•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(中澤宏)
  •   2  財政課長(伊藤隆敏)
  •   3  委員長(中澤宏)
  •   4  15番(伊藤吉浩)
  •   5  委員長(中澤宏)
  •   6  産業経済部長(真山誠喜)
  •   7  委員長(中澤宏)
  •   8  15番(伊藤吉浩)
  •   9  委員長(中澤宏)
  •  10  産業経済部長(真山誠喜)
  •  11  委員長(中澤宏)
  •  12  15番(伊藤吉浩)
  •  13  委員長(中澤宏)
  •  14  産業経済部長(真山誠喜)
  •  15  委員長(中澤宏)
  •  16  15番(伊藤吉浩)
  •  17  委員長(中澤宏)
  •  18  農産園芸畜産課長(高橋充)
  •  19  委員長(中澤宏)
  •  20  15番(伊藤吉浩)
  •  21  委員長(中澤宏)
  •  22  農産園芸畜産課長(高橋充)
  •  23  委員長(中澤宏)
  •  24  15番(伊藤吉浩)
  •  25  委員長(中澤宏)
  •  26  産業経済部長(真山誠喜)
  •  27  委員長(中澤宏)
  •  28  15番(伊藤吉浩)
  •  29  委員長(中澤宏)
  •  30  農産園芸畜産課長(高橋充)
  •  31  委員長(中澤宏)
  •  32  15番(伊藤吉浩)
  •  33  委員長(中澤宏)
  •  34  産業経済部長(真山誠喜)
  •  35  委員長(中澤宏)
  •  36  1番(金野静男)
  •  37  委員長(中澤宏)
  •  38  産業経済部長(真山誠喜)
  •  39  委員長(中澤宏)
  •  40  市長(布施孝尚)
  •  41  委員長(中澤宏)
  •  42  1番(金野静男)
  •  43  委員長(中澤宏)
  •  44  産業経済部長(真山誠喜)
  •  45  委員長(中澤宏)
  •  46  1番(金野静男)
  •  47  委員長(中澤宏)
  •  48  20番(及川昌憲)
  •  49  委員長(中澤宏)
  •  50  産業経済部長(真山誠喜)
  •  51  委員長(中澤宏)
  •  52  20番(及川昌憲)
  •  53  委員長(中澤宏)
  •  54  産業経済部長(真山誠喜)
  •  55  委員長(中澤宏)
  •  56  4番(武田節夫)
  •  57  委員長(中澤宏)
  •  58  新産業対策室長(佐々木茂光)
  •  59  委員長(中澤宏)
  •  60  4番(武田節夫)
  •  61  委員長(中澤宏)
  •  62  産業経済部長(真山誠喜)
  •  63  委員長(中澤宏)
  •  64  4番(武田節夫)
  •  65  委員長(中澤宏)
  •  66  産業経済部長(真山誠喜)
  •  67  委員長(中澤宏)
  •  68  21番(佐藤尚哉)
  •  69  委員長(中澤宏)
  •  70  産業経済部長(真山誠喜)
  •  71  委員長(中澤宏)
  •  72  委員長(中澤宏)
  •  73  委員長(中澤宏)
  •  74  23番(佐藤勝)
  •  75  委員長(中澤宏)
  •  76  建設部長(二階堂眞博)
  •  77  委員長(中澤宏)
  •  78  23番(佐藤勝)
  •  79  委員長(中澤宏)
  •  80  教育長(片倉敏明)
  •  81  委員長(中澤宏)
  •  82  23番(佐藤勝)
  •  83  委員長(中澤宏)
  •  84  建設部長(二階堂眞博)
  •  85  委員長(中澤宏)
  •  86  28番(岩淵正宏)
  •  87  委員長(中澤宏)
  •  88  建設部長(二階堂眞博)
  •  89  委員長(中澤宏)
  •  90  警防課長(佐藤正満)
  •  91  委員長(中澤宏)
  •  92  28番(岩淵正宏)
  •  93  委員長(中澤宏)
  •  94  警防課長(佐藤正満)
  •  95  委員長(中澤宏)
  •  96  19番(佐藤恵喜)
  •  97  委員長(中澤宏)
  •  98  道路課長(小野寺稔)
  •  99  委員長(中澤宏)
  • 100  道路課長(小野寺稔)
  • 101  委員長(中澤宏)
  • 102  19番(佐藤恵喜)
  • 103  委員長(中澤宏)
  • 104  建設部長(二階堂眞博)
  • 105  委員長(中澤宏)
  • 106  19番(佐藤恵喜)
  • 107  委員長(中澤宏)
  • 108  市長(布施孝尚)
  • 109  委員長(中澤宏)
  • 110  12番(二階堂一男)
  • 111  委員長(中澤宏)
  • 112  道路課長(小野寺稔)
  • 113  委員長(中澤宏)
  • 114  12番(二階堂一男)
  • 115  委員長(中澤宏)
  • 116  建設部長(二階堂眞博)
  • 117  委員長(中澤宏)
  • 118  26番(伊藤栄)
  • 119  委員長(中澤宏)
  • 120  委員長(中澤宏)
  • 121  建設部長(二階堂眞博)
  • 122  委員長(中澤宏)
  • 123  26番(伊藤栄)
  • 124  委員長(中澤宏)
  • 125  消防本部消防長(菅原輝雄)
  • 126  委員長(中澤宏)
  • 127  26番(伊藤栄)
  • 128  委員長(中澤宏)
  • 129  警防課長(佐藤正満)
  • 130  委員長(中澤宏)
  • 131  26番(伊藤栄)
  • 132  委員長(中澤宏)
  • 133  消防本部消防長(菅原輝雄)
  • 134  委員長(中澤宏)
  • 135  26番(伊藤栄)
  • 136  委員長(中澤宏)
  • 137  消防本部消防長(菅原輝雄)
  • 138  委員長(中澤宏)
  • 139  警防課長(佐藤正満)
  • 140  委員長(中澤宏)
  • 141  教育長(片倉敏明)
  • 142  委員長(中澤宏)
  • 143  住宅都市整備課長(中津川源正)
  • 144  委員長(中澤宏)
  • 145  26番(伊藤栄)
  • 146  委員長(中澤宏)
  • 147  7番(佐々木一)
  • 148  委員長(中澤宏)
  • 149  消防総務課長(熊谷一)
  • 150  委員長(中澤宏)
  • 151  22番(沼倉利光)
  • 152  委員長(中澤宏)
  • 153  道路課長(小野寺稔)
  • 154  委員長(中澤宏)
  • 155  22番(沼倉利光)
  • 156  委員長(中澤宏)
  • 157  建設部長(二階堂眞博)
  • 158  委員長(中澤宏)
  • 159  22番(沼倉利光)
  • 160  委員長(中澤宏)
  • 161  企画部長(田口俊郎)
  • 162  委員長(中澤宏)
  • 163  市長(布施孝尚)
  • 164  委員長(中澤宏)
  • 165  24番(岩淵勇一)
  • 166  委員長(中澤宏)
  • 167  建設部長(二階堂眞博)
  • 168  委員長(中澤宏)
  • 169  24番(岩淵勇一)
  • 170  委員長(中澤宏)
  • 171  副委員長(岩淵正宏)
  • 172  13番(相澤吉悦)
  • 173  副委員長(岩淵正宏)
  • 174  道路課長(小野寺稔)
  • 175  副委員長(岩淵正宏)
  • 176  消防本部消防長(菅原輝雄)
  • 177  副委員長(岩淵正宏)
  • 178  市長(布施孝尚)
  • 179  副委員長(岩淵正宏)
  • 180  13番(相澤吉悦)
  • 181  副委員長(岩淵正宏)
  • 182  消防本部消防長(菅原輝雄)
  • 183  副委員長(岩淵正宏)
  • 184  20番(及川昌憲)
  • 185  副委員長(岩淵正宏)
  • 186  警防課長(佐藤正満)
  • 187  副委員長(岩淵正宏)
  • 188  20番(及川昌憲)
  • 189  副委員長(岩淵正宏)
  • 190  警防課長(佐藤正満)
  • 191  副委員長(岩淵正宏)
  • 192  12番(二階堂一男)
  • 193  副委員長(岩淵正宏)
  • 194  危機管理監(中津川英雄)
  • 195  副委員長(岩淵正宏)
  • 196  12番(二階堂一男)
  • 197  副委員長(岩淵正宏)
  • 198  危機管理監(中津川英雄)
  • 199  副委員長(岩淵正宏)
  • 200  10番(浅野敬)
  • 201  副委員長(岩淵正宏)
  • 202  消防総務課長(熊谷一)
  • 203  副委員長(岩淵正宏)
  • 204  6番(阿部正一)
  • 205  副委員長(岩淵正宏)
  • 206  土木管理課長(首藤正敏)
  • 207  副委員長(岩淵正宏)
  • 208  6番(阿部正一)
  • 209  副委員長(岩淵正宏)
  • 210  土木管理課長(首藤正敏)
  • 211  副委員長(岩淵正宏)
  • 212  9番(及川長太郎)
  • 213  副委員長(岩淵正宏)
  • 214  住宅都市整備課長(中津川源正)
  • 215  副委員長(岩淵正宏)
  • 216  9番(及川長太郎)
  • 217  副委員長(岩淵正宏)
  • 218  住宅都市整備課長(中津川源正)
  • 219  副委員長(岩淵正宏)
  • 220  9番(及川長太郎)
  • 221  副委員長(岩淵正宏)
  • 222  住宅都市整備課長(中津川源正)
  • 223  副委員長(岩淵正宏)
  • 224  副委員長(岩淵正宏)
  • 225  副委員長(岩淵正宏)
  • 226  19番(佐藤恵喜)
  • 227  副委員長(岩淵正宏)
  • 228  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 229  副委員長(岩淵正宏)
  • 230  19番(佐藤恵喜)
  • 231  副委員長(岩淵正宏)
  • 232  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 233  副委員長(岩淵正宏)
  • 234  2番(工藤淳子)
  • 235  副委員長(岩淵正宏)
  • 236  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 237  副委員長(岩淵正宏)
  • 238  2番(工藤淳子)
  • 239  副委員長(岩淵正宏)
  • 240  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 241  副委員長(岩淵正宏)
  • 242  2番(工藤淳子)
  • 243  副委員長(岩淵正宏)
  • 244  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 245  副委員長(岩淵正宏)
  • 246  2番(工藤淳子)
  • 247  副委員長(岩淵正宏)
  • 248  産業経済部長(真山誠喜)
  • 249  副委員長(岩淵正宏)
  • 250  2番(工藤淳子)
  • 251  副委員長(岩淵正宏)
  • 252  産業経済部長(真山誠喜)
  • 253  副委員長(岩淵正宏)
  • 254  4番(武田節夫)
  • 255  副委員長(岩淵正宏)
  • 256  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 257  副委員長(岩淵正宏)
  • 258  4番(武田節夫)
  • 259  副委員長(岩淵正宏)
  • 260  企画部長(田口俊郎)
  • 261  副委員長(岩淵正宏)
  • 262  4番(武田節夫)
  • 263  副委員長(岩淵正宏)
  • 264  企画部長(田口俊郎)
  • 265  副委員長(岩淵正宏)
  • 266  4番(武田節夫)
  • 267  副委員長(岩淵正宏)
  • 268  生涯学習課長(本宮秀年)
  • 269  副委員長(岩淵正宏)
  • 270  4番(武田節夫)
  • 271  副委員長(岩淵正宏)
  • 272  社会教育次長(鈴木均)
  • 273  副委員長(岩淵正宏)
  • 274  4番(武田節夫)
  • 275  副委員長(岩淵正宏)
  • 276  社会教育次長(鈴木均)
  • 277  副委員長(岩淵正宏)
  • 278  副委員長(岩淵正宏)
  • 279  18番(田口久義)
  • 280  副委員長(岩淵正宏)
  • 281  活き生き学校支援室長(千葉整)
  • 282  副委員長(岩淵正宏)
  • 283  18番(田口久義)
  • 284  副委員長(岩淵正宏)
  • 285  活き生き学校支援室長(千葉整)
  • 286  副委員長(岩淵正宏)
  • 287  18番(田口久義)
  • 288  副委員長(岩淵正宏)
  • 289  活き生き学校支援室長(千葉整)
  • 290  副委員長(岩淵正宏)
  • 291  18番(田口久義)
  • 292  副委員長(岩淵正宏)
  • 293  活き生き学校支援室長(千葉整)
  • 294  副委員長(岩淵正宏)
  • 295  18番(田口久義)
  • 296  副委員長(岩淵正宏)
  • 297  活き生き学校支援室長(千葉整)
  • 298  副委員長(岩淵正宏)
  • 299  1番(金野静男)
  • 300  副委員長(岩淵正宏)
  • 301  生涯学習課長(本宮秀年)
  • 302  副委員長(岩淵正宏)
  • 303  1番(金野静男)
  • 304  副委員長(岩淵正宏)
  • 305  社会教育次長(鈴木均)
  • 306  副委員長(岩淵正宏)
  • 307  16番(庄子喜一)
  • 308  副委員長(岩淵正宏)
  • 309  副市長(藤井敏和)
  • 310  副委員長(岩淵正宏)
  • 311  16番(庄子喜一)
  • 312  副委員長(岩淵正宏)
  • 313  副市長(藤井敏和)
  • 314  副委員長(岩淵正宏)
  • 315  16番(庄子喜一)
  • 316  副委員長(岩淵正宏)
  • 317  市長(布施孝尚)
  • 318  副委員長(岩淵正宏)
  • 319  16番(庄子喜一)
  • 320  副委員長(岩淵正宏)
  • 321  学校教育課長(佐藤裕孝)
  • 322  副委員長(岩淵正宏)
  • 323  24番(岩淵勇一)
  • 324  副委員長(岩淵正宏)
  • 325  社会教育次長(鈴木均)
  • 326  副委員長(岩淵正宏)
  • 327  22番(沼倉利光)
  • 328  副委員長(岩淵正宏)
  • 329  社会教育次長(鈴木均)
  • 330  副委員長(岩淵正宏)
  • 331  22番(沼倉利光)
  • 332  副委員長(岩淵正宏)
  • 333  社会教育次長(鈴木均)
  • 334  副委員長(岩淵正宏)
  • 335  22番(沼倉利光)
  • 336  副委員長(岩淵正宏)
  • 337  社会教育次長(鈴木均)
  • 338  副委員長(岩淵正宏)
  • 339  22番(沼倉利光)
  • 340  副委員長(岩淵正宏)
  • 341  社会教育次長(鈴木均)
  • 342  副委員長(岩淵正宏)
  • 343  22番(沼倉利光)
  • 344  副委員長(岩淵正宏)
  • 345  社会教育次長(鈴木均)
  • 346  副委員長(岩淵正宏)
  • 347  21番(佐藤尚哉)
  • 348  副委員長(岩淵正宏)
  • 349  教育長(片倉敏明)
  • 350  副委員長(岩淵正宏)
  • 351  21番(佐藤尚哉)
  • 352  副委員長(岩淵正宏)
  • 353  教育長(片倉敏明)
  • 354  副委員長(岩淵正宏)
  • 355  21番(佐藤尚哉)
  • 356  副委員長(岩淵正宏)
  • 357  学校教育課長(佐藤裕孝)
  • 358  副委員長(岩淵正宏)
  • 359  21番(佐藤尚哉)
  • 360  副委員長(岩淵正宏)
  • 361  14番(八木しみ子)
  • 362  副委員長(岩淵正宏)
  • 363  生涯学習課長(本宮秀年)
  • 364  副委員長(岩淵正宏)
  • 365  社会教育次長(鈴木均)
  • 366  副委員長(岩淵正宏)
  • 367  14番(八木しみ子)
  • 368  副委員長(岩淵正宏)
  • 369  社会教育次長(鈴木均)
  • 370  副委員長(岩淵正宏)
  • 371  14番(八木しみ子)
  • 372  副委員長(岩淵正宏)
  • 373  社会教育次長(鈴木均)
  • 374  副委員長(岩淵正宏)
  • 375  10番(浅野敬)
  • 376  副委員長(岩淵正宏)
  • 377  教育長(片倉敏明)
  • 378  副委員長(岩淵正宏)
  • 379  10番(浅野敬)
  • 380  副委員長(岩淵正宏)
  • 381  学校教育課長(佐藤裕孝)
  • 382  副委員長(岩淵正宏)
  • 383  社会教育次長(鈴木均)
  • 384  副委員長(岩淵正宏)
  • 385  23番(佐藤勝)
  • 386  副委員長(岩淵正宏)
  • 387  生涯学習課長(本宮秀年)
  • 388  副委員長(岩淵正宏)
  • 389  23番(佐藤勝)
  • 390  副委員長(岩淵正宏)
  • 391  副委員長(岩淵正宏)
  • 392  6番(阿部正一)
  • 393  副委員長(岩淵正宏)
  • 394  市長(布施孝尚)
  • 395  副委員長(岩淵正宏)
  • 396  社会教育次長(鈴木均)
  • 397  副委員長(岩淵正宏)
  • 398  6番(阿部正一)
  • 399  副委員長(岩淵正宏)
  • 400  市長(布施孝尚)
  • 401  副委員長(岩淵正宏)
  • 402  22番(沼倉利光)
  • 403  副委員長(岩淵正宏)
  • 404  教育長(片倉敏明)
  • 405  副委員長(岩淵正宏)
  • 406  7番(佐々木一)
  • 407  副委員長(岩淵正宏)
  • 408  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 409  副委員長(岩淵正宏)
  • 410  7番(佐々木一)
  • 411  副委員長(岩淵正宏)
  • 412  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 413  副委員長(岩淵正宏)
  • 414  17番(關孝)
  • 415  副委員長(岩淵正宏)
  • 416  教育長(片倉敏明)
  • 417  副委員長(岩淵正宏)
  • 418  活き生き学校支援室長(千葉整)
  • 419  副委員長(岩淵正宏)
  • 420  17番(關孝)
  • 421  副委員長(岩淵正宏)
  • 422  社会教育次長(鈴木均)
  • 423  副委員長(岩淵正宏)
  • 424  17番(關孝)
  • 425  副委員長(岩淵正宏)
  • 426  社会教育次長(鈴木均)
  • 427  副委員長(岩淵正宏)
  • 428  17番(關孝)
  • 429  副委員長(岩淵正宏)
  • 430  社会教育次長(鈴木均)
  • 431  副委員長(岩淵正宏)
  • 432  17番(關孝)
  • 433  副委員長(岩淵正宏)
  • 434  生涯学習課長(本宮秀年)
  • 435  副委員長(岩淵正宏)
  • 436  17番(關孝)
  • 437  副委員長(岩淵正宏)
  • 438  社会教育次長(鈴木均)
  • 439  副委員長(岩淵正宏)
  • 440  17番(關孝)
  • 441  副委員長(岩淵正宏)
  • 442  社会教育次長(鈴木均)
  • 443  副委員長(岩淵正宏)
  • 444  20番(及川昌憲)
  • 445  副委員長(岩淵正宏)
  • 446  生涯学習課長(本宮秀年)
  • 447  副委員長(岩淵正宏)
  • 448  20番(及川昌憲)
  • 449  副委員長(岩淵正宏)
  • 450  社会教育次長(鈴木均)
  • 451  副委員長(岩淵正宏)
  • 452  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 453  副委員長(岩淵正宏)
  • 454  20番(及川昌憲)
  • 455  副委員長(岩淵正宏)
  • 456  副委員長(岩淵正宏)
  • 457  委員長(中澤宏)
  • 458  委員長(中澤宏)
  • 459  委員長(中澤宏)
  • 460  委員長(中澤宏)
  • 461  委員長(中澤宏)
  • 462  委員長(中澤宏)
  • 463  委員長(中澤宏)
  • 464  委員長(中澤宏)
  • 465  23番(佐藤勝)
  • 466  委員長(中澤宏)
  • 467  国保年金課長(菅原勉)
  • 468  委員長(中澤宏)
  • 469  23番(佐藤勝)
  • 470  委員長(中澤宏)
  • 471  市民生活部長(志賀尚)
  • 472  委員長(中澤宏)
  • 473  委員長(中澤宏)
  • 474  委員長(中澤宏)
  • 475  委員長(中澤宏)
  • 476  委員長(中澤宏)
  • 477  委員長(中澤宏)
  • 478  委員長(中澤宏)
  • 479  委員長(中澤宏)
      平成25年第1回登米市議会 予算審査特別委員会 会議録
 平成25年3月7日(木曜日)
1.出席委員(28名)
   1番 金 野 静 男 君       2番 工 藤 淳 子 君
   3番 小野寺 金太郎 君       4番 武 田 節 夫 君
   5番 遠 藤   音 君       6番 阿 部 正 一 君
   7番 佐々木   一 君       8番 星   順 一 君
   9番 及 川 長太郎 君      10番 浅 野   敬 君
  12番 二階堂 一 男 君      13番 相 澤 吉 悦 君
  14番 八 木 しみ子 君      15番 伊 藤 吉 浩 君
  16番 庄 子 喜 一 君      17番 關     孝 君
  18番 田 口 久 義 君      19番 佐 藤 恵 喜 君
  20番 及 川 昌 憲 君      21番 佐 藤 尚 哉 君
  22番 沼 倉 利 光 君      23番 佐 藤   勝 君
  24番 岩 淵 勇 一 君      25番 中 澤   宏 君(委員長)
  26番 伊 藤   栄 君      27番 熊 谷 憲 雄 君
  28番 岩 淵 正 宏 君(副委員長)29番 浅 田   修 君
1.欠席委員(なし)
1.遅刻委員(3名)
  18番 田 口 久 義 君      27番 熊 谷 憲 雄 君
  29番 浅 田   修 君
1.早退委員(1名)
  14番 八 木 しみ子 君
1.その他出席
  議 長 田 口 政 信 君
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君   副  市  長  藤 井 敏 和 君
  総 務 部 長  佐 藤 順 悦 君   企 画 部 長  田 口 俊 郎 君
  市民生活部長   志 賀   尚 君   産業経済部長   真 山 誠 喜 君
  建 設 部 長  二階堂 眞 博 君   市長公室長    神 田 雅 春 君
  財 政 課 長  伊 藤 隆 敏 君   福祉事務所長   千 葉 幸 毅 君
                       総務部次長兼
  市民生活部次長  小野寺 良 雄 君   収納対策課長   高 橋 俊 朗 君
                       産業経済部
  建設部次長    鈴 木 俊 夫 君   理事兼次長    秋 山 茂 幸 君
  土木管理課長   首 藤 正 敏 君   道 路 課 長  小野寺   稔 君
  住宅都市整備課長 中津川 源 正 君   下水道課長    吉 野 晴 彦 君
  防 災 課 長  小野寺 茂 樹 君   農林政策課長   高 橋   巌 君
  商工観光課長   阿 部 孝 弘 君   税 務 課 長  新 井 誠 志 君
  ブランド戦略室長 佐々木 洋 一 君   新産業対策室長  佐々木 茂 光 君
  農産園芸畜産課長 高 橋   充 君   市民生活課長   目々澤 義 信 君
  健康推進課長   千 葉 ますみ 君   国保年金課長   菅 原   勉 君
  長寿介護課長   菅 原   登 君   教  育  長  片 倉 敏 明 君
  教 育 次 長              教 育 次 長
  (学校教育)   佐 藤 賀津雄 君   (社会教育)   鈴 木   均 君
                       農業委員会
  病院事業管理者  大 橋   章 君   事 務 局 長  佐 藤 昌 彦 君
  会計管理者    及 川 登志郎 君   危機管理監    中津川 英 雄 君
  消 防 本 部
  消  防  長  菅 原 輝 雄 君   消防総務課長   熊 谷   一 君
  指 令 課 長  佐々木 建 待 君   警 防 課 長  佐 藤 正 満 君
                       農業委員会
  予 防 課 長  高 森 忠 信 君   事務局次長    鎌 田 智 之 君
                       米販売促進
  農業再生専門監  渡 邉   誠 君   専  門  監  菅 原 貞 治 君
                       活き生き学校
  農村整備課長   千 葉   修 君   支 援 室 長  千 葉   整 君
