•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(伊藤吉浩)
  •   2  子育て支援課長(鈴木文男)
  •   3  委員長(伊藤吉浩)
  •   4  建設部長(中津川源正)
  •   5  委員長(伊藤吉浩)
  •   6  14番(浅田修)
  •   7  委員長(伊藤吉浩)
  •   8  子育て支援課長(鈴木文男)
  •   9  委員長(伊藤吉浩)
  •  10  14番(浅田修)
  •  11  委員長(伊藤吉浩)
  •  12  子育て支援課長(鈴木文男)
  •  13  委員長(伊藤吉浩)
  •  14  14番(浅田修)
  •  15  委員長(伊藤吉浩)
  •  16  子育て支援課長(鈴木文男)
  •  17  委員長(伊藤吉浩)
  •  18  14番(浅田修)
  •  19  委員長(伊藤吉浩)
  •  20  市長(布施孝尚)
  •  21  委員長(伊藤吉浩)
  •  22  14番(浅田修)
  •  23  委員長(伊藤吉浩)
  •  24  市長(布施孝尚)
  •  25  委員長(伊藤吉浩)
  •  26  14番(浅田修)
  •  27  委員長(伊藤吉浩)
  •  28  市長(布施孝尚)
  •  29  委員長(伊藤吉浩)
  •  30  22番(庄子喜一)
  •  31  委員長(伊藤吉浩)
  •  32  建設部長(中津川源正)
  •  33  委員長(伊藤吉浩)
  •  34  子育て支援課長(鈴木文男)
  •  35  委員長(伊藤吉浩)
  •  36  22番(庄子喜一)
  •  37  委員長(伊藤吉浩)
  •  38  建設部長(中津川源正)
  •  39  委員長(伊藤吉浩)
  •  40  22番(庄子喜一)
  •  41  委員長(伊藤吉浩)
  •  42  副市長(藤井敏和)
  •  43  委員長(伊藤吉浩)
  •  44  22番(庄子喜一)
  •  45  委員長(伊藤吉浩)
  •  46  市長(布施孝尚)
  •  47  委員長(伊藤吉浩)
  •  48  16番(田口久義)
  •  49  委員長(伊藤吉浩)
  •  50  子育て支援課長(鈴木文男)
  •  51  委員長(伊藤吉浩)
  •  52  建設部長(中津川源正)
  •  53  委員長(伊藤吉浩)
  •  54  16番(田口久義)
  •  55  委員長(伊藤吉浩)
  •  56  委員長(伊藤吉浩)
  •  57  福祉事務所長(加藤均)
  •  58  委員長(伊藤吉浩)
  •  59  福祉事務所長(加藤均)
  •  60  委員長(伊藤吉浩)
  •  61  15番(佐藤恵喜)
  •  62  委員長(伊藤吉浩)
  •  63  建設部長(中津川源正)
  •  64  委員長(伊藤吉浩)
  •  65  産業経済部長(千葉雅弘)
  •  66  委員長(伊藤吉浩)
  •  67  15番(佐藤恵喜)
  •  68  委員長(伊藤吉浩)
  •  69  建設部長(中津川源正)
  •  70  委員長(伊藤吉浩)
  •  71  24番(八木しみ子)
  •  72  委員長(伊藤吉浩)
  •  73  子育て支援課長(鈴木文男)
  •  74  委員長(伊藤吉浩)
  •  75  24番(八木しみ子)
  •  76  委員長(伊藤吉浩)
  •  77  子育て支援課長(鈴木文男)
  •  78  委員長(伊藤吉浩)
  •  79  24番(八木しみ子)
  •  80  委員長(伊藤吉浩)
  •  81  子育て支援課長(鈴木文男)
  •  82  委員長(伊藤吉浩)
  •  83  24番(八木しみ子)
  •  84  委員長(伊藤吉浩)
  •  85  委員長(伊藤吉浩)
  •  86  市民生活部長(新井誠志)
  •  87  委員長(伊藤吉浩)
  •  88  委員長(伊藤吉浩)
  •  89  委員長(伊藤吉浩)
  •  90  1番(熊谷和弘)
  •  91  委員長(伊藤吉浩)
  •  92  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  93  委員長(伊藤吉浩)
  •  94  商業観光課長(遠藤亨)
  •  95  委員長(伊藤吉浩)
  •  96  1番(熊谷和弘)
  •  97  委員長(伊藤吉浩)
  •  98  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  99  委員長(伊藤吉浩)
  • 100  1番(熊谷和弘)
  • 101  委員長(伊藤吉浩)
  • 102  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 103  委員長(伊藤吉浩)
  • 104  13番(伊藤栄)
  • 105  委員長(伊藤吉浩)
  • 106  産業政策課長(平山法之)
  • 107  委員長(伊藤吉浩)
  • 108  13番(伊藤栄)
  • 109  委員長(伊藤吉浩)
  • 110  産業政策課長(平山法之)
  • 111  委員長(伊藤吉浩)
  • 112  13番(伊藤栄)
  • 113  委員長(伊藤吉浩)
  • 114  産業政策課長(平山法之)
  • 115  委員長(伊藤吉浩)
  • 116  13番(伊藤栄)
  • 117  委員長(伊藤吉浩)
  • 118  ブランド戦略室長(浅野之春)
  • 119  委員長(伊藤吉浩)
  • 120  13番(伊藤栄)
  • 121  委員長(伊藤吉浩)
  • 122  ブランド戦略室長(浅野之春)
  • 123  委員長(伊藤吉浩)
  • 124  6番(浅野敬)
  • 125  委員長(伊藤吉浩)
  • 126  ブランド戦略室長(浅野之春)
  • 127  委員長(伊藤吉浩)
  • 128  6番(浅野敬)
  • 129  委員長(伊藤吉浩)
  • 130  産業経済部長(千葉雅弘)
  • 131  委員長(伊藤吉浩)
  • 132  6番(浅野敬)
  • 133  委員長(伊藤吉浩)
  • 134  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 135  委員長(伊藤吉浩)
  • 136  6番(浅野敬)
  • 137  委員長(伊藤吉浩)
  • 138  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 139  委員長(伊藤吉浩)
  • 140  委員長(伊藤吉浩)
  • 141  産業経済部次長(丸山仁)
  • 142  委員長(伊藤吉浩)
  • 143  4番(氏家英人)
  • 144  委員長(伊藤吉浩)
  • 145  市長(布施孝尚)
  • 146  委員長(伊藤吉浩)
  • 147  4番(氏家英人)
  • 148  委員長(伊藤吉浩)
  • 149  商業観光課長(遠藤亨)
  • 150  委員長(伊藤吉浩)
  • 151  4番(氏家英人)
  • 152  委員長(伊藤吉浩)
  • 153  商業観光課長(遠藤亨)
  • 154  委員長(伊藤吉浩)
  • 155  4番(氏家英人)
  • 156  委員長(伊藤吉浩)
  • 157  商業観光課長(遠藤亨)
  • 158  委員長(伊藤吉浩)
  • 159  4番(氏家英人)
  • 160  委員長(伊藤吉浩)
  • 161  19番(相澤吉悦)
  • 162  委員長(伊藤吉浩)
  • 163  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 164  委員長(伊藤吉浩)
  • 165  19番(相澤吉悦)
  • 166  委員長(伊藤吉浩)
  • 167  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 168  委員長(伊藤吉浩)
  • 169  17番(田口政信)
  • 170  委員長(伊藤吉浩)
  • 171  商業観光課長(遠藤亨)
  • 172  委員長(伊藤吉浩)
  • 173  17番(田口政信)
  • 174  委員長(伊藤吉浩)
  • 175  商業観光課長(遠藤亨)
  • 176  委員長(伊藤吉浩)
  • 177  産業経済部長(千葉雅弘)
  • 178  委員長(伊藤吉浩)
  • 179  委員長(伊藤吉浩)
  • 180  17番(田口政信)
  • 181  委員長(伊藤吉浩)
  • 182  ブランド戦略室長(浅野之春)
  • 183  委員長(伊藤吉浩)
  • 184  17番(田口政信)
  • 185  委員長(伊藤吉浩)
  • 186  ブランド戦略室長(浅野之春)
  • 187  委員長(伊藤吉浩)
  • 188  17番(田口政信)
  • 189  委員長(伊藤吉浩)
  • 190  ブランド戦略室長(浅野之春)
  • 191  委員長(伊藤吉浩)
  • 192  17番(田口政信)
  • 193  委員長(伊藤吉浩)
  • 194  ブランド戦略室長(浅野之春)
  • 195  委員長(伊藤吉浩)
  • 196  産業経済部次長(丸山仁)
  • 197  委員長(伊藤吉浩)
  • 198  17番(田口政信)
  • 199  委員長(伊藤吉浩)
  • 200  商業観光課長(遠藤亨)
  • 201  委員長(伊藤吉浩)
  • 202  17番(田口政信)
  • 203  委員長(伊藤吉浩)
  • 204  商業観光課長(遠藤亨)
  • 205  委員長(伊藤吉浩)
  • 206  17番(田口政信)
  • 207  委員長(伊藤吉浩)
  • 208  11番(及川昌憲)
  • 209  委員長(伊藤吉浩)
  • 210  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 211  委員長(伊藤吉浩)
  • 212  11番(及川昌憲)
  • 213  委員長(伊藤吉浩)
  • 214  産業政策課長(平山法之)
  • 215  委員長(伊藤吉浩)
  • 216  11番(及川昌憲)
  • 217  委員長(伊藤吉浩)
  • 218  産業政策課長(平山法之)
  • 219  委員長(伊藤吉浩)
  • 220  11番(及川昌憲)
  • 221  委員長(伊藤吉浩)
  • 222  産業政策課長(平山法之)
  • 223  委員長(伊藤吉浩)
  • 224  11番(及川昌憲)
  • 225  委員長(伊藤吉浩)
  • 226  産業政策課長(平山法之)
  • 227  委員長(伊藤吉浩)
  • 228  6番(浅野敬)
  • 229  委員長(伊藤吉浩)
  • 230  商業観光課長(遠藤亨)
  • 231  委員長(伊藤吉浩)
  • 232  15番(佐藤恵喜)
  • 233  委員長(伊藤吉浩)
  • 234  農業委員会事務局長(菅原貞治)
  • 235  委員長(伊藤吉浩)
  • 236  15番(佐藤恵喜)
  • 237  委員長(伊藤吉浩)
  • 238  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 239  委員長(伊藤吉浩)
  • 240  15番(佐藤恵喜)
  • 241  委員長(伊藤吉浩)
  • 242  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 243  委員長(伊藤吉浩)
  • 244  15番(佐藤恵喜)
  • 245  委員長(伊藤吉浩)
  • 246  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 247  委員長(伊藤吉浩)
  • 248  15番(佐藤恵喜)
  • 249  委員長(伊藤吉浩)
  • 250  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 251  委員長(伊藤吉浩)
  • 252  15番(佐藤恵喜)
  • 253  委員長(伊藤吉浩)
  • 254  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 255  委員長(伊藤吉浩)
  • 256  15番(佐藤恵喜)
  • 257  委員長(伊藤吉浩)
  • 258  工業振興課長(伊藤秀樹)
  • 259  委員長(伊藤吉浩)
  • 260  15番(佐藤恵喜)
  • 261  委員長(伊藤吉浩)
  • 262  工業振興課長(伊藤秀樹)
  • 263  委員長(伊藤吉浩)
  • 264  15番(佐藤恵喜)
  • 265  委員長(伊藤吉浩)
  • 266  工業振興課長(伊藤秀樹)
  • 267  委員長(伊藤吉浩)
  • 268  15番(佐藤恵喜)
  • 269  委員長(伊藤吉浩)
  • 270  工業振興課長(伊藤秀樹)
  • 271  委員長(伊藤吉浩)
  • 272  19番(相澤吉悦)
  • 273  委員長(伊藤吉浩)
  • 274  工業振興課長(伊藤秀樹)
  • 275  委員長(伊藤吉浩)
  • 276  19番(相澤吉悦)
  • 277  委員長(伊藤吉浩)
  • 278  工業振興課長(伊藤秀樹)
  • 279  委員長(伊藤吉浩)
  • 280  19番(相澤吉悦)
  • 281  委員長(伊藤吉浩)
  • 282  10番(佐々木一)
  • 283  委員長(伊藤吉浩)
  • 284  商業観光課長(遠藤亨)
  • 285  委員長(伊藤吉浩)
  • 286  10番(佐々木一)
  • 287  委員長(伊藤吉浩)
  • 288  商業観光課長(遠藤亨)
  • 289  委員長(伊藤吉浩)
  • 290  10番(佐々木一)
  • 291  委員長(伊藤吉浩)
  • 292  商業観光課長(遠藤亨)
  • 293  委員長(伊藤吉浩)
  • 294  産業経済部長(千葉雅弘)
  • 295  委員長(伊藤吉浩)
  • 296  10番(佐々木一)
  • 297  委員長(伊藤吉浩)
  • 298  副市長(藤井敏和)
  • 299  委員長(伊藤吉浩)
  • 300  委員長(伊藤吉浩)
  • 301  10番(佐々木一)
  • 302  委員長(伊藤吉浩)
  • 303  商業観光課長(遠藤亨)
  • 304  委員長(伊藤吉浩)
  • 305  10番(佐々木一)
  • 306  委員長(伊藤吉浩)
  • 307  商業観光課長(遠藤亨)
  • 308  委員長(伊藤吉浩)
  • 309  10番(佐々木一)
  • 310  委員長(伊藤吉浩)
  • 311  商業観光課長(遠藤亨)
  • 312  委員長(伊藤吉浩)
  • 313  商業観光課長(遠藤亨)
  • 314  委員長(伊藤吉浩)
  • 315  2番(日下俊)
  • 316  委員長(伊藤吉浩)
  • 317  登米産食材販売促進専門監(木村健喜)
  • 318  委員長(伊藤吉浩)
  • 319  2番(日下俊)
  • 320  委員長(伊藤吉浩)
  • 321  登米産食材販売促進専門監(木村健喜)
  • 322  委員長(伊藤吉浩)
  • 323  2番(日下俊)
  • 324  委員長(伊藤吉浩)
  • 325  登米産食材販売促進専門監(木村健喜)
  • 326  委員長(伊藤吉浩)
  • 327  2番(日下俊)
  • 328  委員長(伊藤吉浩)
  • 329  ブランド戦略室長(浅野之春)
  • 330  委員長(伊藤吉浩)
  • 331  登米産食材販売促進専門監(木村健喜)
  • 332  委員長(伊藤吉浩)
  • 333  6番(浅野敬)
  • 334  委員長(伊藤吉浩)
  • 335  商業観光課長(遠藤亨)
  • 336  委員長(伊藤吉浩)
  • 337  6番(浅野敬)
  • 338  委員長(伊藤吉浩)
  • 339  商業観光課長(遠藤亨)
  • 340  委員長(伊藤吉浩)
  • 341  6番(浅野敬)
  • 342  委員長(伊藤吉浩)
  • 343  委員長(伊藤吉浩)
  • 344  委員長(伊藤吉浩)
  • 345  1番(熊谷和弘)
  • 346  委員長(伊藤吉浩)
  • 347  土木管理課長(菅原和夫)
  • 348  委員長(伊藤吉浩)
  • 349  1番(熊谷和弘)
  • 350  委員長(伊藤吉浩)
  • 351  土木管理課長(菅原和夫)
  • 352  委員長(伊藤吉浩)
  • 353  1番(熊谷和弘)
  • 354  委員長(伊藤吉浩)
  • 355  土木管理課長(菅原和夫)
  • 356  委員長(伊藤吉浩)
  • 357  25番(岩淵正宏)
  • 358  委員長(伊藤吉浩)
  • 359  予防課長(佐々木章弘)
  • 360  委員長(伊藤吉浩)
  • 361  25番(岩淵正宏)
  • 362  委員長(伊藤吉浩)
  • 363  予防課長(佐々木章弘)
  • 364  委員長(伊藤吉浩)
  • 365  25番(岩淵正宏)
  • 366  委員長(伊藤吉浩)
  • 367  防災課長(千葉勝範)
  • 368  委員長(伊藤吉浩)
  • 369  25番(岩淵正宏)
  • 370  委員長(伊藤吉浩)
  • 371  市長公室長(佐藤裕之)
  • 372  委員長(伊藤吉浩)
  • 373  25番(岩淵正宏)
  • 374  委員長(伊藤吉浩)
  • 375  防災課長(千葉勝範)
  • 376  委員長(伊藤吉浩)
  • 377  25番(岩淵正宏)
  • 378  委員長(伊藤吉浩)
  • 379  防災課長(千葉勝範)
  • 380  委員長(伊藤吉浩)
  • 381  13番(伊藤栄)
  • 382  委員長(伊藤吉浩)
  • 383  警防課長(佐々木敬之)
  • 384  委員長(伊藤吉浩)
  • 385  13番(伊藤栄)
  • 386  委員長(伊藤吉浩)
  • 387  警防課長(佐々木敬之)
  • 388  委員長(伊藤吉浩)
  • 389  13番(伊藤栄)
  • 390  委員長(伊藤吉浩)
  • 391  警防課長(佐々木敬之)
  • 392  委員長(伊藤吉浩)
  • 393  13番(伊藤栄)
  • 394  委員長(伊藤吉浩)
  • 395  消防長(鈴木軍雄)
  • 396  委員長(伊藤吉浩)
  • 397  13番(伊藤栄)
  • 398  委員長(伊藤吉浩)
  • 399  警防課長(佐々木敬之)
  • 400  委員長(伊藤吉浩)
  • 401  13番(伊藤栄)
  • 402  委員長(伊藤吉浩)
  • 403  警防課長(佐々木敬之)
  • 404  委員長(伊藤吉浩)
  • 405  13番(伊藤栄)
  • 406  委員長(伊藤吉浩)
  • 407  消防長(鈴木軍雄)
  • 408  委員長(伊藤吉浩)
  • 409  委員長(伊藤吉浩)
  • 410  3番(佐々木幸一)
  • 411  委員長(伊藤吉浩)
  • 412  防災課長(千葉勝範)
  • 413  委員長(伊藤吉浩)
  • 414  3番(佐々木幸一)
  • 415  委員長(伊藤吉浩)
  • 416  防災課長(千葉勝範)
  • 417  委員長(伊藤吉浩)
  • 418  3番(佐々木幸一)
  • 419  委員長(伊藤吉浩)
  • 420  防災課長(千葉勝範)
  • 421  委員長(伊藤吉浩)
  • 422  3番(佐々木幸一)
  • 423  委員長(伊藤吉浩)
  • 424  防災課長(千葉勝範)
  • 425  委員長(伊藤吉浩)
  • 426  21番(及川長太郎)
  • 427  委員長(伊藤吉浩)
  • 428  警防課長(佐々木敬之)
  • 429  委員長(伊藤吉浩)
  • 430  21番(及川長太郎)
  • 431  委員長(伊藤吉浩)
  • 432  防災課長(千葉勝範)
  • 433  委員長(伊藤吉浩)
  • 434  防災課長(千葉勝範)
  • 435  委員長(伊藤吉浩)
  • 436  21番(及川長太郎)
  • 437  委員長(伊藤吉浩)
  • 438  防災課長(千葉勝範)
  • 439  委員長(伊藤吉浩)
  • 440  21番(及川長太郎)
  • 441  委員長(伊藤吉浩)
  • 442  防災課長(千葉勝範)
  • 443  委員長(伊藤吉浩)
  • 444  21番(及川長太郎)
  • 445  委員長(伊藤吉浩)
  • 446  防災課長(千葉勝範)
  • 447  委員長(伊藤吉浩)
  • 448  21番(及川長太郎)
  • 449  委員長(伊藤吉浩)
  • 450  警防課長(佐々木敬之)
  • 451  委員長(伊藤吉浩)
  • 452  21番(及川長太郎)
  • 453  委員長(伊藤吉浩)
  • 454  警防課長(佐々木敬之)
  • 455  委員長(伊藤吉浩)
  • 456  21番(及川長太郎)
  • 457  委員長(伊藤吉浩)
  • 458  警防課長(佐々木敬之)
  • 459  委員長(伊藤吉浩)
  • 460  6番(浅野敬)
  • 461  委員長(伊藤吉浩)
  • 462  防災課長(千葉勝範)
  • 463  委員長(伊藤吉浩)
  • 464  6番(浅野敬)
  • 465  委員長(伊藤吉浩)
  • 466  防災課長(千葉勝範)
  • 467  委員長(伊藤吉浩)
  • 468  6番(浅野敬)
  • 469  委員長(伊藤吉浩)
  • 470  危機管理監(星茂喜)
  • 471  委員長(伊藤吉浩)
  • 472  危機管理監(星茂喜)
  • 473  委員長(伊藤吉浩)
  • 474  25番(岩淵正宏)
  • 475  委員長(伊藤吉浩)
  • 476  防災課長(千葉勝範)
  • 477  委員長(伊藤吉浩)
  • 478  25番(岩淵正宏)
  • 479  委員長(伊藤吉浩)
  • 480  防災課長(千葉勝範)
  • 481  委員長(伊藤吉浩)
  • 482  7番(關孝)
  • 483  委員長(伊藤吉浩)
  • 484  土木管理課長(菅原和夫)
  • 485  委員長(伊藤吉浩)
  • 486  7番(關孝)
  • 487  委員長(伊藤吉浩)
  • 488  土木管理課長(菅原和夫)
  • 489  委員長(伊藤吉浩)
  • 490  7番(關孝)
  • 491  委員長(伊藤吉浩)
  • 492  道路課長(伊藤勝)
  • 493  委員長(伊藤吉浩)
  • 494  7番(關孝)
  • 495  委員長(伊藤吉浩)
  • 496  道路課長(伊藤勝)
  • 497  委員長(伊藤吉浩)
  • 498  7番(關孝)
  • 499  委員長(伊藤吉浩)
  • 500  道路課長(伊藤勝)
  • 501  委員長(伊藤吉浩)
  • 502  7番(關孝)
  • 503  委員長(伊藤吉浩)
  • 504  道路課長(伊藤勝)
  • 505  委員長(伊藤吉浩)
  • 506  7番(關孝)
  • 507  委員長(伊藤吉浩)
  • 508  建設部長(中津川源正)
  • 509  委員長(伊藤吉浩)
  • 510  7番(關孝)
  • 511  委員長(伊藤吉浩)
  • 512  道路課長(伊藤勝)
  • 513  委員長(伊藤吉浩)
  • 514  7番(關孝)
  • 515  委員長(伊藤吉浩)
  • 516  道路課長(伊藤勝)
  • 517  委員長(伊藤吉浩)
  • 518  7番(關孝)
  • 519  委員長(伊藤吉浩)
  • 520  道路課長(伊藤勝)
  • 521  委員長(伊藤吉浩)
  • 522  市長(布施孝尚)
  • 523  委員長(伊藤吉浩)
  • 524  7番(關孝)
  • 525  委員長(伊藤吉浩)
  • 526  危機管理監(星茂喜)
  • 527  委員長(伊藤吉浩)
  • 528  7番(關孝)
  • 529  委員長(伊藤吉浩)
  • 530  危機管理監(星茂喜)
  • 531  委員長(伊藤吉浩)
  • 532  7番(關孝)
  • 533  委員長(伊藤吉浩)
  • 534  危機管理監(星茂喜)
  • 535  委員長(伊藤吉浩)
  • 536  7番(關孝)
  • 537  委員長(伊藤吉浩)
  • 538  市長(布施孝尚)
  • 539  委員長(伊藤吉浩)
  • 540  危機管理監(星茂喜)
  • 541  委員長(伊藤吉浩)
  • 542  7番(關孝)
  • 543  委員長(伊藤吉浩)
  • 544  危機管理監(星茂喜)
  • 545  委員長(伊藤吉浩)
  • 546  7番(關孝)
  • 547  委員長(伊藤吉浩)
  • 548  危機管理監(星茂喜)
  • 549  委員長(伊藤吉浩)
  • 550  7番(關孝)
  • 551  委員長(伊藤吉浩)
  • 552  危機管理監(星茂喜)
  • 553  委員長(伊藤吉浩)
  • 554  14番(浅田修)
  • 555  委員長(伊藤吉浩)
  • 556  副市長(栗山健作)
  • 557  委員長(伊藤吉浩)
  • 558  19番(相澤吉悦)
  • 559  委員長(伊藤吉浩)
  • 560  道路課長(伊藤勝)
  • 561  委員長(伊藤吉浩)
  • 562  19番(相澤吉悦)
  • 563  委員長(伊藤吉浩)
  • 564  副市長(藤井敏和)
  • 565  委員長(伊藤吉浩)
  • 566  19番(相澤吉悦)
  • 567  委員長(伊藤吉浩)
  • 568  消防長(鈴木軍雄)
  • 569  委員長(伊藤吉浩)
  • 570  委員長(伊藤吉浩)
     平成29年登米市議会定例会 2月定期議会 会議録 (予算審査特別委員会)
 平成29年3月3日(金曜日)
1.出席議員(23名)
   1番 熊 谷 和 弘 君(副委員長) 2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君       4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 伊 藤 吉 浩 君(委員長)
   9番 中 澤   宏 君      10番 佐々木   一 君
  11番 及 川 昌 憲 君      12番 佐 藤 尚 哉 君
  13番 伊 藤   栄 君      14番 浅 田   修 君
  15番 佐 藤 恵 喜 君      16番 田 口 久 義 君
  17番 田 口 政 信 君      19番 相 澤 吉 悦 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君      21番 及 川 長太郎 君
  22番 庄 子 喜 一 君      24番 八 木 しみ子 君
  25番 岩 淵 正 宏 君      26番 沼 倉 利 光 君

