•   0  (日程・名簿)
  •   1  議長(沼倉利光)
  •   2  市長(布施孝尚)
  •   3  議長(沼倉利光)
  •   4  企画部長(秋山茂幸)
  •   5  議長(沼倉利光)
  •   6  総務部長(千葉博行)
  •   7  議長(沼倉利光)
  •   8  会計管理者(中澤和志)
  •   9  議長(沼倉利光)
  •  10  総務部長(千葉博行)
  •  11  議長(沼倉利光)
  •  12  企画部長(秋山茂幸)
  •  13  議長(沼倉利光)
  •  14  議長(沼倉利光)
  •  15  企画部長(秋山茂幸)
  •  16  議長(沼倉利光)
  •  17  総務部長(千葉博行)
  •  18  議長(沼倉利光)
  •  19  市民生活部長(新井誠志)
  •  20  議長(沼倉利光)
  •  21  総務部長(千葉博行)
  •  22  議長(沼倉利光)
  •  23  市民生活部長(新井誠志)
  •  24  議長(沼倉利光)
  •  25  総務部長(千葉博行)
  •  26  議長(沼倉利光)
  •  27  企画部長(秋山茂幸)
  •  28  議長(沼倉利光)
  •  29  監査委員事務局長(遠藤仁)
  •  30  議長(沼倉利光)
  •  31  福祉事務所長(加藤均)
  •  32  議長(沼倉利光)
  •  33  市民生活部長(新井誠志)
  •  34  議長(沼倉利光)
  •  35  福祉事務所長(加藤均)
  •  36  議長(沼倉利光)
  •  37  市民生活部長(新井誠志)
  •  38  議長(沼倉利光)
  •  39  福祉事務所長(加藤均)
  •  40  議長(沼倉利光)
  •  41  市民生活部長(新井誠志)
  •  42  議長(沼倉利光)
  •  43  福祉事務所長(加藤均)
  •  44  議長(沼倉利光)
  •  45  市民生活部長(新井誠志)
  •  46  議長(沼倉利光)
  •  47  福祉事務所長(加藤均)
  •  48  議長(沼倉利光)
  •  49  市民生活部長(新井誠志)
  •  50  議長(沼倉利光)
  •  51  福祉事務所長(加藤均)
  •  52  議長(沼倉利光)
  •  53  市民生活部長(新井誠志)
  •  54  議長(沼倉利光)
  •  55  福祉事務所長(加藤均)
  •  56  議長(沼倉利光)
  •  57  市民生活部長(新井誠志)
  •  58  議長(沼倉利光)
  •  59  福祉事務所長(加藤均)
  •  60  議長(沼倉利光)
  •  61  市民生活部長(新井誠志)
  •  62  議長(沼倉利光)
  •  63  環境事業所長(千葉祐宏)
  •  64  議長(沼倉利光)
  •  65  市民生活部長(新井誠志)
  •  66  議長(沼倉利光)
  •  67  産業経済部長(千葉雅弘)
  •  68  議長(沼倉利光)
  •  69  農業委員会事務局長(菅原貞治)
  •  70  議長(沼倉利光)
  •  71  産業経済部長(千葉雅弘)
  •  72  議長(沼倉利光)
  •  73  議長(沼倉利光)
  •  74  産業経済部長(千葉雅弘)
  •  75  議長(沼倉利光)
  •  76  建設部長(中津川源正)
  •  77  議長(沼倉利光)
  •  78  消防長(鈴木軍雄)
  •  79  議長(沼倉利光)
  •  80  総務部長(千葉博行)
  •  81  議長(沼倉利光)
  •  82  教育部長(志賀尚)
  •  83  議長(沼倉利光)
  •  84  総務部長(千葉博行)
  •  85  議長(沼倉利光)
  •  86  企画部長(秋山茂幸)
  •  87  議長(沼倉利光)
  •  88  市民生活部長(新井誠志)
  •  89  議長(沼倉利光)
  •  90  市民生活部長(新井誠志)
  •  91  議長(沼倉利光)
  •  92  福祉事務所長(加藤均)
  •  93  議長(沼倉利光)
  •  94  総務部長(千葉博行)
  •  95  議長(沼倉利光)
  •  96  建設部長(中津川源正)
  •  97  議長(沼倉利光)
  •  98  議長(沼倉利光)
  •  99  産業経済部長(千葉雅弘)
  • 100  議長(沼倉利光)
  • 101  水道事業所長(佐藤和哉)
  • 102  議長(沼倉利光)
  • 103  医療局次長(大森國弘)
  • 104  議長(沼倉利光)
  • 105  医療局次長(大森國弘)
  • 106  議長(沼倉利光)
  • 107  監査委員(島尾清次)
  • 108  議長(沼倉利光)
  • 109  議長(沼倉利光)
  • 110  議長(沼倉利光)
  • 111  議長(沼倉利光)
  • 112  議長(沼倉利光)
      平成28年登米市議会定例会 9月定例議会 会議録(第7号)
 平成28年9月13日(火曜日)
1.出席議員(25名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君       4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 伊 藤 吉 浩 君
   9番 中 澤   宏 君      10番 佐々木   一 君
  11番 及 川 昌 憲 君      12番 佐 藤 尚 哉 君
  13番 伊 藤   栄 君      14番 浅 田   修 君
  15番 佐 藤 恵 喜 君      16番 田 口 久 義 君
  17番 田 口 政 信 君      19番 相 澤 吉 悦 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君      21番 及 川 長太郎 君
  22番 庄 子 喜 一 君      23番 二階堂 一 男 君
  24番 八 木 しみ子 君      25番 岩 淵 正 宏 君
  議 長 沼 倉 利 光 君
  
1.欠席議員(なし)    
1.遅刻議員(なし)
1.早退議員(1名)
   6番 浅 野   敬 君
1.中座議員(なし)

1.説明のため出席した者の氏名
  市長         布 施 孝 尚 君    副市長        藤 井 敏 和 君
  副市長        栗 山 健 作 君    総務部長       千 葉 博 行 君
  企画部長       秋 山 茂 幸 君    市民生活部長     新 井 誠 志 君
  産業経済部長     千 葉 雅 弘 君    建設部長       中津川 源 正 君
  市長公室長      佐 藤 裕 之 君    財政課長       千 葉   清 君
  福祉事務所長     加 藤   均 君    環境事業所長     千 葉 祐 宏 君
  危機管理監      星   茂 喜 君    会計管理者      中 澤 和 志 君
                          病院事業管理者
  教育長        佐 藤 信 男 君    職務代行者      松 本   宏 君
  監査委員       島 尾 清 次 君    監査委員       千 葉 良 悦 君
  監査委員事務局長   遠 藤   仁 君    農業委員会事務局長  菅 原 貞 治 君
  教育部長       志 賀   尚 君    医療局次長      大 森 國 弘 君
  水道事業所長     佐 藤 和 哉 君    消防長        鈴 木 軍 雄 君
1.事務局出席職員氏名
  議会事務局長     佐々木 義 文 君    議会事務局次長    田 辺 賢 一 君
  議会事務局主幹                 議会事務局
  兼議事・調査係長   後 藤 光 彦 君    議事・調査係主査   浅 井 顕 裕 君
  議会事務局                   議会事務局
  議事・調査係主査   庄 司 美 香 君    議事・調査係主査   主 藤 貴 宏 君
  議会事務局
  議事・調査係主査   三 浦 正 弘 君

1.本日の会議に付した事件
  第1 会議録署名議員の指名
  第2 認定第1号 平成27年度登米市一般会計歳入歳出決算認定について
  第3 認定第2号 平成27年度登米市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
  第4 認定第3号 平成27年度登米市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について
  第5 認定第4号 平成27年度登米市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について
  第6 認定第5号 平成27年度登米市土地取得特別会計歳入歳出決算認定について
  第7 認定第6号 平成27年度登米市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
  第8 認定第7号 平成27年度登米市宅地造成事業特別会計歳入歳出決算認定について
  第9 認定第8号 平成27年度登米市水道事業会計決算認定について
  第10 認定第9号 平成27年度登米市病院事業会計決算認定について
  第11 認定第10号 平成27年度登米市老人保健施設事業会計決算認定について


          開会 午前10時00分
議長(沼倉利光君) おはようございます。
 ただいまから9月定期議会7日目の会議を開きます。
 6番、浅野 敬君から早退の届け出があります。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
 説明のため監査委員の出席を求めております。
 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は会議規則第90条の規定により、16番、田口久義君、17番、田口政信君を指名します。
 これから諸般の報告を行います。
 6月3日以後、9月8日までに受理した陳情・要望等は、別紙陳情・要望文書の表のとおりです。
 これで諸般の報告を終わります。
 日程第2、認定第1号 平成27年度登米市一般会計歳入歳出決算認定について、日程第3、認定第2号 平成27年度登米市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について、日程第4、認定第3号 平成27年度登米市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について、日程第5、認定第4号 平成27年度登米市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について、日程第6、認定第5号 平成27年度登米市土地取得特別会計歳入歳出決算認定について、日程第7、認定第6号 平成27年度登米市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、日程第8、認定第7号 平成27年度登米市宅地造成事業特別会計歳入歳出決算認定について、日程第9、認定第8号 平成27年度登米市水道事業会計決算認定について、日程第10、認定第9号 平成27年度登米市病院事業会計決算認定について、日程第11、認定第10号 平成27年度老人保健施設事業会計決算認定についての10議案を一括議題とします。
 一括して、提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。

市長(布施孝尚君) 皆さん、おはようございます。
 それでは、提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、認定第1号 平成27年度登米市一般会計歳・歳出決算認定についてから、認定第10号 平成27年度老登米市人保健施設事業会計決算認定についてまでの平成27年度登米市一般会計歳入歳出決算ほか9会計の決算について、地方自治法第233条第3項及び地方公営企業法第30条第4項の規定により、議会の認定に付するものであります。
 それでは、平成27年度登米市一般会計及び各種会計の決算の概要につきまして、ご説明申し上げます。
 国の平成27年度地方財政対策では、地方一般財源総額につきましては、景気回復による地方税の伸びなどに加え、地方創生に取り組む財源が新たに上乗せされ、前年度比2%の増とされたものの、地方交付税は地方税の伸びやこれまで経済危機対応として加算して配分されてきた別枠加算の減額などで0.8%の減とされたところであります。
 歳出面では、社会保障関係経費が増加していることや地方創生への速やかな取組が求められたことに加え、地方債残高が依然として高水準でその償還が財政を圧迫するなど、地方財政を取り巻く環境は非常に厳しい状況にありました。
 一方、平成27年度の登米市財政は、自主財源の柱である市税収入は米価の大幅な落ち込みや法人市民税の制度改正などにより伸びが見込めない状況の中で、引き続き一般会計歳入総額の約4割を占める地方交付税をはじめ、国県支出金や地方債などの依存財源に大きく頼る大変厳しい状況の下での財政運営となりました。
 このような中、平成27年度の市政運営にあたりましては、人口減少対策を最重要課題として捉え、人口減少の克服につながる方策を講じながら、誰もが健康で心豊かに安心して生き生きと暮らし続けられる登米市をつくり上げられるよう、引き続き「産業振興」、「市民が安心して暮らせる健康なまちづくり」、「心豊かに生きる登米人育成」、「協働のまちづくり」を市政運営の柱として推進してまいりました。
 平成27年度の主な事業といたしましては、平成28年度までの継続事業として取り組んでいる一般廃棄物第二最終処分場の整備、消防緊急無線デジタル化や消防出張所の整備などに加え、市道や下水道など生活基盤の整備についても計画的に実施し、市民生活の安全・安心を推進してまいりました。
 さらに、市民の雇用機会の拡大を目指し、工業団地の整備についても取り組んだところであります。
 また、東日本大震災からの復旧・復興事業といたしまして、災害公営住宅の整備にも引き続き取り組んだところであります。
 この結果、一般会計の歳出決算額は471億円と前年度より21億円増加し、一般会計に特別会計6会計を加えた合計では、前年度に比較し49億円増の743億円となりました。
 次に、一般会計及び特別会計の歳入決算につきましてご説明申し上げます。
 平成26年度からの繰り越しを含めた歳入決算額は、一般会計で486億798万円、特別会計6会計で282億611万円、全会計合計で768億1,409万円となりました。
 このうち一般会計における歳入の主要科目について見ますと、市税では市民税や固定資産税の減少などから、前年度より1億284万3,000円少ない74億136万6,000円となり、決算額の15.2%を占めております。
 地方交付税につきましては、震災復興特別交付税の増加などから、前年度より4,243万6,000円を多い194億1,651万8,000円で決算額の40%を占め、国庫支出金は45億4,327万7,000円で構成比9.4%、県支出金は33億3,113万4,000円で構成比6.9%となりました。
 市債につきましては、前年度より23億5,850万円多い58億4,360万円で構成比12%となっております。
 なお、収入未済額につきましては、一般会計は11億9,946万円で、そのうち4億8,338万5,000円が翌年度への繰越事業に係る国県支出金で、4億8,864万7,000円が市税の滞納分であります。
 特別会計における収入未済額は8億6,828万4,000円で、翌年度への繰越事業に係る国県支出金が1億992万9,000円、残りの7億5,835万5,000円の多くは国民健康保険税や介護保険料、下水道事業負担金の滞納分などとなっております。また、不能欠損額は一般会計で4,583万7,000円、特別会計で6,840万円となりました。
 次に、一般会計及び特別会計の歳出決算につきましてご説明申し上げます。
 平成26年度からの繰り越しを含めた歳出決算額は、一般会計で471億186万6,000円、特別会計6会計で271億9,818万5,000円、全会計合計で743億5万1,000円となりました。
 一般会計の歳出決算額のうち支出額の多い費目を順に見ますと、決算総額に占める割合は、民生費25.8%、総務費13.6%、衛生費13.5%となり、これら3費目で249億6,119万1,000円、全体の約53%を占めております。
 また、特別会計の歳出決算額は、国民健康保険特別会計が116億2,157万4,000円、後期高齢者医療特別会計が7億8,455万7,000円、介護保険特別会計が86億8,931万6,000円、土地取得特別会計が8億3,490万5,000円、下水道事業特別会計が47億7,060万6,000円、宅地造成事業特別会計が4億9,722万7,000円となっております。
 一般会計及び特別会計6会計の主な事業の実績につきましては、平成27年度決算に係る主要施策の成果説明書のとおりであります。
 なお、平成28年度への繰越事業は、一般会計で繰越明許費11億1,659万6,000円、継続費逓次繰越4,996万6,000円、下水道事業特別会計で繰越明許費2億2,617万6,000円、宅地造成事業特別会計で繰越明許費8,000万円、継続費逓次繰越6,094万8,000円となっております。
 これらの繰越事業の財源といたしましては、一般会計では国県支出金などの未収入特定財源9億170万2,000円、既収入特定財源3,998万円、一般財源2億2,488万円で、下水道事業特別会計では未収入特定財源2億1,892万9,000円、一般財源724万7,000円、宅地造成事業特別会計では既収入特定財源8,000万円、一般財源6,049万8,000円となっております。
 また、不用額につきましては、一般会計で12億4,097万5,000円、特別会計で3億3,858万8,000円となっており、これらについては事務事業の効率的執行や経費節減による成果でもあります。なお、実質収支額につきましては、一般会計で12億4,125万4,000円、特別会計で8億5,973万円となっております。
 最後に基金の状況でありますが、市債償還の財源とするための減債基金の取り崩し、特定目的基金の事業への充当や積み立てなどにより、一般会計及び特別会計を合わせた平成27年度末基金現在高は、187億3,966万6,000円となりました。
 次に、公営企業会計の決算につきましてご説明申し上げます。
 初めに、平成27年度登米市水道事業会計決算の概要についてでありますが、平成27年度登米市水道事業は、さらなる水道水安定供給のための新田配水池が完成し、供用を開始いたしました。また、下り松ポンプ場につきましては、平成29年度の完成に向けて継続して工事を行っております。
 経営状況は収益的収支のうち、収入は27億1,124万5,000円。そのうち、給水収益が22億9,113万円、費用は22億2,519万5,000円となり、当年度純損益では3億751万6,000円の利益となりました。
 資本的収入は25億5,195万8,000円であり、資本的支出は緊急時用連絡管整備事業や導水施設整備事業等に29億3,533万5,000円、企業債の元金償還金に6億3,210万4,000円、総額35億6,743万9,000円となりました。
 次に、平成27年度登米市病院事業会計及び平成27年度登米市老人保健施設事業会計決算の概要につきまして、ご説明申し上げます。
 平成27年度の病院事業の運営につきましては、計画の最終年度となる第二次登米市立病院改革プランに基づき、市民の命を守る質の高い医療を目指し、地域の医療、介護、福祉などとの他職種連携による切れ目のない医療サービスの提供に重点を置き、次期プランにつながる効率的な運営と適正な執行に努めてまいりました。
 患者数につきましては、入院患者数は前年度より1,538人増加しましたが、改革プランの目標と比較しますと医師の退職や医療提供体制の縮小等による影響で1万9,813人少なくなりました。外来患者数につきましても3万7,163人、訪問看護利用者も8,196人少なくなりました。
 経営状況では、患者数の減少に加え、医療機器等の減価償却費や経費の増加等の影響により、経常損益で5億8万7,000円の損失となりました。
 また、経常損失のほか退職給付引当金の計上により、純損益では10億2,584万9,000円の損失となり、年度末の未処理欠損金は125億7,588万1,000円となりました。
 資本的収入は5億3,897万7,000円であり、資本的支出は米谷病院整備設計業務委託や豊里病院電気設備改修工事のほか、医学生奨学金等貸付金事業の実施等により、総額で8億4,325万円となりました。
 次に、老人保健施設事業の運営につきましては、介護支援サービスや在宅復帰に向けた支援として個別的ケアに重点を置きながら、通所リハビリテーションの定員を5人増やし25人として、サービス向上や収支改善に向けた事業運営に努めてまいりました。
 利用状況では、長期入所者が前年度に対し645人減少しましたが、短期入所者で415人、通所利用者でも1,290人それぞれ増加いたしました。
 経営状況では、通所利用者等は増加したものの、介護報酬の改定による影響で事業収益が減少したほか、非常勤職員給与費等の費用が増加した影響により、経常損益で5,742万8,000円の損失となりました。
 また、経常損失のほか退職給付引当金の計上により、純損益では8,432万2,000円の損失となり、年度末の未処理欠損金は1億51万8,000円となりました。
 以上、平成27年度登米市一般会計歳入歳出決算ほか9会計の決算の概要についての説明とさせていただきます。ご審議を賜り、認定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。

