•   0  (日程・名簿)
  •   1  議長(田口政信)
  •   2  2番(工藤淳子)
  •   3  議長(田口政信)
  •   4  市長(布施孝尚)
  •   5  議長(田口政信)
  •   6  2番(工藤淳子)
  •   7  議長(田口政信)
  •   8  福祉事務所長(志賀尚)
  •   9  議長(田口政信)
  •  10  2番(工藤淳子)
  •  11  議長(田口政信)
  •  12  福祉事務所長(志賀尚)
  •  13  議長(田口政信)
  •  14  2番(工藤淳子)
  •  15  議長(田口政信)
  •  16  産業経済部長(真山誠喜)
  •  17  議長(田口政信)
  •  18  2番(工藤淳子)
  •  19  議長(田口政信)
  •  20  産業経済部長(真山誠喜)
  •  21  議長(田口政信)
  •  22  2番(工藤淳子)
  •  23  議長(田口政信)
  •  24  産業経済部長(真山誠喜)
  •  25  議長(田口政信)
  •  26  2番(工藤淳子)
  •  27  議長(田口政信)
  •  28  産業経済部長(真山誠喜)
  •  29  議長(田口政信)
  •  30  2番(工藤淳子)
  •  31  議長(田口政信)
  •  32  福祉事務所長(志賀尚)
  •  33  議長(田口政信)
  •  34  2番(工藤淳子)
  •  35  議長(田口政信)
  •  36  福祉事務所長(志賀尚)
  •  37  議長(田口政信)
  •  38  2番(工藤淳子)
  •  39  議長(田口政信)
  •  40  福祉事務所長(志賀尚)
  •  41  議長(田口政信)
  •  42  2番(工藤淳子)
  •  43  議長(田口政信)
  •  44  福祉事務所長(志賀尚)
  •  45  議長(田口政信)
  •  46  2番(工藤淳子)
  •  47  議長(田口政信)
  •  48  福祉事務所長(志賀尚)
  •  49  議長(田口政信)
  •  50  2番(工藤淳子)
  •  51  議長(田口政信)
  •  52  福祉事務所長(志賀尚)
  •  53  議長(田口政信)
  •  54  2番(工藤淳子)
  •  55  議長(田口政信)
  •  56  福祉事務所長(志賀尚)
  •  57  議長(田口政信)
  •  58  2番(工藤淳子)
  •  59  議長(田口政信)
  •  60  福祉事務所長(志賀尚)
  •  61  議長(田口政信)
  •  62  2番(工藤淳子)
  •  63  議長(田口政信)
  •  64  5番(遠藤音)
  •  65  議長(田口政信)
  •  66  市長(布施孝尚)
  •  67  議長(田口政信)
  •  68  病院事業管理者(大橋章)
  •  69  議長(田口政信)
  •  70  議長(田口政信)
  •  71  5番(遠藤音)
  •  72  議長(田口政信)
  •  73  病院事業管理者(大橋章)
  •  74  議長(田口政信)
  •  75  5番(遠藤音)
  •  76  議長(田口政信)
  •  77  病院事業管理者(大橋章)
  •  78  議長(田口政信)
  •  79  5番(遠藤音)
  •  80  議長(田口政信)
  •  81  病院事業管理者(大橋章)
  •  82  議長(田口政信)
  •  83  5番(遠藤音)
  •  84  議長(田口政信)
  •  85  医療局次長(鈴木均)
  •  86  議長(田口政信)
  •  87  5番(遠藤音)
  •  88  議長(田口政信)
  •  89  医療局次長(鈴木均)
  •  90  議長(田口政信)
  •  91  5番(遠藤音)
  •  92  議長(田口政信)
  •  93  市長(布施孝尚)
  •  94  議長(田口政信)
  •  95  5番(遠藤音)
  •  96  議長(田口政信)
  •  97  医療局次長(鈴木均)
  •  98  議長(田口政信)
  •  99  5番(遠藤音)
  • 100  議長(田口政信)
  • 101  市長(布施孝尚)
  • 102  議長(田口政信)
  • 103  10番(浅野敬)
  • 104  議長(田口政信)
  • 105  議長(田口政信)
  • 106  市長(布施孝尚)
  • 107  議長(田口政信)
  • 108  10番(浅野敬)
  • 109  議長(田口政信)
  • 110  市長(布施孝尚)
  • 111  議長(田口政信)
  • 112  10番(浅野敬)
  • 113  議長(田口政信)
  • 114  市長(布施孝尚)
  • 115  議長(田口政信)
  • 116  10番(浅野敬)
  • 117  議長(田口政信)
  • 118  市長(布施孝尚)
  • 119  議長(田口政信)
  • 120  10番(浅野敬)
  • 121  議長(田口政信)
  • 122  産業経済部長(真山誠喜)
  • 123  議長(田口政信)
  • 124  10番(浅野敬)
  • 125  議長(田口政信)
  • 126  産業経済部長(真山誠喜)
  • 127  議長(田口政信)
  • 128  10番(浅野敬)
  • 129  議長(田口政信)
  • 130  消防本部消防長(菅原輝雄)
  • 131  議長(田口政信)
  • 132  10番(浅野敬)
  • 133  議長(田口政信)
  • 134  建設部長(高橋千壽)
  • 135  議長(田口政信)
  • 136  10番(浅野敬)
  • 137  議長(田口政信)
  • 138  総務部長(小野寺富雄)
  • 139  議長(田口政信)
  • 140  10番(浅野敬)
  • 141  議長(田口政信)
  • 142  企画部長(佐藤順悦)
  • 143  議長(田口政信)
  • 144  10番(浅野敬)
  • 145  議長(田口政信)
  • 146  教育長(片倉敏明)
  • 147  議長(田口政信)
  • 148  10番(浅野敬)
  • 149  議長(田口政信)
  • 150  市長(布施孝尚)
  • 151  議長(田口政信)
  • 152  22番(沼倉利光)
  • 153  議長(田口政信)
  • 154  市長(布施孝尚)
  • 155  議長(田口政信)
  • 156  病院事業管理者(大橋章)
  • 157  議長(田口政信)
  • 158  22番(沼倉利光)
  • 159  議長(田口政信)
  • 160  病院事業管理者(大橋章)
  • 161  議長(田口政信)
  • 162  22番(沼倉利光)
  • 163  議長(田口政信)
  • 164  病院事業管理者(大橋章)
  • 165  議長(田口政信)
  • 166  22番(沼倉利光)
  • 167  議長(田口政信)
  • 168  病院事業管理者(大橋章)
  • 169  議長(田口政信)
  • 170  22番(沼倉利光)
  • 171  議長(田口政信)
  • 172  病院事業管理者(大橋章)
  • 173  議長(田口政信)
  • 174  22番(沼倉利光)
  • 175  議長(田口政信)
  • 176  病院事業管理者(大橋章)
  • 177  議長(田口政信)
  • 178  市長(布施孝尚)
  • 179  議長(田口政信)
  • 180  22番(沼倉利光)
  • 181  議長(田口政信)
  • 182  病院事業管理者(大橋章)
  • 183  議長(田口政信)
  • 184  議長(田口政信)
  • 185  医療局次長(鈴木均)
  • 186  議長(田口政信)
  • 187  22番(沼倉利光)
  • 188  議長(田口政信)
  • 189  病院事業管理者(大橋章)
  • 190  議長(田口政信)
  • 191  22番(沼倉利光)
  • 192  議長(田口政信)
  • 193  市長(布施孝尚)
  • 194  議長(田口政信)
  • 195  22番(沼倉利光)
  • 196  議長(田口政信)
  • 197  病院事業管理者(大橋章)
  • 198  議長(田口政信)
  • 199  22番(沼倉利光)
  • 200  議長(田口政信)
  • 201  病院事業管理者(大橋章)
  • 202  議長(田口政信)
  • 203  22番(沼倉利光)
  • 204  議長(田口政信)
  • 205  市長(布施孝尚)
  • 206  議長(田口政信)
  • 207  6番(阿部正一)
  • 208  議長(田口政信)
  • 209  市長(布施孝尚)
  • 210  議長(田口政信)
  • 211  教育長(片倉敏明)
  • 212  議長(田口政信)
  • 213  6番(阿部正一)
  • 214  議長(田口政信)
  • 215  市長(布施孝尚)
  • 216  議長(田口政信)
  • 217  6番(阿部正一)
  • 218  議長(田口政信)
  • 219  市長(布施孝尚)
  • 220  議長(田口政信)
  • 221  6番(阿部正一)
  • 222  議長(田口政信)
  • 223  福祉事務所長(志賀尚)
  • 224  議長(田口政信)
  • 225  6番(阿部正一)
  • 226  議長(田口政信)
  • 227  教育長(片倉敏明)
  • 228  議長(田口政信)
  • 229  6番(阿部正一)
  • 230  議長(田口政信)
  • 231  教育長(片倉敏明)
  • 232  議長(田口政信)
  • 233  6番(阿部正一)
  • 234  議長(田口政信)
  • 235  教育長(片倉敏明)
  • 236  議長(田口政信)
  • 237  6番(阿部正一)
  • 238  議長(田口政信)
  • 239  教育長(片倉敏明)
  • 240  議長(田口政信)
  • 241  6番(阿部正一)
  • 242  議長(田口政信)
  • 243  教育長(片倉敏明)
  • 244  議長(田口政信)
  • 245  6番(阿部正一)
  • 246  議長(田口政信)
  • 247  教育長(片倉敏明)
  • 248  議長(田口政信)
  • 249  6番(阿部正一)
  • 250  議長(田口政信)
  • 251  学校教育次長(永浦敬悦)
  • 252  議長(田口政信)
  • 253  6番(阿部正一)
  • 254  議長(田口政信)
  • 255  学校教育次長(永浦敬悦)
  • 256  議長(田口政信)
  • 257  6番(阿部正一)
  • 258  議長(田口政信)
  • 259  教育長(片倉敏明)
  • 260  議長(田口政信)
  • 261  6番(阿部正一)
  • 262  議長(田口政信)
  • 263  教育長(片倉敏明)
  • 264  議長(田口政信)
  • 265  6番(阿部正一)
  • 266  議長(田口政信)
  • 267  議長(田口政信)
  • 268  4番(武田節夫)
  • 269  議長(田口政信)
  • 270  市長(布施孝尚)
  • 271  議長(田口政信)
  • 272  4番(武田節夫)
  • 273  議長(田口政信)
  • 274  福祉事務所長(志賀尚)
  • 275  議長(田口政信)
  • 276  4番(武田節夫)
  • 277  議長(田口政信)
  • 278  福祉事務所長(志賀尚)
  • 279  議長(田口政信)
  • 280  4番(武田節夫)
  • 281  議長(田口政信)
  • 282  市長(布施孝尚)
  • 283  議長(田口政信)
  • 284  4番(武田節夫)
  • 285  議長(田口政信)
  • 286  市長(布施孝尚)
  • 287  議長(田口政信)
  • 288  4番(武田節夫)
  • 289  議長(田口政信)
  • 290  副市長(藤井敏和)
  • 291  議長(田口政信)
  • 292  4番(武田節夫)
  • 293  議長(田口政信)
  • 294  副市長(藤井敏和)
  • 295  議長(田口政信)
  • 296  4番(武田節夫)
  • 297  議長(田口政信)
  • 298  建設部長(高橋千壽)
  • 299  議長(田口政信)
  • 300  総務部長(小野寺富雄)
  • 301  議長(田口政信)
  • 302  4番(武田節夫)
  • 303  議長(田口政信)
  • 304  建設部長(高橋千壽)
  • 305  議長(田口政信)
  • 306  4番(武田節夫)
  • 307  議長(田口政信)
  • 308  議長(田口政信)
  • 309  25番(中澤宏)
  • 310  議長(田口政信)
  • 311  市長(布施孝尚)
  • 312  議長(田口政信)
  • 313  病院事業管理者(大橋章)
  • 314  議長(田口政信)
  • 315  25番(中澤宏)
  • 316  議長(田口政信)
  • 317  市長(布施孝尚)
  • 318  議長(田口政信)
  • 319  25番(中澤宏)
  • 320  議長(田口政信)
  • 321  病院事業管理者(大橋章)
  • 322  議長(田口政信)
  • 323  25番(中澤宏)
  • 324  議長(田口政信)
  • 325  病院事業管理者(大橋章)
  • 326  議長(田口政信)
  • 327  25番(中澤宏)
  • 328  議長(田口政信)
  • 329  医療局次長(鈴木均)
  • 330  議長(田口政信)
  • 331  25番(中澤宏)
  • 332  議長(田口政信)
  • 333  病院事業管理者(大橋章)
  • 334  議長(田口政信)
  • 335  25番(中澤宏)
  • 336  議長(田口政信)
  • 337  病院事業管理者(大橋章)
  • 338  議長(田口政信)
  • 339  25番(中澤宏)
  • 340  議長(田口政信)
  • 341  病院事業管理者(大橋章)
  • 342  議長(田口政信)
  • 343  25番(中澤宏)
  • 344  議長(田口政信)
  • 345  病院事業管理者(大橋章)
  • 346  議長(田口政信)
  • 347  25番(中澤宏)
  • 348  議長(田口政信)
  • 349  病院事業管理者(大橋章)
  • 350  議長(田口政信)
  • 351  25番(中澤宏)
  • 352  議長(田口政信)
  • 353  病院事業管理者(大橋章)
  • 354  議長(田口政信)
  • 355  25番(中澤宏)
  • 356  議長(田口政信)
  • 357  市長(布施孝尚)
  • 358  議長(田口政信)
  • 359  25番(中澤宏)
  • 360  議長(田口政信)
      平成24年第1回登米市議会 定 例 会 会議録(第5号)
 平成24年2月29日(水曜日)
1.出席議員(30名)
   1番 金 野 静 男 君       2番 工 藤 淳 子 君
   3番 小野寺 金太郎 君       4番 武 田 節 夫 君
   5番 遠 藤   音 君       6番 阿 部 正 一 君
   7番 佐々木   一 君       8番 星   順 一 君
   9番 及 川 長太郎 君      10番 浅 野   敬 君
  11番 菅 原 幸 夫 君      12番 二階堂 一 男 君
  13番 相 澤 吉 悦 君      14番 八 木 しみ子 君
  15番 伊 藤 吉 浩 君      16番 庄 子 喜 一 君
  17番 關     孝 君      18番 田 口 久 義 君
  19番 佐 藤 恵 喜 君      20番 及 川 昌 憲 君
  21番 佐 藤 尚 哉 君      22番 沼 倉 利 光 君
  23番 佐 藤   勝 君      24番 岩 淵 勇 一 君
  25番 中 澤   宏 君      26番 伊 藤   栄 君
  27番 熊 谷 憲 雄 君      28番 岩 淵 正 宏 君
  29番 浅 田   修 君      議 長 田 口 政 信 君
1.欠席議員(なし)
1.遅刻議員(1名)
   7番 佐々木   一 君
1.早退議員(なし)
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君   副  市  長  藤 井 敏 和 君
  総 務 部 長  小野寺 富 雄 君   企 画 部 長  佐 藤 順 悦 君
  市民生活部長   星   英 雄 君   産業経済部長   真 山 誠 喜 君
  建 設 部 長  高 橋 千 壽 君   市長公室長    北 條 敏 夫 君
  財 政 課 長  千 葉 雅 弘 君   福祉事務所長   志 賀   尚 君
  危機管理監    中津川 英 雄 君   会計管理者    及 川 登志郎 君
  環境事業所長   佐々木 秀 悦 君   教  育  長  片 倉 敏 明 君
  教 育 次 長              教 育 次 長
  (学校教育)   永 浦 敬 悦 君   (社会教育)   阿 部 静 男 君
                       農業委員会
  病院事業管理者  大 橋   章 君   事 務 局 長  金   正 男 君
                       消 防 本 部
  水道事業所長   菅 原   守 君   消  防  長  菅 原 輝 雄 君
                       監 査 委 員
  医療局次長    鈴 木   均 君   事 務 局 長  千 葉 久 義 君
1.事務局出席職員氏名
                       議会事務局
  議会事務局長   村 上 昭 一 君   次     長  佐 藤 昌 彦 君
  議会事務局長   佐 藤 真 吾 君   議会事務局
  補佐兼議事                議事・調査係
  ・調査係長                主     幹  蛇 好 芳 則 君
  議会事務局                議会事務局
  議事・調査係               議事・調査係
  主     幹  高 橋 正 博 君   主     査  加 藤 善 己 君
  議会事務局
  議事・調査係
  主     事  千 葉 三智子 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 会議録署名議員の指名
  第2 一般質問
          開会 午前10時00分
議長(田口政信君) おはようございます。
 ただいまから、平成24年第1回登米市議会定例会5日目の会議を開きます。
 7番、佐々木 一君より遅参の届け出がございます。
 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりであります。
 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第83条の規定により、29番、浅田 修君、1番、金野静男君を指名します。
 日程第2、昨日に引き続き、一般質問を行います。
 通告の順序に質問を許可します。
 初めに、2番、工藤淳子君の質問を許します。
2番(工藤淳子君) おはようございます。2番工藤淳子です。私は次の3点について質問いたします。
 1点目は、民間児童館と母親クラブの予算はどうなるのか。2点目、シイタケ、原木の対応について。3番目は介護保険制度についてです。
 1点目の民間児童館の母親クラブについては、本年度まで交付事業だった民間児童館と母親クラブの予算が一般財源化の方向で検討されています。実施されると、次年度以降の予算は自治体の判断によることとなり、子育て世代への支援としてこの事業は大事な事業であり、継続すべきではないかと思うので伺います。
 2点目は、県の昨年12月の検査で、仙南地方初め登米市では1カ所ですが、原木シイタケから国の基準値を超える放射性セシウムが検出され、出荷制限されています。栗原では、先月東北電力との話し合いが行われているようです。市としてどう取り組むのか伺います。
 3点目の介護保険制度については、今回の改定で問題点はないのか、今までどおりのサービスを受けられなくなるということはないのか伺います。
 以上、よろしくお願いいたします。
議長(田口政信君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 皆さん、おはようございます。
 それでは、2番、工藤淳子議員のご質問にお答えさせていただきます。
 初めに、「民間児童館と母親クラブの予算はどうなるか」についてお答えします。
 現在、市内には公立の児童館4カ所と民間の錦児童館1カ所の計5カ所の児童館があります。市内で唯一の民間児童館である錦児童館は、平成8年4月に開設され、平成22年度で延べ1万664人が利用している状況にあります。また、錦児童館は錦保育園に併設した施設でありますので、保育所との連携も図ることのできる特色ある児童福祉施設でもあります。
 本市では、錦児童館への運営支援として「宮城県子育て支援環境整備事業費補助金」を財源に、平成23年度においては995万1,000円を運営補助金として交付しております。
 民間児童館の運営に係る支援のあり方でありますが、錦児童館が迫児童館の補完的役割を果たしていることや、今後の学童クラブの実施など、佐沼小学校に隣接する児童福祉施設としての役割を期待しているところであります。
 議員ご質問の一般財源化ということでありますが、平成24年度につきましては、子供のための手当制度に関連して、子育て支援事業の国、地方の負担のあり方が見直しされる見込みでありますが、市からの民間児童館への補助金の予算につきましては、従来どおり計上させていただいております。
 また、母親クラブにつきましては、現在、迫児童館、登米児童館の二つの母親クラブに「児童健全育成地域組織活動育成事業補助金」として、それぞれ年間18万9,000円を交付しておりますが、平成24年度につきましても同様に計上させていただいております。
 母親クラブは、児童の健全育成を図るため、保護者など地域住民の積極的な活動により、児童館の関係事業の支援などの役割を担う団体でありますので、民間児童館の運営支援と同様に支援をしてまいりますので、ご理解をお願いいたします。
 次に、「シイタケ、原木の対応」についてお答えさせていただきます。
 原木シイタケの放射能汚染につきましては、16番庄子喜一議員の代表質問及び13番相澤吉悦議員の一般質問にお答えしておりますが、宮城県においては平成24年1月に県南地方で栽培された露地物から国の現行暫定規制値1キログラム当たり500ベクレルを超える放射性セシウムが検出されております。
 本市においては、これまで国の現行暫定規制値1キログラム当たり500ベクレルを超える放射性セシウムは検出されてはおりませんが、1キログラム当たり100ベクレルという新基準が適用されることによって、原木シイタケの出荷に影響が出ることが予想されますので、安全なキノコ原木の確保について宮城県等と連携して支援をしてまいります。
 また、キノコ原木につきましては、暫定指標地1キログラム当たり150ベクレルを超える285ベクレルの放射性セシウムが市内1カ所で検出されており、原木シイタケ生産農家に対し、シイタケ原木としての使用を自粛するよう、宮城県とともにお知らせをしているところであります。
 また、キノコ原木の放射性物質が指標地を超えたことによる東京電力への損害賠償請求につきましては、1点目として原木を廃棄したことによる損害、2点目として植菌できないことによる損害、3点目として原木を他県から購入したことによる損害など、賠償請求の考え方、請求書作成等の事務手続きについて、宮城県やJAみやぎ登米と連携しての生産者説明会を実施しております。
 今後も状況に応じ、必要な対策を講じてまいりますので、ご理解をお願いいたします。
 次に、「介護保険制度」についてお答えさせていただきます。
 初めに、「今回の改定で、問題点はないか」についてですが、平成23年6月に「介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律」の施行に伴い、国では「施設重視から在宅介護へ」との方針に沿い、居宅サービス、施設サービス、地域支援事業などの見直しが行われております。
 居宅サービスでは、介護と看護の連携による24時間体制で医療ニーズの高い重度の要介護高齢者を支えるためのサービスとして、ホームヘルパーらが昼夜を問わず高齢者の自宅に訪問する「定期巡回・随時対応サービス」と、小規模多機能型居宅介護と訪問介護など、複数の居宅サービスや地域密着型サービスを組み合わせて提供する「複合型サービス」など、在宅での生活支援サービスが新たに創設されました。
 また、居宅介護サービスについては、自立支援の取り組みを強化するとともに、利用者の実態に合ったサービスの見直しが図られており、問題点はないものと考えております。
 次に、「今までどおりのサービスを受けられなくなるということはないか」についてですが、介護予防・日常生活支援総合事業が新設され、これまで要介護認定において「要支援」と「非該当」を行き来するような方や、虚弱・引きこもりなどにより介護保険利用に結びつかなかった要支援者・特定高齢者に対して、介護予防や配食・見守りなどの生活支援サービスなどを総合的に提供することができるようになりました。
 ご本人の状況により、従来の予防給付との選択が可能となり、サービスの幅が広がっておりますが、本市においては、サービスを提供する事業所の体制が整っていないことなどから、事業導入については第5期計画期間内に検討していくことにいたしております。
 従来からの各種サービスの提供につきましては、介護サービス事業所の体制も整っておりますので、今までどおりのサービスは提供できるものと考えております。
 今後も、社会全体で高齢者を支える制度として、健全な介護保険制度の運営に努めてまいりますので、ご理解をお願い申し上げ、答弁といたします。
議長(田口政信君) 2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) まず、1点目の民間児童館について質問します。
 少し今、市長答弁にありましたけれども、錦児童館、錦保育園の同じ敷地内にあって、平成8年に開設して16年間になります。私も今回のことで初めてわかったのですけれど、民間の児童館というのは、この東北地方にはこの錦児童館と山形県にもう一つ、この2カ所だけしかないようです。後は公立の児童館でやられているということなのですね。そして、今児童館の中では、主に午前中は幼年クラブといって、保育園や幼稚園などに入っていない就学前の子供たちの遊び場として、親子、主に午前中なのですけれど、親子一緒に過ごしています。今現在21世帯、錦の児童館にはいるそうです。それで、この親子が新田地区それから北方、森地区と、その中には迫地区の方も入っているようですけれども、週1回集まって実施されているということです。そして、そのほかに午後になると、小学校から帰ってくる、主に佐沼小学校が多いようですけれども、41名の子供たちがいる、利用者が今いるそうです。それで、この中には障がいを持っている子供も何人かいるようです。そして、その日によってこの41名のほかにもフリー来館で来る子供たちもいるという、そういういろいろな活動をやっているようですけれども、そこで、私がちょっと心配だと思うのは、一般財源化されたら、今度は自治体の判断によって予算が確保されると思うのですね。そして、24年度は、ここの母親クラブも同じなのですけれども、予算を計上しているという答え、回答があったのですけれども、それでは、24年はそう計上されても、来年、再来年と、その先はどうなるのか、その見通しをちょっとお願いします、まず。
議長(田口政信君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 今お尋ねがございました民間児童館に対する運営の補助でございますが、市長答弁にもございましたとおり、現在国の段階で、国の予算編成の段階で、さきにも出ましたいわゆる子ども手当に関連して、年少扶養控除がなくなった関係で、地方の財源がふえているということで、国で、今までですと県補助金ではございましたけれども、財源としては国が3分の1、それから県が3分の1、それから市が3分の1ということで負担割合になっていましたが、県と市での負担ということで、今県から情報を得ている段階では、県が2分の1、それから市が2分の1ということで、財源の区分の変更はございますけれども、制度については県補助金として来年度以降も制度として残るということでございますので、市としてそのまま予算化については財源の構成を見ながら考えていきたいということでございます。
議長(田口政信君) 2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) 国と県の負担でやるというのですけれど、この一般財源化という、なるというそのものについては、例えば、その年によって財政が、市なり県なり財政が厳しくなるとカットされるということもあり得ると思うのですけれども、その辺についてはどうなるかちょっとお聞きしたいと思います。この補助金がなくなると、先ほどの答弁にあったように、錦児童館には22年度には99万9,000円、23年度は99万5,100円と補助金が、交付金出ているのですけれど、このお金の、聞いてみるとその中身は8割から9割は人件費になっているということなのです。職員は3人体制で、今国と県からの補助をもらって、その学童の部屋が狭いものですから、今改築工事をしていて、もうすぐ4月からできるのかなという状態なのですけれど、せっかく新しい建物でこういうふうになって、途中でその切られる、カットされるということはないのか、もう一度お願いします。
議長(田口政信君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 今お話ししたとおり、今考えられていますのは、従来国が3分の1負担していたものを、それが国は負担がなくなって、いわゆるそれが一般財源化ということだと思いますけれども、県と市で負担をする仕組みでということで、県の補助金の交付要綱の方は考えられているということでございます。登米市としては、その県の補助金の交付要綱をできるだけうちの方で、錦児童館が担っている役割が大きいものですから、それについてはできるだけ続けていただくように働きかけをしていきたいというふうに思っております。
議長(田口政信君) 2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) ぜひそういう方向でお願いします。母親クラブの方も、二つの児童館がお母さんたちの組織なのですけれど、本当にそのときそのときでクリスマス会とかいろいろな行事をお母さん同士でやっていたり、それから学習会を開いたりして活動しています。登米の母親クラブなんかは、地域の登米町の行事にもその都度その都度参加して、地域の方の中に混じって活動しています。たった18万9,000円の補助ですけれども、本当にこう少ない金額でもお母さんたちにとっては本当に大事な活動資金なので、その辺もあわせてお願いしたいと思います。
