•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(伊藤吉浩)
  •   2  5番(工藤淳子)
  •   3  委員長(伊藤吉浩)
  •   4  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  •   5  委員長(伊藤吉浩)
  •   6  5番(工藤淳子)
  •   7  委員長(伊藤吉浩)
  •   8  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  •   9  委員長(伊藤吉浩)
  •  10  5番(工藤淳子)
  •  11  委員長(伊藤吉浩)
  •  12  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  •  13  委員長(伊藤吉浩)
  •  14  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  •  15  委員長(伊藤吉浩)
  •  16  21番(及川長太郎)
  •  17  委員長(伊藤吉浩)
  •  18  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  •  19  委員長(伊藤吉浩)
  •  20  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  21  委員長(伊藤吉浩)
  •  22  21番(及川長太郎)
  •  23  委員長(伊藤吉浩)
  •  24  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  •  25  委員長(伊藤吉浩)
  •  26  21番(及川長太郎)
  •  27  委員長(伊藤吉浩)
  •  28  1番(熊谷和弘)
  •  29  委員長(伊藤吉浩)
  •  30  文化財文化振興室長(佐藤貞光)
  •  31  委員長(伊藤吉浩)
  •  32  1番(熊谷和弘)
  •  33  委員長(伊藤吉浩)
  •  34  文化財文化振興室長(佐藤貞光)
  •  35  委員長(伊藤吉浩)
  •  36  1番(熊谷和弘)
  •  37  委員長(伊藤吉浩)
  •  38  文化財文化振興室長(佐藤貞光)
  •  39  委員長(伊藤吉浩)
  •  40  1番(熊谷和弘)
  •  41  委員長(伊藤吉浩)
  •  42  文化財文化振興室長(佐藤貞光)
  •  43  委員長(伊藤吉浩)
  •  44  1番(熊谷和弘)
  •  45  委員長(伊藤吉浩)
  •  46  文化財文化振興室長(佐藤貞光)
  •  47  委員長(伊藤吉浩)
  •  48  22番(庄子喜一)
  •  49  委員長(伊藤吉浩)
  •  50  学校教育管理監(伊藤浩)
  •  51  委員長(伊藤吉浩)
  •  52  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  53  委員長(伊藤い吉浩)
  •  54  22番(庄子喜一)
  •  55  委員長(伊藤吉浩)
  •  56  学校教育課長(三浦徳美)
  •  57  委員長(伊藤吉浩)
  •  58  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  59  委員長(伊藤吉浩)
  •  60  23番(二階堂一男)
  •  61  委員長(伊藤吉浩)
  •  62  教育長(佐藤信男)
  •  63  委員長(伊藤吉浩)
  •  64  学校教育課長(三浦徳美)
  •  65  委員長(伊藤吉浩)
  •  66  23番(二階堂一男)
  •  67  委員長(伊藤吉浩)
  •  68  教育長(佐藤信男)
  •  69  委員長(伊藤吉浩)
  •  70  学校教育課長(三浦徳美)
  •  71  委員長(伊藤吉浩)
  •  72  12番(佐藤尚哉)
  •  73  委員長(伊藤吉浩)
  •  74  学校教育課長(三浦徳美)
  •  75  委員長(伊藤吉浩)
  •  76  12番(佐藤尚哉)
  •  77  委員長(伊藤吉浩)
  •  78  財政課長(千葉清)
  •  79  委員長(伊藤吉浩)
  •  80  12番(佐藤尚哉)
  •  81  委員長(伊藤吉浩)
  •  82  企画部長(秋山茂幸)
  •  83  委員長(伊藤吉浩)
  •  84  12番(佐藤尚哉)
  •  85  委員長(伊藤吉浩)
  •  86  教育部長(志賀尚)
  •  87  委員長(伊藤吉浩)
  •  88  12番(佐藤尚哉)
  •  89  委員長(伊藤吉浩)
  •  90  市長(布施孝尚)
  •  91  委員長(伊藤吉浩)
  •  92  4番(氏家英人)
  •  93  委員長(伊藤吉浩)
  •  94  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  95  委員長(伊藤吉浩)
  •  96  4番(氏家英人)
  •  97  委員長(伊藤吉浩)
  •  98  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  99  委員長(伊藤吉浩)
  • 100  4番(氏家英人)
  • 101  委員長(伊藤吉浩)
  • 102  文化財文化振興室長(佐藤貞光)
  • 103  委員長(伊藤吉浩)
  • 104  4番(氏家英人)
  • 105  委員長(伊藤吉浩)
  • 106  文化財文化振興室長(佐藤貞光)
  • 107  委員長(伊藤吉浩)
  • 108  4番(氏家英人)
  • 109  委員長(伊藤吉浩)
  • 110  文化財文化振興室長(佐藤貞光)
  • 111  委員長(伊藤吉浩)
  • 112  4番(氏家英人)
  • 113  委員長(伊藤吉浩)
  • 114  21番(及川長太郎)
  • 115  委員長(伊藤吉浩)
  • 116  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 117  委員長(伊藤吉浩)
  • 118  21番(及川長太郎)
  • 119  委員長(伊藤吉浩)
  • 120  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 121  委員長(伊藤吉浩)
  • 122  21番(及川長太郎)
  • 123  委員長(伊藤吉浩)
  • 124  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 125  委員長(伊藤吉浩)
  • 126  6番(浅野敬)
  • 127  委員長(伊藤吉浩)
  • 128  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 129  委員長(伊藤吉浩)
  • 130  6番(浅野敬)
  • 131  委員長(伊藤吉浩)
  • 132  教育部長(志賀尚)
  • 133  委員長(伊藤吉浩)
  • 134  6番(浅野敬)
  • 135  委員長(伊藤吉浩)
  • 136  委員長(伊藤吉浩)
  • 137  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 138  委員長(伊藤吉浩)
  • 139  6番(浅野敬)
  • 140  委員長(伊藤吉浩)
  • 141  教育長(佐藤信男)
  • 142  委員長(伊藤吉浩)
  • 143  15番(佐藤恵喜)
  • 144  委員長(伊藤吉浩)
  • 145  学校教育課長(三浦徳美)
  • 146  委員長(伊藤吉浩)
  • 147  15番(佐藤恵喜)
  • 148  委員長(伊藤吉浩)
  • 149  学校教育課長(三浦徳美)
  • 150  委員長(伊藤吉浩)
  • 151  15番(佐藤恵喜)
  • 152  委員長(伊藤吉浩)
  • 153  学校教育課長(三浦徳美)
  • 154  委員長(伊藤吉浩)
  • 155  15番(佐藤恵喜)
  • 156  委員長(伊藤吉浩)
  • 157  教育長(佐藤信男)
  • 158  委員長(伊藤吉浩)
  • 159  15番(佐藤恵喜)
  • 160  委員長(伊藤吉浩)
  • 161  教育長(佐藤信男)
  • 162  委員長(伊藤吉浩)
  • 163  15番(佐藤恵喜)
  • 164  委員長(伊藤吉浩)
  • 165  学校教育課長(三浦徳美)
  • 166  委員長(伊藤吉浩)
  • 167  15番(佐藤恵喜)
  • 168  委員長(伊藤吉浩)
  • 169  学校教育課長(三浦徳美)
  • 170  委員長(伊藤吉浩)
  • 171  15番(佐藤恵喜)
  • 172  委員長(伊藤吉浩)
  • 173  教育長(佐藤信男)
  • 174  委員長(伊藤吉浩)
  • 175  3番(佐々木幸一)
  • 176  委員長(伊藤吉浩)
  • 177  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 178  委員長(伊藤吉浩)
  • 179  3番(佐々木幸一)
  • 180  委員長(伊藤吉浩)
  • 181  学校教育課長(三浦徳美)
  • 182  委員長(伊藤吉浩)
  • 183  3番(佐々木幸一)
  • 184  委員長(伊藤吉浩)
  • 185  学校教育課長(三浦徳美)
  • 186  委員長(伊藤吉浩)
  • 187  3番(佐々木幸一)
  • 188  委員長(伊藤吉浩)
  • 189  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 190  委員長(伊藤吉浩)
  • 191  3番(佐々木幸一)
  • 192  委員長(伊藤吉浩)
  • 193  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 194  委員長(伊藤吉浩)
  • 195  3番(佐々木幸一)
  • 196  委員長(伊藤吉浩)
  • 197  活き生き学校支援室長(菊祐二郎)
  • 198  委員長(伊藤吉浩)
  • 199  25番(岩淵正宏)
  • 200  委員長(伊藤吉浩)
  • 201  教育部次長兼教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 202  委員長(伊藤吉浩)
  • 203  教育企画室長(岩渕公一)
  • 204  委員長(伊藤吉浩)
  • 205  学校教育課長(三浦徳美)
  • 206  委員長(伊藤吉浩)
  • 207  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 208  委員長(伊藤吉浩)
  • 209  25番(岩淵正宏)
  • 210  委員長(伊藤吉浩)
  • 211  教育企画室長(岩渕公一)
  • 212  委員長(伊藤吉浩)
  • 213  教育部長(志賀尚)
  • 214  委員長(伊藤吉浩)
  • 215  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 216  委員長(伊藤吉浩)
  • 217  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 218  委員長(伊藤吉浩)
  • 219  25番(岩淵正宏)
  • 220  委員長(伊藤吉浩)
  • 221  教育長(佐藤信男)
  • 222  委員長(伊藤吉浩)
  • 223  7番(關孝)
  • 224  委員長(伊藤吉浩)
  • 225  教育部長(志賀尚)
  • 226  委員長(伊藤吉浩)
  • 227  7番(關孝)
  • 228  委員長(伊藤吉浩)
  • 229  教育部長(志賀尚)
  • 230  委員長(伊藤吉浩)
  • 231  7番(關孝)
  • 232  委員長(伊藤吉浩)
  • 233  教育部長(志賀尚)
  • 234  委員長(伊藤吉浩)
  • 235  7番(關孝)
  • 236  委員長(伊藤吉浩)
  • 237  教育部長(志賀尚)
  • 238  委員長(伊藤吉浩)
  • 239  7番(關孝)
  • 240  委員長(伊藤吉浩)
  • 241  副市長(藤井敏和)
  • 242  委員長(伊藤吉浩)
  • 243  7番(關孝)
  • 244  委員長(伊藤吉浩)
  • 245  副市長(藤井敏和)
  • 246  委員長(伊藤吉浩)
  • 247  7番(關孝)
  • 248  委員長(伊藤吉浩)
  • 249  教育部長(志賀尚)
  • 250  委員長(伊藤吉浩)
  • 251  7番(關孝)
  • 252  委員長(伊藤吉浩)
  • 253  副市長(藤井敏和)
  • 254  委員長(伊藤吉浩)
  • 255  7番(關孝)
  • 256  委員長(伊藤吉浩)
  • 257  副市長(藤井敏和)
  • 258  委員長(伊藤吉浩)
  • 259  6番(浅野敬)
  • 260  委員長(伊藤吉浩)
  • 261  教育部長(志賀尚)
  • 262  委員長(伊藤吉浩)
  • 263  委員長(伊藤吉浩)
  • 264  委員長(伊藤吉浩)
  • 265  委員長(伊藤吉浩)
  • 266  14番(浅田修)
  • 267  委員長(伊藤吉浩)
  • 268  15番(佐藤恵喜)
  • 269  委員長(伊藤吉浩)
  • 270  委員長(伊藤吉浩)
  • 271  19番(相澤吉悦)
  • 272  委員長(伊藤吉浩)
  • 273  委員長(伊藤吉浩)
  • 274  委員長(伊藤吉浩)
  • 275  16番(田口久義)
  • 276  委員長(伊藤吉浩)
  • 277  委員長(伊藤吉浩)
  • 278  委員長(伊藤吉浩)
  • 279  16番(田口久義)
  • 280  委員長(伊藤吉浩)
  • 281  委員長(伊藤吉浩)
  • 282  委員長(伊藤吉浩)
  • 283  委員長(伊藤吉浩)
  • 284  委員長(伊藤吉浩)
  • 285  9番(中澤宏)
  • 286  委員長(伊藤吉浩)
  • 287  国保年金課長(金澤正浩)
  • 288  委員長(伊藤吉浩)
  • 289  9番(中澤宏)
  • 290  委員長(伊藤吉浩)
  • 291  国保年金課長(金澤正浩)
  • 292  委員長(伊藤吉浩)
  • 293  9番(中澤宏)
  • 294  委員長(伊藤吉浩)
  • 295  国保年金課長(金澤正浩)
  • 296  委員長(伊藤吉浩)
  • 297  9番(中澤宏)
  • 298  委員長(伊藤吉浩)
  • 299  総務部次長兼税務課長(冨士原徹)
  • 300  委員長(伊藤吉浩)
  • 301  財政課長(千葉清)
  • 302  委員長(伊藤吉浩)
  • 303  9番(中澤宏)
  • 304  委員長(伊藤吉浩)
  • 305  9番(中澤宏)
  • 306  委員長(伊藤吉浩)
  • 307  国保年金課長(金澤正浩)
  • 308  委員長(伊藤吉浩)
  • 309  9番(中澤宏)
  • 310  委員長(伊藤吉浩)
  • 311  16番(田口久義)
  • 312  委員長(伊藤吉浩)
  • 313  国保年金課長(金澤正浩)
  • 314  委員長(伊藤吉浩)
  • 315  16番(田口久義)
  • 316  委員長(伊藤吉浩)
  • 317  国保年金課長(金澤正浩)
  • 318  委員長(伊藤吉浩)
  • 319  16番(田口久義)
  • 320  委員長(伊藤吉浩)
  • 321  市民生活部長(新井誠志)
  • 322  委員長(伊藤吉浩)
  • 323  委員長(伊藤吉浩)
  • 324  3番(佐々木幸一)
  • 325  委員長(伊藤吉浩)
  • 326  23番(二階堂一男)
  • 327  委員長(伊藤吉浩)
  • 328  国保年金課長(金澤正浩)
  • 329  委員長(伊藤吉浩)
  • 330  委員長(伊藤吉浩)
  • 331  委員長(伊藤吉浩)
  • 332  委員長(伊藤吉浩)
  • 333  委員長(伊藤吉浩)
  • 334  委員長(伊藤吉浩)
  • 335  委員長(伊藤吉浩)
  • 336  3番(佐々木幸一)
  • 337  委員長(伊藤吉浩)
  • 338  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 339  委員長(伊藤吉浩)
  • 340  3番(佐々木幸一)
  • 341  委員長(伊藤吉浩)
  • 342  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 343  委員長(伊藤吉浩)
  • 344  3番(佐々木幸一)
  • 345  委員長(伊藤吉浩)
  • 346  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 347  委員長(伊藤吉浩)
  • 348  3番(佐々木幸一)
  • 349  委員長(伊藤吉浩)
  • 350  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 351  委員長(伊藤吉浩)
  • 352  3番(佐々木幸一)
  • 353  委員長(伊藤吉浩)
  • 354  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 355  委員長(伊藤吉浩)
  • 356  3番(佐々木幸一)
  • 357  委員長(伊藤吉浩)
  • 358  5番(工藤淳子)
  • 359  委員長(伊藤吉浩)
  • 360  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 361  委員長(伊藤吉浩)
  • 362  福祉事務所長(加藤均)
  • 363  委員長(伊藤吉浩)
  • 364  5番(工藤淳子)
  • 365  委員長(伊藤吉浩)
  • 366  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 367  委員長(伊藤吉浩)
  • 368  5番(工藤淳子)
  • 369  委員長(伊藤吉浩)
  • 370  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 371  委員長(伊藤吉浩)
  • 372  15番(佐藤恵喜)
  • 373  委員長(伊藤吉浩)
  • 374  福祉事務所長(加藤均)
  • 375  委員長(伊藤吉浩)
  • 376  15番(佐藤恵喜)
  • 377  委員長(伊藤吉浩)
  • 378  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 379  委員長(伊藤吉浩)
  • 380  委員長(伊藤吉浩)
  • 381  委員長(伊藤吉浩)
  • 382  委員長(伊藤吉浩)
  • 383  委員長(伊藤吉浩)
  • 384  委員長(伊藤吉浩)
  • 385  委員長(伊藤吉浩)
  • 386  委員長(伊藤吉浩)
  • 387  17番(田口政信)
  • 388  委員長(伊藤吉浩)
  • 389  下水道課長(細川宏伸)
  • 390  委員長(伊藤吉浩)
  • 391  17番(田口政信)
  • 392  委員長(伊藤吉浩)
  • 393  下水道課長(細川宏伸)
  • 394  委員長(伊藤吉浩)
  • 395  17番(田口政信)
  • 396  委員長(伊藤吉浩)
  • 397  下水道課長(細川宏伸)
  • 398  委員長(伊藤吉浩)
  • 399  委員長(伊藤吉浩)
  • 400  委員長(伊藤吉浩)
  • 401  委員長(伊藤吉浩)
  • 402  委員長(伊藤吉浩)
  • 403  委員長(伊藤吉浩)
  • 404  委員長(伊藤吉浩)
  • 405  委員長(伊藤吉浩)
  • 406  委員長(伊藤吉浩)
  • 407  委員長(伊藤吉浩)
  • 408  委員長(伊藤吉浩)
  • 409  23番(二階堂一男)
  • 410  委員長(伊藤吉浩)
  • 411  医療局企画課長(阿部桂一)
  • 412  委員長(伊藤吉浩)
  • 413  医療局総務課長(千葉裕樹)
  • 414  委員長(伊藤吉浩)
  • 415  23番(二階堂一男)
  • 416  委員長(伊藤吉浩)
  • 417  医療局総務課長(千葉裕樹)
  • 418  委員長(伊藤吉浩)
  • 419  23番(二階堂一男)
  • 420  委員長(伊藤吉浩)
  • 421  委員長(伊藤吉浩)
  • 422  22番(庄子喜一)
  • 423  委員長(伊藤吉浩)
  • 424  市長(布施孝尚)
  • 425  委員長(伊藤吉浩)
  • 426  22番(庄子喜一)
  • 427  委員長(伊藤吉浩)
  • 428  市長(布施孝尚)
  • 429  委員長(伊藤吉浩)
  • 430  22番(庄子喜一)
  • 431  委員長(伊藤吉浩)
  • 432  市長(布施孝尚)
  • 433  委員長(伊藤吉浩)
  • 434  24番(八木しみ子)
  • 435  委員長(伊藤吉浩)
  • 436  医療局企画課長(阿部桂一)
  • 437  委員長(伊藤吉浩)
  • 438  医療局医事課長(照井正樹)
  • 439  委員長(伊藤吉浩)
  • 440  24番(八木しみ子)
  • 441  委員長(伊藤吉浩)
  • 442  医療局医事課長(照井正樹)
  • 443  委員長(伊藤吉浩)
  • 444  24番(八木しみ子)
  • 445  委員長(伊藤吉浩)
  • 446  医療局医事課長(照井正樹)
  • 447  委員長(伊藤吉浩)
  • 448  24番(八木しみ子)
  • 449  委員長(伊藤吉浩)
  • 450  医療局次長(大森國弘)
  • 451  委員長(伊藤吉浩)
  • 452  24番(八木しみ子)
  • 453  委員長(伊藤吉浩)
  • 454  医療局次長(大森國弘)
  • 455  委員長(伊藤吉浩)
  • 456  24番(八木しみ子)
  • 457  委員長(伊藤吉浩)
  • 458  医療局次長(大森國弘)
  • 459  委員長(伊藤吉浩)
  • 460  6番(浅野敬)
  • 461  委員長(伊藤吉浩)
  • 462  医療局次長(大森國弘)
  • 463  委員長(伊藤吉浩)
  • 464  6番(浅野敬)
  • 465  委員長(伊藤吉浩)
  • 466  医療局次長(大森國弘)
  • 467  委員長(伊藤吉浩)
  • 468  6番(浅野敬)
  • 469  委員長(伊藤吉浩)
  • 470  市長(布施孝尚)
  • 471  委員長(伊藤吉浩)
  • 472  6番(浅野敬)
  • 473  委員長(伊藤吉浩)
  • 474  市長(布施孝尚)
  • 475  委員長(伊藤吉浩)
  • 476  6番(浅野敬)
  • 477  委員長(伊藤吉浩)
  • 478  医療局次長(大森國弘)
  • 479  委員長(伊藤吉浩)
  • 480  6番(浅野敬)
  • 481  委員長(伊藤吉浩)
  • 482  病院事業管理者職務代理者(松本宏)
  • 483  委員長(伊藤吉浩)
  • 484  6番(浅野敬)
  • 485  委員長(伊藤吉浩)
  • 486  病院事業管理者職務代理者(松本宏)
  • 487  委員長(伊藤吉浩)
  • 488  6番(浅野敬)
  • 489  委員長(伊藤吉浩)
  • 490  病院事業管理者職務代理者(松本宏)
  • 491  委員長(伊藤吉浩)
  • 492  6番(浅野敬)
  • 493  委員長(伊藤吉浩)
  • 494  9番(中澤宏)
  • 495  委員長(伊藤吉浩)
  • 496  医療局次長(大森國弘)
  • 497  委員長(伊藤吉浩)
  • 498  9番(中澤宏)
  • 499  委員長(伊藤吉浩)
  • 500  病院事業管理者職務代理者(松本宏)
  • 501  委員長(伊藤吉浩)
  • 502  9番(中澤宏)
  • 503  委員長(伊藤吉浩)
  • 504  医療局企画課長(阿部桂一)
  • 505  委員長(伊藤吉浩)
  • 506  9番(中澤宏)
  • 507  委員長(伊藤吉浩)
  • 508  19番(相澤吉悦)
  • 509  委員長(伊藤吉浩)
  • 510  病院事業管理者職務代理者(松本宏)
  • 511  委員長(伊藤吉浩)
  • 512  19番(相澤吉悦)
  • 513  委員長(伊藤吉浩)
  • 514  病院事業管理者職務代理者(松本宏)
  • 515  委員長(伊藤吉浩)
  • 516  17番(田口政信)
  • 517  委員長(伊藤吉浩)
  • 518  市長(布施孝尚)
  • 519  委員長(伊藤吉浩)
  • 520  委員長(伊藤吉浩)
  • 521  委員長(伊藤吉浩)
  • 522  委員長(伊藤吉浩)
  • 523  3番(佐々木幸一)
  • 524  委員長(伊藤吉浩)
  • 525  医療局次長(大森國弘)
  • 526  委員長(伊藤吉浩)
  • 527  3番(佐々木幸一)
  • 528  委員長(伊藤吉浩)
  • 529  医療局次長(大森國弘)
  • 530  委員長(伊藤吉浩)
  • 531  3番(佐々木幸一)
  • 532  委員長(伊藤吉浩)
  • 533  豊里病院兼豊里老人保健施設兼津山診療所兼登米市訪問看護ステーション事務局事務長(菅原登)
  • 534  委員長(伊藤吉浩)
  • 535  3番(佐々木幸一)
  • 536  委員長(伊藤吉浩)
  • 537  豊里病院兼豊里老人保健施設兼津山診療所兼登米市訪問看護ステーション事務局事務長(菅原登)
  • 538  委員長(伊藤吉浩)
  • 539  3番(佐々木幸一)
  • 540  委員長(伊藤吉浩)
  • 541  委員長(伊藤吉浩)
  • 542  委員長(伊藤吉浩)
  • 543  委員長(伊藤吉浩)
  • 544  委員長(伊藤吉浩)
     平成29年登米市議会定例会 2月定期議会 会議録 (予算審査特別委員会)
 平成29年3月6日(月曜日)
1.出席議員(23名)
   1番 熊 谷 和 弘 君(副委員長) 3番 佐々木 幸 一 君
   4番 氏 家 英 人 君       5番 工 藤 淳 子 君
   6番 浅 野   敬 君       7番 關     孝 君
   8番 伊 藤 吉 浩 君(委員長)  9番 中 澤   宏 君
  10番 佐々木   一 君      11番 及 川 昌 憲 君
  12番 佐 藤 尚 哉 君      13番 伊 藤   栄 君
  14番 浅 田   修 君      15番 佐 藤 恵 喜 君
  16番 田 口 久 義 君      17番 田 口 政 信 君
  19番 相 澤 吉 悦 君      20番 熊 谷 憲 雄 君
  21番 及 川 長太郎 君      22番 庄 子 喜 一 君
  23番 二階堂 一 男 君      24番 八 木 しみ子 君
  25番 岩 淵 正 宏 君
  
