•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(伊藤吉浩)
  •   2  委員長(伊藤吉浩)
  •   3  19番(相澤吉悦)
  •   4  委員長(伊藤吉浩)
  •   5  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  •   6  委員長(伊藤吉浩)
  •   7  19番(相澤吉悦)
  •   8  委員長(伊藤吉浩)
  •   9  総務部長(佐藤順悦)
  •  10  委員長(伊藤吉浩)
  •  11  25番(佐藤恵喜)
  •  12  委員長(伊藤吉浩)
  •  13  税務課長(新井誠志)
  •  14  委員長(伊藤吉浩)
  •  15  25番(佐藤恵喜)
  •  16  委員長(伊藤吉浩)
  •  17  税務課長(新井誠志)
  •  18  委員長(伊藤吉浩)
  •  19  15番(浅田修)
  •  20  委員長(伊藤吉浩)
  •  21  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  •  22  委員長(伊藤吉浩)
  •  23  15番(浅田修)
  •  24  委員長(伊藤吉浩)
  •  25  総務部長(佐藤順悦)
  •  26  委員長(伊藤吉浩)
  •  27  22番(庄子喜一)
  •  28  委員長(伊藤吉浩)
  •  29  総務部長(佐藤順悦)
  •  30  委員長(伊藤吉浩)
  •  31  22番(庄子喜一)
  •  32  委員長(伊藤吉浩)
  •  33  総務部長(佐藤順悦)
  •  34  委員長(伊藤吉浩)
  •  35  22番(庄子喜一)
  •  36  委員長(伊藤吉浩)
  •  37  総務部長(佐藤順悦)
  •  38  委員長(伊藤吉浩)
  •  39  22番(庄子喜一)
  •  40  委員長(伊藤吉浩)
  •  41  総務部長(佐藤順悦)
  •  42  委員長(伊藤吉浩)
  •  43  22番(庄子喜一)
  •  44  委員長(伊藤吉浩)
  •  45  総務部長(佐藤順悦)
  •  46  委員長(伊藤吉浩)
  •  47  22番(庄子喜一)
  •  48  委員長(伊藤吉浩)
  •  49  市長(布施孝尚)
  •  50  委員長(伊藤吉浩)
  •  51  6番(浅野敬)
  •  52  委員長(伊藤吉浩)
  •  53  6番(浅野敬)
  •  54  委員長(伊藤吉浩)
  •  55  財政課長(加藤均)
  •  56  委員長(伊藤吉浩)
  •  57  6番(浅野敬)
  •  58  委員長(伊藤吉浩)
  •  59  財政課長(加藤均)
  •  60  委員長(伊藤吉浩)
  •  61  13番(佐藤尚哉)
  •  62  委員長(伊藤吉浩)
  •  63  総務部長(佐藤順悦)
  •  64  委員長(伊藤吉浩)
  •  65  13番(佐藤尚哉)
  •  66  委員長(伊藤吉浩)
  •  67  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  •  68  委員長(伊藤吉浩)
  •  69  13番(佐藤尚哉)
  •  70  委員長(伊藤吉浩)
  •  71  総務部長(佐藤順悦)
  •  72  委員長(伊藤吉浩)
  •  73  13番(佐藤尚哉)
  •  74  委員長(伊藤吉浩)
  •  75  総務部長(佐藤順悦)
  •  76  委員長(伊藤吉浩)
  •  77  24番(八木しみ子)
  •  78  委員長(伊藤吉浩)
  •  79  代表監査委員(島尾清次)
  •  80  委員長(伊藤吉浩)
  •  81  24番(八木しみ子)
  •  82  委員長(伊藤吉浩)
  •  83  代表監査委員(島尾清次)
  •  84  委員長(伊藤吉浩)
  •  85  24番(八木しみ子)
  •  86  委員長(伊藤吉浩)
  •  87  市長(布施孝尚)
  •  88  委員長(伊藤吉浩)
  •  89  委員長(伊藤吉浩)
  •  90  24番(八木しみ子)
  •  91  委員長(伊藤吉浩)
  •  92  総務部長(佐藤順悦)
  •  93  委員長(伊藤吉浩)
  •  94  11番(佐々木一)
  •  95  委員長(伊藤吉浩)
  •  96  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  •  97  委員長(伊藤吉浩)
  •  98  11番(佐々木一)
  •  99  委員長(伊藤吉浩)
  • 100  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  • 101  委員長(伊藤吉浩)
  • 102  11番(佐々木一)
  • 103  委員長(伊藤吉浩)
  • 104  14番(伊藤栄)
  • 105  委員長(伊藤吉浩)
  • 106  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  • 107  委員長(伊藤吉浩)
  • 108  14番(伊藤栄)
  • 109  委員長(伊藤吉浩)
  • 110  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  • 111  委員長(伊藤吉浩)
  • 112  14番(伊藤栄)
  • 113  委員長(伊藤吉浩)
  • 114  総務部長(佐藤順悦)
  • 115  委員長(伊藤吉浩)
  • 116  委員長(伊藤吉浩)
  • 117  委員長(伊藤吉浩)
  • 118  23番(二階堂一男)
  • 119  委員長(伊藤吉浩)
  • 120  人事課長(大森國弘)
  • 121  委員長(伊藤吉浩)
  • 122  契約専門監(菅原輝吉)
  • 123  委員長(伊藤吉浩)
  • 124  米山総合支所長(小野寺稔)
  • 125  委員長(伊藤吉浩)
  • 126  南方総合支所長(高橋良守)
  • 127  委員長(伊藤吉浩)
  • 128  市民活動支援課長(星茂喜)
  • 129  委員長(伊藤吉浩)
  • 130  23番(二階堂一男)
  • 131  委員長(伊藤吉浩)
  • 132  副市長(藤井敏和)
  • 133  委員長(伊藤吉浩)
  • 134  契約専門監(菅原輝吉)
  • 135  委員長(伊藤吉浩)
  • 136  南方総合支所長(高橋良守)
  • 137  委員長(伊藤吉浩)
  • 138  米山総合支所長(小野寺稔)
  • 139  委員長(伊藤吉浩)
  • 140  市民活動支援課長(星茂喜)
  • 141  委員長(伊藤吉浩)
  • 142  委員長(伊藤吉浩)
  • 143  4番(氏家英人)
  • 144  委員長(伊藤吉浩)
  • 145  石越総合支所長(千葉一吉)
  • 146  委員長(伊藤吉浩)
  • 147  津山総合支所長(佐々木文明)
  • 148  委員長(伊藤吉浩)
  • 149  4番(氏家英人)
  • 150  委員長(伊藤吉浩)
  • 151  市民活動支援課長(星茂喜)
  • 152  委員長(伊藤吉浩)
  • 153  4番(氏家英人)
  • 154  委員長(伊藤吉浩)
  • 155  企画政策課長(佐藤裕之)
  • 156  委員長(伊藤吉浩)
  • 157  17番(沼倉利光)
  • 158  委員長(伊藤吉浩)
  • 159  企画部長(田口俊郎)
  • 160  委員長(伊藤吉浩)
  • 161  市民活動支援課長(星茂喜)
  • 162  委員長(伊藤吉浩)
  • 163  17番(沼倉利光)
  • 164  委員長(伊藤吉浩)
  • 165  市民活動支援課長(星茂喜)
  • 166  委員長(伊藤吉浩)
  • 167  17番(沼倉利光)
  • 168  委員長(伊藤吉浩)
  • 169  5番(工藤淳子)
  • 170  委員長(伊藤吉浩)
  • 171  人事課長(大森國弘)
  • 172  委員長(伊藤吉浩)
  • 173  市民活動支援課長(星茂喜)
  • 174  委員長(伊藤吉浩)
  • 175  5番(工藤淳子)
  • 176  委員長(伊藤吉浩)
  • 177  市民活動支援課長(星茂喜)
  • 178  委員長(伊藤吉浩)
  • 179  人事課長(大森國弘)
  • 180  委員長(伊藤吉浩)
  • 181  5番(工藤淳子)
  • 182  委員長(伊藤吉浩)
  • 183  6番(浅野敬)
  • 184  委員長(伊藤吉浩)
  • 185  津山総合支所長(佐々木文明)
  • 186  委員長(伊藤吉浩)
  • 187  中田総合支所長(高橋充)
  • 188  委員長(伊藤吉浩)
  • 189  南方総合支所長(高橋良守)
  • 190  委員長(伊藤吉浩)
  • 191  東和総合支所長(千葉幸弘)
  • 192  委員長(伊藤吉浩)
  • 193  登米総合支所長(高橋秀広)
  • 194  委員長(伊藤吉浩)
  • 195  米山総合支所長(小野寺稔)
  • 196  委員長(伊藤吉浩)
  • 197  豊里総合支所長(及川一夫)
  • 198  委員長(伊藤吉浩)
  • 199  迫総合支所長(高橋巌)
  • 200  委員長(伊藤吉浩)
  • 201  石越総合支所長(千葉一吉)
  • 202  委員長(伊藤吉浩)
  • 203  6番(浅野敬)
  • 204  委員長(伊藤吉浩)
  • 205  総務部長(佐藤順悦)
  • 206  委員長(伊藤吉浩)
  • 207  6番(浅野敬)
  • 208  委員長(伊藤吉浩)
  • 209  19番(相澤吉悦)
  • 210  委員長(伊藤吉浩)
  • 211  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  • 212  委員長(伊藤吉浩)
  • 213  19番(相澤吉悦)
  • 214  委員長(伊藤吉浩)
  • 215  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  • 216  委員長(伊藤吉浩)
  • 217  19番(相澤吉悦)
  • 218  委員長(伊藤吉浩)
  • 219  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  • 220  委員長(伊藤吉浩)
  • 221  総務部長(佐藤順悦)
  • 222  委員長(伊藤吉浩)
  • 223  19番(相澤吉悦)
  • 224  委員長(伊藤吉浩)
  • 225  総務部長(佐藤順悦)
  • 226  委員長(伊藤吉浩)
  • 227  1番(熊谷和弘)
  • 228  委員長(伊藤吉浩)
  • 229  市長公室長(神田雅春)
  • 230  委員長(伊藤吉浩)
  • 231  3番(佐々木幸一)
  • 232  委員長(伊藤吉浩)
  • 233  11番(佐々木一)
  • 234  委員長(伊藤吉浩)
  • 235  契約専門監(菅原輝吉)
  • 236  委員長(伊藤吉浩)
  • 237  市民活動支援課長(星茂喜)
  • 238  委員長(伊藤吉浩)
  • 239  11番(佐々木一)
  • 240  委員長(伊藤吉浩)
  • 241  豊里総合支所長(及川一夫)
  • 242  委員長(伊藤吉浩)
  • 243  22番(庄子喜一)
  • 244  委員長(伊藤吉浩)
  • 245  市民活動支援課長(星茂喜)
  • 246  委員長(伊藤吉浩)
  • 247  22番(庄子喜一)
  • 248  委員長(伊藤吉浩)
  • 249  市民活動支援課長(星茂喜)
  • 250  委員長(伊藤吉浩)
  • 251  委員長(伊藤吉浩)
  • 252  人事課長(大森國弘)
  • 253  委員長(伊藤吉浩)
  • 254  市民活動支援課長(星茂喜)
  • 255  委員長(伊藤吉浩)
  • 256  17番(沼倉利光)
  • 257  委員長(伊藤吉浩)
  • 258  市民活動支援課長(星茂喜)
  • 259  委員長(伊藤吉浩)
  • 260  24番(八木しみ子)
  • 261  委員長(伊藤吉浩)
  • 262  市民生活課長(金野金一)
  • 263  委員長(伊藤吉浩)
  • 264  24番(八木しみ子)
  • 265  委員長(伊藤吉浩)
  • 266  市民生活課長(金野金一)
  • 267  委員長(伊藤吉浩)
  • 268  24番(八木しみ子)
  • 269  委員長(伊藤吉浩)
  • 270  市民生活部長(志賀尚)
  • 271  委員長(伊藤吉浩)
  • 272  委員長(伊藤吉浩)
  • 273  委員長(伊藤吉浩)
  • 274  8番(岩淵正宏)
  • 275  委員長(伊藤吉浩)
  • 276  健康推進課長(千葉ますみ)
  • 277  委員長(伊藤吉浩)
  • 278  8番(岩淵正宏)
  • 279  委員長(伊藤吉浩)
  • 280  健康推進課長(千葉ますみ)
  • 281  委員長(伊藤吉浩)
  • 282  14番(伊藤栄)
  • 283  委員長(伊藤吉浩)
  • 284  長寿介護課長(菅原登)
  • 285  委員長(伊藤吉浩)
  • 286  14番(伊藤栄)
  • 287  委員長(伊藤吉浩)
  • 288  長寿介護課長(菅原登)
  • 289  委員長(伊藤吉浩)
  • 290  14番(伊藤栄)
  • 291  委員長(伊藤吉浩)
  • 292  長寿介護課長(菅原登)
  • 293  委員長(伊藤吉浩)
  • 294  市民生活部長(志賀尚)
  • 295  委員長(伊藤吉浩)
  • 296  5番(工藤淳子)
  • 297  委員長(伊藤吉浩)
  • 298  生活福祉課長(菊池治美)
  • 299  委員長(伊藤吉浩)
  • 300  5番(工藤淳子)
  • 301  委員長(伊藤吉浩)
  • 302  福祉事務所長(千葉幸毅)
  • 303  委員長(伊藤吉浩)
  • 304  6番(浅野敬)
  • 305  委員長(伊藤吉浩)
  • 306  子育て支援課長(小野寺千秋)
  • 307  委員長(伊藤吉浩)
  • 308  4番(氏家英人)
  • 309  委員長(伊藤吉浩)
  • 310  生活福祉課長(菊池治美)
  • 311  委員長(伊藤吉浩)
  • 312  4番(氏家英人)
  • 313  委員長(伊藤吉浩)
  • 314  生活福祉課長(菊池治美)
  • 315  委員長(伊藤吉浩)
  • 316  4番(氏家英人)
  • 317  委員長(伊藤吉浩)
  • 318  3番(佐々木幸一)
  • 319  委員長(伊藤吉浩)
  • 320  子育て支援課長(小野寺千秋)
  • 321  委員長(伊藤吉浩)
  • 322  環境課長(佐々木修一)
  • 323  委員長(伊藤吉浩)
  • 324  3番(佐々木幸一)
  • 325  委員長(伊藤吉浩)
  • 326  環境課長(佐々木修一)
  • 327  委員長(伊藤吉浩)
  • 328  委員長(伊藤吉浩)
  • 329  17番(沼倉利光)
  • 330  委員長(伊藤吉浩)
  • 331  市民生活部長(志賀尚)
  • 332  委員長(伊藤吉浩)
  • 333  7番(關孝)
  • 334  委員長(伊藤吉浩)
  • 335  市民生活部長(志賀尚)
  • 336  委員長(伊藤吉浩)
  • 337  7番(關孝)
  • 338  委員長(伊藤吉浩)
  • 339  市民生活部長(志賀尚)
  • 340  委員長(伊藤吉浩)
  • 341  7番(關孝)
  • 342  委員長(伊藤吉浩)
  • 343  市長(布施孝尚)
  • 344  委員長(伊藤吉浩)
  • 345  19番(相澤吉悦)
  • 346  委員長(伊藤吉浩)
  • 347  市民生活部長(志賀尚)
  • 348  委員長(伊藤吉浩)
  • 349  19番(相澤吉悦)
  • 350  委員長(伊藤吉浩)
  • 351  25番(佐藤恵喜)
  • 352  委員長(伊藤吉浩)
  • 353  市長(布施孝尚)
  • 354  委員長(伊藤吉浩)
  • 355  10番(中澤宏)
  • 356  委員長(伊藤吉浩)
  • 357  健康推進課長(千葉ますみ)
  • 358  委員長(伊藤吉浩)
  • 359  10番(中澤宏)
  • 360  委員長(伊藤吉浩)
  • 361  社会教育次長(鈴木均)
  • 362  委員長(伊藤吉浩)
  • 363  10番(中澤宏)
  • 364  委員長(伊藤吉浩)
  • 365  6番(浅野敬)
  • 366  委員長(伊藤吉浩)
  • 367  環境課長(佐々木修一)
  • 368  委員長(伊藤吉浩)
  • 369  6番(浅野敬)
  • 370  委員長(伊藤吉浩)
  • 371  環境課長(佐々木修一)
  • 372  委員長(伊藤吉浩)
  • 373  6番(浅野敬)
  • 374  委員長(伊藤吉浩)
  • 375  環境課長(佐々木修一)
  • 376  委員長(伊藤吉浩)
  • 377  14番(伊藤栄)
  • 378  委員長(伊藤吉浩)
  • 379  環境課長(佐々木修一)
  • 380  委員長(伊藤吉浩)
  • 381  14番(伊藤栄)
  • 382  委員長(伊藤吉浩)
  • 383  環境課長(佐々木修一)
  • 384  委員長(伊藤吉浩)
  • 385  14番(伊藤栄)
  • 386  委員長(伊藤吉浩)
  • 387  環境課長(佐々木修一)
  • 388  委員長(伊藤吉浩)
  • 389  13番(佐藤尚哉)
  • 390  委員長(伊藤吉浩)
  • 391  国保年金課長(菅原勉)
  • 392  委員長(伊藤吉浩)
  • 393  11番(佐々木一)
  • 394  委員長(伊藤吉浩)
  • 395  環境事業所長(阿部信)
  • 396  委員長(伊藤吉浩)
  • 397  11番(佐々木一)
  • 398  委員長(伊藤吉浩)
  • 399  環境事業所長(阿部信)
  • 400  委員長(伊藤吉浩)
  • 401  委員長(伊藤吉浩)
      平成25年第3回登米市議会 決算審査特別委員会 会議録
 平成25年9月19日(木曜日)
1.出席委員(23名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君       4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 岩 淵 正 宏 君
   9番 伊 藤 吉 浩 君(委員長) 10番 中 澤   宏 君
  11番 佐々木   一 君      13番 佐 藤 尚 哉 君(副委員長)
  14番 伊 藤   栄 君      15番 浅 田   修 君
  17番 沼 倉 利 光 君      18番 星   順 一 君
  19番 相 澤 吉 悦 君      20番 熊 谷 憲 雄 君
  21番 及 川 長太郎 君      22番 庄 子 喜 一 君
  23番 二階堂 一 男 君      24番 八 木 しみ子 君
  25番 佐 藤 恵 喜 君
1.欠席委員(1名)
  12番 及 川 昌 憲 君
1.遅刻委員(1名)
  20番 熊 谷 憲 雄 君
1.早退委員(3名)
  15番 浅 田   修 君
  18番 星   順 一 君
  19番 相 澤 吉 悦 君
1.その他出席
  議長 田 口 久 義
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君   副  市  長  藤 井 敏 和 君
  総 務 部 長  佐 藤 順 悦 君   企 画 部 長  田 口 俊 郎 君
  市民生活部長   志 賀   尚 君   産業経済部長   秋 山 茂 幸 君
  建 設 部 長  鈴 木 俊 夫 君   市長公室長    神 田 雅 春 君
  環境事業所長   阿 部   信 君   企画部次長    中 澤 和 志 君
  財 政 課 長  加 藤   均 君   市民生活課長   金 野 金 一 君
  市民生活部次長  小野寺 良 雄 君   会計管理者    高 橋 清 彦 君
  総務部次長兼
  収納対策課長   高 橋 俊 朗 君   人 事 課 長  大 森 國 弘 君
  税 務 課 長  新 井 誠 志 君   総 務 課 長  丸 山   仁 君
  企画政策課長   佐 藤 裕 之 君   契約専門監    菅 原 輝 吉 君
  市 民 活 動
  支 援 課 長  星   茂 喜 君   建設部次長    千 葉 雅 弘 君
  農業委員会    阿 部 清 喜 君
  事 務 局 長              検査専門監    可 野 嘉 裕 君
  住宅都市整備課長 中津川 源 正 君   環境事業所長   阿 部   信 君
  国保年金課長   菅 原   勉 君   環 境 課 長  佐々木 修 一 君
                       地域医療対策
  健康推進課長   千 葉 ますみ 君   専  門  監  片 岡 鉄 郎 君
                       教 育 次 長
  教  育  長  片 倉 敏 明 君   (学校教育)   佐 藤 賀津雄 君
  教 育 次 長
  (社会教育)   鈴 木   均 君   病院事業管理者  石 井   洋 君
  代表監査委員   島 尾 清 次 君   監 査 委 員  清水上 芳 江 君
  監 査 委 員  田 口 政 信 君   医療局次長    千 葉 博 行 君
  消 防 本 部
  消  防  長  菅 原 輝 雄 君   水道事業所長   佐々木 秀 悦 君
  監 査 委 員
  事 務 局 長  千 葉 久 義 君   危機管理監    熊 谷   一 君
  迫総合支所長   高 橋   巌 君   登米総合支所長  高 橋 秀 広 君
  東和総合支所長  千 葉 幸 弘 君   中田総合支所長  高 橋   充 君
  豊里総合支所長  及 川 一 夫 君   米山総合支所長  小野寺   稔 君
  石越総合支所長  千 葉 一 吉 君   南方総合支所長  高 橋 良 守 君
                       選挙管理委員会
  津山総合支所長  佐々木 文 明 君   事務局次長    佐々木 義 文 君
  生涯学習課長   佐々木 洋 一 君   福祉事務所長   千 葉 幸 毅 君
  生活福祉課長   菊 池 治 美 君   長寿介護課長   菅 原   登 君
                       衛生センター所長
                       兼クリーンセンター
  子育て支援課長  小野寺 千 秋 君   所     長  千 葉 祐 宏 君
  農業委員会
  事 務 局 長  阿 部 清 喜 君
1.事務局出席職員氏名
                       議会事務局
  議会事務局長   佐 藤 昌 彦 君   次     長  佐 藤 真 吾 君
  議会事務局                議会事務局
  主幹兼議事                議事・調査係
  ・調査係長    高 橋 正 博 君   主     査  加 藤 善 己 君
  議会事務局                議会事務局
  議事・調査係               議事・調査係
  主     査  浅 井 顕 裕 君   主     事  庄 司 美 香 君
  議会事務局
  議事・調査係
  主     事  稲 辺 大 裕 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 認定第1号 平成24年度登米市一般会計歳入歳出決算認定について
          開議 午前10時00分
委員長(伊藤吉浩君) では皆さん、おはようございます。
 ただいまから決算審査特別委員会2日目の会議を開きたいと思います。
 及川昌憲委員から欠席、熊谷憲雄委員から遅参、浅田 修委員から中座の届け出があります。
 説明のため、本委員会の出席者は市長、監査委員及びその受任者、並びに農業委員会会長、教育委員会委員長、選挙管理委員会委員長の受任者であります。
 審査に先立ち、委員各位に申し上げます。
 決算審査特別委員会の審査は、本日から3日間の予定であります。質疑時間は会派別に配分しておりますので、ご協力をお願い申し上げます。
 また、質疑は要点を整理し、簡潔にお願いします。説明員各位も、本委員会の進め方にご理解をいただき、答弁は要領よく、簡潔にお願い申し上げます。
 それでは、これから議案審査を行いたいというふうに思います。
 本委員会に付託された事件は、認定第1号 平成24年度登米市一般会計歳入歳出決算認定についてから、認定第10号 平成24年度登米市老人保健施設事業会計決算認定についてまでの10議案でございます。
 各議案の内容説明は本会議で終了しておりますので、1議案ごとに質疑・討論・採決を行いたいと思います。
 これから認定第1号 平成24年度登米市一般会計歳入歳出決算認定についての質疑を行います。
 お諮りします。認定第1号は範囲が広いため、初めに歳入について質疑を行い、歳出は数款ごとに分割し質疑を行いたいと思います。これにご異議ございませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。よって、認定第1号の質疑については、初めに歳入を行い、歳出は数款ごとに分割して行うことと決定いたしました。
 まず、歳入について質疑を行います。質疑ございませんか。相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 間違っていたらごめんなさいね。言ってください。市税について聞きたいんですけれども、これは集め方について納税組合とあるんですけれども、そのことを聞いていいですかね。
