•   0  (日程・名簿)
  •   1  議長(沼倉利光)
  •   2  企画部長(秋山茂幸)
  •   3  議長(沼倉利光)
  •   4  総務部長(千葉博行)
  •   5  議長(沼倉利光)
  •   6  企画部長(秋山茂幸)
  •   7  議長(沼倉利光)
  •   8  総務部長(千葉博行)
  •   9  議長(沼倉利光)
  •  10  市民生活部長(新井誠志)
  •  11  議長(沼倉利光)
  •  12  総務部長(千葉博行)
  •  13  議長(沼倉利光)
  •  14  福祉事務所長(加藤均)
  •  15  議長(沼倉利光)
  •  16  市民生活部長(新井誠志)
  •  17  議長(沼倉利光)
  •  18  福祉事務所長(加藤均)
  •  19  議長(沼倉利光)
  •  20  市民生活部長(新井誠志)
  •  21  議長(沼倉利光)
  •  22  福祉事務所長(加藤均)
  •  23  議長(沼倉利光)
  •  24  市民生活部長(新井誠志)
  •  25  議長(沼倉利光)
  •  26  福祉事務所長(加藤均)
  •  27  議長(沼倉利光)
  •  28  市民生活部長(新井誠志)
  •  29  議長(沼倉利光)
  •  30  福祉事務所長(加藤均)
  •  31  議長(沼倉利光)
  •  32  市民生活部長(新井誠志)
  •  33  議長(沼倉利光)
  •  34  環境事業所長(千葉祐宏)
  •  35  議長(沼倉利光)
  •  36  市民生活部長(新井誠志)
  •  37  議長(沼倉利光)
  •  38  産業経済部長(千葉雅弘)
  •  39  議長(沼倉利光)
  •  40  農業委員会事務局長(菅原貞治)
  •  41  議長(沼倉利光)
  •  42  産業経済部長(千葉雅弘)
  •  43  議長(沼倉利光)
  •  44  建設部長(中津川源正)
  •  45  議長(沼倉利光)
  •  46  消防長(鈴木軍雄)
  •  47  議長(沼倉利光)
  •  48  総務部長(千葉博行)
  •  49  議長(沼倉利光)
  •  50  教育部長(志賀尚)
  •  51  議長(沼倉利光)
  •  52  企画部長(秋山茂幸)
  •  53  議長(沼倉利光)
  •  54  議長(沼倉利光)
  •  55  9番(中澤宏)
  •  56  議長(沼倉利光)
  •  57  財政課長(千葉清)
  •  58  議長(沼倉利光)
  •  59  9番(中澤宏)
  •  60  議長(沼倉利光)
  •  61  財政課長(千葉清)
  •  62  議長(沼倉利光)
  •  63  17番(田口政信)
  •  64  議長(沼倉利光)
  •  65  市民協働課長(佐藤靖)
  •  66  議長(沼倉利光)
  •  67  市民協働課長(佐藤靖)
  •  68  議長(沼倉利光)
  •  69  工業振興課長(伊藤秀樹)
  •  70  議長(沼倉利光)
  •  71  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  72  議長(沼倉利光)
  •  73  農村整備課長(可野嘉裕)
  •  74  議長(沼倉利光)
  •  75  営繕課長(小野寺友夫)
  •  76  議長(沼倉利光)
  •  77  17番(田口政信)
  •  78  議長(沼倉利光)
  •  79  市民協働課長(佐藤靖)
  •  80  議長(沼倉利光)
  •  81  工業振興課長(伊藤秀樹)
  •  82  議長(沼倉利光)
  •  83  農村整備課長(可野嘉裕)
  •  84  議長(沼倉利光)
  •  85  営繕課長(小野寺友夫)
  •  86  議長(沼倉利光)
  •  87  17番(田口政信)
  •  88  議長(沼倉利光)
  •  89  市長(布施孝尚)
  •  90  議長(沼倉利光)
  •  91  農村整備課長(可野嘉裕)
  •  92  議長(沼倉利光)
  •  93  23番(二階堂一男)
  •  94  議長(沼倉利光)
  •  95  医療局次長(大森國弘)
  •  96  議長(沼倉利光)
  •  97  教育部長(志賀尚)
  •  98  議長(沼倉利光)
  •  99  医療局次長(大森國弘)
  • 100  議長(沼倉利光)
  • 101  医療局次長(大森國弘)
  • 102  議長(沼倉利光)
  • 103  建設部長(中津川源正)
  • 104  議長(沼倉利光)
  • 105  23番(二階堂一男)
  • 106  議長(沼倉利光)
  • 107  教育部長(志賀尚)
  • 108  議長(沼倉利光)
  • 109  建設部長(中津川源正)
  • 110  議長(沼倉利光)
  • 111  医療局次長(大森國弘)
  • 112  議長(沼倉利光)
  • 113  23番(二階堂一男)
  • 114  議長(沼倉利光)
  • 115  営繕課長(小野寺友夫)
  • 116  議長(沼倉利光)
  • 117  議長(沼倉利光)
  • 118  6番(浅野敬)
  • 119  議長(沼倉利光)
  • 120  水道事業所長(佐藤和哉)
  • 121  議長(沼倉利光)
  • 122  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 123  議長(沼倉利光)
  • 124  商業観光課長(遠藤亨)
  • 125  商業観光課長(遠藤亨)
  • 126  議長(沼倉利光)
  • 127  商業観光課長(遠藤亨)
  • 128  議長(沼倉利光)
  • 129  工業振興課長(伊藤秀樹)
  • 130  議長(沼倉利光)
  • 131  医療局次長(大森國弘)
  • 132  議長(沼倉利光)
  • 133  6番(浅野敬)
  • 134  議長(沼倉利光)
  • 135  医療局次長(大森國弘)
  • 136  議長(沼倉利光)
  • 137  監査委員事務局長(遠藤仁)
  • 138  議長(沼倉利光)
  • 139  6番(浅野敬)
  • 140  議長(沼倉利光)
  • 141  監査委員事務局長(遠藤仁)
  • 142  議長(沼倉利光)
  • 143  15番(佐藤恵喜)
  • 144  議長(沼倉利光)
  • 145  議長(沼倉利光)
  • 146  市民生活部長(新井誠志)
  • 147  議長(沼倉利光)
  • 148  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 149  議長(沼倉利光)
  • 150  工業振興課長(伊藤秀樹)
  • 151  議長(沼倉利光)
  • 152  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 153  議長(沼倉利光)
  • 154  15番(佐藤恵喜)
  • 155  議長(沼倉利光)
  • 156  市民生活部長(新井誠志)
  • 157  議長(沼倉利光)
  • 158  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 159  議長(沼倉利光)
  • 160  工業振興課長(伊藤秀樹)
  • 161  議長(沼倉利光)
  • 162  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 163  議長(沼倉利光)
  • 164  15番(佐藤恵喜)
  • 165  議長(沼倉利光)
  • 166  工業振興課長(伊藤秀樹)
  • 167  議長(沼倉利光)
  • 168  5番(工藤淳子)
  • 169  議長(沼倉利光)
  • 170  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 171  議長(沼倉利光)
  • 172  5番(工藤淳子)
  • 173  議長(沼倉利光)
  • 174  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 175  議長(沼倉利光)
  • 176  25番(岩淵正宏)
  • 177  議長(沼倉利光)
  • 178  総務部次長兼税務課長(冨士原徹)
  • 179  議長(沼倉利光)
  • 180  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 181  議長(沼倉利光)
  • 182  教育部長(志賀尚)
  • 183  議長(沼倉利光)
  • 184  25番(岩淵正宏)
  • 185  議長(沼倉利光)
  • 186  総務部長(千葉博行)
  • 187  議長(沼倉利光)
  • 188  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 189  議長(沼倉利光)
  • 190  教育部長(志賀尚)
  • 191  議長(沼倉利光)
  • 192  10番(佐々木一)
  • 193  議長(沼倉利光)
  • 194  市長公室長(佐藤裕之)
  • 195  議長(沼倉利光)
  • 196  商業観光課長(遠藤亨)
  • 197  議長(沼倉利光)
  • 198  10番(佐々木一)
  • 199  議長(沼倉利光)
  • 200  市長公室長(佐藤裕之)
  • 201  議長(沼倉利光)
  • 202  産業経済部長(千葉雅弘)
  • 203  議長(沼倉利光)
  • 204  10番(佐々木一)
  • 205  議長(沼倉利光)
  • 206  議長(沼倉利光)
  • 207  市長公室長(佐藤裕之)
  • 208  議長(沼倉利光)
  • 209  産業経済部長(千葉雅弘)
  • 210  議長(沼倉利光)
  • 211  教育部長(志賀尚)
  • 212  議長(沼倉利光)
  • 213  4番(氏家英人)
  • 214  議長(沼倉利光)
  • 215  教育部長(志賀尚)
  • 216  議長(沼倉利光)
  • 217  4番(氏家英人)
  • 218  議長(沼倉利光)
  • 219  教育部長(志賀尚)
  • 220  議長(沼倉利光)
  • 221  4番(氏家英人)
  • 222  議長(沼倉利光)
  • 223  教育部長(志賀尚)
  • 224  議長(沼倉利光)
  • 225  14番(浅田修)
  • 226  議長(沼倉利光)
  • 227  教育部長(志賀尚)
  • 228  議長(沼倉利光)
  • 229  企画部長(秋山茂幸)
  • 230  議長(沼倉利光)
  • 231  工業振興課長(伊藤秀樹)
  • 232  議長(沼倉利光)
  • 233  議長(沼倉利光)
  • 234  企画部長(秋山茂幸)
  • 235  議長(沼倉利光)
  • 236  14番(浅田修)
  • 237  議長(沼倉利光)
  • 238  工業振興課長(伊藤秀樹)
  • 239  議長(沼倉利光)
  • 240  総務部長(千葉博行)
  • 241  議長(沼倉利光)
  • 242  1番(熊谷和弘)
  • 243  議長(沼倉利光)
  • 244  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 245  議長(沼倉利光)
  • 246  1番(熊谷和弘)
  • 247  議長(沼倉利光)
  • 248  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 249  議長(沼倉利光)
  • 250  1番(熊谷和弘)
  • 251  議長(沼倉利光)
  • 252  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 253  議長(沼倉利光)
  • 254  19番(相澤吉悦)
  • 255  議長(沼倉利光)
  • 256  教育部長(志賀尚)
  • 257  議長(沼倉利光)
  • 258  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 259  議長(沼倉利光)
  • 260  19番(相澤吉悦)
  • 261  議長(沼倉利光)
  • 262  教育部長(志賀尚)
  • 263  議長(沼倉利光)
  • 264  産業経済部長(千葉雅弘)
  • 265  議長(沼倉利光)
  • 266  11番(及川昌憲)
  • 267  議長(沼倉利光)
  • 268  11番(及川昌憲)
  • 269  議長(沼倉利光)
  • 270  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 271  議長(沼倉利光)
  • 272  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 273  議長(沼倉利光)
  • 274  営繕課長(小野寺友夫)
  • 275  議長(沼倉利光)
  • 276  農村整備課長(可野嘉裕)
  • 277  議長(沼倉利光)
  • 278  11番(及川昌憲)
  • 279  議長(沼倉利光)
  • 280  議長(沼倉利光)
  • 281  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 282  議長(沼倉利光)
  • 283  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 284  議長(沼倉利光)
  • 285  農村整備課長(可野嘉裕)
  • 286  議長(沼倉利光)
  • 287  11番(及川昌憲)
  • 288  議長(沼倉利光)
  • 289  農村整備課長(可野嘉裕)
  • 290  議長(沼倉利光)
  • 291  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 292  議長(沼倉利光)
  • 293  営繕課長(小野寺友夫)
  • 294  議長(沼倉利光)
  • 295  議長(沼倉利光)
  • 296  議長(沼倉利光)
  • 297  議長(沼倉利光)
  • 298  議長(沼倉利光)
  • 299  市民生活部長(新井誠志)
  • 300  議長(沼倉利光)
  • 301  議長(沼倉利光)
  • 302  議長(沼倉利光)
  • 303  議長(沼倉利光)
  • 304  市民生活部長(新井誠志)
  • 305  議長(沼倉利光)
  • 306  議長(沼倉利光)
  • 307  議長(沼倉利光)
  • 308  議長(沼倉利光)
  • 309  福祉事務所長(加藤均)
  • 310  議長(沼倉利光)
  • 311  議長(沼倉利光)
  • 312  議長(沼倉利光)
  • 313  議長(沼倉利光)
  • 314  総務部長(千葉博行)
  • 315  議長(沼倉利光)
  • 316  議長(沼倉利光)
  • 317  議長(沼倉利光)
  • 318  議長(沼倉利光)
  • 319  建設部長(中津川源正)
  • 320  議長(沼倉利光)
  • 321  議長(沼倉利光)
  • 322  議長(沼倉利光)
  • 323  議長(沼倉利光)
  • 324  産業経済部長(千葉雅弘)
  • 325  議長(沼倉利光)
  • 326  議長(沼倉利光)
  • 327  議長(沼倉利光)
  • 328  議長(沼倉利光)
  • 329  議長(沼倉利光)
  • 330  議長(沼倉利光)
  • 331  水道事業所長(佐藤和哉)
  • 332  議長(沼倉利光)
  • 333  議長(沼倉利光)
  • 334  議長(沼倉利光)
  • 335  議長(沼倉利光)
  • 336  医療局次長(大森國弘)
  • 337  議長(沼倉利光)
  • 338  議長(沼倉利光)
  • 339  議長(沼倉利光)
  • 340  議長(沼倉利光)
  • 341  医療局次長(大森國弘)
  • 342  議長(沼倉利光)
  • 343  6番(浅野敬)
  • 344  議長(沼倉利光)
  • 345  医療局企画課長(阿部桂一)
  • 346  議長(沼倉利光)
  • 347  6番(浅野敬)
  • 348  議長(沼倉利光)
  • 349  医療局企画課長(阿部桂一)
  • 350  議長(沼倉利光)
  • 351  議長(沼倉利光)
  • 352  議長(沼倉利光)
  • 353  議長(沼倉利光)
  • 354  議長(沼倉利光)
     平成29年登米市議会定例会 2月定期議会 会議録 (第6号)
 平成29年2月27日(月曜日)
1.出席議員(24名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君       4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 伊 藤 吉 浩 君
   9番 中 澤   宏 君      11番 及 川 昌 憲 君      
  12番 佐 藤 尚 哉 君      13番 伊 藤   栄 君      
  14番 浅 田   修 君      15番 佐 藤 恵 喜 君      
  16番 田 口 久 義 君      17番 田 口 政 信 君      
  19番 相 澤 吉 悦 君      20番 熊 谷 憲 雄 君      
  21番 及 川 長太郎 君      22番 庄 子 喜 一 君      
  23番 二階堂 一 男 君      24番 八 木 しみ子 君      
  25番 岩 淵 正 宏 君
  議 長 沼 倉 利 光 君
  
1.欠席議員(1名)
  20番 熊 谷 憲 雄 君               
1.遅刻議員(1名)
  19番 相 澤 吉 悦 君 
1.早退議員(1名)
  22番 庄 子 喜 一 君  
1.中座議員(なし)

1.説明のため出席した者の氏名
  市長         布 施 孝 尚 君    副市長        藤 井 敏 和 君
  副市長        栗 山 健 作 君    総務部長       千 葉 博 行 君
  企画部長       秋 山 茂 幸 君    市民生活部長     新 井 誠 志 君
  産業経済部長     千 葉 雅 弘 君    建設部長       中津川 源 正 君
  市長公室長      佐 藤 裕 之 君    財政課長       千 葉   清 君
                          産業経済部次長兼
  産業経済部次長    丸 山   仁 君    農業園芸畜産課長   高 橋 一 紀 君
  建設部次長兼
  住宅都市整備課長   首 藤 正 敏 君    危機管理監      星   茂 喜 君
  工業振興課長     伊 藤 秀 樹 君    人事課長       阿 部 孝 弘 君
  営繕課長       小野寺 友 生 君    市民協働課長     佐 藤   靖 君
  商業観光課長     遠 藤   亨 君    農村整備課長     可 野 嘉 裕 君
  教育長        佐 藤 信 男 君    教育部長       志 賀   尚 君
  病院事業管理者
  職務代理者      松 本   宏 君    医療局次長      大 森 國 弘 君
  会計管理者      中 澤 和 志 君    農業委員会事務局長  菅 原 貞 治 君
  水道事業所長     佐 藤 和 哉 君    消防長        鈴 木 軍 雄 君
  監査委員事務局長   遠 藤   仁 君    環境事業所長     千 葉 祐 宏 君
  福祉事務所長     加 藤   均 君    生活 福祉課長    田 村 啓 峻 君
  長寿介護課長     永 浦 広 巳 君    土木管理課長     菅 原 和 夫 君
  子育て支援課長    鈴 木 文 男 君    総務部次長兼税務課長 冨士原   徹 君
  警備課長        佐々木 敬 之 君    道路課長       伊 藤   勝 君     
  国保年金課長      金 澤 正 浩 君    下水道課長      細 川 宏 伸 君
                          水道事業次長
  収納対策課長      工 藤 郁 夫 君    兼水道管理課長    羽 生 芳 文 君
  医療局総務課長     千 葉 裕 樹 君    威力局企画課長    阿 部 桂 一 君
  医療局事務課長     照 井 正 樹 君
                
      

                          
      
1.事務局出席職員氏名
  議会事務局長     佐々木 義 文 君    議会事務局次長    田 辺 賢 一 君
  議会事務局主幹                 議会事務局
  兼議事・調査係長   後 藤 光 彦 君    議事・調査係主査   浅 井 顕 裕 君
  議会事務局                   議会事務局
  議事・調査係主査   庄 司 美 香 君    議事・調査係主査   主 藤 貴 宏 君
  議会事務局
  議事・調査係主査   三 浦 正 弘 君

1.本日の会議に付した事件
  第1 会議録署名議員の指名
  第2 議案第1号 平成28年度登米市一般会計補正予算(第6号)
  第3 議案第2号 平成28年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)
  第4 議案第3号 平成28年度登米市後期高齢者医療特別会計補正予算(第4号)
  第5 議案第4号 平成28年度登米市介護保険特別会計補正予算(第4号)
  第6 議案第5号 平成28年度登米市土地取得特別会計補正予算(第2号)
  第7 議案第6号 平成28年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第4号)
  第8 議案第7号 平成28年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第3号)
  第9 議案第8号 平成28年度登米市水道事業会計補正予算(第3号)
  第10 議案第9号 平成28年度登米市病院事業会計補正予算(第3号)
  第11 議案第10号 平成28年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第3号)


