•   0  (日程・名簿)
  •   1  議長(田口久義)
  •   2  市長(布施孝尚)
  •   3  議長(田口久義)
  •   4  市長(布施孝尚)
  •   5  議長(田口久義)
  •   6  総務部長(佐藤順悦)
  •   7  議長(田口久義)
  •   8  5番(工藤淳子)
  •   9  議長(田口久義)
  •  10  水道事業所長(佐々木秀悦)
  •  11  議長(田口久義)
  •  12  5番(工藤淳子)
  •  13  議長(田口久義)
  •  14  市長(布施孝尚)
  •  15  議長(田口久義)
  •  16  6番(浅野敬)
  •  17  議長(田口久義)
  •  18  建設部長(鈴木俊夫)
  •  19  議長(田口久義)
  •  20  25番(佐藤恵喜)
  •  21  議長(田口久義)
  •  22  財政課長(加藤均)
  •  23  議長(田口久義)
  •  24  25番(佐藤恵喜)
  •  25  議長(田口久義)
  •  26  市長(布施孝尚)
  •  27  議長(田口久義)
  •  28  25番(佐藤恵喜)
  •  29  議長(田口久義)
  •  30  市長(布施孝尚)
  •  31  議長(田口久義)
  •  32  17番(沼倉利光)
  •  33  議長(田口久義)
  •  34  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  •  35  議長(田口久義)
  •  36  医療局次長(千葉博行)
  •  37  議長(田口久義)
  •  38  17番(沼倉利光)
  •  39  議長(田口久義)
  •  40  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  •  41  議長(田口久義)
  •  42  16番(田口政信)
  •  43  議長(田口久義)
  •  44  企画部長(田口俊郎)
  •  45  議長(田口久義)
  •  46  16番(田口政信)
  •  47  議長(田口久義)
  •  48  企画部長(田口俊郎)
  •  49  議長(田口久義)
  •  50  16番(田口政信)
  •  51  議長(田口久義)
  •  52  企画部長(田口俊郎)
  •  53  議長(田口久義)
  •  54  議長(田口久義)
  •  55  議長(田口久義)
  •  56  5番(工藤淳子)
  •  57  議長(田口久義)
  •  58  議長(田口久義)
  •  59  議長(田口久義)
  •  60  議長(田口久義)
  •  61  議長(田口久義)
  •  62  市長(布施孝尚)
  •  63  議長(田口久義)
  •  64  総務部長(佐藤順悦)
  •  65  議長(田口久義)
  •  66  4番(氏家英人)
  •  67  議長(田口久義)
  •  68  総務部長(佐藤順悦)
  •  69  議長(田口久義)
  •  70  4番(氏家英人)
  •  71  議長(田口久義)
  •  72  総務部長(佐藤順悦)
  •  73  議長(田口久義)
  •  74  4番(氏家英人)
  •  75  議長(田口久義)
  •  76  総務部長(佐藤順悦)
  •  77  議長(田口久義)
  •  78  議長(田口久義)
  •  79  議長(田口久義)
  •  80  議長(田口久義)
  •  81  議長(田口久義)
  •  82  議長(田口久義)
  •  83  市長(布施孝尚)
  •  84  議長(田口久義)
  •  85  総務部長(佐藤順悦)
  •  86  議長(田口久義)
  •  87  議長(田口久義)
  •  88  議長(田口久義)
  •  89  議長(田口久義)
  •  90  議長(田口久義)
  •  91  市長(布施孝尚)
  •  92  議長(田口久義)
  •  93  総務部長(佐藤順悦)
  •  94  議長(田口久義)
  •  95  議長(田口久義)
  •  96  議長(田口久義)
  •  97  議長(田口久義)
  •  98  議長(田口久義)
  •  99  市長(布施孝尚)
  • 100  議長(田口久義)
  • 101  消防本部消防長(菅原輝雄)
  • 102  議長(田口久義)
  • 103  議長(田口久義)
  • 104  議長(田口久義)
  • 105  議長(田口久義)
  • 106  議長(田口久義)
  • 107  議長(田口久義)
  • 108  市長(布施孝尚)
  • 109  議長(田口久義)
  • 110  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 111  議長(田口久義)
  • 112  7番(關孝)
  • 113  議長(田口久義)
  • 114  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 115  議長(田口久義)
  • 116  7番(關孝)
  • 117  議長(田口久義)
  • 118  副市長(藤井敏和)
  • 119  議長(田口久義)
  • 120  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 121  議長(田口久義)
  • 122  7番(關孝)
  • 123  議長(田口久義)
  • 124  市長(布施孝尚)
  • 125  議長(田口久義)
  • 126  6番(浅野敬)
  • 127  議長(田口久義)
  • 128  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 129  議長(田口久義)
  • 130  12番(及川昌憲)
  • 131  議長(田口久義)
  • 132  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 133  議長(田口久義)
  • 134  12番(及川昌憲)
  • 135  議長(田口久義)
  • 136  総務部長(佐藤順悦)
  • 137  議長(田口久義)
  • 138  12番(及川昌憲)
  • 139  議長(田口久義)
  • 140  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 141  議長(田口久義)
  • 142  議長(田口久義)
  • 143  議長(田口久義)
  • 144  議長(田口久義)
  • 145  議長(田口久義)
  • 146  議長(田口久義)
  • 147  市長(布施孝尚)
  • 148  議長(田口久義)
  • 149  建設部長(鈴木俊夫)
  • 150  議長(田口久義)
  • 151  16番(田口政信)
  • 152  議長(田口久義)
  • 153  建設部長(鈴木俊夫)
  • 154  議長(田口久義)
  • 155  16番(田口政信)
  • 156  議長(田口久義)
  • 157  建設部長(鈴木俊夫)
  • 158  議長(田口久義)
  • 159  議長(田口久義)
  • 160  議長(田口久義)
  • 161  議長(田口久義)
  • 162  議長(田口久義)
  • 163  市長(布施孝尚)
  • 164  議長(田口久義)
  • 165  建設部長(鈴木俊夫)
  • 166  議長(田口久義)
  • 167  23番(二階堂一男)
  • 168  議長(田口久義)
  • 169  建設部長(鈴木俊夫)
  • 170  議長(田口久義)
  • 171  23番(二階堂一男)
  • 172  議長(田口久義)
  • 173  建設部長(鈴木俊夫)
  • 174  議長(田口久義)
  • 175  6番(浅野敬)
  • 176  議長(田口久義)
  • 177  建設部長(鈴木俊夫)
  • 178  議長(田口久義)
  • 179  6番(浅野敬)
  • 180  議長(田口久義)
  • 181  建設部長(鈴木俊夫)
  • 182  議長(田口久義)
  • 183  19番(相澤吉悦)
  • 184  議長(田口久義)
  • 185  建設部長(鈴木俊夫)
  • 186  議長(田口久義)
  • 187  19番(相澤吉悦)
  • 188  議長(田口久義)
  • 189  建設部長(鈴木俊夫)
  • 190  議長(田口久義)
  • 191  議長(田口久義)
  • 192  議長(田口久義)
  • 193  議長(田口久義)
  • 194  議長(田口久義)
  • 195  市長(布施孝尚)
  • 196  議長(田口久義)
  • 197  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 198  議長(田口久義)
  • 199  議長(田口久義)
  • 200  議長(田口久義)
  • 201  議長(田口久義)
  • 202  議長(田口久義)
  • 203  市長(布施孝尚)
  • 204  議長(田口久義)
  • 205  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 206  議長(田口久義)
  • 207  6番(浅野敬)
  • 208  議長(田口久義)
  • 209  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 210  議長(田口久義)
  • 211  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 212  議長(田口久義)
  • 213  6番(浅野敬)
  • 214  議長(田口久義)
  • 215  副市長(藤井敏和)
  • 216  議長(田口久義)
  • 217  6番(浅野敬)
  • 218  議長(田口久義)
  • 219  議長(田口久義)
  • 220  議長(田口久義)
  • 221  議長(田口久義)
  • 222  議長(田口久義)
  • 223  市長(布施孝尚)
  • 224  議長(田口久義)
  • 225  総務部長(佐藤順悦)
  • 226  議長(田口久義)
  • 227  議長(田口久義)
  • 228  議長(田口久義)
  • 229  議長(田口久義)
  • 230  議長(田口久義)
  • 231  議長(田口久義)
  • 232  市長(布施孝尚)
  • 233  議長(田口久義)
  • 234  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 235  議長(田口久義)
  • 236  10番(中澤宏)
  • 237  議長(田口久義)
  • 238  企画部長(田口俊郎)
  • 239  議長(田口久義)
  • 240  10番(中澤宏)
  • 241  議長(田口久義)
  • 242  議長(田口久義)
  • 243  議長(田口久義)
  • 244  議長(田口久義)
  • 245  議長(田口久義)
  • 246  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 247  議長(田口久義)
  • 248  議長(田口久義)
  • 249  議長(田口久義)
  • 250  議長(田口久義)
  • 251  議長(田口久義)
  • 252  企画部長(田口俊郎)
  • 253  議長(田口久義)
  • 254  議長(田口久義)
  • 255  議長(田口久義)
  • 256  議長(田口久義)
  • 257  議長(田口久義)
  • 258  社会教育次長(鈴木均)
  • 259  議長(田口久義)
  • 260  議長(田口久義)
  • 261  議長(田口久義)
  • 262  議長(田口久義)
  • 263  議長(田口久義)
  • 264  社会教育次長(鈴木均)
  • 265  議長(田口久義)
  • 266  12番(及川昌憲)
  • 267  議長(田口久義)
  • 268  社会教育次長(鈴木均)
  • 269  議長(田口久義)
  • 270  12番(及川昌憲)
  • 271  議長(田口久義)
  • 272  企画部長(田口俊郎)
  • 273  議長(田口久義)
  • 274  社会教育次長(鈴木均)
  • 275  議長(田口久義)
  • 276  12番(及川昌憲)
  • 277  議長(田口久義)
  • 278  企画部長(田口俊郎)
  • 279  議長(田口久義)
  • 280  12番(及川昌憲)
  • 281  議長(田口久義)
  • 282  企画部長(田口俊郎)
  • 283  議長(田口久義)
  • 284  社会教育次長(鈴木均)
  • 285  議長(田口久義)
  • 286  議長(田口久義)
  • 287  6番(浅野敬)
  • 288  議長(田口久義)
  • 289  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 290  議長(田口久義)
  • 291  6番(浅野敬)
  • 292  議長(田口久義)
  • 293  企画部長(田口俊郎)
  • 294  議長(田口久義)
  • 295  6番(浅野敬)
  • 296  議長(田口久義)
  • 297  社会教育次長(鈴木均)
  • 298  議長(田口久義)
  • 299  16番(田口政信)
  • 300  議長(田口久義)
  • 301  社会教育次長(鈴木均)
  • 302  議長(田口久義)
  • 303  社会教育次長(鈴木均)
  • 304  議長(田口久義)
  • 305  16番(田口政信)
  • 306  議長(田口久義)
  • 307  社会教育次長(鈴木均)
  • 308  議長(田口久義)
  • 309  10番(中澤宏)
  • 310  議長(田口久義)
  • 311  社会教育次長(鈴木均)
  • 312  議長(田口久義)
  • 313  10番(中澤宏)
  • 314  議長(田口久義)
  • 315  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 316  議長(田口久義)
  • 317  社会教育次長(鈴木均)
  • 318  議長(田口久義)
  • 319  社会教育次長(鈴木均)
  • 320  議長(田口久義)
  • 321  10番(中澤宏)
  • 322  議長(田口久義)
  • 323  社会教育次長(鈴木均)
  • 324  議長(田口久義)
  • 325  4番(氏家英人)
  • 326  議長(田口久義)
  • 327  企画部長(田口俊郎)
  • 328  議長(田口久義)
  • 329  17番(沼倉利光)
  • 330  議長(田口久義)
  • 331  副市長(藤井敏和)
  • 332  議長(田口久義)
  • 333  19番(相澤吉悦)
  • 334  議長(田口久義)
  • 335  19番(相澤吉悦)
  • 336  議長(田口久義)
  • 337  社会教育次長(鈴木均)
  • 338  議長(田口久義)
  • 339  7番(關孝)
  • 340  議長(田口久義)
  • 341  社会教育次長(鈴木均)
  • 342  議長(田口久義)
  • 343  7番(關孝)
  • 344  議長(田口久義)
  • 345  社会教育次長(鈴木均)
  • 346  議長(田口久義)
  • 347  企画部長(田口俊郎)
  • 348  議長(田口久義)
  • 349  7番(關孝)
  • 350  議長(田口久義)
  • 351  企画部長(田口俊郎)
  • 352  議長(田口久義)
  • 353  議長(田口久義)
  • 354  議長(田口久義)
  • 355  6番(浅野敬)
  • 356  議長(田口久義)
  • 357  議長(田口久義)
  • 358  議長(田口久義)
  • 359  議長(田口久義)
  • 360  議長(田口久義)
  • 361  福祉事務所長(千葉幸毅)
  • 362  議長(田口久義)
  • 363  議長(田口久義)
  • 364  議長(田口久義)
  • 365  議長(田口久義)
  • 366  議長(田口久義)
  • 367  議長(田口久義)
      平成25年第4回登米市議会 定 例 会 会議録(第5号)
 平成25年12月12日(木曜日)
1.出席議員(26名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君       4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 岩 淵 正 宏 君
   9番 伊 藤 吉 浩 君      10番 中 澤   宏 君
  11番 佐々木   一 君      12番 及 川 昌 憲 君
  13番 佐 藤 尚 哉 君      14番 伊 藤   栄 君
  15番 浅 田   修 君      16番 田 口 政 信 君
  17番 沼 倉 利 光 君      18番 星   順 一 君
  19番 相 澤 吉 悦 君      20番 熊 谷 憲 雄 君
  21番 及 川 長太郎 君      22番 庄 子 喜 一 君
  23番 二階堂 一 男 君      24番 八 木 しみ子 君
  25番 佐 藤 恵 喜 君      議 長 田 口 久 義 君
1.欠席議員(なし)
1.遅刻議員(なし)
1.早退議員(なし)
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君   副  市  長  藤 井 敏 和 君
  総 務 部 長  佐 藤 順 悦 君   企 画 部 長  田 口 俊 郎 君
  市民生活部長   志 賀   尚 君   産業経済部長   秋 山 茂 幸 君
  建 設 部 長  鈴 木 俊 夫 君   市長公室長    神 田 雅 春 君
  財 政 課 長  加 藤   均 君   福祉事務所長   千 葉 幸 毅 君
  危機管理監    熊 谷   一 君   会計管理者    高 橋 清 彦 君
  環境事業所長   阿 部   信 君   教  育  長  片 倉 敏 明 君
  教 育 次 長              教 育 次 長
  (学校教育)   佐 藤 賀津雄 君   (社会教育)   鈴 木   均 君
                       農業委員会
  病院事業管理者  石 井   洋 君   事 務 局 長  阿 部 清 喜 君
                       消 防 本 部
  水道事業所長   佐々木 秀 悦 君   消  防  長  菅 原 輝 雄 君
                       監 査 委 員
  医療局次長    千 葉 博 行 君   事 務 局 長  千 葉 久 義 君
  生涯学習課長   佐々木 洋 一 君   総 務 課 長  丸 山   仁 君
  人 事 課 長  大 森 國 弘 君   税 務 課 長  新 井 誠 志 君
  契約専門監    菅 原 輝 吉 君   下水道課長    吉 野 晴 彦 君
                       市民活動支援
  商工観光課長   阿 部 孝 弘 君   課     長  星   茂 喜 君
  生活福祉課長   菊 地 治 美 君   総務課副参事   千 葉   清 君
1.事務局出席職員氏名
                       議会事務局
  議会事務局長   佐 藤 昌 彦 君   次     長  佐 藤 真 吾 君
  議会事務局                議会事務局
  主幹兼議事                議事・調査係
  ・調査係長    高 橋 正 博 君   主     査  加 藤 善 己 君
  議会事務局                議会事務局
  議事・調査係               議事・調査係
  主     査  浅 井 顕 裕 君   主     事  稲 辺 大 裕 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 会議録署名議員の指名
  第2 議案第123号 消費税率及び地方消費税率の引き上げに伴う関係条例の整備に関す
           る条例について
  第3 議案第124号 登米市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例について
  第4 議案第125号 登米市税条例の一部を改正する条例について
  第5 議案第126号 登米市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について
  第6 議案第127号 登米市火災予防条例の一部を改正する条例について
  第7 議案第128号 工事請負契約の変更契約の締結について
  第8 議案第129号 工事請負契約の変更契約の締結について
  第9 議案第130号 工事請負契約の変更契約の締結について
  第10 議案第131号 財産の処分について
  第11 議案第132号 訴訟上の和解について
  第12 議案第133号 字の区域を新たに画すること及び変更することについて
  第13 議案第134号 指定管理者の指定について(中田農産物直売所及び中田農産物加工
           所)
  第14 議案第135号 指定管理者の指定について(迫にぎわいセンター)
  第15 議案第136号 指定管理者の指定について(東和川端高齢者等活動生活支援促進機
           械施設)
  第16 議案第137号 指定管理者の指定について(登米市登米総合体育館、登米市登米総
           合運動公園及び登米市登米武道館)
  第17 議案第138号 指定管理者の指定について(登米市高倉勝子美術館)
  第18 議案第139号 指定管理者の指定について(登米市こじか園)
          開会 午前10時00分
議長(田口久義君) おはようございます。
 ただいまから、平成25年第4回登米市議会定例会5日目の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配布のとおりです。
 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第90条の規定により、23番、二階堂一男君、24番、八木しみ子君を指名します。
 市長から行政報告の申し出がありました。これを許可します。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 皆さん、おはようございます。
 それでは、行政報告をさせていただきたいと存じます。
 職員の懲戒処分等についてご報告をさせていただきます。
 本日、職員の懲戒処分等を2件行いましたので、ご報告申し上げます。
 1件目は、平成25年8月2日金曜日、技師の29歳男性職員が帰宅するため私有車を運転中、制限速度を時速36キロ超過し、道路交通法第22条に規定する最高速度制限違反により検挙されたことから、過去の交通違反歴等も勘案し、戒告の懲戒処分を行ったものであります。
 2件目は、下水道使用料の賦課漏れに関しての処分についてであります。
 本年、登米市定住促進住宅における下水道使用料について賦課漏れが確認されたことから、市内の下水道処理区域内の全ての下水道使用状況について調査を行った結果、合計70件、735万3,079円の賦課漏れが判明したものであります。
 賦課漏れにより未納となっている使用料のうち、地方自治法第236条第1項の規定による5年の時効が到来していない金額は530万3,867円で、これを請求することとし、現在全ての請求対象者に対して事情説明を行い、納入についてお願いしているところであります。
 このような事態が発生したことは、職務遂行に当たり組織としての危機管理意識が希薄であったと言わざるを得ず、市民の皆様の下水道事業に対する信用を著しく失墜させるものであることから、60歳の部長級職員、58歳の次長級職員、56歳の課長級職員を戒告処分とし、また当時下水道事業を担当していた課長補佐級、係長級の職員7名を訓告処分としたものであります。
 本市職員がこのような事態を引き起こし、市民の皆様に対し心からおわび申し上げます。大変申しわけございませんでした。
 関係職員に対しましては、厳正な処分をもって対処させていただきました。今後再びこのような事態が発生しないよう、適正な職務執行について徹底するとともに、部下職員を管理・監督する立場にある管理職に対しても強く注意を喚起してまいりたいと存じます。
 以下、行政報告とさせていただきます。
議長(田口久義君) これで行政報告が終わりました。
 日程第2、議案第123号 消費税率及び地方消費税率の引き上げに伴う関係条例の整備に関する条例についてを議題とします。
 本案について説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第123号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正するなどの法律及び社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための地方税法及び地方交付税法の一部を改正する法律が平成26年4月1日から施行されることに伴い、関係条例の整備を行うため、条例を制定するものであります。
 詳細につきましては総務部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 議案書1ページをお開きいただきたいと思います。議案第123号でございます。
 初めに、今回の提案に係ります基本的な考え方について述べさせていただきたいと思います。
 平成26年4月から消費税率を5%から8%へ引き上げることが閣議決定されたことに伴いまして、本市としましてこの対応につきまして政策会議におきましていろいろと協議してまいりました。
