•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(中澤宏)
  •   2  委員長(中澤宏)
  •   3  19番(相澤吉悦)
  •   4  委員長(中澤宏)
  •   5  収納対策課長(工藤郁夫)
  •   6  委員長(中澤宏)
  •   7  19番(相澤吉悦)
  •   8  委員長(中澤宏)
  •   9  収納対策課長(工藤郁夫)
  •  10  委員長(中澤宏)
  •  11  22番(庄子喜一)
  •  12  委員長(中澤宏)
  •  13  工業振興課長(伊藤秀樹)
  •  14  委員長(中澤宏)
  •  15  委員長(中澤宏)
  •  16  工業振興課長(伊藤秀樹)
  •  17  委員長(中澤宏)
  •  18  22番(庄子喜一)
  •  19  委員長(中澤宏)
  •  20  工業振興課長(伊藤秀樹)
  •  21  委員長(中澤宏)
  •  22  財政課長(千葉清)
  •  23  委員長(中澤宏)
  •  24  22番(庄子喜一)
  •  25  委員長(中澤宏)
  •  26  工業振興課長(伊藤秀樹)
  •  27  委員長(中澤宏)
  •  28  22番(庄子喜一)
  •  29  委員長(中澤宏)
  •  30  工業振興課長(伊藤秀樹)
  •  31  委員長(中澤宏)
  •  32  22番(庄子喜一)
  •  33  委員長(中澤宏)
  •  34  工業振興課長(伊藤秀樹)
  •  35  委員長(中澤宏)
  •  36  10番(佐々木一)
  •  37  委員長(中澤宏)
  •  38  委員長(中澤宏)
  •  39  総務課長(大柳晃)
  •  40  委員長(中澤宏)
  •  41  委員長(中澤宏)
  •  42  建設部長(中津川源正)
  •  43  委員長(中澤宏)
  •  44  10番(佐々木一)
  •  45  委員長(中澤宏)
  •  46  住宅整備課長(小野寺克明)
  •  47  委員長(中澤宏)
  •  48  総務課長(大柳晃)
  •  49  委員長(中澤宏)
  •  50  15番(佐藤恵喜)
  •  51  委員長(中澤宏)
  •  52  財政課長(千葉清)
  •  53  委員長(中澤宏)
  •  54  副市長(藤井敏和)
  •  55  委員長(中澤宏)
  •  56  24番(八木しみ子)
  •  57  委員長(中澤宏)
  •  58  財政課長(千葉清)
  •  59  委員長(中澤宏)
  •  60  24番(八木しみ子)
  •  61  委員長(中澤宏)
  •  62  企画部長(秋山茂幸)
  •  63  委員長(中澤宏)
  •  64  委員長(中澤宏)
  •  65  5番(工藤淳子)
  •  66  委員長(中澤宏)
  •  67  市民協働課長(佐藤靖)
  •  68  委員長(中澤宏)
  •  69  企画政策課長(小野寺仁)
  •  70  委員長(中澤宏)
  •  71  5番(工藤淳子)
  •  72  委員長(中澤宏)
  •  73  企画政策課長(小野寺仁)
  •  74  委員長(中澤宏)
  •  75  5番(工藤淳子)
  •  76  委員長(中澤宏)
  •  77  企画政策課長(小野寺仁)
  •  78  委員長(中澤宏)
  •  79  5番(工藤淳子)
  •  80  委員長(中澤宏)
  •  81  企画政策課長(小野寺仁)
  •  82  委員長(中澤宏)
  •  83  23番(二階堂一男)
  •  84  委員長(中澤宏)
  •  85  市民協働課長(佐藤靖)
  •  86  委員長(中澤宏)
  •  87  23番(二階堂一男)
  •  88  委員長(中澤宏)
  •  89  市民協働課長(佐藤靖)
  •  90  委員長(中澤宏)
  •  91  23番(二階堂一男)
  •  92  委員長(中澤宏)
  •  93  市民協働課長(佐藤靖)
  •  94  委員長(中澤宏)
  •  95  23番(二階堂一男)
  •  96  委員長(中澤宏)
  •  97  市民協働課長(佐藤靖)
  •  98  委員長(中澤宏)
  •  99  25番(岩淵正宏)
  • 100  委員長(中澤宏)
  • 101  市民協働課長(佐藤靖)
  • 102  委員長(中澤宏)
  • 103  市民生活課長(佐藤豊)
  • 104  委員長(中澤宏)
  • 105  25番(岩淵正宏)
  • 106  委員長(中澤宏)
  • 107  13番(伊藤栄)
  • 108  委員長(中澤宏)
  • 109  企画政策課長(小野寺仁)
  • 110  委員長(中澤宏)
  • 111  13番(伊藤栄)
  • 112  委員長(中澤宏)
  • 113  市長(布施孝尚)
  • 114  委員長(中澤宏)
  • 115  13番(伊藤栄)
  • 116  委員長(中澤宏)
  • 117  市長(布施孝尚)
  • 118  委員長(中澤宏)
  • 119  委員長(中澤宏)
  • 120  1番(熊谷和弘)
  • 121  委員長(中澤宏)
  • 122  市長公室長(佐藤裕之)
  • 123  委員長(中澤宏)
  • 124  市民協働課長(佐藤靖)
  • 125  委員長(中澤宏)
  • 126  1番(熊谷和弘)
  • 127  委員長(中澤宏)
  • 128  市長公室長(佐藤裕之)
  • 129  委員長(中澤宏)
  • 130  市民協働課長(佐藤靖)
  • 131  委員長(中澤宏)
  • 132  6番(浅野敬)
  • 133  委員長(中澤宏)
  • 134  総務部長(千葉博行)
  • 135  委員長(中澤宏)
  • 136  契約専門監(及川仁)
  • 137  委員長(中澤宏)
  • 138  6番(浅野敬)
  • 139  委員長(中澤宏)
  • 140  市長(布施孝尚)
  • 141  委員長(中澤宏)
  • 142  契約専門監(及川仁)
  • 143  委員長(中澤宏)
  • 144  6番(浅野敬)
  • 145  委員長(中澤宏)
  • 146  副市長(藤井敏和)
  • 147  委員長(中澤宏)
  • 148  6番(浅野敬)
  • 149  委員長(中澤宏)
  • 150  副市長(藤井敏和)
  • 151  委員長(中澤宏)
  • 152  6番(浅野敬)
  • 153  委員長(中澤宏)
  • 154  14番(浅田修)
  • 155  委員長(中澤宏)
  • 156  検査専門監(菊幸誠)
  • 157  委員長(中澤宏)
  • 158  14番(浅田修)
  • 159  委員長(中澤宏)
  • 160  14番(浅田修)
  • 161  委員長(中澤宏)
  • 162  迫総合支所長(目々澤義信)
  • 163  委員長(中澤宏)
  • 164  14番(浅田修)
  • 165  委員長(中澤宏)
  • 166  14番(浅田修)
  • 167  委員長(中澤宏)
  • 168  米山総合支所長(金野信義)
  • 169  委員長(中澤宏)
  • 170  21番(及川長太郎)
  • 171  委員長(中澤宏)
  • 172  中田総合支所長(佐々木茂光)
  • 173  委員長(中澤宏)
  • 174  迫総合支所長(目々澤義信)
  • 175  委員長(中澤宏)
  • 176  登米総合支所長(西條利光)
  • 177  委員長(中澤宏)
  • 178  東和総合支所長(吉野晴彦)
  • 179  委員長(中澤宏)
  • 180  豊里総合支所長(大久保仁)
  • 181  委員長(中澤宏)
  • 182  米山総合支所長(金野信義)
  • 183  委員長(中澤宏)
  • 184  石越総合支所長(木村達之)
  • 185  委員長(中澤宏)
  • 186  南方総合支所長(猪岡秀博)
  • 187  委員長(中澤宏)
  • 188  津山総合支所長(高橋正弘)
  • 189  委員長(中澤宏)
  • 190  選挙管理委員会事務局次長(遠藤貞)
  • 191  委員長(中澤宏)
  • 192  企画政策課長(小野寺仁)
  • 193  委員長(中澤宏)
  • 194  21番(及川長太郎)
  • 195  委員長(中澤宏)
  • 196  企画政策課長(小野寺仁)
  • 197  委員長(中澤宏)
  • 198  21番(及川長太郎)
  • 199  委員長(中澤宏)
  • 200  選挙管理委員会事務局次長(遠藤貞)
  • 201  委員長(中澤宏)
  • 202  21番(及川長太郎)
  • 203  委員長(中澤宏)
  • 204  選挙管理委員会事務局次長(遠藤貞)
  • 205  委員長(中澤宏)
  • 206  総務部長(千葉博行)
  • 207  委員長(中澤宏)
  • 208  21番(及川長太郎)
  • 209  委員長(中澤宏)
  • 210  総務部長(千葉博行)
  • 211  委員長(中澤宏)
  • 212  委員長(中澤宏)
  • 213  3番(佐々木幸一)
  • 214  委員長(中澤宏)
  • 215  人事課長(阿部孝弘)
  • 216  委員長(中澤宏)
  • 217  総務部長(千葉博行)
  • 218  委員長(中澤宏)
  • 219  3番(佐々木幸一)
  • 220  委員長(中澤宏)
  • 221  人事課長(阿部孝弘)
  • 222  委員長(中澤宏)
  • 223  3番(佐々木幸一)
  • 224  委員長(中澤宏)
  • 225  建設部長(中津川源正)
  • 226  委員長(中澤宏)
  • 227  3番(佐々木幸一)
  • 228  委員長(中澤宏)
  • 229  企画政策課長(小野寺仁)
  • 230  委員長(中澤宏)
  • 231  3番(佐々木幸一)
  • 232  委員長(中澤宏)
  • 233  企画政策課長(小野寺仁)
  • 234  委員長(中澤宏)
  • 235  3番(佐々木幸一)
  • 236  委員長(中澤宏)
  • 237  企画政策課長(小野寺仁)
  • 238  委員長(中澤宏)
  • 239  3番(佐々木幸一)
  • 240  委員長(中澤宏)
  • 241  企画部長(秋山茂幸)
  • 242  委員長(中澤宏)
  • 243  3番(佐々木幸一)
  • 244  委員長(中澤宏)
  • 245  総務部次長兼税務課長(冨士原徹)
  • 246  委員長(中澤宏)
  • 247  12番(佐藤尚哉)
  • 248  委員長(中澤宏)
  • 249  市民協働課長(佐藤靖)
  • 250  委員長(中澤宏)
  • 251  12番(佐藤尚哉)
  • 252  委員長(中澤宏)
  • 253  企画部長(秋山茂幸)
  • 254  委員長(中澤宏)
  • 255  12番(佐藤尚哉)
  • 256  委員長(中澤宏)
  • 257  16番(田口久義)
  • 258  委員長(中澤宏)
  • 259  企画部長(秋山茂幸)
  • 260  委員長(中澤宏)
  • 261  選挙管理委員会事務局次長(遠藤貞)
  • 262  委員長(中澤宏)
  • 263  16番(田口久義)
  • 264  委員長(中澤宏)
  • 265  企画部長(秋山茂幸)
  • 266  委員長(中澤宏)
  • 267  選挙管理委員会事務局次長(遠藤貞)
  • 268  委員長(中澤宏)
  • 269  19番(相澤吉悦)
  • 270  委員長(中澤宏)
  • 271  市長公室長(佐藤裕之)
  • 272  委員長(中澤宏)
  • 273  検査専門監(菊幸誠)
  • 274  委員長(中澤宏)
  • 275  19番(相澤吉悦)
  • 276  委員長(中澤宏)
  • 277  検査専門監(菊幸誠)
  • 278  委員長(中澤宏)
  • 279  19番(相澤吉悦)
  • 280  委員長(中澤宏)
  • 281  検査専門監(菊幸誠)
  • 282  委員長(中澤宏)
  • 283  副市長(藤井敏和)
  • 284  委員長(中澤宏)
  • 285  10番(佐々木一)
  • 286  委員長(中澤宏)
  • 287  企画政策課長(小野寺仁)
  • 288  委員長(中澤宏)
  • 289  10番(佐々木一)
  • 290  委員長(中澤宏)
  • 291  企画政策課長(小野寺仁)
  • 292  委員長(中澤宏)
  • 293  10番(佐々木一)
  • 294  委員長(中澤宏)
  • 295  収納対策課長(工藤郁夫)
  • 296  委員長(中澤宏)
  • 297  10番(佐々木一)
  • 298  委員長(中澤宏)
  • 299  収納対策課長(工藤郁夫)
  • 300  委員長(中澤宏)
  • 301  10番(佐々木一)
  • 302  委員長(中澤宏)
  • 303  委員長(中澤宏)
  • 304  23番(二階堂一男)
  • 305  委員長(中澤宏)
  • 306  生活福祉課長(田村啓峻)
  • 307  委員長(中澤宏)
  • 308  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 309  委員長(中澤宏)
  • 310  環境課長(佐藤幸子)
  • 311  委員長(中澤宏)
  • 312  23番(二階堂一男)
  • 313  委員長(中澤宏)
  • 314  生活福祉課長(田村啓峻)
  • 315  委員長(中澤宏)
  • 316  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 317  委員長(中澤宏)
  • 318  環境課長(佐藤幸子)
  • 319  委員長(中澤宏)
  • 320  委員長(中澤宏)
  • 321  1番(熊谷和弘)
  • 322  委員長(中澤宏)
  • 323  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 324  委員長(中澤宏)
  • 325  1番(熊谷和弘)
  • 326  委員長(中澤宏)
  • 327  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 328  委員長(中澤宏)
  • 329  1番(熊谷和弘)
  • 330  委員長(中澤宏)
  • 331  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 332  委員長(中澤宏)
  • 333  1番(熊谷和弘)
  • 334  委員長(中澤宏)
  • 335  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 336  委員長(中澤宏)
  • 337  21番(及川長太郎)
  • 338  委員長(中澤宏)
  • 339  クリーンセンター所長兼衛生センター所長(末永隆)
  • 340  委員長(中澤宏)
  • 341  16番(田口久義)
  • 342  委員長(中澤宏)
  • 343  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 344  委員長(中澤宏)
  • 345  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 346  委員長(中澤宏)
  • 347  16番(田口久義)
  • 348  委員長(中澤宏)
  • 349  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 350  委員長(中澤宏)
  • 351  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 352  委員長(中澤宏)
  • 353  16番(田口久義)
  • 354  委員長(中澤宏)
  • 355  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 356  委員長(中澤宏)
  • 357  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 358  委員長(中澤宏)
  • 359  16番(田口久義)
  • 360  委員長(中澤宏)
  • 361  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 362  委員長(中澤宏)
  • 363  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 364  委員長(中澤宏)
  • 365  16番(田口久義)
  • 366  委員長(中澤宏)
  • 367  市長(布施孝尚)
  • 368  委員長(中澤宏)
  • 369  12番(佐藤尚哉)
  • 370  委員長(中澤宏)
  • 371  生活福祉課長(田村啓峻)
  • 372  委員長(中澤宏)
  • 373  12番(佐藤尚哉)
  • 374  委員長(中澤宏)
  • 375  6番(浅野敬)
  • 376  委員長(中澤宏)
  • 377  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 378  委員長(中澤宏)
  • 379  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 380  委員長(中澤宏)
  • 381  6番(浅野敬)
  • 382  委員長(中澤宏)
  • 383  3番(佐々木幸一)
  • 384  委員長(中澤宏)
  • 385  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 386  委員長(中澤宏)
  • 387  3番(佐々木幸一)
  • 388  委員長(中澤宏)
  • 389  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 390  委員長(中澤宏)
  • 391  3番(佐々木幸一)
  • 392  委員長(中澤宏)
  • 393  国保年金課長(金澤正浩)
  • 394  委員長(中澤宏)
  • 395  3番(佐々木幸一)
  • 396  委員長(中澤宏)
  • 397  国保年金課長(金澤正浩)
  • 398  委員長(中澤宏)
  • 399  3番(佐々木幸一)
  • 400  委員長(中澤宏)
  • 401  国保年金課長(金澤正浩)
  • 402  委員長(中澤宏)
  • 403  3番(佐々木幸一)
  • 404  委員長(中澤宏)
  • 405  国保年金課長(金澤正浩)
  • 406  委員長(中澤宏)
  • 407  3番(佐々木幸一)
  • 408  委員長(中澤宏)
  • 409  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 410  委員長(中澤宏)
  • 411  3番(佐々木幸一)
  • 412  委員長(中澤宏)
  • 413  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 414  委員長(中澤宏)
  • 415  3番(佐々木幸一)
  • 416  委員長(中澤宏)
  • 417  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 418  委員長(中澤宏)
  • 419  15番(佐藤恵喜)
  • 420  委員長(中澤宏)
  • 421  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 422  委員長(中澤宏)
  • 423  生活福祉課長(田村啓峻)
  • 424  委員長(中澤宏)
  • 425  15番(佐藤恵喜)
  • 426  委員長(中澤宏)
  • 427  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 428  委員長(中澤宏)
  • 429  15番(佐藤恵喜)
  • 430  委員長(中澤宏)
  • 431  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 432  委員長(中澤宏)
  • 433  15番(佐藤恵喜)
  • 434  委員長(中澤宏)
  • 435  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 436  委員長(中澤宏)
  • 437  15番(佐藤恵喜)
  • 438  委員長(中澤宏)
  • 439  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 440  委員長(中澤宏)
  • 441  15番(佐藤恵喜)
  • 442  委員長(中澤宏)
  • 443  市長(布施孝尚)
  • 444  委員長(中澤宏)
  • 445  委員長(中澤宏)
  • 446  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 447  委員長(中澤宏)
  • 448  4番(氏家英人)
  • 449  委員長(中澤宏)
  • 450  環境課長(佐藤幸子)
  • 451  委員長(中澤宏)
  • 452  4番(氏家英人)
  • 453  委員長(中澤宏)
  • 454  環境課長(佐藤幸子)
  • 455  委員長(中澤宏)
  • 456  4番(氏家英人)
  • 457  委員長(中澤宏)
  • 458  市長(布施孝尚)
  • 459  委員長(中澤宏)
  • 460  4番(氏家英人)
  • 461  委員長(中澤宏)
  • 462  市長(布施孝尚)
  • 463  委員長(中澤宏)
  • 464  14番(浅田修)
  • 465  委員長(中澤宏)
  • 466  委員長(中澤宏)
  • 467  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 468  委員長(中澤宏)
  • 469  14番(浅田修)
  • 470  委員長(中澤宏)
  • 471  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 472  委員長(中澤宏)
  • 473  21番(及川長太郎)
  • 474  委員長(中澤宏)
  • 475  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 476  委員長(中澤宏)
  • 477  21番(及川長太郎)
  • 478  委員長(中澤宏)
  • 479  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 480  委員長(中澤宏)
  • 481  21番(及川長太郎)
  • 482  委員長(中澤宏)
  • 483  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 484  委員長(中澤宏)
  • 485  21番(及川長太郎)
  • 486  委員長(中澤宏)
  • 487  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 488  委員長(中澤宏)
  • 489  25番(岩渕正宏)
  • 490  委員長(中澤宏)
  • 491  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 492  委員長(中澤宏)
  • 493  25番(岩渕正宏)
  • 494  委員長(中澤宏)
  • 495  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 496  委員長(中澤宏)
  • 497  25番(岩渕正宏)
  • 498  委員長(中澤宏)
  • 499  クリーンセンター所長兼衛生センター所長(末永隆)
  • 500  委員長(中澤宏)
  • 501  25番(岩渕正宏)
  • 502  委員長(中澤宏)
  • 503  クリーンセンター所長兼衛生センター所長(末永隆)
  • 504  委員長(中澤宏)
  • 505  11番(及川昌憲)
  • 506  委員長(中澤宏)
  • 507  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 508  委員長(中澤宏)
  • 509  環境課長(佐藤幸子)
  • 510  委員長(中澤宏)
  • 511  産業経済部長(千葉雅弘)
  • 512  委員長(中澤宏)
  • 513  11番(及川昌憲)
  • 514  委員長(中澤宏)
  • 515  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 516  委員長(中澤宏)
  • 517  11番(及川昌憲)
  • 518  委員長(中澤宏)
  • 519  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 520  委員長(中澤宏)
  • 521  11番(及川昌憲)
  • 522  委員長(中澤宏)
  • 523  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 524  委員長(中澤宏)
  • 525  市長(布施孝尚)
  • 526  委員長(中澤宏)
  • 527  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 528  委員長(中澤宏)
  • 529  11番(及川昌憲)
  • 530  委員長(中澤宏)
  • 531  市民生活部次長兼少子化対策推進監(千葉ますみ)
  • 532  委員長(中澤宏)
  • 533  11番(及川昌憲)
  • 534  委員長(中澤宏)
  • 535  市民生活部次長兼少子化対策推進監(千葉ますみ)
  • 536  委員長(中澤宏)
  • 537  11番(及川昌憲)
  • 538  委員長(中澤宏)
  • 539  市民生活部次長兼少子化対策推進監(千葉ますみ)
  • 540  委員長(中澤宏)
  • 541  11番(及川昌憲)
  • 542  委員長(中澤宏)
  • 543  市長(布施孝尚)
  • 544  委員長(中澤宏)
  • 545  11番(及川昌憲)
  • 546  委員長(中澤宏)
  • 547  委員長(中澤宏)
      平成28年登米市議会定例会 9月定例議会 決算審査特別委員会 会議録
 平成28年9月14日(水曜日)
1.出席議員(24名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君       4番 氏 家 英 人 君(副委員長)
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 伊 藤 吉 浩 君
   9番 中 澤   宏 君(委員長) 10番 佐々木   一 君
  11番 及 川 昌 憲 君      12番 佐 藤 尚 哉 君
  13番 伊 藤   栄 君      14番 浅 田   修 君
  15番 佐 藤 恵 喜 君      16番 田 口 久 義 君
  17番 田 口 政 信 君      19番 相 澤 吉 悦 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君      21番 及 川 長太郎 君
  22番 庄 子 喜 一 君      23番 二階堂 一 男 君
  24番 八 木 しみ子 君      25番 岩 淵 正 宏 君