議長(沼倉利光君) 議案内容の説明は会計ごとに行います。説明は要点説明とし、簡潔明瞭にお願いします。
 認定第1号 平成27年度登米市一般会計歳入歳出決算認定について説明を求めます。企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) おはようございます。
 それでは、一般会計及び6つの特別会計に係る平成27年度の決算概要についてご説明申し上げます。
 資料につきましては、主要施策の成果説明書とそれから9月定期議会資料の別冊3を使用いたしますので、お手元にご準備をお願いいたします。
 初めに、成果説明書の7ページをお願いいたします。成果説明書の7ページでございます。
 1の総括表の上段、歳入決算でございますが、一般会計・特別会計の全7会計における歳入決算総額ですが768億1,409万円で、対予算比率は99.2%でございます。このうち一般会計の収入決算額は486億798万円で98.18%、特別会計6会計の合計では282億611万円で101.08%でございました。
 次に、下段の表になりますが、歳出決算でございます。
 全7会計の歳出決算総額は743億5万1,000円でございまして、対予算比率は95.98%でございます。このうち一般会計の歳出決算額は471億186万6,000円で95.14%、6特別会計では271億9,818万5,000円で97.47%でございます。
 次に、8ページをお願いいたします。上段の実質収支総括表をごらん願います。
 ただいま説明いたしました歳入決算額から歳出決算額を差し引いた歳入歳出差引額でございますが、一般会計では15億611万4,000円、6つの特別会計では10億792万5,000円で、全会計では25億1,403万9,000円でございます。このうち翌年度繰越財源として、一般会計では2億6,486万円、下水道事業特別会計では724万7,000円、宅地造成事業特別会計では1億4,094万8,000円をそれぞれ繰り越すため、これらを差し引いた実質収支額は、一般会計で12億4,125万4,000円、6つの特別会計合わせて8億5,973万円、全会計では21億98万4,000円となってございます。
 次に、一番下の表をごらんいただきたいと思いますが、実質収支額のうち財政調整基金への繰入額でございます。財政調整基金を設置しております4会計で、総額10億6,400万円となってございます。
 次に、右側の9ページをお願いいたします。市税等の収納状況でございます。
 上段の一般会計の税目の収納状況ですが、一般会計は市民税から入湯税までの7税目で調停総額79億3,154万6,841円に対しまして、収納額が74億136万6,315円、収納率は93.32%でございます。不能欠損額は4,288万3,908円で、収入未済額は4億8,864万6,898円となってございます。
 次に、特別会計の税目の収納状況ですが、国民健康保険税は調定額で31億7,376万2,781円に対しまして、収納額23億9,917万770円で収納率75.59%、不能欠損額は6,155万8,299円、収入未済額7億1,699万6,612円でございます。
 次に、後期高齢者医療保険料でございますが、調定額4億8,186万1,438円に対しまして、収納額4億7,670万9,180円、収納率は98.93%でございます。不能欠損額95万400円、収入未済額549万7,558円でございます。
 次に、介護保険料ですが、調定額17億2,283万124円に対しまして、収納額16億9,652万4,915円、収納率は98.47%で、不能欠損額475万7,786円、収入未済額2,377万4,943円でございます。
 次に、10ページをお開き願います。基金の状況でございます。
 上段の表、一般会計の基金の状況ですが、一般会計の積立基金17基金の平成27年度末現在高は158億2,933万7,000円で、このうち主なものは財政調整基金70億3,269万3,000円、減債基金32億739万9,000円、公共施設等維持補修基金15億1,332万5,000円、それから平成27年度から新たに基金造成をしてございます、未来のまちづくり推進基金が8億円などとなってございます。
 それから、運用基金6基金でございますけれども、平成27年度末現在高は10億221万7,000円で、積立基金と合わせました全基金の平成27年度末現在高は、168億3,155万4,000円でございます。
 次に、下段の特別会計の基金ですが、平成27年度末現在高は19億811万2,000円でございます。一般会計と特別会計を合わせた全基金の年度末残高は、一番下の行にございますが187億3,966万6,000円でございます。これは、平成26年度末現在高と比較いたしまして、約18億円の増額となってございます。
 次に、右側の5ページをお願いいたします。地方債の状況でございます。
 上段の表、一般会計では平成27年度中に58億4,360万円を借り入れし、44億8,466万9,000円を償還してございます。この結果、27年度末現在高は488億6,133万9,000円となってございます。
 特別会計の27年度末現在高が300億2,379万8,000円でございますので、一般会計と特別会計を合わせますと788億8,513万7,000円となってございます。これに企業会計の151億5,790万3,000円を加えた27年度末現在高でございますが、全体で940億4,304万円でございます。企業会計を含めました26年度末現在高と比較しまして、約7億円の増額となっております。
 12ページ、13ページにはこれら地方債の借入先などの状況を記載してございますので、お目通しをお願いいたします。
 次に14ページをお開き願います。
 上段に健全化判断比率、下段に公営企業会計に係る資金不足比率について記載してございます。このページにつきましては、先の報告第14号、15号で説明をさせていただきましたので、説明は省略をさせていただきます。
 次に、17ページをお願いいたします。一般会計の歳入決算でございます。
 決算額は486億798万円で、そのうち9款の地方交付税が194億1,651万8,000円と一番大きくなってございます。次いで1款の市税が74億136万6,000円、その次が20款の市債で58億4,360万円の順でございます。
 これらを自主財源と依存財源に分類整理したものを、次の18ページに掲載してございます。自主財源の比率は26.77%、依存財源の比率は73.23%という状況でございます。
 次に、右側の19ページ、一般会計の歳出決算でございます。
 決算額は471億186万6,000円で、そのうち民生費が121億6,405万7,000円と一番多くなってございます。次いで総務費の64億1,914万3,000円、その次が衛生費で63億7,799万1,000円の順となってございます。
 そして、この歳出を性質別に分類整理したものを次の21ページに記載してございます。20ページでございます。すみません。
 義務的経費でございますが、人件費、扶助費、交際費を合わせた総額は196億3,600万9,000円で、歳出総額の41.69%を占めてございます。前年度との比較では交際費は減額してございますが、人件費や扶助費は増額となってございます。人件費は主に寒冷地手当の増、扶助費は主に子ども・子育て新制度の施行に伴う施設型給付費の増によるものでございます。
 次に、消費的経費でございますが、物件費、維持補修費、補助費等を合わせた総額は123億3,072万円で、26.1%を占めてございます。前年度との比較では物件費は減額してございますが、維持補修費と補助費等は増額してございます。維持補修費は主に河川維持補修費の増、それから補助費等は主にプレミアム商品券事業補助金の増によるものでございます。
 次に、投資的経費でございますが、普通建設事業費と災害復旧費を合わせた総額は59億4,865万7,000円で、12.63%を占めてございます。前年度との比較では普通建設事業費が増額してございますが、災害復旧費が大きく減額してございます。普通建設事業費は主に消防救急無線デジタル化整備事業による増、災害復旧費は東日本大震災に係る災害復旧事業の終了による減によるものでございます。その他の経費につきましては、91億8,647万円で19.5%を占めてございます。
 次に、右側の21ページ、財政分析指標につきまして記載してございます。
 上段の表の上から4つ目の項目、経常収支比率でございますが、平成27年度は85.2%で前年度の86.3%と比較して1.1%改善してございます。その要因でございますが、歳入については地方消費税交付金などの経常一般財源の増、歳出は経常的な経費のうち交際費が減少したことなどが主な要因でございます。なお、この表の下の注2に記載してございますが、経常的収支比率の数値の下の括弧書きは、減収補てん債及び臨時財政対策債を経常一般財源等から除いた場合の数値について、参考として記載してございます。その他の指標については記載のとおりでございますので、お目通しをお願いいたします。
 次に、22ページから27ページにつきましては、特別会計6会計の歳入・歳出の決算を記載してございますが、一般会計決算説明後にそれぞれの担当部長等からご説明申し上げますので、ここでは省略をさせていただきます。
 次に、別冊3の3ページをお開き願います。別冊3の3ページでございます。
 平成27年度歳入決算額説明資料でございます。
 一般会計の1款市税ですが、左から4列目の収入済額が74億136万6,315円で、不能欠損額は4,288万3,908円、収入未済額は4億1,864万6,898円となってございます。この収入未済額には、備考欄の還付未済額135万280円が含まれてございます。
 次に、2款地方譲与税から8款地方特例交付金までは記載のとおりでございますので、お目通しをお願いいたします。
 次に、歳入の約4割を占めます9款地方交付税でございますが、普通交付税が177億8,039万3,000円、特別交付税が12億8,816万9,000円、震災復興特別交付税が3億4,795万6,000円となってございます。
 次に、11款分担金及び負担金ですが、収入済額は3億1,810万9,643円、不能欠損額は137万8,570円、収入未済額は810万7,171円でございます。不能欠損額は全額保育料負担金で、収入未済額は保育料負担金、それから急傾斜地崩壊対策事業受益者分担金などでございます。
 次に、12款使用料及び手数料でございますが、収入済額は7億3,471万6,224円、不能欠損額は78万2,640円、収入未済額は4,087万7,291円で、内訳は公営住宅使用料が3,093万4,590円、定住促進住宅使用料が757万500円、し尿収集運搬処理手数料が135万3,791円などとなってございます。
 次に、4ページをお願いいたします。
 13款国庫支出金でございますが、調定額が46億3,735万5,404円、収入済額が45億4,327万7,404円で、収入未済額の9,407万8,000円は全額繰越事業に係る収入特定財源でございます。
 14款県支出金ですが、調定額が37億2,044万1,331円、収入済額が33億3,113万4,331円で、収入未済額が3億8,930万7,000円でございます。こちらも全額繰越事業に係る未収入特定財源でございます。
 次に、5ページの中段、15款財産収入でございますが、調定額が2億609万5,623円、収入済額が2億505万4,903円、不能欠損額は雇用促進住宅駐車場貸付収入の2万7,720円、収入未済額は土地売却収入の101万3,000円でございます。
 次に、16款寄付金は、収入済額が1億3,484万2,885円で、ふるさと応援寄付金など3,115件の寄付金でございます。
 次に、17款繰入金ですが、収入済額は10億7,557万9,067円で、内訳は特別会計繰入金4,329万6,170円、基金繰入金10億3,228万2,897円でございます。
 次に、18款繰越金は前年度からの繰越金でございます。
 次に、19款諸収入ですが、調定額12億4,312万9,102円、収入済額が10億6,493万3,717円、不能欠損額は給食実費徴収金の76万4,398円、収入未済額は給食実費徴収金や震災対応人材育成事業業務委託料返還金などでの1億7,743万987円でございます。
 次に、6ページをお願いいたします。
 20款の市債でございますが、収入済額は58億4,360万円でございまして、このうち普通交付税からの振替分の臨時財政対策債は15億2,150万円で、市債の約26%を占めてございます。
 以上が一般会計の歳入の概要でございます。
 歳出につきましては、主要施策の成果説明書等でこの後、各部長等から順次ご説明を申し上げますのでよろしくお願いいたします。なお、成果説明書の記載内容でございますけれども、記載している内容は主なものでございまして、その合計額が必ずしもその細目の合計額と一致していないというものでございますので、あらかじめご了承いただきますようにお願い申し上げます。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) それでは、歳出につきましてご説明をいたします。
 成果説明書に基づき説明をいたしますので、お開き願いたいと思います。
 まず、33ページをお願いいたします。
 1款1項1目1細目議員報酬費でございます。議員25人分の議員報酬、期末手当、共済費等の支出状況でございます。
 2細目議会活動費です。市民との意見交換会を市内9カ所で開催しております。参加者は126名でありました。会議の開催状況は、平成27年からは通年議会を導入したということで、本会議は招集議会、定期議会、特別議会、合わせて8回の開催となり、会議日数31日、182議案を審議してございます。
 特別委員会は、予算及び決算審査特別委員会、福島第一原発事故放射能汚染対策特別委員会、庁舎建設に関する調査特別委員会、総合計画に関する調査特別委員会で、開催状況等については記載のとおりでございます。
 36ページからは、各常任委員会の活動状況でございます。
 37ページ以降には、広報広聴委員会、議会改革推進会議、政策企画調整会議、全員協議会等の開催状況について記載してございます。
 39ページには、請願・陳情の審査、処理状況、それから職員研修会の内容等を記載しております。
 41ページには、政務活動費交付金の支出内訳を記載してございます。
 続いて、42ページをお願いいたします。
 2款1項1目1細目総務一般管理費でございます。平成27年度職員採用試験の状況でございますが、上級・中級・初級、それに任期付職員、合わせまして265人が受験いたしまして、43人を採用してございます。また、行政区長302人分の区長報酬等の支払いを行っております。
 ふるさと応援寄付金につきましては、インターネット申し込みやクレジット決済などの導入によりまして、寄付件数3,113件、前年の約39倍になります。金額にして1億2,697万324円、前年の約17倍ということで大幅に増加いたしました。返礼品に係る賞贈金3,775万2,200円を支出してございます。
 次、44ページでございます。2細目職員給与費でございます。
 これにつきましては、資料別冊3の15ページをお開き願いたいと思います。A3版の資料でございます。
 平成27年度決算、職員給与費科目別集計表一般職分ということでございます。特別職を除く一般職につきまして、一般会計・特別会計並びに公営企業会計に分け記載しております。表の中頃に一般会計の計の欄がございますが、人員は919名でございます。前年度比較4名の減ということでございます。職員給与費の合計は69億9,223万7,199円でございまして、前年比較2,931万4,476円の増となってございます。
 次、特別会計でございます。
 国保、後期高齢、介護、下水道の4会計で、職員数は51名でございます。対前年比1名の減ということであります。職員給与費は3億7,078万1,351円で、対前年比302万6,785円の減となってございます。
 一般会計と特別会計の合計でございますが、職員数は970名、前年比5名の減でございます。職員給与費は73億6,301万9,250円でございまして、前年に比較しますと2,628万7,691円の増となってございます。
 増額の要因といたしましては、寒冷地手当の新設によるものが6,093万円でございます。さらに、人事院勧告による勤勉手当の引き上げ等がございまして、それが2,360万円などが主なものであります。なお、職員が減少したことによる影響額につきましては、6,515万円でございますが、それらを差し引いてもなお、2,600万円余りの増ということになったものでございます。
 それから、公営企業分でございます。
 水道事業会計は職員数29人、対前年1名の増となってございます。給与費は2億4,799万3,477円でございまして、対前年836万6,739円の増ということでございます。
 次、病院・老健事業会計でございますが、職員数は470人、対前年15人の減ということでございます。給与費は、50億174万1,290円で対前年比3億1,431万4,269円の減となりました。これにつきましては、職員数の減によるものに加えまして、昨年度には賞与引当金2億2,740万円の計上があったことによるものでございます。
 これらを合わせまして、一番下の表にありますが、登米市の全職員数1,469名、前年比較で19名の減となってございます。職員給与費は126億1,274万4,017円、前年比2億7,965万9,839円の減ということになってございます。なお、これから一般会計・特別会計における各担当部長からの説明におきましては、各款項目ごとに記載しております職員給与費の説明は省略させていただきたいと思います。
 また、公営企業会計につきましては、必要に応じてその折に改めて説明を行わせていただきます。
 それでは、成果説明書44ページにお戻りいただきたいと思います。
 44ページの3細目宮城県自治振興センター費でございます。仙台市を除く県内34の全市町村で構成いたします宮城県自治振興センターの運営に要する負担金でございます。
 4細目秘書業務費でございます。市長交際費の執行状況を記載してございます。
 45ページをお願いいたします。5細目職員研修費でございます。
 職員の人材育成とスキルアップを図るため、各種研修会を行ってまいりました。コーチング研修や職員自主研修支援事業などの職場内研修、これに545人。宮城県市町村職員研修所研修、または宮城県への職員派遣などの職場外研修、これにつきましては151人、合わせまして696人が研修に参加してございます。
 次、47ページでございます。6細目職員厚生費でございます。
 職員の各種検診や人間ドックに加えまして、メンタルヘルス職場復帰支援等を実施してまいりました。
 次、48ページでございます。7細目市政功労者表彰費でございます。
 市政の発展に寄与し、功績のありました個人77名及び13の団体に対し、表彰状を授与したものでございます。
 次、49ページでございます。8細目市制施行10周年記念事業費でございます。
 平成17年の合併から10周年を祝って、記念式典をはじめフォトコンテスト、文化講演会、ラジオ番組の収録事業等々を記念事業として実施いたしました。式典では、市民144人による市民歌の大合唱があったり、市政運営に多大な功績がありました22人に対し感謝状の贈呈等を行いました。また、式典・祝賀会には姉妹都市のアメリカ・サウスレイク市並びに富山県の入善町から関係者の出席をいただいたところでございます。
 次、53ページをお願いいたします。2款1項2目1細目法令集管理費でございます。
 条例・規則等の制定、改廃についての定期的なデータ更新を行うとともに、283件の例規審査を行ったものでございます。
 次、2細目文書収発保存業務費でございます。税関係等を除く本庁舎分の郵便料などの通信運搬費でございます。
 次、54ページでございます。3細目広報広聴費でございます。
 広報誌、広報とめの発行のほか、ホームページやメール配信サービス、コミュニティエフエム等による市政情報の発信状況等々を56ページまで記載してございますので、お目通し願います。なお、広報とめにつきましては5月号から月1回の発行といたしまして、オールカラー化いたしましたが、12月号が平成28年の全国広報コンクール広報誌の部で入選をしてございます。
 それから56ページをお願いいたします。2款1項3目1細目財政管理費でございます。
 予算の調整、執行管理費等の費用でございます。支出の主なものは予算書、決算書、説明資料等の印刷製本費でございます。

