•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(八木しみ子)
  •   2  10番(氏家英人)
  •   3  委員長(八木しみ子)
  •   4  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •   5  委員長(八木しみ子)
  •   6  10番(氏家英人)
  •   7  委員長(八木しみ子)
  •   8  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •   9  委員長(八木しみ子)
  •  10  10番(氏家英人)
  •  11  委員長(八木しみ子)
  •  12  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  13  委員長(八木しみ子)
  •  14  10番(氏家英人)
  •  15  委員長(八木しみ子)
  •  16  市長(熊谷盛廣)
  •  17  委員長(八木しみ子)
  •  18  7番(熊谷和弘)
  •  19  委員長(八木しみ子)
  •  20  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  21  委員長(八木しみ子)
  •  22  7番(熊谷和弘)
  •  23  委員長(八木しみ子)
  •  24  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  25  委員長(八木しみ子)
  •  26  7番(熊谷和弘)
  •  27  委員長(八木しみ子)
  •  28  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  29  委員長(八木しみ子)
  •  30  7番(熊谷和弘)
  •  31  委員長(八木しみ子)
  •  32  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  33  委員長(八木しみ子)
  •  34  7番(熊谷和弘)
  •  35  委員長(八木しみ子)
  •  36  文化財文化振興室長(片岡鉄郎)
  •  37  委員長(八木しみ子)
  •  38  11番(工藤淳子)
  •  39  委員長(八木しみ子)
  •  40  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  41  委員長(八木しみ子)
  •  42  11番(工藤淳子)
  •  43  委員長(八木しみ子)
  •  44  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  45  委員長(八木しみ子)
  •  46  市民生活部長(新井誠志)
  •  47  委員長(八木しみ子)
  •  48  11番(工藤淳子)
  •  49  委員長(八木しみ子)
  •  50  市民生活部長(新井誠志)
  •  51  委員長(八木しみ子)
  •  52  11番(工藤淳子)
  •  53  委員長(八木しみ子)
  •  54  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  55  委員長(八木しみ子)
  •  56  25番(伊藤栄)
  •  57  委員長(八木しみ子)
  •  58  文化財文化振興室長(片岡鉄郎)
  •  59  委員長(八木しみ子)
  •  60  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  61  委員長(八木しみ子)
  •  62  25番(伊藤栄)
  •  63  委員長(八木しみ子)
  •  64  5番(岩渕正弘)
  •  65  委員長(八木しみ子)
  •  66  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  67  委員長(八木しみ子)
  •  68  5番(岩渕正弘)
  •  69  委員長(八木しみ子)
  •  70  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  71  委員長(八木しみ子)
  •  72  5番(岩渕正弘)
  •  73  委員長(八木しみ子)
  •  74  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  75  委員長(八木しみ子)
  •  76  5番(岩渕正弘)
  •  77  委員長(八木しみ子)
  •  78  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  79  委員長(八木しみ子)
  •  80  5番(岩渕正弘)
  •  81  委員長(八木しみ子)
  •  82  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  83  委員長(八木しみ子)
  •  84  5番(岩渕正弘)
  •  85  委員長(八木しみ子)
  •  86  教育部長(大柳晃)
  •  87  委員長(八木しみ子)
  •  88  5番(岩渕正弘)
  •  89  委員長(八木しみ子)
  •  90  教育部長(大柳晃)
  •  91  委員長(八木しみ子)
  •  92  5番(岩渕正弘)
  •  93  委員長(八木しみ子)
  •  94  教育部長(大柳晃)
  •  95  委員長(八木しみ子)
  •  96  5番(岩渕正弘)
  •  97  委員長(八木しみ子)
  •  98  教育部長(大柳晃)
  •  99  委員長(八木しみ子)
  • 100  23番(及川長太郎)
  • 101  委員長(八木しみ子)
  • 102  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 103  委員長(八木しみ子)
  • 104  23番(及川長太郎)
  • 105  委員長(八木しみ子)
  • 106  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 107  委員長(八木しみ子)
  • 108  23番(及川長太郎)
  • 109  委員長(八木しみ子)
  • 110  教育部長(大柳晃)
  • 111  委員長(八木しみ子)
  • 112  23番(及川長太郎)
  • 113  委員長(八木しみ子)
  • 114  教育部長(大柳晃)
  • 115  委員長(八木しみ子)
  • 116  23番(及川長太郎)
  • 117  委員長(八木しみ子)
  • 118  教育部長(大柳晃)
  • 119  委員長(八木しみ子)
  • 120  14番(岩淵正宏)
  • 121  委員長(八木しみ子)
  • 122  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 123  委員長(八木しみ子)
  • 124  14番(岩淵正宏)
  • 125  委員長(八木しみ子)
  • 126  教育企画室長(岩渕公一)
  • 127  委員長(八木しみ子)
  • 128  14番(岩淵正宏)
  • 129  委員長(八木しみ子)
  • 130  委員長(八木しみ子)
  • 131  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 132  委員長(八木しみ子)
  • 133  教育部長(大柳晃)
  • 134  委員長(八木しみ子)
  • 135  市長(熊谷盛廣)
  • 136  委員長(八木しみ子)
  • 137  14番(岩淵正宏)
  • 138  委員長(八木しみ子)
  • 139  教育企画室長(岩渕公一)
  • 140  委員長(八木しみ子)
  • 141  14番(岩淵正宏)
  • 142  委員長(八木しみ子)
  • 143  教育部長(大柳晃)
  • 144  委員長(八木しみ子)
  • 145  14番(岩淵正宏)
  • 146  委員長(八木しみ子)
  • 147  教育部長(大柳晃)
  • 148  委員長(八木しみ子)
  • 149  市長(熊谷盛廣)
  • 150  委員長(八木しみ子)
  • 151  14番(岩淵正宏)
  • 152  委員長(八木しみ子)
  • 153  6番(佐藤千賀子)
  • 154  委員長(八木しみ子)
  • 155  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 156  委員長(八木しみ子)
  • 157  市民生活部長(新井誠志)
  • 158  委員長(八木しみ子)
  • 159  6番(佐藤千賀子)
  • 160  委員長(八木しみ子)
  • 161  6番(佐藤千賀子)
  • 162  委員長(八木しみ子)
  • 163  9番(佐々木幸一)
  • 164  委員長(八木しみ子)
  • 165  学校教育管理監(伊藤浩)
  • 166  委員長(八木しみ子)
  • 167  9番(佐々木幸一)
  • 168  委員長(八木しみ子)
  • 169  学校教育管理監(伊藤浩)
  • 170  委員長(八木しみ子)
  • 171  9番(佐々木幸一)
  • 172  委員長(八木しみ子)
  • 173  学校教育管理監(伊藤浩)
  • 174  委員長(八木しみ子)
  • 175  9番(佐々木幸一)
  • 176  委員長(八木しみ子)
  • 177  学校教育管理監(伊藤浩)
  • 178  委員長(八木しみ子)
  • 179  9番(佐々木幸一)
  • 180  委員長(八木しみ子)
  • 181  文化財文化振興室長(片岡鉄郎)
  • 182  委員長(八木しみ子)
  • 183  9番(佐々木幸一)
  • 184  委員長(八木しみ子)
  • 185  教育企画室長(岩渕公一)
  • 186  委員長(八木しみ子)
  • 187  9番(佐々木幸一)
  • 188  委員長(八木しみ子)
  • 189  文化財文化振興室長(片岡鉄郎)
  • 190  委員長(八木しみ子)
  • 191  19番(田口政信)
  • 192  委員長(八木しみ子)
  • 193  教育部次長兼教育総務課長(佐藤豊)
  • 194  委員長(八木しみ子)
  • 195  19番(田口政信)
  • 196  委員長(八木しみ子)
  • 197  教育部次長兼教育総務課長(佐藤豊)
  • 198  委員長(八木しみ子)
  • 199  19番(田口政信)
  • 200  委員長(八木しみ子)
  • 201  教育長(佐藤信男)
  • 202  委員長(八木しみ子)
  • 203  19番(田口政信)
  • 204  委員長(八木しみ子)
  • 205  教育長(佐藤信男)
  • 206  委員長(八木しみ子)
  • 207  19番(田口政信)
  • 208  委員長(八木しみ子)
  • 209  市長(熊谷盛廣)
  • 210  委員長(八木しみ子)
  • 211  19番(田口政信)
  • 212  委員長(八木しみ子)
  • 213  学校教育課長(三浦徳美)
  • 214  委員長(八木しみ子)
  • 215  19番(田口政信)
  • 216  委員長(八木しみ子)
  • 217  学校教育課長(三浦徳美)
  • 218  委員長(八木しみ子)
  • 219  市民生活部長(新井誠志)
  • 220  委員長(八木しみ子)
  • 221  委員長(八木しみ子)
  • 222  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 223  委員長(八木しみ子)
  • 224  18番(佐藤恵喜)
  • 225  委員長(八木しみ子)
  • 226  教育長(佐藤信男)
  • 227  委員長(八木しみ子)
  • 228  20番(沼倉利光)
  • 229  委員長(八木しみ子)
  • 230  活き生き学校支援室長(菅原栄夫)
  • 231  委員長(八木しみ子)
  • 232  20番(沼倉利光)
  • 233  委員長(八木しみ子)
  • 234  活き生き学校支援室長(菅原栄夫)
  • 235  委員長(八木しみ子)
  • 236  20番(沼倉利光)
  • 237  委員長(八木しみ子)
  • 238  活き生き学校支援室長(菅原栄夫)
  • 239  委員長(八木しみ子)
  • 240  20番(沼倉利光)
  • 241  委員長(八木しみ子)
  • 242  学校教育課長(三浦徳美)
  • 243  委員長(八木しみ子)
  • 244  市民生活部長(新井誠志)
  • 245  委員長(八木しみ子)
  • 246  20番(沼倉利光)
  • 247  委員長(八木しみ子)
  • 248  総務部長(千葉雅弘)
  • 249  委員長(八木しみ子)
  • 250  16番(中澤宏)
  • 251  委員長(八木しみ子)
  • 252  教育企画室長(岩渕公一)
  • 253  委員長(八木しみ子)
  • 254  教育部次長兼教育総務課長(佐藤豊)
  • 255  委員長(八木しみ子)
  • 256  16番(中澤宏)
  • 257  委員長(八木しみ子)
  • 258  教育部長(大柳晃)
  • 259  委員長(八木しみ子)
  • 260  16番(中澤宏)
  • 261  委員長(八木しみ子)
  • 262  教育部長(大柳晃)
  • 263  委員長(八木しみ子)
  • 264  16番(中澤宏)
  • 265  委員長(八木しみ子)
  • 266  教育部長(大柳晃)
  • 267  委員長(八木しみ子)
  • 268  16番(中澤宏)
  • 269  委員長(八木しみ子)
  • 270  23番(及川長太郎)
  • 271  委員長(八木しみ子)
  • 272  活き生き学校支援室長(菅原栄夫)
  • 273  委員長(八木しみ子)
  • 274  23番(及川長太郎)
  • 275  委員長(八木しみ子)
  • 276  活き生き学校支援室長(菅原栄夫)
  • 277  委員長(八木しみ子)
  • 278  23番(及川長太郎)
  • 279  委員長(八木しみ子)
  • 280  学校教育管理監(伊藤浩)
  • 281  委員長(八木しみ子)
  • 282  23番(及川長太郎)
  • 283  委員長(八木しみ子)
  • 284  委員長(八木しみ子)
  • 285  学校教育管理監(伊藤浩)
  • 286  委員長(八木しみ子)
  • 287  23番(及川長太郎)
  • 288  学校教育管理監(伊藤浩)
  • 289  委員長(八木しみ子)
  • 290  23番(及川長太郎)
  • 291  委員長(八木しみ子)
  • 292  学校教育管理監(伊藤浩)
  • 293  委員長(八木しみ子)
  • 294  1番(上野晃)
  • 295  委員長(八木しみ子)
  • 296  教育長(佐藤信男)
  • 297  委員長(八木しみ子)
  • 298  1番(上野晃)
  • 299  委員長(八木しみ子)
  • 300  教育長(佐藤信男)
  • 301  委員長(八木しみ子)
  • 302  1番(上野晃)
  • 303  委員長(八木しみ子)
  • 304  教育長(佐藤信男)
  • 305  委員長(八木しみ子)
  • 306  1番(上野晃)
  • 307  委員長(八木しみ子)
  • 308  学校教育管理監(伊藤浩)
  • 309  委員長(八木しみ子)
  • 310  1番(上野晃)
  • 311  委員長(八木しみ子)
  • 312  学校教育管理監(伊藤浩)
  • 313  委員長(八木しみ子)
  • 314  21番(相澤吉悦)
  • 315  委員長(八木しみ子)
  • 316  市長(熊谷盛廣)
  • 317  委員長(八木しみ子)
  • 318  21番(相澤吉悦)
  • 319  委員長(八木しみ子)
  • 320  教育部長(大柳晃)
  • 321  委員長(八木しみ子)
  • 322  委員長(八木しみ子)
  • 323  委員長(八木しみ子)
  • 324  14番(岩淵正宏)
  • 325  委員長(八木しみ子)
  • 326  土木管理課長(管原和夫)
  • 327  委員長(八木しみ子)
  • 328  委員長(八木しみ子)
  • 329  委員長(八木しみ子)
  • 330  委員長(八木しみ子)
  • 331  委員長(八木しみ子)
  • 332  委員長(八木しみ子)
  • 333  委員長(八木しみ子)
  • 334  委員長(八木しみ子)
  • 335  委員長(八木しみ子)
  • 336  委員長(八木しみ子)
  • 337  委員長(八木しみ子)
  • 338  委員長(八木しみ子)
  • 339  委員長(八木しみ子)
  • 340  委員長(八木しみ子)
  • 341  委員長(八木しみ子)
  • 342  委員長(八木しみ子)
  • 343  委員長(八木しみ子)
  • 344  委員長(八木しみ子)
  • 345  委員長(八木しみ子)
  • 346  委員長(八木しみ子)
  • 347  委員長(八木しみ子)
  • 348  委員長(八木しみ子)
  • 349  委員長(八木しみ子)
  • 350  委員長(八木しみ子)
  • 351  13番(關孝)
  • 352  委員長(八木しみ子)
  • 353  水道施設課長(鈴木哲弥)
  • 354  委員長(八木しみ子)
  • 355  13番(關孝)
  • 356  委員長(八木しみ子)
  • 357  水道施設課長(鈴木哲弥)
  • 358  委員長(八木しみ子)
  • 359  13番(關孝)
  • 360  委員長(八木しみ子)
  • 361  水道事業所長(羽生芳文)
  • 362  委員長(八木しみ子)
  • 363  委員長(八木しみ子)
  • 364  委員長(八木しみ子)
  • 365  委員長(八木しみ子)
  • 366  委員長(八木しみ子)
  • 367  16番(中澤宏)
  • 368  委員長(八木しみ子)
  • 369  病院事業管理者(大内憲明)
  • 370  委員長(八木しみ子)
  • 371  16番(中澤宏)
  • 372  委員長(八木しみ子)
  • 373  市長(熊谷盛廣)
  • 374  委員長(八木しみ子)
  • 375  13番(關孝)
  • 376  委員長(八木しみ子)
  • 377  病院事業管理者(大内憲明)
  • 378  委員長(八木しみ子)
  • 379  13番(關孝)
  • 380  委員長(八木しみ子)
  • 381  医療局経営管理部医事課長(照井正樹)
  • 382  委員長(八木しみ子)
  • 383  13番(關孝)
  • 384  委員長(八木しみ子)
  • 385  医療局経営管理部医事課長(照井正樹)
  • 386  委員長(八木しみ子)
  • 387  21番(相澤吉悦)
  • 388  委員長(八木しみ子)
  • 389  医療局次長(大森國弘)
  • 390  委員長(八木しみ子)
  • 391  21番(相澤吉悦)
  • 392  委員長(八木しみ子)
  • 393  医療局次長(大森國弘)
  • 394  委員長(八木しみ子)
  • 395  委員長(八木しみ子)
  • 396  委員長(八木しみ子)
  • 397  委員長(八木しみ子)
  • 398  3番(佐々木好博)
  • 399  委員長(八木しみ子)
  • 400  豊里病院事務局事務長兼津山診療所事務局事務長兼登米市訪問介護ステーション事務局事務長兼豊里老人保健施(高橋考規)
  • 401  委員長(八木しみ子)
  • 402  3番(佐々木好博)
  • 403  委員長(八木しみ子)
  • 404  医療局次長(大森國弘)
  • 405  委員長(八木しみ子)
  • 406  3番(佐々木好博)
  • 407  委員長(八木しみ子)
  • 408  市民生活部長(新井誠志)
  • 409  委員長(八木しみ子)
  • 410  医療局次長(大森國弘)
  • 411  委員長(八木しみ子)
  • 412  委員長(八木しみ子)
  • 413  委員長(八木しみ子)
  • 414  委員長(八木しみ子)
      平成29年登米市議会第2回定例会 9月定期議会 会議録(決算審査特別委員会)
 平成29年9月28日(木曜日)
1.出席議員(24名)
   1番 上 野   晃 君       2番 曽 根 充 敏 君(副委員長)
   3番 佐々木 好 博 君       4番 須 藤 幸 喜 君
   5番 岩 渕 正 弘 君       6番 佐 藤 千賀子 君
   7番 熊 谷 和 弘 君       8番 日 下   俊 君
   9番 佐々木 幸 一 君      10番 氏 家 英 人 君
  11番 工 藤 淳 子 君      12番 武 田 節 夫 君
  13番 關     孝 君      14番 岩 淵 正 宏 君
  16番 中 澤   宏 君      17番 浅 田   修 君
  18番 佐 藤 恵 喜 君      19番 田 口 政 信 君
  20番 沼 倉 利 光 君      21番 相 澤 吉 悦 君
  22番 熊 谷 憲 雄 君      23番 及 川 長太郎 君
  24番 八 木 しみ子 君(委員長) 25番 伊 藤   栄 君
1.欠席議員(なし)
1.遅刻議員(なし)
1.早退議員(なし)
1.中座議員(なし)
1.説明のため出席した者の氏名
  市長         熊 谷 盛 廣 君    副市長        藤 井 敏 和 君
  副市長        栗 山 健 作 君    総務部長       千 葉 雅 弘 君
  企画部長       秋 山 茂 幸 君    市民生活部長     新 井 誠 志 君
  産業経済部長     丸 山   仁 君    建設部長       中津川 源 正 君
  財政課長       高 橋 一 真 君    教育長        佐 藤 信 男 君
  病院事業管理者    大 内 憲 明 君    監査委員       島 尾 清 次 君
  監査委員       千 葉 良 悦 君    監査委員       伊 藤 吉 浩 君
                          教育部次長兼
  教育部長       大 柳   晃 君    教育総務課長     佐 藤   豊 君
  学校教育管理監    伊 藤   浩 君    生涯学習課長     佐 藤 嘉 浩 君
  監査委員事務局長   遠 藤   仁 君    会計管理者      冨士原   徹 君
  学校教育課長     三 浦 徳 美 君    活き生き学校支援室長 菅 原 栄 夫 君
  文化財文化振興室長  片 岡 鉄 郎 君    教育企画室長     岩 渕 公 一 君
  建設部次長      首 藤 正 敏 君    水道施設課長     鈴 木 哲 弥 君
                          産業経済部次長兼
  産業経済部次長    阿 部 孝 弘 君    農産園芸畜産課長   高 橋 一 紀 君
  土木管理課長     菅 原 和 夫 君    産業政策課長     遠 藤   亨 君
  総務課長       千 葉   清 君    総務部次長兼税務課長 伊 藤 秀 樹 君
  健康推進課長     佐々木 秀 美 君    国保年金課長     幡 江 健 樹 君
  収納対策課長     工 藤 郁 夫 君    福祉事務所長     加 藤   均 君
                          市民生活部次長兼
  長寿介護課長     永 浦 広 巳 君    少子化対策推進監   佐 藤   浩 君
  市民生活課長     金 澤 正 浩 君    工業振興課長     櫻   節 郎 君
  下水道課長      細 川 宏 伸 君    水道事業所長     羽 生 芳 文 君
                          米谷病院事務局
                          事務長兼上沼診療所
  水道管理課長     千 葉 智 浩 君    事務局事務長     阿 部   裕 君
                          医療局経営管理部次長
  医療局次長兼                  兼登米市民病院
  経営管理部長     大 森 國 弘 君    事務局長       千 葉 勝 範 君
  医療局経営管理部                医療局経営管理部
  総務課長       千 葉 裕 樹 君    医事課長       照 井 正 樹 君
                          豊里病院事務局事務長
                          兼津山診療所事務局
                          事務長兼登米市訪
  よねやま診療所事務局              介護ステーション事務
  事務長兼登米診療所               局事務長兼豊里老人
  事務局事務長     畠 山 智 之 君    保健施設事務局事務長 高 橋 孝 規 君
1.事務局出席職員氏名
  議会事務局長     伊 藤 隆 敏 君    議会事務局次長    田 辺 賢 一 君
  主幹兼議事・調査係長 後 藤 光 彦 君    議事・調査係主幹   千 葉 牧 恵 君
  議事・調査係主査   菅 原   仁 君    議事・調査係主査   三 浦 正 弘 君
  議事・調査係主査   主 藤 貴 宏 君


