答えさせていただきます。
 まず、調査機関につきましては、昨年8月から本年1月まで実施をいたしてございます。宮城県内の全ての指定廃棄物を対象として、環境省が再測定を実施したものでございます。宮城県における指定廃棄物の数量につきましては、3,404トンとなってございます。ただこのほかにもですね、指定されてはおりませんけれども汚染された稲わら等がございますが、これらについては対象から除外されているところでございます。
 まず、調査の方法といたしましては、同一保管場所に複数のビニールハウス等が設置されている場合につきましては、ビニールハウスごとにサンプルを取りまして、それを測定をして単純平均をするというふうな方法で測定をしたわけでございます。
 その結果になりますけれども、県内には59カ所の保管場所がございます。そこで3,404トンが保管されているわけでございますけれども、そのうち800ベクレル超えるものということで1,090トン・・・失礼しました。8,000ベクレルを超えるものということでですね、1,090トンが出ております。それから8,000ベクレルを下回るものということで、2,314トンとなってございます。
 全体の3分の1程度になったという報道につきましては、この数字を基に報道されたものでございます。
 あと、市内の物につきましては、市内には2,235トンの稲わら等がございますけれども・・・
 (「いいのいいの。その方法だけ聞けばいいの」の声あり)

委員長(關 孝君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) それでは、この測定方法ですけれども、ビニールハウスごとにサンプルを取って測ったように思うんですが、一個一個計ったんではないんですよね、これね。もちろん奥には入れませんから、奥の方はどうなっているのかわからないわけですよね。ただその表、見えるところ、行けるところをちょっと取って、サンプルを取ってその分で3分の1なったということでありますけれども、この3分の1もだから、環境省では「市町村が1番当初、余計なくらい申請したのではないですか」という報道もあったんですけれどもね、もうそこから行くと根本的にもう崩れてしまうんですよね。
 ですから今後の対応ですけれども、それも報道によりますと「基準値を下回った廃棄物の処理に関しましては、首長と協力し時間をかけて処理することが重要であります」。そう取りますとこれからやはり市長ところですね、いろいろこれから年度内に県内の首長会議を開くということで知事のコメントが出ておりましたけれども、そういった中でですね、私ちょっと心配になったのが2月18日にありました報道でありますけれけど、新聞ですね。「県内で最多の稲わらを一時保管するする登米市の布施孝尚市長は、放射性濃度が下がったのは環境省の無策で事態が長引いた結果なのに、そのつけを市町村に押し付けるのか」、全くそのとおりですね。「登米の処分場の処理能力はそう高くなく、指定廃棄物から一般廃棄物になった分を処分するのに何年かかるかわからないと頭を抱えた」というふうに報道なっております。頭を抱えたということは、何となく一般廃棄物と一緒に処分するのもありかなというようなですね、これまでは絶対当市のですね、焼却場では処理はしないということで断言しておったんですけれども、それがゼロではなくなったのではないかと何となく心配になったのですけれども、その辺はないとは思いますが市長、ちょっとお願いいたします。

委員長(關 孝君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 当市といたしましては、一般廃棄物の処理も実際には行っておらないという状況でございまして、基本的には8,000ベクレル以上の指定廃棄物のみならずですね、結局そういったものを焼却処分、要するに濃縮をすれば当然濃度は高くなるわけでありますので、そういった意味でもしっかりとした集中保管をすべきということで、ずっとこれまでもお話をしてまいったところでございます。
 そういった意味では、8,000ベクレル以下になったからといってですね、これは時間がたてば減るのは当然わかっていたことでありますので、そういった意味ではそういった機関の中でしっかりと処理をすれば、そもそもそれが本来なされるべき取り組みであったというふうな認識をしております。
 今後ともそういった形の中でですね、我々は国の責任においてしっかりとするという方向性についてしっかりとお話をして行きたい。また、国の方でも指定廃棄物の量が減ったとは言いながら、それ以下のものについてもやはり減量化することで高濃度になるものが相当数あるということで、そういった部分も最終処分場で処分をするということは環境省の方でも述べておりますので、しっかりとその旨、履行されるようお伝えをしてまいりたいと考えております。

委員長(關 孝君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) 本当にその辺は強くですね、言っていただきたいというふうに思います。
 それと施政方針もあったんですけれども、その8,000ベクレル以下の一般廃棄物の処理ですが、これに関しましてもなかなかですね、指定廃棄物でさえ今なかなか見通しの立たない中で、これも早急に何とか結論を見出さなければならないのですけれども、そこにつけてもこの焼却という分には、ぜひとも避けていただきたいというふうに思うわけでございます。
 ちょっと資料をもらったんですけれども、現在の最終処分場の放射性のセシウム関係の測定をずっとしているわけでございますが、これは放射性物質、一切今のところ燃やしていないんですが、やはり震災後うちの方にですね、ほかの市町から搬入して焼却した経緯がありますけれども、そういったのが影響しているかなと見えるようなですね、数値はあまり高くないですけれども当初、平成25年度頃は、基準できなかったんですね。ずっとND、ND、NDときているんですけれども、この頃はですね、このNDっていうのがなくなって、数値は低いんですけれどもずっと数値は出ているんです。それもいくらかずつ上がっているんですよ。ということは浸透して来て、今出口にいくらか出てきているのかなと私感じるですけれども、今後一切放射性物質を燃やさなくてもですね、やはり出ているんです、現在ね。現実として。
 そういったことを考えますといくら8,000ベクレル以下であっても、これはやはり長い目で見ますとですね、必ず大きな数字になってくるのではないかと大変、私危惧するわけですけれども、ここで一般廃棄物の処理に関しましても焼却だけはぜひとも、その方法は取らないということを明言していただきたいと思います。それをしていただかないことにはですね、現在これから新クリーンセンターあるいは最終処分場もあらまし完成に近づいてきたんですけれども、それにもかなり私は影響が出るのではないかと思いますので、ここはもう市長にですね、「その辺も大丈夫だ」ということで一言語っていただければというふうに思います。

委員長(關 孝君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) まず、誤解のないようにお話をさせていただきたいと思います。
 まずですね、今回の原発事故の以前から土壌中に限らず様々なものに放射性物質が含まれております。そしてそういった中にあってですね、例えば一般の食品等についても天然由来の放射性物質等はやはり含まれておりますので、ある意味焼却した焼却灰の中にあっても放射性物質がゼロということはないということでございます。
 また、そういった意味では、これまでもそうでありますけれどもクリーンセンター等で汚染された一般廃棄物の焼却等については一切行っておりませんので、誤解のないようにぜひご理解をいただきたいというふうに思っております。
 我々といたしましても、やはり安心・安全な取り組みをしっかりと進めるということと、そしてそれらに対応する対策といたしましては、やはり非常に一般廃棄物等についても大きなボリュームがありますし、またそういった部分に対して懸念をされている住民の皆さんも数多いということもございますので、しっかりとそういった部分については国の責任において集中した、そしてより安心・安全な処理と保管の方策を求めてまいっておるところでございます。この基本的なスタンスは変わっておりませんし、これからも変わりませんので、ぜひご理解をお願い申し上げたいというふうに思います。

委員長(關 孝君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) 今の市長のあれはいいですけどね、自然界あるいは天然の、当然これはあるのはわかっているんですけれども、測定値を見る限りですね、平成26年5月21日まではないんですよ、ずっと。ND、NDと。要は測定できないんですよね。それ以降出てきているんですよ。ということは、震災後の一般の家屋が倒壊なんかのやつで燃やしたやつ恐らくそれが、その灰の溶解したやつが恐らく浸透してきて出ているのではないかなと。当然、私はそうだと思うんです。その前まではないんですから、自然界にはあっても。26年の5月21日前までは出ていないんです。測定値の数値が。それ以降ずっと出ているんですよ、低いんですけれども。
 そういったことで自然界ではないんです。これ明らかに。ということをまず申し上げたいと思います。いいです。あと終わります。

委員長(關 孝君) 質疑の途中ですが、ここで10分間休憩いたします。
 
          休憩 午前11時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時09分
 

委員長(關 孝君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 質疑はありませんか。熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 概要の75ページの農作物生産安定対策費の中の鳥獣被害対策に要する経費についてお伺いいたします。
 今年度の分を見ますとこの鳥獣対策の分は、環境保全型農業推進に要する経費という部分に入っているので今年度と来年度のちょっと比較ができないんですけれども、これ今年度と来年度の比較で増えているのか、減っているのかこの辺はいかがでしょうか。お伺いいたします。

委員長(關 孝君) 農産園芸畜産課長、髙橋一紀君。

農産園芸畜産課長(髙橋一紀君) 鳥獣被害対策費についてお答えをいたします。
 本年度につきましては新たにですね、負担金、補助金及び交付金の欄に農作物鳥獣被害対策補助金を計上させていただいてございます。この分について増額になっておるというふうにお考えいただければと思っております。

委員長(關 孝君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 全体では、例えば金額でもいいですし、あるいは何パーセントでも何割でもいいですけども、ざっとでもいいんですが、どのくらい増えているのか。

委員長(關 孝君) 農産園芸畜産課長、髙橋一紀君。

農産園芸畜産課長(髙橋一紀君) 大変申し訳ございません。昨年と項目の組み方を変えてございまして、その分でどれだけと増額になっているかということにつきましては、そのパーセンテージでのお示しはできなかったわけでございます。大変申し訳ございません。

委員長(關 孝君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) ただやはり来年度予算で、やはり今、鳥獣対策、被害対策これは本当に深刻な問題でありますので、市として「とにかく予算もしっかり来年度はつけるよ」とかですね、そういった思いとかその辺あたりはどういうふうに来年度これに対応していくのか。

委員長(關 孝君) 農産園芸畜産課長、髙橋一紀君。

農産園芸畜産課長(髙橋一紀君) まず、平成27年についてなんですけれども、今まで2団体で実施しておった有害鳥獣駆除実施隊というふうな非常勤特別職の隊を昨年度から編成をさせていただいたところでございます。
 さらに平成28年度につきましてはですね、新たに農作物への被害防止を目的に防護柵の設置と鳥獣捕獲の担い手であります狩猟者を確保するための取り組みということで、先ほど説明申上げました農作物鳥獣被害対策事業補助金を設置させていただいたところでございます。

委員長(關 孝君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) いずれですね、本当に年々深刻になってきておりますので、とにかくしっかりとやっていただきたいということだけお願いをいたします。

委員長(關 孝君) ほかに。田口久義委員

16番(田口久義君) 概要、88ページ。大洞第2団地の件でちょっとお尋ねをさせていただきたいと思います。
 現在、造成中であるますけれども、この隣接地にもゴルフ練習場があるわけでございますが、今後こうしたゴルフ練習場からボール等が飛んでくる心配はないのかあるのか。造成にあたって支障は今のところはないかもしれませんが、まずもってそのボールの飛び具合といいますか、その辺をどのように判断しているかお答えいただきます。

委員長(關 孝君) 新産業対策室長、伊藤秀樹君。

新産業対策室長(伊藤秀樹君) 造成前からですね、今の予定地に確かにゴルフボールは飛んできております。それで設置者と今協議しているところでございますが、市の立場としましては、設置したゴルフ場側の方に防球ネットといいますか、そういう措置をお願いしているところでございます。

委員長(關 孝君) 田口久義委員。

16番(田口久義君) 防球ネットの設置をお願いしているということでございますが、当時ボールが飛んでくる敷地の所有者といいますか、その所有者と佐沼ゴルフクラブ様ですかね、賃貸借の契約を行っていると聞いております。その土地を借用していたということでございますが、市としてこの工業団地敷地の土地の売買契約を結ぶ際にですね、その時点でそういった部分については知っていのかどうなのか。その点についても伺います。

委員長(關 孝君) 新産業対策室長、伊藤秀樹君。

新産業対策室長(伊藤秀樹君) 地権者との交渉中にその契約といいますか、賃貸契約とはこちらでは認識していなくて、いわゆる迷惑料と言いますか飛んでいく物に対しての支払いはしていたというのは、契約の交渉のところで確認しております。

委員長(關 孝君) 田口久義委員。

16番(田口久義君) 賃貸契約とか迷惑料とか言葉の解釈はあるかもしれませんけれども、この佐沼ゴルフクラブ様、既に27年分の賃料支払っていた言うことでございますが、そういった部分において、例えばちょっとオーバーなこと言うつもりはないですけれども、法的に先取特権といいますか占有権といいますか、そういった部分については、市としては何ら瑕疵がないのとそのように考えてよろしいのでしょうか。

委員長(關 孝君) 新産業対策室長、伊藤秀樹君。

新産業対策室長(伊藤秀樹君) その件につきましては、市の顧問弁護士とも相談しております。そういうゴルフの設置、打ちっぱなしの基準といいますかそういうものはないんですが、「設置者において外に出るようなボールがある場合には、設置者において何らかの措置をしなくてはいけない」という回答を得ているところでございます。

委員長(關 孝君) 田口久義委員。

16番(田口久義君) 弁護士さんにも相談しているということでございますから、それなりの準備、対処ということも考えているんでしょうけども、何も私はそれを対立して争うとかそういう意味で今お話しているわけではございません。
 それで原則、人の土地に隣接の方がボール等飛んできた場合には、その迷惑をかけている人が対処するというのは原則かも知れませんけども、ちょっとだけ法的なことを解釈をお聞きしたいわけなんですけども、今さっきも言いましたが、既にもう契約なっていると。契約というか、契約書はないと思うんですけれども、口約束であっても何であってもお金も確かに支払って、1年契約でやっているということですから、その時点で隣接の所有者に対して契約行為、口約束でも契約行為は行為だとなく思いますので、その辺の確認をしないで土地の所有者、あるいは造成者が勝手にと言ったらちょっとあてですけれども、先んじてやっていいものなのかどうなのか。その辺の解釈は弁護士さんからどのように聞いておるでしょうか

委員長(關 孝君) 新産業対策室長、伊藤秀樹君。

新産業対策室長(伊藤秀樹君) 先ほど申し上げたところは確認しているんですが、今のお話の部分ではまだ相談はしておりません。

委員長(關 孝君) 田口久義委員。

16番(田口久義委員) 多分という表現はちょっと適切でないかもしれませんけれども、この部分については今、論点の大きな部分ではないわけでございます。
 ただ、いずれにしろ今造成している部分については、まだ建物も立っていませんし、なかなかボールも頻繁に飛んでくるということではないと思いますので、実際の実害はないわけであるとは思います。ただ恐らくこれから、そしてまたあそこに団地があのように大規模に造成された以上、今後ゴルフクラブさんでもお金を支払って借りるという契約もあり得ないとは思いますけれども、28年以降は。そういうことはないと思うんですが、ただ今後ですね、工業団地を誘致して建物が立った場合に、必ずしもボールが飛んでいかないということではないんだろうと思いますので、そうした部分についていろいろと対処していく必要があるんだろうというそういった心配があるわけでございます。
 それで具体的には、あそこにボールの防護措置をするには、ネットを張るなりなんなりするには数百万、0あるいは一千万台の経費がかかるだろうと予測がされるわけでございます。このゴルフクラブさんにはそういった予算もないようでございますので、いろいろと悩んでいるようでございます。それでこのゴルフクラブの団体を見ますと、いろいろとこれを利用している方が何百名もいると思います。このスポーツを通じて、いろいろと地域づくりや仲間づくりに寄与している部門も大変大きいものと私は考えるわけです。
 それで何か聞くよしには、市民サービスのための行事・事業等も行って、市のためにもいろいろと寄与していきたいということも聞いております。
 ぜひ本市としてもこのような団体にも目を向けていただき、とりあえずこのボールの飛球問題等においても相談等があった場合にはそれに応じ、ともに考えていく姿勢、その辺はどのように・・・ちょっとおかしいですか。
 そういった話し合いに応じる気持ちがあるかどうか。その辺について確認させてください。

