•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(八木しみ子)
  •   2  委員長(八木しみ子)
  •   3  21番(相澤吉悦)
  •   4  委員長(八木しみ子)
  •   5  収納対策課長(工藤郁夫)
  •   6  委員長(八木しみ子)
  •   7  21番(相澤吉悦)
  •   8  委員長(八木しみ子)
  •   9  収納対策課長(工藤郁夫)
  •  10  委員長(八木しみ子)
  •  11  21番(相澤吉悦)
  •  12  委員長(八木しみ子)
  •  13  21番(相澤吉悦)
  •  14  委員長(八木しみ子)
  •  15  収納対策課長(工藤郁夫)
  •  16  委員長(八木しみ子)
  •  17  21番(相澤吉悦)
  •  18  委員長(八木しみ子)
  •  19  総務部長(千葉雅弘)
  •  20  委員長(八木しみ子)
  •  21  委員長(八木しみ子)
  •  22  委員長(八木しみ子)
  •  23  12番(武田節夫)
  •  24  委員長(八木しみ子)
  •  25  選管事務局次長(遠藤貞)
  •  26  委員長(八木しみ子)
  •  27  12番(武田節夫)
  •  28  委員長(八木しみ子)
  •  29  4番(須藤幸喜)
  •  30  委員長(八木しみ子)
  •  31  豊里総合支所長(大久保仁)
  •  32  委員長(八木しみ子)
  •  33  4番(須藤幸喜)
  •  34  委員長(八木しみ子)
  •  35  東和総合支所長(小野寺克明)
  •  36  委員長(八木しみ子)
  •  37  4番(須藤幸喜)
  •  38  委員長(八木しみ子)
  •  39  7番(熊谷和弘)
  •  40  委員長(八木しみ子)
  •  41  契約専門監(佐々木美智恵)
  •  42  委員長(八木しみ子)
  •  43  7番(熊谷和弘)
  •  44  委員長(八木しみ子)
  •  45  契約専門監(佐々木美智恵)
  •  46  委員長(八木しみ子)
  •  47  7番(熊谷和弘)
  •  48  委員長(八木しみ子)
  •  49  総務課長(千葉清)
  •  50  委員長(八木しみ子)
  •  51  7番(熊谷和弘)
  •  52  委員長(八木しみ子)
  •  53  総務課長(千葉清)
  •  54  委員長(八木しみ子)
  •  55  7番(熊谷和弘)
  •  56  委員長(八木しみ子)
  •  57  総務課長(千葉清)
  •  58  委員長(八木しみ子)
  •  59  総務課長(千葉清)
  •  60  委員長(八木しみ子)
  •  61  7番(熊谷和弘)
  •  62  委員長(八木しみ子)
  •  63  市民生活部長(新井誠志)
  •  64  委員長(八木しみ子)
  •  65  7番(熊谷和弘)
  •  66  委員長(八木しみ子)
  •  67  市民生活部長(新井誠志)
  •  68  委員長(八木しみ子)
  •  69  2番(曽根充敏)
  •  70  委員長(八木しみ子)
  •  71  企画政策課長(小野寺仁)
  •  72  委員長(八木しみ子)
  •  73  2番(曽根充敏)
  •  74  委員長(八木しみ子)
  •  75  企画政策課長(小野寺仁)
  •  76  委員長(八木しみ子)
  •  77  企画政策課長(小野寺仁)
  •  78  委員長(八木しみ子)
  •  79  2番(曽根充敏)
  •  80  委員長(八木しみ子)
  •  81  企画政策課長(小野寺仁)
  •  82  委員長(八木しみ子)
  •  83  2番(曽根充敏)
  •  84  委員長(八木しみ子)
  •  85  企画部長(秋山茂幸)
  •  86  委員長(八木しみ子)
  •  87  2番(曽根充敏)
  •  88  委員長(八木しみ子)
  •  89  11番(工藤淳子)
  •  90  委員長(八木しみ子)
  •  91  収納対策課長(工藤郁夫)
  •  92  委員長(八木しみ子)
  •  93  11番(工藤淳子)
  •  94  委員長(八木しみ子)
  •  95  収納対策課長(工藤郁夫)
  •  96  委員長(八木しみ子)
  •  97  11番(工藤淳子)
  •  98  委員長(八木しみ子)
  •  99  収納対策課長(工藤郁夫)
  • 100  委員長(八木しみ子)
  • 101  25番(伊藤栄)
  • 102  委員長(八木しみ子)
  • 103  市民協働課長(佐藤靖)
  • 104  委員長(八木しみ子)
  • 105  25番(伊藤栄)
  • 106  委員長(八木しみ子)
  • 107  登米産食材販売促進専門監(木村健喜)
  • 108  委員長(八木しみ子)
  • 109  25番(伊藤栄)
  • 110  委員長(八木しみ子)
  • 111  市民協働課長(佐藤靖)
  • 112  委員長(八木しみ子)
  • 113  25番(伊藤栄)
  • 114  委員長(八木しみ子)
  • 115  市民協働課長(佐藤靖)
  • 116  委員長(八木しみ子)
  • 117  25番(伊藤栄)
  • 118  委員長(八木しみ子)
  • 119  市長(熊谷盛廣)
  • 120  委員長(八木しみ子)
  • 121  23番(及川長太郎)
  • 122  委員長(八木しみ子)
  • 123  人事課長(平山法之)
  • 124  委員長(八木しみ子)
  • 125  23番(及川長太郎)
  • 126  委員長(八木しみ子)
  • 127  人事課長(平山法之)
  • 128  委員長(八木しみ子)
  • 129  23番(及川長太郎)
  • 130  委員長(八木しみ子)
  • 131  市民生活課長(金澤正浩)
  • 132  委員長(八木しみ子)
  • 133  23番(及川長太郎)
  • 134  委員長(八木しみ子)
  • 135  市民生活課長(金澤正浩)
  • 136  委員長(八木しみ子)
  • 137  委員長(八木しみ子)
  • 138  23番(及川長太郎)
  • 139  委員長(八木しみ子)
  • 140  建設部長(中津川源正)
  • 141  委員長(八木しみ子)
  • 142  23番(及川長太郎)
  • 143  委員長(八木しみ子)
  • 144  選管事務局次長(遠藤貞)
  • 145  委員長(八木しみ子)
  • 146  23番(及川長太郎)
  • 147  委員長(八木しみ子)
  • 148  選管事務局次長(遠藤貞)
  • 149  委員長(八木しみ子)
  • 150  23番(及川長太郎)
  • 151  委員長(八木しみ子)
  • 152  選管事務局次長(遠藤貞)
  • 153  委員長(八木しみ子)
  • 154  5番(岩渕正弘)
  • 155  委員長(八木しみ子)
  • 156  契約専門監(佐々木美智恵)
  • 157  委員長(八木しみ子)
  • 158  5番(岩渕正弘)
  • 159  委員長(八木しみ子)
  • 160  契約専門監(佐々木美智恵)
  • 161  委員長(八木しみ子)
  • 162  21番(相澤吉悦)
  • 163  委員長(八木しみ子)
  • 164  迫総合支所長(目々澤義信)
  • 165  委員長(八木しみ子)
  • 166  21番(相澤吉悦)
  • 167  委員長(八木しみ子)
  • 168  収納対策課長(工藤郁夫)
  • 169  委員長(八木しみ子)
  • 170  21番(相澤吉悦)
  • 171  委員長(八木しみ子)
  • 172  収納対策課長(工藤郁夫)
  • 173  委員長(八木しみ子)
  • 174  21番(相澤吉悦)
  • 175  委員長(八木しみ子)
  • 176  21番(相澤吉悦)
  • 177  委員長(八木しみ子)
  • 178  19番(田口政信)
  • 179  委員長(八木しみ子)
  • 180  企画政策課長(小野寺仁)
  • 181  委員長(八木しみ子)
  • 182  19番(田口政信)
  • 183  委員長(八木しみ子)
  • 184  企画政策課長(小野寺仁)
  • 185  委員長(八木しみ子)
  • 186  19番(田口政信)
  • 187  委員長(八木しみ子)
  • 188  人事課長(平山法之)
  • 189  委員長(八木しみ子)
  • 190  19番(田口政信)
  • 191  委員長(八木しみ子)
  • 192  市民協働課長(佐藤靖)
  • 193  委員長(八木しみ子)
  • 194  19番(田口政信)
  • 195  委員長(八木しみ子)
  • 196  市民協働課長(佐藤靖)
  • 197  委員長(八木しみ子)
  • 198  19番(田口政信)
  • 199  委員長(八木しみ子)
  • 200  19番(田口政信)
  • 201  委員長(八木しみ子)
  • 202  市民協働課長(佐藤靖)
  • 203  委員長(八木しみ子)
  • 204  19番(田口政信)
  • 205  委員長(八木しみ子)
  • 206  中田総合支所長(佐々木義明)
  • 207  委員長(八木しみ子)
  • 208  19番(田口政信)
  • 209  委員長(八木しみ子)
  • 210  19番(田口政信)
  • 211  委員長(八木しみ子)
  • 212  17番(浅田修)
  • 213  委員長(八木しみ子)
  • 214  企画部次長(加藤勤)
  • 215  委員長(八木しみ子)
  • 216  17番(浅田修)
  • 217  委員長(八木しみ子)
  • 218  17番(浅田修)
  • 219  委員長(八木しみ子)
  • 220  企画部次長(加藤勤)
  • 221  委員長(八木しみ子)
  • 222  8番(日下俊)
  • 223  委員長(八木しみ子)
  • 224  市民協働課長(佐藤靖)
  • 225  委員長(八木しみ子)
  • 226  8番(日下俊)
  • 227  委員長(八木しみ子)
  • 228  市民協働課長(佐藤靖)
  • 229  委員長(八木しみ子)
  • 230  8番(日下俊)
  • 231  委員長(八木しみ子)
  • 232  市民協働課長(佐藤靖)
  • 233  委員長(八木しみ子)
  • 234  委員長(八木しみ子)
  • 235  収納対策課長(工藤郁夫)
  • 236  委員長(八木しみ子)
  • 237  3番(佐々木好博)
  • 238  委員長(八木しみ子)
  • 239  市民協働課長(佐藤靖)
  • 240  委員長(八木しみ子)
  • 241  3番(佐々木好博)
  • 242  委員長(八木しみ子)
  • 243  産業経済部長(丸山仁)
  • 244  委員長(八木しみ子)
  • 245  3番(佐々木好博)
  • 246  委員長(八木しみ子)
  • 247  13番(關孝)
  • 248  委員長(八木しみ子)
  • 249  総務部理事兼次長兼市長公室長(佐藤裕之)
  • 250  委員長(八木しみ子)
  • 251  13番(關孝)
  • 252  委員長(八木しみ子)
  • 253  市長(熊谷盛廣)
  • 254  委員長(八木しみ子)
  • 255  13番(關孝)
  • 256  委員長(八木しみ子)
  • 257  総務課長(千葉清)
  • 258  委員長(八木しみ子)
  • 259  13番(關孝)
  • 260  委員長(八木しみ子)
  • 261  総務課長(千葉清)
  • 262  委員長(八木しみ子)
  • 263  13番(關孝)
  • 264  委員長(八木しみ子)
  • 265  総務課長(千葉清)
  • 266  委員長(八木しみ子)
  • 267  委員長(八木しみ子)
  • 268  委員長(八木しみ子)
  • 269  委員長(八木しみ子)
  • 270  2番(曽根充敏)
  • 271  委員長(八木しみ子)
  • 272  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 273  委員長(八木しみ子)
  • 274  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 275  委員長(八木しみ子)
  • 276  2番(曽根充敏)
  • 277  委員長(八木しみ子)
  • 278  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 279  委員長(八木しみ子)
  • 280  10番(氏家英人)
  • 281  委員長(八木しみ子)
  • 282  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 283  委員長(八木しみ子)
  • 284  10番(氏家英人)
  • 285  委員長(八木しみ子)
  • 286  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 287  委員長(八木しみ子)
  • 288  10番(氏家英人)
  • 289  委員長(八木しみ子)
  • 290  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 291  委員長(八木しみ子)
  • 292  10番(氏家英人)
  • 293  委員長(八木しみ子)
  • 294  環境課長(佐藤幸子)
  • 295  委員長(八木しみ子)
  • 296  環境課長(佐藤幸子)
  • 297  委員長(八木しみ子)
  • 298  10番(氏家英人)
  • 299  委員長(八木しみ子)
  • 300  環境課長(佐藤幸子)
  • 301  委員長(八木しみ子)
  • 302  10番(氏家英人)
  • 303  委員長(八木しみ子)
  • 304  環境課長(佐藤幸子)
  • 305  委員長(八木しみ子)
  • 306  10番(氏家英人)
  • 307  委員長(八木しみ子)
  • 308  市長(熊谷盛廣)
  • 309  委員長(八木しみ子)
  • 310  9番(佐々木幸一)
  • 311  委員長(八木しみ子)
  • 312  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 313  委員長(八木しみ子)
  • 314  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 315  委員長(八木しみ子)
  • 316  環境課長(佐藤幸子)
  • 317  委員長(八木しみ子)
  • 318  9番(佐々木幸一)
  • 319  委員長(八木しみ子)
  • 320  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 321  委員長(八木しみ子)
  • 322  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 323  委員長(八木しみ子)
  • 324  環境課長(佐藤幸子)
  • 325  委員長(八木しみ子)
  • 326  7番(熊谷和弘)
  • 327  委員長(八木しみ子)
  • 328  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 329  委員長(八木しみ子)
  • 330  7番(熊谷和弘)
  • 331  委員長(八木しみ子)
  • 332  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 333  委員長(八木しみ子)
  • 334  7番(熊谷和弘)
  • 335  委員長(八木しみ子)
  • 336  環境課長(佐藤幸子)
  • 337  委員長(八木しみ子)
  • 338  7番(熊谷和弘)
  • 339  委員長(八木しみ子)
  • 340  環境課長(佐藤幸子)
  • 341  委員長(八木しみ子)
  • 342  6番(佐藤千賀子)
  • 343  委員長(八木しみ子)
  • 344  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 345  委員長(八木しみ子)
  • 346  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 347  委員長(八木しみ子)
  • 348  6番(佐藤千賀子)
  • 349  委員長(八木しみ子)
  • 350  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 351  委員長(八木しみ子)
  • 352  6番(佐藤千賀子)
  • 353  委員長(八木しみ子)
  • 354  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 355  委員長(八木しみ子)
  • 356  6番(佐藤千賀子)
  • 357  委員長(八木しみ子)
  • 358  委員長(八木しみ子)
  • 359  市民生活部長(新井誠志)
  • 360  委員長(八木しみ子)
  • 361  6番(佐藤千賀子)
  • 362  委員長(八木しみ子)
  • 363  委員長(八木しみ子)
  • 364  25番(伊藤栄)
  • 365  委員長(八木しみ子)
  • 366  生活福祉課長(田村啓峻)
  • 367  委員長(八木しみ子)
  • 368  25番(伊藤栄)
  • 369  委員長(八木しみ子)
  • 370  環境課長(佐藤幸子)
  • 371  委員長(八木しみ子)
  • 372  25番(伊藤栄)
  • 373  委員長(八木しみ子)
  • 374  環境課長(佐藤幸子)
  • 375  委員長(八木しみ子)
  • 376  25番(伊藤栄)
  • 377  委員長(八木しみ子)
  • 378  市民生活部長(新井誠志)
  • 379  委員長(八木しみ子)
  • 380  25番(伊藤栄)
  • 381  委員長(八木しみ子)
  • 382  12番(武田節夫)
  • 383  委員長(八木しみ子)
  • 384  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 385  委員長(八木しみ子)
  • 386  12番(武田節夫)
  • 387  委員長(八木しみ子)
  • 388  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 389  委員長(八木しみ子)
  • 390  12番(武田節夫)
  • 391  委員長(八木しみ子)
  • 392  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 393  委員長(八木しみ子)
  • 394  12番(武田節夫)
  • 395  委員長(八木しみ子)
  • 396  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 397  委員長(八木しみ子)
  • 398  12番(武田節夫)
  • 399  委員長(八木しみ子)
  • 400  市長(熊谷盛廣)
  • 401  委員長(八木しみ子)
  • 402  20番(沼倉利光)
  • 403  委員長(八木しみ子)
  • 404  市民生活部長(新井誠志)
  • 405  委員長(八木しみ子)
  • 406  クリーンセンター所長兼衛生センター所長(末永隆)
  • 407  委員長(八木しみ子)
  • 408  20番(沼倉利光)
  • 409  委員長(八木しみ子)
  • 410  市長(熊谷盛廣)
  • 411  委員長(八木しみ子)
  • 412  23番(及川長太郎)
  • 413  委員長(八木しみ子)
  • 414  環境課長(佐藤幸子)
  • 415  委員長(八木しみ子)
  • 416  23番(及川長太郎)
  • 417  委員長(八木しみ子)
  • 418  環境課長(佐藤幸子)
  • 419  委員長(八木しみ子)
  • 420  23番(及川長太郎)
  • 421  委員長(八木しみ子)
  • 422  環境課長(佐藤幸子)
  • 423  委員長(八木しみ子)
  • 424  23番(及川長太郎)
  • 425  委員長(八木しみ子)
  • 426  環境課長(佐藤幸子)
  • 427  委員長(八木しみ子)
  • 428  1番(上野晃)
  • 429  委員長(八木しみ子)
  • 430  市長(熊谷盛廣)
  • 431  委員長(八木しみ子)
  • 432  環境課長(佐藤幸子)
  • 433  委員長(八木しみ子)
  • 434  14番(岩淵正宏)
  • 435  委員長(八木しみ子)
  • 436  監査委員(島尾清次)
  • 437  委員長(八木しみ子)
  • 438  14番(岩淵正宏)
  • 439  委員長(八木しみ子)
  • 440  生活福祉課長(田村啓峻)
  • 441  委員長(八木しみ子)
  • 442  14番(岩淵正宏)
  • 443  委員長(八木しみ子)
  • 444  福祉事務所長(加藤均)
  • 445  委員長(八木しみ子)
  • 446  14番(岩淵正宏)
  • 447  委員長(八木しみ子)
  • 448  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 449  委員長(八木しみ子)
  • 450  14番(岩淵正宏)
  • 451  委員長(八木しみ子)
  • 452  福祉事務所長(加藤均)
  • 453  委員長(八木しみ子)
  • 454  14番(岩淵正宏)
  • 455  委員長(八木しみ子)
  • 456  福祉事務所長(加藤均)
  • 457  委員長(八木しみ子)
  • 458  委員長(八木しみ子)
  • 459  11番(工藤淳子)
  • 460  委員長(八木しみ子)
  • 461  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 462  委員長(八木しみ子)
  • 463  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 464  委員長(八木しみ子)
  • 465  11番(工藤淳子)
  • 466  委員長(八木しみ子)
  • 467  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 468  委員長(八木しみ子)
  • 469  11番(工藤淳子)
  • 470  委員長(八木しみ子)
  • 471  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 472  委員長(八木しみ子)
  • 473  18番(佐藤恵喜)
  • 474  委員長(八木しみ子)
  • 475  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 476  委員長(八木しみ子)
  • 477  18番(佐藤恵喜)
  • 478  委員長(八木しみ子)
  • 479  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 480  委員長(八木しみ子)
  • 481  18番(佐藤恵喜)
  • 482  委員長(八木しみ子)
  • 483  18番(佐藤恵喜)
  • 484  委員長(八木しみ子)
  • 485  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 486  委員長(八木しみ子)
  • 487  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 488  委員長(八木しみ子)
  • 489  18番(佐藤恵喜)
  • 490  委員長(八木しみ子)
  • 491  市民生活部長(新井誠志)
  • 492  委員長(八木しみ子)
  • 493  18番(佐藤恵喜)
  • 494  委員長(八木しみ子)
  • 495  市民生活部長(新井誠志)
  • 496  委員長(八木しみ子)
  • 497  18番(佐藤恵喜)
  • 498  委員長(八木しみ子)
  • 499  市長(熊谷盛廣)
  • 500  委員長(八木しみ子)
  • 501  3番(佐々木好博)
  • 502  委員長(八木しみ子)
  • 503  市民生活部次長兼少子化対策推進監(佐藤浩)
  • 504  委員長(八木しみ子)
  • 505  3番(佐々木好博)
  • 506  委員長(八木しみ子)
  • 507  企画部長(秋山茂幸)
  • 508  委員長(八木しみ子)
  • 509  3番(佐々木好博)
  • 510  委員長(八木しみ子)
  • 511  企画部長(秋山茂幸)
  • 512  委員長(八木しみ子)
  • 513  3番(佐々木好博)
  • 514  委員長(八木しみ子)
  • 515  企画部長(秋山茂幸)
  • 516  委員長(八木しみ子)
  • 517  3番(佐々木好博)
  • 518  委員長(八木しみ子)
  • 519  19番(田口政信)
  • 520  委員長(八木しみ子)
  • 521  環境課長(佐藤幸子)
  • 522  委員長(八木しみ子)
  • 523  19番(田口政信)
  • 524  委員長(八木しみ子)
  • 525  環境課長(佐藤幸子)
  • 526  委員長(八木しみ子)
  • 527  19番(田口政信)
  • 528  委員長(八木しみ子)
  • 529  環境課長(佐藤幸子)
  • 530  委員長(八木しみ子)
  • 531  19番(田口政信)
  • 532  委員長(八木しみ子)
  • 533  23番(及川長太郎)
  • 534  委員長(八木しみ子)
  • 535  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 536  委員長(八木しみ子)
  • 537  23番(及川長太郎)
  • 538  委員長(八木しみ子)
  • 539  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 540  委員長(八木しみ子)
  • 541  13番(關孝)
  • 542  委員長(八木しみ子)
  • 543  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 544  委員長(八木しみ子)
  • 545  13番(關孝)
  • 546  委員長(八木しみ子)
  • 547  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 548  委員長(八木しみ子)
  • 549  13番(關孝)
  • 550  委員長(八木しみ子)
  • 551  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 552  委員長(八木しみ子)
  • 553  13番(關孝)
  • 554  委員長(八木しみ子)
  • 555  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 556  13番(關孝)
  • 557  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 558  委員長(八木しみ子)
  • 559  13番(關孝)
  • 560  委員長(八木しみ子)
  • 561  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 562  委員長(八木しみ子)
  • 563  13番(關孝)
  • 564  委員長(八木しみ子)
  • 565  副市長(藤井敏和)
  • 566  委員長(八木しみ子)
  • 567  13番(關孝)
  • 568  委員長(八木しみ子)
  • 569  副市長(藤井敏和)
  • 570  委員長(八木しみ子)
  • 571  13番(關孝)
  • 572  委員長(八木しみ子)
  • 573  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 574  委員長(八木しみ子)
  • 575  13番(關孝)
  • 576  委員長(八木しみ子)
  • 577  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 578  委員長(八木しみ子)
  • 579  13番(關孝)
  • 580  委員長(八木しみ子)
  • 581  市長(熊谷盛廣)
  • 582  委員長(八木しみ子)
  • 583  22番(熊谷憲雄)
  • 584  委員長(八木しみ子)
  • 585  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 586  委員長(八木しみ子)
  • 587  22番(熊谷憲雄)
  • 588  委員長(八木しみ子)
  • 589  長寿介護課長(永浦広巳)
  • 590  委員長(八木しみ子)
  • 591  環境課長(佐藤幸子)
  • 592  委員長(八木しみ子)
  • 593  22番(熊谷憲雄)
  • 594  委員長(八木しみ子)
  • 595  環境課長(佐藤幸子)
  • 596  委員長(八木しみ子)
  • 597  22番(熊谷憲雄)
  • 598  委員長(八木しみ子)
  • 599  環境課長(佐藤幸子)
  • 600  委員長(八木しみ子)
  • 601  22番(熊谷憲雄)
  • 602  委員長(八木しみ子)
  • 603  環境課長(佐藤幸子)
  • 604  委員長(八木しみ子)
  • 605  22番(熊谷憲雄)
  • 606  委員長(八木しみ子)
  • 607  環境課長(佐藤幸子)
  • 608  委員長(八木しみ子)
  • 609  22番(熊谷憲雄)
  • 610  委員長(八木しみ子)
  • 611  環境課長(佐藤幸子)
  • 612  委員長(八木しみ子)
  • 613  22番(熊谷憲雄)
  • 614  委員長(八木しみ子)
  • 615  環境課長(佐藤幸子)
  • 616  委員長(八木しみ子)
  • 617  委員長(八木しみ子)
      平成29年登米市議会第2回定例会 9月定期議会 会議録(決算審査特別委員会)
 平成29年9月26日(火曜日)
1.出席議員(24名)
   1番 上 野   晃 君       2番 曽 根 充 敏 君(副委員長)
   3番 佐々木 好 博 君       4番 須 藤 幸 喜 君
   5番 岩 渕 正 弘 君       6番 佐 藤 千賀子 君
   7番 熊 谷 和 弘 君       8番 日 下   俊 君
   9番 佐々木 幸 一 君      10番 氏 家 英 人 君
  11番 工 藤 淳 子 君      12番 武 田 節 夫 君
  13番 關     孝 君      14番 岩 淵 正 宏 君
  16番 中 澤   宏 君      17番 浅 田   修 君
  18番 佐 藤 恵 喜 君      19番 田 口 政 信 君
  20番 沼 倉 利 光 君      21番 相 澤 吉 悦 君
  22番 熊 谷 憲 雄 君      23番 及 川 長太郎 君
  24番 八 木 しみ子 君(委員長) 25番 伊 藤   栄 君
1.欠席議員(なし)
1.遅刻議員(1名)
  17番 浅 田   修 君
1.早退議員(なし)
1.中座議員(なし)
1.説明のため出席した者の氏名
  市長         熊 谷 盛 廣 君    副市長        藤 井 敏 和 君
  副市長        栗 山 健 作 君    総務部長       千 葉 雅 弘 君
  企画部長       秋 山 茂 幸 君    市民生活部長     新 井 誠 志 君
  産業経済部長     丸 山   仁 君    建設部長       中津川 源 正 君
  総務部理事兼次長兼
  市長公室長      佐 藤 裕 之 君    財政課長       高 橋 一 真 君
  福祉事務所長     加 藤   均 君    経済部次長兼税務課長 伊 藤 秀 樹 君
  危機管理監      木 村 達 之 君    環境事業所長     千 葉 祐 宏 君
  総務課長       千 葉   清 君    収納対策課長     工 藤 郁 夫 君
  建設部次長      首 藤 正 敏 君    住宅都市整備課長   小野寺 憲 司 君
  子育て支援課長    鈴 木 文 男 君    工業振興課長     櫻   節 郎 君
  登米産食材販売
  促進専門監      木 村 健  喜君    教育長        佐 藤 信 男 君
  監査委員       島 尾 清 次 君    監査委員       千 葉 良 悦 君
  監査委員       伊 藤 吉 浩 君    教育部長       大 柳   晃 君
                          医療局次長兼
  水道事業所長     羽 生 芳 文 君    経営管理部長     大 森 國 弘 君
  消防本部消防長    鈴 木 軍 雄 君    監査委員事務局長   遠 藤   仁 君
  教育部次長兼
  教育総務課長     佐 藤   豊 君    農業委員会事務局長  佐 藤 真 吾 君
  会計管理者      冨士原   徹 君    企画部次長      加 藤   勤 君
  市民生活部次長兼
  少子化対策推進監   佐 藤   浩 君    企画政策課長     小野寺   仁 君
  人事課長       平 山 法 之 君    市民生活課長     金 澤 正 浩 君
  市民協働課長     佐 藤   靖 君    契約専門監      佐々木 美智恵 君
  迫総合支所長     目々澤 義 信 君    登米総合支所長    西 條 利 光 君
  東和総合支所長    小野寺 克 明 君    中田総合支所長    佐々木 義 明 君
  豊里総合支所長    大久保   仁 君    米山総合支所長    本 間 利 政 君
  石越総合支所長    高 橋   洋 君    南方総合支所長    猪 岡 秀 博 君
  津山総合支所長    佐 藤 貞 光 君    検査専門監      千 葉 幸 一 君
  健康推進課長     佐々木 秀 美 君    環境課長       佐 籐 幸 子 君
                          クリーンセンター所長
  国保年金課長     幡 江 健 樹 君    兼衛生センター所長  末 永   隆 君
  生涯学習課長     佐 藤 嘉 浩 君    生活福祉課長     田 村 啓 峻 君
  長寿介護課長     永 浦 広 巳 君
1.事務局出席職員氏名
  議会事務局長     伊 藤 隆 敏 君    議会事務局次長    田 辺 賢 一 君
  主幹兼議事・調査係長 後 藤 光 彦 君    議事・調査係主幹   千 葉 牧 恵 君
  議事・調査係主査   菅 原   仁 君    議事・調査係主査   三 浦 正 弘 君
  議事・調査係主査   主 藤 貴 宏 君


