•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(八木しみ子)
  •   2  7番(熊谷和弘)
  •   3  委員長(八木しみ子)
  •   4  産業経済部次長(阿部孝弘)
  •   5  委員長(八木しみ子)
  •   6  7番(熊谷和弘)
  •   7  委員長(八木しみ子)
  •   8  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •   9  委員長(八木しみ子)
  •  10  7番(熊谷和弘)
  •  11  委員長(八木しみ子)
  •  12  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  13  委員長(八木しみ子)
  •  14  7番(熊谷和弘)
  •  15  委員長(八木しみ子)
  •  16  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  17  委員長(八木しみ子)
  •  18  7番(熊谷和弘)
  •  19  委員長(八木しみ子)
  •  20  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  21  委員長(八木しみ子)
  •  22  7番(熊谷和弘)
  •  23  委員長(八木しみ子)
  •  24  工業振興課長(櫻節郎)
  •  25  委員長(八木しみ子)
  •  26  7番(熊谷和弘)
  •  27  委員長(八木しみ子)
  •  28  市長(熊谷盛廣)
  •  29  委員長(八木しみ子)
  •  30  7番(熊谷和弘)
  •  31  委員長(八木しみ子)
  •  32  産業経済次長(阿部孝弘)
  •  33  委員長(八木しみ子)
  •  34  7番(熊谷和弘)
  •  35  委員長(八木しみ子)
  •  36  産業経済次長(阿部孝弘)
  •  37  委員長(八木しみ子)
  •  38  20番(沼倉利光)
  •  39  委員長(八木しみ子)
  •  40  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  41  委員長(八木しみ子)
  •  42  20番(沼倉利光)
  •  43  委員長(八木しみ子)
  •  44  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  45  委員長(八木しみ子)
  •  46  20番(沼倉利光)
  •  47  委員長(八木しみ子)
  •  48  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  49  委員長(八木しみ子)
  •  50  20番(沼倉利光)
  •  51  委員長(八木しみ子)
  •  52  産業経済部次長(阿部孝弘)
  •  53  委員長(八木しみ子)
  •  54  20番(沼倉利光)
  •  55  委員長(八木しみ子)
  •  56  産業経済部次長(阿部孝弘)
  •  57  委員長(八木しみ子)
  •  58  産業経済次長(阿部孝弘)
  •  59  委員長(八木しみ子)
  •  60  産業経済部長(丸山仁)
  •  61  委員長(八木しみ子)
  •  62  12番(武田節夫)
  •  63  委員長(八木しみ子)
  •  64  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  65  委員長(八木しみ子)
  •  66  12番(武田節夫)
  •  67  委員長(八木しみ子)
  •  68  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  69  委員長(八木しみ子)
  •  70  12番(武田節夫)
  •  71  委員長(八木しみ子)
  •  72  産業経済部長(丸山仁)
  •  73  委員長(八木しみ子)
  •  74  10番(氏家英人)
  •  75  委員長(八木しみ子)
  •  76  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  77  委員長(八木しみ子)
  •  78  10番(氏家英人)
  •  79  委員長(八木しみ子)
  •  80  ブランド戦略室長(浅野之春)
  •  81  委員長(八木しみ子)
  •  82  10番(氏家英人)
  •  83  委員長(八木しみ子)
  •  84  産業経済部次長(阿部孝弘)
  •  85  委員長(八木しみ子)
  •  86  10番(氏家英人)
  •  87  委員長(八木しみ子)
  •  88  産業経済部次長(阿部孝弘)
  •  89  委員長(八木しみ子)
  •  90  10番(氏家英人)
  •  91  委員長(八木しみ子)
  •  92  副市長(栗山健作)
  •  93  委員長(八木しみ子)
  •  94  10番(氏家英人)
  •  95  委員長(八木しみ子)
  •  96  11番(工藤淳子)
  •  97  委員長(八木しみ子)
  •  98  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  99  委員長(八木しみ子)
  • 100  11番(工藤淳子)
  • 101  委員長(八木しみ子)
  • 102  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 103  委員長(八木しみ子)
  • 104  委員長(八木しみ子)
  • 105  3番(佐々木好博)
  • 106  委員長(八木しみ子)
  • 107  産業政策課長(遠藤亨)
  • 108  委員長(八木しみ子)
  • 109  産業政策課長(遠藤亨)
  • 110  委員長(八木しみ子)
  • 111  3番(佐々木好博)
  • 112  委員長(八木しみ子)
  • 113  産業政策課長(遠藤亨)
  • 114  委員長(八木しみ子)
  • 115  3番(佐々木好博)
  • 116  委員長(八木しみ子)
  • 117  産業政策課長(遠藤亨)
  • 118  委員長(八木しみ子)
  • 119  3番(佐々木好博)
  • 120  委員長(八木しみ子)
  • 121  産業政策課長(遠藤亨)
  • 122  委員長(八木しみ子)
  • 123  建設部長(中津川源正)
  • 124  委員長(八木しみ子)
  • 125  3番(佐々木好博)
  • 126  委員長(八木しみ子)
  • 127  4番(須藤幸喜)
  • 128  委員長(八木しみ子)
  • 129  産業政策課長(遠藤亨)
  • 130  委員長(八木しみ子)
  • 131  4番(須藤幸喜)
  • 132  委員長(八木しみ子)
  • 133  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 134  委員長(八木しみ子)
  • 135  4番(須藤幸喜)
  • 136  委員長(八木しみ子)
  • 137  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 138  委員長(八木しみ子)
  • 139  4番(須藤幸喜)
  • 140  委員長(八木しみ子)
  • 141  産業政策課長(遠藤亨)
  • 142  委員長(八木しみ子)
  • 143  4番(須藤幸喜)
  • 144  委員長(八木しみ子)
  • 145  産業政策課長(遠藤亨)
  • 146  委員長(八木しみ子)
  • 147  4番(須藤幸喜)
  • 148  委員長(八木しみ子)
  • 149  産業政策課長(遠藤亨)
  • 150  委員長(八木しみ子)
  • 151  4番(須藤幸喜)
  • 152  委員長(八木しみ子)
  • 153  16番(中澤宏)
  • 154  委員長(八木しみ子)
  • 155  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 156  委員長(八木しみ子)
  • 157  16番(中澤宏)
  • 158  委員長(八木しみ子)
  • 159  産業経済部長(丸山仁)
  • 160  委員長(八木しみ子)
  • 161  16番(中澤宏)
  • 162  委員長(八木しみ子)
  • 163  産業経済部長(丸山仁)
  • 164  委員長(八木しみ子)
  • 165  16番(中澤宏)
  • 166  委員長(八木しみ子)
  • 167  産業経済部長(丸山仁)
  • 168  委員長(八木しみ子)
  • 169  16番(中澤宏)
  • 170  委員長(八木しみ子)
  • 171  14番(岩淵正宏)
  • 172  委員長(八木しみ子)
  • 173  農村整備課長(千葉昌弘)
  • 174  委員長(八木しみ子)
  • 175  14番(岩淵正宏)
  • 176  委員長(八木しみ子)
  • 177  農村整備課長(千葉昌弘)
  • 178  委員長(八木しみ子)
  • 179  14番(岩淵正宏)
  • 180  委員長(八木しみ子)
  • 181  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 182  委員長(八木しみ子)
  • 183  14番(岩淵正宏)
  • 184  委員長(八木しみ子)
  • 185  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 186  委員長(八木しみ子)
  • 187  14番(岩淵正宏)
  • 188  委員長(八木しみ子)
  • 189  産業経済部次長(阿部孝弘)
  • 190  委員長(八木しみ子)
  • 191  14番(岩淵正宏)
  • 192  委員長(八木しみ子)
  • 193  産業経済部次長(阿部孝弘)
  • 194  委員長(八木しみ子)
  • 195  14番(岩淵正宏)
  • 196  委員長(八木しみ子)
  • 197  委員長(八木しみ子)
  • 198  18番(佐藤恵喜)
  • 199  委員長(八木しみ子)
  • 200  市長(熊谷盛廣)
  • 201  委員長(八木しみ子)
  • 202  18番(佐藤恵喜)
  • 203  委員長(八木しみ子)
  • 204  産業政策課長(遠藤亨)
  • 205  委員長(八木しみ子)
  • 206  18番(佐藤恵喜)
  • 207  委員長(八木しみ子)
  • 208  農業委員会事務局長(佐藤真吾)
  • 209  委員長(八木しみ子)
  • 210  18番(佐藤恵喜)
  • 211  委員長(八木しみ子)
  • 212  産業政策課長(遠藤亨)
  • 213  委員長(八木しみ子)
  • 214  18番(佐藤恵喜)
  • 215  委員長(八木しみ子)
  • 216  産業政策課長(遠藤亨)
  • 217  委員長(八木しみ子)
  • 218  18番(佐藤恵喜)
  • 219  委員長(八木しみ子)
  • 220  産業政策課長(遠藤亨)
  • 221  委員長(八木しみ子)
  • 222  18番(佐藤恵喜)
  • 223  委員長(八木しみ子)
  • 224  産業政策課長(遠藤亨)
  • 225  委員長(八木しみ子)
  • 226  17番(浅田修)
  • 227  委員長(八木しみ子)
  • 228  建設部長(中津川源正)
  • 229  委員長(八木しみ子)
  • 230  17番(浅田修)
  • 231  委員長(八木しみ子)
  • 232  産業経済部次長(高橋一紀)
  • 233  委員長(八木しみ子)
  • 234  17番(浅田修)
  • 235  委員長(八木しみ子)
  • 236  産業経済部次長(高橋一紀)
  • 237  委員長(八木しみ子)
  • 238  17番(浅田修)
  • 239  委員長(八木しみ子)
  • 240  産業政策課長(遠藤亨)
  • 241  委員長(八木しみ子)
  • 242  産業経済部次長(高橋一紀)
  • 243  委員長(八木しみ子)
  • 244  17番(浅田修)
  • 245  委員長(八木しみ子)
  • 246  農村整備課長(千葉昌弘)
  • 247  委員長(八木しみ子)
  • 248  17番(浅田修)
  • 249  委員長(八木しみ子)
  • 250  農村整備課長(千葉昌弘)
  • 251  委員長(八木しみ子)
  • 252  17番(浅田修)
  • 253  委員長(八木しみ子)
  • 254  市長(熊谷盛廣)
  • 255  委員長(八木しみ子)
  • 256  8番(日下俊)
  • 257  委員長(八木しみ子)
  • 258  産業経済部次長(阿部孝弘)
  • 259  委員長(八木しみ子)
  • 260  8番(日下俊)
  • 261  産業経済部次長(阿部孝弘)
  • 262  委員長(八木しみ子)
  • 263  8番(日下俊)
  • 264  委員長(八木しみ子)
  • 265  産業経済部次長(阿部孝弘)
  • 266  委員長(八木しみ子)
  • 267  8番(日下俊)
  • 268  委員長(八木しみ子)
  • 269  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 270  委員長(八木しみ子)
  • 271  8番(日下俊)
  • 272  委員長(八木しみ子)
  • 273  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 274  委員長(八木しみ子)
  • 275  委員長(八木しみ子)
  • 276  委員長(八木しみ子)
  • 277  5番(岩渕正弘)
  • 278  委員長(八木しみ子)
  • 279  建設部長(中津川源正)
  • 280  委員長(八木しみ子)
  • 281  5番(岩渕正弘)
  • 282  委員長(八木しみ子)
  • 283  土木管理課長(菅原和夫)
  • 284  委員長(八木しみ子)
  • 285  5番(岩渕正弘)
  • 286  委員長(八木しみ子)
  • 287  土木管理課長(菅原和夫)
  • 288  委員長(八木しみ子)
  • 289  5番(岩渕正弘)
  • 290  委員長(八木しみ子)
  • 291  土木管理課長(菅原和夫)
  • 292  委員長(八木しみ子)
  • 293  5番(岩渕正弘)
  • 294  委員長(八木しみ子)
  • 295  土木管理課長(菅原和夫)
  • 296  委員長(八木しみ子)
  • 297  5番(岩渕正弘)
  • 298  委員長(八木しみ子)
  • 299  土木管理課長(菅原和夫)
  • 300  委員長(八木しみ子)
  • 301  5番(岩渕正弘)
  • 302  委員長(八木しみ子)
  • 303  建設部次長(首藤正敏)
  • 304  委員長(八木しみ子)
  • 305  5番(岩渕正弘)
  • 306  委員長(八木しみ子)
  • 307  委員長(八木しみ子)
  • 308  20番(沼倉利光)
  • 309  委員長(八木しみ子)
  • 310  防災課長(富士原孝好)
  • 311  委員長(八木しみ子)
  • 312  20番(沼倉利光)
  • 313  委員長(八木しみ子)
  • 314  防災課長(富士原孝好)
  • 315  委員長(八木しみ子)
  • 316  21番(相澤吉悦)
  • 317  委員長(八木しみ子)
  • 318  消防総務課長(千葉淳一)
  • 319  委員長(八木しみ子)
  • 320  21番(相澤吉悦)
  • 321  委員長(八木しみ子)
  • 322  消防本部消防長(鈴木軍雄)
  • 323  委員長(八木しみ子)
  • 324  25番(伊藤栄)
  • 325  委員長(八木しみ子)
  • 326  警防課長(佐々木敬之)
  • 327  委員長(八木しみ子)
  • 328  25番(伊藤栄)
  • 329  委員長(八木しみ子)
  • 330  警防課長(佐々木敬之)
  • 331  委員長(八木しみ子)
  • 332  9番(佐々木幸一)
  • 333  委員長(八木しみ子)
  • 334  防災課長(富士原孝好)
  • 335  委員長(八木しみ子)
  • 336  9番(佐々木幸一)
  • 337  委員長(八木しみ子)
  • 338  防災課長(富士原孝好)
  • 339  委員長(八木しみ子)
  • 340  9番(佐々木幸一)
  • 341  委員長(八木しみ子)
  • 342  防災課長(富士原孝好)
  • 343  委員長(八木しみ子)
  • 344  9番(佐々木幸一)
  • 345  委員長(八木しみ子)
  • 346  防災課長(富士原孝好)
  • 347  委員長(八木しみ子)
  • 348  委員長(八木しみ子)
  • 349  委員長(八木しみ子)
  • 350  2番(曽根充敏)
  • 351  委員長(八木しみ子)
  • 352  学校教育管理監(伊藤浩)
  • 353  委員長(八木しみ子)
  • 354  2番(曽根充敏)
  • 355  委員長(八木しみ子)
  • 356  学校教育管理監(伊藤浩)
  • 357  委員長(八木しみ子)
  • 358  2番(曽根充敏)
  • 359  委員長(八木しみ子)
  • 360  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 361  委員長(八木しみ子)
  • 362  2番(曽根充敏)
  • 363  委員長(八木しみ子)
  • 364  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 365  委員長(八木しみ子)
  • 366  2番(曽根充敏)
  • 367  委員長(八木しみ子)
  • 368  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 369  委員長(八木しみ子)
  • 370  2番(曽根充敏)
  • 371  委員長(八木しみ子)
  • 372  教育部次長兼教育総務課長(佐藤豊)
  • 373  委員長(八木しみ子)
  • 374  2番(曽根充敏)
  • 375  委員長(八木しみ子)
  • 376  委員長(八木しみ子)
  • 377  13番(關孝)
  • 378  委員長(八木しみ子)
  • 379  教育部次長兼教育総務課長(佐藤豊)
  • 380  委員長(八木しみ子)
  • 381  13番(關孝)
  • 382  委員長(八木しみ子)
  • 383  教育長(佐藤信男)
  • 384  委員長(八木しみ子)
  • 385  13番(關孝)
  • 386  委員長(八木しみ子)
  • 387  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 388  委員長(八木しみ子)
  • 389  13番(關孝)
  • 390  委員長(八木しみ子)
  • 391  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 392  委員長(八木しみ子)
  • 393  13番(關孝)
  • 394  委員長(八木しみ子)
  • 395  教育部長(大柳晃)
  • 396  委員長(八木しみ子)
  • 397  13番(關孝)
  • 398  委員長(八木しみ子)
  • 399  市長(熊谷盛廣)
  • 400  委員長(八木しみ子)
  • 401  委員長(八木しみ子)
  • 402  13番(關孝)
  • 403  委員長(八木しみ子)
  • 404  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 405  委員長(八木しみ子)
  • 406  13番(關孝)
  • 407  委員長(八木しみ子)
  • 408  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 409  委員長(八木しみ子)
  • 410  13番(關孝)
  • 411  委員長(八木しみ子)
  • 412  市長(熊谷盛廣)
  • 413  委員長(八木しみ子)
  • 414  13番(關孝)
  • 415  委員長(八木しみ子)
  • 416  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 417  委員長(八木しみ子)
  • 418  13番(關孝)
  • 419  委員長(八木しみ子)
  • 420  副市長(藤井敏和)
  • 421  委員長(八木しみ子)
  • 422  12番(武田節夫)
  • 423  委員長(八木しみ子)
  • 424  学校教育課長(三浦徳美)
  • 425  委員長(八木しみ子)
  • 426  12番(武田節夫)
  • 427  委員長(八木しみ子)
  • 428  学校教育課長(三浦徳美)
  • 429  委員長(八木しみ子)
  • 430  12番(武田節夫)
  • 431  委員長(八木しみ子)
  • 432  教育部長(大柳晃)
  • 433  委員長(八木しみ子)
  • 434  12番(武田節夫)
  • 435  委員長(八木しみ子)
  • 436  教育部長(大柳晃)
  • 437  委員長(八木しみ子)
  • 438  12番(武田節夫)
  • 439  委員長(八木しみ子)
  • 440  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 441  委員長(八木しみ子)
  • 442  12番(武田節夫)
  • 443  委員長(八木しみ子)
  • 444  教育部長(大柳晃)
  • 445  委員長(八木しみ子)
  • 446  12番(武田節夫)
  • 447  委員長(八木しみ子)
  • 448  教育部長(大柳晃)
  • 449  委員長(八木しみ子)
  • 450  12番(武田節夫)
  • 451  委員長(八木しみ子)
  • 452  4番(須藤幸喜)
  • 453  委員長(八木しみ子)
  • 454  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 455  委員長(八木しみ子)
  • 456  4番(須藤幸喜)
  • 457  委員長(八木しみ子)
  • 458  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 459  委員長(八木しみ子)
  • 460  4番(須藤幸喜)
  • 461  委員長(八木しみ子)
  • 462  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 463  委員長(八木しみ子)
  • 464  4番(須藤幸喜)
  • 465  委員長(八木しみ子)
  • 466  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 467  委員長(八木しみ子)
  • 468  4番(須藤幸喜)
  • 469  委員長(八木しみ子)
  • 470  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 471  委員長(八木しみ子)
  • 472  4番(須藤幸喜)
  • 473  委員長(八木しみ子)
  • 474  23番(及川長太郎)
  • 475  委員長(八木しみ子)
  • 476  23番(及川長太郎)
  • 477  委員長(八木しみ子)
  • 478  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 479  委員長(八木しみ子)
  • 480  23番(及川長太郎)
  • 481  委員長(八木しみ子)
  • 482  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 483  委員長(八木しみ子)
  • 484  23番(及川長太郎)
  • 485  委員長(八木しみ子)
  • 486  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 487  委員長(八木しみ子)
  • 488  23番(及川長太郎)
  • 489  委員長(八木しみ子)
  • 490  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 491  委員長(八木しみ子)
  • 492  23番(及川長太郎)
  • 493  委員長(八木しみ子)
  • 494  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 495  委員長(八木しみ子)
  • 496  委員長(八木しみ子)
      平成29年登米市議会第2回定例会 9月定期議会 会議録(決算審査特別委員会)
 平成29年9月27日(水曜日)
1.出席議員(24名)
   1番 上 野   晃 君       2番 曽 根 充 敏 君(副委員長)
   3番 佐々木 好 博 君       4番 須 藤 幸 喜 君
   5番 岩 渕 正 弘 君       6番 佐 藤 千賀子 君
   7番 熊 谷 和 弘 君       8番 日 下   俊 君
   9番 佐々木 幸 一 君      10番 氏 家 英 人 君
  11番 工 藤 淳 子 君      12番 武 田 節 夫 君
  13番 關     孝 君      14番 岩 淵 正 宏 君
  16番 中 澤   宏 君      17番 浅 田   修 君
  18番 佐 藤 恵 喜 君      19番 田 口 政 信 君
  20番 沼 倉 利 光 君      21番 相 澤 吉 悦 君
  22番 熊 谷 憲 雄 君      23番 及 川 長太郎 君
  24番 八 木 しみ子 君(委員長) 25番 伊 藤   栄 君
1.欠席議員(なし)
1.遅刻議員(なし)
1.早退議員(1名)
  25番 伊 藤   栄 君
1.中座議員(なし)
1.説明のため出席した者の氏名
  市長         熊 谷 盛 廣 君    副市長        藤 井 敏 和 君
  副市長        栗 山 健 作 君    総務部長       千 葉 雅 弘 君
  企画部長       秋 山 茂 幸 君    市民生活部長     新 井 誠 志 君
  産業経済部長     丸 山   仁 君    建設部長       中津川 源 正 君
  市民生活部次長兼
  少子化対策推進監   佐 藤   浩 君    財政課長       高 橋 一 真 君
  産業経済部次長兼
  農産園芸畜産課長   高 橋 一 紀 君    産業政策課長     遠 藤   亨 君
  工業振興課長     櫻   節 郎 君    ブランド戦略室長   浅 野 之 春 君
  登米産食材販売
  促進専門監      木 村 健 喜 君    農村整備課長     千 葉 昌 弘 君
  教育長        佐 藤 信 男 君    監査委員       島 尾 清 次 君
  監査委員       千 葉 良 悦 君    監査委員       伊 藤 吉 浩 君
                          医療局次長兼
  教育部長       大 柳   晃 君    経営管理部長     大 森 國 弘 君
  農業委員会事務局長  佐 藤 真 吾 君    農業委員会事務局次長 芳 賀 勝 弘 君
  監査委員事務局長   遠 藤   仁 君    会計管理者      冨士原   徹 君
  危機管理監      木 村 達 之 君    建設部次長      首 藤 正 敏 君
  土木管理課長     菅 原 和 夫 君    住宅都市整備課長   小野寺 憲 司 君
  防災課長       富士原 孝 好 君    道路課長       伊 藤   勝 君
  営繕課長       小野寺 友 夫 君    下水道課長      細 川 宏 伸 君
  消防本部消防長    鈴 木 軍 雄 君    消防本部消防次長   鈴 木 秀 彦 君
  消防総務課長     千 葉 淳 一 君    予防課長       佐々木 章 弘 君
  警防課長       佐々木 敬 之 君    指令課長       岩 澤 秀 明 君
  教育部次長兼
  教育総務課長     佐 藤   豊 君    学校教育管理監    伊 藤   浩 君
  生涯学習課長     佐 藤 嘉 浩 君    学校教育課長     三 浦 徳 美 君
  活き生き学校支援室長 菅 原 栄 夫 君    文化財文化振興室長  片 岡 鉄 郎 君
  教育企画室長     岩 渕 公 一 君
1.事務局出席職員氏名
  議会事務局長     伊 藤 隆 敏 君    議会事務局次長    田 辺 賢 一 君
  主幹兼議事・調査係長 後 藤 光 彦 君    議事・調査係主幹   千 葉 牧 恵 君
  議事・調査係主査   菅 原   仁 君    議事・調査係主査   三 浦 正 弘 君
  議事・調査係主査   主 藤 貴 宏 君


          開会 午前10時00分
委員長(八木しみ子君) 皆さん、おはようございます。
 本日もよろしくお願いいたします。
 ただ今から決算審査特別委員会3日目の会議を開きます。
 25番、伊藤 栄委員から早退の届け出がございます。
 昨日に引き続き、議案審議を行います。
 失礼しました。病院事業管理者、大内憲明君から診療のため欠席の届け出があります。
 昨日に引き続き、議案審議を行います。
 認定第1号 平成28年度登米市一般会計歳入歳出決算認定について、質疑の途中であります。
 5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費、について質疑を行います。
 質疑はありませんか。7番、熊谷和弘委員。

