•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(伊藤吉浩)
  •   2  委員長(伊藤吉浩)
  •   3  19番(相澤吉悦)
  •   4  委員長(伊藤吉浩)
  •   5  教育部次長兼教育総務課長(伊藤隆敏)
  •   6  委員長(伊藤吉浩)
  •   7  19番(相澤吉悦)
  •   8  委員長(伊藤吉浩)
  •   9  市長(布施孝尚)
  •  10  委員長(伊藤吉浩)
  •  11  6番(浅野敬)
  •  12  委員長(伊藤吉浩)
  •  13  総務部次長兼税務課長(冨士原徹)
  •  14  委員長(伊藤吉浩)
  •  15  6番(浅野敬)
  •  16  委員長(伊藤吉浩)
  •  17  総務部長(千葉博行)
  •  18  委員長(伊藤吉浩)
  •  19  23番(二階堂一男)
  •  20  委員長(伊藤吉浩)
  •  21  建設部次長(首藤正敏)
  •  22  委員長(伊藤吉浩)
  •  23  23番(二階堂一男)
  •  24  委員長(伊藤吉浩)
  •  25  建設部次長(首藤正敏)
  •  26  委員長(伊藤吉浩)
  •  27  23番(二階堂一男)
  •  28  委員長(伊藤吉浩)
  •  29  建設部次長(首藤正敏)
  •  30  委員長(伊藤吉浩)
  •  31  委員長(伊藤吉浩)
  •  32  委員長(伊藤吉浩)
  •  33  1番(熊谷和弘)
  •  34  委員長(伊藤吉浩)
  •  35  企画政策課長(小野寺仁)
  •  36  委員長(伊藤吉浩)
  •  37  市民協働課長(佐藤靖)
  •  38  委員長(伊藤吉浩)
  •  39  1番(熊谷和弘)
  •  40  委員長(伊藤吉浩)
  •  41  企画政策課長(小野寺仁)
  •  42  委員長(伊藤吉浩)
  •  43  1番(熊谷和弘)
  •  44  委員長(伊藤吉浩)
  •  45  企画政策課長(小野寺仁)
  •  46  委員長(伊藤吉浩)
  •  47  25番(岩淵正宏)
  •  48  委員長(伊藤吉浩)
  •  49  市民協働課長(佐藤靖)
  •  50  委員長(伊藤吉浩)
  •  51  23番(二階堂一男)
  •  52  委員長(伊藤吉浩)
  •  53  市民協働課長(佐藤靖)
  •  54  委員長(伊藤吉浩)
  •  55  市長公室長(佐藤裕之)
  •  56  委員長(伊藤吉浩)
  •  57  企画政策課長(小野寺仁)
  •  58  委員長(伊藤吉浩)
  •  59  23番(二階堂一男)
  •  60  委員長(伊藤吉浩)
  •  61  市民協働課長(佐藤靖)
  •  62  委員長(伊藤吉浩)
  •  63  企画政策課長(小野寺仁)
  •  64  委員長(伊藤吉浩)
  •  65  23番(二階堂一男)
  •  66  委員長(伊藤吉浩)
  •  67  企画政策課長(小野寺仁)
  •  68  委員長(伊藤吉浩)
  •  69  21番(及川長太郎)
  •  70  委員長(伊藤吉浩)
  •  71  企画政策課長(小野寺仁)
  •  72  委員長(伊藤吉浩)
  •  73  21番(及川長太郎)
  •  74  委員長(伊藤吉浩)
  •  75  企画政策課長(小野寺仁)
  •  76  委員長(伊藤吉浩)
  •  77  企画政策課長(小野寺仁)
  •  78  委員長(伊藤吉浩)
  •  79  21番(及川長太郎)
  •  80  委員長(伊藤吉浩)
  •  81  企画政策課長(小野寺仁)
  •  82  委員長(伊藤吉浩)
  •  83  21番(及川長太郎)
  •  84  委員長(伊藤吉浩)
  •  85  企画政策課長(小野寺仁)
  •  86  委員長(伊藤吉浩)
  •  87  21番(及川長太郎)
  •  88  委員長(伊藤吉浩)
  •  89  企画政策課長(小野寺仁)
  •  90  委員長(伊藤吉浩)
  •  91  3番(佐々木幸一)
  •  92  委員長(伊藤吉浩)
  •  93  総務課長(大柳晃)
  •  94  委員長(伊藤吉浩)
  •  95  3番(佐々木幸一)
  •  96  委員長(伊藤吉浩)
  •  97  総務課長(大柳晃)
  •  98  委員長(伊藤吉浩)
  •  99  3番(佐々木幸一)
  • 100  委員長(伊藤吉浩)
  • 101  市民協働課長(佐藤靖)
  • 102  委員長(伊藤吉浩)
  • 103  総務課長(大柳晃)
  • 104  委員長(伊藤吉浩)
  • 105  3番(佐々木幸一)
  • 106  委員長(伊藤吉浩)
  • 107  企画政策課長(小野寺仁)
  • 108  委員長(伊藤吉浩)
  • 109  6番(浅野敬)
  • 110  委員長(伊藤吉浩)
  • 111  市民協働課長(佐藤靖)
  • 112  委員長(伊藤吉浩)
  • 113  市民協働課長(佐藤靖)
  • 114  委員長(伊藤吉浩)
  • 115  企画政策課長(小野寺仁)
  • 116  委員長(伊藤吉浩)
  • 117  6番(浅野敬)
  • 118  委員長(伊藤吉浩)
  • 119  委員長(伊藤吉浩)
  • 120  17番(田口政信)
  • 121  委員長(伊藤吉浩)
  • 122  総務課長(大柳晃)
  • 123  委員長(伊藤吉浩)
  • 124  17番(田口政信)
  • 125  委員長(伊藤吉浩)
  • 126  市民協働課長(佐藤靖)
  • 127  委員長(伊藤吉浩)
  • 128  企画政策課長(小野寺仁)
  • 129  委員長(伊藤吉浩)
  • 130  17番(田口政信)
  • 131  委員長(伊藤吉浩)
  • 132  市民協働課長(佐藤靖)
  • 133  委員長(伊藤吉浩)
  • 134  17番(田口政信)
  • 135  委員長(伊藤吉浩)
  • 136  市民協働課長(佐藤靖)
  • 137  委員長(伊藤吉浩)
  • 138  17番(田口政信)
  • 139  委員長(伊藤吉浩)
  • 140  市民協働課長(佐藤靖)
  • 141  委員長(伊藤吉浩)
  • 142  17番(田口政信)
  • 143  委員長(伊藤吉浩)
  • 144  17番(田口政信)
  • 145  委員長(伊藤吉浩)
  • 146  19番(相澤吉悦)
  • 147  委員長(伊藤吉浩)
  • 148  市民協働課長(佐藤靖)
  • 149  委員長(伊藤吉浩)
  • 150  19番(相澤吉悦)
  • 151  委員長(伊藤吉浩)
  • 152  市民協働課長(佐藤靖)
  • 153  委員長(伊藤吉浩)
  • 154  19番(相澤吉悦)
  • 155  委員長(伊藤吉浩)
  • 156  市民協働課長(佐藤靖)
  • 157  委員長(伊藤吉浩)
  • 158  19番(相澤吉悦)
  • 159  委員長(伊藤吉浩)
  • 160  迫総合支所長(目々澤義信)
  • 161  委員長(伊藤吉浩)
  • 162  19番(相澤吉悦)
  • 163  委員長(伊藤吉浩)
  • 164  10番(佐々木一)
  • 165  委員長(伊藤吉浩)
  • 166  総務課長(大柳晃)
  • 167  委員長(伊藤吉浩)
  • 168  市民協働課長(佐藤靖)
  • 169  委員長(伊藤吉浩)
  • 170  収納対策課長(工藤郁夫)
  • 171  委員長(伊藤吉浩)
  • 172  10番(佐々木一)
  • 173  委員長(伊藤吉浩)
  • 174  納対策課収長(工藤郁夫)
  • 175  委員長(伊藤吉浩)
  • 176  10番(佐々木一)
  • 177  議長(沼倉利光)
  • 178  総務課長(大柳晃)
  • 179  委員長(伊藤吉浩)
  • 180  10番(佐々木一)
  • 181  委員長(伊藤吉浩)
  • 182  総務課長(大柳晃)
  • 183  委員長(伊藤吉浩)
  • 184  10番(佐々木一)
  • 185  委員長(伊藤吉浩)
  • 186  総務課長(大柳晃)
  • 187  委員長(伊藤吉浩)
  • 188  総務課長(大柳晃)
  • 189  委員長(伊藤吉浩)
  • 190  10番(佐々木一)
  • 191  委員長(伊藤吉浩)
  • 192  総務部長(千葉博行)
  • 193  委員長(伊藤吉浩)
  • 194  23番(二階堂一男)
  • 195  委員長(伊藤吉浩)
  • 196  市民協働課長(佐藤靖)
  • 197  委員長(伊藤吉浩)
  • 198  23番(二階堂一男)
  • 199  委員長(伊藤吉浩)
  • 200  豊里総合支所長(大久保仁)
  • 201  委員長(伊藤吉浩)
  • 202  東和総合支所長(小野寺克明)
  • 203  委員長(伊藤吉浩)
  • 204  23番(二階堂一男)
  • 205  委員長(伊藤吉浩)
  • 206  建設部長(中津川源正)
  • 207  委員長(伊藤吉浩)
  • 208  市民協働課長(佐藤靖)
  • 209  委員長(伊藤吉浩)
  • 210  25番(岩淵正宏)
  • 211  委員長(伊藤吉浩)
  • 212  企画政策課長(小野寺仁)
  • 213  委員長(伊藤吉浩)
  • 214  25番(岩淵正宏)
  • 215  委員長(伊藤吉浩)
  • 216  企画政策課長(小野寺仁)
  • 217  委員長(伊藤吉浩)
  • 218  25番(岩淵正宏)
  • 219  委員長(伊藤吉浩)
  • 220  企画政策課長(小野寺仁)
  • 221  委員長(伊藤吉浩)
  • 222  25番(岩淵正宏)
  • 223  委員長(伊藤吉浩)
  • 224  企画部長(秋山茂幸)
  • 225  委員長(伊藤吉浩)
  • 226  25番(岩淵正宏)
  • 227  委員長(伊藤吉浩)
  • 228  委員長(伊藤吉浩)
  • 229  市民協働課長(佐藤靖)
  • 230  委員長(伊藤吉浩)
  • 231  企画政策課長(小野寺仁)
  • 232  委員長(伊藤吉浩)
  • 233  11番(及川昌憲)
  • 234  委員長(伊藤吉浩)
  • 235  人事課長(阿部孝弘)
  • 236  委員長(伊藤吉浩)
  • 237  11番(及川昌憲)
  • 238  委員長(伊藤吉浩)
  • 239  人事課長(阿部孝弘)
  • 240  委員長(伊藤吉浩)
  • 241  11番(及川昌憲)
  • 242  委員長(伊藤吉浩)
  • 243  人事課長(阿部孝弘)
  • 244  委員長(伊藤吉浩)
  • 245  11番(及川昌憲)
  • 246  委員長(伊藤吉浩)
  • 247  人事課長(阿部孝弘)
  • 248  委員長(伊藤吉浩)
  • 249  11番(及川昌憲)
  • 250  委員長(伊藤吉浩)
  • 251  人事課長(阿部孝弘)
  • 252  委員長(伊藤吉浩)
  • 253  委員長(伊藤吉浩)
  • 254  22番(庄子喜一)
  • 255  委員長(伊藤吉浩)
  • 256  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 257  委員長(伊藤吉浩)
  • 258  22番(庄子喜一)
  • 259  委員長(伊藤吉浩)
  • 260  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 261  委員長(伊藤吉浩)
  • 262  22番(庄子喜一)
  • 263  委員長(伊藤吉浩)
  • 264  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 265  委員長(伊藤吉浩)
  • 266  14番(浅田修)
  • 267  委員長(伊藤吉浩)
  • 268  建設部長(中津川源正)
  • 269  委員長(伊藤吉浩)
  • 270  14番(浅田修)
  • 271  委員長(伊藤吉浩)
  • 272  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 273  委員長(伊藤吉浩)
  • 274  14番(浅田修)
  • 275  委員長(伊藤吉浩)
  • 276  委員長(伊藤吉浩)
  • 277  建設部長(中津川源正)
  • 278  委員長(伊藤吉浩)
  • 279  9番(中澤宏)
  • 280  委員長(伊藤吉浩)
  • 281  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 282  委員長(伊藤吉浩)
  • 283  9番(中澤宏)
  • 284  委員長(伊藤吉浩)
  • 285  市長(布施孝尚)
  • 286  委員長(伊藤吉浩)
  • 287  5番(工藤淳子)
  • 288  委員長(伊藤吉浩)
  • 289  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 290  委員長(伊藤吉浩)
  • 291  5番(工藤淳子)
  • 292  委員長(伊藤吉浩)
  • 293  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 294  委員長(伊藤吉浩)
  • 295  委員長(伊藤吉浩)
  • 296  5番(工藤淳子)
  • 297  委員長(伊藤吉浩)
  • 298  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 299  委員長(伊藤吉浩)
  • 300  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 301  委員長(伊藤吉浩)
  • 302  1番(熊谷和弘)
  • 303  委員長(伊藤吉浩)
  • 304  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 305  委員長(伊藤吉浩)
  • 306  環境課長(佐藤幸子)
  • 307  委員長(伊藤吉浩)
  • 308  1番(熊谷和弘)
  • 309  委員長(伊藤吉弘)
  • 310  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 311  委員長(伊藤吉浩)
  • 312  1番(熊谷和弘)
  • 313  委員長(伊藤吉浩)
  • 314  環境課長(佐藤幸子)
  • 315  委員長(伊藤吉浩)
  • 316  21番(及川長太郎)
  • 317  委員長(伊藤吉浩)
  • 318  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 319  委員長(伊藤吉浩)
  • 320  21番(及川長太郎)
  • 321  委員長(伊藤吉浩)
  • 322  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 323  委員長(伊藤吉浩)
  • 324  4番(氏家英人)
  • 325  委員長(伊藤吉浩)
  • 326  生活福祉課長(田村啓峻)
  • 327  委員長(伊藤吉浩)
  • 328  4番(氏家英人)
  • 329  委員長(伊藤吉浩)
  • 330  生活福祉課長(田村啓峻)
  • 331  委員長(伊藤吉浩)
  • 332  4番(氏家英人)
  • 333  委員長(伊藤吉浩)
  • 334  生活福祉課長(田村啓峻)
  • 335  委員長(伊藤吉浩)
  • 336  4番(氏家英人)
  • 337  委員長(伊藤吉浩)
  • 338  生活福祉課長(田村啓峻)
  • 339  委員長(伊藤吉浩)
  • 340  15番(佐藤恵喜)
  • 341  委員長(伊藤吉浩)
  • 342  生活福祉課長(田村啓峻)
  • 343  委員長(伊藤吉浩)
  • 344  15番(佐藤恵喜)
  • 345  委員長(伊藤吉浩)
  • 346  生活福祉課長(田村啓峻)
  • 347  委員長(伊藤吉浩)
  • 348  25番(岩淵正宏)
  • 349  委員長(伊藤吉浩)
  • 350  環境課長(佐藤幸子)
  • 351  委員長(伊藤吉浩)
  • 352  25番(岩淵正宏)
  • 353  委員長(伊藤吉浩)
  • 354  環境課長(佐藤幸子)
  • 355  委員長(伊藤吉浩)
  • 356  3番(佐々木幸一)
  • 357  委員長(伊藤吉浩)
  • 358  生活福祉課長(田村啓峻)
  • 359  委員長(伊藤吉浩)
  • 360  3番(佐々木幸一)
  • 361  委員長(伊藤吉浩)
  • 362  生活福祉課長(田村啓峻)
  • 363  委員長(伊藤吉浩)
  • 364  3番(佐々木幸一)
  • 365  委員長(伊藤吉弘)
  • 366  福祉事務所長(加藤均)
  • 367  委員長(伊藤吉浩)
  • 368  7番(關孝)
  • 369  委員長(伊藤吉浩)
  • 370  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 371  委員長(伊藤吉浩)
  • 372  7番(關孝)
  • 373  委員長(伊藤吉浩)
  • 374  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 375  委員長(伊藤吉浩)
  • 376  7番(關孝)
  • 377  委員長(伊藤吉浩)
  • 378  副市長(藤井敏和)
  • 379  委員長(伊藤吉浩)
  • 380  委員長(伊藤吉浩)
  • 381  環境課長(佐藤幸子)
  • 382  委員長(伊藤吉浩)
  • 383  23番(二階堂一男)
  • 384  委員長(伊藤吉浩)
  • 385  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 386  委員長(伊藤吉浩)
  • 387  23番(二階堂一男)
  • 388  委員長(伊藤吉浩)
  • 389  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 390  委員長(伊藤吉浩)
  • 391  11番(及川昌憲)
  • 392  委員長(伊藤吉浩)
  • 393  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 394  委員長(伊藤吉浩)
  • 395  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 396  委員長(伊藤吉浩)
  • 397  環境課長(佐藤幸子)
  • 398  委員長(伊藤吉浩)
  • 399  11番(及川昌憲)
  • 400  委員長(伊藤吉浩)
  • 401  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 402  委員長(伊藤吉浩)
  • 403  環境課長(佐藤幸子)
  • 404  委員長(伊藤吉浩)
  • 405  環境課長(佐藤幸子)
  • 406  委員長(伊藤吉浩)
  • 407  委員長(伊藤吉浩)
  • 408  環境課長(佐藤幸子)
  • 409  委員長(伊藤吉浩)
  • 410  11番(及川昌憲)
  • 411  委員長(伊藤吉浩)
  • 412  環境課長(佐藤幸子)
  • 413  委員長(伊藤吉浩)
  • 414  委員長(伊藤吉浩)
  • 415  11番(及川昌憲)
  • 416  委員長(伊藤吉浩)
  • 417  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 418  委員長(伊藤吉浩)
  • 419  委員長(伊藤吉浩)
     平成29年登米市議会定例会 2月定期議会 会議録 (予算審査特別委員会)
 平成29年3月2日(木曜日)
1.出席議員(23名)
   1番 熊 谷 和 弘 君(副委員長) 2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君       4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 伊 藤 吉 浩 君(委員長)
   9番 中 澤   宏 君      10番 佐々木   一 君
  11番 及 川 昌 憲 君      12番 佐 藤 尚 哉 君
  13番 伊 藤   栄 君      14番 浅 田   修 君
  15番 佐 藤 恵 喜 君      16番 田 口 久 義 君
  17番 田 口 政 信 君      19番 相 澤 吉 悦 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君      21番 及 川 長太郎 君
  22番 庄 子 喜 一 君      23番 二階堂 一 男 君
  24番 八 木 しみ子 君      25番 岩 淵 正 宏 君
  26番 沼 倉 利 光 君  
1.欠席議員(なし)
1.遅刻議員(1名)
  14番 浅 田   修 君
1.早退議員(なし)
1.中座議員(なし)