          開会 午前10時00分
委員長(八木しみ子君) 皆さん、おはようございます。
 本日もよろしくお願いいたします。
 それでは、ただいまから決算審査特別委員会4日目の会議を開きます。
 昨日に引き続き、議案審議を行います。
 4番、須藤幸喜委員から、欠席の届け出がございます。
 昨日に引き続き、議案審議を行います。
 認定第1号 平成28年度登米市一般会計歳入歳出決算認定について、質疑の途中です。10款教育費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。10番、氏家英人委員。

10番(氏家英人君) おはようございます。氏家英人でございます。
 成果説明書の373ページになります。
 中田生涯学習センター管理運営費の中の部分でですね、登米アートトリエンナーレ2016業務、アートトリエンナーレを昨年度開催しまして、これに500万円を使っているということでございます。
 アートトリエンナーレっていうのは、本市にとって2度目だったのかなというふうに思っています。1度目は2010、2010年ですか、アートトリエンナーレっていうのは。要は3年に一度開かれる国際的芸術祭という位置づけでございますね。1回目にやった2010のときは、かなりですね、市民参加もあり、実行委員会も充実して、かなり登米市全体で盛り上がったのかなと、アートの展示会場も登米市全体にわたって、それなりのアートトリエンナーレと言われるような状況だったなあというふうに記憶しております。
 3年に1度なので、2013、このときもやる予定だったんだと思うんだけれども、震災の関係でやらずして、できなくて、昨年度2016、6年ぶりにアートトリエンナーレを開催したということでございますが、どうなんでしょうね。
 この成果説明を見るとですね、「幾何学アートの魅力を体験していただくことができた」と、すばらしい祭典であったというふうに締めくくっているわけですけれども、私はそうは思っておりません。なぜかというと、昨年度の28年度のアートトリエンナーレ、僕も展示会場、かなり回らせていただきましたけれども、ほとんど観客と会ったこともありませんでした。本当にこれがこのまちにとって必要な祭典なのか。アートの祭典なのか、すごく恥ずかしい思いになりました。
 そのことで、生涯学習課長に私は言いにいったことがあったように記憶しておりますけれども、このアートトリエンナーレ、3年に1度の国際的芸術祭、3年後この結果を踏まえてですね、28年度の成果を踏まえて、2019もやろうと考えているのかどうか。
 まず、そこを聞いてみたいなと思います。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) アートトリエンナーレの根底にありますのは、サトウサトルアートミュージアムということでありまして、国内を見ても希少な幾何学アートの幾何学構成アートの展示施設があるという登米市でございます。これをですね、今後も本市のこの施設から、幾何学構成アートを発信していきたいなという気持ちは変わりはございません。
 したがいまして、今回の反省を踏まえまして、形はどうなるかはまだ検討途中でございますけれども、こういったイベントの開催の必要はあるだろうというふうに考えているところであります。

委員長(八木しみ子君) 10番、氏家英人委員。

10番(氏家英人君) あのですね、私はこういう祭典を否定しているわけではないんです。やるならば、きちんとやってほしいということなんですね。きちんとやりなさいということです。
 サトル・サトウミュージアム、ここをね、アートの拠点としてやっているわけでございますが、今、課長の答弁を考えるときに、それでは28年度資料にも載っておりますけれども、サトル・サトウミュージアムの入館者数840人でございましたね、840人です。アートトリエンナーレ、3年に1度の国際的な芸術祭をやったのにもかかわらず、840人ですよ。
 それでは、アートトリエンナーレをしなかった27年度の入館者数は何人ですか。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 1,117人だったかと思います。

委員長(八木しみ子君) 10番、氏家英人委員。

10番(氏家英人君) 何もしないほうが入館者が多いというのは、変だと思いません。もう一度繰り返して言いますが、もし2019アートトリエンナーレ、3年に1度のイタリア語ですけどね。イタリア語でですけどね。3年に1度の国際的芸術祭を登米市でやるならば、きちんとやってほしいということです。
 2016のこのアートトリエンナーレ、登米市で開催しました。こういう芸術祭をやったというあかし、しるしというのは実に大切なもので、これを図録という、図録。記録として残すのが当たり前なんですね。図録は残してるんでしょうね。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 図録は作成して残しているところであります。

委員長(八木しみ子君) 10番、氏家英人君。

10番(氏家英人君) 世界的に有名な幾何学アート作家、サトル・サトウさん。ふるさと登米市。やるならば、きちんとやってほしい。そういうふうに重ねてお話ししたいと思います。
 続きましてですね、364ページです。図書館の関係なんですね。
 本市には、図書館が2館あります。迫図書館と登米図書館であります。それから、図書室という位置づけで、中田図書室があります。この3館しかないと言いますか、3館が本市における図書館ということでございまして、利用者数で言えば、迫図書館が2万1,725人、登米図書館9,140人、中田図書室1万864人、合計ですね。28年度図書館を利用したのが4万1,711人。多いか少ないかっていう話をしたいんではないんです。
 合併以来、この2館1室の状況をずっと続けているのがこの登米市でありますが、これって本当にいいんだろうかというお話をしたいんです。
 例えば、石越の子供たち、迫図書館に来てますでしょうか。南方の子供たちが、登米図書館を利用してるんでしょうか。津山の子供たちが、中田図書室を利用してますか。
 あのですね、子供たちが、もしかすると我慢してるかもしれないんですよ。我慢させてるのかもしれないんですということを言いたいんです。
 先日の13番議員の質疑の、委員の質疑の中でですね、市長は自分の任期中に図書館をきちんと整備する構想を皆さんにお話しするという答弁をしました。その任期中っていつなんですかね。この3年中、すいません、今期の間に、登米市として合併したスケールメリットを生かした図書館、これをやはりですね、建てるべきだと思うんです。つくるべきだと思うんですよ。こういう税金の使い方をね、一部の人たちに偏ったままにしてはだめだということだけは言っておきたいと思うんですけれども、一言だけ答弁いただきます。市長。

委員長(八木しみ子君) 熊谷市長。

市長(熊谷盛廣君) 氏家議員の質問にお答えをさせていただきます。
 きのうも13番、關委員のほうにもお話をいたしましたけれども、私が与えられた任期は、4年間だとそういうふうに思っております。その間でいろいろと考えてみたいと、そういうふうに思っております。

委員長(八木しみ子君) 10番、オッケーですか。質疑ございませんか。7番、熊谷和弘委員。

7番(熊谷和弘君) それでは、同じく図書館の関係でございますけれども、図書館の利用者数ということで、27年度と比較をしてみました。
 迫図書館につきましては2,499人の減、それから、登米図書館についても1,136人の減、中田に関しましては、中田図書館に関しましては1,142人ということで、ここだけ増でございます。
 したがいまして、貸出冊数についてもですね、これに比例して同様の結果でございますけれども、このようになっている理由ですね、何か考えられることがあるのか。お伺いをいたします。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 理由ということでありますけれども、図書の購入費関係については大体、前年度並みということの結果であったようでございます。やはり施設の老朽化ということも一つにはあるのかなということも考えられますし、それから中田図書館が若干増えているというようなこともありましたが、これは学生の利用があるのかなというような感じがいたしております。
 相対的に見て、登米市はなかなか図書館の利用者数が伸びていないという現実がありますので、こういったあたりも少しですね、詳しく分析をしていかなければいけないというふうに考えているところでございます。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘委員。

7番(熊谷和弘君) 次にですね、除籍冊数についてでございますけれども、中田図書室が昨年度、27年度もゼロ、それから28年度もゼロということでありますけれども、これは対象となる本がなかったということなのか、その辺お伺いをいたします。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 対象となる本がなかったということで、よろしいかと思います。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘委員。

7番(熊谷和弘君) 次にですね、雑誌スポンサー制度の推進を行う等ということで、成果が載っておりますけれども、三つの図書館、図書室の雑誌スポンサーの件数と冊数について、27年度との比較でどのようになっているかお伺いをいたします。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) すいません。27年度の資料をちょっと持ち合わせていないんですが、28年度の実績を申し上げたいと思います。
 迫図書館で12タイトルの雑誌のスポンサーをいただいております。それから、登米では8タイトル、中田では9ということで、全部で29タイトル、この雑誌のスポンサーになっていただいているということであります。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘委員。

7番(熊谷和弘君) これは毎年度、募集ということで働きかけなどやってるということでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 働きかけは、常にやっているという状況であります。

委員長(八木しみ子君) 7番、熊谷和弘委員。

7番(熊谷和弘君) それでは、最後の質問になりますけれども、成果説明書377ページでございます。
 石ノ森章太郎ふるさと記念館ということで、ここにつきましてもですね、入館者数を調べてみました。そうしますと、25年度約2万4,600人、26年度約1万8,000人、27年度1万5,900人、そして28年度1万4,371人ということで、なんと3年間で1万人以上の減ということでですね。結構ほかの施設は横ばいなんですけど、これは非常に、非常にというか、まさにこれ非常事態じゃないかと思いますけども、これはどのように捉えておりますでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 文化振興室長、片岡鉄郎君。

文化財文化振興室長(片岡鉄郎君) 入館者数の増減につきましては、大部分は企画展への内容によってですね、それに興味を持たれる入館者、市民、あるいは県外から訪れる人たちのやっぱり動向で大きく左右したものと分析しております。

委員長(八木しみ子君) ほかに質疑ございませんか。11番、工藤淳子委員。

11番(工藤淳子君) 成果説明書の360、61ページに載ってる、放課後子ども教室について何点か伺います。
 3款のところで、放課後児童クラブとの質疑の中で、この子ども教室との一体化、放課後総合プランに沿って進めていくというお話があったと思いますけど、その中で今年度2カ所、児童クラブのないところで、子ども教室をやっているという答弁があった、課長の答弁があったと思うんですけど、そこは、それはどこなのか。
 それから、この子ども教室始まったころは、本当に地域のボランティアの方の力を借りながら、コーディネーターの方とか、本当に安い賃金、給料で頑張ってもらってるなあっていう印象なんですけども、対象が小学校3年生から6年生まで拡大なったことで、教室の利用人数が増加してると思うんですけど、その関係でその各教室の利用教室数とか、スタッフの数は大丈夫なのか。
 それから、そこで働いてる教室の中で働いている人ごとの情報交換とか、教室ごとのね。それから、スタッフの研修なんかは、やっているのかどうか。その辺をお願いします。

委員長(八木しみ子君) 答弁をお願いします。生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 浅水小学校でやってる子ども教室があるんですけれども、児童クラブのほうにつきましては、平日はそこで6時半までということで、延長してやってますので、移動することはないんですが、土曜日あるいは夏休みの長期のところになりますと、浅水では児童クラブは行っていないので、違うところに行ってやらなくてはいけないと。この状況は2カ所と言ったのは、もう一つは米山東小学校も同じであるということであります。
 それから一体化という話なんですけれども、一体化というのは、例えば同じ学校の中で放課後子ども教室をやって、放課後子ども教室というのは基本的にですね、放課後から下校時間までが基本なんですけれども、これを今、延長して6時半まで児童クラブがないところには、そうやってやってるというところがあります。
 それで一体的にというのは、同じ学校の中で、放課後子ども教室、要は下校時間ですね、それ以後に保育の手にかける場合、家庭につきましては、児童クラブのように見て、子供たちを見る手がほしいということで、児童クラブのほうにチェンジしていくというような考え方がその一体的な考え、一体的な実施ということになります、基本的に。
 このようなことでありますので、浅水につきましては、本来ですね、放課後子ども教室というのは、今やってるのが全部で九つの小学校しか対象にできてないような状況にあります。この中で空き教室を使いながら、あとはですね、児童館を使ってやっているところもあるということでありまして、現時点ではその登録者数ということで見れば、一つの教室で足りているという状況であります。
 それから、これにつきましては、有償ボランティアさんの、有償ボランティアのスタッフに担っていただいているわけなんですけれども、この辺については、今現在ではやっと、やっと足りているという状況でありまして、ボランティアさんたちもだんだん年齢が年齢を重ねるものですから、子供たちとの対応もだんだんしんどくなってきているというようなお話もあるところであります。
 それから、研修会等もですね、あんまり多い回数ではないんですけれども、そういったものも行っているという状況になります。

委員長(八木しみ子君) 11番、工藤淳子委員。

11番(工藤淳子君) 一体化は、その一つの子ども教室やらない分を児童館でというんですけども、基本的にこの子ども教室は、平日はいいんですけど、夕方までね。夏休み、冬休み、特に夏休みの期間は、やってないんですよね。そして児童館に行ける子供たちは、子ども教室の子供たちはいいと思うんですけど、そこの辺、この9カ所の市内のやってるところは、その点は大丈夫なのかということと、それからボランティアの方、有償ボランティアで今、お話しでボランティアの方も高齢になってなかなか動けないって聞きましたけど、これは登米市じゃなくて仙台の方なんですけどね、最近聞いたんですけど、幼稚園で行っている居残り保育みたいなのね。やっぱり幼稚園のときは、保育士と一緒に一生懸命遊ぶんですけども、居残り保育になると、多分、保育士の不足でボランティアの方たちなのかなあと思うんですけど、ただ見てるだけだ、それがいい悪いんでないんですけど、そういう状況になってるということでは、やっぱりこのままでいいのかなあって私は思います。
 それで、市長にその答えもお話ししたいんですけど、市長にもお願いしたいんですけども、このごろは保育者、幼稚園の先生方も本当に保、育所と同じで保育士不足が続いてて、少ない中でやってて、ほんとに保育所もそうなんですけども、大変で、今仕事を続けるかどうか迷ってるって方が結構、聞こえてます。
 また、本人からじゃないんですけど、私のほうにも父兄の方から、娘に高いお金を出して専門学校なり、短大なりかけて、資格を取って、そしてやっと保育士になれたと思ったら、ほんとに毎日子供の命を預かる仕事をしてるのに、生活できない給料では、ほんとにどうなんだって、何とかこの辺、改善してほしいという、親御さんのほうからもそういう声が出されてます。
 ぜひ、今、認定こども園の建物、取組、それから、こうした子ども教室の一体化、一緒に進んでて、どうやってやんのかなっていうの大変だと思うんですけども、ぜひ、こういう保育園とか、幼稚園で働く先生方の処遇改善、ほんとにきちんとしないと、建物だけできたけども、なかなかその保育内容の充実には至らないって、そういう結果になると思うんで、ぜひこの辺対策を取っていただきたいと思うので、その辺について考えお願いします。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 市がつくった行動計画の中で、放課後子ども教室と放課後児童クラブこれを、役割を明確にして、分担していきましょうということにしております。
 先ほども申し上げましたが、放課後児童クラブにつきましては、家に帰っても保育の手に欠ける子供が過ごすところということであります。放課後子ども教室については、社会教育の一環として行うものでありますので、地域の人たちとの有償ボランティアの皆さんとの交流でありますとか、そういったもので社会性を培っていくんだというような内容のものでもあります。
 基本的には、子ども教室につきましては、本当の考え方でありますと、毎日、遅くまでの開催ではないというのがベースにあるかと思います。例えば、週に1回、あるいは2週間に1回の開催で、それは国のほうでの考え方はそういった考え方で始まっているのかなと。ただし、登米市につきましては、放課後児童クラブのことまで補完してきたということがありますので、6時半まで延長して、しかも毎日やっているという学校が多いというような状況であります。
 今後、その行動計画に基づいて、その役割分担を明確にしながら進めていきたいというところでございます。

委員長(八木しみ子君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 保育士の処遇改善のこのことでございますけども、これは決算委員会の3款、4款のときもですね、福祉事務所のほうからもお答えしましたが、現段階の部分では、毎年行われている保育所協議会の先生方とも意見交換しておりまして、十分に私たちのほうでも認識しておりますので、この間市長も答弁したとおりですね、一般質問で答弁したとおりですね、今の国の制度、そしてまた、保育制度の見直しについてはご存知のとおり、国の制度そのものもですね、かなり拡充するような方向で今、検討されておりますので、そういったことを見込みながら整理させていただきたいというふうに考えております。

委員長(八木しみ子君) 11番、工藤淳子委員。

11番(工藤淳子君) この一体化に向けて、ほんとに子供たちの安全に遊べるそういう環境、それから保育士、現場のね、そういうことも考えながらぜひ進めていただきたいと思います。
 そして今の部長の話で処遇改善、補正予算で今回もこれの補正予算が国の安全安心プランですか、それに向けて、沿って処遇改善されましたけど、中身を聞いてみると、例えば全員が上がるわけじゃないんですよね。例えば、保育所80人、90人いるところは7年以上の保育士が4人とか、決まった数なんですよね。
 今、民間の保育園、公立もそうだと思うんですけども、それ以上長く勤めてる方が、それ以上の方がいっぱいいますよね。ほとんどの方がそれ以上の対象になるところも多いと思います。だから、園長さんたちはそれが5年間の、それがずっと続くんであれば、一人ずつ増やす子ども園のほうは考えられるでしょうけども、たった5年間の中で誰をその充てるかね、そういうので園長さんたちは悩んでるって聞いてます。
 そういう処遇改善の仕方でなくて、ほんとに大変な仕事を頑張って、幼稚園の先生も保育所も頑張ってるんで、そこら辺の処遇改善、市としても独自にね、考えていただきたいなと思うんですけど、どうでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) その件につきましては、この間、先ほども申し上げましたとおりですね、保育の所長さんたち、民間の先生方、お集まりいただいて、その後にですね、園長先生、所長さん並びに事務方の職員の皆さんをですね、一堂に会しまして、子育て支援課のほうで、そういった処遇改善の部分とか、年齢あとは経験年数、そういった部分で細かく打ち合わせをしたことでありますので、そういった部分についてもですね、今後逐次、いろいろ民間の皆様とですね、連携しながら取り組んでいきたいというふうに考えております。