 その結果でございますが、まず水道料金、水道加入金、公共下水道使用料、農業集落排水処理施設使用料、浄化槽使用料、病院事業等使用料及び手数料等につきましては消費税課税取引であること、行政財産の目的外使用につきましては消費税相当分を乗じて算出していること、またし尿処理招集運搬処分手数料、し尿処分手数料、浄化槽汚泥等の処分手数料につきましては収集運搬経費及び処分費用をもとに使用料を算出していることから、市民の皆さんには負担をおかけすることになりますが、消費税率引き上げの部分を使用料等に転嫁せざるを得ない状況にございます。そういうことから、今回使用料等の改定を提案するものでございます。関係条例は7本でございまして、一括提案するものでございます。
 次に、登米市の手数料条例に定める戸籍関連の証明書、あるいは消防関連の手数料等、これにつきましては地方公共団体の手数料の標準に関する政令の改正が行われた際には改定する必要がございます。しかし、現時点では法令改正時期が不明でございます。その他の法令により定められる使用料等につきましても改正時期が不明でございますので、現在情報収集しているところでございます。これらの法令等につきましては、定められる使用料等につきましては法令等の改正がありました際に速やかに検討し適切な対応をしてまいります。
 また、これら以外の使用料、例えば保健福祉施設使用料、生涯学習施設、体育施設などの使用料でございますが、これらにつきましては消費税率引き上げに係る影響以外にも電気料金等の値上げを含む経費の変動がございまして、適切な使用料等算出するためにも改めて経費の積算を行うなどの作業が必要でございます。そういうことからの今回の改定を見送ることにしたものでございます。
 ただし、適切な使用料となりますように今後検討するため、平成26年度にコストの再計算、こうしたものを行いながら平成27年10月に予定されております消費税率の引き上げに備えてまいりたいと思います。
 それでは、提案内容の議案内容の説明をしたいと思いますが、提案理由説明書6ページをお開きください。
 まず、関係条例7本でございますが、1条ずつそれらをうたい込んでおります。まず、新旧対照表でございます。左側が改正案、右側が現行でございます。
 第1条関係でございますが、登米市手数料条例関係でございます。別表第2条関係でございます。消費税相当額に今回改正するものでございます。し尿収集運搬処分手数料、それから下の下でございますがし尿処分手数料、この2カ件につきまして改正いたします。アンダーラインを引いているところが改正、そしてその前の額となります。こうした消費税8%と5%のし尿収集運搬処分手数料金、この比較表などにつきましては定例会資料別冊1の12ページ、13ページにお示ししているので、そちらのほうも後ほどごらんいただきたいと思います。
 第2条関係は行政財産使用料条例でございます。第2条でございます。土地の使用料関係でございます。2項。これまでは100分の105を乗じて得た額と表記しておりましたが、これをアンダーラインのように、消費税法に定める消費税の税率を乗じて得た額及びその額に地方税法に定める地方消費税の税率を乗じて得た額を合算した額と、これを加えた額を月額として算定する額とするものでございます。こうすることによりまして、平成27年10月に予定されております改正見込みとなっておりますが、その際にはこの条例の改正が不要になるという内容で整理したところでございます。
 3条は、建物使用料関係です。これは現行のほうはアンダーラインの所ですが、評価額に100分の10.5を乗じて得た額としておりました。この100分の10.5の内容でございますが、建物の貸付料、これは建物の評価額の10%でございます。それに消費税を乗じますと100分の10.5になりますので、こういう表記でこれまで来ておりましたが、改正案では2つに分けまして、当該建物評価額に100分の10を乗じて得た額、この額は貸付料になります。評価額の10%になります。それに消費税相当額を加えた額とするものでございます。これにつきましても今後改正が不要となる条項でございます。
 次のページでございます。都市公園条例でございます。別表第2の公園を制限する場合の使用料関係でございます。表の5でございます。これまでは1.05を乗じて得た額と表記しておりましたが、さきに説明したように消費税の税率を乗じて得た額。そうした内容に変えたところでございます。これによって、今後も改正不要となるという内容でございます。
 第4条関係は下水道条例でございます。こちらは消費税相当額に改正するものでございます。基本使用料、超過使用料、これらについて金額を改正するものでございます。アンダーライン部分の金額が変わるところでございます。引き上げ部分を加えたという状況でございます。なお、消費税8%と5%の下水道使用料金比較表を別冊1の14ページにお示ししていますので、これも後ほどごらんいただきたいと思います。
 次のページでございます。農業集落排水事業関係でございます。15条2項です。これも使用料関係です。どちらも基本使用料、超過使用料につきまして消費税相当額に改正するものでございます。アンダーライン部分でございます。
 次のページ、第6条関係でございます。水道事業の給水条例でございます。こちらも基本料金、それから従量料金、これらにつきまして消費税相当額に改正するものでございます。アップ分を加えた内容になっております。
 それから、別表第3ですが、こちらは水道の加入金でございます、給水管の口径ごとに金額を改めたところでございます。
 続いて、13ページでございます。第7条関係は登米市病院事業等の使用料及び手数料条例でございます。こちらも現行につきましては100分の105を乗じて得た額という表現でございましたが、これを今後の改正が不要になるように消費税法に定める消費税の税率を乗じて得た額及びその額に消費税法に定める地方消費税の税率を乗じて得た額を加えた額と改正するものでございます。
 なお、これらの施行月日につきましては平成26年4月1日からとなります。なお、経過措置としまして下水道、農業集落排水、水道事業、これらにつきましては平成26年4月検針定例日の翌日以降の使用に係る使用料について適用するものでございます。
 以上で説明を終わります。審議の上、ご決定くださいますようよろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これより質疑を行います。質疑はありませんか。5番工藤淳子君。
5番(工藤淳子君) 所管なんですけれども、下水道が説明された中で下水道は私の所管なのできのう委員会で質問したりしたんですけれども、下水道はどのくらい上がるかと質問したら標準が平均一般家庭の20トン、現在の3,000円が3,083円、市民全体からすると使用料として3%上がる分の金額が1,900万円、年間にするとこのぐらい、それから、そのほかに管理料が1,500万円と消費税分が合わせると3,000万円近くなるという説明を聞きました。ほかにもいっぱいあるんですけれども、そのほか水道料金のほうはどういう値上げになるかお願いします。
議長(田口久義君) 水道事業所長、佐々木秀悦君。
水道事業所長(佐々木秀悦君) 今のご質問ですが、上げない場合ということですか、影響額。(「水道料金はどれくらい上がるのか」の声あり)
 今、契約で一番多いのが11トンから20トンというのが一番多うございます。それが構成比にしますと約30%弱になります。それで、これが15トンにしますと現行で3,885円、それが改定になりますと3,996円、111円の増となります。
議長(田口久義君) 5番、工藤淳子君。
5番(工藤淳子君) 今の水道では111円、それから下水道では月にするときのうの説明では83円ぐらいだって説明があったんですけれども、これから今の部長の説明だと今後公共施設なんかもいろいろ値上げの範囲が来年になると上がってくること。それから、この消費税そのものが国会で国で決まったことなんですけれども、消費税分、一般の住民には大きな負担増で大企業には減税している。こういう中で消費税分をそのまま本当に市民に転嫁していいのかなと、私は疑問です。何日か前の新聞に国内総生産GDPが7月から9月の改定値、どのくらい伸びたかというと、本当に0.3%とかわずかな伸びしかできなくて本当に日本国中ですけれども、登米市の中でも住民の所得は大きく落ち込んでいることを示しているんじゃないかなと思います。
 こういう中で市長にお尋ねします。質問したいと思います。景気を悪化するこういう値上げ幅なんですけれども、これから8%から何年か後にはまた10%値上げになると本当に住民は大きな負担増になると思いますし、そして宮城県登米市も最大の被災地である中で住民増をそのまま負担増を転嫁すること、この考え方を市長としてはどう思っているか、考えているかをお聞きしたいと思います。
 私は、最低でも今年度だけでもこの値上げを据え置くべきじゃないかなと思うんですけれども、もちろん市長は国に向けていろいろやっていると思うんです、声を上げていると思うんです、ぜひ再検討するよう国に声を上げたり、市長として考えられるあらゆる手段をとることが必要じゃないかと思うんですけれども、その辺の考えを伺います。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) この改定につきましては、消費税率の引き上げに伴うご負担をお願いするということになるわけでございます。そういった意味では、負担をお願いするということになりますので、心苦しく思っているところではございます。
 とはいいながら、このご負担をご利用いただく方からその分の負担は市民全員からご負担をいただくということになるわけでございますので、そういった意味ではやはりご利用いただく皆さんにご負担をいただくということになるのではないのかなと、決して市の運営そのものにプラスになる改定では決してないということでございます。その分、これらの経常収支が悪化をすれば、広く市民の皆さんにその分のご負担をお願いせざるを得ないという状況になっているということはまずご理解いただきたいと思っております。
 それから、消費税率の引き上げにつきましてはさまざまなご意見もございます。国民負担になるのではないのかというご意見もございますし、これから社会保障経費等も含めたさまざまな負担増にこれからどのような形で国として臨んでいくのか、さまざまな議論の中で国会で決議された内容と重く受けとめているというところでございます。
 とはいいながら、やはりそういう部分がしっかりと税として我々から集められた税がしっかりと国民にきちんと還元されるような取り組みにつきましては我々としても注視をしながら、きちんと提言、提案をさせていただきたいと考えております。
議長(田口久義君) ほかにございませんか。6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) 提案理由説明書の9ページ、改正案、基本使用料が1,545円でなく43円にしたのは何の根拠なのか。同じく超過使用料の10立方メートルを超え20立方メートルまでを155円でなく154円にした特別な理由があるのかどうか。
議長(田口久義君) 建設部長、鈴木俊夫君。
建設部長(鈴木俊夫君) 端数の処理の状況でございます。現行の単価につきまして、一度105で割り戻しをしてございます。それに108、いわゆる8%をかけて出た値を小数点以下を四捨五入としたためにそのような内容ということでございます。
議長(田口久義君) 25番、佐藤恵喜君。
25番(佐藤恵喜君) 1点だけですが、消費税8%になって、地方消費税は1%から1.7%に引き上げになると。いわば、自治体の、市の収入増ということになりますが、その金額は幾らと概算というか試算しているでしょうか。市長、先ほど答弁ありましたが、市民への負担増をやむを得ないというか、そういう意味の国で決めたからだと、しかし市の負担はふえるものの、消費税負担はふえるものの、一方で収入増と大変な金額になると思うんですけれども、どういうふうになっているんでしょうか。これは試算しているんだろうと、大ざっぱに言えば出せると思うんですが。
議長(田口久義君) 財政課長、加藤 均君。
財政課長(加藤 均君) 金額的には、現行の地方消費税が5%のうち1%、それから26年4月には8%のうち地方消費税が1.7%ということは承知をしておりますが、詳しくは内容はまだ積算しておりません、よろしくお願いします。
議長(田口久義君) 25番、佐藤恵喜君。
25番(佐藤恵喜君) いわば、今回の使用料等の改正、ここの使用料の消費税増分、計算すればある面わずかといえばわずかかもしれない。しかし、わずかなものが庶民の家計から前に出ていくとそれが大変なことになるんだということで、これは国会論戦で決まったものでありますけれども、そういう点で市としてもあらゆるこのことを頭にして、今言ったような試算などもちゃんと質疑答えられるという、この問題について真正面から取り組むというか受けとめるというか。
 普通はだって想定されるんでないでしょうか。3%分をどう展開させるかというのと同時に、市としては1%から1.7%に地方消費税はなるんだと。果たして本市はどうなるんだろうと。もう、新年度予算編成に入っていく中で少なくともこのくらいは答えられる、細くはできなくたってこれはある程度もう計算できるんでないかなと思うんですけれども、そういう真剣さが私は必要だなと思うんです。そういう中で条例改正が妥当なのかどうかという判断をする、そういう点では市長として準備不足、説明不足ということは否めないと思うんですけれども、一言お聞きしておきたいと思います。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 地方消費税の正確なというか、そもそも積算の準備不足についてはおわびを申し上げたいと思います。
 とはいいながら、やはり地方財政も含めて社会保障関係経費の増、そしてその負担というものはやはり市の財政的には非常に大きな状況になってきているという認識は持っているところでございます。ですから、直接的に、今回の消費税分の地方税収の増がそっくり市としてのさまざまな取り組みの一歩も二歩も前進をするという財源に至るかということにつきましてはなかなか難しいところもあるのかなという認識は持っているところでございます。そういった意味では、準備不足については率直におわびを申し上げたいと思います。
議長(田口久義君) 25番、佐藤恵喜君。
25番(佐藤恵喜君) 市長、それるかもしれませんが、先ほど申し上げたように1つの商品への消費税転嫁はわずかであってもそれが積もり積もって1つの家計からすれば大変な負担になると。
 この条例改正を検討する中で、市長の頭に浮かばなかったのかなと思うのが、今灯油の高騰というのが大変なものになってきていますよね。3年前でしょうか、しっかりはっきり記憶はしていませんが、福祉灯油というのを本市も導入しました。こうした市民への負担をお願いせざるを得ないけれども、今の市民の、特に所得の低い方の生活実態を考えるならば、かわりという言い方はどうかわかりませんが、福祉灯油というのも本市として一緒に導入すると、そういう政治判断も持てないものでしょうか。ちょっとそれるかもしれませんが、私はそのくらいの配慮というか、一言持っていいんでないかと思うんですが。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) いろいろなお考えがあろうかと思います。そういった意味では、以前に実施した状況等につきましては、本当に急激な価格の高騰という状況、我々としても想定を超えるような大きな価格の変動の中でございました。そういった意味では、どういう形にせよ、それに備えておくということは大変に難しかったという状況と、そしてそれは社会生活全てにわたって本当に大きな影響を及ぼしたという状況でございました。今もそういった状況等考えれば、そこまでには至ってはいないとはいうものの、やはり値上がり基調にあるということは認識をしているところでございます。
 あとは今デフレが緩和をされてきたという中にあって、やはりいろんな生活消費に係る経費もそれにつれて上がってきている。それが特に地方に関しましてはインフレの動きよりも所得のほうがついてきていないという状況のタイムラグがあるということも、我々としても認識をしているところではございます。
 そういった意味では、どのような検証が必要なのか、しっかりとその状況、今後の動向等も見据えながら内容等につきましては検討させていただきたいと思っております。
議長(田口久義君) ほかに質疑ありませんか。17番、沼倉利光君。
17番(沼倉利光君) 今示されております消費税に伴う会計でありますけれども、このことに関して教育委員会部局で、例えば上げてほしくはないんですけれども学校給食とか、そういったものに対して消費税分の材料費が上がってくるという中でそこについては大丈夫という考え方なのか、他の使用料についてもそこは消費税とは関係ないという考え方なのか、その点についてお尋ねします。
 また、病院についてでありますけれども、病院も使用料について今回記載されますけれども、経営状況の中でいろいろな薬品に消費税が3%上積みとなった場合における登米市の消費税に関することでどのくらいの影響度があるのか。この際お聞かせを願いたいと思います。
議長(田口久義君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 給食費全体としますと、3億7,000万円ほどの給食費になっております。影響額を考えますと約1,000万円ほどの、3%値上げした場合になった場合1,000万円ということになりますけれども、これにつきましては平成27年にさらに消費税が値上げされるということが決定されているわけでありまして、その時点でいろいろな物価の動向等も見きわめた上でその時点で値上げを再度検討したいという考えでございます。その間につきましてはいろいろな仕入れの工夫でありますとか、そういったことで今の給食費の中で対応していきたいという考えでございます。
議長(田口久義君) 医療局次長、千葉博行君。
医療局次長(千葉博行君) 病院事業の場合は、診療報酬がメインに収入があるんですけれども、その分については消費税分が反映されているという話なんですが、ただし病院事業の医薬品だったり診療材料を購入する際には消費税を支払う。消費税をとれないんですが、消費税を払うということで影響は大きく出てまいります。
 今お尋ねの材料費、それは経費のほうにその分が反映されるんですが、今大体予算規模ですと20億円ぐらいの事業費です。その分、消費税値上がり分が反映されるんですけれども、今お尋ねの薬品等については院外処方を進めておりまして、100%ではございませんけれども、現在院内で処方している分に多少の影響があるかと、あと院外の分はその影響はないと考えております。正確な試算については申しわけありません。まだしてございません。
議長(田口久義君) 17番、沼倉利光君。
17番(沼倉利光君) 今回、幸い学校給食費を値上げしないという方向でいいことだと思います。これは給食費をさっき前段の方の質疑ではないですけれども、消費税を上げたからといって、学校の中でこういう認識のあるものを例え10%となっても子供たちの育成のために学校給食費には消費税値上げ分を含まないというぐらいの、今後検討していくべきではないかと思いますけれども、いかがでしょうか。
議長(田口久義君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 今国会では食費に対する軽減税率等の適用等も議論をされているところでございます。そういった議論も踏まえて平成27年度の消費税の動向がどうなるのか、その時点でのさまざまな物価動向も見きわめながらその時点で検討してまいりたいと思います。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。16番、田口政信君。
16番(田口政信君) 確認をさせてください。今回は7本、7条までということで、今想定できる部分を改正案として提出をいただきました。今も話題となりましたが、今後改正をしなければならない事項についてはどういう扱いになるのか。そこだけピンポイントに7条までの項目をなぜ余り成熟していない状況の中で出してきたのか。それをまずお伺いしたいのと、今後何々が、どういう使用料あるいは手数料が想定されるのかということ。それをお伺いしたいと思います。とりあえず、1回。
議長(田口久義君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 今回の消費税の転嫁につきましては、政策会議で検討してきたということでその状況についてお話し申し上げます。基本的に、3%、それから次期5%上げて10%にするという国の方針でございます。3%につきましては決定されたと。そこで、近隣あるいは県内の市町村等と情報交換しながら実は検討してきたところでございます。
  今回、3%の段階に当たりましては、基本的に消費税課税取引である事業について展開しましょうということにしました。病院とか水道とか経営に係るもの、それにつきましてはどうしてもそれは消費税として支払いをしなければならないということで、それは申しわけないですけれども、転嫁しましょうということになりました。
 それ以外につきましては、基本的にまた追って8%から10%という国の方針もあるということでございますし、さらに例えばいろいろ各種証明手数料であったり督促手数料、さまざまな施設の使用料等につきましては積算根拠を改めて全て洗い直しをする必要があるんじゃないかと基本の洗い直しをした上でなければ転嫁できないだろうということで、先ほど総務部長がお話し申し上げましたように平成26年度に洗い直しをするとなったものでございます。
 例えば、施設の使用料ですと、施設の減価償却からあるいは維持管理費全てを積算し直しして単価を求めてきたという経緯もございますので、さまざまな電気料金の値上がり等もございますので、それらも含めて平成26年度に洗い直しをしてからその対応をしていきましょうとなってございます。
 そういうことでございますので、とりあえず平成26年度にそのような調査をして方向性を見出していきたいということでございます。以上でございます。
議長(田口久義君) 16番、田口政信君。
16番(田口政信君) よくわからないんですが、つまり平成26年4月1日に3%の施行がなされますが、それに手数料あるいは使用料の部分で賦課をしない部分も出てくるんだと理解していいんですね。ですね。
 それと、今軽減税率が与党の間でさまざまな論議をされていますし、年度も不確定な部分がたくさんあります。そういった意味できょう出された7本は、確実にこのようにしなければならないという市の判断だと解釈してよろしいですか。そうしますと、今後については5%のままでいく場合もあるし、8%あるいは10%になる可能性があるという、それはどこで決めるんですか。それをお伺いします。
議長(田口久義君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 現3%の消費税増の分につきましては、先ほど申し上げましたように消費税分の課税取引である事業についてということでございます。それ以外につきましては例えば斎場の使用料等あるいは住宅の使用料等もございますが、それにつきましては今回は転嫁しないということでございます。それぞれ、再度現在の使用料の根拠をもう一度積算しながらその対応を図るということでございます。基本的には、その積算いかんによっては5%、10%によっては転嫁しなくてもいいという結論が出るものもあると思いますし、その状況を見てということでございますので、ご理解をお願いしたいなと思います。
議長(田口久義君) 16番、田口政信君。
16番(田口政信君) 当たらないわけさ。それが医療局長は積算基礎がないけれども、薬なんかには消費税がかかってくるので、そのままスライドさせるんだと、下水道もそういう話ですよ。そういう積算基礎をきちんと整備してからやるという論法を立てるのであれば、この今回の改正もそういう積算、どれぐらいの影響度があって今の状況の中でどうしても上げなきゃいけないんだという、基礎を出さなければこの提案というのはあり得ないはずなんだけれども、その論法が私にはどうしてもわからないんだけれども。
 確かに、課税取引の業種については3%はスライドさせるんだという理由にはなるでしょうけれども、全体をそういうふうにして積算基礎もきちんとして賦課していくんだという論法に立つのであれば、それはおかしいなと思うんです。この場合は違うんですかということ。課税取引部門の、これは特殊なものなんですかということを聞いているんです。違うだろう、皆同じでしょう、だって。
議長(田口久義君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 課税取引につきましては、その見直しをしても基本的にその金額に消費税がかかるということでございます。その他の、例えば施設の使用料等につきましてはそれに消費税がかかるということではなくて、さまざまな施設の維持管理費の中においてどの程度消費税の影響があるかによってまるきり変わってきますので、その辺の精査をするということでございます。そのように理解をお願いしたいなと思います。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第123号は会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって議案第123号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 まず、原案に反対者の発言を許します。5番、工藤淳子君。
5番(工藤淳子君) 日本共産党市議団を代表して反対討論をします。
 今回の消費税分の値上げは生活が苦しい住民にそのまま転嫁するものであり、据え置くべきと考えます。さきに、7月から9月期の国内総生産GDPの改定率はわずかな伸びしか示すことができませんでした。これは、日本経済が深刻な状況を抜け出していないことを示しています。最大の要因は国民の所得が大きく落ち込んでいることだと思います。そして、このような状況の中で消費税増税を強行すれば消費税増税をさらに消費をさらに冷え込ませ、景気をますます悪化させるだけのものとなると思います。そして、宮城県は最大の被災地であり、住民の負担増を回避する努力が必要だと思います。また、市として市を挙げて消費税分については再検討するよう国に声を上げること、また市として考えられるあらゆる手段をとることが必要であり、据え置くべきと考えます。議員皆さんの賛同をよろしくお願いします。
議長(田口久義君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 次に、原案の反対者の発言を許します。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) ほかに討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで討論を終わります。
 これから議案第123号を採決いたします。この採決は起立によって行います。
 原案に賛成の方の起立を求めます。
   (賛成者起立)