1.欠席議員(1名)
  23番 二階堂 一 男 君
1.遅刻議員(2名)
   6番 浅 野   敬 君      10番 佐々木   一 君
1.早退議員(なし名)
1.中座議員(なし)

1.説明のため出席した者の氏名
  市長         布 施 孝 尚 君    副市長         藤 井 敏 和 君
  副市長        栗 山 健 作 君    総務部長        千 葉 博 行 君
  企画部長       秋 山 茂 幸 君    市民生活部長      新 井 誠 志 君
  産業経済部長     千 葉 雅 弘 君    建設部長        中津川 源 正 君
  市長公室長      佐 藤 裕 之 君    財政課長        千 葉   清 君
                          市民生活部次長兼
  市民生活部次長    佐 藤   浩 君    少子化対策推進監    千 葉 ますみ 君
  健康推進課長     佐々木 秀 美 君    市民生活課長      佐 藤   豊 君
  国保年金課長     金 澤 正 浩 君    環境課長        佐 藤 幸 子 君
  教育長        佐 藤 信 男 君    教育部長        志 賀   尚 君
  病院事業管理者 
  職務代理者      松 本   宏 君    医療局次長       大 森 國 弘 君
  福祉事務所長     加 藤   均 君    生涯学習課長      佐 藤 嘉 浩 君
  子育て支援課長    鈴 木 文 男 君    生活福祉課長      田 村 啓 峻 君
  長寿介護課長     永 浦 広 巳 君    環境事業所長      千 葉 祐 宏 君
  会計管理者      中 澤 和 志 君    水道事業所長      佐 藤 和 哉 君
  クリーンセンター所長
  兼衛生センター所長  末 永   隆 君    産業経済部次長     丸 山   仁 君
  産業経済部次長
  農産園芸畜産課長   高 橋 一 紀 君    産業政策課長      平 山 法 之 君
  商業観光課長     遠 藤   亨 君    工業振興課長      伊 藤 秀 樹 君
  農村整備課長     可 野 嘉 裕 君    ブランド戦略室長    浅 野 之 春 君
  登米産食材
  販売促進専門監    木 村 健 喜 君    農業委員会事務局長   菅 原 貞 治 君
  農業委員会事務局次長 佐 藤 真 吾 君    危機管理監       星   茂 喜 君
  建設部次長兼
  住宅都市整備課長   首 藤 正 敏 君    土木管理課長      菅 原 和 夫 君
  道路課長       伊 藤   勝 君    防災課長        千 葉 勝 範 君
  営繕課長       小野寺 友 生 君    下水道課長       細 川 宏 伸 君
  消防長        鈴 木 軍 雄 君    消防次長        鈴 木 秀 彦 君
  消防総務課長     千 葉 淳 一 君    予防課長        佐々木 章 弘 君
  警防課長       佐々木 敬 之 君    指令課長        岩 澤 秀 明 君

1.事務局出席職員氏名
  議会事務局長     佐々木 義 文 君    議会事務局次長    田 辺 賢 一 君
  議会事務局主幹                 議会事務局
  兼議事・調査係長   後 藤 光 彦 君    議事・調査係主査   浅 井 顕 裕 君
  議会事務局                   議会事務局
  議事・調査係主査   庄 司 美 香 君    議事・調査係主査   主 藤 貴 宏 君
  議会事務局
  議事・調査係主査   三 浦 正 弘 君
          開会 午前10時00分
委員長(伊藤吉浩君) おはようございます。
 ただ今から予算審査特別委員会三日目の会議を開きます。
 浅野 敬委員、佐々木 一委員、二階堂一男委員から遅参の届け出があります。
 なお、松本病院事業管理者職務代理から診療のため欠席の届け出があります。
 昨日に引き続き、予算審査を行います。
 審査に先立ち、もう一度申し上げます。
 説明員各位については、答弁は要領よく簡潔に願います。
 議案第11号 平成29年度登米市一般会計予算の3款民生費、4款衛生費の質疑の途中であります。ここで昨日の浅田 修委員の質問に対し、資料の提供がありました。
 資料について説明を求めます。子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) おはようございます。
 それでは、昨日要求のありました資料につきまして、本日お配りしておりますのでご説明申し上げます。私の方からは、一つ目に書いております当初計画と現計画の変更点という部分についてご説明申し上げたいというふうに思います。
 一つは、面積が増えたという要因がございまして、当初の1,300平米から1,502平米に増えたという要因がございます。その要因としましては、この文書の中に書いてありますけれども、1点目としましては、児童クラブ室を当初35人の4室で、140人定員で想定しておりましたが、平成28年度に待機が発生したというような状況もございまして、一室68.85平米を増やしまして、定員を150人にしたというような経緯がございます。
 もう1点が、静養室の部分でございまして、当初一室の静養室という部分を設けておりましたが、登録児童も多いというようなことで、現場の声も参考にした中でADHDとか、切れやすい子どもも多いような状況でございましたので、クールダウンの部屋がもう一つ必要だというような要望もございました。そういった関係で一室を増やして、その関係で11.34平米が増えております。
 それから、さらに現場の声から、手洗い場、更衣室、洗濯室等の追加も必要だということでございまして、このような理由によりまして面積の増200平米ほどの面積が増えたという状況でございます。
 それから、面積のほかでございますけれども、遊戯室の②に書いておりますが、遊戯室など天井の高さを4メートルとしたという部分でございますけれども、雨天時とか、外で遊べないという状況で、中でもバドミントンとか、飛行機飛ばしとか、そういった遊びの場が必要になってくるというようなことでございまして、既存の施設を参考にした中で天井を4メートルということで設定したものでございます。
 それからもう一つが③に記載しておりますけれども、鉄骨造ということで当初考えておりましたが、木造としまして、登米市産の集成材を構造材として使用しまして、登米市産木材使用率を40%としたものでございます。登米市公共施設木造化木質化指針によりまして、登米市産材を積極的に利用したものでございます。そういった部分で今回の増額の要因にもなっている部分がございます。
 私の方からは以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) それでは私の方から2の概要工事費の内訳とあと後ろになりますが、3の工事費が増額となった主な理由、さらに図面を添付してございますので、そちらについて説明をさせていただきたいと思います。
 初めに、記入が若干欠けておりましたので、加えて記入をいただきたいと思いますが、2の概算工事費の内訳、建築工事費合計と右下に6億8,439万6,000円とございますが、それに加えまして、消費税これが加わっておりませんので、消費税5,400万ほど、さらに外構工事7,800万ほどとなりまして、合わせまして8億1,750万というふうな金額となってございますので、付け加えてお願い申し上げたいと思います。今回6億8,439万6,000円の消費税を除いた工事費でございますが、大きな工事の内訳といたしまして、3番目の杭事業工事や、一番多いのは木工事でございます。さらに金属製品の建具工事、内外装の工事、電気設備、機械設備等がご覧のように大きな金額になってございます。
 2ページ目をお開きいただきたいと思います。
 工事費の増額になった主な理由でございますが、参考単価と実施単価の違いによるものというふうなことで、この参考単価につきましては、当時二階建てのものとしておりましたが、平屋になることによりまして、建築面積が増えたというふうなこと。さらには基礎工事、仮設、土工事、コンクリート工事などと合わせて屋根の工事が増えたことによる増額でございます。
 当初、実施計画ではですね、市民生活部におきまして、仙台の社会福祉法人が建設したものを参考単価とさせていただいておりましたが、それとは若干実施単価については、異なってまいったというふうなことでございます。先ほども説明ございましたが、面積変更に伴うものが6,565万円ほど、杭打ち施行について、失礼しました。実施計画では単価、参考物件におきましては、杭基礎がなかったことによりまして、6,232万4,000円ほど、あと構造材に集成材を活用するというふうなこともございまして2,224万3,000円、これは遊戯室とか創作活動室が柱のない14メーターの幅を持つ大空間を確保するというようなことが必要でございましたので、その構造材に集成材をさせていただくというふうなことでございます。天井の高さ先ほど申し上げました部分でありますが、天井の高さを変更したことによりまして1,798万2,000円とこれらを合わせますと2億6,254万6,000円というふうな金額が増加してございますが、これに加えまして詳細設計により積み上がった部分と、さらには登米市産材活用によりました影響がございまして、それらを合わせますと約4,000万円ぐらいというふうなことが想定しているところでございます。
 次に、3ページをご覧いただきたいと思います。
 案内図と配置図でございます。
 佐沼小学校の南側にあります市有地に建設するものでございまして、平屋建てで1,502平方メートルの児童館でございます。
 外構及び屋外設備工事につきましては、駐車場、駐輪場、フェンス及び門扉、ドッジボールコートですね、あとは砂場すべり台、外の足洗い場等を整備する予定でございます。
 4ページをお願いいたします。
 こちらは平面図でございます。
 施設本体といたしましては、クラブ室が5室、遊戯室、創作活動室、集会室、図書室、相談室、静養室、相談室兼静養室、そして各種手洗いトイレですね、ございます。あと授乳室や洗濯室、更衣室、給湯室、事務室等を整備する予定でございます。
 整備に当たりましては、児童クラブのエリア、そして自由に来館する方々、親子のエリア、子育て支援センターなどを明確に分離しまして、動線を短くしつつ、プライバシーに配慮した福祉の心のある施設を目指して計画を立てさせていただいたというふうなところでございます。
 5ページにつきましては施設の立面図、6ページにつきましては施設の断面図でございます。
 この構造につきましては、先ほどもありましたが、登米市公共施設木造化木質化指針に沿って市内の産材を積極的に活用するとともに登米市産材の拡大利用につきまして、市から発信すべきというふうなこともございましたので、今回の取り組みとさせていただいてございますし、登米市産材の大断面集成材を使用した木造住宅で、先ほども申し上げましたが、登米市産材を40%活用するというふうな考え方で整理して進めております。
 施工期間につきましては、平成29年10月から平成30年9月までの期間を予定してございまして、平成30年10月の開館を予定してございます。
 児童館に来館される皆様に親しみのある使いやすい施設として利用していただけるように早期の完成を目指して整備を行ってまいりたいというふうに考えてございます。よろしくお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 質疑はありませんか。浅田 修委員。

14番(浅田 修君) おはようございます。
 まずは財源内訳なんですけれども、国庫支出金600万、700万のところなんですけれども、8億も掛かるこの施設の中で、国庫支出金がほとんどないという中でですね、これは国の補助を受けるためにこのような施設の本体、いろんな説明等の中でこう、説明あるんですけども、そういったものを造らなければならないというようなことなんですか。どうなのでしょう。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) この補助金の関係でございますけれども、継続事業でございますので、トータルで1,600万ほどになります。この児童館補助金につきましては、小型児童館という部分での対象ということで、児童クラブもあるのですけれども、児童館の方の補助しか対象にならないということで国の方からも話されまして、児童館事業で整備するという予定でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) はっぱ答えになってない。国の補助を受けるからこういうものが必要なんだっていうことではないということなの。どうなの。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 国の補助を受けるからこの規模で、この金額でやらなければならないんだということではございません。

委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) そうなればこういった国庫、ほとんど関係ないわけね。じゃあね。国の補助を受けるからこういう施設を造らなければならないということはないということなのね。
 それから、こういう予算の中で工事費高くなって、10名増えたことによって何かこう、3億もこう増えたというような理屈のようなんですけども、説明なんですけども、果たしてこういった工事が5億の予算は最初あったんですけども、3億をプラスするようなその理屈が実際通るもんでしょうかね。一気に。いろんな工事はあるものの、このような、いわゆる豪華版だと思うんですけどもそういったものを造らなければ鳴ならない理由をちょっとお聞かせいただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 定員的には10名の増ということでございますけれども、実質佐沼小学校につきましては、子供の数も増えているという希望も多いというようなことで、収容人員としましては、この2割増し程度、180人ぐらいの収容ということで考えているところでございます。さらに、それ以外にも増える要因があればということで、創作活動室なども活用するという方向でも検討しておりましたので、当面の間、ある程度の児童の増には対応できるのかなということでのこういった設計でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) なかなか造らなければならない理由が全然聞こえないんですけども、もっと人数がちょっと増えるよというような話程度であってですね、果たしてこのような一小学校区のためにですね、このような児童館8億も掛けて造らなければならない。必要なんでしょうか、市長。
 市長、こういった手法で今からやっていくんですか。児童館つくりは。決裁したんでしょう。オーケーしたんでしょう市長。今まだ学校区の中でない学校区あるんですよ。そういった中での8億も掛けて平米50何万も掛けてだよ。果たして造らなければならないものなの。市長ただ一学校区のために。3億もプラスしてだよ、それも。普通の工事で考えられる。3億もプラスして事業をするとつうこと。何の事業の中でも。ねえ市長。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) この児童館についてはですね、やはり今後の計画の中でもそうでありますが、市内の各学校区等々の中でですね、やはり整備はしていかなければならないものというふうに考えております。また、この積算の内容等につきましても、この資料等でもご説明を申し上げているとおり、当初、設計で見越していた建物とですね、状況が違うという等々のことから、積算の内容っていうか、要は工事の額が増えてきたというような状況でございます。
 ある意味、こういった静養室でありますとか、さまざまな環境等については当然、今後のですね、児童館の整備に当たっては、雇用の視点は当然それぞれの施設の中で入所利用されるお子さんの数に合わせてですね、適正に整備をしなければならないものというふうに考えているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) 市長、このとおりでやっていくの、今から。今既存のない学校区もあんだよ。さらにあるたって、こんな施設はないですよ。どこにも。今からんで、今後このような形で造っていくということなのね、今の答弁から見れば。ない町もあるんだよ。さらに間借りしているとこも何ぼでもあんだよ。小学校の中にもある、造ってとこもある。そういった中で果たしてこのような要望があってこのようなこう、したとかさ。設計に変えたとか。簡単にオッケーする。そういったその考えがちょっと私には分からないですね。3億も1回に増やす。その前の5億だってそんなにもいらないんじゃないの。それも全部補助金なしの中でない。市の金全部使ってこういったことやれんの。通常では考えられない価格ですよ。市長。これが当たり前だと思ってんの。地域間格差なり、学校間格差が段々大きくなっていくんじゃないですか。え、どうなんでしょう。もうちょっと圧縮するぐれのね、「そんでダメだから、5億も掛けてダメだから、2億や3億でやれないのか」とか、やんのが当たり前の話じゃないの。低い予算で最大の効果を表すというのが予算、市長の考えじゃないの。私はそう思うんですけども。まさか迫町だから、こういうふうに造るんだっていう話じゃないでしょうね。そうしか見られませんよ。市長。え、今からこういう形を造っていくのね。坪50万も60万も掛けて。坪じゃない平米だ。さっきの市長からの答弁から見ればそうだよ。逆に、こいつが半分に圧縮すっからぐらいの話なら分かります。今後こうやって造っていかなければならないつう話。そういう判断でいいですか。子育て支援これから計画するのはそのような計画してくださいよ。これ以下のレベルではダメですよ。そういう考えでいいの。市長答弁お願いします。都合いい答弁ではダメですよ。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 児童館の整備として必要な機能としてこれからもきちんと整備をしていく。そのような考えであります。

委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。

14番(浅田 修君) 地域間格差、学校間格差でますよ。そういった考えの中ではどう考えますか。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) それぞれの地域の中で、整備をするものに格差があってはならないというふうに思いますので、きちんとその内容を踏まえて整備をする考えであります。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 説明資料をいただいて愕然といたしております。
 工事費の増額になった主な理由、2階建てのものであったが平屋になると、これはいいんですが、基礎工事ですか、2階建てで予定していたのには、基礎工、杭がなかった。だけど平屋にしたら今度、杭基礎工事があって2,200万増額。
 それから、多額の事業費ですが、木工工事に2億2,200万ほどなんですが、何か特殊な登米市産材の集成材で単価が高くなるということはいくらか理解するところでございますが、何か建具とか、細かい、住宅ですと欄間にいろいろ細工をしたとか、そういうものがあって木工工事がかさむようなというふうに私は思ってんですが、木工工事にこれだけの2億2,000万も掛けて何か特殊な加工、あるいはデザインというのがあるんでございますか。
 なお、この木工工事で非常に世界的に有名な隈 研吾先生があって、そういう方のご設計なのか。これから、取りあえず。

委員長(伊藤吉浩君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) 基礎工事の部分につきましては、実施計画の段階でございますので、子育て支援課の方から答弁していただきますが、私の方からは、その木工工事につきまして、その考え方について答弁させていただきたいと思います。
 まず、この建物については、在来工法というのではなくてですね、ラーメン構造の構造になってございまして、それはなぜかといいますと、先ほども申し上げました遊戯室と創作活動室がかなり梁の間隔が広くてですね、それが集成材で、そして施行するというふうなものでございます。それが集成材そのものにつきましては、登米市産材を用いまして岩手県にある工場で集成材を作成して、こちらに持ってきてまた使うというふうなこともございまして、かなりではないんですけれども、高くなってきておるというふうなこともございます。その部分と、あとは先ほども申し上げました登米市産材を基本的にはほぼ見える部分は登米市産材で使いたいと、梁も柱も間柱も含めまして、40%程度使いたいというふうなことで、それにつきましても3,600万ほど掛かり増しすると、ですから、通常在来工法で実施する分との比較ではさらに登米市産材を使うというふうな部分での比較ではですね、約3割程度その木工工事の分で多くなってしまっているというふうな実情と思われます。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 実施設計時点での基礎工事ということでござますけれども、実施設計時点では、地質調査、そういった部分まではやっておりませんので、類似の同程度の施設ということで、その参考価格を平米で参考として積算させていただいたところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 多額の事業費を要する整備事業でございますので、2階建てのときね、杭の何なくて平屋にして杭になるということ。誰が納得するの。これ。類似の何あった、あるいはということですが、その辺は専門の方々がやはり、あそこの土質あるいはそのような状況を見れば、佐沼の小学校を建てたときの土質等を参考にすれば、そういうものがあってしかるべきなのに、ただ、簡単に類似施設の何をただポンと持ってきて、したら、実際やるとなったらば、2階建てのときは杭をぶたないで、平屋になったけ杭ぶつと、だれこいな話がいんべっちゃ。皆さんどうですか。
 そういうずさんなあるいは検討が足りない事業じゃないんですか。誰も児童館の必要性は否定して思うものではございませんが、事業の進め方、あるいは起こすときの、やっぱりこういう中で、やっぱりこの、こちらさ上げるまでには政策会議、あるいはそういう市の中枢の方々が上げて議会に提供するわけですが、副市長これ2階建てで基礎の杭ぶたないで、平屋にして基礎杭ぶつっていう、どのようにお感じになってこのようにご提案いただいたかお尋ねいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) ただ今2階建てで計画して1階建てに変更になったことによって、基礎が発生したというふうな解釈のご質問でございますけれども、基本的には聞くところによりますと、当初から1階建てで計画していたと。ただ、参考単価とした仙台の学校法人の建物が2階建ての建物で、その坪当たり単価を参考にしたようでございますが、たまたまその仙台の学校法人の建物については、地盤が良くて基礎杭がなかったというふうな状況だったようでございます。そこは十分調査して参考単価を決定すべきというふうなところでありまして、ある程度反省すべき点ではあるのかなというふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 今、国会ではどこだかの教育施設に大変な物議を交わしております。非常にこういう事業をするには、教育施設だからやむを得ないんだろうということではなくて、やはり先ほども話ましたけども、すぐ脇の佐沼小学校の方を整備して新築した経緯がございます。それから20年も30年も経っていません。すぐ最近でございます。なぜそのときの土質とか等と仙台の何かどこだか地盤のいいとこの参考してへいへいど安易にこういうふうに計上して、よくやってみたっけ何だけやと、2億6,000万も増額せざるを得ない。そういう事業の起こし方、非常にこう、やはり疑義を持つものでございます。やはり、そういう中でやっぱりチェック体制は事務当局から上がったのを、それをそのままやったのではないと思うんですが、これを上げるとき何か疑問に思わなかったんでしょうかね。先ほどどなたの副市長でもいいんですが、「これしょうがねえな」とただささっとやったのか、今私が疑念を持ったような疑問を持たなかったのか。そのときどのようにして担当の者にお話をされたのか。お尋ねいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) ご指摘いただいているように当初段階での予算の見積もりの精度に非常に甘さがあったという点については、私どもも反省させていただいております。
 現実にこの事業の実計を踏まえながらやりたいというものが上がった段階で確かに事業費全体が大きく膨らんでおりますんで、そこの要因については、十分な説明を聞いた上でやむなしという判断をさせていただいたということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 庄子喜一委員。