 2点目のシイタケ、原木の対応についてなのですけれど、答弁の中に説明会を開いているということ、実施しているという答弁があったのですけれど、何回ぐらい開いているのか、そしてどういう意見が出ているのか、お願いします。
議長(田口政信君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) いろいろ行ってきているわけでございますが、損害賠償それから等々含めた総合的な説明会は今月やってございまして、県それから当然該当する生産農家の皆さん、そしてJA、市、そういう中で説明会を行ってきてございます。内容としては、これからどうしていくのかというふうな部分が主たる部分でございまして、いわゆる損害賠償の具体的な手続き、それから内容、そして最も大切な、今特に露地関係のシイタケに使う原木については、さきの一般質問でもお答えしたとおり基本的に使えないということで、この調達を行う手立て、そういった部分についての説明と、あるいはいろいろな要望等を承って、今そこに向かってやっていくというふうなことを、出席した皆さんで確認したというふうなことでございます。(「部長、回数のお尋ねですが」の声あり)この説明会は今月1回でございます。その他の部分は、個別な要望とかそういった部分はそのほかにもやってございますけれども、今申し上げた部分は今月1回でございます。
議長(田口政信君) 2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) この説明会、もう被害の大きかった仙南地方なんかではもう随分前に開いて、そして、その生産者からの中からは、このシイタケ生産ができないために収入がなくて生活するのが困難だとか、それから休業とか廃業する生産者さんも多数いるので、こうした現状を理解してもらって、本当に東北電力で補償しているという声が多く出ているという、そういうことがあるし、それから、栗原市の方でも、少し前に原木ムキタケへの損害賠償の説明会を開いて、出席者からは、山が汚染されたが、その原木を買うお金がないとか、そして、それで賠償金の早期支払いを求める声とか、スギや枯れ木によるキノコへの2次汚染を防ぐ方策とか、山林の除染を求める声が相次いだという、そういうことが話されているということに新聞に出ていたのですけれども、登米市としてもこういう声が多分多いのではないかと思うのですけれど、個人的でも賠償を求めている声は登米市の方には上がっているのでしょうか。その辺お願いします。
議長(田口政信君) ちょっと部長お待ちください。2番、東北電力という質疑があるのですが、東京電力に訂正してよろしいですか。(「はい、済みません、間違いです」の声あり)そのように訂正方お願いします。
 はい、産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) ただいま申し上げたように、いわゆる損害賠償についても、JAグループとして県の協議会つくって対応してございます。これは市だけに限らず、一番最初の部分でいえば畜産、それからそれ以外の部分についてもこの協議会の中で対応してございます。それで、そういったスキーム、そういった部分を説明して、具体的にその損害賠償する請求の考え方、あるいは根拠、そういったものも含めて説明を行ったところでございます。それで、JAグループですから、当然JAグループ、JAの組合員でない方については外れてくるわけでございますが、これも同じようなスキームの中でやっていこうということで確認されてございますので、議員お話しの部分はここで当然説明もしたし、そういう対応で進めるということを確認しているということでございます。
議長(田口政信君) 2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) この賠償問題は個別対応に、原則としては個別対応となっていますけれど、今言ったJAグループとか森林組合、そういうところにグループに属していない人もこの中に入ってやれるのですか。ちょっとお願いします。
議長(田口政信君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) まず、グループでございますから、JAグループとして取り組むと、それで、同じような部分で、例えば属していない方についても、同様の中身で請求していくということでございます。それで、当然わからないとか、そういったものについては、県あるいは私どもも含めてそういった援助はしていくということでございます。
議長(田口政信君) 2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) きのうもほかの議員の方からもいっぱい出ましたけれども、この新たな基準になって、本当にこういう方が出荷制限とか被害を受ける方がますます今後ふえてくると思うのですけれど、そういう方々に対して丁寧に本当に対応していただきたいなと思います。
 それから、これはシイタケだけに限ったことではないのですけれども、ほかの野菜でも風評被害によって、シイタケの場合はこの説明会といったけれど、野菜も含めてなんでしょうか。その辺。
議長(田口政信君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 具体的に出てこなければだめなのでございますけれども、基本はいわゆる原発事故に起因する部分については、基本として東京電力に損害賠償を求めていくということをまず前提として考えていく必要がございます。その中で、何回も申し上げますとおり、JAグループとして県の協議会、そして全国のそういったその協議会等々も設けてございますから、そこのルートに乗せて対応するということでございます。そこに属していない方についても、同様のスキームの中できちんと請求ができるような中身でやっていくということでございます。ただ、現実としてなかなか早期の支払いという部分で、毎月請求しているのですが、その分について支払いが少しおくれるとか、あるいは、いろいろ審査のために時間がかかって、内払い的な中身で支払われている部分が現実としてはあるというふうな状況です。そこについては、早く支払うことの要請はその都度、例えばJAグループとしても今行っているということでございます。あるいは、市の方にもそういった声が上がってきてございます。から、それは市長の方でも市長会、そういったものを通しながら早期支払い、そういったものは求めているということでございます。
議長(田口政信君) 2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) ぜひ個人の方も漏れないような対応をよろしくお願いいたしたいと思います。
 次に、介護保険制度についてです。先ほどの答弁の中に、提供する心配は、問題点はないような答弁があったのですけれど、私はかなりこう今回の法改正で心配だなと思う点が多々あります。総合事業をまずお聞きしたいのは、後期計画に、この総合事業が後期計画期間内に検討していく、体制が整っていないことから後期計画期間内に検討していくことにしているという答弁があったのですけれど、この点について、具体的にどこがどのサービスが体制的に整っていないのか、まずそこをお願いします。
議長(田口政信君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 総合事業の方ですね、前のご質問でもお答えした部分がございますけれども、事業の詳細についてはまだ事業の要綱が届いておりませんので断定しかねるのですけれども、基本的には、これまでのやり方であれば介護サービスを受けるときにはケアプランを作成して、そのケアマネジャーがケアプランを作成して、それによってサービスの提供がなされるわけなのですけれども、その、さっきその答弁の中で申し上げましたその選択ができるというのは、これまでですと、例えば配食のサービスとかは、介護状態かそうでないかではなくて、今登米市の場合は高齢者の福祉サービスとして配食のサービスを提供しております。それで、それを今度、今度の総合事業の中では配食サービスもその総合事業の中で取り組めるということでございますので、例えば家事の援助と配食を一緒に提供できる事業者が、答弁で申し上げているのは、今のところまだ登米市内にはないということで、その事業の仕組みとしては改正になって導入できますけれども、ただ提供できる事業者がないので、それについては事業者の方との準備の都合があるので、それは第5期の期間内で整備させていただくというようなことで、こういう記載になってございます。
議長(田口政信君) 2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) 今お話しされたように、配食とか、結局は要支援とか介護認定の請求をしても該当にならなかった方、こういう方たちにとっては、確かにこれはいい面なんだろうなと思うのですけれど、でも、やっぱり実際介護保険を受けている方、特に要支援1とか2の方、前回の一般質問でもしたのですけれど、この総合事業というのは、こういう要支援1、2の人たちに対しては、総合事業を導入するとなると、この介護保険の本体とは別枠のこの地域支援事業となるのですよね。そうすると、その費用も、この間もお話したのですけれど、介護給付の3%以内と限定されています。そうすると、やっぱり厳格、今まではちゃんとした介護保険の中で指定サービスということで厳格な基準がちゃんと設けられていたのだけれど、この高齢者サービスのこういうふうに移されると、本当に低コスト、今までとは違ったサービスになることは明らかではないかなと思うのですけれども、その辺はどうでしょうか。
議長(田口政信君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 予防事業も含めて、原則自己負担は費用の1割負担になっているのですけれども、今議員おっしゃるのは、例えば配食の例を挙げれば、1食個人負担350円だということで、介護予防事業の方に入れば、費用全体の9割についてはいわゆる給付の方で見られますので、1割負担だと単純に配食を受けるよりは安くなるというようなことですけれども、本人の状態によって、その必要なサービスについては決定いたしますので、これまでいわゆる配食の例で申しわけございませんが、配食については特に要介護認定がなされていない方についての高齢者の福祉サービスとしての給付でございますので、それはそれとして決められた、私の方からすれば、市からすればサービスの幅は広がるけれども、決して今までどおり、今までのサービスが少なくなるということではないというふうにとらえておりますので、その自己負担についても、従来の配食のサービスを受けていた方が急にふえたり減ったりというようなことはないというふうに基本的に思ってございます。
議長(田口政信君) 2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) 配食サービスに限ればそういうこともあるのですけれども、主に問題なのが、この要支援の方たち、家事援助とか、それから介護事業者のデイサービスなどを利用している方たちがいます。こういうことになると、また違うのではないかと思うのですけれども、その辺はどうですか。
議長(田口政信君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 予防事業については、基本的に定額の補助でございますので、それについては全体の事業計画を立てて、いわゆる予防給付と自己負担の割合が余りに極端に差がつかないように、事業の方で仕組む段階で、予算とる段階ではそういうふうに考えていきたいというふうに思ってございます。
議長(田口政信君) 2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) この総合事業、導入するとするならば、改正の中ではこの3%、介護給付の3%以内となっていますけれど、この11年には要支援の人たちは6%だったのですよね。だから、この総合事業を実施するとするならば、本当にこう3%ではなくてそのぐらいの、6%ぐらいに引き上げることが必要なのではないかなと私は思います。その点をもう少し、私はちょっと違うのではないかなと思うので、後でまた検討して聞いていきたいと思います。
 それから、今出た24時間体制が主なものになっているのですけれども、この24時間体制の訪問支援事業も、報酬単価の見直しによって巡回型のサービスをやるというのですけれども、いろいろこの点でも私は問題があるなと思います。よく文章だけ読んで見ると、本当に全部がよくなるような感じなのですけれども、詳しく読んで見てみると、24時間いつでも利用者の状況に応じて柔軟にサービス使えるようにこうやっていくというのですけれども、なかなか現場の実態に合っていない面があるのではないかなと思うのです。前のときも、それは都会の部分での対応だと言ったのですけれど、こういうふうに私たち登米市の方に、中山間地や過疎地を抱えるこの地方の実情がくみ取られていない実態なのではないかなと思うのですが、その辺はどうでしょうか。
議長(田口政信君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 24時間型の随時対応サービスについては、やはり要介護者の密度が濃い都市部とかで短時間でサービスを提供できるいわゆる看護と、訪問看護と訪問介護をあわせて提供するものですから、一つのサービスの提供時間については20分単位とか、そういう単位で考えられているものというふうに思ってございます。ただ、登米市の場合は、やはり隣が遠いものですから、往復する時間というか、その回る時間等についてもやはり多分加算等があるかと思います。ただ、制度全体がちょっと見えないので断言はできないのですが、登米市の場合は、やっぱり在宅でですと家族の方の見守りで今やられている方が大分多いというふうに思ってございますので、このサービスに対応できる事業者の対応もそうですし、それから要望についても急速にふえるというふうな見込みではうちの方は持ってございません。
議長(田口政信君) 2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) 実際に24時間対応の訪問介護、既に本当にあちこちで取り組まれているのですけれど、それを見てみると、採算面などなかなか続かないでいるというのが現状のようです。中山間地では今所長が話したように移動に時間をとられたり、それから、夜間の人が、見るヘルパーさんを探すのが大変で、利用者もそんなにいないということで、こういう点がなかなか問題が多いんじゃないかなと思います。今あと、そして次に問題なのが、その生活援助の時間ですね。今20分、出たのですけれど、サービス時間、今までは30分から60分、それから60分以上と区切られていましたけれど、今度は20分から45分、それから45分以上と削られているのですね。その点が私はちょっと市内の方のちょっと何人か見ていて、本当に大変だなと思う方、ちょっといろいろ見てみたのですけれども、要介護1の60代半ばの女性です。ひとり暮らしです。そして、私から見ると本当にこの、何でこの人が要介護1なのかなと、もっと高くてもいいんじゃないかなと思うようなくらい足に障害があって、両足に補装具をつけて、本当に一人で歩くことが本当に困難です。そういう方が、古い一軒家なのですけれど借りているのですけれど、そこに住んでいるためにトイレが下のがけのところみたいな斜面のところにあって、住んでいる居間からトイレは下におりていかなくてはならないのですけれども、そこに手すりをつけてトイレに行くのですけれども、本当に20分、30分、普通の人だったら5分、10分で行くところを、すごい時間をかけて行ったり来たりするために、こういう寒い時期になると足がとても歩けなくなる、もっとひどい状態になるので、普段はポータブルトイレに使用しているようです。それで、話を聞いたのですけれども、そういうどうやって生活しているかというと、ヘルパーに週5日今訪問して、特にそのトイレがあること、それから長い時間台所に立って食事の支度ができないということで、30分の日と1時間に分けて週5日訪問しているそうです。本当はもっともっとやってもらいたいんだけれど、介護報酬の関係でお金が払えないので、それだけ、それをするのが精一杯だと言っていました。今度それが1時間が15分削られることになるのですけれど、そうなったら、例えばこの方の場合は、ヘルパーさんに来てもらうとすぐ洗濯機回すそうです。とても45分では終わらなくて1時間はかかるということです。だから、この方はヘルパーさんに洗濯はしてもらうけれど、干すのは自分でやっている、それも足が、本当に立っていることが大変なのですけれど、本当に1日、2日かけて休み休み洗濯を干しているという、こういう状態でした。別なヘルパーさんに聞くと、本当にヘルパーさんは、45分だからはい帰りますと、そういうことにはできなくて、本当に苦しいと、そういうことを話していました。この話を聞いていたら、かえってこういう自分たちの実情を議会で話して、ぜひ話してほしい、とんでもないことだということを話してほしいと、かえってこちらの方に訴えられたのですけれども、そういう点はどうお考えでしょうか。
議長(田口政信君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 今のお話でございますが、やっぱり第一義的には適正な介護度の判定なのかなというふうに思います。ご本人の体の状態に応じた介護度の見直しもできますので、体の状態が進んで、要介護の状態が進んでいるということであれば、まず適正な介護度の認定をいただくということが一番だと思います。
 それから、今回の見直しでの時間の短縮というか、同じサービスでの提供時間が短くなったということについてなのですが、基本的には全国の事業者に、実際のサービス時間を聞き取りして、その提供にかかる時間を介護報酬に反映させるような仕組みでやっておりますので、聞き取りによって実際の時間に合わせたというような改定のようでございます。ただ、介護度によって、いわゆるサービスの内容も違いますし、提供する時間についても異なりますけれども、やはり、やり方については、必要なやっぱりケアプランがあって、ケアプランに基づいたサービスの提供になりますので、そのケアマネジャーの方が、ケアプランを作成する時点でご本人とよくご相談されて、適正なサービスの提供に努めていただくことが一番かなというふうに思ってございます。
議長(田口政信君) 2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) 今所長が言うように、そうやって適切な介護認定が受けられればいいのですけれど、現状を見てみると、周りの方見てみると、必ずしもそうなっていない例が結構見られるのですね。例えば歩けない人、先ほどの話した女性の方と同じように、歩けない方でも車で運転できる人はだめとか、いろいろ制限がかかっていると思うのです。そういうのが実態だと思うのですけれども、そして、利用者の認定になっている方の多くはひとり暮らしや老老介護の世帯が多いと思うのですけれど、その認定のその仕方もいろいろありますけれども、現状ではそういうこともかなりあると思うのですけれども、その辺はどうでしょうか。
議長(田口政信君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 現行制度の中でも、介護度の見直しについては随時受付をしておりますので、最寄りの市町の保健所の方にご相談いただいて、地域包括ですね、地域包括支援センターの方にご相談いただいて、まず介護度についての見直しを図っていただくのが一番かなというふうに思ってございます。
議長(田口政信君) 2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) 全体の問題なのですけれど、本当にヘルパーさんたち、ただ生活援助のためにこう洗濯とかそういう日常的なことをやるだけでなくて、本当に利用者と接して日常的な困りごととか体の不調、それから悩みなど、いろいろなこう家事をしながらいろいろな相談、援助も行っています。そういうその人らしい生活を援助することが仕事だというヘルパーさんがいたのですけれど、そういう方がこの時間短縮によってそういうことができなくなるということは本当に大変なことだと思います。ぜひこの介護保険の中で、この生活援助に対するニーズはますますこう高齢化が進む中では高くなってきます。だけど、実際の改定の中身を見ると、報酬単価で軽んじられてきているなと、うんと前から思うのですけれども、ヘルパーさんのこの専門性、それから家事支援の重要性、そういうことを中身をもう少し変えるよう国に対してもぜひ市としても要望していただきたいと思います。
 次に、高い、今度1,900円ですか、900円幾ら、保険料が上がるんですけれども、このことについてもちょっとお尋ねしたいと思います。全国的には高齢者、日本では2,900万のうち介護保険サービスを利用しているのは417万6,000で16%に過ぎないと、ある本に載っていました。登米市では19%前後だと、この何年かは19%前後だと思うのですけれども、登米市の中で介護が必要と認定されながらサービスを利用していない人はどのくらいか、お願いします。
議長(田口政信君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) お尋ねの点でございますが、例えば22年度ですと、要支援の1から要介護の5までで、全体で介護認定者は4,467人ございますが、サービスについては複数、大きく分けると施設等、それから在宅のサービスになるわけですけれども、在宅のサービスの中で、いわゆるデイサービスを使っている方もいらっしゃれば、ヘルパーを使っている方もいらっしゃるので、複数の、サービスごとには拾ってあるのですけれども、実数ではちょっと拾ってございませんので、それについては後で資料提供させていただきたいというふうに思います。ただ、4,467人のうち全然サービスを使っていない方の割合については、さほど高くないというふうに思ってございます。ほとんどの方が何らかの形で、予防事業も含めてサービスを使っていらっしゃるというふうに思ってございます。
議長(田口政信君) 2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) 全国では、この2,900万人のうちでサービスを利用していない人、83万人に上っているということなのです。登米市ではもっと少ない、割合とすれば少ないのかなと思うのですけれども、この多くの高齢者の方がこの介護保険使うときに、その介護の必要性からでなくて、決める基準になるのは、重い利用料負担によって本当に自分が幾ら払えるのか、そして、受けるサービスのそういう観点で受けるサービスの内容を決めざるを得ない、そういう状況になっていると思うのですけれども、その点はどう考えるでしょうか。
議長(田口政信君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) この介護保険料の引き上げをお願いしているわけですが、今議員おっしゃるのは、例えば前にもご質問でありましたけれども、介護保険料が上がることで、いわゆる年金等で介護保険料が天引きされた場合に、いわゆる使えるお金が少なくなるのでサービスの利用を控えるのではないかというようなことだと思います。ただ、保険料については、いわゆる制度全体を支える仕組みとして、国、県それから市も含めて、公費の負担とそれから保険料という形での自己負担の仕組みでやってございますので、それについては、いわゆるサービスを使わない方も含めて、保険者全体で保険料を支払って制度を支えていくというような仕組みでやっているというふうに思ってございます。ただ、介護認定を受けている方で、施設の利用も含めて介護サービスを実際使う方については、そのいわゆる応能割で、いわゆる所得に応じて、それから介護度に応じて負担額の限度額が決まってございますので、それ以上かかれば高額の介護サービスの助成がございますので、一定の限度額を超えれば、利用の限度額を超えた分については後で助成するというような制度もございますし、介護とそれから医療の合算のサービス制度もございますので、それについても合算されて、一定額を超えたものについては後で現金での給付を受けられるというようなことの仕組みになってございますので、それを利用していただいて必要なサービスを受けていただくということで考えてございます。
議長(田口政信君) 2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) 全体で支えるものという、それは確かに必要なことだと思うのですけれども、周りの状況を見ると、本当に今回は今消費税の増税もありますし、後期高齢者も大幅に上がる予定です。そして、それにプラスして今回この介護保険料も上がるとなると、本当に高齢者にとってはますます厳しい状況が続くのは目に見えているのではないかと思います。総括、代表質問で佐藤恵喜議員が、本当に今登米市にとって何がどこにお金をかけるのかという問題点をやったのですけれども、市として本当に市長にも、生活、命と生活に、市民の生活を守るという観点では大事なことだと思うので、その辺をよく詳しく考えていただきたいと思います。以上です。
議長(田口政信君) はい、ご苦労さまでございました。
 これで、2番、工藤淳子君の一般質問を終わります。
 次に、5番、遠藤 音君の質問を許します。
5番(遠藤 音君) 5番、遠藤です。
 私は登米市立病院の改革プランについてご質問させていただきます。
 この改革プランにつきましては、議会の議決案件ではございません。我々が議会で是非を決めることはできません。しかし、この病院の問題は、例えば会計のみで見てみましても、合併以降、平成16年度の決算時53億3,000万円の累積欠損金が、このプラン作成時の年度、20年度には100億円を超える欠損金となりました。この会計のみだけで見てみても、待ったなしの改革実施が求められ、今日まで部局の方々含め全体で実施してきたわけでございます。その結果、市長は平成24年度施政方針の中で、病院事業について平成20年12月策定の登米市立病院改革プランに基づいて経営改革を取り組んできた結果、最大の目標であった平成23年度に単年度収支黒字化が達成できる状況に至ったと、それが大きな成果であったとし、今後とも公設公営による運営を基本とした平成24年度を初年度として平成27年度までの第2次登米市立病院改革プランを作成しようとしております。改革が進んだとする単年度黒字化の中身において、昨年の震災による沿岸部からの患者数は各数値より当然除いてあらわすべきであり、その結果においてどうであったかを示すべきであります。さらに、単に単年度黒字化だけがこの改革プランの目標ではありませんでした。各目標の達成はどう図られたか具体的に示すとともに、だれがその評価に当たったかを示すべきであります。また、改革プランの推進のための地方公営企業法による全部適用による成果が見えず、このままの状況では、24年度を節目として地方独立行政法人等への移行を決断すべきとした登米市立病院等経営形態のあり方懇話会や、登米市立病院等運営委員会の評価をどう判断し、結びつけたのかを伺うものでございます。よろしくお願いいたします。
議長(田口政信君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、5番、遠藤 音議員のご質問にお答えさせていただきます。
 「登米市立病院改革プラン」についてお答えします。
 初めに、「単年度黒字化において沿岸部からの震災時患者数は除くべきではないか」とのご質問でありますが、東日本大震災以後、市立病院・診療所においては沿岸部の失われた医療機能の代替・補完機能を果たすために、沿岸被災地からの入院・外来患者さんの受付を行ってまいりました。そのことが、平成23年度における患者数増加の一因となっていることは事実であります。震災への対応も含めて、今年度の病院事業の経営状況につきましては、職員が一丸となった取り組みが実を結んできているものだというふうにも認識をしているところであります。
 次に、「各目標の達成はどう図られたのか。だれがその評価に当たったのか」についてお答えします。
 病院改革プランは、平成23年度における経常収支の均衡と、平成27年度までの不良債務の解消を最大の目標として、現在の医療資源を最大限確保しながら、医療提供体制の効率化を図ってきたところであります。平成23年度における経営状況の改善が図られたことにつきましては、そういった取り組みの積み重ねが成果としてあらわれたものだと考えております。
 詳細につきましては、病院事業管理者から答弁させます。
 次に、「登米市立病院の経営形態のあり方懇話会等の評価をどう判断に結びつけたか」についてお答えします。
 今後の経営形態のあり方について外部有識者の意見を求めるべく、平成22年度に設置した「登米市立病院の経営形態のあり方懇話会」からは、「平成23年度までに医療体制の確保や収支の改善が見出せない場合は、平成26年度からの非公務員型の地方独立行政法人化に向けて移行作業を開始すべき」との報告がなされたところであります。その報告内容は非常に重いものと認識しております。また、この医療懇話会から出された答申は、経営形態そのものの見直しが主なものではなく、現在の地方公営企業法全部適用での自立した経営ができる組織体制づくりと経営改善に向けた取り組みに最大限の努力を求めているものであると認識しているところであります。
 このことから、平成23年度には収支の均衡だけでなく、医療形態の状況につきましても改善の見込みが今見えてきている状況などから、第2次改革プラン内におきましては、自治体病院としての存在意義や使命・役割を再認識し、地方公営企業法全部適用により、より一層の取り組みを進め、運営していくことを基本と考えておりますので、ご理解をお願いしたいと存じます。
 私からの答弁は以上とさせていただきます。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 「登米市立病院改革プラン」についてお答えします。
 まず、「単年度黒字化において沿岸部からの被災時患者数は除くべきではないか」とのご質問についてでありますが、病院事業への影響については、4月から1月まで入院で322人、外来で1万389人であり、1カ月当たり入院で約30人、外来で約100人となっております。収支では、平成23年度分で4,800万円程度の影響と見込んでおり、この収支の影響がなかった場合、単年度収支の黒字化は難しかったことから、さらなる経営努力をしてまいりたいと考えております。
 また、今後の被災地域からの患者数については、沿岸部の復興状況が大きくかかわってくるものの、当分の間は現状と大きな変化はないものと考えておりますので、第2次改革プランにおける目標患者数等につきましては、過去からの推移、今後の取り組み内容も加味した計画値としております。
 次に、「各目標の達成はどう図られたのか。だれがその評価に当たったのか」についてお答えします。
 病院改革プランは、総務省から示された「公立病院改革ガイドライン」の趣旨を踏まえ、「経営の効率化」「再編・ネットワーク化」「経営形態の見直し」といった三つの視点から取り組みを進め、病院事業の経営基盤の強化を図り安定的に医療を提供できる体制を構築することを目的としておりました。