1.欠席議員(2名)
   2番 日 下   俊 君      26番 沼 倉 利 光 君
1.遅刻議員(1名)
  10番 佐々木   一 君
1.早退議員(1名)
  19番 相 澤 吉 悦 君
1.中座議員(なし)

1.説明のため出席した者の氏名
  市長         布 施 孝 尚 君    副市長         藤 井 敏 和 君
  副市長        栗 山 健 作 君    総務部長        千 葉 博 行 君
  企画部長       秋 山 茂 幸 君    市民生活部長      新 井 誠 志 君
  産業経済部長     千 葉 雅 弘 君    建設部長        中津川 源 正 君
                          病院事業管理者
  財政課長       志 賀   尚 君    職務代理者       松 本   宏 君
  教育部次長兼
  教育総務課長     伊 藤 隆 俊 君    学校教育管理監     伊 藤   浩 君
  生涯学習課長     佐 藤 嘉 浩 君    学校教育課長      三 浦 徳 美 君
  活き活き学校
  支援室長       菊   祐二郎 君    教育企画室長      岩 渕 公 一 君
  文化財文化振興室長  佐 藤 貞 光 君    会計管理者       中 澤 和 志 君
  市長公室長      佐 藤 裕 之 君    土木管理課長      菅 原 和 夫 君
  産業経済部次長    丸 山   仁 君    農村整備課長      可 野 嘉 裕 君
                          市民生活部次長兼
  市民生活部次長    佐 藤   浩 君    少子化対策推進監    千 葉 ますみ 君
  健康推進課長     佐々木 秀 美 君    総務部次長兼総務課長  冨士原   徹 君
  収納対策課長     工 藤 郁 夫 君    国民年金課長      金 澤 正 浩 君
  福祉事務所長     加 藤   均 君    長寿介護課長      永 浦 広 巳 君
  建設部次長兼
  住宅都市整備課    首 藤 正 敏 君    企画部次長       加 藤   勤 君
  総務課長       大 柳   晃 君    下水道課長       細 川 宏 伸 君
  工業振興課長     伊 藤 秀 樹 君    水道事業所長      佐 藤 和 哉 君
  水道事業所次長
  兼水道管理課長    羽 生 芳 文 君    水道節課長       菊 池 勝 郎 君
  医療局次長      大 森 國 弘 君    医療局総務課長     千 葉 裕 樹 君
  医療局企画課長    阿 部 桂 一 君    医療局医事課長     照 井 正 樹 君
                          豊里病院兼老人保健施設兼
                          津山診療所兼
  米谷病院兼上沼診療所              登米訪問看護ステーション
  事務局事務長     阿 部   裕 君    事務局事務長      菅 原   登 君
  登米診療所兼
  よねやま診療所
  事務局事務長     本 間 利 政 君

1.事務局出席職員氏名
  議会事務局長     佐々木 義 文 君    議会事務局次長    田 辺 賢 一 君
  議会事務局主幹                 議会事務局
  兼議事・調査係長   後 藤 光 彦 君    議事・調査係主査   浅 井 顕 裕 君
  議会事務局                   議会事務局
  議事・調査係主査   庄 司 美 香 君    議事・調査係主査   主 藤 貴 宏 君
  議会事務局
  議事・調査係主査   三 浦 正 弘 君
          開会 午前10時00分
委員長(伊藤吉浩君) おはようございます。
 ただいまから予算審査特別委員会4日目の会議を開きます。
 日下 俊委員から欠席、佐々木 一委員から遅参、相澤吉悦委員から中座の届け出があります。
 3日に引き続き予算審査を行います。
 議案第11号 平成29年度登米市一般会計予算の8款土木費、9款消防費までの質疑を終了しておりますので、10款教育費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。工藤淳子委員。

5番(工藤淳子君) おはようございます。1点だけ、質問します。概要の116ページの子供の心のケアハウス設置に関して、初めて聞くこの事業なんですけど、今登米市では、けやき教室もあるのですがんですけど、それとは別な形だと思うんですけども、内容がどういうふうに違うのか少し内容を詳しくお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) それではケアハウスについて御説明を申し上げます。
 新しく来年度から始める事業でありまして、これまで行っておりました、けやき教室とは別に開催するものであります。けやき教室につきましては、市内の不登校児童生徒のうちけやき教室を希望する者、もちろん学校から声掛けをするわけですけれども、希望する者、子供たちがけやき教室に通いながら勉強するというような形で行っております。現在10名ちょっとの子供たちが通っているところであります。ただ御存知の通り登米市内、不登校児童生徒、大変増加の傾向でありますし、それにプラスをするという形で来年度からケアハウスを行うということです。
 それでケアハウスにつきましては、現在不登校児童生徒の多い学校に学習サポーターとして週に何回かずつ配置をさしていただいて、そこでの、通常の学級に入れない子供たちの学習サポーター。それから直接希望のあるなしに関わらず、積極的に家庭に出向いて保護者の方にあるいは家庭にいる子供たちに学習サポートしてまいりたい。そのような形で、不登校児童生徒を減らしていきたいと、いうふうに考えているところであります。

委員長(伊藤吉浩君) 工藤淳子委員。

5番(工藤淳子君) そうすると今の答えだと、不登校の多い学校で、場所は学校内でやるんでしょうか。
 それとけやき教室、10人。何年か前なんですけども、やっぱり不登校の小学生の子供、今までけやき教室に通っていた子供、その年は中学生の男の子たちが多くて、見学に行った際ね、その中学生の男の子が多かったんで、ちょっとそこには行けないていう小学の低学年の女の子だったんですけど、そういう事情もあるんで、不登校に対するこの居場所はいっぱいあったほうがいいなって、その子その子なりの適用のね、入れる場所っていうのは、本当にもっと多くほしいなって私思っていたんで、これはとてもいいことだなってすごく思うんですけど、ただ、場所が学校ということで、なかなか不登校の子供たち、学校に足向かない子供たちが、果して学校の場所でいいのかどうか。
 それからホームページで見ると、28年度に去年のうちに南三陸町とか、それから大河原町が、この設置をして、条例までちゃんと作って載ってるんですけど、特に私はすごくいいなと思ったのは、大河原の方は学校じゃなくてこう、駅前の駅ビルの中にスタッフが7人いて、学習支援とか今のようにね、いろんな学習支援とか適用支援とか心のケアとか三つに分かれてて、相談に乗ってるっていう支援をしてるっていう、があったんですけども、そうすっと学校だと何校になるのか。その辺もう少し。ほかの場所では行えないのかどうか。その辺お願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) 今委員のおっしゃるとおり、不登校児童生徒につきましてはさまざまな場所、その子に合った場所をたくさん用意することが大変大切なことなんだろうというふうに考えております。
 来年度、このケアハウスとして学校に、配置する予定の所は、現在中学校で5校程考えてございます。学習サポーターは、今のところお二人配置をする予定でありますし、プラス、スーパーバイザーということでまたお一人予定しております。
 それぞれの学校に週2回程度その方々に行っていただいて、その支援をしていただくということを考えておりますし、また先ほど言いましたように、学校だけでなくて、必要に応じて家庭とかにも出向いていただきながら学習サポート、あるいは保護者の相談等にも当たっていただくという形で考えています。
 それからけやき教室でございますけれども、確かに先ほどもお話ししたとおり、中にはその環境に馴染めずにですね、せっかく見学に行ってもなかなかやっぱり足向かないなということもあろうかと思いますが、極力ですね、そういうことのないように、今支援員の方、相談員はお二人、それから所長一人、3人体制でできるだけさまざまな子供に対応できるような形で進めているというところでございます。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 工藤淳子委員。

5番(工藤淳子君) そうすると、中学校5校というと、子供たちがそこに学校に行って、別な教室とかそういう所でやるという、行うことですか。
 今の中では、そういうのもあるんでしょうけども、できるだけそうでない場所でも選択できるような幅、ぜひ設置、必要じゃないかなと思うので、その辺も検討していただきたいのと、それから、今までそういう不登校の子供たちは各学校に訪問指導員の方がいましたよね。それとは別に新たに今サポーターが2名の方、それからスーパーバイザーの方がということなんですけども、この今まで、そうすっと、学校の訪問指導員忙しい中、教員の方たちがやってくれてたと思うんですけども、それとは別のものなのか。
 大河原の方では、7人ということで人数が多くいて、それから、スーパーバイザーも元校長先生がやるということで、本当にこう、時間掛けて長寧に寄り添うこと、そして家庭と学校の中間として、点として苦しむ子供や親の支えになりたいというコメントが載ってたんですけど、こういう形をぜひ作っていただきたいなと思うんでその辺お願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) 先ほど言いましたように中学校5校でありますけども、不登校生徒の多い学校と考えております。その中には、学校には来てもなかなか教室に入れない、つまり、俗にいう別室登校の子供たちもたくさんおります。まずそこにも手当てをしていきたいのということが一つであります。それから先ほども、何度も繰り返しになりますけども、どうしても学校に目を向けない子供に対して直接ですね、積極的に家庭、あるいは学校、子供に関わっていきたいというようなことも考えまして、そのようなことで考えるところであります。
 それから訪問指導員の件でありますが、このケアハウスの中に来年度から訪問指導も含めて進めてまいりたいと考えてございます。今年度も、現在5名の方に十五、六人ほどの子供に関わっていただいておりますけれども、来年度も引き続き、このケアハウスの中の組織の一員としてそれぐらいの手当てで進めてまいりたいと考えてます。

委員長(伊藤吉浩君) 学校外設置について。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) 現在のところはですね、学校外にそのような、けやき教室のような場所を設置してというようなことは現在のところは考えてございません。それにつきましてはケヤキ教室の方で可能な限り対応していきたいと考えています。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 118ページの居心地の良い学級づくり支援事業に要する経費の中で、教育心理検査委託料、この内容と成果、それから129ページの南東北インターハイ事業費の中で、市の負担金の中で、東京オリンピックの練習場とかそういうふうな考えも出てくると思いますが、この中にクラブハウス等の計画が入っていますかどうか。以上2点お願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) それでは1点目の御質問についてお答えいたします。居心地のいい学級づくりということで、ハイパーQUといわれるアンケートによる調査を年2回、5月それから11月に全ての子供たちを対象に実施しているところであります。簡単に言いますと、子供たちが学級の中でどういう気持で生活をしているか、本当に楽しく満足して生活しているのか、あるいは友達から少し、何か嫌な思いをされながら生活しているのか、あるいはなかなか大きな不満はないんだけれども、周りからはあまり認めていられないというようなこと、そして一番気になるところでは、学校に不満である、それから不安感も持っていると、そういうような子供たちがどの程度いるか、あるいは実際に学級にいるかどうかを調査するテストであります。
 実際、年々ですね、調査をする度に学校が安心だ、あるいは満足できると回答している子供たちは増えております。
 ちなみに今年度第1回目に調査した結果、学校が満足だと答えている小学生が60.9%でありました。それが11月には66.5%。中学校では、1回目が62.6%、2回目が64.2%ということで、そんなに大きな数ではございませんが増加をしてる。1回目の結果をもとに各学校、あるいは学級で先生方が適切な指導をしていることがこういう結果につながっているんだろうと、こういうふうに解釈してございます。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 負担金1,449万8,000円につきましては、インターハイを開催運営するためのみの経費でございます。市の負担が3分の1、それから県が3分の2、このほかにも経費はありますけれども、これらは実行委員会の方で収入するというような内容なってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 21番、及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 教育振興費でこの中で調査して、いじめとかそういう発展というよりも、そういういじめという対象もあるんではないかという、調査結果からは出ないですか。出てるとすればその対策等も必要ではないかと思いますがその辺の内容はどうでしょう。

委員長(伊藤吉浩君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) この調査によっていじめの兆候、あるいは実際にいじめが起きているということが心配される子供たちは発見できるものであります。
 直接このテストでいじめがあるかどうかではないんですけど、少なくともいじめを受けている可能性がある子供たちはこの調査によってピックアップすることはできます。それをもとに学校、学級全体でその子供に適切な対応をしていくということは可能だと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 21番、及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) このいじめについてはどこの学校でも少なからず起きていることでございますが、未然に防ぐことが一番大切ではないかと思いますが、その辺はこの調査の中からも今後も十分検討していただきまして、事故防止に努めていただきたいと思っております。
 それからインターハイですが、インターハイは高校の大会でございますが、2020年の東京オリンピックにつながるような、そういう整備も必要ではないかなと思いますが、クラブハウスはこれは別にそうすっと考えていることでありますね。はい。んじゃ分かりました。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 概要125ページの文化財保護費の委託料ニホンカモシカ死骸処理業務についてお伺いをいたします。まずこの死骸処理ですね。ニホンカモシカ、今年度と最近の何年かの実績まずお伺いをしたいと。

委員長(伊藤吉浩君) 文化財文化振興室、佐藤貞光君。

文化財文化振興室長(佐藤貞光君) 天然記念物のニホンカモシカの死骸処理の関係での実績というふうな御質問でございます。今年度これまでの実績でございますけども、31頭の死骸処理をしてございます。それから昨年度30頭、前年度が29頭、26年度です。というふうな形で天然記念物の滅失の取り扱いをしておるところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) この委託先はどちらになりますでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 文化財文化振興室長、佐藤貞光君。

文化財文化振興室長(佐藤貞光君) 毎年委託をしておるところでございますが、日本環境という所に委託しております。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) これ、死亡原因なんか、例えば上位1位2位とかどういった感じでございましょう。

委員長(伊藤吉浩君) 文化財文化振興室長、佐藤貞光君。

文化財文化振興室長(佐藤貞光君) 死亡原因ですけども、ほぼ半数が老衰でございます。だいたい15歳16歳程度の年齢で亡くなっているケースが多くございます。毎年大体半数が老衰というふうな形で亡くなってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 例えばけがしたとか、車にはねられていたとか死んでいない場合ではやはり、処理とかはできないですか、現状として。

委員長(伊藤吉浩君) 文化財文化振興室長、佐藤貞光君。

文化財文化振興室長(佐藤貞光君) カモシカも老衰、それからけがをしてるっていうふうなケースもございます。弱っているケースもございます。保護というふうな形でできる場合もあるかと思いますが、実質的になかなか保護をして手当てをするというふうには至ってないケースがほとんどでございまして、ほぼ亡くなる寸前というふうな形で発見されているケースがございますので、見守るというふうな形で対応させていただいております。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) あと例えば個人の敷地内であったり、個人の農地田畑などでもし発見された場合は、やっぱりこれは市では対応しないということ、なりますか。

委員長(伊藤吉浩君) 文化財文化振興室長、佐藤貞光君。

文化財文化振興室長(佐藤貞光君) ニホンカモシカにつきましては天然記念物の指定になってございますので、市の教育委員会の方で、亡くなった場所が個人所有地であっても対応しておると、いうような状況でございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 先般の代表質問で学力向上対策についてお尋ねしました。今般、新しく新規事業として対策を練られておるようですが、学校教育指導員という謝金を予算計上してございますが、どういう方がどのようにしてこの指導員を選定する、どういう基準でその指導員を依頼されるのか。これまでもいろんな角度から学力向上に対してやられてなかなかそれが見えないと、いろいろ資料を見ますと、間もなくまた教育委員会の通信簿が出ると思うんですが、そこらへんの努力の結果が見られないということで、今回これに大変期待するところですが、どのような方法でどのような方をお願いするのか。
 それから長沼ボート場についてでございますが、東京オリンピックの会場として一躍脚光を浴びまた合宿地として、市長をはじめ多くのアクションを起こして大変期待するところが大きいわけでございますが、クラブハウス早く急げという、申し上げましたが、あそこの場所に造るのはインターハイの避雷施設として、するからということでございますが、あのボートの会場から今の物産館でございますか、相当数の距離がございまして、あの敷地、今の物産館にどれほど収容されるのか。あの動線を見ますと、もう雷様落ってきたら何もないとなれば、急いで駆けて、つけても相当数の方の避雷施設として、ていうのには、断る理由、延期する理由としてそのようなご答弁をいただいてございますが、非常に脆弱ではないかと。
 いろいろ執行部はやれないこと、延期せざるを得ないことの理由付けが大変うまいわけでございますが、これについては避雷施設にすっから今年できないんだということは非常に、何か、今までの断る理由からすると、本当にこう、脆弱ではないかというふうに思いますがいかがですか。
 何人くらい収容してその避雷施設にするのか。あとテント等々あろうかと思いますが、そういう、お伺いします。

委員長(伊藤吉浩君) 学校教育管理監、伊藤 浩君。

学校教育管理監(伊藤 浩君) 1点目の学校訪問指導員のことについてお答えをしたいと思います。今予定しているのは、校長で退職された元教員を、お二人にお願いをしようと思っています。このお二人については県の行政機関でも、お仕事されていて、この学力向上について先進的にというか県のリーダー的な存在でお働きいただいた方。そういった方をお二人考えております。
 そしてこの二人にはそれぞれの学校を、全部の学校を1校1校回っていただきまして、校長の学校経営とか、あるいは学力向上についての対策について、そういったことでヒアリングをしながら指導していくと、そういったことで、現在の学力の学校の体制とかそういったことに新しい風を入れていきたいと、そういったふうにして考えております。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 今のですね、長沼のふるさと交流館を避雷施設として使いたいという話なんですけれども、工事を延期するための話ではございませんで、そもそもそのインターハイの開催のときの、その施設をどうしようかという考えがございました。その中でテントでは雷のときには、ちょっとこれはあの、避難したことにはならないだろうということで、では、最寄りの施設ということで考えますと、北方公民館というふうになってしまうんです。そうしますと、今のふるさと交流館などよりも相当の距離がありますので、これも現実的ではないだろうということです。やはり子供たちの安全を守る上では、しっかりとした施設、これを避雷施設としたいということで、若干工事が遅れるということはあるんですけれども、そういった意味からクラブハウスを、ふるさと交流館を避雷施設として設定したという経緯がございます。なお人数なんですけれども、現在1階の広間とか2階の宿泊スペースかなり広い面積はあるんですけれども、二つ建物あります。あそこだけで800平米の建物がございます。それと沼の東側といいますか、そちらの方に草ぶきの建物等もございますので、それらを合わせた中で概ねの関係者が避難できるのではないかなというふうに考えているところです。以上です。

委員長(伊藤い吉浩君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 学力向上、今ご説明をいただきました。実績のある方ということでございますが、これまでも相当数の努力をされてなかなか出なかったということで、各学校を回られてて、130万円で間に合うんですか謝金。もう少しこうして、徹底的にやっぱり学力向上のスペシャリストであるならば、各校長のみならず、教員のみならずやはりしっかりとしたアドバイスをいただいて、そしてやっぱり実際に、効果があったのか、検証していただかなきゃ。ただ行って語って終わって何もなかったでは済まされないと思うんですが、そういう検証の方法なども簡単にお願いします。
 クラブハウスについては、やはり、雷はドンときてドドッと来るんですね。バッときてドンと来んですよ。あそこから動くのに800人とか何ぼあっからからいいって語って、本当はその近くさ必要なの。今キャンプ場に迎えようとして努力しているとき、やはり、登米市のこういう長沼ボート場を起爆剤として、そういうふうに利用するとならばそういう意気込みを示すべきで。その辺をお願いします。簡単にお願いします。時間ねえがら。