          開会 午前10時00分
委員長(八木しみ子君) 皆さん、おはようございます。
 ただ今から、決算審査特別委員会2日目の会議を開きます。
 17番、浅田 修君から遅参の届け出がございます。
 なお、病院事業管理者、大内憲明君から、診療のため欠席の届け出があります。
 説明のため、本委員会への出席者は、市長、教育長、監査委員及びそれらの受任者並びに農業委員会会長、選挙管理委員会委員長の受任者であります。
 審査に先立ち、委員各位に申し上げます。
 決算審査特別委員会の審査は、本日から3日間の予定です。
 質疑時間は会派別に配分していますので、ご協力をお願いします。
 また、質疑は要点を整理し、簡潔にお願いします。
 説明員各位も質疑時間が限られていることから、質疑内容は反復せず、要領よく簡潔な答弁をお願いいたします。
 これから議案審議を行います。
 本委員会に付託された事件は、認定第1号 平成28年度登米市一般会計歳入歳出決算認定についてから、認定第10号 平成28年度登米市老人保健施設事業会計決算認定についてまでの10議案です。
 各議案の内容説明は、本会議で終了していますので、1議案ごとに質疑・討論・採決を行います。
 これから認定第1号 平成28年度登米市一般会計歳入歳出決算認定についての質疑を行います。
 お諮りします。認定第1号は、範囲が広いため、初めに歳入について質疑を行い、歳出は数款ごとに分割して行いたいと思います。これにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 異議なしと認めます。よって、認定第1号の質疑については、初めに歳入を行い、歳出は数款ごとに分割して行うことに決定いたしました。
 まず、歳入について質疑を行います。
 質疑は。21番、相澤吉悦君。

21番(相澤吉悦君) おはようございます。よろしくお願いします。
 歳入について、ちょっとだけ質疑します。
 成果報告書ですね、9ページお願いいたします。
 収納状況というふうなことがありますけれども、27年度より28年度の方が収納率が高くなっておりますけれども、相変わらず不納欠損額、そしてまた収入未済額というふうなことが出ております。これは、不納欠損額は5年たったものが不納決算額になんでねえがなっていうふうに思ってんですけども。
 それとですね、いくら回収になってたと言ってもですね、この対策ですね。収納対策員ということをやってっと思うんですけども、何人ぐらいでやってんのか。こいっちゃ恐らく出てっと思うんですけども、見でねがら、もう1回聞きますけれども。
 さらにですね、欠損額という欠損額が5年に1回、5年だというふうなことで、なっていきますけどもですね、これが蓄積していってずーっとなってつうと、ものすごいお金がそこになってるなっていうふうに思うんで、その辺のところお願いします。

委員長(八木しみ子君) 答弁願います。収納対策課長、工藤郁夫君。

収納対策課長(工藤郁夫君) おはようございます。
 不納欠損、28年度でございますけども、税、それから介護、後期と合わせまして、件数で6,504件でございました。金額で8,810万2,609円ということになってございます。
 中身といたしましてはですね、税の方を執行停止後3年で欠損するもの、それからあと、これについては滞納処分できる財産がないというようなことで、財産調査等から持ってきております。それからあとは、これもあと生活困窮というような形で、執行停止後3年でおりてるものでございます。
 あとは、行方不明と所在と所在及び財産が不明ということで、不納欠損している部分もございます。
 以上でございます。

委員長(八木しみ子君) 21番、相澤吉悦君。

21番(相澤吉悦君) そういうことでなくしてですね、私数字はここさ書かってからわかんで、それはいいんですけども、滞納出てる、そしてまた不納欠損が出てるというふうなことで、徴収員もいると思うんで、その徴収員の方が、じゃあ聞き直すから。いくらぐらい徴収なってか。そしてまたですね、徴収員の数もそうですけども、徴収員の選び方についても、どのような方法で選んでっか。
 なんでこんなこと聞くのかっていうと、前に不祥事があってですね、その保証なってた方が何百万も納めたというふうなことがづき最近ここにあったんで、そういうことまで今まで語んねがったんですけども、うまぐないなというふうなことでですね、無理に徴収することもなかなか難しいんで、その辺のところの何て言うんですかね、市民に対してのいたわりとかそういうものもあるんで、普通の会社とは違うんですから、その辺のところもね、常備してやってもらいたいなというふうに思います。
 簡潔にお願いします。時間が限られるもんで。お願いします。

委員長(八木しみ子君) 収納対策課長、工藤郁夫君。

収納対策課長(工藤郁夫君) 徴収員につきましてはですね、28年度全部で5名で行っております。納税相談等役所の窓口でいたしまして、それで定期的に分納とかというような形になった場合に、徴収員さんが回りまして、収納するという形になってございます。
 あと前に不祥事ございましたけれども、今は徴収予定表の提出とかですね、それから、個人一人ごとに携帯用の端末を持ちまして、それでこちらでチェックするような形でやっています。あと報告書の方もですね、行った都度提出もらってるというような形にしております。
 以上です。

委員長(八木しみ子君) 21番、相澤吉悦君。

21番(相澤吉悦君) もういいんだげっとも、私の言ってんのは、「どのような方法で選んでんですか」っていうふうなことでですね、選び方に問題があるとうまくないんで、その辺のところお願いします。
 部長でもいいから語ってけらいん。お願いします。

委員長(八木しみ子君) 総務課長、部長ですか。

21番(相澤吉悦君) 手挙げた人いいから、誰でも。

委員長(八木しみ子君) 収納対策課長、工藤郁夫君。

収納対策課長(工藤郁夫君) 募集方法につきましては、広報等で募集しまして、それでこちらで内容等ですね、審査しましてやっております。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。21番、相澤吉悦君。

21番(相澤吉悦君) あのね、私の言ってんのは、お金を徴収してやるのだから、そして市民の家を歩くのだから、やっぱりそれなりの方をちゃんとした、みんなちゃんとした方なんだよ、市民は全部。
 ただ、一つそういうふうなことで、保証人もちゃんと付けんだべげっとも、ただ選ぶにしても、面接するにしても、ただ募集していいんですよというようなわけにはいかない。役場の職員選ぶたってそうなんだから、ただ、そういうふうなことで、どのような方法で、あるいはどのような審査の中でちゃんとした審査の中で選んでくださいということを言ってんです。
 ただ、その方法ということを聞いたので、今の語ってるそんでいいんだらば、確かにそいつは広報とか何とかで選ぶんだべげっとも、ただ審査の方法というものはそんなもんでねえんでねえがなというふうに思うんで、まずいがす、私言ったがら。

委員長(八木しみ子君) 総務部長、千葉雅弘君。

総務部長(千葉雅弘君) 収納嘱託員の選任の仕方ですけども、選任に当たりましては、選考基準持ってございまして、それに照らし合わせて、さらに面接を行いまして、そういう形で選任をしているという状況でございますので、ご理解をお願いいたします。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかにございませんか。ほかにございませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 質疑なしと認め、歳入の質疑を終わります。
 ここで、説明員入れ替えのため暫時休憩をします。
 
          休憩 午前10時10分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時13分
 

委員長(八木しみ子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、歳出について質疑を行います。
 まず、1款議会費、2款総務費について質疑を行います。
 質疑はございませんか。12番、武田節夫君。

12番(武田節夫君) それではですね、2款の総務費の決算書の96ページの2目、1目選挙管理委員会費について伺います。
 実は、直接金額には支障ないんですけども、4月の選挙において、選車が畜舎のそばを通ったことによって、もう3カ月ぐらいで出荷する予定の子牛が脊髄損傷で殺処分せざるを得ない、そういう状況下が起きました。それやっぱり今後ですね、相当まめに朝晩、堆肥を取ったりして一生懸命管理している方なんですけれども、市としてこれからの知事選、衆議員選あるわけですから、その辺ですね、やっぱり対策を、やっぱり市としてやっぱり講ずるべきだと思います。
 中にはいろんな話を聞くと、選挙期間中はどうしても種どまりが悪いから、安い種を買って付けざるを得ないってそういう畜産農家からの話も聞いております。現実身近な所で、殺処分せざるを得なかったって、そういう生々しいところを私、現実見ておりますので、これはですね、産業経済部でなくして、やっぱり選挙管理委員会の方として対策を講じると思うんですけども、その辺についての考えをお願いします。

委員長(八木しみ子君) 選挙管理局長、失礼。もとい。選挙事務局長事務局次長、遠藤 貞君。

選管事務局次長(遠藤 貞君) それでは、選管の方からお答えをさせていただきます。
 ただ今議員お話しの市長・市議会議員選挙後にですね、市民の方から、畜舎脇で選挙運動用自動車がですね、急に発声をし始めたということのためにですね、その声を聞いた、聞いて驚いたですね、子牛が暴れてしまいましてですね、負傷したと。それで起立困難となりましてですね、殺処分せざるを得ないというようなことになったというようなことでですね、ご連絡を頂戴したところでございました。
 公選法上ではですね、選挙運動期間中の連呼につきましては、学校や病院等の周辺については、静音をですね、保持していただくように努めなければならないというようなことで、規定をされているところでございますけれども、畜舎周辺につきましては、特に規定はないということになってございます。
 ただし、現に経済的損失をされた市民の方がおられるということでもございますので、次回の地元の選挙、市長・市議会議員選挙の際におきましては、これはあくまでも可能な限りということではございますけれども、候補者の皆様方にはですね、畜舎脇で急な発声ですね、急な発声を開始するといったようなことにつきましては、極力控えていただくようにお願いということになりますけども、させていただきたいなというふうに考えてございます。
 そしてご案内のとおり、今回、来月ですね、選挙があるわけですけれども、県選管の方にですね、本市の4月の選挙においてそうした事例があったということをお伝えさせていただきましてですね、例えば候補者説明会等々の中でですね、お話ししていただくように要望をさせていただいたところでございます。
 以上でございます。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかに質疑ございませんか。いいの。もう1回ですか。12番、武田節夫君。

12番(武田節夫君) 答弁簡単にしてくださいね。持ち時間がなくなりますので。
 それで、県道はやむを得ないにしても、やっぱり市道っていうか、町域に入ったときは、やはり衆議院の選挙も知事選もやっぱり再発防止のためには、きちっと行政の方で、主にそういったところについては、いろいろ注意を促してもらうようにやっぱり働きしないと、二度、三度のことが起き兼ねないと思いますよこれ。やっぱり、80万、90万の今、子牛ですから、それが保険掛けても保険金額が高いことによって、なかなか安い保険しか掛けられない。頭数飼っていれば、その中でその保険に入っている部分が、あと処分してもらって、何にも一つも自分の床に入らないっていうそういうことが、事件が発生したわけでございますので、その辺も含めてですね、やっぱり畜産農家、ましてや和牛全国の和牛共進会まで起こった後ですから、再発防止のために全力を尽くしていただきたいと思います。
 これ要望で結構です。時間もったいないですからよろしいです。

委員長(八木しみ子君) 答弁いいですか。ほかに質疑ございませんか。4番、須藤幸喜君。

4番(須藤幸喜君) おはようございます。
 まずですね、成果説明書の101ページ、2款1項9目5細目豊里総合支所の関係です。
 私、総務に所属しておりますけれども、ここんところ支所長も来られなかったので、聞かなかったので、ちょっと聞かせていただくわけでございますけども、その中の100ページですね、失礼しました。
 11節の需用費の中で、上下水道8万8,114円ということで記載されております。他の支所を見ますとですね、100万等々あるいは、迫であると200万近くの上下水道ということになってるんですけれども、8万8,114円ということで記載なっております。どのような素晴らしい方法でこの金額が出たのか、まず1点お伺いします。

委員長(八木しみ子君) 豊里総合支所長、大久保 仁君。

豊里総合支所長(大久保 仁君) 庁舎管理において、光熱水等について豊里総合支所は、ほかの支所よりもかなり低くなっているという理由については、今、支所については公民館の1室をお借りしてやっているというようなことで、公民館の本体の維持管理については、指定管理者が行っております。それで、光熱水については、面積按分11.5%分を光熱水として、負担しておりますので、ほかの支所とは、かなり額が抑えられているというような状況でございます。

委員長(八木しみ子君) 4番、須藤幸喜君。

4番(須藤幸喜君) ということは借家であるということで、その分だけ払ってるということですね、分かりました。
 それと同じなんですけども、逆にですね、3細目の東和総合支所の維持管理で、これに記載されてんのは、上水道のみで148万9,740円ということで記載してございます。他の所は上下水というようなことで記載されておりまして、その記載であればですね、納得するようなとこでありますけれども、上水道のみということの記載での150万弱の金額であったということで、その点についてお伺いします。

委員長(八木しみ子君) 東和総合支所長、小野寺克明君。

東和総合支所長(小野寺克明君) 東和総合支所の上水道でございますが、まず、下水道につきましては、東和総合支所のエリアについては、整備なっておりませんので、浄化槽で対応してるところでございます。また、この上水道148万9,000円ほどでございますが、東和総合支所のですね、排水管の口径が建設時からですね、大きいものになっているというようなことから、基本料金そのものがちょっと高いというような状況でございます。
 以上です。

委員長(八木しみ子君) 4番、須藤幸喜君。

4番(須藤幸喜君) 今、排水管って、給水管のことですか。給水管ね、分かりました。いいです。オッケーです。

委員長(八木しみ子君) ほかにございませんか。7番、熊谷和弘君。

7番(熊谷和弘君) それでは成果説明書のですね、58ページでございます。
 小規模工事等契約希望者登録業者の状況ということで、合計19件でございますけれども、実は27年度を見ますと、38件なんですね。
 したがいまして、半分ということになっておりますけれども、この半分になった理由は何だというふうに考えられますでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 契約専門監、佐々木美智恵君。

契約専門監(佐々木美智恵君) ただ今の小規模工事契約希望者の登録が少なくなっているという件についてでありますが、今年度29年度、30年に指名をいたします希望者については、28年に希望の登録の事務を行っております。
 今回、昨年と比べますと、減っている状況についてでありますが、入札参加資格登録の方に多く小規模で登録されていた方々が登録されたということで、減になっている状況となっております。
 以上であります。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘君。

7番(熊谷和弘君) そうしますと、工事金額が50万以下という部分の発注であったり、その仕事に対して何か影響とかは出ておりますでしょうか。このことが。

委員長(八木しみ子君) 契約専門監、佐々木美智恵君。

契約専門監(佐々木美智恵君) 減少になったことに対する影響はないと認識をしております。
 以上であります。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘君。

7番(熊谷和弘君) では次にですね、59ページになりますけれども、役務費の庁舎電話交換及び案内業務手数料ということで、迫、中田、南方庁舎、これが1,048万7,000円ほどでありますけれども、27年度よりですね、70万8,000円ほど増になっておりまして、これを1庁舎当たりにしますと23万6,000円ほどの増ですけれども、この増額の理由についてお伺いをいたします。

委員長(八木しみ子君) 総務課長、千葉 清君。

総務課長(千葉 清君) 業務の増額ですけれども、このところですね、人件費等が上昇しておりまして、仕様等についてもその辺を見込んで発注計画を立てておりますので、その辺の上昇分がございまして、業務的には変わってございませんけれども、そういった状況から受注額も上昇しているというというふうな状況でございます。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘君。

7番(熊谷和弘君) では、次に移らしていただきます。
 62ページのですね、共通物品管理費についてでございますけれども、事業概要ということで①ですね、迫庁舎で使用するコピー用紙及び伝票類を一括購入したということでございますけれども、中田庁舎、南方庁舎はこのコピー用紙、伝票類などどのようにしているのかお伺いをいたします。

委員長(八木しみ子君) 総務課長、千葉 清君。

総務課長(千葉 清君) 迫庁舎の部分については、総務課管理ということで財産管理費の方で計上させていただいておりますが、中田と南方に関しましては、支所費の方から支出ということで、それぞれの支所の方の支出となっております。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘君。

7番(熊谷和弘君) ていうことは、一括購入しているということで、よろしいんですか。そこの確認なんですけど。

委員長(八木しみ子君) 総務課長、千葉 清君。

総務課長(千葉 清君) 単価契約結びましてですね、1年分見込額を算出いたしまして、一括契約ということで、単価契約のもとにコピー用紙を購入しております。

委員長(八木しみ子君) 中田、南方もどうなの。一括購入ということで。総務課長、千葉 清君。

総務課長(千葉 清君) 中田、南方についても同じように単価契約ということで一括購入をしております。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘君。

7番(熊谷和弘君) それでは、同じ62ページでございますけれども、平成28年度ふるさと応援基金充当事業ということで、環境推進事業469万5,000円あまり、市民生活部環境課ですけれども、これ環境美化推進事業ということで、ちょっとどういった事業なのかなかなか分かり難いんで具体的にお伺いをいたしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) どなたですか。市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) ただ今の件でございますけども、ご存知のとおり、定期的に環境パトロールを実施しておりまして、その不法投棄関係の啓発も含めての事業でございます。
 主にはそういった状況でございまして、さらには市道等県道等に動物の死骸の収集処理をしておるところでございますので、そういった経費をこの事業で行っているところでございます。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘君。

7番(熊谷和弘君) 今、何か動物等死骸収集ですかね、何か私の記憶だと別の方にも何か予算が取ってあったんじゃないかと思いますけれども、これで全てやってるということなんでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 主にこのような事業で認識しております。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかに質疑ございませんか。2番、曽根充敏君。

2番(曽根充敏君) 2番、曽根でございます。決算書の85ページ、成果説明書で68、69ページです。行政改革推進費でお伺いいたします。
 成果説明書の方が分かりやすいので、こちらで聞きますが、第三セクター及び第三セクター検討委員会についてお伺いしますけれども、ある時期から完全民営化にある程度軸足を置いて活動なさってるとは思うのですが、当初の目的というのがまず初めにどういうものだったでしょうかという点を聞きたいです。
 あとですね、民営化、いわゆる株式の処分という点については、かなりチャンスがあったとは思うんですが、それが進んでいないようなんですが、その辺についても触れながら説明していただけたらと思いますが。

委員長(八木しみ子君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 第三セクターの健全化に関する検討していただくものでございまして、受注の経営の深刻化する厳しい状況の中でですね、社会情勢の変化などに対応しまして、運営をしていただくということで、検討しているところでございまして、その検討の方向性としましては、現在3社ございますが、平成30年度をもとに完全民営化を進めるということで計画を作成してございます。

委員長(八木しみ子君) 2番、曽根充敏君。

2番(曽根充敏君) 69ページの説明の所でですね、平成27年度を終期に取り組みを進めてきたんだけれども、終んなかったと。で、新たにまた再度終期を設定してやり直すということなんですが、そもそもこの計画自体が遅れている。進んでいないにもかかわらず28年度の開催、下の方ですね、第三セクター調査検討委員会委員の謝金で1回開催ってどういうことなんですか、これ。計画遅れてんのに1回しか開催してないんですか。

委員長(八木しみ子君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 実績としては1回でございます。その後、検討をしていただいたものをもとにですね、担当部署の方におきまして、それぞれの団体との交渉ていいますか、計画立案をしておりまして、それをもとにしまして、最終的にはこの検討会で検討するというような形で進めてございます。

委員長(八木しみ子君) 計画が遅れてで1回しかしないというのはどういうこと。企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 遅れているのに1回しかしてないという件につきましては、担当の部署の状況などを確認しながら進めているということで答えさせていただきます。

委員長(八木しみ子君) 2番、曽根充敏君。

2番(曽根充敏君) ちょっと聞き方変えますけども、今の説明で委員会でやって、そこから担当部署で調整をしてもらうと。遅れてるんだったら普通、それフィールドバックしてまた委員会開催しませんか。何か月後とか、どういう状況だったのとか。そういったところがないので、どうなのかなと。
 逆に、これ委員会がただの形骸化してる組織になってませんかね。

委員長(八木しみ子君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) その新たな計画に、平成30年度の計画に向けてきちっと進行していきますように今後検討させていただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 2番、曽根充敏君。

2番(曽根充敏君) 決してですね、行政活動に追従するだけのですね、ただの諮問機関にはなってもらいたくないと思うんですよ。これ28年度の決算で、30年度ということで、3年あるからいいやくらいの気持ちでのんびりやられては困るんですね。計画もともと遅れちゃったんですから。そこは、ある程度タイムスケジュール考えて回数増やしてやっていくとか、内容を濃くしてやっていくとか、やってもらいたいと思いますが、どなたかお願い。

委員長(八木しみ子君) 答弁してよろしい。企画課長、秋山茂幸君。企画部長です。

企画部長(秋山茂幸君) この第三セクターの検討委員会、ただ今の企画政策課長の方からも申し上げましたが、一番は総務省の方でですね、第三セクターを民営化の方向で見直すようにというふうなそういった流れの中で、これまで本市についても実施してまいりました。それで基本的には完全民営化が基本的な目標でございますけれども、ただそこに行き着くにはですね、まずは市の関与を薄めるための、市の株式の売却といいますか、減少。そういったものも含めて検討しているところでございますけれども、ただそういったことするためにはですね、例えばその第三セクターの株の株を減らす、全体の株を減少するとかですね、あるいは市の部分を売却するそういったときには、どうしてもその第三セクター本体の体力がなければならないというふうに思ってございます。
 それで、この最近ですね、最近と言いますか、ここ何年か進んでいない状況といいますのは、その第三セクターの現状の経営の状況がですね、どうしても震災以降ですね、落ち込んでおったり、あるいはもとに戻らなかったりというふうな部分もあったり、あるいはその第三セクター独自で農業ハウス、農業生産のための、農業生産を行ってる第三セクターについては、そういった施設を新たに導入して、その経営状況を改善しようとか、そういった取り組みがなされているところでございまして、なかなかその株をですね、公社側あるいはその他の取得の道筋がどうしても立ちえないというふうな状況がございまして、こういった今形になってございます。
 それでこの間も開催させていただきました本年度の第三セクターの検討委員会においてもですね、その辺厳しくご指摘もいただきましたし、さらに担当部の方でもですね、その辺のところを受けとめまして、第三セクターと個別の交渉、あるいは推進、何と言いますか、経営状況とその市の関わりの在り方をですね、協議しながら、できるだけ早い段階でですね、第三セクターの民営化について、進めたいというふうには思ってございます。

