•   0  (日程・名簿)
  •   1  議長(及川昌憲)
  •   2  市長(熊谷盛廣)
  •   3  議長(及川昌憲)
  •   4  教育部長(大柳晃)
  •   5  議長(及川昌憲)
  •   6  19番(田口政信)
  •   7  議長(及川昌憲)
  •   8  教育部長(大柳晃)
  •   9  議長(及川昌憲)
  •  10  19番(田口政信)
  •  11  議長(及川昌憲)
  •  12  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  13  議長(及川昌憲)
  •  14  19番(田口政信)
  •  15  議長(及川昌憲)
  •  16  教育部長(大柳晃)
  •  17  議長(及川昌憲)
  •  18  16番(中澤宏)
  •  19  議長(及川昌憲)
  •  20  企画部長(秋山茂幸)
  •  21  議長(及川昌憲)
  •  22  16番(中澤宏)
  •  23  議長(及川昌憲)
  •  24  議長(及川昌憲)
  •  25  議長(及川昌憲)
  •  26  議長(及川昌憲)
  •  27  議長(及川昌憲)
  •  28  教育部長(大柳晃)
  •  29  議長(及川昌憲)
  •  30  議長(及川昌憲)
  •  31  議長(及川昌憲)
  •  32  議長(及川昌憲)
  •  33  教育部長(大柳晃)
  •  34  議長(及川昌憲)
  •  35  議長(及川昌憲)
  •  36  議長(及川昌憲)
  •  37  議長(及川昌憲)
  •  38  教育部長(大柳晃)
  •  39  議長(及川昌憲)
  •  40  19番(田口政信)
  •  41  議長(及川昌憲)
  •  42  議長(及川昌憲)
  •  43  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  44  議長(及川昌憲)
  •  45  19番(田口政信)
  •  46  議長(及川昌憲)
  •  47  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  48  議長(及川昌憲)
  •  49  14番(岩淵正宏)
  •  50  議長(及川昌憲)
  •  51  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  •  52  議長(及川昌憲)
  •  53  14番(岩淵正宏)
  •  54  議長(及川昌憲)
  •  55  教育部長(大柳晃)
  •  56  議長(及川昌憲)
  •  57  16番(中澤宏)
  •  58  議長(及川昌憲)
  •  59  教育部長(大柳晃)
  •  60  議長(及川昌憲)
  •  61  16番(中澤宏)
  •  62  議長(及川昌憲)
  •  63  教育部長(大柳晃)
  •  64  議長(及川昌憲)
  •  65  16番(中澤宏)
  •  66  議長(及川昌憲)
  •  67  16番(中澤宏)
  •  68  議長(及川昌憲)
  •  69  市長(熊谷盛廣)
  •  70  市長(熊谷盛廣)
  •  71  議長(及川昌憲)
  •  72  16番(中澤宏)
  •  73  議長(及川昌憲)
  •  74  教育部長(大柳晃)
  •  75  議長(及川昌憲)
  •  76  議長(及川昌憲)
  •  77  議長(及川昌憲)
  •  78  議長(及川昌憲)
  •  79  議長(及川昌憲)
  •  80  市民生活部長(新井誠志)
  •  81  議長(及川昌憲)
  •  82  21番(相澤吉悦)
  •  83  議長(及川昌憲)
  •  84  環境課長(佐藤幸子)
  •  85  議長(及川昌憲)
  •  86  21番(相澤吉悦)
  •  87  議長(及川昌憲)
  •  88  環境課長(佐藤幸子)
  •  89  議長(及川昌憲)
  •  90  21番(相澤吉悦)
  •  91  議長(及川昌憲)
  •  92  環境課長(佐藤幸子)
  •  93  議長(及川昌憲)
  •  94  23番(及川長太郎)
  •  95  議長(及川昌憲)
  •  96  議長(及川昌憲)
  •  97  環境課長(佐藤幸子)
  •  98  議長(及川昌憲)
  •  99  19番(田口政信)
  • 100  議長(及川昌憲)
  • 101  環境課長(佐藤幸子)
  • 102  議長(及川昌憲)
  • 103  企画政策課長(小野寺仁)
  • 104  議長(及川昌憲)
  • 105  19番(田口政信)
  • 106  議長(及川昌憲)
  • 107  環境課長(佐藤幸子)
  • 108  議長(及川昌憲)
  • 109  副市長(藤井敏和)
  • 110  議長(及川昌憲)
  • 111  19番(田口政信)
  • 112  議長(及川昌憲)
  • 113  企画政策課長(小野寺仁)
  • 114  議長(及川昌憲)
  • 115  1番(上野晃)
  • 116  議長(及川昌憲)
  • 117  環境課長(佐藤幸子)
  • 118  議長(及川昌憲)
  • 119  1番(上野晃)
  • 120  議長(及川昌憲)
  • 121  環境課長(佐藤幸子)
  • 122  議長(及川昌憲)
  • 123  議長(及川昌憲)
  • 124  議長(及川昌憲)
  • 125  議長(及川昌憲)
  • 126  産業経済部次長(阿部孝弘)
  • 127  議長(及川昌憲)
  • 128  20番(沼倉利光)
  • 129  議長(及川昌憲)
  • 130  商業観光課長(新田公和)
  • 131  議長(及川昌憲)
  • 132  20番(沼倉利光)
  • 133  議長(及川昌憲)
  • 134  商業観光課長(新田公和)
  • 135  議長(及川昌憲)
  • 136  14番(岩淵正宏)
  • 137  議長(及川昌憲)
  • 138  教育部長(大柳晃)
  • 139  議長(及川昌憲)
  • 140  14番(岩淵正宏)
  • 141  議長(及川昌憲)
  • 142  教育部長(大柳晃)
  • 143  議長(及川昌憲)
  • 144  14番(岩淵正宏)
  • 145  議長(及川昌憲)
  • 146  教育部長(大柳晃)
  • 147  議長(及川昌憲)
  • 148  13番(關孝)
  • 149  議長(及川昌憲)
  • 150  産業経済部次長(阿部孝弘)
  • 151  議長(及川昌憲)
  • 152  13番(關孝)
  • 153  議長(及川昌憲)
  • 154  企画部長(秋山茂幸)
  • 155  議長(及川昌憲)
  • 156  13番(關孝)
  • 157  議長(及川昌憲)
  • 158  副市長(藤井敏和)
  • 159  議長(及川昌憲)
  • 160  産業経済部次長(阿部孝弘)
  • 161  議長(及川昌憲)
  • 162  議長(及川昌憲)
  • 163  議長(及川昌憲)
  • 164  議長(及川昌憲)
  • 165  議長(及川昌憲)
  • 166  教育部長(大柳晃)
  • 167  議長(及川昌憲)
  • 168  13番(關孝)
  • 169  議長(及川昌憲)
  • 170  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 171  議長(及川昌憲)
  • 172  13番(關孝)
  • 173  議長(及川昌憲)
  • 174  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 175  議長(及川昌憲)
  • 176  13番(關孝)
  • 177  議長(及川昌憲)
  • 178  教育部長(大柳晃)
  • 179  議長(及川昌憲)
  • 180  議長(及川昌憲)
  • 181  19番(田口政信)
  • 182  議長(及川昌憲)
  • 183  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 184  議長(及川昌憲)
  • 185  19番(田口政信)
  • 186  議長(及川昌憲)
  • 187  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 188  議長(及川昌憲)
  • 189  19番(田口政信)
  • 190  議長(及川昌憲)
  • 191  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 192  議長(及川昌憲)
  • 193  2番(曽根充敏)
  • 194  議長(及川昌憲)
  • 195  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 196  議長(及川昌憲)
  • 197  企画政策課長(小野寺仁)
  • 198  議長(及川昌憲)
  • 199  2番(曽根充敏)
  • 200  議長(及川昌憲)
  • 201  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 202  議長(及川昌憲)
  • 203  企画政策課長(小野寺仁)
  • 204  議長(及川昌憲)
  • 205  2番(曽根充敏)
  • 206  議長(及川昌憲)
  • 207  企画部長(秋山茂幸)
  • 208  議長(及川昌憲)
  • 209  議長(及川昌憲)
  • 210  議長(及川昌憲)
  • 211  議長(及川昌憲)
  • 212  教育部長(大柳晃)
  • 213  議長(及川昌憲)
  • 214  20番(沼倉利光)
  • 215  議長(及川昌憲)
  • 216  企画部長(秋山茂幸)
  • 217  議長(及川昌憲)
  • 218  議長(及川昌憲)
  • 219  議長(及川昌憲)
  • 220  議長(及川昌憲)
  • 221  議長(及川昌憲)
  • 222  市長(熊谷盛廣)
  • 223  議長(及川昌憲)
  • 224  企画部長(秋山茂幸)
  • 225  議長(及川昌憲)
  • 226  総務部長(千葉雅弘)
  • 227  議長(及川昌憲)
  • 228  企画部長(秋山茂幸)
  • 229  議長(及川昌憲)
  • 230  福祉事務所長(加藤均)
  • 231  議長(及川昌憲)
  • 232  市民生活部長(新井誠志)
  • 233  議長(及川昌憲)
  • 234  福祉事務所長(加藤均)
  • 235  議長(及川昌憲)
  • 236  議長(及川昌憲)
  • 237  市民生活部長(新井誠志)
  • 238  議長(及川昌憲)
  • 239  農業委員会事務局長(佐藤真吾)
  • 240  議長(及川昌憲)
  • 241  産業経済部長(丸山仁)
  • 242  議長(及川昌憲)
  • 243  建設部長(中津川源正)
  • 244  議長(及川昌憲)
  • 245  消防本部消防長(鈴木軍雄)
  • 246  議長(及川昌憲)
  • 247  総務部長(千葉雅弘)
  • 248  議長(及川昌憲)
  • 249  教育部長(大柳晃)
  • 250  議長(及川昌憲)
  • 251  産業経済部長(丸山仁)
  • 252  議長(及川昌憲)
  • 253  建設部長(中津川源正)
  • 254  議長(及川昌憲)
  • 255  企画部長(秋山茂幸)
  • 256  議長(及川昌憲)
  • 257  7番(熊谷和弘)
  • 258  議長(及川昌憲)
  • 259  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 260  議長(及川昌憲)
  • 261  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 262  議長(及川昌憲)
  • 263  7番(熊谷和弘)
  • 264  議長(及川昌憲)
  • 265  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 266  議長(及川昌憲)
  • 267  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 268  議長(及川昌憲)
  • 269  7番(熊谷和弘)
  • 270  議長(及川昌憲)
  • 271  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 272  議長(及川昌憲)
  • 273  2番(曽根充敏)
