•   0  (日程・名簿)
  •   1  議長(田口政信)
  •   2  市長(布施孝尚)
  •   3  議長(田口政信)
  •   4  産業経済部長(真山誠喜)
  •   5  議長(田口政信)
  •   6  議長(田口政信)
  •   7  議長(田口政信)
  •   8  議長(田口政信)
  •   9  議長(田口政信)
  •  10  議長(田口政信)
  •  11  市長(布施孝尚)
  •  12  議長(田口政信)
  •  13  企画部長(佐藤順悦)
  •  14  議長(田口政信)
  •  15  21番(佐藤尚哉)
  •  16  議長(田口政信)
  •  17  市長(布施孝尚)
  •  18  議長(田口政信)
  •  19  21番(佐藤尚哉)
  •  20  議長(田口政信)
  •  21  市長(布施孝尚)
  •  22  議長(田口政信)
  •  23  10番(浅野敬)
  •  24  議長(田口政信)
  •  25  10番(浅野敬)
  •  26  議長(田口政信)
  •  27  企画部長(佐藤順悦)
  •  28  議長(田口政信)
  •  29  10番(浅野敬)
  •  30  議長(田口政信)
  •  31  20番(及川昌憲)
  •  32  議長(田口政信)
  •  33  企画部長(佐藤順悦)
  •  34  議長(田口政信)
  •  35  市民活動支援課長(高橋美守)
  •  36  議長(田口政信)
  •  37  市民活動支援課長(高橋美守)
  •  38  議長(田口政信)
  •  39  20番(及川昌憲)
  •  40  議長(田口政信)
  •  41  企画部長(佐藤順悦)
  •  42  議長(田口政信)
  •  43  市民活動支援課長(高橋美守)
  •  44  議長(田口政信)
  •  45  20番(及川昌憲)
  •  46  議長(田口政信)
  •  47  企画部長(佐藤順悦)
  •  48  議長(田口政信)
  •  49  28番(岩淵正宏)
  •  50  議長(田口政信)
  •  51  市民活動支援課長(高橋美守)
  •  52  議長(田口政信)
  •  53  市民活動支援課長(高橋美守)
  •  54  議長(田口政信)
  •  55  企画部長(佐藤順悦)
  •  56  議長(田口政信)
  •  57  28番(岩淵正宏)
  •  58  議長(田口政信)
  •  59  企画部長(佐藤順悦)
  •  60  議長(田口政信)
  •  61  28番(岩淵正宏)
  •  62  議長(田口政信)
  •  63  企画部長(佐藤順悦)
  •  64  議長(田口政信)
  •  65  議長(田口政信)
  •  66  7番(佐々木一)
  •  67  議長(田口政信)
  •  68  企画部長(佐藤順悦)
  •  69  議長(田口政信)
  •  70  7番(佐々木一)
  •  71  議長(田口政信)
  •  72  企画部長(佐藤順悦)
  •  73  議長(田口政信)
  •  74  5番(遠藤音)
  •  75  議長(田口政信)
  •  76  企画部長(佐藤順悦)
  •  77  議長(田口政信)
  •  78  市民活動支援課長(高橋美守)
  •  79  議長(田口政信)
  •  80  5番(遠藤音)
  •  81  議長(田口政信)
  •  82  企画部長(佐藤順悦)
  •  83  議長(田口政信)
  •  84  5番(遠藤音)
  •  85  議長(田口政信)
  •  86  市長(布施孝尚)
  •  87  議長(田口政信)
  •  88  19番(佐藤恵喜)
  •  89  議長(田口政信)
  •  90  企画部長(佐藤順悦)
  •  91  議長(田口政信)
  •  92  19番(佐藤恵喜)
  •  93  議長(田口政信)
  •  94  市長(布施孝尚)
  •  95  議長(田口政信)
  •  96  14番(八木しみ子)
  •  97  議長(田口政信)
  •  98  市民活動支援課長(高橋美守)
  •  99  議長(田口政信)
  • 100  14番(八木しみ子)
  • 101  議長(田口政信)
  • 102  総務部長(小野寺富雄)
  • 103  議長(田口政信)
  • 104  14番(八木しみ子)
  • 105  議長(田口政信)
  • 106  6番(阿部正一)
  • 107  議長(田口政信)
  • 108  市民活動支援課長(高橋美守)
  • 109  議長(田口政信)
  • 110  6番(阿部正一)
  • 111  議長(田口政信)
  • 112  25番(中澤宏)
  • 113  議長(田口政信)
  • 114  25番(中澤宏)
  • 115  議長(田口政信)
  • 116  市長(布施孝尚)
  • 117  議長(田口政信)
  • 118  25番(中澤宏)
  • 119  議長(田口政信)
  • 120  25番(中澤宏)
  • 121  議長(田口政信)
  • 122  25番(中澤宏)
  • 123  議長(田口政信)
  • 124  市長(布施孝尚)
  • 125  議長(田口政信)
  • 126  25番(中澤宏)
  • 127  議長(田口政信)
  • 128  25番(中澤宏)
  • 129  議長(田口政信)
  • 130  市長(布施孝尚)
  • 131  議長(田口政信)
  • 132  議長(田口政信)
  • 133  議長(田口政信)
  • 134  議長(田口政信)
  • 135  議長(田口政信)
  • 136  議長(田口政信)
  • 137  市長(布施孝尚)
  • 138  議長(田口政信)
  • 139  産業経済部長(真山誠喜)
  • 140  議長(田口政信)
  • 141  22番(沼倉利光)
  • 142  議長(田口政信)
  • 143  産業経済部長(真山誠喜)
  • 144  議長(田口政信)
  • 145  22番(沼倉利光)
  • 146  議長(田口政信)
  • 147  産業経済部長(真山誠喜)
  • 148  議長(田口政信)
  • 149  22番(沼倉利光)
  • 150  議長(田口政信)
  • 151  産業経済部長(真山誠喜)
  • 152  議長(田口政信)
  • 153  29番(浅田修)
  • 154  議長(田口政信)
  • 155  産業経済部長(真山誠喜)
  • 156  議長(田口政信)
  • 157  29番(浅田修)
  • 158  議長(田口政信)
  • 159  産業経済部長(真山誠喜)
  • 160  議長(田口政信)
  • 161  議長(田口政信)
  • 162  議長(田口政信)
  • 163  議長(田口政信)
  • 164  議長(田口政信)
  • 165  市長(布施孝尚)
  • 166  議長(田口政信)
  • 167  建設部長(高橋千壽)
  • 168  議長(田口政信)
  • 169  2番(工藤淳子)
  • 170  議長(田口政信)
  • 171  建設部長(高橋千壽)
  • 172  議長(田口政信)
  • 173  2番(工藤淳子)
  • 174  議長(田口政信)
  • 175  建設部長(高橋千壽)
  • 176  議長(田口政信)
  • 177  18番(田口久義)
  • 178  議長(田口政信)
  • 179  建設部長(高橋千壽)
  • 180  議長(田口政信)
  • 181  18番(田口久義)
  • 182  議長(田口政信)
  • 183  建設部長(高橋千壽)
  • 184  議長(田口政信)
  • 185  市長(布施孝尚)
  • 186  議長(田口政信)
  • 187  議長(田口政信)
  • 188  議長(田口政信)
  • 189  議長(田口政信)
  • 190  議長(田口政信)
  • 191  市長(布施孝尚)
  • 192  議長(田口政信)
  • 193  社会教育次長(阿部静男)
  • 194  議長(田口政信)
  • 195  28番(岩淵正宏)
  • 196  議長(田口政信)
  • 197  社会教育次長(阿部静男)
  • 198  議長(田口政信)
  • 199  28番(岩淵正宏)
  • 200  議長(田口政信)
  • 201  社会教育次長(阿部静男)
  • 202  議長(田口政信)
  • 203  11番(菅原幸夫)
  • 204  議長(田口政信)
  • 205  社会教育次長(阿部静男)
  • 206  議長(田口政信)
  • 207  11番(菅原幸夫)
  • 208  議長(田口政信)
  • 209  20番(及川昌憲)
  • 210  議長(田口政信)
  • 211  社会教育次長(阿部静男)
  • 212  議長(田口政信)
  • 213  20番(及川昌憲)
  • 214  議長(田口政信)
  • 215  社会教育次長(阿部静男)
  • 216  議長(田口政信)
  • 217  20番(及川昌憲)
  • 218  議長(田口政信)
  • 219  17番(關孝)
  • 220  議長(田口政信)
  • 221  社会教育次長(阿部静男)
  • 222  議長(田口政信)
  • 223  17番(關孝)
  • 224  議長(田口政信)
  • 225  社会教育次長(阿部静男)
  • 226  議長(田口政信)
  • 227  議長(田口政信)
  • 228  議長(田口政信)
  • 229  社会教育次長(阿部静男)
  • 230  議長(田口政信)
  • 231  17番(關孝)
  • 232  議長(田口政信)
  • 233  教育長(片倉敏明)
  • 234  議長(田口政信)
  • 235  市長(布施孝尚)
  • 236  議長(田口政信)
  • 237  議長(田口政信)
  • 238  社会教育次長(阿部静男)
  • 239  議長(田口政信)
  • 240  22番(沼倉利光)
  • 241  議長(田口政信)
  • 242  教育長(片倉敏明)
  • 243  議長(田口政信)
  • 244  10番(浅野敬)
  • 245  議長(田口政信)
  • 246  教育長(片倉敏明)
  • 247  議長(田口政信)
  • 248  議長(田口政信)
  • 249  議長(田口政信)
  • 250  議長(田口政信)
  • 251  議長(田口政信)
  • 252  市長(布施孝尚)
  • 253  議長(田口政信)
  • 254  総務部長(小野寺富雄)
  • 255  議長(田口政信)
  • 256  11番(菅原幸夫)
  • 257  議長(田口政信)
  • 258  学校教育次長(永浦敬悦)
  • 259  議長(田口政信)
  • 260  11番(菅原幸夫)
  • 261  議長(田口政信)
  • 262  教育長(片倉敏明)
  • 263  議長(田口政信)
  • 264  19番(佐藤恵喜)
  • 265  議長(田口政信)
  • 266  学校教育次長(永浦敬悦)
  • 267  議長(田口政信)
  • 268  5番(遠藤音)
  • 269  議長(田口政信)
  • 270  学校教育次長(永浦敬悦)
  • 271  議長(田口政信)
  • 272  5番(遠藤音)
  • 273  議長(田口政信)
  • 274  教育長(片倉敏明)
  • 275  議長(田口政信)
  • 276  28番(岩淵正宏)
  • 277  議長(田口政信)
  • 278  学校教育次長(永浦敬悦)
  • 279  議長(田口政信)
  • 280  28番(岩淵正宏)
  • 281  議長(田口政信)
  • 282  学校教育次長(永浦敬悦)
  • 283  議長(田口政信)
  • 284  議長(田口政信)
  • 285  議長(田口政信)
  • 286  議長(田口政信)
  • 287  議長(田口政信)
  • 288  市長(布施孝尚)
  • 289  議長(田口政信)
  • 290  総務部長(小野寺富雄)
  • 291  議長(田口政信)
  • 292  議長(田口政信)
  • 293  議長(田口政信)
  • 294  議長(田口政信)
  • 295  議長(田口政信)
  • 296  議長(田口政信)
  • 297  市長(布施孝尚)
  • 298  議長(田口政信)
  • 299  総務部長(小野寺富雄)
  • 300  議長(田口政信)
  • 301  議長(田口政信)
  • 302  議長(田口政信)
  • 303  議長(田口政信)
  • 304  議長(田口政信)
  • 305  市長(布施孝尚)
  • 306  議長(田口政信)
  • 307  総務部長(小野寺富雄)
  • 308  議長(田口政信)
  • 309  19番(佐藤恵喜)
  • 310  議長(田口政信)
  • 311  総務部長(小野寺富雄)
  • 312  議長(田口政信)
  • 313  19番(佐藤恵喜)
  • 314  議長(田口政信)
  • 315  市長(布施孝尚)
  • 316  議長(田口政信)
  • 317  5番(遠藤音)
  • 318  議長(田口政信)
  • 319  5番(遠藤音)
  • 320  議長(田口政信)
  • 321  市民生活部長(星英雄)
  • 322  議長(田口政信)
  • 323  5番(遠藤音)
  • 324  議長(田口政信)
  • 325  市民生活部長(星英雄)
  • 326  議長(田口政信)
  • 327  議長(田口政信)
  • 328  議長(田口政信)
  • 329  19番(佐藤恵喜)
  • 330  議長(田口政信)
  • 331  議長(田口政信)
  • 332  議長(田口政信)
  • 333  議長(田口政信)
  • 334  議長(田口政信)
  • 335  市長(布施孝尚)
  • 336  議長(田口政信)
  • 337  総務部長(小野寺富雄)
  • 338  議長(田口政信)
  • 339  議長(田口政信)
  • 340  議長(田口政信)
  • 341  議長(田口政信)
  • 342  議長(田口政信)
  • 343  市長(布施孝尚)
  • 344  議長(田口政信)
  • 345  福祉事務所長(志賀尚)
  • 346  議長(田口政信)
  • 347  12番(二階堂一男)
  • 348  議長(田口政信)
  • 349  福祉事務所長(志賀尚)
  • 350  議長(田口政信)
  • 351  12番(二階堂一男)
  • 352  議長(田口政信)
  • 353  長寿介護課長(熊谷一)
  • 354  議長(田口政信)
  • 355  12番(二階堂一男)
  • 356  議長(田口政信)
  • 357  長寿介護課長(熊谷一)
  • 358  議長(田口政信)
  • 359  議長(田口政信)
  • 360  議長(田口政信)
  • 361  議長(田口政信)
  • 362  議長(田口政信)
  • 363  市長(布施孝尚)
  • 364  議長(田口政信)
  • 365  福祉事務所長(志賀尚)
  • 366  議長(田口政信)
  • 367  議長(田口政信)
  • 368  19番(佐藤恵喜)
  • 369  議長(田口政信)
  • 370  福祉事務所長(志賀尚)
  • 371  議長(田口政信)
  • 372  長寿介護課長(熊谷一)
  • 373  議長(田口政信)
  • 374  福祉事務所長(志賀尚)
  • 375  議長(田口政信)
  • 376  19番(佐藤恵喜)
  • 377  議長(田口政信)
  • 378  福祉事務所長(志賀尚)
  • 379  議長(田口政信)
  • 380  市長(布施孝尚)
  • 381  議長(田口政信)
  • 382  19番(佐藤恵喜)
  • 383  議長(田口政信)
  • 384  市長(布施孝尚)
  • 385  議長(田口政信)
  • 386  11番(菅原幸夫)
  • 387  議長(田口政信)
  • 388  11番(菅原幸夫)
  • 389  議長(田口政信)
  • 390  福祉事務所長(志賀尚)
  • 391  議長(田口政信)
  • 392  11番(菅原幸夫)
  • 393  議長(田口政信)
  • 394  福祉事務所長(志賀尚)
  • 395  議長(田口政信)
  • 396  11番(菅原幸夫)
  • 397  議長(田口政信)
  • 398  11番(菅原幸夫)
  • 399  議長(田口政信)
  • 400  市長(布施孝尚)
  • 401  議長(田口政信)
  • 402  議長(田口政信)
  • 403  議長(田口政信)
  • 404  19番(佐藤恵喜)
  • 405  議長(田口政信)
  • 406  議長(田口政信)
  • 407  議長(田口政信)
  • 408  議長(田口政信)
  • 409  議長(田口政信)
  • 410  市長(布施孝尚)
  • 411  議長(田口政信)
  • 412  社会教育次長(阿部静男)
  • 413  議長(田口政信)
  • 414  議長(田口政信)
  • 415  議長(田口政信)
  • 416  議長(田口政信)
  • 417  議長(田口政信)
  • 418  市長(布施孝尚)
  • 419  議長(田口政信)
  • 420  建設部長(高橋千壽)
  • 421  議長(田口政信)
  • 422  18番(田口久義)
  • 423  議長(田口政信)
  • 424  建設部長(高橋千壽)
  • 425  議長(田口政信)
  • 426  18番(田口久義)
  • 427  議長(田口政信)
  • 428  建設部長(高橋千壽)
  • 429  議長(田口政信)
  • 430  議長(田口政信)
  • 431  議長(田口政信)
  • 432  議長(田口政信)
  • 433  議長(田口政信)
  • 434  市長(布施孝尚)
  • 435  議長(田口政信)
  • 436  建設部長(高橋千壽)
  • 437  議長(田口政信)
  • 438  議長(田口政信)
  • 439  議長(田口政信)
  • 440  議長(田口政信)
  • 441  議長(田口政信)
  • 442  市長(布施孝尚)
  • 443  議長(田口政信)
  • 444  消防本部消防長(菅原輝雄)
  • 445  議長(田口政信)
  • 446  議長(田口政信)
  • 447  議長(田口政信)
  • 448  議長(田口政信)
  • 449  議長(田口政信)
      平成24年第1回登米市議会 定 例 会 会議録(第6号)
 平成24年3月2日(金曜日)
1.出席議員(29名)
   1番 金 野 静 男 君       2番 工 藤 淳 子 君
   3番 小野寺 金太郎 君       4番 武 田 節 夫 君
   5番 遠 藤   音 君       6番 阿 部 正 一 君
   7番 佐々木   一 君       8番 星   順 一 君
   9番 及 川 長太郎 君      10番 浅 野   敬 君
  11番 菅 原 幸 夫 君      12番 二階堂 一 男 君
  14番 八 木 しみ子 君      15番 伊 藤 吉 浩 君
  16番 庄 子 喜 一 君      17番 關     孝 君
  18番 田 口 久 義 君      19番 佐 藤 恵 喜 君
  20番 及 川 昌 憲 君      21番 佐 藤 尚 哉 君
  22番 沼 倉 利 光 君      23番 佐 藤   勝 君
  24番 岩 淵 勇 一 君      25番 中 澤   宏 君
  26番 伊 藤   栄 君      27番 熊 谷 憲 雄 君
  28番 岩 淵 正 宏 君      29番 浅 田   修 君
  議 長 田 口 政 信 君
1.欠席議員(1名)
  13番 相 澤 吉 悦 君
1.遅刻議員(2名)
   4番 武 田 節 夫 君      11番 菅 原 幸 夫 君
1.早退議員(なし)
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君   副  市  長  藤 井 敏 和 君
  総 務 部 長  小野寺 富 雄 君   企 画 部 長  佐 藤 順 悦 君
  市民生活部長   星   英 雄 君   産業経済部長   真 山 誠 喜 君
  建 設 部 長  高 橋 千 壽 君   市長公室長    北 條 敏 夫 君
  財 政 課 長  千 葉 雅 弘 君   福祉事務所長   志 賀   尚 君
  危機管理監    中津川 英 雄 君   会計管理者    及 川 登志郎 君
  環境事業所長   佐々木 秀 悦 君   教  育  長  片 倉 敏 明 君
  教 育 次 長              教 育 次 長
  (学校教育)   永 浦 敬 悦 君   (社会教育)   阿 部 静 男 君
                       農業委員会
  病院事業管理者  大 橋   章 君   事 務 局 長  金   正 男 君
                       消 防 本 部
  水道事業所長   菅 原   守 君   消  防  長  菅 原 輝 雄 君
                       監 査 委 員
  医療局次長    鈴 木   均 君   事 務 局 長  千 葉 久 義 君
  企画部理事兼               市民活動支援
  次     長  田 口 俊 郎 君   課     長  高 橋 美 守 君
  企画政策課長   丸 山   仁 君   長寿介護課長   熊 谷   一 君
                       住宅都市整備
  下水道課長    及 川 甚 悦 君   課     長  中津川 源 正 君
1.事務局出席職員氏名
                       議会事務局
  議会事務局長   村 上 昭 一 君   次     長  佐 藤 昌 彦 君
  議会事務局長               議会事務局
  補佐兼議事                議事・調査係
  ・調査係長    佐 藤 真 吾 君   主     幹  蛇 好 芳 則 君
  議会事務局                議会事務局
  議事・調査係               議事・調査係
  主     幹  高 橋 正 博 君   主     査  加 藤 善 己 君
  議会事務局
  議事・調査係
  主     事  千 葉 三智子 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 会議録署名議員の指名
  第2 議案第21号 登米市津山集出荷・塩蔵施設条例を廃止する条例について
  第3 議案第22号 登米市まちづくり基本条例の制定について
  第4 議案第23号 登米市みやぎ農業研修生滞在施設条例の制定について
  第5 議案第24号 登米市景観条例の制定について
  第6 議案第25号 地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係
           法律の整備に関する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例
           の制定について
  第7 議案第26号 登米市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例
           の一部を改正する条例について
  第8 議案第27号 登米市職員の給与に関する条例及び登米市職員の公益的法人等への派
           遣等に関する条例の一部を改正する条例について
  第9 議案第28号 登米市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正す
           る条例について
  第10 議案第29号 登米市税条例の一部を改正する条例について
  第11 議案第30号 登米市基金条例の一部を改正する条例について
  第12 議案第31号 登米市保健福祉施設条例の一部を改正する条例について
  第13 議案第32号 登米市介護保険条例の一部を改正する条例について
  第14 議案第33号 登米市農村環境改善センター条例の一部を改正する条例について
  第15 議案第34号 登米市浄化槽整備推進事業条例の一部を改正する条例について
  第16 議案第35号 登米市営住宅条例の一部を改正する条例について
  第17 議案第36号 登米市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部を改正する条
           例について
          開会 午前10時00分
議長(田口政信君) おはようございます。
 ただいまから平成24年第1回登米市議会定例会6日目の会議を開きます。
 13番、相澤吉悦君より欠席の届け出があります。
 4番、武田節夫君、11番、菅原幸夫君より遅参の届け出がございます。
 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりであります。
 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第83条の規定により、2番、工藤淳子君、3番、小野寺金太郎君を指名します。
 日程第2、議案第21号 登米市津山集出荷・塩蔵施設条例を廃止する条例についてを議題とします。
 提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 皆さん、おはようございます。
 それでは、議案第21号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、行政財産である登米市津山集出荷・塩蔵施設について普通財産とし、現在指定管理を行っている団体へ譲渡を行うため、本条例を廃止するものであります。
 詳細につきましては産業経済部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口政信君) 議案内容の説明を求めます。産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 議案書2ページでございます。
 議案第21号 登米市津山集出荷・塩蔵施設条例を廃止する条例につきましてでございます。ただいま市長提案理由にありましたように、4月1日から廃止しようとするものでございます。
 若干、現在までの経過等について申し上げます。この施設は昭和55年12月に合併前の津山町において整備した施設でございます。土地については南三陸農協から借り受けまして、その土地にこの施設をつくったものでございます。昭和55年12月に地域農政整備事業、いわゆる国の補助事業を使いまして、建築の面積286.74平米、鉄骨づくりでございます。事業費3,800万円で整備したものでございます。
 この間、平成20年、合併後そのまま市に引き継ぎまして、市においてもいろいろ検討する中で、平成20年にいわゆる指定管理者でございます南三陸農協と話し合いを持ちまして、市として整備した目的についてはおおむね果たしたのではないかということでこの時点で協議をしてまいりました。農協側からは、耐用年数があるうち、すなわち国庫に対する返還とかそういった部分があるうちはぜひ市でやってくれというふうなことでございまして、その後いろいろな協議をしてくる中で現在に至ってございます。この施設につきましては、塩蔵施設については耐用年数28年、それからいわゆる倉庫等については29年ということで、もう既に30年以上経過してございますので、いわゆる耐用年数は過ぎたということでございます。
 そういったことから、このたび南三陸農協と協議の中で、いわゆる農協側で引き受けてやっていくということになりました。実際に使っている団体につきましては、津山つけもの婦人研究会という組織が主に使ってございます。会員は15名でございまして、カボチャ饅頭とか蒸しパン、それから漬物、シソ巻き、そういったものをつくりながら、道の駅の津山あるいは市のおいしいもの市、そういったところに出荷している状況でございます。おおむねの年間売り上げが200万円というふうな状況でございます。農協との話し合いの中で、今後についてもこのつけもの婦人研究会、ここを主体とした施設の利用、そういったものを図っていくということでございますし、この当該研究会の方でもこれまで以上の負担とかそういったことでなければ特に異議はないというふうな話もしてございまして、そういった関係者のご理解が得る中で今回廃止しようとするものでございます。
 よろしくご審議のほどお願い申し上げまして、説明とさせていただきます。
議長(田口政信君) 説明が終わりましたので、これより質疑を行います。質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 質疑なしと認めます。
 お諮りをいたします。ただいま議題となっております議案第21号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第21号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 討論なしと認めます。
 これから議案第21号を採決いたします。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第21号 登米市津山集出荷・塩蔵施設条例を廃止する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第3、議案第22号 登米市まちづくり基本条例の制定についてを議題にします。
議長(田口政信君) 提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第22号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、登米市のまちづくりにおける基本理念及び基本原則を定めるとともに、市民の権利並びに市民、市及び議会の役割を明らかにし、市民が主体のまちづくりを進めることにより住みよい地域社会の実現を図り、本市の持続的な発展に寄与するため条例を制定するものであります。
 詳細につきましては企画部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口政信君) 議案内容の説明を求めます。企画部長、佐藤順悦君。
企画部長(佐藤順悦君) それでは、議案書3ページをお開きいただきたいと思います。それから定例会資料別冊1、20ページには条例の概要、それから条例の逐条解説、これを載せております。
 まず、条例の3ページでご説明を申し上げます。
 まちづくり基本条例の制定についてでございます。この条例につきましては、前文、それから8章、23条で構成しているところでございます。
 初めに、3ページの前文については、登米市が目指すまちづくりの方向性、それから条例制定の考え方、条例の趣旨等について前文で規定しているところでございます。
 次のページ、4ページをお開きいただきます。
 第1章総則でございます。第1章の目的、これにつきましては、今市長の提案説明にありましたが、登米市のまちづくりにおける基本的な事項を定め、市民の皆さんの権利、それから市民、市、議会の役割を明確にしまして、市民の皆さんの主体のまちづくりを進めていくと。それによって住みよい地域社会の実現を図るということを目的とするものでございます。
 第2条、定義でございます。この条例において使用している用語について定めておるところでございます。内容については省略させていただきます。
 3条の条例の位置づけでございます。この条例につきましては、登米市のまちづくりにおける基本的なことを定めるものでございまして、市民の皆さん、それから市及び議会につきましては、この条例を最大限に尊重するという内容で規定しているところございます。
 第2章でございます。第4条のまちづくりの基本理念でございますが、協働による登米市の持続的な発展を目指す、このことを基本理念に掲げておるところでございます。
 第5条のまちづくりの基本原則でございます。5ページの上の方でございますが、1点目でございますが、一人一人の人権が尊重されると。それから2点目、市民の皆さんの参加そして参画の機会が保障されること。3点目については、情報が共有されること。4点目につきましては、市民の皆さんの活動の自主性が確保され、そして尊重されること。この4点を掲げているところでございます。
 第3章の第6条、市民の権利でございます。3点でございます。まちづくりに関する情報を知ること。それから、まちづくりに関して意見を表明したり、そして提案したりすること。それから、市民の皆さんは等しく行政サービスを受けること。この3点を規定しているところでございます。
 第7条の市民の皆さんの役割でございます。市民の皆さんは主体的にまちづくりに参加し、または参加するよう努めると。2点目につきましては、市民活動を市民の皆さんは行うように努め、みずからの発言及び行動に責任を持つものという内容で規定しているところでございます。
 第8条の市の役割でございます。市につきましては、効率的で質の高い行政サービスを市民に提供するように努めると。2点目につきましては、市民の皆さんが主体的にまちづくりに取り組むことができるように必要な支援に努めると。3点目につきましては、市は公正かつ誠実な職務の遂行に努めるという内容を規定しているところでございます。
