•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(伊藤吉浩)
  •   2  21番(及川長太郎)
  •   3  委員長(伊藤吉浩)
  •   4  産業経済部長(秋山茂幸)
  •   5  委員長(伊藤吉浩)
  •   6  21番(及川長太郎)
  •   7  委員長(伊藤吉浩)
  •   8  産業経済部長(秋山茂幸)
  •   9  委員長(伊藤吉浩)
  •  10  17番(沼倉利光)
  •  11  委員長(伊藤吉浩)
  •  12  農林政策課長(岩淵俊明)
  •  13  委員長(伊藤吉浩)
  •  14  産業経済部次長(遠藤仁)
  •  15  委員長(伊藤吉浩)
  •  16  産業経済部長(秋山茂幸)
  •  17  委員長(伊藤吉浩)
  •  18  17番(沼倉利光)
  •  19  委員長(伊藤吉浩)
  •  20  産業経済部長(秋山茂幸)
  •  21  委員長(伊藤吉浩)
  •  22  8番(岩淵正宏)
  •  23  委員長(伊藤吉浩)
  •  24  商工観光課長(阿部孝弘)
  •  25  委員長(伊藤吉浩)
  •  26  農林政策課長(岩淵俊明)
  •  27  委員長(伊藤吉浩)
  •  28  8番(岩淵正宏)
  •  29  委員長(伊藤吉浩)
  •  30  農林政策課長(岩淵俊明)
  •  31  委員長(伊藤吉浩)
  •  32  15番(浅田修)
  •  33  委員長(伊藤吉浩)
  •  34  農産園芸畜産課長(大久保仁)
  •  35  委員長(伊藤吉浩)
  •  36  15番(浅田修)
  •  37  委員長(伊藤吉浩)
  •  38  農産園芸畜産課長(大久保仁)
  •  39  委員長(伊藤吉浩)
  •  40  15番(浅田修)
  •  41  委員長(伊藤吉浩)
  •  42  産業経済部長(秋山茂幸)
  •  43  委員長(伊藤吉浩)
  •  44  10番(中澤宏)
  •  45  委員長(伊藤吉浩)
  •  46  新産業対策室長(佐々木茂光)
  •  47  委員長(伊藤吉浩)
  •  48  10番(中澤宏)
  •  49  委員長(伊藤吉浩)
  •  50  新産業対策室長(佐々木茂光)
  •  51  委員長(伊藤吉浩)
  •  52  10番(中澤宏)
  •  53  委員長(伊藤吉浩)
  •  54  新産業対策室長(佐々木茂光)
  •  55  委員長(伊藤吉浩)
  •  56  委員長(伊藤吉浩)
  •  57  25番(佐藤恵喜)
  •  58  委員長(伊藤吉浩)
  •  59  農林政策課長(岩淵俊明)
  •  60  委員長(伊藤吉浩)
  •  61  新産業対策室長(佐々木茂光)
  •  62  委員長(伊藤吉浩)
  •  63  25番(佐藤恵喜)
  •  64  委員長(伊藤吉浩)
  •  65  農林政策課長(岩淵俊明)
  •  66  委員長(伊藤吉浩)
  •  67  産業経済部長(秋山茂幸)
  •  68  委員長(伊藤吉浩)
  •  69  新産業対策室長(佐々木茂光)
  •  70  委員長(伊藤吉浩)
  •  71  12番(及川昌憲)
  •  72  委員長(伊藤吉浩)
  •  73  産業経済部次長(遠藤仁)
  •  74  委員長(伊藤吉浩)
  •  75  産業経済部長(秋山茂幸)
  •  76  委員長(伊藤吉浩)
  •  77  12番(及川昌憲)
  •  78  委員長(伊藤吉浩)
  •  79  産業経済部次長(遠藤仁)
  •  80  委員長(伊藤吉浩)
  •  81  農林政策課長(岩淵俊明)
  •  82  委員長(伊藤吉浩)
  •  83  12番(及川昌憲)
  •  84  委員長(伊藤吉浩)
  •  85  産業経済部長(秋山茂幸)
  •  86  委員長(伊藤吉浩)
  •  87  12番(及川昌憲)
  •  88  委員長(伊藤吉浩)
  •  89  産業経済部長(秋山茂幸)
  •  90  委員長(伊藤吉浩)
  •  91  13番(佐藤尚哉)
  •  92  委員長(伊藤吉浩)
  •  93  産業経済部長(秋山茂幸)
  •  94  委員長(伊藤吉浩)
  •  95  13番(佐藤尚哉)
  •  96  委員長(伊藤吉浩)
  •  97  市長(布施孝尚)
  •  98  委員長(伊藤吉浩)
  •  99  6番(浅野敬)
  • 100  委員長(伊藤吉浩)
  • 101  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 102  委員長(伊藤吉浩)
  • 103  6番(浅野敬)
  • 104  委員長(伊藤吉浩)
  • 105  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 106  委員長(伊藤吉浩)
  • 107  委員長(伊藤吉浩)
  • 108  委員長(伊藤吉浩)
  • 109  23番(二階堂一男)
  • 110  委員長(伊藤吉浩)
  • 111  住宅都市整備課長(中津川源正)
  • 112  委員長(伊藤吉浩)
  • 113  23番(二階堂一男)
  • 114  委員長(伊藤吉浩)
  • 115  住宅都市整備課長(中津川源正)
  • 116  委員長(伊藤吉浩)
  • 117  23番(二階堂一男)
  • 118  委員長(伊藤吉浩)
  • 119  住宅都市整備課長(中津川源正)
  • 120  委員長(伊藤吉浩)
  • 121  11番(佐々木一)
  • 122  委員長(伊藤吉浩)
  • 123  警防課長(佐藤正満)
  • 124  委員長(伊藤吉浩)
  • 125  防災課長(小野寺茂樹)
  • 126  委員長(伊藤吉浩)
  • 127  11番(佐々木一)
  • 128  委員長(伊藤吉浩)
  • 129  消防本部消防長(菅原輝雄)
  • 130  委員長(伊藤吉浩)
  • 131  危機管理監(熊谷一)
  • 132  委員長(伊藤吉浩)
  • 133  17番(沼倉利光)
  • 134  委員長(伊藤吉浩)
  • 135  土木管理課長(首藤正敏)
  • 136  委員長(伊藤吉浩)
  • 137  17番(沼倉利光)
  • 138  委員長(伊藤吉浩)
  • 139  市長(布施孝尚)
  • 140  委員長(伊藤吉浩)
  • 141  3番(佐々木幸一)
  • 142  委員長(伊藤吉浩)
  • 143  危機管理監(熊谷一)
  • 144  委員長(伊藤吉浩)
  • 145  3番(佐々木幸一)
  • 146  委員長(伊藤吉浩)
  • 147  危機管理監(熊谷一)
  • 148  委員長(伊藤吉浩)
  • 149  6番(浅野敬)
  • 150  委員長(伊藤吉浩)
  • 151  住宅都市整備課長(中津川源正)
  • 152  委員長(伊藤吉浩)
  • 153  20番(熊谷憲雄)
  • 154  委員長(伊藤吉浩)
  • 155  土木管理課長(首藤正敏)
  • 156  委員長(伊藤吉浩)
  • 157  20番(熊谷憲雄)
  • 158  委員長(伊藤吉浩)
  • 159  土木管理課長(首藤正敏)
  • 160  委員長(伊藤吉浩)
  • 161  20番(熊谷憲雄)
  • 162  委員長(伊藤吉浩)
  • 163  市長(布施孝尚)
  • 164  委員長(伊藤吉浩)
  • 165  20番(熊谷憲雄)
  • 166  委員長(伊藤吉浩)
  • 167  8番(岩淵正宏)
  • 168  委員長(伊藤吉浩)
  • 169  住宅都市整備課長(中津川源正)
  • 170  委員長(伊藤吉浩)
  • 171  委員長(伊藤吉浩)
  • 172  委員長(伊藤吉浩)
  • 173  8番(岩淵正宏)
  • 174  委員長(伊藤吉浩)
  • 175  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 176  委員長(伊藤吉浩)
  • 177  8番(岩淵正宏)
  • 178  委員長(伊藤吉浩)
  • 179  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 180  委員長(伊藤吉浩)
  • 181  8番(岩淵正宏)
  • 182  委員長(伊藤吉浩)
  • 183  教育長(片倉敏明)
  • 184  委員長(伊藤吉浩)
  • 185  19番(相澤吉悦)
  • 186  委員長(伊藤吉浩)
  • 187  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 188  委員長(伊藤吉浩)
  • 189  19番(相澤吉悦)
  • 190  委員長(伊藤吉浩)
  • 191  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 192  委員長(伊藤吉浩)
  • 193  6番(浅野敬)
  • 194  委員長(伊藤吉浩)
  • 195  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 196  委員長(伊藤吉浩)
  • 197  6番(浅野敬)
  • 198  委員長(伊藤吉浩)
  • 199  委員長(伊藤吉浩)
  • 200  17番(沼倉利光)
  • 201  委員長(伊藤吉浩)
  • 202  教育長(片倉敏明)
  • 203  委員長(伊藤吉浩)
  • 204  17番(沼倉利光)
  • 205  委員長(伊藤吉浩)
  • 206  市長(布施孝尚)
  • 207  委員長(伊藤吉浩)
  • 208  1番(熊谷和弘)
  • 209  委員長(伊藤吉浩)
  • 210  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 211  委員長(伊藤吉浩)
  • 212  4番(氏家英人)
  • 213  委員長(伊藤吉浩)
  • 214  教育長(片倉敏明)
  • 215  委員長(伊藤吉浩)
  • 216  社会教育次長(鈴木均)
  • 217  委員長(伊藤吉浩)
  • 218  4番(氏家英人)
  • 219  委員長(伊藤吉浩)
  • 220  教育長(片倉敏明)
  • 221  委員長(伊藤吉浩)
  • 222  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 223  委員長(伊藤吉浩)
  • 224  13番(佐藤尚哉)
  • 225  委員長(伊藤吉浩)
  • 226  社会教育次長(鈴木均)
  • 227  委員長(伊藤吉浩)
  • 228  13番(佐藤尚哉)
  • 229  委員長(伊藤吉浩)
  • 230  社会教育次長(鈴木均)
  • 231  委員長(伊藤吉浩)
  • 232  2番(日下俊)
  • 233  委員長(伊藤吉浩)
  • 234  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 235  委員長(伊藤吉浩)
  • 236  2番(日下俊)
  • 237  委員長(伊藤吉浩)
  • 238  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 239  委員長(伊藤吉浩)
  • 240  2番(日下俊)
  • 241  委員長(伊藤吉浩)
  • 242  委員長(伊藤吉浩)
  • 243  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 244  委員長(伊藤吉浩)
  • 245  2番(日下俊)
  • 246  委員長(伊藤吉浩)
  • 247  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 248  委員長(伊藤吉浩)
  • 249  7番(關孝)
  • 250  委員長(伊藤吉浩)
  • 251  社会教育次長(鈴木均)
  • 252  委員長(伊藤吉浩)
  • 253  総務部長(佐藤順悦)
  • 254  委員長(伊藤吉浩)
  • 255  7番(關孝)
  • 256  委員長(伊藤吉浩)
  • 257  社会教育次長(鈴木均)
  • 258  委員長(伊藤吉浩)
  • 259  6番(浅野敬)
  • 260  委員長(伊藤吉浩)
  • 261  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 262  委員長(伊藤吉浩)
  • 263  6番(浅野敬)
  • 264  委員長(伊藤吉浩)
  • 265  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 266  委員長(伊藤吉浩)
  • 267  6番(浅野敬)
  • 268  委員長(伊藤吉浩)
  • 269  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 270  委員長(伊藤吉浩)
  • 271  6番(浅野敬)
  • 272  委員長(伊藤吉浩)
  • 273  1番(熊谷和弘)
  • 274  委員長(伊藤吉浩)
  • 275  活き生き学校支援室長(千葉整)
  • 276  委員長(伊藤吉浩)
  • 277  11番(佐々木一)
  • 278  委員長(伊藤吉浩)
  • 279  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 280  委員長(伊藤吉浩)
  • 281  11番(佐々木一)
  • 282  委員長(伊藤吉浩)
  • 283  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 284  委員長(伊藤吉浩)
  • 285  11番(佐々木一)
  • 286  委員長(伊藤吉浩)
  • 287  12番(及川昌憲)
  • 288  委員長(伊藤吉浩)
  • 289  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 290  委員長(伊藤吉浩)
  • 291  12番(及川昌憲)
  • 292  委員長(伊藤吉浩)
  • 293  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 294  委員長(伊藤吉浩)
  • 295  12番(及川昌憲)
  • 296  委員長(伊藤吉浩)
  • 297  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 298  委員長(伊藤吉浩)
  • 299  教育長(片倉敏明)
  • 300  委員長(伊藤吉浩)
  • 301  委員長(伊藤吉浩)
  • 302  委員長(伊藤吉浩)
  • 303  委員長(伊藤吉浩)
  • 304  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 305  委員長(伊藤吉浩)
  • 306  委員長(伊藤吉浩)
  • 307  委員長(伊藤吉浩)
  • 308  委員長(伊藤吉浩)
  • 309  13番(佐藤尚哉)
  • 310  委員長(伊藤吉浩)
  • 311  国保年金課長(菅原勉)
  • 312  委員長(伊藤吉浩)
  • 313  13番(佐藤尚哉)
  • 314  委員長(伊藤吉浩)
  • 315  市民生活部長(志賀尚)
  • 316  委員長(伊藤吉浩)
  • 317  委員長(伊藤吉浩)
  • 318  委員長(伊藤吉浩)
  • 319  委員長(伊藤吉浩)
  • 320  委員長(伊藤吉浩)
  • 321  委員長(伊藤吉浩)
  • 322  委員長(伊藤吉浩)
  • 323  5番(工藤淳子)
  • 324  委員長(伊藤吉浩)
  • 325  長寿介護課長(菅原登)
  • 326  委員長(伊藤吉浩)
  • 327  5番(工藤淳子)
  • 328  委員長(伊藤吉浩)
  • 329  長寿介護課長(菅原登)
  • 330  委員長(伊藤吉浩)
  • 331  5番(工藤淳子)
  • 332  委員長(伊藤吉浩)
  • 333  福祉事務所長(千葉幸毅)
  • 334  委員長(伊藤吉浩)
  • 335  委員長(伊藤吉浩)
  • 336  委員長(伊藤吉浩)
  • 337  委員長(伊藤吉浩)
  • 338  委員長(伊藤吉浩)
  • 339  委員長(伊藤吉浩)
  • 340  委員長(伊藤吉浩)
  • 341  委員長(伊藤吉浩)
  • 342  6番(浅野敬)
  • 343  委員長(伊藤吉浩)
  • 344  下水道課長(吉野晴彦)
  • 345  委員長(伊藤吉浩)
  • 346  6番(浅野敬)
  • 347  委員長(伊藤吉浩)
  • 348  7番(關孝)
  • 349  委員長(伊藤吉浩)
  • 350  下水道課長(吉野晴彦)
  • 351  委員長(伊藤吉浩)
  • 352  7番(關孝)
  • 353  委員長(伊藤吉浩)
  • 354  下水道課長(吉野晴彦)
  • 355  委員長(伊藤吉浩)
  • 356  7番(關孝)
  • 357  委員長(伊藤吉浩)
  • 358  市長(布施孝尚)
  • 359  委員長(伊藤吉浩)
  • 360  下水道課長(吉野晴彦)
  • 361  委員長(伊藤吉浩)
  • 362  7番(關孝)
  • 363  委員長(伊藤吉浩)
  • 364  建設部長(鈴木俊夫)
  • 365  委員長(伊藤吉浩)
  • 366  委員長(伊藤吉浩)
  • 367  委員長(伊藤吉浩)
  • 368  委員長(伊藤吉浩)
  • 369  委員長(伊藤吉浩)
  • 370  委員長(伊藤吉浩)
  • 371  委員長(伊藤吉浩)
      平成25年第3回登米市議会 決算審査特別委員会 会議録
 平成25年9月24日(火曜日)
1.出席委員(24名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君       4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 岩 淵 正 宏 君
   9番 伊 藤 吉 浩 君(委員長) 10番 中 澤   宏 君
  11番 佐々木   一 君      12番 及 川 昌 憲 君
  13番 佐 藤 尚 哉 君(副委員長)14番 伊 藤   栄 君
  15番 浅 田   修 君      17番 沼 倉 利 光 君
  18番 星   順 一 君      19番 相 澤 吉 悦 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君      21番 及 川 長太郎 君
  22番 庄 子 喜 一 君      23番 二階堂 一 男 君
  24番 八 木 しみ子 君      25番 佐 藤 恵 喜 君
1.欠席委員(なし)
1.遅刻委員(1名)
   6番 浅 野   敬 君
1.早退委員(1名)
  18番 星   順 一 君
1.その他出席
   議長 田 口 久 義 君
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君   副  市  長  藤 井 敏 和 君
  総 務 部 長  佐 藤 順 悦 君   企 画 部 長  田 口 俊 郎 君
  市民生活部長   志 賀   尚 君   産業経済部長   秋 山 茂 幸 君
                       総務部次長兼
  建 設 部 長  鈴 木 俊 夫 君   収納対策課長   高 橋 俊 朗 君
  市民生活部次長  小野寺 良 雄 君   産業経済部次長  遠 藤   仁 君
  建設部次長    千 葉 雅 弘 君   危機管理監    熊 谷   一 君
  福祉事務所長   千 葉 幸 毅 君   総 務 課 長  丸 山   仁 君
  企画政策課長   佐 藤 裕 之 君   財 政 課 長  加 藤   均 君
  会計管理者    高 橋 清 彦 君   税 務 課 長  新 井 誠 志 君
  国保年金課長   菅 原   勉 君   市民生活課長   金 野 金 一 君
  健康推進課長   千 葉 ますみ 君   生活福祉課長   菊 池 治 美 君
  長寿介護課長   菅 原   登 君   環 境 課 長  佐々木 修 一 君
  市民活動
  支 援 課 長  星   茂 喜 君   子育て支援課長  小野寺 千 秋 君
  商工観光課長   阿 部 孝 弘 君   農林政策課長   岩 淵 俊 明 君
                       農 産 園 芸
  ブランド戦略室長 渡 邉   誠 君   畜 産 課 長  大久保   仁 君
  農村整備課長   千 葉   修 君   新産業対策室長  佐々木 茂 光 君
  登米産米販売
  促進専門監    菅 原 貞 治 君   防 災 課 長  小野寺 茂 樹 君
  土木管理課長   首 藤 正 敏 君   道 路 課 長  千 葉 賢 治 君
  住 宅 都 市
  整 備 課 長  中津川 源 正 君   下水道課長    吉 野 晴 彦 君
                       水道事業所次長
  水道事業所長   佐々木 秀 悦 君   兼水道管理課長  佐 藤 和 哉 君
  水道施設課長   及 川 甚 悦 君   教  育  長  片 倉 敏 明 君
  教 育 次 長              教 育 次 長
  (学校教育)   佐 藤 賀津雄 君   (社会教育)   鈴 木   均 君
  学校教育管理監  小野寺 文 晃 君   教育総務課長   伊 藤 隆 敏 君
                       活き生き学校
  生涯学習課長   佐々木 洋 一 君   支 援 室 長  千 葉   整 君
  学校教育課長   大 柳   晃 君   代表監査委員   島 尾 清 次 君
  監 査 委 員  清水上 芳 江 君   監 査 委 員  田 口 政 信 君
                       監査委員事務局
  監 査 委 員              副参事兼監査委
  事 務 局 長  千 葉 久 義 君   員事務局長補佐  佐々木 徳 成 君
                       農業委員会
  病院事業管理者  石 井   洋 君   事 務 局 長  阿 部 清 喜 君
  農業委員会                消 防 本 部
  事務局次長    鎌 田 智 之 君   消  防  長  菅 原 輝 雄 君
  消 防 本 部              消防本部消防次長
  消 防 次 長  中津川 英 雄 君   兼指令課長    佐々木 建 待 君
  消防総務課長   加 藤   勉 君   警 防 課 長  佐 藤 正 満 君
  予 防 課 長  高 森 忠 信 君
1.事務局出席職員氏名
                       議会事務局
  議会事務局長   佐 藤 昌 彦 君   次     長  佐 藤 真 吾 君
  議会事務局                議会事務局
  主幹兼議事                議事・調査係
  ・調査係長    高 橋 正 博 君   主     査  加 藤 善 己 君
  議会事務局                議会事務局
  議事・調査係               議事・調査係
  主     査  浅 井 顕 裕 君   主     事  庄 司 美 香 君
  議会事務局
  議事・調査係
  主     事  稲 辺 大 裕 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 認定第1号 平成24年度登米市一般会計歳入歳出決算認定について
  第2 認定第2号 平成24年度登米市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
  第3 認定第3号 平成24年度登米市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について
  第4 認定第4号 平成24年度登米市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について
  第5 認定第5号 平成24年度登米市土地取得特別会計歳入歳出決算認定について
  第6 認定第6号 平成24年度登米市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
  第7 認定第7号 平成24年度登米市宅地造成事業特別会計歳入歳出決算認定について
