•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(中澤宏)
  •   2  27番(熊谷憲雄)
  •   3  委員長(中澤宏)
  •   4  長寿介護課長(菅原登)
  •   5  委員長(中澤宏)
  •   6  27番(熊谷憲雄)
  •   7  委員長(中澤宏)
  •   8  長寿介護課長(菅原登)
  •   9  委員長(中澤宏)
  •  10  27番(熊谷憲雄)
  •  11  委員長(中澤宏)
  •  12  長寿介護課長(菅原登)
  •  13  委員長(中澤宏)
  •  14  27番(熊谷憲雄)
  •  15  委員長(中澤宏)
  •  16  長寿介護課長(菅原登)
  •  17  委員長(中澤宏)
  •  18  27番(熊谷憲雄)
  •  19  委員長(中澤宏)
  •  20  市長(布施孝尚)
  •  21  委員長(中澤宏)
  •  22  21番(佐藤尚哉)
  •  23  委員長(中澤宏)
  •  24  長寿介護課長(菅原登)
  •  25  委員長(中澤宏)
  •  26  21番(佐藤尚哉)
  •  27  委員長(中澤宏)
  •  28  市長(布施孝尚)
  •  29  委員長(中澤宏)
  •  30  21番(佐藤尚哉)
  •  31  委員長(中澤宏)
  •  32  長寿介護課長(菅原登)
  •  33  委員長(中澤宏)
  •  34  21番(佐藤尚哉)
  •  35  委員長(中澤宏)
  •  36  長寿介護課長(菅原登)
  •  37  委員長(中澤宏)
  •  38  21番(佐藤尚哉)
  •  39  委員長(中澤宏)
  •  40  市長(布施孝尚)
  •  41  委員長(中澤宏)
  •  42  2番(工藤淳子)
  •  43  委員長(中澤宏)
  •  44  福祉事務所長(千葉幸毅)
  •  45  委員長(中澤宏)
  •  46  24番(岩淵勇一)
  •  47  委員長(中澤宏)
  •  48  市民生活部長(志賀尚)
  •  49  委員長(中澤宏)
  •  50  4番(武田節夫)
  •  51  委員長(中澤宏)
  •  52  健康推進課長(千葉ますみ)
  •  53  委員長(中澤宏)
  •  54  4番(武田節夫)
  •  55  委員長(中澤宏)
  •  56  健康推進課長(千葉ますみ)
  •  57  委員長(中澤宏)
  •  58  健康推進課長(千葉ますみ)
  •  59  委員長(中澤宏)
  •  60  14番(八木しみ子)
  •  61  委員長(中澤宏)
  •  62  子育て支援課長(小野寺千秋)
  •  63  委員長(中澤宏)
  •  64  生活福祉課長(青野孝)
  •  65  委員長(中澤宏)
  •  66  健康推進課長(千葉ますみ)
  •  67  委員長(中澤宏)
  •  68  14番(八木しみ子)
  •  69  委員長(中澤宏)
  •  70  子育て支援課長(小野寺千秋)
  •  71  委員長(中澤宏)
  •  72  生活福祉課長(青野孝)
  •  73  委員長(中澤宏)
  •  74  健康推進課長(千葉ますみ)
  •  75  委員長(中澤宏)
  •  76  14番(八木しみ子)
  •  77  委員長(中澤宏)
  •  78  市長(布施孝尚)
  •  79  委員長(中澤宏)
  •  80  7番(佐々木一)
  •  81  委員長(中澤宏)
  •  82  委員長(中澤宏)
  •  83  健康推進課長(千葉ますみ)
  •  84  委員長(中澤宏)
  •  85  衛生センター所長兼クリーンセンター所長(阿部信)
  •  86  委員長(中澤宏)
  •  87  7番(佐々木一)
  •  88  委員長(中澤宏)
  •  89  衛生センター所長兼クリーンセンター所長(阿部信)
  •  90  委員長(中澤宏)
  •  91  7番(佐々木一)
  •  92  委員長(中澤宏)
  •  93  衛生センター所長兼クリーンセンター所長(阿部信)
  •  94  委員長(中澤宏)
  •  95  環境事業所長(佐々木秀悦)
  •  96  委員長(中澤宏)
  •  97  7番(佐々木一)
  •  98  委員長(中澤宏)
  •  99  環境事業所長(佐々木秀悦)
  • 100  委員長(中澤宏)
  • 101  健康推進課長(千葉ますみ)
  • 102  委員長(中澤宏)
  • 103  28番(岩淵正宏)
  • 104  委員長(中澤宏)
  • 105  長寿介護課長(菅原登)
  • 106  委員長(中澤宏)
  • 107  28番(岩淵正宏)
  • 108  委員長(中澤宏)
  • 109  長寿介護課長(菅原登)
  • 110  委員長(中澤宏)
  • 111  28番(岩淵正宏)
  • 112  委員長(中澤宏)
  • 113  長寿介護課長(菅原登)
  • 114  委員長(中澤宏)
  • 115  23番(佐藤勝)
  • 116  委員長(中澤宏)
  • 117  健康推進課長(千葉ますみ)
  • 118  委員長(中澤宏)
  • 119  23番(佐藤勝)
  • 120  委員長(中澤宏)
  • 121  健康推進課長(千葉ますみ)
  • 122  委員長(中澤宏)
  • 123  18番(田口久義)
  • 124  委員長(中澤宏)
  • 125  健康推進課長(千葉ますみ)
  • 126  委員長(中澤宏)
  • 127  18番(田口久義)
  • 128  委員長(中澤宏)
  • 129  健康推進課長(千葉ますみ)
  • 130  委員長(中澤宏)
  • 131  1番(金野静男)
  • 132  委員長(中澤宏)
  • 133  長寿介護課長(菅原登)
  • 134  委員長(中澤宏)
  • 135  1番(金野静男)
  • 136  委員長(中澤宏)
  • 137  長寿介護課長(菅原登)
  • 138  委員長(中澤宏)
  • 139  16番(庄子喜一)
  • 140  委員長(中澤宏)
  • 141  健康推進課長(千葉ますみ)
  • 142  委員長(中澤宏)
  • 143  16番(庄子喜一)
  • 144  委員長(中澤宏)
  • 145  市民生活部長(志賀尚)
  • 146  委員長(中澤宏)
  • 147  16番(庄子喜一)
  • 148  委員長(中澤宏)
  • 149  市民生活部長(志賀尚)
  • 150  委員長(中澤宏)
  • 151  10番(浅野敬)
  • 152  委員長(中澤宏)
  • 153  長寿介護課長(菅原登)
  • 154  委員長(中澤宏)
  • 155  10番(浅野敬)
  • 156  委員長(中澤宏)
  • 157  長寿介護課長(菅原登)
  • 158  委員長(中澤宏)
  • 159  10番(浅野敬)
  • 160  委員長(中澤宏)
  • 161  市長(布施孝尚)
  • 162  委員長(中澤宏)
  • 163  29番(浅田修)
  • 164  委員長(中澤宏)
  • 165  環境課長(佐々木修一)
  • 166  委員長(中澤宏)
  • 167  29番(浅田修)
  • 168  委員長(中澤宏)
  • 169  環境課長(佐々木修一)
  • 170  委員長(中澤宏)
  • 171  29番(浅田修)
  • 172  委員長(中澤宏)
  • 173  市民生活部長(志賀尚)
  • 174  委員長(中澤宏)
  • 175  29番(浅田修)
  • 176  委員長(中澤宏)
  • 177  市民生活部長(志賀尚)
  • 178  委員長(中澤宏)
  • 179  29番(浅田修)
  • 180  委員長(中澤宏)
  • 181  環境事業所長(佐々木秀悦)
  • 182  委員長(中澤宏)
  • 183  29番(浅田修)
  • 184  委員長(中澤宏)
  • 185  環境事業所長(佐々木秀悦)
  • 186  委員長(中澤宏)
  • 187  29番(浅田修)
  • 188  委員長(中澤宏)
  • 189  環境事業所長(佐々木秀悦)
  • 190  委員長(中澤宏)
  • 191  29番(浅田修)
  • 192  委員長(中澤宏)
  • 193  環境事業所長(佐々木秀悦)
  • 194  委員長(中澤宏)
  • 195  委員長(中澤宏)
  • 196  13番(相澤吉悦)
  • 197  委員長(中澤宏)
  • 198  環境課長(佐々木修一)
  • 199  委員長(中澤宏)
  • 200  13番(相澤吉悦)
  • 201  委員長(中澤宏)
  • 202  環境課長(佐々木修一)
  • 203  委員長(中澤宏)
  • 204  13番(相澤吉悦)
  • 205  委員長(中澤宏)
  • 206  環境課長(佐々木修一)
  • 207  委員長(中澤宏)
  • 208  13番(相澤吉悦)
  • 209  委員長(中澤宏)
  • 210  環境課長(佐々木修一)
  • 211  委員長(中澤宏)
  • 212  6番(阿部正一)
  • 213  委員長(中澤宏)
  • 214  子育て支援課長(小野寺千秋)
  • 215  委員長(中澤宏)
  • 216  6番(阿部正一)
  • 217  委員長(中澤宏)
  • 218  子育て支援課長(小野寺千秋)
  • 219  委員長(中澤宏)
  • 220  6番(阿部正一)
  • 221  委員長(中澤宏)
  • 222  福祉事務所長(千葉幸毅)
  • 223  委員長(中澤宏)
  • 224  5番(遠藤音)
  • 225  委員長(中澤宏)
  • 226  財政課長(伊藤隆敏)
  • 227  委員長(中澤宏)
  • 228  環境課長(佐々木修一)
  • 229  委員長(中澤宏)
  • 230  5番(遠藤音)
  • 231  委員長(中澤宏)
  • 232  財政課長(伊藤隆敏)
  • 233  委員長(中澤宏)
  • 234  福祉事務所長(千葉幸毅)
  • 235  委員長(中澤宏)
  • 236  28番(岩淵正宏)
  • 237  委員長(中澤宏)
  • 238  市長(布施孝尚)
  • 239  委員長(中澤宏)
  • 240  委員長(中澤宏)
  • 241  22番(沼倉利光)
  • 242  委員長(中澤宏)
  • 243  農業委員会事務局長(佐藤昌彦)
  • 244  委員長(中澤宏)
  • 245  22番(沼倉利光)
  • 246  委員長(中澤宏)
  • 247  農業委員会事務局長(佐藤昌彦)
  • 248  委員長(中澤宏)
  • 249  22番(沼倉利光)
  • 250  委員長(中澤宏)
  • 251  総務部長(佐藤順悦)
  • 252  委員長(中澤宏)
  • 253  22番(沼倉利光)
  • 254  委員長(中澤宏)
  • 255  農産園芸畜産課長(高橋充)
  • 256  委員長(中澤宏)
  • 257  22番(沼倉利光)
  • 258  委員長(中澤宏)
  • 259  委員長(中澤宏)
  • 260  22番(沼倉利光)
  • 261  委員長(中澤宏)
  • 262  産業経済部長(真山誠喜)
  • 263  委員長(中澤宏)
  • 264  22番(沼倉利光)
  • 265  委員長(中澤宏)
  • 266  産業経済部長(真山誠喜)
  • 267  委員長(中澤宏)
  • 268  22番(沼倉利光)
  • 269  委員長(中澤宏)
  • 270  産業経済部長(真山誠喜)
  • 271  委員長(中澤宏)
  • 272  12番(二階堂一男)
  • 273  委員長(中澤宏)
  • 274  農林政策課長(高橋巌)
  • 275  委員長(中澤宏)
  • 276  12番(二階堂一男)
  • 277  委員長(中澤宏)
  • 278  農林政策課長(高橋巌)
  • 279  委員長(中澤宏)
  • 280  12番(二階堂一男)
  • 281  委員長(中澤宏)
  • 282  農林政策課長(高橋巌)
  • 283  委員長(中澤宏)
  • 284  12番(二階堂一男)
  • 285  委員長(中澤宏)
  • 286  農林政策課長(高橋巌)
  • 287  委員長(中澤宏)
  • 288  18番(田口久義)
  • 289  委員長(中澤宏)
  • 290  農林政策課長(高橋巌)
  • 291  委員長(中澤宏)
  • 292  18番(田口久義)
  • 293  委員長(中澤宏)
  • 294  農林政策課長(高橋巌)
  • 295  委員長(中澤宏)
  • 296  18番(田口久義)
  • 297  委員長(中澤宏)
  • 298  農林政策課長(高橋巌)
  • 299  委員長(中澤宏)
  • 300  18番(田口久義)
  • 301  委員長(中澤宏)
  • 302  農林政策課長(高橋巌)
  • 303  委員長(中澤宏)
  • 304  農産園芸畜産課長(高橋充)
  • 305  委員長(中澤宏)
  • 306  18番(田口久義)
  • 307  委員長(中澤宏)
  • 308  農産園芸畜産課長(高橋充)
  • 309  委員長(中澤宏)
  • 310  18番(田口久義)
  • 311  委員長(中澤宏)
  • 312  産業経済部長(真山誠喜)
  • 313  委員長(中澤宏)
  • 314  18番(田口久義)
  • 315  委員長(中澤宏)
  • 316  委員長(中澤宏)
  • 317  6番(阿部正一)
  • 318  委員長(中澤宏)
  • 319  農産園芸畜産課長(高橋充)
  • 320  委員長(中澤宏)
  • 321  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 322  委員長(中澤宏)
  • 323  産業経済部長(真山誠喜)
  • 324  委員長(中澤宏)
  • 325  6番(阿部正一)
  • 326  委員長(中澤宏)
  • 327  産業経済部長(真山誠喜)
  • 328  委員長(中澤宏)
  • 329  6番(阿部正一)
  • 330  委員長(中澤宏)
  • 331  7番(佐々木一)
  • 332  委員長(中澤宏)
  • 333  米販売促進専門監(菅原貞治)
  • 334  委員長(中澤宏)
  • 335  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 336  委員長(中澤宏)
  • 337  7番(佐々木一)
  • 338  委員長(中澤宏)
  • 339  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 340  委員長(中澤宏)
  • 341  7番(佐々木一)
  • 342  委員長(中澤宏)
  • 343  市長(布施孝尚)
  • 344  委員長(中澤宏)
  • 345  7番(佐々木一)
  • 346  委員長(中澤宏)
  • 347  産業経済部長(真山誠喜)
  • 348  委員長(中澤宏)
  • 349  13番(相澤吉悦)
  • 350  委員長(中澤宏)
  • 351  市長(布施孝尚)
  • 352  委員長(中澤宏)
  • 353  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 354  委員長(中澤宏)
  • 355  13番(相澤吉悦)
  • 356  委員長(中澤宏)
  • 357  21番(佐藤尚哉)
  • 358  委員長(中澤宏)
  • 359  産業経済部長(真山誠喜)
  • 360  委員長(中澤宏)
  • 361  21番(佐藤尚哉)
  • 362  委員長(中澤宏)
  • 363  産業経済部長(真山誠喜)
  • 364  委員長(中澤宏)
  • 365  28番(岩淵正宏)
  • 366  委員長(中澤宏)
  • 367  産業経済部長(真山誠喜)
  • 368  委員長(中澤宏)
  • 369  28番(岩淵正宏)
  • 370  委員長(中澤宏)
  • 371  産業経済部長(真山誠喜)
  • 372  委員長(中澤宏)
  • 373  29番(浅田修)
  • 374  委員長(中澤宏)
  • 375  農林政策課長(高橋巌)
  • 376  委員長(中澤宏)
  • 377  29番(浅田修)
  • 378  委員長(中澤宏)
  • 379  農林政策課長(高橋巌)
  • 380  委員長(中澤宏)
  • 381  29番(浅田修)
  • 382  委員長(中澤宏)
  • 383  農林政策課長(高橋巌)
  • 384  委員長(中澤宏)
  • 385  29番(浅田修)
  • 386  委員長(中澤宏)
  • 387  産業経済部長(真山誠喜)
  • 388  委員長(中澤宏)
  • 389  委員長(中澤宏)
  • 390  10番(浅野敬)
  • 391  委員長(中澤宏)
  • 392  米販売促進専門監(菅原貞治)
  • 393  委員長(中澤宏)
  • 394  農林政策課長(高橋巌)
  • 395  委員長(中澤宏)
  • 396  10番(浅野敬)
  • 397  委員長(中澤宏)
  • 398  米販売促進専門監(菅原貞治)
  • 399  委員長(中澤宏)
  • 400  農林政策課長(高橋巌)
  • 401  委員長(中澤宏)
  • 402  産業経済部長(真山誠喜)
  • 403  委員長(中澤宏)
  • 404  10番(浅野敬)
  • 405  委員長(中澤宏)
  • 406  農林政策課長(高橋巌)
  • 407  委員長(中澤宏)
  • 408  8番(星順一)
  • 409  委員長(中澤宏)
  • 410  農業委員会事務局長(佐藤昌彦)
  • 411  委員長(中澤宏)
  • 412  産業経済部長(真山誠喜)
  • 413  委員長(中澤宏)
  • 414  新産業対策室長(佐々木茂光)
  • 415  委員長(中澤宏)
  • 416  8番(星順一)
  • 417  委員長(中澤宏)
  • 418  産業経済部長(真山誠喜)
  • 419  委員長(中澤宏)
  • 420  市長(布施孝尚)
  • 421  委員長(中澤宏)
  • 422  5番(遠藤音)
  • 423  委員長(中澤宏)
  • 424  産業経済部長(真山誠喜)
  • 425  委員長(中澤宏)
  • 426  5番(遠藤音)
  • 427  委員長(中澤宏)
  • 428  産業経済部長(真山誠喜)
  • 429  委員長(中澤宏)
  • 430  15番(伊藤吉浩)
  • 431  委員長(中澤宏)
  • 432  委員長(中澤宏)
      平成25年第1回登米市議会 予算審査特別委員会 会議録
 平成25年3月6日(水曜日)
1.出席委員(28名)
   1番 金 野 静 男 君       2番 工 藤 淳 子 君
   3番 小野寺 金太郎 君       4番 武 田 節 夫 君
   5番 遠 藤   音 君       6番 阿 部 正 一 君
   7番 佐々木   一 君       8番 星   順 一 君
   9番 及 川 長太郎 君      10番 浅 野   敬 君
  12番 二階堂 一 男 君      13番 相 澤 吉 悦 君
  14番 八 木 しみ子 君      15番 伊 藤 吉 浩 君
  16番 庄 子 喜 一 君      17番 關     孝 君
  18番 田 口 久 義 君      19番 佐 藤 恵 喜 君
  20番 及 川 昌 憲 君      21番 佐 藤 尚 哉 君
  22番 沼 倉 利 光 君      23番 佐 藤   勝 君
  24番 岩 淵 勇 一 君      25番 中 澤   宏 君(委員長)
  26番 伊 藤   栄 君      27番 熊 谷 憲 雄 君
  28番 岩 淵 正 宏 君(副委員長)29番 浅 田   修 君
1.欠席委員(なし)
1.遅刻委員
   3番 小野寺 金太郎 君
1.早退委員
  27番 熊 谷 憲 雄 君
1.その他出席
  議 長 田 口 政 信 君
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君   副  市  長  藤 井 敏 和 君
  総 務 部 長  佐 藤 順 悦 君   企 画 部 長  田 口 俊 郎 君
  市民生活部長   志 賀   尚 君   産業経済部長   真 山 誠 喜 君
  建 設 部 長  二階堂 眞 博 君   市長公室長    神 田 雅 春 君
  財 政 課 長  伊 藤 隆 敏 君   福祉事務所長   千 葉 幸 毅 君
  会計管理者    及 川 登志郎 君   教  育  長  片 倉 敏 明 君
                       教 育 次 長
  病院事業管理者  大 橋   章 君   (学校教育)   佐 藤 賀津雄 君
  教 育 次 長              市民生活部
  (社会教育)   鈴 木   均 君   次     長  小野寺 良 雄 君
  環境事業所長   佐々木 秀 悦 君   市民生活課長   目々澤 義 信 君
  国保年金課長   菅 原   勉 君   環 境 課 長  佐々木 修 一 君
                       衛生センター所長
                       兼クリーンセンター
  健康推進課長   千 葉 ますみ 君   所     長  阿 部   信 君
  子育て支援課長  小野寺 千 秋 君   長寿介護課長   菅 原   登 君
  生活福祉課長   青 野   孝 君   生涯学習課長   本 宮 秀 年 君
  地域医療対策               産業経済部
  専  門  監  片 岡 鉄 郎 君   理事兼次長    秋 山 茂 幸 君
                       ブランド戦略
  農林政策課長   高 橋   巌 君   室     長  佐々木 洋 一 君
  農産園芸畜産
  課     長  高 橋   充 君   商工観光課長   阿 部 孝 弘 君
                       農 業 再 生
  新産業対策室長  佐々木 茂 光 君   専  門  監  渡 邉   誠 君
  米販売促進
  専  門  監  菅 原 貞 治 君   農村整備課長   千 葉   修 君
  農業委員会                農業委員会
  事 務 局 長  佐 藤 昌 彦 君   事務局次長    鎌 田 智 之 君
1.事務局出席職員氏名
                       議会事務局
  議会事務局長   村 上 昭 一 君   次     長  佐 藤 真 吾 君
  議会事務局                議会事務局
  主幹兼議事                議事・調査係
  ・調査係長    蛇 好 芳 則 君   主     幹  高 橋 正 博 君
  議会事務局                議会事務局
  議事・調査係               議事・調査係
  主     査  加 藤 善 己 君   主     事  庄 司 美 香 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 議案第10号 平成25年度登米市一般会計予算
          開議 午前10時
委員長(中澤 宏君) おはようございます。
 ただいまから予算審査特別委員会3日目の会議を開きます。
 3番、小野寺金太郎君から遅参の届け出があります。
 これから引き続き、議案第10号 平成25年度登米市一般会計予算の質疑を行います。
 3款民生費、4款衛生費について質疑を行います。
 質疑ありませんか。27番、熊谷憲雄君。
27番(熊谷憲雄君) 27番熊谷憲雄です。
 私は1点についてお伺いいたします。
 予算書82ページ、高齢者の生きがいと健康づくり推進費というところで、この事業について、まず内容についてお伺いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 本事業につきましては、実施地域につきましては中田町域、登米町域の2町域において実施をしておるところでございます。事業の内容については、高齢者の方々、趣味等の活動を通じながら健康で生き生きとお暮しをいただくということを目的に各種講座等の開設等を社会福祉協議会に事業委託をして行っておる事業でございます。
委員長(中澤 宏君) 熊谷憲雄君。
27番(熊谷憲雄君) この予算を見ますと、今一般会計430億円を超えるという中で46万3,000円ですか。この金額。これで高齢者が健康と生き生きとした暮らしができるような予算なんでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、菅原 登君
長寿介護課長(菅原 登君) この事業につきましては合併以前から、旧町時代から引き継がれてきた事業でございます。この事業につきましては、以前の外部評価等のご意見もいただきながら基本的に自主活動への移行ということで昨年度から、利用されている方々とお話し合いをしてきたところでございます。位置づけといたしましては一定の、非常に両町域の皆さん、それぞれこの事業を通じましてそれぞれの方に合った市民活動を見つけられまして、一生懸命現在も取り組んでございます。
