•   0  (日程・名簿)
  •   1  議長(及川昌憲)
  •   2  5番(岩渕正弘)
  •   3  議長(及川昌憲)
  •   4  市長(熊谷盛廣)
  •   5  議長(及川昌憲)
  •   6  病院事業管理者(大内憲明)
  •   7  議長(及川昌憲)
  •   8  5番(岩渕正弘)
  •   9  議長(及川昌憲)
  •  10  医療局次長(大森國弘)
  •  11  議長(及川昌憲)
  •  12  5番(岩渕正弘)
  •  13  議長(及川昌憲)
  •  14  医療局次長(大森國弘)
  •  15  議長(及川昌憲)
  •  16  5番(岩渕正弘)
  •  17  議長(及川昌憲)
  •  18  医療局次長(大森國弘)
  •  19  議長(及川昌憲)
  •  20  5番(岩渕正弘)
  •  21  議長(及川昌憲)
  •  22  医療局次長(大森國弘)
  •  23  議長(及川昌憲)
  •  24  病院事業管理者(大内憲明)
  •  25  議長(及川昌憲)
  •  26  5番(岩渕正弘)
  •  27  議長(及川昌憲)
  •  28  医療局次長(大森國弘)
  •  29  議長(及川昌憲)
  •  30  5番(岩渕正弘)
  •  31  議長(及川昌憲)
  •  32  医療局次長(大森國弘)
  •  33  議長(及川昌憲)
  •  34  5番(岩渕正弘)
  •  35  議長(及川昌憲)
  •  36  医療局次長(大森國弘)
  •  37  議長(及川昌憲)
  •  38  5番(岩渕正弘)
  •  39  議長(及川昌憲)
  •  40  医療局次長(大森國弘)
  •  41  議長(及川昌憲)
  •  42  5番(岩渕正弘)
  •  43  議長(及川昌憲)
  •  44  医療局次長(大森國弘)
  •  45  議長(及川昌憲)
  •  46  5番(岩渕正弘)
  •  47  議長(及川昌憲)
  •  48  医療局次長(大森國弘)
  •  49  議長(及川昌憲)
  •  50  5番(岩渕正弘)
  •  51  議長(及川昌憲)
  •  52  医療局次長(大森國弘)
  •  53  議長(及川昌憲)
  •  54  5番(岩渕正弘)
  •  55  議長(及川昌憲)
  •  56  医療局次長(大森國弘)
  •  57  議長(及川昌憲)
  •  58  5番(岩渕正弘)
  •  59  議長(及川昌憲)
  •  60  医療局次長(大森國弘)
  •  61  議長(及川昌憲)
  •  62  5番(岩渕正弘)
  •  63  議長(及川昌憲)
  •  64  医療局次長(大森國弘)
  •  65  議長(及川昌憲)
  •  66  5番(岩渕正弘)
  •  67  議長(及川昌憲)
  •  68  医療局次長(大森國弘)
  •  69  議長(及川昌憲)
  •  70  5番(岩渕正弘)
  •  71  議長(及川昌憲)
  •  72  市長(熊谷盛廣)
  •  73  議長(及川昌憲)
  •  74  5番(岩渕正弘)
  •  75  議長(及川昌憲)
  •  76  市長(熊谷盛廣)
  •  77  議長(及川昌憲)
  •  78  5番(岩渕正弘)
  •  79  議長(及川昌憲)
  •  80  市長(熊谷盛廣)
  •  81  議長(及川昌憲)
  •  82  5番(岩渕正弘)
  •  83  議長(及川昌憲)
  •  84  市長(熊谷盛廣)
  •  85  議長(及川昌憲)
  •  86  5番(岩渕正弘)
  •  87  議長(及川昌憲)
  •  88  市長(熊谷盛廣)
  •  89  議長(及川昌憲)
  •  90  5番(岩渕正弘)
  •  91  議長(及川昌憲)
  •  92  市民生活部長(新井誠志)
  •  93  議長(及川昌憲)
  •  94  農業委員会事務局長(佐藤真吾)
  •  95  議長(及川昌憲)
  •  96  5番(岩渕正弘)
  •  97  議長(及川昌憲)
  •  98  市長(熊谷盛廣)
  •  99  議長(及川昌憲)
  • 100  1番(上野晃)
  • 101  議長(及川昌憲)
  • 102  市長(熊谷盛廣)
  • 103  議長(及川昌憲)
  • 104  1番(上野晃)
  • 105  議長(及川昌憲)
  • 106  市長(熊谷盛廣)
  • 107  議長(及川昌憲)
  • 108  1番(上野晃)
  • 109  議長(及川昌憲)
  • 110  市長(熊谷盛廣)
  • 111  議長(及川昌憲)
  • 112  1番(上野晃)
  • 113  議長(及川昌憲)
  • 114  市長(熊谷盛廣)
  • 115  議長(及川昌憲)
  • 116  1番(上野晃)
  • 117  議長(及川昌憲)
  • 118  市長(熊谷盛廣)
  • 119  議長(及川昌憲)
  • 120  1番(上野晃)
  • 121  議長(及川昌憲)
  • 122  市長(熊谷盛廣)
  • 123  議長(及川昌憲)
  • 124  1番(上野晃)
  • 125  議長(及川昌憲)
  • 126  議長(及川昌憲)
  • 127  副市長(藤井敏和)
  • 128  議長(及川昌憲)
  • 129  市長(熊谷盛廣)
  • 130  議長(及川昌憲)
  • 131  1番(上野晃)
  • 132  議長(及川昌憲)
  • 133  総務部長(千葉雅弘)
  • 134  議長(及川昌憲)
  • 135  1番(上野晃)
  • 136  議長(及川昌憲)
  • 137  14番(岩淵正宏)
  • 138  議長(及川昌憲)
  • 139  市長(熊谷盛廣)
  • 140  議長(及川昌憲)
  • 141  教育長(佐藤信男)
  • 142  議長(及川昌憲)
  • 143  14番(岩淵正宏)
  • 144  議長(及川昌憲)
  • 145  市長(熊谷盛廣)
  • 146  議長(及川昌憲)
  • 147  14番(岩淵正宏)
  • 148  議長(及川昌憲)
  • 149  市長(熊谷盛廣)
  • 150  議長(及川昌憲)
  • 151  14番(岩淵正宏)
  • 152  議長(及川昌憲)
  • 153  市長(熊谷盛廣)
  • 154  議長(及川昌憲)
  • 155  14番(岩淵正宏)
  • 156  議長(及川昌憲)
  • 157  建設部長(中津川源正)
  • 158  議長(及川昌憲)
  • 159  14番(岩淵正宏)
  • 160  議長(及川昌憲)
  • 161  市長(熊谷盛廣)
  • 162  議長(及川昌憲)
  • 163  14番(岩淵正宏)
  • 164  議長(及川昌憲)
  • 165  市長(熊谷盛廣)
  • 166  議長(及川昌憲)
  • 167  14番(岩淵正宏)
  • 168  議長(及川昌憲)
  • 169  教育長(佐藤信男)
  • 170  議長(及川昌憲)
  • 171  14番(岩淵正宏)
  • 172  議長(及川昌憲)
  • 173  企画部長(秋山茂幸)
  • 174  議長(及川昌憲)
  • 175  市長(熊谷盛廣)
  • 176  議長(及川昌憲)
  • 177  14番(岩淵正宏)
  • 178  議長(及川昌憲)
  • 179  市長(熊谷盛廣)
  • 180  議長(及川昌憲)
  • 181  14番(岩淵正宏)
  • 182  議長(及川昌憲)
  • 183  議長(及川昌憲)
  • 184  企画部長(秋山茂幸)
  • 185  議長(及川昌憲)
  • 186  14番(岩淵正宏)
  • 187  議長(及川昌憲)
  • 188  市長(熊谷盛廣)
  • 189  議長(及川昌憲)
  • 190  議長(及川昌憲)
  • 191  23番(及川長太郎)
  • 192  議長(及川昌憲)
  • 193  選挙管理委員会委員長(髙橋正勝)
  • 194  議長(及川昌憲)
  • 195  議長(及川昌憲)
  • 196  23番(及川長太郎)
  • 197  議長(及川昌憲)
  • 198  選挙管理委員会事務局次長(遠藤貞)
  • 199  議長(及川昌憲)
  • 200  23番(及川長太郎)
  • 201  議長(及川昌憲)
  • 202  選挙管理委員会事務局次長(遠藤貞)
  • 203  議長(及川昌憲)
  • 204  23番(及川長太郎)
  • 205  議長(及川昌憲)
  • 206  選挙管理委員会委員長(髙橋正勝)
  • 207  議長(及川昌憲)
  • 208  23番(及川長太郎)
  • 209  議長(及川昌憲)
  • 210  市長(熊谷盛廣)
  • 211  議長(及川昌憲)
  • 212  選挙管理委員会委員長(髙橋正勝)
  • 213  議長(及川昌憲)
  • 214  23番(及川長太郎)
  • 215  議長(及川昌憲)
  • 216  選挙管理委員会委員長(髙橋正勝)
  • 217  議長(及川昌憲)
  • 218  23番(及川長太郎)
  • 219  議長(及川昌憲)
  • 220  選挙管理委員会事務局次長(遠藤貞)
  • 221  議長(及川昌憲)
  • 222  23番(及川長太郎)
  • 223  議長(及川昌憲)
  • 224  選挙管理委員会事務局次長(遠藤貞)
  • 225  議長(及川昌憲)
  • 226  23番(及川長太郎)
  • 227  議長(及川昌憲)
  • 228  市長(熊谷盛廣)
  • 229  議長(及川昌憲)
  • 230  23番(及川長太郎)
  • 231  議長(及川昌憲)
  • 232  選挙管理委員会委員長(髙橋正勝)
  • 233  議長(及川昌憲)
  • 234  23番(及川長太郎)
  • 235  議長(及川昌憲)
  • 236  選挙管理委員会事務局次長(遠藤貞)
  • 237  議長(及川昌憲)
  • 238  23番(及川長太郎)
  • 239  議長(及川昌憲)
  • 240  選挙管理委員会委員長(髙橋正勝)
  • 241  議長(及川昌憲)
  • 242  23番(及川長太郎)
  • 243  議長(及川昌憲)
  • 244  選挙管理委員会事務局次長(遠藤貞)
  • 245  議長(及川昌憲)
  • 246  23番(及川長太郎)
  • 247  議長(及川昌憲)
  • 248  選挙管理委員会委員長(髙橋正勝)
  • 249  議長(及川昌憲)
  • 250  23番(及川長太郎)
  • 251  議長(及川昌憲)
  • 252  選挙管理委員会事務局次長(遠藤貞)
  • 253  議長(及川昌憲)
  • 254  23番(及川長太郎)
  • 255  議長(及川昌憲)
  • 256  選挙管理委員会委員長(髙橋正勝)
  • 257  議長(及川昌憲)
  • 258  議長(及川昌憲)
  • 259  22番(熊谷憲雄)
  • 260  議長(及川昌憲)
  • 261  市長(熊谷盛廣)
  • 262  議長(及川昌憲)
  • 263  教育長(佐藤信男)
  • 264  議長(及川昌憲)
  • 265  病院事業管理者(大内憲明)
  • 266  議長(及川昌憲)
  • 267  22番(熊谷憲雄)
  • 268  議長(及川昌憲)
  • 269  教育部長(大柳晃)
  • 270  議長(及川昌憲)
  • 271  22番(熊谷憲雄)
  • 272  議長(及川昌憲)
  • 273  教育部長(大柳晃)
  • 274  議長(及川昌憲)
  • 275  22番(熊谷憲雄)
  • 276  議長(及川昌憲)
  • 277  医療局次長(大森國弘)
  • 278  議長(及川昌憲)
  • 279  22番(熊谷憲雄)
  • 280  議長(及川昌憲)
  • 281  医療局次長(大森國弘)
  • 282  議長(及川昌憲)
  • 283  22番(熊谷憲雄)
  • 284  議長(及川昌憲)
  • 285  医療局次長(大森國弘)
  • 286  議長(及川昌憲)
  • 287  22番(熊谷憲雄)
  • 288  議長(及川昌憲)
  • 289  医療局次長(大森國弘)
  • 290  議長(及川昌憲)
  • 291  議長(及川昌憲)
  • 292  22番(熊谷憲雄)
  • 293  議長(及川昌憲)
  • 294  医療局次長(大森國弘)
  • 295  議長(及川昌憲)
  • 296  22番(熊谷憲雄)
  • 297  議長(及川昌憲)
  • 298  医療局次長(大森國弘)
  • 299  議長(及川昌憲)
  • 300  22番(熊谷憲雄)
  • 301  議長(及川昌憲)
  • 302  22番(熊谷憲雄)
  • 303  議長(及川昌憲)
  • 304  医療局次長(大森國弘)
  • 305  議長(及川昌憲)
  • 306  22番(熊谷憲雄)
  • 307  議長(及川昌憲)
  • 308  医療局次長(大森國弘)
  • 309  議長(及川昌憲)
  • 310  22番(熊谷憲雄)
  • 311  議長(及川昌憲)
  • 312  市長(熊谷盛廣)
  • 313  議長(及川昌憲)
  • 314  22番(熊谷憲雄)
  • 315  議長(及川昌憲)
  • 316  8番(日下俊)
  • 317  議長(及川昌憲)
  • 318  市長(熊谷盛廣)
  • 319  議長(及川昌憲)
  • 320  8番(日下俊)
  • 321  議長(及川昌憲)
  • 322  産業経済部長(丸山仁)
  • 323  議長(及川昌憲)
  • 324  議長(及川昌憲)
  • 325  8番(日下俊)
  • 326  議長(及川昌憲)
  • 327  産業経済部長(丸山仁)
  • 328  議長(及川昌憲)
  • 329  8番(日下俊)
  • 330  議長(及川昌憲)
  • 331  産業経済部長(丸山仁)
  • 332  議長(及川昌憲)
  • 333  8番(日下俊)
  • 334  議長(及川昌憲)
  • 335  市長(熊谷盛廣)
  • 336  議長(及川昌憲)
  • 337  8番(日下俊)
  • 338  議長(及川昌憲)
  • 339  議長(及川昌憲)
  • 340  産業経済部長(丸山仁)
  • 341  議長(及川昌憲)
  • 342  8番(日下俊)
  • 343  議長(及川昌憲)
  • 344  産業経済部長(丸山仁)
  • 345  議長(及川昌憲)
  • 346  8番(日下俊)
  • 347  議長(及川昌憲)
  • 348  産業経済部長(丸山仁)
  • 349  議長(及川昌憲)
  • 350  8番(日下俊)
  • 351  議長(及川昌憲)
  • 352  産業経済部長(丸山仁)
  • 353  議長(及川昌憲)
  • 354  17番(浅田修)
  • 355  議長(及川昌憲)
  • 356  市長(熊谷盛廣)
  • 357  議長(及川昌憲)
  • 358  市長(熊谷盛廣)
  • 359  議長(及川昌憲)
  • 360  議長(及川昌憲)
  • 361  17番(浅田修)
  • 362  議長(及川昌憲)
  • 363  市長(熊谷盛廣)
  • 364  議長(及川昌憲)
  • 365  17番(浅田修)
  • 366  議長(及川昌憲)
  • 367  市長(熊谷盛廣)
  • 368  議長(及川昌憲)
  • 369  17番(浅田修)
  • 370  議長(及川昌憲)
  • 371  市長(熊谷盛廣)
  • 372  市長(熊谷盛廣)
  • 373  議長(及川昌憲)
  • 374  市長(熊谷盛廣)
  • 375  議長(及川昌憲)
  • 376  17番(浅田修)
  • 377  議長(及川昌憲)
  • 378  市長(熊谷盛廣)
  • 379  議長(及川昌憲)
  • 380  17番(浅田修)
  • 381  議長(及川昌憲)
  • 382  市長(熊谷盛廣)
  • 383  議長(及川昌憲)
  • 384  17番(浅田修)
  • 385  議長(及川昌憲)
  • 386  市長(熊谷盛廣)
  • 387  議長(及川昌憲)
  • 388  17番(浅田修)
  • 389  議長(及川昌憲)
  • 390  副市長(藤井敏和)
  • 391  議長(及川昌憲)
  • 392  17番(浅田修)
  • 393  議長(及川昌憲)
  • 394  市長(熊谷盛廣)
  • 395  議長(及川昌憲)
  • 396  17番(浅田修)
  • 397  議長(及川昌憲)
  • 398  市長(熊谷盛廣)
  • 399  議長(及川昌憲)
      平成29年2回登米市議会定例会 6月定期議会 会議録(第4号)
 平成29年6月27日(火曜日)
1.出席議員(26名)
   1番 上 野   晃 君       2番 曽 根 充 敏 君
   3番 佐々木 好 博 君       4番 須 藤 幸 喜 君
   5番 岩 渕 正 弘 君       6番 佐 藤 千賀子 君
   7番 熊 谷 和 弘 君       8番 日 下   俊 君
   9番 佐々木 幸 一 君      10番 氏 家 英 人 君
  11番 工 藤 淳 子 君      12番 武 田 節 夫 君
  13番 關     孝 君      14番 岩 淵 正 宏 君
  15番 伊 藤 吉 浩 君      16番 中 澤   宏 君
  17番 浅 田   修 君      18番 佐 藤 恵 喜 君
  19番 田 口 政 信 君      20番 沼 倉 利 光 君
  21番 相 澤 吉 悦 君      22番 熊 谷 憲 雄 君
  23番 及 川 長太郎 君      24番 八 木 しみ子 君
  副議長 伊 藤   栄 君      議 長 及 川 昌 憲 君

1.欠席議員(なし)
1.遅刻議員(1名)
  24番 八 木 しみ子 君
1.早退議員(1名)
  23番 及 川 長太郎 君
1.中座議員(なし)

1.説明のため出席した者の氏名
  市長         熊 谷 盛 廣 君    副市長        藤 井 敏 和 君
  副市長        栗 山 健 作 君    総務部長       千 葉 雅 弘 君
  企画部長       秋 山 茂 幸 君    市民生活部長     新 井 誠 志 君
  産業経済部長     丸 山   仁 君    建設部長       中津川 源 正 君
  総務部次長兼
  市長公室長      佐 藤 裕 之 君    財政課長       高 橋 一 真 君
  福祉事務所長     加 藤   均 君    環境事業所長     千 葉 祐 宏 君
  危機管理監      木 村 達 之 君    会計管理者      冨士原   徹 君
  教育長        佐 藤 信 男 君    教育部長       大 柳   晃 君
  病院事業管理者    大 内 憲 明 君    医療局次長      大 森 國 弘 君
  農業委員会事務局長  佐 藤 真 吾 君    水道事業所長     羽 生 芳 文 君
  消防本部消防長    鈴 木 軍 雄 君    監査委員事務局長   遠 藤   仁 君

1.事務局出席職員氏名
  議会事務局長     伊 藤 隆 敏 君    議会事務局次長    田 辺 賢 一 君
  主幹兼議事・調査係長 後 藤 光 彦 君    議事・調査係主幹   千 葉 牧 恵 君
  議事・調査係主査   菅 原   仁 君    議事・調査係主査   三 浦 正 弘 君
  議事・調査係主査   主 藤 貴 宏 君	

1.本日の会議に付した事件
  第1 会議録署名議員の指名
  第2 一般質問
          開会 午前9時30分
議長(及川昌憲君) おはようございます。
 ただいまから、平成29年第2回登米市議会定例会6月定期議会4日目の会議を開きます。
 24番、八木しみ子君から遅参の申し出があります。
 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりです。
 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第90条の規定により、15番、伊藤吉浩君、16番、中澤 宏君の二人を指名します。
 日程第2、昨日に引き続き一般質問を行います。
 通告の順に質問を許可します。5番、岩渕正弘君の質問を許します。

5番(岩渕正弘君) 皆さん、おはようございます。
 それではですね、5番、岩渕正弘です。よろしくお願いします。
 登米市議会議員規則第64条第2項の規定により、一般質問通告いたします。
 質問事項、登米市市民病院事業中長期計画について。2、庁舎建設反対について。3、空き家、耕作放棄地について。
 1番のですね、登米市病院事業中期計画についてはですね、計画中の52ページの記載の経営損益の考え方について伺う。
 あとは、計画中、P53ページの記載の建設改良費の考え方について伺う。
 3、患者の流出率45%の原因をどのように分析するか伺う。
 4番、小児科・産婦人科増設よりも、先端医療センター病院の建設を優先にするべきと思うが、考えを伺う。
 2番の建設反対について、建設反対の理由を具体的に伺う。
 2番、現状における分庁舎機能の効果と課題をどのように捉えるか伺う。
 3番、旧市町における年間経費は。人件費以外の全ての経費ですね、これを項目別に種ごとに伺う。
 3番、空き家、耕作放棄地について。
 1、所有者が不明となっているものは、どの程度あるか。また、これから対策をどう考えているか伺う。
 所有者が不明となっているので、相続未完や相続人がわからない不動産はどの程度あるか伺う。
 この3点について伺います。以上です。

議長(及川昌憲君) 答弁を求めます。市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 5番、岩渕正弘議員のご質問にお答えいたします。
 私からは、2点目の「庁舎建設反対」について、3点目の「空き家、耕作放棄地」についてお答えし、そのほかのご質問については、病院事業管理者から答弁させます。
 「庁舎建設反対」について、3点のご質問がありました。
 初めに、1点目の「庁舎建設反対の理由を具体的に伺う」についてでありますが、4月の市長選挙において、私は市民との対話による市民の視点に立った行政運営を一貰して訴え続けた中で、多くの市民皆様からは、「新庁舎建設に予算を投入するよりも、福祉や子育て、地域活性化、若者定住対策へ予算を回すべきではないか」との声があったところであります。
 また、新庁舎建設に対する財政負担についても、市民にとっては大きな不安要素となっており、既存施設を有効活用することが最善であると考えたところであります。
 次に、2点目の「現状における分庁舎機能の効果と課題をどのように捉えているか伺う」についてでありますが、分庁舎方式並びに総合支所方式を今後継続した場合の効果については、それぞれの施設の有効活用ができ、これらの施設が合併前の役場庁舎として、市民に広く認知されており、また、それぞれの施設の存在が行政活動の拠点として、地域の活性化や地域経済に与える影響も少なからずあるものと感じております。
 また、分庁舎方式並びに総合支所方式を今後継続した場合の課題については、複数の用件がある市民の皆様にとっては、庁舎間の移動を伴うなどの不便があり、職員の事務効率の観点からは、事務決裁や会議などの移動時間と公用車利用による維持管理経費上の非効率な面があると思われますが、多くの市民皆様にとっての利便性や効率性の観点においては、大きな問題はないものと考えております。
 次に、3点目の「9支所における年間経費を項目別に支所ごとに伺う」についてでありますが、9総合支所における年間の維持管理費としましては、平成27年度決算ベースでは、迫が約4,393万円、中田が約4,372万円、南方が約3,572万円、登米が約2,057万円、東和が約2,454万円、豊里が約1,055万円、米山が約1,922万円、石越が約2,070万円、津山が約1,290万円、9支所合計で約2億3,185万円となっており、その主な経費については、光熱水費や消耗品、電話料、宿日直や清掃、施設保守委託業務などであります。
 次に、「空き家、耕作放棄地」についてお答えいたします。
 初めに、「空き家」についてですが、本市では、危険な空き家の状況調査を目的として、平成25年度に市内全域での空き家の調査と台帳の整備を行い、以降、逐次調査を行ってきております。
 平成28年度末現在における市内の空き家については810戸となっており、また、このうち相続手続が未完了のものや相続人が不明なものなどを含め、空き家台帳上で所有者が不明となっている空き家は101戸となっております。
 これらの空き家については、その利活用を促進するため、「登米市空き家情報バンク事業」、あるいは、空き家を改修する場合にその費用の一部を助成する「登米市空き家改修事業補助金」を設けており、これらの事業については、広報紙などによる周知のほか、市外在住の固定資産の所有者の皆様に対しても本制度をお知らせすることなどにより、空き家の利活用の推進を図っているところです。
 また、所有者が死亡し、未相続となっている場合については、相続人に固定資産、現所有者届を提出していただきながら、現に所有している方の把握に努めております。
 さらに、現在、所有者が不明な空き家に関しましても、戸籍や登記簿の調査などにより、所有者及び相続者等の把握に努めてまいります。
 なお、空き家のうち倒壊等の恐れがあるものについては、適正な管理を求める通知により自発的に危険を解消するよう促しており、これまで解体を含め、危険な状態にあります空き家の改善が図られております。
 一方で、改善の意向を示さなかった空き家の所有者については、倒壊の危険性に応じて登米市空家等の適正管理に関する条例及び空家等対策の推進に関する特別措置法に基づき、立ち入り調査を行った上で特定空き家として認定し、危険の解消に向けた助言・指導を行っているところであります。
 空き家は個人の財産であり、話し合いによる解決を基本としてまいりますが、それでもなお改善が見られない場合には、議会の承認を経て代執行による除却を行い、危険解消を図ることも規定しているところであります。
 今後においても、市民皆様の安全・安心の確保を図るため、地域住民へ深刻な影響を及ぼす管理不全な空き家の解消に努めてまいります。
 次に、「耕作放棄地」についてでありますが、農業委員会では、農地法改正により耕作放棄地対策が強化されたことに伴い、平成27年度から農地利用状況調査で遊休農地と判断した農地の所有者に対し利用意向調査を行っており、これまでの調査において所有者が不明となっている遊休農地は1.9ヘクタールとなっております。
 これらの対策としましては、農地法に基づく所有者不明の遊休農地の公示制度により、当該農地について所有者等を確認することができない旨を農業委員会が公示することにより、一定の期間の後に所有者等からの申出がなければ農地中間管理機構へその旨を通知し、機構が定める借り受けの条件に照らし合わせ、県の裁定を受けた後に機構が借り受けることで、借り受け希望農家等へ貸し出すことにより解消を図るものです。
 一方で、現在までに本制度により借り受け希望農家へ貸し出されたケースは、全国で2例のみとなっており、機構が借り受けできない場合は、その旨、農業委員会に通知されます。
 また、遊休農地の調査とは別に、全国の農業委員会では相続未登記農地の実態調査を実施しており、本市における昨年7月の調査では所有者が死亡し、相続手続きが行われていない農地は1万4,069筆、1,921ヘクタールとなっています。
 未登記の要因としましては、相続人の協議が調わない相続人が所在不明、登記費用の負担、登記の必要な状況が迫っていないなどが考えられますが、農業委員会では、所有者の所在等が不明な農地を増やさず有効な利用を図るため、来庁した相談者の皆様に末相続農地がある場合については、相続登記を行うよう指導しているところです。
 また、農業委員会だよりを活用し、周知するなど相続登記の促進に取り組んでいるところでもあります。
 なお、相続登記末完了により相続人が共有状態となっている農地については、平成21年12月から農業経営基盤強化促進法が改正され、相続人の過半数の同意により利用権設定が可能となるなど要件緩和されており、これらの制度も活用しながら農地の有効利用に努めてまいります。
 私からの答弁は、以上とさせていただきます。