1.説明のため出席した者の氏名
  市長         布 施 孝 尚 君    副市長         藤 井 敏 和 君
  副市長        栗 山 健 作 君    総務部長        千 葉 博 行 君
  企画部長       秋 山 茂 幸 君    市民生活部長      新 井 誠 志 君
  産業経済部長     千 葉 雅 弘 君    建設部長        中津川 源 正 君
  市長公室長      佐 藤 裕 之 君    財政課長        千 葉   清 君
  福祉事務所長     加 藤   均 君    総務課長        大 柳   晃 君
  総務部次長兼税務課長 冨士原   徹 君    環境事業所長      千 葉 祐 宏 君
  生活福祉課長     田 村 啓 峻 君    子育て支援課長     鈴 木 文 男 君
  建設部次長兼
  住宅都市整備課長   首 藤 正 敏 君    収納対策課長      工 藤 郁 夫 君
  教育長        佐 藤 信 男 君    教育部長        志 賀   尚 君
  病院事業管理者
  職務代理者      松 本   宏 君    医療局次長       大 森 國 弘 君
                          教育部次長兼
  農業委員会事務局長  菅 原 貞 治 君    教育総務課長      伊 藤 隆 敏 君
  水道事業所長     佐 藤 和 哉 君    消防長         鈴 木 軍 雄 君
  監査委員事務局長   遠 藤   仁 君    会見管理者       中 澤 和 志 君
  危機管理監      星   茂 喜 君    市民生活部次長     佐 藤   浩 君
  市民生活部次長兼
  少子化対策推進監   千 葉 ますみ 君    企画部次長       加 藤   勤 君
  人事課長       阿 部 孝 弘 君    企画対策課長      小野寺   仁 君
  市民協働課長     佐 藤   靖 君    契約専門監       及 川   仁 君
  法制専門監      三 浦 健 一 君    市民生活課長      佐 藤   豊 君
  迫総合支所長     目々澤 義 信 君    登米総合支所長     西 條 利 光 君
  東和総合支所長    小野寺 克 明 君    中田総合支所長     佐々木 茂 光 君
  豊里総合支所長    大久保   仁 君    米山総合支所長     金 野 信 義 君
  石越総合支所長    木 村 達 之 君    南方総合支所長     猪 岡 秀 博 君
  津山総合支所長    高 橋 正 弘 君    検査専門監       菊   幸 誠 君
  選挙管理委員会
  事務局次長      遠 藤   貞 君    健康推進課長      佐々木 秀 美 君
  国保年金課      金 澤 正 浩 君    環境課長        佐 藤 幸 子 君
  生涯学習課長     佐 藤 嘉 浩 君    長寿介護課長      永 浦 広 巳 君
  クリーンセンター所長
  兼衛生センター所長  末 永  隆  君


1.事務局出席職員氏名
  議会事務局長     佐々木 義 文 君    議会事務局次長    田 辺 賢 一 君
  議会事務局主幹                 議会事務局
  兼議事・調査係長   後 藤 光 彦 君    議事・調査係主査   浅 井 顕 裕 君
  議会事務局                   議会事務局
  議事・調査係主査   庄 司 美 香 君    議事・調査係主査   主 藤 貴 宏 君
  議会事務局
  議事・調査係主査   三 浦 正 弘 君
          開会 午前10時00分
委員長(伊藤吉浩君) おはようございます。
 ただいまから予算審査特別委員会二日目の会議を開きます。
 浅田 修委員から、遅参の届け出があります。
 説明のため本委員会への出席者は、市長、教育長及びこれらの受任者並びに監査委員、農業委員会会長、選挙管理委員会委員長の受任者であります。
 松本病院事業管理者職務代理から診療のため欠席の届け出があります。
 審査に先立ち、委員各位に申し上げます。
 予算審査特別委員会の審査は、本日から三日間の予定です。質疑時間は会派別に配分しておりますので、ご協力をお願いいたします。また、質疑は要点を整理し、簡潔にお願いします。
 説明員各位も質疑時間が限られていることを念頭に、答弁は要領よく簡潔に願います。
 これから議案審査を行います。
 本委員会に付託された事件は、議案第11号 平成29年度登米市一般会計予算から、議案第20号 平成29年度登米市老人保健施設事業会計予算までの10議案です。
 各議案の内容説明は本会議で終了していますので、1議案ごとに質疑、討論、採決を行います。
 これから、議案第11号 平成29年度登米市一般会計予算の質疑を行います。
 お諮りします。議案第11号は、範囲が広いため、初めに歳入について質疑を行い、歳出は数款ごとに分割し、質疑を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。よって、議案第11号の質疑については、初めに歳入を行い、歳出は数款ごとに分割して行うことに決定いたしました。
 まず、歳入について質疑を行います。質疑はありませんか。相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) おはようございます。
 一番最初に質疑させていただきます。
 この概要のですね、29ページなんですけども、給食事業収入というようなことでお聞きします。
 この小学校、中学校、幼稚園とありますけども、人数がですね、段々減ってきているなというふうに思っています。そしてまた、幼稚園のほうもですね、かなり減って、第1子、第2子、第3と書いてありますけども、その割合がここに載っていますけども、どうしてもこの、幼稚園のほうから見ると1子、二人目というふうなことで、差がありますけども、これはなかなか公平でないんではないかなというふうにこう、私、思うんです。
 ですから、今はここにあげてしまったもんだから、どうにもならないべけども、将来的にはこの問題はタダというふうなことの検討もそろそろすべきでないかなというふうに思うんですけども、中学校、小学校も混ぜた中でどうですかね。このような質問はダメすか。いいんでしょう。

委員長(伊藤吉浩君) 答弁を求めます。教育部次長兼教育総務課長、伊藤隆敏君。

教育部次長兼教育総務課長(伊藤隆敏君) おはようございます。
 それでは、ご質問にお答えしたいと思います。
 ご案内のとおり、登米市の子供たち、幼稚園児、小学校、中学校、年々減少傾向にございます。幼稚園に関しましては、昨年度から多子軽減という形で第2子、第3子、段階的に軽減策をお認めいただいたところでございますけれども、国としましても少子化にはですね、大変対策を講じていかなければならないということでございまして、その拡充もですね、現在進められているところでございます。その流れに沿いながらですね、幼稚園児のその多子軽減については、さらに私どもといたしましても拡充を進めていく予定にしてございます。
 なお、小学校、中学校まで広げてですね、あの給食の無料化についてというお尋ねでございますが、これは数多くの議員さん方から何度もご質問を、ご提案をいただいているところでございまして、私どもとしては承知しおりますが、何度もそれに対してお答えしていますとおり、この給食に関しましては、学校給食法に基づきまして、その賄材料について、ご父兄のご負担をいただくということに基づきましてですね、私ども頂戴しておりますので、まずはその辺をご理解いただきながらですね、取り組んでまいりたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) さまざまな苦労をしているなというふうに思います。やっぱりですね、ここまできて、そしてまた今出生率がんじゃなんぼいくのかというと、500人切るんじゃないかなというふうに言われてますんで、この人たちが上がってくるのはもう五、六年で幼稚園、小学校に上がってきますんでですね、そこまでいってからの話じゃなくして、やっぱ今、行っている方たちも、多少なりとも軽減策していかないとなというふうに思ったので、このような意見を言いました。
 特にですね、子供の貧困の差というものがこの頃出ているなというふうに私も思ってます。そして、幼稚園もですね、給食行くの、なんて非常にこの、喜んでおります。子供たちは。ですから、続けるものはもっともですけれども、これを軽減していけば1子、2子、3子と差がなければですね、恐らく公平な税の使い道になってんじゃないかなというふうに思います。数字的に見ますと、金額的に見ますとそんなに物凄いお金じゃないなというふうに思いますんで、その辺のところ市長どうですかね。もう一度市長からの言葉を聞きたいんですけれども。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 給食費の無料化というようなご指摘をいただきました。
 平成27年10月から中学校まで医療費の無料化をいたしております。その助成額と比べましても、学校給食費の無料化ということについては、それよりも遥かに大きい金額となります。市の試算といたしましては、医療費の無料化プラス乳幼児、子供たちへのワクチン接種無料化、これを合わせた額に相当するぐらいの財政的な負担ということになります。
 ある意味、議員各位からもさまざまご指摘をいただいておりますが、地方交付税が今年度、来年度と合わせて一本算定に向かって8億円減少しているというような状況等を考えますれば、今の現状で一般財源で3億円の財源を生み出すというのは大変厳しい状況にあるというような認識をしております。とはいいながら、どのような形で子供たちをしっかりと守り支えていくのか、それについては大きな課題だというふうに認識をしております。今後とも内容等も十分に精査をしながらですね、必要な取り組みをしっかりと取り組んでまいりたいと考えております。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 市民税の個人だと205、60億、法人で4、50億なんですが、個人の場合のいわゆる公務員とか、あるいは、この区分で何かしているのはあるんでしょうか。調査しているとか。それから、法人だと業種ごとに何業はいくらぐらいとかということは、捉えているんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 総務部次長兼税務課長、冨士原 徹君。

総務部次長兼税務課長(冨士原 徹君) 市民税の関係でございます。まず、個人市民税の区分に関しましては、各所得ごとの数値は押さえております。例えば給与所得がいくらとか、ただ、職種別、例えば公務員がいくらとか、会社員がいくら、そういった部分についてはちょっと集計できるような資料がございませんので、ちょっとそちらについては持ち合わせていないと。
 それから、法人の方につきまして、これについても、製造業が大体主に大きい部分を占めておりますけれども、それにつきましても流通業がいくら分と、それからあと製造業の分でいくらと、そういった部分の集計についてはちょっとうちの方では行っていないというふうな状況にあります。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 多分行っていないんだろうなと思いながら聞いてんです。それは必要ないという認識なのか。あればいいなと思っていらっしゃんのか。というのは、これからの政策、立てていくのに当たって私は必要なことではないかと思っているんですが、その点について担当課にお聞きするのはいかがなものかと思いますので、どなたかお答えできる方であれば結構ですが。

委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 申告ということで、所得の方の算定をしていくわけですけども、基本的にはその、農業所得だったり、給与所得だったりですね、そういったもので現れてくるのですが、例えば給与所得の、その職業がどういった職業なのか。サービス業なのか、製造業なのか。そういったとこまでの、要するにその申告時の資料というものが存在しないと思うんです。そういったことで、今その、税の方から、それをそのぼっていくというのはなかなか現実的には難しいと思うんですが、もしそういうことの統計ということであれば何か統計の数字だったりですね、別な手法での調査というのが望まれるのかなと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに、二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 土木使用料の関係でちょっとお伺いしますが、収入の部分でですね、特に定住促進住宅の使用料がほかと比べてですね、増額を見込んでいるということで、対前年比5%の増を見ておりますけども、現在の定住促進住宅のですね、直近の入居率をですね、お知らせいただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 建設部次長、首藤正敏君。

建設部次長(首藤正敏君) お尋ね入居率ということでございますが、率としては押さえてございませんが、定住促進の部分については、ここ数年こう伸びている傾向がありまして、昨年の9月時点の数値をもとにして過去4年間の数値と比較した中で今回その、増額する形でのお願いをしている状況でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 聞いたのはですね、やはり人口増を願うんであれば、この部分をきちんと、何ですかね整備をして、100%に近いですね、利用率があればもっとこの、収入が上がるのかなというふうに思いますけども、その辺のですね、感じとして今のところですね、いくらくらい、率をほしかったんですけども、ないんであればきちっとですね、予定した入居者があるのかどうか、その辺のことについてお伺をいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 建設部次長、首藤正敏君。

建設部次長(首藤正敏君) 定住促進住宅につきましては、空き次第ですね、退去修繕後直ちに募集をさせていただいている状況でございまして、入居率は非常に良い、応募状況も非常に良いというふうに見てございまして、市で管理し始めてから年々こう、入居率が上がっているという状況が続いてございますので、これまで同様ですね、入居しやすい住宅に向けてですね、PRについて取り組んでまいりたいというふうに思ってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) そのようにぜひお願いをしたいんですが、ひところあの、実名で言うとあれですけども、東和のですね、上の方が空いているということがありましたけども、三滝堂が今度できましたから、その辺も含めてですね、PRするならば、満杯になるのかなというふうに思いますけども、その辺のPRの方法はどう考えてますか。

委員長(伊藤吉浩君) 建設部次長、首藤正敏君。

建設部次長(首藤正敏君) 確かに委員お話のとおり、一部の住宅については、立地の関係からですね、若干空いている部分はございますが、たまたま震災があった部分も含めてさまざまな形でご利用をいただいているというところでございまして、なお、今後におきましてもですね、入居率の向上に向けて取り組みをさせていただきたいというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) これで歳入の質疑を終わります。
 ここで説明員の入れ替えのため、暫時休憩します。
 
          休憩 午前10時15分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時19分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、歳出について質疑を行います。
 まず、1款議会費、2款総務費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) それではですね、概要40ページ、41ページで、まちづくり活性化事業に要する経費ということで、地域おこし協力隊員報酬3名、これは来年度から浅水とそれから石越に増員ということで、米川と合わせて3名ということでお伺いをしているところでございます。
 さて、41ページにですね、移住・定住促進事業に要する経費ということで、地域おこし協力隊員報酬2名ということで、載っておりますけども、これはあの、まちづくり活性化事業の地域協力隊員とは別の人に支払われる報酬ということでいいのかどうか。これが1点目でございます。
 それから、40ページのですね、まちづくり活性化事業に要する経費ということで、地域おこし協力隊員募集ブース借り上げ用ということで、これは、昨年度はなくて新しく入っているものでございますので、簡単に具体的なちょっと、内容の説明をいただきたいと思います。
 それから、41ページの若者交流対策に要する経費ということで、委託料でですね、今年度が広域連携結婚支援事業委託料が、この分が載っていなくて金額も減っておりますけれども、この部分が今年度計上されてないのか、それともほかの部分で計上されているのか。これは3点目でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 順次答弁を求めます。企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 1点目でございます。まちづくり活性化事業に要する経費の中にある地域おこし協力隊員とその移住・定住促進事業にある地域おこし協力隊員の違いて言いますか、についてでございますが、まず、それは別かというご質問でしたので、それは別なものでございまして、その予算の概要にもお書きしてるとおり、移住体験ツアーやそれからご相談、そういった移住・定住対策に対する全般にわたって対応していただく協力員の予定でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 2点ほどご質問を頂戴いたしました。
 2点目でございます。協働のまちづくり事業における、大変失礼いたしました。地域おこし協力隊のですね、募集ブースということで、本年度も1月15日の方に、東京のビックサイトの方で、地域おこし協力隊、全国的な募集の大会、大会っていうかイベントございまして、そちらに出店する際のブースの使用料となってございます。
 また、若者交流対策費の方でございます。本年度4市町連携という形でやってございます事業、昨年の12月に登米市を会場に行いました。29年度におきましては、隣の一関市さんの方で開催されるということでの負担金の40万円の要求ということになってございます。
 事業については、広域連携4市町合同という形で次年度も継続で展開をしてまいりたいというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) この移住・定住促進事業に要する経費の2名ということでありますけれども、これは具体的に採用ということでの見通しとか、目処は立っているのかどうかお伺いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 現在、募集をしておりますが、3名の方が登録されておりまして、具体的には今後面接などを通じまして、採用等に入っていくことになろうかと思います。予定としましては、予算概要書に書いているとおり、2名を予定してございます。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) ぜひですね、やはりこの2名が確保、採用できないとですね、地域おこし協力隊を活用した移住・定住支援といったこの事業自体がですね、絵に描いた餅で終わってしまうかと思いますので、ぜひ、早い時期に採用またスタートできるようにしっかりと取り組んでいただきたいと思いますので。

委員長(伊藤吉浩君) 答弁は。企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 当然、面接もすることでございますので、ご本人さんとのお話し合いもさせていただきながら、早いうちに採用、それからスタートを切れるようにしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) ただいまの熊谷委員に関連してちょっと、地域おこし協力隊40ページ、報酬3名ということで、もっとこう、攻める予算措置でいいんではないのかなと私は思うんです。各コミュニティに一人まず入れてみる。というようなことで仕掛けてはどうなのかなというふうに思っています。
 実際、米川は、地元の地域では非常にまちの活性化に多大な貢献してもらっている協力隊でございます。
 その他の、米川、浅水、石越のコミュニティのほかにこれを採用するところ、ないのか、又はぜひ募集してみませんかというような担当の方からの声掛け、ないのか。
 もう一つは、この地域おこし協力隊の任期、ちょっと確認したいと思います。何年ですか。

委員長(伊藤吉浩君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 地域おこし協力隊のお尋ねございます。
 協力隊の配置人数、増加させてはどうかというご提案でございます。昨年、年明けまして平成28年の秋にですね、各地域のコミュニティ組織に対しまして、こちらの方から地域おこし協力隊についてということでご案内を差し上げてございます。その中で、従前から配置をされている米川地区、今回新しく浅水地区と石越地区の方から採用したいということでお申し出がございました。その上で何回か当課の方とコミュニティの方で打ち合わせをしながら、今後の展開も含めてお話し合いをして募集をするという経緯に至ってございます。ですので、地域のコミュニティには、全てお声掛けをさせていただいたということでございます。
 なお、次年度以降につきましても、やはりあの、効果がある事業だというふうに考えてございますので、積極的にですね、お声掛けをさせていただきながら、導入に向けて取り組んでまいりたいというふうに思ってございます。
 また、任期につきましては、原則1年間の任期、これを最長3年間までというふうな取り組みでございます。3年後以降につきましては、地域にできればその移住・定住というか、住み着いていただいて、地域の人と協力をいただきながら、生業を持って過ごしていただければというふうに考えてございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに。二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 2点ほどお伺いします。
 41ページのですね、今の協働のまちづくり事業の中でとめ市民プラザ運営事業の委託料があるわけですが、今年はどんな内容のものをですね、委託するのか、その内容をお伺いします。
 それから、41ページですけども、シティプロモーションの推進事業ですね、別冊の7ページに詳しくは書いておるわけでありますけれども、その中にですね、PR動画をつくるということでございますが、先ほどの休憩時間にも映ってましたが、登米無双のようなものをまた作るのか。動画を作るということですけども、その中に実は県内のですね、市町村の職員が作ったPRのコンクールありますね。テレビでよくやってますけども、登米市も参加してますけども、ああいったものもですね、いいものあれば私は取り組むべきでないかなというふうに思いますけども、そういったですね、考え方はないのか。それから、この間ですね、10番議員が言っておりましたホームページの部分で私の方にも電話入ってまして、かなり古いものあるよと、いうことでございますので、これらをですね、全面的に見直しするですね、予算は入っているのかどうか、この辺についてですね、お伺いをいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 市民活動プラザの業務の内容ということでのお尋ねかと思います。次年度につきましても、事業概要としましては、大きく4点を仕様の中で考えてございます。
 1点目としましては、市民活動に関する情報の収集、提供、発信業務ということで、機関誌の発行でありましたり、コミュニティエフエムを使いました情報の発信というようなことをお願いしたいと考えてございます。
 2点目につきましては、NPO、市民活動団体、コミュニティ組織等への支援業務ということで、各種団体をつなげるような交流会の開催でありましたり、無料相談会の開催、地域づくり計画の実践支援などについてもご協力をいただきたいというふうに考えてございます。
 3点目といたしましては、人づくり人材育成支援というような形で、人材育成講座の開催でありましたり、団体として必要な労務会計講座の開催などもお願いをしたいというふうに考えてございます。
 あと4点目は、現在プラザとして活動している部分の運営に関する業務という部分で大きくは考えてございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 市長公室長、佐藤裕之君。