 そのため、計画目標年度である平成23年度までに「経常収支の均衡」を図ること、並びに病院特例債の償還が終了する平成27年度までに「不良債務の解消」を図ることを目標に掲げ、さらに、それらの目標を達成するための方策や課題についても改革プランで明らかにし、共通認識のもとに組織一丸となって改革に取り組んでまいりました。
 「経営の効率化」による経常収支の状況につきましては、医業収益の改善と費用の削減により、平成23年度における経常収支の均衡が見込まれる状況となっております。
 また、不良債務の状況につきましては、平成22年度決算において10億8,500万円だったものが、3億700万円の改善が図られ7億7,800万円と見込まれており、さらなる経営改善を進めていく中で、平成26年度までには「不良債務の解消」という目標は達成可能であると見込んでおります。
 「再編ネットワーク化」における取り組みといたしましては、改革プラン策定当初は平成23年度に2病院5診療所体制へと再編を行う計画でありましたが、医師数の減少と市民病院への医師の集約が困難な状況となったことから、米谷病院は平成24年度までは病院として存続する方針へと変更し再編を進めてきたところであります。
 医療体制の再編の取り組みの中で、各病院・診療所は東日本大震災の影響により失われた沿岸部の医療施設の代替・補完機能を果たすとともに、診療所化したよねやま病院の一部を南三陸町の公立志津川病院として活用するなど、医療圏を超えた連携を図りながら地域医療の確保が図られたととらえております。
 また、病院改革プランの評価につきましては、登米市立病院等運営協議会にて行っていただいており、今年度の経営状態について「全職員の頑張りにより、少しずつではあるが光が見えてきた」との評価をいただき、第2次改革プランにおいては「計画が絵にかいたもちにならないよう、今後も職員一丸となり改善を積み重ね、確実に実績に結びつけていくことを望む」との意見をいただいたところです。
 なお、「経営形態のあり方懇話会」の委員にお願いしていた皆様には、現状の報告と今後の計画等について、資料をお送りし、ご意見をいただくなどの対応を行っているところでありますので、ご理解をお願いいたします。
 次に、「地方公営企業法全部適用による成果が見えない」についてお答えします。
 地方公営企業法全部適用により、事業管理者は市長部局とは独立した機関として設置され、病院事業の業務の執行は、予算の調整や議会の議決事項の議案提出などのものを除き、経営に必要な「人、金、物」に関する決定が事業管理者の権限で行えることになりました。
 登米市病院事業は、全部適用に移行した当時、既に多額の不良債務を抱えておりましたが、地域医療再生交付金事業などを活用し、医療提供環境の整備を進めるとともに、その付与された権限と責任で予算の執行、経営管理強化のための医療局と市民病院事務局の一体化などの組織の改編の実施、また、7対1看護基準のための看護師の配置や、需要を増している訪問看護部門の看護師及びリハビリスタッフを増員するなど、医療ニーズにこたえる柔軟な人事配置を行いながら、現行改革プランに基づき経営健全化に最優先で取り組んでまいりました。
 その結果、平成23年度は、再編による医療提供体制の効率化や医療・福祉・介護とのネットワークの強化、回復期リハビリテーション病棟の開設による切れ目のないサービス提供の充実が図られるとともに、繰入金を除く実質的な収支において、前年度より20%以上上回る収支改善が見込まれるなど、成果は着実にあらわれてきているものと考えております。
 今後も、自治体病院として使命を全うするよう、なお一層の努力をしてまいりますので、ご理解をお願いいたします。
 以上、答弁とさせていただきます。
議長(田口政信君) ここで休憩をいたします。
          休憩 午前11時08分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時17分
議長(田口政信君) 再開をいたします。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 5番、遠藤 音君。
5番(遠藤 音君) 市長、管理者ともに、最終の答弁でご理解いただきますと、願いますというふうなお話でした。本当にご理解いたしますといえば簡単なのですけれども、なかなかご理解はできません。改革プランの中で、単年度収支黒字化と、プランの中で最終年度、23年度ことし100万円の黒字化というふうな目標設定をしました。この100万円というのは最低限これがボーダーラインなんだと、それを超えるように不退転の決意で、市長が言うに、陣頭指揮をとりながら進んでいって最低100万円を目指すのだというふうなことで、会計の上では、ですよ、目指したはずです。市長答弁は別として、管理者の方からは、当然自分たちが今お話ししたように、一生懸命頑張った結果100万円は黒字化できたというふうな評価を我々もできれば、本当にこれほどよろしかったのですけれども、結局その中で、収支の中で4,800万円ほど今回の震災の影響が当然加味されていると、それ引いたらどうなのですか。その時点でアウトです。プランは達成できなかったということになるのです。違いますか。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 先ほどもご回答させていただいたように、その(「管理者、マイクをまっすぐに立ててお話しください。お願いします」の声あり)済みませんでした。
 4,800万円が影響という形で推定されますので、それを除いて、では23年度の決算の状況がどういう状況になるのかといったときに、その4,800万円分がなかったとすれば、今の計画でお示ししている、第2次プランでお示ししている分についての23年度の決算見込みからは、その分が黒字ではなくて、その分によって収支の均衡、黒字という形にはならないという数字にはなります。ただ、震災の関係で、実は経営の関係で申しますと、震災の影響というのはそのプラスの影響だけではなくて、経営の関係でマイナスの影響も実はございました。というのは、当然登米市民病院の経営の中で、その震災の影響もございました。南館の病棟開設が2カ月おくれるとか、2カ月というか1カ月ちょっと工事の関係でおくれてしまうということがございまして、実は予定していたその7対1の看護基準の取り扱いなり何なりについても2カ月ほどずれてしまうという、その時期のずれなんかがあって、予定していたような形でのスタートが必ずしも今年度の4月からできたという状況ではなかったわけですが、そういう中でも予定していた、そういう要するに施設基準の上位の施設基準をとっての経営とか、そういう部分についても努力をさせていただいたということでございますので、その辺についてはご理解を賜ればと思います。
議長(田口政信君) 5番、遠藤 音君。
5番(遠藤 音君) 理解できません。この管理者の答弁の中で、4月から1月までと、入院で322名、外来で1万、3,809名の。これは4月から1月までです。あと2、3と、これは数字入っていません。今の管理者が言った現状、状況を幾ら多く差し引いても、これがこの数字がなければ100万円の黒字化はなかったですよ。本来、それくらいの気持ちでこの改革プランは取り組んでもらわなくては困ると、先ほど言ったように、この改革プランは我々の議決案件ではないです。ただ、何としても議会も市民も執行部も一丸となって、この病院を期待される病院に生まれ変わらせようというふうな不退転の決意があって、そして行動があって、初めて達成できる数値目標だったはずです。残念ながら、いろいろなあり方懇話会と協議会、そして議会で調査特別委員会、すべて同じような方向で報告がなされています。その結果、議会としては予算、決算についての審議の中で、2年連続決算が否決されております。それくらい緊迫した状況があるんだと、それが、ただこれだけの回答、数字もほとんど示せない回答でご理解していただきたいと、これは間違いなく我々市民、本当に県下でも最下位に近いくらいの1人の所得平均、累積欠損、登米市全体でももう1,000億円超えていると、まだそれもなかなか減らせないという中で、基準、基準外も含めてどれだけ登米市病院に税金を投入してきたのですか。それでもなお、最終的にはこの単年度黒字化と、100万円ということが最大の目標として上げられたのができなかったのですよ。もう理由はないのです。数字だけ見ても、その数字だけ見てもそういうふうな形です。例えば、それ一つですね、例えば改革プランの中では、病院事業の経営基盤の強化と、これはそうです。それと、安定的な医療を提供するのだと、市民に選ばれる病院になるのだというふうなことがやっぱり大きい柱ですよ。その安定的な病院の体制づくり、一つはネットワークをつくりましょうと、これ何回も議会の中でも我々も言っているのですけれど、一つ言ってみます。例えば、限られた医療資源の中で広域連携、そして病院間の連携、そして民間の病院との連携と、かかりつけ制度を導入しながら紹介制度を導入して進んでいきましょうと、民間の先生方との連携も、このあり方懇話会でも強く言われました。各種協議会でも言われています。具体的に、これ一つだけ聞きますけれど、具体的に民間の先生方と認証の取り交わし、何件やりましたか。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 何回も申し上げるようになりますけれども、改革プランの現行の改革プラン、それによる23年度の単年度収支の黒字化に向けて、あり方懇話会または運営協議会からの評価それから提案を、提言を受けて、経営改善計画をつくり、それで職員が一生懸命頑張って、それで今回の成果に結びつけるという努力はさせていただいておりました。そのことで、結果的にその震災の関係の影響もあったわけですけれども、その中でもそういう努力はさせていただいたということを、まずお話しさせていただきたいと思います。
 それで、今お話のありました、その民間の医療期間との連携の中で、認証ということがございましたが、この辺については市立病院においては認証という契約は行ってございません。
議長(田口政信君) 5番、遠藤 音君。
5番(遠藤 音君) 管理者にこの間、個人的にお話ししました。私も血圧と高脂血症という普段のそれこそ生活習慣病で患っておいて、自分のそれこそあんまり管理がなっていないということも恥ずかしいのですけれども、ある私立の病院に、その部分では民間の先生にかかっております。その中で、待合室に認証の、どこの病院でもあるのですけれども、どこと連携とっているというふうな形の認定証というのですかね、そういうふうなものがみんな掲げてあります。その病院の待合室の中では、当然、大崎、日赤、そして仙台こども病院、果ては隣の栗原市民病院の認証まであると。当然登米市の認証あるのだろうなと一生懸命血眼になってさがしたけれども、どこにもない。そして、治療終わって、先生、つかぬことをお伺いしますけれども、登米市とのそういうかかりつけ制度とか含めた、登米市が今一生懸命頑張っている認証の結び方をしていますかと。ああ、どうだったっけなと。何やっているのですか。民間と連携をとりながら、限られた医療資源を総動員して登米市の生命を守ると、それが一番のこの改革プランの目標なのですよ。極端に言えば、金なんかどうでもいいんだ。みんなでそういう医療の確保をしながら、連携しながら命を守っていこうと、そういう構築をこの3年間やると、何で民間の先生方と話し合い、あれだけ言われてもしないのですか。何がそこに問題があるの。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 民間の開業医の方との連携ということで、医師会の役員の方とのお話なんかも私もさせていただいております。それで、市立病院と開業医の先生方とのその連携ということについて、それは非常に重要な課題だということで、私たちも当然それは認識してございまして、23年の4月に地域医療連携室の体制も強化し、そういうことでその連携関係について取り組みを進めてきております。
 また、今度の第2次改革プランでも、先ほど認証というお話ございましたが、協力病院というような関係で、その辺についてのその仕組みも構築していくと、取り組みもしていくということにしておりますが、それで、今その連携のことについてお話ございましたが、今、例えば市民病院になりますけれども、紹介という形の中でちょっとお話をさせていただきますが、22年度であれば大体621施設との要するに紹介関係の取り組みがございます。月平均にしますと50施設163件の紹介というか、そういう連携という形になってございます。それで、23年度については、これも1月までの数字になりますが、今のところ595施設で月平均60施設、それで、紹介数は月平均207ということになりまして、その辺の連携の強化も形として出てきているという状況の中で、その連携も進めていくと、取り組んでいるということでございます。
議長(田口政信君) 5番、遠藤 音君。
5番(遠藤 音君) 何も、全然何もやっていないというふうなことは、これは申しません。みんな職員も現場の方々も当然この現状をわかっていて、最低限やることというか、頑張ってやっていることとは思うのです。ただ、ただ、だからって100年も待てるわけにいかないのです。財政的にも、もうぎりぎりのところまで来ているのですよ。今合併特例債、緊急雇用経済対策、今度の災害、そういう意味ではこれも予算の上ではバブルですよ。それが、もう平成30年度以降になれば、どんどんと一般会計含めて削減していかなくてはならない。当然国側の税収が落ち込んでいくわけですから、そのときに、この登米市民病院は持ちこたえられるのですか。だからこそ、懇話会で言われたように、ことし、今年度23年度を契機にそういう経営判断をしなくてはならないと。努力したから来年もというふうな話ではないのだけれども、もう経営判断、これはまあ管理者に、最後は市長に聞きますけれども、経営判断は管理者がやることではないけれども、本当にそこまで瀬戸際に来ていて、いちいち努力したとか何とかというよりも、根本的なことを本当に不退転の決意でやってきたかどうかなのです。例えば、この市民アンケートをとっていますよね。その中で1位は、ではどういう医療を求めているかというと、救急外来の充実と、よく言われている夜間救急、その部分ではどれだけの、例えば計画前とこの23年度最後で、どれだけ夜間救急の改善がなされましたか。数字であらわしてみてください。
議長(田口政信君) ちょっと時計とめてください。いいですか。はい、時計を動かしてください。
 それでは、医療局次長、鈴木 均君。
医療局次長(鈴木 均君) 救急の受け入れでございます。市民病院ですが、一番大きい平成17年度で1万975件ございました。20年度で5,849、23年度では5,000を切っております。ちょっと詳しい数字は後で、はい。
議長(田口政信君) 5番、遠藤 音君。
5番(遠藤 音君) その結果ですよ、半分ですよ。何改善しているというの。伊藤 栄議員が、この改革プランのときに、市民に向けて市長が先頭に立ってこのプランを説明して回りました。私も何カ所かの会場で聞かせていただきました。そのときの決意に私は涙したものです。何としても今までのこのなかなか取り組んでこなかったことを、この若い市長が一生懸命になって、この地域医療を守るために泣く泣く5病院を再編していくのだと、そして、何としても夜間救急、1.5次、2次までは登米市の中で守っていく、それが中核病院としての佐沼、今でいう登米市民病院の使命なのだと。そのためにお医者さんたちも集約化して、こういうふうな体制を強化していこうと、そのために一生懸命頑張っているなと。だからこそ、伊藤 栄議員言うに、議会としてもあれだけの残してくれという請願の要望があったものを否決までして、このプランにかけようというふうな思いがありました。その結果、その思いと裏腹にその後の市長、そして請われてきた管理者の両責任者の体制で行われてきたことは、果たしてそれに見合った結果だったのかなと、数字見てもどこを見てもそれはなかなか、先ほど言ったように全然やってこなかったとは言わないけれども、その最初の意気込みを最後まで続けられたかなというと本当に疑問でございます。例えば、中核の佐沼、今で言う登米市民病院が夜間救急できないならば、登米の診療所がやっている日曜診療ですか、米谷でやっている夜間診療、だったらば、佐沼の中核にある市民病院が、夜間はなかなか難しいけれども、例えばかぜひいただけでは来ないでくださいとか、そういうものも周知しながら、あわせながら、では早くその安心を提供するために早朝診療しましょうとか、そういう発想にもならないのですか。体制はそのままですよ。例えば、救急と定期的に来る方々を分離して、予約制を取りながら、1人の内科医には緊急性を新患を、新しい患者を受け入れると、そういうふうな分業の仕方もないですか。市民に選ばれる病院になる体制とはどういうことですか。ただ、規模を縮小して単年度黒字化という、それも一般会計からこれだけの予算を投入して、基準外まで、登米市の基準外、これを見たら本当に後出しじゃんけんの基準外ですよ。ほとんどの努力できなかった部分は、ある程度出しましょうと、これだけ大甘な基準をとってもなおこういう状況と、これを見て、今度の24年度から改革プラン出していますけれども、これはどう読めばいいのですか、我々。例えば、入院、外来の患者数も毎年1,000人以上ふえていますよね。今の現状からいって、ある程度この震災が落ち着いたときに1,000人ずつふえるという、どういう根拠でそういうふうな数字出しているのですか。
議長(田口政信君) 医療局次長、鈴木 均君。
医療局次長(鈴木 均君) 患者数の目標につきましては、医師数の増減等も関係してきますので、例えば24年度整形外科の先生が1名ふえるとかそのような、それから回復期リハ病棟の稼働状況、それから入院のその利用率等の状況を勘案しまして計算してございます。
議長(田口政信君) 5番、遠藤 音君。
5番(遠藤 音君) 大甘ですよね。例えば資料編の中で49ページ、これは本当市民に向けて、我々議会でなくて市民に向けてやるんだから、この資料編なんかも本当に雑ですよ。私頭悪いからだけれども、本当に19年度からとかとなっているけれども、本来は合併当初からとか、もう少し詳しくだれが見てもわかるような棒グラフを使うとか、議員が見ても別な資料をひっくり返してきて、それもあわせながら見るような資料を出しながらやるということ自体、根本的な問題もありますけれども、例えば、この資料編の収支計画の中で、23年度見込みが出ています。私もこうやってほかの資料で見て、見込みと実際がどう合っているのかというと、ほとんどバツですよ。マルなのは入院とか外来が若干いいけれども、要は基準外、会計ですね、他会計からの負担金とかそういうものは、当然予定よりもふえている部分がありますし、累積欠損金も結果的にはふえていると。累積欠損金に至っては107億7,900万円ですか、特別損失も計画よりも結果的にだめだったと。これを見て、また24年度から27年度までやってくれ、やらせてくれというふうな、これはそちらの医局からすると、何とかそういうふうな体制でやりたいのだというふうなことはわかりますけれども、市長にお伺いしますけれども、これを経営的に判断するのは最終的にやっぱり市長です。あり方懇話会のこの答弁書の中で管理者が言ったように、この間も全協でお話ししたように、評価をきちんとやっぱり入れるべきです。私なんかも素人です。前から言っているように、病院会計ぐらい難しいものはないです。この間も12月に言ったように、会計のプロと言われるような人たちも、病院会計がうまくいく人は何やってもいいと、それくらい病院会計は難しいのだと。どこかでやっぱり決断しなくてはならないのですよ。この欠損金を最終的には我々市民が最後は負担しなくてはならないと、それだけの、これから今からやらなくてはならないことを、改革の中で、ほかの適正化のための改革もしながらこれも返さなくてはならないというときに、そのどこまで持ちこたえられるかというのは、やっぱり経営判断です。そういう意味では、市長はそこをどう考えますか。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 議員からたくさんのご質疑をいただきました。私に対してだけでなく、事業管理者に対するご質疑の中でもいろいろなことがあります。もちろん、この経営のあり方懇話会の委員の皆様につきましては、先般その座長である先生のところには、その報告を兼ねて資料をご提出をさせていただいたという報告を聞いております。そして、その中で今後の経営のあり方とか、そして、この問題はやはり地域医療全般を考えますと、その先生からのお話の中では、もっと広域の中でしっかりとしたその医師の提供体制と経営基盤をつくるべきだというようなお話もいただいたというように聞き及んでおります。また、ほかの委員の皆様につきましても、まずは資料をご送付を申し上げ、そして内容をしっかりと精査をしていただき、ご指導をいただくようにというような指示も、それはさせていただいておるところであります。そういった意味では、やはり議員からもご指摘をいただいておりますとおり、この病院経営の問題は非常に難しい経営が求められるということは、だれも疑う余地はないわけでありますし、また、その累積欠損金の問題につきましても、減価償却をどのように見ていくのかというような視点もあるわけでございます。やはり、経営の基盤として安定した体制をとるためには、100%健全経営の黒字化、これであれば全くもって問題ないわけではありますけれども、そういう体制までにはなかなか確立は非常に難しいというふうに私自身も認識をしているところであります。そういった意味では、ご指摘をいただいた点、そして、まだまだ至らぬ点たくさんご指導もいただいたところでありますので、我々としても改めてそういった取り組みをさせていただきたいというふうに思います。
 それから、具体的に開業医の先生方との連携ということであります。認証病院というような標榜はいただいてはおらないということは間違いありません。しかしながら、さまざまな連携と協力の中で、緊急時ではありましたが、市立病院に対して応援の医師として開業医の先生が震災対応のときの診療を担っていただいたり、それから、あすからになりますけれども市内の開業医の先生のご家族、お子さんが市民病院にご勤務をいただけるというような状況となりました。開業医の先生も、非常にこの登米市立病院の動向等についてご心配もいただきながら、そして、よりこれから連携がとれるような取り組みとして我々も協力を申し上げたいというようなお話もいただいているところであります。そういった意味では、市立病院だけでなく開業医の先生方、特に医師会の先生方には特段のご協力をいただくように、我々も折に触れいろいろとご相談などもさせていただきながら、これからの市立病院の経営のあり方、そして医療体制のあり方全般にわたって、さまざまな連携をこれからなお一層取り組ませていただきたいというふうに考えております。
議長(田口政信君) 5番、遠藤 音君。
5番(遠藤 音君) あと、最終的にこれは経営判断というか市長の判断が一番大きいということでございます。それに対して、今度は前段、最初に言ったように、このプランについて我々議決とか是非というふうな形の表現はできませんけれども、それに沿った24年度の当初予算と、病院会計の中でもう少し詰めた議論もできると思います。ただ、最終的にやっぱりこのプランが、27年度といってもやっぱり市長がどこかで、27年度を待たなくて、このままで行けばいいでしょうし、市長が言うようにね。それがだめだった場合は英断を下すかどうかだけお聞かせいただきたいということと、全協でもお話ししたように、会計のシステム変わりますよね、24年度から。そのときに、単純でいいです、どういうところにあらわれてきますか。例えば、棚卸の関係も、例えば建設債も負債としてカウントされると、そして、職員の退職金も、それも準備金積立、準備金はそれも負債としてカウントされるとなったときに、この改革プランの中で、24年度からだとすると25年度で、例えばきょうは累積欠損金だけでいいです、なんぼになりますか。
議長(田口政信君) 医療局次長、鈴木 均君。
医療局次長(鈴木 均君) 会計制度の見直しもございまして、一番見直しで大きいのは、今回の改正の中心が会計基準の見直しです。それで、それらについては、今病院事業の方でそれに対応する準備をしてございますし、それで、今回もう一つの1点は一括法の改正で、その資本剰余金なり資本金を、その今の累積欠損金の方に埋め戻しできるというか、割り戻しできるという制度の改正がございます。これにつきましては、議会の承認ということで、私たち条例化か議会の承認ということで形になってございますけれども、議会の承認というような方法をとってございますので、その際には議会にも相談できるかと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
議長(田口政信君) 5番、遠藤 音君。
5番(遠藤 音君) 額は今示せないのですか。額は示せないというか、これは予算の中で、それもちょっと詰めさせていただきたいと思いますけれども、最後に、先ほどお話ししたように、これがプランというふうな形で我々予算の中でそれを議論させて、私は議論させていただきたいと思うのですけれども、市長はこれが24年度か27年度までこのまま、このまんまで進めようとするのか、例えば状況によっては別な経営体に、要は公設公営から公設民営なり独法化なりというふうな、そういう判断も視野に入れながら進めていくのか、そこら辺を最後に聞かせていただきたいと思います。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 我々がなすべきことは、プランどおりに着実に実行するということが目的ではなく、市民に対して安定した医療を提供するための取り組みとして、どういう取り組みができるのか、何をなすべきかということを、私自身も適宜判断をすることが何よりも必要だというふうに考えております。そういった意味では、ご指摘をいただいた点の中で、様々な状況の中で、やはりそのプランの見直し、計画の変更、そして経営体系のあり方等も含めて、そういったものに関してはすべてを想定をしながら、しっかりとした体制を整えていくための着実な取り組みを進めることが大事だというふうに考えております。
議長(田口政信君) これで5番、遠藤 音君の一般質問を終わります。
 次に、10番、浅野 敬君の質問を許します。
10番(浅野 敬君) 10番、浅野 敬でございます。私はこれまで3年間、病院問題をシリーズとして一般質問を行ってまいりました。今回は一たんそこから離れまして、施政方針を拝聴して感じた行政運営全般にわたっての問題点について、その考え方等を問い、できれば共通認識を得たいと考えております。簡潔に質問することにしておりますので、答弁も簡単明瞭にしていただければと願っております。逐次質問いたします。
 第1、沿岸部と内陸部の交通の要衝と定義されておられる登米市が主体的に果たすべき役割とは、具体的にどんなことか教えていただきたいと思います。
 2点目、政策的経費を確保するために行う経常経費の削減は、どのくらいの金額を見込んでおられるかお示し願いたいと思います。
 3点目、放射性稲わらの最終処分の方法について、登米市から国または県に何らかの提言をする考えはお持ちかどうかお聞かせください。
 4点目、新規の工業団地の創設は、三陸道の登米市内に4カ所あるインター周辺を第1の候補地にすべきと考えますが、いかがお考えでしょうか。
 5点目、地域医療連携センターを運営するためのコーディネーター役は、どのような方が担うのか。また、そのめどは立っているのか。また、関連して、救急7隊の永続的な運営に、死角といいますか心配事はないか伺います。
 6点目、地域密着型特別養護老人ホームの整備が完了後は、老健100床の具現化にどう取り組むのか、お考えをお聞かせください。
 7点目、災害公営住宅の整備について、戸数のめどはいつごろつけるのか伺います。
 8点目、「協働のまちづくり」を推進するに当たって、各コミュニティーの住民が考える優先順位と、市当局の見る優先順位が一致しない場合、どちらを優先するといいますか重視するといいますか、率直にお答えください。
 9点目、行財政改革に関し、簡素で効率的な組織体制とは具体的にどのような形になるのか。私どもにもイメージできるようにお示し願いたいと思います。
 最後10点目、「三助の精神」に通じるとおっしゃる「登米市まちづくり基本条例」で目指すのは、地域の「絆」をさらに強固にしたいとの思いを重視するというか、大切にしたいということととらえておりますが、その思いが「優先順位」という物差しの一面的な当て方によっては、市長みずからがコミュニティーのきずなを断ち切る結果を招いては元も子もないと考えるものであります。市民感覚及び大局観に立脚しての政策決定・行政運営がなされるべきと思いますが、いかがでしょうか。できればイエス、ノーでお答えください。以上でございます。
議長(田口政信君) 3分ほど前でございますが、答弁が非常に長うございますので、ここで休憩とさせていただきます。
          休憩 午前11時56分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
議長(田口政信君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 28番、岩淵正弘君より、中座の届け出がございます。
 午前に引き続き、10番、浅野 敬君の一般質問を続けます。
 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、10番、浅野 敬議員のご質問にお答えさせていただきます。
 初めに、「施政方針で示された各課題」についてご質問のありました10点についてお答えさせていただきます。
 まず、1点目の「沿岸部と内陸部の交通の要衝と定義されている登米市が主体的に果たす役割とは具体的にどんなことか」についてでありますが、今回の大震災において、特に沿岸部では壊滅的な被害を受けており、沿岸部の方々の生活の再建や産業等の復興に当たっては、沿岸被災地のみでの対応は難しい状況と認識しております。
 このような状況を踏まえ、地理的にも生活圏として沿岸部とのつながりが深く、交通の要衝にもなっている本市の果たすべき役割は非常に重要であり、沿岸部の方々の雇用や医療などの支援とともに、本市の土地の有効活用等を図ることによって、結節点としての役割を果たすことができるものと考えております。
 また、今後、三陸縦貫自動車道の延伸に伴い、沿岸部への物流拠点としての役割も可能であることから、広域的な視点の中で有機的な連携を図り、沿岸部の復興に対する支援に努めてまいりたいと考えております。
 次に、2点目の「政策的経費を確保するために行う経常経費の削減はどのくらいの金額を見込んでいるか」についてお答えします。
 施政方針で述べましたとおり、平成24年度の予算編成に当たりましては、これまでどおり一般行政経費は枠配分方式の予算編成手法を取り入れ、取り組んだところであります。これは、一般行政経費の要求に当たり、各部局へ一定の枠を提示し、この枠内での予算要求とすることで、経常経費の削減を図る取り組みであります。
 本年度の枠配分に当たりましては、一般行政経費のうち、旅費や需用費など削減可能な経費については、前年度当初対比マイナス3%での配分を行い編成したものであり、この取り組みにより約9,500万円の削減を図ったところであります。
 次に、3点目の「放射性物質を含んだ稲わらの最終処分の方法を登米市から国に提言する考えは」についてお答えします。
 本市における平成24年2月現在の放射性物質を含んだ稲わらの保有状況は、総重量で約2,300トンであり、この数量は県全体の約50%に当たります。
 これまで本市においては、放射性物質を含んだ稲わらの一時保管を進めながら、最終処分方法を国の責任において早急に具体化されるよう、機会をとらえて内閣府、農林水産省、環境省等へ要望してまいりました。