 私、今納税組合をやってちょうどわかったんですけれども、毎月のように納めるんですけれども、その納めるあたりによって、最後1年間のトータルが全部出て、よこされるんですけれども、そのトータルがさまざまなことによって、納める方がいなくなったり、あるいは振替に変わったりしたときに、最後のトータルが、集めるお金が違ってくるんですよ。そのトータルがなかなかできないということであるんですから、そういうことじゃなくして、やっぱりしっかりと、手で書いたものでなく、その書類だけは必ず送ってもらいたいというふうに思うんですけれども、それをしないとどうしても納税組合というのはわからなくなるんですよ、素人ですから。これやってください。お願いします。どうですかね。
委員長(伊藤吉浩君) 答弁を求めます。総務部次長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) ただいまの相澤委員の納税組合の納税方法ということだと思いますけれども、組合長さんの集める、いわゆる納税額の把握の仕方ということでお答えしたいと思います。
 納税組合は、(「簡潔に」の声あり)今の質問について、それでは簡潔に。
 納税者一覧表につきましては、いろんな要件で例えば税額の構成、それから現金の方が口座に変わったということで、納税組合長さんが集金なさる金額がその都度変わるということがもちろん想定されます。そういう意味では、これまでその辺につきましてはデータについて税務課あるいは収納対策課のほうから納税組合長さんに送付して集金していただいておりましたけれども、今電算のほうでそれのバッチ処理がいつからできるか今検討中でございますので、早急にできるものであれば対応したいというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 早急に対応できるものじゃなくして、一回こういうふうに数字でぴしっと打ったものが線で消されてきて、それに訂正印もなく書いてよこしているから、正確だか何だかわからないんですよ、こっちでは。私が組合長して初めてわかったんですよ、これ。手書きだよ。大体切符と、集めるお金とトータルが違っていたんではだめでしょう。直せないんだと言っても、それはうそだと思うよ。自分でそれを調べなさいというふうな、組合長がそれを足して調べなさいという話は、私はないと思う。だから俺こういうふうにして言うんだよ。だからそういうことでなくして、やっぱり変わったら変わったなりにすぐにそれを知らせてもらいたい。私組合長でわかっているにしても、恐らく知らないでいる人たちがいっぱいいると思う。代表して言うから、俺。そうでないと、せっかく集めてくれる納税組合だから、もう少し楽にさせるように。お願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 委員のおっしゃっていることは理解します。私も以前納税組合の班長とかそのようなことをやったことがありますから、本当に正しい数字かどうか不安になります。そういうことのないように、また納税組合長さんの負担軽減、あとそういう不安解消のために、早急にそういう取り組みを進めてまいりたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) そのほか質疑はございませんでしょうか。25番、佐藤恵喜委員。
25番(佐藤恵喜君) 市税の関係ですが、前年より3億4,000万円ほどの増収となっておりますけれども、理由をお聞きしたいなと思っております。個人市民税であれば年少扶養控除廃止とかが大きな要因にもなっているとは思っておりますが、それと大震災を受けての、23年度の所得に課税ですので、どういうふうに、例えば事業所得あるいは給料等なりの減、被災のことで減少になったと、あるいは一方で23年後半から仕事が、復旧事業がふえて、それに伴っての事業所得等の伸び、あるいは給料等の伸びがあってとか、あるいは災害減免がそれぞれあるわけですけれども、それがどういうふうになっているとか、そういうのは数字的につかんでいるものなんでしょうかね。大震災を受けての、市税から見た大震災っていうんでしょうかね、そういう各種の影響、プラス面、マイナス面とありますが、その辺を簡潔に説明していただければなと思うんですけれども。
委員長(伊藤吉浩君) 税務課長、新井誠志君。
税務課長(新井誠志君) それでは、お答え申し上げます。
 1番目の案件につきましては、市民税の部分につきましては前年度同様農業所得の安定の部分でございますが、米の収量、米価の安定に加えて、戸別補償制度の交付金というふうなことで所得増につながっているということで、こちらで増額されたということになっております。
 先ほど申し上げました震災復興の関係については、事業所得の収入にも当然反映されるわけでございますけれども、全体的には農業所得というふうな部分については昨年度も増収の部分でご理解していただいたと思いますが、営業所得、給与部分の関係については農業所得と同じようにパーセンテージ的には100%から130%の伸び率を示している状況でございます。
 なお、災害の減免につきましては、市民税等の部分については実績はございませんでした。
 それで、企業の方々の収入関係の推移でございますが、どの時期にどのような傾向で給与所得とか営業所得が上がったということにつきましては、そういった時期についてのこちらでの集約についてはしておりません。ただ、全体的に先ほど申し上げたとおり給与、営業所得の部分については大幅な増収につながったということは理解しているところでございます。
 以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 佐藤恵喜委員。
25番(佐藤恵喜君) 今説明ありました点について、数字的に示していただけるんでしょうか。あるのであれば、わかる分について資料として出していただくとありがたいんですが。年少扶養控除についても、どの程度影響があったのかと。市とすれば増収分ですけれども、それも含めて数字で示していただくとありがたいんですが。今すぐでなくとも、準備できればしていただくとありがたいんですけれども。
委員長(伊藤吉浩君) 税務課長、新井誠志君。
税務課長(新井誠志君) それでは、市民税の課税における控除の状況でございますが、これは17年度から25年度までの課税者の控除数の推移についてはこちらで資料として取りまとめております。全体的に雑損控除から始まって、基礎控除については資料にまとめておりますので、後に配布させていただきます。
委員長(伊藤吉浩君) よろしいですか。ほかに質疑はございませんでしょうか。浅田 修委員。
15番(浅田 修君) 徴収体制の整備ということで、決算審査意見書、監査委員からの意見書の中に、今まで市税外徴収入金の徴収業務が、いわゆる保育料、住宅使用料、学校給食費、幼稚園授業料の4債権、これ過年度分なんですけれども、平成23年度から歳入の第3款に移管して徴収管理を行ってきたと。ただ、それがことしの6月30日をもってこの4債権は担当課へ返還されたと書かれておりますけれども、なぜこれを担当課へ戻したのかですね。それから、徴収率向上にならなかったのかどうなのか、お聞きします。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部次長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) ただいまの件についてお答えいたします。
 債権管理条例が平成23年4月以降施行されました。それと同時に、今委員おっしゃった4債権を収納対策課で滞納繰り越し分について徴収ということで、23年、24年と実施してまいりました。その段階で、滞納者がある程度重複しているということで、効率的な徴収ということで実施してきたわけでございますけれども、基本的にいわゆる税外債権につきましてはきちんとした債権管理ができていないものが数々あったということが実態でございます。そういった関係上、税と一緒に催告をすることがいろいろな問題が生じるという可能性がございました。そういった意味で、まずもって収納対策課といたしましては、債権管理担当課の債権管理に対する意識をまず上げてもらう、そういうことに力を入れて、困難案件について50件程度収納対策課で受けましょうということで、担当者あるいは担当課長会議を開きながら実施してきたわけでございまして、そういう関係上、25年6月で滞納繰り越し分の税外債権につきましては担当する現課にお返ししたということでございます。そして、この4債権にかかわらず、今現在も実施しておりますけれども、市の全ての税外債権を含めたものについて収納対策課といたしまして債権管理の徹底、あるいは回収マニュアル、あるいはいろんな意味でいかにして自主財源を確保できるかということに主眼を置きながら、専門的な指導あるいは外部講師を招いた指導、そういうことに特化するということで、こういった措置をとったものでございますので、理解いただきたいと思います。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) なかなか理解できないんだけれども、税外債権の分で何かしっかりしてなかったということはどういうことなの。早く言えば戻しても同じことでしょう、そうすれば。プロの方々が取れなかったのが、それを戻したからといって取れているの。その「しっかりしていなかった」というのはどういうことなの。もう一度。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 税外の債権はたくさんあるわけでございます。それで、以前はそれぞれの部署で現年度分も過年度分も徴収していただいていました。それで、収納対策課に一本化した目的は、先ほど次長おっしゃったように1人の方に税も、例えば給食費とか他のやつも一元管理できると、そういうメリットがあるなということで一元管理したところなんですが、この収納対策課には過年度分だけについて全部来ます。単純に言うと5,000件ぐらい、例えば給食、保育料とかいろんなものが5,000件ぐらい、現年度分が終わると来るんです。それについて収納対策課で一元管理で効率よくできるかなということで、そういう体制を組んだんですが、それぞれの部署で現年度分においてなかなか債権管理ができていなかった。例えば、納入通知書を出す。督促をしたのか、あるいは納めない人に電話で説明して納入してもらうように相談したのか、あるいは分納の手続をとったのか、そういう状況がそれぞれの部署で確実といいますか、きちんとした中でやられている状況にはなかなかなかったのが現実であります。
 それで、そういうものが収納対策課に来て、しからば税と一緒に裁判所のほうに取り立て云々という手続をとろうと思って、昨年40件ほど抽出しまして、裁判所へ支払い督促を申し立てるために準備しました。ただ、申し立てるために裏づけ、いつ督促したのか、納入状況、そういうものがなかなかきちんと整理されていなくて、このまま裁判所に出してもなかなか裁判所で認めてもらえないというようなことから、先ほど次長が話をしたように、まずそれぞれの部署で債権管理、結局どういう督促状況をやってきたのか、相談をやってきたのか整理をしてもらう。それから時効をどうするのか、この間も質疑がありましたが、2年過ぎればすぐ時効じゃなくて、その間に督促を出せば時効中断とかいろいろありますので、2年の時効が3年になったり4年になったりもします。それは各部署でやっぱり同じ均一な目線で処理できるようにしていかなければならないということで、先ほど説明ありましたように収納対策課ではことしはそういう指導に重点を置くと。ただみんな戻して、あと収納対策課はやめたじゃなくて、やっぱりそういうものをきちんとしたやつで、どうしても徴収困難なものについては受けますよと。現在も受けて、取り組んでおります。
 それから、そういう指導のために、ことし6月から7月まで全部署を収納対策課の職員が訪問しまして、こういう台帳を整理してください、こういう取り組みをしてください、そういう指導を全部、約1カ月ほどかけて指導してまいりました。今後も引き続きそうしたものをやって、とにかく各部署できちんとした債権管理、時効管理をしていただくと、これに特化したいということで、今進めているところでございます。収納対策課で嫌になったからやったというんじゃなくて、まずきちんとしたそういう状況をつくりたいということで、こういう状況にしたところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) よろしいですか。庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) 前者の質疑に関連するわけでございますが、23年4月から債権条例ができまして、過年度分の収納率が非常に目標を上回る効果をあらわしております。今いただきました資料によりますと、23年度までの目標は滞納繰り越し分は17%だったんでございますが、実績として19.54%、24年度の資料によりますと滞納繰り越し分で21.12%、目標は18%でございました。しからば、計画の25年度の目標は20%、26年度も20%、27年度も一応20%を目標としておられて、目標と掲げた数字をクリアしたからこのような対策をとったのかというのは非常に、平成21年度あたりですと滞納繰り越し分だと16%とか14%ぐらいというようなところで、債権管理条例が施行されまして、先ほどもご説明いただきました、滞納が重複している項目があると。だから、別な係の人がそれぞれ行ったんでは大変ですからということでこの債権管理条例が施行されたと、そういう記憶をしておるんですが、それでさらにまた例えば裁判にするのに一つ一つの部署でマニュアルとかさまざまなのが出ていないからまた戻すというのでなく、それはこのままやっていきながら、担当部署でマニュアルはしっかりと整備するのが当たり前で、それが出ていないからそこに戻すというのは非常に解せないことでございます。
 ところで、収納対策課で大変数字が上回っているんですが、そこら辺までクリアしたからというような安易な気持ちはなかったのかどうか。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 目標数値をクリアしたからこうしたということではございません。この2年間、収納対策課に移管された中で、先ほど言いましたが、しからば裁判所に取り立てしましょうとしても、なかなかそういう状況。いずれそういう実態であれば、今後もそういう状況は続きます。それを解消するためには、やはりきちんとふだんからといいますか、現年度分の納税の時点からそういう債権の管理、状況をきちんと整理しておく、あるいは時効管理をきちんと整理しておく、これを裁判所に申し立てても裁判所のほうに認めてもらえるような裏づけが必要だと。市税も合わせて5,000人分ぐらい収納対策課にこれまで来ているんですけれども、これを収納対策課で全部やるというのは正直言って不可能でございます。そういうことからして、まず現年度分の債権管理をきちんとしていただくということを目的に、まずそれぞれの部署に債権管理のあり方はこうですよと、あるいは時効管理はこういうことですよということを、一からというのは大変失礼なんですけれども、基本的なところから指導していかなければならないというふうに我々感じたところでございます。そういうことから、ことし6月にそうしたところでございまして、その後担当者を集めた中で会議を開いたり、6月から1カ月間それぞれの部署を回りまして、全部台帳を見せていただきまして、ここをこうしたほうがいいですよ、ここをこうすべきですよ、そういう指導を今収納対策課で行っております。課長会議等もやったところでございます。
 ただ、今後全然そういう難しいものを収納対策課ではやらないということではございません。先ほどもお話ししましたけれども、徴収困難なものについてはきちんとそういう状況が整理されているものであれば受けた中で、やはり税と一緒にした中で、効率よく収納に向けた法的措置等もやっていくということでございます。全然そうしたものはやらないということではございません。これは引き続き取り組んでまいりたいというふうに思います。
委員長(伊藤吉浩君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) 今、裁判に向けたときに大変だから一回返すんだと。いや、どうせ現年度分の徴収は各担当部署でやられるわけですから、それとあわせて一緒に債権管理の分は十分可能ではないか、それを全部また返すということは、先ほども前者もお話ししましたけれども、せっかく効果が上がった収納、債権管理条例のもとに滞納繰り越しが非常に減っているということは、これは効果のあらわれであるので、今部長にご説明いただいたいろいろな司法に対しての対処の仕方のときの管理が大変だから返すということではなく、やはり今現年度分の徴収業務は担当部署でやられておりますので、あわせてチェックはしながらちゃんとその分はその部署で、その徴収の分については収納対策課のほうでやられて、担当部署でそれは十分できる、全部また部署に返すという手法でなく、そういうのは十分可能ではないかと私は思慮されるんですが、いかがでしょうかね。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 収納対策課で一元管理するメリットがあるということで、こういうふうに取り組んだところですが、やはりいろいろ進めていくうちに現年度分は所管課で、過年度分は収納対策課でと、同じ人の分ですね、佐藤順悦なら佐藤順悦の現年度分はそれぞれの部署、収納対策課では過年度分ということになると、なかなか事務事業を進める上でも課題が多ございました。そういうことも一つの要因でございます。
 それで、確かに効果としてこの一、二年、収納対策課に一元化したことで収納率、過年度分は上がりました。これはご指摘のとおりでございます。ただ、今後こうした状況が続くかというと、内情といいますか、そういう管理が不十分な状況のやつを収納対策課で持っても、それを全部ひもといていくというのは、収納対策課は市税もありますので、なかなか困難な状況にございます。そういうことからして、やはりきちんと整理していただくというようなことが必要ということから、まず過年度分も含めた中で各所管課の中で台帳等あるいは債権管理、時効管理について整理していただいて、その上でどうしても徴収困難なものについては収納対策課で改めて出ますよというような形で今進めているところでございます。収納対策課で門戸を閉ざしたということではございませんで、ただそれらのきちんと整理する案件が多いものですから、収納対策課内で過年度分の市税外のものを、給食、保育料等々下水も含めて整理していくのはなかなか困難だという状況が実態でございましたので、こういう方向をとったところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) 市の債権管理マニュアル、23年3月に設定されまして、25年4月に改正されたマニュアルがありますが、やはり目標の計画を立てて、第2次行革の実施計画によりますと、税等の一元化による徴収率向上という実施計画との兼ね合いは、今のご説明をいただくとどういうふうに符号するのか。どの辺をもって、この実施計画とこれでいいんだというふうなご判断をなされたのか。そして、先般の一般質問で「財政運営の課題解決は全職員で」というご答弁をいただいたんですが、「回収マニュアルの作成をし、債権管理のシステムを構築する」と言うんですが、回収マニュアルはもう既に作成されておるのでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 1点目でございますが、マニュアルの中で一元化がいいんだという記述しているところとの整合性はどうなのかというお話ですが、先ほど申し上げましたようにやはり一元化することによって効率が上がるということで考えたのは事実であります。そういう計画をつくったのは事実であります。それで、二、三年はその効果が発揮されて、収納率も上がったのは事実でございます。ただ、やはりこれが壁にぶつかったといいますか、これを収納対策課に寄せたメリットを発揮するためには、やはりその裏づけとなる基準となるところの整理がきちんとしていなければならないと。まずそこに重点的にこれから指導等をしていったほうが、今後継続的に収納率を上げるためには、あるいは法的措置をとる場合などについてはこれはメリットがあるというふうに判断したところでございます。それで、いずれそういうところが整理されれば、やはり一元管理するのはメリットがあります。1人の方に複数債権があれば、やっぱり一括でやったほうがいいのはそのとおりでございます。ただ、そうするまでの手順として今はなかなか十分ではないということでございます。それらが整理されたのであれば、一元管理ということは当然効果が出てくるというふうに思っております。
 それから、回収マニュアルですけれども、確かに策定しております。ただ、これは自立執行権のある市税関係、あるいは自立執行権のない公債権、あるいは市債権、いろいろあります。やり方も違います。基づく法律も違います。それによって取り組む内容が違ってきますので、やはりそれぞれの部署において、例えば市債権であれば市税と違って議会にかけて債権放棄とかいろいろありますけれども、そういうやり方、取り組みが違うものですから、やっぱりそれぞれに必要かなというふうに考えています。
 これは前の一般質問でお答えしましたが、我々には人事異動がありますので、2年、3年でかわった後でもやはりきちんとしたそういう債権管理をどうするべきか、あるいは収納手続はどうするべきかわかるような形をそれぞれきちんと引き継いだ中で、人事異動があって職員がかわったとしてもレベルを下げることなく継続的に収納事務、そういう債権を収納していくんだという事務ができるような状況をやはりきちんとつくる必要があるというふうなことから、そういうそれぞれの部署でつくることとしたところでございます。それの基本については収納対策課で案をつくって、それぞれの部署に、そこに関係する部分は入れ込むような形の中で進めたいというふうなことで今進めているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) 壁にぶつかったからということでございます。大きな壁も、ぶつかって、一つ一つ何すれば崩れるわけです。ドイツのベルリンの壁しかり、先般亡くなったトヨタの会長さん、100歳で天寿を全うされましたが、大変創業者のいろんなさまざまなご苦労をしたと。そこでとまってはだめなんだと。乾いたタオルでも絞れば何か出てくるんだという、そういう理念のもとに今の世界のトヨタを育てたわけでございまして、我が登米市の職員もそれぞれ行政のプロでございます。やはり壁にぶつかったからすぐはね返されて返すということではなく、やはり一定の滞納処分の収納率が向上した、これを踏まえて、さらに向上するためには今までの手法にうったどうのこうのは、それを継続しながら十分、プロの行政マンでございますから可能ではないかと思うんですよ。例えば現年度分と過年度分でやったら重複するからということですが、やはり過年度分についてはちゃんと収納対策課でこれを管理するのですから、今までどおりで十分可能であるし、たださまざまな債権の管理についてはもうマニュアルが出ていますので、それにのっとって各担当部署でやればしっかりできるわけで、可能ではないですか。だから、何か安易に目標が達成されたから、以上あったからというわけではないというご答弁をいただきましたけれども、非常に解せないところでございます。
 ちなみに、行革の目標では、先ほども話しましたが25年度は20%という設定をいたしますが、これはこのまま目標ということでやられるんですか。非常に効果があったので、さらに効果が上がるために6月30日から各部署に戻したということですから、今までの何で21%とれたんです。今までの何では大変だから、各担当部署に返せばもっと上がるだろうという思いからされたと思うんですが、20%でなくどれぐらいの目標を考えていますか。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 私も行政のプロだと思っております。それで、壁にぶつかったからこうしたのかというお話ですが、この壁をいずれ乗り越えるために今基準となるものを整備しようというのが今回のやり方でございます。やはりこうしたものを基盤をしっかりしないと、どなたが担当しても、あるいは裁判所のほうに取り立てをお願いするにしても、やはり基軸となるものがぐらついて何もなければ、何とも前に進みません。やはりそうしたものをきちんとやっていくためには、まず今各部署に対して管理のあり方等の指導、これに特化する必要があるというふうに考えたところでございます。
 それから、現年度、過年度分の関係は先ほど申し上げましたが、例えば一例で申し上げますが1人の方に過年度分の関係について収納対策課のほうから電話するなり訪問する、現年度分については所管部署で電話するなり訪問するなり、これはしょっちゅうじゃなくて、そういう事例も考えられるところでございます。1つの債権の中でそういう両方から行くのは、債権者といいますか相手にとってはなかなかよろしくないのかなと。やはりそういうことも一つの要因になります。最終的にはそこを収納対策課に一本化しますが、今そういう状況にばらばらにあるということから、まずは一度お返ししたという経緯もございます。
 それから、行革の目標、これについては今回こうしたことにもっと目標値を上げるべきではないかということかなと思いますが、まず今これに取り組んでいるところでございます。こうしたきちんとしたものが全部署に債権管理が出てくれば、いずれ裁判所にお願いするとか、あるいは市税と一緒の収納対策をやるとかということで取り組めれば、率は上がってくるのかなと思います。ただ、今20%から25%にするのか30%にするのかという指数は持っておりませんが、目標値を超えるように頑張っていきたいというふうに考えております。
委員長(伊藤吉浩君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) 先ほど回収マニュアルもできているということでございますので、各部署でしっかりとした対応をなされるんだろうというふうに思います。