委員長(關 孝君) 新産業対策室長、伊藤秀樹君。

新産業対策室長(伊藤秀樹君) ぜひ協議させていただきたいと思います。

委員長(關 孝君) ほかにございませんか。浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 概要の87ページ、商工街路灯LDE化改修工事、これはどこでしょうか。
 次、88ページの企業活動支援に要する経費の企業立地奨励金、何社でしょうか。
 その次、コールセンター立地促進特別奨励金は、問題の会社の後に出たとこと理解してよろしいかどうか。
 その次、89ページの消費者行政推進費で今、大分何て言うんだろう詐欺、いわゆるオレオレ詐欺に代表される詐欺が随分、はやっているというのも言い方変ですが、登米市内でどのくらいの被害にあっているか。多分つかんでいらっしゃると思いますけども、これをぜひ被害を出さないようにしていくのは非常に大事なことだと思いますので、この程度の予算で大丈夫なのかということをまず聞きたいと思います。
 その次、90ページの観光振興に要する経費で観光誘客対策事業並びにレンタカーによる観光利用キャッシュバック事業委託料、この中身をお知らせいただきたいと思います。
 最後に仙台学寮のところにある登米物産館、これは教育委員会で聞いた方がいいでしょうか、今聞いた方がいいでしょうか。そうしたならばこの物産館、経営状況はどうなのか。そして登米市としては、使用料は適正にいただいているのかどうか。その辺をお聞かせいただきたいと思います。

委員長(關 孝君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) 商工観光部門について、いくつか質問をいただいております。
 1点目の商工街路灯LED化でございますが、28年度については豊里、中田、南方、津山で114機の商工街灯のLED化を進める計画でございます。これは平成23年度から32年度にかけて、市内全ての商工街路灯をLED化するという計画でございます。
 それから4点目になりますか、消費者行政の関係でご質問いただいておりますが、いわゆる特殊詐欺の被害といったところでございますけれども、管内の警察に確認したところですね、27年については管内で2件、600万ほどの被害が出ております。平成26年については5件、1,300万ほどの被害が出ていると。26年と27年。27年が2件、600万という形で出ています。
 それから5点目の観光費の関係で誘客対策事業とレンタカー事業ということですが、この誘客対策事業につきましては、春のキャンペーンということで登米フードフェスティバルと花見の巡回バスの運行といったところで、観光物産協会の方に委託をして実施するものです。登米フードフェスティバルにつきましては、今年4月の23、24と東北風土マラソンとあわせて実施をする予定でございます。
 それからレンタカーによる観光キャッシュバッグにつきましては、27年度からの継続事業という形で、レンタカーを利用して登米市内で観光、買ったり見学をしたり、泊まったり食べたりといったものについて、一定の金額ごとにキャッシュバックを行うというものでございます。
 それから最後の仙台学寮に隣接しております登米物産館の経営状況につきましては、数字は今持ち合わせておりません。それから使用料については減免という形で観光物産協会の方にお願いをしておりますが、売り上げで約5,000万でございます。使用料については減免という形でいただいてはおりません。

委員長(關 孝君) 企業立地奨励金、コールセンターの関係。新産業対策室長、伊藤秀樹君。

新産業対策室長(伊藤秀樹君) 企業活動支援に関する経費の中の企業立地奨励金の数でございますが、6社を予定しております。
 それからコールセンター立地促進特別奨励金につきましては、委員さんご指摘のとおりでございます。

委員長(關 孝君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) その特殊詐欺の防止のためのね、非常に全国的に有名などこの市だったかちょっと忘れましたが、優秀な女性職員がいるそうですが、ぜひそうした知恵を借りながら登米市の職員でもできることが十分あると思いますので、努力をいただきたいというふうに思います。
 それから観光費のいわゆるレンタカーのキャッシュバックというのは、これは28年度も続けるよと。この利用実績は今わかりますかね。
 それと商工街路灯のLED化これ豊里、中田、南方は全て終わるんですね、114機で。
 まずそこから。

委員長(關 孝君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) 消費者行政につきましては、相談員3名常駐をしておりまして、様々な研修等にも行って勉強を重ねております。そういったところで、いろんなスキルを磨きながら対応にあたっているといったところですので、これからもそういった事故防止に向けて啓発していきたいと思います。
 それからレンタカーのキャッシュバックにつきましては、これまで27年度7月から1月までの実績ですと大体、月平均で60件弱という形で進んでおります。約400件ほど、7月から1月まで利用されております。
 LED化につきましては、これで全て終わるという形ではなくて、32年度まで計画的に町域別に行っていく・・・豊里、中田、南方は28年度で終了という形になります。

委員長(關 孝君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 32年度までに全部終わるということで、ここが終われば次ここだよということね。はい、わかりました。
 そうしたらば仙台学寮の方の物産館、減免している理由は何でしょうか

委員長(關 孝君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) 申し出によりまして減免をしているという形にはなりますが、これまで合併以降ずっと減免という形でやっておりました。

委員長(關 孝君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) ちょっと根拠が薄弱だと思うのね。いわゆる観光物産協会がやっているから減免するとか単なるそういう話ではないと思うのよ。これ公平性というか透明性にちょっと疑念があると言われてくると思うよ、そういう説明ではね。そこを十分に改善していただくよう期待します。

委員長(關 孝君) ほかに。伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君君) 過日の代表質問で、当会派の庄子議員がいわゆるオリンピックのメインスタジアムがふんだんに木質化だということであります。それで設計者の隈氏は、間違いなく登米の能舞台を描いて、オリンピックスタジアムをデザインしたということであります。
 そこですね、この間の質問の中で、まず登米市だか森林組合だかに国際認証を取ってもらわなければならないということ答弁でありましたが、その国際認証というものは登米市としてどういう順序と言うんでしょうか手続きで、そして期間が幾らぐらいで、多分経費もかかると思うんですが、それらはどうなっているんでしょうか。
 まずそれをお聞きしたいと思います。

委員長(關 孝君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) 伊藤委員の方から先の一般質問の関連でご質問受けましたが、国際認証を取る種類は大きく二つございます。
 まず、森林管理している機関が取ること、具体的には登米市もその分類に入ります。それからいわゆる業をなしている方々、製材所であったりそういう分野の方もあわせて国際認証を取って、初めて体制が整うというような形になってございます。
 先の質問で市長答弁しましたとおり、まず市とすれば関係機関と連携をしながら、まず先んじて国際認証を取る手順について、具体的に先般私ども産業経済部の方で隣の南三陸町の方にいろんな学習で資料等の収集もしてまいっております。それを見ますと一定の期間かかりますし、当然経費もかかります。しかしながらそれらを十分精査した後ですね、登米市としてどう臨んでいったらということを打ち出したいように考えておりますが、あくまでも東京オリンピックだけの一過性にならないような認証が必要だろうというように思っております。
 このことにつきましては、もう一方の分野で認証を取る必要があります業をなしている方々にもその辺の意を理解していただきまして、当然そちらも経費がかかるわけでございますので、そちらの部分については並行して関係機関を招集しながら市の方で働きかけを積極的にして、認証という二つの分野の方向に向かってまいりたいと考えてございます。
 具体的には平成28年度に入ってからの具体の動き出しかと思いますが、既に森林を管理する市とすれば、具体的なそういう行動を起こしているというのが現状の状況でございます。以上でございます。

委員長(關 孝君) 伊藤 栄君委員。

13番(伊藤 栄君) 担当課長から詳しくいただきまして、ありがとうございます。
 確かに宮城県、本県は南三陸だけのようでありますね、この取得を持っているのは。ご存じ林業の県ではありませんので、まあそうなのかなと。しかし南三陸は取って、実は今朝聞いたんですけれども南三陸はですね、オリンピック貴賓室に「ぜひ南三陸産材を使ってください」というトップセールスをするそうですよ。それからお聞きしますと、早速登米市でも取得する団体、市なりまずそれを取って、そしてセールスをしていただきたい。
 つまりね、オリンピックだけではないんです。これほどPRになる建物はございませんので、ぜひ登米市産材のいわゆる津山の木とかかなり有名でありますが、東和とかかなり有名な木ありますので、この機会を逃さずにぜひ早急にその手続き等を経て、認証を取っていただきたいと思います。
 実はこんなことを考えているうちに、登米市でも小中学校の学習机の天板、全て地元産材使いますね。そういうことから、私はどちらかというとオリンピックスタジアムは主要鋼材と思うんですけども、何もそこだけでもかなりの量があるそうなので、ぜひまず認証を取っていただき、そして登米市のこれほど大きいPRというのはないと思いますので、ぜひ働きかけていただきたいと思います。
 少し意気込み、もう一つお願いします。

委員長(關 孝君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) ただいま伊藤委員の方から意気込みというお話し頂戴しましたが、私が答弁すべきかどうか迷いますが、私の担当部といたしましては、ただいまご指摘いただきました点も含めてですね、しかるべき経費も要することですので、関係機関ともどもあわせて、認証取得に向けた取り組みを推進してまいりたいというように思います。
    以上でございます。

委員長(關 孝君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) 市長よりも適格な答弁いただきました。ありがとうございます。
 それからね、概要76ページ、ここに食材物産販路拡大事業というものがあります。確認しますが、この事業は国内向けだと思いますが、海外に向けては考えているのかどうか、まずそれからお聞きしたいと思います。

委員長(關 孝君) ブランド戦略室長、渡邉 誠君。

ブランド戦略室長(渡邉 誠君) ただいま食材利用促進販路拡大事業についてご質問をいただきました。
 こちらの事業ではですね、宮城県の食品輸出促進協議会に対しての負担金、こちらの方を計上しているものでございます。海外に展開する市内事業者への支援につきましては、第7款の方になりますが、89ページでございます。
 概要の89ページでございますが、ビジネスチャンス支援事業におきまして、輸出にチャレンジをする事業者様に対しましての支援策を次年度設けたいというふうに考えております。

委員長(關 孝君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄委員) ありがとうございます。詳しくいただきまして。
 実は産業経済部では、このようにビジネスチャンスの方で海外へ向けて考えていますよということであります。
 実は私、昨日2款の方で次年度、市長を先頭にして姉妹都市提携10周年でアメリカに行きます。それで今回というよりも、市長が外国に行くということはめったにありません。これまでは青少年を中心として、所管の担当職員が行ったんでありますけども、「経済交流に向けてそろそろ動き出すべきではないの」という質問に対して、市長もかなり乗り気であります。そのために経済人を数名連れていくということでありますね。
 それで私は一つ提案したいんですけれども、ぜひ産経部の皆さんも手を挙げて、いわゆるサウスレイクという町はどういう町なのか。そして、その人たちのいわゆる市場調査といいますか、マーケティングね、それをやはり担当部の皆さん方が実際目に触れてきていただきたい。これをぜひお願いしたいと思います。
 それで今までは子供たち連れて行きますと、青少年ですね、確かに添乗員として、あるいは係として行ったんですけれども、神経というのは並大抵のものではないですね。職員行きますと責任がありますので、子供たち連れていきますからね、今回は皆さん大人の方ですので姉妹都市、海外といわゆる拠点のある町とつき合いしているというのはそんなにないんですから。アメリカではここだけですよね、我が登米市と。それで私の提言に対して部長、私はね、このビジネスチャンスと捉えて、ぜひ7月頃に市長が行くときですね、担当部から数名、実際担当している皆さんが行って目で確かめてきていただきたい。こう思いますが、部長いかがでしょうかね

委員長(關 孝君) 産業経済部長 高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 昨日の答弁では産業を振興ということでですね、農業に限らず答弁がなされておったと思います。
 ただいまお話の件も含めて産業経済部といたしましては、今回の取り組みに対しては当然、産経部の方もですね、考慮いただいているものというふうに認識しておりますので、部としては積極的な考え方でお願いをしていきたいなというふうに思っております。

委員長(關 孝君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 畜産振興費についてお尋ねをいたします。
 29年度に通称「全共」が宮城県で行われ、本年28年はそのプレ大会も催されるということで予算計上をしてございますが、一大仙台牛の産地の登米市として、この対策に向けてどのような準備をなされているか。この数字ではなかなかで見えませんので、ご説明を願いたいと思います。

委員長(關 孝君) 農産園芸畜産課長、髙橋一紀君。

農産園芸畜産課長(髙橋一紀君) 全共対策についてのご質問でございます。お答えをさせていただきたいと思います。
 ご質問の様に平成29年に宮城県を会場として開催されるわけでございます。5年に1度ということですので、和牛のオリンピックというふう言われているものでございます。
 この大会に向けましてですね、平成26年度から動き始めてございます。26年度につきましては市直接ではございませんけれども、和牛振興協議会を通じた援助をしているものでございます。これにつきましては、より多くの候補牛ができるようにですね、種付け助成というふうな形で、農家がより多くの子牛を産出させることができるように、その種付けについて助成を行ってきたものでございます。
 本年度、平成28年度につきましては、その種付け助成によって生まれた産子をですね、選抜を繰り返すということになります。その選抜をするためにですね、同じ場所に集合して選抜をする必要がございますので、その経費について助成を行うものでございます。
 さらに選抜後に候補牛になるために調教を行う必要がございます。その調教に要する経費についても助成を行っていきたいと考えておるところでございます。

委員長(關 孝君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 今、子牛が大変高騰して、登米市の種牛が登米市から出たというような好平茂ですか、その子牛が大変非常に高く売れているということ。今選抜がなされているのですが、やはり万全を期してやっていただきたい。
 それでこの畜産に取り組む方々が高齢化、あるいはというようなことで、頭数はそんなに減らないだろうけど戸数が大変減っていると。次の項目の後継者等肉用牛貸付基金利子補給ということで、後継者に対して導入する際に利子補給等々そういうことで補助金を出して振興しているわけですが、後継者等の貸付けについて状況。今後どのような取り組みをなされるか。

委員長(關 孝君) 農産園芸畜産課長 髙橋 一紀君

農産園芸畜産課長(髙橋一紀君) 後継者等肉用牛貸付基金についてのご質問でございます。
 この後継者等貸付肉用牛事業につきましては、まず後継者ということでおおむね40歳までの方、それから夫人貸付ということで管理のできるご婦人の方を貸し付け対象としている事業でございます。
 過去の実績ということになりますけれども、25年度につきましては25頭の貸付け、平成26年度につきましては18頭の貸付け、本年平成27年度につきましては19頭の貸付け決定に対しまして、1月末になりますけれども12頭の貸付状況となっておるところでございます。
 ご質問のようにですね、貸付ける牛の価格がかなり高騰しているのが実情でございます。この後継者等貸付事業の貸付けの限度額ですね、現在75万になっている状況でございます。市場の子牛の平均価格が75万を超えている中で、「75万で導入できるのか」というご意見がございまして、現在この価格を引き上げるべく検討させていただいておるところでございます。

委員長(關 孝君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 私もやはり後継者がそれに取り組むには、事業拡大するにはそれなりのということで75万円というのは聞いていました。先般、前回子牛市場のデータを隣の及川委員からいただいてみますと先月でございましたか、最高高値が130万、100万超えたのが7、8頭いたというようなところで、大変この75万円では後継者もなかなかすぐ手を出せないのではないかというふうなところで、100万円くらいとかそれぐらいまでアップすべきではないかとことで今、質問に立ったところでございまして、その方向であるならばやはり早急に対策を講じて、後継者が規模拡大に取り組まれるような措置を急いでやる方向になったならば急いでやったらいいんではないかというふうに思ってございます。
 さらに前に私も産業経済常任委員会の方に所属をしてございまして、キャトルマンションというようなところで隣の一関でございましたか、視察にまいって、やはりこれから素牛、あるいはそういうものの育成飼育等々についても、これから戸数がだんだん減っていく。やはりそういうようなシステムも非常に良いものだなというふうに感じて、それなりに委員会の中では議論したところでございますが、この畜産振興に向けてこのキャトルマンションについての方向性はどのような検討がなされているのか。今後どうなされるのかお伺いいたします。

委員長(關 孝君) 農産園芸畜産課長、髙橋一紀君。

農産園芸畜産課長(髙橋一紀君) キャトルマンションについてのご質問でございます。
 キャトルマンションにつきましては、その繁殖牛をですね、預託という形でその施設に預けるというふうなことになろうかと思いますけれども、市が事業主体になってその施設を整備するということについては、かなり難しいというふうには考えておるところでございます。
 仮定の話なりますけれども、JAさんなり他の団体なりがこのような施設を整備したいというふうな希望があるのであればですね、それなりの補助事業等もございますので、対応させていただきたいというふうには考えてございます。