議長(沼倉利光君) 会計管理者、中澤和志君。

会計管理者(中澤和志君) 次に57ページ、2款1項4目会計管理費でございます。
 事業概要でございますが、一般会計・特別会計及び歳計外現金の収入支出の処理、資金の管理、それから各種基金に属する現金の管理・保管を行っております。
 成果といたしましては、公金の収納、支払におきまして、データ伝送による口座振替収納、公共料金の口座振替払いや一括起票などによりまして、事務処理の効率化・簡素化を図ったところでございます。
 次に、2細目検査管理費でございます。
 事業概要でございますが、工事完成検査など665件の検査を行っております。また、300万円以上の工事につきまして、工事成績の評定を行うとともに、優良工事施工業者等の表彰を行っております。
 成果といたしましては、優良工事施工業者等表彰を行うことによりまして、施工業者の
 施工意欲を高め、工事の技術水準や品質の向上に努めたところでございます。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 61ページをお願いいたします。2款1項5目1細目契約管理費でございます。入札等の実施状況をまとめてございます。
 建設工事のスムーズな発注と事業の進捗が図られ、不調・中止につきましては36件、12.2%ということで、前年より9.6ポイントの改善となりました。
 62ページにかけまして、入札の執行状況や落札率、登録業者等、建設工事における不落の状況等を記載してございます。
 次、63ページでございます。2款1項6目1細目公有財産管理費でございます。
 市有財産の維持管理として、建物の損害保険料や各種業務委託、修繕工事等の実施状況について、65ページにかけまして記載してございます。また、公共施設における新電力の導入や通信回線統合サービスなどを導入いたしまして、電気料金で約880万円、電話料金で150万円ほどの節減を図ったところでございます。
 次、65ページでございます。2細目公用車管理費でございます。
 公用車の更新や維持管理に係る経費でございます。平成27年度には、7台の公用車を購入してございます。
 66ページをお願いいたします。3細目共通物品管理費でございます。
 迫庁舎で使用しておりますコピー用紙や伝票類を一括購入したものでございます。
 4細目基金管理費でございます。
 平成27年度におけるふるさと応援基金充当事業につきましては13件で、347万4,337円で一覧表のとおりでございます。また、平成27年度中に受納したふるさと応援寄付金のうち、3,025件分、1億1,926万2,785円を基金に積立をしたものでございます。
 また、財政課分でございますが、財政調整基金に7億5,517万8,000円を予算積立したほか、財政調整基金及び減債基金に係る利子の積立を行ったものでございます。

議長(沼倉利光君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 68ページをお願いいたします。
 7目1細目企画一般管理費では、職員提案募集を行ったほか、宮城・岩手の県際に位置する本市、栗原市、一関市の3市で市長懇談会を開催し、合同婚活支援事業などの新たな連携事業の取組を始めております。
 次に69ページ、2細目総合計画管理費では、本市のまちづくりの指針となります第二次登米市総合計画を策定したほか、新たな登米市過疎地域自立促進計画を作成してございます。
 続いて、70ページをお願いいたします。
 地方創生に取り組むにあたり、登米市まち・ひと・しごと創生総合戦略を策定してございます。
 次に、3細目の登米祝祭劇場管理費ですが、支出の主なものは祝祭劇場の指定管理料及び文化創造プラン委託料などでございます。
 次に71ページ、4細目行政改革推進費では、効率的な事務事業の執行を図るため行財政改革の各種取組を推進いたしましたし、新たに第三次登米市行財政改革大綱及び実施計画を策定しております。
 続いて72ページですが、行政評価システムの推進のほか指定管理者制度導入の推進により、新たに平筒沼ふれあい公園について導入手続きを進めたところでございます。
 次の73ページ、5細目男女共同参画社会づくり推進費では、女性リーダー育成の講習会や高校生へのデートDV講習会の開催などの推進事業に取り組んできております。
 次に74ページ、6細目情報公開推進費では、開示請求の処理状況を掲載しておりますが、140件の情報公開開示請求、そして15件の個人情報開示請求があり、それぞれ対応してまいりました。
 次に75ページ、7細目国内交流費では、在京等町人会の郷土出身者交流、それから国内姉妹都市交流などに関する事業を行っております。
 続いて76ページ、8細目国際交流費では、外国人相談窓口の設置や市内の外国人の行政手続き支援や生活相談に応じてございます。また、先ほども説明がございましたが、市制施行10周年記念式典においては、在京・在仙町人会のほうからの出席とそれから入善町、サウスレイク市から出席をいただいたところでございます。
 次に9細目、77ページにかけてでございますが、交通対策費では市民バス等の運行事業において、市内の県立高校再編に伴い運行路線及びダイア改正を実施したほか、佐沼高校前のバス停2カ所に上屋を設置しているところでございます。
 次に78ページ、10細目まちづくり活性化事業費では、東和町米川地区に地域おこし協力隊員1名を任用したほか、宝くじ助成事業を活用し、コミュニティ組織等3団体に対する補助を行ってございます。また、空き家情報バンク事業では、新たに11件の空き家登録があり、利用希望登録者は17人で、そのうち成立件数は3件でございました。
 次に、79ページから82ページまでになりますが、11細目協働のまちづくり事業費では、市内21のコミュニティ組織に対して総務省の制度を活用し、集落支援員を1名ずつ配置したほか、一括交付金として登米市がんばる地域づくり応援交付金を交付してございます。また、集会施設整備事業により10施設に集会所改修の補助金を交付したほか、とめ市民活動プラザの運営委託によりNPO等市民活動団体の支援を行ってきてございます。さらに、協働による持続的な発展を目指すため、合併特例債を活用して登米市未来のまちづくり推進基金を造成してございます。
 次に83ページ、12細目若者交流対策費では、結婚活動支援事業をNPO法人に委託し、出会いイベントや結婚相談会を開催したほか、本市、栗原市、一関市の3市連携事業として合同婚活イベントを開催してございます。
 次に84ページから86ページ・・・

議長(沼倉利光君) 企画部長、説明の途中ですけれども、ここで10分間休憩をいたします。
 
          休憩 午前11時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時10分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。認定第1号の説明を継続します。

企画部長(秋山茂幸君) それでは、成果説明書の84ページからになりますけれども、84ページから86ページ上段までの8目1細目システム管理費では、行政情報システム及び行政ネットワークの管理運営を行うとともに、28年度からの新たな行政システムの構築に向け、データ移行やシステムの運用テストなどを行ってまいりました。
 次に86ページ、2細目情報化推進費では、市が整備した光ケーブルの管理運用と利便性の向上のための電子申請システムの拡大に取り組んできてございます。
 次に87ページ、3細目南方情報センター費ですが、情報センターの管理運営費でございます。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 88ページでございます。
 2款1項9目支所費でございますが、1細目の迫総合支所維持管理費から108ページまで9細目津山総合支所維持管理費までにつきましては、各総合支所の運営や維持管理の状況、事務の執行状況等々について記載してございますが、説明は省略させていただきますのでお目通しを願います。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) それでは、109ページをお願いいたします。
 2款1項10目1細目交通安全指導運営費につきましては、交通安全指導員の活動に要した経費でございまして、指導員数27年度末119名で、定員160名に対する充足率につきましては74.4%となっております。
 次に、2細目交通安全推進活動費につきましては、春と秋に交通安全市民総ぐるみ運動を展開するなど交通安全意識の高揚を図り、交通事故防止に務めたところでございます。
 次に、110ページをお願いいたします。
 3細目交通安全施設維持管理費につきましては、交通事故防止策としてカーブミラー、ガードレール等の新設、修繕を行ったところでございます。
 111ページをお願いいたします。
 2款1項11目1細目防犯推進活動費につきましては、防犯指導員の活動に要した経費でございまして、指導員数につきましては27年度末131名で、定員160名に対する充足率は81.9%となっておるところでございます。
 次に、112ページをお願いいたします。
 2細目防犯施設維持管理費につきましては、防犯灯の維持管理及び新規設置を行い、犯罪の未然防止等に務めたところでございます。また、平成25年度から事業開始した防犯灯LED化事業につきましては、平成27年度をもって60VAを越した防犯灯工事を行い完了となったものでございます。さらに、安全安心なまちづくりのため市内2地区に防犯カメラを設置し、運用を開始しているところでございます。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 113ページ、お願いいたします。2款1項12目1細目自衛官募集事務費でございます。
 自衛隊父兄会活動の支援を行ってございまして、平成27年度の募集活動による市内からの入隊者は10名ございました。
 次、114ページでございます。
 2款2項1目1細目の税務総務一般管理費、それから3細目の固定資産評価審査委員会費につきましては、適切な税務事務遂行のための費用の執行でございます。平成27年度は固定資産評価に対する異議申し立てはございませんでしたが、委員改選に伴い委員会を1回、研修会を1回開催してございます。
 115ページの2款2項2目1細目賦課徴収一般管理費から、117ページになりますが、4細目軽自動車税賦課業務費までにつきましては、各市税の賦課徴収業務の取組状況を税目ごとに記載してございます。
 それから118ページから121ページにかけましては、5細目徴収業務費でございます。
 これにつきましては、平成27年度は第3次市税等徴収率向上計画を策定いたしまして、徴収率の向上と収入未済額の縮減に取り組み、対前年度比3,100万円余りの縮減を図ったところでございます。課税状況、収納状況、不能欠損状況、滞納処分状況などにつきましては、記載の通りでございますのでお目通しを願います。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 続いて、122ページをお願いいたします。
 2款3項1目2細目戸籍住民基本台帳等管理費につきましては、戸籍事務、住基事務、諸証明の交付事務など、住民に直結した市民サービスに努めたところでございます。また、平成27年10月にマイナンバー制度が開始され、全市民へのマイナンバーの附番と番号を通知したところでございます。平成28年1月よりマイナンバーカードの交付が開始され、カード利用者証明書交付サービスを稼働に向けて準備を進めてまいりました。
 続いて、125ページをお願いいたします。
 人権啓発事業といたしましては、人権尊重思想の普及、高揚を目的に、基本的人権の尊重を資するため講演会等を実施したものでございます。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 127ページをお願いいたします。
 2款4項1目2細目選挙管理委員会費でございます。これは、選挙管理委員会の開催状況等について記載したものでございます。お目通しを願います。
 128ページでございます。2款4項2目1細目選挙啓発費でございます。
 選挙啓発活動として、市内の小中学生を対象に明るい選挙啓発ポスターコンクールを実施したところでございます。
 129ページでございます。
 3目1細目登米吉田土地改良区総代選挙費でございますが、無投票でございます。募集人を当選人としたところでございます。
 130ページでございます。4目1細目宮城県議会議員選挙費でございます。
 任期満了に伴う宮城県議会議員の一般選挙に係るものでございます。10月25日、投票日でございまして、投票率は56.13%でございました。

議長(沼倉利光君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 132ページをお願いいたします。
 5項1目1細目統計総務一般管理費でございますが、各種施策の基礎資料とするため登米市統計書を作成したほか、登米市統計調査員協議会への補助金を交付してございます。
 次に、133ページをお願いいたします。
 2目1細目農林業センサス調査費、2細目国勢調査費、それから134ページでございますが、3細目経済政策調査費、そして4細目の商業統計調査費については、それぞれの統計調査の実施、または事務処理等に要した経費を計上しているところでございます。

議長(沼倉利光君) 挙手を願います。監査委員事務局長、遠藤 仁君。

監査委員事務局長(遠藤 仁君) 135ページでございますが、監査業務費でございます。
 年間の監査事務に要する経費を計上してございます。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 続いて、137ページをお願いいたします。3款民生費でございます。
 3款1項1目1細目社会福祉総務一般管理費につきましては、民生委員、児童委員の欠員に伴う公認候補者の推薦のための委員会や地域福祉計画策定委員会、高齢者及び障害者虐待対策連絡協議会等を開催し、福祉施策の推進を図ったものでございます。
 次、138ページをお願いいたします。
 3細目介護保険推進費及び4細目介護保険安定対策費につきましては、介護保険特別会計へ事務費及び介護給付費等の負担分を繰り出したものでございます。
 続いて、5細目戦没者追悼式費につきましては、終戦70周年記念追悼式典等開催に要する経費を支出したものでございます。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 6細目更生保護団体育成費につきましては、更生保護士会等の育成に係る経費を支出したものでございます。以上です。

議長(沼倉利光君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 続いて、7細目社会福祉推進費につきましては、登米市社会福祉協議会や民生委員児童委員協議会へ補助金を交付いたしまして、社会福祉の推進を図ったものでございます。
 続いて、140ページをお願いいたします。
 8細目福祉団体育成費につきましては、社会福祉対策として登米市身体障害者福祉協会などに補助金を交付し、福祉団体の育成を図ったものでございます。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 続いて、9細目国民健康保険事業特別会計費につきましては、国民健康保険特別会計に対する繰り出しでございます。
 国民健康保険特別会計の繰り出し基準に基づく、一般会計が負担に要するに費用と特定健康診査自己負担分の繰り出しを行い、国民健康保険事業の安定化を図り運営したものでございます。

議長(沼倉利光君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 続いて、10細目生活困窮者自立支援費につきましては、生活困窮者自立支援事業を委託し、相談者の自立等に向けた支援を行ったものでございます。
 続いて、141ページをお願いいたします。
 11細目臨時福祉給付金支給事業費につきましては、消費税増税による低所得者への負担の影響を緩和するため、臨時福祉給付金の支給を行ったものでございます。
 142ページをお願いいたします。
 2目1細目高齢者福祉施設管理運営費につきましては、老人福祉センターなどの高齢者福祉施設の管理運営に要した経費でありまして、迫老人福祉センター屋根防水改修工事等を行いまして、施設の環境整備を図ったものでございます。
 143ページをお願いいたします。
 3目1細目障害者福祉諸費につきましては、南方福祉作業所あやめ園の静養スペースの確保のため施設の改修工事を行いまして、利用者の利便性の向上を図ったものでございます。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 続いて、2細目心身障害者医療費助成費につきましては、心身障害者の医療費の一部負担を助成するものであり、心身障害者に対する医療機会の確保と経済負担の軽減を図ったものでございます。
 扶助費でございますが対象者1,928人に対しまして、1億6,394万4,365円を助成しております。
 前年比と比較しますと対象者が9人減少し、助成額が38万8,005円の0.2%の減となっているところでございます。以上です。

議長(沼倉利光君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 続いて、145ページをお願いいたします。
 4細目障害者自立支援費につきましては、障害者ホームヘルスサービスなど障害福祉サービスに係る介護訓練等給付費や補装具の支給を行ったものでございます。
 続いて、147ページをお願いいたします。147ページでございます。
 6細目地域生活支援費につきましては、障害者が地域で安心して生活できるように障害者相談支援、日常生活用具給付などの支援を行ったものでございます。
 飛ばしていただきまして、153ページをお願いいたします。153ページでございます。
 4目1細目老人福祉一般管理費につきましては、老人福祉一般管理に要した経費で、地域医療介護総合確保補助金につきましては、平成28年度に繰り越しを行ったものでございます。
 続いて、2細目老人福祉施設入所措置費につきましては、養護老人ホームきたかみ園の施設入所に要した経費で、平成27年度は8人を入所措置いたしました。
 154ページをお願いいたします。
 3細目、生活支援ハウス運営事業費から、159ページになります。
 16細目社会福祉法人等対策費までにつきましては、高齢者福祉サービスに要した経費で高齢者が生きがいをもって暮らし、自立した生活が続けられるように支援を行ったものでございます。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) それでは、159ページをお願いいたします。
 3款1項4目17細目老人保険特別会計費につきましては、平成23年度から老人保険特別会計による処理につきましては一般会計に引き継がれ、老人保険事業の事務的経費と国保連合会への事務処理委託料、平成26年度の老人保健医療費の収入実績に伴う国等への返還金を支出し、老人保健医療の適正化を図ったものでございます。
 続きまして、160ページをお願いいたします。
 18細目後期高齢者医療特別会経費につきましては、宮城県後期高齢者医療広域連合への事務費負担金、後期高齢者の医療給付に対する負担金と後期高齢者医療特別会計に対する事務費、人件費や保険料の軽減に伴う保険安定負担金等の広域連合納付金などの繰り出しを行い、後期高齢者医療の安定的な運営を図ったものでございます。