7番(熊谷和弘君) それではですね、初めに、成果説明書221ページ。
 シルバー人材センター運営費についてでございますけれども、予算額2,607万、決算額も同様でございます。
 この金額は27年度も全く同じ金額でございました。27年度のですね、成果と、成果とちょっと比較をしてみましたところ、会員数が44人減となっております。それから、事業受託件数につきましても、92件の減。それから受託金額につきましても2,398万8,000円の減ということで、いずれも減となっておりますけれども、今後ですねこの会員数、あるいは実績の増減によってこの事業補助金の交付額が変わるということになるんでしょうか、その辺ご確認をいたします。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長、阿部孝弘君。

産業経済部次長(阿部孝弘君) シルバー人材センターの件でお尋ねをいただきました。シルバー人材センターの補助金につきましては、合併後5年間でですね、減額ということで、平成25年度に現在の金額に、2,600万になったということでございます。
 それから会員数はじめ、減少傾向にあるということでございますが、シルバー人材センターにご確認いたしましたところですね、会員数の減につきましては、60歳以上の方が会員になれるということでございますが、民間企業はじめですね、嘱託等で継続の雇用ということもあって会員数が減っているようだというようなお尋ねをいただきました。
 なお補助金につきましては、先ほど申し上げたような経過もございますので、今後会員数をはじめ、事業料等の推移を見ながら検討していきたいと考えております。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘委員。

7番(熊谷和弘君) その件につきましては分かりました。
 次に移らせていただきまして、238ページでございます。
 備品購入費ということで、クマ捕獲用箱わなということで、3台ですね、購入をされておりますけれども、この設置及び捕獲の実績はどうだったのかについてお伺いをいたします。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) クマ捕獲用箱わなについてのご質問でございます。平成28年度になりますけれども、平成28年度に熊の目撃情報がかなり多かったということもございまして、捕獲用のわな3基ほど購入をさせていただいたところでございます。
 なお、駆除実績につきましては、延べ6週間にわたって設置をしたところではございますが、1頭の捕獲もなかったということでございます。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘委員。

7番(熊谷和弘君) やっぱり熊はですね、基本的に移動してますんでね、そういったところで恐らく、例えばもう設置したときにはもういなかったっていうことも想定できるのかなっていうそういった感じもしているところでございますけれども、実は、県にですねこのわなを設置するということで、申請して許可が出るまで何日か、二日とかですね、あるいは三日とかいろ、そういったかかってるということもちょっと聞いたことがあるんですが、その辺の現状はどのようになっているかをお伺いをいたします。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 昨年度の平成28年度の実績で申し上げますと、28年中にですね、40件ほどの熊の目撃情報が寄せられておるところでございます。その都度ですね、対応はさせていただいておるところでございますが、昨年4月に新田地区で目撃されたものにつきましてはですね、人家の近くであるということもございまして、捕獲申請の方、県の方に持ち回りをさせていただいたということもございまして、設置まで二、三日の間にですね、設置することができたというふうな状況でございます。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘委員。

7番(熊谷和弘君) 例えばその申請まで、許可まで遅くなったために例えば、捕獲に至らなかったとか、そういった原因にはなってはいないんですかね。その辺はいかが。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 熊の目撃情報につきましては、一定期間、その周辺で見られたということもございます。そのためにですね、捕獲のわなの設置場所につきましては、有害鳥獣駆除の実施隊員とですね、相談を申し上げまして、そちらの内容に詳しい方のご意見をいただきながら、箱わな等設置させていただいたということでございますので、設置には、位置、場所等の選定には間違いはなかったのではないかというふうには考えてございます。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘委員。

7番(熊谷和弘君) それからです、237ページのニホンジカ有害捕獲ということで、この実績どうだったのかですね、実績載っておりませんのでお伺いをいたしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 市がですね、駆除申請をしておった、実施したものについては、実績等はございませんでしたけれども、県がですね、宮城県の方で個体数調整ということでニホンジカの駆除を実施してございます。
 平成28年度につきましては、20頭の申請に対して15頭の駆除を実施しているところでございます。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘委員。

7番(熊谷和弘君) それではですね、277ページの方にいきましてですね、企業、企業誘致の関係でございますけども、企業等訪問活動ということで、こちらに成果が載っているところでございますけれども、この成果はですね、実は27年度と比較をいたしますと、市内で16社の減、それから延べ59件の減、市外につきましても13社の減。それから延べにつきましても16件の減ということでございまして、市外につきましては2回訪問したのは1社だけだというふうにこう読み取れるところでございますけれども、かなり減ってますけども、これはどういったことで減ったのかということでお伺いをいたします。

委員長(八木しみ子君) 工業振興課長、櫻 節郎君。

工業振興課長(櫻 節郎君) 企業訪問についてのお尋ねでございますが、市外の企業につきましては、訪問の際に企業、登米市への、企業の立地のですね、意向であったりとか、そうしたものをまずはアンケート調査をしまして、その結果に基づいて企業訪問を行っておるところでございます。
 28年度につきましては、そうしたまずはアンケート調査、企業の意向をですね、調査をするというふうなところに重きを置いたというふうなところでございます。そうしたことによって、企業訪問の件数が少なくなったというような状況でございます。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘君、和弘委員。

7番(熊谷和弘君) やっぱりですね、いろいろセミナー何かの開催も大事ではありますけれども、やっぱり直接お伺いをするというね、そういった部分が大事じゃないかなと思いますんで、その辺でんじゃ市長、トップセールスの意気込みを一つお伺いしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 市長、熊谷盛廣委員、盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 熊谷和弘委員のご質問にお答えをさせていただきます。企業誘致は一つの私どもの一つの大きな大目標だと、常々そういうふうに思っておりますけれども、また、市外にある、そうした企業を大切にすることも、非常に大切なことだろうと常々そういうふうに思っております。
 特に、誘致で来ていただいた企業に関しましては、なおさらこれからもしかすると、登米に来たいというような企業があると、登米市の対応はどうですかといったような情報も多分そうした企業にあるのか、お問い合わせがあるのかなと、そういう思いもございますので、なるべく時間を取って、そうした企業活動、企業訪問をさせていただきたいとそういうふうに思っております。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘委員。

7番(熊谷和弘君) それではこの款、最後の質問でさしていただきます。
 285ページのですね、公園管理の関係でございますけれども、長沼フートピア公園の入込数でございます。
 28万7,420ということで、昨年ですね、10月あたりなども大変盛り上がりまして、朝から夜までもう連日連夜、テレビをかければどっかで長沼ボート場、また登米市が映っているというそういった状況でございました。そこでですね、27年度のこの長沼フートピア公園の入込数、どれだけ増えているのかなと思ってこう計算をして、したところですね、増えた数が1万9,035人ということで、前年度比107%ということで、正直これは多かったのか少なかったのか、私個人的にはもっと増えててもよかったんじゃないかなって思いますけども、この107という一応数字が出ておりますけども、どのように捉えておりますでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 産業経済次長、阿部孝弘君。

産業経済次長(阿部孝弘君) 長沼フートピア公園の入込についてのお話でございます。107%の増と、7%の増ということですか。ということでございます。昨年脚光を浴びた長沼でございますので、一時的にもっと伸びたのかなというような印象もございますけれども、それまでもですね、長沼フートピア公園については登米市の観光拠点ということで、一定の伸びを示しております。一過性のものに終わらずですね、これからも入込が増えるような取り組みを続けていきたいと考えております。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘委員。

7番(熊谷和弘君) いろいろ捉え方があるかと思いますけれども、ある意味ですね、やはり、まだまだ生かしきれてないという部分もあるんじゃないかなというふうにも感じております。
 例えば、登米に関しましてもですね、なかなか戻ってない、戻りきれていないっていう部分もあります。そういった意味でですね、これからやれること、まだまだいっぱいあると思いますんで、やれるべきことはやる、また使えるべきものは使うというね、そういったことは大事じゃないかと思います。
 一つだけちょっと例をお話しさせていただきますと、くりこま高原駅にはですね、登米市をPRするチラシもポスターも、置物とかも全くございませんね。本当にある意味、登米市の窓口と言ってもいいぐらいでありますんで、そういった所も本当にもう一回見直して、やれることはやる、使えるものは使えるっていうことで取り組みが必要じゃないかと思いますんで、お伺いをいたします。

委員長(八木しみ子君) 産業経済次長、阿部孝弘君。

産業経済次長(阿部孝弘君) くりこま高原駅の活用ということもお伺いをいたしました。
 先日ですね、私もくりこま高原駅利用する機会がございましたので、確認をいたしましたが、私の確認した時点では、本当に種類は少ないんですが、登米市のパンフレットも置いてございました。なお田園観光課、栗原市のですね、田園観光課ともお話をいたしまして、くりこま高原駅ならずそういった広報の手段を考えていきたいと考えております。

委員長(八木しみ子君) ほかに質疑はありませんか。20番、沼倉利光委員。

20番(沼倉利光君) まず最初に、成果書の249ページの中で、今年の9月に開催されました全国和牛能力共進会のことでありますけども、素晴らしい成果を収めまして、登米市では日本一の小野寺さんの牛も誕生したということで、本当に各分野でかなり努力したというふうに思います。そこでお伺いしますけれども、今回の5年に1回のこの共例会がですね、やはり登米市では一過性のものであってはいけないというふうに思います。
 これをやっぱりなおですね、進化させるように、5年後を目指すということでなくて、その今回の成果をやはり和牛の生産者を増やしたり、それから今までも頑張ってもきましたけれども、生産額を増やす、そういったのに結びつけるやはり施策がなければですね、大会のためのもので終わってしまうのでは、生産者の皆さんに対しても大変申し訳ないと思うんですけども、このことについてどのように今後やっていくのかまず1点お伺いします。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 全共の結果についてのお問合せでございます。
 議員皆様の応援もいただきまして、第2区の方で日本一を獲得をさせていただいたところでございます。まずですね、今回の結果につきましては一過性のものということではなくてですね、第8回大会から、今回日本一を獲得しました小野寺さんにつきましては、第8回大会からの出品を継続しておるところでございます。その成果がですね、今回第11回大会で結んだというふうな状況かというふうに考えておるところでございます。
 この成果をですね、小野寺さんの第2区につきましては、その母牛の、となる部でございますので、それから生まれるさらに産子はですね、優秀な産子であるということを内外にPRすることができたというふうに考えておるところでございます。
 また、肉牛の部におきましてもですね、第25、優秀賞25席というふうな優秀な結果を取ることができましたので、その肉においてもですね、優秀な成績を収めたというふうに考えてございます。
 これらの成果をですね、内外にPRすることによりまして、登米産牛をですね、さらにPRに努めてまいりたいというふうに考えてございます。

委員長(八木しみ子君) 20番、沼倉利光委員。

20番(沼倉利光君) あのね、考えるのはいいんですよ。ちゃんとした施策で予算も付けて、裏付けの後押しがないとできないんですよ。アピール、これもね、こういったネットで流す。これも一つの方法かもしれません。でもやはり生産者が確実に、この政策をやるためにはそれなりのきちんとした施策がないと、生産に結びついていかないのではないかと思うんですけど、その辺についてですね、やはりその事業として、取り入れる考えがどのようにあるのか、その辺についてお伺いします。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 事業として取り入れる予定はあるかということでございます。今回の第11回の結果につきましても、その、多くの産子の中から選抜をする必要がございます。そのために平成26年度からですね、助成事業を実施してきた結果がですね今回このような実績に結びついたというように考えてございます。
 次回鹿児島につきましては5年後に実施されるわけでございますので、人の育成なり、その牛の育成なりについてですね、事業を実施してまいりたいというふうに考えてございます。

委員長(八木しみ子君) 20番、沼倉利光委員。

20番(沼倉利光君) ぜひですね、今言ったように、どうしても終わってしまうとですね、こちらの後押しの方が、薄れてしまう心配があったので、質疑をいたしました。
 会場において感じたことは、生産者の皆さんも皆さんも頑張ってると思いますけども、あれだけの会場の中で、宮城県ののぼりも横断幕も、あの会場に全然なかったと。わざわざ九州から来たり、それから沖縄から来たとかですね、のぼりもいっぱいあって、中には法被着たユニフォームでの応援団があったんですけど、宮城県あれだけあってですね、特に登米市もです。横断幕もなければ何にもない、どこにいんのかなみたいな雰囲気ね、くらいでしたので、これはやはり今後ですね、せっかく地元で頑張ってる生産者から見ると、何かテレビで見てどこだったのかみたくなっちゃいますから、このことについてをちょっと反省もあってもいいのかと思いますけど、何か今回の全共について反省点があればお願いします。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 今回の全共に対しての反省点ということでございます。まず出品者の皆様に対してはですね、優秀な成績を収めていただいたという結果がございます。次回に向かってですねさらに飛躍をしていただくような対応を取らさせていただきたいというのが1点でございます。さらに先ほど委員の方からご指摘ありましたようにですね、応援の態勢ということでございましたが、日曜日の日においでいただいたわけでございますが、その日ですね、県内、市内各地の和牛改良組合からこぞって参加をされたという経緯もございまして、なかなか対応しかねたというふうな点もございます。次回、今後につきましてはですね、なお一層、一致した対応ができるよう対応させていただきたいというふうに思っております。

委員長(八木しみ子君) 20番、沼倉利光委員。

20番(沼倉利光君) ぜひですね、頑張って、ましてやほかの場所に行けばですね、なおさら宮城県の人数は、今回の何十分の一なんですよ。そういった人たちにね、しっかりと応援が、メッセージができるような態勢を組んでいただきたいというふうに思います。
 次に観光について伺います。実はその登米市では先ほど出ましたように、長沼のボート場、これ本当に集客数もあったかもしれませんけども、名前はもう登米市を代表するですね、おかげさまで、宮城には長沼のボート場というような、本当に「登米」という字が読めなくても、長沼ボート場が有名になったという経緯がありますけども、そこで登米市では長沼のほかに登米というものがあります。
 登米のこの今回の成果書289ページに、物産センターの春蘭亭含めた利用者ですね、7万2,965名。その程度ですね、あると思いますけれども。実はこの中で、その下のほうに書いてある、例えば東和の林林館、ここは28万人。それからもくもくランドも36万人。米山も24万人。それから南方の道の駅も39万人。それから愛菜館についても18万人という方がですね、道の駅においでになって来ております。これはですね、やはりもちろん観光地としての場所も必要ですけども、しかしその道の駅だったり、こういった、あと豊里ですね。豊里の方にも人がおいでになってますけども、こういった道の駅だったり直売所に対する周知度をもっとですね、しっかりアピールしていく、これが登米市に実際は観光地よりもこの100万人以上の人がですね、道の駅だったり直売所に来ているという、こういったニーズについて今後やっぱり登米市の人が集める、来ていただく、交流人口分を増やすという分については、この辺をもっとしっかりと充実していった方がよいのではないかという気がしますけども、いかがでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長、阿部孝弘君。

産業経済部次長(阿部孝弘君) 道の駅に関してでございますが、道の駅につきましては市内の駅長さん方で連絡会をつくっております。県もございますし、もう少し大きな枠でもございます。定期的にですね、会議を開催しまして、それぞれの道の駅の実情、課題等を話し合って入込につなげているという状況でございます。
 それから市内道の駅の連携ということで申し上げますと、今回この4月にオープンいたしました道の駅三滝堂でございます。こちらは市内ならずですね、南三陸からも商品を仕入れまして販売をしているわけでございますが、現在ですね、三滝堂につきましては、登米市内9地区全てから取り引きを行っているというような状況にございます。
 なお、この三滝堂につきまして、集荷も取り組んでいるということでございます。道の駅三滝堂以外のですね、道の駅の産品もここで取り扱っていただくというような方向にございますので、道の駅の連携という点で申し上げれば、三滝堂を中心にですね、これからも連携を強化していきたいと考えております。

委員長(八木しみ子君) 20番、沼倉利光委員。

20番(沼倉利光君) これからということでですね、今は28年だったので、三滝堂については触れなかったんですけども、かなりの注目度を浴びているということでですね、この三滝堂を含めた道の駅、それから直売所についてもしっかりやはり、もっともっとなんかこう、実際はこれだけ100万人以上の人が出入りしてる割には、なんかそのね、登米市の中ではそのあまり目立っていないような気がします。
 資料をいただきました。28年度の分ですけども、例えばその、ではどれほど売上げがあるのかということを見ますとですね、津山では約1億2,000万。米山では約2億5,900万ですね。それから林林館、2億円、約2億円。南方も約2億円。中田の愛菜館も約2億円。がんばる館は4,700万ということで頑張っております。
 こういった中でですね、登米の遠山之里の確か売上約1億ちょっとでしたよ。
 それももちろんね、いろんなその仕入れを除いた売り上げだけですから、この今言ったこの皆さん方は、全部農家の皆さんと、ですね。ほんとその手数料の10%、15%以外は全部農家の収入になるということを考えると、やはりその、新しい形としてですね、今言った登米であれ、あの長沼のボート場ももちろん大切ですし、今まで以上に頑張ってほしいんだけども、この道の駅、この全部を合わせると軽く10億を超えるという状況ですよ。
 1か所で2億になっているとこが5か所ありますから。11億ぐらい。今度の三滝堂を入れるともっとすごい金額になると思いますよ。これは登米市の中では、やはり産直というか、市民のみんなの中で、特に農家の皆さんが直売所として、主になっていく大きな要因だと思いますけども、この辺についてですね、やっぱりもっともっとアピールして、そして連携、連携、連携を深めていく、ただ単にすんでなくて、しっかりとした形をやっていくとすごい実績になっていくのは、この道の駅だったり産直だったような気がします。このことついては、やはりしっかりと政策としてやっていく必要があると思いますけども、もう一度お願いします。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長、阿部孝弘君。

産業経済部次長(阿部孝弘君) お話のように道の駅あるいは直売場につきましては、農家の方の直接の副収入ていいますか、収入につながっているということでございますので、登米市内、多くの道の駅、直売所これらがもっと連携を強化できるようにですね、なお一層検討を進めていきたいと考えております。

委員長(八木しみ子君) 政策としてということで、その部分で答弁お願いします。

産業経済次長(阿部孝弘君) ただ今申し上げましたように、もっと売上げが伸びるような施策これを考えていきたいと考えてます。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部長、丸山 仁君。

産業経済部長(丸山 仁君) 交流人口の増加なり、それから農家収入の拡大に向けたその各物産所、それから道の駅との連携につきましては、ただ今次長が申し上げたとおりでございますが、委員おっしゃるとおりですね、本市の農産物の消費を増やすためには、やはり直売所の役割というのは非常に大きいって私も感じているところでございます。
 特にその野菜については、今、機能性成分とかいろいろと注目を集めるているところでございますので、そういったものも含めたPR、さらにはその食農教育との連携、そういったものも図りながら取り組んでまいりたいと思います。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。12番、武田節夫委員。

12番(武田節夫君) 成果説明書の250ページの繁殖牛と経営規模拡大支援事業補助金のサンシャイン牛舎について伺います。
 読んで字のごとく、内容は分かります。これは352万1,000円拠出して4軒ほどあるんですけども、これどの程度、4軒の方々には成果が出てるんでしょうか。それでこの4軒の中の規模。1件平均88万ぐらいの補助金に見えるんですけれども、その辺の内容をお聞かせいただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) サンシャイン牛舎についてのお問い合わせでございます。平成28年度につきましては4軒の農家が実施しているところでございます。
 この4軒の農家につきましては、すべて規模拡大を希望している農家でございまして、申請時の4軒の合計にはなりますけれども、申請時の飼養頭数が166頭でございました。それに対しまして、増頭計画が187頭まで増やすということでございまして、それらに対する畜舎の増、建設に対する補助となっているものでございます。
 建築につきましては、4頭で761平米ほどのですね、建築の面積となっているものでございます。

委員長(八木しみ子君) 12番、武田節夫委員。

12番(武田節夫君) 中には、50坪以内で収めざるを得ないという方もいないわけではないと思うんですね。そうすると繁殖牛に関しては、育成だけでその補助金が終わってしまう。そうすると、全然その繁殖牛を増やすにもなかなか増やせ、増やせない。そういう状況下の中で、目的はいいんですけども、なかなか施設的に、面積的に足りないっていう畜産農家がいるんですね。
 今、先ほどの沼倉委員の方からお話がありましたように、全国和牛共進会で登米市がこれだけ成果を収めた中で、やっぱりこれから、若い後継者、そういった人をやっぱり夢と希望を持たせて、やっぱり加速していくためには市としてもっと柔軟な対応の中で、いろんな補助金をやっぱりしていかないと、なかなか素牛買うにしても80万、90万ですよね。そうすると育成だけの施設で終わってしまうっていう、畜産農家もこの4軒の中にいるようなんですよ。私、聞いてきたんですけども。その辺どう担当としてこれから畜産振興を加速していく上で考えていくのか、その辺の考えを伺いたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) このサンシャイン牛舎整備事業につきましては、二通りございまして、1件がですね、新規就農者に対する補助とそれから規模拡大者に対する補助という二本立てになっているものでございます。
 うち新規就農者につきましてはですが、対象事業費の3分の1補助で上限が150万としておるものでございます。先程お話をさせていただきました規模拡大につきましては2分の、2分の1、すみません。3分の、新規就農者につきましては、2分の1以内の補助で上限が150万。規模拡大につきましては、3分の1で上限100万とさせていただいてるものでございます。
 市の単独事業の中で、畜舎等の施設整備に対しての補助につきましては、この補助、サンシャイン牛舎の事業だけになりますけれども、あとは国の補助事業であったり、県の補助事業であったりの対応についてこちらの方で調査をさせていただいて、各農家の要望に応じて進めさせていただいているところでございます。

委員長(八木しみ子君) 12番、武田節夫委員。

12番(武田節夫君) やはりこれから若い人たちを育てていく上では、やっぱり国・県の補助でなく、市が独自色を持って県にこういった事業をやるのでと、やはり県の方に働きかけするのが行政のあり方だと思うんですね。ただ国・県がこういう補助しかないからそれに沿って、畜産農家の方に説明するんでなくして、やっぱりやる気のある人たちに、やっぱり夢を与える意味でも、市独自のやっぱり施策を講じて、その中で足りない部分は県・国にやっぱり働きかけしていかないと、私は畜産振興には、なかなか前に進みにくいと思うんですけれども、市長その辺の考え、これからの畜産振興やっぱり加速する上で、部長でもよろしいです。どういう取り組みをしていくのか。
 特に、やっぱり若い人たちに夢を与えるようなそういう施策を、よその自治体にないくらいのやっぱり登米市独自のやっぱり政策を取るべきだと思います。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部長、丸山 仁君。

産業経済部長(丸山 仁君) ありがとうございました。
 これまでも市の畜産振興に関するさまざまな施策につきましては、各畜産の団体、関係団体、それから畜産振興協議会等からいろんな意見もいただきながらですね、その内容を踏まえまして、新たな制度設計とか取り組んできたところでございますので、今後も畜産農家の皆さんのいろんな意見も聞きながら、新たな施策の構築に取り組んでいきたいと思います。
 それから先ほどもご質問ありましたが、今回のその全共については、やはり一番その若い方々のその取り組み、育成というところが大分結果として表れてきているんではないかなと思っておりますので、そういった今後の畜産を担う新たな経営者の方々の育成についてもしっかり取り組んでまいりたいと思っております。