議長(及川昌憲君) 病院事業管理者、大内憲明君。

病院事業管理者(大内憲明君) 私からは、「登米市病院事業中長期計画」についてお答えいたします。
 「登米市市民病院事業中期計画」について、4点のご質問ありました。
 初めに、1点目の「経常損益の考え方」についてでありますが、収支計画における経常損益については、医業収益と医業外収益を合わせた経常収益から、医業費用と医業外費用を合わせた経常費用を差し引いた年間の経営状況を表す重要な資料であります。
 今回の収支計画で登米市民病院の平成27年度実績における経常損益は、3億5,500万円の赤字となっております。
 本計画の基本計画に掲げております主要方策等について着実に取り組み、医療体制の充実と経営改善を図りながら、平成32年度の経常収支の黒字化を目指す計画としております。
 次に、2点目の「建設改良費の考え方」についてでありますが、収支計画における建設改良費は、老朽化に対応した施設の改修費用のほか、医療機器や医療情報システムなどの整備費用を計上したものであります。
 病院事業における現在の経営状況では、建設改良費を含む資本的支出に対して、医師財源の確保ができない状況であり、施設の改修や医療機器の導入などの建設改良費の全額を一般会計からの繰入金で対応している現状であります。
 今後においても、赤字解消に取り組みながら建設改良費の財源確保に努めるとともに、計画的な施設の維持管理、医療機器などの整備による医療提供体制の充実を図ってまいります。
 次に3点目の「患者の流出率45%の原因をどのように分析するか」についてでありますが、本計画書にありますとおり、登米市民の入院受療の医療圏については、全体の44.8%が登米医療圏以外で受療している状況となっております。
 これは、本市の疾病構造で高い割合となっている脳疾患や心臓疾患などの高度な急性期医療について、他の医療圏の高度急性期病院に託していることから、他の医療圏での受療率が高い数値となっているものと考えております。
 登米市病院事業においては、一般の急性期医療から回復期及び慢性期、在宅医療までの切れ目のない医療をしっかりと担う体制整備を行うとともに、近隣の高度急性期病院で急性期を脱した後の回復期に至る患者の皆様の受け入れについて連携を図りながら、市立病院で受療する割合の向上に努めていきたいと考えております。
 次に4点目の「小児科、産婦人科増設よりも、先端医療センター病院の建設を優先すべきと思うが、考えを問う」についてでありますが、先端医療センター病院とは、標準的な医療では対応困難な疾病を克服するためのがん治療やPET検査、再生医療などの分野における先進的な医療が行える病院であると考えています。
 病院事業としましては、高度な医療は石巻赤十字病院、あるいは大崎市民病院に託し、本市の市立病院では、頻度の高い一般急性期医療や回復期医療等の機能をしっかりと担うことを優先すべきと考えていることから、まずは地域に必要な医療を確保するための体制づくりに向けた施設や医療機器等の整備のあり方について検討してまいります。
 以上です。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) 中期計画の中で52ページ、経常損益ということでなんですけども、27年度は3億5,500万、32年度はプラス4,000万になってるんですけども、これについて根拠についてですね、市長に伺いたいんですけどもよろしいですか。
 医療管理者っていうより、じゃあ次長のほうでお願いします。大森次長のほうで。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 経常損益の根拠ということで、ご質問いただきました。
 52ページは、登米市民病院の詳細を書いてございます。病院事業全体のほうはですね、48ページとなっております。
 この48ページのほうは、全ての病院診療所の集約となっております。市民病院のほうですね、中長期計画が43ページにございます21の取組項目がございます。この中で、年度ごとにさまざまな取組ございますけれども、特に寄附講座、それから、あとは寄附講座によるその医師の招聘がこの登米市民病院にかかわる部分でございます。
 その他ですね、寄附講座の設置、それからの教員の派遣等を見込んでおります。
 それから、救急搬送率の向上とかそういったものをですね、この21項目の中で登米市民病院に該当するものをということで計上しております。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) 赤字がですね、急にプラスになってるわけですから、そのプラスの要因、そして今は少子高齢化に向かっている中でどうして、何ていうか、利益が生めるのかなと。人口減少の中で増益、増収っていうことは考えられないんじゃないかっていうことを言ってるんですけども、それなんですよね。
 よろしくお願いします。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 市長答弁、管理者答弁でもございましたけれども、医療機器の購入、それから入院医療機器の購入、それから人材の確保、これを図りましてですね、患者数の増を図っていきたいということでございます。この数字の詳細についてはですね、ちょっと今、即答できませんけれども、そういった取組をして患者数の増を図っていくということでございます。
 また、経費の削減ということもございます。そういった収支をしっかり管理してですね、取り組んでまいりたいということでございます。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) 結論から言いますと、32年度には必ず黒字化になるということでよろしいですね。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) この中長期計画をしっかり実行して、その目標に向かって鋭意努力してまいります。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) 中長期計画、基本構想、これ10年になってますけれども、基本的な計画を前期で5年、後期で5年で10年になっています。このスパンが普通、一般的にはですね、3年、長くても5年になっているんですよ。そういったような形で、10年の中にすごい、何ていうか、長い時間の中でね、いろいろな何ていうか医療改良とか、法律が変わったりなんかするんで、ちょっと長いような気がするんですけども、これどっかの指導があるんですか。厚生労働省かなんかの。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 他の自治体病院ではですね、5年をめどにつくっております。
 国の指導では5年ワンスパンということなんですが、私たちの病院の場合はですね、その10年というその先を見据えた中で、前期5年、後期5年ということで二つに区分してございます。
 当然、その10年の間にですね、医療事情とかいろいろ変わってくるかと思います。
 その中で、まず毎年ですね、事業の事務事業の評価をして、そして5年目に32年ですけれども、そのときに、もし大幅な変更があれば次の計画に活かしたいということで、二段構えにしてございます。

議長(及川昌憲君) 病院管理者、大内憲明君。

病院事業管理者(大内憲明君) ただいまの議員のご質問に対しまして、「なぜ10年か」ということについては、平成26年の通常国会で成立しております医療介護総合確保促進法、通常、地域医療構想とありますが、これが平成27年4月より都道府県が策定する構想に移っております。
 これは、二次医療圏単位での策定が義務づけされておりまして、この目標となっているのが2025年でございます。それに合わせた計画と私は解釈しております。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) 質問を変えます。
 P48ページ、登米市病院医療事業不良債権、これが29年2億600・・・2億6,100万ですか。30年に3億100万、31年には7億1,000万、32年には10億700万なっているんですけども、この数字、赤書き括弧になってるんですけども、これについて医療局次長のほうから説明のほうをお願いしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 29年度からの不良債務が解消なっている計画でございます。
 これは米谷病院のほうですね、療養病床が50床プラスになります。市内には、豊里病院の療養病床を30床ございますが、ほぼ満床でございます。その医療需要がございます。
 その病床利用率をですね、95%に見込んで、そして、その収益を上げているというところでございます。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) 不良債権の処理がされてるっていうことですか。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 不良債務というのはですね、流動負債が流動資産を超える額でございます。企業債の分をそこから除きますけども、要は流動負債が流動資産を超える額ということでこれを求めるためには、医業収支、医療収支、医業外収支、これらを計算していって求めるわけなんですけども、この収支が29年度でプラスになるのは、新たにその50床の療養病床を設けるその収益でございます。
 あとは21項目の経営改善の成果ということで、そんな中に入っております。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) 解消されてるってことですね。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 米谷病院のほうはですね、当初30年の1月開院でございましたが、31年の1月開院ということで1年延びております。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) 一応解消されてるか、されてないだけでいいんで、それだけでいいです。
 お答えください。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 大変失礼しました。まだ解消しておりません。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) じゃあ不良債権ということですよね、これね。解消されてないということは、不良債権になっているということですよね。
 はい、それでよろしいですよね。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 病院の解消ではなくて、不良債務がまだ解消されてないということでございますね。
 すみません、まだ解消されておりません。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) 質問変えます。
 この医療事業をやってる中でPDCAって、月次の原価管理の方法については医療局のほうではされてますか。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 毎月収支が上がっております。そちらのほうで管理しております。
 また、患者数の動向につきましても毎日出しておりまして、「なぜちょっと少なくなったか」、「なぜ増えたか」そういったものですね、経営管理部内で、また管理者と共有しながらですね、毎日業務を進めさせていただいております。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) 質問を変えます。
 Pの48ページの収支計画、このこれについてですね、佐沼病院からの負債を背負ったままになってると思うんで、第3者の信頼度を上げるためにですね、チェックはしてはどうかなというふうに思ってるんですが、どうですか。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 私たちだけじゃ、ちょっと気づかないところもございます。そこは専門のですね、アドバイザーをお願いして、チェックを入れていただいております。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) そうしましたらば、この中期計画なんですけども、市長及びあとは総務部長、医療局次長の承認した印鑑がないわけですよね。それの印鑑は、第3者に確認してからもらいますか、それとも今もらったほうがいいですか。信憑性がちょっとないと思うんですけども。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) この計画そのものの承認ということで承ってよろしいでしょうか。

議長(及川昌憲君) 再度発言を。

5番(岩渕正弘君) 要は、計画書なんでこれ見ます。医療局経営部の計画課だけが作成した形になってるんですよ。ですから、赤字から黒字になるわけですから、その辺はしっかりと市長も総務部長もわかって、次長もわかって印鑑を押すっていうのが普通のならわしだと思うんですけど、どういうふうに考えてますか。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) まず、この中長期計画は一病院事業の計画ではなくて、やはり市民の皆様の安全安心を守るための計画であると思っております。そして、重要案件であると思います。
 議決事項ではないんですけれども、議員の皆様にも全員協議会でご説明して、常任委員会のほうでもご説明させていただいて、そしてご了解を、昨年の11月だったと思うんですけどもいただきました。
 計画はですね、当然、開設者のほうも知っていただく必要もございますので、当然ご説明はしていますけれども、11月18日に市長決裁までいただいております。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) それでは、市長の決裁をもらってるということですね、了解しました。
 質問を変えます。
 次にですね、地域医療の充実いうことで、手術や最近の医療機能を整備、そして接遇等のソフト一体となった運営が重要であると考えております。私自身も地域医療を担う医師が確保に全力を傾注するとともに、医療確保の更新、スタッフの働きやすい職場の環境の整備に配慮しながら、これから医師を確実に確保するレールを確保するとなっております。これは市長が言われていることです。
 建設改良費については、一般会計のほうから支出しますから、建設改良費8,600万っていうのは予算で計上してるけども、足りない分は一般会計のほうから出してるっていうことでよろしいわけですか。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 一般会計からのご支援につきましては、私のほうでは繰入金ということでいただいております。資本的収支とそれから収益勘定の繰入金と2種類ございますが、そのうちの資本的収入の分の繰入金でいただいております。この中には建設改良費、建物を建てたときのですね、元利償還金等も含んでいただいております。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) そうしますと、年度ごとに建設改良費が削減されていますけれども、その削減されてる分については、一般会計のほうから取り入れるという形でよろしいですね。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 「年度ごとにこの繰入金の額が減少しているけれども」というご質問だと思います。
 私たちのほうでも経営改善を進めましてですね、なるべくその繰入金はいただかないように、そういうつもりでやっておりますけれども、一般会計からのいただく分は繰入金ということで全額ございます。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) わかりました。
 質問を変えます。
 「市長が現場に運び、自らの目で話を聞き、ともに悩み、考え、意思疎通を図り、信頼、医療、安全ネットの構築に努めます」と。医療の質の確保についてなんですけども、市長は医療の現場を見たということを言ってるんで、これがですね、医療の質の確保って言うのは何年ぐらいかかるか、熊谷市長お願いします。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 岩渕議員の質問にお答えをいたしたいと思います。
 確かに、まだ医療現場、1度しか訪れておりませんので、まだこれからもなるべく時間をつくっていろいろと見させていただきたいし、職員の皆様方、あるいは医師の皆様方ともいろいろと意思疎通、会話を重ねて、そして皆様方の要望なりお話をしっかりと私の頭の中に叩き込んでいきたいと、そういう思いでございます。まず、そこから始めるのが第一歩だとそういうふうに思っております。
 ですから、そうした中での働きやすい環境、あるいは医療の質を上げる環境づくり、これはやはり議会にもお願いをして、これからまいりますけれども、いろいろ機器の更新とか、あるいは働きやすい環境の整備とか、そうしたことで少しずつでも成果を上げていけば黒字化に向けてなんとか進んでいけるのかな、そういうふうに考えておるところでございます。
 まずは、職員の皆様方としっかりと意思疎通を図っていきたいと、そういうふうに考えているところでございます。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) 医療関係について、もっともっと聞きたいことはあるんですけども、時間が押し迫っているので、まず小児科。月曜日から金曜日、8時から11時まで、13時30分から16時30分まで。産科なんですけども、水曜日、木曜日、8時から11時まで、13時から14時までの間、受診をしております。
 熊谷市長が求めている医療の体制というのは、どういうものか。具体的にお願いしたいと思います。市長にお願いします。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) お答えをいたします。
 多くの市民が求めている医療というものがあると思っています。
 それは、やはり地元で産んで、地元で育てられるという大基本があるんだろうと思っております。
 ですから、それに近づけるのが私の理想だと、そういうふうに思っております。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) 次にですね、医療管理者の大内先生なんですけども、受診をですね、4月24日から月曜日、午前・午後、火曜日、午前、乳腺外来を自ら行っています。登米市市民病院を質のよい病院にしようと努力熱意に感銘します。
 市長はどう思いますか。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 管理者自らがそうした医療の先頭に立ってくれてということに敬意を表したいと思います。大いに期待をしているとこでございます。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) 地域医療の維持、再生は全国的な課題でありますが、今回、大内先生という極めてリーダーシップの高い先生が登米市の医療事業にかかわることにより、登米市の医療が向上することは間違いありません。
 在来のやり方では医療の維持が困難である以上、住民の要求と医療従事者の要求も多様化しています。
 大内先生のあらゆる医療、知識を発揮してもらい、登米市民病院の建設を提案します。
 「今こそチェック。今こそチェンジ。合併後12年間、何も変わらなかった」、美しい言葉を述べ立てるだけではなく、着実な実践で結果を出していく、「政治は結果だよ」とよく市長さん、市長は言っておりました。時間がたてばたつほど、効果は薄くなります。
 市長、ここでなんかよい返事をもらいたいと思うんですけども、どうですか。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 議員さんの思いは、要するに今、懐かしいキャッチフレーズを今聞かせていただきましたけれども、そのとおりそのまま、このまま心にしっかり決めております。
 ですから、やはり12年たったら、新たに13年目を合併から迎えて、やはり登米市はどんどん変わっていくんだと、そうした一つの流れを私自身はつくっていきたい、そういう思いで今回、立候補したわけでもございます。
 ですから、その病院のことに関しまして、これは市民の皆様方にとりましては非常に大きな関心事だそういうふうに思っておりますので、しっかりとその大きな課題だと、私自身が捉えておりますので、いろいろこれから皆様方にもご相談申し上げていくことがあるかと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) 2番のですね、建設反対についてなんですけども、これは時間がないのでちょっとだけ触れさせてもらいます。
 建設反対なら、「借家はどうですか」っていうことですよね。要するに今、国交省なんかでやってるPFI、PPPとかね、コンセッション方式とかいろいろありますね。官民インフラっていうような形でありますから、そういったような形を使ってもらうということと、市長は「市民の声は反対」というふうに聞いております。
 ですけども、一番使用している市民、市役所職員も市民ですよと。「意見を聞きましたか」ということについて、伺いたいと思います。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) ただいまの岩渕議員の提案でございますけども、特にここ数年の公共事業のあり方の抜本的な改革の中で、いわゆる民間活力を生かすPFIということは、非常に大きな話題を呼んでおりました。庁舎に限らず、私自身もこのPFIには非常に関心をもっておりまして、今いろいろと自分なりに勉強させていただいているところでございますので、しっかりと頑張ってまいりたいと思います。
 まだ職員一人一人の意見聴取はいたしておりませんけれども、もちろん職員の皆様方も市民の一人だということは重々理解をしているところでございます。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) 質問を変えます。
 空き家対策、耕作放棄についてですね。
 相続されれば、対応策があると思われる。あくまでも個人的の事柄であるという認識ではなく、登米市の大切な財産を有効に使える手立てを考えなければ。相続すれば空き家に関し、必要な方に貸し出し、売り出し、渡すことが可能なことができますし、放棄されるような農地に関しても近隣の方が、あるいは売却できない、できることもあると思います。
 まず、所有者が亡くなったときの段階で、早急に相続しなければならないことを進める必要があるのではないか。登米市の方々が亡くなった場合、当然、市民課に死亡届けを出しますが、その際に相続に関することを説明を行ってもいいのではないかと思います。
 税務に関しては相続、相続人代表届出を提出するようになっています。亡くなった失意の方に説明することが大変だと感じると思いますが、職員から説明があれば大事なことだと認識すると思います。まず声をかけて、少しでも進むことができたら、今後予想される空き家、耕作放棄のことも少しでも改善できるかと考えます。
 すぐには効果は表れないと思いますが、小さなことから進めていけば、今後出るであろう空き家、耕作放棄を、未然に防ぐことができると思います。
 法務省では、法定相続情報証明書制度を新たに設け、これは法務局に登録すれば不動産だけではなく、金融の届け出に関して法定相続証明書を提出すれば、たくさんの戸籍等を添付することが、添付が必要がなくなる制度です。
 このことも踏まえて説明すれば、登米市の財産を確保、確実に守ることができるんではないかと。市民のサービスが、行政サービスだと思います。
 ということで、5月26日からこの法定相続情報証明制度っていうのが行われていますので、これを有効にですね、使ってですね、耕作放棄等を防ぐよう、行政のほうでサービスのほうをお願いしたらいいんじゃないかと思います。
 それに関して、これは・・・総務関係。

議長(及川昌憲君) 手を挙げるから大丈夫だよ。市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) ただいまの議員のご意見でございますが、これは平成29年5月29日からですね、全国の登記所、いわゆる法務局のほうで制度化したものでございまして、この分も含めて市民の皆さんにですね、サービスの向上というふうな観点から進めてまいりますし、あとは税関係の部分でございますけども、ご存じのとおり相続人の固定資産の現所有者届け出などを提出しながら、所有者の把握に努めてまいりたいというふうに考えておりますので、よろしくご理解をお願いいたします。

議長(及川昌憲君) 農業委員会いいですか。農業委員会事務局長、佐藤真吾君。

農業委員会事務局長(佐藤真吾君) 農業委員会のですね、農地に関しましては、今度は各地区にですね、農地利用最適化推進委員が配属になるということなんで、その方々と連携しながら、未相続農地のですね、相続を進めるような形で進めていきたいというふうに考えております。

議長(及川昌憲君) 5番、岩渕正弘君。

5番(岩渕正弘君) 質問を変えます。
 6月26日に、河北新報にILCですね、国際リニアコライダー、東北誘致がほぼ決定したようです。
 岩手県では推進協議会を立ち上げて盛んに活動しますが、「登米市は今後どういった動きをしますか」っていうことで・・・すみません、ちょっとよろしいですかね。
 質問外だったですけど、質問がよろしければ、答えを市長にお願いしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) お答えいたしたいと思います。
 ILCにつきましては、私自身も非常に関心を持っております。それで今、議員のおっしゃったように、ほぼこちらの東北地方に決定しそうな雰囲気であります。九州と争っておりましたけれども、ほぼ、恐らく一関をまず中心にということで、まずは非常に莫大な予算がかかるもんですから、まずは20キロからということで、今、計画が進むように私どもも思っておりますし、この4町でしっかりと、我々もタッグを組んでやっていきたいと、そういうふうに思っておるところでございます。

議長(及川昌憲君) これで5番、岩渕正弘君の一般質問を終わります。
 次に1番、上野 晃君の質問を許します。

1番(上野 晃君) ただいま、議長より発言の許可をいただきましたので、通告に従い質問いたします。
 通告順序9番、議席番号1番、上野 晃です。
 本市も、はや合併から13年目に突入しました。また、このたび市のリーダーである市長も変わったことから、本市は新たなスタートを切ることになるわけであります。
 先の市長選においては、新庁舎建設の是非が非常に重要な争点の一つとなり、市民は建設反対の意思を表示したものと解されます。
 市長は、6月8日の定期議会における所信表明において、庁舎建設に関し、以下のように述べておられます。引用いたします。
 「市民の皆様は、現在の分庁舎方式に特段の不便を感じていない、あるいは住民サービス等に重大な支障は生じていない」。また、「新庁舎建設に要する事業費等を考慮した場合、他の事業計画に縮小や廃止等の影響を及ぼさないか。合併特例債の活用については、庁舎建設よりも優先されるべき事業はないのかしっかり検討すべきである」等の市民の皆様からのご意見を頂戴している旨です。
 これらに関しては、私自身も登米市内をくまなく歩き、大勢の市民の皆様のお話を伺った中で、同様のご意見を多数いただいております。
 また、運転免許を返上した高齢者の方や免許取得前の学生等のいわゆる交通弱者にとっては、本市の広大さ、そして首都圏のように交通網の整備のされていない本市内においては、庁舎機能の一極集中は交通弱者に対し、酷な政策と考えます。
 私としては、かかる市民の意思を最大限に尊重した市政運営を強く望みます。
 そこで、今後の分庁舎のあり方等に関し5点、また職員の分庁舎間の移動の有効活用に関して1点、市長の考えを伺います。
 大綱1、分庁舎のあり方について。
 細目1、現在の分庁舎方式で継続して行政運営を行うに当たって、何が最も大きな課題と考えますか。
 2、逆に、分庁舎方式で行政運営を行うメリットは何と考えますか。
 3、総合支所の機能を検証するため、市民等から広く意見を求める検討組織を立ち上げるということですが、組織の構成員はどのように選定しますか。
 そして、その検討組織の規模、具体的には構成員の人数などはどのようにお考えでしょうか。
 また、当該検討組織はいつごろまでに結成予定ということでお考えでしょうか。
 次に、大綱2番の質問です。
 職員の分庁舎間の移動の有効活用について。
 現在の分庁舎方式を維持する場合、職員の庁舎間の移動は車、公用車によるものと推測いたします。
 私がかつて住んでいた千葉県にあります君津市においては、ドライブレコーダーを公用車など車に設置することは、君津市議会において自主防犯パトロール車、いわゆる青パトを増やすよりも安くて、また効果があると指摘されており、実際に君津市の公用車の4分の1以上にドライブレコーダーが設置されています。
 また、公益社団法人宮城県防犯協会連合会、また、宮城県風俗環境浄化協会によれば、ドライブレコーダーは防犯カメラと比較して、設置費用も格段に安いという利点があると指摘されております。
 そこで、かかる点を防犯面から、主に防犯面から有効活用し、公用車にドライブレコーダーを設置し、その映像を犯罪捜査などのために、警察に提供する協定を佐沼署、登米署と結んではいかがかと考えますが、市長の考えを伺います。
 以上、答弁をよろしくお願いいたします。

議長(及川昌憲君) 答弁を求めます。市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 1番、上野 晃議員のご質問にお答えいたします。
 「分庁舎のあり方」について、5点のご質問がありました。
 初めに、1点目の「現在の分庁舎方式で継続して行政運営を行うに当たって、何が最も大きな課題と考えるか」についてでありますが、最も大きな課題としては、複数の用件がある市民の皆様にとっては、庁舎間の移動を伴うなどの不便があり、議員の事務効率の観点からは、事務決裁や会議などの移動時間と公用車利用による維持管理費上の非効率な面があるかと思われますが、多くの市民皆様にとっての利便性や効率性の観点においては、大きな課題はないものと考えております。
 次に、2点目の「逆に、分庁舎方式で行政運営を行うメリットは何か」についてでありますが、分庁舎方式並びに総合支所方式を今後継続した場合の効果については、それぞれの施設の有効活用ができ、これらの施設が合併前の役場庁舎として市民に広く認知されており、また、それぞれの施設の存在が行政活動の拠点として、地域活性化や地域経済に与える影響も少なからずあるものと感じております。
 次に、「総合支所の検討組織」についてでありますが、総合支所のあり方を見直すための検討組織の構成員の人数は、現在決定しておりませんが、行政区長や地域コミュティ団体の代表者など、地域振興に携わっている方を初め、外部の視点からまちづくりの取組について識見を有する方、関係部長、総合支所長等を考えております。
 今後、検討組織の設置に必要な予算を計上し、10月頃には検討組織を立ち上げ、検討を開始し、意見の集約を行った上で、今年度中には今後の総合支所のあり方をお示しできるよう取り組んでまいります。
 次に、「職員の分庁舎間の移動の有効活用」についてお答えいたします。
 分庁舎及び総合支所間の移動については、公用車を利用しております。
 本市における公用車のドライブレコーダーの設置状況については、交通事故発生時における事故原因の究明及び適切な事故処理並びに職員の安全運転意識及び運転マナーの向上を図るため、平成26年度から利用頻度や走行距離の多い車両を対象として、市長部局40台、消防本部31台、水道事業所1台、医療局1台、合計73台に設置しており、設置率は23.2%となっております。
 ドライブレコーダーの有効性については、交通事故発生時における事故原因の究明及び適切な事故処理のほか、交通事故抑止効果、防犯対策等につながることから、ドライブレコーダーによる本人以外からの個人情報の取得の取り扱いの是非について、登米市情報公開・個人情報保護審査会に諮った上で、登米市公用車のドライブレコーダーの設置等に関する要綱を定め、ドライブレコーダーが設置されています。
 本要綱において、刑事訴訟法の規定に基づき、犯罪捜査のため捜査機関から映像の提供を求められたときは、データを提供できることと規定しておりますので、警察署から依頼があれば提供できることとなっております。
 以上、答弁とさせていただきます。