議長(田口久義君) 起立多数です。よって、議案第123号 消費税率及び地方消費税率の引き上げに伴う関係条例の整備に関する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第3、議案第124号 登米市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第124号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、現下の情勢を踏まえ、職員等が海外旅行の旅費として定額により支給される支度料を廃止するため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては総務部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) それでは議案書4ページをお開きいただきたいと思います。
 議案第124号 登米市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例についてでございます。
 議案内容につきましては、定例会資料別冊1、16ページでご説明しますのでお開きいただきたいと思います。この条例についての趣旨等を記しております。
 まず、1点目の改正の趣旨でございます。現下の社会情勢等を見た場合に職員等公務により外国旅行する場合において支給されている支度料を廃止する。このために、本条例の一部を改正するものでございます。
 この支度料の概要でございますが、外国旅行におきまして国内旅行とは異なる準備、携行品等、スーツケースとかあるいは旅行保険等、こういう費用に充てるため支給される旅費でございます。
 本市の制度としましては外国旅行の期間に応じまして定額で支給しておりました。旅行期間1カ月未満につきましては5万3,900円、1カ月以上3月未満につきましては6万5,450円、3月以上については7万7,000円という状況でございました。なお、各項に記しておりますが、過去1年以内にこの支度料の支給を受けている場合についてはこの支給を受ける額から支給済みの分を差し引いた額を支給するという内容でございました。
 支給実績について4に記しております。旅行者数、延べ支給人数等支給額等記しております。旅行者数、この平成18年度から24年度まで全部で49人となっております。延べ支給人数は平成18年度から24年度まで42人となっております。この差、7人につきましては、3(2)に記しておりますように1年以内に支度料の支給を受けているということで受給しなかった、未支給という方が7名おったところでございます。
 なお、延べ支給人数42人のうち、30人につきましては教育委員会で実施しております青少年海外派遣事業によるものでございます。
 この改正に当たっての施行期日については公布の日としているところでございます。
 内容については新旧対照表でご説明いたしますので、提案理由説明書14ページをお開きいただきたいと思います。左が改正案、右が現行でございます。
 一番上は目次でございます。アンダーライン部分が改正部分でございますが、今までの第35条支度料、この部分につきまして削ることから1条ずつ繰り上がっているところでございます。
 第3条旅費の支給においての第6項でございます。2号、これにつきましては支度料に関する文言を削りまして条文を整理した内容となっております。
 第6条につきましては、支度料を削っております。現行12項では支度料について文言を記しておりますが、この部分を削ることにしまして、その後以下1項ずつ繰り上げとなっております。
 第15項でございますが、これについては引用条項35条を削ることによりまして、1条ずれますので、38条第1項から37条第1項に改正するものでございます。
 改正案の左側36条死亡手当の額は40万円とすると記しておりますが、これまでは死亡手当の額は別表第2の中で支度料と死亡手当、この額を定めておりましたが、支度料を削ることによりまして、死亡手当の額のみが残るんですが、この額を別表ではなくて条文の中に40万円と入れたところでございます。そのように改正したところでございます。
 次のページでございます。別表第2関係でございます。
 これまでは、日当、宿泊料、食卓料とさらに支度料、死亡手当と区分して定めておりましたが、支度料を削ることによりまして、上の日当分のみ表として残すということから外国旅行の旅費と改めてその分だけを現行だけに直したところでございます。
 以上が内容でございます。なお、この施行月日につきましては公布の日から施行するという内容でございます。
 以上で説明を終わります。ご審議の上、ご決定くださいますようよろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。4番、氏家英人君。
4番(氏家英人君) 説明いただきました。平成18年から24年度まで7年間で延べ42人、合計金額ですが240万2,400円が支度料として支給すると言いました。1年以内に支度料の支給を受けている場合は、その金額を差し引いた額を支給するということで7人が辞退されたというお話ですけれども、まず年度をまたいで重複して支給されたというか、受給した職員はいるのかなと思いまして、そのことについて質問いたします。
議長(田口久義君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 年度をまたいで何人おるかということですが、年度をまたいでいた方は3人おります。7人中3人が年度をまたいでいるという、これは青少年海外旅行で夏以降、前の年に行って翌年もと、そこが1年未満ということで前年度に支給したから本年度は支給しないという状況の方が3人、年度をまたいだ場合。同じ年度の場合につきましては平成18年度に、合併直後の18年度でございますが、海外姉妹都市交流関係で2カ所を訪問したという状況がございます。年度内に複数回の外国旅行ということで重複しない方もおりました。
議長(田口久義君) 4番、氏家英人君。
4番(氏家英人君) それから、もう1つお聞きしますけれども、使途が決まっていますよね。要するに、海外旅行に行くのでそのための準備品携行品に限られると考えております。要するに、スーツケースであるとか、書いてありますが、変圧器、旅行保険等ということであります。後から使途の報告というものはあるんでしょうか。本当にこういうものに使っていたんでしょうか。どうなんでしょうね。どこでチェックできるのかなと思うんです。まさか、お小遣いになっていたんではないだろうかと思うんですが、その辺明確にしていただきたいと思います。
議長(田口久義君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) どういう実績報告といいますか、確認ということなんですが、これまで、先ほど説明したように定額で決める、定額、期間もそうですね、3段階ございました。その中で例えば1カ月未満であるから5万3,900円支給したところなんですが、これは定額にするというのはいろんな出費の中でこの分に幾ら、この分に幾らということではなくして、まず定額で期間に応じて支給すると条例で決めておりましたので、それにのっとって支給したということでございます。よって、これを支給したから裏づけという形ではとっておりません。
議長(田口久義君) 4番、氏家英人君。
4番(氏家英人君) じゃあ、この支度料というのはつまり使途の報告が必要ないということなので、何にでも使ってよかったということですね。総務部長の答弁からいうと。いわゆるお小遣いであるということですね。
 そうすると、なぜ今支度料の廃止なのかということでございますけれども、きっと多分どこかの自治体で発覚して新聞に載ったから、多分県内どこの自治体でも脈を打ったようにやはり廃止しなくちゃいけないなと思って提案されているんだろうと思っています。
 登米市職員の手当、結構さまざまな手当がございますけれども、もしかするとほかにも現下の情勢にそぐわない手当等あるのかなとも思ったりするところであります。きっと総務部長が調べているだろうと思うので、ほかにこういう現下の情勢に合わないような手当はあるんですか。
議長(田口久義君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 具体的に、どういうものなのかちょっと理解できないところなのですが、今回のこの件に関しましては確かに平成20年、これまでは国に準じた中でやってきました。国は平成20年に見直しをかけて、県はことし4月に見直しをかけたという動きから各自治体に見直しの動きが出てきたのが実態であります。県内の情勢を見ますと、今回の12月あるいは2月定例会等で8市見直しを図る予定のようでございますし、また改正の予定のない自治体もございます。これは従前から規定をしていないところ等もございました。そういうことから今回登米市では提案になったところでございます。
 それでは、何ていいますか、現状にそぐわない手当を支給しているものはないかということなんですが、これまでもそうしたところは国の動向あるいは他自治体の状況等を見ながらその都度見直しを図ってきたところでございます。今後につきましてもそうした精査しながら進めてまいりたいというふうにございますし、登米市だけ他自治体に上乗せしたようにあるいは他自治体にないような手当というものについては現時点では支給はしておりません。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第124号は会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって議案第124号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第124号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって議案第124号 登米市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 ここで、10分間休憩いたします。
          休憩 午前11時02分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時12分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に日程第4、議案第125号 登米市税条例の一部を改正する条例についてを議題にします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第125号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、地方税法の一部を改正する法律が平成25年3月30日に公布され、同法による改正のうち一部のものについて地方税法施行令の一部を改正する政令及び地方税法施行規則の一部を改正する省令が平成25年6月12日にそれぞれ公布されたことなどに伴い、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては総務部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 議案書6ページをお開きいただきたいと思います。それから、新旧対照表につきましては提案理由説明書18ページから35ページに記しております。
 それでは、議案第125号 登米市税条例の一部を改正する条例について議案内容をご説明申し上げますが、議案内容説明につきましては別冊1、17ページで説明いたします。17ページ、18ページで説明いたします。あわせて新旧対照表もごらんになりながらお聞きいただきたいと思います。
 改正内容でございます。新旧対照表につきましては18ページになります。
 本則関係でございます。公的年金等にかかります所得にかかる個人の市民税の特別徴収を規定する第47条の2第1項におきまして、当該年度からの10月1日からを当該年度の初日の属する年の10月1日からに改める文言修正が1つでございます。さらに、特別徴収対策年齢所得者の例外で規定である第1号当該年度の初日の属する年の1月1日以後、引き続き市の区域内に住所を有する者でない者を削除するものでございます。これは何かと申しますと、地方税法第321条の改正に伴いまして、文言の修正と例外規定の削除でございます。納税義務者が賦課期日後に当該市町村の区域外に転出した場合におきましても特別徴収を継続できることとしたところであります。この施行日は平成28年10月1日となっております。
 続きまして、2つ目でございます。新旧対照表は19ページになります。
 年金所得に係る仮特別徴収税額等を規定する第47条の5第1項におきまして仮特別徴収税額の算定法の見直しを図り、年間の徴収税額の平準化を図るため、仮徴収税額を前年度の特別徴収税額、これは免税額でございますが、これの2分の1に相当する金額とするものでございます。これにつきましては地方税法321条の7の8の改正に対応した算定法でございます。
 続きまして、3つ目でございます。新旧対照表は19ページ下段でございます。
 固定資産税の減税を規定する第71条第4項におきまして、文言を追加、追記するものでございます。内容は、ただし既にこの項の規定による申請書の提出に基づく固定資産税の減免を受けている場合におきまして当該申請書の内容に異論がなくかつ申請書の提出の必要がないと市長が認めるとき、この限りではないと追記するものでございます。
 これにつきましては市独自の改正でございまして、継続される減免の申請につきまして前年度に引き続きその事業に変更がないと認められる場合に限りまして減免申請書提出を要しないとするただし書きの追記を行うものでございます。これにつきましては、施行日は平成26年4月1日となっております。
 続きまして、附則関係でございます。新旧対照表20ページになります。
 寄附金税額控除における特別控除額の特例を規定する附則第7条の4におきまして規則第19条の2第1項の新設による引用条項を追加するものでございます。これは、上場株式等に係る譲渡所得等に個人の市民税の課税の特例でございます。施行日は平成29年1月1日となってごいます。
 続きまして、新旧対照表は20ページ下段からでございますが、上場株式等に係る配当所得等に係る市民税の課税の特例を規定する附則第16条の3第1項から3項におきまして、上場株式等に係る譲渡所得等の分離課税につきまして地方税法附則第33条の2の第5項から7項の規定の整備によりまして、特定公社債の利子が対象に追加されたことに伴いまして所定の規定の整理をするものでございます。
 次のページでございまして、新旧対照表が22ページになります。
 一般株式等に係る譲渡所得等に係る個人の市民税の課税の特例を規定する附則第19条第1項におきまして、地方自治法附則第35条の2第5項の改正に対応した規定の整備を行うものです。さらに、2項におきまして株式等を一般株式等に改める文言の修正をするものでございます。
 それから、新旧対照表23ページになります。
 上場株式等に係る譲渡所得等に係る個人の市民税の課税の特例を規定する附則第19条の2第1項及び附則第19条の2第2項を新設するものでございます。これは地方税法附則第35条に基づきまして、そちらの新設に伴いまして、上場株式等に係る譲渡所得等の分離課税を規定するものでございます。その以下は第19条の3から20条までを削る。それから第20条のイにつきましては1条繰り上げまして第20条に繰り上げる。それから第20条の3を削るという内容でございます。
 さらに、条約適用利子等の及び条約適用配当に係る市民税の課税の特例を規定する附則第20条の4におきまして、特定公社債の利子等が追加されたことに伴う所要の規定の整備でございます。この20条の4を20条の2に繰り上げるものでございます。
 その他、単に課税標準の細目等を定めるものであることから、条例の性格を踏まえ削除するもの及び引用条項ずれについて今回修正したところでございます。
 以上で説明を終わります。ご審議を賜りましてご決定くださいますようよろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第125号は会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって議案第125号は委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第125号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって議案第125号 登米市税条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第5、議案第126号 登米市国民健康保険税条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第126号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、地方税法の一部を改正する法律が平成25年3月30日に公布され、同法による改正のうち一部のものについて地方税法施行令の一部を改正する政令及び地方税法施行規則の一部を改正する省令が平成25年6月12日にそれぞれ公布されたことに伴い、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては総務部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 議案第126号関係でございます。議案書は10ページでございます。それから、新旧対照表については提案理由説明書36ページに掲載しております。
 それでは、改正内容についてご説明いたしますが、資料につきましては定例会資料別冊1の19ページをお開きください。
 19ページには今回の改正の概要をまとめているところでございますが、上から順番に内容を簡単に説明してまいりたいと思います。
 まず、表の一番上の附則第5条の関係でございます。これは今回ここも前議案と同様に内容的には同じところに起因する改正でございます。附則第5条につきましては上場株式等に係る配当所得に係る国民健康保険税の特例を規定しているものでございます。この見出し及び同項中の配当所得を配当所得等に改めるものでございます。これも地方税の附則の改正に対応した文言修正でございます。
 上場株式等に係る配当所得等の分離課税につきまして、特定公社債等の利子が対象に追加されたことに伴いまして、今回昭和の規定の整備を行うものでございます。
 次に、2つ目でございます。附則第8項関係でございますが、株式等に係る譲渡所得等に係る国民健康保険税の課税の特例を規定する条項でございますが、この見出し及び同項中の中で株式等を一般株式等に改めるものでございます。これにつきましてはやはり地方税の附則に対応した文言修正でございます。
 続いて、3つ目でございますが、附則第9条、これは新設でございます。上場株式等に係る譲渡所得等に係る国民健康保険税の課税の特例を規定するものでございまして、新設でございます。これも地方税法の附則の新設に伴いましてこちらも新設するものでございます。上場株式等に係る譲渡所得等の分離課税を新設したことに伴いまして、今回所要の規定の新設となったところでございます。
 続きまして、上場株式等に係る譲渡損失等損益通算及び繰越工事に係る国民健康保険税の課税の特例を規定する。これまでの現行で附則第9項、附則第10項、それから特定株式会社が発行した株式に係る譲渡損失等の繰越控除等に係る課税の特例を規定しています附則第11項、この3つの項を削除するものでございます。単に、課税標準の計算の細目を定めるものでございますので、条例の性格を踏まえ今回削除するものでございます。
 続きまして、附則第12項でございますが、これは附則第10項に項番号を繰り上げするものでございます。これは前項の削除に伴いまして項を繰り上げるものでございます。
 続きまして、先物取引関係の特例を規定する附則第13項、これは現行13項で規定されていますが、これらを削除するものでございます。これにつきましても11項と同じように課税標準の計算の細目を定めるものでございますので、今回削除するものでございます。
 次のページになります。土地の譲渡等に係る事業所得等に係る国民健康保険税の課税の特例を規定する附則第14項を附則第11項に、条約適用利子等に係る国民健康保険税の課税の特例を規定する附則第15項を附則第12項にそれぞれ項番号を繰り上げるものでございます。これは前項の削除に伴うものでございます。
 続きまして、条約適用廃止等に係る国民健康保険税の課税の特例を規定する附則第16項中の配当所得を利子所得、配当所得及び雑所得に改め、項の番号を13項に繰り上げするものでございます。
 最後になりますが、東日本大震災に係る被災住居用財産の敷地に係る譲渡期限の延長の特例を規定する附則第17項を削除するものでございます。
 以上が内容でございます。なお、施行期日は平成29年1月1日となっておりまして、今回改正いただきますとこの間条例の規定につきましては平成29年度以後の年度分の国民健康保険税について適用するということになります。
 ご審議を賜り、ご決定くださいますようよろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第126号は会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって議案第126号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第126号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第126号 登米市国民健康保険税の条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第6、議案第127号 登米市火災予防条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第127号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、消防法施行令の一部を改正する政令が平成25年3月27日に公布されたこと等に伴い、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては消防長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。消防本部消防長、菅原輝雄君。
消防本部消防長(菅原輝雄君) それでは、議案第127号 登米市火災予防条例の一部を改正する条例につきましてご説明をさせていただきます。議案書は12ページ、提案理由説明書は3ページ、新旧対照表は同じく説明書の40ページからとなります。
 提案理由でございます。住宅用防災警報器及び住宅用防災報知設備に係る技術上の基準、企画を定める省令の改正に伴い、新たに定温式住宅用防災警報器に係る技術上の規格が示され、総務大臣が定めることとなりましたので、現条例で市長が定めるとされている技術上の規定を変更するとともに、消防法施行令の改正に伴う規定の整備を行う必要が生じたことから、登米市火災予防条例の一部を改正するものでございます。
 改正内容をご説明いたします。お手元の提案理由説明書40ページ、登米市火災予防条例新旧対照表をごらんください。左側が改正案、右側が現行でございます。
 見出し(住宅用防災警報器の設置基準及び維持に関する基準)第29条の3第1項3号でございますが、引用しております建築基準法施行令第13条の3第1号が、第13条第1号に建築基準法が改正されておりますので、条例で引用しております避難設備等の範囲の規定建築基準法施行令の準用条文第13条第1号に改正するものでございます。
 同条第2項は文言の整理を行ったものでございますし、第1号アでは定温式住宅用防災警報器が括弧書き定義規定を改正理由でご説明いたしました住宅用防災警報器及び住宅用防災報知設備に係る技術上の規格を定める省令の改正に伴い、新たに定温式住宅用防災警報器に係る技術上の規格が加えられましたので定義規定を改めるものでございます。また、括弧書きの中で、住宅用防災警報器等規格省令という事項への略称をあわせて規定しております。ちなみに、定温式住宅用防災警報器は通常台所等に設置しているものでございます。これは熱で感知する警報器でございます。
 41ページをお願いいたします。同条第3項表中住宅用防災警報器の種別、1段目でございますが、第2項で説明をいたしましたとおり、住宅用防災警報器及び住宅用防災報知設備に係る技術上の規格を定める省令の改正に伴い、第2項で括弧書き定義規定を定め、事項での省略規定としておりますので、光電式住宅用防災警報器の定義を住宅用防災警報器等規格省令に改めるものでございます。光電式住宅用防災警報器は、煙で感知する警報器でございます。
 同条第4項では住宅用防災警報器及び住宅用防災報知設備に係る技術上の規格を定める省令の改正に伴い、定温式住宅用防災警報器に係る技術上の規格も同省令で規定されましたので、市長が定める技術上の規格を廃止し、削ったものでございます。
 次に、第29条の4でございます。裏面をお開き願います。第3項では消防法施行令第37条で検定対象機械器具等の範囲を定めるものでございますが、今回の消防法施行令改正で同条第4号から6号までが削られました。第7号から第7号の3までの規定が順次繰り上げられましたので、第37条第4号から6号までと改正するものでございます。
 最後に附則でございます。第1章の施行期日を平成26年4月1日から実施することとし、第29条の3第1項第3号の避難施設等の範囲規定第13条第1号同条第2項柱書改正規定につきましては公布の日から施行するものといたします。
 施行の際、現に存する住宅、現に新築改築等もしくは模様がえ工事中の住宅または平成31年3月31日まで新築増築改築等もしくは模様がえの工事を開始する住宅における定温式住宅用防災機器のうち、改正後の同条第4項の規定に適合しないものには当該規定は適用しないこととする経過措置を設けてございます。
 以上で議案第127号の説明を終わりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりました。これから質疑に入ります。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第127号は会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって議案第127号は委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これより議案第127号を採決します。
 本案は原案のとおり決定することに異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第127号 登米市火災予防条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 ここで、説明員入れかえのため、暫時休憩します。