 また、お一人の方に複数の債権がございまして、現年度分は担当部署、過年度分は収納対策課ということで重複、それであったからこそこのとおりの成果が上がったわけでございまして、だからまたさらに複雑になるからこうだなどと、例えば私もある債権で部長から「たまっていたからどうぞことしの分」と。まずことしの分は待っててもらっても、次の次長が来ると「あんたのは去年の分がまだたまっているんだから」と、「ではまずことしの分は大変だけれども、去年の分から払っていくからね」というふうな形になった。同じ一人に去年のもことしのもあるからと言っても、どっちもだめだからと、こういうふうな債務者の意向というのもあるのではないでしょうか。いろいろとその辺のさまざまな市民生活相談などを受けて、いろんなケースなどもちゃんと参考にされて徴収対策のことをやられていると思うんですが、そこら辺はやはりもう一考されるべきということでございますが、答えは同じなのかな。でも、あれば。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 今、現年度分、過年度分が違っても効果が上がっているのではないかというお話でございます。それも一つの考え方かなと思います。ただ、訪問した際に「きのうはあっちから電話が来たよ」というような話も、訪問した徴収員のほうから言われることもございます。やはりそうした点も、可能な限り一緒にやれるようなシステムにできないものかということも私自身考えているところでございます。今のお話等も参考にしながら、よりよい方向を見つけまして、収納率向上に頑張ってまいりたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) 債権管理者は市長になってございます。地方公営企業法につきましては事業管理者でございますが、この辺の一連の債権回収あるいはいろいろな決算書類に、徴収員の横領の問題がずっと引きずってきています。まだ取り立ても全部終わっていない中で、税の公平負担と貴重な自主財源の確保という観点から、この辺の一連の、今私がお話ししましたが、安易に何したんではないかと非常に思えてならないわけなんですね。壁にぶつかった、あるいは本来ならばとっくに債権管理マニュアルあるいは回収マニュアルをしっかりと整備して、そしてもう合併して9年にもなりますから、とっくにそれに沿ってやっていればいいのに、また検討してまたもう一回しなければならないという今のこういう事態なんですね。これをどのようにこれから急いで整備をして、早く滞納の減少と申しますか、そういうふうに当たられる考えかお伺いして、終わります。
委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) まず、委員からご指摘をいただきました点、そして今現状の徴収の課題、そういったものが確かにあるわけでございます。やはり、まずは現年度の徴収体制をしっかりと進めるということと、そしてその手順や方法について統一化した対応を進めていきたいということでございます。その上で、徴収困難な事案につきましては一体となった取り組みの中で徴収をすべきというふうにも思っているところでございます。そういった意味では、その内容等につきましてもしっかりと指示をしながら、ご負担をいただく市民の皆さんの公平性を確保してまいりたいというふうに考えているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 委員長にまずお尋ねします。成果説明書の13ページの財政分析指標については、この場で聞いてよろしいでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) はい、どうぞ。よろしくお願いします。
6番(浅野 敬君) きのう、佐藤恵喜議員の総括質疑で一通り聞いたので、ある程度わかったんですが、24年度の決算の数値が出るのは、24年度の年度初めにこの数値は予測しているものかどうかということなんです。といいますのは、24年度当初では当然23年度の数値は出ていませんね。22年度の数値はつかんでいらっしゃるでしょうけれども。それで、24年度のことですから、24年度の例えば実質収支比率が5.2%だと、それを24年度の年度初めに5%ぐらいになると思っていたのが4.8%になっているものなのか、4.8%と予測して4.8%となっているものなのか、その辺を率直に。そこまで分析していないというのであればそれもいたし方ないんですが、率直なことをお聞かせいただきたい。
委員長(伊藤吉浩君) 財政課長、加藤 均君。
財政課長(加藤 均君) 実質収支比率の関係でございますが、実質収支比率につきましては最終的に歳入歳出決算剰余金の関係で出てくる数値でございますので、年度当初にその部分については算定しておりません。よろしくお願いします。(「ほかの数値」の声あり)
 ほかの数値、例えば実質公債費比率等につきましては、算定いたしております。
委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 実質公債費比率はしているということなので、年度初めにはどのくらいを予測していたんでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 財政課長、加藤 均君。
財政課長(加藤 均君) ただいま手元にございませんが、これより若干上回っていたと思っております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 収納対策課、平成23年から徴収管理を行ってきたということですね。実際に市民の家を訪問して歩いてきて得たこと、実際どういうふうな状況だったのか、総務部長からお聞きしてよろしいですか。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 先ほどもちょっと触れましたけれども、市税以外の債権も一緒にということで取り組みをしてきたところでございます。特に収納対策課に一元化というのは、現在のそれぞれの所管部署でなかなか納入まで行かない難しい案件、困難な案件、こうしたものについて税と一緒にという観点からやってきたところでございます。ただ、先ほど若干申し上げましたけれども、訪問したときに「きのうは別なほうから来た」と、現年度分と過年度分と分けていますから、そういうご意見もいただいたのも事実です。ただ、効果的にはあったと思っております。税はこのぐらい、あるいは他の税はこのぐらいということで、訪問する担当者はなかなか大変なんですけれども、効果はあったと思います。今後ももっと効果が上がるようにしていきたいなというふうに考えています。
委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 訪問していく中で、要するに果たして徴収できるか、債権回収できるかどうかということでは、非常に悩ましい事例なんかもあるかと思うんです。そうした人たちを含めて、やっぱりいずれ生活再建ができていかないとなかなか、また同じようなことを繰り返すわけなんですよね。そこのところをどういうふうに把握して、これから先そういった指導強化をしていくものなのか、その辺を伺っておきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部次長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) 税と税外収納の重複した滞納者に対する対応ということでお答えいたします。
 確かにそういう方がたくさんいらっしゃるわけでございますので、今委員おっしゃるとおり、まず生活再建をきちんとしていただくような納付計画をつくっていただきながら、税あるいは税外についても分納をするというようなことで対応するというふうな指導をしているわけでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) やっぱりその辺が一番大事だというふうに思いますので、せっかくそういうふうにしてやってきたものなので、ぜひこうしたことを引き継いでいってもらいたいというふうに思います。
 それから、公金横領も含め公金扱いの事故、それから職員の事務処理ミスとかということがあったんですけれども、毎回のように市長が頭を下げるもんですから、やっぱりミスをなくすためにどういうふうにしていったらいいのか、具体的に始めたことというのはあるでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 昨年、何件か続いてあったところでございます。それを踏まえまして、確かに部長等連絡調整会議でいろんな徹底を図ったのは事実ですが、やはりそういうことが起こり得る芽が各部署にあるのではないかというようなことも考えたところでございます。そういうことからして、それぞれの部署にまず今やっている業務について見直しを行っていくよと、その中で不祥事の温床がないのかどうか、これをとにかく課員みんなで問題を出し合って話し合いをしてくれというような、昨年指示をいたしました。そして、抽出された課題、問題についてそれを解決するにはどのような手立てが必要なのか、それらもそれぞれの部署で全部議論していただきまして、出していただきました。各種団体の通帳を管理している部署もございますし、いろいろな部署がございますので、そういう不祥事を防ぐためにはどうしたらいいのか、それをとにかくみんなで話し合っていると、1人の方が答えを出すんじゃなくて、そういう手法をとらせていただきまして、各部署から文書にして出していただきました。それらをそれぞれの部署の方々も共通認識した中で事務に取り組んでいただいているものというふうに考えているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 皆さんもちろん行政のプロですから、きちんとしていることはわかるんですけれども、やっぱり同じ部署の中にきちんと精通した人がいるということが大事だというふうに思いまして、きちんといつでもチェックができる体制をつくっていかなければならないのではないかというふうに思いますけれども、その辺を伺って終わりたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) お話しのように、やっぱり事務の内容をわからないとどこをどうチェックしたらいいかわからないというところもあるかと思います。そうしたところもありますが、やっぱり経験が長い方については頑張ってもらうしかありませんが、いずれそれぞれの部署の管理職、あるいは補佐、係長さん方、そういう方々が自分の業務がどのような状況になっているのか、やはり進捗状況も含めてきっちり管理していく、あるいは指導していく、指示をしていく、こういう状況を各部署につくっていく必要があるのかなというふうに思っています。
 それから、一番大事なことは1つの業務を1人に任せ切りにしない、とにかくみんなでそれがチェックできるダブルチェック体制、これはどうしても必要なのかなというふうに考えております。そうした点を今後も取り組んでまいりたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんでしょうか。八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) 24番です。
 毎年のことですけれども、決算認定をするに当たりまして、一番よりどころとしているのは監査意見書でございます。そこで、ちょっと監査委員の皆さんにお伺いいたしますが、監査は毎月定例監査、それから出納検査、それをしながら、さまざまな指摘をしていると思います。1年間のそういった指摘の積み重ねが、多分この意見書の中に網羅されていると思うんですが、どういった点、例えば改善する点とかいろいろあったと思うんですが、どの点がこの意見書の中に、例えば改善されたとか、だめだったとか、そういったことをどの部分に記載されているか、その点をまずお聞かせください。
委員長(伊藤吉浩君) 代表監査委員、島尾清次君。
代表監査委員(島尾清次君) 今ご指摘いただきましたように、1年間を通じて定期監査、あるいは例月の出納の現金検査、そういうものの積み重ねをこの24年度の決算審査意見書としてまとめさせていただいております。それらの中でも、執行部のほうにいろいろ今後留意していただきたいというふうなことについて、監査意見書の37ページから40ページまでについて、結びというふうなことで要点整理して記述させていただいております。
委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) ここを見ているんです。どういった点が、今まで指摘した点がどのように改善されたかお伺いします。
委員長(伊藤吉浩君) 代表監査委員、島尾清次君。
代表監査委員(島尾清次君) まず、きのうもいろいろご指摘いただきましたけれども、不用額等についてここ数年10%を超えるような伸びを示してきました。確かに特別会計等については24年度決算でも不用額は高い伸びになっておりますけれども、一般会計に限って見ますと、前年度と比較して約1億400万円、率にしますと6%強減少しているというふうなことでありますので、そういった面で職員の皆さんにご努力いただいたのかなというふうな思いもしております。
 また、収納の面でございますけれども、市税あるいは学校給食等についてもわずかではありますけれども現年度の徴収率が高くなっていると、伸びを示しているというふうなことから、毎年これまで意見書で指摘してきたことが職員の皆さんにご理解いただいているのかなというふうに考えております。
委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) はい、わかりました。いろいろと指摘事項が改善されているというふうに解釈しておきます。
 ですが、この決算の状況を見ますと、毎年何かかわりばえがしないと。例えば、ずっと出ていますこの不能欠損、それから収入未済額、含めまして、数字から見て直っている分もあると思うんですが、同じ繰り返しで、もう少しすぱっとできないのかと、そのような思いがしております。努力しているのはわかるんですが、やはり住民の福祉向上のために決算というのは単年度でどれだけ行政効果とか経済効果、そういったものがもたらされているか、そういったものを私たちは見るわけでございますので、そういった観点からいきますと財政運営が決して本当に好ましいというふうなことには思えません。9年目に入りましても、この前も一般質問でもお話ししましたが、ずっと国への依存体質が変わっていないわけでございます。もっと本当にこの依存体質を改めるような、そういったやる気のある気持ちで取り組んでいただかなければ、合併した意味も何もなくなると私は思います。特にこの流れを見ますと、ずっと今協働のまちづくりということで地域に全部任せるような形にしてきています。合併を望んだ市民の皆さんの気持ち、考え方が本当にこの形だったのかというふうなことで、こういう状況に地域に押しつけていくのであれば、むしろ合併しなかったほうがいいんじゃないかと、そのようなことも考えられております。ですから、しっかりと財政基盤を強固なものにするためには、もっともっとしっかりした考えで取り組んでいただきたいと思うんですが、市長どうでしょうね、今の状況。そして今後、やはりもっとやる気のある自治体、頑張る自治体ということで、ちょっとお伺いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 合併したことによって、例えば自治体が大きく生まれ変わるという劇的な変化ということでいろいろとご指摘をいただいたところであります。財政力につきましては、やはり市税の収入基盤がどれだけ底辺の裾野を広げることができるのかということが非常に大きな課題というふうに認識をしているところでございます。企業誘致等も、少しずつではありますが具体的な形にはなってきているとはいうものの、実質的な効果ということでいきますとまだまだその効果の発現には時間がかかるというような状況もございます。
 また、登米市の基幹産業であります農業等につきましては、農業生産1日1億円という達成はいたしましたが、実質的な可処分所得の向上というところまでには十分に至っていないというような状況もあるわけでございます。しかも、そういった状況等につきましては登米市だけがそういう状況ということではなく、実は日本全国の農業総生産額はほぼ横ばい、もしくはここ10数年来低下してきているような状況がある中での、産業構造としての抜本的な改革というような取り組みが求められているというような状況であります。6次産業化を含め、要するに市内でさまざまな付加価値をどうつけることができるのかというような観点も、今現状としても現下の中でも行っているところではございますが、まだまだ大きな成果を上げるまでには至っていないというような状況があるわけでございます。
 また、協働のまちづくりという観点の中におきましては、委員からいただいております「市民に負担、そして義務を負わせているのではないか」というようなご指摘ではございますが、決してそのようなことで進めているわけではございません。とは言いながら、やはり今まで行政が担っていた役割を市民の皆さんに担っていただくということは、負担感は当然大きくなるものというふうにも思っているところでございます。そういった意味では、諸課題等につきましては一朝一夕にすぐに大きな成果が出るというわけにはなかなかいかないのが現状ではございますが、着実に、そしてしっかりとその取り組みを進めてまいりたいというふうに考えているところでございます。
 また、それぞれの取り組み等につきましては、当然時点、時点での検証や軌道修正も加えながら、その取り組みを進めなくてはいけないというふうに思っているところでございます。そういった意味では、市民の皆さんとの意見交換や情報交換、そしてご意見をいただく機会をしっかりとつくり、また議会ともこういった議会等での質疑で、さまざまな議員活動の中でお気づきの点があれば遠慮なくご指導いただきますようによろしくお願いを申し上げたいというふうに思っております。
 また、合併をしなければというようなお話ではございますが、なかなかそういった過程の取り組み等につきましては我々としては今現状、与えられた取り組みの中でその使命をしっかりと果たしていきたいというふうに考えているところでございますので、どうかその辺の部分につきましてはご理解をお願い申し上げたいというふうに思います。
委員長(伊藤吉浩君) 質疑の途中でございますが、ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午前11時04分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時12分
委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 質疑を続けます。八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) とにかくこの決算資料は、将来に向かってどういったところを改善していけばいいかというふうな反省材料でございますから、聞くほうも私言い方がちょっときついところもありますから、ご理解をいただきたいと思います。
 監査委員の皆さん方には、今まで以上にいろいろ収支の数字的な面は当然でございますが、収入、支出の適応性と申しますか、財政の健全化、これにこれからもよく今まで以上の思いで、本当に最小の経費で最大の効果が発揮されているかどうかということもしっかりとお願いしたいと思います。
 それから、予算執行でございますが、執行の責任者というのはやはり市長にあると思うんですね、執行権。ただ、市長だけでなくて、いろいろ企画、それから予算執行する職員の皆さん方にもそういったことが問われると思いますので、これからやっぱり、今までも一生懸命やってきているのはわかるんですが、だんだん財政が将来的に厳しくなるのがわかっているわけでございますから、そういった点でしっかり取り組んでいただきたいと。将来に向かっての改善というふうなことで、一言職員のトップであります総務部長の考えをお聞かせください。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 一般質問でもご質問いただきました。議場に出ている我々だけじゃなく、職員全員が今後どのような状況が来るのか、それも近いうちに来るのか、そういうところも認識してもらった中で、しからば今どうあるべきなのか、やはりそういうものを考えた中でそれぞれの事務事業に取り組んでもらう必要があるのかなと思っています。「私はそういうのを知りません」というような職員が一人もいなくなるような形の中で、一丸となって取り組んでまいりたいというふうに思っております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) 今いろいろ徴収関係でありますけれども、私からもちょっと徴収に関してお聞きいたします。
 まず、成果説明書のほうで徴収関係に関しましては、「納税環境整備の推進に努めた結果、市税の収納率は現年度分、滞納繰り越し分とも前年度を上回り、ポイントも上昇となった」と、明確に成果があったようにうたわれておりますけれども、確かに現年度分の収納率は頑張った形跡が見られるわけですけれども、この滞納繰り越し分ですね、これは本当に年々上昇を続けているようであります。22年度で3,541万円、23年度で4,066万円、24年度が4,889万円、このように年々増加しているわけですけれども、そういった不能欠損の結果、収納率が上がるといったこともあるんではないかなと私は思うんですけれども、成果ではもちろんそういったことはうたいませんからね、私はそういったことがあるんではないかなというふうに思うわけでございます。
 そこで、この不能欠損、やはりこれは最終的な判断で行われるべきだというふうに思うわけですけれども、先ほどからの答弁をちょっと聞きますと、債権回収のマニュアルはあると。マニュアルはあるけれども、ちょっといろいろと課題、そういったものがあって、これからちょっと見直すような、それからまた本格的なマニュアルをつくっていくような、私は捉えたんですけれども、そういった中におきまして、マニュアルがはっきりしないところで毎年毎年この不能欠損、ばんばんばんばん処理しているわけですけれども、今後ともこのような格好で不能欠損額、見通しとして増加していくものなのでしょうか。その点をお聞きいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部次長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) 不能欠損が多いために収入未済が減ったのではないかというご質問だと思っております。確かに委員おっしゃるとおり、税あるいは税外の不能欠損は昨年度に比べてふえていることは事実でございます。税につきましては、不能欠損する要因は時効による不能欠損、それから執行停止による不能欠損、大きく2つがあるわけでございますけれども、今回税につきましては時効による分が若干ふえておりますけれども、その中でも一部執行停止はしたんだけれども時効のほうが最初に来てしまったというケースもかなりあります。ということで、特に普通税、一般会計分につきましては金額にいたしますと300万円ほど総額がふえております。ただ、一方で国保税につきましては逆に大きく減っております。そういったこともございますし、確かに不能欠損の額はふえているので、収納率が上がるという一つの要因もありますけれども、ただ総体の収入未済額は一昨年は600万円ほどの増ですけれども、23年度は減っていますし、24年度は23年度に比べてもなお減っております。そういった意味では、収入未済額が減った中でいわゆる税の収納率、滞納繰り越し分につきましても平成17年度以来、合併以来20%を超した収納率になっておりますので、不能欠損だけの要因ではなくて、今までの徴収に対する考え方がいろいろ定着してきて、徴収率の向上につながったのではないかというふうに我々は思っている次第でございます。
 一方、税外につきましては、23年度から債権管理条例が施行されまして、今まではいわゆる市債権につきましては議会の議決による債権放棄ということでの不能欠損でございましたけれども、債権管理条例の15条を適用しまして、この7項目ですか、それに該当すれば不能欠損できるという、そういった関係上それに該当するものが23年度以降多くなったということで、不能欠損額がふえたという要件でございますので、当然それ以前にも本来ですと議会の議決を求めながら欠損すべきものも23年度以降そういったことで適用した関係上ふえたということが、欠損の大きな増因というふうに私たちは思っておりますので、よろしくお願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) とにかくこの不能欠損、今出ました債権管理条例、これが出てからやはりぐっとふえたように私は思います。
 次に、市税外の関係、これもかなりふえているんですけれども、これまで長年にわたり欠損しなかったから出てくるのはわかるんですけれども、さっき言いました回収のマニュアルがしっかり確立しないうちにこういった時効、消滅による不能欠損、これを安易にしているんではないかなというふうに私は思うわけでございます。違うというんであればそれなりの説明をいただければいいんですけれども、とにかく決算意見書にも「法令に基づく事務処理が行われています」というふうにあります。確かに法令に沿ったこういった不能欠損処理が行われているというふうに思いますけれども、債権の回収マニュアルと債権管理条例の7項目、これの整合性といいますか、やはり条例のほうが上位なんでしょうから、これに合致したものはもうばんばん不能欠損をやっていくと、そういういった方向なのかどうかお聞きいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部次長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) 今委員おっしゃるとおり、回収マニュアルがまだ確立される前に債権管理条例を適用して安易にやっているのではないかというご質問でございますが、その点に関しましては基本的には各債権管理担当課のほうの判断でございます。基本的には私たちの指導といたしましては、いわゆる公債権、税と同じように国税徴収法なり地方税法の適用があるものにつきましては当然5年の消滅時効が到来します。これは当然債権としてもう有効でないものですから、これは基本的には管理条例とは別に、法律に基づく不能欠損の適用になるわけでございまして、あくまでも債権管理条例の適用は強制力のない公債権あるいは市債権ということでございます。ですから、これが担当課の判断で、これはあくまでも債権管理条例に適用するものであるということでの判断というふうに私たちは理解しておるところでございますので、回収マニュアルが整備されていないのに安易に不能欠損したというふうな判断ではないと考えている次第でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) もちろん安易にしたんではいけませんから、とにかく何といいましても市民の皆さんから見ても負担の公平性の確保と財政の健全化の観点から、これは本当に慎重にやっていただきたいというふうに思います。不能欠損にしてしまえば当然そちらでは楽なのはわかるんですけれども、最後の最後ということで、その辺を本当に気持ちにとめていただいて、この不能欠損処理に関しましてはこれから取り組んでいただきたいというふうにお願いいたしまして、答弁はいいです、お願いします。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑ございませんか。伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) 17番です。徴収業務について、私もちょっとお聞きしたいと思います。