1.欠席議員(なし)    
1.遅刻議員(1名)
   6番 浅 野   敬 君
 1.早退議員(なし)
1.中座議員(なし)

1.説明のため出席した者の氏名
  市長         布 施 孝 尚 君    副市長        藤 井 敏 和 君
  副市長        栗 山 健 作 君    総務部長       千 葉 博 行 君
  企画部長       秋 山 茂 幸 君    市民生活部長     新 井 誠 志 君
  産業経済部長     千 葉 雅 弘 君    建設部長       中津川 源 正 君
  市長公室長      佐 藤 裕 之 君    財政課長       千 葉   清 君
                          総務部次長
  福祉事務所長     加 藤   均 君    兼税務課長      冨士原   徹 君
  危機管理監      星   茂 喜 君    環境事業所長     千 葉 祐 宏 君
  総務課長       大 柳   晃 君    収納対策課長     工 藤 郁 夫 君
  建設部次長      首 藤 正 敏 君    住宅都市整備課長   小野寺 克 明 君
  子育て支援課長    鈴 木 文 男 君    工業支援課長     伊 藤 秀 樹 君
  教育長        佐 藤 信 男 君    監査委員       島 尾 清 次 君
  監査委員       千 葉 良 悦 君    監査委員       田 口 政 信 君
                          教育部次長兼
  教育部長       志 賀   尚 君    教育総務課長     伊 藤 隆 敏 君
  農業委員会事務局長  菅 原 貞 治 君    消防長        鈴 木 軍 雄 君
  監査委員事務局長   遠 藤   仁 君    会計管理者      中 澤 和 志 君
  市民生活部次長    佐 藤   浩 君    市民協働課長     佐 藤   靖 君
  企画政策課長     小野寺   仁 君    人事課長       阿 部 孝 弘 君
  市民生活課長     佐 藤   豊 君    契約専門監      及 川   仁 君
  法制専門監      三 浦 健 一 君    迫総合支所長     目々澤 義 信 君
  登米総合支所長    西 條 利 光 君    東和総合支所長    吉 野 晴 彦 君
  中田総合支所長    佐々木 茂 光 君    豊里総合支所長    大久保   仁 君
  米山総合支所長    金 野 信 義 君    石越総合支所長    木 村 達 之 君
  南方総合支所長    猪 岡 秀 博 君    津山総合支所長    高 橋 正 弘 君
                          選挙管理委員会
  検査専門監      菊   幸 誠 君    事務局次長      遠 藤   貞 君
  市民生活部次長兼
  少子化対策推進監   千 葉 ますみ 君    環境課長       佐 藤 幸 子 君
  国民年金課長     金 澤 正 浩 君    健康推進課長     佐々木 秀 美 君
  生涯学習課長     佐 藤 嘉 浩 君    生活福祉課長     田 村 啓 峻 君
  クリーンセンター所長
  兼衛生センター所長  末 永   隆 君    長寿介護課長     永 浦 広 巳 君

1.事務局出席職員氏名
  議会事務局長     佐々木 義 文 君    議会事務局次長    田 辺 賢 一 君
  議会事務局主幹                 議会事務局
  兼議事・調査係長   後 藤 光 彦 君    議事・調査係主査   浅 井 顕 裕 君
  議会事務局                   議会事務局
  議事・調査係主査   庄 司 美 香 君    議事・調査係主査   主 藤 貴 宏 君
  議会事務局
  議事・調査係主査   三 浦 正 弘 君

1.本日の会議に付した事件
  第1 認定第1号 平成27年度登米市一般会計歳入歳出決算認定について


          開会 午前10時00分
委員長(中澤 宏君) おはようございます。
 ただいまから、決算審査特別委員会2日目の会議を開きます。
 浅野 敬委員から遅参の届け出があります。
 説明のため、本委員会の出席者は、市長、教育長、監査委員及びこれらの受任者並びに農業委員会会長、選挙委員会会長の受任者であります。
 松本病院事業管理者職務代理者から治療のため欠席の届け出があります。
 審査に先立ち各委員に申し上げます。決算審査特別委員会の審査は本日から3日間の予定です。質疑時間は各会派別に配分していますので、ご協力をお願いします。また、質疑は要点を整理し、簡潔にお願いします。
 説明員各位も質疑時間が限られていることを念頭に答弁を反復することなく、答弁は要領よく簡潔に願います。
 これから議案審査を行います。
 本委員会に付託された事件は、認定第1号 平成27年度登米市一般会計歳入歳出決算認定についてから認定第10号 平成27年度登米市老人保健施設事業会計決算認定についてまでの10議案です。
 各議案の内容説明は本会議で終了していますので1議案ごとに質疑、討論、採決を行います。
 これから認定第1号 平成27年度登米市一般会計歳入歳出決算認定についての質疑を行います。
 お諮りします。認定第1号は、範囲が広いため、初めに歳入について質疑を行い、歳出は数款ごとに分割し、質疑を行いたいと思います。
 これにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(中澤 宏君) 異議なしと認めます。よって、認定第1号の質疑については、初めに歳入を行い、歳出は数款ごとに分割して行うことに決定しました。
 まず、歳入について質疑を行います。
 質疑はありませんか。19番、相澤吉悦君。

19番(相澤吉悦君) おはようございます。
 歳入について質疑いたします。
 全般にわたってですけれども、各款にみんな滞納というふうなことがありますけれども、この滞納を徴収するに当たって、徴収員が歩くわけだと思うのですけれども、前にもこの徴収員による不正があって、それの補償だとか、非常に市から何から迷惑が掛かったというふうなことでありましたけれども、今後そういうことがないようにということで対策を取りますということがありましたけれども、その対策どのようになってやっているのですか。これずっと聞けなかったので今日聞きます。お願いします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。収納対策課長、工藤郁夫君。

収納対策課長(工藤郁夫君) ただいまの質問についてお答えいたします。
 徴収員さん、まわって歩く人たち5人ほどいられるのですけども、それぞれハンディの端末というのを持っていまして、それに入力して領収書もそこから出すというような形でそのハンディから出した領収書だけが正式なものという扱いをしております。なお、1人ずつ徴収の日計表、それからハンディとの照合等を行いまして間違いのないようにいたしているところでございます。

委員長(中澤 宏君) 相澤吉悦君。

19番(相澤吉悦君) 毎日のように抜き打ちでもいいですから、集めてきたところをそのお金を確かめてください。金額なんてごまかすことは誰でもできるのだからこういうこと。それがことの始まりですので、絶対にあってはならないことなの。そしてまた、私その人を疑うわけでも何でもないのだよ。ただ、そういうことが絶対ないのが普通なのですよ。ないのが。そのために何百万も払って泣いている市民がいたのだから実際に。だからそういうことは絶対にないように。たまにもらってきたところとか、このくらいだったのですかということで確かめてください。お願いします。もう一度。すぐ終わっていいからお願いします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めますか。答弁を求めます。収納対策課長、工藤郁夫君。

収納対策課長(工藤郁夫君) 今後とも間違いのないようにチェックのほう努めていきたいと思います。よろしくお願いします。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。22番、庄子喜一君。

22番(庄子喜一君) 収入未済額のことについてお尋ねをいたします。
 諸収入でコールセンター立地促進特別奨励金返還金1億強未済になってございまして、これはもう数年になるわけでございまして、これをどのようにこれからなされていくのか。今の見通し、これまでの経過等々についてお願いをいたしたいと思いますし、震災対応人材育成事業業務委託料の返還金もここに含まれてございますけれども、これはどのような関係でこのようになったのか。いかほどなのか。合わせてお尋ねいたします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) ただいまのご質問にお答えしたいと思います。
 東北創造ステーションの返還金についての未収でございまして、最初は26年の7月に市独自の奨励金563万円を返還請求しているものでございます。さらに27年の7月に緊急雇用創出事業委託料としまして8,867万3,820円の返還請求をしているところでございます。ただ、同年の7月27日に破産管財人から破産手続き廃止決定という通知が届いておりますので、収入は見込めないという状況になっております。さらに今年の2月に会計検査院が実地検査を受けましてその返還額がもうそろそろ公表といいますか、なる予定でございます。それに基づきまして廃止決定されておりますので、債権放棄等の手続きに入りたい。それから返還金に対しましては、補正で対応したいと思っているところでございます。

委員長(中澤 宏君) 休憩します。
 
          休憩 午前10時08分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時09分
 

委員長(中澤 宏君) 再開します。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 答弁を求めます。工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) 申し訳ありません。先ほど申し上げました。緊急雇用の名称が震災対応人材育成型事業委託料ということでございます。

委員長(中澤 宏君) 庄子喜一君。

22番(庄子喜一君) 5ページの諸収入の欄、備考の欄に二つに分けて書いてあるということで、別のものかというふうに私は受け止めるのですが、このコールセンター立地促進特別奨励金返還金と震災対応人材育成事業業務委託料返還金というのは、同じということでよろしいのでございますか。これはこの分は決算書を見ますと、商工費雑入で1億780万ほど収入未済となっているのですが、これをいろいろ足してみると1億7,743万円で合わないのではないかというふうに思うので、これも若干返還金未済になっている額があるのではないかというふうに思っておるわけでございますが、いかほどなものか。含まれているとしてでもですね。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) 5ページの1億7,743万のうちの1億780万3,820円がコールセンターの奨励金と震災対応人材育成事業業務委託料でございます。それでコールセンターの立地促進特別奨励金につきましては、市独自の奨励金とそれから震災対応人材育成事業業務委託料というのは、さっき申し上げました緊急雇用の国からの事業で、そのうち奨励金につきましては、1,350万と563万でございます。合計1,913万でございます。それから、震災対応の緊急雇用につきましては、合わせて8,867万3,820円でございます。

委員長(中澤 宏君) 答弁が終わりました。質疑を続けますか。
 答弁を続けます。財政課長、千葉 清君。

財政課長(千葉 清君) 別冊3の資料のつくりなのですけれども、議員おっしゃるように諸収入の収入未済額が1億7,743万987円ということでございますけれども、こちらに記載されている備考欄に記載されているものにつきましては、主なものということでございまして、その下の欄に記載されています貸付金元利収入から農林水産業費雑入までは、収入額ベースに多いものを主なものとして記載されているものでございますので、商工費雑入の項目は別途記載しておりませんでしたので、ちょっとわかりづらかったかなということで、主なものということで理解していただきたいと思います。額については、先ほど課長が答弁したとおりでございます。

委員長(中澤 宏君) 庄子喜一君。

22番(庄子喜一君) せっかくここに備考欄として別立てに今詳しく1,913万あるいは奨励金で8,867万円という数字を出していただきましたのが、だからここに二つに分けたので震災対応人材育成事業業務委託料返還金というのは、この中でいかほどになるのですかというのをお尋ねしたのでございますが、そういうふうなご答弁をいただけなかったじゃないでしょうかね。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) 震災対応型につきましては、23年度、24年度合わせまして8,867万3,820円でございます。

委員長(中澤 宏君) 庄子喜一君。

22番(庄子喜一君) 詳細について承知をいたしました。
 間もなくいろんなお金が入るというようなご答弁でございますが、いつごろなるか。大体おおよそで何割ぐらい戻ってくるのか。その辺のところよろしくお願いします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) 相手方はもう破産しておりますので、収入の見込みはゼロでございます。

委員長(中澤 宏君) 庄子喜一君。

22番(庄子喜一君) そうしますと、その決定された事務手続きはどのようになされるのですか。

委員長(中澤 宏君) 工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) 先ほども申し上げたつもりだったのですが、国それから会計検査院等の実地検査が入りましたので、その額が確定して返還命令が県を通じて来た段階でこの未収の分も処理させていただきたいと思っております。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。10番、佐々木 一君。

10番(佐々木 一君) 決算書の47ページからなのですけれども、財産収入の関係で金額は少ないのですけれども、財産運用収入の分で土地建物貸付収入で2万7,720円不納欠損になっているのですけれども、それと土地建物売払収入で101万3,000円収入未済になっているのですけれども、その内容をちょっとお聞きいたします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。・・・休憩します。
 
          休憩 午前10時16分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時16分
 

委員長(中澤 宏君) 再開します。総務課長、大柳 晃君。

総務課長(大柳 晃君) まずは未収金の関係でございます。これにつきましては、合併前の旧町時代に居住用財産の払い下げを行った件がございます。合計額で235万円という契約書を結びまして旧町時代で110万ほど支払いをいただいたということでございます。結果といたしまして、125万円これは新市の債権として引き継いでいるものです。現在も居住用財産として使われておりまして、その居住されている方が入院されている方、あるいは病弱な方ということがございまして、なかなか定期の収入がないということで、毎月少額ではございますが、確実に納付をいただいて、現在101万3,000円までの債権まで圧縮をしているという内容でございます。よろしくお願いいたします。

委員長(中澤 宏君) 休憩します。
 
          休憩 午前10時18分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時18分
 

委員長(中澤 宏君) 再開します。答弁を求めます。建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) 失礼いたしました。雇用促進住宅、中田の駐車料の負の欠損となってございまして、この金額でございます。

委員長(中澤 宏君) 佐々木 一君。

10番(佐々木 一君) この中田の駐車場の件なら、どうしてそうなった、いなくなったとか、その理由ですね。その辺ちょっとお聞きします。
 後ですね、収入未済の内容はわかりました。確実に毎月少しずつ返済なされているようですけども、これこのペースでいくと何年くらいかかるのですかね。その辺をお聞きします。

委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。住宅都市整備課長、小野寺克明君。

住宅整備課長(小野寺克明君) 今回の不納欠損につきましては、1名につきましては行方不明というようなことで徴収ができなくなり、時効により不納欠損としたものでございます。以上です。

委員長(中澤 宏君) 総務課長、大柳 晃君。

総務課長(大柳 晃君) 納付の今後の見通しといたしましては、先ほどご説明申し上げましたとおり、定期的な収入がないということで、極めて少額だったわけでございますが、現在は毎月5,000円という金額で納付いただいております。確かにこのケースでいきますと、あと何十年という形に計算が出てくるかというふうに思っておりますが、就業あっせんなどをしながら、できる限り生活をした上での納付可能な金額を上げさせていただきながら、計画的に納付を進めていきたいというふうに考えているところでございます。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。15番、佐藤恵喜君。

15番(佐藤恵喜君) 決算書関係書類に出てこないのですが、いわゆるプライマリーバランス、基礎的財政収支の関係ですが、井林副市長時代にもこれは大事な財政分析の上での指標でないかとお話しして、そのとおりだという答弁をいただいていたのですけども、成果説明書などにも出てこないのですけどもね。これは、今度は藤井副市長にお伺いしたいと思うのですが、いわば国ではこのことがしょっちゅう話題に上がりますね。大きな国の課題になっているのですが、本市は27年度決算では黒字ですので、そういう面では問題ないということなのか、しかしやっぱり子や孫の次世代に借金をできるだけ残さない形で財政運営をするという大事な観点もありますので、私は重視をしていくべきだと思うのです。そうだという答弁だと思うのですが、そうであるならばこれから何らかの財政分析指標に掲載なりをしていただきたいということと、合併後の黒字か赤字かの金額一覧表を示していただきたいと思います。それは今すぐ出ないでしょうから、早い時期にお願いしたいと思います。以上です。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。財政課長、千葉 清君。

財政課長(千葉 清君) プライマリーバランスですけれども、地方債の借り入れた償還を除いた決算額等の関係でございますけれども、27年度決算につきましては、成果説明11ページに地方債がございますけれども、借入額が58億4,360万、それから償還が42億8,466万9,000円ということで、借り入れが多いわけでございます。借り入れが多いということは、借り入れて決算をしたということになりまして、バランス的にはマイナスなのかなと思います。当然後年に地方債を残すということは、後年の負担になりますので、その辺きっちり検討しながら地方債の借り入れを慎重にしていきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) ご指摘のとおり、プライマリーバランスから客観的に見た場合の市の財政状況を把握できる指標の一つという考え方でございます。ただ今、財政課長が申し上げましたようにその年度、年度でもなかなか表し切れない部分があるというのも事実でございますが、今後の対応につきましては、少し検討させていただきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。24番、八木しみ子君。

24番(八木しみ子君) 監査委員の指摘事項から質問したいと思います。
 不用額の件でございますが、今年度も27年度も一般会計とそれから特別会計全体で、合わせて15億7,956万円不用額が出たということで、昨年もこれにちょっと上乗せしたくらいの不用額が出たのですが、監査委員のほうからこの不用額の発生原因について検証するようにというふうな指摘がなっていますが、どのように検証なさっているのかお聞きします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。財政課長、千葉 清君。

財政課長(千葉 清君) 不用額の状況でございますけれども、成果説明書の7ページのほうに歳出決算の執行率を記載してございますけれども、一般会計の場合、27年度につきましては、95.14パーセントということで、26年度が90.87パーセントで執行率が増えているということで、不用額が少なくなっているという状況でございまして、不用額につきましては少なくするようにということで各課のほうに不用になったらば、減額補正するなりしてきちっと不用額を残さないように処理をするようにというふうな指示を出しておりますので、それに基づいて執行した結果、不用額が減少しているという状況でございますので、理解いただきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 八木しみ子君。

24番(八木しみ子君) 私聞いたのは、不用額の発生原因ですね。ここにも下線が二通りあるのだよと。発生するのにね。事務執行で今答弁の中にあったように事務執行上で発生する場合とそれから予算計上の際の積算、これが十分でなかったのではないかと。この二通りしかないというふうなことで指摘してございます。ですから、私聞きましたのはなぜかというと、この予算ですね。議会にかけて議会がそれを議決しましてやっぱり住民のためにサービスが十分に行き渡るように議決しているわけですから、それがこのように不用額をどんどん出すということは、議会と約束したとおりに執行しなかったというふうな思いがいたします。それで確かに事務執行上の努力はしていると思います。最小の経費で最大の効果を上げるというのが基本でございますから、そういった努力の不用額ならいいのですが、この予算計上のときの積算のまずさというか、こういうのがなかったかどうかですね。やはりしっかりとした限られた予算ですから、住民にサービスが行き渡るような施策に対してしっかりした積算をすべきだと思うのでその点についてもう一度お願いします。

委員長(中澤 宏君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 不用額の発生状況については、ただいま財政課長が申し上げましたように昨年度よりもその辺の調整はさせていただきまして、不用額をできるだけ出さないようにというふうな努力をしていただいたその内容が最終的な不用額の圧縮につながったものというふうには思ってございます。ただ、ただいま委員お話のように、あるいは監査委員さんのほうからの指摘もございましたとおり、予算策定時の見積がどうだったのか。それから執行の中でどういう工夫がされて、どうコストダウンしたのか、その両方の要因があるわけでございますので、それにつきましては予算を作成する時点での査定の中で、あるいは執行については、財政の観点のほうからそれのコストの見合いの部分を指摘しながら、今後も使いかねた不用額というふうなことではなくて、コストダウンとしての不用額を伸ばしていければと思ってございますし、予算の作成段階では見積もりの精査について十分に企画部のほうにおいても、検証しながら取り組んでまいりたいというふうに思ってございます。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑はございませんか。
 これで歳入の質疑を終わります。
 ここで説明員の入れ替えのため暫時休憩します。
 
          休憩 午前10時28分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時33分
 

委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、歳出について質疑を行います。
 まず、1款議会費、2款総務費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。5番、工藤淳子君。

5番(工藤淳子君) 成果説明書の78ページ、空き家情報バンク事業について伺います。
 ここに、27年度の登録件数が11件、それから利用希望者登録が17人、成立件数が3件であったとあるのですけど、詳しくこの内容をお聞きしたいのと、それからこれに関連して、登米市の住まいサポート事業のホームページに事業の補助金のホームページが載っているのですけども、載っているということは募集されているのかなと思うのですけど、これに家賃新しく移住定住のために住宅新築又購入する方に対する補助とか、家賃補助の詳しい内容が載っているのですけども、これに対する応募なんかはあるのか、始まったばかりなのですけどもあるのか、ないのかお願いします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 空き家情報バンクということで昨年度の実績ということでご報告を申し上げたいと思います。
 記載のとおり、登録が11件ということで、従前とおりの登録に新たに11件が追加になりました。また、その結果49件の登録にはなったのですけども、削除物件、当然制約に伴う削除物件であったり、物件的にちょっと不適合というか、登録者のほうで削除したいという申し出があった結果、最終的には期末は27年度登録物件10件ということになってございます。
 また、利用希望者、いわゆる借り手側でございます。17件新たに応募がございました。また、制約等による部分で削除したものが3件、最終的には希望者が述べ80人というような形でございます。なお、そのうち削除にかかる部分として成立したもの、売り手側借り手側合意に基づいて成立したものが3件ということになってございます。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) それでは28年度の空き家情報バンクの状況につきまして9月1日現在でございますが、登録件数につきましては5件、それから利用申し込み件数につきまして7件ございました。成立状況につきましては現在3件でございます。また、成立等によりまして削除している部分がございます。
 それからご質問のありました住まいサポート事業の関係でございます。
 内容については、議員ご質問のとおり、ご承知のとおりかと思いますが、まず住宅家賃補助金の部分についての申請はございません。問い合わせはございましたが、現時点での申請はございません。それから、住宅取得の補助金でございますが、28年9月1日現在での取りまとめなってございます。これは交付決定した実績でございまして、移住の部分と他市から来た部分ですね。移住の部分でございますが、世帯数としては8世帯、居住者人数につきましては25人でございます。それから、定住いわゆる町内からの町内同士の移住でございますが、世帯数については15件、それから居住人数、世帯数については50名でございます。
 現時点でも9月以降もご相談を受け付けている最中でございます。以上です。

委員長(中澤 宏君) 工藤淳子君。

5番(工藤淳子君) 今9月1日現在の5件と利用が7件というのは、これはこの実績報告に含まれたものなのですか。それとも別なのか。それと申し込んでいる方たちは、主にどういう方たち、移住の場合は若い方たちが多いのでしょうけれども、問い合わせしてくる方の年齢層なんかはどうでしょう。