  • 274  議長(及川昌憲)
  • 275  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 276  議長(及川昌憲)
  • 277  学校教育課長(三浦徳美)
  • 278  学校教育課長(三浦徳美)
  • 279  議長(及川昌憲)
  • 280  2番(曽根充敏)
  • 281  議長(及川昌憲)
  • 282  学校教育課長(三浦徳美)
  • 283  議長(及川昌憲)
  • 284  2番(曽根充敏)
  • 285  議長(及川昌憲)
  • 286  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 287  議長(及川昌憲)
  • 288  4番(須藤幸喜)
  • 289  議長(及川昌憲)
  • 290  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 291  議長(及川昌憲)
  • 292  4番(須藤幸喜)
  • 293  議長(及川昌憲)
  • 294  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 295  議長(及川昌憲)
  • 296  4番(須藤幸喜)
  • 297  議長(及川昌憲)
  • 298  13番(關孝)
  • 299  議長(及川昌憲)
  • 300  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 301  議長(及川昌憲)
  • 302  13番(關孝)
  • 303  議長(及川昌憲)
  • 304  福祉事務所長(加藤均)
  • 305  議長(及川昌憲)
  • 306  13番(關孝)
  • 307  議長(及川昌憲)
  • 308  福祉事務所長(加藤均)
  • 309  議長(及川昌憲)
  • 310  14番(岩淵正宏)
  • 311  議長(及川昌憲)
  • 312  教育企画室長(岩渕公一)
  • 313  議長(及川昌憲)
  • 314  14番(岩淵正宏)
  • 315  議長(及川昌憲)
  • 316  教育企画室長(岩渕公一)
  • 317  議長(及川昌憲)
  • 318  14番(岩淵正宏)
  • 319  議長(及川昌憲)
  • 320  教育企画室長(岩渕公一)
  • 321  議長(及川昌憲)
  • 322  20番(沼倉利光)
  • 323  議長(及川昌憲)
  • 324  市民生活部長(新井誠志)
  • 325  議長(及川昌憲)
  • 326  20番(沼倉利光)
  • 327  議長(及川昌憲)
  • 328  市民生活部長(新井誠志)
  • 329  議長(及川昌憲)
  • 330  20番(沼倉利光)
  • 331  議長(及川昌憲)
  • 332  市民生活部長(新井誠志)
  • 333  議長(及川昌憲)
  • 334  19番(田口政信)
  • 335  議長(及川昌憲)
  • 336  学校教育課長(三浦徳美)
  • 337  議長(及川昌憲)
  • 338  19番(田口政信)
  • 339  議長(及川昌憲)
  • 340  学校教育課長(三浦徳美)
  • 341  議長(及川昌憲)
  • 342  学校教育課長(三浦徳美)
  • 343  議長(及川昌憲)
  • 344  19番(田口政信)
  • 345  議長(及川昌憲)
  • 346  学校教育課長(三浦徳美)
  • 347  議長(及川昌憲)
  • 348  議長(及川昌憲)
  • 349  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 350  議長(及川昌憲)
  • 351  市民生活部長(新井誠志)
  • 352  議長(及川昌憲)
  • 353  24番(八木しみ子)
  • 354  議長(及川昌憲)
  • 355  企画部長(秋山茂幸)
  • 356  議長(及川昌憲)
  • 357  24番(八木しみ子)
  • 358  議長(及川昌憲)
  • 359  16番(中澤宏)
  • 360  議長(及川昌憲)
  • 361  道路課長(伊藤勝)
  • 362  議長(及川昌憲)
  • 363  16番(中澤宏)
  • 364  議長(及川昌憲)
  • 365  建設部長(中津川源正)
  • 366  議長(及川昌憲)
  • 367  16番(中澤宏)
  • 368  議長(及川昌憲)
  • 369  道路課長(伊藤勝)
  • 370  議長(及川昌憲)
  • 371  17番(浅田修)
  • 372  議長(及川昌憲)
  • 373  企画政策課長(小野寺仁)
  • 374  議長(及川昌憲)
  • 375  財政課長(高橋一真)
  • 376  議長(及川昌憲)
  • 377  企画部長(秋山茂幸)
  • 378  議長(及川昌憲)
  • 379  17番(浅田修)
  • 380  議長(及川昌憲)
  • 381  企画部長(秋山茂幸)
  • 382  議長(及川昌憲)
  • 383  21番(相澤吉悦)
  • 384  議長(及川昌憲)
  • 385  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 386  議長(及川昌憲)
  • 387  21番(相澤吉悦)
  • 388  議長(及川昌憲)
  • 389  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 390  議長(及川昌憲)
  • 391  21番(相澤吉悦)
  • 392  議長(及川昌憲)
  • 393  子育て支援課長(鈴木文男)
  • 394  議長(及川昌憲)
  • 395  議長(及川昌憲)
  • 396  議長(及川昌憲)
  • 397  議長(及川昌憲)
  • 398  議長(及川昌憲)
  • 399  市民生活部長(新井誠志)
  • 400  議長(及川昌憲)
  • 401  18番(佐藤恵喜)
  • 402  議長(及川昌憲)
  • 403  国保年金課長(幡江建樹)
  • 404  議長(及川昌憲)
  • 405  18番(佐藤恵喜)
  • 406  議長(及川昌憲)
  • 407  国保年金課長(幡江建樹)
  • 408  議長(及川昌憲)
  • 409  18番(佐藤恵喜)
  • 410  議長(及川昌憲)
  • 411  国保年金課長(幡江建樹)
  • 412  議長(及川昌憲)
  • 413  議長(及川昌憲)
  • 414  議長(及川昌憲)
  • 415  議長(及川昌憲)
  • 416  議長(及川昌憲)
      平成29年第2回登米市議会定例会 12月定期議会 会議録(第6号)
 平成29年12月19日(火曜日)
1.出席議員(24名)
   1番 上 野   晃 君       2番 曽 根 充 敏 君
   3番 佐々木 好 博 君       4番 須 藤 幸 喜 君
   5番 岩 渕 正 弘 君       6番 佐 藤 千賀子 君
   7番 熊 谷 和 弘 君       8番 日 下   俊 君
   9番 佐々木 幸 一 君      10番 氏 家 英 人 君
  11番 工 藤 淳 子 君      12番 武 田 節 夫 君
  13番 關     孝 君      14番 岩 淵 正 宏 君
  15番 伊 藤 吉 浩 君      16番 中 澤   宏 君
  17番 浅 田   修 君      18番 佐 藤 恵 喜 君
  19番 田 口 政 信 君      20番 沼 倉 利 光 君
  21番 相 澤 吉 悦 君      23番 及 川 長太郎 君
  24番 八 木 しみ子 君      議 長 及 川 昌 憲 君
1.欠席議員(2名)
  22番 熊 谷 憲 雄 君      25番 伊 藤   栄 君
1.遅刻議員(なし)
1.早退議員(なし)
1.中座議員(なし)
1.説明のため出席した者の氏名
  市長         熊 谷 盛 廣 君    副市長        藤 井 敏 和 君
  副市長        栗 山 健 作 君    総務部長       千 葉 雅 弘 君
  企画部長       秋 山 茂 幸 君    市民生活部長     新 井 誠 志 君
  産業経済部長     丸 山   仁 君    建設部長       中津川 源 正 君
  総務部理事兼次長兼
  市長公室長      佐 藤 裕 之 君    財政課長       高 橋 一 真 君
  福祉事務所長     加 藤   均 君    環境事業所長     千 葉 祐 宏 君
  会計管理者      冨士原   徹 君    企画政策課長     小野寺   仁 君
  教育長        佐 藤 信 男 君    教育部長       大 柳   晃 君
  医療局次長兼
  経営管理部長     大 森 國 弘 君    農業委員会事務局長  佐 藤 真 吾 君
  水道事業所長     羽 生 芳 文 君    消防本部消防長    鈴 木 軍 雄 君
                          教育部次長兼
  監査委員事務局長   遠 藤   仁 君    教育総務課長     佐 藤   豊 君
  生涯学習課長     佐 藤 嘉 浩 君    産業経済部次長    阿 部 孝 弘 君
  環境課長       佐 籐 幸 子 君    商業観光課長     新 田 公 和 君
  産業政策経済部次長兼                                  
  農産園芸畜産課長   高 橋 一 紀 君    土木管理課長     菅 原 和 夫 君
  道路課長       伊 藤   勝 君    産業政策課長     遠 藤   亨 君
  農村整備課長     千 葉 昌 弘 君    住宅都市整備課長   小野寺 憲 司 君
  防災課長       富士原 孝 好 君    農業委員会事務局次長 芳 賀 勝 弘 君
  消防総務課長     千 葉 淳 一 君    子育て支援課長    鈴 木 文 男 君
  生活福祉課長     田 村 啓 峻 君    教育企画室長     岩 渕 公 一 君
  学校教育課長     三 浦 徳 美 君    長寿介護課長     永 浦 広 巳 君
  国保年金課長     幡 江 建 樹 君    下水道課長      細 川 宏 伸 君
1.事務局出席職員氏名
  議会事務局長     伊 藤 隆 敏 君    議会事務局次長    田 辺 賢 一 君
  主幹兼議事・調査係長 後 藤 光 彦 君    議事・調査係主幹   千 葉 牧 恵 君
  議事・調査係主査   菅 原   仁 君    議事・調査係主査   三 浦 正 弘 君
  議事・調査係主査   主 藤 貴 宏 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 会議録署名議員の指名
  第2 議案第89号 指定管理者の指定について(登米市登米公民館)
  第3 議案第90号 指定管理者の指定について(登米市豊里公民館、豊里多目的センター及び平筒沼農村文化自然学習館)
  第4 議案第91号 指定管理者の指定について(登米市石越公民館)
  第5 議案第92号 指定管理者の指定について(登米市津山公民館及び津山陶芸館)
  第6 議案第93号 指定管理者の指定について(登米市伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター及び迫野鳥観察館)
  第7 議案第94号 指定管理者の指定について(石越高森公園(愛称名チャチャワールドいしこし))
  第8 議案第95号 指定管理者の指定について(登米市迫B&G海洋センター、登米市中田B&G海洋センター及び登米市米山B&G海洋センター)
  第9 議案第96号 指定管理者の再指定について(登米市登米総合体育館、登米市登米総合運動公園及び登米市登米武道館)
  第10 議案第76号 平成29年度登米市一般会計補正予算(第4号)
  第11 議案第77号 平成29年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
  第12 議案第78号 平成29年度登米市介護健康保険特別会計補正予算(第2号)
  第13 議案第79号 平成29年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第3号)
  第14 議案第80号 平成29年度登米市水道事業会計補正予算(第1号)
  第15 議案第81号 平成29年度登米市病院事業会計補正予算(第3号)
  第16 議案第82号 平成29年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第3号)