          開会 午前10時00分
議長(沼倉利光君) おはようございます。
 ただいまから、平成29年登米市議会定例会2月定期議会6日目の会議を開きます。
 20番、熊谷憲雄君から欠席、12番、佐藤尚哉君から遅参の届け出があります。松本病院事業管理者職務代理者から、診療のため遅参の届け出があり、これを許可しています。
 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりです。
 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第90条の規定により、3番、佐々木幸一君、4番、氏家英人君を指名します。
 日程第2、議案第1号 平成28年度登米市一般会計補正予算(第6号)から、日程第11、議案第10号 平成28年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第3号)までの10議案を一括議題としています。一括しての提案理由の説明が終わっています。
 議案内容の説明、質疑、討論、採決は1議案ごとに行います。
 議案第1号 平成28年度登米市一般会計補正予算(第6号)について、議案内容の説明を求めます。企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) おはようございます。
 それでは補正予算書、それから補正予算の概要、それと定期議会資料の別冊1をお手元にご準備をお願いいたします。
 初めに、補正予算書の7ページをお開き願います。議案第1号 平成28年度登米市一般会計補正予算(第6号)でございます。
 この度の補正については、第1条として歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ5億830万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ492億4,984万5,000円とするものでございます。
 また、第2条では継続費の補正を、第3条では繰越明許費の設定、第4条では債務負担行為の追加、第5条では地方債の廃止及び変更をそれぞれ行うものでございます。
 次に、14ページをお開き願います。
 第2表継続費補正ですが、4件の変更をお願いするものでございます。それぞれ事業費の確定や事業進捗見込みに合わせて、平成28年度の年割額、または28年度以降の年割額の設定を行うものでございます。
 次に、右側の15ページをごらん願います。第3表繰越明許費でございます。
 2款総務費から11款災害復旧費までの12事業について、設定をお願いするものでございます。総額は、6億4,756万5,000円となってございます。昨年同期の設定総額と比較して、約470万ほど縮減されているところでございます。
 繰越明許費の説明資料として、別冊1の5ページから7ページに一般会計分を記載してございますので、後ほどご参照願いたいというふうに思います。
 それでは、次に補正予算書の16ページをお願いいたします。第4表債務負担行為補正でございます。
 追加40件でございまして、右側の17ページにわたって記載してございます。追加40件のうち、既に設定しているものへの追加が7件でございます。そのほかは新規33件です。それぞれの業務については、お目通しをお願いいたします。
 次に、18ページをお願いいたします。第5表地方債補正です。
 廃止1件と限度額の変更17件をお願いするものでございます。なお、年度末残高見込みにつきましては、89ページに記載しておりますので、後ほどお目通しをお願いいたします。
 次に、少し飛びますけれども、24ページ、25ページをお願いいたします。
 歳入の主なものについて、事項別明細書によりご説明を申し上げます。
 まず上段の表、1款市税1項市民税1目1節の現年課税分でございますが、農業所得が当初の見込みを上回ったことにより、個人市民税を1億6,415万5,000円増額するものでございます。
 次に、3項の軽自動車税1目1節の現年課税分501万8,000円の減額でございますが、登録見込み台数の減少により減額をするものでございます。
 次に、一つ飛ばしまして、8款地方特例交付金ですが、交付額の決定により1,271万5,000円を増額するものでございます。
 続いて9款の地方交付税については、普通交付税の交付決定に基づきまして1億4,404万3,000円を増額するものです。平成28年度の普通交付税の交付決定額は、平成27年度に比較して5億2,628万8,000円減の172億2,504万3,000円となってございます。
 次に26ページ、27ページをお願いいたします。
 11款分担金及び負担金の1項1目3節の基幹水利施設管理事業分担金708万7,000円の増額でございますが、国営事業で造成された大泉、水越など6揚水機場の施設管理に要する財源としてこの分担金のほかに県補助金を充てておりますが、県補助金の見直しに伴って受益者分担金が増額となったものでございます。
 続いて、表を一つ飛びまして、12款使用料及び手数料の1項使用料でございますが、公営住宅使用料などについて、収入見込みに合わせ、それぞれ減額するものでございます。
 次に28ページ、29ページをお願いいたします。
 上段の表、2項手数料2目5節のし尿収集運搬処分手数料についても、収集料の減少が見込まれることから減額するものでございます。
 続いて中段の表、13款国庫支出金1項1目1節の国民健康保険基盤安定負担金2,027万8,000円の増額については、国保税負担緩和として保険者支援分の2分の1が国から交付されるものでございますが、交付額の確定により増額補正をするものでございます。
 また、2節の介護訓練等給付費負担金1,757万2,000円の減額は、給付実績見込みにより、国庫負担分を減額するものでございますし、3節の施設型給付費負担金は、市内の私立認可保育所と市内の公立保育所、私立認可保育所等へ支給する施設型給付費について、入所児童数、保育単価等の増に伴い、国庫負担金を増額するものでございます。
 それから4節の生活保護費負担金は、平成27年度国庫負担金の清算により、国庫負担金不足額が追加交付されることにより4,430万7,000円を増額するものでございます。
 そのほかについても、それぞれの給付事業の実績見込みに伴い、国庫負担金を増額、あるいは減額するものでございます。
 続いて下段の表、2項1目の1節総務管理費補助金の説明欄でございますが、社会保障税番号制度システム整備費補助金から4つ下の保育所整備交付金までは、補助金の確定が内示、事業の実績見込みに伴い、増額あるいは減額するものでございますが、下から2行目の保育対策総合支援事業費補助金の1,466万6,000円の減額は、当初は国庫補助事業を予定してございましたが、県の基金特別対策事業に切り換えられたことにより、財源変更のために減額するものでございます。
 一番下の児童健全育成対策費補助金180万6,000円でございますが、放課後児童クラブにパソコン等を設置する事業を新たに実施するため、事業費の4分の3の国庫補助金分を計上するものでございます。
 次に30、31ページをお願いいたします。
 右側の5節臨時福祉給付金事業費補助金でございますが、実績見込みにより、三つの国庫補助金で合わせて6,361万5,000円を減額するものでございます。
 その下の地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金877万3,000円の増額は、国の2次補正により、市内の介護関連施設へのスプリンクラー及び防犯カメラ設置事業について補助事業の対象となったことから、事業費の全額を国庫補助金として新たに計上するものでございます。
 その下の循環型社会形成推進交付金483万円の減額は、新クリーンセンター整備事業について建設用地造成工事等の進捗状況に合わせ、平成28年度の事業費を減額することに伴い国庫補助金を減額するものでございます。
 続いて下の表、14款県支出金1項1目1節の社会福祉総務費負担金から4節児童福祉費負担金までの10件の県負担金でございますが、給付事業等の実績見込みに伴い、県負担金を増額、あるいは減額するものでございます。
 一番下の6節災害救助費負担金の816万2,000円の増額ですが、これは新たに県の災害弔慰金等支給審査会において、震災関連死と認定された1名の方の災害弔慰金、それから公営住宅使用料災害減免分等に対し交付される県負担分を計上するものでございます。
 次に32ページ、33ページをお願いいたします。
 2項県補助金2目2節の老人福祉費補助金の説明欄でございますが、上から二つ目の地域医療介護総合確保事業補助金7,350万8,000円の減額でございますが、対象事業の特別養護老人ホーム等のユニット化改修等支援事業において、事業実施者の施行内容の精査により事業費が減額なったことに伴い、県補助金を減額するものでございます。
 その下の3節の乳幼児医療費助成補助金から4つ下の子ども・子育て支援交付金までは、給付事業等の実績見込みに伴い、補助金を減額、あるいは増額するものでございます。
 その下の子育て支援対策臨時特例基金特別対策事業費補助金4,058万6,000円の増額ですが、国庫支出金のところでご説明いたしましたが、対象事業について国庫補助事業から県の基金特別対策事業に財源変更となったことにより、それから変更に伴って補助対象経費が増えたことから増額するものでございます。
 その下の4目1節の緊急雇用創出事業等補助金から、表の一番下の9目1節の施設型給付費等補助金まででございますが、給付事業等の実績見込みに伴い、補助金を減額、あるいは増額するものでございますが、5目1節の農業費補助金の日本型直接支払交付金3,434万4,000円の減額は、多面的機能支払交付金共同活動事業の実施見込みの減少などによるものでございます。
 それから三つ下の基幹水利施設管理事業補助金2,044万4,000円の減額は、大泉揚水機場など基幹水利施設の施設管理に要する県補助金でございますが、歳入でご説明申し上げたとおり県補助金の見直しに伴って減額をするものでございます。
 続いて下段の表、3項1目総務費県委託金の参議院議員選挙費委託金1,623万1,000円の減額については、参議院議員通常選挙執行経費の確定に伴い減額するものでございます。
 次に34ページ、35ページをお願いいたします。
 15款財産収入1項の2目になりますが、利子及び配当金でございます。この部分は各種基金利子の収入見込みにより増額、あるいは減額するものでございます。
 その下の2項4目の有価証券売払収入は、市が保有しておりました国債の売払い伴い3,131万5,000円を計上するものでございます。
 続いて、一番下の表でございますが、16款寄附金1項1目の一般寄附金は、本定期議会初日に報告いたしましたとおり、登米市土地開発公社が平成28年7月に解散したため、その残預金1,692万3,000円を寄附金として計上するものでございます。
 次に36ページ、37ページをお願いいたします。
 17款繰入金2項基金繰入金ですが、今回の補正で財政調整基金からの繰り入れを減額するものでございます。また、減債基金からの繰り入れについても減額するものでございます。
 続いて、7目東日本大震災復興交付金基金繰入金3億667万2,000円につきましては、国の東日本大震災復興交付金を受けて市が復興交付金基金を造成してございますが、その基金を取り崩して行った災害公営住宅整備事業と豊里町沼崎山遺跡の埋蔵文化財発掘調査事業が完了したことにより、国土交通省及び文部科学省の交付金交付要綱に基づきまして、基金残余額の返還を行うため本市基金からの繰り入れをするものでございます。
 続いて18款繰越金ですが、前年度繰越金の計上でございます。
 続いて、1番下の表の19款諸収入3項2目3節の災害援護資金貸付金元利収入670万円ですが、貸し付けしていた方からの繰り上げ償還5件分について計上するものでございます。
 続く5目2節のふるさと創生ベンチャー企業支援金貸付金元利金収入300万円の減額は、収支の活用がなかったことから全額減額をするものでございます。
 次に38ページ、39ページをお願いいたします。
 中段の表、5項雑入3目1節総務費雑入の説明欄の宮城県市町村振興協会市町村交付金1,970万5,000円は、オータムジャンボ宝くじの市町村交付金について、宮城県市町村振興協会より交付決定があったものでございまして、子育て用品券支給事業と各種商工会補助事業へ充当するものでございます。
 その下の2節の後期高齢者医療広域連合給付費負担金過年度返還金975万5,000円は、平成27年度の給付費確定により、宮城県後期高齢者医療広域連合からの医療給付費負担金の返還金を計上するものでございます。
 その3つ下の6節の保証料補給金返戻金518万円9,000円でございますが、宮城県信用保証協会からの保証料補給金の返戻額が確定したことに伴い計上するものでございます。
 続いて、下段の表から40ページ、41ページにかけての20細市債でございますが、対象事業の事業費確定等に伴って市債の増減の整理を行うものでございます。
 以上、歳入の説明とさせていただきます。
 歳出につきましては、予算の概要に基づきまして、それぞれの担当部長等からご説明申し上げますので、よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) それでは、歳出のほうの補正予算の概要についてご説明を申し上げたいと思います。
 予算の概要書をお開きいただければと思います。それと今回の補正でございますが、各会計全般にわたりまして、年度内の職員の異動等を反映させた職員給与費の補正がございますので、初めに職員給与費について一括してご説明をさせていただきます。
 資料別冊1の最後のページをお開きいただければと思います。
 11ページでございます。A3版の縦長の資料となります。
 こちらには、今回の職員給与の補正予算の款項目別の内容となってございます。表の上に左から会計区分、款項目、補正前、補正後、比較という順に記載してございます。
 まず初めに一般会計のほうからですが、中段に一般会計の計という欄がございます。ごらんいただきたいと思います。
 まず補正後の数字ですが、人員が910人、職員給与費総額につきましては68億5,003万5,000円ということで、補正前と比較いたしますと人員では2名の減、給与費では2,552万2,000円の減ということになってございます。
 各款項目ごとの内容につきましては、お目通しをいただければと思います。
 次に、特別会計でございます。
 その下の欄になりますが、補正後の人員が49人、職員給与費総計では3億5,795万9,000円となりまして、補正前との比較では人員では増減ございませんが、給与費では97万2,000円の増となってございます。
 この一般会計と特別会計を合わせた数字でございますが、補正後、職員数は959人、職員給与費は72億799万4,000円ということで、補正前と比較いたしますと人員では2名の減、給与費では2,455万円の減ということになります。
 次に、企業会計の分ということでございますが、水道事業会計でございます。
 補正後の人員が28人、職員給与費総計は2億4,552万5,000円ということで、補正前と比較いたしまして人員の増減はございませんが、金額では397万5,000円の減ということになっております。
 それから病院・老健事業の会計でございます。
 補正前の人員が471人、給与費については50億4,623万3,000円を計上しておりました。補正後では人員が462人、職員給与費総計は49億56万3,000円ということで、比較いたしますと人員では9人の減、金額では1億4,567万円の減ということになります。
 一番下の行に合計の欄ございますが、補正後職員数は1,449人、職員給与費の合計につきましては123億5,408万2,000円ということで、補正前と比較いたしますと職員数は11名の減、給与費は1億7,419万5,000円の減ということになります。
 一般会計で2名減った要因でございますけれども、自己都合、あるいは死亡退職3名おりまして、あとは任期付職員1名を中途採用したということによるものでございます。
 それから、一般・特別会計合わせまして給与費が減った要因ということですが、主に人員の減によるものでございますけれども、手当のほうでは参議院議員選挙の事業費確定に係りまして、当初、予算を見ておったものから時間外手当等が減額されたといったようなことが要因となってございます。
 なお、各会計の補正予算書の中に職員給与費明細書を掲載してございますので、後ほどお目通しいただければと思います。
 それでは、予算の概要書17ページをお開きいただきたいと思います。
 これから款項目の説明ということになりますが、職員給与費につきましては、ただいまの説明で以後、説明は省略させていただきたいと思います。
 それでは初めに、2款1項6目1細目公有財産管理費でございます。2,477万2,000円の減額補正でございます。これは、まず固定資産台帳整備業務委託料で1,783万1,000の減でございますが、これは公会計制度導入のために28、29の2カ年で台帳を整備してございまして、今年度分の事業費の確定による減額でございます。
 次に、公有財産購入費ですが、旧米山高校跡地の用地の取得費、これも額が確定いたしまして2,386万4,000円の減額でございます。
 次の繰出金の1,692万3,000円でございますが、歳入でもご説明ありましたが、土地開発公社の解散に伴い、残余の財産が寄附されたということで土地開発基金に積立てるために土地取得特別会計に繰り出すというものになります。
 次、18ページをお願いいたします。
 同じく2細目公用車管理費でございます。317万4,000円の減額補正でございます。これは公用車の購入費用の確定による請け差の減額でございます。計画どおり7台の購入を行ったものでございます。

議長(沼倉利光君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 続きまして、4細目の基金管理費2,925万7,000円の増額補正でございますが、市保有の国債売払い収入3,131万5,000円を財政調整基金へ積立てるほか、財政調整基金などの利子額の確定見込みに伴い、所要の補正を行うものでございます。
 続いて、7目企画費1細目企画一般管理費は、東日本大震災復興交付金基金に係る利子積立金について、決算見込みにより利子分を同基金へ積立行うため12万7,000円を増額補正するものでございます。
 次の3細目文化振興費ですが、宮城県巡回小劇場並びに青少年劇場小公演の事業終了による決算見込みと登米祝祭劇場の維持補修工事が完了し、事業費が確定したことから428万円を減額補正するものでございます。
 次の8細目国際交流費では、7月に実施いたしましたアメリカテキサス州サウスレイク市への姉妹都市表敬訪問派遣事業、それから10月下旬から11月上旬にかけて実施いたしました青少年海外派遣事業の事業費の確定に伴い268万4,000円を減額補正するものでございます。
 次に、19ページをお願いいたします。
 11細目協働のまちづくり事業費では、未来のまちづくり推進基金積立金について、平成27年度積立金8億円に係る利息分を同基金へ積立金を行うため、60万1,000円の増額補正をするものでございます。
 続いて、8目1細目のシステム管理費でございますが、委託料使用料及び賃借料に係る各契約について、契約額が確定してきたことから1,512万8,000円を減額補正するものでございます。
 次の2細目情報化推進費でございますが、光ファイバー網保守委託料の契約について、契約額が確定したことから約33万円を減額補正するものでございます。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 次、9目支所費でございます。
 1細目迫総合支所維持管理費で103万1,000円の減。それから、続いて3細目東和総合支所維持管理費で189万9,000円の減額でございますが、これらは空調設備、冷暖房設備の保守点検業務、それから環境衛生管理業務、それぞれ委託料の請け差による減額ということになります。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 続いて、11目2細目防犯施設維持管理費につきましては、防犯灯のLED化による電気使用量の削減により、光熱費を減額するものでございます。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 20ページをお願いいたします。
 2款2項1目1細目税務総務一般管理費で135万9,000円の減額でございます。これは、郵便料などの執行残を減額するものでございます。
 2目1細目賦課徴収一般管理費で1,194万3,000円の減額でございますが、これは納税貯蓄組合員の減少などによりまして、交付額が減少した分を今回、減額補正するものでございます。また、償還金利子及び割引料の800万円の減額につきましては、法人市民税分で見込んでおりました還付金額等が確定したことによりまして、不用額を減額するものでございます。
 同じく2細目市民税賦課業務費でございますが、118万9,000円の増額をお願いするものでございます。これは、課税台帳などを収納するシステムラックを購入するものでございまして、今年度分から給与支払い報告書等には個人番号を記載するということで、様式が大幅に変更され分量も増えたということもありますが、適切な管理のため施錠が可能なラックを購入するというものになります。また、申告受付用のパソコンの請け差等については減額をさせていただいております。
 同じく3細目固定資産税賦課業務費でございます。784万5,000円の減額でございます。これは、土地鑑定評価業務委託料の請け差等を減額するものでございます。
 続いて21ページ、お願いいたします。
 2款4項3目2細目豊里町土地改良区総代選挙費でございます。24万8,000円の減額であります。これは、昨年8月7日の任期満了に伴いまして、豊里町土地改良区総代選挙、実際は無競争でございましたが、その執行経費が確定したことにより減額するものでございます。
 次、22ページをお願いいたします。
 同じく4目1細目参議院議員選挙費でございます。1,622万3,000円の減額であります。これは、昨年7月10日執行の参議院議員通常選挙の執行経費が確定したことにより減額するものでございます。今回、迫支所以外の期日前投票期間の短縮などによりまして、時間外勤務手当や賃金、費用弁償等が減少したことによるものでございます。

議長(沼倉利光君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 続きまして、23ページをお願いいたします。
 3款民生費1項1目3細目介護保険推進費及び4細目介護保険安定対策費につきましては、介護保険特別会計への繰出金を補正するものでありますが、事務費及び保険給付費等の支出見込みにより減額するものでございます。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 続いて、9細目国民健康保険特別会計費につきましては、国県の国民健康保険基盤安定負担金の増額によりまして、国民健康保険特別会計へ繰出金を増額するものでございます。

議長(沼倉利光君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 10細目生活困窮者自立支援費につきましては、平成27年度事業費の確定に伴いまして、国への返還金を計上するものでございます。
 続いて、24ページをお願いいたします。
 11細目臨時福祉給付金支給事業費につきましては、平成28年度臨時福祉給付金について給付見込みに基づきまして減額するものでございますが、需用費の印刷製本費につきましては、国の補正予算に計上されました平成29年度に支給予定しております臨時福祉給付金につきましての支給準備にあたりまして、封筒等の印刷製本費を計上するものでございます。
 3目4細目障害者自立支援費につきましては、平成28年度の給付見込みにより介護訓練等給付費を減額するもので、返還金につきましては、平成28年度事業費確定によりまして、国県への返還金を計上するものでございます。
 5細目障害者自立支援医療費につきましては、平成28年度の給付見込みよる各医療費の減額と平成27年度事業費の確定によりまして、国県への返還金を計上するものでございます。
 続きまして、25ページでございます。
 6細目障害者地域生活支援費につきましては、社会参加促進事業給付費の給付見込みにより減額するものでございます。
 7細目障害者福祉推進費につきましては、平成27年度特別障害者手当給付事業の事業費確定によりまして、国への返還金を計上するものでございます。
 4目1細目老人福祉一般管理費につきましては、まず、地域医療介護総合確保事業介護施設整備補助金の減額でありますが、既存の特別養護老人ホームユニット化改修を図るための補助金として計上しておりましたが、事業実施にあたりまして県との協議の結果、増築などの大規模な改修ではなく、間仕切りなどの小規模な施設改修で対応することとなりましたので、補助金を減額するものでございます。
 次に、地域介護福祉空間整備等施設整備事業補助金につきましては、介護施設の防犯対策に対する補助金として国の補正予算に計上されたものでありますが、市内14の高齢者福祉施設において実施する防犯カメラ設置等の事業、これが国庫補助の対象として採択されたことから、新たに補助金として計上するものでございます。
 2細目老人福祉施設入所措置費につきましては、養護老人ホーム北上園への入者に係る措置費でございますが、入所者数の減などから措置費を減額するものでございます。
 4細目老人日用生活用具給付等事業費につきましては、火災報知機等の給付見込みにより減額するものでございます。
 7細目食の充実支援事業費につきましては、配食サービス事業の利用者の増によりまして、委託費を追加するものでございます。
 8細目介護用品支給費につきましては、介護用品支給事業の利用者の増によりまして、支給費を追加するものでございます。
 続きまして、26ページをお願いいたします。26ページでございます。
 12細目敬老事業費につきましては、敬老祝い金支給事業及び敬老行事補助金の支出見込みにより、それぞれ減額するものでございます。
 16細目社会福祉法人等対策費につきましては、社会福祉法人等が提供する介護保険サービスの利用者負担軽減対策として実施するものでありますが、平成28年度事業費の見込みにより減額するもので、返還金につきましては平成27年度事業費の確定によりまして、県への返還金を計上するものでございます。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 18細目後期高齢者医療特別会計費につきましては、後期高齢者広域連合への特別負担金を追加するとともに、保険基盤安定負担金被用者保険軽減負担金等の確定見込みによりまして、後期高齢者医療特別会計へ繰り出しを増額するものでございます。

議長(沼倉利光君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 19細目老人保健施設事業会計費につきましては、職員の児童手当給付に係る負担金を追加するものでございます。
 2項1目1細目児童福祉一般管理費につきましては、平成27年度子ども・子育て支援交付金の事業費確定により、国県への返還金を計上するものでございます。
 続いて、27ページでございます。
 6細目障害児対策費につきましては、障害児通所サービスの利用者の増によりまして、給付費を追加するものでございます。
 7細目認定こども園等施設整備事業費につきましては、まず、(仮称)中江佐沼こども園の施設整備に要する経費につきましては、補助対象事業費の見込みにより不足額を追加するものでございます。
 続きまして、(仮称)登米(とよま)こども園の施設整備に要する経費につきましては、用地取得費及び施設整備補助金につきまして、事業費の見込みにより減額するものでございます。
 続いて、小規模保育事業所すずらん保育園の施設整備に要する経費につきましては、施設の賃借に要する経費が新たに県の補助金として対象とされたことから、補助金を追加するものでございます。
 2目1細目広域入所児童措置費につきましては、保育所広域入所利用児童数の増によりまして、委託料を追加するものでございます。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 続いて、2細目医子ども医療費助成費につきましては、扶助費について今後の子ども医療費助成の見込みから減額し、繰出金につきましては、国保会計に対する乳幼児医療費運営強化繰り出しの確定に伴いまして、減額するものでございます。

議長(沼倉利光君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 続きまして、28ページをお願いいたします。
 4細目施設型給付費につきましては、認可保育所への保育所委託料でございますが、入所児童の増などにより委託料を追加するものでございます。
 5細目地域型保育給付費につきましては、小規模保育事業所への給付費でございますが、公定価格の改定などによりまして給付費を追加するものでございます。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 3目2細目母子・父子家庭医療費助成費につきましては、今後の母子・父子家庭医療費助成の見込みから減額するものでございます。

議長(沼倉利光君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 5目1細目放課後児童健全育成事業費につきましては、放課後児童クラブの効率的な運営を図ることを目的といたしまして、放課後児童クラブにノートパソコンやプリンターなどを設置し、ICT化を進める経費が新たに国庫補助の対象とされましたので、市営7カ所、民営4カ所の児童クラブが実施する事業に関係経費を計上するものでございます。
 3細目低年齢児保育施設助成費につきましては、低年齢児保育施設助成事業及び認可外保育施設助成事業の事業費見込みにより、減額するものでございます。
 7細目地域子育て支援拠点事業費につきましては、民間が実施する子育て支援センター運営事業に対して補助するものでございますが、事業費の見込みにより減額するものでございます。
 続いて、29ページでございます。
 3項1目2細目生活保護総務一般管理費及び2目1細目生活保護各種扶助費につきましては、それぞれ平成27年度事業費の確定によりまして、国への返還金を計上するものでございます。
 5項1目1細目災害救助費につきましては、東日本大震災による災害弔慰金として1件の給付が決定したことから、弔慰金の給付に要する経費を計上するものでございます。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 続きまして、30ページをお願いいたします。
 4款1項1目1細目保健衛生総務費でございますが、大崎市民病院救急救命センター運営費負担金につきましては、平成27年度の精算額が確定によりまして増額するものでございます。
 また、石巻赤十字病院救急救命センター運営費等負担金につきましては、市町村負担でありました感染病床運営費負担金が県の負担金に変更されたことから、減額するものでございます。また、疾病予防対策事業費等国庫補助金につきましては、平成27年度補助金の確定によりまして、国への返還金を計上するものでございます。
 続きまして、2目1細目母子保健費につきましては、平成27年度未熟児療養医療費国庫負担金の確定に伴いまして、増額補正するものでございます。
 続いて、3細目健康診査費につきましては、広域連合から委託されている75歳以上の後期高齢者検診委託料の確定に伴いまして、減額するものでございます。
 続いて、4目2細目生活環境費につきましては、今年度のアメリカシロヒトリの発生が終息したことから、駆除対策に要する経費を減額補正するものでございます。
 続いて、5目1細目下水道事業特別会計費につきましては、浄化槽事業費の確定見込みによりまして、下水道事業特別会計への繰り出しに要する経費を減額するものでございます。

議長(沼倉利光君) 環境事業所長、千葉祐宏君。

環境事業所長(千葉祐宏君) 続きまして、31ページをお願いいたします。
 2項2目2細目施設管理費につきましては、電気料金の改定等に伴いまして、クリーンセンターの光熱水費を減額いたしますとともに、第2浸出水処理施設の運転管理業務の委託期間が当初の見込みより短くなりましたことから、委託料を減額するものでございます。
 3細目リサイクル事業費につきましては、処理量に応じ、資源ごみ中間処理施設の中間処理業務の委託料を減額するものでございます。
 4細目一般廃棄物処理施設整備事業費につきましては、第2最終処分場埋め立て地建設工事が終了いたしましたので、工事請負費を精査し減額するものでございます。
 また、新クリーンセンター整備事業にかかわります地域計画の変更業務を直営作業で行いましたので、委託料が不要となり減額、さらに、施設整備の年次計画の調整によりまして、施設建設工事と用地造成工事の工事請負費を減額いたしますとともに、これらに伴います施工管理業務の委託料をそれぞれ減額するものでございます。
 次に、3目1細目清掃総務費につきましては、し尿収集量の減少に伴いまして、収集運搬業務委託料を減額するものでございます。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 32ページをお願いいたします。
 3項1目1細目病院会計費につきましては、医学生奨学金等の支出見込みよりまして、病院事業会計への繰り出しに要する経費を減額するものでございます。
 続いて、4項1目1細目上下水道費につきましては、水道事業会計の繰り出しに要する経費を減額補正するものでございます。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、千葉雅弘君。

産業経済部長(千葉雅弘君) 続きまして、5款労働費2項1目1細目緊急雇用対策費でございますが、事業復興型雇用創出助成金につきましては、確定見込みによりまして254万5,000円を減額するものでございます。
 それから、震災等緊急雇用対策事業補助金返還金につきましては、平成23、4年度に実施しました緊急雇用創出事業のうち、株式会社東北創造ステーションの不適正支出にかかります補助金の県への返還金8,057万6,000円の増額でありまして、合わせて7,803万1,000円を増額するものでございます。

議長(沼倉利光君) 農業委員会事務局長、菅原貞治君。

農業委員会事務局長(菅原貞治君) 次に、33ページをお願いいたします。
 6款農林水産業費1項1目4細目農地集積集約化対策事業費の補正でございますが、農地利用状況調査及び利用意向調査等に要した経費の確定見込みによる減額補正でございます。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、千葉雅弘君。