22番(庄子喜一君) 甘さがあったという反省の弁をいただきました。
 前にもいろんな事業費が増高する、あるいは物価スライドのせい、あるいは請負契約の変更等々について私は何度もこう、お話してるんですが、一般的な例えば前にも皆さんさもお話したんですが、もし我が家を新築する、あるいは居宅を新築するというような際に、やっぱり設計屋さんあれからいかに安くするか、同じ値段だらもう少しグレードを上げてやってもらうかというようなのがあってしかるべきでございます。ましてや国の支出金もほんのわずかでございまして、でも潤沢な自己資金があればですが、起債を起こしてやらざるを得ないというような状況の中で、やはりこれはこういう工事費、事業費がかさむのにはやはりしっかりと精査をして、やはり削るところは削る。そういう先ほども14番さんもお話しておりますが、やっぱり少ない予算で最大の効果を上げんのが行政の責任となるならば、やはりこれは非常にこう、反省をしなければならない。今後こういうことがあってはならないというふうなことを申し上げておきたいと思います。
 いろいろ外見の立面図ですか、こういうのも見れば特殊な何、細工はされてないのね。平屋だしするから、こんなにかかんのかなというのが非常に疑義を持っておるところでございまして、今後の事業については、やはりこういうのをしっかり反省をしてこの事業のみならず、さまざまな建設事業、整備事業あると思いますが、しっかりとした精査のもとに議会の方に提供していただかなければならないと思いますが、いかがですか。市長。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) ご指摘をいただいた点を十二分に踏まえながら、しっかりと各事業の精査をさせていただく中で、しっかりと取り組みをさせていただきたいというふうに思っております。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。田口久義委員。

16番(田口久義君) あまり言わないかなと思ったんですけども、何も言わないのもやっぱりうまくないのかなと思いまして、一言だけ。
 この事業については、当初から5億とかという予算のときから私はずいぶん高いもんだなと、そういうふうな印象を持っておりました。そして、今回また3億近い浅田委員じゃないですけども、簡単にポンとこう出てきたもんですから、ちょっと私もちょっとこれはちょっとだなと思います。ただ、単価的には、じゃあどうなんですかということですけども、きのうでしたか、9番委員から何かこういうのはいろいろ国の基準に基づいて、裏付けがあってやっていることであるから云々という話がありましたけれども、それはそれでその辺の説明を仮に求めたとすればその責任者といいますか、そういった方々は、そのように言ってくるのだろうと思います。そういう意味では、通らない話でもないのかなあという気もしますけども、ただ、ほかの工事とちょっと比べてみてください。なんぼ、なんぼと細いことは言いませんけれども、かなり大きな違いがあるわけでございます。そうした場合に、じゃあその隣の事業工事はできないのに赤字でやってんのかと、逆に言えば、この工事はこの積算単価でやるつうことは、こういう単価でないとできないということにもなるのでしょうから、その辺の整合性といいますかね、もちろんそれはきちっとどっちも合わせるつうわけにはいかないんでしょうけども、あまりにもその乖離が大きいので、国とか県の考え方と、あと民間レベルとの考え方があまり違いすぎるので、その辺はやはりこれから検証して行く必要があるんではないかなと思います。
 それで一番は、それにしても今日いろいろ増額となった理由をお話しいただきましたけれども、それに対する印象としては、まだちょっとまだというよりもかなり薄いのかなと、細かには言いませんけれども、そんなことではないだろうという私の解釈もいたしました。
 一番はとにかくそういった中で決してこれは5億から3億なんてそんなに本当に14番委員が言うように簡単に出せるあれではないんじゃないかなという判断をするわけでございます。
 一番はとにかくこういったあり方をこの議会で通していかなきゃなんないというか、そういったことに対するジレンマがすごく大きいわけです。本来ならば、何とかその議会の質問に対して、じゃあここを少し修正すっとか、ここはこのように改善すっとかつう何かあればいいんですけども、ここに来てどうにも身動きが取れないものかどうなのか分かりませんけれども、その辺を我々議会側としてもジレンマに対して分かっていただければなと。なんかわけの分からない質問をしましたけれども、そんなことでございますので、何か答弁があればですね、いただきたいなとそのように思います。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 児童館、児童更生施設という国の児童福祉法の中で位置付けられた施設ということでございまして、設備ということで備え付けなきゃならないというものが、集会室、遊戯室、図書室、相談室、創作活動室、便所、事務執行に必要な設備ということで、これは必置の設備ということになります。そういった部分を加えながら、今回検討したものでございまして、その中でのこういった金額ということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) 今回の1,000平米を超える建物というふうなことで、防火区画や建築基準法に基づくさまざまなものが求められるというふうなことで、1,000平米以下のものとはやはり若干異なるというふうな部分もございます。先ほども申し上げました在来工法ではなくて、大空間をこの中で発生させなきゃないというふうなことでの構造になって、梁などに集成材を使っているというふうなことも大きな原因になっておりますが、今、これからやっと設計が整いまして、これから発注に向けた進め方をしていく中で、使用する材料なども含めまして、できるだけ軽減できるようなことを検討しつつ、準備を進めてまいりたいというふうに思いますので、ご理解いただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 田口久義委員。

16番(田口久義君) じゃあもう一回だけ、確かに1,000平米を超える場合の防火仕様ですね、それは分かっています。それからいろんなラーメン構造にすっとか、何とか、ことも、割高になるということは了解はしております。ただ、それはこの金額を反映してる部分としては、あまりにも説明責任が薄いのかなという感じをしております。あとこの立面図の下にいろいろ仕様を書いておりますけれども、こういった仕様を拝見しても必ずしも特殊な最高級の仕様とは私は解釈しません。むしろ一般的な下手したらば、もしかしたら一般的よりもグレードが下がるような部分もあるやにも見えます。そういったことも加味してですね、本当はこの辺は何とかね、少しぐらいは、例えばこれから設計変更とか、契約変更といったようなことも不可能なんでしょうかね。その辺もやっぱり念頭に置きながら、でないと私たち言ってることが何か空振りなってしまって、無意味ではないでしょうけど、何かすごく情けないというか、切ない気持ちでございます。そういうことでございます。よろしくお願いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 答弁を求めます。暫時休憩します。
 
          休憩 午前10時40分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時42分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。答弁を求めます。
 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 大変申し訳ございません。実施計画の段階でですね、精査不足ということで5億円という数字を出してしまったというのがま、第一の要因だというふうに思っております。具体に建設部にお願いしながら積算してきたわけでございますが、例えば鉄骨、あるいは鉄筋コンクリートで同様の工事をした場合もですね、2億から3億近くの増が見込まれるという状況の中で、こういった数字が出てきたというふうなことでございます。
 執行段階におきましてはですね、できるだけ軽減が図られるような対策を取ってまいりたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 設計変更とか、契約変更の件につきまして。
 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 設計については、ほぼ終了しておりますので、この内容でさせていただきたいというふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) きのうからの説明で、大体理解はしておりますけども、1ページの今日の資料ですね。鉄骨造りと比較し、全体事業費に変わりがなかったという下りありますね、これどういうことなのか。いわば一方で集成材あるいはその他登米市産材を多く入れようということで3割増しになっているとかというような説明があったり、ちょっとここ整理、私としてはできないんですけど、きちんと説明をいただきたいと思います。
 集成材利用、登米市産材使用率40%というのは、過去最高。これまでほんの数パーセントかなと思うんですけど、どういう状況だったでしょうか。その2点です。

委員長(伊藤吉浩君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) この児童館の構造を決定する際には、やはりどういった構造にするべきかというのを複数検討いたしました。それはまずもって鉄筋コンクリートでやるべきか、さらには鉄骨造りにすべきか、そして木造とすべきかと、その3点でございました。木造とすべきかというふうな点については、登米市産材はやはりこれからも推奨して広く使っていただくというふうな考え方の中で、登米市産材を多く使いましょうというふうな考え方が取れるか。それとも登米市産材なかなか使えないというふうなことでの費用の比較というふうなことでさしていただきました。この1,500平米ぐらいのこの建物、今回のものですと、ちょうど鉄筋コンクリート、鉄骨造り、そして集成材による登米市産材、指定して40%使うというのが、ほぼ同じ金額くらいの坪当たり単価、鉄筋コンクリート造り、あとその鉄骨造り、そして集成材を使った登米市産指定の木造造り、この三つがほぼ同じぐらいの坪当たり単価となってございました。若干産地指定をしないで木造で造るというふうなことになれば、若干坪当たり単価で六、七万ぐらい低くなるんですけれども、鉄骨造りやコンクリート造りとほぼ変わりないそういった登米市産材を使ってというふうな判断をさせていただいてございますし、今後につきましても類似した施設につきましては、そういった特に鉄骨造りやコンクリート造りなどと比較してある程度高くならなければ、できるだけ登米市産材の産材を使いながら、進めてまいりたいというふうな考え方で整理をさせていただいているところでございます。
 木工で3割増しというのはですね、先ほど申しましたラーメン構造とするためのそういった集成材プラス登米市産材を使ったことによってプラスというふうな額でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、千葉雅弘君。

産業経済部長(千葉雅弘君) 公共施設への登米市産材の活用の状況ということでございますが、今回40%ということでございます。現在整備をしております道の駅三滝堂につきましても確か40%程度ということで記憶してございますんで、迫児童館も同じような割合ということで理解をしてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 建設部長、全体事業費は変わりなかったと、鉄筋でもコンクリートでも木造でも変わりないと、で一方で、集成材で3割増の分があると、そうすっとどっかで鉄筋でなくても、集成材の場合、どっかで浮く分があるということで、全体としては変わりないという意味なんですか。
 今後、今回の取り組みを通じてもっともっとやっぱりこれからも活用していくという方向が見えたと今説明だったと思うんで、それは、それでいいんで、いわば集成材なんていうのは、ちょっとここの地方で合わないんではないかというのが、ずっとこの間そういう答弁というかね、議論もありましたけど、そういう点ではやれるというんであれば大いにその道を探求するし、この集成材加工も岩手でなくて地元森林組合等とも話し合って今後開拓の方向ていうのがもっと強く市も援助してやっていけないかということなので、きちんとそこの点で掴みたいもんで、ちょっと1ページに文章で全体事業費が変わりがなかったと、しかし、口頭では集成材では3割増だということなんで、ちょっと整理していただきたいと。

委員長(伊藤吉浩君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) 鉄骨造り、鉄筋コンクリート造りと登米市産材を使った集成材を使った、登米市産材を4割程度使った木造住宅では変わりがないというのは基本です。鉄筋コンクリートも鉄骨造りも基本的には、登米市産材を使える場所というのはほとんどないといいますか、腰板ぐらいでして、基本的には登米市産材をほとんど使わないと。先ほど3割増と申し上げましたのは、産地指定のない登米市産材を使わない場合と比較して、木工費2億2,000万程度のうちの3割が集成材と登米市産材を使うことによって増えると、そういった意味でございますので、先ほど産地指定ないものと登米市杉指定というふうなものでは、坪当たり6万程度違うよというふうな部分が、直接木材費みたいな形での違いとなってきております。以上であります。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) この児童館でございますが、登米市内には4か所しかございません。これからの整備についてお聞きしたいんですが、先ほど市長から今度提案してる施設のようなものを各町域に造っていくようなそういうふうなお話を受けましたので、豊里も現在は間借りした状態で子供たちが生活しております。そういった子供たちの育つ環境に不平等があってはダメだと思いますので、ほかの町の全然ない所の町の児童館の建設計画についてどのように現在取り組まれているか、まずその計画についてお聞きしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 児童館につきましては、ご案内のとおり4か所ということでございますが、児童館の中でやっているのはほとんど児童クラブ事業、それから子育て支援事業という形で今行われているところでございます。児童館は先ほど申しましたとおり、児童福祉法の児童更生施設ということで、自由来館も含めて18歳までの子供さんが利用できる施設という位置付けになっております。そういった関係で今現実的に保護者の皆様が、ニーズがあるのは小学校までの子供さんの自由来館も含めた児童クラブという位置図かなというには捉えているところでございまして、それと併せまして放課後子ども教室もございます。放課後子ども教室と児童クラブの一体的な運営ということで、これから取り組んでいく方向にしてまして、そのためには小学校の空き教室、それから公共施設等を積極的に活用しなさいというような国からの通知も来ておりますので、そういった部分で小学校の中で解消できる部分については、自由来館もできる児童クラブと自由来館、そういった形で取り組んでいく方向で考えているところでございまして、児童館を全ての地域で必要なのかどうかの検証も含めながら、これから整備していく予定にしております。

委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) そうしますといろいろ要望もなければ何もないと全然手を付けないというふうな受け止め方でよろしいんでしょうか。私はですね。ずっと児童館がないのが気になっていたんですよ。でもいろいろと整備するも先にするものが結構あるもんですから、しかたないというふうな思いもあったんですが、今ここにきて町域にかなりの差がついてまいりました。少しの部分は、私は、中央はどんどん良くなるのはいいと思ってました。でも、それぞれの町の状況を歩いてみますと、本当に元気がなくなってきております。子どもたちもですね、まず、子供たちに同じような環境をつくっていただきたいと、先ほどの新しく今度できる児童館も要望があってどんどん大きくなったというふうなお話がありましたから、要望があればそれではすぐこの計画を立ててくださるんですか。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 今回の児童館につきましては要望があったということではなくて、現場で指導している指導員さん方の意見も聞きながら、ということで要望ということではございません。それとこれからの子供の増える見込み等々を勘案した中での150人定員、収容として180人というような規模で想定したわけでございます。
 それから、児童館先ほど申しましたとおり、18歳までの子供さんが利用できるものが、登米市内に必要性があまり18歳まででなくても、小学校の子供さんが自由来館できて、児童クラブできればそれで保護者のニーズに応えられるのかなということで今取り組んでおりますので、そういった形での整備を進めていきたいというふうに考えているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) とにかくね、あまり差別しないようにしていただきたいんです。18歳まで児童館で過ごせるというのは私も知っております。ただ、豊里ではですね、18歳過ぎても公民館で日々暮らしている子供たちもいます。現実ご存知どうか分かりませんが、そういったどこにどうやったらいいか分からない子供たちもおりますので、やはりこういった整備するときは、各町域のこともよく考えてですね、バランスよく造っていただきたいなと思います。
 それからですね、迫児童館なんですが、待機児童が発生したので、150人定員というふうな説明があったんですが、今後の推移ですね、迫児童館は、これ以上もっともっと150人定員で賄えるほどの児童数が見込めるというふうな状況なんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 定員は150人という設定でございますけれども、現在、待機が25名ほどおります。で、ある程度、施設一部屋の面積も2割増程度、若干2割増以上にもなるんですけども、そういった部分で預かることも可能でございます。さらに創作活動室という部分もございまして、そこを児童クラブ室として臨時的に使うことも想定しておりまして、いつまでも増え続けるわけではないということも想定しながら、この面積で計画したところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。

24番(八木しみ子君) どんなことを言っても、きちっとこうだという返事はないと思うんですが、とにかく今度の子育て支援制度のもとで、すごく内容が変わってくるはずです。ですから、まず私が望むのは、子供たちの育つ環境、これを平等なものにしていただきたい。これがやっぱり担当課としても各町域の状況をしっかり把握して、整備するものは、ないものはしてやるくらいの財政がないんじゃないですね。こんなに8億も出すんですから。一つの建物にね。ないとは私はこれから思いませんから、財政は豊富にあるなというふうに思いますから、そういったことでしっかりと整備をしていただきたいんです。
 振り返って、昔の話で申し訳ないんですが、豊里の場合は幼稚園も保育園も合併前に、全部一つにして合併いたしました。ですから、そのときからの合併する前からの地域というのは、やむを得ないと将来的に子供が少なくなるということで、幼稚園も一つに三つあったのが一つに、それから保育園も全部で四つですか、4か所が一つに、それから小学校も一つにというふうなことで全部そういうふうなコンパクトな施設にして合併したわけです。それがそのまま今本当になんか児童館をつくるとかそういう余裕もない中で、そういう統合をしてきているわけですから、やはりある程度の目は掛けていただきたい。
 全然ほかの町も同じだと思うんですよ。中央だけよくなって何がいいんですか。周辺もやむを得ず合併したわけですから、そういった地域もしっかりと見て、バランスの良いまちづくりをしていかなきゃないと思うんですが、どうでしょうかね。

委員長(伊藤吉浩君) 質疑の途中でありますが、ここで10分間休憩いたします。
 
          休憩 午前11時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時10分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 答弁を求めます。市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 今回の整備事業の関係につきましては、各委員の皆様からいろいろご指摘されました。
 先ほど市長も答弁しておりますけども、中心のみの整備というふうな観点ではございませんですし、地域に行き届いた施設設備を念頭においてるところでございます。今後施設整備の部分につきましては、こういった類似施設も含めてさまざまな観点、そして要望というふうな観点じゃなく、こちらサイドからの現地の部分、地域の状況をさらに把握しながら、今後、学校再編と併せた整備を検討していきたいというふうに思いますので、一つご理解をお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) 質疑なしと認めます。
 これで3款民生費、4款衛生費の質疑を終わります。
 ここで説明員の入れ替えのため暫時休憩します。
 
          休憩 午前11時11分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時14分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) それでは概要84ページの鳥獣被害対策に要する経費についてでございますけれども、金額的には総額で今年度とほぼ同様でございます。正確に言いますと6,000円の減ということになりますけれども、今年度も熊の目撃も増えておりますし、また、農作物の被害など増えている状況の中で、今年度同様の予算で十分というふうに考えているのかということについて、1点目でございます。
 それから、概要の100ページでございますけれども、観光施設管理費、道の駅三滝堂が4月1日というふうに伺っておりますけれども、オープンをいたします。それに伴うですね、報償費計上されておりますけれども、この道の駅三滝堂のオープニングセレモニーの内容についてですね、簡単にご説明をいただければと思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 被害対策に対するご質問でございます。予算額につきましては昨年とほぼ同額というふうな状況になっておるところでございます。
 内訳といたしまして、熊の目撃情報というふうなお話しもございますので、消耗品というふうな部分でですね、熊に対応するための餌代等を確保しておるところでございまして、その分の減額の中でですね、鳥獣被害対策補助金等を昨年から実施した事業でございますけれども、昨年度の実績等に合わせてですね、金額を見直ししたものでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 道の駅三滝堂のオープニングに関する問い合わせでございます。ただ今現場の方工事ですね、順調に進んでおりまして、4月1日のオープンに向けて今準備を進めているところでございます。そのオープニングの内容といたしましては、関係者100名程度を招いた竣工式と、あと一般の方々のいわゆるオープニングという形で考えておりまして、アトラクションといたしましては、一般の方々のオープニングのときにですね、地元の錦織太鼓とですね、佐沼高校の吹奏楽部の演奏をアトラクションとして考えておりますし、あと竣工式の中でふるまい汁といったところも考えているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) それでは鳥獣被害対策の関係でございますけれども、鳥獣被害対策実施隊ということで、95名、今年度も95名ですけれども、この95名はいざ実際に出動というときに全員現場に出れて、きちっと使命果たせる方ということでございましょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 鳥獣被害実施隊についてでございます。
 隊員報酬ということで、95名分要求をさせていただいてございますけれども、実隊員といたしましては、80名でございます。この80名に対しましてですね、石越地区にはその隊員が不在ではございますけれども、その地区につきましては、中田の隊員がですね、カバーをしている状況でございます。
 この80人につきましては、ほぼ全員がですね、各町域の実施隊員ということで対応していただいておるところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 石越がゼロで80名ということで、やはり恐らく例えば高齢化であったりとかですね、そういったことも要因になっているのかなと思っております。
 今後ですね、例えば猪なんかについても本市においてもですね、そういった被害が予想、心配されるそういった状況もございますので、やっぱり世代交代であったり、あるいは若手の方のそういった養成、育成であったりですね、あるいはもうやっぱり95名以上やっぱり確保するぐらいのそういった体制整えるぐらいのそういった考え方も必要ではないかと思いますけれどもいかがでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) ただいま実施隊員80名いらっしゃいますけれども、この方々のですね、平均年齢と申しましょうか、67歳となっているものでございます。最年少の方で46歳と、それから最高齢の方で83歳の方がですね、実施隊員として活躍をいただいているところでございます。
 あと猪の被害ということでございますけれども、県内ではですね、確かに猪の被害の拡大がされておるところでございます。ただ、市内におきましては、ただ現在ではですね、目撃情報だけでございまして、実害はまだ発生していないというふうな状況となっておるところでございます。
 あと隊員の確保についてでございますけれども、平成28年度からですね、狩猟者確保対策事業ということで対応していただいてございます。平成28年にですね、1名の方が新たに狩猟免許を取得されておりますけれども、実施隊としてですね、活動できるまでにもう2年ほどかかりますので、その活動期間をですね、期間になりましたらですね、実施隊員として登録いただくよう依頼をしたいというふうに考えておるところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) 95ページ概要、林道費でちょっとお尋ねします。
 まず一つはね、林道補修事業、これ委託料とありますけれども、何メートルなのか。刈り払い業務、それから修繕料、何か所ぐらいか。
 次のふるさと林道でありますけども、予算の説明で今年度は200メートルですよ。この事業は、4,300メートル延長で始まった年度はいつで、いつ頃までにこの全線開通させようとしているのか。まずそれをお尋ねします。

委員長(伊藤吉浩君) 産業政策課長、平山法之君。

産業政策課長(平山法之君) 林道費の林道の補修事業ということでございますけれども、本市では林道が79路線ございまして、こちらの随時の補修事業ということでございまして、延長でございますけれども、12万1,758メートルという林道がございます。こちらのための修繕費でございます。
 それから、ふるさと林道、登米東和線の開設事業、こちらにつきましては、平成21年度に着工しております。現在の計画では平成30年度までということではございますけれども、今進捗率が28年度の末で、開設部分で約50%、それから、完了の部分舗装まで含めた完了の部分で45%ほどとなってございます。現実的に30年度までの竣工というのが難しい状況になってございます。事業主体であります県に対しましては、平成27年度にもですね、整備促進についての要望書を提出しておりまして、その後震災等で事業量が減っておりましたけども、いくらかずつ増加はしてございます。そういったことで県の方でもご配慮はいただいているところでございますけれども、平成30年度の今、協定期間になっておりますけれども、こちらの方を再度延長せざるを得ない状況だということで考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) まず、林道の補修の方ですけども、私はね、雨が降ると林道に水が流れるような個所がほとんどですので、登米市の林道は。そうではなくてね、補修するときは、水が流れないようにまずすることが第一だと思うんです。どういうことか担当の方は分かると思うんですけども、それを徹底することですね。それをしないと必ずだいたい、道路を水が流れるような現状ですので、それを修繕のときに力を入れてやってください。
 そして次ね、ふるさと林道ですけども、始まったのが21年、私もたまに政務調査でこの道路に行くんですけども、県が事業主体ですけどもということでありますが、始まってもうかれこれ七、八年経つんですけども、進捗率50%、実はね、東和町側の方が全然進んでいないんですね。これね、事業主体が県だからということではなく、もっとね、これはスピード化、早める必要があると思いますよ。なぜこの林道着手したのか。それから見ますとね、まだまだ遅い。といいますのはね、造った後から法面が崩れたり、さまざまな支障を来していますので、やっぱり早期にこれやるべきですよ。以前も私は話したことあるんですけれども、なかなか遅々として進んでいない。これ県の事業を待っていないで市でも少し事業を取り入れてやるべきではないですか。私はそう思いますが、いかがでしょうかね。たった200メートルですよ今年度。どうなんですかね。