 ただ、本事業につきましてはそういった動機づけ、いろんな教室の開催等踏まえてそれぞれに合った趣味活動を見つけていただくということで始まった事業でございまして一定のそういった動機づけの部分の事業の趣旨を果たしてきたところでございます。そういった経過から他の町域におきましても自主的な活動に移行されている町域もございますので、平成23年度にご説明をいたしまして、自主的な活動への移行ということでお願いをしてきた経緯がございます。したがいまして、平成24年度につきまして一定の移行期間ということで、昨年度につきましては90万円ほどの事業展開ということでさせていただいた経過がございます。
 ただ、平成25年度の予算編成に当たりまして、事前に利用されている方々とのお話し合いの場を持ちました。ところが、やはりもう少しこの事業を継続してほしいという声もございましたし、登米町域の方々についても一定のご理解はいただきましたが、やはり移行する段階でもう1年ほど何らかの形で支援をしてほしいというご意向もございましたので、それらと総合的に判断をさせていただきまして、平成25年度につきましても額的には前年対比で半分ほどになってございますが、移行のための期間ということで予算を計上させていただいたところでございます。
委員長(中澤 宏君) 熊谷憲雄君。
27番(熊谷憲雄君) それでは、合併当初は何町域でこういう事業が展開されておりましたか。
 それから、外部評価でというお話でございますけれども、外部評価が絶対的なものなんですか。そこのところお願いします。
委員長(中澤 宏君) 長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 外部評価絶対的なものかというお話ですが、その点につきましては基本的に外部評価で廃止ということに結論づけがなったからそのまま廃止なのだということでは捉えてございません。やはり、一定のそういった外部の皆さんの評価のご意見に耳を傾けた中で、最終的に検討し判断をするという位置づけだと捉えてございます。
 合併当時、何町域でということでございますが、現段階では把握しておりますのは中田、登米町域ということで把握してございます。迫町域におきましては、合併時に自主的な活動に移行されたということで聞いてございます。
委員長(中澤 宏君) 熊谷憲雄君。
27番(熊谷憲雄君) 自主的な活動に移行させるための移行期間であるということでございますけれども、私は予算書、前の平成22年、23年を見ましたら300万円、330万円、350万円という予算でございました。登米市の礎を築いてきた高齢者の方々の生きがいづくりをサポートしていくという事業でございます。登米、中田両町域でしかやっていないから、これは自主的にやる方向にということでございますけれども、逆にほかの町域に働きかけてもこういう事業はやっていくべきではないかという、私はそう思うんでございますけれども、本当に予算から見て10万分の1ですよ。例えれば、10万円のうちの1円です。本当にこういうことで生きがいづくりという、ここに項目を設けてやっていくのはちょっと恥ずかしい限りじゃないかなという気持ちでおりますけれども、最終的にはなくすという方向なんですか。
委員長(中澤 宏君) 長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 高齢者の生きがい健康づくりという考え方につきましては、今後とも推進をしていかなければいけないものだと思ってございます。ただ、これまで展開をしてきましたこの事業、今回の事業につきましては一定の区切りをつける方向で現在進んでいるわけでございます。ただ、非常に私も皆さんとお話をしてまいりまして非常に生き生きと現在の活動をやられているというふうには肌で感じてまいりました。したがいまして、ぜひ皆さん方にはこれまでどおりの活動をしていただきたいとは思ってございます。
 では、どうすればいいのかという部分でございますが、迫町域の例もございます。あとは、生涯学習という観点の取り組みということも考えられますので、今後その関係部署、関係機関と協議検討していきながら現在取り組んでいらっしゃる方々が今後とも継続して、取り組めるような環境整備という点では努力してまいりたいと思ってございます。
委員長(中澤 宏君) 熊谷憲雄君。
27番(熊谷憲雄君) 私も平成22年、23年の予算書を見まして平成24年度に、23年度が353万2,000円という予算でございました。それが外部評価のされた後の平成24年度が92万円と、明らかに3分の1以下という予算でございます。それでまた平成25年度予算がその半分という、46万3,000円、何か平成26年度にはこのまま消滅するのかなという思いで今質問しているわけでございます。本当に高齢者の方々、いろいろな教室を持って生きがいを求めてやっている事業でございます。ぜひ、施政方針の中にもございませんが、老人というか高齢者の方々のこういう事業に対しても意を注いでいただきたいという思いでございますが、市長から一言お願いします。
委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 高齢者の生きがいづくり、健康づくりということでのご質疑をいただきました。このことにつきましては外部評価の委員さんから指摘をされておりましたのは、この事業について指摘をされたということではなくて、こういった効果を高めていくためにさまざまな事業の中で効率的なやり方を検討してはという形でのご指摘をいただいたところであります。そういった意味では、これからいろいろな地域活動の中における活動を活発化させるという視点を当然入れていかなければこういった活動が絶えてしまう可能性があるわけでございますので、しっかりとそういった部分、十分に意を用いながら取り組んでまいりたいと考えております。
委員長(中澤 宏君) 21番佐藤尚哉君。
21番(佐藤尚哉君) 話し合いの場を持ったというんですけれども、実は話し合いをするということになっているのにいつまで話をしないんだということで、せめてそれでやって実現をした話し合いなんですが、具体的に話し合いと言えるものではなくて、ただ聞けばいいというだけの話で終わってしまったということですね。
 それから、市長に、今答弁の中で外部評価では効果を高めるためにという部分なんですが、要するに生涯学習の場での受け入れ体制というのができてから、それでなければただ削ってしまうということにしかならないのではないかと思うんですけれども、そこを聞きたいんです。
 今、熊谷議員からもありましたけれども、施政方針演説の中で前は、少子高齢化が進行する中、さまざまな課題を地域で支え合いながら解決する必要性が高くなって地域社会福祉活動への支援や地域福祉活動への市民参加を支援するため、社会福祉協議会や福祉活動を実践するボランティア協会等の支援をして、地域福祉の増進に努める、推進に努めると、こういう地域で福祉を支えることということが消えてしまっているんですね。施政方針の中でここのところ老人福祉なりそうした社会福祉協議会、ボランティアでも地域で支える、またこれとあわせて要するに社会福祉協議会でやっている事業そのものにもメスが入ってしまっているというところなんですね。ですから、最初からの姿勢の問題があるんじゃないかと思うんです。
 そうした中で、これまでですと高齢者福祉対策の項目でも施政方針で述べていたんですが、これもなくなって、高齢期をいかに健康で生きがいを持って過ごすことができるかどうか、これが課題になっています。そして生きがいを持って元気で暮らしていけるようにニーズに対応した多様な福祉サービスの構築を図ってまいります。こういうふうに、明確に、以前は市長が述べていたんですけれども、全部なくなってしまってそういう流れの中にこれがあるということなんです。ですから、そういうことでの担当課でも施策がこういう、要するに社会福祉協議会の事業を削っていくというやり方になっているんです。ですから、市長の言うように、外部評価で効果を高める、こういう視点であればその受け入れ先をまず決める、こうでなければだめですよ。しっかりしてください、ここ。何で高齢者の生きがいを奪って、こんなこと許されるんですか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) この事業、先ほどお話ししましたように非常に大事な事業でもございます。取り組みでもございます。せっかくここまで一生懸命取り組んでいらっしゃる方々、この取り組み、それぞれの市民活動、今後も先ほどもお話を申し上げましたが、継続できるように環境整備に努めてまいりたいと思いますので、ご理解をお願いをいたします。
委員長(中澤 宏君) 佐藤尚哉君。
21番(佐藤尚哉君) 市長、生涯学習ですね、やはり受け入れ体制しっかりしなければだめなんじゃないですか。市長、答弁してください。
委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 生涯学習、当然そういった取り組みについての支援はこれからも継続していかなくてはなりませんし、そういった意味では公民館の指定管理の中でその団体の皆さんにお願いをするということではなくて、むしろ生涯教育の中でしっかりとその位置づけをしていくことは当然のごとく必要だと考えているところでございます。
 表現の中で、そういった部分が非常に弱い、抜け落ちたというご指摘については決して内容的に我々としてはそういった取り組みを損なうということは毛頭考えておりませんので、ご理解をよろしくお願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 佐藤尚哉君。
21番(佐藤尚哉君) それであったらきちんと施政方針の中に入れて、特に私が言いたいのは、高齢者の健康の維持、生活の安定、保健福祉医療の向上と増進のために必要な支援をしてまいります。前はこういうふうに明確に施政方針出していたんですよ。それがなくなってしまっているということがやはり問題です、これは。
 それから担当課、要するにこうした生きがい教室やなにかがなくなってうちの中に閉じこもるようになったらば、どうするんですか。認知症がふえるでしょう。閉じこもって歩くこともできなくなって、人が生きがいづくりで楽しみで出かけていって交流をして健康増進に一番いいんじゃないですか。なぜこれを、何の理由があって半分にするんですか。半分にして事業をどうしろっていうんですか。この辺が全然わからない。たったこれしかない予算、こればかりの予算を半分にするってどういう考えですかね。
委員長(中澤 宏君) 長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 今回の予算、確かに前年比半分ということになってしまっておりますが、これにつきましては基本的に何とか24年度でこの移行をということで取り組んでまいりましたが、先ほどお話をしましたように地域の町域の皆様方とお話をした結果として何とか継続というお話をいただきました。ただ、現段階予算要求の段階では、実施計画上の計画計上にもなっておらなかったということで、大変財政当局には迷惑をかけた状況がございました。ただ、何とか取り組んでいる皆さんのお話を踏まえまして何らかの形で継続できる方向ということで検討させてもらった結果、その予算的には教室の講師を派遣いただく費用、前年の半分の形でご理解をいただけないかということで平成25年度教室の継続をするために今回の額の計上ということにさせていただいたところでございます。
委員長(中澤 宏君) 佐藤尚哉君。
21番(佐藤尚哉君) 1つには要するにどこに受け入れさせていくのか、受け入れ先と何回話し合ってきたのか。1つ。
 それから財政。財政はこの生きがいをなくせということでやっているんでしょうか。この予算を削れということでご指導、そういう連携をしてやっているんでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 受け入れの関係につきましては、教育委員会部門、社会福祉協議会のほうとも数回検討はさせていただいたところではございました。
 あとは今、財政の部分というお話がございましたが、私がお話をするのも恐縮でございますが、担当課としまして基本的に実施計画に計上していなかったとの観点がございましたのでご理解をお願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 佐藤尚哉君。
21番(佐藤尚哉君) 要するに、財政は関係ないで自分一人で方針決めて、こういうことじゃだめですよ。
 やはり、よく根本から考えてください。これだけ楽しみにしていて、もう1回中田町に来てよく皆さんの意見聞いてくださいよ。私、今歩いていますけれども、皆さんからこれ何とかしてほしいんだという、先ほど熊谷委員からもありましたけれども、同じですよ。ぜひしっかり、登米も同じ。市長、こういう市民の声にしっかり耳を傾け、事業継続してください。いかがですか。
委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 議員からご指摘をいただいております教育委員会、関係する団体、また関係する皆さんとしっかりと意思疎通を重ねながら、どういう形でこの事業を継続していくのか、しっかりと検討を指示したいと存じます。
委員長(中澤 宏君) 2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) 今の2人のことで関連して、これらの事業は中田と登米で、中田と比べると登米はかなり人数少ないんですけれども、私もいろいろそこの参加している方にお話聞いてみました。そうすると今、課長さんは迫町のように生涯学習の方向へ、多分公民館活動だと思うんですけれども、そちらのほうに移行したいというお話があったんですけれども、登米の場合は今この生きがいやっている場所が福祉センター、社協がある老人福祉センターなんですけれども、そこだから行っているという方がほとんどです。高齢で車の運転ができない方、そして中には講師として町時代から生きがい教室にかかわってきた、もう90歳近くの方もいます。ひとり暮らしの方です。この方なんかこれがなくなったらここで生きがい、人とのいろんな地域の人とかかわりが持てるのに、こうなったら公民館のほうになったら私は無理だという話もありますし、それから囲碁教室もあるんですけれども、人数は少ないようですけれども、それには南三陸のほうからわざわざ、南三陸のほうではこういうのがやっていないので楽しみに通っている方が少しずつふえているという、多分お話し合いのとき聞いたと思うんですけれども、そういう観点からも私はぜひ今までどおりに、前の2人と同じに地域の中でお年寄りがかかわれるという、そういう部分を大事に考えていただきたいと思いますので、継続してお願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。福祉事務所長、千葉幸毅君。
福祉事務所長(千葉幸毅君) お話をいただきました高齢者の生きがいづくり事業、これについてはいろいろご説明申し上げました旧町域の流れがありまして、それぞれの老人福祉センターでも高齢者がよりどころとしていろいろ活動を展開していることは確かでございます。
 今お話しいただきました中田と登米については、若干補助という形で予算化をしていたということでございますけれども、現状を見ますと高齢者の方々が愛好会とかいろいろな形で自主的に活動されているというケースも多分にございまして、今現役高齢者の方が大分多くということになっておりますので、高齢者の方々みずからでやっていただいている点もありますので、そこらもこちらのほうで事業内容を検討させていただきながら高齢者の方々の生きがいづくり事業についてはるる検討させていただきながら、よりよい方向で進めたいと思いますので、よろしくご理解をお願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。24番、岩淵勇一君。
24番(岩淵勇一君) 関連します。このこと、今多くの委員が立って質疑しておりますが、細目で課長答弁しておりますが、款で、民生費で志賀部長を先頭に款の中で考えていただきたいんですが、まさに今質疑のとおりでございます。
 私はこの話を聞いて事業費もですが、まさに生きがいをそうしたことでやられているということですね。本当に市民としてそういう事業を私はむしろ応援してやらなきゃないと思うんですが、まさに三助の精神ですね。自助、共助、公助ですか。この公の部分、この事業をしている皆さんが騒いでいるのはここまで自分たちがこうやっていると、それから財源の部分でこの公の部分は足りないんだと、今までその公の部分があって事業が広く拡大されておったのが、そういう事業になってきているという使命感ですよ、叫びですよ。このことをもって今担当課はそれぞれの事業費で答弁することしかできないんですが、今この事業は出ておりますが、今後こういうことについて3款民生部としてどのように先ほど市長から効率化とか事業効果等出ましたが、これを得てどのように反映されますか。一言答弁いただきます。
委員長(中澤 宏君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 各委員さん方からのご指摘をいただいておりますけれども、合併以来基本的に各町域ごとに取り扱いが異なっていたり、それから助成の仕方、助成金を出したり補助出したりということで、その形が違っていた部分においては順次是正をしてきたということでございます。
 そういう流れで来ておりますが、基本的に高齢者の生きがいづくりと健康づくり事業ですけれども、さっき長寿介護課からお話ししたように老人福祉センターを補助で建設したところが老人福祉センターを活用した事業として趣味の講座とセンターを使ってやっていった。それが当然建物の補助を受けるときに活動計画等を出させられますので、それが基盤になっていたということでずっときたということで思ってございます。
 ただ、もう補助年限大分過ぎておるのもございますけれども、一般的にはそういう趣味の講座については育成段階では基本的に公費で援助しておりましたけれども、それが年数がたって徐々に自立していっていただくということで生涯学習側もそういう扱いにしておりますし、当然こちらの高齢者の生きがいづくり事業のほうも基本的にはそういうことなんだろうなと思ってございます。ずっと補助を出し続けるということではなくて、さっきお話ししているのは最後は自分たちの活動として自立してやっていただくということが基本だと思ってございますので、その観点も含めて今後調整をしてまいりたいと思ってございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。4番武田節夫君。
4番(武田節夫君) 概要書65ページ、5細目精神保健費について伺います。ここに心の元気相談事業等委託料674万2,000円、貸付金として1億円計上されておりますけれども、心の元気相談事業等委託料の主な事業についての内容の説明と、前年度の予算書持っていないんですけれども、多重債務者対策資金預託金、前年度とどう違うのか、その内容を簡単で結構ですので、説明お願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) ただいまの心の元気サポート事業の予算の概要についてということでお答えしたいと思います。心の元気サポート事業につきましては子育て元気サポート事業、それから傾聴自主活動支援、相談室といった中で心理相談の先生にお願いしまして相談事業を展開する予定でございます。相談につきましては予算については委託料といたしまして529万円ほど、子育て元気サポート事業の相談委託料といたしましては145万円ほど、それから傾聴自主活動支援につきましては19万円ほど計上させていただいています。トータル705万円となります。
  それから、2件目の登米安心サポートローンに係る利用実績ということでございますけれども、利用実績につきましてはこの事業につきましては平成21年11月事業を開始いたしまして、その後に貸付実績といたしましては平成21年、22年度に貸し付けした件数が4件、23年度以降はゼロ件となっております。以上です。
委員長(中澤 宏君) 武田節夫君。
4番(武田節夫君) 平成23年度以降ゼロなのに、これだけの1億円、これは借りる人が少なければ結構なんですけれども、これだけの予算を計上しなくちゃならないんでしょうか。1億円になっていますよね。私の質問違いでしょうか。ここの1億円の内容を聞かせてくださいということです。  。
委員長(中澤 宏君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) 預託金1億円につきましては現在、仙北信用組合石巻商工信用組合のほうに人口割、実績割でそれぞれ1億円を分割して預託いたしまして、預託した金額についての範囲でサポートローンの貸付業務を行っているという形になっております。(「  貸付金1億  預託金だ  」の声あり)
委員長(中澤 宏君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) 預託金1億円につきましては年度初めに預金いたしまして年度終わりにそのまま返していただいて、また再度1年ごとに1億円を預託するという形になっておりますし、1億円の預託をしながら実績がない中で事業を継続するのかという件につきましては現在事業実施、3年4年という経過の中で預託金がこれから今後どのような形で継続したらいいのかということにつきましては関係機関と調整中でございます。
委員長(中澤 宏君) いいですか。ほかに質疑ありませんか。14番、八木しみ子君。
14番(八木しみ子君) 14番です。
 3点についてお伺いいたします。まず、3款2項4目児童福祉施設のところでございますが、保育所の管理運営についてお伺いします。先日、待機児童の話が出ましたが、待機児童でなくて兄弟で別々の保育所に入所しなければならないという実態があるようでございますが、その実態を御存じでしょうか。もし、知っていればそういった状況をどのように考えていらっしゃるか、何か対策は考えていらっしゃるかどうかをお伺いします。
 次に、生活保護費でございますが、生活保護費についてお伺いします。年々増加傾向にあるということでございます。これは扶助費につきましては租税公課で賄われておりますので、このように増加傾向にあるのはやはり問題でないかと思います。しかし、この生活保護につきましては憲法第25条の定めがございますので、生活に困っている方に対してはその困窮状態に合わせてさまざまな必要な援助をしなければならない。そして自立更生、これも助長しなければならないという任務があると思います。そこでお伺いしますのは、自立更生についてでございます。自立するための援助の手といいますか、援助の仕方をどのようになさっているのか、まず1点です。
 それから、このようにふえてきておりますので、事務量は大丈夫なのかという心配をしております。いろいろと国でもこの間の新聞でケースワーカーを増員するかというニュースがございました、記事がございましたが、そういった点で本市におきましては事務量、それからケースワーカーとの関係をお聞かせください。
 それからもう1つは、問題になっているのが不正受給のことです。こういったことはあるかどうか、まずこの点についてお聞きします。
 それから、4款予防接種のところでございますが、風疹の予防注射、これは子供さんだけが対象なのかどうかお聞きします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。子育て支援課長、小野寺千秋君。
子育て支援課長(小野寺千秋君) ご兄弟で入所、一緒に入所できない事例ということで、確かに豊里地区でそういう方がいらっしゃるということで把握はしてございます。
 それで、どうしても先般もご説明申し上げましたが、いわゆる保育所入所の基準を一応各家庭の保育の状況によりまして点数化させていただいて優先順を決定させていただくということで、どうしてもボーダーラインのところに、たまたまご兄弟の方がいらっしゃる場合、そういった方は事前に各ご家庭にこういった状況でご兄弟が一緒に入れないんですが、お兄ちゃんとかお姉ちゃんのほうだけでもよろしいですかということで一応お尋ねをいたします。それで、ご家庭によっては兄弟の一方の方でも結構ですということで、ご了解をいただいて入所いただいているというところでございます。できれば一緒に入所していただければ結構ですけれども、どうしてもそういう事情があるということをご理解いただきたいと思います。そういった方々につきましては前段で申し上げましたけれども、いろんなあき状況等を情報をご提供させていただきながら年度途中のあきによりまして入所手続をさせていただくような形で進めてまいりたいと思いますので、よろしくご理解をお願いしたいと思います。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 生活福祉課長、青野 孝君。
生活福祉課長(青野 孝君) 生活保護についてお答えいたします。援助の仕方というご質問でございますけれども、平成20年度からハローワーク、公共職業安定所と協力いたしまして就労支援事業を実施してございます。これは稼動年齢である方々で身体的に職業につける方々を対象にした事業でございます。この事業を公共職業安定所の1名の担当職員の方とケースワーカーと協力して就業に結びつくような手だてを講じてございます。平成24年度につきましては5名の方就業できました。それで生活保護から脱却していただいているという状況でございます。
 それで、なおかつ生活保護相談された場合につきましてはやはり就業できないかどうかということをまず真っ先に考えまして、その辺の増収の相談を申し上げているという状況でございます。あるいは、障害がございましたら障害の程度によりまして年金等の受給はできないかとかそういうことも検討してまいっております。
 2点目の事務量でございます。これは確かに現在生活保護係地区担当が7名います。課長補佐1名、全部で8名でございますけれども、500世帯を7名で割りますと約70世帯を超える平均になってございます。これは先日新聞に掲載されている都市部におけるケースワーカー1名の割合ということで、大体80世帯が上限だろうということに考えてございます。これは都市部の話でございますので、こちらにまいりますと移動に大変時間がかかったりということで80というのはちょっと厳しい状態でございます。ただし、そのワーカーによっては84世帯持っているというワーカーもございます。その辺でやはりもうちょっと欲を言えばワーカーがふえる、あるいは専門的な研修をしたワーカーが配置されるということが理想的ではないかと考えてございます。