委員長(中澤 宏君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 冒頭で5件、7件のお話をさせていただいた部分につきましては、空き家情報バンクへの登録でございます。その空き家情報につきましては、やはり利用を新しく家を長期になるかどうかはあれですが、家を探しているという中での登録。それから、お貸ししたい、売りたいということでの登録でございます。
 それから、先ほど言った住まいサポート事業につきましても、本年度の実績、先ほどのご質問のとおり本年度9月1日現在の実績でございます。

委員長(中澤 宏君) 工藤淳子君。

5番(工藤淳子君) その住まいサポートの事業とその空き家情報バンク両方の利用されている、問い合わせてくる年齢層はどういう方たちなのか、その辺お願いします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 年齢層のデータをお持ちしてなかったので、申請書の中での私の記憶からしますと結構幅はございますが、50代前後の人が、子供さんがいらっしゃる家庭が多いですので、50歳前後、40歳から50歳が多かったと記憶しております。以上です。

委員長(中澤 宏君) 工藤淳子君。

5番(工藤淳子君) 移住の方も何人かずつ8世帯、定住も15世帯と少しずつ増えているのかなと思うのですけども、周りの声を聞くと若い子育て世代の方は、本当に移住定住するときにインターネットなんかでよく情報を調べていくらかでも子育て支援の充実しているところとか、家賃のこういう補助があるところとか、そういうのを探しながらやっているので、ぜひ登米市としても若い子育て世帯が安い家賃で入れるようなそういうことにつながるように、ぜひこれからも移住定住の空き家情報バンク含めて検討をよろしくお願いしたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 答弁求めます。企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 私たちの目標もその人口減少に対応して移住定住を増やしていくということでございますので、積極的にPRしてまいりたいと思います。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。23番、二階堂一男君。

23番(二階堂一男君) 成果表の83ページの若者交流対策費につきましてお伺いをいたします。
 ここに一関、栗原、登米の中で要するに婚活をやったときに、非常にいい結果が生まれたとこういう報告がなされているわけでありまして、非常によかったなというふうに思っておりますが、この件について追跡調査というのはなかなかできないと思いますけれども、登米市が、男性が7人カップル成立したということですけど、この部分について今後これの成功した理由とか、あるいは今後の計画等についてどのように感じているかをお話いただきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 昨年度の経過実績でございます。新たな試みとしまして一関、登米市、栗原市という中での取り組みでございました。一つには広域的に取り組んだことということと、あとは人数も基本は各市10名ずつ30名の男女60名でございますが、若干定員を多くして進んだところで、大規模な会場のメリットが出たのかなという部分もございます。また、新たな出会いの場ということで、なかなか交流がない部分の方もいらっしゃったというふうにも聞いてございます。
 今後につきましては、28年度12月に本市を会場に4市町連携という形で平泉町さんを含めて、4市町連携、年が明けまして2月の予定で、栗原市さんを会場にまた合同の婚活イベントのほうを計画してございます。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 二階堂一男君。

23番(二階堂一男君) やはり、こういった積極的な対策が必要だということがこれによってよくわかったわけでありますけれども、そのほかこの婚活の部分、それから結婚相談員の部分でもいろいろ出ておりますけれども、市内のお世話役ですね。そういった形の中はどのようになっているか、相談の部分もあったようですので、その内容もお知らせをいただきたい。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) これまでの結婚相談会ということで行ってきてございました。なかなか相談のほうも伸びないという部分もございまして、スタイルを若干変えて、例えば電話で相談をしたりとか、事前の連絡をいただいた上で来場いただいて相談いただくというような形で柔軟な対応をさせていただいてございます。あと実際出会いイベント等におきまして、サポーターの方をお募りいたしまして、これらのイベントにご協力をいただいているというような状況でございます。
 なかなか勤務の形態であったり、さまざまな諸事情で出会いが少なくなっているという中でこのイベントのほうにご参加をいただく。また、イベントでいわゆるカップルの成立がなるように自分磨きセミナーということで、午前中にそのようなセミナーも拡大して対応しながらできるだけ多くの出会いに結びつくように取り組んでまいりたいというように考えてございます。

委員長(中澤 宏君) 二階堂一男君。

23番(二階堂一男君) ぜひそういった積極的を保ってほしいのと、それから今古いスタイルだと思いますけれども、要するにカップルをつくった要するに仲人制の関係ですね。その部分で前は報奨金なども出ておりまして、魅力的だったのですけども、その部分の継続性はどうなっているのか。実績などあればこれまたお知らせをいただきたい。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) いわゆるお仲人さんというような形での取り組みということでございます。本市におきましては、それに対する報償等については設定してございません。いわゆるなかなか従前は農業委員会等で取り組んでいた時期も各町においてはあったというふうに考えてございますが、なかなか進みにくい部分もあったり、今後の出会いの部分ということで今メインがこういう婚活イベントということになってございますので、本市といたしましては、できるだけこのイベントを広げながら出会いの場をどんどん広げていきたいというふうに考えてございます。

委員長(中澤 宏君) 二階堂一男君。

23番(二階堂一男君) そうすると昔のような仲人制度は採用しないという確認でよろしいのでしょうか。それともその部分を少し残しながらウェイトは今言った新しいスタイルにすると、だけど前の部分のようなスタイルも少しは残していくとこういうことなのかその辺確認します。

委員長(中澤 宏君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 近隣市の状況なども調査をさせていただきながら、その有効性も含めまして研究をさせていただいて、今後、仲人制度も当然今でもきちっと機能している部分もあろうかと思いますので、やはり近隣のほうと調査をさせていただいた中で研究をさせていただければというふうに考えてございます。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。25番、岩淵正宏君。

25番(岩淵正宏君) 成果表81ページ集落支援員の設置業務がございます。この設置費用というか金額ですね、多いところでは森地区の338万から少ないところでは上沼コミュニティの65万というような形で出ております。この差の原因についてお知らせいただきたいと思います。
 それから112ページ防犯施設維持管理費の中で成果の中に中段ごろ、防犯カメラ設置6台迫地区、佐沼地区4台、それから登米寺池地区2台とありました。成果では防犯カメラの設置により、犯罪の抑止と治安の確保が図られたとありますが、この防犯カメラ実際例えば何かの原因というか、事件、事故等で実際閲覧というのでしょうか、見た実績があったのかどうか。今後28年度以降、この設置については、どういう方向、私は通学路を優先にお願いしたいと前に言ったことあります。生徒数の多く往来するところにぜひ設置を希望するものですが、今後の方向性についても伺います。

委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 集落支援員のいわゆる金額の部分の差異は何であるか。というお問い合わせてございますが、27年度の5月1日から新たに支援員のほうを設置してございます。ただ、コミュニティによりましては、5月1日であれば11月、1年のうちの11月でございます。6月になれば10月という形で全てのコミュニティが5月1日採用となってございません。ちなみに11月の分の支払いがあったコミュニティは12コミュニティございます。10月分の給与を支払った部分が3コミュニティ、9月分が4コミュニティ、8月分が1コミュニティ、最後3月分いわゆる1月の採用の方のコミュニティが一つということで、採用の月数の差が給与の部分で大きく影響が出てしまったのではないかなというふうに分析をしてございます。

委員長(中澤 宏君) 市民生活課長、佐藤 豊君。

市民生活課長(佐藤 豊君) それでは初めに防犯カメラの提供の関係でございます。27年度につきましては、3件画像を提供してございます。詳しく申し上げますと、佐沼署が1件、それから登米署が2件ということでこれは警察のほうで画像を分析しながら事件の解決に努めたという内容でございまして、詳細については存じ上げてございません。
 それから、防犯カメラの設置につきましては、直接行政が設置するのがいいのか、それとも補助金等を活用しながら、というのがいいのか、これは設置場所等も考慮しながら有効な方策を考えていきたいというふうに考えております。

委員長(中澤 宏君) 岩淵正宏君。

25番(岩淵正宏君) 集落支援員わかりました。
 防犯カメラ、例えばこれは教育委員会とも絡むのかな。例えば通学路、本当に安いダミー、ダミーではあまり効果ないですが。付けて、防犯カメラ設置ゾーンとか、スクールゾーンには必ず防犯カメラ設置ゾーンというようなそういう啓発だけでも、不審者等の声がけとか何とかから防げるのではないかと思うものでありますので、今後一緒に部署を越えてそういうふうなところを検討していただければと思います。答弁は入りません。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。13番、伊藤 栄君。

13番(伊藤 栄君) 実績報告68ページ3市首長懇談会であります。これは27年度に2回栗原、一関、登米市で行っていたようでございます。三つの自治体のいわゆる政治家のトップである首長さんが2回大変忙しいところ時間を取って会談し、そしてまとめたのが婚活パーティー。大変今どこのまちでも自治体でもなんとか出会いの場、そして何組でも結ばれればいいと、どこの自治体も共通の課題かと思います。また一方で自治体のトップの人たちが、この大テーマだけなのかということも私も思っていますし、いろんな方々からご意見をいただきます。それで最後に観光地区としたこれからの取り組みにおける利益影響が最後に書いてあるのですけども、実際28年度はこれ3市に平泉が入って4市になっておりますが、3市に1町入って28年度からやっていますが、具体的に目指すものは何なのか。これをお聞きいたします。

委員長(中澤 宏君) 答弁求めます。企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 今のご質問ですと、3市に加えまして、平泉町が加わりまして4市連携ということでございますが、まず、28年度の事業につきましては、成果説明書にも書かせていただきましたが、観光を軸とした取り組みも行っていくということで、4市連携観光パンフレットの設置、それから4市合同の観光キャラバン事業、それから今後に向けては4市町の花めぐり周遊事業なども行っていくということにしております。それでその目標とするところでございますが、県際を隣接している4市におきまして、現在進めております地方創生、そういったものに向けて連携を深めていくというところからの出発でございます。以上です。

委員長(中澤 宏君) 伊藤 栄君。

13番(伊藤 栄君) 前にも一般質問で話したと思いますが、首長が集まる会議をするということは、事前に職員の方が何回も集まってテーマを設けて何とか合意するように首長たちね。そういう設定をして、いわゆる事務方でかなり動いていると思います。それで今目標、県境を越えたあるいはパンフレットをしたいよ。それから花めぐりをしたいよ。私はねその程度なのかというのが正直な気持ちです。つまり今のような目標ですと、係長さん、課長さんですか。四つの課長さんのいわゆる実務会議で間に合うのではないかと思うのですね。市長、私は四つの首長さんが一番自治体で忙しい方がせっかく集まりますね。これは県境を越えてやるということは非常に重いものでありますし、それだけ重大な要件があると思います。それで特に観光を軸としたということ書いてありますけど、今年入った28年度に入った平泉は既に2011年に世界遺産になっていますね。毛越寺はじめ中尊寺ほか五つ、合計五つなっていますね。栗原はジオパーク構想ありますね。ジオパークを日本語で言えば地質遺産。それ構想で手を挙げていますね。それから一関は平泉よりももっとすごい日本の原風景を含んだ本寺というのがありますね。本寺それを今年度世界遺産に登録しようということで動いていますね。それらを軸として交流を深めていきましょうというのが、おそらくどの自治体も共通していると思うのです。そういうものを広域連携の中で強力に推進するということが、私は首長さんたちの使命ではないのかと思います。こういうことは単独のまちでどんなに騒ぐよりもやっぱり広域連携なのです。それでさっき課長が申し上げましたものもいいのですけれども、四つの首長が集まるのですよ。栗原、一関がどういうのを目指しているか、登米市の目指しているものはどういうものなのか、それらをすっかり腹から出してそして広域連携で発信をしていく。そして運動をしていく。そういう動きだったらば大賛成しているのですけども。ぜひそういうふうにやっていただきたいと、これは市長がやることですから、私がとやかく言うのは全く筋違いだと言われるかもしれませんが、登米市の市長ですからぜひ市長私の意見をお汲み取りの上、これから動いていただきたいと思いますが、市長いかがでしょうか。市長にお尋ねしたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) ご質問並びにご意見をご提言いただいたところでございます。この3市連携の取り組みということで、やはりそれぞれの自治体が抱える課題を解決するということだけにとどまらず、ある意味この地域に住む人たちが相互に通学やら通勤、又買い物、消費行動などお互いに連携をしながら実は暮らしているということ。それから文化圏も同じ文化圏の中で行われているということで、やはりこの3市の合わせたポテンシャルを最大限に高めていく取り組みが必要ではないかということで、この3市連携の首長会議が始まったということでございます。そういった意味では産業振興、企業誘致をはじめ、さまざまな企業間の連携なども今後進めていきたいというようなお話につきましては、私のほうからも提言をさせていただいておる所ところであります。
 また、そういった中で3市連携としてこれからインバウンドということもございましたので、これを強化するためにということで、昨年暮れに行った会議の中で、やはり定住自立圏で一関市と連携をしております平泉町さんも一緒に入ることによって、実はその効果がさらに高まるのではないか、そういった中での広域的なインバウンド対策、そういったものについても今年の会議の中で、いろいろと意見交換をしているというような状況でございます。
 それから、その地域のインフラ整備ということにつきましては、やはり各市町村道の整備につきましては、それぞれ独自にいろいろ工夫を重ねながら事業を実施しておりますが、実は県際に行けば行くほど例えば広域連携をする県道、市道等のアクセスが十分ではないという課題もございますので、そういった部分も踏まえてしっかりとした宮城県北、岩手県南の地域がしっかりと発展をしていくような手立てをどのようにしていくのか、そういった視点の中でしっかりとこれからも連携を深めてまいりたいというふうに考えております。
 しかしながら、ただ単に連携をするということだけではなく、やはり本市独自でさまざまな創意工夫を重ねながらその取り組みをぜひしっかりとしたものに進めていきたいそのように考えております。

委員長(中澤 宏君) いいですか。伊藤 栄君。

13番(伊藤 栄君) 今、さまざまな課題、インフラ、工業地帯とか言われたのですけども、市長ね、それらはいわゆる自治体でも十分今までもやっています。それでなかなか実際市長となれば今のような考えですけど、私は世界から認められるような遺産、ジオパークとかを目指しているのですから、隣の二つのまちがね。そういうものに広域連携をチャンスとして登米市の市長も応援をしてぜひこれからの観光客、交流を増やすためにまず目指しているものここに焦点をあてて、今市長みんなさまざま申し上げましたのですけども、それらは、私はいいと思いますよ。まず、目指すものは何なのか。出会いもいいです確かに。でもね、各自治体の親分ですよ。親分って。政治家のトップの方がいろんな課題をやるというのはとうてい無理だと思うのです。私は今実際に動いているジオパーク世界遺産それらをうまく連携してそしていずれは登米市も日本遺産にしてもらうとか、そういうやっぱり連携をしっかりしてほしい。こう思うのですよ。ぜひお願いしたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 地域のポテンシャルを最大限に活かすべく、また、お互いに活かしあう取り組みとしてしっかりとご提言をいただいたこと重く受け止めながら取り組みを進めてまいりたいと考えております。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありますか。
 質疑の途中ですが、ここで暫時休憩いたします。10分間11時15分まで休憩します。
 
          休憩 午前11時04分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時13分
 

委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 質疑を続けます。質疑ありませんか。1番、熊谷和弘君。

1番(熊谷和弘君) それでは成果説明書の55ページでございますけれども、出張市役所ということで昨年度は実績が3回ということで、25年度を調べたところ4回、24年度も3回ということでございました。ここを読みますと、出張市役所を開設し、団体等の要請により職員が出向いて担当業務を説明したということで、毎回同じ文章でございますけれども、どうも基本的に市民が求めるものと市の職員の皆さんの考え方が違うじゃないかなというそういう部分に感じておりますけれども、いかがでしょうか。
 続いて2点目でございます。
 78ページでございます。
 地域おこし協力隊。これは国でもさらに増員をすることに力を入れておりますけれども、本市におきましては米川だけでございます。ちなみにお隣栗原の取り組みちょっと紹介しますと、栗原市地域おこし協力隊員としてジオパークの専門員3名配置をしております。ということで、本市においても地域おこし協力隊の力を借りる分野はあるのではないかと思いますがいかがでしょうか。
 それから3点目に83ページでございます。
 若者交流対策費でございます。婚活支援事業の内訳を見ますと、ほとんど変わっておりませんけれども、委託料が昨年度より64万4,000円ほど高くなっておりますので、この理由についてお伺いをいたします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長公室長、佐藤裕之君。

市長公室長(佐藤裕之君) 出張市役所についてのお尋ねでございます。
 委員ご指摘のとおり、毎年出張市役所を開催しているところですが、年々3件なり、4件なりということで件数が伸びていない実態にございます。それで基本的には、全部45のメニューの中から団体のほうで選んでいただいて、それについて市の職員が出向いて説明するというような形になってございます。ただ、メニューになくても団体との協議の中で団体が要望する内容に沿って職員が出向いて説明したという場合もございます。ただ、これまで広報紙やホームページ等で説明をしてきたところですが、なかなか市民の皆さんに周知がいっていないというのが実情だというふうに考えてございます。そういったことで今後できるだけ市民の皆さんに市の市政をお知らせするという大切な取り組みだと感じておりますので、できるだけ多くの件数、増加につながるような取り組みをしていきたいというふうに考えてございます。

委員長(中澤 宏君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 2点お尋ねということで、1点目地域おこし協力隊でございます。これまで東和町米川地域で活動をしていただいてございましたが、今年度に入りまして、昨年度につきましても各コミュニティに地域おこし協力隊の活用の部分を含めてお問い合わせをしてございます。ただ、なかなか活動の実態の部分とコミュニティの意向の部分がうまく擦り合わせがいかないという部分もあって、今年度も1人米川ということでございました。
 今後につきましては、現在本市の要綱においては、いわゆる過疎地域、東和町域、登米町域、津山町域という部分の町域指定を除外しまして、全町域で活躍できるようにまず活動範囲を、配置範囲を広げられるように要綱改正をいたしました。また、今後コミュニティ以外の部分でもいろいろな部分も含めまして庁内でこの協力隊の活用について検討してほしいということで、今各部局のほうと相談をこれから進めていきたいというふうに考えているところでございます。
 また、続いて結婚活動の部分での委託料の増額要因についてということでございます。
 これまで自分磨きセミナー等の回数もだんだん増えてございますし、今年度につきましては、昨年度につきましては、セミナー等も回数を増やしてございます。また、会場等も人数、少人数から大人数までいろいろと利用者ニーズが、利用者というか参加者ニーズ、あまり人数の多い会では参加しづらいという意見があったり、逆に多いほうがいいという場合もあって、会場等の借り上げ等も含めまして、いろいろなニーズに対応すべく若干経費を増額させていただきながら委託をさせていただいたということでございます。

委員長(中澤 宏君) 1番、熊谷和弘君。

1番(熊谷和弘君) 出張市役所につきましては、やっぱりなかなか周知も毎年同じぐらいの周知しかやっていないじゃないかなと思いますので、やはり年間1年でたった3回って、1週間に3回だったら頑張っているなと感じますけれどもね。ということでぜひやっぱり周知の方法などもちょっと増やすとか考えていただきたいと思っております。
 後は地域おこし協力隊の部分でありますけれども、やっぱり私なんかもいろいろ視察なんかに行っても、やっぱり本当に地域おこし協力隊の皆さんが頑張っているっていうところいっぱい見てきました。ということで例えば地域づくりはよく若者、よそ者、ばか者といいますので、ぜひ地域おこし協力隊、せっかくこういった取り組みがありますので、ぜひ取り入れていただきたいと思っております。
 それから、若者交流対策費の中で委託先が昨年度のハッピーフルウエディングということで載っていましたけども、今度の決算書じゃない成果説明書には載っていませんけど、これは昨年度も25年度と同じだったのでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長公室長、佐藤裕之君。

市長公室長(佐藤裕之君) 出張市役所につきましてはより多くの市民の皆さんに出張市役所を活用していただきまして、市政に対する関心と理解を深めていただけるよう、例えばコミュニティFMを使った周知とか、あるいは公民館、ふれあいセンター等にはいろんな団体がより多く利用しますので、そういうところにチラシを置くとかという取り組みについても今後検討していきたいというふうに考えてございます。

委員長(中澤 宏君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 受託事業者につきましては、NPO法人のハッピーフルウエディングさんになってございます。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑はございませんか。6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 成果説明書の40ページ、41ページの政務活動費とそれから61ページ、62ページの契約管理費の中でお尋ねをいたします。
 まず、政務活動費でございますが、話題の富山市議会のような会派は登米市議会ではないというふうに私どもは思っておりますが、使われた額を見られて、執行部の見解をまず一つお尋ねしたいと思います。
 それから、契約のほうですが、事業概要欄に指名競争入札での1社応札などの特例措置適用期限延長を行ったとの説明がありますが、これをもう少し詳しく、といいますか、この特例措置を適用した案件は27年度中おおよそ何件あったかを教えていただきたいと思います。
 それから、総合評価方式の施行された結果として、どう評価されているかをお聞かせいただきたいと思います。
 それから、契約件数と落札率の状況が表記されていることに関してお尋ねをいたしたいと思います。最低制限価格を取り入れているのはどの分野でしょうか。全部でしょうか。
 それから、落札率は予定価格に対してと理解してよろしいでしょうか。
 それと予定価格を決定するのは、どなたなのでしょうか。ということをまずお尋ねします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 私からは政務活動費のことについてお答えしますけれども、41ページ一覧にありますとおり、基準額を交付され実際の実績が載ってございますけれども、内容については全て適正に処理されているというふうに認識してございます。