 実は、監査の意見書を見てもどこにもないんですが、いわゆる市で債権の回収がなかなか難しい、そして大口であるという場合は、宮城県の地方税滞納整理機構というのがありますね、そこに登米市でも2人ほどの職員を派遣されているそうでありますが、これを見ますと24年度は117件の移管があったようであります。そこで、不能欠損は法令に基づいて処理されております。しかし、市民の公平性の確保、財源の権限化から見ても、どうしてもふぐあいがあると。そこで、各自治体は宮城県の整理滞納機構にお願いしてますね。私はここが最後のとりでのような感じがするんですね。それで、前回も税外債権というんですか、保育所、市営住宅もあったんですけれども、大口だけを債権回収機構に頼むんじゃなくて、どうしても職員の方たちが難しい、もう不能欠損するよりもこういう整理機構がありますので、そちらに私は移管してどうなのかなということを思っているんですけれども、いかがでしょうかね。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部次長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) 今のご質問ですけれども、宮城県滞納整理機構に税外債権も移管してはどうかというふうなご質問だというふうに認識しております。
 まずもって、宮城県滞納整理機構の役割でございますけれども、あくまでも税外は受け付けなくて、個人住民税が宮城県の収納率が全国でもかなり悪いほうでございますので、そういった意味で基本的には個人県民税を中心とした税債権を受けて実施するというのが目的でございます。そういったことで、確かにいろんな意味での専門的なノウハウを持っているわけでございますので、私たちもそういった気持ちはございますけれども、あくまでも制度的には税ということになっておりますので、税外についてはちょっと難しいと。難しいというよりもできないというふうに思っております。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) いわゆる税外というのは、私が知っているのは4債権のほかにかなりあるんですか、市税とか国保とかさまざまなものがありますね。それらはもう毎回毎回予算決算になりますといわゆる収納率の確保、このことについて大部分時間を割いております。そのために、高額の滞納者だけでなくて、そういうのも含めた回収、解決をするためにも機構が立ち上がっているんですから、税外はわかりました、税外以外、そういうのはどうなんでしょうかね。税外の4債権以外ですよ。市税とか国保とかさまざまあるんですけれども、それらをお答え願います。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部次長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) 県の滞納整理機構に関しましては、移管できる件数の限界がありまして、例えば職員を1人派遣している場合60件というふうに限定されるわけでございまして、今現在は1人行っておりますので、最高で60件しか移管できないというふうな制限もございます。そういった意味で、なかなか全てのというか、難しい案件を全て移管するということもなかなか困難な状況でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) 今の答弁は間違いじゃないですか。1人が60件でしょう、限界。24年度は117件、2人行ってるんでしょう、今登米市で。(「24年が2人」の声あり)24年度が2人ね。今は1人。そうですか。この話を聞きますとね、そういう制限があるかとは思うんですけれども、すぐ債権放棄、不能欠損するよりも、やっぱり向こうの方たちはもっともっとプロフェッショナルなんですから、税の公平という負担の原則から見れば、やはり許されないという気持ちが私あるんです。そういうことでありますので、2人が1人になった、出向が減ったというんですけれども、やっぱりそういう機構にどんどん職員を派遣して、やっぱりしっかり債権回収していただくように、私はそう思いますよ。今年度なぜ1人になったのか、まずそこだけお知らせください。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) この機構の設置につきましては、関係市町村から職員を出してつくっているんですが、本当はもうやめようと、設置を解散しようという状況になったんですが、いやいやそうじゃだめだという自治体からのお願いで、また3年延長して設置しています。いずれ解散になるのかなと思いますが、そういうところで今去年は2人、ことしは1人になっていますが、実は私のほうでもこれまでも何人か機構にやりまして、それでいろんな知識を得た中で帰ってきてもらっています。その後、収納対策課のほうに配置しております。いずれ自立しなくてはなりませんので、機構でいろいろ学んできた職員を収納対策課のほうに今戻しているという状況でございます。そういう関係上、ことしもやればよかったんですが、なかなか職員体制も全体ありますので、2人から1人という状況になりましたが、経験した者が今収納対策課で頑張っているという状況でございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) それでは、ここで質疑を終わります。
 ここで説明員の入れかえのため、暫時休憩いたします。
          休憩 午前11時33分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時36分
委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、歳出について質疑を行います。
 まず、1款議会費、2款総務費について質疑を行います。質疑ございませんか。二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) 23番、二階堂です。4点についてお伺いいたします。
 成果説明書の32ページ、職員の構成比の中で、メンタルヘルスケアルームを開設してということで、23年度の21名から15名に減少したと、こういう記載をしているわけでございますけれども、このメンタルヘルスケアルームは何名だったのか。病休者と精神疾患に分けて何名ぐらいあったか、できれば男女別もあればお知らせをいただきたいし、それからその下にあります委託料の人間ドックの業務ですけれども、これについて職員は何名ぐらい受検をして、成果的なものが認められればその辺についてもご説明をいただきたいと思います。
 それから、次は42ページです。入札の関係でございますけれども、契約管理費の中で総合評価方式を採用しているわけでございますが、土木、建築、舗装等、今回総合評価で逆転したのは1件もなかったということでございますが、これを見ると対象件数がそれぞれ7、2、4というふうにありまして、パーセント的に言うと12%前後になっているということで、これはもう少し枠を広げられなかったのかどうか、その辺についてお伺いいたします。
 それから、次は60ページです。地域審議会の件があるわけでございますが、地域審議会はあと2年で終わりというふうな状況になっているようですが、地域審議会が1回しか行われていない2つの町があるわけですけれども、これはどういった原因で1回しか開かれなかったのか、そのわけがわかればご説明をいただきたいというふうに思います。
 それから、63ページの若者交流費であります。24年度はイベント関係を外部に委託して、3つのイベントを行っているようであります。これまで以上に人数的に多いようでありますが、これらはすぐに効果が出るものではありませんけれども、こういった外部に委託をして、今までとは違った部分が見られればご報告をいただきたいというふうに思います。
 以上4点になります。
委員長(伊藤吉浩君) 順次答弁願います。人事課長、大森國弘君。
人事課長(大森國弘君) メンタルヘルス事業についてご質問いただきました。
 まず、病気休暇の取得者からご説明いたしますけれども、平成24年度には7日以上の病休者は86名おりました。うち、メンタルヘルスは15名ということでございます。済みません、男女別は今捉えておりません。
 メンタルヘルス事業の実績でございますけれども、全38回の事業を開催してございます。中身は個別相談、それから職場訪問と2つございまして、個別相談のほうについては27回、延べ38名の利用がございます。主な相談内容は、仕事の分担、それから震災による心の疲れ等々、また家族関係の問題等々、多岐にわたってございます。職場訪問については、メンタルヘルスで休んでいる方がスムーズに職場に復帰できるように、周りの職員の皆さんの心構えを職場単位で行うものでございまして、こちらは11回でございます。職場復帰支援、それから再発防止対策、受け入れ環境の整備ということを柱にして、対応させていただいております。
 それから、人間ドックのほうでございますが、428名の利用がございました。こちらは2つに分かれますけれども、市町村職員共済組合で行うドックが38名、そして市のほうで行うドックが80名という中身になってございます。このほかに一般職員健診というものがございまして、あとは人間ドックと大きく分かれてございますけれども、一般職員健診の結果につきましては21%が異常なし、15.7%が軽度異常、それから31.9%が要経過観察、9.9%が要治療、21.2%が要精密検査ということでございます。こちらは特定保健指導健診で対応させていただいておりますので、異常となった場合には保健指導等が入ります。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 契約専門監、菅原輝吉君。
契約専門監(菅原輝吉君) 総合評価の実績でございますが、13件とかなり低い率ということのご指摘でございます。そもそも総合評価は、手挙げ方式の一般競争入札で実施してございます。平成24年度当初では、61の事業で計画したところでございますが、成果説明書の45ページにもございますが、一般競争入札、それから指名競争入札ともに不調あるいは中止の案件が多ございまして、一般競争入札では200件入札を行いましたが、うち中止が73件、不調が9件で、合わせて41%の不調等でございました。工事を早期に発注する観点からでございますが、1回目に不調あるいは中止になった案件につきましては、2回目の入札で総合評価から外させていただいてございます。このほかにも、特に工期を急がれる案件につきましては総合評価を外した案件もございまして、最終的に13件の低い実績というふうになってございます。
 参考までに、平成25年度は53件を計画しているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 米山総合支所長、小野寺 稔君。
米山総合支所長(小野寺 稔君) 地域審議会が1回開催されているというようなことでございます。確かに米山地域審議会、昨年一度の開催でございました。実は、やはり3回の計画にのっとりまして、事前に協議会の会長と地域の課題についてのテーマの選定とかを協議しておりましたけれども、結果なかなかテーマを絞り切れなかった点と、ちょっと委員さん方の日程の調整というようなことがございまして、結果最後1回に集約されてしまったというような結果でございます。
 反省としまして、やはり前々に会長さんと協議をさせていただいて、テーマを絞ってやるべきであったなというように思ってございます。ことしはそういった反省から、3回を目標に実施していきたいというように考えてございます。
委員長(伊藤吉浩君) 南方総合支所長、高橋良守君。
南方総合支所長(高橋良守君) 南方地域審議会につきましては、24年度初回を9月に開催し、その後11月、2月の3回を計画していたところでございます。結果的には9月1回のみとなりました。初回の会議におきましては、地域の課題としてアメリカシロヒトリの発生、あるいは総合支所の上半期の事業実績、あるいは支所のあり方などについていろいろご議論いただいております。その際に、審議会の議題がある場合については、委員から事前に提出していただくという申し合わせもしたところでございます。その後、委員からの議題の提出というのが特にありませんでしたので、結果的に1回ということになった次第でございます。ただ、事務局といたしましては、積極的に委員長あるいは委員に働きかけをしながら、地域の課題について議論していただく機会を設ける必要があったという意味では、大変反省しているところでございます。以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) それでは、私のほうから成果報告書63ページ、若者交流対策費についてお答えをさせていただきます。
 ご質問にありましたとおり、昨年結婚活動支援事業ということで、3種類のイベントを開催してございます。そちらの内訳につきましては、成果報告書に記載してありますが、合計で248名ほどの出席を得て開催をしているところです。
 おととし、23年度との違いということなんですが、従来は若者モニターの中で1回だけイベントを開催しておったところです。昨年から新たに結婚対策支援事業ということで、昨年はNPO法人のほうに委託をさせていただいて、開催をしてきたところです。その成果ということなんですが、実は開催するごとにアンケート調査を行ってございます。特に3月末に開催したイベントにおきまして、追跡調査を行っているところです。その中で、例えばその時点で気に入った方々、もしくはその後において連絡、例えば携帯電話のメールとか、そういうやりとりをしている場合は、事後において当方に、もしくは委託事業者のほうにご連絡をいただきたい、このようなお話のアンケートを渡してございます。6月末ということでお渡ししてございますが、その回収率は3割とか2割とか、そのレベルでございました。ただ、その段階では3件なんですが、その後正式なおつき合いではないんですが、連絡をとっている、このようなお話もございました。ただ、残念ながらその後において結婚に至ったとか、現在も継続しておつき合いをしているというような情報はなかなか得ることはできません。当方とすれば、その後の情報もいただきたいんですが、プライベートに関する部分なのでなかなかちょっとこちらから連絡をさせていただくことができかねる状態です。ただ、そのアンケートの中で、今までこういう場はなかなかなかったので、こういう場の機会に参加することによって自分の意識が変わったとか、女性もしくは男性、異性間との話し合いがスムーズにできた、このように好評だったということで、お話もいただいているところです。以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) それぞれありがとうございました。
 それで、メンタルヘルスの関係でありますけれども、それでもまだ15名いるというようなことですので、私はまだまだ何か職場に問題があるのかなというふうな気がしてならないわけです。
 それからドック、かなりの方が受けておりまして、それがいろんな治療とかあるいは観察というふうなことで集約をされたというようなことで、それに基づいて恐らく個人的に皆それぞれ対策を講じたということであれば、私は人間ドックの成果は非常に上がっていると、こういうふうに思いますので、この部分、やはり未然に防ぐ部分があるわけですから、今後もこのドックについては登米市民病院も検査機器が新しくなりましたので、どんどん活用して、ぜひ健康保持に努めていただきたいというふうに思います。
 それから、メンタルの関係についてはいろいろなケースがあるということでございますが、この件についてはやっぱりいろいろ考えなくてはならない部分があると思います。それで、私副市長にお聞きします。女房役の副市長ですから、例えば家庭でいえば家族が病気になったりいろいろあったときにやっぱり一番心配をしなければならないのは女房役の副市長ですから、この辺副市長としてどのように感じて、どのようにしていきたいなというふうに思っているか、この件については副市長にお伺いします。
 それから、契約の関係ですね。去年はやっぱり応札も少なくて、中止があったということでしようがないんですが、この分についてはぜひ、今回は25年度53件というふうなことでございますけれども、25年度は改善されているのか、改善というか総合評価方式を活用されているのかどうか、ことしのことですからあれですけれども、続いていますので、その辺についてお伺いします。
 それから、審議会の関係ですが、それぞれ問題がないというふうなことは一番いいことだとは思いますけれども、これはあと2年しかないんですね。ことしにつながっているのかどうか、ことしも何もないのか、その辺もしありましたらお話をいただきたい。
 それから、結婚相談ですけれども、やはりこれまでのようななかなか若者中心だけではうまくないというふうなことで、外部に依頼をした結果、私はかなりいい成績だと思っています。最後にアンケートにありましたように、もっともっとこの機会を私はふやしていくべきだと思うんですけれども、その件についてどう思っているか、お話をいただきたい。
  以上、もう一回。
委員長(伊藤吉浩君) 副市長、藤井敏和君。
副市長(藤井敏和君) 職員のメンタルヘルスについてお尋ねいただきました。ご承知のとおり、メンタルヘルスを患いますとご本人はもちろんですがご家族、それから職場にとっても非常につらい環境になるということでございまして、まずはこういう状況に陥らせないということが一番大事なんだろうと思ってございます。ただ、実態としていろんなストレスが重なった結果として発症するというケースが多分にございますので、起こさないこと、あるいは起きた場合、やっぱり一番の方法というのは職場なり家族なり全体が温かい気持ちで見届けてあげる、支えてあげるということが非常に大事なんだろうと思っております。そういう意味では、職場に関して申し上げればできる限り風通しのいい上下関係、人間関係というのがきちんとつくれるということをまず基本に対応させていただきたいというふうに考えてございます。
委員長(伊藤吉浩君) 契約専門監、菅原輝吉君。
契約専門監(菅原輝吉君) 平成25年度でございますけれども、8月末時点の数字でございますが、一般競争入札で契約に至った案件が32件ございまして、このうち10件、総合評価で落札者を決定いたしております。なお、9月に入りましても7件ほど計画してございますので、総合評価につきましては順調に25年度は進んでいるというふうに思ってございます。
委員長(伊藤吉浩君) 南方総合支所長、高橋良守君。
南方総合支所長(高橋良守君) 南方町域の地域審議会につきましては、1回目は10月下旬を今予定しているところでございます。昨年、いろいろ議論していただきましたアメリカシロヒトリの発生、ことしは6月下旬から各地区で防除作業をいろいろやっていただいて、その効果が次第にあらわれつつあるような感じがいたしております。その結果などを踏まえて、その中で議論していただきたいと思いますし、また登米市の医療圏の考え方、あるいは震災で災害を受けました道路、下水道の復旧状況などについてもいろいろこちらのほうから資料を提供しながら、お話をしていきたいというふうに考えています。その後、11月、あとは来年の2月も予定して、ことしは3回計画したいと考えております。以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 米山総合支所長、小野寺 稔君。
米山総合支所長(小野寺 稔君) 米山でございます。昨年1回の内容でございますが、登米市のまちづくり基本条例についてを協議の議題としてございました。そのほか、地域の課題というようなことでございます。今年の1回目は9月27日に計画してございます。その中で、まちづくり基本条例の中の地域づくり計画についてさらに皆さんにご説明申し上げまして、ご理解を得たいというように思ってございます。そのほか、地域の課題も出てございましたので、継続というようなことでことしも課題解決に向けて協議をしてまいりたいというように考えてございます。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) それでは、結婚支援活動なんですが、昨年に引き続き本年も予定をしてございます。既に1回を開催済みで、男性、女性30名の定員の中でほぼ満員に近い形の中で開催をしてございます。次回は10月に開催して、区長配布を通じて広く皆さんにお知らせをして、多数の男性、女性の参加を得て、ぜひ盛会裏に開催をさせていただきたいと、このように思ってございます。
委員長(伊藤吉浩君) よろしいですか。
 ここで、質疑の途中でありますが、昼食のため午後1時まで休憩いたします。
          休憩 午前11時57分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 質疑を続けます。氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 成果説明書の88ページから91ページ、各総合支所で行った協働のまちづくり事業の部分なんですけれども、9つの支所があって、見ると100万円の予算に対して、100万円使って協働のまちづくりをしたという支所が6支所であります。中田と石越、津山ですか、中田の場合は100万円の予算で90万円ぐらいを執行したということですけれども、かなりばらつきがあるようなんですね。石越と津山について、なぜこういうふうな未執行が多かったのかなということで、まずもってお聞きしたいなと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 答弁を求めます。石越総合支所長、千葉一吉君。
石越総合支所長(千葉一吉君) お答えさせていただきますが、24年度の協働のまちづくり事業交付金、これに応募しましたところ、3件の事業が行われました。金額的には大分残ったわけでありますけれども、石越では独自で毎月区長会等々をやっておりまして、そのたびに働きかけをしておったわけですが、結果として不用額を出したということでございます。まだまだそういった働きかけが足りなかったのかなというふうには思いますけれども、幸い去年のそういった働きかけによりまして、本年度は交付されます100万円を、今手を挙げている3事業で執行できるというふうな見通しを立てております。24年度は私どもの努力の足りなさというふうに感じております。大変申しわけありません。
委員長(伊藤吉浩君) 津山総合支所長、佐々木文明君。
津山総合支所長(佐々木文明君) 津山の協働事業でございますが、実施しましたのが15万2,000円の横山地区の人命・財産を守る会の防災講習会でございました。それで、もう1件、当初はもくもくランドの親水公園の整備ということで、協業組合のほうから上がっておりました。延長が90メートルで、約5メートルほどの道の駅の中の親水公園を整備するという予定にしておりましたが、何分水路のため、工事期間が冬期間の工事となります。それで、その間に資材、重機リース、それから人件費等かなり増額いたしまして、当初120万円ぐらいで実施できる予定だったんですが、百七、八十万円までかかるということになりまして、今回はやむを得ず取りやめした結果となりました。
委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 石越でおっしゃってました、働きかけが足りなかったと、でもことしはしっかりと取り組んでいくんだということであります。また、津山も去年できなかったその事業をことしも多分やるのかなとは思うんですけれども、ここの部分で各9つの支所で行った「協働のまちづくり事業の事業概要及び効果」というのがそれぞれに書いてあるんですけれども、これ一字一句全てみんな同じなんですね。読んでみます。「事業概要及び効果。地域の特性を生かしたまちづくりや、地域の課題解決を行う市民の主体的な活動に対し支援を行い、市民が行う自主的な活動を醸成することができた」と。これ9つの支所全て一字一句同じなのはどういうことなのかなと。これは各総合支所で当然成果説明というのは書いていると思うんですけれども、総務部長、教えていただけますでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) 成果報告書88ページから各総合支所のまちづくり事業に対しての、委員ご指摘のとおり事業概要及び効果ということで、確かに同じような内容で表現をさせていただいております。まず、同じような表現というような形は、目的が各地域ごとによってそれぞれの独自の事業をやっていただくというような形にはなってございますが、最終的な目標は地域における活性化ということで、このような形になった次第でございます。ただ、今石越と津山のほうから100万円に対して全て執行できなかった部分、理由をいただきましたが、その執行できない部分に関しても同じような形の中で、その執行された予算の中で醸成ができたということがあります。ただ、ご指摘のとおり確かに同じような文章でございますので、反省をしながら、この辺は変更なり、各独自の表現を用いていきたいなと思っていますので、よろしくお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) これは成果説明書でございます。ぜひ各支所で次年度からは成果報告を書いていただきたいものだというふうにお話ししておきたいと思います。
 成果説明書61ページです。職員提案の部分なんですけれども、平成24年度、提案件数が85件で入賞したのが22件ということで、その22件のうち9件が採用されたと、実施されているということでございます。大変すばらしいなと思っているところではございますが、これはそれに対する報償だと思うんです、8節の報償費。4,000円の図書カードということでありますけれども、きっと職員皆様はこの登米市を思いというか、登米市の市民生活向上のためにさまざまな知恵を出して考えたんだろうというふうに思います。これが役に立つのであれば、もうちょっと報償というものの考え方を変えてもいいんじゃないかなというふうに思います。4,000円の図書カードをもらって喜ぶでしょうかね。モチベーションが上がりますでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 企画政策課長、佐藤裕之君。