委員長(關 孝君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 希望があれば市で、もちろんこれは市でやる事業ではございませんから督促をして、畜産振興の観点からやはりJAさんに強く働きかけて、やはりやる気を待っていたのでは、畜産の振興にまだまだその余裕があるわけですから、そういうJAさんとの督促ともうしますか、干渉と申しますかそうした施策をして、「どうなの」と働きかけが必要ではないかというふうに思ってございます。
 それから仙台牛の評価は大変、登米市は高いわけでございまして、あるところから聞きますと年末に登米市産の高級牛肉が不足したというようなことを聞いてございます。それほど人気の高い登米市産の牛肉でございまして、海外にも積極的にこれから商いをしようというようなことで前も質問に立ちました。ちょっと聞きますと年に1回か、香港で牛肉とかそういう大きなフェスティバルが見本市とかそういうものがございまして、200万人、300万人というような方がお越しをいただくというようなことも聞いてございます。
 そういうところにトップセールスのみならず、やはり登米市の仙台牛の強烈なアピールをして、海外に向けた市場開拓に向けての働きかけもこれから取っていかなければというふうに思うわけでございますが、いかがでしょうか。

委員長(關 孝君) ブランド戦略室長、渡邉 誠君。

ブランド戦略室長(渡邉 誠君) 食肉の海外輸出についてお尋ねがございました。
 昨年、妥結いたしましたTPP交渉におきましても、例えばアメリカであれば牛肉で15年目に関税撤廃されるまでの間、現行輸出実績のですね、20パーセント以上に相当する無税枠設定されるなどチャンスも出てきております。JAとも連携いたしまして、このあたりの展開ですね、進めてまいりたいというふうに思っております。

委員長(關 孝君) 農産園芸畜産課長、髙橋一紀君。

農産園芸畜産課長(髙橋一紀君) キャトルマンションの設置についてJAへの働きかけということでございます。
 市といたしましても重要な施策というふうには感じておりますので、JAと十分に相談させていただきたいというふうには考えてございます。

委員長(關 孝君) ほかに。岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) 5分間ちょっと使わせていただきたいと思います。
 所管食管でございますので確認、委員会でできなかったこと。概要の74ページ、農業総務一般管理費の中に負担金、補助金及びを交付金、登米産業まつり補助金80万、中田町農業祭補助金68万、この予算の金額の違い、どういうようなことでのこういった補助になっているのか。そこをまず確認します。

委員長(關 孝君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) ただいまご質問は、登米産業まつり、それから中田町2点という理解でよろしいでしょうか。
 二つの補助金の額の違いでございますが、それぞれ収入ベースにおけます補助対処事業費の把握が、まず額そのものが違っておることと、それから助成率も、ちょっと今手元にございませんが、補助率も若干違っております。その分で結果として80万、68万円という差異になっていますが、率については後にお答えさせていただきます。

委員長(關 孝君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) なぜ補助率が違うのかも。どちらも秋まつりの私、感覚なんです。何を根拠にこの補助率を変えているのか、そこですね。同じ多くの市民が集まる事業については、何ら変わりないのかなと。同じ補助を出してもいいのではないのかなと思う一人でございます。
 それと比べて90ページに飛びますが、この観光費の中で観光イベント等事業補助金、この中に他町域の秋まつり等はこれに含まれているのかどうか。そこのところちょっとお知らせいただければと。
 後で報告もらう中で、各町域でやる同じような内容、秋まつりについてだけで結構ですので、どういった補助内容になっているのか。それもあわせてお知らせいただければというふうに思います。休憩後でも構いませんので。

委員長(關 孝君) 答弁できますか。農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) 大変失礼しました。前点については、ただいま調べて午後にお答えします。
 それから市全体で見るいわゆる秋まつりの分野の部分については、商工観光課の課長の方からとあわせてご答弁申し上げたいと思います。

委員長(關 孝君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) ご質問の秋まつりの部分について、秋まつり関係でもですね、やはり町域の秋まつり等は中田、平筒沼・・・米山ですか、あと津山、そういったものがございます。それらは観光の観光地域交流のイベント補助金という枠の中でやっておりまして、それらは大体かかった分という形の中で決まっております。

委員長(關 孝君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) そのかかった分の内訳ですね、27年度はこのように出したと。28年度も同額なんだか、それとも統一するために全部一緒にしたのか。あとは人口割合にしたのか。その算出根拠もあわせてお知らせいただければと思います。

委員長(關 孝君) 質疑の途中ですが、ここで昼食のため午後1時まで休憩いたします。
 
          休憩 午前11時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
 

委員長(關 孝君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。浅田 修委員から中座の届け出があります。岩淵正宏委員に対する保留していた答弁を求めます。農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) 午前中に岩淵正宏委員さんの方から2つの補助金に関します登米と中田町のその差異、その根拠等についてということでご質問いただき、私の方から補助率の違いというようなことで答弁しておりましたが、調査しましたならばこの2つの補助金については、予算の定める範囲内で定額というような形で実施してきておる補助金のものでございます。その収入、それから支出、その考え方等につきまして、後に資料ということでお出しさせていただきたいと思いますので、ご理解をお願いしたいと思います。

委員長(關 孝君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) 午前中にお話しました観光地域交流イベントの中の秋まつり関係ですが、東和の秋まつり、中田の秋まつり、米山の秋まつり、そして津山のもくもくランドの秋まつりですが、これらは支所が事務局となって開催をしてきたということもあって、いわゆる総事業費から自主財源、広告基金等を除いた額ということで補助金を交付しているという形の中でやっていますので、補助率という形ではありません。
 これらの内容については、先ほど岩淵課長がお話しした内容とあわせて、後ほど資料として提出させていただきます。

委員長(關 孝君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) そうすると支所で各地域の秋まつりは支所でやっていて、そこでの予算化だと。その支所の方でこれだけの補助で秋まつりをやってほしいということで、予算化しているというふうに捉えてよろしいんですね。はい、わかりました。
 最初の産業まつり、あと農業祭、中田、登米ですね。定額でやっていると。収入から支出。そうするとどちらかと言ったら変ですが、例えば登米の産業まつりでいえば「収入から支出を引いて、足りなかった分を補助しているんですよ」というような考えなんですか。それともどういう捉え方したらいいんでしょうか。足りない分の補助なのか、最初から補助があって、これだけは市から出しますからやってください。そこのところちょっともう少し分かりやすくお願いします。

委員長(關 孝君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) 2つの補助金につきましても、いわゆる収支を見て不足分という形で市からの補助金を交付しているというものではなくて、補助金の額そのものを予算の範囲内で定めるということで当該金額を交付しているような状況でありまして、それ以外には2つとも産業まつり、いわゆる牛肉まつりです。2つとも。
 よって、チケットの前売り券を始めとした販売代金等の収入をもって収入財源としているというようなこと。それから市のほかに関係機関からの補助金もあわせて定額的に受けているという中で収入をして、そして見合いの事業ということでいろんな材料費等の支払いをしているというような形で事業を実施しておりますので、中身的には販売代金が大体6割ぐらいを占めるような形で事業実施しているというような現状になってございます。
 以上でございます。

委員長(關 孝君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) そうするとこの28年度予算、差額の12万円、販売は中田農業祭補助金の方が販売代金多いですよ。ですから68万、販売代金が多いから。
 それで登米の産業まつりは販売額、それと比較すると少ないから80万。そういうような考え方なんですか。そこのところもう少し。

委員長(關 孝君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) 端的なご質問で、「両者比較してその差異があるから、補助金の交付額にもそれに準じた考え方で補助金の差をつけているというような考え方か」というようなご質問を受けますと、ストレートになかなか「はいそうです」というような回答できるような状況にございませんでして、一つはそもそも全体事業費が大きく違いまして、300万円ほど登米産業まつりの方が全体の運営事業費の方は高いような形になっています。「その分だけいわゆる12万ほど高くしているのか」というようなことでも一概にはないというような状況になっております。

委員長(關 孝君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) 全体事業費が300万高い。恐らく登米の産業まつりは、カッパマラソンのときやっているやつですよね。人数が多くなる。当然、人数が増えればそこでの牛肉の分の販売、確かに多くなるから諸掛も多くなるんであろうというふうに推察されます。
 ただ、登米は登米、あと中田は中田、同じような市民の農業、またはいろんな産業関係の方が出店すると。その分の補助に対してはこれは同じ補助率で、多く300万かかるけれどもその分多く収入もくるのさ。例えば登米の方で考えれば、それはかかる分、支出が上がる分収入だって増えるというのが当然だと思うんですね。
 だから今回28年度ですがそこのところよく精査して、同じような内容のはそろそろ、昔からの町時代からの投資はやめて、公平にこれは考えた方がいいと思うんですが、そのような検討をなさるかどうかだけ聞いて終わりにします。

委員長(關 孝君) 農林政策課長、岩淵俊明君。

農林政策課長(岩淵俊明君) ただ今、岩淵委員さんの方からご指摘のありましたとおり、確かに合併前からの町時代の経過というのも否定できないところではあります。今ご意見いただきましたこと等含めてですね、この登米産業まつり、中田町の農業祭、この辺につきましてはイベント関係の補助金の事務局をしとります産業経済部の商工観光課でしておりますので、今後検討してまいりたいというように考えます。

委員長(關 孝君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) ぜひお願いしたいと思います。合併に至るときですね、「サービスは高く、負担は少なく」というのがいつの間にか死語になってしまいましたが、どうぞ市民が集う行事でございます。高いところに合わせるようにお願いして終わりたいと思います。

委員長(關 孝君) ほかに質疑はございませんか。相澤吉悦君委員。

19番(相澤吉悦君) 私の残り時間11分しかありませんので答弁の方、短くお願いいたします。
 概要の78ページでございますけれども、有機センター管理運営というのが載っていますが、この関連でですね、さっき汚染わらのこと出たんですけれども、センターから出た堆肥がいまだ何ら手つかずのままトンパックに入って、黒いシートをかけてそのまま、どこの堆肥センターにもあると思いますけれども、これ8,000ベクレル以下というふうなことで、環境省に行ったときには「大丈夫ですよ」というふうなことで、「農地に返してもいいです」というふうな言葉もいただきました。ただ、そのとき私が行ったときには、「もしそれをふって出たときには、責任取れますか」と問いかけたときには、黙ってしまったということがあるんですけども、わらがそのように下がってきたんであれば当然、堆肥も相当下がっていると思うんで、その辺のところですね、今一度測ってみて対応を考えていかないと、あれいつまでたってもあのままになってしまうんですよね。
 それでどうしたらいいんだと言うと、これは非常に市長でないけども頭の痛い問題になってしまうんですけども、その辺のところやっぱり一回は計ってみてはどうかなと思うんですよ。その後に対策を考えましょう。
 そしてまた、今までの考えだと「一緒に処理してください」というふうなこと強く国にも県にも要望してきたのでありますから、そのとおりやってもらうようにこれからも根強く進めるのもいいことだけれども、まずは今の状態どうなっているんだろうなというのがありますので、地域の人たちは。それを置いているところの地域に知らせるためにも、一回はそれをするべきではないかと思うんですけど。

委員長(關 孝君) 農産園芸畜産課長、髙橋一紀君。

農産園芸畜産課長(髙橋一紀君) 汚染堆肥についてのご質問でございます。
 確かに現在、有機センターの方にはですね、迫・石越・登米のこの3有機センターの方に汚染堆肥が保管されてございます。総勢1,830トン、有機センターに保管されているものは1,830トンでございます。
 この堆肥の放射線量の測定につきましては、全量ではございませんけれどもサンプル調査をいたしてございます。線量にして800から400ベクレルの間に収まってございます。
 ただ堆肥につきましては、400ベクレルを超える堆肥につきましては譲渡ができないというふうな状況になっておりますので、現在も保管をしているというふうな状況になってございます。

委員長(關 孝君) 相澤吉悦君委員。

19番(相澤吉悦君) わかりました。それだけに下がってきているなというのがありますけどもその後の状況ですね、くまなく調べまして、まずは黙っていてもダメだから、その対策について県・国にやっぱり黙ってないで要望しましょう。
 私たちも特別委員会つくっていますので、今までは見守りできたんですけども4月、新しい年度になりましたらやっぱり環境庁まで行かなきゃダメだなというふうにも思っておりますので、その辺のときには指導方、そしてまた一緒に行ってもらうようになると思うんですけども、その辺のところもよろしくお願いいたします。
 ちょっとでいいから言ってください。あとやめますので。

委員長(關 孝君) 農産園芸畜産課長、髙橋一紀君。

農産園芸畜産課長(髙橋一紀君) 登米市として、一般廃棄物の放射性物質を含む一般廃棄物につきましても指定廃棄物と同様に処理していただくよう国には要請しておりますので、引き続き要請活動に励んでまいりたいと思います。

委員長(關 孝君) ほかに。八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) 概要の90ページ、観光費の中でお伺いしたいと思います。
 この予算は4,000万ということになっておりますが、私はこの観光行政ですね、これからのまちづくりに本当に大きな役割を果たす部分があるんじゃないかというふうに考えています。それはですね、まちづくりにこれから市長が掲げた重点戦略ございますが、例えば交流人口を図るとか、それからこの登米市の移住・定住にしても知名度、それから認知度を高めるといったそういった部分に関してですが、観光の案内板ですね、これを見直してみてはどうかというふうに思います。
 本当はここに当初から予算化されていればよかったんですが、気づかなかったんでしょうかね、こういうことね。地元の人でさえなかなかわからないという部分がありますので、この案内板ですね、観光の案内板、これをいろいろと今流にユニークなものでもいいですし、何かこう楽しい看板とかって。今あるのも見直して、新しくしてはいかがかということを提案したいと思います。
 そしてですね、これは観光案内版ばかりじゃなくて、町全体の案内板が足りないような気がします。地元の人でさえわからないと。やっぱり市民がほかの町に入るとどこがどこだかわからないっていうふうなことよく聞きますので、企画部と歩調を合わせてですね、このまちをイメージアップするというふうなことで、ぜひ案内板っていうのを考えていただきたいと思いますが、この観光課の答弁、それから企画部長にお願いしたいと思います。

委員長(關 孝君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) おっしゃるとおりですね、これからの観光といったところは、市の交流にとっても非常に重要なキーポイントだと思います。そして案内板についてはですね、どういったものがより効果的なのかといったところは、少し時間をかけて検討させていただきたいなと思います。

委員長(關 孝君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 観光看板、それから道路案内看板等については、それぞれ各部署において進めるものでございますけれども、それらとできればリンクというか、統一的なイメージで認知度向上のための看板の設置というふうなところを考えていきたいというふうに思ってございます。

委員長(關 孝君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) それではぜひですね、重要なポイントっていうふうなことで認知しているようでございますから、まずおもてなしの心を入れ込んだ看板、観光の方はね、観光案内はね。
 そういったことで、企画部でやっぱりいろいろ各課の部分があると思いますから、それを調整をとってぜひですね、これ早く取り組んでいただきたいと思いますがいかがですか。

委員長(關 孝君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 早くというふうなことでございますが、平成28年度に2款の方でご審議いただきましたシティプロモーションの関係経費を予算化してございますけれども、その部分で登米市の統一的なイメージなり、あるいはロゴなりですね、そういったものも作成するというふうなことで計画してございますので、そういったものができた段階でそういった統一的な取り組みを図ってまいりたいというふうに思ってございます。

委員長(關 孝君) ほかに質疑はありませんか。伊藤吉浩委員。

8番(伊藤吉浩君) それでは、6款農林水産費について伺いたいというふうに思います。
 まずは会派提案してまいりましたシティプロモーションが、今回の当初予算にしっかり入れ込まれているというふうなこと、高く評価をしたいというふうに思います。石橋を叩いて何年も迷っているよりも、まずは石橋を一歩でも踏み入れるというふうなことが今、行政に強く求められていることなんだというふうに思います。
 それではこのシティプロモーションを進めるに当たってでありますが、現在企画部だけの事業というふうなことで捉えるのではなくて、やはり各部自らの事業として捉えて推し進めることが大切だというふうに考えます。特に、産業経済部の取り組み方、役割の重さが一番重要だというふうに考えるわけであります。
 まずは産経部としてのシティプロモーションへのかかわり方は、4どのように考えているのかというふうなこと。
 それから2点目、アグリプロモーション、いわゆるアグリフードプロモーションの取り組みをどう考えて、シティプロモーションにリンクさせていくのかというふうなことでお伺いします。