委員長(中澤 宏君) 続けて答弁を求めます。契約専門監、 及川 仁君。

契約専門監(及川 仁君) ただいまのご質問についてでございます。
 まず、第1点目の特例措置の関係でございますがこちらにつきましては、震災後、八つの特例措置を設けまして行ってございます。実績ということでございますが、この中で指名競争入札での1社応札ということで、こちらにつきましては32件ほどの実績がございます。後そのほかに特例としまして主なものとしましては、再入札を2回まで最終的に入札予定価格に届かなかった場合、3回までというのを実施してございます。こちらにつきましては、3回目で落札というのが11件ほどございました。そのほかに現場代理人の兼務主任技術者の選任要件の緩和等できるだけ業者さんに落札しやすい状況をつくっているという状況でございます。
 続きまして、総合評価でございます。総合評価につきましては、すみません。最低制限につきましては、予定価格に対する設定でございます。予定価格ではなくて落札率につきましては、予定価格に対して、でございます。
 予定価格の設定につきましては、1,000万円以上につきましては副市長、1,000万円以下につきましては部長、課長と金額によって作成者が決まってございます。
 総合評価の検証でございます。
 こちらにつきましては、平成20年に総合評価導入いたしまして、これまで約160件ほど総合評価で実施してきたという経過でございます。この間、総合評価の検証ということで、そもそも総合評価を導入しました目的等を検証した結果でございますが、総合評価で落札した工事につきましては、一般競争と比較して工事成績評定こちらが一般競争よりは上回っているということで工事の品質が確保されているというような内容となってございます。
 ただ、検証といたしましては、まだ若干の若干といいますか、どうしても総合評価ですと落札業者が決定するまでの期間等がかかってしまうというような課題等もございまして、それらを整理した上で今後も総合評価のほうを実施していきたいと考えてございます。
 あと、最低制限価格の設定でございますが、こちらにつきましては工事関係、工事、建設関連業務、一部の業務について清掃業務等の人件費が主になる業務について最低制限のほうを設定させていただいているという状況でございます。

委員長(中澤 宏君) 浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) まず、政務活動費のことですが、非常に答えにくいことをあえて聞きます。いわゆる交付額全額使ったあるいは、めいっぱい使った会派とほとんど使わなかった、あるいはあまり使わなかったという会派が現実にあるわけですが、どちらのほうが評価されるべきだというふうにお感じになっているか、私は多く使ったほうがいいという立場なのですが、それは百聞は一見に如かずということを実践するためには、やっぱり多く使われるはずだというふうに思うのですが、市長、副市長何かその辺について異論があったらばお聞かせいただきたいし、それから契約のほうですが、最低制限価格を取り入れているのは、工事に関係することは、設計の業務はどうなのか、そこを聞きたかったのです。それ聞いてからね。

委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) どのような形の執行が望ましいかというご質問でございました。
 もちろんこの政務調査費を使って調査をされている皆様もいらっしゃると思いますし、この政務調査費を使わずしてもさまざまな活動をされている方もいらっしゃるのではないのかなというふうに思っております。一つの政務調査費として使われているかいないかだけで、その活動の内容が我々として把握できるわけではございませんので、ただ一つ言えることは、この政務調査費を使われるということはその活動の内容は我々にも一定程度内容がわかるという意味では、この政務調査費の意義はあるものというふうに認識をしております。

委員長(中澤 宏君) 契約専門監、及川 仁君。

契約専門監(及川 仁君) ただいまの最低制限の設定でございますが、設計にも最低制限適用してございます。

委員長(中澤 宏君) 浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 政務活動費は、これからの私あと引退するので何とも言えないところですが、ぜひ多くの市民に理解されるようなPRではないのだけど、そういう方向を目指していただきたいというふうに思います。
 それから、設計に最低制限価格を入れた狙いはどこにあるのでしょうか。いわゆる表面上は、質を落とさないというようなことなのでしょうけども、かつて東和町時代に1円入札、私はそれを採用いたしました。それで全く問題はなかったというふうに思っておりますが、この今28年度の事業の中で、懐古館の中での設計業務について、最低制限価格で失格になっているのですよ。これはやっぱりもう少し考え直すべきではないかと思いますので、たぶんこれ聞きますと、予定価格を設定したのは藤井副市長とお聞きをしておりますので、その辺の考え方についてこれで十分だったか、もっと改善すべきことはないか、率直にお聞かせをいただきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 最低制限価格の制度のお話しでございます。今委員お話のとおり、私どもの理解としてもより安定かつ確実な成果を求めるという考え方の中で最低制限価格を設定させていただいておりますので、適正なものというふうに考えてございます。

委員長(中澤 宏君) 浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 口でそのように言えば簡単なのよ。早い話。私は現実を見て、最低制限価格を撤廃しても、あるいはもう少し最低制限価格の率を下げても全くデメリットはないのではないかというふうな思いで今尋ねているのですが、もう一度お願いします。

委員長(中澤 宏君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 最低制限価格の設定の率といいますか、考え方については、一つは他の公共工事、国なり県なり他の自治体とのバランスというのも当然見なければいけません。
 それから、とはいいながら一方で社会経済情勢の変化の中で、現行の設定率が妥当かどうかということについては、これはご指摘のとおり、引き続き調査研究するべきものであるというふうには思ってございます。

委員長(中澤 宏君) 浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) いま私が指摘したからそのようなお答えになったのではないかというふうに思っているのです。ですからぜひ四六時中いろんな面で注意をしていただくのが副市長の役割だと思いますのでぜひそのようにお願いしたいと思います。以上。

委員長(中澤 宏君) 要望でいいですか。ほかに質疑ございませんか。14番、浅田 修君。

14番(浅田 修君) 57ページの検査管理費の中での60ページのことなのですけれども、支所の中で130万、50万のそういった物品購入もなかったのかということなのですね。逆に言えば。各支所がゼロということは、そういった工事委託なり、物品を買わなかったということなのか、どうなのでしょう。検査しなかったからそういうことなのですけれども、一つお願いします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。検査専門監、菊 幸誠君。

検査専門監(菊 幸誠君) 検査の件数、金額についての説明をさせていただきます。
 58ページに検査対象金額として、工事130万を超えるもの、委託物品は50万円を超えるものが検査対象となっております。それ以下につきましては特命検査員、主務課の課長等の検査となっております。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 浅田 修君。

14番(浅田 修君) そういうのになっているのですか。その中でこういった支所で、本当に50万円以下で、以上で注文するものもなかったのか。なんか支所機能が全然、支所としての機能が果たしていないという話ではないのですけども、権限がないと。権限を全て奪っているような感じに承るのですけどもどうでしょうかね。ないといえばそのままなのですけども、全然金を渡さないでやっているということの状況に見られるのですけども、この点について各支所長どう思いますか。

委員長(中澤 宏君) 各支所長から答弁を求めます。

14番(浅田 修君) 各支所長はいいから、どこか代表指名してもらえれば。

委員長(中澤 宏君) 迫総合支所長、目々澤義信君。

迫総合支所長(目々澤義信君) 迫の場合と申しますか、総合支所全般的に申し上げまして、総務課で集約業務というふうな契約の方法で、例えば宿日直、それから警備関係等々が迫の場合ですと総務課の集約業務が10業務ほどございまして、それらが合計しますと989万1,000円ほどというふうな庁舎管理関係でございます。そういったことで支所単独での契約部分というのがないということでございます。そういったことも一つの要因かなというふうに思います。

委員長(中澤 宏君) それでは浅田 修君。

14番(浅田 修君) そのような状況の中で、全部中心主義でやっているようなのですけども、何か支所から全部権限を奪って、そのような感覚がするのですけれども、運営していく分には楽なのだよね。トップで管理すれば。けれども各支所に対して何か住民がこうだああだというときも、すぐ即決できないのがこういった要因ではなかろうかなというふうに思うのですけれども、何の支障もないですか。これでいいですか。支所長たち。

委員長(中澤 宏君) 支所長に聞きますか。

14番(浅田 修君) 支障ないですか。

委員長(中澤 宏君) 米山総合支所長、金野信義君。

米山総合支所長(金野信義君) 今、迫の支所長さんが申し上げたとおり、大きな金額、基準を超える額につきましては、集約業務ということで現在やらせていただいておりますので、その内容で今のところは支障ございません。以上です。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。21番、及川長太郎君。

21番(及川長太郎君) まず、110ページの交通安全維持管理費、交通事故大分減ってカーブミラー等々、ガードレール設置なりました。その中で信号機、ここ数年取付けは新規になかったでしょうかね。地域内でここは信号機があったほうが良いというそういう場所はこの際各支所長さん方、地元の状態がわかると思いますので、その辺ありましたらお聞かせを願いたいと思っております。
 それから、127ページ選挙管理委員会、毎回選挙時間の短縮を話しているのですが、なかなか聞き流されているのが現状でございます。今度18歳以上の投票率はいくらぐらいになりましたか。投票率アップになるような話は成果表の中で円滑な管理執行についての知識の向上を図ったとありますが、どのような内容かをお聞かせを願いたいと思います。
 130ページの県議会議員選挙費の中で選挙期間9日間ですか、投票の状況をみますと、期日前投票、不在者投票含めまして26.5パーセントが不在者、期日前と行ったような数字が出ております。この数字から見て、やはり時間が8時まで期日前あるいは不在者の受付をしているようなので、いつも申しておるのですが、選挙時間の繰り上げといいますか、もっと早めに閉めてもいいのではないかなと、投票率も長くすればいい、投票率が上がると決して思ってはおりません。
 それから133ページ農業センサス、国勢調査それから経済センサス商業統計5年ごとでのデータでどう活かされてきましたか。お伺いいたします。以上です。

委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めますが、確認でございます。
 1番目のカーブミラーの設置については、総合支所長でよろしいですか。信号機。信号機。代表して中田総合支所長、佐々木茂光君。

中田総合支所長(佐々木茂光君) 中田総合支所でございます。信号機につきましては、住民の方あるいは交通安全協会の方から要望が1カ所あったように聞いております。新設あるいは拡幅による十字路交差点、ちょっと場所は記憶今思い出しているのですが、ちょっと定かでありませんが、1カ所信号機の要望があるということで警察署のほうに要望を出しております。多いのはやっぱり横断歩道あるいは防犯灯それからカーブミラーの設置がむしろ多いというような現状であります。

委員長(中澤 宏君) 続けて答弁を求めます。選挙管理委員会事務局次長、全員でいいのですか。わかりました。もとい。それでは、質問者から総合支所長の全員の答弁を求めておりますので、それでは迫総合支所長、目々澤義信君。

迫総合支所長(目々澤義信君) 迫でございます。信号機の設置要望については、27年度はゼロ件でございました。なお今、中田の支所長が申し上げたとおり、防犯灯、それからカメラの設置要望等についてはございました。以上です。

委員長(中澤 宏君) 登米総合支所長、西條利光君。

登米総合支所長(西條利光君) 27年度の支所で受付した要望意見等については118件ほどございますが、その中で信号機の要望はありませんでした。

委員長(中澤 宏君) 東和総合支所長、吉野晴彦君。

東和総合支所長(吉野晴彦君) 東和総合支所でございますが、ただいまの登米総合支所の所長さんが申すとおり、要望件数については260件ございましたが、信号についてはございませんでした。ただ、現在米谷の三滝堂インターチェンジの開通に伴って交通の流通のコースといいますか、流れが変わってきている状況でございますので、今後増えてくる可能性は十分考えられるものと思ってございます。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 豊里総合支所長、大久保 仁君。

豊里総合支所長(大久保 仁君) 震災後、被災した人たちが移り住んできた下町地区画整理のところに結構住宅が建ちましたし、県道の鉄道越える跨線橋も完成したということで震災後要望がありまして、そのところに1カ所要望がありまして設置しておりまして、それ以外の要望はございません。

委員長(中澤 宏君) 米山総合支所長、金野信義君。

米山総合支所長(金野信義君) 成果説明書の中にもありますとおり、カーブミラーの要望についてはございますけれども、信号機の部分については特にございませんでした。

委員長(中澤 宏君) 石越総合支所長、木村達之君。

石越総合支所長(木村達之君) 石越総合支所におきましても、平成27年度におきましては、信号機の要望等はございませんでした。

委員長(中澤 宏君) 南方総合支所長、猪岡秀博君。

南方総合支所長(猪岡秀博君) 南方においても要望はございません。

委員長(中澤 宏君) 津山総合支所長、高橋正弘君。

津山総合支所長(高橋正弘君) 津山においても信号機の要望はございません。

委員長(中澤 宏君) 続けて答弁を求めます。選挙管理委員会事務局次長、遠藤 貞君。

選挙管理委員会事務局次長(遠藤 貞君) それでは選挙の関係につきましてお答えをさせていただきます。今般、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたというようなことでございまして、この春にも各市町村の担当者が集まりまして、研修会を実施したところでございます。その中で各市から、いろいろな取り組み、こういうふうに考えているというようなことを話し合ったというようなことでございます。本市におきましては、新たな試みということでございましたが、高校生の方々、各市内3校の高校生の方々を期日前投票の選挙事務従事ということで、体験アルバイトというような形で任用をさせていただきまして、投票率の向上につながらないかというようなことを行ったところでございます。そうした各市のお話を持ち寄って話し合ったというようなことの研修会となってございました。
 それから、投票時間の繰り上げというようなお話でございます。期日前投票も9日間行っているという状況で、繰り上げができないかというご質問かと存じます。まず、公選法によりますと投票所を閉じる時間を繰り上げる場合といいますと、特別の事情がある場合というふうにされているところでございます。本市としましては、本年参院選におきましても6時から7時までの間、1時間を繰り上げたということになってございます。その6時から7時の間なんですけれども、市全体で2,209名が投票をしていただいております。全体の投票率から見ますと、率にして9パーセントというようなことでございました。選挙の投票機会を可能な限り確保する観点が必要だというようなこともございますので、今後選挙の都度になりますけれども、選挙管理委員会の中でご審議をいただいてまいりたいというふうに考えているところでございます。先ほどの答弁で大変失礼をいたしました。うちのほうでは、法では8時までの投票でありますが、7時に繰り上げて閉鎖しているということでございます。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 農林業センサスそれから国勢調査等々のデータの活用といいますか、そういったご質問でございました。それらの調査につきましては、国からの委託調査でございまして、当然国の施策、計画の重要な基礎データになっておりますが、登米市におきましてのデータも当然でてまいります。そういった中で、例えば国勢調査でありますと基本的な人口や世帯、そういったものについて調査してございますので、昨年度は策定しております総合計画などでもその結果を十分検討したところでございますし、それぞれのデータにつきましても各分野の部門での基礎データとして計画や政策についてのデータとして活用しているものと思われます。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 及川長太郎君。

21番(及川長太郎君) 今のセンサスの問題ですが、5年のデータだと1年でかなり数字的に変わるものがあるのですが、生かし方としては不都合を感じないかどうかその辺お聞きします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 先ほどお話しさせていただきましたとおり、国からの委託調査ということになっておりまして、ある一定期間のデータを見ることによりまして、方向性なども示されるということでございますので、現時点ではそういう形で調査の期間というのは区切られているものと思っております。

委員長(中澤 宏君) 及川長太郎君。

21番(及川長太郎君) わかりました。それから選挙管理委員会の委員長さんも来ていますが、いろんな会議の中で時間短縮等々そういう話、反省会等々では検討したことがあるかないか。また、今後の方向性はやはりこのまま当分予定どおりといいますか、そういう考えは全くないということで確認してよろしいでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 選挙管理委員会事務局次長、遠藤 貞君。

選挙管理委員会事務局次長(遠藤 貞君) お答えいたします。選挙、投票時間の繰り上げにつきましては、選挙の都度、選挙管理委員会におきましてご審議をいただいているというようなことになってございます。県内の状況を少しお話させていただきますと、本市と同じように全ての投票所の投票時間を繰り上げているといった市は6つということになってございます。本市、栗原市、その他4市ということで、6つということになってございます。その内容を調べてみますと、ほとんどが1時間の繰り上げとなってございます。なかには例外的に石巻市さんなどにつきましては、離島がある関係、あるいは栗原市さんは耕英地区などがある関係で2時間、3時間といったような繰り上げもあるところでございますが、そうしたところはやはり特別な事情と見られるのではないかというようなことで、当市としましては1時間の繰り上げというようなことで現在は進んでいるところでございます。この件につきましては今後の選挙におきまして、その都度委員会の中でお話し合いをさせていただきたいというふうに考えているところでございます。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 及川長太郎君。

21番(及川長太郎君) 6つが同じような横一線ということで、1つぐらい飛び抜けても笑われないと思いますので、ぜひ一歩前へということで1時間でもまたここから抜け出て時間の繰り上げをお願いしたいと思います。
 それから、先ほど18歳以上の投票率、私聞き洩らしたのかな。答弁ありましたかね。

委員長(中澤 宏君) 選挙管理委員会事務局次長、遠藤 貞君。

選挙管理委員会事務局次長(遠藤 貞君) 大変失礼をいたしました。本市の今般、参院選におきまして、18歳以上の投票率ということでございます。まず、18歳が42.08パーセントでございました。そして、19歳が33.48パーセントとなってございます。二つの年齢階層を合わせますと38.04パーセントというふうになってございます。ちなみにこの中から高校生の年代の皆さんを抽出して調査をさせていただきました。そうしたところ対象の数、当日有権者は232名でございまして、投票していただいた方は、145名となってございます。率になおしますと62.5パーセントの投票率でございました。高校生の皆さん方には60パーセント台ということで、他の若年層の皆様方よりは投票を多くしていただいたというふうに感じているところでございます。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 投票時間の繰り上げの問題でございますけれども、確かに年々ですね、期日前投票の割合が増えてきて、今約3割ぐらいに増えてきています。そういった状況から、将来的にはそういった当日の時間を短縮していくという流れが出てこようかと思いますが、先ほど来、次長答弁したように選挙管理委員会の中でもその都度検討しながら、あるいは県選管、国の流れ、そういったものを勘案しながら検討したいと思います。

委員長(中澤 宏君) 及川長太郎君。

21番(及川長太郎君) ぜひ、むしろ期日前、あるいは不在者50パーセントになったら、むしろ時間をもっと短縮します。そういう投票所に行きましょうというそのPRも必要ですが、やはりそういう投票率を上げるにはむしろ時間が午前中で閉めるとか、極端なことをしないとやはり関心がないと思うのだね。時間を長くしたからといって投票率どこの市町村も年々下がっていると思いますよ。これは選挙管理委員長ぜひこれを重点に今後の選挙のあり方について、ぜひ検討をお願いしたいと思います。終わります。

委員長(中澤 宏君) 要望でいいでしょうか。答弁を求めますか。
 答弁を求めます。総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 大変貴重なご意見十分勘案しながら検討させていただきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。
 質疑があるようでございますが、1時まで休憩とさせていただきます。
 
          休憩 午前11時57分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
 

委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 質疑を続けます。質疑はありませんか。3番、佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) 成果説明書のまず1点目の45ページの職員研修費についてお伺いをいたしたいと思います。
 市役所にとって一番人材育成するというか、職員を育成していくのがこれからの本当に登米市にとっても重要な案件だというふうに思っているのですけども、前に説明あったとおり企業会計を除いた職員数が確か970人。内容は別にしても職員研修費が1,191万ということは均すと1人1万ちょっとという計算にはなるのですけども、やっぱり人材育成という観点からするとこれは、私はもっと予算を付けるべきではないかなという観点から質問をいたします。その観点の中で各課で短期的な目標とか、中期的な目標というのを立てて、とにかく政策を遂行されているのかどうか、まずその点からお聞きしたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。人事課長、阿部孝弘君。

人事課長(阿部孝弘君) 職員研修費についてのお尋ねでございます。
 私のほうからは、職員数に比較して予算的に少ないのではないかといったようなお話もございましたので、それに関連してお答えをさせていただきます。
 こちらに記載しておりますのは研修費ということで、委託料でありますとか、そういった経費を外部にお支払いするものでございます。例えば新人の職員に対しましては、我々職員の中で自治大ですとか、あるいは富谷の研修所で研修を積んだ認定講師がおりますので、そういった講師が震災研修の講師になるといったようなこともございます。そういった職員が職員を指導して、職員総体として知識経験を伸ばしていくといったような取り組みもしているところでございます。

委員長(中澤 宏君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 各課、各部ごとの例えば年度ごとの取り組み、目標そういったものについては、いずれは制定するようにという通知を出しながら、毎年度やっていただいた時期もありました。それは紙にプリントアウトしまして部屋だったり、目に付くところに貼っておくということもありまして、取り組んだときもありましたが、最近は特にそういう通知は出しておりません。おそらく各部各課ごとにその年度の重要施策というについてしっかり取り組むようにということは話し合い、あるいは認識を共通しているというふうに考えているところであります。

委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) そうすると市役所全体でそういった目標の設定をしながらやっているということではないというふうにまず理解はしますけども、そうすると各課ごと、部ごとにでもそういう目標を設定しながらやられていると。当然今年は何をするのだということは当然あるわけですから、それはおそらく立てられているのだということを前提にしてお聞きしますけども、目標を立てたときに、やっぱりその課、その部として今年はこれが確実に必要だということがあれば、そのための研修とかなんかも私は必要だと考えているのですけども、そういったときにその目標設定がないとなかなか研修には結びつかないというふうに思うのですけども、具体的な例えば課内で研修のための予算というのは、改めて課としては取っているのでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。人事課長、阿部孝弘君。

人事課長(阿部孝弘君) 各部、各課ということではなくて、人事課で一括して予算を取っております。
 それから、目標に向けた研修ということでございますが、一例をご紹介させていただきますと、成果説明書の46ページの中に、市町村アカデミーということ下段のほうで職場外研修市町村アカデミー(3人)とございます。これにつきましては、各部例えば収納でありますとか、あるいは法令でありますとか、そういった重要な点について、宿泊の研修5日から10日程度でございますけれども、そういった各部で捉えております重要課題につきましてこういった研修も行っております。
 なお、今年度につきましては、各部局ごとに一つずつということで予算も増やしておりまして、各部の重要課題について現在アカデミーでも研修に取り組んでいるというところでございます。

委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) 建設部長に特にお聞きしたいのですけども、建設部はいろいろ実務的なことが大変ありますよね。それでいろいろ技術的なこと。それからいろんな公法的なことで、常に新しいものを取り入れなきゃないというおそらく状況にあるのではないかなというふうに思うのですけども、そういったときに、実際実務研修というか、そういうものを特に必要ではないかなというふうに思っているのですけども、特に建設部の中ではそういった研修とか何かに取り組まれているかどうか、そこをお聞きします。