          開議 午前10時05分
委員長(伊藤吉浩君) ただいまから決算審査特別委員会3日目の会議を開きます。
 浅野 敬委員から遅参の届け出があります。
 説明のため、本委員会の出席者は、市長、監査委員及びその受任者、並びに農業委員会会長、教育委員会委員長、選挙管理委員会委員長の受任者であります。
 認定第1号 平成24年度登米市一般会計歳入歳出決算の3款民生費、4款衛生費までの質疑が終わっておりますので、5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費について質疑を行いたいと思います。
 質疑ございませんか。5・6・7款であります。及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) 時間が、誰かが出るまで少しだけ。(「前座か」の声あり)前座。
 畜産振興費の中で、去年、長崎全共がありました。その中から、4年後には宮城全共あるわけでございますが、その中から、素牛といいますか牛に関する内容、それから人的な、開催時期も絡むわけでございましたが、去年はちょうど10月という当方で稲わらの最盛期、そんな中での畜産共進会の引きつけの補助員等々、一番忙しい真っただ中で、自分のうちのわらの集積、それらを犠牲にして参加あるいは協力をもらった経緯がありますが、その中で、4年後に向けてどういう対策といいますか、この長崎全共の反省も踏まえた中で、今後の、ことし長崎全共の良産振興はもとより、これから4年間ありますが、その辺の今後の考え方をお聞かせ願いたいと思います。
 それから、230ページの豊里有機センター、修繕料が結構、いろんな流れの中で計算しましたら500万円以上修繕費が大きくかかっておりますが、ほかの有機センターもかなりありますが、これら今後は、こういう大きくかかる、場所的なこと、地域的なこともありますが、そういうメンテナンスのことを考えれば、今後まだまだこういう修繕が大きくかかるんでしょうか。新しい更新というのはないのかな、その辺どう考えているか、以上2点、お聞かせを願います。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) まず、宮城全共に向けてのことでございますが、牛につきましては、宮城全共の選抜候補牛をこれから絞り込んでいくというふうなことになるわけでございますけれども、その基礎となる選定対象牛をふやさなければ優秀な牛は出てこないんだろうというふうな、そういった部分につきましては、県それから生産者団体、私どもも含めて同じ考え方を持ってございます。
 そういった中で、今年度からさらに繁殖素牛の導入の支援拡充も行ってございますし、それをあと県のほうでも、繁殖素牛の今年度から新たな拡充制度といいますか新設して、そういった対応をしていくというふうなことで現在取り組んでいるところでございます。
 今後、今のところ宮城全共に向けた各時期時期の具体的なスケジュール等はまだ定まってございませんけれども、そういった部分を、スケジュールが定まる以前にそういった取り組みをまず拡充していきたいというふうなことで考えて取り組んでいるところでございます。
 それから、その引きつけ等の関係でございますけれども、長崎全共についても多くの皆さんに、生産者団体の職員初め、それから農家の方々のご協力を得ながら、これまでにない成績をおさめたところでございますけれども、この辺につきましてもまだ具体な検討に入ってございませんが、県のほうで各圏域ごとに設置する協議会、それからそのほかにやはりこの登米市としても、市内の農協さんあるいは育種組合等の関係団体を含めた、その対策の協議会を設置することが必要なんだろうというふうに思ってございます。そういった中で、例えば事前に基金をつくって、そういった中で運用していくとか、そういった取り組みも生産者団体含め、私どもも一緒になって検討しながら、そういった中で支援をしていければというふうなことで考えているところでございます。
 それから、有機センターの修繕の関係につきましては、委員ご指摘のとおり、確かに毎年多額の修繕料がかかってございます。少し強い風が吹くと、シャッターが飛んだり、あるいは攪拌機の故障であったりというふうなことでありまして、恒常的にそういった部分があるわけでございますので、更新というふうなのも1つの考え方かもしれませんけれども、国のほうでストックマネジメントというふうな制度の創設も考えてございまして、それに対しての宮城県の取り組みも、ここ一、二年の中で取り組みが開始されるような検討もされているところでございますので、そういった事業を活用しながら現状の機能を維持していければというふうに思ってございますので、ご理解のほどをよろしくお願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) 有機センターについてはわかりました。
 畜産振興について、長崎全共から反省ということで、いろんな方が行ったと思いますが、その辺、今後生かす要素はありましたでしょうか。
 それから、震災以来、かなり飼育頭数が減頭しております。農協の出荷老廃牛を見ますと、大体月70頭のペースで老廃牛が出荷されているような状況で、これを回復するには、よほど保留をしないと県全体の頭数もかなり激減という、そういう状況で、4年後の宮城全共、本当に、登米市が本来なら主流に、今も主流なんですが、今後4年の中で今までの頭数を確保するにはよほど保留選定にまだまだ手当をしないと、米がこの状態、米に次ぐ畜産と言われる中で本当に大丈夫かという、そういう懸念がされますが、今後の増頭計画がありましたらお聞かせ願いたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) まず、長崎全共の反省ということでございますが、実際に長崎に行って現地を見られた方等のお話をお聞きしますと、かなり飼育の、あるいは引きつけの技術、練習、そういった常日ごろの飼養管理の部分で、少しこちらの部分とやり方といいますか実施の仕方が違っている部分もあるようなことも伺ってございます。そういったところも含めて、昨年度、その長崎全共終了後に、育種組合を中心に宮崎から講師の先生をお呼びして具体な講演会を開いたり、全共に向けての取り組みの講演会でございましたけれども、そういった実質の事例を踏まえた講演会等も開催したところでございまして、そういったことを含めながら、やはりこれ以上、長崎全共以上の成績をおさめるためには、そういった先進地に学ぶというふうなことも確かに必要なことだというふうに思ってございますので、そういったことの手当てといいますか支援もしていきたいというふうに考えているところでございます。
 それから、飼育頭数の減少につきましては、確かにお話しのとおりでございまして、震災以降、小規模の農家の廃業が目立ってございまして、その分多頭飼育の部分で伸びてきておりまして、ただトータルとしてどうしてもそこまで、廃業する方々の部分の頭数を多頭飼育で全て賄っているかというところを言えば、まだまだそこまでは行ってございません。ただ、どうしても多頭化とともに、和牛生産に携わる農家の方々をどうふやしていくかというふうなことがやっぱり一番の課題なんだろうというふうに思ってございます。そういったことを含めて、今年度におきまして、高齢者あるいは後継者の導入事業の枠を拡大いたしましたし、基金も増額させていただきました。そういったことも含めながら、今後、さまざまな手当てを考えながら対応していきたいなというふうに考えているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに。沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 成果説明書の227ページの2細目の関係について、まずお尋ねします。
 農と福祉の連携によるシニア能力活用モデル事業費ということで、金額が80万円台なんですけれども、これは、成果でわかったんですけれども、この事業の内容ですね、どういうふうに展開して、この結果によって次年度というか今年度もやって、その次もやっているという、そういう状況になっているのかどうか、この辺について、まず第1点お伺いします。
 次に、次ページにあります19節のところに、農業再生協議会負担金ということで、この関連についてお伺いします。これは、定例会の議会のときに、市内のえさ米のことについて、収量に達しない場合、それから各町域の違いのことについてお話ししました。このことについて、その後、農協とどのような、それから共済組合とどのような話し合いが進んで来年度に向かっているか、その経過についてお伺いします。
 それから、今回、自分自身も、当初えさ米を予定していたところ、今回からは目標数値にならない場合は一般米で補填するということだったものですから、その量に達しないという思いもあって、そこは断念しました。そういう中で、今回えさ米が目標に達しなかった場合のことをどのようにしていくのか。それから、今回、例えば新田の方だったり何かの方が、それを処理するのに登米のカントリーまで運ぶという、1回だけならわかるんですけど何回も登米まで行ったり来たりしているという、そういう状況について、本当にえさ米の関係について、農協が中心となってやっているわけですけれども、こういう状況で本当に農家にどのような負担を強いているかについて、その実態についての考え方をお伺いします。
委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。
農林政策課長(岩淵俊明君) 1点目の農と福祉の連携によるシニア能力活用モデル事業費についてお答えします。成果説明書227ページの、節が9節となっておりますが、大変申しわけございません、これは19節の誤りでございます。19節の負担金、補助及び交付金となっております。
 この制度につきましては、仮設住宅の入居者等が農園を活用して、地元農村高齢者の指導を受けて、作業を通して心身のケアを行うというような取り組み目標の中で制度創設されたものでございまして、制度そのものは国の補助金の内容となっておりまして、24年度という限りの事業となってございます。
 本市の状況につきましては、南方町域の仮設住宅に入居している世帯のうち活動参加者28名の方々が、東和町米川の軽米地内の農園に行きまして、大豆等の作物を栽培する体験を地元農家の方々の指導のもとに24年度は実施したというような内容となってございます。指導する側の農村高齢者の方につきましては、米川の地元の方3名というような体制で受け入れをしてございます。金額につきましては、ここに記載してありますとおり86万8,000円でございますが、内容としましては、施設整備等に要する資材費等、それから賃金、消耗品等の支出の内容となっておりまして、全て国庫の補助金で対応しておるものでございます。
 それで、反応につきましては、それぞれ閉塞感を感じておられる仮設住宅の入居者の方々でございましたので、作業を通じて、結果とすれば入居者の方にとってみれば好評だった事業内容だというような報告を私どものほうで受けております。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、遠藤 仁君。
産業経済部次長(遠藤 仁君) 農業再生協議会の転作に係ります水稲単収の件でございます。この件につきましては、前にも委員さんからお話がございまして、再生協議会の中でも検討を重ねてきている今状況でございます。
 この単収の設定につきましては、2つの方法がございまして、国の統計による単収数値、それから共済組合の単収数値、このどちらかを選定して使うというふうなことになっておりまして、登米市では農業共済組合の単収の数値を使っているということでございます。このほうが単収が高いということでございますので、転作の配分面積を出す際に、トータル的に転作面積が少なくて済むと、そういうふうなことからこれらを使ってまいりましたが、平等というふうな観点から、一度再生協議会で検討いたしましたが、今回、12月に再生協議会の総会が予定しておりますけれども、そのときまでに来年の方向性を検討し決定していきたいというふうに考えております。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) それから、えさ米のカントリーの利用でございますけれども、えさ米の集荷につきましては、農協、生産者団体というふうなことで実施してございます。そういった中で、カントリーは各町域にございますけれども、農協さんとしては、えさ米の横流し防止、それからそういったカントリーのビンの、1つのビンといいますか、収容する棟の問題もございまして、えさ米を各カントリーに振り向けることができないというふうなことから、そういった集中的なことで登米のカントリーのほうの扱いというふうにしているようでございます。確かに遠い農家さんのところにつきましては、そういった運搬の負担というふうなものもあるわけでございますけれども、そういったえさ米、あるいは一般米と区別した中での対応というふうなことで、限られた施設の中での運用というふうに思ってございまして、今、その集荷団体がとり得る部分での対応になっているのかなというふうに存じ上げているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) そのえさ米の関係ですけれども、例えば当初にこういうふうにして集めますよというふうになってきますと、えさ米を植える方も考えるんです。えさ米を植える場所は、やっぱり一般米とは違って、ちょっとした条件の悪いところはここはえさ米にしようという考えでえさ米を植えるわけですね。そういう中で、じゃあここ1囲いだったりしている状況の中で補填だったり、それから登米まで持っていくとしますとかなりの時間がかかります。カントリーそのものは、自分たちが利便性を高めるために各町域でカントリーもあえてつくっている経過がある中で、もう本当に端から端まで持っていくという状況を考えると、1日に一体何回往復できるのかということを考えると、本当にこの状況をやっぱり何とか改善するぐらいの努力がないと、こっちに持ってこいと言うだけだったら、もしそういう考えがあるのであれば、最初からそのことについて農家にちゃんと知らしめると、そのぐらいの親切があってもよかったんじゃないかと思いますけれども、いかがでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) そのことにつきましては、現状が当初からそういった搬入先をお示ししてこなかったというふうな経緯があるのであれば、それはやっぱり事前に生産者団体において、そういった年間の集荷等の体制も含めて、えさ米への取り組みというふうな部分の取りまとめをすべきだろうというふうに思いますので、その辺につきましては、農協と今後また協議をしてまいりたいというふうに思ってございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) 成果説明書268ページ、公園等管理費の中でグリーンキャンプなかだの入り込み客6人というのがあります、24年度。その次ページを見ますと、中段、グリーンキャンプなかだのさまざまな管理業務、点検委託、機械警備、計55万7,000円の支出項目がありますが、費用対効果をどう見ているのか、1点まず聞きたいと思います。
 それから、273ページです。もくもくランド木質バイオマス発電のほうで、24年度は設計だと。25年度は進捗いかなるふうになっているのか、お聞きします。以上、2点。
委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) グリーンキャンプなかだの利用者数、それからそれにかかっております経費についてのご質問でございます。
 平成24年度は特に利用者が少ないということでございました。平成23年度は四十数名の利用がございましたが、平成24年度は少なくなっております。これにつきましては、費用対効果が非常に悪いということは認識しております。その利用者につきまして、その増加を図るために、先日確認いたしまして、なるべく地元の方にも利用いただきたいということで、平成25年度につきましては、中田中学校のPTAの関係のご利用もいただいております。そういった形で利用増に向けた積極的な取り組みを行っていきたいと考えております。
委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。
農林政策課長(岩淵俊明君) 2点目の道の駅津山・もくもくランド木質バイオマス関係の業務進捗はということについてお答えいたします。
 24年度中に実施設計を固めまして、25年度に工事発注というような予定で計画しておりました。今年度に入りましてから、これまで条件つき一般競争入札を2回、6月と7月に実施いたしました。6月の1回目においては応札者がゼロということで不調に終わり、2回目の7月におきましては、応札者1社ございましたが、予定価格に達しないということで、結果として不調に終わってございます。
 これら等の結果を受けまして、現在、実施設計書の内容点検等をほぼ終えて、それから実施設計の中において特に多くの工事を占める燃料供給施設、それからボイラー設備工事、発電設備工事等のいわゆる工事費に係る実勢価格を、私ども直営でいろんな機関から資料を入手して価格の把握に現在努めておるところでございます。状況につきましては、現在、その段階でおりまして、今後、いつの時期にどういう形で発注するかということにつきましては、現在作業中の結果を踏まえて、その方向性を見出してまいりたいというように考えております。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) まず、キャンプのほうですね。登米市として観光公園施設ということなので、PTAの利用、あとはやっぱり、恐らく中田町の人はこういうのありますよって知ってると思うんですが、市内の方たち、さてどうなのかなと思います。地元利用は当然、市内利用にも向けてもっとPRの方法、これね、実績を踏まえて今後の対策に資するものですので、そこは考えたほういいんではないかなということで、ちょっと対処したほうがいいかなと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
 それから、バイオマスのほうですけれども、応札、入札でゼロ、1社。やっぱり、まだ国内においてもバイオマスの発電自体がどうなのかと、この設計の段階でも果たしてこれだけの費用をかけてどうなのかという議論もありましたが、これについては、そうすると25年度中、その工事まで行くかどうか、もうわかんないということなんですよね、はっきり言って。もう必ず登米市のこのバイオマス、県内外に広く発信するという目的、それからクリーンエネルギーということでやった事業ですので、何か消極的な対応ではないかなというふうに思います。25年度中しっかりこうするという確約をいただければ安心するところでございますが、やめるなら早いほうがいいというふうに私は思っています。その方向性について聞いて終わります。
委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。
農林政策課長(岩淵俊明君) 今後の方向性ということでございますが、ただいまお答えしましたとおり、現在の状況はそのような状況になっておりまして、確かに委員ご指摘のとおり、木質チップを直接燃焼させて蒸気の発生に伴ってタービンを回すという本市で計画しておる発電システムについては、実用例というのは確かに少ないというような状況にはございます。しかしながら、24年度で調査設計をして、発電可能、それから暖房にも蒸気を活用できるというような結果を導いておりますので、過去2回入札に付して不調に終わっているというような状況にありますけれども、現在作業を進めておる内容を含めまして、国の補助金等の兼ね合いもございますが、工事費の関係の額を早速固めて、今年度内には発注して……。竣工という時期になりますと、年度内の竣工というのは非常に難しい状況であるというようなことには間違いございません。今年度内の早い時期に早く作業を進めて発注して、完成にこぎつけたいというようには考えておりますけれども、25年度の工事の年度内完成というのは難しいというように私どもは見ております。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。浅田 修委員。
15番(浅田 修君) ことしの3月15日に大豆・麦等の生産体制の緊急整備事業が制定されまして周知されたところでございますけれども、その中で、新技術関連と土壌改良関連の補助事業が来年度までまたがるというような最後の説明であったんですけれども、ことしの事業で来年の栽培にまたがるという、そういった時期的に無理なことだったのか、さらに、でなければ職員の怠慢だったのか、どちらだったのか、その点をちょっとお聞かせいただければというふうに思います。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、大久保 仁君。
農産園芸畜産課長(大久保 仁君) 今回の大豆・麦の関係でございますが、3月に県のほうから要項が定められて提示されましたが、その後、県とのやりとりで、新技術対応、該当するかどうかキャッチボールでかなり進めてまいりましたが、最終的には県の承認が6月10日だか11日になった経緯がございますが、これについては、5月の連休明けに取り組む農家への予備調査として調査をいたしまして、その後、県のほうに申請を上げて、6月10日に承認されたということで、その後、本申請する段階で各農家から申請を上げてもらいましたが、その中でも新技術に関しまして対象にならないものもかなりございまして、その間、約1カ月間、精査をする時間がございまして、最終的には7月30日に承認の通知を差し上げたわけでございます。それから、新技術の取り組みについては承認日前の事前着工はどうしても国・県のほうでも認められないという回答がありまして、うちらほうでも何度か農政局それから県のほうに、その承認日前の取り組みについて認められないかということで要望を出してきましたが、どうしても認められないということでございました。
 それから、新技術土壌改良について、しからば25年度で対応できない部分については、26年産の大豆等に取り組んだ場合、例えば農薬を年度内に購入すれば該当になるというような回答もございましたので、そういった方向で今後取り組んでまいりたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) まず、もう6月上旬に豆の播種が行われるのに対して、市のオーケーが出たのが7月30日なんですよ。最初からだめなものを、なぜこういった事業に取り組むような状態になったんですか。
 さらに、26年度でやるようにというような事前着工願いも、それもやらなかった、それも電話でやったと、お願いしたというような話でございますけれども、電話でこういったものがまかり通るものではないと。やはりぴちっと、2月26日にもう農林水産省から来ている中でですよ、それが5月いっぱいで物事をやらなければならないものを、なぜこのようにずっと、こう押して押して押してですね、このような状態になったのだか。それも市の再生協議会ですか、再生協議会で出したのが7月30日、許可。それ以前のものは認めないという結果になったわけでございますけれども、そういった全然やれないものをやろうとしたこの考え方。それから、事前着工願いも農政局に電話で確認したというような話でございますけれども、そういったやる気のないような動き。
 それから、この件について、ことしの事業、麦・豆の面積が来年も同じように続くというような話ではございません。それもブロックローテーションなんかやってれば特に毎年毎年面積が変わっていくという体制の中で、その点の対応をどのように考えているんですか、もし来年がよいとなれば。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、大久保 仁君。
農産園芸畜産課長(大久保 仁君) まず第1点目ですが、農政局あるいは県への要請として電話だけしたのかという点でございますが、実際に県、農政局のほうに電話もしましたし、直接出向いて要請はしたところでございますが、承認日前は認められないというような回答でございました。
 それから、承認日前の取り組みについて、例えば大豆播種する前の土壌改良、それから26年産でその後の農薬の処理は認められないかということで要望もしましたが、その一連の農作物の栽培だけで、年度またがって土地・作物が変われば該当にならないというような回答もありましたので、申しわけございませんが、26年産の播種、大豆につきましてしか該当にならないというような回答でございました。
 来年の面積減った場合については、計画の変更を出して承認をもらうというような手続になります。