産業経済部長(千葉雅弘君) 続きまして、3目6細目経営体育成支援事業費でございますが、平成26年度に経営体育成支援事業を実施しました24経営体のうち、一般課税事業者として消費税の確定申告を行った9経営体におきまして、補助対象経費の中に確定申告で控除されました消費税分が含まれていたことによります県への返還金96万8,000円を増額するものでございます。
 次に、4目1細目水田農業構造改革対策費でございますが、農業再生協議会負担金につきましては、再生協議会の事業費確定見込みによります減でありますし、農業再生協議会事業補助金につきましては、経営所得安定対策の推進にかかります県からの補助金の確定見込みによる減でありまして、合わせて316万4,000円を減額するものでございます。
 34ページをお願いいたします。
 5目1細目畜産振興費でございますが、畜産総合振興対策事業費補助金につきましては、好平(よしひら)茂(しげ)産子の肥育素牛と繁殖素牛の導入件数の増加によります890万円の増額、畜産環境総合整備事業負担金につきましては、豊里有機肥料センターで予定しておりました撹拌機の修繕につきまして、平成29年度の実施になったことによります3,650万3,000円の減額、それから、8,000ベクレル以下の汚染廃棄物であります牧草や堆肥の減量化に向けた実証試験に要する経費といたしまして、358万円を増額するものでありまして、合わせて2,402万6,000円を減額するものでございます。
 次に、6目1細目園芸振興費でございますが、中田農産物直売所空調施設の修繕料の確定、さらには県と市の青果物の価格保証補給実績に基づきます負担金の確定によります減でありまして、合わせて690万7,000円を減額するものでございます。
 35ページをお願いいたします。
 7目3細目農業用揚排水施設等維持管理事業費でございますが、排水機場管理業務委託料につきましては、降雨による排水機場の稼働日数が増加したことに伴います228万1,000円の増額、中田1期地区地域農業水利施設保全事業補助金につきましては、実施年度の変更に伴います減額などでありまして、合わせて129万9,000円を減額するものでございます。
 4細目県営かんがい排水事業費でございますが、県営事業の事業確定見込みによりまして2,312万5,000円を減額するものでございます。
 6細目基幹水利施設管理事業費につきましては、国から市が管理を受託しております大泉、水越、米山、山吉田、南方、高石の6揚水機場につきまして、所管する土地改良区に操作点検業務を委託しておりますが、その委託料の確定などによりまして786万3,000円を減額するものでございます。
 次に、8細目農業水利調査計画事業費でございますが、事業費の確定見込みによりまして139万1,000円を減額するものでございます。
 9細目経営体育成基盤整備事業費につきましては、国の補正予算に伴いまして伊豆沼2工区圃場整備事業の事業費が増額変更になったことによりまして、負担金合わせて2,759万8,000円を増額するものでございます。
 次、36ページをお願いいたします。
 12細目日本型直接支払事業費でございますが、多面的機能支払交付金と環境保全型農業直接支払交付金につきまして、対象となります取組面積の確定などによりまして、合わせて3,793万6,000円を減額するものでございます。
 8目1細目下水道事業特別会計費でございますが、農業集落排水事業繰出金につきまして、事業費の確定見込みによりまして1,037万2,000円を減額するものでございます。
 9目2細目その他農業関連施設費につきましては、豊里鴇波コミュニティセンター屋内ゲートボール場改修工事費の確定によりまして50万円を減額するものでございます。
 次に、2項林業費1目1細目林業総務費でございますが、8,000ベクレル以下の汚染廃棄物でありますほだ木の減量化に向けました実証試験に要する経費といたしまして、19万3,000円を増額するものでございます。
 37ページをお願いいたします。
 7款商工費1項2目1細目中小企業振興資金融資費でございますが、補償料補給金につきましては、当初の見込みを上回る融資ニーズに対応するため377万6,000円を増額するものでありますし、損失補償金につきましては、融資を受けた事業所が債務を返還できず県信用保証協会から代位弁済を受けた場合に、市が損失補償額の一部を負担することとなっておりますが、平成24年度と27年度に融資を受けました2事業所が代位弁済を受けたことによりまして、その損失補償金といたしまして203万1,000円を増額するものでありまして、合わせて580万7,000円を増額するものでございます。
 次に、3細目企業誘致費でございますが、設備投資をした事業所が復興特法による認定を受け、固定資産税の課税免除に該当したことなどから、企業立地奨励金につきまして4,315万円を減額するものでございます。
 次に、5細目新ビジネス対策費でございますが、ふるさと創生ベンチャー起業支援事業につきまして、当初、事業採択4件分の予算を計上しておりましたが、審査の結果、事業採択が2件となったことから、補助金補償料補給金、利子補給金などをそれぞれ減額するものでございます。また、地域起業家人材確保支援事業につきましては、事業費の確定による減額でありまして、合わせて983万8,000円を減額するものでございます。
 38ページをお願いいたします。
 2項観光費2目1細目公園等管理費でございますが、高森公園リフレッシュ基金への利子積立金2,000円を増額するものでございます。
 次の4目1細目観光施設整備費につきましては、道の駅三滝堂地域活性化施設の整備に係ります工事請負費などの確定見込みによりまして、1,887万8,000円を減額するものでございます。

議長(沼倉利光君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) 引き続きまして、38ページ中段、8款土木費でございます。
 1項1目1細目土木総務一般管理費でございますが、道路施設の維持管理業務を行う市の臨時職員の賃金の確定見込みによりまして、114万9,000円を減額するものでございます。
 39ページをお願いいたします。
 2項2目1細目道路維持補修費ございますが、需用費につきましては、街路灯などの電気料の使用見込みによりまして490万8,000円の減、また、合併特例債事業を活用いたしました舗装補修事業工事の事業費の確定見込みによりまして、工事請負費1,826万7,000円を減額するものでございます。
 3目1細目単独事業費でございますが、委託料につきましては、地質調査等に係ります業務委託料の増、工事請負費につきましては、辺地債枠調整や事業費の確定見込みなどによります減、それから公有財産購入費と補償補填賠償費につきましても、事業費の確定見込みよります減などによりまして、総額で6,812万7,000円を減額するものでございます。
 4項都市計画費2目2細目中津山地区整備事業費でございますが、委託料につきましては、県の開発許可に関する協議及び開発許可申請等が不要になったことから、設計業務に要する経費1,175万円を減額するものでございます。
 40ページをお願いいたします
 5項1目1細目下水道事業特別会計費でございますが、公共下水道事業費の確定見込みにより、下水道事業特別会計への繰出金につきましては、1,906万8,000円を減額するものでございます。
 6項住宅費1目1細目住宅管理費でございますが、報酬につきましては、住宅使用料徴収嘱託員による就労見込み額が増になったことから報酬加算金として3万7,000円を増とし、工事請負費原材料費につきましては、事業確定の見込みによる減でございまして、合わせて218万1,000円を減額するものでございます。
 4細目定住促進住宅費管理費でございますが、委託料工事請負費の事業確定見込みより453万6,000円を減額し、積立金につきましては、今回の補正によります歳出額、さらに基金積立金利子等の確定見込みによりまして452万1,000円の増額を行うものでございます。
 41ページをお願いいたします。
 6項2目1細目災害公営住宅建設費でございますが、東日本大震災復興交付金の残余額の返還を行うものでございまして、交付金返還に要する経費2億4,616万6,000円の補正を行うものでございます。
 ここで恐縮ですが、資料別冊1、2月定例会資料の10ページをお願い申し上げます。
 東日本大震災復興交付金事業のうち、災害公営住宅整備事業分につきまして、4地区で84戸の整備を行い管理をしてございますが、復興交付金として既に19億5,574万6,000円の交付を受け、基金として積立しておりますけれども、今回4地区、48戸の復興交付金による事業が17億958万515円に確定したことによりまして、その差額でございます2億4,616万5,485円を国庫返還金とするものでございます。
 財源といたしましては、東日本大震災復興交付金の基金から2億2,317万9,000円、一般財源から2,298万7,000円を充当し返還するものでございます。一般財源の内訳といたしましては、事業において高齢者や車椅子利用者の方の移動に配慮いたしまして、廊下の幅を20センチメートルほど広げたなど、さらに標準床面積がそのことによって超過したことと。あとは、物価高騰に伴うインフレスライドによる事業費の増加などが交付金の対象外となったことによりまして、確定したものでございます。

議長(沼倉利光君) 消防長、鈴木軍雄君。

消防長(鈴木軍雄君) 続きまして、9款消防費でございます。
 1目1細目常備消防一般管理費でございます。
 備品購入費153万6,000円の減でございますが、資機材搬送車の納入が完了し、事業費が確定したことから減額するものでございます。
 2目1細目消防団運営費でございます。
 消耗品費45万6,000円の減でございますが、消防団員に貸与します防火服、防火ヘルメット、手袋の購入を行ったところで、確定にしたことから減額するものでございます。
 続きまして、3目1細目防火水槽設置費でございます。
 委託料31万9,000円の減でございますが、防火水槽を設置する土地の地質調査業務委託料について、事業費が確定したことから減額するものでございます。
 同じく2細目消防施設整備維持管理費でございます。
 備品購入費295万円の減でございますが、消防団車両に配備する災害時通信用トランシーバーについて、事業費が確定したことから減額するものでございます。
 続きまして、42ページをお願いいたします。
 3細目消防ポンプ置き場等整備費でございます。
 委託料96万1,000円の減でございますが、消防ポンプ置き場の新築工事設計監理業務及び改築改修工事設計について、事業費が確定したことから減額するものでございます。
 同じく4細目小型動力ポンプ整備費でございます。
 まず、旅費につきまして23万4,000円の減でございますが、消防団車両の中間検査のために職員の出張旅費にあたりますが、確定したことに伴います減額でございます。
 次に、備品購入費679万1,000円の減でございますが、消防ポンプ自動車1台、可搬消防ポンプ付き普通積載車2台、可搬消防ポンプ軽積載車4台の事業費が確定したことから、減額するものでございます。
 以上です。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 同じく5目1細目災害対策費でございます。312万円の減額でございます。
 これは、コミュニティエフエム中継局等整備事業の事業費が確定したことによりまして、管理業務委託料、それから工事請負費をそれぞれ減額するものでございます。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 10款1項2目2細目学校教育振興一般管理費でございます。
 中体連の参加助成金として61万1,000円を増額するものでございます。秋の新人大会以降、予選を経て県大会に出場するチーム等が増えましたので、所要額の61万1,000円を増額するものでございます。
 それからその下、コミュニティスクールの推進に要する経費でございますが、今年度の学校ごとの取組の内容が確定してございますので、その確定よります減額をするものでございます。
 次ページでございます。
 中段の職員給与費の中の中段でございますが、非常勤一般職員、それから臨時職員の報酬がございます。その中に学校給食費等の徴収嘱託員1名が年度途中に病休でお休みをしておりまして、その勤務実績に基づく報酬分を減額するものでございます。
 それから、共済費につきましても非常勤一般職員等の勤務実績に基づく減額をしてございます。
 それから、その下の賃金でございますが、直営分に係りますスクールバス等の運転手の方々の勤務実績の見込みに基づく減額でございます。
 それから、その下の4細目の奨学事業費でございますが、各育英資金の利子相当額を基金にして繰り出すものでございます。
 次、次ページでございます。
 44ページ2項1目1細目の小学校管理運営費でございますが、当初、外部委託で予定しておりました屋上防水工事の施工管理業務でございますが、これを見直して直営で実施したこと。それから、防水工事につきましても施工方法の見直しによりまして、工事費が減額となりましたことから、合わせて1,322万4,000円を減額するものでございます。
 それから職員給与費でございますが、これも非常勤の一般職員の報酬中、通勤手当相当分について年度当初の算定よりも2万円ほど不足しておりまして、その追加分を補正するものでございます。
 それから、臨時職員賃金として教員免許保持者を当初予定しておりました教員補助の賃金でございますが、最初25名を採用の予定でおりましたが登録者の不足によりまして、やむを得ず資格を要しない方々13名の雇用にとどまったということで、差額の分を減額してございます。
 それからその下、2目2細目の要保護・準要保護児童の就学援助費につきましては、今年度の受給見込みの確定による減額でございます。
 それから次ページ、10款3項2目2細目の中学校の分の要保護・準要保護児童生徒の就学援助金につきましても、同様の理由で受給見込みの確定によります減額でございます。
 それからその下、幼稚園費でございます。
 幼稚園管理運営費でございますが、今年度から国の子ども・子育て支援制度の施設型給付を受けております市立登米幼稚園の給付額の実績見込みによります増額を計上するものでございます。
 それからその下、非常勤職員の一般職員の報酬でございますが、これにつきましても当初、幼稚園免許の保有者ですね、所持者50名の採用を予定しておりましたが、有資格者の登録が不足しておりまして、やむを得ず資格を要しない方々の見守り等の業務を行っていただく保育補助員として25名の雇用にとどまったわけでございますが、その必要額についての差額分の減額をするものでございます。
 その下・・・人件費でございますので次のページですね、大変失礼しました。46ページでございます。
 5項5目4細目の発掘調査費でございますが、これにつきましては、東日本大震災復興交付金を使っての旧豊里小学校の敷地について、石巻市の水産加工会社に売却する際に沼崎山遺跡の発掘調査が必要となったわけでございますが、震災復興交付金を財源とてその発掘調査を行ったわけでございますが、実際、当初の見込みよりも実績のほうが大幅に少なくなったということで、その返還金を計上するものでございます。
 先ほど建設部の資料でもご説明をしましたが、別冊1の10ページの資料をごらんいただきたいと思います。
 事業の概要の(2)で埋蔵文化財の調査事業分として、豊里町沼崎山遺跡についての記載がございます。交付額で1,143万2,000円交付されておりましたが、実際、調査に要した経費が248万8,000円、それから24、25と実施してございましたので、その間の記交付額に対する利子の分が2万8,844円ございましたので、それらをプラスして記交付額から差し引いた897万2,844円を返還するものでございます。
 それから、10款6項1目1細目の保健体育総務一般管理費でございます。概要のほうに戻っていただきます。
 保健体育管理に要する経費でございますが、登米市教育文化振興補助金でございますが、当初200万を計上してございましたが、全国大会等に参加する方々の増によりまして、それらの方々の旅費等の補助金が不足しておりますことから、132万8,000円を追加で補正するものでございます。
 その下、体育館管理費でございますが、若者総合体育館の屋根補修工事の設計管理業務でございますが、これ当初、外部委託で予定しておりましたが、直営により実施したため不要額75万7,000円を減額するものでございます。
 それから、10款7項1目1細目給食センター管理運営費でございますが、今年度、調理業務の委託契約の契約更新等がございまして、経費等について実績見込みも含めて確定いたしましたので、委託料の減額補正をお願いするものでございます。
 それからその下、工事請負費でございますが、これは工事の実績に伴う減額でございます。
 それから次のページでございますが、給食センターの一般管理費の電気料につきましては、今年度の実績見込みによります減額でございます。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 続きまして、12款公債費1項1目1細目長期市債元金償還費についてでございますが、平成17年借り入れ分の減収補填債や臨時財政対策債の借入利率見直しによる元金償還額の増額、そして災害援護資金の繰り上げ償還があったことにより、合わせて679万円の増額補正をするものでございます。
 次の2目1細目長期市債利子費は、平成27年度借入市債の確定、それから今年度の利率見直しなどにより6,852万9,000円の減額をお願いするものでございます。
 それから次のページ、48ページでございますが、2月補正現在の基金の状況を掲載してございますのでごらんいただきますようにお願いいたします。
 一般会計補正予算の概要については以上でございますので、よろしくご審議の上、ご決定いただきますようお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりました。ここで10分間休憩をいたします。
 
          休憩 午前11時09分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時19分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。9番、中澤 宏君。

9番(中澤 宏君) それでは、地方交付税についてお尋ねします。
 企画部長の説明では、先ほど27年対比、28年が5億2,000万円の減少だという説明があったと思います。
 それで、29年度当初予算も多分12億以上の減額の予定に見たんですが、それで28年度から減額ということでありますが、その減額の見込みというのは当初予定したとおりなのか。今後もどのようになるのか。改めてお尋ねしたいと思います。

議長(沼倉利光君) 財政課長、千葉 清君。

財政課長(千葉 清君) 今回の地方交付税についてですけれども、前年度に比べて5億円ほど減というふうな交付決定なってございますけれども、その中に今年度から始まった段階的縮減の分が含まれておりまして、昨年の予算時点では2億7,000万ほど見込んでおりましたけれども、今年の減額幅が3億ほどでございましたので、当初見込んだものよりも若干最初のほうに減額が大きくなっているというふうな状況でございまして、最終的に5年間で15億ほど減額となる予定でございますけれども、減額が28年度分としては3億、当初見込んでいたのは2億7,000万ですけども3億になったと。
 そして来年度予算でございますけれども、来年度につきましては、その減額が今年度の3億にプラスして5億ほどの減を見込んでおりまして、減額幅が最初のほうで大きくなっているというふうな状況でございまして、今年と、来年、段階的縮減による減が少し当初見込みより大きくなっております。
 ただ、最終的には5年間で段階的に縮減されて、総額としては15億というふうなことを見込んでおりますので、1年、2年目は少し大きくなりましたけれども、30年以降はその幅が狭まっていくものというふうなことで見込んでおります。

議長(沼倉利光君) 9番、中澤 宏君。

9番(中澤 宏君) 単純に私どもも段階的縮減がこうした額なのかなというふうなことを思いましたので、そうすると今年、来年を合わせると15億を超える、17億を超えるというような数字ですから、もしかして予定よりも減る額が大きくなるのかなと実は心配したところでした。
 今の課長の説明ですと、その段階的縮減というのはこの中の一部であって、全部ではないのだというお話もありましたので、それではこの中の一部が段階的縮減、あと残りの分のこうした減額の内容というのはどういうものなのか、改めてお尋ねしたいと思います。

議長(沼倉利光君) 財政課長、千葉 清君。

財政課長(千葉 清君) 交付税の減でございますけれども、28年度の算定からは新しい国勢調査の人口が反映されておりまして、それに基づく減も含まれてございまして、先ほど「算定替えの減を3億ほど」というふうなことで申しましたけれども、単純に人口減に置き換えて交付税源の部分がございまして、その部分で2億5,000万ほど計算上出てくるわけでございまして、それらを合わせて5億5,000万の減というふうなことになったという状況でございます。
 いずれ来年にいたしましては、今、補正ですけれども、来年当初で計上しました交付税につきましては、国の地方財政対策を目安にいたしまして、こちらの交付ベースから地方財政対策のほうでは2.2%ほど減となっておりますので、それも見込みまして、さらに段階的縮減を5億というふうなことを見込んで7億ちょっと減をさらに見込んだ状態でございまして、そういったことで当初より減額の幅が大きくなっているというふうな状況でございます。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。17番、田口政信君。

17番(田口政信君) 何点か。まず1番目は、18ページの国際交流費、青少年海外派遣事業204万減額をしてございますが、多分、聞き洩らしたかもしれませんが、組織再編による影響はなかったかどうかということと、それから、どの事業が減額、方面が三つあったと思いますが、どこが人気がなかったのかどうか。その辺をお伺いします。
 2点目、労働費DIOジャパンの、全協で説明を受けまして8,000万と4,000万、約1億2,000万という数字が登米市から出るわけですが、どうしても私は「なぜ市が払うんだろう」というところがまだ納得できていないんです。それで、私が納得できるような説明を一つお願いしたいなというふうに思います。
 それから3つ目ですが、畜産環境総合整備の豊里の撹拌機の修理の見送りということでございますが、その後どうしていくのか。その辺をお伺いします。29年度の予算をちょっと見ていないので、申し訳ございません。
 4つ目ですが、多面的機能の支払交付金3,687万6,000円の減額ですけど、この数字が大きいか小さいか私にはわからないんですが、どういう理由があってこういう数字が出てきたのかお伺いします。
 それからもう1点。東日本震災復興交付金、説明では「一般財源を足して増額をした返還金になるんだ」というふうに伺いました。それで気になったのは、物価スライド分も市が負担するんだというふうに説明を受けたんですが、このようなことはあるのかどうか。それを確かめたいというふうに思いますので、その5点でしたかね、お願いをいたします。

議長(沼倉利光君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) それでは、2款1項7目8細目国際交流費の減額の要因はというお問い合わせでございます。
 今般、青少年海外派遣事業のほうで1人頭、補助金として43万円を見込んでございました。実際、オーストラリアのほうに派遣をいたしましたが、1人頭27万5,000円というような経費でございまして、その差額が補助金として残204万1,000円残ってしまったというような内容でございます。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) コースの人気についてはどうなの。

市民協働課長(佐藤 靖君) 本年度につきましては、一つのコース、オーストラリアのほうに派遣をしてございます。
 大変失礼いたしました。

議長(沼倉利光君) 工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) 2問目のお尋ねでございます。
 今回の不適正な支出につきましては、本来は関連子会社、またはDIOジャパンから返還させるべきものであるということですが、破産等によりまして財産がなく、返還が見込まれないという状況にあります。
 そもそもこの事業につきましては、国の交付要綱に基づいて県が基金を造成しまして、県の補助要綱によって市に給付されるという流れになっております。
 したがいまして、本来であれば東北創造ステーションが返還するべきものでありますが、もう破産しているということで、その上の市が県を通じて国に返すという事業スキルになっております。
 以上です。

議長(沼倉利光君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 畜産環境総合整備事業についてのお尋ねでございます。
 当初、4,778万9,000円ということで、平成28年度に豊里有機肥料センターの建屋、それから撹拌機等の修繕をする予定となってございましたが、国、県の予算の配分の関係もございまして、平成28、29年の2カ年の施行に変更されてございます。
 28年度につきましては、有機肥料センターの建屋の部分の修繕のみになりまして、平成29年度に撹拌機の修繕が変更になってございます。平成29年度の当初予算に撹拌機の修繕分の予算の要求をさせていただいているところでございます。

議長(沼倉利光君) 農村整備課長、可野嘉裕君。

農村整備課長(可野嘉裕君) 多面的機能支払の面積についてお答えいたします。
 当初予算のときには、迫沿岸広域協定、豊里広域協定、ほか新規地区等を計上いたしまして1,816ヘクタールの活動面積の拡大を計上しておりましたが、迫沿岸広域協定につきましては、広域化は1組織できて、また新規組織が3組織設立しましたが、面積的には391となり、計上している見込みよりも609ヘクタールの減となりました。
 あと豊里町の広域協定についても広域協定がなかなかまとまらなかったんですが、新規組織3組織が設立しまして、400ヘクタールについて295.9ヘクタールということで、差し引き104.1ヘクタールの減でした。ほか新規地域につきましても416ヘクタール見込んでおりましたんですが、実際に164.1ヘクタールとなり、251.9ヘクタールの減となりました。
 合わせて1,816ヘクタールの新規面積拡大に対して851ヘクタールの実績となりまして、差し引き965ヘクタールの減となっております。

議長(沼倉利光君) 営繕課長、小野寺友夫君。

営繕課長(小野寺友夫君) 災害公営住宅のインフレスライドについてでございますが、一般財源で支払についてのご質問でございますが、震災関連でございます事業が増えることによりまして、国は建設期の状況に合わせましてですね、費用の割増要綱を定めておりました。
 特に被災地3県、岩手県、宮城県、福島県を対象にして定めておりましたので、市の建設期におきましてもインスレスライドがおきまして、それにより国の割り増しより事業費の増加等の理由によりまして、一般財源からの支払いとなります。平成25年度と26年度の建設工事に対しましては、15%国のほうでは見ております。
 ちなみに27年度でございますが、建築工事に際して22%の割り増し等を見込んでおりまして、その差額の分を一般財源で支払うというようなお願いでございます。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 17番、田口政信君。