委員長(中澤 宏君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) 建設部でそういった技術的部分も含めた研修をどういった捉え方をしながら、組み立てたり、参加したりというふなことをしているのかというふうなことだと思います。建設部の技術的な部分の研修につきましては、例えば建設センターで行う初任の研修とか、構造物等を対象としたそういったある程度技術の高い職員を対象とした研修、そういったものに対して参加をさせていただきながら、技術を磨いていただくというふうなこともございますが、基本的にはやはり職場内で先輩が培った技術を一緒の仕事をしながら部下のほうが吸収したり、教えていただいたり、そういった職場内での研修といいますか、実力を高めていくというのがやっぱり大切なことでございますし、実際その実務を経験しながらいろいろぶつかったときにそういった上司又は同僚のいろいろなアドバイスが生きてくるというふうなことでございますので、そういった技術研修については、専門的な場所で行うこと、さらには職場内で行うことというふうな形で進めてございます。技術研修については以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) 職場内での研修もいいですけども、ぜひ対外的などことも含めてそういった研修体制を整えてほしいというふうに思います。
 次に、78ページちょっと午前中にも空き家バンクの話が出たんですけども、利用の希望と登録件数、これはいろいろマッチングというのは難しいところあるのでしょうけども、今年度成立が3件ということなのですけども、そのマッチングの中でやっぱり具体的にどこら辺が難しいというか、そういう案件があるのか、空き家バンクの担当の方お願いします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) まず、空き家のほうの登録出し手側につきましては、どちらかといいますと所有権を売りたいといいますか、売買したいというケースが多ございまして借りる方につきましては、取得といいますか、利用する方につきましては、短期間なり、借りたいという部分が多いように感じております。以上です。

委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) そういった状況の中でここうまくマッチングする方法というのは何か取られてこられたのかありますか。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) これまでも職員のほうが間に入りまして、調整をしてございましたが、本年度からは、その改修についてのサポートもしてございまして、所有者の方、それから借り手側の方とのお話し合いの中では、長期に滞在してもらったり、最終的には取得していただけるように改修の工事などの支援もしてございます。

委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) この空き家バンクの中には、これ個人の所有だからですけども、お試し住宅というのはないですよね。ありますか。

委員長(中澤 宏君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) ございません。

委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) いろんなそういう移住定住をあっせんするいろんな機関の話を聞きますと、やっぱりお試し住宅がないと、なかなかこの地域、結局今住んでいる地域を捨てて、捨ててというかそこを引き払ってこっちの登米市に来るわけですから、やっぱりどういった環境なのか、それから地域の人たちがどんな感じなのかというのがわからないと、なかなかこっちに来る踏ん切りというのはつかないと思うのですけども、ここら辺はいろいろ出し手の方に了解は当然必要なのでしょうけども、そういったお試し住宅みたいなものをつくりながら、徐々にこっちに定住してもらうようなこれ今年度の取り組みになりますけども、そういったことは考えてはいなかったのかなと。その点についてお伺いします。

委員長(中澤 宏君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) お試し住宅につきましては、空き家の活用というのも考えやすいわけでございますけれども、ただ空き家の出し手のかたについては、ただいま申し上げましたように、所有権を移して、いわゆる売り渡したいというふうなこともございます。そういったことからすれば、なかなかその空き家の活用が難しいというふうに思ってございます。
 特に、空き家についてはすぐに入れるというふうな状況の建物も少のうございますので、なおそういったお試し住宅への提供というのは抵抗があるというふうな状況でございます。ただ、そういった中で、確かにただいま委員ご指摘のとおり、移住を進めるにあたっては、そのお試し期間1週間なり、あるいは長くて1カ月とか、こちらに来て過ごしていただく時間というのも当然必要なわけでございますので、それは空き家とは別途ですね、考えたいというふうなことで進めようと考えてございます。

委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) ぜひ、そういった格好で進めていただきたいと思います。
 それから、もう1点なんですけども、116ページの固定資産税の付加の関係ですけども、この事業の概要の中に太陽光発電ソーラーパネルの設置ということの中で地目変更によって当然課税の金額が変わってくるのでしょうけども、これ例えば農地の場合、変更すると雑種地になろうと思うのですけれども、そこらへんで税率がどういうふうに変わるのか、その点をお聞きしたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。総務部次長兼税務課長、冨士原 徹君。

総務部次長兼税務課長(冨士原 徹君) ただいまご質問ありましたが、太陽光発電の関係でございます。太陽光発電につきましては、通常、農地に設置される場合につきましては、宅地並みの雑種地というふうな形で地目を変更いたします。なお、その際には、宅地の0.3というふうなことで3割を評価するというふうなことで決めております。
 ただし、これは都市計画区域、あるいは用途地域、例えば佐沼とか加賀野地区につきましては、その3割ではなく、7割程度というふうな基準を決めて評価をしてございます。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。12番、佐藤尚哉君。

12番(佐藤尚哉君) それでは80ページの中ごろに子どもたちが考える登米市の未来新聞コンクールのことがございます。それで前のページに事業概要ということで書いてございますけれども、生まれ育った登米市の魅力を再発見しながら、地域を愛する心を育んでもらうことを目的に、登米市児童生徒を対象とした第8回子どもたちが考える登米市の未来新聞コンクールを実施したということなんです。それでこれについて、せっかく子どもたちがこのいいものをつくっているのですけれども、こうした子どもたちが参加したまちづくりなのですけれども、これを何か参考にして取り入れるべきものがあったのかどうかその辺お伺いしたいと思います。←ここまで

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 未来新聞コンクールでございます。成果説明書のほうにもありますとおり、小学校、中学校対象に、児童生徒の皆さんが考えるテーマを設けまして、小学生については「みんなが住みたいまち」というテーマで、また中学生については「地域で取り組むまちづくり」ということで新聞をつくっていただきました。地域によっては、伝統のまちにたいしてどうしていきたいというような思いもいただきました。それを参考にしながら具体的に直接、これを今年からという部分ではございませんが、参考にさせていただきながら、取り組みをしていきたいというふうに考えてございます。

委員長(中澤 宏君) 佐藤尚哉君。

12番(佐藤尚哉君) このときから、登米市未来のまちづくり推進基金ということで8億円積んでおります。それで今どうして聞いたかということなのですけれども、まちづくり基本条例ですね。平成22年に基本条例の策定委員会がございました。そのときに、委員長は初めにの中でまちづくり基本条例というのは、まちづくりの方向が漠然としたり、不明確なままだと条例も曖昧で、意味の薄いものになります。条例の形や条文だけ美しくともあまり役に立たない条例になりますという指摘をしているのですよ。別にこうだというのではないのです。今までのいろんな事業ですね。まちづくりの中でやってきている中で、しっかりとやっぱり子どもたちも含め、まちづくりに参加する人たちをいかに参加させて、そういった人たちの意見をいかに育て上げていくかということなのです。摘み取っちゃダメなのですけども、こういった点でこれまでの事業についての反省点なり、そうした部分というのはあるかどうかお伺いします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) この未来新聞コンクールもそうでございますけれども、ここの部分の事業の取り組みのきっかけといいますのは、ただいま委員お話のとおり、まちづくり条例の制定にあたって将来を担う若い方々のまちづくりに関わる意識の醸成というのも必要だろうというふうなそういった視点の中でこういった事業に取り組みを始めさせていただいてきたわけでございます。ただいま委員お話のように未来を担う子どもたち、あるいは若い人たちについても登米市のまちづくりへのいろんな提言等をいただきながら採用できるものについては採用しながら進めていくというふうな基本的な姿勢、あるいは考え方というのは、これまでもお持ちしておりましたし、今後も大切なことだというふうに思ってございます。その一端としては、ここの分野ではございませんけれども、毎年青年会議所のほうで主催されてございます子ども議会であったり、それから今年度取り込んでございますシティプロモーションの中での取り組みについて、高校生あるいは若い方々を対象としたワークショップをしながら、形づくっていくというふうなそういった一つの取り組みの中で、そういった視点を取り入れながら、今後も実施していきたいというふうに考えてございます。

委員長(中澤 宏君) 佐藤尚哉君。

12番(佐藤尚哉君) あえてこの基金をつくっておりますのであえて言いました。この策定委員会で議論されてきたことを含めながら、本当に次から次といろんな事業に手を付けているということですね。しっかりと腰の座ったそして市民と一緒にまちづくりをする視点、やっぱり市民の意見をどんどんと取り入れるとそういうふな姿勢が大事だろうというふうに私は考えております。意見でございます。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。16番、田口久義君。

16番(田口久義君) 成果説明書の84ページ1点目。あと2点ありますけれども130ページの県議選挙の件2点についてお尋ねをいたします。
 まず、システム管理費ですけれども、その中身は次のページにもいろいろ書いてあるわけでございますけれども、過般にいろいろとシステムの不具合といいますか、人的なミスもあったと思うのですけれども、そういったことで市長さんはいろいろと何かあるたびに公表されてきたわけでございますけれども、最近はそのことをちょっと聞かなくなったものでありますので、最近はそうしたミスがなくなったのか、あるいは多少軽微なミスとはまだたまに出るのかどうか、その辺のまず実情をお聞きしたいと思います。
 それから2点目のこれは宮城県議選で聞いたほうがいいのかどうかわかりませんけれども、開票速報の際に、開票の速報出されるまでの時間が大変長くかかったような私は記憶をしているわけなのですけれども、その辺はどのような反省を踏まえて、どのような改善を行ったのか行わないのか。あるいはあれはあれでいいのですという理由があれば、それはそれで賜りたいと思いますけれども、その点2点についてまず見解をいただきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 初めにシステムの運用についてでございますけれども、この4月1日からこれまでの基幹系、いわゆる住基等の基幹系のシステムとそれから情報系、内部情報系等も含めてですけれども、そういった業者さんの入れ替えがございました。そういった中で27年度1年間かけて28年の4月1日の新たなシステム導入についての準備を進めてきたわけです。データ移行なり、システムの構築なり、そういった中で当然一番こういったシステムの不具合等が出るのは、切り替え時期が一番出る可能性として大きなところでございますので、それを回避しようということで、27年度1年間慎重にシステムの構築の準備を進めてまいりました。その結果でございますけれども、予想以上にスムーズにその切り替えがなされたものというふうに感じてございます。ただ、システムの不具合がなくなったのかというふうなことでございますけれども、それはまるっきりなくなったわけではございません。ただ、大きく市民の皆様にあるいは小さくでも市民の皆様にご迷惑をかけるそういった不具合等は一切なかったというふうな中で、うまく構築業務がやり終えたなというふうな感触をもっているところでございます。

委員長(中澤 宏君) 選挙管理委員会事務局次長、遠藤 貞君。

選挙管理委員会事務局次長(遠藤 貞君) 選挙の開票の時間が大幅に遅れたというようなことでご質問を頂戴いたしました。今般の参院選挙におきまして、比例区の開票の際に一つ問題といいますかございまして、といいますのは按分票の中でございましたが、按分の基礎となる票がないものがございました。具体的に申しますと、164名の比例代表の候補者の中に鈴木さんという候補がお二方いらっしゃったわけなのですけれども、その鈴木さん方に基礎となる票が1票もないというような状況でございまして、それにもかかわらず1票鈴木という名字だけを記入していただいた票がございました。そうしますと按分の際にもととなる票がないということになりまして、有効票ではあるのですが、いずれにも属さないというようなことがございました。その点につきまして私大変勉強不足でございまして、その発見に時間を要したということになってございます。ということで1時間ほど発表が遅れたということになってございます。今後は十分勉強をいたしまして、そうしたことがないように努めたいというふうに考えております。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 田口久義君。

16番(田口久義君) まずシステムの件は、そうするとそのシステムの入れ替えによって、そうした部分が大分改善されたという解釈でよろしいかと思いますけども、あの当時確かサーバー室というか、あそこに数人の業者さんが張り付いていろいろ監視をしておられたようでございますけれども、現在はもうそういった部分は全てなくなったものなのかどうなのか。
 それから、これからの見通しも大体スムーズにいくだろうという考えがあれば、そのお答えをいただきたいと思います。
 それから、選挙についてでございますけれども、いろいろ按分票等でいろいろ時間がかかったというお話でございますけれども、何か私聞いたのは集計表を数える機械といいますか、そういったものがちょっとうまくなかったというか、そういった部分も聞いているわけなのですけども、その辺はどうなのか。そしてまた、今後スムーズに開票速報が出されるような今後の努力というか、改善策があったらお話をいただきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 現状のベンダーにつきましては、サーバー室の常駐は1名というふうなことになっております。ただ、システム自体が全て遠隔で監視できますので、そういった体制をとっているというふうなことから、こちらへの常駐人員が以前と比べて縮小になっているというふうなことでございます。
 それから、今後の見通しでございますけれども、そういったミスはあってはいけないことでございますので、完全になくなるのかというふうなところはなかなか申し上げにくいところではございますが、出さないように、ベンダーだけでなくて、私ども職員もそれから実際運用する情報システム担当職員だけではなくて、現場の税あるいは住基、そういった担当職員の中でもそういったものは極力防ぐようなそういった意識を常に持ちながら当たっていきたいというふうに思ってございます。

委員長(中澤 宏君) 選挙管理委員会事務局次長、遠藤 貞君。

選挙管理委員会事務局次長(遠藤 貞君) お答えいたします。今般の参院選におきまして、これも比例代表の選挙に加わるものでございましたが、読み取り分類機を導入させていただいてございます。今回候補者の方も多いということで、増設をしてユニットを増設した形で実施したということでございました。我々もその読み取り分類機によりまして、もっと早い迅速な開票ができるものというふうに考えておったところでございますが、我々のこれもまた見込みが甘かったということでございますが、思ったように機械上の分類がスムーズに進まなかったということがございます。これは機械の故障とかですね。そうしたことではないわけでございますが、思ったよりも遅かったということで、今後につきましては、今回のこれも反省を踏まえまして、時間の配分といいますか、機械のことだけではございませんが、全体のその作業をスピードアップするように努めてまいりたいというふうに考えているところでございます。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。19番、相澤吉悦君。

19番(相澤吉悦君) 成果報告書45ページお願いします。
 市長の交際費というようなことで、ここに線香代から数字載っていますけども、この内容についてはさまざま決まりがあると思うのですよ。誰でも彼でもこの花輪を出すというのではなくしてですね。そういうところわかる範囲でいいので、ちょっと参考のために教えてもらえればと思います。
 次に、成果報告書57ページですけども、この下段のほうに事業の概要というふうなことが載っています。これ最後のくだりなのですけども、300万以上の工事に係る工事成績の評定を行うこととして、技術水準及び品質の向上を目的として指導を行ったというふうなことなのですけども、これどのような指導をしているのか、そしてまたその後に成果等というのが載っています。優良な施工業者及び技術者の表彰というふうなことで、7回目だということになっていますけども、このようなことを行うということは私は非常にいいことだと思います。そしてまたそれぞれの業者、それぞれの技術者に対しては、非常に力になるなあというふうなことで、7回目と何年前からやっているのだか、1年に1回なのか、2年に1回なのかわからないけれども、その辺のところを後は決め方、決め方によっては誰が選定してどのようにして決めていくのか、この決め方が悪いと何であそこがなったのだというふうなことになってから大変なことになりますので、その決め方を誰が決めるのかその辺のところを教えていただければなあというふうに思います。よろしくお願いします。

委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。市長公室長、佐藤裕之君。

市長公室長(佐藤裕之君) 交際費の基準のお尋ねでございますけども、交際費につきましては、交際費執行基準というものがございます。これに基づいて執行をしているというところでございます。具体的な部分で何点かお知らせをしますと、亡くなった場合に、死亡した場合に香典とか弔花があげられるような形になるわけでございますけれども、その区分につきましても、議員さん含めた特別職であったり、元職の部分であったりというような形で基準を設定しまして、それに基づいた形で執行しているというのが実態でございます。

委員長(中澤 宏君) 検査専門監、菊 幸誠君。

検査専門監(菊 幸誠君) 評定について説明させていただきます。
 まず、評定の説明会です。これは新規に入った方、建設部もしくは建設担当になった方、この方々の研修会を行っております。それから、表彰の対象でございますが、工事成績、その評定におきまして、工事成績85点以上のもの、なおかつほかの工事を含めまして、平均点70点以上最低点65点以上のもの、それから本社、支店が登米市にあるもの、その他講習災害、指名停止等を受けていないものが表彰の対象となっております。
 年1回平成20年から進めておりますけれども、年1回行っております。特に加えて説明させていただきますと、この表彰を受けることによってまず一つは、業者の方が社会的信用を受けることがあるだろうということを思っております。それから総合評価方式、これら、評定者、工事監督員、それから総括監督員、それと検査員と3段階の評価評定を行っております。それで点数化をして85点以上のものが表彰の対象になっていくと形になっております。

委員長(中澤 宏君) 相澤吉悦君。

19番(相澤吉悦君) 市長のほうはさまざまな決まりがあると思うのでそのまま出していただければ市長からもらったというふうなことでそれぞれの功績があり、それぞれの今までの市に対しての貢献してきた人たちにおそらく出していると思うので、これからもその辺のところ見落としのないように出してもらえれば非常に市民も喜ぶと思いますので、お願いいたします。
 ただ、この2番目の工事のことについてですけども、私どのような基準はわかりましたけども、その工事の監督ですか。その人たちが決めるのですか。私、この決め方によっては非常に業者、あるいはその人たちがこのようなことで決められたというふうなことで、うまくなくなってから大変だなというふうに思います。
 表彰規定というものは、さまざまあると思いますのでその規定は今聞いたから、決める内容なのですよ。人、このような方でこのようなことで決めます。決めているのですということで言えばいいのです。監督でもなんでもわからないではなく、わかるようにお願いします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。1問目はいいですか。検査専門監、菊 幸誠君。

検査専門監(菊 幸誠君) 評定の内容について説明させていただきます。考査項目といたしましては、6点ございます。1番目に施工体制、2番目に施工状況、3番目に出来栄え、創意工夫、社会性等、法令に遵守しているかというこういった6項目の32件について現場の検査、書類の検査等を行って評価、評定をしております。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 相澤吉悦君。

19番(相澤吉悦君) だから何回も何回も使わせないで、誰がやっているのと聞いているのだよ。誰が。お願いします。

委員長(中澤 宏君) 検査専門監、菊 幸誠君。

検査専門監(菊 幸誠君) 申し訳ございませんでした。評定は、監督員、総括監督員。それから私たち検査員が行っております。

委員長(中澤 宏君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 私から補足させていただきます。
 ただいまの申し上げたような監督員以下の成績を基本といたしまして、私が委員長になりまして選定委員会で選定をさせていただいております。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。10番、佐々木 一君。

10番(佐々木 一君) 成果説明書でいきますと、68ページですね。これの職員提案制度、27年度はテーマを決めて結婚、出産や移住定住を特定テーマとして受け付けをしたようでありますけれども、その結果、前年度18件を上回って23件あったようでありますが、この今回の提案ですぐに取り組めるような実現可能な提案があれば、ちょっと紹介していただければと思います。なお、27年度、26年度まで入賞といったような形を取っていったようでありますけれども、27年度はちょっと入賞という文字が消えたのですけれども、その辺はどのように変わったのか、そして若手職員を対象とした発想力の向上や企画書作成のノウハウを収穫できるワークショップの開催などについて次年度から行うように検討を行ったというわけでありますけれども、その検討を行った結果どのようになったのかお聞きします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 成果説明書にも記載させていただいておりますが、26年度の事業の中ではバーチャル登米市の旅ということで、健康とそれから登米市の観光を融合したその事業を実施してございます。27年度でございますが、全部で募集につきましては、23件委員おっしゃったとおりございまして、その中でも、賞に入った部分というのが大きく分けますとチャレンジ提案ということと、それから日常業務、業務の改善を目指した提案ということで大きく二種類ございまして、それぞれチャレンジ提案が二つ、それから日常業務提案が四つほど入賞してございます。
 その中の賞を一部ご紹介させていただきますと、奨励賞ということで仕事と生活の調和いわゆるワークライフバランスの実現を目指した取り組みについての提案、それからビデオメッセージによる中学生の海外姉妹都市への交流、そういったものなどがございました。
 それから、先ほど言った優秀賞のことかと思われますが、前回27年度におきましては、その賞につきましては、優秀賞それから健闘、努力、奨励、それから選外というふうな形で区分けしてございましたが、優秀賞はございませんでした。
 先ほど言った若者たちのその取り組みを今後どのように取り組んでいくかということでございますが、本年度からはもう進めてございますのでご紹介させていただきますと、人事課のほうと連携をとりましてチャレンジトゥーミーということで、概ね10年以上それから20年以内の若手の職員の皆さんに集まっていただいて、自ら自薦して集まっていただきまして、それを中堅職員の方がサポートするというような仕組みをつくってございます。
 これまで1回ほど会合しておりますが、その若手の職員につきましては、その施策の立案の技術とか、そういったものを学ぶ。もう一方で中堅職員につきましては、指導、それから助言、そういったことを学んでいくという態勢でございまして、これからも何度か検討、会合を進めていきまして、最終的には業務提案などに結びつけていきたいというふうに思っております。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 佐々木 一君。

10番(佐々木 一君) 今回、優秀賞がなかったということでありますけれども、今後ワークショップ、10年以上20年未満の若手の方を中堅職員がサポートをしてノウハウを習得できるような考えでありますけれども、これは本当にいいのですけども、あくまでも内部のワークショップというか、外部からの指導というものは入れないで、ワークショップの持っていき方です。その辺ちょっとお聞きします。

委員長(中澤 宏君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) あくまで内部でございます。ちなみに先ほどの前のほうの質問の中で独自でボランティアなどに取り組んでおる職員のご紹介があったわけですが、懸け橋というクールプでございますが、そういった方々も中心になって入っていただきまして、最終的にはそういったところにも結びつけていきたいという考えのもとで進めてございます。

