•   0  (日程・名簿)
  •   1  副委員長(氏家英人)
  •   2  国保年金課長(金澤正浩)
  •   3  副委員長(氏家英人)
  •   4  市民生活部長(新井誠志)
  •   5  副委員長(氏家英人)
  •   6  11番(及川昌憲)
  •   7  副委員長(氏家英人)
  •   8  健康推進課長(佐々木秀美)
  •   9  副委員長(氏家英人)
  •  10  副委員長(氏家英人)
  •  11  監査委員(島尾清次)
  •  12  副委員長(氏家英人)
  •  13  11番(及川昌憲)
  •  14  副委員長(氏家英人)
  •  15  市民生活部長(新井誠志)
  •  16  副委員長(氏家英人)
  •  17  11番(及川昌憲)
  •  18  副委員長(氏家英人)
  •  19  市民生活部長(新井誠志)
  •  20  副委員長(氏家英人)
  •  21  市民生活部次長兼少子化対策推進監(千葉ますみ)
  •  22  副委員長(氏家英人)
  •  23  11番(及川昌憲)
  •  24  副委員長(氏家英人)
  •  25  市民生活部長(新井誠志)
  •  26  副委員長(氏家英人)
  •  27  3番(佐々木幸一)
  •  28  副委員長(氏家英人)
  •  29  生活福祉課長(田村啓峻)
  •  30  副委員長(氏家英人)
  •  31  3番(佐々木幸一)
  •  32  副委員長(氏家英人)
  •  33  生活福祉課長(田村啓峻)
  •  34  副委員長(氏家英人)
  •  35  3番(佐々木幸一)
  •  36  副委員長(氏家英人)
  •  37  生活福祉課長(田村啓峻)
  •  38  副委員長(氏家英人)
  •  39  3番(佐々木幸一)
  •  40  副委員長(氏家英人)
  •  41  8番(伊藤吉浩)
  •  42  副委員長(氏家英人)
  •  43  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  44  副委員長(氏家英人)
  •  45  8番(伊藤吉浩)
  •  46  副委員長(氏家英人)
  •  47  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  48  副委員長(氏家英人)
  •  49  8番(伊藤吉浩)
  •  50  副委員長(氏家英人)
  •  51  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  52  副委員長(氏家英人)
  •  53  8番(伊藤吉浩)
  •  54  副委員長(氏家英人)
  •  55  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  56  副委員長(氏家英人)
  •  57  8番(伊藤吉浩)
  •  58  副委員長(氏家英人)
  •  59  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  60  副委員長(氏家英人)
  •  61  8番(伊藤吉浩)
  •  62  副委員長(氏家英人)
  •  63  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  64  副委員長(氏家英人)
  •  65  8番(伊藤吉浩)
  •  66  副委員長(氏家英人)
  •  67  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  68  副委員長(氏家英人)
  •  69  8番(伊藤吉浩)
  •  70  副委員長(氏家英人)
  •  71  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  72  副委員長(氏家英人)
  •  73  8番(伊藤吉浩)
  •  74  副委員長(氏家英人)
  •  75  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  76  副委員長(氏家英人)
  •  77  8番(伊藤吉浩)
  •  78  副委員長(氏家英人)
  •  79  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  80  副委員長(氏家英人)
  •  81  8番(伊藤吉浩)
  •  82  副委員長(氏家英人)
  •  83  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  84  副委員長(氏家英人)
  •  85  8番(伊藤吉浩)
  •  86  副委員長(氏家英人)
  •  87  市民生活部次長兼少子化対策推進監(千葉ますみ)
  •  88  副委員長(氏家英人)
  •  89  8番(伊藤吉浩)
  •  90  副委員長(氏家英人)
  •  91  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  92  副委員長(氏家英人)
  •  93  8番(伊藤吉浩)
  •  94  副委員長(氏家英人)
  •  95  市民生活部次長兼少子化対策推進監(千葉ますみ)
  •  96  副委員長(氏家英人)
  •  97  8番(伊藤吉浩)
  •  98  副委員長(氏家英人)
  •  99  教育部長(志賀尚)
  • 100  副委員長(氏家英人)
  • 101  8番(伊藤吉浩)
  • 102  副委員長(氏家英人)
  • 103  教育部長(志賀尚)
  • 104  副委員長(氏家英人)
  • 105  8番(伊藤吉浩)
  • 106  副委員長(氏家英人)
  • 107  教育部長(志賀尚)
  • 108  副委員長(氏家英人)
  • 109  8番(伊藤吉浩)
  • 110  副委員長(氏家英人)
  • 111  教育長(佐藤信男)
  • 112  副委員長(氏家英人)
  • 113  8番(伊藤吉浩)
  • 114  副委員長(氏家英人)
  • 115  教育長(佐藤信男)
  • 116  副委員長(氏家英人)
  • 117  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 118  副委員長(氏家英人)
  • 119  副委員長(氏家英人)
  • 120  4番(八木しみ子)
  • 121  副委員長(氏家英人)
  • 122  財政課長(千葉清)
  • 123  副委員長(氏家英人)
  • 124  24番(八木しみ子)
  • 125  副委員長(氏家英人)
  • 126  財政課長(千葉清)
  • 127  副委員長(氏家英人)
  • 128  24番(八木しみ子)
  • 129  副委員長(氏家英人)
  • 130  財政課長(千葉清)
  • 131  副委員長(氏家英人)
  • 132  24番(八木しみ子)
  • 133  副委員長(氏家英人)
  • 134  財政課長(千葉清)
  • 135  副委員長(氏家英人)
  • 136  12番(佐藤尚哉)
  • 137  副委員長(氏家英人)
  • 138  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 139  副委員長(氏家英人)
  • 140  12番(佐藤尚哉)
  • 141  副委員長(氏家英人)
  • 142  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 143  副委員長(氏家英人)
  • 144  12番(佐藤尚哉)
  • 145  副委員長(氏家英人)
  • 146  市長(布施孝尚)
  • 147  副委員長(氏家英人)
  • 148  12番(佐藤尚哉)
  • 149  副委員長(氏家英人)
  • 150  副委員長(氏家英人)
  • 151  副委員長(氏家英人)
  • 152  1番(熊谷和弘)
  • 153  副委員長(氏家英人)
  • 154  商業観光課長(遠藤亨)
  • 155  副委員長(氏家英人)
  • 156  1番(熊谷和弘)
  • 157  副委員長(氏家英人)
  • 158  商業観光課長(遠藤亨)
  • 159  副委員長(氏家英人)
  • 160  1番(熊谷和弘)
  • 161  副委員長(氏家英人)
  • 162  商業観光課長(遠藤亨)
  • 163  副委員長(氏家英人)
  • 164  商業観光課長(遠藤亨)
  • 165  副委員長(氏家英人)
  • 166  1番(熊谷和弘)
  • 167  副委員長(氏家英人)
  • 168  6番(浅野敬)
  • 169  副委員長(氏家英人)
  • 170  工業振興課長(伊藤秀樹)
  • 171  副委員長(氏家英人)
  • 172  工業振興課長(伊藤秀樹)
  • 173  副委員長(氏家英人)
  • 174  10番(佐々木一)
  • 175  副委員長(氏家英人)
  • 176  産業政策課長(平山法之)
  • 177  副委員長(氏家英人)
  • 178  10番(佐々木一)
  • 179  副委員長(氏家英人)
  • 180  産業政策課長(平山法之)
  • 181  副委員長(氏家英人)
  • 182  10番(佐々木一)
  • 183  副委員長(氏家英人)
  • 184  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 185  副委員長(氏家英人)
  • 186  10番(佐々木一)
  • 187  副委員長(氏家英人)
  • 188  農村整備課長(可野嘉裕)
  • 189  副委員長(氏家英人)
  • 190  10番(佐々木一)
  • 191  副委員長(氏家英人)
  • 192  産業政策課長(平山法之)
  • 193  副委員長(氏家英人)
  • 194  10番(佐々木一)
  • 195  副委員長(氏家英人)
  • 196  6番(浅野敬)
  • 197  副委員長(氏家英人)
  • 198  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 199  副委員長(氏家英人)
  • 200  6番(浅野敬)
  • 201  副委員長(氏家英人)
  • 202  25番(岩淵正宏)
  • 203  副委員長(氏家英人)
  • 204  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 205  副委員長(氏家英人)
  • 206  25番(岩淵正宏)
  • 207  副委員長(氏家英人)
  • 208  22番(庄子喜一)
  • 209  副委員長(氏家英人)
  • 210  ブランド戦略室長(浅野之春)
  • 211  副委員長(氏家英人)
  • 212  22番(庄子喜一)
  • 213  副委員長(氏家英人)
  • 214  ブランド戦略室長(浅野之春)
  • 215  副委員長(氏家英人)
  • 216  22番(庄子喜一)
  • 217  副委員長(氏家英人)
  • 218  ブランド戦略室長(浅野之春)
  • 219  副委員長(氏家英人)
  • 220  7番(關孝)
  • 221  副委員長(氏家英人)
  • 222  財政課長(千葉清)
  • 223  副委員長(氏家英人)
  • 224  7番(關孝)
  • 225  副委員長(氏家英人)
  • 226  財政課長(千葉清)
  • 227  副委員長(氏家英人)
  • 228  7番(關孝)
  • 229  副委員長(氏家英人)
  • 230  総務部長(千葉博行)
  • 231  副委員長(氏家英人)
  • 232  7番(關孝)
  • 233  副委員長(氏家英人)
  • 234  企画部長(秋山茂幸)
  • 235  副委員長(氏家英人)
  • 236  委員長(中澤宏)
  • 237  財政課長(千葉清)
  • 238  委員長(中澤宏)
  • 239  7番(關孝)
  • 240  委員長(中澤宏)
  • 241  副市長(藤井敏和)
  • 242  委員長(中澤宏)
  • 243  7番(關孝)
  • 244  委員長(中澤宏)
  • 245  商業観光課長(遠藤亨)
  • 246  委員長(中澤宏)
  • 247  7番(關孝)
  • 248  委員長(中澤宏)
  • 249  商業観光課長(遠藤亨)
  • 250  委員長(中澤宏)
  • 251  7番(關孝)
  • 252  委員長(中澤宏)
  • 253  商業観光課長(遠藤亨)
  • 254  委員長(中澤宏)
  • 255  7番(關孝)
  • 256  委員長(中澤宏)
  • 257  商業観光課長(遠藤亨)
  • 258  委員長(中澤宏)
  • 259  7番(關孝)
  • 260  委員長(中澤宏)
  • 261  商業観光課長(遠藤亨)
  • 262  委員長(中澤宏)
  • 263  7番(關孝)
  • 264  委員長(中澤宏)
  • 265  商業観光課長(遠藤亨)
  • 266  委員長(中澤宏)
  • 267  19番(相澤吉悦)
  • 268  委員長(中澤宏)
  • 269  商業観光課長(遠藤亨)
  • 270  委員長(中澤宏)
  • 271  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 272  委員長(中澤宏)
  • 273  19番(相澤吉悦)
  • 274  委員長(中澤宏)
  • 275  市長(布施孝尚)
  • 276  委員長(中澤宏)
  • 277  4番(氏家英人)
  • 278  委員長(中澤宏)
  • 279  産業政策課長(平山法之)
  • 280  委員長(中澤宏)
  • 281  4番(氏家英人)
  • 282  委員長(中澤宏)
  • 283  産業政策課長(平山法之)
  • 284  委員長(中澤宏)
  • 285  4番(氏家英人)
  • 286  委員長(中澤宏)
  • 287  産業政策課長(平山法之)
  • 288  委員長(中澤宏)
  • 289  4番(氏家英人)
  • 290  委員長(中澤宏)
  • 291  工業振興課長(伊藤秀樹)
  • 292  委員長(中澤宏)
  • 293  4番(氏家英人)
  • 294  委員長(中澤宏)
  • 295  工業振興課長(伊藤秀樹)
  • 296  委員長(中澤宏)
  • 297  4番(氏家英人)
  • 298  委員長(中澤宏)
  • 299  工業振興課長(伊藤秀樹)
  • 300  委員長(中澤宏)
  • 301  24番(八木しみ子)
  • 302  委員長(中澤宏)
  • 303  商業観光課長(遠藤亨)
  • 304  委員長(中澤宏)
  • 305  24番(八木しみ子)
  • 306  委員長(中澤宏)
  • 307  市長(布施孝尚)
  • 308  委員長(中澤宏)
  • 309  2番(日下俊)
  • 310  委員長(中澤宏)
  • 311  商業観光課長(遠藤亨)
  • 312  委員長(中澤宏)
  • 313  2番(日下俊)
  • 314  委員長(中澤宏)
  • 315  商業観光課長(遠藤亨)
  • 316  委員長(中澤宏)
  • 317  2番(日下俊)
  • 318  委員長(中澤宏)
  • 319  商業観光課長(遠藤亨)
  • 320  委員長(中澤宏)
  • 321  2番(日下俊)
  • 322  委員長(中澤宏)
  • 323  商業観光課長(遠藤亨)
  • 324  委員長(中澤宏)
  • 325  2番(日下俊)
  • 326  委員長(中澤宏)
  • 327  商業観光課長(遠藤亨)
  • 328  委員長(中澤宏)
  • 329  2番(日下俊)
  • 330  委員長(中澤宏)
  • 331  商業観光課長(遠藤亨)
  • 332  委員長(中澤宏)
  • 333  2番(日下俊)
  • 334  委員長(中澤宏)
  • 335  副市長(藤井敏和)
  • 336  委員長(中澤宏)
  • 337  19番(相澤吉悦)
  • 338  委員長(中澤宏)
  • 339  市長(布施孝尚)
  • 340  委員長(中澤宏)
  • 341  委員長(中澤宏)
  • 342  23番(二階堂一男)
  • 343  委員長(中澤宏)
  • 344  予防課長(佐々木章弘)
  • 345  委員長(中澤宏)
  • 346  防災課長(千葉勝範)
  • 347  委員長(中澤宏)
  • 348  委員長(中澤宏)
  • 349  危機管理監(星茂喜)
  • 350  委員長(中澤宏)
  • 351  23番(二階堂一男)
  • 352  委員長(中澤宏)
  • 353  予防課長(佐々木章弘)
  • 354  委員長(中澤宏)
  • 355  防災課長(千葉勝範)
  • 356  委員長(中澤宏)
  • 357  危機管理監(星茂喜)
  • 358  委員長(中澤宏)
  • 359  23番(二階堂一男)
  • 360  委員長(中澤宏)
  • 361  予防課長(佐々木章弘)
  • 362  委員長(中澤宏)
  • 363  危機管理監(星茂喜)
  • 364  委員長(中澤宏)
  • 365  13番(伊藤栄)
  • 366  委員長(中澤宏)
  • 367  警防課長(佐々木敬之)
  • 368  委員長(中澤宏)
  • 369  13番(伊藤栄)
  • 370  委員長(中澤宏)
  • 371  警防課長(佐々木敬之)
  • 372  委員長(中澤宏)
  • 373  13番(伊藤栄)
  • 374  委員長(中澤宏)
  • 375  1番(熊谷和弘)
  • 376  委員長(中澤宏)
  • 377  警防課長(佐々木敬之)
  • 378  委員長(中澤宏)
  • 379  1番(熊谷和弘)
  • 380  委員長(中澤宏)
  • 381  警防課長(佐々木敬之)
  • 382  委員長(中澤宏)
  • 383  1番(熊谷和弘)
  • 384  委員長(中澤宏)
  • 385  警防課長(佐々木敬之)
  • 386  委員長(中澤宏)
  • 387  25番(岩淵正宏)
  • 388  委員長(中澤宏)
  • 389  警防課長(佐々木敬之)
  • 390  委員長(中澤宏)
  • 391  25番(岩淵正宏)
  • 392  委員長(中澤宏)
  • 393  教育長(佐藤信男)
  • 394  委員長(中澤宏)
  • 395  25番(岩淵正宏)
  • 396  委員長(中澤宏)
  • 397  市長(布施孝尚)
  • 398  委員長(中澤宏)
  • 399  教育長(佐藤信男)
  • 400  委員長(中澤宏)
  • 401  25番(岩淵正宏)
  • 402  委員長(中澤宏)
  • 403  防災課長(千葉勝範)
  • 404  委員長(中澤宏)
  • 405  13番(伊藤栄)
  • 406  委員長(中澤宏)
  • 407  警防課長(佐々木敬之)
  • 408  委員長(中澤宏)
  • 409  13番(伊藤栄)
  • 410  委員長(中澤宏)
  • 411  委員長(中澤宏)
  • 412  指令課長(岩澤秀明)
  • 413  委員長(中澤宏)
  • 414  13番(伊藤栄)
  • 415  委員長(中澤宏)
  • 416  16番(田口久義)
  • 417  委員長(中澤宏)
  • 418  防災課長(千葉勝範)
  • 419  委員長(中澤宏)
  • 420  16番(田口久義)
  • 421  委員長(中澤宏)
  • 422  防災課長(千葉勝範)
  • 423  委員長(中澤宏)
  • 424  16番(田口久義)
  • 425  委員長(中澤宏)
  • 426  防災課長(千葉勝範)
  • 427  委員長(中澤宏)
  • 428  14番(浅田修)
  • 429  委員長(中澤宏)
  • 430  防災課長(千葉勝範)
  • 431  委員長(中澤宏)
  • 432  14番(浅田修)
  • 433  委員長(中澤宏)
  • 434  防災課長(千葉勝範)
  • 435  委員長(中澤宏)
  • 436  14番(浅田修)
  • 437  委員長(中澤宏)
  • 438  危機管理監(星茂喜)
  • 439  委員長(中澤宏)
  • 440  22番(庄司喜一)
  • 441  委員長(中澤宏)
  • 442  土木管理課長(菅原和夫)
  • 443  委員長(中澤宏)
  • 444  22番(庄司喜一)
  • 445  委員長(中澤宏)
  • 446  土木監理課長(菅原和夫)
  • 447  委員長(中澤宏)
  • 448  19番(相澤吉悦)
  • 449  委員長(中澤宏)
  • 450  消防長(鈴木軍雄)
  • 451  委員長(中澤宏)
  • 452  警防課長(佐々木敬之)
  • 453  委員長(中澤宏)
  • 454  19番(相澤吉悦)
  • 455  委員長(中澤宏)
  • 456  市長(布施孝尚)
  • 457  委員長(中澤宏)
  • 458  7番(關孝)
  • 459  委員長(中澤宏)
  • 460  委員長(中澤宏)
  • 461  防災課長(千葉勝範)
  • 462  委員長(中澤宏)
  • 463  危機管理監(星茂喜)
  • 464  委員長(中澤宏)
  • 465  7番(關孝)
  • 466  委員長(中澤宏)
  • 467  防災課長(千葉勝範)
  • 468  委員長(中澤宏)
  • 469  7番(關孝)
  • 470  委員長(中澤宏)
  • 471  警防課長(佐々木敬之)
  • 472  委員長(中澤宏)
  • 473  7番(關孝)
  • 474  委員長(中澤宏)
  • 475  予防課長(佐々木章弘)
  • 476  委員長(中澤宏)
  • 477  7番(關孝)
  • 478  委員長(中澤宏)
  • 479  予防課長(佐々木章弘)
  • 480  委員長(中澤宏)
  • 481  委員長(中澤宏)
  • 482  21番(及川長太郎)
  • 483  委員長(中澤宏)
  • 484  警防課長(佐々木敬之)
  • 485  委員長(中澤宏)
  • 486  20番(熊谷憲雄)
  • 487  委員長(中澤宏)
  • 488  防災課長(千葉勝範)
  • 489  委員長(中澤宏)
  • 490  20番(熊谷憲雄)
  • 491  委員長(中澤宏)
  • 492  委員長(中澤宏)
  • 493  危機管理監(星茂喜)
  • 494  委員長(中澤宏)
  • 495  20番(熊谷憲雄)
  • 496  委員長(中澤宏)
  • 497  12番(佐藤尚哉)
  • 498  委員長(中澤宏)
  • 499  住宅都市整備課長(小野寺克明)
  • 500  委員長(中澤宏)
  • 501  22番(庄司喜一)
  • 502  委員長(中澤宏)
  • 503  建設部次長(主藤正敏)
  • 504  委員長(中澤宏)
  • 505  委員長(中澤宏)
  • 506  委員長(中澤宏)
  • 507  1番(熊谷和弘)
  • 508  委員長(中澤宏)
  • 509  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 510  委員長(中澤宏)
  • 511  1番(熊谷和弘)
  • 512  委員長(中澤宏)
  • 513  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 514  委員長(中澤宏)
  • 515  5番(工藤淳子)
  • 516  委員長(中澤宏)
  • 517  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 518  委員長(中澤宏)
  • 519  学校教育課長(三浦徳美)
  • 520  委員長(中澤宏)
  • 521  5番(工藤淳子)
  • 522  委員長(中澤宏)
  • 523  学校教育課長(三浦徳美)
  • 524  委員長(中澤宏)
  • 525  活き活き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 526  委員長(中澤宏)
  • 527  5番(工藤淳子)
  • 528  委員長(中澤宏)
  • 529  活き活き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 530  委員長(中澤宏)
  • 531  学校教育課長(三浦徳美)
  • 532  委員長(中澤宏)
  • 533  5番(工藤淳子)
  • 534  委員長(中澤宏)
  • 535  教育部長(志賀尚)
  • 536  委員長(中澤宏)
  • 537  5番(工藤淳子)
  • 538  委員長(中澤宏)
  • 539  市長(布施孝尚)
  • 540  委員長(中澤宏)
  • 541  5番(工藤淳子)
  • 542  委員長(中澤宏)
  • 543  4番(氏家英人)
  • 544  委員長(中澤宏)
  • 545  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 546  委員長(中澤宏)
  • 547  4番(氏家英人)
  • 548  委員長(中澤宏)
  • 549  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 550  委員長(中澤宏)
  • 551  4番(氏家英人)
  • 552  委員長(中澤宏)
  • 553  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 554  委員長(中澤宏)
  • 555  4番(氏家英人)
  • 556  委員長(中澤宏)
  • 557  6番(浅野敬)
  • 558  委員長(中澤宏)
  • 559  文化財文化振興室長(佐藤貞光)
  • 560  委員長(中澤宏)
  • 561  6番(浅野敬)
  • 562  委員長(中澤宏)
  • 563  文化財文化振興室長(佐藤貞光)
  • 564  委員長(中澤宏)
  • 565  6番(浅野敬)
  • 566  委員長(中澤宏)
  • 567  副市長(藤井敏和)
  • 568  委員長(中澤宏)
      平成28年登米市議会定例会 9月定例議会 決算審査特別委員会 会議録
 平成28年9月15日(木曜日)
1.出席議員(24名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君       4番 氏 家 英 人 君(副委員長)
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 伊 藤 吉 浩 君
   9番 中 澤   宏 君(委員長) 10番 佐々木   一 君
  11番 及 川 昌 憲 君      12番 佐 藤 尚 哉 君
  13番 伊 藤   栄 君      14番 浅 田   修 君
  15番 佐 藤 恵 喜 君      16番 田 口 久 義 君
  17番 田 口 政 信 君      19番 相 澤 吉 悦 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君      21番 及 川 長太郎 君
  22番 庄 子 喜 一 君      23番 二階堂 一 男 君
  24番 八 木 しみ子 君      25番 岩 淵 正 宏 君