 第9条、議会の役割でございます。議会につきましては、市民の皆さんの意見、あるいはこうしたものを市政の運営に反映させると。2点目につきましては、市政が適切に運営されているか調査、監視に努めると。3点目につきましては、議会に関する情報を市民の皆さんに提供し、開かれた議会に努めるという3点を規定しております。
 第4章でございます。第10条の市民の参加・参画でございます。市は市民の皆さんがまちづくりに参加・参画する機会の充実に努めると。二つ目につきましては、よりよいまちづくりにつながる意見等を、市民の皆さんがこのまちづくりにつながる意見等を市に提案することができるという内容を規定しております。
 次のページでございます。
 4項には市民の皆さんの意見あるいは提案を求めるときの手法について規定しております。1点目につきましては、各種附属機関等の委員への市民の皆さんの公募、それから意見交換会、パブリックコメント等を掲げております。
 11条につきましては、将来を担う人材の育成についてでございます。市民は、まちづくりを担う人材育成を行うために機会の提供に努めると。二つ目につきましては、将来を担う子供たちを守り、健全に成長するよう環境の整備に努める。この二つを規定しております。
 12条、コミュニティ組織等でございます。コミュニティ組織等につきましては、市民一人一人の参加そして参画、これらを通じまして地域の資源、特性を生かしながら地域の抱える課題の解決に努めるという内容を1点目に掲げております。そして二つ目には、これらの課題の解決のために、地域の計画づくり、これに取り組むよう努めるものとするという内容でございます。なお、この計画づくりにつきましては地区コミュニティを想定しているところでございます。
 13条の市民活動団体等の活動関係の整備でございますが、2点目、2項でございますが、市は市民活動団体及びコミュニティ組織等の活動を支援する組織と協働し、まちづくりに努めるものとしますと。こうした組織を今後設置いたしまして、組織間の連携あるいは支援、コーディネート、こうしたものを図ってまいりたいというふうに考えております。
 14条の情報の共有でございます。市民そして市につきましては、互いに情報の共有に努めるという内容でございます。
 15条、情報公開でございますが、これにつきましては、登米市情報公開条例、これに基づきまして情報の開示に努めるという内容でございます。
 16条につきましては、これにつきましても、登米市個人情報保護条例、これに基づきまして個人情報の保護に努めるという内容でございます。
 第6章は行政運営でございます。17条の総合計画。市につきましては総合計画を策定すると。計画的な行政の運営に努めていくという内容でございます。2点目につきましては、個別計画、これを策定する際には総合計画との整合性を図るという内容でございます。
 18条、財政運営でございますが、市は効率的な財政運営に努めると。二つ目には、財政状況等につきましては市民の皆さんに公表し、財政運営の透明性の確保に努めるという内容でございます。
 19条につきましては、行政評価でございますが、市が進める施策あるいは事業等、こうしたものの取り組み結果を明らかにするため行政評価を行うように努めると。そして、その結果につきましては市民に公表するように努めるという内容でございます。
 第20条につきましては、国あるいは県、他の自治体との連携について規定しております。
 7章の危機管理でございます。第21条ですが、市は、自然災害等、こうした事態に対応するための体制の整備に努めると。2点目、市民につきましても、日ごろから防火意識を高めまして災害等に備えるという内容を規定しております。
 22条でございますが、災害発生時における対応。市民の皆さん、そして市は、災害時の発生時には互いに協力して安全の確保を図ると。そして関係機関と連携して災害に対応するように努めるという内容でございます。
 第8章につきましては、条例の検討そして見直し関係でございます。23条、市は必要に応じてこの条例の内容について検討を行い、その結果に基づいて見直しを行うと。内容が時代の変遷によって変わるという状況もありますので、それらの条例の内容がマッチしているかどうかも検討を行うという内容でございます。
 8ページでございますが、こうした検討、見直しにあっては、多くの市民の皆さんの意見を聞くという内容を規定しているところでございます。
 この条例につきましては、本年4月1日からの施行を目指しているところでございます。
 以上がまちづくり基本条例の内容でございます。審議の上、ご決定くださいますようよろしくお願い申し上げます。終わります。
議長(田口政信君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。21番、佐藤尚哉君。
21番(佐藤尚哉君) 非常にまちづくり基本条例をつくるということでいいんですが、ゆうべ夕方に市民から電話いただきまして、それで、なかなかいろいろなことを市にお願いしても、その対応が、市の役割ですね。5ページよく見ていただきたいんですが、この8条の中に、質の高い行政サービスを提供できるために、市民に提供するよう努めるということなんですけれども、ここが一体どういうふうにしていったらいいのかという部分ですね。
 あと、3項なんですが、その権限と責任において公正かつ誠実な職務の遂行に努めるということで、非常に書いてあることは立派なんですけれども、これまでもこうしたことはやってきているんでしょうけれども、やっぱり魂入れていかなかったらば何にもならないなというふうに思うんです。それで、いろいろと考えてみましたけれども、やっぱり職員をしっかりと指導できる体制になっていないんではないかなということも含めて、ちょっと市長に伺っておきたいと思います。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 今ご指摘をいただいた点につきましては、このまちづくり基本条例でうたうだけではなく、職員の資質向上を含めた職員の研修でありますとか、さまざまな取り組みもさせていただいているというような状況であります。そして職員の創意工夫を伸ばし、そしてまた自立性を高めていきながら、率先垂範して行動する。そういった職員に向けての育成支援を引き続き行ってまいりたいというふうに考えております。
議長(田口政信君) 21番、佐藤尚哉君。
21番(佐藤尚哉君) 市長は、よく職員がどういうふうな仕事をしているのか、どういうふうな、そういったところがやっぱりよくわかっていないということで言われています。で、歩いてみてもそうです。いろいろと約束、決まりごとは決めるんですけれども、もう平然とその決まりを破るというか、周りもそれを知っていながら注意もしないというか、こういうふうなやっぱり空気があるというのは非常にうまくないことなんだね、これは。
議長(田口政信君) 質疑ですか。答弁欲しいんですか。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) そういう事例がありましたらば、いつでも我々のところにお伝えをいただければしっかりとした対応をしていきたいというふうに思いますし、また、そういった声に対しましては、きちんと我々としてもそのご意見を受けとめながら、内部の取り組みについてしっかりとしたものを求めていきたいというような取り組みを進めております。
議長(田口政信君) そのほかございませんか。10番、浅野 敬君。
10番(浅野 敬君) 市民の権利と役割、情報公開の関連についてお尋ねします。市の政策会議の会議録等の情報公開を求められた場合、原則として全面的に開示すると理解してよろしいでしょうか。
議長(田口政信君) はい、どうぞ続けて質疑してください。
10番(浅野 敬君) いわゆる情報公開条例にのっとって開示するという答弁だと思いますが、いわゆる市民はそれでは多分、何というかな、理解されないのでは……。だから姿勢として、いわゆる全面的な公開に進もうとしているかどうかという姿勢なんですよ。
議長(田口政信君) 企画部長、佐藤順悦君。
企画部長(佐藤順悦君) 市としましては、今お話しのようにいろいろな政策決定の過程等につきましても、いろいろな課題はあって公表できないものが中にはあると思いますが、でき得る限りそうしたものについては市民の皆さんにお示ししていくという考え方でおります。その政策会議の内容についても同様な考え方で進めてまいりたいと思います。
議長(田口政信君) 10番、浅野 敬君。
10番(浅野 敬君) プライバシーの保護という観点は当然守らなければならないんだけれど、プライバシーということにいわゆる逃げている、逃げているという言い方悪いけれども、ではだめですよということだけ申し上げたいんです。これで終わります。
議長(田口政信君) 答弁よろしいですか。そのほかございませんか。20番、及川昌憲君。
20番(及川昌憲君) それでは、順次ご質問させていただきます。
 まず最初に、24ページですけれども、ここから説明の中で、23ページの下段から「コミュニティ組織等」という文言の使い方がございます。これは私一般質問でさせていただきましたけれども、この認識が統一されてないのではないかという範囲ですね。そのことがありますので、この辺の理解の仕方。ここで「地区コミュニティ」という言葉が出てきます。これと、その上には「行政区・自治会・町内会の組織や」とそれから「小学校区単位で組織される地区コミュニティ」。片一方では、公民館もどうのこうのというふうな何だかコミュニティって、「地域コミュニティ」って出てきました。その辺のこの理解の仕方をどのようにすればいいのかということ。
 それから、第3条で、第3条「最大限に尊重するものとします」と表現していますけれども、なぜここで最高規範としての条文の位置づけということで明記しなかったのか。
 それから、27ページ。市民参加・参画の中で、これはここでは支援についても規定しているわけでありますけれども、4項の中で意見交換会とかパブリックコメントとかいうことの具体的仕組みまで明記しています。しかし、政策参加の具体的明記は必要ないの。それを1点伺います。
 それから、28ページの将来を担う人材の育成という部分がありまして、この説明、解説の中で、あえて次代を担う人材を育成するための部分で「地域次世代リーダー養成講座」というふうな名称まで入れて説明しております。これは「講座」という制限の中で次世代のリーダーを担っていくという意味合いが非常に強過ぎるような気がします。もうちょっと多様な次世代を育成するというふうな説明の仕方が本来は望ましいのかなというふうに私は思うのでありますけれども、その辺の考え方。なぜ「講座」というところに、「実践的な講座を行っていきます」というふうな説明を加えたのか。その辺でございます。
 それから、その下のコミュニティ組織等の文がありますけれども、この中で、第12条で「地域が抱える課題の解決に努める」、それから2番目でも「前項に規定する課題の解決を」というふうな、いわゆる課題前提型の解決のためのコミュニティ組織等の働きというふうな意味合いにどうしてもなってしまって、地域みずからが持続的な発展を進めてていくというふうな「みずからが」というふうな表現の方が、「課題解決」というふうな後ろ向きみたいな表現よりもそういう表現の方が私はいいのかなというふうに思いましたので、この辺の見解はどのように思うか。
 それから、第5章の、29ページになりますけれども、情報の共有の分野でございます。この情報の共有の明記の中で、情報公開と個人情報保護というふうなものを15条、16条で挙げています。まさしくこれは情報を共有するために現在ある条例を明記したところでありますけれども、これだけで済むのか。そして、情報を共有するためにはもう少し別な条例等はここに書く必要性はないのかであります。その点の部分をもう一つお願いします。
 それから、31ページの行政評価でありますけれども、ここで、19条、ここでは行政評価の仕組み、手法は明記しなくていいものなのか。
 以上、ちょっと多くなりましたけれども、よろしくお願いします。
議長(田口政信君) 7点に上る質疑でございます。順次答弁をお願いします。企画部長、佐藤順悦君。
企画部長(佐藤順悦君) 私の方から2点目それから3点目についてお答えして、ほかは課長の方から答弁させます。
 まず2点目の、なぜこの「最高規範」という表現しなかったかということでございます。確かに議会基本条例ではそういう表現でございます。まちづくりの基本条例等を全国的にも策定している自治体ありますが、やはりいろいろな表現がございます。「最大最高規範」というところもありますし、「尊重する」というところもあります。それで、これらにつきましても策定委員会等の意見等もございましたけれども、「最高規範」ということに表現もできたんでございますが、とにかくこれは、市、市民、議会、この三者の役割とかそうしたものを決め、まちづくりの方向性を定めるという大きな上から見た理念的な条例というような観点から、これは最大限これらを活用してといいますか、これをもとに他の条例、規則、要綱等もやっていったらいいんじゃないかということでございます。「最高規範」とどこが違うのやと言われるかもしれませんが、上からの俯瞰する理念的条例という観点からこの「最大限尊重する」というちょっと柔らかめの表現になったところでございます。ねらい的には変わりはございません。
 それから、意見交換、この政策参加というお話がございましたが、政策参加につきましては、いろいろな組織が付託機関等がございます。審議会とかございます。あるいは、諸計画つくるためには基本構想とか総合計画つくるたびに地域に入っていろいろなご意見を聞く機会等もあります。そうしたやり方も一つの手法というふうに考えています。他意はなくて、ここに記さなかったということでございます。大きな意味があるわけではございません。意見交換会の中には、これは策定委員会の中では井戸端会議をイメージしている意見交換会なんでございますが、そういう重要事項等については地域の中で市民の皆さんとの話し合い、意見交換、こうしたものは行っていくということでございます。やらないということではございません。
 他については、市民活動支援課長から答弁させます。
議長(田口政信君) 市民活動支援課長、高橋美守君。
市民活動支援課長(高橋美守君) それでは、まず、第1点目のコミュニティ組織等についてお答えいたします。この条例の中で用語の定義といたしましては、コミュニティ組織につきましては、行政区、自治会、町内会等とございますけれども、そのほか振興会ですとか、部落会とか、そういう個々の団体を含めるとともに、おおむね小学校区単位で現在組織されております地区コミュニティ、これらを含めまして「コミュニティ組織等」というふうに定義しております。
 それから、4点目、人材の育成についてでございますけれども、今現在取り組んでおります人材の育成ということでは「地域次世代リーダー養成講座」というものを具体的にお示ししたところでございます。今後人材育成のためのさまざまな手法というのが考案されれば、それを活用しながら将来に向けた人材の育成について取り組んでいきたいというふうに思っております。今現在あるものを事例としてここの中に示したところでございます。
 それから、5番目のご質問でございます。コミュニティ組織についてでございますけれども、確かに住みよい地域づくり、地域社会をつくっていくためには今現在抱えている課題についてそれをしっかりとらえながら解決していくということが大変大事なことではございます。ただ、そのほかに地域の活力をつけていくための地域資源を生かした活用、そういうものもこのコミュニティ組織の中で取り組んでいきたいというふうに考えております。表現的にはこういうふうにしておりますけれども、課題解決のみということではないということをご理解いただきたいと思います。
 それから、6点目でございます。情報の共有ということです。これはまちづくりを進めていくためには情報共有というのが大変大事なことでございます。この中で特に情報公開それから個人情報保護につきましては、条例で定められているということも踏まえましてここに規定したところでございます。
 7番の行政評価についてでございますけれども、まちづくりを進めていくためには厳しい財政状況の中でこういう行政評価も必要だということで規定したところでございます。詳しい内容については、個別の取り扱いの中で手法については決めていくという考え方で、基本的なところについてこの条文の中に盛り込んだところでございます。以上でございます。
議長(田口政信君) 課長、6点目のいわゆる情報共有、公開というくくりで、現条例だけで大丈夫なのかという質疑があったようですが、その辺はどうですか。そこで現在の条例だけで共有できるというふうに感じていますか。続けて、市民活動支援課長、高橋美守君。
市民活動支援課長(高橋美守君) 条例、情報公開、それから個人情報保護についての説明書きをここに入れたわけでございますけれども、これは例示ということでここの中に説明書きを入れておりますけれども、それぞれ情報公開それから情報共有などについて、個人情報保護について的確に取り扱っていくようにこの条例に基づいて進めていく必要があるというふうに考えております。
議長(田口政信君) 20番、及川昌憲君。
20番(及川昌憲君) じゃあ31ページの方から。私が聞いたのは、行政評価についての仕組み・手法は、別な条例の部分に関しては仕組み・手法を明記しておきながら、なぜこの行政評価についてはもう少し具体的に明示しなかったのかということでございます。言いわけを聞いているのではなくて。
 それから、情報の共有の部分でありますけれども、例えば情報の共有の部分ではいわゆる自治基本条例を土台、いわゆる最高規範としての土台とベースにしながら、登米市にあるかどうかはまだ確認しておりませんけれども、例えば文書の公開条例とか、それからその会議の公開条例とか、資産の公開条例とか、さまざまな情報があるわけですね。そういったことを含めて情報の共有というものを包含して基本自治条例の中である程度うたっていく必要性はないのかというふうな考え。情報の共有というのは、そこまでさまざまな情報があるわけですから、それをあえて外してこの個人情報と情報公開というふうな2点に絞ったかという意味がちょっと私は理解できなかったからでございます。
 それから、平成16年でしたか、公布が16年でスタートが17年でしたか、公益通報保護制度というようなのが出てますね。その取り扱いはここでは全然うたっていないんですね。その自治体の中でのいわゆる内部告発保護制度みたいなそういうものをこういった条例でうたわないと、内部の中でのさまざまな通報のやりとりが出てこない。これは雪印の問題とか日本ハムの牛肉の問題等のときにこの条例、この保護条例というのは非常に世間で騒がれて公布したという経緯があったわけであります。自治体の中でこういったことをしっかり、内部情報をお互いに窓口をつけてしっかり知り合えるようなそういうものは、なぜ今回、なぜというよりも、今回そういうことは議論されなかったのか。その必要性はないのかということであります。やっている自治体も、つくっている自治体も、基本条例の中である程度文と条例をつくらなければ一応ここでうたうというふうなことを手法でとっているようなところもありますので、その辺の見解をお聞きしたいと思います。
 それから、28ページの部分ですけれども、講座という部分でここにあったからというふうなその程度ではこういう最高規範の解説の文章の中に入れるのは余りよくないんだろうと私は思いますよ。やっぱりそこはもうちょっとしっかりとした解説文章の構成が必要ではないのかなというふうに思っています。それで、例えば多様な学びの場の解説とか、そういったようないわゆる地域を担う人材を育成するための多様な学びの場の解説とか、そういったやっぱり表現の方が適切な解説の表現の仕方ではないかなというふうに私は感じました。その辺、再度お伺いします。
 それから、コミュニティ組織の課題ということがあります。いわゆる第4章で、市民参加・参画の中でよりよいまちづくりというのが非常にいろいろなところで出てきておりますけれども、そうするんであれば、コミュニティ組織も前向きに地域の持続的な発展に努めるとか、そういったよりよい地域社会の実現とか、そういった表現の方が、課題というふうな、解決というふうな文章よりもずっと前向きな表現の仕方ではないかというふうに思いましたので、その辺の考え方はどうなのかなということで再度確認させていただきたいというふうに思います。
 あとは、最高規範の話は何だかどっち取ったらいいか。「尊重」と「規範」というふうなのは大分意味合いからすれば違うのかなというふうに思いましたけれども、もうちょっとできれば明確に、私が理解できませんので、説明いただければと思います。以上です。
議長(田口政信君) 企画部長、佐藤順悦君。
企画部長(佐藤順悦君) それでは、最後の「規範」の分について私の方からお答えします。
 先ほども申し上げましたが、この「尊重」ということ、少し柔らかい表現としましたが、この「尊重」には、尊いもの、あるいは侵してはならないものというような意味があると思います。そういう意味からしてこの条例をまず基本にし、他の条例であったり規則であったり要綱とするんだよと。そういう意味からして議員おっしゃる「最高規範」と意味合い的には同じかなというふうに理解しておるところでございます。
 他については支援課長から答弁させます。
議長(田口政信君) 市民活動支援課長、高橋美守君。
市民活動支援課長(高橋美守君) まず、最初の行政評価についてでございます。これにつきましては条文の中で、行政評価についての基本的なところについて条文を規定したところでございます。その手法についてはまた別の、別と言いましょうか、その行政評価を行う場合のいろいろな取り扱いの中で手法については規定するということでございます。
 それから、情報共有についてでございますけれども、これについても、情報の収集、提供、これについての……、それで情報の共有につきましては、この情報公開それから個人情報保護ということで、情報共有を、条文を補完するという意味からこの15条、16条については位置づけ……、失礼いたしました。情報公開それから個人情報保護につきましては、それぞれこのまちづくりを進めていく上で重要な項目ということからこの二つの条文を規定しているところでございます。
 それから、三つ目、公益通報制度についていろいろ質問ありましたけれども、この中では、条例の策定委員会の中ではこの辺については特に議論していなかったところでございます。この辺の取り扱いについて議論はしていなかったということでございますので、ご理解お願いいたします。
 それから、リーダー養成講座ということで具体的な内容について示したところでございますけれども、これは議員おっしゃるとおり、さまざまな学びの場ということを踏まえながら、この解説についてよりよい方向に向けていきたいというふうに思っております。
 それから、五つ目ですけれども、コミュニティ組織の考え方でございますけれども、この取り組みの中では、やはり繰り返して申し上げますけれども、住みよい地域づくりをするためにはやはり課題の解決というのが大優先ということで進めていく必要があるということでございますので、こういう条文で進めていきたいというふうに考えております。
議長(田口政信君) 20番、及川昌憲君。
20番(及川昌憲君) 案を出したから変えるのはいやなんでしょうけれども、やっぱりこれはこれとしてでも、柔軟に市民の意見だけでなく議員の意見も聞いた中で進め方を考えていってはいいのかという気持ちだけでも語ってもらうとおれ余り責めなくてもいいんですけれども、それはなくて、いつもこういうふうな格好でやりとりしちゃうからやっぱりなかなか共通理解ができないというふうなことであります。3回目になりますけれども、私が言った部分もぜひ意を酌んでいただけるというふうな期待は持ちたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。
 ただ、コミュニティ組織の解説の中で非常にいいと思ったのは、コミュニティというふうなものに、社会教育、生涯教育にありましたけれども、コミュニティビジネスとか、地域の計画を策定するよう努めるというふうな、非常に主体的な取り組みだというふうに非常にそれは評価させていただきたいと思います。
 ただ、情報の部分ですけれども、私が言ったのは、情報の共有という範囲がこの情報公開と個人情報保護だけで済むのかというふうなことを私は言いたかったんです。それで先ほど言ったように、最高規範であるという地方自治法をベースとしながら、そこで情報というものをどの辺まできちんとうたい上げるかがやっぱり大切な部分だと思います。それで、その部分がこの二つに絞られていいのかという部分がありますので、ぜひこれは研究材料としていただきたいと思いますし、さらに、公益通報保護制度、これは条例にするのかどうかは別にしても、この辺もぜひ研究していただいて、内部であるさまざまな情報がきちんと処理できたり消化できるというふうなシステムをもつくっていかなければいけないし、あとは外部からの通報のあり方というものも市の中に入れてくるというふうなそういった具体的な仕組みも制度として持つことが今後重要だというふうに考えますので、その辺の考え方をもう一度確認させていただきながら、最後でございますので、終わらせていただきます。
議長(田口政信君) 企画部長、佐藤順悦君。
企画部長(佐藤順悦君) いろいろとご指摘をいただいたところでございます。ありがとうございます。ただ、この条例につきましては、冒頭申し上げましたが、まちづくりの基本的な事項を定めている条例と。そして、市、市民、そして議会の皆さん方とこういう方向で行きましょうね、役割をこうしましょうねというような理念的な条例でございますので、今いろいろお話ありましたけれども、例えば先ほどの行政評価の例をちょっと出されましたけれども、詳細な内容の規定は避けたところでございます。先ほどの質問にありました情報の共有、この2本だけで足りるのかと、二つの条例で足りるのかということでございますが、これだけで足りるということで二つを挙げたのではなくて、やっぱり基本的なところをここに明示したというふうにご理解いただきたいと思います。いろいろな情報の共有の仕方には手法がございますので、議員お話のようなことも取り入れながら幅広くやっていきたいというふうに思います。
 それから、公益の通報システム、これにつきましてもこの中に入れておりませんが、取り組んでいるあるいは明記している自治体もございますので、そうしたところも今後いろいろな研究をしてまいりたいというふうに考えております。
議長(田口政信君) そのほかございませんか。28番、岩淵正宏君。
28番(岩淵正宏君) 第10条ですね。市民の参加・参画でございます。この中で、大変これはいい条文なのかなと思いますが、2項、よりよいまちづくりについて意見等を市に提案することができるものとしますと。あと、4項の方には、提案を求めるときはということで、括弧書きでさまざまな意見の吸い上げの方法、決まっているわけでございます。それと、資料の中の28ページの趣旨及び解説の中では、市民の関心や政策が市民に与える影響などを総合的に考慮し、必要があると認められるものについては市民の参加・参画を求めるというふうになっています。例えばその必要があると認めるというのは、だれが判断するんですか。もし市がこれ必要ないなとなったら、この参加・参画を求める機会がなくなるんじゃないかなというような、ちょっと整合性感じられないんですね。ここどう解釈したらいいんでしょうか。市の方が必要がないなと言うんであればその市民の参加・参画の機会求めなくてもいいし。そこのところちょっと説明してください。
議長(田口政信君) 市民活動支援課長、高橋美守君。
市民活動支援課長(高橋美守君) まず、一つ目でございます。第10条の市民の参加・参画でございます。これは、今現在市長に対するメールですとか、市長への提言箱ですとか、あるいは市政モニターとか、そういう形で市に対する提案ですとか意見いろいろいただいております。そういうものについて随時承るということをここに示しているところでございます。
 それから、それらも含めながら市として市民の皆様のご意見をぜひ聞く必要があるという場合については、4項で示しているようなこういう手法を用いてさまざまなご意見をいただくということにしております。以上です。
議長(田口政信君) 必要があると認めるということは、だれが認めるのか、どういう場合かということです。だれなのかということ。どうぞ、続けて答弁ください。
市民活動支援課長(高橋美守君) さらに、そのご意見あるいは要望をいろいろ承った中で、その内容について十分検討させていただきながら幅広い意味でご意見をいただくということで進めていきたいというふうに考えております。
議長(田口政信君) 企画部長、補充してください。佐藤順悦君。
企画部長(佐藤順悦君) 市の事務あるいは事業を進める上では、市民の皆さんのご意見をいただくものを内部だけで取り決めができるとか方向性が打ち出される、いろいろあると思います。やはり市民の皆さんにかかわりの深い、あるいは直結するような課題、やはり市民の皆さんの意見あるいは考え方等を聞いた上で論点を整理して方向性を決める必要があるものについてはこうした手法の中でご意見を賜りながらやると。すべてにおいて市の物事を決めるときに毎回出向いて、あるいはこういう機会を設けてすべてをパブリックにかけるとかそういうことじゃなくして、やっぱりその事業、事務の内容によって必要性をこちらの方で判断した中で取り組んでいくという内容でございます。
議長(田口政信君) 28番、岩淵正宏君。もう少し強く質疑してください。わかるように。何かわかっていないみたいですから。
28番(岩淵正宏君) そうです。ですから、具体に言うと、必要があると認めるという分について、例えば新規事業についてはもう意見を求めるよとかいろいろあるべっちゃ。だから、市側でこういう計画を総合計画でやりたいんだと。でも、まあ必要があるかないか、企画の方でこいつ求めなくたっていっちゃってなれば、それで終わってしまうということなんですよ。だから、ある程度のこういう例えば新規政策事業については、何百万、何千万円以上についてはもう求めた方がいいべとかそういう基準がなければ、やみくもにただ必要が認めるときって、よく条例には市長が必要と認めるときとかなんとかっていうのを最後濁しているけれども、そこの解釈ですよ。新規事業、例えば具体に言うと、今後計画される陸上競技場についてはもう必ずパブリックコメントだとか。さまざまな事業あるでしょうよ。そこのところですよ、聞きたいのは。
議長(田口政信君) 企画部長、佐藤順悦君。
企画部長(佐藤順悦君) きちっと線引きを引くのは難しいと思います。この28ページの1行目に書いているとおり、また先ほども答弁しましたが、市が進める事業あるいは施策、そうしたものをすべてかけるとこれは当然無理があります。ここに記しているとおり、特にそういう事業なり施策が市民の皆さんに直結するような、あるいは関心が高い政策、あるいは市民に与える影響が大きい、そういうものにつきましては市民の皆さんのご意見等もいただくと。今出たように新規政策打ち出すときにはやっぱり全部聞くのかということですが、そういうことは想定してないところでございます。ここに書いているとおり、繰り返しになりますが、市民の関心、政策、これが市民に与える影響、この部分で、私の方で市の方で判断した中で出向いてやるかご意見を聞くか、どういう手法でやるかについてはそれぞれ事案に応じて検討して進めてまいりたいというふうに考えております。
議長(田口政信君) 28番、岩淵正宏君。
28番(岩淵正宏君) 市民が関心あるかどうかというのは企画部長がわかるの。全部。例えばこういう事業、来年度以降あるよと。例えばアンケート全部さ出して、かえって求めた方いいんでないの。関心あるかどうかはその人その人によって私違うと思いますよ。例えば陸上競技には全然関心がない。でも、ああ、税金投入するんだ。でも、やっぱりこいつはつくるべきかどうか。例えばコンビニ交付事業、必要かどうか。そういうような形でやっぱり広く意見を求めるんであれば、関心ある、ないって決めるのは、私、執行部じゃないと思うんですよ。市民は全部のことについて提示されれば関心示すんですよ。そういう方向考えられねべか。それだけ聞いて終わります。
議長(田口政信君) 企画部長、佐藤順悦君。
企画部長(佐藤順悦君) 市の行政事務は市民皆さんに老若男女みんなかかわることでございますので、それは全部かかわりはあると思います。ただ、先ほど申し上げましたように、市が行う事務事業について市民の皆さんにアンケートをとるとか云々、ご相談するとか、そういうことについては想定してないということを申し上げたところでございます。それはだれが判断するのかということになりますが、これはやはり案件、事案、その内容、事業内容等々照らし合わせまして市の方で判断するようになりますけれども、いずれ基本的には市民皆さんのご意見を聞くということをここでうたい上げております。そして市民の関心、政策、その影響、こうしたものを挙げていますので、基本的には市民皆さんの意見を聞くということでご理解いただきたいと思います。これを、政策を進めてすべてにおいてこれをやれということにつきましては、大変困難であるということをお答えしたいと思います。
議長(田口政信君) ここで休憩をいたします。
 暫時休憩します。
          休憩 午前10時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時08分
議長(田口政信君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 10番、浅野 敬君より中座の申し出がございます。
 議案22号について、質疑を続けます。7番、佐々木 一君。