委員長(中澤 宏君) 佐々木 一君。

10番(佐々木 一君) ぜひ、どんどんと提案してこれを生きた活動になるようによろしくお願いをしたいというふうに思います。
 次に、115ページの2款2項2目の賦課徴収一般管理費なのですけれども、今回納税嘱託員の方500名を委嘱したようでありますけれども、26年度が505人だったように思っております。ということは、5つのおそらく単位納税組合が解散をしたのかなというふうに思いますけれども、その辺まず1点ですね、500人になった要因。
 それと、今回徴収嘱託員も26年度は6人おったわけですけれども、今回27年度5人、その結果、一般会計ここにありますけれども、一般会計税収納額が6,005万1,000円なのですけども、26年度は7,126万ほどあったのですけども、1,000万ほどこれは過年度分だというふうに思いますけれども、このちょうど1人減った分ぐらい減っているのですけども、どうして今回5人になったのか、その辺ちょっとお聞きします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。収納対策課長、工藤郁夫君。

収納対策課長(工藤郁夫君) お答えいたします。納税組合に関しましては、合併以来減少傾向といいますか、そういったことできております。原因的には後継者不足でありますとか、個人情報の関係で減少してきております。一応支部の研修会とか総会とか行った折に、その辺の会員の勧誘とかそういった件のことについてもお話ししているところではございます。
 徴収嘱託員さんに関しましては、現在5人でやっております。年々、今年もなんですが、滞納の未納額のほうも減ってきているような形でございますので、今のところの1名26に比べて減っておりますが、今のところは5人でやっていくというような形にしています。

委員長(中澤 宏君) 佐々木 一君。

10番(佐々木 一君) 段々声が低くなってきて、いいから自信をもって言ってくださいよ。
 この納税組合、解散したところがあるようですけれどもこの納税組合の必要性、私も必要だと思っているのですけれども、解散したところの組合員の皆さんの解散してからの収納率といったらいいか、そういったところまで追跡していますか。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。収納対策課長、工藤郁夫君。

収納対策課長(工藤郁夫君) 納税組合の収納のほうですね。収納率のほうは一般に比べて高いという状況でございます。ちょっと解散をしたところの収納率というのは、ちょっとまだ手元にはございません。以上です。

委員長(中澤 宏君) 佐々木 一君。

10番(佐々木 一君) これもちょっと取ってみるのも一つの実効性、必要性本当に常に言われているのですから、そのための裏受けとしてやはり、解散して確かに収納率が下がるのであればこれはもちろん実証になりますから。いやそうでないというのであれば、もちろんそちらで思っているように段々に納税組合なくてもというような流れとしてそういったためにもちょっと一応調べてみるのもいいのではないかと思いますので一つよろしくお願いいたします。終わります。

委員長(中澤 宏君) 要望でいいですか。ほかに質疑ありますか。
 これで1款議会費、2款総務費の質疑を終わります。
 ここで説明員の入れ替えのため暫時休憩します。
 
          休憩 午後1時47分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時50分
 

委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に3款民生費、4款衛生費について質疑を行います。質疑ございませんか。23番、二階堂一男君。

23番(二階堂一男君) 成果書の149か150の中ですけれども、地域活動支援センターが紹介されております。この中でいろいろとあるわけですが、指導員が15人となっておりますけれども、この活動条件についてもう少し詳しく成果も含めてお話しいただきたいということが一つ。
 それから、188ページのスマホアプリの関係で、「登米市オリジナル歩き旅」の登録者が730人ということになっておりますけれども、この方々の実効性はどのようにあったのか、把握しているのかどうか、実際登録したけれども実行してないのかしてるのか。そしてその後、この部分が有効に生かされているのかどうか。
 三つ目は、206ページの河川湖沼の水質調査であります。一般質問でもしたのですが、特に長沼の水質汚染が指摘されているわけでございますが、この部分2月の議会の答弁では区長さん方といろいろと協議しながら改善に向けていろいろやっていると話でありましたが、それでも改善されていないという中身になっていると。昨年の部分でありますが、それを受けて区長さん方との話し合いで努力をしたのか、この時点で、その前からも努力していたと思うのですが、BODが基準を超えているということなのですが、そのような状況についてどのように把握してどのように努力されたか説明をお願いします。

委員長(中澤 宏君) 3件の質疑に対し、それぞれ答弁をお願いします。生活福祉課長、田村啓峻君。

生活福祉課長(田村啓峻君) まずは地域活動支援センター事業についてお答えさせていただきたいと思います。指導員のほうは15人いらっしゃいます。この指導員の勤務体系でありますが、地域活動支援センターというのが市内に6カ所ございます。津山、東和、豊里地区はないという状況であります。軽度の障害者が活動するために支援をする場所というところになっております。指導員の報酬につきましては13万4,000円プラス交通費を毎月支給させていただいておるところでございます。地域活動支援センターは現在6カ所で登録者64名がいらっしゃいます。全て通所のみの方です。それぞれ6カ所、地域活動支援センターがございますので、2名から3名体制で障害者の支援をさせていただいている状況でございます。以上です。

委員長(中澤 宏君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) ウォーキングアプリの活用状況、報告状況についてお答えさせていただきます。事業者からアプリの状況については、登録状況・活用状況については月に1度事業者の方から報告がございます。
    現在、27年8月に導入し1年経ってございますが、登録数は1千人前後で推移してございます。登録して活用されている人数は、650人から700人ほどで動いている状態でございます。さらに、年代につきましては割合として性別は男性の方が多く、年代としては50代60代の活用者が多いと報告がございます。以上です。

委員長(中澤 宏君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 長沼川の水質でございますが、昨年度2回ほど測定をしております。1回目が8月20日、2回目が11月16日になっておりまして、1回目のときはBOD長沼川基準値以下でございました。2回目につきましては上流部分だけ基準値を上回っているような状況で水質の改善がみられているのかなと思っているところでございます。以上です。

委員長(中澤 宏君) 23番、二階堂一男君。

23番(二階堂一男君) それぞれ答弁をいただきました、ありがとうございました。
    地域活動支援センターは6カ所あるということで、2カ所9町の中にないということですけども、どういった形の中で社会とのつながりが促進されたというふうに評価されておりますが、その辺のことについてお伺いしたいということと、そのことをもう一度お願いしたい。それからもう一つは、次はですね。スマホの関係なのですが、非常にこのことについてはもっともっと広がればいいなと思うんですが、ただ、スマホのできない方もいろんな形で、歩くことの必要性が非常に求められているわけでありますけれども、その辺がですね。スマホを持った人と一緒に歩けばいいのだと思うのですけれども、その辺あわせてスマホの関係、もっともっと増やす方法と、市の商工会との結びつきなども、スマートウェルネスの関係で、そういった所に歩いたりあるいはいろんな健康講座に出席したときの点数なども付けてですね、それらも評価して、商店との結びつきをつくるということだったのですが、このことについてはどのようになっておりますか。その辺のことについて。それから、長沼川でございますが、このことについてはいろいろ努力をされているわけでありますが、まだまだ水質浄化に向けた浄化槽対策、あるいはいろいろな部分で足りない部分があると思っておりますが、その辺の調査をした上でどのような対策を具体的に取られたのか。2月の答弁では、区長さん方との中でやるというふうなことですけれどもその実態についてお話をいただきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。生活福祉課長、田村啓峻君。

生活福祉課長(田村啓峻君) 地域活動支援センターについてでありますが、まず精神障害の方が大多数を占めております。障害のあるかたについては、身体、精神、知的と3種類の障害ございまして、地域活動支援センターについては精神障害の方がほとんどを占めておるという状況でございます。この方々のつきましては、一般社会に出ることが困難であるケースが非常に多いということでございます。まずは次のステップへ踏み出すために、通所することで1日の生活のリズムを整えたり、福祉サービスを受けるための訓練、それからリズムをつくるといった自主作品の制作や、軽作業などを行って、日中の居場所として提供させていただいているという状況であります。つまりは、こういう福祉施設に通っていただかなければ社会とのつながりが全くなくなってしまうという方々ということでご理解をしていただきたいと思いますので、非常に大事な社会とのつながりを持つという点では重要な施設であると思っています。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) ご質問いただきました、スマホのできない方への対応、または持っていない方への対応というところで1点目。この方々に対しては、紙での印刷物の配布、希望者には配布いたすということで、同じようにクーポンを使える形の表示をさせていただいて対応してございます。現在の状況はまたは今後広げていく方向性というところでしたけれども、アプリは現在3年間をまずは評価指標としましょうということで、3年間をめどに実施しておる事業でございます。現在はクーポンの活用状況の調査や、商工会への働きかけというところを実施してございまして、クーポンの活用状況については、なかなか進んでおらないという状況を把握しております。ですので、クーポン特典をさらに有効なものにしていくというところを視点に、現在今年度は、店舗回りをする、またはどのようなサービスが有効かを説明して回るというところを実施しておるところでございます。以上です。

委員長(中澤 宏君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) (聞き取れず)ですけれども、特に今のところ区長との協議等を行っておりませんので、今後、検討させていただきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。
    ここで10分休憩いたします。
 
          休憩 午後2時01分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時10分
 

委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 質疑ありませんか。1番、熊谷和弘君。

1番(熊谷和弘君) それでは、成果説明書164ページに相談業務実績ということで載っておりますけれども、相談調整方法等ということで面接・電話・訪問、その隣のその他ということで、これはどういった内容かまずお伺いします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 164ページの相談の中身でございますけれども、その他につきましては、表の中の左のほうに、連絡調整先という一覧がございます。連絡調整先の担当者の方が、直接子育て支援課の家庭児童相談という部分に来所して相談調整したというものをその他としてカウントしております。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 1番、熊谷和弘君。

1番(熊谷和弘君) 実はなぜ聞いたかというと、26年度がその他が2,152件で、昨年度が275件ということで、一気に減ってたのでちょっとお伺いをいたしました。もう一度その辺の減った流れというか理由を確認のためお願いします。

委員長(中澤 宏君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 26年度との比較でございますけれども、確かにその他につきましては昨年度2,152件というような実態でございました。その他をさらにその中で電話での連絡調整先からの相談というものもございました。そういった部分を、電話という部分で区分けをして、さらにその他を見直した結果こういった形になったわけでございまして、総体的な人数、総体的な相談件数としましては、昨年3,751件だったんですけれども、今年は全体で4,077件というようなことで300件増えていますが、その他の見直しを行ったという結果このようなことになっております。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 1番、熊谷和弘君。

1番(熊谷和弘君) それでは続きまして194ページでございますけれども、健康相談事業ということで、下の表ですけれども、来所及び電話による健康相談ということで、対象者内訳、このその他がほとんどなんですけれども、このその他をちょっと詳しくお伺いをいたしたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) この相談の内容につきましては、地域保健健康増進事業報告に行っているものの内容でございまして、ただいまご質問のありました、健康相談のその他という項目でございますが、この上の5項目以外というところでございますので、通常の健康相談の内容が含まれて、ここに区分されない、または検査時のことであるとかそういうことの相談がその他に含まれておりますので、多くなってございます。以上です。

委員長(中澤 宏君) 1番、熊谷和弘君。

1番(熊谷和弘君) それから合計でも933人です。26年度からで増えてますけれども、これは何か増えた要因というのはやっぱりそれなりにあるんでしょうか。お伺いをいたします。

委員長(中澤 宏君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 多くなった要因ということでございますが、特別にこれをしたから多くなったという項目は認識してございません。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。21番、及川長太郎君。

21番(及川長太郎君) 213ページの委託料の放流水及び地下水放射能測定業務ほか8件213万4千円のこの内容、場所、それから線量とはどうなっていましたか。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。クリーンセンター所長兼衛生センター所長、末永 隆君。

クリーンセンター所長兼衛生センター所長(末永 隆君) ただいまのご質問でございますが、放流水及び地下水放射能測定業務ほか8件とございます。主な放流水及び地下水放射能測定の場所でございますが、既存の最終埋め立処分場、並びにその処分場から集出してまいります水処理施設になります。そのほか、大気中のクリーンセンターのほうから放出します排気ガス、そういったものの放射能の測定の業務をその他ということで含まれております。こまい点もございますが、全部でほか8件としております。
    線量につきましては、法定内の線量ということで通常の線量で収まっております。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。16番、田口久義君。

16番(田口久義君) 2点ほどお伺いします。
    どの部分に該当させたらいいのかちょっと見てたんですけれども、成果説明書153ページ、2細目ですかね。この部分で老人施設への待機者が何人ぐらい、できれば公営も私営も含めてお伺いしたいと、改めてお伺いしたいということです。
 それから175ページ。3細目ですかね、保育所等についても、決算等を通じてどれだけ待機児童があったのか、まずその辺。それからできればこれから見通し等についてもお聞きしてもいいかと思いますのでよろしくお願いします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) まず153ページの2細目の老人福祉施設入所措置費の関係でございますが、こちらで示す入所施設につきましては養護老人ホームということで、市内でいえばきたかみ園を指しております。こちらにつきましては106名の定員で登米市内の方については81名入所しております。今現在の待機状況といいますと、最近聞いてますところではまだ定員に、1、2床だと思いますけれども、まだ空いているということをお聞きしております。それから、もしかすると特養関係の待機状況ということでの話かなと思いました。今現在ですね、待機状況につきましては今年度の7月31日現在で、今、施設のほうに調査をかけているところでございます。今月いっぱいの報告で、分析したいと考えておりまして、まだ今年度の分は集計ができておりません。昨年も7月31日現在で調査しておりますが、ちょっと古い数字になりますけれども、それで申し上げれば特養ですと、待機者は400数十人で、そのうち在宅が半分ぐらいという、昨年の数字ですがそのような状況になっております。

委員長(中澤 宏君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 保育所の待機でございますけれども、27年度につきましては4月1日時点ではゼロでした。しかし、国定義以外という部分で45名おりました。それが10月1日になりますと、国の定義で63人、それから国の定義以外で33人ということで、96人が10月1日時点で入れない子供がいたということで27年度は捉えております。28年度になりますと、4月1日時点で12人の国定義でございました。定義以外も含めますと54人というようなことで4月1日時点ございます。また最新の8月1日での国定義でございますけれども18人ということで捉えているところでございます。これからにつきましては出生後、会社の復帰という面からも待機が増える状況には、例年のとおりになるわけでございますけれども、できるだけ利用調整をしながら、本人の希望を、第三3希望までございますので、そういった中で調整をしながら対応していきたと考えてございます。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。16番、田口久義君。

16番(田口久義君) そうすると老人関係だと400数十人、子育て関係で96人ぐらい、大体の数字でいいんですけれども、そういうのが現実だということでございますけれども、今例えば全国的に言われていることは、そこで働く方々の待遇といいますか、老人施設あるいは保育所の保育士、それが全体的に足りないということが大きな問題となっておるわけでございますけれども、この決算等を踏まえて登米市としてそれらについてどのような改善策というか努力をしていくのか、その辺の考え方を伺ってみたいと思います。よろしくお願いします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) まず介護職員に対する不足の関係ですけれども、こちらにつきましては28年度からの事業になりますが、介護職の研修等を受ける方に対する研修費の助成等を行っておりまして、そういったところで資格の取得等の対応を始めさせていただいているところでございます。
 待遇改善につきましては、介護報酬の関係になりますけれども処遇改善加算というものがありまして、そちらである程度底上げをしている施設が加算のつくところは底上げをしていただいて、待遇をよく上げていただいているところがございます。

委員長(中澤 宏君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) そこで働く保育士の関係でございますが、確かに人材確保が大変だという状況で、当初予算で有資格者の人数を予算措置いただいたにも関わらず、そこまで有資格者で満たせないということでございます。そういった中で、資格がない方も任用しながら対応しております。それにつきましても、国のほうでも全国的な保育士不足というようなことでさまざま保育士確保方策を打ち出してきております。そういった部分で登米市で対応できる部分があれば対応しながらやっていきたいなというふうに考えていますし、今年度につきましては、公立保育所幼稚園再編までの期間に関わります任期付き採用という形で採用を12人でしたか、行ったところでございますので、そういった中で対応しながら、最終的には再編に絡めた形での人材の充実を図っていきたいなというふうに考えているところでございます。

委員長(中澤 宏君) 16番、田口久義君。

16番(田口久義君) 27年度経過してきた中でですね、例えば介護士といいますか、老人施設で働く方々、そしてあと保育所で働く保育士、どれぐらい、大体の概算でいいんですけれども、もう何人くらいいたらいいのかなと、その辺の考えがあればお伺いします。

委員長(中澤 宏君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) 何人ぐらいかというのをなかなか数字上で言うのは難しいかと思いますが、現在ある施設によりましても、介護職員不足が言われております。それから新たに施設ができれば、それにつきましても職員が必要になってくるということになります。地域の実情を見るとまだまだ介護職員については不足しているということですので、相当数の介護の職員が必要ではないかと感じているところでございます。

委員長(中澤 宏君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 何人ぐらい不足するのかということでございますけれども、公立保育所に限って言わせてもらいますと、有資格者の部分で、非常勤の方で任用している部分がございますし、パートの保育士もございます。そういったところが保育士補助ということで資格のない方でやっている部分がございまして、その資格のない方の部分27年6月1日現在ですと19人ほどが資格のない中でそれぞれの保育所で勤務している状況でございますので、そこを資格者にすることはスムーズにシフトも組める状況にもありますので、その点については最低限確保したほうがいい人数だと考えているところでございます。

委員長(中澤 宏君) 16番、田口久義君。

16番(田口久義君) 確保するために今後の決算を踏まえてどのような努力をしていくのか、その辺の考え方をお聞きしたいのとですね。あと待遇改善。今いろいろと国からいろんな部分が出ていると思うんですけれども、どういった形で待遇改善をしていきたいと思っているのか。その2点について双方から答弁いただければと思います。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) まず介護職員の確保につきましては、介護事業所施設等ともいろいろと意見を交換しながら行政が担っていかななければならない部分、そういったことも幅広く検討しながら対応策をしていきたいと考えております。
 それから処遇改善と言えば、やっぱり1番は待遇面、給与面だと思います。処遇改善加算で国の想定の加算というのがあるのですが、それでいいますと26年度においては国の、積算ですけれども、その加算を用いれば1万数千円アップできると。27年度の処遇加算、改訂があったんですが、それで申し上げれば2万ぐらい平均するとアップできるという見込みでされておりますけれども、地域密着分、市が指定している部分の施設につきましては市のほうにもその処遇改善の状況等の報告があるんですが、それを見ますと国の見込みに近いようなその改定がされてるんではないかと思っております。

委員長(中澤 宏君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 有資格者の確保という部分でございますけれども、なかなか本当に大変なところでございます。先ほど申しましたとおり今年度の任期付き採用ということで有資格者の方を12人でしたか採用した経緯もございます。そういった形で随時対応しながら、ということになろうかなというふうに考えているところでございます。

委員長(中澤 宏君) 16番、田口久義君。

16番(田口久義君) それでは繰り返しになりますけれども、市長のほうからも職員の確保とそれから待遇改善についての2点について見解というかお話しをいただきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) やはり高齢者、介護施設、また並びに子育て支援の拠点になる施設でございます。これから特にそういった取り組みが大切になってくる状況の中で、そういったことに携わる職員の皆さんの確保が難しいということは大変ゆゆしき状況にあると認識をしております。市といたしましては、資格取得の支援策は今行っているところではありますけども、今後開設をいただいております各運営主体の皆さんとも、さまざま情報交換など、またご意見などもいただきながら、しっかりとしたサポートなどもできるような体制を整えてまいりたいというふうに考えております。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。12番、佐藤尚哉君。

12番(佐藤尚哉君) 147ページにですね、6細目に障害者地域生活支援費がございます。今年、障害者差別解消法がやられましたので自治体に差別解消法の取り組みを義務化いたしまして、この準備がどれくらい進んでいるのか、この間一般質問でも多目的トイレ等出されましたけれども、差別解消のためのいろんなことが予想されるんですけれども、条例化の準備というのはどれくらい進んでいるのかお伺いしたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。生活福祉課長、田村啓峻君。

生活福祉課長(田村啓峻君) 障害者差別解消法に関するお問い合わせでございますが、まず条例制定については、条例設定するといった場合に、市の独自の施策があるかどうか、これをまず検討しなければならないというふうに私自身考えておりますので、全く法律と同様であるのであれば条例の設定は必要ないだろうというふうに考えておりますので、その辺は法律、それから障害者に対して市独自の施策があるかどうかも検討させていただいて、今後、今、協議をしておるところです。それから、この障害者差別に関してのPRでございますが、広報のほうで周知を今年度させていただいております。それから、障害者差別に関する今後の市の施策でございますが、自立支援協議会等々で協議をするかどうかも含めて、今現在検討しておる状況でございます。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 12番、佐藤尚哉君。

12番(佐藤尚哉君) 今ありましたけれども、自治体に対して解消法の取り組みが義務化されているということで、段差の解消であるとか多目的トイレであるとか各施設とも、一気でできないでしょうから計画的にやっぱりやっていく必要があるんだろうというふうに思います。そうした意味でこうした対策を急いでもらいたいということを申し上げて終わりたいと思います。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 所管でございますが、先ほどの16番の関連でお尋ねをします。テレビ等の情報によりますと介護職とか保育士等の待遇が他作業に比べて月5、6万安いんだというようなことに言われてますが、30年だったでしょうか認定こども園がスタートするのが。そこで登米市の実情に置き換えたとき、現在よりどのくらいのアップがされればスムーズに運営されるとお考えか。この見解をお聞かせください。

委員長(中澤 宏君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 保育士の部分に最初お答えさせていただきます。民間の保育所の正職員の給料という部分で話しますと、大体15万6万ぐらいのレベルかなと認識しております。そういった中で、市の非常勤の職員の賃金につきましてもだいたいそれくらいということで、正職員であれば民間の方の正職員レベルはほぼ大体それくらいで、だいたい登米市内の事業者が任用しておりますので、現在のところそのレベルでいいのかなというふうに考えているところでございます。そういったことで今認識しているところでございます。以上です。