          休憩 午前11時39分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時39分
議長(田口久義君) 再開します。
 日程第7、議案第128号 工事請負契約の変更契約の締結についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第128号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、佐沼小学校解体工事の工事請負契約を変更するに当たり、地方自治法第96条第1項第5号及び登米市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるものであります。
 詳細につきましては、教育委員会次長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 定例会議案書14ページ、議案第128号でございます。関連資料につきましては定例会資料別冊1の21ページでございます。あわせてごらんいただきたいと思います。
 議案第128号 工事請負契約の変更契約の締結についてでございます。
 契約の目的につきましては佐沼小学校解体工事でございます。
 契約金額につきましては変更前が1億3,288万8,000円、変更後が1億5,739万5,000円であります。2,450万7,000円の増額であります。
 契約の相手方は登米市豊里町五反田106番地、株式会社阿部興業、代表取締役阿部二郎氏でございます。
 変更の理由でございますが、別冊1の21ページをごらんいただきたいと思います。
 佐沼小学校の解体工事につきましては、旧校舎の鉄筋コンクリート造3階建て延べ床面積5,043.2平方メートルと旧屋内運動場鉄骨造2階建て1,189.15平方メートル、旧給食棟の146平方メートルを解体するものでありますが、工事事前調査におきまして校舎の第4工区外壁の吹きつけ材から基準を超えるアスベスト含有率で0.15%が検出されました。このアスベストの除去工事費を増額し、契約を変更するものでございます。
 教育施設のアスベストにつきましては、平成17年と平成20年に調査をいたしまして、飛散性のあるアスベストにつきましては平成17年から21年度にかけて除去工事等を実施しております。飛散するおそれのないものについては除去工事の対象外としていたものでございます。今回の解体工事に当たり、アスベストを含有する建設部材については確認をしておりましたが、建設当時の設計図書の記述だけではアスベストの含有が確認できなかった外壁の吹きつけ材についてアスベストの分析調査をしました結果、別冊22ページに図示しておりけれども、旧校舎東側の外壁吹きつけ材から含有率の基準0.1%を超える0.15%のアスベストが検出されました。アスベストの種類につきましてはクリソタイルでございます。
 このアスベストは、校舎外壁のコンクリートに吹きつけされたモルタルの仕上げ材に含まれていたものでございます。外壁のコンクリートを解体するときに飛散するおそれがあり、飛散を防止するための措置を講じながら解体工事を進める必要がございます。これに要する工事費を増額し、変更契約するものでございますので、ご審議の上ご決定いただきますようよろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 変更契約の中で工期がおよそ2カ月延長になっています。そのことによって解体後の整備計画にどのような影響を及ぼすのかお尋ねいたします。
議長(田口久義君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 旧校舎の解体に引き続きまして外構工事を予定してございます。この外構工事は、駐車場の整備と校庭の整地がその内容でございます。当然、解体工事がおくれることによりまして、その外構工事の一部も若干おくれる見通しとなっております。その辺につきましては既に小学校といろいろ相談をさせていただいておりまして、極力校庭の使用を授業に影響のない範囲の中で工期を設定してまいりたいと考えております。
議長(田口久義君) 7番、關 孝君。
7番(關 孝君) この工事の仮契約がなされたのが10月21日ということであります。本日までおよそ50日経過をいたしております。つまり、契約行為、契約の一連の手続のあり方に関する部分ですので、副市長に見解をお尋ねいたしますが、2カ月工期がおくれる、50日本日までこの仮契約から議決を経るまでにかかっているということを思いますと、この仮契約、いわゆる議会の議決までスピーディーに行われていれば工期の変更をしなくてもよかったのではないかと推察されるのですが、この校舎建設に当たっては長い間校庭が使えなかったり狭い中でという大変な不便を子供たちにかけてきたという経過があります。そういったことの配慮、あるいは、そういった部分に関して執行部としてどのような考えで提案に至ったのかお尋ねいたします。
議長(田口久義君) 副市長、藤井敏和君。
副市長(藤井敏和君) 全体的な影響については、ただいま教育委員会からご答弁があったわけでございます。議員ご指摘のとおり、確かに長年の懸案でありました佐沼の校舎改築と整備という関連の中でそういう配慮というものも当然必要なんだろうとは考えてございますが、現部局からきちんと学校ともあるいはご父兄の方々とも調整しながらこういう手順で進めたいという説明もございましたので、これを了とさせていただいたということでございます。
議長(田口久義君) いいですか。学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 工期の変更につきましては、この間工事をとめていたということではなくて、労働監督署の指示によりまして、第4工区とその隣の建物の境界線を切断をいたしまして、第4工区に解体の振動が伝わらない工法であればアスベストを含んでいない部分については計画どおり事業を進めて構わないということでございます。
 それで、現在第4区以外の工事区間につきましてはほとんど解体は終了しておりまして、工期的には順調に推移しております。それで、工期を延ばすというのは機械で外壁に付着しているアスベストを機械で取り除くのではなくて、飛散しないようにということでその部分は覆いをかぶせた後に手作業で処理をする、コンクリートから外壁の塗装材を剥離させるのに手作業で処理するということになりますので、その部分で工期を延長する必要があるということでございまして、契約の議決をいただく50日間工事をしていなかったということではございませんので、その辺のご理解をいただきたいと思います。なお、全体の工事の進捗につきましては現在75%程度の進捗率にまでなっているということでございます。
議長(田口久義君) 7番、關 孝君。
7番(關 孝君) いわゆる工事の進捗におくれはないということでありましたが、最後に市長にお尋ねいたします。次の議案にかかわる部分もありますのですが、こういったことで契約の変更が行われるという部分で宮城県議会の例を申し上げますと震災復興に関しての契約変更がさまざま出てきた。次の議会まで待てない、できるだけ工事を早期に進捗させたいという考え方の中から、議会に理解をいただいて臨時議会を開いてその議決を早期に行われたということがございます。
 今回はその影響ではないという教育委員会のお話ではありますが、少なからず例えばこの議決がスムーズに仮契約後になされていれば何らかの進捗というか手をつけることはできたと感じるわけであります。そのことについて、今後さまざまなこういった課題が出てくるのではないのかなと思いますが、市長としては今後この契約の手続のあり方、どのようにお考えでしょうか。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) やはり、こういった事柄に関してはできるだけ影響を最小限に抑えるという、部内での取り組みはさせていただいておりましたが、議会のほうにもいろいろとご相談をさせていただきながら速やかな取り組みができるようにお願いと相談も今後しっかりとさせていただきたいと考えております。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) 変更の理由としてアスベストの除去工事ということでございますが、要素はこれだけですか。といいますのは、次の129号、130号だったかな、中には3つほどございますが、そうした要素は全くないでしょうか。そして、当然変更の積算内訳書というのかな、それはとってあるんでしょうね。いわゆる次長のおっしゃること、私ども信頼していいんでしょうか。そこをはっきりさせてください。
議長(田口久義君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) この工事は解体工事でございまして部材等の値上がりとかという影響はございません。今回の補正については全くアスベストの除去工事に係る補正でございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) アスベスト問題については、当時さまざまな問題が出て私も質疑した経緯があります。平成17年度の時点で調査を重ねてきて、飛散のないものに関してはというお話がありました。こういった状況の中で結果的にはアスベストのことで今回は延長ということになったようでございますけれども、変更になったということでございますけれども、現実的に飛散しないものというものが本当に登米市の中であとこれ以外にないものなのか。それから分析調査しなければ、分析調査必要とする、そういった意味でのアスベストが含まれているものというものがどの程度のものがあるのか、そういったものの、これは全体になるとこちらのほうの関係になってくるんでしょうけれども、学校教育施設における、教育委員会施設におけるそういったものの状況というものをどのように把握しているか。
議長(田口久義君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 平成17年、20年当時、こういったものが調査の該当になりますよということでアスベストの種類でありますとか使われている製品名とか、そういったものが示されていたということでございまして、それらに各施設の設計図書で確認できるものを確認した。それから現場において目視調査をして確認をしたということでございまして、その調査結果に基づきまして平成17年から21年までの間に21校を対象に飛散性の高いものが調査対象だったということで、それらのものの除去工事を実施したということでございまして、固形化されているものについては調査をしていなかったという状況でございます。したがいまして、外壁等の今回のような仕上げ材等に含まれているもの等は当時調査をしていなかったということでございます。
議長(田口久義君) 12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) 私は、もう少し調査というものが精度が高くてアスベスト対策に対してはもうちょっと万全を期していたのかなということでございまして、今聞いたところによると飛散性のないものに関してはという判断をどこでどのようにしたかはわかりませんけれども、それは設計図書と目視ということでありましたけれども、どれほどの目視をしたのかも答弁ならなかったようでありますけれども、そういった判断がどこでどのようにされてそういった区分けをされていったのかが理解に苦しむところでございます。その辺に関しましては、学校教育施設のみならず公共施設全般にわたるんだろうと思います。そのことについては市民生活部が関係になるのか。その辺の見解をもう一度再確認させていただきたいと思います。
議長(田口久義君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 今の質疑でもあったように、私も記憶しているのは平成17年、18年ころ合併直後アスベスト関係で予定していなかった施設の改修等も行ってきたという記憶があるところでございます。
 今、質疑が総務のほうでおりますけれども、教育委員会7つの施設、正直言ってアスベスト関係の対策といいますか、あるかないかといいますか、今のアスベストが残っているかどうかというのは、もうないものだと正直言って思っておりまして、今回この解体に当たって出たのを聞いて「何」と思ったのが正直なところでございます。
 これから、どこまで調査するかどうかについては今次長が答えたように目視あるいは設計図書等でやってきたものですから、全施設改めてとは考えておりませんが、ただ可能性のあるのがどういうものなのか私のほうでもその辺には追跡というかやる必要があるのかなと。現時点まではもうないものと判断しておったところでございます。
議長(田口久義君) 12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) いずれ、そういった状況でございますので、アスベスト対策に関しましてはある意味民間の部分も含めて非常に課題は残っておったというのが現実でございました。特に、これが被災もありました中で、さまざまに今回は処理されたという現実もありまして、それは問題には余りならなかったようでありますけれども、具体的にはアスベストの問題というのも非常に尾を引きずっている部分というのもあります。少なくとも、登米市の中ではこの件について再検討願いたいと思いますし、さらにそういったものに対する対策等も万全を期していただきたいと思います。
 最後にですけれども、今度のこの工事に関しましての、子供たちもいるわけでございますので工事における環境モニタリング等の対策等、どのように位置づけて工事に当たるのかお聞きしておきたいと思います。
議長(田口久義君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 工事の施工方法につきましては具体的な作業内容というのが石綿障害予防規則という厚生労働省が所管している規則の中に示されておりまして、作業部署を完全に建物自体を覆う、それからそこに計測器を設けてアスベストが外に漏れないような対策をとるんですが、実際にそうなっているかというのを観測装置を設置しまして漏れないような万全な対策をとって実施をするということでございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第128号は会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって議案第128号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第128号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第128号 工事請負契約の変更契約の締結については原案のとおり可決されました。
 ここで昼食のため午後1時まで休憩いたします。
          休憩 午後0時02分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 日程第8、議案第129号 工事請負契約の変更契約の締結についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第129号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、平成23年度新高石地区農業集落排水施設災害復旧工事の工事請負契約を変更するに当たり、地方自治法第96条第1項第5号及び登米市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるものであります。
 詳細につきましては、建設部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。建設部長、鈴木俊夫君。
建設部長(鈴木俊夫君) それでは、議案書15ページをお開き願います。提案理由説明書につきましては3ページ、それから別冊1第4回定例会資料の24ページをお願いいたします。
 ではまず、議案書15ページをお願いいたします。
 議案第129号 工事請負契約の変更契約の締結についてでございます。
 契約の目的につきましては、平成23年度新高石地区農業集落排水施設災害復旧工事でございます。本工事につきましては平成23年第4回議会定例会におきまして契約締結の議決をいただいたところでございます。
 契約金額でございますが、変更前が3億450万円、変更後が3億8,592万7,500円でございます。8,242万7,500円の増額という内容でございます。
 契約の相手方でございますが、登米市迫町佐沼字大網399番地、株式会社渡辺土建、代表取締役渡辺光悦でございます。
 概要資料でご説明を申し上げます。別冊1の24ページをお開きお願いします。新高石地区農業集落排水施設災害復旧工事の概要でございます。変更契約の目的、工事概要は記載のとおりでございます。主な工事内容の変更理由でございますが、被災地以外からの労働者確保に要する間接経費の変更、それからインフレスライドの規定に基づきます請負代金額の変更、施工数量の精査に基づきます実施数量による変更でございます。
 25ページにつきましては、工事請負変更仮契約書の写しを添付してございます。変更後の履行期間につきましては平成26年1月31日までとなってございます。
 説明につきましては、以上でございますので、ご審議の上ご決定いただきますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。16番、田口政信君。
16番(田口政信君) さまざまな要件で変更せざるを得ないということはわかったんですが、具体的に間接費の変更は幾らぐらいあるいは工事請負契約書第25条6項インフレスライドというものの数値的なものはどれぐらい。さらには、実際にはこの変更後の数値は当初より少ないと思うんですが、その数字は長さだったり箇所が少なくなれば減額になると私は素人ながら思うんですが、その辺のプラスマイナスはどのような形で8,200万円が出てきたのか、それをお伺いします。
議長(田口久義君) 建設部長、鈴木俊夫君。
建設部長(鈴木俊夫君) それでは最初に被災地外からの労務者確保の変更の内容につきましてご説明を申し上げます。具体的には平成24年4月から平成25年10月までの期間、延べ6,100人の方の確保に要した経費でございます。これにつきましては迫町内の民間アパートの宿泊費、民家、仮設ハウスのリース代、それから労務者輸送費のための運転手の賃金、燃料に約1,000万円でございます。それから、労働者の募集解散費ということで、労働者の赴任手当、帰郷旅費、解散手当や労務者の早出残業時の食事代などが約590万円でございます。合わせまして、被災地からの労務者確保の合計が1,590万円の増額でございます。
 それから、インフレスライド変更でございます。これにつきましては、労務単価が工種により多少違ってございますが、おおむね35%の上昇による変更分、それから舗装合材の高騰などによります変更した金額でございます。これが約3,390万円でございます。
 それから、施行数量の精査に基づく実施数量の変更でございます。災害査定設計書の数量につきましては1断面、標準断面での数量計算によるものでございまして、実施後に出来高数量への変更が必要になってございます。それの内容につきましては土工事の掘削、埋め戻し数量で約3,500立方メートルの増、被災箇所の側溝、歩車道境界ロープなどの構造物の撤去、再設置、舗装復旧面積が約1,900平方メートルの増などでございます。ただいまお話しいただきました復旧延長やマンホール箇所の減を加味いたしましても、約3,160万円の増額となったものでございます。したがいまして、この全てを合計いたしますと、約8,140万円の増額というものでございます。
議長(田口久義君) 16番、田口政信君。
16番(田口政信君) こういうことというのは震災の特別な事情によるものと解釈していいのか、通常もあり得ると解釈していいのかそのところをお伺いします。
議長(田口久義君) 建設部長、鈴木俊夫君。
建設部長(鈴木俊夫君) 1番目の被災地以外からの労務者確保、これにつきましては今回の大震災関係のものでございます。インフレスライドにつきましては、通常の工事の場合でも急激に物価上昇等が発生した場合、これについては通常にある制度でございます。数量の精査につきましても通常出来高への変更ということで変更がございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第129号は会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって議案第129号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第129号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第129号 工事請負契約の変更契約の締結については原案のとおり可決されました。
 日程第9、議案第130号 工事請負契約の変更契約の締結についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第130号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、23都災第2402号川西第1号幹線処理区下水道災害復旧工事の工事請負契約を変更するに当たり、地方自治法第96条第1項第5号及び登米市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 詳細につきましては建設部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。建設部長、鈴木俊夫君。
建設部長(鈴木俊夫君) それでは議案書16ページをお開きをお願いいたします。提案理由書につきましては4ページ、別冊1につきましては26ページをお願いいたします。
 まず、議案書16ページをお願いいたします。
 議案第130号 工事請負契約の変更契約の締結についてでございます。
 契約の目的につきましては、23都災第2402号川西第1幹線処理下水道災害復旧工事でございます。本工事につきましては平成24年第1回議会定例会におきまして契約締結の議決をいただいたところでございます。
 契約金額でございますが、変更前が2億7,699万円。変更前が3億3,507万6,000円でございます。5,808万6,000円の増額でございます。
 契約の相手方でございますが、登米市迫町佐沼字大網399番地株式会社渡辺土建代表取締役渡辺光悦でございます。
 概要資料でご説明を申し上げます。別冊1、26ページをお開きをお願いいたします。
 川西第1号幹線処理区下水道災害復旧工事の概要でございます。変更契約の目的、工事概要につきましては記載のとおりでございます。主な工事内容の変更理由でございますが、被災地外からの労務者確保の変更でございます。これにつきましては平成24年5月から平成25年11月までの間、延べ4,300人の方の確保に要した経費でございます。これにつきましての迫町内のビジネスホテルの宿泊費、民家、仮設ハウスのリース代、労務者輸送費のための運転手の賃金、燃料費でございます。これが約1,080万円でございます。
 それから、インフレスライドの規定に基づく請負代金額の変更でございます。これにつきましては労務者単価が工種により多少違います。おおむね35%の上昇ということ、それから舗装合材の高騰などによりまして、約1,620万円の増でございます。
 街路灯埋設管などの移設費、施行数量の精査に基づく実施数量の変更についてでございますが、当初佐沼萩洗地区の街路灯埋設電線管路につきましては復旧断面に影響しないとの調査内容でございましたが、審査の結果移設が必要ということで、移設補償工事を実施しております。
 それから、地下水位の影響によります一部管路の変更や埋め戻し材につきましては砕石に変更するということがございまして、約90万円の増額となったわけでございます。合わせまして約5,800万円の増額となったものでございます。
 27ページにつきましては、工事請負変更仮契約書の写しを添付してございます。
 変更後の履行期間につきましては平成26年1月31日までとなってございます。
 説明につきましては以上でありますので、ご審議の上ご決定いただきますよう、お願いを申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。23番、二階堂一男君。
23番(二階堂一男君) 先ほど、前者も質問したんですが、被災地外からの労働者の確保というのは、その前の契約のときにこういった形を既に予想していたのかどうかですね。その契約書の中身がどうなっているのか。それから、労働者の賃金が35%上がったということですけれども、これは上がって幾らぐらいになったのか。そして今後35%上がった労働賃金がこれからのこうした契約の中身にどのようにあらわれてくるのか、その辺についてお伺いします。
議長(田口久義君) 建設部長、鈴木俊夫君。
建設部長(鈴木俊夫君) まず、35%関係でございます。これにつきましては毎年県から労務単価ということで流れてございます。それにつきましては物価の変動という内容でもって上昇あるいは戻ってくるという内容がございます。現在の様子を見ますと、少しこのまま続くのかなと思ってございます。
 それから、もう1点被災地外からの関係でございます。これにつきましては、請負の方の内容がございまして、自社で施工できるということで入札をしている方、あるいは少し被災地外からという方もおいでになるようでございます。入札に際しましては、その辺を加味した上で入札している関係の方もおいでになるようでございます。ただ、被災地外からの人につきましては落札してからの手配というものが一般通例のようでございます。
議長(田口久義君) 23番、二階堂一男君。
23番(二階堂一男君) その場合、労働者を確保するためには、ハローワークを通しての中身なのか。それから、この際ずばり聞きますけれども、35%上がって労務賃金の単価は幾らになったのか、その辺も聞いておきたいし、これは災害があった後の契約でありますけれども、今後どんどん落ちついていったときに今言ったような35%の部分が今後の単価に落ちつく、県のほうからの指導もあるようですけれども、その辺は今後の登米市のいろんな発注について妥当なものになるのかどうか、その辺についてお伺いします。
議長(田口久義君) 建設部長、鈴木俊夫君。
建設部長(鈴木俊夫君) 下請関係の内容でございます。本件につきましては、元請会社から知り合いと思われる東京の一次下請会社へ依頼した内容でございます。その一次下請会社から埼玉の3社の2次下請業者へ依頼して確保したという内容でございます。