 このような中、本年1月1日付で放射性物質汚染対処特別措置法が全面施行され、放射性物質を含む稲わらについても「原発事故由来放射性物質により汚染された物質」として環境大臣が指定廃棄物の指定を行い、国がその処理を行うこととされたところであります。
 このようなことから、昨年12月21日及び本年1月24日に環境省並びに農林水産省の担当職員が本市を訪れ、稲わらの保有状況や処理方法等についての意見交換をしているところでありますが、国における最終処理方法については、焼却処分による減容化が最も現実的なことととらえているようであります。
 しかし、国における福島県内の中間貯蔵施設についても、設置場所の選定が問題化しているとおり、焼却施設や焼却場所の選定が最も難しい問題でありますし、また、焼却を含めた処理技術につきましても、民間研究機関やメーカー等ではさまざまな角度から減容化についての技術検討が行われているようでありますが、現時点ではより効果的な処分方法が確立したという情報は得ておりません。
 本市といたしましては、今後とも国における最終的な処分の実施を強く要請してまいりますので、ご理解をお願いいたします。
 次に、4点目の「新規の工業団地の創設は三陸道のインター周辺を第1の候補地にすべき」についてお答えします。
 16番庄子喜一議員の代表質問にお答えしましたが、工業団地の場所の選定につきましては、自動車関連産業では、東北自動車道及び国道4号線に、より近い用地を希望される傾向にあります。一方、これまで沿岸部において操業していた企業につきましては、これまでの東日本大震災による被災経験から、沿岸被災地からのリスク分散等のため、内陸部への立地を検討する企業が出てきており、このような考え方は今後も続くことが想定されるところであります。
 このようなことから、平成24年度において取り組むことといたしました工業団地適地調査事業につきましては、これらの状況分析のほか、企業の立地希望動向等も含め、さまざまな条件整理を行いながら、新たな工業団地の適地候補地を検討してまいりたいと考えております。
 なお、新たな工業団地の整備には相当の期間を要することから、その間に立地を予定する企業につきましては、みずから工場用地を造成する場合に用地造成に要する経費に対して奨励金を交付し、民間投資による立地を促進する「工業用地造成民間活力促進事業」を新たな本市独自の制度として新設することとしておりますので、ご理解をお願いいたします。
 次に、5点目の「地域医療連携センターを運営するためのコーディネーター役はだれが担うのか。また、そのめどは立っているのか。関連して、救急7隊の永続的な運営に死角はないのか」についてお答えします。
 地域医療連携センターのコーディネーター役は、市民病院地域医療連携室の室長である医師が主体となって行うことが望ましいと考えております。
 地域医療連携室は、退院に問題を抱える患者さんの相談や関係機関との調整などの出口の役割と、開業医の先生方などからの患者紹介率を上げるための入り口の役割があります。また、地域医療連携室は、居宅介護事業者や施設との間で研修会や意見交換会を定期的に開催するなど、日ごろより連携の強化に努めているところであります。
 本センターが地域医療にかかわる機関・団体等の情報共有や研修、事例検討の場として活用され、医師を初め医療関係者の顔の見える関係を構築することが主たる目的として整備されることを考えたとき、市民病院の医師が保健、医療、福祉の連携コーディネーター役となることは、関係機関・団体等との連携を推進することに寄与するものと考えるものであります。
 次に、「救急7隊の永続的な運営に死角はないのか」についてでありますが、救急出動件数につきましては、平成22年の2,949件、平成23年は3,572件で623件増加し、1日平均9.8回の出場でありました。また、本年は2月19日現在569件で、1日平均11.4件の出場となっており、高齢者人口の増加や高度医療機関への転院搬送など、救急出場が増加傾向にあります。
 消防出張所は、消防ポンプ自動車と救急自動車を配備し、当直人員は通常5名程度でありますが、消防隊及び救急隊としての兼務、いわゆる消防力の整備指針に基づく乗りかえ運用で、火災・救急の両面をにらんだ消防業務の執行体制を確保し、より効率的、かつ効果的な業務を行っております。
 また、大規模災害発生時には、非番、週休職員の非常招集等により人員の確保を行っておりますので、今後も限られた施設、人員を最大限有効に活用して、災害の被害軽減に対処してまいります。
 次に、6点目の「地域密着型特養の整備が完了後の老健整備の具現化にどう取り組むか」についてお答えします。
 介護老人保健施設100床の整備につきましては、第4期介護保険事業計画で、市立病院の再編とあわせ、登米病院、米山病院などの療養病棟の廃止に伴う入院病床減への対策として、介護ベッド数を確保するため、県との協議により介護老人保健施設の整備を計画したものであります。
 その後、平成21年6月に緊急経済対策の一環として、介護基盤緊急整備等特別事業が新たに創設され、介護福祉施設の施設待機状況調査の状況から、地域密着型特別養護老人ホーム7カ所203床、及び認知症対応型共同生活介護施設3カ所27床を整備することとし、介護老人保健施設100床につきましては、これらの整備による入所状況を見て検討することとしておりました。
 介護老人保健施設につきましては、平成23年6月の「介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律」の施行により、これまで以上に「在宅復帰支援型の施設としての機能を強化する」とされたことから、引き続き介護老人保健施設100床の整備による介護給付について、第5期介護保険事業計画に盛り込んだところであります。
 今後、介護老人保健施設の待機者状況等を勘案し、整備方法等について鋭意検討を行ってまいりたいと考えております。
 次に、7点目の「災害公営住宅の整備戸数のめど」についてお答えします。
 東日本大震災で住宅を失い、自力で住宅の確保が困難な人を入居対象とした災害公営住宅の建設に向け、自宅を解体した人などを対象に意向調査を行っておりますが、現時点で31世帯が災害公営住宅に入居を希望しております。
 また、災害公営住宅は、災害時に市内の民間住宅やアパート等に入居していた人で、その住宅などが半壊以上の被害を受け、解体により入居が困難になり、親戚などの家に住んでいる人も入居できることから、広報とめ2月号並びに市ホームページによりお知らせしております。今後、申し込みいただいた皆様に対し、世帯ごとの詳細な意向調査を行い、3月中旬までに建設戸数のめどを立てたいと考えております。
 次に、8点目の「協働のまちづくりを推進するに当たって、各コミュニティーの住民と市当局の考えのどちらを優先するのか」についてお答えします。
 本市において各種事業の優先順位を決定する場合には、事業の必要性や緊急性、事業効果、さらには財源確保の見通しなど、全市的な視点で検討を行い決定しているところでありますので、各コミュニティー単位でとらえる課題や事業の優先順位とは、並列的に比較することはできないものと考えております。
 なお、コミュニティー組織が取り組みを実施する際には、「地域協働まちづくり事業」や「協働のまちづくり地域交付金」の制度を積極的に活用していただきたいと考えております。
 次に、9点目の「簡素で効率的な組織体制の具体的イメージ」についてお答えします。
 合併時、市長部局5部と総合支所を合わせて58課体制でスタートいたしましたが、変化する行政課題に迅速かつ的確に対応できるフラットな組織を構築することとし、組織の統廃合を含め、現在は31課4室となっております。
 今後とも、市民皆様にわかりやすく、時代の変化に的確に対応した効率的な行政サービスを提供できる組織体制の構築を目指してまいります。
 具体的には、本庁にあっては、特定の事業等を所掌する室については、事業の進捗状況を把握しながら、随時、組織の改廃を検討していくとともに、さらなる課の統廃合も検討してまいります。
 また、総合支所については、地域審議会、地域懇談会、行政区長会等、地域住民の皆様の意見を踏まえながら、福祉サービス等の申請受付、相談、行政区及び地域コミュニティー団体への支援等の業務を主とした体制へ移行するとともに、保健部門、農業部門等をブロック化を検討してまいりたいと考えております。
 なお、総合支所内に事務所があります関係団体等も含めて、市民の皆様の利便性に配慮しながら、組織の改編を行ってまいりたいと考えております。
 次に、10点目の「政策決定、行政運営に当たっての考え方」についてお答えします。
 政策の決定に当たっては、本市の将来像の実現に向け、まちづくり市民意向調査などを踏まえた市民の皆様の声の把握と的確な課題整理や分析、そして限りある資源の効率的、効果的な活用が重要であると考えております。さらには、施策の緊急性や将来にわたる効果など、あらゆる視点から大局的に判断を行っているところであり、議員の考えと相違するものではありません。
 このような基本的な考えを踏まえ、重要な意思決定に際しましては、政策会議などでの議論を経て判断を行い、行政運営を行っているところでありますので、ご理解をお願い申し上げ、答弁とさせていただきます。
議長(田口政信君) 10番、浅野 敬君。
10番(浅野 敬君) ご答弁を聞いて感じることは、一本の糸でとじられているとは必ずしも思えない点があると感じております。私は、ばらばらに見える質問の中でも、1本の線を通したいという思いを持っております。それは、市政運営につきまして言行不一致ではだめなのだと、言行一致を求めるということであります。
 再質問いたします。1点目については合点がいきませんが、6番議員も取り上げておられるので、そちらに譲りたいと思います。
 2点目は、約9,500万円の削減とのことでございますが、この金額が多いか少ないかは別にして、使い道が問題であると見ることも一面あるのではないでしょうか。不要不急の事業に充てることは効果が見られない結果となると申し上げたいと思いますが、この件は後の予算審議の場で議論すべく、今回はさわりだけにとどめておきたいと思います。
 3点目、想定内の答弁をいただきました。だれが受け持っても難しい問題であることは私も十分承知しておりますが、だれかが解決に向けて行動を起こしていかねばなりません。答弁の中にあったとおり、焼却施設や焼却場所の選定が最も難しいことだと私も考えますが、登米市内の民間グループで用地提供を含め計画を練っている動きを、私自身伝えられております。市長はこのことについて、その成否等も含め検討する考えはあるかないかを、まずお聞かせいただきたいと思います。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 稲わらの焼却ということについては、我々はそういう話としては伺ってはおりません。いろいろな瓦れきの処理とかそういった部分に対する取り組みについて、いろいろとお考えをいただいているというようなお話は聞き及んでいるところであります。
議長(田口政信君) 10番、浅野 敬君。
10番(浅野 敬君) それは、災害廃棄物処理のことでしょうか。それは何団体ぐらいからお聞きになっておりますか。その辺。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 具体的には、1カ所の団体からお話を、お一人の方からお話を伺っております。
議長(田口政信君) 10番、浅野 敬君。
10番(浅野 敬君) それは検討なさるつもりでおられるか、そして、例えば国、県におつなぎになる考えはあるかないかだけ、じゃあお聞かせいただきたいと思います。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) この、当初ご質問いただいたこの稲わらの件とはちょっと内容がちょっと違っておるかとは思いますが、こういった取り組みについて、我々として、要するにこの沿岸の被災地のさまざまな今災害復興、復旧に当たっての取り組み等について、後押しができる取り組みということであり、また、地域の皆様のご理解をいただけるというような状況であれば、我々としては協力については、我々も汗をかきたいなというふうに思っております。
議長(田口政信君) 10番、浅野 敬君。
10番(浅野 敬君) この件につきましては、いわゆる社会的な何といいますか、意義のあることでもありますので、ぜひご検討をお願いしたいというふうに申し上げておきます。
 次に、4番目の工業用地造成民間活力促進事業の概要について、まずご説明いただきたいと思いますが。
議長(田口政信君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 市長の答弁にありましたように、いわゆる市で工業団地を持つまでには時間を要すると、その間をつないでいくと、意味合いで、いわゆる土地の取得は入りませんが、それをいわゆる企業が操業していくために必要な造成、そういった部分の支援を行っていこうとするものでございます。平米当たりの単価の上限を9,000円、そして、最大でも9,000円で仮に5町歩やられますと、4億5,000万円ほどかかりますので、そのうちの40%を市で支援していこうというふうな内容でございます。そのことによって、できるだけ早い操業に結びつけていきたいというふうなことでございます。
 なお、あわせまして、当然土地については、いろいろな規制等もかかっている部分もございますから、それは市としてもできる対応はあわせて行っていくということでございます。
議長(田口政信君) 10番、浅野 敬君。
10番(浅野 敬君) 今の段階で聞くのが適切かどうかわかりませんが、現在、トヨテツ関連の進出の動きというのはあるものでしょうか。差し支えない範囲でお聞かせいただきたいと思いますが。いわゆるこの新しい制度にのっとってですね。
議長(田口政信君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) いろいろな動きがあることについては事実でございます。ただし、これはそれぞれの段階ございますので、いわゆる単にいろいろな情報を私どもに照会してきたという部分もございますし、あるいはもう少しこう進んだ段階ということもございまして、今の段階で申し上げる部分はなかなか難しいのですが、動きはあるということでございます。それが仮にこの今後、ですから24年度からこれをやっていこうということですから、もしそういった部分が実現すれば、こういう対象にはなっていくということでございます。
議長(田口政信君) 10番、浅野 敬君。
10番(浅野 敬君) どうぞ誤解なさらないでいただきたいと思います。私は積極的に進めるべきだという考えで、今申し上げたところであります。
 次に、病院の地域医療連携センターの件でございますが、改革プランの紆余曲折の当事者である現管理者のもとでの答弁とは思えないくらい、的確なお考え方だと感心をいたしております。でありますが、いわゆる施政方針に述べられております件で少しお尋ねしたいと思います。
 平成23年度に単年度収支黒字化が最大の目標とされておりますが、本当にこれでいいのかなと。最大の目標は、私は市民に信頼される医療体制づくりだというふうに置きかえるべきだというふうに思っているのですよ。それに、単年度黒字化というのは、これは結果がそうなることだと思いますので、その点は同じ認識だということでよろしいでしょうかね。はい。では続けます。ただし、後段の方ですね、救急7隊のくだりはちょっとわかりにくいのでございまして、実情を見て心配な点は本当にないんでしょうか。確認でございます。
議長(田口政信君) 消防本部消防長、菅原輝雄君。
消防本部消防長(菅原輝雄君) 現状の体制でやってございますのは、現在の職員数、それから施設、車両等を勘案した中で、最大限とれる範囲というふうなことで体制を組んでございますし、ただ、これからの市民ニーズあるいは満足度というふうなことも重要な要素として考えながら、市内の医療体制あるいは県北の医療体制を考えた上で消防体制の研究に努めているというふうな状況でございますし、現状の体制の中で、今議員おっしゃるような心配のことにつきましては、やっていけるというふうなことで考えてございます。
議長(田口政信君) 10番、浅野 敬君。
10番(浅野 敬君) 消防の努力は多とします。
 それから、次の7点目の住宅ですね。災害公営住宅、現時点で31世帯しか希望していないということは、私の受けとめ方は以外に少なすぎると感じているわけでございます。アンケートのとり方等に問題はなかったんでしょうね。その辺だけお聞かせいただきたいと思います。
議長(田口政信君) 建設部長、高橋千壽君。
建設部長(高橋千壽君) 希望が少ないのではないか、アンケートの調査に問題あるかということでありますけれども、506世帯、解体をされる方で住まいをなくすという方、調査をしております。昨年12月28日から1月10日まで、それで回答がなかった方についても1月25日から再調査を2月4日にしております。それで回答あったのが78.1%でありまして359件、それで、自力で再建する方が267件、それから民間の賃貸に7件、それから市外へ移転される方が7件、それから回答なしが83件で、市外希望される方が31世帯ということで、調査には問題なかったと考えております。
議長(田口政信君) 10番、浅野 敬君。
10番(浅野 敬君) 了解いたしました。
 次に、8点目、10点目につきましては、同じことを視点を変えて質問したつもりであります。これはまとめて最後にお尋ねしたいと思います。
 その前に、9点目、簡素で効率的な組織体制の具体的イメージでお尋ねをいたします。
 いろいろおっしゃってはいますが、具体的イメージはわかないのでございますが、もう少し詰めてお示しいただけませんでしょうか。
議長(田口政信君) 総務部長、小野寺富雄君。
総務部長(小野寺富雄君) 今後の組織体系のあり方でありますけれども、現在職員の適正化計画を取り組んでございまして、この職員の削減の推移に基づきまして、やはりその本庁機能、それから各施設機能、それから支所につきましても縮小していく、それがやっぱり定められた道だろうと思ってございまして、特にその支所につきましては、答弁のとおりこうした業務をやっていくことと、それから指定管理に伴う教育事務所、あるいは包括支援センター、あるいは団体が入っている商工会等がありますけれども、そうした複合施設化の支所の施設のあり方という方向になろうかと思っております。
議長(田口政信君) 10番、浅野 敬君。
10番(浅野 敬君) 端的にいえば、本庁重視ということで受けとめてよろしいですよね。私もそれが正解だと思っております。多分、あるいは議会の中では少数意見かもしれませんが、私はその考え方を支持したいと思います。
 次に、8点目で、多分質問の趣旨はわかっていないのではないかという思いがします。各コミュニティーには、それぞれ道路がいいとか、集会所だったとか、下水道だとか、いろいろな意見があろうかと思います。ただ、あれもこれもできる環境でないことは、だれもが承知していることだと思ってお聞きをします。コミュニティーの優先順位1番に上げていることが、市当局の考えと万一、一致しない場合は、どちらを優先するのですかと問うているのですが、その点いただけないでしょうか。
議長(田口政信君) 企画部長、佐藤順悦君。
企画部長(佐藤順悦君) 今のご質問、コミュニティーの考えと市の考えが違った場合どちらを優先するかということでしょうか。コミュニティーはいろいろな課題とかありますし、またいろいろな要望もあると思います。その中で必ずしも市の考えと一致していくということはあり得ないといいますか、なると思います。いずれ地域の方々の話し合いの中で詰めていくということしかならないのかなというふうに思っております。出されたから、これは市の考えと違うから、これはだめよということではなくて、意見、協議、そうしたものが必要かなというふうに考えております。
議長(田口政信君) 10番、浅野 敬君。
10番(浅野 敬君) これ以上続けても、多分平行線だろうと思いますので、企画部長の答弁に期待したことは、コミュニティーと市の考え方が不一致になるようなことにはならないように努力します、がいいのではないでしょうかということを申し上げたいと思います。
 次に、最後の方ですが、いわゆる協働のまちづくり、三助の……政策決定、行政運営に当たっての考え方ですが、これは協働のまちづくりの基本的な部分でございまして、この答弁でおっしゃるとおりだと思いますが、なお確認いたします。
 これ、まず最初に教育長さんにお尋ねしておきます。議員の考えと相違するものではありませんということと、議員の考えと同じですということは同意語でしょうか。
議長(田口政信君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 大変難しい質問だとは思いますけれども、物を言うときの方向の違いで、内容的には同じととらえていいのではないかなと思っています。
議長(田口政信君) 10番、浅野 敬君。
10番(浅野 敬君) その上でお尋ねします。一番具体的な例で一つだけ申し上げたいと思います。被災を受けた東和総合運動公園についての復旧の仕方でありますが、11番議員には答弁の中で、施設を整備するのに当たり、地域の皆様、利用者、関係団体等の皆様と十分協議しながら災害に強い整備を進めてまいります、これで市長、最終的に間違いなくこのとおりでやるつもりでいるかどうかだけお聞かせください。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 我々として、その絵をかいてご説明を申し上げるということではなくて、まずはその今の現状をきちんと正確にお伝えをした上で、いろいろとご協議をいただきながら、我々としてもご相談をさせていただきたいというふうに考えております。
議長(田口政信君) はい、ご苦労さまでした。
 これで10番、浅野 敬君の一般質問を終わります。
 次に、22番、沼倉利光君の質問を許します。
22番(沼倉利光君) 22番、沼倉利光でございます。第2次病院改革プランについて、市長、病院管理者にご質問を申し上げます。
 この第2次病院改革プランにつきましては、当初よりも大分おくれましたけれども、この議会前に示されました。今回のこの病院改革プランを検証しながらご質問を申し上げたいというふうに思っております。
 この病院改革の大きな要素として、病院は市民が安心して暮らせる地域医療の確立と、市民病院の健全化を推進するという大きな目的があるのではないかというふうに思っております。そういった中で、今回のこの病院のプランの中で、医療提供の今後の中で、今後療養病床の増床の考えはないかお伺いするものであります。
 また、訪問看護の患者数の増加の予想になっておりますが、今後その体制についてもお伺い申し上げます。
 不良債務の解消方策と外部評価の具体的な考え方についてもお伺いを申し上げます。以上。
議長(田口政信君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、22番、沼倉利光議員のご質問にお答えさせていただきます。
 「第2次病院改革プラン」についてお答えします。
 初めに、「療養病床の増床の考えはないか」とのご質問でありますが、現在の登米医療圏内の療養病床につきましては、豊里病院の30床のみとなっており、満床の状態が続いている状況にあります。一般病床とともに療養病床もまた、急性期から回復期、維持期を経て在宅医療へとつなぐ切れ目のない「医療の流れ」を構築する上で、大切な役割を果たしております。
 しかしながら、限られた医療資源の中で切れ目のない安全・安心のネットワークを構築するためには、医療のみならず保健・福祉・介護との連携が必要でありますので、議員ご質問の療養病床数につきましても、その中で総合的に検討していくべきものと考えているところでありますので、ご理解をお願いいたしたいと思います。
 次に、「訪問看護体制」につきましては、豊里病院と米谷病院にある訪問看護ステーションの効率的な運用を図る組織に統合し、「利用者情報の一括管理」や「登米市全域を効率的にカバーする拠点とエリアの設定」を行った上で、今後の利用者増に対応した体制づくりが行えるよう検討を急いでいるところであります。
 私からの答弁は以上とさせていただき、詳細につきましては病院事業管理者から答弁させます。以上、私からの答弁とさせていただきます。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 「第2次病院改革プラン」についてお答えします。
 初めに、「療養病床の増床の考えはないか」とのご質問でありますが、療養病床については、長期の療養が必要とされる高齢者など慢性疾患の患者さんのための病床であり、現在豊里病院に設置しております。
 療養病床の数については、第2次改革プラン策定時に検討した経緯がありますが、施設基準取得に必要な機能訓練室や食堂等の整備に係る経費、さらに患者数の動向、経営状況や収支計画も踏まえ、今後も引き続き検討していく必要があるものと考えているところでありますので、ご理解をお願いいたします。
 次に、「訪問看護の体制」についてでありますが、現在、米谷・豊里の訪問看護ステーションを核として三つのサテライトステーションを設け、合わせて五つの拠点施設から訪問看護師を出動させています。
 団塊の世代の高齢化や、施設医療から在宅医療へのシフトなどにより、今後ますます訪問看護サービス利用者数の増加が見込まれることから、安心してサービスを受けられるよう、体制の見直しを進めているところであります。
 次に、「不良債務の解消方策と外部評価の具体的な考え方」についてお答えします。
 まず、「不良債務の解消方策」についてでありますが、これまでの経営改善実施計画の取り組みを継続し、第2次改革プランでは「組織運営」「医療提供」「経営基盤強化」の三つの方針に基づき、各病院・診療所ごとに行動計画を定めて、市民の皆様に親しまれ、選ばれる病院づくりを組織一丸となって進め、単年度経常収支の黒字化を積み重ねることにより、不良債務の解消を図ることとしております。
 不良債務の解消は、現行のプランの目標としていた平成27年度より1年早い平成26年度の達成を目標としているところであります。
 次に、「外部評価の具体的な考え方は」とのご質問ですが、外部有識者の専門的な視点により、病院事業運営に対する評価と検証を図りながら、地域医療を確保する取り組みを進めるものであります。具体的には、病院の財政、運営状態を調査し、再建への道筋を示すアドバイザー制度を取り入れる必要があると考えております。
 アドバイザーの人選についてはまだ行っておりませんが、人数は5名程度を考えており、毎月経営指標等をアドバイザーに送付し、定期的に指導していただくようなことを考えております。特に「改善点」「改善手法」など具体的にアドバイスいただくため、「医療」「会計」等の有識者を委嘱したいと考えております。
 また、今後病院事業では、医療の質と安全の向上のため「病院機能評価」を受審する予定であります。その目的は、「療養環境と患者サービス」「医療提供の組織と運営」「医療の質と安全のためのケアプロセス」「病院運営管理の合理性」の評価に加え、最新の評価領域として「病院組織の運営と地域における役割」「患者の権利と医療の質及び安全の確保」を図ることであります。
 これらの評価制度につきましては、準備する過程、評価審査する過程で、病院の組織や運営上の要改善点が明らかになることや、職員の一体感が生まれるといったメリットがありますので、評価方法や評価項目など十分検討し実施してまいりたいと考えております。
 以上、答弁とさせていただきます。
議長(田口政信君) 22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 答弁をいただきましたけれども、管理者、今回のこの第2次の病院の改革プラン、当初よりも3カ月ほどおくれて、十分検討したということだと思うのですけれども、この出しての感想はいかがですか、その決意というのか。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 第2次改革プランの策定に当たっては、職員の方からもアンケート調査をするなど、この策定に当たって組織内でいろいろ検討させて、ここまで策定作業を進めてまいりました。そんなことで、一部、要するに管理部門だけでつくるという形ではなくて、実践する現場も参加してつくるという形をとらせていただきましたので、その辺について時間がかかったということで、おくれましたことをご理解をいただければと思います。これをつくりまして、まず絵にかいたもちにならないようにということで、運営協議会なんかからも意見をいただいておりますが、まさにこれを実践することが大事ということでございますので、この計画を具体的な実践する行動計画に落として、万全を期して職員一丸となって、この計画の達成に邁進していきたいということで考えてございます。
議長(田口政信君) 22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 今管理者が申しますように、第1次の改革プランは約16億円の不良債務が発生したので、そのためにだけつくられたといっても過言ではないような改革プランでありました。その間、議会からもいろいろ指摘がありましたし、我々議会の中でも調査特別委員会を設置して、今までなかったその職員のすべて442名のスタッフにもアンケートをとるという、かつてないようなそういった意識改革のために、議会側もやりました。しかも、そういった中で病院側もありとあらゆるスタッフを利用してやったということでございますので、その辺については、今までよりも違ったプランだというふうに評価はいたしております。特に、私がぜひお願いしたいと思っているのは、今回の初めの1ページに、改革、改善にゴールはないという言葉であります。改革はいつでもします。しかし、改革して悪くなる方向もかつて何度もありました。やはり、改革には改善というよい方向に向かうことが一番だというふうに思っております。ぜひ、そのよい方向になるためにどうなのかということについて、なお検証させていただきたいというふうに思います。
 実は、今回のその改革プランの中で、これを策定する点でのその改善すべき点ということが18ページにあります。組織の運営であったり、その医療の提供の体制であったり、経営の収支の改善ということであります。組織が一丸となる、これは当然であります。それから、医療体制についても、全体で一緒になってその情報を共有してやっていくという、そういった文言でありますけれども、今回このような形の中で、つくるときはみんなでやった、しかしこの、たしか20何項目だか30何項目だかのその皆さんからの提案があって、それを改革していくということがあったのですけれども、その検証はどういった形でその職員に対してはやるのですか。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 検証につきましては、部会というか委員会組織を設けています。そこのところで実施の方策であるとか、実施に向かっての取り組みをしていただくということになるわけですが、その結果についてもそういう形で、その成果を検証し、そしてそれができなかったか、またはできたのか、できないとすればどこに問題があったのかというようなことで、その辺をPDCAサイクルといいますか、検証してまた先に進むというような、そういう取り組みをこのプランの実行の中で進めていきたいということです。