委員長(八木しみ子君) 11番、工藤淳子委員。

11番(工藤淳子君) ぜひ、国の補助、見ると細切れな補助なので、ぜひ抜本的な少しでもね、改善するように、そして今の保母さんたち、保育士がこの登米市で働いてもらうような体制、ぜひ考えていただきたいと思います。
 以上です。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) すいません。ちょっと先ほどの答弁に誤りがありましたので、訂正をさせていただきたいと思います。
 現在ですね、一体型で運営されている放課後子ども教室は、29年度から南方小学校ということでございます。
 先ほど言った二つの小学校につきましては、今後やれる可能性があるということで今、模索しているということでございました。
 大変申しわけございません。

委員長(八木しみ子君) ほかに質疑ございませんか。25番、伊藤 栄委員。

25番(伊藤 栄君) 367ページ、文化財保護費。
 まず、ユネスコに登録申請しました水かぶり。これ今、申請してるんですけども、吉報を待つものとして、その後どういう状況なのか。いつごろ発表なるのか。それ、非常に心待ちにしております。
 一つずつでいいですか。
 次にね、時間がありませんので、次のページの368ページ。
 懐古館と歴博の所蔵品調査、二人やりました。これ、調査して何をわかったのかなということです。というのは以前、昨年ですか、なんでもないやつがよく調査しましたらば、県の文化財になった望楼がありましたね。
 そういうことからですね、この非常に所蔵品を調査するというのは、非常に重要なことだと思いますので、何をやったのか。
 それから、379のボート所在地負担金、22万。
 私も、何か去年まで民生教育のほうにいたんですけども、全然気づかなかったんですが、これどのような成果あるのかなと思います。
 それからもう一つ、去年この会議で話した、いわゆる豊里、津山、石巻の境にある歴史公園、「あれでは、さっぱり来た方も案内もないですよ」と言いましたらば、早速立派な看板、案内板つけていただきました。
 もう一つ、津山の下在に謎の謎をついているイナイリュウ発見されたという、いわゆる看板があるんですけれども、その道路にいわゆる「案内板を出しなさい」と言いましたらば、当時の部長は「やります」ということで、今これ気づいたんです、実は。
 決算でありますので、片方はついて片方はついてないということですので、これどういう、どうなってるのかなと。
 以上4点ですね。

委員長(八木しみ子君) 順次、答弁お願いします。文化財文化振興室長、片岡鉄郎君。

文化財文化振興室長(片岡鉄郎君) まず、ユネスコの県の状況でございます。
 今年の3月に、国がユネスコのほうに申請書を送ったということまでは御報告されているかと思います。
 それで、具体的にはですね、来年の11月ころの本審査がまずは決まっております。その間に、ユネスコのほうでさまざまな調査を行う。これが1年以上かかるということでございます。通常、一つの国は1提案、1申請しか年内には出せないという決まりがあるようでございまして、今回それにのっとって3月にようやく提出がされましたので、あとこの1年の間で、恐らく市の教育委員会、私どものほうにも様々な調査のほうの連絡が来るかと思います。
 それに丁寧に応えながら、来年の本審査に向けてしっかりと対応していきたいと思っております。
 次に、文化財の調査でございます。
 昨年度行いましたのは、歴史博物館と現在懐古館にあります鎧の調査でございます。仙台市博物館、もとの職員の方、あるいは東京国立博物館のもとの職員の方、お二人をお願いしまして、その鎧の修復方法の指導を受けたところでございます。これは将来的には、(仮称)登米懐古館展示に向けた一つの作業ということで、御理解いただきたいと思います。
 それから、津山のリュウの化石についてはですね、そういったものが残っているということは承知しております。それでその表示の方法については、恐らく去年は1カ所ですか、行って、あと年度計画でやってるということで、また予算対応も含めてですね、進めていきたいと考えております。以上です。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 全国ボート場所在市町村協議会の成果はということでございますけれども、この協議会の設立目的につきましては、ふるさとづくりを推進するために、相互に情報を交換し、強調を深め、広域課題の解決に取り組むこと目的とするというのがありまして、事業としては、五つうたってございます。その中では、ボート場及びその周辺の活用に関する情報の交換と相互交流、青少年の健全な育成と住民に対するボートの普及、それから、地域振興に関する相互の支援、全国市町村交流レガッタの開催などでございます。こういった事業に参加することによりまして、最終的にはですね、登米市の登米市におけるボートの普及、そういったほうに結びつけていきたいということを考えてございまして、情報交換であったり、それから、市民の皆さんの交流レガッタへの参加、そういうものを通して、普及を進めていきたいというふうに考えているところでございます。

委員長(八木しみ子君) 25番、伊藤 栄委員。

25番(伊藤 栄君) ボートのほうは、ぜひ普及していただけますようにやっていただきたいと思います。ただ、交流レガッタ、私初めて聞いたんですけども、これ登米市で参加したことないですよね、ありますか。ある。登米市から行ってんの。この、あーそうですか。いやいや。選手でなかったもんで。
 実はね、なぜ文化財の調査話したかといいますとね、前にも何かの機会で話しましたが、昭和50年ころ、宮城県の通達によりまして、各町にある文化財、よく調査して申請しなさいよということで、町の文化財とか、県の文化財ほとんど51年、53年代なんですね。それ以来、全然収蔵品の調査がなされていないんです。一度やったきりなんですね。ですから、ほんとに県の文化財が国宝クラスになるのか、そういうのね、やっぱりいつか時間決めて再度調査していただきたいと思いますよ。もしかすれば、宝物あるかもしれませんので。それぜひ次年度に向けて。

委員長(八木しみ子君) ほかに質疑ございませんか。5番、岩渕正弘委員。

5番(岩渕正弘君) 383ページなんですけども、10款6項1細目ですね、これちょっとわからないんですけども、スポーツ傷害保険について伺いたいと思います。
 ふるさとスポーツで、野球でスライディングして、骨折又はアキレス腱を切ったという場合に、1日保険料として支払われるのはいくらぐらいか教えてください。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。静粛にお願いします。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 保険についてはですね、その日行われる行事ということで、団体でいくらというふうな掛け方をしております。
 すいません。今、詳細な資料を持ってございませんので、あとでお知らせしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 5番、岩渕正弘委員。

5番(岩渕正弘君) 私が調査したところで1日1,200円、1,200円しか支払わないです。それもですね、1日1,200円で自宅療養の場合は支給なし。通院で例えば月4回お医者さんにかかった場合には4,800円。入院した場合なんですけども、30日で計算すると3万6,000円。
 なお、その通院の場合に家族が付き添った場合には、家族の保険料というのは支払いないということになっています。でですね、今現在ね、医療の進歩によりですね、骨折、アキレス腱切っても、医師の診断、入院という診断がなければ、入院することができないんですよ。そういったようなことがね、今m何ていうか、保険掛けてることに対して、どういうような内容なのかちょっと説明を、説明というか、伺いたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) すいません。スポーツ保険につきましては、実行委員会のほうでの負担ということで掛けているものでございます。今、資料持ち合わせもございませんので、後ほどということにさせていただきます。大変申しわけございません。

委員長(八木しみ子君) 5番、岩渕正弘委員。

5番(岩渕正弘君) これ重要な問題だと思いますね。全然あの何て言うか。そういう把握してないで保険を掛けてるっていうことは、どういうことなのかということになりますし、スポーツ保険と医療との乖離があるんじゃないですか。そういったような形で検討したことがあるんですか。検討したかないかだけお聞きします。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) スポーツ保険につきましては、通常の一般的なスポーツ保険をこれまで掛けてきたというような経緯があると思います。保険の今、議員がおっしゃったような中身までのその深い検討というのは、なかなか行われてこなかったんではないかなというのが現状であると考えております。

委員長(八木しみ子君) 5番、岩渕正弘委員。

5番(岩渕正弘君) そういうなんていうか、内容っていうのは、把握するべきものであって、これがですね、スポーツ、要するに体育祭とか、いろんなものをですね、参加する場合に、積極的に参加してくださいって言って、実はけがしました。1日1,200円しかでません。それで、これからの何て言うか、スポーツ事業っていうのは、成り立っていくんですか。その辺をちょっと伺います。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 今回の御質問は、例えばふるさとスポーツについてのことでありますけれども、例えばですね、市主催のスポーツ行事で、市にもし瑕疵があったりという、瑕疵あるいは重大な事故の場合は、別に総合賠償保険というのを掛けているというのがありまして、そちらの保険も実は対象になると、ただ、この中でその内容がいくらというのはちょっと頭に入ってないんですけれども、そういった保険にも入っているということをちょっとお伝えしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 5番、岩渕正弘委員。

5番(岩渕正弘君) 重大というのはどういうことを範囲というか、重大っていうか、言ってるのか。これ骨折とか、アキレス腱切ったということは重大だと私は思うんですけども。そういうふうに認識はないですか。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) すいません。記憶で申しわけないんですが、種類の中でお見舞金とか、そういったものがあると思います。お見舞金については、もっと重大なもの、例えば死亡とか、そういったものに充ててます。
 それから、市の施設の管理瑕疵で発生したものであれば、もちろんそれは支払われるという内容だったかと思います。

委員長(八木しみ子君) 5番、岩渕正弘委員。

5番(岩渕正弘君) これすごく重大な問題なんで、早急にそういった何て言うか、答えをですね、出してもらいたいということですね。
 それでですね、これ一番稼ぎ頭の時代の人が、1日1,200円しか出ません。そしたらば、生活困窮ということになるんでないですか。そういった場合はどういった対処をするんですか。伺います。

委員長(八木しみ子君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) ただいま委員に御指摘いただきましたいろんなスポーツは健康増進のため、その目的のため実施しているわけでございますが、そのためにけがはしないようにというようないろんな運営上の配慮、それから、予防措置ということをしてるわけですが、残念ながら必ず大会の中では、大小のけががあるという状況がございます。
 今の状況と照らし合わせて、先ほど言いました市で掛けてる保険、あるいは参加チームで掛けてる保険、それから、主催団体が掛けてる保険、その補償内容が今の実体と合っているような状況かどうかという部分については、しっかり検証させていただきたいというふうに考えておるところでございます。よろしくお願いいたします。

委員長(八木しみ子君) 5番、岩渕正弘委員。

5番(岩渕正弘君) 検討するのはいいんですけども、じゃあいつまでに検討するのか、お答えお願いします。

委員長(八木しみ子君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 秋のスポーツ時期を迎えてるという状況でございますから、時間をかけない範囲でしっかり検証させていただきたいというふうに思っておるところでございます。

委員長(八木しみ子君) 5番、岩渕正弘委員。

5番(岩渕正弘君) まず、スポーツやって、市民が不利益を与えるようなことのないような保険にしてもらいたいということですね、まず。やることはいいんですけども、やっぱ内容を保険の内容ですね、しっかりと精査して、これが本当に市民のためになるものかということをですね、考えながら保険を掛けてほしいということを伺います。

委員長(八木しみ子君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 委員のほうからいろいろ御指摘をいただきました。先ほど来お答えしている内容でございますが、複数の保険がそこの中には介在してございますので、その対応策、全体の中でどのような形が望ましいのかというのはしっかり検証させていただきたいというふうに思います。

委員長(八木しみ子君) 5番、岩渕正弘委員。

5番(岩渕正弘君) この何ていうか、内容というのは、しっかりと地区のほうにですね、例えば1日1,200円しか出ません。とかっていうね、具体的な開示してですね、お知らせしてですね、しっかりとこういう状態ですよと、保険掛かってるというと、みんな大丈夫なもんだど思って、参加していると思いますよ。これしっかりとですね、調査をして、本当に調査をしてですね、みんなにわかるようにですね、表示をお願いしたいというふうに思います。

委員長(八木しみ子君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 参加者の皆さんが安心して参加できるような検証という部分をしっかりしていきたいというふうに思っています。

委員長(八木しみ子君) ほかに質疑ございませんか。23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) 23番、運動場管理費について、各町域に野球場各々ありますが、その中で水洗になってるとこ、汲み取りになっている野球場、それぞれお知らせをお願いします。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 屋外で汲み取り式トイレがあるところにつきましては、新田、それから登米というふうに把握してございます。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) 汲み取り、水洗はなってるっていうけれど、和式と洋式。洋式がない球場はどこでありますか。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) すいません。大変申しわけございません。手持ち資料がございませんので、後ほどということにさせてください。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) 23番。前に一般質問で新田球場について汲み取りで場所もたった2個しかないし、女の方々がまさか山のほうに行ってやるっていうわけにいかないって前に話そういう話もしました。かなり、そういう逼迫した状況を聞いておりますので、前にも話しました計画、どういうふうに検討いたしましたか。企画お願いいたします。

委員長(八木しみ子君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 御指摘の新田球場につきましては、和式1個ずつという状況でございます。
 運動施設に係る屋内トイレという部分で、まだ、汲み取りという状況については、実は6カ所ほど存在しているという状況でございます。
 現在その利用率であるとかですね、年間の開催状態の中で、この施設で果たして対応できるのかという部分、あるいはこの施設は、近隣の例えば施設のトイレを有効活用できないのか、あるいは整備をするとすれば洋式あるいは多目的、水洗、どういう水準でそれを整理していくのかという部分を現在現地を確認しながら検討を進めさせていただいてるという状況でございます。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) やはりね、1年、トイレというのは、その都度その都度使用するものでありますので、もし簡易貸し出しのトイレとか、そういうのも行事のあるたびにリースとかでも考えられるのではないかなと思いますが、早急に1年なってもまだ手つかずの状態で、検討と言いますか。答えが出ないという方向づけをやはりきちっとして、地域の方々利用して困ってると思うんですよ。それを検討して、あげくにまだどうするかも方向づけも出ないというのは、金がかかるのはこれはしょうがないと思いますが、その辺、今後どうするかもう一度お聞かせ願いたいと。

委員長(八木しみ子君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 基本的には、先ほどお答えしたとおり、現地を見ながらですね、改善の方向でやっていきたいというふうには考えているところでございます。
 ただ、その整備の方向と言いますか、仕方という部分については、この施設の将来の利用見込みとかですね、あるいは隣接する施設の状況とか、あるいはそれを整備したときの将来コストであるとか、そういうところをしっかり検討していくという部分でちょっとお時間をいただいているということでございますので、逐次まとまり次第ですね、方向性については、報告を行いながら、進めていきたいなあというふうに思っているところでございます。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) それはわかりましたが、和式の多いところは、障がい者なかなかしゃがんで用を足すというのは困難な、健常者の方々はその辺まで深く考えないと思いますが、やはり、そういう方々の思いを洋式、そういうふうな年次計画、いろんな場所、先ほど利用状況を見てと話されましたが、やはり、利用状況の多い運動場から計画を立てて改修なり、そういう方向に持っていく考えはありますか。

委員長(八木しみ子君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 委員の御指摘ございましたその方法論という部分の選択肢の頭出しを今、いろいろデータ出しをしているという状況でございます。例えばこういう簡易水洗で直したらどれぐらいかかるんだろうか。接続したらどれぐらいかかるんだろうと、多目的はこの施設は欲しいのかなど、近くには多目的のトイレがあるので、そこまでこのトイレはいらないんでないかとかということの状況までの整理は今しておりますので、あとその辺の優先順位という部分については、先ほど委員御指摘のとおり、施設の将来性とか、利用目的という部分をしっかり検証して計画的に進めていければというふうに考えてございます。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかに質疑ございませんか。14番、岩淵正宏委員。

14番(岩淵正宏君) 成果説明書360、361社会教育活動費、決算から質問いたします。
 この中で、各教育事務所、放課後子ども教室事業スタッフ謝礼ございます。迫、登米教育事務所、迫教育事務所と登米教育事務所については24万3,000円。それから、登米については8万7,000円。比べると中田教育事務所、豊里教育事務所は、同じ放課後子ども教室事業スタッフ謝礼で300万を超えて支出しております。このまず理由、原因、要因なぜ違うのか。お聞きいたします。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 放課後子ども教室については、地区ごとによって開催の経営体がちょっと違う部分があります。例えば迫でありますと、北方小学校のほうで行っております。これは毎日ということではなくてですね、年間の開催日が53日程度ということで、月に週に1回ぐらいになりますが、こういった頻度での開催になっております。
 それから、登米につきましては、登米の児童館のほうを活用して主にやっているんですけれども、これにつきましては、月1ぐらいの開催ということでございます。その他につきましては、各小学校のほう、例えば東和でありますと、米川小学校ということでやっておりまして、開催日は200日ということでございます。時間も6時半までやっていると、こういった状況でありますので、教育事務所ごとに差異が出ているいう状況になっております。

委員長(八木しみ子君) 14番、岩淵正宏委員。

14番(岩淵正宏君) 日数の違いということですね、わかりました。
 それでは続いて337ページ、教育委員会運営費からちょっとお尋ねいたします。
 教育委員会の会議開催状況、臨時会議も含めて14回行ってございますが、内容についてなんですね。学校再編の会議等は、28年度は一度も行われなかったのかどうか。まずそこをお聞きします。

委員長(八木しみ子君) 教育企画室長、岩渕公一君。

教育企画室長(岩渕公一君) その他の案件で何度か行っております。

委員長(八木しみ子君) 14番、岩淵正宏委員。

14番(岩淵正宏君) 何度か行ってるということで、その他だと、大した重要ではないという捉え方なんですかね。教育委員会では。
 栗原市では、平成20年に学校再編計画、平成20年3月にやって、もう平成25年5月には、後期の学校再編の実施計画までやって、もう既に小中学校統合するところは統合、そしてスクールバスきちっとね、やっております。登米市では、平成28年1月に学校再編についての基本的な考え方というのはアップしてましたよね。計画を見ると、全然教育委員会としてのスタンスを全然取っていないと。地域の同意を皆さんと十分な話し合いを行っていきますだけで、地域に振ってるのね。こうなったらね、全然学校再編私は進まないと思いますよ。やっぱ教育委員会としての方向性はもうこれが一番ベストなんだというふうなものを持って、進めないとだめなんじゃないかなと思います。ちょっと話例え変わりますが、陸上競技場とか、図書館、できればあったほうがいい。学校はね、必ずねげだめなのしゃ。特にかなり昭和40年代に建てた校舎、今一番古いのは米山中学校、昭和41年、もう50年経過してんのさ。こういう建物、老朽化、こっちのほうでは支所の長寿命化語ってけっとも、私はね、学校こそやんねげだめだと思いますよ。市長。
 そのためには、学校再編計画も同時に進めて、この学校どうしよう、運動会も徒競走1回やって終わりの学校も実際出てきます。中学校にあっては、部活動ねえがら実際ある例ですが、サッカー部に入りたいから、東和中に入ねげねえ子供が、わざわざ中田中に入学して、サッカーをやるといったようなね、現状が実際あるわけなんです。
 この分についてね、それだけの認識、その他事項で会議をやるなんちゅうことはね、もってのほかですよ。教育委員会として28年度の決算ですから、その他でやったと。29年度、んでは何回これをまな板の上に上げて検討したか。28年1月に基本的な考え方を出した後、どういう経緯があるか、まずそこを教育委員会に聞きます。
 んで、学校再編の今度は校舎の関係、長寿命化、これについては、こっちのお金持ってるほうで、なじょに考えてんだか。このまま構わないでもいいよというような、できれば私はね、本当に合併特例債の有効期限内に学校再編して統合高校、中学校であればもう三つか四つぐらいにまとめるというような勢いで進んでいいんでねえがなと思う一人でございますが、こっちのほうからも答弁をいただきたいと思います。休憩後で構いません。