議長(及川昌憲君) 1番、上野 晃君。

1番(上野 晃君) 再質問いたします。
 市長は、昨日までの会派代表者質問や、また一般質問において「新庁舎建設反対は、自身の選挙公約の第一」と述べておられます。
 しかし、市長の所信表明において、例えば病院問題については、計七つの大綱のうちの一つとして扱われているのに対して、いわゆる庁舎問題に関しては第7番目、タイトル「効率的な行財政運営」の項の中の一つの細目として扱われているにすぎません。
 選挙公約の第一であれば、少なくとも一つの大綱で論ずべきと私は考えますが、市長のお考えを伺います。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 上野議員の質問にお答えいたします。
 ご指摘の件でございますけれども、決して私が述べたことを序列をつけて述べているわけではなく、全てが私にとりましては非常に大切な公約である。そういうことで、ご理解をいただきたいとそういうふうに思います。

議長(及川昌憲君) 1番、上野 晃君。

1番(上野 晃君) 市長の所信表明について、もう少し掘り下げてお伺いいたします。
 ただいま、「序列をつけて述べられているというわけではない」ということをおっしゃっておりました。
 市長の所信表明、今持ってまいりまして、それでですね、初めに大綱1、「はじめに」、大綱2、「合併後12年間の思い」、そして3番目から・・・失礼ました。4番目ですね。
 4番目から具体的な内容に入っていっているのですが、大綱4の細目(1)ですね。人口減少対策というところで、「重点施策の第1は、人口減少対策であります」というふうに市長はおっしゃっております。この「重点施策の第1は」っていうところは、1番目に述べているという意味なのか。それとも、1番重きを置いているということなのか。
 どちらなのか、市長のお考えをお伺いいたします。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) お答えをいたします。
 先ほども申しましたとおり、時系列的に私の考えを述べさせていただきましたけれども、どれが重要で、どれが少しあれだということでは決してございません。先ほど申し上げましたように、一つ一つが私にとりましては、これからの4年間のしっかりやっていく上での決意表明だと、そういうふうに受け取っていただいて結構です。

議長(及川昌憲君) 1番、上野 晃君。

1番(上野 晃君) この点について、もう1点だけお伺いいたします。
 序列はないということでございますが、では、ボリュームの観点からはいかがでしょうか。つまり、庁舎ないしは、分庁舎に関する内容も、もう少しボリュームを割いて書くというようなご意志はなかったのでしょうか、市長の考えをお伺いいたします。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) それぞれの議員の皆様方、あるいは市民の皆様方の感じ方であろうと思いますけれども、ボリュームの多い少ないでのそうしたあれは、私としては全く思ってもおりません。ただただ、私の思いをつづらさせていただいたところでございます。

議長(及川昌憲君) 1番、上野 晃君。

1番(上野 晃君) では、質問を変えます。
 次に、分庁舎のことについてお伺いしていきます。
 新庁舎の反対という結論に対しては、選挙結果で民意を得た、つまり選挙結果をもとに反対という市長のお考えを昨日までの代表者質問、そして会派代表質問、そして議員一般質問の中で市長は述べられております。
 しかし、新庁舎の件については、市長がある意味、検討組織を立ち上げないで結論を出し、また、あの分庁舎の今後のあり方については、検討組織を立ち上げる。この違いはどのあたりにあるでしょうか、市長のお考えをぜひお伺いします。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) お答えいたします。
 私は、常々申し上げてきておりますけれども、新庁舎は建てない。けれども、地域振興を第一の手段として登米市の均衡ある発展をこれからしっかりと形づくっていくためには、総合支所は非常に大切な役割をこれからも持ち続ける、そういう思いで総合支所に関しましては、なお一層市民の皆様方と、あるいは議会の皆様方とのご意見を拝聴して決定していきたい、そういう思いでございます。

議長(及川昌憲君) 1番、上野 晃君。

1番(上野 晃君) 分庁舎について、質問を続けさせていただきます。
 私は、今現在の登米市の状況に鑑みれば、新庁舎建設に反対、また旧町役場庁舎である総合支所の権限強化、そして分庁舎形式の継続は適切と考えます。しかし、本市の状況も刻々と変化しております。
 例えば、市長は人口減少対策を重点施策として掲げておりますが、本市は合併後、人口を大きく減らしてしまいました。この流れは、残念ながらますます進行するものではないかと推測しております。本市の面積から広さ、面積から考えれば、住民サービスのため複数の庁舎を持つことは適切と考えます。
 しかし、必ずしも旧町役場に対応し、本庁舎を除く八つの庁舎が必要でしょうか。必要であるとした場合、八つの分庁舎が寿命を迎えることに備え、建設基金の構築や町域によっては将来分庁舎建て替えのために過疎債等の使用はあり得るのでしょうか。
 お伺いをいたします。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) お答えいたします。
 建物は、当然40年、あるいは60年とした、そうした耐用年数がうたわれております。いずれは、どの建物も建て替えなければいけない時期が来ます。
 でも、それまでは市民の貴重な財産でありますから、しっかりとそれまで有効活用していくということが大前提になると、そういうふうに思っております。
 それで過疎債の話が出ましたけれども、ご存知のように、実はこの登米市の中でも過疎債を使えるのは旧東和町域、それから津山町域、登米町域の3町域に限られておりますので、それ以外はまた別の方策が考えられる。
 ただ、今申し述べていただきました、例えば建設のための基金、そうしたことも当然、大きな視野に入っていく、そういうふうに思っております。

議長(及川昌憲君) 1番、上野 晃君。

1番(上野 晃君) 分庁舎が老朽化し、建て替えをする場合、その位置についてお考えをお伺いいたします。
 分庁舎が老朽化して、またその分庁舎に代わる新しい建物をつくりたい、その場合の場所の考え方についてご質問いたします。
 場所について、必ずしも旧町、旧町役場所在地が適当でしょうか。
 私は合併後、12年を経過しても、なお脈々と続く合併前の旧町単位に基づく考え方には、常々疑問を感じております。
 地方自治法第4条第2項において、「地方公共団体は事務所の位置を定め、またはこれを変更するに当たっては、住民の利用に最も便利であるように交通の事情、他の官公署との関係等について適当な考慮を払わなければならない」と規定されています。そして、地方自治法第2条第1項において、地方公共団体は法人とすると規定されています。
 すなわち、かつての旧町においては、それぞれが単独の法人であったことから、それぞれの町域内において法第4条第2項を考慮して、旧役場の建設費を定めたわけであります。
 しかし、今現在は単一の法人登米市として旧町の枠にとらわれることなく、法第4条第2項を検討しなければならないことになります。
 そして、この法第4条、第2項はその制度趣旨を考え、また、文言を見る限り強行規定と思われます。
 したがって、分庁舎建て替えの際に、登米市としての法第4条第2項の検討を怠り、漫然と旧町の枠にこだわっては、地方自治法違反となりえます。
 そうすると法第4条第1項は、「地方公共団体は、その事務所の位置を定め、またはこれを変更しようとするときは、条例でこれを定めなければならない」と規定しているところ、法第14条による条例制定権の授権、すなわち「地方公共団体は法令に違反しない限りにおいて、第2条第2項の事務に関し、条例を制定することができる」に規定するところの条例も、法第2条第2項の事務を処理する前提としての事務所の設置に関する条例を包含するものと解されるため、かかる旧町役場設置場所に準拠する総合支所設置条例を例え議会で承認しても、地方自治法第14条違反になり当該条例は無効となるものと考えますが、この点についていかがお考えかをお伺いいたします。

議長(及川昌憲君) 1番、上野 晃君の一般質問の途中ですが、ここで10分間の休憩といたします。
 
          休憩 午前10時45分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時54分
 

議長(及川昌憲君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 答弁を求めます。副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 上野議員のご質問にお答えさせていただきます。
 地方自治法の4条の中で、「地方公共団体の主たる事務所というのを定める」、それは条例で定めるべきだからということで、総合支所との関係、ご質問いただきましたが、ご承知のとおり地方自治法第4条で規定しております地方公共団体の事務所と申しますのは、行政実例の中では、「地方公共団体の主たる事務所」という規定でありまして、都道府県であれば県庁、市町村であれば市役所、市町村役場というような規定が行政実例の中でございます。
 したがいまして、この判断を受けて、現在、登米市におきましても条例でこの迫町佐沼の庁舎の位置を主たる事務所の位置というふうに定めさせていただいておりますので、そのようないろんな調整は、現段階では必要ないということで考えてございます。
 それから、総合支所の今後のあり方につきましては、市長からお話をさせていただきます。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 本庁につきましては、今、副市長のほうからご答弁をいただきました。
 総合支所の今後のあり方ということでございますけれども、恐らく今の総合支所、それぞれ耐年齢ですか、寿命を考えますと30年、40年後の先の話に大体はなっていくわけでございまして、それまでは、ぜひ有効活用していただきたい、そういうふうに思いますし、その後のことにつきましては、もしかすると支所そのものの数も集約されていくことも、その当時のその時々の経済情勢、あるいは人口動態そうしたことで移っていくかと、変わっていくかと思いますけれども、今私がそれを申し述べる立場にはないと、そういうふうに思っておるところでございます。

議長(及川昌憲君) 1番、上野 晃君。

1番(上野 晃君) では、質問を大綱2に移ります。
 職員の分庁舎間の移動の有効活用についての再質問でありますが、私の一般質問もちょっと言葉足らずであったんですけれども、答弁として「警察署から依頼があればデータを提供できる」という答弁でしたが、刑事訴訟法第197条第2項は、あくまで地方警察職員が犯罪があると思慮し、犯人及び証拠の操作を開始した後の規定なので、適応は警察側からの一方通行であり、また時間もかかります。より柔軟に、まず市の側も主体の一員となり、また対象も犯罪だけではなく、例えば故意によることのない交通事故や災害なども対象とし、法第197条第2項よりも柔軟な対応を可能とする協定を結ぶことは、安心安全なまちづくりに資すると考えますが、市長の考えを伺います。

議長(及川昌憲君) 総務部長、千葉雅弘君。

総務部長(千葉雅弘君) ドライブレコーダーのデータの活用の関係でございますが、特に犯罪捜査以外におきましては、ただいまご質問ありましたが、交通事故、それから交通事故に伴うトラブル、それらの確認のための保険会社への提供とか、そういう対応はできるものというふうに考えてございますが、警察署に対しましては、ただいまご質問ありましたけども、法的な定めで定められておりまして、それに対しては提供できるものということで市の条例なり、要綱の中でもそういう定めをしているものでございます。

議長(及川昌憲君) 1番、上野 晃君。

1番(上野 晃君) 確かに刑事訴訟法にはそのとおり規定はありますが、あくまで主体が警察署側、つまり情報を欲する側だけであり、安心安全なまちづくりを警察機関そして捜査機関、警察などと協同してつくっていくことは、横の連携として非常に効果的であると考えます。
 ただし、すぐにそれについて結論を出すというのは難しいと思いますので、答弁は結構でございます。
 まだ、時間もたくさんあるのですが、大綱2点について私なりの一定の理解を得ましたので。私の一般質問はこれで終了させていただきます。

議長(及川昌憲君) これで1番、上野 晃君の一般質問を終わります。
 ご苦労さんでした。
 次に、14番、岩淵正宏君の質問を許します。

14番(岩淵正宏君) 14番、東和の岩淵正宏でございます。
 先に通告しておりました内容で、今回、新熊谷市長の所信表明の中から2点質問したいと思います。
 先の代表質問、あと一般質問の中で大分同じような内容での質問がありましたが、違う点から市長と議論を深めたいというふうにこう思ってございます。
 1点目は、総合支所のあり方についてお聞きします。
 所信表明の中で、重点施策7番、「効率的な行財政運営」という中で、この総合支所のあり方について述べられておりました。この総合支所をどのような検討組織を立ち上げ、支所を市民のよりどころの場とするものなのか、どういう考えの中から考えて出したのか。構成人員、範囲等も含めてお聞きいたします。
 そして、支所に付与する権限及び財源の考えを伺うものでございます。そして、権限、財源付与となれば、支所の職員増や市役所全体の機構改革も必要性も出てくるんではないかと思います。定員適正化計画には、逆行しないのかお聞きいたします。
 そして、これまで自助・共助・公助が浸透しつつあることは事実であります。さらに進化させる地域振興のお考えを伺うものであります。
 大きな2点目で、「合併特例債活用事業は尊重するのか、見直しか」という点でお聞きしたいと思います。
 今回、新庁舎の関係については、市長公約の中では分庁舎方式で行くということが決まり、その特例債事業は持ち込みから、持ち込みの一つではありましたが、その他の図書館や陸上競技場なども特例債があるからこそ計画された事業と認識しています。それも白紙撤回となるのかどうか、お聞きいたします。
 有利なこの起債、借金を利用することで将来の財政負担が少なく抑えられるというふうに私は思っています。「魅力あるまち、来たくなるまち、住みたくなるまち」をつくるために、積極的な攻めの利活用が必要と思うものです。市長の認識をお伺いいたします。
 そして最後に、28年度からの第二次登米市総合計画の中で、市長が変わったことにより、大きく変えなければならないことはあるのか、あればお示しいただきたいと思います。
 よろしくご答弁のほうお願いします。

議長(及川昌憲君) 答弁を求めます。市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 14番、岩淵正宏議員のご質問にお答えをいたします。
 私からは、2点のご質問にお答えし、2点目のご質問のうち、「図書館、陸上競技場なども特例債があるからこそ、計画された事業と認識している。それも白紙撤回か」のご質問については、教育長から答弁をいたさせます。
 「総合支所のあり方」について、4点のご質問がありました。
 初めに、1点目の「どのような検討組織の立ち上げを考えているのか」についてでありますが、総合支所のあり方を見直すための検討組織の構成員人数は、現在決定しておりませんが、行政区長や地域コミュニティ団体の代表者など地域振興に携わっている方を初め、外部の視点からまちづくりの取組について識見を有する方、関係部長、総合支所長等を考えております。
 次に、2点目の「市長として、支所に付与する権限及び財源の考えを伺う」についてでありますが、総合支所については、これまで組織体制の見直しを進めながら、行政区や地域コミュニティ団体の相談・支援等の業務や防災・消防活動等地域の安全安心に関する業務、諸証明の交付、健康づくりなどを主とした体制に移行されてきたところであります。
 しかしながら、地域の特性を活かしたまちづくりを進めていく上では、これまで進めてきた総合支所のあり方を再度見直す必要があると考えております。
 総合支所に付与する一定の権限と財源の具体的な内容については、今後、総合支所のあり方見直しに係る検討組織を設置し、その意見等を踏まえ決定することにしておりますので、ご理解をお願いいたします。
 次に、3点目の「権限、財源付与となれば、支所の職員増や市役所全体の機構改革の必要性も出て来るのではないか。定員適正化計画に逆行しないか」についてでありますが、検討組織における検討の結果、総合支所への権限の付与に伴い機構改革が必要になった場合においても、人員については、現行の定員適正化計画の範囲内で、予算については、現状の予算の範囲内での配分見直しで対応したいと考えております。
 次に、4点目の「これまで、自助・共助・公助が浸透しつつあることは事実、さらに進化させる地域振興の考えを伺う」についてでありますが、本市は、おのおのに長い歴史を持つ九つの町が合併して誕生しましたが、人口減少や少子高齢化の進展に伴う社会構造の変化や市民の価値感の多様化、環境や防災に対する関心の高まりなど、本市を取り巻く環境が大きく変化している中で、地域社会の担い手の減少などに伴う地域活力の低下等が懸念されております。
 これらの変化と課題に対応し、住みよい地域として次の世代に引き継ぐため、平成24年3月に登米市まちづくり基本条例が制定され、地域における支え合いの精神やコミュニティ意識を醸成することで市民と行政がともに地域のまちづくりを考え、積極的にまちづくりに参加・参画し、持続的な地域づくりが推進されてまいりました。
 今後においては、より一層、一体感の醸成を図るとともに、それぞれの地域固有の風習やしきたりなどに配慮した地域振興に取り組み、地域の宝を大切に後世に伝え、地域が輝き続ける伝統を大切にするまちづくりを推進したいと考えております。
 次に、「合併特例債活用事業は尊重するのか、見直しか」についてお答えします。
 初めに、「魅力あるまち、来たくなるまち、住みたくなるまちをつくるため、積極的な攻めの利活用が必要と思うが」についてでありますが、合併特例債は、市町村の合併に伴い特に必要となる事業について、本市では平成37年度まで活用可能な地方債であり、充当率は95%で、元利償還金の70%については、後年度において普通交付税に算入されるものであります。
 これまで本市では、広域4事業を初めとする各種事業の財源として、平成28年度末までに約212億円が活用されております。これは、登米市建設計画において見込んだ平成37年度までの合併特例債396億円の約54%に当たるものであります。
 今後の合併特例債の活用については、地方債残高の推移を考慮しつつ、事業の優先度を勘案し、パークゴルフ場整備事業や仮称の長沼ボート場クラブハウス整備事業など、本市の魅力や交流人口の増進につながる施設整備や認定こども園整備などの子育て支援対策等の財源としてまいります。
 次に、「28年度からの第二次登米市総合計画の中で、大きく変えなければならないことはあるか」についてでありますが、平成37年度を目標年度とした第二次登米市総合計画については、基本構想における基本理念や将来像などについても十分に共鳴できるところであります。
 また、基本計画における本市の将来像を見据えた各施策についても、新庁舎建設の考え方を除いて方向性は一致しているものと考えております。
 さらに、重点戦略についても、私自身が最大の課題と認識している人口減少対策に特化した戦略となっております。
 今後、各施策を推進していく中で、さまざまな状況の変化によって新たな取組が必要になる、あるいは不要になることも予想されますので、そのような部分については中間年となる5年を目途に、必要に応じて見直してまいりたいと考えております。
 第二次登米市総合計画は、多くの市民の皆様も参画され、時間と労力をかけて策定されたものであり、議会の議決を経て策定された本市の最上位計画でもありますので、これを尊重し、まちづくりを進めてまいりたいと考えております。
 私からの答弁は、以上とさせていただきます。

議長(及川昌憲君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) 私からは、「図書館、陸上競技場なども特例債があるからこそ、計画された事業と認識している。それも白紙撤回か」についてお答えをいたします。
 初めに、図書館については、生涯学習の拠点施設と位置づけられているものであり、自ら学ぶ市民への支援という観点からも、市民の皆様にとって非常に重要な施設であると認識しております。
 本市における図書館の現状を見ますと、迫図書館と登米公民館に併設した登米図書館の2施設に加え、中田生涯学習センターに併設した中田図書室がありますが、2館1室、合せても蔵書数は10万冊を超える程度となっております。利用者の低迷や施設の老朽化など、改善すべき点が多くあります。
 このことから、新図書館の整備に向けて、平成27年度に図書館構想を策定しており、今後においてこの構想を精査しながら、本市らしい特徴と機能を持った具体的な図書館の姿をお示しし、市民皆様の声を聞きながら計画的に整備を進めてまいります。
 次に、陸上競技場については、市内には現在、公認の陸上競技場がないことから、市内中学校の陸上競技大会や中学生・高校生の部活動において、近隣市の陸上競技場を借用している状況にあります。
 この状況を改善し、さらには市民皆様の生涯スポーツ活動の推進や競技力の向上を図るためにも、早急に整備すべき施設であると考えております。
 今後においては、これまで検討してきた施設整備の考え方などを整理し、必要な調査を行うとともに、整備内容について関係団体や市民の皆様にお示しし、ご意見をいただきながら早期の整備を目指してまいります。
 以上、答弁とさせていただきます。

議長(及川昌憲君) 14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) まず、この所信表明の中で所信表明、今後、熊谷市長、4年間の市政運営に係る市長の考えを表したものということで間違いないとは思うんですが、その表明の中で私、「ちょっとあれ」っと、クエスチョンマークがついた部分が3点ございました。
 一つは女性、8ページにありますけども、女性会議の設置。もう一つが16ページにありました学校統合。そして三つ目が本庁と支所の役割分担の見直しと。
 この3点については、検討するとしておるんですね。4年間ずっと検討して終わりなのかどうか、そこんとこちょっと確認。
 ほかは、このようにしたいと言う市長のあれが伝わってきましたけども、「検討する」って言うのがこの3点見受けられました。この3点について。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 岩淵議員の質問にお答えをいたしたいと思います。
 まず3点、今ご質問がございました。
 私の気持ちといたしましては、この4年間の所信表明ということの中で述べさしていただいたものですから、検討はいたしますけど、「何とかこの4年間のうちに、こうしたものをしっかりとやり遂げたい」、そういう思いでの所信表明であります。
 女性会議にいたしましても、やはり女性の皆様方が輝く、そして子育てでも仕事でも、しっかりと登米市をしっかりと支えていっていただく、そうした女性の皆様方にぜひエールを送る意味でも、そうした会議を設置して、いろいろとご要望なり、そうした施策に移せることを検討してまいりたい、そういうふうに思っております。
 また、学校統合でございます。
 大変、ご存知のように、特に周辺の地域では児童数、生徒数の数が本当に激減といっていいほど減っております。ただ、教育効果の面で申しますと、必ずしも学校統合がベストな方法なのかという議論も今あるようでございます。むしろ、「複式学級できめ細かく見たほうがいい」というご意見もあるようではございますけれども、そうした面を少し検討させていただきながら、まずは学校統合が、もう児童が少なくなったから、統合ありきということではなくて、地域の皆様方、あるいはご父兄の皆様方、保護者の皆様方のご意見を十分に尊重しながら、この統合問題についても、特に学校の再編問題については検討していきたい、そういうふうに思っております。
 また、やむを得ず統合、あるいは、そしてどちらかが廃校、そうしたことになりましても、その地域にとりまして学校がなくなるということは非常に厳しいものがある、寂しい思いがあるんだろうと思いますので、その辺の後利用もしっかりと地域の皆様方からご意見をいただいて、フォローしていかなければいけないなと、常々そういうふうに思っております。
 あと本庁と分庁舎の役割分担は、先ほども申し上げましたれけども、それでご勘弁をいただきたいと思います。

議長(及川昌憲君) 14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) それでは、本題というか、総合支所のあり方についてご質問します。
 私も何年か前に、「支所にもっと権限、財源やれ」と言った一人であります。今回、支所、やっぱりこの支所、均衡ある発展のためには、それ必要だなというのを感じてる市長なのかなというふうに思いましたが、市長は今現在の支所の業務内容、またはその市民からの要望・陳情受ける段階で、何が不足で、もっとここをテコ入れしなければならない理由ですね、支所に財源、権限を与えるに考えに至った思いがちょっと感じ取れなかったんで、そこをまず聞きたいと思います。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) お答えをいたします。
 議員もご存知のように、私も津山という、いわゆる簡単に言うと1番端っこのほうに住まいをいたしておりますけれども、そうした中で私もたまに総合支所をお訪ねすることがあるし、また、自分も県会議員を務めていたときから、各地域の総合支所などを回らせていただいて、皆様方のご意見、十分聞いてきたつもりでもございます。
 そうした中で、やはりちょっとしたことっていうのは、どの程度がちょっとしたことなのか、少し議論があろうかと思いますけれども、例えばちょっとした電球をかえるとか、街灯の電球をかえるとか、道路の穴埋めをするとか、そうしたことにまでいちいち総合支所にお尋ねをするけれども、ちょっとあとは本庁からのお返事待ちだと、そうしたことが非常に地域の皆様方にとっては歯がゆい、そういう思いがする。
 もちろん、合併前にはそういうことは当然なかったわけですから、当然、合併すればそうした、いくらかそういう面が出ることは地域の住民の皆様方も承知はいたしておるんだろうけども、「やはりこれはちょっと違うのではないか」、そういうふうに思っておりまして、ですから総合支所にもそうした権限を少し与えて、支所の皆さん方にも地域活性化にぜひ力を貸してほしい、そういうふうに思っておったわけでございます。

議長(及川昌憲君) 14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) そこが、やっぱり一番不足、やっぱりしてんのかなというふうに私もこう思っています。
 前者の質問では、地域活性化を進めていく上でも支所に権限、財源っていう、「あれ、何が不足なのかな」と。
 例えば、前布施市長の市政運営の中で、地域活性化のために集落支援員、集落の活性化のために集落支援員を置いたり、そういう施策も踏み込んできたんで、熊谷市長のことも聞きたかったわけでございます。
 ちょっと画面、データのほう、よろしいでしょうか。
 (議場内のディスプレイに写真①を表示)
 私も支所、私も熊谷市長と同じ、ここは東和総合支所でございますが、データのほうありますか。各総合支所に、その次。
 (議場内のディスプレイに写真②を表示)
 見えませんね。
 これ、ちょっと27年度だけ見てきたんですが、238件の支所からの、支所で受けた要望、あとは「ここ壊れる」、通報箇所238件、A3の用紙で4枚、私いただいてきました。ちょっと拡大した部分、お願いします。
 (議場内のディスプレイに写真③を表示)
 見えますかね。見えませんね。
 実際、今先ほど市長が言った県の河川工事とか、国道または県道、直してくれというのは当然、支所ではね、対応できないんで、いわゆる市道の部分の件数がかなりありました。その238件のうち、市道整備の要望が95件。これ東和総合支所だけですんで、恐らく他の支所にもかなりその要望はあると思うんです。
 そんで、建設部の方では、きめ細かな道整備事業とかやってんのが、やっぱり数がね、制限されて、「載ってるけどもこの道路、あと2年後だよ、3年後だよ」、そんなのが多くあるわけなんですね。やっぱ、地域にしてみればすぐしてほしい。生活で、それこそ今、足腰不自由で、何て言うんでしょう、シルバーカーっていうか、そういうに乗ってる高齢者もかなりいます。危なくて、かえってそいつに乗って行くと、事故に遭うというような形の部分もあります。
 この分野、これを守るために市長は、区長とか自治会長とか入れて検討するんだとなりましたが、予算が必ず伴いますよね、整備すんのには。それをやるには、今の支所の人員では少なすぎる。当然、人員も予算もある程度、その規模、どのように考えるかは、これからの検討次第だと思いますが、必ず必要なってきます。
 そうすると、どこかの部署、逆にその部分は予算、当然減る。建設部だけの予算ではないと思います、ほかにね。その他の部分では、例挙げるとおどげでねえね。産業経済部でなく建設部、支障木どうのこうの、そんなのもありますんで、どこを減らしてもいい分野。例えばね、今の組織の中で、「ここは支所から見て、手加えることできるな」、または、「この予算はやっぱり総額の予算内でやり取りするんであれば、そこはちょっと我慢してもらって、こっちさ振り分けたほうがいいんでねえか」というの、ある程度の筋書きねければ、ぼんっと行政区長さ振られても、これ困ると思うんですよ。
 そこんとこ、まずどう考えてるのか。ちょっと聞きたいと思うんですけど。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) お答えをいたします。
 岩淵議員のまさしくおっしゃるとおりでありまして、確かに今、例えば東和の総合支所においても、これだけの要望が出ておりますけれども、それが迅速には、多分なかなか処理されていない現実があるんだろう、そういうふうに思います。
 ですから、地域に精通した、そうした総合支所のあり方を私はしっかりと活かしていきたいという、まず第一の思いがございます。
 その上での権限、あるいは予算でございますけども、基本的には答弁でも申し上げましたように、定員適正化計画の中で、あるいは予算はその中での配分ということでございますけれども、どうしてもある程度の職員も今、手いっぱいで一生懸命働いておる現実がございますから、そうした人的な配置も、例えば正職でなくても、あるいは再任用、そうした形でもぜひ手当てができるように、いろいろ方策を練っていきたいと思います。
 予算におきましても、どうしてもこれは急ぐべき道路、あるいは今言ったような河川、そういうものがあれば、それはそれなりの手当をしていくと、そうした形で少しでも迅速に処理を進めていきたいとそういうふうに思います。
 基本的には、先ほども申し上げましたように、同じ予算の配分の中であるいは適正化の中でという思いがございますけれども、時と場合によっては、少しそうしたことに増減がある可能性はあると、そういうふうに私自身も思っておるところでございます。