委員長(中澤 宏君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) どれぐらい上がればいいと思っているかということでございますけれども、もともと介護職員の平均給与は低いと言われてきておりました。そういったこともありまして、国のほうでも加算等で処遇を改善してきていることで26年27年の加算を見込むと3万数千円ぐらいの加算を見込んで国のほうでも介護報酬を改訂したところでございますので、現段階でいえば、それぐらいアップすれば何とか経営上は成り立つというふうに思ってございます。

委員長(中澤 宏君) 6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 介護のほうについては多分、それにもう少し努力すれば解決するのかなというふうに感じました。
    認定こども園について、余計な心配をしなくていいよということでございましたならばこれ以上いたしませんが、ぜひそのときになって慌てないようにだけは準備していただきたいということを申し上げておきます。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。3番、佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) まず1点164ページの、家庭児童相談室のことなんですけども、よく新聞テレビ等でいろいろ子供に関するいろんな虐待、それから事故等の後にどういう対応をされたのかと話が出ますけれども、登米市の場合相談業務から含めてどういった流れで対応されているのか。その流れをお聞きしたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 登米市の子供に対する虐待等、そういった部分での対応でございますけれども、そういった話が保護者なり近所の方なり、そういった部分から市のほうへ連絡等来たりいたします。その際市の方で支所と連携を取りながら本人の確認をしたり、それから児童相談のほうに伝えたりという形で行っております。それからもっとひどい場合につきましては、一時保護というような形で児童相談所の方で一時保施設の方に移送するというような対応で行っているところでございます。

委員長(中澤 宏君) 3番、佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) そういった中で対応されてきてるんでしょうけども、特別ないろいろ問題とかなんかはなかったんでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 特別な問題という特別の部分でございますけれども、そういった相談、児童に関わる分については、普通、通常考えられないケースも多々ある状況でもございますが、それにつきましても東部保健福祉事務所、児童相談所そういった部分での連携を取りながら学校も含めて対応しているというような状況でございます。

委員長(中澤 宏君) 3番、佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) 次ですけれどもページ186ページの国民年金事務についてお伺いしたいと思いますけども。ここに古川年金事務所数値ということに書かれているのですけれども、登米市内の方で無年金者というのはこういうデータの方からわかるのでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。国保年金課長、金澤正浩君。

国保年金課長(金澤正浩君) 古川社会保険事務所からの報告の中には、無年金者というような報告の項目はございません。

委員長(中澤 宏君) 3番、佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) そういう報告はないんでしょうけれども、市としてはそういう無年金者があるというのは把握しているんでしょうか。なければいいのですが。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。国保年金課長、金澤正浩君。

国保年金課長(金澤正浩君) 登米市といたしましても、その無年金者が市内に何名いるかということまでは把握しておりません。すみません。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 3番、佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) 私もわからないんですが、ただいろんな話の中でそういう方があるっていうのもたまに聞くときもあるんですけども、なんらかの形で対応していただきたいというふうに思います。
 それからもう1点ですね、ここに国民年金の受給額が179億というふうに書かれていますけども、この間、農業委員会の決算の中の説明の中で農業者年金の受給額が確か7億7,000万円というふうな話を受けたんです。それで、この他に当然一番大きいのは厚生年金でしょうけども、この厚生年金の額は古川年金事務所に聞けばわかるんでしょうか。わかりますか。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。国保年金課長、金澤正浩君。

国保年金課長(金澤正浩君) この179億の中には旧厚生年金保険の年金部分も入っております。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 3番、佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) その部分も入っているんでしょうけども、2階の部分というかそういったことまではわからないんですか。わからなければわからないでいいのですが。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。国保年金課長、金澤正浩君。

国保年金課長(金澤正浩君) 申し訳ございませんでした、179億の中には厚生年金が入っておりませんで、厚生年金保険の部分については古川社会保険事務所からのデータでございますが、16億9,600万円ほどの年金受給額がございます。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 3番、佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) わかりました、16億ですね。これからいろいろ高齢社会の中で年金が減収になりますんで、もっと多くなればいいなとは思うのですけども、次の点にお伺いをします。ページ196ページなんですけども、検診、これは隣の日下議員が一般質問でも、集団検診といろいろがんの対策等々で質問されたんですけども、胃がんに関してはピロリ菌。それから肝がんに関しては肝炎ウイルス。それから子宮頸がんに関してはヒトパピローマウイルスという形で一種の感染症ではないかというふうに言われているんですけれども、その辺の見解は詳しくは知らないのですが、こういった対応の中からそこに特化した取り組みはされてきたのでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 感染症としての検診ということで質問をいただきました。例えば胃の検診のピロリについてはですね、検診としては、集団健診の中の検診としては、現在は宮城県では取り組まれておりません。ただし多数の方、集団の中でやれる方法ないかということで、対がん協会の中でモデル事業として実施はございまして、その経過については随時伺っているところでございます。子宮がん検診につきましては、検診の中でも一部実施はされておりますがご本人が料金を出す形でのお勧めをしているところでございます。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 3番、佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) 胃がんのピロリ菌に関してはモデルの事業でやられているところもあると言うのですけど、肝がんも確かいろいろ検診の中で肝炎ウイルスの申し込みがあったような気はするんですけども、ですからそういったことも含めて感染症とうい捉え方で取り組んでいるところもあるというふうには聞いているんですけども、今後そういうことも含めてがん対策に対して特化した取り組みをする考えがあるのか、そこの点についてお伺いします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 現在、感染症としてのがんということで、しかんということでいろんな情報がございます。確かにその辺の情報でもし検診の中で捉えられたらということで検討している段階でございまして、まだ実施には至っておらないということでございます。肝炎については国の対策がございますので、こちらはこのままの実施を継続ということでございます。

委員長(中澤 宏君) 3番、佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) 感染症という考え方、私も正確にはわからないんですけども、こういった声はよく聞きます。今の三つのがんも含めて、いろんながんがありますよね。そういったことをこれから市として特化した取り組みも必要ではないかという思いで言っているのですが、そういう取り組みをする気持ちがあるのでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 考え方というところでございましたけれども、現在情報を先ほども申し上げましたが、対がん協会を中心に情報を収集いたしまして、もし検診としてまたは市として対策できるものであればというところは検討の余地があると考えておりまして進めております。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。15番、佐藤恵喜君。

15番(佐藤恵喜君) 159ページの低所得者対策理由者負担費ですが決算額がゼロと、支出の実績はなかったと。これは対象者を捕捉しかねるというようなことはありえないでしょうね。掴みかねてしまったということはないのでしょうか。そしてもう一つは実績のなかったサービスの継続的な利用に対応する体制を整備したと、この整備の中身を教えてください。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) こちらの低所得者対策利用者負担費でございますが、この制度につきましては、まず障害者の介護サービスにおきまして、低所得者につきましては利用者負担がゼロで利用できる区分がございます。所得分で。そういった方が介護保険に移行した場合、そのまま介護保険ですと利用者負担が発生するとそういった場合は、介護保険に移行した場合でも利用者負担が障害者の介護サービスと同じように利用者負担がゼロで利用できる制度がございます。その対象者がなかったということでゼロという実績でございます。制度につきましては今申し上げたとおりでございます。
    そういった方がいなかったかどうか、とういうことですけども27年度についてはなかったということでございます。

委員長(中澤 宏君) 生活福祉課長、田村啓峻君。

生活福祉課長(田村啓峻君) 障害者の立場の方からお答えさせていただきたいと思うんですが、まず、介護保険認定されてる方については、障害者の方で介護保険が認定されてる方については、介護保険が優先利用というふうになってます。しかしながら、介護保険でカバーしきれない部分もある場合は障害者の方でサービスをさせていただくというケースもまれにございます。ここに出てない方で障害者の方については障害者のサービスを受けれる方も多々いらっしゃると、いうふうに思っております。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 15番、佐藤恵喜君。

15番(佐藤恵喜君) 制度上というか、つかみかねると、対象者がもしもいたったんだと、しかしわからなかったということはないんだということでいいんでしょうね。制度上そういうケアマネジャーであり、さまざまなところでチェックかかると。それから体制の整備とは何なんですか。実績はなかったが、体制は整備するというのはこのくだりからすると不十分なことがあったということだったのでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) 65才になった時点で移行することになりますので、その時点で移った場合の制度ということになります。体制整備、整備したと表現あれですけども、ここで申し上げたいのは制度があって適応しているという意味合いでこのように表現させていただいておりました。

委員長(中澤 宏君) 15番、佐藤恵喜君。

15番(佐藤恵喜君) もう1回聞く時間がどうかわからいので、あとでまた戻るかもしれません。捕捉する見逃すことがないふうに制度上きちんとなってますかと、体制は整備するというがどんな中身ですかと、ということなので後ほどコンパクトに答弁をもらえばなと思っております。次なんですが、先ほど佐々木幸一議員からの159ページのがん検診なんですが、この関係で、私の周りていうか、例えば同級生だとか森地区だとか親戚だとか、ここ数名がんにかかって手術をしたり、あるいは亡くなったりということで、何かがんの発生が多いのかなあと思ったりしてるんですが、市内ではどういう傾向なんでしょうか。すぐわかりますでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 検診の中での概況についてお話いたしますが、受診率はそれほど、ほぼ横ばいですので、その中での精密検査の人数について増えている状況ではございません。

委員長(中澤 宏君) 15番、佐藤恵喜君。

15番(佐藤恵喜君) それでですね、受診率は横ばいと、国は50パーセントを目指せということになっているわけでありますが、この関係で努力はされているということなので、そして先ほどとやりとりありましたので、一つはピロリ菌の検査なんですが同級生が亡くなったりとかいろいろあって、何とか早期発見できないかなと調べておりましたら、花巻市でピロリ菌検診、診無料で実施していると、そして少しずつ他に広がっているということなんです。方法はいろいろあるようですが、花巻では検査キットが届いた段階、便を取って、それを返信用封筒に入れてポストに投函すると。いうことであとは結果を待つということなので、あまりおっくうがらないで面倒がらないでやれるということなんですけど。先ほどずっと何回ももっと進んだ政策をと、これなんかは参考になりませんでしょうか。すぐに、わかりました。というふうになりませんか。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) ピロリ菌の検査は便や尿、呼気、あとは血液というふうにいろいろありまして、その便の検査についてもいろいろ情報は頂戴しているところではございますが、検体の取り方によって大変差異がございまして、生検にピロリのプラス・マイナスをつけてもなかなか検診としては難しいのではないかという意見もあります。実態もございます。私どもが委託している機関では、県内小規模な市町村をモデルに実施はしておりますが、なかなか生検率とマッチングさせて検診でできる体制はまだできていないという報告を受けてございます。胃がん検診についてはピロリだけを実施しても効果はございませんので、ピロリのプラス・マイナスに出たということと胃の検診をあわせて見なければ、がんの発見には至らないというところもございますので、さらに検証が必要だというふうな考え方を持ってございます。

委員長(中澤 宏君) 15番、佐藤恵喜君。

15番(佐藤恵喜君) もう1点は、検診この受診率を高めるということで、これも私の周りでは検診を受けていなかったと、いうことの発病してからの反省の言葉をよく聞くのです。それで、これも何かいい方法ないかなと調べておりましたら、これは秋田県全体で取り組んでいるようですが、コールリコール事業。これも検討の範疇に入っているんだと思うんですが、いわばコールリコール事業。中身言わなくても分かっていますよね。言うと長くなるので、こういう取り組みを県全体で取り組むことなのか、それとも頑張れば市町村独自でもやれるということなのか、この検診受診しなくて電話等により、個別に受診勧奨を行うということで、大阪などではそれなりの効果が出ているというデータもあるんですが、これについてはどんな考えでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 検診の受診の勧奨につきましては、皆様ご存知だと思いますけども、登米市は一括申し込みという形で一度申し込みを取らせていただいて、その方に改めて受診票を渡して受診いただくという形を取っております。その受診票を渡す段階がまず1回目のコールになるというふうに思います。そして受信票をお渡した後に、未検の方に対しても働きかけを、受けてらっしゃらない方に、例えば初めの石越が一番最初なんですけれども、石越でお受けにならられなかった方に対しては、改めて次の会場はここでお受けになってはいかがですかというようなご通知は差し上げて対応をしておるところでございます。そして最後に未検の方に対してもう一度未検者検診ということで冬場に開くということで、何度も勧奨をさせていただいている実態での数字となっているところでございます。

委員長(中澤 宏君) 15番、佐藤恵喜君。

15番(佐藤恵喜君) わかりました。相当頑張っているという実態掴まないで恥かしい質問をしてしまいました。引き続き受診率向上のために努力していただきたいと思います。
 この4款からでしょうか、国保会計への繰り出し金9億弱あります。これは法定分でありますが、法定外の繰り入れ、繰り出しをと繰り返し求めてきておりました。簡単に見解、再度お伺いしますが、収納状況を見て、国保でいえば現年度で1億9,000万円ほど約2億円の収入未済があるわけです。こういう状況を受けて、保険料率を算定するときに当初から100パーセント収納でなくて何パーセントか引き下げて収納率で、税収をみて、税率が決まっていくわけなんですよね。いわばこれも何回も言ってきていましたが、未納分を全体が背負うということでありますので、2重に私は税に跳ね返るんではないかと思うのです。だからせめてこの例えば、この2億円のうちの1億円であっても政策判断としてやっぱり繰り出しすべきでないのかなという思いにやっぱり市長、立たないものでしょうか、やっぱりこれは、国保というものは6次会計なんだとこれまでの答弁と同じなのでしょうか。私は最も今市民の負担になっている。たとえ社会保障制度の一環だと言ってもあまりにも重い負担であるので、幾らかでも軽減を図るという市政を、決算を踏まえていても、そういう姿勢に立てないものなのかお伺いしたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) ご質問をいただきました。国保の内容の中でもお答えをさせていただいておりますが、決して低所得者の方もの一律に国保税を、均等にいただいているというわけではなく、減免措置なども行いながら、その対象者の住民の皆さんの所得の状況に応じながら、ご負担をいただいておるのがこの国保の制度ということでございます
 そういった中で、当然これだけの未収入金があるということは、我々としてもしっかりとした取り組みをしなければならないということと、やはりそういった中でこの国民健康保険制度のあり方、成り立ちにつきましては、しっかりとその制度の根本の中ではしっかりとした議論がなされるべきではないのかなというふうには思ってはおるところでございます。よろしくお願い申し上げたいと思います。

委員長(中澤 宏君) ここで質疑の途中ではありますが、10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後3時02分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時10分
 

委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。質疑ありませんか。
 先ほどの佐々木恵喜君に対する答弁、長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) 先ほどの佐藤恵喜議員さんの質問の中で成果のところですけれども、実績がなかったがサービスの継続的な利用に対応する体制の整備、その意味ですけれども、障害のサービスの方は生活福祉課が担当になってございます。介護保険は長寿介護課でございます。障害のサービスを受けている方でそういう対象となりうる方がいるかどうかの確認は連携を取ってさせていただいておりますので、そういった意味で体制のほうは整備しているという意味でございます。その上、27年度はそういった対象の方がいなかったので実績ゼロということになっております。ということでよろしくお願いします。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。4番、氏家英人君。

4番(氏家英人君) 成果説明書の208ページなのですけれども、登米市迫町新田、伊豆沼の近くにありますサンクチュアリセンターの部分についてお尋ねしたいと思います。以前の議会でもちょっと触れさせていただきましたけれども、成果説明書によれば2,400万円くらいをかけて昨年度きちんとリニューアルをしたということでありますが、私は箱はきれいにはなったんだなというふうには思ってはいますけれど、ここで再度指摘しておきたいことは、いわゆる展示品ていうか、水生生物、淡水魚、少し足らないんじゃないのかなというか、お客様を満足させることができるのかと、そういう内容だろうか。
 そして、またエントランス。入口前のいわゆるビオトープなどと言われているようなところですけれども、それもほとんど手つかずで荒れた状態。実は先月、大学生インターンとして私の事務所に4人の大学生が来ました。市内各地いろんなところを一緒に周って見ました。ここが1番評判悪かったんです。自然な気持ちでいいから、この施設に入ってどう感じるか率直に俺に伝えよというお話をしてこの施設に入ってもらいました。例えば水槽に「ザリガニ」というシールが貼ってある。ザリガニはいない。そして今言ったように展示物が楽しくないというんですか。入口のビオトープのことも言っていました。これで終わりなんですか。このサンクチュアリセンターに関してはあとはリニューアルは終わりなんですかね。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 内部の改修につきましては、計画上昨年度で終わりになりまして、今年度外構のほうで駐車場の舗装等の工事を予定しているところでございます。

委員長(中澤 宏君) 4番、氏家英人君。

4番(氏家英人君) あまりここで言ってもあれかなと思うんですが、13節委託料の部分で、庭園管理業務ていうのが昨年ありまして125万8,000円支払いしているところですが、この庭園というのは旧迫町時代から手入れをしてきたジャーマンアイリス庭園のことですか。

委員長(中澤 宏君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 庭園につきましては昨年度のリニューアルの時点で、ジャーマンアイリスを1部除きまして、そのほかの部分につきましては1部がバタフライガーデンとして木を植えたりして改修をしたところでございます。庭園管理等、そちらの方の部分につきましては、年に数回シルバー人材センターのほうに委託しておりまして、草刈りの方を実施しているところですけれども、私も実は昨日朝に寄って来たんですけれども、かなり草が生えていた状況なので、昨日担当者の方に指示したところでございます。

委員長(中澤 宏君) 4番、氏家英人君。

4番(氏家英人君) 今課長のおっしゃる通りの状況のことは自分も自分の目で見てよくわかっているのであえて言ってみたのですけれども。このジャーマンアイリスはもう1本もないですよね、全部やめてしまったような感じですよね。それならそれでいいんですけれど、よく地域の人と話し合ってそうした結果なのかなというふうに思ったところでした。その辺はいいとしまして、とにかく私がここで言いたいのはせっかく伊豆沼農産さん、クンぺルさんなんかも改修して、そして近くに都市と農村との交流施設なんかもオープンさせています。観光客は新田駅で降りた観光客はそれら一体的なものと感じるんだろうと思ってんです。市で管理しているのはここで、こっちは民間だからという、そんなのは観光客には関係のない話であって、全て一色単に見られると思うのです。なのですごく気を使ってほしいなと、気を付けてほしいなと思うのです。一体的とまでは言いませんけれども、何らかの関わりを持ちながらあのエリアを観光客をお迎えしていい気持にさせるような気持ちを持ってさまざまなものに取りくんで行ってほしいと思います。その辺どうですか市長。

委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) ご指摘をいただきました。施設の有効活用、またどのような形でおいでいただく皆さんにそういった環境を見ていただくのか、という工夫といいますかそういったものをもっともっと求めるというようなご提言と受け止めました。そいった意味では施設、サンクチュアリセンターとしての機能というものと、それから近隣のいろんな民間の施設等との連携なども、基本的にはやはり、地域環境をどのように見せるのかという視点においては、実は共通したところがあるというふうにも考えておりますので、そういった部分につきましてはしっかりとお見えになった皆さんに一体感のあるような形の中でお見せできるような環境づくり、ぜひ考えてまいりたいと考えています。

委員長(中澤 宏君) 4番、氏家英人君。

4番(氏家英人君) 成果説明書の200ページになります。予防接種の関係なんですが、予防接種についてどう思っているんではなくて、市長に改めて、子供たちの医療というか、子供たちを守る医療の考え方について聞きたいなあと思いました。昨年10月から、子供の医療無料化と言いますか、にしました。ようやくしたと言っていいのかもしれませんが、なぜそれまで遅れたのかというとそれまでは予防医療を充実させること、こういったワクチンと言いますか予防接種を充実させることで乳幼児、小中学生の健康を持っていくんだという話しをずっと市長はされていました。去年医療費も無料化というふうになりました。私が言いたいのはこの予防接種このままの項目で行くのか。減らせとは言いませんけれど、両方こう続けていくのかなというふうに思うのです。どうなんですか市長。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 何と言いますか、どちらが先かとか、どっちが大事かということでお話をいただいたのかなというふうに思いますが、医療費無料化は決して病気を減らすことにはつながらないということであります。病気になった方々が安心して受診ができるような体制を整えるという意味での医療費の無料化でありまして、では根源的な取り組みとして何が大事かと言えば、先程来がん検診等でも各委員の皆様からご指摘をいただいていますとおり、やはり病気にならないための取り組みがまず先に有りきではないのかなと考えております。
 しかもこの乳児等の予防接種等に関しましては、1回の接種料金が比較的といいますか、特にやはり子育て世代の方々には1回1万円とか1万数千円という負担はなかなか大きいものがございます。しかもその効果、要するになるかならないかわからないものに対するものということでいけば、なかなか接種率は十分とは言えないというような状況がございました。でありますから、むしろそういった部分をしっかりと整えることでむしろ乳幼児医療費にも低減をさせるという狙いも実はこの予防接種の取り組みの中にはあるわけでございます。でありますから、私は今現在、中学生まで医療費、外来医療費も含めて無料になりましたが保護者の皆様にお話をしているのは、まずは予防接種をしっかりと受けてください。そして、その上で病気になってしまった場合には、安心して受診をしてくださいよと。病気になってもお金がかからないから予防接種しなくてもいいのだというわけではございませんので、しっかりとこの予防接種の意義と意味を保護者の皆さんには充分にご理解をいただいて、接種に向けた取り組みをしっかりと進めて行きたい。そして、この予防接種に関しましては接種率が7割から8割程度の接種率になりますと、ほぼ感染を、蔓延を防ぐことができるという効果もございますので、やはりそういった取り組みも含めて、予防接種の意義をより多くの皆様にご理解をいただいて、今予防接種のアプリも導入をいたしましたので、ぜひご活用いただきたいと、いうふうに思っています。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。14番、浅田 修君。

14番(浅田 修君) 数字的なことをお聞きしたいんですけれども、今年度でもいいのですけれども65歳以上の人口、いくらいて、シニアクラスですか、それからその中で元気なシニアというクラス、何人いるでしょうか。そして、言い換えれば、要支援とか要介護の方々を減らせば元気なシニアということでくくりでいいと思うんですけれども、その点教えていただきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、永浦広巳君。
    暫時休憩します。
 