委員長(八木しみ子君) 10款教育費の質疑の途中でございますが、答弁につきましては休憩後とし、10分間休憩いたします。
 
          休憩 午前11時02分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時10分
 

委員長(八木しみ子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 先にですね、先ほどの5番、岩渕正弘委員に対する答弁の求めがありますので、これを許します。生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 先ほど保留にさせていただいておりました件でございます。
 保険の内容なんですけれども、ふるさとスポーツ祭の市大会の分であります。
 補償の内容です。死亡後遺障害で300万です。それから、通院で1日2,000円。入院で、1日3,000円という内容でございます。以上です。

委員長(八木しみ子君) 今、途中で入れましたので、この次に東和のそれではね14番、岩淵正宏委員に対する答弁をお願いいたします。教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 学校再編に向けた取組ということの御質問でございました。
 昨年度におきまして、先程お話しございました、基本方針に基づきまして、昨年、28年1月から11月にかけまして、47回、全ての学校の保護者、あるいは地域の皆様に対しまして、「教育委員会の望ましい学校環境のあり方」という部分をテーマにいたしまして、意見交換を進めてきたところでございます。その結果等につきましては、教育委員会、議事録のほうは、その他というところでございましたけれども、逐一報告をさせていただきながら、御意見を頂戴をしてきたということでございます。
 今年になりましてから、総合教育会議ということがございまして、教育委員と首長の主要な施策教育に関する教育行政に関する施策の、についての協議・調整の場ということがございます。これに臨む前の教育委員会の中で、教育委員会としての学校再編の進め方の骨子という部分につきまして、最終的に教育委員さん方と協議をさせていただきまして、総合教育会議の中で、市長と意見交換をさせていただきまして、協議・調整を進めてきたということでございます。
 今後の進め方ということにつきましては、市長の所信表明にもございましたけれども、子供たちがやっぱり多様な環境、多様なその考え方に触れるだけの規模という部分をまず確保した中で、切磋琢磨していくという規模をしっかり確保して必要があるよね、という部分で確認をさせていただいたという部分でございます。
 そのための方法論としては、例えば具体的にAとBが一緒になろう。CとBが一緒になろうということを先に提示するのではなくて、やっぱり地域の皆様方、あるいは、保護者の皆様方にこの実情というものをしっかりわかっていただく、ということから始める。そして、その地域の皆様、保護者の皆様の声というものをその計画の中に反映することによって地域とともに歩める、あるいは開かれた学校づくりができるんだろうというスタンスの中で、進めていきたいというふうに考えてるところでございます。
 今後、また秋口になりましたら、第2回目のその考え方、1回目いろんな意見をいただいておりますので、それについて教育委員会としての考え方をお示しながらですね、地域の声をまたいただいて来ようというふうに思ってございます。
 地域の声の中で、子供たちの教育環境をしっかりつくってくれ、という声のほうが圧倒的に多いという部分が一つございますし、それから二つ目には、やっぱりその地域にある学校。この学校がなくなった場合、この地域ってどうやっていくんだろうという部分が、大きな課題であるということでございます。
 その辺の考え方、つくり込みをしっかりしながら、地域の合意のもと、不安のないような形で進めていくことが必要だというふうに考えてございますので、よろしくお願いしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 熊谷市長。

市長(熊谷盛廣君) 岩淵委員の御質問にお答えをさせていただきます。
 一義的には、やはり教育委員会、あり方で、そうした検討をもう少ししっかりとしてほしいなと、そういうふうに思っております。
 ですから、先般、教育委員の皆様方との会議の中でも、私自信の学校統廃合に対する考え方一つ述べさせていただきました。
 それは、まず、地域の意見をしっかりと聞きとってくれ、ということでございます。これは、しっかりして、もし統廃合する場合に、廃校になったほうの地域のあり方、そうしたものまでしっかりと踏み込んで、いろいろと御意見を聴収させていただきたいと、そういうふうな意見は、私なりに述べさせていただきました。
 今、岩淵委員がおっしゃいますように、特例債、合併特例債もそうした面で使うことに、私はやぶさかではないと、そういうふうに思っております。

委員長(八木しみ子君) 14番、岩淵正宏委員。

14番(岩淵正宏君) そのような地域、あと保護者、意見をまた聞くということですが、たびたび比較して申しわけないんですが、栗原では、教育委員会側から平成30年度には、後期計画、実施計画、終わるというような形で進めてきているような形でございます。
 今の登米市のやり方だと、合併特例債の使用できる期間中は、できませんね。
 そうすると、統合高校、統合中学校、小学校、本当に財政負担、非常にこう持ち出しっていうかね、自主財源の持ち出し、教育関係の起債もあるでしょうが、有利な起債が使えなくなるよと。さあ、皆さん、保護者の皆さん、地域の皆さん、こういう部分もあるんです、そういうのを提示しながら、やっぱり隠さないで、市長も将来に負担を残さないような政策で進めると言って当選したのですから、やっぱそこは腹割って検討すべきでないでしょうかね。
 実際、昭和40年代、米山は、小学校はね、本当に少なくてもコミュニティと一緒に、今、少ないなりにも頑張ってます。私はね、まずは中学校1回、先にやんなきゃないんでねがなって思うものなんです。津山中学校も昭和49年、体育館も天井が低くて、バレーボールちょっとやってレシーブするとすぐ天井にぶつかるような体育館ですよ。劣悪な環境でやってるんです。津山中学校に至っては、吹奏楽部もない、音楽関係でね、ちょっとやりたいや、っていった子供たちの受け皿がそこでそがれるんではないかと。中学校時代の3年間が、それからどの高校を目指すか、大学を目指すか、小学校よりも一番大切な時期というふうに捉えております。部活動は、勉強主体だからというのは、それは当然わかっていますが、やっぱりもう一つのこの中学生、体力、気力、それから、その1番何にこう発散して、将来を見つめようかなと思うときは、やっぱり部活動も、もう非常に重要な部分を占めるというようなふうに思ってます。
 今や団体競技が組めない、野球部ですら存続が危ないという中学校の部活動。女子のソフトボールでは、合同チームで中総体に出てるという現状がもう実際出てるんですから、小学校も中学校も一緒に考えて、まずは、中学校やりましょうや、ゆうぐらいのね、しかも37年まで。そういうものを計画として、やっぱ教育委員会でしっかりと持って、進めないとこれ全然進まないというふうにこう思います。
 これから答弁求めても、また秋にあれですか、その会議ね、保護者さんの意見を聞いて、その意見を聞いた後、例えば、昨年度、あり方の意見交換会やりましたって言いましたね。47回開いて、その結果を受けて、教育委員会ではどのような、んでこうしたほうがいいね。んでこうでねえが。どのような、内容っつうが方針を決められたのか。んでもう一回、秋に、相談会、意見交換会開きましょうで終わったんですか。何か具体なその前進に向けての協議はあったのかどうかお聞きします。

委員長(八木しみ子君) 教育企画室長、岩渕公一君。

教育企画室長(岩渕公一君) 47回を振り返りまして、きちんとまとめ、それから保護者の要望等を踏まえながら、何パターンかの形は考えてみました。

委員長(八木しみ子君) 14番、岩淵正宏委員。

14番(岩淵正宏君) 何パターンかのパターンを考えたと。それは、教育民生常任委員会に提示しましたか。やっぱりね常任会に提示して、どうだと。ここ地域の代表ですよ、ここにいるの。常任委員会で、いやこんなの、ほれ、ふらいだげっつもどうする。そこでやっぱね、話って出るんです。地域さ帰っても、いやどう思うのと。利用してくださいよ。委員会を、議会を、だから進まないんですよ。
 どうですか、それ、すぐ教育民生常任委員会に提示する考えありますか。そのパターン。

委員長(八木しみ子君) 教育長、大柳 晃君。訂正いたします。教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 47回の座談会といいますか、説明会、意見交換の中では、多くの意見をいただいておりまして、それを集約した結果表というのも取りまとめて、教育委員会さん方と意見交換をしております。
 たただいま、室長が申しました、そのこういうパターンという部分につきましては、まだ、教育企画室の中で整理をされてる部分でございますので、それをそのまま、その常任委員会のほうにということまではいかないと思いますけれども、いずれそれをきっちり作業していく必要性はあると思ってますし、そういうふうな形でしっかり内容を提示して説明をしていきたいというふうにも思ってございますし、その中で御意見をいただきながら、議員の皆様のお力を借りながらですね、この学校の教育環境の整備に努めていきたいというふうに思ってございます。
 それから、先ほど御意見ございました、学校施設の問題であります。
 ソフトとハードの部分がございます。全くそのとおりでございます。ハードの部分につきましては、40年を経過する施設という部分、校舎体育館という部分が、もう40%弱になっているっていう実態もございます。
 そして、登米市で所有している公共施設全体の中のウエイト、学校施設が30%占めているっていうこともございます。
 総合管理計画の中で、その進め方の方向性の考え方っていう部分がございますので、それに沿った考え方もきちっとやっていかなきゃないという部分と、それから御指摘いただきました、ハードの部分はですね、財政計画との整合性という部分がございますので、教育委員会の考え方という部分を市民の意見、あるいは議会の意見というものを十分踏まえた上で、整理をして市長と協議をしながら進めていきたいというふうに考えてるとこでございますので、よろしくお願いしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 14番、岩淵正宏委員。

14番(岩淵正宏君) 教育委員会、企画会議経て、まとまってから委員会に提出するよりも、私は、今こういうふうな議論やってるんですと、教育民生の常任委員会の皆さんは、どう思いますかってね、同時進行のほうが私進むと思いますよ。
 できあがって、で、だめだとなったらどうするんですか。ともに進みましょうや。別にね、敵でねえんだから私たち。一緒に登米市の宝、子供、これをやっぱ、最高のステージで学ばせたいという思いは一緒なんですから、ぜひ、そういうふうにこう捉えていただければなというふうに思います。
 あとそのソフト、ハード、今、出ました財政のほう、庁舎、総合支所だけでなく、ぜひ学校教育施設、これはね第一に考えても私はいいという思いであります。
 今回は、長寿命化に伴う中田、迫支所なりましたが、ぜひ、その昭和40年代、50年代はじめに建てた学校こちらもですね、一つその検討の中に入れていただいて、進めていただければと思います。最後その方向性について、御答弁お願いします。

委員長(八木しみ子君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) ただいま、御指摘の件でございます。
 議会のいろんな意向をしっかり踏まえていくという過程の中で、資料づくり、しっかり精査をしていきたいと思ってございますし、その中でやっぱり、一定の説明ができる程度の整備だけはしっかりした上で、対応させていただければというに思ってございます。

委員長(八木しみ子君) 熊谷市長。

市長(熊谷盛廣君) ただいまの御質問でございますけれども、財政に関しましてということだったと思います。
 これからのその学校統廃合の流れについては、先ほど申し上げましたように、一義的には、まず教育委員会にしっかりと対応してもらう、ということでございますけれども、それに対応していくその財政の問題につきましては、しっかり私のほうでも頑張っていきたい、そういうふうに思います。
 特にバレーボールを通して、非常に子供さんたちと、常日ごろから活動なさっている岩淵委員の思いをしっかりと受けとめましたので、早速そうしたことで頑張ってみたいそういうふうに思います。
 ただ、その限られた財源の中でございますので、その辺は少ししっかりと精査をさせていただきながら、やってみたいとそういうふうに思います。

委員長(八木しみ子君) 14番、岩淵正宏委員。

14番(岩淵正宏君) ありがとうございます。しっかりとね、お願いします。限られた財源でございます。有利な起債の使えるうちに回答が出るように期待して、質問を終わります。

委員長(八木しみ子君) ほかに質疑ございませんか。6番、佐藤千賀子委員。

6番(佐藤千賀子君) 6番、佐藤千賀子です。私は、主要政策説明書、10款、5項目、3細目っていうんですか。ページ、364ページの、今、何人かの議員さんがおっしゃってましたけども、図書館についてでございます。
 主要図書館が、大きい図書館があるのも大変結構でございますけども、今、減少してるっていう理由の中に高齢化社会、それから子供たちが遠くに遊びに行かないという、そういうところの中にあって、大きな図書館をつくるよりも、図書館も必要ですけど、むしろ地域公民館とか、ふれあいセンターとか学童保育をやっているそのところにも数十冊、100冊、数百もあるところもあるかもしれないけど、そういうところにむしろ本を増やして、そして身近に読めるような地域に接した、本の配布、図書館っていうか、図書室っていうか、そういうのをつくる予定はないでしょうか。
 それからもう一つですね。ページ同じ、10款の361ページのクラブなんですけども、今、クラブの中にですね、介護保険事業者の中で、何カ所か学童保育っていうのをやってるはずなんですけど、それは、登米市にどれほどあるんでしょうか。
 そして、その学童保育やっている事業者には、補助金の手当てがあるとか、または子供たちは学童保育だと何も多分、月謝はないと思うんですけども、月謝とかなんかはかかっていないんでしょうか。普通のクラブか保育と同じような扱いでやっているかどうか、説明お願いいたします。

委員長(八木しみ子君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 今ですね、図書館の構想に肉づけをしている時点の中で、各公民館でありますとか、ふれあいセンターの中にどういった図書のスペースがあって、どれくらい持っているのかというような調査も入れております。
 そのようなことも含めて、その将来、図書館ができたときには、そういった施設との連携も必要であるというふうには考えておりますので、その辺のところをどういうふうに組み立てていくかっていうのは、これからの検討ということでございます。
 すみません、なお学童保育については、すみません。

委員長(八木しみ子君) これは、科目が違っていますので、教育費の中でお話しください。学童保育は民生費のほうでございますから。市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 恐縮ですが、資料を持ち合わせておりませんけれども、私の認識ではですね、学童保育の分ついては、民間の事業者の皆さんの協力を得て2カ所だと思うんですけども。あと、費用負担のほうについては、発生しておりますので、それは、その学童保育やってる事業者の考えで、保育を、使用料っていうんですか、そういったものですね徴収してます。徴収の中には、飲食の部分とおやつ代とかそういった分も含まれての利用料ということで徴収しておるところでございます。

委員長(八木しみ子君) 6番、佐藤千賀子委員。

6番(佐藤千賀子君) わかりました。でも同じ学童保育を受けてるのに、学童保育で片方は、お金が発生しない。それでも親御さんは、保護者の方は、助かるから民間のほうにお願いしてると思うんですけども。やはり、その子供たちにも同じように、クラブとの子供たちと同じような補助っていうか、そういうのをやるというわけには。ここでは、その考えをよろしくお願いいたします。

委員長(八木しみ子君) 図書館についてはいいですか。6番、佐藤千賀子委員。

6番(佐藤千賀子君) 今ですね、公民館、それからふれあいセンター、地域のその図書が配布されているところの子供たち、高齢者の皆さん、そういう皆さんが読みやすいところの場所での連携を考えているということをいただきましたので、どうぞよろしくお願いいたします。

委員長(八木しみ子君) ほかに質疑ございませんか。9番、佐々木幸一委員。

9番(佐々木幸一君) ページですね、348ページ。学力調査のことなんですけども、昨日、2番委員も質問いたしましたけれども、この標準学力調査業務っていうのは、市独自でやられてるっていう、でしたよね。
 それでですね、目標103ポイントにおいて、いろいろ努力しているということなんですけども、そういった結果から踏まえてですね、今年までどういった、特にですね、特にですよ、力を入れてきた点ていうのは何かあるんでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 学校教育管理監、伊藤 浩君。

学校教育管理監(伊藤 浩君) きのうもお話をしましたけれども、目標値になかなか届いていないというような現状であります。
 それで、学校の指導については、県の地域事務所の指導主事の訪問とか、もちろん市教委の指導主事等も学校訪問して指導しておりますけれども、基本的に今までは、少し学校任せというような点が多かったように思っております。
 その反省から、今年度につきましては、今年度から、教育委員会が主導をしながらですね、この指導、教員の指導力の向上とそれから子供たちの学力の向上を図っていきたいというふうにして考えております。

委員長(八木しみ子君) 9番、佐々木幸一委員。

9番(佐々木幸一君) 学校任せだったものを教育委員会主導ということなんですけども、ただその、教育委員会主導でね、どういった点に特に力を入れてきたのか、そこをお聞きしたいんです。

委員長(八木しみ子君) 学校教育管理監、伊藤 浩君。

学校教育管理監(伊藤 浩君) まず一つはですね、学力調査を行っているわけなんですけれども、それを今年度からについては、自己採点を行って、いち早く学校の課題を見つけようというような努力をしております。
 それから指導力のことについては、秋田市じゃない、能代市の小・中学校に全部の小・中学校の校長と、それから研究員を視察に向かわせております。
 そして、本市のそのほかの教員については、8月に能代市から専門官を呼んで、模擬授業等を行いながらですね、これまでの教師主導の、一方的っていったらあれなんですけれども、説明が中心だった授業を何とか改善をしていきたいと、いうような取組を行っているところです。

委員長(八木しみ子君) 9番、佐々木幸一委員。

9番(佐々木幸一君) 確か予算のときにですね、秋田のほうになんか、研修に行くっていうことは、聞いた記憶あるんですけども。この特に能代にね、研修に行ったり来ていただくってのは、能代の特徴っていうのは、一体どういうことなんでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 学校教育管理監、伊藤 浩君。

学校教育管理監(伊藤 浩君) 能代市の教育については、秋田県全体というふうにして言ってもいいと思うんですけれども、特に能代市については、学力が高い、全国でも高いレベルにあるということです。
 それから能代市のまちの規模といいますか、そういった規模も登米市と大体同じような形になっていると。そういうような中から、能代市を選んだという経過があります。

委員長(八木しみ子君) 9番、佐々木幸一委員。

9番(佐々木幸一君) そういったことも、ここ数年いろいろ取組されているのは、教育長からもいろいろな答弁でも聞いてでるんですけども、こういった経過踏まえてですね、今年、全国の学力標準調査でしたっけ、あの正式タイトル忘れましたけど、その結果についてはどうだったんでしょうか。ちょっとそこの点をお聞きします。

委員長(八木しみ子君) 学校教育管理監、伊藤 浩君。

学校教育管理監(伊藤 浩君) きのうと今、お話の最初のほうで、話題にしているのは、登米市の標準学力調査というものです。
 それから今、後半のほうでお話をいただいたのは、全国学力学習状況調査というものです。
 全国学力学習状況調査については、毎年4月の第3週に全国の学校が行うことになっております。登米市の学力調査については、冬場にですね12月に行うというようなことで行っております。本来は、登米市の学力調査を、そのテストを行って、それを踏まえた形で4月に行われる全国学力学習状況調査に力が反映できると、したいというようなもくろみで行なっていたんですけれども、なかなかそれが結びついていないというのは現状です。
 そして、全国学力学習状況調査の結果については、本年度は、全国の平均を上回っている学校については、中学校は1校。それから、小学校は5校にとどまっています。
 それを先ほどもお話しをしましたように、自己採点を行って早めに課題を解決するとか、あるいは教員の指導力の、指導の考え方とか、そういったことを改善しながら、いわゆる得点で見えるような形に進めていきたいというようなことを考えております。