議長(田口政信君) 22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) その管理者ね、考えはいいのです。ですから、これをやる場合にどういった頻度でやっていくかですよ。1年に1回、1年に2回程度でやっていったのでは、これはその病院に例えるのは大変申しわけないのですけれども、どこかの会社で本当に大変な会社があるとすれば、これはよくどこかの営業に行くと大きな紙があって、そこに目標の数字があって棒グラフがあって、そこにそのどれだけ到達したかという、毎月そういったその到達に対しての評価をしていくわけです。やはり病院の中においても、そのおのおのコンセンサスの中で、同じ情報を毎月のようにその下まで共有するという、そういったことがないと前に進まない。そっちの上の方でやっている、そっちの委員会でやっているじゃなくて、全体でその情報を毎月共有する、そのぐらいの姿勢が必要だと思うのですけれども、いかがですか。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 運営の関係も含めて、運営全体のことも含めて、組織としては、その経営会議まで上げていくその手順というか取り組みがあるわけですが、それを毎月定例的に開いてございます。そういう定例会議での取り組み、それの検証、その結果も現場の方まで情報を提供し、きちんと要するにその情報を現場の方にも伝わる、そして、さらにその先の取り組みなり何なりについてきちんと現場にも伝わって、取り組みに結びつけられると、そういうこれからの経営管理も含めて、実践もその中で取り組ませていただきたいというふうに考えます。
議長(田口政信君) 22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 例えば、その次のその3)の経営収支の改善、これもよくするという。これ、やはりその今言ったことと同じように経営収支についても、たしか前に私、委員会で、特別委員会でお邪魔したときも、病院の月ごとの目標とかそういったものがあったような気がします。ですから、これを一部の人たちが持っているのではなくて全体で共有していく、そういったことがないと、おのおのの、自分は関係なくあっちでやっているのだというふうになってしまうのですよ。私は、この収支の改善に一番問題なのは、上から下まで四百何十人に及ぶスタッフが同じその収支の情報の目的を持って、それをどの程度達成したか、毎月、それでなければ四半期ごとにしっかりそれを開示する、それを議会にも市民にも教える、それぐらいの姿勢がないと、やはりみんなで頑張ろうとか、何を頑張ればいいんだかわからないのではないですけれど、その辺についてはどうですか。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) これまでの取り組みの中で、その情報という形で市民の方にもということでお話もございましたが、病院事業、医療局の内部でも必ずしもきちんと要するにわかるような情報の出し方なり、そういうことに努めてきたかということになると、なかなかそのわかりにくい情報をそのまま出していた嫌いもございます。そういうことで、情報の出し方も含めてですが、しっかりわかる情報、そして、何をどういうふうに組織として行動しなくてはならないのかという結びつけられるような、そういう情報の出し方、それも1年に1遍だけ決算のときに出すとか、事業計画策定のときに出すということだけではなくて、その辺についても、今はっきり3カ月ごと、4カ月ごとという形でちょっとなかなかあれですが、そういう定期的にきっちり要するに情報が伝わるような出し方を、そして、課題なり問題なりが大きくというか出てくるような場合は、適宜その時期に速やかに情報を伝え、行動に移せるような取り組みをしていきたいと。
議長(田口政信君) 22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) これ、管理者ね、市長を含めてこちらの部局、本当に地域医療のために、病院のためにお金を出して惜しまないというお金であるものの、もしそれが1円でもほかに回ればという思いもあるのですよ。ですから、それは医療局でわかっていると思いますから、そこはいいです。でも、そういった考えのもとをみんな持っているというためにも、この市の全体に、この組織の中全体に、今病院はこの程度頑張っている、これを目標にしているんだということを、やはり病院だけの一情報にとどまらずみんなに教える、それを、難しいかもしれないけれど、しかし最低でも四半期ごとのそういった目標数値、まして各病院、診療所においては、月ごとのそういったことについてしっかり情報を持って開示する、そのぐらいの姿勢がないと本来の改善というのは、1年たったからこうなりましたというのでは、それは余りにも、それこそスピード感がなさ過ぎます。どうですか、最低でも四半期ごと、そして、できればその診療所、各病院についてはどれだけ頑張ったか、頑張れなかったことはそれはそれでしようがない、でも一生懸命やっている姿を見せるためには、事務方でそれだけのことも必要だと思いますけれども、市長いかがですか。市長もそういうのを毎月知りたくないですか。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) まず、今までもそういうことはしてこなかったということではなくて、やってきたのですが、その先ほどもいいましたように、情報をきちんとわかりやすく、そして問題がないかという形での出し方がどうだったのかということについて反省するところもあるし、改善しなくてはならないということも含めて先ほどお話をさせていただきました。それで、それらについては毎月、要するに経営状況がどうであるかということについては、これまでもやってきてございます。そういうことも含めて、きちんと先ほど四半期というか3カ月ごとにという話がございましたが、少なくともそういう頻度では最低限の頻度として、もう少しというか充実した取り組みをさせていただきたいというか、してまいりたいと思います。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) まず、病院の、病院事業全体としての収支の状況等については、我々の方に毎月上がってきております。その中で、不良債務を含め収支改善が今も図られてきているというような状況があります。しかしながら、こういう状況が、例えば医療局のスタッフ、職員全員が同じ認識を持てるかというと、そういうことにつきましてきちんと部内でしっかり情報を共有しながら、そして、自分たちが汗をかいていることがきちんと成果として結びついているという実感をやはり共有することは、当然のごとく必要であろうというふうに思っております。
 また、そういった意味では、定期的にといいますか、その折に触れて、例えば議会の方にもそういった状況については、途中経過ということにはなるかもしれませんが、例えばその議会開会ごとに、その収支の状況等についての見通しとか、そういった状況等についてはお示しをすることは必要ではないのかなというふうに思いますし、また、そういった取り組みをすることによって、我々もともに意識を共有をしながら、しっかりと取り組む姿勢につながるのではないのかなというふうに思っております。
議長(田口政信君) 22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 今までやってきた分もあります。しかし、私は今回の中で一番大事なのは、私たちアンケートとったときは440名のスタッフでしたね、今何人いるかわかりません。でも、全員がやっぱり、その病院の内情について一部の幹部だけが知っているとか、一部の人たちが毎月知っているのではなくて、みんながある程度のスタッフのところまでは、やはり自分たちの頑張っている、汗を流しているのが報われているということを実感できるような、そういったやはり収支の報告をしていかないと、それぐらいの義務はあるのではないかというふうに思いますので、やるということでございますので、ぜひそこは実施していただきたいというふうに思います。それで、なおかつ、前から申しましたように、今回の中で外部評価についてやる方向でありますけれども、残念ながらその予算書の中ではちょっと見えづらいものがあるのですけれども、どのぐらいの規模でどのぐらいの頻度でこの外部評価の関係、5名程度については会議をやっていくつもりですか。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 答弁の方でも触れさせていただきましたけれども、毎月とにかく経営の指標等について、きちんと病院事業の状況についてわかっていただけるように、アドバイザーについては送って意見をいただくという形をとらせていただきますが、それで、定期的にということでお話しさせてもらいますが、全体で集まるという形のものは年に1度ぐらいかなと。それで、実はここでどんな人をアドバイザーにということで、5名ということで、5名程度というお話をさせていただいたのですが、医療なり財務なり病院のその経営の有識者をお願いすることにしてございます。それで、その方々には個別に意見をいただくような形を年に3回程度を考えておりますが、そのほかに必要に応じ、随時指導をいただくというような形をとっていきたいということです。それで、なぜそういう方法をとるのかということなのですが、先ほど言いましたように、それぞれ専門的な知識を有する有識者でありますし、その他にいろいろ活動をされているということで、一堂に会して個別に会議方式でという形になると、非常に日程の調整であるとか、迅速な指導を受け、それを行動に結びつけていくということについてはちょっと難しい面もあるのかなと。それよりは、それぞれ担っている専門性なり何なりの観点から個別に頻度を多くして指導を受けられる、そういう体制がいいだろうということで、こういう方式で臨みたいということでございます。
議長(田口政信君) それでは、質疑の途中でございますが、ここで休憩をいたします。
          休憩 午後2時02分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時11分
議長(田口政信君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 答弁ですか、それでは、医療局次長、鈴木 均君。
医療局次長(鈴木 均君) 先ほど、外部評価の予算が見えないということでご質問いただきました。それで、質問のございましたアドバイザー依頼に関する予算措置でございますが、アドバイザー依頼に関する経費といたしましては、報償費と旅費をとりあえずは予定してございます。旅費につきましては、全体の旅費、交通費の中で、それから、委員謝金は40万円前後程度を予定してございますが、これにつきましては報償費の予算の中で予定してございます。
 それから、機能評価の審査に関しましては、審査のみであれば150万円ぐらいだというような見積もりなのですが、評価に伴っての院内研修なり、さまざまなオプションでの評価もございますので、上限は250万円というほどの経費の見積もりが出てございますが、これは実施に当たっては医局の先生方とのご理解をいただく部分も必要でございますので、その辺の協議を進めながら委託の中で対応していきたいと考えております。以上でございます。
議長(田口政信君) 22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) この外部評価について、前にも何回も同じことを言わせていただきます。塩竈のアウトカム評価をやったり、栗原の市民病院のその評価をしている、そういったクラスのぜひ先生に評価だったり指針を示していただけるような、そういった形にしてほしいというふうに思います。
 それから、その辺に関しては、何せ100億円の累積欠損を解消するのですから、そこで1,000万円出して何億円も浮くのであれば、こんなに安い話はないのですから、できれば最初の24年、25年は頻度を多くして、そしてやっぱりいいご指導を賜るという、そういった考えが必要ではないかというふうに思います。
 さて、こういった中での今回の改革プランでありますけれども、市長、今回市民意向のその満足度調査の分析がありました。我々に示していただきました。その中で、重要度の上がった項目の中に救急体制と医療機関の充実が第2位です。これを見ておると、第2位というかあれなのですけれども、全体的な満足度の指数を見ますと前回と同じように最下位の2.07という、何のことはない一番下のその満足度であるということにはいささかも変わっていないということでございます。やはり市民はこの満足度の中で、重要なのは医療だけれども満足度は最低だというのが、残念ながらこの調査の結果だというふうに思っております。これを1年で全部改善しろというのは、もちろんどだい無理です。医療スタッフの問題、特に先生の問題ですね、いろいろありますから、それを一遍に解消しろとは、私ももちろん申すつもりはありません。ただ、やはり、今市民が一体何を困っているかということについて、もう少しやはり検証して、この本来の今回の改革プランの中に盛り込んでほしかったなという思いがあります。それは何かと申しますと、この今回の改革プランの中でありますように、そのベッドが確実にもちろん減っております、残念ながら。このベッドについては、当初は平成20年3月には登米市では599床、それで現在は406床ということで、約200床近く減っております。もともと国の指針ではもっと大きかったはずですから、そういった流れから見るとこんなに減ってきている、それも医療スタッフを考えるとやむを得ないという状況ではあります。しかしながら、残念ながらこの市民満足度を少しでも向上させるための何らかの方策は必要ではないかというふうに思います。
 そこで、この今回の中でも言われておりますように、登米市の病院の入院患者、それから外来患者の中で、やはりどうしても市外に行っている患者がいるわけです。多いわけです。これをやはり少しでも改善するための必要があるのではないかというふうに思いますけれども、この市民満足度の2.07、医療局の担当としてどのように思いますか。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) (「簡単にお願いします」の声あり)はい。期待が大きいのに、そこのところになかなか到達しないということで、そのギャップが非常に大きいということについて、何とかそこを埋めていく、医療のその安心に結びつけられる、要するに医療の充実に努力していかなくてはならないというふうに感じてございます。
議長(田口政信君) 22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 市長の施政方針の中では、地域医療については、保健、福祉や介護との一体の連携、そして、その地域包括とかケアの主たるそのフィールドである在宅を支援充実させるという、そういった思いがあります。しかし、残念ながら今回のこの中に、本当にそういったことは特筆して書いてあるかというふうには思います。書いてあるのかどうか、ちょっと疑問に思っております。なぜかと申しますと、先ほど申しましたように、登米市のベッドは確実に減っております。そして足りません。では、それをどうやって補完するかという方策が、残念ながらいまいちこの中には入っていないのではないかという気がします。それは、在宅医療に対しての考え方がもう少しあってもいいのではないかという気がします。
 実は、私たち会派の登米フォーラムで、先般2月9日、10日とその視察をしてまいりました。その視察の場所は茨城県の結城市で、医療法人アスムスという在宅医療と病院の連携について視察してまいりました。ここの理事長先生、太田秀樹という先生であります。立派なもちろん先生でありましたけれども、この方のそのお話の中に、このようなことがあります。在宅診療をやろうと思われたのはなぜですかと。病気の人が動いて診療所に来るんじゃなくて、家で診察を受けることを望む人がいれば、俺が行って全部診るぞという気持ちでしたと。そういった思いで在宅に行っている。この方はこういうこともお話ししております。高齢化社会の問題は、大都市と地方とで異なります。対象となる市町村の人口規模によっては深刻なのは、基礎自治体の中で一番数が多く、全国に600以上ある人口5万から10万人の規模の地方都市の介護問題で、若い人が流出し、労働力も乏しく、購買力も高くなく、経済的には元気がない、それほどお金持ちもいない、恐らくこういった共通の課題をもって推測できるこの人口規模の地方都市に焦点を絞り、看取りまで支える。こういった思いで在宅をやっている。登米市の場合、やはりこれだけベッドを減らすのであれば、在宅か、それかもう少し病院にいたい人の、このどちらかを何らかの形で補完していかないと、ただベッドを減らすというだけではうまくないのではないかという気がします。どうでしょうか、この在宅について、この先生は、例えば在宅で診察の器械を、器具を持って在宅でその大腿部の患部を開いて骨折の手術をしたり、それから、在宅で末期がんのレントゲンの撮影をしたり、電化製品のような人工呼吸器を持って在宅に持って行く、在宅で内視鏡で確認したり、ありとあらゆることを在宅でやっている。もちろん、これを登米市ですぐやれというわけにはいきません。しかし、これほどベッドを減らすのであれば、やはり在宅とある程度の期間療養するという、そういった体制が必要ではないかと思うのですけれど、まず市長のご意見を、お気持ちをお伺いします。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) まさに在宅療養の、その先進的な取り組みというふうに聞き及んだところであります。そういった意味では、我々が目指すその地域医療のあり方につきましては、やはりしっかり在宅医療を支える仕組みをつくること、そういった意味では、在宅療養支援診療所を、要件をきちんと満たして、対応を今始めたというような状況でありまして、今後診療所等にも、やはりその在宅診療に携わるスタッフをふやしていくような取り組みが必要であろうということ、そして、何よりもその充足と充実を図る上においては、やはりその、すぐに充足をする、できるわけではございませんが、その患者さんをきちんと受け入れることのできるバックベッドといいますか、そういったものをきちんと備えていくというのが、これからの医療の方向性としてのあるべき姿ではないのかなというふうに思っているところであります。
議長(田口政信君) 22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 実は、これはその私たちと言っていいか、私と言っていいか、戦後に生まれた昭和20年以降の人たちが、あと10年すると立派に後期高齢者になります。10年後ですよ、すぐなのです。私たちもすぐそこに追いつくわけです。その戦後のベビーブームのその方たちが、この地域にはいっぱい家督と一緒に残っていたり、家を守っている方が多いわけです。これを早くやっておかないと、例えば誰々議員はなんか岩手県のあっちの方で療養ベッドのあいたところに行ったとか、こっちは仙南の方に行ったとかといってね。ここにいる人たちもう同窓会できません。それぐらい冗談でなく、本当に私たちのこの10年後という将来に向けて今始まっていかないと、在宅治療に関しては難しいものではないかと、そういった意識改革、管理者ありますか。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 実は私、団塊の世代のトップバッターでございます。そういうことで、私たちのところから非常に人口もふえてきた、それが一挙にこれから高齢化に向かうということです。その中で、こういう要するに医療資源が限られてくる中で、在宅でのその医療体制、診療体制というものの充実というのは、非常に大きな課題だというふうに私たちも認識してございます。そんなことで、これまでの取り組みの中でも、先ほど市長からお話ありましたけれども、在宅支援診療所の充実を図っていくということで今現在3カ所診療所を指定してございますが、それのネットワークをつくって、しっかりその辺についての体制を登米市病院事業の中でも取り組んでいきたいということで、今度の改革プランの中でもその辺についての取り組みは強化していくということで、充実していくということで考えてございます。
議長(田口政信君) 22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 今回の改革プランでベッドを減らした、それもさっき言ったようにやむを得なかったと思います。しかし、今回その佐沼病院、今の市民病院が255床になって、そのうち30はリハ病床、そういった中で、例えばそこに入院された方は、ほとんど20日を目安に退院を迫られます。迫られています。そして退院しています。そういう状況の中で、何人かの方からとても困ったと、私の家のだれだれさんは小牛田の、名前いうと大変ですから、小牛田のどこどこ病院、よく名前聞くと思います。それから若柳の何とか病院、大体パターン的に決まっているのですよ。残念ながら、登米市に療養は30床しかないのです。ほかの町に全部お世話になっているのですよ。そして、その方たちはみんなよそで本当に残念ながら最期を終わってくる。これ、登米市の安全、安心、市民の満足運動の中でなぜ上がらないかの一つになっていると思いませんか。ここに23年のこの市民病院の高齢者の退院の状況があります。昨年の1月から去年の12月まで、転院された方93名、その他の施設に行った方が、老健になっている人が85名、その他の施設が38名ということで、結局転院された方93名もいるのです。これ高齢者ですよ。この方どこに行っていますか。みんなそういった方向に大抵はお世話になっているのですよ。こういう実情の中でみんなから相談を受けています。実は、私のきょうのこの一般質問している最中に、私の同級生の方のお母さんが亡くなって、きょう葬儀です。その方、1カ月近く佐沼に入院しました。そして3カ月間小牛田の何とか病院に入院しました。そして亡くなっていきました。ある方からも言われました。沼倉さん、毎日小牛田に行くのです。大変ですよ。これが実態です。これをやはり改善しないと、市民の満足度は上がらないんじゃないですか。療養病床数、平成15年63床、平成16年は米山18、登米病院45、豊里病院30となって93、今や20年以降は豊里の30床だけです。これだけ皆さん大変なのですよ。そして、本当に退院した後にどこに入院したらいいか、本当に大変なのですよ。大体入院する前に、どこか退院したら行くところがありますかと聞かれるといううわさもあるぐらいですから。本当かうそかわかりません、そういう指導があるくらいなのですよ。そういった中で、市長、私は登米市で在宅医療は大切です、でも、その間どうしても家族の関係で療養に入らざるを得ない方がいっぱいいるのです。これから10年後にもっとふえるのです。そのためにも、やはり今から、やはり療養病床をふやすという、そういった優しい考えが満足度を上げるという考えになりませんか。いかがでしょうか。ご意見を、答弁をお願いします。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 療養病床については、先ほど私の方からお答えしたとおりでございますが、今ある要するに市立病院の病床、病院のベッドの中で、その療養病床の検討をした経緯はございます。ただ、それを療養病床なり何なりに転換するときの問題であるとかいろいろなことがあって、引き続き検討事項ということにさせていただいております。あと、もう一つ、今急性期なり何なりで入院されている患者さんが、どこにどういう形で要するにその病院を退院したときに向かうかということについては、在宅の問題もあるし、福祉施設の問題もございます。それで、今、市として福祉施設ですね、地域密着型の施設も7カ所、そういう整備をしてきているという状況もございます。また、課題として、老健施設なんかの計画もまだ一部残っている状況が市としてはあるわけですが、そんなことも総合的に含めていろいろ今後検討していくべき課題かなというふうに、私たちのところでは考えてございます。
議長(田口政信君) 22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) そういう状況の中でも、地域密着型あります、なりますと言っていながらも、それでもなおかつ、今言ったように小牛田の方に行かざるを得ない、栗原に行けない、ひいては岩手県側の方にも行かなくちゃいけないという、そういった家族が現実にいっぱいいるのですよ。そういうことをやっていかないと、その解消をするために市では何を最初にやったらいいかということで、市民の満足度調査をしたんじゃないですか。何を優先したらいいか、それを解決して何をしたらいいかということで、企画部でこの満足度調査をしたんじゃないですか。やはり、市とすれば市民が一番期待している、満足度の不足している、何とかしてほしい、重要度の高い、それを施策として何よりもすべきではないかと思うのですけれども、最後に市長のその決意を伺います。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 決して、もう議員も篤とご承知かと思います。この病床数を減らすというような取り組みについては、決して我々としてもそれを望んで、みずから望んで取り組みを進めているわけではございません。また、今そういった状況の中で、もちろん入院もそうであります。また、外来も一部の診療科において、今ちょっと受診がなかなか十分には対応がしかねているというような状況もあります。今週にはそういった体制は解消はされるとはいうものの、まだまだ医療体制の強化は今やっと、何といいますか、若干上向き加減になってきたというような状況でしかないというのが今の実情です。そういった意味では、やはり今後の体制の整備、その地域医療全体を見据えた場合に我々としてどういうふうな取り組みをするのか、または関連をする、例えば医療機関とかそういったものの招聘等も含めて、やはり地域にとって必要な医療体制の充実、確保に向けた取り組み、しっかりと進めてまいりたいというふうに思いますし、また、そういった取り組みの中で、いち早く皆様にもご報告することができるように最大限の努力をさせていただきたいというふうに思っております。よろしくお願い申し上げます。(「以上で終わります」の声あり)
議長(田口政信君) はい、ご苦労さまでございました。
 これで22番、沼倉利光君の一般質問を終わります。
 次に、6番、阿部正一君の質問を許します。
6番(阿部正一君) 6番、阿部正一です。一般質問をいたします。前に私の会派の会長の熱弁の後で、少しやりづらいところもありますけれども、私も元気をもらって頑張って質問したいと思いますので、よろしくお願いをいたしたいというふうに思います。
 早いもので、震災からあと10日ほどで1年がたとうとしております。南三陸町の皆様も落ち着きを取り戻しつつ、復旧、復興に取り組みをいたしております。その反面、心に大きな不安も出ているともお聞きいたします。強い心で頑張っていただきたいと願うものであります。
 今回の定例会、冒頭、市長の謝罪がありました。いつまでこのような状況が続いていくのか、市長の謝罪する言葉に、余り重みを感じなくなってきているのではないかと思います。なぜ職員の不祥事がこのように続くのか、よく検証し、厳しく対応すべきと考えるものであります。
 それでは、3カ件についてお尋ねをいたします。
 1カ件目ですが、施政方針についてお伺いをいたします。
 施政方針の中で、沿岸地域の復興を支援するため、主体的にその役割を果たしていかなければならないとありますが、主体的な役割とはどのようなことをお話をしているのか、具体的にお聞かせ願います。
 また、石越中学校を平成25年度末までに建てかえ完成するとありますが、建てかえに当たって特長ある学校づくりを考えているのかお聞かせください。
 次に、児童生徒が震災に屈しない「生きる力」を育成する教育とありますが、内容を詳しくお聞かせ願います。
 2カ件目ですが、ワクチン接種についてお尋ねをいたします。
 ロタウイルスについては、ご存じのことと思いますが、国内では毎年120万人が発症し、8万人近くが入院をいたしていると言われております。このウイルスは6ヶ月から2歳児までの発症が多く、重症化すると脳症や脳炎を起こすおそれがあるウイルスで、ある自治体では無料接種に取り組んでいる自治体もあります。子供たちをロタウイルスから守るために、本市においてもワクチンの無料接種に取り組むべきと考えますが、市長の考えをお聞かせください。
 3カ件目ですが、保育園、幼稚園についてお聞きします。
 一部保育園、幼稚園の建物が老朽化をしているやに見受けますが、今後の施設整備はどのように考えていくのかお尋ねをいたします。
 以上、3カ件について質問いたします。
議長(田口政信君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、6番、阿部正一議員のご質問にお答えさせていただきます。
 初めに、「施政方針」についてお答えします。
 まず、「沿岸地域の復興を支援するために、主体的に果たす役割」についてですが、10番浅野 敬議員にお答えしたとおり、今回の大震災において、沿岸部では壊滅的な被害を受けております。この皆さんの生活の再建や産業等の復興に当たりましては、津波で大きな被害を受けた地域であればあるほど、現地での早急な復興は難しい状況にあると認識をしているところであります。
 そこで、そういった皆さんの雇用や医療などを支援するとともに、本市の土地の有効活用等を図ることによってお手伝いをし、また、そういう地域の結びつきを我々として役割を果たすことができるものというふうに考えております。
 また、今後、三陸縦貫自動車道の延伸に伴いまして、沿岸部、特に三陸北部と、そして石巻地域を含めた三陸沿岸地域全体の水産加工の物流の拠点としての役割も果たすことができるのではないのかなというふうに思っているところであります。そういった意味で、交通の要衝としての役割そして機能を果たしてまいりたいというふうに考えております。
 続きまして、「石越中学校の建てかえについて、特長ある学校建設を考えているか」と「災害に屈しない『生きる力』を育成する教育」につきましては、教育長より答弁させます。
 次に、「ワクチン接種」についてお答えさせていただきます。
 「ロタウイルスの無料接種に取り組みをしては」についてであります。議員からご紹介をいただいたとおり、ロタウイルス胃腸炎は冬に流行をし、乳幼児が突然激しい嘔吐や水のような下痢になる病気であります。これは「ロタウイルス」に感染をすることで発症するわけでございます。乳幼児のほとんどが経験をする病気であり、5歳未満の下痢症入院の半数以上を占め、入院の確率はインフルエンザよりも高く、大きな疾病負担があるものであります。また、感染力が強く、衛生環境を整えての予防だけでは困難でありますので、ワクチンの予防は非常に意味があると言われております。
 このワクチンの接種につきましては、生後6カ月から2歳までの時期の重症下痢症による入院や死亡を予防することを目的としており、経口の生ワクチンで生後6週以降に初回、6カ月までに2回目の接種を終えなければなりません。
 この時期には、接種の努力義務がある三種混合やBCGの定期予防接種や、ヒブ・小児肺炎球菌の任意予防接種も無料で奨励されており、たくさんある予防接種を1種類ずつ単独で接種していくには、大変スケジュール的に無理がございます。ロタウイルス予防接種導入につきましては、この乳幼児、小児の予防接種のスケジュール管理が現場では課題となっているところであり、数種類の予防接種を一緒に行う同時接種が必要になるとも言われております。この同時接種につきましては、医療機関での実施状況や、保護者にまだまだ抵抗を感じる方が多いという現状もございます。