委員長(八木しみ子君) ほかに質疑はございませんか。10番、氏家英人委員。

10番(氏家英人君) ありがとうございます。成果説明書246ページでございます。
 有機センターの管理の部分でございますけれど、毎年思うことなんですが、市内6つの有機センターあるわけですけれども、このとおりに。利用率がですね、50%に達しないですね毎年。ずっとそうなんですね。一部豊里有機センターは、50%を超えている利用率ですが、そのほかはほとんど30%台、40パーセン台ずっと続いているというふうな状況の中で、毎年修繕料が11節にあるとおりですね、莫大な金額が掛かっているわけでございます。今年度は6つの有機センターそれぞれの修繕費、合計しますと1,600万かかっているわけですね。利用率半分にも満たないんですけれども。ちなみに27年度は3,000万以上の修繕費が掛かっております。その前もずっと1,000万円以上、2,000万円台ずっと修繕料が掛かっている状況が続いているわけでございますけれども、これはどういうふうに捉えればいいのかなというふうに思うわけでございます。利用者にとって、これぐらいの設備というのは過剰なんじゃないですかねもしかして。利用する人がいないということと捉えていいんでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 有機センターの利用状況についてのお問合せでございます。
 有機センターの利用状況につきましては、委員ご指摘のとおりですね、平成28年度の利用率につきましては、45%というふうな状況でございます。この条件につきましては、震災前の平成28年度の利用率が、22年度の利用率が58%でございました。震災後その利用率の復旧がなかなか進んでいないというふうな状況でございます。
 確かに修繕費につきましても、平成27年度につきましては3,000万円を超えるような修繕費が掛かっておるところでございまして、平成28年度につきましてはその影響もあり1,600万円程度で済んだのかなというふうに考えているところでございます。
 なお、有機センターにつきましては、その農家にとりましてもですね、環境保全型農業の推進等、重要な役割を担っている施設であるというふうに理解しているところでございます。しかしながらですね、早く、一番早く建設したもので平成13年、一番遅いもので平成19年ということで、いずれの施設も10年以上の期間が経過しており、修繕がかなりの多くの修理が出ているところでございます。
 なお、利用者につきましてはですね、修繕による搬入調整であったり、製品堆肥の販売不振によるですね、搬入調整というふうな状況もございまして、なかなか利用率が上がっていないというふうな状況でございます。
 なお、現在の段階におきましてですね、有機センターの利用を見直すための検討をさせていただいているところでございます。

委員長(八木しみ子君) 10番、氏家英人委員。

10番(氏家英人君) 市民から見てですね、適切にね、利用されているなというふうに、思えるような利用率っていうか、それをやっぱりね、目指していただきたいというふうに思うわけでございます。
 時間がないのでですね、次行きたいと思いますが、275ページです。
 商工振興費の中の新ビジネス支援対策費。28年度に行った、中高生起業体験プログラムの部分でございますが、これは登米中央商工会青年部と東京証券取引場これがタイアップしまして、主体となってですね、市内の高校生に対して起業家マインド育成するというプログラムでありました。これはですね、今年もやったんですね。今年度もやりました。私、講師として実は呼ばれて、講師も務めさせていただきましたけれども、そのとき言われたんですね、外部評価でこのプログラム改善というふうなご指摘をいただいたということで、今年はやったんですけれども、自費でやらざるを得なかったというお話でございました。非常にいいプログラムだなと思ってたんですね、にもかかわらず、市で引き続き取り組むのはやめてしまったということでありました。
 そのことについて、どういうふうに思われているのか、お尋ねしたいと思うんですけど。

委員長(八木しみ子君) ブランド戦略室長、浅野之春君。

ブランド戦略室長(浅野之春君) 新ビジネス支援対策費の中の、中高生起業体験プログラム事業についてのご質問をいただきました。
 こちらについてはですね、28年度においては市、それから商工会青年部の皆さんについてはご協力をいただいたという形で、運営をしてきたところでございます。そのご協力いただいたというのはですね、将来的に登米市の応援をしながら、そちらの方々に担っていただけないかという思いで、27、28で実施してきたところでございます。今年に・・・あっ、よろしいいですか。はい。

委員長(八木しみ子君) 10番、氏家英人委員。

10番(氏家英人君) ぜひですね、あの市がですね、そのようにバックアップをしながらですね、また別の形で大きく育てていっていただきたい、プログラムだなぁというふうに思いますので、よろしくお願いしたいということを言いたいと思います。
 続いてですね276ページなんですね。
 これ確か、予算のときも私指摘したのかな、あるいは昨年の決算のときも指摘したのかもしれませんけれども、19節の登米市共通商品券事業の補助金についてであります。これは一体何なのかと申せば、多分とめっこマネーなんだろうというふうに思っていますね。これずっとこう続けてきたわけですけれど、どのような経済効果があったのかなとゆうことです。私に言わせてみれば、もう事業の何と言いますかね、役割というか、もう終わってるのではないかなと、市民にも理解あまりされてなかったんではないかなと加えて言えば、言わせていただきますけれどどうでしょうか。
 この際ですね、このまま続ける必要もないのではないかというふうにも思うわけでございますけれど、その辺の見解を伺いたいなと思います。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長、阿部孝弘君。

産業経済部次長(阿部孝弘君) とめっこマネーの件でございます。何度かご質問いただきまして、取り扱い店舗を増やすですとか、買いやすい、使いやすいような商品券にということで取り組みは進めてまいりましたが、残念ながら現段階で、伸びがないと、経済的効果も限定的だということでございます。これについてはですね、先日外部評価にも取り上げられまして、それを振興協同組合あるいは商工会の職員の皆様も傍聴していただいたということでございます。
 来月ですね、このとめっこマネーについて市も入りまして、振興協同組合と今後のあり方等について検討する機会を設けております。そういった中でですね、このとめっこマネーの今後について考えていきたいと思っております。

委員長(八木しみ子君) 10番、氏家英人委員。

10番(氏家英人君) ぜひですね、私はいつも思うんですけれど、やめるのも必要なことだと。やめる勇気が必要な町も登米市には必要なものだということで、やめることで新たな考えも、新たな政策も生まれるというふうに考えていただきたいと思うわけでございます。よろしくお願いしたいと思います。
 続きましてですね、時間ないんでちょっと飛ばしてですね、281ページ、280ページですね。
 にぎわいセンターの管理費についてであります。28年度は、迫にぎわいセンターを佐沼大通り商店街協同組合に指定管理いたしていたということでございますが、今年度、この協同組合は解散しましたね。にぎわいセンターは直営で運営されているわけでございますが、このことについてをちょっと今後のことをお尋ねするわけですけれども、どうなっていくんでしょうかね。今後も直営でやっていくということでいいんでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長、阿部孝弘君。

産業経済部次長(阿部孝弘君) にぎわいセンターにつきましては、指定管理から本年4月に直営ということでございます。にぎわいセンターそのものの運営あるいは利用者の方々への対応については、従前と同様でございます。今年度直営ということでございますので、今後のにぎわいセンターのあり方につきましては、にぎわいセンターの趣旨等についてもなお確認の上ですね、まだ方向性は定めておりませんが、検討していきたいと考えております。

委員長(八木しみ子君) 10番、氏家英人委員。

10番(氏家英人君) 最後の質問です。285ページになりますが、公園等管理費ですね。
 長沼フートピア公園についての見解というか、考え方を聞きたいなというふうに思います。28年度28万7,420人が入込客数としてカウントされているということでございます。
 今年の8月3日から6日までの間、南東北インターハイボート競技が開催されましてかなりの多くの人でにぎわったというか、私も見には行きましたけれども、何て言いますかね、例えば、自分がどっかの大会に行くときに、ようこそボートの町、何々市へとかね、垂れ幕というか、お迎えの横断幕であるとかね、道路を横断する形であるとか、町中にですねのぼり旗があって、お迎えの姿勢を見せるでありますとか、あれほどせっかくね小池知事の関係もあって有名になった長沼であります。登米市はボートのまちでいいんじゃないですか。そういう大きな大会があるときには、今言ったような横断幕であるとか、そうですねのぼり旗であるとか、そういうのをですね、町中に設置してですね、お迎えする意思を示すべきだと思うんですよ。何にもないんですよね。栗山副市長、どう思いますか。

委員長(八木しみ子君) 副市長、栗山健作君。

副市長(栗山健作君) 昨年オリンピック・パラリンピックの誘致の関係ですね、長沼の知名度が一気に上がって、その後ですね、ちょっと確かに最近ですね、長沼のほうに伺ったりしますと、当時のにぎわいが、嘘のような静けさと感じる部分もございます。
 委員からの指摘のとおりですね、長沼フートピア公園というのは一つ市にとって大きな財産であることは、これは皆さんご承知のことだと思いますので、これをどういうふうにまた、さらにですね、一歩二歩ですね、PRしていくかっていうのを市としてもしっかり詰めていきたいとそのように考えております。

委員長(八木しみ子君) 10番、氏家英人委員。

10番(氏家英人君) ぜひですね、長沼ボート場何かあるときは、町中でお迎えしているというイメージをつくっていただきたいというふうに申し上げて、私の質疑を終わりたいと思います。

委員長(八木しみ子君) ほかに質疑ございませんか。11番、工藤淳子委員。

11番(工藤淳子君) 成果説明書の246ページ放射能、真ん中辺の放射性物質汚染対策事業なんですけども、この汚染稲わら、保管やってるんですけど、今年度にちょっと難しい長いあれが補助金交付金が、東日本大震災農業生産対策交付金、こうゆう交付金が今年度予算で交付金を始めたということで、いろんな対策補助が何年か前から行われて、ネットで見るとあるんですけども、この事業のこれを保管のこの改善などに活用することはできないのか。
 それから成果のところに、保管状況の改善のために新たに一時保管庫を設置するなど管理に取り組んだってあるんですけど、これはどこの、どういうふうにやられたのか、その辺お願いします。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長兼農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) ご質問の保管庫等の管理につきましては、環境省からの委託金に基づいて、保管庫の管理をさせていただいているところでございます。
 それからもう1点の、新たな保管庫の設置ということでございますが、米山地区にですね、屋外で保管しておったものをですね、保管庫を設置し、その中に搬入をしたものでございます。

委員長(八木しみ子君) 11番、工藤淳子委員。

11番(工藤淳子君) 私もよく内容が、環境省ということで、じゃあ今回はこのこうゆう交付金には手を挙げなかったってかね、求めなかったってことなんですかね。今年度にも補強工事、これからこう今400ベクレル以下のこの堆肥汚染、土壌還元なんかにいろいろ取り組んで、その結果も踏まえてね、この保管庫どうなるかってのは、いろいろ変わってくると思うんですけど、こうゆう事業も、栗原市に比べると登米市の場合は、きちんと保管修復はやってるんですけど、こういうことでしっかりした保管庫、もう少し考えられないのかなと思うんですけど、その辺の参考に、考え方お願いします。

委員長(八木しみ子君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 指定廃棄物の保管につきましては、あくまでも環境省の委託金に基づいて実施をさせていただいてるところでございますが、交付金につきましては、例えばその汚染牧草であったり、堆肥であったりのサイラップ等にですね、利用が可能な事業だというふうには理解してございます。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。
 それでは質疑の、5款、6款、7款の質疑の途中でございますが、10分間休憩いたします。
 
          休憩 午前10時55分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時04分
 

委員長(八木しみ子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 5款、6款、7款の質疑を続けます。
 質疑ございませんか。3番、佐々木好博委員。

3番(佐々木好博君) 269ページになります。
 オフセット・クレジットの販売を行ったという報告ですが、どこの企業に売ったかを教えください。あと、このクレジッ販売、どれぐらいの金額になったのか、そしてその収入の項目がですね、ちょっと見えなかったので、どこに入ったのかを教えていただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) カーボン・オフセット・クレジットのご質問でございます。
 平成28年度につきましては、ここに記載のとおり131二酸化トンの販売で、金額としては141万4,800円でございます。企業等に9件の実績でございます。
 それから、このクレジットですね、25年度から販売をしておりまして、25年度から28年度まで合わせますと合計で1,116万2,523円の実績ということで、1,039二酸化トンの実績という形になっております。
 その収入金額については、市有林の間伐等の事業に充てております。

委員長(八木しみ子君) 企業名。どこの企業に。

産業政策課長(遠藤 亨君) 一番大きいところだとですね、マルエツというスーパーがございまして、そこで100トンほどのご購入をいただいております。

委員長(八木しみ子君) 3番、佐々木好博委員。

3番(佐々木好博君) 今、山からの収入がなかなか確保しづらい状況にあってですね、オフセット・クレジット過去大きい企業さんが、自社の炭酸、排出炭酸ガス量をクリアするためにですね、買っていただけるということですので、これからもですね、整備を行って積極的に売っていってほしいなと思います。
 あとですね、続きまして前ページですね、267ページになりますが、木材の消費拡大を図るということで、住宅等の補助を行ったとあります。これ公共建築についての報告はないんですが、登米市が行った公共建築の木質化、木造化に伴ってですね、どれぐらい使用されたのか。報告をいただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) 木造木質化の部分のお問い合わせでございますが、今ちょっと資料確認して後ほど回答させていただきます。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。3番、佐々木好博委員。

3番(佐々木好博君) それでは後から報告をお願いします。
 今、登米に建設中のこども園とか木造で行っているということなんですが、28年度にですね、建築したものどれぐらい木質化が図られてるのかっていうところをちょっとお知らせ、知らせてほしいなと思いました。それに伴ってですね、次世代林業基盤づくり交付金っていうのが国から支給をされるわけですが、それらを積極的に活用してるかどうか。補助率2分の1ということでございますので、これ今、話題になっておりますCLTの建築にも使えますし、実はですね、建築の内装工事にもですね、15%以内であれば、補助対象となっておりまして、国の予算がですね、70億もとっておりますので、積極的にそういうのを使っているかどうかっていうところもですね、ちょっとお知らせいただきたいなと思っておりましたので、もし、その前出の問いと合わせてお知らせいただきたいと思いますし、あとですね、登米市でも公共建築の木質化ということで、平成20年4月1日に策定されまして、その中で計画が進んでいると思うんですが、この項目の中にですね、なるべく木質化を図っていきましょうということが書いてあるんですが、あと1点工作物の木質化というのがございます。土留とか、擁壁とか、護岸工、ガードレール等とあります。一部ですね、私の津山の道路脇の柵等もですね、一部木質化されてるところあるんですが、かなり年月がたっておりましてですね、もうボロボロ、いわゆる木のよいイメージがですね、逆の悪いイメージとなっておりますので、それらについてですね、補修というか、そういったものを考えてるのかどうか。ちょっとお聞きをしたいなと思います。

委員長(八木しみ子君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) 先にご質問いただきました、公共施設の木造、木質化の実績でございますけども、28年度においてはですね、9件の公共施設の建築がありまして、そのうち6件を木造化ということで、一番大きいものですと、道の駅三滝堂が木造という形で取り組んでございます。
 それから2点目の次世代の事業ですね、CLT等も含めた事業でございますが、これ新しいCLTという技術でございますので、今、県のほうでもこれから推進をしていくということで、今、東北大のほうにモデル研究棟を作っております。そういったところの情報を取り入れながら、検討を進めていきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 3番、佐々木好博委員。

3番(佐々木好博君) 交付金についてはですね、それをしっかり活用してるかっていうところをちょっとお聞きしたかったんですが。

委員長(八木しみ子君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) それの活用の実績はまだありません。

委員長(八木しみ子君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) 工作物の木質化についてでございます。
 委員おっしゃりますように、ガードレール等ですね、ガードパイプですね、どちらかといいますと、ガードパイプで木質化している箇所が何カ所かございます。やはり、課題は交換するのに、かなりの費用がかかるというのが、やはり課題でございまして、なかなか木質化をしていくというふうな部分については、難しい部分がございます。その傷んだガードパイプ等の交換については、状況を見させていただきながら、順次交換していくというふうな方針で進めてございますけれども、そのガードパイプ等の木質化については、今、あまり積極的に進められていないというのが実情でございます。

委員長(八木しみ子君) 3番、佐々木好博委員。

3番(佐々木好博君) 木はですね、腐りやすいというイメージがどうしてもあると思うんですが、今の最新の技術を使うとですね。鉄と同等、もしくはそれ以上の耐久性を持たせることができるようになってきてございます。そういったところもですね、ぜひ検討項目に入れていただき、木質さらなる木質化をですね、図っていただくことによって、これがですね、少しでも山のほうに還元されていけば、非常に市全体としてもですね、イメージアップにもなりますし、経済効果もあるのかなと思いますので、今後ともその辺積極的に進めていっていただきたいと思っております。以上です。ありがとうございました。

委員長(八木しみ子君) 答弁はいいのね。ほかに質疑ございませんか。4番、須藤幸喜委員。

4番(須藤幸喜君) 私からもですね、一つ質問させていただきたいと思います。
 成果説明書の263ページ、2細目のその他の農業関連施設でございます。その中で、まず最初に目についたのが、今、スポーツをやっている方には、当然パークゴルフとか、グランドゴルフというものがあって、大分ゲートボールがですね、下火になってきたんじゃないかなということで、危惧してるわけなんですけども、特にここに豊里鴇波コミュニティセンターゲートボール場ということで書かって、運動の施設であるんですけれども、ここに書かっているということは、その施設であるということなんですけれども、利用者数をちょっと最初にお聞かせいただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) この鴇波コミュニティセンターのゲートボール場につきましては、鴇波コミュニティセンターに隣接するゲートボールの専用場でございます。そして28年度に全天候型に対応するためにですね、風対策等の施設改修を行ったところで、27年度の実績としては、約700人のゲートボールの実績ですが、28年度は約1,700人まで増加しております。

委員長(八木しみ子君) 3番、須藤幸喜委員。

4番(須藤幸喜君) まだですね、私も実際にゲートボールの方々とおつき合いをさせていただいておるわけなんですけれども、ぜひですね、ゲートボールも一つの生涯スポーツの高齢者だけではない方々のスポーツでございます。でありますので、このよりよい環境づくりをですね、ぜひ保っていただきたいなと思っております。
 続きましてその下でございますけれども、それと上にもですね、中田農産物直売所、その加工所、登米農産加工調理場ということの記載がございまして、加工品等々のものを頑張ってやられているというところでございますが、その中でとかく登米の農産加工調理場につきまして、でありますけども、もともと登米の小中学校の給食の施設であったものをですね、現在までそれに目的外を変えて、調理場ということで、農産加工の施設として今使ってるわけであります。見ますとですね、ややもすると鍵もかかってないんでないかなというような状況もある中で、特にそれが登米小学校の敷地内にあるという環境もあるということでですね、その付加価値を高めるためにも農産のそのものを加工して販売するというところでありますので、ぜひ今後のですね、ためにもぜひ伸ばしてやっていきたいなというところでありますが、そこでその今後の農産加工場、その新設、あるいは今後の状況等をお聞かせください。

委員長(八木しみ子君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 登米農産加工場についてのお問い合わせでございます。
 登米農産加工場につきましては、大体年間のですね、利用日数で116日程度の利用日数となっているところでございます。年間利用者数で大体870名程度の方が利用している施設となっているところでございます。これらの施設につきましてはですね、修繕等が発生し次第ですね、修繕等をさせていただいて、利用に供しているところではございます。
 ただ、この施設につきましては、現在の段階でですね、新たな建築をするというふうな予定はない状況となっているものでございます。

委員長(八木しみ子君) 4番、須藤幸喜委員。

4番(須藤幸喜君) 今、お話を伺うと新しいものというわけにはいかないんだということであるならばですね、ぜひもう少し極力そちらのほうのですね、修繕、本当に中に入ればですね、傷まってるところが多いです。そして、それが本当に環境がいいものかどうかというのは、誰が入ってもわかるかと思うんですけども、やはり、一つの拠点施設ということであればですね、農産加工の拠点施設であれば、やはり、その状況をもう少し把握していただいて、意欲の持てるそういったその場にしていただきたいなということで、お願いをしたいと思っておりますが、いかがですか。

委員長(八木しみ子君) 高橋産経経済部次長。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) この施設の修繕につきましては、平成28年度につきましては、ご覧のような金額になって、備品等になっている、購入等になっているわけでございますけれども、前年度平成27年度においてですね、窓枠をサッシに張り替えるなどですね、適切な修繕に努めさせていただいておりますし、それから29年度に釜等の不具合も生じておりますので、これらの購入等も実施をさせていただいてございますので、適切な管理に努めさせていただいているところでございます。

委員長(八木しみ子君) 4番、須藤幸喜委員。

4番(須藤幸喜君) 言葉尻をとって言うのも申しわけないんですけども、適切というのはそういうことだけではないと思うんです。やはり、調理をしているその床でさえもですね、壊れてるところもあると私は認識しているわけなんですけれども、やはり、窓枠をかえたからいい、釜を整備したからいい、当然加工するのには釜必要なんですよね。当たり前なんです。交換する、整備するのは当然なんですよ。ですので、そういったものをここでやったんだということでなく、当然やるべきだということで、認識をしていただきたいということであります。これは答弁いりません。
 続きましてですね、268ページをお願いします。森林病害虫防除等のいわゆる松くい虫であります。ここで成果等で460本、そして243本の健全な松にですね、健康な薬品を注入したというようなことであるわけなんですけども、全体量としては今どのぐらいあるものかということお伺いします。

委員長(八木しみ子君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) 松くい虫の被害木の市内全体の被害量といったところは、正確につかめてるものではございませんけども、被害木調査を行いまして、伐倒駆除を行ったのがこの460本という形でございます。

委員長(八木しみ子君) 4番、須藤幸喜委員。

4番(須藤幸喜君) 今、お話をされたとおり、今どのぐらいあるかっつうのは、ほんとにもう松くい虫はどんどん出てるんですよね。皆さんもおわかりかと思うんですけども、もともとマツノマダラカミキリが媒体していって、その体の中にマツノザイセンチュウというものが入って、それが媒体を繰り返してるということで、抜本的なものをしない限りですね、これは全体の駆除ができない。当然登米市だけが駆除をしたってどうしようもないというところであります。ですので、言い方おかしいんですけれども、やるならば徹底すると。で、なければですね、やはり、松の今後のところで残すとこは残す。申しわけないですけれども、言い方悪いんですけれども、ここはほんとに出たらば伐倒するだけというようなところというようなことで、松の環境をですね、環境というか、松を残すということの、ことを特化すればですね、そういったことも今後考えていかなきゃないと思うんです。そのことでお伺いしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) 委員ご指摘のとおりですね、その松くい虫の被害木対策といったところで、抜本的な対策といったところは、いまだないのかなというふうに認識しております。昭和50年代後半から入ってきたものですけども、いまだにまだ根治の対策がないといった状況でございます。その中でもですね、やはり、今、委員おっしゃられたとおり、残すものは残す、あとなるべく広げないという形で、伐倒駆除とあと樹幹注入で今は観光公園、石越の高森公園であるとか、平筒沼のふれあい公園、そういったものは松林の樹幹注入を行っておりますし、それから、今ある松林、松くい虫にかかってしまうと、どうしても商品価値が全くなくなってしまうものですから、それを先行、マツクイムシにかかる前に先行伐倒をして、広葉樹への転換を図っていくと、そういう3本立てで対策を進めていきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 4番、須藤幸喜委員。

4番(須藤幸喜君) やはり、松が生えるというのはそれなりの土地でありますので、今、言われたとおりなことで、ぜひ進めていただきたいと思いますし、広葉樹ですね、非常にいい考えだと思いますので、ぜひお願いをしたいなと思っております。
 次に、ちょっと最後なんですけども、270ページ、林道であります。
 この中で、県営ふるさと林道、これ登米と呼んでよろしいのか、登米東和線の開設事業を行ったと、それも宮城県知事との協定があったということであります。
 まず、言い方おかしいんですけども、これはどの辺につくったのかなということです。東和と登米との林道を大体どこ、羽沢の奥だとか、そういうこととかですね、いわゆる東和の朝田貫抜けたんだとかって、そういうことだけでもいいんですけども、ちょっとお伺いさせてください。

委員長(八木しみ子君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) 県営ふるさと林道登米東和線についてはですね、総延長4.3キロの計画でございますけども、登米森林公園から東和の米谷までを結ぶ4.3キロの計画という形になります。

委員長(八木しみ子君) 4番、須藤幸喜委員。

4番(須藤幸喜君) ぜひ今度はですね、そちらにも行ってみたいなと思っておるんですけど、何を言いたいのかというのは、やはり、今、林業を取り巻く環境、なかなか木価もいくらかよくなってきたんだということも聞くんですけれども、なかなかその価値的にもなかなか難しいというところで、林道をつくればですね、搬出もしやすいと、やはり、その木価の価値も上がるということでありますので、その観点からですね、今後ともその政策については、十分生かしていただきたいなと思っております。以上です。いいです、答えは。