委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) だから、ブロックローテーションしてれば、ことしの面積と来年の面積が違うのよ。だから、そういった場合どうするの。ことしの場合、一生懸命やってそういった新技術の何かそういう対応して申請したのに、来年度の分には対応できないというふうになればですよ。やはりもうちょっと、5月、6月上旬にもう豆まくというのはわかっていてだよ、全然そういった対応をしてこなかったというのが……。ほかの町ではやっているところあるんですよ。何で登米市でやれなかったの。だから、ことしもらえる人が来年は全然もらえないんだよ。そういう人もいるという中で、だから無理だったんじゃないのということなのさ。そうでなければ怠慢だよ。どちらなの。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) この大豆・麦につきましては、当初から事前着工というふうなことは認められてございませんでした。そういった中で、ただいまのその計画の認定日というふうな部分につきましては、市の認定というふうなことではなくて、県からの市への認定、それが6月10日でございまして、いわゆるそれ以前の着工は認められないというふうなことでの県それから農政局の見解でございます。これについては、先日も私どものほうから産業経済部の次長、それから担当者含めて県のほうに直接お伺いしながら、その辺のところの要請もしてきましたが、これは全国的なそういった取り組みの中での話なので、その部分を特別的な措置はできかねるというふうなことでの対応でございました。そういったことから含めて、ただいま課長がお話ししてございますとおり、基本的に今回の新技術の部分については、事前着工というふうなことはあり得ないというふうなところの要綱の制定の仕方でございますので、それは崩せないというふうなところでございます。
 それで、そういった中で、今年度、大豆の作付が大面積ありまして、来年ブロックローテーションで少なくなるというふうな部分がございますが、そういった生産者にとっては、当然今年度分の当初の申請を最終的には計画変更して実績を上げるというふうなことになりますし、来年につきましては、その来年当初の見込みの中での申請というふうにならざるを得ないのかなというふうに思ってございます。
 それから、他の市町村の取り組みの中で、確かに6月10日直前に、10日以前にそういった許可というか計画の承認をいただいているところもございます。ただ、そういった中の部分につきまして、私どもが聞いている情報によれば、その新技術の該当する農薬と、そういったものをもう単一化して、これだけというふうなことでその事務作業を進めたというふうな取り組みがあったというふうには聞いてございます。ただ、私どものほうとしては、農協とも協議しながら当たってきたわけでございますけれども、できるだけ新技術に対応するその農薬の品数の確保を図って、より農家の皆さんが使っているさまざまな部分に該当できないかというふうなところの裾野の広がりも目指したところでございまして、そういったことから短期の取りまとめができなかったというふうな事情もございましたので、よろしくお願いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。中澤 宏委員。
10番(中澤 宏君) それでは、成果報告書の205ページ、206ページについてお尋ねします。緊急雇用創出事業でございます。雇用の創出については、市長の政策の大きな柱の1つでございますので、この成果についてお尋ねしたいと思います。
 委託料の合計が10億を超す大事業でございます。集計をしますと、雇用者は488人でございました。大ざっぱに500人とすれば1人当たり200万円というような委託料になるわけでございますが、ここで起業型とか農林業とかいろいろありまして、起業型については125人で約4億円、1人当たりについては318万円になっておりますが、この中に実は突出した金額がございまして、委託金額が9,000万円を超す企業が16人の雇用でございます。簡単に割ると570万ぐらいになるんですね。これは、他の企業とは全く特別な金額でございましたので、全体的にこの雇用創出事業というのは、人件費の割合というのは、これが100%人件費なのか、あるいはそうでない部分が相当含まれると見るのか、その部分をまずお聞きしたいと思います。
 2点目は、その人件費だけでない部分も含めて、この10億の委託事業を通して、企業の要するに事業の規模というのも当然10億相当以上に拡大したと見るのか、また、例えば誰かにやめていただいてこの人たちが入ったというのではなくて、この10億が新たな雇用、要するに雇用の増大として捉えるのかというのが、まず2点目です。
 それから、3点目は、こうした大きな事業に取り組んだわけでございますが、計画において、これが単年度で終わるのではなくて、今後これが継続されて、これが登米市の新しい、新たな力になるのかという、3点についてお尋ねしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 新産業対策室長、佐々木茂光君。
新産業対策室長(佐々木茂光君) それでは、私のほうからご説明させていただきたいと思います。
 9,000万円で16名の雇用ということで、1人当たりの単価につきまして突出しているというお話でしたが、ガイアシステムさんの9,000万円ということでよろしいでしょうか。
 ガイアシステムさんは南三陸で支援活動していらっしゃる事業所さんでございまして、その中で津波被災者を多く雇用して事業を実施したいと、その人たちに次の雇用まで結びつけるような雇用、それから一時的な雇用も含めて事業を実施したいという思いがございまして、これもプロポーザルで審査をしたわけでございますが、人件費単価はそういう意味で多少高く設定していたようでございます。ガイアシステムさんは登米市ではこの緊急雇用と災害支援だけの事業をやってございますので、特別の単価設定を会社独自でしているということのようでございます。
 それから、2点目と絡みますが、事業の規模あるいは雇用の割合、全部雇用になっているのかというところでございますが、この事業の実施の要件が、新規雇用者の人件費が2分の1以上という条件を付した契約にさせていただいております。国の要項がそういうふうになってございます。少なくともこの委託金額割ることの2が新しく雇用された方の人件費に支給されているということで確認をさせていただいております。
 それから、この事業によって既存の事業所さんの従業員、やめさせた人、あるいはやめなければいけなかった人はいないのかというところでございますが、この事業は四半期ごとに検査をして支払いをしてございます。その中で、全従業員数等々も確認をさせていただいておりますので、新たな雇用者に基づきましてやめさせられた人はいないというふうな認識をしてございます。
 それから、これを実施した後、終わった後のことでございますが、この中には、短期の雇用を目的としている事業、それから次の雇用まで結びつけていきたいという委託事業、2パターンございます。次の雇用に結びつけていただきたいような起業型、それから農林業、それから派遣型(コールセンター型)の部分につきましては、次の雇用まで結びつけていただきたいということでやっている事業でございまして、平成24年度……。平成24年度のそういう次の雇用まで結びつけるような事業を実施していただいた事業所さんのその後の雇用状況でございます。現在も雇用していただいている方の割合が75%になってございます。昨年は60%台でございましたので、委託している事業所さん、頑張っていただいたようでございまして、75%を超える再雇用率になってございます。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 中澤 宏委員。
10番(中澤 宏君) 頑張ってましたね。いいことだね。
 それで、定期的に指導もしているというふうなことだし、新たな雇用に結びついてるということなので、今までにない本当に画期的な事業だなと評価をしたいと思っております。75%が次に継続するというふうなことですから、事業としてはすごいなと思います。今後、継続的にまた回って、着実に発展してもらいたいなと思います。
 それで、1つだけお聞きします。さっきの単価が非常に高いという部分では、2分の1以内というか、2分の1でもいいんだという話でしたが、余り高いとその継続というのはある意味では逆にハードルになってしまうかなと思って私、実は聞いたんですが、当然このことが相当その企業の力にもなっているんだなということを聞きました。今は雇用者の視点で聞きましたが、これを今度起業者の視点でちょっとお尋ねしたいと思います。このことは企業の皆さんにとってどんな反響というか、どんな……。10億が10億の利益なのか ── まあ利益ということでないんだね、人件費として払ってるからですけれども。要するに、その雇用者の利益にだけでなくて、企業のしっかりとした利益になって、事業拡大というか業績が伸びる力になってほしいなと思うんですが、その辺だけ確認させていただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 新産業対策室長、佐々木茂光君。
新産業対策室長(佐々木茂光君) 平成24年度、次の雇用に結びつけていただいている多くの人数につきましては、派遣型という部分がかなり多く占めてございます。この例だけをとりますと1億8,800万円ぐらいになります。この事業につきましては、事業所さんに研修先として派遣をして、その事業所さんで研修を受けて、お互いがよければそのまま雇用していただくというような事業になってございまして、事業所さんが求める人材を研修期間中に育てていくという事業でございますので、企業さんにつきましても大分喜んでいただいている事業というふうに考えてございますし、ほかの事業、起業型につきましても、昨年度は起業がメーンでございますので、起業者につきましてもかなり多くありまして、7人ぐらい……ちょっと資料を見つけられません、7人ぐらい起業、自分で業を起こしている方がございます。ということで、会社さんとしては、雇用者を支援する事業、それからその事業所さんのメリットもある事業、2パターンございまして、どちらもうまく機能しているのかなというふうに思ってございまして、雇用者、それから事業所さん、お互いにこの事業を使って成長していただいているのかなというふうに考えております。
委員長(伊藤吉浩君) 中澤 宏委員。
10番(中澤 宏君) それで、今、人材派遣事業というのは、120人のところが平均で157万7,000円ですね、1人。それから、80人の次のタイプの部分が174万3,000円なんですね。ある意味では継続しやすいというか、何となくこう続くんだろうなというような感じもしますが。それで、この補助金がなくなったと、要するにその補助金のあるうちは継続しますけれども、この補助金がなくなったというときに、さっきの75%、これはそのとおりに見ていいのかというようなことを聞いて終わりたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 新産業対策室長、佐々木茂光君。
新産業対策室長(佐々木茂光君) 継続して雇用していただいた方が率として75%いらっしゃるということを申し上げましたが、人数で言うと154名の方が次の就職に結びついてございます。昨年も同程度の新規雇用がございましたので、それらを合わせると300名近い方が今も職が得られているということでございまして、雇用指標を見ますと、新規求職者が減ってきておりますし、延べの求職者数も減ってございます。この緊急雇用の成果だけではないとは思いますが、ある程度の成果はこれにあらわれているんじゃないかなというふうに思ってございます。
 ご指摘のように、この事業が終わったときは、その反動も確かにつらいものがあるとは思いますが、継続できる限りこの事業は継続していって、緩やかな着陸を考えていきたいというふうに思っております。以上です。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。──ありますね。
 質疑の途中でありますが、ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午前10時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時09分
委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 質疑を続けます。佐藤恵喜委員。
25番(佐藤恵喜君) では、成果報告書221ページに、国の青年就農給付金事業の対象者に24年度は5人になったということでありますが、ちなみに25年度の状況、そしてこの事業以外の新規就農者数というのは24年度で幾らになっているのか、お伺いしたいと思います。
 それから、206ページ、緊急雇用事業の関係ですが、先ほど75%の再雇用、雇用継続という説明だったんですが、これはどういう意味なんでしょうかね。いわば会社員としてというか事業所員として常時雇用になったと、その数なんでしょうか。去年もお聞きしておりまして、常時雇用につながったのは10名あったかなかっただったと思うんですが、できればこの事業ごとの状況を一覧表で出していただきたいと思います。
 それから、その中で食材流通システム構築事業、農協1,000万円がありますけれども、ちょっと今正確でなくなってるんですが、登米市の食材を学校給食ならず、ホテル、病院、保育所などに提供する、その研究をする、体制を構築するというような目的もあったんでないかなと思うんですが、この地産地消推進計画を改めて見てきましたら、産業経済部長がその協議会の会長になっておりましたので、24年度の、全項目を聞くと時間ないので、学校給食だけお聞きしますが、どの程度の食材利用率になっているのか、お伺いしたいと思います。
 それから、213ページ、1日1億円、365億円の農業生産の取り組み目標がありますが、この24年度については369億円ということで目標を超過達成ということであります。要因は、いろいろここにあるとおり、戸別所得補償、あるいは畜産については原発災害への対応ということがありますので、いわば他の要因というか、自力の部分でないところがありますけれども、少なくとも目標は達成したと。こうなれば、目標を再度見直して、大幅な引き上げをするということが当然課題になってくると思いますので、どのように考えているかお伺いしたいと思います。。
 企業誘致の関係、262ページに説明がありますが、頑張ってきたという成果は説明ありますが、一般質問でも触れましたが、ソニー豊里サイドでは、24年度末に150名ほどの正社員の整理、カットがあったということなど、こうしたマイナス面というんでしょうかね、大きな課題として残ったと。いわば市内の事業所の閉鎖だとか人員削減などについても、つぶさに調査をし、この中であらわしていくと。簡単に言えば、いい面だけを強調するのではなくて、こうした課題があったんだと、今後雇用対策をどうすると、こうした記述も必要でないのかなと、そういう謙虚さが成果報告書にあらわれるべきと思うんですけれども、状況をお聞きしたいと思います。以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。
農林政策課長(岩淵俊明君) それでは、私のほうから、1点目のほうから順次お答えしたいと思います。
 1点目の国の制度であります青年就農給付金(経営開始型)の関係でございますが、221ページの成果説明書に記載してありますとおり、不安定な時期に年額一定程度5年間支払うというような制度でございます。24年度におきましては、人数にして5人、うち夫婦1組というような予定になってございます。この制度は当然、みずから営農するというのが大前提となっておりまして、24年度はこういう実績値でございましたが、25年度に入ってからの現時点までの利用者の数値につきましては、私、今手元に持ち得ておりませんので、調べて後ほどご回答申し上げたいと思います。
 それから、市内の24年度における新規就農者数、同じく221ページの事業概要及び効果の欄の2行目に「901経営体、新規就農者数11人」となってございますが、これは21人の誤りでございますので、ご訂正方をお願いしたいと思います。
 それで、21人の新規就農者の内容でございますが、当然経営開始型給付金制度を活用した5人も含まれますが、実際集計としてまとまってありますが、ちょっとお待ちください。
 21人の本市の内訳ですが、新規学卒が5名、それからUターンが4名、いわゆる外からの新規参入が12名というような内訳となってございます。
 それでは、大変申しわけございませんが、農林政策課関係の分、順次ご回答させていただきたいと思います。
 次に、緊急雇用創出事業で実施してございます、登米市が行っております登米市産食材流通システム構築事業の関係でございますが、医療、福祉、それから農産物の直売所、それから学校給食センター等でくくりをして、それぞれ取り組んでおるわけでございますが、給食センターに限ってご報告申し上げますと、登米市内産の学校給食における食材利用率でございますが、24年度の数値が直近で、金額ベースで教育委員会のほうから資料を頂戴しておりますので、それでご回答申し上げたいと思います。24年度は19.68%となっております。あくまでも金額ベースでございます。23年度は15.21%、22年度は18.8%、21年度は17.64%というような学校給食における市内産の食材利用率の推移となってございます。
 それから、飛びますが、1日1億円の関係でございますが、確かに主要成果の説明書にありますとおり、24年度におきましては365億円というような金額で、額面とすれば100%を超える結果を見たわけでございますけれども、その内容をよく分析しますと、当然ここにもありますとおり東北電力からの損失賠償金も含まれておりますが、そのほか、個々、品目的に見ますと、非常に外的な要因があると。所得補償交付金の支払額の増によって金額が上がった、それから物によっては価格の上昇・下落というような非常に変動の大きい品目もございますし、米につきましては1等環境保全米のいわゆる仮渡金の上昇というような、さまざまな費目で見ますと個々の要因がございます。結果として1日1億円は達成してございますけれども、この計画の見直しについてはというようなご指摘でございますが、これにつきましては、この1日1億円創出プランにつきましても目標年度が平成27年度というような位置づけで現在の計画は成ってございます。今年度から基礎資料等の収集を始めて、来年度、26年度に見直す予定でございますので、委員ご指摘の点も踏まえて、早急に計画を見直すということでなくて、27年度、目標に向かった中でそれぞれ計画内容を練り直していきたいというように考えております。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 新産業対策室長、佐々木茂光君。
新産業対策室長(佐々木茂光君) 私のほうからは、緊急雇用、それから企業誘致の関係でお答えさせていただきたいと思います。
 75%の意味ということでございますが、これは、契約が終了する3月31日現在において契約先に在職していた人が205名おります。この事業といたしましては、介護雇用プログラム事業、それから登米市震災対応人材育成事業が次の雇用に結びつけたいというふうに思っている事業でございます。ということで、この2つの事業で205名の3月31日現在で在職していた人が4月1日にどういう状態になっているのかということを調べさせていただいたのが75%になっていると、採用者数154名がそういう人数になってございます。
 それから、一覧表でございますが、この事業そのものが、次の雇用に結びつけたいという市の思いはございますが、事業の要件としてはなってございません。それで、各事業所さんの善意で聞き取りをさせていただいておりますので、一覧表表示、提出は現在のところできかねますので、ご了承いただければと思います。合計の数字だけでご勘弁いただければと思います。
 それから、企業誘致の関係でございますが、企業誘致をしたということだけではなく、雇用調整をしたというようなところについての記入も必要だろうというご指摘でございますが、必要であれば当然記入していくこともやぶさかではございませんが、その雇用調整につきましては、大から小までさまざまございます。大きいものはハローワークに計画書を出してやるという大のほうもございます。それをハローワークさんと連携しながらやっていきたいと思いますが、小規模なものまでの把握はちょっとできかねますので、これからの課題とさせていただければと思います。以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。
25番(佐藤恵喜君) 新規就農者21名のうち、新規学卒者、Uターンを除き12名が外からという説明だったんでしょうか。その内容をちょっと手短に説明をいただきたい。いわば、登米市内在住者でなくてと、あえて登米市に来て農業に就いたということなのかどうなのか、説明をいただきたいと思います。
 学校給食については19.8%、これは教育委員会、委員会でも前にお聞きしたことあるんですが、金額ベースだけでなくて、数量ベースでつかむということをやっていただきたいんですが、いかがでしょうか。
 それで、ちなみに、地産地消推進計画では、平成27年度25%の目標値になってございますが、これは現時点では達成すると言い切ることができるんでしょうか、お伺いしたいと思います。
 雇用関係については、もちろん小さなお店屋さんが1人来月から辞めてもらったとか、そういうことまで全てどうのこうのではなくて、少なくとも誘致企業の動向については、議会にも報告をして共通認識のもとに、この企業立地対策、雇用対策をどうするかという、そのためにも、議論する上でも、そういう市の誘致、従来の町で誘致した企業などについてはきちんと報告をすると、それは必要なんではないでしょうか。以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。
農林政策課長(岩淵俊明君) 1点目の21人の内訳のうち新規参入12名というご回答を申し上げましたが、説明不足で大変申しわけございません。この新規参入12名のうち県外出身の方は2名というような内訳になっておりまして、残りの10名につきましては、出身は登米市内でございまして、いわゆる登米市に住んでいて登米市外の会社員であったり登米市以外の宮城県内に住んで会社員であったりというような方々が合わせて10名というような内容となってございます。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 学校給食の使用数量の部分の数量ベースでというふうなお話でございます。ただいま状況につきましては、教育委員会との連携の中で整理をさせていただいているというふうなこともございまして、その数量というふうなところでのつかみというふうな部分について、教育委員会と連携しながら、可能であれば対応していきたいというふうに思ってございます。
 それから、地産地消の25%達成というふうなことでございますが、金額ベースで19%というふうなことでございますので、それが数量というふうな部分でちょっとどうリンクしていくかというのがまだ見えていない段階での今のお話をさせていただくわけでございますけれども、何とかそれに向かって頑張りたいというふうに思ってございます。
 ただ、あと金額的な部分でちょっと一言補足させていただければ、24年度については夏等の葉物野菜が若干価格の値崩れがございましたので、そういった部分からしても、実際の使用数量を、数量ベースでのつかみ方と金額ベースでの兼ね合いの中で、標準とする数値的な部分をどう捉えたらいいのかというふうなところもございますので、その辺も含めて検討しながら教育委員会との連携を図っていきたいというふうに思ってございます。
委員長(伊藤吉浩君) 新産業対策室長、佐々木茂光君。
新産業対策室長(佐々木茂光君) 誘致企業についての雇用の関係でございます。情報収集をしながら進めていきたいと思っております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 先ほどの17番委員さんのお答えの中で、えさ米の関係でありましたけれども、収量が高いほうが面積が少なくて済むというお話をされました。このえさ米の取り組みというものは、登米市としてそういった視点で取り組むべき内容なのか。いわゆる面積を消化して、それでクリアしていくと、こういう考え方は決して好ましい考え方ではないというふうに私は思っています。そして、登米市の農業の目指す方向性の中でも、国がお米を今後どのようにしていくかという考え方のもとで、新規需要米制度というものを創設し始めたんですね。それで、いわゆる国外から穀物を幾らかでも輸入しないで、自給率、いわゆる地産地消を図っていこうという視点の中で、新規需要米の生産を国は進めました。それで、市も農業の方向性の中で新規需要米の生産を推進しますというふうな話で、それをずっとこれまで進めてきたんですね。それで、今までの議会とのやりとりの中では、これを穀物としてえさに、畜産とのリンクですから、えさにどのように反映させていくかということのディスカッションの中でも、私も申し上げましたけれども、そういった研究、さらには加工する施設、そういったものも積極的に研究・検討を重ねていくというお答えだったんです。そうすると、先ほどの考え方は、どこにそういう根拠性があるのか見えてこない。その辺はよく整理していただきたいというふうに思います。
 それから、6款を中心にやらせていただきます。6款3項1目、急に飛びますけれども、水産振興費。いろいろと内水面、淡水で登米市もやっておりますけれども、私もこの辺勉強不足だったものですから、こういった登米市の水産の生産の推移、どのようになっているのかお伺いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、遠藤 仁君。