17番(田口政信君) 国際交流費についてはほぼ納得しましたが、聞いたのは組織再編による影響はなかったかということを聞いたのでございますが、それもお答えをいただきたいというふうに思います。
 それから、DIOジャパンですけど、課長の言うとおりだというふうに思いますよ。
 でも、県の補助要綱にそういうことが書いてあったんですか。あるいは、その契約の条項に免責のような、いわゆる市として可否があればお支払いをするという、そういう状況になったときは市が払わなければならないということになろうと思いますが、市として何かまずいことがあってこういうふうになったわけでなくて、相手方がそういう会社の経営状況が思わしくなくてそういうふうになったので、その辺の補助要綱にそのことが盛り込まれていなかったということで、普通そういうものは国県の事業を受けたときに、そういうものは整備はされていないのかどうか。それをちょっと確認させてください。
 それから、多面的機能ですけど、ちょっとわからなかったんですけど、結局1,816ヘクタールのうち850ヘクタールしかできなかった。それで900何がしが残ったので、3,687万6,000円の数字が減額となったというふうに理解していいんですか。半分ぐらいしかできなかった理由というのは、一体何なのかお伺いします。
 あとは物価スライドというのは、最初の段階でのスライドでなくて、今現時点でのスライド分をご負担くださいということなんですか。それをお伺いします。

議長(沼倉利光君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 大変失礼をいたしました。本年度から教育委員会から企画部のほうに事業のほうが移管されまして、影響がなかったかというお問い合わせでございました。
 こちらにつきましては、教育委員会とも事業の移管に伴いまして、事務の打ち合わせを重ねました。また、参加者につきましても広く募集をいたしまして、ご協力をいただきながら実行いたしまして、組織再編としての影響はなかったものというふうに考えてございます。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) DIOの関連の質問でございました。
 交付要綱には、議員おっしゃるとおりのところ明確には記載はありませんが、「その他補助金等適正化法に基づいて」という文言は実施要領にはございます。
 さらに国から県、事業主体は市でございまして、市からDIOに委託として事業を行わせているというところがありますので、適化法からすると最後の市に返還金が生じると理解をしているところです。

議長(沼倉利光君) 農村整備課長、可野嘉裕君。

農村整備課長(可野嘉裕君) 説明不足で大変申し訳ございませんでした。
 面積の減により交付金の減額となります。それで、面積の拡大に結びつけなかった要因といたしましては、新規の取組を広域協定と一緒になって取り組む考えで示しておりまして、その方向で説明会等も繰り返し行ったわけですが、新規組織を立ち上げる際に広域でなく、とりあえず自分とこのほうで新規組織を立ち上げて、広域組織に次の段階で進もうという形で新規に取り組んでもらった組織と、広域協定化ということの説明不足等により、なかなか理解していただけなかったのかなと。そういうことを深く反省しております。
 今後とも広域化に向けて積極的に説明を行い、理解してもらって、これからも広域化をやって面積の拡大に努めてまいりたいと思います。

議長(沼倉利光君) 営繕課長、小野寺友夫君。

営繕課長(小野寺友夫君) 物価スライドについて、いつの時点かというご質問だと思いますが、この物価スライドについては、平成25年と26年度時点での請負工事の中での物価スライド分でございます。

議長(沼倉利光君) 17番、田口政信君。

17番(田口政信君) 大体了解しました。
 DIOジャパンについては、まだ何ともね。何となくわかろうとしているんですが、自分の頭の中で整理できていません。というのは、なぜ市が払うのかというところのことが国、県が推進を、雇用対策をはじめ、そういう推進をしてきたときに、最後の委託事業であるので、市が最後にかぶるのだという発想をしていったときに、この事業の組み立てというのは一体これからどうなるんだろうかというふうに思うんです。よほど市が慎重に調査をして、精査をしながら事業に取り組んでいかなければならないということを、このことで学ぶために1億2,000万を出すというふうになると思うんですが、そういう理解をするしかないなと今思っています。
 それで市長、そのことについて、私が今お話ししたことについて、さらにはDIOジャパンの経過についてお話をいただきたいということ。
 それから、直接支払いのいわゆる3,687万の減少は、説明不足であったということはないでしょう。
 事業を推進するのに、結果としてこれは説明不足だったから事業量を予定していた半分しかできなかったということは、誰が責任を取るんですか、そうすると。いわゆる3,600万を、もしかしたら各農家にお支払いをすることができたかもしれない額だというふうに私は思うので、その辺はきちんと総括をし、反省をし、今後どういうふうに取り組んでいくかお伺いをしたいというふうに思います。

議長(沼倉利光君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) まず、DIOジャパンの件に関しましては、これにつきましては我々といたしましても議員からご指摘をいただいた内容等も踏まえて、国や県のほうにもさまざま申し入れをさせていただいておるところでありました。また、そういった意味では、我々の取組に瑕疵がないということにつきましても確認をいたしておるところでございます。
 そういった中で、ここから何を学ぶかということでございますが、我々といたしましては当然、我々としてもしっかりとした取組をしなければならないということもございますし、また、こういったスキームの中で、やはりその制度や運用等の中で落ちや、どういった形でそういったものを未然に防ぐかというような取組等々につきましても、それぞれの国、県、市それぞれの関係性の中で整理をしていかなければならない問題ではないのかなというふうに考えておりところであります。
 この件だけで終わるということだけではなく、このことを踏まえて、今後とも国、県の制度設計のあり方等につきましてもですね、しっかりと我々のほうからも意見を申し述べさせていただきたいとそのように考えております。

議長(沼倉利光君) 農村整備課長、可野嘉裕君。

農村整備課長(可野嘉裕君) 説明会において広域化に関係しての新規組織の取組の関係を説明したわけでございますが、なかなか理解してもらえず、まとまらなかった協定も結構ございました。その点については深く反省しております。
 これからも面積拡大を図りながら、頑張っていきたいと思います。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。23番、二階堂一男君。

23番(二階堂一男君) 23番です。3点ほどお伺いします。
 1点目は、職員の数のことでございますが、先ほどの説明の一覧表を見ましたときに、特に医療局の関係でマイナス9というふうなことになっておりますけども、この内容についてもう少し説明をお願いしたいということがまず1点。
 それから、2点目は概要の44ページでございますけども、小学校管理費の中で石森小学校の屋根、屋上の関係でございますが、これに工事管理の委託料、それから工事請負費が減額になってございますけども、これと同じようなのが46ページの津山の若者体育館の屋根の改修工事の部分で共通していることは、この管理関係を自前でやったとこういう説明がありました。
 このことは、これまでは委託で出していたのですけども、これからは職員にそうした仕事ができる人が出てきたと。こういう理解でいいのか。そして、工法も変えたために1,100万何がしが浮いたというような内容の説明だったんですが、間違っていれば訂正しますが。今後こういった委託に関しては、市独自でやれると、こういう目途が立ったというふうに理解していいのかどうかお伺いします。
 それからもう1つは、45ページの幼稚園費の中で非常勤職員講師報酬が先ほどの説明では50名から25名になったと。資格等の云々の説明がありましたけども、このことによって事業そのものに対して影響はなかったのかどうか。その辺について説明をお願いします。
 以上です。

議長(沼倉利光君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 職員の比較増減のところのご説明をさせていただきます。
 行政職(一)、増です。医療職(一)、ドクターが4人減、そして看護師の減ということでございます。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 小学校管理費等の工事の施工に関して、管理業務の委託を計上してございますが、基本的に今、教育委員会には技術職員がおりませんので、全て年度の当初にその年に計上しております工事等委託の業務等について、建設部のほうに教育委員会のほうとしては執行の委託をかけます。
 それでその際に、いわゆる工事の内容によって実際は自前でできるもの、それから技術的なことは、私はわかりませんけれども、基本的に予算とすれば設計等の委託と管理業務と全てセットで予算化しておりますので、それでお願いすると。それで今回の場合は、実際工事を発注してみて、管理業務の段階になって人員的な余裕、それから技術的な段階も多分あるんだと思いますけれども、自前でできるという判断になったもんですから、それについて予算は計上しておりましたけれども、自前の職員でできるというようなことで判断をさせていただいて、それは直営でやったということの減額でございます。
 それから、幼稚園と学校の教員補助でございますが、基本的にやはり免許をお持ちの方を採用したいということで、それに必要な予算を計上してございます。
 特に、幼稚園の講師等については50人を予定しておったんですが、幼稚園免許の所持した方の応募そのものが、いわゆる非常勤の登録制度をとっておりますので、その登録自体が、絶対数が不足しているということで、ただ現場で必要な部分は、担任等の資格がどうしても必要な業務もございますが、基本的には見守りであったり、正職員が行う業務の補助であったりということで、その業務でやむを得ないというようなことで、採用を25人に絞って、最小限の必要数で25名ということで、保育補助者ということで雇用したというのは実態でございます。
 そのために、全般的に業務量自体がどうなのかということだと思いますけども、基本的には必要とする人数自体が満たされないことで、逆に言うと今いる正職員も含めて、従事している方々の勤務時間数は増えているかなというふうに思ってございます。それに伴う時間外手当等についてもですね、必要な時間数分は予算的にも確保しなければならないというふうに思っておりますし、基本的には必要な免許を持った方が応募していただければ構わないんですけれども、できるだけ声掛けをして、必要な人数の確保に努めていきたいというふうに思っているところでございます。

議長(沼倉利光君) 医療局の大森次長、「9名減って影響がないのか」ということを聞いているし、それから志賀部長さん、「これから自前で管理をしていくのか」ということも聞いているわけ。その2点について、答弁続けてお願いします。
 まず、医療局から。医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 説明不足で申し訳ございませんでした。9の内訳ということで・・・

議長(沼倉利光君) 内訳でなくて、その影響はどうだったのかという。

医療局次長(大森國弘君) まず、看護師の減というのは、やはり体制にも影響いたしますので、それは入院病棟勤務、それから外来勤務、この調整を図りまして対応させていただいております。
 あとはドクター4人減というのは、予算上のあれですけれども、減少しておりますので、その分患者数の減、それから収入の減につながっております。
 以上です。

議長(沼倉利光君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) ただいまの業務の管理委託ですね、これが独自に目途が立ったのかというふうなご質問でございましたが、私どもの営繕課のほうで、ほぼ全ての建物等の業務工事等を委託をいただいてやらせていただいておりますが、建築技術者の数が相当多いというわけではございませんでして、やはり独自に目途が立ったというふうなことではございません。
 中身的には、業務の内容によってある程度、簡易なものというと失礼なんですけれども、わざわざ管理委託業務に出さなくても何とか自分たちで頑張れるなというふうな部分での簡易なものについては、頑張ってやりましょうというふうなことでございまして、なかなか全体的に独自に目途が立ったというふうな部分にはなっていないというような状況でございます。

議長(沼倉利光君) 23番、二階堂一男君。

23番(二階堂一男君) 職員の数については、看護師さんが多いということなんですが、心配したのは今言ったように現場に穴があくということになれば、当然、患者さんに影響がもろにいくということだと思いますけども、その退職した理由とか、例えば年齢とかですね、どのようになっているのか。
 というのは、心配するのは、場所が嫌でやめたのか。それとも事情があってやめざるを得なかったのか。その辺を心配しているんです。このままずるずるいって、広報には新しい募集が書いてありますけれども、いつもそれを繰り返していたのでは、いくら新しく入ってもやめる人が多かったらば穴が埋まらないということになりますけれども。
 その辺の事情はどうなっているんですか。このやめた看護師さん7人になりますけれども、その辺をどのように捉えているのか。見切りをつけられたのか、それとも事情があってやめられたのか。その辺が心配なんです、はっきり言って。その辺が医療局の体質としてどのようになっているのか、その辺お話をいただきたいということが一つ。
 それから、あとは自前で管理ができるということ、私はいいことだと思いますよ。やっぱり委託料を多く出さなくても職員でできるものはやっぱりやると。そういう能力を持った人、スキルを持った人をどんどん育てて、内部でやっぱりやればその分予算の節約になるかなというふうに思いますのでその辺、別にいいの、悪いのでなくて、私はいいことだと思っていましたからその部分、この辺をどう育てていくのか、もし考えがあればお話をいただきたい。
 それから、もう一つ気になったのは、44ページの屋根の防水工事1,175万1,000円が減額になっているのは、これは先ほどの説明では施工方法の変更によるというふうな受け止め方にしてしまったんだけれども、これはそうなのか。それとも、次の年に繰り越しにしたのか。その辺について、もう一度説明をお願いします。
 以上です。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 屋根の防水工事の関係でございますが、当初の設計の段階での工事費から、いわゆる設計の内容を設計している途中で設計自体を見直して工事内容を変更したもんですから、防水のやり方自体を、工法を変えたということで、決して必要なところの工事量を減らしたのではなくて、施工方法をもっと効率的でやりやすいというか、その現場にあった防水工事に設計自体を変更して、その結果、工事費が当初の設計のものよりも安くなったということでございます。
 決して工事の質を落としたということではございませんので、その辺についてはご理解をいただきたいと思います。

議長(沼倉利光君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) ありがとうございました。自前で管理できるように育てるというふうなことは、やはり大切なことでございます。
 現時点で相当数の工事を抱えておりまして、何とかかんとか現場を回していくというのが今のところやれている状況ですが、私どものほうで一級建築士も複数名ございますし、あとは建築士の資格を持った方々もいらっしゃいますので、そういった方々が実は土木技術者の方に課内に来ていただきながらも、この方々が指導したりですね、さまざまフォローをしていただきながら、そういった技術を磨いていただいているという状況でございますので、さらにそういった体制をきちんと取りながら、できるだけ自前で管理ができるような職員をきちんと育てていって、その上でいい工事をしていただくように頑張ってまいりたいと思います。

議長(沼倉利光君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 議員のほうから「職場環境が悪くてやめていった人もいるのではないか」というご質問かと思います。
 これまで退職された看護師さんは、スキルアップを図りたいという看護師さんいらっしゃいました。これは、二次救急を担う市民病院ですけれども、もっと高度な医療のところで働きたいということで、そちらにいかれた方がいらっしゃいます。
 そして、あとは家庭の事情でおやめになった方、介護をしなくてはいけないとかですね、そういった理由でやめられた方がいらっしゃいます。
 確かに看護師さんの現場といいますか、もう本当に死と隣り合わせの人と接したり、高度なストレスはかかると思います。そういう中だからこそ、看護師さんたちみんな声を掛け合ってチームワークを組んでやっております。
 もし、その職場環境での悩みがありましたら、それを各病棟の師長とか、管理職おりますので、そこに話を持ってきて、そしていろいろ悩みを聞いたりしております。最終的には看護部長が出ていって、いろいろお話を聞いたりいたします。職場環境が悪くてやめたという方は、私はいないと思います。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 23番、二階堂一男君。

23番(二階堂一男君) ぜひ、そうであればいいんですけどもね。やっぱり、いろんな仄聞することよると、やっぱりいろんな部分があるんではないかなというふうに思わざるを得ないわけです。
 やはり今ありましたように、内部の部分をきちっと風通しを良くして、魅力ある職場にしていただいてですね、大量にやめられるような状況をつくらない努力が私はやっぱり必要だというふうに思いますので、その辺ですね、今後に向けてぜひ努力していただきたいということであります。
 お昼までもう1分あるね。
 それから、さっきの施工方法の関係、変えたことによって1,100万ということはかなり額が大きいのね。それで、具体的にわかりやすく、どのような方法をどのように変えたらこういうふうになったと。最初からそういうふうな方法がなかったのかどうか。それはあれですけども、その辺がちょっとわかりづらいというふうに思います。
 あとはスキルのアップについては、ぜひ優秀な人材をどんどん育てていただいて内部でやってほしいと思います。こっちはもうよろしいです。
 こちらの部分をもう一回お願いします。

議長(沼倉利光君) 営繕課長、小野寺友夫君。

営繕課長(小野寺友夫君) 教育委員会から委託を受けております営繕課のほうで今、小学校の防水工事について、あまり減額が多いかというご質問でございますが、建築の施工法については日進月歩、いろいろ技術が進んでおります。
 教育委員会から受けた段階で、その工法が安くなるか、コスト的な面からも全て考えまして、その中で効果のある、コストのより確かなもので施行させていただいた内容でございます。

議長(沼倉利光君) 質疑の途中でありますが、ここで昼食のため午後1時まで休憩をいたします。
 
          休憩 午前11時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 議案第1号の質疑を継続いたします。
 ほかに質疑はありませんか。6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 4点ほどお尋ねします。
 一つは、別冊1の11ページ、水道事業会計あるいは老健事業ですか。職員の数は変わってないんだけど、水道のほうが確かマイナスでしたよね。それから、老健のほうはプラスになっていますけど、その事情を聞かせてください。
 次に概要の34ページ、汚染廃棄物処理実証試験、この実証試験のおおよその結論はいつごろ出るものでしょうか。
 3点目は、同じく概要の37ページ、商工業振興費のうちの1細目補償補填及び賠償金2事業所の代理弁済ということでございましたが、その業種とその会社の業歴をお聞かせください。
 最後、17番と関連しますが、DIOジャパンの関連でございますが、先ほどの市長のお答えは、登米市に瑕疵がないという判断はどなたがしたのか。つまり、対外的な判断なのか、内部の判断なのか。そして、議決をした議会には瑕疵はあったものかどうかということをまずお聞かせください。

議長(沼倉利光君) 水道事業所長、佐藤和哉君。

水道事業所長(佐藤和哉君) 水道事業所の人件費の減額の理由でございますけども、まず当初予算で見ていた給料の職員と人事異動になった職員の減というのが一つございます。それから、病気の休職1名、育児休暇の休職1名ということで、当初見込んでいた人件費よりも下ったということがその要因でございます。

議長(沼倉利光君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 農業系汚染廃棄物の処理実証試験に対するご質問でございます。
 この実証試験につきましては、3月中に圃場の準備等に入りまして、4月から牧草の作付等に入らせていただきたいというふうに考えておるところでございます。それで、牧草等の栽培につきましては、一番草から三番草までの栽培を行いまして、それぞれに放射線の移行濃度と土中の濃度等を検証する予定としてございます。そのために、結果等が出るのが三番草の測定後、11月から12月ごろになろうかというふうに考えているところでございます。

議長(沼倉利光君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 中小企業振興資金損失補償金にあたります代弁済をした2つの業者のその業種とその要因、経営状況ということでございますけども、業種につきましては自動車の卸売業が1件、そして土木工事業が1件でございます。経営状況につきましては、いずれも経営不振という状況でございます。
 (「業歴」の声あり)

商業観光課長(遠藤 亨君) すいません。その何年というのはちょっと押さえておりませんでした。申し訳ございません。具体的な業者名は押さえておりますけれども、それが・・・

議長(沼倉利光君) すいません。相手がある場合。

商業観光課長(遠藤 亨君) 押さえておりません。

議長(沼倉利光君) 工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) 最後の質問の瑕疵がないかどうかということで、外部か内部かということだと思いますが、平成27年の11月に厚生労働省が最終報告、DIO関係の最終報告を出したんですが、その見解の中で「市町村には瑕疵がなく、あくまでDIOジャパンとその子会社の問題だ」ということであります。それから、議会もこれからいきますと、瑕疵がないというようになっております。

議長(沼倉利光君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 老健事業、増額になっておりますけれども、中身としては、老健の補正予算書の10ページ、11ページにございますが、職員手当の額が増になっております。
 これは期末勤勉手当、今度の6月ですけれども、29年6月ですけれども、勤勉手当の基礎が12月、1月、2月、3月と4カ月分ございます。それを引当金として今年度中に計上しておかなくてはいけないということで、この分が計上になっております。
 それから、給料のほうは職員の採用、退職、会計間異動に伴う増減という中身でございます。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 今のことは今回だけということで理解してよろしいですか。来期もまた上がるというような予測がされるんでしょうか。そこだけですね。
 あと、今日は監査員事務局長さんいるかな。DIOジャパンの件で市町村には瑕疵はなかったということでありますが、それだけで簡単に済ませていいのかなという私は気がするんです。
 それで、17番とは考え方が多少違いまして、やっぱり国、県、末端の市で最後責任を負うのは、私は市だと思っています。こうした補助事業というか、この国あるいは県がかかわる事業ではそうだと思っているんです。ただ、いわゆる償還する財源が問題なんだろうなと思っていまして、その辺は多分、監査委員会の仕事だというふうに思っていますので、その辺の今お答えできる範囲で結構ですが、どういうお考えかお聞かせいただきたい。

議長(沼倉利光君) 医療局、来期についてどうなのかという。医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 期末勤勉手当は、職員の年齢によっても変わってまいります。
 「来年もあるか」ということなんですけども、算定の根拠が高くなれば当然、高くなりますし、低くなれば低くなるということで多少の増減はあります。

議長(沼倉利光君) 監査委員事務局長、遠藤 仁君。

監査委員事務局長(遠藤 仁君) DIOジャパンの市の返済金の関係でございますけれども、監査としては監査事務は実施してございませんが、事業のスキームからいって、どうしても市が代理返還をしなければならないというふうなことでございますので、やむを得ないのかなというふうに考えております。

議長(沼倉利光君) 6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 要は「誰にも責任がないから、いわゆる市民が負担するんだよ」という考え方だと思うんです。極論すればね。「それでいいのか」ということを今、尋ねたつもりなんですが、今、私がそういうお話をしていることを受けて、どのように答弁、そのままの答弁ですか。

議長(沼倉利光君) 監査委員事務局長、遠藤 仁君。

監査委員事務局長(遠藤 仁君) 事業のスキームからいいまして、県が基金をつくって、そのあとに管理を市のほうが事業を行っているというふうなことでございますので、市の直接な責任ではないんですけれども、やむを得ないだろうというふうに思っております。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。15番、佐藤恵喜君。

15番(佐藤恵喜君) 19ページ、防犯灯のLEDの電気料、以前お聞きしたときは「わからない」というような答弁だったと思うんですが、今回、金額を示されました。
 それで通年にしてですね、LED導入前の電気料と導入後の電気料、その差というのはどうなのかというのを数字で教えてほしいわけです。
 27ページの小規模保育事業所の関係です。
 当保育園について、どうのこうのではないのですが、市内の小規模事業者の中では、「果たして園庭なんてあるものなのかなあ」と。「土遊びができるのかなあ」とか、心配な面もあるんですけども、うちの設置基準に沿って進めているというのは知っていますが、実際問題、保育環境としてどうなのかなあと。国基準はクリアしても果たしていいのかなというような見方というか、課題に挙げているものなのかどうか。
 それから3つ目は、コールセンター、今のDIOジャパンの関係ですが、本当に見抜けなかったのかどうかという大きな課題があるわけなんですが県が、全員協議会の説明ではなかったと思いますが委員会かどこかで、県が市に対して、市が返還をするので、その分、県の責任だってあるんではないかと。県知事が紹介してきたとかというようなことで、それは責任を認めたからなのでしょうか。「別の事業で促進を図るように」とか、「いろいろ配慮します」というのがどこかで耳に入っているんですけども、その中身をもう1回お聞きしたいということです。
 34ページにあります汚染牧草、あるいは次ページのほだ木の関係ですが、今回は牧草の試験圃は市有地でしたよね。これは、私有地は避けたというんでしょうか。なぜ、市有地に限定したのかというのと、それから周辺住民の理解、同意をいただくというそういう作業というか、どこまで進んでいるのでしょうか。そして説明等をやっているならば、その中身も教えていただきたいということです。
 あと関連ですが、「400ベクレル以上のものについては堆肥化の検討も」ということになっているんですけれど、ただ、栗原の実際に取り組んだ結果を見ると、減量どころか、逆に増量になってしまうという問題で、果してこの販売というのができるのかなと。処理できないんではないかと。大きな課題を抱えているようですけども、そういう点では堆肥化については慎重の上に慎重を期さなくてはいけないなと思うんですが、どんな見解か伺います。