委員長(八木しみ子君) 2番、曽根充敏君。

2番(曽根充敏君) じゃあすいません。行政で持ってる株式ですね。これ償却進めばですね、民間の方々持ってる株式の価値が上がりますから、そういうことバランス考えて今後活動してください。お願いします。

委員長(八木しみ子君) 答弁はどうします。よろしいですか。ほかに質疑ございませんか。11番、工藤淳子君。

11番(工藤淳子君) 成果説明書120ページの徴収業務の事業概要の中に、「滞納者の整理を図るために、宮城県地方納税機構へ60件の移管を行った」と書いてあるんですけど、参考にこの内容、大体の大雑把で大きくでいいんですけども、この60件の内容について金額はどれくらいの金額が多いのかなどお願いします。

委員長(八木しみ子君) 答弁お願いします。どなたですか。収納対策課長、工藤郁夫君。

収納対策課長(工藤郁夫君) 28年度におきましてはですね、60件、移管額につきましては6,649万7,152円でございます。
 それの効果額ということになりますと、5,120万5,297円です。内訳としては任意納付、それから任意納付が3,206万3,978円、あと処分徴収、納付制約、滞納処分中というようなことでなってございます。

委員長(八木しみ子君) 11番、工藤淳子君。

11番(工藤淳子君) 全体の額よりも、私は1件当たりどのくらいの方が多いのか、そういうの聞きたかったんですけども。
 それと、滞納機構に送られる前も結構市民の方から相談を受けて、最近の方では、独身の方でお母さんと二人暮らし。そして、給料が毎月の給料がたった10万ぐらいしかないんですね、その方が本人が悪いのはちゃんと払わないのが悪いんですけども、事情を聞いてみると、そのお母さんは施設に入ってて、年金が少ないためにその10万の中から施設にやってる。そして、分納をしているんですけども、その金額が高くてちょっと払えないということで、私、相談受けたんですけども、こういうふうに払いたいけども、いろんな事情でこういう滞納に至ってる方が多いんですけども、そういう方に対しての金額設定、それから、その支払い期間、以前はなかったと思うんですけど、2年間の間に収めるようにという指導を言われてるってこと聞いたんですけども、その辺の2年間とする設定した根拠、どういうところにおいてるのかお願いします。

委員長(八木しみ子君) 挙手してください。収納対策課長、工藤郁夫君。

収納対策課長(工藤郁夫君) 県の徴収機構の方に移管する前というのは、納税相談でありますとか、そういった部分でやってございます。
 それで、徴収困難案件でありますとかの部分は、県の方でやっていただくということで移管するわけでございます。
 それからですね、年数の2年という部分でございますけれども、通常2年というか、1年で最初は交渉するわけでございますけども、どうしても困難だという場合は、2年というような形でやってございます。

委員長(八木しみ子君) 11番、工藤淳子君。

11番(工藤淳子君) 整理機構に行くと、差し押さえとか、給料差し押さえとか、家の差し押さえ、本当に大変な状況になるんで、分納する場合の金額については、ぜひ本人の支払い額、今私、例挙げましたけども、一人で生きていくのに10万以下では本当に大変なんで、その辺の金額の設定するときに、優しい対応。もちろん分かります、滞納が多くなってる中で、整理しなくちゃないのって分かるんですけども、本人のことを考えると、生活できる額ではないんじゃないかなと思うところがあるんで、ぜひそういう対応をしていただきたいと思いますが。
 そして、整理機構に行くと、その2年でなくて、ほんとにね、整理機構は必ず1年ということで厳重にその期間はやられちゃうんで、その分納の分については、よろしくお願いしたいと思うんですけど、そのことだけ。

委員長(八木しみ子君) 答弁願います。収納対策課長、工藤郁夫君。

収納対策課長(工藤郁夫君) 引き続きですね、納税に関しましては納税相談等しっかり行いまして、対応させていただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかに質疑ございませんか。25番、伊藤 栄君。

25番(伊藤 栄君) 国際交流費、ページ73ページです。
 登米市は合併後、カナダのバーノンとアメリカのサウスレイクと姉妹都市を結んでいるわけですけども、アメリカのサウスレイクは活発にやっています。
 しかし、カナダの方は最近、何か全然話題に乗んないですけども、今どういう状況になっておりますでしょうか。カナダですね。

委員長(八木しみ子君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) カナダのバーノン市との交流ということでお問い合わせでございます。
 現在、ここ一、二年につきましては議員ご指摘のとおり、アメリカ、オーストラリアの方の交流が盛んになってございますが、昨年度カナダの交流の方を地元で受け持っていただいている男性の方、登米市の方にお越しになりまして、その際に「今後交流について」ということも含めてですね、お話をしたところ、青少年海外派遣事業について、3か年でアメリカ、オーストラリア、カナダを訪問するという中で、平成30年度において訪問をさせていただきたいということでお話をしたところ、現時点では「大丈夫だ」というお話を頂戴したというところでございます。

委員長(八木しみ子君) 25番、伊藤 栄君。

25番(伊藤 栄君) じゃあ、それを期待してますね。
 何か姉妹都市のバーノン、向こうでも待ってると思いますので、ぜひ活発化なるようにしたいと思います。
 それからね、昨年、10周年記念でアメリカに行きました。それで成果等を見ますと、普通は姉妹都市といいますのは、無難なく青少年の交流なんですけども、少し進化して登米産品なり、あるいは、持っていって紹介し、いずれはそういう何ていうかね、大きく言えば販路を拡大するというふうになればいいのかなとこう思っております。
 それで、この成果を見ますと、調査をしましたが、流通コストが大きくかかるとなってます。これ分かりやすく何ていうんですかね、相当費用がかかると、こういうこと書かってますけども、具体的に教えていただきたいと思います。
 といいますのは、ほかの自治体でやってる例がいっぱいありますので、ということでお聞きしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 市民協働課長、佐藤 靖君。大変失礼しました。登米産食材販売促進専門監、木村健喜君。

登米産食材販売促進専門監(木村健喜君) サウスレイクのですね、昨年行かせていただきました。
 それで、ただ今のご質問でございますが、輸送コストの件というふうに考えてございます。船便にしましても、あるいは航空便にしましても、アメリカというふうな所で距離が大変遠いというふうなことで、その経費につきまして具体的にいくらというふうなことは、今、申し上げられませんけれども、今、盛んに交流、交流といいますか、輸出を考えている、例えば東南アジアとか、そういった所に比べますと大分遠距離だというふうなことで、そういったコスト面もかかるというふうな状況でございます。
 ただ、先ほど委員からご指摘いただきましたように、全くアメリカとやってないというふうなことではございませんので、県等とですね、ちょっと情報交換もしながら、今、具体的にどうのこうのということはお答えできませんけれども、検討させていただきたいというふうに思ってございます。

委員長(八木しみ子君) 25番、伊藤 栄君。

25番(伊藤 栄君) ぜひ、そうしていただきたいと思いますよ。
 我々の世代というんでしょうか、から見れば、青少年ではありませんので、この方のいわゆるね、販路拡大なども期待しているんです。青少年は青少年で行ってほしいです。ぜひ、それ期待してます。
 それからですね、市長はご存知かと思いますけれども、オーストラリアのメリバラ市、これは合併前に中田町から、中田町時代からお付き合いをし、登米市になっても今日までお付き合いしています。
 しかし、私は以前に機も、「熟していますので、姉妹都市などを考えたらどうですか」ということを話しましたが、なかなか向こうの高校とこちらの教育委員会だけの友好都市というんでしょうかね、それなってるんです。
 それで姉妹都市、向こうでは日本の春日部市としっかり姉妹都市結んでますから、なぜ、登米市が高校と教育委員会でやってるのかな。何が障害となってるのかなと不思議なんです。それで具体的に今のままで行くのか、それともいずれは姉妹都市結ぼうとしているのか、その考えをまずお聞かせしたいと思いますね。

委員長(八木しみ子君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) オーストラリアのメリバラ市との交流ということでございます。そちらについては、現地の高校と宮城県、登米市の教育委員会の方でという取り組みになってございます。ただ、こちら姉妹都市というのはですね、お互いに思い合ってですね、何かしの縁があって、徐々につくり、積み重ねたものが実った際にですね、姉妹都市になるのであろうというふうに考えてございます。3年に一度の当市からそちらの方への訪問という状況もございますので、今後につきましては、やはり行政対行政という形の中で、姉妹都市になるかどうか、また、相手方のご意向なんかも確認をさせていただきながら、検討してまいりたいというふうに考えてございます。

委員長(八木しみ子君) 25番、伊藤 栄君。

25番(伊藤 栄君) あのね、私はこれほど大きな縁あるものはないと思いますよ。最初はね、青少年なんです。
 それから、いわゆるうちの町の青少年がお世話になってる。向こうの青少年もお世話なってるということで、行政対行政のいわゆる正式な縁結びあるんです、それですよ。いつまで。
 私は、人間のお付き合いと同じだと思うんですよ。子供同士が付き合っていたら、あるいはそろそろ、何て言うんですかね、人間だから結婚しましょうとそういうことだと思うんですね。姉妹都市っていうのは、いわゆる国際結婚と同じですので。私はね、何かね、こちら側が登米市側が少し今のままでいいんだということでは、やっぱりね、相手に対しても、私は申しわけないと思う。申しわけないというかね、何かね、引っかかるものがあるんです。人間、人間のお付き合いとすれば簡単なんです。
 ですからね、今のままで行くのか、じゃあどういうふうな状況なったらば、姉妹都市結ぶのか。そこをですね、そこをお答え願いたいと思いますよ。

委員長(八木しみ子君) 答弁。市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 正式にですね、何年度、何年限という形の年度は切れないというふうに考えてございます。
 ただ、当方といたしましてもですね、当方の思いであったりをお伝えをしながらですね、相手のメリバラ市、メリバラとですね、今後ですね、姉妹都市になれるかどうかという可能性を探ってまいりたいというふうに考えてございます。

委員長(八木しみ子君) 25番、伊藤 栄君。

25番(伊藤 栄君) 教育長とか市長にね、一言いただければいいのかなと思ってますよ。

委員長(八木しみ子君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 今、伊藤委員から大変貴重なご提言をいただいたと、そういうふうに思います。
 ただ、私もこれまでの経緯を少し存じ上げてないところが多いものですから、ただ今、課長の方からも答弁ありましたけれども、少し研究をさせていただきたいとそういうふうに思います。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかにございますか。ございませんか。23番、及川長太郎君。

23番(及川長太郎君) 23番、及川です。成果説明書の45ページの職員研修費の中で、大分職員の研修、いろいろな部門でやっている「自立行動型職員の養成が図られた」と。そして今、欠席者が前年度よりかなり減っていると報告がありましたが、その方のフォローといいますか、そういう対話、処方等とどういうふうな方法でやっていますか。お聞きをいたします。

委員長(八木しみ子君) 人事課長、平山法之君。

人事課長(平山法之君) ただ今ご質問いただきました病休者ということでよろしいでしょうか。 
 今年度、28年度につきましてはですね、休職者4名、それから連続七日以上の病休ということでの職員が17名ということで、21名。前年度につきましては、合わせて15名でございましたので、6人については、6人ほど増加しております。
 それで、その対応といたしましては、基本的に病気になった場合についてはですね、所属長から聞き取り等によりまして、その状況も確認いたしますけれども、その後のフォローにつきましては精神、そういったことの復帰、職場復帰に向けてですね、その職場の状況等の改善、そういったことについても所属長と話し合ったりですね、それからあと職員にその病休等の職員に対しましては、今年度につきましてはですね、新たに産業保健推進員を設置いたしまして、そういった方々と連絡を取り合って、ご相談させていただいたりですね、その状況を職場の方にお伝えしたりですね、いうことで職場復帰に向けて支援を行っているというような状況でございます。
 事前につきましては、いろいろと手当て、それからメンタルヘルスケアルームの設置とかやっておりますけれども、なった後については、そういったことで対応してございます。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎君。

23番(及川長太郎君) 対応は分かりました。
 それで、21名も各部署で人的なマイナス要因、その分時間外が増えたり、残された方々でその職をフォローするわけでございますが、その人的なカバーはどのようになっていますか。

委員長(八木しみ子君) 人事課長、平山法之君。

人事課長(平山法之君) 病休等が発生した場合におきましては、それが一定程度長期にあるというような見込みが出た場合につきましては、臨時職員等のですね、配置、そういったことにおいて対応させていただいております。
 それから時間外につきましても、そういったことが発生した場合に、どうしてもその所属の方で時間外も発生してくるということでございますので、そういった場合には、不足する場合については、追加配当等の手当てもさせていただいてございます。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎君。

23番(及川長太郎君) そういうふうにして時間外をなるべくしないような、そういう体制にしていただきたいと思います。
 それから112ページ、交通安全施設維持管理費、カーブミラー、あるいはガードレール等々は、かなり整備なっております。信号機については、危険個所かなりあると思いますが、28年度の設置状況、それから29年度の予定等はどうなっておりますか。

委員長(八木しみ子君) 市民生活課長、金澤正浩君。

市民生活課長(金澤正浩君) ただ今、信号機についてのご質問でございましたが、信号機の設置につきましては、県の公安委員会の設置でございますので、登米市に要望がございました場合には、関係警察署を通じまして要望をお伝えしているというところでございます。
 以上でございます。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎君。

23番(及川長太郎君) 要望といいますと、それは「地区民から要望がなければ設置しない」という意味で捉えてよろしいでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 市民生活課長、金澤正浩君。

市民生活課長(金澤正浩君) 地区民からの要望があった場合、当市において要望があった場合は、警察署に情報を提供するということでございます。

委員長(八木しみ子君) 23番、いいですか。まだまだありますか。
 それでは、1款、2款の質疑の途中ですが、10分間休憩いたします。
 
          休憩 午前11時03分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時12分
 

委員長(八木しみ子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 1款2款の質疑を続けます。23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) 交通事故、重大事故っていいますか、死亡事故。死亡事故と大きな事故が起きるとすぐ信号がつくと。そういう傾向が見られるわけでございますが、そういう大きな事故が起こる前に、やはり予防することが大切ではないかなとこう思っておりますので、その辺の信号、恐らく要望個所かなりあると思いますが、そういう優先順位とかあると思いますが、今後の考え方と、これからそういう取りつけの進め方、お伺いします。

委員長(八木しみ子君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) 信号機のそういった要望の関係でございますが、私ども市道の道路管理者として、やはり必要だというふうに判断する場所もございます。
 例えば、今回新設いたしました市道、中田町域に市道、中排線という道路ございますが、県道栗駒登米線との交差点になります。給食センターの脇でございますけれども。そこにつきましては、新しくT字交差から十字交差になったというふうなことで、交通量も真っすぐ進む方がこちらからいてですね、多くなったってことで、かなり危険が高まっているっていうふうなことで、私ども市の市道管理の立場から、信号機を設置してほしいというふうなことで、要望させていただいております。
 やはり公安委員会で設置するとはいうものの、地元の警察署の方で交通量の調査や混み具合、さらには事故の状況を整理した上で、公安委員会と相談しながら、前向きに考えていきたいというふうなお話しもいただいておりますので、そういった私ども市道の管理者として、やはりここは必要ではないかというふうな部分については、その状況を確認しつつ要望を活動して、要望活動してまいりたいというふうに考えてございます。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) ぜひ、早急な取り付けをお願いします。
 それから131ページの選挙、選挙費用、選挙管理費ですか。期日前、一般質問でもやりました。期日前投票かなり進んでおりますし、今この選挙管理委員会、5回委員会を開催したという中で、時間短縮のそういう話は1回も出なかったでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 選管事務局次長、遠藤 貞君。

選管事務局次長(遠藤 貞君) お答えいたします。投票時間の繰り上げの関係でございますけれども、その検討を行う場合の前段といたしましてですね、今回、県選管の方に対しまして、投票の終了時刻と開票時刻の関係につきまして、確認を行ったところでございました。
 それによりますと仮にですね、一部の市町村で投票時間を法定最大の4時間繰り上げた場合でありましても、開票、投票時刻をですね最大4時間繰り上げた場合でありましても、開票時刻の方につきましては、県内全市町村の投票が終了いたします、午後8時以降にならざるを得ないといったようなご回答でございました。というようなですね、県の見解も踏まえまして、前から当選管ではですね、有権者の皆様方の投票機会を最大限確保するという観点もございますので、それとあわせましてですね、今回は特にその1時間以上の繰り上げといったようなところのですね、検討は行っていないというようなところでございます。
 以上でございます。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) それは県の見解でありまして。アンケート、独自に選挙民のアンケートを取って、そういう選挙民の声を最大限聞いて、県の方にむしろこちらから要望するのも、選挙の投票率を上げる、むしろチャンスではないかなと。
 期日前、公示が終わりますと、次の日から期日前で毎日毎日が投票日でございます。毎日投票日でございますので、最終日ぐらいはやはり、せめて2時間の繰り上げで、翌日に持ち越さないような、前にも話しました。無駄な時間外をかけながら、職員も選ばれるほうも、12時とかそういう次の日まで持ち越すというような、そういうこれ異常事態と言えば異常事態ですよ。それでもなお、投票率が70%、80%となるんだったらいいですけども、たかだか50%その辺で、投票率なようでございますので、ぜひ選挙民のアンケートをお願いしたいと思いますが、このアンケートはやる気持ちがあるかどうか確認します。

委員長(八木しみ子君) 選管事務局次長、遠藤 貞君。

選管事務局次長(遠藤 貞君) 有権者の皆様の意向確認のためのアンケートということでございます。先ほど委員からですね、期日前投票の拡充があると、その期日前投票を行うことが多いというようなことのお話がございました。確かに、例えば参院選で比較いたしますと・・・すみません。
 現在のところそうしたアンケートにつきましてはですね、検討を行っていないというところでございます。
 以上でございます。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) だからやってほしいという要望なんですよ。これ、今後アンケートは絶対やらないんですか。そこだけ確認します。

委員長(八木しみ子君) 選管事務局次長、遠藤 貞君。

選管事務局次長(遠藤 貞君) 大変失礼をいたしました。
 今後ですね、選挙管理委員会の中でですね、検討をさせていただきたいというふうに考えております。
 以上でございます。

委員長(八木しみ子君) オーケーですか。
 ほかに質疑ございませんか。5番、岩渕正弘君。委員。岩渕正弘委員。

5番(岩渕正弘君) 58ページの、2款の方の入札における建設工事の施工状況っていうところで、まず入札されて、入札をするんですが、中止が21件、あと不調が30件っていうことになってるんですけども、この不調、中止っていうのはどうしてこういうことがなったのかっていうことを伺います。

委員長(八木しみ子君) 契約専門監、佐々木美智恵君。

契約専門監(佐々木美智恵君) ただ今の不調、中止なぜかということでありますけれども、まず中止においては、一社も応札がなかったっていうこと。それから不調については、有効な金額の応札なかったということでありますが、原因といたしましては中止においてはやはりあの業者の、技術者の配置の兼ね合いかなと思いますし、不調においては予定価格と最低制限価格の積算の状況によるものかと思われます。以上でございます。

委員長(八木しみ子君) 5番、岩渕正弘委員。

5番(岩渕正弘君) まず最低価格の引き上げをしないと、多分この解決はしないんじゃないかなということでですね、あとは、総合評価方式、地域において加点をしてもらいたいっていうのが一つ。あとは、登米市内に本社を置ける地域建設業の発注活用の徹底をですね、お願いしたいと、お願いというか市長どうかということですね。
 あとJVについては、3億から5億に引き上げ、建築については4億から6億に引き上げるっていうようなことをですね、して、地域のですね、やっぱり建設業っつうのは、大切だと思うんですよ。災害のときとか必ず駆けつけてくれるのは地元業者です。中央にある東京の業者は絶対来ませんので、そういったようなことで、今後、東日本大震災からも6年、7年たちます。そうしますと、工事も薄れてきてますので、そういったようなことをですね、やっぱり市としてですね、考えなければならないんでないかなというふうに思ってますので、これ要望書、議長宛てに建設業界の宮城県建設協会登米支部の猪又 研社長の方、支部長の方からから出されてますので、これをですね、検討してもらって、今後よりよい透明な入札をですね、お願いしたいなというふうに思うんですがいかがですか。

委員長(八木しみ子君) 契約専門監、佐々木美智恵君。

契約専門監(佐々木美智恵君) 市が発注しますさまざまな契約についてでありますが、地方自治法、その他の品確法とかですね、さまざまな法律に基づいて市の契約規則、それから基準を定めて執行しているところであります。
 先に建設業界様から要望書いただいてた件については、今後ですね、さまざまな意見も取り入れながらですね、検討させていただきたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかに質疑ございませんか。21番、相澤吉悦委員。

21番(相澤吉悦君) 支所についてちょっとお伺いしますけども、支所に、代表して迫支所長に聞くから。
 今の支所の人数ですね、人数。それで職員間に合うかどうか。語りづらいと思うんですけども、一つお願いします。短くでいいから。
 あとはね、迫支所で聞くんですけど、臨時職員1名、事務補助員1名となってますけど、90万ほどもですけども、これ1年間で90万ですかね。それだけ、まずそっからお願いします。

委員長(八木しみ子君) 迫総合支所長、目々澤義信君。

迫総合支所長(目々澤義信君) 人数、今いる人数で、間に合うかというお話しですが、今現在31名でございます。31名で市民係それから地域係、それから健康づくり係ということで、さらに教育委員会の教育事務所ということで、兼任業務もございまして本当にギリギリていいますか、最小限の人数、必要最小限の人数でございます。
 それからあと臨時職員1名については、産休育休の代替ということですのでよろしくお願いしたいと思います。以上です。
 期間は。

委員長(八木しみ子君) 21番、よろしいですか。21番、相澤吉悦委員。

21番(相澤吉悦君) 次ですね、成果報告117ページ。
 これ、納税組合のこと聞きますけども、納税組合が設置してっとこは恐らく、収納率ものすごく高いと思うんで、納税組合っつうのは大切にしなきゃなんないなとずっと思ってずっときたんですけども、だんだんやめていくと、納税組合が解散していくというようなこと聞くんですけども、これ1年間、去年からなんぼが減ったんですかね。減んねげればいいんですけど。その辺のとこお願いします。

委員長(八木しみ子君) 収納対策課長、工藤郁夫君。

収納対策課長(工藤郁夫君) 組合数ですけども、昨年と比較しまして28年度は483でございました。去年が500でしたので、去年に比べて7組くらい減ったというような形になってございます。

委員長(八木しみ子君) 21番、相澤吉悦委員。

21番(相澤吉悦君) これね組合、納税組合っつのお金を持ってきてけっとこだから、私、大切にしねげねえんだとずっと言ってきたんだけれども、これのですね、組合の育成費と言いますかね、還付と言いますかね、最初、組合に入るんですけども、研修費ですか、みんなで使う。
 そうゆうのが、だんだん下がってきてるんでねえがなというところもあるんで、そういうところですね、くんでもらえればなというふうに思います。一番大事なのは、私は納税組合だと思うよ。お金持ってくっとこなんだもん。これがね粗末にしてしまうと、収納率下ってだめだと思う。逆にかまねでも納税組合あればお金は徴収なってくるんですけれども、ないから滞納なってね、さらに徴収員を頼んでこうやってんので、だから納税組合はできるだけ解散させねえように、多少の、何て何て語んのすか、その、研修費すか。そういうことが、別に膨大なお金でなくしてちゃんとした割合の中で、なってるなあってふうに、歩ってるなあってふうに思ってんで、その辺のところですね、検討して実施してもらえればいいと思う。
 これずんずん減っていったら大変だと思うよ。静かに、短くお願いします。

委員長(八木しみ子君) 収納対策課長、工藤郁夫君。簡潔にお願いします。

収納対策課長(工藤郁夫君) まずもってですね、先ほどの答弁で私、7組合減ったと言いましたが、すみません17でございました。申しわけございません。
 そうですね、納税組合の方は、収納率納期内で93.33%と28年度ですね。
 納組合以外の方が、86.56というような形で、納税組合の方が非常に高い収納率維持してるというようなこともございまして、研修会とかですね、呼ばれるんでございますけども、そのときに若年層の組合離れ、それから後、についてですね、一応、お願いして、あの、いうところでございます。

委員長(八木しみ子君) 21番、相澤吉悦委員。

21番(相澤吉悦君) 私が言ってんのは組合を大切にしてくださいと、そういうふうにして説得してやってもらうんでなくして、今までのだんだんにその、研修費というものが、下がってきているから、そうじゃなくして今までどおり同じく、あるいはそれ以上に、そういうふうにやってげねっつうど、もっと簡単に分かりやすく語っつど、組合長の手当てもそれなりに多少なりとも払ってけねげ。ただ、組合持ってっどこでは、それでは足りないというふうなことで、組合員が自分たちでお金を出して、組合長をやってもらうために、年間5万円とか3万円とかって、自分たちが地域でお金を払って組合長になってもらってるというふうな所が大半だと思うよ。そういうところを分かってけねで、ただほいなごと言ったって、何にもなんねんだよ。俺今こういうの今まで言わねんだげっとも、全くそのとおりね、組合員で、地区ですと、コミュニティでお金を皆がら徴収して、そんで納税組合長やってくださいと、いうこどやってけないとやんないですよ。誰も。そのほかに、チラシでも何でもそろえたりなんだりして、徴収すんのには紙も使うインクも使う、それで全部無報酬でみんなやってけでんだよ。その辺のところやっぱ分かってけねければ、納税組合はみんなで納税収めようと、いうふうなことでやってんのだからね、分かってください。そういうこと。ね、これからもよろしく