          開会午前10時01分
議長(及川昌憲君) おはようございます。
 ただいまから平成29年第2回登米市議会定例会12月定期議会六日目の会議を開きます。
 欠席の届け出は、22番、熊谷憲雄君、25番、伊藤栄君から提出。診療のため病院事業管理者、大内憲明君から欠席の届け出があります。
 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりです。
 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第90条の規定により、4番、須藤幸喜君、5番、岩渕正弘君の二人を指名します。
 これから諸般の報告を行います。
 本定期議会の付議予定追加案件は、市長から提出された議案11件であり、別紙議案その3のとおりです。
 12月14日までに受理した陳情・要望等は、配布しました別紙、陳情・要望文書表のとおりです。
 これで、諸般の報告を終わります。
 日程第2、議案第89号 指定管理者の指定について(登米市登米公民館)、日程第3、議案第90号 指定管理者の指定について(登米市豊里公民館、豊里多目的研修センター及び平筒沼農村文化自然学習館)、日程第4、議案第91号 指定管理者の指定について(登米市石越公民館)、日程第5、議案第92号 指定管理者の指定について(登米市津山公民館及び津山陶芸館)、日程第6、議案第93号 指定管理者の指定について(登米市伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター及び迫野鳥観察館)、日程第7、議案第94号 指定管理者の指定について(石越高森公園(愛称名チャチャワールドいしこし))、日程第8、議案第95号 指定管理者の指定について(登米市迫B&G海洋センター、登米市中田B&G海洋センター及び登米市米山B&G海洋センター)、日程第9、議案第96号 指定管理者の再指定について(登米市登米総合体育館、登米市登米総合運動公園及び登米市登米武道館)、以上、8議案を一括議題とします。
 一括して提案理由の説明を求めます。市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) おはようございます。本日も、よろしくお願いを申し上げます。
 それでは、議案第89号から議案第96号までにつきまして、提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、議案第89号 指定管理者の指定について(登米市登米公民館)から議案第96号 指定管理者の再指定について(登米市登米総合体育館、登米市登米総合運動公園及び登米市登米武道館)まで、地方自治法第244条の2第3項及び各施設の設置条例の規定に基づき、各施設の管理を行わせる法人、その他の団体を指定するにあたり、同法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。
 詳細につきましては、関係部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。