委員長(伊藤吉浩君) 産業政策課長、平山法之君。

産業政策課長(平山法之君) 林道の維持補修につきまして、水の流れないような状況というご指摘をいただきましたけれども、なかなか山間部の全ての林道のそういった改修というのはなかなか難しい部分もございますので、ご理解をいただければと思います。
 それから、ふるさと林道の進捗につきましては、市といたしましても県の方にですね、できるだけ早期の竣工を引き続きお願いをしてまいりたいということで考えてございます。よろしくお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) 先ほどの児童館ではないですけども、私もここ要望しますよ。やっぱりね、私はこの地区の議員をしておりまして、あの山は結構興味がありまして行くんです。いつまでできるのか。始まって七、八年でまだ進捗率も5割もいっていない。こういうことでは、そして終期の30年度もまだまだですよ。これ。こういうところにもっと早めに通して万が一の場合でしょう。あの道路を造るというのは。突発的な事故があったときにあの道路を使う。そのために造っているんでしょ。それも含めておりますので、ぜひね、議員の要望も聞き入れてやってくださいよ。これ前にも言っているけども、全然。
 それから、林道は77かなり面積12万といいましたかね、延長ありますよ。79路線ありますね。そのとおりだと思います。私はね、主要林道、主要県道ありますね。主ないわゆる道路、主要林道、そこはね、やっぱりやってくださいということです。枝葉、枝道、枝道ではなくて主要の林道をせめてこの予算だと思いますので、水が流れないように。何ていうんでしょうかね、林業のまちに行きますと、徹底的にやっていますから。じゃあどこかというと住田町です。住田町には徹底して道路に水が流れない対策をやってますので、そして道路を守る。これは全く本市ではありませんので、ぜひ補修の方でやっていただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 産業政策課長、平山法之君。

産業政策課長(平山法之君) 林道の整備につきましては、登米市において、本市において一級林道として今、登米東和線の整備等を行ってございます。こういった主要な林道につきましては、そういった特に配慮をしながら、工事を進めているということでございますので、そういった観点で林道の整備には当たってまいりたいと思っております。
 それから、ふるさと林道の部分につきまして、さらに強力に県の方にはお願いしてまいりたいと思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) よろしくお願いします。
 次98ページ概要、ふるさと創生ベンチャー起業支援補助金とその下サテライトオフィス等開設支援に要する経費、載っていますけれども、いわゆる新規にビジネスのために起業をしますよ。そして、この間、コールセンターの例もありますけれども、これは開設した後ですね、やむなく店をたたんでしまうよ。そういう例なかったですか。今まで。それともそれはなしで、補助金をやってとにかく支援するということだけなんでしょうか。その点をまず伺います。

委員長(伊藤吉浩君) ブランド戦略室長、浅野之春君。

ブランド戦略室長(浅野之春君) ふるさと創生ベンチャー起業支援事業等で撤退した方がいないかというご質問かと思いますけれども、現在、このふるさと創生ベンチャー起業支援事業につきましては、平成28年度までに7名の方が採択となっておりますけども、いずれもですね、まだ頑張っていただいているという状況でございまして、撤退した廃業されたという状況には至ってございません。
 また、起業家の方ですけれども、そちらについても平成28年度からの事業でございますけども、そちらも廃業というケースはございません。

委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) 後から言ったサテライトオフィス支援のやつは28年度からやったつうことですね。
 それでね、これ何か要件、私あの、産業建設で十分もんでるかと思いますけども、こういう支援をして撤退、やむなく1年以内とか、撤退した場合は、その補助金などはどうなってんでしょうか。そういう何か規制条件というものがあれば教えていただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 答弁を求めます。ブランド戦略室長、浅野之春君。

ブランド戦略室長(浅野之春君) サテライトオフィス等開設支援事業でございます。こちらにつきましては、平成28年度に事業の承認を1件の事業者に対してしたところでございます。それで平成29年度にですね、各種奨励金を払うというふうになってございます。要綱の中ではですね、何年以上事業に取り組んでいただくことと、事業の要件を入れてございます。
 それから、返還、要綱の中でですね、撤退したときにはお金を返還いただくというような要件も入れていたというふうになっております。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 今の関連で、サテライトオフィス等開設支援に要する経費、この中身をもう少し詳しく教えていただきたいの。
 いわゆる地元の業者さんなのか、それとも仙台とか東京から来て、どういう事業をするんだかということです。

委員長(伊藤吉浩君) ブランド戦略室長、浅野之春君。

ブランド戦略室長(浅野之春君) サテライトオフィス等開設支援事業の概要でございますけれども、こちらについてはですね、本市にサテライトオフィスIT企業等の支店をつくってもらう。あるいは教育業の支店をつくってもらう。そういったですね、事業に対しての支援をするところでございます。内容的にはですね、3点ございます。開設促進奨励金ということで、土地の今回ですと賃借料、それから開設投資奨励金ということで、建物、施設の改修等にかかる初期投資費用の支援、それから開設雇用促進奨励金ということで、新たなですね、常時雇用に対しての一人当たり10万円というような支援となってございます。
 それでこの事業につきましては、米山の高校の跡地のですね、三幸学園さんを平成28年度に承認いたしまして、29年度の補助支援を行ってまいりたいというものでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 今の件については分かりました。
 それでは、別の確か登米市は登米市の基幹産業は農業だということで、農業振興に力を入れているはずなんですが、29年度の予算でですね、1日1億円の目標をはるかに超えるだろうと期待してんですが、どの辺が一番重視して予算付けをしたのか、ちょっと教えていただければありがたいんですが。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、千葉雅弘君。

産業経済部長(千葉雅弘君) 農業面での予算付けでの特に配慮した点ということでございますが、水稲につきましては、特に、すいません。水稲の直播それらを拡大していく必要があるということで、その点に水稲面では特に考えているということでございますし、園芸さらには畜産、それぞれ共通的な形での振興が必要であるということで、園芸振興につきましては、園芸振興費の中で、園芸産地拡大事業補助金、これらの要件を見直しまして、特にJAさんと協議をしながら重点品目8品目を選定してですね、それらの拡大につなげようという形で進めてございます。
 それから、畜産につきましては、畜産振興費の中で特に優良産子の拡大に向けたそういう補助の内容も拡大をしているという状況にございます。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 今の関連で3点お尋ねします。
 水稲の直播栽培については、普及率というのかな、全体の何パーセントぐらいになっているのでしょうか。
 それから、園芸について、それから畜産についてそれぞれ前年度と比較してどの程度伸びるという予測なのか、それだけ教えてください。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) まず、直播栽培についてご説明を申し上げます。
 平成28年度の直播栽培につきましては、面積で353ヘクタールとなっているものでございまして、平成27年度が303ヘクタールでございましたので、50ヘクタールほど伸びているというふうな状況となっておるものでございます。
 次に、畜産と園芸ということでございますけれども、こちらの状況については、大変申し訳ございません。把握していない状況となってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 書き物だけ書けばそれでいいんだということの、意地悪く見ればそうだと思うので、おおよそでいいんですよ。前年よりは伸びると考えていいんでしょうね。だから課長の感性でもって1割伸びとか2割とかってとこだけ大雑把に聞かせていただけませんか。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 大変申し訳ございませんでした。まず、畜産につきましては先ほど部長が申しましたように新たに勝洋をですね、対象牛に含めるというふうなこともしてございますので、畜産については、対前年に増してですね、増加するものというふうに考えてございます。
 さらに、園芸につきましてはですね、補助事業の中で園芸重点振興品目ということで新たに8品目を追加してございます。
 これらにつきまして、補助率をかさ上げをしたりですね、新たな部門の補助類の部門を設けてございますので、さらに振興していくというふうに考えておるものでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 生産額の方何点か。具体的な伸び率といいますか、生産額どれぐらいを見込むかということですよね。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、丸山 仁君。

産業経済部次長(丸山 仁君) それでは私の方からお答えさせていただきたいと思いますが、今、28年度の農業産出額の分については取りまとめ中ございますので、27年度の実績の部分でお答えさせていただきたいと思います。
 27年度につきましては354億円ほどの農業産出額となってございまして、前年度より111%の伸びと、となってございました。それでそのうち米につきましては27年産については、米価の回復基調もございましたもんですから、13億円ほどの増加につながってきているということ。それから畜産につきましても、ただいま高橋次長申し上げましたとおり、子牛価格、それから枝肉価格の上昇によりまして、増加傾向にあるということで、これも22億円ほどの増加になってきているということでございます。
 それから、野菜については、これは市場価格に大きく影響される部分があるわけでございます。特にキャベツについてはちょっと若干葉物については、28年度は値下がりしているというような傾向もあったりですね、いろいろなとこがあるんですが、27年度については、野菜についても28億円ほど増額しているということでこれについては今後転作も含めた中での土地利用型農業の推進、それから転作野菜の推進の中で同じ程度の推移が示すんではないかというふうに見ているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。氏家英人委員。

4番(氏家英人君) 概要の97ページ、商工振興育成費の中の登米市商工会補助金というふうな部分3,400万ほどの予算が計上されているところでございますが、商工会法ではですね、一つのまちに一つの商工会ということで、今から12年前、平成17年登米市誕生前に商工会も登米市になったら一つになるんだと、合併しますよということで、ただ激変緩和のために差し当たり九つの町にそれぞれあった商工会を三つにグループ分けをして、三商工会化してそれを経て一つの商工会にするんだというふうなお話でありましたけれども、現在もまだ、三つに分かれたままの商工会であります。登米市商工会補助金と書いてありますが、登米市商工会なんていう組織は存在していないのではないというふうに思うところでございまして、この三つに分かれたままの商工会のこの現状どうなんでしょうか。しっかり商工会の役割、登米市としての、登米市の中にある商工会の役割としてしっかり果たせているのかどうか。これはいわゆる政策なので市長にお尋ねしたいと思うのですが、三つに分かれたままの現状でいいと思っていますか。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) この商工会の問題等々につきましては、もちろん三商工会の会長さんともいろいろとお話し合いをしているところであります。個別の商工会の課題、検案、そして市として全体的な状況の中でのですね、商工行政の在り方というものについてもさまざまご提言もいただいているところであります。
 そういった意味では、そういった話し合いをしっかりと進めていきながら、登米市としての商工行政の取り組みとですね、そして登米市全体のですね、商工会としての機能というものをどのように高めていくか、今後ともしっかりですね、協議をしながらより良い方向に進めてまいりたいというふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) ぜひですね、一本化に向けたですね、話し合いというか、後押しをといいますか、本市でもやっていくべきだなというふうに思っていますのでこの部分ではよろしくお願いしたいというふうに思います。
 それからですね、同ページ共通商品券の関係で、ほか5件という部分で550万ほどの予算計上されていますが、この中にはとめっこマネーと言われるものも入っているんですか。

委員長(伊藤吉浩君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) とめっこマネーについてはこの共通商品券運営事業という補助金でこの中に入っております。

委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) このとめっこマネー事業を始めて何年になりますでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 私の手元にある資料ですと、平成21年から実施されているのではないかと思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) 事業開始から8年、9年、7、8年以上経っているというわけですね。市民からの認知度はどうなんでしょうかね。喜ばれてますでしょうかね。
 最近、コンビニに行く機会がありまして、レジでお支払いするときに、こういうシールが張らってました。とめっこマネーお断り。私はこの事業はもう目的を達成したのではないかというふうに思っています。いいと思うなら、もっと拡大してやるべきだと思うし、あまりそうではないというふうに思うなら、やめる勇気を持った方がいいのではないかなというふうに思ってます。ダラダラと続けることがいいことだとは決して思っていません。その辺の考えどうでしょうか。何かあればお答えいただきたい。課長ではなくて、市長に。

委員長(伊藤吉浩君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 先ほど21年からと言いましたけども、正確には19年度から事業を行っております。それから、このとめっこマネーの役割、見直すべきではないのかといったところもありますけども、地域内消費を喚起する意味では一つの大きな役割も果たしています。ただ、一方そういった議員のおっしゃったような見直しをする部分もあると思いますので、これから検討を重ねていきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。

4番(氏家英人君) ちょっとあまりいい言い方をしなかったと思うんですけども、何て言いますかね。やることはやる。もういいのではないかと思ったものはピシッとやめる。メリハリのある登米市の予算付けに期待するものです。終わります。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 概要のですね、87ページお願いします。
 農林業系汚染廃棄物処理実証試験に要する経費とありますけれども、これは原発の特別委員会でも提言ということも出しました。そしてまた議員の皆さんの一つの意見としても提言として出したわけでございますけれども、この実証試験うまくやってもらわなきゃ困るなあというふうに思っていますんで、その工程の中でですね、1月から入る準備があると思いますんで、うまくいっているもんだかどうだか確かめたいと思いますんでお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 農林業系汚染廃棄物の処理実証試験についてのご質問でございます。特別委員会等のご協力をいただきながらですね、その内容等について詰めさせていただいてきたところでございます。現在の段階につきましては、地域行政区の説明会に入りまして、承諾をいただいてございます。そのためにですね、今度業者等の委託を含めてですね、今後進めさせていただければというふうに考えているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 大変ご苦労さんでございます。そこまで進んだなあというふうなことで、今までなかったことが一歩進んだなというふうに思います。そしてまた、このような試験、県下でも初めてだと思いますんで、できるだけですね、地域の方と説明をし、慎重にやってもらいたいなあと、あんまり先走ってもなかなか難しいんで、その辺のところですね、慎重に今後説明があって、区長さんに説明をすれば地域ですので、そしてまたさらに委託をするということですので、その業者ともですね、慎重な審議をしてやってもらって、必ず成功するようにお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 地域の住民の皆様からもですね、データ等のお知らせをいただきたいというふうなご連絡もいただいてございますので、丁寧な説明を務めてまいりますし、慎重に進めさせていただきたいというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに、田口政信委員。

17番(田口政信君) 5分しかないので、5分でたぶん終わんないと思いますので、終わりそうなやつをやります。
 一つは、100ページの道の駅ですけど、道の駅というのは観光施設ですか。今気づいたんですが、どうしてここに括ってあんのかなというふうに思ったんです。それをまずとりあえずお伺いします。

委員長(伊藤吉浩君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 道の駅につきましては、道路利用者の利便性を図る施設ということが大きな目的になりますが、その中で観光のPR、情報の発信といったところも大きな役割を担っているといったところもありますので、この観光施設といった括りの中で措置をさせていただいております。

委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。

17番(田口政信君) 道の駅というのは本来、国土交通省がいわゆるトイレを中心としたいわゆるサービス。あとは道路情報をお知らせする拠点施設です。それが道の駅の定義だと私は認識しています。そこに各市町村が産地形成をするために、販売所を農林省の予算を得て、いわゆる設置してきたというのが経緯だというふうに私は理解しております。決して観光施設ではなくて、地元の産材をそこに寄せて、トイレに来た人が、いわゆる買い物していただくという施設です。その中に大きな目で見れば観光施設なんでしょうけども、これは観光課の、いわゆる所管でないんです。農業のあるいはそこの産業の、いわゆる括りでその施設を運営するというのは基本だというふうに思ってんですけども、どうも今ふと見てですね、仕分けが観光だというふうになっているもんですから気になりました。そして産地形成施設ですので、そこで、いわゆる取れた野菜、あるいはその産品をですね、工業品とか、そういうものもそこに展示をするわけですから、それでそう、どういうんでしょうかね。そういう施設なもんですから、生産者、あるいはそういうものと消費者と連携の取れる場として提供していくという視点に立てばですよ、今全国に珍しいくらい登米市内に五つの道の駅と直売所が二つあんです。こんな所はどこにもないんです。ですから、この道の駅をもう少しですね、観光課で所管するんであれば、私は無理だと思うので、別な所でぜひ括りを造っていただきたいというふうに思うんですが、どうでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 道の駅の登録については、ご案内のとおり、国土交通省が行うもので条件として24時間利用のトイレと情報提供施設があって、それに地域活性化施設が附帯しているといったところが一般でございます。全国のいろんな管理の経営体を見ても建設部が所管をしている所もありますし、農政の方で所管をしている所もあります。それはさまざまでございますし、観光PRも各道の駅には大きな役割を担ってもらっているわけですので、観光の方で所管をさせていただいております。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、千葉雅弘君。

産業経済部長(千葉雅弘君) 道の駅の所管の関係でございますが、道の駅現在登米市内に四つ、今度新しく加えまして五つになるんですが、それぞれ協議会を作って連携を取りながら、それぞれ運営をしているということでございます。それで所管については、現在商業観光課で行ってますが、もちろん産業経済部内関係する部署連携を取りながら進めたいというふうに考えてございますし、それからJAさん等のそういう団体とも連携を取りながらこの道の駅のさらなる連携、そういう形につなげていきたいというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) それでは質疑の途中でありますが、ここで昼食のため、午後1時まで休憩します。
 
          休憩 午前11時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後13時00分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 質疑はありませんか。田口政信委員。

17番(田口政信君) 午前中の分で道の駅の件をお尋ねしましたが、いわゆる所管がどうのこうのでなくて、いわゆる五つと、いわゆる二つもある産直施設を束ねる市側の体制づくりがぜひ必要だということです。さまざまな事業を展開する上で、例えば地産地消の問題もそうでしょうし、地産都消の問題もそうでしょうし、あるいはここを拠点とした輸出をしていくというようなことも、コントロールタワーがあれば、もしかしたら考えられるというそういう視点で申し上げた点でございますので、ぜひお願いをしたいというふうに思います。
 それでは、ビジネスチャンス実践事業についてお伺いします。
 産経部の資料をいただきましたんで、研究開発支援について500万の予算がありますが、この具体的な何を研究、どこにどういうふうにしてお金を出していくのか教えてください。

委員長(伊藤吉浩君) ブランド戦略室長、浅野之春君。

ブランド戦略室長(浅野之春君) ビジネスチャンス事業の産学連携事業のご質問かと思いますけれども、平成28年度におきましては、市内のですね、縄文ファームさん、それから仙台の聖和学園短期大学さんとの連携を持ちましてですね、縄文ファームで生産されている鳥、アローカナ種の卵を使用したですね、スイーツ等を開発してですね、いるところでございます。それで東京の方でそういったのを提供して良さがどうかとかを確認していきながらですね、産物として取り組んでいるというようなところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。

17番(田口政信君) 500万の予算をどう使うかと聞いてんです。28年のことを聞いてんでないです。

委員長(伊藤吉浩君) ブランド戦略室長、浅野之春君。

ブランド戦略室長(浅野之春君) 29年度におきましての事業ですけれども、これについてはまだですね、想定しておりません。29年度になってから公募をかけまして、それで事業の採択、そして支援していくということになってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。

17番(田口政信君) 公募をしてから、そうすると執行率ゼロという可能性も出てくるということでいいんですか。

委員長(伊藤吉浩君) ブランド戦略室長、浅野之春君。

ブランド戦略室長(浅野之春君) 要望がない場合には、ゼロということも考えられますけれども、そういった取り組みをですね、ぜひ、していただくようにですね、こちらからも働き掛けをしてまいりたいというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。

17番(田口政信君) 執行率ゼロにならないようですね、頑張っていただきたいと思いますが、事業の組み立ての段階で、例えば研究者、大学とかそういう所と、あるいは市内の今この事業について、このことについて研究をしなければならないものを拾い上げなければならないというふうに思うんですよ。これは農業に分野でなくても、例えば工業の分野でもそうでしょうし、さまざまな分野で、いわゆる知恵を大学の知恵を借りなければならない事態というのが出てくるのだと。それを持ち得ないまま予算付けるというのはどういう感じですかね。
 ただ単に去年あったからというんでなくて、こういう見込みをしながら、見通しを持ちながら、予算を付けていくということが大切なんだというふうに思いますけども、どんなものでしょうかね。

委員長(伊藤吉浩君) ブランド戦略室長、浅野之春君。

ブランド戦略室長(浅野之春君) 市内にはですね、さまざまな産物、それからそれをどのように加工していくかといった多くのテーマがあろうかと思います。これまでですね、この産学官連携の研究開発を支援してまいりましたけれども、これまでもですね、東京大学さん、あるいは宮城県の農業園芸総合研究所等々とですね、事業者が連携した中で、それぞれの研究開発テーマを設けまして、事業を実施しているというところでございますので、ご理解をいただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、丸山 仁君。

産業経済部次長(丸山 仁君) ただ今の委員の方からですね、必要性の拾い上げが必要ではないかというふうなご質問でございます。
 この3月の17日になりますが、東北大学大学院の経済学研究科イノベーション研究センターの方と連携協定を結ばせていただくこととなりました。それでその中でいろいろな形で大学側からもですね、農業、商業、工業の枠を越えたいろんな企業、あるいは技術支援等についてアドバイスをいただくこととしておりますので、そういったところも連携を取りながら、進めてまいりたいというふうに思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。

17番(田口政信君) そう最初に答弁してくださいよ。今までの時間を返してください。
 それではもう1点になるかどうか分かり線。迫にぎわいセンターの予算が456万5,000円付いてございます。いわゆる指定管理を外したわけでございますので、それでこの間条例ですか、可決しました。今後どのようにしていくでしょうか。それをお伺いします。

委員長(伊藤吉浩君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 迫にぎわいセンターにつきましては、先日の議会で条例の全部改正を認めていただいて、4月からはこれまでの指定管理から市の直営管理という形で29年度運営管理をしてまいります。施設の設置目的が商店街振興のためという非常に特異な目的を持った施設でございますので、これまで議会の中でそういった商店街振興に関する取り組みが見えにくい、弱いのではというような内容のお話がありました。29年度市の直営となりましてはですね、そのあたりしっかり見えるように取り組んでまいりたいと思いますけども、それにつきましても、これは市が単独でやるというよりは、地元の商店街、商工会等と連携をしながら、そういった商店街振興がより見える形で施設を管理運営していきたいと思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。

17番(田口政信君) と言いますのは、ずっといわゆる直営でやって商工会と連携を取っていくというふうに理解していいんですか。

委員長(伊藤吉浩君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 29年度におきましては、直営管理という形で行ってまいりますけれども、条例の中では指定管理者に行わせることもできるというような一行も設けております。市が直営管理をしている中で、やはりこれは指定管理のメリットである民間ノウハウを活用した効果的、効率的な運用が望ましいということであれば、そちらの方も併せて検討していきたいと思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。