議長(沼倉利光君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 続いて、161ページをお願いいたします。
 2項1目1細目児童福祉一般管理費につきましては、登米市子ども・子育て会議を開催し、子ども・子育て支援施策の推進を図ったほか、児童館等の適正な運営に努めるとともに中田児童クラブ室増築工事を行ったほか、小規模保育設置促進事業補助金を交付し、子育て支援対策の推進を図ったものでございます。
 164ページをお願いいたします。164ページでございます。
 4細目家庭児童相談室運営費につきましては、子どもの養育や虐待等の課題のある家庭の相談に応じるため、家庭児童相談室を設置し、関係機関との連携を図りながら課題解決に努めたものでございます。
 165ページをお願いいたします。
 5細目障害者児対策費につきましては、障害児の児童発達支援や放課後等デイサービスなど障害児の支援を行ったものでございます。
 166ページをお願いいたします。
 6細目子育て世代臨時特例給付金支給事業費につきましては、子育て世帯を支援するため子育て世帯臨時特例給付金を支給いたしました。
 167ページをお願いいたします。
 2目1細目広域入所児童措置費につきましては、登米市の児童が保護者の就労や疾病等で他市町村の認可保育所を利用するための委託料などを支出し、保護者の就労形態に即した子育て支援を行ったものでございます。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) それでは、168ページをお願いいたします。
 3款2項2目2細目乳幼児医療助成費につきましては、乳幼児医療費の一部負担金を助成することにより、乳幼児に対する医療機会の確保と子育て家庭における経済的負担の軽減を図っております。
 なお、2細目につきましては9月末までの事業決算でありまして、10月から3細目の子ども医療費助成事業として継続実施したものでございます。助成件数につきましては、4万6,181件で7,464万1,995円の助成をいたしました。
 次に、3細目子ども医療費助成につきましては、乳幼児医療助成事業及び子ども入院医療費助成事業と統合、拡充し、子ども医療費助成事業に改め、0歳から中学生までの医療費の一部負担金を現物支給し助成することにより、医療機会の確保と子育て家庭における経済的負担の軽減を図っております。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 続いて、169ページをお願いいたします。
 4細目児童手当給付費につきましては、児童を養育する家庭の生活の安定と次代を担う児童の健全な育成と資質の向上を図るため、児童手当を支給したものでございます。
 170ページをお願いいたします。
 5細目施設型給付費につきましては、認可保育所12施設に施設型給付費を支出し、保護者の子育てと仕事の両立を支援したものでございます。
 続いて、6細目地域型保育給付費につきましては、小規模保育事業所10施設に地域型保育給付費を支出し、保護者の子育てと仕事の両立を支援したものでございます。
 172ページをお願いいたします。
 3目1細目母子福祉一般管理費につきましては、母子生活支援施設に係る経費のほか、高等訓練職業促進給付費として看護師等の資格を取得するための支援を行い、母子家庭の自立促進を支援したものでございます。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) それでは、173ページをお願いいたします。
 3款2項3目2細目母子・父子家庭医療費助成費につきましては、母子・父子家庭等に対する医療費を助成することにより、母子・父子家庭等の生活の安定と自立を支援し福祉の増進を図っております。
 対象者は2,216人に対しまして、2,153万7,933円の助成をしているところでございます。以上です。

議長(沼倉利光君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 続いて、3細目でございます。
 児童扶養手当給付費につきましては、ひとり親家庭等の生活の安定と自立の促進を図るため、児童を養育するひとり親に対し児童扶養手当を支給するものでございます。
 174ページをお願いいたします。
 4目1細目児童館管理運営費につきましては、市内4カ所の児童館の管理運営を行い、心身ともに健やかな子どもの成長を支援したものでございます。
 175ページをお願いいたします。
 3細目保育所管理運営費につきましては、市内8カ所の公立保育所の管理運営を行い、保護者の子育てと仕事の両立を支援したものでございます。
 177ページをお願いいたします。
 4細目こじか園管理運営費でございます。重複障害を含む知的障害児のサービス提供の拠点として、こじか園の管理運営を行い、障害児の心身機能発達の促進や保護者への支援を行ったものでございます。
 178ページをお願いいたします。
 5目1細目放課後児童健全育成事業費につきましては、公立15、民間2の計17カ所の放課後児童クラブにおいて、日中仕事のため保護者が家庭にいない児童の生活指導や居場所づくりを行い児童の健全な育成を図ったものでございます。
 179ページをお願いいたします。
 2細目子育て支援センター運営費につきましては、公立9、民間1の計10カ所の子育て支援センターにおいて育児相談などに応じ、子育ての支援を行ったものでございます。
 続いて、180ページをお願いいたします。
 3細目一時保育事業運営費につきましては、保護者が一時的に保育が困難になった場合に保育を行う事業でありまして、認可保育所などにおいて一時保育事業を行い保護者の支援を行ったものでございます。
 181ページをお願いいたします。
 4細目低年齢児保育事業助成費につきましては、認可外保育所の経営の安定と保育の質の向上を図るため、3施設に補助金を交付したものでございます。
 続いて、5細目延長保育事業補助経費につきましては、保育時間の延長を行っている認可保育所などに補助金を交付し、保護者の就労時間に応じた子育ての支援を行ったものでございます。
 183ページをお願いいたします。
 7細目障害児保育事業費につきましては、障害児を保育した認可保育所に補助金を交付し、障害児保育を支援したものでございます。
 185ページをお願いいたします。
 3項2目1細目生活保護各種扶助費につきましては、506世帯652人に対して生活扶助、医療扶助等の給付を行い、被保護者の自立に向けた支援を行ったものでございます。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 続いて、186ページをお願いいたします。
 3款4項1目1細目国民年金事務取扱費につきましては、老齢、傷害、死亡等による生活の安定が損なわれないよう年金受給権の確保に努め、市民の生活の維持・向上に役立つことを目的として事業を行っておるところでございます。
 国からの法定受託事務として、資格の特送、保険料の免除、裁定請求に関する事務と、協力・連携事務といたしまして、資格取得等の保険料納付特送、口座振替の促進、広報誌等の掲載による制度の周知、相談業務を実施しているところでございます。

議長(沼倉利光君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 続いて、187ページをお願いいたします。
 5項1目1細目災害救助費につきましては、東日本大震災に係る災害援護資金の貸し付けを行いまして、被災者の生活再建を支援したものでございます。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 続きまして188ページ、4款をお願いいたします。
 4款1項1目1細目保健衛生総務費につきましては、健康づくり全般わたる啓発と救急医療の確保、地域包括医療ケア体制の推進のために、各種事業を実施したものでございます。
 健康寿命の延伸につきましては、重点事業といたしまして、ウォーキング推進事業を実施し、日常生活に運動を取り入れるための環境整備に努めました。また、平成27年8月には、スマートフォンアプリ「登米市オリジナル歩き旅」を開始し、登録者の状況からターゲットといたしました働き盛りの男性の利用が多くなっているところでございます。
 続いて、190ページをお願いいたします。
 2細目献血推進費につきましては、献血のPR活動、献血依頼の訪問など、各団体の連携により献血者目標を達成することができました。
 続いて、191ページをお願いいたします。
 4細目保健施設管理費につきましては、各町域7カ所の保健センターの施設管理費であります。大きな修繕につきましては、修繕計画を立てて進めておるところでございます。
 続いて、192ページをお願いいたします。
 4款1項2目1細目の母子保健事業費につきましては、妊娠届け出の相談に始まり、保健師、助産師による新生児訪問、継続した各時期の乳幼児健診、健康診査等の実施とフォローにより、妊娠期から切れ目のないカバーリングの中で子どもの健全な発達と健やかな成長を目指し事業を実施してまいりました。
 続いて193ページをお願いいたします。
 2細目生活習慣病予防対策費につきましては、各種健康教育、健康相談、訪問指導として総合支所ごとに実施しております。また、児童の生活習慣病予防事業につきましては、市内小学校3校において生活習慣の改善に取り組みました。
 続いて、194ページをお願いいたします。
 3細目健康診査費につきましては特定検診のほか、各種がん検診、肝炎ウィルス検診、歯周病疾患検診等11の検診を実施しております。
 生活習慣病重症化予防対策としましては、特定検診の要医療者を対象に実施しております。歯周病疾患の検診につきましては、従来の対象者に50、60、70の方々を加えて実施しておるところでございます。196ページまで記載しておりますのでよろしくお願いいたします。
 続いて、197ページをお願いいたします。
 4細目生活改善費につきましては、ライフステージに応じました食生活の改善、食の重要性の啓発を基本として、地区組織活動と連携し実施しております。
 198ページをお願いいたします。
 5細目精神保健費につきましては、各種相談事業並びに人材育成事業を実施することで、相談支援体制の充実と互いに支え合う地域づくりを進めてまいります。
 さらに若年対策としましては、高校生を対象に「思春期心と体の元気サポーター養成講座」を実施いたしました。
 続いて、200ページをお願いいたします。
 4款1項3目1細目の予防接種費につきましては、予防接種表に記載されている定期予防接種と任意予防接種があります。いずれの予防接種につきましても、感染症の発生、蔓延、重症化を防ぐため接種率の向上を目指し、事業を実施してまいりました。
 201ページをお願いいたします。
 2細目感染症対策費につきましては、年を通じ、広報、ホームページ等により感染予防の正しい知識の啓発に努めております。
 続いて、202ページをお願いいたします。
 4款1項4目1細目の狂犬病予防費につきましては、狂犬病予防注射並びに犬の登録を行い、狂犬病の予防に努めているところでございます。
 2細目生活環境費につきましては、環境パトロールや一斉清掃及びごみ集積所の設置費補助、アメリカシロヒトリ駆除対策、放射線及び放射能測定等を行い、環境衛生に努めているところでございます。そのうち多発している不法投棄抑制対策といたしましては、新たに監視カメラを購入し、各総合支所で確認した不法投棄が多い箇所に2、3カ月ごとにローテーションを組み、移動設置しているところでございます。
 続いて、204ページをお願いいたします。
 3細目の市営墓地管理費につきましては、市営墓地の清掃等を行い、適正管理に努めているところでございます。また、工事請負費についてですが、昭和38年に建設され、漏水など老朽化が進んでおりました既存の供養収骨庫を撤去いたしまして、新たに新骨庫の設置工事を行っております。これにより、新骨庫の適正な管理が可能になっておるところでございます。
 205ページをお願いいたします。
 4細目の火葬場管理運営費につきましては、指定管理による業者委託を行い、適正な管理運営を図っております。
 5細目の管理環境保全推進費につきましては、河川・湖沼の水質検査、環境教育、バイオディーゼル燃料推進、第二次環境基本計画策定等の事業を実施しております。
 このうち、第二次環境基本計画策定事業につきましては、各部局において第一次登米市環境計画の検証を行い、その結果を踏まえ登米市環境審議会から答申、議会の議決を経て、平成28年3月に第二次環境基本計画を策定いたしました。
 208ページをお願いいたします。
 6細目のサンクチュアリセンター管理運営費につきましては、施設の維持管理とあわせて実践体験型の環境教育施設としてリニューアルオープンをいたし、そのため改修工事を実施いたしておるところでございます。
 209ページをお願いいたします。
 7細目の住宅用太陽光発電システム設置事業費についてですが、クリーンエネルギー普及を目的として住宅用太陽光発電システムを設置する市民に対し、設置費用の一部を補助しております。
 210ページをお願いいたします。
 4款1項5目1細目の下水道事業特別会計費につきましては、浄化槽の設置、適正な維持管理のため、下水道事業特別会計に繰り出しを行っておるところでございます。
 続いて、211ページをお願いいたします。
 4款2項1目2細目清掃関係費につきましては、ごみ等の収集日程及び資源ごみ分別方法、ごみの出し方等を記載したごみリサイクルし尿収集カレンダーを全戸配布し、市民のごみ減量及び資源分別意識の向上を図ってまいりました。以上です。

議長(沼倉利光君) 環境事業所長、千葉祐宏君。

環境事業所長(千葉祐宏君) 続きまして、212ページをお願いいたします。
 2項2目1細目塵芥処理総務費につきましては、市内のごみ収集運搬業務を計画的、効率的に行いますとともに、右の213ページの2細目施設管理費は、クリーンセンターの点検・修繕等、維持管理に努め、ごみの安定的処理に取り組みました。
 214ページをお願いいたします。
 3細目リサイク事業費は、資源ごみの取集、中間処理を行い、資源リサイクルの推進とごみの減量化を図りました。
 215ページの4細目一般廃棄物処理施設整備事業費につきましては、第2最終処分場の建設工事を継続して進めるとともに、仮称新クリーンセンター整備のため技術審査委員会を開催したほか、用地造成工事に着手いたしました。
 次に、216ページをお願いいたします。
 3目1細目清掃総務費につきましては、し尿収集業務を集約して効率的に行いますとともに、2細目施設管理費では、衛生センターの適切な運転管理によるし尿等の処理を行いながら炭化肥料を生産販売いたしまして、資源循環の推進を図りました。

議長(沼倉利光君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 218ページをお願いいたします。
 4款3項1目1細目病院会経費につきましては、登米市立病院改革プランに基づき病院事業会計へ負担金及び支出金の繰り出しを、並びに病院経営の安定化を図る目的としまして運営資金の貸し付けを行いました。
 続きまして、1細目上水道費につきましては、登米市水道事業所との協定書に基づき、水道事業会計へ負担金及び支出金の繰り出しを行っております。以上です。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、千葉雅弘君。

産業経済部長(千葉雅弘君) 219ページをお願いいたします。
 5款労働費1項1目1細目労働諸費でございますが、労働者の福祉対策の一環として東北労働金庫が融資します原資への預託金等でございます。
 2細目シルバー人材センター運営費でございますが、登米市シルバー人材センターへの補助金などでございます。
 次ページ、220ページをお願いいたします。
 3細目勤労青少年ホーム管理運営費でございますが、東和勤労青少年ホームの管理運営に係る経費でございます。
 221ページをお願いいたします。
 2項1目1細目緊急雇用対策費でございますが、緊急雇用創出事業を活用いたしまして、委託事業により延べ67人、市の臨時職員として延べ10人、合わせて延べ77人の新規雇用を創出したところでありますし、事業復興型雇用創出事業によりまして、被災求職者89人を雇用しました市内事業所の支援にも取り組んだところでございます。

議長(沼倉利光君) 農業委員会事務局長、菅原貞治君。

農業委員会事務局長(菅原貞治君) 次に、223ページをお願します。6款農林水産業費1項1目1細目農業委員会運営費でございます。
 総会や農地部会等で農地の権利移動や転用などについての審議を行い、秩序ある農地の利用調整を図っております。会議の開催状況、農地法3条、4条、5条の管理下の状況は記載のとおりでございます。
 続いて226ページ中段、2細目農地流動化推進事業費でございます。
 農業経営基盤強化促進法による利用権設定事業や農地中間管理事業により、担い手の農地の集積を図ったものでございます。
 227ページ下段、3細目農業者年金費でございます。
 農業者年金は、農業者のために国民年金に上乗せする公的年金であり、農業者年金への加入促進を図ったものでございます。
 229ページ、4細目農地集積集約化対策事業費でございます。
 遊休農地や違反転用など農地の利用状況を調査し、農地の有効利用を図ったものでございます。以上でございます。