議長(及川昌憲君) 14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) そのとおりかと思います。
 逆にね、もう一つの考え、今ある組織をね、利用して均衡ある整備のための発展がどういうものかなと考えた場合、やっぱ町域別に、例えばね、新たな新規の市道整備、またはきめ細もばらつきがあるんですね。今の優先順位の決め方からだと、利用する人数とか、当然そうすると、過疎地は人数で負けますよ。優先順位、絶対上に来ません。
 だからね、例えば町域でね、「町域ごとに、最低5件ずつやりますよと」、市の整備。その中でその5件、どっからやっか。あなた方、町域の皆さん、自治会の役員の皆さん、区長さん、検討してください。挙げてよごしてください。支所から優先順位を挙げて、それは平等にやるというのは、私、平等な公平公正な事業請け合いだと思うんですけどもね。
 人口少ないところに住んでっから税金少ないわけではない。同じ市民税払ってるの、当然だと。やっぱそういう考えはなりませんか。
 今までの部長、考え方、そういう人口割とかね、そこに利用する人のね、「ここは30人使う道路だ」、「こっち3人しか通んねえ」とかなんどか、そういう決め方では、いつまでも取り残される地域が出て来るんじゃないですか。そこを見直す考えをお聞きします。

議長(及川昌憲君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) ご指摘いただきまして、ありがとうございます。
 平成27年度に道路の評価というふうなことで、基準をつくりまして今、運用させていただいておりまして、今いろいろ要望いただいている路線を含めますと、主に集落道路といいますか、そういった道路では、約70路線ほど要望していただいております。その中で順番をつけておりましたが、本年度におきまして、やはりその評価についてですね、家が1軒あっとか、あとはさまざまなファクター、条件というようなものを検討して当時はおったんですが、やはりさまざまそのほかにもいろいろ検討しなければならない事項が出てきたというふうな部分がございまして、本年度におきまして、その評価の基準についてもう少し手を加えながらですね、やはり地元の方々のいろいろなそういった取組を含めたり、あとは狭隘な道路の部分、狭隘な道路だからといって、全て同じ幅で広くするというふうなことでもなくてですね、例えば本当に狭隘で困っている場所をきちんと広げれば、うまく有効利用できる。そういったことも含めまして、基準の改定を考えております。
 そういった中では、たまたま昨日なんですけれども、登米の森林組合の組合長さんおいでになりまして、家は1軒しかないんですが、その奥に100町歩の森林があって作業車も通れないんだと、そういったとこもつくっていただきたいんだというお話もございました。
 できれば、そういった将来に向けて森林伐採を含めた活用する道路を、登米町域ではそこだけだからというふうなことでもございましたので、いろいろなそういった条件についてもですね、加味して評価できるような内容に今度改めていきたいというふうに考えております。

議長(及川昌憲君) 14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) わかりました。
 それで支所の、総合支所のね、さらなる有効利用という観点でちょっとお聞きしたい点があります。
 さっきの東和総合支所ね。
 (議場内のディスプレイに写真④を表示)
 これがまず全景で、3階建ての。今、実際、常時使用はもう1階部分だけと。そこに土地改良区やら北上商工会やら、さまざまなね。1階は本当に有効に活用されているわけでございます。
 ちょっと次。
 (議場内のディスプレイに写真⑤を表示)
 2階にいきますと、もう関係者以外立ち入り禁止。2階部分はもう東和の場合はもうオープンスペース。本当に考え方によっては、その次もね。
 (議場内のディスプレイに写真⑥を表示)
 全景、もう書類しか置かってないと。本当に「あら、こんでいいのかな」と。支所に来る人たち、滅多に2階には上がんない状態です。東和総合支所だけなのか、例えば米山総合支所、あとは津山はね、今度新しくして、その人数に対応した形でやりましたが、あと石越の空き部屋ね。そういうところは、有効に活用しねげ。本当に、せっかくつくったのがね、もったいないなと。
 ぜひね、熊谷市長、今度その支所の権限、財源プラス、有効活用についても、まな板の上に乗っけて検討していくのが必要でないかなというふうに思いますよ。
 あと米山支所については、もうここの本庁より古い建物です。もう本当に建て替え、改修の方向もやっぱ考えながら立ち上げていかなきゃないと思うんですが、その認識をお伺いします。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 選挙で歩かせていただきますと、やはり新庁舎建設問題と絡めて、だったらこうした総合支所、非常に立派な支所がありますけれども、ほとんど今言ったように、例えば東和の総合支所みたいに2階、3階、あるいは石越、そうしたところもみんなそういう状況になっている。だったらやっぱり、「これをしっかりと有効活用してほしい」という意見も非常に多くあったと、そういうふうに思います。
 先ほど学校統廃合の問題でも絡んでまいりますけれども、そうした施設をやはり有効利用していかないとならない。そういうふうに常々思っておるところでもございます。
 ぜひその辺は、これから一生懸命検討させていただきたいと。やはり、市民の皆様方もそういう思いでいるようでございます。

議長(及川昌憲君) 14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) ぜひね、そういう部分も含めて、やっぱり先ほど市長、言いました地域の特色を生かした、やっぱりこの庁舎の利用も地域の特色を生かす一つになるものだというふうに思ってますんで、ぜひその話の中心に、その中でさっき出ました学校統合の話もあってもいいかもしれません。
 何かやっぱり、どんどんとそういうのを進めていかないと、話を待ってるだけでなくて、こういうのでどうぞとプログラムを掲示して、それで市民の意見を聞くという形も進めていく一つの方法ではないかなと思うんで、一つよろしくお願いしたいと思います。
 それでは、2問目にまいります。
 合併特例債、図書館、陸上競技場、例えば挙げました。
 答弁では、パークゴルフ場、長沼ボート場クラブハウスや、あとは認定こども園等ということで、陸上競技場は「さて、どごさ書かってるかな」となりましたが、どうですか。もう簡潔にいきます。陸上競技場はつくりますか、どうしますか。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) できるだけ早く調査費を計上させていただきたいと、そういうふうに今、準備を急いでおるところでございます。
 それから、議長よろしいですか、答弁漏れがございましたので。
 米山の総合支所につきましてでございますけれども、これはやはり検討課題だと、私自身も認識をいたしております。前の代表質問でも確かそういう質問が出たと思いますけれども、迫のこの庁舎よりも古いということは私自身も認識いたしておりますので、大きな課題だとそういうふうに思っております。

議長(及川昌憲君) 14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) それでは、図書館の整備。
 答弁では、教育長のほうから平成27年度に図書館構想を策定しており、この平成27年度の策定は本庁の中の図書館のことなんですか。その策定、ちょっとそこのところ。布施市長のときとどう違うか。

議長(及川昌憲君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) 平成27年度に策定いたしました図書館構想につきましては、今後の図書館のあり方というふうなことで一般的な、いわゆる図書館の機能、そういったものであるとか、あるいは考え方をそこに示したものでありまして、庁舎とその当時庁舎と一体、いわゆる複合施設というふうな形の中で、「もし、庁舎と一緒になれば」というふうなことでの検討も含めて入っておりました。
 しかし、あくまでも市としての、教育委員会としての考え方としては、図書館のそういった機能がしっかり果たせる場所であれば、複合であってもいいような内容で示してあったことというふうに認識しております。

議長(及川昌憲君) 14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) とにかく構想ですからね、策定したと。
 さて、今度やっぱり合併特例債につなげたいわけなんです、私は。
 本当に平成37年度まで、私は使わない手はないなって思っています。これだけ有利なの、あとないですよ。あと37年過ぎたら、一般財源でかえって自分たちの首をしめるような格好になってしまうのではないかなと、大きな公共施設ね。それについてはですね、やっぱりこれだけ有利で、あと今後、政権によってはまたさらに広域合併、進むかどうかはわかりませんけども、これを使わない手はないなと。
 ですからね、ぜひこの合併特例債の活用については、パークゴルフ場、長沼ボート場、認定こども園、図書館もね、答弁にほしかったなと思うんです。
 どっちでもいいです。その考えは。使えるか、使えないかもあるね。合併特例債、意外と縛り多いですから、使えるか、使わないかも含めて、合併特例債の活用する意向があるかどうか。一つ。
 もう一つ、ついでに聞きます。認定こども園、これ合併特例債使えますか。
 その3点聞きます。

議長(及川昌憲君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 2点についてお答えしたいと。
 図書館、それから認定こども園等についてはですね、合併特例債の充当可能施設というふうに認識してございます。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) もちろん図書館も合併特例債の範囲だということが、私も理解をしておりました。これも、この4年間の中での私の一つの目標になっておるところでございます。

議長(及川昌憲君) 14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) そしたらですね、先ほど言いました本当に有利な起債、確かにある程度、借金部分にまわる分もあります。
 この将来にすばらしい建物、施設を残すか。または、将来に先送りして、「おめだち自分であと30年後、20年後頑張って建てろや」となんのかは、やっぱり我々のこの責任ではないのかなというふうに思うんです。396億円、私はね、500億円までばっちり使ってやっていいんでないかなって思う一人なんです。これだけの有利なのはないですから。
 そこのとこの、これは私個人的な意見ですけども、熊谷市長はどう思うのか。やっぱこの396億円、54%あたりでとめてよしとするか、でもやっぱりもっといいんでないか。財政・・・その認識をちょっと聞きたいんです。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 確かにそういう意見もあるし、そういうふうにまちづくりをしている自治体もあるかと思います。
 ただ、私自身は、合併特例債は確かに有利な起債ではございますけれども、ただ日本全国、今皆さん、これを競って使い合っている状況もございまして、いずれ国の財政がどういうふうな形になっていくのかという大きな不安要素もございます。今も結局、なかなか交付税でさえ満額なかなか出せなくて、別な形で後で、「まずは自治体で起債をしててください」と。後でお支払いします。そういう形で今、交付税も措置されている現状がございます。
 そういうときに、だったら500億まで使えるから500億まで使っちまえ。でも、もし国の財政がかなり厳しくなったときには、その縛りがもっと交付税にかぶさってくる気持ちが私自身はまだあります。これこそが将来の若い方たちへの大きな負担になっていくと、それをまず避けたいとそういうふうに思います。ですから、前に申し上げましたとおり、まずは390億円、ここまでを一つの私なりの限界として、これでできる範囲で頑張っていきたいと。
 ですから、市民の皆さま方、あるいは議会の皆様方と相談をしながら、この限られた財源の合併特例債だけではなく、そうした過疎債にしても、一般の起債にいたしましても全て借金でございますから、この総枠の中でこれから20年、30年で返していく中でのそうした財政運営をしていきたいと、そういうふうに思います。
 確かに今は有利かもしれないけれども、もしかすると後年に交付税措置で、そうしたその合併調査が非常に、非常に財政が厳しくなる可能性は私は十分残ってると、そういうふうに思います。
 今、現実に先ほど申し上げましたように、交付税が満額来ている状況ではございませんので、これがもっと厳しくなってくるんだと。そういうことにしっかりと備えてきた、その上での財政運営をさせていただきたいとそういうふうに思います。

議長(及川昌憲君) 14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) そうですね、それは、その考えも一つ。
 仮に、仮に何にもね、合併特例債、使わないで、ある程度の借金だから使わないで、さあ37年以降、使わなくても交付税減る可能性あるんですよ。どっち得か。そこはね、今後財政状況を見ながら、これはね、進めて行って、私の一意見として、私は有利な起債は、必要あれば後年度に残す施設、または何かのね、事業に必要があれば使っていただきたいなという一人ですから、声なき声ばかりでなくて、高声でもちょっと聞いていただければ、なおいいのかなというふうに思っております。
 最後にですね、その合併特例債の中で、プロジェクト事業ということで、広域4事業を初めありました。氏家議員のほうでも質問になったと思います。12年過ぎてその合併協定、そして合併のとき各町域事業というのを持ち込んでまいりました。
 各町域でどれだけの町域事業がこなされたか、そのパーセントでも構いません。町域ごとにお知らせ願えればありがたいと思います。

議長(及川昌憲君) 暫時休憩。
 
          休憩 午前11時43分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時43分
 

議長(及川昌憲君) 再開いたします。企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 町域事業でございますが、現在ですね、その町域ごとの当時の実施計画と実績のですね、対比をした率というものをちょっと手元にないもんですから、後でですね、お示しをしたいと。すいませんが。

議長(及川昌憲君) 14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) 資料請求しなかったのも、私も悪いわけです。
 では、最後にですね、これ「28年度の登米市総合計画で大きく変えなければならないこと」ということで質問しました。
 庁舎以外は、だいたい前市長、そして新市長も考え方は同じにするよということで、総合支所でね、市役所本庁新庁舎建設を除いては方向性は一致ということで、我々も認めた計画でよかったなという一面あります。
 ですから、この初年度、9月決算を振り返って、2月議会にいよいよ熊谷新市政の発進というか、スタートかと、実際はそうなのかなと思います。こういうふうに是々非々で全員、全議員、挑むと思います。いいことについては賛成するし、「これはちょっとと言うんでは」、指摘もやっぱり多々あるかもしれませんが、進む方向は同じでございます。やっぱ登米市民、本当に住みたくなるまちをつくるため、一緒に頑張って行こうやというのが自分たちの気持ちであります。
 ぜひね、登米市発展のため、車の両輪のごとく歩んで行けたならとこういうふうに思います。時間が来ました。また、議論をね、さまざまな分野で深めて行きたいと思います。
 今日はこれで質問を終わりたいと思います。ありがとうございました。

議長(及川昌憲君) 市長はいいですか。帰って行かないで。
 市長はいいですか。市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 大変、叱咤激励をいただいたと、そういうふうに理解をいたしております。
 この代表質問、あるいは一般質問、今日までまいりましたけれども、皆様方からいろいろとご提言、あるいはそうしたことでご指導をいただきました。非常にありがたく思っておりますし、今、岩淵議員が申し上げていただいたとおり、目指す方向は同じだとそういう思いは私もしっかりと共有していきたいとそういうふうに思います。
 これからも、どうぞよろしくご指導を賜りますようにお願いいたします。

議長(及川昌憲君) これで14番、岩淵正宏君の一般質問を終わります。
 ここで説明員入れ替えのため、暫時休憩いたします。
 
          休憩 午前11時47分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時48分
 

議長(及川昌憲君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に23番、及川長太郎君の質問を許します。

23番(及川長太郎君) 23番、及川長太郎です。
 選挙投票時間の短縮をということで、市長、選挙管理委員長に次の5点についてお伺いします。
 1、2004年公職選挙法が改正され、期日前投票により、有権者の投票時間の束縛が大幅に緩和されて久しいが、登米市選挙管理委員会では、公選法第40条のただし書きに規定する投票所の閉鎖時間の繰り上げについて、調査・検討したことはあるかお伺いします。
 2番目、登米市長、登米市議会議員選挙において、期日前投票の時刻ごと、年代別投票率の推移、傾向等を調査したことはあるかお伺いします。
 3番目、投票当日の時刻ごと、年代別投票率についても調査したことはあるか、お伺いします。
 四つ目、今回の開票開始時刻と開票終了時刻をお伺いします。
 五つ目、今回の選挙で18歳以上20歳未満の投票率をお伺いします。
 以上、5点お願いします。

議長(及川昌憲君) 答弁を求めます。選挙管理委員会委員長、髙橋正勝君。登壇してお願いいたします。

選挙管理委員会委員長(髙橋正勝君) 23番、及川長太郎議員のご質問にお答えいたします。
 初めに、1点目の「投票所の閉鎖時間の繰り上げについて、調査、または検討したことがあるか」についてであります。
 各種選挙における投票所の閉鎖時刻の繰り上げは、公職選挙法第40条で「選挙人の投票に支障を来さないと認められる特別の事情のある場合に限り」ですね、行うことができることになっております。
 登米市において執行したこれまでの選挙のうち、平成17年9月執行の衆議院議員選挙、平成19年4月執行の県議会議員選挙においては、投票所の閉鎖時刻を午後8時としておりました。その後、平成19年7月執行の参議院議員選挙以降は、全ての選挙人が投票可能な期日前投票所を市内9カ所に設置していることを特別の事情として、選挙期日の投票所閉鎖時刻を1時間繰り上げ、午後7時としているところであります。
 投票所の閉鎖時刻繰り上げに関する調査としましては、昨年7月執行の参議院議員選挙後において県内各市の状況を確認したところ、離島などを除く投票所で閉鎖時刻を1時間以上繰り上げた市は、県内13市中、本市を含めて6市であり、残り7市については、投票所の閉鎖時刻が午後8時となっており、1時間を超える繰り上げを行っている市はありませんでした。
 このように、県内各市における投票所の閉鎖時刻の繰り上げは最大で1時間であることなどから、これまで1時間を超える繰り上げについては検討しておりません。
 次に、2点目の「登米市長、登米市議会議員選挙において、期日前投票の時刻ごと年代別投票率の推移、傾向等を調査したことはあるか」についてでありますが、これまでの市長選挙、市議会議員選挙では、期日前投票の時刻ごと、年代別の調査は行っておりませんでしたが、今般4月の選挙においては、時刻ごと、年代別の投票率を把握したところであります。
 今回の選挙の期日前投票者数は1万2,563人で、最も多くの選挙人が投票を行った時刻は、午前10時から午前11時までの1時間で1,556人、次に多い時間帯は、午後6時から7時までの1,375人となっており、また、年代別投票率については、最も投票率の高い年代は60歳代の24.15%、次に高い年代は70歳代の21.09%となっております。
 次に、3点目の「投票当日の時刻ごと、年代別投票率については調査したことはあるか」についてでありますが、投票当日については選挙人の受付方法が期日前投票とは異なり、電算システムによる名簿対照となっていないことから、投票者数を時刻ごと、年代別に集計して投票率を算出することが難しい状況でありました。
 こうしたことから、選挙当日は、各投票所からあらかじめ定めた時間に投票者数を報告させ、一定の時間の投票状況を把握しているものであります。
 なお、今般4月の選挙における各時間帯の投票者数は、午前7時から午前9時までが5,705人、午前9時から午前11時までが9,171人、午後1時から午後3時までが4,471人、午後3時から午後6時までが5,872人、午後6時から午後7時までが2,198人で、投票当日の1時間当たり平均投票者数は2,734人となっております。
 次に、4点目の「今回の開票開始時刻と開票終了時刻」についてでありますが、開票開始時刻は、市長選挙、市議会議員選挙ともに午後8時30分で、開票終了時刻は、市長選挙が午後11時45分、市議会議員選挙が翌日の午前0時15分となっております。
 なお、平成25年4月の選挙における開票終了時刻は、市長選挙が午後11時55分、市議会議員選挙が翌日の午前0時55分でありましたので、市議会議員選挙にあっては今回の選挙が40分ほど早い終了となっております。
 次に、5点目の「今回の選挙で、18歳以上20歳未満の投票率」についてでありますが、
当該年代の有権者数は1,311人であります。そのうち519人が投票しており、投票率は39.59%となっております。
 なお、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられた初めての選挙でありました昨年の参議院議員選挙における投票率は38.04%となっておりましたので、今回の選挙では、投票率に若干でありますが上昇が見られたところであります。
 以上、答弁とさせていただきます。

議長(及川昌憲君) 23番、及川長太郎議員の一般質問の途中ですが、ここで昼食のため午後1時まで休憩いたします。
          休憩 午前11時57分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
 

議長(及川昌憲君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 23番、及川長太郎君の一般質問を続けます。23番、及川長太郎君。

23番(及川長太郎君) 今回の市長選挙及び議会選挙に開票時間が8時30分、市民向けの開票速報が午後9時30分から開始と予定されておりました。インターネットに開票速報を行う表がアップされた時間は何時だったか。
 そして、1回目の発表がアップされた時刻、そして、各候補者の1回目の得票数はいくらであったか。以降、発表時刻とインターネットにアップした時刻をお聞かせを願いたいと。

議長(及川昌憲君) 選挙管理委員会事務局次長、遠藤 貞君。

選挙管理委員会事務局次長(遠藤 貞君) お答え申し上げます。
 インターネットのほうでですね、選挙の開票速報をこれまで実施してきているところでございます。今回もですね、30分おきに発表させていただいてございます。
 例えば、今議員さんからお話のありました9時30分を第一報といたしましてですね、順次30分ごとということでございます。インターネットにですね、報告をさせていただいている時間帯につきましては、その後5分から10分後、9時35分から40分ぐらいの間にはですね、アップされていたものというふうに考えているところでございます。
 あと第1報の際のですね、得票数につきましては、皆様方、候補者全員の方々がですね、ゼロ票というようなことで発表をさせていただいてございました。

議長(及川昌憲君) 23番、及川長太郎君。

23番(及川長太郎君) 議会議員全員がゼロ票という数字は、これ得票数になるんでしょうか。
 その時点で何票かは票が積み重なっているはずだと思いますが、その数字を発表してもよかったのではないかなと私は思っておりますし、恐らく当選された議員みんなそう思っていることと思いますが、ゼロ票という数字は得票ではないと私は思っておりますが、どういう解釈でしょうか。

議長(及川昌憲君) 選挙管理委員会事務局次長、遠藤 貞君。

選挙管理委員会事務局次長(遠藤 貞君) お答え申し上げます。
 30分ということでですね、開票始まって9時半に第1報というようなことでございましたが、その間ですね、確定した票がなかったというようなことでございまして、開票始まりまして、読取分類機を通しましてですね、職員が点検作業を行いまして、点検作業は都合2回行うわけでございます。そして、その後ですね、計数機をもちまして、100票束にそれぞれしていくといったような作業がございまして、その作業が終わりましたらですね、立会人の皆様方に1票1票といいますか、ご確認をいただいた後にですね、確定票ということで確定台に乗ると。そうしたような、その確定された票をもってですね、発表させていただいておるということでございます。
 確かにゼロ票というのが票数ではないというようなところでございますが、開票8時半から始まりまして、1時間ではですね、今回の選挙もそうでありましたが、前回の選挙につきましてはですね、なかなかまとまったそれぞれの候補者の皆様、100票というようなですね、票数がそろわなかったというようなところでございました。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) 23番、及川長太郎君。

23番(及川長太郎君) やはりその時点で、50票でも積み重なったら発表すべきではないでしょうかね。
 選管の委員長、どう考えていますか。

議長(及川昌憲君) 選挙管理委員会委員長、髙橋正勝君。

選挙管理委員会委員長(髙橋正勝君) ただいまのご指摘でございますけれども、私たちとしてもですね、できる限り早い時間帯で皆さんにその開票の結果をお伝えたいと考えております。
 ただ、その集計、その他のシステム、あるいは今回のように立会の方が10名おりますので、その方々の全員の点検が終わらないとですね、私たちところでも各票の確定の決定ができませんので、一応開票の段階でも100票単位、あるいは市長であれば500票単位ということで公表するということにしておりますので、どのような方法でですね、「早い段階で、どれだけの票ということでお伝えできればいいのか」ということで検討はしてまいりますけれども、現状ですとですね、なかなかそこまでちょっと難しいのかなと思います。
 その辺については、また委員会としてもですね、他の事例などを見て検討してまいりたいというふうに思います。

議長(及川昌憲君) 23番、及川長太郎君。

23番(及川長太郎君) 8時半から開票していますので、9時半まで1時間あれば最低、票の積み重ねはわかるから、一回目は必ずやってください。ずれるということはありませんので。お願いします。
 それで、有権者が開票の状況を知るには、合併前は防災無線等で知ることができました。今はインターネットにより発表されております。ネットを使えない有権者も大分いるようですし、時代の趨勢(すうせい)ということで、これはインターネットはしょうがないということでございますが、便利ではあるが有権者がネットに集中するあまり、思うように開票状況が把握できず、恐らく各議員の選挙事務所、支持者、恐らく戸惑ったと思っております。
 最終発表が12時15分。「これはあまりにも遅すぎる」というのは、これは支持者の声でありました。この12時15分、市長、選挙管理委員長、どう考えておりますか。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 私なりの感想を申し上げれば、確かに遅いというふうに感じております。
 ただ、いろいろとその選管のほうでも、そうした今の委員長のお話しでもございましたので、それはそれで理解できるところだと、そういうふうに思いました。ただ、候補者、あるいはその陣営からすれば、1分でも10秒でも早く知りたいというのは、それは人情だと、そういうふうに思っております。

議長(及川昌憲君) 選挙管理委員会委員長、髙橋正勝君。

選挙管理委員会委員長(髙橋正勝君) ただいまインターネットだけの利用とやっていますけれども、確かに合併前はですね、そちらよりも広報無線を使っての広報をしていたと私も理解しております。
 そのことについては、事務的にですね、インターネット、あるいはあわせて、その防災無線の活用について、可能ではないということではありませんけれども、事務方と十分ですね、協議をして検討してまいりたいというふうに思います。