議長(沼倉利光君) 暫時休憩をいたします。
 
          休憩 午後1時15分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時17分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 答弁を求めます。市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 大変申し訳ございませんでした。
 28年度の電気料関係の光熱費の部分でございますけども、28年度見込みの部分では1,700万余り、そして27年度の決算につきましては2,200万程度ということで、決算見込みでいいますと約400万程度の削減というふうなことで、実績値にはなっているところでございます。

議長(沼倉利光君) 次、子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 小規模保育事業所の園庭の関係でございますけれども、議員さんご案内のとおり、小規模保育事業所は、国の基準では必置ではございません。代替施設となる部分があれば、それでクリアできるということでございます。
 今般このすずらん保育園につきましては、中江公園のほうを代替ということで申請しているところでございます。

議長(沼倉利光君) 工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) DIOの関係でございますが、市としましても県のほうに2度要望書を提出しておりますし、その返還金に伴う財政支援等もお願いしていたところですが、県としましては「一義的にはDIOの問題だということで、財政支援等はできない」という回答を得たところでありますが、「DIO問題とは別個に、個別の要望については県にできることはしますよ」ということで、一つには道路改良事業等の前倒しとか、あと県営長沼ボート場の環境整備というところで支援していきたいという回答を得ているところです。

議長(沼倉利光君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 農業系汚染廃棄物の実証試験についてのお尋ねでございます。
 まず、1点目の「個人所有地は避けたのか」ということでございますけれども、全員協議会の際にも、選定の順番ということでご説明をさせていただいたところでございます。
 まず、第一次的に市の所有地、そこで適地がなければ個人所有地を借り上げるというふうなお話をさせていただいたところでございます。ですが、市の所有地の中で適地が見つかりましたので、市の所有地を前提に現在、進めさせていただいているところでございます。
 それから2点目の「どこまで進んだのか」ということでございますが、市の所有地を6名の方で組織している組合のほうに貸し付けをしておったところでございますが、その組合のほうには、「こういう内容だ」ということでご説明を申し上げ、6名の方からはご了解をいただいたところでございます。
 ですが、地域のほうにまだ説明をしておりませんので、今後その行政区内への説明に入らせていただきたいというふうに考えておるところでございます。
 続きまして、400ベクレル以上の処理についてでございますけれども、これにつきましては、いかなる方法があるのかも含めまして、アドバイザー等の意見をいただきながら検討を進めさせていただきたいというふうに考えておるところでございます。

議長(沼倉利光君) 15番、佐藤恵喜君。

15番(佐藤恵喜君) すいません。LED28年度見込み1,700万、27年度決算で2,200万、引くと500なんだけど、400とかと言っておりましたので。
 それから、2つ目の小規模保育の関係は、国基準からして問題はないのは知っておりますが、それ以上言及できるというふうなのは無理なのかもしれませんけども、課題ではあるなと、保育環境を整えていく上では。それは、市単独でどこまでやれるかは別としても、そんな問題意識はあるのかなあということを担当としてね、どんな考えを持っているのかをお聞きしたいということです。
 それからDIOジャパンの関係で、財政支援は県はできないと。しかし、個別の道路、長沼ボート場、どうしてここにつながらなくてはならないのかと。やっぱり県が責任を感じているからということが背景にあるんでしょうか。何らここにつながらなくてはいけないということはないわけなんですが、つながれたのは何か、やっぱり県としての問題意識があったのかというふうに思うので、内情を聞かせていただくとありがたいです。
 そして1点目、聞きはずれましたが、誰が責任かということがあるんですが、少なくても刑事告訴の分、社長さんはですね。そういうのというのは、どうなっているのかなと。国が訴えるか、県が、市がどうなるかというのがあるんですが。その刑事問題については、どんな進み具合になっているかお聞きします。
 それから汚染牧草等の関係ですが、なぜ個人所有地、最初からという思いになったかというと、私も何人か牛を飼って、そして採草地をもっている方々の意見を聞いてみたんです。これを大丈夫だと実証試験をするときに、「この草地を貸してほしいとお願いされたらどうします」と言ったら、「それは、せっかく除染したものをお願いされても無理だな」と。それでは、「実証試験後ではどうですか」と言うと、「それも難しい」ということで、そういう点では本当に今でも担当部、真剣に取り組んでいる問題なんですが、そういう思いもあって、それこそ最初から突っ込んでいくというか、正面から入っていくという必要もあるのかなと思ったわけなので、もう一度お聞きしたいのと、そして実証試験でオーケーとなった場合の、あとはどこに、どう、それを本格的にやっていくかということは、まだ実証試験結果が出ない中ではありますが、当然、市有地だけで処理できるものとは思えないんですが、どういうふうな対応になっていくんでしょうか。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 大変申し訳ありません、説明不足で。
 28年度の見込みの分は1,700ということで、27年度決算、前年度との比較の部分で2,200というような話をしましたが、28年度の当初予算の部分については2,100万ほどでございましたので、その予算不用額の見込みの部分が今回補正の部分で360万程度の補正をお願いするものでございます。

議長(沼倉利光君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 小規模保育事業所の園庭でございますけれども、「保育環境を整える面から課題と思うが」というご質問でございますが、担当課としましては、小規模保育事業所は0歳、1歳、2歳というような3歳未満児の子どもが主でございます。園庭とまでいかないまでも、砂場ぐらいあれば良いのかなというふうには担当課としては思っているところでございますが、国のほうでも待機児童解消という面から空き店舗なり、空き施設の活用ということでの小規模保育事業所の開所ということをうたっております。
 そういった面から、なかなか園庭まで確保した上での小規模保育事業所確保というのが難しいかと思っておりますので、国基準どおり代替となるものがあれば、それで可とする方向で考えているところでございます。

議長(沼倉利光君) 工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) 県に対しましては、うちのほうで返還する8,000万について財政支援を要請しているところで、直接それは県としてはできないので道路事業であったり、ボート場でという回答をいただいているところでございます。
 それから刑事告訴につきましては、厚生労働省のほうから「各自治体からの報告を踏まえて、告訴が可能かどうか判断することとしたいので、各自治体での個別の判断による告訴は今のところ差し控えておけ」という通知をいただいておりますし、秋田県警と宮城県警から捜査の資料提供をこちらのほうも受けておりますし、それを見守っているという段階でございます。

議長(沼倉利光君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 実証試験の候補地の選定でございますけれども、これは市独自で決定したということもございませんで、議会の特別委員会等の意見もいただきながら選定をさせていただいた経緯があるものでございます。
 それから結果が出次第ということ、本格的な処理に向けてということではございますけれども、これは結果が出次第ですね、市有地だけで処理するわけにはまいりませんので、各農家等のご協力をいただきながら進めさせていただきたいというふうに考えておるところでございます。

議長(沼倉利光君) 15番、佐藤恵喜君。

15番(佐藤恵喜君) DIOジャパンの関係なんですが、「市においては刑事告訴等の動きは差し控えておけ」と国からの指示があると。県警も動いているということなんですが、国自体が告訴の方向に向かっていくと、告発というんですか。そういうことなんでしょうか。どこが何らかの形で、いわば県警には告発すれば動くわけなんですが、もうそれはどこかで告発しているものなのか。それともそうでなくて、警察、県警独自でやっているものなのか。そして、国がどこまで本当にやろうという気構えというかあるのか。そういうのは現時点ではわかるんでしょうか。

議長(沼倉利光君) 工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) 県警が捜査をしているというのは独自です。
 それから、国が刑事告訴するかどうかという情報はまだ何も入っておりません。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。5番、工藤淳子君。

5番(工藤淳子君) 概要書の25ページの民生費のところでお聞きします。
 養護老人ホームの措置費が減額になっていて、先ほどの説明では入所者の減ということが説明あったと思うんですけども、これはどのくらいの人数の方が減少したのか。それから、その理由について伺います。
 そして入所者の減の場合は、年度初めから少なかったのか。それとも途中からやめる方がいたのか。その辺を詳しくお願いします。

議長(沼倉利光君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) 養護老人ホームの入所措置費の関係でございます。
 まず、平成27年度ですと登米市からの措置の人数ということで、80人代の人数で年間を通して措置しておりました。今年度になりまして3名ほど新たには入所されているんですが、それ以上に、言い方あれですけれども、亡くなる方が多くて、今現在ですと1月末現在75名を入所措置しているところでございます。
 それで養護老人ホームですと、その対象になる方が経済的理由、それから住居環境等のいずれにも該当する方ということで、入所される方は何人かはいるんですけれども、それ以上に死亡での退所が多くて、前年度に比べれば人数が減っているという状況でございます。

議長(沼倉利光君) 5番、工藤淳子君。

5番(工藤淳子君) 新聞なんかで、そうすると特養のほうかもしれませんけども、介護認定関係で給食費とか施設費ですか。それが徴収されるようになって、入所者が途中でやめていく方が多いと、全国的にはそういうニュース、記事を見たもんですから、この養護の場合はそういうことは関係ない、今の話ですと関係ないのかなと思うんですけども、その辺の影響は。途中でやめる方、主に亡くなる方がいるために少なくなっているということなんでしょうか。
 それと、ここで質問できるかどうかわからないんですけど、登米市内でも今年度になって何か2、3カ所、高齢者住宅、ケアハウスが何カ所か建っていると思うんですけど、全体かどうかわからないんですけども、私の町にある、登米(とよま)にあるケアハウスは、入居料が高くて今あまり入っていない、申込者が少ないと聞いているんですけど、その辺は市のほうは把握しているのか。
 そして、もしそうであればどういう対応をしようと思っているのか。その辺ちょっとお願いします。

議長(沼倉利光君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) まず、養護老人ホームですけれども、こちらにつきましても毎年ですね、要件に該当するかどうかの確認はさせていただいております。
 あくまで経済的理由とその方の環境ということで判断いたしますけれども、登米市の場合、途中で、これまでですと死亡以外で退所されている方というのは、最近ですとございません。
 それからケアハウスですが、登米市でも今年度2施設ほど開所しております。ケアハウスですと料金ですね、議員さんおっしゃるとおり10数万、月当たり、利用料がかかるということでございます。
 新しい施設につきましては、まだ新しいということで問い合わせはあるようですけれども、最初から満床にするということではなくて、徐々に増やして満床にしていくという予定もありまして、そういった状況で今進めているというふうに伺っております。

議長(沼倉利光君) 5番さん、今のことは議題外なので1回答弁いただいて、これ以外のことでどうぞ質疑お願いします。いいですか。
 ほかに。25番、岩淵正宏君。

25番(岩淵正宏君) 3点お聞きします。概要の20ページ、市税のところですね。
 賦課徴収一般管理費、単位納税貯蓄組合補助金の減、387万。何組合減少して、この減額補正したのか。また、この組合の減が収納率の減少につながっていないかどうかお聞きします。まだ28年度は終わっていませんが、現在でどうなのかお聞きします。
 それから26ページ、敬老事業費、2段目の中の敬老行事補助金122万減になっております。敬老会を行えなかった行政区、何行政区あったのか。また、どうしても高齢者が多いところがこのような敬老者をお祝いするような状況になっているところが多く感じておりますが、今後この敬老行事補助金をどのように考えておられるのかお聞きいたします。
 それから、最後に46ページ、先ほども出ました若者体育館の屋根改修のところでございますが、体育館管理費ということできちんと管理してもらえばいいんですが、ここの若者体育館、市内の体育施設で一番カメムシが多く発生している。体育館の中に入り込む体育館であります。そういうカメムシ対策の管理等については、どのような対策、また利用者から苦情とか要望きていないんですか。そこのところ。
 この3点をお聞きします。

議長(沼倉利光君) 総務部次長兼税務課長、冨士原 徹君。

総務部次長兼税務課長(冨士原 徹君) それではまず1点目の納税組合の関係でございます。
 今回の補正につきましては、当初、納税組合の算定につきましては500組合で当初予算を編成しておりました。結果的に8組合減りまして、492組合となったことから今回、減額補正をするものでございます。
 それから、「収納率はそのことによってどうなのか」というふうなことでございますが、納税組合、このごろ減少はしておりますが、収納率につきましては、徴収等のほうでもいろいろ頑張っておりますので、下ってはいないというふうな状況にはなっております。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) 敬老行事でございますが、何行政区ぐらいということですが、敬老行事、行政区単位、それから行政区よりも一回り小さい町内会単位等で行っていただいている点もございます。それで一応、団体数で申し上げますと、今年度324団体で行われておりまして、ほぼ全域で行われていると認識しております。
 そういった状況ですので、敬老行事につきましては、各地域において浸透した中で実施していただいていると思っております。ただ、状況をお聞きしますと、参加率でちょっと問題があるということでもございますので、そういった多くの対象となる方に参加していただけるような工夫が必要だと思ってございます。そういった中で、どういったやり方というか、開催方法等がいいのか検討しながら今後も継続して進めていきたいなと考えております。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 体育館管理費の中での屋根の改修工事の設計管理委託料でございますので、それに関連して管理全般にということのお尋ねだというように思いますが、若者総合体育館の中でカメムシの発生が特にひどくて利用に支障が出ているという話は直接、私自体は把握してございませんが、それの対策としての屋根の工事ではないというふうに思ってございます。
 屋根の改修工事については、経年劣化の部分についての改修工事でございまして、仮にカメムシ等の問題が深刻だということであれば、当然、指定管理をしていただいております総合型スポーツクラブのほうと相談して、その発生原因、それから予防策等については指定管理者のほうとよく相談をしたいというふうに思ってございます。

議長(沼倉利光君) 25番、岩淵正宏君。

25番(岩淵正宏君) そうすると、まず納税組合なんですけども、今492組合、組合の減イコール収納率の減ではないよというような説明でございました。そうすると、今後どのような、いずれ納税組合減らして自動振り替え、またはコンビニ収納の方向に進ませるのか。ちゃいや、このまま維持、または逆にもっと、500組合予定したと。500組合ぐらいは残しておいて、その収納に努めてもらうのだと。どういう方向に行くのかお聞きしたいと思います。
 それから敬老行事の補助金なんですが、確かにこの行政区を一緒にしてやっている、合同でやっているところ。あとは敬老者に謝意を示して、さまざまな形でやっているやに聞いております。地域の方々がさまざまな歌や踊りで楽しませる、またはこの敬老者にごちそうというかね、食事でもてなす形を独自に各行政区やっていると思うんですが、いずれ敬老祝い行事補助金、敬老者が増えれば、1人2,000円だったでしょうかね。どんどんとこれは金額的には増していくのかなと。そして、それを開催する下の年代が少なくなっていくんではないかなと。先を見越して、どういう形が望ましいのか考えているところがあれば、お聞きしたいと思います。
 最後、屋根の改修費用で、できれば「忌避剤を一緒に塗ってくれればよかったのにな」と思うところでございます。次長、聞いてください。津山、そこを主に使っている方々、利用者、そして指定管理を受けている方、一日中、多いときはちり取りとほうきを持って管内を定期的に回ってカメムシを集めて回っているんですよ。ひどいときには、利用者よりカメムシのほうが多いときがあるからね。
 そこのところはしっかり、やっぱり施設を管理する。ただ任せるだけでなく、任せたから終わりでなくて、そういう情報も聞きながら、この体育施設の管理を努めていただければと思いますが、あれば一言お願いします。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 納税組合の関係でございます。
 納税組合につきましては、先ほどの答弁のように、今回492団体ということなんですが、合併時は559ございまして、年々減少しているという状況です。その減少していく主な原因というのは、新規にやはり加入者がいないとか、集める役員になかなかなり手がいないとか、あとは先ほどお話があったように口座振替、あるいはコンビニ収納、さまざまな納税の手立ても充実してきていますので、自然と減少しているのかなと思います。
 ただ、納税組合につきましては、あくまで任意団体でございまして、こちらでお願いしているという形とはまた違いましてですね、そういった自主的な取組ですので、それについては、基本的にはこちらでさまざまな支援はさせていただきますけれども、積極的にどうするということはまだ検討はしてございません。実際、納税組合の納期内での納付率というのは93%ぐらいという非常に高こうございますので、その辺の育成などもやはり引き続き必要なのかなとは思っております。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) 敬老行事補助金でございます。
 それで、対象となる高齢者が増えていくと補助金の金額もということですけれども、2、3年前に敬老行事の補助金につきましては、対象が75歳だったものを今77歳以上にさせていただいたという経緯もございます。
 それで「今後の見通しは」ということですけれども、今後の人口推計で見ますと、後期高齢者といいますか75歳以上の人数につきましては、大きく増えないという見込みはされていますけれども、そういった中ではあるんですが、敬老行事、確かにお世話をしていただく方も高齢の方も多いといいますか、そういった事情もございます。ですので、敬老行事の持ち方、推進の仕方、それについてもどういった方法がいいのかというのは、今後も研究してまいりたいと思っております。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 大変、情報収集不足で申し訳ございませんでした。
 指定管理者とよく相談しまして、利用環境が改善されるように努めてまいりたいというふうに思います。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。10番、佐々木 一君。

10番(佐々木 一君) どこで聞いたらというふうに思ったんですけども、概要の19ページの2款1項1細目システム管理費で行政情報システム運用管理に入ると思いますけれども、現在のですね、ホームページのことでちょっと聞きたいんですけど、前から私ならず「ホームページは最新の状況になっているか。古い情報が随分あるんではないの」ということを指摘して、何か見直すような当時の答弁をいただいたんですけども、この現在のホームページの総点検みたいなものはしているのかどうか。古い情報が残っているようなことはないのかどうか、その辺をまず1点お聞きをいたします。
 次に、38ページの7款2項の公園管理費ですけども、この中の積立金、高森公園のリフレッシュ基金の利子積立金があるんですけども、この基金は高森公園、すなわちチャチャワールドの設備、あるいは整備の財源に充てるというふうに目的がなっているんですけども、今後のこの基金の取り扱い、これはどういうふうになるのか。その辺をちょっとお聞きいたします。
 それとこの基金の現在高、27年で約1,900万ほどあったんですけれども、現在高はどのくらいあるのかお聞きいたします。

議長(沼倉利光君) 市長公室長、佐藤裕之君。

市長公室長(佐藤裕之君) ホームページのお尋ねでございます。
 議員ご指摘のとおりですね、ホームページ今、全体で約5,200ページほどございます。それで毎年ですけども古い情報があるということで、できるだけ削除には努めている状況でございます。ただ、なかなかページ数が多いこともありまして、まだ不完全な状態であるというふうに考えてございます。
 それで平成29年度でございますけども、ホームページのリニューアルを予定してございます。その中で、今ご指摘のあった部分をですね、実際に欲しい情報、それからいらない情報をしっかりと見極めながら、古い情報についてはその中で削除するようには対応していきたいというふうに考えてございます。

議長(沼倉利光君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 高森公園のリフレッシュ基金の今後の活用方法と現在高ということでございますけども、議員ご指摘のとおり高森公園のリフレッシュ基金につきましては、チャチャワールドの遊具等の修繕に活用をしてきたところでございまして、その方針につきましては今後も変わりません。
 そして、現在高につきましては、概要資料の48ページの基金の状況の中にもございますように、28年度当初1,900万だったものが今年度430万ほど、28年度で遊具等の修繕で使っておりますので、残りが1,400万ちょっとという形になります。

議長(沼倉利光君) 10番、佐々木 一君。

10番(佐々木 一君) まず、このホームページの関係ですけれども、今後リニューアルして、その段階でというんですけれども、対外的に、ホームページの市の情報はそういったことでちょっと気になることがあるんです。
 私、今回の一例としてですよ。サンクチュアリセンターの一部条例改正ありましたよね。そのサンクチュアリセンターを見たんですけども、ここに写真はリニューアルしてから約1年になりますよね。4月だったかな、4月30日。まだ写真は前のままなんです。水槽、これを見ると。
 それで、赤い矢印でさも「これは重要ですよ」というのがあるんですけども、そこを見ますと「平成19年度は、当館において下記のイベントを実施しました」。私、29年だと思ったのね、これ。あれ29年まだやらないでしょうと思って、よく見たら19年にやったことを赤い字で書いて、重要だから矢印が点滅しているんですよ。これ今後直すと言うんですけども、これはもう対外的にいっているんですよね、こういうのは。
 市長も施政方針で、「観光、定住関係で登米市の魅力を積極的に情報発信します」。積極的にやる割には10年前の情報、これを見た人どう思いますかね。がっかりして本当にイメージダウンですよ。かえってないほうがいいですよ、これは。本当に私まいりましたね、これには。
 今回この条例改正で、1回見ないんですかね。どういうふうになっているか、職員の皆さんは。変えていないということは、見ないんでしょうね。10年前のものを堂々と、赤い字で10年前の行事をこうやってやりましたと。まいったですね。
 その辺、ちょっともう一回答弁、これはいいからお願いします。
 あとこの高森公園、今後も変わらないでやっていくというわけですけども、現在、計画になっているパークゴルフ場ができた場合ですね、遊具を私は撤去するというふうに聞いているんですけれども、聞いて、場所選定にも「全部撤去してやるんであれば、しょうがないでしょうね」と思ったところがあるんですけども、何かそれも変わってきたような。
 それによって事業も、なかなか進み具合が悪いように私は思うわけです。教育委員会のほう、パークゴルフ場で、私は所管で説明は聞いて、こっちはわかるんですけども、そもそもこの第3セクターの株式会社いしこし、これも含めてどういうふうに今後、今後といってもすぐですよね。整備になれば。これについては、今後も変わらないでやっていく。どういった考えなんですか。このチャチャワールドに関して。
 その辺、副市長、検討委員会の委員長ですから。何回もこれは検討していると思います。チャチャワールドに関しては・・・株式会社いしこしですか。それで、この指定管理の期間も短くしたと私は思っています。早く結論を出すようにですね、そういったことでこの株式会社いしこしを含めたこの基金のあり方、この件もう一回お聞きいたします。

議長(沼倉利光君) 市長公室長、佐藤裕之君。

市長公室長(佐藤裕之君) 先ほどホームページの部分で、私は平成29年度にはリニューアルするとしているということで、その中で対応予定とさせていただいているというお話をさせていただきました。
 やはりホームページというものは、最新情報を載せているというのが非常に大切でございますし、それからまた、市の情報を伝えるだけでなくて、市の魅力を市内外に発信させるためには大変重要なものだと感じておりますので、先ほど議員がお話しあったようなものも含めて、早急にもう一度不要な部分があれば、すぐ解除するように対応をさせていただきたいと思います。
 よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、千葉雅弘君。

産業経済部長(千葉雅弘君) 株式会社いしこしの関係でございますが、最初にパークゴルフ場との関係でございますが、教育委員会のほうと連携を取りながら今進めてございまして、特にチャチャワールドにつきましては、限られた敷地の中で遊具を有効活用ということで、パークゴルフ場の施設に係る分はどうしても撤去になるんですが、その中でも利用が多い遊具につきましては、敷地の中で移設が可能なものについては、移設をしていきたいというふうな考え方で進めてございます。
 あと株式会社いしこしの取り扱いにつきましては、行財政改革の中での取り扱いに従いまして平成37年ですか、民営化の方向で現在も変わりなく進めているところでございます。