企画政策課長(佐藤裕之君) 今ご質問の部分につきましては、職員提案制度に係ります報賞金の部分でございます。報賞金につきましては、優秀賞につきましては5,000円、それから敢闘賞につきましては2,000円、それから努力賞につきましては1,000円、それから奨励賞については500円ということで、報奨金につきましてはあくまで個人提案に係るものについてのみ支出しているという状況でございます。今ご指摘の部分で、この金額は少ないのではないかというようなお話をいただいたところでございますが、優秀賞であれば5,000円という形になってございますので、今の段階ではこのような金額で妥当ではないかというふうに考えているところでございます。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 成果説明書の53ページです。祝祭劇場の関係なんですけれども、事業の中で指定管理が平成24年から26年までということであります。このことに限らず、指定管理の社会教育施設だったりいろんなものがありますけれども、やはり今後3年という指定管理の方法をとっているんですけれども、ものによってはほとんどその地域のコミュニティーでずっとやっていたりとか、この祝祭劇場に限らず3年を5年ぐらいに延長しながらやっていくという、そういった今後の考え方ができないのかどうか、この際お聞きしておきます。
 それから、60ページの地域審議会についてお尋ねいたします。地域審議会、先ほどの質問の中で10年間ということでありましたので、私もどこの条例にあるのかなと思って見ました。なかなか私の条例の例規集にはなかったんですけれども、見つかったのは「審議会の設置に関する協議書」というのを、これ事務局に調べてもらいました。協議書でこういった審議会を設置して、なおかつ地域審議会における費用弁償も報酬も払っているという、こういう状況というのはどういうふうになっているのか、あえてお尋ねいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) まず、指定管理の指定期間ということでございます。これはさきにも同様のお話をいただいたところでございます。これまでの経過等々を検証しながら、この辺についてはやはり考えていかざるを得ないのではないかなというふうには思ってございます。その検討をさせていただくということで、お話しさせていただければと思います。
 それから、地域審議会のほうにつきましては課長のほうから答弁させていただきます。
委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) 地域審議会の委員につきましては、各町域で15名ほどの人数の中で決めていただいてございます。その中で、まず今お話いただいたとおり協定に基づいて地域審議会、27年3月まであと2カ年の任期ということでお願いするわけですが、特別の非常勤の職員ということで委嘱状をお上げしています。それに基づいた形の中で報酬を出しているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 私が申し上げているのは、地域審議会を設置することに反対しているわけではないし、内容については承知しております。地域審議会会議運営規程という規程もあります。規程はあるのに、上位の条例がなくても大丈夫ですかということをお尋ねしているわけです。そういう中でこのような費用弁償という報酬も支払っているんですけれども、その辺の、あと2年しかないわけではありますけれども、しかし調べてみると実際は条例に載っていないという中でのこういう運用というのは、その協議書だけでいいんですか。協議書は法律なんですか。そうではないと思うんですけれども、いかがでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) 大変申しわけございません。今、手持ちにその法的な根拠の資料は持ち合わせてはいないんですが、当然合併協における協定に基づいて設置はされておりますけれども、法的な根拠もございますので、申しわけございません、これは後でお示しをさせていただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) それでは、教えてください。さっき言ったように、全ての合併協で協議されたことが条例に基づいて登米市は運営されているというふうに思っております。ですから、あえて運営規程なるものを設けていると。規程というのは、やはり設置条例があってこそ運用されるものだというふうに思いますので、しっかり法的なもので調べて、私はもし必要であれば、たとえ1年、2年でも、これは後のことをどうこう言うつもりはありません、2年のためでも即条例をつくってやるべきではないかと思いますので、しっかり調べてください。答弁は後からでいいです。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに。工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 先ほども出たんですけれども、成果説明書の32ページのメンタルヘルスについてです。もう少し詳しくお聞きしたいんですけれども、精神疾患などの病休者の中で、21名から15名に6名減少しているんですけれども、この方たちは今どうされているのか、具体的にそのまま復帰できたのか、それともやめているのか、その辺が1つ。
 それから、同じ成果説明書の59ページの市民バス運行にかかわることについてなんですけれども、これは新産業高校ができるときにバス路線の改正の計画があると思うんですけれども、このときには高校生向けだけなのか、その辺まずお聞きします。
委員長(伊藤吉浩君) 人事課長、大森國弘君。
人事課長(大森國弘君) メンタルヘルス関係の人数のご質問でございます。人数が15人に減少したという部分で、誰がどのようになって減少したかというところは今データを持ち合わせてございませんので、その部分はちょっとお答えできませんけれども、メンタルヘルスの対策として早期発見、早期治療、この入り口の部分が一番大事かと思われます。減少した人数も、そういったメンタルヘルスの対話をしてくださっている臨床心理士の先生の道づくりによって少なくなったんだと思います。後ほどその辺の追跡調査のことについてはお答えしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) それでは、市民バスの関係でお答えをさせていただきます。
 まず、平成27年に(仮称)総合高校が開設します。現在、市民バスを運行しているわけですが、バスのことに関しては割と市民の皆様から要望等がございます。軽微な変更につきましてはその都度改正をしながら、現在運行しているところでございます。ご承知のとおり、27年に向かって本年度、公共交通会議の中で登米市地域公共交通ネットワーク計画策定、このような調査を行うべく今進めてございます。この調査におきましては、現在のさまざまな状況を分析、さらに高校再編、統合の予定の把握だったり、関係者のヒアリング、あとは3,000世帯になりますけれども住民アンケートをとりながら、今の登米市における公共交通のネットワーク計画を策定します。その中で、総合高校に通学される方の利便性の向上を図ったり、現在の部分を踏まえた上で利便性を上げる計画を策定していければと、このように思ってございます。
委員長(伊藤吉浩君) 工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) メンタルヘルスのほうは具体的な事例を挙げてどうのこうのじゃなくて、この減少された方、6名の方が減っているんですけれども、仕事をそのまま続けられたのかどうか、その辺が知りたいところなので、その辺のことをお願いしたいと思います。
 監査意見書の中には、第2次適正化計画によって25年4月1日の計画目標は1,480人に対して今1,495人となっていると、目標よりも少しですけれども実績が上がっている中で、この間震災なりいろんな関係で、本当に1人の職員に対する負担というのが大きくなってるんじゃないかなという気もするんですけれども、その辺とあわせてどう考えられているのかなと思います。先ほど副市長がやっぱり落ちついた環境、風通しのよい環境が大事だということを言って、それなりの対応はしていると思うんですけれども、その辺のところをお聞きします。
 それから、市民バスについて同じ監査意見書、38ページに「市民バスは高齢者や学生の貴重な交通手段である」となっているんですけれども、本当に今、利用者数が昨年よりも6,193人増加して34万4,214人と、かなりふえているんじゃないかなと思います。私もやっぱり必要としている人は高齢者や学生だけじゃなくて、いろんな事情で若い人や中年の方、運転免許証を持たない方から、特に津山とか石越、米山、周辺部の方から「何とかもう少し本数をふやせないか」とか、それから若い人は迫に勤務されている方が多いんですけれども、そういう方たちからは「土日が極端に本数が少なくなって、仕事場のほうからは土日も勤務してほしいと言われるけど、バスがなくて来られない」という意見も何人かから今聞こえているものですから、ぜひその辺の計画、いろいろアンケートをとって状況を調べるんですけれども、そういう中で考えられないか。
 その2つをお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) 先ほどお話ししましたように、バスの部分については市民の皆様からダイヤの変更であったり運行の変更、確かに意見等ございます。ただ、今現在対応できる部分につきましては、日々対応しながら対応している状況にございます。今回につきましては、それを踏まえた上で現在のバス路線、これはもちろん基礎とさせてはいただきますけれども、さまざまなデータ、例えば新しい高校に通われる生徒さんにアンケートをとったり、あとは地域に入りまして、全てではないんですが住民アンケートのほかに住民インタビュー等々を重ねながら、その中に福祉施設であったり、そういう部分も踏まえて皆様のご意見を聞きながら調査を進めて、反映させられる部分については反映をさせながら、新しいダイヤを組めればなと、このように思っています。
委員長(伊藤吉浩君) 人事課長、大森國弘君。
人事課長(大森國弘君) 職員数削減に係る職員の負担ということでご質問いただいたと思います。平成18年から平成25年4月1日の間に、475人の職員数を削減してございます。平成17年4月1日に合併した時点で、9町の行政を運営するそのままの人数が集まって、大きな職員集団を構成してきたわけなんですけれども、類似団体調査というのがございまして、全国の5万人以上10万人以下の職員数の中で、2次産業、3次産業の比率を比べまして、41団体ございますけれども、その中で普通会計部門で職員数が多い順で2番目が登米市でございます。今後、交付税の一本算定等々を見据えたときに、定員回帰指標で定めます828名という数値、これをやっぱり目標にして、体制を整えていかなければならないと私のほうでは考えてございます。そういった観点から、職員数削減に応じて当然事務事業も仕分けを、棚卸する等々、見直ししていかなければいけないと思います。その中で、民間委託、指定管理、それから部内応援体制を進めるとともに、それから管理職のマネジメント、課の運営ですね、それらを強化しながら進めてまいりたいと考えてございます。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) ぜひ厳しい財政の中で大変なことだと思うんですけれども、今もう一つ、6名の方はどうしているのか、後ででいいので教えてください。やめたのか、そのまま復帰できたのか、その辺知りたかったものですから、ぜひしっかりとしたフォローを、一人一人がこういうことにならないような体制で管理していただきたいなと思うので、以上でいいです。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑ございませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 成果説明書の68ページから88ページの各総合支所の維持管理費の中で、各総合支所長さんにお尋ねいたします。
 まず1点は、24年度に配置された職員数、正職員何名、臨時職員何名だったか。
 2点目、各総合支所に寄せられた地域民からの要望なり相談の件数のうち、総合支所で即決できた事柄はおよそ何割で、また結論が出るのに1カ月以上も要した事柄はおよそ何割か。時間を多く要する要因はどんなことと感じておられるか、迫支所長以下順次お聞かせください。
委員長(伊藤吉浩君) 順次答弁を求めます。津山総合支所長、佐々木文明君。
津山総合支所長(佐々木文明君) 津山の職員数でございますが、24年は17名でございました。ただ、年度中途で1名、南三陸町に派遣ということで、その分補充といたしまして臨時職員が1名入っておりますので、職員が16名で、最終的には17名という形になります。
 それから、支所のほうのいわゆる要望でございますが、ちょっと件数は今把握しておりませんが、おおむね1カ月以内で完了しているものと思っております。
委員長(伊藤吉浩君) 中田総合支所長、高橋 充君。
中田総合支所長(高橋 充君) 中田総合支所の24年度の職員数でございますが、正職員が20名でございます。非常勤職員が1名、計21名体制でございます。
 なお、市民からの要望等、事業関係についての解決ということでございますが、具体的な数字はございませんけれども、約半々ぐらいの割合で即決ができているものと考えてございます。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 南方総合支所長、高橋良守君。
南方総合支所長(高橋良守君) 職員の数でございます。南方総合支所では正職員が17名、臨時職員が1名で、24年度業務を実施いたしました。
 それから、要望についてですが、即決できたもの、1カ月以上要したもの、これについては手持ち資料がございませんので、後でお示ししたいというふうに思います。あと、時間を要する理由についても改めて準備したいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 東和総合支所長、千葉幸弘君。
東和総合支所長(千葉幸弘君) 東和総合支所でございますが、24年度の職員数は19名でございます。それから、臨時職員は2名でございます。
 それから、市民からの要望等について、現在手持ち資料は持っていませんが、できるだけ早く対応するよう努めております。
 以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 登米総合支所長、高橋秀広君。
登米総合支所長(高橋秀広君) 登米総合支所でございます。職員数でございますが、平成24年度、正職員は19名、臨時職員が2名、非常勤職員が1名というふうなことになってございます。
 それから、市民からの要望の件数でございますが、詳細な資料は持っておりませんが、先ほどからもございましたように約半数ぐらいは支所のほうで即決できると。主に道路とかそういった補修の件が多いものですから、その辺については即決で対応しているところでございます。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 米山総合支所長、小野寺 稔君。
米山総合支所長(小野寺 稔君) 米山でございます。米山では、正職員が22名、非常勤職員が1名というような職員体制でございました。
 要望件数については、やはり今手持ち資料がございませんが、支所で解決できる分と本所へ上申する部分というのはやはり半数程度ではなかろうかなというふうに思ってございます。それを含めても、やはり1カ月程度で市民の方のご要望に応えているというような状況になっていると思います。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 豊里総合支所長、及川一夫君。
豊里総合支所長(及川一夫君) 豊里総合支所でございますが、24年の正職員は18名、うち1名が育休をとりまして、その代替で臨時職員が1名配置されております。
 それから、市民からの要望でございますが、道路の軽微な補修、あとは街路灯の補修、これについては即決ですぐ修理しております。道路改良とか大きな補修につきましては建設部のほうにお願いしまして、あとはその状況に応じて実施していただいているというようなことでございます。それから、支所に要望がある部分については、約1カ月以内にほとんど処理しております。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 迫総合支所長、高橋 巌君。
迫総合支所長(高橋 巌君) 迫総合支所でございます。迫支所は35名でございますが、臨時職員の雇用人数でございますが5名となっております。
 それから、相談件数につきましては把握してございませんが、ほとんど毎日ございますので、ほとんど即決いたしております。
 以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 石越総合支所長、千葉一吉君。
石越総合支所長(千葉一吉君) 職員の人数でございますが、正確なデータはありませんけれども、今の部分では正職員18名、それから臨時はスクールバスの添乗員が2名という数字になっておりますが、もし間違っていれば後で訂正させていただきたいと思います。
 それから、相談件数でございますが、やはりほかの支所と同様、支所で完結したもの、本所で完結したもの、その他の数字については持ち合わせておりません。
 それから、1カ月、いわゆる時間がかかるような相談業務はということですが、やはり何といっても生活保護相談とか、それから石越に限りませんけれども、私南方にもおりましたが、精神保健の保健師さんが相談するのはどうしても1カ月というよりはずっとですね、1年を通して指導なり相談を受けるという状況が続いております。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 本庁と隣接している迫総合支所は全て即決ということは、何か感じませんか、こちらの本庁の幹部の方はね。人事課長の先ほどの5番委員への答弁の中で、類似団体で職員数が多い順に2番目だと。それは、大幅な改善をするのには先ほどの答弁ではもう完全に無理だと私は思うんですよ。根本的なシステム、体制を変えない限りはならないと思っているんです。これは総合支所のあり方の問題だと思っていましたので、総合支所の中身をどうするか、あるいは全部廃止にするという極端な考え方もあろうかと思いますが、その辺をぜひこの一、二年で結論を出していただきたいなというふうに思っておりますが、いかがでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) お話のとおり、根本的な見直しをしないとやっぱり職員の削減というのは困難というふうに思っております。今まで行政で担ってきた業務をこのまま行くのか、あるいは市民皆さんとの協働の中でお願いしていくのか、あるいは完全に民間、民営のほうにお願いするのか、あるいは廃止するのか、やっぱりそれを根本的にやらなければ総体的な、本庁の職員もしかりですけれども、支所の職員の方向性が出てこないというふうに考えております。今お話受けましたように、本庁舎の建設等の予定、今後出てきます。そうした中にあって、登米市として本当に総体的に業務がどのぐらいあって、それに伴ってどのぐらいの職員が必要なのか、そして本庁で全てできるのか、あるいは総合支所のような形でやっていくのか、そうしたものを検討しなければならないと思っております。平成の合併を実現した自治体でも、私のほうのようなスタイルのところ、あるいは合併直後は支所があって、二、三年後に廃止したところ、あるいはセンター化したところ、いろいろなタイプがありますので、総体的にそうしたところを業務の内容とあわせて研究してまいりたいと思います。
 今お話しのように、28年からの総合計画がありますので、やはりここ一、二年といいますか、早期に検討した中で方向性は出していかなければならないというふうに考えております。
委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 合併効果を最大に出したのは議会だと思っているんです。ですから、いわゆる執行部のほうもそれに負けないで倣ってほしいということをお願いして、終わります。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 成果報告書の98ページですけれども、税務嘱託員ということで上がっていますけれども、4人分の報酬、先ほど来の説明の中でも今回の成果報告書にも計算書にも横領、横領というふうな言葉がいっぱい出てくるんですよね。この報酬の中にも、これは入っているんですか。そしてまた、この一般会計分の集めた6,929万1,163円というのはこの4人だけで、横領した方の集めたのは入ってないんですか。そこのところをお聞きします。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部次長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) 納税嘱託員の報酬の中には、横領された分については入っておりません。
委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 一般会計分で4人でやった、入っていないならこれの中にも入っていないんですか。6,929万1,163円というのが税収、集めたお金だね。ふえたんでしょう。一般会計分で、これは横領した方のは入ってないですかと聞いているだけ。入ってないの。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部次長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) これは24年度に4名の納税嘱託員が集めた分でございますので、横領分についてはこれには入っておりません。
委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) それでは、横領した分というのはどのようなことで把握してきたんですか。2年ぐらい前からだというふうなことでありますけれども、これはこれからの税の徴収に当たってもどのような対策をしていくのか、そしてまたどのようなことで発覚してきたのか、そこのところだけお聞きします。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部次長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) 横領分につきましては、昨日総務部長が1枚物の資料でご説明しておりますけれども、総額1,600万円ちょっと過ぎましたけれども、その横領された分に対しまして、昨年の12月27日に一部回収されておりますので、それを各会計ごとに雑入で受けまして、該当する税あるいは延滞金あるいは督促料に振りかえたという経理をしたものでございます。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 横領の関係なんですが、これが発覚したのは23年5月でございました。その後、内部で調査を行い、1,600万円という横領額を確認しまして、監査委員さんにお願いしまして、間違いないということで監査報告をいただいたところでございます。それに基づいて、本人が亡くなりましたので、これまで財産管理人のほうに1,600万円プラス遅延損害金等を請求し、昨年の12月27日にその一部、全額ではございませんが一部配当されたと。残ったものは、この決算書にもあるいは監査意見書にも出ていますが、840万円ほどですか、まだ不足額として残っています。これに遅延損害金をプラスした900万円ちょっとですか、これを昨年ですか、今度は身元保証人に不足分を請求しているという状況です。
 それで、決算の処理としましては、1,600万円全て納税者の保護という観点から現金はないんですが、全て納入済みという処理をしています。ですから、決算書上は840万円ほど不足ということになっています。それを見本保証人からいただければゼロになるんですが、それを今裁判のほうで請求して、返してもらうようにお願いしているところでございます。この表を見ていただくとわかるんですが、一番最初に説明したものですね、844万円ほど配当がありまして、現時点では(「対策」の声あり)対策。
委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 私としては、1年目、2年目のときは何十万円の話であって、その3年目に1,600万円以上恐らく集めたと思うんです、1人。そのくらいのお金が集まるものだろうだろうかと俺思っているの、1人で。今なぜこれを聞いたかというのは、4人で1,600万円だよ。それを1人で1,000万円以上のお金を、税収を集めてくるということは並のことではないの。それが本当のことかと。死んでしまったからわからないんだけれども、これは大変なことなんですよ。俺これを言おうとしたんです。ただ、それを言っても何ともならないかもしれないけれども、ただこれ市の責任も非常にあると思う。だから今後の対策はどうですかと、それを聞いてるだけ。書いてよこされたのは、これを見ればわかります。それだけで時間なくなるんで、簡潔にお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) この横領額の確定に当たっては、内部でもそれぞれ納税者のほうに訪問して聞き取りをした中で裏づけをしながら1,600万円確定しておりました。そういうことからして、この額をもとに今まで作業を進めてきたところでございまして、現在も身元保証人のほうに全額の請求をしているところでございます。
 今後の対策としましては、今回のケースのうまくない点を全部洗い出しまして、そうしたことが起こらないような形の中で現在やっております。こうした結果が今後も起こらないように、それぞれチェックしながら進めてまいりたいというふうに思っております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 成果説明書の34ページの3細目、広報広聴費でございます。次のページ、35ページの5番、「出張市役所を開設し、団体等の要請により職員が出向いて担当業務を説明した」ということで、3回行われておりまして、この一番上の綱木親和会というのは私の地元の自治会で、私も役員をしておりますので参加をさせていただいて、勉強会ということで開催しまして、大変いい内容であったと思っております。それで、結局3回しか開催されていないんですね。うちの自治会でなぜ開催したかといいますと、自治会の役員の中に現役の市役所の職員、あと市役所職員OBもおりますので、こういった形で呼べますよということでやったんですけれども、恐らく各自治会とか市民の方もこういった形で出張市役所できますよということ自体がもしかして余り知られてないのかなという感じもしております。これは本当に大変いい取り組みだと思いますし、予算的にも余りかからないと思いますので、この辺あたりしっかりPRしていただきたいと思いますけれども、この辺現状はいかかでございましょうか。伺います。