7番(佐々木 一君) 1点だけお聞きいたします。今回、この地域のことは地域で考え、地域みずからの責任によって決めるという基本でまちづくり基本条例という形で制定なるわけですけれども、これまでもこの地域のことは地域で考え、地域みずからの責任でやるといったようないろいろな取り組みはしておるわけですけれども、その中でいろいろな面で障害になっておるのが個人情報の保護という観点でございます。いろいろな事業をやるにもやはりどうも個人情報保護が余りにも強くて、やりたいこともやれないというところがかなりこれまであったわけでございますけれども、今回このまちづくり基本条例が出たことによりまして、これまでの登米市の個人情報保護条例、これに基づいて適切にこの個人情報を取り扱うというふうになっておりますけれども、今回のこの条例の制定によりまして、この個人情報保護の登米市での運用、幾らか緩和になるものかどうかですね。その点をお聞きいたします。
議長(田口政信君) 企画部長、佐藤順悦君。
企画部長(佐藤順悦君) この逐条解説にも出ておりますけれども、とにかくこの市の保有する個人情報、これについては適切に取り扱うということしか言えなくて、拡大するとかそういうことは考えておりません。これの条例に基づいて適切に保護していくという考え方でございますので、これができたから緩くなるとか広くなるという考えは持っておらないところでございますので、ご理解願いたいと思います。
議長(田口政信君) 7番、佐々木 一君。
7番(佐々木 一君) そんなにね、急に緩くなるとかどうのこうのでなく、もう少し運用的に幅を持たせるといいますかですね。今回この基本条例、まちづくり基本条例、制定なるわけです。これまではなかったわけですよね。なくてもいろいろまちづくりに関してはやっておったわけですけれども、今回これ明確に文章であらわして、市民の皆さんがまちづくりに参加しやすくするようにするために制定するものでありますと。こういったふうに基本的なものにやはり支障が出ることに対しては幾らか幅を持って考えてもいいんではないかなというふうに思うわけですけれども、それもこの個人情報の一つに私入るかなというふうに思っておるんですけれども、これまでと全く同じようなやっぱり考えなんでしょうか。もう一回お願いします。
議長(田口政信君) 企画部長、佐藤順悦君。
企画部長(佐藤順悦君) この個人情報については、上の方には法もありますし、私の方の市の条例ということでございます。やはり何といってもこのねらいは個人の権利の保護ということにありますので、やはり緩くと、もう少し緩くするということは、周りの方々がその情報を得ることによって作業といいますか、何か物事をしやすくなるということになるかもしれませんが、やはり基本は個人の権利を保護するということにあると思いますので、これまで同様の取り組みをしてまいりたいというふうに考えております。
議長(田口政信君) そのほか。5番、遠藤 音君。
5番(遠藤 音君) ありがとうございます。合併以来、この住民の自治条例に対しては市長にも執行部に対しても強くその必要性を訴えてきた一人としましては、本当に感慨深いものがございます。このまちづくり条例、何でこれをつくらなくちゃならないかということを言われれば、今までの、どっちかというと、まあ町の政というのは行政と議会だけで行われてきたと。本来この条例の中でうたわれている本来まちづくりの主体というのは主権者である住民がやっぱりそこに参画していくことこそがやっぱり自分たちのまちづくりの基本となるということで、全国いろいろな住民からこういう動きが出てきて、自分たちの町を自分たちで将来について考えていこうというふうな機運のもとそういう条例がつくられると。条例作成に当たっては、市長にも、条例つくるのを目的にするんでなくて、そのプロセスを大切にして、その中にどれだけの住民の人たちがこの条例をつくる作業の中に、そしてその必要性を認識してもらうということを主体としてまちづくり条例をつくってくれということで、合併してから6年、7年の時間をゆっくりとかけながらつくられてきたということに対して、そして住民の方々が多くこの中で参画されたことに対しては本当に敬意を表しますし、本当によかったなというふうな思いで一つはおります。
 ただ、その中でこの条例、先ほど担当課の部長がお話ししたように、理念条例というふうな形の意味合いが強いのかなというふうな気がします。ただ、それに沿っても具体的に今各議員が言われたように、この条例をもとに今度は執行部側で、いろいろな規則、会則、条例もありますけれども、この条例を受けてどういうふうにそのものが動いてくるのかというのが今度は現実的な問題になってくると思うんですよ。理念は理念でいいです。それに向けて今度は執行部側の、今の、先ほど言ったように、会則なり規則がどういうふうな変化を遂げるのかということをお聞かせいただきたいということと、あと、このつくり方なんですけれども、1000人の井戸端会議ということで私も2~3回、2回かな、参加させてもらってその雰囲気なりを見させていただきました。ただ、その中で、漠然としたこの条例に、どういうふうなその1000人のああいうふうな話し合いが結びついてくるのかというのが一人の参加者として見えてこなかったと。ああいうふうな1000人の井戸端会議はいいんですけれども、ああいうふうな流れ方をどう、だれが提案したのか。ああいう会議の持ち方ですね。市民を集めて、いろいろな問題、課題、例えば議会の問題にしても、行政の今のやり方のスタイルの問題にしても、どういう問題ありますかという切り口もあるんですけれども、逆にああいうふうなやり方を、漠然として何でも上げてくださいというふうな形の切り口というのはどういうふうな主眼を持ってやられたのかお聞かせいただきたいということと、余りこの中身の条例について個別具体に言うことは避けたいと思うんですけれども、やっぱり最後のこの23条なんですけれども、これは当然進化していって構わない。議会の方の基本条例もそうだったんですけれども、我々もいろいろな議論して、百点満点の条例かというとそうではないと。それこそ第一歩をやっぱり踏んだのかなという気持ちだったんですけれども、それをやっぱり進化させていくんだというふうな意味で、改革委員会もつくるということなんですけれども、この見直し、検討については、市は必要に応じてということで、ここで何か、ここまで市民主体のまちづくりと言っていながら最後ここで市が出てくるって、何かうんと違和感あるんですよ。逆に言えば、継続してまちづくりするならばそういう何か委員会なりを立ち上げて、今後それでその中で随時条例も含めた検討をしていきましょうというふうなやり方の方がよかったのかなということを思うんですけれども、そこら辺の協議の仕方、どうだったかもお聞かせいただきたいと思います。
議長(田口政信君) 企画部長、佐藤順悦君。
企画部長(佐藤順悦君) 3点ございました。1点目と3点目について私の方からお答えしたいと思います。
 1点目のこの条例の位置づけですね。この3条関係だと思います。これにつきましてはこの2項に出ておりますように、この条例がまちづくり基本的な事項を取りまとめている条例と。そこには市民の皆さん、市も役割があって、市民の権利も入ってます。そして、市民皆さんの意見を聞く手法も入っております。やはり今後他の条例あるいは規則等を見直しに当たっては、やはり基本的にこの条例の考え方、趣旨、これらに沿った中で見直しを進めてもらうと、進めていくというふうに考えております。この趣旨及び解説の中にも書いております「制定改廃に当たっては、本条例との整合性」、そういう意味におきましては、先ほど及川昌憲議員さんから出ましたけれども、この条例はまちづくりにおける最高規範、位置づけだよということからしまして、今お話ししましたように、この条例に、整合性、これに沿った中で見直しする場合には進めていくというふうな考え方でございます。
 なお、これは理念条例ということでございますので、現在いろいろな条例ございますが、これらについてこれでもって拘束もちろんするものではないということも一方ではございます。ただ、見直しにあっては、この考え方の趣旨を踏襲していくという考え方でございます。
 それから、23条の見直しなんですが、なぜここに市民が入らないのかということだと思いますが、やはりこの条例、今回制定しましたが、社会情勢とか地域の情勢、経済動向等で変わっていく、市の中が変わっていく状況にあります。やはりそれに合ったこの条例内容、先ほど進化という言葉でございましたが、見直しが必要だと思います。ただし、市民皆さんに、今の条例、この内容でどうですかというような問い方は想定しておりませんで、やはり市の中で、この条例の内容と姿勢、あるいは登米市内の状況ですか、そうしたものを勘案した中で、この条例の見直しあるいは検討、これが必要ではないかというようなことで、まず最初に市の方で行うと。2項で掲げておりますように、登米市ではこう掲げている、今から見直しするんだ、検討するんだということであれば、市民の皆さんもそこに入ってもらって、皆さんというか、検討委員会なり何になるかわかりませんが、そこに市民の皆さんに入ってもらって意見をいただいて、条例の改正についての意見をいただいた中で進めていくという考え方でございます。市が一方的にここ変えよう、ここを例えば削除しましょうという考え方でございませんで、検討そして見直しにあっては市民皆さんのご意見をちょうだいするという考え方で進めたいというふうに思っております。
議長(田口政信君) 市民活動支援課長、高橋美守君。
市民活動支援課長(高橋美守君) 井戸端会議の件についてお答えいたします。
 この条例の策定委員会は21年の11月から19名の方々で構成して活動を始めております。当初、委員の方々についてはその条例を策定するに当たってどういう視点で進めたらいいのかということを勉強していただきまして、三つの部会を開いていたところです。そうした話の中から、やはりその策定委員の意見だけでは条例の素案をつくることは難しいと。これは幅広く市内に出向いて、できれば一人一人の市民の意見を聞きながらその素案に盛り込むべき内容を検討すべきだということでございます。それで、市内22カ所、ワールドカフェという手法で市民の方々の意見をいただくことにしたところでございます。これについては、意見をいただく手法について策定委員会の中でいろいろ議論した中でこういう手法を用いたところでございます。それで、通常ですと意見交換ということであれば題名を絞って皆さんでお話し合いするということも手法なんですけれども、それでは一人一人の意見が取りづらいと、いただきづらいということで、グループ分けにしながら、それから一人の方に偏った発言ではない、一人一人自由にいろいろな意見を出していただけるようなことということでこういう手法を用いて意見集約を行ったところでございます。
議長(田口政信君) 5番、遠藤 音君。
5番(遠藤 音君) これ、当然市民の方々がつくったことに対して最大限変えようというふうな気持ちはないし、この4月1日からの公布というふうな形になるんでしょうけれども、今課長がお話いただいたように、これを受けて本来変わっていかなければつくった意味ないんですよ。新しいまちづくりすると。そういうふうに主体的に市民にかかわってくると。二元代表制で我々議会もやってきたけれども、例えば例を挙げれば、夕張のようにああいうふうに破綻したと。そのときに、議会何やっているのよ、執行部何やっているのよと。でも省みれば、今まで余りにも住民が無関心だったと。だから、それを補完する意味で住民もできるだけ参画していきましょうと。おら知らなかったというふうな形のないようなまちづくりにしましょうということで本来スタートするべきなんです。そうしたらば当然変わってこなくちゃいけない。変わってこなければつくった意味がないと私ははっきり思いますよ。例えば先ほど岩淵議員が言ったような形で、どう担保するんですか、市民のそういうふうな判断を。例えば、前から言っている、例えば、市長は余り乗り気でないでしょうけれども、常設型の、どこかで住民の投票条例を制定するような動き方をしましょうとか、そういう具体的に何かないんですか。もう一度聞きます。
議長(田口政信君) 企画部長、佐藤順悦君。
企画部長(佐藤順悦君) やはり今回の条例制定によって市民の皆さんにも参加あるいは参画の取り組みが明文化されたということで今後変わっていかなければならないと。それも、逆に変わっていくようにというまちづくり条例の制定ということでございます。今までやってきたのを改めて急に90度変えると、180度変えるということじゃなくて、今までやってきた明文化した部分もございますけれども、いずれまちづくりの方向性が、市民皆さん、市、議会、同じそれぞれ役割持ちながらやっていきましょうということでございますので、当然変わっていかなければならないと思います。
 そういうことからして、先ほどありましたが、住民が余りにも無関心ではなかったかというお話がちょっとありましたけれども、今回、やはりここで登米市内でそれぞれの町域で地域でずっと住んでいく方々でございますので、私たちの地域はこれからどうなるのか、どうすべきなのか。やはりそうしたものは地域の方々、コミュニティの方々、検討する必要があると思います。これにも出ていますが、やはり地域づくりどうしていくの、計画つくりましょうということを提案して、この条例にも入れていますが、やはりそういうことから会合し、議論し、これじゃあどうしようかとか、やっぱりそういう議論が地域で起こって、じゃあこういうことでいきましょうと。やっぱりそういう議論が地域に起こってこなければ主体的な地域づくりができないのかなというふうに思っております。そういう面では、ここの地域づくり計画策定ということにつきましては明文化したということは意義があるというふうに考えております。
 それから、2点目の住民投票なんですが、これは昨年の定例会だったでしょうか、議員から一般質問ございましたが、そこでもお答えしましたが、今回のこの条例の策定委員会の中ではこの議論についてありましたが、協働のまちづくりを進めているという観点からすれば、すぐそういう住民投票というのじゃなくて、やっぱり市民皆さんの意見を聞く、議会の役割もある、やはりそういうものを徹底的に進めていくことによって登米市が標榜する協働まちづくりができるんじゃないかと。住民投票については、常設型ではなくてやはり必要に応じてということで昨年答弁したところでございます。今回のまちづくり条例についてもそれらについては組み入れておらないところでございまして、必要な際に個別に投票条例ですか、これを制定した中で進めてまいりたいというふうに考えております。
議長(田口政信君) 5番、遠藤 音君。
5番(遠藤 音君) 個別、具体の条例の仕方、常設型というのは、前にもこれは何回も言うんですけれども、常設型でなければ意味ないんですよ。個別主体だったら、先ほど岩淵議員言ったように執行部が認めなければつくれないんですね。それを執行部も議会も住民側も三者がこれはやっぱりみんなで決めてもらった方いいなというふうなところからでもその投票ができるような制度にしないと意味がない条例。まちづくり基本条例の趣旨をやっぱりだんだん考えていけばそっち側に流れていくのは、本来そういうふうな考え方で主体になってくるんでないかなと。これは個人的な意見と言われればそうなんでしょうけれども、そういうふうな気がします。これは水かけ論になるんでしょうからこれ以上言いませんけれども。最後にこの条例、基本条例、市長がこれを受けて、同じことを聞きます。執行部側はこれを受けてどう反応していくか。そして、まちづくり条例に対する期待も含めて市長の思いを最後にお聞かせいただきたいと思います。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) まず、いろいろご質問いただいておりますが、決して市が主導で何かをしようというような意図は全くありません。そして何よりもそういった意味では、必要に応じて判断をするのは市かもしれませんが、もちろんそれは地域住民のさまざまなご意見も当然そういった状況であればお話としても出てくるであろうし、議会からもそういった声が出てくることがあるだろうというふうに思います。決してそういうものを無視して例えば市の都合で何かをするというような趣旨では全くございませんので、その辺のものはぜひご理解いただきたいというふうに思います。
 それから、この見直しにつきましては、定期的に見直しをするという観点ではなくて、要するにこの運用そのものは、むしろこの条例の趣旨とそぐわなくなってきた場合にはしっかりと皆様にもその様相についてご説明を申し上げ改定をさせていただきたいというようなことでもありますし、もちろん市民の皆さんからそのような声が上がる、そういった状況であれば我々としては適切に取り組みを進めていくことが何よりも必要だなというふうに思っております。
 これは、あくまでもまず第一歩をスタートするというような形でご提案を申し上げているわけでありますので、恐らくこのまちづくり基本条例の完成型というものはなかなか、なかなかというよりも、恐らく時代の移ろいとともにそのありようは変わっていくわけでありますので、恐らく百点満点の回答をつくる、条例をつくるということは大変難しいことだなというふうにも思っておりますし、議員からご指摘をいただいておりますそのような判断につきましても、我々としては責任を持った形の中でしっかりと運用をしてまいりたいというふうに考えております。
議長(田口政信君) そのほか。19番、佐藤恵喜君。
19番(佐藤恵喜君) 一つだけ市長にお伺いしますが、10条で、その他必要と認められるものと。いわば市民の意見、提案を求める具体的方法の中で、その他必要と認められるものという規定があります。今質疑ありましたけれども、この中に住民投票についても含まれると。きょうは直接関係ないので住民投票の是非とか、常設とか、その議論は今私するつもりでないんですけれども、考え方として、それもこのその他必要と認められる中に入っているものなのかという解釈でいっていいのかなと。どうなんでしょうかね。
議長(田口政信君) 企画部長、佐藤順悦君。
企画部長(佐藤順悦君) この5項の、その他必要と認められるものについて、住民投票については考えておりません。
議長(田口政信君) 19番、佐藤恵喜君。
19番(佐藤恵喜君) という担当部長の見解。市長は、これはもっと解釈というか範囲を広げておくべきと。いわば本当に市民の参加を求めていくと、協働のまちづくりだと。その基本理念をうたったこの条例を今提案しているということですので、私は、そういう点では最後の条項にある見直し条項、こういうのっていうのは今は想定していないんだと。もう当面耐えられるものを今提案しているんだと。今見直しがどうだというものではないというふうにもっとぴっと言ってほしいんですけれども。来年にまた見直しあるだろう。そんなものではないと思うんですね。まちづくりの基本を定めた条例を今提案しているんだと。もっとやっぱり強く主張しなきゃいけないんでないのかと。でないと、提案、こっちは受けている方が、あらら、不安な条例なのかなというようなことにならない答弁をする必要があると思いますし、そして、やっぱり私は、部長は含まれていないと、議論の過程もそうだったようなんですが、私は、基本的には今後の方向、考え方、やっぱり直接参加となると直接民主主義、具体的な一つとしての住民投票というのは私は含まれるものと解釈すべきでないのかなと思うんですけれども、あとはいつやるとかどうだとかというのは、これはきょうはそのことはやるわけではありませんが、一言だけ、市長から。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) まず、この市民に意見及び提案を求めるときということであります。この中には、手法として住民投票という手法は当然選択肢としてはあるものだというふうに思っています。しかし、そのことを全面にうたうということではなくて、適宜必要に応じてきちんとそういった取り扱いをする。また、その取り扱いに当たってはやはり適宜適切な判断が必要だということでありますので、そのことについては我々執行部だけの判断ということではなくてしっかりとした協議の中で判断をすべきことであるというふうに思っております。よろしくお願い申し上げます。
議長(田口政信君) そのほか。14番、八木しみ子君。
14番(八木しみ子君) 二、三点お聞きいたします。
 この地方の時代と言われて久しくなりますので、今回のような市民が主体的にまちづくりにかかわるというこの条例の策定については、本当に時代に沿ったすばらしいものだと思います。ただ、これまでいろいろな意見が出ましたように、運用のあり方がかなり重要になってくると思います。まずもってこの条例でございますが、今回市長の施政方針の中で、この条例については、24年度につきましては、まずこの内容を市民に理解してもらうと、そして関心を持ってもらうというふうな、それにとどまっております。ですが、この条例の内容でございますが、担当課の職員は皆わかると思うんです。でも、職員もみんな市民であります。その職員に対してどのように内容を知らせたり、意見を求めたりするのでしょうか。やはり職員に対してもいろいろとそういったこの条例についての周知が必要かと思います。そしてこれにかかわっていくのが、いろいろな職員がこれからかかわっていくと思いますので、このまちづくりを主導する行政側として、その職員の能力、これのいろいろな執行部としての政策的なものがあるかと思いますので、その点、どのように考えていらっしゃるかお聞きいたします。
 それから、第7条でございますが、この条例は地域のことは地域で話し合って責任を持って実践するんだという基本的な考えがございますが、この第7条に、中のこの文言なんですが、みずからの発言。市民ですよ。「市民はみずからの発言及び行動に責任を持つもの」というふうな文言がございますが、これは何か上から見た表現かなというふうなことでちょっと気になります。今までだって市民はみんな責任持ってやってきていると思うんですよね。これをここであえてこのような強い表現をしているのはなぜかなというふうに思いますし、今までじゃあ市民は行動に責任を持っていなかったと認識しているのかどうかもお聞きいたします。
 それから8条のところで、市は、こういった市民が主体的にまちづくりに取り組むことができるように必要な支援に努めるとなってございます。今後この地域のまちづくり計画ですか、これを策定するコミュニティ組織に支援を行っていくとありますが、どのような手段で行っていくのでしょうか。まず、この点について説明をしてください。
議長(田口政信君) 市民活動支援課長、高橋美守君。
市民活動支援課長(高橋美守君) まず、一つ目のご質問にお答えいたします。職員に対する条例の周知ということでございます。これまで条例の策定につきまして、あるいは協働のまちづくりを進めるために平成18年度から職員を対象とした研修会などを開催しております。21年度につきましてはまちづくり基本条例についての研修なども行っております。さらに、この協働のまちづくりを進める上では市長を本部長とします協働のまちづくり推進本部会を設置しておりまして、その中でもこれまで条例づくり、あるいは条例の素案、内容についていろいろ検討しているところです。そういうものを踏まえながら、市職員もこの条例の必要性、この条例の運用については十分これまで関心を持ってきているところです。それから、条例施行に伴いまして、4月ですけれども、施行後につきましては職員を対象とした研修会も早速予定しているところであります。そういうところも踏まえながらこれから協働のまちづくりというものをしっかり職員としても意識しながら進めていきたいというふうに考えているところであります。
 それから、第7条の関係でございますけれども、この条例案につきましては市民の方で構成する策定委員会の中で素案を検討していただきました。特にこの市民の役割としては、策定委員の方々につきましても「みずから」、やはり「みずからの発言について責任を持つ必要がある」ということも強く検討していただきまして、この中に盛り込んで、それを尊重しながら今回提案しているところでございます。
 それから、8条の、市としての支援ということでございますけれども、これは先ほどお話にありましたとおり、地域のまちづくり計画などの策定に当たりましては、特に教育委員会ですとか総合支所、あるいは担当部署と推進チームをつくりながら、情報の提供ですとか、あるいは策定の手法についての助言などを進めていきたいというふうに考えております。また、まちづくり計画策定の後はそれを実現するために、あるいは補助金ですとかそういう支援についても検討していくということで考えているところでございます。以上です。
議長(田口政信君) 14番、八木しみ子君。
14番(八木しみ子君) ちょっと答弁が漏れているようなんですね。職員にいろいろ研修を行ってきたというのはわかりました。ただ、これまでと違うのは、やっぱり職員の、何と言うんでしょうね、あり方だと思うんですね。今までのように何か国から示されて、そして全国画一的な政策をどこの市町村でも進めてまいりましたが、これからはやはりどのようなまちづくりをするかというのは、市民もそうなんですが、市民が主体的なんですが、それをいろいろと専門的な分野から指導する職員の能力が問われてくると思うんですね。ですから自治体の政策能力といいますか、それによってすごく町同士の格差が出てくると私は思っております。先日、一般質問で中途半端になりましたが、そういったことで地域と行政を結ぶ地域担当の職員をしっかり配置して、そしてその課題に向けた政策に取り組むべきじゃないかと思ってお話ししたんですが、ちょっと時間が中途半端でございました。ですから、その職員の能力を高める政策は、市長、どのようにお考えになっておるでしょうか。今までと、ただ一般的なこの公務員像でございますが、やはり法律とか、それから規則とか、通達とか、そういったものにどうしても専門的になってくるんですが、これからのまちづくりにかかわる場合は、それプラスいろいろな視野を持った感性豊かな職員が必要になってくると私は思います。そういった部分で職員のそういった能力を引き出すというか、そういう施策も、やっぱり市長、考えていかなきゃならないと私は思いますので、その点についてはいかがお考えでしょうか。
議長(田口政信君) 総務部長、小野寺富雄君。
総務部長(小野寺富雄君) 職員の研修でございますが、当然定例的な政策能力を引き上げる、そうした研修にも参加させます。あわせて、平成23年度には職員の自主研修支援事業を創設させていただきました。ただ、これについては、震災関連ということで平成23年度は見送ったわけですが、平成24年当初にもこの研修制度を再度創設してございまして、この部局の課題を洗い出していただき、そして新たな課題解決に向けた政策提案、そうした研修をグループで横断的に対応させていただくという制度を設けまして、通常の研修と合わせてこうした職員の自主研修支援事業を創設して対応させていただきたいと、そう思ってございます。
議長(田口政信君) よろしいですか。14番、議題に沿ってできればお願いできればというふうに思います。どうぞ質疑ください。
14番(八木しみ子君) 条例に沿って、ちょっとそれていましたが、関係ございますので、議長、お許しいただきたいと思います。
 とにかくこの支援を行う場合には、先ほどもお話ございましたが、つくった意味があるようにしっかりと取り組んでいただきたいと思います。終わります。
議長(田口政信君) いいですか、答弁。(「はい、いいです」の声あり)そのほか。6番、阿部正一君。
6番(阿部正一君) 1点だけお尋ねをいたします。この条例につきましてはおおむね賛成するものでありますけれども、ちょっと、前文で私なりにちょっと違和感を感じますものですからお話をさせていただきたいと思います。ここにラムサール条約の、伊豆沼、内沼の豊かな水辺の空間に恵まれたとありますが、少し今の登米市側の伊豆沼を見ますとこの文章とちょっと違和感があるのではないかと思いますが、その辺はよく考えておつくりになったのか、その点だけお尋ねをいたします。次の景観条例にもそのようなことをうたっておりますので、ちょっとお尋ねをいたします。
議長(田口政信君) 市民活動支援課長、高橋美守君。
市民活動支援課長(高橋美守君) この条例の前文につきましては、今回、登米市としての特色というものを市内全般を見回してここに文章化させていただいたところであります。そうした中で、河川あるいは湖沼、そういうものも水の里ということで当然触れる必要がございましたので、この中に伊豆沼ということで表現させていただいたところです。市内全般を見回して市の特色という意味でこういう表現をさせていただきましたので、ご理解いただきたいと思います。
議長(田口政信君) 6番、阿部正一君。
6番(阿部正一君) 特色のあるところというようなお話でございましたが、そうであればもう少し登米市側の伊豆沼の周辺を整備をしておいた方がよろしいのではないかと思いますが、いかがでしょうか。
議長(田口政信君) 要望ですか。答弁欲しいですか。答弁よろしいそうです。そのほかございませんか。25番、中澤 宏君。
25番(中澤 宏君) 私はね、ここまでこうして策定委員の皆さん、市民の皆さんでここまでこうした条例提案までたどり着いたこと、大変すばらしいと思います。大変ご苦労さんでした。
 私たちも、私も今は教育民生ですが、前は総務企画常任委員会に席を置いていましたから、このまちづくり基本条例を初めいろいろな地域の活動について全国の例をいろいろと勉強させていただきました。そこでですね、コミュニティとか、あるいは市民みずからが決定する仕組みの中で、例えば登米市の場合ですと地域審議会、市長がこの問題について地域でどう考えますかということをやって地域の皆さんの考えを求めることがありますが、全国の例では、地域協議会ということで、市長から言われたことでなくて、地域の皆さんがさまざまな地域の問題や地域でやりたいということを提案し、これを市長が決定していくと。要するに政策決定の瞬間に市民の一つ一つの考え方が参加されていくというそういうワクワク感ですね。だからもっとやってみようと。だからもっと提案してみようと。こういう部分を持っている地域もあったり、あるいは学校は学校評議会という、校長先生がどうですかと提案するんではなくて、ことしから全市にわたって要するに地域の皆さんからさまざまなボランティアをいただく東和の中学校から始まった学校支援地域本部事業ね、これが今地域力を高める事業に入りました。そうすると、これ学校評議会でなくて学校協議会ということで、地域の皆さんが要するに学校の経営にいろいろさまざま参画して話題をつくっていく。そういうさまざま全国にはそういう例がたくさんあるんですね。私たちがやっているのはそういう中の一つだと思いますけれども。そこでいろいろやっていることはいっぱいあるんですね。私たちのところでですね。この条例は大変いいんですけれども、これをいかに実践していくかということがこの条例の値打ちだと思うんですね。先般の一般質問の中で二階堂議員が集会所の問題を話しました。ここにあるコミュニティ。形だけがコミュニティではありません。自治会とか町内会とかいろいろなことをこのコミュニティの定義にしておりますけれども、ここで、ただあるだけがコミュニティではなくて、コミュニティは、そこに集まり、そこで集い、そこで語ることがコミュニティだと思うんですね。そのときに、市長、今は300を超える集会所がありますけれども、この3分の1の集会所が建物で問題を抱えていたり、あるいは土地の問題で問題を抱えている。地域で本当にみんなが集まっていろいろやろうと、市も今回は自主防災組織に30万円相当以上のいろいろな支援をするということでございますけれども、その本体となるその集会所。みんなが集まるという本当の意味でのそのコミュニティ。今、登米市がどんな方向に進むのかという全体像や未来像をいろいろ語り合い、そういう情報が基礎にあってこそ初めてさまざまな話題や課題や未来を語ることができると思うんですが、その部分が非常に弱い。例えば県南の柴田町では、むしろ町内のその集会施設、多分48だったと思うんですが、それをすべて市が用意しているというふうなこともあります。市内でもいろいろの差がありますけれども、市と市の差も……
議長(田口政信君) 25番、質疑に近づけてお話をいただけますか。お願いします。
25番(中澤 宏君) 議長、よく聞いて。条例というのはね、ただ形を出すんではないですよ。いいですか。コミュニティというのは何かと。そういうみんなで語り合い、わかり合い、集まるところがコミュニティなんです。それをどうつくるかですよ。単純に集落という区切りや人数という区切りをつくるんでなくて、私たちが求めるところというのは、まさにそれがまちづくり基本条例の一番の目的なんですよ。わかるかな、議長。これが。これがこのことがなければこのまちづくり基本条例は生かされないんですよ。私たちがどこに向かって、どこを深めて、どこに趣を置いていくかというのはこれから市長の政策であります。市長。だからね、建物だけが300万円の補助で土地は関係ない。むしろ集まるということであれば、建物も土地も含めて一つの集会所です。そんなことを考えれば、いろいろな地域の問題解決のまず問題の部分を解決してやって、そしてみんなで本当にすばらしいコミュニティをつくろうと。そのコミュニティをまず土台に、地域のことは地域で考える。そういうスタートにしてくれませんかと。そのための条例ですよと。市民とともに明るい未来をひらくそのすばらしいその門出にこの条例を機会にしてほしいと私も願って質問するわけでございます。市長、一言お願いします。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) いろいろな方法論をお話をいただきました。このまちづくり基本条例はそういった意味で、まずは人が集う。そして、その中でいろいろな意見を交わし合いながらみんなで地域を考えていくというのが基本であると思っております。そういった意味で今回のこの条例をご提案をさせていただきましたので、ご審議を賜り、ご承認くださいますようにお願い申し上げたいというふうに思います。
議長(田口政信君) 25番、中澤 宏君。
25番(中澤 宏君) 市長、ここまで提案するのはだれでもできるんですよ。市長の腕というのはこの条例をどう生かすかですよ。ここまでは多分市長は余り深くかかわっていないと思いますから、ここまではいいと。今度はこの条例を受けて市長はどう味つけをし、どう深めていくか。ここだと思うんです。私ね、今、絆とかさまざまなことを言われています。でもね、一番は集落を基本としてみんながやっぱりどう集っていくか。ここに単純にミュニティとただ書けばただそれだけですけれども、そのコミュニティをどう深めていってこういう条例がうまくいくように、この条例が描くようなまちづくりにするか。そこに登米市が欠けているのは、その集会所適性条例というその冷やかなその条例が、本当にまず地域で問題を解決しようという、そういうところの施策に非常に冷やかだと思うんですね。私も合併協議会にいましたから、これは失敗したなと思っています。単純に難しい問題にふたをしてしまったと。病院の問題も同じですけれども。そういう部分はこういう機会にこそ改めていっていいんではないかと。今まではいろいろあり過ぎるから難しい問題にはちょっとふたをしました。それでもさまざまな違いにこそやっぱり目を向けて、その違いをどう育ててやるか、そこにやっぱり気を配るべきだったと思います。私は、今回この条例をつくることがもしかしたらそういう違いに目を向け今までのやり方を変えて新しいスタートを切るときなんだろうと思います。それでこそこのコミュニティというのがまさに生きて本当のスタートなんだろうと思いますけれども、市長、もう一度お尋ねします。