議長(及川昌憲君) 議案内容の説明、質疑、討論、採決は、1議案ごとに行います。
 まず、議案第89号について議案内容の説明を求めます。教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 議案第89号 指定管理者の指定について(登米市登米公民館)をご説明申し上げます。
 議案、18ページをお願いいたします。
 公の施設の名称は、登米市登米公民館でございます。
 指定管理者となる団体の名称等につきましては、とよまコミュニティ運営協議会で、代表者は、会長、須藤(すとう)勝利(かつとし) 氏でございます。
 指定の期間は、平成30年4月1日から平成35年3月31日までの5年間とするものでございます。
 次に、12月定期議会資料、別冊3をお願いいたします。
 5ページに、平成29年度指定管理者の指定手続きの流れを記載しておりますので、ご参照をお願いしたいと思います。
 6ページ上段に、募集の方法についてでございます。
 施設の設置目的により、効果的に達成するため、公民館施設におきましては、非公募でございます。
 1の施設の概要には、登米公民館の施設の内容を記載しております。
 主な管理業務の内容につきましては、利用許可、利用料金に関する業務、施設設備の維持管理に関する業務、社会教育法第22条に規定する公民館が行う事業などでございます。
 3には、指定管理候補者の名称及び団体の概要等を記載しており、とよまコミュニティ運営協議会の設立目的や事業内容、活動や決算等の状況などを記載してございます。
 7ページ、4の選定理由につきましては、とよまコミュニティ運営協議会は、現在の当該施設の指定管理者で、この施設が存在する地域におけるコミュニティ活動団体でございます。
 管理運営等を適切に実施する能力と体制を備え、地域の関係団体と連携のもと、登米地区の伝統文化の伝承活動などが計画され、地域コミュニティ活動及び社会教育の拠点として地域に根差した施設の管理運営と事業が展開されることが期待されることから、総合評価により選定したものでございます。
 次の5には、指定管理候補者から提案された収支計画でございます。28年度の実績と平成30年から34年度度までの収支計画額を記載しております。
 収入総額の中の指定管理料の合計額は9,219万円で、補正予算に債務負担行為を設定しております。
 8ページには、とよまコミュニティ運営協議会の役員名簿、9ページには、選定基準と評価調書でございます。
 施設の管理運営の基準と仕様に基づき、団体より提出された計画書等により、書類審査及びヒアリング等によって評価を行っているところでございます。
 中段の評価総得点に所管課と選定委員会の評価結果を、下段には総合評価コメントと評価結果を記載しているところでございます。
 10ページから11ページには、モニタリング結果表を添付してございます。
 平成25年度から28年度までの施設の利用状況、事業の実施状況等の実績について記載しているところでございます。
 下段の項目別評価につきましては、指定管理者の自己評価、所管課の評価を記載しており、11ページの下段の総合評価は、協定書や事業計画書等の水準を上回っているS評価となっております。
 説明は以上とさせていただきますので、ご審議を賜り、ご決定いただきますように、お願い申し上げます。