市長公室長(佐藤裕之君) ホームページのですね、リニューアルの予算についてのお尋ねでございますけども、概要書の35ページにですね、広報広聴費という細目がございますが、その中でですね、平成29年度に予定しておりますホームページのリニューアルの予算については、この中に計上させていただいているというところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) ご質問いただきました概要書41ページの動画作成の件につきましては、本年度も作成を進めたいと考えてございます。認知度向上というのが目的でございますが、単年度で終るというものではございませんので、そういった観点からも切り口も変えながら進めてまいりたいというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) とめ市民プラザの関係なのですが、今年も四つの目標があるということなんですけども、いろんな部分でですね、講演とか、部分は各コミュニティからの要請にですね、応えることができるのかどうかですね。こういう集まりがあるのでこういう講座をしてほしいというふうな部分ができるのかどうか、その辺の確認。
 それから、先ほども申しましたように、PR動画を作るときの職員がつくった部分のやつをいれるとかそういった考えがあるのかどうか答えがなかったのでもう一度お尋ねをいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 市民活動プラザの活動につきまして、コミュニティの方にも注力をいたしながら進めてまいりたいと考えてございます。当然、事業展開に当たりましては、こちらとして提供したい部分と、コミュニティ各種団体の学びたい、知りたいという部分のマッチング等もさせながら、ご意見をいただきながら、より良い講座になるように企画部としても支援をしながら対応してまいりたいというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) CM大賞の動画の関係で、今回作成する動画への採用といいますか、その関係性でございますが、CM大賞に挙げられた動画につきましては、参考とさせていただきますが、基本的にその動画をそのまま採用する。もしくはその中に必ず取り入れるということが現在考えてございません。

委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) ぜひ、幅を持たせてですね、優秀なものであれば、私は活用すべきだということを申し上げますと同時に今の登米無双の評判はどうなんですか。その辺を聞きたいんですが、どうなんですか。

委員長(伊藤吉浩君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) まず、ユーチューブという動画配信のウェブの中でご紹介させていただいてますが、そちらでは100万回を超える状況になっております。そういった中でコメントなども載っておりますが、総じてはいろいろな観点から登米市に興味を持っていただいたり、そういったコメントが多かったのかなというふうに考えておりますが、中にはちょっと違った観点で作成してはいいんではないかというのも、私が見た中でございますが、少ないですがありました。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 41ページの移住・定住促進事業の中で空き家改修事業補助金の内容をお知らせ願います。

委員長(伊藤吉浩君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 市で行っております空き家情報バンクを活用した際に、賃貸借、若しくは所有権の移転が発生する際に、住まわれる際に必要な改修を行うと、それへの支援を行うものでございまして、1件当たり50万円で、3件で今回150万の予算を計上させていただいております。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 1件当たり50万の3件ということで、移住・定住者、余計募集するには、これから何件来るか分かりませんが、売りたいという方も含めて、そういうPRの方法とか、そしてこれから改修して本当に中身的にこういう要望を聞いて50万以上超えた分は自己負担とか、そういうものが発生するんでしょうかね。50万で上限ということで考えてよろしいですか。

委員長(伊藤吉浩君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 上限については50万、市からの助成については50万が限度とさせていただいております。

委員長(伊藤吉浩君) PR関係は。

企画政策課長(小野寺 仁君) 失礼しました。PRについては、現時点では市内では広報、それから、外部についてはホームページとか、それからメール、若しくはあと、現在、移住・定住の関係で首都圏等に出向いてまいりますので、そういったときにPRさせていただいたりですね、ふるさと回帰センターというような移住・定住を扱うセンターもございまして、そういう所にパンフレットを置かせていただいたり、そういった取り組みをしてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 空き家情報バンクに登録され、これまでそういう接続といいますか、問い合わせがこれまでに何件かございましたか。

委員長(伊藤吉浩君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) これまでの問い合わせですが、空き家のまず物件の登録をしたいという申し出につきまして、うちの方で登録させていただきましたのは平成28年度で11件ございます。それから、利用希望者、空き家を利用したいという方からの登録、申し出が22件ございました。それらを合わせまして、現在空き家登録数は12件、それから、登録を希望する方の登録は41件ほどございまして、今年度28年度の成立件数については7件ございました。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 利用したい方が22件もあったということで、その方々へのフォローといいますか、何件か当たってこういう情報といいますか、そういう中身的にどういう希望でもし断られたといいますか、断念したというそういう家庭がありましたら、お聞かせ願いたい。

委員長(伊藤吉浩君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) これまでですが、2月15日現在で、私どもの方から利用につきまして登録いただいた方への提供につきましたのは、延べ80件ほど提供をさせていただいておりまして、当然ご相談の段階では、土曜とか日曜、祝日なども多くございまして、そういったときにも職員が立ち会いをしてですね、その物件をご覧なっていただくんですが、やはり、現実的にご覧になった段階と、それから相手方の要件を詰めていく段階で、もうちょっと具体的に言えば金額的なものも含めまして、合わなかったというようなことはございます。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) そこが大事ではないかなと。合わなかった。やはり、利用者の立場に立った中身的なそういうのが難しかったんですかね、要望といいますか。どういう要望があって、結構80件もそういう中身的にあって1件くらい成立してもおかしくないのかなと。条件的には、この50万円に引っかかっているんすか。それとやはりももろもろの条件で断念をせざるを得なかったのか、本当に難しかった問題、その中身的にどういう問題がありましたか。

委員長(伊藤吉浩君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 利用を希望する方につきましては、やっぱりご自分のお住まいでございますので、自分に気に入った内容だかどうか、それが対価として合っているのかということでございまして、例えばご紹介をさせていただいたものについて、ちょっと違うという観点があれば、要件に合うものについては、全部見ていただくような形をとっておりますので、やはりご本人の希望という部分っていいますか、その相違があったということでございますが、成立件数としましては、先ほどご紹介させていただいたとおり、7件ということでございましてこれまで取り組んでおります年度の中では最多となってございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 2点ほどお聞きします。まず36のですね、行政庁舎の維持管理についてちょっとお聞きしたいんですけども、去る2月27日に南方コミュニティの皆さんとですね、議会で意見交換会に行きまして、庁舎建設の問題もいろいろ意見が出たわけです。その中でいろいろ聞いていますとですね、反対、絶対反対という声もありましたけれども、お互いその、意見交換の中で一番思ったのはですね、市の方でもこの庁舎建設の中で一番基本にしているんではないかなと思うんですけども、結局庁舎が老朽化していると、それが一つのスタートにも入っていると思うんですけども、前に特別委員会でデータをもらったときにですね、平成25年で九つの庁舎で2億3,000万円の維持管理費が掛かるというデータをもらいました。その中で年々、3%ずつ維持管理費が上昇しているという話が出たんですけども、その後も同じような形で上昇しているのかどうかまず一つお伺いしたいと思います。そして今この庁舎をもし仮にこのままで行くとどういったことが一番問題なのか。改修が必要なのか、その2点をまずお聞きしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 総務課長、大柳 晃君。

総務課長(大柳 晃君) 行政庁舎の管理に関するお問い合わせでございました。
 新庁舎建設と合わせて今候補等を行っているところでございますが、まず一つ目の建設費の増増高という部分につきましては、毎年老朽化が進んでおりますので、傾向としては増高傾向にあるということ、それから、鉄筋コンクリートの建物であれば、耐用年数65年で見るわけでございますが、ちょうど中間年の30年に当たれば、当然大規模改修等、冷暖房設備の配管等、かなり高額の工事費がそこには掛かってくるという状況がございます。
 そういうことを考慮しながら、新庁舎のいろんな課題、現状の課題ということを解決しながら、新庁舎の建設計画を推進していくということを今、取り組みを進めているということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 数字的には大体数パーセントずつ上がっているということなんでしょうか。まずその一つと、それから、今後仮にだからこの庁舎をね、維持管理していくときに、どういったことが一番大きな維持管理で掛かるのかということをお聞きしたんですけども。

委員長(伊藤吉浩君) 総務課長、大柳 晃君。

総務課長(大柳 晃君) まず1点目の修繕費の数字ということでございました。具体的な金額につきましては、ただいまデータを持ち合わせておりませんが、間違いなく老朽化に合わせて増高しているということでございます。
 それから、2点目の一番大きな課題、維持管理における大きな課題ということでございますが、先ほど申し上げましたとおり、躯体の部分と合わせて内部の設備関係が非常に古くなってきているということで、冷暖房設備の更新であるとか、そういうものにつきましては、例えばその執務をしながらその工事をするという話が非常に困難な部分がございまして、かなり高額な費用が掛かってくるというようなことで今見込んでいるということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) この間の南方での意見交換会で一番感じたのはですね、そういうふうに市民の皆さんは、何で庁舎建設が必要なんだっていう前提の段階でね、今庁舎が抱えてる問題とかなんていう情報はなかなか行ってないわけですよ。だから、お互いの情報不足だなというふうに一番感じたんですけども、これから調査を進めながら、市民の皆さんに説明するということなんですけれども、お互いその話をするときに、情報不足だなということが一番感じましたので、ぜひ市民にはそういう方向で情報をできるだけ広く提供していただきたいとまずそれを一つお願いします。
 それから2点目なんですけども、39ページのですね、地域交通対策に関する経費の件なんですけども、地域公共交通会議というものがありますけども、ここで議論されるのは市内の公共交通のルートとか、時間のみなのか、というのはですね、これから今年確か都市計画マスタープランを作成する中で地域公共交通のネットワークということが大きなテーマになっていると思うんですけども、そういったこともこの審議会の中で議論されるのか、どこで議論をされるのか、お聞きしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 地域公共交通会議の議題、協議内容ということでの最初のお問い合わせでございます。
 大きくは近年でありますと、バスのダイヤ改正をいたしました。改正内容又は時刻、あとはバス停等の移動等があった場合、予定している場合にですね、そのことについてご意見を頂戴しながら良い方向に向かわせていくというもので開催しているものでございます。
 また、今般今お話ございましたいわゆる公共交通のマスタープランというようなこともございますが、一義的にはマスタープラン、公共交通会議の上部での検討になろうかと思います。その中の一部として市民バス等の議題があればこちらでももむということは可能性としてはあると思いますが、一義的にはまず、公共交通プランの上部の方の会議で検討いただくということなろうかと考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 総務課長、大柳 晃君。

総務課長(大柳 晃君) まず、先ほどご質問いただきました行政庁舎の9支所の分庁舎と合わせた維持管理費の統計でございますが、27年度決算データで2億3,000万ということになってございます。前年対比で94%ということで、たまたまいろんな先ほど言った何年に1回の部分の当たりの関係がありまして、6%ほど低いということでありますが、23年度と対比いたしまして8%ほど増えているという状況なわけでございます。
 それから、2点目のですね、情報の共有という部分でございます。私どもも、基本構想を作りまして、ホームページ、広報、あるいは支所に備え付けをいたしまして、いろんなご意見をいただいてまいりました。それでまだまだ市民の皆さんのご理解をいただくだけの情報が発信できていないという不十分さは感じているところでございます。
 ただいま基礎調査をしておりますけれども、基本計画案というものを策定した段階で市民説明会、直接の対話でですね、ご意見をいただきながら、市民の理解をいただけるように取り組みを進めていきたいというふうに考えているところでございます。よろしくお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 次、41ページのですね、移住・定住なんですけども、今回、今年いろいろ移住・定住のですね、方策、事業をいろいろ用意しているようなんで、ぜひこれを充実できるようにまず実施してほしいわけですけども、その中で一つまず移住お試し住宅、これは実際どういうふうな格好でやるのか。
 それから、移住サポートセンターということでですね、民間と協力というんですけれども、これも具体的にどういう方向で進めるのか、その2点についてお伺いします。

委員長(伊藤吉浩君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) まず1点目の移住お試し住宅でございますが、こちらにつきましては、今年度から取り組みをしてございまして、迫町の病院の医師住宅の方を一室お借りしてございまして、そちらで登米市に移住を考えながら体験をしてみたいという方に対して、それから対応するものでございまして、先週の土曜日も一組の方がおいでになって私どもの制度、それから市内の状況等などもご紹介させていただくとともにですね、個人的にて言いますか、対応して登米市の方を確認していったという状況でございます。
 移住サポートセンターの件につきましては、当然移住につきまして行政だけの取り組みで進めるということではございませんので、いろいろな団体、機関、そういうところからご協力、ご指導をいただきながら取り組みたいということで、そういう連携を構築したいというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 会派の二人から今あったんですが、その関連でお尋ねをします。
 概要の40ページ、41ページ辺りですが、まず一つは、とめ市民活動プラザの運営実態はどうなっているんでしょうか。市からの委託料のほかに、自主事業とかやっておられるんでしょうか。また、スタッフどの程度おられて、どのような活動をされているのかまず一つお尋ねします。
 次に、41ページの移住・定住のとこで、ふるさと回帰支援センターは、私どもの会派でもこちらにお尋ねをしてかなり有効に活用できるなという判断をしたところでございますが、この会費以外には何か経費は掛かるかどうかということが一つです。
 それと、ただ今お話あったようですが、住まいサポート事業補助金の5,220万の中身について、多分前に説明があったんだろうと思うんですけれども、失念していますから、その辺改めてご説明をいただいということ。
 それから、空き家改修事業については先ほど3軒分だということでございますが、これがどんどん増えて補正されるよう期待するものであります。まずは今お話あったことをお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 市民活動プラザの活動という中身ということでお問い合わせでございます。委託料という中身でいいますと、先ほどご紹介をさせていただきました大きく四つの事業について展開をいただいているということでございます。運営している法人の方としては、べつく活動する部分もあろうかとは思いますが、かなり、メニューも盛りだくさんでございますので、現在としては委託料の中で、仕様書で考えている事業に従事していただいているということ。また、運営に当たっての人員でございます。けん引役を務めていただくマネージャーが1名、あとは実際の事業を一緒に携わっていただく方、職員として2名、合計3名の専従の方で事業展開をしていただいているというようなことでございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 自主財源関係は。

市民協働課長(佐藤 靖君) 自主財源という部分につきましては、特段これ以外の部分でですね、収入を得るというような部分は、当該法人については、べつに行っているということはございませんので、うちの方の委託料を最大限活用しながら、プラザとしての使命を果たしていただいているということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) ふるさと回帰センターにつきましては、会費以外は支出といいますか、負担金はございません。団体正会員につきましては5万円ということでございます。ただ正会員になりますと、セミナーの開催をそこですることができるとかですね、チラシも優先的にセンター中に配布できる、告知できる、そういったメリットがございます。また、ホームページ等その回帰センターのホームページなどでもご紹介をしていただけるということで、早速でございますが、今度の土曜、日曜にかけましても、4市町連携という形で栗原、それから、一関、平泉町さんと一緒になりまして、その回帰センターを活用しまして、相談会を実施する予定としてございます。
 それから、2点目でございましたが、住まいサポート事業の関係でございますが、大きくは住宅取得資金と、それから住宅家賃補助金ということで、2種類でございます。住宅取得資金につきましては、その名前のとおり、新築、中古問わず住宅を取得した際に一定要件はござい…。
 大変失礼しました。別冊資料2の9ページの方に記載させていただいておりますが、2番の事業概要にありますとおり、住宅取得資金におきまして、4,500万円ほど、それから、(2)の方の住宅家賃補助金につきましては、アパート等の官舎とかそういうものは除きますが、民間のアパート等に転入された方にいずれか40歳未満の方がいるご夫婦に対して、最長2年間を補助するという制度でございまして720万ということで、議員ご指摘のありました事業費5,220万という内容になってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 主観を含めて言いますので、とめ市民活動プラザについては、今のままでよしとするのでは、登米市の協働のまちづくりは、多分進まないだろうなという思いがいたします。
 このお金を問題にしているのではないんです。いわゆる事業の成果なんですよね。もっともっと使ってもいいから本当に協働のまちづくりが進むような根本的に考え直すということを提言しておきたいと思います。これ以上この予算に関しては入らないことにします。
 次に、移住・定住もやや同じような感覚でございまして、ぜひ民間の不動産屋さんの情報をどんどん活用すると。それから、ふるさと回帰支援センターもどんどん使うようにしていただきたいというふうに思います。どうしてもいわゆる事業メニューを掲げて、それが目的とされるような嫌いをどうしても感じるので、結果出してなんぼですから、ぜひ頑張っていただきたいということだけ申し上げておきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 答弁はよろしいですか。ほかに質疑はありませんか。
 それでは、ここで10分間休憩いたします。
 
          休憩 午前11時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時08分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 質疑はありませんか。田口政信委員。

17番(田口政信君) 何点か。まず一つ目は、ふるさと応援寄附金についてお伺いをしたいと思います。
 1億2,000万の予算の見込みをおきまして、事業費で6,200万という半分の経費を掛けて、半分応援をいただくという予算でございますが、これまでの応援寄附金についての検証をどうしてこういう予算ができ上がったかをお伺いします。それと御礼品といいますか、いわゆる競争が全国で行われているわけですが、ランク1位は肉みたいですけども、いつまで返戻品の競争に参画をしていくのかということをお伺いいたします。と言いますのは、所沢市の市長さんがこれから応援返戻品から撤退をするということを表明してございます。また、勝浦市では商品券を発送しておったんですが、転売をされたというようなことで、それも中止をしているという実情がございます。そういった意味で登米市は一体これをどのように位置付けて、これからどうしていくのかを取りあえず伺います。

委員長(伊藤吉浩君) 総務課長、大柳 晃君。

総務課長(大柳 晃君) 別冊資料の5ページの方にふるさと応援給付金事業の概要を記載しているところでございますが、まず1点目はですね、今回ふるさと応援寄附金事業の検証結果はどうなっているのかということでございました。現在のふるさと応援の寄附金状況でございます。2月末でございます。1億1,400万ということで、前年度並みの推移をたどっているということでございます。
 また、件数でございますが、3,500件ということで、昨年度と比較いたしますと、400件ほど、件数は現段階でも増加しているということで、全国の皆様から登米市を選んでいただいたという意味におきまして、シティプロモーション効果があったのかなというふうに考えているところでございます。
 その成果といたしましては、寄附金の30%相当、これにつきましては謝礼品としてお返しをしていると、それから謝礼品のチョイスにつきましても、JTBの支店で商品化になじむようなものということで、チョイスをしているわけでございますが、良質な登米市産品、しかも登米ブランドというものを中心にラインナップされておりまして、この30%の約3,600万につきましては、事業者の方にそのほうが入っていく。
 それから、経費率が50%ということでございますので、残りの6,000万は自主財源としてこの登米市のふるさとをしっかり作っていく自主財源を確保できているということで考えているところでございます。
 そういう意味におきましても、予算額が前年度と同額ということで1億2,000万でございますが、これにつきましてはスタートラインとして前年度並みということで置かせていただきました。補正の中で目標をどんどん高めていく必要があるだろうというふうに考えているところでございます。全国的に見れば40億、20億という所が非常に1位から10位を占めている訳でございまして、もっともっと高みを目指していかなければならないだろうというふうに考えているところでございます。
 それから、謝礼品の参画の考え方ということでございます。
 ご指摘のとおり、総務大臣の方から、謝礼品の高額な配当、あるいは商品券等の転売が可能なものにつきましては、慎むようにと個別の指摘ということで指摘を受けて、はい。いるというところで、はい。
 謝礼品につきましては、登米市は現在30%で地域産品を中心に170品目ラインナップしているところでございますので、この商品の内容を充実しながら、全国にこれをアピールしていきたいということで現段階では考えているところでございます。
 なお、全国の動向を見ながら、そのラインナップの方法、あるいは還元率、その内容については充実をしていきたいというふうに考えているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。