 それから、労務単価の内容でございます。工種によって、先ほども多少違うという内容がございますが、普通作業員で申しますと1万1,100円から1万5,100円でございます。約36%でございます。交通整理員につきましても7,200円から9,700円という内容で35%ぐらいの上昇ということでございます。あとは、舗装の合材などにつきましても1万150円から1万850円、7%ぐらいの上昇という内容でございます。35%ぐらいの上昇について今後の工事はどうなのかという内容でございますが、私たちの工事につきましては県からの請負という指導の中で単価を使用しているという内容がございますので、これまでと変わりなく工事を進めるという内容でございます。
議長(田口久義君) ほかに。6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) 変更契約に至る流れについてお尋ねします。
 当然、発注者の登米市からこの工事について間に合いますかという問いかけはしないんだろうなと思いますが、これは受注者からこれこれこういうことがあってとても当初の契約ではできませんという申し入れがあってそれの調整で今に至るんだろうなと理解するんですが、それでよろしいでしょうか。
 それと、当初契約の金額の何%アップから市では取り上げるのかというのは、このほかの工事でもって比較的規模の小さい業者さんが泣き寝入りしているということはないかどうか。それが心配なんですよ。その辺をお聞かせいただきたい。
議長(田口久義君) 建設部長、鈴木俊夫君。
建設部長(鈴木俊夫君) 契約変更の流れでございます。
 当初、平成24年2月14日に定例会で承認をいただいております。その際、工期が不足する、議会の承認があった場合工期を延期しますよという内容を請負書に明示してございます。それに基づきまして工期を延長してきたという内容がございます。
 変更につきましては、3回実施してございます。単なる工期変更が2回、それから今回の金額変更と工期延長の3回でございます。
 変更の10%ではどうなのかということでございますが、工種的に変更した部分につきましては全て変更の対象としてございます。小さい工事あるいは大きいから、そういうことはございません。工種の変更につきましては全て業者の方と相談して変更の対象としているところでございます。
議長(田口久義君) 6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) 今の、受注者の申し入れがあれば全て協議の対象になるという理解でよろしいんでしょうか。金額的なものなんですが。
議長(田口久義君) 建設部長、鈴木俊夫君。
建設部長(鈴木俊夫君) 変更に際しましてはまず協議がございます。協議の中でその工種が妥当という判断をした場合全て変更の対象になるということでございます。業者の方がこのようにしたからという内容ではございませんので、協議の上の変更ということでございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) 労務費35%ですか、上がったということで働く方々にとっては、これは下水の工事ですので、どうしても私が思うには大変な工事だなと思っていて、上がったのはいいんですけれども、ここは確かめることはできないと思うんですけれども、実際に働く方たちへ流れていっているのでしょうか。ここのところを誰もチェックできないというのが非常に私としては不服なんですけれども、せっかくこのように上げてやってもそこに行かなかったら、まあ行っていると思うんだよ、ただそこまでどのような方法でこうなっているのかなと思うんです。確認ができるのでしょうか。働く方に行かなかったなら全く意味なしだと思うんだけどね、俺は。
議長(田口久義君) 建設部長、鈴木俊夫君。
建設部長(鈴木俊夫君) お話の内容につきましては国から文書関係で労務者の方への賃金あるいは下請等への指導ということで文書が流れてきてございます。その関係もございまして、業者の方にその内容をお伝えいたしまして妥当な金額を支払いをいただくようにという内容を伝えているところでございます。
議長(田口久義君) 19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) そのようなことで指導していけばいいなと思いますけれども、少し強くあるいはもしかしたら抜き打ちに聞くときもあるかもしれませんよということでやっていかないと。私信用していないわけじゃないんだよ。ただそのようなことで指導徹底していくだけじゃなくて、たまには末端の労務者に聞いてみればいいのではないかなと思います。そのようなことが聞かれないということはないと思うので、そのようなこともあり得るよということを指導の中に入れていけば、私は何も起きないのではないかなと思います。もう一度お願いします。
議長(田口久義君) 建設部長、鈴木俊夫君。
建設部長(鈴木俊夫君) 賃金関係、会社の賃金関係につきましては私たちも差し入るといいますか、内容をお聞きするというのはなかなか難しい現状でございます。ただ、先ほど申し上げましたように指導に基づきまして労務者の方の保護あるいは下請の保護、これにつきましてはお話しいただきましたとおり抜き打ち的にでもお話をしたいと思っております。
 それから、現場の確認もできる範囲内で実施していきたいと思っております。
議長(田口久義君) そのほかございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第130号は会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって議案第130号は委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第130号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第130号 工事請負契約の変更契約の締結については原案のとおり可決されました。
 日程第10、議案第131号 財産の処分についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第131号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、登米市迫町新田字新茂栗67番地仮換地地番の土地を処分するに当たり、地方自治法第96条第1項第8号及び登米市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 詳細につきましては、産業経済部長から説明させますので、ご審議を賜りご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) それでは、議案内容のご説明を申し上げます。議案書17ページをお願いいたします。
 議案第131号 財産の処分についてでございます。
 1の契約の目的につきましては財産不動産の譲渡でございます。
 2の譲渡する物件の所在は登米市迫町新田字新茂栗67番地、地目は雑種地、地籍は3万2,000平方メートルでございますが、この土地は県営飯島地区経営体育成基盤整備事業に係る創設換地有地でありますので、現時点においては換地処分が行われておらないということから、仮換地地番、換地登記後の地目、換地計画面積という内容になってございます。
 3の契約の金額は4,073万6,000円でございます。
 4の契約の相手方でございますが、登米市迫町新田字前沼149番地7、有限会社伊豆沼農産代表取締役伊藤秀雄氏でございます。
 内容につきましては説明資料として別冊1の第4回定例会資料28ページから38ページに掲載してございますので、そちらをご用意いただきますようにお願いいたします。
 まず初めに、別冊1の38ページをお願いいたします。これまでの経過と今後の予定を載せてございますので、よろしくお願いします。県営飯島地区経営体育成基盤整備事業でございますけれども、迫町新田地内において水田区画整理区のほか、幹線支線道路、用排水路、揚水機場整備するといういわゆる圃場整備事業でございますけれども、その計画で平成10年4月に農林水産省から事業採択を受けまして平成20年どの完了予定で整備を進めてまいりました。しかし、最終的には平成26年度に予定されております換地処分によって事業完了の見込みとなってございます。
 この事業実施の中で合併前の迫町でございますけれども、創設換地によって本議案の対象として水辺公園、触れ合い水路、集落道路、農業集落排水処理場の用地の捻出を計画しておりまして、10アール当たり200万円で土地を取得するということにしてございました。しかし、その後迫町では平成15年2月に水辺公園の実施を中止することといたしましたが、土地の取得金額は圃場整備事業の資金計画にも組み入れられておりまして、受益者212名から同意を招集の上で県から事業採択を受けて事業実施されてきたものでありますので、迫町は換地計画に盛り込まれた用地を取得する義務が生じていたところでございます。
 このことから平成17年3月に、迫町では計画を中止した水辺公園3万2,000平方メートルについて企業用地として取得し民間企業へ売却する方向で新田北部土地改良区と協議の上、県に換地計画の変更を申請し、また農地価格が下落している中創設換地による取得価格であります10アール当たり200万円で売却することは難しいと判断して120万円での売却計画として、その差額の10アール当たり80万円、総額2,560万円を新田北部土地改良区へ負担する協定を締結し、支払いを行ってございます。
 このときの水辺公園有地から企業用地への変更申請につきましては、合併後の平成17年10月に県での手続が完了してございます。その後、平成18年8月に創設換地による土地の取得及び処分について平成19年1月には企業用地としての売却方法、売却価格等について議会の全員協議会あるいは産業経済委員会において説明を申し上げてきたところでございます。
 また、平成19年3月でございますけれども、換地処分前に土地の造成ができるように企業用地取得に関する覚え書きを宮城県と新田北部土地改良区と本市の3者で取り交わしをいたしております。その上で、平成20年3月に企業用地として市が売却する相手先について公募によるプロポーザル方式によって行いまして、有限会社伊豆沼農産と決定しているところでございます。そしてことしでございますが、さきの本年9月議会において新田北部土地改良区への換地精算金の支払いが必要となりましたので、10アール当たり200万円から迫町が既に支払っております80万円を差し引いた120万円の3万2,000平方メートル分として3,840万円の補正予算の議決をいただき、先月同土地改良区と売買契約を締結し、換地精算金の支払いが完了してございます。
 なお、この新田北部土地改良区との売買契約については創設換地の精算金という趣旨から議会の議決を要していなかったものでございます。本議案につきましては、土地の取得決定している有限会社伊豆沼農産において国の農山村漁村活性化プロジェクト交付金事業を活用して、平成26年度から本土地での施設建設に直接着手する予定となっているため、先月伊豆沼農産と市の間で仮契約を締結したものでございます。
 また、今後の予定につきましては平成26年7月の権利者会議を経て、27年2月ころに予定されております換地処分後に土地の所有権移転登記を行うということになります。
 続きまして、資料28ページをお願いいたします。2の譲渡価格でございますが、ただいま説明の中で申し上げました平成20年3月に実施したプロポーザルに先立って売買価格の決定を行うに当たり、不動産鑑定を実施した上で有効活用できる面積等対象地のそばにJRの鉄道が通ってございますので、その辺の影響を回避するために活用できない土地がございます。それらの面積、また盛り土のり面の整形、電話柱移転工事など取得者が取得後に行う工事費用をもとに、売り渡しにかかる最低価格を1平方メートル当たり1,273円と設定してプロポーザルが行われました。プロポーザル結果についても同額で決定されておりますので、1平方メートル当たり1,273円で3万2,000平方メートル分として総額4,073万6,000円が譲渡価格となります。
 3の譲渡企業の概要は記載のとおりでありますので、お目通しをお願いいたします。
 29ページは、譲渡する土地の位置図でございます。JR新田駅の左上の斜線の部分でありまして、サンクチュアリセンターに隣接する土地でございます。譲渡先の有限会社伊豆沼農産では、国の農山村活性化プロジェクト支援交付金事業を活用して、土地農村交流促進施設として農産物直売施設や農産物処理加工施設など、交流広場等を整備する計画でございます。
 30ページからは、有限会社伊豆沼農産の履歴事項の全部証明書、33ページからは仮契約書の写しを添付してございますので、ご参照お願い申し上げます。
 説明は以上とさせていただきますのでよろしくお願いします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第131号は会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって議案第131号は委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第131号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第131号 財産の処分については原案のとおり可決されました。
 日程第11、議案第132号 訴訟上の和解についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第132号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、職業訓練法人登米市技能者訓練協会役員等に対する取り立て債権請求控訴事件における和解について地方自治法第96条第1項第12号の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 詳細につきましては産業経済部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) それでは、議案第132号 訴訟上の和解についてご説明を申し上げます。
 議案書18ページでございます。中段1の和解の事件名につきましては仙台高等裁判所平成24年(ネ)第465号取り立て債権請求控訴事件でございます。
 2の当事者につきましては、控訴人は職業訓練法人登米市技能者訓練協会役員であった市内在住男性A及びB並びにC及びDであります。被控訴人は本市でございます。
 これは、平成21年3月11日に職業訓練法人登米市技能者訓練協会役員等に対する訴訟の提起について議会の議決をいただき、同年3月16日に仙台地方裁判所登米支部に本市が訴訟を提起し、平成24年9月3日に一審判決があった取り立て債権請求事件に関し、一審判決を不服として、元訓練協会役員が仙台高等裁判所へ控訴した事件について仙台高等裁判所から強い和解勧告があり和解することについて議会の議決を求めるものでございます。
 次に、3の仙台高等裁判所からの勧告に基づく和解内容についてでございますが、議案(1)から(20)に示しているとおりでありますが、経緯と合わせまして別冊1の第4回定例会資料でご説明をさせていただきます。別冊1の39ページをお開き願います。
 取り立て債権請求控訴事件の概要ということで、本議案の趣旨につきましてはただいま申し上げましたように職業訓練法人登米市技能者訓練協会役員との取り立て債権請求控訴事件について、仙台高等裁判所から強い和解勧告があり和解することについて議会の議決を求めるものでございます。本件は、職業人として有為な労働者育成等労働者の経済的地位の向上を目的に事業を行っている技能者訓練協会の運営に対し、合併前の旧町及び平成17年度に登米市から補助金を交付しておったところでございます。
 しかし、平成18年5月以降本市では立入検査により関係諸帳簿の調査や元事務局長からの聞き取り調査を実施したところ、虚偽の計算書類を添付し補助金を不正に受領していたことが判明したものでございます。このことから、本市は技能者訓練協会に対し補助金の返還請求訴訟を提起し、判決により補助金の返還が認められたところでございます。その後、技能者訓練協会が役員等に有する損害賠償請求権を本市が債権を差し押さえ、役員等に対し取り立て請求訴訟を提起いたしました。そのことを、資料取り立て債権請求事件概要の事件の概要2の経緯の図にあらわしているところでございます。
 次に、経緯の詳細についてご説明をいたします。図の下の1)のとおり平成19年12月19日に補助金等交付決定の取り消しを行い、補助金等返還命令を行ったところでございます。
 次に、資料2のとおり技能者訓練協会に対する返還訴訟について平成24年4月24日に議会議決をいただき同年5月8日に仙台地方裁判所登米支部に訴訟を提起し、同年7月11日には訓練協会は本市に補助金を返還する旨の判決が確定したところでございます。
 次に、資料3)のとおり、技能者訓練協会が有する協会役員等に対する損害賠償権の債権差し押さえを行ったところであります。その後、平成15年度の役員1名が請求債権額を納付してございます。
 次に、資料4)のとおり平成21年3月11日に訴訟の提起について議決をいただき、3月16日に仙台地方裁判所登米市部に訓練協会役員7名に対し訴訟を提起いたしました。その後、平成15年度の役員1名が請求権債権額を納付したことから、1名に対する訴えの取り下げ及び請求の趣旨減縮の申し立てを行ってございます。以降、平成21年5月12日から平成23年11月14日までの間、18回にわたる口頭弁論などを踏まえまして平成24年9月3日に本市の主張がおおむね認められた判決となったところでございます。判決の内容につきましては40ページでございますけれども、枠内に記載しているとおりでございますが、一覧表としてその内容を41ページに整理してございますので、そちらをごらんいただきますようにお願いいたします。
 取り立て債権請求訴訟の相手方は6名でございます。
 次に、請求につきましては相手方の欄のそれぞれ上段になりますが、役員等が在職していた年度分の補助金と損害金及び差し押さえ執行費用を請求してございます。補助金の各年度の請求額でありますが、交付した補助金の総額を個人ごとに分割せずに請求可能とする全総額を各人に対して請求してございます。これは、平成17年度の欄を例に挙げますと訓練協会に交付した補助金200万円を全額それぞれに請求できるものとして、各人に200万円ずつ請求しているところでございます。ただし、返還される場合には収納できる額は補助金交付額と同額の200万円が上限額となるものでございますので、一人一人から200万円を収納できるということではございません。
 次に、一審判決でありますが役員は平成17年度分の補助金の返還は認められましたが、平成15年度及び平成16年度分については任務の懈怠はあったものの関係書類を確認したとしても発見に至るものではなかったという裁判の中での判断でございまして、補助金の返還までは認められなかったものでございます。ということで、表の中ではバツ印で表示している部分がこの認められなかった部分ということになります。このことから市内在住男性Fにつきましては請求が棄却されたものでございます。また、事務を執行していた市内在住男性Eについては、請求どおり平成15年度から17年度までの請求額が認められております。なお、損害金については補助金返還期限の翌日から裁判結審日までの間で認められているところでございます。
 資料40ページにお戻りをいただきたいと思います。この判決内容を受けまして、上段の枠の下でございますが、協会理事の市内在住男性A及びB並びにC及びDが平成24年9月14日、18日にそれぞれ地裁判決を不服として仙台高等裁判所へ控訴したところでございます。また、9月20日には男性F、9月21日には男性Eの判決が確定いたしました。控訴人ABCDとは相互に代理人を立て、平成24年12月6日から仙台高等裁判所において2回の口頭弁論及び10回の進行協議を重ねてきたところでございます。双方互いの主張を述べてきたところでございますが、仙台高等裁判所の3名の担当裁判官から紛争の早期解決のための強い和解勧告があり、本年10月18日及び23日に仙台高等裁判所から本市並びに市内在住男性ABCDの代理人に対し和解勧告書が送致されたところでございます。
 3の和解の内容についてでございますが、1)のとおり控訴人市内在住男性ABCDは本市に対し一審判決のとおり責任を認め、金員の支払い義務のあることを認めることとし、このことは本市が一貫して主張してきた訓練協会及び同役員等に対する責任の認定について控訴人についても認めるというものでございます。
 次に、和解の金額についてでございますが、登米市議会で和解することについて議決された場合には控訴人市内在住男性ABCDはそれぞれ40万円を平成26年1月10日を期日として本市に支払うとしてございます。この金額につきましては、平成17年度に登米市が訓練協会に交付した補助金総額200万円をさきに判決が確定している市内在住男性Aを含め5等分した金額と同額になっております。
 次に、3)の支払いの条件でありますが、控訴人市内在住ABCDがそれぞれ40万円を遅滞なく支払ったときには本市は一審判決の金員から40万円を控除した残額の支払い義務を免除する。控訴人市内在住男性ABCDが40万円の一部でも遅滞したときは、一審判決の金員から既払い金を控除した残額を直ちに支払うということにしてございます。
 次に、資料4)その他として控訴人市内在住男性ABCDと本市とは本和解が裁判所の勧めにより互いに協議して成立して至ったものであることを相互に確認すること。和解の金員が遅滞なく支払われた際には、本市は控訴人市内在住男性ABCDに対する請求を放棄し、本市及び控訴人市内在住男性ABCDは和解条項に定めるもののほか、何らの債権債務のないことを相互に確認する。そして、訴訟費用は第一審、第二審とも各自の負担とするという内容でございます。
 また、4の和解期日でありますが、本定例会において議決をいただいた際には12月25日を和解期日とし、仙台高等裁判所において訴訟上の和解手続が完了するということになってございます。
 説明は以上でございますので、ご審議をいただきご決定いただきますようにお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) 行政の公正性といった観点から、訴訟の提起をやむを得ず行わなければならない場面があるだろうということは理解するものでございます。一方、一般的な感情並びに行政の効率性といった面からは金銭的な勘定もされてしかるべきとの考えもあろうかと思います。
 そこで伺いたいことは、一体この件で登米市は訴訟費用を含めて回収するためのコストといったらいいでしょうか、全体の損害金額をどのくらいと見込んでいるのか。もう1つ。控訴していないところの男性Eからは取り立ての見込みは100%確実と思われているかどうかお願いします。
議長(田口久義君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 訴訟費用を含めた補助金返還に係る費用についてのお尋ねでございます。一審につきまして、着手金、日当、交通費、諸経費等、これは裁判にかかる分を、訴訟にかかる分も含めておりますが、81万2,780円、二審につきましては、着手金、報酬、これは和解が成立した場合に一定の基準に従って弁護士に払うものでございますが、この報酬、それから諸経費含めまして59万3,800円、一審、二審でこの費用がかかります。合計で140万6,580円ということでございます。
議長(田口久義君) あと、Eから。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 市内在住男性Eの方に対する請求でございますが、こちらは確定してございますので、それとまた今回の和解によって平成17年度分の200万円という全体の請求額のうち、今40万円ということになります。総額で200万円を超えられないということから、そうしますと、100万円ちょっとの金額になりますけれども、これについては和解終了後に本人とお会いしてその請求をしていくということになりますけれども、現時点でいつの時点で全額回収できるかというところについては見通しとしては現在持ってございませんが、納入していただけるように請求していくとなると思っております。
議長(田口久義君) 6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) そのようにお話しするしかないわけなのでございます。といいますと、お金の勘定だけ申し上げますと、4人の方から40万円ずつで160万円いただけるということは確実でございます。訴訟費用、言われたとおり140万円ほどになりますので、160万円から140万円引くと20万円ということになります。これもいたし方ないんだろうなという見方は当然できます。そして何よりも、形の上では登米市が勝訴したということでございますので、それはそれとしていいんですが、まずここで私がぜひ伺いたいのはどなたがいいか。弁護士の選任あるいは解決に向けての手法が最善だったとお考えなものかどうか。本来副市長からお聞きすべき案件でしょうが、当時の副市長は別人だったわけですので、お話しできないとするなら市長からでも結構でございます。どちらでも結構ですので、今後も他の部局等でもあり得ることだと思いますので、反省すべきことがあるとしたならそのあたりを率直にお聞かせ願いたいと思います。
議長(田口久義君) 副市長、藤井敏和君。
副市長(藤井敏和君) ご承知のとおり、市の顧問弁護士につきましてはこのような訴訟はもちろんでございますが、日常的な法律の解釈等についてもいろんな形でご助言ご指導いただいているところでございます。
 今回の案件につきまして、私の考え方としては適正な処理を弁護士にしていただいたという考え方としてございます。したがいまして、基本的にはこのままの形というのが基本になろうかと現時点では考えております。
議長(田口久義君) 6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) そのような言い切り方をなさるのであれば、それはそれで結構でしょう。私どもも議会の立場として今後やっていかざるを得ないということだけ申し上げて終わりといたします。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第132号は会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって議案第132号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第132号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第132号 訴訟上の和解については原案のとおり可決されました。