産業経済部次長(遠藤 仁君) 大変申しわけございません、先ほどお話しした内容について一部訂正をさせていただきたいと思います。単収が多くなれば転作の面積が少なくなるというお話を申し上げましたが、勘違いをしておりまして、逆でございます。単収が少なくなれば転作の面積が少なくなるということでございます。これは、転作の配分が米の生産数量何万トンというふうな数値で配分されておりますので、単収が少なければ余計米を作付する面積がふえるという意味で、そういうことでございます。すいませんが、訂正をさせていただきます。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) それから、ただいま、これまでの登米市のえさ米等を含めた新規需要米の推進方向というふうなことでのお話がございました。ただいま委員お話しのとおり、登米市としてえさ米に取り組むというふうなきっかけの中には、当然畜産の一大基地である登米市が、そこで米の新規需要米として新たな米の需要方策として、そういった取り組みの中で互いに公私を超えて協力あるいは連携しながら、そういった方向に進めていくというふうなことの目的の中で取り組みを推進してきたというふうな経緯があるわけでございます。ただし、そういった取り組みの中で、どうしても行政というふうなことと、それから生産者団体というふうな中で、お互いの部分、連携の部分でこういった部分をこれまでやってきたわけでございますけれども、今現在において、具体的な加工施設あるいは利用の仕方、この域内、市内での利用の仕方というふうな部分に直接結びついていないというふうな実態でございますので、その辺のところはご理解をいただきたいというふうに思います。
 それから、水産振興費の件でございますけれども、これまで市内の水産振興費につきましては、内陸、淡水の部分の取り扱いというふうなことでございまして、どうしても生産額そのものはほぼゼロに等しいというふうな中で、こういった取り組みをさせてきていただいてございます。そういった中で、この成果説明書の程度の取り組みというふうなことでこれまでやってきてございますけれども、今後さまざまな形で、例えば内水面として、単なる生産、魚類等の生産現場というふうなことだけに限らず、その環境保全のあり方であったり、そういった部分についての水産業の部分で取り組めることがないのかなというふうなところも感じてございます。
 それから、先般、アグリビジネスの塾を開催させていただきましたけれども、その中でも内水の沼エビの新たな活用方策というふうなことで6次産業化の夢を語っていただいた塾生の方もございました。そういったところも含めて、そういった夢の実現が登米市の新たな産業振興につながっていくようなお手伝いもさせていただきたいなというふうなことで考えているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 余り言葉数を並べてもらっても時間がありませんので困るんであります。それで、私が問いをしたのは、そういうことではなくて、しっかり水田農業と畜産というものをリンクすることを一生懸命考えていくということがまず基本的に必要だということですから、そのために何をしたらいいのかということをしなくちゃいけないし、それから条件的に、17番委員もおっしゃっていましたけれども、やっぱり状況不利土地もあって、それを画一的に全部数字を並べていくということが本当にいいのかを含めて、それはよく検証していったほうがいいのかなと思います。そして、それをいかに畜産と結びつけていくかが問題であります。
 それに、水産振興の関係もそうであります。ただやみくもに昔から団体にお金を出していったからいいというものではなくて、しっかりその辺の検証はお願いしたいというふうに思っています。
 次に、森林整備でございますけれども、市有林の森林の認証士を取得し、二酸化炭素の吸収クレジットの取引を行ったり、それからさまざまな形で森林整備を進めていきます。この森林整備を進めるとずっと言ってるんですよ。結果的には、今どのように森林整備を進めていこうとしているのか、24年度の事業が終わった段階で、その描いている姿を簡単にでよろしいですからご説明願いたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、遠藤 仁君。
産業経済部次長(遠藤 仁君) 水田農業と畜産のリンクというふうなことの重要性をお話しいただきましたが、まさしくそのとおりだというふうに認識をしてございます。
 その中で、転作の中での話になりますけれども、飼料作物の栽培面積が24年度実績で2,092ヘクタールという大きな面積を活用させていただいてございます。29年度の目標というふうなことで、2,175ヘクタールを数値として目標にしておりまして、今後ともそれらについて、水田農業と畜産のリンクの振興について、調査・研究を進めてまいりたいというふうに思います。
委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。
農林政策課長(岩淵俊明君) 森林整備の考え方についてという点についてでありますが、委員ご指摘のとおりCO2の吸収量クレジットについても、環境に優しい云々ということで、市でJ-VERとあわせて現在積極的に取り組んでおるわけでございますけれども、林業の整備につきましては、いろいろ外的要因が変動する中で、市の山のみならず私有林につきましても、現在積極的な助成制度等を活用しながら私有林の整備に森林組合を通して声がけをして働きかけをしておるところでございますが、特に、いわゆる若年林と言われる50年生ぐらいまでの森林につきましては、その間やはり間伐というのは非常に大切な施業になりますので、間伐を中心とした施業計画の立案、そしてその計画に沿った取り組みにいわゆる国・県の助成制度を活用しながら、私有林の整備、それから森林組合とあわせて間伐の適正な実施と並行しまして、伐倒、いわゆる枝払い、それから雑材の運搬等に役立つ高性能林業機械の導入、それからあわせて林道や作業道の整備等を図って、低コストの林業化実現に向けた取り組み等も積極的にこれまで以上に取り組んでいかなければならないというような考え方を持っております。
 また、あわせまして、登米産の地域材の需要拡大という取り組みも大分重要だというようなことで、支援事業を現在も取り組んでおりますけれども、利用者の方がだんだん伸びてきておりますので、これらにつきましても、いわゆる事業の活用内容を分析しながら、今後どう制度を拡充していくかというような点についても検討して取り組んでまいりたいというように考えております。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 課長ね、そういう話はずっと今まで何回もしてきたんですよ。ここであえて聞いているのは、これまでのずっとそういった流れを進めてきて、そしていつも森林整備については、持続的な森林整備、将来に向けた整備を進めていきたいというような話を書き上げてきているわけですよ、文章に。そのときに、それを具体的に将来に向けた持続的な森林整備というのはどのように進めていくのかというようなことを目に見えるような形にしていかないと、今までそんな小手先のことばっかし、それがだめだとは言わないけれども、将来に向けた姿というのはどういうものなのかというようなことをしっかり森林整備計画で練っていかないと、進んでいかないんじゃないですか。そういうあんまり並べられても、これも困るんです。それはいつも言っていることだから、もう時間の無駄だから、こうやって話しすると。もう少し的確に答弁してください。
 とにかくそういったことがもし今のところで持ち合わせなければ、森林整備計画については、しっかりと見つめて、将来を見つめた計画、姿を描いてください。足りないですよ。クレジット、VERなんかだけではとっても進まないし、地域内産材だけでも進まないし、その辺を明確につくり上げていく努力をしていただきたいと思います。
 さらに、もう消えてしまったのか、緊急プロジェクト2010、これは一体どうなったんでしょうか。
 それから、全国PRしようとしてクリネックススタジアムに掲げた看板、あれは今は掲げてられない。全国発信は今どういうふうにしてそれを進めていこうとしているのか。いわゆる事業の継続性が見えてこない。そして、毎年毎年イベント型の事業の展開ばっかししている。きょうは細かいところまでやると時間がありませんので、例えばブランドの問題の話でもそうですし、米の販売拡大の小売店の問題、マッチングの話、そういった全体の農業振興におけるくくり、こういったものをどのように24年度の中で総括し得たのか見えてこなくて、全て現象面の結果論しか書いていない。もし手持ちの中でそういった総括的な物の考え方があるんであればお示し願いたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) まず、森林施業計画につきましては、それぞれ見直しをかけているわけでございますけれども、そういった中で、その根本的な部分というふうなお話でございます。そういったところも再検証してつくり上げていきたいというふうに思ってございます。
 それから、緊急プロジェクトの部分でございますけれども、当時、たしか3つの枠組みの中でそういったプロジェクトを立ち上げてやってきてございました。その部分につきましては、現状もそれぞれ、24年度におきましても、ブランド戦略室を中心に取り組んでございます、大地の恵み・海の幸ビジネスマッチング、あるいは食材フェア、そういった部分で継続して、ひたむきな部分でやってきているというふうなことでございます。
 それから、クリネックススタジアムの部分につきましては、予算等の兼ね合いもございまして、その効果とかの部分も含めて、途中年度、2年継続して、その後事業を中止したというふうなことでございますが、そういった部分をかけた部分の全国的な発信というふうな中では、主に農業関係のビデオ、農業ビデオ等の撮影事業に取り組んでございまして、それでクリネックススタジアムのかわりというわけではございますけれども、より広く、インターネットあるいは携帯、スマートフォン、そういったところからアプローチできる、登米市のよさを全国に発信していくというふうなことでの取り組みを進めてきているところでございます。
 そういった中で、さまざまな事業がそれぞれその年度年度で個別の設定になっていて、なかなかトータルとしての方向性の問題というふうなことでのお話だと思います。そういったことにつきましては、私どももそれぞれの連動性というふうな部分も含めまして事業の立案をしているところではございますけれども、さらにわかりやすくご理解いただくような、そういった全体のトータルとしての目標あるいは方向性、その中についてどうそれぞれの事業がかかわりを持っていくのかというふうな部分の整理をもっともっとさせていただきたいというふうに思ってございます。
委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) ぜひ、期待を申し上げます。例えばクリネックススタジアムの看板が、動画サイトに発信するんだから、それはこうかわったとかって、そういう問題ではなくて、そうなら、じゃあ2年前はそれできなかったのかという話でしょう。3年前できなかったのかという話でしょう。もう少しそれはきちんとした登米市の農畜産物の広告宣伝対策はこうだというようなものをしっかり持ち合わせてやっていかなくちゃ。
 それからあと、例えば登米市産米の販売拡大事業においても、いわゆる販売する力が行政にはないから、結果的にはただ顔出しして顔つなぎで終わりだと、せいぜい農協にちょっとお話しして終わりだとか、結局その程度になってるんですよ、全てのものが。それから、登米市の食材・物産ステップアップ事業も含めて。本当に一つ一つ挙げていくと、その費用対効果の問題、さらにはやるべき仕事の内容の精査をきちんとしないと、課長たちかわるとだめなんだもの。それはしっかりつないでいっていただきたいと思います。
 最後に、農村整備事業の中で、多面的機能のさらなる向上と環境に配慮した農業・農村整備事業を進める必要性を登米市は訴えておりました。このことについてはどうなりましたか。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) まず、前段の登米産米の販売対策事業等も含めて、確かに物を持ち得ない部分での行政としてのそういったことの取り組みというふうなところ、結局最終の出口を持っていないというふうな部分も含めて、なかなか思うとおりに進めないところもございますけれども、成果報告書にあるように、少しでも登米市産米の都市部でのアピールができるような取り組みというふうなことで取り組んできたところでございます。今後、さらに実需者等との連携の中でそういった取り組みをどうやっていけるのかというふうな、その成果を上げる方向性をまた常時検討しながら取り組んでまいりたいというふうに思ってございます
 それから、生物多様性の多面的機能というふうな部分でございますけれども、これにつきましては、農村整備の中で農地・水の保全管理の対策事業であったり、あるいは圃場整備事業であったり、さまざまなハード事業及びそのほかにもソフト事業というふうな取り組みの展開をしてございます。そういった中で、市内の圃場整備はほぼ終盤にかかってきてございまして、その中でその多面的機能をどう生み出すかというふうなところの視点というのは、その圃場整備事業が当初スタートする時点で、今のような状況の中の整理というふうなことはなされてこなかったというふうな部分は確かにございます。そういった中でどう農村整備の中にそういった部分をつけ加えていくのかというふうなのが今後の課題だろうというふうに認識してございます。予算としては少ないわけでございますけれども、そういった取り組みの部分を、漁場の整備であったり、そういった部分はここ何年かやってきてございますけれども、さらに、現在市民生活部のほうで策定を進めてございます登米市生物多様性の登米戦略、そういった中にも、ぜひ産業経済部として、農村整備の視点としてそういった部分も含めて盛り込んでいって推進できればいいのかなというふうなことでの思いを今しているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 成果説明書の213ページの1日1億円創出プランの関係で、ことし目標達成ということでありましたけれども、今質疑の中でも、この検証の欄を見ているんですけれども、いろんな要素とか結果とかということで書いてあるんです。それで、野菜の分を見ると書いてありますけれども、4億3,900万円の減額になったということで、結局、野菜の価格が下落したためということなんですね。この表を見ると、目標を見ると、38億4,000万円まで平成27年度まではふやしていくということを書いてあるんですが、この辺の目標の設定なんですけれども、私が言いたいのは、農家が安心して生産に励むことができるのかということなんです。どのようにするのかということですね。こういう目標はいいんですけれども、しっかりした価格補償なりの誘導策といいますか、具体的な施策というものを考えておられるのか、その辺ちょっとお伺いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 委員お話しのとおり、1日1億円創出プランの中で園芸部門がなかなか伸び悩んでいるというふうな部分、そしてまた昨年につきましては市場価格の下落というふうなことで、どうしてもこの計画の成り立ちが産出額というふうな観点でございますので、どうしても市場流通あるいはそういった部分の影響を受けざるを得ないような数値になっているところでございます。
 そういった中で、安心して生産できる体制というふうなことでは、これまでも青果物価格安定補償制度、県だけではなくて登米市独自の部分もつくって対応してきたわけでございますけれども、そういった中でも、年々取り組みする方々が高齢化等によって減ってきているというふうな状況もございまして、なかなか伸び悩んでいるというふうな状況でございます。市としても、昨年に比べて今年度も園芸施設拡大事業で大分拡充をさせていただいた取り組みを展開しているところでございますけれども、そもそもの園芸部分に対しての参入の方法のあり方といいますかアプローチの仕方というのが、施設園芸であれば当初の投資規模が多額になってなかなか取り組めないと、そういった方々も含めて路地の園芸作物に対する支援というふうなことも拡充の1つとして検討して実施してきているところでございます。こういったところも含めて、参入のしやすさ、あるいは参入して、その成功事例、そういったものを積み上げていくことが園芸に対する参入農家さんの拡大を図れるものというふうな思いもございますので、そういったところに視点を置きながら今後も拡充策を探っていきたいというふうに考えているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 今の説明を聞いててもよくわからないんだね。どうするのかという部分で、やっぱりもっと具体的に計画を、この目標を決めたんであれば、それに向かってどうするのかという部分をしっかりつくっていかないと、単なるこれは1日1億円で1年365億円のただこの数字を並べただけにすぎないものになってしまうので、その辺はやっぱり、答弁はいいですけれども、しっかりした農家の力になれるような政策をつくっていくべきなんですよ。市長、ぜひこの辺お願いしたいんですけれども、一言お願いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 園芸等について今いろいろご質疑をいただきました。確かに生産物価格の変動が非常に大きいというような課題がある状況ではございますが、とは言いながら、やはり第3の柱にぜひ育てていきたいというふうに市といたしましても考えているところでございます。
 そういった取り組みの中で価格補償ということも確かにございますけれども、出口対策というような取り組みも非常に大きな課題というふうに考えております。市場出荷だけで生産、販売を進めていくというような形になれば、市場流通の原理のみに翻弄されるということにもなるわけでございますので、そういった意味では、さきの議会等でも国の補助等についての取り組みについてご審議をいただき、補助採択もいただいて、今年度、カット野菜工場の建設が今進められているというような状況等もあるわけでございます。そういった意味では、やはり一手間、二手間、手を加えた中で、付加価値を高めた農産物の出荷や市外への流通のあり方について、しっかりと検討してまいりたいというふうに思っております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 成果説明書の265ページ、消費生活推進費についてお尋ねします。多重債務者の無料法律相談というのが載っていますが、市内にはこれ以外にも多重債務者がいると思うんですけれども、どのくらいいるだろうというふうにつかんでいるんでしょうか。
 それから、この法律相談を受けた方々、市民の方が、その後どうなっているか、生活がリセットされているものかどうかというようなことはお話しできませんでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 消費生活相談の件でお尋ねでございます。
 平成24年度は、ここに記載のとおり32件ございました。この場合に、弁護士あるいは司法書士の先生からご指導といいますか相談を受けていただくわけでございます。我々といたしましては、広くこういった多重債務で苦しんでおられる方に広報をいたしまして、なるべくこの相談に出席をしていただきたい、あるいは消費生活相談員にご相談に伺った方にこういった要件であれば専門の先生の法律相談をぜひ受けてくださいといったようなお勧めをしておりますが、実数としてどの程度かというところまではつかんでおりません。
 それから、この法律相談が終わった後ということでございますが、解決の方向に向かった場合には、相談されている方のほうから「解決しました」といったような報告もあることもございますが、全てそういったその後の状況を承知しているわけではございません。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) そうしますと、この事業の最終目標というのはどこにあるかということは言えませんよね。こういう無料の法律相談を行ったよというだけのことで、もしかして満足してるのかなというふうにいじわるに見られるんですが、例えばじゃあ、この相談の話が出るのは、いわゆる総合支所を通して来るというのも少しはあるんですか、直接何とか相談員という方に来るんでしょうか。
 我々が行政視察した滋賀県のすごく有名な人がいるんですが、たしかジョーズさんといったかな、女性。相談員の方は、そういう人たちのいわゆる講習等は受けさせていますか。
委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 相談者がどういった形で相談を依頼するかということでございますが、総合支所のほうにお話があって消費生活相談員のほうに話がつながってくるということもございますし、消費生活相談員専用の電話番号がございますので、多くは消費生活相談員のほうに連絡が参ります。
 それから、その後の状況、あるいは相談業務、これで終わっていいのかというお尋ねでございますが、この相談の中で、弁護士あるいは司法書士の先生から、もちろん1回で解決する問題でない場合も多分にございますので、その後、いろいろな形でフォローといいますか相談、この相談とは別でございますが、解決に向けたアドバイスをいただいているものと考えております。(「研修」の声あり)
 失礼しました。消費生活相談員の研修でございますが、こちらにつきましては、東京の国民生活センターでありますとか、あるいは仙台の県の関係の主催でありますとか、かなりの研修の機会がございますので、積極的に出席をさせております。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) これで質疑を終わります。
 ここで、昼食と説明員入れかえのため午後1時まで休憩いたします。
          休憩 午後0時01分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、8款土木費、9款消防費について質疑を行います。
 質疑はございませんか。二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) 時間が余りありませんので簡単に質問します。
 成果表の294ページ、石越駅周辺整備事業でありますけれども、ここについて、取っかかりは早かったんですが、そのほとんどが繰越明許になっておりますけれども、どのような理由でこのようにおくれてしまったのか、そして完成はどうなるのか、その辺について、できれば1分ぐらい余してやりたいと思いますけど、よろしくお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 住宅都市整備課長、中津川源正君。
住宅都市整備課長(中津川源正君) ただいま、石越駅周辺整備事業の進捗のおくれ、それからこれから完成までの予定といいますか、そういった質問でございました。
 進捗のおくれにつきましては、この事業は、一部JRの敷地を買収させていただきまして、用地を準備した上で事業を進めるというふうな計画でございました。まず、その用地を買収させていただく部分でのおくれが1点ございました。さらに、私どもの事業の中でJRの敷地との段差が生じる関係がございまして、それを段差解消を私どもの市のほうで工事をする予定でしたが、JR敷地内というふうなことで、JRのほうで負担金を市からいただいてJRで工事したいというふうな部分がございまして、それが時間を要しまして進捗がこのような状況になってございます。それぞれ事業については、ご存じのとおり駐車場部分については完成してございまして、平成24年度の繰り越しとしてロータリー部分、駅周辺の整備、さらには駐輪場の整備を予定してございまして、現在発注に向けて準備をしてございます。こういった内容でございます。よろしくお願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) ぜひ予定どおりの完成をお願いしたいんですが、そのほかに地元の要望として、駐輪場の下のほうの排水対策についても要望あったと思うんですが、その辺についてはどのようになっていますか。
委員長(伊藤吉浩君) 住宅都市整備課長、中津川源正君。
住宅都市整備課長(中津川源正君) ただいまの質問の内容をもう一度確認させていただきたいんですが、駐輪場の下の排水でございますでしょうか。
 駐車場の下の排水につきましては、今回、そちらのほうに流れないような勾配にさせていただきまして、駐車場部分についての排水については整えておりますけれども、駐車場の下の排水についてはちょっと承知してない部分がございましたので、大変恐縮ですけれども、以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) やっぱり水は低いほうに流れますので、地元ですね、若干郵便局との関係のところですね、問題があるようですので、その延長線上でぜひ対応をお願いしたいんですが、その辺どうでしょう。
委員長(伊藤吉浩君) 住宅都市整備課長、中津川源正君。
住宅都市整備課長(中津川源正君) 郵便局周辺の部分の排水不良については、最後に調査をさせていただきまして、どのような状況になっているのか確認をさせていただいた上で対応させていただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) この成果説明書でいきますと314ページの防火防災推進費の中の、前にもちょっと聞いたんですけれども、登米市消防後援会活動支援事業、これについてちょっとお伺いいたします。。