  学校教育管理監  萩 田 隆 児 君   教育総務課長   千 葉 幸 弘 君
  学校教育課長   佐 藤 裕 孝 君   生涯学習課長   本 宮 秀 年 君
1.事務局出席職員氏名
                       議会事務局
  議会事務局長   村 上 昭 一 君   次     長  佐 藤 真 吾 君
  議会事務局                議会事務局
  主幹兼議事                議事・調査係
  ・調査係長    蛇 好 芳 則 君   主     幹  高 橋 正 博 君
  議会事務局                議会事務局
  議事・調査係               議事・調査係
  主     査  加 藤 善 己 君   主     事  庄 司 美 香 君
  議会事務局
  議事・調査係
  主     事  稲 辺 大 裕 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 議案第10号 平成25年度登米市一般会計予算
  第2 議案第11号 平成25年度登米市国民健康保険特別会計予算
  第3 議案第12号 平成25年度登米市後期高齢者医療特別会計予算
  第4 議案第13号 平成25年度登米市介護保険特別会計予算
          開議 午前10時00分
委員長(中澤 宏君) おはようございます。
 ただいまから予算審査特別委員会4日目の会議を開きます。
 27番、熊谷憲雄君から欠席の届け出があります。
 18番、田口久義君、29番、浅田 修君から遅参の届け出があります。
 昨日、4款民生費において、遠藤 音委員の病院事業への繰り出しに関する質疑に対する答弁において誤りがありましたので、もう一度答弁を求めます。財政課長、伊藤隆敏君。
財政課長(伊藤隆敏君) おはようございます。
 委員長からお許しをいただきましたので、訂正をさせていただきたいと思います。
 予算の概要72ページ、4款衛生費、病院費の中でございますが、遠藤委員のほうから病院繰り出しのうち繰り出し基準に係る分、24年度当初と25年度当初でどう変化があるのかというお尋ねがございました。それに対しまして、1億1,800何がしと答弁申し上げましたけれども、正確には1,927万3,000円、三角の19273、24年度に対しまして25年度は1,927万3,000円減少という形でございます。ご訂正をお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) 議案第10号 平成25年度登米市一般会計予算の質疑を行います。
 引き続き5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費について質疑を行います。質疑はありませんか。15番、伊藤吉浩君。
15番(伊藤吉浩君) それでは、概要書79ページ、別冊39ページをお願いしたいと思います。
 まず、産業経済部におきましては25年度、新年度予算におきまして新たな政策、事業に数々取り組んでいただいていることに対し、敬意を表したいと思っております。これまで会派としても地産都商、インショップ型の産直というふうなことを提案してまいりましたが、早速新規事業というふうなことで取り組んでいただくことに対し、非常にご期待を申し上げるというふうなところであります。
 今回の事業は、都内の中堅スーパー、都内には80店舗あるというふうにお聞きしておりますが、コモディイイダ様のご協力を得て開催実施する方向だというふうに聞いているところでありますが、これまでの流通は米は全農流通通し、それから野菜は市場流通通しというふうなことで、なかなか生産者の顔とか産地の思い、そういったことが非常に伝わりにくい現状にあったというふうに思っています。今回我々会派で調査したところでも、本市における環境保全米の取り組みであったり、生物多様性の取り組みであったり、渡り鳥の日本一の産地だというふうなところの認知度は全くございませんでした。そういったことでありますので、今回ここに事業目的が記されているとおりというふうなことに思うわけでありますが、この事業を通して最終的な目標をどこに位置づけているのか、その辺を確認させていただければというふうに思います。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 概要書の79ページにあるように、いろいろ取り組みをしてございます。例えば県内の実需者、ホテルとか飲食関係の方々の現地の見学会とか、そういったものをやっていく中できちんと、100%ではございませんが、多くのケースが実際の取引に結びついているという現在の状況でございます。したがって、今委員ご指摘のように環境に配慮した農業、あるいは農産物をつくっているというふうな部分が、やはりきちんと顔と顔を合わせて、あるいはこの地域を見ていただくことによって、つながってきているというふうな状況がございます。今回予定している内容は、インショップ型、いわゆる地産都商ということで、これはこれからの登米市の農業、とりわけ園芸等を考えたときに非常に新たな部分で大いなる可能性がある分野と思ってございます。それで、この1年いつまでやるんだというご質問も昨日あったわけでございますが、この1年の中できちんと、少なくとも今お願いするところについてはきちんとそこに定期的に、あるいは年を通して登米市の物が置ける中できちんと販売できるというふうな体制をつくっていくということを当面の目標にしてございます。そのためにいろいろ課題はあるわけでございまして、現在想定される部分についてはどれだけの量が可能なのか、それから実際東京というところで言えば距離はございますので、輸送コストの問題等々をこの事業の中できちんと検証、実証していきたいということでございます。
委員長(中澤 宏君) 伊藤吉浩君。
15番(伊藤吉浩君) この地産都商の事業につきましては、多分大きく捉えれば登米市全体の農業戦略、それからブランド戦略の1つのパーツに含まれるのではないかというふうに私は捉えているわけでございます。そういった観点で考えますと、地産都商イコール東京に進出するというふうなことは全国ブランド展開を目指すというような解釈になってくるというふうに思います。そして、その全国ブランドを目指す中で他産地との差別化、違いを明確にしていくというふうなことは、ただ単に物量をそろえるというふうなことだけでは決してブランド化にはつながっていかないというふうに思うわけでございます。そういった観点からすれば、やっぱりわかりやすい、登米市としてのコンセプト、プロセスストーリー、それらを早急につくり上げる必要があるのではないかなというふうに思うわけでございますが、この辺やっぱり地産都商とブランド戦略、同時並行で進めていく必要があるというふうに思っているところでありますが、その辺のブランド戦略のコンセプトをいつごろまでつくり上げるお考えなのか、確認させていただければというふうに思います。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 委員がお話しした昨年の会派の研修と申しますか、そういった部分に私どももお邪魔させていただきましたので、ただしこれは短い時間の取り組みでございましたので、これからの部分、取り組んでいく中で当然県とは関連はしないわけではございませんが、登米のブランドという部分についても市長述べているとおりこの際大きくもう一回ステップアップしていこうということで、大きく変える予定でございます。その辺とも若干絡めながら、おおむね3カ月ないし半年の中で、やはり実際のその物がどう東京の中で、個別の店の中で評価されているのかということについても十分検証しないといけないというふうに思ってございます。委員ご指摘のブランド化、そういった部分を目指すことは当然有効なことでございますので、ここもあわせて展望しながら、しっかりと取り組んでまいりたいというふうに考えてございます。
委員長(中澤 宏君) 伊藤吉浩君。
15番(伊藤吉浩君) ぜひそういった形の中で進めていただければというふうに思います。さらには、こういった事業を新たに展開するというふうなことで大切になってくるのは、やはり現場の集荷業者の育成と支援、その辺と、現場の生産量、生産体制の拡大というふうなことにつながっていくのかなというふうに思いますので、その辺の戦略的な計画も現在のところ考えておいでなのか、その辺もお聞かせいただければというふうに思います。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 当然に今ご指摘の点、大きな課題になります。仮に始めていく中で大きな評価を得たときに、実は評価は得たけれどもこちらから生産、提供できる体制がないということではそれで終わってしまう、あるいはせっかく得た評価もそれで終わりということになりますので、ぜひそうならないように生産者、そういった方々ときちんと結びつく形でこの事業は展開していく必要があるというふうに認識しているところでございます。
委員長(中澤 宏君) 伊藤吉浩君。
15番(伊藤吉浩君) ぜひよろしくお願いしたいというふうに思います。現在有名な全国ブランドということで問われれば、誰もが多分米では魚沼産コシヒカリというふうなのが出てくると思っておりますが、実際のところは名前だけが先行して、中身が見えていない中でのブランド化になっているような感じなのかなというふうに思っていますので、そういったことではなくて中身のあるブランド化、そういったものも絡めながら、ぜひ頑張っていただいて、日本の胃袋である東京で勝負していただければというふうに思います。
 次に移りたいと思いますが、概要書81ページ、別冊43ページになります。園芸産地拡大事業というふうなことであります。今回、園芸産地の育成を目指した中で、新規事業、新たに3,000万円ほど計上されているわけでございますが、この辺に関しまして園芸農家サイドから見れば中古ハウス等の再利用等々、非常に農家の立場に立った使い勝手のよい事業だというふうに、非常に高い評価をしたいというふうに思っていますが、改めてどういったコンセプトの中で新事業をつくり上げたのか、その辺のプロセスをお伺いできればというふうに思います。
委員長(中澤 宏君) 農産園芸畜産課長、高橋 充君。
農産園芸畜産課長(高橋 充君) おはようございます。
 今回の事業のポイントといいますのは、結果的に今現在ある施設の有効活用、そしてまた生産の規模拡大、これを1つの柱として今回の園芸の新たな事業に取り組んでおります。
委員長(中澤 宏君) 伊藤吉浩君。
15番(伊藤吉浩君) そういったことで、非常によろしいかというふうに思いますが、現在施設園芸農家の中で経営を圧迫しているもの、第一はと申しますと一言で言えば重油の高騰、燃料費の高騰が第一に挙げられると考えます。昔は多分1リットル30円台だった重油価格でありますが、現在は90円台、3倍になっているというふうなことであります。ということは、年間燃料費100万円かかっていた経費が、現在では300万円かかっていると、単純に考えてもそういうふうになっているのが現実であります。そういったことを考えれば、登米市としてもやはりそういった省エネ対策を目指した中で園芸振興、農業振興を図っていく必要がある、そういったコンセプトを持つ必要があるというふうなことだろうと思いますし、さらには本市で進めている環境保全だったり、二酸化炭素削減であったり、温暖化防止対策であったり、その辺も全般含めて農業分野の中で積極的に省エネ化、省エネ対策、そういったことを進める必要があるというふうに私は認識するわけでありますが、その辺のお考えは現在のところどのように持っているのかお伺いできればというふうに思います。
委員長(中澤 宏君) 農産園芸畜産課長、高橋 充君。
農産園芸畜産課長(高橋 充君) ただいまの委員のご指摘のとおり、確かに農業の関係については光熱水費がかなり高騰してございます。これも1つの経営の圧迫につながってございます。そうした意味からして、今現在ある冷暖房機についてヒートポンプ型だとか、そういった省エネタイプにぜひ移行できるような体制をと思いまして、今回この43ページの(2)の2)にありますような園芸用機械整備事業ということで予算化をしたわけでございますが、これらの取り組みの中身を見て、今後増額なりいろいろなことを考えていきたいなと思ってございます。まさに生産については冷暖房費が今一番かかってございますので、これは重々承知してございます。
委員長(中澤 宏君) 伊藤吉浩君。
15番(伊藤吉浩君) ぜひそういったお考えで進めていただければというふうに思います。今回計上されているものも理解できるわけでありますが、さらに施設の有効利用、機械の有効利用、そういった立場に立って考えますと、暖房機においては効率化と代替を図っていく必要があるというふうに私は考えます。イコール機械本体だけにとどまらず、各部品、噴射ノズルであったり多段サーモであったり、そういったことを設置することによってコストは、省エネにもつながっていくと思いますし、まだちょっと知られていない排熱回収とか、そういったのもあるようでございますので、その辺もぜひ検討していただければというふうに思います。
 あと、ハウスの保温体制、機密体制をとっていくことが、これも重油の軽減、保温効果につながっていくというふうに思いますが、今回外ビニールの張りかえというふうなことは計上されているわけでございますが、この辺に関しましては採光率を向上させる面においては非常に有効な手段というふうに思いますが、保温効果を高めるというふうなことになれば、内張りカーテンであったりサイドカーテンであったりシェードカーテンであったりラブシートカーテンであったり、その辺が必要不可欠な材料というふうなことになってきていると思いますが、その辺のさらに深い取り組みをどのように考えているのか。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 大分掘り下げたご指摘をいただいてございます。今回予算に計上いたしましたのは、普通に市内を走ってみて、今これは使われていないハウスだろうなと思われる部分が実際目につくようになりました。やっぱりこういった部分を放置しておくのではだめだと。何回も申し上げるように、園芸はこれから登米市が重点的に取り組んでいかなければならない分野でございますので、まずそこを少し手を入れていこうということでございます。今委員からご指摘いただいた分、私どもの中で必ずしもいろいろな検討、研究が行われていない部分もございます。ご指摘の点をしっかりと受けとめながら、これからの施策にぜひ反映させていきたいというふうに考えてございますので、どうぞよろしくお願い申し上げたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 伊藤吉浩君。
15番(伊藤吉浩君) さらにもう1点なんですけれども、現在菊農家さん、それからイチゴ農家さんでも、生産調整の手段として電照栽培を行っているというふうなことが現実的にあります。しかしながら、光源は白熱灯ということでございますので、現段階で24年度で全国的に生産ストップ体制に入ったと。これを受けると、代替商品を考えていかなければならないという現実に迫られております。そういった中で、生産現場で考えれば1つは蛍光灯、1つはLED化、その辺の2本しか考えられないというふうに思っているところでありますが、その辺のところは産業経済部としてどこまで踏み込んで考えているのか、その辺もちょっとお聞かせいただければと。
委員長(中澤 宏君) 農産園芸畜産課長、高橋 充君。
農産園芸畜産課長(高橋 充君) 電照関係について、実は地元の企業の方とLEDの話を行ったところでございました。品目によっていろいろな光の種類があるんだということで、例えば菊は菊なり、イチゴはイチゴなりといった光があるんだと。その光の種類がまとまってくれば、LED化についても可能ですよというようなお話をいただいております。そういった意味の開発がされれば、これはぜひとも考えなければならない施設園芸の中の1つの取り組みだと考えてございますので、ご理解賜りたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 伊藤吉浩君。
15番(伊藤吉浩君) 現在農業試験場段階では、一般に使われているLED照明を利用した中で試験研究が進められているのが事実です。一般用のLEDの波光といいますか波長といいますか、それでも生育には全く支障がないというふうなのも結論づけられておりますし、ただここに農業用LED照明と記載されますと、これがまた5倍の価格になったり10倍の価格になったりするというのが現実でございます。1,000円で買えるのが5,000円であったり1万円になっているというふうなのも、その辺が現実でございますので、その辺もぜひ考えながら検討に入っていただければというふうに思います。あと、前の委員も多分お話ししたと思うんですけれども、農業関係における太陽光の利用であったり風力の利用、そういったこともぜひ積極的に検討に入っていただければというふうに思います。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 今課長が答弁したように、市内企業において防犯灯のLED、いわゆる市の認定する商品ということに位置づけいたしました。そういったのをきっかけに、いろいろな分野でぜひみずから研究できる分野、あるいはこれから広めていかなければならない分野、今までとは全く違った発想で市内企業でも取り組んでいきたいというふうな話を受けているところでございます。ぜひ今いただいた点、そういった分に乗せて早期に、価格的にもきちんと見合うような中身でできれば一番最高でございますので、ぜひご提起申し上げながら、私どももここの面について努力していきたいというふうに考えてございます。よろしくどうぞお願いします。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。1番、金野静男君。
1番(金野静男君) 1番、金野です。
 私ちょっと見つけかねたんですが、昨年はたしか農地の放射能対策としてカリの助成というふうなことも考えられ、また実施されてきたわけでありますけれども、今年度当初予算にはないのかなというふうな感じで今見ているんですけれども、その辺は今後どういうふうに考えられるか。特に、昨年隣の栗原市では放射能に汚染された米も発見されておりますが、登米市では今後放射能に対する対策というのはとっていかないのかどうか。その辺の考え方をお聞きしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 平成23年から、市独自の事業として水田9カ所の土壌調査、それにかかわる稲体等の濃度、そういった部分の事業を行ってまいりました。これについては、経年的な変化をきちんとつかんでいくという意味合いも含めまして取り組むことにしてございます。今委員ご指摘の点につきましては、実はJA等から要請があるところでございまして、今内部で検討しているところでもございます。方向的な部分については市長から答弁をいただくこととして、今JAみやぎ登米の部分で言えば大豆については昨年と同じようにぜひお願いしたいと、それから水田については、いわゆる今まで休耕田だったところを復田をかけるようなケースについてはやはりカリ等をきちんと施用をしないとまずいのではないかと。あるいは沢水とかため池、そういった部分についての対応についても必要ではないかというふうなことで、大体大豆については1,300ヘクタールぐらい、JAみやぎ登米管内で言えば水田については500ヘクタールぐらい、そしてさらに南三陸町にかかる分、津山分でございますが、これは昨年度同様でぜひ取り組みをしたいという要請を受けてございまして、どうするかという部分について検討してございますので、そういった方向性については市長のほうから答弁をお願いしたいと思ってございます。
委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 当市といたしましても、やはりお隣の栗原市さんのような事態を起こしてはならないというような思いでございますので、関係機関とも連携をしながら必要な予防策、そして万全の備えを行ってまいりたいと考えております。
委員長(中澤 宏君) 金野静男君。
1番(金野静男君) 盤石なあれなんですが、今後の予算化も考えるというようにとってよろしいかと思うんですが、水田については9カ所の土壌調査、稲体の調査もしているということでございますけれども、その9カ所については異常がないということなのかどうか、その辺のところもまずお伺いしておきます。
 それから、今聞きますと大豆1,300ヘクタール、水田については500ヘクタールぐらい、そして津山地区というようなことでございますけれども、登米市の中でのその9カ所の調査も含めてでございますが、放射能の汚染米が出る可能性は少ないというような判断でこれだけで対策をとろうとしているのか、その辺のところをもう一度お願い申し上げたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) まず、水田土壌につきましてはその結果について議会のほうにもご報告申し上げてございますので、これは問題がない数値ということでございます。当然稲体等については検出されない、あるいはほとんどないというふうな状況でございますので、昨年までの状況はそういう状況でございますので、安心できるような状況で生産できるということでございます。
 今ご質問の部分については、当然その他の部分について、JAみやぎ登米においては最後の出口の部分でJA独自の、市で補助はしましたけれども、検査する機器を持ってございます。出口の部分できちんと検査も行っているということでございますので、今出ましたようなお隣の自治体のようなケースにはならないというふうなこと、あるいは結果等から見て心配ないという状況であるということでございます。
委員長(中澤 宏君) 金野静男君。
1番(金野静男君) 心配ないというようなことでございますけれども、1件でもそういう汚染されたいろいろな農産物が発見されますと、市全体的なイメージダウンになるものですので、平成25年度も春作業が始まりますから、ぜひ早急に農協とその辺きちんと話をしながら、万全の対策をとっていただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁はいいですか。(「いいです」の声あり)
 ほかに質疑ございませんか。20番、及川昌憲君。
20番(及川昌憲君) それでは、うちの会派の伊藤君が深いところまでお話ししましたので、農業振興費関係で若干ご質問させていただきたいと思います。
 農業振興の中で特に力を入れている分野として、農作物の生産安定対策費を計上しながら、安定対策を推進しているところでございます。その中では、環境保全型農業等推進事業を中心として、環境保全米ステップアップ事業なり、それから生き物多様性確保対策等を実施しているところでございます。こういったものは、登米市の環境保全型農業を力強く推進する事業になっているわけでありまして、それを支えている部分というのは国の中では環境保全型農業直接支払対策事業という事業があります。これは84ページのほうで予算計上もされておりますけれども、こういった国全体も環境保全型農業をしっかり支えていこうということで、23年から2階立ての部分が分離されて環境保全型農業直接支払対策という国の事業へと変貌していったわけであります。登米市も24年度の実績を見ますところ、申請面積で24年度の交付が3万8,271アールというふうな実績でございまして、25年度の計画ではこれを4万アールくらいにしようというふうな計画を持っているようでございますけれども、せっかく国がこういったものを支援していこうという取り組みなわけでありますけれども、具体的に登米市の中で先ほど言ったように農作物生産安定対策を中心とする環境保全型農業の推進を図っているわけですけれども、なかなかそれが具体的に大きく進んでいかないというのが現状のように見えます。折しも「生物多様性とめ戦略」を今策定中でございます。これはついつい沼とか山とかというふうになりますけれども、水田そのものは水を張ると広大な湿地帯に変わっていくわけでありますから、登米市の生物多様性戦略における水田農業のあり方というのは非常に重要なポジションにあるんだろうと思います。そういったことは多様性戦略の中では考えていくんだろうと思いますので、具体的にそれをしっかり進めていくために、この環境保全型直接支払対策事業をこれから力強く進めていこうという具体的な手法について、どういった考えをお持ちなのか伺いたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) この予算の説明の中でも申し上げましたけれども、二酸化炭素削減への見える化ということで、南方町の水稲部会の方々の絶大なるお力添えの中で、まずスタートすることができました。これを今後広げていくということになります。今環境保全米の取り組みもかなりのウエートになっているわけでございますが、一気に全部個々までいかないので、個々を展望しながら、ある一定の地域を区切って今年度は取り組んでいくということでございます。
 実は委員会の調査あるいは活動の中で、委員のほうから「環境の部分の直接支払の部分で、特認事項というものがあるのだけれども、市あるいは宮城県として具体的に考えている部分があるのか」というふうなご指摘を賜りました。実はこの部分、非常に私ども、あるいは県全体で検討してこなかったのが現状でございます。ただ、ご指摘のように環境保全米そのものも実際かなり環境に寄与しているわけでございますし、これを登米市版あるいは宮城県全体の中で、今国から示されている例えばJAS有機とか、あるいは冬季湛水、こういった事業のほかにぜひ取り組めるように、これから調査あるいは検討、そしてさらには県等とのいろいろな協議、調整、そういった作業を行ってまいりたいというふうな考えでございます。
委員長(中澤 宏君) 及川昌憲君。