議長(田口政信君) 25番、質疑内容を確認をいたしますが、この条例を生かすために集会施設の均一性をとれという問いでございますか。質疑内容を明確にお願いいたしたいというふうに思います。25番、中澤 宏君、どうぞ。
25番(中澤 宏君) 23ページの5番にコミュニティ組織というのがあります。これは市民とか市とか市民活動とか市民活動団体とか、さまざま規定しております。ただ、コミュニティというのは、ただ行政区とか自治区とかという囲いだけをあらわすんではなくて、まさにそういう行政区とか自治会が本当の意味で情報、後段に出ますけれども、情報を共有したり、情報というのはいろいろあると思いますけれども、市全体の全体、地域の将来や全体がやっぱりどうなるかをさまざま情報によって共有して、なるほど、そうか、そうなのかを思いながらこうだ、ああだということをさまざま考える土台だと思うんですね。今、そのコミュニティが非常に弱くなっているからこそ実はこのまちづくり基本条例というのは意味があるんだと思うんです。ただ、そこに弱っているところに手当てをしないで普通のとおりこのままやったんでは私はだめだということを言っているんです。だから、いいですか、今だってあるんですよ。
議長(田口政信君) 質疑をしてください。質疑。お願いします。
25番(中澤 宏君) ええ。だから、形でない。量でないと。質の問題なんですよ。この質をどう高めるか。全体が、このまちづくり基本条例というのはまさにその全体の量というより質を高める規定ですよね。でも、今はなかなかそうなってないからこそ今こういうまちづくり基本条例というのは大切だと思うんですけれども。そのコミュニティをどうとらえるかということですよ。でなければ、単純に字句や、ただそれを並べたってこのまちづくり基本条例なんて本当は意味なさないんだということです。私は、この基本条例を出したということはぜひそういう部分の進化にぜひさせていただきたいというふうに思っているんですね。そのときに市長は今までどおりだものと言えば一つも条例をつくったって変わらないんでないかと。いろいろなこと立派なことをたくさん言ってきても。だから、このコミュニティをどうとらえるかなんですね。この認識ですよ。認識。
議長(田口政信君) 答弁必要ですか。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) コミュニティの足腰が弱くなってきているというようなお話でありました。そういった意味で、今までもさまざまな取り組みをさせてきていただいたところであります。そういった意味では、このまちづくり基本条例ということだけでなくて、さまざまな取り組み等も含めてしっかりとしたコミュニティ組織としてのすばらしい活動ができるような取り組みに対してのサポートをしていく、支援をしていくという意味ではこの基本条例の中でもうたっておるところでありますので、しっかりその趣旨に沿って取り組みを進めてまいりたいと考えております。
議長(田口政信君) 25番、中澤 宏君。
25番(中澤 宏君) よくとらえたらいいのか悪くとらえたらいいのかよくわかりませんけれども、私はね、今集会所が300あって、そのうちの3分の1が問題を抱えている。この問題を軽視して進めるんではなくて、今そのスタートラインにきちっとつける。そういうコミュニティをぜひつくって、そして本当に市民みんなで地域全体でこのようなまちづくりをしようというふうなことでぜひ私応援したいと思うんですが、市長、もう一回そのベースとなる、私このコミュニティが実は最も大切だと思うんですよ。今個人は個人でいろいろとやっていますが、今私たちの地域で一番弱まっているのは何だろうと。私はコミュニティだと思います。このコミュニティにこそ最も力を入れてやるべきだと。そのコミュニティを強めるためにはどうしたらいいか。集会所の役割というのは非常に大きいと思います。正解どおりでないですけれども、コミュニティをどう強めるか……
議長(田口政信君) まとめてください。どうぞ。
25番(中澤 宏君) そこをじゃあちょっとお聞きしたい、市長。今その課題解決を地域でやろうとしているのに、課題解決をその地域が集会をするその部分で今課題を持っている。そのことについてどう思いますか、市長。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) ご指摘をいただいております100余りの集会所が問題を抱えているというふうにお話をいただきました。結局ほかの集会所についても、それまでその地区の中でいろいろな課題解決について話し合いが行われ、それを解決をされてきたところもあるし、なかなか難しいところもあるのは実情であります。ですから、そういった部分を全体を正確にとらえなければ、各個別ということだけではなくて、その課題解決を取りあぐねた要因は何なのかということも含めて整理をしなくてはならないというふうに思っておるところであります。個別具体の事柄につきましてはなかなかこの条例の質疑の中では言及するというわけにはいきませんが、そういった部分の中でしっかりとこの必要な支援に努めていくということで我々としては取り組みをさせていただきたいと考えております。
議長(田口政信君) ほかにありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第22号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第22号は委員会付託を省略することに決定をいたしました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 討論なしと認めます。
 これから議案第22号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第22号 登米市まちづくり基本条例の制定については原案のとおり可決されました。
 ここで昼食のため、休憩をいたします。
          休憩 午後0時02分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
議長(田口政信君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 日程第4、議案第23号 登米市みやぎ農業研修生滞在施設条例の制定についてを議題にします。
 提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第23号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、財団法人みやぎ農業担い手基金が所有するみやぎ農業研修生滞在施設が平成24年4月1日に本市へ無償譲渡されることから、新規就農希望者の研修期間の住居の確保を図り着実な就農に結びつけるため、条例を制定するものであります。
 詳細につきましては産業経済部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口政信君) 議案内容の説明を求めます。産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) それでは、議案書9ページをお願い申し上げます。
 議案第23号 登米市みやぎ農業研修生滞在施設条例の制定でございます。提案に至る経緯につきましては後ほどご説明申し上げます。
 それから、この条例の表題部に「登米市みやぎ農業研修生」、「みやぎ」とつけてございます。これは、この種の施設については県内にないというふうな観点から、現在もついてございますけれども、あえて「登米市みやぎ農業研修生滞在施設」というふうな名称にしたところでございます。
 第1条につきましては設置、すなわち目的でございます。新規就農希望者の研修期間の住居の確保を図ることによって、着実に就農に結びつけるための施設として設置するということでございます。
 第2条につきましては名称及び位置でございまして、名称については「登米市みやぎ農業研修生滞在施設」。位置につきましては、登米市米山町字桜岡大又15番地4でございます。
 第3条は、利用の許可について規定してございます。
 第4条につきましては、利用の期間。
 それから、第5条につきましては、使用料について規定してございます。これは現行の使用料と同様でございまして、1室当たり月額2万円ということでございます。
 それから、7条につきましては、同様、日割りの計算とかそういった部分の規定でございます。
 次ページをお願い申し上げます。
 第8条では、修繕費の負担。
 それから、第9条につきましては、利用者の費用負担の義務等について規定してございますが、条文は短いんでございますけれども、基本的には市の市営住宅の条例等を参考に条例をつくってございます。基本的な考え方については市営住宅等の規定と同じでございます。
 第10条につきましては、利用者の保管義務。
 第11条については、迷惑行為等の禁止規定でございます。
 第12条につきましては、模様がえの禁止。
 第13条については、滞在施設の検査等について規定してございます。
 第14条で、滞在施設の明け渡し請求。
 それから、15条につきましては、委任規定でございます。
 この条例は本年の4月1日から施行ということでございます。
 大変申しわけございませんが、別冊1、第1回定例会資料の34ページをお願い申し上げます。
 経緯でございますが、平成10年に、合併前の米山町の要望によって財団法人みやぎ農業担い手基金が事業主体となって国、県の補助を受けてつくられた施設でございます。建築面積が、6棟あるわけでございますけれども、合計で延べ床面積484.41平米。それから事業年度は平成10年度でございます。国の新規就農円滑化事業対策事業を使った補助事業でございまして、それぞれの負担割合、8,788万6,050円、そのうち、おおむね国、県2分の1、それに事業主体のみやぎ農業担い手基金が50円という負担割合で整備したものでございます。目的主旨につきましては、ただいま申し上げた内容とほぼ同じでございます。県内外の研修希望者を幅広く受け入れ、農業の担い手の育成を図るというふうな目的で設置されてございました。平成11年に事業が終わりまして、この施設の管理運営について財団法人みやぎ農業担い手基金と米山町が建物の管理運営委託契約を結びまして、以降、米山町が主体となったいわゆる管理運営を行ってまいりました。これを平成17年の合併とともに登米市がそのまま引き継いできたということでございます。
 本年11月28日に財団法人みやぎ農業担い手基金から登米市に協議がございました。内容はこの箱の中にあるとおり、担い手基金は宮城県農業関連組織合併推進委員会に参画し、圏域農業関連組織4団体と合併の上、公益社団法人へ移行すると。合併に向けまして継続事業の見直しを行い、新法人で活用を見込めない財産については処分を検討していると。ついては、この施設を有効活用し、農業後継者の確保・育成を図るため、宮城県との協議も踏まえながらこの施設を登米市に無償譲渡したいという協議がございました。市としては、部内でいろいろ内部で検討した結果、異議がないという文の回答をしてございます。それから、本年1月30日、県は国の補助事業を受けている関係で財産処分の申請書を提出してございます。このまま順調に推移すれば4月1日づけで正式に無償譲渡の予定となってございます。
 なお、この県のいわゆる公益法人の改革の中での内容なんですが、社団法人宮城県農業会議、それから社団法人みやぎ原種苗センター、それから財団法人みやぎ農業担い手基金、当該団体でございます。それからそのほかに宮城県担い手育成総合支援協議会、宮城県耕作放棄地対策協議会、この5団体が本年1月16日にそれぞれ総会等を開いてこの合併の議決をしてございます。いわゆる宮城県農業公社に一たん統合合併します。この3月末までにそれぞれの団体等の解散を行って、公益社団法人としての申請を行って、来年6月に予定では公益社団法人、仮称でございますけれども、みやぎ農業振興支援機構として順調にいけば設立されるというふうな内容となってございます。
 ご審議のほどお願い申し上げ、説明とさせていただきます。
議長(田口政信君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) まず、譲渡を受けるということで、このことについてはよいことだというふうに思っておりますけれども、何点かお聞きします。
 この現状の中で、現在その利用状況はどのようになっているのかお伺いします。
 それから、この研修滞在施設の利用計画そのものがどのようになっているのかお伺いをします。
 それから、この建物の管理費というものは年間どの程度に考えているのか。
 それから、これは終わったことなので参考までにお伺いしたいんですけれども、この事業費の財団法人のみやぎ農業担い手基金で出資費が50円というこの根拠というのはどういうことだったのか。ちょっと参考までにこのことについてもお知らせを願いたいというふうに思います。
議長(田口政信君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 現在の利用状況、ちょっと説明落としましたけれども、35ページに位置図、それから実際の各棟の配置図がございます。いわゆる3棟ございまして、6室がいわゆる利用できるような施設ということになってございます。そのうちの、現在2人の方が入ってございます。そのほかに、昨年3月の大震災の関係で、南三陸と申しますか、志津川病院の医師等の関係で緊急避難ということで、いわゆる目的外になるわけでございますけれども、いろいろ市の中で検討協議した結果、その医師2名が現在は入ってございます。当然4月からはこの条例に基づく市の施設としていわゆる目的に沿った利活用を図っていかなければならないので、これは現在、この医師の部分では南三陸町とこの状況について今いろいろ協議をしているというふうな状況でございます。それから、なお11年度からの利用状況なんですが、少ないときで2人、多いときは4人というふうな状況になってございます。
 それから、利用計画でございますが、いわゆる新規就農の支援、そういった観点でこの施設を位置づけてございますので、当然市の協議会、それからこれには県等の機関も入って、そもそも新規就農をしていくための研修でありますとか、あるいは新たにみずから事業を開始をしていくというふうな支援を行ってございますから、そういったトータルでの中にこの部分を位置づけてございます。単なる部屋を貸すとかといった位置づけにはしてございません。したがって、総合的な計画に基づく使用、そういった部分での貸し出しを行っているというところでございます。
 それから、管理費につきましては、先ほど申し上げたように基本は市営住宅と同じでございますから、いわゆる水道光熱費とかそういった部分についてはすべて使用する側の負担でございます。かかるのは比較的大きな修繕費でございまして、これは毎年同じではございませんが、多いときは100万円を超えるような修繕費かかるケースがございますけれども、かかる経費はこういった費用の部分だけでございます。
 それから、次に、この事業主体である担い手基金が50円ということなんですが、これは、この事業を行っていく中でいわゆる事業主体としてこのみやぎ農業担い手基金を位置づけした中で、国とか県、補助事業をやっていく上での負担割合、こういったものの話の中でこういった中になったというふうに伺っているところでございます。事業の性格上の問題でございます。
議長(田口政信君) 22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 50円については参考までにお聞きしたので、こういう手法もあるんだなということで、かなり感じさせていただきました。
 そこでですね、今までのことについてはわかります。ですから、これからの利用計画なんですけれども、この目的に沿った形で使うというのであれば、これはもちろん我々としても私たちも大賛成なんですけれども、実際6室ありますね。それで現在目的に使われているのが2人ということになりますと、将来的に6室になっていく可能性があるのであればいいんですけれども、今までの経過を考えると、例えば2室であったり、せいぜい4人ぐらいであれば、やはりこの条例でやらざるを得ないのであればそれはしようがないかもしれませんけれども、運用の中で、やはりこれだけの立派な施設です。別の方のやつ見ますと1世帯当たり2LDKで70平米という、これ雇用促進住宅と同じくらいの雰囲気のですね、何か私は見たことないので、お邪魔したこともないのでちょっとわからないんですけれども、この配置図というか、部屋の平面図を見ますとすごく立派なつくりで、部屋の配置も70平米ということで通常の市営住宅とはちょっとレベルが違うのかなという気がします。ですから、やはりこの分についてはこの条例の中でやはりもっと別な形のですね、絶えず今言ったように6人入れるのであればいいんですけれども、今までの状況を考えてそういう場合でない場合の利用の仕方もやはり視野に入れておく必要があるんではないかというふうに思います。例えば今回南三陸町の先生そこにいらっしゃるということなんですけれども、登米市の例えばお医者さんが佐沼の町でなく別なところに住みたいという方に対してもこういうところを優先的にやっぱり提供して、そして来てもらう。
 それから、こんなことを言って本当に失礼な言い方になるかもしれません。あえて言わせていただきます。例えば副市長さん、「大変だ」。言っています。だったらば、優秀な人材を設けたんですから2万円ででもいいからこの部屋を1室あてがってぜひここから、登米市の米山から通うのを見て、ここから通ってくださいと。これだけのいい部屋を提供しますから。これって何も人材登用を考えれば悪いことではないような気がするんですけれども、そういう、ただ単に6室あります、これでやりますじゃなくて、今までの利用の状況を考えれば、そういう別な、例えば1棟だけの2部屋についてはこの中でほかに市長が定めるという状況もしあれば、そういう中で市長が運用していくというのも私は一つの方法ではないかという気がするんですけれども、いかがでしょうか。
議長(田口政信君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) まず、間取りと申しますか、これは35ページにあるとおりでございますから、1棟が2室ということで、1室当たりの構成等につきましては、2LDKの70平米ということについては議員ご指摘どおりでございます。
 さて、今般市の条例として今ご提案申し上げているわけでございまして、当然この目的がございますから、いろいろな緊急事態の場合はあろうかと思いますけれども、例えば今ご指摘いただいた部分は、やはりこの条例からやっぱり少し目的から外れてしまうのではないかというふうに考えてございます。ぜひ、今国の方でも青年の就農の給付金、こういったものも一つの呼び水にしながらもう一回若い方たちの就農について力を入れていこうということにしてございます。当然私どもとしてもこれはこの部分では力を入れていかなければならない課題というふうに思ってございますので、そう空かないようないわゆる施設の運営、そういったものをぜひまずは力を入れて取り組んでまいりたいというふうに考えているところでございます。したがって、他の目的外の部分については、これは先ほど申し上げたように、緊急的な事態以外は想定はしていないということでご理解をお願い申し上げたいというふうに思います。
議長(田口政信君) 22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) もちろん条例ですし、目的外のことありきで条例を制定するというのはこれはもちろん許されることではないので、全く部長の言うとおりだと思います。ただ、先ほど申しましたように、15条で「この条例に定めるもののほか必要な事項は規則で定める」という、運用については規則で市長が定めていろいろやることができるとなっています。私が心配しているのは、その目的に沿った形でこの3棟で6世帯がやれるというのを目標にすることは大変にすばらしいことだし、頑張ってほしいと思います。しかし現状を考えた場合、やっぱり1部屋でも2部屋でも、1棟でもそういうふうに空き家という形になっていることを考えればいろいろな登米市のためになるような利用も緊急的に必要ではないかと。部長の言う「緊急を要せば」ですね。そういう、せっかくこれだけの立派な施設であり、国、県でつくった施設ですから利用目的をしっかりやるということはそのとおりだと思いますけれども、緊急的にそういったやっぱりせっかくの施設、だれしもが立派だなと思うような施設ですから、そこを空かさないようにうまく利用するというのもこの財政の効率を高めるという面では必要だと思いますけれども、答弁で難しいところがあるならばそこは運用の中で考えていただいて、ぜひそういった利用の仕方もあるんではないかと思いますので、そこは少し目的に沿った中で運用を幅広く考えていくというそういったことはできないものでしょうか。もう一度。部長ができないのであれば市長でも結構ですし、どちらでもいいです。
議長(田口政信君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) ただいま申し上げたようなことでございまして、目的がございます。ただ、提案するに当たって、議員と申しますか議会からそういういわゆる意見、議論があったということについては、当然議事録等にも残りますし、私どももそこは頭に入れて、まずは目的に沿った、いわゆる議員の皆さんからも、ああ、いい管理ができていい利用ができたと言われるような施設になるようにまずは取り組んでまいりたいというふうに思ってございます。
議長(田口政信君) そのほかよろしいですか。29番、浅田 修君。
29番(浅田 修君) この事業に関しては賛成するものでございますけれども、ただ確認でございます。新規就農者というように一くくりで言っているんですけれども、その定義づけというわけではございませんけれども、もちろん年齢は関係ない。それで家族構成も関係ない。そして、今まで農業をやっていても別な分野でやりましょうやという時点でまたそういったことができるのかどうなのか。あるいは、水稲やっていたと。それを今度園芸に変えましょうと。園芸の分で研修したいんだと、近くの家で。そういった場合はこういったもので新規就農に当てはまるのかどうなのか。特に担い手というところ。70歳も80歳になっても担い手と言われているんですけれども、そういった面で新規就農者の、もう一度、運用面で果たしてこう、多分書かれないとは思うんだから、その点の考え方お聞かせいただきたいと思います。
議長(田口政信君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) まず結論から申せば、新規就農者の年齢とか性別の規定、決まり、それはございません。説明のときも申し上げましたけれども、際にも申し上げましたけれども、いわゆる新規就農していくという観点でいわゆる総合的な計画をまずつくって、それを県、市、JA一体となって支援もしますし、最初の出た計画の段階でいろいろ聞き取りしたり、あるいはアドバイスしていきます。そういう一連の中に位置づけてございますから、例えば今出たように、現在も農業を行っているけれども、この際いろいろな意味でのステップアップとか、あるいはもっと違う分野でやっていきたいというときに、そういった計画が合致すればこれはこういったこの施設は当然使えるものというふうに考えているところでございます。
議長(田口政信君) 29番、浅田 修君。
29番(浅田 修君) そういった計画を出せばいいんだというような話なんですけれども、その計画の出し方なんですけれども、いろいろな個々によって全部違うと思うんです。だから一律にこういった計画でなきゃだめだとかそういった考えでなくして、もうちょっといろいろな面で含みを持たせた中でそういった面の新規就農者の位置づけを考えてもらえればなというふうに思っているんですけれども、きちっと余り過ぎると本当今の入居者より少なくなってくるような、そういったようなことも生まれると。ぜひこういったこれからの登米市の農業を背負っていただく方々をこういった面で、この施設等の中で研修なり、あるいはほかのへ行くなりのこともいろいろあるんですけれども、そういうのがあれば側面的な応援の分で、ぜひ大きくやっていきたいというような考えになれば、そういった面ですね。もうちょっと計画の余り、計画はもちろん必要なんですけれども、余り厳しい計画をしなくてもどうなのかなというふうに思うんですけれども、その新規就農者のもうちょっと定義づけなんですか、そういったものをもう一度、計画さえあればいいんだと、その計画も大変難しい計画をいつも市で出させるようなことが往々にして多いんです。でありますので、その点について、考え方。
議長(田口政信君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) いろいろこれまでの合併前の米山町時代のいろいろなご苦労、あるいはここに入所した方々のそういったお話も伺った中での今ご質問だというふうに受け取っているわけでございますけれども、私どもとしては、いろいろな形態がございますから、画一的なもので何か押しつけていくということではございません。当然新規就農して目指すところはいわゆる自立できるというか、それで生計を立てて経営できるということにあろうかと思います。ただ、目指すところはそれぞれ皆同じではございませんから、そういった弾力的な扱いとかそういった分については、当然これからの時代にはそういったものでなければならないと思っていますから、余り画一的なものとしてはとらえておりませんことが一つ。それから、そういったものでいい悪いを判断するものではないと。ただし、自立して農業をやっていくぞと、そういった一つの目標、そこが当然何であれ必要でございますから、ここの部分重視した指導体制、そういったものをとっていきたいというふうに考えてございます。そういった部分の運用、扱いはやろうとする人の立場に立って進めてまいりたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。
議長(田口政信君) そのほかございませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。
 お諮りをいたします。ただいま議題となっております議案第23号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第23号は委員会付託を省略することに決定をいたしました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 討論なしと認めます。
 これから議案第23号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第23号 登米市みやぎ農業研修生滞在施設条例の制定については原案のとおり可決されました。
 日程第5、議案第24号 登米市景観条例の制定についてを議題とします。
 提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第24号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、本市における良好な景観の形成の促進及び景観法の施行に関し、必要な事項を定めることにより、市民生活の向上並びに地域経済及び地域社会の健全な発展に寄与することを目指し、条例を制定するものであります。
 詳細につきましては建設部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口政信君) 議案内容の説明を求めます。建設部長、高橋千壽君。
建設部長(高橋千壽君) それでは、議案第24号 登米市景観条例の制定についてご説明申し上げます。
 議案書では12ページから19ページとなります。それから、別冊1の第1回定例会資料の36ページから59ページまで登米市景観条例の説明となっております。説明につきましては、この別冊1の説明資料でご説明申し上げます。
 まず、36ページ、37ページでありますが、これは登米市の景観条例の概要、それから制定の趣旨とこれまでの取り組みについて記載しておりますので、お目通しをお願いいたします。
 それでは、景観条例説明の38ページをお開き願います。
 条例の構成でありますが、前文、7章25条、附則で構成されております。
 次ページ、39ページをお開き願います。
 前文の制定の理念でありますが、本市の市民共有の貴重な財産である登米市固有の景観は、この地で生まれ育った住民お一人お一人の心の中に深く刻み込まれ、地域の愛着を強め、誇りを高めているものであります。この魅力ある景観を守り、生かし、つくり、育てるために、市民、事業者及び市が連携し、次世代の地域に継承していくためのさまざまな取り組みを実践する必要があります。これらの取り組みは景観を保全することにつながり、景観資源を活用し、観光や地域間交流の促進に結びつけ、市民生活の向上、地域経済、地域社会の健全な発展に寄与することを目指すものとしております。
 第1条では本条例の目的を定めております。登米市は景観計画を策定することができる景観行政団体の指定については、平成20年4月に指定を受け、次ページ、40ページになりますが、平成23年、昨年2月に景観計画を策定しております。景観条例はその景観計画運用に当たっての必要な事項を定める市独自の景観形成推進策についても定めております。
 第2条では理念を記しており、市固有の景観を重要な財産として次世代に継承し、景観の価値を高め、また新たな価値や魅力を加えながら、にぎわいや活力の感じられる景観をつくり、生み出すこととしております。
 第3条では建築物と工作物を分けて規定しております。建築物については、建築基準法では建築物に附属する門あるいは塀も含むと規定しておりますが、ここではそれを切り離して、条例第3条第1項第2号で工作物について定義をしております。
 次ページ、41ページをお開き願います。
 条例第4条に、市民の責務として、良好な景観形成を推進するためには市民の協力が必要不可欠でありますので、市民は景観形成に努めるとともに、市の施策に協力するよう努めるものとすると規定しております。
 条例第5条の事業者の責務として、同じく事業者についても市の施策に協力するよう努めるものとすると規定しております。
 条例第6条の市の責務については、市は、景観行政団体として景観形成の推進と市民、事業者に対して景観に関する知識の普及、支援に努めるものと規定しております。
 次ページ、42ページには、第2章景観計画、第7条で、景観法第8条第1項の規定により景観行政団体は景観計画を定めることができるとされておりますので、景観法に基づく景観計画を策定することとして規定しております。
 次ページ、43ページをお開き願います。
 下段の下の方の枠でありますが、第8条では重要景観計画区域の指定について規定しておりまして、景観計画においては、登米周辺、伊豆沼・内沼・長沼及び蕪栗沼周辺、それから北上川、旧北上川周辺としております。
 それから、44ページの下段、下の方になりますが、第3章景観法に基づく行為の制限として、景観法に基づく行為の制限については、第10条で届け出を要する行為として、景観法で良好な景観の形成に支障を及ぼす行為について条例で定めることができるとされておりますので、届け出を要する行為として、土地の開墾、木竹の伐採及び、次ページ、45ページになりますが、屋外における土石・廃棄物・再生資源等の堆積の行為としております。
 景観法第16条では、建築物・工作物の新築、新設、増築、改築もしくは移転、外観を変更することとなる修繕もしくは模様がえ、または色彩の変更するときは、景観行政団体の長、すなわち登米市長に届け出なければならないとされております。
 そして、次の46ページの第12条では、その届け出を要しない行為について規定しております。景観法では、通常の管理行為、軽微な行為、農業、林業または漁業を営むために行う行為や非常災害の対応措置のほか、条例で定める行為を届け出対象から除外しております。具体的には56ページの別表で規定しておるところであります。
 飛びまして、49ページをお開き願います。
 第13条、特定届出対象行為については、条例において特定届出対象行為を定めることにより、制限に適合していない場合には勧告、変更命令及び原状回復命令を行うことができますので、本条例では届け出を要するすべての行為を特定届出対象行為としております。
 50ページの下段、下になりますが、第4章景観重要建造物等について、第15条では、景観重要建造物、景観重要樹木の指定について指定し、指定をしようとする際には登米市景観形成会議の意見を聞くことと規定しております。
 次ページ、51ページの第16条、52ページの第17条では、景観重要建造物、景観重要樹木の管理方法の基準について定めております。
 次ページ、53ページをお開き願います。
 第5章景観地区についてでありますが、景観法では都市計画に景観地区を定めることができるとされておりますので、登米周辺重要景観計画区域内のみやぎの明治村ゾーンを基本として、現在、平成24年10月の指定を目指して進めているところであります。
 第19条、指定等の手続については、景観地区を定めるときや変更するときに登米市景観形成会議の意見を聞くものと規定しております。
 下段から54ページの上段になりますが、第20条で、認定を要しない建築物についてでありますが、景観法では景観地区に指定された区域内での建築物の建築等をしようとするときは市町村長の認定を受けなければならないとされておりますので、ここでは良好な景観の形成に支障を及ぼすおそれが少ない建築物について認定を要しないものについて規定しております。