議長(及川昌憲君) 説明が終わりました。これから質疑を行います。
 質疑ありませんか。19番、田口政信君。

19番(田口政信君) 何点か伺います。
 第1点はですね、登米の図書館ですか。図書館の取り扱いについては、どういうふうなことになったのか。確か私の記憶では、前回の指定管理の指定のときに、図書館を入れてですね、指定管理に出していただいた。
 しかし、それを外したような記憶がしてるんですが、その後の話し合いの経過だったり、今回のいわゆる変更、何だ、指定管理の更新にあたって、その考え方をどこで整理をしていったのかということが、まず第1点。
 それからですね、指定管理者、総体に言われることなんですが、いわゆる免除件数が非常に、それぞれの指定管理者、施設で非常に多くて、それがいわゆる経営といいますか、運営に少し圧迫している点もあるんだというようなことをたまたまお聞きします。
 その辺の配慮というのは、どういうふうにしてあるのか。その指定管理料の中で、それは考慮した上で、この指定管理の請求がなされているのか。その辺のことをお聞かせください。

議長(及川昌憲君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) まず、1点目の図書館の管理運営方法でございますが、登米図書館でございます。これについては、現在、直営ということでございます。
 現在、新図書館構想、この検討をしてございまして、その中で図書館の、登米市にとっての図書館のあり方というものを今、検証しているところでございます。その結果が出た段階で、その取り扱いについてはお示しできるのだろうというふうに思ってるところでございます。
 それから、免除件数が非常に多いということでございます。
 多くの方々に自由に使っていただいている部分もあるのかというふうに思ってございますが、指定管理料算定にあたっては、収入できる見込み金額、それから施設の管理経費、そういうものを考慮して、この管理にあたって必要なものを指定管理料として算定しているところでございますので、減免対象になっている部分も指定管理料の中で、それは見込んでいるということでご理解をいただければというふうに思います。

議長(及川昌憲君) 19番、田口政信君。

19番(田口政信君) 登米の図書館の場合は特殊で、いわゆる同じ管理の建物の中に1室としてあるわけですから、その辺の検討はどうなのか。経過はどうなのかということなのです。
 将来の方針については、お聞かせをいただきましたので、新しい図書館ができた時点で運営をきちんとしていくんだということがわかりましたけども、これまでの、いわゆる前回の外した経過を受けて、どのような対応をしてきたかということを1点お伺いをしたいということです。
 それからもう一つは、1問目にちょっと忘れたんでございますけども、施設所管課による評価で、「専門家である税理士のチェック等をしている」というようなことでございますが、これは指定管理をしていただくときに、こちら側からそういう要望を出しているのか。それとも、自主的に税理士さんにお願いをしてチェックをいただいているのか。
 それと、その経費については、どういうふうな考え方になっているのか。
 その辺をお伺いします。

議長(及川昌憲君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 図書館の取り扱いということでありましたが、これまでの対応ということでありますけれども、部長が答弁したとおりですね、新しい図書館の建設の中で、この部分については対応していこうという方針でございまして、それについては議会の、この前のですね、ご意見等あったんですけども、それは特に議論の対象には、今回のですね、指定管理にあたってはしておりませんでした。
 それから、税理士の件でございますけれども、仕様の中で、この部分については求めているわけではございません。指定管理団体が自主的にやっているものでございます。
 したがいまして、経費につきましても計上しているものではなくてですね、この管理の中で節減したり、そういったものからこの経費を出しているという内容でございます。

議長(及川昌憲君) 19番、田口政信君。

19番(田口政信君) わかりましたけども、いわゆる問題として残されたものを一度も協議もしないで、そして、また新しい更新の手続をしていくというのは、どんなもんですかね。
 どっかの機関で、先ほど部長がおっしゃられた方向性を見出したんであれば、また納得もするんでございますけれども、どこにも話さない。教育委員会さえ、多分話してないんだと思いますけども、全然、話さなくてですね、一方的にそういうふうな結論を出していくというのは、つまり何もなくて経過したのならいいですよ、それでも。一度チェックがかかったんですから、そのチェックに対して、ちゃんと結論を見い出すべき手続をする必要があるというふうに私は思うんです。
 ですから、その図書館、いつ建つかわかりませんけれども、それまで直営で行くという方針をどっかで決めたんでしょ。そんなことやっていいんですかっていうの。いっつもそうですよ。そういう体質をぜひ改善してください。何かあればお伺いします。

議長(及川昌憲君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) ただいま、ご指摘の件でございます。
 ご指摘いただいた部分について、協議が不十分だったという部分については、率直におわび申し上げたいと思います。
 これまでの検討過程の中で、いわゆる公民館の運営と図書館の運営という部分の機能分担、それから経費のすみ分けというようなものについては、しっかり整理をさしていただいてるところでございましたが、新図書館構想の兼ね合いの中で、二つの図書館、一つの図書室という部分の機能の今、あり方という部分の検証をしてたという状況でございます。
 ただいまのご指摘をしっかり今後受け止めて、取組を進めてまいりたいというふうに思ってございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。16番、中澤 宏君。

16番(中澤 宏君) 私この関係だけでなくてですね、これからのことについて、ちょっと私からの要望でございますけれども、7ページにですね、指定管理者(候補者)の提案の収支計画というのがあります。
 以降、全ての案件にあるわけでございますが、この中でですね、人件費、支出総額の中の人件費の欄でございます。この人件費はですね、役員報酬だったりですね、あるいは給与、職員の給与だったり、あるいは健康保険や厚生年金の掛け金であったり、もしかして雇用保険であったり、労災保険であったり、さまざまな分が入っているのかなと思うんですけれども、この人件費でみると非常にわかりづらいというか、その経営形態の形がよく取れないんですよね。だから、今もう法人になってきている団体もありますし、あるいはそうした待遇の団体もたくさんあると思っておりますので、今後においてはですね、この人件費の欄については、もう少し具体的であっていいのかなと思いますので、今、申し上げたような例えば役員給与、それから福利厚生の分もですね、法定福利、あるいは福利厚生費、こうした状況ですが、どのようになっているのかをもう少し具体的に表すようにしてほしいなと思うんですが、いかがでしょうか。

議長(及川昌憲君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 今後においてはですね、そういった方向で資料として提出できるように調整してまいりたいというふうに思います。

議長(及川昌憲君) 16番、中澤 宏君。

16番(中澤 宏君) じゃあ期待しております。今後においてはね、そのような整理の仕方でぜひ、お願いしたいと思っております。
 以上、質問終わります。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 討論なしと認めます。
 これから議案第89号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、議案第89号 指定管理者の指定について(登米市登米公民館)は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第90号に入るわけでありますけれども、関係役員の退席をお願い申し上げたいと思います。24番よろしくお願いします。
 〔24番、八木しみ子君退席〕