 現在、国の予防接種法改正の中で、ロタウイルスワクチンも検討されているところであり、無料接種への取り組みにつきましては、この動向、そしてまたこの接種スケジュールの全体の組み立て、そういったものも勘案をしながら検討をさせていただきたいというふうに考えております。
 次に、「保育園、幼稚園」についてお答えさせていただきます。
 現在、市内の公立保育所8施設のうち、6施設が昭和50年代の建築施設となっております。また、幼稚園につきましては、公立幼稚園15園のうち、昭和40年代の建物が1施設、昭和50年代の建物が6施設となっており、築30年以上経過する施設が多くなっております。
 現在、老朽化に伴う各施設の維持管理につきましては、緊急経済対策等で修繕工事などを行い対応しておりますが、今後は保育所、幼稚園とも計画的な整備が必要となっております。
 整備の時期につきましては、出生数の推計や幼児教育及び保育への需要の調査、幼稚園、保育所の一体化の検討なども必要となっておりますので、国の「子ども・子育て新システム」の動向を見ながら進めてまいりたいと考えております。
 特に、「子ども・子育て新システム」につきましては、市町村が事業の実施主体として、各子育て支援事業にかかる需要調査や給付の見込みなどを網羅した「新システム事業計画」の策定が義務づけられる見込みであります。
 各地域の実情や市内の民間幼稚園、保育所の役割を尊重しながら、今後の施設のあり方についても検討する必要があり、市民の皆様のご意見を賜りながら事業計画を策定してまいりますので、ご理解をお願い申し上げます。
 私からの答弁は以上とさせていただきます。
議長(田口政信君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 私からは、「石越中学校の建てかえについて、特長ある学校建設を考えているのか」と「震災に屈しない『生きる力』を育成する教育」についてお答えします。
 初めに、「石越中学校の建てかえについて、特長ある学校建設を考えているか」についてでございますが、議員ご案内のとおり、石越中学校の校舎、体育館につきましては、東日本大震災により建物の基礎くいに大きな損傷を受けたことから、これを改築することで、国の査定を受けることとなっております。
 そこで、新たに建設する学校施設の特長ということでございますが、教育機能の充実を図ることはもとより、災害時には市民の皆様の避難先となることを想定し、自家発電室の整備など災害に強い施設設備を目指してまいります。さらに、太陽光発電装置の設置や内装における木質化など、環境に配慮した学校建設を考えおります。
 なお、学校建設に向け、昨年11月にPTAの役員の方々や学校関係者にお集まりいただき、新校舎や体育館についてのご意見やご要望をお聞きしておりますが、今後ともこうしたご意見などを踏まえながら進めてまいりたいと考えております。
 次に、「震災に屈しない『生きる力』を育成する教育」についてお答えをします。
 昨日、14番八木議員からもご指摘がありました点でございますが、その震災に屈しない「生きる力」とは、強い心を持ち、正しい判断力を身につけ、丈夫な体をつくることであると考えております。
 強い心を持つということは、まず自分自身が強い意志を持つこと、そして互いに支え合う気持ちを持つこと、さらに、つらいことにも耐えられる精神力を持つことであると考えております。これらは、言うまでもなく平時におきましても必要なものであり、大震災を経験した今だからこそ、これまで以上にこういう心を育てていきたいというふうに考えているところでございます。家庭や地域での日常生活、そして学校生活の中で、より多くの人々とかかわりを持ちながら、このような心を育てていきたいと考えております。
 正しい判断力の育成につきましては、さまざまな場面を想定した避難訓練の中で、みずからが考え行動する機会を与えるなど、多くの経験を積みながら身につけさせてまいりたいと考えております。
 丈夫な体をつくることについては、普段から運動に親しみ、継続的に体力づくりを行うとともに、総合型地域スポーツクラブなどへの積極的な参加を通して体力の向上に取り組んでまいりたいと考えております。
 この「強い心」「正しい判断力」「丈夫な体」の三つを高めることこそが、震災に屈しない「生きる力」の育成であると考えております。
 以上、答弁とさせていただきます。
議長(田口政信君) 6番、阿部正一君。
6番(阿部正一君) それでは、再質問させていただきます。
 この沿岸部との連携についてお尋ねをいたします。今回の震災で、近隣の町との垣根がとられたような気がいたします。今、登米市では学校そしてまた病院、防災も含められると思いますし、水道、そして物産と、どちらかというと、もう同じような町の中で今こう復旧、復興に向けて取り組みをしているのではないかというふうにも感ずるところがございます。
 このような中で、今これから三陸には多くの資本が入ってまいります。今いわゆる三陸道も早期に実現をするというようなお話も聞いておりますが、このような中で、もう少し前に進んだ考えを持ってもいいのではないかというふうに思っております。ある避難をされている一部の方々は、広域合併をしていただくと助かるんだけれどもという声が結構多くあります。私も今の取り組みを見ますと、そのような考えもあってもいいのかなというふうに思いますし、これからの自治体は自立していかなければならないわけでありますので、やはり広域合併を視野に入れた話し合いなどもしていくべきではないかというふうに考えている一人であります。
 市長は、出ず、引かずというようなお話をしております。私の質問には、出しゃばらずというようなお話もありますが、それはそのとおりかと思いますが、今後のこの登米市を考えるときに、やはりそのような議論にも少し入ってもいいのではないかというふうに考えているものでございますが、市長の見解をお聞かせください。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) いろいろな意味で、我々として連携をとれるものは積極的にとっていきたいというような思いで、さまざまな取り組みをさせてきていただいております。いろいろなお話をお聞きをする機会がございます。そしてまた、そういった中では、できれば余りこう、少しそっとしておいてほしいというようなお話をいただく場合も中にはございます。ですから、そういった中で我々が本当にどのようなスタンスでいたらよいのかというのは、大変難しい問題だなというふうに思っております。また、ただし、こういった震災の復興に当たっては、そういう地方自治体の枠を超えた中でやはり発想をしていくことも、大きなこの復興に向けての取り組みになっていくのではないのかなというふうに思っております。そういった意味で、我々が果たすべき役割は、沿岸部の各自治体の課題を解決するという視点だけではなくて、むしろ宮城のこの県北沿岸全体を見据えた中で、どういった形でその地域の発展をすることができるのか、そして、その中で我々がその役割を果たす部分があるならば、そういった部分につきましては積極的に提言をし、また、国、県等にも働きかけは必要だなというふうに思っているところであります。よろしくお願い申し上げます。
議長(田口政信君) 6番、阿部正一君。
6番(阿部正一君) 確かに難しい問題でありますが、やはり、私は復旧、復興、それと発展だというふうに考えて、そういうふうに今います。今の市長の答弁ですと、なかなかちょっとわかりづらいところがあるわけでありますが、余り出しゃばらず静かにやって、そっとしていこうかというふうにもこう見受けます。ただ、前に横断道路の件で市長に話しました。この地域の将来の発展のためになぜ一般道にしたのか。市長は、県からのお話があったこと、時間がかかること、財政の問題、そしてまた利便性に大変いいというようなお話で、一般道の信号機のあるいわゆる道路でもいいのではないかというような答弁をいただいたというふうに思っておりますが、その後、いわゆるその説明会がありましたときに、もう一般道ではなくなっているのですね。少し格上げされておりまして、立体交差ができている。同僚議員がジャンクションのことをお話ししましたけれども、あのように簡単になぜ変わるのかなと思って、私大変疑問に思っております。当時そのような考えがあれば、そういう答弁をしていただきたかったなと。これは、やはり市長がもっとしっかり県の方に足を運んで話をしておかなかったのではないかなというふうに、私は今疑問を持っております。ぜひ、そういうようなこともありますので、将来のことを考えながら、この政策として10年前のこと、目先のことも考えるのも必要ですが、やはり50年、100年先のことも考えながら、ぜひ政策をつくっていただければというふうにお話をさせていただきます。
 次に進みます。ワクチン接種についてお尋ねをさせていただきます。
 非常に意味のあることだというふうにお話をしている割には、検討していくというようなことであります。同時接種には医療機関や保護者が大変抵抗があるというようなこと、それから、国の予防接種法改正とありますが、これはもう承認を得ているのではないかというふうに思います。私はこの接種、大変効果があるものだと、市長はお医者さんですからおわかりになると思います、私が言うまでもなく。もう80、90%以上のいわゆる効果があるということで、今いろいろな自治体で取り組みをしております。なぜ、すぐこういうものに対して取り組めないのか。市長の見解をお伺いいたします。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 私のお答えが言葉足らずだったのかなというような思いをしているところでありますが、私はこのワクチンの接種の有効性も認め、接種の意義も我々は強く感じております。だからこそ、きちんとしたその医療機関との連携のもとで接種スケジュールをきちんとつくり、そしてそれを保護者の皆さんにもお示しをしながらワクチンの接種をしっかりと進めていくための取り組みが今必要であり、その取り組みのご相談を今させていただいているというような状況にあるということであります。実は、先般医師会の先生方と、この地域医療の懇談会の中で、各種のワクチン、そしてこれはロタウイルスだけではなくて、今もいろいろと小児用のワクチンについていろいろなお話があるというようなお話も聞いたところであります。それら全体をきちんと整理をして、子供たちにあまねくその効果が行き渡るような取り組みを進めていくために、例えば市独自のワクチンの接種のスケジュールをきちんと明記した手帳をつくったらどうかとか、そういったお話も今ご指導としてもいただいているところであり、そういった取り組み一つ一つ整理をさせていただきながら、できるだけ早い時点で接種が可能となるような取り組みにしていきたいということでお答えを、改めてご説明とお答えをさせていただきました。よろしくお願い申し上げます。
議長(田口政信君) 6番、阿部正一君。
6番(阿部正一君) ぜひお願いをいたしたいというふうに思います。
 次に進みます。保育園と幼稚園についてお尋ねをいたします。
 答弁では、今後このいわゆる施設の整備については、幼稚園や保育園の一体化なども検討しながらとあります。私この質問につきましては、今幼稚園、定員割れをしております。そしてまた、子供たち、逆に待機をしている子供たちもいる。その中で、老朽化した建物を建てかえる時期に、今認定子ども園というようなこともあります。そして、今総合子ども園というようなことで計画をされておりますが、私も会派で研修いたしましたときに、この認定こども園、保護者の皆様から大変喜ばれているというお話が多く聞かれました。なぜこの子ども園が普及しないのか。同僚議員も話しましたが、文科省と厚生省ですか、この関係で縦割りということでなかなか手続きが難しいのではないかというようなお話もありましたが、行って聞いてみると、案外そうでもないのですね。そんなに難しくありませんというようなお話を聞いてまいりました。ただ、難しいのは、幼稚園の先生と保育の先生とのコミュニケーションが大変難しかったと。でも、考えるところは一緒でありますので、よく話し合えば何とかスムーズに行きますというようなお話も聞いてまいりました。そしてまた、この保護者の方々、アンケート調査しますと80%以上の方々が大変よい制度であるというようなことも言われております。今回いろいろと整備をしていくわけでありますので、この子ども園の件、前向きに進めていく必要があると思いますが、いかがでしょうか。
議長(田口政信君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 市長答弁の中にもございますけれども、各年代ごとに、もう30年以上経過している建物が大分ございますので、総合計画の実施計画の中にも、年次計画を立てて改築をするということで考えております。ただ、今の仕組みの方の子ども・子育て新システムの中で、いわゆる保育の中身、それから教育の中身が今変わろうとしておりますので、ハードの方は建てればそれで済むわけでございますけれども、中身の方がちょっとまだ決まらないということで、それの経過の内容についても一緒に、基準が変わるということでございますので、それらとの整合を図りながら整備の計画を進めてまいりたいというふうに思っております。
議長(田口政信君) 6番、阿部正一君。
6番(阿部正一君) この子ども園につきましては、教育委員会ではどのような見解をお持ちかお聞かせください。
議長(田口政信君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 現在、総合子ども園、先ほど議員がお話ししました総合子ども園についての法整備が2015年までに完成するというふうなことをたしか伺っております。したがって、幼稚園の定員割れとか、あるいは保育所の待機児童が多いとか、そういったことも踏まえて、より質の高いその幼児期の学校教育といいますか、あるいは保育の提供といいますか、そういったことを考えたときに、やはり総合子ども園といったことも当然視野に入れて今後整備していかなければいけないというふうに認識しております。あわせて、そのことを通して小学校との接続をスムーズにしていきたいというふうな考えもありますので、平成24年度にも重要な課題だというふうな認識をしております。
議長(田口政信君) 6番、阿部正一君。
6番(阿部正一君) もう少しこう早目に実現できるようにしていただきたいなというふうにも思っております。私がこの問題で、大分前からちょっと福祉事務所の方にも足を運んだことがありますが、どうも教育委員会の方がなかなかそのいわゆる乗り気がないし、対応が大変遅いというようなお話も聞いております。ぜひそのようなことのないように、歩調を合わせて一緒に進まないとこれは進んでまいりませんので、ぜひ積極的に取り組んでいただきたいと思いますが、いかがでしょうか。
議長(田口政信君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 実は、過日も福祉事務所との協議を持ったところでございます。現在、教育委員会部局とそれから福祉事務所の関係で、それぞれ分担している部分がございますので、やはり一体的に取り組んでいくというふうなことで話し合いは進めておりますので、議員が今ご指摘あった内容については、今後より早めて検討していきたいというふうに考えております。
議長(田口政信君) 6番、阿部正一君。
6番(阿部正一君) 次に、石越中学校の建てかえについてお尋ねをいたします。
 災害時には、市民の皆さんも避難先となることを想定してと、自家発電、いわゆる立派に丈夫な建物をつくるというふうなことになるのではないかというふうに解釈いたしますが、私もお聞きしたいのは、この学校づくりするのに、ただ建てかえて、丈夫な学校をつくるのはこれは当たり前なのですよね。いわゆるその学校づくりするのに、ハード面でいわゆる石越中学校、やはりこういう学校をつくろうか、ソフト面でもこのようなところに力を入れていこうかという、何かそのような考えが私はこう必要ではないかというふうに思っているのです。前に佐沼小学校の件お聞きしました。そうすると、まず頑丈な学校と、あとはパソコン教室、今もやっていますが、そういういわゆる答弁しか返ってきませんでした。ぜひ新しい中学校、学校づくりは、また一つ飛躍した考えのもとで私はつくる必要があると思うのですよ。何かこう、先ほど復旧、復興、発展と言いましたが、学校もそうだと思いますので、やはりこのグローバル化時代で、英語力をつけて国際的な子供たちを育てようとか、県下一の学校にしようとか、ぜひそういう発想のもとで建てかえをしていただきたいというふうに私は感じているのです。
 それで、教育長にお聞きしますが、今この登米市には小中一貫校と小中並列ですか、そして今までどおりの教育と三つ、3本立てでありますが、教育長はこれをこのまま進めていくつもりなのでしょうか。これから津山町も建てかえが迫っております。この考え方お聞かせください。
議長(田口政信君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) まず、石越中学校の建てかえのことについてでございますが、ハード面については先ほど答弁したとおりでございますけれども、ソフト面については、今議員がおっしゃったようなことを考えておりますので、新しいその学校のあり方、そのことについては当然踏まえて整備していくということになります。
 それから、学校の形態ということで、登米市内に一貫校、その併設型、一体型とか、いろいろあるわけでございますが、豊里小・中が一つの形態であります、校舎一体型。それから、新田小・中が併設型ということでございますが、今進めようとしているのは、前にも答弁したかもしれませんが、いわゆるその学習指導要領の本格的な実施が23年度、小学校から開始されました。来年、平成24年度から中学校で開始されます。これまではその準備期間ということで、移行措置期間ということで、それぞれの学校で取り組んできたところなわけでございますが、その新しい学習指導要領の根底に流れているのは小・中の連携の強化、幼・小もそうなのですが、その部分にかなりこう重点的な取り組みを行うような内容になっております。つまり、これまでさまざまな中1ギャップとか問題がありましたので、小・中の連携をより強化しようと、いわゆるその相互乗り入れとか、さまざまな形での連携強化といったものを、今回の指導要領には示されてございます。したがって、今後小学校と中学校の連携を強化する取り組みを進めていきたいというふうなことでございます。
議長(田口政信君) 6番、阿部正一君。
6番(阿部正一君) 今、学習要領のことお話ししましたけれども、連携を強化するというのでなくて、今この地域で3本立てで教育をしているわけですよ。これをどうするのかと、教育長はどう考えているのかということです。このまま進むのか、それとも教育長の考えがあるのか、それをお聞きしたいのですが。
議長(田口政信君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 現在の様子、登米市の学校の姿といったものは、そのまま考えております。それで、例えば小・中の連携とか、あるいは一貫校とか考える場合に、当然のことながら、その場所の問題とかあるいは児童生徒数の推移とか、いろいろなことも考慮しなければいけないということになります。差し当たって今取り組むことができるのは、先ほど話しましたその連携の強化というふうなことで、現在の状況の中で小・中の地域ごとのというふうなことになるかと思いますが、その連携の取り組みは前進させたいというふうに考えているわけでございます。
議長(田口政信君) 6番、阿部正一君。
6番(阿部正一君) 大変この答弁がよく理解できないところがあります。連携に強化する、そうすると、登米市の今のいわゆる3本立てはこのまま進めると、あとは新しいものは一貫校を望むとか並列をやるとかそういうことではなくて、今の状況の中でいわゆる強化をしていくというようなことでよろしいでしょうか。はっきり言ってください。
議長(田口政信君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 現段階ではそのように考えております。
議長(田口政信君) 6番、阿部正一君。
6番(阿部正一君) 先ほど申し上げましたが、これから石越小学校も建てかえになります。今場所の問題もありましたけれども、そういう考え方はしっかりとこれから計画を立てていかなければならないというふうに思いますが、現在のまま進むということでございますので、私はちょっと疑問にも感じておりますが、これはちょっと勉強不足なところもありますので、また別な機会に質問させていただきたいと思います。
 次に進みます。震災に屈しない「生きる力」を育てるというようなことでございます。教育長は就任のごあいさつで、震災に強い子供をつくると、大きなこれは一つの柱として明言いたしました。ただいま答弁をいただきましたが、まずお聞きしたいのは、強い心、正しい判断力、丈夫な体と言いましたが、具体的に強い心はどのように指導してつくるのかお聞かせください。
議長(田口政信君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 当然のことながら、教育課程での取り組みになるわけでございますが、学年相応に発達段階相応に応じて教科、道徳、特活あるいは児童会活動、あるいは生徒会活動、そういった活動の中で強い心を養うということになります。
議長(田口政信君) 6番、阿部正一君。
6番(阿部正一君) それではお聞きします。今、学校で防災訓練をやっていると思いますが、各学校で必ず年何回かやっておりますね。恐らくこの震災でふえているのではないかと思いますけれども、そのいわゆる報告とか、いわゆる集約とかは教育委員会ではやっていますでしょうか。
議長(田口政信君) 学校教育次長、永浦敬悦君。
学校教育次長(永浦敬悦君) 各学校において、少なくとも年2回はその訓練を実施しているところでございますし、それぞれその訓練のたびにといいますか、学校からの報告、それを随時受けているところでございます。
議長(田口政信君) 6番、阿部正一君。
6番(阿部正一君) それは、とりまとめているということでいいですね。間違いないですか。取りまとめておりますか、じゃあ。取りまとめておるでしょうか。それを聞きます。
議長(田口政信君) 学校教育次長、永浦敬悦君。
学校教育次長(永浦敬悦君) 取りまとめまでは行ってはおりませんが、報告を受けているということでございます。
議長(田口政信君) 6番、阿部正一君。
6番(阿部正一君) 震災からもう1年がたとうとしております。教育長は震災に強い子供を育てるというふうなお話をしておりますが、集約をまだ1年たってもやっていないということは、大変こう疑問に思っております。
 それから、教育長にお聞きします。教育長は、教育長になりましてから各学校を訪問いたしましたでしょうか。
議長(田口政信君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) すべての学校は訪問しておりませんが、かなりの数の学校あるいは幼稚園等を訪問しております。
議長(田口政信君) 6番、阿部正一君。
6番(阿部正一君) 震災に強い子供をつくるということですから、そのいわゆる教育長の意をやはり各学校に伝えておかなければならないのではないかと私は感じます。ぜひ、なんか私、最初に教育長が震災に強い子供をつくるとお話をいたしました。育てるというようなお話ししましたときに、何かこの言葉に魂が入っていないなというふうに感じました。もう少し力強くしっかりと取り組んでもらいたいなというふうに感じている一人でございます。
 それから、このようなことをお聞きしていいか悪いか、議長がもしだめでしたらば取り下げます。3月11日大震災の折、教育長はどのような状況でどのようないわゆる行動をとられたか。もしよければお聞かせください。
議長(田口政信君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 3月11日、発災のときですが、そのときは自宅におりました。当然のことながら、恐らく議員などと同じような行動をとったのではないかなと思うのですが、強い地震でございましたので、気が動転しておりまして、やっと落ち着くのを待つ程度のことしか最初はできなかったわけでございます。その後、落ち着いてから、これは大変なことが起きたなというようなことで、周辺といいますか、自宅周辺のあたりをちょっと見回ったというと、様子を見に行ったといいますか、そんな程度のことしか3月11日にはしておりません。
議長(田口政信君) 6番、阿部正一君。
6番(阿部正一君) はい、わかりました。議員と同じと申しますと、私と同じというと、どういうことかちょっと意味がわかりませんでしたけれども、教育長でありますので、私も個人的なことでありますが、スポーツを通じて子供たちと30年ほどおつき合いをさせていただいております。特に重点的に厳しく指導するのは、あいさつのできる子供、大人になること、それから、逆境に強いような子供になってほしい、その逆境に強い子供を育てるということは意味があります。今、自殺の問題で、全国的にこの問題になっておりますが、保護者と酒を酌み交わしている、そして子供たちの将来を考えながら楽しくやっている親が、突如としてこの世から姿を消す場面を何度か見ました。このときに考えたときには、やはり子供から逆境に強い子供、いろいろなことに負けない子供をつくろうということで、これまで保護者の皆さんと話し合いながらやってまいりました。ぜひ教育長にも、強い心でこの災害に強い子供、本当につくってほしいのです。そして、今の答弁ですが、ぜひ教育委員会のいわゆる教育長であります。その時点では教育長ではありませんでしたけれども、子供たちがどうなっているかという言葉を、今私は聞きたかったのであります。ぜひ登米市の教育現場、教育長ちょっと元気がありませんけれども、期待をいたしておりますので、どうかよろしくお願いを申し上げまして、私の一般質問を終わります。
議長(田口政信君) ご苦労さまでございました。
 これで、6番、阿部正一君の一般質問を終わります。
 ここで休憩をいたします。
          休憩 午後3時16分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時26分
議長(田口政信君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、4番、武田節夫君の質問を許します。
4番(武田節夫君) 4番、武田節夫です。2カ件について一般質問いたしますが、所管にかかわる部分ありますけれども、関連性あるのでご了承をいただきたいと思います。
 1件目、子育て支援策について。社会情勢の変化に伴い、年々共稼ぎがふえる傾向にあります。そこで、次の点について伺います。
 1点目、保育所の入所申込者数に対して、十分満たされているか。
 2点目、達成率を高めるために早目のアンケートをとり、新年度に備えるべきと思うが。
 2件目、災害復旧について。東日本大震災が発生して1年が経過しようとしている。それぞれの関係部署で一生懸命復旧、復興に向け取り組んでいるようである。そこで、次の点について伺います。
 1点目、3年間の復旧事業計画の中で、単年度ごとのボリュームに対して業界が対応できるか。
 2点目、入札不調の要因と対応策は。
 3点目、下水道工事の安全策は大丈夫か。
 4点目、国の災害における資材・労務単価が見直しされ、スライドした場合の対応策について。
 以上、答弁を求めます。
議長(田口政信君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、4番、武田節夫議員の質問にお答えさせていただきます。
 初めに、「子育て支援策」についてお答えします。
 市内の保育所の入所申し込み状況につきましては、核家族化などの進行で年々増加傾向にあります。それに伴う対策として、市内の認可保育所の新設や施設の改修、あるいは認可外保育施設から認可施設への切りかえなど、県の補助事業を活用しながら定員の増加を図ってまいりました。
 平成24年度につきましては、市内2カ所の民間保育所の施設の改修により、20名の定員の増を図るための予算をお願いすることにしておりますが、今後とも定員の確保に努めてまいります。
 なお、7番佐々木 一議員にもお答えしておりますが、平成24年度の入所申し込み状況につきましては、平成24年1月の保育所入所判定会議時点で1,491名の入所申し込みがあり、前年度比較で43名の増加となっております。申込者の増加の主な要因は、両親の就労機会の増加でありますが、震災により本市に避難されている児童の入所もあり、一時的な要因も含まれていると考えておりますので、各保育所と待機児童の縮減に向けた調整をできる限り早く行ってまいります。
 次に、待機児童を出さないためにアンケートを実施してはというご提案であります。保育所の入所要件につきましては、親の就労等により保育に欠けるということが条件となります。そのための家族の就労状況の確認や、保育料算定のための課税状況の確認も必要となりますので、早い時点でのアンケート形式の保育需要の把握は難しいと考えます。
 なお、入所申し込み受け付けの時期につきましては、平成22年度入所募集分から1カ月早く開始させていただいておりますが、保育需要の把握には、年度末にならないと確定しない提出書類もありますので、入所児童の翌年度の入所希望の把握や出生数の動向などを勘案しながら、保育需要の把握に努めてまいりますので、ご理解をお願いいたします。
 次に、「災害復旧事業」についてお答えします。
 まず、「災害復旧事業に対する業界の対応」でありますが、復興に伴う平成24年度から3年間の災害復旧事業費は、総合計画の総事業費で約57億7,000万円となっておりますが、この多額な災害復旧費を市内の建設事業者の皆様の適切な対応により、スムーズな執行ができるよう最大の努力をお願いするところであります。
 しかし、これまで実施してきた災害復旧事業の入札では、不調・辞退などの事案が多く見られ、早期復旧に支障を来しかねないことから、建設業関係団体の現状を把握するため、関係団体と意見交換を実施してまいりました。昨年10月に行った意見交換の際には、不調となる災害復旧事業の事案に伴い、現場代理人・主任技術者の人数の問題、応札者が1社の場合、あるいは作業員の賃金が高騰していることなどの意見をいただき、早速できるところから要件緩和や制度改正を行ったところであります。また、11月の意見交換の際には、主に下水道復旧事業の問題について意見をいただき、関係法令基準のもと、実施可能な範囲の中で対応してまいりました。
 国でも、この状況を変えるべく、単価の改定や急激な物価変動に伴う請負代金の変更を含め、関連する建設業法などの改定を行うことになりましたので、本市では今後もスムーズな被災箇所の復旧に向け、さらに意見交換や情報収集に努め、災害復旧事業の計画期間内での完成を目指してまいります。
 次に、「入札不調の要因と対策は」についてお答えします。
 東日本大震災に伴う被害が余りにも甚大で、宮城県内でも公共工事及び民間工事による災害復旧・復興需要が高まり、工事発注件数が相当に多くなっております。
 工事の執行に当たりましては、市内業者を優先とした入札を中心に実施しておりますが、応札がなく中止や不調になるケースも多数あり、早期な災害復旧の推進に支障が生じているところであります。
 これらの要因につきましては、本市を含め国・県からの受注量が激増したことで、業者内に深刻な技術者・作業員不足が発生し応札できず、さらには一部の資材や人件費の高騰で、見積もりが割高になってしまうことが不調の原因と考えております。