委員長(八木しみ子君) ほかに質疑ございませんか。16番、中澤 宏委員。

16番(中澤 宏君) ないようですので、私から一つお尋ねします。
 成果報告書の251ページです。
 園芸振興費についてお尋ねします。
 予算額5,800万、決算5,300万、このうちのですね、一番大きい金額が園芸産地拡大補助金ですね、103件で4,100万の事業がございます。このことでお尋ねします。
 この園芸産地拡大事業についてはですね、園芸農家、特にですね、この補助金を受けた農家からすると大変好評な事業でございます。この中のですね、103件の内訳を見ますと、園芸用ハウスの整備事業が42件、それから園芸用機械設備事業が39件になっております。非常に高額な事業には、申請の件数が多くて、一方ですね、例えば園芸産地育成新技術支援事業、例えば化学農薬から生物農薬、あるいはホルモン剤から蜂を導入とかですね、あるいは露地栽培でいくと、例えばマルチ栽培とかですね、冬になったらば不繊布をやるとか、非常に技術的には私としてはすごくいい技術を支援しているなと思っているんですが、しかしながら、ここでは6件とか8件とかということで、非常にその申請件数が少ないんですね。本来であれば、こうした非常にいい技術っていうか、いいなんて言うかな、いいことをやってる割りには、なかなか伸びていないというふうなことで、このことでお尋ねしますが、要するにこうした大きな補助金の事業と、ある意味ではすごく低価格というか、簡便な事業でですね、申請書とか、そういうふうなものというのは、どうなんだろうと。同じ申請書になっているのか、どうなのかその辺からまずお尋ねをしていきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 高橋産業経済部次長。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 園芸産地拡大事業についてのお問い合わせでございます。
 まず、この事業につきましては、園芸産地拡大事業の補助金交付要綱に基づいてですね、実施をさせていただいているものでございます。事業費の多寡に応じてですね、申請の内容が変わるということについてはですね、同じ要綱の中で実施をさせていただいてございますので、変更等についてはございません。

委員長(八木しみ子君) 16番、中澤 宏委員。

16番(中澤 宏君) そこでね、今までの補助金のあり方っていうのは、このことを入れて経営の改善、経営がね、どのように改善していくのか、その改善を支援するというのが大きな目的だったと思うんですね、したがって、その改善計画であったり、あるいはこのことの何て言うんですかね、どんな効果があるのか。そういう申請をやるというふうなことで、大変立派な申請書なんですね。そういう意味では、補助金の高いものというかね、金額の大きいものは、あまり簡単ではどうかというふうなこともありますから、そういうことでも十分大丈夫なんだろうと思います。ただ、一方ですね、この補助の枠をどんどんどんどん拡大してきました。そうするとね、もっと簡便でもっと10年に一遍のハウスの事業でなくて、日々の農薬だったり、1年に一遍、毎年お願いするというような事業が、実は件数、申請件数の少ない事業なんですね。ここで何ですが、将来、私はすごく家畜の導入が1頭入れると5万円とかね。わかりやすくてすごくいいと思うんですよ。例えば生物農薬、化学農薬から生物農薬に変える、そこに詳しいわけを書くよりも、そのことを入れたことがすごく効果があるとかですね、あるいはそのマルチとか、さまざまなものがそういうものを入れたことが高品質や公正さにつながるものということであれば、あんまりくどくどしい申請書をつくるよりは、もっと簡単に農家の皆さんに申請をしてもらう。これを利用することによって、新しい園芸の産地のグレードアップ化を図ろうと、そういう方針でいったほうがいいのではないかと思うんです。政策的なことですから、ここは部長にもまた、そうした園芸振興のあり方についても市長から一言ずついただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部長、丸山 仁君。

産業経済部長(丸山 仁君) 大変貴重なご意見いただきまして、ありがとうございました。
 確かにそういった側面もあろうかと思っております。また、あとそれから、これから園芸振興を考えた場合に、やはり、一番営農指導の中で農協の役割というのは非常に大きくなってくるものというふうに思っておりますので、申請に当たってはしっかりと農協とのですね、連携をとった形で、補助申請をしていただく。あるいは事業が計画どおりに確実にですね、実を結ぶようなそういった側面からの支援もですね、しっかりしてまいりたいというふうに思っております。

委員長(八木しみ子君) 16番、中澤 宏委員。

16番(中澤 宏君) それでね、問題なのは、その要綱を変えるか変えないかなんですよね。要するにそのままでいくと、難しいんです。だから、例えば農協と農協も専門家がいないんですね、今ね。だから、できるだけ農家もあまり難しい手続きを嫌いますが、農協もある意味では専門家がいなくなってしまったという状況もありますから、そういう状況を考慮して、補助の制度のあり方というものを見直ししていく必要があるのではないかというのが私の基本的な考え方です。要するになんぼいい、いい制度でも、難しくすることでなくて、非常にわかりやすくて、なるほどそうだなとやってもらうことが私としてはいい制度なんだと思います。
 今までは、何を補助しようかという部分では大変議論して、いい仕組みをつくってきたと思います。今度は、その仕組みがどれだけ農家のほうに利用していただけるのか。ここに来たなというように思っておりましたので、その第2段階に向けてですね、どう取り組むかなんですね。
 それから、その効果の実証に当たっては、例えばですよ、生物農薬が化学農薬、これ普及センターでも、もう試験的にやってるんです。だから、市もですね、そういった展示圃やそうしたことを依頼して、こういうものを補助の対象にしたいと。ぜひそういった技術の立証をしてくれないかというと、普及センターとその担当してくれる農家のですね、協力をして、そうしたこともやってくれるだろうと私は思っております。
 農協も普及センターもまた、農家もですね、一緒になって新しい時代を築くという部分で、また、それを支援するというふうなことで、取り組んでいただければいいかなと、そのためにはね、まず、今までの画一的なそうした申請のやり方から、もっと高額なものと、それから園芸については大変少額なものもありますので、そうしたものを簡便な方法でもそういうことを利用することができるのだというように、あらかじめ変えていくことが、よりいいのではないかというように思いますが、いかがでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部長、丸山 仁君。

産業経済部長(丸山 仁君) 要綱の見直しにつきましては、活用いただいております農家の方々からもですね、同じような意見を何件かいただいております。やはり、もう少し金額に応じた簡便な手続き方法があってもいいのではないかというふうな意見もいただいておりますので、要は実績の確認の際のいろんな書類の提出とかもございますので、その辺が簡略化できる部分と、あと市のほうで事務局のほうでどういうふうな確認の仕方があるのかですね、その辺ちょっと今検討しているところでございますので、よろしくお願いしたいと思います。
 それから、普及センターのほうの活用でございますが、合併前も東和町のときの話になりますが、いろいろ普及センターにも協力をいただきながら、当時木酢液のいろんな忌避効果について調査した経緯がございまして、普及センターと一緒になっていろんな効果・検証を行ったところでございますので、そういった取り組みもですね、普及センターと一緒になって検討していきたいと思っております。

委員長(八木しみ子君) 16番、中澤 宏委員。

16番(中澤 宏君) おおむねじゃあそういうふうなことであれば、多分そういう声もたくさんあるというふうなことですから、それなりにね、声に対応した規則の変更というか、改正というかね、改善というか、そんなところまでぜひ踏み込んでいただきたいと思います。
 それで例えば、その見積もり合わせが100万、200万だったら、見積もり合わせというのもありますけれども、何千円、何万円というやつですから、なかなか難しいというか、どうなんだろうというのもあります。
 先ほど部長が農協と連携してというのがありますから、農協価格というのがあって、例えば今回出した納品書、見積書が、請求書が例えばそれよりも高かったらば、そこにとどめるとか。安かったら、安いほうとかですね、一応農協という今、ある意味で皆さんの公、公っていうかね、そういう機関がありますから、そこと比較して例えば生物農薬の価格についてはどうだろうとか、そういうふうなことも検討されてはいかがでしょうか。書類もありますが、書類に添付する書類等々の整理も、なお検討していただければというように思っております。
 今までよりも、もっと皆さんの市民に優しく、わかりやすく、親切なという意味では市長からも一言頂戴したいと思います。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部長、丸山 仁君。

産業経済部長(丸山 仁君) 補助金の交付の見直し等につきましては、やはり、一番は公平性というところをまず、確保しなきゃないのかなというふうに思っておりますし、それから、補助金でございますので、税金を投入するわけでございますから、その透明性というところも、しっかりと加味した中でですね、どういった制度設計ができるのか、検討させていただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 16番、中澤 宏委員。

16番(中澤 宏君) これね、言葉を返すようですが、私が言ったことで透明性がなくなるとか、公平性が失われるとか、そういうことでは全然ないと思うんですよ、部長。そういうことをなくすというのではないです。そういうことを十分やりながら、改善の余地はあるのではないかというのが、発言の趣旨でございます。
 答弁からね、難しい、だから、事業そのものが難しくなってしまう。そういうところを体質として改めていく必要があるんではないかと思うんですね。むしろ、みんな仕事を難しくしていくということでなくて、簡単で済むやつは簡単にすると、そういうところがあってもいいのではないかと。難しい答弁。難しい書類。そういうどっから、少し改める必要があると。それをどこまでどれだけできるのかと。それが能力だと。そんなことを期待して終わります。

委員長(八木しみ子君) 答弁はいいですか。ほかに質疑ございませんか。14番、東和町岩淵正宏委員。

14番(岩淵正宏君) 成果説明書259ページ、日本型直接支払事業費の中で、多面的機能支払事業費について、ちょっとお伺いします。
 28年度は、農地維持支払活動に組織数158組織、協定農地面積が1万1,352ヘクタールということになってございます。27年度で前年度よりこの組織数または協定農用地面積、増減あるのか、ないのか。まず、それが1点。
 それから、一つずつ聞いたほうがいいね。まずそこ。

委員長(八木しみ子君) 農村整備課長、千葉昌弘君。

農村整備課長(千葉昌弘君) 多面的機能のご質問でございました。
 多面的機能の組織数につきましては、昨年ですと、27年ですと148組織、28年度が158組織ということで10組織の増加となってございます。面積につきましては、27年度が1万200ヘクタールでございます。

委員長(八木しみ子君) 14番、岩淵正宏委員。

14番(岩淵正宏君) 増えたということで、この登米市の農地の環境保全もいくらか進むのかなという思う半面、既存、今まであった組織の方々よく口にいたしております。年々この組織が変わんないんだけども、参加する人がね、やっぱ高齢化に伴い、「とってもひどいや」「きついや」ということをよく話されます。成果等では地域コミュニティの向上に寄与したとありますが、農業、非農業者というかね、農業外の人が本当に出てこない現状があるわけです。農業者であった方も「おらいで今度頼んだから」というようなことで、これに参加しなかったりということで、悩みというか、ちょっと今後どうなるのかなという部分もございます。その分をこの担当部としてどう捉えているか。また、その対処、当然あと5年、10年すればどうなるかこれはわからない活動ではございますが、今後の方向性ちょっと考えているのであれば、お知らせください。

委員長(八木しみ子君) 農村整備課長、千葉昌弘君。

農村整備課長(千葉昌弘君) 多面的機能の活動の中で、高齢化であるとか、参加者が少なくて、なかなか活動のほうがですね、厳しくなっているというようなところもあるということでございます。そのような中でですね、この交付金の事業につきましては、基本的に集落の組織の中で、どのような形で事業をしていくか。どれだけの事業をするか。そういったものは各組織の中で、話し合っていただいて、それで実施していくということになってございますので、例えばうちのほうの組織は、人がいない、少ないとか、高齢の方が多いとか、いった場合は、仮に例えば農道の砂利敷きとか、そういう部分であれば、業者に委託するとか。委託できるものは委託すると。そういったやり方もできますので、そのやり方につきましては、その各組織の実情に合わせた中で、皆さんがよりよい方向性を導き出して取り組んでいただきたいというふうに思ってございます。

委員長(八木しみ子君) 14番、岩淵正宏委員。

14番(岩淵正宏君) それでは次に237ページ。水稲直播推進事業についてお伺いします。
 成果ではね、平成27年度の303ヘクタールから50.4ヘクタール増加して、353.4ヘクタールに拡大したと。面積だけの成果が載っています。この503、500、50.4ヘクタール増加した分、耕作者のね、人数はどう増えたのか。また、反収、平均で構いません。この直播によって反収はなんぼで、これまでの費用等を計算するとなんぼの増収になったのかまでやってもらえれば、丁寧な成果書なのかなと思いますが、わかればお知らせください。

委員長(八木しみ子君) 高橋産経部次長。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 直栽培についてのお問い合わせてございます。
 成果説明書のほうにつきましては、直播栽培の作付面積が353.4ヘクタールになったという数字だけの記載になってございました。耕作者につきましてはですね、平成27年度が298名であったものが、28年度では307名ということで、若干ではございますけれども、耕作者は増加しているというふうな状況でございます。
 それから、収量のほうでございますけれども、かなり大雑把な平均な数値になるところではございますが、平均の収量が移植栽培の平均の収量がですね、555キロに対しましてですね、大体、直播栽培乾田直播になりますが、大体510キロ程度。1割近くのですね、減収になるものというふうに考えているところでございます。

委員長(八木しみ子君) 14番、岩淵正宏委員。

14番(岩淵正宏君) 収量は減収になっけっとも、その費用面、直播によって今までよりも、そこなんだでば。減収になってもこれは、いい事業だから今後進めんだとかさ、あっちゃ。そこ答弁お願いします。

委員長(八木しみ子君) 高橋産業経済部次長。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 大変申しわけございませんでした。
 収量につきましてはですね、今、10%というふうに申しましたけれども、直播栽培の場合、減収ということで、15%程度のですね、面積換算はさしていただいてございますので、10%から15%程度のですね、減収が見込まれるものというふうに考えてございます。
 しかしながらですね、経費のほうで大体20%程度の経費削減が図れるというふうに考えてございますので、差し引き数パーセントになりますけれども、収益の増加につながっているというふうに考えておるものでございます。

委員長(八木しみ子君) 14番、岩淵正宏委員。

14番(岩淵正宏君) 恐らく所管部では、説明されたかと思いますが、成果書さね、その文一行足せば私はいいのかなと思いますんで、次年度以降の成果書、成果のあらわし方にちょっと工夫いただきたいなと思います。
 それから、んでお昼前頑張っからね。もう1点。285ページ。公園管理費についてお伺いいたします。
 成果では、成果書で②の成果等、主な観光公園入込客は、6公園合計で47万4,000人、すばらしい実績を残したなというふうに思ってます。それで決算でございますので、ここに表の中には、6公園は、残っておりますが、めくるとここに載ってない部分ありますね。例えばグリーンキャンプなかだも54万ほどの委託してます。それから、南方、大嶽山、これも載っておりません。あと石越、海上連親水公園これも50万出してで、どのような人数がね、利用したか。この施設名称の脇に何人って書くだけですぐわかんのになあなんて思いながらね、ちょっと思いましたんで、ちなみに今言った3公園、または交流広場、グリーンキャンプ、どのくらいの利用者人数だったかお伺いいたします。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長、阿部孝弘君。

産業経済部次長(阿部孝弘君) 285ページに載っていない公園等の入込ということでございます。
 グリーンキャンプなかだでございますが、平成28年度は宿泊キャンプ利用の5人でございます。それから、南方大嶽山交流広場、それから、石越海上連これにつきましては、すいません。ちょっと手元にございませんので、後ほど回答させていただきます。

委員長(八木しみ子君) 14番、岩淵正宏委員。

14番(岩淵正宏君) 失礼しました。公園だからね、そこに足を運ぶ。恐らくカウントしてなかったんだろうなというふうに思います。
 それで今、グリーンキャンプのほう5人。何か施設の不備とかあって休止期間あったのか。今年の夏であれば雨続きなんでキャンプには向かない日が多かったのかなというふうに思いますが、28年度何かこの5人しか利用しないで、点検業務だけは随分これかかってっから、ある施設だから、補修はしねけねえなっつうのはわかりますが、余りにもPRが不足したために、人数が5人、一家族なんだいがね。一グループなんだいが、それにとどまったのか。何か原因とか、やっぱそこ解明しないと、さあ次どうするというふうには、計画できないと思うんですが、この原因をお聞きいたします。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長、阿部孝弘君。

産業経済部次長(阿部孝弘君) グリーンキャンプなかだの利用についてでございます。
 このグリーンキャンプなかだにつきましては、これまでも何度かご質問いただきまして、例えば学校のPTAでありますとか、スポ少でありますとか、そういったところにですね、登米の森林公園も含めた利用の呼びかけなども行ってきたところでございます。
 それで、結果的にはですね、5人ということでございました。平成27年は109人ということで利用いただいたんですが、その内訳を見ますと、上沼地区の洪水避難訓練の実施で70人ということもございまして、2桁台にとどまっているということでございます。現場のほうも確認を先日いたしましたけれども、キャンプ場そのものからですね、眺望がちょっと望めないような状況でありますとか、施設の老朽化でありますとか、キャンプ場も登米市内ならず、たくさんあるわけですので、利用する方の求めに応じて選ぶということもございます。ですので、現段階でですね、昨年度こういった理由で極端に減ったということは、我々としては承知しておりませんけれども、今後ですね、このグリーンキャンプなかだ、特にここのあり方につきましては、なお一層検討していかなければならない課題だと考えております。

委員長(八木しみ子君) 14番、岩淵正宏委員。

14番(岩淵正宏君) ホームページ見ると、キャンプ場というようなことで長沼キャンプ場、森林公園、グリーンキャンプなかだ、三滝堂ふれあい、大嶽山キャンプできますよと。あと平筒沼も立派な写真で載ってます。今後やっぱどうなんでしょうかね。その眺望も認めない。例えば、そうすると周りの木を切ってね、見えるようにすれば来んのかな。または、そこにフィールドアスレチックみたいなね、体験できる部分をつくって増やそうかな。やっぱそこで1回検討っていっても、さまざまなあとは1回ここ閉鎖すっかなと、それも検討の一つだと思うんで、これについてはしっかりと5人だったから、人数の報告だけで終んねえでぜひ、決算ですから、それを踏まえてしっかりとした計画を立てていただければなというふうに思ってます。このグリーンキャンプなかだだけにとどまらず、他の施設も27年と比較して、入込客、減った増えた恐らくあると思います。増えた分についてはもっともっとやればいいだけであって、減った分については、原因究明と今後の対策ということで、お願いしたいなと思います。意見を言って終わります。

委員長(八木しみ子君) 答弁はよろしいですか。ほかに質疑はございますか。
 それではですね、まだ質疑の方いらっしゃいますので、5款、6款、7款の質疑の途中でございますが、ここで昼食のため、午後1時まで休憩いたします。
 
          休憩 午前11時56分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後131時00分
 

委員長(八木しみ子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 5款、6款、7款の質疑を続けます。質疑ございませんか。18番、佐藤恵喜委員。

18番(佐藤恵喜君) 最初に市長にお伺いしますが、成果説明書232ページに農業生産1日1億円の検証ということで、到達した数字が紹介されています。28年度は、26年の基準年よりは伸びているという数字であります。しかし、来年はどうなるかと、なると、7千5007,500円の個別所得補償がなくなると。それから畜産が本市農業の米以上にですね、今、、柱になっておりますが、。特に肥育飼育牛乳経営については、最近の枝肉の相場、3千3,000円、A5で3千3,000円台ってのが、少なくなってきているだとか。ということで、先日もある肥育牛農家の方に聞きましたら、正直やめるにもやめられないっ。ていうか、なかなか本当に厳しくなっているということを、言っておりました。
 
 この全協で登米市がですね、若雌の部で、チャンピオンになったと、これは多いに励みにしながらも、しかし、これからの登米市農業どうするか、ということを考えれば、本当に気を引き締めて、あらゆる施策を展開しなきゃないんじゃないかなと。
 既に登米市の農業施策は、私は、そんなにあのほか他と劣っているというふうには思っておりません。頑張ってるんだなと思っておりますが。しかし、並大抵の、この365億円の、この市独自に目標達成するにしたって大変な課題だと思うんです。
 このままいったら本当に日本農業、そして、登米市農業がどうなのかと、いう暗たんたる状況にあるんではないかと、思うんです。
 しかし、長期に見れば、必ず日本のステージも国民与論世論も、農業とか林業とか漁業とか、いわばいわば、農林漁業、これなくして国は持たないんだと、成り立たないんだと。そういう、そういうふうになって行くいく、行かなくていかなくてないし、そうする、世論を特に農村地域からも強く発信していかなくちゃないと思うんです。
 そこで、あのちょっとだけ紹介しますけど、農業競争力強化プログラムのその法案審議の時にときに、参考人として東大教授の鈴木宣弘さん。、農政については、超有名な方でありますが、こういうふうに言ってるんですね。「日本で農業所得に占める補助金の割合は、日本の場合は30%台。スイスでは、100%。イギリスでは、91%。フランスでは、95%。ほとんど、農業所得の全部が補助金で賄われている。アメリカでも農家にとって必要な最低限の所得が確保されるように、それに見合う価格水準を下回ったら、政策を発動させる。こういう仕組みもあると。いわば、「」鈴木さんが続いて言ってんですが、「命を守り、環境守り、国土、国境、地域を守る産業は国民みんなで支える。これが当たり前であるという感覚が欧米の常識なわけです。それに対して日本は、今、ただコストを下げて、強い人がのぼれば残れば良いいんだという政策ではないか」とい。」いうふうに主張しですねしているわけなんです。そういう点で、冒頭に申し上げましたように、農林水産業をおろそかにして国は成り立たないし、地域経済だって成り立たない。
 私は、そういうやっぱり立場でですね、私も地方の一政治家であっても、この精神を忘れず、国に迫るべきものは、迫っていく。と、いうことが必要なんでないかなと思うんで、基本的に市長の農業・林業等に対しての考え方、私長くなって短くっていうのも失礼ですが、できるだけコンパクトにお願いしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 佐藤恵喜委員のご質問にお答えをさせていただきたいと思います。
 登米市では、まさしく、基幹産業は、述べ農業であるということられているのは、誰しも疑いのないところだとそういうふうに思っております。
 特に大分前から1日1億円。なんとかその年365億円というものを大目標にして、皆様方が頑張ってきた経緯がございます。ただ、米価が非常に下落をいたしまして、なかなかその達成が難しい時期がずっと続いてまいりました。けれども、ここに来て畜産が非常にい良い勢いをつけてきたということで、大分、その、目標値に近づいてきたとは、そういうふうには思い出ます。ただ、今、委員がおっしゃるように先行きに関しましては、なかなか不透明なところがまだまだあるんだろうと、そういうふうに思います。
 私自身も農業人でございますので、そうした思いは常々思っております。ですから、よく、ヨーロッパのほうは、先進国と言われて工業先進国かというと、言われると実は、ほとんどの国が農業列国だと。そういうふうに私自身も理解をしておるところでもございます。日本は、特に、ここ大分前から猫の目農政というような言われかたを言われ方をいたしまして、農家の方々が非常に苦労を振り回されてきたと、。そういう思いがあるとそういうふうに思います。
 ですから、国に頼る、あるいは、県に頼ることも勿論もちろん必要でございますけれども、登米市独自のやはり農業振興策しっかりと打ち立てて行きたいなといきたいなと、そういう思いが私自身にもございます。
 ですから、農業、林業、これは、登米市として独自にどのような施策が打てるか、皆様方といろいろと議論を重ねながらしっかり対策を立てて行きたいとそういうふうに思っているところでもございます。

委員長(八木しみ子君) 18番、佐藤恵喜委員。

18番(佐藤恵喜君) 次に、成果説明書240ページに「頑張れがんばる農家支援事業」、28年度にスタートして、初年度ですがあります。
 35件、1千1001,100万ちょっとの支援事業となりました。1年取り組んでみて、私は、やっぱり本当に必要なもんだなと改めて痛感しているんですが、どんな総括しているのか。
 そして、次年度ですね。、30年度。、どう改善すべきものがあれば、改善しては結構でありますが、どう発展させようとしているのかお伺いします。