委員長(八木しみ子君) 答弁いらないですか。

21番(相澤吉悦君) いらねえよ。いいがら。

委員長(八木しみ子君) いいんですか。ほかに質疑はありませんか。19番、田口政信委員。

19番(田口政信君) 1点。45ページのシティプロモーションの職員研修会ですが、この講師の先生の選定に当たってどういう経緯があって、この、アーツディ・ケイですか、なったのかそれを取りあえず伺いたい。

委員長(八木しみ子君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) シティプロモーション職員研修の講師のアサツーディ・ケイ経営総合ソリューションセンターの講師でございますが、こちらは、アサツーディ・ケイにつきました今回、平成28年度のシティプロモーション推進の委託事業を受注したところでございまして、その関係から選定したものでございます。

委員長(八木しみ子君) 19番、田口政信委員。

19番(田口政信君) 私が聞きたかったのはですね、デンツーあるいは博報社というんですか、このアサツー・ケイつうのは、3番目の会社だっていうふうにこう調べさせていただきましたが、どういう経過があって、そういう委託料、委託をしてたので、それではシティプロモーションの委託はどういう経過があってそこにしたのか。逆に伺います。

委員長(八木しみ子君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) そのシティプロモーション推進事業の委託業者の選定につきましては、プロポーザルにて行ってございます。

委員長(八木しみ子君) 19番、田口政信委員。

19番(田口政信君) プロポーザルで選定したということですね。
 素晴らしいシティプロモーションが多分でき上がったんだというふうに思いますんで、今後の活動に期待をしたいというふうに思います。
 次に47ページの、ストレス解消、きのうも佐藤恵喜委員からありましたけども、今登米市で実施してる段階つうのはどの、いわゆる厚生省が定めるこのストレスチェック制度方針の全てについて取り組んでいらっしゃるんでしょうか。それをちょっとお伺いします。

委員長(八木しみ子君) 人事課長、平山法之君。

人事課長(平山法之君) ストレスチェック制度につきましては、28年度から新たに実施したものでございます。28年度におきましては、個人ごとのストレスチェックということで、実施をいたしております。この部分のほかにですね、努力義務といたしまして、ストレスチェックの集団分析というのが厚生労働省の方で定められております。
 29年度からですね、この集団分析の部分も実施するということで、実施することといたしておりまして、今やっております。そういったことで、それで一応のストレスチェック制度の部分では、制度的な部分では全てやるような形になってございます。

委員長(八木しみ子君) 19番、田口政信委員。

19番(田口政信君) 制度実施規定というのがあってですね、段階的に今アンケートを実施したり今お話しの集団、いわゆる分析をしたり、あるいは医師の相談をしたりというような規定があるんですけども、それをですね、順次計画を立ててトータル的にやっていかないと、単なる聞き込みだったり、そういうことだけでは多分解消しないんだと思いますんで、全庁上げて、ストレスチェックをするような体制づくりをぜひお願いしたいということです。
 それからもう1点。78ページの「がんばる地域応援交付金」ってのがありますが、そのいわゆる効果っていいますか、その辺をちょっとお伺いしたいんですが。

委員長(八木しみ子君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) がんばる地域づくり応援交付金のお問い合わせでございます。この制度27年度から始まりまして、28年度に入りまして2年目ということで、各町域、4各コミュニティでさまざまな事業をしてございます。
 例えば地域の伝統の芸能を伝えていく事業であったり、子供たちの交流の事業であったり、いろいろな形で出てきております。それも全て自分たちの自発的な中であったり、他地域のいい情報を仕入れながらいろんな事業組み立てていくというようなことで、自立的に少しずつではございますが、一歩ずつ前進しているというふうに考えてございます。

委員長(八木しみ子君) 19番、田口政信委員。

19番(田口政信君) 毎年こうあれですか、地域をぐるっと回って、4カ所、報告書には4カ所って書いてございますが、そういうふうないわゆる段取りでやっている事業でございますか。

委員長(八木しみ子君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 今のお問い合わせについては、優良事例の発表会という部分だと思いますが、各町、コミュニティの方から年間4カ所ぐらいずつでお願いいたしまして、先駆的な取り組みであったり、市民の方が参加するので、好評な取り組みについてですね、事例発表をいただきながらその事例について、意見交換をしたりしながら、広くいろんなものがいろんなコミュニティに広がるようにということでやってございます。また各コミュニティにおきましては、市の職員、企画部の職員がですね、訪問をしながらですね、困りごととか相談ごとはありませんかっていう形でですね、回らさせていただきながらいろいろご意見をいただいているというとこでございます。

委員長(八木しみ子君) 19番、田口、まだ名前呼んでないんですが。19番、田口政信委員。

19番(田口政信君) 1秒でももったいないと思ってね。申しわけございません。

委員長(八木しみ子君) 焦んないでよろしくお願いします。

19番(田口政信君) 何言うか忘れましたね。
 交付金ですんで、さまざまないわゆるほぼ定額ですよね、これね。違いましたっけ。このいわゆる交付金制度っていうものを、一体どういうふうな総括をして、今後どういうふうにしていくのかっていうことをちょっと、それをお伺いします。

委員長(八木しみ子君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 交付金の算出基礎でございますが、370円掛けるコミュニティにおける人口プラス75万円の均等割という構成でございます。ですので、金額の差異につきましては、人口の差があるという考え方でございます。
 また今後につきましては、交付金ということでございますので、補助金とは性格を異なってございます。一定程度の制約という部分はあろうかと思いますが、ほとんどは地域によって、地域の地域づくり計画に基づいた事業にお使いをいただくということで、自由にお使いをいただけるものというふうに考えてございます。これをうまく活用いただきまして、地域の宝のブラッシュアップであったり、地域課題に対する対応であったり、という部分に今後つなげていけるように、市の方としても支援をしてまいりたいというふうに考えてございます。

委員長(八木しみ子君) 19番、田口政信委員。

19番(田口政信君) こういう形で地域、支所単位、あるいはコミュニティ単位にお金を下ろしてるんですが、今後もこれを継続するようなお話でございましたし、このことはこの交付金は、これまでの十数年の経験を生かして、いわゆる、あるいは運動会の事業だったりね、そういうものを合せた交付金だと私記憶してますんで、それのほかにですね、今後の方向として市長が掲げるものも出てくるんだなってふうに思うんですが、支所長さん、今、市長がですね、財源と権限を移譲したいということで、検討委員会を立ち上げるんだってなことにしてございますが、差し当たってその支所でどういう財源と権限が欲しいか、誰か答えていただけますかね。
 中田の支所長さん、お願いします。

委員長(八木しみ子君) どちら。どちらの支所長。中田総合支所長、佐々木義明君。

中田総合支所長(佐々木義明君) 中田支所ではですね、権限それから財源というのは、これから検討されるものと考えてございますので、私からの要望っていうか、そういうのは差し支えさせていただきたいと思いますが、できればあの庁舎等ですね、財産管理の面で若干予算をいただければ、きれいな庁舎管理等々できるのかなと考えてございます。以上でございます。

委員長(八木しみ子君) 19番、田口政信委員。

19番(田口政信君) 非常に大変素晴らしい答弁いただきました。
 つまり、頭の中にないっていうことなんですよ。
 市長が方針を出したのに、支所長さん方が、その頭の中にないってことなので、その交付金を含めてですね、ぜひですねいわゆる地域がどのようなことで活性化していくか、ていう財源と権限を与えていただければというふうに思います。以上終わります。

委員長(八木しみ子君) 答弁はよろしいですか。

19番(田口政信君) いいです。

委員長(八木しみ子君) ほかに質疑はありませんか。17番、浅田 修委員。

17番(浅田 修君) 三幸学園の件でお聞きしたいと思います。この4月開校したわけでございますけども、登米市との連携があるということでありましたけれども、どのような登米市と今連携を組んでですね、教育とか、文化まちづくり等の分野において、いろんな総合協力するというふうなお話であったんですけども、今どのようなこの事業展開されているのか、登米市と総合協力しながらですね、その点お聞きしたいなというふうに思ってます。

委員長(八木しみ子君) 企画部次長、加藤 勤君。

企画部次長(加藤 勤君) 三幸学園の状況というご質問かと思います。議員もご承知かと思いますが、三幸学園が運営いたします飛鳥未来きずな高等学校につきましては、今年の4月5日に入学式ということで開校してございます。
 それで9月22日現在で、在校生が、こちら登米、旧米山高校が登米本校というふうなことなってございまして、現在17名、9月22日現在で17名の在校生ございます。さらにキャンパス校ということで、全国に八つのですね、サテライトキャンパスということで、本校から地理的に離れている場所に今設置されておる施設なんですが、この八つの施設に、249名の生徒さんございます。ということで、本校合わせますと266名の生徒さんがいるということで、状況になってます。
 それで飛鳥未来きずな高校につきましては、普通科の広域通信制の高等学校なんでございますけれども、この開校に当たりましてですね、登米市との連携も図っているというふうなことで、協定も結んでございますので、例えば地元の農業生産法人さんとかには、例えば実習とかの際に受け入れていただきますとか、卒業生、よければその雇用にも結びつけていければというふうなお考えもございます。
 それから地元の企業さんにつきましても、農業生産法人以外のですね、地元の企業さん何かにつきましても、例えばインターンの受け入れでありますとか、あと農産物等の流通販売のサポートなどもお手伝いをいただければというふうな考えもあるようでございます。
 市につきましては、これら三幸学園が運営いたします、学校、それか事業等への協力の支援等ですね、してまいりたいということで、いろいろご相談等あった際に、私の方で窓口なりまして、例えば産経部でありますかそちらの担当の方にご紹介、意向があった場合のご紹介等をさせていただいております。
 それから何か行事があるときですね、宿泊施設として紹介をしていただけないかというふうな申し出もございますので、そのときにはいろいろご相談に乗っていくというふうな状況でございます。
 それであと、ちなみに飛鳥未来きずな高校のほかに、二つのこれまで事業がございましたので簡単にご紹介させていただければ。今年の6月からですね、6月半ばから10月までに掛けまして、6か月を掛けまして、4か月ですね。4か月で訓練時間でですね、農業6次産業化実践科と、農業6次産業化実践科というふうな訓練をしてございます。これには、これは、この期間で農業、それから食分野におけます、スキルを習得させて就農、それから就農就業の方を目指して訓練をしてるということで現在訓練中でございます。それで現在、6名受講しておりまして、うち5名が登米市内の方と。それから1名が市外の方なんですが、10月の訓練期間終わりましたらば、市内の農業生産法人、なり企業の方に就職してほしいというふうな希望もございまして、そちらの方の相談にも私の方で乗らせていただいております。
 それから8月から、8月7日から4日間ですが、三幸学園におきまして、キッズ大陸というふうなことで、これ2歳から6年生まで、こちらで申し上げれば保育所それから放課後児童クラブのようなものかと思いますが、このうち小学生44名、これま、全国、出身は全国のですが44名の方が保護者と一緒に、宮城県の方に参りまして、花山少年自然の家ほかでキャンプなどをしております。その際に、8月8日には当市をお訪れていただきまして、迫ふるさと交流館、こちらを借用いたしまして、登米産の野菜などを持ち寄りましてですね、それを調理して昼食をとったりというふうなことで、全国から登米市の方にも来ていただいて、いろいろこう登米市を知っていただくというふうな機会も発生しているというところでご紹介させていただきたいと思います。以上でございます。

委員長(八木しみ子君) 17番、浅田 修委員。

17番(浅田 修君) そういった総合協力やっているようでありますけれども、登米市内でも結構不登校の児童がおる中で、この三幸学園は不登校の子を集めてですね、教育されているというようなことでありますんで、その点のですね教育部局のこの話になればまた別な課なのすか、委員長。

委員長(八木しみ子君) 関連がありますからね。

17番(浅田 修君) そういった、いいです、その後にでも、課、別な所でやっからだけっども。
 そういった、ですね協力体制の中でどのような話しされているのかなという、ふうにも心配してるんです。実際こうどんどん、どんどんね、米山高校、米山校が盛り上がっていただけばいいのかなというにように思ってるんですけども、もうちょっと登米市としても力こぶ入れてけでっしゃ、もうちょっと盛り上げてもらえればいいのかなというふうに思ってるんで、ただ、要請があればとか意向があればっていう話じゃなくて、こちらからもやはりどんどんこう情報提供しながらこういったこともやってけろという、逆に意向をしゃべっていくのもいいのかなっていうふうに思うんで、その辺の考え方ちょっとお聞きします。

委員長(八木しみ子君) 企画部次長、加藤 勤君。

企画部次長(加藤 勤君) 今年の今回、この飛鳥未来きずな高校開設に当たっては、三幸学園の担当の方が、市内それから近隣の中学校、それから高校等も実際訪問をして、ご紹介も上がったようです。と、今委員からもお話しありましたが、飛鳥未来きずな高校限らず、三幸学園の事業の中でですね、登米市にとっても、大変この全国を対象にして展開している事業者ででございますんで、ぜひシティプロモーションの意味からもですね、いろいろこちらからも積極的に声掛けをしてですね、お互いが素晴らしい結果を出せるような形で、今後も進めていきたいというふうに思っておりますのでよろしくお願いしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか、ほかにございませんか。8番、日下 俊君。日下 俊委員。

8番(日下 俊君) それでは成果説明書75ページ。交通対策費委託料13節市民バス運行業務についてお伺いしたいと思います。
 市民バスの運行については、登米産業総合高校が開校してから、高校を循環するようになり、非常に高校生の人たちは非常に便利になったというふうに思ってます。
 それからご年配者の方には、医療機関とか、そういった各医療機関を周って利便性も出たと思いますけれども、ただある程度期間が過ぎますと、さまざまなニーズの変化が出てきております。
 そういった市民の必要性というんでしょうか、意見とか要望、運行時間とか運行場所について、どのようにこの意見の吸い上げをして、それをどのように反映しているのかをお伺いをしたいと思います。1点。
 それから新田線のことについてお伺いしたいんですけれども、平成27年度からの執行的なくりこま高原駅を経由しているように思いますけども、現在今、運行しているのかどうかをお聞きします。

委員長(八木しみ子君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 市民バスに関するお問合せ2件ということでございます。
 1点目のいわゆる市民の皆さまのご意見の聴取方法ということで、特段今のところバスの運転手さんであったり、直接うちの方にご意見をいただくという部分について、運行時間であったり、あとはそのバスの運行ダイヤ等の遅延なんかも含めましてですね、ご意見をいただくという場面はございます。ただ現在、27年度から31年度までの契約となってございますので、次年度契約に向けてですね、このダイヤがどうであるかっていう部分、利用の状況等も含めて、市民の皆様から意見をいただきながら、今後のダイヤ改正等について反映をさせていただきたいというふうに考えてございます。
 また2点目の、新田線、いわゆる市民バスの新田線でございます。27年度から2年間の施行ということでやってございますが、28、27、28ということでございましたので、29、30ということで2年間、さらに施行させていただいてございます。くりこま高原駅からいわゆる中心の方に向かってくるという部分と、あとはくりこま高原に向かって行くという部分で需要も増えてございますので、それについても今後もですね、継続をさせて2年間については継続させていただきたいという方向で運行しているものでございます。

委員長(八木しみ子君) 8番、日下 俊委員。

8番(日下 俊君) あそこのくりこま高原から、この市役所の方に来る需要というのは私かなりあると思うんですよ。そこでね、問題なのが運行時間です。
 第1便にあそこを発車する時間は、お分かりでしょうか。ちなみに第1便6時50分なんですよ。あそこを発するのは。ところが6時50分前にくりこま高原駅に着く列車ってないんですよ。ゼロなんです。つまりあの前に言われてた、空バスですね。それが自然的に空バスで発車してしまうんですよ。一番早いのが、上りが6時57分です。下りが7時2分なんですよ。
 誰もお客さんいないのに、もう出発してしまうんですね。こういった運行時間どうかなと思います。1点。
 それから、新田線の最終便。最終便ってのは6時40分なんですよ。バス発車。そして新幹線で一番需要があるっていうのは、6時10分の仙台発。この新幹線は通勤通学列車と言われてます。そしてくりこま高原に着くのが6時40分なんですよ。着くのは。ところが発車するのが6時40分なんですよ。来たっけもういねえってなってるんですよ。これぜったい乗れないんですね。
 始発と最終はですね、そのように、私は最終の6時40分着の新幹線は、非常にこのバスの需要はあると思うんですよ。実は学生の方はないと思いますけど、サラリーマンの方いろいろと飲み会あったりなんかして、ちらっと飲んだりなんかするとやっぱりバスの需要はあると思うんですけども、絶対乗れない運行時間なんです。
 普通は新幹線の時間に合わせて、市線とか鉄道バスが時間帯を決めんのに、その逆になってるんで絶対乗れないようなバス時間なってんですけども、その辺の要望とか聞いたことはないでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 2点のご質問を頂戴いたしました。1点目のいわゆる、くりこま高原始発の時間ということでございます。
 朝の第1便につきましては、高原駅の乗降客という部分に加えましてですね、ウエイトが大きいのは通学の部分でございましたので、これについてやはり中身を確認しながらですね、いわゆる始発便で、お出でになる方の数量等の方も加味をしながらですね、必要に応じてですね、必要性が高ければダイヤの方の運行改正をということも検討しなければならないというふうに思ってございます。
 2点目のいわゆる最終便。6時40分発ということを、当部の方でも把握してございます。新幹線ダイヤの変更等もございますし、実際、委員おっしゃるとおり、6時過ぎにですね、仙台で業務を終わられて、帰宅する方の便が不足しているということについては、ご意見等は徴してございませんけども、部内でやはり課題として挙がってございますので、これについてはですね、運行事業者と調整をしながらですね、ニーズの高いというな判断になれば、これはダイヤを合わせていかなければならないというふうに思いますし、それほどのニーズがないという判断に至れば、現状のままということになる可能性もあろうかと思います。内容について精査をさせていただいて、皆さんに使っていただけるようなダイヤ編成を目指してまいりたいというふうに思ってございます。

委員長(八木しみ子君) 8番、日下 俊委員。

8番(日下 俊君) 市民バスの運行については、多分請け負っております宮城バスの方でも、多分何人乗って何人ていうのは把握してると思いますので、ぜひそういった資料も、定期的にいただいて、その乗り降りのお客さんがいるかいないかは、そのカウンターによって当然分かるわけで、私が見る限り、くりこま高原から出るバスについては、市民の方々から、空バスだよと、絶対乗れない運行になってるよと、まずあそこから乗るのは、その学生さん分かりませんけども、エポカに泊まってる方ぐらいじゃないですかというご意見をいただきました。
 ぜひそういったこともありますので、宮交の方からそういった資料をね、定期的に取って、やはりこう市民からニーズがあっただけじゃなくて、市の方でやっぱり積極的に需要あるところにやらないとですね、この1億6,000万円の業務委託がまた5年契約ですか。これ多分1億6,000万円ではなく、次期はもう2億円近くになると思うので、やはりこういったいっぱい乗っていただいて、運行料金を下げるっていうのも手でありますので、しっかりとその辺は、需要供給のバランスを考えて取り組むべきだと思いますけどもどうでしょう。

委員長(八木しみ子君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 委員おっしゃるとおり、市民の皆様に使っていただけるバス、利用を喜んでいただけるバスというものを目指しまして、ダイヤ等の検討の方も進めさせていただきたいというふうに考えてございます。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。それでは1款2款の質疑の途中でございますが、ここで昼食のため午後1時まで休憩いたします。
 
          休憩 午前11時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
 

委員長(八木しみ子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 初めに、21番、相澤吉悦委員に対する答弁について、訂正の申し出があります。これを許可します。収納対策課長、工藤郁夫君。

収納対策課長(工藤郁夫君) 訂正いたします。組合数でございますけども、平成28年度、私483と言いましたが、493の誤りでございます。27が500ですので、500名ですので、27と28は7組合が減ということでございました。申しわけございません。

委員長(八木しみ子君) それでは、質疑を続けます。ほかに質疑ございませんか。3番、佐々木好博委員。

3番(佐々木好博君) それでは、73ページ、先ほど伊藤 栄委員からもですね、ちょっと質問があった国際交流についてなんですが、輸出の可能性について調査も行ったと、私所管の方でもですね、ちょっと質問さしていただいたんですが、そのときの回答がですね、産経部と連携をして輸出については行ってるという回答を得たんですが、実際どのような連携を行っているのか、その辺をちょっとお聞きしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 市民協働課長、佐藤 靖君。

市民協働課長(佐藤 靖君) 輸出という部分でですね、情報提供という形でお話しはこれまでしてございました。実際にですね、今回、市長の訪米に当たりまして、産業経済部の方から職員も一緒に同行いただきましてですね、現地調査というか、確認をしていただいたという部分でございます。

委員長(八木しみ子君) 3番、佐々木好博委員。

3番(佐々木好博君) 実はですね、流通コストが大きく上乗せされるなどというの、なかなか難しいということ書いてあったんですが、これも、やはりですね、行く前からこれは分かってたことで、その上でですね、どういうふうな取り組みをしていくかということが多分大事なんだと思います。
 それでですね、今日の新聞、河北新報です。これにもですね、世界で負けなし、蔵王梨ということでですね、輸出の取り組みベトナムですけれども、書いてあるんですね。これはイオングループとの提携を経て、輸出を行うという流れになっているようでございます。やはりですね、国の政策を待って、それに乗っかって方針等をそれに沿ってっていうことで、これには成果報告書には書いてあるんですが、そういうことをしてではですね、どうしても後手後手ということに回ってしまいますので、やはり、先陣を切ってですね、新しい方向等を市としてもですね、前向きに検討していく必要があると思うのですが、いかがでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 産経部長、丸山 仁君。

産業経済部長(丸山 仁君) 現在、輸出の関係でございますが、市内では今、五つの事業所の方がですね、輸出の方に取り組んでいるところでございまして、市としてもジェトロとか、そうした関係機関と連携したその情報収集、あるいは宮城県の職員輸出促進協議会、こちらの方にも参加をしたりですね、あとビジネスチャンス支援事業等などにも含めて情報収集、あるいは支援行っているところでございます。
 それで今、輸出コストの話がございましたが、これ確かに輸出コストのこともありますけれども、それ以上に今、問題になっておりますのが、相手国側の放射能物質の規制だったり、検疫の問題というふうな自治体だけではなかなか解決できない。国でしっかりと解決してもらわければならない点もございますので、そういったところもしっかりと情報収集しながらですね、登米市で取り組む農業者の皆さんについては、しっかりと支援をしてまいりたいというふうに思っているところでございます。
 そういった中で、国の方でも輸出力戦力、輸出力強化戦略を策定しているところでもございますし、JAグループでも輸出に向けた推進委員会、こういったもの立ち上げているところでもございますので、しっかりと連携を取りながら、市としてできる分については、しっかりと取り組んでまいりたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 3番、佐々木好博委員。

3番(佐々木好博君) 放射能の問題についてはですね、今、各国がですね、徐々に制限を解いてきている状況にあると思いますので、そういったとこのですね、情報を入れながらですね、どんどん進めていっていただきたいなと思います。
 それと、あと輸出についてはですね、ジェトロがですね、定期的に海外との商談会を開催している状況でもありますので、市としてもですね、市内事業者に対して、若しくは農家に対して、そういったご案内等も積極的に行っていった方が、進むのかなと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。以上です。

委員長(八木しみ子君) 答弁はよろしいですか。ほかに質疑ございませんか。13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 概要書50ページになります。2款1項2目3細目広報広聴費に関して、ホームページの関係でございますが、33万アクセスというのは、やはり、市の情報を取得する上で、最も有効なツールなんだろうというふうなことがこれで確認できるわけなんですが、ホームページの不便さについては、十分理解をいただいてて、今年度新しく更新するということでありますし、やはり、内容の更新をどの程度できるかということに、ホームページの命が関わる、命なんだろうというふうに思ってございます。そうしたときに、一方ではフェイスブックを運用されておりますが、ここにリアルタイムな市政情報の発信に努めたということなんでありますが、本当にリアルタイムになってんのかというふうなことでございます。
 先般、29年度になるわけですが、全協の部分に関しても、実はその日にホームページに、フェイスブックに載るのかなと思っておりましたら、議長のホームページにはきちっとその日に載っておりましたが、市のホームページは、そのあと載りませんで、先ほど何時間前かに、表敬訪問された記事等々が載っている。実は8月の29日に更新されてから、9月のそのあと更新されたのが、9月の20日ということでございますので、その間フェイスブックは一度も更新されてないわけなんです。
 せっかくある情報発信のツール、そうしたものの活用については、やはり、もう少し意を用いるべきではないのかと思いますが、その辺についてどのようにお考えなのかお尋ねします。