20番(及川昌憲君) 24年度の登米市の交付申請の状況を見ると、カバークロップ、それから冬季湛水、有機農業ということで、一番多いのが有機農業という形でございます。迫、登米、中田、豊里、米山、南方でこういったものが実施されております。また一方、畑作物としては大豆によるカバークロップ、それからニンニク等がありますから、お米も野菜もそういった意味での直接支払をしっかり位置づけていくということは、非常に環境保全型農業を推進する登米市としても全体ブランドとして非常に重要な課題だというふうに私も捉えております。特に農作物安定対策事業の中では、水田農業生物多様性確保事業として水田周辺のビオトープ整備を図っていこうとか、それから環境保全米ステップアップ事業の中で生物多様性の数値化表示等の研究もしていこうというふうな、こういった取り組みもなされております。今部長が言われたとおり、23年から特認関係の取り組みが全国でやられておるわけでありまして、ただ宮城県はリビングマルチ、草生栽培、冬季湛水管理とか有機栽培といったところで、国のメニューに倣ったことしかしなくて、せっかく環境保全を推進しているのに独自の特認項目を設けてこなかったという現実がありました。そういった意味では、これは県との兼ね合いがあるんでしょうけれども、県にしっかり働きかけて、今やっているビオトープなり魚類を保護する管理とか、それから壕の設置とか、さまざまな特認の事項が全国に例としてあるわけでありますから、必ずしもその単価を上限単価でなくてもいいですから、簡易なものでもやれる単価等も設定しながら、そういった特認の対策を強く要求していくことが必要でございますから、もしくは市独自でも小さな金額であってもそういった取り組むことの重要性があるんだろうと思いますけれども、そういったことをどのように市長等、この環境保全型農業を推進する意味でどういった認識をお持ちなのか、最後に確認しておきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 今ご指摘の点、本当にしっかり受けとめながら、やっぱり登米市がきちんと発信していって、県等とも協議等行っていかなければこの問題は具体化しませんので、ぜひそういった取り組みができる1年にしていきたいと思ってございますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。4番、武田節夫君。
4番(武田節夫君) 概要書の91ページの企業誘致費について伺います。
 以前、企業誘致について質問した経緯があるんですけれども、今も以前も企業立地促進条例は変わっていないんですかね。その辺をまず。
委員長(中澤 宏君) 新産業対策室長、佐々木茂光君。
新産業対策室長(佐々木茂光君) 大きくは変わってはございません。
委員長(中澤 宏君) 武田節夫君。
4番(武田節夫君) 今、セントラル自動車の影響で、各市でいろいろ土地を取得しながら企業の誘致にお互い綱引きをしている中で、栗原市とかそういったところと比較するとやはりアクセスの面で高速道路から遠いという、そういうハンデもあるから、なかなか登米市に、トヨテツさんは来たもののそれに関連する企業を誘致するというのは相当リスクがあると思うんですよね。ただ、どこもそうなんでしょうけれども、企業が来るんだったら土地を取得しますよという考えでは、私は企業は来ないと思うんですよ。これは合併前もそうなんですけれども、やはりこれはきちんとした一角を、登米市内に市の土地がないんであれば整備して、そこに複数の企業を持ってくるような、そういう整備をすることがやはり企業誘致の一番の根底だと思うんです。それにつけ加えて、登米市の雇用の減少の歯どめ策のためにはまずやはり土地を整備する、そのことが一番大事だと思いますし、企業立地促進条例が変わっていないということであれば、これからますます企業は多分来ないと思います。やはり固定資産の減免の年数を長くするとか、そういう思い切った条例を改正しなければなかなか、いい条件のところにはみんな企業が来ますよね。その辺どういう考えを持っているか、お聞きしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) まず、市としての工業団地を早く持ちなさいというご指摘だと思います。これにつきましては、今議会の一般質問等でも出ているとおり、現在適地調査が終わりまして、25年度は具体の場所選定に入ってまいります。順調にいけば、26年度に造成等をしていくというふうな工程になります。ここはこういった部分で取り組んでまいります。決して企業が来るからその時点で土地を探すということではございませんので、ここはご了解をお願いしたいと思ってございます。
 それから、促進条例につきましては、ずっと変わっていないわけではございませんで、議会にお願いして例えば投資奨励金、そういった部分を新たに盛り込む等の措置を行ってまいりました。これは、県内あるいは周辺の自治体とのある意味で競争になりますので、そこと比べて劣るような内容ではいけないと思ってございますので、当然県内の自治体の状況等をきちんとつかみながら、改正する必要があればまた議会にお願いするということになります。
 それから最後に、働く場をつくっていくことが若い方々の登米市への定着につながることでもございますし、そういったことで市の基盤ができていくことでもございますので、ここは引き続いて力を入れて取り組んでまいります。よろしくどうぞお願い申し上げます。
委員長(中澤 宏君) 武田節夫君。
4番(武田節夫君) では、もう1点だけ確認の意味で伺いたいと思います。
 やはり、よそよりもいいと言っても極端に優遇しないと、企業は来づらいと思います。これはやっぱり思い切った政策の中で、26年度の造成のためにいろいろ進んでいるということは私も今初めて知って、大変うれしいことだなと思うんですけれども、企業立地促進条例そのものをやっぱり思い切って固定資産の減免を半分にするとか、期間延長をもっともっと長くするとか、そういう思い切ったあめをあれしないとなかなか来ないと思いますよ。単なる1割、2割ぐらいちょこっと優遇しただけで、企業が来ますかね。やはり来る側とすれば、登米市はほかにはないもっともっといい特典があるんだな、物すごくいいところだなということで来るわけですから、その辺私前段で言ったように高速道路からもちょっと離れている、そういうほかと違った部分もあるので、その辺の分をカバーリングするためにもやっぱり思い切った政策をすべきではないかなという意味で質問したわけですので、その辺の考えだけをお聞きしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 市で取り組む事業でございますから、今委員ご指摘のような形で全ていけるかというとなかなか……、ある程度の限界はあるんだと思っております。ただしその中でも、きちんと市として誘致のためにアピールできるような内容でなければならないということはそのとおりでございますので、そういった観点で今後も取り組んでまいります。
 さらに、企業立地促進条例に基づく措置だけではなくて、これはこの間も話をしてきたわけでございますが、登米市の全体的な環境と申しますか、例えば天候であるとか、あるいは市民性と申しますか風土、そういったものも含めたトータルで登米市をよく理解していただいて、あるいは反対にそこをアピールするような形で取り組んでおりますので、総合的に委員ご指摘の点も含めて今後も力を入れて取り組んでまいります。よろしくどうぞお願い申し上げます。
委員長(中澤 宏君) ほかにありませんか。21番、佐藤尚哉君。
21番(佐藤尚哉君) きのう木質バイオマス発電について質問をしたことで、ゆうべうつらうつらしてよく眠れなかったんです。それは何かといいますと、やはり不安な要素ですね。これまでもいろいろといい事業をやってきた、例えばバイオディーゼル燃料推進事業であるとか、いろいろと環境に優しいことであるとかそうした事業を進めてきている中で、果たしてこういうふうなことが本当に登米市に根差していくのかなという部分なんですが、どうもこの辺で考え始めたら余り寝られなかったんですが、今晩寝られるような答弁をいただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 現在考えられる部分は決して小出しにしてございませんので、全て資料化してこの委員会の中にも出してございます。さらに、昨日もお話し申し上げましたけれども、実際に稼働するのは26年度の初めという予定でございます。1年ちょっとあるわけでございますので、この間にもいろいろな検討等を行って、これを費用の部分では上回るのではなくて、費用は下げて効果は高めるというふうな取り組みをこの1年間、ハードはその間できてきますので、そこに合う部分の検討は今まで以上に行ってまいりますので、どうぞ期待を持って見守っていただければというふうに思ってございます。
 それから、当然市民の皆様にも、できた後だけではなくて、途中の経過あるいは私どもの考え方、そういった部分もきちんと説明あるいは広報していくような内容で取り組んでまいりますので、これこそ本当によろしくお願いしたいというふうに考えてございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 質疑なしと認め、質疑を終結します。
 これで5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費についての質疑を終わります。
 ここで、説明員の入れかえのため、11時まで休憩いたします。
          休憩 午前10時50分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時00分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、8款土木費、9款消防費について質疑を行います。質疑はありませんか。23番、佐藤 勝君。
23番(佐藤 勝君) 23番です。
 1点だけお尋ねします。
 道路改良についてでありますが、別冊の47ページからかなり大きな地図で、たくさんの改良事業が載っております。私が確認したいのは、この中に去年たしか教育委員会、それから道路関係、あるいは警察とか県、市も挙げて合同で通学路の総点検ということ、これは全国的にやったようでございますが、この改良の中にはそういった要するに総点検の結果ここを改良すべきとかいろいろ意見が出たと思いますが、点検の結果が反映されているのかどうか、そこをちょっと確認したいと思いますが、お願いします。
委員長(中澤 宏君) 建設部長、二階堂眞博君。
建設部長(二階堂眞博君) 昨年の8月に実施しました交通安全の関係の点検の結果に伴って、市内で多くの箇所が指摘されたわけでありますが、うちの道路で管理する部分22カ所について2月の補正でお願いしたところであります。残り7カ所につきましては、今回の当初予算の部分には入っておりません。ただ、実施計画にも計上したとおり、優しい道づくり事業ということで予定をしておりますので、今後補正でもって対応していきたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) 佐藤 勝君。
23番(佐藤 勝君) 当初予算あと7カ所、これは補正といっても早目に補正をしていただいて、やはり生徒の安全・安心といいますか、子供たちのためにも早く実施していただきたいと、このように思います。
 それからもう1つ、たまたま教育長がおられますので、お尋ねしたいんですけれども、この間の総点検は小学生を対象にした点検と、こういうふうに聞いていますし、そうだったと思いますが、中学生も通る道路がありますし、市独自でもそこを点検していただきたいと思います。と申しますのは、小学生はちょっと危険とか遠いところはバスを利用しているんですね。そこのバス路線は、中学生は通っていても自転車あるいは歩いて通学する小学生がいないので、そこは点検の箇所から除外されていると、こういうふうにこの間現地で聞きました。そういう全国的な方針であればそれはそれでいいと思いますけれども、現実には中学生が通うところは自転車が多いですよね。自転車で歩道もないところを通っていると、車を運転している人が非常に怖くてかえって走れないと、こういうことを耳にするんですね。そのとおりだと思います。したがって、前回やった点検の箇所で、小学生がバスで通っているから中学校はしなかったと、こういうところを独自で点検されたらいかがかと思いますが、どんなものでしょうね。
委員長(中澤 宏君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 現在、小学校単位で通学路の安全点検というふうなことで、国レベル、県レベルで実施したわけでございます。小学校区で点検・調査をしますと、ある程度中学校区単位のものはカバーできるということにはなります。そういった意味で、中学校までは広げないでというようなことで、まず最初に小学校でという流れなのかなというふうに理解しております。
 中学校の自転車の件でございますが、確かに自転車通学が非常に多い現実があります。学校では、それぞれ学校ごとに通学路の点検をしておりますので、そういった中で安全の確保といったことで通学路の点検をやっているという現状がございます。それで不十分な点ももちろんあるかもしれません。そういった意味では、4月に新たな年度が始まるわけでございますが、早速中学校にさらに安全点検の確認、点検というふうなことで指示はしてまいりたいというふうに思っております。
委員長(中澤 宏君) 佐藤 勝君。
23番(佐藤 勝君) 市の道路ではなくて、現実には県道や国道を自転車で通っていると、こういう地域もございます。それは学校で点検するのももちろん必要でしょうけれども、前回やったように外部の警察とか県の職員とかそういうところまでいかなくても、せめて本市の建設部関係も一緒に点検すれば非常に効果的であるし、実感ができると思うんですね。そういったことで、そういうことを検討して実施されたらいかがと、こういうふうに思います。
 さらに、建設部のほうにはお願いでございますが、さっき言いましたように通学路といっても国道を走っているところがありますよね、ご存じだと思いますが。これは行ってみてもわかると思いますが、ある場所はほとんど歩道がないんですね。そこなんかはやはり建設部のほうで国なり県なりにお願いして歩道をつくってもらうと、こういうことをぜひやってほしいと思いますが、一言お願いします。
委員長(中澤 宏君) 建設部長、二階堂眞博君。
建設部長(二階堂眞博君) 委員ご指摘のとおり、国道等についてもまだまだ歩道が未整備のところがいっぱいございます。そういう部分についても、特に3桁国道については県の管理になっておりますので、毎年1回ですけれども県の事務所等との話し合いという部分もあって、その部分で各路線ごとに要望しておりますので、今後も引き続き行っていきたいというふうに思っております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。28番、岩淵正宏君。
28番(岩淵正宏君) 2点お伺いします。
 概要書96ページのきめ細かな道路整備事業でございます。きめ細かく道路補修等をやっていただけるというのはいいんですが、この分野、例えば東和地区、津山地区、市道でなく林道が生活道ということで、多く利用されているところもあります。このきめ細かな道整備については、林道だと産業経済部所管なのかもしれませんが、住んでいる人は当然登米市の市民であり、そこを生活の道路としているので、林道等もこれに含まれる場合があるのかどうか、それがまず1点。
 それから、103ページ、消防団の運営費、備品購入費で防火服、ヘルメット、あと長靴ということで、予算計上になっております。別冊1の55ページを見ますと、東和師団だけが長靴と手袋だけなんですね。恐らくこれ普通はアルミックス、セット物のはずでありますが、なぜ東和師団の分はヘルメット、防火服がないのか。最近更新したからとか、恐らくそういう理由があるはずだと思いますが、この内容がどうしてこうなったのかお聞きします。
委員長(中澤 宏君) 建設部長、二階堂眞博君。
建設部長(二階堂眞博君) きめ細かな道整備事業については平成22年度、23年度については国の助成事業の中で行ってまいりまして、今年度から単独事業ということで実施したところであります。今年度からは市の単独事業でありますので、今委員ご指摘の林道関係で特に生活道の部分については同じことだというふうに思っておりますので、その辺で制度的な部分は要項等があるので、その辺をちょっと検討して、取り入れるような形で考えていきたいというふうに思っております。
委員長(中澤 宏君) 警防課長、佐藤正満君。
警防課長(佐藤正満君) ただいまの委員の質問でございますが、備品購入費の中の消防団の防火服の関係でございますが、東和師団につきましては防火ヘルメット、それから防火服が配備にならないというふうなご質問かと思います。これにつきましては、9師団全てを調査いたしました。そうしましたところ、東和師団につきましては平成12年に整備になっているものがございまして、その中で基準に定めましたのは15年をめどにした防火服の整備ということに策定しました。そうした中で、15年未満のものについては本来であれば整備の更新計画を若干見直すという形なんですけれども、長靴と手袋につきましてはやはり経年劣化、そういったものが非常に見られるのではないかというふうなところで、それらにつきましては基準の数を計画しまして、防火ヘルメットと防火服につきましては15年経過後のそういうふうな整備計画という形にしてございます。なお、これにつきましては東和師団のみならず、15年未満の師団についてもう2つの師団がこういうふうな数の整備になってございますので、ご理解いただきたいと思ってございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 岩淵正宏君。
28番(岩淵正宏君) その防火衣の確認でございます。そうすると、恐らく長靴、手袋と防火衣が入っていない中田、南方については15年経過をめどに更新計画に入るということでよろしいですね。
委員長(中澤 宏君) 警防課長、佐藤正満君。
警防課長(佐藤正満君) そういうふうな計画で進めたいと思っております。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。19番、佐藤恵喜君。
19番(佐藤恵喜君) きめ細かな道整備事業の関係でお伺いします。岩淵委員の質問とやや同じ内容であります。
 市民要望が強いと、市民は幹線道路を案じるというよりはとにかく生活道路、末端道の整備をということで要望が強くあり、それに応えるこの道整備事業は妥当だと思います。そこで具体的にお伺いしたいんですが、市道から奥に2軒あるんですが、70メートルほどの支線、これは市道ではなくて赤道というんでしょうか、官地です、行きどまりです。行きどまりの枝線、これはそれこそ対象になっていくものでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 道路課長、小野寺 稔君。
道路課長(小野寺 稔君) きめ細かな道整備事業の具体的な取り扱いについてという質問でございます。ただいまの質問は、行きどまりの道路というようなことになってございますが、きめ細かな道整備に当たっては一応内規の形で取り扱い基準を定めているところでございます。基本的には、今取り扱っている基準では1番目は要望路線でございます、2番目は市道に認定されている路線ということを挙げてございます。それで、例えば行きどまりで奥に2軒あるというような具体な事例なんですが、そういった場合には今までの取り扱いの具体な例を挙げますと、両者で共有できる部分、2軒で利用される部分に限って整備しているというような状況でございます。(「林道は市道でないので」の声あり)
委員長(中澤 宏君) 続けて。
道路課長(小野寺 稔君) 済みません。今定めている基準の内容でございますが、先ほど言ったようにまず要望路線というのが第一でございます。そして認定路線、それから基本的には道路から道路を接続している路線というようなことにしてございます。最後には最低限緊急車両の入る幅員がとれる道路というようなことで、4つの基準を定めているところでございます。
委員長(中澤 宏君) 佐藤恵喜君。
19番(佐藤恵喜君) 林道も実質生活道だと、対象だと部長は最初に答えて、そのとおりでいいんですよ、それを翻してだめだというふうにしないでよ。そうでないと岩淵委員に怒られるから。それでいいんです。問題は、今度は今課長は市道でなければならないという、まずここからどうするのということであります。そして、赤道と言われる官地の分はだめなのかと。
委員長(中澤 宏君) 建設部長、二階堂眞博君。
建設部長(二階堂眞博君) 今ご指摘いただいた部分なんですが、今年度約30路線くらい整備していく中で、また多くの要望を出されております。具体の事例から言いますと、今委員ご指摘の路線とか、例えば奥に1軒しかないとか、袋小路だったりとか、あとは道路ではなくていわゆる私道というか、例えば5人、6人の私道であって、奥に5軒、6軒あると、そういう場合はできないのかとか、いろいろなケースを今回出されまして、やはり私たちからすればこの事業で生活道を第一に整備をしていきたいという部分もありますので、そういうことから考えていくと内規的なものをもう少し具体性のある形で整理をしていきたいというふうに考えております。今すぐに、ここはいい、ここはだめという判断がまだちょっとできない部分もあるんですが、できれば今年度中にその辺の一定程度の内規をつくりまして、その部分をお示ししながらそれでご理解をいただいて、整備を図っていきたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) 佐藤恵喜君。
19番(佐藤恵喜君) 登米市市道路線認定要綱、あるいは登米市私道等寄附採納基準要綱とかも見ておりますが、これでいくと4メートル以上でなければならないとか、奥5軒なければならないとか、さまざまあるんですよね。これを当てはめていったならば、もうとてもとても永久的に手をつけられないと。しかし、該当市民からするならば、何だっけやという思いになってしまう。ということで、これは今部長が言ったのがそんなことも含めて全体をやっぱりもう一度、内規というか定めることにするということになると思うんですね。そういう点で、市道でなければだめだとか、4メートルでなければだめだとか、奥5軒以上だとか、さまざまなことを乗り越えるような、いわば本当に末端の生活道、それは一気にできなくても、行きどまり道路というのは市内相当の本数だと思うんですね。それは市道であっても、例えば私の家の門口なんかは市道なんです。登米市道路なんです。もちろん行きどまりなんですが。1軒隣に行くと今度は赤道になっていたり、そしてまた市道になっていたり、当時の町道路線認定がどうだとかいろいろあるんでしょうけれども、ということでこれは本数を挙げたら切りがないくらいあるんだろうと思うんですが、しかし要望の強い箇所でもあるということなので、建設水道委員会でなくて市長、副市長にも聞いてもらいたいと思って質疑したので、やっぱりそれこそきめ細かな、市民のささやかなというか切実なというか、要望にできるだけ応える視点で、部長の方向はわかりましたので、市長にも強い決意できめ細かな基準を設けて取り組んでほしいと思うんですけれども、見解をお伺いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 今建設部長もお答えしましたとおり、市道の認定には結構ハードルが高いというようなご指摘でございます。そういった意味では、この制度を導入した趣旨を踏まえて、どういった形の中で整備をしていくのか、しっかりと内部でも検討し、また議会の委員会等にもいろいろとご相談を申し上げながら、要綱を定めてまいりたいと考えております。
委員長(中澤 宏君) 12番、二階堂一男君。
12番(二階堂一男君) きめ細かな道整備につきましては、私一般質問をしました。今、その後のいろいろな考えを聞きまして、私はこの政策は非常に今の市民にとってありがたい政策だというふうに思って、市長の政策であればかなり市民受けするのではないかと、こういうふうに思っていますが、今回出ている部分につきましては25カ所、先ほどもっともっとあるというふうに言われていましたけれども、幾らぐらい出ているのかですね。そして、今回25路線で切ったのは予算の関係か、それともさっきあったいろいろな条件に合わせたためにここまでしかなかったのか、そのことをまず聞きたいです。
 それから、国の補正予算なんかでもこれから公共事業がかなり上積みされているわけでありまして、そういった面では道路予算も私は期待できるのではないかと思ったときに、やはり今後この部分についてもっともっとこの年度、補正予算等で上積み、拡大していく考えがあるのか。来ないうちに仮定の話でありますけれども、そういう状況になった場合もっともっとこれを、25でなく50か100ぐらい、非常に期待をしている部分でありますので、その辺について考えをお聞きしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 道路課長、小野寺 稔君。
道路課長(小野寺 稔君) きめ細かな道整備事業でございます。まずはこれまでの整備状況について若干触れたいなと思います。
 先ほど部長がお話ししたとおり、国の交付金事業で22年度、23年度に実施しておりますが、2カ年で56路線実施しております。ことしは、当初25路線というふうなことで始まりましたが、そのうち計画の見直し等々をしまして、路線数をさらにふやした結果、今のところ24年で31路線を実施するというような予定をしてございます。結果、24年度までに87路線を整備するというふうになってございます。
 今後なんですが、2月1日現在で要望を受け付けしていますのが79件ほどございます。ただ、それ以降どんどんどんどん今要望を受け付けしている状況でございますので、100件近くなるのかなというふうに思ってございます。それで、来年、ここにお示ししておりますとおり25路線ほど整備するというふうになりますと、さらに70路線から80路線残りますので、やはりそれはそれ相当の年数が必要になってくるというようなことでございます。新規政策事業として3カ年というような計画を当初してございました。24年度、25年度、26年度の3カ年でございます。ただ、実施計画上さらに1年、27年度まで延長してこの事業に取り組むということにしてございますので、その辺の実施計画にのっとって整備していきたいなというふうに考えてございます。
委員長(中澤 宏君) 二階堂一男君。
12番(二階堂一男君) この間の一般質問の中でも、私は支所長に権限を与えたらどうだというような話をしたときは、支所には技術者もいないというふうなことも含めて、やはり建設部と連携をとってやると、こういうことでございますので、そうであればこれから私はどんどん上がってくると思います。今の状況からして、やはり今一番不満を持っているのは生活道路です。前者も言われましたけれども、いろいろなケースがあって、本当にそんな大きな要望じゃないんですけれども、しかしなかなかハードルが高かったのが今までですから、私はこの際そうした観点に立って、本当に満足が得られるような、身近なところでの政策が必要だというふうに思います。今の話では100ぐらいに膨らむというふうなことですが、私はもっともっと出てくるのではないかと思いますが、それは予算の部分もありますので、ぜひ最大限この件については努力をしていただきたいというふうに思いますけれども、部長の話をもう一回聞きたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 建設部長、二階堂眞博君。