委員長(八木しみ子君) 9番、佐々木幸一委員。

9番(佐々木幸一君) そうですか。なかなかまだ、結果的には厳しいなという状況では認識しますけども、やっぱり登米市内ですね、私立の小中学校学がないっていう状況なんでね、公教育の責任として、学力のやっぱり充実と、その保証ってのはかなり大きな責任があると思いますので、ぜひ今後とも頑張っていただきたいと思います。
 次に2点目なんですけども、376ページのですね、博物館のことなんですけども。入館者の状況の中でね、幼児、小中学生、高校生の人数が書かれてるんですけども、これは例えば、幼稚園も含めてですけども、学校の行事等とかで何かこういうふうに一緒に行くっていうような状況になっているのでしょうか。ここら辺はどういうふうになっていますか。

委員長(八木しみ子君) 文化財文化振興室長、片岡鉄郎君。

文化財文化振興室長(片岡鉄郎君) 学校、小中学校はですね、やはり学校単位の活動の中で、訪問していただいてる数が多いようでございます。
 幼児は、親に引率されて来た場合と、あとは夏休み行事で、市の博物館が行う行事に参加されて、参加していただいてるそういった数が含まれております。以上です。

委員長(八木しみ子君) 9番、佐々木幸一君。

9番(佐々木幸一君) 二十数年前ですね、ちょっと機会があってね、町の時代にヨーロッパに行く機会あったんですよ。
 ヨーロッパに行くとね、博物館とか美術館ってうんと多いんですよね。行ったときにね、その絵画とか、その彫刻、世界的にすばらしい彫刻は、すばらしいのは、確かにいいなっと思って見てきたんですけども、その中で印象に残ったのはね、子供たちを連れた先生がね、その辺そっちこっちにいてね、車座になってこういろんな説明してるんですよ。これ、普段に、こうやっぱり学校っていうか、教育の中でこういうものを生かされてんだなってことは、大分感じて来たんですけども。これ、うちのほうだと例えば教育の中でっていうか、いろいろ近い遠いもあるんでしょうけども、そこら辺は学校教育の中で、そういう博物館とか、地域の歴史にどう取り組むかって何がこう位置づけはされてるんでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 教育企画室長、岩渕公一君。

教育企画室長(岩渕公一君) 小学校の教育課程の中で、何年生でどの勉強するっていうところがございますので、その都度、年間計画の中に、市内の施設等を入れながら、市内のバスを借りながらですね、行く計画を前年度中に立てて活用させていただいております。

委員長(八木しみ子君) 9番、佐々木幸一委員。

9番(佐々木幸一君) でも、そういった計画の割には、人数的にこれがね、多いのか少ないのか、ちょっと私は少ないのかなというような思いもするんですけども。ぜひ、こういった博物館をですねうまく活用していただきたいなと思います。
 あと、もう一点、博物館のことでお聞きしたいんですけども。前にね、教育民生のときに、この博物館のこと、ちょっといろいろ中を見させていただいたときに、地下に収蔵庫ありましたよね。いろんな古文書から何からかなり見させてもらって、この管理が大変なんですって話聞いたんですけども、ここら辺の管理とか分類とかってのは、中の職員の方がやられているんでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 文化財文化振興室長、片岡鉄郎君。

文化財文化振興室長(片岡鉄郎君) 基本的には、職員が対応しております。
 学芸員が常勤1人、非常勤2人いますので、それらが対応しておりますし、それプラスですね、古文書ボランティアさんがいらっしゃいまして、この方が月に4回ほど、お集まりいただいて、収蔵してる古文書の解析をお願いしていると、解析できたものを企画展等で説明しているという状況です。
 今、話されたように収蔵品が年々たまってきております。それプラス、以前お話したかと思うんですが、築館の加藤秀一さんという方から今もさまざまな資料を頂戴してます。これらついては、今後、新懐古館等の収蔵庫につなげることができるものと考えております。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかに質疑。19番、田口政信委員。

19番(田口政信君) それでは、13分しかございませんので、御配慮いただきたいというふうに思います。
 教育部局にお伺いしますが、教育行政の基本といいますか、組み立てというは、平成27年4月に、地方教育行政組織及び運営に関する法律の施行がなされました。それに伴いまして、国、県の教育振興計画を参酌して、登米市の教育基本計画をつくってきたわけでございます。そして、そのさらには、その大綱もつくってあるわけで、いわゆる総合計画との整合性、あるいはその中から登米市の教育基本方針をもとにですね、教育行政が展開されているわけなんですが、その教育委員会制度の改正により、新たに総合教育会議という設置が義務づけられましたが、28年の成果報告書によれば、2回の会議を開催し、学力向上と不登校の解消。いじめの問題等、重要課題について協議したとありますが、これまでのいわゆる、この総合制度改正に伴う総合教育会議でですね、どういうものを題材にしてですね協議をなされてきたか。それをとりあえず伺います。簡単にお願いします。

委員長(八木しみ子君) 教育部次長、佐藤 豊君。

教育部次長兼教育総務課長(佐藤 豊君) これまでの教育総合会議でございますが、年2回開催してございます。
 主に大綱であったり、翌年度の基本的な方針であったりというところの話し合われてございます。

委員長(八木しみ子君) 19番、田口政信委員。

19番(田口政信君) その中で、先ほど岩淵議員がありました、登米市立小中学校再編基本方針の、方針があるわけですけど、それについては雑談的に開会前とかその他でお話があったっていうふうに伺ったんですが、その記録というのはあるんでございますか。

委員長(八木しみ子君) 教育部次長、佐藤 豊君。

教育部次長兼教育総務課長(佐藤 豊君) 先ほど部長も申し上げましたが、今年8月に熊谷市長になって、改めて総合教育会議を開催してございます。そのときにも、当然、会議録等はございます。

委員長(八木しみ子君) 19番、田口政信委員。

19番(田口政信君) 会議録見させていただきました。ですけど、いわゆる再編にかかわる記述がございませんでした。それで今、お伺いしました。
 それで、それから教育委員会を定例でやっているわけですけども、先ほどの答弁ですと、定例のその他の事項でやってるってことなので、その他の事項の記録もございません。そういった意味で、ぜひですね、記録があるんであればあとでいいですから提示をいただきたいというふうに思いますが。あるなしと、提示いただけるかどうかお伺いをさせてください。
 それからですね、いわゆる先ほど岩淵議員からありましたけど、教育振興基本計画に、築30年を超える施設が全体の65%を占めて老朽化が進んでいると。大規模改修や耐震補強では、もう間に合わなくなってきたんだったと。児童生徒の安心安全を確保の上でも、新築を含め計画的な取組を進めていくというふうにあります。そういう中で、その具体的な話が進まないのは、一体なぜでございますか。教育長に伺います。

委員長(八木しみ子君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) これまでの経緯については、各担当のほうからお話をさせていただきました。今回の学校再編につきましては、当然、文科省等の手引き等も出されております。ただ、その中で示されているのが、地域の実情を十分に踏まえてという文言も当然ございます。そういったことも含め、今まで子供たちの、いや地域の、そして保護者等の声を十分に聞いてきましたので、それらを十分踏まえながらしっかりとした計画を立て、その上に立って進めていきたいとふうな思いであるからであります。

委員長(八木しみ子君) 19番、田口政信委員。

19番(田口政信君) 常にね、地域の事情、子供たちの事情本当に考慮してんですかね。既にもう、いわゆる2桁にならない学級が多く、今存在してます。錦織にもありますし、米川にもあります。それから横山にもありますし、ありますので、その辺は、今ですね、小学校ですよ、今言ってんの。今、その方向出さないで、いつ出すんですかね。もう既に方針を27年に決めてあるわけですので、もう既に話が進んでいいというふうに思います。
 それと、47回の懇談会でパターンを整理したというに先ほど答弁いただきました。整理をしたんであれば、それを実行に移す時期ではないのかということです。
 さらには、アンケート調査も実施してあるようでございますが、いわゆる80%の父兄は、適正な規模にしてくださいよっていうアンケート結果も出てますよね。なのに、その進化、進行しないのは、どういう原因、地域の事情、市長もおっしゃいましたけども、地域の事情じゃなくて、子供たちの事情、だっていうふうに思うんです。
 本当にこの人数で、この規模で、子供たちの将来を賄うっていいますかね、教育するスペースとして本当にいいのかどうかっていう視点に立って、考えるのが一番だというふうに思います。
 ですから、教育委員会としてはこういうふうにしたいって、先ほど、岩淵議員も言いましたけど、教育委員会の方針をまず出すべきで、それをもって地域を歩いたらいいんでないですか。ここはこういうふうにしたいんですが、どうでしょうかと。そうしないと子供たちは、1年生から6年生までずっと同じメンバーで暮らすんですよと。例えばですよ。そういう話をしていったほうがいいのかっていうふうに思うんですが。教育長、どうですか。

委員長(八木しみ子君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) 今、田口委員さんからのお話もありましたとおりですね、ある程度、地域のほうに行きますと、地域のほうからは、教育委員会としての考えを出してほしいという声も多分にございます。
 そういったこともありますが、ゆえに、やはり教育委員会としては、しっかりとした計画を立て、説明できる状態にしてから、進めていきたいというふうに考えておるところでありますので、その辺のところ御理解いただければというふうに思います。

委員長(八木しみ子君) 19番、田口政信委員。

19番(田口政信君) 教育長あのね、その答弁何回も聞いてんです私。何回も聞いてんので、いわゆる後押しをしてあげたいなと思うんです。議員のせいにしてくださいよ。ある意味ね。議会ではこうだよと。そういう話が結構ありますよと。ということで、地域にさっと、説明をしていただいて、何も持たないで、行ったんではね、やっぱり地域には学校があったり、よりどころがあったほうがいいというのは、いわゆる住民の意見ですよ、それは。基本的な方針を持たないまま持って行くからです。それは、子供たちのためにこうしたいということを、ぜひ訴えていただきたいというふうに思います。それで、ぜひですね、統合について前向きに進めていただきたいということを申し上げたいというふうに思います。
 それから、市長ですね、市長も地域の実情っていうなお話をこの間答弁していただきましたので、それもですね、含めて市長の考え方、例えば津山の小学校をどうします。地元の小学校。今ちょっとお考えがあるのならお伺いします。

委員長(八木しみ子君) 熊谷市長。

市長(熊谷盛廣君) 田口委員の御質問でございますけれども、先ほども申し上げましたように、教育委員会まず第一に、しっかりと対応していただきたいということでございますので、例えば、その私の地元の学校について、私個人の意見を言うことは差し控えさせていただきたい、そういうふうに思います。

委員長(八木しみ子君) 19番、田口政信君。

19番(田口政信君) わかりました。別に責めませんけども、そういうスタンスをきちんと外に出していただかないと、不安だというふうに思うんですよ。ぜひお願いをしたいというふうに思います。
 それからもう一点ですけど、学習コンピューターですね。市内全部の学校に入ったわけでございますけども、その成果と問題点についてちょっとお伺いをさせてください。

委員長(八木しみ子君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 学習コンピューター。今年度をもって、全学校に導入されたわけですが、その成果と問題点ということで、成果につきましては、タブレット今年度まで導入しているところでありますが、それを使ってよりプログラミングの前提となる調査もの、それから動作、検索等の技術が子供たちにも図られているというふうに聞いております。
 ただ、タブレットを操作するに当たって、導入校の先生たちがまずその操作を研修するということが、今一つの課題でございます。そちらについては、教育研究所で研究会、研究部会を設けて、今研修をしているというところでございます。11月にも学院大の教授をお招きして、よりタブレット等、コンピューターを使用した操作方法について研修をしてまいりますので、今後またお示しできればと思っております。

委員長(八木しみ子君) 19番、田口政信委員。

19番(田口政信君) ぜひですね、有効な活用をしていただきたいというふうに思います。
 子供たちはスマホを与えたらば、ちゃんと、きちんと操作をします。私たちよりも、はるかにゲームの操作なんかはすごいですからね。そういうことなので、いわゆる指導者がどういうものを教えるかっていうのによって、その子供たちが吸収するものが違ってくるふうに思います。佐々木好博議員がプログラミングを中心にこのタブレットっていますか、コンピューターを利用するような教育の方向がいいんではないかという提案がありました。それも含めてですね、指導者の養成と、いわゆる教える材料をきちんとこちらの方針を出していただきたいというふうにお願いを申し上げまして終わります。
 答弁は、30秒くらいありますから。

委員長(八木しみ子君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 今、議員からいただきました御意見を踏まえて、プログラミングの授業を登米市が先駆者となってやっていけるような体制を整えてまいりたいと思います。

委員長(八木しみ子君) それではですね、6番、佐藤千賀子委員から、質疑出されました、介護保険事業者の件で、答弁の訂正がございますのでこれを許可します。市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 先ほどの6番、佐藤委員の御質問の中で、放課後児童クラブの内容なんですけども、民間の部分で、私の認識不足で申しわけなかったんですが、民間の部分では5カ所、今開設しております。
 その中で、御存知のとおり、この育成補助金等を活用いたしまして、国県の部分ですけども、市のほうも投入しておりますけども、そういった部分で、約4,600万ほど補助を出しております。その内訳につきましては、環境整備とか、あとは処遇改善等も含めての部分でございます。
 なお、ちなみに公設の部分ついては、御存知のとおり各小学校単位で、15カ所を開設してるところでございます。以上でございます。

委員長(八木しみ子君) それでは、10款教育費の質疑の途中でございますが、ここで昼食のため午後1時まで休憩します。
 
          休憩 午前11時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
 

委員長(八木しみ子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 初めに、今朝の会議の冒頭で委員の出欠につきまして、4番、須藤幸喜委員は、本日欠席と申し上げましたが、午後の会議から出席していただいておりますので、訂正させていただきます。
 それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。
 まず、午前中に行った及川長太郎委員の質疑に対する保留案件につきまして答弁の申し出がありますので、これを許可します。生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 運動場等に設置されたトイレの中で、洋式トイレのない数ということでお尋ねありましたけれども、10カ所ほどございます。以上でございます。

委員長(八木しみ子君) ほかに質疑ございませんか。18番、佐藤恵喜委員。

18番(佐藤恵喜君) 成果説明書340ページ、奨学事業費で28年度新規貸付者が10人だったということであります。ここ数年の傾向を調べてみましたら、平成24年が21人、25年が16人、26年が15人、27年が13人、そして28年度10人ということで、減少傾向です。
 親の家庭の経済力が増して、豊かになって奨学金を借りなくとも、高校、大学に行ける状態になっているんだということならば、大いにいいことなんですが、果してそうなのかなあと思って、日本全体どうなのか、ちょっと調べましたら、日本育英会、今は日本学生支援機構となっておりますけど、ここの平成29年今年の3月のレポートがあるんですね、それを見ますと、奨学金の貸与事業の現状、概況ということで、貸与割合が大学・短大平成17年度の場合は3.9人に一人、平成27年度は2.6人に一人ということで、約1.5倍に増えているということで、奨学生増加の背景として、平均給与が年々減少する一方で、授業料及び入学料は国立・私立大学とも高どまりしていると。さらに、家庭からの給付は年々減少し、学生の収入に占める奨学金の割合が増加している。また、長引く景気低迷により、学生の収入自体が減少しており、奨学金の重要度がさらに高まっていますと、いう国全体の傾向はそうなんですね。
 したがって、教育長にお聞きしますけど、本市の場合はどういう条件あるんでしょうかね。私はこの数字を見て、非常に気になってるんです。今始まったことでなくて、親の経済状況で学びたくとも学べない、大学に行けない。やっぱり、教育の機会均等ということで義務教育も定められておりますが、さらに学びたいという子供さんたちが、今、登米市で状況から見て、何らかの形で制限されているというようなことがないかなと。例えば借りても返さなければならない。返すのには、もう大学出ても非正規労働になっているというような状態で、もう諦めるという状況などになっていないかと大変な心配なんですが、1分弱ですけど教育長ちょっと感想含めてお答えいただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 挙手願います。教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) ただいまの佐藤委員の御質問でありますけれども、この少なくなった要因については、きちんとした分析はしておりませんけれども、ただ、今お話の中に、やはり、雇用の問題、そういった部分も大いにあるんだろうというふうに思いますし、生活状況も大分昔と違って日常にかかる経費、その辺も高くなってきているというふうなこともあって、なかなか返済するのに苦労しているという状況がこの中から伺い知れるというふうなところであります。

委員長(八木しみ子君) ほかに質疑ございませんか。20番、沼倉利光委員。

20番(沼倉利光君) 成果書346ページの小学校の管理費と、それから350ページの中学校の管理費に関連してお伺いします。
 この中で健康診断と健康保持についてということでありますけれども、実は登米市の教育振興基本計画の中で、体育、運動能力についての目標があります。その中で登米市の小中学校については、肥満傾向の割合が全国それから県平均を大きく上回っているということがうたってありますけれども、最近の状況についてどのようにされているのかお伺いをいたします。

委員長(八木しみ子君) 活き生き学校支援室長、菅原栄夫君。

活き生き学校支援室長(菅原栄夫君) 議員のただいまの御質問でございますが、平成28年度の全国体力運動能力運動習慣等の調査によりますと、小学校5年生登米市では20.4%の肥満率であります。小学校5年生女子につきましては12.1%、中学校2年生男子については15.5%、中学校2年女子については17.3%という数値になってございます。以上です。

委員長(八木しみ子君) 20番、沼倉利光委員。

20番(沼倉利光君) パーセントだけでなくてですね、ここに書いてある全国県平均を大きく上回りというこの点については、県平均を下回って、他の地域より改善されたというふうにじゃあ解釈してよろしいんですね。

委員長(八木しみ子君) 活き生き学校支援室長、菅原栄夫君。

活き生き学校支援室長(菅原栄夫君) 今の議員の質問でございますが、宮城県の平均についてお話ししたいと思います。
 小学校5年生で宮城県は14.2%でございます。小学校5年生の女子で10.8%でございます。中学校2年男子で9.8%でございます。中学校2年女子で8.9%でございます。以上でございます。

委員長(八木しみ子君) 20番、沼倉利光委員。

20番(沼倉利光君) と申しますとですね、これ県平均の小学校も中学校も男女全て県平均点数もこのように上回ればいいんですけどもね、肥満度で上回っても困るんですよ。これについてですね、どうも認識がやっぱりいまいちだなと、例えば小学校の5の男子で20%と言ってましたよね。県平均14.2でしょ。かなりの差があります。中学校の男子も9.8、それから登米市は15.5、かなり上回っているような気がするけども、これをどのように改善していくかということなんですね。
 やはり、登米市の健康長寿を目指すところから言えば、まず、小学校・中学校の子供たちを健康にというふうに思いますけれども、その辺についてですね、やはりしっかりとした担当部局ね、市民生活部とも連携を取ってやっていかないと、これリアルに示していかないと、なかなか難しいと思いますよ。自分のことを言うと大変恥ずかしいんですけど、私はね、朝と夜と寝る前と起きたときすぐ、体重計に乗るんですよ。それだけでね、何グラム減るというのは嘘ですけども、しかし、そのぐらい緊張感がないと、こんなに肥満度高い県平均、改善できないと思うんですけども、いかがでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 活き生き学校支援室長、菅原栄夫君。

活き生き学校支援室長(菅原栄夫君) 議員ご指摘のとおりだと思います。それで現在ですね、小中学校で取り組んでいただいている内容でございますが、主に小学校では行間マラソン、あるいは元気アップエクササイズ、そして持久走大会などに積極的に取り組んでいただいてる状況でございます。
 また、中学校においては、体育の時間に授業の最初に必ずラジオ体操を第一に優先にやっていただいて、取り組んでいただいております。また、部活動についても運動部に積極的に入っていただいて活動していると、いただいているというふうな状況でございます。