委員長(八木しみ子君) 市長公室室長、佐藤裕之君。

総務部理事兼次長兼市長公室長(佐藤裕之君) ただ今委員の方からフェイスブックについてのお話しがございました。お話しのとおりですね、フェイスブックにつきましては、リアルな情報発信と方向性的なものがあるということで、大変有意義なものだというふうに考えてございます。
 ただ、委員ご指摘のとおりですね、リアルタイムの情報発信をすべきところをなかなかそのそういう取り組みを行ってこなかったというのは、事実としてございます。それで件数的に見ますとですね、平成27年度と比較しますと、若干ちょっと増えておりますけども、今、委員からですね、お話があったことを十分踏まえまして、これからはですね、やはり、リアルタイムな情報発信等に努めてまいりたいというふうに考えてございます。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) それから情報発信の内容なんですが、例えば、昨日NHK全国放送で登米が生中継をされたというふうな情報についても、残念ながら私どもそれを見て初めて分かるような状況でありまして、なぜそうした部分を例えばリアルにあるいは前にその市民の皆さんに情報提供して、皆さんでその番組を見ていただくというふうな取り組みがなぜできないのか。これまでもずっとそういったことがありませんでした。ほとんどありませんで、市民皆さんのツイッター等々での情報だけでございました。
 ぜひ、そういったものはですね、あるツール、ことにフェイスブック、お金の掛かんない部分でございますので、そういった部分に関してはどんどん情報発信をしていくべきだろうと思うんですが、このことについては市長が代わりましたので、市長にその考え方お尋ねします。

委員長(八木しみ子君) 市長、熊谷やすひろ君。盛廣君。訂正します。市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 議長、委員長。すいません、失礼いたしました。
 關委員のご質問でございますけれども、実は私も自分自身もフェイスブックをやっておりますけれども、非常にリアルタイムでその日のうちに情報が入るということは、私自身もよく理解をしております。ただ今のご提言でございますけれども、やはり、私の方からの指示も少し緩かったとそういうふうに思っておりますので、早速そうしたことを強化していきたいとそういうふうに思います。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 59ページの2款1項6目1細目の公有財産管理費に関わってお尋ねいたしますが、先ほどもございました飛鳥未来きずな高校登米本校というふうな部分で、成果等に地域振興及び地域経済の活性化につなげたというふうなことになっておりますが、本年4月の開校でございますが、28年度で地域振興及び地域経済の活性化にどのようにつながってるのかお尋ねします。

委員長(八木しみ子君) 総務課長、千葉 清君。

総務課長(千葉 清君) 飛鳥未来きずな高校の関係でございますけれども、成果説明書の方には、地域活性化につなげたという表現で記載してございましたけれども、開校が4月1日ということで、28年度はということなんですが、表現があまり適切ではなかったかなっていうふうに反省しておりますけれども、今まで暗い状態の学校がですね、工事をすることによって、開校の準備期間から3月には電気もついていますし、地域にとっては明るい希望もありますので、そういった意味も込めましても表現したわけでございますが、表現があまり過大過ぎたかなということで反省してますので、以後適切な表現をしたいなというふうに考えております。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 思いは分かりますけど、成果説明書でございますので、そういうふうなことであれば適切な表現に訂正をすべきだというふうに考えますが、いかがでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 総務課長、千葉 清君。

総務課長(千葉 清君) 昨年までの状況はですね、土地の貸し付けまででございますので、貸し付けでそういった体制が整ったというふうなことでございますので、そういったことで訂正させていただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 公有財産、市有地に関わる部分でお話をしたいと思いますが、先般の台風でいわゆる市有地に隣接する民家の裏山、法が崩れて住宅の所に崩れ落ちたというふうなことがございました。お邪魔をしましたらば、去年も同じような部分があって、市の方にお話をしたんですが、お金が掛かるからというふうなことで、これまで何の手当てもなかったそうでございます。やはり、市民の生命財産に危害を与えるような不安というものは、市としては解消すべきだろうと、その一因が隣接する市有地からの雨水等々の部分でということで、今回は現場も確認をいただたようでありますが、そういったことに対してですね、なぜ、1年も例えば放置をして、放置というか、結果を何の手当てもされなくて、また同じことをこういうふうに繰り返すのか、というふうな部分で大きな疑問を感じておるわけですが、この辺の見解をお尋ねします。

委員長(八木しみ子君) 総務課長、千葉 清君。

総務課長(千葉 清君) 委員お指摘の点でございますけれども、確かに昨年度からの案件というふうなことでお聞きしております。今回、同様な案件がございまして、原因といたしましては、別に貸し付けている所にも影響しているようでございまして、そちらの方への指導というふうなことも含めましてですね、市有財産の管理ということでございますので、適切に管理していきたいということで、考えております。
 なお、何年も経過、あまり置かずにですね、適切に対応するように努めていきたいというふうに考えてございます。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかに質疑ございませんか。ございませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) ございませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 質疑なしと認め、1款議会費、2款総務費の質疑を終わります。
 ここで説明員入れ替えのため、暫時休憩します。
 
          休憩 午後1時14分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時17分
 

委員長(八木しみ子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、3款民生費、4款衛生費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。2番、曽根充敏君。委員。

2番(曽根充敏君) 146ページ、単純な質問ですので、よろしくお願いします。
 成果説明書の146ページです。13節の委託料なんですが、まず1点目が津山は指定管理じゃないのでしょうかというのが1点。
 あとはですね、指定管理のばらつきがあるんですが、この南方の指定管理料だけ高いのはどういった理由なんでしょうか。ここだけです。お願いします。

委員長(八木しみ子君) 長寿介護課長、永浦広巳さん。広巳君。ちょっと名前の呼び方、訂正します。

長寿介護課長(永浦広巳君) まず、津山の老人福祉センターですが、こちらについては、直営で管理しているというものでございます。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 南方老人福祉センターでありますけれども、東郷公民館という看板がございまして、このために公民館の職員の人件費とかですね、事務費、それから車両等の借上料等も指定管理料の中に入っているということで、ほかの施設よりは高いということになってございます。

委員長(八木しみ子君) 2番、曽根充敏委員。

2番(曽根充敏君) 津山が指定管理じゃないのは何か理由があるんですか。直営でやってる理由というのはあるんでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) ほかのですね、迫から石越までにつきましては、単独の独立した施設ということで、指定管理をさせていただいております。津山につきましては、総合支所のすぐ脇にあるということで、一体の施設ということで、こちらについては直営で管理をさせていただいております。

委員長(八木しみ子君) ほかにありませんか。10番、氏家英人委員。

10番(氏家英人君) 成果説明書の191ページになります。
 東北新生園にかかわる部分なんですが、今年度から3年計画で新生園にですね、総合診療棟を建築するというふうになっています。その前にちょっとお尋ねしますが、現在の入所者数はどのくらいになっているのか。平均年齢は何歳なのか。その辺ちょっと情報いただきます。

委員長(八木しみ子君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 新生園の入所者数と年齢っていうことでしたが、平成27年度につきましては85名の入所者、年齢については、平均年齢につきましては85.1歳、28年度につきましては74人の入所者、86.1歳となってございます。

委員長(八木しみ子君) 10番、氏家英人委員。

10番(氏家英人君) ということは現在74名が入所していると、昨年に比べれば約10人ぐらい減っているということですね。そういう状況の中で、来年、再来年度を完成予定として、総合診療棟、要は病院ですよね、病院を新築しようとしているわけです国が。あと10年たったらじゃあ入所者はどうなるのかなというふうにも思うんですね。
 ここでお尋ねしたいのは、この総合診療病棟は、入所者のためだけのもの、基本的にはそうだとは思うんですけれども、2009年の4月に施行されましたハンセン病解決促進法、これによれば、そういった施設のですね、土地や施設は、地方自治体とか、あるいは住民に提供できるというふうに法律が変わったんですね、この法律の改正を受けて、全国に13園こういった新生園的なハンセン病患者の療養所があるわけですけれども、そのうちの9施設は、こういった例えば病院も含めて、市民に開放しているんですね、そういう構想はないのかなということをちょっとお聞きしたいと思うんですね。
 東北新生園は、開設もちょっと早かったんでしょうけれど、さまざまな実は取り組みをしている園でもありますが、どうしてこの部分だけこう遅れてんのかなと思うんですね。その辺分かりましたら。

委員長(八木しみ子君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 新生園につきましては、平成20、登米市といたしましては、平成26年12月に市内の教育委員会、私ども、あと各界の代表者とともに、考える会を設立いたしまして、討議を繰り返している、重ねているところでございます。
 先ほどの総合診療棟に関しましては、その中の一環で、今、入植されている方々の一番の目標といたしますのは、医療機関の充実維持であるというふうなお話し合いがございました。そういうことで国の方にお願いを繰り返しておりまして、やっと平成29年から実施に総合診療棟の実施に建設に至ったという経緯がございます。
 さらに、基本の目標の中に人権教育の場として、皆さんの今までの人権というところの大切さについての学びの場、さらに入所者と地域の関わり合いを大切にしたいということで、フクシタンの検討ということで、3点挙がっておりまして、そのことに関しても協議はしてございますが、まずは最後の国とも話し合いをしておりますが、最後のお一人まで十分な住まいを十分に満足した人生をというところがポイントになっておりまして、現在に至ってございます。

委員長(八木しみ子君) 10番、氏家英人委員。

10番(氏家英人君) 入所者さんはきっとですね、こう言ってはいいのかどうかあれですけど、年々多分、人が減っていって、仲間も減っていき、寂しくなっていくんだろうというふうに想像するんですね。だからこそ、今のうちから地域に文字どおり開かれた感じにこちら側からこう持っていく必要があるのかなと、考える会を立ち上げて、さまざまそういったことも含めて、いろいろ構想練ってるんだろうというに思います。その一環なんですかね、このウォーキング推進活動とかというものも。ぜひですね、そうやって、地域と市と園がですね、関わり合っていただきたいと思うし、せっかく立派な多分国で整備する病院でしょうから、立派なものできるんでしょうから、こういったものをですね、登米市民あるいは栗原市民も含めてですね、利用できるような雰囲気に持っていくべきだと思うんです。その辺の考えもう少しお話しいただければと思います。

委員長(八木しみ子君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 委員のお話しいただいていることはごもっともでありまして、私どももそのように考えておりまして、ウォーキングコースの設定についてもそういうことなのかというご質問がございましたので、その考えの会の中でも協議をいたしまして、私たちもこの施設を地域の方々に開いて交流できることを望まれておるということを確認いたしましたので、ウォーキングコース私たちが進めてるものを新生園の中でも一緒にやっていこうじゃないかというところでコースの設定に至っているところでございます。
 さらに、入所者の希望に沿いながら、今後の福祉指導についても考えを聞いてまいりたいと考えております。

委員長(八木しみ子君) 10番、氏家英人委員。

10番(氏家英人君) ぜひそのような感じですね、園との関係をですね、深めていっていただきたいというふうに思います。
 続きまして、成果説明書206ページになりますけども、不法投棄の監視カメラ、この設置事業についてでありますが、不法投棄が多発する個所に計18カ所、1台当たり1か月から2か月の間設置したんだと、そうしたらですね、不法投棄の未然防止に効果が見られたということであります。私がちょっと言いたいのはですね、かなり、こういった監視カメラというものの効果というのがあると思うんですね、監視カメラというのは大体1台2万前後かなというふうには思うんですけれど、どっち向いてしゃべったらいいか分かんないんですけど、ダミーでも相当効果あるということ、ご存知でしょうか。ダミーだと10分の1以下でよえることができるんですね。ダミーを増やせということと、それから、これまで不法投棄していた現場、あるいはちょっとあやしいなというふうな現場、メモリカードかなんかに映ってました。その辺ちょっとお知らせいただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) ダミーを増やすという点につきましては、ちょっとうちの方でまだ検討しておりませんが、一応3台を3カ所、9地区を3カ所ずつ2か月程度のローテーションで実施しておりまして、今までの中では、不法投棄の現場が記録に残ったことはございませんでした。

委員長(八木しみ子君) 現場の状況。

環境課長(佐藤幸子君) ですので、不法投棄の現場がカメラに残っているという現場はございませんでした。

委員長(八木しみ子君) 10番、氏家英人委員。

10番(氏家英人君) ということならですね、なおさらですね、ダミーの効果、ダミーでもかなり効果があるんではないかなということを言いたいんですね。ぜひですね、ダミーは安価なものでありますので、しかも、かなり効果があると思いますので、不法投棄この撲滅のためにもですね、数を増やしていただきたい来年から。そういうふうに思うわけでございます。
 それから、209ページであります。
 バイオディーゼルの推進事業について、ちょっとお尋ねしますけれども、現在のですね、バイオディーゼルこの活用状況というのは、どんなふうになっていますでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) バイオディーゼルの使用につきましては、近年ディーゼル車にBDFを使用することができなくなっておりまして、28年度からは公共的な車両につきましては、該当するものがなく、現在は、はんとく苑でのボイラーや農業の重機のみに使用している状況でございます。

委員長(八木しみ子君) 10番、氏家英人委員。

10番(氏家英人君) 私もそれ実は知っていたんですね、バイオディーゼル今何に使っているのかな、登米市ではということで、ホームページをちょっとチェックしたんですね。そしたらですね、目的として、載ってあったのそのまま書いてみたんですけど、有効活用されないで廃棄物として処分されてきた天ぷら油などの廃食油をバイオディーゼルに加工して、市バスや公用車の燃料として活用している。平成19年(10台ぐらい)使っていますよというね、大々的に宣伝しているんですね、これってどうなのということです。早速、ホームページ直したほうがいいのではないかなというふうに思うわけでございます。
 当初の目的から随分離れているのが、このバイオディーゼル事業なのかなというふうにも思うわけでございます。1カ所のためにこうやっているというようにも取られかねないと思います。それから、例えば、ここに表があります。廃食油の回収量が8万1,370リッターで、BDFとして使用したのは、450、4万5,400リッターだということです。廃食油から、バイオディーゼルを製造するのには、例えば100リットルの廃食油があれば、90リッターできるんですね、かなり余ってると思うんですよ。廃食油。この割合だと、この余った廃食油は毎年どうやって、どう処分しているのか。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 集めました廃食油につきましては、家庭や公共施設や店舗等から集めておりますものが、年間ですね、約2万1,000リットルで、はんとく苑さんが民間事業者と契約して集めているものが、約年間6万リットルになっております。家庭や公共施設等から回収しております廃食油につきましては、BDFとして活用されておりますが、はんとく苑さんが民間業者として契約いたしまして回収している分につきましては、業者の方に販売しているところでございます。

委員長(八木しみ子君) 10番、氏家英人委員。

10番(氏家英人君) 業者に販売というのはちょっとね、理解できなかったんですけれども、その辺はこの場ではいいとしましてですね、最後にじゃあお聞きしますけれど、このバイオディーゼル燃料推進事業のですね、この結びのお言葉です。バイオディーゼル燃料推進事業を行うことで、二酸化炭素排出量が削減されて、そして地球温暖化対策につながったと、堂々と書いているわけでございます。先ほども似たような質問でましたけれども、大げさ過ぎないかということを言いたいんですね。もし自分が担当者だったらば、こう書きますよ。二酸化炭素排出量に削減に取り組みながら、地球温暖化対策につなげる努力をするとかね、そういうふうな結びのほうが適切ではないかと思うんです。よく思うんですよ。毎年この成果説明書をいただくわけでございますが、同じような表現が何年も続いている。きっと去年もおととしも似たような表記だったんだろうと察するところでございます。
 確かに、悪い事業やってるわけではないんですけども、あまりにもこう言い切ったこの成果の説明書の記し方、これは改めるべきではないかなと思うんですけれども、市長は初めて成果説明書、多分見られたと思うんですが、どのように市長は感じますでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 氏家委員のご質問にお答えします。確かに職員の気持ちも分からないのではないんですけれども、確かに皆さんの感じるところもなるほどとそういうふうに思いますので、少し来年度からの、これには少し検討させていただきたいとそういうふうに今申し上げるしかないもんですから。

委員長(八木しみ子君) ほかにありませんか。9番、佐々木幸一委員。

9番(佐々木幸一君) 3点ほど。まずページ181ページのですね、放課後児童クラブのことなんですけども、前に子ども子育て会議という計画の中でですね、国は何か放課後児童クラブと子ども教室を一体化させる方向で考えてるというような表現があったと思うんですけども、国の考え方は、今でもそういう方向なのか。登米市としては、どういうふうな形でこれまで取り組んできたのか。その点をお伺いしたいと思います。
 それからですね、2点目が198ページのがん検診のことなんですけども、ちょっと最近ですね、ある知っている人が入院して、がんで入院したということがあるんですけれども、ちょっと話を聞いたところ、昨年は検診に行ってなかったと、ただ、何年間行ってないか、そこまではちょっと私も確認してなかったんですけども、例えば今、登米市の中で、毎年検診の案内は、毎戸に出すわけなんですけども、例えば何年も受診してない人に対してと、そういう何か通知の仕方とか、そういうものってのは今、登米市では、やってるんでしょうか。
 それから、3点目なんですけども、ページの212ページのですね、新省エネルギー導入の関連なんですけども、この事業の概要の中にですね、地球温暖化対策地域推進計画と書かってるんですけども、これは登米市版の地域計画というふうに解釈してよろしいんでしょうか。
 あともう1点、下の下段の方に、成果とあってるんですけども、住宅太陽光発電システム、また、木質バイオマス暖房機器設置ということでですね、例えばあまり長いと分かりにくいんで、バイオマスの暖房設置によってですね、1台当たり約823.2キロのCO2を削減ってあるんですけれども、これなかなか聞いてもよく解釈し兼ねるところあるんですけども、この数字的なものというのは、どういうふうに受けとめたらいいのか。何か簡単に分かる方法あるんでしょうか。以上です。

委員長(八木しみ子君) 3点の質疑がございました。順次答弁してください。子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 放課後子ども教室、子供、放課後児童クラブ、放課後子ども教室の関係でございますけれども、国の方では、放課後子ども総合プランというのが、平成26年度に作成されております。それを受けまして、市の方でも放課後子ども、登米市放課後子ども総合プランというようなプランを策定しました。その中で、放課後児童クラブと子ども教室の一体的な運用という国の方針に基づいた内容で整備しているところでございまして、この方向性については、国の方でも未だ修正ございませんので、市の方でもこういった形で児童クラブ、こども教室の一体的な運用ということで、今、取り組んでいるところでございます。以上でございます。

委員長(八木しみ子君) 次、がん検診について。健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) がん検診の通知の仕方ということで、啓発の仕方ということで、数年受けない人に対して、選択しての通知ということで、ご質問頂戴いたしました。受けない方について、選択してのご通知というのは、差し上げてはございません。ですが、毎年皆さんご存知だとは思いますが、申し込みを地域一体というのは、保健活動推進員さんを使って、地域の一体となって申し込みを取りまして、受信者の発掘をしていることと、申し込んだ方々が全員受けていただけるようにということで、86日間検診、市内全域で実施しておりますので、一度受けられなかった、自分の地区では受けられなかったという方々のために、次はこういうところで実施していますという追いかけての通知を差し上げるという方式で申し込みの啓発をしておるところで、受診の啓発をしておるところでございます。

委員長(八木しみ子君) 次、新エネルギー。環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 申しわけございません。まず、初めに地球温暖化対策地域推進計画につきましては、うちの方で策定しております登米市地球温暖化対策地域推進計画のことを指してございます。もう1点ですが、木質バイオマスの暖房機器の関係でございますが、木質バイオマス暖房機器を石油ファンヒーターと換えて積算しまして、設定といたしましては、石油ファンヒーター木造15畳タイプ1日8時間年150日稼働したという設定のもとに、1日当たりの灯油の消費量を計算いたしまして、それに二酸化炭素係数を掛けて出した数字になっております。

委員長(八木しみ子君) 9番、佐々木幸一委員。

9番(佐々木幸一君) 1点目のですね、放課後児童クラブのことなんですけれども、登米市としても総合プランというか、立ててるということなんですけども、いろいろ恐らく現場に行くとですね、その管轄からいって、いろいろ課題があるというような話も聞いてるんですけども、何か具体的にここは進めているんでしょうか。
 それからですね、がん検診のことなんですけども、前にも一度レセプトのね、取り組みの中でちょっと前一般質問でもしたことあるんですけども、やっぱり、いろんな意味で重症化すると大変だということで、そういった事業を取り入れてる自治体も結構あるんですけども、やっぱり何年もいろんな意味で受診してないとか、糖尿の予備軍とか、いろんな問題があるようには聞いてるんですけども、そういった中でやっぱり、今後ちょっと考えるべきではないのかなという意味で質問をいたしましたけども、よろしくその点もお願いします。
 それからですね、先ほどのまず今数字の計算は分かったんですけども、自分の実生活と何か照らし合わせるとどうなのかなという思いはしてるんですけども、登米市版のですね、今例えばここに太陽光とバイオマスの暖房機器の例を挙げてるんですけども、もっとこう日常的にね、自分の家の生活に帰ったときに、CO2を排出できる取り組みとかなんていうのは、登米市版のやつで何が作ってるものはないんですか。以上です。

委員長(八木しみ子君) 答弁をお願いします。子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 放課後児童クラブ、子ども教室を利用する子供さんにつきましては、それぞれ要件と言いますか、児童クラブについては、保育が必要な子供さん。それから子ども教室については、生涯学習的な面から放課後の遊び的な活動をしているというような状況でございまして、今、具体に取り組んでいるというものでございますが、児童クラブのない小学校がございます。そういった中で放課後子ども教室さんの方に、補完的な部分で児童クラブ的にやってもらっているところがございますので、そこにあくまでもその保育の必要な子供さんの部分については、児童クラブの子供というような登録で位置付けながら、子ども教室も併設して、やっていくということで、今年度1カ所、若しくは2カ所ぐらいの、今現在2カ所でですね、子ども教室で児童クラブ的なことをやっていただいているとこがございますので、そういったところで、取りあえず一体的な運営を図っていきたいなというように考えているところでございます。

委員長(八木しみ子君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) ご意見のようにですね、何年も受けてらっしゃらない方への啓発というところは、私どもも、過去に実施したことはございました。ですが、何年も受けてらっしゃらないということで、ご通知を差し上げたところ、市以外で受けていたとか、なぜ申し込まないのに、来るんだとかというご意見も多数頂戴いたしまして、なかなか取り組みが難しいなという実情を抱えているところがございます。ですので、ご意見ございました重症化対策レセプトとの連携の中で、内容を精査いたしまして、地区と連携した啓発の中で、受診の勧奨に努めてまいりたいと考えます。よろしくお願いします。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 二酸化炭素削減の具体的な取り組みについてということでございますが、今年度4月にうちの方で、各世帯に登米市住宅用新省エネルギー設備の導入支援事業補助金についてのチラシのほうを配布させていただきました。そのチラシの裏面というか、表面として捉えていただけるといいんですけれども、二酸化炭素削減量チェック表ということで、例えばエアコンの温度設定を27度から28度に冷房時すると、年間の節約金額が670円で二酸化炭素10.6キログラム削減されますと言ったような、チェック表のほうを裏面に掲載しておりまして、具体的な行動についてのご協力をお願いしたところでございます。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかにございませんか。7番、熊谷和弘君。委員。

7番(熊谷和弘君) それではですね、成果説明書の193ページの備品購入費についてでございますけれども、AED25台、それからスタンド型収納ケース25台ということで、これリースではなく、購入にした理由についてまずお伺いをいたします。

委員長(八木しみ子君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) リース、購入にした理由というところでございますが、価格的には購入の方が安いというところもございまして、順次更新をしているという状況がございます。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘委員。

7番(熊谷和弘君) それから25台ということで、設置した場所をですね、主な所でも結構でございますので、お伺いをしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 大変申しわけありません。どこの個所というのがちょっと今手持ちでございませんが、学校と公共施設、学校等に配置してございますので、配置した順の買い取りに変えているというところでございます。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘委員。

7番(熊谷和弘君) それから、同じく205ページのですね、狂犬病予防費についてでございますけれども、成果等としまして、平成28年度予防接種接種頭数4,719頭で接種率86.3%で4.5ポイント増加したということで、86.3ということは、かなり高いと思いますけれども、13.7%がやっていないわけですけども、この未接種の犬に対して、あるいはこの飼い主に対して、犬じゃなくて、飼い主ですね、飼い主に対しての指導であったり、対応というのはどのようにしているのか、お伺いをいたします。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 未接種につきましてはですね、現在、獣医師等の個別接種等を推進、申しわけございません。
 推進するようにお話ししているところでございます。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘委員。

7番(熊谷和弘君) もし、例えば常習者でですね、ずっと何十年もやったことないとか、もしそういった方いた場合なんかも特にペナルティーとか、指導のみなんでしょうか。その辺あたり、やっぱり結構周りに対する影響なんかもあるかと思いますけれども、お伺いをいたします。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 指導のみになっておりますので、今後検討していきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかにございませんか。6番、佐藤千賀子さん。千賀子委員です。なんかここちょっとひどいですね。

6番(佐藤千賀子君) 6番、佐藤千賀子です。
 決算に係る主要施策の成果説明書の中の157番、157番の3款1項目3細目ですか、3細目生活支援ハウス運営事業費についてお聞きいたします。
 大変に素晴らしい市の取り組みだと思います。大変素晴らしい市の取り組みではありますけども、定員10人に対して実利用人数12人、延べ人数14人というのは、どこの町のどの方たちが同じ同一の人、何日ぐらい利用なさってるんでしょうか。
 それからお金は、使用料はいくらぐらいになっているんでしょうか。お聞きいたします。