 3点目の不正受給でございます。これは、報道機関等でいう収入がある方と親交がある、あるいは仲がよくて援助ができるというケース、そのようなケースはないかということと解しますけれども、現在のところ、私どもの調査あるいは保護世帯にワーカーがお邪魔して確認するという状況で確認はしてございますが、確たる悪意で不正受給をしているというケースは現在ございません。ただし、63条、78条という収入の申告漏れ、その辺は年金がふえてしまったあるいは年金が途中で受給されてしまったというのが主なものでございますけれども、その辺で返していただくというケースは確かにございます。ただし、悪意ではないという判断をしてございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) 風疹の予防接種でございますが、風疹の予防接種につきましては予防接種法の中で定期の予防接種と位置づけられまして実施されているものでございます。実施時期につきましては1期生後1歳から12カ月から24カ月、1歳から2歳まで、2期につきましては5歳以上7歳未満までを対象としております。ただいま時限措置といたしまして、平成20年度からこのほかに中学校1年、高校3年生に対して接種しているものでございます。
委員長(中澤 宏君) 八木しみ子君。
14番(八木しみ子君) まず、保育所の入所関係ですが、これは豊里だけですか、こういうケースがあるのは。私、これいろいろ入所基準云々という答弁がございましたが、例えば小さい子供さん、やはり親元から離れて生活するというのは保育所どんなに中身が充実していても、やはり子供たちの心を考えた場合もっと別な見方で考えてやることが多いんじゃないかと思うんです。そこで、いろいろ基準はあるとしましても保育所の運営の仕方で兄弟離れずに一緒に生活できるということも可能ではないかと思ったので、そういった配慮はできないのかということでお聞きしました。年度内にあきがあったらという、あきがあったらじゃなくて、例えば老人福祉施設もショートステイという制度もございますので、そういった応用をきかせた仕組みができないかということです。
 それから生活保護でございますが、よくわかりました。いろいろと事務量も心配したわけでございますが、今のところ担当者は大丈夫ということでございますが、この本当に困った方にはやはり必要な支援は必要です。しかし、世間一般から見たときにある程度、本当に必要なんだなという、そういった認められると申しますか、世間からも認められるような生活保護のあり方が必要ではないかと私は思います。
 ですから、以前聞きました時には病院に行って少し診断書もらってくれば保護もらえるよとか、それから世帯分離すればもらえるよとか、そういった指導もあったと聞いております。そういったことは今ございませんか。
 やはり、正当な決定の仕方をしていただきたい。それが租税公課で賄われていて、周りもああ、仕方ないと、みんなで助け合おうという気持ちになると思いますので、私何も生活保護やるなと言っているのではないんです。必要なことにはしっかりと対応していただきたいということです。
 それから、風疹なんですが、中学1年、高校まで延ばしているということで、大変いいことだと思いますですが、この間テレビで放送されておりましたが、妊娠する前のお母さんが風疹にかかると必ず風疹の影響が子供さんに出るという放送がございました。そこで妊娠する前のお母さんにも風疹の予防注射を拡大してはいかがかということです。お答えください。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。子育て支援課長、小野寺千秋君。
子育て支援課長(小野寺千秋君) いろいろな兄弟、それから継続入所についてもいろいろできるだけ継続入所の子供さんを同じような数値であればそちらの方を優先して継続して入所していただくようなことで、所管課としても考えてございます。
 数値の高いご家庭から入所順位を決定させておりますけれども、どうしても全く就労のためご家庭に保育する方がいないという方につきましては、そちらの方を優先して入所決定させていただいているということでございます。
 それから、一時保育、その他関係するいろんな保育サービスございますが、仮に待機された方々につきましてそういった他のサービス、他の施設での保育サービス等の情報等も適宜ご提供してまいりたいと、そのように考えてございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 生活福祉課長、青野 孝君。
生活福祉課長(青野 孝君) お答えいたします。
 まず、保護の申請に当たりまして、世帯分離等をしているケースはないかというご質問でございますが、これは今年度においても十分に調査してございます。それと地域の実情をよく理解、情報を得られております民生委員さん等の情報等をいただいてございます。
 それで、まず生活保護を申請される前に増収指導ということでハローワーク等のご紹介を申し上げたりということもしてございます。どうしても受けなければならないという場合につきましてはやはりケースワーカー並びに担当職員で訪問して状況をよく調査するということにしてございます。
 それと、診断書をもらえばというお話でございますが、やはり毎年稼動年齢であってもなぜ生活保護を受給しなければならないかあるいは働けないかということを診断書、当然かかりつけ医にケースワーカーがお邪魔してご相談申し上げて教えていただく。それでこちらで判断するということと、嘱託医が毎月お願いしてございますので、その際にご相談申し上げて判断するということでございますので、この辺は間違いのないように実施してまいりたいと考えてございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) 風疹の予防接種を妊娠する前の母親への拡大はいかがかといったご質問でございますが、それにつきまして関連しまして先ほどお話いたしました中学校1年生、高校3年生に対しての予防接種につきましては時限措置ということで今年度の3月31日で終了となりますので、この方々には接種を改めて勧奨するような通知を出してございます。
 また、それ以上の年齢の方についてでございますが、現在風疹につきましては自然罹患で抗体価が上がっているという方もございますので、こういったような現在の流行状況、それから風疹抗体価の検査を勧める等罹患に関しての情報提供等を今後も積極的に行っていきたいと考えておりますので、ご理解お願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 八木しみ子君。
14番(八木しみ子君) それでは、保育所のほうも、働くお母さんが2カ所かけ持ちで頼んで仕事に出るって大変なことですから、その辺あたりはやはりよく考えて対応していただきたいと思います。
 生活保護も、世間の方が見てやむを得ないという形で支援をしていただきたい。
 それから、ケースワーカー足りないときは遠慮しないで必要な人数というか、本当にこういった方々の相談に乗るということで大変な苦労があると思うんです。ですから、これはしっかりと配置をしていただくという方向でいってください。
 あと、風疹なんですけれども、市長の決断だと思うんですが、風疹抗体価という言葉が、専門用語が出ましたが、実際に赤ちゃん、妊娠してからだと効かないようなんですね。妊娠する前に、結婚した方に対してやはり風疹の予防注射、本当に必要でないかと思ってテレビを見ましたので、これは政治判断になってくると思いますけれども、市長、どうですか、拡大について。
委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 今般の風疹の罹患状況、平年と比べると20数倍という罹患状況となっているということも昨今マスコミ等でも報道されているということでございます。そういう意味では、そういった取り組みについて対象者がどういった方々になるのか、そういった部分の検証もさせていただきながらより実効性の高い取り組みを進めてまいりたいと考えております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。7番佐々木 一君。
7番(佐々木 一君) 2点ほどお聞きをいたします。
 まず、概要書でいいますと62ページの前にもありましたAEDの、前は設置について質問があったようでありますけれども、私からはこのリース料に管理はどういった関係になっておるか。市のほうでやっているのか、業者に委託をしているのか、その管理料はリース料に含まれているのかどうか、その1点をお聞きします。
 続きましては71ページ、第2処分場の関係であります。これはいろいろな要因がありまして平成24年度に基本設計をやりまして、もう平成25年度に工事着手するということでありまして、このような大きな事業でまれではないかなと思います。けれども、すごいスピードで進んでいるわけでありまして改めてやればできるんだなということで感心をしているところでございます。
 そういったところで別冊38ページにありますけれども、概要、これを見ますと平成24年度で生活環境の影響調査をやったようでありますけれども、これは調査項目がある程度決まっていると思いますけれども、どういった調査をして結果はどういった結果が出たのか、そこをお聞きをいたします。
委員長(中澤 宏君) それでは、答弁は休憩後といたします。
 ただいまから10分間休憩いたします。
          休憩 午前10時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時08分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 答弁を求めます。健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) AEDのメンテナンスの件についてでございますが、AEDにつきましては5年間のリース契約になってございます。メンテナンスにつきましては、設置施設ではマニュアルに沿いまして日常の点検、バッテリーの有無の確認をしておりますし、それ以外のトラブルに関しての部分につきましては業者で対応となってございます。原因が消耗品等である場合には市で別途予算化しております。
委員長(中澤 宏君) 衛生センター所長兼クリーンセンター所長、阿部 信君。
衛生センター所長兼クリーンセンター所長(阿部 信君) それでは、第2最終処分場の平成25年度分についてお話し申し上げます。平成25年度につきましては、実施設計と工事という形で予算計上しているわけですけれども、国からの内示がありましたらば実施設計を発注して着手したいと思っております。その実施設計をもちまして工事に発注という形で予算を執行していきたいと思っております。
 この工事ですけれども、平成25年度と平成25年度にわたって予算を設けましてつくっていきたいと考えておりますし、それからご質問の中で平成24年度分の生活環境影響調査という形でありましたけれども、これについては項目的には大気、これはばい煙とか空気中のいろいろな浮遊物質、そういうものを測定するというもの、振動、騒音、そういう形で生活環境、どういう状態に現在なっているのかということで調べておりまして、4期1年の季節ごとにそれぞれ何日間か測定しなければならないということが一応決まっておりますので、これについて冬期間の分を既に測定してあります。
 1年を通しての結果をご報告しなければなりませんけれども、これにつきましてはまだ冬場しか測定しておりませんのでこれから春夏秋という形で繰り越した中で成果をまとめて来年冬以降にご報告できるものと考えております。
委員長(中澤 宏君) 佐々木 一君。
7番(佐々木 一君) この環境調査に関しましてはもう、平成25年度工事が始まるんですよね。始まってから報告になるんですか。1年間測定してその結果をまとめたものを冬場に発表すると今聞いたんですけれども、そうすると、工事が始まってから発表するようになるんですか。
委員長(中澤 宏君) 衛生センター所長兼クリーンセンター所長、阿部 信君。
衛生センター所長兼クリーンセンター所長(阿部 信君) 確かに、限られた時期の中で行いますので、生活環境影響調査の報告がおくれがちになるということは考えておりましたけれども、工事を開始する前の公開になるのではないかと思っておりました。実施設計を進めながら生活環境影響調査も測定を続けるという形で進めざるを得ないと考えております。
委員長(中澤 宏君) 佐々木 一君。
7番(佐々木 一君) 仮に何か影響がある程度基準より大きかったとなれば、工事はもちろんストップになるわけですよね。違うんですか、もう一度そこのところ。
委員長(中澤 宏君) 衛生センター所長兼クリーンセンター所長、阿部 信君。
衛生センター所長兼クリーンセンター所長(阿部 信君) 現在暮らしているというか、今つくろうとしている場所での環境の測定になりますので、停止になるということは想定しておりません。
委員長(中澤 宏君) 環境事業所長、佐々木秀悦君。
環境事業所長(佐々木秀悦君) 生活環境影響評価の関係でございますが、今クリーンセンター所長、答弁申し上げましたように1年を通しての調査ということになります。予定では秋口あたりまでで大体測定は終わると考えておりまして、当然実施設計を発注するわけでございますので、その実施設計が終わらないと工事はできません。今の予定といいますか、スケジュールの中では工事の発注では年を越してからと考えてございます。ですから、何か問題がありました場合はそれの対策を講じるということになります。
委員長(中澤 宏君) 佐々木 一君。
7番(佐々木 一君) 想定をしていないということでありますけれども、今回は場所もまた1カ所ふえるわけですし、焼却場も近くに行くということでこれまでと状況がちょっと変わってくると思うんですよね。ですから、何も出ないと思っているようですけれども、想定外というのがこのごろ大分いろいろ出ていますから、その点は十分に頭に置いて進めていただきたいと思います。
 それと、AEDでありますけれども各施設で点検しているといったことでありますけれど、これをなぜ聞いたかといいますと私どもの会派に情報の提供がありまして、これはメーカーのPRも兼ねているようなメールでありますので、それを見ますとAEDはとにかく寒さに弱いといったようなことでございます。それで私もちょっと調べたんですけれども、やはりあれも精密機械ですから本当に寒さには大分弱いような、私も調べた限りでは、あるようであります。
 そこで、厚生労働省からも管理が適切に行われなければ人の生命及び健康に大きな影響を与えるおそれがある医療機器です。適切な管理を徹底するようお願いするといったようなことで、周知依頼が県に来ているようであります。これが恐らく市のほうにも来ていると思いますけれども、そういったこと、私も余り深く考えておらなかったわけですけれども、せっかく高価な機械を数多く設置しても、ことしのように寒いときにいざというときに動かないのでは大変なことになると思って質問したわけですけれども、その点については心配ないんですか、お聞きいたします。
委員長(中澤 宏君) 環境事業所長、佐々木秀悦君。
環境事業所長(佐々木秀悦君) 環境影響評価の関係でございますが、何もないだろうという前提で調査をしているわけではございませんので、今後調査を引き続きやりまして何かありましたらすぐに対策を講じてまいりたいと考えております。
委員長(中澤 宏君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) AEDの適切な管理をということでございますが、AEDの管理につきましては先ほど県からの周知、市のほうにもありまして、その際に各施設のほうに周知しているところではございます。また、改めて各施設には周知していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。28番岩淵正宏君。
28番(岩淵正宏君) 概要書54ページ、敬老事業費のところでお伺いいたしたいと思います。少子高齢化、本当にとどまることを知らずということで、敬老事業に要する経費、敬老祝い金、当初の予算3,900万円、4,000万円近くなっていますが、これは今後のシミュレーションどうなりますかね、どんどんと多くなっていくのか、横ばい状態でいくのか、今後の見通し。
 それから、一番下の負担金補助金及び交付金、敬老行事補助金でございます。やらない、例えば敬老行事やらないところには恐らく補助金、出ていないのではないかと思いますが、この3,186万円、これは全員分の対象者分の予算措置なのかどうか、お伺いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) まず、最初の1点目の敬老祝い金の関係でございます。これにつきましては平成25年度につきましては90歳で420人分、95歳で117名分、99歳以上で101名分という状況でございます。前年につきましては90歳が12名減となっておりますし、対前年比で、95歳が6名減、99歳で14人の減という状況でございます。今後の推移と見通しということでございますが、ほぼ横ばい程度で進むのかなと捉えてございます。
 次に、敬老事業の補助金でございます。75歳以上の方々の分でお1人2,000円ということで見てございます。
委員長(中澤 宏君) 岩淵正宏君。
28番(岩淵正宏君) 祝い金はわかりました。行事の補助金75歳以上、何名いて全員掛ける2,000円で3,100万円の予算なんですか。
委員長(中澤 宏君) 長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 失礼をいたしました。
 平成25年度につきましては、1万5,930名分を見ての金額でございます。
委員長(中澤 宏君) 岩淵正宏君。
28番(岩淵正宏君) そうすると、あくまでこれは行事を実施した自治会に、自治会というか町内会というか、そういうところに行くものと思いますが、平成24年度やらなかった自治体、行政区幾らあって何人分不用額が出たのか、お聞きします。
委員長(中澤 宏君) 長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 大変恐縮でございます。現在、その資料手持ちしてございませんので、後ほどそのお答えをさせていただきます。
委員長(中澤 宏君) いいですか。23番、佐藤 勝君。
23番(佐藤 勝君) 23番です。1点だけお伺いします。先ほど後期高齢者医療の生きがいづくりのことで非常に厳しい質問が続きました。私は反対に非常に、後期高齢者も含めてでございますが、事業効果が上がっているということでひとつより進めていただきたいという点を質問したいと思います。
 それは4款1項の健康診査費、これについてでございます。非常に登米市の医療費は、これは何回か言われていることでございますが、県内でも1人当たりの医療費が少ないほうで上位のほうになっていると、こういうことでございます。これは恐らく健康診断が非常に徹底されているというか、そういうことだと思います。その成果のあらわれだと思いますが、健診率はどれくらいになっておるか、念のためですが、それから健診を促す事務体制というんですか、どういうことで健診率が非常によくなっているか、その辺をまずお聞かせいただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) 健診率についてでございますけれども、健診率についてはがん検診関係につきましては前回申し上げましたが、大体36%から45%の間で全ての検診が推移しているというところでございます。このパーセンテージにつきましては県内でも第5位以内に入る数字ということで了解しております。
 それから、特定健診につきましては現在平成23年度が最新の情報でございますが、60.1%ということで第4位にあるということで健診率に関しましては県内でも各健診トップクラスにございます。
 それから2点目でございますけれども、どのような対策を講じるとこのような形の受診率になるのかというところでございますけれども、健診につきましては県内の健診の企画と比較いたしまして、登米市内では申し込み時に一括で申し込みをとるわけでございますが、その際に保健活動推進員さんによる啓発啓蒙ということで、健診事業の周知が徹底されてきているのではないかといったことが1点ございます。
 それから、これまでの昭和38年度に初めて集団検診が子宮がんで導入されたのが南方町域といった、登米市の長い健診の歴史がある中で諸先輩方が健診事業に尽力されたといった成果が今健診率に結びついているのではなかろうかと考えています。ただ、一番は地区組織の活動がこれからも続けていかれる、私たちの活動と一緒になっていけるといったところが受診率の向上に一番力としては大きいんではないかなと見ております。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 佐藤 勝君。
23番(佐藤 勝君) 健診率を聞いて、今かなりいいほうでもこれくらいかなとおもったんですが、60.1%ですね。ということは10人に4人が受けていないということですね。
 なぜこういうことをお聞きするかというと、今答えでがん検診のことを言われましたけれども、非常に元気な世代、働き盛りの人が急に亡くなったというのを時々聞くんですが、決まって何かがん関係が多いように聞くんですね。かなり働いている人は、働き盛りの人はそれこそうんと忙しくてなかなか受けられないと、そういうこともあろうかと思います。私の同級生も実はそういうことで若いときに亡くなった人がおりましてびっくりしたんですけれども、特にがん検診あたりはもうちょっと何らか検診受診を促す、そういうことをもうちょっとやれないのかなと今感じたものですから、あえて申し上げるんですけれども、今早期発見すればほぼ確実に治るくらいの病気でこのように亡くなっているんですね。その辺で何か考えられないか。
 例えば、検診期間中に受けていないような方をさっき健康相談員かなにかの地域におられますが、そういう方を通じてその辺をがん検診だけでもその辺何かもう一度促すようなことはできないものか、その辺念のためにお伺いします。
委員長(中澤 宏君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) 受診機会の拡大、それから受診機会を多くしてはどうかといったご質問だと思いますが、各健診につきましてはこれまでは町域内で原則受けていただくといった健診体制に、してございましたが、今年度から健診企画した町域内で未検の方については胃がん検診については再度ご通知を差し上げまして他町域の検診にお誘いしているといった事業展開にしてございます。また、未検者対策といたしまして、胃がん検診、子宮がん、今年度は子宮がんにつきまして土日を利用いたしまして未検者の方に再度通知を差し上げまして利用していただくということの企画もしております。今後ともさまざまな機会を見て健診受診をし易いような環境づくりということを努めてまいりたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 18番、田口久義君。
18番(田口久義君) 今、前者からも質問がありましたけれども、別冊1、33ページ、健診事業の概要というところから質問させていただきたいと思います。この間は15番議員からも質問がありまして、全く私は同感であるという観点から私からも一言質問させていただきたいと思います。
 健診事業につきましては市としても誠意努力されまして大きな成果があるものだと、そのように理解してございます。しかし、私はやはりその成果、効果の検証が欲しいような気がするわけでございます。特に、特定健診についてはそのようなことが言えるのではないかと思います。前者が健診率のことについてお話があったわけですが、そういった健診率を向上させるためにもその成果はいかほどのものなのか、これは目に見えるものではないので、なかなか難しいということは理解をしてございます。しかし、やはり成果をある程度把握しておきたいという気がするわけなんですが、その辺の見解をもう一度お話しいただければと思います。
委員長(中澤 宏君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) 特に、特定健診の事業評価のあり方ということで私どもも考えておりましたので、お答えしたいと思います。
 特定健診の事業目的につきましては、健康の確認と病気の危険因子を発見するということで行っております。特定の疾患を発見することが目的ではないということで、生活習慣病を中心として対象者の健康度をチェックしたり、保健指導によりまして疾病の予防、健康の維持改善により最終的には医療費の削減ということを達成したいとは考えております。
 したがいまして、生活習慣病の予防面とか早くにお亡くなりになる方とか医療費の適正化の面から評価は多面的に実施可能と思われます。受診率といった形だけではなく、こういったような評価基準、評価指標をもって評価をしていきたいと思いますが、現在のところは健診結果の有所見者の状況、これにつきましては把握可能でございます。それから、医療費の動向、レセプトの点検といったことから疾病構造といったところも市内の状況は確認することが可能かと思っております。
 もう1つの面としましては、特定保健指導、事後指導の市民皆様の参加状況、それらも含めて評価指標とはなろうかと考えておりますが、一つ一つについて詳細にこちらで検討している部分だけではございませんので、今後これら検討しながら事業に生かしていきたいと思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 田口久義君。
18番(田口久義君) まず、特定健診とは、先ほど今答弁にありましたように、そもそも医療費がかさむ中でまず病気にならないということ、そういったところが着眼点であると思います。そのような意味では検証、正確な数字でなくてもいいですから、その成果、それによって目標値や手段を進化させていくことができるのではないかと考えたものですから、ちょっと考え方を確認をさせていただきました。もう一度だけお願いをしてできれば、できればその辺をある程度費用対効果ではありませんけれども、大変目に見えないところでそれを評価するということは難しい部分もあるかもしれませんけれども、やはりそういったことを市民に示していくことによって説得力が出てくるのかな、健診率も上がってくるのかな、そんな気もするわけですので、もう一度お願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) ただいまご指摘がありましたそのような評価、指標につきましては早速検証いたしまして今後各地区の健康教室等で市民の方と共有しながら進めていきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。1番、金野静男君。