委員長(八木しみ子君) 20番、沼倉利光委員。

20番(沼倉利光君) 頑張っているようでありますけれども、やはり、これはですね、例えば夏休み前、夏休み終ってから、冬休み前、冬休み終ってから、そういうときにですね、しっかりと絶えず見ていかないと、夏休み前にこうなってますよ、だから夏休み中にここまでみんなで頑張りましょうみたいなね、目標数値になっていかないと、1年に1回の頑張ってますけどどうでしょうか。みたいなのでは、やはりなかなか実績上がらないと思いますけども、今言ったようなそういった何て言うんですかね、目標を持った定期的な一つの検査というのはあっていいと思いますけども、いかがでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 議員おっしゃるとおり、年に一度ではなくて、定期的に子供たちの児童生徒の肥満度について把握するという取組は必要だと思います。
 現在行われていることについて、少しご説明させていただきますと、東部教育事務所登米地域事務所におきまして、学校地域保健連絡推進会議というものが行われております。こちら登米市医師会、学校保健会、それから保健所、市では健康推進課長、そして学校教育課長、小中学校の養護教諭、それから、小中学校体力運動能力向上指導員によりまして、学校保健の課題ということで、やはり、昨年度からは、この肥満の解消に向けた協議を行ってまいりました。やはり、学校の養護の先生、栄養士の先生方も子供たちの肥満については、かなり危機感を持っておりますが、家庭との連携というのが大変重要になってきておりまして、家庭への働きかけということで、今年度は健康推進課のご協力を得まして、子供たちにどれぐらいの食事の量で、カロリー計算されているのかというのを学校に出向いて指導していただいているという状況もございます。
 なお、定期的にこちらを確認する働きかけということで、こちらも指導してまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

委員長(八木しみ子君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 委員ご指摘のとおりですね、この生活習慣病、さらに食生活の改善の部分については、やはり、乳幼児から健康に関する関心をですね、親御さんたち、そしてまた学校関係者の皆さんとですね、連携して今後も推進してまいりたいというふうに考えております。

委員長(八木しみ子君) 20番、沼倉利光委員。

20番(沼倉利光君) これはですね、現場の皆さんは危機感を持っていると思います。それから学校の先生、肝心なのは本人たちと地域がこのことについてどれだけの危機感を持っているか。登米市の子供たちがどれだけ肥満度高いかっていうのは、多分一般の人わからないと思いますよ。これですね、またお願いで申しわけないけど、広報、これ皆さん見ます。ここでページでぱっと2面見開きで登米市ではこんなにすごい肥満度ですよという将来に渡るような警鐘を鳴らすようなそういった特集が1回あるだけで皆さん地域がですね、危機感を持つと思いますけども、ぜひそういう方向を多分広報は広報の企画があるので、そこに無理無理というわけにはいきませんけれども、そういった企画もあるとですね、登米市全体の問題になるのかなと思いますけども、もし答弁あればお願いします。

委員長(八木しみ子君) 総務部長、千葉雅弘君。

総務部長(千葉雅弘君) 小中学生の肥満度の状況の周知ということでございますが、広報ToMeにおきましては、そういう意味で教育委員会とその辺相談しながら、適切な時期に広報への掲載、その辺を検討していきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) ほかにございませんか。16番、中澤 宏君。失礼しました。中澤 宏委員。

16番(中澤 宏君) それでは、3点についてお尋ねをさせていただきます。
 皆さんが大分聞いてくれましたので、私は少しずつお尋ねをしてまいりたいと思います。
 まず、学校統合について、先ほど何人かの皆さんが二人の皆さんですね、質疑をされました。いくつかのパターンを検討されているというような成果が報告されましたが、いくつかのパターンとはどういうパターンなのか。検討されているパターンをお聞かせできればありがたいなあと思っております。
 それから、340ページのですね、奨学事業費について二つお尋ねいたします。
 まずは、先ほどの佐藤恵喜議員が、奨学金事業の全体のあらましについて、傾向についてお話をしてくださいましたが、応募の状況や貸し付けの状況は減ってはいるんですけれども、一方ですね、償還の状況を見ますと、375人、6,100万予定した償還のうちですね、75人、1,400万円の未納があるというようにも出ております。
 これ大きい金額にも思うんですね、全体から見ると、この状況をですね、普通だと見るのか、大変だと見るのか、心配だと見るのか。そうした状況の捉え方についてまずはお尋ねしたいと思います。
 それから3点目でございますが、同じく奨学事業の中で仙台学寮における、仙台学寮の件でございますが、当初は8人、年度途中にですね、3人の方が退寮されて、5人になったと、この5人の方に支援したんだというふうなことになってますが、28年度中にですね、こういうことがあるので、例えば施設の老朽化だったり、時代のニーズに合わなくてとか、あるいは入所者が少なくてとか、さまざまな要因からですね、ここを将来的には閉じたいというような政策決定があったようにも思いましたが、成果報告書のほうには取りまとめられておりません。この後段にね、しかし、こうだというような結びがあってもいいのかなとも思いましたが、改めてその件についてお訪ねをいたします。

委員長(八木しみ子君) 順次答弁をお願いします。教育企画室長、岩渕公一君。

教育企画室長(岩渕公一君) いくつかのパターンについてご説明いたします。
 このパターンにつきましては、精度が低くて、現在精査している最中でもございますので、具体的な内容については控えさせていただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 教育次長、佐藤 豊君。

教育部次長兼教育総務課長(佐藤 豊君) 初めに、償還金のほうからでございます。
 危惧してはございます。経済情勢とそれから、制度上問題も若干あるかと思いますけれども、市債権ということで取り扱いに十分注意しながらですね、状況の把握に努めながら、償還に結びつけていきたいというふうに考えてございます。
 それから、仙台学寮につきましては、確か2回ほど答弁の中で廃止というご答弁させていただいたかと思いますけども、その辺についてははっきりした形で表示をしたいというふうに思います。

委員長(八木しみ子君) 16番、中澤 宏委員。

16番(中澤 宏君) まず、学校統合についてでございますが、先ほどの質疑でもありましたが、学校は必ずつくらなければならないもの、必ずなければならないものということでございますから、政策の最優先とこれはもちろんだと私も思います。先ほども図書館よりも陸上競技場よりも、まず学校とそして、あったらもっといいなという部分で図書館であったり、陸上競技場ということからすれば、学校は最優先で取り組むべきと、このとおりだと思います。
 ただ、今までですね、なぜ進まなかったかとの要因は、いろいろあるかと思いますが、先ほどのさまざまなパターンの中のどのパターンにするかという政策決定だと思うんですね。今何人かの話の中には、大きくて大規模な広域的な統廃合が必要だという考え方もあれば、兼ねての議会の発言の中では、豊里町のように一つの町に一つの学校、小中一貫校というようなそういった学校を核として地域をつくると。地域の担い手を学校から育てるんだというようなさまざまな考え方があると思います。
 この考え方が決まらないと、なかなか決まらないような感じもしてるんですが、ここはこれを越えなければならない時期にきているというように思っております。それでいろいろ先ほども議論がありましたが、この要するに今は発表できないこのパターンを29年度にはですね、その示す時期になるのか。もっと地域の皆さんの考えて熟慮する期間になるのか、改めてお訪ねをいたします。
 それから、奨学金です。これ子供たちの状況については、これ登米市だけの状況ではなくて、全国的にですね、支払えない奨学金というふうなことで、社会問題になっているところですね。払えない奨学金よりは、給付、差し上げるという奨学金がいいのではないかという議論も根本的にはこうしたところからだと思うんですが、ただあげるわけにはいきませんので、そうしたときにですね、支払い能力に応じた支払い。償還。これをどう促していくのかというふうなことになるかと思います。そのときにですね、今の条例の中で定めている貸付期間とか、さまざまな制約があると思います。要するに条例で決めますから、何としても取らなぎゃないというふうなことにもなると思います。
 結果としてそのことがですね、これから輝かしい人生の門出を迎え、スタートするという子供たちにそうした冷たい社会の風を急に当てるというようなことにもならないかと心配してるんですが、市としてのですね、そうした支払い能力に応じた返済をどのように考えているかお尋ねをいたしたいと思います。
 それから、もう一つはですね、仙台学寮の関係でございますが、仙台学寮には今、直売所とか、いろいろな関係している皆さんがおりますが、いろいろ心配されているふうでもあります。将来どうなるんだろうと、その内外にですね、そうした政策の決定事項をやっぱり伝えると、また将来にあってはどうするのかという検討もですね、やっぱりしてですね、より具体的にそうした発信が必要ではないかと思いますが、続けてお尋ねします。

委員長(八木しみ子君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) まず、1点目のご質問でございます。統廃合のパターンていうお話しでございました。
 これは、先ほどほかの委員にも回答いたしましたとおり、この秋口には2回目の地域と説明会、あるいは意見聴取の会を設けるということで予定をしているところでございます。その中では、前回でた意見に対して、教育委員会の考え方はこうなのかなということも当然ある程度説明した上で意見をもらって来るという形になります。
 それが終わった段階で、それを集約して市長と協議した上でですね、教育委員会を経てそのパターン化が出てくるのではないかなというふうに考えておるところでございます。いつまでというのはなかなか難しいですけれども、この秋の説明会、座談会を3カ月4カ月かかると思いますので、そのあと数カ月の集約期間という形になってこようかなというふうに考えているところでございます。よろしくお願いいたします。
 それから、2点目のですね、奨学金の返済という部分でございます。
 この奨学金については、子供たち将来の夢に向かって背中を後押しするということで、大変有効に使われているんだろうというふうに思っております。たまたまなかなか自分の思うようなところに就職できないということで、まだもう少しそれを留保して収入がまだ少ないところでという方もいらっしゃいます。
 それについては、現在の規則、条例そのものをですね、見直すのかということではなくて、納付相談の中で計画的に納付をしていくという形の中で当面は対応させていただければというふうに考えているところでございます。
 それから、3点目の仙台学寮の方向性については、これまで議会のほうにもご相談申し上げご回答しているところでございますけれども、最終的には、総合管理計画の個別計画という部分で庁内で揉む場がございます。当然これは跡地利用の大きな跡地活用をどうしていくかという課題もございます。閉めて終わりということでもございませんし、それをしっかり話し合った上でですね、対応していくという方向で今整理を進めさせていただいているということでございます。

委員長(八木しみ子君) 16番、中澤 宏委員。

16番(中澤 宏君) じゃあ学校統合の関係からね、学校統合なかなかすぐ進むというようなことではなくて、熟慮に熟慮を重ねてというように捉えてところでございます。
 先ほどの質疑にもありましたが、何十億になるんでしょうね、50億、60億、あるいは100憶になるのか。この市内全体のですね、学校を再整備するということになれば、多額を要する事業であります。これ登米市の財政力からすれば、通常の都市にこれだけの学校の建設というのは当然できないわけです。これをやるということになれば、当然、合併特例債という有利な起債のある状況、要するに今という特別な状況でなければ、この学校整備というのはできないんだと。そういう意味では、期間が限られた、限られた期間で、仕事を成し遂げるということになるかと思いますね。そういう意味では、37年までに決めるよという状況でいくと、1年に何校やるのかわかりませんけれども、後ろになればなるほど、数校やらなければならない大事業になります。職員の数も減ります。少ない職員で多額の事業をやる。このことも大変です。
 むしろ、早い決断がやっぱり立派な学校をつくるというふうなことにもなりますから、地域の皆さんの声を聞くだけでなくて、やっぱり何回も話されましたようにね、市長や教育委員会の話をやっぱり積極的に提案して、皆さんに議論してもらうと。そういうことを期待したいなというように思っています。これは答弁はいいですね。
 それから、奨学金事業でございますが、条例は変えないというお話がございました。相談業務の中でということですが、相談してこの延滞が減るというように、子供たちの負担が相談によって解消されていくんだと、だから、今はこういう延滞なんだけども、相談によって解消するので、そんなに心配はないよというように聞いてよろしいのかとなあと思っております。
 相談すれば済むということであれば、大したことないんだなと思いますし、支払えないということであれば、どうやって支払えるようにしねげねえのかなというのもありますから、改めてお尋ねをいたします。
 それから仙台の学寮でありますが、建物としては何て言うんですかね、アパートとしては古いんですが、場所としてはすばらしいところにありますね、よくぞあそこに登米の町で土地を求め、あの事業をやってくれたなと思うんですが、そういう意味ではですね、その立派引き継いだあの財産をですね、これからどのように活用するかというのは、まさに腕の見せどころだなと思っております。
 庁舎を挙げて早急に検討するようにお願いしたいなと。あの場所で寂れた状態をずっと持つというは、登米市のイメージそのものが低下します。むしろあそこがあることによって、登米市のイメージが上がる、そういう施策をですね、ぜひ展開してほしいと思いますが、お尋ねをいたします。

委員長(八木しみ子君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) まず、奨学金でございます。現在のところですね、その課題を抱えていると言いますか、なかなかその予定の償還がうまくいかないという部分の方につきましても、定期的に連絡を取りまして、ある程度将来を見通した形の中で、償還に向けた取組ができているというような理解をしてございます。その状態をですね、また総括的に見たときに、本当にこの制度をもう一度見直す時期が来るのかという部分も当然その視野に入れた中でですね、奨学金の事業の運営を進めていきたいなというふうに思ってございます。
 それから学寮につきましては、先ほど申し上げましたとおりですね、しっかり庁内全体の知恵を出しながらですね、議会の皆さんの意見もいただきながら、有効活用に向けた取組になるようにという形で進められればというふうに考えているところでございます。

委員長(八木しみ子君) 16番、中澤 宏委員。

16番(中澤 宏君) 最後になりますがね、奨学金なんですが、この中で奨学金ならではのことで、報告書っていうか、お手紙を差し上げて回答されているというふうなことです。どんなお手紙を差し上げているのかよくわかりませんが、もしわかれば教えていただきたいんですが、こうした奨学金を使っている子供たちが将来ですね、地元に帰って、住みたい、暮らしたいという意向なのか。それとも、奨学金を使われてる子供たちの多くは、市外に県外で活躍したいというような夢をお持ちなのか。その点はどうなんだろうと思います。
 奨学、延滞っていうか、未納についてはですね、今後、私たちもその経過を見ながらですね、来年度の成果を見ながら、さらにご意見を申し上げてまいりたいと思います。
 最後にその報告、報告書っていうかね、お手紙の関係、そういうもので捉えられているものがあるのか、ないのか。あればそういうところを活躍の場ですね、教えていただきたいと思います。これは総合計画の中である定住、若者の定住ですね、こういうものとも深く関係がございますので、今どういう状況なのかお知らせをいただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 奨学生の皆さんには、年1回春先でございますけれども、今学校で学んでいる内容であるとか、将来の夢であるとか、そういうことをレポートにまとめていただきまして、提出をしていただいているということでございます。その学んでる学生によりまして、当然進むべき道、目標というのは変わってございますので、一概に言えない部分はありますけれども、共通して書かれている部分については、やっぱり自分の人生を切り開くための背中をしっかり後押しをしていただいた登米市という部分に対しての感謝の気持ちという部分が文字の中にはあふれてるんだろうというふうに思ってございますし、その子供たちは、恐らくその将来の夢によって変わってくるかと思いますけれども、地域に戻ってきて地域を支えてくれるっていうような意識もあると思いますし、それから、登米市じゃなくて別なところに就職したとしても、登米市の応援団としてそういう気持ちを持って、今後もご支援をいただけるのではないかということを期待しているところでございます。

委員長(八木しみ子君) 16番、中澤 宏委員。

16番(中澤 宏君) 今、部長からね、期待という言葉がありました。ぜひその期待を浴びせて、浴びせて育ててほしいと思います。やっぱ期待しないとね、なかなか思いが届かないんだと思います。ぜひ、その奨学金に乗せて、その思いを伝えるというところで期待を申し上げたいと思います。
 以上、終ります。

委員長(八木しみ子君) 次に質疑ございませんか。23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) 成果説明書の345ページの活き生き学校支援費の中で、訪問指導員の方4名大分苦労して学校復帰、改善に努められた成果、お知らせ願います。

委員長(八木しみ子君) 活き生き学校支援室長、菅原栄夫君。

活き生き学校支援室長(菅原栄夫君) 訪問指導ですね、していただいて、子供たちに寄り添った指導を個別に熱心にしていただいている状況でございます。それで、なかなか登校できない生徒もおったわけですけども、学校での指導が可能になったというふうなことで、三つの中学校と二つの小学校において指導が可能になったというふうなことです。なかなか登校できなかったんだけども、学校へ向かうように少しずつなってきているというふうなことでございます。以上です。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) 小学校から中学校、小学生何人で中学生。それから小学生から中学校に行っても、継続してそういう不登校とかありませんでしたか。

委員長(八木しみ子君) 活き生き学校支援室長、菅原栄夫君。

活き生き学校支援室長(菅原栄夫君) 中学校においては、5名でございます。小学校においては、2名というふうなことでございます。以上です。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) 不登校はなかなか努力しても、あたりでも注意喚起も必要かなと思いますが、4人で203回これについては、予算は230何万取って、71万6,000円の中で指導員4人で、全体で小学生今2名とありましたが、全体的な数字はどれぐらいになっておりますか。

委員長(八木しみ子君) 答弁願います。どなたですか。学校教育管理監、伊藤 浩君。

学校教育管理監(伊藤 浩君) 少し時間をいただきまして、申しわけありません。
 平成28年度の小学校のですね、不登校の年間30日以上の欠席者数については、3月の時点では24名でした。それから、中学校については、数が多くて104というような数になっております。以上です。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) その24名、小学生24名、中学生が104名、この中で復帰率、不登校からまた登校するようになった何パーセントでしょうか。この数からすると。

委員長(八木しみ子君) 答弁願います。暫時休憩します。
 
          休憩 午後1時36分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時38分
 

委員長(八木しみ子君) 再開します。答弁を求めます。学校教育管理監、伊藤 浩君。

学校教育管理監(伊藤 浩君) 申しわけございません。ちょっと正確な数をですね、把握しておりません。10名前後だったと記憶はしております。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) 128名のそういう不登校の方が4名で十分機能をしてると感じましたか。この辺指導員、訪問指導員4名で対応ということで、これからは増やす予定はないでしょうか。

学校教育管理監(伊藤 浩君) この訪問指導員のことについては、学校からの申請というか、それを持って学校に、それぞれの不登校の家庭に訪問したりしている状況であります。それで、なかなかですね、家庭のほうでもやはり、面識がない方というか、そういった方に突然というか、学校が仲介して、するにしても、家庭訪問をあまり好んで受け入れないというような状況もあります。
 今、この訪問指導員が4名ということなんですけれども、申請のあるところについては、それぞれすぐ対応できている状態です。ですので、増やしてもなかなかその受け入れる家庭の数がですね、増えるような状況にはならないんではないかというふうに思っております。以上です。

委員長(八木しみ子君) 23番、及川長太郎委員。

23番(及川長太郎君) そういう状況だからこそ、何か手立てをしないと。わからない指導員が行っても、じゃあわかってる、仮にその子供にどういう人だらいいのかつうことは、それは子供もわからないでしょうけれども、やはり地域とか、そういう中で128名の中でわずか10名程度、1割に満たない復帰率では、やはり効果もなかなかこれは出ないと思います。本人のこれは自覚もあると思いますが。
 だから、そのままほっておいてはいいということではないので、やはり何か新たな手立てと言いますか、これはやはり地域で考えるとか、学校全体、あとは保護者、PTAを通して、そういうなくすような方向づけをしなければ、不登校まだまだ増えると思います。過去5年間で、5年間でいくらぐらい。過去5年の人数、不登校の人数わかったらここで教えてください。