委員長(八木しみ子君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) がんばる農家支援事業「頑張れ農家支援事業」につきましては、委員ご指摘のご指摘のとおり、28年度に創設したものでございまして、28年度と29年度に実施することにしている事業でございます。28年度の実績につきましては、ここにあげている挙げているとおり、35件の1千百1,100万ほどの補助金のベースという形で、水田作付の農業機械の助成ということですが、非常にあの兼業農家の方々にとっては、非常に大きな事業になっているのかなというふうに思っております。
 国の方ほうでは、認定農業者を中心とした農地の集積といったところで、進めてはおりますが、現実的には、やはり、中山間も含めた農地を維持していくためには、その兼業農家の力といったところも必要だなというふうに認識をしております。
 今年度まで、一つ区切りにはなりますが、来年度に向けてはですね、そういった小規模、兼業農家に向けての支援がどういうことができるのかといったところを今、検討しているところでございます。

委員長(八木しみ子君) 18番、佐藤恵喜委員。

18番(佐藤恵喜君) 事業の仕組み等が変化はあってもですね、基本的な考え方は、なくさないで継続をするということで、ぜひ検討していただきたいと思います。
 次にですねちょっと戻ります。228ページです。
 中間管理事業相談受付、実績、第1台農地部会、津山町が件数も対象面積も0ゼロとなっておりますが、そんなものがなと、どなたか誰かに頼みたいなと、あって、そんな相談、やっぱなかったんですかしょうかね。どんな事情ってか、どんな背景って背景って言いうんでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 農業委員会事務局長、佐藤真吾君。

農業委員会事務局長(佐藤真吾君) 農協の受付の関係で、ですね、みやぎ宮城・登米の場合はですね、一度、農業委員会をとおしてということでございまして、。
 ただの津山の部分につきましては、南三陸農協直轄で受けるというふうになってございまして、私のほうをとおさないで通さないでですね直接行ってるといってるということでございますので、ご理解お願いしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 18番、佐藤恵喜委員。

18番(佐藤恵喜君) 次に244ページの農地中間管理事業の実施状況というのがあります。
 出して手・担い手それぞれの人数、面積、町域別にもあるんでしょうけど、9地域別に。それをちょっと、そうだね、今あんまり詳しく、ちょっと、あれば、ちょっと教えてください。

委員長(八木しみ子君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) 町域別の面積というのは、今、資料として持ち合わせてございません。

委員長(八木しみ子君) 18番、佐藤恵喜委員長。

18番(佐藤恵喜君) 参考にしたいので、あとで資料としていただきたいと思いましたす。
 この事業はですね、言いわば、担い手っていうんですか。借りたい人。、これは、応募は全国どこでも登米市以外でもかまわないんですよね構わないんですよね。他市、他県。、そういう実績っていうのは、違い市外っていうのはあるんですか。あったんでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) 申し訳申しわけありませんが、今、その内訳といったところの資料を持ち合わせておりませんので、よろしくお願いします。

委員長(八木しみ子君) 18番、佐藤恵喜委員。

18番(佐藤恵喜君) それもあとで後で資料で出していただきたいと思います。
 それで、あのううちのほうでも借り手と貸し手との関係、貸し手と借り手の関係で、うまくマッチしないということで、この事業を使うというどこまで行かなかったいかなかったわけなんですが、実際、そういう例というのは多いんでしょうかね。よく言われるいわば、中山間地などにおいては、特にそういう事例、顕著にあるんじゃないかと、言われておるんですけど、その状況をちょっと説明、報告お願いします。

委員長(八木しみ子君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) その貸し手と借り手のマッチングですね。やっぱり、ここは一番難しいところでございまして、借り手、借りたい人というのは、たくさんいてですね、逆に貸し手があのまだ少ないという状況ですし、今、委員がおっしゃられったように中山間の場所については、なかなか、借り手がいない。条件の良いいところについては、やはり借り手がいるんです。けども、中山間については、なかなか難しいといったところがあって、今、そういった借り手と貸し手のマッチングといったところを、コーディネーター2名配置しておりまして、その方々がいろいろ調整をしてるとこでございます。

委員長(八木しみ子君) 18番、佐藤恵喜委員。

18番(佐藤恵喜君) その9町域別に後で資料を見ればですね、そういう傾向がは、どうなるのか、っていうのもある程度つかめると思うんで、お願いしておく送るわけでございます。
 この件、最後なんですが、いわばこの事業を始めたことによって、いわばこの条件の悪いところ、条件不利地の耕作放棄地の解消に繋がるとつながるという事業だなという実感はあるでしょうか。
 いや、そんなものでないんだと。やっぱり条件の良いいところしか行かないんでないかと、先ほどもちょっとそのことが触れられておりますが、再度お願いします。

委員長(八木しみ子君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) やはり、借り手の立場においてもですね、できるだけ条件の良いいところを借りたいというのはやはり当然のことでございまして、そういった耕作放棄地も含めた耕作条件の改良と言いますかいいますか、改善、そういった措置も必要なのかなというふうに感じております。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかにございませんか。
 17番、日下 俊委員。今、なんか動きがあったもんですから。ごめんなさいね。17番。・・・もう一度、挙手願います。2人二人で・・・。17番、浅田 修委員。

17番(浅田 修君) 223ページの統合東北創造ステーションの関係でありますけれども、。返還金は、登米市で行った理由わけでございますけども、その時点でですね、県との裏約束っつうんではではなないんですけども、約束があったわけなんですけども。今年、履行されているかどうかちょっとお聞きしたいというふうに思います。一つずつやりますか。お願いします。

委員長(八木しみ子君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) 県の道路事業につきまして、その対応して頂けるといただけるというふうなことでございまして、昨年度の12月の補正で、補正執行したという、補正で予算組を組みをしたというふうっていうなお話をお聞きしています。

委員長(八木しみ子君) 17番、浅田 修委員。

17番(浅田 修君) 12月時点でもう、いただいているっつうるず、終わったと、いうことなんですか。
 それ相応の。
 それからですね農業災害への復旧支援金費ということで、塩化カリの、状況、あったんですけども、今までですね。5年間ですか。やってきたんですけども、その今年の状況はしていない知ってないという中で、それはそれで、効果があったのかどうなのか分かりませんけれどもわかりませんけれども、その検証はと。それから、散布代ですね。農家がその今でこれまでやってきた散布代というのがどこさ消えているのかなと。それの、それが東電に請求しなければならないんじゃないかというようなお話は、前にしてきたんですけど、その結果どうなっているのかお聞きします。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長(高橋一紀君) せいさんたい生産対策交付金についてのご質問かというふうに把握しております。
 市内の大豆栽培農家のですね、放射性セシウムが発生しないようにですね、塩化カリ肥料配布して、安全安心第一大豆の生産に努めるという事業でございます。
 この事業につきましては、平成28年度におきまして、市内の各農家のですね、大豆の放射性セシウムを調べたところ、基準値を超過していなかったということと、それから県のですね、基準値以上の放射線量も検出されなかったと。そのためにですね、交付金の対象外になるということもございまして、平成28年度で中止とさせて頂いていただいて、29年度は、取り組んでいない状況でございます。
 それから、その各農家の散布料ということでございますけれども、この事業につきましては、農家が各大豆生産農家に配布するカリ肥料を配布することによってですね、そのセシウムで汚染された大豆の発生を防ぐ。そのために何て言いうんですか、だい、カリ肥料の配布に要する経費に対して補助を行うものでございまして、散布料については、勘案していないところでございます。

委員長(八木しみ子君) 17番、浅田 修委員。

17番(浅田 修君) そのサンプル散布料を、ただ、それを農家に配布する。何も農家が要求してるわけでねがったのね。実際ね。農家個人がだよ。農家が、こうしなさいと言うのは、一つの、それをふれば振れば、出ないとかで出るとつうのは、それはいろいろあったかもしれないけれども。
 その散布、なぜ我々が一生懸命萎縮になってそれを散布しなければ、ならないのってことなんです。
 ということは、放射能は、我々が放射能必要でねがったんだからね、そのためにこの塩化カリを散歩散布させられてさ、その散布サンプルっていうのは、大変な労力ですよ。
 そのために放射能が出なかったら「いがったべっ」つう話ではないですよ。その点のなに、東電さなぜ請求しなかったの。その点。
 それから、系統造成等の豚の導入事業についてでありますけども、牛のほうはいろんな科目で科目で補助対象いろんなのがあるようでございます。けども、豚を飼っている農家から、「なぜ、豚に対しては、ほどんとこの系統造成ぞうせい、系統豚だけであって、ほかをの我々が、農家の個人が、畜産農家の個人が、統合を探してやっているっていう中では、全然それが対象にならないというのはが、お話しでありました。
 もう少し、豚のほうにも手厚く、手厚くではなくても、最低限、そういった補助対象になるような事業、ぜひ、導入していただきたいというなお話ですけども。その点の考え方、あわせてお願いします。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長(高橋一紀君) まず、第1点目のカドミウム肥料の配布について、でございます。
 この事業につきましては、事業の実施主体がみやぎ登米農業協同組合となっているものでございます。農業協同組合が大豆生産農家に対して、カリ肥料を配布をしたいと。
 そのための経費について交付金を当てたいと充てたいということで要望があったものでございまして、それに対する費用に対しての補助となっているものでございます。
 それから、もう一点の系統造成等豚について、でございますけれども、現在、補助対象となっておりますのは、宮城野若しくは宮城のれっとレッドといわれる言われる県の育成豚のみが対象となっているところでございます。この対象の中身につきましてはですね、今後、畜産農家等とも話し合いをさせていただきながら、検討させていただきたいというふうに考えてございます。

委員長(八木しみ子君) 17番、浅田 修委員。

17番(浅田 修君) では、塩化カリの関係は、ほとんど勝手にしたんだっていうような理解ですか、。東電から見れば。、東電から言わせれば。だから請求はしないっていうことなんですか。
 それから、263ページの宮城みやぎ農業研修生の滞在施設なんですけども、米山にあるその研修滞在施設なんですけども、もうちょっとですね、活用方法を検討していただければなというふうに思っております。
 なんか研修生も入りたくないような、草だらけにしておくような状況ではですね、あれではちょっと入る人もいなくなる状況でございます。もうちょっと管理をですね徹底していただければというふうに思っております。
 それから、あわせて、汚染稲わらの保管の関係でございますけども。この指定廃棄物のですね、保管状況ですけども、。そのハウスを建てている場所をお貸ししている農家があるんですけども、。そういった農家が、「もうそろそろ農地俺、使いてんだや。その場使いてんだよや、。」というな、話があったんです。んだげっとも「なんてともなんねのすかや」というお話なんですけども、その点のこれからのですね、、今の状況をちょっと、そういった面でのですね対応どのように考えているのか、お聞かせいただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) 始めの初めの宮城みやぎ農業研修生滞在施設につきましては、草刈りも含めた環境整備、しっかり努めてまいりたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長(高橋一紀君) 東電の賠償の件になろうかと思います。けれども、実施主体である農協等が取り扱っているという点が1点でございますし、この対応につきましては、議会の皆様、それから特別委員会の皆様ともですね、歩みを一緒に進めさせてきておりますので、そちら中でですね、検討も一緒にさせていただければ、というふうに思っておるところでございます。
 それから、指定廃棄物の関係でございますけれども、県の市町村長会議等で説明されてありますように、現在は、80008,000ベクレル以下の汚染廃棄物を優先的に考えているということでございまして、80008,000ベクレル超える指定廃棄物の取り扱いについては、現在、凍結されているような状況でございます。
 そのためにですね、大変申し訳申しわけございませんけれども、取り扱いとして一歩も進んでいないというふうな状況となっているものでございます。

委員長(八木しみ子君) 17番、浅田 修委員。

17番(浅田 修君) ぜひ、凍結を解凍していただきたいなというふうに思います。なるべく早くね。、なかなか難しいような状態なんですけども。ぜひですね、80008,000ベクレル以上の分の、あのままでは、ハウス、いっつもビニール交換だのなんだのばりまでしてさ、。ただ、その繰り返しだけやっているような状況でありますんで、なるべく早く、トップの市長、先頭に立ててですね、ぜひ、解決のほうへ向かわせるに一つお願いしたいというふうに思います。
 それから、前にですね、今年でなんですけども、登米市土地改良区富里地火力で用水ポンプの破損がありました。急遽ですね、北上から汲み上げてるんですけども、あのポンプの用水汲み上げのリース、やったりなんだりしてしてけっこう結構お金が掛かってかかっているわけなんですけども、。そういった修理等におけるですね、あの要望があったわけでありますけれども、登米市の対応は、それなりにいろんな県とか国とかの働きがあったんですけども、市独自の対応つうのは、どのような対応。さらにまた、今後これは、あの各機場で用水機場で起こりうる話でございますんで、。これは使用中で、だいたい大体ほとんど壊れるのであってですね、そういった時点での対応、どのようにこう、これから登米市考えていかなければならないのかも、考え方をお聞かせいただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 農村整備課長、千葉昌弘君。

農村整備課長(千葉昌弘君) ただいまのご質問で市内の用排水機場、緊急的に壊れてしまうというようなことも発生しているような状況でございます。それで、浅田委員さんのほうからありました、の用水機場の破損の状況も市のほうでも把握しておりますし、それに対しましては、宮城県、あと改良区等々ですね、あと、土地連とか、そういった関連機関とですね、協議を重ねまして、その案件につきましては、国と県の補助の付いている補助事業を使いまして、対応していくというような形で進んございます。
 それで、市内の用排水機場も20年、30年とかなり年数が経ってたっている機場企がほとんどでございます。そういった場合に関しまして、そのリスクマネージメントといいますかですねいいますかですね、そういった部分にもですね、適正化事業といいますか、耐用年数等ですね、古いやつとか、あとは、常日頃の点検管理の中で不備が出ているものに関しましては、完全に壊れてしまう前に、手当をしていくというような対応もしてございますし、あと、緊急的な部分につきましては、今現在、登米市で整備しております、。
 農農業用施設の補助要綱それに対応できないっつうかですね、市独自の部分としても、今後ですね、県とか関係機関と協議をもしながらですね、どういった形の支援が一番、適正なのかそういった部分をですね、今後、県、市のほう・・・県と関係機関、と土地連とかですね、そういったところと、協議して検討していきたいというふうに思ってございます。

委員長(八木しみ子君) 17番、浅田 修委員。

17番(浅田 修君) 機械、物でありますので、やはり、使っているうちに壊れるというのは、急遽壊れるというのは、もちろんあるわけでございまして。そういった時点で、急遽、壊れた場合は、登米市ではどのような対応できるのかなと、おでって、できるのかなということなんです。早く言えば。今回だってほとんとど出さないで、口も出さない、銭も出さないっていう感じで、「なんだべげっとも」と、そういった面で、そういった時のときの考えかた考え方、今後どのように考えたら良いのか考えたらよいのか、でしょうね。全然考えていかないんですか。国とか県とかの対応をただ取り次ぐだけというごと何でしょうか。どうでしょう。

委員長(八木しみ子君) 農村整備課長、千葉昌弘君。

農村整備課長(千葉昌弘君) 急遽、壊れた場合ということでございますけれども、ポンプ等のですね、農業用設備の、施設の保守補修、緊急に壊れた場合に対応できる事業等もございますが、。
 しかしながら、やはり、ほら、急遽ということで、もう早急に対応しなきゃないという状況もございますので、使える事業につきましては、当然、積極的に活用していきますし、市独自のということでございますけれども、その辺に関しましては、もう少し調査なりして対応していきたいなというふうに思ってございます。

委員長(八木しみ子君) 17番、浅田 修委員。

17番(浅田 修君) 調査も大切なんですけども、やはりそういったことが起こりうることなんですけどね。市長どのような考えでしょうかね。そういった面での、今後考えていく一つの指標。

委員長(八木しみ子君) 市長、熊谷盛廣委員。ごめんなさい。失礼しました。訂正します。市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 浅田委員のご質問にお答えをしたいと思います。今のお話も、先般、土地改良の理事長さん方、大勢、、皆様方においでをいただきまして、いろいろなご相談をさせていただきました。
 確かに、事業採択される直前に用水路の、用水路が壊れてしまったということで、大変、ご苦労なさったというお話を伺っております。
 実は、やはり、市民の皆様方にもそういう思いを持っていただきたいなと、常々思うんですけれども。
 、いわゆるその、土地改良区が持っているその用排水や非常に洪水時にも工事地や非常に大きな威力を発揮しておりまして、やはりそうした面のいわゆる、その街まちに対する貢献というもの非常に大きいものがあると常々そういうふうに思っております。先般も県庁のほうに、知事のほうに土地改良の件で、陳情にはまいりましたけども、なかなか県のほうも、の財政的な面で非常に厳しい回答返答でございましたけれども、やはり今、突発的なそうした、用水排水のポンプの故障ということに対しましては、これまでの経緯をしっかりと踏まえながら、市独自でどのような対策が立てられるか、少し研究をしっかりとさせていただきたいなとそういうふうに思います。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかにございませんか。8番、日下 俊議員委員。

8番(日下 俊君) 成果説明書、282ページ、1細目の消費生活推進費。、この681番万についてお伺いをしちゃいます。
 市のほうでは、さまざまな消費生活について相談件数がかなり寄せられているようでございます。項目的にも268件の相談でございますけれども、昨年度を見ますと、登米市内で一番大きく問題になっただったのが、オレオレ詐欺で数千万円単位のお金を騙し取られただまし取られた。100万単位のお金をだまし取られたということが、。新聞等で何回か流れましたけれども、そういった、オレオレ詐欺的な、どのくらい、こう登米市内では、そういった騙されただまされた方がいて、金額的にはどのくらいぐらいなのか、把握しているかどうか。一点お伺いしたいと思いしたいとおもいます。
 それから、ここに販売方法、訪問販売とか勧誘についての相談が54件ほどありますけれども、最近、消費者の消費行動が変わりまして、かなり、通信販売等で買われている方も多々あるかと思うんですけども、こういった販売方法、ここにはないんですけど、通信販売等のそういった苦情相談等がないかどうか。
 それと、この268件の内うちで、重大事案的な相談等とかなかったかどうか、この3点お聞きします。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長、阿部孝弘君。

産業経済部次長(阿部孝弘君) 3点のご質問をいただきました。
 まず、オレオレ詐欺でございます。オレオレ詐欺につきましては、登米市でも過去にそういった委員お話のような事案がございました。その後、登米市内では、発生しておりませんけれども、県内で申し上げますと、今年の29年7月末現在の認知状況でございますが、53件被害金額で、9千8589,858万円の被害がございました。
 それから、2点目でございますが、。通信販売の件で、そういった相談事案がということでございますが、通信販売につきましても相談がございます。
 それから、もう1点。重大事案はなかったか。ということでございますけれども、相談を受けまして、その場で解決するものもございますけれども、相談員の段階で解決しえない問題もございます。その場合には、司法書士の先生ですとか、弁護士の先生に話を繋ぎましてつなぎまして、なるべく重大な事案に繋がらないようなつながらないような対応を取っておるところでございます。

委員長(八木しみ子君) 8番、日下 俊委員。

8番(日下 俊君) それで、市内でも何件かオレオレ詐欺、あったようなんですけれども、そこの「出前講座の主な内容で、悪質商法の被害に遭わないため」「振り込め詐欺の現状と対策について」という事でことで、こういった講座をやってるようでこざいますけれども、ただの被害にあう遭う方は、ご年配のご年配の方でこういった講座とかに出て来れない方が大多数だと思います。
 本市では、何かこの年配者のために、こいういったことに被害にあわないような遭わないような対策等されてきましたか。が、例えば、チラシを配布して電話の前にこれを貼ってくださいよとか、そういった対策等、とってこられたかどうか。1点お聞きします。
 
 委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長、阿部孝弘君。

産業経済部次長(阿部孝弘君) 高齢者への、高齢者の皆様への対策ということでございます。一般的な消費生活、あるいはこういったさまざまな被害にあわないような遭わないようなチラシの配布を行っておりますが、高齢者を対象としたというものは、確認できておりません。
 この訪問してですね、相談会なども、相談会といいますか、例えばでございますけれども、高齢の方々が、老人クラブの方々が、集まるような場にですね、相談員が出向いて、さまざまな、今、委員お話のようなことですね、お話をするというような機会がございますが、お話のように高齢者が被害に遭うことが非常に多いということでございますので、70歳代で25%、60代で27%という県のこういった実績もございますので、高齢者の方々が被害に遭わないような特化した呼びかけもこれから実施していきたいと考えおります。

委員長(八木しみ子君)8番、日下 俊君委員。

8番(日下 俊君) ぜひ、そういった対策をさらにしていただきたいと思います。
 先日、敬老会に行ったときのお話でございますけれども、皆さんオレオレ詐欺的なことの話で盛り上がったところです、。じつは実は。「そんなことは、大体、私たち被害あわないよねって遭わないよねって、。」ご年配のご年配の方が言ってるんですよ。、ところがやっぱり、そういった方々があったら一番危ないのであって、ぜひ、そういった告知をするチラシを配布してほしいなと思うわけであります。
 次に、284ページ。負担金、補助及び交付金というところで、3千223,022万の予算をつけて、各お祭りやいろんな催事のこの金額がのってる載ってるわけでございますけれども、この催事についていろいろ補助金が出ておりますけれども、この補助金の金額について、上からここに20件ほどを書いてあるんですけれども、この金額っていうのは前年度をかかった金額において、だいたい大体掛かったくらいかかったくらい毎年出してるのか。
 それとも査定をして、ある程度、増減をしているのかをまずお聞きしたいと思いますし、この催事については、登米市が主催しているのもあると思いますし、地域が主催してるのもあると思いますが、こういった日程調整等は、何かされてるかどうかお聞きしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 産業経済部次長、阿部孝弘君。

産業経済部次長(阿部孝弘君) イベント補助金の件でございます。イベント補助金の額につきましては、平成27年の33月にですね、登米市観光地域交流イベント補助金交付要綱を新たに定めまして、観光に関わるかかわるイベントを伝統文化型ですとか、観光誘客型ですとか、それから地域振興型、地域交流型と4つの四つの分類をいたしまして、おのおのの補助金の補助金額、あるいは、補助限度額等を定めたところでございます。
 ですので、そのイベントの実績に応じまして額が変わるというものもございます。
 それから、市主催あるいは、地域主催のイベントの日程調整ということでございますけれども、おのおのの、市は別といたしましても、おのおのの主催団体のご都合もございますので、市がこういった調整に入っているということではございません。

委員長(八木しみ子君) 8番、日下 俊君委員。

8番(日下 俊君) 先日、ある会議に行ったときに秋祭りの話になりました。各街町で秋祭りやりますよねという話になって、「はい。うちのほうでもこの日にやります、。」ということで、11月5日、中田ではやります。さらに石越のほうでも11月5日やります。そしたら、あともう一つどこっかの街町でも同じ日に秋祭りやりますという話がありました。
 そこで話が出たのが、皆さん丁度、ちょうどカッパマラソンもその日だそうでございます。これ両方、市の主催だと思うんですけども、11月5日に、この以前、11月の3週から4週になったカッパマラソンが、11月の第一1週に市の主催でやっている秋祭りが集中している日に、わざわざ、このカッパ祭りを同じ、同日にやるってとうのは、果たしていかがなものかなと思うんですけれども。
 市が主催して、そういった調整は、全くないのかどうか。招集される側としては、どっちにい入って良いいのか、なんか、人が足りないよという、実は、その会議の中で、話になったんですけども、その辺の調整等はされてないのかどうか。ちょっとお伺いをしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) カッパハーフマラソンなんですけれども、例年ですと、11月の4週ということで開催をしておりました。
 去年からですね、クイーンズ駅伝。全国、実業団女子駅伝が12月に行われたやつが、11月におりて下りてきたっていうのがあってですね、それがは、仙台市で行われてるんですが、そのために審判の確保がなかなか難しい状況になってまして、去年、カッパマラソンのほうは、緊急避難的に12月の1週のほうに延ばしたという経緯があります。
 その中で、去年の反省の中でですね、12月の開催というのは、そのボランティアの従事者の皆様のですね、寒さへの不安もあるし、それから産業祭りも同時開催という面もあります。あります。諸々のもろもろのことから、その日程ではなくて、もう少しあの前倒したらい良いんじゃないかというご意見がご意見がありまして、実行委員会のほうで協議を重ねて、他のですね市地域域の、県内の他の地域のマラソン大会と重ならないような日程を選んで、カッパハーフマラソンのほうは、11月の第1週にしたという経緯がございます。