 下段から、次ページ、55ページ上段になりますが、第6章景観形成の推進として、21条で景観形成会議を設置することとし、その会議では良好な景観の形成に関する重要事項や、市長が特に必要と認める事項について調査・審議していただくことになります。委員の定数は15人以内。その任期は2年としております。
 55ページの第22条では、良好な景観の形成に関する活動を目標として、現に活動を行っている住民組織で要件を満たすものを景観形成組織として認定することができるとしております。
 第23条では、良好な景観の形成に寄与しているすぐれたものについて表彰するとし、次ページ、56ページ、第24条では、支援を行うことにより地域の景観形成の保全や景観形成活動の活性化を図るものとしております。
 下段からにあります別表第12条でありますが、55ページまで、これは届け出を要しない行為を明記しておりますので、お目通しをお願いいたします。
 以上で説明とさせていただきますので、ご審議の上、ご決定いただきますようにお願い申し上げます。
議長(田口政信君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) 今の説明で、全員協議会、さきの2月にあったときにも出たんですけれども、随分長い規定の中で、説明会、市民に向けての説明会は予定はどうなっているでしょうか。私のところ、住んでいる町内会はみやぎの明治村指定ゾーンに入っているんですけれども、いろいろ話をしても、22年ですかね、随分20年からずっといろいろされているんですけれども、一般的には「アンケート調査が来て書いたけど」というそれぐらいのイメージしか持ってなくて、こういうふうにいろいろな規定、今の説明で規定がいっぱい、建築する場合の規定とか罰則とかちょっといろいろあるんですけれども、そういうことの説明がやっぱり市民に必要だと思うので、その辺ちょっとお願いします。
議長(田口政信君) 建設部長、高橋千壽君。
建設部長(高橋千壽君) 説明会についてのご質問でありますけれども、これまでも、資料の36ページから37ページについて取り組みの状況をお示ししておりますが、これ以外にも地域の説明会も実施しております。それで、37ページの(8)の景観勉強会の開催なども地区において朝9時半から5時くらいまで一日をかけて、国の担当官に来ていただいて講演会を行い、そして地区を歩いていただいたり、その後にそのご意見をいただきながらこれまで進めてきております。ただ、なかなか広報等でお知らせしておりますが、各戸ごとにそのアンケート調査は実施しておりますけれども、説明会についてはそれぞれ個別に配布はしておりません。ただ、広報とかホームページ等でお知らせしながらお集まりいただいて説明会を実施している状況であります。
 それから、先ほど議員さんゾーンの地区内におられるということで、なかなかそういう見えないところがあったということでありますが、今申し上げましたように個別には通知は差し上げておりませんけれども、登米地域は重点的な景観に配慮する地区ととらえておりまして、その場所では何回かフォーラムとか開催しておりますので、今後ともこの条例制定されましたらこれから景観地区の指定もありますので、なお密に説明会を開催しながら進めてまいりたいと考えております。
議長(田口政信君) 2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) 説明会も、22年度、ここのこれまでの取り組みを見ると、21年とか23年に1回とかいろいろパブリックコメントとかいっぱいあるんですけれども、平日に昼間だったんじゃないかなと思うんです。なかなか参加できない一般の仕事なんかで若い人たちとか、出られる人は条件限られているし、それから、主に景観条例の一番の中心になる前小路地区なんかは今随分補助をもらいながら傷んだブロック塀とか随分されているんですけれども、これから、今回の地震では大きな被害なかったところでも家や塀が、特に塀とか多いんですけれども、そういう今度来たらちょっと心配だなと思う人が随分中にはいると思うんです。そういう方たちのためにぜひ、後からわからなかったということのないようにこまめな、特に全体向けだとなかなか、広報を見ないという市民も悪いんですけれども、個別でないとなかなか知る機会がないということがあると思うんです。それで、この地区になっている町内会、そんなに、五、六の町内会だと思うので、その辺でこまめにぜひこれからやっていただきたいなと思います。
議長(田口政信君) 建設部長、高橋千壽君。
建設部長(高橋千壽君) 説明会等、平日の昼間でなくてということでありますけれども、平成22年1月16日から行って、3会場、市内行ったときには日曜日の昼間とかを利用して行っておりますし、それから、あとはこれから景観地区を指定する区域についてはなおきめ細かな通知とか、区長さん方にお願いするようになると思いますけれども、その辺を配慮しながら進めてまいります。
議長(田口政信君) よろしいですか。そのほか。18番、田口久義君。
18番(田口久義君) 二、三確認させてください。
 まず、この景観条例をつくる前に景観計画の策定があったわけですが、その中で、この際景観百選の募集等をしたと思うんですが、それらの具体的な成果はどうだったのかまずお聞きしたいのと、それから、この条例の中で景観建造物、重要建造物や重要樹木という部分があるわけですが、例えば具体的には、二、三の例で結構ですけれども、どういった部分を想定しているのか。その点についてもお伺いをしたいということです。
 それから、この景観計画の中で景観づくりに向けたその他の取り組みとして屋外広告物の制限という部分があるわけなんですが、こういった部分についても良好な景観の形成を進めていくと計画の中ではうたっておるわけですが、同僚議員が先般質問した際にはこの条例には屋内広告物なる部分が明記されていないように解釈したわけですが、その辺はどうなっているのか。今後の運用として、こういった部分は景観を損ねたり重要な部分でもあると思いますので、その辺のとらえ方についてもお話しいただきたいと思います。
議長(田口政信君) 建設部長、高橋千壽君。
建設部長(高橋千壽君) 景観百選。写真で、いろいろ市民の方々にお願いして良好な景観のところを写真におさめていただいて、それを出していただいたということでありますけれども、当初はなかなか枚数が、百選ということも多かったこともありまして、なかなか集まりませんで、それで少し期間を延ばして現在進めておりまして、百選以上集まっておりますので、これはあと景観形成会議等に諮りながら選定してまいりたいと考えております。
 それから、景観建造物それから重要樹木については、いろいろ景観百選に応募のあったもので、国の指定、重要建造物とかそういう指定を受けていないものでありますと、例えば建造物では長沼の風車とか南方の六角堂、それから登米の警察資料館、津山の横山不動尊、津山の五重塔とか。あと樹木では、柳津虚空蔵尊にあるイチョウの木、それから登米水沢県庁大通りの桜等などが挙げられておりますので、これらについて、景観形成会議の方で諮りながら指定してまいりたいと考えております。
 あとそれから、屋外広告物についてこの景観条例で盛り込んでないということでありますけれども、前の關委員さんの方にもご回答しておりますけれども、宮城県の屋外広告物条例がありまして、登米市内においても重要な長沼とかそういうものについては広告物は規制されております。それから、用途地域の中で第一種、第二種の、例えば大網の第一種中高層住宅、それから加賀野の第二種中高層住宅専用地域、これらにつきましても形状とか、あと色についても規制がかかっておりますので、これらである程度規制されているということであります。それで今後、登米市では景観地区、みやぎの明治村ゾーンを基本としてこれから都市計画で定めてまいりたいと考えておりますので、その分については登米市独自の屋外広告物の規制も検討しなければならないと思っておりますので、これからそれらを詰めてまいりたいと考えております。
議長(田口政信君) 18番、田口久義君。
18番(田口久義君) そうすると、広告物についてはこれから詰めていくということですけれども、この条例では特にうたわないでほかの法令等で規制をしていくという考え方でよろしいんでしょうか。もう一回お願いしたいと思います。
 それから、景観百選の件については、後で結構ですけれども、そういった経過等をもしいただければと思いますけれども、その点もお願いしたいということです。
 それで、この景観条例の中ではいろいろな規制、届け出による規制等があるわけなんでありますけれども、そういった単に規制にとどまることなく、やはり積極、能動的に登米市の景観をどのようにつくっていくかということがやっぱり大切なんでないかなと。そういった部分で、市長に伺いますけれども、この条例の制定によって今後どのような登米市の景観づくりをやっていくイメージを持っているのか。その点についてもお伺いできればと思います。
 それから、重要景観区域の地域について今後どんな点に主眼を置いて、過去のいろいろな予算の中でも明治村等に予算が盛り込まれておるようでございますけれども、そういった部分の具体的な観点といいますか、そういった部分もちょっとお話しいただければと思います。よろしくお願いいたします。
議長(田口政信君) 建設部長、高橋千壽君。
建設部長(高橋千壽君) まず、景観百選のものについては後で皆さんに公表しなければならないと思っておりますので、それは後で。
 それから、屋外広告物については、景観計画の中でこれから、要は景観形成は短時間、単年でできるものではありませんので、20年の長いスパンでいろいろこれから進めてまいりたいと思っておりまして、その中で景観形成の推進プログラムということで具体に短期間でやること、それから中長期的に取り組むべきものとしてここで明記しておりまして、市街の屋外広告物条例の制定ということもここで明記して、5年以後のことで今後考えていくと。それで、これを独自に屋外広告物の制定とするか、それともこの景観条例の中に一部改正して盛り込んでいくかは今後検討してまいりたいと考えております。
 それから、景観重要区域についてそれぞれ予算等もありますけれども、どのような主観でということでありますけれども、この景観計画の中でいろいろな重要景観地域についてのそれぞれの取り組み、今後の取り組み状況を明記しておりますので、それらで進めているところでございます。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) まず、この景観条例を制定することによって、やはり市民の皆さんが、それぞれ皆さんご自身がお住まいになっている地域ということだけでなく、やはり市内全体としてどういった地域特性があるのかということを広くご理解をいただく機会になるということ。それからもう一つは、やはり歴史的にも大変貴重な景観形成をしているそういったものに対する意識を高めていただくということと、それからもう一つは、この景観というものは、この景観のエリアにもうたっておりますけれども、例えば河川でありますとか、湖沼でありますとか、もしくはこういった冬場の状況であれば渡り鳥がこの空を行き渡っている、そういったことなども実は広く考えた意味での景観というふうにも言えるわけであります。ということは、この景観は単なる建物とか見える場所ということだけでなく、そういった自然環境も含めた広い意味でのやはり景観形成を保持するという、ちょっと大げさにはなるかもしれませんが、そのような意識づけも図っていく。そんな役割をこの条例は果たしているというふうに認識しているところであります。
議長(田口政信君) よろしいですか。そのほかございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) ないようでございますので、質疑なしと認め、質疑を終わります。
 お諮りをいたします。ただいま議題となっております議案第24号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第24号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 討論なしと認めます。
 これから議案第24号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第24号 登米市景観条例の制定については原案のとおり可決いたしました。
 日程第6、議案第25号 地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてを議題にします。
 提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第25号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律が平成24年4月1日に施行されることに伴い、登米市立図書館協議会条例及び登米市公民館運営審議会条例の一部を改正するため、条例を制定するものであります。
 詳細につきましては教育委員会次長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口政信君) 議案内容の説明を求めます。教育委員会次長、阿部静男君。
社会教育次長(阿部静男君) それでは、議案第25号の議案内容をご説明申し上げます。
 議案書は20ページ、21ページでございます。議案資料は、提案理由説明書の10ページ、11ページでございます。
 それでは、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてでございますけれども、通称「地域主権第2次一括法」と言われるものでございます。今回、これに伴いまして図書館法、社会教育法の一部改正が行われまして、これまで本法で定めておりました図書館協議会、公民館運営審議会の委員の委嘱、任命の基準が削除されました。ついては、当該協議会の委員の委嘱、任命の基準を条例で定めることになりましたので、今回、登米市立図書館協議会条例及び登米市公民館運営審議会条例の一部を改正するものであります。
 それで、新旧対照表でご説明申し上げますので、提案理由説明書10ページをお開き願いたいと思います。
 それでは、第1条関係、登米市立図書館協議会条例の新旧対照表でございます。右側が現行条例で、左側が改正案でございます。改正案は、第2条が委員の定数、第2項は任命基準を定めております。第3条は委員の任期をそれぞれ条項ごとに文言整理したものでございます。
 続きまして、11ページの第2条関係、登米市公民館運営審議会条例の新旧対照表でございます。右側が現行条例でございます。左側が改正案でございます。それで、これも同じく第2条が委員の定数、第2項が任命基準を定めております。第3条は委員の任期を定めておりまして、第4条は報酬及び費用弁償を定め、これらはそれぞれ条項ごとに文言整理したものでございます。
 審議の上、ご承認賜りますようよろしくお願いいたします。以上です。
議長(田口政信君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。28番、岩淵正宏君。
28番(岩淵正宏君) 確認でございます。第2条関係の方で、公民館運営審議会でございます。現在多くの公民館が指定管理と。公民館という名前は残っていますが、この指定管理者なってでもこの運営審議会、これは必ず置かなければならないということで理解していいのかどうか。そこのところをちょっと確認します。
議長(田口政信君) 社会教育次長、阿部静男君。
社会教育次長(阿部静男君) 現在公民館等については指定管理を進めておりますけれども、現在まだ6公民館が指定管理残っておりますので今回この条例改正を行うものでございまして、将来的にはこの辺も社会教育委員の委員会の方に移行してまいりたいと考えております。
議長(田口政信君) 28番、岩淵正宏君。
28番(岩淵正宏君) そうすると、指定管理になったところについてはこれは該当しないという形で理解して、今まだ市の方で、教育委員会の方で管理している分についてはこの審議会、委員等を委嘱しなければならないということで理解していいんですね。
議長(田口政信君) 社会教育次長、阿部静男君。
社会教育次長(阿部静男君) はい、そうです。
議長(田口政信君) よろしゅうございますか。そのほかございませんか。11番、菅原幸夫君。
11番(菅原幸夫君) 一つ勉強のために聞いておくんですが、この今回のやつは任期は2年だね。教育委員会は任期5年というのが好きなんでないかと思ったんですが、こいつ2年というのは、やっぱり特になんだけどね、2年というのはどこから持ってきて2年なのか。
議長(田口政信君) 社会教育次長、阿部静男君。
社会教育次長(阿部静男君) この条例の任期は2年ということで、5年というのは、公民館の指定管理等、こういうものでは使用しておりますけれども、現在私たちが委員等で委嘱しているものについては2年でございます。
議長(田口政信君) 11番、菅原幸夫君。
11番(菅原幸夫君) 一つは、やっぱり任期というのは一つの一貫性があっていいんでないかと思うのね。私は前にも公民館の指定委託のやつは5年とか、あと5年なのは3年にしたりというようなことになっているわけなんだけれど、本来やはり短く区切ることが一番いいわけで、私そのものは今回こう2年に出てきたというのは、私は心の中では適当なことだと、いいなと思っているんだけれども、先日の公民館の指定委託が5年になんかなっていたので、公民館は5年というの好きなのかなと思って、今ね。ちょっと5年とか4年とか3年とかというのは、これちょっと、自分たちの議員から市長からみんな任期が4年なのにね、それをまた超える5年なんていう指定をしたりするものだからちょこっと今勉強のためにお聞きしてみました。以上です。そんなに答弁要らないから。
議長(田口政信君) そのほかございませんか。20番、及川昌憲君。
20番(及川昌憲君) ちょっと確認ですけれども、公民館運営審議会は指定管理すればなくすという考え方でいいんですね。施設管理を含めて指定管理するのに、公民館そのものは存在するんでありますけれども、それをなくすという考え方。再確認です。
議長(田口政信君) 社会教育次長、阿部静男君。
社会教育次長(阿部静男君) 公民館の運営につきましては、これまで行政等で審議会の方からご意見をいただきながら運営してまいりましたけれども、指定管理につきましては市でそれ等を支援してまいるということで、それで、これにかわるものといたしまして社会教育委員会がございますので、その辺をもってこれから支援してまいりたいと思います。審議会が社会教育委員会の方に移行するということで理解していただきたいと思います。
議長(田口政信君) 20番、及川昌憲君。
20番(及川昌憲君) 理解じゃなくて、社会教育委員に公民館運営審議委員の役割を担うというふうにするんですね。はい、わかりました。
議長(田口政信君) よろしいですか。もう一度答弁。社会教育次長、阿部静男君。
社会教育次長(阿部静男君) 将来的に指定管理が進めば、この公民館運営審議会等の業務というか審議内容につきましては、社会教育委員会の方に担ってもらうということになります。
議長(田口政信君) 20番、及川昌憲君。
20番(及川昌憲君) くどいようですけれども、公民館運営審議委員会の果たす役割を社会教育委員会がすべてを担うということですね。
議長(田口政信君) という答弁でございます。そのほかございませんか。17番、關 孝君。
17番(關 孝君) 市でそのようにするものなのか。今回の法律、いわゆる国の方の改正によっていわゆるそれの機能を担わせるものなのか。市がそれを受けていわゆる委員が一緒になるというか、というふうな形だと思うんですけれども、そういう考えなのか。
 それから、当初はこちらの方は、公民館運営審議会、定数が15ということでしたが、15人以内というふうなことで、15人ということは15人置くということなんですけれども、これを15人以内とするということは15人より少なくてもいいというふうなことになると思うんですが、これは国の法改正によってのものなのか。市が独自の条例としてこの改正を行うものなのか。その辺についてお尋ねします。
議長(田口政信君) 社会教育次長、阿部静男君。
社会教育次長(阿部静男君) 今お話しされましたけれども、公民館運営審議会の役割については社会教育委員会の方で担っていただくということについては、市としてのこれ流れの中で検討している事項でございます。
 それに、15名というのは、現在これは国でこれまで委員の人数は15名と定められておりましたので、そのままでございます。
議長(田口政信君) 17番、關 孝君。
17番(關 孝君) 基本的な部分をお尋ねいたします。これまでいわゆる公民館運営審議会は公民館運営審議会として独立した機関としてその役割を担ってきました。今回、法の改正とは別に登米市としてその機能を一本化して担っていただくというふうな部分なんですが、その考え方についてお尋ねします。なぜ、登米市の方向性に従ってというふうなお話が次長からありましたけれども、これまでと別に公民館のスタイルが指定管理に移行しただけであって、決してその公民館の設置目的、そうした部分に関しては何ら一つの変更もないわけであります。それなのに、これまで担っていた公民館運営審議会というものをいわゆる独立させないで、いわゆる社会教育委員の方にその役割を担わせるという部分に関しては、非常に効率化という意味ではそういった方向性はあるのかもしれませんが、本来のいわゆる公民館運営審議会の設置の大きな目的からは非常にかけ離れてしまう。いわゆる衰退、後退してしまうという懸念があるんですが、その辺についての見解をお尋ねします。
議長(田口政信君) 社会教育次長、阿部静男君。
社会教育次長(阿部静男君) これまでは社会教育法に基づきまして公民館運営審議会というのは設置されておりました。それで社会教育委員会も設置しておりますけれども、両委員会においては重複する点もございますので、その辺を今後整理しながらその役目を担っていただくということで、今すぐこれを実施するというわけではございませんので、その辺誤解のないようにお願いしたいと思います。
議長(田口政信君) 暫時休憩をいたします。
          休憩 午後2時08分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時09分
議長(田口政信君) 再開します。
 ここで休憩をいたします。
          休憩 午後2時09分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時18分
議長(田口政信君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 答弁を求めます。社会教育次長、阿部静男君。
社会教育次長(阿部静男君) 社会教育法におきましては、第29条の第1項の規定によりまして、公民館運営審議会を設置することができるという「できる規定」になっております。それで今回、社会教育委員会の方でその任を担っていただくというような方向で今後進めてまいりたいと思っております。
 ただ、今お話しいたしましたけれども、今回については、現在まだ指定管理等に移行していない公民館がございますので、それらを含めて条例改正するものでございます。以上です。
議長(田口政信君) 17番、關 孝君。
17番(關 孝君) さきにまちづくり基本条例が議決をされました。その中でも、いわゆるまちづくりにおいて地域コミュニティの役割というのは非常に重要だと。そのいわゆる活動拠点がいわゆる公民館であるというふうな認識は市長も全く一緒であるというふうに思います。公民館が指定管理されるに当たって一番議論となったのは、自主運営という部分に関してはこれは大いに進めていくべきであろうと。そうした一方で心配された部分は、やはり公民館が担う社会教育の役割、その部分を補完をしていかなければならないということが議論になったはずであります。そうした中にあって、さきには20名だったでしょうか、いた定数が、さまざまな市の行革、そういった考え方の中で人数を減らして15人になった。今度は設置できる条例の中で設置はするものの、いわゆるその委員を今度は社会教育委員と一緒にしていく。一体そういうふうな方向性はどこで議論されたのか。我々の教育民生委員会でも議論した覚えもございませんし、議会での議論もした覚えはございませんし、教育委員会としてもどういった議論がなされてそういう方向性になっているのか大きな疑問を抱くものであります。
 今後に向けては、やはりこうした公民館が自主運営というふうな方向の中でこれからの社会教育がどうあるべきかというふうな部分を大いにこの公民館運営審議会等で議論をなされていて、将来の公民館の姿、まちづくりの拠点の姿をつくっていくことが大きな役割だと思いますので、その考え方に対して教育長と市長の考えをお尋ねいたします。
議長(田口政信君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 今、議員からご指摘のありました件についてはそのとおりだと思っておりますので、教育委員会の内部でもさらに深めていきたいというふうに思っております。十分な議論が内部でなかったことは反省しておりますが、今のご指摘を十分尊重してこれから進めてまいりたいというふうに思っております。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 先ほどご議決をいただきましたまちづくり基本条例の理念、それにつきましては、やはり市民のだれもが同じ情報を共有をしながら、そして共通の理解をつくっていくための取り組みとしての基本的な考え方を示した条例でありますので、この条例に沿った中でしっかりとした議論がなされ、そして共通のコンセンサスが得られるような取り組みをすることが我々としても大事なことだというふうに考えております。そういった意味では、議員からご指摘をいただいた点、十二分に踏まえながらしっかりとした取り組みを進めるということと、そして、公民館が指定管理で管理の運営はお願いはしておりますが、基本的に公民館としてのその主体性を持つべきは行政が、要するに市もしくは教育委員会がその役割をしっかりと果たす。そういった機能をしていく上においてこの設置条例が必要なものと認識をしているところであります。
議長(田口政信君) いや、違いはしないんだというふうに思います。では、次長、一言だって。一言答弁。
 ちょっと休憩します。
          休憩 午後2時23分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時25分
議長(田口政信君) 再開をいたします。
 社会教育次長、阿部静男君、答弁願います。
社会教育次長(阿部静男君) 私の舌足らずな面がありまして誤解を招いたことがあります。今回の条例に伴いまして公民館運営審議会を廃止というようなことではございませんで、これは、今後一つの検討、委員会として検討する方向としてお話しさせていただいたものでございます。条例改正したからといってすぐ廃止というようなことではございません。もちろん指定管理については施設管理等でございまして、事業等につきましては教育委員会が責任を持って支援するということにしておりますので、その辺、私の誤解を招いた発言に対しておわび申し上げます。
議長(田口政信君) そのほか。22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 今後の考え方ということでの一つの答弁だったというような気がしますので、あえてもう一度、先生、考え方をお尋ねしておきたいと思います。
 先ほど申しましたように、この社会教育法の15条、どちらも、15条でもそれから公民館運審についての29条も「置くことができる」という「できる」条項です。しかしながら、目的が全く違っているのが2項です。例えばこの社会教育委員については、社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動を行う者及び学識経験者の中から教育委員が委嘱するという形になっています。つまり社会教育のために先導的な、いろいろ指導したりそういったことをするというのが社会教育委員だという、向上のためにあえて教育委員が委嘱する。一方、公民館の運審というのは、これはこれなりに館長の諮問に応じてということになっていますけれども、この目的を言いますと、公民館における各種の事業の企画実施における調査・審議を行うものとすると。これは、何か簡単なように思われると大変なんですけれども、各、今指定管理にされている、そしてもちろんいろいろなコミュニティであったり、そういった関係者が一生懸命頑張っていることは認めます。しかし、社会教育という分において公民館の活動という中で本当に格差がないのかどうか。そういったものを本当は公民館の運審がいかに指定管理であろうともこの調査をしっかりして、委嘱しているべき、その指定管理になっているそこには、こういった社会教育もすべきだという、そういったものがこの公民館の運営審議会に課せられたものだというふうに思っております。ですから、今走り出した指定管理ですから、必ずその各町によって、この前も私なりにちょっとお邪魔したところでも、やっぱり各コミュニティの考え方、指定管理の場所によっていろいろな違いがあります。ですから、そういったものを公民館のこの運営審議会で、たとえ指定管理になろうとも登米市の社会教育がやっぱりくまなく同じようなこの社会教育を受けられるような、そういった審議を行うのがこの公民館の運営審議会ではないかという気がするんですけれども、これを、やっぱり教育長、たとえ指定管理になってもしっかりやっていかないと、さっき言ったように場所によって社会教育の考え方、活動の仕方が全く変わってきますからね。それをやはりくまなく同じようにこういったことを進めたいというのであれば、この公民館の運営審議会の調査・審議するというこの機能は大変重要なことだと思いますけれども、その辺についてもう一度お伺いします。
 それから、公民館のこの運営審議会については定数が15名以内ということでありますし、社会教育に関しては現在10名以内という委員の定数になっております。こういったこともありますので、しっかりとその辺の立て分けをつけておかないと、何かそっちに携わるものだから同じということになってしまうとなかなかうまくないので、やっぱりこの上位法からすれば目的が全く違うという気がしますけれども、いかがでしょうか。
議長(田口政信君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 公運審の役割として企画実施における調査あるいは審議といったものについては、先ほど議員がご指摘あった、そのとおりだと思います。しっかりとその点は受けとめて今後に生かしていきたいというふうに思っております。
議長(田口政信君) よろしいですか。そのほかございませんか。10番、浅野 敬君。
10番(浅野 敬君) この議案を提案するに当たって、教育委員会、いわゆる教育長以外の教育委員はこの内容について承知しているものだかどうだかというのを確認させてください。
議長(田口政信君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 教育委員会の議決を経ているものでございます。
議長(田口政信君) よろしゅうございますか。そのほかございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 質疑ないようでございますので、質疑なしと認め、質疑を終わります。
 お諮りをいたします。ただいま議題となっております議案第25号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) ご異議なしと認めます。よって、議案第25号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 討論なしと認めます。
 これから議案第25号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第25号 地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定については原案のとおり可決されました。
 日程第7、議案第26号 登米市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてを議題にします。
 提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第26号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、市の常勤の特別職としている英語指導助手について、平成24年度から外国語指導助手として非常勤の特別職とすることと、学校薬剤師の報酬額について、県内各市の状況を踏まえ増額することについて、所要の改正を行うものであります。
 詳細につきましては総務部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口政信君) 議案内容の説明を求めます。総務部長、小野寺富雄君。
総務部長(小野寺富雄君) それでは、議案第26号についてご説明を申し上げます。
 議案書は22ページ、新旧対照表は提案理由説明書の12ページとなります。それから説明資料については、定例会資料別冊1の60ページになります。お開きながら、お目通しいただきたいと思います。
 まず、本条例の改正する第1点については、市内小中学校の学校薬剤師として委嘱している薬剤師の皆さんの基本割額を、県内近隣自治体との均衡を図るため、現行5万円を7万円に引き上げるものであります。
 第2点目については、本市においても外国語指導等を行う外国青年招致事業により中学校等に外国語教育の補助を行う英語指導助手を招致しております。これまで登米市を初め本事業を導入している自治体においては、この事業に参加する本人と雇用契約により常勤の特別職としておりましたが、総務省から任用規則の改定に当たり、この事業に参加する者は自治体で外国語教育や国際交流の補助を行う特定の知識・経験を有する職であり、同時に、補助的な業務を担い任期の定めのある職員につき民間法制上の雇用契約の用語を使用することは適切でないとの指摘がありました。今般、地方公務員法に基づく特別職の非常勤職員として任用がえするものであります。