議長(及川昌憲君) 次に、議案第90号について議案内容の説明を求めます。教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 議案第90号 指定管理者の指定について(登米市豊里公民館、豊里多目的研修センター及び平筒沼農村文化自然学習館)をご説明いたします。
 議案、19ページをお願いいたします。
 公の施設の名称は、登米市豊里公民館、豊里多目的研修センター及び平筒沼農村文化自然学習館の3施設でございます。
 指定管理者となる団体の名称等につきましては、豊里コミュニティ推進協議会で、代表者は、会長、佐々木(ささき)信義(のぶよし) 氏でございます。
 指定の期間は、平成30年4月1日から平成35年3月31日までの5年間とするものでございます。
 次に、別冊3の12ページをお願いいたします。
 1の施設の概要に、施設ごとに概要を記載しておりますので、ご参照をお願いしたいと思います。
 13ページには、豊里コミュニティ推進協議会の活動等の概要、下段の4に選定理由を記載してございます。
 選定理由については、豊里コミュニティ推進協議会は、現在の当該施設の指定管理者で、この施設が存在する地域におけるコミュニティ活動団体でございます。
 管理運営等を適切に実施する能力と体制を備えており、地域や利用者の意見・要望を反映し、利用者のニーズに応じた施設管理を行い、社会教育主事を配置することにより、充実した公民館事業が計画されております。
 地域コミュニティ活動及び社会教育の拠点として、地域に根差した施設の管理運営と事業展開が期待されることから、総合評価により選定したものでございます。
 14ページ、15ページが収支計画でございます。全体合計と各施設の収支計画を記載してございます。3施設の指定管理料として、5年間合計額で1億9,463万1,000円とするものでございます。
 16ページには、豊里コミュニティ推進協議会の役員名簿、17ページにつきましては、選定にあたっての選定基準と評価調書で、所管課及び選定委員会の評価総得点と選定理由が記載されております。
 18ページから24ページは、各施設のモニタリング結果表でございますので、ご参照をお願いいたします。
 説明は以上とさしていただきますので、ご審議を賜り、ご決定いただきますように、お願い申し上げます。

議長(及川昌憲君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 討論なしと認めます。
 これから議案第90号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、議案第90号 指定管理者の指定について(登米市豊里公民館、豊里多目的研修センター及び平筒沼農村文化自然学習館)は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第91号について議案内容の説明を求めます。教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 議案第91号 指定管理者の指定について(登米市石越公民館)ご説明申し上げます。
 議案、20ページをお願いいたします。
 公の施設の名称は、登米市石越公民館でございます。
 指定管理者となる団体の名称等につきましては、石越コミュニティ運営協議会で、代表者は、会長、佐々木(ささき)敬(けい)次(じ) 氏でございます。
 指定の期間は、平成30年4月1日から平成35年3月31日までの5年間とするものでございます。
 別冊3の25ページをお願いいたします。
 1は施設の概要、3には石越コミュニティ運営協議会の活動等の概要を記載しておりますので、ご参照をお願いいたします。
 26ページ上段に、選定理由を記載してございます。
 選定理由については、石越コミュニティ運営協議会は、現在の当該施設の指定管理者で、この施設が存在する地域におけるコミュニティ活動団体でございます。
 管理運営等を適切に実施する能力と体制を備えており、利用者のニーズにおいた施設管理を行い、幅広い世代の参加を目指し、世代間交流を目的とした子供の体験学習の授業等も計画され、地域コミュニティ活動及び社会教育の拠点として、地域に根差した施設の管理運営と事業展開が期待されることから、総合評価により選定したものでございます。
 下段が収支計画でございますが、5年間の指定管理料の合計金額は9,783万9,000円とするものでございます。
 27ページには、石越コミュニティ運営協議会の役員名簿、28ページには、選定にあたっての選定基準評価調書で、所管課及び選定委員会の評価総得点と選定理由が記載されております。
 29ページから31ページには、モニタリング結果表となっておりますので、ご参照をお願いしたいと思います。
 説明は以上とさしていただきます。ご審議を賜り、ご決定いただきますように、よろしくお願いいたします。

議長(及川昌憲君) 説明が終わりました。これから質疑を行います。
 質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 討論なしと認めます。
 これから議案第91号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、議案第91号指定管理者の指定について(登米市石越公民館)は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案92号について議案内容の説明を求めます。教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 議案第92号指定管理者の指定について(登米市津山公民館及び津山陶芸館)をご説明申し上げます。
 議案21ページをお願いいたします。
 公の施設の名称は、登米市津山公民館及び津山陶芸館の2施設でございます。
 指定管理者となる団体の名称等につきましては、津山地域振興会で、代表者は、会長、浅野(あさの)茂(しげ)美(み) 氏でございます。
 指定の期間は、平成30年4月1日から平成35年3月31日までの5年間とするものでございます。
 別冊3の32ページをお願いいたします。
 1に施設の概要、施設ごとにその概要を記載しているところでございます。
 33ページ、3には、津山地域振興会の活動等の概要を記載しておりますので、ご参照をお願いいたします。
 下段に、選定理由を記載してございます。
 選定理由につきましては、津山地域振興会は、現在の当該施設の指定管理者で、この施設が所在する地域におけるコミュニティ活動団体でございます。
 管理運営等を適切に実施する能力と体制を備えており、事業実施につきましては、季節や時間帯を工夫して参加者の増加を図り、陶芸館を生かす事業も計画されております。地域コミュニティ活動及び社会教育の拠点として、地域に根差した施設の管理運営と事業展開が期待されることから、総合評価により選定したものでございます。
 34ページ、35ページが収支計画でございます。全体合計額と各施設の収支計画を記載してございます。指定管理料として、5年間の合計額を9,177万7,000円とするものでございます。
 36ページには、津山地域振興会の役員名簿、37ページには、選定にあたっての選定基準と評価調書で、所管課及び選定委員会の評価総得点と選定理由が記載されているところでございます。
 38ページから42ページにつきましては、各施設のモニタリング結果表でございますので、ご参照をいただきたいと思います。
 説明は以上とさせていただきますので、ご審議を賜り、ご決定いただきますように、お願い申し上げます。

議長(及川昌憲君) 説明が終わりました。これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。19番、田口政信君。

19番(田口政信君) 34ページの人件費についてお伺いしますが、この施設だけがですね、決算額よりもちょっと多めかなというふうに見させていただいたんです。それで30年度は、プラス決算額よりも63万円で、そのあとは111万、103万、そして33年度が6,000円かな、の数字なんですが、その次の年がまた111万プラスという前年比ですよ。なんですが、特に63万プラスになった理由。さらに、次の年に111万という数字になる理由、さらにその1年後に、33年に非常に少ない値上げ幅で済むという理由をお聞かせをください。