1.欠席議員(なし)    
1.遅刻議員(2名)
   9番 中 澤   宏 君      15番 佐 藤 恵 喜 君

1.早退議員(なし)
1.中座議員(1名)
  14番 浅 田   修 君 

1.説明のため出席した者の氏名
  市長         布 施 孝 尚 君    副市長        藤 井 敏 和 君
  副市長        栗 山 健 作 君    総務部長       千 葉 博 行 君
  企画部長       秋 山 茂 幸 君    市民生活部長     新 井 誠 志 君
  産業経済部長     千 葉 雅 弘 君    建設部長       中津川 源 正 君
  市民生活部次長    佐 藤   浩 君    財政課長       千 葉   清 君
  市民生活部次長兼
  少子化対策推進監   千 葉 ますみ 君    市民生活課長     佐 藤   豊 君
  環境課長       佐 藤 幸 子 君    国民年金課長     金 澤 正 浩 君
  健康推進課長     佐々木 秀 美 君    教育長        佐 藤 信 男 君
  監査委員       島 尾 清 次 君    監査委員       千 葉 良 悦 君
  監査委員       田 口 政 信 君    教育部長       志 賀   尚 君
  生涯学習課長     佐 藤 嘉 浩 君    福祉事務所長     加 藤   均 君
  環境事業所長     千 葉 祐 宏 君    監査委員事務局長   遠 藤   仁 君
  会計管理者      中 澤 和 志 君    生活福祉課長     田 村 啓 峻 君
  クリーンセンター所長
  兼衛生センター所長  末 永   隆 君    子育て支援課長    鈴 木 文 男 君
  長寿介護課長     永 浦 広 巳 君    産業経済部次長    丸 山   仁 君
  産業経済部次長兼
  農産園芸畜産課長   高 橋 一 紀 君    産業政策課長     平 山 法 之 君
  工業振興課長     伊 藤 秀 樹 君    商業観光課長     遠 藤   亨 君
                          登米産食材販売
  ブランド戦略室長   浅 野 之 春 君    促進専門監      木 村 健 喜 君
  農村整備課長     可 野 嘉 裕 君    農業委員会事務局長  菅 原 貞 治 君
  農業委員会事務局次長 佐 藤 真 吾 君    危機管理監      星   茂 喜 君
  建設部次長      首 藤 正 敏 君    土木菅理課長     菅 原 和 夫 君
  住宅都市整備課長   小野寺 克 明 君    防災課長       千 葉 勝 範 君
  道路課長       伊 藤   勝 君    営繕課長       小野寺 友 生 君
  下水道課長      細 川 宏 伸 君    消防長        鈴 木 軍 雄 君
  消防次長       鈴 木 秀 彦 君    予防課長       佐々木 章 弘 君
  消防総務課長     千 葉 淳 一 君    警防課長       佐々木 敬 之 君
                          教育部次長兼
  指令課長       岩 澤 秀 明 君    教育総務課長     伊 藤 隆 敏 君
  学校教育管理監    伊 藤   浩 君    学校教育課長     三 浦 徳 美 君
  活き生き学校支援室長 菊   祐二郎 君    文化財文化振興室長  佐 藤 貞 光 君
  教育企画室長     岩 渕 公 一 君

1.事務局出席職員氏名
  議会事務局長     佐々木 義 文 君    議会事務局次長    田 辺 賢 一 君
  議会事務局主幹                 議会事務局
  兼議事・調査係長   後 藤 光 彦 君    議事・調査係主査   浅 井 顕 裕 君
  議会事務局                   議会事務局
  議事・調査係主査   庄 司 美 香 君    議事・調査係主査   主 藤 貴 宏 君
  議会事務局
  議事・調査係主査   三 浦 正 弘 君

1.本日の会議に付した事件
  第1 認定第1号 平成27年度登米市一般会計歳入歳出決算認定について


          開会 午前10時00分
副委員長(氏家英人君) おはようございます。
 ただいまから、決算審査特別委員会3日目の会議を開きます。
 委員長から遅参の申し出があります。
 登米市議会委員会条例第12条第1項の規定に基づき、副委員長がその職務を行います。
 委員各位におかれましては、スムーズな委員会運営に協力をお願いいたします。
 佐藤恵喜委員から遅参の届け出があります。
 松本病院事業管理者職務代理者から診療のため欠席の届け出があります。
 14日に引き続き議案審査を行います。
 まず、昨日13日の3番、佐藤もとい佐々木幸一委員に対する答弁で一部訂正の申し出がありました。それを許可しております。国保年金課長、金澤正浩君。

国保年金課長(金澤正浩君) おはようございます。
 昨日、3番、佐々木委員さんからご質問のありました厚生年金受給額につきまして、16億9,600万円と答弁を申し上げましたが、資料の欄違いの数値で答弁しておりました。正しい厚生年金受給額は94億5,200万円でございますので、よろしくお願いいたします。大変失礼申し上げました。以上です。

副委員長(氏家英人君) 認定第1号 平成27年度登米市一般会計歳入歳出決算の3款民生費、4款衛生費の質疑の途中です。及川昌憲委員への答弁が保留されていますので、答弁を求めます。市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) おはようございます。
 昨日の決算審査特別委員会におきまして、及川昌憲委員に対する答弁を保留としました。大変申し訳ございません。改めましてお答えを申し上げます。
 内容については、元気とめ21計画に関するものでございます。
 食育推進計画と元気とめ21計画に対しまして、一つの結果といたしましたことに事務手順の妥当性、一つにしたことによって2期計画まで重視されておりました食と農の関係が見えなくなってきたのではないかというご質問でございました。
 食育推進会議につきましては、委員ご承知のとおり、食育基本法の33条の中で条例の定めているところにより、市町村食育推進会議を置くことができると示されております。
 健康なまちづくり推進協議会については、全国ほとんどの自治体で設定されておりますが、その設置は法律的に定められているものではございません。元気とめ21計画は健康増進法で食育推進計画は食育基本法で、それぞれの法律の中で市町村が定めているよう努められているものでございまして、同様な位置付けであると理解しております。今回3期計画の策定に当たりまして、関係機関の連携を図っていくために、それぞれの計画に共通する健康をキーワードとし、目標指数を定め、一つの計画としたところでございます。
 今回二つの計画を、健康をキーワードに一つの計画とした推進することにつきましては、食育推進会議並びに健康なまちづくり推進協議会において、それぞれ協議され了解されたところでございます。計画が一つになったことで、2期計画まで前面に出された、おきました食と農の視点につきましては、地産地消への取り組みの表現として薄まった感は否定できませんが、今回健康なまちづくり推進協議会の中で協議されたことにより、健康づくり団体に広く食と農のかかわりを広めていくきっかけになったところでございますので、計画に基づきしっかりと取り組んでまいりますのでご理解をお願いするものでございます。よろしくお願いいたします。

副委員長(氏家英人君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) 推進会議は食育計画をつくるためにつくられた機関です。これ条例で決めたものです。確かにその食育計画をつくるという市町村でつくるということは法で決められたものであります。それは私も理解しているのです。ですけれども、そういった流れの中でこれをつくっていくということは、前向きに日本の食育というものをしっかりやっていこうという、そういう合意の中で市町村はこの条例をつくってそれを進めようとしたわけでありますから、その政策的な目的というものはしっかり認識しておかなければならないものと思っております。一方、元気とめ21計画も、それぞれの流れの中で、健康増進のために21をつくっていくということでございますが、これもそれはそれとしてよしとしましょう。ですから、これが食育推進会議を2回ほど開いて、2回の謝礼を出して、それで食育基本計画をつくっていくのが通例だったのですね。これがどの段階で誰が一緒につくろうということを決めてそういう別々に会議を開いて、別々にそれをこう進めていって、どの段階で元気とめ、今度はそこに食育をいれて21計画というものをつくろうという、その流れがわからないのです私。そして、そういうものに対するお金の謝金の出し方、予算の執行の仕方がそれでいいのか、これは監査委員に伺ってもよろしいのですけれども、そういう出し方が適当なのか。それも含めて確認させていただきます。

副委員長(氏家英人君) 答弁を求めます。健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 両方の会議の中でのどのような進め方であったかというご質問である、どの段階で了解を・・・。双方の会議に1回目の会議のときに、評価指標の視点が双方で評価いたしました。その中で双方計画はどのような評価を持っているかということは、両会議ともわかっているものですので、評価指標が随分重なりがある。進めていくときにバラバラの体制でよろしいのかというところは、会議の双方の中で出ているところでございました。
 そうであれば、双方の協議を評価をした中で一つの目標をつくっていくことはどうだろうかという協議が双方でされまして決定したところでございます。
 謝金については、今回については初めから一本にしましょうというところではございませんでしたので、双方でまずは二つの計画でしたので、評価をしていこうというところで、2本立てで協議してございました。

副委員長(氏家英人君) 暫時休憩します。
 
          休憩 午前
────────────────────────────────────────────
          再開 午前
 

副委員長(氏家英人君) 再開します。監査委員、島尾清次君。

監査委員(島尾清次君) 謝金につきましては、実際にその会議が開催されてその実態に応じて支出されているというふうなことであれば特に問題はないのではないかと思います。

副委員長(氏家英人君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) それぞれの会議がそれぞれの目的があったわけなのに、そこででた内容がそこでお互いに共通する内容が出た。それをドッキングさせて一つの計画にしようということが、どこでその・・・勝手にそういうことがつくられていいものなのでしょうか。それを一緒にして一つの計画にしようとするゴーサインというのは、これは政策会議とか、市長のそういったものの考え方によって生まれてくるだろうというふうに私は思うのですけれども、それはそれぞれの審議する立場です。さまざまその二つの・・・。それから審議と建議をする立場が元気のほうですね。こっちは審議なんですね。食育のほうは。ですから、どこでそれが一体いつ融合して一つの計画にしようというものが生まれてくるのか見えないんです。だから、審議をする団体が同じような意見が出たからじゃあこれ一緒にしましょうと言って一つの計画というものが生まれてくるのでしょうか。そういう過程で、プロセスでいいのか。そしたらじゃあこれはもしかしたら食料自給率の問題も出てきて、食料自給率は食育の中でもあるわけですけれども、自給率を高めようと。なぜ自給率を高めるか知っていますか。なぜ自給率を高めるか。そうすると環境の問題までいってくるのです。CO2の問題もありますよ。そしたら環境計画も一緒にいれたらいいじゃないかという話になります。今回、CO2の削減の温暖化の地域推進計画を出しましたね。だったらこの程度のものだったらじゃあ一緒にこの元気食育のほうに一緒にしてもいいじゃないですか。だから、どこでいつ誰がどのようにしてこうしましょうと決めたのか明確じゃないです。誰が責任をもってこの計画を提案したのですか。やっぱり市長なのですか。そうすると。

副委員長(氏家英人君) 答弁を求めます。市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) この決定の部分につきましては、これまでもご回答を申し上げておりますけども、それぞれの推進会議並びに健康づくり推進協議会の中で私たちのほうで提案した部分について、合意がされましたのでこの部分で融合しようというふうな決定をいたしました。これは環境基本計画等の関連性もあると思いますが、今回の3期の部分については、いろいろなご指摘もございましたが、元気とめ食育というふうな部分、そして健康をキーワードとするというふうな視点から3期計画を策定したものでございますので、取り組みの部分については、さっきも申し上げましたが、2期計画と何ら変わりなく取り組んでいることを目標としておりますので、よろしくご理解お願いいたします。

副委員長(氏家英人君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) 部長が答えるようにもちろん3期の計画はもうできてしまったのですから、そういった形で進めていただきたいのはもちろん共通ですから、今そのことはこちらにちょっと置いておいて、これができるまでの経過を今お話ししているのですね。ですから、この今の計画が私からすれば、不満足の部分もあるのですけども、決めたものですからそれはそれとして、ですからこれがなぜここで一緒になってこういうふうにできたのか。その過程が明確ではないんです。それをお話ししているのです。まず。そうでないと時間いっぱいかかってしまうから、いいとか悪いとか話をしてしまうと。私の持ち時間はそんなにないもんですから、それだけは確認しておきたいんです。
 ですから、もし今部長が言った部長執行部、執行部というのは部長側、部署側の中でそういうふうにして持っておったのであれば、なぜ最初から元気とめ食育というものの一本化でこういうことを進めるということの予算措置をしてそういう会議を開かなかったのですか。バラバラにしてやる必要性もなかった。そして昨日は、元気とめ21が上位計画だと言っているのですね。どっから持ってきて上位計画なのか。その根拠もわからない。

副委員長(氏家英人君) 答弁を求めます。市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 昨日の上位というふうな視点の部分では、こちらでもその回答については反省しておるところでございますので、ご理解をお願いいたします。

副委員長(氏家英人君) 市民生活部次長兼少子化対策推進監、千葉ますみ君。

市民生活部次長兼少子化対策推進監(千葉ますみ君) 今回3期計画の策定された経緯でございますけれども、先ほど課長のほうから申し上げましたとおり、指標を評価していく時点でかぶさるところが多いのではないかといったようなさまざまな意見はございましたが、第1回目のそれぞれの会議の中で、1期計画、2期計画に続き3期計画は、一つの計画にしていくという案は、事務局のほうから提案させていただきました。その後で評価に対しての内容の精査等については、第2回目の会議で審議していただきまして、最終的には部の案として政策会議のほうに提出させていただき、最終的に決定という段取りとなったところでございます。

副委員長(氏家英人君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) ですからね。そのたった2回の会議しかしてないのですね。実質審議1回ですよ。違いますか。そしてそれを食育推進会議のほうにしっかり提示しないでそこから出た意見を2回目の意見で出たやつをまとめて政策会議に出した。こういうのは余り良い、持っていき方じゃないのだろうと私は思います。
 ですから、本当にしっかりこの食育については、食育推進会議の側のほうがしっかり1期、2期の総括をしながら、次につなげるような計画へどう結びつけたのか非常に私は疑問に思うんです。時間が限られてますので、最後に人の命というようなのは、やっぱり大切にしなくちゃいけない。そのために健康を保持しなくちゃいけない。それをその支えるのは食なんですね。だから食育なのでしょう。健康と食育を一緒にしたのでしょう。じゃあ食を支えるのは何なのか。それは自然環境であったり、土地であったり、そしてそれをつくる人がいなければならないんです。これが基本なんですね。だから私たちはずっと食農という立場で食育を推進してほしいと我が会派はずっと言い続けてきたのです。そんな思いをぜひご理解の上で、この新しくできた3期計画を推し進めていただきたいと思います。この続きは・・・。終わります。

副委員長(氏家英人君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) しっかりと取り組んでまいりますのでご理解をお願いいたします。

副委員長(氏家英人君) ほかにありませんか。3番、佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) ページ140ページの生活困窮者自立支援についてお伺いをいたします。
 昨年からNPO法人に委託して事業を進めているわけですけれども、ここに相談の中で一番多いのが経済的困窮となっていますけども、これは具体的にどういう形で支援されたのか。その点についてまずお聞きします。

副委員長(氏家英人君) 生活福祉課長、田村啓峻君。

生活福祉課長(田村啓峻君) まず、生活困窮に関する低所得者の対策ではありますが、この生活困窮支援事業自体、ともまち登米というところに委託をさせていただいております。これは27年度からの委託という形をさせていただいております。生活困窮者の支援の内容でございますが、まずはその生活困窮に至った原因、まず原因等の話し合いをさせていただいて、その方にあった支援をするということです。その支援の内容についてはさまざまであります。一つは事業所、ハローワークへの紹介。その連携ですね、連携を取りながら事業所の紹介、勤務先の紹介だったり、あとは相談内容が非常に低所得者は原因がさまざまであります。家庭の問題もあったり、就職の問題、債務の問題、さまざまあります。その中で適切な指導をさせていただいているという状況であります。

副委員長(氏家英人君) 3番、佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) いろいろ聞くと原因とかなんかを含めてさまざまだということで、こういったそうすると相談業務支援というのはやっぱり行政のほうでは難しいというような感じが今、します。こういった形で委託しているのでしょうけれども、その経済的困窮から一般就労がここに19件と書かってるんですけれども、今言ったようなハローワークとかいろんな事業所に相談をしながら、就労につなげているということで解釈していいのですか。これは。

副委員長(氏家英人君) 生活福祉課長、田村啓峻君。

生活福祉課長(田村啓峻君) 一般就労につきましては、ハローワークそれからともまち登米さんが持っている情報を駆使して就労につなげていただいたということでございます。

副委員長(氏家英人君) 3番、佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) 確かにいろんな原因とかいろいろあると思うんですけども、こういった相談の当然仕事、それからおそらく住まい、いろんな関係の相談があるだろうと思うんですけども、そういった相談の中で確か今年度は、就労の関係の確か予算が出てたなと思ってたんですけども、何か就労を支援するようなじゃなかったですか。確か今年度の予算としてそれの関係で出ていたかなと思ったのですけども、市とすれば確かにこうやってNPO法人に委託して困窮対策をしているのはいいのですけども、市としてこういう課題の中でそれとはまた別に必要な事業とか何かはなかったかというそういう課題の整理はされてないんでしょうか。

副委員長(氏家英人君) 生活福祉課長、田村啓峻君。

生活福祉課長(田村啓峻君) まず、ご理解いただきたい点が一つございます。なぜNPO法人に委託させていただいたということになるんですが、やはり、自治体が支援するにはやはり限度があるという状況です。こういった低所得者対策、それから債務の問題、家庭の問題、いろんな問題があるというところで、自治体でできる範囲、例えば就労支援につきましては、ハローワーク等と連携は当然取っているわけなんですが、実際にそこを紹介するといった場合に、やはり自治体には限度がある。就労を紹介した時点で責任は当然伴うというところになりますので、就職先を斡旋をさせていただくというところには、やはり一歩踏み込んだ紹介等が必要なってくるというところになりますので、その辺はやはり民間でなければなかなか手厚いサービスといいますか、そういう部分ができないというところもありまして、委託をさせていただいているというところであります。
 そのほかの施策というところでございますが、年に2度か3度ぐらいだったと思うんですが、ハローワーク、それから福祉事務所、それから委託しているともまち登米さん、それから県、関係者団体が集まって連絡協議会を開催させていただいて、情報共有をさせていただいております。
 その中でいろんな課題を整理しながら、毎年検討をしてともまち登米さんにもそれの課題解決に向けてご尽力をいただいておるというところでございます。現在有効な手段が何があるかというのは非常に難しい分野でもあります。そこに対して予算をつけるかどの形で予算をつけたらいいかどうかというところは、現在模索中というところでございます。以上でございます。

副委員長(氏家英人君) 3番、佐々木幸一君。

3番(佐々木幸一君) 確かに自治体の支援には限度あるというのは、課長の話はわかります。ただ、今言ったような課題整理して何が支援できるかというのは模索中ということなんですけども、これを真正面から受け止めて自治体として生活困窮対策に取り組んでいる自治体もあるわけですよ。結構。ですから、そこの課題は整理してぜひ前に進んで欲しいというふうに思います。終わります。

副委員長(氏家英人君) ほかに質疑はありますか。8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) それでは、所管担当会派として4款の関係についてお伺いしたいというふうに思います。
 4款1項1目1細目保健衛生費の中で、成果として下段から6行目、元気とめ21計画と食育推進計画の目指す目標は同じでありというふうなことでありますが、せめてほぼと入れたほうがいいのではないかと私は考えるところであります。
 それから、193ページ2細目生活習慣病予防対策これらの事業をすることによっての最終的な市としての事業目標はどこを目指しているのかお伺いします。

副委員長(氏家英人君) 答弁を求めます。健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 元気とめ計画食育については了解いたしました。大変申し訳ございませんでした。ほぼというところで全部合致ではないというところもありますので、それは了解いたしました。
 さらに、生活習慣病の対策のどういうところを目標にという所のご質問でございますが、ここは大きくは健康寿命の延伸というところの大きなところを目指して事業を実施してございます。

副委員長(氏家英人君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) 私も全く同感というふうなことであります。いわゆる健康寿命の延伸、いわゆる不健康期間の短縮というふうなことだろうというふうに思いますが、この本来目標に対する27年度の実績と成果、どのように捉えているのかお聞きいたしたいというふうに思います。
 さらには元気とめ計画、5年間行ってきたわけでございますが、この計画の成果、一言で確認します。

副委員長(氏家英人君) 答弁を求めます。健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 全体の評価という視点での質問でお受け取りいたしました。全体の評価といたしましては、いろいろな課題、健康寿命延伸に向け、いろいろな課題、多方面から事業を実施してございましたけれども、なかなか大きなうねりというか、大きな視点での捉え方が不十分だったなという反省をもってございます。人と人とがつながりながら、実践していくというところは大きな取り組みの一つでございましたが、そこにやはり先ほどの食育のところでも出ておりましたが、農業の関係者又は事業者等の方たちとの手のつなぎ方が少し不足だったかなというところを反省してございまして、健康づくりにつきましてもウォーキングの健診につきましてもそういう取り組んでいる方々とどう手を組んでいくかというところを改めて課題として取り組んで計画に盛り込んでございます。

副委員長(氏家英人君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) 皆様ご承知のとおり、日本は世界一類を見ないスピードの中で高齢化に向かっていて、現在、日本は世界一の長寿国になっているというふうなことであります。一方では世界一の介護寝たきり先進国と、いわゆる不健康期間が世界一ワースト1であるというふうなことであります。これを受けて国では、健康日本21というふうなのを立ち上げて、健康寿命の延伸に向けて各自治体と連携を取ってしっかり進める体制をとっているというふうなことでありますが、実際的には平均寿命が延伸していくスピードよりも健康寿命が延伸していくスピードが追いついていない。いわゆる不健康期間が拡大しているというふうなことになります。そういった関係で日本再生戦略の中にも優先課題というふうなことで、現在捉えられて国の大きな旗印というふうなことで動いているわけであります。平均寿命と健康寿命この差、現在国が示しているのは男子が9.1年、それから女性については12.7年というふうに報告されているところでありますが、本市のこの辺の健康寿命と平均寿命の差どれぐらいに捉えているのか、その辺どう考えているのかお伺いまずはしていきたいというふうに思います。

副委員長(氏家英人君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 平均寿命と健康寿命という視点でございましたけれども、国で示している健康寿命の算定の仕方と県で参考値としている健康寿命の算定の仕方が異なってございますけれども、私どもは県の健康寿命の視点で捉えますと、平成26年の平均寿命ですと市は男性が79.65、健康寿命が78.03、女性が平均寿命86.60、健康寿命が83.05というところで、国の示しているところよりも狭まっているところでございます。ただ、徐々に健康寿命も当初いわれていた順位よりも少々差は小さくなっておりまして、この事業を全体の中で、先ほど申しましたが、課題を捉えた中で取り組みをしていきたいと考えてございます。