委員長(關 孝君) ブランド戦略室長、渡邉 誠君。

ブランド戦略室長(渡邉 誠君) 産経部としてどのようにかかわっていくかというところでございますが、産業経済部といたしましては、まずブランド戦略室で実施をしております登米ブランドの取り組みでございます。登米ブランドというものは、本市の特色、持ち味となっております環境保全型農業、こちらを推進することで産地の魅力の向上を図ろうとする取り組みでございます。シティプロモーションの根本の一つにもなろうかというふうに認識をしております。また商工観光課ですね、そちらの方でも各種のプロモーション実施をしておりますので、産経部としてそのようにかかわってまいりたいというふうに思っているところでございます。
 また、アグリプロモーションというところでございますが、ブランド戦略室の中で首都圏ですとか仙台圏への販売促進の取り組みを行っているところでございますが、やはりその根幹となりますのは産地の魅力づくりであろうというふうに考えておりますので、このブランドづくりをしっかり実施をしていくということが必要かというふうに認識しております。

委員長(關 孝君) 伊藤吉浩委員。

8番(伊藤吉浩君) たぶんこれまでの取り組みというのは、やはり農家個々とか生産者団体個々の中で、プロモーションをどうしてもしてきたような感じがいたします。やはりこれからは登米市全体の農業、それから食農、産地、そういったものをプロモーションしていく時代に入ったと私は思っておりますので、そういった意味で市の役割、果たす役割というのは非常に大きいんだろうというふうに思います。
 それでプロモーションの切り口、すごいあるわけなんですけども基本中の基本、まずは認知度を高め、イメージを向上させ、それから魅力度を向上させていくというふうなことになるわけなんですけども、そのためにはまず情報の受信力と発信力を持つ必要があるというふうなことであります。
 それで発信力というふうなことの1点だけでちょっと質問をさせていただければというふうに思いますが今回、企画部の方でキャッチコピー、それからロゴマークを作ろうというふうにしているわけでありますが、発信力の三種の神器、もう一つありますよね。キャラクターというふうなことであります。企業はこの3つを揃えて商品の販売戦力につなげているというふうなことでありますが、しかしこれらを作れば必ずプロモーションは成功するというふうなことにはなりません。大切なことは、いかに的確なキャッチコピーを作るかと的確なキャラクターを作り活用するかというふうなことだろうというふうに思います。そのことができれば登米市の思いやバックグラウンドが必ず見えてくるはずでありますし、プロモーションの支援に絶対につながっていくというふうなことであります。
 そういった意味で産経部が考えるキャッチコピー、キャラクター、どういったのをイメージされておりますか。

委員長(關 孝君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 産業経済部の基本的な考え方でございますが、いわゆる登米市の特性を表面に出しながら取り組んでいくというふうなことでございます。したがいまして、これまで取り組んできた内容、登米市の特性は環境保全型農業を主体とする資源循環型の取り組み、それは農業に限らず登米市の山・自然・農地、それから商工業も含めてですね、それらの登米市が持っている地域資源をいかにして有効に活用していくかというふうなことだと思います。
 そういう意味で農業に特化して申し上げれば、地域資源を有効活用した環境保全型の農業を推進していくと。それをブランドづくりを通しながら推進をしていくというふうな考え方でございます。

委員長(關 孝君) キャラクターはいいですか。キャッチコピーとキャラクターという質問。産業経済部長、高橋 巌君。続けて。

産業経済部長(高橋 巌君) 基本的には同じような考え方でございますので、ご了解をお願いします。

委員長(關 孝君) 伊藤吉浩委員。

8番(伊藤吉浩君) そういった思いをいかに的確にここに盛り込めるかというふうなことなんだろうというふうに思います。現在、市のキャラクターは公認ではありませんが、はっとン君であります。はっとン君が決して悪い、批判するというふうなことでありませんけども、はっとン君のバックグラウンドに何が今見えてきますかね。はっとン君のキャラクターからどんな物語やプロセスストーリーが読み取れるかというふうなことであります。宮城県のイメージキャラクターはむすび丸というふうなことでありますが、そのバックグラウンドは想像できるというふうな違いになるんだろうというふうに思います。
 それからキャッチコピーでありますが宮城県では「美味し国 伊達な旅 みやぎ」、それからもう一つ「観光王国みやぎ」というふうなことであります。キャッチコピー、それからキャラクター、非常に大切な役割を果たしているというふうに思います。
 本市におきましてもやはり本気でアグリプロモーションを考えるのであれば、やはり先ほど部長がお話した内容をしっかり入れ込んだコピー、農業王国登米とか食農王国登米とかアグリフードバレー登米とか様々な登米市の思いを入れ込むことができるんだろうというふうに思いますので、その辺しっかり産経部として考えていっていただければというふうに思います。
 それでこれまでアグリプロモーションやってきたわけでありますが、現在のプレスリリースの状況と今後の取り組み方、どのように考えているのかと。それからもう一つ、情報PR広告換算値に捉えれば、どれぐらいの換算値になっているのか。その辺確認させていただければというふうに思います。

委員長(關 孝君) ブランド戦略室長、渡邉 誠君。

ブランド戦略室長(渡邉 誠君) 今の広告換算費というところのご質問をいただいたところでございますが、ブランド戦略室で実施しております例えば首都圏で参加をしているアグリフーズエキスポという日本政策金融公庫主催の商談会などございます。また、各種の飲食店ですとかホテルですね、そうしたところの営業活動を実施をしておりまして、我々どちらかというとこれまで数値的に把握しておりますのは、どれだけ食材の斡旋につながったのかといったところを重視して取り組みを行っております。
 なお、本年度については今現在まだ動いているところではございますけれども、現時点で約5,000万円程度の食材の利用の提供につながっているところではございますが、広告換算というところではやっておりませんのでご理解いただければと思います。

委員長(關 孝君) プレスリリースの状況。続けて。

ブランド戦略室長(渡邉 誠君) プレスリリースにつきましては、ブランド戦略室で各種の事業を行っている中でその都度もれなくやっております。また、ホームページ、フェイスブック等で実施をしておりますが、すいません回数についてはちょっと今集計しておりませんので、のちほど集計をいたしましてお届けしたいと思います。

委員長(關 孝君) 伊藤吉浩委員。

8番(伊藤吉浩君) まずもって広告換算費についてはのちほどお話しするということにしまして、プレスリリースについては市全体としてのリリースの仕方は全く不足しているというふうに感じているところであります。まず、プレスリリースの基本、何かと申しますと一つはアピール性の追求というふうな視点があります。それからもう一つはメッセージ性の追求というふうなこと。それらがやはり市全体として、まだまだ欠けているというふうに思います。本来プレスリリース、どこに向けて行うのが一番有効な手段だと市としては考えていらっしゃるか。その辺確認します。

委員長(關 孝君) ブランド戦略室長、渡邉 誠君。

ブランド戦略室長(渡邉 誠君) プレスリリースにつきましては、全般的には市長公室の方で総括的にお答えをいただきたいと思うんですけども、やはり近隣のマスコミ各社の方に事業で我々がアピールしたい点を簡潔に要点をまとめたペーパーを作成をいたしまして、実施をしているところでございます。やはり報道をしていただくというのが第一でございますので、そうしたことを重視をしているところでございます。

委員長(關 孝君) 伊藤吉浩委員。

8番(伊藤吉浩君) まずその辺、しっかりリリースターゲットをどこに絞るのかというふうなこともしっかり行政として捉えておくべき点というふうに思います。
 まず三つぐらい挙げれば、先ほど室長がお話ししたまずは一つはマスメディア。それからもう一つはフィルムコミッション。もう一つは専門誌というふうなことがリリースターゲットと。プロモーションする上ではそこの三つが非常に有効だというふうに考えます。特に専門誌につきましては、ターゲットを絞り込んだ中でプレスリリースができるというふうなことは非常に有効な手段というふうなことであります。それから効果的に最も高いのは、やはり先ほど室長がお話ししたメディアというふうなことになりますが、そのメディアの中でも一番影響力が大きいのは今現在、やはりテレビというふうなことだろうというふうに思います。今後やはりそのテレビについて露出度合をどれだけ向上させていくことができるかというふうなことが、戦略につながってくるんだろうというふうに思います。
 それから現在、産経部として様々な事業しております。産業フェスティバル、はっとフェスティバル、フードフェスティバルいうふうな各種事業を行っておりますが、それらの事業がいかにアグリフードプロモーションにつながっているのか。どれだけ効果が表れているのか、その辺確認します。

委員長(關 孝君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) まずフードフェスティバルとはっとフェスティバル、こちらで所管しておりますけども、フードフェスティバルについては4月に長沼フートピア公園でフードマラソンと合わせて行っているものでございますが、登米市の食を中心に物産と合わせてPRを行っているものです。昨年、27年度ですけども2日間で2万7,000人という人員を動員しておりますし、あとはっとフェスティバル、12月についても過去最高となる人員を動員しております。

委員長(關 孝君) 伊藤吉浩委員。

8番(伊藤吉浩君) だからそういった事業をやることによって、アグリプロモーションに結びついているのかというようなことです。たぶんそんなに結びついてはいないというふうなことだろうと思いますし、そういった認識の中でやられている事業でもないというふうなことだろうと思いますので、しっかりその辺は認識した中でこれから産経部の事業を推し進めていただければというふうに思います。
 先ほど部長がお話ししたとおり、登米市が現在行っている環境保全とかJAS有機とか生物多様性とか循環農業とかエコ農業とか、やはり積極的に全国に発信するというふうなことが必要なんだろうというふうに思います。TPPが始まります。そういった意味でも今こそ登米市として食農王国大会とかアグリフード大会とか様々企画はできるというふうに私は考えます。フードマラソンが実現できたのでありますから、やはり市独自の新たな企画と発想をもって、そういったことに挑戦していっていただければというふうに考えますがその辺のお考え。

委員長(關 孝君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 今までも長らく取り組んできている事業でございますし、その目的は種々掲げて実施はしているわけでございますが、ただ今ご指摘いただきましたように、より対外的にわかりやすく、何を打ち出してやろうとしているのかというふうなことを明確に表し、伝わるような取り組みをしていきたいというふうに思います。

委員長(關 孝君) 伊藤吉浩委員。

8番(伊藤吉浩君) それでシティプロモーションですけどもアグリプロモーションでも大切なこと、それはできるだけコストをかけない中で最大の効果を上げるという視点を行政が持つというふうなことでございます。言い換えればコマーシャル料をかけないで、最大の効果をねらうというふうなことであります。これが先ほどお話したPR広告換算値というふうなことであります。
 ちなみにテレビコマーシャル、料金かかりますが、その辺コマーシャル料とはどれだけかかっているのか。分かっているとは思いますけども、確認させていただければというふうに思います。

委員長(關 孝君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) テレビコマーシャル等の金額といったところは試算してはおりません。隣の栗原市だと年間で6,000万程度かけているといったお話は聞いたことがあります。

委員長(關 孝君) 伊藤吉浩委員。

8番(伊藤吉浩君) テレビコマーシャルを作る上での作成費は別として、コマーシャル15秒1本、県内だと約5万円です。東京だと15秒、1本50万円というふうなことになります。そういったことの積算が先ほどお話しした広告換算値、広告換算値金額というふうなことになるわけでございますので、その辺はしっかり計算して積み上げていっていただければというふうに思います。
 それから先日、ちなみに我々のFRAISE(フレーズ)倶楽部がミヤギテレビのOH!バンデスに独自ルートで出演させていただいたわけでありますが、改めてテレビのメッセージ性の高さに非常に驚いてきたというふうなことであります。たかが2、3分の出演だったわけでございますが、広告換算値にすれば約50万円ほどの換算値になるというふうなことであります。効果はというふうなことでありますが次の日、市場に「南方のイチゴぜひ欲しい」というふうなことが小売り、仲卸、量販店から電話が相次いで非常に対処に困ったというふうなお話であります。それから現在、三越のいたがきで販売しているところでありますが、ダイレクト指名の客が一気に増加したというふうなことであります。
 それから3点目、視聴者の皆さんに対してイチゴ3パックをプレゼントしたわけでありますが、何と応募者数一千名弱だそうでございます。
 そういったように、いわゆる実際主演料がゼロ円でもこれだけの効果が表れるというふうなことでございますので、これだけ仙台圏においてブランド戦略向上につながったと、役立ったというふうなことであります。企業戦略は別にいたしまして、行政はやはりコストをかけないで多くの職員の皆さんの知恵を出し合って、最大の効果を上げる努力が今後ますます必要だというふうなことになろうかというふうに思いますが、その辺のお考え確認します。

委員長(關 孝君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 我々もですね、特にテレビでのコマーシャルについては事例もございますので、検討をしてきたところでございます。しかしながら大変高額というふうなことで、やはりそういった効果というふうなものも考慮しなければいけないというふうな認識でおりました。しかしそれなりの効果はあるものというふうにも認識をいたしております。
 ただいまお話をいただきましたようにコストだけ、金額の問題だけではないと。いかに有効な方法でやるかというふうに認識をいたしたところでございますので、大変参考にさせていただきたいと思います。ありがとうございます。

委員長(關 孝君) 伊藤吉浩委員。

8番(伊藤吉浩君) じゃあ最後になりますけれども、登米市のお祭りやフードフェスティバルとかのプレスリリースそれもいいかもしれませんが、やはりしっかり実のあるプレスリリースに結びつけることが非常に大切なんだろうなというふうに思います。
 そういった意味で産経部におけるアグリプロモーションの仕方、これが成功すれば登米市全体のシティプロモーションが必ず私は成功するというふうに思っているところでございますので、ぜひ今後とも産経部が市のリーダーシップを取る形の中でシティプロモーション、それからアグリプロモーション、積極的に進めていただければというふうに思います。

委員長(關 孝君) 産業経済部長、高橋 巌君。

産業経済部長(高橋 巌君) 28年度の予算組みに当たりましては、当然シティプロモーション、いわゆる産業経済部としても積極的に取り組みをしようということで検討してまいりました。企画部、あるいは市長、副市長とも相談をしながら進めておりますので、連携を取りながらその中でもリーダーシップ取れるように精一杯頑張ってまいります。

委員長(關 孝君) ほかにございませんか。日下 俊委員。

2番(日下 俊君) それでは予算の概要の87ページ、中小企業振興資金融資費についてお伺いをします。
 ここに中小企業振興資金保証料補給金5,610万、それから中小企業振興資金利子補給金1,177万、貸付金中小企業振興資金預託金3億2,110万ございます。この中身についてお聞かせいただきたいと思います。また、27年度と比較してどうなのかもお願いいたします。
 それから下の商工振興育成費についてお伺いをいたします。
 ここに負担金、補助金、交付金のところに商工会の補助金ということで3,409万円ございます。登米市に3つの商工会ございますので、各々の予算付けの金額をお示しください。

委員長(關 孝君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) まず、中小企業振興資金の関係でございます。
 一つ目の保証料補給金につきましては、いわゆる中小企業が金融機関から融資の斡旋を受ける際に保証料というのが発生しますが、これを市の方で全額負担をしているというものでございます。それから利子補給金につきましては、これも振興資金を借入した際の利子の半額分を助成をするものでございます。それから貸付金の預託金、これにつきましては金融機関が貸付をする際の原資となるものでございまして、年度当初の4月1日に貸し出しをして3月31日に返してもらうという形を毎年度繰り返しております。
 それから商工会の補助金の額の内訳という形になりますが、登米中央で1,074万3,000円、みやぎ北上商工会で1,411万6,000円、登米みなみで923万3,000円という形の内訳になっております。
 それから中小企業振興資金の年度ごとの比較という形でありますけども、保証料の補給金については27年度当初予算で3,103万5,000円という形で、28年度の計画が5,600万という形で大きくなっておりますけども、これ補給金というのはこれまで上期と下期に分かれて支給をしておりまして、例えば4月から9月までの補給金については10月に請求が来て、あと10月から3月までの保証料については4月に請求が来てという形で2期に分けて支払っていたものでございますが、考え方としてこれまでは前年の10月から3月までの分を次の年の年度の上期として支払っていたものを28年度からは、いわゆる年度4月から翌年の3月までの分について対象にするという形で取り扱いますので、今年度の10月から3月分までのやつが28年度に合わさってくるという形で、1.5倍ほどというような形の中で取り扱いますので少し膨らんだような形になっております。
 それから利子補給金については、今年度が1,177万9,000円、そして昨年が1,080万5,000円という形で融資の量も多くなっているという形の中で伸びております。それから預託金については、今年度が3億2,110万5,000円という形ですが、昨年度が2億9,895万円という形でこれも融資が多くなっているという状況で増えているという形になっております。