議長(及川昌憲君) 暫時休憩します。
 
          休憩 午前10時32分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時33分
 

議長(及川昌憲君) 再開します。生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) すいません。人件費のですね、積算でありますけれども、決算ではなくて、積算のほうを見ますと、28年度では808万3,000円の積算をしておりました。29年度では829万9,000円、30年度では841万1,000円というようなことでございまして、積算自体では順調に伸びてるんですけれども、決算額で、ちょっと私、理由まではちょっと確認してこなかったんですけれども、積算よりも下がってしまっているという現実がありますので、このようなふうに見えているということでございます。

議長(及川昌憲君) 19番、田口政信君。

19番(田口政信君) 111万と言いましたが、11万1,000円の誤りでございますんで、訂正させていただきますが、33年度分の理由について、誰か職員が新しい人に代わるとかということに、この数字を見るとそう見えるんですが、そんなあんばいなんですか。予定として。

議長(及川昌憲君) 理由説明がございませんでしたので、1回目としますから。生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 33年度につきましては、863万3,000円から874万4,000ということで、11万1,000円の増ということでありますけれども、すいません。特に人が代わるとか、そういった要素を組み入れているものではございません。
 理由につきましては・・・理由につきましてはですね、毎年と同じことなんですけれども、定期昇給等ございますので、そういったことなのかなということであります。
 すいません。

議長(及川昌憲君) 不確定なことは、しゃべらないでくださいね。
 いいですか。ほかに質疑ありませんか。14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) 別冊3のちょっと41ページなんですけど、陶芸館のほうですね、指定管理者の自己評価に、2段目に「陶芸館の窯が壊れていて使用できないため、窯焼きできないのが残念」という意見があるということで、指定管理者のほうからはこうなって、この方向性、そのまんまですか。指定管理において、対処するんでしょうかね。窯を直すのか、それとも別なコンパクトなやつを用意して、それで体験してもらうというような方向なんですか。その方向性を伺います。

議長(及川昌憲君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 現在は、陶芸教室等やってるんですけれども、焼成の作業につきましては、ほかに外注してやってるというような形をとっているそうであります。
 指定管理者からは特に、「窯が壊れたから、直してくれればこういうふうに」という強い要望があったわけではないのでですね、現状のままでという考え方で、今回は予算を計上しております。

議長(及川昌憲君) 14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) そうすると、要望あれば市でつくるんですかね。ないからつくんない。そこのとこですよ。陶芸教室、やっぱ小学生も体験してるっていうことなんで、やっぱり入れた段階とあと焼き上がりの自分でつくったやつ、それを見ることによって、それを志す人もね、津山から出てくっかもしれないんです。
 教育委員会では、要望あるまで待ってるというスタンスでいるのかどうか。「積極的に直してやっから、もっとどんどん利用者を増やしてくださいよ」というふうなスタンスなのか、お聞きいたします。

議長(及川昌憲君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 陶芸窯についてでございますが、現在のところ陶芸の焼く作品の点数がですね、あまり多くないということで、窯のサイズのほどほどの部分があるということで、講師先生の窯を使いながら、今、運用しているということのようでございます。
 今後のですね、見通しを立てながら、しっかり地域現場の意見を踏まえて、必要なものはしっかり整備をしていきたいというふうに考えておるところでございます。

議長(及川昌憲君) 16番、中澤 宏君。

16番(中澤 宏君) この陶芸窯についてはですね、今から6年ぐらい前に、もう既に壊れてましてね、震災のときに。そのときに、「これはつくらない」というふうなことを申し合わせた件でございました。だから、やらないという経過なんですね。
 そこで、今ご指摘のように、陶芸館という名称にしてしまうと、陶芸を推進しているのに中途半端というような名前になりますので、利用の・・陶芸館というと地域のものでなくて、登米市全域の広域的な利用というふうなことになろうかと思いますので、こうした施設についてはですね、地域の公民館、公民館というか、コミュニティの皆さんが公民館の類似施設として利用しているという実態でありますので、名称も含め、運営の方法も含め、改める必要があるのではないかというふうなことを常任委員会でも提案をさせていただいたところであります。
 前からの経過としては、私、前教育民生を担当しておりましたので、そのときにですね、一定の方向の中で、これについてつくらないということの議会でですね、話し合って、そうした私たちも参加して、「その方向でいいのかな」というふうなことで申し合わせてきたところでもございます。
 判断は市長に委ねなければなりませんけれども、利用の実態、それから多額の経費がかかる。こうした維持管理の問題もあるし、むしろ今のような状況の中でですね、きちっと続けていくというふうなことも大切だと思いますので、利用の実態に応じたそうした運営の方法に改めるべきだろうと。名称も含めてね、というふうに思っておりますので、改めてお尋ねをしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 教育部長、先ほどの答弁ですけれども、確かにそれはつくらないということになる。そのことも含めて、よろしくお願いします。教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 大変失礼しました。私の認識不足もございました。過去の経緯を踏まえた発言ではなかったという部分については、訂正をかけさせていただきたいと思います。
 ただ、先ほどお話しいたしましたとおり、現在の利用状況、それから将来の見通し的な部分をしっかり立てた上でですね、この施設のあり方という部分を検討させていただきたいなというふうに思ってございますので、よろしくお願いしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 16番、中澤 宏君。

16番(中澤 宏君) 今、改めて再スタートの検討を切るという部長のお話しがございました。前の決定をもう一度リセットして、新しく考えをするんだという発言があったところでございます。
 前の経過もあります。今、部長発言もありますので、そうした方針をいつ示すのか、改めてお尋ねしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 私のただいまの発言に、先ほどの発言につきましては、「過去のいろんな議論の経緯を踏まえた検討をしてまいりたい」という方向性をお話申し上げましたが、「その結論はいつ出すのか」という部分でございますが、この陶芸館ということだけではなくて、いわゆる社会教育施設、あるいは社会体育施設全体のあり方という部分について、今、そのニーズ、あるいはその施設の供給量等々の検討を着手しているところでございます。
 その全体の中で、全指摘視点の中で、この陶芸館の位置づけというものもしっかり検討さしていただければというふうに考えてございますので、よろしくお願いしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 16番、中澤 宏君。

16番(中澤 宏君) 部長、私あんまり難しい話はよくわからないので、今の前者の質疑は、陶芸館をつくるべきだ。要するに、もう一回壊れた窯をつくり直し、陶芸を登米市の文化に育てようというような発言だったと思います。
 (「違うよ。要望があればつくるのか」の声あり)