委員長(伊藤吉浩君) 市長公室長、神田雅春君。
市長公室長(神田雅春君) それでは、出張市役所についてでございますが、なかなか取り組んでいただける団体が少ないということでございますが、一応周知の方法といたしましては、24年度は広報の4月20日号の2面に、43ほどのメニューをやっておりまして、そのメニューと概要について、そして担当課ということで、広報させていただいておりますし、そのほかにFM、ホームページ等も使って広報、周知をしているところでございますが、なかなか底辺のほうまで行ってないのかなということで考えております。もう少し周知の方法等も工夫をしながら、今後利用者がふえるように努めてまいりたいと思っております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 午前中にも出ましたけれども、税外4債権の問題なんですけれども、成果説明書の100ページということで、ここには「一元管理が可能となり、効率的な徴収業務を行うことができた」と、大変評価するような表現でされているんですけれども、その変更した理由が午前中にもいろいろ説明あったんですけれども、なかなか納得できないところもあるんですけれども、そこで次にお聞きしたいのは、この4債権の現場での徴収は一体具体的にどうなっているのかということです。全て聞くと時間がありませんので、保育料と学校給食費の2点についてお聞きしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 保育料は3款の場で質疑していただければありがたいんですけれども。給食費も10款のほうで、ひとつよろしくご協力お願いします。
 そのほか、質疑はございませんでしょうか。佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) それでは、成果説明書のほうでいきますと44ページ、入札参加の関係ですけれども、平成25年度、26年度の競争入札参加の資格の申請の受け付け登録が24年度にあったようでありますけれども、これを見ますと市内業者あるいは準市内業者と県内、県外業者を見比べますと、市内、準市内と比べてそれ以外が約4.6倍ぐらい件数が多いんですけれども、これは震災関係、建設工事あるいは建設関連業務のほうはある程度いたし方ないところもあろうかというふうに思いますけれども、その下の2つ、物品の製造販売あるいは役務の提供、これに関しても市内と準市内の業者、あるいは県内、県外の業者を見比べますと、これも約4.3倍ぐらい市外のほうが多いわけですね。そういったことで、これから入札、これからというか今もやっているんでしょうけれども、入札参加の資格はあるんですけれどもこの入札の枠組み、特に物品の製造販売あるいは役務の提供の関係ですけれども、やはりこれは原則市内業者でできるものは市内業者にということで、この入札に参加の方法、どういった考えで、全て受け付けして、登録した業者全てにまずもって案内を差し上げて入札に参加してもらうものなのか、その辺をお聞きいたします。
 続きまして、60ページの地域審議会、先ほどから出ておりますけれども、「地域の課題について審議を行い、市民の声を政策に反映させるため、延べ11件の意見を市長へ提出した」というふうにあります。この11件の市長への意見の提出、この取り扱いですね。その後の流れ、この意見に対する対処などはどのように現在なっているのか、その点をお聞きいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 契約専門監、菅原輝吉君。
契約専門監(菅原輝吉君) 市内業者への指名等でございますけれども、工事も含めまして基本的に市内の業者で十分に受注が可能であるという場合につきましては、全て市内業者を優先して指名してございます。中には金額によりまして7社以上とか、あるいは10社以上を指名するという基準もございます。これに遠く及ばない場合は、準市内あるいは県内の業者の方に拡大して発注しているという案件もございます。
 参考までに、委員から今ご指摘いただきました業務と物品でございますが、平成24年度、業務につきましては329件の契約実績がございますが、このうち49件が市外で、残りは市内の業者という実績でございます。同じく物品につきましては、123件の契約実績がございますが、このうち市外については7社でございます。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) それでは、私のほうから地域審議会についてお答えをさせていただきます。
 地域審議会におきましては、合併以来、平成17年から昨年まで合計で290件ほどの意見を頂戴してございます。24年につきましては、お話のとおり11件ございました。各町域で審議会を開催されて、その後にその審議会の中で解決する事案もございますが、例えば本庁サイド、各部に対しての意見を求める場合もございます。それは意見書となって当課、市民活動支援課のほうに提出をいただくようになってございます。当課に提出をしていただいた後は、各課にその意見を回しまして、各課もしくは各部から回答をいただきまして、それを各総合支所が事務局になってございますので、そちらのほうに回答書を渡してございます。ただ、もちろん1回で解決しない場合もございますが、あとはさらにその地域審議会の中でご相談もしくは審議をしていただいて、例えば各部の担当者であったり、各課の担当の者が直接審議会に赴いてご説明をさせていただく、このような場合もございます。以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) 大体地域審議会の流れはわかりました。
 それと、入札関係はやはりその流れでやっていただければというふうに思います。
 この地域審議会の件、この成果説明書では11件の意見、これは恐らく意見書として市長へ行ったと思いますけれども、その11件全部聞けばいいことですけれども、時間がちょっとないもので、この11件の中に豊里の地域審議会の意見で何か入っているのがあればお聞かせをいただきたいと思いますし、なければないで結構でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 豊里総合支所長、及川一夫君。
豊里総合支所長(及川一夫君) 豊里審議会で、平成24年度の第3回目で市のほうに意見を出すということで、実際出しております。1件目は防犯灯の整備ということで、駅前付近に今震災の関係で新築住宅が随分建っているということで、その辺が少し防犯灯が少ないということで、防犯灯の設置要望を出しております。
 2件目につきましては、豊里保育園が老朽化しておりまして、今後建てかえも考えられるということがありまして、今国で行われております幼保一体の関係、これについて登米市のモデルケースとして幼保一体施設の整備を促進されたいということで出しております。
 3件目は、平成22年3月に整備をいたしました豊里公民館、複合施設でございますが、これについて当初中ホールというホールがありまして、移動式観覧席が一応計画に入っておりましたが、平成19年の後半から鉄の価格高騰によりまして仕様書から外れました。そういうことで、今後移動式観覧席と音響について設置をお願いしたいというのが3点目でございます。
 それぞれ担当部局のほうから回答が寄せられておりまして、前向きに検討するということになっておりまして、これについては今現在関係課と協議をしている最中でございます。
 終わります。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) 説明書の59ページの交通対策費でございますが、運行にかかわる経費ということで内訳をここに掲示してございますが、委託料、運賃収入をプラスして運行経費というふうな表示でございますが、私ども単純に考えるならば運行経費は委託料マイナス運賃収入というふうではないのかなと考えられますが、この辺はどのような何でご説明いただけるんでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) それでは、お答えをさせていただきます。
 今お話ししていただいたように、基本的には年度で契約3カ年なんですが、契約をさせていただいているところです。その契約の額の中で、表記が若干ご指摘のとおりかもしれませんが、総体的な運行経費を算出して、そこから年間で運行収入、皆さんが乗っていただく100円でございます。その合計の収入を差し引いて委託料というような形になりますので、おっしゃるとおりこの成果報告書には運行経費ということでA足すBが運行経費というような捉え方をさせていただいていますが、中身的には委員おっしゃるとおりの中身でございますので、大変申しわけございません。
委員長(伊藤吉浩君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) では誰にでもわかるように、これだけの経費がかかって、差し引いた額を委託料にするんだよというふうな、どなたが見ても一目瞭然な表示がしかるべきと思うんですが、いかがでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) 大変申しわけございません。次回のこの部分については訂正をさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 質疑の途中でございますが、ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午後2時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時09分
委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 沼倉委員、工藤委員の答弁に答弁漏れがあったようでございますので、答弁よろしくお願いします。人事課長、大森國弘君。
人事課長(大森國弘君)工藤委員からご質問いただいておりました件でございます。21名から15名に減少して、その6名はどうなったかということなんですけれども、2名が退職されて、あとは職場復帰されております。以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) それでは、地域審議会の設置に関して答弁が漏れましたので、お答えさせていただきます。
 地域審議会におきましては、「市町村の合併の特例に関する法律」、こちらに基づきまして、設置する場合は合併関係市町村が協定を結びます。その中で、合併関係市町村の協議によって設置をする、このようになってございますので、条例をもって設置するということにはなってございません。ただ、その際、登米市の場合は「地域審議会の設置に関する協議書」、9つの町で協議書を整えてございますが、こちらの第1条でもって各地域に地域審議会を置く、このようになっておりますので、よろしくお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。(「関連」の声あり)関連。はい。沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) わかりました。そうすると、もう一度確認します。この協定書に基づけば、平成27年3月31日で終わるというふうになりますので、そうするとこの協定書どおり地域審議会については来年度で終わるというふうに解釈してよろしいんですね。
委員長(伊藤吉浩君) 市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) はい。そのとおりでございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) 24番です。
 決算書の79ページ、80ページです。交通安全対策費の予算でございますが、交通安全のほうが不用額586万8,000円出ております。特に旅費が大幅に残っているわけでございますが、これはどうしてこのような予算になったのか、過大見積もりであったのか、事業が中止になったのか、その辺をお願いします。
 それから、同じく次の防犯対策費でございますが、これも需用費がかなり不用額になっております。この点も同じように見積もりのあり方、それから事業のあり方について、まずこの決算書からお願いします。
 それから、あわせてお伺いしますが、交通安全対策についてでございますが、成果のほう、93ページを見ますといろいろと整備をされております。この整備をする場合、どのような形で進めているのか、例えば交通安全事故防止対策ということで、こういう整備を行ったというふうなことで書いてありますが、まだまだ私たちから見れば危険な箇所がたくさんございます。特に、先ほど我が地域審議会から出ておりました駅前の防犯灯というふうなことでございますが、前向きに検討しているということでございましたが、私は駅前だけでなく、今道路が開通しようとしております、二ツ屋バイパスですか。県道になっていますが、あれに続いた街路灯も、防犯灯もなんですが、そういう交通安全面での整備が全然なされておりませんので、その辺も含めた中で検討されているのかどうか、それをお伺いします。
 それから、防犯のほうなんですが、防犯隊の業務内容、具体的にお聞きいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 順次答弁願います。市民生活課長、金野金一君。
市民生活課長(金野金一君) 交通安全対策費の旅費の不用額が多いということでございます。これにつきましては、指導隊の出動費の予算を5,700人で見ておりましたが、決算では4,553人ということで、イベント等の出動が少なかったのかなというふうに考えております。
 それから、防犯対策費の同じく需用費109万6,000円が不用額ということですが、これは防犯灯の電気料63万円が不用額ということでございます。
 それから、施設の整備の方法ということでございますけれども、これは年度初めに総合支所のほうから要望がございまして、支所と建設部と当課と、あわせて現地調査を行いまして優先順位を決めまして、それによって整備しているところでございます。
 防犯指導員の業務内容でございますけれども、成果説明書94ページにございますとおり毎月の定期パトロールや、イベントへ出て地域の防犯、見回りですね、これをしておるというところでございます。
 以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) それでは、まず不用額のほうから。旅費が余ったのは指導隊の出動人数が少なくなったというふうなことなんですね。これはいろいろあると思うんですが、この金額から見ますとちょっと過大見積もりというふうな解釈を私はしております。やはりこっちの防犯対策費のほうも同じなんですが、適正な見積もり、こういう現場の部分ですから、しっかりした見積もりを出していただきたいというふうに思っております。
 それから、交通安全対策のほうの整備は、いろいろと年度初めに支所から上がったものというふうなことでございましたが、年度初めだと遅くございませんか。新年度の分はもう12月に入れば予算の調整が行われるわけですから、前もってやはり把握すべきだと私は思います。それで、優先順位ということでございますが、例えば豊里の今度新しくできる道路のところ、本当にあそこは通るようになったら大変危険だと思うんですよ。もうしっかりと計画を立てて、県道になりますから県との調整も出てくると思うんですが、市としてやっぱり安全対策をとらないとだめだと思うんですよ。この点、もう一度お聞かせください。
 それから、防犯隊の方々、本当にボランティアの部分が大分あると思うんですが、パトロール、見回り、私たちはいていただくことで安心なんですが、何か地域の方々とはちょっとかけ離れたような、そういう存在に見えるんですね。指導隊は子供たちを誘導したりして接点があるんですが、その辺あたりはどうなんでしょうね。もう少し市民が安心できるような、制服はとても立派で、お巡りさんと間違うような制服でございますが、もう少し市民との距離が縮まるような、そういうふうな存在であってほしいなと思うんですが、いかがでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 市民生活課長、金野金一君。
市民生活課長(金野金一君) 予算のほうは、今後に向けてしっかり精査して、予算計上したいと思います。
 それから、豊里地区のお話でございますが、今後現地調査して、対応してまいりたいというふうに思います。現地調査の時期でございますが、できるだけ支所から要望があって、緊急性が高いというものについてはその都度行うように努めてまいります。
 それから、防犯パトロールの地域とのつながりが少ないのではないかと。確かに交通指導隊と比べますと、地域や子供たちとの触れ合いは余り見られないような感じがします。地域のイベント等については一生懸命出ていると聞いておりますが、今後防犯指導隊員と協議してまいりたいと思います。
 以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) それでは、課長よろしくお願いします。
 この点について、部長からもしっかりと聞いておきたいと思います。部長、同じ町内のことですから、二ツ屋バイパス、あの部分をよくご存じだと思うんですが、支所から要望が上がったら早目に現地調査するというふうなことでございますが、要望でなくて、部長みずからあそこに行ってみて、やっぱり前向きに早目に対策を講じないと、本当に安全とは決して言いませんよ。子供たち結構、新しい、震災であそこの団地がいっぱいになりまして、割と子供を抱えた若い方々が住んでいるんですね。ですから、子供たちの通学にしても、横断するにしても、やはり横断歩道もないし、それから夜になれば真っ暗というふうなことで、早くあそこを対応していただきたいというふうに思います。ですから、部長のまず即断と申しますか、しっかりした答弁をお願いします。
 あと、防犯隊の方々、よく話し合って、もう少し、ただ見回りするにしても情報をキャッチしながら、子供ばかりでなくて大人の方も出ていますから、最近変わりないですかとか、何か声がけする程度のものがあっていいんじゃないかと思うんです。ただぶらぶら歩かれても、何か……、失礼しました、本当にそういう雰囲気に皆さんとっておりますので、やっぱり情報を収集して見回るということも大切だと思いますので、その点もしっかり対応していただきたいと。今後改善できるものだと思いますので、要望しておきます。
 では、部長よろしくお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 当部で所管しておりますいわゆる交通安全施設、それから防犯施設につきましては、今委員ご指摘のとおり豊里のみならず去年から沿岸部等からの住宅の新設等がございまして、加賀野地区についても同じような現象になってきております。私自身も加賀野も豊里も含めて現地を夜の段階で確かめたりもしてございますので、必要性のあるところについては、予算の制約もございますけれども、緊急性を鑑みまして、早急に整備を進めてまいりたいというふうに思ってございます。
 それから、防犯指導隊につきましては、やはり発足して交通指導隊よりも歴史が浅い面もございますが、基本的には制服姿を見ることで犯罪の抑止になっている部分もあるかというふうに思ってございます。当然見回るところで気軽に声をかけていただくことも犯罪の抑止につながるというふうに思いますので、ぜひ防犯指導隊の隊長さん方の集まりの中でそういう面についても啓発を図っていきたいというふうに思ってございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) これで質疑を終わります。
 1款議会費、2款総務費の質疑を終わります。
 ここで説明員の入れかえのため、暫時休憩いたします。
          休憩 午後2時25分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時28分
委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、3款民生費、4款衛生費について、質疑を行います。質疑はございませんか。岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) ちょっと1点だけ確認したいと思います。
 成果説明書174ページ、AEDの使用料及び賃借料とあります。ここに2行目から自動体外除細動器、15カ所で19年度分19万5,000円から始まって、そのすぐ下、15カ所24年度更新分、設置と更新で違うので金額が違うのかなと思います。ただ、20年度設置分、13カ所で103万円、その2段上の15カ所で19万5,000円、この違い、どうなんでしょう。リース料となっていて、ちょっとここ理解できないので、この説明をお願いしたいと思います。
 また、AEDの設置ですけれども、公共施設、体育施設に置かれているのはわかります。ただ、学校等夜間閉まる施設がほとんでございます。体育館にしろ学校等にしろ、夜間の分、もし必要なとき簡単にというか利用できるような措置、どのように考えているのか。
 もう1つ、リースと買い取りというか購入、何ぼくらい違うのか、そこのところをお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) それでは、ただいまのAEDのリース料それから設置料金の差額についてということでしたので、お答えしたいと思います。
 AEDにつきましては、平成18年度から設置開始いたしまして、その当時1台当たりのリース料についてはかなり高い単価でしたけれども、その後、更新時期に当たりまして、月額の料金が1台当たり安くなっております。ちなみに、19年度は1台当たりの月額料金につきましては6,514円、24年度リース分に当たりましては月額2,940円ということになってございますので、これだけの差額ということで生じているわけでございます。
 それから、夜間の使用についてということでございますが、現在60の公共施設にAEDを設置してありますけれども、市で設置してある分については53基となります。53基につきましては、おおむね公民館、それから各小中学校ということで、お話ありましたとおり小中学校につきましては設置場所によっては夜間の使用は現在できないような状況になっているかと思いますので、その辺につきましては再度確認いたしまして、対応を検討していきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
 金額でございますけれども、1基当たりの購入金額は28万円となります。ただ、買い取りになりますと機器のメンテナンスとか、それからバッテリーの補充とか、その辺がこのほかに別途かかるようになりますので、購入価格以上にはなろうかと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) ここからは、今後に向けて提案したいと思います。市ではさまざまな事業所、あとはコンビニ等でも災害拠点等結んでいるかと思いますが、私はぜひ夜間、24時間利用できるコンビニのほうにこのAED設置、協定できないかなと常々思っております。検討なされるかどうか、お願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) コンビニのほうへの設置ということでございますけれども、現在各事業所のほうでAEDの設置ということで健康推進課のほうに申し出がありました分につきましてはホームページ上で公表ということで、53基と合わせまして141基についてはホームページ上で公表しております。その中に、各会社、それから医院、商店ということも含まれておりますので、ご了解いただきたいと思います。市内のコンビニ全部への設置につきましては、検討させていただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) 141ページの緊急通報システムですね。これは、実績では現在335台、ひとり暮らしの高齢者世帯にあるわけですけれども、対象者は市内に何名ぐらいいて、そしてこの台数というのは何割ぐらいなのか、まずそれをお聞きしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 答弁を求めます。長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 設置対象者数と設置率ということでございます。高齢者世帯を対象としてございます。高齢者世帯、4,017世帯ということでございます。設置率につきましては8.3%という現在の状況となってございます。以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) この緊急システムは、ひとり暮らしでもさまざまな度合いというのがありまして、まだまだそういうのは必要ありませんよ、あるいはこういうのはあってもいいなという方、かなり温度差があると思うんです。私は、これは市長の政策かと思うんですけれども、一人世帯の方というのはやっぱりその世帯以外の地域とか家族から見れば、万が一何かあったときにすぐ緊急通報するシステムがあれば、遠くに行っている家族も、あるいは近くに住んでいる方もすごく安心なんですね。これはボタンを押さないことに越したことはないんですけれども、これが一つの精神的な不安の解消だと思うんです。ひとり暮らしの世帯が4,017でありますけれども、この中に対象となる方、ひとり暮らしでなかなか日常、普通の行動ができていない方もかなりいると思うんですね。そういう方々に、やっぱり私は全てこのシステムを配置してもいいのではなかろうかと。実際そういう一人世帯が4,017なんですけれども、その中でこの通報システムを実際に配布したい家庭は何件くらいありますか。
委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 高齢者世帯数が4,017でございます。ひとり暮らし世帯の方につきましては2,070世帯ということになるわけでございます。このうち、幾らぐらいの方が必要としているのかということでございますが、民生委員さん初め地域の皆さんのご意見等を踏まえながら、現在設置をしているわけでございますが、その結果として現在335台ということでございます。
 実際にどれくらいの需要があるのかという部分につきましては、ひとり暮らしの方であっても、健康ぐあい含めていろいろあろうかと思いますので、そこの部分についてはその状況、状況に応じた中での設置ということになっていくというふうに思います。市としましては、必要な方については設置をしていくということで、そういうスタンスでおりますので、よろしくお願いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) 私の知っている範囲では、もっともっとおりますので、もっと積極的に、来るのを待っているという感じでしょう、要望があれば設置する体制ですので、もっと民生委員さんとか総合支所の方々に歩いていただいて、こういう制度を使ってくださいと、そうすればおのずと皆さん安心するんですから、それをぜひやっていただきたいと思います。