1番(金野静男君) 1番金野です。
 概要書54ページの敬老事業あるいはデイサービス事業ということで、各集落あるいは自治会を中心として行われておるわけでございますけれども、非常にすばらしい事業だなと思っている次第でございます。
 ただ、ちょっと気になるということは、そういったミニデイサービスにしろ、あるいは敬老事業するにしろ、善意で例えば集落あるいは自治会の中で車で迎えにいくからとか送るからとかいうことも多々あるわけでありますけれども、そういったときの事故対応というか、今まではなかったと思うんですし、これからもないとは思いますけれども、そういう場合の対応というのは運転者責任になるのか、その辺の考え方をお知らせいただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) そうした際の保険ということかなと思ってお聞きしましたが、できるだけ、これまでそうした事例というのは耳にはしてございません。今後についても十分お気をつけていただきながら、そうした対応をせざるを得ない場合はお願いしたいなと思ってございます。現段階でそうした場合の保険といった部分については考えてはございません。
委員長(中澤 宏君) 金野静男君。
1番(金野静男君) 今までそういう事例がないということで、大変いいことなんですけれども、ただ今後もないということは信じたい一人でございますけれども、委託事業とか、そういう形で行われているんですけれども、今後車社会でありますし特に冬場ですと凍っている道というのもございます。そういったことでお年を召されている方がなかなか歩いてはこれないという行事もあるわけでありますので、ぜひ今後の課題としてその辺のところも頭の中に入れて事業展開するべきだと思うんですけれども、その辺の考え方をもう一度お願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 敬老事業、あとはミニデイという部分含めてのお話でございました。特にミニデイについては委託事業でございます。今手元に資料はございませんが、委託事業でございますので、保険等の部分再度確認をしてただいまご質問のような部分を踏まえて対応してまいりたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 16番、庄子喜一君。
16番(庄子喜一君) AEDのことについてお尋ねいたします。先般、各行政区に配備されたしというご意見もございました。現在、小中学校、公共施設に53基でございますか、配置をされておるということでございますが、これで十分と感じておられるのかあるいはもっとふやすという考えはないのか。その辺の、配置する基準と申しますか、市民の皆さんが多く集うところということで公共施設で、市で配置しているのは小中学校等でございますが、これで十分と思うか、その辺のお考えをお聞きします。
委員長(中澤 宏君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) AEDの設置でございますが、AEDの設置につきましては平成19年度に設置を開始したという経緯がございます。その当初につきましてはAEDに対しての認知度、各企業での設置状況も大変少のうございまして、市として啓発も含めた設置開始という経緯があったということで了解しております。
 現在、民間事業所での設置もふえておりまして、今後につきましては現在設置しているAEDを有効に利用していただくため、民間で設置していただいている部分も含めましてホームページ上にAED設置マップとしてご紹介しているといった経緯があります。また、設置箇所がはっきりわからないといったご指摘もありましたので、今年度設置場所の表示ということで協力いただいております事業所も含めましてAED設置施設ということでの表示をさせていただくということも計画してございます。今後も一層の周知に努めていくということも含めながら、緊急時における心肺蘇生やAEDの講習会の開催等、消防のほうと連絡、連動しながら進めてまいりたいと思っております。
委員長(中澤 宏君) 庄子喜一君。
16番(庄子喜一君) それで、いろいろ現在配置しているもの周知徹底等についてはお伺いしましたけれども、これで十分ですかというのが私がお伺いいたしたところでございますし、やはりもう一度再度検討して皆さんが集うところにもう少し置かなければならないと、例えば市役所の総合支所等については土日休みでございますが、社会教育施設等につきましては土曜日曜日等夜間にも活動する市民の皆さんが大勢いらっしゃるわけでございまして、そういう施設に配置が十分であるかということでございます。
 隣にあるからということで間に合わせることはないのかなと、近くだからいいんでないかと、例えば夜間ですと総合支所になりますと守衛さんがございましてそこからです。1分1秒を争う際に、そういうご検討がなされておるか、ご検証なされておるか、お伺いします。
委員長(中澤 宏君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 今委員からご指摘があったように、必要な箇所については当然公共施設の種別と申しますか、例えば体育施設ですとかそういうところに必要性が高いと思ってございます。
 一応、さっき健康推進課長が申し上げましたように平成19年に整備を始めた段階でいわゆる公共施設に呼び水的に設置するということで一応の整備は終えたものと思ってございますが、その需要も含めて再度検討して整備が必要なところについては整備を進めてまいりたいと思ってございます。
委員長(中澤 宏君) 庄子喜一君。
16番(庄子喜一君) 平成25年度、53基でございますか、リース料の計上をしてございますが、やはりこれに限らず必要なところには十分に配備をするということと解してよろしゅうございますか。
委員長(中澤 宏君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 今、設置しているものを含めて、いわゆる頻度ということであれば全ての体育施設に必要な、いつ必要になるかわからないわけでございますので、それらも含めて総合的に検討して配置の基準をもう一度見直したいと思ってございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。10番、浅野 敬君。
10番(浅野 敬君) 概要書54ページ、緊急通報体制等整備事業費についてお尋ねします。本年40台購入予定と常任委員会で説明がございました。そしてこれまで341台を設置しているということでございますが、対象とされる方はどのような方で市内で何人いらっしゃって何%の設置が終わっているのか。そして100%を今後目指すのかということをまずお尋ねします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 今後100%を目指すのかということでございますが、必要な方々からの申請に基づくものでございます。その時点で、必要な方々にはやはり事業にのっとりまして設置をしてまいらなければならないとは考えてございます。
 対象でございますが、在宅のひとり暮らしの方、老人の方、高齢者の方、65歳以上の高齢者の方、あとは高齢者世帯、障害者の方ということで対象としておるところでございます。高齢者世帯の人数でございますが、高齢者世帯につきましてはひとり暮らしの世帯が2,017、2人世帯が1,771、3人以上の世帯が106ということで高齢者のみの世帯につきましては3,894世帯という状況になってございます。
委員長(中澤 宏君) 浅野 敬君。
10番(浅野 敬君) そういった対象の方々から申請があればこれまでは全て対応してきたのかどうか。それから、知らないでいて申請していないという人も多分いると思うけれども、そうしたことのフォローというか、そうした方法というのはどのような方法でこれまでやってこられたかお知らせください。
委員長(中澤 宏君) 長寿介護課課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 設置につきましては当然予算がございますので、補正等でお願いしてきた経過もございますが、たまたま年度末の時点で申し込みがあった場合、少しお待ちをいただいている部分はございますが、基本的には申請された方で対象になる、必要な方につきましては基本的には設置をしてきてございます。
 周知につきましては地域の民生委員さん含めて、あとは地域包括センター含めて周知または相談を含めて把握をしながら周知をしてございます。
委員長(中澤 宏君) 浅野 敬君。
10番(浅野 敬君) これは基本的には安心を確保するために対象者にはできるだけ早く行き渡らせるべきだという考えを持っております。この3,894全世帯にする必要もないかと思います。ただ、実情をよく調査されてここを2年とか遅くとも3年以内には全て完了するという考え方を持たれたほうがいいのではないかということをお話をして、そういう、どちらでしょう、市長でしょうか、そういう決意等をお述べいただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) このシステムの検証、より実効性の高いシステムの導入も含めてしっかり検討したいと思います。
委員長(中澤 宏君) 29番浅田 修君。
29番(浅田 修君) 概要書68ページなんですけれども、河川や湖沼の水調査ですか、委託料なんでありますけれども、どの辺をどのように調査するものなのか、そしてまたどのようにこれを生かそうとしているものなのか、まずお聞きしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) 河川、湖沼等の水質調査の関係でございますが、現在旧迫川、それから長沼川等公共用水域以外の地域河川等を調査しているわけでございます。その中で特に問題となっておりますのは長沼川ではないかと考えているところでございます。
 長沼川につきましては県のほうで設置しております長沼川を考える会、こちらのほうで水質浄化対策等に、現在試行ではございますが、バイオ製剤などを活用した水質浄化に取り組んでいるところでございます。それから、他の地域におきましても現在どのような状況にあるのかということを把握しながら今後の対策に生かしていきたい。現在水質の点で、長沼川がまだまだ汚いという状況でございます。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修君。
29番(浅田 修君) 汚いのはわかるんですけれども、これをどう生かしているのかということなんです。早く言えばこういう汚いから、では汚れていると、したら建設部の関係なんだよね。浄化槽を早く呼んで何しろやということなり、それからたまたまもし、平筒沼の水質はかれば、その沼の中の環境の分は産業課でやっているという中で、そういった、周辺整備も含めてだよ、そういったみんなばらばらの課でやっているような状態なのさ。対策をやっていくというんですけれども、それリンクされていますか、きちっと。そういった、なってないような状況の中で、もうちょっと一貫した環境整備なりなんなりをやっていただければなと思いますけれども、その考え、もうちょっとお聞きします。
委員長(中澤 宏君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) 長沼川については県のほうと連携をとりながらということで、それから平筒沼につきましては産業経済部のほうと連携をとりながら取り組みを進めているところでございます。現在、吉田コミュニティー運営協議会との合同で自然再生をしながら地域づくりに結びつけられないかどうか、そちらの取り組みも現在進めているところでございます。その中で水質の関係でありますとか外来種の関係でありますとか、どのような取り組み方法に持っていくのか検討しながら固めていきたいということで考えております。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修君。
29番(浅田 修君) そういった考えを固めていくのはいいんですけれども、そういった各課ばらばらでやっているのさ、皆業者発注から何から作業委託も、そういった中で本当に1つの目的が達成されるのかということなんです。各課皆何でもそうだよ。そういった中でもうちょっと検討を加える必要があるのではないかなと思います。
 そういったことで、そういう分の何では総務部長かなにか、そういった考え方、基本的な、作業を超えればああだとかでなく、全体でもそういった流れ、一本化にしながらやるべきと思いますけれども、どうなんでしょうね。市民生活なの。
委員長(中澤 宏君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 今、委員がおっしゃるとおりだと思います。アメリカシロヒトリなんかの対策なんかもそのとおりでございますが、複数の部にわたる場合も当然ございますので、アメリカシロヒトリの場合はいわゆる関係部で連絡会議をつくって事業の実施についてもそれぞれの担当部署の中できちっと分担をして責任を決めて施行する、自立する体制にしてございますので、やはりすべからくほかの事業についても同じような体制できちっと連携してやっていきたいと思ってございます。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修君。
29番(浅田 修君) そうした一貫した取り組みをぜひやっていただければと思います。特に、平筒沼の環境におかれましては本当に皆ばらばら各部各課皆ばらばらです。でありますので、せっかく指定管理やっている中で一本化それを指定管理していくなりなんなり一本化にしていくというのも1つの手法なのかなと思いますけれども、その点のご意見をお聞きしたいなと思います。
委員長(中澤 宏君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 委員おっしゃるとおり、事業については補助の関係等もございますので、それぞれ所管がございますので、それについては個別にやらせていただきますが、それを実施する際にほかの部署がそれをわからないで実施することがないよう、に全ていわゆる事業計画を含む時点から含めて関係部署で連携をとって進めていきたいと思ってございます。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修君。
29番(浅田 修君) ぜひ平成25年度期待しております。
 それから、粗大ごみの関係でございますけれども、粗大ごみを出す出し方でございます。今現在粗大ごみ処理券を買って、門口に出しなさいと張って自宅の前に出しておくという手法でございます。これをぜひ日曜日にクリーンセンターあけていただけないかと。これは粗大ごみだけで結構でございますけれども、そういった要望が聞かれております。いろいろな手法があるわけでございますけれども、ぜひ日曜日に家の中片づけから何からしたいんだという考えであるかと思いますけれども、そういった不法投棄の防止にもリンクしていくのかなと思いますけれども、その点どのような考えありますかね。
委員長(中澤 宏君) 環境事業所長、佐々木秀悦君。
環境事業所長(佐々木秀悦君) ただいまの、クリーンセンターの日曜日の搬入ということでございます。これにつきましては、昨年第3回の定例会で遠藤 音議員に市長答弁申し上げてございますが、このことにつきまして多くの方から要望がございます。
 それで、委員ご承知のとおりでございますが、現在一般廃棄物の処分と災害廃棄物の処理、これを並行してやってございますが、大変ごみの量も多くなってきているということから、ごみの質そのものの低下もありまして、消耗部品等の消耗がかなり激しいということでこれについては修繕の箇所がかなり多くなってございます。それで、この施設につきまして24年も経過しているという施設でございまして、施設そのものの整備そのものも老朽化をしているということで、どうしても機器のメンテナンスのためには休日の部分についてとめて点検をしてメンテナンスを行わなければならないという状況にございますので、ご理解をお願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修君。
29番(浅田 修君) すぐ燃やさなければならないんだったらそれは仕方ないんですけれども、ごみの搬入だけさせていただけないかと、粗大ごみの、でありますので、そういった家の中片づけだのなんだのが日曜日にしたいんだという要望が結構ありまして、そういった面で日曜日にあけていただけないかと、休日、祝祭日はやっているんですけれども、休日だけ、月に1回でいいからあけてくれないべかなという要望でございます。ぜひそういった面で、これは市民サービスの過剰ですかね、市長。よろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) 環境事業所長、佐々木秀悦君。
環境事業所長(佐々木秀悦君) 粗大だけでもいいからというお話でございます。実は、ごみの処理につきましては処理施設はそこで破砕をします。破砕をしたものが燃えないもの、燃えるもの、自動で分別されまして焼却炉のほうに入っていくわけでございます。連動しているという形でございまして、それだけ運転するということもなかなか難しいところはございます。それとまた、もう1つ粗大ごみといいますか、持ち込みごみそのものの量そのものが燃えるごみに比較しますと比較的少ない状況にございますので、1日、月に1遍でいいからという形だと思いますが、その辺につきまして部内でも検討させていただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修君。
29番(浅田 修君) こういった燃えるごみは週に2回ぐらいいろんな面で袋とかで処理しているということであるんですけれども、粗大ごみの分で要望があるということでございます。すぐ燃やさなきゃないという話でもないわけだし、粗大ごみだから。それで人がかかるとかどうのこうのでないから、さほどの人手はないという中でそれぐらいのサービスはできないのかなと、市民サービス、日曜日にではあけるからさということ、何か課長、言っていること、答弁が違うような感じがあるんだけどさ、もう少しその辺検討していただけばと思いますけれども、どうですか。
委員長(中澤 宏君) 環境事業所長、佐々木秀悦君。
環境事業所長(佐々木秀悦君) ごみを搬入した場合、まず受け付けをします。そこで計量してそれから粗大であれば粗大ごみのストックヤード、プラットフォームのほうに搬入をして、そこで係員が誘導しまして、それでごみをおろしていただいているわけなんですが、結局それぞれみんなその作業そのものに人がかかわり合っておりますので、例えば1人出て済むということでもないんです。それで、さらに関連の部分に関係してくるということでございますので、どうぞご理解をお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修君。
29番(浅田 修君) まず、そういった粗大ごみだから、まずそこに置いていてもストックヤードの分に置いていてもいいわけさ。次の日やってもいいんだしさ、燃やす分まで。破砕する分までは。だからそういった手法も、ほかの市でやっていますので、よく調べていいもの、できるものかどうなのか含めて検討してください。どうだい、市長。めんどくさくてかなわないな。
委員長(中澤 宏君) 環境事業所長、佐々木秀悦君。
環境事業所長(佐々木秀悦君) 十分検討させていただきます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございますか。
 質疑がまだあるようですから、ここで休憩にいたします。
 1時まで。
          休憩 午後0時02分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に続き、会議を開きます。
 27番熊谷憲雄君より中座の届け出があります。
 質疑ございませんか。13番、相澤吉悦君。
13番(相澤吉悦君) 概要の69ページお願いいたします。サンクチュアリセンター管理運営費ということですけれども、サンクチュアリセンター管理運営はいいんですけれども、環境整備、例えば辺りですね、これはさまざまな手法があったと思うんですけれども、今どのようになっているか。そして今後どのような方向に進むでしょうか。お願いいたします。
委員長(中澤 宏君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) サンクチュアリセンターの環境整備ということでございますが、現在はシルバー人材センターに委託して湖上等整備しているわけでございます。今後につきましてはサンクチュアリセンターのあり方、基本的なところから検討していくということにしております。サンクチュアリセンターは環境教育を柱とした環境整備、それを充実させていくという形で現在検討中でございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 相澤吉悦君。
13番(相澤吉悦君) かつてはすごい人も来まして、物すごいにぎわったと思っておりますけれども、そしてまたさまざまなイベントもあって、委託先があって、その人たちが確か自己資金、株式みたいに50万円ぐらいだと思うんですけれども、出してやったなんていうことがあります。そうして非常に盛り上げてきたところなんですけれども、それが市になってからがくんとだめになってしまったということですね。非常に残念だと思っております。
 そして今あそこを使っているのは、たしか1団体ぐらいだと思うんですけれども、何かのクラブとか話を聞くというときのイベントに使っているなと思っておりますけれども、具体的に聞けばいいんですけれども、今までここまで黙ってずっと来たんですけれども、何の手も差し伸べてなかったんですよ。今からやってなじょになるんだかわからないけれども、まだ考えが固まって、ですか。固まってないでしょう、恐らく。
委員長(中澤 宏君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) 現在、検討中でございます。それで、サンクチュアリセンターにつきましては指定管理を目指した取り組みを現在しているところでございます。指定管理によって環境教育を柱とした取り組みが進んでいくような、そのようなところで現在検討しているところでございます。
委員長(中澤 宏君) 相澤吉悦君。
13番(相澤吉悦君) 指定管理、指定管理、元もやったんですよ。そしてうまく回っていたんですけれども、言い方、はっきり言えばいいんですけれども、はっきり私言えないもので、市になってからだめになってしまったのね。それで、さらに落ち込んでいて、恐らく今そこに訪れる方は余りいないんでないかと思っています。そしてまた、中もそれぞれ見るものがあるんですけれども、非常に傷んで、あるいは見ても痛々しい、見るところも非常にあるんですけれども、私の思うのは、あれだけの施設があるんだから、ただ単にサンクチュアリセンターじゃなくしてそれを環境は環境でいいけれども、やはりサンクチュアリセンターの持ち味を生かしたあれをやるべきだと思いますよ。
 私、そこのところあるからやれというんじゃなくして、私は必要だと思う。ほかにはないんだから。だから、せっかくあれだけのものがあってそこを環境整備だと今に誰かがもしか、その間に何かやったら便乗してやるかなってそういう考えではなくして、やはり市で考えたらばきちっとやっていくべきだと思いますよ。もう一度お願いします。
委員長(中澤 宏君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) 委員ご指摘のとおり、サンクチュアリセンター、かなり施設が老朽化してきてございます。例えば、水槽でありますとか外の池でありますとか、かなり傷んでいるというのが現状でございます。そのようなことから指定管理に移行するに当たってもしっかりとした整備を行いながら、修繕等が出ないような、そのような施設にして環境教育を柱にして施設の指定管理に向けていきたいと考えております。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 相澤吉悦君。
13番(相澤吉悦君) 今の言葉で私信じます。かつては指定管理した、受けた側も指定管理、そのお金じゃないよ、そのほかにも何人もいるんだから10人だか15人だかいるんだから、その人たちがたしか50万円だと思った。それを全部出し合ってあの事業をやった。それが大成功した。さまざまなイベントでうんと人も来た。それで、それがいつかばたっとだめになったときに、その配当金出したのも全部チャラだから、チャラということは払ってないんだから、誰さも。そのままで終わってしまったんだよ。それでもまたの指定管理をするというのであれば絶対に失敗しないように、わかりますか、私の言っているのは。これ、その地域の人たちは皆見てるから。あれだけのイベントやったのにあれだけのところつくったのだから、何もないところからつくったんだよ。だから、あの姿はどのように変わるか、非常に見ていますので、絶対に失敗しないようにやってくださいよ。そして誰にそれするのだか検討して。もう一度お願いします。あと言わないから、俺。
委員長(中澤 宏君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) 指定管理につきましては、地域の方々とも十分協議を重ねながら方向をまとめて、それから整備内容もまとめて指定管理のほうに移行していきたいと思います。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 6番、阿部正一君。
6番(阿部正一君) 関連させていただきますが、前にも大分この件につきましてお話しをしましたが、行ってみらっしゃい、まず。全然変わってないから、私言ったことから。ねえ、アンテナは皆倒れているし、草ぼうぼうだし、はすまつりのときは誰も行ってみないで何もやってくれない。ぜひ、言葉だけでなくて、行ってみてください。なじょなっているか。ここですばらしい答弁をいただきましたけれども、ほとんど変わってないから、あれから、私何回も行ってみるんですよ。いつ来てやってけんだべなと、ほとんどなっておりません。相澤幸四郎先生がまた泣いております。ちゃんとしてくれるようにお願いいたします。