17番(田口政信君) ぜひそういうきちんと方向付けを示して、指定管理者が現れるかもしれませんけども、そういう方向に向かっていただきたいというふうに思います。
 それから、ダメですか。時間がないのでやめます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) きのう、生物多様性についてお話ししましたけれども、農業関係の話でこの款でお話しさせていただきたいと思います。
 いわゆる生物多様性の保全ということで、野生の保護、さらには農地の適正な管理、それから森林の適正な管理、水辺の保全という大きな四つの括りで、生物多様性に取り組んでいくという考え方があるわけでありますけれども、特にここにおいてはですね、農地の森林の整備を中心にお話を申し上げたいと思います。
 そこに入る前に、最初に農業振興費の中で環境保全型農業の推進、農業振興費の中で農産物生産安定対策の中でGAP取得を考えているという話がありました。
 GAP取得に関してはさまざまなGAPがあるんですけども、説明ではJGAPというようなことの説明を受けたような気がしますけれども、あえてJGAP、有機JAS県認証、その他あると思いますけれども、グローバルGAPについてはどういった見解を持っているのか、オリンピックのことを考えていったらかえってグローバルGAPの方がいいのかなと私は思ったんですけれども、その辺の考え方を確認させていただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) GAP取得についてのご質問でございます。確かにGAP、世界の認証ということであればですね、グローバルGAPが一番優れているのかなというふうに感じておるところではございます。ですがなかなかハードルが高いという状況となってございます。宮城県内におきましてもですね、平成27年3月末現在で5団体がグローバルGAPを取得している状態でございますが、28年3月においてもですね、5団体ということで、なかなかグローバルGAPの取得が進んでいないというふうな状況となっているところでございます。そういうふうな現況も踏まえましてですね、JGAPの方にですね、の取得を目指すことに対してですね、支援をしてまいりたいというふうに感じておるところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) 難しいからダメだという話ではなくて、そういったものの将来性を考えたときに、JGAPも制度設計がいいことはいいんですけれども、やっぱりもしオリンピック、さらには6次化産業、輸出、農産物の輸出等を考えていったときに、JGAPの必要性は本当にないのか、どういった選択が望ましいのか、その辺の検討をしっかり重ねてこの認証については、進めていただきたいというふうに思います。
 次に、そのことは後で答弁していただきます。
 次に、林業の振興の関係でございます。
 生物多様性の中で適正な森林管理ということで、これは登米市にとっても大きな課題でもあるわけでございます。特に8齢級、それから9齢級、いわゆる36年から45年以上の森林というものが74%を占めていると。さらに、間伐材対象の16年から35年が20数%あるということで、非常に大きな手入れをしなくちゃ、伐採をしなくちゃいけない面積が必要林として97%くらいあるわけですから、いわゆるその登米市もそういった中で木質化を含めて先の話でありませんけれども、公共施設にでもどんどん使っていこうというふうな、そんなことも一方で進めているようなところでございますので、これについてはしっかりとした管理が必要とされてくるわけであります。
 そこで、登米市は今回FSC、FM認証を取ったわけでありますけれども、林業振興費の中で今回見えてきませんけれども、多分COCの認証を取ろうかというふうな経過があるんだろうと思いますけれども、まず最初にFSCをFM認証の中でFSCをなぜ選んだのか、平山課長、非常に勉強をしているからすぐ答えが出てくると思いますけれどもよろしくお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 産業政策課長、平山法之君。

産業政策課長(平山法之君) ただ今及川議員さんからお話があったとおり、森林認証制度につきましては、本市が取得いたしましたFSCの森林認証のほかに、すいません。もうあと二つほど国際的な森林認証がございます。制度がございます。ただ、登米市本市で取得する段階では、その一つは日本の関係のものだったんでございますけれども、まだそういった取り組みが国際認証としては認められておりませんで、昨年の秋ごろにですね、正式に認められたということでございまして、もう一方の制度は、ヨーロッパを中心とした部分で運用されていたものがございましたけれども、そちらは日本では、国内ではほとんど取得されていなかったという状況でございます。それでFSCの森林認証につきましては、国際認証として、その当時はそれが日本の中ではもう一つあったものもほとんど利用されていなかったということで、それが選択肢としてすぐ浮かんだものでございます。それとともに隣の南三陸町で先行して取得しておりましたけれども、これもFSCの森林認証を活用したものでございました。そういうことで一つ隣の市といたしましても産地を、連携を図るという意味からも同じ森林認証を取得して、その産地としての役割を果たしていけるという判断でもございまして、FSCを選択したものでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) いわゆる代表的なものがFSCとPAFCの森林認証があるわけですが、これは森林の管理に関する認証でFM認証ということでなされているわけであります。世界ではこの1分間に東京ドーム2個分の森林が消えるとされておるわけでございまして、いわゆる環境に配慮したグリーン調達をしていこうということで、この認証制度を消費者に伝えていくということで初めてできた認証制度でありますけれども、今回FS、FM認証の中でFSCを取ったのは、これは世界の共通基準だということが第1点だろうと思いますし、PEFCは国ごと作成基準があるので、これはどちかというと、世界の中では通用しない部分があるから、多分FSCを使ってさまざまな形で応えていこうというふうな考え方だろうというふうに思います。
 そこで今回、FMは森林管理ですけれども、COCの加工流通過程の管理認証を取ろうとしています。それはここには今回書いていないですね。でも、これは多分予算措置されているんだろうと思いますけれども、このCOC加工流通過程の管理認証を受けようとする戦略は登米市としてどういった戦略の中でこのFM認証、COC認証を取ろうとしているのか、もう少し明確に答えてください。

委員長(伊藤吉浩君) 産業政策課長、平山法之君。

産業政策課長(平山法之君) 森林認証の部分、COCの部分につきまして、でございますけれども、概要でございますと94ページの一番下の所にCOCの取得に対しての補助でございます。森林認証取得支援事業補助金ということで計上させていただいてございます。
 それから、COC取得に当たっての目標というか、今後の取り組みということでございますけれども、COCの取得につきましては、FM認証を本市で私有林におきましてですね、昨年12月に認証を受けたということでございまして、FM認証によって認証木材の産地、生産ができるようになったわけでございます。
 認証制度といたしましては、これを最終的な消費認証材としてつなげるということになりますと、単にFMだけにとどまらず、COC認証を取得した製材業者さんとか、製造するいろんな製品の製造者、そういったつながりが必要になってまいります。そのつながりを持った生産から加工流通まで、を踏んで認証製品としての表示が可能になってくるということでございます。市内におきまして、こういった製材、あるいは木材加工、木製品の加工等を行っている業者様にそういったCOCの取得をしていただいて、そういった製品化、それから製材の認証木材製品ということで供給をしていきたいということが一つのCOC取得を推進する目的でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) とっても素晴らしい目的ですから、皆さんに分かってもらうように書いた方が、せっかくFM認証して、今度はその94ページに森林認証取得支援事業補助金、これはCOCなんですね。きちんと明確に書いてこういった一体的な森林管理と、いわゆる加工流通過程の管理認証を受けることによって、登米市の木材を使って認証できて、それが消費者に行くんだよと、そういったものを一つの方向性として登米市は目指しているんだつうことを、せっかくしゃべれんだもの。しっかり書いて説明をしてけだ方が、ずっと分かりやすいと思うんですよ。ご期待を申し上げます。
 併せて、FSCを取ることによって、FM森林管理とCOCの加工流通管理認証がFSCだと両方こう、連動して取られるわけですね。認証の中で。そしてそのほかにもう一つプロジェクト認証があるんですね。このプロジェクト認証については、今後考えていかないのか。いわゆる一環とした森林管理流通、それから建築物、土木構造物、そういったものを認証するプロジェクト認証があるわけですけれども、その辺の考え方はどのように見据えているか。

委員長(伊藤吉浩君) 産業政策課長、平山法之君。

産業政策課長(平山法之君) プロジェクト認証につきましては、今議員さんのご質問のとおり、特定の建物等を建築に当たって全ての工事の施行までですね、含めて認証を取った事業者が実施したり、それから製品的に使うものもFSCの認証材を全て使っていくと、一定割合使っていくということが求められているわけでございます。本市におきましては、建築の部分でそれを実施できる事業者というのは今のところないかと思うんですけれども、そういったことを将来的な意味では目指していければいいことではないかというふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。

11番(及川昌憲君) そういうふうに一貫してこのFSCが、認証がもたらす可能性をしっかり登米市の環境保全型の林業政策として、すなわち環境保全型林業を目指す登米市という、そういった大きなタイトルを持ちながらですね、具体的に登米市として環境保全型林業の個別政策として、こういうことをしっかり位置付けてですね、いわゆる認証からそれから加工流通過程、それからプロジェクト認証、プロジェクト認証は全体プロジェクトと部分プロジェクトに分かれてますけれども、一貫してそしてFSC認証の製品なり、FSC認証の家とか、そういったものを登米市としてのブランド使途として高めていく努力をぜひお願いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 産業政策課長、平山法之君。

産業政策課長(平山法之君) 本市といたしましても、認証材を活用した製品等を目指していくということで出発しておりますけれども、今お話のとおり、そういったプロジェクト認証なども見据えた形での取り組みを、進めていくことを、今後取り組んでいきたいというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 先ほどの17番、田口委員の迫にぎわいセンターの今後の方向性ということでの、遠藤課長の答弁についてちょっとしっくりこないので、もう一度お尋ねをします。
 いわゆるこのにぎわいセンター指定管理がいいと思って条例提案されたと私は理解しておりまして、ただ議会の皆さんの認識が執行部の考える認識と違ったので、意見が違ったので否決されたと思ってんです。ですから、今回直営でするのは、本当に時間稼ぎの臨時的なものだという認識なんですが、あくまでもあれですか。これどっちに行くか分かんないというような今のお考えなんでしょうか。いわゆる直営を続けていくのか、できるだけ早く指定管理にするのか、ということはやっぱりストレートにお答えいただいた方がいいじゃないでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) このにぎわいセンターにつきましては、いわゆる指定管理者制度への移行を視野に、29年度については直営でそういったことのある意味取り組みをもう一度見直す意味でもですね、そういったことも整理しながら、取り組んでまいりたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに、佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 概要の82ページに農業委員経費があります。新農業委員制度になって最初なんでお聞きしておきます。
 応募者が定数より6名多いとかという情報も入っておりますが、その状況と定数に収める上での必要な措置もうたわれておりますが、どういうふうにして進めていくのか。

委員長(伊藤吉浩君) 農業委員会事務局長、菅原貞治君。

農業委員会事務局長(菅原貞治君) ただ今の質問に対しましてですね、現在の応募状況でございますけども、農業委員さん36名の応募となっております。定数が24名ですので、12名オーバーというふうな状況でございます。
 その選考につきましては、前の話申し上げましたけれども、選考委員会で選考するようになります。それでその中で優先としましては、認定農業者、女性、若者、それから中立委員というふうな形での選考と、それから、細部になりますとその人の考え方とか、そういった形での選考になろうかなと思っております。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 分かりました。次なんですが、先ほどもありましたが、一日1億円の関係ですが、米の直接支払交付金、今年度で29年産米で終わりと、7500円なくなるという点で、直接的に今年から今年度予算も含めてですね、市として何か直接的な対策というか、全体としては農業振興を図っていくということで乗り越えるということなんでしょうけど、何か考えるものがあればお聞かせいただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 米の直接支払金についてのご質問でございます。ご存知のように米の直接支払交付金7,500円につきましては、平成29年度、本年度までの時限措置となってございまして、平成30年度からは廃止されるというふうな状況となってございます。これにつきましてはですね、国の制度でございまして、それに代わる制度というものが特に用意されていない状況でございます。ですが、登米市といたしましては、産地交付金ということで、転作等においてですね、対応する場合についてそちらの方でその産地交付金等でもってですね、対応できるよう今後制度等を作り上げていきたいというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) いわば産地交付金、国の枠に市が上乗せをするとか、そういう形での対応なんですか。いわば7,500円の減収分、補填すると、いくらかでもということで、そういう、どういうんだかもう一回説明。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 産地交付金についてですけれども、国から示された枠の範囲の中でですね、作目に応じて対応させていただくということで、市が独自にその分についてかさ上げをするということではございませんので、ご理解をいただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 麦産地交付金、麦、大豆、飼料作物10アール3万5,000円とかありますが、その枠内ということになると7,500円の大減収に対する市の対策と冒頭説明があったのには何らつながりないなと思って受け止めましたが、もう一つはですね、農産物価格低下を含めて、特に米ですが、その補填措置としての農業の保険制度ですか、収入保険制度というやつ。これは今年の申告からでしたでしょうか。時点まで青色申告に移っていないとダメだとかあるんですけど、それはどんな市としての取り組みしてるんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 収入保険制度についてのご質問でございます。委員ご指摘のようにですね、平成30年の申請からですね、収入保険制度が開始されるものでございます。その平成30年度の開始の時点におきまして、青色申告の実施期間が1年以上ある者がですね、加入できるというふうな条件になっております。それで平成29年度に青色申告ができるということになりますと、平成29年の3月、すいません。平成30年にですね、青色申告ができるということであれば、平成29年の3月15日まで青色申告の届け出が必要になるということでございます。ただ、この青色申告の届け出等でですね、お知らせにつきましては、昨年の11月か12月だったと思いますけれども、JA方からもですね、各農家の方にチラシ等が配布されておるところでございますし、あとそれからその市の農政の説明会等でもですね、説明してございますので、その辺よろしくお願いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) この収入保険制度、そんなにいいものだとは私は思ってはいませんが、頭から否定するわけにもいかない、ただ、価格が下れば下がった平均で補償単価というか、保険単価というんですかね。なるもんだから、結局所得補償の基準を設けるもんではないということで、制度の大問題があるわけなんですけども、それでそんなチラシ等とかいろいろやっておって、いくらか変化はあるかどうか、掴んでいますか。青申加入が増えて顕著に見えるとか、どうなんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 今ご指摘のように補償される収入についてなんですけれども、過去5年の収入をですね、平均したものが補償基準になるということでございます。要はちょっと言い方おかしいんですが、価格が下がり続ければですね、その補償基準もどんどん下っていくというふうな制度設計にはなっているというふうな状況でございます。それから、現在の状況で取り組む方が増えているのかということについてはですね、大変申し訳ございませんが、把握しておらない状況でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 次に、概要、ていうか予算化今回されておりますが、汚染牧草との関係で補正予算のとき触れましたし、もちろん予算に賛成しております。そういう立場ですが、汚染牧草をロールで個々に保管している農家、その中からですね、環境省の測定結果、放射能濃度がどうだったとか、あと今後どうすんだというか、何の情報、お知らせもないんだけども、というような声もあるんですね。言われてみればそうだなと、市の対応、今真剣にいろいろ実証試験をやるということも含めてどうなんでしょうかね。その保有農家にそれなりのお知らせていうか必要なのかなと。そんで情報を逐次流しますので、ぜひ知恵も力も協力もと、いうふうなことが必要なのかなあと思ったものですから、どんなものなのかお聞きしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 汚染牧草に関してのご質問でございます。今回ですね、市の実証試験の方向性が出てまいりましたので、それらに基づきましてですね、牧草、ほだ木等、堆肥等を測定した結果については、各農家に現在お知らせをさしていただいて、発送したところでございます。それに基づきましてですね、NDの方とか、400ベクレル以下の方、400ベクレル以上の方、それぞれに対してですね、それぞれの対応をお願いしたいということで、お知らせをしたところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 次に、説明資料の別冊2の29ページにあります立地促進事業の概要、企業立地促進事業の概要ですが、交付額対象企業数も表になっております。ここには、ソニー豊里サイトは入っているもんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) 入ってはいません。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) 入ってはいないと。で長い間、豊里町時代から誘致されて地域への貢献をされてきたというのも認めながらですね、しかし、280名の方々が、いわば事業閉鎖に伴って多賀城移転と、迫られているという中で、本当に大きな痛手であります。それでですね、お聞きしたいんですが、この創業義務づけ期間というんでしょうか、奨励金を交付受けた後、ソニーから全く離れて一般の話ですが、奨励金交付後何年間は最低創業しなきゃないとか、そういうのはなかったようなんだけど、条例ちょっと確かめたんですが、あったんでしょうかね。ちょっとそれも含めてどんな考え方を持っているか。

委員長(伊藤吉浩君) 工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) ちょっと私も今日条例を持ってこなかったもんですから、正確にはお答えできないんですが、コールセンターについては、5年の事業期間を求めておりました。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) じゃあ、私今、タブレットで午前中確認したつもりでありますけども、それはもう一回確認してもらうにしても、条例で今、明文化になっていてもなんなくとも、そういうものの必要性ってていうのはどう感じるかと、明文化なってなけりゃ明文化条項加えるか。それともいや、いらないという考え方に立っているかということです。

委員長(伊藤吉浩君) 工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) 必要性はあると思っております。ただ、コールセンターのようにですね、破産といいますか、5年と作っておいても、その止め方でお支払いしたのを取れるかどうかというところまで考えますと、大体本社があって、支社で閉鎖して本社があるんであれば、取り返すといいますか、それはできるかと思うんですが、独立した法人であって、止めていくときにどういう状況なのかということは若干考えなくちゃなんないなという気はしております。

委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。

15番(佐藤恵喜君) そういう義務年限というか、期間というか、定めているところは割と少ないんではないかなと思ってんですが、なかなか難しい面もあるのかどうか、それを定めても今言ったように倒産の場合は全く回収不能ということもあり得るから、それが効果がどこまで発揮されるかという点ではもちろん不透明な部分はありますが、まずはこちらも研究しますけども担当部としても必要性があるかどうか再度検討していただきたいと申し上げておきたいと思います。
 それから、条例、立地奨励金の条例でですね、報告及び調査というのが1項ありまして、市長は職員に命じてですね、必要な報告、若しくは資料の提出を求め、事業所等に立ち入らせ、関係諸帳簿等を調査できるとなっています。今回のソニーの撤退については、そうした、何て言うんですかね、会社事情ということで、いわば要綱に反したやり方を、条例に反したやり方を取っているとか、そういう違反性を持っているとは、そういう意味ではないんですけども、ただ、こういう調査をできるとか、何とかてなってる場合、こういういわば事業所を閉鎖する、あるいは閉鎖ですね、場合は、どこまで会社の事情を調べるというか、聞くというか、そういうのっていうのは、どういう対応があるんでしょうか。
 閉鎖しますと、移転しますと、じゃやむを得ないですねというところで終わってしまうのかどうか。ただ、ソニーの場合は、そういうシャサイテイについては、現在奨励金をいただいている、交付している企業ではないので、直接的にその例というよりも、一般的な意味でです。どうなのかと。ソニーを指しての話ではないんですけども。

委員長(伊藤吉浩君) 工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) 奨励金を交付している企業につきましては、今議員さんお話しのとおり、交付する前に書類等を確認させていただきますし、それから市が企業訪問の際に業績等々はお話を受けているところでございます。
 それから、ちょっと戻りますけれども、先ほどの5年の関係なんですが、条例上はちょっと確認もう一度させていただきますけども、立地協定を結んだ企業につきましては、立地協定書の中に5年というのをうたっているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) すいません。概要のですね、ページ数忘れましたけども、企業誘致の所なんですけども、それについてお伺いします。97ページお願いします。
 長沼第二工業団地も間もなく完成ということですけども、その分についてですね、登米市全体のことなんですけども、企業誘致、今の活動内容、そしてまたどの辺まで第二工業団地の話が出てるのかどうか。その辺のところあればお願いいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) 現地まで見ていただいたところ、情報提供したところは2社ほどございます。それから、この間もお話ししたと思うんですが、今、自動車関連と食品関連、それから弱電関係の約2,000社ほど、アンケート調査しておりまして、そこに資料提供してくださいていうのは、10社ほどございます。そこを今後訪問して誘致につなげていきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 10社ほどというようなことですので、そんなにうんともたもたこう、あんまり急ぐこともないから、じっくりとですね、会社訪問してこの会社はというふうなところで進めていかないと、またつまずいたりなんかしたら大変なことになりますんで、恐らく今の時代そういうふうなことはないと思いますけれども、また、後ずさりするようなことでは大変なんで、熟慮してですね、そういうことをやってもらえればなというふうに思います。
 そしてまた、今第二工業団地、長沼工業団地ですね、間もなく完成なんですけども、今朝、こういうこと言っていいか悪いか、今朝ここに来る途中ですね、物凄く風が吹いて土埃がバァーと民家一面に見えなくなるくらい、恐らく今も飛んでいると思うんで、苦情が来ねばいいなというふうに思っています今。だからそういうことも一応頭に入れておけばなぁというふうに思いますんでお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 工業振興課長、伊藤秀樹君。

工業振興課長(伊藤秀樹君) 議員ご指摘のとおり、誘致についてはさせていただきますし、砂埃につきましても、情報、現場からも上がっておりますんで、対処していきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) なかなか市民の方もですね、あそこに作ったのはいいんだけども、「来んのすか」「来んのすか」「もう決まっていんのか」というふうなことで、恐らく私だけでなくして相当聞かれてっと思います。まずは頑張ってですね、いい企業を、そしてまた雇用のできるような、いっぱいできるような企業をこれからですね、頑張ってください。答弁いりません。お願いします。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) 補正でもですね、聞いたんですけども、中途半端で終ってしまったので、もう一度ですね、お聞きをいたします。というのは、7款2項2目1細目のですね、観光公園施設改修修繕事業についてであります。
 今年度7件ほど出ているようでありますけども、その中でもですね、ナンバー5のですね、石越の高森公園チャチャワールドの登山電車等改修工事で1,163万2,000円ほど計上になっているわけですけれども、
 今回この高森公園のリフレッシュ基金からのですね、繰り出しで、現在高が329万6,000円になったようでありますけれども、これは当初5,000万あった基金だったように私記憶しておりますけども、それがですね、いよいよ基金残が、底が見えてきたわけなんですけども、今後の大きな修繕等もあるというふうに思いますけども、今後の施設のですね、修繕、改修工事が出た場合ですね、その対応はどのように行うのか、まずその辺お聞きいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) いわゆる石越高森公園の遊具等の修繕につきましては、ご案内のとおり、リフレッシュ基金で対応してまいりました。それが29年度この1,100万を使うと残り400万弱という形になりますけども、その後どうするのかといったことにつきましては、市全体の修繕基金であるとか、あるいは遊園地の運用益、そういったところを含めて対応していかざるを得ないのかなというふうに考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) ということは、この基金がなくなれば別の予算をつぎ込んで基金を取り崩してまでやるというようですけれども、だから前の補正予算のときにも言ったんですけど、このパークゴルフ場、今回整備予定になっているわけですけれども、そういったことで遊具撤去するわけですけども、どの辺までの撤去、今現在、合意なってんのか、株式会社いしこしとですね、いろいろあるわけです。マッハコースターとか、チューチュートレイン、メリーゴーランド、そういった具体的にどの遊具を残してどの遊具を撤去するのか。その辺お聞きします。