 なお、この任用形態の見直しにあわせて、本市で招致している「英語指導助手」の名称を「外国語指導助手」と改めるとともに、特別職の非常勤の職員の身分を考慮いたしまして、本条例に外国語指導助手の月額報酬及び旅費、費用弁償を加えるものであります。
 本条例にこの外国語指導助手の報酬等を加えたことから、登米市英語指導助手の給与等に関する条例については廃止をさせていただくものであります。終わります。
議長(田口政信君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。11番、菅原幸夫君。
11番(菅原幸夫君) 参考に外国語指導員についての件でお聞きしますが、これは、今度は給与ということでなくて特別職の報酬とするということになると、全部一律になるわけですか。まず1点目は。
 それから、これについては、国・県からひもつきで外国語指導員を受け入れるようにというようなことから始まったというふうに私記憶しているんですけれども、これについては特別な補助金が来ているとは思うんですが、それから、そいつは今でも継続してあるものなのかどうかと、それから、今後ずっとそういうふうな総務省の解釈になったので、今後ずっとこれは登米市としては継続していくのでしょうか。それともある程度、ただ、この指導員には、英語の先生やっているというけれども英語の先生の資格もないし、その他のことについても教職員としての資格がないということで、それがそういったことだったんですが、前には。私、現在はどういうふうになっているかその点もお聞きしたいと思いますし、そういうふうなことを継続していくのかどうか。継続しなければならない理由があると思うんだけれども、継続する理由は一体どういうことなのか、そこをお聞きします。
議長(田口政信君) 学校教育次長、永浦敬悦君。
学校教育次長(永浦敬悦君) これまでも英語指導助手として登米市として任用してきたわけでございますが、この方々はすべていわゆる英語の教師ということでおいでいただいているわけではなくて、各学校の英語の教科担当教諭の助手を務めていただくという、そういう立場で任用し採用しているものでございまして、この考え方につきましてはこれからも、登米市としましてといいますか、教育委員会としましては、これからもこの形態でぜひ続けさせていただきたいということでまず考えてございます。
 報酬額が全部一律かというご質問もございましたが、これは基本的に一律でございます。
 それから、国・県のひもつきのお話がございましたが、スタート時点での国等の支援補助があったかどうか、そこまで私承知はいたしかねておりますが、今現在は一切ございません。すべて市の単独一般財源で対応しているものでございます。
 ただいま申し上げましたように、今回非常勤の特別職の扱いにさせていただくということにつきましては、そもそもこの英語指導助手、始まった当初から実は1日当たりの労働時間が1日7時間というそういう任用基準でございましたので、初めからいわゆる非常勤としての待遇が妥当であったということでございます。これまで登米市としては施行条例の中で常勤扱いというふうにはしてきたわけでございますが、それを総務省の指導もあって改めたいということでございます。よろしくお願いいたします。
議長(田口政信君) 11番、菅原幸夫君。
11番(菅原幸夫君) 私の記憶も余りはっきりしない面もありますけれども、これ、合併前の各市町村でいろいろと学校の英語教育の水準を引き上げる、あるいは社会教育の一環としてその地域のいろいろな諸行事から何やらにいろいろ顔を出したり、そういったふうなことも仕事の一つとして大変高い報酬をね、給料をね、やってきたような感じを記憶しているわけです。そういうふうなことが、それ必ずそういうふうなことをやっていかなければならないものなのかどうかということと、むしろ今時代がいろいろなスポーツ関係から特殊な子供たちの教育というものが、いろいろ実施社会で役に立つ人間、あるいはそういう活動などするために、本当は、昨年視察してきた豊田市なんかでは非常に専門的な講師というかそういう人たちを相当入れてそしていろいろと教育しているふうなのを視察してきたんだけれども、そういうのから見たら、私の考えとしては、今まで雇ってきた人たち急にどうのこうのというのは大変なことだと思いますが、長い時間を将来見て、やはり子供たちに本当に必要なのは、一体教育に必要なのはどの辺なのかということをやっぱりちょっと考えていただきたい。そういうふうな検討といいますか、物差しといいますか、そういうものもしていただきたいものだと、こう思っています。それに対してどう思いますか。
議長(田口政信君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) ALTにつきましては、雇用契約というのは1年なんですが、今後の国際社会に活躍する人物を育てるという非常に大きな国の目標といいますか、当然のことながら県の教育委員会でもそのように考えていますし、そのことを受けて、登米市の教育委員会でもやはり国際社会に活躍する人物を育てたいという願いは同じでございます。したがって、このALTの報酬等のことも議員からご指摘ありましたが、それが高いとか安いとか別として、今後もそのALTの活用については積極的にやはり進めていかなければいけないというふうに思っております。
 ただ、当初といいますか、外国人を授業の中でどう活用するかということの実績がどんどん今積み重なっておりますので、本来免許を持っている例えば英語の教諭とかがいかに活用するかという研修会等はどんどん今進めてきております。したがって、その活用の仕方によっては非常に有効なわけでございまして、異文化に触れるというふうなことももちろん可能ですし、やはり国際的な視野に立った人物を育てていくというふうな意味においては今後もより強化しなければいけないというふうに考えております。
議長(田口政信君) そのほかございませんか。19番、佐藤恵喜君。
19番(佐藤恵喜君) 一言なんですが、私のちょっと記憶定かでないんですが、この関係は、派遣労働偽装請負、その関連というのはなかったんでしょうかね。総務省の今回の指導、雇用形態の。どうなんでしょうね。ちょっと何かその絡みあったのかなと思ったんですけれども。
議長(田口政信君) 学校教育次長、永浦敬悦君。
学校教育次長(永浦敬悦君) 結論から申し上げまして、その部分での指導等々の話は特にありません。この外国語指導助手はあくまでも任用、自治体が任用するいわゆる公務員というそういう立場だということでございますので、よろしくお願いします。
議長(田口政信君) よろしいですか。19番、よろしいですか。5番、遠藤 音君。
5番(遠藤 音君) 報酬の部分で変わってくるということなんですけれども、具体的に年間の費用として、今お願いしている方々の人数掛ければいいんでしょうけれども、どれくらいの差異が生じるものか。今の現行と新しく制度が変わることによっての費用の差ですね。どれくらいあるのかということと、月35万円というのは結構な、やはりこれを月々いただくというふうな形になるとやはりそれだけの、次長はあくまでも助手なんだというふうなお話ですけれども、運用上の制度としては助手として採用するのはこれは構わないんですけれども、実際この報酬をお支払いするには、やはり何回も言うように、今教育長言われたような形で、世界に通用するでないけれども、せめていろいろな国の方々と普通に会話できて自分のコミュニケーションができるような形にやっぱり人間形成というのはこれは大命題だと思うんです。本当は恥ずかしながら私なんかも、前にもお話ししたように英会話もできないという中で、本当にこの歳になって学び直せばいいなというところもあるんですけれども、やはりこれからの子供たちはせめて英語なり中国語なりぐらいは日常会話できるような形にしていかないとやっぱり国際競争力という意味でも対等に議論ができない立場にあるんでしょうから、それはやっぱり至上命題というふうな形になるとこの外国語指導助手というのは大きい存在になってくるはずなので、そこら辺の費用と効果という意味では、今後具体的にどう実践、今の運用の仕方はいいんですけれども、実際はどうこの方々に実務的に動いていただくかと。そして効果が最大限生きるような対応の仕方というのをお考えならば、それもお聞かせいただきたいと思います。
議長(田口政信君) 学校教育次長、永浦敬悦君。
学校教育次長(永浦敬悦君) まず1点目、今回の条例改正によっての差が生ずるのかということにつきましては、そういう差は一切生じないところでございます。
 それで、2点目にお話の、大変私どもも実は昨年来部局内で話題にしながら今なお考えの最中なわけでございますが、いわゆる外国語指導助手の役割なりそのねらいとするところは、教育長も申し上げましたとおり大変大きなものがあるというふうに受けとめてはいるわけですけれども、しからばそれを今議員お話のように、どういった部分でどういう効果確認といいますか、そういったことができるのかという点につきまして、実は昨年来教育委員会内部でこれは機会あるたびに議論させていただいているところでございます。一部外部の方にもその辺の効果の実証の仕方、あり方についてアドバイスがあればぜひいただきたいということでお話もさせていただいた方もいらっしゃいましたが、なかなかその部分につきましては、こういうことで確認ができるということがなかなか今もって思いつかないといいますか、これだというものに到達いたしかねているところでございまして、今お話をいただきましたその趣旨の中でどうやって役割を果たしていったらもっとその効果が発現されるのか。それは引き続き私たちの方でも検討課題とさせていただきたいというふうに思っています。
議長(田口政信君) 5番、遠藤 音君。
5番(遠藤 音君) どうぞ本当にお金に見合った効果を発揮できるように検討をいっぱいしていただきたいと思います。普通でいうと、本当ほかの国だと結構小さいときからそういうふうな会話の方法なんかも身につけてそれほど苦労しないでいろいろな外国の言葉を話せるような状況になるということは、我々が行っているこういう外国語の教育のシステム自体にやっぱりどこかで改善しなければいけない部分ってあるというのは間違いなくそういう現実だと思うので、そこらがどこにあるのか一生懸命検証して、ならば最初に教育委員会の方々は、英語と中国語が日常会話できるような仕組みづくりとかそういうものを含めながら、やっぱりそういうふうな外国語で話を、コミュニケーションとるのが楽しいんだというふうな形で実践できるような立場で頑張っていただければと思います。期待しています。よろしくお願いします。
議長(田口政信君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 議員から貴重なご意見をいただいたわけですが、情報として1点話しておきたいと思います。
 これは県教委の情報でございますが、来年度24年度から、高等学校の話でございますが、県内の数校を指定して、英語だけを使って、いわゆる会話もすべて英語だけを使って授業を行うというふうな指定の授業が始まります。それとあわせて、連動することで中学校が関係してくるわけですが、中学校の英語力、英語になると思いますが、外国語といっても英語をより強化するというふうなことで今教育委員会の方にも打診されている部分がありますので、やはりなお一層そのALTを有効に効果的に活用していくということは今後さらに深まるものというふうに思っております。なお、そういったところにこちらも取り組んでいきたいというふうに思っております。
議長(田口政信君) 28番、岩淵正宏君。
28番(岩淵正宏君) この学校薬剤師について、何か報酬の改定は他自治体に倣ってみたいな説明ございましたが、どういう仕事量をもってこの金額になったのか。やっぱり妥当なのかどうかということを判断するにはちょっと説明不足かと思います。登米市に何人学校薬剤師がおって、そして7万円に値するようなこういう仕事しているんですよということで説明をいただきたいと思います。
議長(田口政信君) 学校教育次長、永浦敬悦君。
学校教育次長(永浦敬悦君) まず、今現在薬剤師お願いしてございます人数は16名でございます。16名ですべての小中学校を、一部兼務を含めまして16名で各学校に配置をさせていただいております。
 これまでこの方々に対する報酬といたしまして、実は県内の市レベルの、市で支給されている報酬の比較の中で、登米市のこの報酬額が下から3番目ということでございました。実は特にここ数年間の状況でございますが、この16名の方々の薬剤師の中で欠員が生じたというようなことが数件あったわけでございますが、その場合に新たに薬剤師さんを配置をしようとしたときの薬剤師さんがなかなか見つけにくかったといいますか、快くお引き受けをいただくことができないで大変苦労してきたというそういう経過が実はここ数年ございました。そういうことを市の薬剤師会の方々にもお願いをずっとしてきていたところでございましたが、なかなか引き受けられなかったということの一因に、報酬額の低さということも実は指摘をされてきたところでございます。そういうことで、県内の自治体の状況も調査させていただいた中で、今回の改定につきましては、隣接する大崎市と栗原市と同額に今回改定をお願いしたいということでございます。
 もう一つ、薬剤師としてのいわゆる業務の範囲といいますか、業務量につきましては、少なくとも各学校で取り扱うまずもって薬物等の適正な管理指導、これがまず一つあるわけでございますし、それと同時に、学校ごとの学習環境が適性かどうかというその部分の業務も実はあるわけでございます。例えば飲み水、それからプール水、これらのいわゆる細菌検査を初めとしたそういう水質の検査、あるいは空気検査といいまして教室内外のいわゆるごみの量でありますとか、あるいはホルムアルデヒドですとか、そういったようないわゆる物質の検査、こういったものもこの薬剤師の業務の中で求められているところでございます。あるいは教室の中の照度の適正さ、こういった部分も含めたいわゆる学習環境、衛生環境を適正に確保するというそういう観点での業務でございまして、いずれの自治体の薬剤師の方々も年間の業務日数はおおむね4日から5日程度ということでございます。
議長(田口政信君) いいですか。28番、岩淵正宏君。
28番(岩淵正宏君) 16人ということは、そうすると、市内であれば2校から、お一人、3校携わっていて、4日から5日と。日当にすると今まで1万円もらっていたような勘定になるんですけれども、そういう今後これからさまざまな児童生徒の健康管理に関する分野ですので、どうせなら7万円と言わないでもっとやって、これから放射能指導とかそういう形のも出てくるので、もう少し上げてもいいかなと今話を聞いて思ったんですが、やっぱり隣、大崎、栗原とただ合わせただけ。登米市自体ではその仕事の内容によって7万円にしたというとこはなくて「右へ倣え」でただこういう提案をしたのか。そこのところだけ最後確認します。
議長(田口政信君) 教育次長、永浦敬悦君。
学校教育次長(永浦敬悦君) 県内の自治体の状況を見ますと、もちろん7万円よりこの倍近く支給されているところもございます。一方で、この7万円の半分程度の報酬でお願いしている自治体もございます。今回の改定をお願いしております水準は県内のおおむね平均値ということでございますので、よろしくご理解をいただきたいと思います。
議長(田口政信君) よろしいですか、28番。そのほかございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) ないようでございますので、質疑なしと認めます。
 お諮りをいたします。ただいま議題となっております議案第26号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第26号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 討論なしと認めます。
 これから議案第26号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第26号 登米市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第8、議案第27号 登米市職員の給与に関する条例及び登米市職員の公益的法人等への派遣等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第27号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、一般職に係る給与条例において、寒冷地手当の経過措置期間が終了したため、関係条例について所要の改正を行うものであります。
 詳細につきましては総務部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口政信君) 議案内容の説明を求めます。総務部長、小野寺富雄君。
総務部長(小野寺富雄君) 議案27号についてご説明を申し上げます。
 議案書は23ページとなりますし、新旧対照表は提案理由説明書の13から15ページ、それから説明資料については、定例会資料別冊の61ページになりますので、お目通しをいただきたいと思います。
 本案につきましては、人事院勧告の実施に関する一定の目的意識に基づき条例を改正することから、条建てにより、一つの議案で2条例を改正するものであります。
 今回の改正点は、平成16年に人事院勧告に盛り込まれました給与構造改革の一環として寒冷地手当の支給対象地の見直し、支給額の引き下げ、支給方法等の大幅な制度改正が行われております。これまで経過措置として支給していましたが、この経過措置が終期を迎えたことから、この第1条の登米市職員の給与に関する条例、第2条の登米市職員の公益的法人等への派遣等に関する条例に規定する職員の手当のうち、寒冷地手当を削除するものであります。終わります。
議長(田口政信君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第27号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第27号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 討論なしと認めます。
 これから議案第27号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第27号 登米市職員の給与に関する条例及び登米市職員の公益的法人等への派遣等に関する条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 ここで休憩をいたします。
          休憩 午後3時01分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時10分
議長(田口政信君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 日程第9、議案第28号 登米市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例についてを議題にします。
 提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第28号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、平成23年人事院勧告のうち、給与構造改革による経過措置額の減額及び廃止、並びに若年・中堅層の昇給の回復措置を実施するため所要の改正を行うものであります。
 詳細につきましては総務部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口政信君) 議案内容の説明を求めます。総務部長、小野寺富雄君。
総務部長(小野寺富雄君) 議案第28号についてご説明を申し上げます。
 議案書は24、25ページとなります。新旧対照表については提案理由説明書の16ページ、それから、説明資料については別冊1の62ページとなります。
 本案につきましては、平成23年の人事院勧告において、平成18年度から実施している給与構造改革、いわゆる給与水準の引き下げに伴う激変緩和措置として設けられた現給保障制度を24年度で廃止することとし、24年度中にあっては経過措置額の2分の1減額して支給するものであります。ただし、減額する上限を1万円とするものであります。
 また、平成24年度で現給保障制度を廃止することに伴い、この財源により、平成18年度から平成21年度までの間、若年層・中堅層が給与構造改革期間中に抑制されていた給与号俸を、平成24年度には、36歳未満の職員については最大2号俸、36歳以上42歳未満の職員については最大1号俸それぞれ回復措置を講ずるとともに、平成25年度には、一定年齢未満の職員に最大1号俸の回復措置を講ずるものであります。
 なお、現給保障額の減額に伴う財源については2,395万6,000円を見込んでおりまして、若年層・中堅層に対する回復措置に必要な財源は2,179万4,000円となりますが、この財源を現給保障の減額に伴う財源として充当するものであります。
議長(田口政信君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第28号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) ご異議なしと認めます。よって、議案第28号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 討論なしと認めます。
 これから議案第28号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第28号 登米市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第10、議案第29号 登米市税条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第29号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための地方税法及び地方法人特別税等に関する暫定措置法の一部を改正する法律並びに東日本大震災からの復興に関し地方自治体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律等が平成23年12月2日に公布されたこと、及び地方税法の一部を改正する法律等が平成23年12月14日公布されたことに伴い、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては総務部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口政信君) 議案内容の説明を求めます。総務部長、小野寺富雄君。
総務部長(小野寺富雄君) 議案第29号についてご説明を申し上げます。
 議案書については26ページ、27ページとなります。それから、新旧対照表については提案理由説明書の17ページから19ページとなります。
 本案につきましては、平成23年度の税制改正により地方税法等が改正されたことから、国税と地方税を合わせた法人実効税率5%の引き下げ措置が講じられております。これにより法人税率が現行30%から25.5%に税率引き下げとなりますが、合わせて法人税の課税ベースの拡大措置が講じられることとなっております。この法人税率の引き上げ等課税ベースの拡大により、県税においては法人事業税が増額となり、法人県民税が減収となります。一方、市税では法人市民税が減収となることから、この増減の補正ですね。法人県民税が減収となり、市税においても法人市民税が減収となることから、この都道府県と市町村の増減収益を調整することが求められてございまして、このことから、都道府県と市町村のたばこ税の一部を市町村たばこ税に財源移譲するものであります。
 これにより登米市では、法人市民税が約1,600社対象となり4,200万円が減収となる予定でございます。一方、現状のたばこの消費状況から推計すると、市のたばこ税が約7,000万円増額となるもので見込まれております。この財源移譲の調整を図るため、市のたばこ税率を現行1,000本につき4,618円を5,262円に、644円引き上げるものであります。また、3級品、いわゆるエコー、しんせい等の市たばこ税率も現行1,000本につき2,190円を2,495円に、305円引き上げるものであります。市たばこ税の引き上げ相当分については、県のたばこ税率を引き下げるものであります。なお、たばこの価格には反映しないというものであります。
 次に、第9条の削除については、市税等の分離課税に係る所得割額の特例を廃止するものであります。これは、退職所得に係る個人住民税10%控除が平成25年1月1日以降に支払われる退職手当から控除されなくなるものであります。
 それから、附則第22条関係については、地方税法の改正により条文の整理をするものであります。
 それから、もう一点、附則第25条を新たに加えるものであります。これは、地方自治体が東日本大震災の復興に係る防災施策を実施するための必要な財源を確保するため、平成26年度から平成35年度までの10年間、個人市民税の均等割に500円を加算するものであります。現状の課税客体約3万3,000人から想定いたしますと約1,650万円が市民税として増額になるものであります。なお、県民税につきましても500円加算されることから、実質1,000円加算されます。現行の市県民税均等割5,200円から6,200円に引き上げとなるものであります。このうち、市民税が3,500円、県民税がみやぎ環境税を含め2,700円となるものであります。
 今申し上げた内容の所要の条例改正を行うものであります。
議長(田口政信君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。19番、佐藤恵喜君。
19番(佐藤恵喜君) 改正内容は簡潔な説明でわかりました。問題は、震災復興の財源確保という名で均等割の県民税合わせて1,000円のアップ、そして退職控除10%廃止によってのアップと、大きくは二つであります。さらにちょっと参考にお聞きしたいんですけれども、所得税についてもちょっと説明してもらえれば、2.1%の上乗せ課税があるんですけれども、それ説明いただくとありがたいんですが。
 もう一つは、年少扶養控除、住民税については6月から廃止ということなんですけれども、これもちょっと説明をお願いしたいものだなと。いわばこの税制改正に伴って住民税均等割だけでなくてという部分ありますので、税制全体像をつかむと、全体像ではありませんけれども、直接市民にかかわる分について説明をお願いしたいと思います。
議長(田口政信君) 総務部長、小野寺富雄君。
総務部長(小野寺富雄君) まず、所得税の課税の増額の部分ですが、地方税法の改正によって執行されるようであります。これについては県税の部分で対応となるものでありまして、今、詳細という説明ですが、時間を設けてご説明させていただきたい。後で説明させていただきたいと思います。
 それから、年少控除については、16歳未満、子ども手当が支給されている関係から廃止になるというようなことで、現在申告の際にも事業所でその控除を入れたまま来ているというような事もありまして、それらについて今調整をしているというような状況になっております。
議長(田口政信君) 19番、佐藤恵喜君。
19番(佐藤恵喜君) それで、法律改正に伴っての今回の提案ですので、その背景はわかりますが、私は、「はい、わかりました」というふうにはならないので、市長に一言見解をお伺いしておきたいんですが、いわば、平たく言えば税は、やっぱりこの国難のときだとだれが負担するかと、復旧復興費、例えば震災復興について。そうしたときに、みんなで出せるものは出していこうという考え方に立つならば、立たなければならないと思うんですけれども。ただ、やっぱり今回も片手落ちなのは、例えばその一つだけ紹介ですが、この株式配当譲渡益に対する課税ですね。これもやっぱりまだ10%で、延長、延長で来ているんですよ。だから、後で討論で若干紹介しますけれども、世界全体が、今やっぱりだれが税を負担するかというときに、アメリカのオバマ大統領も主張しています。国会提案していますが、富裕層への課税と。こういう世界の流れが来ている。しかし日本は、本当に億の配当取得等あっても10%の課税。100円の庶民の貯金利子に対しては20%の税率と。やっぱり不公平でないのかと。まして今回均等割1,000円の引き上げという問題はやっぱり不公平をさらに拡大するものだなと思うんですけれども、市長から見解をお伺いしておきたいと思います。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) この件に関するご質疑に関しては以前にも何度もご質疑をいただいております。私といたしましては、議員も私の意は十分ご承知かと思いますけれども、やはりそういった意味では、きちんとした、皆さんにきちんと説明がつくようなやはり税制体系のあり方というものは当然必要だというふうな認識をしているところであります。ご指摘をいただきましたとおり、本当に庶民の一般の預貯金の金利と比較をいたしましても、少なくもそれと同等の課税はあってしかるべきというようなのが私自身の見解であります。
議長(田口政信君) よろしいですか。そのほか。5番、遠藤 音君。
5番(遠藤 音君) 私はたばこ税の方でちょっと質問させていただきます。
 市税全体の金額、65億円。当年度の予算のベースからいくと、予定されるたばこ税、町税分も含めると5億5,000万円ですね。1割までいかなくても大分大きな税収の一つというふうな形になります。昨今たばこの害のことについては本人ならず周りに受動喫煙というふうな形での健康被害も含めて、分煙社会をつくろうというふうな流れになっています。そのことについては喫煙される方もみんな十分理解して、きれいな分煙の社会をつくっていこうという合意形成を図っていくことは、これは当然のことと思うんですけれども、我が市に今度省みますと、館内での全面禁煙というふうな形の申し合わせですかね、そういうふうな形になっていますけれども、それはそれとして、きれいな分煙社会をつくるならば、やっぱりこれだけの税収ある中で、やはり喫煙者があればこそこれだけの税収があるんだとなればきれいな分煙をするためのじゃあどういう施策を展開するかと。ただ、本庁だけ見てましてもああいうふうな端っこの方にたばこの吸い殻……
議長(田口政信君) 5番、税条例に向かった質疑をぜひお願いします。
5番(遠藤 音君) すみません。もしもっとずれたらば止めてください。その使い方なんですけれども、そういうふうな施策の展開をお考えかどうか。それはそれというふうな形の仕方をするのか、きちっとした税を徴収した中でのそういうふうな施策を展開する意味が、お考えがあるかどうか市長にお聞きしたいと思います。
議長(田口政信君) 市民生活部長、星 英雄君。
市民生活部長(星 英雄君) たばこに関連して禁煙の部分でございます。今、喫煙環境をどうするんだという観点でのご質問があったわけでございますが、健康を担当する部署といたしましては、目指すべきは全面禁煙という方向に進んでいきたい。その過程をどうするかという観点がございますけれども、向くべき方向はそちらに向かっていきたいという考えを持ってございます。
議長(田口政信君) 5番、遠藤 音君。
5番(遠藤 音君) それでしたらばせめて館内からたばこの自販機は撤去すべきです。片方でそういう立派なことを言いながら、片方でそうやって税収を確保しようなんて、そういうふうな二枚舌みたいなことはやめて、本来嗜好品ですよ。その部分を十分配慮しながら、実際すぐに撤廃しないまでも、その方向はいいですけれども、ならばその間にきれいな分煙社会をつくりながら撤廃しようというふうな考え方になるんであって、乱暴な話をするならばそれなりの、まず喫煙者に対してはそういうふうな考え方なんだということでご理解するということでいいんですか。
議長(田口政信君) 市民生活部長、星 英雄君。
市民生活部長(星 英雄君) 議員からも今ご指摘ございましたように、これまでの分煙からさらに一歩進んで現在は庁舎内施設内禁煙という取り組みさせていただいてございます。それも一つの段階というふうなとらえ方をしておりまして、乱暴なということではございませんで、嗜好という立場も十分認識をしているわけですけれども、あくまでも目指すべき方向という健康づくりの観点の立場からというお話をさせていただきますと、禁煙の方向で施策を展開をしてまいりたいということでございます。
議長(田口政信君) そのほかございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第29号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第29号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これより討論を行います。反対の方、19番、佐藤恵喜君。
19番(佐藤恵喜君) 19番、佐藤恵喜です。登米市税条例の一部改正について反対の討論をいたします。