委員長(八木しみ子君) 8番、日下 俊委員。

8番(日下 俊君) 事情はわかったんですけれども、そういった事情であれば、やはりもうちょっと市内も、事情事情も見渡したほうが宜しいかとよろしいかと思いますよ。
 秋祭りに要請される方と、そのカッパマラソンに要請される方、かなりの数でダブっております。果たしてどっち行くのかなと、なったときに、例えば、指導隊も然りしかり、それからさまざまな文化行事もしかり、スポーツ団体の人も然りしかり、同じようなところから市主催で2カ所からあったとき、、どちらに行けばい良いのか非常に迷うわけでございますので、もしそういったカッパハーフマラソンを優先されるのであれば、各街の町のね秋祭りを土曜日の4日にするとか、3日の文化の日にするとか、そういった調整が必要ではないかなと、いうことを私は申し上げているんです。ですから、今後ね、県のその陸上大会があって、移動しなくちゃないというのはわかるんですけれども、それよりも、市内のさまざまな、いろんな事情を考慮して変更させるべきとこは、変更したほうが宜しいんじゃよろしいんじゃないかなというふうに思うんですけど、いかがでしょう。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 産業祭りとそのスポーツイベントということで、あの違いがあるのかなというふうにも考えましたので、そのようなことでの設定をしたという経緯がございます。
 今後、そういったところまで考えながら検討するべきかなというふうにも考えますので、ご理解をいただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) ほかにございませんか。ございませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり叫ぶ声がする)

委員長(八木しみ子君) 質疑なしと認め、5款、労働費、6款、、農林水産業費、7款、商工費の質疑を終わります。
 ここで説明員入れ替えのため、暫時休憩します。
 
          休憩 午後1時47分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時49分
 

委員長(八木しみ子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、8款土木費、9款消防費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。5番、岩渕正弘委員。

5番(岩渕正弘君) 334ページ、9款1項5項目1細目の防災対策費なんですけども、これなんですけどもね、今回ですね、稲刈り前の台風18号、災害もなく過ぎて行ったことは本当によかったなというふうに思っています。
 また、市のですね、職員の方待機により、素早い対応により、倒木等撤去等もあり、交通障害はなかったということなんです。
 それで、前に東和のですね、岩淵議員がですね、道路交通による支障がある木は撤去するよう議会で申し上げていたことなんですけども、各地でそういったことがまさに予期していたことが起きたという今状況になっています。
 それですね、市民の命ですね、財産、守ることから、危険と思われる箇所は、前もって伐採等をね、行うことが重要でないかというふうに思ってます。
 最近のですね、台風も巨大化しております。そして、ゲリラ豪雨とか、あとは線状降雨帯による記録的な豪雨とか風がねあり、各地で甚大な災難を起こしているということもありまして、そういったような対策を取ったらいいじゃないかなということで、その対策の方法をですね伺いたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) ただいまの支障木と言いますか、そういった台風で道路の近くにあるそういった倒れそうな木等について、やはり対策を取っておく必要が大切ではないかというふうなご質問だったと思います。
 私もそのように承知してございまして、基本的にはどこにどのようなそういった大風が吹いたときに、倒れそうな木があるのかどうかというのをまずは調査をさせていただいて、そしてしっかりその官地であったり、恐らく個人の土地であったりというふうなことになろうかと思いますので、個人の土地であれば、持ち主の方にまずはご相談申し上げる。そういったことをしっかり取り組みながら、備えをしてまいりたいなというふうに思っております。

委員長(八木しみ子君) 5番、岩渕正弘委員。

5番(岩渕正弘君) まず、区分としましてですね、市が所有する土地については市が対応しますかね。

委員長(八木しみ子君) 土木管理課長、菅原和夫君。

土木管理課長(菅原和夫君) 今お訪ねの市有地にある立木、立木と言いますか、樹木につきましては、市のほうで管理ということでありますので、対応させていただいているというところでございます。

委員長(八木しみ子君) 5番、岩渕正弘委員。

5番(岩渕正弘君) それでは私有地の場合はどういうような対応をしますか。私有地、私のね。

委員長(八木しみ子君) 土木管理課長、菅原和夫君。

土木管理課長(菅原和夫君) 私有地の部分につきましては、先ほど建設部長もお話ししておりましたが、なかなか官地、民地という区分、なかなか難しいわけでございますが、明らかにその民地側にある樹木等につきましては、私ども、道路管理のパトロールであったり、職員のパトロールであったり、そういった面で所有者の方にご相談、そして注意を促してるというふうなことでございます。

委員長(八木しみ子君) 5番、岩渕正弘委員。

5番(岩渕正弘君) 市有地とですね、市の土地と道路ですね、道路とかで市有地、あと私の私有地とありますけども、近接している場合ありますよね。市有地と自分の何て言うか、私有地、接してる場合に、接している場合にですね、ちょっと微妙な判断がね、あると思うんですよ。これは市だよ。いやそれはあんたの何て言うか土地のもんだよっていうときの場合なんですけども、そういったようなときに、判断が困るっていうことが、実際のところ出てくると思うんですよね。そういったようなものは、どういうふうに市民のほうに対応してくれるのかなというふうなことを伺いたいんですけども
。

委員長(八木しみ子君) 土木管理課長、菅原和夫君。

土木管理課長(菅原和夫君) 今お尋ねの民地、官地なかなか曖昧な部分につきましては、ケースバイケースということになろうかと思いますけれども、私どもコンクリートの境界杭とか、明らかにそこにあって、わかる部分については、民地であれば注意を促す、官地であれば、市のほうで対応しているということでございます。
 あと、不明な部分については、ある程度その所有者と相談して、官地なのか民地なのかということをお訪ねしながら、相談しながら対応しているということでございます。

委員長(八木しみ子君) 5番、岩渕正弘委員。

5番(岩渕正弘君) それが判断によって、民地いや官地っていうような形でされた場合に、例えばこれは私有地っていうかね、ほうが処分しなきゃならないよと言った場合に、いろんな手続きが出てくると思うんですよ。例えば道路に接していれば、道路占用許可っていうのはこれ掘ればでるのかちょっと、道路占用許可ですね。伐採する場合には、道路を使用するわけですから、交通規制といったようなもの。あと道路の使用許可というものをですね、警察のほうに提出し、それで所管の伐採工事の着手といったような形になります。
 そういったようなことがですね、やっぱ市民にとって、かなりの何ていうか、負担かかると思うんですよね。そういった場合の対応というのはどういうふうに考えているかということを聞きたいんです。

委員長(八木しみ子君) 土木管理課長、菅原和夫君。

土木管理課長(菅原和夫君) 民地の場合の対応ということにつきましては、当然その道路を使うということについては、道路占用と一時的な占用というふうな形で、当然、警察の許可だったり、必要だということなろうかと思いますけども、私どもといたしましては、あくまでも民地ということでありますと、その所有者のほうにお願いはするわけでございますが、あとは例えば業者等の手配の関係ですとか、あとはどういうふうな処分すればいいのかとか。あとはその業者のほうに見積りするに当たって、それが妥当かどうかと、そういった面では私どもいろいろアドバイスはさせていただいてるということでございます。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。5番、岩渕正弘委員。

5番(岩渕正弘君) そういう指導をしてもらえば、市民の方も大分助かると思います。
 それとですね、民地か官地かわからないようなところで、木を切ります。そうすると、産業廃棄物として処理しなければならないと思うんですけども、そういったような処理については、どういうふうに今のところ考えておられますか。

委員長(八木しみ子君) 土木管理課長、菅原和夫君。

土木管理課長(菅原和夫君) 民地の場合のその処分と、樹木の処分ということになりますと、当然それなりの処理ということになってございますが、私ども無理に産業廃棄物ということでなくても、もし土地とか近くにあるんであれば、そこに一時保留していただくとか、そういったことで、無理に処分ということを促すものでありませんので、そのケースによっていろいろと相談させていただいているということでございます。

委員長(八木しみ子君) 5番、岩渕正弘委員。

5番(岩渕正弘君) まずその切ったやつなんですけども、大量に発生した場合には、その仮置きだけでですね、そういう場合はいいんですけども、済まない場合には、やっぱり処分が必要となった場合にですね、必ず発生することが産業廃棄物法によって、委託契約書の作成と、あとはマニフェストの作成っていうことがでてきます。
 産廃の処理、あとマニフェストの回収ってなるんですけれども、そういったような方についても、市のほうでも指導してもらえるということでよろしいんですか。

委員長(八木しみ子君) 建設部次長、首藤正敏君。

建設部次長(首藤正敏君) お尋ねの大量の場合というお話でございますが、今回、台風先ほどの最初のご質問でございました台風とかですね、風とかによる倒木については、大量に一度の出てるという実績は今のところございません。ただ、国のほうでもそういう場合を想定した中で、いろんなその対応の仕方を今、検討している状況にございますけども、基本的に例えば大量に処分するという部分については、業者の方に頼めば、それは産業廃棄物になりますが、個人の方が例えば切って、その自分の土地に置くと、使うという前提であれば、それは廃棄物にならないというふうに理解してございまして、そのケースバイケース、どれくらいのボリュームなのかという部分によって、多分対応は変わってくるというふうに考えてございます。

委員長(八木しみ子君) 5番、岩渕正弘委員。

5番(岩渕正弘君) こういったような質問したんですけども、建設部としては、市民のために市民目線に立って、相談っていうか、対応をしてくれるということが十分わかりましたので、これで質問を終わりにします。

委員長(八木しみ子君) 8款、9款の質疑の途中でございますが、10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後2時01分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時09分
 

委員長(八木しみ子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 8款、9款の質疑を続けます。20番、沼倉利光委員。

20番(沼倉利光君) 334ページ、成果書でお願いします。
 委託料、Jアラート保守点検業務、ここにあったので質疑させていただきます。
 このJアラート、テレビそれからスマホ一斉に鳴ってですね、どこに逃げたかわかんないくらい地下だったり、頑強な建物という、うちの近所では、中田中学校ぐらいかなというふうに思ってるんですけども、爆風で中学校のガラスみんな割れると、どこも隠れるところないみたいで、何か気持ちよくこのJアラートは鳴るんですけどもね、この登米市民いったいどこに隠れればいいんですかというのが、みんなお茶飲み話です。
 これですね、鳴らすのは結構なんですけども、本当に最初は冗談だったこの水爆弾ができる前までは、まだ何年もかかるだろうといったある北朝鮮、はっきり言った北朝鮮もですね、この関係で、Jアラートがもういつなってもおかしくない状況になっている。このことについて、今後ですね、万が一の、万が一本当に起きたときに、どのように対応されるか一度でも国、県、それから市でこのことについての会議を持たれたのかどうかお伺いします。

委員長(八木しみ子君) 防災課長、富士原孝好君。

防災課長(富士原孝好君) Jアラートについてのお尋ねでございます。
 Jアラート、最近北朝鮮からのミサイルということで、8月、9月と2回ほど鳴ったというような状況となってございます。
 今回、9月ですね、9月の15日のJアラート、これから内容が変わってございます。14日に内容を変えたんですけれども、国のほうで、これまでは頑丈な建物へということで、呼びかけをしてましたが、14日に前回の反省を踏まえて、修正をしまして、15日の放送では頑丈なという部分除いて、近くの建物へというような形で放送してございます。
 私どもも登米市で頑丈な建物どこにあるんだというようなお問い合わせも大分いただいておりましたし、そういったものも受けて国のほうでも内容については変更したというような経緯はございます。
 それから、このJアラート現実味を増しているというようなことのお話しでございます。今回、最近の状況を受けまして、近く県のほうで会議があるということで、うちのほうの職員も出席することになってございますが、Jアラートが鳴るような事態そのものというのは、国と国との関係ということでございますけれども、そういったときには、そういったことが起きた際の市民の対応という部分につきましては、先般、県の教育委員会等のほうから学校の対応という部分の指示も出たようでございますが、登米市といたしましては、とにかくJアラートが鳴ったという時点で、少しでも自分の身を守れるような行動をとっていただくということで、近くに建物あれば建物へ、ない場合についてはできるだけ低い姿勢をとっていただいて、目や耳を防護するといったようなことでご対応いただきたいということで、今回の広報についてもまた2回目になりますが、改めて周知をさせていただくということで、出させていただいたところでございます。

委員長(八木しみ子君) 20番、沼倉利光委員。

20番(沼倉利光君) 多分そういうふうに答えられないのかなと思いますけれども、現実、本当に水爆らしきものが発射されて、万が一の、万が一日本に落ちたときに、そういう建物ってこの辺で伏せただけで、その被害が本当に防げるんですか。私ら会派で広島の原爆ドーム見てきました。ああいう建物でも水爆というのはですね、ものすごい威力があって、人もすべての命を失うようなそういったものです。このJアラートですね、もちろん警報として鳴らすのは結構でございますけれども、やはり、何か発射したときにどこに行くかわかってましたみたいな国の発表ありましたけれども、それだったらば、北海道から長野県までみんなですね、Jアラートを鳴らしてどうなのかと、日本国の3分の1以上不安にさせているようなJアラートの鳴らし方でなくて、もっと正確なですね、鳴らし方をしてほしいというふうに思います。もちろんそれは途中でどこに落ちるかわかりませんけれども、でもなんか発表によると、最初からあの辺通るのわかってるみたいな発表がありますので、やはりこのJアラートについては、私たちにとっては、本当に単なる警報でなくて、命がけの警報になるかもしれませんから、そういった緊張感を持った形をですね、もう少しやってもらわないと、心臓に悪いということになりますけどいかがでしょうかね。

委員長(八木しみ子君) 防災課長、富士原孝好君。

防災課長(富士原孝好君) 委員さんおっしゃるとおりというふうに思っております。私どものほうで操作ということは、Jアラートに関してはございませんで、国のほうでここからここまでという部分で放送したものをそのまま流させていただくような形になっております。
 心臓に悪いというご指摘、ごもっともと思いますんで、今回機会がというか、会議等もございますんで、その中ではそういったご意見につきましても、こちらのほうから述べさせていただくということをさせていただきたいというふうに思います。

委員長(八木しみ子君) ほかにございませんか。21番、相澤吉悦委員。

21番(相澤吉悦君) 21番、相澤吉悦です。
 こないだの日曜日にですね、消防の西郷の支所の方3人来てですね、ちょうど敬老会と一緒にですね、防災の研修をしてもらいました。映像を出してですね、本当に誰が見てもわかるように、そしてまたああこのようにすればいいんだなというふうなことで、年寄りから子供までですけども、みんなああやっぱりこうだ、こうだということで、本当にわかるように説明していただきました。本当にありがとうございました。
 その中でですね、最後に出てきたのが、消防署で考えたんですよね、ミサイルなんですよ。ミサイルが飛んで来たらどうしますかというふうな問いかけの中でね、これを今20番議員も言ったんだけども、ミサイルが来たらどうしますかというふうなことで、ミサイル来たらば、まずは建物の中にいたんだらば、窓のない頑丈なところと言えば、トイレとか風呂なんだと思うんだけども、そこにかがんで頭を丸めて待機してくださいと。そのような説明でですね、みんなどごさも逃げっとこねえなというようなことで、うんとこう思ったんですけども、建物の中にいたら、窓からとにかく離れてそういうふうに自分の身は自分で守ってくださいというふうなことでですね、押し入れの中でもいいですよと、いうふうなことで、説明を受けました。大変皆感動しました。ありがとうございました。
 これは質疑なんねえんですけども、そういう中でですね、消防署員が155人ですか、前にも言ったことあるんですけども、155人いて、これからのさまざまな災害起きてくるときに、この人数でずっと前からこうですから、間に合うのかなというふうなことで思うんで、正直に言えって言っても、なかなか難しいと思うんで、今の状態でいいのだか。そしてまた、この155人いる中でですね、体調悪くしたり、あるいは精神的に不安なったりして、休んでいる署員がいるのだか、いないのだか、お願いします。

委員長(八木しみ子君) 消防総務課長、千葉淳一君。

消防総務課長(千葉淳一君) それでは、私のほうから職員の関係ということでございまして、お答えをさせていただきますけれども、資料にございますとおり、平成28年度につきましては155人ということで、体制をとってきたというところでございます。このうち消防学校のほうには2名、1年間ですね、入校していたということで153人。その中には事務職も我々事務職も含めてということで対応してきたというところでございます。そういった中で人数十分なのかというところでございますが、定員154人ということで、これまで合併以降ですね、進めてきたというところでございまして、十分だというところでありますと、なかなか厳しいところもございますけれども、現状の人数の中でやりくりをしながら、進めているという状況でございます。
 それから、病休等で休んでいる職員がいないかというところでございますが、昨年度でございますけれども、何名かですね、けがこれは公務に関するけがにつきましても、2名ほど訓練で膝あるいは肩の故障ということで、休暇をした職員ございます。それ以外には病休ということで、それぞれ短期間の休暇等については、何名かの職員おりますけれども、その際には所々間の異動等も
含めまして、対応しているということで、影響のないような形で進めているというところでございます。以上、主なところでございます。

委員長(八木しみ子君) 21番、相澤吉悦委員。

21番(相澤吉悦君) ご苦労さんでございます。155名いる中でですね、何とか窮屈だけっとも、頑張っているというふうなことで、本当によろしくお願いします。
 ただ、一つの災害起きても今までだったらば、私も消防団やったんですけども、あのころは消防団員も皆一緒にいてね、同じく家族のようにきたんですけども、今はまたあまりのも忙しくなった世の中なんで、交流も少なくなったんだなあというふうなことで思います。ですから、消防団の何かのときには、力になりますけれども、あのころのように語ればすぐにばっとですね、出てくるのはないというふうに私は思うんで、それなりに生活が厳しくなってきたんだなということもあります。
 だから、消防団の確保というのは、なかなか難しいもんで、消防署に頼るというふうなことが、非常に多くなると思いますんで、その辺のところをですね、これからは我慢しろというふうなことではなくしてですね、やっぱり自分たちの仕事の範囲内、そしてまた安全を守ることですので、思い切った行動と言いますかね、発言も一つのことではないかなというふうなことで、内部でまずはこのままでいいのだかというふうなことを消防長聞いてみたらば、いいんでねえがなと思うんでですね、さまざまいずいとこあると思いますけども、その辺のところ改革していったほうが、私はいいと思う。まして今、ミサイル問題もね、誰も予想してなかった。そいつがボーンと出てきてですよ。消防署の方がですね、それをスライドにしてこうやって身を守りなさいというふうな指導がそこに出てくるということ自体がね、みんなびっくりしたよ。ほんとそこまでね、進んできたんですので、これからも頑張ってもらうためにも、さっき言ったようなこともよろしくお願いしたいなと思います。検討課題として一言お願いします。

委員長(八木しみ子君) 答弁いりますか。消防本部消防長、鈴木軍雄君。

消防本部消防長(鈴木軍雄君) ただいま相澤委員のほうからは、大変ありがたいお言葉をいただきました。
 先ほど、うちの総務課長もお話ししましたように、定員の中で現在頑張っている状態ではございますけれども、人員の多いことには非常に心強いことでございます。ならばとは思いますけれども、現体制で頑張れる分については頑張りますけれども、いろいろ事案も多く出てきております。検討していきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) ほかにございませんか。25番、伊藤 栄委員。

25番(伊藤 栄君) 321応急手当普及啓発で1点お伺いします。
 この成果を読みますと、非常に講習を受けている方々、市民がその場で緊急時における対応力の向上が図られたということで、やはり、この応急手当の講習というのは、改めて大事なのかなという感じ見受けられます。
 そこでね、この下段の実際に救急車が到達するまでの間に、市民が行った心肺停止者、実施率50%なっておりますが、28年度心肺停止者っていうのは何名ぐらいありました。そこですね。

委員長(八木しみ子君) 警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) ここの表示のですね、心肺停止者の把握についてでございますが、これにつきましては、私どもの救急車が現場に到着し、そして病院に搬送した数、昨年につきましては112名でございました。そのうち現場、救急隊が到着するまでに、近くにいた親族、あるいは通りがかった方々がCPRを実施していただいた方が59件ございました。ですので、112人に対しての59件ということで、52.7%の応急手当実施率というような把握をしてございます。
 なお、このうちですね、心拍の再開者が9名ほどいらっしゃったということでございます。

委員長(八木しみ子君) 25番、伊藤 栄委員。

25番(伊藤 栄君) 今の答弁聞いてね、やっぱりすごいなと思いましたね。これだけいわゆる応急手当というんでしょうかね、その講習受けた方でしかできないことでありまして、我々一般市民はできることというのは、救急車を呼ぶ。あるいは応急手当ぐらいしかできませんよね。あとはただおろおろして、救急車の時間だけ見てる、到着する時間だけ見ているということが、現実でありますが、つまり、このような応急手当の講習というのは、改めて重要だと思いますので、次年度もこの啓発をですね、もっと広めて行ってほしいなと思います。
 議員会でもそのうち、ぜひやるように私も声掛けしたいと思いますので、なお、啓発運動頑張っていただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 答弁はいいですか。答弁お願いします。警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) 大変ありがとうございました。
 実は救急講習会にもですね、さまざまな講習のカリキュラムがございます。普通救命講習3時間講習でございますが、こういったもの、あるいはその上のですね、8時間の上級救命講習、あるいは小学校高学年を対象としました救命入門コース、それから、応急手当普及員と申しまして、これは三日間の研修でございますが、これを終了された方は、普通救命講習の指導ができるというようなことでございます。
 そのほかにですね、各自治会、あるいは、各種の団体が開催をいたします応急講習会1時間程度、2時間程度というような要望がございますが、その要望に応えながら講習会を実施させていただいているところでございます。この重要性につきましてはですね、広報しながらですね、もっと数多く実施できるように頑張っていきたいと思います。
 よろしくお願いいたします。

委員長(八木しみ子君) ほかにございませんか。9番、佐々木幸一委員。

9番(佐々木幸一君) 326ページのですね、空き家対策事業についてお聞きをしたいと思います。
 その中での何点かをお聞きしたいんですけども、前に消防を含めてですね、空き家の実態調査をされたってことは聞いてやったんですけども、その後改めてもう一度詳しく調査をしたのかどうか。その点について、まず1点目お聞きします。
 それから、空き家の所有者に対して、通知を発送するってことなんですけど、最近所有者の不明になってるということもよく聞くんですけども、登米市の場合は所有者は全てわかってるんでしょうか。その点についてお聞きします。
 それからですね、3点目にその適正管理を行うよう助言指導を行ったと。そのあとはどういうふうになってるのか、状況、概略でいいのでお知らせをいただきたいと。
 それから、四つ目がですね、立ち入り調査を行ったと、2件の空家に対して立ち入り調査を行ったということですけども、これは立ち入りするときの何か手続きはして、必要ないのか。やってるのか。ちょっとそこら辺の状況をお知らせいただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 答弁お願いします。防災課長、富士原孝好君。