17番(田口政信君) 答弁、制度設計の分はいいですから、聞いたことだけ答えていただきますように。委員長、差し引いて時間を勘定してくださいよ。
 いわゆるふるさと応援寄附金っていうのは、私は、本来はそのまちの政策、あるいは市長の考え方、市民のいわゆる何て言いますか、暮らし方に対する応援だていうふうに思っています。原則的には。それに今返戻品の競争に170、きのう私も登米市のあれを印刷してみたんですが、34ページありました。
 その170品目をどうやっていわゆる結婚式とかのカタログのように選ばなければならない実態を視たときに、もう少し整理をする必要があるんだろうし、本当にきちんと考え方をしっかりする必要があるということが1点と。
 それから、産品のいわゆるラインナップといいますか、その選定がこう、不透明ではないのかと。いわゆる生産者直結、本当にしてんだろうか。そういう業態と直結した産品の選び方をしてるんでしょうか。どこかでチェック掛かってんでしょうか。そういうことも考えると、いつまでもその、いわゆる返戻品競争に参画するよりも、登米市を売り込む作戦、シティプロモーションと一体となったふるさと応援寄附金の制度を構築していただければというふうに思います。答弁いりません。
 それで次にですね、地域おこし協力隊ですけど、先ほどコミュニティに三つと、それからその、いわゆる移住・定住に地域おこし協力隊を置くんだというような説明がございましたが、その役割のこう、差違といいますか、そういうものはあるのかどうかちょっと、お聞かせください。

委員長(伊藤吉浩君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 初めにコミュニティに配置を予定してございます地域おこし協力隊ということでございます。いわゆる地域おこし協力隊につきましては、外からの目線でいろいろな地域に関する課題であったり、宝であったりということを見つけていただきながら、外に発信をしていただくという業務とともにですね、地域で生きていただくための生業を探していただくということもあわせながら活動をいただくということで考えてございます。ですから、いわゆる外向けの発信の役割をコミュニティにおける協力隊においてはお願いをしたいというふうに考えているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 移住・定住事業にあります地域おこし協力隊の役割につきましては、先ほどもお話ししました移住お試し住宅や移住体験ツアー、こういった隊のご案内役といいますか、ご紹介役、それから各市の移住フェアへの参加、また、地域を知っていただきましてそういったことの発信、最終的にはご自分も登米市民になっていただくと、そういった形で活動をしていただきたいというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。

17番(田口政信君) 全国には、長野市が22名、佐渡市が22名、それから一番多い大分竹田が29名の地域おこし協力隊を採用してるって言うんでしょうかね。していますが、登米市はコミュニティを中心に配置をしていくというシステムを取ろうとしているというふうに見えるんです。その中にいわゆる移住・定住の部門をこう、くっつけてきたんですけども、その辺の意図がこう、ちょっと分からなかったもんですから、お伺いをさせていただいたところでございます。
 それともう一つは、コミュニティを強化するために、集落支援員、別だよという話は分かりますよ。21組織に集落支援員を配置をして、そしてその集落、いわゆるコミュニティ組織を活性化させようとしているんですが、そこにまた地域おこし隊をぶち込んでいくといいますか、配置をしていくということのこう、考え方を整理をしてみたいんですが、その辺のところをちょっとお聞かせをいただけますか。

委員長(伊藤吉浩君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 地域おこし協力隊と21コミュニティに配置をしてございます集落支援員の業務の差別化という部分かと思います。一義的には地域の課題であったり、いわゆる地域の魅力であったりという発掘部分については重複するところがあろうかと思います。ただ、視点といたしまして、協力隊はやっぱり外部の目、都会の方の目ということで、そこに住んで慣れ親しんでいる方にとっては当たり前のことを実は当たり前ではないんだというような視点で起こしていただきたいというところ、いわゆる外向けの部分。と、集落支援員につきましては、内側の部分というふうに整理をさせていただきながら、ただあの、それを別々にするのではなく、配置された後にはですね、公民館の職員の方、集落支援員、そして地域おこし協力隊ということで連携を取っていただきながら、その地域のPR等をしていただければというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。

17番(田口政信君) それでこの集落支援員と、集落支援員350万ですよね。地域おこし協力隊はいくらですか。それをお聞かせください。

委員長(伊藤吉浩君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 地域おこしで協力隊におきましては、人件費部分が200万までというふうに定めてございますので、月額16万4,000円の給与となってございます。また、コミュニティにおいて活動に要する経費を委託料という形で184万円計上させていただいてございますので、400万円というのが最大限のボーダーというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。

17番(田口政信君) それではあの、現実的にはそれに近い数字だというふうに理解していいんでしょうか。へえー。ちょっと差があるのかなと思ってみたり、報酬3名で一人当たり200、割り込むと203万だったんですが、そのほかに委託料として552万あるので、それをいわゆる地域おこし協力隊のいわゆる個人に振り分かるんですかこれは。そういう委託料なのですか。それをお聞かせください。

委員長(伊藤吉浩君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 協力隊員の給与につきましては、登米市の非常勤職員ということで、市の方からお支払いをさせていただきます。また、委託料につきましては各コミュニティと委託の契約を結ばせていただいて、そちらの方にお支払いをして実際の活動の際には、コミュニティの方でチェックをいただきながら、支出をいただくというような制度を取ってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。

17番(田口政信君) 了解しました。ただその、いわゆる、それぞれがいわゆるコミュニティ組織の中でご活躍をいただくというのが大原則なので、そういう差異があると非常にまずいのかなと思ったりしたもんです。
 それと今コミュニティ組織、それを取り込むといいますか、それを支えるコミュニティ組織がこう、世代交代していますので、その辺の育成もこの人たちにやっていただくわけにはいかないというふうに思いますので、ぜひその、これを雇い入れる、そこに活躍をする場としてコミュニティがあるわけですから、その組織を大事にていうか、育てていくシステムをどこでやるんでしょうか分かりませんが、未来のまちづくり支援事業の中でやるのか。あるいはさまざまなとこでやるのか分かりませんけども、そういうものもぜひ構築をしていただきたいというふうに思いますので終わります。時間使いすぎました。

委員長(伊藤吉浩君) 答弁はよろしいですか。

17番(田口政信君) いいです。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 概要の38ページなんですけども、文化振興費、この舞台音響設備改修工事設計業務委託料とありますけど、これ、設計業務ばりだか、あとはもし直すのも、どこを直すのか分からないけれども、550万と載ってますけども、それとこの音響ですね、8時から5時まで一日借りるっていうんであれば、いくらぐらいするのかお聞きします。

委員長(伊藤吉浩君) 答弁を求めます。市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 祝祭劇場の音響設備の設計の業務の委託ということで、29年度は設計の方をさせていただいて、こちらの実は部品の方、アナログ方式ということで大分部品数が少なくなってきているということも含めまして、今後、長寿命化を図るためにもそれの方の改修が必要だということで、今回設計業務のみ、29年度は計上させていただいたところございます。
 あと、音響の使用料については、ちょっとお待ちください。すいません。よろしいですか。失礼いたしました。

委員長(伊藤吉浩君) もう一回どうぞ。相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 私が単刀直入に聞いたのは、音響の設計業務だか、設計だけだか、あるいは修理まで入ってんですかというふうなことを聞いて、今のは修理だけと言ったよね。設計業務だけと言ったよね。550万というのは。設計だけで550万も掛かるんですか。すごいことだなと思って。
 んであとは、一日8時から5時までいくらですかと、こう聞いたんですよ。2回も聞かせないで。早く。

委員長(伊藤吉浩君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 大変すいませんでした。本年度につきましては、設計業務だけということで、29年度については予算の方をお願いしたところでございます。工事の方については含まれてございません。
 あと、舞台設備の音響の設備につきましては、各種あのいろいろと音響設備につきましては、音響卓について1回いくらというような算定等でございますので、使う台数等におきまして変化が、するということでございます。ちなみに音響卓につきましては、いわゆるミキサーと呼ばれるものだと思いますが、1基1,200円掛かるというようなことで載ってございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) あのね、1基1,200円で音鳴るわけないんだよ。音響というものは全部全てがそろって音響なの。スピーカーから全部。音を出してフルパワーで出して、これがいくらですかて聞いてんだよ。一つずつ足していったってそれは分かんないけども、なぜこういうことを聞くかていうのは、私は立派なものがあると思うよ。んだけども、大きなイベントをやってっときには、全然使わないでほかの音響屋さんがみんな持ってきてセットして使ってんだよ。全部。んだから言うの。俺。せっかくのね。こういうな500万も掛けて設計までやってつくっても、使わないんでねの。みんなほかから、ほかの人はみんな別な音響さんを頼んでやってんだよ。だから、今、俺、こう聞いたんです。ま、いがす。そいつはそんで。ね。
 んだから、そういうことであっから、やっぱりあの、みんながね。あー、この音響だらいいなと、そしてこういうふうにしたら安いなあと。いう、んだから、高くて使わいねんだか何だか分からないから、んだから俺、フルパワーでなんぼなんですかって聞いているだけなんです。

委員長(伊藤吉浩君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 大変失礼をいたしました。そこら辺の一日使ったらいくらかという部分については、再度計算をさせていただいて後ほどお答えをさせていただければと思います。大変申し訳ございません。

委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) その辺ですね、きっちりと調査してお知らせ願いたいと思います。
 次にですね、もう一回だけね、せっかく支所長たち来てんので、あの、いやいや長くは言わねから、あの支所の在り方というのは非常に今さまざま検討されてますけども、この予算を見ると、全てがきっちりした予算で何か窮屈になるなとこのように私自身が思ってます。そしてまた支所でですね、何か頼まれても、これは支所の考えでそのまますぐ実行するということがなかなか難しいんではないかなと思うんで、まず、この際だから支所の支所長さんがここのところがこのようになればすごく支所がいぐなんのになと、というふうなことあんで、そのようなことがもしあれば、あるいはこのようなことが予算的にもうちょっと上がればなというふうなことがあればお話し願いたいと思います。代表してですね、迫の支所長さんよろしくお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 迫総合支所長、目々澤義信君。

迫総合支所長(目々澤義信君) 代表してということのご質問ですが、精一杯お答えしたいというふうに思います。
 まず今業務をやっている中では、合併して12年あまりになりますが、本庁と支所の業務を連携しながら住民サービスの低下を招かないように一生懸命努力してやっているところでございます。例えば去年の4月から、産経それから建設業務が本庁に吸収になりましたが、それでも支所とすれば現場確認をしながら本庁と連携して住民サービスの低下を招かないように一生懸命やっておりまして、結果的には、ほぼほぼ大丈夫かなというふうに思ってございます。
 あと予算的に窮屈云々というご質問もございましたが、本庁と連携している以上その予算の関係は登米市全体として捉えるべきものと、支所単独での予算というふうな観点ではございませんで、登米市全体の予算ということで取り組んでいくといったことだろうと思います。
 それから、もう1点、たまたま迫の場合は登米市の玄関口ということもございます。窓口業務を一生懸命こう、何ていうんですかね、より丁寧な業務に努めてまいりたいというふうに思ってございますので、やっぱり職員の体制は、現状維持がいいのかなというふうに思ってございます、以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 立派な答弁ありがとうございました。
 人に対しても人数はこのままでいいというふうなことでございます。一つだけですね、皆さんに申し伝えなければなあというふうに思いました。きのう、歩いていてですね、支所の対応すごくみんないいんですよ。すごくいいんですけども、挨拶してくれないかなというふうなこと、挨拶が足りないというふうなことでですね、私ここの議会に来ても「おはようございます」と言うんですけども、人が入ってきらば、来られたときは、「おはようございますとか。何用ですか」というふうなことをこっちから声を掛ければ、すごく安心すると思うんですよ。あそこに来てね、もの申すということは非常にいずいんだと思うよね、みんな。そういうことでちょこっと、まあ忙しくて聞けねくてこう語っていても、挨拶しねって言われることがあるんですよね。そいつは分かるんですけども、できるだけ明るい雰囲気の中でやってもらえればなというふうに思います。答弁いりませんのでこれお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) 概要に沿ってお聞きをいたします。
 まず31ページのですね、2款1項1目1細目の総務一般管理費に要する経費で、行政区長さん方302名、そしてまた行政不服審査会委員報酬5名の分の予算が上程されているわけですけれども、区長さん方は今月末でですね、任期満了になるわけでありますけれども、これから新たにですね、市長が新たに委嘱をするというふうになるというふうに思いますけれども、この区長さん方のですね、地域の推薦、これが年々ですね、大変難しくなっているような状況を聞くわけでございます。そのですね、一つの要因といたしまして、やはり区長さんの報酬のアップ、これがですね、いろいろな場所で話題になるわけですけれども、この区長さん方の報酬についてのですね、考え方、そして又この報酬の在り方について検討がなされているのかどうか。まずその点1点をお聞きいたします。
 続きまして、39ページのですね、国内交流費の在京町人会の連絡協議会役員会出席者謝金とかありますけども、前にもこれ出たんですけども、単位町人会のですね、一本化にしたらいいんではないかといった声が出て、いやまだ早いというような話も聞いておるんですけども、その単位町人会の一本化について、どのような現在、現状になっているのか。その辺をお聞きをいたします。
 続きまして、48ページのですね、賦課徴収1細目ですね、賦課徴収一般管理費の中で、税務嘱託員の方が前年度と7名ほど減っているんですけども、これは納税組合の解散というふうに思いますけども、その辺一つ確認とですね、その下の徴収嘱託員の報酬2名分というふうになっておりますけれども、前年度は確か3名だったように思っております。この1名減になったのはですね、どういった理由か。それと2名で大丈夫であればこれはいいんですけれども、その辺心配するのでですね、その辺、ちょっとお聞きをいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 総務課長、大柳 晃君。

総務課長(大柳 晃君) 1点目の区長報酬の兼ね合いでございます。算定方法につきましては、平成27年度に見直しを行っているところでございます。その概要につきましては、均等割、世帯割という部分の単価を見直すとともに、追加といたしまして世帯割加算、あるいは面積が広い行政区というのもございますので、面積加算というものを算定いたしまして、トータルで1,000万ほど報酬はアップしておりますし、全体の中では5.1%アップしているということ、合わせてですね、区長さんの業務の縮小ということも考えまして、軽減ということも考えまして、行政区長会議を各支所でやるとかっていう工夫を今入れているという状況でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 在京町人会の、いわゆるあの、一本化というようなことについてというお問い合わせだと理解をさせていただきました。昨年7月に在京町人会の連絡協議会の総会を東京で開催しました際には、各町域の町人会の現状ということで、なかなかその若手の新会員の加入が難しいということに端を発しまして、会の維持についてもやはり年々厳しいものがあるというようなお話もあったということでございます。
 ただ具体的にですね、それでは一本化というようなお話までは至っておらず、当時の会長さんのご挨拶の中ではそういうことも今後検討していく必要があるのではないかというような問い掛けで終わっているということでございます。行政の方で積極的という部分というよりも、その地域の出資者の皆さんの町人会でございますので、そちらの機運の醸成というか、機が熟すのをある程度待ちながら、一緒に検討してまいりたいというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 収納対策課長、工藤郁夫君。

収納対策課長(工藤郁夫君) 納税組合の減少ですね、についてお答えいたします。
 数につきましては、合併当時532でありましたが、28年現在493ということではい、ございます。組合長のですね、役員の方に引き受け手がないとかというような理由で減少しております。
 それからですね、徴収嘱託員でございますけども、こちらの一般会計の方で2人、それから国保会計の方で3人ですね、計5人でやってございます。
 昨年はですね、3でございましたが、1名教育委員会の方に移りまして、その体制で5人ということで今年は一般の方を2にいたしました。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) 分かりました。徴収嘱託員に関しては。
 それでですね、この税務嘱託員の分ですけれども、この前にもちょっと私、質問をしたんですけれども、この納税組合、解散したとこですね、納税組合は収納率がいいということで、大変重宝されているんですけれども、この解散したとこのですね、組合員の皆さんの徴収率、追跡調査をしたらいいんでないかと私前に言って、それも一つですねつことでちょっと、前向きに捉えたように思うんですけれども、この解散したとこ、本当に解散をすれば徴収率が悪くなんだか。その辺ですね、ちょっと私聞きたい、分かりたいんですけれどもその辺の調査、したんだかどうか。お聞きいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 収納対策課長、工藤郁夫君。

納対策課収長(工藤郁夫君) 組合の方、解散した所ですね、中身を見てみました。組合としての指導がよろしいということもあるんでしょうけれども、組合の収納率の方はそれほど降りてはいないということでございます。収納率の方は、以前と変わっておりませんでした。ただ、はい。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) ということは、組合があってもなくてもほんなに変わりない。結果的に。結局ですね、見ても納める人が入っているのですよね。納税組合に。んだから、私はいらないは言いませんけれども、そういったんじゃ、大体結論は出たようですので、今後の私の情報にしておきます。
 それとですね、区長さん方の報酬ですけれども、平成27年度に見直しをしたようでありますけれども、その中でやはり均等割、世帯割、世帯加算、面積加算、いろいろあるわけですけれども、この、全体的に見てですね、他市と比べてそんなに、私はほかの市と比べて低くは感じないんですけれども、その辺はどうですかね。

議長(沼倉利光君) 総務課長、大柳 晃君。

総務課長(大柳 晃君) 報酬の見直しに当たりましては、他市の状況も勘案した中で見直しを行ったところでございまして、登米市の今の水準というのは、他市と比較いたしましてほぼ横並びくらいの水準になっているということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) 他市並みですね。一応確認いたしました。
 この区長さん方でありますけれども、日ごろから大変頑張ってもらっているのが、頭が下がるところでありますけれども、そこでちょっと聞きたいんですけれども、登米市の市長設置規則というのがありますね。この設置規則の中に服務規定があるわけですけれども、その服務規程6条の第2号で、「その職を利用して市の行政執行に反対し、または反対させる目的で他人を先導すること」ってうたわってんですけども、この、なかなか難しいです。理解するのね。この服務規定の中にですね。この服務規程の中、に違反するようなですね、例をちょっと挙げていただければ、こういったことはちょっとまずいんではないかなということを挙げていただければ大変私も理解するんですけども、その辺ちょっとお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 総務課長、大柳 晃君。

総務課長(大柳 晃君) 区長さんの設置規則の関係でございました。他人を先導するというようなことはどういうことかということですが、私の解釈といたしましては、例えば政治活動だったり、あるいは宗教活動だったり、というものが該当するんだろうというふうに理解しているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) 先導は分かんですけれども、この中であれですね。行政執行に反対する、市の行政執行に反対すると。この行政執行というのは、どの辺に当たるんでしょうね。私が解釈すんは市長の施政方針もこれに当たるんではないかなというふうに思うんですけども、その辺の解釈はどういうふうにしたらいいのでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 総務課長、大柳 晃君。

総務課長(大柳 晃君) 行政区長さんにつきましては非常勤特別職として行政執行に対してご理解とご協力をいただくというのが前提でございます。従いまして、もちろん市のいろんな政策という部分を推し進める場合におきまして、区長さん方との会議等の意見徴集ということも行っていくわけでございますけれども、市のいろんな政策事業推進という部分につきまして、ご協力をいただくというふうに理解をしております。