          休憩 午後3時24分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時25分
 

委員長(中澤 宏君) 再開します。答弁を求めます。長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) 申しわけございませんでした。高齢者の人数ですけれども28年3月31日現在になります。65歳以上が2万5,621名でございます。そのうち要支援、要介護の認定されている人数が5,523名となってございます。元気と言われる高齢者、差ということで2万人ぐらい。数字上はそのようになってございます。

委員長(中澤 宏君) 14番、浅田 修君。

14番(浅田 修君) 老人福祉の方でなると、いろんないつも病気とかなんかのだけのいろんな対策なんでありますけれども、その生きがい対策というのは元気な分の、どのような考えを持ってやられているのかその点をお聞きしたいなというふうに思います。早く言えば本当にただ元気なんだけどもなかなか近くには店屋もない何もない、食料買うところもない、生活用品も買うところが遠いといった中で、そういった消費する生きがいもあるんです実際問題。そういった中で果たして地域全体での考え方になるかと思うんですけども、どのようにこう考えているのか、その点、老人の生きがい、シニアの生きがいということで、誰に語ればいいのでしょう。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) 元気な高齢者の皆様方には、いつまでも元気でいていただくということが大切だと思います。やっぱりそのためには外に出ていく、いろんな活動をするということが大切だと思っております。
    そういった意味では、いろんなスポーツ、それから趣味、そういったことに、もっていただくことが1番かなと思います。またその他にもいろんな何か地域で、近くで集まれる出かけられる場があると、遠くに出かけられない方についても、身近な所に外に出れる、散歩をする、そういった代わりにもなるということでそういった場も必要だと思っております。そういった場もまだまだ少ないと思っておりますので、そういった所も今後、地域の支え合いも必要かもしれませんけれども、そういった中で、そういう身近な場で集まれる、そういったころも作っていかなければならないと考えております。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。21番、及川長太郎君。

21番(及川長太郎君) 197ページの食生活改善費についてですが、概要に乳幼児から高齢者までの食生活改善、食の重要性を啓発したとありますが、給食センターの絡みもありますが、今食品、食物アレルギーが問題になっております。この食生活改善費でどう取り組んで現在どういう状態になってるといいますか、乳幼児のこういうアレルギー、この食物アレルギーの発見と言いますか、そういうのはどういうふうにして見極めるといいますか、その辺をどう改善できたのかお願いいたします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 私どもの方では乳幼児健診の形で、ほぼ100パーセントに近い方たちの受診を頂戴しています。その中で啓発をしております。対策としては、個別的な働きかけとともに離乳食からの支援というところで全体への啓発というところに努めてございます。

委員長(中澤 宏君) 21番、及川長太郎君。

21番(及川長太郎君) そうしますと、お母さんが1番毎日食物に関わるんですが、その辺の話し合いといいますか、取り組み、これは定期的というよりも出産してからミルク飲ませて、離乳食食べるようになってから初めて出てくると思いますが、その辺は年齢的にはどれぐらいで、あとはこのアレルギー、高齢者でもかなりあると思いますが、その辺の今状態と、これは原因と言ってもなかなか治るのも難しいと思いますが、今後のお話もお聞かせいただきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) まずは乳幼児の方から。乳幼児に関しましては、以前よりも離乳食の開始時期が大変遅くなってございます。20年30年ぐらい前については準備食という形で、果汁やら何やらから始めておりましたけれども、現在は5カ月を過ぎてから、まずは初めてみるというふうに、アレルギー対策の指導が変ってきてございます。それらによりながら見ていく。そしてさらにお母さんが検査によって何のアレルギーかというのを容易に把握できている状況にありますので、それらを持って集団に入るときにはその課題を持って、保育士、栄養士等に相談するという形を持ってございます。高齢者に関しては直接的には大変申しわけありませんが、把握してございませんが、ハウスダストや化学的物質、一般的にはそういうものがかなり多くなっているというのが実情にあると思います。

委員長(中澤 宏君) 21番、及川長太郎君。

21番(及川長太郎君) 高齢者は、わかると思いますが、乳幼児、味といいますか、食べてみて初めて食品の種類によって出ると思いますが、その辺の食品は多い人で何種類くらいアレルギーを持っているのか調査とかありませんか。そういうの、大変だと思いますがその辺お聞かせ願います。

委員長(中澤 宏君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) ご質問いただきました、アレルギーへ調査とくことは現在実施してございません。

委員長(中澤 宏君) 21番、及川長太郎君。

21番(及川長太郎君) これからそういう方向に取り組む考え方はありますか。それだけ聞いて終わりです。

委員長(中澤 宏君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 調査というところはまだ今お答えできる段階ではございませんが、個別的な対応で現在低栄養の取り組みということで多くの食品を多様性を持って食べるようにという指導いたしておりますので、その中で個別に対応させていただきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。25番、岩渕正宏君。

25番(岩渕正宏君) 概要書159ページ社会福祉法人等対策費、予算額423万1,000円に対して決算が271万なにがし。今150万ほどの差が出ています。不用額が出ています。この要因、低取得者に対してのサービス、補助金、社会福祉法人がやった分の。これは数字的にどうでしょう、低所得者がサービスを受ける機会が少なかったのか、予算を立てる段階でどういうような計算根拠でこの420万を立てたのか。そこんとこ、確認したいと思います。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) 社会福祉法人の軽減対策ですけれども、こちらにつきましては低所得者に対して法人が軽減した際にその半額に対しての補助ということになりますが、まず予算額につきましては、前年度の実績とプラス若干、余裕を持ってといいますか足りなくならない形で予算を計上しております。そういった中で27年度は6法人の17施設で72名に対して軽減を行ったということでございます。実施している中で対象者が少なくてこういう決算になったというふうに見ております。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。25番、岩渕正宏君。

25番(岩渕正宏君) 少なくなったからこういう決算額、なったというのはわかります。その要因、なんで少なくなったのか。低所得者だからこの介護サービス自体受けられなかった、または何ら、何も説明もお知らせもない。本当は受けられるんだけれども、そういうそれを、サービスを受けるという、のを知らなかった。いろんな原因が、要因があると思うんですが、少なくなった要因を掴んでいますかと聞いてんですけど。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) 対象になるのが所得に応じてということになりますが、説明につきましては各施設、法人で行っていただいていることになります。対象者がいて軽減、法人自体がやっている施設においては対象者がいて対象にしていないということはないんではないかと思っております。入所者も入れ替わり等あると思いますし、そういったところで対象になる人数も変わってきますので、そういったことも要因の一つにあると思っております。

委員長(中澤 宏君) 25番、岩渕正宏君。

25番(岩渕正宏君) こういう法人もこういうサービスというか、補助金を受けられれば大変本当にありがたい事業だと思うんです。そこの内容制度をしっかりして、また介護サービスを受ける低所得者に対しても、こういうのがあるんですよといった啓蒙をやっぱ取るべきじゃないですか。27年度の反省から。ぜひその旨、ここは指摘しておきたいと思います。
 それから214ページ、リサイクル事業費の中で、表中にあるは23年度から比較表が出ていますが、年々リサイクルのトン数が減っています。23年度は2,544トンから27年度については2,007トン。この原因等はどのように捉えているかお聞きします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。クリーンセンター所長兼衛生センター所長、末永 隆君。

クリーンセンター所長兼衛生センター所長(末永 隆君) 資源ごみ等のリサイクルにつきましては、各地区の月2回回収させていただいております。年度、年度を見ますと毎年27年度に向かいまして減少傾向ということでございますが、これは各大型商業施設、そちらの方の店頭の部分になりますが、トレイ、それから牛乳パック。そういったものの回収が大分進められております。最近ではこういった日用商品以外の缶類、それからペットボトルこういったものもポイント制にして、より回収を進めていらっしゃる民間の施設もございます。そういった関係上、徐々に減少方向にあるのかなというふうに捉えているところでございます。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 25番、岩渕正宏君。

25番(岩渕正宏君) 今の答弁は成果等にそのまま書いてますよね。これに対して市はそれでいいんですか。負けないで回収していくらでもリサイクルの分野を増やしたらいいんじゃないですか、ポイント制をつけるなり。ほかでやるから、大型商業施設でやるからしょうがないではなくて、それに負けないくらい努力してもいいんではないのかと思うんですがいかがですか。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。クリーンセンター所長兼衛生センター所長、末永 隆君。

クリーンセンター所長兼衛生センター所長(末永 隆君) 今の議員さんのおっしゃるとおりの部分ございます。ただ資源ごみの回収につきましては、利潤といいますか収益を上げることもありますが、せっかく資源化できる、リサイクルできる資源ごみを再度利用しまして、そういった最終的には環境に優しい資源の有効利用と、いうような目的もございます。あと民間におきまして自主的に回収をしている団体等もございますので、負けないで回収をしたいのはやまやまではございますが、環境事業所は環境事業所でできることを検討しようということで本年度28年度の補正で認めていただきましたが、小型家電の使用済み家電のリサイクル等、こういった方面で、まず民間の方でまだ手を付けていない部分、こういったものを先行してやらせていただければなというふうな考えでございます。ご理解よろしくお願いいたします。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) まず最初に、21番議員がお話ししました食物アレルギーの関係ですけども、先般医師の判断を仰がずに自分でアレルギー判断してということで、そういう食事を与えている親たちが4割程度いるという発表がなされました。登米市においてそういった形での、いわゆる素人判断でアレルギー除去食的な食べ物を普段与えている実態というものが登米市内でどの程度存在するのか、そういった数字を掴めているのか確認させていただきたいと思います。
    それからもう1点。アメリカシロヒトリの対策事業を昨年度26年、27年でやってきました。初期駆除の徹底により1,2カ期とも発生が抑制されたことにより、非常に発生状態が抑えられてきた状況があります。そういった意味で、28年度においても同様の取り組みを実施しようというふうな27年度の事業計画と28年度へのというふうな流れがありました。そういった27年から28年への連携の実態がどのようになっているのか。確認させていただきたいと思います。
    それから27年度で食育基本計画が2期目を終了したところでございます。今回市長の答弁の中でも、だれかの話の中で、宮城と言ったでしょうか、聞き逃したのかもしれませんけれども、自給率の話しがありました。宮城県、たぶん80パーセント前後だろうというふうに思ってます。それでその中の200、4・50パーセントがお米の割合。その他が米除きが30というくらいの状況になっているのだと思います。登米市におけるそういった実態把握、どのようにとらまえているのか。なぜかというと、いわゆる27年度における食育計画の中で地場農産物の消費拡大というのがありました。そういった意味で登米市が27年度2期までの間にどの程度の地場、地域農産物の生産と消費をみてきたのか。これも非常に子供たちにそういった実態をきちんと伝えていくことが食育の大きな目的だったろうと思いますので、その辺の成果をどのように捉えているのか確認させていただきます。

委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 1点目、食物アレルギーに関してですけれども、先ほど乳幼児健診での実態の把握、相談からは特別把握ていうことはいたしておらない状況でございます。
 素人判断でとういご意見でしたけれども、健診でのお母さん方の相談の中では、なかなか出ておりませんで実態としてはこちらは把握してございませんでした。

委員長(中澤 宏君) 続いて、環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) アメリカシロヒトリに関してですが、昨年度も同様ですけれども、各総合支所に高枝切りはさみや脚立等を整備いたしまして早期の駆除をお願いしているところです。
 また、事前に発生を予測するためにフェロモントラップを設置いたしまして、発生の状況を早期に把握することで対応を早期にするというような取り組みを昨年同様、今年度も進めております。ただ今年度につきましては、第1カ期は昨年同様少ない数だったんですけれども、今年度は第2カ期に入りまして多少発生はありましたけれども、それぞれ担当する部署等と協力しながら適切な対応を進めているところでございます。

委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、千葉雅弘君。

産業経済部長(千葉雅弘君) 食料自給率の関係でございますが、エネルギーベースにおきましては、登米市280%台ということで把握をしてございます。それから登米市内における地域食材の学校給食への提供ということでございますけれども、金額ベースにおきまして平成27年度におきましては17%程度の提供ということでございます。

委員長(中澤 宏君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) まずアレルギーに関してはやっぱりちょっと、敏感じゃないのかなというふうに思ってますので、しっかりその辺は対応していったほうがいいと思います。
 それからフェロモントラップを含めてさまざまな、それから薬剤等も散布しているようでございますけれども、2カ期について発生の状況が多く見られたということで、決して適切な対応ではなかったと私は思います。いわゆる環境課を含めて業者への委託も含めてですね、もう2カ期終わりの段階での防除等が見受けられまして、せっかく防除しても効果のない対応だったのかなというふうに思っていますので今の答弁は適切な答弁ではないと私は思っています。
 それから、食育に関してですけれども、今産業経済部長がお話ししたのは、農業サイドからみたことで、私は学校給食だけではなくていわゆるこの2期の政策の推進の中でいわゆる地場農産物の消費拡大を図るということのその根底に目的というのはやっぱりあるんですね。食育の中には。そこにどのくらい近づけたということが、その主管課である市民生活部でしっかりと把握しておかなければならない部分なのであります。ですからずっと今まで横串の連携を強く求めてきましたけども、その辺の確認がなされてなかったのかなと思います。27年度の事業の中でもその辺は事業計画の中でしっかりと私もお話ししたつもりでございます。もう1度確認させていただきます。地場農産物の生産量と消費量、市民生活部ではどのように捉えてございますか。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) ご意見いただいたとおりで、産経部長さんにお答えしていただきました。今後食と農の関係については、産経部と連携してというところはさらに拡充して充実させてまいりたいと考えております。

委員長(中澤 宏君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) いわゆる2期の策定にあたって市長は登米市の恵まれた土壌の中で生まれた、豊富な食材を活用した食育活動の輪を広く市民に浸透させていくんだという大きな狙いがあったのです。それが目的達成されたというふうな視点にたって第3期がなされて、だから私は第2期まで非常にいいといったのは、そういう部分が第3期になって今課長が言われたような農の部分が非常に薄れて行ったきあいがあったもんですから、改めて産経部と一緒になってやっていくという話しですから、ご期待申し上げたいと思います。ただ、なかなか答弁ではしっかり言うんですけれどその実態が付いてこないのも現実でございますので、もう1点だけお伺いします。
    学校給食への地場農産物の使用向上の体制づくりということでJAと取り組んできた経緯がありました。しかしその使用率がなかなか向上させないのも実態でありました。しかし2期の中では体制づくりをさらに推進してそれをできたというような総括にしているようですが、どの程度その体制づくりに関してはJAのみならずこの地場産品をしっかり届けられる体制づくりができたか。その辺の集約を総括をどのように成果として認識しているのか伺います。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 2期計画における地場産品の給食の利用率というところにつきましては、産経部とも協議いたしたところでございます。この部分についてはさらに継続した実施していくというところを確認できましたので、その項目については評価項目のところから外したという経緯がございます。さらに食と農に関しましては重要な視点だというふうに考えておりますので、現在は産経部のほうとも協力しながら、子供たちへの食と農の授業をどのように実施していくか、その部分に健康の視点をどうに取り入れて行くかというところを協議しているところでございます。

委員長(中澤 宏君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) 収穫体験、調理体験、こういったことは非常に大切ですので、学校そういった形で保護者等とも体験の数を増やしていくのも大切であろうかと思います。
 ただ気になったのが、3期の目指すその方向の中で、成人女性、青年期の女性たち目標数値が書き込まれてなかったように私確認。食育の中で。そこが気にかかるところでございました。しっかりその辺はやらせていただきたいと思います。
 それから最後に市長に聞きたと思います。登米市健康なまちづくり推進協議会において、いわゆる協議する団体で審議と建議するという意味で保健計画の策定はその部署でやられておりました。そして国の定めるところの中での食育推進会議の中で食育推進計画を策定してきたところであります。いわゆる協議会的な要素の強い協議会と、国が定めた推進会議がどのように一緒になって、今回元気とめ21というような、そういうものを作ろうという枠組みづくりに変わっていったのか、その説明がなされなかったもんですから、そのところだけ確認にさせていただきたいと思います。
 それから一言食育担当の方にですけれども、今、改善員の皆さん一生懸命頑張っていますけれども、もっとやっぱり専門的な食育マスターとか食の実践プランナーといったものの育成を図っていきながら強い推進力を持って食育については推進していただければと思っています。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 食育推進会議と健康なまちづくり・・・。

委員長(中澤 宏君) 市長先に発言されますか。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) その組織のありようについては、議員ご指摘のとおりということでございます。両方の会議の中でもいろいろとこの取り組みのありようについてご協議いただいてきたところでございます。医食同源という言葉からもありますとおり、やはり、食育の取り組みと健康づくりは表裏一体のものであると、いうようなご意見を両方の会議体の方からご意見をいただいたところでございました。またそういった中ではやはり取り組みとして、今後、組織のあり方等も含めてではあるんですけれども、そういった協議体につきましても今後一体的な形の中で、やはり、1人の市民を、健康づくりとやはり食育と、両方の側面からしっかりと取り組むことによって、心身ともに健康な人づくりを目指す、いうような方向性についてご相談を申し上げ、そしてご理解をいただきながらこういった取り組みに結び付いたということでございます。よろしくお願い申し上げます。

委員長(中澤 宏君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 食改の活動についてですけれども、食育推進会議の中にも実習的な委員さんということで4名の方がお入りになってございます。その方たちも野菜ソムリエやら食育の資格を持っていらっしゃる方というところもございますので、その方たちとも協力しながら食育の推進について、食改のレベルアップを含め活動してまいりたいと考えてございます。

委員長(中澤 宏君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) 市長、申しわけございません、いわゆる今回できた第3次と言われる食育計画が、今までだと食育計画は食育推進本部の会議でつくられて来たんですね。今回、そっちにも聞いてこっちにも聞いてつくったんですか。そういくことではなく、いわゆる健康保健計画は健康なまちづくり推進協議会の委員の方々がつくるのですよ。今回どのような形で今度のこれをつくりあげたのか。その意図というか、どのようにコントロールしてやったのか。

委員長(中澤 宏君) 市民生活部次長兼少子化対策推進監、千葉ますみ君。

市民生活部次長兼少子化対策推進監(千葉ますみ君) 今回の第3期の食育推進計画につきましては、当初から第2期計画の検証の段階でなかなか各部署連携した中で、この食育は進めていくべきとしながらも、指標の方向性やら対策やら一致した方針がなかなか見つけ出せないといったような問題がありました。その中で、それぞれが共通してそして進めていくためには健康というキーワードを持ちながら、事業を進めていくということを今回の3期計画の中で考えたところでございます。
 そして食育の部分につきましては、第1に食育推進会議の中で検討され、それをもって健康なまちづくり推進協議会の中で最終的に確認されたという段取りで進められたところです。

委員長(中澤 宏君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) そうすると最終的には健康なまちづくり推進協議会で最終決定してつくりあげたということですか。いわゆる合同会議とか元気なんだが計画を作成委員会みたいのを合同でしてつくり上げたんではないのですか。

委員長(中澤 宏君) 市民生活部次長兼少子化対策推進監、千葉ますみ君。

市民生活部次長兼少子化対策推進監(千葉ますみ君) 食育推進に関しましては食育推進会議の中で十分な議論をされ、その中で承認された部分について、健康なまちづくり推進協議会の中でまた改めて計画の中に、一つの計画として認められたという形になっておりまして、上位の協議会でそれが覆されたとかそういったような段取りの中で進められたということではないというのは1点ありますし。そもそも健康なまちづくり推進協議会、元気とめ21計画につきましては、登米市の食育推進計画の上位の計画として位置付けられたところもあります。その中に今回一つの計画としてつくり上げてきた際に、それぞれの計画の特性を生かしながら登米市民の健康づくりにするところの計画というところで今回第3計画としたところでございます。

委員長(中澤 宏君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) どんどんこんがらがっていくんです。今、健康づくりの上位計画と言いましたけれども、一方食育推進会議は条例による会議の設置なのです。そうすると健康なまちづくり推進会議は条例の設置はないですね。それでもそっちが上位なんですか。

委員長(中澤 宏君) 市民生活部次長兼少子化対策推進監、千葉ますみ君。

市民生活部次長兼少子化対策推進監(千葉ますみ君) 今回の21食育計画につきましては、元気とめ21計画の中に食育推進計画を含めるとした形を持ってまして、会議の条例で定められた食育推進会議、それから健康なまちづくり推進協議会のありようと、こちらとしては一致同じような形で一致させたものとして考えたわけではございません。

委員長(中澤 宏君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) だから私は市長に聞いたのは、いわゆる法律で定まっている指定している食育推進計画について登米市は条例に沿って食育推進会議をつくって、これを設置しているわけですよね。ですから、これに基づいて食育推進計画をつくっていくのに、元気21、それがそっちが上みたいなそういう取扱いで今回は取りまとめたんですか。それでいいんですかということを私は市長に聞きたかったのです。そういう手法を取ったのですかあえて。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 食育の取り組みを決してないがしろにするということでもなく、しっかりとした食育の取り組みを進めていくということと、そしてそれを持って、それも含めた中でやはり住民の健康づくりをしっかりと進めていく上でそういった皆さんにつきましても、食育の取り組み等も十二分にご理解をいただきながら一体として市民の健康づくりを進めるというそういった考え方の中で、こういった取りまとめをさせていただいたということでございます。

委員長(中澤 宏君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) その手法でいいのですかということです。こっちは条例で、法できまっているものと、こっちは協議会でのものを一緒にして、そっちを上位にしてそういうつくり方で食育推進計画はいいのですか、ということです。もう時間ないからやめてもいいです。

委員長(中澤 宏君) 暫時休憩します。
 
          休憩 午後4時07分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後4時08分
 

委員長(中澤 宏君) 再開します。
 審議の途中でありますが本日の会議はこの程度としこれで散会したいと思います。
 本日の及川昌憲委員の質疑に対する答弁の続きは明日開会後に引き続き行いたいと思います。
 次の会議は明日9月15日10時から行います。
 本日はこれで散会します。御苦労さまでございました。
 
          散会 午後4時08分
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>