防災課長(富士原孝好君) 空き家対策につきまして、4点ほどご質問をいただきました。
 1点目については、かつて一斉に点検っていうか、調査をしたわけだけれども、その後改めて調査をしたのかというようなご質問でございます。空き家につきましては、今、委員からお話しのとおり、条例制定等検討されて、していただいたころに進んできたところでございまして、調査、一斉の調査をして、消防署のほうのご協力をいただきながら、一斉の調査をしてまいったところでございます。その結果を踏まえまして、平成27年度には、適正管理の通知を40軒ほど通知させていただいたというような状況となってございました。
 その後の状況ということでございますが、その通知等を差し上げて、それから改善する意向を示していただいた方、もちろんいらっしゃいますが、改善の意向を示していただけなかった方、それから、ご連絡のなかった方、そういった形でございます。
 まず、改めて調査を行っているかという部分につきましては、その後の経過につきまして、全てのものを再度確認するということは、今現在まだ行っておりませんので、折をみて行っていかなくてはいけないというふうに思っているところでございます。
 次に、二つ目の通知の発送をした中で、全て所有者がわかっているのかということでございます。
 これにつきましては、やはりあの所有者の不明なものが、所有者の不明といいますか、所有者、現在どこにいらっしゃるかわからないということで、追跡がなかなか難しいというような方、実際いらっしゃいます。これにつきましては、こちらのほうで調べ得る限りの最後の足跡を頼りにしながら、その部分で把握している市町村、そちらのほうに照会等をかけながら、調査を進めているところでございます。なかなか一石、簡単に調査ができるというようなことでない方もけっこういらっしゃいますので、これはなかなか時間のかかるものだなというふうに思っているところでございますが、鋭意続けてまいります。
 それから、助言指導のその後ということで3点目お尋ねをいただきました。
 助言指導をさせていただいて、その後改善いただいたという部分もあるということで、先ほどお話ししたところでございます。それから、全く対応いただけてないという方もいらっしゃいまして、そういった方につきましては、再度通知を差し上げる。あるいは別の方法で連絡を取らせていただくということで試みさせていただいているところでございます。
 実際、こういった今、危険な空き家というような形であるものにつきましては、登米市内にその所有者がいらっしゃらないケースのほうが多いような状況でして、遠くのほうにいらっしゃる方が多いということになっております。そういった部分から、なかなかコンタクトができない部分もあるわけですけれども、昨年ですと、千葉県のほうのケアハウスに入ってる方がいらっしゃったんですが、そういったところにお邪魔させていただいて、お話を伺って、改善につながるという方向に今向かっているような物件もあるということでございます。なかなか全てを1回に解決するというのは難しいような状況になってございますが、粘り強く進めてまいりたいというふうに思ってございます。
 それから、立ち入り調査2件行ったということだがということでございました。
 立ち入り調査につきましては、まず、所有者等のご了解をいただくということが必要になってまいりますんで、そういったことを行ってからということで、進めてきているというふうに理解しております。その中でこの成果報告に記載しております2件につきましては、土地家屋調査士さんと、それから、失礼しました。こちらのほうで委託をしています方々に一緒に入って調査をしたところでございます。
 この2件につきましては、今年度になりましてから、それぞれ空き家、危険な空き家であるということの特定ができたということで、特定空き家の認定をしたところでございます。
 なお、その認定後につきましても、それぞれ所有者のほうに今、働きかけをしているというような状況となってございます。

委員長(八木しみ子君) 9番、佐々木幸一委員。

9番(佐々木幸一君) その所有者不明っていうか、連絡つかないってのはまず、何件あるのか、それからですね、今、国でもいろんなその不明者わからないと、土地も含めて何ですけども、そういった今、超法規的な対応なのか、ちょっと詳しくはわかりませんけども、そういった対応を取られてるような検討もされてるというのは聞いてるんですけども、何かそういった具体的なものってのは、市のほうにはきてるんですか。

委員長(八木しみ子君) 防災課長、富士原孝好君。

防災課長(富士原孝好君) 1点目です。所有者が特定できないケースということでございます。
 こちらにつきましては、先ほどお話ししたとおり、通知を差し上げたわけでございますけれども、通知差し上げた中では、所有者の住所が市外という部分が、市外で宛所不明ということで、戻ってきたものが3件というふうな状況となってございまして、現在なお追跡して、何とか特定したいということで進めているところでございます。
 それから、2点目の超法規的なというようなお話しがあったわけでございますが、ちょっと私どものほうでは、超法規的なというような形ではまだ承知しているところではございませんで、それぞれ空き家と申しましても、それぞれ所有者のいらっしゃるものでございますんで、手続きを一つ一つ踏みながらという形で進めざるを得ないのかなというふうに思ってございます。

委員長(八木しみ子君) 9番、佐々木幸一委員。

9番(佐々木幸一君) もう1点、ページ333ページのですね、水防費の関係でですね、雨量監視システムということ、維持管理を行ってるということなんですけども、雨量監視システム、市内にっていうか、何カ所どこにあるかまずそこをお聞きしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 防災課長、富士原孝好君。

防災課長(富士原孝好君) 雨量監視システムにつきましては、市内に6カ所ございます。東和町の鱒淵、嵯峨立、それから、登米の羽沢、それから津山の深畑とお読みするんでしょうか。深畑、それから石貝、それから野尻この6局でございます。

委員長(八木しみ子君) 9番、佐々木幸一委員。

9番(佐々木幸一君) これ、みんな河川ということですよね。河川ではないんだ。河川以外にあるの。それで今もう一回そこをお聞きしたいと思いますし、これ雨量監視システムっていうのは、例えばスマホ何かでこれ見られるようになってるんですか。そこをお聞きします。

委員長(八木しみ子君) 防災課長、富士原孝好君。

防災課長(富士原孝好君) この雨量監視システムにつきましては、河川ではございませんで、東和、それから、登米、津山、この急傾斜地といいますか、そちらの山のほうの雨の様子を確認するために設置しているものでございます。
 それから、確認の方法ということでございますが、登米市のホームページのほうで、どなたでもごらんいただける形で公開してございますので、ぜひ確認いただければというふうに思います。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかにございませんか。ございませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 質疑なしと認め、8款土木費、9款消防費の質疑を終わります。
 ここで説明員入れ替えのため、暫時休憩します。
 
          休憩 午後2時38分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時41分
 

委員長(八木しみ子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、10款教育費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。2番、曽根充敏委員。

2番(曽根充敏君) 348ページですね、成果説明書の348ページです。
 標準学力調査の委託料が上がってますが、これの成果といいますか結果、これまでの推移とその辺ですね。多分あと成果は多分全国学力テストとかなんかの成績ということになるかとは思いますが、その辺の推移を教えてください。

委員長(八木しみ子君) 答弁お願いします。学校教育管理監、伊藤 浩君。

学校教育管理監(伊藤 浩君) 私のほうから、標準学力調査の結果のことについて、説明をさせていただきます。
 小学校については102.8、28年度については102.8、それから中学については95.7というふうな形になっています。これはあまり年度ごとに、児童生徒が違うために、単純には比較できないわけなんですけれども、あまり差がないような状態で推移しているというような状況です。
 なお、この標準学力調査というのは、市独自で行っているものであって、テストの中身が基礎基本の学習の内容の到達度を評価するというものであります。4月に行われている全国学力学習状況調査とはちょっと違うテストになっております。以上です。

委員長(八木しみ子君) 2番、曽根充敏委員。

2番(曽根充敏君) そこで出てくる数字というのは、教育委員会としては納得というか、このくらいのレベルだったらいいなと思ってる数値に到達してるんですか。

委員長(八木しみ子君) 学校教育管理監、伊藤 浩君。

学校教育管理監(伊藤 浩君) 登米市の総合計画の中で、この標準学力調査の結果についてですね、平成32年度ですけれども、103ポイントというのを小学校も中学校も目指しております。それから比較すると、まだそこには到達していないというような状況になっております。以上です。

委員長(八木しみ子君) 2番、曽根充敏委員。

2番(曽根充敏君) ではですね、引き続き成果出せるよう、そこは頑張っていただきたいと思います。
 356ページです。②の下のほうですね、表でジュニアパスポートが載ってます。社会教育施設等の児童配布事業なんですが、これのデータのとり方、あと成果をどこに求めているのか、お伺いします。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) ジュニアパスポートのお尋ねでございますけれども、成果のとり方については、各施設のほうに照会をかけてというような方法をとってございます。
 求めているところなんですけれども、小学生、中学生にですね、ジュニアパスポートを配布して、無料でですね、その社会教育施設等入館できるような制度でありますので、生涯学習、社会教育のほうに役立てていただきたいというところであります。

委員長(八木しみ子君) 2番、曽根充敏委員。

2番(曽根充敏君) ちょっとその成果、あまり成果、それ社会教育につながるかどうかっていうよりかですね、どちらかといいますと、こういったものですので、例えばデータをあげてくれた施設にとりまとめたものをフィードバックするとか、あとはこれからそれの教育開放施設に加わってくれるようなところ、これらにですね、こういった情報があるんだよというのをフィードバックするとか。そういったことのほうが、成果上がると思うんですね。
 もしくはですよ、例えば役所内でいけば、県内かなりの施設が参加してるわけですから、例えば仙台のどこでもパスで行ける地域、仙南のAZ9パスで行ける地域、これは施設のデータも多分役所間でやりとりできると思いますね。そういったデータを例えば観光課にフィードバックすれば、観光課では結構なデータ量として使えると思うんですが、そういった成果のとり方のほうがよろしいかとは思うのですが、その辺検討はされませんか。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) ありがとうございます。
 いろいろな角度からですね、その成果を求めるということで、ただいまのご意見参考にさせていただきまして、研究をしていきたいと思います。どうもありがとうございます。

委員長(八木しみ子君) 2番、曽根充敏委員。

2番(曽根充敏君) せっかくのデータ、結構な数のデータ、調べられてると思うんですよ。有効に使うようにご検討願いたいと思います。
 388ページです。南東北のインターハイの多分これ去年なので視察か何かの計上、予算計上、予算じゃないですね、決算、決算だと思うのですが、この視察の結果が多分この間のここのインターハイの実施につながってると思うのですが、視察をしてきて、こういうものにしたかった。で成果がこの間出たと思うんですよ。その辺のギャップじゃないでしょうが、満足度はどんなものでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 視察につきましては、その開会式のあり方でありますとか、閉会式の持ち方、そのようなところとかですね、競技の進め方という部分にはなるんですけれども、今回のインターハイの結果につきましては、天候にも恵まれたということもあってですね、スケジュールどおりに、最初から最後まで実行することができております。
 競技としては非常に満足のいくものだったのかなと、結果としては。そのように考えているところでありますけれども、いくつかの反省点もございますので、それらをですね、今後というのはなかなか遠い将来になってしまうんですけれども、踏まえまして、今後ボート競技の普及といいますか、そういったほうへのフィードバックというふうになればいいなというふうに考えているところであります。

委員長(八木しみ子君) 2番、曽根充敏委員。

2番(曽根充敏君) 長沼のインターハイはですね、私も時間が許せばお邪魔させていただきましたが、大変教育委員会の方々は、ご尽力なされてたなあと感心しております。大変お疲れさまでございました。
 ただですね、若干なんですが、全国大会をやっているその華やかさという点ではですね、若干もう少し盛り上がればよかったかなあと、それは地域全体がですよ。そういったこともありますので、例えばさっpき言ってたようなのぼりですとか、歓迎ムードですね、そういったものもこれは教育委員会だけじゃないですね。役所全体で考えていただければと思います。
 最後にですね、392ページです。給食センターなんですが、とりあえずこの給食センターの表に載ってるセンターの各施設ごとの配食数っていうんですか。1日当たり何食ずつ作ってるのか。まず伺ってよろしいでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 教育部次長、佐藤 豊君。

教育部次長兼教育総務課長(佐藤 豊君) 28年度の配食数でございます。
 東和給食センター436、北部給食センター1,939、南部給食センターが1,338、西部学校給食センターが3,461、東部ですが、津山でございます、330。合計でございます。7,504食でございます。

委員長(八木しみ子君) 2番、曽根充敏委員。

2番(曽根充敏君) 地域的なこともあるので、数にばらつきはあるかとは思うのですが、人件費のコストはどこでも同じようにかかるので、すいません。時間がないので飛ばしちゃいます。
 ②で書いてる成果のところなんですが、本市で生産されてる食材を積極的に利用し、地場産食材の利用促進を努めると、これ一番最初に書いてあるんですが、これ例えば産経部とかの産業のほうで書かれるんであればわかるんですが、一応学校給食を教育委員会で書く文章としては、こういうことじゃなくて、例えば給食にとってね、給食によってバランスのいい食生活を心がけたとか、食育を学ばせたというのが、多分そういった幹の部分が一番最初に来ると思うんですが、枝葉のところをどんと最初に書かずに、この成果のとり方ってのは、ちょっと今後検討していただきたいなと思うんですが。

委員長(八木しみ子君) 教育部次長、佐藤 豊君。
 教育部次長兼教育総務課長(佐藤 豊君) 当然そういった考え方で食育の方面から成果が出るように、学校給食取り組んでいきたいと思います。ありがとうございました。

委員長(八木しみ子君) ほかにございませんか。13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 成果説明書340ページになりますので、10款1項2目の奨学事業費に関してですが、平成17年から28年度まで開業医の上杉先生から総額6,000万円の寄附によって、奨学金の貸付資金が運用されてきたわけでありますが、一つの寄附はこれで終わりと一旦は終わりということなので、この区切りとしてこの奨学金貸付基金の成果をどのように総括されているかお尋ねいたします。

委員長(八木しみ子君) 教育部次長、佐藤 豊君。

教育部次長兼教育総務課長(佐藤 豊君) 上杉先生のほうからですね、多大なるご寄附をいただき、基金を創設しながら、奨学金事業を推進してまいりました。
 奨学金につきましては、いろんな問題等々がございますけども、今後もですね有効に活用させていただきながら、よりよい成果を挙げさせていただきたいというふうに考えてございます。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 教育長にお尋ねしたほうがよろしいでしょうか。
 その基金を運用して、その成果というか、事業の成果でありますので、どういったその目的に対して、どういった成果が、現在途中ということもあるかもしれませんけれども、あらわれてるとお考えであるのか、教育長にお尋ねします。

委員長(八木しみ子君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) この上杉先生の奨学金につきましては、これまでも多くの成果がありました。これは今報告したとおりであります。そしてまた、この奨学金を利用した学生さん方から、感謝の言葉もほんとに届いておりまして、これらをもとにしながら、さらに、この登米市の子供たちの登米市出身の学生さんたちによりよい学習環境の支援ができるように、今後も一層努めていきたいというふうに考えておるところです。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 356ページ、10款5項1目の社会教育総務費の中から、図書館協議会が2回開かれておりまして、その中で図書館整備の基本的な考え方について、協議がなされていると察しますが、いわゆる図書館構想ができて、その後、この28年度において、計画はどこまで進んでいるのか、お示しいただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 図書館協議会で図書館整備の基本的な考え方についてということを協議しておりますけれども、中身につきましては、平成27年度に策定した図書館構想、あれにもっと肉づけをしていきましょうという話をしておりまして、それについてですね、28年度中に、私どもなどもある程度研修といいますか、外のほうの情報なども入れまして、いろんなところの話を聞いてきたりはしております。そのような話を聞いた中で、肉づけをある程度行ってみました。で、こういった方向ではどうでしょうかというご意見を聞いたのがその会議でございます。
 なお、その作業はまだ続いているというような内容であります。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 1年たってやっと、やっとというか、やっと肉づけができたということなのかというふうに思いますが、これまで一般質問等々で質疑がなされておりましたが、市民会議のようなものを立ち上げて、市民の意見を聞く機会を設けたいと、教育長が答弁をされておりますが、そのことについてはどのようにお考えになったのか。なっているのか。
 それから、28年度中においては、教育委員会では、複合施設ということで、お話をされておりました。市長部局から庁舎の2階部分をということでのお話しが出ておりましたが、それが市長が代わったことによって、庁舎にというふうな部分はもうなくなったのだろうというふうに思うわけでありますが、そのことについては、これからどのような考えで取り組まれていくのか。お尋ねします。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 庁舎の複合施設ということではなくて、本来あるべきその図書館、あるいは生涯学習施設との複合化という方向で考えているというところでございます。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 当初建設計画で示した建設時期が目前に迫っておりますが、一体この新図書館は、いつにいつまで建てるお考えで、そういった計画を進められてるのか、全く見えてこないんでありますが、その辺をお示しいただきたいというふうに思います。

委員長(八木しみ子君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 生涯学習課長がお答えした内容のとおりでございますけれども、今その基本構想づくりということをしっかりつくり込んでおくという必要があるというふうな認識でございます。
 図書館に関しては、従来の図書館、いわゆる本を読むところ、貸すところということではなくて、多くの機能を持った居場所だったり、研究場所だったり、子供たちの勉強場所だったりというようなこともですね、いろいろその考慮の中に入れながら、この基本構想というものをしっかりつくり上げていきたい。
 その過程の中で、先ほど委員のほうからお話ございました、市民会議というような話がございました。その形はどのような形がいいかという部分は、しっかり検討させていただきますが、市民の皆様に説明をする機会、あるいは意見をいただく機会という部分をしっかりつくって、進めていく必要があるだろうというふうに考えてございます。
 そういう意味においては、一定時間、市民に説明をして意見をいただくというな期間を想定いたしますと、一定時間、時間をいただいて、しっかりつくりこんでおくということが、第一優先かなということで今進めている状況でございますので、よろしくお願いしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 陸上競技場と同じように、建設する目的、何年度ということを示さなければ、そこに向かって計画が進んでいかないんだろうというふうに思っております。
 このままいくと、さていつでき上がんのかというふうなことを不安に思っておりますので、大まかでも構いませんので、時間がかかるだけですから、いつまでにお考えなのか、市長もそのことについては、市長が代わったからといって変えないと、図書館を整備するということを明言されてますので、市長どれぐらいに考えてございますか。

委員長(八木しみ子君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 委員長、まず私に対する質問から關委員にお答えをさせていただきたいと思います。
 図書館に対するニーズというものは私の感じておるところでは、かなり市民の皆様方大きいものが出てきてるなとそういうふうに私自身も感じております。ですから、できるのであれば、この与えられた私の任期中にしっかりとした目鼻をつけたいそういうふうに思っております。

委員長(八木しみ子君) 10款の質疑の途中でございますが、10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後3時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時09分
 

委員長(八木しみ子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 10款の質疑を行います。13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 同じく357ページになりますが、負担金、補助金ということで、登米市青年団連絡協議会補助金にかかわってお尋ねをいたしますが、こうした支援をしながら、青年団が活動しているわけでありますが、青年団活動が市、あるいは地域に果たす役割をどのように捉えているのか。また、活動するに当たっての課題をどのように捉えているのかお尋ねします。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 今の青年団活動につきましては、例えば文化祭行事等ありますけれども、そういったものについては、地域の子供からお年寄りまでの皆さんとも交流図っていらっしゃるというような内容もございますので、いわゆる地域の活性化にも結びついていくものなのかなというふうに考えております。
 それから、今後ですね、活動の状況、すいません。今後の話なんですけれども、今実際に活動している青年団の人数が30人ぐらいというふうに聞いております。その中で、例えば今、子供たちとすればジュニアリーダーという活動があるんですけれども、ジュニアリーダー等との活動、交流とかも通してですね、将来はそのジュニアリーダーの皆さんも、例えば青年団に入ってくれるようなそういった方向に持っていければなというようなところで考えているところでございます。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 実は課長のお話しだけじゃなくて、例えば先般も広報で紹介されましたが、迫町においては、ふるさと花火の活動が30年間も青年団の手によって、そうしたイベントが継承されてきた。それを行うに当たって、地域とのつながり、そして地域を守りながら、こうしたイベントをつなげていくということを取り組んでおりますし、また、郷土芸能の取り組み等々もあって、そのことによって、いわゆる郷土芸能を守り伝えるというふうな大きな役割を実は果たしておるということもご理解いただきたいというふうに思います。
 ただ一つの課題は、やはり、そうした青年、昔のような青年団活動というのはなかなか難しくなってきたわけなんですが、いわゆるその活動時間がまばらになってきているということで、昔のように公民館が自由に使える時代ではなくなってきて、指定管理者のもとで管理が行われている。また、必ずやあった公民館の一室に青年研修室であるとか、青年会の部屋というのは必ずあったったわけなんですが、ふれあいセンターになったり、さまざまな事情の中で、そういったものが使えなくなってきている事実があります。
 今般も相澤委員からの質疑がさっきありましたけれども、迫町の青年会も活動拠点としておったふるさと交流館の一室が、事実上使えなく、解体して使えなくなってしまった。代替施設ではありますが、利便性は非常によくないという事実があります。そういったことを踏まえると、やはり、そういった環境もしっかりやっぱり整えてやるべきではないのかということがあります。市内には活用されない施設もいっぱいあるわけです。そういうことで、市長からは、若い人たちがその活動できるその拠点というものも、教育委員会あるいは産業経済部に指示をしているということでありますが、そういった活動の拠点というのは、やはり、しっかり市の責任においてやっていくべき、そういった環境を整えないと、やっぱり活動の衰退につながってくるというのは過去に学んでることでありますので、その辺についてどのように考えているのでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 青年団の活動拠点として、スペースを用意すべきではないかというご意見なんですけれども、例えば各地区の公民館でありますとか、生涯学習センターなどもございます。貸館の施設につきましては、まだ使える状況ではあるのかなという気がいたしております。なおさら青年団、減免ということで利用できるということもございますので、まずはそういったところでのご検討していただきたいなというところであります。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 担当部局の認識が甘いのではないのかというふうに思っておりますが、時間帯によって、例えば時間9時で9時半でというふうなことになってしまったら、なかなか若い人たちはそれ以上の活動はできないというふうなことになってしまいます。他の市町村では、例えばその外部からの一つの部屋を外から入れるようにして、そこだけはいつ使っても、自己管理の中でいつ使ってもいいというふうな形の施設があったり、あるいは空き施設をそのまま自己責任の中で管理をしていたりというふうなこともありますので、そういったやはり使い勝手のいい、その活動の拠点というものを求めているのだと思いますので、その辺はぜひ検討していただきたいのと、市長にお考えがあったらお尋ねいたします。

委員長(八木しみ子君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 確かに私どもの若いころは、青年団活動って非常に盛んであったと私も理解しておりますし、私も会員であった時期がございます。ですから、今確かに現実に活動している方が非常に少なくなったと言っても、やはり、貴重な活動だろうとそういうふうに思いますし、長沼の花火のときも毎年私もお会いをしておりますし、しっかり頑張っておりますので、その辺どのような形で実現したらいいかちょっと検討させてください。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 最後になりますが、概要書、説明書の378ページに10款6項1目のほうで、文化スポーツ表彰式がございまして、28年度も194の個人、28団体が表彰になっておるようですが、参加をしてみて一つ感じることがありますので、お考えをお尋ねしたいと思いますが、例えば市の市政功労者表彰式11月に行われております。表彰者の参加者が半分、ややも半分以下というふうな状況で、大きな登米市一番の立派な施設で表彰を行っているんですが、そのような状態であります。
 確かにこのスポーツ文化というのは、年度末、1年間を通したというふうなトータルの中で考えられておりますので、なかなかそのときに一緒に難しいというふうな以前のお話しでありましたが、例えば、その11月登米市民挙げてこういった文化スポーツで活躍した人たちも文化の日の市政功労者表彰式と合わせてですね、祝祭劇場の中で、功労をたたえるということが、非常に励みになり、また、合わせて効果的な式典になるのではないのかなと考えるものですが、その辺についてお考えいかがでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 議員さんわかっていることと思いますけれども、文化スポーツ表彰のですね、その対象期間について、1月から12月までということでしております。んで毎年3月に表彰式を行っているという状況であります。
 なお、出席率なんですけれども、大体60%ぐらいに最近落ち着いているのかなという状況でありますので、文化この表彰式、今の検討ではですね、これだけの表彰式でやり方をちょっと検討しながら、例えば奨励賞の分は除くとかですね、本当のスポーツ賞、文化賞の分だけの表彰状授与をして、奨励賞については、紹介のみにするとか、そういったようなやり方も考えながら、今、検討しているというような状況であります。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) これまでのスタイルを変えない。変えないというか、年度末にやるということは変えないということですね。そうでなくて、例えばその表彰の期間、期間をずらせば、旧町はそうだったんですけれども、十分に一緒にやることは可能だと思うんですが、そのことについて、副市長どのようにお考えになるのか。検討する考え方があるのか。ないのか。藤井副市長にお尋ねいたします。

委員長(八木しみ子君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 11月3日の表彰の制度の考え方、それから、現在教育委員会が所管しております文化スポーツ大賞の表彰の考え方、それぞれ多分趣旨は同じでも目的なり、手段が若干違うということがあります。今、ご提言いただいた部分がどういう形ですり合わせができるのかも含めて、ちょっと教育委員会とは話をさせていただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) ほかに質疑ございませんか。12番、武田節夫委員。