委員長(伊藤吉浩君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 私の方から検証の方法についてお答えさせていただきたいと思います。2回、学校教育指導員の方には各学校を回っていただくことにしているんですが、管理監と私も回ることにしてございます。ですからお2人に任せっぱなしということではございません。それから、検証につきましては、学力対策検討委員会年間3回を予定しておりますが、その中で検証してまいりたいと考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) ズドンとくる雷もあるかもしれませんけれども、遠雷を伴ってくる雷もあるかと思います。とにかく子供たちのですね、安全を第1に考えた結果でございます。
 なお、現在の予定でありますと、来年の7月ごろには新しいクラブハウスがオープンできると、いう計画で進めておりますのでどうぞ御理解をいただきたいと思います。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 114ページのコミニュティスクールの関係でありますけども、コミニュティスクールにつきましてはですね、既に石森小学校、新田小学校ですか、そして30年度までには全校に導入すると、こういう計画のようでありますけども、今年度はどこどこの学校に導入しですね、残るのはどこどこで、30年度までに、予定通り全校に導入するものなのか、その辺についてお伺いをいたします。
 それから、117ページと119ページ小中学校の管理運営費の中にですね、支障木伐採処理費がありますけども、どういったものですね、考慮しての中身なのかお知らせをいただきたい。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 教育企画室長、岩渕公一君。

教育長(佐藤信男君) 平成29年度のコミニュティスクールの指定校は、豊里小中学校、米谷小学校、錦織小学校、米川小学校、石越中学校の5校になりまして、合計8校になります。その後、21校が準備校という形で、準備してまいります。平成30年度の4月には11校が指定校となる予定でございます。なお30年度いっぱいを掛けまして、全ての学校がコミニュティスクールの指定校となるわけなんですけれども、結果的には31年度の4月1日を持ちまして、すべての学校が指定校になる予定でございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 支障木伐採についての御質問でございます。こちら各学校から木の高さが高く危険な支障木について、各学校から要望が上がってきたものを予算化しているものでございます。記念樹等に当たらないかどうかを含めて、こちらの方で確認して予算計上しているものでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 予定通りですね、31年まで延びるけども、コミニュティスクールを全校に波及させるということですけども、これらのですね、検証というものは一定程度はできていると思いますけども、その辺ですね、聞くと長くなりますが、教育長におうかがいしますが、当初予定したですね、思惑通りの効果を上げているというふうなことを念頭に置いて、全校に波及させるとこういう自信を持って進めるものかどうか。それから、その辺ですね、お伺いしたいと思います。
 それから支障木についてですね、上がってきた部分だということでございますが、実はですね、私方で大変恐縮ですが、石越中学校なんですけども、南側にですね、竹林があってですね、せっかく1回は刈り払いしたんだけども、竹林ですからタケノコがですね、毎年出てきまして、毎年切んないとうまくないような状況になって、せっかくの眺望が台なしになってると、いうようなことですけども、そういった部分があがってきていなければしょうがないんですけども、そういったこともですね、ぜひ考慮に入れていただきたいなというふうには思っておりますけども、やはり、せっかく学校は高台に、大体あるんですけども、せっかくの眺望が失われてですね、はもったいないと、いうなことなのでその辺についての考え方をお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) コミュニティスクールの、いわゆる検証というふうな御質問でございました。当然、今学校の中では、学校だけではなかなか解決できない問題が山積してございます。そういった意味で地域の方々、そして保護者も含めてですね、いろいろと知恵を出し合って、当事者意識を持って取り組むと、そしていろんな問題について熟議をする、熟慮する、議論をするというふうなコミュニティスクールの趣旨でございますので、そういった意味でも子供たちにとっても地域にとっても、そして学校にとっても、プラスになる方向でできるものと、いうふうに確信しているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 竹林につきましては既存予算の中で学校に確認いたしまして、対応できるかどうか検討してまいりたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) 小学校中学校ともに、教育振興費でですね、学校図書費いくらなっているかお願いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 図書購入費でございます。小中学校合わせて400万程度、28年度同様の予算額となってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) 昨年ですね、市長にこの件を尋ねました。読書は大切であり効果が最大限に発揮できるように取り組むと答えております。このことから私は交付税措置された全額、若しくはそれ以上に学校図書費を充実していくものと思っておりました。で、約3分の1なんですね。交付税措置は357万円、で交付税措置されて登米市に入ってきたお金は1,044万です昨年度ね。3分の1しかって、子供たちの図書費には回っていないということなんです。いくら学力向上言ってもこういうふうなこと抜きにしては向上しないんではないか。やっぱり、学力向上の一環としても大いに学校図書費を充実して子供たちにいい本をたくさん読んでもらう、これが筋ではないかというふうに思うんですけれども、なぜこれがですね、減らされたのか、残りの3分の2はどこに行ったのか。その辺伺いたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 財政課長、千葉 清君。

財政課長(千葉 清君) 交付税算定上の数字でございますけれども、あくまで交付税の基準財政需要額の方に算入される数字でございまして、あくまでも一般財政の目安として算定基礎措置になっているわけでございまして、実際の支出額とは市町村によって決めるわけでございますので、全体の中で調整させていただいているというふうなことでございます。
 算定されたものが直接全額来るものではございませんので、あくまでも交付税算定上の基準です。需要額に算入になっているという状況でございますので理解お願いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) なぜ交付税算定されているのかということですよね。大事だからでしょ。これくらいは必要だからちゅうことで交付税算定されているの。
 それで、こっち側で、いくら教育委員会の方で要求したって、査定でダメになってしまっている。教育委員会がいくら学校図書を充実させようと思ってやってもですね、いかない。そういうふうにいかないという、ここは問題だというふうに思うんです。市長、これは昨年9月で答えておりますけれども、もう一回ですね、やっぱただ交付税算定来たんだから、これ来たやつは自由に使っていいなんていう、これはちょっと乱暴すぎませんか。ましてや3分の1しかって措置していない、考え物だと思いますけれど、納得できる答弁いただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 交付税の算定に関わる考え方というのはただ今財政課長が答弁したとおりでございますが、それとですね、交付税そのものにつきましては市の一般財源かというふうなことで、一般財源としての活用を行っているところでございますので、基本的に算定の根拠と言いますか、需要額の計算数値をですね、そのまま全ての、算定の数値そのものをですね、そのまま予算というふうなことにはなかなかできないというふうなのは現状だと考えてございます。
 それと、教育委員会の方からですね、そういった学校図書に関する部分等の要求も他の事業と一緒にございますけれども、そういった中で、総合的にですね、それは収取、教育委員会の予算の要求の優先順位もございますので、そういったものも含めて査定をさせていただいているというふうな状況でございますので御理解お願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) 教育委員会、これあの措置された予算、先ほど400万近くとことで言いましたけど、357万ですね、昨年予算化されたのは。これで十分だというふうに思っておりますでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 交付税の話もございましたけど、学校図書についてですね、市内にあります小中学校含めて一番は学校の図書室の利用がきちっとというか、図書の蔵書も必要だと思いますけども、今ある図書のきちっとした活用ですね、議員がおっしゃるように読書活動自体は、学力向上にも欠かせないものと思っておりますので、現在考えておりますのは28年度の予算の中でも学校図書のですね、いわゆる整理、活用のためのコンピュータ用のソフトを入れてございます。それらできちっと、今ある図書を整理した上で、活用が図れるような状態にまずしようと、いうことで考えてございます。蔵書も図りながら、今ある図書についても子供たちにですね、できるだけ利用してもらえるような整理もしたいということで考えておりますので、予算についてなかなかいわゆる増額ていうのは、ほかの予算の関係もあって厳しいというふうに思いますので、まず今ある図書をきちんと活用することで教育員会としては考えていきたいというふうに思ってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。

12番(佐藤尚哉君) 大変苦しい答弁です。学校の図書室に行ったことあります。古い本がいっぱいですよ。やっぱり新しく、子供たちがね、本当に図書室に通ってみたくなるようなね、そういった図書室を造んないとダメでしょう。市長。ここはねしっかり市長からどういうふうにしていきたいのか、どういうふうにするのか答弁いただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 子供の読書環境を整える、またその読書を進めていくということは大変大切な取り組みだと思っております。そういった意味では、米川小学校等々ではですね、そういった既存の図書を活用しながら、貸し出しまた読書の冊数が非常に増えたというような事例もございます。そういった意味では、やはり、当然、本がたくさんほしいというようなことは当然あるというふうには思いますけど、そういった部分もしっかりと計画的に進めていきながらですね、まずは子供たちに図書室に足を運ばせる、本に目を向けさせる、そのような工夫をしていかなければならないというふうに思っているところであります。
 そういった意味では、いろんな働き掛けの方法があろうかと思います。またそういった部分につきましてはですね、教育現場の中でもさまざま創意工夫を重ねているというようなお話も現場から聞いているところでありますので、しっかりとしたそういった成果が上げられるような取り組みにつなげていけるよう我々も心してまいりたいと考えております。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。氏家英人委員。

4番(氏家英人君) ただ今学校図書の関係の質疑が縷々ございましたけれど、概要の124ページ図書館費について少し続けてみようかなあというふうに思いまして、今定期議会の冒頭ですね、市長、施政方針の中で一般質問でもちょっと触れさせていただきましたけれど、図書館の部分についてはですよ、市民の生涯学習の拠点となる新たな図書館の整備については、施設が持つさまざまな可能性を探って、本市のまちづくりにおいても中核的な施設になるよう早期の実現に向けて取り組んでいくんだと、力強くですな、施政方針で市長が語っていたので、当初予算の中でですね、どの部分にこの市長の思いというかこういったものが反映されているのかなというふうに楽しみにしていたんですけれども、私の目からはどこからも予算的な措置っていうの、されていないのかなというふうに思っているところです。
 僕はこう思うんです。要は市政方針と、市長の市政方針と、市長の施政方針と当初予算というのは連動するものではないのかなというふうに思っているんです。その辺の考え方なんですけれど、どうなっているのか。まず図書館整備の部分についての予算はどこにあるのかお答えいただきたいな。

委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 議員おっしゃるとおりですね、今回の当初予算につきましては、新しい図書館に関連する予算は計上いたしておりません。と申しますのも現時点ではですね、どういった図書館を新しい図書館を整備していくべきなのかという、まだ検討の段階でございまして、そういうものをですね、今後しっかり固めてお示しをいたしながら必要な予算措置を講じていきたい、お願いしたいというふうに考えているところであります。

委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) 市政方針と当初予算の連動という部分については何もお話がなかったのですけれど、新庁舎の問題っていうのもありまして、明らかになっているのは、市長は新庁舎の整備と図書館の整備は一体的に進めていくんだと、いうことなんです。その部分今課長がお話しなさったのかなというふうに思っていますけれど、教育部、教育委員会として、市民の望む図書館像というのをどうやって捉えているのかなという部分なんですよ。要はしっかり予算付けしながらですよ、その辺を調査研究、29年度やらないとなればどうすんですか。段々跡になっていくじゃないですか。そういう中身の部分の検討もしないということなんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 何もやっていないというわけではございませんで、今その市民が望む図書館像とは本当にどういうものなのか、そういうこととかですね、全国的に今の図書館整備がいろんなところでやられていますけれども、そういったもののその考え方、内容、そういったものを検証しながら、本当に登米市にふさわしい図書館の在り方を考えているところであります。
 また、この前、年明けて、すみません。12月から1月ころに掛けてなんですが、図書館に通ってくる方を対象にいたしまして、ちょっとアンケート調査もしてみました。皆さんが望む図書館像はどういったものですかとか、そういったものを聞いております。そういったこともサンプル数はあんまり多くは取れなかったんですけれども、そういったことも参考にしていきながら登米市の図書館像をつくり上げていきたいというふうに考えているところであります。

委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) ぜひですね、しっかり取り組んでいってもらいたいものだなあというふうに思っています。
 殊ですね、ここに市長の市政方針4年間分あるんですね。図書館のことじゃないんですけれど、例えば佐沼大網東地区の雨水排水対策、これにしっかり取り組みますと、4年前から毎年言っている。新庁舎の整備についてもそうです。4年前からの市政方針をずっと言っている。4年経っているんだけれどほとんど進んで。これが現状なんです。こういうことをしっかり踏まえてですね、取り組んでいただきたいというふうに思うんです。よろしくお願いします。
 続きましてですね、概要の127ページになります。博物館費の中のですね、除雪に関する部分なんですけど、ちょっと教えていただきたいと。博物館施設の管理運営に要する経費の中で、駐車場除雪協力謝礼というのがあるんですね。僕はこう思うんですよ。施設によっては、スタッフがですよ。30分早く仕事場に行ってですね、自ら率先して除雪している。そういう所もあるでしょうし、ボランティアの人がやってくれる部分もあるんだろうし、ここで謝礼を払ってるっていう部分、これ、どこの施設の駐車場のことなんででしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 文化財文化振興室長、佐藤貞光君。

文化財文化振興室長(佐藤貞光君) 駐車場の除雪の関係ですがけども、この施設は石ノ森章太郎ふるさと記念館の駐車場の除雪となってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) どうして石ノ森章太郎ふるさと記念館の駐車場だけ、この除雪にかかる費用を謝礼として出しているんでしょうか。ほかにも、例えば、高倉勝子記念館の駐車場であったり、あるいは登米市歴史博物館の駐車場であったり、さまざまなそういった公施設と言いますかね、部分の駐車場がありますけれど、その辺に対しては謝礼は払っていないんですか。どうしてここだけ払っているんでしょうか。謝礼を払う除雪の在り方やり方とボランティアの線引きはどうなっているのか。

委員長(伊藤吉浩君) 文化財文化振興室長、佐藤貞光君。

文化財文化振興室長(佐藤貞光君) 石ノ森章太郎ふるさと記念館につきましては、2万円の2件ということで、除雪の協力謝金をお支払してございます。ほかの施設でございますが、高倉勝子につきましては、記念館につきましては、直接の駐車場は持ってございません。それから登米市博物館につきましては、一部駐車場としての部分はございますが、予算措置はしてない状況でございます。石ノ森章太郎ふるさと記念館につきましては、駐車場のスペースが広いということで協力者の方にお願いして謝金を払っている状況でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) ちょっと、今の答弁では納得する人はあまりいないのではないかなというふうに思いますよ。石ノ森章太郎ふるさと記念館の駐車場が広いからここには謝礼を払っているんだ。それから高倉勝子記念館の駐車場、あそこは高倉勝子記念館だけの駐車場ではないから関係ないみたいな答弁。歴史博物館についてはボランティアでやってもらっている。その線引きのことを言ったんです。ちょっと答えになってないんじゃないかなっていうふうに思うんです。税金を払ってんですよね。1回2万、そして2回と言ってもですよ、もう少しこの線引き、きちんとすべきだと思うんですけれど、どうでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 答弁を求めます。文化財文化振興室長、佐藤貞光君。

文化財文化振興室長(佐藤貞光君) 石ノ森章太郎ふるさと記念館につきましては、駐車場のスペースにつきましては、市の土地とお寺の土地の部分と両方使って今、駐車場として使っている状況でございます。スペース的にも広い駐車場ということで、これまでも除雪につきましてはその都度謝礼をお支払している状況でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) 石ノ森ふるさと記念館はですね、市の直営施設ということです。ここで言っておきますけれど、雪の日は30分早く仕事場に来なさい。そしてスタッフ全員で雪かきしてください。これからこういう予算はやめてください、と申し上げます。答えはいりません。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 先ほど1件聞き漏らしました。123ページの備品購入費、232万2,000円。これは、焼成灯油釜でよろしいでしょうか。どういったものか。その使用、どういう使用方法か。はい。

委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 焼成という名でよろしいです。東和の教育事務所の方でですね、陶芸教室を主催してございます。東和の木工センターの所に陶芸場がございますけれども、そこに灯油釜を設置しておりますが、平成元年に導入した釜でありまして、もう29年目になるというもので、だいぶ煙突の所でありますとか本体にもひびが入ったりしていまして危険な状態にあるということ。それから利用者がかなり多いという現状もありまして、これを今度新しくするということにしたものでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 利用者が多いということで消耗が激しいと思いますが、耐用年数的に何十年くらい、これは使えるものでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 申し訳ございません、焼成釜の耐用年数ということではちょっと確認しておりませんでした。大変申し訳ございません。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 平成元年ということで、それまでだと28年経過したという解釈でよろしい、そうすると30年ぐらいは使い方によっては持つという理解でいいのかな。はい。

委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) すいません。物で確認したわけではないんですが、28年というのはかなり長く使ってきたものではないかなというふうに考えているところであります。そんなに耐用年数はないというふうに思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 所管でございますが、ちょっと、概要書の123ページ。公民館の管理運営に関する経費。迫公民館から津山公民館まで1,600万から3,000万の弱管理費でございますが、これあの、指定管理に出す前の直営の時代と比べて、どの程度のパーセントになっているかをまずお尋ねします。

委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 手元の資料ではですね、公民館ということでいろんな施設が混ざったものなんですけれど、データのないのがちょっとございます。中田のふれあいセンター関係がですね、合併前に指定管理導入したということで、それ以前の経費がちょっとつかめないんですが、その他の公民館施設の状況、私の資料でちょっと読みますとですね。導入前の市の負担額とそれから、29年度の指定管理料の委託料を比較しますと、今の71%ぐらいになっている状況でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 水道光熱費とかは変わりないはずなので、多分人件費の差額だと思うんですが、これは当初、いわゆる想定していた範囲内なのか、それで現状としては、いいとこ、いい線なのかつことを、まず御認識を伺いたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) いわゆる公民館に指定管理を入れる段階での当初のもくろみということだというふうに思いますけれども、概ね、予想されてる範囲内、予想した範囲内での経費の推移かなと思ってございます。ただ人件費につきましては、当初一定金額での算定でございましたが、その後指定管理者等との話し合いの中で、いわゆる一定額を、昇給、年ごとに昇給させるようなシステムも入れてございますので、その辺については当初予想してた費用よりは伸びてるんじゃないかなというふうに思ってございます。
 ただお話のあった123ページの費用の中には人件費は含まれておりませんので、いわゆる純粋な管理料、指定管理料としての分だけの費用ということで御理解いただければというふうに思います。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) あ、ちょっと勘違いしてました。これ、そうしますと、人件費を含めると相当な、どこにありますか。入ってますよね。これ、いわゆる事業効果としては、多分上がってきてんだろうなと思うんですが、さらに高めるためには、やっぱりいろんな面で、目配りをしなきゃならないと思うんです。それが市民満足度につながっていくと思いますので、引き続き頑張っていただかなければなりませんが、先ほどの図書館に少し、入らせていただきます。委員長、こういう聞き方が不適切だと思えば注意してくださいね。今の29年度の予算計上なさってますが、これが、いわゆる新しい図書館になったときの管理運営費と比較して、どの程度になるんだろうなということをお聞かせいただきたいし、図書館の、いわゆる直接の担当課っていうのは生涯学習課でいいんですか。それで今はそうなっているんだろうけれども、そこを変えるつもりはないでしょうかつうことを聞いておきます。

委員長(伊藤吉浩君) 質疑の途中でありますが、ここで10分間休憩します。
 
          休憩 午前11時01分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時11分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 答弁を求めます。生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 新しい図書館の規模等につきましてはですね、先に策定いたしました図書館構想の中では、公立図書館の設置と運営に関する数値基準に基づきますと、大体床面積3,700平米、それから図書館の蔵書ですね、それを35万冊というぐらいのところでは見込んでおります。
 現在の登米市の状況で見ますと、蔵書数は10万をちょっと超したぐらいの数でしか持っていない状況でございます。実際、この基準はあるわけなんですけれども、実際に登米市が建設すべき図書館の規模等につきましては、これからさらに検討を加えなければいけないというふうに考えておりますし、それによっていろいろ諸経費等変わってくるものと思いますので、まだ詳しいですね、いくらぐらい運営費が掛かるのかというところまではまだ踏み入っていないというような状況であります。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 入れ物がね、できてから、あるいはできる前にね、できるまでに恐らく3年は掛かるんだろうから、その間いくらでも本来の目的である蔵書の数を増やすとか、新しいものを入れ替えるとか、そういうことには十分に予算化すべきだというふうに思ってますので、ぜひその点については、図書館の一番の上の人っていうのは教育長なんだろうか。それとも市長なんだろうか。そのトップの人にその意気込みを聞いておきたいと思います。いわゆる補正を含めて。

委員長(伊藤吉浩君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) 今、委員のおっしゃられるように、蔵書の数についてはやはりある程度事前に充実できるものについては、やっていくということが理想だろうというふうに思います。また、図書館のですね、運営等につきましても、やはり、予算あるいは市民のニーズに応えながら、よりよい施設を造っていきたいというふうに考えております。よろしくお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 小学校費の関係ですが、佐沼小学校の敷地内校庭っていうんでしょうか。桜がなくなっちゃたと、やっぱ寂しいもんだなという声が寄せられております。何十本とかということとかでなくたって、工夫すれば、すぐにでも植樹できる場所があるんでないかなと思うんですけど、明快にお答えいただきたい。

委員長(伊藤吉浩君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 学校の方に確認をいたしまして、植樹をできる場所、それから予算等確認していきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 次に、今度の予算の中にですね、子供の貧困の実態調査というんでしょうか。最近、河北新報で秋田市が調査をしている。それから、仙台市も実態調査をしたというふうになって報道されておりますので、本市ではどんな対応をしようとしているのか。