委員長(關 孝君) 日下 俊委員。

2番(日下 俊君) 中小企業、そしてまた様々な政策を打つ上で、この点が一番大切だと思ってございます。国の方でも同じような大企業、そして中小企業への様々な政策を打っております。
 市の方では、この中小企業対策としてどこに一番力を入れていくのか。この点について前回決算で副市長に実は聞いたところ、「ちょっとこの中身についてわからない」ということでお答えになったんですけれども、登米市として地元の中小企業活性化のためにどういった政策が効用かお考えでしょうか。

委員長(關 孝君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 地場の企業活動、活発にしていただくためには、その基盤となる商行為であり、あるいは産業行為であり経済行為なりが行われる基盤があるということが一番だと思っています。
 そういう前提の中で、それを運用していくときに必要な資金の手当てをきちんと支援するということが、結果的には中小企業の振興にもつながっていくんだろうというふうには考えています。

委員長(關 孝君) 日下 俊委員。

2番(日下 俊君) 国の方でも安倍首相がここ1、2年常々言っているのは設備投資、これしかない。設備投資しないことにはお金が回らない。つまりお金が回らないということは、物も回らないし人も動かない。そうするとデフレ状態になるということで、常々言っているのが設備投資。
 それと金融政策、金利政策でございます。最近マイナス金利という聞いたこともないようなヨーロッパの方で流行っている金利も採用されたわけでございますけれども、去年お聞きしたときにはこの登米市の中小振興資金、金利2.2%、その半額を今補助しているということでございますから1%なり1.1%を補助している。これはいいことなんですけれども、問題なのはその金利の融資期間の補給機関が1年しかない。通常でありますと運転資金は7年から10年。設備は10年から12年ぐらい借りるわけでございますけれども、その中でこの金利の利子補給がたった1年しかないというのは、ちょっと短いのではないかなと。
 果たして地元の企業が、例えば10年借りて1%しかない利子補給、半分を目的に借りる意欲が起きるかなということが疑問なんですけれども、その辺についてはどうお考えですか。

委員長(關 孝君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) お話のように振興資金、運転資金の場合には7年。設備資金の場合には10年という形での返済期間をしているわけですが、今利子補給の額が1年間では少ないというお話でしたけれども、これにつきましてはこれからの情勢を見ながら検討させていただきたいなというふうに思っております。融資資金の斡旋件数は毎年上昇しているような状況ですので、そういったところ状況を見ながら検討してまいりたいと思います。

委員長(關 孝君) 日下 俊委員。

2番(日下 俊君) 今、状況を見ながらということでございましたけれども、状況を見ながらしているうちに会社やお店がなくなっては到底、そういう悠長な、言っているかなり厳しい業種もございます。そういったことを鑑みて、やはり登米市の場合は国に準じて、県に準じて様々な形でその状況状況に臨機応変に対応していかなくてはならないと思います。
 今、利子補給の話をいたしましたけれども、国の方でも政策金融公庫、今様々な形で低利でお貸ししていますが、震災にあってこの東北各県においては特別融資で0点数%というのを2年、3年当然貸してございます。そうなると地元の金融機関を借りずに国の金融機関の方に流れて行ってしまう。と言うことは、地元に流れる金融機関にもお金を借りられない。そうすると金融機関ももうからない。そうすると貸し出しも渋る。悪い循環がなります。国の方でそういった臨機応変に対応してございますので、ぜひ登米市の方でもそういった臨機応変の対応、そして現状の状況を見ていただきたいと思います。
 先日の総務の委員会でも地元の企業で元気なところはあまりない。税務課長が昨年並みということで、唯一もうかっているのは輸出関連の企業1社だけというお話でございました。ぜひ活性化するのには非常にそこは大切でありますので、ぜひその辺を早急に検討していただきたいなと思います。
 次に、商工会助成金でございます。三つ合わせて3,409万円です。現在、北上商工会、四つの支所、中央は2カ所、南が3カ所でございます。その場所を見たときに中央は地震の震災で今、元の脇に新しいのをコンパクトに建てました。みやぎ北上の方は古いままの自社物件というか自前の2階建てでございます。ただ南のは場所がないということで、米山の総合支所を間借りしているわけでございますけれども、ここで前に中央商工会には1,011万円ですか、補助なっているんですけども、商工会というのは小さなお店からそれから法人格の有限、株式会社までカバーしてございます。そして中央商工会の中には法人会というのが入っていたんですけども、地震のため行く場所がなくて今、私有地をお借りしてプレハブで営業というんでしょうか、活動をしているわけですけども、あの土地というのは認定子ども園が建つ予定になっているそうでございますね。
 そういった中で、今年10月いっぱいで立ち退きをしろということで場所を模索しているようでございますけれども、登米市の方ではそういった場所の手配というか代替地的なものは考えないのか。それと予算付けというのは。こういった予算書には出てこないんですけども、予算というのは出していないんでしょうか。お伺いしたいと思います。

委員長(關 孝君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) ご存じのとおりですね、法人会につきましては、今の登米中央商工会の隣に仮設のプレハブという形で建っております。ご案内のとおり、そこに認定子ども園を建設する計画があって今、法人会とその移転等について協議を行っている最中でございます。具体的にどこに行くのかといったところは、これから詰めていくという形になります。

委員長(關 孝君) 日下 俊委員。

2番(日下 俊君) 市長にお伺いします。
 市長は、法人会からいろんな要望や面会や挨拶等で年に1回か2回、お会いになってますでしょうか。また会った時に、どんなお話をされているんでしょうか。

委員長(關 孝君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 法人会さんとは定期的に何度もお会いをする機会をつくっているところであります。一番、基本的にお見えになる用件といたしましては、法人会全体としての全国各市町村に対する全体要望、そしてまたそういった際における意見交換というのが大きなところでございます。また、今回議員からご指摘をいただいております案件につきましては、そういった部分の状況にあるということの中でいろいろとこれから相談をしてほしいというようなご要望はいただいているところであります。

委員長(關 孝君) 日下 俊委員。

2番(日下 俊君) 以前は、法人会も一般社団法人でございました。今は公益社団法人ということで、予算の半分以上、地域貢献やその他の事業でお金を使ってございます。例えば市内の小中学校へ出前講座をして、「税金は何ぞや」とか租税教室をやってございます。それから教育の一環とでも申しましょうかエコキャップ運動のご協力やプルタブの収集等、全ての小中学校にご協力をいただいてございます。そうした税金に関しても教室等開いて積極的にやってございますし、また様々な周年事業でも例えば運動会に行って青いテントを見れば当然法人会でやったんだよとか、直近で見れば様々な実験用具を寄贈もしてございます。
 やはりそういった市の組織でいえば税務課とか徴収課みたいな民間版のようなことをしているわけでございますけれども、やはり様々なそういった活動をしているところに、しっかりと先ほどお話しした金利の話、また期間の話しっかりとしていただかないとやはりボランティアでほとんどやってございますので、しっかりとそういったまた移転場所についても精査をしていただき、しっかりとお話しいただきたいと思います。もう一度お願いいたします。

委員長(關 孝君) 商工観光課長、遠藤 亨君。

商工観光課長(遠藤 亨君) その法人会の移転場所については、今後しっかりと関係者と協議を進めてまいりたいと思いますし、そういった資金関係の条件等についても商工会関係団体ともよく調整をしながら検討してまいりたいと思います。

委員長(關 孝君) 質疑の途中ですが、ここで10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後1時59分
          再開 午後2時09分
 

委員長(關 孝君) 休憩前に引継続き、会議を開きます。
 質疑ございませんか。及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) 先の伊藤委員が対局論を言いましたので、少し各論に入らせていただきたいと思います。
 農林水産業費、農業費関係でありますけれども、いわゆるアベノミクスを中心としていわゆる強い経済、そして農業においては攻めの農業というふうなシフトで今の日本の農業が動いておるところでございます。
 一方で直接支払い等々を含めた様々な農業の価値を認める政策も打ち出してきたところでございます。これは、アメリカに対してどういうふうな農業の展開をするかというところが一番の視点に入るわけでございます。先にEUは工業化政策の中で、農業の工業化の中で大きなアメリカとの勝負をしてきたわけでございます。しかし、それはある一方で農業の存在性の価値を大きくマイナスにすることになり、そういた反省点を踏まえてEUは180度、農業の転換をしてきたわけです。これで27年度にEUは4度目の改革を始めたところであります。これはもちろん大規模経営をも肯定しながら、EUの農業の持つ農村の農業の多様性というものをしっかり位置付けていこうという大きな改革でございます。
 登米市農業もそういった意味では、片一方で圃場整備なり様々な生産組織をつくりながら、効率を追った農業の歴史があり、片一方で多様性な複合的な農業の営みを進めてきた現実もあったわけでございます。
 先の調査結果の中で県内の水田整備率が84パーセントということで、宮城県一の管内の圃場整備率になっておりました。そして、いわゆる20アール以上が全部で84パーセントのうち50アール規模が33パーセント、これも類を見ない進捗率でございます。顧みますと旧米山町を中心としながら、それに生産組織を結びつけてコストの低減を図った農業の歴史がありました。ただ、この登米市の農業の特色は、そういったものを核としながら、最初は補助金体質の生産体制でありましたけれども、大豆をみるように補助金もありながらその存在価値を認める一大産地にもなってきたという経緯があります。それは、とりも直さず圃場整備という土地のしっかりとした基盤を整備してきたからこそできたことでありまして、そのことが現実になってその集団を中心にして地域の中で多様な農業経営をするに至ってきておりまして、日本の農業の中でも素晴らしい見本になるのだろうと私は思っています。
 そして、その流れをこの登米市も合併してもそれを脈々と受け継いできて、今度はまた新しい農業ビジョンを出すというふうなところまできています。その基本的な方向には間違いはないのだろうというふうに私は思っていますし、その多様な農業、家族農業を中心とした日本農業の7割を占めるその農業の大切性、それはとりもなおさず村社会という共同社会論の中で、その農村社会を築いているというふうな仕組みをしっかり農業を中心に守ろうという姿勢があったからだと思います。それで、先ほどアグリプロモーション等々もお話されましたけれども、まさにこれこそがこれからの登米市が目指すべき農業の方向だろうと思います。
 そこで伺いますけれども、国は今回27年度の補正予算、そして28年度の予算も衆議院を通過いたしました。これをもって大きな圃場整備の基盤整備をやろうとしております。こういったことに対していち早く登米市管内が取り組んできた状況を踏まえますと、このことについて登米市としても重大な決断を持ってこの事業に取り組んでいくべきだろうと思いますけれども、その辺の考え方についてお伺い申し上げます。

委員長(關 孝君) 農村整備課長、可野嘉裕君。

農村整備課長(可野嘉裕君) 現在の圃場整備の状況についてお答えいたします。
 平成28年度から伊豆沼二工区の区画整理工事が始まります。今委員さんがおっしゃったとおり、2ヘクタールの水田を基本として取り組むという圃場整備事業になっておりまして、それを今現在、実施設計中でございまして、委員さんおっしゃります今回のTPP関連の土地改良関係の補正予算枠ということで、伊豆沼二工区の方の圃場整備の方にも結果的には28年度の前倒しという形にはなるのですが、一応予算上は27年度という補正予算という形で基盤強化の中の圃場整備の対象となってございます。
 それでこれからの圃場整備のあり方なんですが現在、圃場整備の30ヘクタールから50ヘクタールで従来、昭和50年代は進められておりましたが、その中でも先ほどお話ありましたが米山地区の城内というところでは2ヘクタール化を取り組んだ地域もございます。
 それから今後なんですが今現在、改良区の方で基盤促進事業とか耕作条件改善事業の方で一部の農家の方々が区画整理、畦畔を外して区画拡大を図ろうということでその要望に取り組んでいる改良区が市内の管内で、2改良区で少しずつですがそういう区画拡大の事業に取り組み始めております。ただし登米市の今の課題としましては、どうしても稲作、畑作に関してもそうなのですが、どうしても用水の関係を必ず川の方から電気量をかけてくんで、それをまた排水するという栗原地方とか大崎地方の上流部分の市と比べると、どうしてもそこら辺の水利にかかる経費が弱点となってございます。
 それで国営事業と県営事業とで造成していただいた機場関係、水路関係が老朽化を向かえ来ており、それの長寿命化の対策が緊急の課題となっておりますので今、国と県とお話を進めさせていただきまして、国営事業は国営の事業で長寿命対策を図っていただくように今お願いしております。県営事業の方でもそういう水利事業に関して、それを進めていきたいと思ってお願いしているところでございます。
 それで現在のところ緊急の課題としては、機場関係の整備を国県の補助事業等で取り組み、農家の負担を軽減しながら対策を練っていきたいと思っているところでございます。

委員長(關 孝君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) 丁寧な説明ありがとうございました。
 いわゆる補正と28年度の農林業予算の重点事項の中で、強い農業水産業のための基礎基盤づくりということで農林水産業の基盤整備事業、いわゆる競争力強化と国土強靭化計画があり、その中での整備事業が位置づけられているわけですから、今まさにお話したとおりのことでございますので、老朽化も含め強靭化も含めて、これそのために今度2,962億の予算がついたわけでありますから、これに向けて今2改良区がやっていることはわかりますから登米市が思い切ってこれにアプローチして、「このようにしよう」というようなメッセージをしっかり改良区間とも連携をしながらやっていくことが大切だろうと私は思っています。ぜひその旗振り役として市がしっかり扇の要になってやっていくくらいの気持ちを持たないと、このTPPを含めた対応能力として登米市の農業大変厳しいものになってきますから、そこはしっかりしてくださいという思いでございます。細かいことはあとでまた別の機会にお話をさせていただきたいと思います。
 あわせて、TPP関係の中で産地パワーアップ事業が組まれます。これは県でパワーアップ計画を作って、さらに市でパワーアップ計画を作って、それで事業採択というふうなことになるかと思います。それでその任を担うのが再生協議会です。再生協議会の今のスタッフ、今の態勢で大丈夫なのか。その再生協議会のあり様についてどのように考えているか。

委員長(關 孝君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

農産園芸畜産課長(髙橋一紀君) 産地パワーアップ事業についてのご質問でございます。
 委員ご指摘のとおりこの事業につきましては、県で計画を作成し、さらに市町村で計画を策定するというふうな状況となってございます。現在のこの事業の実施主体については、農業再生協議会があたるということにはなってございますけれども、現在の段階でその業務については産業経済部、農産園芸畜産課内で対応させていただければというふうには考えておるところでございます。

委員長(關 孝君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) 時間的な制限もあるかと思いますけれども、しっかりとしたいわゆる産地パワーがアップできるような流れを担当課で、部ですか、部でしっかり肝に銘じてやっていただくことをお願いしておきたいと思います。
 時間がございませんので、この程度にさせていただきます。

委員長(關 孝君) ほかに質疑はございませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(關 孝君) これで5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費の質疑を終わります。
 暫時休憩します。
 
          休憩 午後2時21分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時24分
 

委員長(關 孝君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、8款土木費、9款消防費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) それでは、概要93ページの道路維持補修費の小型除雪機による除雪事業についてお伺いします。所管ではございませんので、何点かちょっとお伺いをいたします。
 内容的には市が購入する小型除雪機でということでございますが、初めに概要ということですけれども、ちょっとあっさりしすぎで内容がわかりませんのでお伺いをいたします。あと配備先が、一応数だけありますけれども、これも一覧で見られればよかったなと思っているところでございます。
 さて、初めに市役所への配備は「除雪事業者への貸し付け用とする」ということで、迫総合支所が2台、それから登米総合支所及び豊里総合支所各1台で3支所4台ということでございますけれども、この決定の根拠はどのようにして決定したのかをお伺いをいたします。