議長(沼倉利光君) 産業経済部長、千葉雅弘君

産業経済部長(千葉雅弘君) 230ページをお願いいたします。
 6款1項2目1細目農業総務一般管理費でございますが、国の「食料・農業・農村基本計画」や県の「みやぎ食と農の県民条例基本計画」との整合性を図りながら、本市農業の新たな指針となります「登米市農業振興ビジョン」の策定を行ったところでございます。
 また、農業生産1日1億円創出プランの検証でございますが、産出額につきましては354億6,500万円で、前年より37億2,300万円の増額となったところでございます。その主な要因といたしましては、米につきましては米価の回復により13億9,900万円の増額、畜産につきましては、仔牛価格や枝肉価格の上昇等により22億8700万円の増額、野菜類につきましても、キャベツや葉物類の単価の上昇などによりまして7100万円増額したことなどによるものが要因でございます。
 233ページをお願いいたします。
 中段、3目2細目農作物生産安定対策費でございますが、環境保全型農業推進事業をはじめ農作物病害虫防除事業や有害鳥獣駆除対策事業、農作物インターネット動画配信PR事業、放射性物質の測定事業、水稲直販推進事業、カドミ米対策としての農作物生産流通対策事業などへの取組に要した経費でございます。
 236ページをお願いいたします。
 3細目農業経営基盤強化対策費でございますが、認定農業者連絡協議会補助金など担い手の経営改善を目指す取組を支援したものでございます。
 次に、4細目農業農村活性化推進費でございますが、ビジネスチャンス支援事業におきましては、商品開発や販路開拓、人材育成、加工販売施設整備及び店舗改修などについて支援を行い、新たなビジネスの創出や活力ある経営体の育成に努めたところでございます。
 237ページをお願いいたします。
 下段、6細目担い手育成支援事業費でございますが、新規事業者の雇用研修受け入れに対する支援、さらには担い手の方々に対する農地集積について支援などを行ったところでありまして、国の青年就農給付金につきましては、16人に対し交付したところでございます。
 238ページをお願いいたします。
 7細目食材物産販路拡大事業費でございますが、大地の恵みと海の幸ビジネスマッチングを開催したほか、都市部ホテルなどでの食材フェアの開催や商材利用販路拡大事業などを通して、登米市地産食材の利用の提案と産地の魅力をPRし、販路開拓に努めたところでございます。
 登米ブランド推進事業では、地域の郷土料理であるはっとや油麩などの小麦加工品群につきまして、地域資源法に基づくふるさと名物応援宣言を県内の市町村では初めて行い、さらなる情報発信に取り組んだところでございます。
 また、都市部進出型直売活動促進事業を行ったほか、アグリビジネス人材育成事業としまして、アグリビジネス起業家育成塾を引き続き開催し、1次産業を基軸とした新規ビジネスの創出を担う人材の育成に努めたところでございます。
 241ページをお願いいたします。
 8細目経営体育成支援事業費でございますが、地域の中心経営体が取り組む農業用機械などの導入に対し、支援を行ったものでございます。
 242ページをお願いいたします。
 10細目農業災害復旧支援費でございますが、関東・東北豪雨によって農作物等に危害を受けた農業者に対し補助金を交付するとともに、放射性物質濃度低減対策としまして、塩化カリ配布に対する補助金を交付したものでございます。
 243ページをお願いいたします。
 11細目農地中間管理事業費でございますが、農地中間管理事業を活用しまして担い手への農地の集積、集約化の促進に取り組んだところでありまして、平成27年度における機構から担い手への農地の貸し付けにつきましては、393件393.9ヘクタールとなってございます。
 244ページをお願いいたします。
 4目1細目水田農業構造改革対策費につきましては、転作のための条件整備などに支援を行ったものでありまして、米の生産調整や水田農業ビジョン、産地づくり対策などを実施する登米市農業再生協議会へ負担金を支出したものであります。
 245ページをお願いいたします。
 5目1細目畜産振興費でございますが、畜産経営の安定化と生産基盤の確立を図るため畜産クラスター事業に取り組むとともに、畜産総合対策事業により優良家畜の導入などに対し支援を行ったものでございます。
 飛びまして250ページをお願いいたします。
 6目1細目園芸振興費でございますが、園芸作物の作付拡大と省力化を目指し、園芸産地拡大事業などにより園芸用ハウスの整備や機械整備などに対する支援を行ったものでございます。
 251ページをお願いいたします。
 下段の7目2細目土地改良負担金総合償還金対策事業費でございますが、須郷ダム及び荒戸沢ダムの土地改良施設償還事業負担金でございます。
 252ページをお願いいたします。
 3細目農業用排水施設等維持管理事業費でございますが、農業用排水路の管理及び淡水被害対策並びに県営淡水防御事業で造成しました排水機場の維持管理経費等でありまして、排水施設などの適正な維持管理に取り組んだところでございます。
 253ページをお願いいたします。
 下段、4細目県営かんがい排水事業費でございますが、県営かんがい排水事業の事業推進を図るための事業地区負担金などでございます。
 254ページをお願いいたします。
 5細目土地改良施設維持管理適正化事業費並びに、255ページ、6細目基幹水利施設管理事業費、それから7細目国営造成施設管理体制整備促進事業費でございますが、県営、団体営並びに国営事業で造成しました排水機場や用水機場などの補修、さらには管理業務などを行ったものでございます。
 256ページをお願いいたします。
 中段、9細目経営体育成基盤整備事業費でございますが、県営補助整備事業の負担金及び補助金等でありますし、10細目中山間地域総合整備事業費につきましては、県営事業で昨年度完成しました相川集落農園の維持管理に係る委託料などでございます。
 258ページをお願いいたします。
 12細目刈谷排水機場等維持管理費でございますが、刈谷排水機場及び宮城県より管理を受託しております飯土井水門の維持管理経費等でございます。
 259ページをお願いいたします。
 13細目日本型直接支払事業費でございますが、農業・農村の多面的機能発揮のための地域活動や営農の継続、自然環境の保全等に資する営農活動に取り組んだ組織に対しまして、交付金を交付したものでございます。
 多面的機能支払事業につきましては、協働活動として148組織、施設の長寿命化には42組織、中山間地域等直接支払事業につきましては、津山地区の4集落、環境保全型農業直接支払事業につきましては39件、約1,071ヘクタールの取組となってございます。
 260ページをお願いいたします。
 8目1細目下水道事業特別会計費でございますが、下水道事業特別会計の農業集落排水事業への繰出金でございます。
 261ページをお願いいたします。
 9目1細目農村環境改善センター維持管理費でございますが、迫、中田、米山、南方の農村環境改善センターなど、4施設の管理運営経費でございます。
 262ページをお願いいたします。
 2細目その他農業関連施設費でございますが、豊里多目的研修センターなど8施設に係る管理運営経費でございます。
 264ページをお願いいたします。
 10目1細目農村公園管理費でございますが、農業・農村整備事業などで設置いたしました51カ所の農村公園にかかる維持管理経費でございます。
 265ページからは林業費となります。266ページをお願いいたします。
 2目1細目林業振興費でございますが、高性能林業機械の導入に対する支援や市内産木材の需要拡大を図るための地域材需要拡大支援事業補助金などを交付したものでございます。
 267ページをお願いいたします。
 下段の3細目市有林管理費でございますが、森林経営計画に基づく森林施業などを実施し、市有林の適正な管理に努めたものでございます。
 268ページをお願いいたします。
 下段、4細目林道費でございますが、林道などの維持管理経費並びにふるさと林道登米(とよま)東和線開設に係る負担金及び関連経費を支出したものでございます。
 270ページをお願いいたします。
 6細目林業施設管理費でございますが、豊里地域農産物活用施設「産直がんばる館」の増設工事などを行ったものでございます。
 272ページからは7款商工費となります。

議長(沼倉利光君) ここで昼食のため、午後1時まで休憩をいたします。
 
          休憩 午前11時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 11番、及川昌憲君より中座の申し出がありました。
 認定第1号の説明を継続します。産業経済部長、千葉雅弘君。

産業経済部長(千葉雅弘君) 成果説明書272ページから7款商工費となります。273ページをお願いいたします。
 1項2目1細目中小企業振興資金融資費でございますが、中小企業振興資金の融資や保証料の補給などを行ったものでございます。
 2細目商工振興育成費でございますが、本市の商業・工業及び観光の振興指針となります「登米市商工観光振興計画」につきまして、登米市商工振興審議会での協議・検討を踏まえ、本年2月に策定したところでございます。
 また、登米市プレミアム商品券事業につきましては、国の平成26年度補正予算を活用しまして実施したところでありまして、2割増し商品券4万セットを完売し、地域内消費の拡大に寄与したところでございます。
 登米市ふるさとベンチャー創業支援対策並びに産学官連携研究開発等支援事業につきましては、それぞれ3件を採択し支援を行ったところでございます。
 277ページをお願いいたします。
 3細目企業誘致費でございますが、新規立地企業1社が業務を開始したほか、既存企業では市内移転による新工場建設が1社、生産拡大に向けた増設着手が2社という状況となってございます。
 また、宮城県企業立地セミナーへの参加や企業訪問活動を展開するとともに、ビジネスマッチングや企業情報ガイダンスの開催などによりまして、企業誘致等企業活動支援に努めたところでございます
 280ページをお願いします。
 3目1細目消費生活推進費でございますが、消費生活しに関する相談や多重債務法律相談等を行ったものでございます。
 281ページをお願いします。
 2項1目1細目観光費でございますが、花の名所巡り巡回バスの運行や本市の食の魅力を提供・発信する登米フードフェスティバルを登米フードマラソンとあわせて開催し、2日間で約2万7,000人の来場者が訪れるなど、観光客の誘客に努めたところでございます。
 また、国の平成26年度補正予算を活用した、レンタカーによる観光利用キャッシュバック事業を行い、9カ月間で510件の利用となってございます。
 そのほか、各種観光客誘客事業の実施や観光物産イベントなどに対する支援を行った結果、平成27年の観光客入込数につきましては、前年より約4万3,000人多い270万9,000人となったところでございます。
 283ページをお願いいたします。
 2目1細目公園等管理費でございますが、長沼フートピア公園をはじめ各公園の維持管理経費でありまして、287ページの3目1細目観光施設管理費につきましては、登米(とよま)観光物産センターをはじめとする各施設の管理運営費でございます。
 289ページをお願いいたします。
 4目1細目観光施設整備費でございますが、三陸縦貫自動車のパーキングエリアに併設して整備を進めております、地域活性化施設としての「道の駅三滝堂」の整備に要する経費でございます。
 290ページをお願いします。
 5目1細目食材物産ステップアップ事業費でございますが、本市の多様な食材、物産を紹介するためのPR活動や交流活動に要した経費等でございます。

議長(沼倉利光君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) それでは、291ページをお願いいたします。8款土木費でございます。
 1項1目1細目土木総務一般管理費でございますが、道路台帳の補正並びに修正を行うとともに、道路専用管理システムを導入いたしまして、事務の効率化と許可書発行事務のスピードアップを図ったほか、各種協議会での活動に対しまして負担金を支出し、国県事業の調整と推進を図ったものでございます。
 292ページをお願いいたします。
 1項2目1細目用地対策費でございますが、市道整備に伴います用地買収業務の推進と取得した土地の登記事務を行ったものでございまして、登記の状況つきましては下段の表のとおりでございます。
 293ページ、2項道路橋りょう費1目1細目道路橋りょう総務一般管理費でございますが、道路愛護団体が行う市道の草刈や環境美化活動に対する支援を行ったものでございます。
 294ページをお願いいたします。
 2項2目1細目道路維持修繕費でございますが、市道の舗装・補修や各種維持補修などを行い、通行の安全確保を図ったものでございます。
 296ページ、3目道路新設改良費1目1細目単独事業費でございますが、市道を21路線の改良工事、22路線の舗装工事、きめ細かな道路整備事業による56路線の減路舗装工事、24路線の調査測量設計を行ったものでございます。また、平成26年度から繰越事業といたしまして、2路線の改良舗装工事を行い、市民生活の利便性の向上と危険箇所の改善を図ったものでございます。
 301ページをお願いいたします。
 2細目補助事業費でございますが、市道6路線の改良工事、3路線の舗装工事、5路線の調査測量設計などを行いまして、幹線道路の整備を図ったものでございます。
 303ページをお願いします。
 4目1細目橋りょう維持補修費でございますが、社会資本総合交付金事業により橋梁の定期点検を行ったほか、平成23年度に策定いたしました橋りょう長寿命化修繕計画のもとに、橋梁維持のための補修工事などを行ったものでございます。
 305ページをお願いいたします。
 3項1目1細目河川維持費でございますが、河川などの排水等不良箇所などの改修整備行ったほか、河川愛護団体が行う河川清掃などの活動支援を行ったものでございます。
 307ページをお願いします。
 4項1目1細目都市計画総務一般管理費でございますが、都市計画区域の地区計画の見直し、景観地区指定について関係機関との協議、さらに都市計画審議会におきまして審議をするなど、都市計画の事務を進めたものでございます。
 308ページ、2目1細目日根牛地区総合整備事業でございますが、国及び県事業による北上川左岸整備事業の早期完成に向けた活動の支援を行ったものでございます。
 309ページをお願いいたします。
 3目1細目街路整備費でございますが、都市計画道路の梅ノ木平柳線の整備に向けた測量設計を行ったものでございます。
 310ページ、3目1細目都市排水整備費でございますが、都市排水路の土砂撤去など施設の維持管理を行ったものでございます。
 311ページをお願いします。
 5目1細目都市公園管理費でございますが、市内25カ所の都市公園の維持管理を行ったものでございます。
 312ページ、2細目都市公園整備費でございますが、梅ノ木公園の改修や花の公園の街路灯LED化など施設改修のほか、遊具等の定期点検に基づく施設の整備・修繕を行い、施設の安全管理に努めたのでございます。
 313ページをお願いいたします。
 6目1細目景観形成費でございますが、登米(とよま)町寺池桜小路小公園の整備のほか、登米地区の街並み景観保存整備に対しまして助成を行い、景観形成を推進したものでございます。
 次に、314ページをお願いいたします。
 5項1目1細目下水道特別会計費でございますが、下水道特別会計に対しまして、公共下水道事業分の繰り出しを行ったものでございます。
 315ページをお願いいたします。
 6項1目1細目住宅管理費でございますが、市営住宅の適正管理に向けまして、市営住宅の屋上防水工事や水洗化工事などを行ったものでございます。
 317ページ、3細目地震対策費でございますが、市内の一般住宅を対象といたしました木造住宅の耐震診断を委託によって行ったほか、耐震改修いたしまして助成を行ったものでございます。
 318ページ、4細目定住促進住宅の管理費でございますが、定住促進住宅を5団地の維持管理や外壁改修工事等を行い、施設の適正管理に努めたものでございます。
 320ページをお願いいたします。
 2目1細目災害公営住宅整備費でございますが、東日本大震災によりまして被災し、住宅を確保することが困難な方に対しまして、災害公営住宅24戸の建設工事などを昨年度から引き続きまして行ったものでございます。
 以上であります。

議長(沼倉利光君) 消防長、鈴木軍雄君。

消防長(鈴木軍雄君) 323ページをお願いいたします。9款1項1目1細目常備消防一般管理費でございます。
 消防体制は1本部1所5出張所に職員163人で、消防・救急車両などの資機材を配置し、平成27年度の火災38件、救急3,322件、救助41件を消防団との連携強化を図り、災害対応を行っております。また、高度な知識と技術の習得を図るため、職員研修を実施しております。
 324ページをお願いいたします。
 消防団との連携につきましては、連携強化のため各種研修及び訓練を行っております。内容につきましては表を参照願います。
 指令センターでは電波法令に基づき、消防救急アナログ無線をデジタル無線設備に変更、整備するとともに、既存の高機能消防指令センターの機器をデジタルに連携・連動させるための整備を行っております。それにより、通信の個人情報保護が図られております。
 325ページ中段、同ページ下段から325ページ中段になります。応急手当普及啓発についてであります。
 市民6,095人に普通救命講習などの応急手当普及啓発事業活動を実施し、これまでの普及効果と合わせ、救急車が到着するまでの間に市民が行った心肺停止者に対する応急手当実施率は40%を超えており、市民の救命に対する意識向上が図られております。
 予防業務では、市内小中学生に防火ポスターの製作をお願いし、316点の応募の中から2点を火災予防運動ポスターとして掲示し、広く市民に防火意識の高揚と啓発を図っております。
 326ページをお願いいたします。住宅用火災警報器設置促進事業です。
 市内9町の各1行政区を抽出し、住宅用火災警報器の設置状況調査をし、その結果を受け消防団、婦人防火クラブ員の協力を得て設置促進を図っています。また、年末年始は火災発生の危険が高くなることから、大型物販店において市民への火災予防を呼びかけております。
 327ページ中段になります。
 委託料ですが、施設の適正管理を図るため設備の保守点検業務などの委託事業に要した経費でございます。
 328ページをお願いいたします。消防出張所太陽光発電設備設置工事費でございます。
 329ページまで、消防力確保のため救急自動車積載用の自動式心臓マッサージ機、車両整備計画による指揮車などの備品購入費、救急研修、学校教育及び資格取得の職員研修など、職員の能力向上のために要した負担金でございます。
 330ページをお願いいたします。2目1細目消防団運営費でございます。
 消防団員1,546人の報酬や訓練、災害活動の費用弁償及び雨衣等の整備、宮城県市町村非常勤消防団員補償報償組合への負担金でございます。
 331ページから332ページ、2細目防火防災推進費でございます。
 防災課分ですが、山火事監視業務は、山火事の発生しやすい時期に山火事監視業務実施しているものであります。
 自主防災組織活動支援事業では、上舘町内会自主防災会に対し、コミュニティ助成事業補助金100万円を交付しております。
 空き家対策事業は、危険な空き家の所有者に適正管理通知を発送するとともに、特定空き家2件の立ち入り調査を実施しております。
 消防本部分になります。
 消防講演会、婦人防火クラブへの活動補助金と幼年消防用鼓笛隊セットの備品購入費でございます。
 次に、333ページをお願いします。
 3目1細目防火水槽設置費は、防火水槽の充実を図り、火災による被害軽減のため年次計画に基づき整備しております。
 2細目消防施設整備維持管理費でございます。
 消防団の活用機材の配備。消防施設、消防車両の修繕やホース乾燥塔の設置、火の見櫓解体及び消火栓等維持管理負担金でございます。
 334ページ中段から335ページ。
 3細目消防ポンプ置き場等整備費は、消防団積載車更新整備に合わせ、ポンプ置き場の整備を実施しております。
 4細目小型動力ポンプ整備費は、消防ポンプ自動車1台の更新とデッキバン4台の更新整備に要した経費でございます。
 335ページ中段から337ページ。
 5細目消防出張所整備事業費は、津山出張所の新築工事及び東出張所の緊急車出動等設置工事費に要した経費でございます。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 338ページをお願いいたします。同じく、4目1細目防災無線管理費でございます。
 防災行政無線及びデジタル移動系無線の保守点検、修繕等の機能維持業務を実施したものであります。
 339ページをお願いします。
 2細目水防費。河川の災害に備え、雨量監視システムの機器交換や水防センターに土嚢袋4,000袋、鉄筋100本を新たに増強しました。また、6月28日に北上川河川歴史公園を会場に水防訓練を実施し、237人が参加しております。
 同じく5目1細目災害対策費、341ページでございます。災害時の応援協定は新たに2団体と締結し、平成27年度末で74団体となっております。また、緊急情報の伝達手段としてコミュニティエフエム放送を活用するため、可聴エリア拡大のため中継局整備を2カ年の継続費を設定し実施したところでございます。