議長(沼倉利光君) 10番、佐々木 一君。

10番(佐々木 一君) まず、このホームページですけども、毎回同じような答弁。そういうふうに答弁しなければならないと思いますけども、実際問題ですよ、ちょっと見てこうやって出てくるんだから、恐らくかなりあると思います。私は。私も全部見るわけにはいかないから、ちょっと何かあったときに見るんですけども、今回にしたってですね、条例改正があったんですよ、指定管理をやるために。
 それで、リニューアルオープンしたら、なおさら情報発信、新しいのにするという普通なら思うでしょ。それも写真もまだ丸い水槽ですよ、これ。なぜこういうふうになるんですかね。あんまり本気になって考えていないとしか思えないんですよね。口ではいろいろうまいことを言うんですけども、実際問題として各所管で「もう1回確かめろ」となれば、恐らく一人でなく、1カ所を見るのは大変だから、所管をしているあれで1回総点検、私は早くしないと本当に登米市のいい情報を出しているホームページがイメージダウンになると私は危惧をしているんです。
 ですから、本気になってこれを見てください。対外的には、ここが一番の窓口ですから。よろしくお願いします。
 あと、このチャチャワールドの関係ですけども、遊具を有効活用すると。移設をすると。いつからこういった話になったの。
 私は常任委員会で話になったのは、「全部撤去しますから、ここにパークゴルフ場をつくります。だから面積も何とかなります」。それで了解したんですよ。移設となればまた違ってくるのではないですか、当初と。それも小さい遊具じゃないでしょう、移設といったって。
 この移設に関してもこのリフレッシュ基金を恐らく使うと思うんですけども、このリフレッシュ基金というのは、要は市の財産ですよね。第3セクターの財産ではないですよね。だから、市が主導して遊具を移動するという話は、恐らくないというふうに思うんです。第3セクターのほうから、そういったことをしたいという恐らく申し込みがあるのでしょうけども、市が株式会社いしこしの55%ですよね、株を持っているの。市がやっぱり「将来的にこういうふうにやっていきたいんだ」と、前もって今までずっと言ってきたと思うんですけども、ここに来て何でパークゴルフ場をつくるようになってから遊具の移設が出てくるんですか、ここで。その辺もちょっとわからないんですよね。
 そこまで言えば、私ら常任委員会の場所選定で決まった説明を受けているんですよ。全く持って。半分以上の株を持っているんですから、主導権を持ってやってくださいよ。市のパークゴルフがなかなか進まないのは、これもあるというふうに聞いています。決めたんであれば早く開場して、市民の皆さんに利用してもらうためにも、これから本当にチャチャワールドが規模を大きくしてやっていくんであれば別ですけども、どうなんですか、だから。
 私は解散も含めて、パークゴルフ場を開場すれば、いしこしで運営するわけでないでしょう。それは指定管理に1本で出すか、分けて出すかという話も聞いたんですけども、それにつけても、またくどくなるんではないですか。この運営につけても。存続するということは。
 この辺で大きな決断、本当にパークゴルフ、いいんですよ。ちょっとした遊具を残すのは、やはりね。地元の人たちが遊ぶのに。ただ、また入場料を取るような運営では、二重に入場料を取るような今度格好になるのかなと。仮に大きな遊具を移設して、チャチャワールドを存続するんであれば。将来的に見えないんだよね。みんな中途半端になって。
 また戻るけども、説明を受けたとき、私は本当に「遊具は全部撤去しますから」と。そこにパークゴルフ場をつくりますからと聞いて、「しょうがない」となったんですから。
 その辺もう一回説明お願いします。

議長(沼倉利光君) 答弁は休憩後とし、ここで10分間休憩をいたします。
 
          休憩 午後2時01分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時09分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 10番、佐々木 一君の質疑に対する答弁を求めます。市長公室長、佐藤裕之君。

市長公室長(佐藤裕之君) ホームページの更新作業ついては、各部署で更新作業を対応しているところでございますけども、議員ご指摘の部分をしっかり十分踏まえながらですね、ホームページの適切な管理に努めていきたいと考えております。
 よろしくお願いします

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、千葉雅弘君。

産業経済部長(千葉雅弘君) チャチャワールドの今後のあり方ということですが、最初に教育民生での説明、その内容については教育部長のほうからから説明をさせていただきたいと思いますが、現在パークゴルフ場の整備の中で、関係部署で打ち合わせをしながら進めてございまして、特に地域の方々、株式会社いしこしの関係者の皆さんも他に誇れるようなパークゴルフ場の整備ということを望んでいるのは同様でございまして、配置につきましても決定になったところでございまして、そのパークゴルフ場の整備にかからない部分にチャチャワールドとしての遊具の設置をしながら存続していきたいと考えてございます。
 それから、移設に関する経費につきましては、もちろんこの基金を充てるということではなくて、パークゴルフ場の整備の中での対応という形になっていくことと思います。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 昨年、パークゴルフ場の候補地の決定の際の例えば教育民生常任委員会での説明ということだと思いますけども、基本的に我々は54ホールの公認のコースをつくるのに必要な土地の整備をするということでご説明をしております。その中で当然、現在あります遊具の撤去部分もございますので、費用の中では撤去の費用も計上しているということでございます。
 ただ、今、産業経済部長が申し上げましたように、それ以外の土地ですね、いわゆるコースをつくる以外の土地についての利用の部分については、特に経費的な部分はみておりませんが、一番事情的に変わってきておるのは、いわゆる今指定管理している状況で、その指定管理している期間のうちにですね、当然、工事等に入るとなれば営業的な補償ですとか、指定管理を指定して管理させていて、通常営業していれば得られたであろう利益についての考えかたとかですね、損失の補償に関しての考え方とかを、当時そこまでは検討しておりませんでしたので、費用的にはそこは入っていなかったと思っております。入っていなかったと思っておりますので、今打合せしてというのは、まさにそのところでございまして、コースの整備についてはほぼ固まっておりましたので、それ以外の現状の指定管理の施設とそれからコースの設定、いわゆるコースの建設をするのにどういう調整が必要かというのをこれから細部にわたって調整して、できるだけ早く設計をあげて工事に入りたいと思ってございます。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。4番、氏家英人君。

4番(氏家英人君) 概要の44ページ。教員補助員の部分になるんですけども、今回の補正で教員補助員の採用、これの予定が25名の予定だったんだけれど、13名の雇用にとどまったというお話しでありまして、約300万円の減額補正となっています。
 改めて聞くんですが、教員補助員のいわゆる仕事内容ですかね。13名の雇用にとどまってしまったことで授業、子どもたちの学びの環境の場ですね、これに影響はなかったのか。先ほど23番議員もちょっと触れましたが、明確な答えが返ってきていなかったようなので、ちょっとその辺、改めてお尋ねしたいと思います。私は影響があったのではないかと思うのですが、いかがですか。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 登米市で教員補助員として各学校に配置しております職員の職務の内容ということだと思いますけども、基本的にいわゆる教員補助でございますが、教科の指導しているわけはございません。
 今配置しています教員補助員のほとんどが、いわゆる特別支援の子どもたち対象に、その子どもたち補助、いわゆる活動範囲の移動だったり、それから学校にいる間の教室で過ごす場合の車椅子の移動だったり、体の向きを変えるとかですね、それも含めてですが、その子どもたちの支援に回っていただいているのがほとんどの業務でございます。
 そのほかに当然時間があれば、担当の先生方の業務の補助と申しますか、中学校の教員補助ですと部活のお手伝いをしている職員もおります。
 ですから厳密の意味での教員資格が必要かと言えば、いわゆる教科の指導をしているわけではないので、教員資格がなくてもできる分の仕事については、賃金等も体系は違いますけれども、それなりの処遇で働いていただいているというような状況でございます。

議長(沼倉利光君) 4番、氏家英人君。

4番(氏家英人君) では、今の答弁だと25名の予定が13名であったとしても、さほど影響はなかったということでいいんですかね、まだ触れてなかったようですけれど。
 私は、「採用が13名にとどまった」という表現がどうなのかなと思うんですね。25人が必要だったんだと思うんですね。いわゆる特別な支援を必要とする子どもが入学したり、その数に合わせての人員採用数だったのではないかと思うんだけれども、約半分しか取れなかった。影響はなかった。「教員免許、あってもなくてもいいんだ」という言い方を加えて言っているようでは、どういうものかなと。
 以前、確かこういった問題を一般質問でも取り入れた経緯はありましたけれども、そのときは「教員補助員にならんとする人がなかなかいないということで、何らかの改善策を見つけながら今後も取り組んでいく」という答弁だったという気がしていますが、あの一般質問からどのような改善策を考えてというか、採用に臨んだんですかね。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 以前の一般質問の答弁がどうだか私も確認しておりませんが、基本的に教員補助者の必要数については、毎年の就学指導委員会の中で「これは補助が必要な子どもさんですよ」という判定、判定というか学校のほうと相談して、学校のほうから入学予定の方も含めて支援が必要なお子さんのそれに必要な補助員の希望の数を毎年いただいています。それに基づいて予算も要望させていただいて、28年度の場合は25人ということで小学校のほうは要望しております。
 それで実際のところは、皆さん当然、支援を必要とする子どもさん方でございますので、毎年我々の方も特別支援学級の状況も加味しながら、当然、特別支援学級になれば教員の配置があるんですけども、一人であってもですね。ただ、そこまではいかなくても普通学級に入って、普通学級には入れるんだけど補助員が必要だというお子さんもいらっしゃいますので、そういう方々も含めて教員補助の必要数を出しております。
 それで学校のほうでは、全て教員補助をつけてもらえば運営については大変スムーズにいくんだろうなと思いますが、申し上げているように、やはり教員免許を持った方がそもそも登録していただけないということで、雇いたくても雇えない状況でございます。それは処遇もあるでしょうし、いわゆる教員固有、教員補助を必要とする市ならずですね、宮城県自体も講師の募集をしてございますので、それと同じ処遇というわけにはなかなかいかなので、当然処遇の面もあるし、そもそも教員養成課程へ進まれる方の人数そのものが少なくなっていることも事実でございますので、できるだけの先生方の縁故で教員免許を持っている方で登録していただける方がおれば、お声がけしていただくという対策が実際のところでございます。
 現在、ご勤務いただいている方々については、長年ご勤務いただいている方が中心でございまして、特別支援の必要な子どもの数が増えたときに、なかなか新規で登録いただけないのが現状でございます。学校のほうの支援が必要な子どもさん方の状況に応じて雇えるような予算的な処置をしておりますけども、なかなか資格者の方々の登録がないということで我々も対策に苦慮しているところでございます。
 隣接の市町村とも情報交換をしながらですね、できるだけ資格者の登録が進むような、いわゆる待遇の改善も含めて今後検討を重ねてまいりたいと思ってございます。

議長(沼倉利光君) 4番、氏家英人君。

4番(氏家英人君) そういった例えば学習支援、あるいは学校生活支援、そういった部分を必要とする子どもが今後減っていくのではなくて、当然増えて行くもんだろうと思っているところなんです。
 それで、部長答弁で教員補助員が集まらない理由で、「処遇」なんていう話が出ましたけれども、これのみならず例えば、以前と違って夏休み1カ月は休まされたり、冬休みもそうだったり、そのように不安定な雇用条件を本教育委員会が出してから、さらに集まりにくくなったのではないかなという指摘を以前私がしていたと思うんですね。その辺が変らなければ、この状況はずっと続くんだろうと思わざるを得ないし、大変なことだと思うのですよ。25人の教員補助員を必要としている子どもたちがいるのに、13人の雇用にとどまったということで、約300万円の予算を減額補正して。私は大変なことだと思っていて、「とどまった」という表現でとどめるほうがちょっとおかしいのではないかなと思っているところです。
 29年度の採用はどれくらいになるのでしょうか。今後このような状況にしないために、どのようにして来年度の教員補助員の採用に取り組むんでしょうか。
 そこだけ聞いておきたい。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 正確な今の予算に合致した人数については、手持ちの資料はございませんが、30人弱だったと思ってございます。もう4人ほど増えていると思います。
 今、実際面接をしておりますが、面接の状況も含めて、いわゆる雇用したいと思う人数の半分程度しか集まっておりません。さっき申し上げたように、個人的な知り合いの方も含めて声がけさせていただいているというとこが実際のところでございます。
 非常勤の受け付けについては、1年間ずっと登録を受け付けておりますので、登録を締め切りということではなくて、随時受け付ける方式でやってございますので、できるだけ県の採用の状況等も含めて声がけをしていきたいと思っています。両方とも東部の教育事務長とも情報交換しておりますけども、できるだけ限られた人材を有効に雇用できるように努めてまいりたいと思ってございます。

議長(沼倉利光君) 14番、浅田 修君。

14番(浅田 修君) 2点ほどでありますけども、まず1点目。
 17ページの米山高校の跡地利用の用地取得の関係でございますけども、土地をいくらで買ってのマイナス、減額補正なのか、その点の。あと土地ですね、今後どのような流れで利活用するのかお聞かせいただきたいと思います。
 それから埋蔵文化財の発掘調査の関係でございますけども、調査結果、どのような埋蔵金ではないんですけども、埋蔵物があったのか。その調査結果をお聞かせいただきたいし、それからその土地の部分ですか、その今後の活用方法をお聞かせいただきたい。
 それから、あそこに企業が来ているはずでありますけども、その企業に対する影響ですか、埋蔵文化財の。そのほうもお聞かせいただきたい。
 それから、その企業の現在の営業状況のほうも、あわせてお聞かせいただければと思います。
 以上です。

議長(沼倉利光君) では、誰でもいいです。教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 旧豊里小学校跡地の遺跡の発掘でございますが、もともとは沼崎山遺跡があって、そこに旧町自体に小学校を建てたときに一度遺跡の調査をしているんですが、今回、学校が小・中一貫になりまして、小学校が空き校舎になっていたわけでございますが、さっき申し上げましたように、加工会社がそこの土地を購入したいということでございましたので、その時点で旧校庭だった部分が発掘調査をしなかったところがございました。それで、そこを購入したいということでしたので、県の文化財保護課のほうから、「そこは発掘調査していないところなので、発掘調査をしないと売れませんよ」ということでございましたので、その結果調査しましたが、旧竪穴式住居の跡とか、柱の跡が発見はされましたけど、いわゆる歴史的な発見にはならないと。前に、53、4年にですね、町の時代に調査した調査以上のものは出土されなかったということでございます。
 その後、発掘調査の報告書を24、5と調査をしましたので、その報告書をまとめて出しております。事前調査の面積が800平米ほどでございましたが、いわゆる旧校庭の部分でしたが、それを調査して報告書をあげて、文化財の調査についてはそれで了承されたということでございます。そのあとは、市有財産として売却したと思ってございます。
 あと活用についての制限については産経部のほうになると思いますので、教育委員会としてはこの時点で教育財産ではなくなって、普通財産として売ったということだと思っております。

議長(沼倉利光君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 米山高校跡地の取得の活用でございますけれども、宮城県のほうから米山高校の校庭、あるいは実習の用地の部分で市が直接取得した部分につきましては、約4.8ヘクタールでございます。
 そのうちのですね・・・すみません、ちょっとお待ちください。

議長(沼倉利光君) それでは、答弁をもう一度。工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) 豊里町に進出した企業でございますけども、破産申請中でございます。建物、土地とそのまま残っておりますが、債権者、裁判所等の結果はまだ出ておりませんので、詳細についてはわかりません。
 ただ、発掘した土地も売却して、多分その部分は更地になっているかと思います。
 ただ、所有権は企業になっております。

議長(沼倉利光君) 暫時休憩します。
 
          休憩 午後2時31分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時32分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
    答弁を求めます。企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 米山高校の跡地の利用の関係でございますけれども、ご承知のとおりですね、4月1日に開校する三幸学園のほうに貸付けてございますし、それから実習棟以外の部分で東側の部分につきましては、約3ヘクタールほど宅地開発事業ということで、現在、設計等を進めているところでございます。

議長(沼倉利光君) 14番、浅田 修君。

14番(浅田 修君) 今、破産申請中というようなお話しなんですけども、果たしてそれでいいのかなと。それを見守るだけしかないのかなと、今後の企業振興の中でどうなんでしょう。所管だから何ですけども、前回はそこまで聞かなかったもんですから。
 では、宅地の分は一般財産、それはもう売却したということなので、それはいいですけども、それ以降の企業のほうの破産、次から次へとこういう話が出てきて大変残念なんですけども、さらにソニーも撤退するという話しの中ですね、もうちょっとその点で。ただ、破産してしまったらいいんだということではなくて、もちょっと別の話し合いをそれ以降も持っているのか、持っていないのかお聞きします。
 それから米山高校なんですけども、宅地造成の分はわかるんですが、校舎をいくらぐらいで、金額的のなぜ2,300万円という金額の中で、どのように減額されたのかなと思うんですけども、その点もうちょっとわかればお聞かせいただきます。

議長(沼倉利光君) 工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) 進出していただいた企業ですので何らかの支援等はずっとしてきたつもりなんですが、今のところ市の債権等もございませんし、奨励金を出したところでもないということで、推移を今見守っているという状況でございます。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 旧米山高校の今回の補正の関係でございますけれども、当初、予算を計上したときは、平米単価6,500円ということでみておりました。先ほど教育部長がお話しいたように、約4.8ヘクタール分を見込んでおりました。
 ただ実際、売買のときには不動産鑑定が入りまして、単価が6,020円と若干安くなっています。それと農業施設関係はさらに5,950円ということで、単価が安くなったものでありますから合計が、当初予定が3億1,276万4,000円、実際の売買金額が2億8,890万円でございまして、差額の2,386万4,000円を減額させていただいたということです。
 それから、校舎等については県から無償で提供されたということでございます。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はございませんか。1番、熊谷和弘君。

1番(熊谷和弘君) 概要の37ページの新ビジネス対策費でございますけれども、貸付金ですね、借りた方はゼロ件だったということでございますけれども、その上のふるさと創生ベンチャー起業支援事業として、補助金及び交付金を実際に活用したというか、受けた企業は件数が何件あったかお伺いします。

議長(沼倉利光君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) ふるさとベンチャー起業支援事業に対するご質問でございます。
 こちらの貸付金につきましては、2名の方が採択になったわけなんですけども、貸し付けを希望されなかったということで貸付金の預託の分、300万円を減額するものでございます。
 それから、今まで受けた方ということでございますが、平成26年に1件、平成27年に2件、平成28年に2件という状況となっているものでございます。

議長(沼倉利光君) 1番、熊谷和弘君。

1番(熊谷和弘君) 1件、2件ということで非常に私的には少ないと感じてますけども、やっぱりこういった事業をやる上で、例えば「1年間で何件」とか、そうした目標は持ってやっていると思うんですが、その辺はいかがでしょうか。

議長(沼倉利光君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 平成28年度でございますけども、平成28年度につきましては、4件を予定しておったところでございます。
 ですが2回ほど募集をさせていただきまして、最初に4月から5月にかけまして1回目の募集をさせていただきました。そのときの応募は4件でございましたけれども、4件の中から事業計画審査会を実施しましたところ1件の採択になったものでございます。
 そのために不足ということでございますので、4件の枠がございますので、追加募集ということで8月下旬から10月に再度募集をさせていただいたところでございますが、その際に2件の申請があり、うち1件が採択になったという状況で、平成28年度についてはその2件採択になったものでございます。

議長(沼倉利光君) 1番、熊谷和弘君。

1番(熊谷和弘君) 名前がふるさと創生ということで、本来は本当にかなり期待しているというか、将来が明るい事業じゃないかと思うんですけれども、もしかしてあまり魅力を感じていないというか、そういった部分も感じておりますけども、それはそれで。
 例えば、貸付金についてもゼロということは、あまりやっぱり魅力がないとか、どうなんでしょうか。いずれお金も必要だと思うんですけども、どういった理由とお考えでございましょうか。

議長(沼倉利光君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 平成28年度に採択なりました2件につきましては、補助金ということで240万ほど交付してございます。それ以外の融資等については「必要ない」ということでございましたので、補助金のみの対応とさせていただいたものでございます。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はございませんか。19番、相澤吉悦君。

19番(相澤吉悦君) 先ほど来、高森公園も出ていますけども、これについても少し。
 市民は、非常に早い開催を望んでいます、パークゴルフ。前にも同じようなことを言ったんですけども、どうしても課が二つにわかれているとなかなか進まないんではないかと私自身思うんですよ。「そういうことは絶対ないです」と言うと思んだけども、ただ一つの枠の中で一つの事業をしていくのに、どうしても意見や考え方が違っていくのかなと思っています。
 何もなくできれば市民は喜ぶんですよ、早く。ただ、一つの中でやっぱり会社もそこに存続していくもんだから、残すのか、撤去するのか、そういうこともこれはこれということで、私はただ入っていったところにある遊具を残して、向こうに建てればいいなと思うんですけども、それよりも早く、1年でも早い完成を。課同士が1回、事務方だけでなくして、部長揃いで話し合ってみたほうがいいんではないですかね。それが一つ。
 それから、今出ていたベンチャー企業のこと言おうとしたら1番さんが言ったからあらかたいいんだけども、ベンチャー企業とは、新しく開発して新しく考えて、誰も使わないものとか、誰もつくらないものだと思うんだけども、そういうことで中小企業ということだと思うんですが、そういうことが非常に出てこれば、地域を活性化させるのはベンチャー企業だと思っております。
 特に、新田の十五丸のほうにある会社、私はベンチャー企業だなと思っているんですけども、今後この問題については、「おたくにこれでやるから、こうやってやれ」と言っても、なかなかすぐに、ではベンチャー企業だってことでやる項目ではなくして、できないと思うのね。全ての考えのもとに、全ての利益のもとにさまざまお付き合いから何やら、会社から、あるいは下請、元請まで合せてさまざまなところから出てきて、これだということでポンと出てきたのが、私は地域を支える中小企業のベンチャー企業だなと思うんですけども、そこまで到達するまでの非常にさまざまなものがふさがったり、あるいはいい話が出てきたりして行くんだと思うんだけども、まずは今後の中小企業の皆さんにですね、今後どのようなことを望んでいるのか。あるいは、どのようなことをしてもらいたいのか、産業振興何とかという会はあるんですけども、そういうことで一回話合ってみてはどうですかね。
 そうすれば、地域がもっとよくなると思うんですけれでも、一応二つでお願いします。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 高森公園のお尋ねはでございますけども、パークゴルフ場の建設も含めて、常に産経部長と私も含めて両部で打ち合わせもしておりますし、コースの設計の関係で株式会社いしこしの役員の方々とも話を進めてございますので、できるだけ速やかに施設が完成して、市民の皆さんに喜んで使っていただけるように頑張りたいというふうに思います。どうぞよろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) ふるさと創生ベンチャー起業支援事業についてでございます。
 この事業につきましては、平成26年度から実施してございまして、それ以降7件、支援事業として実施しているところでございます。
 このベンチャー支援事業につきましては、7件に対して創業者を含めまして19名の雇用の場につながっておるものでございます。また、7件のうちUターン者が1名、移住者が2名という状況になっておりますので、地域振興、それから移住・定住にも一定の効果があったものと理解しているものでございます。

議長(沼倉利光君) 19番、相澤吉悦君。

19番(相澤吉悦君) ご苦労さまでございます。そのような方向で、皆さんの相談役になって進んでもらえればなと思います。
 一つの事業の中に二つと言ったんですけども、こういうふうに言うとまた境がつくかもしれないけども、主導権はこっちにあるんだよね。教育委員会にね。私はそう思っているんだけども、ただその一つの中にまた別のものがあるから二つになってしまったとことなんですけども、ならば設計を組む段階は一つなんだよね、恐らく。だから設計を組む段階で、早く設計を組まなければ前に進めないので、組むときにね、そのときにこそお話を聞かなければ進まないと思うんだけども。だから、それを早くしてもらって、とにかくもたもたしているとほかに移ると思うよ、また。騒がれるから。
 あるいはもう一つの考えの中で、「パークゴルフは、もう期限が切れたのでもういいです」と、せっかくできたときにみんな終わっているかもしれない。そういうことはないとは思うんだけども、1日も早い完成をみんなが望んでいるんだよ。一歩も進んでないんだもの、だって。
 何を聞いたか、そういうことですので、設計の段階ね、もう1回すぐに話し合って進んでくださいよ。両方から聞くから。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 補正予算のほうでご説明したように、繰り越しもお願いをして大変恐縮でございますけども、できるだけ早く設計をあげて工事に移れるように頑張りたいと思います。大変申しわけござません。よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、千葉雅弘君。