 結論から言えば、さらなる不公平税制の拡大につながるものだということであります。市長自身今答弁ありましたが、税制のあり方について、不公平感等、見解を一つにするものがありましたので、そういう点では市長の責任ということではない法律改正に伴うものでありますけれども、だからといって仕方がないというふうに認めるわけにはいかないということであります。県民税合わせて均等割1,000円の増税になります。さらに、年少扶養控除によって6月から例えば子供さん一人の場合、住民税は10%、フラット税率ですので3万3,000円の増税になります。それから、所得税2.1%の上乗せ課税、賦課税が平成25年から始まります。さらに、今回の税条例改正にありました退職金に係る条項、10%控除廃止の条項もありました。一方で、証券優遇税制と言われる株式配当譲渡益の課税率は10%と。本来は20%であります。これが延期に延期されて、続けています。この優遇税制によって、調べてみましたらば、2003年から2011年までに推計で6兆379億円が減税されました。給与所得、事業所得であるならば、地方税、所得税と住民税合わせて税率は15%から50%の累進課税率です。汗水たらして働いて手にする所得に係る税金よりも、ぬれ手でアワの配当や株式譲渡益に係る税金の方が軽いことになります。例えばトヨタ自動車の豊田社長は2億7,000万円、京セラの稲盛名誉会長さんは5億9,000万円、セブン&アイ・ホールディングスの伊藤名誉会長さん8億3,000万円、ブリジストンの石橋監査役は4億9,000万円もの減税を受けていることになっています。これでいいんだろうかと。先ほども触れましたが、庶民のわずかな預貯金の利息にも20%の課税であります。
 したがいまして、こうした不公平の税制は根本から改めないと国も地方財政も変になっていくと。あとは消費税増税路線ということにしかなっていきませんので、根本から問題を抱えている税条例改正でありますので、反対する次第であります。ご賛同をお願いいたします。
議長(田口政信君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 次に、原案に反対者の発言を許します。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) ございませんか。ほかに討論ございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 討論なしと認め、討論を終わります。
 これから議案第29号について採決をいたします。この採決は起立によって行います。
 お諮りいたします。議案第29号 登米市税条例の一部を改正する条例について、原案どおり決定することに賛成の方の起立をお願いいたします。
   (賛成者起立)
議長(田口政信君) 起立多数です。よって、議案第29号 登米市税条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第11、議案第30号 登米市基金条例の一部を改正する条例についてを議題にします。
 提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第30号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、宮城県の東日本大震災復興基金交付金を活用し、東日本大震災からの復興事業に要する経費に充てるため、登米市震災復興基金を設置するとともに、出産育児一時金の直接支払制度が施行されたことに伴い出産費貸付制度の必要性がなくなったことから、登米市出産費貸付基金を廃止するため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては総務部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口政信君) 議案内容の説明を求めます。総務部長、小野寺富雄君。
総務部長(小野寺富雄君) 議案第30号についてご説明を申し上げます。
 議案書は28ページ、新旧対照表については提案理由説明書の20ページから21ページとなります。それから、説明資料については別冊1の63ページとなります。
 本案につきましては、第3条、積立基金に東日本大震災復興基金交付金を活用して震災からの復興事業に充当する財源を積み立てるため、新たに登米市震災復興基金を創設するものであります。積立額につきましては、交付決定額と同額の5億3,111万7,000円を予定し、基金事業として11の事業を計画いたしております。
 次に、第4条、運用基金のうち、登米市出産費貸付基金を廃止するものであります。平成18年10月に出産費用の医療機関受領委任払制度が導入され、また平成21年10月からは医療機関への直接支払制度が施行されたことから利用が見込めない事業となっていることから、本基金を廃止するものであります。廃止による積立金1,200万円につきましては、国保財政調整基金に積み立てがえするものであります。
 なお、基金の利用状況については、平成17年度が8件、平成18年度が14件、平成19年度は1件、平成21年度からは利用者がなくなっている状況にあります。
 なお、県内の貸付制度は仙台市と東松島、登米市の3市が実施しておりますが、仙台市は社会福祉協議会の事業として実施、東松島は登米市と同様に廃止する予定と伺っております。以上で終わります。
議長(田口政信君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 質疑なしと認めます。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第30号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第30号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 討論なしと認めます。
 これから議案第30号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第30号 登米市基金条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第12、議案第31号 登米市保健福祉施設条例の一部を改正する条例についてを議題にします。
 提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第31号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、平成23年3月11日に発生した東日本大震災により被災し継続使用が困難となった登米デイサービスセンター、迫老人憩いの家・福寿荘、迫北方老人憩いの家・長寿荘及び石越農村高齢者創作館を用途廃止するため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては福祉事務所長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口政信君) 議案内容の説明を求めます。福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 議案第31号でございます。登米市保健福祉施設条例の一部を改正する条例についてでございますが、議案書は29ページでございます。新旧対照表につきましては、提案理由説明書の22ページからでございます。ご参照をお願いします。
 新旧対照表の方でご説明を申し上げたいと思います。
 先ほど市長からの説明のとおり、東日本大震災で甚大な被害が生じました登米デイサービスほか3施設について、継続の使用が困難になりまして用途廃止することから、保健福祉施設条例における各施設の区分の規定から削除を行うものでございます。
 22ページの条例の別表第1をご参照いただきたいと思います。
 別表第1の第2条関係中、登米市デイサービスセンターの区分の中で「登米デイサービスセンター」を削除いたします。それから、23ページの方の登米市老人憩いの家の区分の中で、「迫老人憩いの家・福寿荘」とそれから「北方老人憩いの家・長寿荘」を削除いたします。それから、下段の登米市高齢者創造館の区分の中で「石越農村高齢者創作館」をそれぞれ削除するものでございます。
 24ページ、別表の第2でございます。2項でデイサービスセンター等の施設使用料の規定がございますが、その中で「登米デイサービスセンター」を削除するものでございます。
 一部改正条例の施行については、平成24年4月1日とするものでございます。
 なお、各施設の用途廃止に当たりましては、関係者に対して説明会を開催いたしまして、この施設がなくなることによりましての代替の活動場所の確保、それからその調整を行って、ご理解をいただいて今回の条例の改正案となったものでございますので、よろしく審議のほどお願いしたいと思います。
議長(田口政信君) ここで申し上げます。本日の会議時間は、会議規則第9条第2項の規定に基づき、あらかじめ延長いたします。
 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。12番、二階堂一男君。
12番(二階堂一男君) 確認も含めてお聞きをいたします。石越の高齢者創作館の件でありますが、これは前にご質問申し上げましたが、そのときは利用者の声を聞いてと、こういう申し入れをしましたところ、陶芸についてはお話をしたということですが、ここではもう一つ木工の関係もあるわけでございますけれども、その辺の利用者との話し合いをどのようにしたのか。そしてこの陶芸、木工をなくした後、どこに場所を移して事業を続ける予定なのか。その辺はっきりしていただきたいというふうに思います。
議長(田口政信君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) お尋ねのありました石越の高齢者創作館でございますが、被災して、中で使用しておりました障害者の地域活動支援センターについては総合支所の中に移動して、さきに議決をいただいております。高齢者創造館の分の中で高齢者の方々が陶芸と木工をやっていらっしゃるということで、その施設につきましては、過日ご利用者の方々に集まっていただきまして、代替施設として近くの石越公民館の中で活動していただくと。ただし、現状で創作館の中にございます関連の備品等がございまして、それらの収納場所について確保していただきたいというようなご要望がございまして、それについては、公民館わきに臨時の倉庫等を建てましてその中に格納するということでご了解を得ております。
議長(田口政信君) 12番、二階堂一男君。
12番(二階堂一男君) 吟味してほしいのは、陶芸の利用者6名だか8名ですね。だけれども、木工の利用者についても一緒に説明したのかどうか。そして一時保管はするんですけれども、作業を再開すること、公民館のどの部屋を使うかわかりませんが、その辺までは話し合いはなかったわけですね。考えはないのか、物だけしまっておいて使うとき場所がないのでは作業はできないわけでして、その辺、もう少し具体的にお願いしたいと思います。
議長(田口政信君) 長寿介護課長、熊谷 一君。
長寿介護課長(熊谷 一君) ただいまの件でございますけれども、木工の関係者については当日はおいでいただけませんでした。その中で、工芸の代表者の方が一任されたというようなことで伺っております。
 それから、この事業を行う場所につきましては、当日ここの公民館の職員も同席していただいております。現在幼稚園が入っている教室として使っている部分が、4月からその幼稚園が移動するということで、その空いた教室を利用していただいて活動いただくということで公民館の職員の方も了解をいただいているところでございます。
議長(田口政信君) 12番、二階堂一男君。
12番(二階堂一男君) 再々確認でありますけれども、要するに公民館を使って今までどおり高齢者の作業ができると、陶芸も木工もということで確認してよろしいですね。
議長(田口政信君) 長寿介護課長、熊谷 一君。
長寿介護課長(熊谷 一君) はい、そのとおりでございます。
議長(田口政信君) そのほかございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第31号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第31号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 討論なしと認めます。
 これから議案第31号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第31号 登米市保健福祉施設条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第13、議案第32号 登米市介護保険条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第32号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、介護保険法第129条の規定に基づき、平成24年度から平成26年度までの第5期介護保険事業計画期間における要介護認定者数の推計及び介護給付や介護予防等の見込み量の見直しに伴い、第1号被保険者の介護保険料を改定するため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては福祉事務所長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口政信君) 議案内容の説明を求めます。福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 議案第32号でございます。登米市介護保険条例の一部を改正する条例についてでございます。
 議案書につきましては31ページ、それから、提案理由説明書については6ページ、それから、新旧対照表につきましては提案理由説明書の25ページでございます。ご説明につきましては、資料別冊1の64ページでご説明をしたいと思います。
 介護保険につきましては、介護保険法の第117条において、3年を1期としての介護保険計画を策定することになっておりますが、現在の第4期計画が本年度で終了することから、来年度からの24年から26年までを1期とする第5期の介護保険計画を策定したものでございます。その中で介護保険料については、市町村の第1号被保険者の保険料につきましては条例で定めることになっておりますので、今回必要部分の改正を行うものでございます。
 この64ページから、その介護保険計画の概要を簡単にご説明したいと思います。
 1番の第5期介護保険計画についてでございますが、1から(3)までございますが、介護保険についての基本な考え方を述べております。2につきましては、介護保険料の算定についての考え方をまとめたものでございます。3につきましては、保険料の算定に当たって基礎数値となります人口の推計、それから要介護認定者数の推計について、3、4で記載しております。
 65ページの方でございます。
 それから5につきましては、介護報酬の改定につきまして、0.7%の介護報酬の改定率を見込んでございます。それから6番で、保険料の基準に対する弾力化についてでございますが、第4期同様、第4段階、第1号被保険者の所得ごとの分布を見ますと第4段階が一番多いわけでございますが、その第4段階を負担の軽減を図るために二つに分けまして弾力化を図ってございます。それについては、後の保険料の68ページでご説明をいたします。
 それから、7番目につきましては、66ページの7番目でございますが、介護保険の財政安定化基金の取り崩しについてでございますが、これは介護保険法の改正がございまして、これまで積み立てをしておりました県の介護保険の基金について、その基金を取り崩して保険料の軽減に充てるということで介護保険法の改正がなってございますので、それについて記載をいたしております。金額については後の表でご説明をいたします。
 67ページでございます。
 第1号被保険者の保険料の推計についてでございます。これが3年間の合計の数字で、給付とそれから保険料の見込みについての基礎資料でございます。総給付費から5段目までの算定対象審査支払手数料まで合計したものが標準給付見込額でございます。それから、そのほかに、給付ではないんですけれども、地域支援事業費がございまして、それらを足したものに第1号被保険者の割合を掛けたものが第1号被保険者の負担相当額ということで算出しております。
 それから、調整交付金につきましては、国から参ります調整交付金の見込額でございますが、Dの欄は計算額でございますが、相当金額ということで交付金の相当額ということで計算しておりますが、Eはこれまでの交付実績を勘案しまして実際交付される見込額を立てております。
 それから、3段ほど下がりまして準備基金の取崩額でございますが、これは費用に対して、先ほどご説明しました保険料の軽減を図るために、下の欄にございます基金の最終23年度末の現在高から、うち2,000万円を取り崩して充てるものでございます。
 それから、その下の財政安定化基金取り崩しによる交付額は、先ほどお話ししました県の安定化基金から取り崩して交付を受ける見込みの3分の1の金額でございます。
 それらを計算いたしまして、年額について所得段階ごとの加入割合の補正後の被保険者数となってございますが、3年間合計の被保険者の数の補正後の数字、いわゆる所得ごとに割合が違いますので、それをならした場合の保険者の数が6万6,131人でございます。それらを計算いたしまして基準額となる年額を5万8,930円に定めてございます。それを月額に直したものが4,911円でございます。
 基金の状況がございますが、大変申しわけございませんが、一部訂正がございます。2段目の平成23年度中の積立予定額でございますが、「2,530万7,000円」となってございますが、正しくは「2,519万円」でございます。それから一番下の段、それに伴いまして差し引きした23年度末の現在高の見込額ですが、「4,519万6,000円」となってございますが、正しくは「4,507万9,000円」が正解でございます。そのようにご訂正をお願いしたいと思います。
 今、8番について、費用から保険料額を算定する関係について表でご説明しましたが、具体的な保険料につきましては9のところでございます。所得段階、それぞれ1段階から6段階までございます。対象となる方については、所得の状況に応じてこの区分に分かれております。先ほど申し上げましたように、登米市は第4段階のところに50%を超える人数が集中しております。その方々を基準額といたしまして、先ほどの月額4,911円、年額で5万8,932円というふうになってございます。これは端数がちょっと先ほどの金額と合いませんが、正しくは5万8,932円です。すみません。5万8,932円の方でございます。
 それから、第4段階の上の段でございますが、これが弾力化した部分でございます。第4段階のうち、公的年金等の収入の合計額の所得が80万円以下の方については、基準額の0.95%ということで保険料の金額を引き下げてございます。月額で4,665円、年額で5万5,980円となってございます。
 なお、第1段階から第6段階までの調整率につきましては、介護保険の施行令の方で率が決まってございます。これ以上につきましては各市町村の任意でございますが、登米市の所得ごとの分布を見ますと、第5段階、第6段階の方の人数の占める割合が合わせて18%ちょっということで人数の割合が低いものですから、その方々に保険料の軽減を図るために極端な率で保険料をお願いするというのはちょっと不公平になるということで、第4期から同じ段階での6段階での保険料の区分ということでお願いをしたいというふうに思っております。
 これが第5期の介護保険計画の概要でございますが、今度、条例の改正の方でございます。提案理由説明書の25ページでございます。この25ページの表と今ご説明いたしました68ページの表を対比しながらごらんいただきたいと思います。
 第4条で保険料率の改正を行ってございます。第4条の第1号から第6号までがこの68ページの表の第1段階から第6段階に相当するものでございます。第4期の保険料の金額と合わせてご確認をいただきたいと思いますが、表のとおり保険料について改定を行うものでございます。
 それから、議案書の31ページでございます。
 施行期日の下に経過措置となってございますが、この経過措置の第3条でございますが、平成24年度から26年度までの介護保険料率の特例ということで、先ほどご説明しました第4段階の弾力化についての規定でございます。特に第4段階を弾力化して0.95の保険料率で保険料をお願いすることについての規定を設けてございます。
 以上でございますので、ご審議の上、ご決定をいただきますようよろしくお願いいたします。
議長(田口政信君) ここで休憩をいたします。
          休憩 午後4時03分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後4時13分
議長(田口政信君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 議案第32号について説明が終わっておりますので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。19番、佐藤恵喜君。
19番(佐藤恵喜君) 保険料の改正条例でありますが、その改正に至る背景として介護保険計画の変更もあるということなので、若干その分もお聞きしたいと思いますが、今回介護報酬も改定になっていますが、介護職員の処遇改善交付金、これがなくなって、今度は介護報酬の中でその部分を見るということになります。そうすると実質この介護報酬はマイナス改定ということになるのではないかと。したがって、この事業所の収入も減になりますし、そのことによって介護職員の処遇改善どころかマイナスになるのではないかという心配がされていますけれども、どうなものなのかと。
 もう一つは、この生活援助の関係。ホームヘルパー派遣ですが、一般質問でもありましたが、15分短縮とかということがあるということで、いわばこの改正について、事業所とか、あるいはケアマネジャーとかヘルパーさんとかがどの程度この話し合いというか、今度こういうふうになるんだということを話し合いというのを当然やっていると思うんですね。どういう影響があるか、どういう手を打たなくちゃならないかということだと思いますので、その話し合いの内容、そして現場の声をつぶさに紹介していただきたいと思います。
 それから、財政安定化基金の取り崩し、国が認めて3分の1、市町村負担分と。あと残り3分の1は県負担分、残り3分の1は国負担分。これについては、こういう大変なときだから市町村分だけを戻すのではなくて県も国も負担をすると、市町村に交付をして幾らかでも保険料値上げを抑えると、軽減を図るという働きかけとか協議とか、そういうものは本市からどういうふうにしてきたんでしょうか。やったんでしょうか。
 それから、保険料の段階区分をもっと細分化するとかもっと多くするという点で、全員協議会でも試算をと。先ほどの説明で、都市部と違って5段階、6段階の該当の被保険者は少ないという説明ありましたので、それが資料にもあるように18.8%だと。ちなみに、仙台市はその5段階、6段階、登米市の段階に当てはまる、区分がちょっと違いますからあれですけれども、5段階、6段階、ストレートにもちろん計算できないんですが、登米市に合ったその所得区分の該当者数というか割合も参考までに聞かせていただきたいと思います。
議長(田口政信君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 最初の、保険料の改定に当たって現場の声がどう反映されたのかということでございますが、この介護保険計画の策定に当たって委員会のメンバーの中に当然居宅介護事業者の代表も入れてございます。ただ、現在来ておりますのは、その具体的な介護報酬の改定額までについては、個々のサービスごとの改定額までについてはこの介護保険計画を立てる段階では明らかになってございませんでしたので、総額の3年間のいわゆる給付の見込みについての計画でございますので、一つ一つのサービスについての可否というか、それをどう影響が出るかということについては、介護保険計画の中で検討すべき事項ではないというふうにとらえております。
 それから、ちなみに報酬改定について0.7%見ておりますが、それに伴う分の保険料に与える影響額については33円でございます。処遇改善の分が、基金が今回ゼロになるわけでございますが、処遇改善の分が消えてしまうんではないかと、いわゆるマイナスじゃないかというようなお尋ねでございますが、その0.7%の改定については、処遇改善部分については、含みと申しますか、それも含んで全国平均で0.7というようなことでございます。詳しいその0.7の分の中で処遇改善部分が幾らか、それから施設の経費アップ分が幾らかというのは詳細は明らかになってございません。
 それから、お尋ねの12段階、例えば12段階やっているところの分布なんでございますが、ちょっと仙台市の保険料の金額についてはわかるんですが、ちょっと先ほど申し上げた保険料ごとの段階ごとの人数についてはちょっとわかりかねますので、ちょうど前にお話あった西宮市の保険料の段階でちょっとご説明をしたいと思います。
 西宮市も10段階の保険料の段階を設けておりまして、そのうち第4段階の基準額が、全体で9万1,819人、1号被保険者の数を見ているんですが、第4段階までの人数が57%ほどおります。いわゆるうちの方で登米市で言う第1段階から第4段階までの人数が、西宮市の全体で9万1,000人いるうち57%ですか、おります。登米市の場合はさっきお話ししたように第4段階までが、もう8割近い人が第4段階までの所得層だということでございます。西宮市は5段階から10段階までの人数が42%おりますので、割と所得段階ごとに人数が分散しているということで、均一に率を上回って、1.5を上回って、1.75、1.875、2.0まで段階を設けて課税してございます。
 こういう所得段階ごとの人数分布であれば、ある程度所得の高い方については2.0とかという倍率を適用して保険料を定めることもできますけれども、先ほどお話ししたようにやはり登米市の場合は8割の方が第4段階までということで、それを上回る方々に極端に高い倍率を掛けるのは逆に不公平になるんじゃないかという考え方でございます。
議長(田口政信君) 長寿介護課長、熊谷 一君。
長寿介護課長(熊谷 一君) 2点目の、ホームヘルパー等々との話し合いは今まで行ってはおりません。
議長(田口政信君) もう一点、安定化基金の取り崩し。所長、安定化基金の取り崩し、国県の負担云々という協議をしたかということが、できたかどうかという質疑があります。福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 県の介護給付費の財政調整の安定化基金につきましては、先ほど申し上げたように、介護保険法の改正があって、介護保険法の改正の中で3分の1は取り崩して市町村へ、それから3分の1は国に返すということで規定なっておりますので、それは話し合う以前に法律改正に基づいて今回取り崩しの額を受けたということでございます。
議長(田口政信君) 19番、佐藤恵喜君。
19番(佐藤恵喜君) まずその安定化基金のことですが、厚労省が今回の改正に当たって、介護保険計画策定に当たってのQ&Aというんですか、これがあります。全部紹介されています。この財政安定化基金は、国、県、市3分の1ずつ拠出すると。都道府県の拠出分についても保険料軽減のため市町村に対する交付金とすることは可能という答えなんです。説明なんです。だから、決まったものだと、3分の1だけだというのは認識不足甚だしいということであります。県に対しては保険料軽減のために市町村で交付していいですよと、3分の1は。という国の指導であるならば、おのずと国も県に対してそういうふうに言うならば、みずから率先して国の分も保険料軽減に充てると。これは理論的理屈的にも国の厚労省の考え方に立つならばあり得るという話なので、しかし、今の説明だと、全くそういうのというのは、あれなんでしょうか。町村会、市町村会、市長会とか、この事務レベルの会議とかあるのかどうか。この第5期介護保険計画に当たってですね。策定に当たって。全くそういうのは話題にもならなかったと。どなたも問題提起する人もいなかったと。我が市でなくても、他市でもですね。どうなんでしょうかね。
 私は123%、年額にして1万1,000円も基準額で引き上がるこの介護保険料。きのう担当課長に聞きましたら、本当にさまざまなそろばん弾いて何とか工夫ないかという、その現場の努力はきのうよく聞きました。だから、安易にやむを得ないという立場ではないなというのはわかってますけれども、しかし、もっと努力するという点で、県、国のこの財政安定化基金、それこそ名目からしても、財政出動するというそういうものというのは、やっぱり国の説明を「はい、わかりました」だけでは済まないんでないかと思うので、どんなそういう協議というのがあるものなんでしょうかね。ないような説明なんですが、全くそういう話、市段階というんですかね、県内、例えばそういうものというのはないものなんでしょうかね。市長会だってないものなのかどうなのかお聞きしたいと。
 ヘルパーとの話はしていないと。しかし福祉事務所長一般質問では、今度30分から60分のヘルパーの派遣基準、20分から45分になるというんですか、今度ね、なると。問題ありませんと答弁しているんだよね。現場のヘルパーさんたちの、あるいはケアプラン立てるケアマネジャーの話も聞かないで問題ないというのはどういうところから来ているんだか。それも説明していただきたい。
 質問でも一般質問あったように、洗濯機どうするかなとか、そもそもヘルパーさんというのは行ってすぐ玄関開けて、洗濯物入れて、スイッチ入れて、次は掃除して、はい終わりましたと帰るだけではないんでないですかね。ヘルパーの仕事というのは。本来は、少しは、たまに来たと、ヘルパーさん来たと、そしてしゃべりたいこといっぱいあるんだと、聞いてもらいたいと、寂しかったんだと。そういうのも本来は時間にもっと含めなくちゃいけないんだけれども、ずっとこれも縮小されてきていると。今度さらに縮小だと。そのときにケアマネジャーにもヘルパーにも聞かないと。話し合いもしないと。これはいいんでしょうかね、そういう姿勢で。私はやっぱり果たしてどうなるのかなと、心配なんだけどと、問題ないのですかというくらいのそういう姿勢というのは必要ではないでしょうか、市長ね。私は思いますよ、本当に。ここまでやっぱりサービスを受ける方々の立場に立ってやっぱりこの介護保険事業を進めるかということがやっぱり問われると思いますので、もう一度お聞きしたいと思います。
 保険料段階区分の細分化については、大都市西宮の例で紹介いただきました。そのことはよくわかります。私も問題意識あって全国のいろいろなところを、今ホームページは便利ですからね。本当にいろいろなところを、だっと介護保険と出てきて、また何だかして、今度は保険料とだっと出ます。多くの自治体のも持っているんですが、やっぱり都市部中心。やっぱり所得多いところがなきゃだめなんだということなんです。したがって、大都市のようにダイナミックに細分化して、いわば第4段階の80万円以下のところを0.95でなくて仙台市は0.85に下げているとかということを、登米市はダイナミックにいかなくても何ぼか、上限を登米市の1.5倍でなくて1.8倍とか2倍にした場合に何ぼか、この第3段階とか第4段階の前の部分、何ぼか影響というのは出てこないものでしょうかね。参考までちょっとお聞きしたいと。なかなかこのダイナミックというか、目に見えるような形で出ないということはわかりますけれども、説明していただくとありがたいなと思います。
 そういう中で、あとは市長に、全体的なあそこのやっぱり先ほど言ったようなこと、市長会での議論だとか、あるいはヘルパーさんの直接現場の声を聞く姿勢というのはどうなっているのかということも市長からも聞きたいし、やっぱり大変な負担増になるので、代表質問であったように、一方で財調含めいろいろな基金の積み増しがあるという中で、一方ではこういう介護保険料の引き上げがあると。どうとらえたらいいんだろうという中で、一般会計から全額とはいかなくても数千万円でも繰り入れるとか、そういう姿勢というのはやっぱり無理なんでしょうかね。その点もお聞きしたいと思います。
議長(田口政信君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 最初、基金の処分についてのお尋ねでございますが、いわゆる3分の1ずつについてはいわゆる介護保険法の改正で決まったものでございますが、その中で、いわゆる国の部分について、県の部分について、それぞれ使途と申しますか使い道があってのことというふうに聞いているわけですが、特に県分については3分の1残すというのは、いわゆる各市町村ごとに介護保険の料率が違いますので、給付の途中で例えば給付に不足が生じた場合はその基金からの借り入れをして支払いに充てるというようなことがございまして、県としては、県分の3分の1についてはその貸し付けの財源として充てたいというような説明を受けております。登米市分は登米市の拠出に基づいた金額でございますので、それについては3分の1の交付を受けたということでございます。国の分については、国の方で法律改正に伴って3分の1引き上げるものでございますので、私の方で特に意見というか、直接の意見は申し上げておりません。
 それから、現場の方々の意見を聞かないでいわゆるサービスの縮小とかについての制度のあり方というか、サービスのあり方についての考え方だと思いますが、一般質問の中でもお話ししましたが、いわゆる適正な介護度があって、介護度に応じたいわゆるサービスの体系とか自己負担の額になっているものですから、まず適正な介護度の認定を受けていただくと。それで、その介護度に応じたサービスと自己負担額の中でのサービスということでございますので、確かに時間が短くなったことで今までのサービスを受けられなくなる方々がいるかと思いますけれども、必要であれば当然その必要なケアプランの見直しが私は前提だというふうに思っておりますので、今の制度の中でケアマネジャーとか、それから地域包括支援センターだとかにかかわる職員がその分を補うというか、お話の相手の分とか、訪問する分の頻度については、ヘルパーだけでなくてそういうかかわる人たちの中でもカバーできるのかなというふうに思ってございます。