 この事業に関しましては39万5,000円、ずっと同じ金額が出ているんですけれども、それで、次にこの成果では後援会の育成を図ったというふうにありますけれども、年々この会員数が減っているようでございます。23年度がたしか107人で、今回94人。この後援会の具体的にどういった育成を図っているのかどうか。それと、消防団にとってこの後援会、一体どういったような成果、効果があるものか、その点をお聞きいたします。
 続きまして、320ページの防災無線管理費についてお伺いいたします。これは、委託料として保守点検業務があるわけですけれども、これはメーカーがそれぞれの旧町ごとに違って、そのメーカーに委託しているようでありますけれども、これはやむを得ないといたしまして。工事請負費といたしまして、屋外の子局のバッテリー交換、これが行われまして、総額約720万円ほど出ているわけですけれども、23年度はこの事業を災害復旧事業で行ったようでありますけれども、このバッテリー交換、耐用年数といいますか、やっぱり毎年交換しているものかどうか。その見きわめるのは、この前の委託料にあります保守点検業務で点検をし、こちらのほうの交換に回っていくものなのかどうか、その辺の流れをお伺いしますとともに、この工事請負費の分は何かまとめて発注できないものかどうか。ある程度経費が浮くのではないかなと私は思うんですけれども、その点をまとめてお伺いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 警防課長、佐藤正満君。
警防課長(佐藤正満君) ただいまのご質問でございますが、登米市消防後援会の育成、それから消防団活動への効果、それから位置づけというふうなご質問かなというふうに思います。
 まず、後援会の経過でございますが、委員ご承知のとおり登米市消防後援会は、登米市合併前に組織されていた登米町と東和町と津山町の3町域が1年間の暫定期間後に、平成18年4月1日に結成されました。それで、この組織におきましては、以後、各消防団の幹部の方々、その辺につきましていろいろ検討はした経緯はございます。ただ、委員ご承知のように、後援会というふうな組織でございますので、消防、我々事務局、そちらのサイドから強く働きかけるものというふうな意味合いも捉えてませんで、消防団のそういった意向を踏まえながら現在の経過になっている状況でございまして、かといって、しからばその他の旧町域で必要ないのかと、そういうふうなことにつきましては、消防団の幹部会の中ではそういった意見等も出てございませんで、できるならばそういうふうな登米市全体の後援会組織というようなことも意見としてございますが、現在はこういうふうな組織体制になっておりますことをご了解いただきたいと思います。
 それから、団への活動、それから効果の位置づけということでございますが、ご存じのように後援会というふうな名のもとでございますので、地域での火災やら、あるいはいろんな災害が発生した場合の消防団への後方の支援、それから災害防止のための協力、それから予防広報、それからいろんな消防施設そういったものの点検とか、そういったものも現在やっておる状況でございます。それから、位置づけというふうなことでございますけれども、先ほどもお話ししましたように、あくまでも後援会というふうな組織を尊重することからして、今後やはり地域からのそういうふうな、何といいますか意識の中から発生するのかなというふうな感じで考えておりますので、その辺につきましてはご了解いただきたいというふうに思います。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 防災課長、小野寺茂樹君。
防災課長(小野寺茂樹君) 屋外子局のバッテリーの寿命ということでの最初のお尋ねでございますが、バッテリーについては4年の寿命ということで平均的な寿命になってございます。当然点検の結果に基づきまして状況の悪いバッテリーから優先して交換をするということで、毎年度バッテリー交換については実施してございます。これらについては、23年度は緊急に行いましたが、24年から27年まで1サイクルということで、4年間で全部のバッテリーを交換するということで計画を立ててございます。
 あと、工事請負費のほうでまとめて発注できないかというご質問でございましたが、それぞれ各町域によりましてメーカーが違いまして、バッテリー交換後にそれが正常に動くかどうかというような調整も行うわけでございまして、町域ごとの発注ということでご理解をいただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) この後援会に関してですけれども、内容的には十分わかるんです。ただ、やはり今、各分団ごとに後援会が組織なっているところ、ならないところがあるようでございます。この旧3町のほうは、恐らく分団の後援会の連合会みたいな格好になっているんではないかなと私は思うんですけれども、その辺違うんですかね。まずそこをお聞きしますとともに、今、この後援会組織、どこでも大変ですね、高齢化も伴うこともございまして維持に大変苦労しておるところでございます。そういったところにおきまして、消防団といたしましても今、これまで寄附金をもらっていろいろ分団運営に当たっておったところが、一切寄附金はもらえないということで、後援会の形で応援をしてもらって何とかその辺をクリアしている分団もありますし、ないところもございます。そういったことで、この3町に限らないで、できれば全師団に何とかつくるように、その辺の方向は打ち出せないものかどうか。余り後ろ向きでなく前向きにですね、どうせならば全師団に後援会組織を設けるような考え、そういったことは持っておらないのかどうか。持ってもらいたいんですけれども、その辺をまずお願いいたします。
 それと、この防災無線のバッテリーのほうですけれども、これから全部交換するようでありますけれども、これは点検業務は、だからそのメーカーでなければわからないというのはわかるんですけれども、バッテリーに関しても、やはりバッテリーもそのメーカーじゃないとだめなんでしょうかね。この請負業者を見ましても、こっちの委託料の業者とちょっと違うんですけれども、委託料のほうは確かにパナソニックとか日立とかメーカーなんですけれども、こっちのバッテリーのほうはそれに限ったようでないように私は感じるんですけれども、その点もう一回、このバッテリー、まとめて発注できないものかどうかお聞きいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 消防本部消防長、菅原輝雄君。
消防本部消防長(菅原輝雄君) ただいまご質問ございました後援会の3町域の結成でございます。これは、先ほど課長がお話ししましたが、3町域は合併前から設置されていたというふうなことでございます。それで、山林火災とかそういうふうな対応のために後援会とかいろんなものをつくっていただいた地域だったのかなというふうに存じておりますが、現状の中で、それはあくまでも登米市の後援会というふうな位置づけにしています。ですから、その町域自体の後援会だけではないという考え方にしております。
 それから、全師団の中で取り組むべきでないかというふうなお話をいただきました。これは、委員だけでなくいろんな方々にお話をいただいています。消防本部としてもその事務局も兼ねておりますので、できれば全師団の中で取り組んでいただきたいというふうなことでお話はしています。ただし、先ほど課長答弁のとおり、あくまでもボランティア精神というふうなところもございますので、うちのほうから必ずつくれというふうなお話ではなくて、各師団の中でぜひ、当然防災面で非常に大事な組織と考えてございますので、師団の中で取り組みを何とかお願いしたいということで現在は働きかけはしてございます。ただし、消防団の団員数も少なくなっておりますので、区長さんとか地域の役員さん方にお願いしながら後援会の会員も募るというところまでは現在は行っておりません。ただし、我々としては今後も、後援会の人数の補充というよりも、つくっていないところには極力つくっていただきたいという働きかけはしていきたいというふうに考えています。以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 危機管理監、熊谷 一君。
危機管理監(熊谷 一君) バッテリーの一括発注ということでございましたけれども、先ほど課長がお話ししましたように、確かに点検業者とこのバッテリー請負工事のメーカーが違います。それは、石越と、それからパナソニックのメーカーが入っている迫、南方等々でございます。この工事請負の業者さんは、それぞれその設置業者、パナソニック、それからNECさんの専門的なその請負をやっている業者さんでございます。そういうことで、先ほど課長もお話ししましたように、バッテリー交換だけでは終了はできませんので、バッテリー交換をした後に、その機器が、子局が正規に作動するかの点検までございます。そういう観点で、課長が先ほど申し上げましたとおり、それぞれのメーカーにお願いしているところでございますので、ご理解をいただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) それでは、成果表の276ページの19節みやぎ県北高速幹線道路建設促進期成同盟会負担金の関係で質問します。
 ここに只野県議の県政報告だよりがあります。初めてこれを見させていただいて、その中に、県北高規格道路は登米、中田、北方が着手されることになりましたということで、図面の中で第3期となっております期間について平成25年着手というふうに書いてありますけれども、これは県と市としてどのような連携プレーの中で現在進んでいるのかお聞かせ願いたいと思いますし、5期に当たりますその先についてもどのようになっているのか、もしここでわかればお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) みやぎ県北の高速幹線道路建設促進期成同盟会の件でお尋ねということでございます。
 先ほどお話のございました(通称)佐沼工区と言われる場所になりますが、3期ということで、中田町石森から迫町の船橋までの3.6キロ区間、これが25年度の事業ということで新規採択されたところです。24年度の実績といたしまして、その同盟会としまして、県及び国土交通省、復興庁、それらに要望した結果として、25年度の新規採択ということでこちらの宮城県北が今年度新規事業に採択されているという状況でございます。
 現在の状況ですが、県のほうと直接やりとりはまだしてございませんけれども、今、予備調査をされているということで認識してございます。
 それから、先ほどお話がございました5期、これは迫町舟橋から迫町北方までの5期区間、約4キロほどになりますが、こちらについてはまだ新規事業の採択をいただいていないということで、事業についてはまだ見通しが立っていないという状況でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) この道路につきましては、登米市にとって、この真ん中にあります迫地区だったり、そういったところが高速道路、東北道に本当に近くなるという大切な道路であります。そういった中におきまして、やはりこの復興支援道路ということになりましたので、これ、やっぱり5期の分についても、今は何もないということでありますけれども、前のうわさによると、ここについては一般道と同じところを通ってというような、そういったうわさもあります。できれば、やはり東北道の築館インターから登米インターまで、しっかりした車両区分をもって道路という形が望ましいと思います。市長、やはりこの5期の予定されている分についても復興支援という形で早期に着手というか予定なりますように、県と働きかけのほうをお願いしたいと思いますけれども、いかがでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) まず、このみやぎ県北高速幹線道路の整備促進につきましては、この同盟会の会長が私ということもございますし、また、委員からもご指摘がありましたとおり、復興道路という位置づけもされているというようなルートとなっております。先般も、県のほうともいろいろと協議・連携をさせていただきながら、国土交通省のほうにも、この3期、4期区間の工事の着手について御礼方々ご挨拶にお邪魔させていただいたところでございます。今後ともしっかりと、事業の採択がなされたとはいうものの、今後の予算づけ等もまだまだ不透明な状況等もありますので、我々といたしましては、三陸縦貫自動車道の整備とあわせて一体となった事業効果が発現できるように、しっかりとこれからも働きかけを進めてまいりたいというふうに思いますし、また、第5期の工区の部分に関しましても、やはりその事業効果を十分に発現させる上では大変大事な取り組みだというふうに認識をしておりますので、ご指摘をいただいた点、十二分に踏まえながら、しっかりと取り組んでまいりたいと考えております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに。佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) ページ314の自主防災組織についてお伺いしたいと思います。
 自主防災組織も市内全行政区に組織され、また昨年、ここに書かれているとおり防災用品が整備されたということで、ある一定程度の整備はされたというふうに感じておりますけれども、ただ1つの話の中で、こういった各町域ごとにその自主防災組織の連合会をつくろうとか、そういった話も聞きますけれども、今後、自主防災組織、基本的には自主ということで自分たちでいろいろ方向を考えるということも基本でしょうけれども、こちらのほうとしては、担当としては、自主防災組織の今後の方向についてどういう観点で考えられているのか、お伺いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 危機管理監、熊谷 一君。
危機管理監(熊谷 一君) 今、委員お話しのとおり、自主防災組織、市内300組織結成していただきまして、昨年、自主防災用品の整備を行ったところでございます。
 それとあわせて、今後どのように自主防災を図っていくのかというようなことでございますけれども、実は、先ほど委員がお話しのとおり、現在、自主防災組織の連絡協議会を立ち上げにいろいろお願いしているところでございます。現在、迫、それから石越、津山で自主防災連絡協議会が立ち上がっています。自主防災単組織だけではなかなかやはり、今回整備した自主防災組織の防災用品だけでは、なかなか地域全体のカバーができないということで、お互いに不足部分をみんなで助け合いたいというような趣旨を持ちまして、現在、自主防災連絡協議会の立ち上げをお願いしているところでございます。ことしも、まだ結成されていない地域につきまして、私と課長のほうがお邪魔いたしまして連絡協議会の結成をお願いしているところでございます。
 そういう観点もございまして、現在自主防災組織ではハード面ではある程度整備を行っております。今後、その整備されたハードを利用して、どのような形でその各自主防災組織の自主的な訓練をしていただくかという、今度はソフト面を今いろいろと消防本部と連携をとりまして計画を立てているところでございます。ぜひ、震災が発生した場合については、その自主防災組織を先頭に、共助の気持ちに立って、各自主防災で独自に活動していただきたいということで考えているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 今そういった連合会の組織の立ち上げに努力されているということはわかりました。
 震災後、この自主防災組織に対しても、なかなか対応できなかったとか、それなりに対応できたと、いろいろな反省はあったというふうには聞いているんですけれども、今、その連合会組織の立ち上げの中で、1つの方向としてこういった方向にということは現段階で考えられていることはあるんでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 危機管理監、熊谷 一君。
危機管理監(熊谷 一君) 確かにさきの東日本大震災では自主防災組織にいろいろその地域によって課題がございました。実際、震災後アンケートをとらせていただきまして、そういうアンケートの結果に基づいて今回、初動活動を行う備品等が不足していたということで、24年度で整備を行ったところでございます。
 今後のその連絡協議会の方向性でございますけれども、先ほどもお話ししましたように、1組織ではできない部分、それをある程度の町域ごとに連合会をつくりまして、お互いに不足部分を補っていくというようなことで、組織の強化を図りたいということで今考えているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 成果説明書300ページの住宅管理費についてお尋ねします。
 アメリカシロヒトリ駆除等、2団地で行っていましたが、このところは、ことしは発生はしていないかどうかということが1つ。
 それから、市営住宅のいわゆる解体すべきところでまだ解体していないところが、およそ何戸ぐらいあるものでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 住宅都市整備課長、中津川源正君。
住宅都市整備課長(中津川源正君) ただいま、アメリカシロヒトリの住宅敷地の中に発生した件につきましてご質問でございました。
 昨年発生した箇所について、やはりことしも、昨年の規模よりは小さいんですが、発生いたしまして、処理をさせていただいてございます。
 あと、もう一点、住宅の解体が必要な住宅戸数というふうなことでございますが、現在、およそ50ほどの住宅を政策空き家としてございます。そのうち、早急に解体しなくちゃいけないというふうな部分については、その半分ほど存在するというふうに認識してございます。以上であります。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。熊谷憲雄委員。
20番(熊谷憲雄君) 成果説明書291ページ、河川維持費の8節報償費について、前にも決算のとき2度ほどお伺いしているんですが、しつこくまた聞いてみたいと思います。
 先日の産業建設委員会、説明を受けたわけでございますけれども、この360万6,991円ですか、これは、24年度は全団体で作業を行ったのに対しての謝金ですか。どこかやらなかったところはあるんですか。
委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 河川愛護会報償費、活動しなかったところはというお尋ねでございます。
 実際報償費として支払っていない場所ですね、迫と米山については、河川維持の報償費としてはお支払いをしていない実態でございます。ほかの7町域については報償費としてお支払いしているということであります。
委員長(伊藤吉浩君) 熊谷憲雄委員。
20番(熊谷憲雄君) その謝金を支払っている支払っていないというのは、どういう基準でやってるんですか。
委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 支払いの基準というお話でございます。1つに、今回決算となってございます約360万ほどの金額については、県からの県の管理河川、約33キロほどの河川になりますけれども、それを市のほうで依頼を受けて各愛護団体にお願いしている部分、それから市の報奨金を別に差し上げている部分と、大きく2つを合計した金額となってございます。迫町については合併以前から、長沼川が主になってございますけれども、こちらについてはシルバー人材センターとかに委託をして対応しているという状況にございます。それから、東和についても一部シルバーを使った形で委託している部分もございます。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 熊谷憲雄委員。
20番(熊谷憲雄君) 前にも聞いている経過がございますが、私たちも、夏川の河川愛護会ということで毎年年2回活動しているわけでございますけれども、この謝金ですね、県からいただくのが主なんでございますけれども、私が会長として仰せつかった5年前、ちょうどそのころから本当に謝金として会員の皆さんに支払う金が年を通して足りなくなるというような事態が毎年起こっております。
 この間、委員会で1カ所1団体ほど25年度取りやめになったということで、そこはシルバー人材センターをお頼みしていると。「どれぐらいの距離なの?」と私が問いただしましたところ、我々のやっている5分の1ぐらいの堤防というか距離なんですね。それにかなりの額の支出をしていると。私たちは、ボランティアという意味合いも含んでおりますけれども、県の管理、距離を見ると大体2.5キロぐらいだと。実際のところは5キロ以上あるんですけれども、2.5キロで町、県からいただいている金が大体50万円ぐらい。今度、取りやめになってシルバーを頼んでいるところは800メーターぐらいで122万円支払っていると。そういうようなあれで、随分これは違うなと。じゃ、もし我々の団体も、今かなり総会なんか開くと、もう高齢化にもなってきているし、業者を頼んだらいいんじゃないかなんていうような話も出てくる。そうすると、もう莫大な金がかかるんじゃないかなと思うんですけれども、我々も、委員でも、同じ河川愛護会で会計をしておる方もここの場にいらっしゃいますけれども、本当に大変四苦八苦して今やっているような状態で、県にも1度お願いに行きました。市長、どうか県のほうに一言お話でもしていただけないでしょうかね。
委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 河川愛護団体の皆さんに河川清掃などのご協力を今いただいているというような状況であります。また、さきにお話がありましたアメリカシロヒトリ等につきましても、国・県の管理をする河川についても大きな被害が出ているというような状況もございます。そういった意味では、なかなかその建設関係予算が十分にとれないというような状況になっているというようなお話は聞いてはおるところではありますが、やはりそういった維持管理に係る経費はしっかりと予算措置をしていただかなければ実は大変危険な状況になるというふうに認識をしております。特に、河川管理につきましては、動植物等の被害を未然に防ぐというような意味合いもございますので、そういった意味でのやはり維持管理についてのしっかりとした予算づけにつきましては、今後とも要望をさせていただきたいというふうに考えておりますし、また、市といたしましても、地域の皆様の活動について、どのような形で連携がとれるのか検討をしていきたいというふうに思っております。
委員長(伊藤吉浩君) 熊谷憲雄委員。
20番(熊谷憲雄君) 本当に我々の団体も特別な謝金を支払っているわけではないんです。草刈り機を持ってきた人には1時間半から2時間ぐらいの作業で1,000円、それからレーキ、草刈り鎌で作業する人には500円と、本当に微々たるお金、謝金を払って参加していただいていると。それが、年間恐らく700人以上、三百六、七十人の方が1回に出ていただきますので、700人以上の方が出ていると。1,000円にすると70万円を超すと。それが年間50万円しかいただいていないということは、毎年20万円ずつ足りなくなっていくというような状態でございますので、ぜひそこのところはこれからも県のほうに要請のほうをお願い、強くお願い申し上げまして質問を終わりたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) 1点お伺いします。成果表296ページ、都市公園管理費委託料。この表の中で4段目、5段目、上は豊里水辺の公園パークゴルフ場98万7,000円、下は公園自体の98万7,000円、同額あるわけですが、普通、公園の管理といえばパークゴルフ場を含めた管理というふうに思われるんですが、どのような管理区分というか、委託区分になっているんでしょうか。同じ公園施設内を2つの委託先というのはちょっと腑に落ちないんですけれども、説明をお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 住宅都市整備課長、中津川源正君。
住宅都市整備課長(中津川源正君) ただいま豊里の公園の管理につきましてご質問いただきました。この2つに分けておる公園の管理でございますが、1つは、パークゴルフ場を中心とした、どちらかといいますと豊里大橋の北上川下流側の部分と、あとそれ以外、豊里大橋の上流側というふうな形で分けてございました。現在このような状態でございますけれども、今後は一括した管理が望ましいのかどうかというようなことも含めて検討させていただきたいというふうに考えてございます。よろしくお願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) これで質疑を終わります。8款土木費、9款消防費の質疑を終わります。
 ここで、説明員の入れかえのため暫時休憩いたします。
          休憩 午後1時40分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時44分
委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、10款教育費について質疑を行います。
 質疑はございませんか。岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) 成果表329ページ、まずお聞きします。