 日程第12、議案第133号 字の区域を新たに画すること及び変更することについてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第133号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、迫町の区域において土地改良事業(農地整備事業飯島地区)が施行されたことに伴い、同事業区域内の字を新たに画し及び変更することについて、地方自治法第260条第1項の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 詳細につきましては総務部長より説明させますので、ご審議を賜りご決定くださいますようお願い申し上げて、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) それでは、議案書21ページをお開きいただきたいと思います。関連する資料として別冊1の42ページをお開きいただきたいと思います。別冊1の42ページでご説明申し上げたいと思います。
 本事業につきましては、県営土地改良事業農地整備事業飯島地区としまして、平成10年度から総事業費37億1,200万円で着手されまして、平成26年度の完了年度となっております。事業の区域は迫町新田地区内でございまして、総面積は約249ヘクタールでございます。事業の進捗状況につきましては、平成19年度までに面整備が終了いたしまして、25年度まで道路工及び排水路工、付帯工等を実施しており、本年度末での累計事業費は35億3,245万円に達しております。
 また事業最終年度の平成26年度につきましては補完工事と換地処分が予定されており、換地処分は平成27年2月を予定しています。本件はこの施工区域内に混在しております字を新たに画する字名に変更し、また従前の字の区域を変更し、土地の価格を合理的にしようとするものでございます。
 この別冊資料43ページにつきましては新旧対照表を載せております。上のほうには新たに画する字の区域、下に2としまして字の区域の変更でございます。44ページが位置図でございます。場所につきましては、伊豆沼の南側、赤い線を入れている部分でございます。45ページからは変更する字の字界図、区域の明細図となっております。赤の線が新たにする字界、赤い字が新字名となっておりますので、ごらんいただきたいと思います。今後、地権者会議を経まして、換地経過が決定され、確定され、法的手続に入ることになっております。
 以上で説明を終わります。よろしくご審議の上ご決定賜りますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第133号は会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって議案第133号は委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第133号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第133号 字の区域を新たに画すること及び変更することについては原案のとおり可決されました。
 ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午後2時06分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時15分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 日程第13、議案第134号 指定管理者の指定について(中田農産物直売所及び中田農産物加工場)、日程第14、議案第135号 指定管理者の指定について(迫にぎわいセンター)、日程第15、議案第136号 指定管理者の指定について(東和川端高齢者等活動生活支援促進機械施設)、日程第16、議案第137号 指定管理者の指定について(登米市登米総合体育館、登米市登米総合運動公園及び登米市登米武道館)、日程第17、議案第138号 指定管理者の指定について(登米市高倉勝子美術館)、日程第18、議案第139号 指定管理者の指定について(登米市こじか園)の6議案を一括議題といたします。
 一括して提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第134号 指定管理者の指定について(中田農産物直売所及び中田農産物加工所)から議案第139号 指定管理者の指定について(登米市こじか園)までにつきましては、地方自治法第244条の2第3項及び当該各施設の設置条例の規定により各施設の管理を行わせる法人、その他の団体を指定するに当たり、同法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。
 詳細につきましては関係部長より説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明、質疑、討論、採決は1議案ごとに行います。
 議案第134号 指定管理者の指定について(中田農産物直売所及び中田農産物加工所)の議案内容の説明を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) それでは、議案第134号 指定管理者の指定について(中田農産物直売所及び中田農産物加工所)でございますが、ご説明を申し上げさせていただきます。議案書につきましては27ページでございます。
 この議案第134号は、中田農産物直売所及び中田農産物加工所の指定管理者として登米市中田町石森字本町95番地1の中田農産物加工直売所管理運営組合を指定するものでございます。組合長は門馬一郎氏であります。
 指定の期間は平成26年4月1日から平成29年3月31日までの3カ年でございます。
 続きまして、別冊2の第4回定例会資料1ページをお願いいたします。
 指定管理者の指定に係る議案説明資料でございますが、募集の方法については公募でございまして、施設の概要、指定管理者の名称及び団体の概要については2ページ中段まで記載のとおりでございますので、お目通しをお願いしたいと思います。
 2ページ下段に選定理由を掲載しております。中田農産物加工所管理運営組合は、現在も本施設の指定管理者でございます。組合員相互の協力によりまして、農産物の効率的な販売を行うとともに、野菜等の栽培技術を高め、農家経営の向上を図り活力ある地域社会の形成に資することを目的としてございます。この直売所及び加工所につきましては、農産物の直売加工を通じて、農業の振興及び地域活性化を図るための地域の拠点施設でございまして、本組合では現在120名を超える出品者が参画しており、農産物等の安定供給の取り組みから見ても安定した管理運営が期待できるものとして、選定したものでございます。
 次に、3ページの収支計画でございますが、(1)の中田農産物直売所の平成26年度ですが、収入の指定管理料はゼロでございます。販売手数料として3,377万1,000円、組合員等の年会費、研修負担金として40万6,000円、自動販売機収入などのその他経費で105万円で収入総額3,522万7,000円でございます。支出は光熱水費、機械警備などの施設管理委託費、人件費、宣伝広告費や生産システムリース料などのその他経費の合計で収入同額となっております。
 (2)の中田農産物加工所については平成26年度で申し上げますと、収入では指定管理料61万8,000円のほか施設利用料39万2,000円、利用者水道光熱費実費負担分など294万8,000円で、合計395万8,000円でございます。支出については光熱水費等機械警備委託などの施設管理経費、通信費、備品費などのその他で収入同額となってございます。
 4ページにつきましては役員名簿等添付してございます。
 説明は以上でございますので、よろしくご審議の上ご決定いただきますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。10番、中澤 宏君。
10番(中澤 宏君) お尋ねします。
 収支の内訳を見ますと、指定管理料が全く市からは出していないと、それらの施設管理に係る費用については販売手数料等で賄っている施設のように見受けられます。極めて健全というか、自立しているというかいい成績だと思っております。こうした施設がさらに発展するときに、市がその発展を導くというよりはこの運営者みずからが将来のことも考えてよりその運営に主体性を持って取り組むということを考えますと指定管理の期間、今3年ということになっています。今までのこうした成績がずっと続いてきているようにも私思っていました。
 また、立ち寄ってみますととても立派な経営をされているとも思っていまして、こうした指定管理者には長い期間の指定管理もこれからは必要でないかと考えられるんですが、そのことについてはどのようにお考えになられたのかお尋ねをしたいと思います。
議長(田口久義君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 指定管理者に対する指定管理期間につきましては以前も同様の質疑というかお話をいただいておりました。そのことで今の私どもの企画のほうで調査をしながら、その期間のあり方等について検討しているところでございます。すぐこの今回の指定の施設には間に合いませんでしたが、今お話しのように安定して経営が行われているという施設につきましては、3年については5年あるいはもっと特殊性があったり専門性のある施設についてはもっと長くてもいいのではないかということで、全国的な傾向あるいは県内の傾向等調査しております。そのようなことで今検討しているということでございます。
議長(田口久義君) 10番、中澤 宏君。
10番(中澤 宏君) よく説明わかりました。全国的にもそうした傾向にあるように思っています。3年が5年ということのほうが非常に長くてまた10年を超える指定管理の状況もある用でございます。市民がつくるまちづくりという部分で非常に指定管理の役割は大きいと思っています。ぜひ、検討されて、そういう方向に進むように期待して終わりたいと思います。よろしくお願いします。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第134号は会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって議案第134号は委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第134号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第134号 指定管理者の指定について(中田農産物直売所及び中田農産物加工所)は原案のとおり可決されました。
 議案第135号 指定管理者の指定について(迫にぎわいセンター)の議案内容の説明を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) それでは、議案内容のご説明を申し上げます。議案書28ページをお開き願います。
 議案第135号 指定管理者の指定について(迫にぎわいセンター)でございます。
 施設の名称は、迫にぎわいセンターでございます。
 施設管理者となる団体等の名称でございますが、所在地が登米市迫町佐沼字西佐沼70番地、名称は佐沼大通り商店街共同組合でございます。代表者は理事長武川浩士氏で、指定の期間は平成26年4月1日から平成29年3月31日まででございます。
 次に別冊2の資料5ページをお開き願います。指定管理者の指定管理に係る議案説明書でございますが、募集の方法につきましては公募でありますが、応募者は本候補者のみでございました。
 1の施設の概要でありますが、根拠条例等は登米市にぎわいセンター条例でございます。所在地が登米市迫町佐沼字西佐沼70番地。施設内容としましては鉄骨平屋造の建物でございます。主な管理業務といたしましては、施設の利用許可、それに伴う利用料金に関する業務、施設及び設備の維持管理に関する業務等でございます。
 5ページ下段から6ページ上段につきましては候補者の概要を記してございます。設立は平成4年1月でございまして、出資金設立目的、事業内容は掲載のとおりでございます。役員数は11名でございまして、職員数は3名です。また、6ページ中段以降には選定理由と候補者から提案のあった収支計画でございます。
 選定理由は候補者は本施設がある佐沼大通り商店街の事業所等で構成する団体であり、施設の利活用を通じて施設の設置目的であります施設の振興を図るためのイベントの開催等に主体的に取り組んでおりますので、地域コミュニティーの発展にも寄与することも期待されるものでございます。
 5の候補者から提案された収支計画でございますが平成26年度の収支管理業務に係る収入としては指定管理料として309万8,000円、施設利用料として62万円を見込んでございます。その他収入として自動販売機売り上げ収入などの7万円を予定してございます。業務に係る主な支出といたしましては、電気水道ガス等の光熱水費71万6,000円、機械警備、電気保安業務等の施設管理委託費として20万円、コピー機、リース代等の使用料として18万円、通信費、修繕費等の施設運営費として37万2,000円、人件費として常勤1名、パート2名の給与、福利厚生費等として232万円を計画してございまして、収支差額ゼロということでございます。
 7ページにつきましては役員名簿を添付してございます。以上のことなどから総合的に判断いたしまして候補者として選定されたものでございます。
 よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第135号は会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって議案第135号は委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第135号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第135号 指定管理者の指定について(迫にぎわいセンター)は原案のとおり可決されました。
 議案第136号 指定管理者の指定について(東和川端高齢者等活動生活支援促進機械施設)の議案内容の説明を求めます。企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 議案書29ページでございます。
 議案第136号 指定管理者の指定についてでございますが、対象施設の名称でございます。東和川端高齢者等活動生活支援促進機械施設でございます。この施設は旧東和町において、国の補助事業等を活用して町が事業主体となって建設した地域の集会施設でございます。その施設を利用している川端町内会で組織する管理組合へ指定するものでございますが、これまでも指定してございまして、今年度で指定期間が終了するため再指定を行うというものでございます。
 指定管理団体でございますが、川端地区集会施設管理組合でございます。世帯数は26世帯でございます。
 代表者は組合長の菅原洋二様でございます。
 指定の期間でございます。平成26年4月1日から平成29年3月31日までの3カ年でございます。この期間で補助金の適正化法に係る財産処分がこれ以降可能となるということで、その後普通財産に切りかえまして地域に無償譲与することで地域の皆様と協議が調っているということでございます。
 それでは、別冊資料8ページをごらんいただきたいと思います。
 名称はただいま申し上げましたとおりです。
 募集の方法は、非公募となってございます。
 施設の概要でございますが、設置目的ですが、施設の設置目的でございますが、東和町川端地域における高齢者の伝承活動など地域住民のコミュニティー活動及び福祉の増進を図るということで建設されたものでございます。
 施設の内容でございますが、敷地面積858平方メートル、建物面積が100.96平方メートルの木造平屋建てで平成16年度に建設されてございます。平成17年3月から供用開始ということでございます。指定期間につきましては先ほどお話し申し上げました平成26年4月1日から平成29年3月31日までの3カ年間でございます。
 3番目につきましてはお目通しでお願いしたいと思います。
 次ページ4の選定理由でございますが、候補者につきましては施設の所在地域の自治会でございます。現在も当該施設の指定管理をいただいてございまして、適正な管理を行っていただいております。施設利用者のほとんどが地域内の住民でございます。引き続き同団体を指定することによりまして、地域活動の活性化並びに利便性の高い運営が期待できるものと思ってございます。
 5の収支計画でございますが、収入のその他15万3,000円につきましては川端地区の集会施設管理組合からの繰り入れになってございます。市からの指定管理料はございません。このことにつきましては、集会施設の光熱水費等維持管理経費につきましては地元負担ということで合併協で協議されてきた経緯によるものでございます。
 6ページは団体の役員名簿となってございます。
 簡単でございますが、以上説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第136号は会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって議案第136号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第136号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第136号 指定管理者の指定について(東和川端高齢者等活動生活支援促進機械施設)は原案のとおり可決されました。
 議案第137号 指定管理者の指定について(登米市登米総合体育館、登米市登米総合運動公園及び登米市登米武道館)の議案内容の説明を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 議案書30ページでございます。議案説明資料は別冊2、11ページになります。
 議案第137号 指定管理者の指定について(登米市登米総合体育館、登米総合運動公園及び登米市登米武道館)でございます。
 施設の名称につきましては同様でございます。
 指定となる団体の名称につきましては登米市登米町寺池目子待井10番地登米スポーツクラブ蔵っこでございます。
 代表者は早坂彰則氏でございます。
 指定の期間は平成26年4月1日から平成29年3月31日までの3カ年間でございます。
 詳細につきましては、説明資料で申し上げます。別紙2、11ページをお願いいたします。
 施設の名称については同様でございます。
 募集の方法は公募でございます。
 施設の概要でございますが、3施設とも根拠条例等につきましては登米市体育施設条例でございまして市民の体力の向上に寄与する目的で整備した施設になります。また、3施設とも主な管理業務の内容につきましては利用許可、利用料金等に関する業務、施設及び設備の維持管理に要する業務になります。
 その他は資料をごらんいただきたいと思います。
 12ページ、お願いいたします。
 指定の期間、指定管理者の名称団体等については資料をごらんいただきたいと思います。
 登米スポーツクラブ蔵っこでございますが、平成22年1月17日に設立された団体でありますが、登米地区における文化スポーツ活動の振興を図り、総合型地域スポーツクラブを核とした活動を目的にした団体で、各種教室、各種大会や各種研修会、イベントを開催している団体になります。役員数は19名で、15ページの別紙1に役員名簿をつけておりますので、ごらんいただきたいと思います。
 活動の概要、決算等の状況は資料のとおりでございますが、今回提案しております施設のこれまでの指定管理者になってございます。
 選定の理由でございますが、候補者につきましては登米地区におけるスポーツ活動の振興を図り、地域住民等の自主的な社会参加を進している団体でありまして、スポーツを通じ地域コミュニティー活動を展開している団体でございます。こういうことにおいて団体の安定性、信頼性において評価できるものでございます。
 13ページにつきましては候補者から提案された収支計画でございます。
 (1)の登米総合体育館になりますが、平成26年度には収支管理業務に係る収入としまして、指定管理料として2,341万6,000円、施設利用料として75万円、その他の収入として自動販売機設置料等の66万3,000円を見込んでございます。業務に係る主な支出としまして、電気水道等燃料等の光熱水費1,118万6,000円、施設管理、清掃等の施設管理委託費として611万6,000円、モップ、マットレンタル等のリース等の使用料として100万3,000円、通信費、消耗品、公課費等の施設運営費として138万4,000円、常勤の職員とそれに伴う社会保険料等の人件費として500万6,000円、その他として保険料等の13万4,000円でございます。平成27年度、28年度は資料のとおりでございます。
 (2)登米総合運動公園になりますが、平成26年度には収支管理業務に係る収入として、指定管理料として89万1,000円、施設利用料として8万9,000円と見込んでございます。主な支出として、電気水道の光熱水費15万7,000円、清掃業務等の施設管理委託費として27万3,000円、使用料として9万5,000円、消耗品等の施設運営費として40万3,000円、その他として保険料等の5万2,000円になってございます。平成27年度、28年度は資料のとおりでございます。
 次ページをごらんいただきたいと思います。3の登米武道館になりますが、平成26年度の収支管理業務に係る収入としまして、指定管理料として57万9,000円、施設利用料として5,000円を見込んでございます。主な支出としまして、電気水道の光熱水費33万3,000円、施設管理委託費として8万5,000円、消耗品等の施設運営費として13万2,000円、その他として保険料等の3万4,000円になってございます。平成27年度、28年度は資料のとおりでございます。
 以上のことなどから、総合的に判断しまして候補者として選定したものでございます。よろしくご審議いただきご決定いただきますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第137号は会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって議案第137号は委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第137号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第137号 指定管理者の指定について(登米市登米総合体育館、登米総合運動公園及び登米市登米武道館)は原案のとおり可決されました。
 議案第138号 指定管理者の指定について(登米市高倉勝子美術館)について議案内容の説明を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) それでは議案書31ページでございます。議案説明資料は別冊2、16ページになります。
 議案第138号 指定管理者の指定について(登米市高倉勝子美術館)でございます。
 施設の名称については同様でございます。
 指定となる団体の名称等は登米市登米町寺池目子待井381番地1一般社団法人登米市観光物産協会でございます。
 代表者は会長阿部泰彦氏でございます。
 指定の期間は平成26年4月1日から平成29年3月31日までの3カ年間でございます。
 詳細につきましては、別冊2の説明資料で申し上げます。別冊2、16ページでございます
 施設の名称については登米市高倉勝子美術館になります。
 募集の方法は、公募でございます。
 施設の根拠条例等は登米市高倉勝子美術館条例です。
 所在地は登米市登米町寺池桜小路88番地1で美術文化の振興を図るため施設でございます。
 施設は、敷地面積1,181平方メートル、建物面積340平方メートルの木造平屋建ての常設展示場、ギャラリー、多目的室を備えた施設となります。
 主な管理業務の内容につきましては、施設の入館に関する業務、利用許可、利用料金等に関する業務になります。
 指定の期間、指定者の名称、団体の概要については資料をごらんいただきたいと思います。
 登米市観光物産協会は平成22年4月1日設立の団体になりますが、登米市内における観光事業の振興及び物産の振興を図り、地方文化産業の発展と地方経済の向上に寄与することを目的に設立された団体になります。役員数は18名で18ページの別紙1に役員名簿をつけてございますので、ごらんいただきたいと思います。
 活動の概要、決算等の状況は資料のとおりでございますが、今回提案してございます施設のこれまでの指定管理者になってございます。
 選定理由は、当会は当該施設を安定的に管理運営する能力と実施体制を備えていることが選定理由になってございます。
 17ページにつきましては、候補者から提案された収支計画でございます。平成26年度には収支管理業務に係る収入といたしまして指定管理料として1,131万5,000円、施設利用料として190万円等を見込んでございます。業務に係る主な支出として電気水道ガス等の光熱水費160万円、施設管理、清掃等の施設管理委託費として40万円、コピー機、印刷機のリース代等の使用料として54万円、広報費等の施設運営費として120万円、常勤の職員とそれに伴う社会保険料人件費として743万円でございます。その他の項目には消耗品、印刷製本費、通信費、保険料等214万5,000円になってございます。
 6の選定結果でございますが、今回の登米市高倉勝子美術館の募集に際しましては複数の応募がございました。応募団体につきましては19ページをごらんいただきたいと思います。
 登米市高倉勝子美術館の指定管理者の候補者の選定結果でございます。登米市公の施設指定管理者選定委員会につきましては、平成25年10月9日に開催してございます。応募団体につきましては仕様記載の2団体の応募がございました。選定委員会の選定結果につきましては、一般社団法人登米市観光物産協会が選定されてございます。選定結果は資料のとおりでございます。2団体とも同評価でございますが、17ページの選定理由にもありましたとおり、一般社団法人登米市観光物産協会は当該施設を安定して管理運営する実施体制を備えておりますし、また施設の継続性等も考慮し、総合評価により選定してございます。他の応募団体の概要等と提案の収支計画については20ページ、定款等に定める事業内容は21ページの資料をごらんいただきたいと思います。