建設部長(二階堂眞博君) 今いろいろとご指摘いただいた分もあるんですが、とにかくいろいろなケースがあって、その部分を一定程度整理をしながら、そしていろいろな要望について応えていきたいというふうに思っておりますので、ことし1年その辺を十分整理しながら進めていきたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) 26番、伊藤 栄君。
26番(伊藤 栄君) 調整池について、この款でよろしいでしょうか。公園は産業経済部だったんですけれども、調整池、多分いいと思いますので、よろしいですか。(「はい」の声あり)
 市内に調整池と称するため池、そういうのが数多くあろうかと思うんですが、つくって何十年もほったらかしの場所があります。それで、昨年市長の公約の「協働のまちづくり」で、手をつけた箇所があるんですけれども、その事業でやりますと何十年もかかるというところが、登米のかっぱ池というのがありますね。ご存じのように、調整池等はどこの池もいろいろな愛好会の方々がその沼の管理、あるいは公園の管理をしているわけですけれども、かっぱ池なんかも愛好会の方が管理しております。しかし、現状を見ますと、けっぽりと言うんでしょうか、入ってしまうような、足場が非常に悪くて、これは早急に必要だなと思いまして、昨年「協働のまちづくり」で30万円だかでやってもらったんですね。それもこの事業でやりますともう何十年もかかるというところですので、こういう調整池の整備についてはどうなんでしょうか。これはこの概要を見てもどこにもないようなので、この点について少し答弁いただきたいと思うんですが。
委員長(中澤 宏君) 暫時休憩します。
          休憩 午前11時30分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時31分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 答弁を求めます。建設部長、二階堂眞博君。
建設部長(二階堂眞博君) 登米町域内にありますかっぱ池ということでございますが、大変申しわけございません、このかっぱ池については当部での管理でないものですから、ちょっと掌握していない状況であります。ただ、開発行為、いわゆる区画整理等で整備された市街地の中の調整池については、当部で管理をしているというふうな状況でございます。
委員長(中澤 宏君) 伊藤 栄君。
26番(伊藤 栄君) 多分建設部かと思うんですが、どういう状態なのかあそこの現状をよく見ていただきたいと思います。毎日、市内の愛好会の方が来て利用しています。調整池はさまざまな用途に活用できますので、愛好会の方々が安心して、いわゆるレクリエーションしていただけるような体制を整備していただきたいと思います。それをぜひお願いしたいと思います。
 それから、合併直後、23番の佐藤 勝委員が「宮城県に防災ヘリを導入しては」と市長に答弁をお願いしていたわけですけれども、そのときはいろいろな状況があって、私たちも記憶にあるんですけれども、何と村井知事が次年度、新年度に防災ヘリを導入するということを出しました。東北の中では宮城県だけが配置されていないということでありますが、この防災ヘリを宮城県で導入するということで、登米市の消防本部としてどういう支援体制があるんでしょうか。それをお聞きしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 消防本部消防長、菅原輝雄君。
消防本部消防長(菅原輝雄君) ただいまお話いただきました防災ヘリ、これはドクターヘリだと思います。その関連につきましては、知事は表明はしましたが、実はまだその詳細について一切私どもには周知されてございません。その中で、当然今防災ヘリを運用してございます。防災ヘリに関しては、実際23年度の津波で一度流されまして、本年国のほうから寄贈されるというふうなところに来ております。その防災ヘリに対しての協定は結んでございまして、うちのほうにもそのためにヘリポートを作成したり、あるいは市内のヘリポートの場所の選定を消防本部が実施しているという状況でございます。ですので、ドクターヘリに関してもその場所への着陸関係、これらに関しては当然我々も全面協力しながら、市のためにやっていくというふうなことは考えてございますが、詳細がまだ来ておりませんので、それに合わせてできることは全てやるというふうな覚悟でおりますので、よろしくお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) 伊藤 栄君。
26番(伊藤 栄君) 大変失礼しました。ドクターヘリでした。今、力強い消防長の答弁をいただきました。ぜひその全面バックアップ体制をして、この地域は医療過疎地ですので、支援をお願いしたいと思います。
 それから、ちょっと気になるんですけれども、104ページの工事請負費、火の見やぐら、ことし8基、あと何基あるんですか。合計何基で、ことし8基なんでしょうか。それをお聞きします。
委員長(中澤 宏君) 警防課長、佐藤正満君。
警防課長(佐藤正満君) ただいまのご質問でございますが、25年度8基、そして26年度も8基、27年度8基で、25年度から全部で24基の計画でございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 伊藤 栄君。
26番(伊藤 栄君) これね、多分消防本部の方はもう役割がなくなったから、もう使命を果たしたから、あるいは邪魔だから、危ないからという観点で解体するかと思うんですけれども、私はよく見ていただきたいと思いますよ。壊せばあとは終わりなんですから。大正末期につくったものが、今まで残ってきたんですから。解体すれば終わりですよ。今大事に、こういういわゆる文化財、昭和、大正の遺産ですよ、消防遺産。こういうものをいとも簡単に、邪魔だから、使い物にならないから、こんな観点で解体されては困ります。これまで残してきたんですから、いかにして後世に残すか、そこを考えてください。この工事費があれば、十分に補強なり、あるいはフェンスをしたりして、残せると私は思うんですよ。これはぜひ考え直していただいて、せっかくこの登米市内に24カ所もあるんですから、これまで残ったんですから、ぜひその観点でやっていただけませんか。
委員長(中澤 宏君) 消防長、菅原輝雄君。
消防本部消防長(菅原輝雄君) ありがとうございました。火の見やぐらに関しては、委員おっしゃるとおりこの使命と申しますか、情報の伝達だったり、あるいはそこからの見張りだったり、あるいは地域の安全を守るという意味での地域活動に非常に役立ってきたというふうに思ってございます。そういう面から考えれば、当然文化というものを継承していくための考え方とすれば、私も同感でございます。ただ、現状の中で我々が所管する考え方とすれば、火の見やぐらに関しては今お話ししたように火災時の伝達だったり、風水害のときの伝達だったり、あるいはそこでの見張りというふうなものとか、いろいろな状況がございます。そういうふうなことから言えば、消防所管という考え方からしていけば、今の状態ではなじまないというふうな考えもございます。そこで、現在解体しておりますのは、その地域の方々のご要望、あるいは私どもが調査をしながら、やっぱり解体せざるを得ない、あるいは腐食が進んでいるというようなものの順番でやってきたという経緯でございます。
 ただ、先ほどの観点から言えば、やっぱり文化の継承、これはするべきかなというふうに思っていることも事実でございまして、登米にございます警察資料館の脇にある火の見やぐらに関しては当然景観に合わせた形ということで、これは委員の一般質問にもありましたが、文化財というものに関しては教育委員会の所管でございますので、私はそれ以上のことは言えませんけれども、やっぱり町並み景観という思い、それから文化を残すという意味からすれば、そういう場所については私は残していきたいなというふうに思っています。そういうことから、他部署の考え方と合わせながら、当然解体に当たっては十分に検討しながらやってきたつもりでございます。残りの部分に関しても、そういうご意見、いろいろな考え方を使って我々も検討はしていくつもりでございます。ただし、先ほど言ったように我々の所管とすれば、それが文化財だからといって残すというわけにはなかなかいかないということでございますので、他部局と調整をしながらやってまいります。
 以上です。
委員長(中澤 宏君) 伊藤 栄君。
26番(伊藤 栄君) わかりました。消防本部の立場から見れば、今の答弁で十分かと思います。ここに出したということは、文化財とか財産とかそっちのほうの横の調整は全然していないということですね。それで、25年から27年まで毎年8基、このほかに何基あるんですか。24基で全てですか、登米市内にあるのは。それで、今消防長が長く言ったんですけれども、これは教育委員会のほうなり、あるいは町並み景観のほうなりでよく吟味して、市長ね、今のままで行きますとただ解体されますからね。役割は果たした、それは重々承知です。しかし、昭和につくられた消防遺産なんです。登米市は、もうすごい縄文時代からの歴史がありますね。こういうものを一度壊すと、つくることできませんので、これは断固私は反対します。ぜひ市長、こういうものこそ後世に残してください。せっかく今まで残ってきたんですから。有形文化財ですよ。そして、教育委員会としましても市の文化財、全部指定をする、これらが私たちの役目ではないのですか。消防長の立場はわかりますよ。今度は教育長と、いわゆる町並み景観のほうからぜひ一言ずついただきたいと思いますよ。お願いします。
委員長(中澤 宏君) 消防長、菅原輝雄君。
消防本部消防長(菅原輝雄君) 私どもとすれば、何が何でも壊すというような考えでやってきたわけではございません。先ほどお話しした内容でございます。その中で、当然所管の考え方をすればの話をしただけでございます。町並み景観、これは私も貴重だと思っていますし、その中に文化を残すというふうな考え方からすれば、解体がメーンだということではなく考えています。その辺は当然そこの所管となられる教育委員会、あるいは他部局と調整はします。その中で残すものがあれば当然残すというふうに考えます。その辺はぜひご理解をいただいて、ただどうしても解体しなければならないものはこれはしていくという考えは変えることはできません。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 警防課長、佐藤正満君。
警防課長(佐藤正満君) 先ほどお話ししました以外の火の見やぐらにつきましては、現在ホース乾燥塔として使用しているのが3基、これについては残る計画でございます。それから、先ほど来言っていました登米町の1基と、それから東和町の国道のそばにございます交通看板を設置しております1基、ですから先ほどの数以外に5基がございます。以上でございます。(「教育長」の声あり)
委員長(中澤 宏君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) それでは、文化財のほうを担当しております教育委員会でございます。
 消防本部長よりいろいろお話がありました。市民の命を守るというふうな立場から、解体等含めてというふうな構想のようでございます。ただ、教育委員会としましては確かに二度と復元できないものがたくさんあるのは十分承知しておりますので、消防本部とも情報を共有しながら、どういった形でこういったものを残すことができるか検討していきたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) 住宅都市整備長、中津川源正君。
住宅都市整備課長(中津川源正君) 景観形成を推進するという立場から、消防本部、さらに関係機関と調整しながら協議をして、進めてまいりたいというふうに考えます。よろしくお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) 伊藤 栄君。
26番(伊藤 栄君) ぜひ担当部局で相談をしていただきまして、これらの貴重な文化遺産、消防遺産を残していただくように、これから真剣になって考えていただきたいと思います。終わります。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。7番、佐々木 一君。
7番(佐々木 一君) 9款1項3目の消防署出張所整備事業の中の、南出張所の整備事業でちょっとお伺いいたします。
 今回、資料として配置図が来たわけですけれども、この配置図を見ますと今の出張所と、車庫の関係なんかを見ましても変わりないように思うんですけれども、これはいろいろな角度から検討した結果この位置になって、これがベストになったからこうなったというふうに思いますけれども、やはり私が一番危惧するのは車庫の出口の関係ですね。出るのは一番いいんですけれども、保管の関係ですね。今まで、私も前を通るたびに、特に冬場、前の扉が車両の保温中ということで閉めてあるんですけれども、冬場は本当に物すごい風とか、そういった関係がすごいんですけれども、今回新しく改築になる際には恐らく向きが変わるんだろうと私は思っていたんですけれども、今回この配置図を見ますとまた同じのようでありまして、そうしますとやはり暴風あるいは車庫の保温関係、こういった関係は新たな対策を何かとるのかどうか、その辺をお聞きいたします。
委員長(中澤 宏君) 消防総務課長、熊谷 一君。
消防総務課長(熊谷 一君) 今委員おっしゃられるとおり、現在の出張所につきましては今の時期、特に冬場でございますけれども、西風によりまして玄関と車庫が同じような向きになっております。そういうことで、玄関と車庫の屋根等、大分老朽化もございまして、風による傷みがございます。そういうことを加味いたしまして、今回実施設計等にいろいろそのような意見を入れさせていただきました。その結果、この図面のような配置については、西側の隣の飲食店との境に防風ネット等を整備いたしまして、西風等々の対策をとるというような形にさせていただきました。今お話しのとおり、この敷地形状からして車両の出口のすぐ前に信号機がございます。警察の指導等を受けたところ、どうしても信号機から遠い部分からの出入りという指導もございまして、こういう形になってしまったということでございます。何回もお話ししますけれども、暴風対策については検討をしているところでございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 概要書の96ページ、先ほどから出ておりますきめ細かな道路整備についてお伺いします。
 この予算は、24年度に対して今年度はどの程度の増の予算なのか、まずその点についてお伺いします。
委員長(中澤 宏君) 道路課長、小野寺 稔君。
道路課長(小野寺 稔君) きめ細かな道整備事業でございます。24年度は1億円でございます。25年度は1億1,181万円ほど計上してございます。
委員長(中澤 宏君) 沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 先ほど来いろいろな委員からこのことについて、本当に市長もこの年度はいい施策をやったという24年度の考え方があります。要望もあります。そういうことで、12番委員も私も代表質問でこのことについて触れて、市長もいろいろと検討していくというお話でございますけれども、実際何路線あろうとも総額の予算がふえていないと結果的にはその事業費が伸びたことにはならないというふうに思います。当初予算はこの程度でありますけれども、やはり26年、27年である程度事業を完了していくような方向にするというのであれば、25年度、今回骨格予算でありますので、財政当局に聞けばいいのか市長に尋ねればいいのかわかりませんけれども、このことについて25年度は今後予算をしっかり補正をとってもう少し整備していくという、そういった考えがあるのかないのか、お伺いします。
委員長(中澤 宏君) 建設部長、二階堂眞博君。
建設部長(二階堂眞博君) 補正の関係でありますが、基本的には27年度までというふうな計画を持っております。実はことしかなり要望が多いという状況になっているということで、当初事業スタート時点で見込んでいた路線がどんどん今ふえているという状況もありますので、その部分については今後少し検討していきたいというふうに思いますが、ただ年度予算については一定程度、1億円ぐらいでということで考えております。
 それから、あわせまして震災以降、特に舗装工事については入札の不調、中止というのがここずっと続いておりまして、24年度のきめ細かな道整備事業も2月に決まった箇所もありますし、津山と南方についてはまだ不調が続いているという状況で、何とか今月中に業者に入っていただいて決定をしたいと思っております。実態がそういう状況でありますので、現時点では補正の部分というのは特に考えられないというふうに思っております。
委員長(中澤 宏君) 沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 路線何路線します、いっぱいあります、それから林道もやります、大いに結構だと思います。しかし、残念ながら予算がないところで、じゃあみんな短くやろうかという話になってしまうと思うんです。これはやはり建設部でなくて、財政担当であったり市長、やっぱり登米市のこれからのことを考えて、この前も再選を目指すのであればというような思いの中でいろいろとお話をいただきました。こういった現状の中で、どなたでも結構です、やはりしっかりとした、市民の一番要望の多い、「ああよかったな、やっとここまで光が当たったな」という、この前お話ししたつもりでございます。この予算、しっかりとやはり補正で増額していかないと、工事ができるできないというのはそれは後の話でありますから、まず財政当局で予算をしっかりつけながらやっていく、それがないと前に進まないと思いますけれども、その辺についてもっときめ細かな財政の負担のほうもやってほしいと思うんですけれども、いかがでしょうか。ぜひ前向きに。
委員長(中澤 宏君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) ただいま委員からご指摘いただいたとおり、まずこの事業の計画に当たっては市長も同席して検討してきたところでございます。当然要望もかなり多いし、また昨年度来決算剰余金等のお話もありましたので、こういうところに予算を使っていこうというような方向性は持ってございます。そういう中で、今年度の25路線の計画に当たっては、もっと要望があったわけですけれども、先ほど建設部長が話しましたように今舗装の業者さんが非常に忙しくて、不調が続いていると。当初はこの1億円でまずスタートして、25年度の業者さんの状況を見ながら対応しましょうということになってございます。状況によっては、当然今お話をいただいたように補正で対応していきたいと思ってございます。決して予算をつけないということではございません。この件に関してはそういう方向でございます。
委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) やはり生活に密着した道路ということでございます。要望も非常に高いということと、かといってそう大きな事業予算がかかるわけではないというようなご指摘もございます。そういった中で、ただいま企画部長から答弁させましたが、工事の入札の進捗状況を見ながら、しっかりとした対応を図っていきたいというふうに思っております。
委員長(中澤 宏君) 24番、岩淵勇一君。
24番(岩淵勇一君) この款は多分私で終わりだと思うので、委員長もその辺の考えがあると思いますが、あと3分ないので、ある、そうですか、では私1件だけなんですが、三陸道の登米インターの関係なんですが、建設部長、次長、本当に今の原案についても大変苦労されているなということで、ご苦労さまでございます。このインターの関係なんですが、降り口が今停止線が右と左というふうに分かれておりますが、あれが非常に車の交通が多い時期になると、本線まで上って左側のラインにとまりますが、そこでトラブルがあるようなんです。というのは、右側に曲がる車は少ないので、右側に曲がろうとするけれども、本線側からずっと並びますので左側に並んでいる車が、その右側ラインが定まっていないためにそこに寄ってくれないから真ん中にいるわけですね。そうすると後ろでクラクション鳴らしながら「俺は右に行くんだ。右のラインはもうとっくにあいているんだ」ということで、車から降りて取っ組み合いしている状況なんです。本当に。やはりこのことについて本当に、多分そこを降りられる方は登米市に関係のある方々だけなので、やっぱりトラブル等を避ける意味でも国土交通省のほうに道路利用について要望していただきたいということを要望するんですが、今後もあの登米インターについては県北高速幹線道路も入ってまいります。それを直接乗り上げという話もございますし、どのようなインターを国道交通省のほうで改良されるか、あるいは考えられるかわかりませんが、現状の直接ラッパ式ではこの交差点と本線を走る線は解消されないというふうに私は思っておりまして、トランペット式にでもなればトランペットの懐の中に随時待ちする車が入ることによって本線の渋滞を緩和するということもあるので、いろいろあるかとは思いますが、この辺についてお骨折りいただきたいんですが、国土交通省のほうとも現状がこうだということで働きかけをお願いしたいということですが、登米市の建設部ではどのような考えをお持ちなのかお聞かせいただきたいというふうに思います。
委員長(中澤 宏君) 建設部長、二階堂眞博君。
建設部長(二階堂眞博君) 登米インターの関係でありますが、実態としてそのトラブルがあったというのは私自身もちょっと認識しておりませんでした。ただ、仕事で登米支所のほうに行くときに、本線のほうまで並んでいるなというのは何回か見たことがありますので、実態としてそういう状況であればそれについては国土交通省のほうにお話をして、まず現状を確認していただくというふうな対応をとりたいと思っております。
 それから、インター周辺の関係については、県北高速幹線の部分も詳細な図面はまだ示されておりません。3月中に地元の説明会も行われるようですので、その辺もあわせながらそちらの部分についても今後いろいろと打ち合わせはしていきたいというふうに思っております。
委員長(中澤 宏君) 岩淵勇一君。
24番(岩淵勇一君) インターの関係なんですが、要は右左の路側を設けてもらうということで、つまりはあそこに右と左の停止線があるので、そのセンターから十分路幅があるので、そのセンターラインというか、交通の路側の、あるいは明示していただくということでよろしいかと思うんです。そういうことで、当座はそんなことの要望をしていただきたいということを要望して、終わります。
委員長(中澤 宏君) 要望でいいですか。(「はい」の声あり)
 ほかに質疑ありませんか。それでは、質疑があるようですから、1時まで休憩します。
          休憩 午後0時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
副委員長(岩淵正宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 21番、佐藤尚哉君、24番、中澤 宏君から中座の届け出があります。
 午前中に引き続き、8款土木費、9款消防費の質疑を続けます。質疑ありませんか。13番、相澤吉悦委員。
13番(相澤吉悦君) 概要の96ページ、先ほどからいっぱい出ていますけれども、登米市きめ細かな道路整備というふうなことですけれども、これは舗装だけしてくださいというところが結構あると思うんですよね。そういうときには、舗装だけするといってもまた最初から路盤をつくるのではなく、こういうことをここで言っていいのかわからないけれども、不陸だけしていって、それで路盤つくると絶対壊れないんですよ。せっかく固くなったところをまた掘ることもないから、そのままの拡幅でいいというところはそうやってやると、お金も安いし、長くもやれるし、量もやれるし、それをやるならすぐにできると思うのね。砕石使うわけでも何でもないんだから、何ぼも使わないんだから、砕石というのは不陸とるだけだから。だから、そういうふうに推進してやったほうがいいと思います。今いっぱい要望出ているというから、それで数をこなしていったほうが私はいいと思いますので、その辺のところをお願いします。
 それからもう1つ、せっかく消防長が来ているので消防長に。この間、火災予防週間、ここに来るときに防火活動している人たちと会ったんですけれども、私こだわるわけでないですけれども、婦人防火クラブ、普通の支度なので、あれはやっぱりはっぴをそろえたほうがいいと思う。災害が起きたときにもさまざまやってもらったんだけれども、火事のときでも何でも、炊き出しでも何でもやってもらったんだけれども、やっぱりみんなと同じだ。だから、やっぱりこれだけははっぴをそろえてくださいということで言われたから、前にも言ったんだけれどもと話したんだけれども、もう一回と言うから、私の任期中最後の質問でありますので、このことをよろしくお願いします。これは消防長と、市長からもお願いします。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。道路課長、小野寺 稔君。
道路課長(小野寺 稔君) きめ細かな道整備でございます。ただいまの質問は、現況の路盤に表層だけをかければ安価な事業で済むのではないかというような趣旨だと思います。そういったことで、要望路線は一時現場を確認させていただいております。これは当然でございますが、十分敷き砂利とかをしている路線にあっては、やはり委員ご指摘のとおり表層で事業を進めている路線も実態ありますので、そういうふうなことで進めていきたいと思います。なお、今年度も25路線計画しておりますが、結果31路線になったのはそういった安価な方法でやっている路線も十分ありますので、そういった方法で今後とも対応していきたいというふうに思ってございます。
副委員長(岩淵正宏君) はっぴのほうは。消防長、菅原輝雄君。