 奨学事業費、半分から最下段のところで、24年度末滞納額、合計で2,800万円にも及んでおります。償還不納の原因をどう捉えているかと、その滞納者に対する対応、そしてこの奨学金は不納欠損はできるのかどうか、お願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) ただいまの奨学金に関するご質疑にお答え申し上げます。
 24年度末の滞納状況、ごらんのとおりでございますが、これまでの経緯を若干申し上げますと、平成21年、22年、23年と滞納額の累積がどんどん膨らんできておる実態がございました。ですが、24年度に関しましては、23年度の3,000万オーバーの状況から約200万近い削減ができたという一応の成果というふうに判断してございます。これにつきましては、日ごろの督促業務のほかに加えまして、保証人の方へもそれぞれお願いを申し上げてまいりました。また、家庭訪問なども重ねてまいったところでございます。
 これまでこれだけ滞納額が膨らんだ原因というお尋ねでございますけれども、この辺に関しましては、どうしても、私個人の考えでございますけれども、事務が郵便等を用いましたお互いのやりとりだけに終わっているけらいがあると。やはり、大切な公金を使っての活動でございますので、それなりに顔の見える形での事業展開、こういったものも必要ではないかというふうに考えます。
 と申しますのは、具体的にもうちょっと申し上げますと、単に申し込みがございまして、その後こういうふうに決定いたしましたというふうな流れだけじゃなくて、その後、めでたく大学に入られて勉学を一生懸命なさっている、そういった状況もたまには、例えば市長のほうとか教育長宛てに、そのお勉強の内容、こういったふうに頑張っているとか、そういったやりとりですね、そういった部分も求めながら、単にお金を貸す、使っていただくだけじゃなくて、その後のつながりも大切にしていくことによって、幾らかでもこの奨学金の大切さ、ありがたさ、その辺もつないでいきたい、つないでいければ、また奨学金のこの滞納の減少にもつながっていくのじゃないかなというふうな思いもしているところでございます。
 最後に、不納欠損というお話がございました。この件に関しましては、事務的には可能であるということでございます。よろしくお願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) 古い、これ、奨学金、就職できなくて返さないというのも中には原因って聞いたので、そこを答えなかったんで、それも1つ。
 あとは、本人が返さなくても、例えば親御さんであったり、これがもう高齢になったとか、そういう理由もあるのかなというふうに思ったところでございますが、古い方というか年度の分で、そういうのあるのか。合併して以降、今、不納欠損処理もあるということなんですけれども、そのやったこと、例があるのかどうか、または例えば規定として何年以上、これ以上取れない、または調査した結果、不納欠損処理する規定というのがあるのか。もしあればお知らせ願いたいなというふうに思います。
委員長(伊藤吉浩君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) お答えいたします。具体的な数字はちょっと持ってまいりませんでしたが、古いものは昭和の時代のものもあると記憶してございます。
 これまで不納欠損の実績でございますが、ございません。給食費の部分で大分ご議論いただいたわけでございますが、給食費に関しましては、収納対策のほうの専門的見地の知恵、ご指導もいただきながらやってまいったわけでございまして、奨学金に関しましても同様に、その生活実態などもこまめに注視しながら、調査しながら、その時点時点で正しい判断をして取り組んでまいりたいと思います。よろしくお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) これ、本当に今聞いてびっくりしました。昭和の時代というと、もう25年以上も前、恐らく30年、それ以上もあるのかなというふうに思います。教育長、これもやっぱり給食費と同じというか、同じ以上にこれは重要な分じゃないかなと。しかも滞納がもう、3,000万円は切ったということですが、2,800万円に及んでいるということなんで、今後、教育長としてどのような方向性を持って対処するのかだけお伺いします。
委員長(伊藤吉浩君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 奨学金制度でございますが、とても将来のそれぞれの立場を目指す高校生とかあるいは大学生等に対して非常に役立つ制度なわけでございます。したがって、先ほど課長が答弁しましたように、もっともっとその奨学金制度の意義といいますか、そういったものをしっかり理解できるような説明が欲しいのかなと。いわゆる顔が見えるような形で奨学金制度を活用していただくというようなことで、先ほどちょっと触れましたが、例えば償還については家庭訪問とか保証人への対応とか、一方ではもちろんきちっとした形はとりたいし、しかし、もう一方では、その制度を活用する人に対してはしっかりその制度の役割、意義、そして市の期待、教育委員会としての期待とか、そういったものをしっかり見えるような形で取り組んでいきたいなと。そのことによって、恐らくこの金額もさらに減っていくのではないかなというふうに考えております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 348ページなんですけれども、幼稚園管理費についてお伺いします。
 市内14カ所ということで幼稚園があるわけですけれども、給食がある幼稚園とない幼稚園があると思うんですけれども、その食べてない幼稚園と食べている幼稚園、何カ所あるんですかね、そこから聞きます。
委員長(伊藤吉浩君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) 市内の幼稚園の給食の実態でございます。南方町域の3幼稚園、それから米山町域の2幼稚園では給食を実施しておるところでございます。そのほか、石越幼稚園に関しましては、副食、おかずのみでございます。それから、米谷幼稚園に関しましては、幼保一体の活動をしてございますので、自前の施設の中で給食を調理しまして、保育所の子供たちと一緒に給食を提供しているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 食べているのはどこか、食べてないのはどこかって聞くから、だから、それはいくつですかと俺聞いているのだから、そのほかは食べてないということですけれども、食べてないのはいいんだけれども、さまざまな面において給食費も滞納だ何だって言っているから、全部弁当にしても私は悪くないと思う、幼稚園だけは。幼稚園だよ。新田も弁当なんですけれども、すごく親子の関係、やっぱり幼稚園ぐらいは弁当のほうがいいのではないかなというふうな感じもあります。これはさまざまありますけれども、私の案としてはそうです。あるいは、そうでなかったらば全部給食にするというふうなことも1つの案なんですけれども。
 なぜこんなことを言いますかというと、私たちは給食を味わったことないんですよ、ずっと大きくなるまでね。だから、給食というのを食べてみたかったなということもあるんです、1つは。だから、両方それぞれいいんですけれども、やっぱり統一すべきでないかなというふうに思います。そういうところで検討方よろしくお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 幼稚園の給食につきましては、今の答弁のとおり、市内でばらつきがあるということでありますので、これはやはり教育的にも市内の子供さん一様の行政サービスが展開されるべきだというふうに基本的に考えておりますので、早い時期に市内の幼稚園全てに対して給食を提供できるように、今準備をしているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 8番の関連で、奨学金についてお尋ねします。
 たしか保証人は、家族といわゆる別所帯の方と2人立てているということでよろしいでしょうか。それで、なぜこのように滞納されているのを大目に見ているのか、非常にそのセンスがわからないんですが、保証人に当たれば必ず回収できるのではないかと思うんですが、その辺を率直にお聞かせください。
委員長(伊藤吉浩君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) ただいまのご質疑にお答えいたします。
 奨学金の保証人でございますけれども、登米市育英資金、それから浅野兄妹奨学資金、こちらのほうはお2人の必要がございます。それから、上杉奨学金に関しましては1人とさせていただいております。これだけ膨らんでしまった、保証人に対するアクションが薄いんじゃないかというようなことでございますが、実は累積の延滞の額が、先ほどもちょっと触れましたけれども、当方、事務方といたしましては、昨年度はこれにも増して連帯保証人への働きかけを強く行ったところでございます。その結果、具体例を申し上げますと、電話を頂戴いたしまして、「そうだったのか。そういったことであれば、すぐ納めるように話すから」というようなお話も実際頂戴してございます。ですから、我々の働きかけがやはりちょっと足りなかったのかなというふうな思いをいたしておりまして、もう一度鉢巻きを締め直すというんでしょうか、そういった気持ちでおるところでございます。幾らかでも、1,000円でも2,000円でも削減するように今後努力してまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) これこそやりようによってはすぐにでもゼロになると思いますので、ぜひ頑張っていただきたいというふうに思います。答弁はいいです。。
委員長(伊藤吉浩君) 質疑の途中でございますが、ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午後1時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時09分
委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 星 順一委員から早退の届け出があります。
 質疑を続けます。沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 成果説明書の391ページに関連してお伺いします。
 実は中田アリーナの駐車場のことであります。余り地域のことなので質問したくなかったんですけれども、きのう千葉旗争奪の剣道大会がありました。成果表に書いてあるとおり1万人を超える参加者で、野球場の駐車場もいっぱい、それからもうとめるところには全部とめて車が入っていく、そして民間の方の宅地だったりなんかにも車をとめざるを得ない状況で、それでも駐車場とめるところがなかったということで、わざわざお話を受けました。アリーナにつきましては、この大会ならず文化関係でも駐車場が、あれだけの面積でも、使用頻度と参加者が多くなっているために、とても少ないということがあります。合併直前に用地を買収してということがあったんですけれども、そういう直前ではやっぱりうまくないんじゃないかということで、結局中田では拡張しなかった経緯があります。そういったことで、この中田アリーナの今後利用者の便宜を図るために、体育施設の利用関係だったりこれからの行革による見直しということもあると思いますので、その辺を加味しながらでも結構ですけれども、やはりこれだけの状況の中で、「あなたはどこにも車とめられません」なんていうのでは、うちの近くまで駐車場探しに来られるのでは、やっぱりちょっと考えなくちゃいけないのかなというふうに思います。これ、最近の状況の中で、教育長、どのようにお考えですか。
委員長(伊藤吉浩君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) きのう千葉旗争奪の剣道大会がございました。私も行きましたが、確かに今委員がおっしゃるとおり駐車場は満杯でございました。会場そのものもフロアそれからギャラリー含めて限界の人数なのかなと、あれが飽和状態の程度というふうなことで捉えますと、最大の規模の人数だったなと、駐車場もしたがって満杯状態ということで、確かに狭さといいますか、その駐車スペースを探すのに多少苦労したところはございます。そういう意味においては、確かに駐車場は狭いということになりますが、年間通した1つの利用状況等も含めてやはり検討はしなくちゃないんだろうなと。
 それから、千葉旗の大会が非常に大きな大会で、今後も続くものと思われますけれども、その運営上のあり方とか、あるいはバスがかなり入っておりました。そういったことも含めて、近隣の方々の場合の駐車のあり方とか、運営上の工夫が1つあるなと。それから、可能であれば、広い駐車場が確保できればなおいいのかなとは思いますが、その辺は市長部局とも相談しながら、今後の検討を考えていきたいというふうに思っています。
委員長(伊藤吉浩君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 何か1万1,000という人数、ええっという思いのある方も……多分すると思うんですけれども、毎年関東方面からもバスで来て、そして大会に参加しているという状況を考えると、やっぱり大型バスの場所だったり、それから文化的なことで農協の大きなイベントがあったり、そのほかにもやっぱり1,000人前後の集会がかなりあります。そして、その際の参加者は、登米市内にとどまらず、結局県外だったり県内だったりという、そういった状況であります。やはりこの辺については十分に、市長部局とも今後検討するというわけですけれども、市長、ぜひその辺についても十分これからの中で考えていただきたいと。市長からも一言お願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 今ご指摘をいただいたとおり、きのう本当に会場あふれんばかりの人ということと、もちろん駐車車両が非常に多かったというような状況もございました。先ほど教育長もお答えをしておりますが、やはりご来場いただく皆さんの利便性をどのように確保するのかというような視点の中で、地域のさまざまな公共施設等の連携とか活用方法等もいろいろ検証しながら検討させていただきたいというふうに思っております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 説明書の402ページ、委託料についてでございます。調理業務等委託。ここに給食センター、佐沼中学校・東和・中田・津山とございますけれども、佐沼中学校・東和・中田は同じ委託先となっておりまして、あと津山が違う委託先となっておりますけれども、津山のこの金額が、児童生徒数当たり何かコスト1人当たりにすると高くついているんじゃないかなというふうにも今ちょっと感じたんですけれども、この辺はいかがでしょうか、お伺いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 今の具体的なちょっと資料は持ち合わせておりませんけれども、昨年まで震災の影響がございましたので、津山の給食センターにつきましては、津山の分と登米の分ですね、一部提供しておりましたので、その関係……単純に津山の生徒だけで計算しますとそういった結果になってしまうかなというふうに思います。登米の中学校だったですかね、の分も提供しておりましたので、この金額でございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 成果説明書の322ページです。教育研究所の部分であります。
 教育研究所を登米市は設置しているわけですけれども、それで小中学校の教員の資質向上を図ると。そのために平成24年度は教員職の研修等々3カ所179人がありまして行ってきたという実績がありますけれども、きょうの委員会の始まる前でしたけれども、教育長から報告がございました。信用失墜行為であります。信用失墜行為を犯してしまった教員はこういった研修は受けていたんでしょうか、まずその辺について聞きたいと思います。
 それから、成果説明書の371ページです。文化財保護施設管理費の部分なんですけれども、施設別の入館者数がこちらに記載されておりますけれども、教育資料館1万1,845人、平成24年度は入館者があったと。もろもろ書いてありまして、南方歴史民俗資料館はゼロ、中田民俗資料室もゼロ、石越民俗資料館もゼロ。この入館者ゼロだった施設に対して、隣のページですけれども、372ページ、それぞれ修繕費やらさまざまな委託でですね、特に石越民俗資料館に関しては修繕費として100万円以上もつけた。にもかかわらず、昨年度ゼロだったと。この理由を教えていただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 最初に、教員の研修についてお答えしたいと思います。
 研究所で、さまざまな教職の研修等、職能研修等を実施しております。いわゆる専門職としての力量をアップするというふうなことで行っている研修でございますが、当然多くの教員が研修を受けておりますので、きょう朝報告した内容のことについても研修はしております。ただ、いわゆる不祥事の発生防止といいますか、そういったことに向けては、定例の校長会議では必ず私からもあるいは管理監からも触れておりますが、服務規律の確率あるいはモラルの高揚というふうなことで、具体的に信用失墜行為の禁止等も含めて指示をしているところでございます。(「その教員は受けていたのか」の声あり)一般的な職能研修あるいは教職研修、こういったものは全て対象ですので、受けております。ということで、まずよろしいでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 民俗資料館ですね、南方と中田と石越につきましては使用者がゼロということなんですが、南方と中田につきましても震災で被害がございまして修繕等もございましたので、この間については入館者はとめてございました。それで、石越の民俗資料室なんでございますが、資料館につきましては、ことしの2月に新たに民俗資料館としての用途を廃止しましょうということで条例で廃止させていただきました。それで、ただ建物そのものが、石越地区の方々の高齢者の陶芸等の施設に使いたいというような要望もございましたので、それをある程度修繕して、それを福祉施設というか公民館の陶芸室の準備室にかえてございましたので、その分がその石越民俗資料館の修繕工事ということになります。25年度には石越につきましては用途を廃止してございますので、ご理解いただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 教育研究所なんですけれども、もろもろ説明いただきましたけれども、私が聞きたいのは、じゃあ教育長、今回の市内の小学校に勤務する教職員による信用失墜行為ですね、この行為を踏まえて、教育長が望む教育研究所の位置づけといいますか、その辺のことを答えていただきたいと思うし、それから、そういった行為に及んだ背景といいますか、もしかすると職務多忙であったり残業がきつかったりとか、そういったもろもろの部分はなかったのかなというふうに心配もしていますので、その辺のことをお答えいただきたいなというふうに思います。
 文化財保護施設管理費の部分はわかりました。
 もう一個、ちょっと今見つけたので。370ページなんですけれども、報償費の部分です。山根前横穴古墳群管理人謝金ですかね、それから横山のウグイ監視人謝金と、それぞれ2万円、3万円と出ていますけれども、これって、どういうふうな仕事をしていて、そもそも謝金等々が発生するような事案なのかどうか、お願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 教育研究所の研修でございますが、ここに掲げてあるようなコマを設けて実施しているわけですけれども、今回の事案等も含めて、管理職対象、特に生徒指導対応の研修とか、そういったものの充実は図っていかなければいけないかなというふうなことは感じているところでございます。
 今回の事案の件で、その原因といいますか背景といいますか、そういったことも今いろいろと調査をしているところですが、例えば学校での勤務状況とか、あるいは多忙的な何か要素があったのかどうか、そういったことも含めて現在調査しているところですが、いわゆる勤務等にかかわるようなことが原因で今回の不祥事が発生したというふうには今のところは考えておりません。
委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 山根前横穴古墳群の管理人あるいは横山のウグイ監視人の謝金ということで、どなたかというのはきょうは持ち合わせておりませんけれども、そのもの、文化財に悪さしてもらっては困るというような形で、年間の監視人というような形でお願いしております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 文化財保護施設管理費の関係で、文化財としての価値があるものであればきちんと整理するんでありますけれども、そうしたことも含めて、一体この管理がどういうふうになっているのかという部分で大変気になったんです。それで、博物館の活動費を見ると、古文書整理のボランティアで整理をしたということで書いてありますけれども、そういったことも含めて、これから先、管理等、文化財としての価値をどのように見出していくのかお伺いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 文化財の管理でございますが、現在、登米市には国・県・市混ぜて242の文化財の指定がございますけれども、指定分については所有者も全て個表等とりまして、いろんな管理をしてございますけれども、その準というか、まだ未指定の文化財等もございまして、その辺の管理関係につきましてはなかなか手が回らないというような状態でございます。その242の国・県・市の場合につきましては、例えばいろんな被害があったりなんかした場合は、当然報告もいただくようにしていますし、それから文化財保護委員さんたちが定期的に巡回するいうようなことも、その辺はしてございますけれども、全てのとなりますと、その未指定のも含めますと、なかなか管理が行き届かないというようなところは事実でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 管理できてなくて、それでいいのかということなんです。
委員長(伊藤吉浩君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 確かに文化財は一度なくしてしまいますと復活できませんので、その辺は十分に管理しなくてはならないと思っていますので、今、先ほどもお話ししましたけれども、文化財保護委員さんたち、それからさまざまなその文化財のボランティア等もお願いしながら、まず掌握して管理していきたいと思ってございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。日下 俊委員。
2番(日下 俊君) 成果説明書404ページ、18節備品購入費、前年度繰越明許費についてお伺いいたします。
 厨房機器購入ということで、発注区分AからEまで5つに分けて入札をしております。この中で、Aから多分Cだったとちょっと記憶しておりますけれども、この入札書のこの仕様書の中に厨房機器の1級免許状がなければだめだという文言がたしかあったと思います。1年間のメンテナンスを含むものがこの入札に参加できるというようなことがありましたけれども、これはなぜこういった条件をつけられたのか、まず初めにお伺いしたいと思います。
 それから、ちょっとどの区分だったか忘れましたけれども、代替商品がなかったような器具があったんですけれども、それはなぜそういった選定になったのか、ちょっと記憶が定かでないんですけれども、お願いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 給食センターの厨房機器を整備する場合に、学校教育法でありますとかさまざまな面で制限がございます。そこで、その厨房機器の、ちょっと正確にあれですけれども、管理者の資格を持った人間が施行を確実にしてもらうということで、その資格も条件に加えたところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 日下 俊委員。
2番(日下 俊君) 厨房機器の1級免状というのは、多分登米市内では誰一人として持っていないと思います。つまり裏を返しますと、この入札には登米市内の業者は入れないと、そういったことになります。ほかの給食センター、他市ではどうしているかわかりませんけれども、そういった条件がありますと、多分地元の人たちは全く納入ができない状況になりますけれども。私が思うに、その基本設計となるこの基礎設計ですね、誰かがされているわけですけれども、この1級の厨房機器というのはどなたが設計書というんですかね立てたのか、お伺いしたいと思います。
 その隣のページ、403ページに全体の建設工事管理業務で日新設計というところが997万5,000円で設計業務をしているわけですけれども、この方々がこの中身までやっているのかどうか、ちょっとお伺いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 日新設計さんが原案をつくったものを職員が最終的に点検して、詳細な設計に仕上げたということでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 日下 俊委員。