委員長(伊藤吉浩君) 反対に対してですね。

総務課長(大柳 晃君) お答えします。具体的にどのような形態の反対かという部分の個別の事案の部分で最終的には総合的な判断になるんだろうというふうに理解をしております。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) それでは私の方から一つ例を出させていただきますと、施政方針でも市長は述べておりますし、市で前向きにいっている新庁舎の建設ですね、これに関しまして、一つ例に採りますとですね、仮にですよ、区長さんがこの庁舎建設に反対だといった意見があって、個人的に思って個人的に言う分にはいいです。この職を利用してというの。この前の分ですね。職を利用してというのはどの辺なのか。恐らく区長さんが配布、毎戸して歩く、そのたびに、「こういうことがあるんだけど俺は反対だけども」と言って歩くのは、私は問題があるというふうに思うんです。それとですね。この区長さんが主体として会議をですね、招集をして、この庁舎問題なら庁舎問題の話題を取り上げて、一般の市民の方々を集めてですよ、そこで一般の市民の方々が「私は反対です」「私も反対です」となった場合、その区長さんが「いやあいいことを言った」と、本当にいいことを語ったね、反対という。私は大きな反対です。こういった表明はどうなんでしょうかね。仮にですよ。仮に。これはだから服務に違反しないのかどうか。いいならいいんです。ちょっとその辺お聞きいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) やはり行政区長さんというのは、我々行政を執行していく上で、地域の取りまとめだったり、そういうお願いしているという関係がございますので、やはりそういた服務規程に定めるようなことをやはり一つの規範にすべきあろうと思います。今お話のようにもしそういった例があるのであればですね、当然個人の主張というのは自由でございますけれども、やはりそういった区長という立場を利用するということになれば、多少疑義がございますので、その辺はよく調査をしてみましてですね、問題があればしっかり注意喚起していきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) すいません。さっき忘れましたんでもう一回、協働のまちづくりの関係の中で集会施設整備事業補助金がですね、4,400万ほどあるわけでして、別冊の2の6ページにはですね、新築4件、それから改修が17件の要望が出て、これを予算化しているということですが、これは各ですね、自治会あるいは区長さんの方から上がってきたものを、全部要望を満たしたのかどうか、まずそこから聞きたいと思います。お願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 各種行政区であったり、自治会であったりというような要望につきましては、ホームページ等を通じて募集をさせていただいて、いただいた要望については今年度分期日まで届いている分については、全て今回予算の方を計上させていただいております。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) それで行政区302ほどあるわけですけども、これを見るとですね、トイレの水洗化がですね、多いと、そのほか屋根のふき替えなどがあるわけですが、当然集会所は何かあったときの一時避難場所になるわけですから、この水洗化をやっぱり進めるべきだと思うんですけれども、要望のないのに応えるわけでありませんから、今回はこの部分だと思いますけども、その辺ですね、やっぱり多く人が集まるということであれば、今後水洗化を進めるべきであるというふうに思います。ただ、今言ったように全部吸収しているということですからそれはいいんですが、そうすっとですね、ここ7町が出してんですけども、今日支所長さんが来ていますからちょっとお伺いします。東和と豊里がですね、全然ないのですけども、これはもうほとんどここの表を見ていただければ分かりますが、この改修の部分で水洗化とか十分に満たしているのか、その辺、支所長の立場でですね、その辺どのように思っているかお伺いをしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 豊里総合支所長、大久保 仁君。

豊里総合支所長(大久保 仁君) この補助事業につきましては、過般、区長、それから町内会長会議の際に、担当課の方から説明させていただきました。それで自己負担も伴うものですから、検討されている行政区もあるようでございます。全てが水洗化になっている集会施設、水洗化になっておりません。現在、検討をしている行政区もあるようでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 東和総合支所長、小野寺克明君。

東和総合支所長(小野寺克明君) 東和総合支所の方ではですね、現在2自治会が水洗化をする方向で計画をしているというところでございます。なお、事業についてですね、下水道事業の補助金の活用ということも視野に入れて今、検討しているというところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 今後ですね、これは当初予算ですからですけども、今後こういったことがですね、地区の中で話し合いをされてですね、まとまった場合は、この水洗化についてはですね、積極的に補助をするとこういう考え方でいいのかどうかですね、こちら側にお願いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) ただ今の東和の総合支所長がお話ししたようにですね、改修に併せまして、下水道の集会施設の水洗化の助成金がございまして、企画の方と連携を取りまして、そういった活用ができる行政区については、相談を申し上げまして下水道の施設のそういった水洗化の補助についてご利用いただくという考え方で整理してございます。

委員長(伊藤吉浩君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 下水道の部分につきましては、今建設部長が申し上げましたとおり、その制度でやっていくという部分と、うちの方でも対応させていただいてございますので、申し出があれば、期限内に申し出があればその、翌年度等にできるだけ速やかに配置をしたいというふうに対応したいとは考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかにございませんか。岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) 別冊資料の7ページ、シティプロモーション、(1)で①から⑤までありますが、その予算配分お聞きします。

委員長(伊藤吉浩君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) シティプロモーションの事業でございますが、すいませんお待たせしました。
 シティプロモーションのその動画等については、委託もございまして、その委託費につきましては3,036万ほどでございます。
 その中で、例えば細かくなりますが、都市イメージ調査におきましての一括して払う、お願いすることになるので、積算ということになれば、600万ほどを計上してございますし、動画作成につきましては900万ほど、それから、パブリシリティ活動等につきまして310万円、それから、各種のグッズの作成などにつきましては150万円というような形で積算を見ております。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) (1)の①動画を制作すると。動画を映画館CMにより放映する。費用対効果ですね。どれだけ効果があんのかなと、どこの映画館、全国ですか。そういうところ何か所で放映するんですか。させるつもりでこのくらいの予算取ったんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 放映する映画館につきましては、首都圏で1館、県内5館を予定しておりまして、1日当たり4回、これが14日で6館を掛けますと、366回でございまして、1回あたり30秒を見込んでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) ですから、効果を検証したのかな。やっぱり一般にテレビCMの場合だとそうすると仮にね30秒、そういう比較とかなさったんですか。映画館、「君の名は」みたく売りに売れている映画であれば足を運んでという場合もありますが、その分の比較検討をして映画CMでいこうという、なったかその経過をお知らせください。

委員長(伊藤吉浩君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) テレビCMとそれからこちらの実際の映画館での効果の金額等の比較はしてございませんでしたが、一般的なテレビCMにつきましては、その放送する時間帯、放送する局、それから当然場所といいますか、圏域でも大きく違っておりまして、一般的にはその、この映画館のCMよりも高いと、それから映画館につきましては、狙うターゲットにつきまして、今議員さんおっしゃったとおりのことでございますが、狙うターゲットが絞れるということで映画館を考えたところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) これは担当だけでなく、やっぱテレビCMは高いと。では何ぼ高いのかなと。費用対効果、みなターゲットを絞ったほうがいいのかな。じいちゃんから子供たち、孫たちまで見た方いいのかなと。そういうとこですよ。効果というのは。これだけのお金をかけたらもっともう1,000万を足してテレビで行こうや、そういうやっぱ検討をすべきだと思うんですよ。予算を出す場合は。ねえ市長、違うべか。ご答弁いただきます。

委員長(伊藤吉浩君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) ただ今そのテレビCMと映画館の関係でございますけれども、詳しい両方のですね、積算はしてございませんでしたが、ただ、テレビCMにつきましては、他市の事例でもですね、8,000万とか、1億とかそういった事例も聞き及んだことから、もっとこうターゲットを絞った形で映画館というふうなことで考えたところでございます。
 それでターゲットとして、どうなのかというふうな、いわゆる全ての年代、全てのいろんな方々にですね、一律に流すというふうな方法、それであれば当然新聞とか、あるいはテレビというふうな部分が波及効果というか、広めるですね、手段としてはあるんだと思うんですけれども、ただそれをどう印象に残していただくかというふうな部分を考えれば、当然ターゲットはできるだけ絞り込んで、なおかつ経費も考えた上で展開した方がいいのではないかというふうな、そういった判断でございました。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) やっぱり、新たなね、予算組む段階ですんで、しっかりとやっぱそこを十分精査してっていうかね、比較検討してやっぱ出すべきだなというふうにこう、指摘しておきます。
 大体、映画館のCMが流れるとき、ポップコーンを買いに行って誰も見てないかもしれないよ。やっぱりそういうことも家庭で見られるCM、高いかもしれないけれども、子供たちがあっここに行きたいと言うかもしれないでば、そういうことも念頭に、比較検討調査をしてください。答弁いりません。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。
 それではここで昼食のため、午後1時まで休憩いたします。
 
          休憩 午前11時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時58分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 ここで午前中の相澤吉悦委員質問に答弁の保留がありました。答弁を求めます。市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 午前の相澤委員さんのご質問保留をさせていただいておりました件ご報告をさせていただきます。
   祝祭劇場につきましては、音響設備、音響の盤からスピーカー、マイクまでのワンセットで1区分7,120円掛かってございます。祝祭につきましては、1区分午前中1、2区分としては午後、あと3区分としては夜ということで3回の区分をしてございます。
 仮に各種のイベントですと、前の日の夜の準備で一つの区分、あと当日は午前午後、9時から夕方5時までであれば2区分。合計3区分が必要となってございますので、最終的には2万1,360円が音響設備の使用料になります。
 またこれを操作する方の手配ということも考えられるわけですが、入場料は無料のものについては原則祝祭劇場の職員がそれを担わせていただいてございます。
 また有料公演等につきましては祝祭の方から主催団体の方にお願いしましてそちらの方でお手配をいただくということでございます。なおそちらのオペレーター屋さん民間のオペレーター屋さんの費用につきましては当方の方で把握しかねてございます。大変申し訳ございません。よろしくお願いいたします。

委員長(伊藤 吉浩君) それでは次に岩渕正宏委員の質問に、答弁の訂正がありました。
 説明を求めます。企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 午前中の岩渕委員さんの回答で土地イメージ調査の積算額につきまして600万とお答えしたところでございますが、60万円の誤りでございました。お詫びして訂正いたします。また映画館CMとテレビCMの経費の比較を行ったかというご質問に対して、行っていないが一般的に映画館CMの方が低コストであるというお答えを行いましたが、実際比較をしておりまして、そのことねんしゅつしておりましたので回答させていただきます。首都圏の映画館1館と、県内の5館1回流した場合と、それから首都圏のテレビ民法1局それから県内のテレビ民法4局で1回流した場合の経費の差につきまして、1回当たり90万ほど映画館の方が安くなるという試算がありまして、そのことも含めた上で積算をし検討したところでございました。お詫びして訂正させていただきます。誠に申し訳ありませんでした。

委員長(伊藤吉浩君) 引き続き質疑を求めます。
 質疑はありませんか。及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) まず委員長にお許しいただきたいでありますけれど、残業関係の手当の関係なので、いわゆる全体の課に及ぶ所があるのでそういう形でよろしいでしょうか。いいということでございますので、それではまずあの社会的な問題にもなっておりましたこの時間外の関係でございますけれど。
 登米市においてはですね、時間外をやるときには、上司の確認申し出て、上司の確認が必要というふうに言っておりますけれど、上司とはどれをさして上司としてその、流れがあるのかお伺いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 人事課長、阿部孝弘君。

人事課長(阿部孝弘君) 時間外命令の上司でございますが、所属長ということで一般的には課長ということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) だとすれば例えば教育委員会の幼稚園部局となると幼稚園でもし時間外手当を申告するときはどういう形で行われるのか。それは課長という範囲の中でどういった調整がされているのか。それから例えば保育所についてもどういった形でその流れが、命令系統の流れが。

委員長(伊藤吉浩君) 人事課長、阿部孝弘君。

人事課長(阿部孝弘君) 先程課長と申し上げましたが、幼稚園であれば園長。保育所であれば所長。人事課であれば課長。そういった命令に基づいて時間外を行ってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) そうするとその幼稚園では園長先生ということになるんだろうと思いますけども、それでは幼稚園ごとの例えば時間の格差というものは調整にはならないということでありますね。それぞれ皆単独でやっているということでございますね。保育所もそういった形になっていくんだろうと感じたところでございます。そうするとなかなか全体のバランスと言いますか、体制を見分けることができないように思うんですけれど、その辺の人事管理というものは、適切だととらえているのか。

委員長(伊藤吉浩君) 人事課長、阿部孝弘君。

人事課長(阿部孝弘君) 幼稚園で申し上げれば、教育費の中で幼稚園費ということで、1本で時間外の勤務を、時間外勤務予算を持っております。総務であれば総務管理費ということで持っておりますので、そういった幼稚園間の調整ということは可能でございます。それから毎年度ですね、業務量の調査をしておりまして、各課長から業務の状況を確認しておりますので、それも含めて次年度の時間外勤務の予算に反映させているということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) 予算的な配分に関してはそういった形で見ながらやっているということでございます。ということで分かりました。
 それではいわゆる今回様々な問題が起きている部分で登米市におけるそういった実態というものは心配されるところなのであります。
 27年度の実績の中で400時間を超えるのは市民税関係で8人。それから福祉関係で2人。それから児童福祉で1人。子育てで1人ということで、いわゆる400時間を優に超える方々がそこに27年度あったわけでありまして、過重労働、それから良好な労働環境の整備、そういったものはですね、28年度においてどの程度そういったものに対する配慮を考えておるのか確認させていただきたいと思います。なぜかというと、病気休暇が29年の2月の状態で病気休暇が11人。それでメンタルが4人。休職4人のうちメンタルが2人というふうに、具体的にそういったものも見え隠れしているものですから、29年度に向けたその辺の体制の整備の考え方労働環境の整備どのように考えているかお願いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 人事課長、阿部孝弘君。

人事課長(阿部孝弘君) 時間外勤務の極端に多い職員がいるということでございます。委員おっしゃった通り400時間の職員先ほどの所属の方でそのようにございます。我々としてはですね、そういった係の業務をなるべく平準化して、個人であまり偏らないような係、あるいは所属長の業務配分ということで申し上げております。
 28年度になって、一部改善の傾向にあるというふうに考えております。それから税務課の例もお話しいただきましたけれど、税務課につきましてはちょうど今の申告シーズンということで、どうしても時間外勤務がこの時期多いということでその改善についても任期つき職員等の採用でですね、調整をしているということでございます。
 それからそれに伴って病気休暇。特にメンタル職員がいるのではないかということでございます。これにつきましては個別にですね、職場復帰への対応を取り組んでおりますけれども、個別対応だけでは立ちゆかないということで、登米市の組織として衛生委員会と言うことで、職員の心身の健康をですね、組織として守る委員会がございます。こちらの方に平成29年度産業保健推進員を設置いたしまして、具体の組織的な取り組みについてもですね、個別の取り組みに加えて、取り組んでいくということで考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) 課によって、職種によって、そのばらつきがございます。今答弁にあったように税務課に関してはやっぱり集中的なものがあったり、それは分かるわけでありますけれど、ただ恒常的に毎月ずっとこういっている状況の中では、そういった配慮、人事の配慮、さらには労働環境の配慮をしっかりしていくことが重要であるかと思いますので、29年に関しては、意を留めてしっかりその辺の対応策をとっていただきというふうに思っています。
 一方この予算に関してはその配分として3%程度の時間外手当の配分を予算の中では、しているようでありますけれども、この28年度の4月から10月の勤務実績の一覧を確認しますと、例えば4月から10月の中で、新田保育所が5時間。それから児童館が6時間。1人当たりですよ。それから子育て支援センター豊里石越が8時間、6時間。それで、例えば西部学校給食センターが143時間。ところが北部は7時間。津山は0時間。こういったこう、ばらつきが非常に大きい。
 そういったものもしっかり見据えた形で、配慮の方をして欲しいと思います。これと我が議会6月と9月にそれぞれ発生してまして、6月が15時間。9月が25時間でということで40時間。そうすると対象人数が5人ですから8時間ということになります。
 3%程度の配分というふうな平均の配分ですけれども、議会の場合は、1%。こういったことはですね、例えば議会に関しては通年議会制度が取り入れられて非常に職員の方々も、それから議会が活発になればなるほどそういったところでのその、仕事の量も増えてきて、こういった前からの踏襲型でない部分への配慮そういった仕事量をですね、是非精査していただいて、そういった配分についてもある一定量の平等性というものも保ちながらですね、仕事をしっかりしていただくような配慮について、お願いしたいと思いますけれど、その辺についての考えをお伺いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 人事課長、阿部孝弘君。

人事課長(阿部孝弘君) ばらつきが多いということで例を出してご紹介をいただきました。組織としての対応といたしましては、先程申し上げませんでしたけれども、子育て支援課の例もございまして、こちらは認定こども園化等々でですね、業務が非常に増しているということもございます。こちらの方は新年度できればですね、係を2係から3係体制に再編をいたしまして、人的にも投入したいと思っております。それから保育所、幼稚園等、あるいは給食センター等でございますが、この実態私も詳しく承知しておりません。いずれにしても議会の方も含めてですけれども業務量調査の在り方、あるいは仕事の実態の調査、そういったことをですね、もう少し念入りにすべきだなと思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 他に質疑はありませんか。
 これで1款議会費、2款総務費の質疑を終わります。説明員の入れ替えの為、暫時休憩します。
 
          休憩 午後1時15分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時19分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、3款民生費、4款衛生費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 3款2項1目こども園施設整備事業についてお尋ねをいたします。
 新年度、佐沼、登米のこども園整備事業を予定してございまして、それぞれ事業費等々補助金、あるいは市独自の上乗せの支援補助金も計上してございますが、二つのこども園の対象児童数ですか。100名と140名。床面積も園庭の広さについては若干の差がございますけれども、私がお尋ねしたいのは、市が独自に上乗せする支援補助金の大きな差異がございまして、いろいろ算定基準があろうかと思うんですが、制度補助金の補助基準額、この下の方のB欄ですか。これの大きな差異があるわけなのですが、これはどういうような算定の割合でこのようになったのか。我々は同規模あるいは園児数が多いとなるならば、登米の補助金の基準額っていうのBでございますか、これ大きくもっと数字が上がるのではないかというふうに思慮するところでございますが、取りあえずそれをお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 市の上乗せ部分の差異ということでございますけれども、園児数は確かに100人と140ということで違うんですが、この中でそれぞれの保育所部分、幼稚園部分の定員の基準というものがございます。そういった関係でそこでのまず差異もございます。さらにですね、市が独自に上乗せする部分でございますが、補助対象経費と補助基準額の差の4分の3ということにさせていただいていますけれども、補助対象経費として見る部分が両者若干違う部分がございます。一方ですと、土地を借りるということも補助対象経費に含まれることになりますので、土地の貸借加算というのも付いたりしますし、もう一方の方は、土地を借りるというのは市で用意した土地以外に職員の駐車場、送迎の駐車場として独自に借りるという部分での貸借でございます。
 そういった部分での加算もございますので、その加算は国の補助の方で基準額の中で見られるということがありまして、トータルとすれば市の上乗せ部分、それから制度補助分、合わせますと同じなんですけれども、若干持ち出し部分で、市の方が減って国の方が増えてくるという状況がございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) いろいろ、そうするとですね、この13ページの下のBの欄ですが、2億6,900万何がし、次の14ページはB欄が2億2,900万、この大きな差は今具体的に今、算定基準額がございましたが、土地を借りたり、あるいは買い上げたり、あるいは土地が市の土地さ建てれば少ないとか、そういう何ですか、具体的にこの差の何、園児数はかえって逆に登米の方が140名、佐沼は100名なんですが、本来ならばこっちの基準額が多くなるべきではないかというふうに思うわけですよ。素人考えでは、具体的な定数は分かりませんが。ですから、同じようなふうにしてあげたいから市から方や127万、登米は3,000万出すと、これをやはり平準化して市でいくらかも出さないで、国、県からのこういう補助とかさまざまなものをいただいて同じ規模でやるものですから大体、そういうふうにならないものかなということです。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 補助対象経費として国の方で見る部分がございますので、その補助対象経費の差がこの二つの認定こども園では出ているということで、補助対象経費として見る部分が多ければ、それなりに国の方からも補助が来るということで、市の持ち出し部分が減るという状況になりますし、逆にその事業費は同じなんですけれども、国の方からのそういった基準額加算制度補助金分が来ないということであれば、上乗せ補助の制度上、その4分の3の部分が大きくなるということでございます。
 あと幼稚園定員の違いにもよります。佐沼こども園ですと、幼稚園店定員が20人ということで、20人の基準がございますし、登米ですと10人ということで10人の基準、それからその保育所についても100人と130人ということでそこでも国の制度補助の基準額が結構な額で違うという状況でもございます。