議長(沼倉利光君) 教育部長、志賀 尚君。

教育部長(志賀 尚君) 10款、教育費でございます。343ページからでございます。
 10款1項1目1細目教育委員会運営費でございます。教育員の報酬、市町村教育委員会協議会の負担金などの経費でございますが、教育委員の任期、それから教育委員会の開催状況などを記載しております。27年度から法律改正によりまして、教育委員会制度が新しくなりまして特別職の教育長が選任されております。
 次ページの3444ページに、市長と教育委員会で構成する総合教育会議の設置について、それから総合教育会議を設置し、教育の振興に関する施策の大綱を策定した状況を記載してございます。
 345ページでございます。事務局一般管理費でございます。
 パンフレットやホームページを活用して、教育行政の取組や推進内容などの周知に努めておりますが、登米市の教育の通信簿の発行によりまして、教育行政の評価を行っております。また、文化・スポーツ活動などで優秀な成績を収めた個人・団体を表彰したほか、県予選を経て東北会場以上の大会に出場した個人・団体に対して、教育文化振興補助金を交付して市民の文化、芸術、体育振興を図っているものでございます。
 346ページをお願いいたします。学校教育振興一般管理費でございます。小中学校で共通して教育振興にかかる経費を計上してございます。
 各学校におけるコミュニティスクールの指定に向けた研修会の開催や学校運営教議会における意見交換などを開催し、学校及び地域の共通認識と情報の共有を図ったところでございます。
 それから、学力向上への取組として、学び支援コーディネーター4人と支援員の配置を行いまして、児童・生徒の学習塾意欲の向上に努めたものでございます。
 さらに、小中学校の屋内運動場のガラス飛散防止のフィルムを貼る工事を行いまして、防災機能強化工事として実施し、学校施設の安全向上に努めたものでございます。
 348ページをお願いいたします。奨学事業費でございます。
 平成27年度に奨学金の新たな貸し付けについては、大学生で8人、高校生で2人、専門学校生などの3人で合計13人。全体では43人への貸し付けを行ってございます。
 さらに、開業医の上杉恭弘先生から500万円のご寄付をいただきましたし、それから迫町の故佐藤吉朗氏から遺言によります280万円あまりの寄贈を受けておりまして、それぞれ育英資金の基金積み立てたところでございます。
 350ページ。10款1項2目5細目のスクールバス運行管理費でございます。
 小学校20校、幼稚園13園を対象に37台のバスを運行しております。スクールバスの運行時間の合間に、登下校の時間の合間を利用しましてスクールバスとしてのほか、市民の足としての地域バスの運行もしておりまして、その経費もこの経費から支出しているところでございます。
 続きまして、351ページでございます。10款1項3目1細目のJET推進費でございます。
 市内中学校に配置しております10人の外国語指導助手の報酬、家賃助成等の関係経費でございます。指導助手の活用によりまして、英語に対する興味や関心を高めることに努めてまいりました。
 それから、同じく351ページの教育研究所費でございます。
 各教科の専門研修などの開催により教職員の資質向上に努めたほか、調査研究によりまして学校間での連携も図ってきたところでございます。それから、スクールソーシャルワーカー等による、いじめや問題行動への対応。学校不登校に関する個々の相談等に応じてきております。
 352ページは適用指導教室運営費。これは、けやき教室に係る経費でございます。長期にわたり学校を欠席している児童・生徒の居場所の確保、それから学習支援や生活指導などを行ってございます。
 353ページ活き生き学校支援費でございます。
 不登校児童対策に係る訪問指導員等の謝金等の経費を計上してございます。不登校児童生徒や別室登校の児童に対して、訪問指導員が相談、学習支援を行って学校への復帰を促すような取組を進めております。
 354ページ、10款2項1目1細目、小学校管理運営費でございます。
 学校の校医の報酬、学校評議員の謝金等でございますが、学校の教育施設の維持管理にかかる経費等を計上してございます。特に、前年度から繰越事業となっておりましたトイレの洋式化の工事を実施して、生活環境の向上に努めているところでございます。
 357ページをお願いします。10款2項2目1細目、教育振興一般管理費でございます。
 学校教育用コンピュータの更新にかかる経費、それから、いじめ問題への把握のためのアンケート調査の委託料等の経費でございますが、学校図書や学習教材の充実を図るためのパソコンの経費等によりまして、児童の学習意欲の向上を図るほか、学校生活と友達づくりについてのアンケートを実施して、いじめや不登校問題の初期の段階での問題把握、それから新たな不登校児童を増やさないための指導に役立てております。
 それから、358ページでございます。要保護、準要保護児童の就学援助費でございます。
 児童にかかわります経済的な理由によりまして、就学が困難な児童や特別支援学級に在籍する児童に対して、経済的な負担の軽減と教育の均衡を図るため奨学援助費を支給しているものでございます。
 359ページ、中学校管理運営費でございます。
 これも小学校の管理運営費と同様に校医への報酬、それから学校設備の点検の委託料等を計上してございます。ここにおきましても、トイレの洋式化やそれから、学校施設の整備の改善を図ってきております。
 362ページ、10款3項2目1細目教育振興一班管理費でございます。
 キャリアセミナーの講師謝金、それから学校教育用コンピュータ更新に係る経費、HYPER-QUアンケートの委託料等でございます。それに学習用机椅子の更新を行いまして、地元産材を活用した椅子、机等の整備によりまして、子どもたちの学習環境の向上に努めているところございます。
 それからキャリアセミナーの事業では、生徒が将来、社会の中で自立して自分らしく生きるための職業観の醸成を図ることを目的に実施しています。長年のこのキャリアセミナーに対する取組等が認められまして、平成27年度に登米市教育委員会が文部科学大臣からの表彰を受けております。
 363ページ、2細目の要保護・準要保護就学援助費でございます。
 これも小学校同様、経済的な理由によりまして、就学困難な生徒への経済的な負担の軽減ための就学援助費の助成でございます。
 364ページでございます。10款4項1目1細目幼稚園管理運営費でございます。
 幼稚園の校医の報酬、それから園舎の設備等の整備や施設改修等の経費でございます。幼稚園におきましても同様に、トイレの洋式化の改修を行ってございますし、28年度からの預かり保育の拡充に向けて、27年度で市内の幼稚園でのエアコンの設置など、預かり保育の拡充のための受け入れの環境整備を行ったところでございます。
 366ページでございます。社会教育総務費でございます。
 社会教育事業を推進するための管理的経費でございますが、各種社会教育団体に対する社会教育振興事業補助金の交付並びに団体の支援、育成に努めてきたところでございます。それから国際交流事業として、アメリカ・サウスレイクからの青少年の訪問団の受け入れを行ったところでございます。
 369ページから373ページまででございますが、社会教育活動費でございます。
 生涯学習課のほか各町域の教育事務所で行っております学習活動、生涯学習活動についての実績を掲載しておりますので、お目通しをお願いしたいと思います。
 374ページでございます。文化振興費でございます。
 文化振興として、小学生や中学生のための演劇やオペラの鑑賞の機会を提供したほか、県内の高校生を対象とした絵画展を開催いたしました。それから、文化協会等の事業への事業補助を行って、市民の芸術・文化への支援事業に取り組んだところでございます。
 375ページ、10款5項3目1細目の公民館施設管理費でございます。
 公民館施設の指定管理などに要した経費のほか、公民館施設の整備、施設の改修などに要した経費を計上してございます。
 377ページでございます。10款5項4目1細目の図書館施設管理費、それから次ページの378ページ、図書館活動推進費でございますが、図書館の施設管理に関する経費、各図書館に行ってございます図書活動に関する経費を計上してございます。ご参照をいただきたいと思います。
 380ページ、10款5項5目1細目、文化財保護費でございます。
 文化財保護委員会の開催や指定文化財の保護のための補助金の交付を行ってございます。
 それから、米川水かぶりのユネスコ無形文化財遺産登録紳申請に向けた情報提供や資料作成等の活動を支援してまいりました。
 それから、381ページでございます。文化財保護施設管理費でございます。
 登米市歴史資料館や不老仙館などの修繕と指定管理にかかる運営経費等を計上してございます。中田民族資料室については、老朽化により解体工事を行っております。
 それから、384ページをお願いいたします。視聴覚センター管理費でございます。
 視聴覚センターの運営計画に基づきまして、教材センター機能、それから情報センター機能の充実を図ってまいりました。会議室も含めた施設の利用状況でございますが、利用者数が平成26年度より比べて29%の増加となったところでございます。
 それから386ページ、387ページは、中田生涯学習センターの管理運営費、公民館等類似施設に係る管理経費でございます。それぞれ施設の管理経費並びに公民館の類似施設管理費については、指定管理等にかかる経費でございます。ご参照をお願いいたします。
 388ページでございますが、博物館管理費でございます。
 石ノ森章太郎ふるさと記念館や歴史博物館の適切な維持管理を行うための経費でございます。 
 それから389ページ、博物館活動費でございます。
 これも石ノ森章太郎ふるさと記念館や歴史博物館での企画展や各種講座に利用した経費でございます。企画展の開催によりまして、入場者の増を図ってございます。
    それから、391ページでございます。保健体育総務一般管理費でございます。
 スポーツ推進委員や社会体育推進員にかかる経費、それから体育協会等のスポーツ団体と連携して、市民誰もが親しめるスポーツの推進に努めてきたところでございます。
 392ページ、体育館管理費でございます。
 プールや運動場の指定管理委託料、施設の維持管理に要した経費でございます。
 次ページ、393ページでございますが、運動場管理費でございます。
 東和総合運動公園、津山運動広場の施設の維持管理に要した経費でございます。東和総合運動公園でございますが、26年度中に災害復旧工事が完了しまして、人工芝の多目的グラウンドとして27年4月1日にオープンをしております。多目的運動場につきましては、1年間で2万5,581人の利用がございました。
 395ページでございます。保健体育活動費でございます。
 各種団体の協力と支援をいただきながら、各種スポーツ活動の推進に努めてまいりました。市主催のスポーツ大会の開催、それから大会の開催委託料、それから各教育事務所から交付された各種スポーツ大会の補助金について計上しております。
 400ページでございます。10款6項3目2細目の地域型スポーツ振興費でございます。
 市内9つの総合型スポーツクラブに、それぞれ320万ずつの補助金を交付してございます。
 401ページでございます。1ページ、2ページ、10款6項4目の1細目と2細目、海洋センターの活動費と管理費でございます。
 迫、中田、米山、各B&G海洋センターの活動に要した経費並びに管理に要した経費でございます。施設のほうでございますが、東日本大震災で大きな被害を受けました中田B&G海洋センタープール、それから、米山B&G海洋センタープールにおきましては、解体をして、工事として328万2,336円を支出してございます。
 それから、404ページでございます。給食センター管理運営費でございます。
 市内の5カ所の学校給食センターの管理運営に関する要費でございます。27年度から市内全ての幼稚園に完全給食の提供を実施したところであります。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) 11款の災害復旧費ですが、1項から3項まで支出ございませんでしたので、4項1目1細目、その他公共施設等災害復旧事業費でございます。
 平成26年の台風19号により被災した中田町の長崎集会場の法面復旧工事を行ったものです。繰越事業でございましたので、昨年の5月に完了したというものでございます。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 続きまして、409ページでございます。12款1項1目1細目長期債元金償還費でございます。
 主に平成27年度までに借り入れした地方債の元金について償還したものでございます。
 ページ中段の表には、27年度の借り入れ先別の起債償還内訳を記載してございます。下段の表には、起債償還に係る地方交付税の算入額を記載してございますので、ご参考にしていただきたいと思います。
    次に、410ページでございます。
 2目1細目長期債利子費は、平成27年度まで借り入れを行った地方債についての利子を償還しておりますが、その内訳は前のページ、409ページの起債償還内訳の表の利子欄をご参照いただきたいと思います。
 続いて、2細目一時借入金利子費でございますが、一時借入金はございませんでしたので利子の支出もございません。
 続いて、3目1細目公債諸費は、平成18度から25年度までに発行したケヤキ債の元利償還金償還支払いの際の手数料でございます。
 一般会計にかかる所要政策の成果説明については、以上でございます。

議長(沼倉利光君) 次に、認定第2号 平成27年度登米市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について、説明を求めます。市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) それでは次に、国民健康保険特別会計でございますが、413ページをお願いいたします。
 特別会計の成果説明につきましては、平成27年度3月末、国保加入世帯につきましては1万2,446世帯。被保険者数につきましては2万2,908人でございます。国保加入率については、27.7%となっております。
 同ページ下段を参照お願いいたします。
 前年度と比較しますと国保加入世帯につきましては、470世帯の減、被保険者数につきましては1,440人の減でございます。国保加入率は1.45ポイント低くなっておるところでございます。
 決算の状況でございますが、平成27年度国保会計歳入歳出決算状況は、歳入総額122億6,937万2,000円でございます。歳出総額は116億2,157万4,000円で、歳入歳出差引額につきましては6億4,779万8,000円でございます。
 歳入の構成は、国庫支出金が24.65%、共同事業交付金が21.69%、国民健康保険税が19.55%、65才から74才までの医療費に交付される前期高齢者交付金が13.78%、退職者医療に対する療養給付等交付金が4.70%、県支出金が4.52%となっております。前年度と比較しますと共同事業交付金のうち、保険財政共同安定化事業交付金の対象医療費の拡充により、交付額が大幅に増額になったところでございます。総額で12億4,754万9,000円の増加でございます。
 歳出の構成につきましては、保険給付金が57.97%、共同事業拠出金が21.88%、後期高齢者医療制度の保険給付費の約4割を負担する後期高齢者支援金は10.97%でございます。介護保険制度の保険給付等の約3割を負担する介護納付金が5.46%などとなっております。前年度と比較しますと歳入と同様、共同事業拠出金の保険財政共同安定事業拠出金の大幅な増額により、総額で11億8,079万5,000円の増加でございます。
 基金保有額は、平成27年度末、3億7,294万8,000円で、前年度末比較で1億3,211万円の増加でございます。その内訳は、平成26年度決算から積立額が3億、運用益が25万6,000円、取り崩しが1億6,814万6,000円でございます。
 保険税につきましては、平成27年度の現年度収納額22億3,237万3,000円で、前年度と比較して2億6,735万7,000円の減額でございます。
 収納状況は、現年度課税分で前年度より0.74ポイント上昇し、92.27%となり、滞納繰越分も含めた全体では0.69ポイント低下し、75.59%になっております。
 次に、不納欠損額については6,155万8,000円でございます。保険給付費は67億3,636万3,000円で、前年度より1億4,069万円の増加でございます。後期高齢者医療に対する支援金は、前年度より6,671万7,000円少ない12億7,534万1,000円となっております。介護給付費に係る介護納付金は、前年度より6,973万8,000円少ない6億3,447万5,000となっております。共同事業拠出金は制度改正により、前年度から12億8,826万5,000円増加し、25億4,311万9,000円となりました。
 114ページから432ページにつきましては、事業内容等が記載されておりますので、お目通しをよろしくお願いいたします。

議長(沼倉利光君) 次に、認定第3号 平成27年度登米市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について、説明を求めます。市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 後期高齢者医療特別会計でございますが、435ページをお願いいたします。
 平成27年度の後期高齢者医療特別会計の決算は、歳入総額が7億9,574万9,000円でございます。歳出総額が7億8,455万7,000円で、歳入歳出差引額が1,119万2,000円となっております。
 後期高齢者医療制度は、宮城県後期高齢者医療広域連合が運営主体となり、実施しております。市町村においては、主に被保険者の資格異動の受付、医療給付の受付、保険料の徴収事務等を行っておるところでございます。
 保険料の状況につきましては、平成27年度の現年度分と滞納繰越分を合わせた収納額は4億7,670万9,000円となり、収納率は98.93%となっております。被保険者数につきましては、平成27年度末、1万4,508人で総人口8万2,487に対しまして17.6%の加入割合となっております。
 事業内容につきましては、436ページから439ページをお願い申上げます。