委員長(伊藤吉浩君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 学校サイドから子供の貧困の実態調査ということの御質問でございますが、就学援助費というものを予算措置して支給をしてございます。国の方で生活保護受給の対象の要保護の方に対して予算を増額する方向で今検討されているようでございます。宮城県の方でも県内全自治体にその方向性について調査をしたということで、3月上旬資料がございました。35自治体のうち13自治体が増額の方向でという資料が来ておりますので、合わせて登米市でも調査をしてまいりたいと考えてございます。
 調査につきましては、学校を通しての就学援助費の申請になってございますので、また、民生委員さんであるとか、そのほかの方法も今後検討してまいりたいと考えているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 実態調査についてお聞きしたんですが、もっと先に進んで就学援助制度のことが説明ありました。
 国の補助単価約2倍に引き上げられると、小学生でいえば、これまで2万470円が4万600円になると、中学生については、2万3,550円が4万7,400円になると、これは要保護世帯であり、今の説明のとおりですが、登米市もそのようにこの予算は前の16年度までの単価でしょうけど、引き上げるということでもう明確な方針を持ったんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 現段階ではまだ明確な方針を持っているということではございません。県内の動向等を調査いたしまして、これから市の方向性について調査してまいります。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 教育長にお伺いしますけども、何て言うんでしょうかね。貧困というと例えば私ども小さいときは膝のここが抜けて繕ってというようなことで、見た目でも外見上もある面分かりやすかったと。しかし、今はユニクロというのが何かよく私も分かりませんが、あまり行ったことはないんですけども、いわばメイドインジャパンでなくて、チャイナとか台湾だとか、いろいろありまして、そういうので安い洋服が買えるということもあって、一見分からないという部分もあるんですね。経済的な問題だけをもちろん貧困と言ってんではないんですけども、そういう点で教育長として、やっぱり子供の貧困というのが登米市内でもあるんだなあと、広がっているんではないかなというようなのを実感として持つときていうのはどういうときあるんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) さまざまなケースございますけども、一番はやはり朝ご飯を食べてこない、いったそういう日常の生活習慣が大分乱れているというところに大きく感じることが多くあります。そのほかにもですね、先ほど着る物といったものもありますけども、着る物はしっかりしていても、やはり不潔にしているということも考えられますので、いろんな意味でそういった子供たちをしっかりとやっぱ、学校の担任、あるいは学校全体でそういった子供たちをしっかりと見極めていくということが必要になってくるんではないかなと感じているところです。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 恐らく次の質問なんですが、教育長も同じだろう、考えでないかなと思いますが、最近の報道で知ったものなんですが、朝日新聞のデジタルのアンケート2月15日から28日に掛けて行われて1,029人が回答したと。で何項目かあんですが、その一つに子供の貧困が社会問題としてクローズアップされ、あなたの関心度はという問いに対して、高まったというのが840人、変わらない180人ということで、圧倒的多数が関心度は高まっていると、もう一つは、子供の貧困の問題を解決する責任は、親と社会のどちらにありますかという問いに対して、全て親の責任は54、どちらかと言えば親の責任140人、合わせても200人弱、1,000人のうちですね、2割ぐらい、そして親と社会で半々が294、どちらかと言えば社会の責任396人、全て社会の責任143人ということで、朝ご飯を食べないということも、やっぱかつて自己責任というのがずっと言われたときありましたけど、やっぱりこのアンケートを見ても社会は冷静なんだなあと、決して親の責任だけの問題ではないんだと、親も社会も全体のやっぱり問題、課題なんだというふうに見まして、やっぱり日本社会健全なんだなあと私は受け止めたんですけど、教育長は今紹介した点で、どんな感想を持ちましたでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) ただ今のお話で貧困といったいろいろな捉え方なんですけども、ワーキングプアという言葉が出ておりますとおりですね、一生懸命働いているにもかかわらず、やはり生活が苦しいといった状況があることから、やはりこれは家庭だけの問題でなく、社会の大きな問題、そういったものも多分に含んでいるだろうなというふうに感じるところです。やはり、そういったものも含めてですね、やはり、社会しっかりと仕事に就ける、正規職員に就けるようなそういう体制も必要になってくるだろうと、ただ、やっぱり今の風潮からすると、そういった正規職員じゃなく非正規職員を望む人たちも結構いるということも現実として見ていかなくちゃいけないかなというふうに感じているところです。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) もう一つ私注目したったのはですね、日本財団子供の貧困対策チームというのがあるそうなんですが、ここではこういう見解なんですね。子供の貧困を放置した場合の社会的損失について、2015年12月に推計を発表したそうなんです。貧困世帯の子供15歳以下の進学率や中退率が改善された場合に比べ、現状のまま放置された場合、生涯所得は約43兆円、財政収入、これは国、自治体も含めてだと思うんですが、財政収入は約16兆円少なくなるということで、いわば、教育長も触れましたが、非正規労働、雇用とかですね、無職者の増加だとか、そういうところから算出したもので、いわば経済界としても放っておけないという認識に今至っているそうであります。
 そこで具体的にもう一つお聞きしたいんですが、この就学援助の分、最初にお聞きしますけども、補助単価、要保護に合わせて登米市も検討するということなので、ぜひその方向で早い決断を求めたいと思うんですが、もう一つ入学準備金の関係です。これも今全国的な課題になって、入学準備金といっても最初支給は7月だったでしょうか。それでは遅いんだと。入学前に3月に支給するという自治体が出てきております。それをつかんでいると思うんで、これも即検討してその方向に進んでいただきたいんですけど、お答えいただきたいんです。

委員長(伊藤吉浩君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 入学準備金は今、議員さんがおっしゃられたとおり、県内の自治体も検討するという実態が2自治体ほど報告されてございます。今の就学援助の基準が6月の所得の確定に伴うものでございます。
 前年度に支給をするとなると、その確定の考え方、それから入学者、転校した場合どうするかという課題発生してまいります。そちらの分を調査いたしまして、県内の動向も見据えながら進めてまいりたいと考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) そうした課題を解決してというか、それで踏み込んで3月支給になっている自治体が出てきているということですので、ぜひしっかり受け止めて対策をというか、そういう対処をしていただきたいことを強く要望しておきます。
 最後、冒頭に戻んですが、仙台市が子供の貧困実態調査を行ったと、病院に行けない、教材買えない、進学できない、困窮家庭ほど深刻ということであります。私はさまざまな就学援助だけで貧困対策、済むと、もちろん当局もそういう思いではないのは分かりますが、やっぱりより具体的に効果的な支援策を打ち立てる上でも実態調査をすべきだと思うんですけども、教育長どうでしょうか。これはぜひやってほしいんですけど。

委員長(伊藤吉浩君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 実態調査の方法につきまして、他の自治体でどのように進められているかも調査しながら検討してまいります。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 部活動が教員の特に中学校の教員の超過勤務の最大の要因になっているということで、文科省もいろんな指示っていうか、方針を出しておりますね。
 今年の1月6日に運動部活動の休養日の適切な設定を求める通知も出したということもあるんですけど、本市ではこれにどんな対応、教育委員会、しようとしているんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) この問題につきましては、改めて今回通知が出たからということではなくて、以前からやはり、学校の部活の問題については、大分話題になっておりまして、校長会等でもできるだけ子供たちの負担のみならず、教職員の負担軽減のために各学校の方で可能な限り週二日、部活動は休めるような形にしてほしい、少なくとも年間を通して週二日は休部になれるような配慮を、当然新しい中総体であるとか、あるいは新人戦、そういった時期には多少増えるのはやむを得ないにしても、やはり年間を通してしっかりとその週二日の休部が確保できるように各校長方の方には指示をしているところであります。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 114ページのですね、学力向上なんですけども、今回新規の事業ということで、提案されているわけですけども、今現在登米市のですね、小学校と中学校の学力の現状をまずどういうふうに把握しているのか、まずその点をお聞きしたいと思います。
 それから、前の委員会のときにですね、秋田県の由利本荘市に行ってちょっといろいろ学力向上対策をお聞きした件があるのですけども、全て記憶しているわけでないんですけども、最後に何か、振返り授業で効果を上げているということも言われましたけれども、これ毎回議会の中でも教育委員会に学力向上どうするんだと、いう意見が出てましたので、当然、教育委員会としては、今後の登米市の学力向上のポイントは掴んでいるというふうに思うんですけども、今後の学力向上のポイントをどういうふうに整理されてるのか。その2点についてお聞きします。

委員長(伊藤吉浩君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) それでは登米市の子供たちの学力の現状ということについてまずお話をさせていただきます。
 登米市では学力向上対策の一つとしまして、市全体で、市で独自に行っております標準学力調査を1月に実施をしております。今年度も1月の17、18、二日間かけて小学校4年生から6年生まで、それから中学1年生から2年生まで、全部で5学年、小学校におきましては、4教科です。国語、算数、理科、社会、中学校においてはそれに英語を加えて、全児童生徒の対象となる全児童生徒のテストを実施しているところであります。
 先日、今回のテストの結果がまいりました。小学校におきましては、全国平均を100と見た場合、今年度小学校の学力は102.8であります。2.8ポイント全国平均より上回っているという状況でありました。それから中学校におきましては、全国100に対しまして、95.7ポイントということでありまして、4.3ポイントほど下回っているということであります。
 なお、過去3カ年、一昨年から比べますと、小学校、中学校ともに6ポイントから7ポイントほど向上してきているという状況で全体的には向上の傾向にあるかなというふうに把握をしているところであります。
 それから、課題といいますと、やはり、教科で言いますと算数、数学であります。小学校でも全国平均を上回っているものの、どうしても二極化といったらいいんでしょうか、できる子供とやや苦手としている子供が小学校からもう見られている状況であります。
 今後は、その下のこぶといったらいいんでしょうか、そのやややっぱり、何となく分かってんだけれども、まだしっかり定着していないという子供たち、その辺をしっかり指導していくことが、中学校の算数、数学にもつながっていくだろうというふうに解釈をしております。
 なお、全体的には思考力、やっぱり課題であります。読解力も含めてですね、物事をしっかり読み取る。例えば、テストの問題の意味をしっかり把握する。それから、解決のために筋道を立てて考えていくというあたりは、今後とも引き続き指導していく必要があるだろうというふうに考えているところであります。
 なお、中学校におきましては、数学に合わせて英語も課題であります。英語の調査に関しましては、基本的な部分がやはり全国平均に劣っているというところが見られております。やはり、単語の意味、読み、書き、その辺からしっかり指導していくことが必要なのかなというふうに考えているところであります。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) そうすると二極化なっているという点と、思考力、読解力ということを今課題に挙げられたんですけれども、端的にですね、その点に対してどういうふうな方向でこれから行こうとしているのか、その点についてお聞きします。

委員長(伊藤吉浩君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 新年度、全小中学校の30名の校長先生方を秋田県の能代市の方に視察に参ることに計画を立ててございます。能代を選んだ理由といたしまして、登米市と平均所得がほぼ同じ。それから、塾がほぼございません。ですので塾に行っている子供が少ない中で、日本でのトップの学力を有している所でございます。その中で登米市と何が違うのか、登米市の学校数の32校というのがほかにも類を見ない学校数でございますので、その多い学校の中で、各学校に今までお願いしていた部分が多ございますので、秋田のスタンダード化された事業を学びながら、その中を取り入れながら、今、菊室長が申し上げました思考力、読解力、筋道を立てて考える方策についてまずは学んでまいりたいと考えているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) いうことなんですけども、ぜひそこら辺でですね、具体的な方向性を出していただきたいとまず思います。
 次ですけども、115ページのですね、スクールバスのことなんですけども、市民輸送兼用スクールバスということなんですけども、これ各町域全てこのスクールバス、そういった格好で対応されているんでしょうか。お聞きします。

委員長(伊藤吉浩君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) スクールバス、市民兼輸送バスの送迎についてなんですが、豊里町域は患者輸送バスとして走らせておりますので、こちらはスクールバスに市民兼輸送バスが入ってございません。全てではございません。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 分かりました。もう1点ですけども、120ページのですね、キャリアセミナーの件についてお聞きしたいんですけども、これ前に一般質問の中でも教育長にもお伺いしたんですけども、登米市のキャリアセミナーの取り組みは評価されているということなんですけども、今年は具体的にですね、このセミナーをどういうふうな格好で進めようとしているのかその点をお聞きします。

委員長(伊藤吉浩君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) 来年度も今年度同様にですね、各中学校に登米市内外県内のさまざまな場所から、専門的なといいますか、それぞれ子供たちの希望に沿った講師の方、職業の方に各学校に来ていただいて、その方々から子供たちにお話をしていただき、将来についての意識を高めていくというような形で進めていく予定であります。
 ちなみに各学校、大体20人ぐらいの講師の方にお願いをして、五、六人の子供たちの一つのグループごとにお話をしていただくということで進めてまいりたいと考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) これは評価されているということでしょうから、いいとは思うんですけども、教育委員会としてはこのセミナーをどういうふうに評価しているんですか。

委員長(伊藤吉浩君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) 志教育という言葉が最近富に言われることでありますけれども、将来目標がないと、あるいは仕事についてもすぐ辞めてしまうという子供が過去何年間増えてきたということで、これを進めてきているところであります。宮城県でも力を入れて進めているところであります。そういう意味では、中学時代にこういう方からお話を聞くということは、大変自分の将来をより具体的に考える場ということにつながっていくというふうに考えておりますので、大変意味の深いといいますか、実りのある授業だと捉えておるところであります。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 中学校と言いましたけども、これ小学校は何かうまく連動するというか、こういった種類のものが、小学校の授業というか、中で何かされているんでしょうか。あえてキャリアセミナーとは言わないまでも、何かやっているんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。

活き生き学校支援室長(菊 祐二郎君) ただ今言いましたように、宮城県内では志教育というのを数年前から力を入れてございます。小学校の授業、あるいはさまざまな活動においてもこのような考えをたくさん取入れながら進めているということがまず一つございます。
 それから、具体的なその活動といいますと、中学校のように外部の方を呼んでということはあまりないんですが、ただ、今さまざまな総合的な学習の時間等で外部の方に小学校にもたくさん入ってきていただいて、一緒に活動する場所も持ってますし、中学校におきましては、先輩の中学生が小学校に行って中学校の話をすると、そのような場もいくつか見られているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) 何点かお聞きします。概要書113ページ、事務局一般管理費の中で、教育長交際費21万。市長交際費268万と比べると1割にも満たない。この金額で妥当なところなのか、近隣教育長のもし交際費と比較できるのであれば、御提示お願いしたい。それ1点。
 それから、次のページ行って114ページ、この2段目に宮城防災教育推進協力校とあります。25万ほどの予算なんですが、どの学校、何校でこの防災教育、どのような教育の内容なのか。それをまずお聞きします。
 それから3点目、小学校、これ中学校どちらも関係あるんですが、備品購入の分に入るのか、施設改修に入るのか、各小学校、中学校体育館、私も結構、数回ってるんですが、水銀灯の全部点いている体育館ってのが非常に少ないわけなんです。二つ点いていなかったり、三つ点いていなかったり、29年度この中でそれに対応するのかどうか確認します。
 それから123ページに飛びます。
 公民館の管理運営に要する経費という所で、9月の決算議会のときに、各公民館、どうぞホームページの充実を図ってください。主要等の日程も全然更新していない所、又は全然打ち込みしていない所がありますよ、というところで均一化図られたのかどうか。また、29年度の方向性をお聞きいたします。
 それから128ページに飛びます。
 体育館施設管理費、この備品購入費3段目の黒星印ですが、迫体育館フロアシート、あとトレーニングマシン更新ということでございます。この内訳ですね、フロアシート何枚なのか、トレーニングマシンはどういうトレーニングマシンなのか、分かればお聞きしたいというふうに思います。
 あと予算の中で、ちょっと見つけ兼ねたんですが、昨日行われました文化、スポーツの表彰、これについては文化の方はよろしいんですが、スポーツ功労又は特別賞、ほとんど登米市の体育協会の方で表彰を行っている方と、ほぼ同一の方々が表彰を受けたように感じております。片や共催にすれば登米市でスポーツ表彰はいいんではないかなと感じながら、きのう行ったわけでございますが、その在り方、同じ人に体育協会からあとは登米市からいかがなものかなと、両方例えば登米市体協の会長さん、それから登米市長、連名でですね、やっても費用大分削減できるんじゃないかなと感じた次第でございますが、その方向性についてお伺いします。以上。

委員長(伊藤吉浩君) 教育部次長、伊藤隆敏君。

教育部次長兼教育総務課長(伊藤隆敏君) お答えいたします。私からは教育長の交際費についてお答えいたします。
 現状での評価といったらいいんでしょうか。毎年だいたいこの程度の規模で予算をお認めいただき執行しているわけでございますが、特に厳しいというふうな話もいただいておりませんので、こういった内容で計上させていただいておるところでございます。なお、近隣の団体との比較はというお話もございましたが、申し訳ございません。調査しておりませんので、この機会を捉えましてですね、ちょっと調査し、確認してみたいと思います。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 教育企画室長、岩渕公一君。

教育企画室長(岩渕公一君) 私の方からは、宮城防災教育推進協力校に関することにつきまして、お答えさせていただきます。
 この事業につきましては、県から100%の補助による委託事業25万円の事業でございます。平成29年度は、佐沼中学校1校だけが2年目の推進協力校として取り組む予定になっております。
 内容といたしましては、今年度から中学校、県内の中学校で防災教育を行う副読本が作成されましたけれども、それの有効的な活用と、後は学校と地域がどのように連携をして取り組むとよりよい地域力、地域の防災力が高まるかという主に二つの点に研究に取り組むものでございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 小中学校体育館の水銀灯の修繕でございますが、29年度は修繕費としての計上はしていない状況でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 公民館のホームページの充実の件でありますけれども、質問をいただいた際にそのあとに、やはり各公民館の方にこういった話もあるのでということ、活用をですね、お願いした経緯もございます。それから、最近では登米市のすいません。各公民館のホームページといいますか、独自で持っているところはいいんですけれども、ない所は視聴覚センターで開設しているホームページがあるんですが、そこを活用しているんですが、なかなかそこにたどり着けないという御指摘もあったので、登米市のホームページからリンクを張ったような形にも今やっております。これからもですね、そういった活用については積極的に働き掛けを行っていきたいというふうに考えております。
 それから、昨日行われましたですね、スポーツ賞の表彰なんです、あ、すいません。その前に備品でありますが、迫体育館のカーペットにつきましては、カーペットといいますか、すいません。フロアシートですが、予算は554万9,000円ほど、全面積に対応できるシートを購入するほか、シートをたたむ機械でありますとか、巻いたシートを重ねるラック、そのようなものを一式を考えてございます。
 それから、迫総合体育館のトレーニングマシンにつきましては、予算が493万5,000円、ランニングマシン3台を更新するという内容でございます。
 それから、文化スポーツ表彰でありますけれども、文化スポーツというふうに銘打ってやってございますので、文化の分がどうしても、体育の分は確かに体協さんの方とタイアップする可能性もあるんですけれども、文化ということではなかなかそれができないということでございまして、これまで全く検討しなかったわけではないんですが、そういった経緯もあって登米市の方でもていうことでやってきました。
 それから、表彰の範囲なんですけれども、若干体協の方が、もっと凝縮されたような、もう少し登米市の方々、登米市の表彰対象の方々が引っ掛からない部分もあるというぐらい、体協の方がちょっと上なのかなという気もしております。スポーツに取り組む人たちのやる気とかですね、そういったものを引き出すための表彰式でもあるということでありますので、体協と二つもしあってもいいのかなという考えもあるんですけれども、議員のおっしゃられたことについては、私たちも常々検討していることでございますので、また新たに検討していきたいというふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) 分かりました。まず、交際費の関係についてはですね、見てください。教育長も我慢してポケットマネー出すことにならないように。ちなみに議長交際費は58万ですので、妥当な金額なのかどうか、そこんとこは一回精査してみるべきというふうに思います。
 114ページの防災教育ですが、100%補助なら、各中学校に全てやっていただきたいね。何で佐沼なのとなるよ。ぜひ残りの中学校、どのようにするか方向性をお伺いします。
 それから、水銀灯修理しないと、一刀両断されましたが、必要性はどのように感じているのか。体育活動やっている。一番暗くて困るのが、照度不足、バドミントンのシャトルなんかは速いの、あれ暗いと本当に目に当たったら失明する競技でございますよ。そこはどうなのかなと、きちんと直さないとそういう方向でいいのか教育長一つ責任ある回答をお願いしたいと思います。
 それから、フロアシート、巻き取り機も入れてと、全部覆うと、今まで使ってた古いシートはどのようにするんでしょうか。
 それから、その巻き取り機、これ各公共施設ていうか、体育館、大きな所はあります。学校、やっぱり学校の体育館もかなり広い体育館、学校によっては、生徒たちがたたんで半分にして、半分にして、半分にして、卒業式、入学式のときは波打つシートの上でそういう催しものをやってます。私はこれ各、全て大きなある程度の広さの所は全部導入していいんじゃないかなと。巻き取り機。それあれば綺麗に本当に波打つシートの上でイベントしなくて済むのになと思ってます。公民館も含め、その検討するかしないかでお願いしたいというふうに思います。
 その表彰の関係ですが、文化の分を例えば市政功労の前にやっとか、あとにやっとかでも、これやっぱ考えようによっては、無駄な部分は省けるんじゃないかなと私思うんです。そこんとこですね、検討するということなんで、ぜひ何でしょう、表彰基準もですね、話し合えば、ここまでやりましょうというのであれば、私は調整できるんじゃないかなというふうに思いますんで、今後の取り組みについてお伺いします。

委員長(伊藤吉浩君) 教育企画室長、岩渕公一君。

教育企画室長(岩渕公一君) 宮城防災教育推進協力校事業でございますけれども、平成26年度に始まりまして、平成29年度、来年度が最後になる事業で、県の事業でございます。
 佐沼中学校以外にも取り組みたいところなんですけれども、来年度終了するということでございますので、佐沼中学校の取り組み内容を平成29年度には全小中学校に共有できるような働き掛けをしていきたいと考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 小中学校の体育館の水銀灯をはじめ、それから、各教育委員会御案内のとおり、社会教育施設、学校施設、多数の施設を抱えておりますので、それらに必要な修繕等については、修繕計画を立ててやってございます。ただ、特に小中学校の学校の体育館については、いわゆる放課後に学校開放で地域の方々に使っていただいておりますので、それらの利用にもですね、支障が出ないように修繕については、調査をしてきちっと整備をしていきたいというふうに思ってございます。その整備の観点とそれからやはり数が多ございますので、当然計画的にやっていくという点と考え合せながら、予算化も含めてですね、計画的に行えるようにしたいというふうに思ってございます。
 それから、表彰の件ですが、これについても市の全体の市政功労との兼ね合いもございますし、議員おっしゃるように表彰の基準の考え方ですね。表彰の実施の方法とそれから表彰の基準について市長部局とも合わせて検討を重ねてですね、その表彰の内容によっては、重複して教育委員会と市長部局の方で別々に出すということも考えられますし、体協の方で別にということも当然あるんだと思いますけれども、いわゆるもらう方々についてですね、本来どちらの意味であっても奨励してもっと高みを目指していただきたいということもありますし、市のいわゆる奨励することで、市民への啓発にもなるというふうに思ってございますので、それらの意味も含めてですね、今後検討していい表彰制度ができればなというふうに思ってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 体育館のフロアシートはどうするのかということでございましたけれども、かなり老朽化しているものでございますので、廃棄というふうには考えておりました。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 続けてどうぞ。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 先ほどの部長の回答の中にその巻き取り機の部分も入っていたというふうに確認をしております。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) 114ページの防災教育、来年度で終わりだということです。25万でどのような教育やったか、これ自主防災の訓練でも登米市消防本部の方が来てくれたり、さまざまできると思うんですよ。25万ですから、そのくらいお金を掛けないでも学校に行って、今まで26年からやったのをおさらいして、自分たちでできないのかというような検討を教育委員会と消防本部、又は防災課と、これやっぱリンクして考えたらできんじゃないかなと思うんです。全学校。29年で終わりだから、はい、こんで終わりでなくてさ、それから学んで、んで登米市ではこうしましょうという答弁がほしいんですが、どうぞ。