 58ページの児童館管理費についてお尋ねいたします。児童館、なんか少しずつ整備がおくれていくような気がいたしますが、整備されていないところもあるんですが、今後の考え方、お聞かせをください。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。子育て支援課長、小野寺千秋君。
子育て支援課長(小野寺千秋君) 児童館の今後の整備の考え方ということでございますけれども、児童福祉法で規定する児童厚生施設として設置されている児童館につきましては、地域において児童に健全な遊びを与えて、その健康の増進、それから情操を豊かにすることを目的として設置されている施設でございます。
 合併以前に設置された児童館4カ所は現在もそのままでありますが、児童館を設置していない地域におきましても放課後児童健全育成事業とか子育て支援センター事業で、児童館を設置していなくても小学校に隣接する公共施設等で類似の事業を展開しております。今後につきましては、地域の状況を勘案しながら地域ごとに、児童館の設置の必要性について等を判断されることと所管課としては考えてございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 阿部正一君。
6番(阿部正一君) 前にも同じような答弁をいただいておりますけれども、特に津山の場合はもうつくられてもいい状況だったと思うんですよ、答弁では。なぜ、この実施計画を見ますと年々おくれていくのですか。そうすると、これからはこの3地区かな、ないのは。これはつくらないという考えでいいですか。ほかのことで対応していくということでよろしいでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 子育て支援課長、小野寺千秋君。
子育て支援課長(小野寺千秋君) 津山町域につきましては、以前地域の方々とのいわゆる検討会のようなものを設置いたしまして検討させていただいた経緯がございます。児童館につきましては学校の近くということで、いわゆる放課後健全育成事業の実施もありますので、できるだけ学校に近い位置ということでございます。
 津山地区につきましては、小学校現在2カ所ということでございますが、今後のいろんな学校の再編等も絡みますので、今後の状況を見ながら児童館のような機能を持った施設の設置についてはその時点でまた検討するということにしてございます。
 また、他の地域につきましても果たして児童館という施設形態がいいのか、その辺も十分に検討しなければならないということもございますので、現在の事業、放課後健全育成事業、いわゆる学童クラブ等の事業を少しずつ検証しながら、その地域に合った、どういう姿がいいのかということで今後検討していくということで考えてございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 阿部正一君。
6番(阿部正一君) 私この件について一般質問しているんですから、あれから何年たちますかね。またこんな同じことを言っているんですか。よく、市長は最近スピードという言葉使わなくなりましたけれども、もう少しできるかできないかできればはっきりしてあげたらどうですか。いつまでもそう、みんな待っているんですよね。実施計画に載って、あらまた延びた、また延びたと言っているわけですから、もしできないのであればできないとはっきり言ってあげたほうが地域の方々もまたいろんな対応を考えるんではないかと思いますが、その辺はいかがでしょうか。誰に聞いたらいいのかね。誰か答えてください。
委員長(中澤 宏君) 福祉事務所長、千葉幸毅君。
福祉事務所長(千葉幸毅君) お話をいただきました津山の児童館につきましては、今課長お話しのとおり実施計画には年度で載せさせていただいております。それで、今お話しした地域の説明会のときに、小学校の統合などあわせながら児童館の建設について取り組んでいくということで考えております。
 なお、子供たちの活動センターにつきましては今、総合体育館のところの林業センターの一室を借りて、放課後児童とかそういう事業を展開させていただいております。そこなどもあわせながら児童館について今後対応していきたいと思いますので、よろしくご理解お願いします。
委員長(中澤 宏君) 遠藤 音君。
5番(遠藤 音君) お伺いします。まず、72ページの4款衛生費3項病院費なんですけれども、この病院事業への繰り出しに要する経費で収益勘定と資本的勘定の繰り出しがあるんですけれども、項目ごとの基準外、基準内の内訳と、それぞれの前年度対比の増減と、増減があるならばその額をお知らせください。
 もう1つは69ページ、前者の相澤委員がお話しいただいたサンクチュアリセンターに関することですけれども、これもいろんな事業に関連するんですけれども、9町合併していろんなこういうふうな環境教育の場って各町域にあると思うんですけれども、平筒沼なんかの森林もそうなんですけれども、これは環境教育の現場にしたいというお話ですけれども、例えば学校、教育部局とどう連動されているのか。ほかでも言いました。連動ですよね。横串を刺してせっかくある施設、そういう場をどう生かしていくか。ただ、あそこ環境教育の場にするからいいんだでなくて、例えば子供さんたちを総合学習とか環境教育のときにそこを現場にして湖沼群から見た環境とか、せっかくラムサールに指定されているだけのああいう野鳥なんかも飛来しているわけですから、それの連動も含めて子供さんたちとかそういう関連する人たちの教室の場、そしてそれを定期的に講座を開くとか教育委員会と連動して子供さんたちとか関連する方々を呼んでくるという、せめてそれくらいはしてしかるべきなのかなという気がしますので、そこら辺、環境教育という1つのキーワードからすると、いろんな、もしかすると部局にも波及することがあるので、そういう連動しているかどうか、お聞かせいただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。財政課長、伊藤隆敏君。
財政課長(伊藤隆敏君) それでは、私からは病院会計繰り出しの関係、基準額、繰出基準額についての内容でございますけれども、基準額といたしましては15億8,989万7,000円という数字でございます。この内容が前年度との比較増減というお話でございましたが、大変申しわけございません。整理してから後にご答弁申し上げたいと思います。よろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) サンクなどの環境教育施設等での環境教育推進方法ということで、現在サンクチュアリセンターあるいは伊豆沼をフィールドとして地元の小学校、中学校においてはこれまでどおり取り組まれているというところでございます。しかしながら、伊豆沼以外において大変不十分なところがあるわけでございます。したがいまして、現在私どものほうで取り組んでおるのは、伊豆沼から平筒沼とか平筒沼から津山のイヌワシとかの山へつなげる、そのようなつながりを持った環境教育といいますか、取り組みといいますか、そのような取り組みになるような環境教育事業を今進めているところでございます。
 平筒沼におきましては、地域のコミュニティーの方々と合同で自然再生をベースにした地域おこしまで、その中で地域の方々で平筒沼等の自然に詳しい方がたくさんいらっしゃるわけでございます。その方々とも連携をとりながら、昔の平筒沼はこうだったということを地域の小学校あるいは中学校の子供さん方にも伝えていきたい。環境教育の中に地元の方の参加も取り入れていく予定としているところでございます。伊豆沼から津山のイヌワシのところまでつなげていきたいと考えております。
委員長(中澤 宏君) 遠藤 音君。
5番(遠藤 音君) 今サンクチュアリの件につきまして、当然先ほどお話ししたように9町が合併したので、その町域にそのフィールドというのは結構あるでしょうから、それをせめて全町域、市内の小中の方々が中学校卒業するまできちっとそういう自分たちが生まれ育った中でどういう環境にいるのか、何を守らなくてないか、何をこれから進めていかなくてないのかというキーワードがあるので、そういうものを全学生が押しなべて皆さん同じようなプログラムの中で体験させていただくということで、地域の学校だけ、関係する学校だけでいいんだという発想でないと思うので、その辺は今お話ししたような延長でやっていただければと、そういうものを期待しております。よろしくお願いします。
 病院のほうについては15億8,000万円が基準内ということで、それ以外は基準外ということで、理解して構わないでしょうか。
 それと、その対比は前年度対比は後で、大丈夫ですか。じゃあお願いします。
委員長(中澤 宏君) 財政課長、伊藤隆敏君。
財政課長(伊藤隆敏君) 大変失礼いたしました。
 病院会計繰り出しの基準内のボリュームの比較でございますが、平成24年度当初と比較いたしまして1億1,890万4,000円、三角の1億1,890万4,000円、平成24年度当初と比較いたしまして平成25年度当初におきましては減少ということでございます。よろしくお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) ほかにございませんか。福祉事務所長、千葉幸毅君。
福祉事務所長(千葉幸毅君) お話をいただきました敬老行事の地区の補助金の状況、今担当のほうで平成24年度の申請、今取りまとめ中で今お話しいただきました全市内の各行政区で全部申請して全対象がしているかというものは、今の各支所のほうに問い合わせて把握している状況ですので、ちょっとしばらく、大変申しわけないんですけれども、お待ちをいただいてよろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) 岩淵正宏君。
28番(岩淵正宏君) では、多分全行政区やっていればいいわけですが、この持ち方ですね。恐らく行事に関してこれは減ることはないと思うんです。これからどんどんと対象者が75歳に達してふえていく。市長としてこの行事、ずっとこのまま1人当たり2,000円で続けていくべき行事と考えているのか、行政区にあっては敬老者が敬老者を祝うというような現状でございます。とても子供たちもいない、若い人たちもいない、とてもこの行事ひどいやというのも実際我々ご案内いただいて参加してみるとそういうお話が聞こえます。これを例えばコミュニティー単位、1行政区でなく複数行政区の体制に改めるとかまたは参加できない、もし行事ができない行政区があればこの補助金自体を見直さざるを得ないのかなと思うわけです。市長、今後祝い金について方向性、どのように考えているかだけお聞きします。
委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) この敬老事業については、実は各区長さんからもいろんなお話をいただいております。こういった事業を継続してほしい、もしくはもうちょっと内容を充実してほしいというお話をいただく方もいる反面、実は運営に苦慮されているという方もいらっしゃいます。それから、一方では75歳という年齢ももうちょっと、例えば設定を少し上げていったらどうなのかというお話をいただいている方もあり、そういった意味では一様なご意見というわけではございません。
 しかしながら、やはり各行政区でこれを運営するということは、これからなかなかその運営が難しくなることは当然想定されますので、新年度になりましたら早速にでもこの内容についてはしっかり検証して、そしてその検証は我々だけで検証するのではなくて各区長さんとか運営をしていただいている皆さんのご意見をいただきながらよりよい方向で、そして余り負荷のかからない形の中でできるようなあり方等につきましても十分検証していきたいと思っております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。
 質疑なしと認め、質疑を終結します。
 これで3款民生費、4款衛生費についての質疑を終わります。
 ここで、説明員の入れかえのため暫時休憩します。
          休憩 午後1時23分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時26分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、5款労働費、6款、農林水産業費、7款商工費について質疑を行います。質疑はありませんか。22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) まず、お伺いします。概要書74ページ農業委員会費についてお尋ねします。
 登米市の農業委員さんの現状、合併時と現在の事務の中身についてどのような違いがあるかお伺いします。
委員長(中澤 宏君) 農業委員会事務局長、佐藤昌彦君。
農業委員会事務局長(佐藤昌彦君) 合併になって7月に改正になったわけでございますが、業務で大きく変わりましたのは合併でも部会等が3部会に構成されるとかそういうところも変わっておりますが、特に変わりましたのは、平成21年12月農地法の改正に伴いまして農地パトロールいわゆる耕作放棄地の利用状況調査とか、それから農業委員会の活動そのものが全国的に停滞しておった、何をしているかわからないということ等がございまして、見える化ということで農業委員さんの活動がかなり義務化されてきております。その中におきましては農業委員会の活動記録を記帳し、それを提出するとか、それから農地部会、昔の総会等々におきましては、ただ許可相当とか不許可ということだけではなく、なぜそれが許可になって妥当なのかとかそういう会議の内容、具体的根拠まで示して会議の公開と議事録が求められている。さらには、見える化の一環でございまして、事務手続あるいは処理期間等を周知徹底し、より農地の移動等が市民に農家の方々にわかるようにとかなり農業委員会の業務は多く、しかもハードになってきているという状況でございます。
委員長(中澤 宏君) 沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) そこで、実はここに書いてあります委員さん方の報酬の問題です。登米市では委員さんは月額3万5,000円であります。隣の石巻市は4万4,000円、隣の栗原市は4万5,500円、まだ近くの大崎市も4万5,500円という、登米市において一生懸命頑張っている委員さん方、もちろん報酬を目当てにやっている人は誰もいません。しかしながらこのような近隣の農業委員さん方のこんなに繁多になっている状況の中でこれでいいのかという感がしますけれども、局長の感想をお願いします。
委員長(中澤 宏君) 農業委員会事務局長、佐藤昌彦君。
農業委員会事務局長(佐藤昌彦君) 全くそのとおりでございまして、例えば経営耕地、農家数等を見ましても大崎、栗原に匹敵あるいはそれ以上ということで、定数から見ますと1人当たりの守備範囲もかなり広くなっているという状況で確かに今おっしゃいましたように農業委員の報酬は若干低いのかなと感じております。
 ただ、当時、合併のとき合併協議がなされまして、その際古川市程度を基準に検討した経緯があるようでございまして、ただ登米市の場合、業務協力員といいまして、農業委員のほかに各地域に農業委員さん方をカバーする方が5名とか10名とか置いておりまして、登米市内では120名ほど置いております。その協力員さん方の手当も含めて農業委員の報酬と合わせて大崎市並みという申し合わせがあったために、現在の農業委員さんの報酬が若干低くなっているという状況でございます。
委員長(中澤 宏君) 沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 局長はそこまでしか答弁できないと思います。
 市長、若干という、4万5,500円と3万5,000円で言葉で言うと若干という言い方なんですけれども、何割という言い方になります。やはりここは合併時の想定を超えた現状の業務量になっております。これは例えば職員をこのやり方でいいますと、1,000名から300人減らしましたと同じくらいの状況の今の農業委員さんの負荷がかかっております。その辺やはり、ことしとは言いませんけれども、この農業委員さんの報酬については世間並みという、そういった考え方を持っていただきたいんですけれども、いかがでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 今お話しのとおり、農業委員会の局長がお答えしたとおり低い額になっております。先ほど、農業委員会の局長がお答えしましたとおり、合併協議のときは協議だという考え方があるかもしれませんが、私のほうでも農業委員会さんとこのことについて協議しております。農業委員会の会長さんあるいは局長とも話ししたんですが、やはり登米市に移行する際、栗原あるいは大崎さんにはない協力員制度を登米市では設けた。農業委員の定数48と現在の協力員122名合わせて170人が農業委員会の業務、パトロールであるとかいろんな業務をやっています。栗原、大崎では48、あるいは50人の農業委員さんだけ、協力員がおりませんので、そういう中で業務をやっております。そういうことからして報酬が若干低く、当時は決定されたという経過がございます。
 今後、協力員さん方の制度、今のままでよろしいのかあるいは見直しが必要なのか、それらとあわせた中で農業委員さん方の報酬についても検討してまいりたいと考えておるところでございます。
委員長(中澤 宏君) 沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) ぜひ、検討していただきたいと思います。
 次に、概要書80ページ生産調整費についてお伺いします。実は、今般各行政区で減反に関する説明会がありました、生産調整に関する。そこで、議員に中田町域の皆さんからかなり質問があった案件があります。それは慣行栽培における米の反当収益について中田町は581キロ、次の町は米山で565キロという、約16キロと収益に差がある。この根拠について資料をいただいていますけれども、もう一度部長のほうからこのことについて答弁をお願いします。
委員長(中澤 宏君) 農産園芸畜産課長、高橋 充君。
農産園芸畜産課長(高橋 充君) 基準反収のことだと思いますが、登米市再生協議会の中で、この平成25年度の生産方針のことや、そしてまた農家の配分率、そしてまた基準反収、そして平成25年度のいろいろな取り組み等に協議をいたしまして決定事項になっておりますので、2月中旬からJA宮城登米の集落座談会を経て生産調整の方針について皆さんにご説明したところでございました。
 その中で、やはり委員ご指摘のとおり基準反収に関する質問が多分あってございました。そういった意味で、この基準反収の決定根拠でございますけれども、迫地方農業共済組合にお聞きしたところでございますが、昭和58年度に共済の合併当時、各組合単位で基準反収を決定したということでございます。その中身につきましては水田の条件によりまして1等級から9等級に区分されてございます。その反級の等級ごとの差につきましては反収20キロでございます。そういった意味で各町域ごとの等級の面積については当然1等級は何ヘクタール、2等級は何ヘクタールといった構成の段階で面積の基準反収が違っているということは等級ごとの面積に反収を掛けましてそのトータルの収量をその地区の面積で割ってございます。そういった意味で各町域のばらつきがあるということでございます。
委員長(中澤 宏君) 沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 委員長、済みません、資料をそちらにお見せしたいので、暫時休憩をお願いします。
委員長(中澤 宏君) 暫時休憩します。
          休憩 午後1時36分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時36分
委員長(中澤 宏君) 再開します。
 沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 私が今執行部の皆さんにお渡ししましたのは、東北農政局が各町の作況指数を出すための東北農政局で調べた米であり、それから水稲、陸稲であり、小麦という、そういった農産物の各町域ごとのデータであります。
 私は、この農政局のデータを見て驚きました。実は、平成7年から16年間のデータを出してみました。そうしますと、中田町域では551キロ、平均でですね、豊里町域は547キロ、米山町域では548キロでした。その中に、平成15年に400キロぐらいしかとれない年がありましたので、これを削除して、平成6年から平成16年の10カ年の平均を出しました。そうしましたら中田町域は569.3キロ、豊里町域は564キロ、米山町域は565キロ、まさに今回の農協が各町域で回って歩きましたデータとほぼ同じ数値がここになっております。この中に中田町域の581キロなんていう数字はどこにもありません。
 私は、登米共済のほうが独自のいろいろな制度の中でやっていく。そのことをどうこう言うつもりもないし、それはそれでいいと思います。しかし、行政が行っているこのデータを、東北農政局のデータを全く無視してやっていくというこのやり方についていかがなものかという気がします。
 先ほど申しましたように、この平成15年の約400キロ前後の不作を削除したかたちの10年間の平均を見ますと今お話ししました平成25年度の言われております米山の565、豊里の564、これも平均ぴったしです。だったら、この中田町域も10年間のデータの569.3、これが妥当ではないかと思いますけれども、いかがでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) ただいまご提供いただきました資料、あるいは議員お話しの部分、そのとおりでございます。私どもでいわば再生協議会の中で出した部分については、若干長くなりますけれども、地力区分、これは基本となるのは共済の基準反収、これをベースにして政府の統計あるいは作況指数等で出される数値、これらをもとに出している数字が今ご指摘の町域の部分でいうと中田町域581キロという数字になります。
 この違いは少しございまして政府統計についてはふるい目が1.7ミリございます。共済については以前は政府統計と同じであったわけでございますけれども、その後見直し等がございまして1.8ミリでございます。実際に、農家が出荷するのはおおむね1.9ミリ以上ぐらいのふるい目の違いがございます。
 私どもで出している慣行栽培、再生協で出したのは581キロいわゆる1.7という数値の中での算出でございますので、その違いがございます。したがって、ベースにする部分は共済の地力区分、いわゆる基準反収なるものをそれぞれ使ってございますけれども、今議員がお話しの政府統計、そういった部分を反映させた中できちんと出しておりますので、今の状況ではこういう数字にしかならないということでございます。
 しからば、次の質問ではないんですが、基礎となる共済の地力区分、基準反収、そういった部分についての見直しはどうなのかということについて資料の提出をお願いする段階でいろいろお聞きしました。今すぐ、来年にやりますとか、そういったところまではいかないんだけれども、圃場整備の進行状況あるいは経年的に変わってきている状況もあるやに伺っているということでございますので、1つの検討素材、きょう出された質問等も含めて検討素材にしながら今後検討していきたいという話は得てございますので、そういった部分で私どもとしても反対に共済のほうに、今日出された質疑の状況あるいはこれからの考え方等含めて要望あるいは考え方の交換、そういったものを行っていきたいと考えてございます。
委員長(中澤 宏君) 沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 部長、私は共済組合のデータの出し方がいいとか悪いとかじゃない、これはやはり独自のやり方ですね。共済制度に基づいてやっているので、そこに焦点を当てるつもりはありません。
 やはり、私は登米市として行政として国がやっている作況指数の出し方の数値、これをまず一番に考えてしかも先ほど申しましたようにこの慣行栽培基準反収に、こんなに私も計算してぴったしかんかんだと思いませんでした。1キロも違いません。これであれば、やはり私はこの例に倣って中田町域については569キロ、これが正しい数字ではないか。農家の方、581キロで市に任せたい、農協に任せたほうがいいかもしれないという、そういう嫌味さえ聞こえてくるんですよ。どうして中田町域だけ16キロもオーバーにとれるのか。中田で森と新井田地区の境で16キロも違うんだとっしゃ。こういう話ですよ。私はもっと現実味を帯びた国のデータの569.3、これが一番合っているという気がします。このことについて、今すぐどうしろということでありませんけれども、しかし部長、大変申しわけないですけれども、これからの話です。やはり現実味帯びたこの国の私の上位であります東北農政局の出したデータのほうがより現実的だと思いますけれども、いかがでしょうか。しかも、このときはまだ環境保全米もないし、今みたいに窒素成分を慣行でやっても低く抑えて転ばないようにして米を1等米つくるという、そういった時代でなくて、追肥でいっぱいして、転ぶ直前ならば転んでもいいぞみたいな感じで私もつくりました。あれから10年、20年たってつくり方も変わりました。これよりもっと米の収量減っていますよ。ですから、これは早急に見直すべき思いますが、いかがでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) その町域の違いは何回も申し上げますとおり、基準反収、地力区分の1から9までのとり方の問題でございますので、そこが出発でございます。最終的に、加重平均した後の今回使っている数字につきましては登米市全体で563キロでございますので、先ほど来申し上げているいろんな共済とかあるいは政府統計、あるいは県でも同じ数字を使ってございますので、こういった部分と大きく差があるわけではございません。
 どこに差が出てくるかというと、何回も申し上げたようにその地力分、等級によって違ってくるわけです。参考まで、今議員からご提供いただいた資料の中でも例えば平成16年度中田町という部分では599キロという年もあるわけでございますので、そういった部分は年による違いは全て反映してございます。一番もとになるのは何回も申し上げているように共済の基準反収でございますので、当局分です。そういった部分について今ご指摘いただいた部分については十分受けとめまして、ぜひ農家の方の実際の勘定、そういった部分の違いがないよう今後も努力していきたいと考えてございます。