委員長(八木しみ子君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) 生活支援ハウスの利用日数ということですけれども、生活支援ハウスにつきましては、独り暮らしの方等のですね、高齢者の1人で暮らすのに不安があるという場合に利用する施設ということでやっております。それで実際ですね、対象は市内全域ともちろんしてございます。その中で、利用の状況が多いのがですね、冬期間、冬の時期ですね、やっぱり独り暮らしで集落から離れている自宅がですね、そういった方々の利用が多い状況でございます。ですので、その冬期間、例えば12月から3月までとか、そういった方々の利用が多い状況でございます。
 それから、利用料でございますが、こちらにつきましては、収入、所得によってということで、一例を申し上げれば、対象者がですね、収入が120万以下であれば、使用料はゼロというふうになっておりますが、ただ、食費、それから光熱費については、実費を負担いただくというような内容でございます。

委員長(八木しみ子君) どの町から入所している。利用しているか。

長寿介護課長(永浦広巳君) 利用者はですね。多いのは生活支援ハウス、東和地区にございます。東和の米谷にございますが、利用者の多い地区といいますと、東和町域からの利用者が多い状況でございます。

委員長(八木しみ子君) 6番、佐藤千賀子委員。

6番(佐藤千賀子君) それでは、独り暮らしの冬期の老人が生活するのに不安があるというのであれば、ほかの町村、町村ではないですね、町域でもそういう方たちが多ければ、これからこういう支援ハウスを造る考えはあるんでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) 今、支援ハウスとして、利用しているのがある施設ですね、委託しているのは、1施設ということでございますが、現状では冬期間に集中しているということもございます。その中で、現在、運営ですね、して、何とか運営っていうか、利用者に利用いただいて、調整してそれでその中で利用ですね、十分していただいているということですので、現状では増やすという考えは持っていないところでございます。

委員長(八木しみ子君) 6番、佐藤千賀子委員。

6番(佐藤千賀子君) 先ほども言いましたけれども、高齢者の皆さんに対して私も福祉をやる人間として、とってもいいことだと思います。だけども、市全体から考えたら、公平性は欠けてるんではないかと、そして、1,500万ものお金を掛けて市がこれから先、平成13年に造られたというので、もうそろそろですね、一般の民間の方に無償譲渡するような時期に来てるのではないでしょうか。今、世の中にですね、この間もある施設に精神疾患の親子の方がちょうどもめごとを起こして、どこにも受け取り手がない。でその施設では、本当は通所介護所なんですけれども、だけども、どこも受け取りがないので、どうか一晩だけ親の方を泊めてくれないかというようなケアマネジャーさんからの連絡で、そして、そこの所はお受けしたそうです。そして、一晩泊まって、ちょっと落ち着かれて、また親子で生活をなさってるという。そういう所もあれば、また老老に孫さんが、親じゃなくて孫さんが介護して、引き籠りの孫さんが働き始めたら、その収入があるから、老人の方がはいつくばって歩くようなそのような家庭でも生活保護も受けられないで、そして。施設入所もなかなか入れないという。そのような今、登米市の現状になっているんです。だから、だからっていうことです。もう1,500万のお金ですよ。これをここにも有効です。すごく有効です。だから、これも残して、さらにできるというのをやれば、それは何も言いません。だけども、もうそろそろ民間の中でも、いろんな方法、通所介護所、ショート、いろいろ特養とか、それからこういうケアハウスの造り方とか、民間事業がもう参入しています。それに1カ所だけで、こんな1,500万も掛けるよりも、民間にこのまま無償譲渡して、そしてまたこのお金でまた福祉の方法、別な項目に使っていただければ私はいいかなと思いますが、市長さんいかがお考えでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 市長。長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) ちょっと説明不足なところがございました。まず、生活支援ハウスですけれども、こちらもともとというか、合併前直営でやられていた施設だとちょっと認識しておりますけれども、今現在につきましては、この事業は委託ということで、恵泉会の方にですね、委託して実施しているというものでございます。それで、あと定員10名ということですけれども、年中埋まっているというわけではございませんで、ちょっと冬期間については集中するということはございますけれども、ですので、そういう場合は、冬期以外はですね、比較的利用できるということもございますので、そういった場合利用いただけるということにもなってございます。
 それから、あともう少し短期間のどうしてもですね、一時的に介護が必要な方を保護する施設の事業といたしまして、家族支援レスパイト事業という方もございまして、こちらでですね、支援ハウス運営の方よりも短期間になりますけれども、こちらでその事業、レスパイトの事業で施設で養護できるという事業もございますので、そちらの方もですね、利用いただきながら、進めてまいりたいと思っております。

委員長(八木しみ子君) 6番、佐藤千賀子委員。

6番(佐藤千賀子君) 私的にはですね、今、介護のいろいろな事業参加のいろんな各会社っていうんですか、事業所というんですか、いろんなのがあります。ですから、もうそろそろ市でその独居老人ですか、高齢の人たちが生活するために市で1,500万も掛けてやるよりは、民間の事業者に無償でこの施設を無償でお譲りして、そしてやるべき時期に来てるのではないかなと思いますが、いかがでしょうか。

委員長(八木しみ子君) どなたにお聞きしますか。長寿介護でいいですか。やっぱり内容がね、方向性だから。

委員長(八木しみ子君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) ただ今の施設の譲渡の件でございますが、これ平成27年度にですね、恵泉会の方にですね、譲渡しておりますので、その運営の部分の委託料を1,500というふうなことでご理解をしていただきたいというふうに思います。
 なお、こういったケースの場合ですね、これから2025年問題と引き続き関連するものでございますので、民間の力を借りる機会がですね、これからいろいろな情報を踏まえながらですね、こちらでもそういった連携を持ちながらですね、こういった高齢者福祉の方の向上に努めてまいりたいというふうに考えております。

委員長(八木しみ子君) 6番、佐藤。

6番(佐藤千賀子君) ぜひとも、公平に皆さんで福祉が与えられますように、どうぞよろしく、よろしくではだめなんですか。よろしくお願いいたします。

委員長(八木しみ子君) 指名されてから、質疑をしていただきたいと思います。
 ほかにございませんか。
 3款、4款の質疑の途中でございますが、10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後2時02分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時09分
 

委員長(八木しみ子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 3款、4款の質疑を続けます。25番、伊藤 栄委員。

25番(伊藤 栄君) 成果説明書144ページ。
 この生活困窮者自立支援費の中の成果等でありますが、相談受け付け件数178件。うち男性、女性、性別不明があるわけですけどもちょっと気になったもんで、ここをお知らせお答えください。

委員長(八木しみ子君) 生活福祉課長、田村啓峻君。

生活福祉課長(田村啓峻君) この事業につきましては、ともまち登米の方に委託させていただいてる事業でございます。
 ともまち登米の集計でございますが、私の方でもこれはちょっと確認した、確認しておりまして、記録ミスで男女のどちらかがちょっと記憶がないというところで不明ということでございます。

委員長(八木しみ子君) いいですか。25番、伊藤 栄委員。

25番(伊藤 栄君) これは成果説明書ですので、今回はいいとしますよ。しかしね、性別不明ていうのはありえない話で、これでね、次年度から直してくださいね。よろしいです。
 それから、209ページ。
 これね、河川湖沼水質調査でありますが、河川は6カ所、湖沼2カ所でありましたね。ところが湖沼の方が、調査の結果ないですね。これ、私は河川よりも湖沼がどうなっているのかなっていうことですが、湖沼がないということはどういうことなんでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 答弁お願いします。環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 大変申しわけございません。次からは記載するようにしたいと思います。なお結果につきましてですけれども、うちの方で実施している水質調査は機織沼と平等沼の2カ所になりまして、平成28年度の結果につきましては、機織沼のCODが6.3、平筒沼のCODが8.1という結果になっております。

委員長(八木しみ子君) 25番、伊藤 栄委員。

25番(伊藤 栄君) ここにその他の湖沼はないんですか。その他の湖沼はどこで、検査してんでしょう。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) その他といたしましては、宮城県の方で、長沼と伊豆沼の方の検査をしております。結果につきましては、今最新が平成27年度の数値になっておりますけれども、長沼のCODが9.1、伊豆沼のCODが8.9となっております。

委員長(八木しみ子君) 25番、伊藤 栄委員。

25番(伊藤 栄君) 登米市の検査は、機織と平筒、県では宮城県では、長沼と伊豆沼ということですね。それで今、担当課長から長沼と伊豆沼ありましたけれども、この間の私の答弁では、全国ワースト2位の長沼が本市にありますよっていうことですね。それで、ボートの関係ちょっと話しますけれども、ボートの関係者まず、沼とか湖に来まして、わあ広いな、すごい景色いいな。さて、水質はどうなんだってこと必ず見ます。それでね、長沼はワースト2位ですよ。これを何とかしなければ、私はね、いい印象はないと思うんです。それでこの間時間ないところで少し話したんですけども、今も時間ないんですけども、担当部長さんね、部長ね、この間、曝気、曝気装置と噴水の話をしました。
 この長沼とてね、私は十分水質改善にはかなりの効果が出ると思いますが、担当部長はどう考えているか、そこをお聞かせください。

委員長(八木しみ子君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 委員ご指摘の部分については、西川町の事例をお話しされてるっていうふうなことで、認識しておりますけども、この関係については、設備とか維持管理とかっていうふうな、いろいろなその課題整理がまだできておることがまだできないものでございますので、この関係については今後ですね、調査研究というふうな観点と、あともう一つは、水質に詳しい水道事業所の関係部局ともですね、よく相談を申し上げまして、この取り組みの部分について、再度申し上げますが調査させていただきたいというふうに考えております。

委員長(八木しみ子君) ほかにありませんか。もっとですか。25番、伊藤 栄委員。

25番(伊藤 栄君) ただ今の答弁は、先にも市長からもいただいたわけでありますけれども、長沼は以前ね、平成3年か4年あたり、浚渫をしましてかなり深くなりましたね。以前は、浅かったんですけども、大々的に浚渫、宮城県で浚渫工事をしまして、今の水位があるわけでありますけれども、この曝気装置とか噴水つうのはね、ある程度の深さがないとだめなんだそうですが、長沼は十分値するということでありますので、よく今後に向けて調査していただきたいと思います。以上です。

委員長(八木しみ子君) 答弁はいいですか。ほかに。12番、武田節夫委員。

12番(武田節夫君) 成果説明書の保育の委託料について伺います。173ページ。
 ここに施設型と地域の、地域型あるんですけども、この認可保育所の中で、第1希望どおり入られている方が何割ぐらいなのか、と申しますのは、2年ぐらい前に豊里のある方が申し込んだら第1希望が入れなくて、職場が米山なのに石越の方へ行かざるを得ないっていう、そういうすごい不合理なそういう形で、1年間保育所にやらざるを得なかったってそういう話し聞いてるんですね。ですからほら今、あともう一つ、その、その対策が今、そういうことが起きていないのか。もう一つ、何だっけ忘れちゃった。それあと聞きます。

委員長(八木しみ子君) 答弁願います。子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 入所の関係の希望どおり入っているかということでございますけれども、第1希望で入所される方が、今年度の入所の6月1日現在でございますけれども、約92%の方が第1希望で入られてるということでございます。
 ちなみに第2希望ですと、約5%ぐらいになってくるという状況ででございます。

委員長(八木しみ子君) 12番、武田節夫委員。

12番(武田節夫君) その第2希望の方々は、納得して当然入っていると思うんですけれども、その辺どうなんですかね。どうしてもやむを得ないという形で行っているものなのか、やはり勤めながら、専業主婦はだったら仕方ないなと思いうんですけども、やっぱ勤めてる人っつうのは、極端に遠いところだとすごい時間が掛かると思うんですね。その辺の考え方と、あとその無認可保育所ってのあるんですか。あともう一つその、保育所の待機者が一つゼロなのかどうか。その辺も伺いたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 第2希望が納得しているのかということでございますけれども、保護者の希望で第1第2第3と、第3希望まで、希望のある方は第4ぐらいまで書いてくる方もいるんですけども、そういったことで保護者の希望にできるだけ沿うように、上位の方から利用調査させていただいてるというのは現況でございます。
 それから無認可保育所でございますけれども、現在1カ所ございます。そこにつきましては保育の必要な方、若しくは保育、家庭的には保育が必要ないけれども、預けたいという希望の方、そういった方々が通所しているようでございます。
 待機児童の状況でございますけれども、待機児童については6月1日現在で、国定義で3人でございます。自己都合の方が28人でございまして、31人の方が何らかしらの形で待機しているというのが6月1日現在の状況でございます。

委員長(八木しみ子君) 12番、武田節夫委員。

12番(武田節夫君) 無認可保育所の方が、認可申請はしてるんですかね。ていうのは多分、認可保育所と無認可では、待遇ていうか補助金とかそれが若干多分違うと思うんですよね。よく聞く話で、よそから聞くんですけれども、無認可だと悪くは解釈しないでけさい、都合よく無認可だと役所ではいいんだって話を、よその自治体から聞くんですね。というのは認可保育所で、溢れた人を無認可の方にお願いして、それを何とか受け入れてやってもらえるって話も、登米市ではないですよ。登米市はないと思いますけれども、その辺の考え方と、あと今後はですね、やはり公立の保育園の給料と、認可保育所の保育士の給料の差っていうのはここでは数字は示されないと思いますけれども、多分相当の差あると思いますね。それによってどうしても比較がちなんで、やっぱり数年後には保育士になる人が少なく、多分欠員が生じてくるんじゃないかなとそういう懸念をしてるんですけども、その辺どうなんでしょうかね。例えば需給バランスなんですけれども、人が増えても保育士が集まらない。それはなぜかっていうと、やっぱりそれは園側の対応なんでしょうけれども、それ以上に給料、身分ていうかその辺がやっぱり低いためにやめるっていう、入れないっていう方が結構聞くんですね。
 その辺、公立と私立の認可保育所との職員の給料の改善を今後どう考えていくのか、その辺だけ聞いて、時間ないから終わりにしますこの件については。

委員長(八木しみ子君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 認可外保育所、無認可、認可外保育所と通称いいますけれども、認可外保育所で認可を希望していないのかということでございますが、今般平成27年度からの新制度に伴って、それまでの無認可保育所の皆さんはほとんど小規模事業所という認可の保育所に移行されて、していただいたところでございます。
 その中でも、その施設の希望としまして、認可にならなくても無認可の要望もあるという、市民の要望を受けた形で現在も継続している所が1カ所でございます。ただしその無認可で経営してる所につきましても、併設として認可の小規模保育事業所を運営しているという状況でございまして、そういった形で今無認可保育については運営しているところでございます。
 それから給料の関係でございますけども、公立の保育所につきましては、正職員、非常勤、おるわけでございますが、正職員につきましては、市の行政職給料表を使っておりますので、給料については民間よりも高いかなというふうには思っておりますが。
 非常勤の保育士につきましては、民間とほぼ同じような月額で、今、市の方では対応しているといな、ほうに認識してところでございます。

委員長(八木しみ子君) 12番、武田節夫委員。

12番(武田節夫君) もちろん公務員と差あるのは当然です。ただやっぱり、保育園で長く働くには、ある程度の身分を保証するようなやっぱり給料体系に持っていかないと、園側としても経営が大変になると思います。その辺私聞いてるだけ、心配して聞いてるだけです。その辺の差額をね、園側でこれしか出せないとやれば仕方ないですけれど、園側もやっぱり企業努力だから、そういったことをこれから検討しなくちゃいけないと思うんですけれども、その辺もですね、給付費の中にやっぱり市としても状況が変わっていけば当然少し上げて少しでも職員の方々に手立てをするような方向でやっぱり検討していくべき必要があると思います。その辺の考えだけで結構なんでお願いします。市長だね。

委員長(八木しみ子君) どちらに。子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 民間の保育士さんにつきましては、国の処遇改善加算というのがございまして、国の方でもかなりの額でベースアップを図るような施策を今行っているところでございます。それらを活用した中で、民間の保育士さんの方には事業所さんの判断で、取り組んでいただくというとこでは進んでおります。
 市の方といたしましても、非常勤職員の給与につきましては、昨年からその3段階に、勤務年数に応じて、3段階の給与体系にして非常勤さんを任用しているような状況でございます。

委員長(八木しみ子君) 12番、武田節夫委員。

12番(武田節夫君) 公務員のことはいいんです。私は民間のこと言ってんです。非常勤とかそういうのをなくして、民間としても非常勤の人たちも長くそこで安定的に仕事ができるために、ある程度の待遇を行政として、少し上積みしてもいいんじゃないかっていうことの考えを聞いたわけです。公務員のことは聞く必要ありません、私は。
 市長、その辺、今後保育体制を充実していくための方策として、職員、認定保育所の認可保育所の職員のやっぱり待遇を今後どういうのにして、市として手当てできるかできないのか、その辺の考えを、行政のトップにお聞かせしていただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 武田委員のご質問にお答えしたいと思います。ただ今課長の方からも答弁ありましたけれども、確かにそうしたその給与格差っていうものは私どもも耳にいたします。ただ国の制度としての問題でございますので、それはしっかりと国に働き掛けていくしかない、そういうふうに思ってるところでございます。

委員長(八木しみ子君) いいですか。ほかに質疑ありませんか。
 まだ言ってない、同時でしたので、20番、沼倉利光委員。

20番(沼倉利光君) 成果表の165ページにございます、迫児童館建設事業の設計業務についてお伺いをいたします。
 この件につきましては、議会でもさまざまな意見があり、また常任委員会、教育民生の常任委員会でもいろいろな意見が出され、設計の見直しという形になっている現在で、現在その設計が委員会ではまだ示されておりませんけれども、見直しの金額が前の前の委員会で、確か5億くらいでしたかね、お話あったときに、いやそれでも高いと、まだ登米市内にはこの児童館が全然その建設されていないとこもあるので、しっかりとした見直しをしてほしいということで、本この会議で、話がされました。これ、あえて私が委員会でお話ししなかったのは、政策的なことでありますので、市長ともう一回ですね、この前見直すという意見、発言でありましたけれども、再度ここで確認させていただきたいというふうに思います。
 それから成果表214ページの、ごみの減量化についてであります。現在どのようなこのことについての推進をしてるのか簡単に説明お願いします。

委員長(八木しみ子君) 児童館。市長にですか。直接いいですか。市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) ただ今の件でございますが、先般の議会でもお話申し上げましたが、その分についてはスレさせてですね、今現在、設計の部分を急がせておりますので、その設計の結果を見据えながですね、建設部と連携しながら施設の整備に当たっていきたいいうふうに考えております。

委員長(八木しみ子君) ごみの減量化について。クリーンセンター所長兼衛生センター所長、末永 隆君。

クリーンセンター所長兼衛生センター所長(末永 隆君) ただ今のごみの減量化の問い合わせでございますが、クリーンセンターが主にごみの減量化ってことで取り行っておりますが、ただ今登米市の環境事業所としては、4R運動、これを推進しております。
 リサイクルに始まりまして、リフューズ・リユース・リデュースということで、こちらの4R運動を、事あるごとに市民の皆さんにPRしたり、それから小型家電、これ4月から始めましたが、小型家電の回収、それと資源化。ごみの資源化。分類をしまして資源化することによる減量化。こういったものに取り組んでおります。なお一層取り組んでいきたいと思っています。よろしくお願いします。

委員長(八木しみ子君) 20番、沼倉利光委員。

20番(沼倉利光君) 児童館につきましてはですね、市民生活部長の発言でありましたし、これはまずは所管の方にも示していただいて、でき上がってからこうですというようなこと、この前いろんな意見ありましたので、なおそこはしっかりと意見を聞きながら、設計に頑張っていただきたいというふうに思います。
 ごみのことですけども、なぜごみの話をしたかというと、実は市長はもちろんご存知だと思いますけれども、今回豊里町域の皆さんの温かいご理解を得ましてですね、最終処分場が建設されました。それから、クリーンセンターもですね、建設されました。
 広域4事業、合併前の大きな課題でありました。広域4事業の事業費、62億円です。
 この二つの事業で、133億円も掛かってます。広域4事業の倍以上のお金が、この豊里のこの地域に建設されてあります。
 これやはり、登米市にとって1日も、1年どころか1日もですね、長くみんなで使えるようなためには、しっかりとした広報をしてもらいたい。そのためには広報の所でお話しすると思ったんですけれども、登米市のトップレベルのですね、県下で国内にも有数な広報でありますんで、ぜひ広報でこういったことを取り上げてもらってですね、133億円掛かった登米市のこの宝を、1日でも1時間でもですね、長持ちさせるそういった運動をしっかり、市長、頑張っていただきたいと思いますがいかがでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 沼倉委員のご質問にお答えいたします。確かに大変登米市にとりましては、大きな負担となるクリーンセンター、あるいはそうした工事でございましたので、やはりこれをしっかりと運営しながら長持ちさせていくためには、やはり市民の皆様方にする、対するそのごみの対する、減量化に対する考え方をしっかりと啓蒙活動していきたい、そういうふうに思います。ありがとうございます。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかにありませんか。23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) 説明書の206ページの不法投棄の監視カメラ設置事業についてお尋ねをします。
 人目がつきにくい市道や河川の入り口、脇と。これまで山林等にも前にもタイヤとか洗濯機とかありましたが、その辺の山林への投棄はなかったでしょうか。
 それから監視カメラ1台いくらぐらい。それから1か月から3か月ごとの期間で18カ所にってことは、この監視カメラを移動してのことだと思いますが、それで4台で回して十分でしょうか。今後の考え方お伺いします。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 監視カメラの設置場所につきましては、基本的には総合支所の担当者の方と相談しながら不法投棄が多い場所に設置しておりまして、山間部についてもそういった状況があれば設置をしているところでございますが、ただ設置する際にですね、電力塔とか、NTT塔とかには、設置が難しく基本的にはうちの方で設置しております、防犯灯等がある場所に設置しているところでございます。
 また監視カメラにつきましては、平成27年度に購入しておりますけれども、カメラ1台について5万5,000円に消費税というような形で購入しております。しましては、大体、そうですね二、三か月でさん、動いているんですけれども、外せばやはりまたそこに不法投棄が増えるといったような、いたちごっこ的なことがございます。ですので、そちらの方のカメラの設置につきましては、今後検討をしていかなければならないのではないかと考えております。
 4台につきましては、そちらにつきましても先ほど申し上げましたように、設置の個所を増やす等と併せて、検討させていただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) 全くそのとおりなんですよね。市内9町、まして山林が40%の登米市でございます。4台でその移動して回すていう、4台って、各町域で4台だら話しは分かりますけれども。今後はやはり山林、河川。河川もかなり面積が上流から下流まで、面積というか距離が長いと思いますので、その辺で考えますと4台のカメラで移動するということは到底考えられないんだ。この辺はきちんとした固定の中で、不法投棄をなくすような、それが監視カメラの役目ではないかなと思います。もう一度答弁お願いします。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 先ほどの答弁に付け加えさせていただきますと、監視カメラにつきましては足りないときにはですね、保健所の方から、県の方で貸し出ししておりますので、保健所の方から借り受けて、昨年も1台借り受けている状況がございます。なおそういった場所が多数ございますので、購入については今後検討させていただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) 県の方から1機借りて、それは1年ずっと借りっぱなしでいいですか。ならば、それが可能ならば1台でなく2台も3台も借りられないんでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子委員。幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 宮城県で持っている台数もあまり多くないことから、1市だけがずっとというわけにもいかない状況でございますので、限られた期間ということになりますので、その辺はご了承いただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) ごみは限られた期間内に、不法投棄というのはいつでも不法投棄できるんですよ。たまたま借りられたとき、監視カメラ設置したとき不法投棄あれば、初めて監視カメラに映るのであって、監視カメラ取った後に、撤去した後に投棄された場合は、また次の監視カメラを設置した時点でしか分からないのではないでしょうか。確認。不法投棄の確認はどのようにやってるんですか。巡回して確認してるんでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 監視カメラを設置する際にはですね、監視カメラ設置中という看板等も一緒に掲示しておりまして、監視カメラをつけている間は先ほども申し上げましたけれども不法投棄がなく、外すとまた再開するといったような状況でございますので、固定化ということも念頭に入れて検討させていただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。検討していくということです。
 ほかに質疑ございませんか。1番、上野 晃委員。

1番(上野 晃君) 2点の質問をさせていただきます。
 1点目なんですけど、東北新生園がらみなんですけれども、市長が就任依頼、東北新生園には何回訪問されたことがあるか、ということと、それからの今の不法投棄のカメラの件なんですけど、成果報告書の206ページ。ちょっとこの、カメラ設置事業のこのところよく分かんなかったんですけど、監視カメラ4台を人目がつきにくいところに設置して、不法投棄の撤去指導した、撤去指導した事案の発生がないのに、どういうことでこの未然防止に効果が見られたという結論になってるんでしょうか。2点お伺いします。

委員長(八木しみ子君) 答弁願います。市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 上野委員の質問にお答えをいたします。新生園の方には、市長に就任してから2度伺っております。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 不法投棄が多い場所が、人目がつきにくい市道や河川の脇ということでの解釈をしていただければと思います。