 対策としては、現場代理人の兼務や入札回数の追加、工期延長明示などの条件緩和を実施しておりますが、工種の特殊性から、下水道施設の災害復旧におきましては、不落件数が特に目立ち、建設業協会登米支部との意見交換も数回にわたり開催しながら、受注に対する協力を強く要請いたしましたが、依然として中止、不調が続くことから、業界の受注環境が改善されていないものと思われます。
 復旧、復興の円滑化を目的に、先般、宮城県建設業協会が宮城県知事に提出した入札条件の緩和措置に対する要望書の中に、公共工事での専任技術者の配置に関する制度改善や、震災後に値上がりしている資材・労務単価の実勢価格を短期間で積算に反映することなど、受注に伴う課題の解決策が盛り込まれております。
 このような中、国土交通省では被災3県の声を受け、2月14日に第2回復旧・復興事業の施工確保に関する連絡協議会を開催し、入札制度の改善策が示されました。今後、国、県の対応も注視しながら、災害復旧工事の年度内契約を目指してまいります。
 次に、「下水道工事の安全策は大丈夫か」についてお答えします。
 工事に対する安全対策は、下水道工事に限らず、請負者は各種基準・規定を遵守し、労働災害の防止に向けた必要な措置を十分に講じることとなっており、受注者の責任において実施していただくものと考えております。
 しかしながら、震災により受注量が増大し、工事従事者の負担もふえることから、適切な人員配置や休日の確保等、劣悪な作業環境をまねかないよう、さらには作業員不足により、不慣れや経験のない作業員が従事することも想定されますので、請負者には従事者の経歴を十分把握した上で、安全教育等の実施について指導してまいります。
 また、下水道施設の災害復旧は、被災した既存管路を撤去しながら新設管を埋設する工事であり、作業時の衛生管理面を徹底させるとともに、工期も通常より長期化することで、通行に伴う交通規制と路面管理にも細心の注意が必要であると認識いたしております。
 地域住民の通行に対する安全確保に向けて、行政区長さんなどの意見も広く聞きながら、工事の保安設置計画書作成の際には請負者と一体となり、片側交互通行や通行どめ区間の検討を行い、工事区間内における交通事故の発生を未然に防止してまいります。
 次に、「資材、労務単価の見直し、スライド対応」についてお答えします。
 東日本大震災で被災を受けた多くの自治体が発注する災害復旧工事は、建設資材あるいは作業員の人件費などの問題から受注が進まず、被災箇所の復旧に支障を来しかねない状況であります。
 こうした中、国では被災地事情に合わせた公共工事を実施する方針を打ち出したところであり、本市におきましても、国の方針に沿い、資材や労務単価に著しい変動が生じた際には、請負契約第25条により「賃金又は物価の変動に基づく請負代金の変更」を実施してまいりますので、ご理解をお願い申し上げ、答弁とさせていただきます。
議長(田口政信君) 4番、武田節夫君。
4番(武田節夫君) 子育て支援策について伺います。
 答弁の中で、震災により避難されている入所の方があったので43人ほど増加したと、これはやはり、災害した人が入所した時点で、やはり想定内でやはり検討すべきでなかったかと思います。その辺どうですか。やはり当然仮設住宅とか、あるいは一般の方々が被災して共稼ぎもしなくてはいけないという、そういう方がふえつつある。そういうことをやはり大幅に想定した中で、この対応はやっぱりしなくてはいけない。何かこれ、言いわけみたいな答弁にしか過ぎないと思うのですけれども、その辺きちんと説明できますか。その辺の考えをお願いしたいと思います。
議長(田口政信君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 市長答弁の中でも申し上げておりますが、今回の被災によりまして、登米市にお住まいになっていて、住所を移さなくても登米市の保育所を利用する場合には市民と同じ扱いでということで県の方から通達がまいっておりまして、その市民と同じ扱いで入所を認めております。通常ですと、市外からおいでの場合は広域利用の協定を結んでおりますので、その扱いになるのですが、今回の場合については市民と同じ取り扱いでということで、その今現在申し込みのある、引き続き来年度も使いたいということで申し込みがあるのは6名の方が南三陸の方からの入所の申し込みがあるということでございます。ただ、数については、当然その方々が仮に入っていなくても、定員についてはご案内のとおり、定員に対しての入所率は超過している状況でございましたので、受け入れることについては特にその率をできる範囲で受けていただくことにして入所をしていただいているというような状況でございます。予測についてはなかなかできなかったということでございます。
議長(田口政信君) 4番、武田節夫君。
4番(武田節夫君) 年々超過している状況であるならば、やはりきちんと推移を見ながら、ある程度その園、私立の保育園も含めて、毎年どの保育園が希望者多いか大体把握していると思うのですよね。その辺に見合った事前のやっぱり補助をして増設するなり、それがやはり公平な行政ではないかと思うのですけれども、今回二つの園でいろいろ会社に求めて定員増加を図るとなっていますけれども、それはあくまで去年のデータに基づいてこの増員の施設の改修に図っているものなのか、今回24年度に申し込みして待機している方、ところとは、この予算書を見る限りでは、今年の希望者の待機児童者数は別なところに組み込まれているような感じなのですね。ですから、私が申したいことは、事前の申し込み以前に、やはり夏場当たりにアンケート、一時的なアンケートをとって、それに基づいて、どうしても生活圏あるいは仕事場がどの辺が集中しているものか、それに隣接する場所にやはり補正なりをしてきちんと、せめて第1、第2希望で皆さんが入れるようにやはりするのが、公平な行政のあり方だと思うのですね。それをじゃあ最後に答弁書の中で、多分第3希望の中で最終的には調整してつじつま合わせたいという努力はわかりますけれども、やはり取りまとめしているのは子育て支援課ですよね。公立も私立もみんな希望あって、最初に振るのは子育て支援課でしょう、恐らく。窓口が取りまとめしているのは。やはり、じゃあ南方の人が第1、第2希望がとれなくて、東和町だ津山あいているからといったって行けますか。やはりこれは、逆に市民の立場になってやはり考えて、そういうところにやはり手立てをするのが行政の役割だと思うのですよ。ですから、私が言っているのは、夏場あたりに来年度あたり、出生数もありますけれども、来年度あたりどういった方々が希望するのか、それを踏まえてやっぱり少しずつ段階を踏んで、せめて第2希望あたりまでに90、100%とは言えないですけれど、それに見合ったところにやっぱり入所できるようにすべきだと思うのです。その辺の考え方だけ簡単にお願いいたします。
議長(田口政信君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 今議員からご提案ありました、いわゆる希望の取りまとめについてでございますが、その各ご家庭から保育所に利用したいということで申し込みをいただきますが、答弁の中でも申し上げておりますように、その保育に欠ける状態の判断が、やっぱり最後決め手になります。それで点数化しておりますので、それが希望だけで、実際保育に欠けていない状態というか、例えば求職中だったり、事情があってお父さんかお母さんかどちらかが家にいる状態だとか、そういう各家庭で事情が違うものですから、なかなか利用申し込みだけでは判断しかねるというようなことで、あと所得の当然確定もございますので、その関係あってこの時期になっているということでございます。ただ、言われるように、できるだけ希望のところに利用したいという声は切実に子育て支援課の方でも寄せられておりますので、定員の調整を図りながら、できるだけ希望のところに入れられるような施設整備に努めたいというふうに思っております。
議長(田口政信君) 4番、武田節夫君。
4番(武田節夫君) 園の増設も含めて、やはりこれから待機者の多いところにいろいろ手当をして、できるだけ希望に沿うような形で図っていただきたいと思います。あと、いろいろ要件に欠けるということありますけれども、その条件を満たしても、保育料未納の方も結構いると思うのですよ、こういうご時世ですから。その辺のやはり緩和、少し緩くしても、やはり保育園に行けることによっていろいろな、ハローワークのみたいな技術研修とかね、パートでも働きたいという方がいっぱいいますよ。そういったところにやはりまんべんなく手立てをするのも、やはり行政の大きな果たす役割だと思うのですね。その辺の考えについて、市長お願いしたいと思います。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 就労環境がまだまだ厳しい状況が市内でもございます。そういった状況の中で、なかなかその若いご夫婦が、子育てをしながら本当に仕事を見つけるということの困難さが、今現状としてあるわけでありますので、やはりそういった中において、この保育環境をどうやって整備をするか、また、提供するということが我々にとっても大事な役割というふうに感じているところであります。
 そういった意味では、保育所と幼稚園の関係等も、今までも今定例会でもいろいろご質疑をいただいているところであります。できるだけ早く、そういった課題も整理をしながら体制強化ができるような取り組みにつなげていきたいというふうに考えております。
議長(田口政信君) 4番、武田節夫君。
4番(武田節夫君) ある保育園に行ったときに、保育単価の面でゼロ歳児だと、30人採用したときと90人採用したときでは保育単価が1万3,700円も違うと、そういう数字も聞いております。これはある程度60人ぐらいが望ましいという、そういう保育園を経営する側からのお話を聞いております。そういった意味で、今後やはりその私立の保育園でも、民営化できるところはそれにも参入していきたいという、そういう声もありますので、その辺はやはり民間に委託できるところは少しずつ、多分その公立の保育園の中に、臨時職員を使っている公立保育園の割合が結構あると思うのですよね。その辺、公立の保育園のやはり仕事もある、職業もあるわけですから、やはりその辺に支障にならない程度に公募するなりして、民間に委託できるところはやはり民間に委託していくことが、これからの本来の保育園の競争原理を働かせる意味では大事なことかと思うのですけれども、これは政策的な部分ですから、市長の考えを簡単にお願いしたいと思います。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) ご指摘をいただいた点につきましては、今子ども・子育て新システムの中におけるその幼稚園、保育所の統合というか、一体化の問題も今議論をされているところであり、そういった意味では、今民間のその保育施設を運営をしていただいている皆さんにつきましても、そういった部分についても実は先行きがまだ見えていないというような課題も、実は先日、保育所運営協議会の皆さんとの意見交換の中でもお話もいただいたところであります。そういった意味では、そういった道筋につきましても、我々としてもそのシステム策定に当たって、国の関係する職員の皆さんと意見交換ができる機会もありますので、積極的に提言、提案をしながら、一刻も早く各事業者の皆さんも積極的にお取り組みができるような、そんな手立てを講じてまいりたいというふうに考えております。
議長(田口政信君) 4番、武田節夫君。
4番(武田節夫君) 私立の民間保育園では、ふやしたことによって、23年度と24年度で2,900万円のマイナスが生じるという、そういうお話と資料もいただいているわけでございますので、やはり民間でできるところは民間でやっていけば、複数の園を持てることによっていろいろ職員の配置もできると思いますので、やはり民間の経営の健全化を図る意味でもやはり大事なことだと思いますので、その辺ひとつ市長前向きに取り組んでいただきたいと思います。
 続きまして、災害復旧でございます。これは、私が通告したのは2月15日で、いろいろ建設省と国交省の土地建設産業局で出したやつが2月17日ですか、たまたま一般質問の通告終わった後にこの閲覧が出まして、これ20日から適用になるという、そういうお話を受けて、あんまり再質問するところがなくなってしまったのですけれども、若干質問させていただきます。
 前後左右しますけれども、私が質問したその安全策というのは、あくまで衛生面のことでございます。と申しますのは、ある企業の方からは、やはり今回のやつは異例の下水道工事でありますので、破傷風が問題化になると。30代の人は年2回、40代の人は年3回しなさいと。これ任意であるそうです、義務でないそうです、県の考えとしては。やはり、登米市がこの安全衛生面でやっぱり気を配らなくてはならない部分は、これからやっぱり6月、入梅の時期から夏に向けて、2メートルも3メートルも低いところでその汚物を処理しながら工事をやるというのは、相当なリスクを負うわけですよね。そういった意味で今問いただしたわけでございます。
 それで、副市長に伺います。副市長の公共事業の入札の役割というのはどの程度なんでしょう。
議長(田口政信君) 副市長、藤井敏和君。
副市長(藤井敏和君) 公共工事についての役割ということでございますが、まず、一つはいわゆる市としての事業執行というのは、市長がトップで行っているわけでございまして、私はそこの補佐役という形がまず位置づけとしてございます。それから、具体的には、市の公共工事の入札委員会というのがございまして、そこの委員長を務めさせていただいてございます。
議長(田口政信君) ちょっとお待ちください。
 ここで申し上げます。本日の会議時間は、会議規則第9条第2項の規定に基づき、あらかじめ延長をいたします。
 4番、武田節夫君。
4番(武田節夫君) では、副市長に伺います。三陸沿岸については、国を挙げてのいろいろな復興計画なりが進んでいますけれども、その次に工事の被害が多いのは、内地では登米市だと思うのですよ。この先ほど市長答弁の中に、宮城県の建設業界が県に要望いたしました。私たまたま2月3日に、地元県議とある団体の長と一緒に土木部の事業管理課の方にいろいろ実態をお話に行ったことがありました。そのときは、国の方で、県の方で、ある程度要望もあるしということで、多分いろいろ強く要望したことが、今回の岩手、宮城、福島3県にまたがる特例措置だと思うのですね。やはり、登米市としては、県の建設業界が要望を出す以前に、昨年の9月ごろ3回も不調になった時点で、やっぱり役所としてその時点で早急に県に働き、その要因をきちんと精査した中でやっぱり働きをかけるべきではなかったかと思うのです。それによってどんどこおくれてきた。確かに、県が動かないと動けないというのもあるかもしれません。ただ、やはりインフラ整備、下水道も含めて一番被害が大きいのは、やはり登米市だと思うのですよ。やはりその辺、登米市としてやはり強く早目に年内中に強く要望、働きかけすれば、もっと入札も、あるいはその県の動きも速く進んで2月20日以前になったのではないかな。それによって建設業界の方々が、業務委託なり今回の価格が決まる前にとった、とらざるを得ない、もちろん登米市との災害防止協会にも入っている関係上やむなくとらざるを得ないということで、大きな下水道をとっている業者さんがあると思うのですよ。その辺もう少し、やはり市としてもっともっと早いうちに県に働けば、それはしたかと思いますけれども、少し弱かったのではないかなという感じしますけれども、その辺の考えを副市長に伺いたいと思います。
議長(田口政信君) 副市長、藤井敏和君。
副市長(藤井敏和君) 登米市の発災での被害の状況というのは、非常に大きなものであるということは、まず基本的には認識してございます。こういう中で、先ほど市長答弁申し上げましたように、この災害復旧工事を円滑に行うためには、地元の企業さん等のご理解、ご協力が不可欠ということでございまして、数回にわたり、まず市としても業界の方々とお話し合いをさせていただいておりました。そういう中で、いろいろな課題をちょうだいしまして改善させていただく部分もございましたが、今議員お話しのように、特にその労務単価のギャップの問題等につきましては私どももそれは十分認識してございまして、県にもそこらあたりの働きかけはさせていただいておりましたが、結果的には不十分ということであったのかもわかりませんが、今般、国の方で正式に制度改正をされたという事情でございます。これからも機会をとらえまして、国等にも十分働きかけをさせていただきたいと思ってございます。
議長(田口政信君) 4番、武田節夫君。
4番(武田節夫君) やはり、国がこう決まってからでは遅いのですよね。もっともっとやはり早い時期に危機感を持って、なぜ3回も4回も不調になっているのかというのを、やはりもっと早く見きわめた中で迅速、スピード感を持って対応すれば、もっともっと早いうちに、これは登米市だけ強く要望したからなるものではないですけれども、やはり一番被害の大きい自治体が早くアクションを起こさないと、なかなか実現が遅くなると思うのです。その辺やはりきちんとこれからも3年間、いろいろ災害復興のための計画があると思いますけれども、その辺についてきちんと取り組んでいただきたいと思います。
 あと、これからのいろいろ衛生面で、職員の現場監督員も含めて相当の業務が多くなると思います。これは災害ならず、少しずつ市の単独事業もこれから計画に多分あると思います。それと同時に、県、国の事業もどんどん入ってきます。やはり、そうしたときに、私常々心配している建設部においての技術者の職員、やはりこの3月ごろに人事異動あると思いますけれども、きちんとした形での職員をある程度一定の期間やはり増員する。しないと、職員がこれ疲れますよ、多分。例えば、衛生面で各現場に行ったときに、初めての試みですから、わからない現場監督が行けば2倍、3倍の時間が要するわけですよ。それと同時に、もう一つ、この事業やはりこういう機会にモデル的な形できちんとしたデータを残す必要があると思います。新潟県の中越とか栗原のときは、そういうデータがなかったために、応援に行った業者さんが採算合わなかったというお話を聞いております。やはりその汚物を処理するというそういう工事が、これから何年か後、何十年か後にやはり起きたときに、また同じような工事を迫られたときに、きちんとしたやはりデータを持っていないとなかなか大変だと思うのですね。我々の代に起きないかもしれません。でも、我々の時代にまた起きるかもしれない。やっぱりそういったことを予測しながらきちんとしたデータをつくる必要があると思いますけれども、その辺についてお伺いしたいと思いますし、あともう一つ、先ほど12月に入札を落札して、相当の準備期間があってこれからスタートする矢先に、2月20日からの適用ということで、単品スライド、これから第25条の契約、請負契約の第25条を使うときに、12月中に契約した下水道工事も含めて、これからきちんとした県の共通単価に基づいて、きちんとこれもその単価が上がるのでしょうか。上がらないと、これは不公平になりますよね。この2月20日の適用、2月17日に国交省から出る前には、ある業者さんからは、もうどうなるかわからないから4月まで入札に応じない方がかえっていいと、そういう話も聞いていました。結構多くの業者さんから。たまたま今回2月20日に適用になるということで、ある程度少しずつ、それでも公共の事業よりも民間の方が、書類が少なくて簡単で済むからそっちの方がいいという傾向が多いわけですから。ですから、今回1億、2億、3億でとった業者さん、この業者さん、事業をとった方々に対しても、その差をやはりつけてはならないと思うのですよね。その辺の考えをどう思っているか伺いたいと思います。
議長(田口政信君) 建設部長、高橋千壽君。
建設部長(高橋千壽君) 私の方から、震災の下水道の施工に関するモデルケースのデータをとっておくべきかということであります。当然あと衛生面でちょっとお話しさせていただきたい(発言あり)よろしいですか。衛生的には、新たな管を埋設するだけではなくて、今入っている、汚水がある管を撤去するものですから、それはマンホールからマンホールを高圧洗浄でそうしてきれいにしてから撤去するということで衛生面に配慮しております。また、あとこれら仮設の問題がちょっとありまして、いろいろ建設業界の方々から受けているのは、設計の標準的な仮設ではなかなか実態に合わないということも受けております。その辺については、実勢というか現場に即したもので変更も可能だよというお話をさせていただいておりますし、それから、あと埋め戻し材についても改良土で、今後震災に対応できるような耐震化を図るというということであります。
 それで、モデルケースのデータということでありますが、これからどんどん工事が発注、施工されますので、それらは整理しておきたいと思います。
 それから、あと単価、労務単価とかについての12月に契約した分についての変更、スライドですね、これが可能かということで、国の方からも、これスライドによる請負代金の変更も可能だとされておりますので、工事請負契約の25条に沿ってこれは進めてまいりたいと考えております。
議長(田口政信君) いいですか。増員計画というのがあったね。総務部長、小野寺富雄君。
総務部長(小野寺富雄君) 震災に伴うその職員の配置については、定期異動を前提とした中で、各部局の通年の業務、災害も含めました業務の業務量、それから事務改善をどうするかということでヒアリングを行ってございますので、そうした中で対応していきたいと、そう考えてございます。
議長(田口政信君) 4番、武田節夫君。
4番(武田節夫君) 少し時間を余裕を持って終わらせたいと思いますけれども、最初の質問、そのボリューム、これは初年度の事業発注が余りにも多いんじゃないかなという懸念があると思うのです、割合が。ただ、入札した、落札した回数からいけば相当いくかもしれないけれども、みんな3月いっぱいまでといいながら2億、3億のやつはみんな工期延長、12カ月も16カ月も延長せざるを得ないような、そういう形で事業落札を進めて果たしていいのかなという思いがあるのですよ。それをよく理解している業者さんあればいいですけれど、どうしても工期がこれぐらいだともうできないから入札にかかわらないとか、そういうのが結構あるのですよね。その辺をきちんとやはり役所として、それを事業主にきちんと報告をしながら、入札にきちんとした形でスムーズに落札できるようなやっぱり対応をとるのも一番だと思うのですよ。その辺の考えをお願いしたいのと、あと、今建設部長から、請負契約第25条、これは再確認の意味で私質問したわけでございますので、これをきちんとこれからの事業発注する側に対して励行して取り組んでいただきたいと思います。最後に、総務部長の今、そのボリュームの件についての、忘れましたか。3年間で、1年目を7割にして、2年目を2割にして、3年目は1割だというのだけれど、やはり1年目のボリュームというのは下水ならず道路も含めて県、国の工事量が多いと思うのですよ。その辺やはりスムーズに一発で落札できるようにしないと、契約担当だってただ電子入札だから何回不調になってもいいんだということは考えていないと思いますけれども、そこで不調になれば、またそのために事務事業がふえるわけですよね、当然。計画があって、少しずつ、一つずつやっぱり落札してクリアしていかないと、事業というのは入札が進まないじゃないですか。そういう事務事業が進む上でも、そういったことが必要ではないかなという思いで質問いたしますので、10分残しますので、これを最後の質問とさせていただきます。
議長(田口政信君) 建設部長、高橋千壽君。
建設部長(高橋千壽君) 総務部長締めということでありますけれども、発注側の建設部からちょっと答弁させていただきます。
 やはり、災害復旧、どうしても早期に復旧したいという気持ちから、不落があっても何回も発注しているわけであります。それで、国の方から議員ご承知かと思いますけれども、技術者不足に対しては主任技術者、建設工事で明確されました、5キロ程度の距離で同一でそして主任技術者兼務を可能とすると。あと、それから、急激な物価変動に伴う単価スライドとか、それから、あとこれはまだ検討中でありますけれども、被災地以外、県外ですね、県外から作業員が来た場合の旅費とか宿泊費についても、価格の範囲について実態調査等を踏まえて検討するということで、これから入札についても応札が多くなるのではないかと期待しておりますので、その辺はご理解いただきたいと思います。
議長(田口政信君) 4番、武田節夫君。
4番(武田節夫君) ありがとうございます。子育て支援については、予算委員会で数字的な部分はいろいろ参考にしたいと思います。ありがとうございます。
議長(田口政信君) 以上で、4番、武田節夫君の一般質問を終わります。
 ここで休憩をいたします。
          休憩 午後4時07分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後4時16分
議長(田口政信君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、25番、中澤 宏君の一般質問を許します。
25番(中澤 宏君) 25番、中澤 宏でございます。第1回定例会最終日の最後、一般質問最終日の最後、大トリの大トリを務めさせていただきます。
 通告のとおり、まず1点目は、新たな医療圏の枠組みをどう考えるかについてでございます。登米市民にとって、新たな医療圏はどのような形が望ましいと考えるかお尋ねするものでございます。
 続いて、2点目でございます。2点目は、米谷病院の将来像、目指す地域の医療と福祉の全体像から、上沼診療所整備の妥当性についてでございます。上沼診療所の整備がことし予定されておりますが、一方、米谷病院の将来像は不明確なままでございます。こうした状況の中で、診療所の整備を進めるということはどういうことなのか、その内容について市長そして並びに病院事業管理者から所見を伺うものでございます。よろしくお願いします。
議長(田口政信君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、25番、中澤 宏議員のご質問にお答えさせていただきます。
 「新たな医療圏の枠組みをどう考えるか」についてお答えします。
 現在の医療圏の枠組みにつきましては、平成20年4月に策定された「第5次宮城県地域医療計画」に基づくものであります。県内を七つの二次医療圏に分け、本市は単独で「登米医療圏」を構成しております。この医療圏の設定に当たりましては、地理的条件等の自然的条件及び日常生活の需要の充足状態、交通事情等の社会的条件を考慮して、一定の区域として病院における入院に係る医療を提供する体制の確保を図ることが相当であると認められるものを単位とされております。
 しかしながら、策定当時既に指摘されておりますように、県北地域につきましては、診療科によっては広域化が見られることから、今後の動向によっては二次医療圏の設定を再検討する場合もあるとされていたところであります。加えて、高速交通体系の整備が進み、より高次の医療機関との実質的な距離の短縮が図られてきていることは、今後の医療圏のあり方においても考慮されるべき要素であると考えます。
 登米医療圏ですべての診療科の診療体制が整うのは理想ではありますが、より細分化、高度化してきている医療環境の中で、医師不足が容易に改善できない現状にあっては、現状の医療圏域内では一般診療の充実強化を図りながら、交通体系の整備の利点を生かし、近隣医療圏との密接な連携を前提に構築していく必要があると考えております。
 また、新たな医療圏の枠組みにつきましては、次期地域医療計画策定の過程で議論していく課題ではありますが、各医療圏の状況に大きな変化がない限りは、従来の枠組みを基本に圏域間の連携強化を図りながら、県全体として医療機能を維持していくという構造が想定されるところであります。
 しかしながら、昨年の大震災で壊滅的な状況となりました気仙沼医療圏や石巻医療圏の復興には、まだ相当の期間が必要であることを考慮すれば、平成25年度から始まる第6次の地域医療計画では、診療科の状況や連携の実態の再検証に加え、大震災における医療環境の変化等についても勘案されるべきものと考えているところであります。
 私からの答弁は以上とさせていただきます。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 私からは、「米谷病院の将来像、目指す地域の医療と福祉の全体像から、上沼診療所整備の妥当性を問う」とのご質問についてお答えします。
 現在の3病院4診療所体制において、病院については地域の中核的病院である「登米市民病院」が一般急性期医療を担い、「豊里病院」と「米谷病院」は慢性期医療と在宅医療の支援機能を担うこととしております。また、診療所については、登米、上沼、津山の各診療所は在宅療養支援診療所としての取り組みを進め、訪問看護事業と連携して在宅医療を支える拠点として位置づけております。各医療機関が機能を分担し連携していくことで、切れ目のない医療提供を行える体制づくりを目指しているところであります。
 このような考え方は、第2次改革プランにも反映させており、その中で米谷病院につきましては、一次の救急告示病院であり、在宅医療における後方支援医療機関として、また、沿岸地域の機能補完という役割の重要性から、病院として存続させることを明記したものであります。医師の確保や施設の老朽化など課題はありますが、米谷病院が所期の目的を達成できるよう最大限の努力を行っていくものであります。
 また、上沼診療所につきましては、いち早く在宅療養支援診療所としての取り組みを始め、24時間の往診体制による在宅医療の拠点となっております。さらに、夜間診療や予防接種、予防医療など、健康づくりにも積極的に取り組み、地域のかかりつけ医として子供から高齢者まで幅広く対応しております。しかしながら、現施設は狭隘で診療にも支障が出る状況であることから、今後国の地域医療再生交付金事業を活用し整備するものであります。
 今後、ますます需要の増加が見込まれる在宅医療の充実を図るためには、病院、診療所、訪問看護等の医療分野の連携に加え、福祉分野との連携も不可欠であり、互いに補完・連携していくことで地域包括医療ケア体制が確立され、市民の安全・安心に寄与するものと考えるものでありますので、ご理解をお願いします。
 以上、答弁とさせていただきます。
議長(田口政信君) 25番、中澤 宏君。
25番(中澤 宏君) それでは、続けて質問させていただきます。
 まずは、新たな医療圏の枠組みをどう考えるかということでございますが、市長からいろいろ答弁をいただきました。私も全く同感なのですね。それで、そういう状況にあって、現在のままでいいのだろうかというふうなことでお尋ねしたところでございます。