議長(及川昌憲君) 23番、及川長太郎君。

23番(及川長太郎君) 開票にかかわる職員も朝、当日は6時から、それから選挙管理者、立会人だけでなく、一週間もこの選挙にかかわった運動員、事務員、支持者の方も恐らく疲弊、疲れ切っていることと。その中で、夜中の12時15分にならなければ結果がわからない。さらに当選告知書がついたのが午前2時過ぎていましたよ。恐らく議員さん、各議員みんなそういう時間帯だと思います。私が見たのは午前2時過ぎで。こんなことが続いて投票時間を1時間繰り上げただけで、最大この40・・・公選法、最大限利用したらば、4時間詰めればおのずと最終結果が出てくると、私はこう思っておりますが。
 過去にも私、二回ほど提案しておりますが、しかしながら、検討して今日の登米市内、「市内ではないから、登米市ではやらない」、あるいは「市外でやったら登米市でもやる」、というようなこのような解釈に私は取ったんですが、これではあまりにも消極的な、やる気のなさを強く感じておりますが、最大限法律を、法律の許す範囲で検討するべきと、これから思うんですが、その意思があるかどうか。やれない理由あれば聞かせていただきたいと。

議長(及川昌憲君) 選挙管理委員会委員長、髙橋正勝君。

選挙管理委員会委員長(髙橋正勝君) 最初の答弁では、各県内の状況をお伝えしたわけですけれども、確かに今、議員さんがおっしゃるとおりですね、私たちも早くお知らせしたいという気持ちは変わりありません。
 ただし、この当初6時までの投票時間が8時まで延ばされたっていうことは、選挙民に対しての利便性、あるいは投票率への補助というような大きな狙いがあって延ばされたものと理解をしております。
 そういうことで、現在も6時から7時という方も、結構な多い人数の方が投票に見えております。特に最近の就業構造などでは3交代、あるいは2交代とか夜勤、その他もあります。確かに、期日前投票もかなり充実してまいりましたけれども、まだまだ30%弱という状況でありますので、その辺もですね、これからどのような方法でいけばよいのか、特に多くの方に一人でも選挙に足を運んでいただくということ、それから投票率がいろいろ広報と啓発活動もやっておりますけれども、なかなか上がらないという現状でですね、この時間帯については、いま少しこのままの状況で続けていきたいというように思っております。
 以上です。

議長(及川昌憲君) 23番、及川長太郎君。

23番(及川長太郎君) このまま続けるという。するとほとんどやる気がないと、そう取ってよろしいですね。
 利便性と期日前も、6日間も期日前あるんですよ。それも8時までやっているんですから、この利便性については、私は当たらないと思います。
 ちなみに、平成28年の7月8日の西日本の新聞の朝刊では、「九州7県の投票所、投票時間を短縮する」とありまして、鹿児島県では投票者総数が1,197カ所。短縮する投票所、1,090カ所。割合にして実に91.1%。この数字、短縮してるんですよ。宮崎県748、569、76.1%。大分県607、439、72.3。熊本991、703、70.9。長崎907、485、53.5。佐賀337、149、44.2。一番低い福岡で1,195のうち78.65。これら九州合計で5,982カ所、3,513カ所、58.7。実に半数、6割近い投票所でそういう時間短縮をしてる。やはりいいことは真似て、経費がかからないんですよ。わざわざ時間外をかけて、人手かけて。
 メリット、メリットが多いのに、デメリットがあまりにも多すぎるんじゃないでしょうか。今これ、このままで行くというメリット挙げてください。何かありましたら。

議長(及川昌憲君) 選挙管理委員会事務局次長、遠藤 貞君。

選挙管理委員会事務局次長(遠藤 貞君) お答えを申し上げます。
 ただいまご紹介いただきました九州地方でのですね、投票場の繰り上げということでございます。
 我々のほうでもですね、ちょっと東北の各県の状況をなどなど調べてみたところでございました。そうしましたところですね、我が宮城県ではですね、約半数が繰り上げを、投票所のうちですね、半数が繰り上げをしているというような状況のようでございます。
 ただ、1時間以上の繰り上げということになりますとですね、例えば、離島でありますとか、あるいは栗原市の耕英地区でありますとかですね、そうした地理的な要件等々ですね、そうした特別な事情のあるところが2時間、あるいは3時間といったような、その繰り上げというふうになっておるようでございます。
 やはりその、あとですね、うちのほうは50%ほどなんですが、青森県などではですね、ほとんど6%、7%というようなところで、本当に特殊な投票所だけといったような県もまたあるようでございます。
 やはり、選挙管理委員会事務局といたしましてもですね、各種選挙におきまして低投票率といいますか、そういったことが問題になっているというようなこともございましてですね、こうした情勢の中におきましてはですね、やはりその選挙人の皆様方の利便性を期日におきましても確保するということが、やはり必要なのかなというふうに考えているところでございますので、よろしくご理解をお願い申し上げます。

議長(及川昌憲君) 23番、及川長太郎君。

23番(及川長太郎君) だから利便性を考えれば、短時間のうちに投票率を上げれば、最小の経費で最大の効果が上がるんではないでしょうか。
 2000年の公選法施行の時間たちが、県選管の許可制から届け出制に変わったんですよね。であれば、届け出れば済むことではないでしょうか。その届け出さえ、やる気がないんでしょうか。

議長(及川昌憲君) 選挙管理委員会事務局次長、遠藤 貞君。

選挙管理委員会事務局次長(遠藤 貞君) 県選挙管理委員会へのですね、届け出につきましては選挙の都度、1時間の繰り上げということでですね、届け出をさせていただいてございます。おっしゃるとおり届け出でございますので、その認可的な、「認める、認めない」というようなことではなかろうかと思うんですけれども、現実的には、宮城県選挙管理委員会のですね、意向も働くというようなこともございまして、そういった意味でですね、県内6市、1時間の繰り上げを行っているところでございますが、結果的に横並びとなっているといったような状況でございます。

議長(及川昌憲君) 23番、及川長太郎君。

23番(及川長太郎君) 市長、横並びでよしと、そう思っておりますか。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) お答えいたします。選管の事項でございますので、私から申し上げることは差し控えたい、そういうふうに思います。

議長(及川昌憲君) 23番、及川長太郎君。

23番(及川長太郎君) それでは、1時間の届け出、4時間出して却下されるかどうか、これはわかりませんよね。一度お出しになったらどうでしょうかね。
 やはり横並び、他と同じだからって、改革も何もならないのかなと、私個人は思ってるんですが、委員長はどうお考えになっておりますか。

議長(及川昌憲君) この時間に関してデメリット、メリットを明確に伝えて、意見を噛みあわせてください。よろしくお願いします。
 選挙管理委員会委員長、髙橋正勝君。

選挙管理委員会委員長(髙橋正勝君) 今、各地方のですね、繰り上げしている現状をお話しいただきました。ですが、ちょっと私のほうでも、どの町がどれだけ繰り上げているかということはわかりませんが、うちのほうも1時間繰り上げているわけでございます。
 今お話いただきましたが、再三申し上げますけども、あくまでも選挙民の選挙の機会をですね、確保するという観点から、これ以上の現時点での繰り上げは難しいというふうに考えております。
 「それであれば、何にも改革はないだろう」というお話をいただきましたが、デメリットとすれば、確かにその従事者、あるいは立候補者のご苦労もあります。しかし、選挙ということから考えれば、やっぱり多くの方の選挙民のですね、立場を考えて、機会を確保してやり、そしてまた、いくらかでもその選挙民がですね、自分の意思を表示できるような機会を確保するということから考えればですね、今の段階ではこの状況でいいのではないかと思っております。それで結局、繰り上げした場合ですね、さらに1時間、あるいは2時間、4時間までできます、確かに、通常は。ただ、その繰り上げる理由が確保できるか。それから、そのときにどのような結果の、選挙の結果が出るか、ちょっと、なかなか随分検討していかないと、デメリット、あるいはメリットですね、それをケース的に表すことはちょっと難しいという現状でございます。
 議員さんの気持ちは十分わかりますので、その辺もですね、今後ですね、十分委員会としても検討してまいりたいというふうに思います。

議長(及川昌憲君) 23番、及川長太郎君。

23番(及川長太郎君) わかったらやってもらいたいのが私の心情でございます。
 過去17年から18回、選挙行っております。その間の時間外が3億2,726万6,377円、12年間の中で。仮にこの間、4時間時間短縮しますと、時間外手当、いくらぐらい短縮なりますか。
 そして、この選挙に従事した人数、時間外の人数、何人ぐらいを把握しておりましたか。

議長(及川昌憲君) 選挙管理委員会事務局次長、遠藤 貞君。

選挙管理委員会事務局次長(遠藤 貞君) お答え申し上げます。
 これまでの選挙全てのですね、時間外、あるいは従事者人数ということになりますとですね、ただいま手元に資料がございませんので、今回のですね、今般4月の選挙の状況につきましてお話をさせていただきたいと思います。
 まず、投票、あるいは開票事務に従事した職員の数でございますけれども、今回は常勤職員としまして350人。そして、臨時職員といたしまして59人というような内容となってございます。そのうち開票事務に従事した職員つきましては110人。当然、正職員だけでございますが、110人ということになってございます。
 この人数につきましてはですね、投票所の数が平成21年にですね、82投票所から59投票所に減ったと、再編されたといったような歴史がございますので、順次その事務従事者については減ってきているといったような状況でございます。
 なお、今お話しいただきました、例えば、今の繰り上げから3時間プラスして4時間繰り上げたらどうなるのか、といったようなお話でございました。大体その投票にですね、投票事務に要する時間外手当、1時間で、大体でございますけれども30万円ほどというようなことになってございます。これが、そうですね、1時間で・・・大変失礼いたしました。
 1時間ではですね、大体計算をしますと、あらあらの計算でございますが99万円ほどと。これがさらに、現状よりも3時間短縮ということになりますと、約でございますが300万円ほどの縮減になろうかと思っているところでございます。

議長(及川昌憲君) 23番、及川長太郎君。

23番(及川長太郎君) だからデメリットのほうが、メリットのほうが多いんですよね。時間外手当の削減、そして、今400人以上の時間外労働者が午前、次の日の2時までですよ。精神的にも肉体的にも、健康面においては、恐らく翌日の仕事にも支障をきたすと。次、休みならいいですよ、休む職員もいるかもしれませんが、こういうことでよろしいのでしょうかね。
 せめて10時ころ終わったほうが、その日のうちに、みんな恐らくそう思っていると思いますよ。言葉では言っていないでしょうけれども、職員だって恐らく、「何で2時まで」とか。金がかからなくて、届け出さえやればいい、やれることをどうしてやれないんでしょうかね。
 そして霧島(きりしま)市では、選管ではね、18歳から二十歳未満の、先ほど利便性を兼ねて投票率を上げるって言いましたが、やはり高校、六つの高校、我々登米市では3校、三つの高校がありますが、部活だの動遠征等で投票できない生徒、その生徒たちは期日前もあるんですから、そういうも呼びかける。あるいは、学校訪問して投票率を上げる手立てはしましたか。

議長(及川昌憲君) 選挙管理委員会委員長、髙橋正勝君。

選挙管理委員会委員長(髙橋正勝君) ただいまですね、18歳未満に引き下げるということで、その働きかけっていうことでございますが、各学校を回ってですね、啓発活動をしております。
 さらに、新聞でごらんなったかと思いますが、ほかの選挙管理委員会では取り組んでおりませんでしたけども、18歳以上の生徒さんを選挙の当日ですね・・・期日前ですね、失礼いたしました。期日前の日に、事務従事ということで体験をしていただくことができます。
 そのような取組をしながらですね、なおかつ今回の選挙にあたっては、選挙公報ですね。公報対象者に全部配布をして、とにかくまだ選挙権がなくとも選挙にまず関心を持ってもらうことが大切だということで、そのような取組をしてまいりました。
 ただ、残念ながら18歳のほうはある程度投票率はいいんですけれども、高校卒業した後のですね、19歳、あるいは20歳未満になりますけれども、住所を置いたままですね、大学とか専門学校とか、就職とかされている方が多くおられるようです。そのためにですね、18歳に比べて19歳の方々の投票率が下がっております。
 ただ、どれだけそういう子どもがいるんだと、選挙民がいるんだとなると、そこまではなかなか個々の問題ですのでつかみかねますが、選挙管理委員会としてもですね、そういうような事情があって19歳以上の方、二十歳未満の方の投票率がよろしくないのかなというように理解をしております。
 以上です。

議長(及川昌憲君) 23番、及川長太郎君。

23番(及川長太郎君) 高校には出向いていると。これからも、それはよろしくお願いしたいと思います。
 それから、各家庭に、恐らく選挙公報全部配布しております。ポスター掲示板、かなり多いかなと思っておりますが、その掲示板、今の300何カ所ですか、適正であるかどうかお伺いします。

議長(及川昌憲君) 選挙管理委員会事務局次長、遠藤 貞君。

選挙管理委員会事務局次長(遠藤 貞君) お答え申し上げます。
 ポスター掲示場につきましてはですね、現在、本市におきましては、全部で283カ所の掲示場の数ということになってございます。これ、法の中の規則だったと思いますが、ではですね、それで計算しますと320カ所程度だったと思います。そこから見ればですね、若干うちのほうでは、投票所を減らさせていただいているといったような状況となってございます。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) 23番、及川長太郎君。

23番(及川長太郎君) わかりました。
 いずれにしても、今年の10月に県知事選挙ありますね。それまで、とりあえず4時間の短縮の届け出は行わないという確認でよろしいでしょうか。1時間で、今までどおりでということでの解釈でよろしいですか。

議長(及川昌憲君) 選挙管理委員会委員長、髙橋正勝君。

選挙管理委員会委員長(髙橋正勝君) 今回の知事選挙についてはですね、現在のこの時間帯でやらせていただきたいというように思います。これについては、特に、また県とのほうの協議もございます。県知事のね、選挙ですので、私のほうで自由にってわけにはいきませんので、県とも協議しなければならない事項ですので、そんな時間もありませんので、今回の知事選については現状の状況で執行させていただきたいというふうに思います。

議長(及川昌憲君) 23番、及川長太郎君。

23番(及川長太郎君) 委員長がかたくなに固持するメリットは、本当に聞かせてもらいたい。きちっと教えていただきたい。
 1時間も3時間も、私は同じだと。そのために期日前、六日間もやってるから、むしろ午後、極端な話、「5時で閉めますよ」、「5時に閉まるから早めに期日前なりに投票してください」と。そういうPRしたほうが投票率、時間を短縮して投票率上がったならば、すごい効果ではないでしょうか。そういう試しもしないで、思惑だけでいいのかなと。ぜひ1回やってみてはどうでしょうか。やってだめなら、あとは戻す。1回やって戻すということはできないんでしょうか。

議長(及川昌憲君) 選挙管理委員会事務局次長、遠藤 貞君。

選挙管理委員会事務局次長(遠藤 貞君) お答え申し上げます。
 これまでのですね、選挙、直近の二つの選挙で、例えば午後6時から7時までの投票者がどれくらいあったかということですね、ちょっと数字を拾ってみたところでございます。そうしたところですね、ただいま直近の4月の選挙におきましては、その1時間でですね、2,198人が投票をいただいてございます。2,198でございます。そして前回、昨年7月の参院選につきましては、2,209人といったようなことになってございます。
 これは当日のですね、投票所の投票の数、全体の数ですけれども、今回、選挙が3万2,809人でございました。そして、昨年7月の参院選におきましては、2万4,842名といったようなことでございます。
 投票者自体はですね、約8,000人、今回が減数しているわけでございますけれども、この6時から7時に限りましてはですね、去年の参院選のほうが若干ではございますけれども、投票者数が多かったといったようなことでございます。
 そして、今回の2,198人の投票についてもでございますが、1日ですと13時間ですか、投票時間がございまして、その平均の投票者数の、今回についても8割の方がですね、この時間帯に投票しているということでございまして、全体の投票者数は減っても、その1時間の投票者数にはほぼ変わりがないといったようなこととあわせましてですね、やはりこの時間帯に、期日でありましても利便性を感じていらっしゃる選挙人の方のですね、一定数いらっしゃると。少ない数がいらっしゃるということでですね、選挙管理委員会のほうではそうした分析といいますか、把握をさせていただいているところでございます。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) 23番、及川長太郎君。

23番(及川長太郎君) 確かにね、2,734人、6時から7時まで。6時までが3万2,809人になっているんです。ただ、日曜日がこれだけで、期日前が六日間あって、期日前の六日間の中で6時から7時までできる、六日間できないということではないから、PRの方法だと思いますよ。日曜日は、投票日はこれくらいに閉めますから、期日前に6時から7時までとか。期日前は8時までやっているんですよね。時間あると思いますよ。行く人はもうとっくに、期日前であろうが何だろうが行っているはずですよ。
 確かに日曜日ね、そのときでないとできない人もある。これは紛れもない事実でございますが、それは、あとは選管の役目で広報なりなんだりで、「期日前で投票率を上げましょう」とか、そういう利便性を図るのも仕事ではないでしょうか。頑なに1時間繰り上げたからいいというのは、到底理解できかねますので。
 次回の、時間がないと言いますが、10月までの選挙にありますので、ぜひ今回は県とかに届け出を行っていただきたいと、こう思っております。

議長(及川昌憲君) 選挙管理委員会委員長、髙橋正勝君。

選挙管理委員会委員長(髙橋正勝君) まず一つは、期日前選挙ですけども、これはあくまでもですね、何かの理由があって当日行けないという方なもんですから、やみくもにですね、「期日前にやってください」というお話しは不可能でございます。
 ですから、あくまでも現在の公選法については当日が投票日と。期日前はあくまでも、その日が何らかの理由で行けない方ですね、ができますということでございますので、なかなかその「みんな期日前に行って」という進め方は、ちょっとできないのかなというふうに思っています。
 ただ今、最後のほうにお話しいただきましたが、「今度の10月はどうなんだ」というお話ですけれども、先ほど申し上げましたが、これから県との協議、それからその後の選挙民に対する広報と考えますとですね、なかなか難しいのかと思います。ただ、一応トライは、県のほうにトライはしてみたいと思います。
 これは、あくまでも今度、県の選挙ですので、市の選管が繰り上げる、繰り上げない、勝手に届け出だけというわけにはいかないので、向こうのほうの了解、承認をいただかなければいけないという問題もありますので、一応このようなお話をいただいてですね、なおかつ県のほうともお話を進めてみたいというふうに思います。以上です。

議長(及川昌憲君) これで23番、及川長太郎君の一般質問を終わります。
 ここで、説明員入れ替えのため暫時休憩いたします。
 
          休憩 午後1時37分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時38分
          

議長(及川昌憲君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
          次に22番、熊谷憲雄君の質問を許します。

22番(熊谷憲雄君) 22番、熊谷憲雄です。私は3点についてお伺いいたします。
          一つ目、「給付型奨学金制度の創設について」。
          現在、登米市には、浅野兄妹奨学金、上杉奨学金等、複数の奨学金制度があるが、どれも返還型の制度であります。向学心があるのに家庭の事情等で進学を断念せざるを得ない子どもたちのために、給付型奨学金制度の創設が必要と思うが、市長の考えを伺います。
          二つ目、「患者に優しい対応のできる職員教育について」。
          病は気からと言われているが、患者に対する接し方次第で治る病気も逆に悪くなることも考えられます。職員の接遇教育の徹底を図るべきと思うが、考えを伺います。
 三つ目、「市長の選挙公約について」。
 選挙公報の3番目に掲げている「市長、副市長の報酬大幅カット」とはどのくらいなのか。また、副市長一人制の時期はいつなのか、お伺いいたします。
 以上です。

議長(及川昌憲君) 答弁を求めます。市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 22番、熊谷憲雄議員のご質問にお答えいたします。
 私からは、3点目の「市長の選挙公約」についてお答えし、そのほかのご質問については、教育長及び病院事業管理者から答弁させます。
 「市長の選挙公約」について、2点のご質問がありました。
 初めに、1点目の「市長、副市長の報酬大幅カットとはどのぐらいなのか」についてでありますが、市長、副市長の報酬大幅カットは、選挙公約として市民の皆様にお示しした事項であり、早期実施に向けて取り組んでまいります。
 ただし、現副市長につきましては、今朝、申し上げたとおりでございますので、ご理解を賜りたいと思います。
 具体的な減額幅について現在検討しており、その額を確定の上、特例条例の制定について9月定期議会に提案したいと考えておりますので、ご理解をお願いいたします。
 次に、2点目の「副市長一人制の時期は」についてでありますが、本年度中を目途に副市長を一人体制にしてまいりたいと考えております。
 私からの答弁は、以上とさせていただきます。

議長(及川昌憲君) 教育長、佐藤信男君。

教育長(佐藤信男君) 私からは、「給付型奨学金制度の創設」についてお答えをいたします。
 日本学生支援機構では、平成30年度からの本格導入に先立ち、経済的理由により進学が困難な平成29年度進学者に対して給付型奨学金の交付を実施しております。
 募集対象は、私立の大学等に自宅外から通学する住民税非課税世帯、生活保護受給世帯の人及び社会的養護を必要とする人となっております。
 さらに、住民税非課税世帯及び生活保護受給世帯の人については、高等学校等在学時に各学校の教育目標に照らして、十分に満足できる高い学習成績を収めていることが学力・資質の基準となっており、社会的養護が必要な人については、「特定の分野において特に優れた資質能力を有し、大学等への進学後、特に優れた成績を収める見込みがあること及び大学等において学ぶ意欲があり、大学等への進学後において特に優れた成績を収める見込みがあること」が学力、資質の基準となっており、募集対象、学力、資質基準は厳しく限定されております。
 本市の現在の奨学金貸付状況については、登米市育英資金が299人、約1億5,878万円、浅野兄妹奨学資金が53人、約1,660万円、上杉奨学金が17人、約2,362万円となっており、いずれも貸与型となっております。
 給付型の場合、奨学金の返済を必要としないため、必然的に原資は減り続けることになることから、導入するためには原資の確保が課題となり、経済的理由から就学が困難な方に広く就学支援を継続させて行くことの必要性を考慮しますと、現状では給付型の導入は難しい状況にあります。
 なお、国では給付型奨学金制度の検証により、今後制度の拡充に向けて検討していく方向であると聞いていることから、本市においても国の推移を見ながら調査・研究をしてまいります。
 以上、答弁といたします。

議長(及川昌憲君) 病院事業管理者、大内憲明君。

病院事業管理者(大内憲明君) 私からは、「患者に優しい対応のできる職員教育」についてお答えいたします。
 病院における職員の接遇については、病院を利用される患者の皆様などに十分に満足していただかなければならないものと認識しております。
 登米市民病院では、接遇教育として専門講師を招き接遇研修を行っております。患者の皆様に接する機会の多い看護師や医療技術職はもとより、事務職員を含めた病院の全職員を対象とした研修会を実施しております。
 また、研修の内容によっては、外来窓口業務等を委託している業者にも参加していただいており、病院全体で接遇教育を行っております。
 今後においても、接遇向上に向け研修会を計画的に実施するとともに、登米市病院事業経営理念にあります「患者皆様の心に寄り添い、患者皆様の身になって、思いやりをもった丁寧な対応」を心がけるよう徹底してまいります。

議長(及川昌憲君) 22番、熊谷憲雄君。

22番(熊谷憲雄君) 本当に丁寧な答弁、本当にありがとうございます。
 奨学金の貸付状況、登米市育英資金299人。それから浅野兄妹奨学金53人。上杉奨学金17人。この中で、返済があると思うんですが、滞ってるような状況はないんですか。

議長(及川昌憲君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 奨学金の現在の償還の滞っている内容というご質問でございました。
 三つの基金をですね、合計した資料でございますけれども、現在ですね、この全体の中で生活のほうですね、なかなか困窮しているということで、計画どおり納付できてない方が75件いらっしゃるという状況でございます。

議長(及川昌憲君) 22番、熊谷憲雄君。

22番(熊谷憲雄君) 75件っていうのは、75人なんですか。それとも、毎月返済する、それが一月、二月ということで75件になっているのか。何人でどれぐらいの金額なの。

議長(及川昌憲君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 失礼いたしました。
 返済につきましては、基本的には年1回ということを基本とさせていただいております。なお、本人が希望すればそれを分割ということもできますけれども、基本的にはこの件数が、人ということでご理解いただければというふうに思います。
 それから、金額的な総体はですね、大まかな数字になりますけど約1,400万程度ということでございます。

議長(及川昌憲君) 22番、熊谷憲雄君。

22番(熊谷憲雄君) この人数の中で75人っていうことは、結構な人数だと思われます。
 ですから私は、「給付型の奨学金も考えてみては」ということで今回申し上げたわけでございます。
 実は、私これを取り上げることにしたのは看護学生、市内の高校を卒業して、県外の看護福祉大に進んだ子がおります。その子は、最終的に助産師になりました。それで、3年生までは月5万円奨学金を受けて、それから4年生になったときに制度が変わって、若干多めの奨学金だったそうでございますけども、登米市に産科がないということで違う病院に行くと申し上げましたら、「それでは、一括してすぐに返還しなさい。今まで奨学金を貸し与えた分を」と言われたそうです。それも利子をつけてって。
 何か「あまり優しくない制度だな」と、私はムッときました、そのとき。そのことは事実でございますので、医療局の次長、ありましたか。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) そういう方があったかということでございますけれども、「どなた」というところは、ちょっと今すぐにはお答えできませんけれども、制度上、条例上そのような仕組みになってございます。

議長(及川昌憲君) 22番、熊谷憲雄君。

22番(熊谷憲雄君) 今の事業管理者、それから大森次長もまだ次長になる前の、恐らく話しなんです。私もその子の保証人になっておりましたから、言い訳ですけども、何かかなりむちゃな話なのかなと。だいたい奨学金制度を見ると、無利子、登米市の条例の中で。ただ、「返還する場合は利子をつけて返しなさい」というのはどういう意味なのかな。
 登米市に、市民病院に産科でもあれば、そのままその子は来たわけですよ。ただ、産科も小児科も「開設しますよ」って言って、なかなかできなかった。いまだに産科はない。そういう中で助産師になって、登米市に戻って来ようかなってときに、なければ来れないわけですね。
 登米市の病院に来れないから、ペナルティとして一括返還、利子もつけて返せということはどういうことなの。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) この奨学金制度ございます。医師看護師の確保を目的に始めさせていただきました。基本としてですね、「登米市病院事業内の病院診療所にご勤務いただけますか」というその第一前提でございまして、それを面接のときもですね、しっかりお聞きして確認した上で、合否を判定させていただいております。
 そのようなことから、もしお勤めになれない場合は、一括返還という条例上のルールありまして、それはお貸しする際にですね、しっかりとご説明をさせていただいているところでございます。