委員長(中澤 宏君) 沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 確かに、平成16年、中田町域599キロでした。しかし、豊里は594キロ、米山は596キロです。どれだけの違いがありますか。そんな16キロも違いましたか。現実はここなんですよ。みんながいっぱいとった、10俵近くとったときでも米山町域と3キロしか違わないんですよ。なのに、この今回の出された数値では581キロ、エサ米については581キロにならない場合については一般米の米を足しても反当581キロにしなさいという、そういった指導です。
 ですから、農家の方々が、部長、部長を責めて、前からこれでやっちゃったから部長を責めたくないんですけれども、終わりの方で大変申しわけないんですけれども、やはりここはぜひ部長の力を持って見直していただきたい。そして、やはり真山部長という、中田町域でありがたい部長であってほしゅうございますけれども、いかがでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 今のお話の部分はいわゆる今までの面積等を基準にしたものから数量を基準とする、いわゆる一括管理方式ということがことしの大きな変更点の1つでございます。これは、いろいろございまして、例えば悪いケースでは横流れあるいは農家における適正な肥培管理を行わない等のご指摘が全国的にございまして、やはり国民の税金を使う以上、そういうものを放置しておくわけにいかないと、そういった改善策などのためにということで打ち出された中身でございます。これを今私どもの中で変えることはできませんので、今いただいた分については将来に向けた課題としてきちんと共済も含めてお話し申し上げておきますので、平成25年の取り組みについては変えるわけにはいかないということでございます。
 ちなみに、これは委員にご提供した資料の中にもあるんですが、登米市共済は1等級から12等級まであるんですが、登米市は1等級から9等級までの区分でございます。ちなみに、中田町域は1等級89.96%でございます。それから、米山については1等級が8.09、2等級で85.51%、豊里は1等級ございませんで、2等級が99.05%と、こういうものが反映されていますので、どうしても町域間の差が出てくるということでございます。よろしくお願い申し上げます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。12番、二階堂一男君。
12番(二階堂一男君) 概要書88ページ、林業費についてお伺いします。
 林業振興費の中の里山再生事業の関係が出ておりまして、補助金という内容になっておりますが、200万円、この内容についてもう一度説明をいただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農林政策課長、高橋 巌君。
農林政策課長(高橋 巌君) 里山再生事業の概要についてお知らせをいたします。事業の目的につきましては林地の保全、水源の涵養、温暖化防止、こういったいわゆる自然環境の保全ということが目的でございます。これは広葉樹を守っていきましょうということでございまして、いわゆる伐採をした際の造林に対する補助、さらに造林はしませんが自然再生の形もございまして、その伐採後、大体5年程度たった際の下刈り、あるいは萌芽処理、枝打ち、そういった作業に対する事業に対する助成でございます。
委員長(中澤 宏君) 二階堂一男君。
12番(二階堂一男君) そうすると、林家の所有する山、例えば今で杉山になっていた部分を伐採をするあるいは大幅な間伐をしてそこにナラやクヌギを入れて混合林をつくると、そういう状況の中での補助金でいいのか、個人に対してですね。その辺はどのようになっているかお伺いします。
委員長(中澤 宏君) 農林政策課長、高橋 巌君。
農林政策課長(高橋 巌君) 今のお話は混合林というお話でございましたので、この里山再生の場合は広葉樹林を対象にしておりますので、ご理解をいただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 二階堂一男君。
12番(二階堂一男君) これは例えばどのくらいの実績があったのか。例えば今後どれくらいを見込んでの200万円なのか個人があるいは組合所有であれば組合と思うんですが、その部分ですね。例えば、全くの個人の申請でもこれはいいのかどうか、その辺を確認したいんですけれども。
委員長(中澤 宏君) 農林政策課長、高橋 巌君。
農林政策課長(高橋 巌君) まず、実績でございますが、平成24年度現在における実績でございます。面積が5.68ヘクタールとなっております。この事業、平成22年度から実施をしておりまして、平成22年度については15ヘクタール、23年度については10ヘクタール、現在5.68ということですから、徐々に面積の実績としては減ってきている状況でございます。個人の申請に基づいて対象にしておりますので、よろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) 二階堂一男君。
12番(二階堂一男君) もう一度確認ですが、その場合は面積は全然関係ないんですか。例えば自分の裏山伐採して広葉樹を入れるということで大きさとか何か条件がありますか。その辺あればお話をいただきたい。
委員長(中澤 宏君) 農林政策課長、高橋 巌君。
農林政策課長(高橋 巌君) 面積要件につきましては特に設けておりませんので、個人のいわゆる裏山の伐採、それに対する事業実施については対象といたしております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。18番、田口久義君。
18番(田口久義君) 概要書は79ページ、それから別冊1は41ページの人・農地プランについて伺います。人・農地プランの策定については本市自体で策定することに、たしか昨年中ぐらいでしたか、期限つきであったと思うんですけれども、その辺の進捗状況はどうなっているのか、まず伺いたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農林政策課長、高橋 巌君。
農林政策課長(高橋 巌君) 人・農地プランの関係でございますが、登米市では昨年の5月に人・農地プランを作成をいたしております。現在までの状況でございますが、検討会を5回開きまして、その都度5月に作成したプランを変更いたしております。その状況でございますが、中心経営体の数でございます。74経営体、これは認定農業者の方がほとんどでございます。それから、その中心経営体に農地の集積について協力する農業者、いわゆるリタイアされる農家、農業者等でございますが、これは85人となっております。それから、中心経営体74の中に4件の新規就農者を位置づけしているという状況でございます。
委員長(中澤 宏君) 田口久義君。
18番(田口久義君) そうすると人・農地プランの策定については既に策定済みという解釈でよろしいわけですね。
 それで、このプランの中で農地集約に当たっての農地集積協力金、30万円、50万円、70万円とありますけれども、これについては今回予算計上されておるようでございますけれども、規模拡大加算金の件、これについてはどのようなことになっているのか。これらを期待して農地集約を進めている農家も多いと思うんですが、それらについての支弁、支給等についてのスケジュールはどうなっているのか、その辺についてもお話しいただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 農林政策課長、高橋 巌君。
農林政策課長(高橋 巌君) 人・農地プランと関連をして規模拡大加算の件でございますけれども、規模拡大加算につきましては市の会計は通りません。戸別所得補償制度の中でいわゆる加算ということで申請取りまとめにつきましては市のほうで行いますけれども、書類は国、東北農政局のほうに上げまして、国から直接農家に交付されるというものでございます。
委員長(中澤 宏君) 田口久義君。
18番(田口久義君) そうすると解釈としては農地集約協力金は市で決裁といいますか、しますけれども、拡大加算金については国が直でやるといいますか、そういった解釈でよろしいんでしょうか。もう一度お願いします。
委員長(中澤 宏君) 農林政策課長、高橋 巌君。
農林政策課長(高橋 巌君) そのとおりでございます。
委員長(中澤 宏君) 田口久義君。
18番(田口久義君) それでは、国といいますか、農政局のことですから、その辺のスケジュールはどうなっているのか。いろいろと既に平成25年度の耕作が始まるわけでございます。種もみの準備からも始まっていくわけでございます。そうした中でいまだにその辺の部分が不透明といいますか、何かいろいろ申込者が多くて、予想以上に多くて規模拡大申請者に対しては繰り延べしているということも聞いたことがあるものですから、その辺はどうなっているんでしょうか。スケジュールどおりに順調にいっているという解釈でよろしいんでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 農林政策課長、高橋 巌君。
農林政策課長(高橋 巌君) 事務スケジュールということですが、まず9月に第1回目の書類の申請、取りまとめを行いまして国に申請する。12月と3月、年に3回の事務手続をもって処理していると解釈しております。
委員長(中澤 宏君) 農産園芸畜産課長、高橋 充君。
農産園芸畜産課長(高橋 充君) 規模拡大加算農地利用集積円滑化事業の期間でございますけれども、平成25年度の対象期間といたしまして、平成25年3月から平成26年2月までに公告したものとなってございます。
委員長(中澤 宏君) 田口久義君。
18番(田口久義君) そうすると、そういった申し込み等についてはまだまだ期限的にスパンがあるということで、決定的な部分はまだ確定できないという部分があるという解釈でよろしいんでしょうか。
 それから、さっきもお聞きしましたけれども、規模拡大加算金、この辺の支給は国とはいいますけれども、どのように、いつころになるんでしょうか。その辺はお答えいただけないんでしょうか。この場でわかればお願いしたいと思うんですけれども。
委員長(中澤 宏君) 農産園芸畜産課長、高橋 充君。
農産園芸畜産課長(高橋 充君) 直接の円滑化団体、JA等も関係ございますので、そこら辺、資料を持ち合わせてございませんで調べてご報告申し上げます。
委員長(中澤 宏君) 田口久義君。
18番(田口久義君) 資料がないから調べてということなんですけれども、もう既に皆本年度の耕作に向けて申請しているわけですよね。そうした場合にいつだかわからないという話も、間違いはないんでしょうから、それでは今まで申請された部分については基本的に耕作していいんだという、そういう契約に基づいて耕作していいんだという補助金等も含めて、その辺は間違いないという解釈でよろしいんでしょうか。その点だけ確認させてください。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 済みません。不十分な答弁になりまして申しわけございません。
 今の規模拡大加算につきましてはここでいえばJAが円滑化団体になってそこでとり行ってございます。当然、その前段に農業委員会等も含めた手続等、あるいは私どもにそういった部分も回ってきますので、委員おっしゃるように滞っているとかあるいは支払いなるかどうかわからないとか、申請を出して棚上げされているという事態はありません。ないと私のほうは認識しております。
 ただし、国もあるいは私どものほうも今予算審議でございますけれども、予算というものがございます。そういった部分での一定の制約を受けることはこれは当然あるわけでございますので、年度が1つの区切りになりまして、あるいは対象とならなかった部分が次の年度へということもございますので、そういった部分の取り扱いはあろうかと思いますけれども、基本的に滞っていて棚上げされるという事態にはなっていないと認識してございますので、よろしくどうぞお願い申し上げます。
委員長(中澤 宏君) 田口久義君。
18番(田口久義君) それでは、その辺をきちっと耕作者に対して説明できるような体制を整えていただきたいと思います。これはよろしくお願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございますか。
 質疑あるようですので、ここで暫時休憩します。10分間休憩します。
          休憩 午後2時03分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時11分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 ほかに質疑ありませんか。6番、阿部正一君。
6番(阿部正一君) 何点かお聞きします。76ページなんですが、熊の捕獲器、これはどこに設置なされるのか。それとたしかこのどこかにあると思うんですが、有害駆除費があると思うんですが、今大変高齢化をして有害駆除に出る方が大変少ないということは多分御存じだと思います。もう少し有害駆除費を上げていただけないかという意見がございますので、その辺についてお尋ねします。
 まとめて聞きます。それから、デスティネーションキャンペーンでお尋ねいたします。今回大々的にやるようでございますが、施政方針にもあるんですが、ちょっと気になることがございました。観光船を運航するということで北上川と長沼という位置づけになっておりますが、関係者とはよく話し合ってこのような施政方針でお話をしているのか、その辺についてお尋ねをいたします。とりあえず、2点についてお尋ねします。3点かな。
 済みません、もう1点。申しわけないです。それから、一般質問しましたが、東日本大震災による補助制度がありますけれども、私、無利子の貸し出しはないのかという質問をしておりましたが、その確認をさせてください。
委員長(中澤 宏君) 農産園芸畜産課長、高橋 充君。
農産園芸畜産課長(高橋 充君) 有害鳥獣の関係でございます。有害鳥獣につきましては、あくまでも農作物に被害が確認できたということでございますが、今回熊わなを購入するわけですが、どこに設置するのかというご質問でございます。平成24年度につきましては熊の出没件数について3件ほど事案がございました。その間、9月に2件、そのうち1件については熊ではなくカモシカという、足跡から見ればカモシカということでした。9月もう1件、中旬ころに東和の、これは高城山というリンゴ畑でございますが、そこで確認された農作物の被害につきましては足跡、ふんからの情報としまして熊だという判断で現地にわなをかけた経緯がございます。そういった中で、今回この熊わなを買ってどこに仕かけるのかということでございますけれども、現在東和町総合支所に熊のワナを管理していただきまして、この出没地区の現実があった地域、もし出ればかけていきたいと考えてございます。
 有害駆除隊の関係の謝金についてでございます。確かに謝金もしかることながら、メンバーも大変高齢化になってございます。その育成についてもいろいろ協議会の中で問題が出てございます。そういった中身を今後メンバーそしてまた謝金も考えながら、協議会の中でこれは検討していきたいと考えてございます。
委員長(中澤 宏君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) デスティネーションキャンペーンの件でお尋ねがございました。観光船でございますが、1つは5月5日に北上川のほうで運航する予定でございます。これにつきましては主催が宮城北上連邦ということで調整をしておりまして、実施に向けて既に協議が進んでおります。
 それからもう1点、長沼の遊覧船でございます。こちらにつきましては登米風土博覧会が4月27日から29日までの3日間開催されるということで、その3日間観光物産協会の船のほうで実施をするということで協議を進めているところでございます。(「調整中」の声あり)調整中でございます。(「続けて、貸し付け」の声あり)それから融資の件、無利子の件でございますが、現在もございます。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) まずDC期間中の観光船、今課長が答弁したとおりなんですが、北上川については1日だけでございまして、調整作業は大分進んでございます。
 長沼については、期間はこちらの考えとしては風土博覧会の3日間ということで予定はしているわけでございますが、関係者等の調整についてはまだ進んでいない状況でございます。
 それから、融資の関係なんですが、制度的には無利子の融資ございますが、登米市の今の現状の中では低利の融資、そういったものが該当してくるというものでございます。例えば、沿岸部の被災の状況等の中では無利子とかそういった制度もあるんですが、登米市の今の災害の状況の中では現段階では実際にはないということで理解していただいてよろしいということでございます。低利な融資はあるということでございます。
委員長(中澤 宏君) 阿部正一君。
6番(阿部正一君) 有害の件ですが、今の1人の駆除する範囲が大分広くなってきております。ぜひそのへんの点も考えていただいてくれればいいなと思いますので、お願いをいたしたいと思います。
 無利子のものはないということでございますが、今後登米市として考えていくあれはないでしょうか、これから。大分、これから再建しようという商店街の方々もおられます。ぜひ、そのような制度があると助かるということでございますので、お話をしていただきます。
 それから、観光船につきましてですが、今物産協会でやるということですが、物産協会単独では恐らくここには船は浮かべられないと思います。一応、私も組合に入っておりますので、漁業権がありますので、恐らくこの時期網をかけます。漁業補償をしていただかないとうまくないというお話も出ておりますので、ぜひその辺はお話をしていただきたいと思います。
 それから、もう1つこの件についてお話をしておきます。これまで何かをはすまつりするにしても何か船を浮かべるにしても、いつも漁協と昔からトラブルが起きているようでございます。そのたびに組合長はかわる、役員は総辞職するということがあります。これはトップダウンでやってしまって、そんな状況が起きております。組合の方々、皆さんと素朴で人のいい方たちなので、商売のようにして語られると全然わからないものですから、すぐそれに乗ってしまいます。その後、いろんな問題が起きてこれまで数々の役員の方がやめておりまして、大変今でも尾を引いておりますので、その辺はしっかりとお話をしてすすめていただきたいと思います。この件についてはもう一度答弁をお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 長沼にかかわる部分、委員にも別な立場でいろいろご指導賜っているわけでございますが、近年についてはいわゆるトラブルと言われる部分はそう多くないと、基本的にうまくいっているという認識でございます。なお、今いただきました時期的な網を張ることとか、そういうことについては十分関係する団体にお伝えしたいと思います。
 それから融資にかかわってですが、確かに震災後2年近くたとうとしているわけでございますが、これから事業を初めていくという方もおられることは事実でございますから、この辺については関係する商工会等も十分お話をしながらきちんと登米市の商業なり工業なり、そういった部分に寄与するものであれば考えていくこともあると思ってございますので、これは関係する部分と十分なる意見交換をさせていただきながらやるべきものはやっていくというスタンスで臨みますのでよろしくお願い申し上げます。
委員長(中澤 宏君) 阿部正一君。
6番(阿部正一君) 今、長沼の件、トラブルがないということでありますが、組合の方々は相当人がいいものですから、大分引き下がっていると思われるところ、現実にあります。それは部長はよく御存じではないかなと思いますし、実は大変困るのは直接県のほうにいろんな問題を投げかけては困るんですよ。それが今でもあるんですね。それで、県のほうから組合のほうに連絡が来るんだそうです。それは前からでございますので、ぜひそのようなことのないように、今トラブルがないというのは、組合の方々が人がいいからトラブルがないだけの話でたくさんありますので、ちゃんと認識しておいてください。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めますか。ほかに質疑ありますか。7番、佐々木 一君。
7番(佐々木 一君) まず、概要書79ページ6款1項3目8細目の今回新たな地産都商についてお伺いします。この事業は概要では開催場所が首都圏の量販店、開催回数が10回で月1回のペース、開催期間は1回当たり1日間とありますけれども、今後の登米市の農産物の販売の可能性の実証事業と思いますけれども、この量販店の店舗数、そして回数と兼ね合わせといいますか、何店舗で何回、1店舗で10回やるのか、10店舗で1回ずつやるのか、その点をまずお聞きをいたします。
 それと、概要書91ページの商工振興育成費の中の負担金補助及び交付金、この中に4,600万円ほどありますけれども、この中に恐らくあると思いますけれども、共通商品券、とめっこマネーあれの補助金が入っていると思いますけれども、その関係の補助は平成25年度は幾らになっているのか、まずお聞きをいたします。
委員長(中澤 宏君) 米販売促進専門監、菅原貞治君。
米販売促進専門監(菅原貞治君) 都市部進出型直売活動についてのご質問でございます。これにつきましては1店舗で10回と考えております。以上です。
委員長(中澤 宏君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 共通商品券事業補助金の額でございますが、平成25年度180万円を予算化しております。
委員長(中澤 宏君) 佐々木 一君。
7番(佐々木 一君) 地産都商、1店舗で10回、これはいろんなデータとるにも同じ場所で回数数えたほうが私もいいと思いますので、ぜひ実のなる事業になりますようによろしくお願い申し上げます。
 それととめっこマネーでありますけれども、今年も180万円ですか。これは何のために変えたかちょっとわからない。12月21日から変わりましたよね。1枚1,000円券で期間が6カ月。誰のための商品券、恐らく利用頻度がかなり減ると私は思うんですけれども、恐らく登米市の振興協同組合の都合で私はこのようにしたと思うわけでございます。回収が思うようにいかないとか恐らくそういうことがあると思いますけれども、1枚最低1,000円の商品券、これは私たちも幾らでも利用しようと思って今でも利用した経緯はあります。その使うのもやはりお見舞いとかあるいはお祝い、それのお返しがほとんどなんですよ。私らは。それが1,000円券となるとちょっと5,000円あるいは3,000円のお返しになりますと普通はこの辺で半返しとなりますけれども、1,000円では何ともならないんですよね。それで今度は6カ月の期間がついたということになると、誰のための商品券なのかと私大変疑問に思うんです。
 そもそもこの商店街の売り上げの向上と活性化のためにつくった事業で市でもこれに補助しているんでしょうけれども、この変わる際に市のほうに恐らく相談があったと思いますけれども、これで納得したんでしょうか、このときは。まず、そこをお聞きいたします。
委員長(中澤 宏君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 商品券、内容を変える際に、組合のほうからご相談がございました。今委員ご指摘いただきました500円券、それが1,000円になったということ、それから期限がついたということ、期限がつきました内容につきましては先ほどお話がございましたように、なかなか券が発行はするものの使われないでたまっていっているという現状がございました。1,000円券にはいたしましたけれども、その際に市と話し合いをする中で例えば1,000円で300円買ったといった場合におつりが出ないようではますます使い勝手が悪いのではないかといったようなお話し合いもございました。これまでは500円ではございましたが、おつりは出ないといった形でございました。今回1,000円券にはなりましたが、おつりは出るといたしましたので、そのような点はこれまでより一部使い勝手がよくなってもあると承知しております。
委員長(中澤 宏君) 佐々木 一君。
7番(佐々木 一君) ああ、やっぱりそういう感覚なんですかね。おつりが出るから。こっちで商品券を出すほうとすればつり出るか出ないか関係ないですよね。3,000円は3,000円出さなきゃないですから。これは使うほうとすればつりは来るからいいんですけれども、仮になら、5,000円の半返しとすると2,500円。これ、どういうふうに出せばいいんですか。出せばいいんですかって聞いてもしようがないんですけれども、仮につり出るにしたってやっぱり2,000円か3,000円出さなきゃないですよね。こっちでは。そういったこと、ちょっとだから利用するほうの立場とすればちょっと納得できないですね。恐らく、市長も、これどうですかね。このいろいろ活性化あるいは売り上げ向上策のために大変ある程度頑張っていると私は思うんですけれども、これはこの変えたことによって私はかなり減ると思うんです。その件に関して見解をお伺いします。
委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 金券単位が1,000円になったということで、例えば使いにくくなったというご指摘もあると今お話を聞いていて思ったところでございます。そういった意味ではこの制度、どういった形で今検証するのか当然必要なことと認識をしております。やはり使い勝手のいい取り組みを進めていくことによってより多くの皆さんにまずご利用いただくことが大事なことではないかと思っております。そういった意味では、市内の地元の大手スーパーさんやいろんなホテル等が使えるようになったということの利用拡大には寄与する要因とはなっておりますが、さらにそういった利用拡大に拍車がかかるようにこれからも種々検討を進めてまいりたいと考えております。
委員長(中澤 宏君) 佐々木 一君。