委員長(伊藤吉浩君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) これまでもですね、何校かで実施し、それを地域の学校に全て周知をしているところであります。先ほどコミュニティスクールのお話がありましたけれども、こういった地域の活動においても、この防災教育、地域とのつながり、そういったのが非常にともにつくっていくという意味では、これに期待をしているところであります。そういったものも含めて、各学校の方で、地域防災、学校と地域と連携をしながら、この取り組みを進めるようにというような働き掛けもして参りたいというふうに思います。
 委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありますか。
 質疑の途中でありますが、昼食のため1時まで休憩します。
 
          休憩 午前11時57分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 10款教育費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。關 孝委員。

7番(關 孝君) 10款2項2目1細目教育施設備品整備事業についてなんですが、今年も小学校の机と椅子1,303セット整備するということなんでありますが、確認いたしますけども、小学校と中学校用の大きさ、仕様というのは全く一緒ということでよろしかったんですかね。確かそうですよね。それを踏まえてですけれども、いわゆる机にしても天板は登米市産というふうな形の中で、一つの事業所で作っているもの、それから、組み立てるその足も一つの会社で組み立てるということ。それから、椅子にしても特殊なものということで、それも限られた事業者が作っているというふうなことの中で、予算を積算するに当たってですね、どのような形で例えば見積りといいますか、競争性といいますか、そういったことをどのように配慮されてこうした予算が立てられているものなのかお尋ねします。

委員長(伊藤吉浩君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 基本的に契約の発注方法ということもありますけれども、御案内のように天板については地元産材を使っての納入ということでございますので、ある程度その製造の事業者さんも限られているということで、ただ、ほかの品物については、仕様はその会社での仕様ということになってますけども、基準は一般的ないわゆる学用品としての基準もございますんで、それについては、特殊性はないんだというふうに思いますけども、その一部のいわゆる机と椅子を別々に発注しているわけじゃなくてセットでということでございますんで、一定の特殊性があるということで、その仕様を示して市で納入契約をしてんのは、納入する事業者さんでございますので、いわゆる製造している方じゃなくて、それを納入している事業者さんの御案内なので、標準的な仕様を示して、その中で価格については競争されているというふうに思ってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) じゃ、その予算見積もりをする場合に、事業者、何社見積もりを取られて予算というものを積算をされているのか。その過程ちょっとお尋ねします。

委員長(伊藤吉浩君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) これまでの納入の実績も当然ございますし、予算化に当たっては参考見積もりを取っているということもございますけども、前年度の主に前年度の納入された事業者さんから見積もりを取ってると思いますが、製品の規格そのものが変わっておりませんので、基本的には予算額については、1基当たりの予算額についてはほぼ同額で推移しているというふうに思ってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) 3年目になるわけですが、前年の価格を参考にというんですが、それでは一番最初、当初ですね、はどのような形で見積もりを徴されたのかお尋ねします。

委員長(伊藤吉浩君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 一番最初の年については、いわゆる材料の、さっき言ったように材料の提供から始まって一連の工程自体がきちんと確立しておりませんでしたが、いわゆる納入する業者さん市内の業者さん何社かにお願いして参考見積もりを仕様も含めてだと思いますけども、こちらでこういう仕様で購入した場合っていうようなことで、参考見積もりを取って決めたというふうに思ってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) これまでの入札の実績見ますと、27年に六つの中学校総額は5,200万ほどでしたが、入札の結果3万6,000円という単価、全て数量が違っていてもですね、一つ一つの入札について、504個でも単価3万6,000円というふうなこと。93個でも単価3万6,000円というふうな数字でございました。
 それから28年度についても、83個でも3万6,900円、それから多いのですと、333個というのについても3万6,900円という単価を示されております。
 当初作られたときには、作るという段階で、愛知県の確かメーカーにお願いをしてその天板を送って組み立てるというふうな作業ということで、いわゆる送料についても、かなり遠くなのでということで送料が掛かるというふうなお話だったのですが、そうして考えますと27年度総計で1,447という数字でも3万6,000円、それから、28年度およそ2,900、3,000という数字でも3万6,900円ということになってきて、そうして考えますと、この値段というのは4年間をトータルして、例えばですね、4年間での全数量を、その他の経費も含めて割られた単価なのかなというふうに想像というか、想像せざるを得ないんですが、その辺についてはいかがなんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 議員おっしゃるのは、例えば最初の年にいわゆる市内の全部の学校分について交換するということで、数量が決まってんので、それを、いわゆる単価掛ける前数量分でもう既に全体の金額が決まってたんじゃないかということだと思いますが、基本的に契約は単年度ごとにもちろんやってございますし、仕様は同じでございますので、あとは数量だけの違いだというふうに思いますが、ただ、普通の契約であれば当然数量は変わればスケールメリットじゃないですけども、いわゆる大量に発注すればコストが下がるというようなことになるんだというふうに思いますけども、先ほども申し上げたように地元産材を提供している関係もありますし、それから組み立てをやっている所が限られているということで、コストが下がらない要因は普通の物品の市販のものとの価格の構成の違いということで値段がちょっと下らないのかなというようなことは思ってございます。ただ、最初に全体数量を4年分なら4年分で単価を決めたということではないというふうに思ってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) では、入札、指名委員会の委員長であります副市長にお尋ねをしますが、ただ今お話したように、作っている所が一つというふうな、ここですけれど一つに限られているというふうな部分では、なかなか競争性というふうな形の部分は当てはまらないんだろうというふうに思います。元で作っている部分に関しては。そういった中でそれに入札参加する業者の参考見積もりによって予算が決められているという状況になりますと、ある意味作られているものが限られているということであれば、その元々の事業者の言い値というわけでありませんが、そういった部分がいわゆる価格になってしまうというふうなことが当然想定されるわけであります。
 そうした中において、その価格が適正な価格なのかどうかというふうな検証を、やはり必要なんだろうというふうに思いますが、その辺についてはどのような形で指名委員会の方でそういった部分に関してどのような取り組みがなされているかお尋ねしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 指名委員会の場合におきましては、今委員がおっしゃられたような具体的な積算の中身がどうだ、こうだという議論をいうのは実は指名委員会の中でまでは行ってございません。むしろ、その前段階での設計が果たして妥当かどうかという判断はもちろんしなきゃいけないと思っております。
 それから、今お話しのようなケースで申し上げますと、多分に想像という意味では、委員お話のような部分もあるかも分かりませんが、理屈で申し上げれば登米市産の部材を提供して、あとは事業者さんが組み立てた上で御参加くださいという意味の競争性、公平性は担保されているという理解はさせていただいているところではあります。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) ちょっと今のお話しに反論するわけでありませんが、業者さん組み立ててくださいというふうなお話しでありますが、実際我々これまでの説明の中では、その組み立てるいわゆる脚をつくる所もメーカー1社というふうなことというふうにお伺いいたしておりますので、そうしますと、今お話のとおり、その部分に関しても1社というふうなことになってしまえば、競争性は見られないわけなんですが、その辺についていかがでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 大変申し訳ありません。ちょっとそこの部分は私まだ確認していなかったんで申し訳なかったんですが、全部が特定の所しか作れないものであれば、逆に言えば競争入札にはなじまないものでありますので、裏返せば競争入札させていただいているということは、理論的にはどこでもやれるということでやらせてもらっているんだというふうに理解をせざるを得ないのかなと思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) じゃあその点、改めて教育委員会の方にお尋ねしますが、確か特殊な脚なので、私は登米市で作られないのかと言ったらば、それは特殊な特許を取っていることですので、その事業者でしかていうか、そこでしかやれないというふうなお話にお伺いいたしておりますが、その辺だけ確認いたします。

委員長(伊藤吉浩君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 当初の導入段階で、例えば天板の材料を供給して、あとの材料については、メーカーの方で、いわゆる持ち込みの組み立て方式っていうんですかね。いわゆる一部の材料はこちらから提供してあとは組み立てをやる方式での製造している会社自体が限られているということで、市販のいわゆる机、椅子を作っているメーカーは数多いと思いますけれども、持ち込み方式で組み立てをやっている所自体が限られているということでの理解で進めているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) 今の話のように限られているということなんですが、その辺については理解がなかったというふうなことなんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 申し訳ありません。私はそこまでちょっと理解しておりません。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) そうした場合でありますと、やはり限られているというふうな部分では仕方がないのかなというふうに思いますが、ただし、それを入札に付すに当たっては、やはりその価格が適正なのかどうかというふうな部分のやはり見積もりが適正かどうかというふうな検証をすべきなんだろうと、全く同じものと比較できっかどうか分かりませんが、やはり、よその事例であったりさまざまな部分であっても、比較検証が必要なのではないのかと思います。
 と言いますのも、決してこれまでの入札に何か不手際があったとかということを指摘しているわけではありません。ただし結果、27年度の13件の落札率というのが98.9で、これは一つの事業者13件全てです。28年、失礼しました。27年度は6件ですね。六つの中学校、そして28年度は13件、これは99.7というふうなことで、これも同一の事業者が、これはあくまでも結果ですので、この結果を指摘しているわけではありません。今後、今年度おおよそ5,200万1,303というふうな部分を入札付すに当たってですね、やはりその辺の検証、あるいは予定価格の設定であったりですね、やさまざまな入札に関して何らかやはりしっかりとそれが適正なのかどうかというふうな形の中での入札を付すべきだろうというふうに私は考えんですけど、いかがでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) この案件に関して申し上げれば、3カ年度目ということもございますんで、今年度施工するに当たっての設計施工の段階で、失礼、積算の段階できちんとした精査は必要だろうというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 今の関連でこの案件については、むしろ随意契約にすべきと思ってますが、あくまでも入札にこだわるのはどういう理由からでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 発注に対しては、先ほど申し上げたように、いわゆる開発の経緯はございますが、基本的に市の契約の御案内をさせていたのは、納入していただく事業者さんなので、その納入していただく方については、備品いわゆる机、椅子の納入の登録をされている事業者さんに、全てに御案内を差し上げるということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) これで10款教育費の質疑を終わります。
 ここで説明員の入れ替えのため暫時休憩します。
 
          休憩 午後1時16分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時17分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、11款災害復旧費、12款公債費、13款予備費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 質疑なしと認めます。
 これで11款災害復旧費、12款公債費、13款予備費の質疑を終わります。
 これで一般会計予算の質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 まず、原案に反対者の発言を許します。浅田 修委員。

14番(浅田 修君) 14番、浅田 修であります。
 私は、議案第11号 平成29年度一般会計予算に反対する討論を行います。
 初めに、時代を担う子供たちが、心身ともに健やかにたくましく成長していくことは誰もが願っているところであります。私は、児童館の整備は子供たちにとって、豊かな人間性や社会性を養うために多くの世代との多様な交流、さまざまな体験や経験を提供する場として、必要不可欠であり、また安心安全な生活の場として、最適な整備や仕組みづくりに取り組むことが急務と理解しているところであります。
 しかしながら、以下に述べる理由から一般会計予算に反対します。
 新年度予算に盛り込まれた迫児童館整備事業について、当初本事業は、1億1,320万円でありました。
 その後、第二次登米市総合計画実施計画が示され、28年から30年の事業時間で4億9,024万円という大幅な事業費変更が示され、さらに今議会では、これまでの約5億円の予算に60%、約3億円を上積みした8億1,750万円という異常ともいえる予算が提案されました。
 この8億1,750万円を延床面積1,502平米で計算すると平米当たり54万4,274円、坪当たり179万6,104円、坪当たり約180万円もする児童館建設であります。
 比較検討するに無理があるかと思いますが、通常の市民感覚で家庭を新築する場合、坪あたり180万円もする家を建てますでしょうか。
 当初計画1億1,320万円が4億9,024万円に、さらに8億1,750万円と増額であります。本事業計画に対し、これまで増額予算内容の説明はなく、今回3億円増額分の説明にも増額前の積算根拠も示されず、説明不足にとどまらず、不透明と言わざるを得ない実態であり、到底理解することができない増額予算であります。
 財源内訳を見ましても、8億1,750万円のうち、国庫支出金がわずか1,600万円。ほかは一般財源と地方債で賄わなければならなく、もっと有利な財源確保に努める姿勢も見られないところでもあります。
 最小の経費で最大の効果を上げるのが行政の責務ではないでしょうか。
 さらに、この迫児童館は、実施計画によると平成31年度までに総額8億9,717万円を要する事業計画であり、150名を収容した場合、児童1人当たり598万円もの建設費用となります。
 子供たちの健全な育成を図るための児童館と理解しても、いまだ児童館未整備の学校区が数多くある中で、余りにもかけ離れた高額事業であります。
 これが、財政が厳しいを口癖に繰り返してきた布施市長の姿と見れば、市民の納得を得られるものではありません。こうした背景に何かしら疑義あるものではと思慮されるのは私だけでありましょうか。
 よって、私は本予算に対し、理解するには及ばないところであり、平成29年度一般会計予算について反対をするものであります。
 議員皆様の御賛同お願い申し上げ、反対討論といたします。以上。

委員長(伊藤吉浩君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 15番、佐藤恵喜です。日本共産党市議団を代表して賛成討論いたします。
 当初予算に賛成討論は、記憶では初めてであります。
 その理由、あるいは改善点を求めて討論に入りたいと思います。
 まず、本予算で子供医療費の助成とか、各種検診の無料化の継続だとか、市民生活向上にとって必要なものが措置されておりますので、もちろんそういう点では賛成であります。
 ただ、注文をつけたいのは、例えば非常勤職員、予算書では前年度より16人の増になっておりまして、正規職員化を図る姿勢が見えないこと、あるいは時間外勤務、その実態が反映されないそういう掴み方になっていることも問題であり、改善を求めます。
 新庁舎建設については、直接的事業費が今回計上されていないことから、予算には賛成するものの、あくまで新庁舎建設計画は凍結することを求めます。
 そして、ただ今討論ありました迫児童館整備事業については、子供たちの健全な育成を図るための児童館ということからすれば、立派過ぎるというよりもこれを活用して本当に子供たちの成長を図っていくと、そういう観点も必要だと思っておりまして、賛成するものであります。
 以上討論であります。御賛同お願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 次に、原案に反対者の発言を許します。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 19番、相澤吉悦でございます。
 議案第11号 平成29年度登米市一般会計予算について賛成の討論をします。
 私この賛成討論には、一般会計の当初予算とかには討論したことはありませんが、今回初めてでございます。
 予算については、約三日間さまざまな角度から調査をしてまいりました。私としては、概ね予算の配備が良かったなというふうなことで、市民の安心・安全、そしてまた子供たちの教育の問題についてもですね、いい方向に行くのかなというふうに思っております。ただ、一つの今の反対討論の中でですね、迫児童館整備事業ということで、整備計画が、建設計画が示されたことについてが、承知になっております。この建設工事費合計がですね、建築工事費合計が、6億8,439万6,000円というふうになっております。そしてまた外構と野外設備合わせてですね、8億1,750万円というふうなことで、29年度から30年度に掛けて工事が進められて完成するということであります。収容人数が150名というふうになってます。すぐ近くにですね、佐沼小学校、児童数が約900名いるということを聞いております。900名受けての中の一つの受け皿としてこれからの社会を担う子供たちの受け皿としてですね、150名入る建物、そしてまたそれが、天井が高くてですね、普通の校舎の約、私は倍ぐらい高いと私は思います。ですから、工事費もすごく掛かってくる。そしてまた二階だったのが平屋にしたというふうなことで、基礎工事から全てが予算のオーバーしてきたなというふうに思っております。
 ですから、私はこの価格に対してもこの建物150人の入る建物というものは、一つの小学校が建つくらいの建てる収容する学校というふうに私は思っております。今少子高齢化、少子になってもですね、子供たちが100人を切る中の学校、あるいは120人でも学校が建ててあります。5億や6億で学校は建ちません。ですから、子供たちがいるのですから、どうせいるのだからそれなりの設備、それなりの整備をして、安心・安全な建物でなければダメだと思う。さらに、2回目言いますけども天井がバトミントンもできるくらいの高さと言ってるんですから、それくらいの高さの建物というふうなことで、私はこの建築工事の価格についても妥当なものと判断いたします。そういう観点から私はこの平成29年度登米市一般会計予算について、賛成をいたします。議員の皆さん、どうか御理解いただきまして、御賛同のほどよろしくお願いいたします。終わります。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) これで討論を終わります。
 これから議案第11号を採決します。
 この採決は起立によって行います。本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
 (賛成者起立)

委員長(伊藤吉浩君) 起立多数です。よって、議案第11号 平成29年度登米市一般会計予算は、原案のとおり可決されました。
 田口久義委員。

16番(田口久義君) この案件については、一部児童館建設について附帯決議を求めたいので、このことについてお諮りをいただきたいと思っております。
 (「賛成」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) ただいま本案に対し、田口久義委員から附帯決議案が提案されました。
 ただいまの附帯決議の動議に賛成する方の起立を求めます。
 (賛成者起立)

委員長(伊藤吉浩君) 所定の賛成者がおりますので、本動議は、成立いたしました。
 所定の賛成が、もとい。暫時休憩いたします。
 
          休憩 午後1時34分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時35分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 田口久義委員から、附帯決議案の趣旨説明を求めます。登壇して説明願います。

16番(田口久義君) 16番、田口久義であります。私は、この一般会計の採決には概ね賛成ではありますけれども、一部児童館建設の部分で、異議がありますので附帯事項を決議いただきたく、お願い申し上げる次第でございます。その趣旨を説明いたします。
 今、登米市では交付税の減額などにより、大変厳しい財政状況になっています。
 迫児童館建設事業に当たっては、第二次登米市総合計画実施計画において、先程来言われておる数字とは、いろんな見方によって多少違いますけれども、総事業費を5億263万円としていたところでありますが、平成29年、30年度の2カ年において、8億1,750万円の事業実施の計画が示されました。
 予算審査特別委員会の中で増額となった説明を受け、理解できる部分もありましたが、しかし、その理由や工事費に見合う説明としては納得が得られず、細部的な積算見積額についても、疑問とするものでありました。
 また、最少の経費で最大の効果をという理念に基づく工事費の縮減に考慮した部分の説明もありませんでした。
 結果、今回この増大した事業費について、市民の理解を得るのは容易ではないと考えます。よって、平成29年度登米市一般会計予算の迫児童館の建設事業に当たっては、設計から入札まで5%でも10%でも事業費の抑制に努めることを求めるものであります。
 また、同僚委員の質問にもありましたが、市内のどの地域においても、同様の保育環境を目指しているということであり、今後市民に十分理解されるよう児童館の取り扱いについては、丁寧な説明を求めるものであります。よって、別紙のとおり、次の事項について附帯決議を求めるものであります。
 議案第11号 平成29年度登米市一般会計予算に対する附帯決議。
 平成29年度登米市一般会計予算の執行に当たり、下記の事項を踏まえること。
 記、3款民生費2項児童福祉費の迫児童館の建設事業に当たっては、厳しい財政状況を勘案し、事業費の抑制に最大限努めることを強く求める。
 1、設計管理者に対して、本事業の実施に当たり、十分な競争原理が確保され、最少の経費で最大の効果が得られるよう強く求めること。
 2、工事の入札に際し、予定価格の設定に留意するなど、発注者として成し得る適切な措置を講じること。
 3、今後の児童館建設に際し、全体計画を市民に示し、十分な理解を得られるよう丁寧な説明を行うこと。
 以上、委員各位の御賛同を賜りますようお願い申し上げます。

委員長(伊藤吉浩君) 説明が終わりましたので、これからの附帯決議案に対する質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 討論なしと認めます。
 これから採決を行います。
 この採決は起立によって行います。本案に対し、お手元に配布の附帯決議を附すことに賛成の方は起立願います。
 (賛成者起立)

委員長(伊藤吉浩君) 起立多数です。よって、議案第11号 平成29年度登米市一般会計予算にお手元に配布の附帯決議を附すことは可決されました。
 ここで説明員入れ替えのため、暫時休憩します。
 
          休憩 午後1時43分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時44分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、議案第12号 平成29年度登米市国民健康保険特別会計予算について、質疑を行います。
 質疑はありませんか。中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) 私から何点かお尋ねします。
 運営方針の中にですね、一つは、被保険者数は減少の傾向となっていることから、という下りがございます。この被保険者数ですね、前年と比較して今年どの程度減ったのかということです。減ったのは例えば後期高齢者医療に移ったのか。あるいは社会保険に移ったのか。その要因も遭わせてお知らせいただければと思います。
 それからもう一つは、医療費全体の伸びはという下りがございます。この医療費についてはですね、これからですね、30年度に向けて都道府県単位化というのがこの文章の中にありますが、今例えば登米市と仙台市、あるいは石巻市とですね、どの程度のですね、医療費の差があるのかということをまずお尋ねしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 国保年金課長、金澤正浩君。