議長(及川昌憲君) 22番、熊谷憲雄君。

22番(熊谷憲雄君) 一括返還はいいんだけれども、なぜ利子まで取らなくちゃないの。だいたいね、借りるっていうのはあまり裕福でない、語弊があるけれども、そんなに余裕がある家庭の子は借りないんですよ。
 そういう状況に陥ったとき、一括で返還しなくちゃならないということだけでも大変なのに、プラス利子まで徴収すると。これが優しいやり方なんですか。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) この制度設計をするときにですね、さまざま弁護士さんとかですね、いろいろご相談申し上げて、やっとこのできた看護師制度なんですけれども、もともとの目的はですね、この登米市病院事業にお勤めをいただくという大前提のもとに、もしそれがどうしても叶わなかった場合はということで、10%いただくということですね、決めさせていただいた経緯がございます。

議長(及川昌憲君) 22番、熊谷憲雄君。

22番(熊谷憲雄君) ですから、その診療科目があれば登米市に来てたわけ。来たって意味がないでしょ。助産師さんが登米市の市民病院で、どこで働かせるの。働く場がないから他に行ったの。それ普通の看護科目で資格を取って、普通のところに勤務するっていうのを、違うところに行ったよって言うんなら俺は話がわかる。ない科目なんだから。だからそこんところは臨機応変に考えて、返還することは返還するんだから、利子まで取らなくてもよかったんじゃないかっていう私の意見。
 あくまでも、そのときその契約書の中に書いてあるから10%取ったっていうことでしょ。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 看護師奨学生、今27名、先日9名、新たに合格を出させていただきました。これらの方々のですね、これらの方々の中に何人か辞退されていらっしゃる方もいらっしゃいます。ルールとしてですね、そういう取り決めをさせていただいているもんですから、その公平性の観点からこのような取り扱いということでございます。

議長(及川昌憲君) 22番、熊谷憲雄君の一般質問の途中ですが10分間休憩します。
 
          休憩 午後1時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時08分
 

議長(及川昌憲君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 22番、熊谷憲雄君の一般質問を続けます。22番、熊谷憲雄君。

22番(熊谷憲雄君) 私は、利子、利子と言ったんですけども、恐らく違約金かなっつうような感じもしているわけでございますけども、ただ、この条例っていうかをつくったとき、こういうような状況も把握してつくったのかなっということなんですけども、どうなんでしょうかね。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 「こういう状況も勘案して制度設計したのか」というご質問でございます。
 まず、この奨学金制度をですね、もしこの利子がないとしたらばですね、もう何ていいますか償還も自由ということになってしまいます。そうしますと、これまでのお借りになった方々との均衡を失します。そしてあとは、10%の利子がかかるということで、少しこのブレーキがかかるのかなと思います。いずれこの病院事業にご勤務いただくという大原則のもとにお貸しして、そして契約をして、審査をしてまいっております。この10%が一つ、「やめようか」、「どうしようか」という一つのブレーキになるのかなと思います。
 ですからこの10%、医師と看護師と、二つ同じ条例で規定しておりますので、この分はですね、このまま行かせていただきたいと思います。

議長(及川昌憲君) 22番、熊谷憲雄君。

22番(熊谷憲雄君) いろんなケースがあると思うのね。
 今、次長が言ったことは、全部一つにして、「何が何でも、とにかく登米市に勤務いただけない場合10%取る。返還させて、プラス利子10%だ」というような感じだけれども、その場合に応じて柔軟な政策は取れないの。何か、あまりかたいような感じするんだけれども。来たくなくて、来ないんでないんだよ、わかるでしょ。登米市の病院が嫌だから来ないんじゃなくて、診療科目がなかったっていうだけの話だから。そういうときは、もう少し柔軟性を持てないのかな、ということ。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 今回の事例をですね、ちょっと今、休み時間に聞きました。
 そうしましたところ、助産師を途中から目指すようになったということをお聞きしております。それで看護師の学校に通われて、そしてそれをもとにですね、ご勤務いただいて、その後にですね、助産師学校に行かれて、そして資格を取られるという選択肢もあったようなんですけれども、そこはですね、「早く助産師になりたい」というところで、担当ともですね、よく話を詰めてお話いただいて、ご納得いただいた上での返還ということをですね、先ほど確認させていただきました。

議長(及川昌憲君) 22番、熊谷憲雄君。

22番(熊谷憲雄君) 誰が納得したの。その子どもが納得したって言ったの。私は、親から相談されて、その支払いは親だから。
 だからそういうことがないように、もう少し幅を持たせた考えはできないのかなっていうこと。わかるよ、その条例でその定めてっからこうだっていうことは。その場合に応じてできないかってっていうこと。
 日本国憲法だから、これは絶対曲げられないとかさ、そういうことでなくて。

議長(及川昌憲君) よろしいですか。

22番(熊谷憲雄君) それから、2番目に「患者に優しい対応のできる職員教育」についてってことで。じゃ、また申しわけないけども。
 実はね、これもね、今の事業管理者が来る前の話なんだけれども、実は大森次長ね、前にお話したね。私ね、実は私の義理の母が救急外来に行って、そのまま入院することになった。そのとき、夜の9時ごろだったから、実家に行って、その入院の届け。患者氏名1番上にある、氏名、年齢ね、生年月日。その次、保証人。それは私の名前書いて、住所書いて、判こ、印鑑押して。その下、連絡先ってあった。私は、「同上」と書いたのね、連絡先を。
 んで、ICUのところに持って行って、「はい、これを持ってきましたよ」って9時半ごろだった、夜。
 出したら、「これではだめです」って。「同上」ではだめだ。なんだ、その「「同上」でだめだってどういうことなの」って言ったら、私の名前がすぐ上にあるんだけれども、「患者のほうに連絡するのか、私のところに連絡するのかどっちだがわがんない」って言う。
 なんだ、「患者って一人暮らしだよ」って、「連絡先っていったら「同上」と書いたら俺のところでしょ」って。そしたら、「いや、それでもそこにまた書いでもらわなくちゃ」、んで、書きました私。
 そしたら、「これにも印鑑をまたついてけろ」ってわけね。名前、住所、また書いたほかにさ。何だ、一体わかんないやつだなって。上に自分の名前、住所書いてて、また下に同じ住所、名前を書いたら、下に印鑑くらいなくてもいいんでないがや。「いや、戻ってきますから」って言うわけね。そんなに厳しくしてんの。
 同じ住所、名前のものが連絡先になってて、保証人になってて、印鑑なければそいつ通んないの。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 今、ご指摘いただきました2点でございます。
 まずその「同上」というところなんですけれども、医療現場、本当に緊急を要する現場でございます。
 その中で、恐らくその担当の受付の担当のほうですね、誰が見ても必ずこの番号に電話すれば緊急時につながるのだなというところでですね、確認したかったと思うんですけれども、そこはですね、接遇面でのその言葉の使い方、それは大きく違うのかなと思いました。大変、それは申しわけないと思います。「こういうことですから、これがどうしても確認したいんです」というふうな聞き方をですね、させていただければ、何も問題なかったのかなと思います。
 そしてあと、印鑑の有無についてはですね、その先の流れがどういう状況になのかあれなんですけども、できればそこはもう何か簡略化できないものか。それをですね、現場に持ち帰って検討させていただきます。

議長(及川昌憲君) 22番、熊谷憲雄君。

22番(熊谷憲雄君) いや、本当にね、言い方一つだど思うのね。「これではだめです」って突っ返すようなさ、言い方ではさ、そこで「ああわかった」って、俺はこのとおりだから。「わかった」ってその用紙を持ってICUから帰ってこようとしたら、看護師が来たのね。「気分悪くしたんでないの」って言うから、「当たり前だよ」って俺言ったのね。ああいうふうに言われて、気分悪くしないの誰もいない。いや、本当にね、それが接遇だと思うのね。
 それから、もう1回、違う場面で。ちょうど脳梗塞起こして、もう口もきけない、目も見えない状態だったもんだから、毎日行ってだわけだ。朝晩ね。
 そうしたら、インフルエンザが院内で流行したっていうことで、面会できないよっていうようなことがあったわけだ。私は、その場には行かなかったんですけども、ちょうど身内の者が、うちの女房じゃないんですけれども、身内の者が行ったら「だめです」ってね、なんか怒られたっていうような話ね。んで、泣いてうちの女房に電話よこしたっていうようなことなのね。なんか、その言い方が物すごいその、けんけんとした言い方だったと。
 んで、「どうだったの、どうなのと、患者のほうは」って、「わかりません」って。会わせられないんだら、その患者の容態ぐらい話したらいいんでねえが。
 「病室に入ってだめだよ、会わせられませんよ」って言うんであれば、その看護師さんが、「んじゃ容態はどうなんですか」って聞いたら、「これこれこういうわけだから大丈夫です」とか、「こういう状況です」って言うんならわかる。「わかりません」。なんだ、会わせられない、わからない、で「何かあったら連絡します」。それから三日後くらいに容態が急変しました。俺が受けたそのとき、夜。俺は、その電話で「何だって、何があったら連絡っつうのは、容態が急変したらのときしかないのか」っと、会わせないでね。んで、運悪くこの世を去ったわけでございますけども、本当にね、言い方一つだと思う。
 医療局で接遇の講習会とか、何かやっているようだけっとも、何回くらいやってんの、年に。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、大森國弘君。

医療局次長(大森國弘君) 研修の開催回数ということでお聞きいたしました。
 全体的な研修は年1回ですけれども、1回だけの研修では、とても接遇向上は図れませんので、毎日ですね、看護部長の部屋に各病棟の師長、それから外来の師長、集まって10分のミーティングをいたします。
 前日に起こったその病棟、外来等でのエラーを情報共有しまして、その短時間ですけれども、「じゃあどうすればよかったのか」、いう振り返りを毎日やらせていただいております。
 そして、あとは教育ということでも、接遇教育ということでもご質問いただいておりますが、「研修」と、それから「指導」と「行動」と、この三つ伴わない限りですね、現実な行動に移せないと思いますんで、その辺、職場内での毎日の上司からの看護師長からのですね、伝達、それから注意、あとは本人が誤った言葉、行動を起こした場合にはですね、その都度注意していただいております。
 そしてあとは指導ということで、そうですね、指導ということで朝礼、それからあとは、接遇の心構え。そしてあとは、行動ということでですね、委員会をつくりまして、「具体的な行動を起こしましょう」と。「んじゃあ今月は何をする」ということで、それを月1回の会合ですけれども接遇委員会13人でつくりまして、その委員がですね、各病棟に散らばってますので、そっから伝達講習をして、そして具体的な行動に取り組むと。まず、その患者さんが1番安心するのはその笑顔だと思いますんで、その辺の、今月は徹底を図っているところでございます。
 いずれ年1回の研修では足りませんので、毎日毎日、研修だと思っております。

議長(及川昌憲君) 22番、熊谷憲雄君。

22番(熊谷憲雄君) いや本当にね、ある一部っていうか、一人っていうんだがさ、たったの本当に少人数の一人、二人の人のためにだよ、市民病院は「こうだもんね」って言われるのが一番怖いのね。「あそこさ行ったら、とっても、とにかくおっかねえ看護師さんがいてさ」とか、「とても待遇悪いよねと」言われないように、とにかく経営面もそうだけれども、やっぱりこういうような応対の仕方をさ、やっぱり徹底してやってもらわないと。
 何も次長、管理者が悪いって言うんではなくて、立て直しのためにもそれは必要だよ。よろしくお願い申し上げます。
 まだ時間あるんですけども、んじゃ、最後に市長。
 大幅カットというようなことで、9月の定例議会に提案したいっていうようなことでございますけれども、だいたい市長は、「大幅カット」っていうのは公約でうたったわけでございますけれども、大体どれぐらいを想定したの。だって、ただ「大幅」っていうことを言葉だけで言ったんではないと思うのね。
 ちなみに、副市長よりも市長が少ないっていう、報酬が少ないっていうところは、都市では、町では24あるそうでございます、今。まあ、一番顕著なのは名古屋。副市長が88万円に対して、河村市長は50万。それから、東北では相馬、それから喜多方が入ってますね。私、ちょっと書いてみたんですけど。
 本当は、俺は、うたわなくてもよかったんじゃないかなっていうような思いです。本当はね、報酬のカットなんてっつうのは。ただ、そういうふうにして、公約に掲げて当選なされた市長ですから、これはやらなくちゃないと思うんですけども、「大幅」っていうのは10%、20%では、俺は、「大幅」っては言わないじゃねえかなって。常識的な考えだよ。どれくらいを想定してやったの。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) お答えをいたしたいと思います。
 給与の、報酬のカットは、私の思いでございますので、ぜひ9月には条例改正でお願いしたいと、そういうふうに思っております。
 大幅とはどれくらいかということは、多分、私と議員さんとで少し認識が違うのかなと、そういうふうに思っております。

議長(及川昌憲君) 22番、熊谷憲雄君。

22番(熊谷憲雄君) 認識が違うって。んじゃ大幅、私の感覚では、大幅つうのは、やっぱり10%、20%では、大幅になんないじゃないかなっていうような、俺は最後まで思ってんだけれども。
 そうしてみると、副市長より少なくなるのかなっていうふうな、私の感覚ね。20%削減でも、副市長より下がりますからね。今、市長が91万1,000円、副市長が73万4,000円という。
 まあ、これはいくら聞いても、恐らく「これくらいだ」つうのは話さないでしょうから。んじゃ9月の定期議会まで取っておきましょう。
 はい、どうも。終わります。

議長(及川昌憲君) これで22番、熊谷憲雄君の一般質問を終わります。
 次に8番、日下 俊君の質問を許します。

8番(日下 俊君) 8番、日下 俊です。
 本市の産業振興について、市長にお伺いいたします。
 市長の重点施策、第2に「産業振興対策」が挙げられております。
 本市の人口減少を抑制し、若者が移住・定住しやすい環境づくりのためにも、重要な問題であります。
 本市、産業振興各分野の課題と問題点について、現状をどのように捉えているか、お伺いをいたします。

議長(及川昌憲君) 答弁を求めます。市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 8番、日下 俊議員のご質問にお答えいたします。
 「本市の産業振興」についてでありますが、「本市産業振興各分野の課題と問題点について、現状をどのように捉えているか」とのご質問ですが、まず、本市の基幹産業である農業の各分野から順次お答えをいたします。
 初めに、稲作については、本市では環境にやさしい米づくりを推進しており、平成28年度の有機栽培米を含めた環境保全米の作付面積は約8,000ヘクタールで、水稲作付総面積に占める割合は約82%となっているほか、稲作における低コスト化を図る水稲直播栽培においては、平成28年度の作付面積が約350ヘクタールで、水稲作付総面積に占める割合は約4%となっております。
 本市では、環境保全型農業を推進するため、除草機、色彩選別機の導入及びアイガモ農法用資材、ビオトープ・魚道等を整備する農業者を支援しているほか、農林物資の規格化等に関する法律による認証、いわゆる「有機JAS」などの認証制度の活用を目指す農業者等を対象として、研修や認証の取得・更新に要する費用の一部を補助し、有利販売に結びつくよう支援するなど、安全・安心で環境にやさしい米の生産を推進し、高付加価値化を進めております。
 また、稲作のコスト削減によって収益の確保を図るため、水稲直播を推進しており、直播栽培に必要な機械などを導入する農業者等を支援しているところであります。
 しかしながら、稲作を取り巻く環境として、人口減少や多様化する食生活等により、主食用米の消費減少が米価にも影響するなど、稲作による経営の維持が厳しい状況となっていると認識しており、水田を最大限に活用した園芸作物への取組などを通して、主食用米に偏った生産構造から転換する必要があると考えております。
 次に、園芸については、水稲、畜産に続く複合経営の柱として、野菜指定産地に指定されているキュウリ、キャベツなど園芸作物の生産の拡大や転作田を有効利用した露地野菜の作付の拡大を進めているところでありますが、人口減少等によって労働力の確保が難しく、園芸への取組が進まない状況にあると認識しております。
 このため本市では、機械化作業体系による省力化が確立されていることをはじめ、水田を有効活用して大規模化が図られること、周年栽培体系が図られること、さらには生鮮用のみならず、加工用でも需要が見込まれることなどを視点に、ネギ、タマネギ、ジャガイモ、トマト、ユキナ及びホウレンソウを重点推進品目に選定し、農業協同組合や生産者団体などとも連携しながら、生産拡大による産地づくりを進めてまいりたいと考えております。
 産地づくりの方策については、今年度の園芸産地拡大事業において、重点推進品目に係るパイプハウス等の施設整備や機械導入を対象として、補助率と援助限度額の引き上げによる支援内容の拡充を図ったところであり、作付及び生産拡大に向けた農業者等の取組を重点的に支援してまいります。
 また、産地化に向けては、営農指導や販路の確保などを担う農業協同組合をはじめ、県や農業関係団体とも連携し、地域一体となった産地づくりを進めてまいりたいと考えております。
 次に、畜産については、後継者不足や高齢化に伴う離農が進んでおり、特に肉用牛については、平成24年2月時点で飼養農家戸数が984戸、飼養頭数は3万76頭であったのが、平成28年2月には飼養農家戸数で189減の795戸、飼養頭数では2,445頭減の2万7,631頭となっている状況から、生産基盤の弱体化が懸念されております。
 さらには、全国的な素牛不足の影響に伴い、みやぎ総合家畜市場においても子牛取引価格が高騰し、平成23年度の平均価格41万円に対して、平成28年度は85万円と2倍以上の高値で取り引きされており、肉用牛飼養農家にとっては繁殖、肥育素牛ともに導入に苦慮している状況から、生産基盤を強化することが喫緊の課題であると認識しております。
 そのため市では、優良素牛の導入や畜舎整備などを支援しているところであり、今年度からは、優秀な産肉成績が期待されておりますます「勝洋号(かつひろごう)」産子を支援の対象に加え、生産基盤の強化に取り組んでいるところであります。
 また、サンシャイン牛舎の整備や畜産クラスター事業などにより新規就農者を支援するとともに、飼養作業の省力化による規模拡大と素牛不足の改善に向け、繁殖牛の受託施設などの新たな取組につきましても、みやぎ登米農業協同組合や生産者団体と協議を進めてまいります。
 次に、本市農業の中核を担う認定農業者については、平成28年度末現在で888経営体となっており、そのうち個別経営体については799経営体、法人経営体については89経営体となっております。
 農業経営の複合化や多角化が進み、法人経営体については増加傾向にあるものの、個別経営体については、農業従事者の高齢化等により減少が続くものと推測されることから、本市農業の体質強化を図るため、生産組織の法人化の推進、さらには次代を担う新規就農者など、多様な担い手の育成・確保に努めてまいりたいと考えております。
 次に、農業農村整備については、近年の農村地域の過疎化や高齢化・混住化等の進行に伴い、集落機能の低下が懸念されており、これまで地域の共同活動に支えられてきた農用地、水路、農道等の地域資源の維持や自然環境の保全など、農業の有する多面的機能の発揮に支障が生じてきているとともに、担い手農家の負担が増加しております。
 そのため、日本型直接支払交付金の取組により、地域住民による農村環境を守る活動を支援することで、担い手育成への後押しや自然環境の保全を推進してまいります。
 また、農地・農道、用排水路等の施設整備や農地の集積により作業効率を向上させ、担い手が積極的に農業に取り組むことができるよう、圃場整備をはじめとした生産基盤の整備を継続して進めてまいります。
 次に、起業・創業については、本市が持続的に地域、地域内発型の発展を図っていくためには、企業誘致だけでなく、地域資源を活かした起業・創業や新たなビジネスヘの取組を支援し、地域に根ざした産業を育成していく必要があります。
 そのためには、若者や女性を含めた多くの皆様に起業に関心を持っていただき、さらには、起業を目指す人材を育成することが、これまで以上に重要となっております。
 起業・創業への支援については、行政のみならず地域の商工会や金融機関などとの連携が重要でありますので、産業競争力強化法により国に認定された創業支援事業計画に基づき、関係機関とそれぞれの役割を持った連携を図り、創業セミナーや創業希望者に対する相談窓口、創業補助金、融資制度などの支援に積極的に取り組んでまいります。
 なお、本市においては、起業・創業支援の柱となる「ふるさと創生ベンチャー起業支援事業」の取組により、これまで7名の新たな起業家が生まれ、それぞれが設定した目標に向けて取り組まれております。
 この新たな起業家の中には、移住者やUターン者が3名含まれており、本市の課題である移住、定住につながる有効な手段の一つとも考えております。
 今後においても、国、県の移住サポートセンターとの連携を深めながら、有望な起業・創業のプランに対する支援を行ってまいりたいと考えております。また、6次産業化についても、地域に根ざした産業の振興や雇用の創出を図る観点から、重要な取組の一つであると考えております。
 本市においては、国の事業の活用のほか、市単独事業である「ビジネスチャンス支援事業」により、市内の一次産業者や商工業者が行う商品開発や販路開拓、施設整備等に対する取組を支援し6次産業化を推進してきたところであり、6次産業化法に基づく認定事業者数は、東北地方の農産物、農畜産物関連では青森県弘前市と並び最多の14事業者となるなど、一定の広がりを見せておりますので、引き続き農林業者が取り組む6次産業化を推進し、農業関連産業の育成を図ってまいります。
 次に、林業の振興については、木材価格の低迷等により大変厳しい状況にあります。
 林業従事者の減少や高齢化による担い手不足が進み、適正な森林管理が行われていない森林も見受けられ、森林の持つ多面的機能の低下なども懸念されるところであります。
 森林・林業については、木材生産の場としてだけではなく、水資源のかん養、土砂流出・山地災害の防止や二酸化炭素吸収源として地球温暖化を防止するなど、環境の保全に重要な役割を果たしており、次の世代へ確実に引き継いでいくためにも、現代に生きる私たちが責任を持って守り育てていく必要があります。
 このため、林業の担い手を育成し、間伐等の適正な森林施業の推進、身近な里山・広葉樹林の整備を支援する「里山再生事業」の実施、高性能林業機械の導入や林道・作業道の整備による低コスト林業を確立し、森林の健全な育成を図ってまいります。
 また、昨年12月に国際的な森林認証であるFSC森林認証、FM認証を市有林で取得しましたが、今後は市内森林へのFM認証の取得を推進し、認証森林面積の拡大を図ってまいります。
 あわせて、市内製材所等のCOC認証の取得を拡大し、FM認証森林と連携した認証材の供給体制を構築するとともに、認証材を活用した新たな木製品開発に取り組み、森林認証材の販路拡大を推進してまいります。
 さらには、市内産木材を活用した住宅等の建築を支援する「地域材需要拡大支援事業」を継続して実施するとともに、公共施設等の建築に当たっては、「登米市公共施設木造化・木質化指針」に基づき、市内産木材を積極的に活用し、市内産木材の需要拡大を図ってまいります。
 また、森林から生まれた新しい価値であるオフセット・クレジット制度を活用した二酸化炭素吸収量の販売、木材の加工・流通体制の整備、特用林産物の生産振興など、地域林業の活性化に向けて、川上から川下まで、さまざまな取組を積極的に推進してまいりたいと考えております。
 次に、商工業及び観光については、昨年2月に策定いたしました「登米市商工観光振興計画」により、現状と課題を捉え、地域の活力と景気回復に向けた中長期的な指針として、各種支援施策を推進しているところであります。
 商業の振興については、大型商業店舗やコンビニエンスストアヘの消費者の購買行動の変化、事業主の高齢化や後継者不足、市外への消費の流出などにより、空き店舗等の増加による商店街の空洞化など、個々の店舗や地域商店街を取り巻く環境は厳しい状況となっており、個店の集客力向上と空き店舗対策、後継者育成などへの取組が求められております。
 今後の方向性としましては、商店街のにぎわいを取り戻すよう、商工会や商店街が実施する各種事業を支援するとともに、新たな取組として消費者ニーズに対応したサービスの構築に向けて、個店と消費者の交流の機会を創出する「まちゼミ」を展開し、商店街等の地域ぐるみによる、お店からのにぎわいと、お店と街のファンづくりを進めてまいります。
 また、空き店舗等を活用した新規事業者を支援し、商店街の空洞化の解消に努めるとともに、地元の購買力を高めるため、既存事業者に対しても情報発信、店舗改修、資金確保等の取組を支援することにより、魅力ある店舗づくりを推奨してまいります。
 後継者育成については、商工会における若手後継者育成事業による資質向上セミナーや経営力向上研修会の開催について支援するとともに、市といたしましても補助金活用セミナーや全国商店街支援センターの活用、まちゼミ事業を通じた次世代経営者の意欲向上に努めてまいります。
 今後においても、魅力ある個店づくりとにぎわいの創出により、経営の安定と持続的な発展を目指し、取り組んでまいります。
 工業の振興については、本市の製造品出荷額を見ると、平成19年度をピークにいまだ回復しておらず、市全体として工業生産活動の縮小などが懸念されています。
 また、生産年齢人口の減少や地元の高校を卒業した生徒の市内就職率も約50%程度にとどまるなど、若者等の定住化の促進と人材確保が重要な課題となっております。
 このような状況においても、自動車関連産業企業等については順調に生産を伸ばし、新たな雇用を創出している状況にあります。
 本市工業のさらなる発展に向け、平成29年度から分譲を開始した長沼第二工業団地や平成30年度完成予定の(仮称)登米インター工業団地への早期立地に向けた積極的な企業誘致活動に努めるとともに、既存企業に対しても支援を継続し、雇用の創出を図ってまいります。
 人材確保に向けては、県内の大学・高校などの進路指導担当者と企業経営者による求職・求人活動に向けた情報交換会を開催するほか、地元高校生はもとより、県内外の大学に進学した学生、UIJターン者もターゲットに就職ガイダンスを実施し、若者等の地元への定着と就労人口の確保に努めてまいります。
 次に、観光の振興については、東日本大震災により一時的に落ち込んだ観光客数は、さまざまなイベントの開催やキャンペーン事業の実施などにより、震災前の水準に徐々に回復しつつある状況となっております。
 一方で、登米市を訪れる観光客は、宿泊を伴わない日帰り旅行の通過型の観光が多く、市内で複数日滞在する着地型の観光客が少ないことが課題であると捉えており、通過型観光から、市内に滞在する時間を増やす着地型観光への取組が必要であると認識しております。
 このようなことから、登米市観光物産協会や登米市グリーン・ツーリズム推進協議会、市内農業生産法人などの関係団体との連携を通じて、体験、食、風土などのさまざまな地域資源の掘り起こしや磨き上げを進め、「登米市ならでは」の体験型の観光メニューをつくり上げることも必要であると考えております。
 さらに、登米市内の観光地を巡るコースだけではなく、近隣地域の観光資源との連携による広域観光ルートの開発も必要であると考えております。
 また、新たに訪日外国人旅行者への誘客対策として、昨年度から東北観光復興対策交付金を活用し、登米市、栗原市、一関市及び平泉町の4市町連携事業の一貫として、インバウンド観光の推進に取り組んでおります。
 昨年度は、外国人観光客の誘客を図るため、「多言語対応ガイドブック・音声ガイドペン導入事業」に取り組み、本年度については、国内で開催されるアジア最大級の旅の総合イベント「ツーリズムEXPOジャパン2017」や台湾で開催される旅行博への出展事業など、本市の観光情報等を発信する取組を行ってまいります。
 また、市内にある五つの道の駅やみやぎの明治村などの観光物産等の施設はもとより、石ノ森章太郎ふるさと記念館における本市出身の漫画家や交流のある方々の企画展などで、市民の皆様や国内外の皆様に漫画文化を発信し、これらの集客効果によっても観光振興が図られるよう努めてまいります。
 今後においても、五感体感・魅力創造と本市の地域資源を活用した観光振興により、観光客等の交流人口の拡大に取り組んでまいります。
 以上、答弁とさせていただきます。