委員長(伊藤吉浩君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 単純に計算しますと4,000万違うのですよね。その分足りないのを市から上乗せする3,000万、あとは100万。ここを何かね、そうしますと幼稚園児が20名で、10名となると、幼稚園児の方のそういう補助対象となる基準額というのは、高いんでございますか。
 例えば、今度は保育園は100人以下と100人以上となると、基準額の単価と申しますか、そういう差異はあるのか。その辺をもうちょっと後でいいですから詳しくこの差異となるようなのはどこの分がどうなるのかお知らせをいただきたい。今、申し上げたいのは、同じようなものを整備するのにこのように市からの持ち出しがこのように多額の差が出ると、やはり、こういうものはやっぱりしっかりと国、県からこちらの事情等々も話して、いくらかでも市の持ち出しが軽くするような方策はなかったのかという疑義があったので質問をしたところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 説明不足でございました。先ほど幼稚園の児童数ですけども、20人と10人で違うと申し上げましたが、20人までは同じでございます。4,520万という基準額がございます。保育所部分で佐沼こども園ですと1億900万ほどになりますが、登米こども園ですと1億3,000万ほどになります。
 それに、さらに佐沼こども園ですと、土地の貸借加算という部分が、この部分が違うんですけれども、これで2,800万ほどの加算が付くということでございまして、そういった関係で市の持ち出しが減ってくるというようなことになり、市の持ち出しといいますか、上乗せ補助が減ってくるという形になります。

委員長(伊藤吉浩君) よろしいですか。浅田 修委員。

14番(浅田 修君) 別冊2でやりたいと思いますけれども、17ページのですね、迫児童館の整備についてでございます。
 素晴らしい児童館を建てるのかなというイメージが浮かぶんですけれども、8億のこの施設でありますけれども、児童館で8億というのは我々にちょっと想像つかないのですけども、延床面積で1,500平米の中でですよ、平米当たり53万円も掛けて、いわゆる坪当たり普通我々民間建てるときのこう、比較検討するんですけれども、坪当たり175万も使って建てるというこの児童館でありますけども、これ、工事請負費の本体、外構でポンと8億のっけているんですけれども、これだけで納得しろという方が間違いではないかなと思うんですけれども、どうでしょうか。
 ちなみに、先ほどもお話しあったんですけども、こども園なり、何なりは建坪から見れば、平米27万ですか、その倍掛かっているということでございます。ちなみに昨年度まではですね、計画の中では総合計画の中でも最初5億円の計画が一気に今年で8億円になっている。どうなんでしょうこれ。もうちょっと具体的にですね、詳細な金額なり、何なりを提示してもらわないととっても納得出来かねる状況でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) 詳細な内訳はちょっと私準備してこなかったもんですから、大変恐縮なんですけれども、全体的な考え方をちょっとお話申し上げたいというふうに思います。
 今回類似した施設といいますか、こちらの施設、迫児童館さらにはこども園の方の部分でですね、それぞれ事業費おっしゃるように、外構の工事等も含まれますので、具体的には迫の児童館につきましては、恐らく坪当たり約140万ぐらいの費用が掛かるのかなと、そして、こども園の方はですね、約80万から90万ぐらいの坪当たり単価というふうに思ってございました。その具体的な差につきましては、こういった建物につきましては、木造でも構造が違いますと、ある程度金額が違うくなってきておりまして、約1,000平米ぐらいを目安に、かなり差異が生じてまいります。そういった構造的な場合によっては構造材の違いとかですね、迫の認定こども園につきましては、大断面の修正材を使用したり、そういったさまざまな部分での建築確認上の仕様の部分で大きくは違ってきているというふうに思いますが、ちょっとこまい内容についてはちょっと説明不足して恐縮ですけれども、大まかにはそういった考え方での内容でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) でありますから、ちょっと納得できないということなのしゃ。5億から8億まで上がっていると。ね、でしょう。総合計画の中でも実施計画の中でも。3億も一気に上げてだよ、これをさらに延床面積でただ単純に割ったんですけれども、150万もなっているというような中でですよ、175万ですね。
 そういう本当にどのような計算だか分かりませんけれども、その説明で納得できっぺがね。私はでませんよ。もうちょっと具体的にですね、児童館を作るなという話じゃないんですよ。児童館は必要なんだから、これは造っていくべきというんですけども、8億も坪当たりのこのような単価を使って建てるというそもそもその考え方ですね、納得できかねます。もうちょっと具体的な説明ないと納得できませんね。

委員長(伊藤吉浩君) 答弁を求めます。子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 当初実施計画に登載した際には、類似の施設の平米単価を持って計上したところでございます。今回の迫児童館の建設に当たりましては、詳細な設計に加えて、さらに迫という現在待機も出ておりますので、若干150人を収容できるような子育て支援も含めた形での施設ということで、大きくなったということもございます。もう一つ遊戯室の部分でも250平米ほどの、ほぼ小さい体育館ぐらいの設備があるというようなことでも設定してますので、そういった部分で単価的にも上がったのかなというふうに考えているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) だから、そういったただ口頭での説明で全然分からないということなのさ。委員長、もうちょっとそこの点、休憩してもらって話煮詰めてください。

委員長(伊藤吉浩君) それでは暫時休憩いたします。
 
          休憩 午後1時34分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時38分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 答弁を求めます。建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) 大変失礼いたしました。積算している根拠がございまして、その内容を分かるような準備をこれからちょっとさせていただきます。今日間に合うようでしたらば、今日出させていただきたいと思いますし、ちょっと間に合わないときには明日の朝に報告をさせていただきたいなというふうに思います。

委員長(伊藤吉浩君) 浅田委員、よろしいでしょうか。
 じゃあその辺急いでよろしくお願いを申し上げたいというふうに思います。
 それでは、中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) 私も関連でございますから、まず迫児童館の方からいきます。
 これ実は国ですね、国で国庫補助金、基準単価というのを既に示してんですね。この迫児童館の1,500平米を超える児童館については、B型児童館という括りでございまして、基準単価が53万5,414円なんです。掛けるこの1万5,002平米を掛けると、この金額になるんですよ。
 それはそういう意味では、大きな括りの中での予算措置というのはこういうものかなと実は私としては判断して、あとは実際にはですね、入札等々、その段階の中では詳細設計の中での金額はまた変わってくるかなというように私としては捉えたところでございました。
 ただ、問題なのはですね、この事業費の中で、こういうのがあるんですよ、もう。国でもう示してんですね。こういう国が示している基準単価、補助事業の単価というのあって、それを目安に平米をはじくと、概ねこうした単価だというふうなことだと思ったわけでございます。
 しかしながら、この仕様に当たっては、要するに木質化とか、さまざまな括りがあってこの補助、要するに財源の捉え方はまた別なんですね。額としてはそういうことでありますが、その財源をどのようにこう求めるかというふうな部分については、またいろいろとございますから、そのどのような形で造りたいんだという詳細がまず必要だと。方針が必要だと。その方針に沿った、要するに財源の手当てになっているのかというふうなことです。
 それからもう一つは、かなり大きいクラブになってます。国としては、あまり大きな施設を進めていないというのもあります。従ってその150人を一クラブとして捉えるのか、あるいは50人が三つの部屋になっておりますから、これを3クラブとして捉えるのかでこの補助の形というのも変わってくるということです。要するに大きな施設に対して補助は非常に薄く、小さな施設に対しては補助が厚いというのもありますので、こうした施設のですね、運営の中身、あるいは建設の中身というのがどうなのかというようなことが、この事業が適正なのかどうかというようなことの審査になるのかなと思いますので、合わせて私としてもその辺の資料というか、考え方をお尋ねしたいと思います。今でなくていいからね。時間ないから。
 それから、次こども園のことでございます。こども園についてはですね、かなり大きなこども園になりますけれども、幼稚園の人数が非常に少ないというのが、登米市の認定こども園の大きな特徴でございます。ほとんどが保育園ですね。1号、2号の皆さん、3号認定の皆さんの人数が極めて少ないということになります。そこでお尋ねしますが、この認定こども園にしたことによって、要するに学校になるわけです。この幼保連携というのは今までの保育園とは違って新しい学校になるわけです。その学校になることを皆さんが選んだんですね。そのことによって、じゃあこうしたことがどのような幼児教育の充実やそのような形に登米市としては変わるのかと、この事業を通じてどのように変わるのかというふうなことだと思うので、そうした市民の皆さんにこんな形が変わるよというふうなことをどうお知らせしていくか。あるいは一つ一つの園が幼児教育にどのような特徴を持つのか、私の園はこんな特徴です。私の園はこんな幼児教育を行いますよというようなPRをこれからはしてくださいというのが国の方針でもあります。ぜひですね、そうした特徴を表したものを教えていただきたいなと思っております。これも後で、資料でいいですので、よろしくお願いいたします。
 それから、次は敬老事業についてお尋ねします。敬老事業、敬老事業についてはですね、平成26年までには75歳まで一人2,000円ですね。平成27年から76歳からでした。平成27年からは77歳で2,000円になってございますが、実はその、ここ2年、3年経ってですね、うちでは75歳以上からだと、市からもらいますけれども、残りは町内会とか、そこで出しているんですと。だから、実際にやられている敬老祝会というのは、75歳以上からなので、2,000円にこだわらず、75歳以上からと、要するにある予算の中で皆さんが集まる機会をきちんと作ると、その方が有意義ではないのかと。2,000円に固定して年々年齢を上げるよりも、金額は例えば1,800円になっても75歳という皆さんがみんなで集まる。そういう機会をつくることが、本当のその祝金事業の精神そのものではないかというような市民の皆さんの声もありますので、そのことについてどう考えられるかお尋ねしたいと思います。
 それから、最後に衛生費についてお尋ねしたいと思います。
 衛生費はですね、これも後で、資料で構いませんので教えてください。これは夜間の休日業務をこう、診療業務ですね。夜間子供たちが熱を出した。いろんなことで休日夜間業務を民間の先生方にお願いしています。あるいはですね、大崎病院であったり日赤病院の方にも救急救命センター等々お願いしてますが、これあの、市内のお医者さんが足りないからすぐみんなそっちに行った、行ったと言われて不満もありますけれども、実は私どもとすれば、地元もきちっと使えるし、大崎も使える、石巻も使えるということで、考えようによっては非常にいいことですね。でその、そのお金もたくさん多額を出していますので、ぜひPRしてもらいたいんですが、これ何人をこう予定しててね、一人当たりこうどれくらい掛かっているのか、むしろ市もいっぱいお金を出していますから、そういうときは胸を張ってどうぞ使ってもらいたいということもありますので、その金額もですね、どの程度の利用者があって、一人当たりとしてはどの程度、実は負担しているんですということをぜひ教えていただきたいと思います。これは資料請求ということで、後でいいですので教えてください。
 敬老祝金だけどうぞ回答していただければ有り難いです。委員長。

委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) 敬老行事につきましては、今議員さんおっしゃったとおりですね、27年度からということで年齢を段階的に上げてきたところでございます。それを数年前に検討する際に、いろんなご意見もございまして、結果的には年齢を上げるということで、金額を一定でということにさせていただいたところではございます。ただ、今後ですね、在り方というのはですね、敬老行事はもちろん推進していきたいと思いますけれども、そのやり方、あり方については、この間も申し上げたと思いますが、参加率の問題とかですね、浸透させていくというところもございますので、そういったところも含めながら、本来どういったやり方、運営の仕方、推進の仕方がいいのか、ちょっと検討をさせていただきたいと思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 中澤 宏委員。

9番(中澤 宏君) そうですね。市も良かれと思ってやったというふうなことでもありますし、また実態を見れば参加者が少なかったりという補正でね、そうしたこともありましたので、こっち側だけの一方的でなくて、ぜひ当事者になる皆さんとも相談をされて、よりよい敬老事業になるように期待したいなと思っております。市長からもたくさんの対象者の皆さんがいますから、時間をいつまでも掛けるというふうなことでなくて、私としては早急な取り組みが必要ではないかと思いますが、市長どうでしょうかね。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 市民の皆さんからのたくさんのご要望やご意見もいただいております。そういった意味では、高齢者の皆さんが本当に楽しみにしておられる行事だということ、我々も受け止めておるところであります。そういった意味では、どんなふうな取り組みができるのか、それは多分何回かキャッチボールをやっぱりしていかなければ、結論としては出てこないんだろうというふうに思いますので、しっかりとその辺の部分は、例えばそういった皆さんとですね、意見交換をさせていただいて、結論を導いていきたいと考えております。

委員長(伊藤吉浩君) ほかにございませんか。工藤淳子委員。

5番(工藤淳子君) 私も認定こども園と児童館についてちょっと何点か伺います。
 まず、認定こども園4か所、3か所ですか。そして、みどりご園は認定こども園じゃなくて、認可保育所みどりご園の施設整備となってるんですけど、今まででてきた中身では、ここも認定こども園かと思ってたんですけど、そこは違うのかどうかと、あと4月時期もいつ開設、4月からて前にはなってたと思うんですけど、その辺を確かめるのと。
 それから、私は建物じゃなくて、今中澤委員もそれぞれのこども園がどういう形の保育園になっていくのかというのが注目されると思うんですけども、本当に今までやってきた幼稚園、従来の保育園、幼稚園がやってきたその体制とは全く違う対応、一緒にした形になるんで、果してどういう保育がされんのかなと思うんですけども、これからますますそういうのがいっぱい出てくると思うんですけど、今は建物の建設でちょっと一杯なのかなと思うんですけども、この認定こども園は、例えばですね、具体例を挙げると、朝早く登園する子供は保育で、そして一定の時間の真ん中の時間は幼稚園の子供は教育、そして帰る夕方近くなると保育というこう、何かつぎはぎ的になるこう、部分がどういうふうにこう流れていくのかなあと思うんで、その辺の検討、子供たちがこう一緒に生活保障される遊びとか、保育の配慮がこう話し合われてるのかどうか、認定こども園の考え方がどうのこうのというそういうんじゃなくて、やはり、子供全体が私もちょっと分からないんですけども、どういう生活が保障されるのか、その辺の考え方を聞きたいと思います。また、今回は出てきませんでしたけど、前の認定こども園、豊里の認定こども園は、今回出てきたのは100人とか120人なんですけども、確か200人規模の保育園ということが出てたと思うんですけど、この規模については変わりないのかどうか。
 それから、迫児童館には、定員が150人と今いろいろ出ましたけど、職員の方は何人ぐらいの規模になるのか、まずその辺お願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 大きく分けまして4点ほどかなというふうに思っております。
 まず1点目のみどりご園の認可保育所ということでの今回の当初予算への計上でござますけれども、あくまでも私立の認可保育所が定員拡大を図りたいということで、私立からの要望によりまして、登米市でも現在待機児童もございますので、そういった面からこの事業に取り組んでいただくということでの予算計上でございます。開設時期につきましては、29年4月ということで園舎の方もほぼ完成しているのかなというふうに報告を受けております。
 それから2点目の従来の保育園、すいません。来年の予算ですので30年4月の開所でございます。大変失礼いたしました。訂正いたします。
 それであと、認可保育所の朝早くから来る子供、それから真ん中の子供、帰る子供ということの区分でございますけれども、ご案内のとおり、保育の必要な子供については、朝7時半から夕方6時半まで11時間見ることが標準でございます。そういった中でその中で、3歳、4歳、5歳については、教育も受けられるということで保育が必要なく教育も受けられるということで、保育所の子供と一緒にその幼稚園の子供も午前中なり、1時頃までの時間については、共通の授業で共通の保育で一日を過ごすということで、保育が必要のない子供については、そのまま午後には帰っていただくと、最近ですと預かり保育を使っている幼稚園児も結構おりますので、そういった方々については、夕方までいることも可能になるということで対応することになります。
 それから、豊里認定こども園の関係でございますけれども、200人規模ということで想定しております。現在公募中でございますけれども、公立の幼稚園、保育所を合わせると約210人ちょっとぐらいになります。現在の人数で申しますと、それぐらいになりますので、その一体施設という形での計画でございますので、合わせた形で200人ということで設定して公募しているところでございます、
 それから、迫児童館の職員数につきましては、児童クラブの部分については、30人を一つの支援の単位ということで考えておりまして、30人当たり2人ずつの指導員、1人は有資格者、もう1人は資格のない方でもいいんですけれども、2人ずつを基本として考えてますので、5クラスございますので、児童クラブ部分で10人。それから、ローテーションの関係もございますので、それにプラスアルファした形でローテーションを組めるような職員数になるということを想定しております。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 工藤淳子委員。