12番(武田節夫君) 3点について質問いたします。
 成果説明書の346ページの小中学校費について伺います。
 監査委員の決算審査意見書の個別事項の中で、教育委員会に対する備品の劣化等に対する対応について所見が述べられております。それ以外にですね、小学校にもう40年以上も前から、使われていない学校の台帳に載ってる教材備品が何百何千というくらい多分あると思います。
 何年か前にちょっとある学校を調査したところ、ほこりがたまって全然使ってないっていうお話を聞くんですね。世の中が変わることによって、もう使わなくてもいいというようなそういう教材品がいっぱいあると思いますけれども、その辺教育委員会として、数年に1回とか、調査してますかね。

委員長(八木しみ子君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 教材備品について、使われている状況、それから不要の状況について、調査しているかというご質問かと思いますが、こちら25年に理科教材のほうの備品の整備の際に、一旦調査した経緯がございますが、なお、整備状況について調査してまいりたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 12番、武田節夫委員。

12番(武田節夫君) 答弁でないので多分定期的にしてないじゃないかなという私の予測ですけれども、実を言うとやっぱりですね、相当一教室に一クラスに結構ほこりのたまってる教材備品がいっぱいありますよ。私確認してますから、それをどうのこうの言うんでなくして、やっぱり学校の事務職員がそれを管理しているんですね。ところが学校の事務職員は3年なると代わります。そうなると、どこに何があるのかつうのは、ただ台帳で保管してるしかにすぎないと思うんですよね。その辺をきちっと引継ぎされてないし、定期的に一つのやっぱり資産ですから、やっぱり世の中が変わることによって、一定程度やっぱり見直しをこれから年次計画を立てて、やっていただきたいと思います。あんまりこれに時間費やしたくないもんですから。
 それで2番目の354ページの幼稚園費なんですけれども、私も地元の幼稚園とか、ほかの幼稚園を見て回ったときに、担当では、幼稚園の中に1カ所だけは園内整備されてるってお話を聞いて、ほかの7カ所が砂利道であったり、あるいは除草剤をまいてまで、整備せざるを得ないという、そういう状況を見ております。
 特に、危険度の高いすぐ幼稚園出るとすぐその県道とか、そういうところには門扉っていうか、ないところもあります。給食センターの配送車のところにまで、予算がないために、虎ロープでやってる幼稚園もあります。これはどう考えですか。安全上の問題から。

委員長(八木しみ子君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 幼稚園の安全、教育環境の安全については、各幼稚園の園長先生方、先生方に聞き取りをして、要望と修繕等しなければならないところを、修繕かけてるところでございますが、なお、これから計画的に教育環境の安全整備に努めてまいりたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 12番、武田節夫委員。

12番(武田節夫君) 実はですね、監査委員の決算審査意見書の58ページの中に、不用額の検証について所見を述べられております。
 これ、前年度対比で2億2,000万近く不用額が増えております。その中でですね、やはり監査委員の所見の中に、やはり、効果的に配分されるよう早い段階で補正予算対応するなど適切な予算管理に努められたいと、こういうことが書いてあるんですね。それで当然この事務的な部分と、あとは私思うには入札で予算を下回る金額が重なって、この17億っていう不用額が出たと思うんですね。やはりこれは、総務にもかかわることですけれども、きちっとやっぱり年度内に全てとは言いませんけれども、必要なものに対しては、きちっと補正予算をとって、年度内にやっぱりきちっと整備していただきたいんですね。よく教育委員会に相談すると、予算がない。予算がないだけなんだ。これだけの不用額が17億も出てるんですよね。各部署の補正予算のとり合いなんでしょうけど、その辺教育委員会の部署としては、キャパが広いですから、その辺はですね、きちっと環境整備に努めるべきだと思うんですけれども、その辺教育長の考えをお聞きしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 学校施設あるいは社会教育施設のですね、安全というものは何よりも優先しなきゃないというふうに考えてございます。
 ただいま委員からご指摘いただいた内容については、早速現場に行きまして、私もちょっと把握しておりませんでしたので、確認をさせていただいて、安全確保のために必要であれば、早速対応させていただきたいというふうに思ってございますし、これからも現場の声というのはしっかり聞いてですね、まず、現場に行ってそのものを見る。そして話を聞くいう形で安全確保、施設の安全確保にしっかりと努めていきたいというふうに思ってございますので、よろしくお願いいたします。

委員長(八木しみ子君) 12番、武田節夫委員。

12番(武田節夫君) やはりですね、現場見ないと、机の上でだけ予算がない、7カ所整備されてないって話は、相談する人の対しての説得力に私は欠けると思います。
 その幼稚園ごとの現場状況、あるいはそのあまり近くに県道がないところだったら、少し遅れてもいいと思いますけれども、そういった幼稚園につきましては、県道のところに車、今みんな園児を乗せて入るんですよね、園の駐車場に。そうすると雨降ったりなんかすると、砂利道のところで、車がUターンしながら、子供を園児を降ろさないと、県道に迷惑かけるっていうか、そういう場所もないわけではないんですね。ですからやっぱり現場をきちっと見て、その中で緊急性の高いもの、あるいは、ほかの7カ所が整備されてないんであれば、3年間ぐらいで年次計画を立てるなり、あるいは来年の3月に向けて、不用額が出そうなときは、やっぱり、緊急性の高いところから補正予算を要求して、やっぱり実施すべきだと思うんですね。毎年こうやって、27年度と比べると、2億2,000万、そうすると年々、毎年のごとく15億ぐらいの不用額が出ると思うんですよ。必ず。その辺をやはり見越して、補正予算をやっぱり取るべきだと思うんですけども、その辺の考えをもう一度確認したいと思います。

委員長(八木しみ子君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 予算の積算に当たりましては、現場の状況ということをしっかり把握した上で、その安全確保、あるいは計画的な修繕ということで、修繕計画を立てながら進めてきたところであります。
 しかし、当初、予算編成のときに予見されないいろんな事態の中で、その状況が変わっていろんなことがあるという部分につきましても、先ほど申し上げましたとおり、現場にしっかり足を運んでその状況を確認して、緊急性の高いものにはすぐ対応していくというような予算の手続き等もしっかりとらせていただければというふうに考えてございます。

委員長(八木しみ子君) 12番、武田節夫委員。

12番(武田節夫君) そうね、教育部長、現場を重視しながら、迅速な対応を判断をしていただきたいと思います。
 あと最後に成果説明書の379ページの登米市体育協会補助金の中で、ふるさとスポーツ祭登米地区大会。私はこのふるさとスポーツ大会には、平成14年度まで25年間かかわってきた一人ですけれども、今、同じ町村だけでこの大会を開いているんですね。昔は、昔っていうか大分十二、三年ぐらい前なんですけれども、確か各町村ごとに回り番でふるさとスポーツ祭をやってきた経緯があります。それは昔も今も変わらず特別今のところが施設が多いってわけではないと思うんですね。
 やはり、その地区の活性化、その地区が少しでも潤うためにも、やはりこのふるさとスポーツ祭の登米地区大会をやっぱり回り番にやっぱりすべきだと思います。これは以前私も議会でお話しした経緯がありますけども、大分前ですよ。その以降、教育部長は、今年教育部長になったから以前の経過はわからないと思いますけれども、その辺今後ですね、ふるさとスポーツ祭の登米地区の大会をやっぱり回り番にすべきと思います。それが本当の公平性だと思うんですね。今、中田でやってても、登米地区の会場からしてやってますから、それどこの地域でやっても、ほかの地区の会場を借りられれば、できるんですね。できないじゃなくて、できる方策を見いだすのがやっぱり担当だと思います。その辺を聞いて終わりにしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) ふるさとスポーツの登米地区大会の開催につきましては、実行委員会組織をして、実行委員会を組織してやっておりますけれども、その中でですね、開催場所等も協議をしてきている経緯がございます。おっしゃるとおり、最近固定化されてきているという現状にはありますけれども、例えばその中でも議論はあります。東和でなくても、例えばグランドゴルフは可能じゃないかとか、そういったお話もあるので、今のお話しにつきましては、実行委員会のほうにお伝えをして検討するということで進めさせていただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 12番、武田節夫委員。

12番(武田節夫君) 実行委員会に権限あるよりも、やっぱり教育委員会として、方向性を示して、その中でやっぱり煮詰めていくべきだと思うんですね。
 みんな委ねるのは実行委員会、スポーツ振興審議会、予算を出したり、主管が登米市の教育委員会でしょ。そんなに実行委員会に権限あるんですか。
 中身について詳細について、いろいろ取りまとめしてもらったり、協力もらうのは実行委員会でしょうけれども、やっぱり教育委員会が主管じゃないですかこれ、登米市。
 だから逆に言えば、端的にじゃあ来年から再来年から登米市各町村持ち回りでやりますと言えば、それに基づいて実行委員が動けばこれは済むことだし、会場については今言ったように、それは南方でやれば、足りない会場は米山なり、迫なり協力できるわけじゃないですか。やっぱりそれが公平だし、唯一やっぱり活性化につながるしね。その辺前向きに捉えてください。
 あまり実行委員会に片寄らないで、あくまで主管が登米市教育委員会ですから。ここにもスポーツの指導者もいっぱいますし。そうですよ。それが本当の公平な行政じゃないですか。何で1カ所に特化しなくちゃいけないんですか。
 実行委員会に任せているということが、1カ所に特化していることとイコールじゃないですか。全てスポーツに関することは。そうじゃないですよ。その辺、もっと教育長と教育部長、その辺、もう一回確認の考えをお願いします。それによってあと終わりにします。

委員長(八木しみ子君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 開催のあり方というご意見でございました。ご質問でございました。
 今まで1カ所で続けてきたということは、一つのまず理由はあるんだろうというふうに思ってございます。それからそれをほかに変えたときに、どのような波及効果というのがあるのかというようなこと。あるいはこのふるスポだけではなくて、スポーツ推進員さんの全体研修会であるとか、いろんなスポーツのイベント、研修がございます。それが市全体の中でどのような時期にどのような位置でどのように開催されているかということも、全体的な視点の中で今後検討を進めさせていただければというふうに思ってございます。

委員長(八木しみ子君) 12番、武田節夫委員。

12番(武田節夫君) 私は遠回りの答弁はいいんです。
 ふるさとスポーツ祭の登米地区の会場を持ち回りに昔のように戻って、当番、各地区持ち回りしてほしいってことです。なんにも違和感もないですし、それが地域の活性化じゃないですか。いろんな事情なんて何もないですよ。我々25年かかわってきて。何でこういうふうになったんだろう。
 やっぱり、そこの例えば津山に行けば、津山の活性化にもなるし、潤うじゃないですか。違いますか。今までだって足りないところはみんな登米地区の体育館借りてやってるじゃないですか。それ以外何ものもないじゃないですか。何でそこに慎重にならざるを得ないんですか。やっぱそれが本当の公平な教育行政じゃないんですかね。どこでもできるんだもの。石越だってできるんですよ。足りないところは中田の体育館借りればできるわけです。迫なり。何でできないの。できない理由を教えてくださいじゃあ。みんなどこにも町域ごとに運動場なり、体育館なり、小学校、中学校の体育館もあります。みんな環境とかみんな整ってるじゃないですか。そういったような勉強会というのはそこでもいいです別に。ふるさろスポーツ祭登米地区ぐらいは、やっぱり昔に戻って各地区持ち回りで、「来年はじゃあ迫なんだな。」「再来年は登米なんだな。」っていうふうに楽しみもあるじゃないですか。これますます下火になっていきますよ。同じところでばり、ずっとやっていくと。
 その辺前向きな考えをお願いします。検討する余地があるかどうか。

委員長(八木しみ子君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) ご意見いただきました。先ほど私答弁申し上げたのは、できないということではございません。今まで続けてきた理由、それから、今回そのような形で変更していったときの波及効果、参加者の利便性とかですね、しっかり、それは検討をするという道筋を立てた上で、検討させていただきたいということで答弁を差し上げたところでございます。よろしくお願いいたします。

委員長(八木しみ子君) 12番、武田節夫委員。

12番(武田節夫君) もやもやな答弁ですけれども、できるための検討をしてください。終わります。

委員長(八木しみ子君) 答弁いいですか。ほかに質疑。4番、須藤幸喜委員。

4番(須藤幸喜君) それでは、私からも何点かお願いしたいと思います。
 成果説明書の383ページであります。先般ですね、中田アリーナにおきまして、ラジオ体操させていただきました。ここにあるとおりですね、正しいラジオ体操をさせていただきまして、おかげさんで体が痛くてしょうがないときもありました。そして、この成果説明書にあるとおり、生で朝に集まってそのラジオ体操を全国に発信したと、1,300名の方が来られまして、ラジオ体操をやったということであります。しからば、今後ですね、そのラジオ体操は、今後どのようにして活用していくのか。そして、そのラジオ体操を今後いわゆる小学校、中学校はもとよりなんですけども、あらゆるスポーツのときにそれを普及させていくのか。そういった状況はどうなのか。お伺いしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) ラジオ体操の推進につきましては、平成28年度からスタートしておりまして、講師の派遣につきましてはですね、一般財団法人簡易会保険加入者協会のほうから、無料で派遣していただいているという状況であります。
 この事業がですね、5年間できるということになってございますので、最大限活用していきたいなということであります。でありますから、今後30、31、32年まではその活用することができる。
 しからばどのようにということになりますけれども、ラジオ体操ということでありまして、いつでも、どこでも、誰とでも、1人でもできるということであります。市民の皆さんの生活の中で、当たり前のようにスポーツをする習慣をつけていただくということが最も大きな目標でございますので、今後もですね、小中学校はもちろんでありますけれども、講習会の対象を学校の先生だったり、それから、スポーツクラブの皆さんだったり、体協の皆さんだったりというふうに、指導者の皆さんに対しての講習会ということもやっておりますし、指導員の資格を取得しにいきましょうというようなことも行っておりますので、その辺で今後もですね、皆さんでラジオ体操に取り組めるような環境をつくっていきたいというふうに考えております。

委員長(八木しみ子君) 4番、須藤幸喜委員。

4番(須藤幸喜君) そのとおりだと思いますし、ぜひやっていただきたいとは思うんです。それでですね、せっかくいいものでありますので、今後5年間、あと残すところ3年と半分ですか、を利用いたしまして、本当に広くですね、普及を図っていただければと思います。よろしくお願いをしたいと思います。
 次であります。同じページのカッパハーフマラソンについてお伺いをしたいと思います。
 先般、日下委員のほうからもその話を出たということなんですけども、私はこちらでやらせていただきたいなと思いまして、黙ってたわけなんですけれども、まず、前回の人数につきましては、参加者2,518名でありました。もうすぐ始まるカッパマラソン、現在の大変申しわけございませんけれども、現在の参加人数をお知らせいただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 現在の参加人数、申込者数1,801人というふうに聞いております。

委員長(八木しみ子君) 4番、須藤幸喜委員。

4番(須藤幸喜君) 皆さん聞いてわかったとおりですね、2,500から1,800になったということは700人の減であると。その要因は何かということであります。その要因につきましては、先ほどもお話をいただいたんですけれども、やはり、日程だと私は思います。その日程がですね、その日程のことで、クイーンズマラソンがあるということでのお話し、一体そのクイーンズマラソンはどこ主催で、登米市で主催しているんでしょうか。であれば、私も納得するんですけれども、クイーンズマラソンがほかのところで主催して、登米市で行われるカッパマラソンが一番人数集約できるところから外れるという、その考えについてちょっとお聞かせいただきたいと思いまして、よろしくお願いします。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) すいません。主催まではちょっとわからないんですけれども、クイーンズ駅伝ということで、全日本女子駅伝でございます。宮城県陸協のほうが、主管になっているかと思います。その中で、各地区の陸協のほうからですね、審判員ということで、集められるという話であります。
 カッパハーフマラソンにつきましても、実は登米市の陸協だけではなくて、石巻でありますとか、栗原のほうの審判の皆さんの力もお借りしながらやっているという状況であります。その中で、県陸協のほうにクイーンズ駅伝の応援に行かなければならないというような状況があって、市内で、あるいは応援の方も含めて、審判を確保するのは難しいという状況になったということであります。去年については、12月にその緊急避難をしたという経緯があるんですが、今後ですね、11月の第4週のほうに固定されるというお話を聞いております。なので、登米市のほうのカッパハーフマラソンにつきましても、11月の4週ではなくて、いつもそういう状況であって、その時々に応じて日程をということでは大変困りますので、そのどっか固定できる日ということで模索をしました。その中で県内を見てみますと、11月の第1週の日曜日につきまして、競合が1カ所だけあります。あぶくまでのマラソン大会がありますけれども、北と南ということで、影響は最小限ではないのかというような判断もございました。そのようなことで、実行委員会のほうに図りまして、11月5日とした経緯がございます。

委員長(八木しみ子君) 4番、須藤幸喜委員。

4番(須藤幸喜君) 登米でやられてて、当時、初めは10月の開催であったんであるけれども、国体があったということで、やむなく11月に変えたと。したらば前までは最低で600人ぐらいの参加だったのが、その11月に変えたときに、非常に多くなった。最大では3,000人を超すランナーが出たということで、というところで、今後もその人数が推移していくんだろうなと思ったところが、今回1,800。その要因とすれば当然この日程であると私は思います。
 さらにですね、このカッパマラソンなぜそのように多く来るかということも私も聞きました。参加する人に聞きました。年内最後の大会であるというようなことでありました。であるので、年内を最後これで飾ってお正月を迎えたいというようなこともありましてですね、その観点もありまして、そういう参加が多くなったということであります。私は大変申しわけないんですけれども、県陸協もそうです。登米市陸協もそうです。ほかのところに借りてるのもわかりますけれども、何とかですね、11月の4週ということで進めていただきたいなと思ってるほうでありまして、今後ともそのことをお願いしたいと思ってたんです。とりあえずそれでお願いをしたいと思ってますけどいかがでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) いろいろな状況から判断して、11月の4週は難しいと、公認大会としてやるものですから、公認審判員がほしいという状況になります。そういった状況を考慮したときには非常に難しいのかなという思いがあります。それで11月の1週というふうに変えましたけれども、これがその定着をしてくれば、もっと増えていくのかなという願いもあるところであります。

委員長(八木しみ子君) 4番、須藤幸喜委員。

4番(須藤幸喜君) すいません。もう時間もないのでね、ちょっといわゆる定着ってもう30回以上も定着しているものを、今、今変えてね、そんで人減らして、今後いずまでたってそれをまたもとに戻すという考えなのかというのが、私ちょっと疑問であります。ちょっとそのほかにもちょっと質問もあるので、これはぜひですね、検討をお願いしたいなと思っております。
 続きましてですね、379ページです。全国ボート所在地、所在市町村のですね、協議会負担金22万出してるわけなんですけども、先般行われました秋田県由利本荘市で行われました、全国市町村交流レガッタ、市長も議長も来られて、非常にその内容を見ていただいてよかったなと思っております。時間もないですので、今後ですね、その中に登米市から三つのチームが出ました。青年とそれから男子と女子の青年ですね。それから熟年とされている方々、漕ぎ手が全部で200歳、合わせて200歳以上ということでの漕ぎ手。その方々も率先して今年度から出たということであります。今後ですね、それの交流レガッタへの取り組み方についてお聞きしたいと思いますけども。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 交流レガッタにつきましては、昨年度から、参加のほうをするようになりました。今年近くということもあって、3チームの参加を同意をいただきまして、やってますけれども、市民に対するボート競技の普及ということも含めて、参加するということはとても意義のあることだというふうに考えておりますので、進めていきたいなというふうに考えておるところです。

委員長(八木しみ子君) 4番、須藤幸喜委員。

4番(須藤幸喜君) 失礼しました。であればですね、そういったふうなものがあったということで、ぜひ皆さんに周知して、こういう方が出たと、こういう大会もあるんだよということで周知をお願いしたいと思っております。これは回答はいりません。
 時間もないので、最後です。388お願いします。388のですね、総合型地域スポーツクラブの関係です。私もわからないわけではありません。320万に統一したものを。しかし、ここでもあるとおりですね、自主的スポーツ活動を支援し、地域スポーツ活動の推進に努めたと、頑張っております。ですので、そのスポーツクラブ、各スポーツクラブの負担金、補助金、交付金その19施設について増額するようお願いしまして、終わります。以上です。

委員長(八木しみ子君) ほかに質疑ございますか。もっともっとありますね。まだまだですね。全部で何人ぐらいおりますか。それではこのまま続けたいと思います。時間ない人から。23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) 及川です。今4番の須藤委員が話されました、地域スポーツ振興各320万、この各種地区の行動状況ですか。活動、利用者状況をまずもってお知らせ願いたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 成果書の何ページですか。何ページですか。

23番(及川長太郎君) 388ページ、今須藤委員が話された内容です。

委員長(八木しみ子君) 答弁お願いします。生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 今、手元にある資料でありますと、スポーツクラブ事業への参加状況ということで、平成28年度につきましては、全部で5万3,745人の方が参加しているという状況になっております。一つずつのほうがよろしいですか。設立順にですね、いしこしENJOYクラブで6,140人、なかだのスポーツクラブ“パティオ”で7,175人、とよさとマイ・タウンクラブで4,832人、それから、スポーツクラブみなみかたで6,349人、文化・スポーツクラブはさまで3,600人、とよまスポーツクラブ蔵っこで1万4,811人、東和スポーツクラブあばせで2,939人、つやまモクモクスポーツクラブで4,594人、よねやまスポーツクラブで3,305人、トータル5万3,745人となっております。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) 人数5万3,700人の中で、最低320万ずつ一定しております。この事業量の中でやはり、多いところは上積みするような、そういう一律でない事業内容だと思いますので、この定額というのは、指定管理でやっておるわけでございますが、やっぱり増額の考えはないですか。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 320万円の内容なんですけれども、クラブマネージャー1人を確保するための人件費分という意味合いと、それから事業費に充てる分の意味合いということでの320万を積算しているわけでございまして、これで最低一通りの活動はできるという金額であります。あとはこれに会費収入とそれから事業収入とを加えていただきまして、発展をしていただきたいというよう内容であります。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) わかりましたそれは。それから357ページ、登米市子ども会育成連絡協議会、それからその下の青少年のための登米市民会議この補助金の活動内容の状況をお知らせ願いたい。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) すみません。子ども会育成連絡協議会につきましては、子ども会の育成ということでありまして、各支部がございます。その中で大体主に取り組んでいるのが、ジュニアリーダーの活動ということで取り組んでいるという状況であります。
 それから、青少年のための登米市民会議につきましては、やはりこれも町域ごとに支部がございまして、その中で事業ですね、挨拶運動でありますとか、のぼりを持って校門の前に立って、生徒の皆さんに「おはよう」という挨拶をしたり、そういった活動しておりますし、それから、弁論大会等の主催、一緒に共催しているという状況でありまして、青少年の健全育成のための、青少年が何を考えているのか、そういったことをですね、一般の我々大人たちにも伝えるようなそういったことに協力をしているというような状況であります。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) そして両方ですが、その後のかかわりといいますか、年々子供たちが毎年入れ替えがあると思いますが、卒業といいますか、そういうジュニアリーダー育った方々の市へのかかわり、どういうようなかかわりを持って、これまで行動してきましたか。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) すみません、卒業したジュニアリーダーがその後どういったかかわりを持っているのかというご質問でありますけれども、シニアリーダーという方々もいらっしゃいますので、そういった方々、大人になってからも、そういったものに協力してくれる皆さんがおります。そういったことをしてくれている方もおりますが、あとはすいません。追跡調査はちょっと行っていないという状況であります。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) それはやっぱ追跡調査というのも必要ですよね。こういう大きい金額を出して、やはり、非行防止等、これから市にかかわってもらって、教育の一環として生涯学習と言えばおかしいんですが、そういうやはり精神を入れてもらうようなそういう方法も一つあるんではないかなと思っておりますが、これからの考え方もう一度確認したいと思います。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 仕事、かなり難しいこともあるのかなと思いますが、検討させていただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。それではちょっと暫時休憩いたします。
 
          休憩 午後3時56分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時59分
 

委員長(八木しみ子君) 再開します。
 質疑が続くようでございますので、本日の会議はこの程度とし、これで散会したいと思います。
 なお、次回の会議は、明日9月28日、午前10時から行います。
 本日はこれで散会します。
 大変ご苦労さまでございました。
 
          延会 午後3時59分
 再開 午後

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>