 それから、先ほどのAED、私どこかでも話したことがあるんですけれども、肝心の夜間、昼間はよろしいですよ、人の動きがありますから。夜間になりますと、今コンビニにつける方向なんですけれども、わざわざコンビニまで行かなければならないんですね。その間にどうなりますか。それで、去年ですか、各町内会、行政区に全て防災グッズをそろえましたね、30万円上限で。そのように、各区長さんのお家にこれを配置して、そして地域でばたっと倒れたらすぐAEDだなと知らしめて、区長の家に行けばありますよと、そういう安心感を与えていただきたいと思うんですね。いわゆる住宅の密集地とか、町場というんでしょうかね、そういう範囲で考えていますから、夜間の支所とかコンビニとかそういう考えなんです。市内はご存じのように一部ですからね、そういう住宅密集地というのは。あとはこの辺でいえば在、そういう地域の視点から見れば、当然欲しいんです。私はこれ市長の政策かと思うんですけれども、やっぱり各区長さん、300人ぐらいいるんでしょうか、どうせやるなら各区長の家に行けばある、そのためにいろいろと動きがあろうと思いますけれども、これはぜひ考えていただきたいと思いますよ。コンビニも大事、区長さんの家も、その区域に1台、これはぜひ考えていただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 緊急通報システムの事業の周知につきましては、ただいま委員からお話をいただいたような形で、今後ともなお一層民生委員さん等の会議を含めて周知を図りながら、必要とされている方々にご利用いただけるように取り組んでまいりたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) AEDの設置の考え方でございますが、当初18年から整備を始めた時点では公費で、いわゆるリースで設置するのは民間に先駆けて市で誘導的な意味もございまして設置した面がございます。その後、民間の方々のご理解もありまして、先ほどお話ししたように140カ所以上に及ぶ設置が進んでございます。どの範囲にどうあればいいかということもあるかと思いますし、設置についての考え方をリースの更新に合わせて整理したいというふうに思ってございますので、今委員からご指摘いただいた点についてもその際に検討してまいりたいというふうに思ってございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 成果説明書の134ページ、この1点だけなんですけれども、福祉タクシー券利用助成があるんですけれども、毎回何回も質問しているんですけれども、なかなかいい回答をもらえなくているんですけれども、これは高齢者の方が主に病院などに行くときに利用するタクシー券だと思うんですけれども、やはりその後も障害を持つ子供のお母さんたちから、ほかの市町村と同じようにこのタクシー券とガソリン券、両方使える制度にしてほしいという声があります。前、何回か質問したときにはガソリンスタンドが大変だとか、この間は当事者が使っているのか確認できないからというような、そういう理由だったと思うんですけれども、その後どう検討されているか。両方使える制度になる見通しはないのか、その辺お願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、菊池治美君。
生活福祉課長(菊池治美君) タクシー券のほかに、自動車の燃料費関係でございますが、前回検討するということで、その後県内で実施しております市町村の状況を今お聞きしておりまして、今後前向きに進めてまいりたいというふうに考えております。
委員長(伊藤吉浩君) 工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 前向きにということは、実施する方向で考えるということですか。もう何年も私何回も質問しているものですから、やっぱり今から新たにつくる制度でないので、今ある制度の中で本当に利用したくても利用できないでいる、そういう方たちがいるので、ぜひ実施の方向で考えていただきたいと思うんですけれども、もう一度お願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 福祉事務所長、千葉幸毅君。
福祉事務所長(千葉幸毅君) 福祉タクシー券の利用、これについてはなかなか利用している方が少ない、また病院に障害をお持ちの方が行く場合に、その交通の燃料費等の補助なども必要だというようなことで、前々から委員からご指摘、お話をいただいておりました。今課長が話したとおり、この燃料費の助成につきましてはことし生活福祉課のほうで一応検討させていただいて、実施の方向で今検討させていただいているということで、ご理解をお願いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 成果説明書の150ページから156ページあたりの、保育所のいわゆる待機児童というのは24年度には何人かいたのかどうかお聞かせください。
委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、小野寺千秋君。
子育て支援課長(小野寺千秋君) 保育所の待機児童の関係でございますが、平成24年4月1日時点では国の基準の待機児童は16名ということでございました。よろしくお願いいたします。
 大変失礼いたしました。ただいま申し上げましたとおり、年度当初は16名でございましたが、年度後半に来ましてどうしても途中入所の方で待機される方がおりましたので、最終的には20名程度の待機になったかと思います。よろしくお願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) よろしいですか。そのほか質疑はございませんか。氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 成果説明書167ページでございます。生活保護の関係です。登米市内、生活保護の受給世帯数でいえば517世帯、人員は670人であり、約10億円が使われているというような状況であります。最低限度の生活を保障するとともに、そして自立をするよう助言活動を行うということでございますけれども、日々議員活動などしていますとよく言われます。情報をいただきます。「あの人、生活保護いただいてるのに、車に乗ってるよ」とか、例えば遊技場で遊んでいるでありますとか、そういう情報をもとに調査するものなんだろうかということを思うとともに、生活保護受給者が面談等を通しながら実際自立を促したことはあるのかなと。要するに卒業させたことはあるのかなと。その部分についてちょっとだけお伺いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、菊池治美君。
生活福祉課長(菊池治美君) 生活保護を受給されている方に対する自立の考え方でございますけれども、援助の方針ということで、実態調査、アセスメントというような形で呼びますけれども、行いまして、それぞれの方々に援助の目標方針を立てて、例えば障害があれば障害年金の受給等についての検討とか、それから病気があれば診断書をお医者さんのほうからとりまして、就労が可能なのか、可能であればハローワーク等と一緒に事業所を探したりというふうなことで援助して、自立に向けて進めているというふうなことでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) ですから、これまで何人そういうふうに自立に向かわせたことがあるのかと私は聞いているのでありますので、その部分もしっかり答えていただきたいと思います。
 それから、生活保護費の支給方法ですか。これは振り込みですか。
委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、菊池治美君。
生活福祉課長(菊池治美君) 167ページの中にもございますけれども、廃止件数64件になってございます。この中で、死亡された方がかなり多いわけでございますけれども、その次は就労を開始された方等がございます。現在、就労を開始されて停止されているという方も3名ございますが、合わせますと7人ぐらいが就労開始というふうになってございます。
 それから、支給方法でございますけれども、現在は振り込みのほうがかなり多くなってございまして、あといろいろな都合で窓口払いということで支所のほうでお支払いするという方と2種類ございますが、振り込みのほうが多くなってございます。
委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 生活保護の支給方法なんですけれども、自治体によっては面談も兼ねながら役所のほうに取りに来ていただくといいますか、そういうふうにしているところもあるやに聞いていますので、登米市の場合は振り込み、そして窓口でお渡しすると、両方あるようですけれども、今後ともこれは一度もらったら一生物ではなくて、基本的には先ほど課長おっしゃるように仕事を見つけていただいて卒業していってもらうという流れのものであると私は思いますので、これからも大変でしょうけれども頑張っていただきたいと思います。終わります。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 先ほど聞きました156ページの保育所のことなんですけれども、今8つの公立保育園、保育士さんが合わせますと129人、括弧書きの中にある非常勤の方が73人と半数を超えている状況ということで、教育民政でもちょっと現場を見させていただいたとき、募集してもなかなか保育士さんが集まらないということなんですけれども、そういった意味での充足状況というのをまず一つ、どういう状況になっているのか。
 それから、今回補正で市立保育所の待遇改善ということが出たわけですけれども、こういった意味での待遇改善というのは考えられているのかどうかお聞きしたいと思います。
 それから、2点目なんですけれども、先ほど質問しましたけれども、保育料の徴収の問題。平成24年度は一元管理ということで収納対策課が徴収していたということなんでしょうけれども、25年度は途中で変更されたということで、今現在保育料は徴収に関してどういう方がどういう方法でされているのか、ちょっとそれをお聞きしたいと思います。
 それとあわせて、人数ちょっと見てないんですけれども、どれぐらい徴収の中でカバーしているのか、全ての方に対応していけるのかどうか、それをお聞きしたいと思います。
 それから3点目に、189ページの火葬場の運営のことでちょっとお聞きしたいんですけれども、特に豊里地域は石巻の火葬場を使う例が多いんですけれども、業者さんに聞きますと夜間の利用申し込みがなかなかこちらではできないということで、石巻とか涌谷は夜も対応しているということで、そこら辺何とかならないのかなとよく業者さんに話を聞くんですけれども、そこら辺の改良というか改善については検討されているかどうか。
 その3点についてお聞きしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、小野寺千秋君。
子育て支援課長(小野寺千秋君) それでは、保育士の関係でございますが、確かに委員ご指摘のとおり保育士を確保するのが今大変な状況でございます。ただ、運営の国の基準がございますが、その基準は充足するような形で確保してございます。どうしても足りない分につきましては資格のない方にお手伝いをいただくというような形で、別途非常勤の方をお願いして対応しているというような状況でございます。
 それから、保育士の待遇改善につきましては、今度の補正予算で民間の分につきましては国の財源を活用させていただいて処遇改善の事業を行うことにしてございますが、公立の分の特に非常勤職員でございますけれども、人事課のほうには各自治体の非常勤の保育士等の報酬等の情報は常に提供させていただいております。
 それから、保育料の関係でございますが、現年度分につきましては年々徴収率が上がってございまして、特に24年度につきましては99%を超えるような状況でございます。過年度につきましても20%を超えるような状況で、前年度と比較してかなり高い収納率を上げておりますけれども、特に当課といたしましては保育所の、特に公立の部分でございますけれども、各施設長の協力を得ながら呼びかけと相談等を毎月行ってございます。それから、年度末につきましては福祉事務所の管理職を中心にいたしまして集中的な徴収週間といいますか期間を設けまして、徴収するような事業を行ってございます。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) 火葬場の運営でございますが、現在火葬場の運営につきましては仮予約を受け付けているところでございます。ファクスで仮予約をしていただいて、その後に死亡届け出を出された時点で正式な受付をするというような対応をとっております。
 夜間につきましては、これからもう少し検討させていただく状況にあるというところでございます。
 それで、利用件数につきましては、豊里、津山地区は以前はかなり利用率が悪い状況でございました。平成20年度を見ますと、豊里、津山地区だけ見ても171件中19件と、11.1%の利用率でございました。現在は、24年度の実績を見ますと届け出が152件中利用件数が55件、36.2%ということで、3倍程度まで伸びてきているところでございます。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 火葬場のことなんですけれども、ここの夜間の対応というのは今具体的にどういうふうに考えられているんでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) 受付体制が一番だと思います。その辺、火葬場、斎場のほうで業者さん方と定期的に意見交換をする場を設けてございます。その中でもいろんな意見を取り入れながら検討していければと思いますので、よろしくお願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 質疑の途中でございますが、ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午後2時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時08分
委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 星 順一委員、相澤吉悦委員から早退の届け出があります。
 質疑を続けます。沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 成果説明書の143ページの敬老事業費についてお尋ねいたします。これは前にも議論があったと思いますけれども、敬老祝い金についてお伺いします。
 この3,229万円が多いか少ないかは私もよくわかりませんけれども、ただ近在の市町村ではこの敬老祝い金についてはやはり見直して、在宅福祉だったり、別な施設に対する、いろんな高齢者に対するほうにお金をかけるべきだということで、登米市でも老人施設を充実させているという経緯があります。そういった中で、この敬老祝い金についての見直しの考えがあるかないかだけお尋ねいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 常任委員会のほうでもお尋ねがございましたので、私のほうから答弁させていただきます。
 委員のほうからもお話ございましたとおり、高齢者人口は毎年ふえてございます。この敬老祝い金につきましても、合併当時2,000万円台でございましたが、もう既に3,000万円を超える状態になってございます。今後もふえる見込みでございますが、このあり方について周辺の市町村の状況を見させていただいて、見直す方向でいきたいというふうに思ってございます。よろしくお願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) そのほか質疑はございませんか。關 孝委員。
7番(關 孝君) 188ページの生活環境費の中から、アメリカシロヒトリの駆除対策についてお尋ねいたします。
 24年度は駆除対策のための備品購入、それから駆除対策協議会だったでしょうか、設置をして、次年度の発生抑制に当たったということでございますが、対策協議会の会長にお尋ねいたしますが、今年度のただいまの大発生の状況を踏まえて、この協議会の目的、その役割は十分に果たせたというふうにお考えか、問題はなかったか、課題はないか、お尋ねいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) お尋ねの点でございますが、24年度から本格的にアメリカシロヒトリ対策ということで会議を設置して、対策に当たってまいりました。実際、発生を見たのは25年度になってからでございますが、24年度の対策の時点でシミュレーションをして、こういう場合はこういう対策をということで検討して、資材の確保だったり駆除方法の検討を行ったわけですが、実際発生してみますと同時というか、面積も含めて、それから発生する木の種類も当初想定したよりもはるかに多い樹種に、いろんな木に発生したということもございますし、それからアメリカシロヒトリだけでなくてチャドクガ等のほかの発生もあったということで、それらにやはり対応が追いつかない面があったということでございます。駆除方法について、BT剤等環境に配慮したような薬剤の購入も進めて駆除したわけでございますが、片方ではその時期によっては効果が弱いというようなこともわかってまいりました。ことしの反省をさらに来年に生かしたいというふうに思ってございますので、ニカキももう終わりの時点に入ってございますけれども、議会終了後含めて来年度の対策に向けて協議会を開催して、検討してまいりたいというふうに思ってございます。
委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) このことについては、一般質問あるいは議会の中からも緊急な対策が必要だというお話を申し上げておりましたが、対策協議会の特徴は登米市だけではなくて県、国等、あるいはその対策協議会の中での挨拶の中では「場合によっては近隣市町村とも連携をして」というふうなお話でございました。しかしながら、現状として具体的に申し上げますが県道、国道沿いの桜の木とか、例えば佐沼西舘地区から398号線、七日市場というんですが、桜の木、それが前回も指摘していましたが、ことしも丸裸で、今木が枯れているように見える状況になっております。県のほうに問い合わせました。「県ではどのような対応をしているんですか」とお話ししましたら、「県では特に何もしておりません」というお話でした。対策協議会の一員として、「市と連携をして、市で対策を講じるんじゃないんですか」とお話しした途端に、「市ではどういう対応をしているんですか」と言うから、初期には切り落としてということでの処理、あるいは拡大すれば薬剤の散布等ということで行っておりますというふうなお話をしたら、それでは早速これからというふうなお話でございました。いよいよ時間がたつにつれて、全部葉っぱがなくなってしまいました。そうしたら、県では慌てて「散布をしたいと思ったんですが、ところが長雨だったので散布ができないでいました」というお話でした。それから電話が参りまして、対策協議会のほうが開かれて、参加をしたら、薬剤の散布をするということに対して問題があるので、県のほうでは検討し直しますというふうなお話でした。ということになってまいりますと、せっかくタイムリーな対応をお願いするために協議会を設置されたり、いろんな対策をとられているというのはわかるんですが、実際問題その認識の違いがあって、ことしも結局それに対応することができなかったということになってしまいました。
 それで、お尋ねいたしますが、登米市としてアメリカシロヒトリの駆除対策の考え方がどこにあるか、市民から見て非常に悩ましいところです。駆除をするのか、放置しておくのか、保護をするのかですね。大変申しわけない言い方をしてわからないんですけれども、薬を振ろうとすればほかにも害があるかもしれないのでできるだけ薬は振らない、長沼フートピア公園も薬剤散布はしない状況でした。だから、全く市としてのこのアメリカシロヒトリの駆除対策の方向性が、市民から見たときに非常にわかりにくい。はっきりしてほしいんです。どのような対策を登米市として講じていくのか、どのような方法でやっていくのか。なぜ1年も協議会を設置して、今の段階になって県では薬剤で駆除しようとしているのがそれをまた考え直すと、今からまた検討しなくちゃならないということになってまいりますと、丸1年何もしなかったということと同じくなってしまいますので、その辺を教えてもらいたいんです。
委員長(伊藤吉浩君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 県、それから河川敷の部分の対応も含めて、ことしそういう反省があったのは事実でございます。我々も県のほうにも再三申し入れをしたところでございますが、具体的な行動につながらなかったということが大変大きな反省になってございます。それについては、先ほどお話ししたように次年度に向けた委員会の中で、今度は実効性の上がる対応をとっていただくようにお願いをしたいというふうに思ってございます。
 それから、基本的な駆除についての考え方だと思いますが、やはり大量発生した時点で気づいて対策をとるよりも、基本的にはさなぎだったり、まだ幼虫にならない段階で捕殺して、枝等を伐採して、それを焼却するのが一番効果的なやり方ですし、それを推進するのが基本的な考え方だというふうに思ってございます。ただ、なかなか高所であったり、大きい木で高いところで切る作業ができないところについては駆除の方法をまた考えていかなければならないというふうに思いますけれども、基本はやはりできるだけ小さい段階でというか、枝を切った段階で駆除できるのを基本にしながら、最後はどうしても全部を捕らえ切れない場合については薬剤による駆除も考えていかなければならないというふうに思ってございます。市民の方々に、不快害虫ということでかなりことしもご指摘をいただきましたし、防除の体制についても各町域、各公衆衛生組合でも取り組みが一様でないところもございました。市民の方々がみずから自分の地域の環境について自分たちで守っていくということで駆除を進めていただいておりますので、その考え方も含めていい駆除の方法を次年度に向けて対応をとってまいりたいというふうに思ってございます。
委員長(伊藤吉浩君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) 1匹の害虫で数百だったでしょうか、多くて800とかというふうなお話も聞きました。放置しておくことによって、それが一方では非常に拡大している現実があります。南方の千本桜も、半分ぐらい葉っぱがもう既になくなっておるような状況です。市としてどうするのか。自然を大切にして、桜を食べられてもそのまま放置しておくものなのかですね。このアメリカシロヒトリを駆除して、本当になくしていく方法をとっていくのか、なかなか難しいかもしれないんですが、あとは一方で専門家のほうにお話を聞くと、例えば桜なら桜の幹に薬剤を注入することによって、その桜の葉っぱを食べに来た害虫だけが駆除されるという、ほかには全く影響のないような、少し薬剤は高価になるそうですが、そういったものもあるそうなんです。だから、昨年のうちに十分協議をして、それの対策に当たってくださいというようなお話を申し上げて、その結果さまざま機材をそろえたり取り組んでいただいたことに対しては感謝いたしますけれども、やはり県と連携するんであれば県のほうにも河川敷の支障木の伐採を、発生してからじゃなくて最初に支障木を伐採していただくとか、そういうふうなお願いをするとか、もう少しきめ細かな対応をぜひとっていただきたいと思いますが、市長の考えだけお尋ねします。
委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 本当に細かく気をつけていたとしても、また再度発生するというような状況もあって、なかなか本当にこの駆除、対応が難しいというような状況につきましては我々も本当に反省をしながら、今の現状に至っているというふうに認識をしているところであります。そういった意味では、やはりまず市といたしまして、市が管理をする樹木についての注視をしながら、しっかりとした対応を図りながら、市民の皆様にもその取り組みについて啓発、啓蒙を含めてご協力をお願い申し上げていきたいというふうに考えているところであります。また、国、県等の河川や道路沿いの樹木等の管理等につきましては、もちろん我々が注視をしながら、そして情報の提供も含めて連携をとれるような取り組みをぜひ進めていきたいというふうに考えております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 143ページですけれども、先ほど隣の委員が質疑しました敬老祝い金ですけれども、答弁の中で見直す方向だというようなことを言われました。私、きょう何回も言ったから時間がないから言わないかなと思ったんですけれども、ことしもらった方が「お上からお金をもらった」というふうなことで、いつそれ来ると言われたから、もしかして市長さん来るかもしれないとふうなことで、その日正装に着がえて待ってたんですよ。それで、来なかったというふうなことで、それでもこんなふうにしてもらったとうんと喜んでいたと。そして、「私がここまで生きてきたのはみんなのおかげだ」というふうなことで、家族にこれで刺身食え、何食え、買ってきてくれということでやったと聞いたんですけれども、そんなことでうんと喜んでいるんですよ。奪わないでくださいよ、年寄りから。私はそう思うよ。一人一人の考え方はみんな違うけれども、ただ90歳以上まで生きるということは非常に世の中にさまざまな面で築き上げてきて、そしてまた今まで貢献してきたというふうなことで、どうもありがとうございましたというふうな思いだと思うんですよ、敬老祝い金というのはね。ただ、私の家には90歳まで生きた人は誰もいないから、もらったこともないんだけれども、そのようなことで、これ9町だからこのくらいの人数になるだけの話で、何ぼもいないんですよ。自分の部落を見てみなさい。何ぼもいない。だから、いい方向に見直しと言ったからいい方向に見直しするんじゃないかなというふうに思いますので、よろしくお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 趣旨については今委員お話しのとおり、長寿で該当年齢になるまで健康でお暮らしいただくというのが市としても一番願うところでございますが、見直しの方向についての考え方は、その年齢ごとの、90歳、95歳、99歳以上というようなそういう刻みのこともございますし、それから1人当たりの金額については19年に見直して以来見直ししておりませんが、県内の状況についても再度精査をさせていただいて、この1人当たりの金額についてもちょっと検討させていただくという意味での検討を始めたいということでございます。