 以上のことなどから、総合的に判断いたしまして、候補者として選定したものでございます。よろしくご審議いただき、ご決定いただきますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) 説明の中でまず、最初に審査結果というものが別紙で示されております。まず、この審査結果について同点ということで、しかしながら選定理由はということで、17ページの4番で述べられております。裏を返せば、今回複数の候補があったのはこの指定管理だけでありましたが、この株式会社とよま振興公社は選定理由、いわゆる管理運営する能力、実施体制を備えているという判断の中でこの能力に関しては物産協会のほうが能力を備えていて、とよま振興公社は備えていないのか。さらに、観光行政や教育へのさらなるイニシアチブを発揮することを期待し、こういったことは期待できないのか。そして、最後に総合評価による選定。
 非常に選定の理由が曖昧。もう少し選定したお互いに応募するわけでありますから、選定の基準というものをもっと明確に詳細にわかるところで、そういったものを整備して同じ土俵で戦っていかなければこういったことの選定というものはなかなか決定づけられないのではないか。
 さらに、とよま振興公社は別な意味でもきちんと登米市の指定管理を受けているという実績もあるわけですから、この内容では私は理解できない。さらに、モニタリングで総合評価B評価をもらっているのに、なぜこれが総合評価をした場合こちらに行って、それでは、とよま振興公社の総合評価の内容はどういった総合評価をされているのか、この点についてまず、2つ3つありますけれども、よろしくお願いします。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 選定の内容でございますが、選定委員会の内容につきましては所管課なのでございますが、担当として今回応募されました2団体につきまして申請等の手続をしてございましたので、その辺でお答えさせていただきたいと思います。
 今回応募いただきました2団体につきましては、登米市観光物産協会につきましては当然これまでの指定管理者でございます。それから、とよま振興公社さんにつきましては美術館という運営では初めてでございますが、これまでも登米町の、私たち教育資料館等でお願いしている団体になりますので、どちらの団体としてというよりはどちらも実績のある団体として私たちも思ってございます。どちらが劣っているということではございませんので、事業提案内容、それぞれの団体からのヒアリングでいろんな聞いた内容でこの辺を総合的に評価したということになります。
 それから、モニタリングのB評価なんでございますが、モニタリングにつきましては決してB評価につきましては協定書や事業計画書の水準どおりであるというのがB評価でございまして、それで評価の内容のBが特別下回っているという評価ではございませんので、その辺はご理解いただきたいと思います。
議長(田口久義君) 12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) 全然理解できない。その、冷静に、熱くなることではないんですけれども、あなたの今の説明では、全然なぜこっちを選んだかということの回答になっていませんよ。何です、事業提案内容、事業提案内容はどういった提案でなされて、その甲乙のどういった形でそれではつけたんですか。点数があるんですか。ヒアリングというものはどういう項目においてヒアリングを行って、その結果どういう評価といいますか、評価点数を比べたんですか。そういう明細を出してください。だめだよ、言葉で簡単に言っては。
 それから、総合評価を受けているんですか、もう片方は。それは、受けている受けていないよりは、前に言った分のことに関してどういった基準を持ってこの事業提案内容の精査をしたのか、ヒアリング項目をどのように設けてそこに点数的評価を与えたのか。回数がなくなってきますので、その辺を明確に答えてください。
 それから審査結果の評価項目がずっとありますけれども、いずれこれはある意味どこでも共通してやられているんだろうと思います。非常に評価項目がファジーといいますか、もう少し明確に評価項目を設定していかないとなかなかこういったものは使えないと思うんです。これは今後とも検討課題としてぜひ議論していただきたいと思います。
 それから、戻りますけれども、平成23年から第1回目の指定管理が入ったんですか。そうするとこのときはどういった、私も勉強不足ですけれども、どういった事業提案、物産協会がこの指定管理を受けるときにどういった入場数の提案とか経営に対する提案をして、それにおいてどういった成果、結果を出したのかその辺もし御存じであればその辺の評価も出していただきたいと思います。
議長(田口久義君) どちらですか。企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 審査会の経過について若干私からお話しさせていただきたいと思います。
 議員さんのみならず皆さんお思いのことと思いますが、本当にどういうふうにして選ぶかという非常に困難な両者だったと思います。実は、観光物産協会の会員にも振興公社さんは入っていらっしゃる、あるいは顧問の役員になっているとかもございますし、そういう両者の比較ということで、さらに両者とも市のさまざまな資本も入っているということもございますので、非常に比較をするのは難しいということでございました。
 実は、中で審査結果の点数表がございますけれども、担当部署から上がってきたときは一般社団法人登米市観光物産協会が81点で、とよま振興公社が80点という、そういう評価がございました。それは前提でございますが、ただ審査会議の中ではそれはまず無視して、審査資料を審査する、それから担当部署からヒアリングを行う。日を改めて両者からヒアリングを行った上で検討したという結果がございます。その上で各項目をそれぞれ全体評価のような形で検討していった総意の中で、結果同点になったということでございましてこの点数についてはそういう結果です。
 さて、同点になった上でどちらを受からせるかということになるわけですが、それぞれ両者のヒアリング等の中でいいところといいますか、そういうところを拾い上げた中で私の記憶になりますけれども、振興公社については今周辺の指定管理、歴史資料館等の5施設の指定も受けてございまして共通券という制度をもって利便に供している。それと一体化すれば非常に便利に来館者等に便宜供与を図れるし、それによって観光客の美術館への誘客も可能だということが非常に評価されていた、それはございました。
 一方、物産協会のほうですが、委員の話、意見の中では実績ということはありますが。実績ということを抜きにしても学芸員を配置している。実績の中には学芸員が当該施設の絵画の説明とかあるいは管理だけではなくて、地域の小中学校に出向いてさまざまな美術に関する指導等を行っているということでございました。この施設の美術館設置の目的、16ページにございますけれども、いわゆる市民の美術に関する知識及び教養の向上を図り、もって美術文化の振興を図るという設置目的がございまして、単なる美術館の管理のみならず地域に出向いて、今のところ小中学校ですけれども、そういう活動をしているということが、審査員の中ではこれも評価が高かったということでございました。さらにその行動を広げていきたいということがまず1点。
 さらに、観光物産協会につきましては登米市全体の観光行政、物産行政もそうですが、担っているということで広域観光の視点で例えば松島、石巻、登米沿岸部ずっと平泉までかけた広域観光の視点で事業を行いながら当該施設を有効活用していきたいということもございました。そういう中で、最終的には委員さん総意での結果ということが総合結果でございます。非常に何点差、1点差なのか2点差なのかということは、そういう評価にはなかなかできなかったということでございます。経過については以上でございます。
 それから、過去の実績等につきましては担当の教育委員会さんからお願いしたいと思います。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 前回、平成23年に1回目の指定管理をお願いしてございます。
 平成23年度で中の計画書で1万300人、24年度の1万1,200人、25年度の1万1,700人という提案をいただきました。今回実際平成24年度の実績では3,833人の入り込みでした。ですので、計画と比べますと34%なんでございますが、震災以降、教育資料館、登米懐古館も入館者数が減ってございまして、施設の修繕等もございましたけれども、30から40%ぐらいの入り込み数になってございましたので、この辺は少なくなるのは大震災の影響かなということで私たちは考えてございました。以上です。
議長(田口久義君) 12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) 私の聞き方が悪いんでありましょうか、事業提案内容を述べろと言ったわけですけれども、言いましたよね、事業提案内容、そこからヒアリングによって決定したと。事業提案内容はどういったものをそれぞれに提案していただいたのか。それをあれすると、例えばもし今企画部長が話したとすれば学芸員を配置する、出張して小学校に行っていろんなことをやる。これは現実的にその指定管理を受けているからやったことの結果であるわけでして、そうするとあとは観光物産協会が持ち合わせている設立の趣旨であります地方文化産業の発展という部分の中でそういった広域利用したことを何かやろうという話であって、全然それはこれの選考基準の中で余りそこは比べられる要素がないのではないか。
 実際、例えばとよま振興公社がそれをやっていれば学芸員を入れたり、そういったさまざまなオリジナルなことをやっていたかわからない。ですから、なぜ事業提案内容が具体的にどういったものが提案されたのか明示して、それで評価するならわかりますよ。その内容さっぱり語っていませんから。議長、これは私の質問にカウントしないでもう一度お願いします。
議長(田口久義君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 申しわけございませんでした。
 具体に項目を少し挙げさせていただきます。
 まず、とよま振興公社さんです。提案のあったものは地域のスレートや玄昌石絵画個展、ワークショップ個展、絵画の個展、ワークショップ、切り絵教室、高倉勝子美術館賞絵画コンクールの創設、市内親子絵画鑑賞会、事業の一環として鑑賞会を希望する市内の学校を無料招待、市内の手づくり工房の作品展、それから河北展に出品した作品展、トリックアート企画展というのが主な内容でございます。
 観光物産協会につきましては月1回程度のイベント、ワークショップ、絵手紙やパステルアート、切り絵、町並みスケッチなどそれから学芸員を登米小中学校に派遣していく。これには市内に広めていきたい。それから企画展として当然高倉先生の企画展のほか、写真展、能面展等行っていく。全国規模の美術展の開催ということで、創彩会東北支部の絵画の部、工芸の部の開催。これは創彩会というのは東京美術館で開催している大きな絵画展でございますけれども、それを誘致するということで、実際に1回誘致してございます。同じく、市内の学校、生徒、それから東北の美術系列の大学等の学生と一緒に企画展を企画しながら市内小中学校に波及させていくということでございます。このようなことの提案でございました。
議長(田口久義君) 質疑に答えていないということで、もう1問。12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) であるのであれば審査項目を、評価項目を明示して、そこにしっかりとその点数を、得点をつけるべきではないですか。全然わからないですよ。それでどうなったのかと、今は案件を出しただけです。それがどういった形でこっちがすばらしいとかこっちがちょっと劣るとか、期待できると、そういったところで審査を正確にやっていく必要性があるんだろうと私は思いますよ。そういった考え方についてどうあるか。最後ですので、そういった指定管理の具体的なものから企画的なものまで入っていくわけでありますけれども、今企画部長のお話ししました美術文化、これはこの高倉勝子美術館が果たす役割、目的でございます。しからば、登米市の美術文化として市全体の教育的成果を生むために高倉勝子も含めてどういった取り組みを登米市としてやっておるのか。そしてこの高倉勝子美術館にどういった役割を具体的に担わせようとしているのか。
 これは企画部長が話すのか、教育のほうで話すのかわかりませんけれども、そういった一貫性の中で高倉勝子美術館がもつ目的と機能を明確にして、その中でどういったことを指定管理の方々に望むのかということをしていかないと、なかなか選定するのには難しいような気がしますよ。そのことを抜きにして選定するから無理になっちゃう。そうすると最初にやった方々が必ず優位になってくる。平等性はそこで欠けていくと思います。この後多分二、三人、四人、五人いるようですから、私はこの程度にしておきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
議長(田口久義君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 両者から出された計画、事業等ですが、それをどのように点数化するというのは非常に難しかったということでございます。点数化できなかったということで、当然それも含めてそんなに差はないだろうということでの同点になったということでございます。
 その上で両者のいいところを、先ほどお話し申し上げましたように取り上げながら総意の中で決定していったということでございます。
 それから、美術文化等につきましては教育委員会でお願いしたいと思います。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 登米市の美術をどのような方向でというお話をいただきました。美術館という施設はここだけなんですが、芸術文化さまざまな石ノ森章太郎ふるさと記念館だったり、サトル・サトウ・アートミュージアムだったりさまざまな施設を抱えてございますので、それらのネットワークが必要なのかなということで考えてございます。
 高倉勝子美術館につきましては寄贈された施設でもございまして、寄贈者のいろんな意向の中で美術行政の一翼を担ってくださいという希望もございましたので、それらの目的に果たすような役割を欲しいのかなということで考えてございます。実際、登米中学校の美術のアートパラですか、土曜、日曜年8回ほど学校にも出向いて学芸員がしてございますし、豊里中学校の美術館に行こうという企画で高倉勝子美術館にも行ってきていただいていますし、いろんな見学会、それから企画部長がお話ししましたけれども、全国的な美術の企画展などを開催して登米市内の美術の振興ということで観光物産協会の方々には協会の方にはいろいろそういうことで果たしていただいていますので、これらを施設を核にしながら登米市の美術行政を進めていきたいと考えております。
議長(田口久義君) まだまだありますよね。あと何人ぐらい挙手をお願いします。
 それでは、ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午後2時06分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時15分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 訂正をさせていただきます。
 先ほど、議案第136号の中で東和かわばたと申し上げましたが、東和かわはたが正しいので、そのように訂正をさせていただきます。
 質疑を続けます。ほかに質疑はありませんか。6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) 指定管理者モニタリング結果表というのをいただいていますが、これをもとにお尋ねしてもよろしいでしょうか。
 ここの右の上に公表用という囲みがございますが、公表用というのがある以上、非公表用というのもあると考えてよろしいでしょうか。
 それから、これまできょうの議案134号から137号までのモニタリングの結果についてはほとんどが自己評価よりも所管課の評価が高くなっているのが主だと思います。本件につきましては、自己評価がAで所管課の評価がBという項目がいっぱいあるわけなんですね。ですから、小項目ごとにAからBになったところの配点と申しますか、その辺のところについてお聞かせいただきたいと思います。
議長(田口久義君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 所管課の評価ということで、指定管理者の評価とどのように差異があってAからBに移行したのかといった内容につきましてお答え申し上げます。ここのところにつきましては、例えばBというのが劣るという内容でしたらばこれはこれで大変な評価かなという判断でございますけれども、一番最初にございます水準よりもすぐれているというのがA,水準どおりであるといった内容がBという把握しまして、少し辛口で評価したのかなという考えでおりますけれども、決して劣る内容でございませんので、よろしくお願いします。
議長(田口久義君) 6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) 何だっけ、選定委員会というところで選定したんだろうけれども、選定委員会の委員長というのか、会長というのか、それはどなたでしょうか。
議長(田口久義君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 選定委員会の構成ですけれども、全部で12名の委員会でございます。副市長が委員長になってございます。それから部長等でその他6名になります。そのほか、5名が民間の委員ということで民間の委員につきましては事業経営者の方、税理士の方、女性の方も2名ございます。人権擁護委員さんだったり学校評議員会の委員さんをされている方々でございます。以上でございます。
議長(田口久義君) 6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) その委員会での評価が2団体はほぼ同じ評価だったということで受けとめますが、それで結構なんですか。
 そして、たしか最初の高倉勝子美術館の指定管理者、最初の段階で同じ2団体が名乗りを上げたと思っておりますが、選定されたのは登米市観光物産協会でありました。その選定の一番大きな要素はいわゆる入り込み人数の計画がほぼ倍ぐらいの差があったと記憶しておりますが、それが今回迎えるに当たってその数字が計画どおりだったかあるいは計画の何%ぐらいにとどまっているのか、そこをお知らせいただきたい。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 先ほどもお話ししましたが、平成23年度で観光物産協会は1万300人、平成24年度1万1,200人、25年度は1万1,700人という予定で計画してまいりました。実績は、平成24年度では3,833人、25年度では今予定で5,000人ぐらいという予定なので大分多くなっています。
 それから、とよま振興公社さんの提案では平成23年度で6,000人、24年度で7,000人、25年度で8,000人という計画で前回は上がってまいりました。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。16番、田口政信君。
16番(田口政信君) 中間的な経過をお伺いしたいと思いますが、申し込み時点で審査結果というものがいつの時点でチェックをするのかということと、いただきましたAB評価の時差はそれぞれが指定管理者側あるいは所管課が別な段階でチェックするのか。つまり、指定管理者側から評価いただいた後に所管課がチェックするのか。その時差をお聞かせください。
 それから、もう1点は最初の指定管理のときも話題になった、今発表になりました入場者数といいますか、その計画で前回は物販物産とをかみ合わせた入場者数の確保をするんだという中で物産協会が指名になったように私は記憶しています。そういった意味で、しかしあのときの論議は、とよま振興公社が今指定管理をしている登米観光物産センターあるいは春蘭亭、登米寺池城址、登米駒つなぎの広場、懐古館、警察資料館、教育資料館、水沢県庁記念館、そして森舞台、全てがとよま振興公社が指定管理を受けています。なのに、高倉勝子美術館だけを物産協会にした経緯というものは本当に誰が見てもわからない。
 確かに、理由として挙げられた前段でお話があったさまざまな審査を経てなったと思いますが、通常であればあのエリアは振興公社が管理をするというのが普通の見方です。なのに、前回はそういう経過があって物産協会が指定管理者になった経過があります。そういった意味で今回審査結果の同点、さらにはモニタリングのABランクを見ても少し考える余地があったのではないのかなと見るのが普通なんです。ほかのこれを否定するような理由があるのであれば提示をいただきたい。
 先ほど、企画部長がさまざまな事業の提案についてご紹介がありました。その事業評価をどこかでやってこういう提案になったというなら話がわかるんですが、それはどうのこうのといううやむやな形で評価はしていない、実際に。そういう意味で、その辺のことをまず第1回伺います。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 私も委員なんですが、選定委員会においても周辺施設を含めて一定的な管理が必要でないかという委員さんの意見もございました。ただやはり、美術館という特殊な施設でもございますので、単体としての管理を評価するという全体の流れがございました。
 施設間のいろんな連携につきましては物産協会さんからもいろんなとよま振興公社というか、教育資料館等のネットワークを組みながら入場者数をふやしていきたいという提案もございましたし、とよま振興公社さんからも共通入場券ということも、共通券という考えも示されましたし、その辺は今後全体の施設間の連携については指定管理者同士の枠を超えていろんな親交の中でするべきかなと考えておりました。
 前回、平成23年の指定管理が始まったときの選定としましては、やはりポイントが美術館という施設がその中でどのような提案がなされたかというのが一つの焦点だったかと考えてございます。ですので、今回観光物産協会さんについては当然先ほどお話ししましたけれども、中学校だったりいろんな美術振興のためにイベントだったり催しをしていただいています。その辺のことがとよま振興公社さんと差があったのかなという気がしてございます。
議長(田口久義君) 続けてください。
社会教育次長(鈴木 均君) モニタリングの評価、指定管理者から上がってから所管課が評価するという方式です。
議長(田口久義君) 16番、田口政信君。
16番(田口政信君) だとすれば、指定管理者側から評価が上がった後に所管課が評価をしたことがBという評価ですよ、Bという評価はAよりも劣るという評価ですよね。Aと同じという評価ですか。違うよね。だとすれば、全てがBで、1つだけですか、Aがあるの。全てがBという所管課が評価したことをどういうふうに捉え、どういうふうに選定したかというのはどうも不透明ですよね。
 そういう意味でなお、そういう経過の中でファジーな形の中で公募されてきたものを評価するというのは、今後指定管理を競争力を働かせていこうという視点に立ったときに非常におかしくなるよと思うんです。そういう意味で、私たちに出された数値あるいは資料を見れば明らかにこれは別な意図が働いているのではないかということさえ思うわけです。そう思われないようなことであればいいんですよ、資料自体が、提示資料自体が。ですけれども、そういう状況にあります。
 しかも、今それぞれの各署でしている指定管理のあり方について、目の前にあるものをほかの指定管理者が管理しているという実態が多くあります。スポーツ施設と公民館施設との間に。それで地元で四苦八苦しているものもあります。そういった意味でどういう方向性を持ちながら、そういうエリアなのか、今お話しのように特化した文化的なものはここにあるいはスポーツ的なものはここに、それからまちづくりのための施設はここにと、きちんとした指名する側の意図が本当にあるんですか。あるんだったらそれを示してください。あった上でこういう選定をしたというのであれば示していただきたいと思うんですが、どうでしょうか。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 教育委員会全体の施設につきましては、生涯学習計画だったりスポーツ振興計画で大筋の方向性を示してございますし、さらに個別の施設の目的については根拠条例等で示してございますので、今回の高倉勝子美術館については美術の振興という根拠条例の目的がございますので、それに基づいて運営しておりますので、よろしくお願いしたいと思います。
議長(田口久義君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。10番、中澤 宏君。
10番(中澤 宏君) 大変難しい判断だなと思います。判断するに当たって、二、三お尋ねしたいと思いますのでよろしくお願いします。
 まず、この美術館をどう運営するかという計画ですね。両者の計画を聞くというか、私が見たところでは毎回同じ絵が展示されておりますので、大変すばらしい絵でありますけれども、毎回同じでは来る人がどうなのかという感じがしておりましたので、両者の計画等もさまざまな工夫をされてこれからやっていこうとする計画でありましたので、ぜひ高倉勝子先生と相談をされて、お許しをいただきながらよりよい方向に実現してもらえばいいなと思いました。これは両者の計画、それはいいと思いました。
 それから、計画の妥当性です。計画だから、いっぱい書くこともできますし、慎重に書くこともできますが、1つは計画の妥当性を見るに当たって先ほど今の現在やっているところの入場者数が出ました。他方、観光を手がけているほうがあるんですが、そこの共通周遊券というんですか、共通何ていうんですか、観光券というんですか、そういうところの発行枚数というか、入場者数というか、そういうところというのはどうだったんだろう、この視点は要するに共通でやったほうがいいんだという計画がありましたし、単体でもすごく伸ばせるんだという計画がありました。そういう意味では当初の計画に対してその妥当性はどうだったか。それは実績を持っている人にはその実績が妥当性の判断になりますし、また他者については現在やっている、そういう実績が計画の妥当性の数字になるんだろうと思います。