消防本部消防長(菅原輝雄君) 婦人防火クラブのはっぴというふうなご質問でございます。この件に関しては、前にも確かにお話をいただいてございます。その中で、婦人防火クラブのはっぴに関しては、登米市婦人防火クラブとしての扱いの中で準備をしているというふうなご回答をさせていただきました。その中で、さらに地域の婦人防火クラブの皆様には現在の予算でできる範囲というふうなことを考えながら、昔で言えばかっぽう着というふうなところに婦人防火クラブという名前を刺繍して、それを各訓練とかに着用しながら、婦人防火クラブのイメージづくりというようなことも考えておりました。そういうことでここ数年進んできたというのが現状でございまして、全部にはっぴをやるというふうな整備をしますと何千万円という数字になっているというようなことも含みながら、予算の関係上なかなか難しかったというふうに思っています。これからの考え方も、それらを踏襲し、さらに会議の中で検討させていただきたいというふうに思っています。以上です。
副委員長(岩淵正宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 委員からは何度もこの件につきましてはご指摘をいただいております。各町々の婦人防火クラブの組織の状況も今まだちょっと一様ではないというような状況もございますので、その辺の体制の整備とあわせていろいろと検討させていただきたいというふうに思います。
副委員長(岩淵正宏君) 13番、相澤吉悦委員。
13番(相澤吉悦君) 防火クラブのそれですね、前かけと言ったけれども、前かけもかっぽう着もぼろぼろになって、分団で新しいのを買ってやっている状態だということはわかってください。例えば1,000万円かかろうと2,000万円かかろうと、いいではないですか、かかっても。防火クラブの人たちは年に1万円、20人来ても1万円だよ。弁当1つ買えないんだから。そうやって一生懸命やってくれているんだから。1,000万円かかって何が悪いの。私は悪くないと思うよ。そういうことです。
副委員長(岩淵正宏君) 消防長、菅原輝雄君。
消防本部消防長(菅原輝雄君) これまでの活動に関しては、本当に委員おっしゃるとおり頭が下がる思いでございますし、そのように私もしたいというふうに思ってはいますが、今言ったように現状そうなのかなと言われればなかなか難しいなというふうな思いでございます。その辺はこれからの組織と合わせて、確かに考えていかなければならない項目として私も考えております。以上です。
副委員長(岩淵正宏君) ほかに質疑ありませんか。20番、及川昌憲委員。
20番(及川昌憲君) ちょっと確認させていただきたいと思います。
 消防団の関係、非常備消防費、消防団運営費になるのかなというふうに思いますけれども、消防団の団員は事業所等へ勤務されている方々が非常に多いということで、災害が発生した場合の地域の防災力の低下を防ぐために、いわゆる消防団協力事業所表示証というものを22年度から実施した経緯があろうかと思います。それを受けたときに、震災時にそういった事業所関係に協力事業所表示証を交付してやっていたその成果といったものはどれほどだったのかということと、それから現在そういった事業所からの協力体制を進めるために消防団の協力事業所表示証という流れはどういった形で進んで、どれほどの事業所がそこに参画しているのかというところを確認させていただきたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。警防課長、佐藤正満君。
警防課長(佐藤正満君) ただいま2点のご質問がありました。
 まず第1点目につきましては、震災時の消防団協力事業所の震災対応の協力といいますか支援といいますか、そういった成果というふうなご質問かと思いますが、それにつきましては具体な震災時の協力事業所の活動等につきまして把握しておりませんので、ここで答えることはちょっとできませんので、ご了承いただきたいと思います。
 それから、表示証の関係につきましては、きょうまでの段階ですけれども、市内45の事業所、消防団員につきましては177名というふうな協力事業所の概要になってございます。
 以上でございます。
副委員長(岩淵正宏君) 20番、及川昌憲委員。
20番(及川昌憲君) 結局、具体の目標とされたこの協力事業所体制、表示証をやるということ、それはしっかりそういう目標があったわけですから、その成果をきちんと、災害があったわけでありますから、確認しておかなければ、協力していただいた事業所に対してその感謝の気持ちもわからないでしょうし、所期の目的が本当に達せられているかということの検証もできないわけですから、その辺はしっかりしておくべきだろうというふうに私は思いますし、さらにそれを今後もちゃんと協力をいただいていくのであれば、この事業所の方々の参加の要請とかもこれから進めていかなければならないんだろうと思いますので、もしわかればその事業所が年次の中でどれほどふえてきているのか、22年度からの推移、その辺も数字を持ち合わせているのであればお教え願いたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 警防課長、佐藤正満君。
警防課長(佐藤正満君) 今ご質問の1点目の、事業所のそういうふうな震災時における活動、そういったものをきちんと確認して、今後の消防団の体制に対する検証といいますか、そういったことについては十分これから検討し、また精査していきたいというふうに考えてございます。
 それから、協力事業所の推移でございますけれども、実は21年度からこの事業が始まってございまして、21年度に11事業所、22年度に……、済みません、ずっとこの一覧表があるんですけれども、先ほど言いましたように24年度現在全部で45事業所でございます。それで、24年度につきましては3事業所、それから23年度が3事業所、それ以外が22年度でございまして、ちょっとその数字は後で計算して……、済みません、以上のような事業所の概要になってございます。
副委員長(岩淵正宏君) ほかに。12番、二階堂一男委員。
12番(二階堂一男君) 1点だけ、確認になりますけれども、防災ラジオ、この部分については何回も話題になっておりますけれども、ラジオの再構築についてはなかなか難しいようなこれまでの答弁でありましたけれども、それにかわる、H@!FMとかそういった部分、代替の部分が25年度ではどのようになるのか。いろいろラジオの声が非常に多いわけでありますけれども、それにかわるものがあれば当然いいわけですけれども、その辺はどのように25年度はしていくのか、考えがあったらお話をいただきたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。危機管理監、中津川英雄君。
危機管理監(中津川英雄君) 今委員ご指摘のとおりでございますけれども、実は東日本大震災以降、多重的な情報伝達ということで、防災課を中心にいろいろ検討してまいりました。その結果、現在その有用性が確認されましたコミュニティーFM、現在災害FMとなっておりますけれども、これらのコミュニティーFMを核とした充実の関係を現在分析をして、中継局を設置することによって現在災害FMとして60%から70%のエリアであったものを100%ということで、これからの災害、特に原子力災害、そういった自然災害等で細かな情報伝達をするための手法として新たな情報伝達ということで、現在着手しているところでございます。
 それから、もう1点につきましては、先般ご報告いたしましたけれども、携帯電話を持っている全ての方へ強制的に入るエリアメールというものにつきましても、細かな情報伝達をするということで、防災無線をなくすということではなく、二重、三重の構築を図っていくということで、現在ありますコミュニティーFMを新たな情報手段として現在経費性のもの、それからいろいろ現在防災無線で使っている設備、一部そういった設備も使いながらのコミュニティーFMの活用もできるものですから、例えばJアラートの放送の仕方とか、そういったさまざまな融合性が見えてきたものですから、それらを現在分析して、早い時期にそれをお示しして、ご判断をいただくというところで現在進めているところでございます。
副委員長(岩淵正宏君) 12番、二階堂一男委員。
12番(二階堂一男君) 今いろいろな新しい伝達方法が出てきておりましたので、ぜひ確実に一般の家庭がそれを受信できるような体制を、そしてまたそのPRもきちんとして、ラジオをかけていなければFMを聞けないわけですから、そういった部分を含めてやっぱりきちんと中身の、大人も子供も年寄りもわかるような、そういう体制をぜひつくってほしいと思いますけれども、その辺はいかがでしょうか。
副委員長(岩淵正宏君) 危機管理監、中津川英雄君。
危機管理監(中津川英雄君) 現在のところいろいろな角度から分析をさせていただいております。それで、ただいま委員お話しになりましたように、そういった仮にコミュニティーFM、そういったラジオを使った場合、それらの経費の関係についてもシミュレーションをしたり、それからさらに場合によってはこういったラジオを備えつけてくださいということで、あらゆる手段で住民の皆様にもご負担をおかけするということも想定をしながら、現在それらの周知の方法についてもあわせて検討いたしております。
副委員長(岩淵正宏君) ほかに。10番、浅野 敬委員。
10番(浅野 敬君) 別冊1の57ページ、消防署東出張所整備事業についてお尋ねします。
 用地の計画では、国道346号線1本に沿う計画でございますが、これはもう1本市道がございますが、両面に面するということはむしろデメリットがあるんでしょうか。素人考えだということなんでしょうか。私は2方向に面したほうがいいのではないかと思うんですが、その点をお聞かせください。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。消防総務課長、熊谷 一君。
消防総務課長(熊谷 一君) この57ページの資料では、国道だけに面しているわけでございます。当委員会の中でもこの用地取得について、今お話のあった運動場に上がる公園道の部分に若干の残地が残るわけでございますけれども、この取り扱いも兼ねまして残地を残さないような形で、この市道に面した形の用地取得を消防本部でさらに考えまして、この国道の部分は防災マップの中で一部浸水する部分もございますので、やっぱりそういうふうなことも考えまして、現在抜けることができませんけれども、整備が計画されておりますので、この市道も活用させていただきたいという考えでございます。
副委員長(岩淵正宏君) 6番、阿部正一委員。
6番(阿部正一君) 何度も出ておりますが、除雪の関係でお尋ねいたします。歩道、子供たちの通学路になっていますが、大変な状況でありましたけれども、どなたか通学路を歩いてみた方がおられましたでしょうか。その確認をしてみたいと思います。
 それから、道路改良でちょっとお尋ねしたいんですが、関連しますが、私冬になるとそっちこっちの山に行くものですから、嵯峨立のほうに行くときに県道だと思うんですが、あれは189号かもしれません。たしか大分2車線に改良されているんですが、一部だけほとんど手がつけられないでずっとあるんですが、私の聞いた話では国体のときに開通するというようなお話でしたが、その辺どのように進んでいるかお聞かせいただきたいと思います。
 それから、河川の関係でお尋ねいたします。長沼ダムが25年10月ごろ試験湛水が行われますが、立戸から大形に行く道路、たしか盛り土をするというようなお話を聞いているんですが、いまだに手がついていないんですけれども、これは必ずできるものなのでしょうか。確認をいたしたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 3点について質問です。答弁を求めます。土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) まず、除雪の件でお答えさせていただきます。
 今年度について多く雪が降ったのは2回ほどございます。その中で、歩道の除雪ということでいろいろご質問いただいている中で、現地を確認したかということでございます。2回のうち1回については、除雪の状況を含めて、歩道の除雪をポイント的に3カ所ほどになりますけれども、現地は確認させていただいている状況にございます。
 それから、県道の東和薄衣線という路線についてのご質問、東和町の錦織から嵯峨立に行くところ、一部について改良が既に終わっていて、残る分はどうなっているというお話でございます。通称ビッキ石と言われているところになりますけれども、それについては今年度も事業を行うということで、県のほうで昨年9月ころから入札を何回かさせていただいたんですが、業者さんが決まらない状況が続いていました。12月末の段階でようやく業者さんが決まりまして、今夜その業者さんと県の方、それから市も参加して、一部通行制限等かかることもありますので、説明会を行うという予定となってございます。
 それから、長沼ダムの完成に向けて立戸と大形の盛り土をする件というお話でございます。これについても、昨年、本年と県のほうといろいろ調整はさせていただいてございます。それで、基本的には県のほうで今やるということで、盛り土が大規模になるものですから、沈下した場合の影響ということで土の調査を今させていただいていまして、3月中に地元に対して説明会を行うということで、検討しているところでございます。
 以上でございます。
副委員長(岩淵正宏君) 6番、阿部正一委員。
6番(阿部正一君) 歩道の除雪ですが、9町時代は地域の方々にボランティアで大分やっていただいて、本当にきれいになっておりました。それが市になりましてからそのようなことが、いろいろな問題が起きるというようなことでなくなりましたが、ぜひ地域の方々のお力をいただければ、きれいに除雪できると思います。いろいろな条件もあるかとは思いますが、今トラクターでも歩道に入れるんですね。結構持っているんですよ。9町時代もそうやってやってくれた方がおられますので、ぜひ何らかの方法をとっていただきたいというふうにお願いをいたしておきます。
 189号線につきましては、いつ工事が完了するか、それを教えてください。わからなければ後で結構でございます。
 長沼ダムの関係ですが、この道路は間違いなくできるというようなことでよろしいでしょうか。ちょっと試験湛水があるのにまだ何も手をつけていないので、大丈夫なのかなということでみんな心配しておりますので、それは間違いなければよろしいです。
副委員長(岩淵正宏君) 土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) まず、県道東和薄衣線の完了時期ということですが、現在取り組んでいるのが県の単独事業で行っている関係で、完成時期についてはまだ我々としても情報を得ていない状況でございます。
 それから、立戸と大形を結ぶ道路については、間違いなく県のほうで実施するということでのお話をいただいてございます。
 以上です。
副委員長(岩淵正宏君) ほかに。9番、及川長太郎委員。
9番(及川長太郎君) 9番、及川です。
 101ページの地震対策費の中で、木造住宅耐震診断助成事業委託料、それから下の住宅耐震改修工事助成事業補助金、危険ブロックの除去事業の補助金、この内容だけお知らせ願いたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。住宅都市整備課長、中津川源正君。
住宅都市整備課長(中津川源正君) 耐震促進事業でございます。昭和56年に住宅の建築基準の改正がございまして、この改正につきましては宮城県沖地震によりましてその耐震性を高めるというふうな改正でございました。そちらの改正によりまして、耐震力が向上した住宅がそれ以降は建ってございますが、それ以前の建物につきましては耐震力が不十分というふうなことで、国の助成を受けながら耐震診断、そして耐震診断の結果耐震力が不足しているというふうな住宅について、耐震改修助成をさせていただいている状況でございます。
 次に、スクールゾーンの危険ブロック塀の改修、除去に伴う助成事業でございますけれども、通学路、スクールゾーンにつきましては、宮城県と安全確保のための緊急点検を平成23年3月に実施してございまして、それ以降、震災後も確認をさせていただいております。そういった中で、どうしても道路のほうに斜めになったり、通学路として危険だというふうな部分について、これも国の助成事業でございまして、その撤去の一部を助成する、さらには撤去した後のそういった塀等を設置する一部を助成するというふうな事業でございます。現在、スクールゾーン全体としてそういった危険と思われる状況は6件ございます。よろしくお願いいたします。
副委員長(岩淵正宏君) 9番、及川長太郎委員。
9番(及川長太郎君) わかりました。それで、木造住宅だけなんですが、恐らく倉庫、物置等も古い建物があると、その辺の調査と、それから危険ブロックにつきましても6件以外であと何件くらいとか、そういう調査は。この6件で終わりなんでしょうか。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。住宅都市整備課長、中津川源正君。
住宅都市整備課長(中津川源正君) 基本的に、耐震に伴います事業につきましては住居が中心となってございまして、店舗とか倉庫等の古い建物の調査についてはまだ十分至ってはいないところでございます。
 そして、スクールゾーンの除去事業につきましては、現在6件でございますけれども、やはりこの事業についてはスクールゾーン並びに通学路については毎年子供の通学路コースによって変わったりしているものですから、一定程度、2年に一度とか点検をさせていただいて、その都度ふえるというふうな状況にございます。
 以上でございます。
副委員長(岩淵正宏君) 9番、及川長太郎委員。
9番(及川長太郎君) 住宅はきちんとやって、住宅に付随している建物、倉庫、物置についてもやはり危険と思われるものは見て、事故が起きてからでは遅いと思います。その辺の調査は今後どう考えているか。それで終わります。
副委員長(岩淵正宏君) 住宅都市整備課長、中津川源正君。
住宅都市整備課長(中津川源正君) 建物の危険に伴います住居以外のものにつきましては、その実態についてやはりまだ十分承知してございませんので、かねて危険な住宅の解体等でさまざま防災を含めた考え方で調整の会議を開いている中で、現地の調査が必要ではないかというふうな方向性に向いてございますので、それらを今後詰めてまいりたいなというふうに考えてございます。
副委員長(岩淵正宏君) ほかに質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
副委員長(岩淵正宏君) なければ、質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 ここで、説明員交代のため、暫時休憩いたします。
          休憩 午後1時27分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時29分
副委員長(岩淵正宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、10款教育費について質疑を行います。質疑はありませんか。19番、佐藤恵喜委員。
19番(佐藤恵喜君) 西部学校給食センターの関係ですが、食材の納入業者の関係です。これまでどおり地元の業者、八百屋さんであったり豆腐屋さんであったり肉屋さんであったり、その方々に引き続きお願いをすると、このことはいささかも揺るぎがないものだと思うのですが、それでいくんでしょうか。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 基本的な方針としまして、できるだけ地元の食材を活用していただくということと同時に、市内の業者さんで購入できるものは市内の業者さんからということで、2月中旬以降、これまで西部エリアで食材の納入実績のございました地元の業者さんに説明会を開催いたしまして、その方針等を説明しているところでございます。
副委員長(岩淵正宏君) 19番、佐藤恵喜委員。
19番(佐藤恵喜君) それで、それを貫いてほしいんですが、今答弁ありましたように、2月下旬、なぜ今ごろやらなければならないのでしょうかね。業者の立場に立つならば、もう去年の当初予算の、いつだったでしょうかね、方向が定まったのはもう1年前ですね。どうなんだろうと、面倒くさいから1業者に、大きなところに頼むのではないかとか、業者の皆さんはさまざまな不安を抱えながらおられたと。本当に気持ちがあるならば去年1年前から、こういう方向になったので何とか地元の皆さんに頑張ってほしいんだと、3,000数百食になるので今までとは違うと、グループをつくるなりさまざまな方法をとっていただくと、教育委員会としても全面的にその立場で頑張るし、何回も話し合いをしたいと、不都合があればお互い調整し合いましょうと、こういう立場に私は、普通はすぐにそういう考えに立つんだと思うんですが、なぜこの4月からスタートだというのに今ころやらなければならないのかと。これを先日聞いて、私は本当に何を考えているのかなというくらい、乱暴な言葉かもしれませんが言いたくなります。なぜ今ころやったんでしょうか。冒頭確認しましたから間違いないだろうと思いますが、今後途中でまた面倒なことがあってもとにかく業者の皆さんの立場に立って、教育委員会としてはとにかく不安を、そして余計な気苦労もさせない、そういう万全の体制で臨むというふうにしていただきたいと。本当に遅いんじゃないでしょうかね、教育長。ちょっと考えただけでも、去年の3月、4月でなくても夏ころでもやれたんではないでしょうか。全ての行政の姿勢がそうだなんていうふうに決めつけることはしませんが……、という思いであります。もっと声を高くしたいんですが、教育長、しっかりしていただきたいと。地産地消の一角は崩れてしまいましたが。
 あと、業者選定は決まったんでしょうか、調理業務。そのこともお聞きしたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 西部学校給食センターの建設が決定した時点においても、私が先ほど答弁した内容で進むということにいささかの変わりもございませんでしたので、従来協力をいただいている業者の皆さんに今後とも協力をいただけるものということで考えておりました。その説明が遅くなったということは、大変業者の皆さんにも不安を与えましたし、ご迷惑をおかけしたということで、反省をしているところでございます。
 それから、委託の業者につきましては、入札で既に決定をしておりまして、その準備に入っているところでございます。ニッコクトラストというところです。
副委員長(岩淵正宏君) ほかに。2番、工藤淳子委員。
2番(工藤淳子君) 19番委員と関連して伺います。私も所管なので質問したんですけれども、時間がなくて、十分質問できなかったので伺いたいんですけれども、今の答弁で食材は業者に頼める状況、本当にそういう状況になるのか、その辺を1点。
 それから、2月26日、27日、28日の3日間、該当する小学校関係のPTAの執行部の役員と、あと学年委員の役員向けに説明会を町ごとに行ったと当委員会で話があったんですけれども、どういう質問が出たか。
 それから、その中で地元の業者の方から、そのときも次長の説明では発注の工夫をしてもらえないかということで、例えば業者同士で組合をつくっている石巻の例が出されたと言っていたんですけれども、その例をもう少し詳しくお聞かせください。
副委員長(岩淵正宏君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 食材の納入業者さんには、先ほどもご説明いたしましたように説明会をいたしまして、ほとんどの業者さんのほうから今後とも給食の食材の提供に参加したいということで意思表示をしていただいているところでございますので、その辺は従来どおり協力をしていただけるものというふうに思っております。
 それから、3日間、西部エリア管内の迫、南方、米山でPTAの本部役員さんと、それから学年の役員さん方に説明をしたところでございます。それは西部学校給食センターの施設内容と食材、あと今度は搬送することになりますので搬送の方法であるとか、それからアレルギー対応の関係、その辺の対応を説明したところでございます。その中では、アレルギーの対応でありますとか、食材の地産地消というのがこれまでどおりに進められるのか、それから地元の業者さんに食材の発注をするのか、そういったところで質問があったところでございます。
副委員長(岩淵正宏君) 2番、工藤淳子委員。
2番(工藤淳子君) 今の中では、石巻の例をもう少し。
 それから、従来どおり業者に期待しているということですけれども、3,600食、今までの地域にあった2つ、3つの給食センターに納めた量とは本当にまるっきり数が多い中で、そのままできるんでしょうか。
副委員長(岩淵正宏君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) その辺につきましては、食材の業者さんの説明会の中でも心配するような意見がございました。それで、市町村によっては食材を供給している業者さんの中で食材提供の組合のようなものを設立して、そこから納入を受けているというような、話題提供をこちらのほうから、できればそういった組合的なものも設立してはどうかという意味合いを込めて、私のほうでちょっと石巻の例を紹介したところでございます。
副委員長(岩淵正宏君) 2番、工藤淳子委員。
2番(工藤淳子君) 私もちょっと聞いてみたら、栗原の南部学校給食センター、委員会でもお話ししましたけれども、そこでもやはり受注組合を組織して、実施しているようです。本当にそれで大丈夫なのかどうか、本当に地産地消と言っても品数が多くて年間通してできるのか、その請け負う業者の方たちにもよるようですけれども、ただ親は自分の子供たちに本当に安心できる食材が提供されるのかというのが心配だと思うのと、あと今までは地産地消の観点から農協のほうからも協力をもらって、品目数も大分あったと思うんですけれども、農協のほうでも断ってきたという話も聞きました。どういう経過で農協のほうの関係はあったのか、その辺もお願いします。
副委員長(岩淵正宏君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 農協さんのほうとも協議を何回も続けておりまして、全面的な協力をいただけるということになっております。断ったという話は私は聞いておりませんけれども、積極的に協力をいただける体制を構築していただいているというところでございます。