委員長(八木しみ子君) いいんですか。
 ほかにありませんか。14番、岩淵正宏委員。東和町。

14番(岩淵正宏君) すみません先に。先にさせていただきます。
 監査委員にお聞きしてもよろしいでしょうかね。決算ですからね。
 決算審査意見書の50、60ページちょっと。
 個別事項の部分の市民生活部の欄でございます。この市民生活部の欄の3行目。扶助費について毎月の定期的な支払事務に遅延が見られた。この部分でございます。どのような原因、理由でね、その遅延となったのか。
 やっぱ例えば扶助費の中で生活保護等なんか、遅延すると本当に生活に困る事態になるのかなと思いますので、この原因、理由をちょっとお聞きいたします。監査委員に聞いてます。

委員長(八木しみ子君) 監査委員、島尾清次君。

監査委員(島尾清次君) お答えをさせていただきます。この件につきましてはですね、毎月支払わなければならない医療費扶助費をですね、病院の方に出納整理期間内になってからお支払いをしたというふうな状況でございます。
 これらについてはですね、やはり役職者もきちんとこうチェックしておけば、こういったことがなかったのではないかと思いますので、今後についてはですね、そういう相互のチェックなどについても厳重にするようにお話をさせていただいております。

委員長(八木しみ子君) 14番、岩淵正宏委員。

14番(岩淵正宏君) 分かりました。個人ではなくそっちのね病院の方にということで、安心しました、
 それでは成果表の中から142ページ。戦没者追悼式費の中からちょっとお聞きいたします。成果等では、戦争の犠牲になられた御霊を何ですかね、云々あります。27年度実績と比較して、この慰霊祭に参加した人数分かればまずそこからお聞きいたします。

委員長(八木しみ子君) 生活福祉課長、田村啓峻君。

生活福祉課長(田村啓峻君) 戦没者の追悼式の参加者数でございます。平成27年度が434人でございます。平成28年度が371人ということで減少傾向でございます。

委員長(八木しみ子君) 14番、岩淵正宏君、委員。ごめんなさい。

14番(岩淵正宏君) いいです。60人以上減ってきている。これ恐らく来年ね、今年、来年、減っていくのかなというのが予測されるわけでございます。成果等でね、悲惨な歴史を繰り返さないよう、平和を、平和を祈念した。こういう形でやる追悼式でございますので、やっぱり小学生以下、小学生及び中学生、その戦争の歴史、恐らく勉強し始める年代の参加も私はあっていいんでないかな。広島の原爆の記念、慰霊祭でも小学生等が作文を読み上げるんのを見て、本当に涙の出るような光景を目にしていますが、この戦没者追悼式にぜひこれ今後の部分なりますが、ぜひそういう方法っていうか、何らかの形を持っていくのが、この式の本当のこの本質ではないかなと思うところでございます。担当、または市長の方からでもいいですからご答弁いただければと思います。

委員長(八木しみ子君) 生活福祉課長、田村啓峻君。訂正します。福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 小学生中学生などの参加もよいのではないかというご提案でございます。これまで我々この追悼式典開催する中で、そういった考えはちょっと持っておりませんでした。改めて検討する必要があるんだろうというふうにも思いますし、遺族会の方々とも相談したいと思います。よろしくお願いいたします。

委員長(八木しみ子君) 市長の意見を聞きますか。14番、岩淵正宏委員。

14番(岩淵正宏君) それでは、その分についてはね悪いことではないと思いますね私は。誰もが悪いことではない、思うんじゃないですか。そのような形、研究よりもぜひ私は、市長からいいご提案です。すぐやりますってこう言ってもらえばいいと思うんですが、それはいい方にご検討願います。
 166ページ。児童福祉一般事業費の中で、予算額4,500万に対して決算額3,800万、いうような形で、ちょっと決算、予算に対しての決算が600、800万、700万ぐらいですか。ちょっと少ないような形に28年度は終わりました。ここでまた第3子以降の出生に対して、誕生祝金の支給を始めて、10万円を98件にお支払いしている。ここの部分でその第3子以降やってみて、登米市の総合計画、出生率なんぼにするとか、その目標若しくはあったたかちょっと定かではないんですが、10年間でなんぼに、このペースでその目標が達成しそうなのかどうか、担当部としては何人ぐらいこの第3子の出生を見込んで立てた予算なのか、分かればお知らせいただきます。
 それからもう一つね。この別で、その18節の方で、これ事故防止用の防犯カメラビデオカメラかと思います。中江保育所ほか7施設。変なね、変質者等も出ないように、子供たちを守るという意味での備品購入、設置かと思うんですが、今後は各その市立でも、市の方から登米市民の子供たちを守るために補助しますから付けてくださいよというような方向で考えているのか、その点もお伺いします。

委員長(八木しみ子君) 2か件について答弁お願いいたします。子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 誕生祝金の関係でございますけれども、これら当初予算におきましては、136人分見たところでございました。この積算でございますけれども、3歳以降の、26年度生まれの子供さんをもとにしまして、第3子以降の子供を22.9%というような形で、想定させていただいたところでございます。その結果、結果的には98人の出生にとどまったという状況でございます。
 ちなみにですね、現在のところ9月22日現在でございますが、今年に入って62人が第3子ということで、10万円を交付しているところでございます。
 それから2点目のビデオカメラ防犯のカメラの関係でございますけれども、防犯につきましては国の補助がございまして、その補助の活用を各民間の方、公立も含めてですけれども、民間公立の方に設置希望を集約して国の方に申請しているところでございます。子育て支援課としましても、そういった事故の事後検証にもなりますので、そういった取り組みでできるだけ付けてくださいということで、登米地域保育所協議会の園長会議等の場でも推進しているところでございます。以上でございます。

委員長(八木しみ子君) 14番、岩淵正宏君委員。

14番(岩淵正宏君) 人口、その出生率、10年で6,000人、かなりこの難しい形なんですかね。その遅れを取り戻すためにどういう施策、方策考えてますか。これを振り返ってどういう対処法、お願いします。

委員長(八木しみ子君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 子育て支援と総合計画の目標6,000人と、1年に直すと100人、600人ということでございますが、ご案内のとおり、600人には果たしてはいないわけでございます。具体に申し上げればですね、平成27年度の出生者数が518人でございました。平成28年度は、いくらかといますと530人ということで、若干ではございますが増えているという状況が見えているということでございます。今課長から申し上げましたが、第3子以降の誕生祝金、あるいはですね、平成28年度から保育料の第2子半額、それから第3子無料化。こういった施策を打っております。こういった効果もあるんだろうなというふうに考えてますし、今後もそういった施策を打ちながらですね、子育て支援に努めたいというふうに考えています。

委員長(八木しみ子君) 14番、岩淵正宏君委員。

14番(岩淵正宏君) これはね、この第3子以降の祝い金だけで当然増える、いうふうには思っていません。移住定住当然それも絡んでくる部分かなと、ですからそのPR、前にも委員さんの中から佐沼だけで移住のお試し体験いいのか、さまざまなやっぱ意見等出てますよね。こういう実績を振り返りまして、登米市のよさのアピール、または自然の豊富さのアピール、自然豊かなとこで、こういう第3子にはこういう政策もあるんですよと、併せ持った人口増の対策が必要なのかなというふうに思っております。
 プラス、その観光もね、市長が言う伝統文化、この保存も全部噛み合わせなければ、だめかと思うものでございますんで、市民生活部なら市民生活部、果たしてこれでいいのかと、去年の実績こうだからと終んでなくて、ほかの市やっぱ検討、例えば検討するなり、こいづも登米市だったら取り入れられるというなのをねぜひ出していただきたいなというふうにこう思ってございます。提言になりますが、この決算終わったからいいでなくて、ぜひ振り返って、さらなる前進を続けてほしいと思います。答弁いりません。

委員長(八木しみ子君) いりませんか。答弁もらいましょうね。福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 子育て支援の関係でございますが、平成29年度からは小学生の入学祝金支給事業こういった事業にも取り組んでいるところでございます。
 なお補正予算でですね、お認めいただきましたその保育士確保のための対策等についても新たに取り組んでいるという状況がございます。
 特に最近のメディアの報道の中でもですね、さらに子育て支援の充実というのが、お話も出ておりますので、そういったところを捉えながらですね、登米市としてもさらに子育て支援の充実に取り組んでまいりたいと思ってございます。

委員長(八木しみ子君) 3款、4款の質疑の途中でございますが、10分間休憩といたします。
 
          休憩 午後2時57分
────────────────────────────────────────────
 
          再開 午後3時05分
 

委員長(八木しみ子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 3款、4款の質疑を続けます。
 質疑ございませんか。11番、工藤淳子委員。

11番(工藤淳子君) 所管なんですけど、聞きそびれたので、すいません。
 概要書の168ページ、家庭児童相談室運営に関して、このDVの専門の家庭児童相談員二人配置ってなってるんですけども、この方はどういう方がなっているのかと。
 それから、成果の方では、実人数412人と本当に多くなって、前年度比較しても、82人の実数、延べ人数で12人、14人多くなってるってあんですけれども、もちろんこの方一人でやるわけじゃない、いろんな関係機関と連携してやるんですけども、この相談員二人で足りているんでしょうか。足りなくないのでしょうか。
 そして、どういう対策をとっているのか、大雑把でいいです。お願いします。

委員長(八木しみ子君) 答弁願います。子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 家庭児童相談員の関係でございますけれども、家庭児童相談員につきましては、市の家庭児童相談員設置規則という規則がございます。その中で任用という部分でそれぞれ決めている部分がございまして、例えば学校教育法に基づく大学なんかで学科を修めた方、それなりの学科を修めた方、それから医師、社会福祉士、社会福祉主事として2年以上児童福祉事業に従事した者、それから前号に掲げる者のほか、相談員として必要な知識、機能、経験を有する者というような部分がございます。こういった部分をもとに、2名の家庭児童相談員を任用しているところでございます。
 そのほかにですね、家庭児童相談部分では、2名の非常勤の家庭児童相談員のほかに、保健師を2名配置しておりまして、4名体制でこういった相談業務に当たっているというのが実情でございます。以上でございます。

委員長(八木しみ子君) それから対策。

子育て支援課長(鈴木文男君) 対策としましては、随時、支所に相談行った方からの支所からの相談、それから、直接子育て支援課の方への電話相談、それで警察の方からも問い合わせ等もございますし、随時そういった相談には応じる体制を取っております。その中で児童相談所に関わるケース、それは警察の方に話さなければならないケース、そういったケースもございますので、そのほかにですね、一時保護的な取り扱いもあるものもございます。そういった部分を第1の相談場所として家庭児童相談室で行っているというような状況でございます。

委員長(八木しみ子君) 11番、工藤淳子委員。

11番(工藤淳子君) 私もほんとに少ないんですけど、何件か相談されてる方を見ると、ほんとに見つけにくいというか、自分の知り、顔見知りだった方に相談されて、そういう要素が全然分からないのに、えっと思ってびっくりするんですけども、だから、宮城県でもこのDVの発生件数が全国でも1位ってあるんですけども、宮城県、登米市でも同じ状況なのかなとちょっと思うところがあるんですけど、それから、もちろん子供、親から受けてる場合は絶対子供は周りの大人には話さないし、そういう面があるんで、広くどうしたらいいかというのが私もはっきり分かりませんけども、アンテナ張っておく必要がすごくあるんじゃないかなって思います。
 それから、今の答えで保健師さん、児童相談員の方のほかに保健師2名というのは、特別にこういうこれに当たってる方、保健師なのか、その辺お願いします。

委員長(八木しみ子君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 保健師2名につきましては、こういった相談業務に当たっているということで、DVも含めた相談業務に当たっているという状況でございます。

委員長(八木しみ子君) 11番、工藤淳子委員。

11番(工藤淳子君) 一度こういうふうになると、その解決にはほんとにほんとに時間かかって、市の方たち、関係する方たち苦労してるんじゃないかなと思うんですけども、そういう意味でもこの保健師さん2名、ほかの業務をもちろんやりながらなんですよね。だから委員会でもちょっと出てきたんですけど、保健師さんをもっと外に出て歩くように、そしてすべきじゃないかってちょっとそういう意見がね、出たんですけど、そういう保健師さんの体制、ぜひこういうところにも常に時々機会を見てこういう方たちもちろん訪問したりしてると思うんですけども、もっと数多く解決するために、子供たちとか、そういう大人もあるんですけども、対応していただきたいなと思うんですけど、どうでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 配置しております保健師2名につきましては、母子保健以外で専門にこの家庭児童相談、DVに当たっているという人たちでございます。
 それから、相談業務につきましては、国の方からも児童家庭相談支援援助指針なる指針も出されておりまして、かなり詳しい指針もございます。そういったものを参考にしながら、日々業務に当たっているという状況でございます。

委員長(八木しみ子君) ほかにございませんか。18番、佐藤恵喜委員。

18番(佐藤恵喜君) 成果説明書の191ページ、こういう事業に取り組んだということで、成果についても記述されております。健康寿命延伸を目指し、いろいろ取り組んだと、健康ウォーキング事業を中心とした生活習慣病予防の啓発も図ったという以下続いております。
 そこで、頑張ってきたんだなということをさらにはっきりする上でお聞きしたいんですが、この結果ですね、最新の健康寿命は、何歳になっているのかということと、健康ウォーキング登録者数が1,612人となっておりますが、これは目標なりから見て、到達は満足できるものなのか。してるものなのか。どうなのか。お伺いします。

委員長(八木しみ子君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 健康寿命のご質問1点目、健康寿命のご質問でした。
 平成22年の健康寿命については、76.56歳男性です。県内でいきますと34位、女性が82.34歳、県内33位というところからの出発でございました。それ以降、ここは5年に1度の計算の出発点でございましたけれども、それ以降、参考値として県が発表しているものでございますが、平成27年が最新でございまして、男性が79.53歳、女性が84.02歳ということで、男性は11位に女性は19位まで上昇してございます。25年と比較いたしますと、同じ統計の参考値で25年と比較しますと、男性は1.12ポイント、女性は0.62ポイント上昇しているということで、参考値ではございますが、上昇しているというふうに認識しております。
 もう1点、健康ウォーキングの方ですが、この数値につきましては、当初3年間で2,500名くらいを目標としてございましたが、現在登録だけでは2,500人なってございまして、現在実施している数がこのように1,612名というところまできております。数値としては、ほぼ予定どおりきているかなという点と、あともう1点は、アプリを活用したということで、なかなか50代、60代への啓発ができないという中で、これを取り入れましたところ、50代、60代の登録も増えているということで、初期の目的には近づいているかなという評価をしてございます。

委員長(八木しみ子君) 20、18番、佐藤恵喜委員。

18番(佐藤恵喜君) 自己紹介しながらでもいいんですが、自分で名乗って。
 今、答弁ありましたように、男性、女性とも健康寿命を延伸していると、11番代ですか、県内ね、ランク34位等から、大幅アップしているということであります。そうしますと、第二次総合計画で立てた目標、平成37年度では男性79.1、女性84.7ほぼ達成ということなんですね。そうするとどうしましょうか。目標を達したから、これで終わりと、下方修正ってことありえないんですが、上方修正とか、中間評価をして今後どう取り組むかなとそういうのは持ってるんでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 健康寿命は当初県と同等くらいの伸び率を目標にしようというところで示しておったところですが、下方修正ということはございませんで、県と同じような目標には上がっていきたいというふうに考えておりますとともに、ウォーキング推進事業をまずは力を入れたところでございますが、ウォーキングとともに食の方はペアで進めていくものですので、ウォーキング事業と食との事業を絡めた政策を作っていきたいということで、ただ今検討中でございます。

委員長(八木しみ子君) 18番、佐藤恵喜委員。

18番(佐藤恵喜君) 県の、そうですね。

委員長(八木しみ子君) お名前を呼びましたよ。どうぞ。

18番(佐藤恵喜君) 県の目標ちょっと私も調べ兼ねておりましたが、第二総合計画登米市の計画数値よりももっと高くなってんですか。ちょっと。

委員長(八木しみ子君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 県の平成27年の数値につきましては、男性で79.43歳です。女性で84.13歳ですので、現在はほぼ同等というふうに。

委員長(八木しみ子君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) ただ今手元に持っておりませんので、後でお示しさせていただいてよろしいでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 18番、佐藤恵喜委員。

18番(佐藤恵喜君) こういうのも数字に出っと、成果本当にあったんだよと、オーバーでなくて数字出してもらえれば、なおいいかなと思いますが、担当部署としては、いわばこのような延伸、改善が図られたというのは、簡単に言えば何がそうなったんでしょうかね。要因。

委員長(八木しみ子君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 本市のこれまでの取り組みの成果の部分につきましては、我々レベルの活動そのものよりもですね、市内の市民、関係する市民の皆さん、そして関係する団体の皆さんの協力があってのこそ、こういった数値になったのかというふうに認識しております。
 また、近年の健康志向の部分でも、さまざまなメディアの中でも取られておりますので、そういった傾向で健康に対する事項的な確認ができているのかなというふうに思っておりますので、そういったことも踏まえて今後市民の皆さんと協働も踏まえながらですね、取り組んでまいりたいというふうに考えております。

委員長(八木しみ子君) 18番、佐藤恵喜委員。

18番(佐藤恵喜君) 数年前ですが、長野県の健康寿命への取り込みということで、ここで議論し、そしてその健康推進課の見解っていうか、分析っていうか、そういう資料もいただいたことがあります。こういう当時の担当課のまとめなんですね。長野と比べてですね、登米市における保健活動推進員と長野県の保健補助員、補導員の活動の目的、活動に大きな差はないが、異なる点は、発足が自主的であったこと、保健補導員、国が始まる前から長野県始まりましたからね。自主的だったんだと。頼まれ仕事でないと。保健指導員が主体的に行動し、補導員が主体的に行動し、それぞれの担当地区の保健問題の発見や保健師等との連携を図っていることと、この点について今後登米市の地区組織活動を進めていく際に、学ばなければならないとところであるというまとめで、立派なまとめされて、今、部長も謙虚にいわば自らだけでなくて、市民の協力だという趣旨の答弁されました。
 従って、当時、こうした謙虚な総括をして、頑張るということが今実ってるというふうに言っていいんでしょうか。捉えていいんでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 佐藤委員のお話しの中、最もそのとおりだと私たちもそういうふうに自負しております。

委員長(八木しみ子君) 18番、佐藤恵喜委員。

18番(佐藤恵喜君) 3年ほど前の議論だったんですが、そのときに保健師の配置についても取り上げました。もちろん資料もいただいて、これはちょっと長野県実体その後変化しているかと思いますが、保健師1人当たりの人口がですね、長野県平均で1,615人と、登米市の場合は2,347人ということで、はるかに登米市は保健師の守備範囲っていうか、広いっていうか、多いものなんですね。ですから、率直に担当課として、現在の保健師の増員が必要だとか、そういう思いになりませんかということもお聞きしました。私自身、先日、沢内村、旧沢内村にやっとのことで訪問して、深沢晟雄、生命村長と言われた深沢さんの記念碑などを回ってきまして、改めて保健師活動の原点は、保健師さんにあり、そして地域訪問だと、当時の写真もあってですね、モーターバイクっていうんでしょうか、なんかそういうのを村にお金がないから、保健師さんが自費で購入をして、そして昼となく、夜となく、そして、自宅、家庭ならず、田んぼのあぜ道にも訪問して、健康指導に当ったということであります。そういう点でこれは市長にお伺いしたいんですけど、担当課からは、遠慮した恐らく答えしか出ないと思うんですが、やっぱりこういう実績は上げてきてるわけですから、ほんとに登米市日本一と言っていいようなくらいの取り組みを今後強めていく上でも、保健師の配置、人数と少し担当課と協議をするなりですね、率直な意見交換をするなりして、どうあるべきか考えていただきたいんですが、市長から一言お願いしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 佐藤恵喜委員の質問にお答えをさせていただきます。
 確かに今、お話ございましたように、健康寿命延伸が非常に順調に成果を上げているという結果が出ております。ここ数年のこうしたその決算の報告をもう一度精査をさせていただきまして、少し担当課と協議をさせていただきたいとそういうふうに思います。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかにございませんか。3番、佐々木好博君。

3番(佐々木好博君) 165ページ、3款2項以降について、ちょっとお伺いをさしていただきます。
 2項以降ですね、さまざまな子育て支援推進対策ということで、いろいろな成果報告が上がってございますが、実は昨年ですね、28年7月7日にですね、登米市少子化対策連携会議設置というのがなされておりましてですね、各部署を越えてですね、少子化対策に取り組んでいこうというものが設立されておりますが、こちらの会議の結果が、今回の成果にいかに反映をされているのか、そして反映、これからまだされてなくて、これからされていくのか。この連携会議等の今回の成果との整合性というか、どういったところに何か変わったところがあったとか、あれば教えていただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 市民生活部次長、佐藤 浩君。

市民生活部次長兼少子化対策推進監(佐藤 浩君) 失礼いたしました。少子化対策の連携会議の関係でございますが、昨年度各庁舎内のですね、各部、各担当課で行っております少子化対策関連の事業についてですね、担当に集まっていただきまして、それぞれどういった事業があるかということを確認をさせていただきました。その上でですね、各部で少子化対策ということにですね、意を用いていろいろ事業に取り組んでいきましょうという確認をさせていただいたところでございます。その結果ですね、今年度、成果について、特別それがですね、反映になっているということはないとは思うんですけども、これからの長い目で見まして、連携会議の中でですね、各他市町村との子育て施策のですね、違いとか、先ほども出ておりましたけれども、そういったところの確認も本市が劣っているとか、優れているとか、そういった評価もしながらですね、今後取り組んでいくというふうなところでございますので、直ちに成果につながっているというふうなものが全てそこに出てるかというと、必ずしもそうでないというふうなことでございます。

委員長(八木しみ子君) 3番、佐々木好博委員。

3番(佐々木好博君) 私の言いたいことはですね、それぞれの担当部署がせっかく一つの目標に向かって、考えを統一していきましょうという、多分この連携会議の目標だと思うのですが、それぞれのアイデアをそれぞれ「おらほではこうしますよ」「うちの課ではこうですよ」だけを持ち寄っただけではですね、最終目標、いわゆる少子化対策につながるかっていったら、つながらないと思うんですね。やはり、どうしたら子供を増やしていけるかというところの目標に一緒になって向かっていかないと、実現はなかなか困難であろうと思います。それはですね、ほかの町がどうこうということじゃなくて、登米市としてせっかくこの会議を設置したわけですから、この会議の中でですね、それぞれの同じテーブルの上で、どうしたら一人でも増やしていけるかといったことをですね、やっていかなきゃいけないと思います。
 先ほど、東和の岩淵委員も出てました。3子以降に10万円とかっていう話もあるんですが、これもですね、単にやったからということではなくてですね、ここに行くためにこれが必要だ。いわゆる最終目標をしっかり明確に子供を増やすということは、単純に皆さん理解をしているわけですから、そこに向かって行くっていうことが、非常に大事だと思いますので、この委員会のですね、これからの運営の仕方、せっかく作ったわけですから、活用をですね、すごく一生懸命ですね、取り組んでいっていただきたいと思います。
 それで、その上でですね、先ほど来よりも、これも話出ておりますが、少子化についてはですね、もうちょっと大きい目で捉えるとですね、人口減少に対応していかなくちゃいけないということがあります。人口減少対策は、27年10月27日策定のですね、登米市まち・ひと・しごと創生総合戦略の中においてですね、安定した雇用を創出する。移住定住の流れを作る。若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる。時代に合った地域をつくり、安全・安心な暮らしを守る。それぞれの項目が挙げられておりますが、これもですね、やはり、それぞれの課、それぞれの部署でそれぞれのことをやっていったんではですね、結果、人口減少対策にならないと思います。
 これは一つ提案ですが、この少子化対策のために、市民生活部からですね、総務、企画、福祉事務所、産業経済部、全ての部が集まって一つのテーブルの上で議論を交わしていくというものを立ち上げたわけですから、人口減少その上にある人口減少対策についてもですね、やはり、枠を越えた一つの組織が必要ではないかと考えておりますので、人口減少対策特別委員会なり、というのを設置する方向はないのかどうか。これはちょっと市長にお伺いをいたします。

委員長(八木しみ子君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) ただ今佐々木委員のお話し最もだというふうに理解をしてございます。ただ、その人口減少対策っていうふうなことでございますが、ただ今ご紹介いただきました登米市まち・ひと・しごと創生総合戦略、それの推進本部というものも持ってございまして、その中でですね、人口減少対策についての中でですね、少子化あるいは移住・定住、雇用、そういった部分全般について、市長が本部長となって、その会議を運営しているというふうなところでございますので、そこでの議論がですね、最終的な市の市政につながっていく部分でございますので、これを活用していきたいというふうに思ってございます。

委員長(八木しみ子君) 3番、佐々木好博委員。

3番(佐々木好博君) 今、人口減少対策に対しての特別委員会みたいなの作れないかというお話を申し上げましたが、結局これはですね、子育てにもつながることでございます。少子化対策だけでも対策ができないという状況で、この合同の会議が設置されたわけですから、減少対策においてもですね、やはり、その一つ上の組織としてあるべきではないかなと思います。
 やはりですね、この成果見てみますとですね、それぞれの課がそれぞれの目標に向かって、それぞれの成果報告がなされていますが、この人口減少に対して、そして、さらにはこの少子化に対してはですね、やはり、それぞれがそれぞれの目標で成果を発表してってもですね、成し遂げてっても、結果それが少子化対策になるかって言ったら、非常に難しい状況であると思いますので、ここはですね一つ思い切った方策をする必要があると私は考えておりますので、その辺どうでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 先ほど申し上げましたように、少子化対策も含めたまち・ひと・しごとの推進本部を作ってございますので、その中で、そのまち・ひと・しごとの各KPIですね、ただ今先ほどご紹介いただきましたように、移住・定住、少子化対策、それから、雇用の関係等、そういったもの一つ一つに重要目標指標を定めてございますので、その進行管理も含めて、どうしたらいいかというふうな部分をですね、まち・ひと・しごとの総合創生戦略の推進本部の中で、やっていきたいというふうな今の体制でございますので、それを有効に活用しながら取り組んでまいりたいというふうなことでございます。