議長(沼倉利光君) 次に、認定第4号 平成27年登米市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について、説明を求めます。福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) それでは、平成27年度の登米市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について説明を申し上げます。
 決算書につきましては200ページから、成果説明書については443ページから、別冊3、9ページに歳入決算内容についての説明を記載しております。決算内容につきましては、成果説明書で説明いたします。成果説明書443ページをお願いいたします。443ページでございます。
 まず、事業概要でございます。初めに介護給付費の状況であります。
 平成27年度の介護給付費につきましては、第6期介護保険事業計画の平成27年度の計画と比較いたしまして、1.8%の減となりました。このうち介護サービス費では、特定施設入居者生活介護や福祉用具貸与などで増となったものの、訪問リハビリや介護療養型医療施設で計画値を下回ったことから、介護サービス費全体では2.26%の減となっております。また、介護予防サービスにつきましては、介護予防、訪問入浴介護などの減から、計画費と比較して0.97%の減となりました。
 次に、介護保険法に基づく要介護認定事務の状況でございます。
 要介護認定を行うため認定調査を5,848件、介護認定審査会を182回開催し、要介護認定を行っております。
 次に、決算の状況でございます。
 平成27年度介護保険特別会計歳入歳出決算につきましては、歳入総額で88億2,499万7,000円、歳出総額で86億8,931万6,000円、歳入歳出差引額では1億3,568万1,000円となりました。
 歳入の構成割合では、支払基金交付金で26.23%、国庫支出金で26.20%、保険料で19.23%、繰入金で14.42%、県出資金で13.38%などとなっており、歳出の構成割合では保険給付費で95.23%、総務費で2.05%などであります。
 介護保険財政調整基金につきましては、年度中に取り崩しを行わなかったということから、平成27年度末の残高は1億4,581万5,000円という状況でございます。
 次に、介護保険料につきましては、現年度収納額が16億9,187万3,000円、対前年度比では122.3%の大幅な増となっておりますが、第6期介護保険事業計画初年度によるものでございます。
 収納率につきましては現年度分で99.34%、滞納繰越分を含めました全体では98.47%となり、475万7,000円を不納欠損いたしました。なお、第1号被保険者の状況につきましては、表に記載のとおりでございます。
 続いて、次ページでございます。444ページをお開き願います。まず、第1号被保険者に係る要介護・要支援者の認定者の状況でございます。
 平成27年度中の認定者数は5,640人となりまして、前年度と比較しまして108人、2%の増という状況でございます。
 次に、保険給付の状況でございます。
 平成27年度の保険給付費につきましては、総額で82億7,456万3,000円、前年度と比較いたしまして、2億3,907万8,000円、2.8%の増となりました。通所介護の伸びなどによって、居宅介護サービス給付費が増加したことが主な要因となっております。
 サービス区分ごとの支出状況につきましては、表に記載のとおりでございます。
 次に、歳出科目ごとの支出内容でございます。
 まず、445ページから453ページでありますが、総務費といたしまして介護保険運営委員会の開催、それから介護保険システムの改修などの総務一般管理費。介護保険料の賦課徴収費や納入奨励費、介護認定に係る企画調査費や介護認定審査会に要する審査判定費などを記載しております。
 次に、453ページから466ページでありますが、保険給付費といたしまして居宅介護サービス給付費に各種給付費や高額介護サービス費などについて記載をしております。
 468ページから473ページにつきましては、地域支援事業費といたしまして、一時予防事業や二次予防事業、地域包括支援センターの運営経費などについて記載しております。
 474ページから476ページにつきましては、介護保険事業財政調査基金の積立や第1号被保険者保険料還付金、事業費確定に国県などへの返還金や一般会計への繰出金について記載をしております。
 平成27年度介護保険特別会計決算の説明ついては、以上であります。

議長(沼倉利光君) 次に、認定第5号 平成27年度登米市土地取得特別会計歳入歳出認定について、説明を求めます。総務部長、千葉博行君。

総務部長(千葉博行君) それでは、土地取得特別会計のご説明を申し上げます。恐れ入ります、決算書の232ページお開きいただきたいと思います。
 まず、歳入のご説明を申し上げます。232ページ、1款1項財産運用収入、これは土地開発資金の利子、66万802円であります。
 2款1項他会計繰入金1目宅地造成事業特別会計繰入金は、株式会社I LOVEファームからの土地貸付料分、それから平成26年度の宅地造成事業特別会計決算剰余金、合わせまして95万248円を本会計に繰り入れるものでございます。
 2目の一般会計繰入金につきましては、旧米山高校跡地の取得に要する経費として3億円を一般会計から繰り入れたものでございます。
 2款2項基金繰入金でございます。1目の土地開発基金繰入金、これは大洞地区の工事請負費、それから蛭沢地区の工業団地の造成事業に係る委託料などの経費、合わせまして5億3,329万4,000円、これを土地開発基金から繰り入れたものでございます。
 3款1項繰越金、これは前年度からの繰越金1万941円でございます。
 歳出につきましては、決算書の234ページ並びに説明書479ページでございますが、あわせてご覧いただければと思います。
 1款1項1目1細目土地開発基金管理事業につきましては、歳入でただいまご説明いたしました土地開基金積立金の利子、それから一般会計及び宅地造成事業特別会計から繰入金を土地開発基へ繰り出したものでございます。決算額は、3億161万1,050円でございます。 
 2項1目他会計繰出金、1細目の宅地造成事業特別会計につきましては、大洞地区工業団地及び蛭沢地区工業団地の造成整備事業等に要する経費として、宅地造成事業特別会計に繰り出したものでございます。
 決算額は、歳入と同額、5億3,329万4,000円でございます。
 それから、2款1項予備費でございますけれども、これは土地開発基への繰出金について歳入と同額を計上していたところですが、端数分が不足したため1,000円、充用しております。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 次に、認定第6号 平成27年度登米市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、説明を求めます。建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) それでは、平成27年度下水道事業特別会計の歳入歳出決算につきましてご説明申上げます。決算書につきましては240ページから、成果説明書につきましては483ページからとなります。それから、別冊3の準備をお願いいたします。初めに、歳入につきましては別冊3で説明をさせていただきたいと思いますので、別冊3の11ページをお開きいただきたいと思います。
 1款分担金及び負担金から9款市債までの歳入済額につきましては、合計で48億4,274万8,738円となってございます。また、不能欠損につきましては、分担金及び負担金、それから使用料及び手数料、合わせまして113万・・・
 失礼しました。改めまして、48億4,274万8,737円となってございました。
 続きまして、別冊3・・・失礼しました。不能欠損金につきまして改めて申し上げますが、使用料及び手数料、さらに分担金及び負担金を合わせまして113万3,537円となってございます。
 別冊3、17ページをお願い申上げます。歳入のうち受益者分担金及び負担金、それから使用料の納付状況でございます。
 まず、上段の分担金、負担金でございますが、平成27年度の現年度分につきましては、合計の下の段でございますけれども、3事業を合わせまして収納率98.17%となってございまして、前年度対比といたしましては0.43ポイントの増、それから滞納繰越分につきましては、3事業合わせまして34.01%、前年対比4.83%の減となってございます。
 徴収にあたりましては、滞納繰越額を減らすための現年度分の収納率向上、それから滞納繰越分につきましては、公債権ということから5年で時効となりますので、時効中断に向けた分納誓約を取り交わすなどしておりますが、そうした取組を行っておりますけれども、5年を経過した債権につきましては時効により、96万3,700円の不納欠損処理をしたものでございます。
 また、分担金の債権者が死亡し、相続人が相続放棄を行い、さらに処分可能な財産をなかったことから7万5,000円を即時欠損処理いたしまして、時効分と合わせまして103万8,700円の不能欠損となったものでございます。
 下段の下水道使用料でございますが、平成27年度の現年度分、3事業を合わせまして収納率99.56%で前年対比0.02ポイントの減、滞納繰越し分といたしましては、収納率が68.26%でございまして、前年対比4.81ポイントの増となってございます。
 使用料の徴収につきましては、上水道と一緒の徴収ということでございまして、現度分の徴収率が高い収納率となっておりますが、滞納繰越分につきましても収納率の向上に努めているところでございますけれども、5年経過した債権につきまして9万4,837円の不能欠損処理をしたものでございます。今後につきましても、収納率向上と不能欠損額の縮減に向けて取り組んでまいります。
 次に、歳出でございますが、成果説明書でご説明申し上げます。成果説明書483ページをお願いいたします。
 1款1項1目2細目公共下水道一般管理費、それから次のページの484ページ、2細目農集配一般管理費、それから次のページでございます485ページ、3目2細目浄化槽一般管理費でございますが、水道事業所へ下水道使用料徴収事務を委託しておりまして、現年度分の徴収を行ったほか、宅内排水設備工事に対する補助を行いまして、水洗化率の向上に努めたものでございます。
 486ページをお願いいたします。
 2項1目1細目公共下水道施設管理費でございますが、公共下水道の浄化センターや中継ポンプ場、 下水道環境の修理・修繕などを行うとともに、迫町佐沼梅ノ木地区で下水道環境補修工事など、42件の工事を行ったものでございます。
 487ページ中段、2細目農集配施設管理費でございますが、農業集落排水処理施設23カ所の管理・修繕を行うとともに、中津山地区管路補修工事など14件の工事を行ったものでございます。
 488ページの中段、浄化槽施設管理費でございますが、浄化槽施設の管理・修繕を行ったものでございます。
 488ページ下段、4細目災害対策費でございますが、東日本大震災に伴う下水汚泥の放射能検査を行ったものでございます。
 489ページ、2款1項1目2細目公共下水道施設整備費でございますが、佐沼浄化センターの建設工事委託など委託15件、汚水環境工事などを工事15件行ったものでございまして、平成27年度末の公共下水道の施設の整備率につきましては、81.8%となってございます。
 491ページをお願いいたします。
 3細目特定環境保全公共下水道施設整備でございますが、特環迫処理区の南方町、登米町、それから米谷錦織処理区、豊里、石越、津山処理区におきまして、設計委託1件、汚水環境工事など工事14件を発注したものでございまして、平成27年度末の整備率につきましては87%となってございます。
 492ページをお願いいたします。2目2細目農業集落排水施設整備費でございます。
 大泉地区の整備事業と桜岡地区ほか4地区の機能強化事業を行ったもので、設計委託6件、処理施設特環共の工事8件、水道移設補修を1件行ったものでございます。
 494ページをお願いいたします。
 3目2細目浄化槽施設整備費でございますが、合併処理浄化槽を126基の整備を行ったものでございます。
 次の495ページから497ページにつきましては、公債費の元金と利子の償還金でございまして、495ページから496ページの上段までが元金、496ページの中段から497ページまでが利子償還金となってございます。お目通しをいただきたいと思います。
 説明は以上でございます。

議長(沼倉利光君) ここで10分間休憩をいたします。
 
          休憩 午後2時02分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時11分
 

議長(沼倉利光君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、認定第7号 平成27年度登米市宅地造成特別会計歳入歳出決算認定について、説明を求めます。産業経済部長、千葉雅弘君。

産業経済部長(千葉雅弘君) 宅地造成事業特別会計歳入歳出決算につきまして、ご説明を申し上げます。まず、歳入でございますが、一般・特別会計決算書の264、265ページをお願いいたします。
 1款1項財産運用収入につきましては、長沼企業用地の土地貸付収入でございます。
 2款につきましては繰越金でございますし、3款1項他会計繰入金につきましては、一般会計及び土地取得特別会計からの繰入金でございます。
 歳入合計は、収入済み額総額で6億3,832万7,072円となってございます。
 次に、歳出でございますが、次のページ266、267ページをお願いいたします。
 歳出合計でございますが、支出済額総額で4億9,722万7,446円でございまして、歳入歳出差引残額につきましては、1億4,109万9,626円となってございます。そのうち1億4,094万8,000円につきましては、翌年度繰越金でございまして、継続費の定時繰り越しが6,094万8,000円、繰越明許費が8,000万円となっております。
 歳出の内容につきましては、成果説明書でご説明を申し上げます。成果説明書501ページをお願いいたします。501ページでございます。
 1款1項1目1細目大洞地区事業費でございますが、新たな工業団地として(仮称)長沼第二工業団地の整備を行うため、用地取得並びに造成工事を行ったものでございます。
 502ページをお願いいたします。
 2目1細目長沼地区事業費でございますが、長沼企業用地内市有地の維持管理に要した経費でございます。
 503ページをお願いいたします。
 3目1細目蛭沢地区事業費でございますが、(仮称)登米インター工業団地の整備に伴う測量設計業務などでありまして、測量設計委託業務につきましては、全額を翌年度に繰り越しをしたものでございます。下段の2款1項1目1細目土地取得特別会計繰出金でございますが、長沼企業用地貸付料を土地取得特別会計へ繰り出ししたものでございます。
 次ページ、504ページをお願いいたします。
 2細目一般会計繰出金につきましては、宅地造成事業特別会計に係ります決算剰余金につきまして、一般会計へ繰り出ししたものでございます。
 以上でございます。

議長(沼倉利光君) 次に、認定第8号 平成27年度登米市水道事業会計決算認定について、説明を求めます。水道事業所長、佐藤和哉君。

水道事業所長(佐藤和哉君) 認定第8号 平成27年度登米市水道事業会計決算について、ご説明を申し上げます。平成27年度登米市水道事業会計決算書をご用意願います。
 まず、平成27年度決算は、新地方公営企業会計制度の適用2年目に当たりまして、適用1年目で生じました特別な取引がなくなりましたので、今後はおおむね本年度のような形で会計が推移していくということになります。
 それでは最初に、決算書25ページをお開き願います。平成27年度決算の概況であります。
 (1)の決算規模でございますが、48億2,129万円となり、平成26年度と比較しますと12億7,115万円増加し、平成17年度以降最高額となりました。これは、資本的支出の建設改良費が増加したことによるものでございます。
 続きまして、経営環境でございます。平成26年度に改定しました登米市地域水道ビジョンに基づきまして施設更新計画の策定を開始し、この計画について検討を行う施設更新計画策定委員会を設置いたしました。この計画は今後、水需要が減少し、施設の更新費用が増加するいわゆるダウンサイジングの中で施設の再配置・再構築をどう進めるか、そしてその場合の財政計画について計画を策定するものでありまして、平成29年度まで3カ年をかけて策定を行うものでございます。
 また、同じくビジョンに基づきまして、登米市水道事業水安全計画を策定いたしました。この計画は、水源及び浄水場の総合的な水質管理を行うため危害分析と危機管理を総括したもので、今後は施設等の維持管理、危機管理マニュアル、職員担当者の教育や技術継承、施設更新計画に用いることとしております。
 平成27年度で委託期間満了となりました浄水施設管理運転業務と、これまで単年度で契約をしていました緊急工事施工等業務と漏水調査業務を合わせました排水施設維持管理業務を5年間の業務委託とし、プロポーザル方式により受託者を選定したところでございます。
 東日本大震災を教訓としました下り松ポンプ場の築造並びに導水管の更新事業は、平成27年度より本格的に工事を開始し、ポンプ場は平成29年度、導水管は平成28年度の完成に向けて進めております。また、同じく東日本大震災被害の教訓により築造を行っていました新田排水池は、平成27年度で完成し供用を開始しております。
 主な経営の概況は以上でございます。
 続きまして決算書8ページ、9ページをお開きください。収益的収入及び支出でございます。この収益的収支は、経営活動に伴って発生する収入とこれに対応する支出でございます。
 ア、収益的収入、第8款水道事業収益は、予算額26億8,386万7,000円に対しまして、決算額は27億1,124万4,972円で、執行率は101.02%です。これは、給水収益が予算額を上回ったことが主な要因となっております。
 イ、収益的支出、第9款水道事業費用は、予算額23億8,031万3,000円に対しまして、決算額は22億2,519万4,546円で執行率は93.48%です。
 続きまして10ページ、11ページをお開きください。資本的収入及び支出でございます。資本的収支は主に、建設改良事業と企業債に関する収入及び支出です。
 ア、第10款資本的収入は、予算額26億1,637万8,000円に対しまして、決算額は25億5,195万8,034円で執行率は97.54%です。
 イ、第11款資本的支出は、予算額37億7,971万4,000円に対しまして、決算額は35億6,743万8,793円で執行率は94.38%です。
 平成27年度は地方公営企業法第26条の規定により、予算繰り越し並びに継続費定時繰り越しを合わせまして1億3,581万8,000円行いましたので、予算の不要額は7,645万7,207円となりました。なお、資本的収入が資本的支出に不足する額、10億1,548万759円は、過年度分損益勘定留保資金並びに消費税の資本的収支調整額で補填をしてございます。
 続きまして、15ページをお開き願います。損益計算書でございます。
 1、営業収益の給水収益は、水道事業収益の85%を占め、21億2,141万2,899円となりまして、前年度と比較しますと1,292万円増加してございます。
 2、営業費用は19億2,553万9,779円ですが、このうち(6)減価償却費、(7)資産減耗費につきましては、現金支出の伴わない費用でございまして、全費用の46%を占めているものでございます。
 営業収益から営業費用を減じました営業利益は2億3,028万6,720円となりまして、前年度より2,575万円少なくなりました。
 3、営業外収益中(4)長期前受金戻入2億2,913万828円と(5)退職給付引当戻入金3,084万円は、現金収入を伴わない収益で、全体収益の10.8%を占めております。
 4、営業外費用は、企業債の支払利息と消費税計算に伴う雑支出でございます。
 営業費用に営業外収益を加え・・・申し訳ございません。経常利益は3億660万9,468円となりました。
 5、特別利益は、水道水の放射能検査に要した費用の補償などで、6の特別損失は放射能検査の費用並びに過年度水道料金の減額などでございます。
 これによりまして、当年度の純利益は3億751万6,444円となりまして、そのまま当年度未処分利益剰余金といたしました。
 続きまして、16ページをお開きください。剰余金計算書でございます。
 資本金は、当年度で33億1,397万2,656円増加となりまして、当年度末では93億4,066万673円となりました。
 前年度の未処分利益剰余金25億9,617万1,656円を昨年度議決いただきましたとおり、資本金に振り替えております。また一般会計からの出資金7億1,780万1,000円を資本金として経理しております。剰余金のうち、資本剰余金は前年度末から変動はありません。利益剰余金につきましては、損益計算書でご説明したとおり3億751万6,444円となりました。
 続いて、17ページでございます。平成27年度登米市水道事業剰余金処分計算書案でございます。
 これは議案第89号でご審議をいただくものでございますけれども、本年度の未処分利益剰余金につきましては、全て資本金に組み入れる案でございます。
 続きまして18ページ、19ページをお開き願います。平成28年3月31日末現在の貸借対照表でございます。
 資産の部でございます。水道事業は施設産業、あるいは装置産業と言われるとおり、資産の部の87.1%、248億6,026万3,472円が有形の固定資産となってございます。
 この有形固定資産のうち、イ、建物からカ、工具・器具備品までは減価償却を行いますいわゆる稼働資産でございまして、その取得額、例えば建物で言いますと13億4,941万8,318円ですが、この取得額の合計は413億1,917万円でございます。そのうち、これまで減価償却をしてきた減価償却累計額の合計は181億7,439万円で、この差額が現在の資産価格231億4,478万円となります。取得価格に対しまして減価償却の率は44%となっておりますので、この貸借対照表を見ても施設の老朽化が進んでいるということが言えるということになっております。
 また、取得価格が約400億円でございますので、平均耐用年数を50年とした場合、年間8億円の資産が更新の対象となります。取得した価格で更新はできませんので、おおよそ毎年10億円が今後も更新費用として必要となっていくということが貸借対照表からうかがえると。この更新費用をなるべく抑えるには、施設の再配置、統廃合を行いまして、資産の額を抑えることが重要な課題となってございます。
 続きまして、流動資産でございます。
 流動資産は1年以内に現金化できる資産でございます。現金預金は27億9,680万9,319円となりました。この資金につきましては、今後発生する老朽化施設更新の費用と企業債の償還の財源として活用をしていくということになります。
 続きまして19ページ、負債の部、資本の部です。
 負債の合計は188億7,195万7,298円で、負債資本合計の66.1%でございます。このうち企業債の残高は、固定負債、流動負債を合わせまして116億4,965万9,156円で、前年度より6億4,950万円の増となっております。これは、本年度建設改良の財源が必要であったということから借り入れが多かったということが要因でございます。
 続きまして資本の部でございますが、資本金につきましては、並びに剰余金につきましては、剰余金計算書で説明したとおりでございます。
 職員にかかる事項については30ページから33ページ、業務量の状況につきましては36、37ページ、キャッシュフロー計算書は47ページ、経営分析は80ページから85ページにございますのでご参照願います。
 水道事業会計につきましては以上でございます。