2番(日下 俊君) この日新設計の方が設計されたということでございます。給食センターというのは、やはり地元の子供たちのために建てたものでございます。できれば、例えば下請なり孫請でも地元の業者が受けられるような、そういった設計にぜひしていただきたいなと私は思うわけでございます。ちょっとこの辺がどうかなということで、この入札があったときに、実は地元の業者の皆様方がこれは何だと、地元の業者1人も入れないぞということで、たしか三十何社で辞退がほとんど、10社も多分入んなかったと思うんですけれども、そういったことも今後やって、便宜を図るというか、そこら辺をやはりしっかり踏まえて設計業務もお願いしたほうがいいんじゃないかなと思いますけれども。
 ちなみに、この厨房機器購入の発注区分C1億2,064万5,000円、中西製作所でございますけれども、これは消費税込みの価格でありますけれども、消費税を除くと1億1,490万円なんですけれども、これ見積もり設計価格は幾らか、お伺いします。
委員長(伊藤吉浩君) 暫時休憩します。
          休憩 午後2時32分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時33分
委員長(伊藤吉浩君) 再開いたします。
 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 1億1,497万円でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 日下 俊委員。
2番(日下 俊君) そういたしますと、これは1億何千万の入札で99.93%の入札率なんですけれども、やはり地元の業者からすれば地元排除を全部して、なおかつこれ1億何千万台で99.93%というのはないんですよ、絶対。なおかつこのC区分は、32の厨房機器を、その価格をずっと積み上げていった合計なんですね、1億1,497万円というのは。やはりそういった不審の念を持たれないように、ぜひ市内業者優先でやっていただきたいと思いますし、やはり設計の段階でそういった人が登米市内にいるかどうかも確認してから入札仕様書を出すべきだと私は思うんですけれども、意見を伺いたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 今回の西部学校給食センターにつきましては、かなりの大きな施設ということもありましたので、それなりな技術力をしっかり持っているメーカーさんに発注するということで、こういった資格要件を定めておりますので、そういった該当者の方が地元にいなかったということは非常に残念ではありますけれども、教育委員会としても確実な給食センターを建設するための方法だったということで、ご理解をお願いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。關 孝委員。
7番(關 孝君) 概要書352ページから、昨年、一昨年に続いてすばらしいみやぎを創る登米市連絡協議会補助金の中身についてお尋ねいたします。
 同様の質疑をいたしておりました花いっぱい運動の取り組みのことなんですが、本年も迫支部の担当になりますか、この市役所周辺の花いっぱい運動の取り組み、成果を考えたときに、これまで2年間同様の指摘をさせていただいておりましたが、これまでどういったこの団体に対して指導を教育委員会としてなさってきたのか、また、ことしの現状、一番目立つ総務部長にお尋ねいたします。ちょうど総務部の担当の部分でございますので、現状と課題がありましたらお尋ねいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) すばらしいみやぎを創る協議会の登米支部なんですが、これについては何回かご指摘いただきましたので、活動の見直しということで、昨年から総会時にいろんな話をしてございました。活動資金の統一なんですが、それからあと類似の団体というかコミュニティーのいろんな活動とも重複する分がございますので、その辺をどのような形でということで、支部活動をできれば本部一本活動にというようなことで今話し合いはしている最中でございます。ただ、25年度からということは実施しかねましたので、今後始めていくんですが、25年度はこれまでの活動をそのまま継続したというような経過ですので、よろしくお願いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) この作業、花いっぱい運動につきましては、支所のほうで音頭をとって、各部署にエリアを定めまして、植えつけ、そして草取りということで作業を行っております。私たちもそれぞれの部署に1ブロック、あるいは多いところでは2ブロックありますが、草取り等もやってきたところでございます。
 その管理が適切なのかどうかというお尋ねかと思いますが、私たちとしましては、割り振った中を自分たちで日を決めて草を取って管理をしているという状況で、道路を通る方々に少しでもいい気分になってもらいたいというようなことで毎年実施しているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) であるならば、ぜひ帰りにもう一度確認をしていって、市民の方々がきれいな花を見てというふうな部分の思いをするかどうか。私は毎日通ってきて、毎日枯れていく姿を見て、大変……。実はこの費用、恐らく10万単位の費用がかかっておると思うんですが、大変もったいないなというふうに思って毎年見させていただいて、同じ指摘をして3年目になるんでありますが。実は土の入れかえをきちっとしてということも指摘しておりますが、土がきちっとできておれば、保水力がありますので、水かけをしなくても1回、2回の植えつけの水かけだけで済むんです。ところが、土が悪いもんですから、いくら水をかけてもすぐ枯れてしまうような状況なんです。ですから、本当に登米市行政にあって小さい、細かい補助金かもしれませんが、非常に事業とすれば趣旨は立派なんですけれども、今の現状のあり方を見るにつけて、全部でなくて一部分ですが、お金の使い方、非常に無駄なものになってしまっているというのが現状です。ぜひそれを見直して、まず本当に花いっぱい運動の趣旨に沿ってやるのであるのならば、土の入れかえをきちっとして、有機センターの堆肥が余って半額で処分をしなくちゃならないというふうな状況であるならば、そういったものも活用しながら、本当に名実ともにこの庁舎周辺、美しい花でいっぱい飾ると、そういった思いをして取り組まない限り、この事業の目的は達成できないと思います。前年踏襲のやり方はぜひ見直していただいて、なぜこういった決算で指摘をした部分がその現場まで伝わっていないかという事実をしっかり認識していただいて、指導していただきたいと思います。以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 社会教育団体全てに通じるんでございますが、いろいろな活動の趣旨、やっぱり見直しするべきだと思いますので、その辺は十分検討して進めてまいりたいと思ってございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 成果説明書351ページの青少年海外派遣受入事業の関連でお尋ねします。
 ひところより参加人数が随分少ないように思われますが、希望者が少ないんでしょうか、それとも、こちら、あるいは先方の受け入れの関係でそうなっているのか。
 それから、次ページの委託料、青少年海外受入業務(アメリカ・サウスレイク市)に39万9,000円出ていますが、この内容についてお聞かせください。
委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) まず、最初のご質問でございます。カナダ、オーストラリア、アメリカということで、カナダについては隔年で実施しております。それからあと、オーストラリア、アメリカについては毎年実施しておりまして、アメリカにつきましてはということで、サウスレイク市のほうと姉妹都市を結んでおります、交流させてもらっていますが、オーストラリアにつきましては、まだそこまで行ってない段階でございます。何とか、これまで旅行会社を通じまして向こうのホームステイ先をお願いしておりましたけれども、今度からはというようなことで何とか努力したいなと。ことしに限りましてはこれまでと同様な形で考えておりますけれども、何とか姉妹都市締結のほうに向けて一歩ずつ進めていきたいなというような内容で考えております。
 それからあと、2つ目のご質問でございます。アメリカのサウスレイク市というようなことで、登米市青少年海外派遣受入事業実行委員会というところにお願いしておりまして、こちらからお見えになっております方々を受け入れてもらえるようにお願いしております。以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 何か余りわからないんで、もう一度聞きます。
 そうすると、表の青少年海外受入事業の人数2人となっているのは、向こうから来る生徒さんの数ですか。それから、次の段のカナダへの派遣は5人、それからオーストラリアが5人、アメリカが9人、これは生徒の数でしょうか、それとも付き添いも含めての人数でしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 海外受入事業につきましては高校生2人でございまして、下の3つの欄につきましては派遣でございます。中学2年生・3年生、5人、カナダのほうに派遣しております。それからあと、オーストラリア、アメリカというようなことで派遣事業でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) そうすると、派遣の場合の付き添いがついていくと思うんですけれども、この3つのコース、それぞれ何人ずつついてますか。
委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 団長ということで協会の方、それからあと実行委員会の方、1名ずつ引率していただいております。
委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) そうすると、今は市の職員はついていかないんですね。──そうですか、はい、わかりました。
 すると、その受け入れのほうの39万9,000円というのは、向こうから来る旅費は当然向こう持ちでよろしいですね。──はい、わかりました。以上です。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 345ページでございます。上段、上のほうですけれども、中学校より5名の生徒を長崎市で行われた青少年ピースフォーラムに派遣し、平和のとうとさや命の大切さについて学んだということで、私もこういうことをやってるというのは聞いておりますけれども、ちょっと、概要で結構ですが、どういった内容なのかご説明いただければと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 活き生き学校支援室長、千葉 整君。
活き生き学校支援室長(千葉 整君) 長崎ピースフォーラムですけれども、原爆慰霊祭にあわせまして、前2日間ほどピースフォーラムということで全国の小中学生が集まりまして、いろいろなことについて課題を解決するための話し合いを行ったりするものでございます。登米市では10の中学校がございますけれども、2つのチームに分けまして、5校ずつ分けまして、ちょうど今年度で2周り目が終わったところでございます。参加した子供たちは、感想ですけれども、今これから自分たちがやらなければいけないことは何なのかということを感じてくる機会になったということを申しておりました。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) 貸付基金についてちょっと伺います。
 この未償還金が118件の2,859万円、これは早期に回収に努めていただきたいところでございますが、今回24年度、新規に21人に貸し付けたようでありますけれども、いろいろ基金運用計画なんかあるようで、それに基づいているようでありますけれども、何名申し込んでこの21名に貸し付けを行うことになったのか、まずその1点をお聞きいたします。
 それと、この中に奨学金の廃止というものがございます。認められた場合は奨学金の交付を廃止することができるということでありますけれども、これに該当する学生さんはおるのかどうか、まずその点をお聞きいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) ただいまのご質疑にお答えいたします。
 24年度に関しましては、25人の方からお申し込みを頂戴いたしまして、24人決定したわけでございますが、その後、ご辞退をされた方がいらっしゃって、表記の内容になってございます。
 それから、廃止というご質問でございますが、これに関しましてはこれまで経験はございません、実施したものはございません。
委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) それと、この24年度21人の中に、育英資金が15人、それに比べまして浅野兄妹の奨学資金が1人の新規貸し付けになっておりますけれども、この差ですね。奨学生の資格あるいは貸付条件にこの2つは差異がないというふうに私は思うんですけれども、この貸し付けの人数の差はどこから来るものなのか、その点をお聞きしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) お答えいたします。
 既にご案内のことと思いますけれども、制度の内容、貸付制度に関しては全く同じ内容にございます。ただし、この原資となっております基金、2種類ございます。浅野兄妹に関しましては、豊里町から登米市に引き継いだ単独の基金でございまして、それ以外の町から引き継いだものは全て登米市育英資金貸付基金のほうに統合してございます。
 これまでの浅野兄妹の寄附いただきました浅野さんからのご意思を登米市のほうでも強く引き継ぐということから、奨学生の決定に当たりましては、なるべく合併前の地元でありました豊里町からの申し込み者に対して浅野兄妹の資金を活用するというふうな運用をしているところでございます。
 なお、その申し込み状況によりましては、もちろん毎年でこぼこが発生いたしますので、それを全て原則としてではなくて、一応の目安として行ってきているところでございます。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) そうですか。一応この浅野兄妹に関しては、じゃあ豊里の学生が優先と。私、それも枠全部取っ払われたのかなと思ったものですから。
 でも、それにこだわるわけではないんですね。まだまだこの原資、結構ありますから、やはりせっかくの修学に励みたい学生に幾らかでも門戸を広げて活用していただければなというふうに思いますので、その辺をよろしくお願いいたしまして、答弁はよろしいでございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 402ページでございます。学校給食センター運営審議会委員報酬6人ということでございますけれども、私の勉強不足なもんですから、ちょっと確認させていただきたいと思います。
 運営委員の定数は12人以内というふうに規定されているようでありますけれども、半分の6人という委嘱の人数の根拠は、どういったことで今6人になっているのか。
 さらに、今回は、多分でしょうけれども、4月から開所した西部学校給食センターの運営方法や放射能検査の取り組み状況について審議したということでありますけれども、学校給食にかかわるさまざまな課題というものは山積している状況でございます。特に今回も問題になっております給食費に関すること、それから地産地消のいわゆる産業経済も入っていますし、給食物資に関すること、いわゆる食材関係ですね、こういったことの構築を今盛んに登米市挙げて地産地消を含めてやっているところでございます。こういったことについて、この委員会の中で、重要案件についてどういったご審議をなされておるのか伺いたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 運営委員の人数につきましては12名でございますけれども、この中で学校の教員もメンバーの中に入っておりますので、その委員さんには報酬は支出していないということで、一般の委員さん6名に対して報酬を支出しているところでございます。
 それから、昨年度開催しました委員会の中では、西部学校給食センターの調理の委託業務の内容、それから放射能の測定状況、それから24年度、23年度の給食の地元調達率等の説明、協議を申し上げたところでございます。今、質問の中でございました学校給食費の問題等につきましては、その会議の中では給食費等に関するご発言はなかったというふうに記憶してございます。
委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 諮問しなければ答えることはないんでしょうから、話はなかったというよりも、なぜそういったことについてしっかりと審議会のご意見を聞いていないのか。そうすると、これは1回という見方でよろしいのか、その程度が審議会としての開催する量なのか。
 それからあと、6人は報酬を払ったんだろうと思いますけれども、そういう冷たいお話ではなくて、何人になっていますとか言ってくれれば、私も温かく聞くんですけれども。
委員長(伊藤吉浩君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 昨年度の委員会につきましては、ここで内容も書いているわけですけれども、西部学校給食センターの運営方法と放射能の検査の実態、その辺のところを審議していただいたところでございまして、給食費等につきましては、現在のところ改定をするという予定はございませんので、当然議題にも上げていなかったということでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 何回も言わせないでくださいよ、だから。何人くらいなら何人くらいってお話ししていただければいい。
 さらに、その給食費に関することは、この給食費の改定のみならず、徴収の実態とかも含めてしっかりご審議されるべきだと思いますし、さらに給食物資に関する関係でも、調達率の説明をすることではなくて、審議委員の皆さんには、どういった形でそういったものを教育委員会としてその政策を高めていくか、そういったことをしっかり議論していただくための審議委員じゃないんですか。だからその回数がこの程度でよかったのか。もうその辺はしっかり話してくださいよ。余り逃げないで。
委員長(伊藤吉浩君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 昨年度来、学校給食センターの統合の問題というのが大きなテーマでございました。統合自体については23年度に開催をいたしました運営審議会の中で了承いただいておりましたので、昨年度につきましては、主にその西部の給食センターの調理業務の委託という点をご審議いただいたというところでございまして、昨年度は1回の開催だったというところでございます。(「委員長、意味かみ合わないっちゃ。」の声あり)
委員長(伊藤吉浩君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 西部の学校給食センター、ことしの4月オープンしたわけでございますが、というふうなことで、昨年度の審議会等ではそのことに向けた調理業務の委託等に関する審議をしていただいたというふうなことでございます。先ほど次長が答弁したとおりでございます。
 ただ、今委員おっしゃったような、いわゆる給食費の問題、そういったことについて、十分審議してもらってはいなかったというのは事実でございますので、今年度の審議会とかそういった中では、給食センターのほうも安定はしてきましたので、いわゆる5カ所再編計画が進みましたので、給食費の滞納問題とか、そういったことの審議はこれから行うというふうなことになります。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) これで質疑を終わります。これで10款教育費の質疑を終わります。
 ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午後3時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時10分
委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、11款災害復旧費、12款公債費、13款予備費、14款諸支出金について質疑を行います。
 質疑はございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) 質疑なしと認めます。これで、11款災害復旧費、12款公債費、13款予備費、14款諸支出金の質疑を終わります。
 佐藤恵喜委員さんに対する答弁保留がありましたので、よろしくお願いします。
農林政策課長(岩淵俊明君) 佐藤恵喜さんからご質問されて回答保留にしておりました、成果説明書の221ページ、青年就農給付金制度の関係で、25年度の状況はというお尋ねがございましたが、主要成果の5人、夫婦1組でございますが、この5人の方々は平成24年度が給付金対象制度の1年目でございます。したがいまして、5年間という期間が定まっておりますので、平成24年度から28年度までの5年間対象になるというような状況となってございます。ただし、給付金制度につきましては、本人の前年所得が250万円以上となった場合には給付金の停止となるというような取り決めがございます。
 なお、現時点において、この方々が25年度も継続して、5人の方々が2会計年度目で、25年度に入って現時点で新規の青年就農給付金の対象となる方はございません。よって、5人の方々が平成25年度現時点において継続中であるというようなことになります。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) それでは、これで一般会計歳入歳出決算の質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) 討論なしと認めます。
 これから認定第1号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり認定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。よって、認定第1号 平成24年度登米市一般会計歳入歳出決算認定については、認定することに決定いたしました。
 ここで、説明員入れかえのため暫時休憩いたします。
          休憩 午後3時13分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時15分
委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、認定第2号 平成24年度登米市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について質疑を行います。
 質疑はございませんか。佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 決算の状況を見ますと、歳入から歳出決算額を差し引きまして6億9,588万2,762円という差引額ですね。そのまま当年度の実質収支額というふうな黒字になっております。こうした黒字になっている大きな要因というか、それは何がそうした黒字になっているのかお伺いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 国保年金課長、菅原 勉君。
国保年金課長(菅原 勉君) 24年度の決算剰余金6億9,000万円ほどになっているわけでございますが、その歳入の主なものといたしましては療養給付費の国庫負担金でございまして、予算額よりも1億3,500万円ほどの増となっているわけでございます。これは、申請額よりも予算の範囲内での交付ということでございまして、国から約9,800万円ほど多く交付されたわけでございます。
 それから、財政調整交付金でございますが、予算額に対しまして2億3,200万円ほどの増になっているわけでございます。こちらにつきましては、特別調整交付金のほうで24年度と22年度の医療費の差額分ということで、8割ということで2億3,000万円ほど多くされたということでございまして、歳入合わせて3億6,000万円ほどの増になっているということでございます。
 それから、歳出のものといたしましては、保険給付費で2億6,000万円ほどの不用額になっているわけでございまして、主に一般療養給付費、10月から2月までの診療分ということで、23年度実績をもとにいたしまして1カ月当たり4億7,500万円ほど予算化したわけでございますが、結果的に月2,500万円ほどしたまわったというところでございます。