7番(佐々木 一君) 本当に種々検討をしてくださいよ。いろいろ大きなスーパーで使えるようになったのは、これは確かですけれども、むしろスーパーのほうだって自分のほうの商品券使ってもらったほうがいいんですよね。これは手数料取られるそうですから、また別に。そういったことを考えると、本当に商店会の方々にも言われるんです。本当にかえって困ると、自分のところで現金で買ってもらったとか、そのほうがよほど余計な手間のかからないし、手数料もかからないから、だから消費者からも嫌われる、商店からも嫌われる、こうした商品で私は絶対長続きはしないと思うんですけれども、そのためにもせめて期限つきせめて、滞るって使い道ないっていや滞るから使い道ないんですよね。買うものがあれば本当に何とか流通はするんですよ。これを期限つきで消滅させるなんてちょっと、私には理解できないんですけれども、その辺できれば私はもとに戻してもらいたいんですけれども、その辺も検討にひとつ加えていただいて、今部長手振ったね、横に。だめなの、では。それなら本当はやめればいいんだよ、本当にこれは。別なやつ、本当に、先見えないですよ。よろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 市内の商店あるいは商工関係者、今こういう大変厳しい中で頑張っているわけでございます。そういう中で1つの重要な方策としてこういったものを組合つくってやってきているわけでございまして、確かに委員ご指摘の点も十分、これは総会等でもご意見が出ていますので、十分検討した上でこれでやっていこうということです。そのためには、市長から答弁あったようにやはりなかなか地域に密着して地元の方でということなので、大型店、登米市の資本でない大型店はなかなか一緒になりにくいわけでございましたが、それ以外の地元の大きなスーパーさんとかホテル、そういった方々も今回新たに入ってより使いやすくと、もう一方においてはできるだけ、費用はかけないでという部分、それから使われないで滞留している分についてはやはり税務当局のご指導もございまして一定の期限が過ぎればこれはこの組合の収入とみなして税務処理していくという指導、とうとう今の時代の中での部分でこれがやはり最善だろうということでの今回お話でございましたので、今回市としてもこれはある程度組合の考え方はわかりましたということで今に及んでいるわけでございます。
 ただし、これでずっとこのままいくということではございませんから、委員からのご指摘あるいは実際こうやって運用してみていろんな問題点があれば改めていくというのは当然、常に行っていかなければならないことでございますので、私どもとしてもきちんと意見は意見として伝えていきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。13番、相澤吉悦君。
13番(相澤吉悦君) 大変ありがとうございます。これは私の所管なんですけれども、万が一のとき戻ってこれないときありますので、これだけは言っておこうと思って今言います。概要書81ページなんですけれども、稲わら一時保管場所なんですけれども、これは私の地域にも私の部落にもあるんですけれども、これはつくってから2年以内ということで説明受けて皆さんもそう納得してやったんですけれども、間もなく2年が来ようとしておりますけれども、さまざま何も進みがないということで私地域の寄り合い等で言われますから、そのときにはもう少し待ってくださいということで必ずそのようなこと説明がありますからということでまず余り大きく騒がないでくださいと言ってきました。このことについて皆ここばかりじゃなくして心配しております。ですから、この答弁については私、市長からいただきたいですよ。お願いします。
 それから、もう1つだけ。さっき長沼に観光船を浮かべるということですけれども、4月に3日間、その観光船はいいんですけれども、4月、今の時期というのは蓮の葉も何もなくて水が、水面が夏のときとちがって3倍ぐらい広がっているんですよ。そしてまた、水深も夏のときの倍以上になっているんですよ。これはちょっとした風が吹いても海のような波になるんですよ、沼が。夏は、漕艇場の、漕ぐところしか水がないからどんな風が吹いても大丈夫なんですよ。これ見たことないと思いますけれども、太平洋で波が来るようになるんですよ、長沼が。荒れ狂うと。それが春というのは急激に波ばあんと風吹くときあるからこの安全対策だけは沼知らないと大変なことになりますよ。ですから、こういうことというのは十分に安全対策は、やっていただいて運航してもらいたいなと。この2点についてお願いします。
委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 実は、汚染稲わらの処理について、本当に地域の皆さんのご協力をいただいて今一時保管をしているという状況であります。また、この一時保管、一番早く設置を始めさせていただいたところが、期限が本年10月にその期限を迎えるということになるわけでございます。そういった意味では一刻も早くこの稲わらの処理の方法とその処分場所等の設置を強く求めているという状況です。
 一昨日、昨日と上京し、そして昨日は農林水産省の畜産課にお邪魔をし、この処理についていろいろと要請をしてまいりました。牧草、そしてふん尿等の処理についてもまた同じ課題を抱えているわけでございます。そういった意味では、市民の皆さんとの約束の期間がこうやって来ていること。そしてこの取り組みが実は国、県が遅々として進まない中で市がそういった取り組みに先駆けてやったためにむしろその約束の期限が他市町村よりも早く来るという状況となります。これは決して我々にとってもそして市民にとっても決していいことではございませんので、しっかりとした対応を強く求めていくということ。そしてさらにもし万が一そのような状況がかなわないのであれば、当然のごとく国県のほうからきちんと責任がある回答と、そしてその取り組みについて我々につきましても説明を求めていきたいと考えているところであります。市民の皆さんにご迷惑をかけることのないよう、しっかりとした管理体制と、そしてその処分のお約束の期日までにしっかりと取り組みを進めていただくように強く要望してまいりたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 長沼遊覧船の安全対策でございますが、委員からご指摘いただいたことのないようにしっかり安全対策を図ってまいりたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 相澤吉悦君。
13番(相澤吉悦君) 安全対策しっかりするというんですけれども、風吹いたときにまずもって沼に行ってみること。見なければ話にならないから。半端でない波だから。波しぶきこんなに上がって間もなく春だから、風吹くから、ここばあっと風強くなったとき、今でもなるから、ね、それを見なければできないと思いますよ。だから見てください。
委員長(中澤 宏君) 答弁はいいですか。佐藤尚哉君。
21番(佐藤尚哉君) 概要93ページ、3目です。もくもくランドのバイオマス発電施設工事ということなんですけれども、この中で効果ということで地域に与える6つの効果ということであるんですけれども、もう少し具体的になればなという形で思っています。6つ目には宮城県林業のトップランナーである登米市が林業の新しい時代を切り開くということで、文章的にはすごくいいんですけれども、やはりもう少し具体的になる中でさらに事業をやることによって将来にわたっての経済効果とか、そういったものもしっかりとうたうようでなければうまくないのかな。やはり、今山の財産というのは治山治水ですね。こういった面からも非常に大事ですし、大雨なんかも最近降っている中で1つの大事なことなので、ただ事業の中で全額補助事業で進めるということでございまして、売電ができないということが1つあるんですけれども、そういったことやなんかもあるんですけれども、やはりこれを地域経済なり林業振興につなげていって、効果もあるんだということを私も将来にわたっていいことなのかなと思っておりますけれども、ひとつもう一度答弁、考え方、効果、このほかにもこういったことがあるということがあればそれも含めてお伺いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 済みません。私の説明が多分足らなかったと思いますので、改めて申し上げます。まず大きくは年間の維持管理費用として2,691万5,000円ほどかかります。非常に多額のお金でございますが、このうちのおよそ3分の2、2,000万円程度はこの効果の中にあるように今十分に行われていない間伐あるいは間伐してもお金にならない分については山に置いている状況でございますから、そういった部分が事業で行うことによって拾い上げて拡大できるということです。単純に数値的なやつでいうと283ヘクタールの間伐の促進につながるということでございます。
 実際この作業を行うのは、どこか市外の方が行うわけでなくて基本的には森林所有者あるいは森林組合等でございますので、ここの収入として、直接収入としてヘクタール当たり6万4,000円の収入があると、できるということ、それからなかなか全て数値であらわしたいわけでございますが、1,517炭素トンの削減は図れることはそのとおりなんですが、これ以外にも数値で示せる部分がもっとあろうかと思います。そういった部分についてこの施設を設置した後の部分を十分検証しながらその時点で逐次出していきたいということでございます。
 ちなみに、年間維持管理費用2,690万円ちょっとの金額については市外に行く金額ではございません。全て市内のうちで、そこで、いわば回るお金でございますので、そういった部分でもここに掲げた以上の効果はあるのではないかと思ってございます。ぜひ、なかなかこの近くにはない施設になりますので、十分な安全を確保した上できちんとした運転管理ができるように努めていきたいということでございます。
 実質、運転開始になるのは少し先になりますけれども、平成26年度初めくらいということで予定してございますので、その間さらに私どもとしても自分が行うべき検証は行いながら経費は安く効果は高くということで詰めてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。
委員長(中澤 宏君) 佐藤尚哉君。
21番(佐藤尚哉君) そういうことで進めていくということで安心しましたけれども、しかしこの事業をすることによってさらにこの事業の範囲では283ヘクタールと限られていますから、さらにもっと山林広がっているわけでありまして、山を大事にするという部分ではこれまでも自然エネルギーなり再生エネルギーなりを変えていくという部分でいろいろ提案もしながらやってきておりまして、この間河北新報見ましたらペレットストーブがめらめらと普及しているという記事もありまして、そうした部分も大いにペレットをつくること、ストーブを普及すること等の導入に向けたこうした事業をそうした方向へ持っていくための方策として活用してほしいなと思いますけれども、そういった考え方についてお聞きしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) この施設で使う予定の部分はチップでございまして、今委員ご指摘の部分はペレットという形になろうかと思いますので、そんなに全く違う素材を使うわけではございませんので、いろいろこの事業を行っていく中でそういった部分のヒントなりあるいは実際実施に向けた方策あるいはマイナス面での課題、そういったものも見えてくると思いますので、他部署とも連携しながら今ご指摘のこの施設以外の拡大についても努力していきたいと考えてございます。
委員長(中澤 宏君) 28番、岩淵正宏君。
28番(岩淵正宏君) 今の部分で、部長から説明いただいた森林を守るというのが第一なのかなと。電気をつくるよりも、ついでに電気をつくるみたいな受けとめ方でいいのかどうだか、そこのところ。どっちが本もとなんだかお願いしたいと思います。
 間伐材、搬入してチップにしてそれを燃料ということなので、放射能の部分、灰が出るわけです。そこのところはどのように安全対策を行っているか。また、間伐材を燃やすのであれば今山に放置になっているほだ木25万本あります。一緒にチップ化して焼却したらいいんでないかなとも思うわけですが、いかがでしょうか。まず。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 済みません。二者択一の選択を迫られるとなかなか困るんでございますが、そもそもの部分はいわゆる道の駅の機能を高めるために防災拠点、そういった意味合い、あるいは本当に震災のときここの施設を一つの核として避難されてきた方々の対応してきた経験もつい最近にあるわけでございますので、災害は忘れたころならず記憶の中にも十分あるわけでございますので、そういった部分、きちんと対応できるような中身にしていこうと。
 あわせて、当然その施設の近くにあるさっと見渡せば全て山でございますから、この山を生かす手ということでバイオマス発電という着想に至って市長の政策判断の中で行うことになったわけでございますので、ここをまず成功させていくということでございます。決して二者択一ではございませんので、その辺はよろしくお願い申し上げます。
 それから、放射能問題、大変厄介な問題でございまして、当然ここの施設が稼動した時点ではきちんと測定いたしますので、その結果等も十分オープンにしますので、その状況を見ながら対応していくということになるんですが、現段階で例えば今ほだ木でございますが、じゃあ稲わらをここで燃やしたらどうかとかそういう話がいろいろ出てくるんでございますが、そういったものはまず今の施設では考えていないと、これは別途処理する中身だと位置づけでございますから、ぜひその辺も区分して考えていきたいということでございますので、よろしくお願い申し上げます。
委員長(中澤 宏君) 岩淵正宏君。
28番(岩淵正宏君) 災害拠点になる道の駅の機能も果たす役割、だったらやはり24時間対応稼動365日、土日も動かすべきではないのかなと思います。いつやってくるかわからないもののために発電、やっておく。聞くところによると日曜日は休んで夜は動かさないでみたいな、電気が欲しいときに電気が起きない施設なのかなと感じております。だったらば災害対応だけで考えるのであれば発電機、置けば十分なのかなというのは間違いでしょうか。
 それから、例えば放射能対策十分図る、間伐した部分、恐らく基準つくると思いますね。何ベクレルかということでその間伐の材料、チップに対してやはりほだ木もチップ化してはかるべきだと思います。基準以下であればどんどんチップとして、そのことによって山がきれいになるんですから何もそこは分けて考えることはない。基準以下であればどんどん山の守るという意味で私は進めて理解を得られるんでないかなと思いますが、いかがでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 決して土曜日曜休むとか、そういったことではございません。特に日曜日については比較的利用される方が多いわけでございますから、そのときに一番私どもも売りにしたい施設がきょうは休んでいますということではだめなので、そういったことは考えていません。
 それから24時間ということでございますが、これは例えば蒸気タービンの方式ですから蒸気にするまで少し時間はかかりますけれども、いつでもすぐ動かせるということでございますから、災害時は当然24時間稼働も不可能でございませんので、そういった運用はしていきます。
 それから、ほだ木の部分、出されたんですが、よく委員ご指摘の点理解できるんですが、やはりこれは少し区分して考えていかないと、これ実際に稼動できるのは平成26年度初めと申し上げました。その間、何もしないでいていいのかということもございますので、これはこれでやはり急がなくちゃならないほだ木の部分とかあるいは牧草とか、そういった部分は急がなくちゃならない部分もございますので、そこはそこでやはり一方において努力していくということでございますので、そういう考えでいるということでご理解をお願いしたいということでございます。
委員長(中澤 宏君) 29番、浅田 修君。
29番(浅田 修君) 今の件でございますけれども、私もなかなか説明受けた記憶余りないんですけれども、これはどこからの要望なり要請があったのか、この事業に対してお聞きします。
委員長(中澤 宏君) 農林政策課長、高橋 巌君。
農林政策課長(高橋 巌君) お答えいたします。
 当道の駅もくもくランドでございますが、この中の合理化センター、高齢者加工施設、ここの暖房設備がずっと古いもので現在使えない状況になっていることでございます。したがって、その暖房の設備を新たに行うという際に、いわゆる木質バイオマスを活用したボイラー設備、暖房設備を事業として登米市として取り組んでまいりましょうということからスタートをしております。それで、発電施設までの設備をその後考えましていわゆる木質バイオマス発電施設ということになっております。これは国の再生エネルギー事業に申請をしまして、その採択を受けて発電施設、ボイラーの部分については100%補助、建屋の部分については市単独の経費ということで現在進めているものでございます。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修君。
29番(浅田 修君) 暖房のために2,695万円、毎年かかっていくということなんですかね。今までの暖房費、幾らだったんですか。
委員長(中澤 宏君) 農林政策課長、高橋 巌君。
農林政策課長(高橋 巌君) 施設内の電気でございますが、平成22年度の実績で電気料が496万1,000円、それから灯油代ですが、48万6,000円ということでトータルで544万円ほどになっております。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修君。
29番(浅田 修君) まず、550万円ぐらいかかるという中で、今度2,600万円の暖房費がかかるということなんですか。この採算性はどう考えればいいんでしょうか。
 それから現状で間伐云々ありますけれども、今まで間伐幾らぐらいありました。どこ何トンぐらい何立方メートル山に残っているんですか。毎日それが搬出できるような体制になるんでしょうか。その補償が、これは森林組合との話もあったかと思いますけれども、そういう面でのなにはオーケーになっているんですか。そういったことをお聞かせいただきたいなと思います。
 それから、もくもくランドでこのようなものが必要なんだと、さらに森林組合がこのようなものが必要なんだというんだったら、補助金を出してその方々に補助金を出して一切手を引くような形ではどうなんですか。これで採算が合うんだったら。そういった手法が何で直営でしなければならないのか、その点の考え方です。
委員長(中澤 宏君) 農林政策課長、高橋 巌君。
農林政策課長(高橋 巌君) 初めに素材の生産量ということで、資料にも記載をしておりますが、登米市の現在の間伐等によるいわゆる年間の素材生産量が3万立方メートルということで記載をしております。
 これは、トン数換算をしますと1万2,000トンほどになるんでございますが、その中でシイ材、いわゆる利用されておらない素材の数量が2,400トンほどになります。この1万2,000トンの中の2,400トンほどになります。その中の1,413トンを今回のこの施設では利用しようという計画を立てているところでございます。
 それから、採算性についてでございますが、先ほど部長答弁しましたように年間の維持管理費としまして2,691万5,000円で、この中で先ほどお話ししましたこれまでの経費、光熱費500万円ちょっとかかっているわけですが、今回の施設については10時間程度の稼動時間ということで、夜間については東北電力からの電気を使用するということですので、併用になります。したがって、現在の光熱水費500万円以上の経費、そのままなくなるとはなりません。約7割ぐらい減少できるのではないかということで、その光熱水費の部分で400万円ほど、それから先ほど説明をしましたこの事業実施に伴う間伐の山の持ち主の皆さんに還元される金額でございますが、6万4,000円という試算をしまして、その効果のある283ヘクタール、この部分を見ますと金額として1,800万円の金額、さらに、さらにといいますか、この経費を計算をしますとなお500万円の数字的には赤字という計算になるわけでございます。
 この500万円の見方でございますが、先ほど来申し上げております6つの効果の中で災害時の道の駅の機能維持向上、あるいは二酸化炭素の吸収排出量の削減、あるいは新しい施設ということで、環境に関する市民、子供たちへの教育の効果など、そういった部分でカバーできるものもあるのではないかと捉えているところでございます。よろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修君。
29番(浅田 修君) 時間ない中でのなんですけれども、こういった説明が、我々いつ説明受けたのかなという、細い点でありますけれども、不思議でならないんですけれども、こういうの一発で出してくるような状況でございますから聞いているんです。
 今までの間伐材が本当に山にそのままシイ材という関係、それがどのように今まで使われているのかも、実態把握しているとは思うんですけれども、そういったこと、そしていろんなこと考えてこれにしましょう、2,600万円今から経費かけてもやりましょうとさらに100%だからいいんだ、補助率が100%だから、年間の償却、実質だよ、償却まで考えたらどうなんの。ほとんど合わないはず。この2,600万円どころではないはずだよ。これが今度補修だ修理だといったら大変な金が加算になっていくのかなと思います、そういった面で十分なる、今予算が上がってっからどうにもならないんだけれども、本当検討していかないと、やめるこったら早くやめたほうがいいべしさ、つくったって。本当そのような感じでございます。十分に気をつけてやっていただけば。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) ありがとうございます。先ほど来申し上げているように建設する部分が平成25年度でございますので、その間、実際に稼動運用できるのが平成26年度初めということに予定してございますので、当然あと1年以上ございますので、この間にもこれで全て検討が終わったということではなくてさらに検討すべき部分あるいは前者の質問にもお答えしましたけれども、費用は安いほどいいわけでございますので、効果は高くという観点で検討してまいります。
 ぜひ、2,691万5,000円、小さい金額ではないんですが、いわゆる平地の農業関係のほうでは戸別所得補償とかあるいは農地・水保全管理の取り組みを進めてございます。いわば、山版のそういった側面もあるということで、そういった効果を発現しながらぜひこの施設を運用していきたいと考えてございます。
 それから、実際にこれは所管する委員会のほうでも現地等何回となく見ていただいたんですが、実際に山に行けば使える材は当然持ってきます。使えない分については山に置きっ放しという状況ですから、決してこれが山にとっていい環境だとは思っておりません。これが幾らかでも採算合わないから持ってこれないわけでございますので、そこに少し手を加えることによって100%いかないにしても間伐とかそういった部分の整理が進むということで捉えてございますので、この点も含めましてよろしくお願い申し上げたいということでございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。質疑が続くようでございますから、ここで10分間休憩します。
 暫時休憩します。
          休憩 午後3時03分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時12分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 ほかに質疑ありませんか。10番、浅野 敬君。
10番(浅野 敬君) 7番委員の関連です。別冊1、39ページ都市部進出型直売活動促進事業、それからもう1点は29番委員の関連で別冊46ページのもくもくランド施設改修事業の2点についてお尋ねします。
 まず初めに、都市部進出型直売活動促進事業、新規事業にチャレンジされることは一定の敬意を申し上げるところであります。
 このB/Cは幾らになるか計算しておられればお知らせください。
 それから、もくもくランドのほうですが、バイオマス発電の検討でございますが、もう1点ペレット製造プラントというのは検討なされたものかどうか、その2点です。
委員長(中澤 宏君) 米販売促進専門監、菅原貞治君。
米販売促進専門監(菅原貞治君) 都市部進出型直売活動につきましての費用対効果ということのご質問と思われますけれども、これについては都市部でのそういった直売をやる場合に例えば流通経費とか販売の単価等で将来的に継続的な販売が可能なのかどうか。そういったものを検証するための事業でございまして、これにつきましての現在の費用対効果は出しておりません。以上です。
委員長(中澤 宏君) 農林政策課長、高橋 巌君。
農林政策課長(高橋 巌君) この施設の燃料についてはチップということでございます。ペレットの燃料も当然あるわけでございますが、ペレットのほうは熱効率がチップよりも劣るという、あるいはペレットのみではなかなか燃焼しないんだそうでございます。いわゆるファンを回す電気の必要もあるということで、燃料についてはチップを選定いたしているものでございます。
 それで、プラントの件についてはしたがって検討はいたしておりません。
委員長(中澤 宏君) 浅野 敬君。
10番(浅野 敬君) 初めのほうのB/Cについては計算はしていないということですが、多分この中身を見ますと平成25年度に限ってでしょうが、旅費が異常に大きいという状況なんですよ。ですから、これは純然たる経済活動では成り立たない、永続しないものだと私は考えるんでございます。ですから、平成26年度以降も拡大していくというんであれば、その辺の工夫は必要ではないかと感じたものでございます。
 それから、先ほどもくもくランドのほうについて話しましたのは、いわゆる山の保全といいますか、間伐材等の処理を進めたいということも一つの視点でございますので、それするのにはバイオマス発電と同じくペレット製造のプラントも検討してよかったのではないかと、どちらのほうが比較して登米市になじむのかなということはぜひ検討してほしかったなという思いを持ったものですから、改めて何かお話しできることがあったら教えていただきたいということです。