5番(工藤淳子君) それでは、まず、みどりご園なんですけど、みどりご園はあくまでも私立保育園、民間の保育園ということで認定こども園ではないんですね。そういう位置付けなんですね。
 それから、認定こども園の規定は分かるんです。そういう流れになるというのは分かるんですけど、片方はお昼を食べると帰る子、寝る子、そしてざわざわした環境の中で本当に一定の安心した保育を続けるというのは、かなり、保育所のそれぞれの持ち場で専門家なんですけども、大変だろうなあと思うんで、その辺の配慮を今からまだちょっと時間があるんで、具体的なところは分かりませんけども、その辺の検討もぜひこう一緒になって市の方も考えていただきたいなと思います。親の就労によってバラバラの子供たちの集まりになる保育園なんで、その辺は配慮する必要があるんではないかなて思います。
 それから、豊里の認定こども園200人規模ということで、私も出たときにこう、多すぎるんじゃないかて質問したことあるんですけども、厚労省のこの社会福祉施設調査って15年にあったんですけど、それを見てみると、全国の保育所などの規模を見てみると、今までの保育園なのですけども、やっぱり80人から90人、それから認定こども園でも120人から150人が多いという、なってます。200人以下の施設が圧倒的に多いという、そういう例が出てました。なんでそういうのかなというと、やっぱり認定こども園になると、乳児がいたり、障害者がいたり、それから発達に弱さを持っている子供、そしていろんな場合に対応の低いそういう子供たちがいるんで、そういう子どもたちとの関わりが懸念されることとか、あと災害時、私が一番心配するのは、災害時の避難をどういうふうにこう、大きい子から小さい子どもまでできんのかなというのは、ちょっと懸念されるのでその辺はよく規模についてもよく考えて検討していただきたいと思います。
 それから、児童館の方は10人ぐらいていうんですけども、教育民生の方でやった2月14日に渡された教育委員会の資料の中に、その放課後児童クラブの概要というのが載っていて、その中には児童クラブと子供教室を一体化する方針でこれからやっていくということで、迫の児童館もそういう形になると思うんですけど、その中には今までは保育士だったんですけど、放課後児童支援員という形で載ってますけども、2名配置、支援ごとに、タイごとに2名配置し、全員が非常勤職員となっているてなっているんですけども、ここは今の話だと1名は有資格で、もう一人はいいということでなっていると、その辺の考え方お願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 1点目のその、ざわついた中でお昼寝する子、帰る子供というような中で、そういった過ごし方の配慮ということでございますが、今回民間の方で認定こども園を建設していただくわけでございますけれども、民間の方々もそれぞれ先進地を見てきた経緯もございます。私どもも1回見てきた所もあるんですが、それなりにといいますか、そういった配慮もしながら運営している所がほとんどでございますので、その辺については、今回建設する認定こども園についてもお昼寝する子にも配慮をした中で進められように話していきたいというふうに考えております。
 それから、2点目の認定こども園の規模でございますが、宮城県内の規模を見ますと、200人、中には300人といったような規模が多い状況でもございます。決してその200が多いということはないのかなというふうには考えております。要は十分な保育士が配置できれば適切な運営ができるのかなというふうに考えておるところでございます。
 それから、児童館の職員ということで、先ほど10人と申しましたが、あくまでもその児童クラブの部分でございまして、あと児童館に携わる職員もプラスアルファで何人かおります。それから子育て支援センターという機能もありますので、そういった部分でも2名ないし、3名ぐらい必要になってくる状況でございますので、児童クラブの人数の職員に限って言わせてもらえば、最低10人という形での答弁でございます。
 子供教室との一体ということでございますけれども、佐沼小学校につきまして、今子供教室は開設しておりませんので、新しい迫児童館ができたとしても、すぐにその子供教室という部分には取り組むのはなかなか難しいのかなというふうに思っているところでございますので、子供教室を立ち上げたうえで、児童クラブとの一体的な放課後の運営をして行くということを目標にしているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 質疑の途中でございますが、ここで10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後2時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時09分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。工藤淳子委員。

5番(工藤淳子君) 前の答弁の中で、この子ども園がスムーズに行くというような感じの答弁がありましたけど、全く違った施設で幼稚園も保育園も別々の施設が一緒になって保育する。そして保育園は朝早くから夕方7時ごろまで、見る方も保育士の方も朝早く来て早く帰る。それから遅く来て、夕方まで最後まで見る保育者。そうやって交代制で見る中で、保育士がそろえばいいんじゃないかということはちょっと違うんじゃないかなと思います。今から、30年度からですかね、開設になるんで、幼稚園と保育園の職員とか、そういうので話し合い、連携した話し合いが、今からやっていかないとほんとにこう、子供たちが混乱するんじゃないかなと私は思いますので、その辺の検討をしっかりとやっていただきたいと思います。
    それから保育士の待遇問題が昨日の総括、それから補正予算のとこでも出てきましたけども、この放課後児童クラブの放課後児童支援員という方たちの勤務の内容を見てみると、教育民生で出された資料では27年度からこの、児童支援員が集まらないために小中学校の補助教員とか幼稚園講師の方も含めて併任で配置しているっていうことがありましたけれども、ここでもやっぱり保育していうか、講師の方とか教員の補助員の方もつぎはぎにこう、使われているのかなて、まあ仕方ないと、募集しても集まらなければ、しょうがないと言われればしょうがないんですけれども、でもこういうやり方はいつまでもこう、保育園なり児童館なり幼稚園続けていたら、これは独自に本当にここで待遇改善しないと、ずっと何年も国の言うとおりにやっていたら、私は続いて、本当に子供たちが大変なことになるんじゃないかなと思います。
 実際に、幼稚園講師資格を持っている方も何年か前にこう言って、児童館の方にやられるんで、資格を持っているけれど辞めるって、本当に一般事務に移る方が結構いたりしてるんで、この辺はしっかりと考えていただきたいと思うんですけど、市長の方からお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 幼稚園の先生と保育所の先生の十分な話合いを持ちながら、ということでございますけれども、今回民設民営での認定こども園化ということでございます。そういった関係で、今保育所なり幼稚園に勤めている非常勤の先生方については、そちらの民間の方に、あくまでも本人の意思が大事でございますけれども、そういった部分で、行って勤められる方についてはそちらの方に勤めていただくということも事業所と、に話しながら進めているところでございますので、そういった部分での連携といいますか、を取られる部分もございますし、それからその、開所の前の1か月2か月については保育所、幼稚園との交流を持つことにもしております。そういった中でスムーズに新しい民間の事業者の方に移行できるのかな、というふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) ほかの児童支援員の関係でございますけれども、支援員につきましては、その、今、新制度が終わる平成31年以降は放課後児童支援員という資格がなければできないという状況でございますので、そういったところで、今の非常勤さん方にはそういった研修に、年次計画で受けていただきながら最終的には32年から放課後児童支援員という形で確保といいますか、任用しながら進めるという流れで取り組んでいるところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) よろしいですか。熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) それでは概要の60ページの老人福祉費についてでございますけれども、この中でですね、外食支援サービス事業委託料、それから同じく食の自立支援事業配出サービス事業の委託料、それから介護用品支給費が前年比と比べてかなりこの三つ増額となっておりますので、一点目その理由をお伺いいたします。
 それから同じく60ページで、老人クラブ助成費についてでございますけれども、登米市老人クラブ連合会補助金というのはこれは、昨年度と同額となっておりますけれども、その下の単位老人クラブ活動補助金というのはこれは2年連続で減額となっておりますので、これにつきましては減額の理由ですね、これをお伺いしたいと思います。
 それから77ページに、住宅用新・省エネルギー設備導入支援事業費ということで、これは、今年度と同じ金額計上なっておりますけれども、この実績ですね、今年度、今現在っていいますかの途中の実績、それから昨年度の実績が分かりましたらお伺いをいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) まずあの何点かございまして、まず外出支援サービスの委託料の増額分ということでございます。
 これにつきましては、外出支援のサービスにつきましては、利用される方登録していただいて、あと通院とかそういったことに利用していただいております。
 外出支援の際に、利用している車両5台、今利用しているんでございますが、そのうちの1台ですね、更新ということで、その部分の増額がございます。
 それから食の自立支援事業費でございますが、こちら配食サービスでございます。こちら週3回を限度に希望者にですね、利用していただいております。申込みされる、利用される方が増加しておりまして、その見込み分を、増加の見込み分を増額させていただいております。
 それから介護用品支給、こちらは常時おむつ等をですね、利用される方に対して、利用する方の家族に対してのその介護用品の支給ということですが、こちらにつきましても利用される方、特に、が増加えているということで、今回増額させていただいております。
 それから老人クラブの助成の関係でございます。単位クラブの活動補助金が少なくなっているということでございますが、こちらにつきましては、老人クラブのですね、活動されている単位老人クラブですけれども、こちらが、ちょっと減少傾向にございます。単位クラブもなんですが、その活動される方々も減少しているということで、どういう形かで、老人クラブ活動することで生きがいですとか、それが健康づくりだとか介護予防にもつながるということで、推進していきたいとは考えておりますが現状で、その減少傾向ということで、補助金につきましてもそれの見込みということでこのように計上させていただいているところです。

委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 住宅用新・省エネルギー設備導入支援事業費補助金について、でございますが、昨年度までは住宅用太陽発電システム設備補助金ということで実績といたしましては108件になっております。今年度につきましては、2月22日現在でございますが、太陽光発電につきましては107件、蓄電池につきましては19件、まきストーブ及びペレットにつきましては、7件の申請がございます。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) それではこの単位老人クラブ活動補助金の、今、減少傾向ということでしたけれども、この金額の算出といいますか基準が、計算方式あると思うんですけれども、それについてお伺いをしたいと思います。

委員長(伊藤吉弘君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) 単位老人クラブの活動補助金ですが、単位クラブごとの会員数に応じまして、補助金額を定めております。10人から29人までが3万5,000円、それから30人から40人が4万5,000円、41人から60名が5万5,000円、あと61名以上が6万円ということで基準を定めております。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) それではあの、住宅用新エネルギー・省エネルギー設備について、でございますけれども、やっぱりあの、ペレットなんかについても私もたまに聞かれたりするんですけれど、やっぱり意外とまだまだ知らない方が多いのかなという感じているところでございますので、今後の周知の仕方についてとかですね、その辺あたりの考え方というかそのあたりをお伺いします。

委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 周知方法につきましては今年度4月号と10月号の広報の方で周知いたしましたところでございます。
 なお、ホームページの方にも掲載しているところでございます。そのほかに成人式の会場、それから産業フェスティバルの会場、それから1月に行われました野生動物と集い等の会場におきましても、パネルを展示して周知チラシを配布するなどの周知方法を取っておりますけれども、なかなかまだその辺十分ではないのかなと思いますので今後なお周知方法につきまして検討させていただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 東佐沼子ども園の施設整備事業の概要の中から、待機児童の解消を図るために認定こども園は必要でありますが、用地取得価格が土地購入費3,198万円、5千平米。それから盛り土工事4,195万円。この土地は不動産鑑定士か依頼して出た価格なんでしょうか。
 それからもしあの、これ以外に土地の用地、別の場所、市の遊休地そういう施設、画策あたり探しましたかどうかお伺いします。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 沼子ども園につきましてはこの場所のほかに5か所ほどリストアップしまして、それぞれについて検討したところでございます。そういった中で一長一短ございまして保育環境として好ましくなかったりとか、農地法の関係上なかなか取得が難しというとこもございますので、ここが、近くに小規模保育事業所もあるというようなことで、適地ということでここの新駒木袋地内で判断したところでございます。
 それから土地取得の価格につきましては、固定資産評価額を割戻した形での金額から造成費を引いたということで、この金額設定にさせていただいたところです。鑑定評価につきましては、今、より的確な価格かどうかということを判断することも含めまして、今不動産鑑定へかけているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 今、不動産鑑定士にかけて、この値段はそうすっとどこから積算したんですか。不動産鑑定士が、これ、別な価格出る可能性があるんではないでしょうか。
 それから5か所全てこの価格より購入あるいは盛り土工事含めて高かったんですか。トータル的には。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) この金額につきましては、固定資産の路線価の割戻しという形での単価から造成工事分を引いたということでの設定でございまして、不動産鑑定の金額ではございません。それからほかの5地区につきましては、事業費を積算する前の段階で適地じゃないだろうという判断でございました。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。氏家英人委員。

4番(氏家英人君)  別冊資料の22ページ、生活保護の関係でちょっと聞いてみたいなあというふうに思います。保護率なんですけれども、平成28年度、今年度8.14ということで、これは人口千人当たり8.1人が受給してんですよということなんでしょう。
 この保護率というのは県内自治体、34自治体の中でランキングでいえば何位になっているのか。ちなみに宮城県として捉えれば47府道県中宮城県は24位です。千人中11.8人ということで、平均は13.8人。保護率が一番高いのは大阪で33.5人。1番低いのは富山県で47位、千人当たり3人ということになっていますが、本市は宮城県内で何位になっています。

委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、田村啓峻君。

生活福祉課長(田村啓峻君) 生活保護の県内の順位でございますが、県内13、今現在14市になっております。その中で真ん中っていうふうに記憶してございます。ちょっと詳しい資料を今持っておりませんので、真ん中という記憶をさせていただいております。

委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) じゃあ何て表現したらいいのでしょうね。まずまずと言っていいのかどうか分かりませんけれど。
 ちょっと前に記憶に新しいんですけれども、小田原市でしたか、生活保護担当者が自前で「保護なめるなよ」みたいなジャンパーを作って高圧的な態度で世帯を訪問していたなんてことがありました。その背景にはですね、いわゆる仕事の激務さが生み出してしまった失敗談みたいな、確かそんなふうな見方もあったように思うんですけれど、まさか本市はそういったような感じはないとは思いますけど、どうでしょう。

委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、田村啓峻君。

生活福祉課長(田村啓峻君) まず、あのニュースが出た時点で、私も確認はしたんですね。だけど、そういう類のものは一切購入はしてない。ただし、保護世帯を訪問する際は、やはり生活困窮者という状態でありますので、家の中はかなり荒れている状態が多いというところで、その作業着はそれぞれの購入しております。ただ、ニュースであったように背中の方に入れたり、そういったものは一切ございませんということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) 世帯訪問するときはね、やっぱり少しは配慮という。あそこはもらってんだよとか、分かられにくい形で行ってもらえばなおいいのかなというふうに思います。
 概要からなんですが、これも生活保護関係で69ページになりますけども、生活保護総務一般管理費の部分で生活保護被保護者就労支援事業この委託料として400万円計上されておりますけれども、別冊のこの資料から見ますと平成24年度から27年度までは、だいたい本市では、生活保護を受けてる世帯、人数も若干こう減ってはきてたんですね。この減ってきてた理由というのはこの委託事業、就業支援事業がうまくいって自立に向かったんだとか、そういった何か関係があるんでしょうか。この委託事業の実績をまず教えていただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、田村啓峻君。

生活福祉課長(田村啓峻君) この事業につきましては、まず内容としましては生活保護受給者のうち、就労が可能と思われる年代の方を対象とさせていただいています。年齢的には15才から64才までの方を就労が可能と、その中で支援を、就労に向けての支援をさせていただくということになります。ただし、障害があったりですね、働けない理由があると、いった方を除きますと大体70名ぐらいの対象者になっております。この70名ぐらいの対象者について、支援を、就労に向けた支援をさせていただいておるというところで。
 実績としましてはですね、生活保護受給されてる方が一般就労するっていうのは、非常に難しいていうのが個人的な考え方であります。いろんな事情がありまして、生活困窮されまして生活保護を受給された。その生活困窮の時期が長い方が非常にほとんどであります。ということは、就労意欲もかなり減少しているっていうのが事実でありますので、これは1年2年長い時間を掛けて現在今就労支援を行っているていうところであります。
 実際に、実績は、就労が開始できたのは8人でございます。今年度は8人いらっしゃいます。
 まず、生活保護の状態なんですが、まず、27年度までは減少傾向に、確かにありました。本年度、28年度については増加している状況であります。これにつきましては、まず増加になった要因としては高齢化によるものというふうに思っております。この生活保護の受給者の中で、世帯の中で、高齢世帯が6割ぐらいが高齢世帯。高齢者のみの世帯、65歳以上の高齢世帯が占めております。そういう観点からですね、今後も増加傾向にはあるだろうというふうには思いますけれど、今後国の方の年金の支給期間の見直しによって、今25年ですかね、それが10年に短縮されるということで無年金の方が年金を受給できる可能性もあると。こういうことも考えると、今後は世帯的には微増傾向になるんではないか。ただし給付についてはある程度伸びる可能性がある。これは介護それから病気、これらの給付の部分がかなりの伸びを現在も示しておるので、給付については伸びる可能性があるというふうに感じておるところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) 今のちょっと答弁で分かったんですけど、生活保護被保険者就労支援、この事業、意外と結果出している。意外と頑張っているなと逆に思いました。
 今年度だけで8人が就労することができて、自立したということでいいんですよね。生活保護から脱したということですよね。素晴らしいと思います。
 それから、今の課長の答弁で今年度は若干微増になっているんだということで、その原因としては高齢化が言えるというふうなお話でした。私もそう思うところでございます。
 一つどうなんでしょうね。震災関係でこちらに生活保護として移住されてくるケースなんていうのも結構あったりしますか。

委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、田村啓峻君。

生活福祉課長(田村啓峻君) いしん者関連につきましては、市外からの転入者の方が数件、今のところ私が把握しているだけで南三陸の方が3件ぐらい保護、登米市に転居を移して当市の方で世帯保護を受給されている。まだ、相談件数も数件まだあるのも事実でありますのでまだ増える可能性はあるというふうに思っております。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 今の氏家議員に続いてなんですが、生活保護の担当課の仕事の自立支援と就労支援というのも大きな事業の一つと。それから、56ページにありますように生活困窮者支援相談支援事業、これも自立支援の事業と委託しているわけですが、この関係で先ほど実績8件という、努力している数字も示されました。そこは認めた上でですね、何て言うんでしょうかね、福祉事務所としては直接の生活保護課担当としては、何て言うんでしょうかね、センターの方にどうぞという形で、仕事をある面ではなんて言うんですかね、直接自立支援に、生活保護受給者はもちろん本課でやるわけですけれども、生活保護に至る前の方を自立支援するっていうのがこの事業なんですけども、そういう方について福祉事務所としても、一緒にというんでしょうかね、その関連があれですね、こう、向こうの仕事ですよという形でもう、回してやるものではないんではないかと思うんです。担当課も関わり努力していると思うんですが、そこの連携というんでしょうかね、ちょっと聞き方が分かんないですが、その実態を聞かせていただきたいです。

委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、田村啓峻君。

生活福祉課長(田村啓峻君) まず生活困窮者自立支援事業につきましては、一番大事なのが当然NPO法人の方に委託をさせていただいている事業ではありますが、一番大事なのが関係課との連携でございます。これをなくしてこの事業の成立はないと思っておるところでございます。代表質問の方でもありました、野洲市の取り組みもそのとおりでございます。
 今現在の私どもの取り組みとしましては、まず月1回定期会議を開催させていただき、大体月に5、6件のケースの検討会議を開催させていただいております。その5、6件のケースに関わる関係者を招集させていただいて、ハローワークだったり福祉事業所だったりですね、あとは包括の職員だったり、当然福祉事務所は必ず入ります。そういう中での支援をさせていただいておるというところでございます。
 さらにケースによっては、その都度ケース会議を開いて支援策を講じているという状況でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 連携取って、月1回の定期会議も持ってと、いうことで深く関わって取り組んでるの分かります。そこでもっと具体的に直接その困窮者の方と、市職員担当課で、が、接すると、接するっていうか、NPO法人と一緒に関わるものなんでしょうか。どこまでその連携というのはあるんでしょうか。
 野洲市の場合ですと、市職員が中心なって組織を作っているんですが、その違いていうか何かあるものなんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、田村啓峻君。

生活福祉課長(田村啓峻君) 生活困窮に至るまず原因は何かというのをまず第一点に分析させていただくわけです。その分析によって、どこが関わりを持たなくてはいけないかっていうのをまず考えております。そこから福祉事務所が強く関わったり、ハローワークが強く関わったりという形になっております。
 野洲市との違いでございますか。野洲市につきましてはですね、直接課を設置して職員が対応しているというところでありますが、そこですぐ対応できるわけですので、本庁1本、本庁舎でやっておるというところもありまして、連携が非常に取りやすい。本市においてはやはり、それぞれ庁舎が分かれているということから、その辺はマイナスの所はあろうかと思いますが、ただ、こんな事例が一つありました。数年前にですね、2年前だったでしょうか。公園の方で寝泊まりをされている方がいらっしゃった。すぐ通報がありまして、即対応させていただいた。なかなか非常に難しい案件ではあったんですが、大崎の方に家系あってですね、民間の宿泊、ホテルでございます。そこにすぐに住み込みで働けるようになりました。こういう対応は行政ではちょっと難しいかなというふうに思います。これはNPO法人の委託したメッリトかなというふうに思われます。それぞれデメリット・メリットそれぞれありますけれど、今後はメリットを生かせるようにですね、連携に強化してまいりたいというふうに思っております。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに。岩淵正弘委員。