 それから、保険料の段階についての影響額でございますが、仮に第5段階と第6段階の方々の人数で、例えば1段階と2段階合わせて人数で4,288人いるんですけれども、その方々の保険料分を、保険料の収入分を例えば第5段階と第6段階の方々で全部カバーするとすれば3倍を超える金額にならないと均衡にならないというような計算でおります。この少ない人数の方々にそういう高額な率の保険料負担をさせるのは適当でないということで判断をしたものでございます。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) まず、この問題に関して宮城県の市長会としてどうのこうのというふうな話は実はいたしておりません。しかしながら、全国市長会の部分の中において、やはり国保のことにつきましても、介護保険のこのことにつきましても、やはりこれだけ負担が大きくなるというようなことについては、もちろん市民の皆さんからの税をちょうだいをしていくだけでは回り切らない。そしてまた市の、自治体の負担も非常に重くなってきているというような状況の中でやはり見直しが必要というような声は上がっております。また、そういった事柄につきましては、提言、要望等はさせてはいただいておりますが、なかなか具体化には至っていないというような状況であります。
 それから、この第4段階の特例の部分ですね。この部分につきましては、さまざまシミュレーションをいたしました。ここを低減をするために実は第1段階、第2段階の部分の介護保険料も、要するに5、6段階分をただここだけに充てるというわけにはまいりませんので、結果的には、そうしますと広く、薄く皆さんにもご負担をいただくような形になってしまうということを考えますと、できるだけ第1段階、第2段階の皆様につきましてはその影響を与えたくないというような、さまざまなシミュレーションをさせていただいた中での判断として今回このような形でご提案をさせていただいているということでありますので、ご理解をお願いしたいと思います。
議長(田口政信君) 19番、佐藤恵喜君。
19番(佐藤恵喜君) ちょっとさっき第2問で忘れましたが、介護報酬改定の中で介護職員処遇改善交付金、交付金として別枠で来たものが今度は介護報酬の中に入るということで、その分がマイナスになりますよと、事業所の収入としては。いわば0.7%の引き上げなんだけれども、処遇改善部分というのは大体2%部分必要なんだと言われているんですよ。そうすると、1.5マイナスになるんです。報酬。そうすると、改善どころか賃金引き下げとかというようなことまでいかないかなと、そういう心配があるんだということなんです。
 そこで、市長、私は一言やっぱり言ってほしいんですが、こういう大改定のときに、そしてこれは保険料の額も決めると同時に事業計画、中身も変わるということですので、私ならば現場の人たちに、今度こう変わるんだけれども、何か不都合なことあるかとか、よくなるのはどこだとか、話し合いというのを最低限議会に提案する前に私ならあって当たり前だと思うんですけれどもね。それを先ほどもお聞きしたんですけれども。問題ないのかね。もっとやっぱり現場主義というか、それ貫いてもらわないと、本当にどこに今この負担増への怒りをぶつけたらいいのかなと。だから、そういうのを含めて全体、市長も、あるいは福祉事務所長も言ったように、段階をふやしても、いわば多い所得の人が都市部より少ないから結局下にもしわ寄せいくというその説明よくわかりますので、少なくとも今言ったような介護報酬の問題も、実際のヘルパーさんの賃金にも響くおそれもあるんじゃないか、訪問時間が15分短縮することによってサービスも心配になるし、介護報酬自体も、事業所の収入もその分減りますのでね。だから、もっとやっぱり現場に向かって仕事をやってほしいと思うんですけれども、ということなんですが、これは市長から一言お願いしたいと思います。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 以前、百歳敬老でお邪魔したお宅がありました。実はその方、おひとり暮らしでありまして、別棟、ちょっと離れたところにご親戚がお住まいということではありましたが、そのときにご一緒させていただいたのがヘルパーさんでありました。ヘルパーさんのサポート、支えがあって初めて生活が成り立つというような状況の中での百歳の敬老ということでありました。そういった意味では私自身もこの介護保険の重要性とその意義は強く認識をしているところでありますし、また、ただいまご指摘をいただいたとおり、こういった制度の改定によってどこがどういうふうな影響を受けるんだろうかという、ただ単なる制度設計ということだけではなくて、それが与える影響というものも我々自身がまず創造力を働かせながら、そして関係する皆さんにいろいろなお話もお伺いをしながら現場の声を届けていく。また、我々もその現場の意識を共有する。そういった取り組みをしっかりと進めていきたいというふうに思っております。本当にそういった意味では、こういった状況の中でのご提案ということではありますけれども、今後ともこの現状については注視をしながら、そして制度改定ということだけではなくてやはり現場の声をきちんとした形で届けていく。また、我々の中で取り組めることは何なのかということもしっかりと検証させていただきたいというふうに思います。
議長(田口政信君) そのほかございませんか。11番、菅原幸夫君。
11番(菅原幸夫君) この介護制度の保険料というのは、これ本当は目的税で介護に使うことになっているんだけれども、先日の質問したときも聞きましたが、大体大きく何すると新聞報道なんかでは介護の分の措置費の引き上げが2%や何ぼと。ところが、先日の答弁を聞くと、大体7%ぐらい上がっていると。そうすると、その他は何が上がっているんですかと、いわゆる23%の中でということをいろいろ聞いたわけですが、この介護の重要性というものは、ただ、今市長のお話を聞いても、その件については私も認識は同じなんですけれども、知事は宮城県内の介護の入所希望する人を100%入れたいと、こういうふうなことで、地域密着型の施設というものを独自に他の県よりもそれにうんと力を入れて、そしてそれに対する補助金というものも、相当な補助金。そして今度はそれに対してのいろいろな準備金から何から、いろいろな諸経費までが県の方で負担してそして施設をふやしちゃっているというような経過があったわけなので、そういうふうな流れからして市もそれなりにそれに共鳴をして施設もふやしたと。こういうこともあるわけなので、ある程度やはり市長の施策といいますか、いろいろなそういった方向性を持って、これは現在のこの数字見ても、保険料の収納必要額に対して38億7,859万円と言ってもそれぞれに対して基金に2,000万円、安定化基金に3,942万円。こういった38億も徴収しなければならないのにそういう基金額というのは、これが本当に介護というものが非常に今重要なそういった施策であるという認識が、私ちょっと認識は何するんだけれども、金は出さないで、ただかかった経費皆足してそいつを割ったというだけの数字でないのかなと、こういうふうに私思うんですね。この前も言ったんですけれども、18万円年金もらっている人までこの介護の保険料は取られるわけでありまして、しかもそれは自分がかかったからでなくて、使ったからでなくて、使えば使ったで今度は当然給付費払わなくちゃいけないんだから。そういったことからしてこの介護保険料というものはやっぱりある程度市民の収入にスライドしたというか、世の中のいろいろな家計の支出とやっぱり関連したような、そういうふうなこともやっぱり考えなければならないんでないかなと。私ここで思い切って、38億のうちやっぱり市が2億なり3億これに入れるというぐらいの、これに3億も入れたらば相当な数字が下がってくると思う。だから、やはりそれぐらいの気持ちで、やっぱり増設もしたんだし、いろいろしないというと、経費のふえた分が全部介護保険の対象者にだけ負担金として賦課するというんでは余りにも無責任な話でないかなと私思うんですが、これ、どうですか、市長。もっと繰入金とかなんとか捻出してそしてこれに入れてもっとやっぱり、23%なんて上げるなんていうのは、今23%なんて……
議長(田口政信君) 11番、質疑の方向に向かってください。
11番(菅原幸夫君) 質疑さね。と思うんですが、余り力説したって効果がないんでは何だからだけれども、この辺で答弁聞きます。どうですか、市長。そこで繰入額をふやすか、それは当然だと私は思うんですが。それぐらいのことを考えて。
議長(田口政信君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) さきのお尋ねでもございましたけれども、この67ページの表の給付費に対しての保険料の考え方でございますが、介護保険法の中で、その各給付ごとに国、県それから市町村、それから保険者の負担割合が定められてございます。その率の定めに従ってその範囲内で、あとは所得の段階に応じて保険料の月額をその段階ごとに決めているというだけで、保険者全体の負担すべき割合については介護保険法の中で定められております。ちなみに給付の方で申し上げますけれども、施設等の給付ですと国が15%、それから都道府県が17.5%、それから市町村が12.5%。それから社会保険診療報酬支払基金、いわゆる2号保険者の方々の保険料をもとにして支払われる基金からのお金でございますが、それが29%。それから1号保険者の保険料が21%と。合わせて95%になりますけれども、あとの分について、実際財政調整交付金の中で5%が来ることになっております。ですから、実質国は15%になっていますが、実際は調整交付金がございますので、20%近くの負担割合になっているということで、結果としてはそういう負担割合が決まっている中でやっているということでございます。
 それから、一般会計の繰り出しについては、これについても一般会計の繰り出しで賄える費用自体が、この保険料の制度をとっておりますので、事務費とか、それから人件費等の分については一般会計からの繰り出しで充てることができますけれども、給付そのものに一般会計の繰り出しを充てることはできないというふうに思っておりますので、それについては、それをやってしまうとこの介護保険会計の運営自体の健全性が損なわれるということで、これまでもしてこなかったということでございます。
議長(田口政信君) 11番、菅原幸夫君。
11番(菅原幸夫君) 答弁を聞きました。国の割合、それから市町村の割合、県の割合、それ全部割り当てると95%。そして、それを負担割合というものが決まっていることだったが、なぜ市町村ごとに違うんですか、その介護保険料が。全部決められたとおりやったらいいんでないの。国が何%、何が何%、何が何%で、何が一体保険料が高いところと低いところあるんですか、そこ。その辺あたりはだれがやっているんですか、それ。そこ。だれがそういう数字が違ったような数字にしているか。
議長(田口政信君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 今の収入の方の負担割合でございますが、いわゆる出る方の給付の方については、いわゆる高齢者の数ももちろん違いますし、それから、介護認定のいわゆる認定を受けている方々の人数も違います。それから、サービスを提供する施設数についても各市町村ごとに差異がございます。介護保険計画の中では、いわゆるその市町村ごとの介護認定者の推移、それからサービスのいわゆる実績をもとにして3年間の給付の見込みを立ててございます。それがいわゆる歳出に当たる部分の費用が各市町村ごとにまちまちでございますので、さっき言った負担割合は同じでございますけれども、出る費用の分がいわゆる保険料の違いになっているということでございます。
議長(田口政信君) 11番、菅原幸夫君。
11番(菅原幸夫君) また最後に何だかおかしい変な話を言うけれども、実は、この介護制度の介護の現実に第一線でやっている介護そのものの中にも、私も介護を受けている身なんですけれども、本当に理解できないような、それも厚生省の方からの指導とかそういうことかもしれませんが、例えば手すりをつけるというようなものでも、これはやはり認定業者で認定しなくちゃいけないと。大体7万か8万かかるやつ、自分がホームセンターで買ってくると1万5,000円で立派につく。あるいはその他のことでも、どうですか、入浴料なんていうのも幾らかかっていますか。いろいろなサービスの問題だって、それをいかにその決まった料金の中で安く上げるかと、余計な経費をかけないかというそういう努力をしているのかしていないか。あるいは、している町としていない町と、そんなにその町で介護を余計、点数を余計使ったことが累積していって、そして年間の措置費といいますか、措置費が大きくなったから最後にいって負担金が高くなったんだというようなことだけは、そんなことだけはいけないと思いますよ。本当に、これは管理運営している者の責任というものが一つも見えてこない。これを見ていると。そういうことで、私は、やはりもっと23%ずつ生活費がおのおの上がったら生活できるかなんだか。皆さんだって給料もらっていてどうですか。生活費が23%上がるの当たり前だなんて言っていたら大変な話じゃないですか。しかもか弱い65歳以上のそういう人々の負担金であり、それを支えるという何に繰入金もできない、法律で決まっているから行政の方でお手伝いできないというような、そういうふうなことは私も今後勉強しなくてはいけないんだけれども、ちょっともう少しやさしい登米市、やさしい布施市長であってほしいなというのが私のまとめです。
議長(田口政信君) 答弁必要ですか。
11番(菅原幸夫君) 答弁ですか。その気があるなら、答弁。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) ご説明申し上げておりますが、この介護保険料は、この介護保険をお使いになった皆さんへのそのお金をどのような形で賄うかということでこの介護保険料が決まるということであります。そして市といたしましては、ですから、要するに介護にならない仕組みをつくるために、要するにこの介護保険制度だけではなく、市民生活部、健康推進課を中心として、また医療局も合わせて要介護にならないそういった取り組みに対してのさまざまな取り組みをさせていただくというようなこととしております。そういった意味では、新年度予算等につきましても、認知症の対策事業ということで市民病院と一緒になってそういった調査を進めていきながら取り組みを進めさせていただくということであります。実態といたしましては、さまざまな意味で障害が生れて介護が必要な方もいらっしゃいますし、また、認知症等が進んだことによって非常に介護が必要な状況になってきている方も実は非常に多いというのが実情であります。ですから、この介護保険制度につきましては、もちろん介護保険料をどうやって下げるかということにつきましては、福祉事務所だけでなくてすべての部署と連携をとりながらその取り組みをぜひさせていただきたいというふうに思いますので、よろしくお願い申し上げます。
議長(田口政信君) ほかに質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第32号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第32号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
 初めに、原案に反対者の発言を許します。19番、佐藤恵喜君。
19番(佐藤恵喜君) 19番、佐藤恵喜君です。何で物分かり悪いんだろうと思う方はいるかどうかわかりませんが、介護保険条例の一部改正について、やっぱり認められないというその理由を述べたいと思います。
 市長も今の質疑の中で、介護保険事業の費用をだれがどのように賄うのかということをお話しされました。そのとおりなんです。問題は。そこでよく見なくちゃならないのは、かつて介護保険制度始まる前、福祉制度として措置費として、老人介護について、高齢者介護についての負担は2分の1でした、国。それが介護保険始まったときには4分の1、25%に下げ、そして今は実質20%しか国は負担していないんですよ。ですから、登米市初め全国どこでも特養の待機者をなくそうということで施設を増設する、サービスを向上させると頑張れば頑張るほど介護保険料に結局はね返っていくと。この根本矛盾。いわば少なくともかつての措置制度のような国の負担を5割に戻すと。ここに大きく政治のかじを切らない限り根本的な解決にならないというのは、それは市長も市長会で国に上げているという話もありましたので、その点では認識は同じだと思います。だからといって、いいのかと。23%。年額1万1,000円の今回の引き上げ。代表質問でも触れましたが、登米市民の所得は年々減少。そして先ほど可決されましたが、住民税の均等割の増等々、ますます貧困と格差の拡大になってしまいます。したがいまして、財政安定化基金の取り崩し分だけでなくて、県、国にもそれをやらせるべきでありますし、一般会計からの繰り入れもどこまでやれるかは別としても最大限努力すると、そういう姿勢があってしかるべきだというふうに思います。
 最後に、現場の皆さんにはちょっと、現場の皆さんというよりは、ちょっときつい部分になるかもしれませんが、今回の第5期介護保険計画策定に当たって国の制度改定が大きく変わったと。その一つに、家事の生活援助の縮小の問題もありますし、ヘルパーさん等の処遇改善交付金も国が面倒を見なくなったという大きな改正というか改悪があります。どうなるんだろうと現場に足を運んで、そして提案前にいろいろと話し合ったと、こういうふうにすればこの問題は乗り越えられるということも見えたり、いや、これはやっぱりまずいんだとか、さまざまなやっぱり現場の声がこの議場でもつぶさに紹介されるならばもっといいだろうなと。いわばそういうふうな、真剣でないとは言いませんが、そういう姿勢で、現場重視の姿勢に布施市政がもっと立たれるように最後に希望も申し上げながら、どうしてもやっぱりこれは今改定は認められないという反対の討論といたします。ご賛同をよろしくお願いいたします。
議長(田口政信君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。ございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 次に、原案に反対者の発言を許します。ございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) ほかに討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 討論なしと認め、討論を終わります。
 これから議案第32号について採決します。この採決は起立によって行います。
 お諮りします。議案第32号 登米市介護保険条例の一部を改正する条例については原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
   (賛成者起立)
議長(田口政信君) 起立多数です。よって、議案第32号 登米市介護保険条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第14、議案第33号 登米市農村環境改善センター条例の一部を改正する条例についてを議題にします。
 提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第33号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、迫農村環境改善センターの青年研修室及び多目的ホールの施設使用料に係る冷房料を設定するため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては教育委員会次長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口政信君) 議案内容の説明を求めます。教育委員会次長、阿部静男君。
社会教育次長(阿部静男君) それでは、議案第33号 登米市農村環境改善センター条例の一部を改正する条例についてご説明を申し上げます。
 議案書は32ページです。議案資料は、提案理由説明書の26ページです。それで、議案書に基づいてご説明を申し上げます。
 迫農村環境改善センター、いわゆる北方公民館ですけれども、この北方公民館に青年研修室及び多目的ホールに冷房設備を整備いたしました。冷房設備の使用料が設定されておりませんでしたので、今回設定するものでございます。
 それで、議案書の中段、別表第1項迫農村環境改善センターの項中とありますけれども、青年研修室の冷房使用料を100円、多目的ホールの冷房使用料を500円に設定するものでございます。よろしくお願いいたします。
議長(田口政信君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第33号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第33号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 討論なしと認めます。
 これから議案第33号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第33号 登米市農村環境改善センター条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第15、議案第34号 登米市浄化槽整備推進事業条例の一部を改正する条例についてを議題にします。
 提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第34号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、登米市が個人で管理している浄化槽の寄附を受けた場合、市設置型浄化槽として市が管理できるように本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては建設部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口政信君) 議案内容の説明を求めます。建設部長、高橋千壽君。
建設部長(高橋千壽君) 議案書の33ページになります。
 議案第34号 登米市浄化槽整備推進事業条例の一部を改正する条例についてであります。この条例一部改正は、個人で管理している浄化槽を市に寄附をした場合、その後の管理は市で行うことができるように一部を改正するものであります。
 提案理由書は6ページ、新旧対照表は27ページと28ページになります。新旧対照表でご説明申し上げます。
 27ページをお開き願います。
 現行では第2条の3号の排水管その他の排水施設(屋内の排水管、これに固着する洗面器並びに水洗便所のタンク及び便器)、これを排水施設及び処理水を浄化槽から放流場所まで流出させるために必要な排水施設に改めるものであります。これは浄化槽から放流先までも含めて排水設備とすると明記したものであります。
 第4条の設置事業区域の工事については、第3条で浄化槽設置計画区域を登米市公共下水道事業及び登米市農業集落排水事業の計画区域外の区域と定義しておりますので、この第4条では、この区域の決定について削除いたしまして、4条で設置基準として具体的に規則で定めるとしたものであります。
 第6条では、これは設置の申請等について申請後速やかに内容を審査し、承認・不承認を決定し、その結果を通知する手続を明確にしたものであります。
 第7条では、現在も申請者と土地の所有者が異なる場合には土地所有者の同意を得ていますが、それを明文化したものであります。
 次ページ、28ページをお開き願います。
 第22条では、第3条に規定する浄化槽施設の設置計画区域内において、第4条に規定する建築物または特殊建築物に設置した浄化槽及びその他の施設を管理する者から当該浄化槽及びその施設のその他の施設を寄附する旨の申し入れがあったときは、規則で定める基準に従い、当該申し出に係る寄附を受けるか否かを決定するとともに、その結果を当該申し出をした者に通知するものとし、第2項では、寄附を受けた浄化槽及びその他の施設に係る排水設備については、第10条の規定により検査を受けた者とみなすこととして市の管理とするものであります。
 第23条では、必要な事項は規則で定めるとしております。
 以上でありますので、ご審議の上、ご決定いただきますようにお願い申し上げます。
議長(田口政信君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。18番、田口久義君。
18番(田口久義君) まず、この条例改正の趣旨といいますか、目的でございますけれども、個人管理の場合と市の管理の場合の不公平を是正することが趣旨なのかどうか。まず、その点について確認をさせてください。
 それから、個人管理の浄化槽は現在何基ぐらいあるのか。また、そのうち、寄附を受ける浄化槽は何基ぐらいを想定しているのか。全部の個人のやつを想定しているのか。その点についても確認をさせてください。まず、お願いします。
議長(田口政信君) 建設部長、高橋千壽君。
建設部長(高橋千壽君) この一部改正の趣旨、目的でありますけれども、登米市で下水道整備は公共下水道、それから特定環境下水道整備事業、それから農業集落排水整備事業、それからこの浄化槽推進事業ということで進めておりますが、この浄化槽以外はすべて市で管理して使用料のみをいただいてご使用いただいております。それで今回、この浄化槽については、市、町で設置して市で管理しているもの、それから旧町で補助して、一部、個人で設置して個人で管理しているもの、あるいはすべて個人で負担して管理しているものがございまして、これらからしますとやはり下水道を推進するに当たりましては公平性をもってしなければならないということで、今回寄附を受けたものについては市で管理して、市で設置したものと同じように管理していくというようにしたものであります。
 それから、現在個人で管理されている浄化槽の数でありますが、一部補助を受けたものが1,042基、それから個人で設置したものが304で、合わせて1,346基となっております。
 それで、これをすべて町で寄附を受けて管理する意向かということでありますが、これは、寄附をされた場合には、まずその浄化槽の耐用年数というのがありますので、17年。その前に設置したものと、それから1年間に法定検査とか適正な管理をされているもの、あと、市に寄附されたときに修繕が必要なものにならないような管理をされているものという条件はあります。それで、それ以外については受けるとしておりますけれども、寄附をした場合には、今まで使用料は発生しておりません。ただ、法定管理料とかいろいろブロアーの点検とかそういうものは個人で負担しておりますけれども、寄附をした場合、それらは市で管理いたしますけれども、逆に使用料が発生してまいりますので、その辺は各個人、あと家族の構成によってメリット、デメリットあるかと思いますので、これはあと個人にご説明申し上げまして、判断いただきまして寄附を受けることとしておりますので、すべて寄附をということであれば受ける用意はございます。
議長(田口政信君) 18番、田口久義君。
18番(田口久義君) 原則すべて寄附を受けるという解釈でいいかと思いますけれども、この合併処理浄化槽は、いろいろ公共下水あるいは農集排等が工事費が高いということでこれに切りかえるということが、過去の中で、5地区で15.4%、そして金額にして135億円の削減をしたいとある議員に答えております。そういった意味で、現在のそれらの進捗状況についてももしわかればお聞きをしたいと思います。
議長(田口政信君) 建設部長、高橋千壽君。
建設部長(高橋千壽君) 公共下水道、農集、それから合併浄化槽の建設コストについては、当然合併浄化槽の方が安く設置できるということで、これまでもいろいろ公共下水道等、区域の見直しをいたしまして、議員お話の135億は削減しております。それから、今後5年ごとに認可区域の見直しがございますので、その区域によってですね。それらに伴ってまた同じような見直しをしながらできるだけコストを縮減、浄化槽で設置できる部分については設置の見直しをしてまいりたいと考えております。
議長(田口政信君) そのほかございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第34号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第34号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 討論なしと認めます。
 これから議案第34号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第34号 登米市浄化槽整備推進事業条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第16、議案第35号 登米市営住宅条例の一部を改正する条例についてを議題にします。
 提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第35号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、震災により全壊した米山清水第二住宅及び駐車場の用途廃止、並びに津山平形・元町住宅の駐車場整備が本年度末に完成し平成24年4月1日に供用を開始することから、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては建設部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口政信君) 議案内容の説明を求めます。建設部長、高橋千壽君。
建設部長(高橋千壽君) 議案書35ページになります。
 議案第35号 登米市営住宅条例の一部を改正する条例であります。
 これは、ただいま市長がご説明申し上げましたが、震災によりまして米山の清水第二住宅が全壊したということでこれを用途廃止するもので、まず登米市営住宅条例の一部を次のように改正いたします。
 新旧対照表は29ページと30ページになりますので、あわせて見ていただきたいと思います。
 別表第1項、「米山清水第二住宅」の項を削り、同表第2項、「米山清水第二住宅駐車場」の項を削り、同表第2項、「津山宮町住宅駐車場」の項の次に、次のように加える。「津山平形・元町住宅駐車場」と。位置は、登米市津山町柳津字平形75番地1、104番地1。使用料の額が月額2,000円。これを加えるものであります。
 以上でありますので、ご審議の上、ご決定いただきますようにお願い申し上げます。
議長(田口政信君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第35号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第35号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 討論なしと認めます。
 これから議案第35号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第35号 登米市営住宅条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第17、議案第36号 登米市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題にします。
 提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第36号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、登米市消防署西出張所の建設工事完了後、平成24年4月1日に供用を開始することから、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては消防長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口政信君) 議案内容の説明を求めます。消防長、菅原輝雄君。
消防本部消防長(菅原輝雄君) それでは、議案第36号 登米市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部を改正する条例につきましてご説明をさせていただきます。
 議案書は36ページ、提案理由説明書は7ページ、新旧対照表は同じく説明書の31ページとなっております。
 提案理由につきましては、登米市消防署西出張所を現在南方町堤田地内の南方総合運動場南側の駐車場に新築工事中でございますが、平成24年3月に完成し4月1日に供用を開始することから、位置の変更に伴い、本条例の改正をお願いするものでございます。
 提案理由説明書31ページ、新旧対照表をお開きお願いをいたします。
 登米市消防本部及び消防署の設置等に関する条例第5条第2項、消防出張所の位置の欄。現行「登米市南方町堤田23番地1」を「登米市南方町堤田38番地」に改正をするものでございます。
 以上で議案第36号の説明を終わりますので、よろしくお願いを申し上げます。
議長(田口政信君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第36号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第36号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 討論なしと認めます。
 これから議案第36号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口政信君) 異議なしと認めます。よって、議案第36号 登米市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 以上で本日の日程は全部終了しました。
 本日はこれで散会します。
 大変ご苦労さまでございました。
           散会 午後4時23分
上記会議の経過を記載し、その相違ないことを証するためここに署名する。
       議会議長  田 口 政 信
       署名議員  工 藤 淳 子
       署名議員  小野寺 金太郎

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>