副委員長(氏家英人君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) このデータの取扱でございますが、この算定方法、全国さまざまな算出方法があるというふうなことは認識しておりますが、やっぱり全国指標をベースとして考えたほうがやはりより透明性が出てくるのではないかなと、この県の示している指標というのは、全国あまりしていないと思いますけどもどうですか。

副委員長(氏家英人君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) ご存知かと思いますが、県で示しておりますのは要介護2以上の方を健康ではないというふうに捉えて要介護2以上の方たちの度合いを比較してございます。国のものについては、国民生活実態調査を5年ごとに行っておりますところで、健康であるという主観的な指標を中心に生活を見て総合的にアンケートから捉えたものを健康寿命としておりまして、毎年という比較が出ておらず、さらに市町村別の比較が出ておらないところでなかなか活用できないところでございます。

副委員長(氏家英人君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) その辺も介護保険事業計画の中では、たぶんこの辺格差は男性が9年、女性は12年というふうなことを文言表記して捉えてそういった計画を推進しているわけでございますので、その辺はしっかり市としてもやっぱり捉えておく必要があんのかなというふうにまずは思います。
 それではここから本論に入りたいというふうに思いますが、不健康期間が拡大すれば市民にとってもライフスタイル的には非常に不幸なことであります。さらに市としても、医療費、それから介護、社会保障費の増大がしてくるというふうなことで、市にとっても非常に不幸なというふうなことであります。ここでやっぱり一番大切なことは、不健康期間、これをいかに短縮するかというふうなのが、大きな本市の課題だろうというふうに思います。この発生原因を今当局ではどのように分析しているかお願いします。

副委員長(氏家英人君) 答弁を求めます。健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 全てが該当するというところではございませんが、我が市は循環器疾患が国保の医療費、死亡原因とも脳血管と心疾患というところが他市と比べて、高こうございます。それらの予防をしていくことが健康寿命の延伸に寄与するものと考えてございます。

副委員長(氏家英人君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) 私はその辺も了解するところというふうに。まず、この原因にはたぶん二つあるのだろうなというふうに思います。一つは死亡原因、今お話しされたこと。もう一つは介護原因というふうな視点に立つことが大切だというふうに思います。
 介護原因の要因、今お話されたほかに、第1位としては骨、関節疾患。それから、骨折、転倒というふうなことがあげられます。国の健康日本21計画、これにおいてもロコモティブシンドロームというふうなことが大きく取り上げられております。第1期ではまずメタボリックシンドローム、そういったことについて中心課題というふうなことで大きく取り上げて、全国的に今この件の対策をしてきたわけでありますが、第2期については、このロコモティブシンドロームというふうなことが大きく取り上げられているというふうなことでありますが、この言葉は平成10年、19年から使われている言葉でありますが、この辺の認識について伺いたいというふうに思います。

副委員長(氏家英人君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) メタボからロコモという課題は、大震災のところも経て、さらに重点的に語られるところでございます。ロコモティブにつきましては、運動器の障害、さらに元気にというところでございまして、健康推進事業といたしましては、元気高齢者の方たちが自分の今できることをそれぞれの支え合いの中で広め合っていくというところを重点的に実施しております。その中にロコモ、食べる、まずは動くことだけではなくて、動きとともに食という支援と両方、低栄養を予防という視点と両サイドに立った研修を進めておりまして、その研修をさらに隣の人へ、又は私どもだけではなかなか広めきれませんので、元気応援コンシェルジュという事業を行っておりまして、伝えていける人の育成というところを中心に進めているところでございます。

副委員長(氏家英人君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) ロコモについては、運動器症候群というふうなことでありますが、現在国では2期においては、COPDこの辺に関しても力を入れているというふうなところでありますが、ロコモこれのほうを大きく取り上げているというふうに今私なりには思っているところでございます。市としても広く伝えるというふうなスタンスで現在取り組んでいるというふうなお話しでありますが、元気とめ食育21計画の中ではたぶんこの辺一文字しか挿入されていないというふうに思うわけでありますが、このロコモ度の認知度は現在登米市何パーセントぐらいになっておりますか。

副委員長(氏家英人君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) ご質問にありましたロコモ度の調査については実際には行ってございません。

副委員長(氏家英人君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) 現在国ではロコモ度の認知度、平成34年までは80パーセントの目標としているわけでありますが、その辺やっぱりしっかり自治体としては取り組む必要があるんではないかというふうに思っています。
 さらに実際ロコモ対象者は何人になっているんでしょうか。その辺確認できればというふうに思ってます。

副委員長(氏家英人君) 答弁を求めます。健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 本日、資料を持ち合わせてございませんが、健診の中で運動器の障害、2次予防の視点で健診の中で介護予防事業の中で調査している実績がございますので、後で提出ということでお願いしたいと思います。

副委員長(氏家英人君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) それはペーパーチェックというふうなことですか。

副委員長(氏家英人君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) ペーパーチェックもですが、ペーパーチェックは国からやるようにということで、ペーパーチェックをしておりますが、登米市のオリジナルで運動器のテストをやっているものが、健診の中でやっているものがありますので、その評価のところは持ってございます。

副委員長(氏家英人君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) この辺国で示しているペーパーテストもありますし、ロコモ度テスト、さらにはロコモ度トレーニングとさまざまなロコモ体操とかさまざまあるわけなんですけれども、その辺しっかり取り組んでいっていただければというふうに思います。時代は人生60年から人生100年の時代にすでに入ったんではないかなと私は思います。つまり、先ほども言いましたとおり、平均寿命が伸びているわけでございますが、それよりそこに運動器が、ロコモティブが追いついていっていないというふうなのが現状だというふうに思います。この原因については、日本の世の中が非常に便利な社会になって、そんなに動かなくても運動しなくてもいいというふうなことが一つの要因というふうに考えられますが、やっぱりここにしっかりメスを入れていくというふうなことが必要だというふうに思います。人間は生物化学的に見ると、人亜属に属する動物というふうなことであります。対義語的には植物というのは何なのやというふうなことでありますが、植物は根があって場所を固定して生きているものというふうなことでありますが、人間はやはり動いて生きている動物というふうなことだろうというふうに思いますので、その辺しっかりと対策をとっていただければというふうに思います。
 さらにこういった対策をすることに当たっては、やっぱりメタボは内科中心の連携、さらにロコモはやっぱり整形外科医さんとの連携というふうなものが非常に大切になってくるというふうに考えます。この辺しっかりやっていただければというふうに思いますし、注意点とすれば整形外科医さんに頼るというふうなことでありますが、薬とか手術に頼ってはいけないというふうな視点が重要だというふうに思います。やはり本来の運動療法というふうなことをしっかり協働の中で進めるというふうなことが私は必要ではないかなというふうに思うのですが、その辺の認識を伺います。

副委員長(氏家英人君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) ロコモティブについては、食と運動というところを、筋肉をつくるというところも含めて啓発してまいることと、先ほどもお話しいただきました整形の先生、又は作業療法士、理学療法士等がおりますので、そちらほうとの連携も始めてございますので、重点的に進めてまいりたいと考えてございます。

副委員長(氏家英人君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) あと、今回の元気とめ食育21計画の中の基本方針。三つあるわけでございますけども、3項目目の協働による健康づくりが削除されたというふうな形になっておりますが、その辺私は入れておいたほうがよかったのではないかというふうに考えます。この辺今後の地域との連携というふうなことの考え方はどのようにお持ちなのか確認したいというふうに思います。

副委員長(氏家英人君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 計画づくりについては協働という視点については、全てに総合計画においても協働の視点が入っているところを踏まえまして、協働という文言をここに載せなかったという経緯がございます。そういうところで協働でというところでさらに事業展開の概要というところで事業展開をするときには、取り組みの視点のところには協働での推進というところを記してございます。

副委員長(氏家英人君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) 協働でやっぱこういった市政課題、大きなものに対してはしっかり連携していくことがやっぱり必要なんだろうなというふうに思います。さらに今までだと、こういった課題に対しては、全体啓蒙、全体対策というふうな全体啓発というふうなことの視点で行われてきましたけども、やはりこれからの時代はロコモ予防、ターゲットの抽出とか、そういった段階に今入ってきているのではないかなというふうに思いますし、そのターゲットの方々との連携というふうなことが今後必要だというふうに思います。それで協働の中の連携は総合支所さんとの連携であったり、コミュニティ、さらには行政、老人クラブ、スポーツクラブ、さらには小中学校、企業、それから病院、医療機関というふうなことのきめ細かな連携というふうなことが私は必要だと思いますが、その辺のきめ細かな連携をどのようにこれから進めようとしているのかお伺いします。

副委員長(氏家英人君) 答弁を求めます。市民生活部次長兼少子化対策推進監、千葉ますみ君。

市民生活部次長兼少子化対策推進監(千葉ますみ君) きめ細かな連携をどのように今後進めていくのかというお話でございました。これまでも健康づくりさまざまな事業につきましては、地区組織の方々との協力と連携の中でその一つの例としては、食改、保健活動推進員さん、それから地区の区長様方ということで連携を取って進めてまいりましたが、今後さらに各種団体広くさまざまな関係機関と手を組みながら進めてまいりたいと思います。

副委員長(氏家英人君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) このロコモ予防については、やはりターゲットまずは老人クラブの皆さん、そういった方々をしっかりターゲットとして、やっぱ対策を組むべきではないかというふうに思いますし、さらにはロコモの見える化、その辺これから必要だというふうに思いますし、ロコモの課題の見える化、その辺もぜひ進めてもらいたいものだなというふうに思いますが、その辺の現在のところの見させ方の考え方あれば。

副委員長(氏家英人君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) ロコモという視点、ターゲットを決めてというところは、そのとおりだなと思いますので、ターゲットの中の見せ方というところには今後さらに検討してまいりたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

副委員長(氏家英人君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) その辺具体に実行力をもって踏み込んでいっていただければというふうに思いますが、現在国で進めている企業におけるDBJ健康格付、その辺の本市の現状というのは、どのようになっていますか。

副委員長(氏家英人君) 答弁を求めます。市民生活部次長兼少子化対策推進監、千葉ますみ君。

市民生活部次長兼少子化対策推進監(千葉ますみ君) 大変申し訳ございません。ただいまの格付についてはちょっと存じ上げないところでございます。勉強させていただきます。

副委員長(氏家英人君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) その辺もじゃあ確認して進めていただければというふうに思います。
 それから、今回の決算成果について生活習慣病は、低年齢化しており、いわゆる特に肥満率が向上しているというふうなことを指しているというふうに思われますが、学童期からの保健づくりの推進が必要というふうなことが記されております。それでいわゆる食育は学童期からというふうなことでありますが、その辺の連携、何校か進めているというふうに思いますが、その辺早急に全校に広めて取り組んでいただければというふうに思いますが、その辺教育部局はどのように認識しているのかお伺いします。

副委員長(氏家英人君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 最近というか傾向的に言われておりますのは、本市の場合ですと小学校から中学校の全学年において子どもたちの肥満度が全国平均を上回っているような状況になってございますし、やはり子どものころからの生活習慣が乱れているというようなご指摘もあって、子どもの健康に対する不安があるのかなというふうに思ってございます。当然家庭との兼ね合いも出てまいっておりますので、市民生活部とも連携しながら子どもの肥満対策についても取り組みを進めておりますので、それらに注意しながら今後とも子どもの健康を増進していくような取り組みを進めてまいりたいというふうに思ってございます。

副委員長(氏家英人君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) その辺やっぱり教育部局でもしっかり自覚を持った中で成果が上がる取り組みというふうなことを進めていただければというふうに考えます。さらにロコモというふうなことにつきましては、高齢者の皆さんに対する言葉というふうなことで最初はつくり上げられた言葉というふうに思いますが、現在子ども、小中学生に広がっているというふうな実態が浮き彫りになってきております。いわゆるロコモ予備軍というようなことでありますが、その辺の状況は把握しておられますか。部局として。

副委員長(氏家英人君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 私も新聞記事等で子どものいわゆる運動能力の毎年測定はしておりますけれども、一定の傾向として体格は年々向上しておりますが、運動能力自体が落ちているのではないかという指摘があることは存じ上げております。ただ、各学校での個々の全体目標としての取り組みが進められているかというようなことになりますと、まだその取り組みまでは至っておりませんので、子どもたちの体力測定、それから運動能力の測定等の結果に合わせて限られた時間になるかもしれませんけれども、学校の工夫の中でそういう改善が図っていけるような取り組みを考えていきたいというふうに思ってございます。

副委員長(氏家英人君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) たぶん文科省のほうでも28年から学校検査の変更が示されているというふうに思っています。さらに運動器検査が、必須化が示されたというふうなことでありますが、この辺変更はどのように行われているのですか、現状は。

副委員長(氏家英人君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 具体的に学校現場の中で、変更についての具体的な動きというのはまだ登米市の場合はされていないというふうに承知しております。

副委員長(氏家英人君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) この辺やっぱりしっかり健康推進課のほうと連携してロコモ予備軍のやっぱりしっかり状況把握というふうなことをしていくべきだというふうに思います。いわゆる参考事例というふうなことでありますが、島根大学の調査というふうなことでありますが、片足立ちができない。5秒以上できない7パーセント、しゃがみ込みに問題がある13.3パーセント、肩が180度まで上がらない11.2パーセント、体前屈で指先が床につかない35.7パーセント、グーパーに問題がある20.3パーセントというふうなことで、子どものうちからのロコモ対策の重要性が全国的にも言われてきておりますので、やっぱりその辺はしっかり市としても認識してこの辺進めていただければというふうに思いますし、27年の施政方針の中でもしっかりこの辺、親子を対象とした生活習慣病対策を進めるというふうなことを基本方針の中でもしっかりうたわれておりますので、その辺はぜひ進めていただければというふうに思いますが、その辺改めてお聞きしたいというふうに思います。

副委員長(氏家英人君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) 今議員が指摘されたことは、各学校でも大きな課題として今現在取り組んでいるところでありますけれども、県としましても子どもたちのいわゆる運動不足といったものに何か対応を取らなくてはいけないということで、今、縄跳びのいわゆるネットによる縄跳びの推進というふうなことで、数校で取り組んでおります。これまだ全部の学校で取り組むというような状況ではありませんが、それが学年ごとそれにチャレンジをし、ネットの中にそれを登録して表彰を受けるというふうな形で今進み、登米市ではそれが他の市町村よりも非常に高く評価されているという状況がございます。そういったものも含めてもっともっと子どもたちに県から出されたものではなく、日常の中で運動がしっかりとできる体制を校長会等で声掛けをしていきたいというふうに思いますし、また、やはり子どもの運動というものは、家庭のやはりある程度の協力、理解もないとなかなか続けて取り組むということが難しい状況があります。学校の中ではきちんとしたそういった運動は取れるのですけれども、限られた時間の中ではありますけれども、それをやはり継続するということはやはり家庭の中での協力がどうしても必要になってまいりますので、その辺のところも含めて今後とも協力を呼びかけていきたいというふうに考えてございます。

副委員長(氏家英人君) 8番、伊藤吉浩君。

8番(伊藤吉浩君) 最後になりますけども、全国的に子どもロコモストップというふうなことでございますので、しっかりそういった目標をもって本市も進めていただければというふうに思います。さらに今教育長さんが答弁の中で表彰そういったことも一つの効果の要因になるのかなというふうに思っているところでございますので、たぶんこれから連携していくコミュニティだったり、行政区だったり、老人クラブだったり、そういった方々の皆さんに対しても健康延伸表彰とか、そういったことがもしかすれば一つのステップになるのかなというふうに思いますので、その辺サポーター制とか、そういった健康マップとか、さまざま取り組んでいる自治体もあるというふうに思いますので、今後とも積極的にこの件については、文言は一言しかありませんでしたけれども、しっかり取り組んでいっていただければというふうに思います。

副委員長(氏家英人君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) 運動というのはやはりかなり個人にとっては非常にきついものであります。従っていかに意欲を持たせてそういったものに取り組ませるかということがとても大事になってまいりますので、そんな子どもたちに意欲を持たせるいろんな工夫をしながら指導していきたいというふうに思います。ありがとうございます。

副委員長(氏家英人君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 学校との連携、大変重要だと考えております。さらにロコモ予備軍という言葉についても、新聞等で読んでおるところでございますので、予備群等からさらに進めていくというところを視点に連携してまいりたいと考えてございます。

副委員長(氏家英人君) ほかに質疑はありませんか。24番、八木しみ子君。
 もとい質疑が続きますので、ここで10分間休憩いたします。
 
          休憩 午前11時02分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時11分
 

副委員長(氏家英人君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 ほかに質疑はありますか。24番、八木しみ子君。

24番(八木しみ子君) 成果説明書の218ページ、病院会計費についてお伺いします。
 毎年この繰出しですか、病院事業への繰出しを毎年行っているわけでございますが、27年度は20億8,698万と大きい金額になっておりますが、この中で21節のところで貸付金これがございます。1億5,000万。この貸付金なんですが、確認したいんですが、これは長期に貸し付けたものか、短期なのか、この確認をしたいと思います。
 それから、事業の概要のところにこの繰出しを行うに当たって、登米市立病院の改革プランに基づいて繰出したというふうな文言でございますが、このことについてちょっと説明をお願いしたいと思います。

副委員長(氏家英人君) 答弁を求めます。財政課長、千葉 清君。

財政課長(千葉 清君) 1点目の貸付金の関係でございますけれども、貸付けは長期貸付でございます。3年据え置き5年償還ということで貸付けを行っております。改革プランに基づく繰出しの件でございますけれども、これまで2期計画ということで、今年までの計画で27年度までの28年度までですか、の計画で各プラン定めておりまして、それに基づいた、基準に基づいて繰出しを行っているということでございます。

副委員長(氏家英人君) 24番、八木しみ子君。

24番(八木しみ子君) 貸付金のほうはわかりました。
 この改革プランの何に基づいて繰出したんでしょうか。

副委員長(氏家英人君) 財政課長、千葉 清君。

財政課長(千葉 清君) 経営改革を行う上で、一般会計の繰出ていう項目が改革プランがございまして、年度計画を組んで一般会計から病院事業に対する繰出しという基準を定めまして、その定めに基づいた繰出しでございまして、改革プランのほうに定めているものでございます。

副委員長(氏家英人君) 24番、八木しみ子君。

24番(八木しみ子君) 病院事業は企業会計なんですね。それも全部適用した事業を展開しているわけですが、この企業会計の17条2の1で経費の負担の原則というのがうたわれております。こういった負担区分というのはしっかりと法律の中でうたわれておりますので、いろいろ病院の改革の中で基準は決めていると思うんですが、こういった法律にしっかりうたわれていることをもう少ししっかり持った上で積算なさったほうがいいんじゃないかと思うのですが、どうでしょう。

副委員長(氏家英人君) 財政課長、千葉 清君。

財政課長(千葉 清君) 確かに委員言われているとおり、公益企業につきましては、自前の収入を持って運営を行うという大原則でございます。それに基づいて運営を行っていただければいいところでございますけれども、どうしても公的要因ということを勘案しますと診療費だけでは運営できない原因があるということで、そういう意味で国のほうでも繰出し基準等を定めて一般会計のほうから繰出しを行っているということもございますので、その流れに沿って国で定めた基準については繰出しを行っているところですけども、それでもなお運営上支障が出るということでございますので、一般会計側としてはできるだけその繰出し額を減額したいところではございますけれども、運営に必要な最小限度において繰出しを行っているということでございますので、ご理解いただきたいと思います。

副委員長(氏家英人君) 24番、八木しみ子君。

24番(八木しみ子君) 今おっしゃったのは公営企業法の独立採算制のことをお話ししたと思うんですが、私はこの負担金を出資金、負担金、補助金こういったのを減額しろということで言っているんじゃないんです。その基本となるこういった法律がございますので、この独立採算制というのはやっぱり一般会計において負担すべき経費、それを除いたのが独立採算のほうの金額になるわけですから、どうしても病院の事業の経費で賄うのが適当でない部分、経費があるんですね。それがこういった経費の負担区分、経費負担の原則というところでうたっているわけですから、そういった法的な部分もしっかり勉強していただければと思って今お話ししました。

副委員長(氏家英人君) 財政課長、千葉 清君。

財政課長(千葉 清君) 一般会計側から繰出すに当たっては、内容等を十分精査して今後も対応に当たっていきたいと考えておりますのでよろしくお願いします。

副委員長(氏家英人君) ほかに質疑はありますか。12番、佐藤尚哉君。

12番(佐藤尚哉君) 成果説明の198ページから、5細目で精神保健費があります。
 この中に依存症については、アルコールや薬物ということで書いてありますけれども、この中にギャンブル依存症ですね。これもあって心の相談やなんかにはのっているのかそのへんをちょっとお伺いします。

副委員長(氏家英人君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) ギャンブル依存症につきましても同時に相談の中に入ってございます。

副委員長(氏家英人君) 12番、佐藤尚哉君。

12番(佐藤尚哉君) ギャンブル依存症は大変深刻な問題だというふうに思います。各行政区ごとにも1人か2人ずつあるような状況。そして追い込まれますと、自死であるとか、それから自己破産、こうしたことが良く見受けられます。そうした面からこの成果等で書いてありますように早期に自らが問題解決できるように支援したというふうにありますけども、なかなか支援するだけでは自ら解決できない状況というのがふんだんにあるかというふうに思います。まず、一番なのは何が問題かといいますと、そうしたことも大事なのでありますけれども、まず、座って全く運動をしない。健康的でないことの損失ですね。病気になりますこれね。それから、経済的な問題、地域循環型にならない。こうした損失がある中で、ほかにこの地域でやることをしっかりと見つける。こうしたことが必要ではないかというふうに思うんですけれども、そうしたことに対して今後取り組んでいく考えがあるかどうかをお伺いしたいというふうに思います。

副委員長(氏家英人君) 答弁を求めます。健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 地域の中でキャンブル依存症にかかわるケースがいると多くのところに課題を抱えるということもこちらでも存じ上げてございます。
 その中で心の相談等につきましては、やはり依存するという気持ちのところの相談を受けております。さらに、それぞれの課題に対するケアは、債務の所管であるとか、その辺りは別のところの相談場所につなぐ。そしてさらに地域の方々の支え合いがどなたと支え合っているかというところを相談しながら、地域へ戻していくというようなことのところまでは私どもでネットワークを組んで実施してございます。

副委員長(氏家英人君) 12番、佐藤尚哉君。

12番(佐藤尚哉君) 肝心な健康的な損失と経済的な損失について、やっぱこれをほかに活かせるような道、市長ぜひこれは市にとって大きな損失だというふうに思いますので、これにどうした形でか取り組むような考えというのはないでしょうかね。