25番(岩淵正宏君) 概要書77ページ、住宅用新省エネルギー設備導入支援事業費
 の中で、1千万計上なっておりますが、売電価格等もちょっと安くなっている今なんですけども、28年度これについては蓄電池も確か入るんのかなって思ってましたら、どのような比率でしょうか。太陽光パネルと同時に付けるのが多いのか、太陽光パネル多いのか、その実績、まず分かりますか。

委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 蓄電池につきましては、太陽光パネルを付けるときに、蓄電池も同時というパターンが一番多いと思います。
 実績につきましては、すいません。太陽光発電の分が107件、蓄電池が19件ということで、この19件全てが太陽光と一緒だったかどうかはちょっと資料ございませんので、後ほどでよろしいでしょうか。はい。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに。岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) 何かね、今どき太陽光もなかなかその、設備にこう見合わないんではないかという話も聞いたりします。これを強力に進めてもかえって負担なる部分も出てくるんじゃないかなと、今後ですね、29年度、1千万円の予算でどれだけのこの加入というか、これを利用する人が現れるのか。また蓄電池単独だけ、例えばもう既に新築時または改築時付けてましたよ、蓄電池だけ導入したいという分の補助率、特にもし決められているんであれば、それだけお聞きします。

委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 蓄電池につきましては、1キロワット当たり2万円で蓄電池システムの容量が2万円で上限が8万円というふうになっております。
 単独につきましては先ほど答弁しましたように手持ち資料がございませんので後ほどということでよろしいでしょうか。
 あ、単独でも結構です。はい。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。3番、佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 59ページのですね、障害者地域生活支援についてちょっとお聞きしたいと思うんですけども、これはあるちょっとある会議の席上で市の対応についてちょっと聞かれたことがあるので、確認と含めて質問いたします。
 今現在障害福祉サービスを利用するにはですね、そのサービスを利用するための計画を作るということが前提になっているそうなんです。それで自分でも作れるということなんですけども、県の方ではそういった計画相談をして事業所に依頼する方向でなんか進めているということは聞きました。ここにある今、相談支援事業委託料等4,173万、これは何社にこう、どれだけの事業者に委託しているんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、田村啓峻君。

生活福祉課長(田村啓峻君) 委託事業でございますが、2法人。恵泉会、姉歯松風会。姉歯松風会さんていうのは石越病院のお隣の施設でございます。2法人の方に委託させていただいております。

委員長(伊藤吉浩君) 3番、佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) この事業ですね、なかなかあげる事業者がいないということも聞いたんですけども、なかなかこの、計画相談ていうのが、例えば人員を配置したときに収支が見合わないといことで、市の方にもそのことは要望しているということは聞いたんですけども、そういう状況で確認してよろしいですか。

委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、田村啓峻君。

生活福祉課長(田村啓峻君) まず計画相談につきましては、国の単価っていうものがございます。これによりますと、なかなか採算の取れる事業ではないというのは把握してございます。その中でやっていただくという形にはなるんですが、現在当市においての計画相談につきましては、まず半数の方が計画相談を実施しております。逆に言えば半分の方が自分でプランを作成する、しているという状況でもあります。自分でも障害につきましては、自分でプランを作成することも認められております。介護とはその点が大きな違いでございます。
 ということは、障害に、福祉につきましてはまだまだこれから制度を見直ししなくちゃいけない、また制度の改正が頻繁に行われている分野でもありますので、まだ登米市においては計画相談半分しか入っていないという状況を考えるとですね、この辺の推進策については現在今検討中でございまして、どのように障害者に専門職員のプランが作れるようにするかというのを現現在、各市、法人さんを入れてですね、検討させていただいております。ただしそこの中にはやはり、赤字経営になってしまう。この事業については採算が取れない、いう所もありますので、それも含めて今後、今検討させていただいているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 3番、佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 検討しているということなんですけども、これ状況今、登米市の場合は半分というふうなことを聞くと、なんか県内でもかなりワーストの方だというふうに聞いております。そういったことでですね、検討しているっていうことなので、採算的には合わないということで事業所もなんか苦慮しているようには聞いているので、ぜひ前向きに検討していただきたいというふうに思います。
 それからもう一点ですけど、ページ71ページのですね、地域包括の関係なんですけども、ここで聞いたらいいのかちょっと、項目が分からないので聞きますけども、昨年あの、社協にですね、今年度か、生活支援体制整備事業ということで、よく言われるんですけども、医療・介護・住まい生活支援介護予防が一体的にということでの、地域包括ケアシステムの実現を目指しているわけですけれども、その中のですね、生活支援と介護予防の部分を社協に計画づくりを委託したとは聞いてるんですけども、29年度もこれは継続してやる予定なんでしょうか。

委員長(伊藤吉弘君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) ご案内の生活支援体制整備事業でございますが、平成28年度に新規の事業ということで取り組みまして、平成29年度についても予算を計上しております。具体には、介護保険特別会計の方に計上しています。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。關 孝委員。

7番(關 孝君) 別冊の24ページに予防接種事業の概要が記載をされていますか。その中で高齢者のインフルエンザの予防接種に関してお尋ねをいたします。
 市では対象者1万7,600を数えて6,160万円を計上しておりますが、実は県内のインフルエンザ接種料金について、調査をしたデータをいただいて、登米市がどういった金額にあるのかなということで関心を持って拝見いたしましたらば、実は接種料金とあと自己負担を合わせると登米市が5,300円。接種料金が3,500円で予算計上されている部分なんですがさらに自己負担が1,800円発生するということで5,300円。これは宮城県内で一番高い料金になっております。ちなみに宮城県内で一番低いのが気仙沼市で4,520円でございます。平均でも4,800円という数字なんですが、県内一、市部では一番高いわけで、町村部でも一番高いんですが県内一高い、この積算の根拠を県内一高い金額で委託しなくてはならない理由をお尋ねいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 予防接種高齢者インフルエンザに関する委託料についてのご質問をちょうだいいたしました。お話しいただいたとおり5,300円、自己負担1,800円ということで、私どももあの、高い水準にあるということは重々承知してございます。ただ予防接種は定期予防接種に関しては、市で実施する実施主体となるということで法で決まってございます。そしてさらに受けやすい体制づくりについても、法で決まっていることでございます。
 そういうことで市内の医療機関・医師会と連携を取りながら、委託料として価格を協議させていただいている実態がございます。
 その内容につきましては、診察に要する費用、技術に対する費用、あとは予診表等文書に対する費用等を含めました料金項目が設定されていることは存じ上げております。ただし、この金額でもっと安くしてほしい、お話は申上げますけれども、交渉っていうのはなかなか難しいという所は、現実はございます。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) 私にはなかなか理解ができないんでありますが、例えばお隣の栗原市でも4,900円という数字でそれから比べれば400円うちの方が高い負担をしなくてはならないという現実があります。気仙沼市から比べれば1,000と50円ですね、負担が多いというふうになっております。
 栗原と登米市の違いはどこにあるのか、それから気仙沼市と登米市の違いはどこにあるのか。予防接種を要するための薬品がこのごろ、近頃高くなっているというふうなお話は、これは開業医の先生からもお伺いはいたしておりますが、しかしそれはどこの圏域、どの市域においても変わりはないのだというふうに思っております。そうしたことを考えますと、やはりこうした他の地域の事例なども示しながら、せめて県内平均であるとか、何か登米市の医師会に特別な事情があるのであればそれはいたしかたありませんが、もしあるとすればやはりこういったお尋ねにはきっちりその、理由をお示しにならない限り、やはりその契約というのは成り立たないんだろうと思います。確かに請け手の先生方があって初めてできる事業でありますから、それは医師会の方のお話というのが大変重要なんだろうというふうに思いますが、やはりこれは市民の健康を守るというか、やっぱり予防する大きな一つの予防接種でありますので、やっぱそういったお話は市としてはやはりきちっと医師会の方に申し上げて、やはり、その両方合意の中でこの価格が設定されなければならないんだと思います。
 このことが、実は市立病院の中で予防接種するための基準にもなっているわけでありまして、市民病院に行くと、5,300円というふうなことは一般の市民の皆さんがどうしても高負担、よその医療機関、開業医の先生方から見ると、高負担というふうなことで、なかなかそのような思いをいたしておる方々があると思いますので、今後29年度の医師会との話し合いに向けてどのような姿勢で臨まれるのかもう一度お尋ねします。

委員長(伊藤吉浩君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) ただ今29年度に向けまして、協議をしている最中でございます。そして先日も伺って協議をしているところでございますので、このことをしっかりと受け止めまして、協議させていただきたいと考えております。
 県内の料金の違いについても、既にご提示申し上げておりまして、協議のテーブルには上がっておることろではございます。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) このことについてせっかくですので、担当副市長になるんだというふうと思いますが、藤井副市長にこの辺の見解をお尋ねいたしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 経過についてはただ今課長が申したとおりでございます。ご発言の主旨も踏まえながら十分調整させていただきたいと。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。
    ここで質疑の途中ではありますが10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後2時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時08分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 岩淵正宏委員の質問に答弁の保留がありました。答弁を求めます。環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) それでは先ほどの岩淵委員のご質問、太陽光と蓄電池の併設の件数ということですが、19件中13件が併設でございました。
 なお補助率につきましては、併設も単独も同じでございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 一点お願いをいたします。概要書の65ページでございますけども、母子福祉の関係でございます。
 今年もですね、高等職業訓練促進給付金が850万見積もられております。これはですね、何人ぐらいを想定をしてですね、現在どういった高等訓練を受けられているのか、そして新しい職種の希望等はないのかどうかですね、、その辺についてお伺をいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 高等職業訓練給付事業につきましては、7人の給付を見込んでおります。現在4名ほど給付を受けておりますが、新規も含めて7人ということで見込んだ数字でございます。
 職種につきましては、ほとんどが看護師、准看護師というような資格で訓練を受けているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。

23番(二階堂一男君) 准看護師ということでございますけれども、例えば、もっとそのですね、もっとこういう職種も増やしてけろとかというふうなことについてはないのかどうかですね。パソコン教室、高等に入らないと思うんですけども、もしあれば、そういったのがあれば、応える用意があるのかどうか。なぜかというと、島根県の邑南市では、シングルマザーに選ばれる町づくりというふうなことで、手厚くいろいろな部分でですね、やっておりましたんで、登米市もそういった部分もですね、念頭に入れながら、いろんなことをやっていった方がいいのではないのかなと思いますけども、その辺について。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 資格の取得に関しましては、今申しました看護師、准看護師のほか、介護福祉士、保育士、医学療法士、作業福祉士そういった部分でも対象になるものでございます。
 パソコン関係につきましては、それとは別な事業がございまして、自立支援訓練費という給付額がこの概要書の高等職業の上にございますが、これで対応する部分がございます。なおこれにつきましては、ハローワークとの雇用保険の関係もありますので、そこらへんの調整の中該当する方で対応しているという状況でございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) 概要の66ページ、児童遊園管理運営費。児童遊園の管理運営に要する経費ですが、児童遊園の現在登米市における数、利用状況についてお願い申し上げたいと思います。
 それから、73ページ、食生活改善に関わる部分ですけども、29年度食生活に関する改善事業でありますけれども、第3期の食育21計画が28年度からスタートしたわけでありますけれども、29年における具体的な食育推進の計画はどこにどのように読み取ればいいのか。
 それから76ページ、環境保全推進計画推進費。28年3月に環境基本計画の実施計画が、第二次の実施計画が示されました。環境保全に向けてその歩みをまた一段と進めていくわけでありますけれども、水質向上が必要な場所は、今どの程度あるのか、押さえているのかお願いします。具体的に。
 それから、77ページ4款ですけども、衛生費の自然保護に要する経費、生物多様性推進会議というふうな部分が謝金と旅費で示されていますけども、今年度における具体的な生物多様性の事業をどのように構築されようとしているのか。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 児童遊園の数でございますけれども、現在市内には20か所の児童遊園がございます。利用状況につきましてはその設置場所によってまちまちでございますが、具体に年間何人利用しているという調査まではしておらないところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 食育事業がどこに示されているのかというご質問をちょうだいいたしました。29年度の食育に関わる主な取り組みといたしましては、登米の恵みをいただきますということで、豊かない食の検証が基本方針に掲げてあるところの事業でございますが、農業産経部、教育委員会、健康の3課で共同の事業を推進したいというふうな思いがございます。予算といたしましては、食と農のプログラムの実施ということで、昨年から実施してございますが、農家に委託をいたしまして、親子で野菜を育てることを体験し食する体験講座というところを委託の中で実施してございます。
 2点目。今年度から登米市の学校給食メニューを、市民に提供しながら一緒に楽しんでもらう、そして学習し合うというような事業を計画してございます。この事業は地域食材を抱負に使った学校給食メニューを市民の皆様に、どういう形かで地産地消推進店との関わりもございますが、その店等を活用しながら味わっていただける期間限定になろうかと思いますが、味わってもらうようなイベント、または推進をして参りたいというふうに考えております。
 その予算につきましては、健康推進課といたしましては啓発予算でございますが、地産地消の予算につきましてブランド戦略室と予算も双方で出し合いながら実施する予定にしてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 環境基本計画を進めていく上での水質向上が必要な場所というご質問でございますけれども、BOD、CODの数値という観点で申し上げますれば、長沼、伊豆沼、長沼川、平筒沼が該当するかと考えているところでございます。
 それから生物多様性における資源保護に要する具体的な構築というお話がございますが、多様性プランの中で、取り組み目標として進捗状況を捉える指標がございますので、そちらの方を達成するように、関係部署と連携しながら進めていくという考えでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) じゃ下から、関係部署と連携を深めていくと言ってますけども、具体的に今年度生物多様性に向けた取り組みを具体的に明示してください。それでどこがどの程度の予算を持ってこれを進めているのか、その行動管理はそこでやんなきゃダメでねのすか。
 あとは、水質向上が必要な場所はたったこれだけですか、登米市内で。あとは全部オッケーですか。
 それから食生活改善については大変よく分かりました。第二次の中で食の安全安心の生産体制の強化を図り食育の推進地域食材、地域に根差した食育の推進を図るというそんな総括を持ちながら新しい計画を練っていたようですので、着々とそれに向けて進んでいることは評価したいと思いますので、いずれ具体的な計画が部分的には今、お知らせいただいたので分かりましたけれども、より明確にしてその事業を遂行していただきたいというふうに考えました。ちなみに足並みていいますか、もう、そういうふうな状態でありますから、事業名に関しては、食生活改善事業というよりも登米市食生活推進事業とかそういうふうにそろそろ変えていってもいい時期ではないかと思いましたので、その辺一考願いたいと思いました。
 それから児童遊園の管理。利用状況も調査されないで、何のために児童遊園を作っているのか。全然分かりません、私は。さらにその更新計画、遊具更新工事まで行おうとしている。必要であるかないか、安心か安全でないかも含めてそういうものをしっかり把握していないとさまざまな事故等が発生しやすいんですよ。今回もどこかでありましたけども。そういった利用状況をもう少しより具体的に見て、状態もよく見て、しっかり対応していかなければならないというふうに思いますけれど。併せてその、更新計画をどのように持ち合わせているのか。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 児童遊園の遊具の関係の更新でござますけれども、年1回専門業者の方に委託した上で、危険度を判定して年間年次の更新計画を作っているところでございます。利用状況、1日何人使っているというところまでは把握していませんが、遊具の管理という部分では、近くの管理人を頼みながら管理している所もございますし、そういった業者を使いながら遊具の管理を行って、年次計画で改修していきまして、来年度は4カ所の遊具について、新設、撤去新設という形で予算計上しているものでございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 水質につきましては、登米市で水質の調査をしております所が、6河川2湖沼になっておりまして、そちらとあとは国の方で公表している長沼、伊豆沼につきましてお話しをしたところでございまして、その他の部分につきましては申し訳ございません。把握しておりません。
 それから生物多様性プランの構築につきましては、目標としているところの具体的な事業について、私どもの方でも、平成28年度の生物多様性の推進会議の方で取りまとめをしながら進めているところでございます。こちらの数値におきまして目標達成していないものにつきましては、特に産業経済部関係のものが多ございますのでそちらの方と連携しながら進めてまいりたいと思っておりますが、申し訳ありませんが、具体的な数字予算等については把握しておりません。

委員長(伊藤吉浩君) 把握している範囲内でご答弁願います。

環境課長(佐藤幸子君) 例えば生物多様性保全に資する森林面積の把握とか、干ばつ造林面積の推移とかといったような数値でございますれ。

委員長(伊藤吉浩君) 暫時休憩します。
 
          休憩 午後3時23分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時24分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 答弁を求めます。環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 取り組みにつきましては地域における生物多様性の保全の取り組みの担い手の育成といたしまして、環境教育リーダー養成講座の開催や、それから市主催の生物多様性保全に関するに講演会の実施などを予定しているところでございます。
 またそのほかにも環境保全米の取り組みについての把握、それから小中学校給食への環境保全米の使用頻度といったようなものを把握しながら進めてまいりたいと考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) その食べ物と連携して具体的に生物多様性に取り組んでいる、具体的な事業は何かと。リーダー養成とか講演会というのはそれ依然の話であって。生物多様性をどのように具体的なものとして今年、今年度取り組む計画であるのか。どこかと連携するというなら連携する部署がどういった事業展開しているのか。それを知りたいだけですから。
 それと水質向上が必要な場所は、環境課としてこれだけでいいんですか、登米市の中で、湖沼関係で。どっかからあてがられたからこいつ調べるというのではないんだよ。環境課は。そこの見解。

委員長(伊藤吉浩君) 答弁を求めます。環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 生物多様性を生かした食べ物との取り組みという観点で申し上げれば申し訳ございませんが、取り組みといたしましてはちょっと今連携しているものがない状況でございます。
 それから水質につきましては、こちらといたしまして、今までいろいろと問題となっておりました個所について水質を調査していたところでございますが、ほかにもそういった個所があるかどうかちょっと把握してないところがございますので、そちらについては今後調べてまいりたいと思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 暫時休憩します。
 
          休憩 午後3時27分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時28分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) 質問についてしっかり用意して進めていただきたいと思います。
 児童遊具の関係ですけれども、4か所新設、撤去ということでありますし、状況調査はしてないという話であればなぜ遊園地が、なければならないかという原点に立ち返れば新しくもしかしたら必要な所もあるだろうし、もういらない所もあるだろうし、しっかりそういうことを調査しながらこういったものの計画を作っていかないと具体的に見えないんじゃないですか。ずっとあればずっと、今いっこも利用していない所だってあんでないの。実際は。危ないようで。だからそこはしっかりやってきちんと予算を付けて、やるものはやる、やめるものはやめるように整理した方がいいんじゃないですか。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 状況調査につきましては年に数回、担当課の方で回っているという状況はございます。ただそれに加えて遊具の管理も業者の方で委託しながら行っている状況でございまして、現在既に地元の方からも、いらないようなことも申されている児童遊園もございますし、遊具が存在しないという場所もございます。そういった部分も今後精査しながら児童遊園の在り方については検討していきたいというふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) それでは本日の会議はこの程度とし、これで散会したいと思います。
 なお次の会議は、明日3月3日午前10時から行います。
 本日はこれで散会いたします。大変ご苦労さまでございました。
 
          散会 午後3時31分
 

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>