議長(及川昌憲君) 8番、日下 俊君。

8番(日下 俊君) 非常に懇切丁寧な答弁をいただきました。私が今まで質問した中では、最長記録でございます。
 今まで、一番長くてこの1ページ裏表が最高の記録でございます。今回、14ページということで、非常に私も時間がもう半分も流れてしまったということで、所信表明の半分くらいの時間を使っていただいたということでございますけども、若干、再質問をさせていただきたいと思います。
 初めに、農業分野でございます。
 本市のこの農業分野の基幹産業、当然、稲作でございます。
 所信表明において、「土地利用型農業においては、収益性の高い作物等の取組拡大や農地集積を推進するとともに、水稲直播栽培による低コスト・省力化を図りながら、経営面積の拡大により所得向上を目指していく」ということでございます。
 方向性は全くそのとおりだと思います。
 しかし、農業従事者の中の4割は大規模経営者。それから、6割が零細農業経営者。そして、兼業農家が多いわけでございます。この4割に対しての農業指導と6割のこの零細農業者に対しての指導は、ちょっと違うんではないかなというふうに感じてございますし、やはりこの6割の方への対応がまずいですと、耕作放棄地がずっと増えてきたり、そういったことになります。
 この小規模農家に対して、先ほど市長の答弁でありました水稲直播栽培に関する、例えば設備とか費用、そういったとこまで補助等を出すのか。これまでは、やはり集団化とか、大規模の農家の方に支援はずっとしてきたわけでございますけれども、そういった小規模の方への対応はどのような考えを持たれているかをお伺いしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 産業経済部長、丸山 仁君。

産業経済部長(丸山 仁君) 議員ご指摘のとおりですね、本市の農業、持続的に発展させて行くためには、新規就農者の確保、それから育成、それに加えまして、認定農業者等の育成なり組織の法人化というものをしっかりと取り組みながら、本市農業の体質強化を図っていかなければならないというところでございます。
 しかしながら、それだけでは、やはり本市の農業の持続発展というものは足りないわけでありまして、やはり単にその農地を担い手の方々に集積だけではなくて、やはり農地の担い手として、あるいはその地域の食料の持久力の向上の一環としてもですね、そういった小規模なり、あるいは兼業農家の方々もしっかりと守って育てて行かなきゃならないだろうというふうに思っております。
 そういった方々がこれからも前を向いて、しっかりと農業経営ができるような、そういった支援をトータルで取り組んで行かなきゃならないと。そうしなければ、地域農業の活性化にはつながっていかないんだろうなというふう思っているところでございます。
 それで兼業農家、小規模農家の方々については、一定のラインを決めておりますが、2ヘクタール水稲作付であれば、2ヘクタール以上ということでございますけども、「がんばる農家支援事業」という形の中で、そういった兼業農家なり、小規模の農家の方々で「今後も意欲を持って農業を取り組もう」と、そういった方々に対しては、水稲部門での支援を行っているという状況でございます。
 それから園芸につきましては、これは規模の大小にかかわらず、園芸産地拡大事業、さらには畜産についても優良牛導入について思案しているという状況でございます。

議長(及川昌憲君) 8番、日下 俊君の一般質問の途中ですが、10分間休憩します。
 
          休憩 午後2時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時07分
 

議長(及川昌憲君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 23番、及川長太郎君から早退の届け出があります。
 8番、日下 俊君の一般質問を続けます。

8番(日下 俊君) 続けて質問させていただきます。
 農業者の方の悩みの中にですね、米の生産数量目標が30年に廃止され、そして戸別補償制度も32年に廃止になります。その後は、たぶん総量抑制というか、自主目標が掲げられ、需要と供給のもとに、たぶん生産量が決まっていくんじゃないかなっていうふうに思ってございます。
 本市では、稲作からさまざまな果物、麦、大豆等への転換を目指すということですが、こういった転換の主導っていうのはですね、市役所がやるのか、JAがやるのか。そういった連携はどうするのかをまずお伺いしたいと思いますし、それから先ほどの答弁の中で、「遊休農地の活用も行っていきたい」ということでございますけれども、この遊休農地の活用をまとめるまとめ先っていうんですか、主導を取るのは産業経済部なのか、JAなのか。農業委員会なのか、土地改良区なのか、どういった連携をしながら進めていくのかをお伺いしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 産業経済部長、丸山 仁君。

産業経済部長(丸山 仁君) 30年産米からですね、大きな米の、米政策の大きな転換期を迎えるということで、米の直接支払交付金が廃止される。それから、生産調整目標の配分もなくなるということで、これらの制度についてはこれまで、例えば直接支払交付金でありますと、生産調整を取り組んできた方に対する支払いということになりますので、生産調整を行うことによるメリット措置となっていたわけでありますし、生産数量目標の配分についても、これは過剰作付を一定程度抑制するということで、そういうふうなメリットがあったわけでございます。
 それがなくなるっていうことでありますので、我々としても廃止に伴って過剰作付なり、米価の下落というものも非常に心配されることございますが、そういった中で、米の価格を今後とも安定させていくためには産地全体で、登米市のみならずですね、米の産地全体で需要に応じた米の生産に取り組んで行かなければならないというのが大原則だろうというふうに思っております。
 そういったことで、県のほうから一定の生産の目安という形はですね、市の農業再生協議会のほうに示されまして、それを再度、農業再生協議会のほうから各農家のほうに提示をしていくという形になるわけでございますが、確実なその生産調整を実施していくために、ただいま議員からもありましたとおり、その直接支払交付金のですね、有効活用であったり、野菜等の作物の栽培等々ということでございますが、これらについては当然、農協あるいは市役所、そして大きな取りまとめとなるものが市の農業再生協議会ということでございますので、地域一体となって取り組んでいくと。
 そしてまた、農協のみならず集荷団体、これらも一体となって取り組むことによって、需要に応じた米の生産を進めていくということでございます。
 それから、遊休農地ということでございますが、先ほど私がお話し申し上げましたのは、「農地の集積というものを担い手の方たちだけに担わせるのではなくて、一番は、農地は次の世代に確実につないでいくということが何よりも大切だというふうに思っております」と。「そういったことで、そういった受け手となるための兼業農家なり、そういった方々の育成も必要だ」ということでお話させていただいたところでございます。

議長(及川昌憲君) 8番、日下 俊君。

8番(日下 俊君) 米の生産に関しては産地全体で取り組む、今、県単位というお話があったんですけれども、後でこのことについてはもう1回お聞きします。
 次に、畜産についてお伺いをいたします。
 今年、宮城県において、全国和牛能力共進会が開催されます。大会で上位入賞はもちろんのこと、その後の取引や販路拡大が非常に大命題となると思います。
 ちなみに今、2020年の東京オリンピックに対して、今、東京都含め周りの企業、いろんな問題が起きております。運営面とか設備、資金、その後の施設の活用等、今マスコミで毎日のようになっていますけども、この和牛のオリンピックも非常に、登米産牛の絶好の、私はチャンスではないかなと思うんですけれども。
 昨年ですね、会派で九州のほうに視察に行きました。そうしたときに、あのころ小池さんが来て、登米市というと長沼ということで、「登米市です」と言うと「長沼の登米市ですね」と。3カ所に行ったんですけど、全員の方が「今の有名な」ということで、非常になんか有名人になったような気もしたわけでございますけれども、非常にそういったチャンスと捉えて、去年のこの長沼の流れを汲むべく、この和牛共進会もそれに乗った形でPRすべきではないかなと思うんですけれども、どうでしょうか。

議長(及川昌憲君) 産業経済部長、丸山 仁君。

産業経済部長(丸山 仁君) 議員がおっしゃるとおりございます。
 やはり、登米産仙台牛の知名度を全国に発信する最大の機会が、今回のこの和牛能力共進会宮城大会、宮城全共というふうに思っておりますので、そういった思いの中で、市・農協、それから畜産農家、それから生産団体の皆さんと一緒になって、これまで取り組んでいたところとございます。
 おかげさまで、5頭が全協のほうに出品されるということになってございます。
 今後は、上位入賞を目指して、今いろいろと支援を行っているということございますが、やはり何と言っても登米産仙台牛の質のよさをしっかりと消費者の方々、それから市場の方々にもわかってもらう、そういった取組を今後していかなければならないんだろうというふうに思っております。
 そういった中で、まずは市場関係者、あるいは購買者の方々への対応といたしましては、毎年6月と11月ですね、東京都の中央卸市場食肉市場で、それから12月には仙台のほうで購買者の方々、あるいは交流会の方々とですね、競りの前日にPR活動、あるいは消費拡大に向けた取組を行っているという状況でございますし、また、その一般消費者の方々への対応といたしましては、やはり市内以外で今の登米産牛の取扱店を30店舗ほど指定させていただいているわけでございますが、仙台牛の地産地として知名度を高めていくためには、消費者の方々が登米市のどこでも食べられる、購入できるというふうなそういった環境も今後、整えて行く必要があるんだろうというふうに思っております。
 したがいましては、全共を一つの契機と、きっかけとするわけでございますけれども、市内で仙台牛の取り扱っている店の掘り起こし、それから拡大、そういったものを行いながらですね、仙台牛、それから仙台黒毛和牛、これを消費者に知っていただくような取組、そのためのいろんなPR資材等用意してございますので、それらの配布はもちろんのこと、市のホームページなり、紹介コーナー、そういったもの充実させながらですね、認知度のアップにも取り組んでまいりたいと思っているところでございます。

議長(及川昌憲君) 8番、日下 俊君。

8番(日下 俊君) 次に、市長にお伺いしたいんですけれども、この農業政策を推し進めていく上で、大切な役割を担っているのが農協ではないかなというふうに思ってございます。
 登米市誕生以来、登米市の指定金融機関としてその責務を全うして、一度も市中銀行にかわることなく行ってきました。そしてまた、小規模農家のさまざまな窓口としてやってきたわけでございますけれども、ここに来て仙台以北の8単位農協、合併の話が持ち上がってございます。実現すれば、米の販売額は320億円、全国1位。農産物販売額は560億円で全国3位となります。これまで、みやぎ登米農協は、県内では農産物支出額1位でございましたけれども、この合併が進みますと、はるかにその存在は小さくなると思います。本市の小規模農家は、ちょっと縮小させる可能性があるんではないかなというふうに危惧をしております。
 市長は、このみやぎ登米農協が8単位の合併協議に参加しないということを、この間表明したようでございますけれども・・・農協としてね。そういったことに関してですね、やはり農協だけの問題ではなくて、登米市とやはりJAと一体的に進んできたわけでございますけれども、参加しないという、このJAが表明したことに対しての感想をお聞かせいただきたいと思います。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 日下議員の質問にお答えをいたしたいと思います。
 確かにJA登米さんは、独自の道を歩むと決断をされたようでございます。これもまた一つの、これからのしていく上での、JAさんが生きていく上での一つの方策だろうと、私はそう感じております。
 確かに、取扱高は周りの農協が合併いたしました。完全に量では負けますけれども、登米市JAはしっかりと質で勝負できる、JAにしっかり基盤を固めている、そういうふうに思っております。そうした思いでの理事会、そうした形での決定だったと、私自身はそういうふうに考えております。

議長(及川昌憲君) 8番、日下 俊君。

8番(日下 俊君) やはり、そのことに関してしっかりと一度協議をして、どういった過程でそのようになったのか、今後の方策についても、ぜひ十分お話をしていただければなというふうに思ってございます。
 次に、所信表明の中で、地域のさまざまな問題中で、産学官連携をうたってございます。政策の立案にたつことを念頭に当たって行くとしておりますけれども、宮城県内で行くと、この農業政策だけをみると、公益法人宮城産業機構や大学・企業等々いろいろな連携の仕方があると思うんですけれども、産学官の連携としてはどういったことをイメージされているかを伺いしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 暫時休憩いたします。
 
          休憩 午後3時19分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時20分
 

議長(及川昌憲君) 再開いたします。
 産業経済部長、丸山 仁君。

産業経済部長(丸山 仁君) 大変申しわけございませんでした。
 ただいま本市では、産学官連携の一環としてですね、石巻市の専修大学、それから東北大学の大学院農学研究科、それから東北大学大学院、経済学科の地域イノベーション研究センター、この産学官機関と連携協定を結びながら、地域の農業、地域の産業の活性化等と人材育成に向けて連携協定を締結しておるところでございます。
 その中で、今年の3月でございますが、農業、それから商業、工業問わず、その地域産業の活性化を図るために、意欲ある若手経営者の人材育成を進めるというふうなことですね、東北大学大学院経済学研究科地域イノベーション研究センターと連携協定を締結させていただいたことでございまして、大学の持っている研究成果、ノウハウ、人材、そういったものを、本市の産業の活性化に向けていろいろな形でご支援をいただくということになったところでございます。
 今後はその大学との連携、協力をいただきながらですね、農業、それから商業、工業の枠を超えた人材の育成、あるいは広域に取り組みながら、新たな起業を目指す経営者、さらには事業を新たに立ち上げようとする、あるいは規模を拡大とする若手経営者、そういった方々の育成支援に取り組むということで、今後進めてまいりたいというふうに考えているところでございます。

議長(及川昌憲君) 8番、日下 俊君。

8番(日下 俊君) ぜひ、さらに強力に連携して、さまざまのことに当たっていただければと思ってございます。
 次に、商工業についてお伺いをいたします。
 我々が小さいころっていうのは、非常に登米郡時代で人口がピークのときは13万人台いました。今8万人台でございますので、約6割に減少してございます。小さいころというのは駄菓子屋とか、雑貨屋がいっぱい各地区にあってですね、そういったのがよろずや的に小売業としていっぱいあったわけでございますけれども、最近は人口減少のため、ほとんどなくなってきたということで、やはり個店を、やる気のある個店の方については、さまざまなサポートが私は必要ではないかなというふうに思います。
 そこで店舗改修なり、資金援助増なり、やはりこういった行政のサポート、今後どうしてくのかをお伺いしたいと思いますし、また答弁では、さまざまなこの商工業者の後継者育成について、セミナーや研修会等、まちゼミ等を通じて、次世代の経営者の意欲向上に努めるということで答弁がございました。
 そうしたことを含めてですね、現在3市商工会から出されております現状打開のための小規模企業対策の推進を図るために、事業の持続的発展や基本計画を盛り込んだ、中小企業小規模企業の振興を図る条例の制定を登米市に求められておりますが、積極的に取り組む考えがあるかどうか伺いしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 産業経済部長、丸山 仁君。

産業経済部長(丸山 仁君) 議員おっしゃるとおりですね、本市の商業の現状を見ますと、商業従事、商業事業、所数の数もですね、10年間で4割ほどは減少しておりますし、それから商工会の会員の方の数を見ましても10年間で269人減っているという状況。それに伴って、商店街の数も平成22年には21の商店会があったわけでありますが、現在は五つ減って16の商店会という状況になってございます。
 そういった中で、空き店舗の増加、あるいは消費者の地元購買意欲の流出といういろいろ多くの課題があるわけでございまして、先ほど市長答弁したとおりですね、いろんなその課題を抱えている状況にございますが、商工会等とも連携をしながら、いろんな施策を実施してまいりたいというふうに考えておるところでございます。
 その中でその商業振興については、活性化も含めてですが、なかなかその特効薬といえるものを、なかなか生み出せないというのが今の商業の状況ではないのかなというふうに思っているわけであります。
 ただ、だからといって手をこまねているわけではなくて、そういった中でもですね、先ほど議員からもご紹介ありました「まちゼミ」の取組によって、個店と消費者を結ぶすばらしいその取組に今発展してきているということで、6月15日から展開していると。そういったその光の部分もやっと出てきてるのかなというふうに思っておりますので、この光の輪を市内にできるだけ多く広げられるように取り組んでまいりたいというふうに思っております。
 それから、個店の方々へのいろんな教えにつきましては、現在も空き店舗活用事業によって新たなビジネスをチャレンジする方、それから、その修繕等を行う方については支援を行っているとこでございまして、それらについては引き続き実施をしていくということでございます。
 それから、中小企業振興資金につきましても、これまで貸付利率が2.2%でございましたが、今年度から1.7%に引き下げをさせていただきまして、市外事業者の方々の負担軽減にも取り組んだということでございます。この利率については、県内で最も低い、最低の低い利率の設定させていただいたところでございますし、加えまして、保証料の全額を市が負担すると。それからまた、利子補給金についても2分の1を支援すると。利子についてもですね、と言うことで、これらを加味いたしますと県内で最も有意な支援制度になってきているということで、こういった取組、まだまだ十分と言えないかもしれませんが、しっかりと個店の方々を支えるような取組をしてまいりたいというふうに考えているところでございます。
 それから小規模企業振興条例の関係でございますが、確か平成26年に法改正がされまして、各地方自治体の責務として、そういった小規模、中小企業者の施策をしっかりと打つようにというのは法令の中に明文化されたということでございます。
 本市としては、施策でございますので、それを踏まえまして平成28年の2月にですね、登米市の商工観光振興計画を策定させていただいたところでございます。
 その中で、本市の農業の今後の、商工業の方向性についてうたっているということでございます。
 ご質問のありました条例につきましても、一つの考え方として、理念条例という形になろうかというふうに思っているわけでございますが、法の中では、「条例を必ずつくれ」ということではなくて、「施策を実施しろ」ということでございまして、市としては現在、条例ではなくて計画を策定しているといった状況でございます。
 そういった商工会の方々からも条例化についての要望もいただいているところでもございますので、現在ある計画と、それからこの条例で位置づける内容について、いろいろと精査、検討させていただいてですね、対応させていただければというふうに思っているところでございます。

議長(及川昌憲君) 8番、日下 俊君。

8番(日下 俊君) このことは、国を初め県も制定していますし、直近では4月に栗原市にても条例を制定してございます。ぜひ他市町の件もよく見て条例制定、そうした要望もきておりますので、ぜひ前向きに検討をされたいと思います。

議長(及川昌憲君) 産業経済部長、丸山 仁君。

産業経済部長(丸山 仁君) 宮城県につきましては、この条例に基づいての計画を策定したということを、両面を持っております。栗原は計画を持たずにこの条例のみという形になっております。大崎については登米市と同じくですね、計画があるので条例をつくらないという形になっておりますので、どういう方向がいいのかしっかり検討させていただきたいと思っております。

議長(及川昌憲君) 8番、日下 俊君。

8番(日下 俊君) 次、観光振興について伺います。
 みやぎの明治村と言われている登米町に訪れる外国人というのは、震災以降の水準にまだ戻ってないんですけれども、やはり風評被害っていうんでしょうか、そういったのがあるせいか、以前だと結構大型バスで来てた人、結構います。
 今年は、先ほどお話しあったように、最大の旅のイベントツーリズムEXPOジャパン2017や台湾での旅行への出店ということもあります。ただ外国人の方がですね、一番この目安にするのが旅行のガイドブックとか、インターネットの口コミでございます。そういった活用はどう考えているかお伺いしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 産業経済部長、丸山 仁君。

産業経済部長(丸山 仁君) 確かに、これからのインバウンドに対応するためにですね、既存のいろんなハンドブック、旅行のガイドブックについても多言語といいますか、その取扱いの対応が必要になってくるんだろうというふうに思ってございます。
 現在ご案内のとおり、東日本復興交付金を活用して、ガイドペンのほうですね、多言語ガイドペンのほう作成いたしまして、現在登米(とよま)のほうに、振興公社のほうに貸付を行って、そこで利用いただいているという状況でございます。
 それで答えになるかどうかあれなんですが、現在登米市には平成27年度で外国人旅行者が1,274人というふうなデータが出てございます。これらについては、今後もっともっと増やしていかなければいけないと、だろうと思っているところでございますけれども、いろんな外国に周知する手法としてですね、現在その韓国の済州(ちぇじゅ)島(とう)から始まったトレッキングコース、オルレというのがございます。体験型の観光になるわけでございますが、なんとかその認証に向けて本市も取り組んでみたいなと思っているところでございます。
 内容につきましては・・・
 〔終了のブザーが鳴る〕
 よろしくお願いいたします。