委員長(關 孝君) 土木管理課長、首藤正敏君。

土木管理課長(首藤正敏君) 小型除雪機に関するお問合せでございます。
 支所に配備の4台の根拠はということでございますが現在、歩道の除雪については様々業者の方にお願いをした中で、業者の方が持っている除雪機もございますし、支所で持ち合わせている除雪機もございます。その中で小型の除雪機、現在リースで配備してございます迫総合支所と豊里総合支所、それから登米総合支所については現在あるんですが、機械が古くなったものとかについて今回配備をするという予定でございます。

委員長(關 孝君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) それから役務費ということで概要の93ページ、除雪作業傷害賠償保険料ということで、ということはこれは作業に携わった方向けの保険料ということでよろしいんでしょうか。

委員長(關 孝君) 土木管理課長、首藤正敏君。

土木管理課長(首藤正敏君) 保険料ですが、第一には作業に従事した方については、登米市の市民活動の総合補償制度がございます。そちらで対応を予定してございます。
 今回の保険料につきましては第三者の方、対人・対物について事故があった場合に補償するということで考えている内容でございます。

委員長(關 孝君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) ということは、作業自体は特に誰がやってもいいということですか。

委員長(關 孝君) 土木管理課長、首藤正敏君。

土木管理課長(首藤正敏君) 基本的に各行政区にアンケートをお願いしまして、そこでお二方以上が作業に従事いただけるという方を特定することにしてございます。その方を対象とした保険をかける予定をしているというところでございます。

委員長(關 孝君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) それからこの機械の燃料代なんかはどのように対応するのか。その点をお伺いします。

委員長(關 孝君) 土木管理課長、首藤正敏君。

土木管理課長(首藤正敏君) 今回の別冊の2の36ページに記載してございます事業費703万3,000円についてご説明をします。730万3,000円ですね。失礼いたしました。
 内容的には、ガソリンの携行缶とか小型の燃料費を16万7,000円、それから保険料の役務費として72万、備品費として641万6,000円ということで、合計730万3,000円をお願いするものでございます。

委員長(關 孝君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) この配備先29カ所ということは、これはそうすると全部の行政区に声をかけて手を挙げたのがこの29行政区という解釈になりますでしょうか。

委員長(關 孝君) 土木管理課長、首藤正敏君。

土木管理課長(首藤正敏君) アンケートにつきましては、302行政区に差し上げてございます。そのうち244行政区の方から回答をいただいてございます。その中で、こちらの市の方で考えてございます条件、例えば小型除雪機の保管場所があるとか、二人以上の方ができる、または200メートル以上の除雪が可能という様々な条件の中で、「対応が可能」ということでご回答いただいた行政区が65行政区ございます。
 ただ、そういってもとびとびの行政区では、歩道の除雪という意味ではその効果が薄いということで、今回学校等の周辺をある程度連続してやっていただける行政区を抽出した結果として、この台数になったということでご理解いただきたいと思います。

委員長(關 孝君) ほかに質疑はございませんか。及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 101ページの防火水槽設置費全般について説明をお願いします。
 それから同じく消防施設設備の維持管理費、消火栓の維持管理費2,500万。あとその前の備品購入費、トランシーバー382機の内容についてお知らせ願います。

委員長(關 孝君) 警防課長、鈴木秀彦君。

警防課長(鈴木秀彦君) まず初めに防火水槽の関係でございますけれども、101ページの工事請負費の方でよろしいでしょうか。
 今回の工事請負費につきましては、防火水槽設置工事5基、これにつきましては迫、東和、中田、米山、津山町という3町域に5基、さらには撤去工事が1基入っております。この撤去につきましては、中田町になりますけれども地権者からも撤去要望がありまして撤去するという形で、今回設置が5基、あとは撤去が1基となっております。
 続きまして、消火栓の維持管理費になると思います。これにつきましては・・・その前に上の備品購入費のトランシーバーからご説明させていただきたいと思います。
 このトランシーバーにつきましては、消防団車両に配備するトランシーバーとしまして、消防団の装備の見直し等も含めまして充実するものでございます。現在、車両が消防団車両191台、ポンプ車から軽積載まで含まれてありますけれども、その中に各車両2台ずつ積載しまして、車両とあと例えば先で活動している隊員等の交信用に配備するものでございます。
 続きまして、負担金ということで維持管理費の負担金、消火栓の維持管理費の負担金となると思われますけれども、これにつきましては消火栓の災害使用時の水量及び消火栓の維持管理、さらには防火水槽に給水しております給水設備の維持管理費も含めまして、水道事業所へお支払いをする負担金ということになります。以上です。

委員長(關 孝君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 防火水槽の新設負担金、これは防火水槽の給水設備を毎回新しくするたびにこの負担金は負担するわけですか。

委員長(關 孝君) 警防課長、鈴木秀彦君。

警防課長(鈴木秀彦君) 防火水槽の給水設備の負担金ということでございますけれども、新規の加入負担金ということで、これは設置する箇所都度ですね、ポンプ庫の近くになければそうしますし、そのような形で設置しております。

委員長(關 孝君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) それから防火水槽の用地取得とありますが、普通防火水槽、無償であれは提供といいますか、そういう方もかなり借上料、無償貸与という形であるわけでございますが、この取得は必ずしなければならなかった、その場所的な、あるいは条件があったのでしょうか。

委員長(關 孝君) 警防課長、鈴木秀彦君。

警防課長(鈴木秀彦君) ただいまのご質問の2箇所の防火水槽の取得費の件だと思われますけれども、いずれの場所につきましても民地の中をですね、片方は確か有償でお借りしていたとかだと思うのですけれども、その土地を売却するということで取得を要請されたものです。その上段でありますけれども、委託料の方で分筆登記料を取っておりますが、その二つの用地取得のうちの片方は既に分筆しておりまして、もう一つ分だけがまだ分筆していないということで、そちらの委託料の方に計上しているような状態でございます。

委員長(關 孝君) ほかに質疑はございませんか。岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) 今の防火水槽にも関連します。
 今後、消防の方で必要と思われる防火水槽の何基、今後。その年次計画等あるのかどうかお聞きします。
 それからコミュニティエフエム、9款1項5目ですね、103ページ。別冊の方では説明ございます。この28年度整備で可聴エリア、何パーセントになるか。そしてもうこれ以上恐らく建てないとは思うのですが、これでも可聴エリアから漏れるところの対象の方向性、お聞きします。

委員長(關 孝君) 警防課長、鈴木秀彦君。

警防課長(鈴木秀彦君) 警防課分で防火水槽の設置の状況と今後の予定ということのご質問だと思います。
 現在、登米市内には防火水槽というものがですね、総数で1,287基ございます。それでその中で消防力の整備指針という基準に適合したものというところで、消防本部で振り分けてはいるんですが、1,287基のうち適合しているのが1,272基というようなところでこちら押さえております。
 以後、消防整備の計画につきましては、実施計画に基づきまして掲載しまして、現在のところ32年度までの計画は立てております。以後につきましても随時、計画は市内の設置状況を見ながら計画は立てようと思ってはいるんですけれども、以前も決算審査等のところで答弁させていただきましたが、新設だけではなく改修する水槽もかなりでてきているというところで、どの時期かをきちんと見て、計画の見直し等も今後必要になってくると捉えております。以上です。

委員長(關 孝君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) 今年度、それから来年度の事業で中継局を整備いたしまして、登米市内80パーセントの可聴エリアの確保ということで予定をしてございます。
 しかしながら、どうしても難聴地域が出てしまうということも考えられますので、それにつきましては、中継局整備後につきまして可聴エリアの調査をさせていただきまして、非同期中継局などの設置をしながら対応し、将来的には100パーセントの可聴世帯を目指して整備を進めてまいりたいと考えております。以上でございます。

委員長(關 孝君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) 防火水槽、消火栓よりも本当に使い出のあるのがこっちかなというふうに思っています。給水のね、そこまで付けてやれば。今、現在の基数は答弁あったんですが、今後32年度まで何基目標、今から最低これだけは必要だよというような基数、恐らくあると思うのですね。何基整備しなくてはならないのか、そこのところだけ確認しておきます。

委員長(關 孝君) 警防課長、鈴木秀彦君。

警防課長(鈴木秀彦君) 今後の設置の見通しとあとは何基整備すれば一番理想なのかというところでございますけれども28年以降、今後ですが、計画的には年5基ぐらいずつはまだやっていかなければならないのかなというところは考えておるところでございますけれども、現在の消防力・・・大変失礼しました。充足率から見ますと66.9パーセント、全体からみますと。そういう充足率を限りなく100パーセントに近づけるためにとなりますと、年間5基では非常に、正直なところいつまでたっても追いつかないというのが実情のようなところでございます。年間5基で100パーセント達成見込みというところを一応計算してみましたところ、165年もかかってしまうのかなという、あくまでも数字上ですがそういうところをちょっと警防課でも考えておりますので、やはりもっときちんとした計画を見ながら立てたいと思っておりますのでご了解願いたいと思います。

委員長(關 孝) ほかに質疑はございませんか。浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 防火水槽の計算とやや似ているかもしれませんが、別冊2の37ページから40ページに新設改良75本くらいかと思いますが、これは現在までの要望件数の何割ぐらいを消化できるか教えてください。

委員長(關 孝君) 道路課長、吉野晴彦君。

道路課長(吉野晴彦君) 新規路線・・・新規路線といいますか単独の事業といたしまして、きめ細も合わせますと70何件以上ですね。単独で39件、それからきめ細かな道整備事業で67件ということでございます。
 現在、整備率でいきますと実際、市道の延長で言いますと2,742キロほどございます。データとしては今最新のものでいきますと、2月現在での見通しでございますけれども、整備率といたしまして53.9パーセントでございます。これは平成27年度まで入ったものでございます。これに今年度、28年度分追加なりますので、大体年間26と27比べますと2パーセント弱の伸びになっておりますので、28年度分も入れたとして1から2パーセントの伸びですので53.4パーセント近くということになる見込みでございます。

委員長(關 孝君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) じゃあ防火水槽のペースよりは少し早いということだね。じゃあなお緊急度の高いとこからやっていただくよう要望します。

委員長(關 孝君) ほかにございませんか。浅田 修委員。

14番(浅田 修君) 防火水槽の無害の分の屋根かけなんですけれども結構、消防団から要望されていると思うのですが、その点が全然見えないので、この中でどの程度でやれるのかお聞かせ願いたいと思います。

委員長(關 孝君) 警防課長、鈴木秀彦君。

警防課長(鈴木秀彦君) 既存の防火水槽の無害水槽の関係だと思いますけれども現在、市内におきましては、先ほど水槽の総数お話させていただきましたけれども、無害水槽が40トン以上の水槽で26カ所、40トン未満においては87カ所ということで非常に、100カ所を超える無害水槽がございます。その中でかなり場所的にも立木の下にあったりということで落ち葉が堆積する場所、あとはさほど支障にならない場所等々ありますけれども、その辺のところはなかなか進んでいないのが実際でございます。
 さらにはその無害水槽以外にも水槽に亀裂が入りまして、年2基ほど建て替えというか設置替えではなくて、内部の漏水防止をしたりとかということで改修費を使っているのが現状でございますので、今後さらには先ほどの水槽の整備とあわせまして、早期に対策を考えなければならないと考えております。

委員長(關 孝君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) これはどこで見ればいいの。どこの予算で見ればいいの。それはつくっていないのですか。予算にはあげてないの。

委員長(關 孝君) 警防課長、鈴木秀彦君。

警防課長(鈴木秀彦君) 改めてこちらの修繕の方ではあげておりません。水槽の方ではあげておりません。今年度につきましては。

委員長(關 孝君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) 清掃するのは消防団員でしょ。団員が大変だと言っているのに、予算をひとつもつけないで知らないふりしている話はないのでないの。
 ぜひですね、何かの形の中でぜひ一つでも二つでも。100カ所以上あるんでしょ。だからやっぱり造ってやるべきですよ。いざという時に中間にごみが詰まってどうにもならない状態になるんだから。だからぜひそういったことを含めて対応していただきたいと。考えは。今年は予算がないから何ともならないけれども、補正でとっていいから。

委員長(關 孝君) 警防課長、鈴木秀彦君。

警防課長(鈴木秀彦君) 委員おっしゃるとおりでございます。できるだけ優先順位決めさせていただきまして、対処できればと思いますのでご理解願いたいと思います。

委員長(關 孝君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) それから消防団の活動服というか、あるいは法被というかちょっと昔は法被と言ったんですけども、そういった活動服を見れば市民は安心するというのが今の状態であります。我々もそうでありますけれども、という中でですね、「着用したままでの酒席には参加するな」とか、それからいろんな制約があるというような話も聞きましたけれども、「今は時代変わったよ」と言われればそうなんですが町の時代は、せめて10年前はそうではなかったという中で、なぜこういった規制が張られているのか。ちょっとお聞かせいただきたいと思います。誰が指示を出したの。

委員長(關 孝君) 警防課長、鈴木秀彦君。

警防課長(鈴木秀彦君) ただいまのご質問、すいません。たぶん活動服なり法被を着たままでの飲食の関係という形でよろしいでしょうか。
 以前は、私も記憶にある範囲ではいろんな催しものの後に、各詰所なり集会所に立寄ってというようなところでの反省会等々やっていたというのも私は記憶にございますけれども、ここ最近ですね、実はその催しものの帰り途中に飲食店にそのままの格好で立ち寄り、消防本部の方にいろんな問い合わせなり市民の方から来ているというのがここ数年の実態でしたので、その辺もあわせまして、もし消防団の方々には大変ご面倒をかけますが、「一旦戻ってからもその辺のところは対応できるのではないか」という話がずっと出ていたのが、たぶん規制ではないですけれども、そのような形にとっているのかなと思います。
 以上でございます。

委員長(關 孝君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) だから規制かけているのでないの。警防係長が発したのですか、課長が。誰が指示出したの。
 そういったコンビニ入ってもダメというようなわけではないのだろうけれども、そこまでの規制はないと思いますが、なぜそういった規制を張るの。どういった意味でなったのかなと思うのですけれども、今の答弁ではちょっとわからないところがある。
 何か総務部長が発したのですか。副市長ですか。何かこっちの方から発したというような私、聞いているのですけれども違いますか。どこでこれを発しているのですか。もう一度確認したいんです。

委員長(關 孝君) 警防課長、鈴木秀彦君。

警防課長(鈴木秀彦君) どこで発信したかということでございますけれども、一応私の近く、この担当についてからの記憶ですいませんが、数年前にある町のところの出初め式だったかと思うのですけれどもそれがちょっと飲食店で、実は当消防団ではなかったのですが、隣接する町の消防団がですね、正直この格好で飲酒をしていたというのがありまして、飲酒ですね、お酒を。そういうことがありまして結局、市民の方から、一般の方から見れば、「○○消防団」というあえて識別はなかったみたいなので、その辺のところで注意という形で文書を出したことはあるかと記憶にしております。

委員長(關 孝君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) ただそれだけで、協力してもらっているのにそれを規制するということはいかがなものかなというふうに思っているんですよ。なぜそれまでやらなくていけないのと。
 3月1日の河北新報の中で、「消防団確へ保優遇制度」ということで見ていると思うのですけれども、金ケ崎町ですか、岩手の。消防団の消防団員優遇制度ということで始まったようでございます。「おらほの消防団かっこいいぜ事業」ということでですね、国のモデル事業として始まったということでございます。その中でですよ、飲食店では一定の料金に達した場合1,000円引きにしたり、大盛りを無料にしたりとそういったいろんな、建設会社も工事費の5パーセント引きとか、団員になれば。そういったいろんな面で優遇措置があるという中でですよ、それで消防団員には「私は消防団員だ」というような意識付けもあろうかと思うんですけれども、ピンバッチを配布したり、さらに消防団の活動を紹介するホームページとか。
 言い換えればそういった電話が来るということは、「消防団がこのように活動しています」ということを発信していないということだよ。市民に対して理解させていないということなの。ただ規制だけ、団員に対しての。果たしてそれで良しとするの。だから消防団の充足率も悪いんじゃないの。
 その町ではですね、「火災の際の出動手当などはあるが、団員になることでの具体的な利点はなかったと。団員確保と町内の店舗を利用することで、活性化につながればいい」ということですよ。ほかの町でもやっているようでございます。
 もうちょっとですね、市民に対する電話が来たからといって、「このような活動をしてるんだから、それぐらいいいんでないですか」と、逆に言って聞かせるぐらいの態度が必要じゃないの。「ああそうすか、そうすか、では団員に言いますから」と規制すると、ねえ市長。市長に対してもメールが入った時点でそういったことがあったんじゃないですか。「早速ではやめましょう」と、そういうものじゃないでしょう。もうちょっと規制を緩めて、「私は消防団だ」と。法被を見れば市民が安心するような、逆にそういった態度とらせた方がいいんじゃないの。どうでしょうかね。