委員長(八木しみ子君) 3番、佐々木好博委員。

3番(佐々木好博君) ではですね、それが有効に機能しているか、どうかっていうのはちょっとこの報告書から見れない、読み取れないところであります。市長の所信表明にも一番最初にありました。人口減少対策を何とかしていかなきゃいけないということでもございますので、この全体の中でですね、今年こういう例えば28年度の成果の結果、この人口減少対策にこれだけの効果を及ぼした、若しくは少子化対策にこれだけの効果が出た、っていったところのまとめみたいなものがないとですね、なかなかその市民にどれだけ進んだか、今どこにいるのかっていうのが分からないと思いますので、ぜひその辺も来年の報告書の中で検討いただければと思いますので、お願いを申し上げます。

委員長(八木しみ子君) 答弁いりますね。企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 確かに成果説明書については、その各款項目ごとの仕立てになってございますので、全体を網羅してっていうふうな部分では、少し欠けてる部分がこの成果報告書であるというふうに思ってます。
 ただ、そういった性格なもんですから、そこでですね、全体について書ききる部分っていうのはなかなかございませんで、その部分としてはですね、この議会初日に9月8日に提出させていただきました第二次総合計画の、それからまち・ひと創生総合戦略に掲げる指標に対する平成28年度の実施状況を提出させていただいてございますけれども、その中で目標数値に対する平成28年度の実績数値をですね、捉えられるものについて掲載して、それに対しての今後の取り組み状況等も一覧表で整理をさせていただいてございますので、そちらの方をぜひご確認いただきながら、成果の方をですね、見ていただければというふうに思ってございます。

委員長(八木しみ子君) 3番、佐々木好博委員。

3番(佐々木好博君) その成果を持ってですね、この部分が足りなかった、この部分が良かったからこうなったというところをですね、やはり、分かりやすい形で挙げていただかないとですね、それを読んだ議員もですね、市民の方もですね、今の登米市の現状、そしてこれから向かおうとしているところがですね、なかなか分かりづらいのかなと思いますので、やはり、成果、こうだったよっていうことだけじゃなくて、それを踏まえて、こういうふうに今年はしていきたい。今後こうして行きたいという方向性もですね、ぜひ付け加えればもっといいかなと思いますので、よろしくお願いいたします。

委員長(八木しみ子君) 答弁はよろしいですか。ほかにございませんか。19番、田口政信君。失礼しました。19番、田口政信委員。

19番(田口政信君) 209ページ、環境基本計画進行管理についてお伺いをさせていただきます。
 環境基本条例のもとで、環境基本計画第二次を作った初年度なわけですけども、自然環境あるいは生活環境、地球環境、市民協働の四つの柱の目標でですね、これを実践してるわけですけれども、この具体的な進行管理を一体どのようにしてるか、取りあえずそこの部分を伺います。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 環境基本計画の進行管理につきましては、現在関係する課の方に、実施の状況について調査をしているところで、それをまとめまして、それをまとめたものを環境保全連絡会議、環境保全会議、環境審議会の方に図ってまいりたいと考えております。

委員長(八木しみ子君) 19番、田口政信委員。

19番(田口政信君) 計画の運用にも記載してございます、DCAっていうんですか、実施・点検・見直しのサイクルでそれを各関係課と打ち合わせをしているというようなこと、ご答弁でございました。
 それで環境基本計画には、指標と目標つうのがあるんですが、この1年の経過を見て、特に劣ったこの何項目でしょうかね、ある目標の中で劣ってる部分ってのは一体どれなのか。それから、抜きん出てこれは達成、1年の計画としては進んでいるなということがありましたら、お知らせをください。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 抜きん出てと、基本目標1の豊かな自然を保全し、共生するまちづくりということで、生物多様性の保全という部分の振興が若干遅れているのかなというふうに感じております。
 また、進んでいる部分ということであれば、地球にやさしいエネルギー推進を進めるまちということで、そういった部分の市民レベルでの取り組みについては進んでいるのではないかと考えております。

委員長(八木しみ子君) 18番、田口、失礼。19番、田口政信委員。

19番(田口政信君) ぜひですね、このせっかく計画に目標値を30年の前期分も掲げてありますんで、それをぜひ実践していただきたいということをお願いをさせていただきます。
 それから市長、9月13日って何の日かご存知ですか。
 すみません。試したようなお話しで、実を言いますと環境基本条例の8条に環境の日というのは9月13日なんです。それで、この規定の中には、環境の日にふさわしい事業を実施するというふうにあるんですが、こと去年は何をなさったのか、私記憶ないので、今年ももしかしたら何もなかったんではないかというふうに思うんですが、どうでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 毎年なんですけれども、登米市公衆衛生大会というものを開催しておりまして、そちらの中でまず、一つ目に大会宣言の中で、環境保全を目指しているというような宣言をさせていただいていること、それからもう一つが、環境市民会議の方で、この時期を目標に長沼のクリーンアップ湖沼群、長沼とそれから平筒沼、長沼川を中心としたクリーンアップ湖沼群いうクリーン活動をしております。

委員長(八木しみ子君) 質疑の途中でございますが、3款、4款の質疑の途中でありますが、本日の会議時間は議事の都合により、あらかじめ延長します。
 19番、田口政信委員。

19番(田口政信君) 今こういう環境基本条例を作ってですね、そして第二次の環境基本計画を作って、計画としては素晴らしい目標値を持ちながらですね、実践をしていらっしゃいますんで、ぜひですね、一つ一つをきちんと組み立てていただきたい。そして、市長にお願いなんですが、環境課に余計な仕事を与えないで、別部門に回してください。と言いますのは、犬の狂犬病の受け付けだったりね、さまざまないわゆる環境基本条例と関わりないと言ったら語弊があるんですけども、環境基本条例に基づいた仕事をする部署にぜひしていただきたい。そんなお願いをぜひ今度の事務分掌の改革の中で検討していただければというふうに思うんです。そして、本気になって、二酸化炭素の問題もありますし、それから自然のエネルギーの問題もありますし、先ほど来出てますごみの問題もありますんで、その部門に特化した部署にしていただいてですね、本当に環境に強いまちづくりを実現するために努力をいただきたいなというふうに思います。時間ないので意見だけ申しあげて終わります。

委員長(八木しみ子君) 答弁はいいですか。次年度に向けての発言でしたね。
 そのほかにございますか。どの程度おるでしょうかね。これからの発言者。いっぱいいますか。
 そうですか。23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) 簡単に167ページの日本スポーツ振興センターの負担金のこれ内容、それから、役割効果などお知らせ願いたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 日本スポーツ振興センターの負担金の関係でございますけれども、保育所入所児童の保険に係る部分でございます。この実績の内訳をちょっと申しますと、607人を対象にしまして、掛け金を掛けております。掛け金の単価につきましては、375円というような状況でございまして、そのほか、年度途中の加入もございますので、それらも含めた形での22万9,190円というような支出でございます。以上でございます。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) 児童ですから、これは小学生までと解釈してよろしいでしょうか。どういう年代層は。

委員長(八木しみ子君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) この部分につきましては、保育所入所児童の部分でございます。

委員長(八木しみ子君) いいですか。ほかにございますか。13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 成果説明書は161ページになりますので、3款1項4目の12細目敬老事業費の中で、敬老行事の補助金に関して、各地域で敬老会が行われたものに対する助成をしたわけですが、当初の75歳から77歳に年齢が上がりました。このことに対しての課題はなかったのかどうかお尋ねします。

委員長(八木しみ子君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) 敬老行事の補助の対象といたしましては、77歳に28年度から段階的に上げて、28年度から77になりました。課題はということですが、実際地域で敬老行事、していただく中で、補助の対象のとおり77歳からを対象にご案内してやられてる地域、それから従来どおりの75歳からを対象にしていたりする地域、それからさまざまな年代、独自性の中で、各地域ではやられているというところでございます。
 いろんな実施方法もございますけれども、その中でどういった年代がいいかというのはですね、実情も踏まえながら、ちょっと今後もその地域の状況も見ながら、考えていかなければならないかなとは考えております。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) そういった課題等々もあるんだろうと思うんですが、実際にですね、ちょうどうちの父親、そして、東和の岩淵議員の母親等とこの対象年齢になって、2年間伸びたわけなんですけれども、その方々がですね、身近なところで、実はお亡くなりになったり、体を壊したりして、敬老会に参加できない人が非常に多いことに気付いてきたんです。そうしたところ、なぜかなと思ったんですが、例えば年齢で70歳等々の1年とこの75歳になったときの1年っていうのは、非常にこう同じ1年でも、非常になかなか健康でいるってことが難しい年齢なんだなっていうことが、非常に感じでおりました。そういったことを踏まえたときに、当時も賛否両論があって、全体のこの福祉、特に老人に関する経費が掛かり増してっからということで、2歳こう、対象年齢を上げたわけなんですが、もう一度検討してみて、やはり、75歳に戻すとかね、みっとかっていうことをこの段階でもう一回検討し直す必要があるんではないのかと思うんですが、その辺についてはいかがでしょう。

委員長(八木しみ子君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) 地域の方からも、この敬老行事につきましては、ご意見を伺って機会がございまして、その中でも補助金の金額のご意見もありますけれども、年齢のやっぱりご意見もございますので、トータルでそれを含めながらですね、もう一度考えさせていただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 確か以前に聞いたときには、数百万掛かってなかった。差がですね。その対象年齢割知ったとき掛かってなかったというふうに聞いてはおりました。それと例えば病気になって掛かる医療費とかね、亡くなってしまったということを考えると、かえって生きがいと敬老会に参加するんだという生きがいとかね、そういった部分に関すると、私もしかしたらば、相反するものになってんでねえのかと、マイナスになってはしないかというふうに思いますので、その辺は十分検討していただきたいということを申し上げたいというふうに思います。
 それからもう一つですが、204ページになります。
 4款1項3目で13節の委託料に関してお尋ねいたします。
 インフルエンザの予防接種の委託料6,137万と410円ということで、対象者が1万7,416人ということでございますが、これ予算議会のときにもお話いたしましたが、調べてみますと、宮城県の市町村で委託料が5,300円ということで、宮城県一高い委託料をお支払いして契約をしているということなんでございますが、そのことに対して、なぜ、宮城県で一番高い委託料で登米市の医師会の皆さんと契約をされているのかどうか。その根拠お知らせいただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) インフルエンザ、定期のインフルエンザ予防接種の委託料の件ということでお答えいたします。
 現在ご承知のとおり、市内1人1回5,300円で、契約を登米市では行っております。定期予防接種については、市町村長が予防接種法に基づく期間と期日を指定して行わなければならないということで、公平性を確保するための政策を目的に、登米市医師会と契約をしているという実情がございます。このことに関しまして、価格に関しましては、厚労省の方から、基準単価の積算内訳についてということで、詳細を示されてございまして、示されているのは、基準単価はそれぞれのワクチンの実勢流通価格と問診等の診察料、さらに注射代、さらに事務費ということを参考にして、実施すること、そして市内の医師会と協議するというふうに規定されてございます。その中の根拠をもとに計算いたしますと、実際には5,300円では、実施にはこのままの計算ですと、5,300円を優に超える価格が、基準単価となる予定でございました。そこのところを、医師会と協議いたしまして、5,300円まで単価にしたという経過がございます。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 恐らくワクチンの流通価格、そういったあと医療、何て言うんですかね、接種するための費用等々については、恐らく県内さほど変わりはないのではないのかと、地域によって変わりはないのではないのかということを指摘させていただきました。
 その中で、県内最低は気仙沼市、これ支部のですけど4,250円です。一番高いのが登米市の5,300円、県内支部の平均にいたしますと4,800円で、それから比較しても平均から比較しても500円が高い。それから、お隣の栗原市4,900円から比べても400円高い。気仙沼市4,250円から比べると1,000と50円高い。この差は何なんですかということなんです。県内平均とか、栗原市と同じとかということだったらば、分かるんですけど、それを医師会と契約を結ぶときに、医師会からはどういったお話をいただいて、登米市ではそれをどう納得して、伺いますと今年度も5,300円で契約したと、同じ金額で契約したということなんですが、その辺はどういう交渉をされたのか。お知らせください。

委員長(八木しみ子君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 経過につきましては、毎年8月を過ぎますと。

13番(關 孝君) 経過は分かってるんで、価格のことだけ。

健康推進課長(佐々木秀美君) 価格につきましては、この状況についても、医師会の方には提示してございまして、市内、県内でこれだけの価格の差がありますということを申し上げ、もう少し協議していただけないかということで、医師会の方にご提案をいたしまして協議してもらって、お返しいただいた価格となってございます。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) そうしますと、医師会の言い値というか、医師会の示した値段で市としては納得したということでよろしいんですか。

委員長(八木しみ子君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 実は、先ほど厚労省でお示しした基準をしたときにですね、実は初診料として計算することと厚労省からはご指摘がございます。ですが、そのことは初診料ではなく、皆さん初診ではないということで交渉をし、検討してもらった経過がこれですので、この価格でしたので、1カ所しかございませんので、このような経過を受け入れ契約をしたという経過がございます。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) このことに対しては、予算委員会の中でも指摘をし、副市長からも見解をいただいておりますが、副市長としてはそういった交渉の過程、あるいはその交渉に参加しておるのかどうか、あるいはこの交渉の結果に対してどのような認識を持たれているのかお尋ねします。

委員長(八木しみ子君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 医師会との交渉経過については、申しわけございません。私も承知しておりません。結果として、この数値ということは事務局から報告は受けました。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) ですから、予算委員会のときに、この価格これだけ違うんですよということも、ここでお話をして、副市長からも、ぜひ交渉する余地があるのではないのかというふうなお話をして、そのような答弁をいただいておりますので、それに対して、その交渉には関わっていないと、結果を伺ったというふうなことでよろしいんでしょうか。副市長の責任としていかがですか。

委員長(八木しみ子君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 予算委員会で申し上げた形と結果的には違うことになったことについては、おわび申し上げますが、基本的には事務局は適切な交渉をしたものということで理解をさせていただいております。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) もう一つこのインフルエンザの予防接種に対しては課題があるというふうなお話も伺っております。それは、いわゆる接種料というのは、市からの持ち出しの部分で、あと自己負担ということで、患者からこの金額をいただいてくださいと、いわゆる接種料と市からの委託料、市からの委託料でなくて、患者からの負担金ですね、1,800円になりますけれど、それを今の要綱あるいは医師会との契約だと、必ずその患者さんから取らなくてはならないというふうなことになっておって、今実際にそういうふうになっております。
 しかし、そのことについてお話に伺いますと、独占禁止法に触れるのではないのかというふうなご指摘もあるように伺っておりますが、その辺については、市としてどのような見解を持たれておるかお尋ねします。

委員長(八木しみ子君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 先ほど来申し上げておりますが、定期予防接種に関しましては、接種事業の公平性を確保するための政策目的ということで、登米市、医師会との事前協議をするということは、国からの指導があるものでございます。ただ、このことは、各医療機関が任意で実施するインフルエンザ等の何ら関係をしていないということで、厚労省からは、定期の予防接種インフルエンザに関しては、独禁法には抵触しないという応答を回答をいただいております。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 国からはそのようなということなんですが、弁護士と相談をした結果、そうしたことの見解があるというふうなことですので、市としては厚労省、国は国としてですね、市でも顧問弁護士等ともあるわけですので、その辺とはどのような協議をなされているのか。

委員長(八木しみ子君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 今後そのような改善すべきところがあるということであれば改善したいと思いまして、相談する予定ではございます。相談していく予定ではございます。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。かみ合うように話ししてください。

13番(關 孝君) かみ合わないんでなくて、いいんです。これでやめっからいいんですけれども、市としてそのような課題を持っているのであれば、やはりそいづに対して、研究をして適切な判断をしなくてはない。このことは、決して今年で始まったことでなくて、これは昨年も同様の指摘があったはずであります。それを引きずって、改善がされないために、こういったお話が出てくるわけでありますので、その辺については、やはりしっかり法的な部分もあるであるし、課題があるのであれば、解決をしなくてはならないというふうに思います。
 それから医師会、確かに先生方にご努力をいただいて成り立っている予防接種ということも十分理解をいたします。しかし、こういった一覧で市内、県内を比較したときに、一方では、高い負担、一方では低い負担をしていると。それは市民の負担も一緒なんです。同じ県内に住みながら、一方で高くて、一方では市町村によっては安いとかっていうふうになってくると非常にそこには不公平感もありますし、実は今、市民は住むときにどこに住んだらいいかっていうことを非常に考えておって、子育て支援の厚い所に子供たち小さいときは住みましょうと、今度は大きくなったらばというふうな選択肢も実は住むための選択肢の一つにあるわけですので、確かに、さまざまなご苦労も分かりますけれど、県内このような状況があんのであれば、せめて県内平均、あるいはお隣の栗原市、そうした部分もやはり医師会の先生方にお願いして、そういった価格でこれを実施できるような努力をすることも市長並びに副市長の務めではないのかなというふうに考えるんですが、その辺について市長はどのようにお考えでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) ただ今關委員から適切なご指摘だったとそういうふうに思います。
 実は、昨年、昨年じゃない、この3月の予算議会での質疑の内容、私も存じ上げておりませんでしたので、大変申しわけございませんでしたけど、今、初めて耳にした内容でございました。確かにこのインフルエンザのことに限らず、そうしたことは、やはり、一つずつ丁寧に是正していくべきだろうとそういうふうに思います。しっかりと、この28年のこの成果をしっかりと検証させていただきたいとそういうふうに思います。よろしくお願いいたします。

委員長(八木しみ子君) ほかにございませんか。22番。何人ほどおりますか。一人だけですか、続けますよ。22番、熊谷憲雄委員。

22番(熊谷憲雄君) じゃあ簡単にします。今、13番の關 孝委員も申し上げましたとおり、私も77歳に対象を引き上げたということは、やっぱりこれはもとに戻すべきじゃないかなと思ってました。実際に、先日敬老行事に私も4カ所ばかり、回ってきたわけでございます。各行政区で、やっぱ75歳以上でやってた所が結構あります。なぜ後期高齢者か。国でもそう位置付けております。やっぱり75歳以上が対象で何も不自然ではない。私は思います。ぜひ、これは検討するということでございましたが、前向きに検討していただきたいと思います。
 それから、ミニデイサービス事業、同じ161ページの成果説明書の161ページでございますけども、生活指導健康チェック、機能訓練等のサービスを提供した。これはどれぐらいの行政区でやってるんでしょうかね、ぜひ。今302ですか、行政区。市内何カ所でやっていますか。

委員長(八木しみ子君) 答弁願います。長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) まず、敬老行事につきましては、先ほども答弁させていただきましたが、いろんなですね。状況を踏まえながら、検討させていただきます。
 それから、ミニデイですけれども、ミニデイにつきましては、28年度は行政区で申し上げればですね、302行政区のうち、266行政区で実施しているという状況でございます。

委員長(八木しみ子君) 22番、熊谷憲雄委員。

22番(熊谷憲雄君) この成果で、高齢者の心身機能の維持向上と生活の活性化を図ったとありますが、私知ってる中では、何かお茶飲み会みたいなお茶会みたいなところもあるんじゃないかと思ってんですけども、私地元の行政区では、毎回10人から15人ぐらい参加して、一人500円参加者から徴収して、5人ぐらいのお母さんたちがそれのお手伝いをする。毎月やってます。ですから、恐らくこの延べ人数でいうと、延べ利用者数2万6,000人、うちだけでも200人以上、200人ぐらいなるのかなというような感じでございます。ぜひ、前は社会教育なんだ、社協から派遣されて来て、そっちのお手伝いを受けながら、ミニデイをされていたわけですけども、今は自分たちで計画を立てて、それを12か月分提出して、そこから始めるというような自主性を重んじたミニデイのようでございますが、本当に毎月やっぱり参加している人は、楽しみにしています。ぜひこういうのも266の行政区だけでなく、全行政区に普及させていただきたいというように思っております。
 それから、もう1点ですけども、市営墓地の管理費のことで207ページ、市営墓地は佐沼だけだと思うんですけども、何区画あるんですか。

委員長(八木しみ子君) 長寿介護課長、永浦広巳君。

長寿介護課長(永浦広巳君) ミニデイの内容につきましては、実際お茶飲みプラスあと健康づくり、介護予防につながるようなその内容になるように、ぜひ全体をしていきたいと考えておりますので、そのように持っていきたいと考えております。
 それから、以前は社協で実際伺ってというお話しで今、という話でしたけれども、もちろん今もですね、運営の仕方だったり、体操の指導だったり、運営の支援というのもですね、今現在もやっておりますので、そういった点はですね、これからも進めていきたいと考えております。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 佐沼市営墓地につきましては、総区画数が1,320でございます。

委員長(八木しみ子君) 22番、熊谷憲雄委員。

22番(熊谷憲雄君) ここの清掃管理業務、シルバー人材センターに委託したとなってますけども、113万4,000円。我々墓地は大体自分たちが清掃する。市営だからこういうふうになるのかなというごとでございましょうが、自分たちがお金を出して維持していく。ほんとにこれはそうすっと市営墓地の場合は、自分たちは維持することはないということなんでしょうかね。管理の、こっちの決算書を見ると、墓地管理手数料で収入済額が252万6,001円、収入未済額が9万4,167円とあるんですけども、市営墓地において、管理手数料徴収してることだと思うんですけども、未収の方もいる。納めない方もいるということはどういうことなんですか。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 佐沼墓地の清掃等につきましては、年間2,000円の管理料をいただいており、その管理料をもとに、清掃等の委託をしているところでございまして、管理料としたら大体年間250万程度の収入があるところでございます。その管理料をもとに、こちらの方の清掃委託や、看板の修正といったことをして、墓地の方の管理に努めているところでございます。
 また、未納につきましては、督促等をしているところではございまして、徴収等にも伺っているところでございますが、なかなかご本人には会えない等の事情で、未収ということが数件あります。

委員長(八木しみ子君) 22番、熊谷憲雄委員。

22番(熊谷憲雄君) なかなか連絡もつかないで未収だっていうことでございますけども、新規区画として14区画を整備したとなってるんですけども、これは需要の要望があって、新しく14区画を整備したんですか。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 14区画の増設につきましては、平成27年度時点で、残区画が28区画のみになりまして、それまでの年間の申請が新規申請が、10件から20件程度あったことから、増設を計画し、28年度に実施したものでございます。

委員長(八木しみ子君) 22番、熊谷憲雄委員。

22番(熊谷憲雄君) そうすっと14区画を整備したわけでございますけども、これは一区画どれぐらいで、お譲りするような計画なんですか。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 墓地の永代使用料といたしましては、1区画4平米で市内の方には28万円で使用の方を許可しているところでございます。

委員長(八木しみ子君) 22番、熊谷憲雄委員。

22番(熊谷憲雄君) 下の工事請負費682万円つうところがあるんですけれども、その区画を増設するというより、私も親戚の墓が佐沼の墓地にありまして、よくお盆のときとか、それからお彼岸のときとか、行くんですけども、区画、需要があるからって増やすよりは、あそこの通路、何か石ころだらけの通路なってるんですけども、あれも市営墓地であればもう少し整備した方がいいんじゃないか。何かあまりにも行くと女の人がかかとの高い靴で行くと、何かひっ転びそうな感じの通路なってんですけども、何かあまり整備されているというような感じじゃないですね。そういう計画はないですか。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 通路につきましては、舗装はしておらないところでございまして、計画の方もまだ具体的にはございません。今後検討させていただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 22番、熊谷憲雄委員。

22番(熊谷憲雄君) たった一つしかない市営墓地ですので、恐らく仙台、それから首都圏からも墓参りに来ると思うんですけども、うちの私たちのお墓よりもかなり、整備の方が遅れてるなていうような感じがしますので、ぜひ通路ぐらいは舗装掛けてもいんじゃないかという思いがいたしましたもんですから、ぜひ検討していただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 環境整備については、今後検討させていただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 22番、熊谷憲雄委員。

22番(熊谷憲雄君) 一つ聞くの忘れたんですけどもね、ごみの運搬作業、成果のとこで、運搬作業年12回、樹木の「選定」を年1回実施したと、この「選定」というのはどういうことですか。樹木の「選定」の「選」です。

委員長(八木しみ子君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 「選定」となっておりますが、枝切り、枝等の伐採というようなことでございます。大変申しわけございません。字の方間違っておりました。

委員長(八木しみ子君) 22番よろしいですか。
 ほかに質疑ございませんか。ございませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 異議なしと認め、質疑なしと認め、3款民生費、4款衛生費の質疑を終わります。
 審査の途中ではありますが、本日の会議はこの程度とし、これで散会したいと思います。
 なお、次回の会議は明日9月27日午前10時から行います。
 本日はこれで散会します。
 大変ご苦労さまでございました。
 
          散会 午後4時20分
 
 
 
 
 
 

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>