副委員長(氏家英人君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) やはり、各種依存症に陥る原因、要因、またそういった背景などについても十分な調査をしなければならないということと、やはり、健康的な生活をいかに送っていただくかという視点につきましては、こういった当然依存症の方々に対する対応ということだけにとどまらず、非常に大切な取り組みであるというふうに考えております。そういった意味では、まず、やはり地域間における地域の中で住民同士のコミュニケーションがまず活性化するような働きかけを促すと同時にそういった活動の場をどのような形でつくっていくことができるのか十分な検討が必要ではないかと考えております。

副委員長(氏家英人君) 12番、佐藤尚哉君。

12番(佐藤尚哉君) ぜひお願いします。私も30兆円産業といわれる前をとおりますと、本当に車が込み合っておりまして何とかならないのかなというふうな思いで見ておりましたので、ひとつよろしく願いしたいと思います。

副委員長(氏家英人君) ほかに質疑はありますか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

副委員長(氏家英人君) これで3款民生費、4款衛生費の質疑を終わります。
 ここで説明員の入れ替えのため、暫時休憩します。
 
          休憩 午前11時23分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時25分
 

副委員長(氏家英人君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。1番、熊谷和弘君。

1番(熊谷和弘君) それでは、成果説明書283ページの公園等管理費についてお伺いいたしますけれども、7公園ですね、26年度と比較して入れ込み数で減になっているのが長沼フートピア公園、それから三滝堂ふれあい公園、平筒沼ふれあい公園であと合計でも減ということになっておりますけれども、初めに長沼フートピア公園についてですけれども、ローラーすべり台の大規模改修があったせいかなとは思いますけども、もし何かその他の要因ということで何か考えていることがあればお伺いいたします。

副委員長(氏家英人君) 商工観光課、もとい、商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 公園の観光客の入り込み数でございますけども、この入り込み数につきましては、やはり天候等に大きく左右されるところが大きいのかなと思います。その中で長沼フートピア公園につきましては、今ご指摘があったようにローラー滑り台を4月から8月まで7月のいっぱいまで工事をしてて、その影響が大きかったのかなというふうに感じております。

副委員長(氏家英人君) 1番、熊谷和弘君。

1番(熊谷和弘君) 今、天候というお話しでございましたけれども、例えばチャチャワールドなんかだと結構伸びております。従って必ずしもやっぱり天候だけのせいにもできない部分もあるんじゃないかなと思っております。やっぱりそういった部分では、コマーシャルとかそういった部分もやっぱりもっともっと必要じゃないかなと思っております。委託料で長沼フートピア公園の機械警備業務というのがございます。これまた26年度と比較しましたところ、ほとんどその他の金額あまり変わってませんけれども、機械警備業務については42万4,000円あまり、これかなり大きい金額減額になってますけれども、これはなぜ減額になったのかお伺いします。

副委員長(氏家英人君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) この長沼フートピア公園の機械業務の内訳につきましては、今ちょっと手元に資料がございませんので、後ほど確認をしてお答えをさせていただきます。

副委員長(氏家英人君) 1番、熊谷和弘君。

1番(熊谷和弘君) 26年度は、成果説明書のほうにもワールド警備保障株式会社ほか2社ということで、27年度には載ってませんけども、27年度は、これは何社だったんでしょうか。

副委員長(氏家英人君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 1社でございます。

副委員長(氏家英人君) 1番、熊谷和弘君。終わり。商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 3社でございます。

副委員長(氏家英人君) 1番、熊谷和弘君。

1番(熊谷和弘君) 2社から3社に増えてかなりこれ減額になってます。もしわからなければ後からでいいのでお答えをお願いいたします。

副委員長(氏家英人君) ほかに質疑はありますか。6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 成果説明書221ページの緊急雇用対策費のとこでお尋ねします。
 成果が上がったように記されておりますが、たぶん28年度これは、この事業はなくなったかと思いますが、これいわゆるこれで雇用された方々は、28年度以降はどのような状況になっているかお調べになっていればお聞かせをいただきたいと思います。

副委員長(氏家英人君) 工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) 28年の4月1日現在、震災緊急対応事業で19名の方がそのまま正職、それから、地域づくり事業につきましては、1人の方が正職、それから、復興型につきましては75名の方が正職で働いているところでございます。

副委員長(氏家英人君) 工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) 市の臨時職員の方につきましては、ちょっと資料持ち合わせておりません。すいません。

副委員長(氏家英人君) ほかに質疑はありますか。10番、佐々木 一君。

10番(佐々木 一君) 成果説明書に沿ってお聞きをいたします。
 まず、243ページの農地中間管理事業ですけれども、この実施状況を見ますと、出し手から機構への貸付けと、機構から担い手への貸付けに56ヘクタールほど差があるわけですけども、これは貸付けが成立しなかったのかなというふうに思いますけども、まずもってその原因といいますか、要因をちょっとお聞きいたします。

副委員長(氏家英人君) 産業政策課長、平山法之君。

産業政策課長(平山法之君) 機構への貸付け491件、450.7ヘクタールでございまして、機構から受け手の借受けの分でございますが、393件、393.9ヘクタールの差でございますけれども、こちらにつきましては、出し手の機構への貸付けにつきましては、28年3月の農業委員会で利用権設定が行われた分というまでがカウントされてございまして、機構からの借受け、受け手側に貸付けた部分でございますが、こちらは同じく28年3月末までに県の農用地利用配分計画の認可を受けたものということでございます。
 この間2カ月間の事務処理手続き、それから機構での受け手の決定、それから審査等が2カ月間を要するということでその部分についての差でございます。

副委員長(氏家英人君) 10番、佐々木 一君。

10番(佐々木 一君) そうですか。それでは現在は機構から全て契約成立したと、それでいいんですか。

副委員長(氏家英人君) 産業政策課長、平山法之君。

産業政策課長(平山法之君) この差の部分につきましては、28年度におきまして県からの農用地利用配分計画の認可を受けまして、貸付けは完了しております。

副委員長(氏家英人君) 10番、佐々木 一君。

10番(佐々木 一君) それではよろしいんです。
 続きまして245ページの畜産振興費、その中の有機センターの管理についてちょっとお伺いしますけれども、この利用実績を見ますとなかなか利用率が伸びない中で、設置から10年は経過して機械の故障に伴う稼働停止期間もかなりあったようであります。これからこういった経年劣化もありますので、このままの施設運営では機械の故障が多くなるというのが確実だと私は思うわけであります。そこでこの施設の抜本的な私は改修が私は必要ではないかなというふうに思うわけであります。といいますのは、余計な機械設備を設けないで単純にバックフォーで切り替えをするようなそういった単純な構造で、割と効率的にもいいように思うわけですけども、そういった考えはあるのかどうかお願いします。

副委員長(氏家英人君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 有機センターの利用率についてのご質問でございます。
 確かに利用率につきましては、故障等によりまして停止期間があること、それから製品たい肥の販売が伸びていないというふうな理由もございまして、利用率が上がっていないというふうな状況となってございます。内部のほうにおきまして、有機センターのあり方について検討はさせていただいているところでございます。ただその補助等で設置した施設でもございますので、その辺も含めて関係機関と協議をさせていただきながら、今後のあり方について検討させていただきたいというふうには考えております。

副委員長(氏家英人君) 10番、佐々木 一君。

10番(佐々木 一君) ぜひ、おそらくただ修理、修理でいっても必ず今度段々大きく故障が出てくるというふうに思うんです。そこで今ある施設を有効に利用するためにも、単純な構造で効率が上がる、だから一般の方々もやってますけど、ただ大きなバックフォーありますからね。どこの有機センターにも。それで切り返しするような格好でいったほうが私はいいんではないかなというふうに思うわけです。その辺の答弁いりませんから時間ないから、よろしくお願いします。
 続きまして259ページの多面的機能支払事業でありますけれども、これについては私のほうでもちょっと手掛けたことがありまして、地域コミュニティの維持に大変有効な事業の一つであるというふうに私は思うわけであります。ただ、この今成果を見ますと、共同活動支援で148組織が取り組んでいるようでありますけれども、この行政区単位に見ると約半分。ただ、今後私ちょっと聞いたことでは、予算的にそろそろ新たな組織の認定が難しいというふうなことも聞くわけですけれども、ただこの27年度から法律が成立したわけですよね。農業を有する多面的機能の発揮の促進に関する法律が成立がしたわけであります。それをもって27年度からこの法律に基づいて安定的な制度となったように私は思うんですけれども、ちまたで聞こえるそろそろこの事業はもう終わりだと言ったようなことも聞くんですけども、その辺ちょっと説明をよろしくお願いします。

副委員長(氏家英人君) 農村整備課長、可野嘉裕君。

農村整備課長(可野嘉裕君) 多面的機能支払の関係でお答えいたします。
 昨年から国の方々の説明会とか出席しましたところ、農林水産省の総体な予算は同じような金額で推移してございまして、その中で多面的機能支払の関係の日本型直接支払の関係の予算も現在横ばいのような形になっております。農林水産省のほうでは、今年の分の新規の追加分を各市町村県の推進交付金事務費を減らして新規のほうに充てるというふうな状況になってございます。
 それで、登米市としましても宮城県の担当課の部署のほうと相談しながら、今後農林水産省のほうに県と一緒になって今後も推進していけるような体制になれるように要望していきたいと思ってございます。

副委員長(氏家英人君) 10番、佐々木 一君。

10番(佐々木 一君) ぜひ、この事業はまだまだ新規で認定してもらいたい団体があるようでありますので、せっかく法律ができて安定的な制度になったように私は思うわけですから、ぜひともその辺、県と一緒になって強く働きかけていただきたいというふうに思います。
 続きまして267ページの森林病害虫の防除費でありますけども、この松くい虫に関しまして手がつけられないほど拡大がしておりまして、その防除も追いつかないような状況なようでございます。
 そこで松くい虫は年々計画を立ててやっているようですけども、ここで県内でもナラ枯れ、これがかなり確認されておりまして、早急な対応が望まれるというふうに思うわけでございます。現在のような松くい虫のような状態になっては完全に止めるということはおそらく無理なわけでありまして、せめてナラ枯れ、現在登米市ではちょっと出ているようでありますけれども、早い段階でぜひとも手を打たなければというふうに思いますけれども、その点について何か検討しているなり、考えているようなことがあればお伺いいたします。

副委員長(氏家英人君) 産業政策課長、平山法之君。

産業政策課長(平山法之君) ナラ枯れの被害につきましては、県内でも発生が出てきているというような情報が入ってございますけれども、具体的にまだ登米市におきましては、被害対策ということが定まっておりませんので今後検討させていただきたいと考えております。

副委員長(氏家英人君) 10番、佐々木 一君。

10番(佐々木 一君) 時間がありませんので、今後検討とか早い段階で手を打ってください。本当に広まってしまってからではどうもなりませんから、松くい虫みたいにですね。よろしくお願いいたしまして終わります。時間ありません。

副委員長(氏家英人君) ほかに質疑はありますか。6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 時間ありますので、10番の関連で有機センターのことでお尋ねします。
 これ当初から利用率はそんなに高くなかったような気がしてますが、どのくらいだったか教えていただきたいことと、それからやっぱり、今後は抜本的な方向を示してほしいと思いますので、その辺を今わかっている範囲で結構ですのでお知らせください。

副委員長(氏家英人君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) まず第1点目の有機センターの利用率についてのお問い合わせでございます。
 有機センター登米市になった平成17年につきましては、まだ当時登米の有機センターはできていなかったわけなんですけれども、登米の有機センター除く有機センターの合計で59.7パ-セントでございました。以降、最大6有機センターで一番稼働率のいい状態で、平成19年に61.1パーセントの稼働率を記録してございます。ですが平成28年に58パーセントという稼働率以降、22年の3月に震災がございまして、以降23年修繕のためかなりの期間停止をいたしてございます。その23年には33パーセントまで稼働率は下がったというふうな状況となっておるところでございます。以降修繕を繰り返したわけでございますが、なかなかその震災以前の利用率までは戻っていないというふうな状況となっているところでございます。
 抜本的な方法ということでございます。有機センターにつきましては、家畜頭数の維持とか、畜産公害の軽減、それから環境保全型農業の推進に一定の役割を果たしている施設というふうには考えているところでございます。しかしながら、稼働率は上がっていないという状況につきましては、故障であるとか、それから先ほども申しましたように製品堆肥の販売が伸びていないために搬入調整を行っているというふうな事実もあるわけでございます。抜本的なということでございますので、稼働率を向上に向けた対策をとらさせていただきたいということが1点と、それから施設の構造またそれから施設のあり様について、内部のほうで検討させていただきたいというふうに考えてございます。

副委員長(氏家英人君) 6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 検討する際に、やっぱりビーバイシーの面からも考えて10番の意見を十分に検討していただくようお願いします。以上です。

副委員長(氏家英人君) ほかに質疑はありますか。25番、岩淵正宏君。

25番(岩淵正宏君) 成果表220ページ勤労青少年ホーム管理運営費について。
 成果等の欄を見ると、前年度からは約20パーセント利用者が増加していると。この増加した関係で大変土日、種目が野球、サッカー、テニスがかぶった場合、駐車場が飽和状態になって、農協、近くのJAさんや民間のところに置かせてもらっているというような状態が続いております。
 臨時駐車場をどこかあればいいんですけどもと、利用者から多く言われます。消防署の裏等まだ整備すればもう少し2、30台置けるかな、なんて思いながらいつも思っているわけですが、そういう要望おそらく教育委員会のほうには来ているかと思いますが、その対応についてどのようにお考えなのかお聞きします。

副委員長(氏家英人君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 今の件につきましては、指定管理者のほうからもそういった要望を確かにいただいてございます。それで消防署の裏側の土地でありましたり、私たちがいっているのは今の第2多目的ということで、アーチェリー場があるんですけども、そこのところにもスペースがあるということも認識をしております。内容につきましては、どういった整備がいいのかということで、今検討中でございますので、その辺ちょっと時間をいただければと思っております。

副委員長(氏家英人君) 25番、岩淵正宏君。

25番(岩淵正宏君) ぜひ早めにこの秋のシーズンというかね。中総体の新人大会とか何とか、やっぱり今1家1台の時代でございます。特に人工芝、サッカー場は他町、他県からの利用がすごく多くなっています。おそらく参加した人は1回行くと、「あそこに行くととってもいいよ」というようなことで、これ来年、再来年どんどん増えていくような予想される事態でございます。増えるがゆえに、今度スポーツクラブとか、公民館で今度事業を行うとき、とてもその人たちが今度地元の人たちが使えるところがなくて困るというような状況になっておりますので、これについては今度の当初予算に即反映していただければ反対しませんのでお願いしたいと思います。答弁入りません。

副委員長(氏家英人君) ほかに質疑はありますか。22番、庄子喜一君。

22番(庄子喜一君) 239ページになります。アグリビジネス人材育成事業では、この塾生が法人化起業、事業を起こしたという方が11名。このようにあと3名というふうに非常に成果が上がっておるところでございます。地域の核となるリーダーの育成が図られたということでございますけれども、主などのような業でなされたのか。また、今うまくいってんのか。これからそういう方に対してのいろんな相談とか支援とかあるいはさまざまなこれを多く伸ばしていく。そして地域の核となるためにどのようにフォローされるのかお伺いします。

副委員長(氏家英人君) ブランド戦略室長、浅野之春君。

ブランド戦略室長(浅野之春君) 登米アグリビジネス起業家育成塾の質問をいただきました。
 塾生が今どうなっているかという部分でございますけども、これまで1期、2期、3期と塾生おりますけれども、その中で成果説明書にございますように法人化開業が11件、それから6次産業化が3件ということになっております。
 その中でやはり、6次産業化でございますので、農業関連の法人開業が多いわけでございますけれども、新たな創業という方々も数社いる現状でございます。それで、今どうなっているかという部分でございますけれども、いずれも今それぞれ頑張って成果を出しているという状況にございます。それから、今後のサポートという部分でございますけれども、市としてもビジネスチャンス支援事業であったり、研修会、そういった部分で支援をしていると。また直接、こちらの方々にお会いしながら課題等を聞いて、どういった支援が必要かなども聞いているような状況にございます。

副委員長(氏家英人君) 22番、庄子喜一君。

22番(庄子喜一君) それでこれまで登米市の農業の中でさまざまな畜産、園芸、果樹、野菜等々あるんですが、また、これまでにない特色のある、変わったそういうのに、新たに業を起こしたというのがあるのかなというふうなことでお尋ねをいたしたところでございますが、そういうふうな具体的なところがちょっともう少し11名、あるいは6名、3名ですか、そういう方々のどのような業で、起業あるいは法人化なされたのか簡単で結構でございますので。

副委員長(氏家英人君) ブランド戦略室長、浅野之春君。

ブランド戦略室長(浅野之春君) 申し訳ございませんでした。特色のあるということでございます。やはり、登米市の食材を利用したというものが何件かございまして、例えばピザ、米粉を使ったピザ、移動販売のピザ店であったり、マクロ健康的なクッキーと申しましょうか、そういったもの等々がございます。

副委員長(氏家英人君) 22番、庄子喜一君。

22番(庄子喜一君) さまざまな特色のあることでこれからさらに期待するところでございますし、さらにいろんなこれからも目指している方、塾生の中で卒塾の方にどの程度これを目指しておられる方があられますか。

副委員長(氏家英人君) ブランド戦略室長、浅野之春君。

ブランド戦略室長(浅野之春君) 卒塾生の中でのお話をいたしますと、ある程度この法人化であるとか、6次産業化という部分で相当数が割合としては出ているという状況でございまして、今後、さらにこういう方々が出てくるように、また実はこの事業は28年度は休止というふうになってございます。29年度からまた新たな人材育成を図って、新たなこういう取り組みを増やしてまいりたいというふうに考えてございます。

副委員長(氏家英人君) ほかにありますか。7番、關 孝君。

7番(關 孝君) 281ページの観光費に関わってお尋ねをいたします。
 今年の成果説明書の様式が変わって、全てにおいて委託業者等々が削除されております。これまでの慣例を変えた理由をまずお知らせをいただきたいと思います。

副委員長(氏家英人君) 財政課長、千葉 清君。

財政課長(千葉 清君) 成果説明書の様式の関係でございます。
 今年度から若干様式を変えてございます。一つにはごらんいただいておわかりかと思いますけれども、事業の概要と成果、今までは一つの欄にまとめて記載してございましたけれども、どうしても成果が見えない。ということでございまして、担当課のほうに成果をより記載していただくために、成果の欄を設けさせていただきました。それがまず1点でございます。
 業者の関係でございますけれども、業者情報といっても個人情報に類するものでございまして、確かにこういった書類のほうに、業者名を載せることがどうなのかということを検討させていただきまして、他の市町村の成果説明等を参考にいたしまして、どこの成果説明書にもそういったことが載っていないということもございましたので、そういったことから業者をいれる必要性がないというふうな判断のもとに今回から業者を削除させていただきました。

副委員長(氏家英人君) 7番、關 孝君。

7番(關 孝君) 今、財政課長のおっしゃった業者を載せる必要性がないという理由が全くよくわからないのですが、他市が載せていないからうちのほうは載せないのだということだけにとどまっているのですが、その他の明確な理由をお知らせください。

副委員長(氏家英人君) 財政課長、千葉 清君。

財政課長(千葉 清君) 今、若干触れさせていただきましたけれども、どの業務を誰が請け負ったというふうなことも個人情報に類するものではないかいう判断もございまして、そういったことからこういったものには載せるものではないということもございますし、それから先ほど改正のといった点で申し上げましたけれども、業務内容と評価、成果を分けることによって、どうしてもページ数が多くなってしまうということもございましたので、そのこととあわせもって、どこか省略できるものがないかということで、そういったことで検討させていただいた結果で業者名を取らせていただきました。

副委員長(氏家英人君) 7番、關 孝君。

7番(關 孝君) それでは、これまでの10年間は個人情報を載せておったことに対してはどういうふうに考えられるのか、またホームページ上では、全ての入札において、その結果というのはホームページ上で見ることができるんでありますが、それはよくてこういった成果説明書に載せることは個人情報なのでしょうか。総務部長に見解をお尋ねいたします。

副委員長(氏家英人君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 個人情報という考え方でございますけれども、基本的にはホームページ等あるいは入札の執行状況等については公表されてございますので、そういう意味ではちょっと当たらないという考えもあろうかと思います。

副委員長(氏家英人君) 7番、關 孝君。

7番(關 孝君) 個人情報の解釈にいろいろあるんだろうというふうに思いますが、私が解釈するのには、これを配布しているのは議員あるいは職員であります。そうした部分で、個人情報というのはその公開ということよりも取り扱い、いわゆるこれをどう取り扱うかということが、大きな視点なのであって、こういったことで全て例えばこれを載せないというふうなことになってしまうと、例えば、私何かがこれを見ることによって、いわゆる市内業者がどれだけそういったものを受注されて関わっているのかという視点であったり、あるいはこのことについては市外業者が受託をしているので、もしかしたら市内業者でも、そういったことを取り扱えるいわゆる起業する。そういったこともできるのではないかというふうな見方で毎回見させていただいておるんですけれども、これからもこのような形で行う考え方なのか、考え方をお尋ねします。

副委員長(氏家英人君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) これからもというふうなことでございますが、今回ただいま財政課長がお話ししましたように全体のボリューム等もございましたし、それからこれらの全ての成果表についての情報の取得、それから内容のチェック、そういった部分の事務的な部分の省力化といいますか、そういった部分も検討させていただいて、総合的に他市の事例も含めながらこういった形にさせていただいたところでございます。ただ、今回やってみてその辺がどうだったのかという作業の手順等も含めて検証をしなくてはいけないというふうに思ってございますが、現時点ではこういった形で行わせていただければというふうに思ってございます。

副委員長(氏家英人君) 質疑の途中ですが、ここで昼食のため午後1時まで休憩といたします。
 
          休憩 午前11時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
 

委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 浅田 修君より中座の申し出があります。
 まず、關 孝君の質疑に対する答弁の訂正があります。財政課長、千葉 清君。

財政課長(千葉 清君) 先ほど關委員のほうの答弁に対しまして、会社の情報が個人情報にあたるという答弁をさせていただきましたけれども、調べましたところ、個人情報と申しますのは生存する個人の情報を規定するものでございまして、法人の情報については個人情報にあたらないということでございましたので、勉強不足で大変申し訳ございませんでしたが、訂正させていただきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 質疑を続けます。關 孝君。

7番(關 孝君) 今統一したおそらく見解が出されたんだろうというふうに思いますが、一つ申し上げておきます。今回なんですが、委員会には産業建設委員会のほうの委員会資料の中には、業者名がきちっと入っておった資料が提出されております。また、企業会計、水道の部分に関しても、契約業者がきちっと明記をされております。そういった整合性が実は今回整われていなかったという大きな課題がここにあります。それからお話の中でも相反する見解が示されているというふうなこと。こういった部分に関しては、本来であれば事前に議長なり、議会のほうに相談された中で作成すべき、あるいは変更すべきではなかったかというふうに思いますが、この一連のことに関して市長の見解、今後の取り組みどうされていくのかお尋ねします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 關委員から成果説明書の様式等についていろんなご意見をいただきました。今委員お話のとおり、本来であればあらかじめ議会の皆様とこういう形の整理をした上でこういうことをしたいという、まさに最小の経費で最大の効果を果たせるような資料にすべきだということは私どもも思ってございますので、今後におきましてはそういう対応をぜひ取らせていただければと思ってございます。