 3つ目でございます。いろいろ計画、思い描けているようでございます。でも、指定管理にはお金に限りがあります。そのさまざまな企画をしたいという夢が膨らんでいるようでありますけれども、その経費の捻出というのはこの範囲のものなのか。要するに、市が指定管理として提案するというか提供をする、そのお金の範囲なのか。その資金の調達。計画はいっぱい描けます。でも、それを実行するためにはお金もかかってくるわけですね。またそのために多額の経費をよそから調達してくるものなのか。このできるお金の範囲内でさまざま工夫をされたのか、そのところお尋ねしたいと思います。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 展示の関係でございますが、常設展示と企画、それから多目的という3つの大きなエリアがございますけれども、常設展示場については高倉先生の河北展の入選だったりさまざまな美術展の入選絵画を展示してございます。やはり、展示数がどうしても多くございますので、なかなか入れかえというのが難しくて今まで進んでいないと。ただ、廊下というか通路の部分も、あれは何回か入れかえしてございますし、先ほど創彩会の全国組織の絵画展の企画展をやってございますけれども、その場所ではいろんな美術展、市内の高校生の絵画展からも出展したりして、いろんな入れかえをしてございます。ただ、全体の分についてはもっと常設の分も、高倉先生の絵の分も回転できるか、その辺は協会ともお話ししたいと思います。
 それから、共通券の妥当性でございますが、選定委員会でも共通券の話は出てまいりました。やはり、私たちも共通券という考え方はとても魅力的な考え方ですので、どちらのヒアリングの段階でもどのような検討をしていただけるかという質問をさせていただきました。当然、とよま振興公社さんのほうは自分で共通券を持っていますし、それは登米市内の全体の施設も検討しながら進めていきたいという回答もいただきましたし、物産協会さんからもその辺の共通券の話を今後進めていきたいという話もいただいていましたのでその辺はそのようなことでヒアリングでは承っております。
 それから、指定管理料の実施事業の中で指定管理料がこの中でやるのかということなんですが、観光物産協会さんのほうはワークショップ等で自分たちも実施事業をしてございます。それらの参加料が金額的には5万円なんですが、今回の管理者から指定管理者の候補者から提案の収支計画の中でも5万円ということで実施事業の収入もございますし、その辺は今後もっと広げていきたいという提案もいただいてございます。以上でございます。
議長(田口久義君) 10番、中澤 宏君。
10番(中澤 宏君) もっと具体的に聞きましょう。例えば、とよま振興公社では今まち全体を周遊していますね。これは産業経済部長に聞いたほうがいいんですかね。そういう発行枚数というのはわかります。要するに観光のベースとなっている、確実に見込める客数というんですか、見込み客数というのをどの辺にベースを置いているか。計画の妥当性がどうなのか。書くのは期待数値ですからね、こうあってほしいというのは書きますけれども、その数値が本当に妥当な数字なのかということを点検しなければなりません。その数字というのは例えば美術館を運営していれば現在の美術館の実績というのがベースになります。それから、他方の提案者は今周遊してつかんでいるベースというのがある意味ではベースになるのかなと思っておりまして、そういう実績、数字を少し計画の妥当性という意味で教えていただきたいと思っております。
 それから、事業に伴う経費の調達ですね。これはさっき企画部長がさまざま両者から提案をいただいたという話がございます。これも見込み数と同じように事業ですからあれもやりたいこれもやればいいというアイデアはたくさんあります。でも、実施するに当たっては経費も必要です。その経費がこの指定管理料とかこの計画の範囲内におさめられた、入っている事業なのか、それとも別にやるものなのか。それはある意味では同じスタートラインについた、何でもやってもいいですよということにしているのか、まずは市が示した範囲内をまずやってくださいということなのか。そういう描けるものというのは見込み数であっても事業であってもたくさんできます。でも、それは入り込み数であればまず基礎となる実績がどうだったんだろうということを点検しなければなりません。それから将来やりたいという計画であってもどれだけお金がかかるんだろう、どれだけそのための資金を調達できるんだろうと、このことを知らないとその計画が本当に達成できるのかできないのかという判断ができないわけですね。その内訳というか、その数字を聞きながら私たちは判断したいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
議長(田口久義君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) とよま振興公社の入場券の売り上げの部分でございますが、今手元にあるのが昨年度の総会資料を置いておりますけれども、入館券の売り上げ金額が1,777万円ほどなっています。これは水沢県庁、教育資料館、警察資料館等のとよま振興公社が抱えている施設の入場券でございまして、この中にはいわゆる単券と共通入場券、それが一緒になった金額でございますので、これをさらに分析すればそれぞれの部分が出てくるのかと思いますけれども、今資料的にはトータルとしての1,777万円です。ただこれは、平成24年2月1日から25年1月31日まででございまして震災の影響がまだ尾を引きずっていまして、震災前と比べて大体60%程度の回復にしかなっていないのかなと思ってございます。
 私からは以上でございます。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) いろんな入り込み数、入場者数の関係なんですが、観光物産協会さんでは平成26年度7,000人、27年度8,500人、28年1万人という見込みをいただいてございます。私たち、高倉美術館を開設したときに1万人ぐらいの目標を1回立てましたので、28年度にそれに近づけるという努力ということでいただいてございますので、その辺をベースにして考えてございます。以上です。
議長(田口久義君) 事業に伴う経費の調達はどのように捉えればいいのか。続けてください。
社会教育次長(鈴木 均君) 済みません、事業に伴う経費の調達でございますが、ソフト事業についてはこの中で常勤の職員1人と学芸員を含めた非常勤2名がございますけれども、常勤の職員の中でソフト事業をやっていただいてございます。ただ、改めて費用が必要な部分については指定管理料の中でということで提案の中でお願いしたいということで考えてございます。
議長(田口久義君) 10番、中澤 宏君。
10番(中澤 宏君) 今、産業経済部長から6割のところで1,700万円ということですから、回復すると3,000万円ぐらいの収入かと見込めるわけですね。例えば、10の施設ということを割っても1つ1カ所300万円ぐらいということですから、周遊で、要するに周遊のほうが確実に実績は上がるとは、客観的に見れば確実なベースがここにあるなと思いますよね。
 いろいろさっき指定管理料の中でやるという話をされました。例えば施設の運営費でございます。経費の中で。一方は120万円です。もう一方は350万円です。要するに、たくさん提案しているほうは少なくてそんなに提案していないほうは運営費が多いんですね。これをよそから持ってくる経費でなくて指定管理料の範囲内でこれを行おうとする、次長の答弁からすると。これが果たして可能なんだろうかということでございます。
 あとは、これ以上はご意見を申し上げませんので、説明をいただいて判断させていただきたいと思います。よろしくお願いします。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 収支、指定管理者の候補者の提案の収支計画なんでございますが、こっち側でこの項目をこうと指定した収支計画でございませんので、多少出す団体によっては水道光熱なんかは同じですけれども、この辺の施設運営費のその他の考え方で多少ずれている場合がございます。ただ、観光物産協会さんではその他側に214万5,000円という分がございますし、とよま振興公社さんにはその他15万円で施設運営費が351万円。この辺が施設運営費とその他の分の割合で、その中にその他の分にさまざまなワークショップだったり企画展の分も入ってございますので、先ほどもお話ししましたように印刷製本費だったり通信費だったり、この辺も入ってございますので、この辺でお願いするような形にしてございます。
議長(田口久義君) 本日の会議時間は議事の都合によりあらかじめ延長します。
 ほかに質疑はありませんか。4番、氏家英人君。
4番(氏家英人君) さまざま出ましたので、私から言うことはたった1点のみなんですけれども、登米市登米地区は登米市の観光の拠点としてみやぎの明治村として頑張っていらっしゃいます。そういう中で今回この指定管理、結果についてどうのこうのという話ではないんですけれども、やはり決め方が余りにもわかりにくいと思います。
 そして、視点が手前みそで観光客の視点に全く立っていないんでないのかなと思います。今の議論、観光に来てくださっている方々には全く関係ないことですよね。その仙台からあるいは宮城県外からみやぎの明治村に来てくれるお客さんの利便性というものを全く考えていない結果なんだろうと思ってしまいました。
 資料19ページの審査結果なんですけれども、これを見たって評価項目1から7までありますけれども、どの項目も同じ点数なんでね、合計も全く同じ中でさまざま先ほど理由はおっしゃっていましたけれども、ただ私が思うのは同じ80点でも観光物産協会についている80点はこれまでの実績の評価だと思っています。一方の株式会社とよま振興公社についた80点というのはきっと今後期待してという形なんだろうなと、同じ80点でも随分意味合いが違うんじゃないかと思うんです。
 選定理由、17ページですけれども、選定理由を見ますと当該施設を安定して管理運営する能力があるんだということで決定されていますけれども、一方の振興公社さんは実績がないのは当たり前です、やったことがないので。こういう選定理由で決めるというのはやはりどうなのかなと思います。わざわざ公募する必要があるのかなと思ってしまわれないかなと思うんです。
 そういった意味で、我々も市民にきちんと説明する義務がございます。聞かれた場合。今後審査の方法でしょうか、少し考える必要があると思いますけれども、これだけは申し上げておきたいと思います。次長、どうでしょう。
議長(田口久義君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 非常に選定に当たって各委員さん悩んだということでございまして、やはり非常に点数化が難しいということもございました。お話しのとおり、議員さん初め各議員さんからいただいているのはその点だろうと思います。その点は深く反省いたします。どのように改善できるか私のほうでもこれから検討させていただきたいと思います。以上です
議長(田口久義君) 17番、沼倉利光君。
17番(沼倉利光君) 選考委員長にお尋ねをいたします。委員長につく、新しい委員長になる前の段階で、やはり指定管理のことで点数が逆に一方が落ちて低かったほうが選考委員会で話し合って結果的には逆転した経緯があります。それは議場でみんなも将来的にはいいんだということで、そういった過去の例があります。現在はその運営が本当にすばらしい状態になったので、議会の決定もそこはよかったのかなと思っております。
 そこで、このような同点という形になってきますと0.何秒で走るのとわけが違いまして100分の1の確率で同点になる可能性があります。選考委員会ではこういった場合にどういった形をとってやるのか。そこをはっきりしておかないと議会もそこで、ここで選考委員会が決めてその人たちと同じような審査をするわけでないですので、選考委員会がこういった場合は全会一致でやるのか、前みたいに投票するのか、そうではないということで選定委員長の判断で皆さんの総意の中でやっていくのか、そこを示してもらわないと議会側はいつまでたってもこういう議論になってしまいます。そういったこともありますので、選考委員長としてもここでしっかり報告をしていただきたいと思いますけれども、いかがでしょうか。
議長(田口久義君) 副市長、藤井敏和君。
副市長(藤井敏和君) 私は選定委員会の委員長をやらせていただきました。経過については先ほど企画部長からもお話し申し上げましたが、改めて申し上げますとこれらの評価の仕組みとしてはまず2つの団体から応募いただいたのを教育委員会部局なり所管部局が一度評価いたします。この評価の妥当性をまず委員全員でヒアリングをさせていただきました。その後に、今度はご提案いただいた両方の団体の皆様から、ご提案いただいた内容についてご説明いただき各委員からそれについてお話を伺わせていただいた上で、それらを踏まえて審査結果にあります項目の部分の点数を1項目ごとに各委員の件を取りまとめた上で委員会の総意として点数づけをさせていただきました。
 さっき企画部長が申し上げましたが、その段階では実は事務局の案は観光物産協会で81点、振興公社さんが80点ということでございましたが、個々に各委員からの意見を聴取してまとめた段階ではそこに優位的な差はないんじゃないかというご意見が総意でありましたので、結果的にはお示しのような80点ということになったわけであります。
 その段階では、当然各項目の実現性なりはヒアリングさせていただいて各委員の確認をしたということであります。
 実は、困ったなと、全く同点でじゃあどうすると、今度はフリーで各委員の皆さんにどうしますか、どちらを評価しますかというお話をお伺いしていった中で、これも先ほど企画部長がご説明した理由で、振興公社さんが能力的に落ちているということではなくて、より可能性としてプラスアルファを評価するとすれば観光物産協会さんが上位であるという意見になりましたので、これを委員会の総意としてまとめて観光物産協会さんの指定管理者の候補者という形で選定させていただいたと、こういう経過でございます。
議長(田口久義君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) 約1時間ほど、1時間以上ですか、この問題について皆さんが議論しました。私が見た限りでは、点数が全て同じ、全てが同じなんですよ。なぜこんな1時間も議論したんですか。わかります、次長。何でこんなに1時間も議論がこんなにできたんだろうなって。何でこんなに質疑が出ないといけなかったって。今まではずっとスムーズに来た、ここまで。なぜこんなにかかってしまったのかと。そこから聞くから。
議長(田口久義君) なぜ長くなったかという。続けてください。
19番(相澤吉悦君) 答えられなければ、同じ点数だから皆迷っているんですよ。誰も全部。だから質疑が出るのね。それで観光物産協会が指定を受けたということですから、観光物産協会を選んだということで声を大にして、このようなことだから私たちはこのように納得して選んだんですよと言って。そうでないと、どちらもすばらしいところはすばらしいんだよ。ただ、どこかそのようなところがないとみんな判断に苦しむんですよ。だから、こうやってずっと言うんだよ。だからもう1回聞くから。
 ここがすばらしかった、ここがよかったんだよと、だからこのような評価をしました、このようにしましたとすぱっと言い切ってくださいよ。いっつもわけわからないよ。聞いていてもわからないよ、一向に。だから言われる。お願いします。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 選定の決め手となった内容ですね。
  私たちは、観光物産協会では学芸員を配置しまして小中学校に派遣したり企画展を開催するなどして施設の美術教育の支援とか地域に取り込んでさまざまな教育をしていると。震災の影響で多少伸び悩みもしましたけれども、いろいろ工夫をしながら入館者をふやそうと頑張っている。設置目的にあります美術に関する市民の知識とか教養の向上に対するこれまでの取り組みについては評価できるんだと考えております。
 今後、登米市全体の観光という中でいろんな市の観光行政等を牽引してもらいたいという期待もございまして、今回選定した理由になってございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 1点、確認をさせていただきますが、この指定管理の公募をするに当たって、仕様の中に学芸員を必置すること、これは示されて公募されたのか、そうでないのか。その辺確認させてください。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 高倉勝子美術館につきましては、博物館法に規定される建物でございませんので、あえて仕様書の中には学芸員は任用義務ということは仕様書にうたってございません。ただ、やはり目的が美術に関する技術だったりそのような目的ですので、それらに精通する職員の配置をお願いしたところです。お互い、2つの団体ともその辺は応募いただきまして人的には観光物産協会にはこれまでどおり学芸員置くということで考えてございますし、とよま振興公社さんについては今後知識を有する者もしくは技術勤務経験者を配置するという計画でヒアリングではありました。
議長(田口久義君) 7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 3年前に同じお話を申し上げました。美術館という名のつく、今の教育次長の位置づけということになってくるとその博物館法等で示したものではない、いわゆる美術館という位置づけではないんだということですが、少なからず美術館という名前をつけて条例に定めている限りでは博物館と同じように法律に基づいて学芸員を設置するというのは義務的当然の考え方といえます。だから、前回も募集をするときにやはり公平にどちらにも学芸員を設置する、それに伴った指定管理料をきちっとつけてやるべきだというお話の議論をさせていただきました。恐らくそういった形の中で募集をされたのかと思いましたらば今回もそうではないということであります。
 その辺の考え方というか、そこが私は公募するに当たって違いが出てくるのではないのかと。それで、片方では独自に学芸員を置くことによる評価が高い、それが高いんだと、出張とかいろんな形で3年間やっていただいたのでということになってくると、根本的な公募の仕方のときにきちっとそうした説明をしているかしてないかによって大きな決定のポイントの差になってこないかと、今非常に危惧をしたところなんですが、その辺の見解を担当次長と企画部長になりますか、副市長になりますか、見解をお尋ねしたいと思います。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 前回も議員さんにはそのお話をいただいた経過がございます。学芸員ということで、博物館法に規定されないので、学芸員は必要はないんでございますが、学芸員ということで仕様書に入れてしまうと雇用の関係とかさまざまなもので指定管理者に制限をかけるということもありましたので、その点では絵画に知識がある方、美術館経験、その辺のところをヒアリングで申し上げたところです。以上です。
議長(田口久義君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 今、議員さんからお話の学芸員の応募要項に載せるべきではないかということにつきましては、実は7月に応募要領の選定委員会の中で審査があったわけです。そのときに委員さんのほうからも同様の意見がありました。当然、そのようにして明記するべきではないかということで意見が出されまして、その中で検討されたところでございますが、ただいまの次長のお話があったように博物館法に基づく美術館ではないというご説明がございまして、全体の中では明記というところまでは至らなかったということでございました。
議長(田口久義君) 7番、關 孝君。
7番(關 孝君) そういう認識はあったということですがそれは指定しなかった。ただそういうお話はしているということで理解してよろしいですか。
 それで、結果的に観光物産協会では設置をしてやります。一方では受託した段階でいわゆる有資格者を置いてやるようにしていきますよということで理解してよろしいんですか。その評価だったということでよろしいんですか。
議長(田口久義君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) ちょっと説明が足りませんでした。その第1回目の選定委員会のときに、そういう意見があってただ逆に委員の中からは学芸員と入れると現行ありきじゃないかという意見がございました。あとはさらには学芸員と入れることによってハードルを上げることによって参入を難しくするのではないかと、実はそういうこともございまして入れない方向になったという結果でございます。ちょっと継ぎ足しをさせていただきます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第138号は会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって議案第138号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。6番。まず、原案に反対の発言を許します。6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) 議案第138号 指定管理者の指定については、賛成いたしかねますので反対討論を行います。本件の質疑を通じて選定結果については納得できるまでには至らなかったということであります。
 指定期間のスタートが平成26年4月1日でありますので、再吟味して選定したからでも遅くはなく、かつ大きな混乱もないものと思料されます。
 協働のまちづくりを推進する登米市にとって一番大事にすべきは市民との信頼関係を強く保持しなければならないことであります。そのための必須条件は公正性、透明性の確保であります。こうしたことを根底に考えるとき本議案については非とすべきとするのが私の結論であります。
 議員各位のご理解とご賛同をお願いし、反対討論といたします。
議長(田口久義君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 次に、原案に反対者の発言を許します。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) ほかに討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで討論を終わります。
 これから議案第138号を採決します。
 この採決は起立によって行います。
 議案第138号は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
   (賛成者起立)
議長(田口久義君) 賛成多数です。起立多数です。よって、議案第138号は原案のとおり可決されました。
 議案第139号 指定管理者の指定について(登米市こじか園)を議題にします。
 議案内容の説明を求めます。福祉事務所長、千葉幸毅君。
福祉事務所長(千葉幸毅君) それでは議案書32ページでございます。
 議案第139号 指定管理者の指定について(登米市こじか園)でございます。
 施設の名称は登米市こじか園です。
 指定管理者となる団体の名称につきましては社会福祉法人恵泉会でございます。
 代表者は理事長千葉捷郎氏でございます。
 指定の期間は平成26年4月1日から平成29年3月31日まででございます。
 それでは、別冊2の資料22ページをお願いいたします。
 指定管理者の候補者につきましては公募いたしましたが、応募をいただきましたのは同法人のみでございました。
 施設の概要でございますが、登米市こじか園は障害児が自立した日常生活や社会生活を営むことができますよう機能訓練や生活指導を行うことを目的とし、未就学児の児童発達支援事業、就学時の放課後等のデイサービス、障害児の日中一時の支援事業を行っております。
 指定管理者として指定します恵泉会につきましては、障害者支援施設また特別養護老人ホーム、老人デイサービスセンター、保育所等の運営や障害者の相談支援事業、障害福祉サービス等の実施など、社会福祉法に基づく社会福祉法人として市内の福祉事業に積極的に見て取り組んでいただいております。同法人は本市の障害者福祉事業におきましては草分け的な存在でございまして、昭和48年の法人の設立以来主に知的障害者の入所施設を運営されてきた実績があり、幼児から高齢者までの幅広い障害者支援事業のノウハウを有しており、こじか園が実施します障害児支援に対する高い専門性や管理運営を安定して遂行してもらう能力と実施体制を備えております。
 また、職員のスキルやよりよいサービスの提供を目指す姿勢が示されており、障害児の療育に根差した運営も期待できるものがあります。なお、現在指定管理を行っていただいておりまして、順調にサービス提供を図られている点はございます。
 それから、5の指定管理候補者からの収支計画でございますが、収支管理業務に係る収入として、平成26年度指定管理料として1,610万9,000円、施設利用料のサービス給付費4,403万9,000円等を見込んでおります。なお、平成27年度の指定管理料の12万3,000円の減額につきましては車の車検の時期にかかる経費の減額分でございます。業務に係る主な支出として、園庭の除草等の設管理委託費として40万4,000円、事業費、事務費の施設運営費として703万5,000円、人件費といたしましては施設の14名分の人件費5,263万1,000円となってございます。
 なお、24ページに定款等に定めます当事業所の業務内容等を添付しておりますし、25ページには役員名簿を添付してございます。
 以上説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきご決定いただきますようよろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第139号は会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって議案第139号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第139号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第139号 指定管理者の指定について(登米市こじか園)は原案のとおり可決されました。
 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 お諮りをいたします。あす12月13日と12月16日は常任委員会開催のため休会したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、あす12月13日と12月16日は休会とすることに決定しました。なお、次の会議は12月17日午前10時から行います。
 本日はこれで散会します。
          散会 午後4時16分
 上記会議の経過を記載し、その相違ないことを証するためここに署名する。
       議会議長  田 口 久 義
       署名議員  二階堂 一 男
       署名議員  八 木 しみ子

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>