委員長(伊藤吉浩君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 高森公園につきましては、6コース54ホールのパークゴルフ場がそこに整備されるわけですけども、基本的に登山電車、マッハコースターのあるどんぐり山といったところは手が付きませんので、そのまま維持していくといったところです。
 それから、メリーゴーランド、スリラーハウス、スカイサイクルといったところはですね、それはコースに掛かるわけですけども、リース物件、株式会社いしこしのリース物件として管理しておりました遊具でございますが、これにつきましても老朽化が激しくですね、移設に耐えられるようなものではないので、これは撤去という形になります。
 それから、市の所有物件でありますふわふわランド、あるいはファンシーサイクル、あるいはバッテリーカーそういったものはですね、コースでつぶれますけども、移せば比較的簡易な施設で維持管理も容易だということで、それは空いたスペースに移して運用できるのかなというふうに思います。
 それから、大きなところでゴーカートのコースも入りますけども、ここは完全に撤去という形になろうかと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) 小さな遊具は空いたスペースに移して利用すると、この株式会社いしこしでありますけれども、今回パークゴルフ場ができれば今検討中で、指定管理に出す場合、一本で出すか、チャチャワールドの分を別に出すかというようなことはこれからだというふうに思いますけれども、何となく私が感じるのには、株式会社いしこしでもうパークゴルフ場の指定管理も受ける前提で何となく進んでんではないかなというふうに思うわけです。今説明受けたんでは右側の山と本当に決まったスペースだけですよね。管理を行うのは。そういったことをこれからずっと継続していくようですけれども、この前の答弁では36年と言ったよね。平成36年を目標に民営化にしたいと。36年というと約10年までにはなんねえけども、その36年という年数はどっからはじき出してきたんですか。それは。ちょっとそこんところをお聞きします。

委員長(伊藤吉浩君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) まずですね、ご存知のとおり、石越高森公園につきましては、産経部所管の遊園地があって、そこに今、教育委員会の方で54ホールのパークゴルフ場を整備しようという形で、二つの部署が今重なってるわけです。将来的にはといいますか、パークゴルフ場が完成したときには、やはり一体的に管理をするのが一つ望ましい形なのかなというふうに考えております。
 今、株式会社いしこしが指定管理を受けている期間というのが、平成29年度までになりますので、その後は改めて公募によって、通常また指定管理者を選定するという形になろうかと思います。そして、民営化の話ですけども、いわゆる第3セクターの民営化につきましては、37年度を一つの目標に進めているところでございまして、この期間の設定がどういったことで37年度かといったところはちょっとすみませんが。

委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、千葉雅弘君。

産業経済部長(千葉雅弘君) 株式会社いしこしの将来的な考え方ということでございますが、平成37年に完全民営化に移行ということでございますけども、基準年27年度に登米市第3セクター庁舎検討委員会、その中で短期的、中期的、長期的な考え方を整理してございまして、それで長期的な考え方として10年後ということで、37年に民営化という形での目標を設定していることでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) このパークゴルフ場が出た場合、一体的に指定管理に出すんであればなおさらですね、なんで37年という期間が出てきたんでしょうか。そもそもこの指定管理に出すときですね、今回3年にしたんですよね。通常5年ですけれども。それはやはり早い段階で将来を見て結論を出すために3年にしたんではなかったのですか。
 それが今日長期で10年間、37年までということ。ちょっと話が合わないんでねえすかね。そもそももう一体的になった段階で株式会社いしこしに指定管理を出すてもう決まっているような、何となくね、決まってないんであれば、なんで37年、10年間延長すんだかなというふうにうんと不思議なんです。わたし。そういったことでこの第3セクターの株式会社いしこしですか、の調査検討委員会、これでですね、いろいろ運営改善等々今後の在り方などをですね、検討されたというふうに思いますけども、今10年間という長期の答えが出たその内容も含めてですね、どういった検討がなされたのか、これは副市長が検討委員会の委員長なわけですから、ちょっとその辺内容的な奴、お聞きいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) いわゆる第3セクターの在り方検討というのは、この高森公園も含めまして、市が出資等をしている団体がいくつかあります。その中でトータルの方向性としては、いわゆる市の出資は全部引き揚げて、基本的には企業が独自の経営体で運営することを基本にしたわけであります。そういう流れの中で例えば中田についても既に切り替えをしているとか、そういう傾向がございます。それと同じレベルでの検討の中で、株式会社いしこしをどうするんですかという意見の中で、これ実はご理解いただきたいのは、指定管理とはある意味考え方を少し離して、独自の法人としての今後の方向性がどうなんですかという見当をした中では、いずれ市の出資の割合というのを少しずつ減じていって、10年後には民営、いわゆる市の出資を全部取り払う形の民営化という方向性を一つの整理とさしていただいたということでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 質疑の途中でありますが、ここで10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後13時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後14時09分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 質疑はありませんか。佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) 今のですね、長期的の10年間の目標ですけれども、10年間といいますと、だから結構私長いと思うんですよね。
 それで、できんのは3年後かな。パークゴルフ場一応予定はね。その後一体的に指定管理に出すということは、仮にですよ、株式会社いしこしが指定管理取れねかった場合、何でいしこしは、何を基に、資金を基に運営っていうか、運営するんですか。
 10年間まずいいですよ、市の10年間を目標に少しずつ市の持ち分を減らしていくのはいいんですけども、その指定管理取れなかった場合、株式会社いしこしはどういうふうにして生きていくんですか。

委員長(伊藤吉浩君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) ご存知のとおりですね、株式会社いしこしの経営の柱といいますか、石越高森公園の管理運営、チャチャワールドの運営という形になりますので、それが取れないということは現段階では何とも言えませんけども、会社としてはパークゴルフ場の管理も含めて、残った遊具の管理も含めて石越高森公園を管理してきたという強い意欲は持っております。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) 当然、意欲はあるでしょう。だから、んだから心配すんのっしゃ。ほこで、今から少し準備していたほうが俺はいいんではねえかと思うのね。もうはなから指定管理を取る前提で会社の在り方を考えているように私は思うんで、ほんなに甘くねんでねえかなと私は思いますよ。恐らくこうパークゴルフ場になると、複数もちろん私手を挙げるというふうに思います。もちろん公募にするでしょうからね。そいずやっぱりそっちの匙加減もあろうかというように思いますけども、これは全くうまくないことでね、そんなことも考えて、んだから何ていうかな、10年後もう少し危機感を持って、私は取り組んだほうがいいんではないかというふうに思うわけでございます。
 それとですね、補正予算の答弁のときですね、今言っている指定管理、要はパークゴルフ場を造るために休んだ場合ですね、その株式会社いしこしに補償をしなければならないというような答弁だったんですけども、それはんだからちょっと私、基本協定書を資料請求でいただいたんですけれども、この中にですね、第38条に甲による指定の取り消しというものがありまして、⑫にですね、当該施設が公の施設として廃止または統合されることとなった場合、指定の取り消しをできるというふうに私、出てんですけども、この適用はどういうふうな解釈したらいいんですか。やはり補償つうのは発生すんですか。株式会社いしこしに対して。

委員長(伊藤吉浩君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) 株式会社いしこしが石越高森公園の指定管理を受けるのは29年度までという形になっておりますけども、29年度の今の教育委員会の計画では、10月ころから現地に入って工事に入りたいというような意向を持っているようです。
 その部分全て全面閉鎖という形ではなくて、一部運営できる形であるものを閉鎖せざるを得ない所はですね、そういったところを、3月までの期間、そういった所を補償しなければならないのではないのかなといったところを一つの検討課題として上がっております。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。

10番(佐々木 一君) そもそもこの公園は、冬季間は休園ですよね。何月だっけ。そういったそれも含めてね、こういった協定書でうたってる公の施設を廃止または統合されるとなった場合、こういうことになって使えなかった場合、取り消ししてもいいですよとこいつ、お互いの協定でないですか。この協定は生きねの。

委員長(伊藤吉浩君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) その補償の内容まで今詰めているわけではございません。それから、冬季間という閉鎖している期間ありますけども、12月の末からですね、3月の初めまでという形で冬季間閉鎖はしておりますけども、それ以外はやっているといったところになりますので、そういったところでの補償対象といったところも考えられるのかなといったところであります。

委員長(伊藤吉浩君) 協定の関係。協定自体の関係。

商業観光課長(遠藤 亨君)  協定の中身とそういったものをこれから擦り合わせていきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。日下 俊委員。

2番(日下 俊君) それでは当初予算概要の85ページ、5細目食材物販販路拡大事業についてお伺いをしたいと思います。
 これまでも毎年この登米市内の食材物販をいろいろと努力して拡大してきました。そして次の登米ブランド推進も推し進められながらやってきたわけですけども、29年度はどういった形で推進していくのかお伺いをしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 登米産食材販売促進専門監、木村健喜君。

登米産食材販売促進専門監(木村健喜君) お尋ねのですね、食材利用販路拡大の29年度の方策というふうなことでございます。28年度におきましても東京周辺のですね、ベイホテル東急、それからパレスホテル大宮とそういった個所ですね。9か所ほどでフェア等を開催をしております。そういったことも含めまして、29年度におきましても、さらに拡大をしていきたいというふうなことで考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 日下 俊委員。

2番(日下 俊君) 今の説明でございますと、首都圏でも数か所、そしてまた今定例会出てきてからモニターを見ると仙台のホテルや旅館でもいろんな登米産フェアをやっているわけでございますけれども、その首都圏の各フェア等をやってる所は、直接この担当課で行ってPRするとか、それともホームページを見てこちらに問い合わせがあってしているのか。その辺どうなっているのかちょっとお伺いをしたいと。

委員長(伊藤吉浩君) 登米産食材販売促進専門監、木村健喜君。

登米産食材販売促進専門監(木村健喜君) 基本的にはですね、こちらから出向きまして営業活動を実施しております。なお、東京事務所にも登米市から職員が行ってございますので、そういったルートも通じながら、拡大に努めているというふうな状況でございます。
 宮城県の東京事務所でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 日下 俊委員。

2番(日下 俊君) 首都圏のホテルや旅館等で、例えば登米産フェアをやったときに、やはりおいしいなあと思って、例えば登米市に来ることもありますでしょうし、それから何か通信販売で品物を買いたいなという思う人も多分いると思うんですよ。そういったときにこの今登米市のホームページを見ますと観光物産の所を開きますと、通信業者というのが載ってございます。そのほとんどが米の販売の業者しか載ってないんですけれども、本市にはさまざまな特産があって、通販もしている所もあると思うんですけれども、米の取り扱い業者だけが通信販売業者に載っているのはなぜ米だけに特化しているんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 登米産食材販売促進専門監、木村健喜君。

登米産食材販売促進専門監(木村健喜君) お尋ねのですね、米以外のというふうなところだかと思いますけれども、通信販売に関しましては、現在それぞれの企業さんのグループに委ねているというような状況でございます。
 ホテルのフェア等では、登米市のPRも含めて、観光パンフレットの配布等も実施をしているところでございますが、まだネット販売というふうなところまで具体的にまだいっていないような状況でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 日下 俊委員。

2番(日下 俊君) なかなか市内の生産業者の中で例えば自分の生産物をPRできるようなホームページを持っている方というのは、やはり数が限られているんじゃないかなと私は思うわけですね。それで、やはりそういった土壌に乗せるのが行政の仕事だと私は思うわけで、もしそういった通販の仕組みを地元で作って市がこれに乗っかっていいですよというような仕組みも私は必要ではないかなと思うわけです。これ1点。
 それから、先ほどの答弁でございますと、わざわざ向こうに行って結局営業活動をされているということであります。多分んでも、かなりの苦労があって、恐らく何十件回って多分1件成約なるかどうかというような状況だと思うんですけども、最近ですとせっかくいろんな情報機器とかありますので、例えば、関東近辺のホテルとか、百貨店、それから旅館、そういった例えばエリアに特化したEメール配信する業者もございます。この業者というのは、大体今5円から10円ぐらい、安い業者ですと1通1、2円の営業メールを出すところもございます。そういったとこを利用してやればかなり安く費用でましてやここの款でいいますと、726万円しか予算がございませんので、やはり、1軒、1軒歩く営業というのは、能力的にも費用的にも時間的にも大変なので、そういったEメール業者を使って営業活動をされてはどうかと思いますけども、今までそういったことはやってございませんか。

委員長(伊藤吉浩君) ブランド戦略室長、浅野之春君。

ブランド戦略室長(浅野之春君) 最初にご質問のありましたホームページ等の開設のお話でございます。こちらにつきましては、ビジネスチャンス支援事業という中の新規マーケット開拓事業というものがございまして、そちらでですね、新たにホームページを開設して、消費者の信用とかを得たいという方々につきまして、そういった支援も実施しているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 登米産食材販売促進専門監、木村健喜君。

登米産食材販売促進専門監(木村健喜君) お尋ねのですね、Eメール等を使いましたそういったその営業、あるいはホテルとのつながり、あるいはそのですね、登米市で通信販売のホームページを開設するとかというふうなことも含めまして、ちょっと検討をさせていただきたいと思います。28年度におきまして、そういった検討も若干したところでございました。ただ、なかなか細部につきまして、うまくいかなかった。要するに出展者側の経費の問題とか、そういったことがございまして、もう少し検討する時間をいただきたいというふうに思ってございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 別冊2の30ページ、5番の石越高森公園登山電車等改修工事1,163万2,000円、これはパークゴルフ場を造るに当たって、後で支障のあることはないんでしょうか。
 それから、工事内容がこれ以上増えることはないか確認させてください。

委員長(伊藤吉浩君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) この登山電車のあるどんぐり山周辺につきましては、全くパークゴルフの今の基本設計のコースからは外れております。それから、これ以上の経費ということについては29年度においてはないものと思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 29年度はこれとして、それ以降考えられませんか。考えられますか。

委員長(伊藤吉浩君) 商業観光課長、遠藤 亨君。

商業観光課長(遠藤 亨君) どんぐり山周辺に登る木製遊具といったところ、木製なものですから、毎年少しずつ修繕をかけているところもございますので、そういったところは引き続き修繕があると思いますし、マッハコースターのワイヤー交換というのも定期的に行わなければいけないので、修繕は出てくるかなと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 大きな経費は、かからないと考えてよろしいですね。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) これで5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費の質疑を終わります。
 説明員入れ替えのため暫時休憩します。
 
          休憩 午後2時26分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時29分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に8款土木費、9款消防費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 別冊2の31ページの道路段差解消事業についてお伺いいたします。
 対象個所数が236か所で来年度が60か所の予定でございます。これは60か所というのは全体の25.4%、約4分の1の予定でございますけれども、町域ごとでも津山以外は25%前後というふうになっております。ちなみに、津山は来年度で4割、40%ということでございますけれども、まず初めにですね、町域ごとの来年度の予定個所数及び予定個所について決定した根拠についてお伺いをいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、菅原和夫君。

土木管理課長(菅原和夫君) 29年度の舗装補修予定カ所60か所の決定根拠ということでございますけれども、まず昨年度236か所の調査をさせていただいたところでございます。そのうち29年度まず補修が必要な個所ということでピックアップさせていただきまして大小ありますけれども、その中で25%前後ということでございますけれども、各町域の中から必要個所をそれぞれピックアップさせていただいたという結果でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) 事業期間がですね、来年度から33年までということで5年間でございますけれども、事業目的にはですね、段差解消のため補修工事を行い、道路機能の回復を図り安全性の確保に取り組むということでございますので、本来の目的から言えば、5年と言わず1年でも2年でも早めて終わらせるべき事業ではないかというふうに思いますけれども、この点いかがでございましょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、菅原和夫君。

土木管理課長(菅原和夫君) 全体計画5年ということでございますが、まず全体の236か所、全て即補修が必要な個所というわけでございませんで、個所によって経過観察と判断している個所もございます。5年掛けてゆっくり実施するというものではなく、その年度で補修が必要とする個所から優先して実施していくという考えでございます。
 今年度につきましても、補修が必要な個所、実施してございます。昨年カラーコーン設置した個所90か所あるという報告をさせていただいてございますが、年度内に50か所また実施する予定でございます。そういう意味ではまず、常時パトロール、それから調査を実施して、段差の状況を把握する必要があると、いうふうには認識してございます。

委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。

1番(熊谷和弘君) ただですね、やっぱり5年だとですね、非常に長いと思いますんで、その間に例えば、別の個所なんかも傷んで来て補修が必要だったり、補修が必要になったりとか、そういった個所も発生するのではと思われております。そういった意味ではこれから補修が必要になった所が遅れるのではないかという、そういった心配もありますので、そういった意味でですね、ぜひやはり急ぐべきではと思いますけれどもう一度お願いをいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、菅原和夫君。

土木管理課長(菅原和夫君) 今委員さんがお話しのことも当然想定されます。ちなみに236か所全てが解消すればいいのかということでもございませんので、さらにその5年ということにしたのはですね、今後も当然地震等いろいろによって、必要な個所があるというふうなことも想定して追加となるということも当然考えなくちゃいけないということでございますんで、さらにこの段差改解消事業だけでなく、通常の維持補修の委託等でも当然、即必要な個所については補修していかなくちゃいけないということも考えでございます。まず30年度以降も当然必要個所があるということも想定してまず事業として5年間継続して安全確保を図っていきたいということで取り組むものでございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) 概要書110ページの部分の防火防災推進費の所でちょっとお聞きします。
 婦人防火クラブ補助金、ここで183万円出ておりますが、民間の防火組織の状況ということで、消防年鑑見ますと、このほかに幼年消防クラブ、少年消防クラブという組織カウントされていますね。この幼年、それから少年消防クラブというのはどういうようなことをやってるのか、また婦人防火クラブにはこのような補助金が出ておりますけども、その幼年、少年に対しては、どのような補助っていうか、助成等あるかまずそこをお聞きしたします。

委員長(伊藤吉浩君) 予防課長、佐々木章弘君。

予防課長(佐々木章弘君) 委員の質問にお答えします。幼年消防クラブといたしましては、市内、幼稚園保育園が参加しております。これが全部ではなくて、参加する団体、参加しない団体もおりまして、現在はちょっと数の方ちょっと忘れておりますが概ね8割方が幼年消防クラブに入園しております。
 少年消防クラブにつきましては、幼年消防より活動がなくてですね、各中学校に設置されております。幼年消防クラブの活動といたしましては、消防本部の幼年防火祭に参加していただくことと、それから予算といたしましては幼少年防火委員会というのがありまして、こちらの方から幼年防火祭等に経費として算出しております。以上でございます。
 クラブ数ですが、幼年消防クラブにつきましては、28クラブ、クラブ員数1,478名。
 少年消防クラブは6クラブ、1,255名。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) そうすると、少年の方には何らやってないていうことでよろしいんでしょうか。中学生、上が何歳までだかちょっと教えてください。中学生までなのか。こういうとき、先月の広報だったいか、でもね、消防団になりたいというようなとめ広報に載った記事もございましたが、こういうところを積極的にやっといずれは消防団員の、登米市に残ればですね、加入の一助になるんではないかなと思ってるんです。その部分、少年消防クラブの上限っていうか中学生だけなのかどうなのか、またそれに対しての何らか、中学校であれば、中学校に対してはこういう事業をやってますよという事例あればお知らせいただきたいんですけど。

委員長(伊藤吉浩君) 予防課長、佐々木章弘君。

予防課長(佐々木章弘君) お答えします。少年消防クラブにつきましては、現在中学生までとなっておりますが、一般的には高校生まで。組織しているのは6クラブ中学校ということで、議員がおっしゃるように今は幼年消防クラブについては積極的に活動しているわけですが、少年消防クラブについては活動が停滞しているという現状でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) せっかくですんでね、未来の消防団員確保、または消防署員を目指す意味でもどうぞ停滞しないように、せっかく6団体6クラブ1,255名ですか、そのくらいでカウントして消防年鑑にも載ってるんですからどうぞ積極的利用を29年度はお願いしておきます。
 それからもう一点が、概要書の112ページ、災害対策費の中で、委託料、ここにコミュニティエフエム中継局運用管理業務委託429万円あります。この委託料の分は、中継局の運用管理、コミュニティエフエムに対してこういう情報、時間でいくらとそれとは別にこの管理委託料をやってるわけなんですか。それともコミュニティエフエム自体でなくて別な管理する所にその委託料を予算化しているのか、そこんところちょっと分からないので教えてください。

委員長(伊藤吉浩君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) この管理委託料でございますが、今年度、FM中継局建設いたしまして、11月に完成をいたしました。この完成に当たりまして、放送法によりまして、この中継局6局を法律に基づきまして日々管理、それから月管理、年管理をしていかなくてはいけないものでございます。
 その保守業務管理、一切の業務を、コミュニティエフエムさんにお願いしている内容のものでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) そうすっと、情報発信料は別にこの分もということで理解していいのですね。そうすっと、そのなんでしょう、放送する委託料というか、その分はいくらだったでしょうか。ここは企画すか、総務すか、ちょっと分かる方お願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 市長公室長、佐藤裕之君。

市長公室長(佐藤裕之君) コミュニティエフエムの委託料の件でございますけれども、年間ですけども、平成29年度予算では375万円を計上しておるところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) そうすっと、合わせれば770万円という本当に大きな金額で委託分。中継局のこの日々管理、月管理、年管理、これが高いのか安いのかちょっと私には判断できないんですが、この管理業務というのは、内容、どういうような、例えば日々、毎日管理ということは、その6局を回って点検、毎日やって、その、何ていうんでしょう、管理業務の内容を簡単にでいいですから、お知らせいただければと思います。その420万相当分の管理ですから結構大変な管理かとは思うんですがお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) まず毎日の点検でございますが、その内容といたしまして機器・機械がちゃんと動作しているのかどうか、六つの中継局がございます。そのリモート、遠隔操作での確認作業というものがあるようでございます。
 そのほかに時刻の照合であったりとか、あとは無線業務の日々の業務内容の日誌の作成であるとか、というものがございます。
 それで、基本的には、遠隔による確認ということになります。それでどこで確認するのかというのはコミュニティエフエム放送局の中にある機械で、遠隔操作で確認するということでございます。
 それで、これにつきましては365日、24時間管理ということになります。それで、もう少し言わせていただければ、例えば気象状況によりまして大雪が降って、中継局のアンテナに雪が積もってというふうな状況もございます。このときにコミュニティエフエム76.7メガヘルツの電波が出ているから出ていないか、状況によっては低波する可能性もございます。その場合に、低波した場合の感知器を取付けておりますので、低波した連絡が入った時点で即その対応をしていただくというふうなものがございます。
 あとは毎月、6カ所の中継局に行って放送機器の点検、それから自家発が備え付けられておりますので、その始動確認というものがございますし、そのほかに年1回の法定の点検というふうなものが主な内容でございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) そうすると、この429万というのは、妥当な委託料だなということで理解してよろしいんですか。例えばほかの他自治体、他市のね、このような同じようなFM局、抱えている所もしあれば、そういう比較検討、なんだと、安いんでねえがと、もっとやっていいんでないかと、なるかと思うんですが、妥当な金額ですか。それだけ聞いて終わります。