 歳出のほうで3億3,500万円ほど不用額になってございますので、合わせて6億9,588万3,000円の不用額が見込まれたということでございます。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) これは、前年度の実質収支額4億2,850万円と比べましてもかなり大きな黒字額なんです。何が、これほどの収支、黒字があって国保税の引き上げをしなければならなかったのか、その辺がもう少しよく計算をする、今年度の状況等をよく見てみる必要がなかったのかということなんです。その辺がよくわからないで、全部それが、医療費の推計からして医療費がこれだけ上がるから、それに対して結局足りなくなるというふうな計算ばかりなんですよ。その辺の集計の仕方も含めて、今国保税がどれほど大変になっているかということがよく理解していただけてないのかなというふうな部分で、もう少し負担を減らす、国保税の引き下げのために何ができるかということをやっぱりもっとよく検討していただかないといけないんではないかな。全部それが全て国保税の引き上げやなんかに充当されていったんでは、これは大変だなというふうに思いますので、お伺いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 平成24年度の決算のお話でございますので、基本的に今課長説明をいたしましたが、収入と支出の差額の大きな原因は、収入の面では、いわゆる前年度、国から交付されている療養給付費が大きくなったことで、国から交付されるお金がふえたということと、それから一方で、歳出のほうでは、24年3月まで一部負担の減免がされておりまして、特に最後の1カ月分ですね、いわゆる22年度を大幅に上回る療養給付費の伸びがあったんです。それで、24年度の推計をする際にそれを参考に、減免の制度も24年3月まで延長になってございましたので、同じ給付費の伸びになるだろうということで見ておりましたが、実績としては、24年度末の25年3月ですね、見込んでいたよりも療養給付費が伸びなかったということで不用額が出たわけでございます。いわゆる歳入のほうは前年度の実績に応じてふえましたし、逆に歳出のほうの療養給付費のほうは見込んでいたよりも少なかったということで、差額が出たわけでございます。
 ただ、不用額というか歳入差引額が6億になった理由については以上でございますが、決してそれが財源を、いわゆる高い国保税の金額でそういうふうに支えられているということではなくて、基本的に国保会計自体はかかっている療養費をどういうふうに負担するかということでございますので、その負担の仕方については、国のいわゆる責任分も当然あるだろうということで考えておりますので、その趣旨でこれまでどおり市長会等を通じて制度の改正を要望していきたいというふうに思ってございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) これで質疑を終わります。これで国民健康保険特別会計歳入歳出決算の質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) 討論なしと認めます。
 これから認定第2号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり認定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。よって、認定第2号 平成24年度登米市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定については、認定することに決定いたしました。
 次に、認定第3号 平成24年度登米市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について質疑を行います。
 質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) 質疑なしと認めます。これで後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) 討論なしと認めます。
 これから認定第3号を採決いたします。
 お諮りします。本案は原案のとおり認定することにご異議ございませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。よって、認定第3号 平成24年度登米市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定については、認定することに決定いたしました。
 次に、認定第4号 平成24年度登米市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について質疑を行います。
 質疑はありませんか。工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 参考のためにちょっとお聞きします。成果説明書の464ページの一番上の表の第1号被保険者の要介護認定者の状況なんですけど、23年と比べて、合計で659人、660人近く減っていますけど、どの支援区分でも人数が減っているのは、原因というのは死亡ということなのかどうかちょっとわからないものですから、介護認定者はふえていると思うんですけど、どうしてそうなっているかなということと、あと、例として挙げたほうがわかりやすいんで、ちょっと挙げたいんですけれども、私の知り合いの方が老人保健施設に今1年ぐらい前から入所しているんですけど、介護度1か2の方なんですね。その方が、その入ったときは1年後には私のほうの登米町の地域密着の特養に入れることになっているということを言ってたんですけど、最近になったら、それが来月から南方の施設のほうに移ってほしいということを言われたって聞いています。この特養の部分で入所の状況、介護度1・2の人は入れない状況ともちょっと聞いてるんですけど、そういう状況なのか。そして、国のほうでは要支援の方も介護保険から今外すって、まだ決まってませんけど、そういう方向性を出してますよね。そのことをあわせて簡単に、登米市の現在の入所状況とその方向性、どういうふうに方向性を考えてるのか、その辺をまずお伺いします。
委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) まず1点目でございます。要介護認定者数の状況、前年度比較で減っているということでございます。これにつきましては、平成24年度、制度が若干変わってございます。新規申請の認定の際の有効期間の捉え方でございますが、基本的には6カ月ということで23年度まではやってまいっております。ただ、24年度からにつきましては、その状態が安定している方につきましては、12カ月までその有効期間を見れるというような形に制度見直しがされているということでございます。そういった関係から、有効期間が6カ月ですと、1年の中で2回申請、認定という状況ある方いらっしゃいますが、延びたことによりまして1年に1回でいいという方々がふえてきておりますので、こういった数字ということでございます。
 2点目の特養の介護度1・2の人は入れないのかということでございますが、今詳しい数字を持ち合わせてございませんが、実際に特養に1または2の方について入っておられる方ございます。ただ、入所の際の判定の考え方としましては、より介護度の重い方が基本的には優先されているのかなというふうに思ってございます。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 介護認定の、より重い方というんですけど、実際に先ほど例に挙げた方は、介護度1・2で、家族がいない方で、子供さんいなくて、奥さんも亡くなって、ここの施設を出ると、どこも……自宅はありますけど1人では生活できない、医療も必要な方なんですね。そして、一番こういうふうに外されてしまう、移らなくちゃないっていうことで心配したんですけれども、この方は南方のほうへ移るって聞いてますけど、こういうふうに心配なのが、低所得者の人の場合は、今いる老人保健施設と比べて南方のほうはたしか料金は高くなってると思うんですけれども、その辺の状況というのはどういうんですか。そして、ちょっと知り合いの方、その親戚の方に聞いたら、その方の場合は、何か南方のほうにも10床とか特定枠みたいなのを設けてるって聞いたんですけど、そういうのが、南方だけでなくて、ほかの市内の施設の場合、特養の場合、あるんでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 入所判定の部分でございますが、少し舌足らずだったかもしれませんので、もう少しお話をさせていただきたいと思います。
 入所判定の基準と申しましょうか、一定の考え方を示されたものがございます。それによれば、先ほどお話ししたように要介護度をまず1つの判断基準とするということ、あとは先ほどお話があったように家族状況の部分についても考慮すると、あとは介護者の状況、介護サービスの利用状況という部分、あとは寝たきり介護負担と、あとは問題行動がないかとか、あとは特別な医療がどうなんだろうという部分を総合的に判断して、介護をより必要とする方を基本的に優先するという考え方の中で判定が行われているようでございます。
 あと、南方というのは特養のことを指されるのかなというふうに思いましたが、特養の中では、10床というお話でございますが、ショートステイの枠を5床なり10床あわせ持つという施設がございますが、特養の施設として特別枠という部分については、ちょっと承知してございません。
委員長(伊藤吉浩君) 工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 持ち時間ないんですけれども、要望だけです。こうして国のほう、要介護度1・2、それから要支援も外す方向、本当にこういう方、要支援の方でも家族がいない方もいらっしゃるんで、ぜひそういう対応をしっかりと、温かい対応をしていただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 福祉事務所長、千葉幸毅君。
福祉事務所長(千葉幸毅君) 質問ございました施設入所でございますけれども、今、国のほうでもこの介護保険制度見直しというようなことで、要支援の方は介護保険から外して市町村事業とか、それから施設入所については要介護1・2の方よりも介護度の重い方を優先にというようなことで、国でもいろいろなこの介護保険制度で今、厚生労働省でも話しております。そういう形で、今ご心配されております介護の方が施設に入れないというようなことでご心配ありますけれども、国の制度なりを見据えながら、よりよい介護保険制度を登米市でも実施したいと考えておりますので、ご理解をお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) これで質疑を終わります。これで介護保険特別会計歳入歳出決算の質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) 討論なしと認めます。
 これから認定第4号を採決いたします。
 お諮りします。本案は原案のとおり認定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。よって、認定第4号 平成24年度登米市介護保険特別会計歳入歳出決算認定については、認定することに決定いたしました。
 ここで、説明員入れかえのため暫時休憩いたします。
          休憩 午後3時36分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時39分
委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、認定第5号 平成24年度登米市土地取得特別会計歳入歳出決算認定について質疑を行います。
 質疑はございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) 質疑なしと認めます。これで土地取得特別会計歳入歳出決算の質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) 討論なしと認めます。
 これから認定第5号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり認定することにご異議ございませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。よって、認定第5号 平成24年度登米市土地取得特別会計歳入歳出決算認定については、認定することに決定いたしました。
 次に、認定第6号 平成24年度登米市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について質疑を行います。
 質疑はありませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) ここ3年ほど収納率が上がっているということでございますが、その要因はこの水道事業所との事務委託契約が全てでしょうか。そのほかに収納率向上に寄与したものは何かございませんでしょうか。
 それから、公共下水道と農業集落排水・浄化槽を比べますと、浄化槽が一番いいわけですが、公共下水道と農業集落排水の1.7ポイントぐらい違う、そのいわゆる現象につきまして何か分析等をしていますでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 下水道課長、吉野晴彦君。
下水道課長(吉野晴彦君) まず、使用料の徴収率のアップでございます。これは、やはり水道事業所との徴収を一体化しているためでございまして、水道であれば未納になっていればすぐ水道をとめられるという観点もございますので、下水道のほうも便乗して収納率が上がっているというところでございます。
 それから、それだけかというところでございますが、現在、仮設のほうでもかなりのやはり収入がございまして、そちらのほうでも収納率が上がっているという現状でございます。
 それから、2つ目でございますが、公共と浄化槽でございます。収納率からいきますと、公共のほうではございますが、金額的にいきますと管理費と比べますとかなりの、管理費に対しますと100%以上にはなってるんですが、浄化槽につきましては、やはり点在しておりますので、収納率は上がっておるわけですが、その管理費はやはりかかっていると、1戸ずつ点在していますので管理費がかかっているということです。──というのでよかったでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 大変収納率すばらしいと思っています。ぜひ、給食費等の収納率アップのためにも、この下水道課というのかな、の対応等を参考にして頑張っていただきたいというふうに申し上げておきます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。關 孝委員。
7番(關 孝君) 歳入のほうで、不納欠損額についてお尋ねいたしたいと思います。分担金、負担金のほうでは4,782万円、それから使用料、手数料合わせて今回5,300万何がし不納欠損をし、これは合併以来初めて行うということでありますが、この主な原因というか、それは何であったかお尋ねいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 下水道課長、吉野晴彦君。
下水道課長(吉野晴彦君) それでは、不納欠損、下水道課で今回初めてということでございまして、その欠損処分者の状況でございます。現在、欠損処分者についての内容でございますが、まず、90%の方が生活の困窮者であって資力のない方になってございます。その中で収入減による困窮者でございますが21%でございました。それから、年金生活者で18%、そのほかに下水道以外の債権がある方で12%でございました。そのほかにつきましては、現在10%でございますが、行方不明という方になってございます。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) 生活の状況等々から見れば、法律に基づいた欠損ですのでやむを得ないのかなというふうに思いますが、しかしながら、資料を頂戴いたしておりますが、いわゆる99.68%が合併前ということであります。古いのですと平成6年からいわゆる発生しているということで、ほとんどが合併前の債権というふうな部分でありますが、実はこれがきちっと徴収対策が行われてきたのかどうかというのは大きな課題だと思います。それを実は市にこの債権を引き継いでおるわけですので、お尋ねいたしますが、例えば時効の中断であるとか、あるいは条例に基づいた徴収の猶予措置もありますが、こういったものが適切に行われてきたかどうか調査はされておるでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 下水道課長、吉野晴彦君。
下水道課長(吉野晴彦君) これまでの取り組みでございます。90%以上が合併前ということでございまして、これまで、現年度の未収については督促以降催告をしてございます。それから、随時未納者宅を訪問いたしまして、その滞納の不納欠損の中断であります分納誓約等ご相談をしております。滞納についても、そういう分納誓約等、時効の中断、時効に当たるものを説明はしてきてはおりますが、なかなかご了解いただけないところがございまして、不納欠損という形になっているところでございます。
 これまで合併前の負担金の賦課の仕方についても、公共であれば下水道の供用開始がなされた土地全てに対しての賦課をしておりまして、その辺の、何ていいますかね、これまでのその賦課の仕方に納得していない方がかなり多うございまして、その分がどうしても理解を受け入れていただけなくての未納になっている分が今回多く感じております。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) いわゆる旧町のものだからというふうな、何といいますか、この際不良債権に対する意識というのが低かったのではないのかという部分がございます。また、今回、徴収対策課と連携した中で初めてこういった形での洗い出し、あるいは不納欠損を初めて行ったわけであります。もしそういったのがなければ、これは延々と引き継いでいくものではなかったかというふうに思います。いわゆる税務課あるいは徴収対策課のようなことが連携した形が行われて、給食費あるいは保育料、さまざまな部分の回収の成果を上げてきた部分でありまして、実はこの下水道の部分に関しては、合併以来9年目ですが、おくれてしまったという感は否めません。債権はきちっと市に引き継いでおりますので、それに意を用いながらやはり取り組んでくるべきではなかったのかというふうな部分を思っておりますし、市長にお尋ねしますが、こうしたいわゆる今回不納欠損というような形で初めてこういった数字が明らかになってまいりました。また、その辺の考え方について市長はいつこの部分に関して意識をされ、そして不納欠損という部分を認められたのか、まずお尋ねしますし、また、担当部局ですね、実はこれは平成17年分までの不納欠損でありますが、いわゆるその後も当然発生しておると思います。新たに例えばこういった不納欠損になる可能性のある債権というのは、見通しで幾らぐらい下水道会計の中で考えられるのか、お尋ねします。
委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) まず、この負担金の件に関しましては、やはりそれぞれの公共の取り組みの中での差異があったということの中で、またその負担のあり方等についてのさまざまな議論等もなされたというふうに認識をしているところであります。
 また、合併以前の債権の引き継ぎをしてきている中での我々としての取り組みということの中でご指摘をいただいたところがございました。下水道課だけではなかなか十分に対応できないというようなことも実際としてございましたし、また、いろいろと債権者の皆様に対するかかわり方というものにつきましても、慎重にその取り組みをさせてきていただいたということがございました。そういった中ではございますけれども、この債権の管理の取り決めの中で、これ以上この債権をずっと放置していくわけにはいかないというような状況等も実は我々としては判断に至った経緯の中であったわけでございます。
 また、これまでのこの負担金等のあり方等につきましても、今現状の取り決めの中で行われているところではございますけれども、今後のその整備等を進めていく中において、このままでよいのかというような課題も実は我々としては認識をしているところでございますので、ぜひ、その負担の公平性とその取り組み等のありようにつきましては、慎重に、とはいいながら、スピーディーな判断のもとで検証を進めていきたいというふうに考えているところでございます。よろしくお願い申し上げます。
委員長(伊藤吉浩君) 下水道課長、吉野晴彦君。
下水道課長(吉野晴彦君) 今回の不納欠損に値するものは今後あるのかというご質問でございます。
 現在、今回調査した分といいますのが、合併前からの分を収納対策課と資料の調整と、あと水道の資料調整をしながら、不納欠損確定したものを整理したものを今回提出させていただきました。まだ不明な部分、調査できない部分が金額にしますと3,000万円ほど残っております。それをこれから整理いたしまして、債権の分納誓約等、中断事項があったのかなかったのかまで調査をいたしまして、今後不納欠損の手続を進めていきたいと思ってございます。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) 非常に不公平感が否めなくなってまいります。ここで不納欠損をしてしまうと、実は分担金、負担金を払わなくたってよくなってしまいます。その後に例えば息子なり誰なりそれを引き継ぐ人たちが来ても、それは納めなくたっていいことになってしまいます。しかしながら一方では、納められないながらも、1,000円でも2,000円でも1万円でもという形で必死に分担金を納めている人がいる。ですから、やはりもう、きょうまで来ない前に、そのいわゆる約88%の人たちが接続していないというような実態のある人たちだということを考えれば、やはりこの負担金の制度に、今課長あるいは市長もお話しですけど、制度に大きな矛盾というか、やはりこの制度自体に問題があったのではないのかと思います。それをこの8年間見出せないで来たというところにやはり課題があったんではないのかということをぜひ指摘をしておきたいというふうにも思います。
 他町村でもさまざまな条例の改正等々も行って、その負担金のあり方、あるいは接続した段階というような形の中での取り組みもあるようですので、ぜひその辺十二分に検討されて、不公平感の出ないような中で、この不納欠損、できるだけ金額を圧縮していただきたい。ならば、ないような形で取り組んでいただきたいということをお話し申し上げたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 建設部長、鈴木俊夫君。
建設部長(鈴木俊夫君) 今回、初めて不納欠損というふうなことに至ったわけでございます。不納欠損につきましては、財政面あるいは住民負担の公平性という観点から、私たちも安易に行うべきではないというふうな考えでございます。今後、現年度分の未収金を減らすことで、さらには滞納された債権の納付向上に向けまして取り組んでまいりたいというふうに思ってございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) これで質疑を終わります。これで下水道事業特別会計歳入歳出決算の質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) 討論なしと認めます。
 これから認定第6号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり認定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。よって、認定第6号 平成24年度登米市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定については、認定することに決定いたしました。
 次に、認定第7号 平成24年度登米市宅地造成事業特別会計歳入歳出決算認定について質疑を行います。
 質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) 質疑なしと認めます。これで宅地造成事業特別会計歳入歳出決算の質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) 討論なしと認めます。
 これから認定第7号を採決いたします。
 お諮りします。本案は原案のとおり認定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。よって、認定第7号 平成24年度登米市宅地造成事業特別会計歳入歳出決算認定については、認定することに決定いたしました。
 それでは、本日の会議はこの程度とし、これで散会したいと思います。
 なお、次の会議は、あした午前10時から行います。
 本日はこれで散会いたします。
 大変ご苦労さまでございました。
          散会 午後3時58分

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>