議長(及川昌憲君) これで8番、日下 俊君の一般質問を終わります。ご苦労さまでした。
 17番、浅田 修君の質問を許します。

17番(浅田 修君) 17番、浅田 修君でございます。一般質問をいたします。
 私は市長のですね、選挙公約及び所信表明について伺います。
 まず1点、市長の選挙公約には「この登米市を若者が集い、子や孫や高齢の皆様が以前のように、ごく当り前な平和で穏やかな日常を感じる、そうした登米市に再びする。そのために、これまでの市政運営を大きく方針転換して、新たなる登米市の未来づくりに取り組む」とあります。
 そこで、「以前のように平和で穏やかな」とはいつのことで、何を指し、何を目標としてこれから取り組むのか。また、大きく方針転換しなければならない市政運営とは何かをただします。
 2点目、新庁舎建設計画白紙撤回の根拠及び今後の進め方についてただします。
 市長は所信表明において、効率的な行財政運営の5点目に「新庁舎建設を行わないこと」を掲げています。
 しかし、その理由として述べられていることが、なぜ効率的な行財政運営につながるのか全く明確ではありません。これまで市町村合併時の協議、それを踏まえた新市建設計画、さらに登米市総合計画、第二次登米市総合計画実施計画において、まさに市長が言う「効率的な行財政運営」のために、新庁舎の建設が検討され進められて来ました。
 分庁舎方式ではなく、本庁に機能を集約するということで効率的な行財政運営を行い、住民サービスのさらなる向上を目指し、合併特例債を有効に活用するということで、将来にわたる「他の事業計画に縮小や廃止等の影響を及ぼさず財政の健全化を図る」というものであります。いわゆる次世代に大きな負担を残さないために新庁舎建設計画は検討されてきました。しかし、市長はそうではないということでございます。
 財政の健全性を保ち、効率的な行財政運営を行うために、新庁舎は建設しないほうがいいという根拠を具体的数字、行財政計画をもって示すべきと考えます。
 次に、効率的な行財政運営のために、これまで総合計画、実施計画を議会で議決してきました。根拠が希薄なまま、市長がこれを翻す判断ができるのでしょうか。市長の執行権が及ばないのではと考えますが、いかがでしょうか。
 次に、建設計画策定基礎調査の結果報告もいまだ議会には示されていない中で、新庁舎建設はしないほうがいいという根拠は何なのか。調査結果による具体的な数字や計画を示し、総合的に議会で検討し結論を出すべき問題と考えます。
 3番目、総合支所のあり方の見直しについてただします。
 権限と財源を移すこと、市長は本庁と総合支所の役割分担を見直すということで、効率的な行財政運営を図るとしています。これまで定員適正化計画に基づいた定員管理を推進し、職員配置と組織体制の見直しを行ってまいりました。
 その役割分担、人員配置、財政計画等についてどのように、いつまでに示すのかを伺います。
 次に、それぞれの特性を活かした地域づくりを推進することは、大変重要なことであります。これまで、地域づくり計画の作成や実施においてもコミュニティや公民館、ふれあいセンター等を中心にさまざまな取組が行われてきました。こうしたこれまでの蓄積が十分活かされる支所の果たす役割とは何か。また仕組みづくりの考え方をただします。
 4点目、情報公開と市民参加について質問します。
 以前からあった移動市長室や市政モニター、市長への提言箱、メールに加え、市長は、さまざまな意見・要望等をいただく場として「女性会議」を設置するとしております。
 その目的、位置づけはどうなるのか。意見・要望をいただくだけの場なのか。市長の諮問会議なのか。条例を制定するのか。要綱や規則で実施するのか。さらにメンバー構成はどうするのか。いつまでに発足するのかを伺います。
 次に、市民のまちづくりへの参加・参画のために、そのための市民との情報共有のためにも多くの情報をネットに、ネットに見やすい形で掲載し、情報公開を積極的に進めるべきと考えますがどうでしょうか。そのためにも、誰もが簡単に情報にアクセスできるようホームページを充実させるべきであり、その点についてもただします。
 次に、登米市民病院の改革についてただします。
 市長は、市民病院の最大の問題を何だと考えているのか。さらに医療体制の整備充実の具体策をただします。
 次に、給食の問題について。
 まず、「給食がまずいので早く何とかしてく」れという患者からの声が届いていることを伝えたいと思います。
 業務委託契約の入札が不調に終わり、その理由は何だと考えているのか伺います。
 次に、院外調理方式を現在の段階でどう評価しているのか。食物アレルギーを持つ患者の入院の受け入れのめどは立っているのかをただします。
 こうした登米市の市立病院が他町でつくられたチルド品を再加熱し、患者さんに提供している現実、いかがなものでしょうか。患者様をないがしろにしているその現状と解決策をただします。
 6番目、市長・副市長の報酬大幅カットについてただします。
 市長、副市長の報酬が高すぎるということなのか。大幅カットとは何十パーセントカットなのか。任期4年の時限立法か。
 次に、副市長二人制は継続するのか否か伺います。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) 答弁を求めます。市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 17番、浅田 修議員のご質問にお答えいたします。
 「選挙公約及び所信表明」について、6点のご質問がありました。
 初めに、1点目の「以前のように平和で穏やかなとはいつのことで、何を指し、何を目標としてこれから取り組むのか。また、大きく方向転換しなければならない市政運営とは何か」についてでありますが、私は、この登米市を若者が集い、子や孫や高齢の皆様が、以前のようにごく当たり前な平和で穏やかな日常を感じる、そうした登米市に再びしたいとの思いから、今回の市長選挙への立候補を決意したところであり、市長となった今、その思いをより強くしているところであります。
 ご質問にあります、「以前のように平和で穏やかな」とは、私の想う原風景を述べたものであり、どこの家庭でも2世代、3世代同居が当たり前で、家族の人数が多かったころの想いであります。
 地域には、子どもたちも多く、携帯電話もまだ普及していない時代でありましたが、それゆえ人と人が顔を合わせる機会も多く、それぞれの地域の行事等も活発に行われ、今よりも地域の活力があったように記憶しております。
 このことから、市民の皆様が自分の地域に愛着や誇りを持ち、市外の方には本市の地域の魅力をお伝えできるような「地域の歴史、伝統、文化を大切にした特色のあるまち」、さらには、「次世代を担う若者たちが集い、地域がふれあい、笑顔のあふれるまち」を目指し、まちづくりに取り組んでまいります。
 次に、「大きく方針転換しなければならない市政運営とは何か」についてでありますが、本市の将来ビジョンを示した第二次登米市総合計画については、基本構想における基本理念や将来像などについても、十分に共嗚できるところであります。
 また、基本計画における本市の将来像を見据えた各施策についても、新庁舎建設の考え方を除いて方向性は一致しているものと考えております。
 さらに、重点戦略についても、私自身が最大の課題と認識している人口減少対策に特化した戦略となっております。
 今後、各施策を推進していく中で、さまざまな状況の変化によって新たな取組が必要になる、あるいは不要になることも予想されますので、そのような部分については、中間年となる5年を目途に、必要に応じて見直してまいりたいと考えております。
 第二次登米市総合計画は、多くの市民の皆様も参画され、時間と労力をかけて策定されたものであり、議会の議決を経て策定された本市の最上位計画でもありますので、これを尊重し、まちづくりを進めてまいりたいと考えております。
 次に、2点目の「新庁舎建設計画白紙撤回の根拠及び今後の進め方」についてでありますが、4月の市長選挙において、私は市民との対話による市民の視点に立った行政運営を一貫して訴え続けた中で、多くの市民の皆様からは、「新庁舎建設に予算を投入するよりも、福祉や子育て、地域活性化、若者定住対策へ予算を回すべきではないか」との声があったところであります。
 また、新庁舎建設に対する財政負担も市民にとっては大きな不安要素となっており、既存施設を有効活用することが最善であると考えたところであります。
 新庁舎建設を行わないことは、新庁舎建設の是非について、4月の市長選挙において新庁舎建設反対を公約の第一に掲げており、一定の民意を得たものとして判断したものであります。
 今後、分庁舎方式で継続して行政運営を行うための課題の整理や、その課題解消に必要な対策については、市民サービスの視点を第一として、庁舎で従事する職員の視点も加えながら事務効率や庁舎、公用車の維持管理面など将来を見据えたさまざまな比較、検証を行ってまいりたいと考えております。
 また、将来考えられる庁舎の改修や修繕費用などについても、財政状況等を踏まえながら事業の効果や効率性、整備手法等について比較、検証を行ってまいります。
 次に、3点目の「総合支所のあり方の見直し」についてお答えいたします。
 まず、「その役割分担、人員配置、財政計画等について、どのように、いつまでに示すのか」についてでありますが、総合支所については、これまで組織体制の見直しを進めながら、行政区や地域コミュニティ団体の相談・支援等の業務や防災・消防活動等地域の安全安心に関する業務、諸証明の交付、健康づくりなどを主とした体制に移行されてきたところであります。
 しかしながら、地域の特性を活かしたまちづくりを進めていく上では、これまで進めてきた総合支所のあり方を再度見直す必要があると考えております。
 総合支所に付与する一定の権限と財源の具体的な内容については、今後、総合支所のあり方見直しに係る検討組織を設置し、その意見等を踏まえ決定することにしておりますので、今後、検討組織の設置に必要な予算を計上し、検討組織において意見の集約を行い、今年度中には、今後の総合支所のあり方をお示しできるよう取り組んでまいります。
 次に、「これまでの蓄積が十分活かされる支所の果たす役割とは何か。また、仕組みづくりの考え方」についてでありますが、コミュニティ組織における地域づくり計画に基づく事業推進については、これまでも各総合支所市民課の地域づくり担当職員や企画部市民協働課などがおのおのコミュニティ組織を巡回し、事業推進に関する相談や情報提供など、コミュニティ組織への支援が行われてきたところでありますが、引き続き関係団体と連携した取組が必要と考えております。
 また、それぞれの地域の特性を活かしたまちづくりを進める上で、地域の歴史、文化や特性をよく知る総合支所は、地域づくりのよりどころとして機能することが重要であることから、市民の皆様が総合支所に求める役割とそれを実行する仕組みを含め、総合支所の検討組織において検討を行ってまいりたいと考えております。
 次に、4点目の「情報公開と市民参加」についてお答えいたします。
 本市においては、「だれもが活き生きと暮らせる登米市男女共同参画推進条例」を平成23年4月に施行し、全ての市民の人権が尊重され、男女がともに責任を分かち合う社会を構築することを基本理念としており、その実現に向けた具体的な取組を推進するため、第3次登米市男女共同参画基本計画・行動計画が平成27年度に策定されたところであります。
 これまで男女共同参画社会の実現を目指し、さまざまな施策を展開しておりますが、家事や育児、介護などの家庭責任の多くを担う女性の負担も依然として大きく、また、政策・方針決定過程への女性の委員登用率についても、平成28年度は29%と県平均を上回ってはいるものの、計画目標値の40%には至っていないのが現状であります。
 このようなことから、本市の女性が家庭や仕事、地域の中において、元気に生き生きといつまでも輝きながら生活できるよう「女性会議」を設置し、女性が活躍できる環境整備に取り組みたいと考えております。
 この女性会議については、設置要綱を制定し、若年世代女性の仕事、出産、育児等に関する意見や、ワーク・ライフ・バランス実現のために必要な制度や方策等の検討など、さまざまな意見・要望をいただける場とし、委員構成については、女性の思いを直接的に受け取れるよう子育て世代でもある20歳代から40歳代までの方々を対象にするとともに、町域や年齢バランスなどを考慮しながら、平成30年度からの活動開始を目標に設置したいと考えております。
 次に、「市民のまちづくりへの参加・参画のために、そのための市民との情報共有のためにも、多くの情報をインターネットに見やすい形で掲載し、情報公開を積極的に進めるべきと考えるが」についてでありますが、協働のまちづくりを進めていくためには、的確でわかりやすい情報を積極的に発信し、市民の皆様に対して十分な説明責任を果たすとともに、市民と行政がまちづくりにおける課題や目的を共有することが重要だと認識しております。
 これまでの情報提供は、広報紙やホームページが主要な発信媒体として位置づけられてきましたが、情報通信技術の急速な進展によりソーシャルメディアの利用率が格段に高まり、個人が手軽に情報を入手、発信するための媒体として飛躍的な広がりを見せております。
 特に、フェイスブックなどのソーシャル・ネットワーキング・サービスによる手軽な情報通信は、拡散性や双方向性といった特性を持っていることから、多角的な情報伝達手段としての有効なツールであると考えております。
 こうしたことから、市政の透明性の向上を図り開かれた市政を推進するために、目的や状況に応じて多様な情報発信手段を活用しながら、市民皆様への積極的な情報の提供と共有に努めてまいります。
 また、ホームページでの市財政の情報提供については、毎年度の予算と決算、当初予算説明資料であります「登米市の予算とまちづくり」などを掲載し、市民の皆様に新規事業や重点事業の内容、総事業費などをお知らせしているところでありますが、詳細な財源内訳や事業概要につきましては、ホームページに掲載されていない状況であります。
 市民の皆様とともにまちづくりを進めていくためには、ホームページや広報紙などの広報手段の充実を図ることが重要でありますので、情報公開が進んでいる先進自治体のホームページ等を参考にしながら、市民の皆様に興味、関心を持っていただける内容となるように取り組んでまいります。
 次に、「誰もが簡単に情報にアクセスできるよう、ホームページを充実させるべき」についてでありますが、市政情報の入手手段として、自治体ホームページの利用が増大しており、市民等と市政をつなぐ有効なコミュニケーションツールとしての役割が一層求められております。
 本市のホームページについては、平成23年度にリニューアルされ、トップページのデザインや構成などの見直しが行われたところでありますが、市の魅力や特徴がトップページから伝わりづらいことやトップページに掲載された情報が多く、目的のページにたどり着くまでの時間がかかるなどの課題があると認識しております。
 こうしたことから、平成29年度においてホームページのリニューアルを実施し、市民向け、事業者向け、観光客向けの利用者別入口の新設などによる、情報検索の利便性や操作性の向上を図るとともに、スマートフォンやタブレットヘの対応機能の追加などにより市の施策や魅力を効果的に情報発信しながら、ホームページのさらなる充実に取り組んでまいります。

議長(及川昌憲君) 市長、ちょっとストップしてください。
 答弁の途中でありますが、本日の会議時間は議事の都合により、らかじめ延長いたします。
 市長、続けてください。

市長(熊谷盛廣君) 次に、5点目の「登米市民病院の改革」についてお答えいたします。
 初めに、「市長は市民病院の最大の問題は何だと考えているか。医療体制の整備充実の具体策をどう考えているのか」についてでありますが、医療は市民生活において欠かすことのできない重要な分野であり、特に登米市民病院は、その医療提供における中核的な役割を担いながら、将来的にも良質な医療を提供していくことが使命であると考えております。
 そうした役割を果たしていくためにも、「市民に信頼される登米市民病院の確立」が最大の課題であると考えております。この大きな課題を解決するため、まずは医師や医療スタッフの確保、さらには働く環境の整備などを最優先とし、登米市病院事業中長期計画でお示ししております取組を一つ一つ積み重ねながら、医療体制の充実を図ってまいりたいと考えております。
 次に、「給食の問題」についてでありますが、登米市民病院の給食業務については、今年度の委託契約の入札が不調となり、急遽、院外調理方式により、一般食については4月1日から、特別食については4月22日から提供を開始し、4月1日から21日までの間は、ご飯やおかゆの量を調整し、糖質、タンパク質について対応してまいりました。
 患者皆様の個々の嗜好の対応までには至りませんが、一般食、特別食、それぞれの病院食を提供させていただいております。
 しかしながら、食物アレルギーを持つ患者の皆様については、全てのアレルギー食に対応できないため、入院の受け入れを制限していることも事実であります。
 次に、「業務委託契約の入札が不調となった理由は何だと考えるか」についてでありますが、業務委託契約期間が3月31日で満了するにもかかわらず、入札執行が2月24日にずれ込んだことは時機を逸したものであり、あらかじめ入札不調となることも想定し、その後の対応が可能な時期に入札を実施する必要があったものと考えております。
 また、委託料の算定についても前回の契約金額を踏襲した積算を行ったため、入札金額との間に乖離が生じており、これらの状況を踏まえ、今後の入札のあり方を改善するよう指示したところであります。
 次に、「院外調理方式を現在の段階でどう評価しているのか。食物アレルギーを持つ患者の入院の受け入れの目途は立っているのか」についてでありますが、登米市民病院が提供している病院食は、契約業者が献立を作成し、自社で調理した食品がチルド状態で届けられ、病院側の調理職員が再過熱・盛りつけ作業を行い配膳しております。
 この院外調理方式については、食事の種類と入院患者数が一定している病院や福祉施設には適しておりますが、入退院が頻繁に行われ、少量多種類の食事を必要とする病院においては、食数の管理が難しいものと考えております。
 アレルギー食提供の目処については、自前給食が提供できる体制と食材確保のルートを確立できた段階で実施できるよう、早急に準備を進めているところであります。
 今年度は、現在の院外調理方式により病院食の提供を行うこととしておりますが、平成30年度以降の契約については入札時期を含め手法の見直しを行い、地場産食材の導入も考慮した院内調理業務委託の体制を整えてまいります。
 今後においても、患者の皆様に安全で確実な病院食の提供を第一に考え、取組を行ってまいりますので、ご理解をお願いいたします。
 次に、6点目の「市長・副市長の報酬大幅カット」についてお答えいたします。
 初めに、「市長・副市長の報酬が高すぎるということか。大幅カットとは何十パーセントカットなのか。任期4年の時限立法か」についてでありますが、市長、副市長の報酬大幅カットは、選挙公約において市民の皆様にお示しした事項であり、早期実施に向けて取り組んでまいります。
 なお、現副市長のお二人については今朝ほど申し上げたとおりでございますので、ご理解を賜りたいと思います。
 具体的な減額幅について現在検討しており、その額を確定の上、特例条例の制定について9月定例議会に提案したいと考えておりますので、ご理解をお願いいたします。
 また、「副市長二人制は継続するのか否か」についてでありますが、本年度中を目途に、副市長については一人体制にしてまいりたいと考えております。
 以上、答弁とさせていただきます。

議長(及川昌憲君) 17番、浅田修君の一般質問の途中ですが10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後4時02分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後4時12分
 

議長(及川昌憲君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 17番、浅田 修君。

17番(浅田 修君) それでは再質させていただきます。
 この時間になりますと市長と私で同年代ということで、疲れも出てきている中で、大体市長も疲れてきているのかなというふうに感じているところでございますので、答弁はいいから、簡単にしっかりとひとつお願いしたいと思います。
 まずですね、市長が言う「大きく方向転換しなければならない」という市政運営はですね、新庁舎を建設しないということだけなんですか。だよね、この答弁を見ますと。
 どうでしょう。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) お答えをさせていただきたいと思います。
 新庁舎を建てないということを申し上げてきておりますけれども、その方針に変わりはございません。
 新庁舎を建てて、庁舎を一つにして、そうした形にしていくことも一つの方策だろうとは思いますけれど、私自身の方針転換というのはもう少し、先ほども申し上げましたように、地域周辺をしっかり振興させたいという思いがございますから、それにあわせて総合支所の機能強化もそういうふうな形で図っていきたいという意味での方針転換だと、そういうふうにご理解をいただきたいとそういうふうに思います。

議長(及川昌憲君) 17番、浅田 修君。

17番(浅田 修君) この中で、答弁の中でですね、今後比較検討してまいりたいというふうなお話でありました。
 と申しますのは、分庁舎方式ですね、計画、継続するための課題とともに、ここにもかかっておりますけれども、庁舎の改修や修繕費用、事業の効果や効率性、整備手法について比較検討していくというように言っておりますけれども、前布施市長のですね、のときに出されましたシミュレーションを別の条件、そして視点を加味して再度行うということなのでしょうか、そういうことですね。いわゆる根拠を示していくということなんですか。どうですか。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 当然、こういう方針を打ち出したわけですから、これからのそうした、今の浅田議員の質問に対することと全く同じでございますけど、そうしたことに対しては、一つ一つしっかりとした数字的なもの、あるいはシミュレーション的なものをしっかりと私なりに示してまいりたいと、そういうふうに思っております。

議長(及川昌憲君) 17番、浅田 修君。

17番(浅田 修君) ということは、結論が出ているわけではないということなんですね。
 建設の是非を含めてこれから検討するということ何じゃないの。比較検討していく。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) もし、私の答弁で受け取り方に誤解があったのなら、もう1度申し上げますけれども、建設はしないということからのシミュレーションです。それをまず結論として置いておきます。
 (「○○○(聞き取れず)」の声あり)

市長(熊谷盛廣君)ですから、先ほど申し上げましたとおり・・・

議長(及川昌憲君) 手を挙げてお願いします。まだエキサイトするには早いので少し。手を挙げてちゃんとやってください。どっち。
 まず、市長もう一度。市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 答弁申し上げたいと思います。
 比較検討、それはもちろん「こういうふうに比較を検討して」という私なりのこれまでの蓄積がございます。
 そうした中で、「こういう事情だから新庁舎は建てないんだ」という、そういう結論についてのそうした私がやってきた比較検討をお示ししたいと、そういうことでございます。

議長(及川昌憲君) 17番、浅田 修君。

17番(浅田 修君) 全然わかりません。そういう答弁で本当にいいの。
 市長、立候補表明したのは、立候補したいという決意されたのはいつごろですか。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 昨年の秋口だったと、そういうふうに私自身は記憶しております。
 ただ、ある日突然決断をしたわけではなくて、ここ1年ぐらいの間でのいろんな自分なりの考え方の中でのそうした蓄積が入っていって、最後にそういう決断をさせていただいた、そういうことであります。

議長(及川昌憲君) 17番、浅田 修君。

17番(浅田 修君) 1年ぐらいになるのかなと思うんですけどね、そういった中で、まだ、このですね、
庁舎建設しないというその根拠がですね、全然言われないということはどういうことなんですか、1年間のうちに。根拠がないんですよ。そういった中で選挙戦、戦ってきたんですか。根拠のない、ただ思いつきの中での公約の中でやってきたんですか。
 全然根拠ないんですよ。言っていないんですよ、市長。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 県議を落選してからも、地域ではずっといろいろと活動してまいりました。そうした中で、いろんな市民の皆様の意見を聞く機会が日々ありました。そうした中で当然、庁舎建設の話も出てまいりました。
 そして、やはり多くの方々が「庁舎建設は、合併特例債という非常に有利な起債があるから、それで建てるんだ」とそういうふうに理解をしておったようでございます。
 それで、「熊谷さんはどう思いますか」というお話もよくいただきました。私がまずお話を差し上げたのは、もし、庁舎建設を合併の協議会の中でのプロジェクト事業として挙げてあったことは、当然でございますけれども、そうであるならば、この12年間の間にまずは、いかに合併特例債を活用しようとも5%はまず出さなければいけない。そうしたことがあるのであれば、まずは基本的には、ちゃんとした建設基金を準備するべきであったろうと、それが1点。
 それから、もう1点は、いわゆる耐震の工事を行ったと。そういうこの2点を見ても、私はもう庁舎建設はしないのだなと。基金もないし、耐震もしたと。そうするとあと25年は、一応65年持つこの庁舎と言われておりますので、それはやめてまた別な事業展開をするんだなと、私は最初はそういうふうに思っておりました。
 それで、私なりにいろいろ考えてまいったんですけれども、この1年間ですね、まずひとつは、財政の問題でございますけれども、負債総額は合併特例債であれ、過疎債であれ、その他の起債であれ、今、市の残高は約500億ございます。こうしたこの負債をこれから返していくわけでございますけれども、そうした中でどの事業を選択して、どの事業を行っていくか。これは何も合併特例債に関したことだけではなくて、いろんな起債が使えます。例えば、過疎債とか。
 そうした中で、この健全財政を維持した上での事業展開、こうした中で市民が一番何を望んでいるか。それを自分なりに把握をした結果だと、そういうふうにご理解いただきたいと思います。

議長(及川昌憲君) 17番、浅田 修君。

17番(浅田 修君) 市長が把握した中かもしれませんけれども、今まで議会の中でも庁舎建設に関する調査特別委員会もやってきました。
 それから、いろんな面でですね、財源検討もしてまいりました。それから長寿命化、さらには増改築がいいのか、新築がいいのか、いろんな比較検討やってまいりました。
 それを市長はもう目を通しているはずだと思いますけど、立候補しているときも多分庁舎建設反対してきたのだから、だいたい目は通していると思うんだけども、それを見てどう思います。
 財政、本当に次世代にツケを残さないための、どっちが市長の言う、これを見て全然これはまるっきり違う、やっぱり違うという意見なんですか。
 かえって、次世代にツケを残す市長の考えじゃないんですか。どうでしょう。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 午前中にも答弁の中で申し上げましたけれども、合併特例債がそのような有利な起債であるということは、当然、私自身も重々承知をいたしておりますけれども、午前中の答弁で申し上げましたとおり、実は今の地方交付税のあり方というそのものが、地方交付税でいわゆる返されますけれども、その地方交付税そのものが臨財債に頼っている、そうした今状況がございます。
 そうした中で、果たして本当に将来にツケを残さない。これは私なりの判断としては、庁舎を建てないで、むしろ今、市民が望んでいるもっと別な事業を、そうしたことに使っていきたい、そういうふうに結論したわけでございます。

議長(及川昌憲君) 17番、浅田 修君。

17番(浅田 修君) 別なものに使うと。お金を別なものに使う。これはもちろん当たり前ですよ。今、庁舎建てないというふうになれば当たり前の話。
 ただ、これまでですね、本当に全然市長の示す根拠がないのよ。それも今度検討していくという。いつまでだかちょっと。これから検討、比較検討していくというような話なんですけども、その根拠が明確でない中で、これまで市長選を戦ってきたということはですね、とにかく都合のいい言葉だけ並べてさ、住民感情をただあおってきただけの話じゃないのという、ただ我々にはそうしか思えない。
 そして、市長が「住民が反対だよ」と、「庁舎反対だよ」と。そういう人たちだけが集まったとこで聞けば、そういうみんながそういう庁舎反対でがすというような、だけの話じゃないの。
 市長が勝ったのは140何票の差かもしれませんけども、勝ったのも勝った、それはもちろんそうんだげっとも、その中でも前にもお話しあったんだけども、「庁舎に関係なく、とにかく熊谷市長だら一生懸命やってけっぺ」と、いろんな面で。報酬カットの分ではないよと。さらに、そういうことであっての当選なんだと私は思ってる。
 でありますんで、やはりもうちょっと、同い年だから結構、頭も固くなってきている市長かもしれませんけども、もう少しやわらかくしてですね、最初のうち凍結というような話だったらちょうどいがった。「解ければもとに戻っからなあ」と思ってやったんだけれども、白紙撤回。何を考えているのかなと。本当に今までの議会であり、何でありがし、いろんな面で協議してきたことが一発で翻るという話は、こんなことはないべと、そういうことでございます。
 そういった中で副市長、市長にどのような、この市長が入ってきた中で話をされたのか。今までのルートの中でどうでしょう。どのような指導。

議長(及川昌憲君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) 当然でありますけれど、市長、新しく就任されてましたから、これまでの施策の進め方、それから今後の計画等については、ご説明させていただきました。
 ただ、庁舎に関しましては、まず基本的に市長のお考えがありますから、そこをまず承っているという状態でございます。

議長(及川昌憲君) 17番、浅田 修君。

17番(浅田 修君) 一人制にするから危ないなと思って、そういった考えではないと思うんですけれども。
 それからですね、こういうことは、市長の考え一つでですね、根拠も示さない中で勝手に総合計画を修正するということは、この代表制のもとでですね、まちづくりの基本となる総合計画の考えが公約だけで変えられるものなのかどうなのかですね。
 やはり、名古屋市議会と市長との闘いとなってくるんじゃないの、同じような構図。逆ですけれども、市長と何は。名古屋とはまるっきり正反対の状況なんですけれども、そういった中で本当に総合計画が、市長のこの判断だけでやれるのかなと。裁判ざたになる可能性もあると。
 やはり、これからのプロセスはどうなるんですか。総務部長、こういう関係は・・・。市長ね、んで市長どうぞ、わかるんだら。

議長(及川昌憲君) 一応、議長いますから。市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) そうしたお話をしようと思うと、「長い答弁はいらない」と言われますので、なかなかお話ししづらいところでございます。
 今、これから私が話すことで恐らく時間はなくなると思います。でも、しっかり浅田議員の質問にお答えするには、それくらいのお話でないと時間が足りないと、私自身は思っております。
 まず、「あなたの周りには、庁舎反対の人しかいないところで選挙やったのではないか」というお話がありましたけれども、それは非常に市民に対して失礼な話である、そういうふうに思います。いろんな考えの方いました。そして、私にもいろんな質問がぶつけられてきました。その中で私自身も皆様方に磨かれていったし、皆様方にもそうした答えをさしていただいてきた経緯がございました。
 庁舎は今、本庁舎と分庁舎と、それから総合支所で九つの庁舎がございます。そして、全て非常にまだまだ使えると。そして、非常に毅然の施設がこのようにある。これはまだまだ有効活用ができる、それがまず大前提でございます。
 そして、例えば病院医療の問題、あるいは図書館、陸上競技場、若者定住対策、そうした施設、体育施設、あるいは緊急車両が入れない道路、災害対応、インフラ、そうしたことを市民の皆様にとっては、庁舎よりもまだ優先順位の高い、そうした事業が非常に多いということを私自身はしっかりと感じております。
 そして、合併特例債を全部充てられないけれども、非常に大切な事業もあります。別な起債を使わなければいけない事業もあります。
 そうしたことを踏まえて、「まずはこうした市民の皆様方が望む、そうした事業をまず進めよう」これが私の基本的な考えでございます。
 ですから、庁舎にはまだ代わりがあります。九つの施設があるんです。
 でも、例えば建設の時期が、建て替えの時期が一部来ている市民病院などは代替えがありません。そうしたことも踏まえて、市民の皆様方が私に訴えてきたこの結果だと思っております。

議長(及川昌憲君) 17番、浅田 修君。

17番(浅田 修君) ここの流れでありますけれどもですね、具体的に迫庁舎が老朽化してきている。つくりかえさなげないという中で、例えば本庁機能。そうなれば本庁機能、どこに行くのですか。東和、石越の総合支所に移すということなんですか。総務部は東和総合支所ですか。企画部、議会は石越ですか。
 これで効率的な行財政運営が本当にできるの。つながるとは私は到底思えない。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 効率的な事業、行政運営ということであれば、今の浅田議員の言うことも、それは可能性としてはありだろうと、そういうふうに思いますけれども、決してそういうことを言っているのではなくて、まずは地域、あるいはそうした有効的に使える、まだまだ使えるものをしっかりと使っていこうと、その上での話だと私は言っております。

議長(及川昌憲君) これで17番、浅田 修君の一般質問を終わります。
 明日、6月28日の本会議は、議事の都合により、会議規則第9条第2項の規定によって、特に午前11時に繰り下げて開くことにします。
 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 本日はこれで散開します。ご苦労さまでした。
 
          散会 午後4時32分
 
 
 
 上記会議の経過を記載し、その相違ないことを証するためここに署名する。
 
 議会議長  及 川 昌 憲
 
 
 署名議員  伊 藤 吉 浩
 
 
 署名議員  中 澤   宏

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>