委員長(中澤 宏君) 米販売促進専門監、菅原貞治君。
米販売促進専門監(菅原貞治君) 今回の費用対効果の中で旅費が大きいということのご意見でございます。それにつきましては事前にいろんな折り込みチラシとか入れておきまして、イベント関係といいますか、登米市の食材フェア的な感覚でやりたいと思っております。
 それで、そこには生産者の方とかそういった方々も一緒に行っていただきまして、その地域の消費者の方との交流を図りながらその地域のファンをふやしていって、そこに定着できないかなということを考えておりますので、旅費関係が金額的に大きくなっているということでございます。
 なお、やりながらですけれども、状況については常に検証しながら進んでいければと思っております。以上です。
委員長(中澤 宏君) 農林政策課長、高橋 巌君。
農林政策課長(高橋 巌君) 大変失礼をいたしました。
 今回は、特にプラント、ペレットの分野については検討はいたしませんでした。したがいまして、先ほど勘違いをしたということがございますが、環境を守るということで、ペレットの活用ということも当然考えられることでありますが、登米市の場合、おが粉については畜産農家のほうで堆肥の水分調整剤としてかなり利用されているという、そういった活用方面にあったものですから、ペレットについては特にそういう前提のもとで検討しなかったという経緯がございます。今後、そういった方面についてもなお、加えていきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 環境課のサイドではいろいろペレットストーブとかそういう普及も図っていきたいということであるんですが、今の登米市の現状からすれば当然ペレットでもあるいは木丸々でもいいんですが、焼却灰の問題がどうしても残ってきますので、まず私どもの今予定している事業をやっていく中でいろんな問題点を整理する。あるいは課題的な部分を少し克服していくような努力をしていきたいと思っています。ある程度延長線上に今委員ご指摘の点のもっと山をよくしていくためには市民の皆さんが使い易いようなものでなければだめだと思いますので、そういった部分も出てくると思ってございます。
 ただ、前提は今放射能問題等がございますので、余りそこはすぐに一般的な普及へということにはなかなか、少し難しい側面がございますので、そういったことも含めて、この施設の中でできることについては十分検証していきたいと思っていますので、よろしくお願い申し上げたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 浅野 敬君。
10番(浅野 敬君) 直売のほうですが、何も私らからこんなことを言われたからって萎縮しないで堂々と本来の活動を続けていただきたいとお願いしたいと思います。
 それから、プラントのほうですが、ちょっと何ていうか、甘くないですか。一度やってしまえばあとなかなか引けないものですから、その辺の検証をもう少ししっかりしてほしいという感じはいたします。
 それから、このプラントは国産でしょうか。それとも外国産でしょうか、今検討中のもくろんでいるのは。その辺はまだお話しできないんですか。
委員長(中澤 宏君) 農林政策課長、高橋 巌君。
農林政策課長(高橋 巌君) プラントの、発電機、ボイラー等、これは国産でございます。以上です。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。8番、星 順一君。
8番(星 順一君) 4点ほど。まず1点目ですが、太陽光発電の関係で農業委員会のほうなんですが、いわゆる農地の規制がさまざまあって農地法の関係があって、それで農地にこういう太陽光パネルを並べるとか、そういうことをするともう今のところでは圃場整備したところ、20年たっても30年たってもそれを転用できないという事情があります。農家が自分でいわゆる農用地、ビニールハウスとか畜舎以外にということになってしまうと全く自分の土地であっても20年30年たっても圃場整備終わっても手をつけられない状況があります。これは全くおかしいので、農家にとっても非常に不利益をこうむっている。
 ところが大型店の進出になると圃場整備したところも別な法律つくって簡単に5町も10町も大規模に農地転用を図って大企業優先というか、そういう優先で農家は全然手をつけさせないでほかの企業とか民間には農地をそういうふうにして開発をさせると、そういう仕組みになっています。これをやはり変えていかなくてないと思いますので、これについての、これはなかなか農業委員会の局長だけでは難しいかもしれませんが、こういう取り組みを農業委員会としても農家を守る、農家の経済を守るという立場から私ぜひ取り組むべきでないかと思っています。
 この前もちょっとお話ししましたが、国のほうでも今回の規制緩和の中に農地のそういう手続の緩和、そういうものの検討に入っておりますので、ぜひこれは市長も頑張って田んぼの真ん中に例えばそういう施設をつくるというのであれば確かにそれは問題です。私もそれは反対です。ただ、やはり農家が畜舎のすぐそばの農地、それからビニールハウスをつくるのにそこの隣に太陽光発電の電気を使って野菜を栽培するとか、こういう組み合わせ、何ぼもできるわけなのでぜひそれはやっていただきたいと思います。
 もう太陽光発電メーカーはさまざまな試算を、例をつくって方々でやっているんですよ。登米市も太陽光発電、市そのもの自体でも風力発電、これは誘致して取り組んでいますので、農家自身も土地いっぱい持っていますので、そういうことを有効活用して例えば老後の年金足りない分だとか老後とっても体力落ちて野菜づくりも牛も飼えなくなったというときに、そのときは太陽光発電のそれを年金の補填に充てるとか、それで老後を楽しく過ごすとか、こういうことをきちんと農家経済のためにやるような、そういう仕組みで頑張ってほしいと、これについての見解をお願いします。
 それから、81ページの先ほども出ました稲わら対策ですが、これは登米市は県にもどこにも先駆けて放射線稲わらが多いので、本当に取り組みました。産業経済部の職員の皆さん、大変な苦労をしましたが、2年という約束でした。
 先ほど来お話がありますが、皆誰も喜んで引き受けたわけでありません。反対運動があったり、その隣近所、さまざまなあつれきがあったりしてそして決めて当然まだ反対だと言う人もいます。そういうところに設置していますので、早く2年たったら撤去してほしいと、これは当然出てきます。
 これの取り組み、どうしますか。またこの前のように2年間お願いしますと産業経済部の職員の皆さんが歩いて、そして地域の皆さんを説得して歩くつもりでしょうか。これはよほど覚悟して段取りしないとだめだと思いますが、考え方お願いします。
 それから企業誘致、順調に進んでいると思いますが、92ページで企業立地奨励金がございますが、雇用効果というんですか、どれぐらいあったとして、数字で説明できるのであれば説明をしていただきたい。
 それから、私思うんですが、三陸道というか、先ほど出た93ページの市の観光物産施設ですが、三陸道が先般入谷のトンネル貫通しました。多分数年で本吉町まで行くんだと思います。そうしますと、さっき言っていた森の茶屋、もくもくランドとかはっきり言って寄っていただく人は10分の1になるんでないかなと思っています。うちのほうで伊豆沼農産が全くそうでした。新田バイパスできたので、地域にとっては非常に交通安全の分でよかったんですが、直売所とかお客さんがもう本当に激減しました。それで、でも伊豆沼農産は海外まで輸出して、例えば香港に出店を出したり、大手のデパートとちゃんと契約をしたりして、そういうネットワークからインターネット販売からさまざまなネットワークを持っていましたから、これは今でも立派に経営をしています。
 翻って例えばもくもくランドとか森の茶屋、そういうところを見ていますとはっきり言って車で来た人、そのときに来ていただいてお昼をいただく。わざわざあそこまで訪ねていってという、そういう魅力を持った製品なり商品があるかなと思うと、その辺非常に心配しています。そういう対策をもう今年度から、新年度から講じなくてはならないのではないかと思いますが、どのようにお考えでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農業委員会事務局長、佐藤昌彦君。
農業委員会事務局長(佐藤昌彦君) 再三のご指摘いただいておりますが、全く進展のないお話になってしまいますけれども、第1種農地だけにつきましては大変申しわけございませんが現在の規制では大変厳しい状況になっております。第2種、第3種農地につきましては市内でも二、三既に有志企業等も入りまして個人の農家の方々と組んでのり面等含めて、例えば今実際行われているのは改善地域とその隣接地という、そういうところを活用した太陽光発電でございまして、圃場整備した、要するに1種農地と言われる、10町以上のまとまった優良農地については今でも現段階では厳しい基準があります。
 先ほど委員さんご提案の、その中でも今規制制度改革の中の分科会第2次、第3次報告では可能な限り農地につきましては日照条件がいいのでこの基準をもっと緩めるといいますか、別の観点から検討されて早急に進めるようにという動きはあるようでございますが、大変申しわけございません。現段階ではすぐオーケーということにはいっておりません。
 なお、これにつきましては農業委員会の委員さんの中からも出ておりますので、委員会等としても農家の意見、要望として今後の農業会議所、全国農業会議所農業会議への政策提案として持っていきたいと考えております。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 次の稲わらの問題でございますが、もう1回市民の方々に頭を下げて期間の延長ということは全く考えていません。この中身でいきます。ただし、今何が登米市含めて課題になっているかといえば宮城の中につくる最終処分場、これ、国でつくるわけでございますが、県も協力してという部分がなかなか難しい問題でございまして、これが決まらないということでいろいろ進まないことの大きな要因の一つでございます。
 この部分がクリアできればいろいろ私どもの部署でも検討している部分はございますので、早急に進める方法はあるわけでございます。何といってもここでございますので、ここを抜きにして何か次の手ということはないわけでございますので、ここは十分ご理解をお願いしたいと。そういった観点で先ほど市長も答弁してございますので、よろしくお願い申し上げます。
 三陸道が全線開通に伴う影響等のご心配でご質問いただきました。特に、東和の森の茶屋の部分については少し三陸道の建設が早まってはいますが、できた時点からこの部分は織り込んでございましてこれが出たときにいかがするかというところまで含めた会社の経営、そういったものを考えてございます。具体的に、しからばどうなのかということの部分は今後具体化されるべき部分があるわけでございますが、十分委員ご指摘の点、そのようにならないようにしていくということでございます。
 さらには、登米市におけるいろんな観光についてもできるだけ多くを回っていただく、そのような仕掛け、そういったものも今回のDCの中でも組んでございますし、この間も取り組んでまいりました。そういった部分を強めながらこれに対応するような内容でいきた。ただし、全く同じということはあり得ませんから、そこはご指摘の点、きちんと対応していきたいということでございます。
 それから、企業誘致に伴う実際的な効果ということでございますので、従業員数の部分とかそういった部分、ある部分で室長からお答えさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。
委員長(中澤 宏君) 新産業対策室長、佐々木茂光君。
新産業対策室長(佐々木茂光君) それでは、私のほうから誘致企業等の雇用の関係についてお答えさせていただきたいと思います。
 これまで誘致等してきた企業は8件ございまして、操業した企業は8件ございます。去年7月30日現在で古い数字で申しわけございませんが、その8件の雇用者数で正社員が254名、パートが13名、期間契約社員が51名、派遣が92名合わせて410名となってございます。旧豊里小学校に立地をされます新校舎もございますが、この新校舎の分は入ってございません。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 星 順一君。
8番(星 順一君) ぜひ1点目の太陽光発電は、これはもちろん登米市だけではかないませんので、やはり全国の農業者の人たちが当然今農業経営非常に厳しい中もしくは高齢化の中でなかなか新しい、例えばよく複合経営だとか新しい6次産業とかと言っても、そういうふうなことを言ってもかないません。ところがお金は持っていて何かにやりたい、ぜひうちの周りは太陽光パネルを敷きたいというそういう方は結構これから出てくると思いますので、農地ですので限定はされると思いますが、うちの周りにそういう農地が、荒れ放題であってそれでも転作も何もうちではできないという人たちは当然地域で転作取り組めばいいんですが、そうもできない地域もいっぱいありますので、そういう副収入の道として太陽光パネル等を設置して環境対策にも優しいわけですから、そういう取り組みが農家自体ができるように、そういう発想の転換に取り組んでほしいと思いますので、ぜひこれは市長の将来展望も含めて市長のほうからも答弁願いたい。
 それから、稲わら対策ですが、2年間は、それ以上考えていないと言っても現実的に運ぶところがないといったときにどういうふうにして地域の人たちを説得するのか。登米市だけでも1カ所に集めますという話になっていくのかどうか。もうあと1年でも半年でも置かせてほしいという話になるのか、これはもう目に見えていますよね。県の知事が2年でなくて3年にしてほしいという話をしているんですから、登米市だけがいや2年ですから何とか県、これを持っていってくださいと、そういうことができるんですか。その辺もう1回確認させてください。
 それから、企業誘致ですが、今まで南三陸含めて大津波の地域からもこちらへ随分企業の皆さんが来ました。そういうことでぜひ定着を図るような取り組みをさらに頑張るべきだと思いますので、よろしくお願いしたい。
 それから、三陸道対策ですが、これはやはり地域を挙げて登米市の北上川左岸、東和、津山、登米、東和、面積的には42%の面積があります。人口は多分1万2,000人ぐらいですかね。ですから13%ぐらいでしょうか。面積は山林は田んぼの面積より多いんですよ。ですが、登米市の発展、将来を考えればやはり北上左岸地域の北上山地の位置づけ、地域としてそこにきちんと定着して暮らせる。そういう環境をきちっとつくっていけるかということが非常に登米市の将来にとっても私は大きいと思っています。そういう意味では林業振興費とか林業費、約3億円ですよね。それで投資するのにいいとか悪いと議論、先ほど来ありますが、私はきちんと投資をしてあそこの地域をどういうふうな形で将来の展望を切り開いていくかというと、旧3町含めてきちんとした位置づけをしていかなくてはならないと感じます。
 特に、北上山系というか当然歴史もいっぱいありますし、例えば華足寺とか横山観音だっけ、柳津虚空蔵尊、皆古い歴史の中でつくられてきたものです。それから当然遠野物語と同じような話もいっぱいそういう文化がありますし、ぜひそういう歴史も思い返しながらあそこの地域振興を図っていく。
 特に、うちのほうよりも日格差というんですか。1日の温度格差が大きいので、例えばリンゴとかそういう非常においしくできる。昔だったら米川に行って紅花を栽培している。なぜあそこかというと、日格差が大きいので花の色つきがすごくいいとか、そういう地域の特徴はこの平場地帯と比べればかなりあります。ぜひそういう特性を生かして、そういう意味もありまして、私は津山、登米、東和の全体北上山系、そういう歴史とか自然条件の有利性を生かしてそれを将来どうしていくかということを全体的に計画をつくっていくべきではないかと、かつて東和町で合併前にバラ色の夢を市民に与えて合併した経緯があります。そこまでいかなくてもそういう夢をかなり北上山系あの中で生きている人たちに夢を与えてその中で頑張っていくという、若い人たちはそこで育てていくような、そういう支援をしていく体制をつくるべきだと思います。どうでしょう。企画なり、産業経済部長なり。答弁いただきたい。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 済みません。第1点、稲わらの問題、先ほど答弁したとおりでございます。とにかく、市民との約束は守るということで頑張ってまいります。
 当然、県知事の環境副大臣等が宮城県に来て知事といろいろ会談した内容等も私どもも承知はしてございます。ただし、この種の問題、先に送れば送るほど時間かかるだけの話でございますので、やはり登米市は登米市の立場としてきちんとこの部分は変えないでお願いすべき点はお願いしていくあるいはみずからやるべき点はやっていくというスタンスできましたので、そういったことでいきたいということでございます。
 それから、次の道の駅等の質問から派生しまして観光、林業、リンゴですから農業あるいは紅花等にわたる大変ご示唆いただきました。これを受けとめましてそう遠くない時期に市の総合計画もつくる時期になりますので、十分そういったものをいただいた点を素材にしながら私のほうですぐ来年にこの事業とはならないんですが、受けとめながらぜひ内容の充実に向けて努力していきたいと思ってございます。
委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 山間地の振興策についていろいろとご指摘をいただきました。そして、今回の震災に当たってそういうエリアが実は沿岸部の支援の拠点となっていたという経緯もございます。そういった意味ではやはり多くの皆さんがその地に実は足を運んでいただいてそれぞれの地域の特性や魅力を実はたくさん掘り起こしていただいたという経緯がございます。そういった意味では、なかなか地方への定住というものが難しいと言われている反面、実はそういった地域の中に定住を求めたいというお話が出てきているというのも事実であります。しかしながら、貸家がうまくマッチングをしないという状況もございますので、ぜひその辺は地域の皆さんのところにも足を運ばせていただきながらどういった形でそういう取り組みができるのかどうかしっかりと検証し、その施策の中に盛り込ませていただきたいと思っております。
 それから、森林施業についていろいろと課題はございます。しかしながら、実は以前行政報告でもご報告をさせていただきましたとおり、米川地区の米川生産森林組合、また登米市市有林の森林管理が大変すばらしいということで高い評価をいただきました。そういった取り組みを市内全体に広げていくために、ではどのような支援が必要なのか、どのような取り組みが必要なのかという課題になってくるだろうと思っております。そういった意味では、林道の整備でありましたり、除間伐をした木質バイオマスの有効活用の方策をやはり盛り込んでいくことによって、経済的にもそして資源的にも循環をしていくような施策をとる必要があるだろうと思っているところであります。
 また、そういった意味では、農地の有効活用の視点についてもいろいろご指摘をいただいております。そういった点につきましてももろもろ、今現状の中でクリアすべき課題というのは非常にハードルが高いというのは重々承知をしておりますが、関係方面にはいろいろと我々としての考え方もお伝えさせていただきながら、どのような手だてを講ずることができるのかしっかりと検証してまいりたいと考えております。
委員長(中澤 宏君) いいですか。ほかに質疑ございますか。5番、遠藤 音君。
5番(遠藤 音君) 別冊1、39ページ地産都商ですかね。先ほど専門監からこのことについては説明いただいたんですが、この目的が全体を占めているのかなと思いますけれども、農業は登米市にとって基幹産業だと、そのためには農業者が安心して営農に取り組むことができる、子や孫の世代に自信を持って農業経営の継承を進めること、進めなくてないんだと、そのために所得の向上と経営の安定を図る、これが重要だと、そのためにはなおさら所得の今言ったような形をするために消費者から評価を得、それがきちっとした流通販路体制を持った上でこれから構築していくための実証実験なんだという捉え方ですよね。関連しますけれども、概要書78ページから始まる各種の食材物産販売拡大事業、これも同じ目的ですよね。
 それなのに先ほど専門監が可能かどうかを検証するんだと。引っかかるんですよ。可能にするためトータルないろんな具体的なマッチングとか食材フェア、登米市産材利用促進販路拡大、ブランド認証、米販売拡大、スタンプラリー、特産物開発支援、今言った形のものとアグリビジネス人材を育成しようと今言ったように可能にするために戦略を練っているはずなのが可能かどうかを検証するんだと、整合性とれない、一つはそういう消極的な形で当初の目的とするものが果たして達成できるのだろうか。というよりも、ちゃんとそれを達成しようとしているかどうかですよね。
 これはトータルで誰がこの絵を描いているんですか、全ての。そして何年を目途に、例えばビーバイシーと言いましたけれども、この費用をかけてこれだけの人を動かして例えば所得向上、農家の所得向上を何%何年まで上げようと、その戦略なくしてこういうばらばらなことをやってしまったらばそれこそイベント行政というか、その場その場のただ場当たり的な発想でやってしまっているんでないかなという気がするんですよ。ちゃんとした将来的な見通し、ここを目的にするというものがあってそういう数値的な目標なり当然持ち合わせて進んでいると思うんですけれども、そこを具体的にお聞かせください。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) まず、地産都商という新しい言葉を使っていますけれども、この取り組みです。これは2年、3年取り組むという予定ではございません。この1年の中できちんと課題の整理、そして登米市の農産物が定例的に置けるようにしていきたいという目標のもとに取り組んでございます。
 ほかの事業についてもとかくイベント型ではないのかというご指摘は多くはないんですが、少なからず受けます。ただ、こういった事業の中でどこかの場面でできた成果等を例えばマッチングであればどことどことつながって1年間にこれくらいのあるいはこのくらいの量の取引ができましたという部分、どこかで整理しておつなぎ申し上げますので、そういったことを一つの目標に今取り組んでいるわけでございます。
 こういう取り組みがなければ従来の市場出荷一辺倒ということになりまして、なかなか消費者の顔も見えないあるいは消費者の側からすれば生産者の顔も見えないということで、プラスアルファとすべき部分がなかなか出てきませんので、そういったものを少し付加してこの事業をぜひ成功させていきたいと、そういう目標に向けていきますので、だめな選択は考えていませんので、その中で努力していきたいということでございます。
 それから、誰が描いているのかということでございますが、誰がではございません。産経部あるいは担当の部署の中でいろんな職員間の事業の検証あるいは新しい予算をつくるときの会議、そういった中でいろんなアイデアが出てきてやっていく、あるいは外部のほうからこんな事業がやれないのかどうか、そういったご指導とかいただいた分もございますからこれを今の既存の事業とあわせながら検討して、一つは年度の予算、そういったものに結びつけていく、あるいは中長期的な戦略と言われる部分が足らないかもわかりませんが、そこについてはいろんな1日1億であったり市の上部の計画等にぜひリンクさせるように努力していきますので、よろしくお願い申し上げたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 遠藤 音君。
5番(遠藤 音君) 中長期的な展望なくしてやっからなかなか見えないものがあって要は戦略ってマネジメントするというのは最初に言った目的があってそのためにこういう事業を置いているんだと。そうするとこれは全部トータルでどういう動かし方をすれば先ほど来言う、安定的に将来に向かって孫や子が農業に入ってこれるような所得を上げるためにこれをやっているんでしょう。それが中長期的なものがなければどこさ行ってしまうのという話になるわけです。それは絶対持たないとちゃんとマネジメントできるような体制づくりを絶対とらなくてないんで、それは留意してやっていただきたい。
 例えば具体的に私が提唱したネットでの公設市場ということで実証実験してもらった東和の林林館でやっていますけれども、当初は市のホームページにもリンクしなかったと。やっとリンクしたと思えばどこを開いていいかわからないと。せっかく登米市のああいう、楽天を使って登米市の直接売れるような形をとっているにもかかわらずホームページ1回でクリックできないと、そこら辺からして誰がマネジメントしてるのかなという気がするんです。やはり、十分みんなで登米市のものを高く付加価値をつけて直接売っていく。いろんな系統の出荷もあるでしょうし、そこともリンクしながら所得向上に向けていくんだという戦略をどうぞつくっていただければと思います。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) マネジメントするのは最終的には市長でありますし、産業経済部にかかわる分については私でございます。十分今ご指摘いただいた点踏まえて登米市のさらなる発展に向けていきますので、よろしくどうぞお願い申し上げます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。15番、伊藤吉浩君。
15番(伊藤吉浩君) ちょっと長くなるかもしれませんが、よろしいでしょうか。(「あした」の声あり)
委員長(中澤 宏君) あしたという声がございます。いっぱいありますね、皆さん、じゃあどうですか。いっぱいありますね。じゃあ、いっぱいあるようですから。
 お諮りします。本日の会議はこれで延会したいと思います。これでご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 異議なしと認めます。
 よって本日はこれで延会することに決定いたしました。
 本日はこれで延会します。
 ご苦労さまでました。
          延会 午後3時54分

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>