委員長(中澤 宏君) 關 孝君。

7番(關 孝君) 本来の決算に戻りたいというふうに思います。
 281ページの観光費に関してですが、いわゆる第一次総合計画が27年度で終了したわけでありますので、いわゆる最終の決算、いわゆる10年間の決算というふうなことにもなるのだろうというふうに思いますが、当初計画したこの観光政策、この10年間でどういった成果があり、何が課題だというふうにお感じになっておられるかお尋ねします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 観光の政策についてでございますけども、ご存じのとおり第1期につきましては、東日本大震災等もあって、かなり観光客大きく落ち込みました。それを受けて各観光施設の復旧復興工事等を進めてきたわけです。それから、PR活動であったり、観光客の誘客活動といったところを展開して26年度の最終年においては震災前、最大277万人平成22年度にあった入込み客数が266万人といったところまで回復をしたといったところでありまして、もう少し震災復興には少し届かなかったといったところを総括してございます。

委員長(中澤 宏君) 關 孝君。

7番(關 孝君) 一つ指摘をしておきたいんですが、いわゆる震災で観光客が落ち込んだというのは、数字上は全くそうだろうと思います。しかしながら、一方沿岸被災地の支援にあたった本市登米市を拠点にボランティアの方々が世界各国から全国各地から大勢の皆さんが来て、この登米市を知っていただいた。食べ物、自然、そして素晴らしい人々を感じていただいたということを考えれば、観光客は減ったかもしれないですけれど、登米市のよさは全国世界に知られることができた。ぜひ、そうした視点に立って今後次の観光戦略に取り組んでいただきたいということを申し上げたいと思います。
 もう一つですが、283ページの長沼フートピア公園の委託費に関わってですが、オランダ風車、当初シルバー人材センターに委託しているんだというふうに思いますが、当初の計画に対して、稼働率何日稼働されたのかお尋ねいたします。

委員長(中澤 宏君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 長沼フートピア公園のオランダ風車につきましては、シルバー人材センターのほうに管理を委託しております。内容としては150日回せる人員配置ということで、1名ほどその分でつけております。ただ、実際の稼働といったところを報告から見ますと月3、4回といったところで、実際にはそれほど稼働していないといったところでかなりご指摘をいただいているところです。

委員長(中澤 宏君) 關 孝君。

7番(關 孝君) このことに対しては一般質問でも、あるいは当初予算でももっと予算を増やして200日くらい回したらいいんではないかというふうな意見も出されたわけなのですが、何が課題で今後長沼フートピア公園、指定管理ということで今公募されているわけなのですが、そうしたときにこの課題をどういうふうな解決をみようとしているのかお尋ねします。

委員長(中澤 宏君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) オランダ風車につきましては、ご存じのとおり100パーセント風でまわるわけでございまして、風が全くなくても回らない、あるいは強すぎても回せないという状況にあります。そしてそれを回すシルバー人材センターの人員については、オランダ人の職人から直接手ほどきを受けた方1人が主に主業務にあたっていただいているわけでして、その方も高齢になってきているといったところでやはり人材の育成といったところを、これから来年から指定管理を移行するわけですけども、そういったところと合わせて行っていかなければいけないのかなというふうに思っております。

委員長(中澤 宏君) 關 孝君。

7番(關 孝君) 風車の回らない理由は、風はもちろんでございます。しかしながら回す人材、回す人がなかなか高齢になってそれに携わっている人が1名しかおらないもんですから、それで稼働していないという理由はもう十分わかっているというふうに思います。それに対してこれまで何ら手当をしないで人材育成をしないできたこれまで20数年経つわけなんですが、そういったことをしてこなかった市のやはり取り組みがまずかったんだろうというふうに思います。これ指定管理にしたことによって解決するんでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 指定管理に移行することが即解決というふうには思っておりませんで、やはり人材を、育成をしていくといったところが大事でありまして、これについてはこれまで行ってこなかったということはまさしくそのとおりでございます。

委員長(中澤 宏君) 關 孝君。

7番(關 孝君) だからどう育成するためにどうするのかということを聞いているのです。どうしてこれを回せるように稼働されるようにしていくのかと。どう人材を育成していくのか。そのための指定管理にはどう指定管理に向けてやっていくのかということを明確にお話しください。

委員長(中澤 宏君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 今、専門的に回していただいているその方のそういったノウハウ等をマニュアル化してそれを誰でもできるような形でしていくというような形でやっていきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 關 孝君。

7番(關 孝君) 来年の4月から指定管理に入るということで、今26日まで公募をしておるような状況ですよね。現在は。そうしますと来年の4月から風車はこれまで以上に回ることができるんでしょうか。大変今不安に、指定管理者もまだ決まっていない中で不安を持っているんですが、それを全て指定管理者の任せただけで風車は回るんでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 先ほども申したように指定管理に移ったからといってすぐにそれを解決できるというふうには思っておりませんので、それと合わせて人材育成取り組んでいきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。19番、相澤吉悦君。

19番(相澤吉悦君) 15分しかありません。今の一つだけ続きやりたいと思います。今の関連ですけども、やっぱり高齢になってきたって私の知っている限りでは、私より一つ年上なのですよ。つくるときからオランダの人たちと関わってずっとやってきた。だからノウハウもマニュアルもいいんだけども、その人に直接指導受けることだよ。直接指導を受ける。そうすると、1人だけでなくして3人ぐらいで同じく指導を受ける。そうするとその人たちが覚える。マニュアルつくりもいいのだけども、一番早いのはあそこの風車に行って指導を受けることが一番。まだまだ丈夫だから、私知ってるから。そういうことでお願いします。
 次、247ページの成果報告書のこの中で稲藁問題なんですけども、放射能に汚染された稲藁問題なんですけれども、保管庫の敷地借り上げ料となってますけども、これやっぱり最初の2年間ということからもう4年も過ぎようかなとこう、思ってます。大臣もここに来て市長も一生懸命やってくれたのはみんなそれぞれの思いの中で評価します。私も行って会いましたから、お願いしますというようなことを言ってきたんですけども、ただ、このままで本当にいいのかなということで、今度何かを示されたときには、やっぱり地元としてもここの自治体としてもそしてまた藁を持っている登米市の住民としても、ただ、やれやれというふうなことだけでなくして、私は何かを語られたらそれに対して協力というものが、一緒に進んでいかなければ私はものにならないのではないかなと思うので、その辺のところ地域の中にやっぱり1回くらい説明責任というのもあるのでないかなと思うので、その二つの方お願いします。

委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 長沼風車の技術の伝承につきましては、そのような形で今やっている方のノウハウをしっかりとみんなで教育できるようにしたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 指定廃棄物についてのお問い合わせでございます。指定廃棄物につきましては、適切な管理に努めてきております。その貯蔵方法につきましては、当市におきましては国の責任において処理していただくよう国に要望しているところでございます。機会を捉えまして要望につきましては、繰り返し行わせていただきたいというふうに考えてございます。

委員長(中澤 宏君) 相澤吉悦君。

19番(相澤吉悦君) それはわかるの。繰り返しね、私たち要望しているので、ただ、この地域としてやっぱり多少なりとも協力体制も持たなくてはないと私は思っているし、そしてまたこの保管しているところ20カ所ほどありますね。このところにもこのまま黙っていないで今このようなことだよということとか、あるいは今後このようになったらみんなでやりましょうとか、何かで説明をしていかないと、行くとなんだかんだ語られるから嫌だとそういう話でなくして、やっぱりこういうものにはちゃんと向き合っていかなければダメでないかというふうなことなんです。
 我々もそうだけども、「いつまでここに置くのか」とか、「これはどうなっているのか」ということで強く地域から言われるんですよ。私は私の部落にも2カ所ありますんで、今のところ何もならないのですが、このようなことで大臣にも言ったし、市長もこのようなことで大臣に向き合ってちゃんと言ったし、堆肥のことも言ったよということでそのうちに大臣に会ってきますみたいなことを言っているんで、ただ、それだけでなくして市の姿勢としても今後このようなことになりますんでもう少し待ってくださいとか、あるいは皆さんの気持ちを必ず伝えますとそういうことで、多少なりともそういうふうにしていかないと、なかなかうまく進まないんではないかなと思います。この件については市長お願いします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 今ご指摘いただいた件についてでございます。
 以前、副大臣がお見えになった際に、保管しているところで地域の皆さんにもその保管の現状もごらんをいただきました。また、そういった中で直接国のほうにも地域の声をお届けをさせていただいているところであります。そういった意味ではやはり、ハウスの状況等、影響等が少しずつ薄れてきているということは地域の皆さんもご理解はいただいているかと思いますけれども、いかんせんやはり、管理をしておりますのが、稲藁でありますので、その腐食の状態でありますとか、やはりご心配な点はまだまだあるだろうというふうに思います。そういった意味ではやはり現状もごらんをいただきながら、我々としての取り組んでいる姿もご説明を申し上げご理解をいただく必要があるものと考えております。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。4番、氏家英人君。

4番(氏家英人君) 成果説明書271ページの水産振興費の部分でちょっとお尋ね申し上げます。
 外来魚の駆除の推進、被害の軽減、生態系の復元等に努めたというふうなことでありますけれども、このことを実行するのに外来魚被害対策事業補助費、2本出ていました。これによって長沼漁業組合ですかね。どのような実際的な被害があって、そしてこの事業をすることでどのように回復、復元したのかお尋ねします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業政策課長、平山法之君。

産業政策課長(平山法之君) 長沼漁業協同組合で行っております外来魚被害対策事業への補助金でございますけれども、この効果といたしましては、食害等の被害が一定程度防止され、在来種の生態系のほうに一定の効果があるというようなことでございます。そういうことで生態系が保護されることによって安定した漁業を保つということを目的として一定の効果があったということでございます。

委員長(中澤 宏君) 氏家英人君。

4番(氏家英人君) そもそもどれぐらい被害があってその一定の効果という言い方はどうなのかなと、どれぐらいの量をこの予算で駆除して、なので今年はこういうふうになったのだというふうな何かないといけないのではないかと思いますよ。ただ、一定の効果があったのであろうと水の中だからわかりませんでは、というような答弁に聞こえるのですね。その辺どうなのでしょう。例えばどのくらいの量の外来魚を駆逐したのですか。そしてどのように処理したのですか。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業政策課長、平山法之君。

産業政策課長(平山法之君) 大変申し訳ございません。現在駆除した外来魚の量的な部分ちょっと資料が持ち合わせてございませんので、確認して後ほどご答弁させていただきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 氏家英人君。

4番(氏家英人君) ちなみに何年やられている事業ですか。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業政策課長、平山法之君。

産業政策課長(平山法之君) この登米市外来魚被害対策事業補助金につきましては、平成17年に交付要綱を制定いたしまして取り組んでいるというものでございます。

委員長(中澤 宏君) 氏家英人君。

4番(氏家英人君) それならばなおさら、一定の効果があったというのではなくて、先ほどの答弁どおり、何らかの形として見せていただければいいなあというふうに思いますのでよろしくお願いします。
 それから、成果説明書の277ページ企業誘致費の部分でちょっとお尋ねしたいんですが、成果等の中で企業誘致、新規立地したよと。ルートインジャパン株式会社。これが誘致活動の結果というふうに載っていますけれど、どのような誘致活動をしてルートインが登米に来ることになったのですか。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます、工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) ルートインジャパン様に関しましては、そのコールセンター部門の誘致でございます。DIOジャパンが閉鎖に伴いまして、市長がルートインジャパンの本部に代表を訪ねまして、そこでお話をして登米市にコールセンター部門の事業所を開設していただいたということです。

委員長(中澤 宏君) 氏家英人君。

4番(氏家英人君) なるほど。コールセンター部門ということですね。了解いたしました。
 続きまして企業等の訪問活動の部分で成果が出ております。企業誘致をするにあたってさまざまな企業を訪問した結果なのだろうというふうに思っていて、市外におきましては39社で延べ43件、27年度は伺ったということです。私はこう思うんですね。本当に来ていただきたいと思うなら、1社に10回でも15回でも、という考えの持ち主です。私は。こうして考えると29社に43件ということは、だいたい1社1回。1回断られたらもう終わりというふうに捉えてしまうんですが、どのような誘致活動だったのでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) 委員お話のとおりだと思います。1回では何ともならないところが多々ありますし、続けてお伺いをするというところもあるんですが、名古屋なり東京なりのセミナーで名刺交換をしたところ。それから地元の企業様に紹介していただいたところ等をまずはアポを取って訪問するわけですが、全く立地の計画がないというようなところにつきましては、やっぱり少し時間をおくということでありまして、2度、3度とお伺いしているところもございます。ならば最終的には市長に訪問していただいてトップセールスというところまでいけばと思うんですが、なかなかそういうところは今のところございません。ただ、地元の関連企業様につきましては、東京、名古屋に必ず市長もセミナーに参加していただいていますんでその際には訪問してきているところです。

委員長(中澤 宏君) 氏家英人君。

4番(氏家英人君) 繰り返すようですけれども、数打ちゃ当たるという言い方は失礼かもしれませんけれども、そんなことをやっていたのでは絶対難しいなというふうに思います。人にものを買ってもらうときに、1度は断ったり、あるいは結婚だってそうかもしれませんけども、断られてから始まるのだと思うし、その前に事前に十分な調査でありますとか、調べものをきちんとした上でここならば脈があるというところに向かって10回でも15回でも行くべきなんだろうというふうに思います。そういう努力の姿がきっと誘致につながると思いますので、そのような誘致活動を展開して欲しいと思いますが、いかがですか。

委員長(中澤 宏君) 工業振興課長、伊藤秀樹。

工業振興課長(伊藤秀樹君) 今まで工業団地、来年の3月完成ということで、今までは手持ちがなかったもんですから、積極的な売り込みもなかなかというところもございましたが、来年度から分譲するということですんで、決意を新たにぜひ誘致したいと思っております。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。24番、八木しみ子君。

24番(八木しみ子君) 成果説明書の282ページ観光費の中でお伺いしたいと思います。
 事業実施につきましては、観光客の誘客対策事業に取り組んでそれなりの成果を納めたということでございますが、今人口減少が進んでいる中で、やっぱりこうした交流人口、これを図るということは本当に大切なことだと思います。そこで市内にもいろいろな地域での文化活動といいますか、いろんなものがございまして、補助金のところなんですが、ざっと見ましてずいぶんちぐはぐな数字が並んでいるなというふうに思います。この事業の大小、あるいはその中身で違っていると思うんですが、大体は旧町時代の金額を引き継いできてそのままかなというふうに思います。そこで補助金いろいろと今までの補助金、例えば、旧町時代のものをそのままだとしたら、その成果、それを検証して見直してきたものがあるかどうかですね。それがまず1点です。
 そして、ここで前にも質問があったんですが、東和米川の水かぶり補助金ですか、これが今度来年度世界ユネスコ無形文化遺産に登録されるということが決定しております。決定する予定でございます。ですので、宮城県では初めてですね。このユネスコの登録というのはね。そういう話題に上っているだけでも、価値があると私は思います。そこでこの水かぶり補助金が9万円ということで中途半端な金額ではないかと思います。これをやっぱり、どこですか。9万円でしょう。9万円なんですね。ですので、これは予定といっても私は登録されると思いますので、こういった宮城県の中でもたった初めてのユネスコ登録になりますので、これはやっぱり登米市の威信にかけてももっと支援すべきだと思うんですが、このことについてはいかがでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) まず、1点目のイベントに関する補助金でございます。
 これについてはご指摘のとおり旧町時代から引き続いて行っているものが主なものでございますが、26年度におきまして補助金の交付要綱を見直しまして、27年度から新たに適用させていただいているものでございます。このイベントを伝統文化型、観光誘客型、地域振興型、地域交流型というふうに四つに区分けをいたしまして、それぞれの補助率であったり、加算金であったりといったところで積算をしております。その補助金の検証につきましては、毎年度その実績の検証といったところで行っておりまして、補助金を申請したものの、実際にはそれほどかからなかったものについては、補助金の返還だったりといったところを毎年全てのイベント補助金について検証しております。
 それから、米川の水かぶりについてでございますけれども、ご指摘のとおりイベント補助金としては9万円といったところでございますが、文化財のほうからも補助金が出ております。この米川の水かぶりにつきましては、いわゆる補助率でいえば伝統文化型の区分の中で最も補助率の良いイベントに該当いたしまして、いわゆる協賛金とかそういったもので多くが賄われておりまして、その他のものについては補助対象経費として9万円という形になっております。ただ、ユネスコ登録ということに合わせて、米川の水かぶりを支援していくことには全く異論ございませんので、それは文化財のほう、あるいは観光のほうなのかそういったところを調整しながら支援していきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 八木しみ子君。

24番(八木しみ子君) ちょっと希望持てるような答弁をいただきましたが、この見直しをしてこれが27年度から見直した分で新たに補助を出してるということのようですが、前年度と比較してみませんのでわかりませんが、何か本当にばらつきがあるというふうに思います。この基準ですね。四つのいろいろな伝統文化とか、地域振興に関わるものとか四つの分類をしているということですが、これ後でどのように分類になってるか、補助率等につきまして資料いただければ有り難いなと思います。この水かぶりね、ユネスコ登録してからのことになるとは思うんですが、でも9万というのはちょっと中途半端な数字的にもあまりよろしくないというふうな感じを受けます。ほかから文化財のほうからも補助金が出ているとかとは言いますが、それはそれとして、市としての姿勢なんですよ。私言っているのは。やはり、こういうふうにユネスコに今候補に上ってるときに、やっぱり支援する市として押し上げるこういう伝統文化をつないでいくためにも、もっともっとやっぱり考えるべきだと思うんですが、市長いかがでしょうか。この点につきまして。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) この水かぶりの実行委員会の皆様におかれましても、文化遺産登録に向けて、このお祭り自体を盛り上げようという形で一生懸命頑張っていただいているところであります。そういった意味では、おそらく今後そういった取り組みが拡大するにつれ、事業費のほうも膨らんでいくのではないのかなというふうに思慮されるところでもございます。そういった意味では、必要な部分の経費については、しっかりと補助要綱の中でも定められておりますので、おそらくこのような形ではなく、もっとそういった対応につきましてもお祭りがより盛んになるにつれて規模も大きくなるものと考えているところでございます。しっかりと我々としてもサポートしていきたいというふうに考えております。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。2番、日下 俊君。

2番(日下 俊君) それでは成果説明書の273ページ1細目の中小企業振興資金についてお伺いをいたします。
 ②の成果等に平成27年度の融資件数は165件で、融資総額は12億4,204万となり、中小企業者の安定経営に資することができたというふうに載ってございます。ここ震災以降さまざまな資金需要があったと思うんですけども、ここ2、3年のこういったあっせん件数と金額、融資金額の推移はどうなっているのか。
 それから25年、6年と昨年度の27年度において、この中身、制度、それから利率等、変わりがあったのかどうかお伺いをしたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 中小企業振興資金についてのお尋ねでありますけども、25年度の数字というのは今持ち合わせておりませんけども、26年度、件数は138件、融資総額で11億2,555万円ということでございます。それから、制度の融資あっせんの限度額であったり、補償料の全額補給、利率の半額助成、そういったものについては変わりありません。

委員長(中澤 宏君) 日下 俊君。

2番(日下 俊君) そうすると25年、6年と昨年度も同じということであれば1年間1パーセントの利子補給ということでよろしいんでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 利子補給につきましては、2.2パーセントの半分、1.1パーセント1年間の補給に間違いありません。

委員長(中澤 宏君) 日下 俊君。

2番(日下 俊君) この19節のところに補償料補給金145件と載ってございます。成果等の説明では、27年度は165件ということで載っているんですけれども、あと20件はこの補償料がなくて融資されたのかどうかちょっとお伺いしたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) このことにつきましては、いわゆる対象となる期間が違うということでございます。融資あっせん件数につきましては、27年度であれば4月から翌年3月までの融資あっせん件数、これが27年度で165件ということでございます。
 それから、補償料補給金につきましては、これは27年度におきましては、26年の10月から翌年3月までの分を上期として27年に支払っておりまして、そして27年の4月から9月の分を下期として、これも27年度に支払っているという関係で、期間が異なっている関係で差異が生じております。

委員長(中澤 宏君) 日下 俊君。

2番(日下 俊君) 今のでわかったわけです。そうするとこの273件というのは、1年間に165件あって、前年の26年度からも繰り越して273件の件数で1,041万を利子補給したということでいいんですか。

委員長(中澤 宏君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 利子補給につきましては、利子を支払う月から1年間の期間という形なのでこの件数になっているということでございます。

委員長(中澤 宏君) 日下 俊君。

2番(日下 俊君) 昨年度の1,041万の利子補給でございますけれども、単純にこの273件で割ると、3万8,000円ほどの利子補給なんですけれども、市内に約1千数百社の中小企業があるんですけれども、この1パーセントの利子補給で単純に割ると3万8,000円の利子補給ということなんですけれども、これでちょっと安定の経営を資することができたということがいえるかどうかちょっと考えをお聞かせください。

委員長(中澤 宏君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) この中小企業振興資金につきましては、利子補給だけではなくて、補償料補給金は全額負担を市が負担をしております。そういったこともあって、市内の中小企業者にとってはそれなりの経営支援にはなってるのかなというふうに考えております。

委員長(中澤 宏君) 日下 俊君。

2番(日下 俊君) 今、7款のところをやってるんですけれども、やはり6款あたりを見ると、農業費補助何かは、設備投資何割、それからいろんなさまざまな補助金という形でこの決算書を見ると数億円の補助をしてございます。ただ、こちらの中小企業資金の利子補給だけを見ると、今説明がありましたように補償料の補給金3,138万円出ているわけですけれども、一千数百社の利子補給が、果たしてこの1,000万円足らずの補助で経営の安定に資するというのは、私はどうかなと思うんですね。さまざまな登米市の今の税収を考えたときに、やはり中小企業の設備投資が進まないと絶対これ税収に上がらないと思います。税務課長のお話ですと、登米市内で元気なのは、輸出関連の1企業ということでこの間説明を受けたわけでございますけれども、それ以外の地元の中小企業はほとんど横ばいか、若干下がっているということで、決算書を見てもほとんどこういった地元の中小企業の税収が上がらない状況でございます。これを上げるにはどうしたらいいかというとやはり、こういった資金需要を刺激して、市内の会社の減価償却費や固定資産税、それから給与所得者のさまざまな恩恵、また、それが波及して保険料とかも収入として市に入ってくるわけでございます。そういったことがないと、やはりこのまま経済が沈滞しているまま、ずっといくような形になると思うんですけれども、そういった起爆剤となるような政策はございますか。