 それから、地元の食材を従来どれぐらい使っているのかということで、ちょっと参考の数字をお伝えしたいんですけれども、毎年度宮城県で地場産品をどれだけ使っているのかという調査が6月と、9月か10月にそれぞれ20日間ぐらいずつあるんですけれども、その中でこれは昨年度の例ですけれども、登米市の全部の給食センターで822品目、その期間の中で利用しております。使っております。その中で262品目、31.9%が登米産の食材を利用しているということで、これは県下で1番の数字でございます。そのほかにも、県内産をどれぐらい使っているのかということで、323品目、39.3%で、これは県下2番目の利用率ということになっておりますので、宮城県でも1番か2番に県内産や市内産の食材を利用しているということで、いろいろ学校給食センターの中でも栄養士さんとか職員の皆さんにいろいろ工夫をしていただいて、JAさんにも非常に協力をしていただいてこういった高い利用率になっているものと、そういうふうに思います。
副委員長(岩淵正宏君) 2番、工藤淳子委員。
2番(工藤淳子君) 地産地消ということでは今まで本当に努力されて、県で2番目という上位のほうにいるんだと思います。ただ、業者の方が石巻のように組合をつくればいいですよと提案されても、個人個人の業者の方が集まってもなかなかそこではそういう組合づくりというのは難しいと思うんです。そこでちょっと産業経済部長にお聞きしたいんですけれども、地産地消の観点から関係するんじゃないかなと思うんですけれども、例えば佐沼病院の給食が民間委託になったとき、納入していた魚屋さんがつぶれてしまったという話も聞いています。今回の西部エリアは商店が、業者がすごい数だと思うんですけれども、そういう商店が出ないように、やはりどこかが仲立ちになって、一般質問でも話したんですけれども、市なり農協なり、それから商工会など、どこがいいのかわかりませんけれども、そういうところが仲立ちになってやってあげないと、組合といっても難しいと思うので、その辺の方向性をお聞きしたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) まず、農協がかかわっております構築のための事業、緊急雇用を使ってこの間取り組んできています。問題点等も大分出されまして、それに加えて今説明会と、教育委員会のほうからあったような形で、大分その問題点も具体化しつつありますので、そういったものをもう一回教育委員会のほうと、あるいは私どものほうでもつなぎながら、克服に向けていきたいというふうに思ってございます。
 あと、今委員お話しの部分、確かに今までの部分よりも量的に多くなるということで、対応できないということで、お話しのように組合をつくるとかそういったことをしていかないとなかなか難しい部分があると思いますので、そこもあわせて現在取り組んでおりますので、最終的には実際に今納入をされている方々とかが決めていく中身になりますので、できるだけそこにかかわっていけるようにしていきたいと思っております。
副委員長(岩淵正宏君) 2番、工藤淳子委員。
2番(工藤淳子君) ぜひそういう方向でやっていただきたいと思います。佐沼市内で食堂など飲食店を経営している方は、業者が給食食材を納入できないとなると、単に一商店の売り上げが落ちるだけではなくて、例えばこういう方たちのように飲食店の方は、日中仕事が忙しかったから食べに来たとか、出前をとってくれたとか、こういうことに支えられて今地元の商店は成り立っているということを言っていました。簡単に、本当に一商店だけの問題でなくて、市内の商店は今大型店に押されていて、本当に経営が大変な中で頑張っている商店、業者の方たちなので、市のほうも商店を守って育てる意味でも、ぜひそういう方向でお願いしたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 先ほど申し上げたように、全て対応できれば一番いいわけでございますが、できるだけ今具体にありました西部のセンター、そういった部分に対応できるように私どもとしても努力してまいります。
副委員長(岩淵正宏君) ほかに。4番、武田節夫委員。
4番(武田節夫君) 概要の110ページのスクールバス等運行管理費について伺います。
 何年か前にちょっとお話ししたことがあるんですけれども、涌谷町境の鈴懸橋、あと大崎市田尻町境の三ツ口橋、これは高校生がそちらのほうに行く場合、特にバイク通学でない人は親に送られて学校に行ったり来たりしていますね。米山町の人たちが特に、登米市の一番端っこなんですけれども、そのバスの各町村との連携をとりながら朝晩ぐらいはかかわってほしいというのがかなり多いんですよ。あともう1つは、住民が米山町から涌谷町の病院に行ったり、買い物に行ったり、これは田尻のほうもそうなんですけれども、逆に涌谷、田尻のほうから登米市の病院とかに行きたいんだけれども、連結がとれていないために大変不便をきたしていると。これは私何年か前にお話しした経緯があるんですけれども、その後どの程度話し合いが持たれたのか。これは町境の住民にとっても、子供を持つ親にとっても大変重要なことだと思うんです。その辺についての考えをまずお聞きしたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) スクールバスにつきましては、幼稚園と小学校ということで、町域間というところまでの観点ではなくてあくまでも小学校へということですので、スクールバスを活用する形で町域間の運行もということになりますと、朝の時間帯、限られた時間で学校の授業に間に合うようにということで輸送するわけですので、それはちょっとスクールバスということでは今のところ考えられないということでございます。
副委員長(岩淵正宏君) 4番、武田節夫委員。
4番(武田節夫君) 資料の中に、市民運送兼用というふうに書いてあったものですから伺ったわけなので、これは住民バスともかかわりがあるのであれば、ちょっとこの概要書の項目から外れますけれども、関連ということで考えをお願いしたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 多分住民バスのことだと思うんですが、町域内を運行しているバスは、スクールバスの朝晩の生徒の送迎の間に、上り下り3回ほど町域を回っているのが住民バスです。多分ここの表記はそのことをあらわしているのかなというふうに思います。当然町域内を回るバスですので、市と例えば涌谷町さんとか大崎市さん、あるいは栗原市さんとの境を連結するというような、そういう設定はかなり難しいのかなというふうに思ってございます。
 それから、それと別に市民バス、路線バスを走らせているわけですが、路線バスにつきましても他市町村さんとの連結をするのはかなり厳しいと。瀬峰駅だったり、あるいは迫桜高校まで今送迎していますが、そういうところとの連結は何とか可能かもしれませんが、一般的な道路等での連結というのはかなり難しいかなというふうに思います。なお、委員さんからどのような提案なのかちょっと私も確認していませんでした。後でまた確認させていただきたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 4番、武田節夫委員。
4番(武田節夫君) 今言った2つの橋は100メートルぐらいで、橋を渡ればすぐ隣の町なんですよ。別に努力もしない、働きもしないで難しいという話はないんじゃないですか。協議したことありますか。ないでしょう。だからそういうことは言ってはだめですよ。ただ机上だけで「難しい」よりも、やはり他市町村との協議をする努力をしなければいけない、市民のために。相当これは地域住民が大変困惑しているらしいですよ。例えば高校生を持つ親が、そのために仕事におくれたりして、例えば涌谷なりそちらのほうへ毎日送り迎えしている状況なんですね。だから住民バスというのは、別に市内からちょっと100メートルぐらい行ったら今度他市町村からも橋を渡って米山町のところで交互に連結する、そういう努力もやっぱりお互い必要だと思うんですよ。その辺の考えを私聞きたいんですね。何もしないで「難しい」って、やっぱりできるための努力をして、それから結果を出すべきじゃないですか。それだけ簡単にお願いします。
副委員長(岩淵正宏君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 大変申しわけございませんでした。その橋の連結ということについてはちょっと私も承知していなかったんですが、25年度に市民バス全体のダイヤについての見直しをするという作業がございます。その中で検討させていただきたいというふうに思います。ただ、市民バスはご存じのとおり添乗員がいませんので、ロータリーとかがないと運行が非常に……、何というんでしょうか、バックができないんですね。行ってバックして戻ってくるということができない、そういう運行形態になりますので、そういういろいろな交通の特殊的な事情もあると思いますが、なおその辺も踏まえて検討させていただきたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 4番、武田委員。
4番(武田節夫君) ロータリーのある場所もありますので、その辺やはり道路はつながっていますから、登米市だけのバスでなく、やはりきちんと連携をとって、住民がきちんとスムーズに動けるように努力してください。
 それから、124ページのスポーツ講演会委託料、これは前回一般質問でしたんですけれども、この90万円の委託料、主にどういった内容で、これだけの90万円を1回で予算を使う予定なのか、その辺をまずお聞きしたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。生涯学習課長、本宮秀年君。
生涯学習課長(本宮秀年君) 今回90万円のスポーツ講演会委託料でございますが、24年度におきましては市の体育協会のほうにお願いしておりまして、その中で体育関係団体等と共催といいますか、そちらで募集をかけていただいて、それで行っているという状況でございます。それで、24年度につきましては今度の3月15日夜、瀬古選手を招いてのスポーツ講演会ということで今計画して、進んでいるところでございます。
副委員長(岩淵正宏君) 4番、武田委員。
4番(武田節夫君) 教育委員会当局で予算をあらかじめ設定して、それからいろいろな体協のほうにどの方を講演に受け入れるかお願いするんですか。それとも市のほうからそういう要請があって、その中で予算を聞いた中で市のほうで予算化するものなのか、その辺どちらが先なんですか。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) スポーツ大会の90万円の金額なんですが、今課長お話ししましたように、市内の総合型だったり体育協会だったりスポーツ団体の方々に集まっていただきまして、方針を決めてから、呼ぶ方だったり講演会をする方法を決めてございます。ですので、90万円に当てはめてその講師を呼んでいるわけではないんですが、これまでの経過から話しますと、やはり90万円だったり100万円前後でないとある程度登米市内の皆さんに興味を持っていただけるような講師の方も来ていただけませんでしたので、90万円という形で予算化をしてございます。ただ、今お話ししましたように、90万円ありきではありませんので、その辺はご理解いただきたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 4番、武田委員。
4番(武田節夫君) この金額の半分ぐらいでも、いい講演ができると思うんですよね。これだけの90万円出して、それだけの価値があるということでこの計画を立てたんでしょうけれども、その辺もこれからのスポーツ講演の委託料に関してはやはり検討すべきだと思います。
 その分、前回一般質問でもやったように、スポーツ少年団に対する補助の件で質問いたしますけれども、答弁の中でプロであれば支援事業としてやるから予算はかかりませんけれども、やはりまだプロ化されていない、プロを目指そうとしている団体に対して、スポ少団体が本当に意欲があって、将来そういう職業につきたいという、そういうスポーツ少年団体の強い意志、要望に対してきちんと予算づけをするのがやはり本来の姿だと思うんですね。ですから、その辺は補助金申請内容に基づいて随時判断するという答弁をいただきましたので、確認の意味でお伺いしたいと思いますけれども、やはりいろいろな団体については5万円から20万円ぐらい、宮城県のいろいろな自治体でもスポーツ少年団が希望する教室に対しては予算化していますので、さっき市長のほうからきめ細かな事業で大した予算でもないので補助を出してもやるというのと同じですので、その辺、子供たちの未来のためにもやはりそういうスポーツ団体の要請があれば前向きにきちんと、多くても20万円以内で済む予算ですから、子供たちを安心させるような予算にしていただきたいと思いますけれども、その辺簡単にイエスかノーかでいいです、私ももう持ち時間ありませんから。
副委員長(岩淵正宏君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) いただきましたご意見、十分検討させていただきまして、対処したいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) ほかに質問ありますか。それでは、ここで10分間休憩したいと思います。
          休憩 午後2時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時09分
副委員長(岩淵正宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 10款教育費の質疑を継続いたします。質疑ありませんか。18番、田口久義委員。
18番(田口久義君) 別冊1の61ページ、62ページの学校用コンピューターの更新事業について伺いたいと思います。
 まずもって、こういったコンピューター授業については、小学校中学校においてこのコンピューターを通じてどのような教育効果を狙って、どの程度の部分に設定をしてこのコンピューターを活用しようとしているのか、その辺の基本的な考えをお願いいたします。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。活き生き学校支援室長、千葉 整君。
活き生き学校支援室長(千葉 整君) それでは、このコンピューター導入に関してお答えいたします。
 これまでもコンピューターはあったわけでございますが、コンピューター教室を中心とした設備でございましたけれども、これまでの状況を鑑みますともうコンピューター教室だけでは子供たちのニーズというものについていけないということで、コンピューター教室を飛び出して各教室のほうでもコンピューター等を使えるようにしていきたいというのが大きなもとになった考え方でございます。今回は、センターサーバー方式をとらせていただきまして、センターサーバー方式をとるとどういうふうなことができるかといいますと、実はこれまでできなかった例えば無線LANの配置もそうですが、無線LANをすることによって今最先端と言われていますタブレット型のパソコンの使い回しができるようになります。A校で使ったものを今度はB校のほうでもそのまま使うことができるようになります。これらの機械を使ってどんなことを期待しているかといいますと、一番は子供たちの考えの見取りでありますとか、それから子供たちの状況把握、これらのことについて今まで以上により具体的に、視覚に見える部分で捉えて判断をしていきたいというふうに考えているところでございます。
副委員長(岩淵正宏君) 18番、田口久義委員。
18番(田口久義君) 今のお話ですと、1つには子供たちの把握、そういった部分にも活用していると。それは学校側といいますか、先生方の部分であろうかと思うんですけれども、それはそれとしていいと思うんですが、生徒そのものがコンピューターを通じてどのような授業に対して効果を、例えば普通であれば基本的にはワープロ等を打てるようになるとか、ちょっと次元が違いますけれども、社会人になっても即そういった基礎的な知識を身につけて活用できるとか、そういった教育目標の設定といいますか、そういった部分をこのパソコンを通じて学校としてはどのように設定しているのかということをお聞きしたかったわけです。
副委員長(岩淵正宏君) 活き生き学校支援室長、千葉 整君。
活き生き学校支援室長(千葉 整君) 子供にとってですけれども、もちろん今までのパソコンルームでも行ってまいりましたけれども、ワープロ機能が十分に使えるようになるということ、それから自分の考え等がきちんとプレゼンテーションのような形で示すことができるようになるということ、それから今回のこの、例えばですけれどもタブレット型のPCを使うことで、自分の考えがより、例えば算数の勉強で図形の面積を求めたりするときにどういうふうな考え方をすればいいかというのが手元で操作できるようになったりします。その考えたことがクラスの周りの子たちに大画面を通して、自分の考えはこうなんだということを示すことができるということで、自分の考えを周りの子たちに共有させることもできます。自分の考えをまとめることもできるし、その考えをほかの子たちに具体的に示すこともできるという効果がございます。もちろんワープロ機能、あるいはプレゼンの能力もこれまでと同じように高めていきたいというふうに考えています。
副委員長(岩淵正宏君) 18番、田口久義委員。
18番(田口久義君) 例えばパソコンを通じて自分の考えを表現するといいますか、そういう言い方をされていますけれども、それでは小学校中学校の生徒、例えば中学校は恐らく1年生から3年生まで全て対象なのかな、小学校は何年生からパソコンを使っているのか。そしてまたこういった授業の時間は週に何時間くらいカリキュラムの中で設定されているものか、その辺をお願いいたします。
副委員長(岩淵正宏君) 活き生き学校支援室長、千葉 整君。
活き生き学校支援室長(千葉 整君) まず対象学年ですけれども、現段階でもう既に行われていますが、小学校は1年生からパソコンに触れる機会を設けております。もちろん教科の中ではなかなか難しい部分がありますので、生活の時間の一部分を使ったりとかして触ってございます。それから、ワープロ機能につきましては、現在ローマ字が4年生から出てまいりますので、その時点でサンスクリット式になりますけれども入力の仕方を覚えているところでございます。それから、プレゼンテーションの使い方につきましては、主に総合的学習の時間が入ってまいります学年から、自分たちグループの考えをまとめるということをしております。
 1週間には、なかなか難しいところがあるんですが、1つは先ほどもお話ししましたけれども、これまでパソコンルームを中心に動いてまいりましたので、そのパソコンルームを割り当てる時間がなかなか難しいところがあって、大きな学校になればなるほど週に1時間程度でした。でも今回はノートパソコンを導入することにしましたので、ノートパソコンですと自分の教室に持って行ける、あるいは付随してタブレット型のPCを入れる予定でございますので、これらを使えばもっと今まで以上にそれらの機械に触れる機会は多くなるかと思われます。
副委員長(岩淵正宏君) 18番、田口久義委員。
18番(田口久義君) 週に1時間程度ということでございますけれども、タブレット型を利用するともっとその教室のみならず多様的に活用できるということだろうと思うんですけれども、例えば週に1時間程度の授業で、先ほどワープロ機能をマスターするとか、自分の考えを表現できるようになるとか、そういったようなことになるんでしょうか。卒業時と言わなくても、その終了時にはその辺が各生徒にとって身についているとお考えですか。その辺お願いいたします。
副委員長(岩淵正宏君) 活き生き学校支援室長、千葉 整君。
活き生き学校支援室長(千葉 整君) こういった活動をこれまで積極的に行って取り入れてきた学校につきましては、例えばサーバー内に自分のフォルダーを持たせております。これでフォルダーの中に自分の考えだとかをまとめて、ストックしてございます。このように積極的に行っているところでは、もう既に十分に力はついているというふうに思われます。それから、もちろん学校の週当たり何時間の中では到底これらの全てのことをマスターできるというふうには考えてございません。今はこういう時代ですので、自宅に行きますとまたワープロ、コンピューター等がございますので、そちらのほうも全部トータル的に考えて、とにかく力をつけていきたいというふうに考えているところでございます。
副委員長(岩淵正宏君) 18番、田口久義委員。
18番(田口久義君) それなりについているということですが、私の懸念ということではないんですけれども、例えば英語教育にした場合に、あれだけのカリキュラム、時間を割いている中で実用英語ができないと、そういったような部分に例えて考えた場合に、このパソコンの活用についても例えば社会人になって果たして、小学校中学校でうん億円をかけて機械を導入して勉強した成果がどれだけのものかなということをちょっとお聞きしたかったわけでございます。その辺をもう一度だけお願いしたいと思います。
 それから、ICT活用が図られる環境を整備するということですけれども、もう少しわかりやすく、そのICT活用というのはどのような活用、その情景をお話しいただければありがたいなと思います。よろしくお願いいたします。
副委員長(岩淵正宏君) 簡単にわかりやすく答弁をお願いします。活き生き学校支援室長、千葉 整君。
活き生き学校支援室長(千葉 整君) 申しわけございません。まずICTですが、インフォメーション・コミュニケーション・テクノロジーの略でございます。一般的にパソコンがどうしても一番初めに浮かんできますけれども、実際はパソコン以外にも、22年だったでしょうか、全部の学校に導入をいたしました大型液晶テレビであるとか、それから実物投影機であるとかという部分も全て入ってまいります。そして、費用対効果ですけれども、これまでの個人的な感想から言わせていただきますと、やはり早いうちから触った子供のほうが、そういうものを使う技術というのはより高まっているというふうに思っております。
副委員長(岩淵正宏君) 1番、金野静男委員。
1番(金野静男君) 1番です。
 概要書の124ページですけれども、総合型地域スポーツクラブの振興費というようなことで2,900万円ほど予算化になっているわけですけれども、9町域に全部この総合型スポーツクラブが設立したというふうなことでございます。この支援については、9つのスポーツクラブにどういったような形で支援されているのか、これは平等に支援しているんでしょうか。その辺。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。生涯学習課長、本宮秀年君。
生涯学習課長(本宮秀年君) 総合型スポーツクラブの支援に関する経費の取り扱いということでよろしいんでしょうか。総合型スポーツクラブ、24年2月に米山ができまして、9町域で全部整いました。それで、早いところは石越町さんが一番最初に立ち上げてございまして、立ち上げから7年たったと思うんですが、それぞれの町域で行われている事業に対しまして均等の部分での補助割と申しますか、その部分と、あとはそれぞれ行われている事業内容に基づいての部分というような形で、この補助金を支出しているところでございます。
副委員長(岩淵正宏君) 1番、金野委員。
1番(金野静男君) 均等の分と、事業量にもよるというようなことでございます。概略、大ざっぱなところでよろしいんですけれども、例えば一番多いクラブ、あるいは一番少ないクラブというのはどこで、昨年24年度の支援金というのはどういったような形になっているか、それはわかりますか。各町域の。それだけお願いしたいんですけれども。
副委員長(岩淵正宏君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 9つの町で総合型を設立しました。今9つのうちtotoから助成の該当になっている団体が5団体ございますので、今回予算でお示ししましたように2,940万円という合計になってございます。それで、今課長がお話ししましたように、事業量だったり会員数の増減で、2つの町が350万円、ほかは320万円というような計算です。それで、総合型の推進事業補助金ということで、総合型の関係につきましては連絡協議会をつくってございますので、会長さん方にもいろいろなご相談を差し上げたりして、その辺のところは決めてございます。2つの町だけが事業量の関係で若干多いというような現状になってございます。
副委員長(岩淵正宏君) ほかに質疑ございませんか。16番、庄子喜一委員。
16番(庄子喜一君) 先般、一般質問した経緯がございますが、教育振興費に該当するのでございましょうか。新しく開校する産業総合高校のグラウンド整備について、県と当局でいろいろ事業の計画がありまして、さらに市としても応分なグラウンドの整備を供すれば、廃校と申しますか閉鎖になった高校の跡地利用についていろいろ登米市として活用できるもので、頑張って進むべきだという質問をしたんでございますが、県でももう新しい年に入りまして、数え日になってきたんですが、その後の経過についてどのようになってございましょうか。お尋ねしておきます。
副委員長(岩淵正宏君) 副市長、藤井敏和君。
副市長(藤井敏和君) 私のほうからお答えさせていただきます。
 さきには議会の皆様から意見書をお出しいただきまして、議長、市長が知事、教育長にその要請をしたところでございます。その後、市長のほうで知事あるいは教育長と何度かお会いいたしまして、この辺、特にグラウンドを開校時までにはとにかく整備してくれということは強く要請をさせていただいておりました。実はまだ正式に県で予算化はしてございせんが、方向性としては市の要望は十分わかったと、ですから総合産業高校のグラウンド整備については開校時に間に合わせるように整備をする、それから関連します米山高校の跡地利用についても十分市と協議をさせていただくというような方向性までは、現段階では確認させていただいているところでございます。
副委員長(岩淵正宏君) 16番、庄子委員。
16番(庄子喜一君) 開校に間に合わせるような方向性は確認していても、予算が伴わないのですが、その辺の予算措置は県でされているんでしょうかね。
副委員長(岩淵正宏君) 副市長、藤井敏和君。
副市長(藤井敏和君) 現段階で補正予算あるいは当初予算には計上されてございませんが、今年度中には十分そこは予算化した上で対応するという話は伺ってございます。
副委員長(岩淵正宏君) 16番、庄子委員。