産業経済部長(千葉雅弘君) パークゴルフ場の整備の関係でございますが、先ほど教育部長が答弁してございましたが、産業経済部も一緒に設計にあたりましても協議をしながら進めておりますので、そういみでは一日も早い完成を目指して取り組んでまいりたいと考えてございます。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はございませんか。11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) 説明と概要書の中から読み取れない部分をお聞きしたいと思います。
 まず、老人福祉費の食の自立支援事業の増額ですけれども、どの程度の実績になっているのかと、サービス事業の内訳をお知らせ願いたいと思います。あわせて、その配食の地元産材の利用率。
 それから畜産振興費、有機センターが29年の修繕となるようですけども、一般財源の持ち出しはあるのか。あるとすれば、どの程度なのか。
 それから、園芸振興費の価格安定相互補償協会、マイナスですけれども、今年度の実績をどの程度持ち合わせているのか。
 それから、新ビジネス対策費の・・・

議長(沼倉利光君) 11番、ページくらい言ってもらっていいですか。

11番(及川昌憲) 37ページの商工業振興費、新ビジネス対策費。地域起業家人材確保支援事業の経費、この実績はどの程度になっておるか。
 それから、41ページの住宅費。東日本大震災復興交付金返還金ですけれども、災害公営住宅の事業分として4地区84戸とありますが、これは各町域別に返還金の仕訳があれば。特に、迫の部分についてどのような実績になっているのか、お教え願いたいと思います。
 それからちょっと戻りますけども、36ページの日本型直接支払事業費についてですが、登米市に基本促進計画があるのか。あるとすれば、その中で多面的支払の内容についてどういった方向性を持ち合わせて進めておるのか。
 よろしくお願いします。

議長(沼倉利光君) 順次。長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) 食の自立支援事業、配食サービス事業についてご説明したいと思います。
 まず、実績ということでございますけども、実績につきましては、27年度実績で2万2,687食をお届けしております。28年度におきましても、見込でありますが2万6,000食を今年度は見込んでございます。
 それでサービスの内容でございますが、65歳以上の一人暮らしであったり、高齢者世帯の必要な方に対しまして、週3回を限度で弁当をお届けしながら、安否確認も兼ねて行っているというものでございます。
 実施につきましては、社会福祉協議会のほうに委託して実施しておりまして、地方産材の利用ということですが、弁当をつくる際の食材につきましても地元の物をできるだけ使うということで行なっております。
 ただ、利用割合については、数字はつかんでいないところでございます。

議長(沼倉利光君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 有機センターの畜産環境総合整備事業負担金についてのご質問でございます。
 平成28年度分ということで建屋の部分のみの修繕となってしまったために、その差額3,650万3,000円を減額させていただいたところでございます。この金額につきましては、事業費を精査し、平成29年度の予算に3,400万ほど予算要求をさせていただいているところでございます。
 事業費につきましては2分の1補助でございまして、この事業につきましては農業振興公社が事業主体となって行いまして、県からの補助金のうち2分の1が直接農業公社のほうへまいります。そのため市としましては、市の負担分2分の1を一般財源という形で、負担金として公社のほうへ支出するものでございます。
 園芸振興についてでございます。まず、実績ということでございますが、宮城県の青果物価格安定相互補償の補償につきましては、平成28年8月にタマネギとナス、合せて18万5,000円ほど負担金を交付している状況でございます。
 それから、登米市の青果物安定相互補償会といたしましては、同じく平成28年8月にナスとタマネギ合せて21万7,000円ほど交付している状況となってございます。
 地域起業家人材確保支援事業についてでございますけれども、平成28年度の採択状況でございますが、5月から6月末までに公募を実施いたしまして、3事業者から4名分の申請があり、7月に事業計画審査会を実施したところ、全事業とも採択となったという状況でございます。

議長(沼倉利光君) 営繕課長、小野寺友夫君。

営繕課長(小野寺友夫君) 災害公営住宅整備の返還金、一般財源分でございます。全体でございますが、2,298万7,000円でございます。
 先ほどご質問にありました迫地区については、床面積の超過分といたしまして688万2,000円、インフレスライド分でございますが1,069万6,000円でございます。合計で1,757万8,000円となっております。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 農村整備課長、可野嘉裕君。

農村整備課長(可野嘉裕君) 多面的機能支払事業について説明いたします。
 促進の目標といたしまして、計画といたしましては、登米市農業振興ビジョンのほうで目標指標といたしまして、多面的機能支払協定農用地面積ということで平成32年度までに1万1,000ヘクタール、平成37年度までに1万2,000ヘクタールという目標を掲げてございます。
 平成28年度現在において、ただいま協定面積は1万1,352ヘクタールに達しました。一応平成32年度までの目標を現在達成しておりましたので、今後1万2,000ヘクタールを目標値として、今後拡大に努めてまいりたいと思います。

議長(沼倉利光君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) まず、食の自立の関係ですけれども、非常にニーズはあるんだろうと思いますが、委託料の内訳を知りたかったんです。ですから食材を買って、その委託料の内訳というのはあるんでしょう。その内訳をお願いしたい。
 地域食材の、「できるだけ」というのは何なんでしょう。その「できるだけ」というのは、どこなのか教えてください。
 それから、勉強不足ですみません。
 市でこの一般財源を持ち出して有機センターを管理して行くという方向性は、前から随分議論されてきたわけですけども、相も変わらずこの方向性をずっと堅持していくのか。市が本当にこれをやるべきなのか。
 次に、価格安定補償に関しては、発動が少なかったということは「安定した」という捉え方でいいですね。
 それから、地域起業化の実績が3事業ということでありました。3事業が実績ではなくて、どのような起業家、人材が確保されたかが実績ですので、そういう説明をしてください。
 それから1万2,000ヘクタールを目標に進んで行くということでありますけども、ご案内のとおりこの多面的機能支払というのは、資源向上と農地維持活動という、大きくはこの二面性で進めていくということであります。
 特に、26年にこれは農業を有する多面的機能発揮の促進に関する法律ということで、法的に位置づけられた農村、農業を守る、農地を守るといった法律でございまして、これは非常に大きな条例に、農村にとっては条例になっていくんだろうと思います。
 こういった中で活動組織によることと、広域活動組織によるというふうな二つの選択というものがあって、それを実質的には進めていくわけでありますけども、17番議員の質問の中で、「公益活動組織がどうのこうので、何だか何だかだから進まなかった」というような話をされておりましたけども、広域化について、広域化とは200ヘクタール以上というくくりがあるわけですが、今後、活動組織による安定的な活動ができなくなっていくという部分と、さらに長寿命化を見据えたときに、広域活動組織のあり様というのは非常に重要になってくるんだと思います。
 このことについて、どういった推進を図ろうとしているのか、積極的に。その辺あればお伺いしたいと思っています。

議長(沼倉利光君) 答弁は休憩後とし、ここで10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後3時02分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時11分

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 11番議員対する答弁を求めます。順次。長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) まず、配食サービス事業の委託の内訳でございますが、まず人件費関係が非常勤職員4人分で600万、そのほかその事業を行うための消耗品類、それから保険料等となっております。それと食材の分ということでございます。食材の分が930万ほどということでございます。
 あと地元産材の関係ですけれども、地元の食材を、産材をできるだけ推進するということで委託先にはお願いしておりまして、それを推進しているということでございます。

議長(沼倉利光君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。部長

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 畜産環境総合整備事業負担金についてでございます。
 豊里の有機センターの修繕につきましては、平均29年度につきましては6,800万の事業を予定してございます。そのうち2分の1が宮城県から直接事業主体であります農業公社のほうに補助金がまいりますので、市の負担分ということで3,400万ほど市の一般財源の負担ということで、農業公社のほうに負担金として支出するものでございます。
 それから、2点目の市内の有機センターにつきましては老朽化、それから腐食等によりまして、修繕が確かに多くなっているのも事実でございます。今後につきましては修繕をしながら、いかなる方法があるか検討をさせていただきたいというふうに考えておるところでございます。
 もう1点目の地域起業家人材確保支援事業についてでございます。
 この事業につきましては、創業から間もない事業者が子育てしやすい職場環境の改善を図りながら、事業の成長を図るために必要な人材の確保を図るために、その人件費の一部を補助する事業でございます。
 平成28年度につきましてはこの事業費を使いまして、3事業者が4名の人材をこのような該当する人材を確保したところでございます。

議長(沼倉利光君) 農村整備課長、可野嘉裕君。

農村整備課長(可野嘉裕君) 多面的機能支払事業についてご説明させていただきます。
 広域化の点についてですが、現在の状況からお話いたします。
 平成28年度に新田北部土地改良区さんが中心となりまして、一つの広域組織を立ち上げております。それから、迫川沿岸土地改良区さんのご協力を得ながら、西野に一つ広域化の組織が誕生しております。それから現在、豊里改良区さんのご協力を得ながら、豊里地域で平成29年度に広域化を目指して進んでもらっている状況でございます。
 それで、やはり改良区さんを中心としてこれから一緒に協議を進めながら、広域化のほうを進めていきたいと思っております。
 それから、集落同士での広域化ということで進めたいという行政区等もございますので、そこら辺はお話を聞きながら、どのような広域化を目指したらいいのかをご相談しながら進めてまいりたいと思います。
 それから、資源向上工場支払いの施設の長寿命化でございます。
 現在、登米市で43組織に取り組んでもらってございます。それでその中で、先ほどもお話ししました新田北部土地改良区、西野土地改良区さんも施設の長寿命化に取り組んでもらってございます。
 それの広域化に進めていく現在の、平成28年度からの長寿命化に関する広域協定の優先認定基準というのがございまして、施設の長寿命化をやる際に広域組織になるための協定を結んでいる組織の場合には、単価の減額等がございません。広域組織、または直営施行を実施する組織を除いた場合に、6分の5までに上限単価が減額されます。それから1集落あたり年交付額が200万以下、ただし広域活動組織になっている場合には、それは当てはまらないということになっております。
 議員お話のとおり、施設の長寿命化の広域協定に関する要件が緩和されてございますので、今後広域化を進めていくことによって施設の長寿命化の事業を進めていくということは、広域化は重要な案件となってございます。
 ただし、現在の情報といたしまして、国のほうで平成29年度から多面的機能支払の制度の改正をするような話も受けておりますので、そこら辺の内容をもう一度確認しながら、広域化の利点を確実につかみながら、組織の方々に広域化のほうを改良区さんとか、集落さんとか一緒になって進めてまいりたいと思っております。

議長(沼倉利光君) 11番、及川昌憲君。

11番(及川昌憲君) 一番最後のほうからですけども、いわゆる広域化に関しては進めていきたいということであります。
 私もよく全体のことがつかめないのでわからないんですけども、やっぱりこの維持支払の交付金と資源向上支払の交付金、長寿命化ですね。これが一番のメインになっていくんだろうと思いますけれども、特に広域化の活用というのは非常にこれから重要になっていくと思うので、登米市の基本促進計画をもう一度しっかり実行状況の点検をしながら、施策の効果、評価をしっかり行うべきではないのかなというように思います。
 そうでないと、具体的に進める推進性といいますか、推進力といいますか。それがなかなか人任せになってしまったり、改良区任せになってしまったりするもんですから、市もしっかりそこにかかわりを持ちながらねすね、この業務に関しては進めていただきたいと思います。
 また、さらに農村振興局長が定めた事業の活用化という部分も、その業務の中であるわけでございまして、農地の区画拡大、汎用化等を図る事業、さらには地域エネルギーの活用なり、都市農村の共生交流等、そういったものが登米市の中では当てはまらないのか、そういった業務が。
 そういったものも含めて、これを使った中での農業・農村の活性化をぜひ進めていただきたいと思いますけども、その辺の考え方、ぜひ次年度に活かしていただきたいというふうに思いますので、その辺の考え方。
 それと有機センターに関して、これから経営のあり方を、まあ農協のほうにお願いしている部分があるんですけども、そのことがずっと問われてきたことなんです。そのことをどうだかというようなことを聞いているんですから、その辺の考え方はぜひしっかり進めていただきたいと。
 あと、先ほど聞き忘れていましたけれども、災害住宅の地域産材の使用率はどれくらいなのか、参考までお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 農村整備課長、可野嘉裕君。

農村整備課長(可野嘉裕君) 議員さんのおっしゃるとおり、今までの活動内容を検証し、これからの活動のあり方を検討しながら、邁進して拡大に努めてまいりたいと思います。

議長(沼倉利光君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 有機センターにつきましては、ご指摘のように現在、農協のほうが指定管理者として管理をしていただいているところでございます。
 有機センターにつきましては、故障も多いというふうな状況もございまして、有機センターによって集合処理した場合と、それから畜産農家が個別処理した場合等の比較検討を含めまして、農協とも協議を行いながら管理運営を進めてまいりたいというふうに考えております。

議長(沼倉利光君) 営繕課長、小野寺友夫君。

営繕課長(小野寺友夫君) 災害公営住宅の地域産材、主に杉材になりますが、木造住宅でございまして、大体44%くらい使用しております。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第1号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第1号 平成28年度登米市一般会計補正予算(第6号)は、原案のとおり可決されました。
 ここで、説明員の入れ替えのため暫時休憩します。
 
          休憩 午後3時24分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時24分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 議案第2号 平成28年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について、議案内容の説明を求めます。市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) それでは、議案第2号 平成28年度登米市国民健康保険特別会計補正予算につきましてご説明申し上げますので、予算書につきましては93ページから、予算の概要につきましては51ページからとなりますので、よろしくお願いいたします。
 まず、初めに予算書93ページをお願いいたします。
 平成28年度国民健康保険特別会計補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2,923万8,000円を減額いたしまして、歳入歳出の予算の総額を歳入歳出それぞれ115億22万9,000円とするものでございます。
 また、第2条として新年度当初から給付を要する契約に係る債務負担行為の追加1件でございます。
 まず初めに、歳入につきましては、予算の事項別明細書で説明させていただきますので、予算書の104ページ、105ページをお願いいたします。
 1款国民健康保険税につきましては、1項1目一般被保険者国民健康保険税及び2目退職被保険者等国民健康保険税につきましては、資格喪失等の異動等によりまして減額補正しております。
 続いて、3款国庫支出金1項1目療養給付費等負担金の減額でございますが、前期高齢者交付金の増額に伴いまして補正するものでございます。
 3目特定健康審査等負担金については、今年度の交付額が決定したことによりまして、補正するものでございます。
 続いて、2項2目財政調整交付金でございますが、前期高齢者交付金の増額等に伴います補正でございます。
 2目国民健康保険制度関係業務準備事業費補助金ですが、国保県単位化に伴います準備事業のため、システム改修事業費の確定によりまして補正するものでございます。
 続いて106ページ、107ページをお願いいたします。
 4款1項1目療養給付費交付金は、現年度分の交付決定通知によりまして補正するものでございます。
 5款前期高齢者交付金につきましては、交付決定通知による補正でございます。
 続いて、6款県支出金につきましては、国庫支出金同様に交付決定額の確定に伴う補正でございます。
 2項1目につきましては、今年度の運営強化補助金の交付額が決定したことによる補正でございます。
 続いて、2目でございますけども、前期高齢者交付金の増額等に伴う補正でございます。
 続いて108ページ、109ページをお願いいたします。
 8款財産収入1項1目でございますけども、財政調整基金利子の確定見込みによります減額でございます。
 続いて、9款繰入金の部分につきましては、1節の保険基盤安定繰入金ですが、保険税軽減に対する繰り入れをするもので、今年度の算定額が確定したことによる補正でございます。
 次に、2節の出産育児一時金の繰り入れですが、出産育児一時金の支給件数の減によります補正でございます。
 続いて、3節乳幼児医療費繰入金ですが、乳幼児医療費の現物給付に伴う国庫支出金の減額相当分から、県補助金を控除した金額を繰り入れるもので、今年度の額が確定したことにより補正するものでございます。
 続いて、4節給与等繰入金ですが、歳出の職員給与費等の補正の関係で補正するものでございます。
 5節財政安定化支援事業繰入金ですが、今年度の算定額が確定したことによる補正でございます。
 続いて、6節特定健診等事業繰入金ですが、歳出の特定検診の委託料の減額に伴う補正でございます。
 続いて、9款2項1目財政調整基金繰入金につきましては、財源調整のための補正でございます。
 続いて、10款1項1目前年度繰越金につきましては、平成27年度からの繰越金の留保分を計上しているものでございます。
 以上が歳入の補正の関係でございます。
 続きまして、歳出につきましては、予算の概要で説明させていただきますので、予算概要51ページをお願いいたします。
 1款1項1目2細目の総務一般管理費ですが、システム改修事業委託料の確定によりまして補正するものでございます。
 続いて、2項1目1細目賦課徴収費ですが、賦課業務に要する経費で事務費を減額いたしまして、徴収業務に要する経費で納税貯蓄組合補助金の確定見込みにより、減額補正するものでございます。
 続いて、52ページをお願いいたします。
 2款3項1目1細目出産育児一時金ですが、先ほど申し上げましたけども、出産数減に伴う補正でございます。
 3款1項1目1細目後期高齢者支援金ですが、今年度の拠出額の確定に伴う補正でございます。
 4款1項1目1細目前期高齢者納付金ですが、今年度の納付の確定がありまして、それに伴う増額補正でございます。
 続いて、5款1項1目1細目老人保健事務費拠出金ですが、今年度の拠出額の確定に伴う補正でございます。
 続いて、53ページをお願いいたします。
 6款1項1目1細目介護納付費ですが、今年度の納付額の確定に伴う増額補正でございます。
 続いて、8款1項1目1細目特定健康診査等事業費ですが、特定健康診査の実績に基づき委託料を減額するものでございます。
 続いて、9款1項1目1細目基金積立金ですが、財政調整基金利子の減額に伴いまして、財政調整基金積立金を減額するものでございます。
 続いて、11款諸支出金1細目の一般被保険者保険税還付金ですが、過年度分保険税還付見込みの額が決定いたしまして、減額補正するものでございます。
 54ページには、国民健康保険事業財政調整基金の状況を記載しておりますので、お目通しをお願いいたします。
 説明は以上でございますので、ご審議をいただき、ご決定くださいますよう、よろしくお願申し上げます。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第2号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第2号 平成28年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第3号 平成28年度登米市後期高齢者医療特別会計補正予算(第4号)について、議案内容の説明を求めます。市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) それでは、議案第3号 平成28年度登米市後期高齢者医療特別会計補正予算につきましてご説明申し上げます。
 補正予算書につきましては121ページから、補正予算の概要につきましては57ページからとなりますので、よろしくお願いいたします。
 初めに、補正予算書121ページをお願いいたします。
 今回の補正につきましては、第1条で歳入歳出の総額から歳入歳出それぞれ214万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7億8,326万3,000円とするものでございます。
 第2条として、新年度当初から給付を要する契約に係る債務負担行為の設定1件でございます。
 歳入につきましては、事項別明細書で説明申し上げますので、補正予算書130ページ、131ページをお願いいたします。
 1款1項1目後期高齢者医療保険料ですが、調停見込み額の増によりまして補正するものでございます。
 続いて、3款1項1目一般会計繰入金の減額ですが、事務費繰入金については、歳出の職員給与費と賦課徴収費の補正に伴う減額補正でございまして、保険基盤安定負担金及び被用者保険軽減負担金については、広域連合に対する負担金の額が確定したことによる補正でございます。
 続いて、5款諸収入2項1目保険料還付金ですが、保険料還付金の減額によりまして、広域連合からの補填金を補正するものでございます。
 続きまして、歳出につきましては、補正予算の概要でご説明申し上げますので、補正予算の概要57ページをお願いいたします。
 1款総務費2項徴収費、賦課徴収費の減額ですが、賦課業務に要する印刷製本費を補正するものでございます。
 続いて、2款後期高齢者医療広域連合納付金、後期高齢者医療広域連合納付金の減額ですが、宮城県後期高齢者医療広域連合への納付に要する経費でございまして、特別徴収、普通徴収、滞納繰越分の保険料の収入見込み額が1,203万4,000円を増額いたしまして、保険基盤安定負担金の1,025万円の減額、さらには被用者保険軽減負担金273万4,000円の減額につきましては、それぞれ確定見込みにより補正するものでございます。
 3款1項1目1細目の保険料還付金の減額ですが、過年度分保険料の還付見込み額により補正するものでございます。
 説明は以上でございます。ご審議をいただき、ご決定くださいますよう、よろしくお願申しあげます。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第3号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第3号 平成28年度登米市後期高齢者医療特別会計補正予算(第4号)は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第4号 平成28年度登米市介護保険特別会計補正予算(第4号)について、議案内容の説明を求めます。福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) それでは、議案第4号 平成28年度登米市介護保険特別会計補正予算(第4号)についてご説明をいたします。
 補正予算につきましては139ページから、予算の概要につきましては61ページからになります。ご準備をお願いいたします。
 それでは、まず補正予算書139ページをお願いいたします。139ページでございます。
 今回の補正につきましては、歳入歳出予算の総額からそれぞれ8,046万円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ90億9,067万2,000円とするものでございます。
 続きまして、債務負担行為でございますが、債務負担行為につきましては142ページでご説明いたしますので、補正予算書142ページをお願いいたします。補正予算書142ページでございます。
 第2表債務負担行為であります。
 新年度当初から給付を要する業務の委託等につきまして、予算の範囲内において債務負担行為を設定するというものでございます。
 続きまして、歳入予算の補正につきましては、事項別明細書で説明いたしますので、補正予算書148ページをお願いいたします。148ページでございます。
 まず、3款国庫支出金でございます。
 国庫支出金につきましては、交付対象でございます歳出側の保険給付費などの給付見込みにより減額するものでございます。
 なお、2項4目介護保健事業費補助金につきましては、介護保険制度の改正に伴うシステム改修に係る補助金を見込んだものでございます。
 4款支払基金交付金及び5款県支出金につきましても、交付対象の保険給付費の給付見込みに基づきまして減額するものでございます。
 続いて、150ページをお願いいたします。
 7款繰入金につきましては、介護給付費などに対する一般会計繰入金でありますが、それぞれ実績見込みにより減額するものでございます。
 8款繰越金につきましては、平成27年度介護保険特別会計決算に係る繰越金を計上するものでございます。
 続きまして、歳出予算の補正につきましては、補正予算の概要でご説明いたしますので、補正予算の概要61ページでございます。61ページをお願いいたします。概要61ページでございます。
 まず、1款総務費1項1目2細目総務一般管理費につきましては、介護保険制度の改正に伴いまして、システム改修に要する経費を補正するものでございます。
 4項認定事務費につきましては、要介護認定調査、主治医意見書作成経費介、護認定審査会、これらの経費を実績見込みにより減額するものでございます。
 続いて、62ページをお願いいたします。
 62ページから64ページまでにつきましては、2款保険給付費を補正するものでございますが、平成28年度の保険給付見込みにより、それぞれの経費について整理するというものでございます。
 続いて、64ページをお願いいたします。
 4款地域支援事業費につきましては、地域支援事業として実施しております総合相談事業費などについて、実績見込みにより減額するものでございます。
 5款基金積立金につきましては、補正予算による財源調整及び基金利子分について積み立てをするというものでございます。
 続いて、65ページにつきましては、介護保険特別会計に属する基金の状況について記載したものでございます。
 説明につきましては、以上でございます。よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたのでこれから質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第4号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第4号 平成28年度登米市介護保険特別会計補正予算(第4号)は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第5号 平成28年度登米市土地取得特別会計補正予算(第2号)について、議案内容の説明を求めます。総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) それでは、議案第5号 平成28年度登米市土地取得特別会計補正予算(第2号)の説明を申し上げます。
 議案書は167ページでございます。概要書は69ページをお開きいただきたいと思います。
 補正第2号は・・・議案書でございます。167ページでございます。
 補正第2号は、歳入歳出予算総額から歳入歳出それぞれ3,314万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7億8,713万8,000円とするものでございます。
 予算書176ページをお開き願います。
 歳入は事項別明細でご説明をいたします。
 1款1項1目利子及び配当金でございます。
 土地開発基金の利子、21万6,000円を減額するものでございます。
 2款1項2目一般会計繰入金につきましては、1,692万3,000円を増額補正するものでありますが、これは一般会計でも出てきましたけれども、土地開発公社の解散に伴いまして寄附された剰余金を土地開発基金に積立てるために、一般会計から繰入金として歳入するものでございます。
 2款2項1目土地開発基金繰入金でございます。
 長沼第二工業団地及び登米インター工業団地の造成事業費の確定によりまして、基金からの繰入金を4,984万8,000円減額するという内容でございます。
 歳出につきましては、予算の概要のほうでご説明いたします。69ページをごらんいただきたいと思います。
 1款1項1目1細目土地開発基金管理事業では、土地開発基金への繰出金として、歳入でご説明いたしました土地開発公社からの寄附金、それと基金の利子、合わせまして1,670万7,000円を基金へ繰り出すものでございます。
 1款2項1目1細目宅地造成事業特別会計繰出金でございますが、工業団地造成事業費の確定により、繰出金を4,984万8,000円減額するものでございます。
 内訳といたしましては、長沼第二工業団地造成事業分で4万4,000円、登米インター工業団地の造成事業分で4,980万4,000円、これをそれぞれ宅地造成事業特別会計への繰出金を減額するというものでございます。
 なお、70ページに基金の状況を掲載しておりますので、お目通し願いたいと思います。
 説明は以上でございます。ご審議を賜りまして、ご決定くださいますよう、よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたのでこれから質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第5号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第5号 平成28年度登米市土地取得特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決されました。
 議案第6号 平成28年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第4号)について、議案内容の説明を求めます。建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) 議案第6号 平成28年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第4号)につきまして説明を申し上げます。
 説明につきましては、補正予算書が183ページから、補正予算書の概要が73ページから、2月定例会資料別冊1が8ページとなりますので、準備をお願いいたします。
 初めに、補正予算書183ページをお願いいたします。
 歳入歳出の予算補正でございますが、予算の総額から歳入歳出それぞれ7,767万3,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ48億2,328万7,000円とするものでございます。
 186ページをお願いいたします。
 第2表、繰越明許費でございます。
 入札不調や地下水の影響、さらには関係機関との調整に日数を要したことによりまして、公共下水道施設整備事業につきまして3億4,092万4,000円を平成29年度に繰り越しをするものでございます。
 詳細につきましては、2月定期議会資料別冊1、8ページに記載してございますので、お目通しを願います。
 187ページをお願いいたします。
 第3表債務負担行為補正でございますが、平成29年度当初から給付を要します当該年度にかかわる業務の委託等にかかわる契約、それと自家用電気工作物、電気保安業務委託料の2件を追加するものでございます。
 188ページをお願いいたします。
 第4表、地方債補正でございますが、公共下水道事業浄化槽整備事業の限度額の変更でございまして、合わせて4,440万円を減額するものでございます。
 なお、平成28年度末の地方債現在高の見込みにつきましては、予算書205ページに示してございますのでお目通しをお願いいたします。
 次に、歳入につきましては、事項別明細書にてご説明を申し上げます。
 194、195ページをお願いいたします。
 2款使用料及び手数料1項1目2節公共下水道敷地使用料でございますが、佐沼浄化センターの敷地の一部を東北電力発注の鉄塔工事作業通路として昨年度から使用させておりますが、使用期間が約3カ月短縮になったことに伴いまして42万3,000円を減額するものでございます。
 5款財産収入1項1目1節利子及び配当金でございますが、農業集落排水事業運営基金の積立利子、確定によりまして1万3,000円を増額するものでございます。
 6款繰入金1項1目1節一般会計繰入金でございますが、事業の確定見込みによりまして、公共下水道事業繰入金、農業集落排水事業繰入金、浄化槽事業繰入金、合わせまして3,286万3,000円を減額するものでございます。
 詳細につきましては、充当いたします歳出にてご説明を申し上げます。
 次に、9款市債でございますが、公共下水道事業債と浄化槽事業にかかわります特定地域排水事業債につきまして、事業費の確定見込みによりまして、合わせて4,440万円を減額するものでございます。
 次に、歳出につきましては、補正予算の概要にてご説明申し上げます。
 補正予算の概要73ページをお願いいたします。
 1款総務費1項総務管理費でございますが、次のページ、74ページにかけまして、公共下水道農集排、それから浄化槽の一般管理費につきまして、受益者負担金・分担金の一括納付分確定による報償費の補正や税外債権滞納管理システムの購入費用の確定による備品購入費117万1,000円の減のほか、一般管理費の確定見込みによりまして、合わせまして132万7,000円を減額するものでございます。
 74ページの中段でございます。
 2項施設管理費でございますが、公共下水道及び農業集落排水の電気料の実績見込みよりまして、光熱水費1,400万円の減、汚泥放射能測定検査業務委託料の確定によりまして、その委託料の減のほか、施設管理経費の確定見込みによりまして、合わせまして1,464万8,000円を減額するものでございます。
 75ページをお願いいたします。
 2款事業費1項下水道施設整備費でございますが、公共下水道施設整備の工事の確定見込みによりまして、工事請負費1,979万円の減、迫川流域下水道の整備事業費増に伴います建設負担金112万6,000円の増、浄化槽設置工事費の確定見込みによる工事請負費2,976万6,000円の減など、合わせまして4,854万9,000円を減額するものでございます。
 76ページをお願いいたします。
 3款交際費1項交際費ございますが、利子償還金の確定によりまして、公共下水道、農集排、浄化槽を合わせまして1,314万9,000円を減額するものでございます。
 それから、77ページには基金の状況をお示してございますので、お目通しをお願いいたします。
 説明は以上でございます。ご審議を賜りまして、ご決定くださいますよう、お願い申し上げます。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第6号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第6号 平成28年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第4号)は、原案のとおり可決されました。
 本日の会議時間は、本日の議事日程が終了するまで、あらかじめ延長します。
 次に、議案第7号 平成28年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第3号)について、議案内容の説明を求めます。産業経済部長、千葉雅弘君。