委員長(中澤 宏君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) この中小企業の支援につきましては、第二次総合計画であったり、あるいは本年2月に策定した登米市商工観光振興計画の中でも中小企業の支援、融資のあっせん等の支援を行っていくというふうに明記しておりますので、このあたりどのような形での支援が適当なのかといったところは今後の検討課題とさせていただきます。

委員長(中澤 宏君) 日下 俊君。

2番(日下 俊君) 副市長にお伺いしたいんですけども、実は去年もここ聞いているんです。それで藤井副市長にはわからないので検討しますということだったのです。
 つまり、こういった利子補給を1年間、例えばこの数字で見ると、1件当たり3万8,000円の利子補給でございます。果たしてこれでいいのかどうかね、政策的にやはり1年じゃなく2年とか3年、中小企業の資金需要を借りるときは、普通だと運転資金で7年とか、設備投資で10年が大体標準でございますので、この利子補給を1年そして1パーセントというのでは、会社はあまり活性化しないんじゃないですかね。それとお金を借りても今度は返さなくちゃないということでありますので、せいぜい2年、3年の利子補給をされるべきではないかなと思うんですけれども、考えをお伺いします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 昨年お答えした、わからないというのは、いわゆる利子補給制度の効果というのがどの程度かについては、少し検証が必要だという意味でわからないというような言葉でお答えしたのだと思います。今の制度も今委員お話のとおり、こういう形の利子補給制度、あるいは利子の助成制度なんかももってございますが、資金需要を求めている企業の皆さんとのニーズとそれからこちらの制度というのがどういう形で効果を表すのかということについては、今委員お話しのように3年でいいのか、あるいは少し長い期間での利子補給がいいのかということも含めてここは再度検証はさせていただかなければいけないとうふうには考えてございます。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。19番、相澤吉悦君。

19番(相澤吉悦君) 成果報告書282ページ補助金のことについてお伺いします。長沼ふるさと花火in長沼補助金というふうに載っていますけども、長沼に花火が上がったらどんなにきれいだろうと、この一言で「上げてみるか」というふうなことで上げたのがきっかけで今の花火を上げる実行委員会の皆さんが「私たちが継いでやります」というふうなことで今始まっている。誰にも頼まれたわけでもない、自分たちの意思で始めたことだから、「補助金をくれ」とかあるとかないんですが、ただここにきてさまざまな要因があって「辞めたらいいのではないか」とか、あるいは「存続するのに大変なことだ」というふうなことで、危機が訪れたんですけども、それも乗り越えて上がったというふうなことであります。開会式には市長も来て挨拶してもらってねぎらいの言葉を言われるからみんな救われると「ああよかったなあ」というふうに思っております。ただ、あれだけの人が長沼一面に上がる花火を見て何万人の方が一堂に会してやるのが本当に若い人ばかりでこのままずっと存続できるのかなというようなことがあります。さまざま問題はありますけれども、補助金をあげろとかそういうことではないですよ。25万という補助金は来ていますけれども、登米市というふうなことで、花火はその中でそのいただいたので登米市の名前で花火が上がってます。それがドーンと上がってその25万はなくなって経費とか運営には一切いってないというふうなことですので、その辺のところわかってもらえればなあというふうなことで、市長からこれからの若い人たちに向けて今後も続けてくださいとか、あるいはいらないのではないかということはないと思うので、その辺のところを、気持ちを一度この議場で言っていただければ、私、第1回主催者として今までやってきた中でこういうこと言ったことないですけども、お願いいたします。市長よろしく。

委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 長沼花火実行委員会の皆さんにはですね、本当に年明け早々から、この花火に寄せる協賛をいただく皆さんのところを回りながら、この花火の運営をしていただいております。そして毎年お盆の13日の夜ということで、ご来場いただく皆さんも里帰りをしながら、また近隣住民の皆さんにおかれましては、登米市以外の近隣の皆様におかれましても、やはりこの長沼のロケーションのもとで花火が上がるという素晴らしさを実感していただきながら、年々多く皆様にご来場いただいておるところでございます。
 そういった意味では、本年は天候にも恵まれて例年以上の方々がお見えになりましたが、実は大変な混雑もいたしているところであります。やはりそういった意味では、地域の観光戦略の一つとしても非常に意義深い催し物だという認識は我々も強く思っておりますし、また、協賛の中では市の職員もそれぞれできる範囲の中でいろいろとご協賛をいただいているというようなお話も伺っているところであります。そういた意味では官民挙げてやはりお盆の夏の風物詩として定着をしておりますこの長沼花火これからもぜひ若い人たちのご尽力にきちんと我々も含め、地域の皆様もぜひ報いていただくような取り組みにつなげていければいいのかなとそんなふうに思っているところであります。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。
 これで5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費の質疑を終わります。
 ここで説明員の入れ替えのため10分間休憩します。
 
          休憩 午後1時46分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時55分
 

委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
    次に8款土木費、9款消防費について質疑を行います。
    質疑ございませんか。23番、二階堂一男君。

23番(二階堂一男君) 9款の消防のほうで3件お伺いいたします。時間が少ないので完結に答弁をいただきたいというふうに思います。成果説明書のページ数に沿ってお伺いをいたします。
    1点目326ページの火災予防の関係で住宅用火災警報器促進事業の中で、未設置家庭について設置指導を実施したということでございますけれども、この中に、高齢者でしかも一人世帯の家庭でどれくらいの未設置があって、そしてここで指導した結果どのようになったのかお知らせいただきたいと思います。
    それから2番目は331ページのこれも防火防災推進費の中でありますけれども、空き家対策の一つとして、倒壊の恐れのある2軒について立ち入り調査をしたとこういうことでございますけれども、その後この部分についてどのように結末のなったのかそれについてお伺いをいたします。
    それからもう一つは339ページの水防費であります。雨量監視システムの更新をしたというふうになっておりますけども、これは何カ所でどの場所であって、このことについてはどのような活用のされかたをして市民はこのことについてリアルタイムで知ることができるのかどうか、そういったことについてその3点、時間内におさめるようにお願いをいたします。

委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。予防課長、佐々木章弘君。

予防課長(佐々木章弘君) 委員の質問にお答えいたします。高齢者に特化した住警器の設置の調査については特段しておりませんので、全体の設置率についてのみの調査を実施しております。

委員長(中澤 宏君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) 空き家の立ち入り調査2軒を行ったその後の処理の内容でございます。まず立ち入り調査、3月に行いまして、その後、専門家、土地家屋調査士、建築士等々の方々によります調査票をもとに、関係各課課長さんたちに集まっていただきましてその内容について検討した結果、周囲に危険を及ぼす特定空き家ということで、特定空き家の処理を法律に基づきましてその後進めて行くということで7月に2軒の所有者に対しまして、助言、指導の通知を差し上げたところでございます。以上です。

委員長(中澤 宏君) 暫時休憩します。
          
────────────────────────────────────────────
          休憩 午後1時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時59分
 

委員長(中澤 宏君) 再開します。危機管理監、星 茂喜君。

危機管理監(星 茂喜君) 失礼をいたしました。雨量監視システムは市内に6カ所あるんですが、そのうちの津山の3カ所を3台交換しございます。市民への周知ということですが、これはホームページ上でごらんをいただけますけども、あとはそのほかに例えばスマホであればその状況をリアルタイムで見ることができるようになってございます。以上です。

委員長(中澤 宏君) 23番、二階堂一男君。

23番(二階堂一男君) まだ5分あるから大丈夫ですね。全体の調査しかしないということでありますので、では全体で未設置がいくらぐらいあって、指導の結果どれくらい設置されたかについて調べてあればお知らせいただきいと思います
    それから二つ目の空き家の倒壊の恐れの部分ですが、関係機関と連携をして7月に指導をしたということですけども、その後の結果どうなったか。これは消防関係ではないと思いますけども、関係するところから回答いただきたいと思います。
    それから水防費でありますけども、6カ所。どことどこかぜひ場所をお知らせいただきたいと思いますし、スマホでも見れるということでありますから、そういった部分についてもぜひ市民に周知できるような形をぜひお願いしたいと思いますがその件について、以上3点もう一度お願いします。

委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。予防課長、佐々木章弘君。

予防課長(佐々木章弘君) 委員の質問にお答えいたします。27年度は全体設置は56パーセント、一部設置は34パーセント、合わせて90パーセントの設置率でございました。

委員長(中澤 宏君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) 特定空き家に認定しまして通知を差し上げました。その後の結果でございますが、9月の末までにその対応につきまして防災課までお知らせをくださいというふうな対応にさせていただいております。
 それから、雨量監視システム。はい、失礼します。

委員長(中澤 宏君) 危機管理監、星 茂喜君。

危機管理監(星 茂喜君) 雨量監視システムなんですが、先ほどの答弁修正させてください。東和に3カ所、津山に3カ所なんですが、先ほど私津山とお話ししましたが、すみません。交換したのは東和の嵯峨立と鱒淵と羽沢、登米町の羽沢のこの3カ所でございますので、よろしくお願いします。

委員長(中澤 宏君) 23番、二階堂一男君。

23番(二階堂一男君) 1点目の火災警報器でありますけども、90パーセントなったということですが、ぜひ高齢者の家庭の部分もぜひチェックしていただいて、ぜひこの部分取りこぼしのないように、そして指導していただいていろんな形で設置できる方向に取り組んでほしいと思います。
    二つ目の部分については9月までと、まだ時間ありますんでしょうがないのですが、この次、この部分、また追っ付け聞きたいと思います。
    それからぜひ、水防の関係も市民にリアルで何とか伝わるような形で、方法もわからないとうまくないのでその辺の徹底方もお願いしたいと、いうふうに思いますが、その辺、あと1分でございます。

委員長(中澤 宏君) 予防課長、佐々木章弘君。

予防課長(佐々木章弘君) 今後は一般家庭に特化、全部ひっくるめた形ではなくて、高齢者宅を火災予防の時期に訪問する、春・秋とありますのでその時期に、全戸とはならないでしょうけども、確認をしながら、高齢者宅の設置率についても確認していきたいと思います。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 危機管理監、星 茂喜君。

危機管理監(星 茂喜君) 雨量計に関しましては今のところ先ほどのパソコンとスマホ等でしか見ることができませんがその情報は皆さんにきちんとお伝えてさせていきたいと思っております。

委員長(中澤 宏君) 13番、伊藤 栄君。

13番(伊藤 栄君) 325ページ応急手当普及啓発についてであります。成果等には、普通救命講習は、一般市民を対象にして46回で1,122人。普及員講習は144回で、4,700人。合計6,095人。そして普通救命講習受講者は2万890人。これ、それぞれかなり講習やっているんですけども、中身ちょっと、最初教えてください。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) お答えいたします。救急の応急手当普及啓発の事業には各種ございます。まず一つ目は救急入門コースと言われまして、小学5年生高学年を対象としたコース。それから、二つ目に記載しております普通救命講習というのは3時間という時間が限られておりまして受講修了書を発行するようなものでございます。それから応急手当普及員講習につきましては24時間、いわゆる3日間の研修がございます。この研修を受講して修了した方は、普通救命講習の指導員になれるというようなものでございます。その次に記載しております救急講習3時間未満となっておりますがこれは一般市民の方からの要望によりまして地域で1時間、あるいは2時間といったような救急に特化した講習会というような色分けになってございます。その講習会の総数が6,095人ということになります。
    それから下の段に行きまして普通救命講習者の累計ということですが、累計につきましては平成7年からの累計を取っておりまして2万890人というのは3時間講習の普通救命講習のみでございます。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 13番、伊藤 栄君。

13番(伊藤 栄君) やはり質問してよかったです。とても詳しく答弁いただきました。ありがとうございました。
 それで登米市には救急の指導員、24時間を受講した方が24時間3日間で、指導員が6,000人もいるよということですね。これは非常にいいことだと思います。最後の段の、現場に救急車が到着するまでの間に市民が行った心肺停止者に対する応急手当実施率は40パーセントを超えているということですけども、その前段がわからないです。このような症状にどれだけ救急車が行って、40パーセントというのはどこから出てきたのか。それと、そして効果は。いわゆる応急手当というのは、恐らく人工マッサージでしょうから、その効果はどうだったのか。それをお知らせください。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) 救急車が到着するまでの間に市民が行った心肺停止者に対する応急手当ての実施率という表現でございますが、これは救急車が到着した時点に心配停止されていた数。人が平成27年中は107名でございました。その107名に救急車が到着するまでに近くにいる方、いわゆるバイスタンダーと申しますが、近くにいる方が心臓マッサージを行っていたかどうかの数字でございます。これが昨年で申しますと53件ございまして40パーセントを優に超える数字でございます。その効果はどうなのかということになりますと、2名の方が昨年は回復をされたという数字は持っておりますが詳細な部分についてはわかり兼ねるということでございます。よろしくお願いします。

委員長(中澤 宏君) 13番、伊藤 栄君。

13番(伊藤 栄君) 今詳しく答弁いただいたように、市民がいかに心臓マッサージ、応急救命手当てが大事なのか改めて分かったものですね。私どもも常に近くにいたとか何かのとき、バタッと倒れたらばまず心臓マッサージということを頭に叩き込まれておりますので、今のように、このように効果とかそういうのはわからなくても、市民がこれだけ協力しているんだよと、そして、これが必ず一人でいるっていうことは恐らくないでしょうから、一人でいたときはもう大変なことなりますね。何人かでいるときはまずバタッとなったらばすぐ、ばたっと倒れたらですよ。これ、間違いございませんので。応急の心臓マッサージ、こういうふうないわゆる講習というんでしょうか。これをもっともっと啓発してやっていただきたいと思います。ただいまの答弁とても勉強になりました。それからやっぱり、さっきの累計というのはうまくないですね。平成27年度はどうなのかってことをやっていただきたいと思います。ありがとうございました。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。1番、熊谷和弘君。

1番(熊谷和弘君) 成果説明書330ページで、消防団組織の概要ということでお伺いをさしていただきます。各支団ごとの実員を見ますと、26年度との比較で、若干数名ずつ増えたり減ったりという状況でございますけども、この中で実は中田支団が18名減ってるんですね。これ非常に気になったもんですから、もしこの辺の理由などもし把握しているかどうかまずお伺いしたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) 中田支団に特化した数字というようなことでございますけれども、これにつきましては詳細な把握はしておりません。しかしながらこれは4月1日現在で集計をしているものでございまして、団員の出入りといいますか、入団退団時期が一月二月ぐらいの範囲で起こるもんですから、そういった関係で数字的にこのような表示になってしまったのかなと思います。特段理由というのはこちらではわかっておりません。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 1番、熊谷和弘君。

1番(熊谷和弘君) それでは次に、全体的には毎年減少傾向でありますけども、その中で、米山支団に関しては着実に理想的な増え方してるのかなと思っております。特に、女性団員のうちのちょうど半分は米山支団ということでありますので、やっぱり取り組み方次第で決して増えることも可能であるというふうに考えていますが、例えば米山支団がどういった形で団員を確保してるとか、その辺あたりなんかはもし捉えているところでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) 米山支団、中田支団に関わらず九つの支団、それぞれ分団長を中心としまして、区長さん会長さん方のご理解をいただきながら団員加入の促進をしていただいいるところでございます。その中で、同じように実施をしているということは聞いておりますが、特段米山支団だけ特別なというようなことではないというふうに思っております。以上です。

委員長(中澤 宏君) 1番、熊谷和弘君。

1番(熊谷和弘君) 次に26年度、5年度、4年度ということで、3カ年減った分を足してみますと106人ということで、そうしますと1支団、3年、4年でもう1支団分が減ってしまってるていう、まさにこれが現状ですんで。やっぱり本当に、何かやっぱり特別本当に今回議会でもいろいろと出ましたけども、やっぱりそのあたり本当に対策を打っていかないと大変なことになると思いますんで、ぜひそのへんのところ、いただきたい。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) 登米市消防団の現状といたしましてはこのようなことで毎年団員数が減ってございます。大変憂慮しているところでございます。これにあたりましては、入団を強制的にするものでもございませんので、地域のために活動する消防団ということの意義を若い人たちに伝えながら、今後とも同じような形ではございます。分団長を中心として、地域の方々の理解をいただきながら促進をしてまいりたいと思います。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。25番、岩淵正宏君。

25番(岩淵正宏君) 13番、伊藤委員の件でございます。成果では各事業所団体でやりました。市役所ではやりましたか。支所を含め。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) 個別にどういう団体が何回というのは手持ちの資料にはございませんけれども、総合支所を含めまして、いろいろな、例えば総合支所であれば婦人防火クラブとか、消防団員の講習会それらに職員の方々が出席をされてございます。そういったことで単独で市役所単独窓口の講習会というものはございませんが、他の団体に一緒になって実施しているとういう現状でございます。

委員長(中澤 宏君) 25番、岩淵正宏君。

25番(岩淵正宏君) それでは、教育委員会部局で何人くらい講習を受けているか把握していますか、教育長。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) 申しわけございません。把握してございません。

委員長(中澤 宏君) 25番、岩淵正宏君。

25番(岩淵正宏君) 次の款で出てきますが、さまざまな教育活動、学校に出たり入ったり、またはさまざまな社会体育事業等、教育委員会が出る機会もあると思います。ぜひ私は教育委員会部局の職員は全員この普通救命講習を受けるべきだなと思ってございます。これ教育委員会のみならず各、市民生活部も例えば老人福祉の関係で、やっぱ一番リスクのある部門、そういう職員については強制的に受けていないのならば受けろよとそれくらいの啓蒙をしてもいいんではないかと思っています。市長と教育長からそれぞれお聞きしたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) この救命救急講習、講習を受けたからすぐに実践で役立つかというのは確かにございますが、全く経験がなければ本当に手も足も出ないというのが実情でございます。そういった意味ではこういう経験はきちんと受けておくに越したことはないと言いますよりも、誰がいつどのような状況になるかもわかりませんので、やはりそういった意味ではこういった救命救急講習の受講は大変意義のあるものと考えております。

委員長(中澤 宏君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) 救急救命の講習につきましては各学校現場では年に一度全員が行ってございますが、先ほどのご質問の中では教育委員会いわゆる職員ということだったもんでその辺のところ把握していなかったというふうなことでございます。学校現場では毎年のようにしっかりと講習受けておりますのでお伝えしておきます。

委員長(中澤 宏君) 25番、岩淵正宏君。

25番(岩淵正宏君) どうぞ部局でもそういう啓蒙を図っていただきたいと思います。それから成果書341ページなんですけれども、災害対策費の中で1節に登米市防災会議委員報酬7人、4万2,000円ですがどういう防災会議、会議内容等を行なっているのか。また何回、年にやっているのかその内容等簡単にお知らせください。

委員長(中澤 宏君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) 防災会議の内容でございますが、国及び県の防災計画、もしくは宮城県の地域防災計画の変更点がございました場合に、それを登米市地域防災計画の改正を行うというふうな内容で防災会議を開いております。それで、防災会議のメンバーでございますが現在のところ34名いらっしゃいます。この方々には市の職員の方々、当然、市長をトップとして市の職員の方々、それから国の自衛隊とかあとはNTTとか昔の国鉄、今JRの方々。そういうメンバーによりましてこれまでですと年1回のペースで開催をしてございます。以上です。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。13番、伊藤 栄君。

13番(伊藤 栄君) 先ほどの件で、救急救命の関連ですけれども、実は、救急車呼ぶ場合に何か申しあわせか何かあるのか、ということなんです。といいますのは、この議会が終わりますと多分議員の皆さんや市民の皆さんは、今は議会傍聴してますよ。これが終わると一気に稲刈りが始まると思います。私の友人も3年ぐらい前に実は田んぼでバタッと倒れて応急救命したんですけれども、救急車を呼んだんです。ところが、田んぼから救急車は見えます。田んぼは目印がございませんので。田んぼから救急車が来たのは見えるんです。しかし救急車からは見えないんですね。これはもっとわかりやすく話せば海上で遭難した方は舟、飛行機とかヘリコプターは見えますね。しかし上空からは見えませんね。それで、海上では必ず発煙筒、赤い煙出せばすぐ一発でわかります。発見できます。それで、田んぼで、この広い田んぼで何かあった場合、救急車で迎えに行くというよりも、まずはそんなことは時間があれで、なかなかここだここだと言ってもなかなか救急車から見えない。そういうときはどういう手段を使ったらいいでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) 1人で、例えば原野、今お話のあったような水田で具合が悪くなって119番するという事案はたびたび起こっております。先般も起きましたのが側溝に、隣はすぐ水田でございまして側溝がありまして、側溝から落ちた方が周囲の方に声を掛けてもその通りどこにも声が届きませんで、ずっと一人ぼっちであったわけでございましてそこから携帯電話で通報されました。位置確認が大体の所はうちのほうで把握はできますが、確実な位置というのはなかなかわかりません。そういった場合は最寄りのポンプ車を出しまして検索活動というようなことで部隊を少し多めに出して、救急隊にだけに任せないという形を取らさせていただいております。

委員長(中澤 宏君) 13番、伊藤 栄君。

13番(伊藤 栄君) さまざまな事例がありますけども、最初に申し上げましたとおり、急に具合悪くなった、というとき1分1秒を争うときに要は探してられない、実際そういう遭遇しました。そこでこういう提案はこの場でいいか悪いかわかりませんが、各自車持ってますね、そこに発煙筒というのがあります。発煙筒は我々知ってるのは、信号機で、踏切ですか、そこで止まった場合発煙筒を焚たけよ、ぐらいなんですけども、そういう広い田んぼ、広い畑で万が一の場合発煙筒、田んぼで発煙筒焚きますとすぐわかりますから。煙は結構いったりかったりでます。それで必ず車に積んである発煙筒をいわゆる目印として使っていただきたいというのは私は思うんですけども、この件はいかがでしょうか。こういう場合は使っていいんでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 休憩をします。
 
          休憩 午後2時24分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時26分
 

委員長(中澤 宏君) 再開します。指令課長、岩澤秀明君。

指令課長(岩澤秀明君) 指令課のほうから説明をさせていただきます。まずもって非常にいい提案だと私は思います。一番目立つということで救急車もいち早くそこに到着できるのではないかと思いますが、若干確認させていただきたいと思います。発煙筒の使用目的をあくまでも車両運送法の保安基準で設置されているものですので通報の目安として、使ってよいということが確認ができれば、私どもが場所を特定できない場合には、それでは発煙筒を焚いて知らせてくださいということも考えさせていただきます。ということで、発煙筒の使用目的の確認ということで時間を取らせていただきたいと思います。よろしいでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 13番、伊藤 栄君。

13番(伊藤 栄君) 早急に調べて、間もなく稲刈りが始まりますので、私もそういう例見てますので、やっぱりこれは発煙筒しかないな、こう思いました。ぜひ、よければ早速啓蒙してトラクターにもコンバインにも、トラックには車には積んであるのですが農作業車には必ず積むようにして。発煙筒はかなりありますからね。実際我が家にもあるんです、もう使ってないで。ぜひよければそういう方向に持って行って安心して救急隊も歩けるようにやっていただきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑はございませんか。16番、田口久義君。