国保年金課長(金澤正浩君) それでは、御質問のありました被保険者数の減少につきまして、御説明申し上げます。
 平成28年度の推計で一般被保険者が2万1,493名で29年度推計が2万と624名と推計しております。そのうち、若者世帯が1万7,954人に対しまして、29年度が1万7,260名、約700名ほどの減少を見込んでおります。
 また、70歳から74歳の推計でございますが、28年度が2,978名に対しまして、29年度が2,867名と約100名ほどの減少を見込んでおるところでございます。
 また、県単位化に向けての県内の各自治体の医療費の状況でございますけれども、登米市におきましては、医療費は低い水準でございます。ちょっと手元にですね、詳しい資料がちょっとありませんけれども、登米市は県内でも医療費は低い方の水準となっております。申し訳ございません。

委員長(伊藤吉浩君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) それでは続けてお尋ねします。今、若者が昨年度に比較して700世帯減少なんだという話がありました。昨年はいくらでそれからいくらになったかという。要するに分母と分子ですね。要するに比率としていくらなんだろうというふうなことです。なぜそれを聞くかというとですね、今年の出産一時金が28年度の補正よりも、昨年110、昨年というか今年ですね、112なんですが、来年度は100人見込んでいるんですね。これ全体の出生数から比較すると約国民健康保険からお祝いを差し上げているのが、大体2割、出生数の2割。2割というのは、全体からするとその5倍だから、例えば10人減ったということはね、50人例えば登米市の出生数は減るというようにも思われるんです。被保険者が同じだったらだよ。その700というのが、どの程度その影響しているのか。それをちょっと、要するに出生数の見込みに間違いはないのかと。要するに登米市全体としての出生数の見込みをどの程度に捉えているのか。そのことで国民健康保険の見方としては、これが妥当なのかということでございます。
 なお、出産一時金についてはですね、一般会計から繰入れだと思いますので、これは国保会計だけでなくてね、まち全体としての出生数をどのように捉えてて、その中で国保においてはこういう手当をしているんだというような説明をいただければいいのかなと思いますが、まずそこをお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 国保年金課長、金澤正浩君。

国保年金課長(金澤正浩君) ただ今御質問のありました出生見込み数の算定でございますけれども、20歳から44歳までの年齢の方を出産のできる年齢階層ということで捉えまして、その中に入っている国保の加入率が16.3%という数字が出ております。28年度の母子手帳交付数から求めまして16.3%となりますと、母子手帳発行件数が現在のところ486名ということで、なっておりまして、それで16.3%を掛けますと79名という形になります。それで多少の異動の状況を考えまして、今回出産育児金の支給件数を100件として予算化しておりますので御理解をお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) それあの、登米市全体として、登米市全体としてね、どの程度にんじゃ見込んでて、その100なのか、16.3%というと、もっとそれ以上全体としては差が出てくるなという感じがするのですけども、むしろね。それが一つ。
 それからね、もう一つは医療費全体の伸び、医療費は、登米市は県内からすると少し低いんですよという話がありました。ということは多分税負担も少ないのかなという感じもすんすが、これが30年からですね、都道府県化になるといったときに、要するに医療費の高い、例えばですよ。私ちょっと分かりませんが、今の説明にないので、例えば医療機関の充実した所と、そうでない所の地域間格差というのがあると思うんですが、そのときですね、要するに平均は、今は低いんですが、平均をすると上がっていくと。上がっていくということは、それに対応した税負担は高くなるのではということは、登米市は広域化になると市民の皆さんの負担は増えることはないのか。それがこれから29年度その審議に入るというようなことでございますので、その問題をどのように捉えて、これからの審議に入ろうとしているのかお尋ねします。

委員長(伊藤吉浩君) 国保年金課長、金澤正浩君。

国保年金課長(金澤正浩君) 御質問のありました都道府県単位化の後の保険税の推移でございますけれども、現在、医療費関係の医療費シェアと人口シェアを加味して市町村の納付金を県が算定するこということでございます。ですから、登米市につきましては、県全体で見ますと人口の方は市ですので、当然市町村よりは多く、その部分では負担が多くなるかと思いますけれども、医療費水準シェアといたしましては、登米市は低い方でございますので、その部分については、減額される調整項目でございます。それらを加味しまして都道府県で納付金を算定しまして、激変緩和措置がございまして、一概に保険税が高くなる市町村につきましては、激変緩和で県から基金を投入して保険税料を均一化するような方向で現在進んでおります。

委員長(伊藤吉浩君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) そうですか。んじゃ負担っていうのは、じゃあそういう実績も医療費という実績も加味されているんだというお話をいただきました。安心しましたね。ちなみにですね、今も所得に応じて減免、何割かね、2割、5割、7割ですか、そうした減免措置もありますが、これも一般会計からの繰出しでいろいろやられていると思いますが、この全体の被保険者の占めるそうした減免を受けている皆さんの人数というのはどの程度なのか。
 それから、財政課長にお尋ねしますが、この減免を一般会計から繰入れるときにですね、交付税措置というは、全額、全額をそういうふうにして国から面倒をみてもらっているものなのか。その辺ちょっと教えてもらっていいでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 総務部次長、冨士原 徹君。

総務部次長兼税務課長(冨士原 徹君) それではまず、軽減の関係でございます。29年度につきましては、まだ本算定が終わっておりませんので、28年度の数値で申し上げたいと思います。
 28年度では全世帯数が1万2,586でございました。このうち、軽減の世帯が5,754世帯ということで45.7%が軽減世帯というふうなことに なっておりました。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 財政課長、千葉 清君。

財政課長(千葉 清君) 国保の保険税軽減に対する一般会計からの繰出しの財源のことですけれども、まず、繰り出す財源については、国、県、それから市町村が、それぞれ負担割合がございまして、繰り出す金額の国、県が4分の3を負担して残りの4分の1を市が負担をするという仕組みになっておりまして、4分の1部分が市の一般財源負担というふな計算上になります。これにつきましては、交付税算定上はですね、そういう経費が掛かるというふうな包括算定と申しますか、全体的な算定の中で見られているというふうな解釈であります。

委員長(伊藤吉浩君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) そうすっと国と県からは直接入っていくということと、それから、市負担分の4分の1については、包括的ではありますけれども、国からその分は交付税の充当になっていんですよという説明に聞きました。間違いなければそれでいいですので、それで、ということですね。
 一番、先ほどもありましたが、この出生数等々これね、生まれてみないと分かんないから、正しいか正しくねかというのは私も分かりません。ただ、10人減らしたというのが適当だったのかなと。これもう一つ申し上げますが、登米市の人口、国の総務省でいろいろと試算した統計よりも、あまり、あまりっていうか、減る速度が遅いんですよね。いいことだなと私改めて調べて分かったんですが、2015年で国が示したよりも2,000人以上減らなかったというようなことが出ております。そういう意味では、子供たちもですね、できればいっぱい産んでいただいてという期待もありますし、市も総合的な施策をたくさん子育てに組んでおりますから、単純にその下ったことがいいのか、あるいはぜひ期待を込めた数字がいいのかというふうなことで改めてお尋ねしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 答弁を求めます。中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) この中の出生、出産一時金100人手当を見てますね。100人、100人手当見てて、今の説明だと16.3%、その100人が16.3%の人で100人なんだよね。それ計算すっとちょっと電卓を持ってねから分かりませんが、それだと市の出生数と合いますかということだね。単純に。要するに市がいろいろ国保会計でなくて、市全体としての出生数、出生数ありますね。その出生数の予想とそれから国保で出している100人という数字というのは、整合性が合っているのかということです。

委員長(伊藤吉浩君) 国保年金課長、金澤正浩君。

国保年金課長(金澤正浩君) すいません。私の説明不足な点があったかと思いまして、先ほど御説明申し上げましたのが、国保の出産見込みの年齢階層が20歳から44歳までの部分で住基人口からいいますと、9,770名おりまして、国保の加入率というのが16.3%でございます。今回、母子手帳の交付件数28年の11月9日までが331件でございまして、その後29年3月31日まで出生する方の件数が155件ということで、母子手帳の交付実数が486件ということでございます。それに国保の加入率を16.3%を掛けまして、求められた数字が79名でございます。それに異動等の増減を含めまして100名という算定をさせていただいたところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) 486人なのね。私も計算すると被保険者とが前年と同じとすると、比率からすれば480人なのですね。500人を切るんで本当に大丈夫なのかということをお尋ねしたかったんです。それが480で確かにいいんだというふうなことであれば私の確認ですから、分かりました。これからも動く人があっぺげっともね、はいよろしくお願いします。はい分かりました。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。田口久義委員。

16番(田口久義君) 30年度からですかね。国保の都道府県単位化と、なるということでございますけども、その狙いはどの辺にあるのか、まずその辺をお聞きしたいと思いますし、またそれによって介護保険料とか、その他国保税等についてもどのように変わっていくと見てるか、その見通し等についてもお話しいただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 国保年金課長、金澤正浩君。

国保年金課長(金澤正浩君) 国保県単位化の狙いでございますけれども、これまでは小さい市町村につきましては、医療費の高度の、突発的な高額の医療費とかが発生した場合に、とって、小さな単独では対応できかねるということでございますので、その部分につきまして現在も広域共同事業ということで、制度がございまして運用しているわけでございますが、それをさらに強化するために、都道府県が被保険者一本として給付を行うということが第一の狙いでございます。
 また、一本化された後の保険料につきましては、今後、検討を進めていきながら、将来的な統一化に向けて検討を今進めていくふうになってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 田口久義委員。

16番(田口久義君) ちょっとよく分かりづらいんですけれども、要するに医療供給と医療費の支払いを県に一本化するということだろうと思うんですけれども、そうすることによって県の立場が一層厳しくなっていくのではないのかなと、そのようにも思うわけでございます。
 よって、保険税の引き上げや医療費支払いの締め付けなど、そうそう激変はしないとは思いますけれども、そんな事態は生じないのか。今後の国保体制、どのように推移していくのか、その辺の見解をいただきたいということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 国保年金課長、金澤正浩君。

国保年金課長(金澤正浩君) 今後の推移でございますけれども、現在具体詳細な部分につきましては、現在市町村の運営連携会議というところで詰めておりまして、現在まとまっているところは、平成30年度からは県内の保険料は統一化しないということで、統一されておりますし、県が定める標準保険料率につきましては、3方式で行うと、計算をするということで決まっております。また、30年の4月1日につきましては、県が示した納付金につきまして市町村がそれぞれ保険料率を決定して、保険税として徴収することになっております。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 田口久義委員。

16番(田口久義君) 要するに今までどおりとそんなに大きな違いはない形で運営がなされていくということだろうと思います。
 ただ、今後いろいろ国の医療費の適正化が出てくるものと思いますので、そういった意味ではだんだん厳しくなってくるのかなと思います。そういった意味で本市としては今後どのような対応といいますか、いろいろな財政的な部分等についても含めてですね、国県に対してどのような対応、あるいは要請をしていくのか、そういった考えがあればここで伺っておきたいと思います。よろしくお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) これまでも国保連合会、現在は県単位化に向けての組織がされておりますのが、特に本市においては財政部会というふうな位置付けでこちらの方から担当者レベルで協議してるところでございますが、これからもこれまでも医療費の抑制の部分と、そういった部分については、市長会を通じて要望しておりますけども、今後につきましては、その医療費の抑制そのものよりも、医療費の適正化、そして、これまでやっていた国保事業の部分の県統一化に対しまして、県内一斉に統一していろんな事業を展開できるというふうな効果がございますので、そういった部分については県の単位化に向けてのですね、部会、それ以外の部会についてもいろいろな部分でこちらの方では要望してるところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) ここで休憩のため10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後2時04分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時12分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 質疑はありませんか。佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 介護保険会計の運営方針について2点ほど。まだダメなの。飛んでダメ。では後で。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 1点だけお伺いします。
 149ページの特別会計の基金であります。
 国保の財政調整基金ですね、29年度末で2億3,900万ということになってますけども、30年度から今ありましたように県の事業になるということになりますと、この財調の部分の扱いはどのようになるのかですね、多分話し合い中だと思いますけども、一定の割合で持ち寄るものなのか。それとも何年かはですね、各市の特別事業等に使うためにこれを残していくのかどうか。その辺どのように推移しているかお伺いをいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 国保年金課長、金澤正浩君。

国保年金課長(金澤正浩君) 国保の財調の基金の取り扱いでございますが、県単位化になりましても持ちよりルールとかはございませんで、その市町村が保有している基金につきましては、市町村独自で使用することができるということになっております。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) これで討論を終わります。
 これから議案第12号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。よって、議案第12号 平成29年度登米市国民健康保険特別会計予算は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第13号 平成29年度登米市後期高齢者医療特別会計予算について、質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) これで討論を終わります。
 これから議案第13号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。よって、議案第13号 平成29年度登米市後期高齢者医療特別会計予算は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第14号 平成29年度登米市介護保険特別会計予算について、質疑を行います。
 質疑はありませんか。佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 改めて質疑いたします。
 2点ほど、運営方針についてお聞きしたいんですけども、まず1点目のですね、生活支援体制整備事業ということで、地域包括ケアシステムの中の生活支援と介護予防の部分を社協に委託して事業を実施したということなんですけども、ただこれの事業の推進についてですね、市の方針としてなかなか委託された方からは見えないと、受託した方から見えないということで、市が丸投げしているんじゃないかという批判も現実あります。そういった声をどういうふうに受け止めるかお聞きしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) まず、生活支援体制整備事業でございますけれども、こちらにつきましては、28年度から事業を始めまして29年度は2年目となります。それで28年度につきましては、社協に委託しているわけですけれども、28年度につきましては、地域でどういった介護予防につながる活動をされているか。それから、実際地域でされている生活支援のですね、そういったものがどうあるかなどの実態の把握を主に前半進めておりまして、それから後半につきましては、町域ごとに、市内の行政区が主ですけれども、モデル地区も指定しまして、介護予防につながる地域ぐるみの事業ということで進めております。その際も、社協と随時連絡を取りながら、また毎月定例的にですね、相談をしながら事業を進めているということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 丸投げという批判を受けないようにですね、市の考え方もしっかり示しながら、事業を進めていってほしいんですけど、そうすると29年度はどういったことに重点を置きながら、この事業を進めるということになるんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) 29年度につきましては、このですね、体制整備のその、28年度からに引き続いてモデル地区の事業を行っていただいておりますけれども、そういった地域のですね、体制のやられてる活動をですね、ほかの地域にも紹介しながら、そしてそういった事業を取り入れていただくような方策をしながらですね、その体制整備、仕組みづくりということになりますけれども、そういったことを進めていきたいと考えております。
 あとその、また違う事業で集いの場ということで、ミニデイ今度介護予防ということで、こちらの介護保険事業の方で実施することにしておりますけれども、そういった場等も活用しながら介護予防につなげていこうというふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) そのミニデイサービスことなんですけども、今回これからのミニデイサービス、シニアサhロンというふうになってんですけど、これ今までのやつとどう変わるんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) シニアサロンの方ですけれども、ミニデイサービスにつきましてはこれまでと、やり方を同じやり方で行っていきたいと思っております。シニアサロンの方なんですが、これまでどうしてもミニデイのように地域全体でなかなか実施できないという地域もございます。
 地域が広かったりですね、あと近くに集会、それをやる場所がなかなか遠いといったことであります。そういった所におきましては、地域全体ということでなくて、主に10人程度ぐらいの自主活動も含めて集会所を利用してということに基本なると思いますけれども、そういったものもこの活動の中に入れて、開催の支援だったり、予防のための体操だったり、そういった指導も含めながら進めたいという内容でございます。ミニデイよりも小規模でも活動できるような形で進めたいというものでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) その10人程度もというのは、これまでのミニデイとはもうちょっとんで、規模が小さくても可能だということなのですか。大体それぐらいしかやってないじゃないかなというような思いがあるんですけど、どうでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) 地域によっては、人数があまり集まらないという地域もございましたし、あと10数人から20人ぐらい参加いただいてやっているところもございます。
 これまでのミニデイですと、どうしても行政区全体の地域中心ということでしたので、それをもう少し自主的なグループだったりですね、もっとエリアを狭めた中でも実施していただけるような形ということで考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) そのときにですね、ミニデイの中でよく話出るようなんですけども、最近やっぱりどうしても高齢者が多くなってきているんで、その集会所にもなかなか来られないということで、送迎に関してもいろいろ問題が出ているようなんですけども、ただ、ボランティアの人たちはなかなかそこまで責任を負えないということで、その家の人が送迎しているというような基本だとは思うんですけれど、ただそういった送迎の何かフォローができないのかという話を聞くんですけど、その責任と保険との問題も出てくるんでしょうけど、そこら辺何か手当はないかどうか伺います。

委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) そこまでいくための足ということだと思いますけれども、そういったですね支援の、在り方等もですね、どういったものがいいかというのはございます。まるっきりボランティアがいいのか、団体を作ってサービスとしてやればいいのかということもあると思いますが、そういったところもですね、今後そういったことを考える一つとしての仕組みづくり、それも体制整備事業でございますので、そういった仕組みづくり、そういったことも在り方ですね。そういったところも研究、どういうやり方でやれるのかですね、そういったところも研究はしていきたいと思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) やっぱりこういうふうに出る機会というかね、集まる足がないとなかなか社会参加から遠のくということも言われていますので、ぜひその仕組み作りはよろしく検討していただきたいと。終わります。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。工藤淳子委員。

5番(工藤淳子君) 私も今、佐々木幸一委員と同じ質問をしようと思っていたんですけども、今の答弁も聞いても何かはっきりと地域で行われているミニデイとどう違うのかがちょっと、具体的にどうやろうとしているのか見えてこないんですけど、170ページの概要の委託料として3,045万6,000円の計上されているんですけど、その委託は具体的にどこに委託して、その地域のミニデイ等を行う場合はどう違うのかもう少しちょっと分からないのでお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) まず、今のですね、概要の170ページのですね、こちらにある委託料の3,045万6,000円、こちらのうちミニデイ、シニアサロンにつきましては、1,795万6,000円の委託料ということでございます。
 これにつきましては、ミニデイだったりシニアサロンを実施する際に、その、実際に活動する中身ですね、いろいろ地域と相談させていただきながらやっております。体操をやったり、脳トレやったりですね、そういった指導等も行っておりますが、そういったのを社協の方に委託しておりまして、そういったものとかですね、活動のですね、会場の助成という形で1回当たり1,000円の助成をしたり、そういったことで行っている委託料でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) シニアサロンの関係でございますが、ミニデイサービスにつきましては基本的に行政区単位で行っているという、行って来たという事情がございます。302行政区あるわけでございますが、そのうちですね、250程度しかまだ取り組んでいただけてないという部分がございます。
 50ちょっとぐらいですか、まだ行われていないということ、事情がございまして、当面の目標としてですね、取り組みやすいシニアサロンというものを立ち上げまして、まずこちらでその介護予防を兼ねたシニアサロンをやっていただきたいという思いで造ったものでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 工藤淳子委員。

5番(工藤淳子君) まだできていない行政区ということですけども、社協で委託しているけども、ちょっと聞いた話によると、社協の方でも予算は計上、市の方でね、こうやって計上されてるんですけど、具体的には何かストップになって具体的事業はまだ決まってないようなことの話もお聞きしたんですけども、その辺がちょっと今までとどういう形でできるのか。ちょっと聞き慣れないこのシニアサロンというので、ネットでえ調べたら札幌とか、ちょっと出てきたんですけど、その中の交付要綱とかいろいろあって、例えば不特定多数の高齢者が集うサロンの内容となってないから、こうなっていないとか、そういうので取り消しされる所も多いとかと。あと交付の補助に当たっても、いろいろこう、生きがい、全体に幅広い生きがい活動及び情報交換などをする事業内容となってなくて、交付ができなかったとか、何かそういうのもちょっと出てきてるんですけど、こういうのはミニデイの場合、行政区で今まで、今やっている事業は、簡単にね、やれてるんですけど、このサロンの方は大丈夫なんですか。その制約というのは。

委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) ミニデイの方は行政区単位でと先ほどもですね、説明させていただきました。その中で実際ミニデイまで行っていない行政区については、行政区全体としてはなかなか実施できないというような地区もあって、なかなか進まないということでございました。そういった意味でもう少し自主的な人数が一定以上集まって介護予防につながる活動、内容についてはミニデイと共通する部分はあるのかも知りませんけれども、そういった形で集まって介護予防を進められるやりやすさで進めたいというふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 工藤淳子委員。