委員長(關 孝君) 消防長、佐々木建待君。

消防長(佐々木建待君) 今、委員のおっしゃるとおりだと思いますけれども、ただやはり何か催しものあった後に車両を持ち込んで、ポンプ車持ち込んで飲食しているというような一応投書というか、連絡があった時もありました。
 そのため実際お酒は飲んでなくても、やはりその場所に行ってそういう誤解を招くことないようにというような形で、消防団の方には1回ポンプ庫に戻して、それから出直して反省会なりをしていただきたいというような要請はしてございます。
 これからもこのような態勢で進めたいと思いますが、ご理解をよろしくお願いいたします。

委員長(關 孝君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) 理解できないんだね。いろんな規制があってはダメなんだね。
 それで警察の方も聞きました。制服警官がコンビニで買ってもダメだというような規制もありました。日本全国で。それが33都道府県で「そういったこともいいよ」と。逆に「警察官が制服で買い物をしていると職務怠慢と指摘されるケースがあったため、これまで制服での買い物を自粛するよう指導してきたが、店に立ち寄る機会が増えれば防犯強化につながると判断し、制服警察官のコンビニでの買い物解禁は全国的な流れになった」という情報でございます。
 そういった中で、だったらポンプ車置いてから飲み方するというような話にすればいいんじゃないの。何でそういうことできないの。飲食もあるでしょ。飲酒だけでなくして全てダメ、規制じゃないですか。差別できないから。

委員長(關 孝君) 消防長、佐々木建待君。

消防長(佐々木建待君) 先ほども回答させていただきましたけれども、どうしても一般市民に誤解を与えないように飲酒、飲食の違いもなかなか外では判断できませんので、その誤解を招かないようというような形では、消防団員の方にはお願いしているところでございます。

委員長(關 孝君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) 何回言ってもわからないけれども、そういったもちろん飲酒運転とかなんかそういうのはもちろん守らなければないところはあるんだけれども、そういった面も徐々に、いろんな面でですよ。だからそういった誤解を与えるというのではなくて、そういう飲酒とか飲食とかで来ても「消防団は頑張っているんだ」というPRはしてやらないとダメですよ。ただ単に市民から「そうなんだ。ああそうですか、そうですか」というような話ではダメなんだということです。いろんな文句が来てもだよ。ねえ消防長。
 それから昔からの消防団の儀式でありましたけれども、初午あたりのですね、そういった中での常日頃の御礼の意味も含まれておりますが、防火啓蒙をしながらですね、協力金とか寄附金というような形でいただいている、そういった行事もあるわけでございます。それも何か規制をしているという様なことを聞きますけれども、今の現状はどうなんでしょう。

委員長(關 孝君) 警防課長、鈴木秀彦君。

警防課長(鈴木秀彦君) ただいまの各行事等、初午等々の時の寄附金等々の関係でございますけれども、消防団の方々が一生懸命働いていただいて協力していただいている中で、地域の方々からの一応期待とねぎらいというような形でいただいてきているのが、これまでもあくまでも自治会とか地域住民の方の意志の中でそれが、その行為というのが習慣化した、慣例化しているというような形の中でだと思われますけれども、実は九つの支団、九つの町のうち、ちょっとこちらも調べる機会がありましたので、どのような形なのかなあというところで以前調べさせていただいたところ9支団、消防団からいいますと九つの支団のうち、完全とは言いませんけれどもあくまでこちらの聞き取りですが、四つの団体が個人であったり自治会から寄附金等はいただいていない。あとの五つの支団、五つのまちにあっては、自治会からのどのような経由かわかりませんけれども、繰出し方はわかりませんが自治会から、協力金という名称かどうかちょっとわかりませんよ。いろいろまちまちですけれども。ただそれはいただいているところもありますし、ないところもある。それが全支団というか、たぶん分団とか班にわかれるのですけれども、その中身によっても若干違うというのが今把握している状況でございます。

委員長(關 孝君) 続けて。

警防課長(鈴木秀彦君) それでですね、それが良いのか悪いのかという話になりますとなかなか非常に私一人の答えでは難しいところではございますけれども現在、市の方の消防団の規則、規定だけを申し上げますと、「消防団は」というところであくまでも消防団員、これをどう解釈するかでございますけれども、「消防団はそのような形で寄附等をいただいてはいけませんよ」というようなところをうたっているのが大前提でございますが、消防団の現在の、今の登米市消防団の組織としてどうなのかというところが合併して10年になりますけれども、その辺のところを町によってまだまだ違いがございますので、登米市消防団としての回答は、今後消防団の幹部等々ともきちんと協議しながら、対応を一本化していかなければならないのかなあとは思っているところでございます。

委員長(關 孝君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) 「もらって歩くのはダメ」というように言われたと聞いているんですけれども、そういう一本化になったんじゃないの。誰が発したの。課長が発したの。私言われないという話だと、ではどこから来たの、この話。消防長からの発信でしょう。違うの。こっちの市長部局。どこから来たの。

委員長(關 孝君) 質疑の途中ですが答弁は休憩後とし、ここで10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後3時01分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時08分
 

委員長(關 孝君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 浅田 修委員に対する答弁を求めます。消防長、佐々木建待君。

消防長(佐々木建待君) ただいまの件でございますけれども、もう一度精査をしまして、しっかりした対応をとりたいと思いますので、少し時間をいただきたいと思います。

委員長(關 孝君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) 精査というのはどのような精査かわかりませんけれども考え方、まずどのような考え方なのか。基本的な考え方、もうちょっと示してもらえれば良かったのかなというふうに思います。いずれにいたしましても、そういった大人の団体なんだから、何から何まで「酒飲むな」、「法被着て酒飲むな」、「何するな、かにするな」でなくてもうちょっと。それは消防ポンプ車持って行って、引きずって行ってどうのこうのというならまた別だけれども、ある程度片付ければやってもいい。消防というのは、そこが楽しみで入ってきた経緯もあるのですけれどもね、今何からかにから規制しながらやるという逆に時代でしょうかね。もうちょっと緩やかにしながらですね、もう一度再検討していただければというふうに思います。
 市長、どのような考え。市長部局に随分メール来たというようなお話もあったんですけれども、その中で規制したのではないのですか。ないですか。それじゃあいいです。

委員長(關 孝君) ほかに。警防課長、鈴木秀彦君。

警防課長(鈴木秀彦君) すいません。先ほどの浅田委員の質疑で若干漏れた分ありましたので、すいませんがよろしいですか。
 先ほどの水槽の修繕の関係ですけれども、防火水槽の方の予算ではなくて、概要書の102ページの2細目の消防施設維持管理費の中で、需用費の中に修繕料ほかというところで取っております。それで約100万ほど来年度は水槽修繕費ということで取っておりますので、報告したいと思います。失礼しました。

委員長(關 孝君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 別冊の2の36ページの小型除雪機ですが、ここでうたっているように住民の方々の協力をいただいて、うまくスタートすればいいなあとは思っております。
 文句ではないのですけども、ただ佐沼小学校の周辺、今思い浮かべると、古い側溝のふたの上が歩道になっているという実態なんですよね。たまに子供たちが歩くと側溝のつなぎ目の穴、危ないとか様々あったりして修理もしていただいて、整備していただいた時もあるんですが、そうするとそういうところにこういうのが果して対応なるかとか、いろいろな課題はあるかなあと思うので、特に古い町場というのはそういう問題があるので。どんなふうに考えながら今度新事業を起こしたのかなと思いますので、ひとつ説明していただければなと思います。

委員長(關 孝君) 土木管理課長、首藤正敏君。

土木管理課長(首藤正敏君) 小型除雪機の購入についてのお問合せということです。
 今回ご用意します小型除雪機については、下の方に写真にお示ししてある内容となってございます。これ非常に軽いものでして実際、私もこの物を触ってみました。業者さんも今使ってらっしゃる方もいらっしゃいます。その中で一番維持管理費がかからずに、簡単に操作できるものということで選定をさせていただいたところでございます。
 基本的にはこの物をご用意したいというふうに思ってございます。これですと人が歩ける幅があれば、ある程度の除雪は可能というふうに捉えてございます。それで上げ下げも非常に軽い物ですから簡単にできます。この角度がつくことによって、除雪自体が非常に楽になるというような物になってございます。
 お話の佐沼小学校周辺の蓋の上という部分についてもご協力いただける方があれば、当然お二人以上とか様々条件ございますが、いわゆるこれから28年度でとりあえず事業を始めるわけですけども、その推移を見て近隣の行政区の方がどのようにお考えになるかその辺もちょっと注視していきたいというふうに考えてございます。

委員長(關 孝君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 課長に前にお伺いしていたならば、佐沼小学校の周辺、すぐ近くの行政区が錦東だけということなので、的場があり、錦西があり、五日町があり、光ヶ丘がありということからすると、なかなかやっぱり最も望む佐小周辺なかなかうまくスタートはまだできないなと。1年やってみてですね、それからのいろんな反省、教訓出ると思いますので、うまくいくように努力をお願いするということで終わります。

委員長(關 孝君) ほかに。相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 消防団費でお伺いします。
 消防団というものは上からの命令、出動命令がくると、今ご飯を食べていて一口で食べるのが終るのにも食べないで出動します。これだけは私も法被を着たからわかりますけれども、法被を手にするとそのような状態になります。それで終わってから「ごみ流しやるか」というふうなことでお酒を飲むのは、これ本当のことであります。ですけれども、今の話の中で「だからこうなったのか」と思うと今、かまど検査してもセンターに寄ってもすぐそのまま帰るというのが本当のようですよ。私、見ていても。
 ただ、消防団が人数少なくなったなというふうなことで、それを入れていくのにそれがいいのかなというふうなことが、やっぱ消防団はある程度魅力がないと、「消防団に入って良かったな」、「楽しいな」というふうなこともなければ私はダメだと思う。そしてまた、ご祝儀についても全部ダメだというふうなことになってしまうと、果してそれで分団が運営できるのだろうか。私、その様に思います。分団に入るお金は、「各個人に振り渡っているからない」というふうなことで、なかなか難しいのではないかなというのが一つあります。
 さらに何も起こらないということを前提として私言ってるんですけれども、ただ一つの中で車を持って飲みに行くというのは、これはまずうまくないと思うけれども、ただそれをなくした時には、自由にさせていいのではないかなと。寄附を強要するのではなくして、気持ちの中でよこされるのなら私いいと思います。そしてまた、火災や人を探す時というのは、みんな差し入れするのですよ。炊き出しするんですよ。私のところでも三日、四日100人規模で朝昼晩やったんだけども、みんなやってくれた。だってそれはダメだって言わないのだよね。
 そういうこともあるからまずは、その辺のところも消防署員と違って消防団というものは、入団した限りはそういうこともやりますので、あまりやるとやめられるかもしれない。私、時間ないのでちょっとだけでいいから、私の思いを今言ったんです。

委員長(關 孝君) ほかにありませんか。佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) この消防について1点ほどお聞きいたします。
 先ほど来でていますけれども、消防団に関しまして本当に伝統とこれまでの流れがある組織でありますので、いろいろその各支団ごとにいろいろな事情があるというふうに思っておりますけれども1点ですね、前からもちょっと聞いたのですけれども、この登米市消防団後援会。この補助金、今年も同じ金額39万5,000円でているんですけれども、私は本当に必要であれば「全市的に組織を立ち上げた方が良いのではないのですか」と前から言っているのですけれども、なかなかこの予算を見てもずっと同じようであります。
 それでもって、現在の登米市消防後援会、組織が今どの辺までの大きさになっているものか。そして主な活動、今どのような活動を行っているのか、その辺をまずお聞きをいたします。

委員長(關 孝君) 警防課長、鈴木秀彦君。

警防課長(鈴木秀彦君) ただいまの委員のご質問の消防後援会の関係でございますけれども現在、登米市内においては東和支部、登米支部、あとは津山支部というような形で、3支部3町が後援会組織をなしているところでございます。
 その中で後援会の活動の人員的なものでございます・・・大変失礼しました。消防後援会の人員でございますけれども東和支部が55人、登米支部が19人、津山支部が24人というようなところで活動をしていただいていております。
 主な活動の概要ですけれども市全体としましては、三つの支部が一堂に会してというのはなかなかないもので消防の後援、出初め式であったり、演習の出席等々を行っておりますが、三つの支部が一緒になってやるのが救命講習会であったりとか、当然あとは各支部ごとの災害の後方支援、あとは各町の諸行事へのバックアップ等を行っているというのが今の実情でございます。以上です。

委員長(關 孝君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) 今お聞きいたしましたけど、やはり合併当時と組織そのものはあまり変わってないのですね。これからの見込みはどうでしょうか。前から聞いて、「恐らく先細りなって解散するようになるのではないですか」といったような話もあったのですけれども、今後の見通しについてちょっとお伺いいたします。

委員長(關 孝君) 警防課長、鈴木秀彦君。

警防課長(鈴木秀彦君) 実はこの後援会につきましても今委員おっしゃられましたとおり、以前からいろんな消防団の方々を通じまして、各支団でのあり方、あとはその組織のあり方等々を聞いていた時に、やはり昔からあるところについては必要性を感じて、「ぜひこのくらい後援していただいているのでそれは必要だ」と、または全然なかったところも実は、まるっきりなかったわけではないですけれども、お世話係という形のところであったりとかいろいろありますが、なかなか声が上がってきていないというところが正直なところでございます。できればその都度やっぱりそういう組織、登米市消防後援会という形であれば、市全体が同じような組織体系にもっていければとは思っているところでございます。

委員長(關 孝君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) なかなか難しいようでございますけれども、それでまず各支団ごとに本当に違うのですね。分団ごとに後援会を持っているところもありますし、ないところもあります。そういったことでさっき寄附金の問題がでましたけれども、その問題解決のためにもですね、後援会あるところは後援会でいろいろそういった浄財いといいますか寄附金をいただいておって、大きな問題もなく分団運営がなっておるようなところもございますので、今出ている後援会とまた別にですね、そういった各支団ごとの後援会といいますか、この分団を支える後援会組織を一度洗い直して、この寄附金行為も含めて上手くいくように何とか調整をしていただければというふうに思いますけれども、そこを一言お願いいたします。

委員長(關 孝君) 消防庁、佐々木建待君。

消防長(佐々木建待君) ただいまのご質問でございますけれども、ただいま消防団組織等の見直し検討委員会、実施しておるところでございます。その中でこの後援会のあり方等も検討してまいりたいと思いますので、その中で検討させていただきます。

委員長(關 孝君) ほかにございませんか。佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) 99ページの定住促進住宅の関係で、先日「シャワーの設置について検討する」ということだったのですが、まだでしょうか。

委員長(關 孝君) 住宅都市整備課長、小野寺克明君。

住宅都市整備課長(小野寺克明君) 現在、設置状況等とも確認しておるところでございますので、まだ検討結果でておりません。

委員長(關 孝君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) 早めに検討をお願いします。
 それで駐車場なのですけれども、これは有料なんですね。月々2,000円ということで統一されているかと思います。それで駐車場を借りていない人が近くの公園の駐車場を利用するとか、また公園に設置してある水道でもって車を洗ったりするとかというふうなことがあるということで報告されていますけれども、これはどういうふうにしているのでしょうか。

委員長(關 孝君) 住宅都市整備課長、小野寺克明君。

住宅都市整備課長(小野寺克明君) 駐車場の件でございますが、一応公園に車を停めないようにというようなことで看板等の設置はしてございます。
 また、公園の水道を使って洗車をしているというようなことかと思いますが、それらにつきましては現在、凍結防止というようなことも踏まえて、蛇口の取り外しなどをしているところでございます。