委員長(伊藤吉浩君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) FM中継局に着手している自治体っていうのがさほど多くはございません。この近辺ですと、石巻であったりとか、あと一関であるとかと、いうところではございます。その自治体によってもいろんな方式を取ってところもいるようでございます。一つの例を挙げますと、年間例えば1千万だとか、というところで全部お願いをしているというあるようでございます。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) 概要109ページ。消防団運営費で、負担金補助交付金の中で、市町村非常勤消防団員補償報償組合担金、4,500万これ、何名でしょうか。まずそこから。

委員長(伊藤吉浩君) 警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) ただ今のご質問ですが、宮城県非常勤消防団員補償報償組合担金につきましては人員的には、消防団定数2,053名を基準に算出されている金額でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) 消防団員、2,053名分掛けるいくらで、これ合計であろうと思います。それで、実はなぜかと聞きますと、この間消防団の各種行事についての出席率の調査表をいただきました。これは、研修は初級・中級・機関員、あと消防団出初、消防団演習の件であります。出席率を見ますとですね、機関員研修と、消防団演習はほぼ100%。あとはですね、半分から7割ぐらいの出席率となっておりますね。何を言いたいのかと申しますと、いわゆる旅費の中で、消防団の費用弁償9,800万円、約1億あるわけですけども、費用弁償をよく見てみますと、これも資料をいただきまして、登米市は県内高くもないし安くもないちょうどやんべぐらいなんですね。ところが高い所は4,000円、安い所は2,700円からですよ。
 突発的な災害28年度、27年度どうだったのかな。そして大震災の時はどうだったのかなあと思っているんですけども。
 費用弁償は、水防、火災、警戒、訓練、その他全て3,200円ですね、突発的ないわゆる災害とか長時間拘束される出動についてはこの費用の弁償ていうのはどうなっているのでしょうかね。

委員長(伊藤吉浩君) 警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) 委員おっしゃるとおりですね、水害、火災等の災害現場活動、あるいは異常気象時の警戒活動、それらに従事した場合には1回につき3,200円ということにさせていただいております。
 ただその災害現場活動ですが、規模に応じまして、1時間、2時間、そういう短時間で終わるもの、それから夜間に掛けてですね、通しで行われ、そして鎮火後もですね、警戒活動に当たると言ったような場合につきましては、これは2日分といいますか2回分ということで3,200円掛ける2回というような支出もさせていただいております。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) それは、いわゆる長時間拘束されることは、それはどこで決めているんですか。内規で決めているんですか、規則で。消防署で決めてんですか。

委員長(伊藤吉浩君) 警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) これにつきましては支出の方法について、明記されたものはございません。先ほどお話ししたとおり1回につき3,200円ということでございますが、その支払方法につきましては、取り決め事項といいますか、内規と申しますか、こちらで判断させていただいております。

委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) 内規で決めているということでありますね。分かりました。今申し上げましたのは、長時間拘束されるあるいは突発的な災害のとき、その内規となってますよ。そこでですね、私、そもそもいろんな研修、消防出初、消防団演習、かなり年間出ておりますね。それで短時間でも、長時間でなくてもですね、費用の弁償、よくこれを見ますと国の基準つうのは7,000円なってますね。それで登米市が3,200円。私は、これはどうなのかなと思うんです。正直言って。
 それで、何かあの消防団の改革あり方検討委員会で何度も何度もこの件について論議されているということでありますが、やはりこれはね、もっと見直して、少なくても国の基準に引き上げるくらいの、やっぱり費用の弁償は、私は必要かと思っております。
 内規で決めてるということでありますが、こちらの判断はどうでしょうかね。こちらの判断はどうでしょうかね。
    こちらの判断っていうのはないようでありますのでね。私はちゃんと要望しますよ。議員として。午前中にもありました。
    こういうね、今ですよ。日本で一番人気のあるのは消防士。全国のどこの自治体でも。消防士が一番です。それは採用ニーズにかなりの応募者が出ますね。御市でも何十倍ですよ。御市ってわが登米市でも。それだけ人気があるんです。
 しかし、消防団員となりますとこれ違いますね。国でも言っていますでしょ。若者と女性団員は確保したい。ところが若者、まあ若者といえば30歳ぐらいまでですよ。また女性団員、本市に20代の方何名いる、何パーセントいるのか、また女性団員が何パーセントいるのか私は分かりませんけども、やはりね、費用の弁償、報酬は年報酬あるようでありますがそれはいいと思うんです。費用の弁償である程度見ないと、それがあまりにもね、安すぎるから、私はね、登米市の若人たちとか女性の方が少ないのかな、こう思いますが。ちなみに女性団員の加入率、あるいは20代の加入率あればですね、教えていただきたいと思います。
 それから内規で決めておりますので、ぜひ費用弁償を国の基準に近づけて、消防団といいますのは、いつでも朝でも夜でも団員であれば消防サイレンが鳴れば出掛けていくんですから、そういう団員がいるからこそ我々市民は安心して休めるんですよ。それなのに、やっぱりね、費用弁償を見直すべきです。内規ですので、ぜひ消防長を中心として、私はね、この機会でしか、やはりこの機会に言うチャンスをいただいていますので、ぜひ議会で話したいと思っておりました。お願いしたいと思います。答弁お願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 消防長、鈴木軍雄君。

消防長(鈴木軍雄君) ただ今費用弁償の関係についてお話しありました。一つですね、うちの警防課長話した中で、長時間に応じた場合、あるいは活動が長くなった場合については条件によりまして2回というような見方をするということ。その分につきましては現場の状況によりまして、判断するということになっておりますので、内規という形で取らせていただいていますけれども、費用弁償等につきましては条例で定めております。
 またですね、この費用弁償の関係につきましても、現在、消防団の組織等見直し検討委員会を開催しております。ちょっと長くなってきておりますけれども、着実に進めて改善していく方向で進めておりますので、この費用弁償の関係についてもどのようになっていくかと多少見直ししていくと、いう方向にありますので、よろしくお願いしたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) 一番最初に2,053名が市町村の報償組合に、いわゆる加入してますね。実数はどうなんですか。実数。かなりの私は差異があると思いますよ。そこなんです。実数が常に実数がね、2,053人ね。出てるんではないですよ。これはあくまでもは定数であって、実際は違うと思うんです。その差だってかなりの額でしょ。一人何万ですか。そういうね、いわゆる差で十分賄えると私は思いますので、ぜひ思い切ってやっていただきたいと思います。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) 先ほどご質疑がございました、女性消防団員の関係についてお話しをさせていただきます。現在49名の女性消防団員が活躍をされております。20代につきましては5名、30代につきましては7名、40代につきましては5名、50代につきましては23名、さらに60代以上が9名と、計49名の活動でございます。
 さらにですね、現在員、登米市消防団員2月1日現在で1,515名となっております。

委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) 現在員が1,515名、現在員がですね。定数が2,053ですね。それでいわゆる常勤非常勤の組合員に2,000円分払ってますね。これちょっとおかしいんじゃないですか。私はね、現在員のくらい毎年収めるのは、納入するというのでしょうか、組合に収めると思っていますが、それはどうなんでしょうかね。

委員長(伊藤吉浩君) 警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) 宮城県の非常勤消防団員報償報酬組合と申しますのは、いわゆる消防団員がですね、活動時にけがをした場合などの補償をするという組合でございまして、こちらの規定では定数掛ける単価という決まりがございます。そのためにですね、どちらの自治体におかれましても、その定数に基づいて計算された額で、組合に出しているということになります。

委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。

13番(伊藤 栄君) あのね、言われているとおりだと思います。ね。ほだげっとも、差が400人、500人あるでしょう。ね、実数が1,500人でしょ、実際の定数。実働人数が1,500人でしょ。組合には定数のくらい払っていますよ。2,000、その差なんだべ。これね、おかしいと思いませんか。総務部長。その通りなんでしょうか。じゃあ、だったらね、実人数に近い定数を改めるとか何とかしないと、この額だってかなりの額ですよ。1千万もありますよ。ね。そう思いませんか。私はそう思うんですが。そういうのがありますので、ね。無駄なお金ですよこれ。こういうものがありますからしっかりとそのお金で費用弁償に充てなさいということなんです、要は。ね。ぜひね、これね、検討してください。

委員長(伊藤吉浩君) 消防長、鈴木軍雄君。

消防長(鈴木軍雄君) ただ今議員の方からご指摘ありました内容ですけれども、確かにですね、定数に対する単価ということでうちの方からすれば400から500近く余分な分払ってるんじゃないかと思われます。
 それでですね、現在、先ほども言いました、消防団組織見直し検討委員会の中で、その辺の定数の関係につきましてもですね、一概に、んじゃ減らせばいいのかというものではないと。実際に必要な人員をですね、検討委員の中で精査しまして、最も適切な人員等を踏まえて検討させていただいているところでございます。よろしくお願いします。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。
 ここで10分間休憩をいたします。
 
          休憩 午後3時03分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時12分
 

委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 質疑はありませんか。佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 110ページの地域防災組織育成に関して、予算には出てないんですけども、自主防災組織についてお聞きしてよろしいですか、委員長。いいですか。はい。
 3.11の中でですね、今、丸6年を過ぎてですね、地域の中でも自主防災組織の在り方についていろいろ議論がされております。今、各町域の中でですね、自主防災の協議的なものが今設置させているとこはあるんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) 町域単位で自主防災組織の協議会を組織している町域につきましては、迫・東和・石越・津山の4町域がございます。以上でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 4町域ですね。前に私の地元の豊里に来たとき、市長もそういう広域化というか進めるという話しを聞いたんですけども、なかなかこれが4町域ということで、その他の町域の進行状況ははかばかしくないんですけども、そういった働き掛けはしてるんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) この防災組織の協議会の結成について、各町域で説明会などをさせていただいております。
 昨年は今委員さんがお話のとおり、すみません、27年度には豊里町域にお伺いをいたしまして、区長さんはじめ自主防災の会長さん方にお集まりをいただきまして、その結成の必要性をお話しをさせていただきました。今、なかなか結成までには至っていないのが現状でございます。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) いろいろ事情があると思うんですけども、一つの今後の自主防災組織の在り方として、そういった協議会の結成も必要だろうと思うし、今後、恐らく全行政区には組織なってますよね、まず、それからある一定程度の備品も整備されていると、いうふうに聞いておりますけども、今後の活動の在り方に恐らくいろいろ皆さん模索していると思うんですけども、市としては今後どういった方向でというのは考えてるんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) 現在登米市におきまして、どういうふうな災害が想定されるかといいますと、当然震災、地震の災害、それから水害というものが予想されるところでございます。特に水害につきましては、いち早く避難をしなければならないというふうなところもございますし、どこに避難しなければならないかというところも当然必要になってくるわけでございます。
 その中で自主防災組織の活動の中で、自分たちの地域が水害に対してどのような位置にあるのかというふうなところなどについて、ぜひ自主防内での話し合いを進めていただきながら、自分たちは万が一そのような状態になった場合、どういうふうな行動をするのか、というものの確認をするための活動を是非していただきたいということを考えまして、昨年も各町域にお伺いをしまして、区長さん方の会議がほとんどでございますが、そういう場合においての備えといたしましてぜひ区長さん方からも自主防災の方に働き掛けをしていただきまして、そういう活動をしていただきたいというふうなお話をさせていただいている最中でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。

3番(佐々木幸一君) 私も町内のね、各防災組織がどういった活動してるかっていうのはなかなか情報が入ってこないんですよ。ですから今言ったように、各町域でそういった説明会をしているということなんですけども、やっぱり協議会的なものを作りながら各行政組織のそういった防災組織がどういった活動をしているか、まず基本的な情報交換をしながら、本当にこれからどういう方向でというようなことが求められるんで、ぜひまた、そういったいろんな工夫をしながらですね、協議会結成できるように進めていただきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) 防災課といたしましても、そのような内容の中で取り組みを今後も続けていきたいと、いうふうに考えております。
 それから今委員さんのお話にもございました、自主防災組織の中で今現在どのような活動をされているのかというふうなことでございましたので、一例をここでご紹介させていただきたいと思います。
 いいすか。ではまた何か質問のあったときに、すみません。失礼します。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに。及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 109ページの消防団運営費の中で、消防団の福祉共済制度、これは災害補償団員ほとんどの掛金も含まれているんでしょうか。
 それから関連してこの防災課の中で、役務費の中で、防火防災訓練災害補償掛金、これはこの、団員役務だから、掛金が安いんですけど、この中身はどういう中身ですか。

委員長(伊藤吉浩君) 警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) 非常備消防費の中の負担金、消防団員福祉共済制度掛金についてご説明させていただきます。これにつきましては消防団員のですね、病気など怪我なども含めまして、病気への補償制度でございます。掛金につきましては3,000円でございますが、団員本人が1,500円、そして市の方で半分の1,500円を負担して現在員数、いわゆる団員数で掛金をしているものでございます。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 役務費、110ページのこの防火防災訓練の災害補償掛金この中身はどういう中身なんですか。

委員長(伊藤吉浩君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) この共済掛金の中身につきましては、直近の国勢調査における人口が基本になります。それで現在29年度の掛金につきましては、登米市からは8万1,000円ということになってございます。これの算定の基礎となるのは8万1,989人の直近の国勢調査による数字となります。

委員長(伊藤吉浩君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) この補償の中身につきましては、防災訓練に参加した方々がけがをした場合とか、あとは、万が一お亡くなりになった場合とかその分の補償の掛金ということになります。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) そうしますとこの、先ほどの共済制度の掛金とこれ、ダブってもらえるという解釈でよろしいでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) 防火防災訓練の補償の中身につきましては、防災訓練に参加しました市内の住民市民の方々ということを対象に出すものでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 特定空家判定審査事前調査業務委託料、どのような内容でございましょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) この報償費の中にございます。空き家のものでございますが、これは登米市の空き家対策計画を昨年策定いたしました。その中で、専門知識を有する方々から意見聴取をするための聴取会を。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 委託料の54万円、これはどういう内容でしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) 失礼いたしました。特定空き家の判定の事前審査の業務委託となってございます。これにつきましては、周囲に影響を及ぼす、危険を及ぼす危険な空き家ではなかろうかというふうな場合に立ち入り調査をするための土地家屋調査士、それから建築士の方に委託をして調査をしていただく中身になります。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 分かりましたそれは。それから、防火水槽の設置これは、防火水槽は必ず必要だと思います。充足率、本年も設置工事5基、撤去工事2基ありますが、充足率とこれからの計画といいますか、毎年、あと何年くらいこう、設置工事、更新等々も含めまして計画があればお知らせいただきたいと。

委員長(伊藤吉浩君) 警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) 消防水利の充足率の関係でございますが、これは66.9%ということになってございます。ここ数年来、そして今後もですが計画段階では防火水槽年間5基の新設を計画しております。現在数が1,290基となります。しかしながら以前につくられておりました防火水槽、コンクリート製でございます。一般的にはコンクリート製品30年程度の耐用年数ということでございますが、現在ある防火水槽につきましては、40年あるいは50年のものもございます。こういった古いものにつきましては、漏水等が発生しておりまして、修繕をしながらできるだけ長く使用できるように維持管理をしているところでございますが、いずれはそういった古いものの改修計画というようなものも立てながらですね、消防水利の充足を満たしていきたいと思います。なお、これにつきましては消火栓も含まれておりますので、防火水槽だけの数ということではございません。できる限り多くの住宅のある場所を中心に消防水利が充足するように努めていきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 分かりました。ぜひ防火について、このコンクリートでございますが、もとは10トン20トンぐらいで、今は40トン、それ以上大きいのは作る予定はないのね。分かりました。
 それから消火栓の維持管理、今話されましたがこの消火栓も今後も必要なとこがあると思いますが、この消火栓についても今後の設置の状況をお聞かせ願いたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) 現在市内では水利の基準に合致する消火栓につきましては551基ございます。
 今後の設置の状況ということでございますけれども、これはやはり、震災等も懸念、震災による火災なども考えますと、防火水槽というものが消火栓よりも有効であるということで、第一義的には防火水槽という考え方をしております。しかしながら、水槽が設置困難な場所あるいは街区につきましては、設置できる所は消火栓での対応を考えていきたいというところでございます。
 個別にどこそこに何基と、いうような計画は持っておりません。

委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。

21番(及川長太郎君) 消火栓についてやはり地区を回って車の入らないとこを優先に、そういうやっぱり、ニーズが必要だと、そういう、その辺は調査して、ここは防火水槽より消火栓の方がいいとかそういうのは巡回して、これまでも検討したことはありますか。

委員長(伊藤吉浩君) 警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) 今お話のあったようにですね、設置を考えていきたいと思います。そして最近はですね、地上型というのがかなり住民の方に迷惑が掛かるというような事案もございまして、最近の設置につきましては、地下式のものというようなことで、景観それから障害物にならないような方策を考えながら進めていきたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 概要111ページ、防災無線管理費。今の防災無線はやがて使わなくなる、使わないような方針だと捉えておりますが、やっぱりその間はこのくらいの管理費が掛かるものと承知しなきゃないものどうだかということ。

委員長(伊藤吉浩君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) 今現在、防災行政無線同報系、388本ございます。それの動作確認等々を保守管理するための経費としてはこのぐらいの金額が掛かると、いうふうに承知しております。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 今の予定としていつまで使う予定なんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) 今の防災行政無線につきましては、ちょうど今年の11月にちょうど更新の時期を迎えます。
 この更新を行いまして、今後5年間は使えるような期間更新することになりますが、あと、その防災無線の状況、大分老朽化してございます、ですのでその部品等々の入手ができるうちは使っていくというふうなところを基本にいたしまして、FMの告知、緊急告知ラジオなどの組み合わせをいろいろと考えながら両方で使っていくというふうなところを今計画しているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。

6番(浅野 敬君) 私は更新しないという受け止めていたんですが、私の受け止め方が悪かったのかしら。確か危機管理監は、そのようなふうに話したと思うんですがいかがでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 危機管理監、星 茂喜君。

危機管理監(星 茂喜君) 私が更新しないというのは、答弁したのであれば大変申し訳ございません。
 今課長が申し上げましたように基本的にはコミュニティエフエム、こちらを活用しながら現在アナログではありますが、故障している状況を踏まえながら、更新、このような方向で持っていきたいと思っている状況でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。危機管理監、星 茂喜君。

危機管理監(星 茂喜君) すみません、補足をさせていただきます。
    課長が今話したようにですね、5年間平成29年の11月に更新時期を迎えますので、それ以降5年間につきましては、現在の放送設備のまま使えることが可能でございますので、その状況に応じて、さっきもお話したように、部品を調達しながら対応させていただきたい、このように思っているところです。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) 先ほど、1点ちょっと聞き漏らした点。今の111ページなんです。こちらでは今、防災行政無線点検業務委託料、こちらは1千万円ね。388本の点検委託料。先ほど私が質問したのはFMの何か6局で400万。随分こっちは割安だなと思ったところですが、この防災行政無線の点検業務委託料、29年度の分はこれから委託すんでしょうけども、例えば28年どこが委託先でその委託の業務内容、先ほどのFMのように日々点検、月点検、あと日誌とかそういう同じような点検をするんでしょうかね。

委員長(伊藤吉浩君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) 防災行政無線に関しましては同報系、屋外放送するシステム系とそれから移動系と申しましてトランシーバーで音声通信をする方法という、二通りございます。
 それで、まず同報系につきましては4業者ございます。これにつきましては合併前からその町域で建設をしたメーカーさん、の保守契約を結んでいる内容になります。まずパナソニックさん、それから日立国際さん、それと富士通さん、それからNEC系統のこの4社がございます。
 それで、保守の内容といたしましては、同報系につきましては当然放送卓がございます。それと市内の388本のパンザマストから、子局から放送するためのラッパスピーカーであったりアンテナであったり、子局の保守点検を行います。それと併せまして同報系の中継局が市内に東和と登米に2か所ございます。この2か所の保守点検、年1回の保守点検を行っているところでございます。
 それと併せまして移動系につきましても、トランシーバー型のものそれからFAXですね、FAXなどもございますし、あと当然ながら中継局3局がございます。これの保守点検を年1回行っていると、いうふうな内容になります。

委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。

25番(岩淵正宏君) そうすっと、こっちの防災無線の方は年1回の点検だから388か所もあって、さっきのFMの6局と比較すっと、このような形になるというふうに理解してよろしいんですね。

委員長(伊藤吉浩君) 防災課長、千葉勝範君。

防災課長(千葉勝範君) そのような内容になります。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。關 孝委員。

7番(關 孝君) 8款2項2目の道路維持費に関してお尋ねをいたしますが、融雪剤等消耗品費に関わってですね、お尋ねします。
 町域によってはですね、非常にきめ細かく、日陰であったりあるいは坂道であったりということで融雪剤を入れる木製の箱であったり、プラスティックのバケツ蓋付きであったりというものをきめ細かく置かれている所と、ほとんどない地域と、いうふうにあるんですが、そういたところで以前に要望を申し上げたんですが、そういったものはないのでということで断られた経緯があります。
 本予算にはそうした設備というか備品の計上はなされておるのかまずお尋ねします。

委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、菅原和夫君。

土木管理課長(菅原和夫君) 融雪剤につきましては、概要102ページの需用費の所でございますが、融雪剤等の消耗品というところで、現在箱と修繕等も含めまして設置はしてるということで、ここで計上させていただいております。
 失礼いたしました。要望していただいたということで、予算上設置できなかったということではあると、いうお話であったと思いますが、どういうことでお答えしたかどうか分かりませんけども、その時点で予算がどのような状況だか分かりませんけれども、対応はできるということで予算計上していますんで、極力やるように今後はしたいというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) そういった要望に十分応えられるような予算を計上していると理解してよろしいんですか。

委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、菅原和夫君。

土木管理課長(菅原和夫君) 町域によって設置している所、していない所ということでありますけども、要望に応えられるよう実際に実態も確認したいと思いますが、後ほどどういった場所なのか教えていただいて対応していきたいと。そういう意味では一定程度対応できるというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) 結構坂道とか日陰が多くて、ガードレール、建設部でとくとご存知でしょうけど、ガードレールが同じ場所、ボコボコに壊れている所随分あります。ということは車も同じくらい壊れているんだろうと思いますし、事故も発生している現実があると思いますので、十分な対応を求めたいというふうに思います。
 それから、2項3目の道路新設施改良費に関わってお尋ねをいたしますが、以前から緊急車両の通れない道路の整備ということを求めておりますが、本予算ではどれだけ解消されるのかお尋ねします。