5番(工藤淳子君) まだはっきりと分からないんですけど、行政区でやる場合、私の方でもやってるんですけど、本当に隣近所の行政区で顔見知りの方たちが集まってやって、本当にどこの地域でも今増えていると思うんですけども、それと、それが全体になると難しくなるんじゃないかなと本当に簡単にできんのかなと思い、なんですけど、でもせっかくの予算が付いたので、その辺はぜひ具体的な事業と結び付けられるようにお願いしたいと思います。そして、先ほども1回やるごとに1,000円の助成、これは今のミニデイのやり方で付いてますけども、現状でやっているのはその1回人数はさまざま5人から10人、20人とさまざまなんですけども、やっぱりこの1回につき1,000円じゃなくて、ひと月につき1,000円なんですよね。前は2回、3回やっても、その分2,000円、3,000円だったんですけど、何年か前からは1回につき1,000円。それで現状ではお茶菓子を買ったり、足りない分は参加する人が漬物とか、煮物を作って持ち寄って細々とやってるんですけども、それでも今の現状からすっと、介護予防の本当に大きな役目果しているなと私は、私も参加してて思います。参加している人たちも喜んでこれ続けて、いつまでも続けようねというみたいな感じでやっていると思うんで、先ほど出た中には佐々木幸一議員が送り迎え、送迎もしている部分もあるんで、ぜひこういう予算の中でできるんであれば、そういうところにも支援にね、何もぜいたくしたいていうんじゃなくてスムーズにやれる、会費を出してやってる部分もあるんで、そういうところの負担とか、せめて送り迎えとか、中には朝食づくりをボランティアの方たちがみんなほとんどボランティアですよね。自分たちも将来のためにもという思いでやってるんで、そういうところの支援に回せないかちょっとその辺もお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) その送り迎えもなんですけれども、そのですね、全体、市内全域になると思いますので、ミニデイの送迎とそのほかもあるかもしれませんけれども、そういった中でどういったやり方があるかにつきましては、こちらとしても必要だと思いますので、検討させていただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 介護保険事業ならずですが、一般会計のときにも生活困窮者自立相談支援事業、代表質問でも取り上げ、一般会計の審議でも担当課長からもお話を伺いましたが、何て言うんですかね、否定するという意味ではないんですが、先ほど来この介護保険事業でも直接事業は社協に委託とか、どっかに委託と、こうなるんですよね。先週、ある小さな会社の社長さんがうちの社員1か月今休んでんだと、お袋の介護なんだということで、いわば介護、離職まで行かない介護休職という状態で、本当に切実な課題になって、問題なっているわけなんですが、そうした市民の声を直接やっぱり聞く機会っていうか、担当部署であるもんなのかなという、それがないといわば何ですかね、野洲市のあの例でもないですが、やっぱり直接市民と接して一緒に悩み考えるというためにどんな努力をしているのかなと福祉事務所長から一言お伺いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 住民の皆さまいろんな事情があると思います。介護保険制度につきましては、現在第6期計画の最終年29年が最終年ということになりますが、30年から3年間の第7期という計画が29年度に作るということで計画をしております。この計画の中でですね、いろんなアンケート調査あるいは住民の方々の御意見を聞く機会があろうかと思いますので、そういった部分に耳を傾けていきたいというふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 時間なので、この第6期の事業計画でもうたってますが、認知症初期集中支援チーム、これは国も18年度まで全市町村にという方向を示していますけど、どんな準備をしてんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) 中期集中支援チーム事業ですけれども。平成30年から始める事業ということで、保険の専門職だったり、福祉の支援専門職プラス認知症の研修を受けた医師が必要ということで、どうしても医師の部分が、難しいていうか、確保が難しいところで、医師会とも今協議っていうか相談しているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 討論なしと認めます。
 これから議案第14号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。よって、議案第14号 平成29年度登米市介護保険特別会計予算は、原案のとおり可決されました。
 説明員の入れ替えのため、暫時休憩します。
 
          休憩 午後2時36分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時38分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、議案第15号 平成29年度登米市土地取得特別会計予算について、質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 討論なしと認めます。
 これから議案第15号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。よって、議案第15号 平成29年度登米市土地取得特別会計予算は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第16号 平成29年度登米市下水道事業特別会計予算について、質疑を行います。
 質疑はありませんか。田口政信委員。

17番(田口政信君) 下水道事業の状況は49億の予算を付けてございますが、そのうち一般会計繰出金18億、2億2,000万ほど昨年に比べて減額してございますが、この見通しについてですね、どれぐらいの時期までに、下水道というものがいわゆる繰出しをしないまま、いくらかはしなければならないでしょうが、工事関係部分で繰出しをしない時期がいつころになるのか。それをちょっと教えてください。

委員長(伊藤吉浩君) 下水道課長、細川宏伸君。

下水道課長(細川宏伸君) 下水道事業会計の繰出金の関係の御質問についてお答えいたします。
 下水道事業会計ではですね、毎年20億前後の繰出しがなされてきたわけでございまして、その大きい割合を占めている部分が資本費といいますか、整備の償還金等でございます。
 整備の償還金につきましては、起債の残高についてはですね、ピークを過ぎているんですが、起債の償還金については、平成31年がピークでございまして、そこから緩やかに下っていくというような予測ではございます。
 ただ、今後ですね、施設が利用されていったときに、老朽化をしていってその管理経費等についても変わります部分もございまして、当面の間ですね、今と同じような水準の繰入が必要だというふうに試算をしておりまして、ゼロになる予測というのについては、今できていないというようなところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。

17番(田口政信君) 下水道会計これまで20億以上、ようやく20億を切ったかなというふうに見ているわけでございますが、病院と並んでこの数字はですね、20億という数字は非常に一般会計に高負担を与えているということなんです。
 いずれ工事をしたし、償還をしていかなければならないというのは、私も分かりますが、これに伴って維持管理費が発生してくる。さらに加入率といいますかね、水洗化率が伸びていかないという。いわゆる使用料が増えていかないという実態があるんだというふうに思うんです。そういった意味でその対策についてね、どのような、いわゆるそれぞれに宅内排水設備設置工事補助金というのが、それぞれにあるわけですけども、それだけでこのいわゆる加入率を上げていくということに、到達するんだろうかと、そしてそれぞれの目標を持ちながら、この数値を動かしているのかどうか。どう見ても推進に歩いた気配が全然ないんですよね。
 そうしないといつまでも、この状態が続けばいつまでも20億そこそこの銭を一般会計から繰り入れていくんだという考え方でいいんですか。その対応について、今後どのようにしていくのかお伺いをさせてください。

委員長(伊藤吉浩君) 下水道課長、細川宏伸君。

下水道課長(細川宏伸君) 下水の接続リース関係でございますが、公共、農集とも今70%台ということで、都市部のですね、98とか99とか、そういうパーセントから比べると接続率がなかなか取れていないという現状にはございます。
 ただ、例えば仙台市とかですね、そういう都市部につきましては、早期に整備が終わりまして、一定の期間が経って接続率が上がっているという部分もございます。登米市でも例えば農業集落排水などで合併前に終わったような場所についてはですね、98とか99までは行きませんが、90%台、悪くても80%を超えるような結構接続率が上がっておりまして、やはり、供用開始から間もない所については、接続率がまだ50いかないとかですね、低いような状況になっております。
 その接続率のやはり低い場所を中心に、以前戸別に回ったりしている部分もございますので、その重点的な場所を設定しながらですね、接続の促進に当たっていかなければというふうに考えているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。

17番(田口政信君) ぜひそうしてください。と言いますのは、いわゆる下水道会計を特別会計から企業会計に移行していくという考え方もあるようでございますので、しっかりとこの会計が採算ベースに乗るぐらいのですね、いわゆるものにしていかなければ、公会計になったときに、また一般会計からの負担が増えていくということが想像されますので、それとも水道と合体して水道の益金を食うということもあると思いますけども、そうはいかんでしょうから、そういう独立できる公営会計にしていくためにも、ぜひですね、収入と支出のバランスをですね、きちんと考えながら運営をしていただきたいというふうに思いますが、お考えを伺います。

委員長(伊藤吉浩君) 下水道課長、細川宏伸君。

下水道課長(細川宏伸君) 登米市につきましてはですね、下水道の投資している区域の人口密度、そのほかを見ますと、なかなか投資効果が悪いような区域になってございまして、都市部のようにですね、完全に使用料で、繰入基準内だけで均衡を図るというところについてはなかなか困難な部分もあろうかなとも考えております。
 ただ、今後ですね、財政が厳しくなっていく中で、繰入れを今のとおりしていけるものかということもございますし、あるいはそれを賄うために例えば使用料についてどうしていくかという議論もあろうかと思います。ただその中で、やはりですね、そういうことをお願いしていくことがもし将来あったりする場合に、例えば市の方でもできうる限り、例えば先ほどの接続の促進ですとか、あるいは施設の管理経費をなるべく削減するとかですね、そういう努力を当然していかなくてはならないというふうに思っているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 討論なしと認めます。
 これから議案第16号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。よって、議案第16号 平成29年度登米市下水道事業特別会計予算は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第17号 平成29年度登米市宅地造成事業特別会計予算について、質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 討論なしと認めます。
 これから議案第17号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。よって、議案第17号 平成29年度登米市宅地造成事業特別会計予算は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第18号 平成29年度登米市水道事業会計予算について、質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 討論なしと認めます。
 これから議案第18号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。よって、議案第18号 平成29年度登米市水道事業会計予算は、原案のとおり可決されました。
 説明員の入れ替えのため、暫時休憩します。
 
          休憩 午後2時50分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時52分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に議案第19号 平成29年度登米市病院事業会計予算について質疑を行います。
 質疑はありませんか、二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 全体的なことではありませんけれどもですね、部分的な部分でお伺いをいたします。
 31ページのですね、収益的収入及び支出の明細費の中で、人間ドックの量、収入がですね、1,482万2,000円ありますけども、これはどういった部分をですね、見込んでこういった積算になったのか。
 それからもう一つはですね、支出の部分で10番のですね、印刷物購入費にちょっと、関連して質問するわけでありますけども、今病院院革もいろいろな部分で進めておりますけども、その中でですね、例えば院内会報とか、それから病院だよりとか、そういうですね、院内をつなぐものをそしてまた、市民とのですね、意思疎通をつなぐようなそういった印刷物の発行について考えがあるのかどうかお伺いいたします。以上2点であります。

委員長(伊藤吉浩君) 医療局企画課長、阿部桂一君。

医療局企画課長(阿部桂一君) それでは1点目の人間ドックの関係でございますが、これにつきましては各企業からの健診とか、さらには役場職員なども含まれるような健診、それから一般住民の方々の人間ドックの健診関係、164名分計上をしてございます。
 さらには脳健診の受け入れ分の料金などの収入を計上しているものでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 医療局総務課長、千葉裕樹君。

医療局総務課長(千葉裕樹君) 印刷物の件について回答させていただきます。
 現在病院だよりということで、病院の取り組みについて隔月、2か月に1ぺん、会報を出しております。これについては自前で大体、2ページぐらいのやつでいろんなドクターの紹介とかですね、そういうのを各行政の部門の方に市民が手に取れるような形で配布しております。現在そのような取り組みをしております。
 さらに今後ですね、それを徐々に広げていければいいのかなというふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 会報2か月に1回、だよりですか、出しているということですけれども、私あまり目にしていないもんでお聞きしたわけでありますけども、私もですね、いろいろ病院事業改革を成し遂げた病院などですね、何か所か視察したときに、やはり、そうしたその内部の部分がですね、うまく市民になんちゅうか、周知されているということを聞きまして、その辺からですね、内部の改革とそれから市民をつなぐそういったその部分があるなというふうに思った次第でありまして、特にこの間の新聞には、新しい事業管理者がですね、内定したというふうな報道もされております。私はこういったことも含めながらですね、やはり登米市民病院が持っているスキルとかいろんな部分をですね、もっともっと市民にですね、詳しくつないだ方がいいんじゃないかと。そうすればですね、もっともっと登米市民病院が市民の皆さんに利用されやすくなるのではないかなと、こういうことを思いますので、ぜひこの機会にですね、もう少し何ですかね、市民の手元に届きやすい中で、全戸配布なら一番いいと思いますけども、そういったことも含めて、そうすればですね、私あの、この人間ドックのPR等もですね、大々的にそこでやれば、私はもっともっと160何人でなくてですね、もっともっと希望者が出てきて、やはり予防のために非常になるのではないかと、こういうふうに思いますけども、その辺のことについて、発行しているということですけれども、もっとその中身を充実してですね、市民に紹介してはいかがというふうに思いますけど、もう一度お願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 医療局総務課長千葉裕樹君。

医療局総務課長(千葉裕樹君) 市民の皆さんに知っていただくのは非常に大切というか、考えてます。
 現在、市民だよりについてはまず、とっかかりといいますか、一つワンステップ踏んだということなので、今後隔月についてもう少し様子を見ながら増やしていくというのも一つ方法なのかなと思います。
 さらに、是非広報とかも利用しながらですね、病院の現状、実情等もいろいろお伝えしたいなというふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) ぜひですね、そのように扱っていただいて、病院のですね、改革がどんどん進んで市民がですね、市民病院に大きな理解と信頼が得るように、そういったその、ためにですね、だよりを、病院便りをですね、ぜひ早急に取り組んでいただきたいことを申し上げまして終わります。答えはいりません。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。
 質疑の途中でありますが、ここで10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後2時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時08分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 質疑はありませんか。庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 市民のドクターの数、昨年が28年度より3名減の予算でございます。
 先般地域医療の確立に対して御意見を申し上げたところでございますが、開業医の先生方も39名の中で65歳以上の先生方が4割近くになってございまして、そういう状況下、或いは奨学生の、に、が、病院にお勤めいただくのが不確定な時代で、地域医療を確保、これで十分と存じてございますか。前にも市長にお尋ねしましたので市長からお尋ねします。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 地域医療を支える体制といたしましては、もちろん、病院事業単体だけではなく、委員から御指摘もいただいておりますとおり、開業医の皆様の御協力も必要であります。今後ともなお一層ですね、体制強化に向けた取り組みが必要と考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 医師の新しい管理者も赴任いただけるようでございますが、このままで十分ではないというふうに私は思量しておるところでございますが、いかがですか市長。ドクターの招へいと申しますか、そういう何か具体的な方策はございましょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) このたび招へいしました事業管理者を中心にですね、私もともにですね、各方面に働き掛けをしながら、確保に向けた取り組みに努めたいと考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) まだまだ十分ではないと。これも十分努力した、これまでも努力は認めてございますが、努力した結果、年々ドクターが減少の傾向にあると。奨学生の着任もままならない状態ということなると、じり貧になるんじゃないか。これからの新しい事業者に御期待するとこ大でございますが、先に私もちょっと提案させていただきました。地域医療確保する、必要となったのならば開業に対しての支援制度を考えるということですか。まだそういう、必要でないんでしょうか。これから必要ではないかと思うんですがいかがでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) もちろんですね、民間の先生方ともさまざま御相談、御協議させていただきながら、体制強化に向けた取り組みについては、あらゆる取り組みについてですね、可能性を確認をしながら、取り組みを進めたいと考えております。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) 先ほどの国保の事業の審査の中でちょっと気付いたんですが、この病院事業のですね、収入に関係してまいりますのでお伺いしたいと思います。
 病院はですね、窓口業務をニチイに委託しておりますね。それがあの、私も当然それでいいんだなと今まで思っておりました。しかしながら、その委託した経費がどの部分なのか確認したことがなかったもんですから、その委託の部分とですね、それからその、即あそこのその、レセプト点検の前にあそこで計算する医業収入というのは確実な点数でもって出してこなきゃない。1番大事な部分だと私思ってます。それを、ニチイが計算したのをそのまま信用ていうかね、出しているものなのか、それともそれをチェックする機能がどこにあるのかですな。私も本当に恥ずかしいことなんですが今まであまりこう、気付かなかったことが気付きました。その部分についてまずお聞きしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 医療局企画課長、阿部桂一君。

医療局企画課長(阿部桂一君) それでは最初に医事業務の委託料の関係を私の方からお答えさせていただきます。
 予算書の33ページをお願いいたします。予算書33ページの一番下でございます。15委託料でございます。この中に医事業務委託を計上してございまして、金額的には約1億8,000万円といった病院事業全体の委託料としては1億8,000万という金額を計上させていただいております。

委員長(伊藤吉浩君) 医療局医事課長、照井正樹君。

医療局医事課長(照井正樹君) 委託業者の計算の中身の確認ということなんですが、これは委託業務ということですので、業者の方に委託しているというふうな形になっております。
 チェック機構というものに関しても委託ということですが、決定とかそういうことに関しては、事務方の方も職員の方も関わっております。

委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) このチェック機能もね、委託しているとなると病院では全然もうノータッチと見てもいいということですね。これここに問題はございませんか。

委員長(伊藤吉浩君) 医療局医事課長、照井正樹君。

医療局医事課長(照井正樹君) 業者に全部お任せということではなくて、委託業務の中で最終的に決定とか、そういった部分の所収入のですので職員の方も関わっているというところです。

委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) 職員が関わってる関わってると言いますけど、この内容をですね、しっかり内容分かって、点検をするていうかね、全部が全部となくとも、やはりこれ抜粋して、正確に医療行為がそこに反映されているかどうか、やっぱチェックする必要があると思うんですよ。そういったのが働いているかどうかということをお聞きしているんです。それが即医業収入に跳ね返ってまいりますので、一生懸命働いたのが人間ですから、誰でも忙しいとこ見逃しする部分もあるんで、そういうことのないようにと思って今聞いているわけですから、しっかりした答えをしてください。

委員長(伊藤吉浩君) 医療局医事課長、照井正樹君。

医療局医事課長(照井正樹君) チェック機能の部分に関しては、審査機関の方から決定通知が来ますので、それを最初に職員の方が目を通しまして、その上で業者の方にフィードバックして、それから点数等そういった解釈に関しても一緒になって、相談といいますか、対応してそれで適正な診療管理というふうなことに努めております。

委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) じゃあ、何回言っても同じことだと思うんですが、間違いなく、職員もこういう医療事務についてはしっかりと勉強なさって、誰が見ても分かるようにしているということに理解しておきたいと思います。
 それからですね、患者数の業務予定なんですが、29年度を見ますと、診療所の中でですね、登米の診療所が、極端に何か見込みが少ないというふうになってますが、これは理由はどのような理由でこのように患者数が少ないのかお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 登米診療所の患者数が少ないのではないかということでございますが、登米診、療所は平成28年4月の段階で、ドクターが2人変わりました。やはり患者さんは顔の見知ったドクターの方に付かれるということで、そこで一回ちょっと患者数が減になっております。予算計上につきましても、精査した上で今回この人数を上げさせていただいております。

委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) 顔見知りのお医者さんということなんですが、そうしますと登米診療所にいた開業なさった先生の所に一緒に移ったというふうな理解をしていいんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 小出先生が開業されましたけれども、そちらの方に何人行ってかというのはちょっと私の方では把握できないんですけれども、やはりある程度はその流れではないかなと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) ある程度それもやむを得ないと思うんですが、やはりですね、公立の診療所としてもう少し自信持ってお医者さんまるっきりゼロじゃないんですから、やっぱりこう、呼び込むような、そういう勢いがほしいなと思うんです。今、特に一番近い津山診療所が休診しておりますので、そういったことも含めてですね、強気の姿勢で少しこう、患者さんを獲得するといいますか、やっぱり医療についての自信は本当に持っていただきたいなと思うんですがどうでしょう。

委員長(伊藤吉浩君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 登米診療所で2人の先生に働いていただいております。1人は宮城県のドクターバンクからお出でになった先生です。大阪の方から地域医療、特に震災復興のために尽力したいということでお出でになられた先生で、もうやる気満々でございます。あともう1人は水野先生とおっしゃいまして、昔、登米診療所にもいらっしゃいましたけれども、その先生が地域の皆さんの窓口になって診療されている状況でございます。自信持ってやらせていただいております。どうぞよろしくお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 予算書の38ページ。28年度に続きまして、同程度の赤字予算でありますが、どの数字を一番問題視してるんでしょうか。ご認識を問いたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 38ページでございますが、下から6行目の経常損益、これが医業収益、医業外収益、医業費用、医業外費用ということで、それの相殺でございます。マイナス3億7,756万7,000円ということで、この金額を少しでも圧縮したいと考えているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 砕いて言えば医業収益を増やすか、医業費用を少なくするか。あるいは、医業外収益を増やすかそのくらいだと思うのんですが、どれが一番足りないと、あるいは多いと思ってるんですか。

委員長(伊藤吉浩君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) やはりあの、収支のバランスで成り立っているもんですから、収入が少ないのはやあはりあの、ドクターの数が少なくてですね、ちょっと手術件数も最近ちょっと落ちてきておりますけれども、それが少ないのということとですね、あとあの、支出の方についてはこの中長期計画の中で改善改革していこうという部分がありますんで、その辺をですね、新しい管理者参りましたらですね、医療局長ともども取り組んでまいりたいと考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) おおよその考え方については同感であります。開設者の市長にお尋ねをしたいと思います。今度幸いにも大内先生がいらっしゃるということで非常に期待しているところでありますが、お招きするに当たって、いわゆる大内先生に期待して、これだけはぜひやっていただきたいというなお話し等、現状を通してお話ししてんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 招へいするに当たりましてはですな、先生にも幾度となく登米市にもお越しいただいて現場もご覧をいただいているところであります。そして我々がですね、今課題としていること等々についても十分に熟知をいただいているというように認識をしているところであります。そういった意味では今後さらにですね、連携を図りながら、そして、ともにですね、この課題に真正面から向き合って解決をしてまいりたいと、そのように考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 今課題とおっしゃいましたが、その課題の中身つうのは具体的にはどういうことでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) やはり、診療体制の強化、並びにですね、組織体制の強化というのが非常に大きな課題だと、いうように認識をしております。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) そこまでご認識いただけてるんであれば安心であります。ただ、これまで4人の管理者が、1人は任期満了で退任されたと思いますが、同じ結果にならないようにぜひ市長として最大限のバックアップしていただきたいなとこの際申し上げておきたいと思います。
 それでそちらにお尋ねします。新しい管理者の下、仮に10人のドクターが増えて、たと仮定すると、この数字はどのように変わるもんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 10人のドクターが増えたらば、収支がどのように変わるかということでございますが、まず、今市民病院だけをちょっと考えますとですね、外来患者さんは開業医の先生にお返しして、入院患者さんそれも二次をしっかり診ましょうと、いう方向で行っております。来るドクターの専門にもよると思います。もし外科であればですね、手術件数どんどん増えまして入院患者もどんどん増えていくそういう算段が組めます。またあの、今あの地域包括ケア病棟これが29床で8月からスタートいたしましたけれども、今20床ぐらいでまだもうちょっと余裕があります。これをですね、地域包括ケア体制の一環として、例えば在宅、それから介護施設等々急性増悪、流れた患者さんをですね、すぐに受け入れられるようなことをしていくためには、やはり主治医というものが必要になってまいります。その先生をそこに張り付けたりとか、ご専門によってですね、ちょっと、いろいろ変わってくると思います。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) ところでその、新しい管理者は直接の診療もなさるんですか。それは決まっているんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 病院事業管理者職務代理者、松本 宏君。