16番(庄子喜一君) 前にもお話しいたしましたが、せっかく希望に胸を膨らませて、注目される新しい産業高校に入学する生徒諸君が、伸び伸びと部活動、体育活動ができるグラウンドはやはり開校時にしっかりと整備するべきということでございますので、今ご答弁いただきますれば補正なりということで予算措置をして間に合うようにというような意向は確認されてございますが、早目にそういうものを確約をいただいて、県当局も先般のさまざまなお話をちょっとお聞きしますと、相当な気持ちを持ってこれに取り組んでいらっしゃるというのは私も肌に感じてございますので、もうワンプッシュすれば確約ができるのではないかいうふうな思いをしているので、早目に開校時に向けてグラウンドが整備されますことを強く県当局に働きかけねばならないのではないかというふうに思ってございます。グラウンドも、今のところにすぐ造成をしてグラウンドの整備ということになれば、ある程度の沈下と申しますか、それなりの工法で転圧はするとしても、よほどの時間を要すると思いますので、一刻も早く着工しなければというふうな思いですが、いかがでしょうか。
副委員長(岩淵正宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) この件につきましては、知事にも何度もお会いした際に強くお願いをさせていただいておりますし、その内容等について今事務方と協議をさせていただいているというような状況であります。我々としてもとにかく一日も早く、そして具体の予算措置もお願いを強く働きかけをしながら、間違いなく開校時にはグラウンドが供用開始になるように、しっかりと取り組んでまいります。
副委員長(岩淵正宏君) 16番、庄子委員。
16番(庄子喜一君) 次に、先ほどの18番委員の質問に関連するんですが、コンピューターの更新事業でございます。小学校は392台で1億3,000万円、単純に割りますと1台当たり33万4,000円、中学校は単純に計算しますと1台当たり37万1,000円というふうな数字が出てくるわけですが、もう皆さんもご自分でパソコンをお持ちになりまして、量販店等々の電器屋さんに行くと10万円前後ですばらしい最新型のコンピューターが購入できるわけなんですが、既に配線等々ができているわけですから、新たにするわけではないんでございますので、機種を交換するのに随分一般の感覚とかけ離れた数字ではないかというふうに思慮されますが、この辺の中身について。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。学校教育課長、佐藤裕孝君。
学校教育課長(佐藤裕孝君) それでは、コンピューターの更新事業の中身でございますが、ただいまお話がございましたように、1台当たり単純に割りますとこういうような形になりますが、今後の整備方針の中にございますように無線LANを整備する、それから各教室にデジタル教科書、あるいは大型テレビ、実物投影機を整備して、ICTの活用を図る環境を整備するというようなことになっております。それから、教員の負担を軽減するために、公務支援システムを導入いたしまして、成績管理とかあるいは出欠状況の確認とか、そういうもののソフト関係も整備いたします。なお、このほかに、これまで各学校でサーバーを持っておりましたが、これを一元化いたしまして、迫庁舎の電算室のほうにセンターサーバー化をするというような工事も含まれております。これらを合計いたしまして、このような金額になってございます。よろしくお願いいたします。
副委員長(岩淵正宏君) それでは次、24番、岩淵勇一委員。
24番(岩淵勇一君) 1点だけ、123ページ、10款6項2目3細目の関係なんですが、体育施設の管理費ということで、この細目は今回の修繕料と、あとは保険料、あるいは電気の工作物の保安管理業務ということになっておりますが、この細目に関しましていろいろ事業内容をこれまでも話してまいりまして、次長は非常に苦慮されながら努力をされておりますが、私はこの細目について廃止をされ、条例を廃止し、浅水ふれあいセンターを市として管理ということで、その管理を置き、そしてこの使用目的等々についてはその地域の方々が多くは使用されておりますから、今後どのようにその施設を運営していったらいいのだろうということも、地域の考えによってこの施設利用を図られたらというふうに思うんですが、いかがでしょうか。
副委員長(岩淵正宏君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) サイクルセンターのご質問でございます。今お話しされましたように、サイクルセンター、22年度は8件52人、23年度は1件13人、24年度はほとんど、サイクルロードも被災したということで、使用できていない状態でございます。ですので、今お話ありましたように私たちも将来的にはこのサイクルセンターとしての機能は廃止する方向で考えてございます。課題としましては、東京中田会等からいただいた自転車等も中に入ってございますので、それらの活用だったり、それが課題として残ってございますけれども、登米町だったり長沼だったり、さまざまな使用を検討しながら、これはゆくゆくは廃止していきたいなと考えてございます。それで、今地域の方々との協議ということなんですが、震災時に浅水地区の方々の支援物資の倉庫等にも活用された施設でございますので、十分地域の方々とお話し合いをしながら、今後進めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 次に、22番、沼倉利光委員。
22番(沼倉利光君) それでは、成果表の123ページに関する、運動場の管理についてお伺いします。
 実は私もわからなかったんですけれども、7人制のラグビーということで、最近はオリンピックの種目の候補にもなっているという、そういった種目の中で、佐沼高校を中心とした7人制のラグビー部の方からぜひここを使用したいというお話がありましたけれども、使うと壊れるからというか、芝生が傷むからということで、なかなか難しいというお話があるんですけれども、ぜひここは、オリンピックに向かうわけではないんですけれども、使用の方向を検討願えないかどうかお伺いします。
副委員長(岩淵正宏君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 7人制のラグビー、2016年のリオデジャネイロ五輪で正式にオリンピック種目になった競技です。ラグビー、サッカーなんですが、ご存じのとおり芝の上で練習できるというのは豊里の運動公園と梅ノ木と、今そのような状態になってございます。梅ノ木については、芝の張りつけがちょっと悪うございまして、サッカーの方々にも多少利用制限をさせていただきながら利用していただいているという状況でございます。今お話あったように、今ラグビー競技は豊里を主に使用してもらっていますので、その辺、芝の状況を見ながら使用していただくような施設ということで施設をつくってございますので、そのような方向で進めてまいりたいと思います。よろしくお願いしたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 22番、沼倉委員。
22番(沼倉利光君) 結局、芝の状況を見て使ってもいい方向に考えるということなんですか。ちょっとはっきり、その辺。
副委員長(岩淵正宏君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 申しわけありませんでした。現在、ラグビーの方々は豊里の運動公園で練習をしていただいています。ですので、その辺は豊里を中心に使っていただくということになると思います。よろしくお願いしたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 22番、沼倉委員。
22番(沼倉利光君) さっきも申し上げましたが、7人制のラグビーをやっているのは佐沼高校なんですよ。子供たちは自転車で来たり何かして、豊里までどうやって移動するかわからないですけれども、すぐそばにある梅ノ木をなぜ使えないんですか。私はそんなに難しいことでなくて、芝生の状況さえ改善すれば、やはりすぐ佐沼高校のそばにある梅ノ木を、使えるような利用状況を考えてもいいと思いますよ。そっち側の幹部の方のご子息もやっていますからね、私はやっぱり言うに言えないものがあると思います。私は全く別なところから言われているんですよ。そばにある施設をぜひ使わせてくれ、もう一度答弁お願いします。
副委員長(岩淵正宏君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 佐沼高校の生徒中心に、東北選抜で東北大会に行っている経過もございますので、どうしてもスクラムということもあるんですが、7人制の場合はフォワード3人とバックス4人ということもありますので、余り芝の荒れ方も少ないのかなと思いますので、芝の状況を見ながら、その辺はご相談させていただきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 22番、沼倉委員。
22番(沼倉利光君) せっかくあるやつですから、建物だってなんだって使って壊れたのはしようがないの。それを壊れないように全然使わないというのは、やっぱりぜひ改善してほしいと思います。次長、そういう方向で。
 それから、中田の海洋センター、震災でプールが使えない状態です。これは今後どのようにするのか。簡単に、時間がないのでお願いします。
副委員長(岩淵正宏君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 中田のB&Gのプールと米山のB&Gのプールについては、休止させてもらってございます。今B&G財団といろいろな話をしているんですが、どうしても補助金も少ないということもありましたので、その辺はどのような形で直せるか今協議しているんですが、何ともプールの年代が物すごくたっていまして、老朽化も激しくて、給排水の関係も壊れているというような状態ですので、その辺はもう少し検討させていただきたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 22番、沼倉委員。
22番(沼倉利光君) 検討するのはいいんですけれども、中田の海洋センターは主に夜間使われている、日中は子供たちは使わないんですけれども、夜間に大人だったり子供が使うという、そういった方で三千四、五百人の方が60日程度使っている今までの利用状況を考えると、B&G財団に頼るのではなくて、あそこは各町、米山だったり中田町に寄贈されて、もう市のものなんですから、なぜ文部科学省の震災の場合の復旧の対象にならなかったのか。その辺だけもう1点お願いします。
副委員長(岩淵正宏君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 他の補助等もございましたので、B&G財団ともその経過も相談してございましたので、対象にはなりませんでした。それで、震災よりも老朽化のほうが大きいというような判断もございましたので、震災対応にならなかったという状態でございます。
副委員長(岩淵正宏君) 21番、佐藤尚哉委員。
21番(佐藤尚哉君) 備品購入費ということで、小学校、中学校あるんですけれども、学習用コンピューターという部分だけが大きくなっておりまして、学校図書なんです。どのように捉えているのかということ。前回の一般質問で環境整備を言いましたけれども、子供たちに影響を与える学校図書の整備充実について、教育長はどのように考えておりますでしょうか。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 学校図書の整備でございます。これは基準がありますので、それに基づいて整備をしてきておりまして、昨年度は大分、今具体的な数字は手元にはございませんが、かなりの形で整備はしてきております。もちろん平成25年度もこういった形で整備はしていくというふうなことになります。
副委員長(岩淵正宏君) 21番、佐藤委員。
21番(佐藤尚哉君) そうであれば、この備品購入という部分でコンピューターと一緒にしないで、しっかりと基準があるということなので、毎年やっぱり比較しながら、わかりやすいようにしていただけないかということです。ここに学校音楽支援事業ということで1つの事業を起こしておりますけれども、やっぱり図書をそういうふうにしてしっかりと子どもたちのために充実整備をしていくという分野で、1つの事業として起こすことについての考え方を伺いたいんですけれども。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 先ほど答弁しましたように、いわゆる事業というふうな形をとらなくても、年次計画の中で整備していきますので、十分対応できるかなというふうに考えております。
副委員長(岩淵正宏君) 21番、佐藤委員。
21番(佐藤尚哉君) それでは、小学校の備品購入費ということで学習用コンピューター、学校教材備品ほかということで、図書費に幾らかかっているかということがわかりません。図書費に幾ら使っているかということ。それから、中学校費にしても学習用コンピューター、図書室用図書購入費ほかということで、幾ら図書購入にかけているのかということがわからないんですよ。これをぜひわかるような形にしてもらえるでしょうか。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。学校教育課長、佐藤裕孝君。
学校教育課長(佐藤裕孝君) 大変申しわけございません。資料を今持ち合わせておりませんので、後ほどお答えさせていただきたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 21番、佐藤委員。
21番(佐藤尚哉君) 後ほどはいいんですけれども、私行ってみて本がきちんと整理されてきている中で、やっぱりもっともっと読みたい本というもの、そういった本をそろえてほしいということなんです。行ってみてわかるかと思うんですけれども、本当に読みたい本をそろえてほしいなという私の希望でございますので、ぜひそうしたことで整備をしてほしい。この予算であるとか、この計上についてもそういうふうな計上にしていただきたいということをお願いして、終わります。
副委員長(岩淵正宏君) 概要にその表記も。答弁要りますか、佐藤委員。(「いいです」の声あり)はい。では、ぜひそのように表記のほうをお願いします。
 続きまして、14番、八木しみ子委員。
14番(八木しみ子君) 10款5項2目の文化振興費についてお伺いいたします。
 文化の発展は、まちの発展の目安になります。私はそういったことで、文化的感覚の行政を進めていただければというふうな思いをしているわけでございますが、この文化振興費をずっと見てまいりまして、文化行政に対する配慮がなされていないような気がいたします。この予算を策定するときに、いろいろな事業計画とか、どういったことを考えて予算化しているかお伺いいたします。
 それから、概要の120ページでございますが、文化財保護の関係です。登米市にも合併してから古文書、それからいろいろな関係する古い地図等、いろいろな重要な書類が多くあると思うんですが、今どのような状況になっているかお伺いします。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。生涯学習課長、本宮秀年君。
生涯学習課長(本宮秀年君) 文化振興に関する経費をどのような形で積算したのかという内容かと思います。文化振興につきましては、例年小中学生を対象としました文化・芸術に対する理解を深めるということで、国、県で行っております巡回劇場、小劇場を中心として小中学生に文化に触れる機会を設けさせていただいているところでございます。それから、高校生につきましては高校生絵画展ということで、毎年行わせていただいております。それから、一般の方に関しましては、ここにございますように文化協会さんの補助だったり、それから文化事業補助ということで、例年宮城長持唄、それから登米で行われております芭蕉俳句大会、それからおいとこ踊り等に補助をしているところでございます。そのほかに、文化協会のほうへ補助ということで、全体的なところでは昨年と同じような内容で行っております。ただ、少し違うところと申しますのは、昨年から進めております子供文化祭に向けての取り組みを今文化協会のほうと一緒になって、できるだけ多くの方に参加してもらえるような方向で、今年も引き続き行っていきたいというところで、そちらのほうを今重点的なところで今回は挙げさせていただいたところでございます。
副委員長(岩淵正宏君) もう1点。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 文化財の資料の収集だったり、保存だったりの関係のご質問をいただきました。今回、古文書の関係につきましては、歴史博物館のほうで古文書のボランティアを募集しましたところ、10人ぐらいなのかなと思っていたところが30人ぐらい来まして、これは迫だけでなくて登米も含めて、登米市内を含めて古文書の解析をしようということで、3月にスタートいたしました。
 それから、今ご指摘いただきましたように市内にはさまざまな文化財が眠ってございます。それらをいかに市のほうで把握して、保存していくかというのは課題でございます。何回かこれまでもいろいろなご質問をいただきましたけれども、その件については大分進んでございまして、今回も何点か市の文化財になるような、そういう鑑定というか、その辺の調査もしてございますので、計画的に、長くかからない形で進めてまいりたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 14番、八木委員。
14番(八木しみ子君) この文化振興費、子供を中心にした予算だというふうなことのようにお聞きしました。地域住民に対する予算化はないようでございますが、地域の文化というのはやっぱり住民生活の原点でもあるんですね。ですから、かつては価値観も、すごく景気のいいころは物にこだわったわけでございますが、今は心の豊かさとかいろいろな潤いを求められるようになってきておりますので、やはり行政の中に文化の創造的な面ですか、そういったのを重視することが大切ではないかと思っています。そこで、地域のことを考えた場合なんですが、例えば今道路を直したり、それから学校も壊れて、学校を建設したり、いろいろしておりますが、例えばこういった建設関係に1%でも上乗せして、文化的ないろいろなデザイン費と言ったほうがいいんでしょうか、そういった上乗せをして、まちづくりに反映させるという考えはございませんでしょうか。その点をまずお聞きします。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 文化活動につきましては、市内の方々、さまざまな形で登米市内の文化振興に携わっていただいています。例えば登米市の文化協会の加盟団体は289団体、約5,000人の方が登録されてございます。ですので、その方々、今自主的に活動していただいている分もございますので、補助金とか金額とかではないんですが、その方々とさまざまな交流を深めながら、登米市内の文化振興を高めてまいりたいと思いますので、ご理解いただきたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 14番、八木委員。
14番(八木しみ子君) 私あと4分しかないんですが、委員長の分に入り込むかもわかりませんからご了承ください。
 わかりました。ですが、やっぱり文化というのは郷土愛にも通じてまいりますので、一層この事業に対しましてはいろいろと配慮していただきたいと思います。
 それから、古文書の関係でございますが、歴史博物館に保管、管理するということになるんですか、全体の。例えば各町域にあったいろいろな歴史につながるようないろいろな古文書、それから大切な重要な書類とか、いっぱいあると思うんですが、きちんと整理しておかなければならないと思うんですよ。そういったものは今後歴史博物館で管理、保管するんですか。
副委員長(岩淵正宏君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 文化関係の古文書だったり何かは、1カ所ではなくて、今歴史博物館で古文書の整理のボランティアをしていただいているのは教室として、歴博の事業として登米市内の方々全体を対象に古文書の研究とかその辺の研修会をしていただいてございます。ただ、登米市内の文化財の保存につきましては、これまでも再三ご質問いただいているように、もう少し整理をして、どれだけの数があるか、その辺をもう少し掌握させていただいてから考えたいと思ってございますが、いずれ震災で家の文化財的なものを預けたいというようなときも、なかなか登米市内でも預かる場所も少ないということも現実でございますので、その辺は今後早目に結論を出せるような方向で検討したいと思ってございますので、ご理解いただきたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 10番、浅野 敬委員。
10番(浅野 敬君) 教育長にお尋ねします。今、社会教育は全般広いですので、学校教育に限ってお尋ねしたいと思います。
 平成25年度の学校教育で最重要視していることはどんなことか。そのことは、予算上どこに裏づけされているか、まずお尋ねします。
副委員長(岩淵正宏君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 市の教育基本方針の最重要課題として捉えているのは、基本方針に示しておりますが学力の向上でございます。それに向けた取り組みについては、前に一般質問の中でもお話ししましたが、登米っ子学習の推進とか、あるいは学力調査の関係とか、あるいはキャリアセミナーの実施とか、そういったことで広く学力の向上といったことで進めてまいりたいというふうに思っております。それから、25年度をもうすぐ迎えるわけですが、その基本的な考え方としては社会の意識の変化というのが特に震災以降非常に大きいものがございます。そういったことで、やはりこれからの学校、あるいはこれからの教育といいますか、そういったことについては地域とともにある学校を目指すべきだろうと、その場合に教育は学校が第一義的には責任を持ちますが、家庭の教育力、あるいは地域の教育力、そういったものとの連携を通しながらこれからの子供たちを育成していきたい、そのことが、いつも話していることではございますが震災復興にまさに最前線に立っていく子供たちです。しっかりした生きる力を育むというところにつながっていくのではないかというふうに認識しております。
副委員長(岩淵正宏君) 10番、浅野委員。
10番(浅野 敬君) おおよそわかるんですが、しからば学力の向上について、学力調査を実施しますよね。その調査するに当たって、予算は全然必要ないんでしょうか。そのことがどの辺に載っているものでしょうかということをお尋ねしているわけです。
 それから、先ほど14番委員が「コブン書」と言ったかな、そして社会教育次長は「コモン書」とおっしゃったようですが、私は「コモン書」と普通言っているんですけれども、どれが正しい読み方か、それを教えていただきたいと。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。学校教育課長、佐藤裕孝君。
学校教育課長(佐藤裕孝君) 最初にございました学力調査の関係ですが、113ページの小学校費の分で委託料がございます。その中で、標準学力調査委託料といたしまして409万4,000円を計上してございます。それから、同じく中学校費におきましても、115ページ、中学校教育振興費に要する経費、委託料の中で標準学力調査委託料、この中で340万6,000円を計上してございます。以上でございます。
副委員長(岩淵正宏君) 読み方。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 「コモン書」ということで解釈してございます。
副委員長(岩淵正宏君) ほかに。23番、佐藤 勝委員。
23番(佐藤 勝君) ちょっと見ていたら、落ちていたのかどうかということで確認です。120ページの図書館活動推進費、ここに毎年需用費か何かにブックスタート何とかの対応の予算が載っていたと思うんですが、この文字が消えているんですけれども、これはなくしたんですか。
副委員長(岩淵正宏君) 生涯学習課長、本宮秀年君。
生涯学習課長(本宮秀年君) 大変済みません。図書館活動費の中の消耗品費のほうに入ってございます。表記が去年とちょっと抜けているだけの違いでございます。大変済みません。
副委員長(岩淵正宏君) 23番、佐藤委員。
23番(佐藤 勝君) 「抜けているだけ」ではだめですね。これは載せていてもらわないと、来年以降にあなたがいればだけれども、忘れてしまっては困るから。お願いします。
副委員長(岩淵正宏君) では、ぜひ忘れないようにお願いいたしたいと思います。
 ほかに質問ありませんか。あるようですので、ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午後3時01分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時11分
副委員長(岩淵正宏君) 休憩前に引き続き会議を続けます。
 14番、八木しみ子委員から中座の届け出がございます。
 10款教育費について、質疑を継続いたします。6番、阿部正一委員。
6番(阿部正一君) それでは、確認の部分もございますので、お尋ねいたします。
 まず、陸上競技場、市長答弁では何かつくらないようなお話が出たように聞こえましたので、その分を確認いたしますので、お答えをいただきたいと思います。考えているのか、それとも廃止するのか。
 それから、東和の多目的運動場、全員協議会で図面を出して、あのとおり進めるというようなことでございますので、変更なしで進めるのか、その確認をいたします。
 あともう1件ありますが、これは後でお聞きします。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 陸上競技場につきましては、整備の方向で計画を進めております。
副委員長(岩淵正宏君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 全員協議会でお話しした内容と同じ内容で、地域の方々に説明会を行ったのでございますが、特にご意見はありませんでしたので、その方向で進めたいと考えてございます。
副委員長(岩淵正宏君) 6番、阿部委員。