産業経済部長(千葉雅弘君) それでは、議案第7号 平成28年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第3号)につきましてご説明を申し上げます。
 補正予算書の209ページをお願いいたします。
 歳入歳出予算の補正でございますが、予算の総額から歳入歳出それぞれ4,984万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ8億486万4,000円とするものでございます。
 212ページをお願いいたします。
 第2表、継続費補正でございます。変更でありまして、1款1項(仮称)長沼第二工業団地整備事業につきまして、事業費の確定によりまして、補正後の総額を10億2,970万5,000円に、それから平成28年度の年割額を5億7,464万4,000円にそれぞれ4万4,000円減額し変更するものでございます。
 213ページをお願いいたします。繰越明許費でございます。
 1款1項蛭沢地区事業につきまして、みやぎ県北高速幹線道路への残土搬出に係ります調整など、関係機関との協議に不足の日数を要したことから、6,482万2,000円を平成29年度に繰り越すものでございます。詳細につきましては、別冊1の9ページをご参照願います。
 214ページをお願いいたします。
 第4表、債務負担行為でございます。平成29年度当初予算に計上する公共土木自動積算システムの賃貸借契約につきまして、債務負担行為を設定するものでございます。
 次に、歳入につきまして、事項別明細書でご説明を申し上げます。220、221ページをお願いいたします。
 2款繰入金1項2目1節土地取得特別会計繰入金でございますが、大洞地区及び蛭沢地区の事業費確定見込みによりまして、4,984万8,000円を減額するものでございます。
 次に、歳出につきまして、補正予算の概要でご説明を申し上げます。
 補正予算の概要の81ページ、最終ページをお願いいたします。
 1款事業費1項1目1細目大洞地区事業費でございますが、継続費補正でも説明申し上げましたが、長沼第二工業団地造成工事の工事請負費の確定によりまして、4万4,000円を減額するものでございます。
 3目1細目蛭沢地区事業費でございますが、事業計画面積の確定などによりまして、用地買収費及び流木補償費など4,980万4,000円を減額するものでございます。
 ご説明は以上でありますので、ご審議を賜り、御決定くださいますよう、よろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第7号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第7号 平成28年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第3号)は、原案のとおり可決されました。
 ここで、説明員の入れ替えのため暫時休憩します。
 
          休憩 午後3時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時58分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
    ここで10分間休憩をいたします。
 
          休憩 午後3時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後4時06分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 議案第8号 平成28年度登米市水道事業会計補正予算(第3号)について、議案内容の説明を求めます。水道事業所長、佐藤和哉君。

水道事業所長(佐藤和哉君) 議案第8号 平成28年度登米市水道事業会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。別冊、水道事業会計補正予算書にご用意願います。
 今回の補正は、事業の確定見込みに伴うもの、人件費の確定に伴うもの、そしてこれらの補正に伴う消費税計算の決定に伴うものが主なものでございます。
 3ページをお開きいただきます。
 予算の第2条、業務の予定量は、予算第4条、資本的支出の建設改良費の補正に伴うものでございます。
 予算第3条、収益的収入及び支出並びに予算第4条、資本的収入及び支出につきましては、恐れいりますが18ページをお開きください。
 収益的収入の補正は、2,649万2,000円の減額でございます。
 8款2項2目1節の負担金は、児童手当に要する経費。
 それから、8款2項7目1節賞与引当金戻入益につきましては、在籍職員の確定に伴う補正でございます。
 それから、8款2項2目2節の補助金。これは経営戦略の策定に要する経費に伴う一般会計からの繰り入れでございます。
 水道事業所では、平成27年から29年度の3カ年で施設更新計画の策定を行っておりますが、この計画が国で定める経営戦略の要件を満たしておりますので、この策定経費の2分の1を一般会計から繰り出ししていただくものでございます。
 8款2項3目消費税還付金は3,160万9,000円の減額となっておりますが、これは後ほど説明をいたします、資本的支出の建設改良費が減額になったことに伴う消費税計算の結果でございます。
 それから、その他特別利益ですが、東日本大震災に伴いまして、被災者が行う給水装置工事に関して手数料減免しておりますが、その補償として一般会計からの繰り入れをいただくものでございます。
 18ページの収益的支出の補正は、総額343万7,000円を減額するものでございます。
 これらは在籍職員の確定に伴いまして、人件費並びに病気休暇職員の代替臨時職員の賃金を確定したものでございます。
 1目原水及び浄水費から5目業務費までは在籍職員の確定でございますが、6目総係につきましては病気休暇の職員の人件費の補正並びに1番下の5番賃金は、その代替職員の賃金の補正でございます。
 続きまして、20ページをごらんいただきます。
 資本的収入及び支出の見積もりでございます。
 第10款資本的収入は、第11款資本的支出の建設改良の減額補正に伴う財源であります企業債、補助金、出資金等を減額するもの。それから、出資金の9目その他出資金1節その他出資金につきましても、これも東日本大震災に伴います手数料、加入金の減免に対する繰り入れでございます。
 それから、21ページ資本的支出は2億8,637万5,000円を減額するものでございます。
 これは、当初予定しておりました他事業の工事に起因する工事の変更や中止に伴う減額、請負差額に対する減額、そして人件費の増額でございます。
 11款1項2目浄水施設整備は、保呂羽浄水場と下り松ポンプ場を結ぶ導水管の整備ですが、事業費の確定に伴いまして5,400万円減額するものでございます。
 11款1項3目浄水施設整備費も事業費の確定に伴いまして、2,000万円減額するものでございます。
 11款1項5目1節工事請負費は、当初予定しておりましたダクタイル鋳鉄管更新工事の中止、あるいは変更等と請負差額による2億1,301万円の減額を行うものでございます。
 なお、4節事務費につきましては人件費の増額でございます。
 続きまして、4ページにお戻りいただきます。
 第5条債務負担行為の追加補正でございます。
 平成29年3月末で期間満了となります緊急用資材管理業務委託を、平成29年4月から3カ年間委託するものでございます。
 第6条企業債、第7条の議会の議決を経なければ流用することのできない経費についてはお目通しを願います。
 22ページをお開きいただきます。22ページ、損益計算書の推移でございます。
 ただいま申し上げました補正予算を行って損益決算書を作成しましたところ、27列、当年度純利益は、補正2号に比べまして853万1,000円増の3,133万6,000円となったものでございます。
 説明は以上でございます。ご審議を賜り、ご決定くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第8号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって議案第8号 平成28年度登米市水道事業会計補正予算(第3号)は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第9号 平成28年度登米市病院事業会計補正予算(第3号)について、議案内容の説明を求めます。医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) それでは、議案第9号 平成28年度登米市病院事業会計補正予算(第3号)についてご説明いたします。
 補正予算書、3ページをお開き願います。
 第2条業務の予定量でございますが、入院外来延べ患者数を本年度の実績見込みによりまして、それぞれ補正するものでございます。
 補正予定量につきましては、入院の延べ患者数で8,456人の減。1日平均では23人の減とするものでございます。外来につきましては、延べ患者数で2万8,901人の減。1日平均では118人の減とするものでございます。
 これらの補正につきましては、主に登米市民病院、豊里病院における常勤医師の退職、さらには津山診療所の休診や訪問看護ステーションの体制縮小などが影響しております。
 次に、第3条収益的収入及び支出並びに、第4条資本的収入及び支出でございますが、これにつきましては、22ページ以降の明細書でご説明をさせていただきます。
 それでは22ページ、23ページをお開き願います。収益的収入及び支出の補正内容でございます。
 第1項医業収益でございますが、入院外来収益を本年度の実績見込みによりまして、入院収益で2億5,744万2,000円、外来収益で2億6,487万9,000円をそれぞれ減額補正するものでございます。これらは、業務予定量の補正減に伴うものでございます。
 また、その他医業収益では室料差額収益や予防接種料、乳幼児健診等の講習衛生活動費などの実績見込みよりまして、548万8,000円を減額補正するものでございます。
 第2項の医業外収益では、医学生奨学金等貸付金返還利息など376万3,000円、児童手当に要する経費の繰入金60万2,000円、宮城県受入困難事案受入医療機関支援事業補助金など3件の補助金で265万5,000円、行政財産使用料などその他事業外収益で111万9,000円をそれぞれ増額補正するものでございます。
 第3項の特別利益では、医学生奨学金等貸金の返還に伴う償還免除引当金戻入1,320万円や賞与引当金戻入208万8,000円を増額補正するものでございます。
 続きまして24ページ、25ページをお願いいたします。
 第1項の医療費用でございますが、給与費は応援医師や非常勤職員報酬を増額する一方、職員の採用や退職に伴う給料表の実績見込みにより1億255万5,000円を減額補正するものでございます。
 なお、給与費の詳細につきましては、12ページから15ページにかけまして給与費明細書記載してございますので、お目通しをお願いしたいと思います。
 その他の費用につきましては、患者数の減少に伴う材料費や経費の減額、前年度の建設改良費の確定に伴う建物減価償却費802万9,000円の増額補正、資産減耗費につきましては、米谷病院医師官舎解体や病院、診療所で管理している機械備品などの除却に伴う実績見込みより、897万1,000円を増額補正するものでございます。
 第2項の医業外費用では、一時借入金利息の減額354万2,000円や雑損失として、たな卸資産購入に係る消費税等の減額等により1,095万3,000円を減額補正するものでございます。
 第3項の特別損失では、看護師奨学金に係る地域医業再生事業補助金返還金及び医学生奨学金返還に伴う財源の前受金計上として、1,320万円を増額補正するものでございます。
 続きまして、28ページ、29ページをお願いいたします。
 まず、資本的収入及び支出の収入でございますが、米谷病院建設工事の用地購入費等の確定による企業債7,000万円の減額や医学生奨学金等貸付金の辞退による投資返還金1,320万円を増額する一方、医学生奨学金等貸付金の確定により、他会計負担金1,020万円を減額補正するものでございます。
 支出につきましては、米谷病院建設工事の用地購入等の確定による7,000万円の減額、医学生奨学資金等貸付金の確定により3,500万円を減額補正するものでございます。
 恐縮でございますが、4ページにお戻り願います。
 第5条継続費の補正でございます。
 内容につきましては、金曜日のお配り申し上げました議案第9号関係資料によりご説明させていただきますので、申しわけございませんが資料のご準備をお願いいたします。
 米谷病院建設工事に伴う汚染土壌等の処理について、継続費補正という資料でございます。
 まず、1点目の汚染土壌の処理についてでありますが、汚染土壌は土壌汚染対策法に準じて適正に処理を行うこととし、国が指定しております全国107の処理施設のうち、東北の処理施設14施設の中で一番近い処理施設を選定したものであります。
 処理につきましては、ガラ混入の有無による処理施設が異なります。ガラなしの汚染土壌は岩手県一関市にございます三菱マテリアル株式会社岩手工場で、ガラ混入の場合は秋田県大館市にございますエコシステム花岡株式会社松峰工場及びグリーンフィル小坂株式会社にお願いするものであります。
 処理単価につきましては、処理内容に記載している方法による処理費及び運搬に要する経費見積による単価となっております。
 概算数量つきましては、汚染土壌として処理しなければならない見込み数量を最大限見積もった数量としておりますので、これら汚染土壌の処理数量が確定した時点で経費の精算を行うこととしております。
 2点目として、汚染土壌の処理費用でございます。
 まず、建設工事の増額といたしましては、先ほど御説明いたしました汚染土壌の概算数量の処分費に加え、これまで汚染土壌の調査費用、山留工事や仮設工事等の経費を含めました処理費用として3億6,094万7,000円、新病院建設に伴う現病院の一部解体工事の際、アスベストが検出されたことに伴う処理費用3,942万円、汚染土壌処理に伴い工期が延長になることによる現場管理費や一般管理費等の増額分1億1,421万3,000円、合計で5億1,458万円を増額するものであります。
 また、これらの追加工事よりまして、管理業務委託費につきましても757万6,000円を増額するものでございます。
 全体事業費といたしましては、現契約の請け差を差し引きました4億860万円の増額をお願いするものであります。
 3点目は事業スケジュールでございます。
 当初計画では平成30年1月の開院として計画しておりましたが、このたびの汚染土壌処理の追加工事等によりまして、新病院の開院を平成31年2月ごろ、現病院の解体、外構工事などの全ての事業完了を平成31年12月として計画変更するものであります。
 このことから継続費につきましても、事業期間を1年延長して平成31年度までとし、平成29年度以降の年割額をそれぞれ変更するものであります。
 米谷病院建設に伴う汚染土壌等の処理についての説明につきましては以上でございます。
 恐れ入りますが、補正予算書4ページに戻りいただきたいと思います。
 ただいまご説明申上げましたとおり、米谷病院建設事業の継続費につきまして、汚染土壌処理等追加工事費として4億860万円を増額し、事業費の総額を40億2,600万円とするものでございます。
 また、工事期間につきましても1年間延長いたしまして、4年間の事業時間とするもので、年割額につきましても記載のとおり補正をお願いするものでございます。
 継続費の全体計画につきましては、16ページから17ページにかけまして継続費に関する調書を記載しておりますので、お目通しをお願いします。
 第6条債務負担行為につきましては、新年度当初から業務を要する委託等の契約を追加するものでございます。
 第7条企業債につきましては、企業債の減額補正に伴い、限度額を18億7,590万円に減額補正するものでございます。
 第8条議会の議決を経なければに流用することのできない経費では、職員給与費の既決予定額から1億255万5,000円を減額いたしまして、52億7,811万5,000円とするものでございます。
 第11条たな卸資産購入限度額でございますが、薬品費などで1億5,817万7,000円を減額いたしまして、11億5,015万6,000円とするものであります。
 最後になりますが、19ページをお願いいたします。
 今回の補正によります予定損益でございますが、下から3行目になりますが、本年度の純損失といたしましては12億8,533万円を見込むものでございます。
 説明は以上でございます。よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第9号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。
 よって、議案第9号 平成28年度登米市病院事業会計補正予算(第3号)は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第10号 平成28年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第3号)について、議案内容の説明を求めます。医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) それでは、議案第10号 平成28年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第3号)についてご説明いたします。
 別冊補正予算書3ページをお願いいたします。
 第2条業務の予定量でございますが、入所利用者数、通所利用者数を本年度の見込みによりまして、それぞれ補正するものでございます。入所利用者数の補正予定量は774人の減、1日平均では2名の減。通所利用者数の補正予定量は43人の減とするものでございます。
 次に、第3条収益的収入及び支出でございますが、これは18、19ページの明細書でご説明させていただきます。
 それでは18ページ、19ページを開きお願いいたします。
 まず、収益的収入及び支出の収入の補正内容でございます。
 第1項の事業収益でございますが、本年度の見込みによる業務予定量の補正等に伴い、1,562万8,000円を減額補正するものでございます。
 第2項の事業外収益では、児童手当に要する経費の繰入金10万円を増額補正するものでございます。
 次に事業費用でございますが、給与費は職員給料等増額する一方、非常勤職員報酬の減額により125万1,000円を減額補正するものでございます。なお、給与費の詳細につきましては、10ページから13ページにかけて給与費明細書を記載してございますので、お目通しをお願いしたいと思います。
 その他の費用につきましては、経費では給食業務委託料で約230万5,000円の減額。減価償却費で49万3,000円、資産減耗費につきましては、中央機器などの除却に伴う実績見込みより32万4,000円を増額補正するものでございます。
 恐縮でございますが、3ページにお戻りお願いいたします。
 第4条債務負担行為につきましては、新年度当初から業務を要する委託等の契約を追加するものでございます。
 第5条議会の議決を経なければ流用することのできない経費では、職員給与費の既決予定額から125万1,000円を減額いたしまして、3億253万9,000円とするものでございます。
 最後になりますが、15ページをお開きいただきたいと思います。
 今回の補正によります予定損益でございます。
 下から4行目なりますが当年度の純損失といたしましては、6,398万6,000円を見込むものでございます。
 説明は以上でございます。よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 説明が終わりましたの、でこれから質疑を行います。
 質疑はありませんか。6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) 病院関係のこういうことは、ちょっとわかりにくいことなので教えていただきたいんですが、予定損益計算書並びに予定貸借対照表の数字を見るとき、担当として深刻に捉えているのはどの辺なんでしょうか。

議長(沼倉利光君) 医療局企画課長、阿部桂一君。

医療局企画課長(阿部桂一君) ただいまの質問にお答えしたいと思います。
 一番は、やはり経常損益の黒字化が最も望ましい形だと思ってございます。これまで、最近では制度改正によりまして、退職手当の引当金などが大きな要因となって純損失として表れてございますが、これにつきましては5年間の措置ということですので、その後におきましては経常利益を出すような取組が必要だということで捉えてございます。

議長(沼倉利光君) 6番、浅野 敬君。

6番(浅野 敬君) その対策として、適切に手を打っているということで捉えてよろしいですね。

議長(沼倉利光君) 医療局企画課長、阿部桂一君。

医療局企画課長(阿部桂一君) 老健事業につきましては大変厳しい状況でございますが、このたびお示しをしています中長期計画の中でも、今後新たな算定基準なども取りながらですね、経営改善に臨むということにしてございますので、よろしくお願いしたいと思います。

議長(沼倉利光君) ほかに質疑はございませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 討論なしと認めます。
 これから議案第10号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、議案第10号 平成28年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第3号)は、原案のとおり可決されました。
 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 お諮りします。明日2月28日は、常任委員会開催のため休会としたいと思います。
 これにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、2月28日は休会とすることに決定しました。
 なお、次の会議は3月1日、午前10時から行います。
 本日はこれで散会します。ご苦労さまでした。
  
          散会 午後4時33分
 
 
 上記会議の経過を記載し、その相違ないことを証するためここに署名する。
 
 議会議長  沼 倉 利 光
 
 
 署名議員  佐々木 幸 一
 
 
 署名議員  氏 家 英 人
 
 

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>