16番(田口久義君) 成果説明書342ページの、Jアラートというのがありますけども、私その辺の知識がないもんですから、全国瞬時警報システムというのですか日本語で言うと、これはどの部分に市では設置されてるのか、そしてまたどんな経路でこれが起動されるのかまずその点について説明をいただきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) Jアラートにつきましては国民保護の観点から、例えばこの前ございました北朝鮮の核実験とかあとはミサイル発射とか、というふうなものが、例えば東北地方に飛来して来るといった場合には、国のほうが瞬時に防災無線等を用いましてお知らせするというふうなシステムでございます。現在使用している具体的な身近な中身といたしましては気象台が警報等を発表いたします。その中で特別警報等が発表された場合Jアラートを通じまして、防災無線で市民の皆様にお知らせをするというふうなシステムの内容になってございます。当然防災無線プラスあとはコミュニティFM放送でも緊急割り込み装置を使いましてそれを放送するというふうな中身でございます。それでよろしいでしょうか。Jアラートの発信するルートといいますか、そこは国の総務省の消防庁が信号を発信することになります。その信号を受けまして各Jアラートの受信機で捉えまして先ほど言ったような放送の流れというふうになります。

委員長(中澤 宏君) 田口久義君。

16番(田口久義君) そうすると今の説明では、例えば、国民保護の立場からミサイル等が来るような場合にその装置が働いて情報無線等でするということですけれども、例えば、該当する部分というのはそういった部分だけで、地震とかその他の災害等は関係ないものなのか。あと、個人の携帯電話で、たまに何か変な音でバババと鳴ったことあるんですけれど、あれとはまるっきり関係ないのか、その辺もお話しいただきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) このJアラートにつきましては地震等の連動はしてございません。それからこの前の台風で皆様のお手元のスマホ等でいろいろな情報が流れました。これは強制的にプッシュ型でお知らせをさせていただいたんですが、それにつきましては携帯電話会社との契約によりまして、強制的にエリアメールというものを発信いたしまして受診していただくようなシステムを活用してございます。Jアラートとはエリアメールは別物でございます。

委員長(中澤 宏君) 16番、田口久義君。

16番(田口久義君) それではたぶん、こういったことは、市民はよくわからないのではないかなと思いますけれど、その辺の周知等はどのようにしているのか。そしてまた、今日までそういったJアラートが機能したことがあるのかないのか、その辺も説明をいただきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) まずは啓発啓蒙等の取り組みでございますが、このJアラート等に特化した例えば広報とめとかを活用したお知らせというのは今まではしてございませんでした。今後中身についての周知を検討させていただきたいと思います。それと昨年の、これまでの経過ですが昨年の9月11日に大雨がございました。その時に大雨特別警報が気象台から発表されました。夜中の3時30分前後だったと記憶しておりますが、そのときに一度防災無線等でこのJアラートを使って市民の皆様にお伝えなってございます。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。14番、浅田 修君。

14番(浅田 修君) 水害の関係でございますけども、今、27年度もそうだったかと思いますけれども、特に今の時期、避難準備情報なり避難勧告、避難指示というような、いろいろ段階的にあるようですけれども、登米市の場合は今年に入って、いくらくらいなったか記憶にないんですけども、その中で何名くらい。避難準備出たよね、情報。そういった中で何名くらい避難されて、どのような形を取られたのかお聞きしたいなと、27年度でも28年度でも結構です。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) それでは直近の情報で説明をさせていただきます。前回台風10号の襲来といいますか通過に伴いまして登米市では避難準備情報を全市域に発令をさせていただきました。その中で避難所を開設いたしまして、避難準備情報を出させていただきまして避難された方々が全部で65世帯117名の方々が避難をされてございます。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 浅田 修君。

14番(浅田 修君) 避難勧告等はないわけね。指示もない。昨年度はないんですか。

委員長(中澤 宏君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) 避難指示の発令はございませんでした。勧告もございません。

委員長(中澤 宏君) 浅田 修君。

14番(浅田 修君) ないくらいでいいんですけれども。そういった中で117名が避難されたということでございますけれど、ただ、結果的には空振りかということもあるかと思いますけども、実際これが何回も続けてしまうと「あっ、大丈夫だ」という、今度は逆な変な自信ついくるようなことも言われるところでございますんで、そういったことのないような、やはりこういうものなんだよという、本当に大切なことなんだよということ、ぜひ周知お願いしたいなというふうに思います。
    それから避難準備情報というのはどの時点でどうなのか。さらに避難勧告も避難指示もどの程度のことなのかという、もう一度市民に知らせておくことが必要なのかなというふうに思いますんで、皆さん、私もなかなか判断がつかないとこもあるんですけども、テレビとかで結構やってるんですけども、そういったものをもう一度市民に知らせるような何か手段があってもいいのかなというふうに思いますけどもどうでしょう。

委員長(中澤 宏君) 危機管理監、星 茂喜君。

危機管理監(星 茂喜君) 確かにそのとおりでございます。支所の方からも住民の方々、前回避難準備情報をだささせていただいたんですが、ご承知のとおり避難準備情報ていうのは避難に時間を要する方が、その時点で避難をしてくださいという情報なんですが、その中身をまだ存じ上げていないという問い合わせも、実はございました。それも含めて例えば水害の時。一番結局大きいのは、今も台風来そうなんですが、台風だったり、川の氾濫。この川の状況によっても若干違ってはくるんですが、まずはその言葉の意味を各市民の方々にきちんと理解をしていただくような広報活動もさせていただいて、あとはそれぞれのタイムラインも作成をしながら、この段階で避難準備情報、この段階で避難勧告。水位とか天候だけではなくて、例えば土砂災害の関係も実はあるんですが、若干判断に難しい部分もありますけども、その部分も含めてまずは言葉の意味をしっかり市民の皆さんに知っていただきたい。このような周知をさせていただきたいと思っています。

委員長(中澤 宏君) ほかにございませんか。22番、庄司喜一君。

22番(庄司喜一君) 河川維持費についてお尋ねをいたします。先般一般質問でも河川堤外の支障木について一般質問して答弁をいただいていろいろ承知をしておるところでございます。今年6月19日に初めて河川防災ステーションで水防訓練をいたしました。議員各位もお越しをいただいて、あるいは市の幹部の皆様方もお越しをいただいて行なったわけでございますが、そこに桜岡橋というのがございまして、その上下2、300メートルほど河川敷に出る木を処分をして、伐採をして、行ってずっとなされるのかなというふうに思っておったところなかなか手がつかないと。また堤防の除草につきましては山吉田橋から下流、左岸につきましては早い時期に毎年両側を除草してございます。また桜岡橋より下流の右岸、これまで何年も除草作業がなかったのでございますが、今年は何年間かぶりにあそこの所除草してよかったなと。それで、桜岡橋から上流、山吉田橋までに途中国道346号線がございますが、そこの堤防の除草、あるいは河川敷の流木が非常に手が付けられてないということでございまして、去年の9月11日の関東・東北の豪雨、あるいは先ほどの台風10号の絡む岩泉あるいは北海道の空知川の氾濫等々をみますと橋げたに流木が、立つのではなく流れる木ですね。それで大きな被害を生む。早急なやはり今、台風14号16号がこっちのほう狙ってございますが、対応が必要ではないかというふうに思ってございます。当時6月19日に副市長お二方が堤防の巡視を兼ねて、じっくりと巡視していただいて、目に焼き付いているんではないかと思ってございますが、やはり早急な対応策を取るべきではないかと思いますがいかがでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。土木管理課長、菅原和夫君。

土木管理課長(菅原和夫君) 堤防の除草、それから流木の支障木のことでお尋ねございました。まず除草についてでございますが、今年度県の土木事務所のほうでは、今お話のとおり、昨年の堤防決壊したことを反省いたしまして、堤防の緊急点検を予定してございます。県の管理する河川の堤防、のり面、堤内外地の除草を実施するということを伺っておりまして施工業者のほうには依頼してございます。はっきりとした実施日はわかりませんが、年内には全て除草したいということは伺ってございます。
    それから支障となっております流木につきましては、今年度緊急点検のあとに堆積土砂の撤去やそれから支障木の伐採について、計画的に実施してまいりたいという県のお話しでございまして、今後計画策定を行っていくということでございますが、現在その支障木のマップというものを県の方で持ち合わせているということで、なかなか計画的に実施できてないというところでございますが、支障木があるということは認識していると、いうことでございますが、何とか計画的に行っていきたいということはお聞きしておるところでございます。

委員長(中澤 宏君) 庄司喜一君。

22番(庄司喜一君) 堤防の除草についてでございますが、先ほども話しましたが山吉田橋下流左岸と桜岡橋の下流の右岸は7月の半ば過ぎに除草してございます。山吉田橋から下流右岸の国道346の分が、除草が残っているわけでございますので、一緒に、左岸と右岸一緒に除草できるようなふうにしていただければと。いろいろ道路、あるいは堤防の関係でさまざま発注の方法があろうと思いますが、せっかくやられるんでございますので一緒の除草がよろしいんではないかということでなお県のほうに働きかけを早急な対策をでございますが、いかがですか。

委員長(中澤 宏君) 土木監理課長、菅原和夫君。

土木監理課長(菅原和夫君) 堤防の場所によって施工地が違うということですが、確かに山吉田橋から左岸堤防、それから桜岡橋から下流、先に刈られたということでございますが、今年度かなり除草範囲広いということで県のほうでは業者の方に発注はしておりますものの、なかなか7月上旬、それからカメムシ防除の時期を避けまして9月と分けておりますということでございました。区間をなるべく同じような時期にということでございますが、業者の方の段取りということもありまして、同じような箇所で分かれて除草することにつきましては私どもも申し上げていきたいと思いますんで、その辺区間を決めた除草の仕方をこれからも県の方に要望してまいりたいと、いうふうに思います。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。19番、相澤吉悦君。

19番(相澤吉悦君) 成果報告書323ページでありまして、消防体制163名というふうなことですので、その中の成果等は、というふうなことで、消防大学だったり県の消防学校だったり、実務研修だったり、この研修者の163名の中から行っているのかなというふうに思っていますが、今現在163名から研修生が引いていって少なくなってんですけども、登米市の防災守んのに163名定員これで安全は守られますか。なかなかひどい質問だと思うんですけども、正直に言ったほうが私はいいと思いますよ。間に合うなら間に合うでそれでいいんですけども。
    次のページなんですけども、この間の一般質問の中で消防団と一緒に訓練やるべしというふうなことで申しました。さっそく、中継訓練というふうなことで、長沼艇庫で実施したということでございますから非常によかったなと思っております。しばらく消防の人たちとやってその成果、私は、消防団の方たちも、やってよかったと言ってましたんで、その消防団は団ですので署としてやってみて、その成果はどうだったかなというふうなことと2点お願いします。反省点はなかったかもし。

委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。消防長、鈴木軍雄君。

消防長(鈴木軍雄君) まず1点目の消防体制について、平成27年度につきましては職員数163名という人員の中でいろいろな研修に職員を派遣しております。その中で163名のうち平成27年にありましては職員採用した段階で、委員さんもご存知かと思いますけれども消防学校のほうに約1年間学校教育という形で行っております。昨年につきましては10名ほど学校に行っておりますので、実際残り分は153名という体制で現場を守っているわけでございます。そしてその他に委員さんおっしゃいましたように、大学とかその他救急救命の関係とかいろいろな研修等もございまして、そちらのほうには153名の人員のいる中から派遣をいたしまして知識技術を向上させるという形で対応させていただいております。それで、その人員で間に合うのかと言われますと、以前にもありましたけれど、多いに越したことはないんですけれど、なかなかそうも行きませんのでなんとかそういう体制の中で対応させていただいていると。研修の派遣につきましても、かち合わないような研修の選択と必要に応じた派遣という形で対応させていただいております。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) 消防団との中継訓練の結果どうだったかということでございます。消防団と連携した訓練、本来毎年といいますか毎回といいますか、やらなければならないところでございまして、最近は必ず一緒にということでやっております。職員のお話を聞きますと団と一緒になって上手くやれたというようなお話がございます。ぜひ今後とも続けていきながら連携した防御活動が団と一緒にできるように頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。

委員長(中澤 宏君) 19番、相澤吉悦君。

19番(相澤吉悦君) 消防、そうやって一生懸命やってもらっているなと、いうふうなことあります。ただ災害が起きて今行っていると思うかなんだかわからないけれども、ほかのときに災害へ行くとまたそこから10人とか15人とか災害で行きますんで、市長このようなことで、163名、本当にこれでいいんでしょうか。私は足りないんではないかなと思うのですが。たくさんですというのであればたくさんですと言ってください。時間ないのでお願いします。

委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 現場との相談・連携の中でしっかりと機能ができる人員を配置してまいります。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。7番、關 孝君。

7番(關 孝君) 339ページの9款1項4目の水防費に関わってですが、委員各位から指摘があるように、いつこの地域も水害が起こってもおかしくないような気象状況であります。そういった中で27年度さまざまに指摘をして避難をする場所がない。あるいはそういったことにつけて民間事業所も含めて避難所の確保、あるいは避難ルート、そういった訓練に取り組んでいくというふうなお話でございましたがどのように進まれたのか、その成果をお尋ねいたします。

委員長(中澤 宏君) 暫時休憩します。
 
          休憩 午後2時50分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時51分
 

委員長(中澤 宏君) 再開します。防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) 避難所の確保についてということでございます。まずもって、今公共施設の中でまだ指定避難所と指定していないところもございます。そういうところも活用しながら避難所を増やしてくと、避難する方々の人数を確保すると、確保するということではなくて、人数に必要な避難所を確保するということをしてございます。あと今現在民間企業との例えば協定で避難所として受けていただくとか、避難場所として受けていただくとか、というふうな考え方はあるのですが、今現在まだ進んでいないというふうな状況でございます。

委員長(中澤 宏君) 危機管理監、星 茂喜君。

危機管理監(星 茂喜君) 避難に関しては、特に水防、水害に関しては迫であったり中田であったり、公的な施設が実はあまりない状況、これは委員もご承知のとおりかと思います。それも踏まえて例えば一例として、民間企業の最近、迫にも何階建てかのホテルが建ってございます。そういう事例もありますので、一度ホテルと一度協議を、事務レベルの段階なんですが協議をさせた経緯がございます。ただその段階は、例えばホールであったり廊下であったりでは可能というふうなお話しはいただきましたので、現実的にはなかなか難しいのかなというのは、今現在そういう状況下にございます。その辺を踏まえながら再度あたっていきたいなと、このように思っているところでございます。

委員長(中澤 宏君) 7番、關 孝君。

7番(關 孝君) さまざまな指摘の中でハザードマップも見直され、あるいは避難所のあり方も見直されました。地震の避難と水害の避難ということで先般台風が来たときに、ホームページでハザードマップを拝見さしてみました。変更になっておりました。これまでとは違ってですね、水害の時にはここはダメだよということで、迫地域だと水害が想定されるときにはほぼ北方、新田、森しか避難所がないということ、こういった事実をいかに市民の方々にお知らせするかっていうのが非常に大切なことだと思っているんです。そこがどこまで進んできたのかと。今日も実はお昼にお会いした人に、水害が心配なんだけどどこに逃げたらいいのかというお話でした。ですから、やはりそれは家庭のことかもしれませんが、地域の中で、あるいは自主防災組織の中でということで、自分たちが万が一ここが水害になったらどこへ避難すればいいかというふうな具体的な訓練というか周知をやっぱりこれからやっていくべきだろうと。それが避難所を準備することよりも、最も、それ以前に避難するというふうなことが大切なんだろうというふうに思ってるんですが、その周知というかそういったことをどう進めて行くお考えなのかお訪ねします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) まず避難の仕方、その避難の、被害の種類によって避難する場所が違いますよというとろもございます。それにつきましては今年の6月末日に国のほうで浸水想定区域の想定図というものを公表いたしました。あと、早くて今年度末までに宮城県が同じように浸水想定区域の公表する予定でございます。それを受けまして市といたしましては登米市の水害ハザードマップ、浸水想定区域のハザードマップを再度校正いたしまして土砂災害に対してはこの指定避難場所、あと水害に対してはこの指定避難場所ですというふうなところを明らかにしながら市民の皆様にハザードマップを提供していきたいというふうに考えてございます。

委員長(中澤 宏君) 關 孝君。

7番(關 孝君) ハザードマップをつくることも大切なんです。それと同時に今、明日に、明後日に起きることが想定されるわけですので、そういったときにどう命を守っていくかという、個々の、最終的には個々の問題なんですが、高齢者もいますし、その術を持たない方もいますのでぜひ早く、そういった取り組みを早く進めていっていただきたいと申し上げたいと思います。
    それから323ページ9款1項1目の常備消防一般管理費に関わってですが、近ごろ太陽光発電システムがかなり、屋外、屋根の上、それから通常屋外にも設置をされている状況の中で、それに対する防火対策、あるいは万が一火災になったときの消防署員、あるいは消防団員の消火活動における安全対策というのはどのように進められているのか。もし取り組まれておればお尋ねしたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) ソーラーパネルの防御活動ということでございますが、これにつきましては、ご存知のとおりソーラー自体が太陽の光を浴びれば自発的に発電をするということで、消防隊に取りましては大変取扱いの難しい危険なものでございます。ケーブル自体を切断してもパネルで電源を発電をするということでございますので、これの防御対策といたしましては厚手のシート、防炎防水シートといったものを覆って発電を止めて災害にあたるということで、感電対策につきましては十二分に団員も含めまして活動時には周知しながら行っているというところでございます。なお現在のところ、登米市管内では実例はございません。

委員長(中澤 宏君) 關 孝君。

7番(關 孝君) 一番危険なのは蓄電というかPVモジュールというふうな表現をされるようなんですが、そういった部分に関しては市の火災予防条例でしたか、蓄電池の設置ということでさまざまに届出、あるいはそれに伴う指導とかというふうな、なされていると思うんで、そういった申請件数、指導件数というのはこれまであるのかどうかお尋ねいたします。

委員長(中澤 宏君) 予防課長、佐々木章弘君。

予防課長(佐々木章弘君) 委員のご質問にお答えします。届出はございます。ただ件数といいますと手持ち資料ではないので。市の施設でもリチウムイオン電池を使った蓄電設備は設置されております。

委員長(中澤 宏君) 關 孝君。

7番(關 孝君) そういった場合に具体的に、届け出が出されるということになれば、設置位置については安全性を十分に保ち、もし万が一火災のときにはそういった消火活動に支障を来さない場所ということが求められていると思うんですがそういった指導もきちっと成されているというふうに理解してよろしいでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 予防課長、佐々木章弘君。

予防課長(佐々木章弘君) お答えします。それで、条例どおり設置されていますので、指導どおり設置されております。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。
    質疑がまだあるようでございますので、ここで10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後2時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時02分
 

委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。質疑ありませんか。21番、及川長太郎君。

21番(及川長太郎君) 333ページの防火水槽設置費の中で、防火水槽2基撤去しました。この補充はできましたでしょうか。それから充足率、防火用水は大変必要な設備でございます。今後の進め方ありましたらお願いします。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) 防火水槽の撤去2基、完了したかということで、これは、2基、どちらも米谷地区でございますが、上の寺沢地区につきましては代替の防火水槽を設置してございます。下の元町、町の中でございますが、これは近隣に防火水槽、消火栓がございまして、この撤去したものにつきましては市道の下にあるということで経年劣化も含めまして、水漏れが激しいために、道路下ということもありまして撤去いたしました。これは近隣のもので賄ってございます。
    現在の水利の充足率につきましては66.9パーセントでございます。
    防火水槽の設置予定につきましては、今現在毎年度5基ずつ新設で設置をしていきたいというふうに計画をしてございますが、防火水槽も40年以上の経過した古いものがまだたくさんございます。現在の数でいいますと1,288基ございますが、これらの古いものも撤去計画も持ちながら今現在は新設の5基ずつということで進めさせていただいております。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。20番、熊谷憲雄君。

20番(熊谷憲雄君) 成果説明書の339ページ、ハザードマップについてご質問いたします。来年県北高規格道路、加賀野まで完成ということですけども、そうした場合に、先ほど7番委員も話しておりましたが、今はこういうように予想できない豪雨とかいろいろな災害起きてます。もし北上川等が、堤防が決壊したときに今までのハザードマップでは対応できないんじゃないか。避難経路から避難場所、まるで変わってくるんじゃないかと思うんですけども、どのようにお考えですか。

委員長(中澤 宏君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) 北上川のハザードマップというお話でございます。現在のところ、先ほどもお話し申し上げましたが今年の6月末で国交省のハザードマップ浸水想定区域というものが公表されました。その中身につきましてはあくまで地図の中でこの部分が危険ですよというふうな、図面上の公表ということになってございます。それをもちまして、登米市のハザードマップをつくるというのはなかなか難しいところがございます。その中身についてよくよく精査をしながら、あと県の浸水想定区域のマップができた時点で、登米市のものを、より完成度の高いものをつくりまして市民の皆様に提供させていただくというふうに考えてございます。

委員長(中澤 宏君) 20番、熊谷憲雄君。

20番(熊谷憲雄君) 私のすぐ近くに県北高規格道路のすぐ近くで耕作している田んぼもあるんですけども、結構な高さですよ。土手が築かれているようなもんで、もし豪雨等で決壊した場合に、中の、本当に決壊した内水の方たちはどこに避難したらいいか。これはそういうことを待っていてというんではなくて、早急な対策をしなくちゃないんじゃないかと、いや本当に安心安全を市民の皆様に標榜している布施市長でございますので、職員の方もぜひあの高規格道路の内側で堤防が決壊した場合はかなりの人的被害も出てくるんじゃないかと、そう危惧するわけでございますけども、もう1回お願いします。

委員長(中澤 宏君) 暫時休憩します。
 
          休憩 午後3時14分
────────────────────────────────────────────
          再開 後3時14分
          

委員長(中澤 宏君) 再開します。危機管理監、星 茂喜君。

危機管理監(星 茂喜君) 委員おっしゃるとおり東日本大震災の洪水のときも、津波のときも、既存の三陸道、これが防波堤の役目をして大勢の命を救ったと、このようなお話も私も聞いてございます。現実的にも私も見に行ったことございます。確かに大きな役割を果hたす、このように思ってございます。先ほど課長が話したように、国の防災マップはまだA3版的なものなんですが、今までの防災マップより、より詳細な部分の色付けをしてございます。それも含めて、さらに…。
    一つには、私も傾斜的なものがあれば、今その三陸自動車についても階段というのが設置をしているように、このようなお話も聞いてございますが、そのようなことがもしできれば設置をしていただければいいのかな、これも一つの案なのかなとは思ってございます。
   ただ当然、内側で発生した場合、越流した場合の避難経路につきましては、まだ当方も検証していませんのでより安全な場所の避難所の設定について構築してまいりたいと、このように思います。
    今現在既存のハザードマップ、先ほどお話しをした状況にプラスアルファして、道路ができて、当然水の流れも変わるわけですからそのような部分も踏まえて、新たなハザードマップになるように申し入れていきたいと、このように思ってございます。