 今、前回も10の医療圏だったと、それが7の医療圏に前回からなったと。では、その減った医療圏はどこかといったらば、それはもう仙台に相当、仙台の規模が前のその岩沼医療圏、仙台医療圏に塩竈医療圏、黒川医療圏、大崎医療圏という150万人のその人口を抱える仙台圏が一つのその医療圏になったと。一方、その登米市は今8万4,000人の医療圏。同じ医療圏でも、今これだけ違うということです。要するに、その医療圏ごとに何でもできるという医療圏、登米市にとっても、そのいろいろ足りなかった循環器であったり、さまざまな部分を足していこうと、ある意味でのその回復リハもそうですけれども、しかし、一方では連携強化病院とか連携病院といって、国の仕組みの中でむしろその登米市の病院が大崎病院とか日赤病院の方に行っているわけですね。これは、大きなこの国の仕組みの中で、登米市がある意味でのその不割を買っている部分でございまして、こういう、市長もいろいろこうやろうやろうということではやっていますけれども、実際その大きな仕組み、枠組みという中ではなかなかそうした部分を満たしてもらっていないという状況にあるわけです。本来であれば、その佐沼病院も中核と言われていますが、実はそのかなりの部分、例えば精神の問題であったり循環器であったり、あるいはがんであったり、相当その圏外に行っている方々がたくさんあるわけですよね。それだけ満たしていないということなのですが、ただ、では将来、一つの医療圏ということで、これを本当にその他の医療圏と同様に満たしてもらえる医療圏になるんだろうかと。むしろ、医療圏を広げることによって、医師をその医療圏の中で融通し合い、あるいはその療養を広い地域で療養し合うというふうなことでないと、本当はその満たしていけないのではないかというように思っているのですね。実は、私、まずは今はその七つの医療圏でございますが、仙南医療圏、仙台医療圏、そして大崎、栗原、登米、石巻、気仙沼と、こういう医療圏になっているわけでございますが、こうした大きな流れからすれば、県南、仙台、県北医療圏ぐらいの三つの医療圏ぐらいが、むしろ適当な医療圏というもののくくりになるのではないかというふうに思っているのですね。例えばその、今病院、中核的な病院という部分には、同じ登米市の市立病院、佐沼病院も入っていますが、大崎病院も石巻病院もまず同じくくりの病院ですね。ところが、さっきも申し上げましたが、医師はそういうふうにして、要するにその医師がふえ、患者がふえるという病院があって、一方ではそこに移りますから登米市のように減ると、圏内、例えば大きな圏域では同じかもしれませんが、小さく区切っていれば本当にその医師が少なくなり患者が減るという医療圏があり、一方ではふえるという医療圏があるわけです。これは、そのさっき仕組みの話をしましたが、例えばがん診療拠点病院というのは、日赤病院あるいは大崎病院がそういう病院になっています。そうすると、だんだん今まで佐沼病院で行っていたそういう診療もそうした方向に今仕組みとして移ってきているということになるわけで、そうしたときに、同じ医療圏、同じ部分でいいのだろうかと。こういう要するにその診療の仕組みからすれば、一方ではそのこういう地域の拠点病院は大崎だったり日赤だったりするのですけれども、登米市の場合は、例えばその標準的な診療をする病院というふうなことになるのですけれども、そうすると、そのくくりというものは実情には私は合っていないのではないかと。そうすると、佐沼病院も本来であればそういう部分ではへき地で、さまざまな支援をしてもらうはずの病院が、中核という位置づけの中にあって、実はその不割をこうむっているというのが仕組みの中で生じているのではないかなというように実は思っているのですね。簡単に、ぜひそういう枠組みに入れてくださいと言っても、受ける側が大変になるから嫌だという話は当然あると思いますけれども、そういうことを考えれば、私たちの方からある意味ではその意思表示をしなければならないのかなというようにも思っていますが、市長はどのようにお考えでしょうか。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) やはり、交通事情等も含めて、やはり日本全体が小さくなってきているというふうによく言われます。そういった意味では、決してすべての利便性が圏内全域に均一に行き渡っているわけではない状況でもありますし、また、そういった状況の中で、では決してその現状に甘んじてよいかというと、決してそうではありません。しかしながら、例えばその大学病院を登米市に隣接した形に持ってくることは、なかなか物理的には難しいということではないかと思います。しかしながら、例えば県北高規格道路でありますとか三陸縦貫道が接続したことによって、例えは仙台医療センターでありますとか東北大学病院が、物理的な時間としての距離は10分、20分と短縮をしているというようなことは、ある反面言えるのではないのかなというふうに思っております。ですから、そういったことを踏まえて考えますれば、日常的に必要な医療、そういったものに対しては、やはりさっきの22番議員からもご指摘をいただいておりますとおり、やはり地域の中できちんとした受け皿をつくっていく取り組み、そして、高次医療機関に関しては、やはりそういった部分ときちんと連携をしながら、緊急時にも対応ができる体制を整えていくことが必要だろうと。そういった意味では、今現状の七つの医療圏それぞれが、その医療圏だけですべてが完結ができる医療圏は、実は県内でも三つしかないと言っても過言ではないのかなというふうに思います。仙台医療圏、そして石巻、大崎というようなことではないのかなというふうに思っております。そういった意味では、やはりその医療圏の広域化というものをきちんと考えて、そしてそれぞれの役割と機能をしっかりと明確に持たせることで、さきにも私もお話をしておりますが、回復期リハビリ病棟を市民病院に設置をしたという意義の一つとして、もちろんリハビリ施設を地元できちんと請け負うことができる体制づくりということと、もう一つの意味としては、やはり急性期医療を担う病院との連携をしっかりとつくることによって、お互いの役割分担を明確化し、そしてその中での機能をしっかりと担うことで、依存するというよりは、きちんと持ちつ持たれつの関係の中で医療機関との連携を強化をしていく取り組みが必要だなというふうに思っているところであります。そういった意味では、これからのその医療圏の策定に当たりましては、議員ご指摘のことも十分に踏まえながら、私としても県の方にしっかりとその意を伝えていきたいというふうに思っております。
議長(田口政信君) 25番、中澤 宏君。
25番(中澤 宏君) 私も市長、全く同じでございますので、ぜひ市長を応援したいと思いますので、お願いします。そこで、ただ対相手があることなので、なかなか難しいことだと思いますが、ただ、もう一つ言えるのは、震災の関係でも私たちのこの復興計画でも、あるいは県の復興計画でも、その南三陸町との関係は、市長も今回のそのさまざまな議員の皆さんの質問の中でも、折々そのこれからの関係についていろいろと触れられておりますけれども、今医療については米山病院に志津川病院があるわけでございますが、今回のその5年間の県の地域医療計画をとってみても、この5年間はかなり、要するに簡単に向こうでというわけにはいかない状況を考慮しますと、要するに登米市医療圏の中に気仙沼医療圏が入ってきていると、医師会が別々、こういうのはある意味ではちょっと好ましくないのかなというようにも思っておりまして、さきの代表質問で登米・みらい21の星 順一議員が、今東北大学で考えているメディカルメガバンク構想、まさにその予防、市長が常日頃から言われています予防、遺伝子の状態からさまざまなその取り組みをしようと。そうすると、開業医の先生の協力、あるいは病院と、全くその同じ取り組みをこれから市民皆さんでこう取り組んでいくということになれば、同じその目的に向かって取り組む事業を通じながらも、そういうふうなことは非常に大切だなと思っております。このことは、非常にそのデリケートな問題だと私実は思っていまして、こういうさまざまな連携は、例えば市長がトップ同士でお話をするという方法もあると思いますけれども、一方では事務レベルで、内々親しく必要性や将来のことを語り合うという方法も私はとても大切だというように思っていまして、ただ、それがどちらもしないというのはよくないのかなと実は思っています。そこで、ちょっとお待ちくださいね、市長。そこで、ここは実は病院事業管理者のとても大切な部分でございます。病院事業管理者も、先ほどその災害時、災害関係ではその連携のお話を篤としておりましたが、その要諦、そのことについては、ではどのようにお考えか、ちょっとお尋ねしたいと思います。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 災害の関係の医療連携ということで、広域的な連携ということになるわけですが、今議員の方からのお話の中にありましたように、登米の医療圏の中に気仙沼医療圏の中の南三陸町の医療の部分ですね、公立志津川病院が米山病院の病棟を使って開設という状況もありますが、そのほかに、被災患者さんとか、南三陸町の患者さんについての受け入れをしていて、その機能補完しているという部分もございます。その中で、市民病院の、要するに中核病院ということでの急性期医療なんかについての役割も当然その中で強化しているというか役割を大きくしているという部分もございます。そして、その役割を果たしていく上においても、やはり先ほど話から、市長の話にもありましたけれども、高次医療なんかについての大崎なり石巻との連携というのも、さらにそこを深めていって、きちんとそういう役割を果たしていくということが必要になってきますので、そういう意味での連携というのは、まさにこれからしっかり確立していかなくてはならないというか、強化をしていかなくてはならないというふうに考えてございます。
議長(田口政信君) 25番、中澤 宏君。
25番(中澤 宏君) 管理者ね、私聞いているのは、必要だから、それを南三陸町と話をする機会を設けてそういう方向に進むということなのか、要するに状況を解説しているのではなくて管理者の行動ですね、どうとるか。そのことによって市長もどう思うかというふうなことにもなろうと思いますので、まずは管理者がどのように考え、どのような行動に動くか、そのことについてお尋ねしたいと思います。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) これから、南三陸町も含め気仙沼もあります、石巻のこともあるわけですが、復興という形でいろいろこれから医療整備の体制なり何なりが復興していきます。その中で、当然登米市の医療にかかわる部分での関係というのも出てくるかと思いますので、私も事務レベルといいますか、南三陸町または石巻の市の方のそういう進め方なりについて、いろいろ情報交換、意見交換をしていくということはさせていただきたいと思っています。
議長(田口政信君) 25番、中澤 宏君。
25番(中澤 宏君) なぜ私がこの定例会でこれを挙げたかというと、新しい医療計画は25年からスタートする計画をことしつくることになります。今、実は三陸も言葉にしない、あるいは登米市も言葉にしない中で、県はどのようにするかということをある意味では大変迷っている時期だと思うのですね。当事者を抜きにしていろいろ決定するというわけにはいかないと思いますから、お互いがその大変を口にしながら、新しい形をつくっていくんだろうと思います。そういう意味では、立ち位置をどこに持つかというふうなことは、改革プランの中でも大切な部分でございまして、私はこのことを早急にやっていただきたいと思っています。管理者がそういうことをお話ししましたが、その事務方のトップである医療局長は、その行動計画、例えば今月中にやるとか、今月はないね、来月だね。例えばそういうふうなことについてはどうお考えになりますか。もう新年度が始まるね。ではちょっと。
議長(田口政信君) 医療局次長、鈴木 均君。
医療局次長(鈴木 均君) 先ほどご質問ありましたように、東北メディカルバンク構想についても24年度中に動くということもありますし、さらにICT、地域医療情報ネットワークの協議会が4月に法人化するという計画もございます。なので、それらには各市町村もその中に入っていくということもございますので、具体的にそれらの会の中でも行動してまいりたいと思っています。
議長(田口政信君) 25番、中澤 宏君。
25番(中澤 宏君) あのね、非常にその何かうんと距離が遠いような感じするのですよ、次長ね。別にそこの米山にいるのですよ。一緒のところにいるの。だから、もっとその気楽に足を運んで、いろいろ親しくお話をするところからいかないと、急に市長が出向いていってもというふうなことを私心配しているのですよ。だから、そんなに遠くなく、ごく近くに親しい友人がいるわけでございますから、こんなことを一つのきっかけに、ぜひやってほしいと思っています。ネットワーク化、メディカルメガバンク構想、すべてこれからかかわりを持って進めなければならない大事業だと思います。ぜひ一歩を踏み出していただきたいと。こんなことをではお願いして、第1問目を終わりたいと思います。
 それから、では次は、米谷病院のその将来像、これは改革プランの前段の中では24年までとしましたが、こうした状況は引き続き変わらないと。すると、3病院4診療所体制というのは、この改革プランの期間中、要するにその平成27年度まではこうした状況にしますよということを書いてありますが、ではその後どうするんでしょうか。このことをまずお聞きしたいなというように思います。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 医療圏というか、地域医療計画の話でも、今これからのことの話があったわけですけれども、沿岸地域の復興の動向がこれからどうなっていくのかということもございます。その中で、隣接する米谷病院のあり方というのも考えていかなくてはならないだろうということなのですが、不確かな状況が今ありますので、そういった動向を踏まえた上で、はっきりした28年度以降のことについて考えていかなくてはならないのかなということなのですが、今すぐにこうだというところまで定めるところまでにはちょっと至っていないというところでございます。
議長(田口政信君) 25番、中澤 宏君。
25番(中澤 宏君) 考え方は二つあると思うのです。一つは、要するに現状のままで、要するにその必要なのか、必要でないのかというふうなことと、それから、震災の影響で、要するにそのかなり広いエリアで三陸の皆さんとそういう活動をしているわけでございますから、そのことによって病院の規模が大きくなるのか、ならないのかというふうなことはあると思います。前段の、今じゃあ何もなかったというふうなことだったらば、それは27年度で終わる予定の計画なのか。そのことについてはどのようにお考えですか。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 27年度まで状況が変わらなければ今のままでかということも含めてなのですが、そこについてはまだこうだという形で判断ができていないということでございます。まず、それから、米谷病院のことだけではなくて、登米市医療全体のこともあるのですが、やはり病院事業、医療を存続していくというか維持していくという中で一番大きな問題は、医師の確保をしっかりやっていくということにありますので、その辺も含めて考えていかなくてはならないということがございます。
議長(田口政信君) 25番、中澤 宏君。
25番(中澤 宏君) 医者が来たら病院をどうつくるかを考えるのではなくて、病院をどうつくるか、だから先生来てくださいというのが私が筋かなというように思っていまして、今回のその改革プランの中は数字は重視していますが、政策は非常に弱い。この政策の弱いところが、なかなかこう気になるのですね。これ、昨年秋に中医協が2025年モデルを、医療のね、出しました。この中でも、実はその7対1の病院、改革プランで7対1、10対1をかなりその推し進めようという計画でありますが、一方では、国はむしろその7対1には、要するにその重症患者の割合を今の1割から2割にもう上げようと。むしろ重症でなければ、ただスタッフが多ければ7対1がとれるというのではなくて、7対1の病院は結構重症な皆さんに利用していただく病院ですよと、その次は、その次の10対1、そして、むしろ多くその地域につくろうというのは、先ほどの沼倉議員の発言にもございましたが、13対1とか15対1とか、そうしたその高齢化を見据えて病院をやると、そういう方向でないかという方向を出していましたね。むしろその、今までは福祉ということで、病院の長期入院をちょっとその介護の方に委ねた経過はありましたが、ただ、それはやってしまうとずっとで、保険と医療というトータルからすれば、むしろその社会の負担は上がってしまうと。それは、病院での長期入院というのは自立のため、あるいは在宅というようなことを考えれば、その方がコスト的には安く済むかもしれない。これが、一定のその国の考え方だろうと思っています。そういう意味では、今その佐沼病院、市民病院の方にこう患者さんをどうも集めようというふうなことには、将来のその取り組みからすると無理があるのではないかと。むしろ、その豊里病院の例からすれば、一般病床があり、療養病床があり、あるいは老健があると、こういう形の方が非常に緩やかで、要するにその在宅につなげることができると。また、在宅で何かあれば病院と、そういう、また老健でより自立を図れるような、そういう仕組みづくりの方が私はいいのかなというふうに思っているのですね。そういう意味では、この米谷病院というのは、私たちが考えていた今までのよりも地域全体を考えるとかなり大切かなと。それで、さっき急性期の部分は、今も将来もこれからかなり委ねていかなければならない部分だと思いますが、他方、この在宅からこの長期入院にあっては、私たちのところできっちりと守り、安心して回復していただくと。この取り組みはしていかなければならないのかなというふうに思いますけれども、管理者、いかがにお考えでしょうか。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) お話しのとおり、在宅の医療ということについては、これから充実していかなくてはならないと。そのために、その診療所なんかにおいて在宅療養支援診療所の強化とかということも今取り組みとしてあるわけですが、当然その在宅だけですべてが完結するということではなくて、その後方の要するに入院機能を有する後方の支援病院も必要だということで、そことの連携があって、それがきっちり体制としてつくられていくということです。そういう意味で、豊里についてはその一般の急性というか一般病棟、療養病棟それから老健施設という一体化した施設を持って、その辺についての役割をきっちり果たしているという、要するにモデル的なそういう医療体系になっているということで、その役割というのは非常に私たちも認識してございます。そういう意味で、そういうところの一体化した施設までつくる必要があるのかどうかということについてはまた置いておいても、そういうその在宅に向かってのそういう医療体制の充実というのは、この登米の医療圏の中でもこれからしっかり考えていかなくてはならないということになるかと思います。
議長(田口政信君) 25番、中澤 宏君。
25番(中澤 宏君) きょうの石巻河北の新聞でございます。きのうニュースでもやっておりました、テレビでもやっておりましたが、きょう石巻日赤病院で仮設で50床の病棟が、きょうからやることになりましたが、今までの402床に加えて50床、452床で、要するにさっきのがんの拠点病院化もそう、要するにこういうところはすごく大きくなる。大崎も今から大きく、新築の傾向です。今そういう大きくて何でもできるという病院がある一方、他方ではそこからきちんとその戻ってこれるという病院をやっぱりどうつくっていくかというようなことだと思いますね。これは、つい1週間前、これも石巻河北、これは石巻の市立病院の将来、検討委の中間報告の記事でございます。これは、200床未満亜急性期を担うというふうなことで、これはまさにその日赤病院と連携することで、急性期をお任せし、慢性期に近いそういう患者さんを扱いたい。さらに、今これからその触れていきますけれども、在宅療養支援、ここは診療所ではなくて支援病院としてこれからやっていきたいということが出ていますが、早くそういう方針を考えると、その考えがないと、先ほど話は戻りますが、志津川病院、南三陸町との医療連携をどのようにしていくのかというものも、ずっといつまでも見出せません。そのことは、病院のあり方や規模、どう地域医療を考えるか、このことに早急に取り組んでいただきたいというふうなことを要望しておきます。
 さて、残りの時間で、それではその上沼診療所のことについてお尋ねします。
 実は、上沼診療所というのは、ある意味でのその小さいですがモデルですね、すばらしいですね、その在宅の医療、そういう部分の取り組みというのは、非常に私はモデル的な取り組みだと思っています。しかし、その地域全体からすればまだそれはモデルで、その地域の全部に広がっていないというように思っていまして、そうしたその在宅療養支援の取り組みというのは今後ふえると思うのですけれども、その取り組みを将来どのように考えるか。例えば、現在は米山もなかなかそういうところがまだ不行き届きで、これからの課題だと言っていました。あるいは、市民病院も民間の先生、開業医の先生にも協力しながらも行っているとも聞いています。さて、全体をではどのようにやったらば、そのサービスが偏った地域でなくて広く市民全体に施しできるサービスになるのか、そのことについてまずお尋ねしたいと思います。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 在宅のその支援診療所ということでは、上沼、登米、津山という形になっていて、南の方といいますか、米山それから南方といいますか、その辺が市立病院の中での要するに医療体制の中では手薄になっているという状況がございます。その辺で、実は米山の診療所につきましては、透析もやっているものですから、その24時間の在宅支援診療というところまでなかなか今すぐにいかないという状況がありますが、そこについてはやはり医師の体制も含めて、その空白を埋められるような体制づくりは今後していかなくてはならないというふうに考えてございます。
 それから、市民病院につきましては、在宅とかそれから福祉施設の後方の支援という役割は当然急性期病院でありますが、当然要するに患者さんの急変等の関係の受け入れという役割は、当然急性期の病院としてそれを担っていかなくてはならないというふうに考えています。ただ、急性期医療というのを、やはり一般急性期医療というのを市民病院の中心的な要するに機能、役割として維持していくということが、この地域の救急の医療の問題も含めて非常に大事な機能であるというふうに考えてございます。
議長(田口政信君) 25番、中澤 宏君。
25番(中澤 宏君) 私が聞きたいのは、要するにモデルとして大変すばらしいこうした取り組みを、いかにそうしたサービスを市内一円に広げることができるか、このことなのですね。それで、今からは、ある意味でのその在宅療養のプロフェッショナルをこの地域からやっぱり育てていかなければならないとも思いますし、そういう意味での今までの先生の活動というのは大変貴重だと私は思っています。ただ、一部の地域で一部の地域がないという、こういう偏りでなくて、むしろその診療所も非常に大切なのでありますが、一方ではその療養病院ですね、支援病院、要するに在宅療養支援診療所か在宅医療支援病院かというようなことですが、病院でも今やっているわけですね。例えば、米谷病院でも今やっていると。例えば豊里病院でも実はやっていると。それをさらにその診療所というようなことで、さらに分散させる方向がいいのか、あるいはこう一つにし、さらに開業医の先生にも実はそういう療養診療所になっていただいて、何かあったときにそういう病院にきちんと送ってもらう。まさにそういう病診連携という構築がすることで、かなり広くそういう在宅医療を安心してかかることのできるその医療をやることがいいのか、そういう検証というものをしたのかしないのか、その辺についてではお尋ねしたいと思います。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。質問にきちんと答えてください。かみ合っていないように聞こえますので。
病院事業管理者(大橋 章君) 在宅医療の関係については、上沼の取り組みというのを、私たちの方も、その先進的な取り組みをして、それがモデルになるということで取り組みを進めてきております。そういうことで、私たちの方は、その上沼のような取り組み、それを全診療所の方に広げていく、そして病院との連携をしていくという、どちらかというと、今先ほどお話がございました分散の中で、この地域のその在宅医療の体制をつくっていきたいと。ただ、それぞれが分散してというと、個々に独立してということでは難しい面がございます。というのは、365日24時間の在宅医療という形になります。ですから、それらのネットワークというのをつくって体制づくりをしていくということで、医療局の方での検討ではそういう形で進めていきたいということで、今回の改革プランにもそれを反映させてもらったということでございます。
議長(田口政信君) 25番、中澤 宏君。
25番(中澤 宏君) 検討したということだということだと思うのですが、一方では、米山ではなかなか進まないというのは、先生が悪くて進まないんじゃないですよ、一生懸命働いているんだからね。まだ、要するに市の体制がそこに及んでいないということの、要するに施す部分の不足ですよ。だから、そういう部分をやっぱりどうするか。一方ではじゃあそういうふうに一生懸命頑張ってもらうのだったらば、他方でもそういういいことだったらぜひやっぱりやっていくという、こういう取り組みをぜひ私はしてほしいなというふうにこう思っています。例えば、その先生が要するに複数体制の中で充実してもらうのであれば、足りない例えばその、例えばですよ、上沼には例えばバスをたくさん、豊里がそうなのですが、たくさんバスを出し、あるいは津山にもそうでしたが、もういっぱい、診療所を持っているということは医療のへき地だということですから、バスをたくさん出していいということに実はなっていまして、どんどん患者さんの利便を図ることは可能だと思いますけれどもね。そういう施し方がいいのか、あるいは今のようなやり方がいいのか、いずれにしてもそういう点検をしながら進めていくと、要するに長期の、将来の、そういう見通しの中でぜひ進めていただきたいなと思っています。これは、担当する先生ともさまざまな部分で相談しながら、デリケートに取り組んでいかなければならない問題でありますけれども、ただ、いずれにしましても、こうした取り組み、先生の大変なその活躍をぜひ伸ばしてあげたいなという気持ちもありまして、きょうはこうした話にさせていただいたところでございます。今後の取り組みについて、ではもう一言管理者からお話をいただきたいと思います。
議長(田口政信君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) きょういろいろ貴重なお話もいただきました。私たちこれからの進め方の中において、当然その実践していただく医師も含めて、十分にそのこれからの進め方なりについて十分議論をし、そして意思の統一をして、いい要するに在宅医療、地域の医療を守る体制づくりを進めてまいりたいと思います。
議長(田口政信君) 25番、中澤 宏君。
25番(中澤 宏君) 期待しておりますので、管理者ね。すぐそういうテーブルについて、今回のその改革プランで弱かったのは、先ほど申しましたが、政策です。その部分をきちんと足していくと、なお立派なプランになってくるなというように思っていますので、頑張っていただきたいと思います。
 それから、先ほどちょっと医師の確保の問題、いろいろあるかと思いますが、やっぱりその広い医療圏というか、メディカルメガバンク構想もそうですが、何をしたいかという意思がここになければ、やっぱりその医師を引きつける力というのは非常に弱いのかなというように思っています。産婦人科の問題、小児科の問題も、ただみずからがここに来て来てということでは難しく、今実は広い地域を見れば昔と変わらない人数があって、それがどこかに偏っているというふうなことだと思いますから、その偏りをちょっとほぐしていただいて、週に1回は、週に2回は私の方もちょっと振り向いてほしいと、こういうことも大変大切なのかなと思っております。市長、このことについては、大変相手もあって難しい問題ではございますけれども、この来年から出る、あるいは24年度につくるこの医療圏、枠組み、この意気込みを最後に聞いて私の終わりにしたいと思いますので、よろしくお願いします。
議長(田口政信君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) ご指摘をいただきました医療圏の問題、そしてまたメディカルメガバンク構想についてもいろいろとご指摘をいただきました。この構想につきましては、やはり従来の医療の復興、復旧ということだけではなくて、実は登米地域医療、もしくは沿岸部の医療機関というか、その患者さんの動向等につきましても、実はその疾病の多くは慢性疾患であるということ、そして、その慢性疾患は実は生活習慣病と呼ばれておりますが、基本的に薬で一時的に症状を押さえているだけの治療が主になっているというような実態であります。そういった意味で、この構想はそういったものの生活習慣と遺伝子、要するにその遺伝的な要因も含めた中で、総合的に治療を進め体質改善を図っていくための調査というふうな言い方も言うことができるのではないのかなというふうに思っております。そういった意味では、実はエコチル調査があります。宮城県でその調査を行っておりまして、登米医療圏、大崎医療圏、そして石巻、岩沼というところで、その調査を行っております。これは、今現在の本当に妊娠をした赤ちゃんになる前から中学生までの期間、長期的な追跡をしながら、その化学物質等の環境要因にかかわる微量な物質が、子供の成長や疾病にどういったこうかかわりがあるのかというような、非常に膨大で信頼、非常に大きな調査であります。それと同じような実は調査を今回こういった形で進めようというようなことであります。もちろん個人情報の保護はしっかりとした中でそういったデータ分析をしながら、むしろ今まで医療がおくれていた地域だからこそ、積極的な取り組みの中でそういった課題解決に向けた取り組みの一歩として進めることができる構想なのではないのかなということで、私自身も大いに期待をしている取り組みでもありますし、行政としてご協力できる部分があれば、しっかりとしたサポートをさせていただきたいというふうにも考えているところであります。
 そういった意味では、今まで登米医療圏は、むしろ全国的に最もおくれているというわけではありませんが、しかし、そういっても過言ではないほど実は医療的な部分で十分な手当がなされてこなかった地域であります。だからこそ、むしろしっかりとそのブイ字回復を図れるような、そのような調査と取り組みに我々としても協力ができるような連携とその取り組みを強化をしてまいりたいと思いますし、また、沿岸部の医療施設が壊滅した各自治体との連携や相談なども、その地域の住民にとってどうあるべきかという視点の中で提言をさせていただくような、そのような取り組みをぜひさせていただきたいというふうに思っております。また、その際には、いろいろとご指導賜りますようにお願い申し上げます。
議長(田口政信君) 25番、中澤 宏君。
25番(中澤 宏君) 市長、今の答弁を東北大学で聞いていたら、大変喜んでいると思いますね。やっぱりみんなの力を得て、やっぱりこの地域のために頑張っていかなければと思います。大変すばらしいと思います。期待してきょうの質問を終わります。ありがとうございました。
議長(田口政信君) これで、25番、中澤 宏君の一般質問を終わります。
 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 本日は、これで散会します。
 大変ご苦労さまでございました。
          散会 午後5時05分
上記会議の経過を記載し、その相違ないことを証するためここに署名する。
       議会議長  田 口 政 信
       署名議員  浅 田   修
       署名議員  金 野 静 男

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>