委員長(八木しみ子君) 学校教育管理監、伊藤 浩君。

学校教育管理監(伊藤 浩君) 不登校の過去5年間の人数ということなんですけれども、はっきりしたデータをちょっと持ち合わせておりませんけれども、数的には、あまり変わらない状況になっています。むしろ少し増えてるような状況もあります。そういうような状況で、学校も努力はしているわけなんですけれども、今年度新たに心のケアハウス事業というのを立ち上げまして、退職校長3人に、その業務に当たっていただいています。
 それは今まで、けやき教室というものがありますけれども、けやき教室はどちらかというと、まだ登校刺激を与えて、学校には行けないけれども、別なところには来れるというような子たちを対象として、どちらかというと待つ姿勢です。心のケアハウスについては、逆にこちらから学校あるいは家庭に出向きながら、その訪問指導員とのつなぎの役割とか、そういったいい方法を見つけるというようなことで活動していただいております。
 以上です。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかに質疑ございませんか。1番、上野 晃委員。

1番(上野 晃君) 学校の統廃合関係で質問いたします。
 まずですね、学校の主役は誰であるか。誰だと考えるか伺います。

委員長(八木しみ子君) 答弁願います。教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) 上野委員のご質問でありますけれども、学校の主役はもちろん子供たちであります。その辺のところを中心に学校の教育の計画等、その辺のところ、それから職員と保護者との連携を取りながら進めていくというのが実情でございます。

委員長(八木しみ子君) 1番、上野 晃委員。

1番(上野 晃君) そうですね、やっぱり、学校は子供たちを育て上げるという大事な環境の場でありますから、主役はあくまで生徒・児童であると私も考えます。
 先ほどの教育長の答弁で、文部科学省の指針でしたか、通達でしたかで地域の実情を十分に踏まえて学校統合等を行っていくということでありましたけれども、これはその地域の学校のクラス編成がどうなっているかとか、そういう辺りを文科省は指してるのであって、地域住民の話を聞くということとはまた別のことではないかと思うんですけれども、あくまで学校統合っていうのは、学校のクラス規模ですとか、そういったところから進めていくのであって、あまり地域住民のほうに重きを置くべき話じゃないというふうに考えるんですけれども、その点はどのように考えますでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) 地域の実情を十分に考慮してというのはですね、やはり、学校は今、地域づくりの拠点になる。いわゆるそういった役目も学校にはありますので、そういった意味では地域を抜きにして学校を運営していくというのは、今のこれからの特に状況の中では、非常に難しい問題も抱えてございますので、それに従って地域とともにある学校づくりというふうなことを勧めている段階でございますので、これはあくまでも私は、地域とその地域の実情、家庭、そういったものも含めた形での考慮をしていかなくてはいけないというふうに考えているところです。

委員長(八木しみ子君) 1番、上野 晃委員。

1番(上野 晃君) 確かにですね、おっしゃるとおり、学校というのは、その地域に育まれて地域住民の方々とともに子供たちが育っていくという理想的な形で本来あるべきだと思うんですけれども、登米市も人口がどんどん減っていてですね、合併後1万人以上の人口を減らしているという状況で、やはりその理想形で維持していくのが難しいんじゃないかと思うんです。
 子供たちが育っていく過程で、その1年1年っていうのは、かけがえのないものですから、その中で方向を誤ってしまうと、もう取り返しのつかないことになると思うんです。私は、学校において主役はあくまで児童・生徒、そして2番目が親御さんだと思うんですね。それで地域の方々っていうのは、確かに例えば今まで自分が習ってきた学校がなくなってしまったりするのは非常に寂しいことであると思いますし、また地域としては、極端に衰退する可能性もありますけれども、それに優先するものとして、生徒・児童の適切な教育を施すというそのことのほうがはるかに大事なことだと考えまして、その学校の統廃合の方向性としては、あくまで児童・生徒、そして、その児童・生徒を保護する保護者の観点から進めるべきだと思うのですけれども、こちらのほうに重きがあるような答弁にはどうしても先ほどのほかの委員さん方からの答弁で聞こえなかったので、この辺りにどのぐらいの重点があるのかですね、地域に対するウエイト。
 それから、児童を中心に考えるということに対するウエイト、どちらが重いと考えているか、割合的なお考えをお伺いできればと思います。

委員長(八木しみ子君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) 先ほども申しましたとおり、学校の主役は子供であるというふうなことには変わりはございません。そして、学校統廃合につきましても、子供を主体に考えていく、当然これは、これからの学校教育に求められている資質というのが、新しく学習指導要領も変わりますけれども、そういった意味では、主体的、対話的で深い学びというものをこれからの時代勧めていかなくてはいけないという指針も出されてございます。そういった意味では、学校の子供たちのいわゆる集団の規模、これは非常に重要な部分を占めるわけであります。そういった意味では、まずは子供を中心に考えていくことがまず第一、それに今、学校現場では、学校だけでは解決できない問題が山積しているわけです。そういった意味で地域の方々の協力も得なければいけないというふうなことで、学校運営協議会をつくってコミュニティスクールにするという方向も決めてございます。
 そういった意味では、地域の方々をないがしろにした形での統廃合というのはなかなか難しいだろうというふうなことで、そういった部分を十分に考慮入れてというふうな形で答弁をしているところであります。

委員長(八木しみ子君) 1番、上野 晃委員。

1番(上野 晃君) 次にですね、部活関係のことですね、お伺いしたいと思うんですけれども、336ページお願いいたします。
 登米市教育基本方針でですね、「文化的で生きがいに満ちた人生を歩むために」ということで、新たな歴史や芸術、文化を主体的に創造する心身ともにたくましい市民の育成を目指すというような理念がうたわれているんですけれども、私はですね、佐沼中学校の卒業なのでありますけれども、ちょっと佐沼中学校のホームページで部活がどうなっているか調べたんですけれども、ホームページ内にそういう項目がなかったので調べることができなかったんですけれども、私自身の体験でもあるんですけれども、中学生の当時ですね、いわゆる学芸系のですね、文化系の部活が非常に少ないというふうに感じておりまして、スポーツ関係のですね、部活が非常に多い。私は、文化系のものに参加してみたいなっていう思いでいたんですけれども、確か私の記憶では、例えば吹奏楽部ですとか、美術ですとか、あと科学部ですとか、科学部あたりだと確かいなかったんですね、参加している生徒が。
 そういう中で、運動ならちょっと参加しない、したくないなと思ったときに、部活は必ず入れよと言われたので、水泳部に所属していたんですけれども、このバランスのところなんですね、運動していろいろですね、運動技術だけでなく、そこで人間性を高めるとか、そういう非常に重要な意義があると私も十分に理解はしているんですけれども、片や文化的なことに、学校の時間以外には参加してみたいという生徒も少なからずやいるはずであります。
 例えば、それが将来的にですね、学力ですとかにやはり結びついてくると思うんですね。よく受験界では学力のレベルのですね、一つのバロメーターとして、最高学府である東大に何人、学校から進学したかというのをですね、バロメーターの一つとしている場合がありますが、例えば東京の私立のですね、開成高校というところがあります。これ中高一貫なので開成中学、開成高校となりますけれども、ここの東京大学進学者は、大体、最新年度で確か160人ぐらい。これは東北6県全部を上回る、はるかに上回るんですね。そこでどういう部活があるのか調べる非常に多岐にわたっているんです。例えばですね、先ほど私が申しました吹奏楽ですとか、そういう関係はありますし、それ以外ですね、あまり聞きなれないもので、生物部ですとか、弁論部ですとか、文芸部ですとか、いろいろあるんですね
、さらにもっと細かいようなものですと、同好会という形で存在しております。確かに中高一環だからこそ、高校と連携してできる部分もあるとは思うんですけれども、登米市の中には10校の中学校がありますけれども、この中でですね、文化系の部活がどういうものがあるのかっていうのを教えていただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 学校教育管理監、伊藤 浩君。

学校教育管理監(伊藤 浩君) 議員ご指摘のですね、ご質問の文化系の部活のことなんですけれども、一番多いのは吹奏楽部だと思います。吹奏楽、あるいは美術、それから特異なところでは筝曲というような部活動を持っているところもあると思います。
 今、ご指摘のさまざまな文化部を設置すればいいのではないかというようなお話しだとは思うんですけれども、子供の希望と、それから、職員の数と、そういうようなバランスをきちんと見極めたり、あるいは一時的なものの設置だけでは、なかなか次年度あるいは長い間ですね、それを運営していくというか、なかなか難しい面もあります。そういったことを考慮して、今、学校では文化部については数が少なくなっているものだと思います。以上です。

委員長(八木しみ子君) 1番、上野 晃委員。

1番(上野 晃君) バランス的に難しいので、結果今はないという状況だと思うんですけど、私が中学校卒業して、もう20年ぐらいですね、状況は変わってないか、むしろ減ってると思うんですね。
 例えば、私の先ほど申しましたようなバロメーターから言えば、歴然たる差もでてくるわけですから、難しいのは確かなんですけれども、それをですね、行政が指針を定めてやっていかない限り、学校現場で自ら手を挙げてやるというのはできないと思いますから、ぜひこういう文化系のですね、部活を充実させるということをご検討していただければなというふうに強く考えます。

委員長(八木しみ子君) 学校教育管理監、伊藤 浩君。

学校教育管理監(伊藤 浩君) ご意見承っておきたいと思いますが、子供の数もそれから職員の数も減ってる中で、新たな文化部を設置するというのは、なかなかやっぱり難しい部分があることもご理解いただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかに質疑ございませんか。21番、相澤吉悦委員。

21番(相澤吉悦君) 380ページなんですけれども、体育館管理費、そしてまたこの運動公園の指定管理というふうなことで、やっぱり指定管理するだけじゃなくして、するのには環境整備しなければ私はだめだなあというふうに思っています。常に一つのグラウンドに行くとですね、今日みたいな例えば雨降って次の日行くときに、そこまで到達できないくらい水溜まってやったり、あるいはトイレに行こうとしても、水でトイレに行けなかったり、そういうふうなところがあったんでは、私はだめだなというふうに思っております。先ほど来、トイレの問題出ましたけれども、今私言ったのは、例を挙げて自分のところの新田の話ですけれども、ほかにもそういうところがあると思います。
 ただ、一つ新田のグラウンド、みんなのことで質問したんですけれども、一つの例にとって言いますと、写真撮りにそこに行ったときですね、ちょうど見に行ったときに、掃除してたおばさんがいて、「ここさ子供入ったよ」と、「子供がトイレして入ってしまったよ」というふうなことで、非常に危なかったよというふうなことを言われました。これほんとですよ。
 そしてまた、あしたに行ってみればわかるんですけれども、恐らく部長が行ったことあっかねえがわかんねえげっとも、恐らくトイレには行けませんよ、長靴履かなければ。恐らくグラウンドに入るところまでも行けないと思う。それくらいかまねでおいでるとこだから言うんですよ。
 その前に一般質問した。そしてまた、地域のコミュニティの方たちが区長さんたちが全員そろってこういうことではだめだから、お願いしますというふうなことで、教育委員会にも行った。市長のとこにも行った。お話をした。ただ、それが届かないで検討します。見極めます。あるいはこうだというようなことが、まだ言ってんでは、私は全くだめでねえがなと思うよ。
 ただ、一つの中で、そしてまた委員会でも、私当時、教育委員会、教育民生常任委員会でした。ここにいる關議員が委員長で現場も見ました。どこも見ました。訴えられたので、そんで委員会のその中で施設、運動施設全てについて、トイレを早くやることと、ごとのごとで、決議をし、そしてまた教育委員会にもそのことを言って、市長にもそのことを言ってここまで来たんですけれども、「まだ検討すね」というふうなことで、このことで時間使いたくねえんだけども、本当は。そのようなことで語られたんでね、これ市長どうなんですかね。これ市長に聞くから、俺。

委員長(八木しみ子君) 熊谷市長。

市長(熊谷盛廣君) 相澤委員の質問にお答えをさせていただきます。
 これまでの経緯について今お話しがあって、その辺のことは少し事情に疎いところがございます。ただ、新田のトイレにつきましては、私もたまたまそうしたお話を伺いまして、早速、教育部長にはその話をさせていただいて、すぐ対応するように指示は出しております。ただ、新田に限らずということでございますので、その辺はしっかりもう一回精査させていただきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 21番、相澤吉悦委員。

21番(相澤吉悦君) 例に出して新田、言ってんですけども、外のね、このグラウンドというものは、雨降ったときにも次の日にでもすぐ使うんで、やっぱり走ってね、運動している、走って行ってすぐたれっとこなんですよ。だから、なかなかね、難しいとこあるんで、もっと悪く語っつど、山が近くにあっつうど、山さ行ってしまうんだよね。嘘だと思うんでしょこれね。私の嘘だと思うでしょ。ところが、それが近くだと、トイレがしっかりしてないと、汚ねくて行ぎでくねえつうど、そこさ行くんですよ。やめて、人の家さ行って、車で行って人の家借りてやったりね。
 そういうことでは、やっぱ公共事業、公共の施設なんで、それではだめだと思う。これ今、新田のことばりでねえんだよ。そいつが10カ所だかなんぼだっつうから、その辺のところね、やっぱり、ちゃんとした整備してもらわねえつうど、検討ばり語ってだってわかんねえよ。
 今、市長に聞いたっけ、こうだということ言ってるから。早急なもう一回みんなで聞くきっすか、みな。全部の組合を。そういうことで、今私語ったことについて、どっちからくっかわかんねえげっとも、お願いします。

委員長(八木しみ子君) 教育長、訂正します。教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 一つの例としての新田のグラウンドの話が出ました。私も足を運ばさしていただきました。トイレは古いですけれども、綺麗に使われているなという感想を受けました。
 今言ったとおり、子供たちが入る危険もあったというようなことになれば、本当に安全管理上の問題があるというふうにも思ってるところがございます。今、具体的な市長のお話しもございました。具体的な検討に入ってございますので、その辺については、検討の結果が出次第、ご相談申し上げたいというふうに思ってございます。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかに質疑ございませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) それでは質疑なしと認め、10款教育費の質疑を終わります。
 ここで説明員入れ替えのため暫時休憩します。ちょうど時間2時ですので10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後2時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時09分
 

委員長(八木しみ子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、11款災害復旧費、12款公債費、13款予備費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。14番、岩淵正宏委員。

14番(岩淵正宏君) 大分疲れてきたようでございますが、398ページ。11款の2項道路橋梁災害復旧事業費でございます。
 予算額7,300万に対して、決算額が3,300万、繰越明許が1,500万ということで、ここで差額が出ているわけではございますが、主にこの使われた災害復旧費については、昨年の、昨年ていうか、台風10号のね、災害復旧に多くこう使われてきたということでございます。
 一般質問でやりました。このくらい予算、決算、差があるんであれば、この多くの不用額出さないで、この災害起きる前にその予防的措置、またはこの予算のある程度一部的な考えでもあって、その危険木伐採補助金とかそういうふうに当てられないかいうことで、次年度以降のね、政策に反映できるかできないかだけお答えください。

委員長(八木しみ子君) 土木管理課長、管原和夫君。

土木管理課長(管原和夫君) 今回の道路橋梁災害復旧費の不用額につきましては、2,400万という不用額でございますが、8月の台風に伴います復旧、災害の後、その後災害あるだろうということで9月補正で、補正させていただきまして、その後の災害に備えたということであったわけでございますが、結果的には不用額ということでございます。
 今お尋ねの要望、それから危険木ということでございますが、あくまでもその災害復旧というところでは、実際に起きたその災害を、原形復旧するということが基本ということでございますので、その辺については今後、何か別な形で何が検討できればなというふうに考えてございます。

委員長(八木しみ子君) よろしいですか。ほかに質疑ございませんか。
 質疑ございませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 質疑なしと認めます。11款災害復旧費、12款公債費、13款予備費の質疑を終わります。
 これで平成28年度登米市一般会計歳入歳出決算の質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) なしと認め、討論を終わります。
 これから認定第1号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり認定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 異議なしと認めます。よって、認定第1号 平成28年度登米市一般会計歳入歳出決算認定については、認定することに決定されました。
 ご苦労さまでございました。
 ここで説明員入れ替えのため暫、時休憩いたします。
 
          休憩 午後2時13分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時15分
 

委員長(八木しみ子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 認定第2号 平成28年度登米市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について、質疑を行います。
 質疑はありませんか。ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 質疑なしと認め、平成28年度登米市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定についての質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 討論なしと認めます。
 これから認定第2号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり認定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 異議なしと認めます。よって、認定第2号 平成28年度登米市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定については、認定することに決定されました。
 次に、認定第3号 平成28年度登米市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について、質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 質疑なしと認めます。平成28年度登米市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定についての質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 討論なしと認めます。
 これから認定第3号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり認定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 異議なしと認めます。よって、認定第3号 平成28年度登米市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定については、認定することに決定されました。
 認定第4号 平成28年度登米市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について、質疑を行います。
 質疑はありませんか。ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 討論なしと認めます。
 これから認定第4号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり認定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 異議なしと認めます。よって、認定第4号 平成28年度登米市介護保険特別会計歳入歳出決算認定については、認定することに決定されました。
 ここで、説明員入れ替えのため暫時休憩します。
 
          休憩 午後2時18分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時20分
 

委員長(八木しみ子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 認定第5号 平成28年度登米市土地取得特別会計歳入歳出決算認定について、質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 討論なしと認めます。
 これから認定第5号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり認定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 異議なしと認めます。よって、認定第5号 平成28年度登米市土地取得特別会計歳入歳出決算認定については、認定することに決定されました。
 次に、認定第6号 平成28年度登米市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 討論なしと認めます。
 これから認定第6号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり認定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 異議なしと認めます。よって、認定第6号 平成28年度登米市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定については、認定することに決定されました。
 次に、認定第7号 平成28年度登米市宅地造成事業特別会計歳入歳出決算認定について、質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 討論なしと認めます。
 これから認定第7号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり認定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 異議なしと認めます。よって、認定第7号 平成28年度登米市宅地造成事業特別会計歳入歳出決算認定については、認定することに決定されました。
 認定第8号 平成28年度登米市水道事業会計決算認定について、質疑を行います。
 質疑はありませんか。13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 28年度もさまざまな水道工事が行われておりますが、それをするには当然、設計工事もあるわけなんでありますが、お話に伺いますと、他の工事の例えば敷設外等々、設計と違ってですね、およそ2カ月というふうな工期、設計業務ですけれども、工期をおよそ2カ月と設定されているようであります。
 そうしたときに、事業者のお話を伺いますと通常、通常大体そうだと3カ月ぐらいな通常なんですが、水道事業所に2カ月くらい工期を設定してるってことなんですけれども、ただそのいわゆる落札した業者さんに、さまざまな資料が提供されるのにおよそ1カ月かかってると。実際に設計業務に入れるのには、1カ月しかないんだというふうないうことで、どうもその辺に対して、水道事業所のほうにもお話をしているんだが、なかなかそういった部分が改善されなくて、非常にその短い期間の中で、その成果品を出さなくちゃないのでというふうなことのお話がありますが、その辺の現状どの辺に、どのように理解をされておるか。また、それにそういった要望に対して、これまでどのような対応を取られてきているのか、何が課題というふうに認識されているのかお尋ねします。