委員長(中澤 宏君) 20番、熊谷憲雄君。

20番(熊谷憲雄君) とにかく、悠長なことは言っていられないので、ぜひ早目にスピード感を持ってハザードマップの作成、本当に人の命が関わることでございますので、早めにお願いしたいということで終わります。

委員長(中澤 宏君) 12番、佐藤尚哉君。

12番(佐藤尚哉君) 319ページでお願いしたいと思います。定住促進住宅の管理費なんですけれども、今回、積立金に1,320万円ほど積立金。また基金として2億2,491万円ほどございます。今回外壁の改修工事などしておりますけれども、前に大分古くなりましてシャワー等の設置が必要だということでお話ししましたけども、そうしたことはどういうふうな計画になっておるでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 住宅都市整備課長、小野寺克明君。

住宅都市整備課長(小野寺克明君) 以前にシャワー等の設置ということでご質問いただいた際には今後調査というような回答をしてございます。
    現在、中田の定住促進住宅につきましては、来年度給水管、排水管等の改修を予定してございます。それに合わせた形で交換をしてまいりたいと考えてございます。以上です。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。22番、庄司喜一君。

22番(庄司喜一君) 先ほどの河川のことについて、休憩中に時間調整をしましたところ、若干ありますので。以前、震災の前は河川愛護ということで消防団の方々が河川敷の役というかそういうのをしたのですが、震災後放射能関係でということである地区が中止になっている。先ほどお話しした区域でございます。今、いろいろ見ますれば、市内で石越のほうでも全部迫の堤防を焼いたり、あるいは夏川もですか。あるいは野谷地地区の堤防等々春先に焼いて雑草対策に対して非常にいいというふうな、見受けられるんですが、先ほど話した区域はまだ解除なされてないのか、やはりある程度春先に焼却処分すれば立木の成長も止まることがありましょうし、胡桃の木がいっぱいありまして、今アメリカシロヒトリが大変こう、河川敷の胡桃の木に繁殖してございまして、それらの防除にもつながるんではないかと思いますが、その辺の見通しはどうなっているんでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 建設部次長、主藤正敏君。

建設部次長(主藤正敏君) お答えします。春先の野焼きの件ということでございます。これまで震災を受けて放射能の関係があって、一時中田、石越等、南方で一時中止をしておりました。ただ検査の結果放射能物質問題ないということで野焼きについては、3カ所については再開していると。今委員のお話しの箇所で以前野焼きをされてたかどうかについて我々の方として把握してございませんので、後ほど支所を含めて、その辺の経緯を含めて確認をさせていただいて取り組みについてどのようにできるか確認をさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(中澤 宏君) これで8款土木費、9款消防費の質疑を終わります。
    ここで説明員の入れ替えのため暫時休憩します。
 
          休憩 午後3時21分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時23分
 

委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。次に10款教育費について質疑を行います。質疑ございませんか。1番、熊谷和弘君。

1番(熊谷和弘君) 成果説明書の377ページの図書館の関係でございますけれども、成果ということで、雑誌スポンサー制度の推進、それから「読んだらスタンプ」の浸透で、昨年度比で11パーセントの増となったということでございますけれども、この、例えば利用者数ですね、例えば男女比だとか、あるいは小中高とか、そういった細かい分類というのはしていないのかできないのか必要ないと考えているのかこの辺あたり、いかがでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 図書館からの資料なんですけれども、町域別の貸出人数ということで、その中では男女も押さえてございます。それで見ますと、男性が7,279、女性が1万4,887というような状況になってございます。これに団体がプラスしてあるというような状況であります。

委員長(中澤 宏君) 1番、熊谷和弘君。

1番(熊谷和弘君) 今、やっぱりただ、全体で11パーセントというよりは、例えば小・中だとか、子どもの部分が増えているとか、そういうのがわかれば余計、成果としても把握できるのではないかなと思っております。
    次に、「読んだらスタンプ」が浸透してるということでございますけれど、やっぱりこういった習慣ていうのはいいかと思います。今回の議会でも出ましたし、私も以前一般質問でさせていただきましたけれども、「読書通帳」ですね。やっぱりこういったのも、そろそろ導入すればさらにいい成果が出るんじゃないかなと思いますけれども、この辺あたりいかがでございましょうか。

委員長(中澤 宏君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 今「読んだらスタンプ」ということでやっておりますけれども、「読書通帳」の効果等も比較いたしまして図書館とあわせて検討してみたいと考えております。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。5番、工藤淳子君。

5番(工藤淳子君) 3点伺いたいと思います。353ページの成果のところにけやき教室の実績が載っていますけども、これに関して27年度28年度不登校の子どもたちはどのくらいいるのか。小学校、中学校あわせてお聞きしたいのと、357ページに学校の中で、小中行ったアンケート調査を行って、いじめや不登校の問題で指導に反映することができたって成果が載ってますけど、どういう内容か、簡単でいいので、おおざっぱなとこでいいんで、その内容。それから364ページに幼稚園の、28年度実施する預かり保育の整備をしたってなってるんですけど、今年の、実際に日常的にも預かり保育、幼稚園やっていると思うんですけれど、それから今年の夏休みも行ったと思うんですけれど、大体の人数でどのくらい子どもたちがいたのか。その辺お願いします。

委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) 初めに、まず不登校のけやき教室の実績ということでございます。昨年度不登校のけやき教室に通級していた子どもは8名でございました。そのうち4名が中学校の卒業生でございます。その卒業した子どもたちは全て高校に進学をしております。それから学校に復帰した子どもが1名であります。そして継続している子どもが4名いるというのが現在の実績でございます。ちなみに今年度は10名子どもたちがけやき教室に通級しているということでございます。それから全体の不登校の数でございます。昨年度末の数でありますが、中学校では95名でございます。それから小学校が18名、計113名の子どもたちが不登校ということでございました。
    それからアンケートの活用についてということでございますが、年に2回、5月、それから10月、11月ごろに実施をしております。これにつきましては学校でつまりいじめを受けたとか受けていないとか、いじめの内容でどのようなものがあったか。例えば、無視された、あるいは悪口を言われた、あるいは叩かれた。そのようなさまざまな細かい項目ごとに自分たちがした、またはされたという数を調査いたします。もちろん具体的に分かる、特定できる子どもについては、そのときその子どもたちにも指導いたしますが、全体の傾向として登米市ではこういうような実態が今、傾向あるんだと、例えば仲間外れ、無視をするような傾向がある。あるいは叩く、あるいは叩かれる児童生徒が多い、悪口を言われる児童生徒が多いということが、それで調査の結果わかりますので、それに基づいて各学校で具体的に指導していただくと、そのような形で数を減らすと、いうような取り組んでいるところです。

委員長(中澤 宏君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 本年度の預かり保育ですが4園で実施しております。手元に詳細の資料がございませんので後ほど提出させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

委員長(中澤 宏君) 工藤淳子君。

5番(工藤淳子君) この不登校、昨年も質問したんですけども、26年度と比べると、確か64、5人だったかなって中学生のほうはね。小学校はそれぐらいだと思うんですけれど、増えているのかなと思うんですけれど、昨年も言ったんですけれど、本当に、学校の先生方は日常の、1日の、昼間の授業で本当、精一杯頑張ってらっしゃると思うんですけども、その中でけやきに来ている子どもさんたちはたった8人ということで、あとの子どもたちはどうなってんのかなと心配になります。前に聞いたときは、小学校が今、けやきのほうに行ってないんですけど、行ってみると中学校の子どもさんたちがいるので、小さい小学校の子どもたちはなんとなく入りづらくて行けないという状況をお母さんから聞いたことがあります。どこかフリースクールとか、そういう所につながってればいいんですけど、そうでない場合は本当に、家庭で閉じこもりきりになってんのかなと。そういう中では訪問指導員の先生方現在7人。去年もそのぐらいだったと思うんですけど、親にとって本当にこう、1番頼りにしたいのが訪問指導員の先生方なんですよね。そして今は週に1回しか、多分行ってないと、訪問してないと思うんですけど、そういう現状があると思うんですけど、その辺の置かれてる状況、もう少し去年も言ったんですけど、せめてもう1回増やせないのかなということをお聞きしたいのと、それからアンケートではそういうので、早めに対処できるのはいいと思います。
    それから今の預かり保育4園やってんのは書いてわかるんですけど、子どもたちが何人ぐらいいるのかそれをお聞きしたかったんですけれど、もう1回その辺お願いします。

委員長(中澤 宏君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 申しわけございませんでした。それぞれの園での保育型預かり保育と預かり保育ごとの人数なんですが、今手持ちの資料がございませんので後ほど提出させていただきたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 活き活き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き活き学校支援室長(菊 祐二郎君) ただ今工藤委員のお話のとおりであります。先生方大変忙しい中、不登校児童生徒に対して本当に熱心に対応していただいているところでございます。
    訪問指導員のお話しがありましたけれども、お話のとおり昨年度は7人の訪問指導員の方にお願いをし、週に1回程度、多い子で1回2回ぐらいなんですけれど、各家庭に訪問して指導する、あるいは各学校の個別の教室に行って指導するといったようなことを取り組んでいただいておりました。13名の子どもたちの対応ということでありましたので、確かに全体の不登校生徒児童の数からみればまだまだ少ないかなということでございますし、なかなか指導の時間につきましても週1時間程度ということで、この辺は検討しながら可能な限り子どもに合った方法を見つけていきたいと思います。ただ働きかけとしましては教育委員会、あるいは学校からも不登校の児童生徒の家に対しては、こういう制度ありますからぜひ活用しませんかというようなことは積極的にやっていただいているところであります。

委員長(中澤 宏君) 工藤淳子君。

5番(工藤淳子君) 不登校の、学校に来てる、入ってれば先生方にとってはクラスの中でのその子どもはすごく気になると思うんですけども、学校にとっては、卒業しちゃえば、責任はそこで、こんな言い方悪いんですけどもね、なくなるって気にはなってても、何年か経てば、するんですけど、親にとっては本当にいろんな事情で一旦不登校になると、ずっと長年やってる子どもたちが、見てると多いんで、そういう中で、子どもを持っている親にとっては本当に本当に長い道のりで、どこにこう、よくやってるな私は見てて思うんですけど、そういう中の手助けを、少しでも解消できるような方向。県の方も全体にすると宮城県は中学生がすごく多いということで、県もいろいろとやっていると思んですけれど、そういう対応の中でもう少し何とかならないのか、その辺をもう少しお願いしたいのと、それから、大体の人数、幼稚園の預かり保育、大体でいいんです。はっきりした何人ていう、分かんなくとも、何十人の単位でいいのでどのくらいいるか、その辺、もう1回お願いします。

委員長(中澤 宏君) 活き活き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き活き学校支援室長(菊 祐二郎君) 不登校児童を抱えたご家庭の方も大変御苦労されているということであります。教育委員会としてはとにかく相談できる機関といいますか、その取り組みをできるだけ多く行いたいというふうに考えております。そういう意味ではSSWといった、訪問指導員、あるいは相談員の方の活用それから登米市教育研究所ではカウンセラーも1人配置をさせていただいております。保護者の方の相談等も随時受け付けることにしておりますし、各学校にもスクールカウンセラーに方がいらっしゃいます。そういう場所でできるだけ保護者の方の相談も受けながらご負担を減らしていきたいと考えております。

委員長(中澤 宏君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 預かり保育でございますが、待機児童の解消ということで従来の預かり保育8時半からの預かり保育に加えて、今年度から7時半から6時半まで延長した保育所型預かり保育を始めているところでございます。こちらについては保育にかけるということで保育所と同様の条件で書類を審査いたしましての預かり保育となっておりますので、多くても10人台、少ないところは3、4人程度の預かり保育となってございます。

委員長(中澤 宏君) 工藤淳子君。

5番(工藤淳子君) 不登校に関してはこれからも長い道のりで、大変だと思うんですけど、公の場に出ていけない子ども、親も多いと思うんで引き続き努力していただきたいなと思います。
    預かり保育のほうでは、今年も夏休みで少ないところで3人から10人て出てましたけども、預かり保育、あるお母さん、預かり保育をやってない幼稚園のお母さん、大変そうで、「預かり保育利用しないんですか」と聞いたら、「自分の園でやってなくて別の保育園に行くのは子どもも慣れてないから預けられない」みたいな、そういう言い方してたし、それから保育士さんのほうも、やってない幼稚園の多分非常勤の先生かなと思うんですけども、幼稚園のその4カ所、やってる幼稚園に行かなくちゃないんだ、とこう、夏休み前にそういう保育士さんもいて、もう少し各園で、そういう状況ではないんでしょうけども、そういう解消、いつまでこれ、こういう形でやっていくのかなと、やり方の面でどうなんだろうと思いました。昨日の質疑の中で、16番の田口議員や浅野議員が保育士の待遇の問題に質問が出ましたけども、その中で公立の保育士がどのくらい足りないかというと19人と言いましたけど、この中に幼稚園の保育し、幼稚園教員もかなり不足していると思うんですけども。19人というのは公立だけの保育園で、民間も含めると相当の数がいると思うんですね。それの市の方の答弁の中にどうやってやっていくんだというときに、任期付きの保育士12人いるので、こういう方たちでとりあえずは補っていきたいて、いう答えがあったんですけど、任期付き職員の方たちは今年と来年の2年間だけなんですよね。本当にその2年間過ぎた30年、こども園も開始される時期なんですけども、それまでのつなぎっていう感じだと思うんですけど、その待遇はどういうふうに考えているのか。まだ考えてないんだかも知れませんけども、その点をお願いします。

委員長(中澤 宏君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) さっきの質問で保育所側の不足数については今、委員がおっしゃるような人数ですけども、教育委員会として、幼稚園教諭の任期付きの職員についても、実際は10名程度の任期付きの採用を予定していたんですけども、辞退等がありまして採用できたのは7人というような状況でございます。3名は不足しているかなと思ってございます。任期付きで当てています役割と申しますか、職務についてはほぼクラス担任で予定しておりましたので、さっき申し上げた預かり保育拡大分のクラス扱いにしておりますので、その意味で言うと3クラス分と申しますか、本来はもう3人いればクラスはほぼ充足できたのかなというふうに思ってございます。
    将来的にはどうなんだということは、任期付きの採用の職員を2年でなくもっと長くするいわゆる計画はあるのか、ということだと思いますけれども、それについては前にもお答えてしているとおり、こども園化の状況を見ながら、必要に応じて必要数の職員の確保は図っていかなければなりませんのでその状況を見ながら市民生活部のほうとも協議しながらやっていきたいと思ってございます。

委員長(中澤 宏君) 工藤淳子君。

5番(工藤淳子君) 私は10人いると思ったらそうじゃなかったということですけれども、任期付き職員、募集するときも登米市はたったの2年なんですけれど、大崎市のほうは5年と長期で、他のところは長くやっているのに、なんで短いのかなと私は疑問だったんですけども、この応募した方たちも何人か声を聞いてみると、本当に、2年過ぎたら自分たちの身分どうなるのか、本当に保育園に勤められるかどうかわからないとそういう不安の中でも、長年、応募資格が確か現場の経験が5年以上といっているんで、ほとんどの方が本当に10年近くあるいはそれ以上の方も、非常勤で臨時の職員として働いていた方たちが多いのかなと思うし、そして両方、幼稚園と保育士の両方の資格を持っている方が多いと思うんですけども、こういう方たちがせっかくいる中でこのままやっていったら、近隣の市町村にこの条件で働き続けたら引っ張られる可能性もあるんじゃないかないかなと思うと、私はこれは市長へお聞きしたいんですけど、この任期付きの職員の方たち、せめて正規の職員にする考えはないか伺いたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 今後こども園の整備、保育環境を整えて行くわけでございます。そういった状況の中で適切な人員の確保は図らなければなりませんし、それは公立もそうでありますし、私立も恐らく同じような状況が想定されるわけでございます。全体として必要な保育幼児教育に関する資格者は官民あわせて恐らく相当の人数が必要になることが想定されるという状況もございます。そう言った中でどういった体制と環境を市として整える必要があるのか、そういった状況等も踏まえながら、判断してまいりたいと考えております。

委員長(中澤 宏君) 工藤淳子君。

5番(工藤淳子君) 必要に応じてということなんですけども、昨日の質疑の中でも保育所の待機児童27年度で96人。基準とその他に合わせると96人。28年は66人。産休を取っている方なども含めるともっと増えるんじゃないかという昨日、そういう答弁だったんですけど、それにあわせると本当に保育士は年々年々資格を持っている方はいっぱいいるんですけど、例えば幼稚園のほうでも資格を持ってても、何年か前に預かり保育のほうに行くんであれば私は辞めると、資格を持って別の仕事をやっている方も随分いらっしゃいますよね。だからそういうことを考えると、今登米市にいる保母さんたち、資格をもっる方たちをもう少し大事に優先的に早目に、それが必要に応じて30年を待つ前にぜひ判断していただきたいと要望して終わります。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。4番、氏家英人君。

4番(氏家英人君) 成果説明書の366ページなのですが、社会教育総務費の部分でお尋ね申し上げます。昨年度社会教育委員会議、公民館運営審議会、それから青少年問題協議会、そして図書館協議会これらさまざま会議が開催されておりまして、ちょっと気になるのは4番目の図書館協議会の部分でございます。昨年度3回の協議のうち、図書館運営につて、図書館施設管理について、それから図書館構想についてという部分で会議を持ったようでございますけれども、この図書館構想についての部分でお尋ねしますが、現在登米市には、迫図書館それから登米図書館、そしてもう一つは中田図書室、この三つがありますけれども、この3つのこれからの三つの構想についての協議をしたのですか。

委員長(中澤 宏君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 第3回目の図書館協議会の中で、図書館構想についてということを協議しました。11月に図書館構想ということで、教育委員会で策定をしたものでございますけれども、実は、平成25年頃から準備をいたしておりまして図書館協議会のほうには諮問等をしておりました。この諮問の中で中間の答申を確か26年の3月にいただいておりました。その後また手を加えまして、成案というか最終案を策定いたしました。その最終案を協議していただいたのが11月19日の3回目の図書館協議会でございます。登米市全体の図書館のあり方というか構想を策定したものでございます。

委員長(中澤 宏君) 4番、氏家英人君。

4番(氏家英人君) 既存の図書館の案ではなくて、新たな登米市の人口規模に見合った図書館というものはどういうものかということを協議してもらったという形なんですね。それではさらにお聞きしますけれども、その中で、よく新庁舎の問題と絡むかもしれませんけれども、例えば新庁舎の2階に図書館が、などというような案がございますが、その辺のことまでこの図書館協議会では協議をしたんでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 構想の中では望ましい新図書館の建設場所のあり方ということは協議してございます。この中では、新図書館の建設場所については祝祭劇場周辺も含めて、市民が集まりやすく交通の便がよい場所を選定していくことし、例えば新庁舎周辺、大型ショッピングセンター周辺等が考えられますという記述になっております。ただこの協議の中で図書館の市民会議の中で、庁舎と図書館という案も出ているというようなご説明はいたしております。以上であります。

委員長(中澤 宏君) 氏家英人君。

4番(氏家英人君) 庁舎の中にという案も出ているといったときに、協議会の皆様はどのような反応を示されました。

委員長(中澤 宏君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) その場では庁舎と一緒につくるとかそういったことは考えておらないというような皆さんの反応であります。

委員長(中澤 宏君) 氏家英人君。

4番(氏家英人君) 時間がないのでこれ以上はあれですけれど、実は図書館協議会のメンバーの1人が非常に憤慨した形で私の事務所に来たことがあります。一緒にするなと。強く言われましたので今確認取ってみただけです。あと時間がないのでここでやめたいと思います。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありますか。6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 成果説明書の389ページ。博物館活動費についてであります。常任委員会でこの辺についてはお話を伺ったことがございますが、不十分かと思いますし、また担当の枠を、分を越えるようなことになろうかと思いますので、その際はこちらでお答えをいただきたいというふうに思います。
    高倉勝子美術館の指定管理するときの、指定するときの計画と実績について大分かい離があるというふうに私は見ておるんですが、27年は2年目でしょうか、この暦年でその違いを教えていただきたいと思いますし、入館者数以外にも計画実績のかい離があればそのこともあわせてお聞きをしたいと思います。

委員長(中澤 宏君) 文化財文化振興室長、佐藤貞光君。

文化財文化振興室長(佐藤貞光君) 高倉勝子美術館の指定管理受託のときの計画値と実績値についてご説明申し上げます。26年度の計画値につきましては7,000人を計画値としておりまして、実績は3,346人でございました。計画値の約48パーセント。27年度につきましては8,500人を計画値としておりまして、実績値は3,724人ということで44パーセントというふうな実績でございました。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 入館者数以外にも計画と実績で違う点があると思ってますが、その辺はどうでしょうか。

委員長(中澤 宏君) 文化財文化振興室長、佐藤貞光君。

文化財文化振興室長(佐藤貞光君) 失礼いたしました。事業自体は企画展、それから常設展については計画どおりというふうに判断しております。ただ一部人員配置のところで学芸員を配置するというふうなご説明でしたが、途中で学芸員についてはやめております。以上でございます。

委員長(中澤 宏君) 浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 確か3年の指定期間だったでしょうか。そうしますと今3年目なので来年からは更新ということになろうかと思いますが、引き続き指定されるんでしょうか。これは多分公募という形を取るんでしょうが、いわゆる適切な審査をぜひお願いしたいと思います。この辺につきましては、やっぱり行政の信頼性を損なうことがあってはこれからの協働のまちづくりでも何でもうまくいかないと思いますので、ぜひこれからいろんな指定管理のことが出てまいりますでしょうから、その辺の基本的な考えについて、選定委員長はどなたになるかわかりませんが、選定委員長さんあるいは市長、どちらかでも結構ですのでお聞かせをいただきたい。

委員長(中澤 宏君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 私が指定管理者選定委員会の委員長を務めさせていただいております。今年度予定しておりますのはただ今お話をいただきました高倉勝子美術館でありますとか、あるいは三滝堂のほうに新たな道の駅等ございます。そういうもので期限が来たもの、の中で特に公募の部分についてはその委員会の中で審査をさせていただくことになります。予定としては来月中旬ぐらいから具体的に公募の結果を受けた審査を行ってまいりますが、前回も同様でありますが、民間委員含めて適切な審査をさせていただきたいというふうに考えてございます。

委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。
    それではまだまだあるようでございますので、審査の途中でありますが、本日の会議はこの程度とし散会したいと思います。
    なお次の会議は明日9月16日午前10時から行います。
    本日はこれで散会します。御苦労さまでした。
          
────────────────────────────────────────────
          散会 午後3時56分
 
 
 
 
 
 
 

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>