6番(阿部正一君) 東和の多目的運動場、大変すばらしくできるというふうに市長がお話ししておりますが、1つだけお話ししておきます。あの方向で進めれば、野球場はつぶれるということになります。もう正式に今のような形になりませんので、それと多目的の上の部分は野球ができないというようなことになりますので、まずそれはお話をさせていただいております。それから、公式球場ができないというのは右に振ればできるんですね。私、はかってみました。そういう検討もしないで、現状を何とかしようだけではだめなんですね。やっぱり将来を考えて整備すべきではないかと何度もお話ししておりますので、今後またいろいろな場面が出てくると思いますので、将来どうこれを整備したらいいのかということをぜひ考えていただきたいと思います。
 それから、いじめの問題で一般質問させていただきました。それで、後から何件あったかお話をしていただきたいということでございますが、後でということではなくてこの場でお話をします。精神的にいじめられているというのが3件、それから暴力的というのが2件ありました。もう1件は、いじめられている人がいるので何とかしていただきたいというようなお話でありましたので、余りこの調査では重く感じていないようでございますので、それはそれとしてよろしいです。それから、なぜ議員が調べたかというようなお話でございますが、私が調査したのは誰かに聞くとわかると思いますので、教育長、誰かに聞いてみてください。どういう方法で調査したか。これが教育長がわからないというのがちょっと疑問には思っておりますので、それは後で聞いてください。
 それから、もう1点。「当然のことながらいじめられている子もいます」という答弁をしているんですね。それで、「いない」というのはどうも私、いつも聞いているんですが疑問になっているんです。後で答弁書を見てください。自分で「いる」ということを言っていて、ゼロということはあり得ないんですよ。ぜひ教育長、その辺は自分で言っているんですから、調査してゼロということはないと思います。これは答弁してもまた同じ議論になりますので、答弁は要りません。
 それで、市長にお願いいたします。教育長を選任するのは市長の委嘱でやると思いますが、これから市長選がありますので、どのような形になるかわかりませんが、ぜひ一般からも教育長を選ぶようなことも必要ではないかと思いますので、その旨のお話をちょっとお聞かせいただきたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 教育行政に明るいというような視点は当然必要かと思いますが、それが教職員経験ということに縛られるものではないというふうには考えているところであります。教育長の選任につきましては、教育委員の互選によるものではございますけれども、そういった中で教育委員の皆さんのあり方等についても、やはり委員ご指摘のとおり広い目で見て、適切な人選をこれからもしっかりと図ってまいりたいと考えております。
副委員長(岩淵正宏君) ほかに質問ございませんか。22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 21番と同じように、今晩眠れるように質問したいと思います。
 教育長、先ほどの7人制のラグビー、やはりもっとしっかりとした支援をするという気持ちを持っていないと、すぐ二、三分のそばにあるラグビーができるところは使用できなくて、往復30分も40分もかかるところでやってくださいというのは、これは教育的な面からいってもかなり無理があると思います。やはりしっかりとした、眠れるような答弁をお願いします。
副委員長(岩淵正宏君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 委員の再度の質問で、思いが十分に伝わってまいります。梅ノ木公園でございますが、指定管理にいたしているところでございます。体育協会と十分協議しまして、使用ができるような形で前向きに検討していきたいというふうに思っております。
副委員長(岩淵正宏君) ほかに。7番、佐々木 一委員。
7番(佐々木 一君) 時間がありませんので、1点だけ。
 学校給食センター関係ですけれども、4月から西部学校給食センターが稼働しまして、市の全体的なセンターの見直しによって市内の全小中幼稚園に給食を供給するといったような計画でありますけれども、全部に供給になるのは25年度中になるのかどうか、その点をまずお聞きします。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 今は全部ということではなくて、幼稚園が一部だけということになっております。全体に実施するためには、一部幼稚園の導入口であったり準備室であったり、その辺の整備を要するところもございますので、その辺を早急に整備しまして、保護者の皆さんともその辺をお話をして、できるだけ早い時期というか、26年度ぐらいにはやりたいというふうに考えております。
副委員長(岩淵正宏君) 7番、佐々木委員。
7番(佐々木 一君) では保護者の方とはこれからですか、話すのは。(「はい」の声あり)そうですか。私もう話して、25年度中に開始して、受け入れ体制が整うと思っていたんですけれども、違うんですね。確かにこの当初予算には出ていませんから私聞いたんですけれども、ということは25年度中は無理ということですね。もう一度確認します。
副委員長(岩淵正宏君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 26年度ということになろうかと思います。それで今準備を進めております。
副委員長(岩淵正宏君) 17番、關 孝委員。
17番(關 孝君) 111ページの教育研究所費にかかわってお尋ねいたします。
 この部分は教員の研修、いわゆる学校部分だと思うんですが、登米市の課題として、まちづくり基本条例が施行され、地域づくり、そしてまちづくり、人づくりだというふうな観点から、やはり社会教育の研修という部分が非常に重要になってくるんだろうと思います。そうしたときに、この教育研究所というものを活用して、これまでは学校教育にかかわる部分だったと思うんですが、ぜひこの部分を拡充して、社会教育にかかわる研修機関というふうな役割が果たせないかという思いがあるんですが、その点について教育長にお尋ねいたしたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 教育研究所の役割として、教員対象にというようなことで研修会を実施しております。もちろんそれは小中の教員、それから幼稚園の教員等も含めてやっておりますが、もう1つ実は今委員ご質問の社会教育に関する分野でも研修会をやっております。詳しく室長より答弁させますので、よろしくお願いしたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 活き生き学校支援室長、千葉 整君。
活き生き学校支援室長(千葉 整君) 今教育長から答弁あったとおりでございます。現在教育研究所で実際に行われておりますのは、1つは各公民館のほうから代表者を集めまして、これからのいろいろな問題、指定管理等の問題についてどういうふうに取り組んでいったらいいかということで研究を進めているのが1個、それから実際の研修という部分では、視聴覚センターと一緒になりましてメディア研修等を行っているところでございます。
副委員長(岩淵正宏君) 17番、關 孝委員。
17番(關 孝君) 既にやっているということなんですが、今お話を伺いますと具体的には指定管理者の研修であったりというふうな部分があって、ようやくスタートしたというような格好だと思いますので、例えば社会教育主事の先生方を集めた研修会であるとか、いろいろな分野でその辺を拡充していただいて、ここが社会教育の研修の登米市の中心施設になり得るような拡充をぜひ図っていただきたいというふうに思っております。これは要望です。
 それから、120ページの図書館費に関してですが、これまでも何度か質疑をさせていただいておりますが、いわゆる新しい図書館の整備に向けた25年度の取り組み、どのようなことを考えておられるのか、方向性をお尋ねしたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 新しい図書館というか、やはりこれまでご指摘あったように、施設そのものが狭いということもなんですが、なかなか利用する方々に十分な図書を与えられないというか、公表できないというようなこともございます。例えば絵本等がたくさんあるんですが、全部展示できないというようなこともございますので、例えば学校の図書室だったり、公民館の図書室だったり、それらと連携して、どういう形で図書振興をしていくかということを今委員会の中でも検討してございます。その延長線上で当然施設が狭隘だという指摘もございますので、その辺もあわせて協議しておりますので、教育委員会の中の委員会の立ち上げの報告書を今まとめている最中でございますので、近いうちにその辺は報告できると思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 17番、關委員。
17番(關 孝君) さまざまな課題を検討しているというようなことでありますが、総合計画、27年度までというふうな形の中で、図書館を中核とした生涯学習センター構想もございますが、この目標年度をどのように捉えているか、現段階で結構ですので、その辺をお知らせいただければと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 今お話しされました生涯学習センターにつきましては、平成18年3月の生涯学習推進計画の中で、先導的プロジェクトということで生涯学習センターの構想がございました。その中には、図書館機能も含めたというような記述がございます。その分につきましては、生涯学習計画そのもののローリングとか、その辺の手続もしてございます。ただ、一度生涯学習計画の中でプロジェクトということで組んでございますので、将来的な項目の中には入ってございますので、その辺も含めて検討してございますので、よろしくお願いしたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 17番、關委員。
17番(關 孝君) 次に121ページから、中田生涯学習センターの管理運営費にかかわってお尋ねします。
 この4月から教育事務所が支所のほうに統合されるというようなお話の中で、これまで中田町域においては生涯学習センターの中に教育事務所を置いていたというような部分がございましたので、この関係、新年度からどのような形になられるのかお尋ねいたします。
 また、この生涯学習センターの中心は佐藤達先生のアートミュージアムであるというふうに思っておりますが、運営の内容を拝見しますと、将来指定管理という考え方も十分出てくるのではないのかなと思いますが、その方向性はどのように検討されているかお尋ねします。
副委員長(岩淵正宏君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) ご存じのとおり、総合支所のほうに教育事務所が入りまして、これまで中田生涯学習センターの中にあった中田事務所が、ちょっと人が分かれるというような形になります。今お話しされましたように、中田の生涯学習センターの貸館的なところは指定管理ということも、当然方法としては考えられます。ただ、私たちはその中に入っている、今お話しされましたサトル・サトウ・アート・ミュージアム、この分についてはやはり登米市から出身しました達先生の功績だったりさまざまなことは、もっともっと広く大きくしていかなければならないということで考えてございます。ですので、そのミュージアムの運営とセンターの運営はある程度分けて考えなくてはならないのかなと思ってございます。今回教育事務所が総合支所のほうに入るということになりますので、中田生涯学習センターは直営で職員を置くというふうな方向になります。ただ、多くは置けないかもしれませんけれども、その辺も一緒にその中で考えていきたいと思ってございます。ミュージアムについては、友の会の活動がちょっと今低迷している状態なんですが、その辺も友の会とも一緒に話し合いをしながら、せっかくある、これまで育ててきた達先生の功績等も十分に検討しながら、ミュージアムの運営については考えていきたいと思ってございますので、よろしくお願いしたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 17番、關委員。
17番(關 孝君) 124ページの海洋センター費にかかわってお尋ねいたします。
 海洋センターについても、これまで指定管理を目指す方向性で進んでおられると思うんですが、現在の状況はどのような形になっているのかお尋ねいたします。
副委員長(岩淵正宏君) 生涯学習課長、本宮秀年君。
生涯学習課長(本宮秀年君) 海洋センターの関係でございます。委員ご存じのように、3海洋センターにつきましてはB&G財団から無償譲渡を受けている施設ということで、B&G財団と指定管理のことに関しましても打ち合わせをしなければならないということで、現段階、今打ち合わせをしている最中でございまして、大筋では指定管理してもいいですよという方向でお話をいただいているところでございまして、将来に向けては指定管理の方向で進めるということで、今事務を進めているところですので、よろしくお願いします。
副委員長(岩淵正宏君) 17番、關委員。
17番(關 孝君) 逆に受託するほうの育成に関してもさまざま取り組まれていると伺っておりますが、有資格者も含めたいわゆる受託団体の育成は現在どのような状況かお尋ねいたします。
副委員長(岩淵正宏君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) B&G財団のほうから、譲渡の条件として指導者の5名という登米市内の指導者もございますが、ただ私たちも北上川を中心に活動している中田のB&G、それから長沼のボート場、その辺を中心に活動している迫のB&G、その辺は海洋性スポーツとして大きなくくりとして私たちも捉えていきたいと思ってございます。B&G財団からの指導者としては、当然退職なされた方もおりますし、民間のほうにもございますけれども、その方たちと今後の海洋性スポーツの指導のあり方について協議会をつくっていただいて、その辺の話し合いを今進めている最中でございます。それで、実際直営でなくなる場合どうなるのかというようなこともございますけれども、それは定期的にB&G財団とも調整しながら、沖縄の育成士の研修だったり、それを計画的にしていきたいと、それをセットでその辺のB&Gの今後のあり方を考えていきたいということで考えてございます。指導者の協議会もでき上がってございまして、指定管理ありきではないんですが、海洋性スポーツの今後のあり方、その辺については今話し合いを進めてございますので、今後その辺を詰めていきたいということで考えてございます。
副委員長(岩淵正宏君) 17番、關委員。
17番(關 孝君) 続けて、125ページもかかわる部分ですが、海洋性スポーツの振興という観点の中で、今回ナックルフォア艇の整備がなされるということで、それを機にますます盛んにボート競技の振興がなされればと思いますが、お話に伺いますと平成29年、27年ぶりにインターハイのボート競技の会場が長沼に正式決定されたというふうなお話も伺っております。そうしたことも踏まえて、この25年度、海洋性スポーツの振興にどのように取り組まれるのか伺って、終わりたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 先ほどもお話ししましたように、登米市内には例えば北上川だったり、それから長沼のA級ボート場だったり、海洋性スポーツの土台は十分あると思ってございます。ですので、今回ナックルフォア艇を更新させていただきますけれども、それもですし、それからB&Gであるカヌーだったり、さまざまな備品だったり、その辺を活用させていただきまして、子供たちだけではなくて、大きなくくりの中で海洋性スポーツを進めてまいりたいと思いますので、ご理解いただきたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) ほかに。20番、及川昌憲委員。
20番(及川昌憲君) それでは、最初に概要の119ページですけれども、公民館費、登米の公民館のトイレ洋式化、これは昭和47年に建築されたようでございます。生涯学習施設として社会教育施設が38、社会体育施設が36、それから事務委任を初め関連施設が22というふうに私は記憶しておりますけれども、この西洋化工事の施設数と年次計画をどのように組み立てようとしているのか。さらに、水洗トイレなり多目的トイレが設置されていない一連の施設があるわけですけれども、この辺の改修計画なり改善計画なりをどのように持っているのかお願いいたします。
副委員長(岩淵正宏君) 生涯学習課長、本宮秀年君。
生涯学習課長(本宮秀年君) 今回、登米の公民館ということで、ここに計上させていただいております。そのほかにも、津山のほうの公民館等にもまだ設置になっていない部分がありまして、その部分等を含めていきまして、今後27年度までの間で一応今計画しているような状況でございます。ほとんどが指定管理の際に一部洋式化してございますが、一部といいますか洋式のないところに一部洋式化をするということで、今行っている最中でございます。何年度にどの施設をという詳しい内容までは資料を持参していませんでしたので、わかる範囲でお答えさせていただきました。
副委員長(岩淵正宏君) 20番、及川委員。
20番(及川昌憲君) 私の質問の仕方が悪かったのかと思いますけれども、そうすると27年までは社会教育施設、社会体育施設、事務委任補助執行関連施設22、これらについては後から建てた部分はなっている部分があると思いますけれども、27年度まで全て西洋化のトイレが設置されるという考え方でよろしいんでしょうね。
 それから、水洗トイレが設置されていない施設がありますけれども、多目的トイレ、この辺の答えが出てきませんでしたので、それらについてもしっかりと整備をしていくという認識でよろしいのかというふうに思います。いいんでしょうね。それは後で答えてもらってもいいですけれども。
 それから、時間がありませんので、学校給食センター。先ほど、登米産の品目の利用率のパーセンテージは31.9%ということで認識してよろしいのでしょうか。23年に、食育推進計画を市民生活部長さんつくりましたよね。この時点のスタートは、現況年で33.9%からのスタートだったんです。ということは、31.9%というのは下がっているんですよ。宮城県一になったからという問題ではなくて、産業経済部のほうでも食材流通システム構築事業をやってきて、本当はそういうことも構築されてきているのに、低下しているということは何か原因があるんですよ。西部給食センターを建設していくんですけれども、この辺はしっかり究明しておかないと、次のステップには到達しないんです。この辺の考え方をどのように見ているか。33.9%から、27年には35%まで持っていこうという計画ですから、その辺の考え方をしっかりお願いしたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 洋式化の水洗トイレにつきましては、全部ということではありませんけれども、施設に必ず1つはということで、27年まではと考えてございます。以上でございます。
副委員長(岩淵正宏君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) この調査につきましては、6月と9月の限定された期間での調査ということで、1年間トータルということでもございません。その辺のデータの差異は生じてくるのかなというふうに思いますけれども、極力、できるだけ登米市産のものを使って調理を進めていくということに努めていきたいと思いますので、よろしくお願いします。
副委員長(岩淵正宏君) 20番、及川委員。
20番(及川昌憲君) 当たり前なんです。ですから、この検証をしっかりしておかないと、この目標までいかないし、登米市の地産地消が成り立っていかないということがあります。さらに推進点がありますから、その辺のしっかりとした利用パーセントも高めていくような努力をお願いしておきたいと思います。
副委員長(岩淵正宏君) 答弁はいいですね。(「はい」の声あり)
 ほかに質疑ございますか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
副委員長(岩淵正宏君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 これで10款教育費についての質疑を終わります。
 ここで、説明員入れかえのため、暫時休憩します。
          休憩 午後3時38分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時41分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、11款災害復旧費、12款公債費、13款予備費について質疑を行います。質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 質疑なしと認めます。これで11款災害復旧費、12款公債費、13款予備費についての質疑を終わります。
 これより討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 討論なしと認めます。
 これより議案第10号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 異議なしと認めます。よって、議案第10号 平成25年度登米市一般会計予算は原案のとおり決定されました。
 ここで、説明員の入れかえのため、暫時休憩します。
          休憩 午後3時43分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時44分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、議案第11号 平成25年度登米市国民健康保険特別会計予算について質疑を行います。質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 質疑なしと認めます。
 これより討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 討論なしと認めます。
 これより議案第11号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 異議なしと認めます。よって、議案第11号 平成25年度登米市国民健康保険特別会計予算は原案のとおり決定されました。
 次に、議案第12号 平成25年度登米市後期高齢者医療特別会計予算について質疑を行います。質疑ありませんか。23番、佐藤 勝君。
23番(佐藤 勝君) 3分ですので、それにふさわしい質問をしたいと思います。
 後期高齢者の連合会の議員であります岩淵委員が隣でございますが、ちょっと本人に聞いてもよくわからないみたいなので、お尋ねしたいと思います。
 今まで連合会ということでやってきたようですが、近いうちに連合会が解散して、市のほうに戻るのではなかろうかと、こういうこともちらっと聞いていますが、この辺の情報がありましたらお聞かせいただきたいと思います。
 それから、いざ登米市でやるとなれば、今登米市の後期高齢者の対象者は何人ぐらいになっていますでしょうか。
 以上2つ、お願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。国保年金課長、菅原 勉君。
国保年金課長(菅原 勉君) 後期高齢者が市のほうに戻るではないかというようなご質問でございますが、情報についてはこちらのほうには何も入ってきておりません。
 それから、被保険者数でございますが、1万4,300人ぐらいとなっております。
 以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 佐藤 勝君。
23番(佐藤 勝君) 移管されるかどうかわからないということでありますけれども、例えば仮にこちらに移管するとなれば、職員の方は戻ったりなんかすると思いますが、こちらでの対応というのは十分行えると思いますけれども、念のためにお願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 委員のお尋ねは、政権交代の際に後期高齢者医療制度についての見直しの論議がございまして、前の老人医療の制度になるか、または別の形になるか、税と社会保障の一体改革の中で論議がされているということでございます。ただ、先ほど課長が申し上げたのは、そういう詳細の制度自体がまだ検討の最中でございますので、お答えできない部分があるということでございます。仮に前の老人医療のような形で各市町村ごとにやるとなれば、特別会計のような形でやるようになるというふうに思ってございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 質疑なしと認めます。
 これより討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 討論なしと認めます。
 これより議案第12号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 異議なしと認めます。よって、議案第12号 平成25年度登米市後期高齢者医療特別会計予算は原案のとおり決定されました。
 次に、議案第13号 平成25年度登米市介護保険特別会計予算について質疑を行います。質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 質疑なしと認めます。
 これより討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 討論なしと認めます。
 これより議案第13号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 異議なしと認めます。よって、議案第13号 平成25年度登米市介護保険特別会計予算は原案のとおり決定されました。
 お諮りします。本日の会議はこれで延会したいと思います。ご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 異議なしと認めます。よって、本日はこれで延会することに決定しました。
 本日はこれで延会します。
 ご苦労さまでした。
          延会 午後3時50分

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>