委員長(八木しみ子君) 水道施設課長、鈴木哲弥君。

水道施設課長(鈴木哲弥君) お答えいたします。水道施設工事につきましては、設計を業務委託で行っているところでございますが、その中で設計期間の急ぐ期間の短いものということですが、主にですね、合現場、道路改良とかですね、県道等々の改良工事におきまして、相手の工事が現に進んでいる工事とかですね、そういうやつに関しましては、通常はもうちょっと期間取りたいところもありますが、相手の現場に合わせましてですね、協議しながら進めているところでございます。
 それでどおしてもですね、期間が取れない場合につきましては、部分納品みたいな形でですね対応させていただいております。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝君委員。

13番(關 孝君) 現場でのそのような状況が発生して、そういうふうに対応してるということは理解するんですが、それが常態化していないか。これまでもずっと割にそういうふうなことが非常に多くて、いいんです、2カ月の工期であるならば、その契約した次の日から仕事に入れるような状態の準備をしていただいて、設計に入れるんであればいいんです。
 ところが実際に、篤とおわかりでしょうけれども、その設計をするためのさまざまな資料が整うのが約1カ月かかるんだと。ですから、実際は1カ月しかその、実際にその業務をやるのには1カ月しかないんだということなんです。それでも努力はしてやるんですが、なかなか非常に大変なので、もう1カ月、せめてそのスタートと同時にですね、資料を準備して提供して、設計に入っていただけるようなことができないのか、というふうなことなんですが、その辺についてはどのようにお考えになっているんですか。

委員長(八木しみ子君) 水道施設課長、鈴木哲弥君。

水道施設課長(鈴木哲弥君) その辺につきましては、今後ですね、早めに資料の入手できるものにつきましては、早急に対応してまいりたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) ここで指摘したから今後じゃなくて、これまでも事業者さんがそういったお話しをしてきているのに、なかなか改善されてこなかったという事実があります。
 それからもう一つ指摘したいんですが、市が合併をして12年になりますけど、水道事業所は変わっておりません。そこにこれまでの水道事業所の体質を引きずってきているのではないのか、いうふうに思いますので、ぜひその点については、これまで水道事務所、いろんな改善をされてきて成果を上げてきていますので、その辺についてもやはり事業者、そうしたものがあっての工事ができるわけでありますので、ぜひその辺については十分研究、検討して、配慮していただきたいと思いますが、事業所長いかがでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 水道事業所長、羽生芳文君。

水道事業所長(羽生芳文君) ただいま委員ご指摘のとおりですね、これまでの委託、設計委託内容、精査総括いたしまして、これまで何て言うんでしょう、ご指摘あったとおりのこともあろうかとございますので、その辺精査総括して今後ともよくやっていきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) いいですか。ほかに質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) ございませんね。
 質疑なしと認め、平成28年度登米市水道事業会計決算認定についての質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 討論なしと認めます。
 これから認定第8号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり認定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 異議なしと認めます。よって、認定第8号 平成28年度登米市水道事業会計決算認定については、認定することに決定されました。
 ここで、説明員入れ替えのため暫時休憩します。
 
          休憩 午後2時30分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時31分
 

委員長(八木しみ子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 認定第9号、平成28年度登米市病院事業会計決算認定について質疑を行います。質疑はありませんか。質疑はありませんか。挙手してください。16番、中澤 宏委員。

16番(中澤 宏君) 私、何もやらないかと思っていたんですが。やれということだったので。一つだけやりますから。
 病院事業決算書の36ページでございます。36ページに病院の年間延べ患者数が出ております。ここで一般病床が6,554人減少し、地域包括ケア病床が3,635増え、また、回復リハ病床で878人が増えてる。全体としては、2,063人が減少したというような数字が載ってございます。
 病院事業からすれば、一般病床という医療報酬の高い報酬が減って、地域包括病床という意外と穏やかに入院される。そうした病院に少しずつ変わってきたのかなと、安いですね、安くて長期入院できる。そういう傾向になってきたのかなというふうなことが、傾向として感ずるところでございます。
 これは、もう一つ、患者の減もありますが、人口そのものが減少してるということもあって、また、病院そのものの中にあっては、高額な医療費を取れる症状から高齢者の皆さんですからね、そんなに多額に取れないというような状況に病院経営というのは、変わってきているんだということがこの数字から見れるのかなと思っております。
 そこでですね、今病院が持って診療所を持ってますが、この人口減少とともにこうした病院をずっと同じ形で維持できるのかということでございます。ここにもさまざまな修繕費がたくさん載ってございますし、これからもそうしたことが続くんだろうと思います。そしたら見通しというのは極めて大切だなと思っておりますが、病院改革プランであったり、あるいは中期、長期、中期的な見通しの計画で中でも、要するに行政だけでやることの限界ですね、そういう意味ではその民間の皆さんの力も借りてというような経営形態の見直しもあるわけでございますけれども、そうしたですね、将来に向けての検討というのはされてきたのかどうかお尋ねをしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 事業管理者、大内憲明君。

病院事業管理者(大内憲明君) この経営体の見直しについては、後ほどお答えいたしますが、委員ご指摘のとおり、今後の地域医療の形態については、国が定めた総合地域医療計画に基づいて、急性期、回復期、慢性期に今以降しつつあります。この数値を受けとめて、改定に向かっておりまして、その中で一般病床の扱い方、もちろん、急性期で手術等が必要なものは、これは流出してますので、戻すため努力をしておりますのでご理解ください。
 それで、今後の形態について、指定管理者制度を含めて検討に入らせていただきたいと思っております。

委員長(八木しみ子君) 16番、中澤 宏委員。

16番(中澤 宏君) 今、管理者から経営形態の見直しについてお話がありました。先ほどの学校の問題もなかなか決断ができなくてという話になって、この病院も同様だと思います。市長にお尋ねします。そうした管理者のお話もありました、議会としてもそうした方向がいいのではないかという声も多くありますが、市長の考えを改めてお尋ねします。

委員長(八木しみ子君) 熊谷市長。

市長(熊谷盛廣君) 中澤委員のご質問にお答えをさせていただきます。やはりどうしても高齢化、あるいは少子化っていう中で人口減というのはなかなか歯止めがかからない。そういう面もございます。そうした中で、いわゆる市立病院全般でいかにしてこれからのその中長期的に経営を維持していくかってことは大変、大きな問題だろうとそういうふうに思います。
 今、議会のほうでいろいろ皆様方のお考えがあろうかと思いますので、ぜひ、いろいろと相談をしながらの早め早めの対応ということで、将来像を描いていきたいとそういうふうに思ってるところでございます。

委員長(八木しみ子君) ほかに質疑ありませんか。13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 33ページの業務量、患者、利用者及び料金収入にかかわってお尋ねいたしますが、前年に比べてやはりこれだけの患者さんが減ってきた。
 これは、市民が健康になったと見るべきか、あるいは、よその病院でお世話になってるのかというふうな見方があるのだというふうに思いますが、依然として県内でも、自分の圏域の中での病院にかかっている率っていうのが非常に低い数値だというのは、管理者も既にご案内のことだと思っておりますが、やはりこれには接遇であったり、いろんなこの課題はあるんだろうっていうふうに思っております。
 接遇の面については、以前から比べれば、大分よくなって来てるなというのは実感いたしております。
 しかしながら、まだ一部そうでない対応がありまして、具体的に申し上げていいのかどうか、患者さんが「痰が詰まって苦しそうにしているので取っていただけないか」と家族がお願いをしたらば、「どうせだめなのだから」というふうな、例えばですね。そういった言葉を、「取ってもだめなんです。」ていうふうに言われたと、いうふうなお話があったりして。
 恐らく、ごく一部の方なんでしょけども、そういったことがどうしてもその病院の評判につながってるのではないのかなというふうに思っています。
 一方で、予約診療というふうな部分での、市民からの指摘が非常に多いわけであります。
 予約時間、予約診療が始まって2年以上になりますでしょうか。「予約の時間に行ってもなかなかその予約どおりに診療していただいたことがないんだ」ということで、長いと2時間、あるいは3時間、午前中の予約だったんですが、午後までかかったというふうなことで、その部分がいま一つ大きな、その、これは市民病院のことだと思うんですけども、市民病院の課題になってるのかなというふうな部分で思うんですが。
 このことに関して、現状、どのように把握しながら、そしてまたこういったものっていうのは、やっぱり常にその改善改革していかなくてはならないんだろうというふうに思うんですが、その辺の取組について、どのように取り組まれてるのかお尋ねしたいと思います。

委員長(八木しみ子君) 大内病院事業管理者。

病院事業管理者(大内憲明君) 關委員のご質問、接遇については、たびたび指摘されておりますが、各事例について詳細に調べますと、誤解もあるようですので、事例がありましたらお伝えください。それから、後半にもつながるんですけども、病院長への提言という意見箱がありますので、何らか問題点を感じましたらですね、ぜひ、市民の目線でいただければ医院長に届くし、場合によっては管理者にも届くようになっておりますので、どうぞ忌憚なく。
 私はですね、両方の問題ともスタッフ、医療人材の不足に尽きると思っております。なぜ、人材不足になっているかを皆さんに考えていただきたいと思います。一緒に考えたいと思います。
 昨日の白石等の議会ですね。刈田総合病院の同じ事業年度会計が公表されましたが、刈田総合病院は、病院事業の収益が約50億円です。こちらの登米市民病院、一つに限っても、同じ規模すけども、医師の数が登米市民病院は18名しかおりません。
 刈田総合病院は、23名おります。そういった観点で、先日、月曜日の総括質疑の中でも、私、述べましたが隣の大崎市民病院は、医師の数が160名以上います。そういったことを考えるに、やはり病院の外来等の患者数はでこぼこがあります。
 場合によっては、大変混乱する患者さん、診療があって、しかし、医師の数が足りないといったことが起こっておりますので、そういったことに対する対応がですね、かなり遅れていると、私は感じております。
 予約制をとっていても、それを処理しきれない、あるいは逆に閑散としている診療科もございますので、そういうとこを丁寧に検証しながら、今後のあり方について考えていきます。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) その状況によって、予約診療というのは、難しさがあるんだろうということも理解をしますし、また、緊急の患者が入った場合の対応もされてるということであると思うんですが。しかしながら、2時間、3時間といいますと、仙台の大学病院に行って、帰って来んにいい、午後になったら帰って来れますので、帰って来れるいい状況が、よその病院と比較して大変申しわけないんですけれども、2時間、3時間待たせるっていうのは具合悪くていくわけですので、大変な時間なんですね。
 私が思うには、例えば、1カ月ごとにそういったどれだけの待ち時間があるかというふうな部分を調査しながら、それを、例えば、来月は、「みんなで5分ずつ詰めましょう、10分ずつ詰めましょう。」ってやっていったら、1年に1時間詰まるわけですね。1時間というのは、これは足し算ではないのでですけど、そういった取組をぜひ、すべきだと。そういった改善、努力を続けていくべきだというふうに思うんですが、その辺についてはいかがでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 医事課長、照井正樹君。

医療局経営管理部医事課長(照井正樹君) 待ち時間の調査に関してお答えします。
 これに関しては、予約が始まった時点で随時調査をしております。大体のスパンとしては、3カ月置きくらいに調査をしまして、それをもとに院長先生のほうとも結果をお話しして、今後の改善のほうに向けて取り組んでいるところです。

委員長(八木しみ子君) 13番、關 孝委員。

13番(關 孝君) 取り組んでおられるということなんですが、どういった検討をされて取り組んでおられるのか、いまだそういった部分があって、改善が見られないのでというふうな市民の声でありますので、ぜひ、その辺については、院長先生、あるいは、その課長さん方のお話だけじゃないにして、スタッフ全部でこれをどう短縮していくか。それだけでも佐沼病院、いわゆる市民病院の満足度っていうのが上がってくるわけですので、今は、そのことが満足度を下げてる大きな要因になってるということを指摘したいと思います。

委員長(八木しみ子君) 医事課長、照井正樹君。

医療局経営管理部医事課長(照井正樹君) ご指摘受けましたとおり、それを職員のほうにフィードバックして改善を、さらに効果的に上げていくように進めていきたいと思います。

委員長(八木しみ子君) ほかに質疑ありませんか。21番、相澤吉悦委員。

21番(相澤吉悦君) 23ページお願いします。23ページお願いします。
 入院患者、患者様がですね、前年度よりも2,063人ですか、外来が2万なんぼだよね。このけくれい減っているということで、やっぱり私、何回もこのこと同じこと言うんですけども、やっぱり病院経営するに当たって、人が少なく、患者さんが少なくなるってことは、私、どっからも銭入ってこない、そっから辺のだから、全くうまくいかないなあと思ってで、ただ、減る要因としてんだらば、あのなんで減ってんのやとことなんですけども、もしかして、この先生と看護婦さんが少ないために、そのなかなか対応できねってことで減ってんでないかというふうに思うんですけども。
 その改善するのは、だから難しいことあるんだけども、私、今、言ったのまずがいだべが、あだってるべが、どっちだべ。お願いします。

委員長(八木しみ子君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 患者数減のご質問でございます。委員おっしゃるとおり、それが一つの大きな要因になっております。
 と言いますのは、平成27年度末と平成28年ではですね、医師が3名減っております。管理者答弁にもございましたけれども、うちは医師が少ないもんですから、一人当たりの診療報酬の関係のその収入の方ですね、それが1億3,000万ぐらいなっておりますけども、その医師が3名いないということは、とても大きな要因でございます。
 そのほか、さまざまなその要因が重なっております。手術をする外科医が市民病院で1減になっております。手術件数も27年は市民病院で425でしたが、28年度は293ということで、それだけでも入院患者さんが少ない、少なくなるということでございます。
 そのほか、もろもろの複合要因がございまして、委員おっしゃるとおり、医師が少ないということが一つの要因でございます。

委員長(八木しみ子君) 21番、相澤吉悦委員。

21番(相澤吉悦君) 大変、ご苦労さんでございます。ほかの病院よりも医師一人当たりの働いているお金が非常に高いということが前回の語らいでわかってはいたんですけども、ただ、一つの要因の中で、これだけの影響してくるなと思うんで、なかなか難しい面もあると思いますけども、今後に向けてですね、できるだけ努力し、病院のスタッフだけじゃなくして、我々もみんな、こいづについて一緒になって取り組んでいかなければ、だめだなというふうに思ってますんでで、まずは、「頑張ってけろ」ってしか言うとこないんですけどもしゃ。
 ただ、一つの、登米市の医療を守るためには、そればり言ってないで、必ずそのような方向に向けるように、努力していかなければなというふうに思いますので、私たちもこっちの人たちもみんな一緒になって市民もやっていぐというような覚悟で、私は思ってますんで、よろしくお願いします。
 もう一度、本当にご苦労さんでございます。

委員長(八木しみ子君) 答弁いりますね。答弁。医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) お言葉頂戴いたしまして、ありがとうございます。前向きに頑張りますんで、一つよろしくお願います。

委員長(八木しみ子君) ほかに質疑ありませんか。質疑なしと認めます。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君)これで、平成28年度登米市病院事業会計決算認定についての質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 討論なしと認めます。討論を終わります。
 これから、認定第9号を採決します。お諮りします。本案は、原案のとおり認定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 異議なしと認めます。よって、認定第9号 平成28年度登米市病院事業会計決算認定については、認定することに決定されました。
 ご苦労さまです。
 次に、認定第10号 平成28年度登米市老人保健施設事業会計決算認定について、質疑を行います。質疑はありませんか。
 3番、はい。もう少し手を大きく挙げて。3番、佐々木好博委員。

3番(佐々木好博君) ありがとうございます。別冊4の概要の説明にあるんですが、最後のページです、6ページ。利用者数が減少したものの要介護度の高い方の割合が増えたことや一般会計からの繰入金が増加したことで、収益が増加したほか云々って書いてあるんですが、これ要介護度の、利用者減少して、利益が増えたということは、料金が割高になってるっていうことで理解をしてよろしいでしょうか。

委員長(八木しみ子君) 豊里病院事務局事務長、高橋考規君。

豊里病院事務局事務長兼津山診療所事務局事務長兼登米市訪問介護ステーション事務局事務長兼豊里老人保健施設事務局事務長(高橋考規君) 議員の質問にお答えいたします。
 要介護度が上がるということはですね、負担の額が変わるということでございまして、全体的にですね、重症度の高い患者さんが多くなってくると一人当たりの負担額が変わるということでございます。

委員長(八木しみ子君) 3番、佐々木好博委員。

3番(佐々木好博君) それは、もっともなことではあるんですけれども、先ほど来のいろんな、質問のやり取りの中でもですね、やはり一般住民の方々、今、非常に大変な状況にある中でですね、負担がどんどんいろんなことで増えているといった中でですね、要介護度の高い方っていうのは、それだけ家族の負担等も大きいですし、大変な状況にあると思います。行政の考え方としてですね、そういう負担の大きい方に手厚い支援を行うという考えかたは、ないのでしょうかお伺いいたします。

委員長(八木しみ子君) どなたが答弁しますか。医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 要介護度の高い方への手厚い介護というところでございますね。まず、その診療報酬、介護報酬的にはですね、いずれその高くなりますけども、やはりその患者さんと、入所者さんと、それから私たちのこちらの医療側ということでですね、その気持ちをですね、しっかり守りますよというその気持ちをあらわしながらですね、対応してまいりたいと思います。
 いずれ、いろんなケースがあると思います。その人、その人に応じたですね、できる範囲での介護の対応をさせていただきたいなと思います。

委員長(八木しみ子君) 3番、佐々木好博君。

3番(佐々木好博君) 本当に一人一人状況が違うと思いますが、一律に「決まりがこうだから、こういうふうになります。」ということではなくて、やはり介護というのは、心と心のつながりが一番大事でございます。
 命ある限り、同じ人間でございますので、そういったところへの心の支援こういったものを非常に大事だと思いますので、心のこもった介護というところを十分ご考慮されていただきたいと思います。その辺お願いして、質疑を終わります。

委員長(八木しみ子君) 答弁はどうします。聞きますか、もう一回ね。市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) これまでのご意見をですね、参考にするというわけじゃございませんけども、第7期の高齢者介護事業計画の中でですね、そういった部分についても整理させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

委員長(八木しみ子君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 豊里老人保健施設に限ってですね、ちょっと限定してお話しさせていただきます。
 やはり、ご家族の介護というのも大変ですし、それからあとは、入所者さんそのものも非常に大変な状況だと思います。
 心とですね、それから言葉とそれを態度にあらわしていくこれが非常に大事だと思いますんで、それはこちらのスタッフですね、重々わかっておりますんで、それを今後ともですね、さらに心を込めながら対応させていただきますので、よろしくお願いします。

委員長(八木しみ子君) ほかに質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)
 質疑なしと認め、平成28年度 登米市老人保健施設事業会計決算認定についての質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 討論なしと認めます。
 これから認定第10号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり認定することにご異議ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 異議なしと認めます。よって、認定第10号 平成28年度登米市老人保健施設事業会計決算認定については、認定することに決定されました。
 これで、本委員会に付託された認定第1号 平成28年度登米市一般会計歳入歳出決算認定についてから、認定第10号 平成28年度登米市老人保健施設事業会計決算認定についてまでの10議案の審査は、全て終了しました。
 この結果は議長宛てに報告します。各議案とも原案のとおり認定されました。この結果は、議長宛てに報告します。
 お諮りします。委員会報告書の作成は、委員長に一任願いたいと思います。これにご異議ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(八木しみ子君) 異議なしと認めます。よって委員会報告書の作成は、委員長に一任することに決定しました。
 これで決算審査特別委員会を閉会します。
 長い間、審査にご協力いただき、誠にありがとうございました。大変ご苦労さまでした。
 
          散会 午後2時58分

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>