委員長(關 孝君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) その辺しっかり徹底していただいて、やはり見ている方が大勢いますので、公平感のあるようなことをやっていただきたいというふうに思います。
 それから小型除雪機なのですけれども、これ冬期間だけ利用で管理であるとか、またその設置場所であるとかというのは、各行政区になるでしょうか。
 それからこの協力体制の整っている行政区に配備をするということになっております。この協力体制の整っている行政区に連絡等がいっているかどうかということでもお伺いしたいと思います。

委員長(關 孝君) 土木管理課長、首藤正敏君。

土木管理課長(首藤正敏君) 小型除雪機の保管の方法ということでございます。冬期間については、各行政区において保管場所があることを確認している行政区を対象として配備をしたいというふうに考えてございます。
 今回配備する行政区については、まだ連絡はしてございません。今回の予算のお認めをいただいた後に、それぞれ65の行政区で除雪可能ということでお答えいただきますので、配備する箇所、配備できない場所、理屈を含めてご説明をさせていただきたいというふうに思ってございます。

委員長(關 孝君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) そうすると申込みは69行政区からあったということですね。そのうちから30カ所を選ぶということでございますね。はい、わかりました。

委員長(關 孝君) ほかにございませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(關 孝君) これで8款土木費、9款消防費の質疑を終わります。
 暫時休憩いたします。
 
          休憩 午後3時26分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時28分
 

委員長(關 孝君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、10款教育費について質疑を行います。質疑はありませんか。熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 概要の104ページでございますけれども、学校教育振興に要する経費及び事務局費ということで、ここに報償費というのがございまして、(いじめ問題対策連絡協議会会議出席者金)ということでこれは今年度の概要にはないのですが、来年度から開催されるということでよろしいのでしょうか。

委員長(關 孝君) 活き生き学校支援室長、菊 裕二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) ただいまのご質問にお答えを申し上げます。
 平成27年度よりこの事業は進められているものであります。

委員長(關 孝君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 謝金が4ですんで4,000円だと思います。そうすると、例えば今年度なんかも謝金は支払われているということですか。

委員長(關 孝君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) 今年度も開催しておりますので、謝金は支払われているということであります。

委員長(關 孝君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) この会議出席対象者はどういった方々であるのか。また、年何回開催されているのか。どこで開催されているのかお伺いいたします。

委員長(關 孝君) 学校教育課長、永浦広巳君。

学校教育課長(永浦広巳君) まず、構成員でございますけれども、委員としては15人以内ということでございます。それで保護者ですとか学校の校長先生、それから教育研究所長、それからけやき教室長、それから県の教育事務所の職員、それから児童相談所の職員等が構成員となってございます。
 それから報償費の支払いの対象ですが、児童等の保護者として市P連の会長さんがなっておりますので、市P連の会長への報償費ということになります。

委員長(關 孝君) あわせて場所と回数。

学校教育課長(永浦広巳君) 開催は年2回ということでございます。開催場所は庁舎の方で行っております。

委員長(關 孝君) ほかに。及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 111ページの教育振興一般管理費の中で、中学校の教育振興に要する経費の中で標準学力調査委託料、それから居心地の良い学級づくり支援事業に要する経費、その下の青少年ピースフォーラム派遣事業に要する経費の中身をお願いいたします。

委員長(關 孝君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) ただいまのご質問ですけれども、最初の標準学力調査につきましては、毎年年1回、1月に市内の小学校は4年生以上の全児童、それから中学校1年生と2年生の全生徒を対象に、小学校では4教科、中学校では5教科の学力調査を行っているものであります。
 それから二つ目の居心地の良い学級づくり支援事業と申しますのは、子供たちが学校の中で、あるいは学級の中でどのような意識を持って生活しているか。つまり学級生活を満足しているか、友達関係がうまくできているかというものを調査するために年2回、これは6月と11月に実施をしているものであります。
 それから青少年ピースフォーラム派遣事業といいますのは、市内の中学校10校のうち隔年で5校ずつ長崎県の被ばく記念式典に参加をして研修を積み、それを市内に持ち寄って広めていくとそのような事業であります。

委員長(關 孝君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) そうしますと小学校は4教科、中学校は1、2年、5教科。その効果といいますか、学力の向上といいますかその辺の判断。あるいはどういう科目でそういう効果があったかということは把握していますか。

委員長(關 孝君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) 毎年この時期に調査をして経年変化、前年度、あるいは前々年度との比較を行ってきているわけであります。
 今年度の結果が2月の半ば過ぎに届いております。前年度と比較をいたしますと、小学校また中学校とも小学校では3ポイントほど、中学校では4ポイントほど全国比に対し上昇していると。つまり全国比に近づいているということであります。教科によっては全国平均を超えている教科もございますが、中学校においてはまだ若干全国と差が出ているということであります。
 それから教科でいいますと登米市の子供たちの課題といたしましては、算数・数学、それから英語あたりが課題かなと思って、その辺に今後とも力を入れていかなくちゃないかなというふうに考えているところであります。

委員長(關 孝君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) わかりました。それから居心地の良い学級づくりの支援は年2回、6月と11月、これも効果の検証はやっていると思いますが、どういった中身でその検証が図られたか。実績があれば教えていただきたい。

委員長(關 孝君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) これにつきましても年2回でございますし、毎年同じような時期にやっておりますので経年変化、それから1年の中で6月の段階、それから11月の段階で子供たちがどういうふうに意識の変化があったのかというあたりは調査をしております。
 今年度ちなみに小学校の値では、6月の段階で今の学級が満足だと回答している子供が58.3パーセントだったんですけれども、11月の調査では63.4パーセントということで5パーセントほど伸びが見られております。それから中学校におきましても59.2パーセントの数値が11月は61.4パーセントということで、若干の向上が見られているというところであります。
 ちなみに全国平均ですとこの値は40パーセントちょっと超えるというぐらいということでありますので、登米市はそういう意味では比較的60パーセント近いということで、学級の中では安定しているのかなというふうに捉えているところであります。

委員長(關 孝君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) そうしますとこのパーセンテージが上がれば上がるほど、いじめあるいは不登校、そういった関連したトラブルといいますか、そういうものはなくなると思いますが、その辺の考え方。これからもぜひ上げてもらいたいのですが、進め方をもう一度お聞かせ願いたいと思います。

委員長(關 孝君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) 今、委員のおっしゃるとおりでありまして、この調査につきましては学校の中で、つまり疎外感を持っているとか、あまり認めてもらえていないというような子供がその調査によってはっきりわかるわけでありまして、それを基に学校の担任、あるいは学校全体としてどのようにその子供たちにかかわっていけばいいかというのを検討しながら進めていくということでありますので、いじめ、あるいはなかなか減らないのですけれども不登校等にもこの調査は大きな成果というか、意味のある調査かなというふうに考えているところであります。

委員長(關 孝君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) わかりました。ぜひこれからも続けてそういう不登校、いじめをなくすような事業にしていただきたいと。
 それから青少年の派遣事業でございます。長崎の方に隔年で5校ずつ、これはどういった選定ですか。希望者全員とかそういう内容はどうなっていますか。

委員長(關 孝君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) 参加者につきましては、各学校から代表一人ということの参加者になっています。ですから引率を含めて、6名で参加をしているということであります。

委員長(關 孝君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 先般、請願の採択を決議されました。
 この請願につきましては、紹介議員の一人でございまして、所管の教育民生常任委員会では何度となく、そしていろんな角度から細部にわたってご審査をいただいて、「請願を採択すべし」という委員会の報告を得まして、本会議でその採択の請願が議決をいただいたところでございます。長時間にわたった審査に対して、大変ご苦労様ではございましたとともに、熱く御礼を申し上げたいと思います。
 そこで、請願が採択されましたことにつきまして、執行部としてはどのように受け止めておられますか。そして、今後どのようになされるのかお伺いをいたします。

委員長(關 孝君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) じゃあ私の方から答えさせていただきます。
 先般、パークゴルフ場の整備に関します請願が採択されましたこと、我々としても重く受け止めてございます。候補地の願意というのは、「候補地の選定にあたっては、様々な視点を持って評価することを求める」ということで、請願が採択されたものと理解してございます。
 したがいまして、今回の予算書の概要等には記載してございませんが、説明資料56ページに具体的に候補予定地として記載がございますが、そういう流れから申し上げればこの部分については、まずもって削除をさせていただきたいと考えてございます。その上で改めて候補地の選定の評価項目、それからそれに基づく候補地の決定について、議会の方と十分相談させていただきながら決定する手順を踏ませていただきたいと考えてございます。
 ただ、同様に請願の採択の際ご発言ございましたように、愛好者はできるだけ早く整備して欲しいという要望もあるということも踏まえまして、当然ながら決定するまで予算の執行をするつもりございませんが、今回の予算の提案についてはこのままお認めいただければありがたいというふうに考えてございます。
 以上でございます。

委員長(關 孝君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 予算はこのまま一応通す。あるいは、その再評価の結論が出るまでは予算の執行は行なわないということでございますが今、副市長からご答弁いただいて、「望んでいるから早く整備をしなさい」というようなことも考慮しているということでございますが、急ぐあまり評価の仕方に安易とは申しませんが簡易と申しますか、そうあってはならないというふうに思っています。
 今、副市長からご答弁をいただきまして、「議会と相談しながら」というようなことでお話をいただいて、綿密な細部にわたった調査、あるいは整備後のいろんな様々な維持管理、あるいはそういうアクセスはもとより、これからのこのパークゴルフ愛好者に対しての寄りやすい整備というようなことが求められるわけでございますので、その辺の再調査の方法はじっくりとしなければならないという、安易にやってはならないというふうに思ってございますが、どのようなお考えでしょうか。

委員長(關 孝君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 繰り返しになりますが、請願でご採択いただいた趣旨を十分に対して、ご相談申し上げたいと思ってございます。具体的な手順については、教育部長の方からご説明を申し上げます。

委員長(關 孝君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 請願の趣旨のご採択をいただいましたので、その趣旨の中でさっき副市長答弁されたとおり、「候補地選定の評価項目について、さらに精査せよ」ということでございますので、所管の教育民生常任委員会にいわゆる再調査する評価項目の時点からご相談を申し上げて、その評価項目のあり方のまず方向を決めたいというふうに思ってございます。拙速にならないように当然、慎重にその評価項目についての検討もいたしたいというふうに思ってございますが、片方でさっき副市長が申し上げましたように、早期のいわゆる整備ということについてもあわせて求められていると思いますので、あまり長い時間はかけられないなという思いもございますので、その辺所管の教育民生と相談しながら進めてまいりたいというふうに思ってございます。

委員長(關 孝君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 先般、この請願審査の審議の際に、土地収用法について質疑があったというふうに記憶してございます。過去、登米市内で体育施設の整備にあたって、土地収用法の適用をして整備したというふうに平成19年でございましたか、その様に記憶をしておりますが、何かこの土地収用法にするのは、「事業認可をいただかなければならない。ちょっとそのネックがあるんだ」みたいなニュアンスで受け止めてございますが、過去に登米市の体育施設に土地収用法を適用して整備したというふうに記憶してございますが、これは間違いございませんか。

委員長(關 孝君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 東和総合運動公園のテニスコートを拡張する際に、確か土地収用法の事業認定を得ているというふうに記憶しております。

委員長(關 孝君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) そういうところもしっかりと、何かこの間は「若干ネックになっているんじゃないか」みたいなのもあったので、あえて確認をさせていただきました。拙速にならないようなご検討をご期待申し上げます。
 ひとつ変わりますが、小学校の施設改修修繕事業についてでございます。
 平成26年に市内の小学校2校に対して大規模改修の調査、設計等々が予算化されておりました。ですが平成27年、今年度は震災復興関連を優先すべきということで、体育館のガラスが飛散しないような、あるいは様々なそういう予算措置をして27年度は経過してございますが、大規模改修の調査をいたしたその今年度の予算に見られないわけなんですが、いかがな予定になっておりましょうか。

委員長(關 孝君) 学校教育課長、永浦広巳君。

学校教育課長(永浦広巳君) まず、大規模改修の関係でございますが、大規模改修につきましては、国の予算、補助金を取り入れてという予定でおりましたが、27年度につきましても国の方針としていたしましては耐震化関係の事業に、国全体ですがそちらの方に予算を重点的に配分していくという方針でございました。そのため27年度につきましても大規模改善につきましては、予算計上しなかったところでございます。
 それから28年度につきましても、国の方針は27年度と同様にまだまだ耐震化の方に重点的に事業、補助をつけていくという方針ということで、28年度についても補助の採択は非常に難しい、耐震化の方につくということの説明がございました。
 そういったところもございましたので、どうしても市内の小中学校を含めてなんですが学校施設、経年劣化等進んでおりますので、大規模改造という補助事業をまたずに、それぞれの施設の状況、特に児童生徒の安全上で支障があるとかそういったところにつきましては、どれくらいの規模で対応を、修繕の方を進めていったらいいか。また、その方法等も含めまして、学校とも相談しながら優先順位をつけて整備していきたいと考えているところでございます。

委員長(關 孝君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 国の方針で耐震化工事を優先すると。平成27年度はそれを実施したところでございますが、その耐震を優先してやるということで、市内の学校施設等については耐震の優先された工事で十分でございますか。
 あと国がいつそのような方向転換といいますか、大規模改修にまた戻れるというような見通しなどは聞いておりませんか。

委員長(關 孝君) 学校教育課長、永浦広巳君。

学校教育課長(永浦広巳君) 県から国の方針としてお聞きしているのは28年度について、27年度の時もそうだったのですけれども、翌年度、28年度についてはそういった耐震化の事業等に重点的に配分していくというお話でございました。
 見通しということでございますが、その後の見通しにつきましては説明受けておりませんので、はっきりはちょっと申し上げられないところでございます。

委員長(關 孝君) ほかに。二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 私は1点。105ページでございますけれども、学び支援コーディネーターの関係であります。
 このことにつきまして、研修講師の報償費、それから旅費というふうなことになっております。この分についてどのような内容なのか、まず最初にお伺いしたいと思います。

委員長(關 孝君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) 学び支援コーディネーターの講師への報奨金ということでありますけれども、昨年度8月に市内の幼稚園、小学校、中学校の先生方を対象に地域の教育力を学校に生かすというようなこともあって、その辺をテーマにした講演会を水の里ホールで開催してございます。その際、講師としては、東京の方からベネッセコーポレーション研究所の研究員の方に講演をいただいたということでございます。

委員長(關 孝君) 二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) それでこの件について、例えば市独自でなくともいろんな学校で、学校独自でこうした講師を呼んだ場合の費用等については、これらの中に入らないのかどうか。ということは、時間がありませんのでかいつまんで申し上げますが、実は昨年ですけども石越中学校において、郷土出身の博士号を取っている方ですね。富士フィルムの要するに「写ルンです」を作ったチームの一員でございまして、彼がふるさとの子供たちにもお話したいと、いろんなことを教えたいというふうなことでボランティアで来ていただきました。大変好評だったものですから今年も来てもいいという話なのですが、ところが彼の実家が今なくなっておりまして、来るたびに旅費をかけて宿代も払いながら、去年は約10日間滞在をしながら行ったり来たりしておりましたけれども、そういった部分ですね、恐らくほかの町村でもこういったことがあると思いますけれども、そういった場合にせめて滞在費、あるいは旅費等の補償はないものかどうか。その辺についてこの中に含められないのかどうか、その辺考え方お願いいたします。

委員長(關 孝君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) 昨年度、石越中学校さんでご支援いただいておりましたのは、私どもも確認をさせていただいておりましたところです。
 その講師につきましては現時点でというか、この場でそのような方に謝金としてお支払できるのかどうかという資料を持ち合わせていないものですから、ちょっと正式にはお答えできませんが、可能な限りそのような方にもお支払できるような方向で進められればいいかなというふうに今考えているところであります。

委員長(關 孝君) ほかにどれぐらいおりますでしょうか。まだ続きますね。
 本日の会議はこの程度とし、これで散会したいと思います。
 なお、次の会議は3月7日午前10時から行います。
 本日はこれで散会します。大変ご苦労様でした。
 
          散会 午後3時55分
 
 
 

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>