 ご案内のとおり、高齢者の人口については年々増加していくことが確実でございますので、限られた費用の中で効率的な予算の執行ということで考えておりますので、それらをあわせて予算の有効利用という観点でもう一度見直しをさせていただきたいなということでございますので、決して制度全体をやめるとかということではございませんので、それについては金額の見直しですとかその刻みの見直し、それからそのあり方について周辺の市町村との比較、検討をさせていただきたいということでございます。よろしくお願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) これから高齢者がふえてくるということですけれども、私たちがなるときが一番多いんですよ。私の新田の同級生は198名ですから、1学年でね。今全部で80人もいないかもしれないけれども。そのようなことで、年寄りがふえてきて悪いのですか。悪くないでしょう。生まれてしまったもの、俺たちは生まれてしまったんだもの。俺たちの次からはまた減りますから、安心してください、そのようなことでね。だから、ふえたから、ふえるからというような話でなくして、生まれてきたんだもの、そして年取ってくるんだもの。申しわけないけれども、そういうことです。
委員長(伊藤吉浩君) そのほかに。佐藤恵喜委員。
25番(佐藤恵喜君) 市長にお伺いしますが、今部長は敬老祝い金、近隣自治体も調査してと。市長、そうすると子供医療費の無料化についても、近隣のことを私ならず多くの議員が紹介しているんですが、これだけ近隣自治体と比較するんですか。ということになるんですが、相澤委員が言ったとおりだと思うので、こういうようなことで行革だとかというふうな頭になるというのはちょっと信じられないので、市長からお伺いしておきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 敬老祝い金という趣旨については、ご長寿をお祝い申し上げるというような趣旨でございます。また、議員の皆様からのご提案によりまして、100歳敬老につきましては合併当初から100歳敬老のお祝いにお邪魔をさせていただいて、励ますつもりが逆に励まされて、いつも帰ってきているのが実情でございます。そういった意味では、やはりご家族の皆様やご近所の皆様がお喜びをいただいている様子、そしてそれが近年では今まで以上にご健康で100歳のお誕生日を迎えられる方が非常にふえてきているというような状況であります。非常に喜ばしいことだなというふうに思っておりますし、また合併以前は例えば旧町域ごとで言いますと、実は米山町は100歳を迎えられた方がいらっしゃいませんでした。ところが、今は100歳以上の方がもう毎年誕生されるというような状況等もあり、そういった意味ではやはり地域の環境も大分よくなってきたのかなと。それから、例えば特別養護老人ホームとかそういった施設に入所されている皆さんについても、やはり以前よりも相当元気な方々が非常に多いというのも特色でございます。そういった意味では、今後ともそういったご長寿をお祝いするという事柄につきましてはしっかりと行ってまいりたいというふうに思います。
 また、要するにそういった中でこの敬老祝い金以外にも実は高齢者福祉の取り組み等についてもさまざま議員からもご提言やご提案もいただいているところでありますので、そういった意味で高齢者のお祝い並びに高齢者福祉をどのような形で進めていくのかというような観点の中での検討は必要なものではないのかなというふうに思っているところであります。決してこれは、議員からご指摘がありました横並びということで検討するということではございませんで、全体的に見た場合の例えば高齢者福祉の取り組みをどのような形で進めていくのかというような視点でぜひ考えていきたいなというふうに思っているところであります。やみくもに例えば経費節減とか、支出を抑制するということではなく、さまざまな諸事業全体としての総合的な効果を高めていく取り組みについてしっかりと検討してまいりたいということで、ご理解をお願いしたいというふうに思います。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに。中澤 宏委員。
10番(中澤 宏君) それでは、179ページ、180ページ、健康診査費についてお尋ねします。
 まずは、昨日健康保険税の特別会計の説明もございました。人が430戸、1,800人ぐらい減っているんですね。5.3%減っていて、むしろ支出は5.4%ふえているというふうなことで、1人当たりにすれば医療費は約2万円、10%、23万円の金額が1人当たりで25万円になったと、1割もふえるということは、すごいことですね。税についても1人当たり1万円ぐらいふえているというふうなことになりますから、今そうした状況にあると。その中にあっての健康診査事業というのは大変意義があるなというように思っております。そこで、がん検診でもトータルで見ますと80人なんですね、ここでがんだという結果をいただいた方が。受診率が40%ですから、もし100%だったらこのまま掛ければ200人の人ががんという結果をもらったかもしれない。あるいは、61歳の方を対象にした脳検診でも、15%の人が何らかの形で指導をいただいているというふうなことを考えると、これも受診率を掛ければ200人、61歳1年だけですから、10年間だったら2,000人、20年間だったら4,000人の方がもしかしたら脳に異常があるかもしれないというような結果にもなるわけでございます。ただ、ずっとこう毎年やっているんですが、やってもやってもまたさっきの要するに医療費の問題になりますが、ふえているという状況にあるのもまた事実でございます。こうした健診の結果から、要するに今後どこを目指してやったらいいかという意味での課題、それからこのことをもっとこのようにしたらいいのではないかというような改善方法を考えているんであれば、ぜひ紹介していただきたいというように思います。
委員長(伊藤吉浩君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) ただいまのご質問の健診体制、健診事業の全体のことと、これからの予防対策についてということで、お答えしたいと思います。
 現在、委員お話しになりましたとおり38%から42%ぐらいで各種がん検診の受診率は推移しておりまして、たびたびお話ししていますとおりこの受診率は県内でもトップクラス、胃がん、大腸がん、それから肺がん検診につきましては平成23年度について県内でもトップの受診率を保っておりますけれども、それ以上に目標数値50%を掲げておりながら、なかなかそこに到達しないといったような受診率の頭打ちの部分の問題があります。
 その受診率を伸ばすためにということで、こちらでさまざまな対策を実施しておりますが、まず受診しやすい健診体制といたしまして、市内どこでも受けられる健診体制と、土曜日曜の健診の実施、それからご存じのように健診の無料化、これは県内でも無料化を推進しているというのは本当にまれでございます。それから、申し込んで受けられなかった方へ個別通知で他町域の健診にとお知らせしたりというような各種の無健者対策と、個別の受診勧奨、再勧奨、コール・リコール等々さまざま実施しております。結果として目標には届きませんけれども、先ほどお話ししましたとおり各種のがん検診は県内1位となっております。
 今後につきましては、30歳から50歳代の職域での健診との連携のあり方を検討したいと考えておりますし、それから対象者の状況に合わせた受診勧奨や、地区組織を通して個別の受診勧奨を実施していくことで、受診率の向上を目指したいと考えております。
 それから、予防対策についてでございますけれども、ご存じのように登米市の場合は健康寿命、平均寿命、県内でもワーストということで、新聞の報道にもありましたけれども、この件につきましては生活習慣病予防、特に脳血管疾患の受診率が高いといったようなところが課題になっていると考えております。今後の対策といたしましては、特に本市におきましては脳血管疾患対策、動脈硬化予防対策が重要とされておりますことから、健診結果から要治療となった方へ確実に受診していただけるような働きかけを行っていくなど、重症化予防対策を実施してまいりたいと思っております。
 あと、2点目といたしましては、公民館事業等社会教育分野や体育振興分野、それからPTA活動等と連携した中で予防活動を展開していくことがポイントになると考えております。
 あと、肝心なところでございますけれども、地域の組織とつながりが大切でありますので、保健活動推進員、食生活改善推進員等、地区活動を協働で進めて、健康づくりを推進していきたいと考えております。今後も特定保健指導の受診率の向上を図るとともに、予防対策を進めてまいりたいと思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 中澤 宏委員。
10番(中澤 宏君) これはある市の例ですが、要するに受診にとどめるのではなくて、例えば腎臓患者にしないと、透析を受けると年間650万円かかると。あるいは脳梗塞にすると、2カ月で750万円かかると。心筋梗塞になれば、2週間で700万円かかってしまうと。これを何人減らすかという具体的な目標を組んで、今課長話されましたように、受診が目標ではなくて、要するに受診のもっと奥の医療費をどう減らせるか、どう市民の命を守るかというところにかなり軸足を置いているというか、深めているという例がありましたので、お聞きしたところでございます。一定のそうした方向に向いてやられるんだなというふうなことを聞いて安心もしましたし、頑張っていただきたいと思います。
 そこでもう一つは、私のほうでは受診をお願いしますと、あるいはやってますね。今も地域の皆さんと連携をしてというふうなことですが、実は自分の命を守るものですから、お願いされて命を守るというよりは本来であればみずからがお願いして受診をするというスタンスに切りかわる時期でもないのかなというようにも思っているんですね。そうすると、その地域の仕組みづくりというか、受診そのものの仕組みづくり、その後に例えば食事とか、さまざまな指導も継続的にされていますが、こっちから案内を出して参加してくださいというよりは、ぜひそういうのを覚えたいんだけれども教えてくださいというような形に変わってきているところもあるやに聞いておりますので、ぜひそうした地域の皆さんとのやりとりを深めていただきたいなと。そういう意味では、誰のためにということをもっと訴える必要もなかっただろうかというようにも思っています。
 それからもう一つは、課長の説明の中に生活習慣病の予防というのは大体食事と運動ですよね。課長言われるとおりだと思います。そういう意味では、生涯学習のスポーツクラブが既に町に1つずつ設置されたところでございまして、市外の講師の先生を招いて勉強するよりも、スポーツクラブが地元にあるわけですから、日常の取り組みとしてそういう取り組みをやる必要もあるかと思っております。そういうところも大変大切だと思いますので、この点についてはきょうは社会教育次長が来ていますから、次長のほうにもちょっとお尋ねしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 総合型スポーツクラブ、まさに今委員お話しされましたような健康づくり、生きがいづくりのためのクラブでございます。今、課長のほうからもお話ありましたけれども、やはり健康で生きがいを持って生活するためには、やはりそういう一つ一つの活動、その辺を一緒になって活動していくというのが一つの方策として必要ではないかと思ってございます。クラブの中でも、グラウンドゴルフだったり、ヨガだったり、健康づくりの講習だったり、さまざまなことをしてございますので、一緒にその辺の生きがいづくり、健康づくりに向かって進めていくことも一つの方策だと考えてございますので、一緒になって考えていきたいと思っています。
委員長(伊藤吉浩君) 中澤 宏委員。
10番(中澤 宏君) いつも中央のほうに来いというのではなくて、むしろ出向いて、そうした市民に寄り添った、そういう日常、暮らしの中にスポーツがあると、そういうような仕組みづくりをぜひ実現してほしいなと思います。そういう意味では、この命を守る運動は健康推進課のみならず地域の皆さんとともにあった、教育委員会も含めてなんですが、全庁挙げて、特別な誰かがやるというのではなくて、市民みんなで取り組むという大きな運動にぜひ仕上げてほしいと。これは市長が掲げる政策の中の大きな柱の一つでもあります。ぜひ市長、そういう意味では市長の最も得意なところだと思いますから、ぜひ登米市が自慢できる事業、登米市方式を確立するように頑張っていただきたいということを期待して、終わります。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 成果説明書の188ページ、アメリカシロヒトリについて、7番、關委員のような知見は持っていませんが、全くの素人でありますので、とんちんかんなことを聞くかもしれません。その点はお許しいただきたいと思います。
 まず、国、県が管理する部分は国、県で責任を持つべきだと、市は市の持ち分は当然市で受け持つよという先ほどの市長のお答えをそんなふうに受けとめましたが、そうしますと一般の民家等は当然自己責任、民地の分は各家々が防除するのかなというふうに受けとめました。そうすると、なかなか防除が進まないような気がするんですが、何かいい工夫は持ち合わせているものかどうかお聞かせいただければと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) それでは、民家、一般家庭になってまいりますが、現在アメリカシロヒトリにつきましては地区ごとの防除も行っているところでございます。そして、担っている団体は登米市公衆衛生組合連合会でございます。各町域の公衆衛生組合連合会において各地区の集落の駆除を行っていただいている、そういう取り組みも進めているところでございます。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) それは承知しております。それで、効果を上げるためには相当なお金をつぎ込まないとだめじゃないかなと思うんですが、基本的な考え方として、まあちょぼちょぼでやっていこうやというお考えなのか、それとも徹底的に防除していこうと、どちらのお考えが強いんでしょうか。私の場合は、迷うところでありますので、申し上げにくいことなんですが、私だったら多分ちょぼちょぼだろうなというふうに思うんですが、市は徹底的に防除しようという気構えでしょうか。その点をお聞かせください。
委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) アメリカシロヒトリの駆除につきましては、大変今苦慮しているところでございます。それで、基本的には枝を伐採して、捕殺ということで進めていく、これが基本的な駆除でございます。その捕殺駆除につきまして、まだまだ市民の皆様に浸透していない状況があるなという実感を今持っているところでございます。その点につきましては、今後どのような対応をしていかなければならないか、反省を踏まえていろいろ検討していきたいと思っております。
 それから、木全体に広がったときの今度は薬剤散布の関係になりますが、現在BT剤、生物農薬、殺虫剤を使っているところでございます。この生物農薬につきましては、薬剤が遅効性である、そういう特徴がございます。なぜこの薬剤を使うかということにつきましては、農薬取締法の関係で、登録農薬以外のものが野菜などにかかった場合に大変問題になってくるというところから、安全性を考慮しているというところでございます。それで、このBT剤につきましても遅効性ということで、効き目が午前中にまいてその日の午後に効くものもあれば、それから3日、4日、あるいは遅いもので1週間ぐらいかかるのもあると。その成長に合わせて効き目が変わってくるようでございます。私どものほうとしても、この薬剤の使い方を今後再検討、もう一度精査しまして、効果的な使い方をどのようにしていけばいいのか、その辺を組み立てていって、地域の方々にそれが浸透していければと考えているところでございます。状況を見ますと、全部駆除するというのはなかなか困難だなというのが実感でございます。ちょぼちょぼやっていると今度は大きく広がってしまうというところで、できるだけ抑制できるように対応していきたいというところでございます。よろしくお願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 松くい虫も厄介なことなんですが、こちらと比べてどっちが難しいようですか。担当者として。実感で結構ですから。
委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) 松くい虫の関係は、当初空散を行って駆除をしていたようでございます。それが影響が大きいということで、伐採のほうにいろいろ変わってきたという経緯があるようでございますが、至るところで松枯れが見られるという状況でございます。
 それから、アメリカシロヒトリにつきましては、発見が早ければ、それから例えば自宅にある桜の木でありますとか、クルミの木でありますとか、そういう樹木に注意をしていただければ、十分に捕殺は可能であると考えております。
 したがいまして、松くい虫よりはアメリカシロヒトリのほうが駆除は楽ではないかなと考えております。
委員長(伊藤吉浩君) よろしいですか。ほかに質疑はございませんか。伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) 同じく188ページ、これ実は質問しようと思って用意していたんです。委託料の自動車騒音常時監視業務、何か見なれない業務名でありますけれども、これは昨年市内路線3区間、騒音と残留騒音の測定というんですけれども、具体的にどこを何日、残留騒音というのはどういうものか、そしてこの業務の委託金ですね、230万円、この使い道を教えていただきたいです。
委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) それでは、自動車騒音の常時監視業務についてでございます。この常時監視業務という言葉でございますが、365日連続で把握することではなくて、状況把握を継続的に行うという意味で行っていると。騒音規制法によって行われているものでございまして、昨年度県から移譲事務として市におりてきたものでございます。
 その中で、騒音の測定場所につきましては、迫の都市計画区域内において実施しているところでございます。国道346号線沿い3カ所、佐沼に2カ所、それから中田町の石森の駒牽に1カ所、24時間測定を1回行っているところでございます。
 それから、昨年度の231万円という事業費でございますが、これにつきましては専用のパソコンでありますとか、それからデジタル地図の購入費でありますとか、環境省より配布された面的評価システムの導入設定でありますとか、このようなものに初年度230万円という事業費が必要になったというところでございます。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) この移譲事務は、県から指定された路線だけなんでしょうか。こちらからいろんな要望があってここを測定してくださいということはないんですか。その点。
 それから、今346号線、迫都市計画区域、ここだけで県からの移譲事務をやったということですね。
委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) 県からの移譲事務でございまして、迫の都市計画部分、国道346号線沿いとして3カ所ということでございます。県のほうからそのまま引き継いだという形でございます。
 我々のほうからの提案につきましては、取り入れられるかどうかというのは今後県のほうとも協議が必要かと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) ぜひ提案していただきたいと思います。実は、三陸縦貫自動車道が開通してからかれこれ8年、10年たつと思うんですけれども、当時の車両の台数と今の台数とでは、我々の感覚から見ればもう倍以上あると思うんですね。道路の隣接の地域の方々は、もう大変な状況のようであります。それで、これ実際道路をつくった国土交通省とか県とかに話す前に、こういう市でも県のを移譲できてやれるという制度があるんでしたならば、市でもぜひ三陸縦貫自動車道沿いの住宅密集地、どういうレベルなのか、当初と比べてかなりハイレベルかと思いますので、それが今四六時中、24時間常に通行量が多いような状況でありますので、ぜひ三陸縦貫自動車道沿いの住宅密集地を指定して、測定していただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) 自動車騒音の監視測定業務につきましては、現在は今の3地点でということで契約しているところでございます。今後の三陸自動車道の関係につきましては県の担当課のほうと協議しながら、可能なのかどうかその辺進められればと思います。よろしくお願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 151ページの5細目、子供の医療費の助成費なんですが、予算額に比べて決算額が3分の1以下ということで、大分少なくなっておりまして、これをどのように見ているのか。入院外も入れるとどれくらいに見ているのかなと。余りにも大きく見ていて、躊躇している部分があるのかなという部分ですね。皆さんの期待が大きい部分で、どういうふうに見ているのかだけお願いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 国保年金課長、菅原 勉君。
国保年金課長(菅原 勉君) 子供医療費につきましては、予算額につきましては平成21年度と22年度の実績をもとにいたしまして予算を策定しているわけでございます。それで、実績におきまして執行率が少ないということでございますが、医療費につきましては24年度からさらに3年間延長してございまして、それを有効的に利用してもらうために登米市広報なりホームページへの掲載なり、「H@!(はっと)FM」での周知、それから学校への周知、学校から保護者への周知、登米市の医師会、薬剤師会、歯科医師会への周知、それから県内への同様の周知、それから対象者へ戸別に4,609世帯の周知を図っているところでございますが、助成を受けるために市へ申請書を提出する必要がございますことから、少額の入院や、それから社会保険対象者が約75%ぐらいいるわけでございますので、共働きもございまして、申請もしない方がいるのではないかなというふうに思っているところでございます。したがいまして、6月議会でも答弁申し上げているところでございますが、来年の4月からできるだけ現物給付方式に変える方向で現在検討をしてございます。以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) 1点だけ。成果説明書の195ページのじんかい処理総務費の関係で、13節委託料、この中でごみ捨て袋製造とごみ指定袋の手数料で金額があるわけですけれども、その委託料を全部含めて9,300万円ちょっとあるんですけれども、この中でごみの指定袋の販売代金、1枚50円ですか、それをこの手数料約8円だと思ったんですけれども、それで割ればわかるんですけれども、どれぐらいになっているものか。袋の売り上げでこの委託料を賄えるものかどうかお聞きいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 環境事業所長、阿部 信君。
環境事業所長(阿部 信君) それでは、195ページの13節委託料、これは収集のほうと、それからごみの指定袋に関するものが載せてあるわけですけれども、市内3商工会において販売いたします粗大ごみの処理券、戸別訪問して処理する券ですけれども、これの手数料と、これが1枚50円なんですけれども1,210枚、それから指定袋の販売、これも手数料、210万9,600枚というふうな数になっておりまして、そのような形で1,693万円というふうな形になっております。
 それから、A地区からD地区までは各業者が収集して歩く委託料でございまして、それの総計というふうな形になっております。(「売り上げ」の声あり)売り上げが……、掛け算します。1枚50円ですから、その金額になっておりまして、約1億円を超えるというふうな形です。
委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) じゃあ委託料の部分は売り上げ分で間に合うんですね、9,300万円ですから。
 それはよしとして、ごみの指定袋製造業務に関してですけれども、今の指定袋をつくってからしばらくたって、ずっと同じなんですけれども、中にはやはり、町場が特にですけれども、カラスに大分荒らされているところもあるということで、今かなりカラスの研究がなされまして、黄色い、カラスに見えないような袋もあるそうです。そういった関係で、何か要望等が恐らくそっちにも行っていると思いますけれども、そろそろそういったことも考えてもいいのではないかなといったような意見もありますので、その辺のご検討もひとつよろしくお願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 環境事業所長、阿部 信君。
環境事業所長(阿部 信君) 確かに黄色い特殊な袋というふうなことで、そういうものがあることは存じておりまして、実施されているところもあるというふうな形ですけれども、まだ我々のところでの実施には至っておりません。今後こういうふうなものが出てくるというふうなことも考えられておりますので、課題にしていきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) これで質疑を終わります。
 これで、3款民生費、4款衛生費の質疑を終わります。
 本日の会議はこの程度とし、これで散会したいと思います。
 なお、次の会議は9月24日午前10時から行います。
 本日はこれで散会します。
 大変ご苦労さまでございました。
          延会 午後4時02分

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>