委員長(伊藤吉浩君) 道路課長、伊藤 勝君。

道路課長(伊藤 勝君) 狭隘な道路の今後の計画とのご質問かと思います。
 道路改良事業につきましては、現在道路整備計画に基づきまして、計画を今取り組んでいるところでございます。現状の課題といたしましては。
 失礼いたしました。今回、単独事業での対応となりますけれども、30路線を予定してございます。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) 単独の30路線、全てその緊急車両が入れない道路というふうに理解してよろしいんですか。

委員長(伊藤吉浩君) 道路課長、伊藤 勝君。

道路課長(伊藤 勝君) 大変失礼いたしました。緊急車両の入らない道路、いわゆる2.3メーター未満の道路が狭隘道路でございます。29年度の予算で計画しております30路線につきましては狭隘道路の路線はございません。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) ということになりますとその課題解決は、29年度はならないというふうに理解してよろしいんでしょうか。それから全体における緊急車両の通れない狭隘な道路の整備率というのはどれくらいになるんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 道路課長、伊藤 勝君。

道路課長(伊藤 勝君) 緊急車両の通れない狭隘な道路、2.3メーター道路の整備につきましては、現在確か40路線狭隘道指定がございます。そのうちこれまで整備を行って現在残っている部分がまだ40路線ほどございます。
 今回29年度で予定しております30路線には、緊急車両、狭隘指定道路は入ってございませんけれども、今後緊急車両が入れない道路、これも現地を調査いたしまして検討していきたいというふうに考えてございます。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) 道路の整備計画の中に、既に確認をされてそういった道路の計画がなされておるものだというふうに理解をいたします。そうした中で、今年度そういったものの解消が1路線もなされないということは、いつまでに残りの40路線解消する計画なのか、お示しをいただきたいというふうに思います。

委員長(伊藤吉浩君) 道路課長、伊藤 勝君。

道路課長(伊藤 勝君) 今回予算計上いたしておりますのは、骨格予算というふうなこともございまして、今後6月の補正におきまして狭隘道路の5路線を、失礼しました1路線を着手いたします。その後を30年度には5路線、31年度には1路線を計画しているというふうなことでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) そうしますと3年経っても7路線しか解消されなくて、残り33路線ですか。現在の状況中だと残るというふうなこと、このことに対して市長にお尋ねしたいと思いますが、やはり市民生活が安全安心に行われるのにはそうした道路っていうのはやっぱり政策予算としてある程度一定程度の年数で、例えば10年間で解消しますということで、1年に例えば4路線ずつ確実に実施をしていくとか、あるいは短期間5年でそれを解消していくとかという、計画を持たなければ解消していかないのではないのかというふうに思いますがその辺の考え方についてお尋ねします。

委員長(伊藤吉浩君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) 狭隘道路につきましては、やはり改善すべきものというふうな考え方で整理してございます。そのやり方として、例えば今やっている改良によって狭隘をなくしていくか。例えば、さらには集合処理区域でない浄化槽区域の場合ですと、どうしても側溝がないと浄化槽の水を流せないというふうなことで、場合によっては狭隘部分の道路に側溝を付けて、そして2.3メートル以上のものを確保しながら、道路改良まではできないもののそうした整備をしていこうというふうな考えも整理としてはございますので、その場所がどういった手法がまずもって経費を節減しつつ、効果が生まれるっていいますか、っていうのを検討してまいりたいというふうに思います。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) 手法は最も効果的な手法であるべきだというふうに思います。しかしながらそれを検討した結果、道路整備計画ができてるはずなのでありまして、今のお話を伺いますと、道路整備計画の中にそうした視点での計画がなされてないのではないのかというふうに思いますので、その辺については計画の改めての見直しであったり、を求めたいというふうに思います。
 それから、きめ細かな道整備事業大分進んで今年度予算半分、1億6,000万から8,000万だというふうに理解をしますが、それで十分住民要望に応えられるというふうに理解をしてよろしいんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 道路課長、伊藤 勝君。

道路課長(伊藤 勝君) きめ細かな道整備事業でございます。現在、29年度以降、要望がある路線、残路線数でございますけれども、260路線ございます。そのうち現在実施要項を定めておりましてその要項に合致している路線といいますのが54路線ほどございます。
 そのうち29年度予算計上いたしておりますのは31路線の8,000万というふうなことになってございます。基準に合致していない206路線つきましては、主に住家なし、それから認定外、いわゆる赤道、それから一部民地等々の内容になってございます。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) 整備できる個所から言えば、例えば2年ぐらいでそれは解消するんだというふうに思いますが、実は今の基準だと例えば2軒しかない。あるいは1軒しかないというふうな部分も当然出てきてそこは基準に合致しないので、恐らく多分区長さん方が申請していない路線も随分あるんだろうというふうに思っております。
 つまり予算を減らすのではなくて、その予算の範囲の中でいかにその一定の基準の次の段階の整備を進めていくかという視点に立たなければならないんだろうというふうに思いますが、その辺の考え方についてお尋ねをいたします。

委員長(伊藤吉浩君) 道路課長、伊藤 勝君。

道路課長(伊藤 勝君) 議員ご指摘のとおりだと思っております。現在、基準に合致していない路線が206路線ほどあるというふうなことでございますけれども、現在常時合致している路線、それから合致していない路線も含めて要望は常に来ている状況でもございます。今後の検討といたしましては、合致していない、基準に合致していない路線でも集落間であったり、集落から公共施設への通所で、非常に交通量の多い路線、それから、例えば赤道であっても複数軒、2軒以上等々、住居が接していれば、先ほど部長お話ししましたけれども、排水対策も含めて側溝整備も含めながら現道舗装も併せて行っていくというふうな手法も検討していくべきというふうに考えているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) そういった視点で、いわゆる残る市民の安全安心であったり、公平性であったりという部分を求めていくのであれば、やはり一定の予算措置というのはしていかなければならないのではないのかと思いますが、あくまで、この8,000万円という予算の中で進めていくのか。そうではなくて、やはりある一定程度の集中的な予算の中で、進めていけば市民の安全安心は高まるのではないのかと考えますが市長の考えお尋ねします。

委員長(伊藤吉浩君) 道路課長、伊藤 勝君。

道路課長(伊藤 勝君) 予算につきましては、平成28年度と比べますと7,300万の減額8,000万となってございます。今後の予算、それから計画、事業の推進に当たってですけれども、この8,000万がこのまま来年度以降もこのまま継続して8,000万かということになれば、少し検討すべき部分はありますけども、現在市民の方から、現道舗装要望がある以上、合致している路線、あるいは合致していない路線がございますけれども、要望がある以上、事業としては継続していくべきというふうなことで考えているところでございます。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) ご指摘をいただいた内容といいますか、しっかりとその実態を踏まえて適切な整備を進めていくとことの必要性は十分に感じております。そういった意味での事業継続はしっかりと行っていかなければならないものと考えております。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) 事業の継続という言葉で予算の配分というふうな部分には触れられておりませんが、やはり市民にいち早く安全安心な生活を求めていきたいというふうに思っております。
 それから9款1項4目の防災無線に関わる部分で、危機管理監のお話をどう捉えたらいいのかというふうな部分で、以前は新年度、29年度中に今後の防災行政無線の在り方について検討していくというふうな答弁をされましたが、今ちょっと前者のお話を聞いておりますと、少し後退するような話にも聞こえますのでお尋ねをしたいと思います。
 多様な防災情報の伝達ということの中で、防災行政無線だけでなくて、また別なツールというふうなことでFMであるとかメールであるとか、というな部分に拡大してきたわけであります。
 ところがここにきて、防災行政無線が古くなってきたと。使えるまでは何とか頑張って使っていきましょう、直しながらというふうなことなんですが、どうもその先は、やめてね例えば、防災行政無線をやめてFMだけに頼るというふうな選択を求めているのではないのかと感じますが、その辺ついてお尋ねします。

委員長(伊藤吉浩君) 危機管理監、星 茂喜君。

危機管理監(星 茂喜君) 基本的な方針を申し上げたいと思ってございます。まず防災行政無線ご承知のとおり今、アナログという状況でございます。当時、アナログかデジタルかという選択の部分も踏まえて、そこで東日本大震災時に有効に活用させていただいたFM、本市においてはこちらの活用を新たな情報伝達手段という形の中で整備をする、このようなご報告をさせていただいているところです。
 先ほど申上げましたのは、それらを踏まえてもちろんこれからの予算措置にはなろうかと思いますけども、メインとしての情報の伝達手段、議会のご承認いただければ6月の補正で緊急告知ラジオ、こちらの方を全市、市民っていうか全世帯ですね、無償で貸与、このような計画を進めているところです。こちらをメインにしてですね、先ほどこれもお話をしました、防災行政無線に関してはアナログの期限がどうしても規格上、あと一回しかできません。新たな規格を取るためにはまた設備の投資が出てまいります。それを踏まえた中での今後の計画ということで、先ほど来お話申し上げております、FMの緊急告知ラジオ、こちらを主として活用させていただきたい、このように考えておるところです。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) 防災行政無線が30年を経過して、石越が一番古くて次は迫です。もう部品がなくて、いつ使えなくなってもおかしくない状況で、危機管理監は不安ないんでしょうか。もしFMだけに頼って、FMの基地局が情報発信できなくなったときに、どのツールを持って市民の皆さんに防災情報を、命を守る情報を伝えようとしているのかお尋ねします。

委員長(伊藤吉浩君) 危機管理監、星 茂喜君。

危機管理監(星 茂喜君) おっしゃるとおりかと思います。一つは、まず現在の防災行政無線、先ほど来修繕を重ねながら対応している状況をお話しさせていただきました。
 ですから、先ほど、課長が答弁したように、今携わっている業者、これからの作業にはなりますけども、今の、例えば放送卓であったり、例えばスピーカーのドライバであったり、その代用品があるかどうかの作業をこれから進めたいなと思っております。今はもちろん30年経過してございます。既に製造はしてない状況ですので、他の自治体が、ほとんど実はデジタルに変えている自治体が多いんですけども、その古い例えば部品をキープをして使っている状況にあります。それらをちょっと計画の中に盛り込んでいきたなと思っているところです。
 あともう一つは、今の防災行政無線が、本当にこう、例えば、明日にでも聞こえなくなった状況、さてそのときの情報伝達どうするのかというようなお話でございます。今現在、当然ラジオに関してもお渡しはしていない状況です。そういった状況の中では、まずはこれも今進めております、スマホであったり携帯であったり、こちらの市民メールの活用、これは市民活動の場において積極的に今、PRをさしていただいております。併せて昨年もそうだったんですが、緊急時においては直接的な広報活動、それは消防団であったり、市の広報車を活用しながら、さらにはですね、平成21年か22年の津山の台風もありましたけども、直接例えば、各家庭を赴いて、緊急的な情報をお知らせをする、このような手段も必要なのかなと思っているところです。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) 命を守るのに一定の時間があるのであれば、広報車も有効だし、家庭を回るのも有効だと思います。
 今今、川が切れそうだ。あるいは台風暴風そうしたものが、身の危険が迫っているときに市民にその情報を伝えることができないかもしれないという心配がそこにあったのであれば、防災行政無線の例えばデジタル化の選択、そうしたものを一方ではやっぱり検討していかなくてはならない。もうとっくに検討していなくてはならないのではないのかというふうなことを大変心配しているわけなんですが、そういった考えはないんでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 危機管理監、星 茂喜君。

危機管理監(星 茂喜君) 防災行政無線のデジタル化に関しては、有効であるということは当然私も承知しているところです。ただ、同様にですね、先ほど来お話し申し上げておりますとおり、緊急時特に事前に市民の皆さんに安心安全をお知らせする。これは我々の最大の責務、このように思ってございます。ただその状況、地震は突発的な部分ではございますが、水害においては、事前の情報、我々もその部分については、常に例えば気象庁であったり、インターネットを通じながら、あとは河川の増水の状況これらを踏まえて常にですね、待機をしながら、把握をさしていただいております。
 そういった中での判断を、きちんとさせていただいて、例えばどうしても避難しなくちゃいけない部分、この部分については、今年度から避難準備状況等との中身も実は変わりました。従来は避難準備情報の発令だけだったんですが、そこに高齢者避難というな、形に変わりましたので、そういう状況を踏まえながら、本当にこう何ていうんですかね、生命を大事に考えながら迅速な情報の伝達をさせていただきたいと、このように思っております。
 すみません。デジタル化につきましては、これも先ほどお話しをさしていただきましたが、本市においてはデジタル化の検討と併せて中継局の検討をさせていただいて、その時点でFM、特に夜間の部分については防災行政無線についても戸別受信機というのは、手法もありますが当方についてはFMの緊急告知ラジオを活用した夜間においての周知、こちらの方を選択をさせていただいたところです。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) FMのラジオは家庭にいるときには有効かもしれません。家庭の中にいるとき。この地域の産業形態を考えたときに、やはり屋外で仕事をしている場合も十分にあって、防災無線の役割というのは大きな効果だと思っていますし、津波被害はここにはないかもしれませんが、その防災無線の情報によって命を救われた方々もいっぱいいるわけであります。そうしたことを考えたときに、なぜFM防災ラジオ1本だけにこだわるのか。もしそれが万が一にも活用できなかったときに、どう市民の命を守れるのか、防災無線をなくしたときに、万が一にも市民に情報を伝えることができなかったらば、市長はどうされますか。

委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) ご指摘いただいた事情状況そういったものもですね、相互にいろいろと勘案をして対策を当然取るべきではないかと思っております。そういった意味では、ご指摘をいただいたようにですね、例えば本局の方から放送ができなくなった場合というなご指摘もいただきました。緊急放送についてはこちらの方からも放送できるという体制をしっかりと取ことがまず何よりも肝要ではないかと、そんなふうにも思っております。

委員長(伊藤吉浩君) 危機管理監、星 茂喜君。

危機管理監(星 茂喜君) 屋外のですね、情報の伝達の有効性は私も実はこれは大切だと思っております。これは私ならずとも市民の安心安全に係る分については非常に大切なツールと思っております。
 これの部分につきましては、例えば、行政無線だけではなくて今整備をしている中継局、ほぼ全世帯に聞こえていただくような整備をいたしているところです。併せて実は屋外からも放送できるような態勢も取ることが可能です。その部分について今調整を図りながらどのような方向がベストなのか、どのような方向で皆さんに情報をお伝えれば一番安心安全を保てるのか、この部分について今調整というな形で進んでいますので、ご理解いただきたいと思います。
 技術的にはFMの電波を屋外のパンザマストから放送するのが可能、このように聞いております。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) やめようかと思ったんですけども、屋外のハンザマストがもう使えなくなっているという状況が来ているというふうなときに、それを活用してやるんだというふうな矛盾というか、それは整備を、別な形の整備をしていくというふうな検討というふうに思いますが、その辺をもう一度はっきり含めて検討するということをお話しいただければやめますけど。

委員長(伊藤吉浩君) 危機管理監、星 茂喜君。

危機管理監(星 茂喜君) すいません。今386本のパンザマストを今年度中に、その状況の調査今、進めております。3月中の結果が出てまいります。それも含めて先ほど部品がなくて使えないとお話をしたのは、例えば元となる、何て言うんですかね、各総合支所にある放送卓であったりそういう部分です。スピーカーそのものは例えばドライバ交換であったりそれは使用可能ですので、そういったことを踏まえて全体的に検討しながらベストな選択をさせていただきたいと、このように思っているところです。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) じゃあぜひ、今新たに設置する場合には、例えば太陽光で使えるようなものであるというふうな部分もありますので、そこら辺も踏まえて、それからもう一度例えば防災行政無線のデジタル化も踏まえて再検討していただくということでよろしいでしょうか。

委員長(伊藤吉浩君) 危機管理監、星 茂喜君。

危機管理監(星 茂喜君) そのデジタル行政無線につきましては、なかなか当市では厳しいものがございます。ただ、さっき言ったように屋外の部分については何度も申し上げるようにFMも可能でございますので、そちらを踏まえて検討、調整を進めてまいりたいと思います。

委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。

7番(關 孝君) すいません。厳しいというのは予算的に厳しいと理解をしてよろしいんでしょうか。もしそうであるのならば、これは合併特例債を活用できる事業というふうに認識をいたしております。戸別受信機を除けば多分20億は掛からない、10数億というふうなぐらいで例えば全域に設置できるわけです。それの7割が、例えば3割を負担すればできる事業だと私は理解しております。そうすれば中継局のくらいお金は掛からないのかなというふうに、単純に計算するわけなんですが、財政的にできないのは理由にならないというふうに思いますが、できない理由をお知らせください。

委員長(伊藤吉浩君) 危機管理監、星 茂喜君。

危機管理監(星 茂喜君) すいません。言葉がちょっと足りませんでした。厳しいというのは、、まずは、一つはその情報のツールという形の中で何度も申し上げて大変恐縮ではございます。先ほど来お話を申し上げている一つは屋内に関しては緊急告知ラジオで対応できるとこのように思ってございます。
 もう一点は、屋外の部分。これも先ほどお話しさせていただいたように防災行政無線をデジタル化と同じように、情報をコミュニティエフエムから発信できることが可能ですので、そちらをこれ以降調整であったり、検討を進めたいというな方向ということです。よろしいでしょうか。
 デジタル無線につきましては、一番最初に検討してこれも先ほどお話しをさしていただきましたが、本市でもっては採用はせずにコミュニティエフエムの採用ということで決めましたので、それで今後もそのツールを生かしながらできるだけ、できるだけというよりも市民に確実に情報を伝えるような手段をこれからも進めてまいりたいと、このように思っておるところです。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。浅田 修委員。

14番(浅田 修君) 1点だけでございますけども、栗山副市長にちょっと、お伺いを伺いたいと思います。
 先ほどから、道路の段差解消なりいろんな工事がありますけども、軽微な修理なり何なりいろいろこうあろうかと思います。ただあまり軽微だとですね、業者の方も来ないと。そして発注もですね、そのたびにとなるとやはり大変だということでございましてですね、やはりそいった軽微な工事の分は、市で、直営でやれる体制はできないものかと、考えられないものかなというふうに思います。そうすればもっともっと段差解消なり、何なりができるのかなと思います。
 さらに、ただそれが建設部局だけでなくして、教育部局なり、いろんなやっぱり工事が必要あると思います。軽微な。業者へ発注しなくてもいいような。やはり今は、臨時対応はしているかと思いますけれども、そうじゃなくして、やはり直営でやれるような、それも含めてですね、職員に資格の取得もさせる、あと小さなユンボくらい買ってけで、土砂上げさせっとかしゃ、手で上げらせんでなく、臨時のただ人数使えばいいんでなくしてですね、そういったことも含めてそういった体制は取れないものか。早く言えば、市民に何か緊急な場合でも、すぐやる課のようなね、そういった課を設営するぐらいの考えがあるかどうか。それも必要ではないかなと思って言ってんですけど、副市長どう思います。担当副市長として。

委員長(伊藤吉浩君) 副市長、栗山健作君。

副市長(栗山健作君) ただ今のご指摘の点については、委員のご発言の中にもありましたとおり、緊急的な舗装の補修とかにつきましては臨時の職員等で対応させていただいている部分もございます。ただ議員がおっしゃってるのは、それをさらにもっと先に進めてということだと思います。私どもといたしましても、今後どういった体制取れるのか、また職員の研修ですね、あのスキルの獲得含めてどういった政策が取れるのか考えていきたいと思っておりますので、今後ともですね、しっかりと考えていきたいと思っています。以上です。

委員長(伊藤吉浩君) ほかにありませんか。相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 概要の103ページ。道路新設改良、単独事業、費となっておりますけども、この中できめ細かな道整備事業舗装工事というふうなことでですね、これをやってもらったことによって本当に細かいとこまでですね、みんな舗装してもらって本当に、大変喜んでおります。ありがとうございます。そういうことでですね、この中の8億6,800万円ですけども、前にもこの一般質問をしたことがあるんですけども、この目の細目1、細目の中でですね、不用額、あるいは余ったというふうなことで、できなかったというふうなことで残ればですね、この中で利用させてもらえば、すごく私、前に進むと思うんですけども、なかなかほれ認められなかったんですけども、どうでしょうかね、こういうこと。そういう単独事業だからだよ、絡みあって補助事業はなかなか難しいと思うんですけども、単独でやってるもんだらこの中でも利用できること、するんでいいんでねがなというふうに思うんですけども、そうすっと優先順位が低くてもですね、なるんですよ。そいず一回皆上げられてしまって、また予算を組むつど、やっぱりまだ優先順位が下がってしまうんだね。その辺のところどうなんですかね。

委員長(伊藤吉浩君) 道路課長、伊藤 勝君。

道路課長(伊藤 勝君) きめ細かな道整備事業でございますけれども、現在一般財源の事業となってございます。この予算の残につきましては翌年度の予定個所を繰り上げたり、執行残のないような形できめ細事業を行っているというふうな状況でございます。なお、補正等で減額している事業につきましてはすべて起債関係の事業となります。単独事業につきましては、執行残をなくさないように翌年度事業を繰り上げて執行していると、いうふうな状況でございます。

委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) 単独事業についてはなくさないようにというふうなことで、そのまま執行してやっていくということですけども、これが、万一できなかった場合と言ってんですけども、そのように上げてやんないでそのまま利用できないかなと私言ってんですよ。これを聞くのは、んで副市長すか。市長すか。そこでないと判断できないと思うよ。どっちかにお願いします。款内の流用。

委員長(伊藤吉浩君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 相澤委員にいたしましては昨年も確かお答えをさしていただいたと思いますが、今道路課長が申し上げましたように、単独事業のきめ細につきましては、当然ほかの制約がない予算でありますから、いろんな事情でお金が余ってきたと、いうときに、それは執行する時期の問題はありますが、可能であればそれは繰り上げて、執行する仕組みを取らせていただいております。

委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。

19番(相澤吉悦君) このきめ細の予算内でなくして、その款内の中ことですよ。款内で余ったの私言ってんですよ。そのようなことでやると言ってんならいいです。
 次ですね、109ページ消防なんでうけども、今まで消防団と消防署つうのはなかなかうまくまわってなかったなと。今変わってからですね、すごく、私見ててもみな中継でも何でもうまくいっているなというふうにずうっとこう感じています。それでですね、今後ともそのように、消防団、話し掛ければみんな乗ってきますんで、お互いにいい方向に進むように仲良く努力してください。消防長一言お願いします。

委員長(伊藤吉浩君) 消防長、鈴木軍雄君。

消防長(鈴木軍雄君) 大変ありがとうございます。以前ですね、議員の方からお話しがありまして、現場等での連携ということを重点的に、現場はそうそうございません。あっては困りますけども、訓練を数重ねることで意見であったり、意志が統一できるように、ということで進めておりますので、今後も一つよろしく願いします。

委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(伊藤吉浩君) これで、8款土木費、9款消防費の質疑を終わります。
 本日の会議はこの程度とし、これで散会したいと思います。
 なお次の会議は、3月6日午前10時から行います。
 本日はこれで散会します。大変ご苦労さまでございました。
 
          散会 午後4時15分
 

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>