病院事業管理者職務代理者(松本 宏君) お答えします。一応乳腺の専門の先生ですので、今週1回やっている乳腺外来のほかにやっていただけるとは聞いております。
 一般の外科診療に関しては一応管理職の方を市に来ていただきたいということで専門を生かした外来を予定はしております。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 常勤医、先ほどのお話の続きなんですが、常勤医、このいろいろ診療科違うとしても、仮に10人増えたときは、いわゆる臨時にお手伝いいただいている先生方がどのくらいか減るんでしょうね。そうしたバランス等によってこの数値が変わってくると理解しているんですがそれでよろしいでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 病院事業管理者職務代理者、松本 宏君。

病院事業管理者職務代理者(松本 宏君) 10人、もし来ていただけるんでしたらば、多分登米市民病院には四、五人。それから豊里病院に二人か、あと米谷病院に二人と、なった場合ですね、そういう場合は地域として病院3病院をうまくいくための、結局それをすることで豊里でも急性期がやっていけますし、それから今後米谷の方でも急性期をしながらの慢性期医療ということで、これは市民に方々に対してより優しい医療を提供できながら、その分は増収につながっていくと、いうふうには考えております。
 それから、今、先ほどの2番目の質問に関しては、やはり専門外来というのは必要なので、現在のところ専門外来はそのまま続けていく。今後は特に呼吸循環、これに関しては、専門外来とできれば常勤、いう形の理想で今一生懸命当たっているところではあります。はい。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 話を市民病院に絞ってお尋ねしますが、いわゆる中長期計画で示されましたが、これ以上のことをしないと、魅力ある病院とはいえないような受け止めをしてるんですが例えば病院は建て替えんだとか何だとか、という話は、全然、新しい管理者の先生には、御相談もしていないんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 病院事業管理者職務代理者、松本 宏君。

病院事業管理者職務代理者(松本 宏君) 新しい病院事業管理者には、正式にはお話はしておりません。ただし、やはり病院ということで医師が確保できて来れば、やはりそれに見合った施設は必要かなということでこれも中長期計画にはないかもしれないですけども、それを計画、今後はしていかなければいけない。どうしても古いので、病院自体も昔のコンセプトで造られた病院なので、それから今、あの後に医科薬科大学との連携も入ってきてましたので、そこも含めてちょっと考えたいなと思ってますがまだ正式にはお話はしておりません。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) なかなか今の状況で大っぴらに話すことが多分遠慮なんだろうな思いますが、これは絶対、間もなく出てくる話だと思いますので、内部でそういう御認識があれば結構でございますので頑張っていただきたいなということだけ申し上げておきます。以上で。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) じゃあ私、何点かお尋ねします。これあの衛生費で、4款ね。衛生費で登米市がですね、休日あるいは夜間だったり、診療していただくことに委託していますね。そのお金が、例えば一次診療だと市内の開業医の先生に、これ27年度の数字でちょっと今申し上げますが、425万7,000円なんです。一人当たりは1,322人3,200人の皆さんが利用していると。それから石巻の夜間救急センターは483万で461人。これ、一人当たりは1万482円なんです。二次診療で市民病院は2,379万3,000で4,495人。この単価が5,293円になってました。それで三次救急になりますと、石巻の赤十字病院は27年度3,600万、3,979人。9,079人の方が利用していると。
 大崎市民病院では、この当時だと3,473万7,000。922人、一人当たりで3万7,676円をお支払いして委託していると。市民の、市としてはですね、それぞれに委託をして市民の皆さんの御不便を掛けないように、そうした手立てを総額で9,000万ぐらいの手立てをしてるところです。
 こうしたことはですね、今もいろいろ出ましたが救急として市民病院の対応、一次診療の1,322円、あるいは日赤の9,079円からすると、これを足して2で割ると大体5,293円と、いうぐらいは、なのかなと思うんですが、今のですね、病院の機能、あるいは病院、これから担うべき、担いたいなと思っている機能とこうした数字というのは連動してるのかどうか。いや、もっともっと二次に力を入れて単価を上げるとかですね、そうした今の10人の先生が増えることにも多分関係するのかなと思いますが、市民の皆様の要望というのは、やっぱりこういうふうにやっぱり利用させた方が、それは十分もういいんだというようなお考えあるのか、あるいは市民の皆様を考えると、ますますその、もうちょっと市民病院としての力を入れたいと思うのか、そのことについてお聞きしたいと思います。
 このことは登米市病院事業の中長期計画検討委員会28年の2月に報告書をいただいていますが、この中でもですね、平日夜間の一次二次救急の受け入れ態勢を強化すべきという御指摘をいただいていますので、こうした点について、この数字から見たときですね、客観的に感想をお聞かせいただきたいなと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 休日診療の関係の御質問でございました。今の市民病院を例にとりますとですね、外来の単価が1人8,000円、そして入院の方はですね、3万四、五千円だったと思いますけれども、1人当たりの額がそうでございます。今あの、中澤委員おっしゃったように一次、二次、三次ございますけれども、私たちは三次を目指すのではなくて、二次を目指します。
 そこでですね、一次の米谷それから豊里で受け入れられないような患者さんをしっかり受け入れて、そして三次につなぐというような役割ありますんで、二次をぜひ中心的にと、いうことで中長計画にも書いてございます。
 今ですね、地域包括ケア体制ということが言われておりますけども、私たちの病院で何ができるのかと考えたときに、地域包括ケア病棟あります。回復リハあります。いわば在宅に帰すための所でございます。そういった所を目指してまいります。

委員長(伊藤吉浩君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) 今の連携の中で十分だというような話だと思います。気になるのはですね、二次診療に担う市民病院、もしかしてすぐ帰っていただく一次が相当ありはしないかと、むしろもう少し丁寧にですね、しっかりとして入院をしていただくていうかね、そういうしっかりとした、安心をしっかりしてもらって、症状が回復して、そしてお帰りになられると、それが病院の評判とも直結することでありますから、あえてそういう状況はないだろうかというようなことを続けて質疑さしていただきます。現状です。

委員長(伊藤吉浩君) 病院事業管理者職務代理者、松本 宏君。

病院事業管理者職務代理者(松本 宏君) 半分はあって半分ないというふうなお答えになります。なぜかというと、今一次で診てくれている先生方が、非常勤の先生お願いしてますので、相談さえしてくれれば私たちは積極的に入院させていくというふうにしています。
 それから、大学の先生が気軽に相談してもらえるようにと、いうふうには働き掛けておりますが、非常勤の先生方、やはり大きい病院で研修してきた先生方なんで、そこの感覚で、このくらいなら帰りなさいということもあるような印象ですので、極力入院はさせながらと思ってますが、今の現状はそういうところです。
 それから、軽症の患者が多いかということですが、やはり、以前の佐沼市民病院時代よりは大分減ってはきてますが、それでもほかの病院と同じくらいの外来患者さんが来てますので、軽症でも受診する数はやはりまだ多い。いうふうな方、それから夜間来る方に関しては、かなり精神的なところで不安を持っていらっしゃる方が多いので、その辺で少し押し問答があったりというのも実際は現状のところであります。それから救急の受け付けに関しては、一応ここでデータ出してないですけど、県の調査とか、それから県北の調査を見ると、うちは決してして救急車を引き取ってないわけでもないですし、救急後の入院患者も拒否しているわけではないので、そういう意味では今の状況で何とかやっているという状況だと思います。三次救急関してはですね、やはり人がいないと、患者さん受け入れておしまいじゃないんですよ。これを昼夜寝ずに交代で見る、診ていくためにどうしても人が必要なので、そういう意味では10人増えてくれればもうちょっと増えていくかなというところが実際のところだと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) 三次はね、地域医療整備計画の中で、しっかりとここ登米市にあっては、大崎、そして日赤に依頼するというようなことになっておりますので、それはそれでいいと思います。ただ問題なのはやっぱり、二次としてのしっかりとした、地域の中心、核として、その役割をぜひ果たしてほしいないただきたいなというようにこう思っていました。そうした仕事っていうか、機能に合わせて登米市のそういう委託金を、仕事をいっぱいしてもらうわけだからね、そういう診療方針もあるというふうなことなので、いっぱい喜んでもらって利益が上がる、この仕組みをぜひ高めていただきたいと、こう思います。
 さらにね、じゃあもう一つはね、一般会計の繰入ことについて少しお話をさせていただきたいと思います。一般会計の繰入については、やっぱりその、根拠と内訳というか、他市でもいろいろやられておりますので、そうしたその根拠と内訳ね、そういうのは、他の自治体病院と比較して、そういうのは丁寧に比較されているのかどうか。私はそういうその、詳しく分かんないんだね。分からない。だから本当にその、例えば額が高いのか、低いとか、要するに大雑把に、何十億だから多いとか何億だから少ないとか、というようなことしか分からないので、やっぱりその、政策として今何が必要で、何のためにこの繰入をしてんだという根拠と内訳というのは、これからある意味では、大切になってくんではないかと。さっきの二次医療とおんなじ。だからしっかりとしたものであれば、やっぱりそういうものを高めていく。繰入についてもやっぱり同じような考え方で、本当に必要なものにちおては支援していかないと、これはやっぱり大変だと思うんで、そういうことの比較とか検討とか、もししていればその感想だね、してれば。していなければこれからどうしていくかということについてお話しいただきます。

委員長(伊藤吉浩君) 医療局企画課長、阿部桂一君。

医療局企画課長(阿部桂一君) 繰入の関係でございますが、最近の県の市町村課の方から27年の決算の資料が出てまいりました。これを基に我々も各自治体病院の繰入金の状況は把握してございます。ただし、やはり、病床室の違いとか、診療科の持っている違いとかありまして、一概にこれが多いのか少ないのかということまでの結論には達してはございません。ただ、これからですね、今年度中に各自治体病院で中長期計画、我々が作りました中長期計画と同じように、第三次の改革プランを今策定中です。そういった資料見ながら、今後ですね、我々の繰入の妥当性等につきまして、ちょっと調査をさせていただきたいと考えているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) ぜひそういうことを期待しております。今まで私も反省、漠然としてだったんでね、何十億建設費からね、いろいろな、本当に漠然とした額で多いとか少ないとかいう議論が少し多かったなあというふうに反省してんですよ。そういう意味ではやっぱり、しっかりとした根拠と内訳を示しながら、その経営にね、と向きあっていくと、いうふうなことを病院もんだから閉鎖的ではなくてね、そういうことをしてるんだと、もちろん一般会計から入れるわけですから、まち全体、市全体の政策ですよね。そういうことをやっぱり分かるようにですね、示していくというふうなことが必要なんだと思うんです。たぶん、たくさん実は市長、あれですね、登米市では一般会計から本当にたくさんのね、支援をしてるんです。でもね、これね、説明不足で市民の皆さんに本当にたくさんやってるサービスがなかなか御理解いただいていないというところがたくさんありますね。それは、これから、いっぱいたくさんの施策を作りましたけども、その、本当に使う人に届けられていなかったのかなというような反省はしていかなきゃないと思うんで、病院についてもですね、やっぱりそういうものをもう少し明確にして、地域の皆さんとともにですね、やっていけるようなそういう病院に発展してほしいなと期待して終わります。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 5分ありますんで、本当に病院事業ここまで運営するのに本当に御苦労さんでございます。そしてまた地域ではですね、病院なしでは暮らせません。ですから今度、管理者も新しくなるというふうなことで、どうかあの、全員でですね、お迎えをしてそしてまた、改革してもらえればなというふうに思います。そしてまた一つの私の願いですけども、やっぱり何回も言いますけども、病院っていうものは居心地よくなければダメだ。ね。そして病院改革すんのには、患者数が増えなければダメだと思う。俺。何であろうと外来であろうと診療所であろうと、入院であろうとも全ての患者さんが増えていかないとお金は入ってこないんでないかと思いますんで、どうかこの増やす要因ですね、10対7とか、10対1とかありますけども、そのギリギリのとこまで何とか看護師さんも増やしてですね、長く入院してもらうように、あるいは喜んで来てもらうようにやっていかないと、みんな笑ってますけど、入院患者がいなければ病院なんか成り立ちませんよ絶対。だれ240も500も400も入院患者があっても200ぐれ、300入院してたって、そりゃ成り立つものではねんだよ。んだからそういうことで何とか増やすような努力、そしてまたですね、ギリギリのとこまで置いてもらえればなというふうに思いますんでよろしくです。

委員長(伊藤吉浩君) 病院事業管理者職務代理者、松本 宏君。

病院事業管理者職務代理者(松本 宏君) ありがとうございます。医師不足だけ言われてますが、実際看護師不足です。平均の3分の2しか、医師が半分しかいない所に看護師の方も3分の2しかいないという状況が登米市です。ですので、今一生懸命看護師さんも増やしてという話で、やっぱ人がいないと患者さんにも優しくできませんので、それはやっていきたと思います。ただ、私たち運営は保険に縛られてます。ので、そのために長くいるための算段として、今回包括ケア病棟を造ってということで、今後そういうのも含めて慢性期病棟を米谷に造るということで市民の方に長く入院していただくように努力はしてまいります。よろしくお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 私が言ってんのは、長くいて損するまではいいんだけども、できるだけその境があんです境が。境があれば、10日で、ここで言っていいのか分からないんだげっとも、さまざまなことで、盲腸しても1週間で退院しなさいって言わいでも、何かもう少し具合悪いから、便が出ないから10日ごろお願いしますというようなこともあんでねえのということです。ね。そういうことです。

委員長(伊藤吉浩君) 病院事業管理者職務代理者、松本 宏君。

病院事業管理者職務代理者(松本 宏君) はい、分かりました。その時の状況によりますけれども、決して余裕を持って、あと二、三日ぐらいで退院ですねと前もって言うようにはしてる、皆さんうちの病院の医者はしてるようですので、それをもう少し徹底してやるようにしたいと思います。
 あと入院するときに、大体何日というふうに分かるものはそれを先にお話ししていきたと思うんですが、お年寄りを長く今度置いておくとですね、御家族がなかなか引き取らないというのも事実なので、その辺も御家族とも相談しながらやっていきたいなと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。田口政信委員。

17番(田口政信君) 病院のね、これまでの取ってきた経過を振り返ってみてですね、合併時にはサテライト方式という提案をなされて私たちは合併に納得をしました。その次に出てきたのは、在り方検討委員会で、組織再編ということで経過をしてきました。その時に確か大石管理者をお迎えして、たという経過があります。そして病院改革プランで16億円のいわゆる、いわゆる病院特例債を借り入れてきました。その間の看護師の10対1や7対1でいわゆる経営改善をしていくんだという指標を出してきました。
 さらにその次には、医学生奨学生という天下の宝刀、いわゆる何年か後にはお医者さんが来、看護師さんも来るんだよということでこれまで経過してきた。そして、昨年一昨年ですか、いわゆる医科薬科大学の、いわゆるサテライトといいますか、研修病院と。さらには、東北大学の寄付講座という。最後に大内管理者をお迎えして新しいスタイルをつくり上げようという経過をしてるですけども、いわゆるこの病院、登米市病院事業の方向性をきちんと用いないためにさまざまな手立てが、いわゆる空振りに終わった。相当の宝刀を抜いてきたというふうに私思ってんですが、なかなかその宝刀の威力がないんです。
 私はこれが最後だというふうに思ってますんで、ぜひ大内管理者の下でですね、新しい病院事業組み立てていただきたい。そのためには市長、ちゃんとしたこの、登米の市民病院事業をどうつくり上げるかを管理者とともにですね、組み立てていっていただいて、そして、市民が安心して暮らせる病院をつくり上げていただきたいと思いますが、市長のお考えをお伺いします。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 委員からいろいろと御指摘をいただきました。もちろん、それぞれの取り組む一番の目的は、地域医療を支える組織体制をつくること。そしてそれが持続可能な取り組みでなければならないという思いの中で、さまざまな取り組みをさせていただきました。一時、病院特例債を借り入れをして、医師の確保も一定程度機能をした時期にはですね、収支改善が図られたということではありましたが、やはり、今後の地域医療を支える医療体制としてのあるべきベースというものを考えた場合においては、やはり、今専門科細分化している医師の数だけを増やすだけでは抜本的な体質改善は図れないということと、そして地域医療の中で、中長期計画の中でも方向性を出しております、二次医療までのですね、拠点化をしっかりと図っていく上においても、やはり総合診療医の育成を図るという大きな取り組みを、これから抜本的に取り組んでいかなければ、この解決には至らないというような、我々の思いと、またもちろん、東北医科薬科大学病院、また東北大学等々とも、さまざまなこれからの地域医療の在り方等について御指導もいただき、我々としての考えもいろいろとぶつけさせていただきながら、今回このような形で取り組みをスタートさせることになったということであります。そういった意味では、登米市として、ということだけにとどまらず、ある意味、この取り組みそのものがですね、やはり、地方の、地方病院のこれからのあるべき姿を構築をする、その大きなうねりと取り組みにつながるがものだと、いうようには認識をしているとこであります。
 またそのような思いを持ちながら、招へいをさせていただいて、御就任をいただくこととなりましたので、しっかりとその体制づくりに向けての取り組みを進める中で地域医療をしっかりと守り支え、そして何よりも患者さんに寄り添う医療の実現を図ってまいりたいと考えております。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 討論なしと認めます。
 これから議案第19号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。よって議案第19号 平成29年度登米市病院事業会計予算は原案のとおり可決されました。
 次に事案第20号 平成29年度登米市老人保健施設事業会計予算について質疑を行います。
 質疑はありませんか。佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 老人保健施設のですね、業務予定量の内訳を見ますとですね、長期入所が62、短期入所が10名ということで72人。かなりの入所率かなとは思ってるんですけれども、こういった状況でもなかなか経営が厳しいということなんですけども、介護保険制度の改正でですね、施設関係の介護報酬が下がっていることが大きな要因だと思うんですけども、こういった状況の中で今後どういった経営戦略をしていくのか、その点についてお伺いします。

委員長(伊藤吉浩君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 委員おっしゃるとおり利用率が非常に高くて、その中でも収支が赤だということでございます。今後ですね、これ以上高い利用率、これはなかなか厳しいかなと思うんですけども、現実にあと入所の方は3人程度ですね、増やせるのかなと思います。これの何て言いますか、長期とそれから短期の入所のバランスを取りながらですね、在宅復帰支援加算というのがございましてですね、それあの、現場の方ではそれを取るために今頑張っております。またあの、収支のうち支出の方を見てみますと、経費の中で委託料、これが6,376万8,000円でございます。この見直しのためにですね、例えば、その例えばの話ですけども、給食業務をちょっと見直せないかと、そういうことを今検討しているところでございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 入所の長期入所と短期入所のこの比率、どういうふうに少し改善したらもう少しプラスになんのかなということをもうちょっと詳しくお知らせください。

委員長(伊藤吉浩君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 明確に75床がですね、ここからここまでが短期、ここからここまでが長期と区分けしているところではございませんけれども、入所65、短期10というふうに今見込んでおります。このバランスの中で短期の方はやはりあの、収益が高いですけれども、実際長期と言いますか入所されて在宅に帰ろうとしていらっしゃる方が62人おりますので、現場の状況に合わせながらですね、最も効率的な方法をですね、考えながらというところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) この通所の24名っていうのは、これ以上やっぱり施設の規模からいって、これ以上は増やすのは難しいんですか。

委員長(伊藤吉浩君) 豊里病院兼豊里老人保健施設兼津山診療所兼登米市訪問看護ステーション事務局事務長、菅原 登君。

豊里病院兼豊里老人保健施設兼津山診療所兼登米市訪問看護ステーション事務局事務長(菅原 登君) 通所の利用者の人数の件でお尋ねをいただきました。通所につきましては25名が定員でございます。現在通所を利用したいということで、申し込みをされて何名かはですね、定員いっぱいで今、動かしてますので、お待ちいただいているいわゆる待機者っていう方もいらっしゃいます。
 そうした中で、なぜ25ではなく24名なったということになろうかと思いますが、毎日25名を予定組んでいますけれども、どうしても前日体調を崩されたりですね、あとは当日体調崩されたり、といったことがありまして、急なキャンセルもございまして、あらかじめ二、三日前に分かっている部分についてはですな、空いている方にお声を掛けたりしてですね、当日25になるようにという努力はしておりますけれども、どうしてもそうした関係から24という数字になってございます。目指しておりますのは25でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) こういった老健施設、公立の老健施設と例えば民間の老健施設の候、経営比較みたいなのっていうのは、実際これできるんですかこれは。そういった確か老健の協議会みたいなのはあるようには聞いているんですけども、そうした公立・民間も含めてですね、経営比較というかそういった観点はできるかどうかお聞きします。

委員長(伊藤吉浩君) 豊里病院事務局事務長、菅原 登君。

豊里病院兼豊里老人保健施設兼津山診療所兼登米市訪問看護ステーション事務局事務長(菅原 登君) 経営比較というお話しでございます、全国老健協議会という所にも参加は加盟しておりますが、そういった、細部のそれぞれの経営比較ができるような資料はですね、今のところございません。ただ、もう少しですね、そういった部分、私どももですね、把握をしたいというふうに思ってございます。何らかの形で検討しながら入手しながらですね、そういった部分の検討もしてまいりたいというふうに思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) これだけの利用率で、でも経営が厳しいというのは、どっかいろいろ問題があるんだろうなと。さっき言ったね、介護報酬のこともあるんでしょうけども、ぜひそういった経営比較をしながらですね、ぜひ今後の施設がこう有効利用されるように期待して質問終わります。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 討論なしと認めます。
 これから議案第20号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。よって議案第20号 平成29年度登米市老人保健施設事業会計予算は原案のとおり可決されました。
 これで本委員会に付託された議案第11号 平成29年度登米市一般会計予算から、議案20号 平成29年度登米市老人保健施設事業会計予算までの10議案の審査は全部終了しました。
 各議案とも原案のとおり可決されました。
 この結果は議長あてに報告します
 お諮りします。委員会報告の作成は委員長に一任願いたいと思います。これに御異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。よって委員会報告の作成は委員長に一任することに決定しました。
 これで予算審査特別委員会を閉会します。長時間審査に御協力いただき誠にありがとうございました。
 
          散会 午後4時01分
 
 

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>