議長(沼倉利光君) 次に、認定第9号 平成27年度登米市病院事業会計決算認定について、説明を求めます。医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) それでは、病院事業会計の決算の状況につきまして、別冊決算書でご説明させていただきます。決算書をご準備いただきたいと思います。
 まず6ページ、7ページをお願いいたします。
 まず、決算額でございますが、(1)収益的収入及び支出につきましては、収入の第1款病院事業収益が75億381万2,657円、支出の第1款病院事業費用が85億2,535万2,785円でございます。
 次に、(2)資本的収入及び支出につきましては、収入の第1款資本的収入が5億3,897万7,000円、支出の第1款資本的支出が8億4,324万9,934円でございます。
 続きまして、10ページ、11ページをお願いいたします。損益計算書でございます。
 1、医業収益から、2、医業費用を差し引きした医業損益は9億5,888万8,374円の損失でございます。3、医業外収益から、4、医業外費用を差し引きした医業外損益は4億5,880万891円の利益でございます。これらを合わせました経常損益は、5億8万7,483円の損失となったところでございます。
 また、5、特別利益から、6、特別損失を差し引きした特別損益は5億2,576万1,584円の損失があり、これと経常損失を合算した当年度の純損益につきましては、10億2,584万9,067円の純損失でございます。
 この結果、前年度繰越欠損金と合わせました当年度未処理欠損金は125億7,581万527円となったところでございます。
 次に16ページ、17ページをお願いいたします。貸借対照表でございます。
 資産合計と負債資本合計は、それぞれ84億1,457万9,293円でございます。
 16ページの2、流動資産合計14億3,336万916円から17ページの4、流動負債合計19億948万5,299円と、次年度支払いの建設改良費等の財源に充てるための企業債3億1,509万7,848円を差し引いた15億9,438万7,447円を引きますと、不良債務は1億6,102万6,531円が生じておりますが、会計基準の見直しの影響を除いた資金不足額は解消しております。
 23ページ以降につきましては決算附属書類ということで、病院事業の業務状況について記載しております。主なものについてご説明申上げます。まず34ページ、35ページをお願いいたします。
 年度末職員数の状況でございます。一番下の段でございます。正職員、非常勤職員の平成27年度末の職員数につきましては565人となっており、平成26年度末と比較しまして常勤職員等で22名の減、非常勤職員で20名の増となっており、全体として2名の減でございます。
 次に、37ページをお願いいたします。
 患者数と料金収入でございますが、平成26年度と比較いたしまして病院事業全体では入院延べ患者数は1,538人の増、収益につきましても6,918万8,938円の増収、外来延べ患者数は7,553人の減となりましたが、収益につきましては717万5,685円の増収となってございます。
 次に40ページ、41ページをお願いいたします。
 病床利用率でございます。患者数の増加によりまして、病院事業全体で71.2%であり、前年度と比較して0.9%増加してございます。
 次に、52ページをお願いいたします。
 ア、重要契約の要旨でございますが1件2,000万円を超える資産を取得する契約は、登米市民病院のX線一般撮影装置の購入1件でございます。
 イ、企業債及び一時借入金の概況でございますが、本年度では5億1,929万6,796円を償還いたしまして、年度末残高は28億9,779万944円でございます。また、一時借入金の年度末残高は、民間金融機関1社からの借り入れ9億でございます。
 次に、54ページから57ページにかけましては、補助金負担金等の受け入れ状況でございます。病院事業の欄でご説明いたします。54ページでございます。
 収益的収入につきましては、一般会計からの繰入金14億5,180万3,000円と56ページの受入困難事案受入医療機関支援事業等に対する県補助金499万6,016円を合わせまして、14億5,679万9,016円でございます。
 資本的収入につきましては54ページ、一般会計からの繰入金4億8,517万7,000円と56ページの看護師奨学金貸付事業に対する国庫補助金1,680万円を合わせまして、5億197万7,000円でございます。
 これら収益的収入と資本的収入を合わせた補助金、負担金等の受け入れ合計は19億5,877万6,016円でございます。
 次に、61ページから73ページまでは、財務諸表附属書類を記載しております。主なものについてご説明いたします。72ページをお願いいたします。
 ウ、投資その他資産明細書でございます。明細書の長期貸付金では医学生奨学金を7名、看護師奨学金を14名に貸し付けを行った一方で、医学生奨学生2名、看護師奨学生1名から返還、看護師奨学生1名の償還免除による増減で、年度末残高は6,638万円となったところでございます。
 最後に、76ページから79ページに参考資料といたしまして、経営分析表を添付しておりますのでお目通しをお願いしたいと思います。
 説明は以上でございます。

議長(沼倉利光君) 次に、認定第10号 平成27年度登米市老人保健施設事業会計決算認定について、説明を求めます。医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) それでは、老人保健施設事業会計の決算の状況につきまして、別冊決算書でご説明申し上げます。決算書をご用意いただきたいと思います。6ページ、7ページをお願いいたします。
 まず、決算額でございますが(1)収益的収入及び支出につきましては、収入の第1款老健事業収益が3億6,703万4,784円、支出の第1款老健事業費用が4億5,135万6,325円でございます。
 次に、(2)資本的収入及び支出につきましては、支出のみの決算でございまして、第1款資本的支出が4,953万823円となってございます。収入につきましては、過年度分損益勘定留保資金で補填したものでございます。
 続きまして、11ページをお願いいたします。損益計算書でございます。
 1、事業収益から、2、事業費用を差し引いた事業損益は3,693万7,454円の損失でございます。また、3、事業外収益から、4、事業外費用を差し引いた事業外損益は2,049万87円の損失でございます。これらを合わせました営業損益は、5,742万7,541円の損失となっているところでございます。
 さらに、5、特別損失は2,689万4,000円となり、これと経常損失を合算した当年度の純損益につきましては8,432万1,541円の純損失でございます。
 この結果、前年度繰越欠損金と合わせました当年度未処理欠損金は、1億51万851円となったところでございます。
 次に16ページ、17ページをお願いいたします。貸借対照表でございます。
 資産合計と負債資本合計は、それぞれ6億7,050万1,116円でございます。
 22ページ以降につきましては決算付属書類ということで、老人保健施設事業の業務状況について記載しております。主なものについてご説明申上げます。まず、29ページをお願いいたします。
 業務量でございますが、入所介護サービスにつきましては、延べ利用者数は前年度より645人の減少、収益も1,029万3,915円の減収でございます。
 短期入所介護サービスにつきましては、延べ利用者数で415人の増、収益でも86万9,019円の増収でございます。
 通所介護サービスにつきましては、定員を5人増やし25人にしたことで延べ利用者数は1,029人の増加となり、収益でも581万1,610円の増収でございます。
 次に、31ページをお願いいたします。
 イ、企業債及び一時借入金の概況ございますが、本年度では3,743万7,500円を償還いたしまして、年度末残高は6億1,045万2,809円でございます。
 最後に、35ページから45ページにつきましては、財務諸表附属書類と参考資料といたしまして経営分析表を添付しておりますので、お目通しをお願いしたいと思います。
 説明は以上でございます。

議長(沼倉利光君) 以上で、認定第1号から認定第10号までの議案内容の説明が終わりました。ここで監査委員から平成27年度決算審査意見の報告を求めます。監査委員、島尾清次君、登壇して報告をお願いします。

監査委員(島尾清次君) それでは、監査委員を代表いたしまして平成27年度一般会計・特別会計及び公営企業会計の決算並びに基金運用状況の決算審査の結果について、ご報告申し上げます。
 市長から審査に付されました平成27年度各会計の決算等について、6月27日から8月1日までの日程で決算審査を実施いたしました。その結果について、監査委員3名の合議により審査の意見を取りまとめ、市長へ決算等審査意見書提出しております。
 審査にあたりましては、歳入歳出決算、証書類及び政令に定められた附属書類について、例月現金出納検査及び定期監査の結果を参考にするとともに、関係職員からの説明などにより係数の正確性、収支の適合性、さらに公営企業の経営成績及び財政状態は適正に表示されているかなどに主眼を置いて実施いたしました。
 その結果、いずれも関係法令に準拠して作成されており、それらの係数は証書類と符合し正確であり、その内容及び予算執行状況につきましてもおおむね適正であると認めたところであります。
 それでは、決算の状況について申上げますが、先ほど来、執行部からの概要の説明がありましたので、私からは決算審査意見の要旨について申し上げます。
 初めに、一般会計・特別会計について決算等審査意見書の57ページをごらん願います。
 当年度は、市制施行10周年を迎え、新たな飛躍を誓い多くの記念事業が開催され、市民歌が披露されるなど、市民の一体感が感じられる年でした。人口の減少や少子高齢化の進展に伴う社会構造の変化、価値観の多様化、さらには東日本大震災を経験し環境や防災に対しての関心が高まるなど、この10年の間に市政を取り巻く環境は大きく変化したようであります。
 このような中、当年度の決算の状況を見ますと、歳入では自主財源の柱である市税収入が米価の下落や税制改正による法人税率の改定等により前年度と比べ減少しましたが、歳入の4割を占め、本市の財政を支えている地方交付税は震災復興特別交付税が増加し、微増ではありますが前年度を上回りました。依然として依存財源に頼らざるを得ない厳しい財政運営ではなかったかと思います。
 歳出においては、工業団地や新クリーンセンターなどの整備事業、また健康づくり事業や子育て環境の整備などを推進されるとともに、物件費などの削減にも努められました。
 このような当年度の決算を財政分析指標で見ますと、経常収支比率が前年度と比べ1.1ポイント低下し85.2%となり、義務的経費比率も低下するなど、健全財政の維持に腐心されたものと思われます。
 しかし、本市の財政を取り巻く環境を考えますと市税収入は納税義務者数の減少などにより、今後も多くを期待できません。また、普通交付税は合併算定内期間が終了し、激変緩和期間に入ることで、当初想定された程ではありませんが大幅な減額が想定されます。加えて、国勢調査による人口の減少も普通交付税の算定に影響するものと考えられます。
 一方では、少子高齢化や人口減少の対策費用や公共施設の老朽化に伴う維持管理費の増加など、経常的な財政負担は、ますます増大するものと予想されます。一旦、財政の弾力性が失われれば長期にわたり市民ニーズに対応することが困難になることから、経常的経費の削減に努めるとともに、事務事業の見直しや公共施設の統廃合など、より事業の選択と集中を図っていく必要があります。
 なお、当年度も記載の繰上償還を行うとともに、財政調整基金を積み増すなど、将来の負担へ備えるための積極的な取組がなされました。引き続き社会経済情勢の変化を的確に把握し、将来を見据えた健全な財政運営を維持・確保されるよう望むものであります。
 いよいよ平成28年度から第二次登米市総合計画がスタートいたします。新たなまちづくりの取組により、登米市が住みよい地域として持続的に発展することを期待するものであります。
 続きまして、公営企業会計について申し上げます。86ページをごらん願います。
 水道事業会計については、給水人口の減少や節水器具の開発普及などにより、給水収益が減少傾向にあります。水道ビジョンに沿った事業推進を図られ、事務の効率化と効率的な配水管理を徹底し、良質で安全な水道水の安定供給を望むものであります。
 102ページをごらん願います。
 病院事業会計については、常勤医師や看護師の不足等から事業体制が万全ではないために、外来患者数が減少傾向を示していると思われます。第3次病院改革プランに基づき、医師の招へいや看護師の確保などを最重点として、市民に質の高い安全で安心な医療を安定的に提供されるよう望むものであります。
 112ページをごらん願います。
 老人保険施設事業会計については、介護報酬の改定による減額と職員人件費や施設の維持管理費の増大など、経営を取り巻く環境は厳しさを増しています。効率的な事業運営と経営改善に努められ、利用者が安全に安心して利用できる心の通ったサービスの提供を望むものであります。
 以上を申し上げまして、決算審査意見のご報告とさせていただきます。

議長(沼倉利光君) これで決算審査意見の報告は終わりました。
 これから総括質疑を行います。総括質疑は決算全体に及ぶ質疑とし、個々の質疑は決算審査特別委員会でお願いします。発言通告書はありませんでしたので、通告による総括質疑はありません。ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶものあり)

議長(沼倉利光君) これで総括質疑を終わります。
 お諮りします。認定第1号から認定第10号までの10議案について、議長及び議員選出監査委員を除く議員全員で構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託し審査することにしたいと思います。これにご異議ありませんか。
 (「なし」と呼ぶものあり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、認定第1号 平成27年度一般会計歳入歳出決算認定についてから、認定第10号 平成27年度登米市老人保健施設事業会計決算認定についてまでの10議案については、議長及び議員選出監査委員を除く議員全員で構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託して審査することに決定しました。
 ただいま設置されました決算審査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長及び議員選出監査委員を除く議員全員を指名したいと思います。
 これにご異議ありませんか。
 (「なし」と呼ぶものあり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、決算審査特別委員会の委員は、議長及び議員選出監査委員を除く議員全員を選任することに決定しました。委員の氏名の朗読は省略します。
 ここで委員会条例第10条第1項の規定により、決算審査特別委員会の招集を口頭で行います。決算審査特別委員会の正副委員長の互選のため、直ちに議事堂に参集されるよう通知します。
 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 お諮りします。9月14日、15日は決算審査特別委員会のため休会にしたいと思います。これにご異議ございませんか。
 (「なし」と呼ぶものあり)

議長(沼倉利光君) 異議なしと認めます。よって、9月14日及び15日は休会とすることに決定しました。
 なお、9月16日の会議は会議の開始時刻を繰り下げ、決算審査特別委員会が終わり次第開くこととします。
 本日はこれで散会します。ご苦労さまでした。
 
          散会 午後2時52分
 
 上記会議の経過を記載し、その相違ないことを証するためここに署名する。
 
 議会議長  沼 倉 利 光
 
 
 署名議員  田 口 久 義
 
 
 署名議員  田 口 政 信
 

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>