議長(及川昌憲君) そこで議員間討議しないでけらいん。

16番(中澤 宏君) それに、要望があれば応えたいという話をされました。要望があれば本当にやるのか。今の需要調査ね、改めて、そういう方向なのかなと。これは全く新しい、多額ですからね、これ。
 なぜ、これをつくらないかと決めたのは、窯を持つことが多額な経費なんですよ。多額な事業費なんですね。だから、そのことをいろいろ検討すると。要するに、つくらないというような方針の提案を受けて、そうだなというようにした経過があったわけです。
 そういうことを踏まえて、踏まえて、こうした今の経過がある、ということを部長がまた、要するに調査して、また振り出しに戻して、まだやるということで、市長いいんだべかね。市長に聞いて、あとは私、終わります。
 市長もそのつもりだというんだったらば、ぜひその方向でやっていただいて、議会にかけてもらえればいいんですけれども、改めてお尋ねします。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 中澤議員の質問にお答えをしたいと思います。
 これまでの議論の経過は、私、全く存じ上げておりませんので、大変申しわけないなと、そういうふうに思います。
 ただ、私も地元の人間としてはですね、多分、「窯をもうつくらないよ」と、「多額の経費がかかるので、つくらないよ」というその窯は、もしかすると、大萱沢(だいがやざわ)というところに、そこがでかい窯があって、これは確かに震災で崩れ・・・これじゃないんです。
 (「(聞き取り不能)」の声あり)

市長(熊谷盛廣) これじゃないんです。全く別にあったんです。それは、多分つくらないということになったんだと思いますけれども、この津山の公民館の敷地内にある陶芸館に関しては、「それはなかった」と私自身は記憶しておりますので、一回精査をさせていただきたいと、そういうふうに思います。

議長(及川昌憲君) 16番、中澤 宏君。

16番(中澤 宏君) 市長、私もちょっと勘違いしてました。そうです。大萱沢のあの窯なんですよ、あの窯の。市長、大変失礼しましたね。その窯を、陶芸館となっているので、私そっちの窯かなと勘違いしました。市長の言うとおりです。それは、地元の皆さんとも協議して、地元の支所も入って、それはそれでやらないというような方向を決めたんですね。それです。大変失礼しました。
 陶芸を何ていうかね、需要があれば大きなのかなと思ったんで、津山で独自にやられていた、その大萱沢の陶芸の窯かと私思いましたので、私の発言も訂正させていただきたいと思います。「その窯はやらない」というようなことだったので、公民館にあるという窯だと聞きましたので、それはそれでまた、今までは検討してきませんでしたので、改めてご検討いただきたいと思います。
 以上です。

議長(及川昌憲君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) ただいま市長が答弁したとおりでございまして、大萱沢につきましては、再建はしないということと、それからこの陶芸館については、公民館のすぐ隣にある施設でございますので、その要望に対して窯のサイズ、あるいは窯の電気なのか、ガスなのか、石油なのか、いろいろあると思います。
 そこいらも含めてですね、将来的な見通しを立てながら検討を進めてまいりたいというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 討論なしと認めます。
 これから議案第92号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、議案第92号 指定管理者の指定について(登米市津山公民館及び津山陶芸館)は、原案のとおり可決されました。
 ここで説明員入れ替えのため、暫時休憩します。
 
          休憩 午前10時47分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時49分
 

議長(及川昌憲君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、議案第93号について議案内容の説明を求めます。市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) それでは、議案第93号 指定管理者の指定につきまして(登米市伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター及び迫野鳥観察館)について、ご説明申し上げます。
 議案書については、22ページお開きお願いいたします。
 公の施設も名称につきましては、登米市伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター及び迫野鳥観察館でございます。
 指定管理者となります団体の名称等につきましては、有限会社伊豆沼農産、代表者は、代表取締役の伊藤(いとう)秀(ひで)雄(お) 氏でございます。
 指定の期間でございますが、今回、新規の指定でありますので、平成30年4月1日から平成33年3月31日までの3年間でございます。
 内容については、資料でご説明申し上げますので、本定期議会資料、別冊3の43ページをお願いいたします。別冊3、43ページでございます。
 募集の方法につきましては、公募でありまして、応募につきましては、1団体でございます。
 施設の概要につきましては、記載のとおりでございますし、指定管理者の名称及び団体の概要等につきましても記載のとおりでございます。
 次に、44ページをお願いいたします。
 選定理由でございますが、当団体につきましては、当該施設の所在する地域を中心に事業を展開している団体でございます。施設の特性を理解し、適切な管理運営を安定して実施する能力と体制を備えているものでございます。
 また、ホームページによる情報発信のほか、地域の関係団体との連携による環境教育事業や自然環境の保全活動、大学、農業試験場など等の産学連携による取組を行っているところでございます。
 サービスの向上と利用者満足度の高い効率的な管理運営が期待できることから、総合評価によりまして、選定したものでございます。
 指定管理者提案の収支計画につきましては、記載のとおりでありまして、指定管理料につきましては、3年間で合計3,394万5,000円となっております。
 45ページお願いいたします。45ページにつきましては、役員名簿でございます。
 46ページにつきましては、当団体の定款等に定める事業内容でございます。
 47ページから59ページにつきましては、有限会社伊豆沼農産の定款、平成28年度事業報告及び収支決算、平成29年度事業計画及び収支予算を掲載しております。
 60ページにつきましては、評価調書掲載しておりまして、総合評価総得点は、所管課並び選定委員会とも同じ66点になっておるところでございます。
 説明は以上でございますので、ご審議をいただき、ご決定くださるよう、よろしくお願いいたします。

議長(及川昌憲君) 説明が終わりました。これから質疑を行います。
 質疑ありませんか。21番、相澤吉悦君。

21番(相澤吉悦君) これは全くの自主組織であって、収益はゼロなんですけれども、入館料もゼロですので。ただ今までの、指定管理前は、子供たちが小学校の高学年だったんですけども、行ってみようというふうな五、六人だと思うんですけども、そこに入ろうとしたときに、「子供たちは遊びさ来てはだめだ」というふうなことで断られたということで、非常に憤慨してきたんです。
 そしてまた、その中で、今ころだと思いますよ。寒いときだと思うから。「一緒に勉強しよう」というふうなことで、行ったそうなんですけども、全くだめ、入れられなかったというふうなことがあるんで、そういうことが、また指定管理になってもですね、今までそういうふうな決まりあったんだと私は思ってんですけども。「父兄が行かなければだめだ」とか、「こういうとこは、勉強するところでないからだめだ」とかって、そういう決まりがあるのかなというふうなこと。
 ただ、それが一つの業者の中で、今度は指定管理になりますので、それがやわくなればいいんですけども、これがもっときつくなってくんではなあっていうふうなことで、心配しています。伊豆沼農産のことだから、そういうことはないと思いますけれども、一応、規約の中でそういうなことがあるのだか、ないのだか。お願いします。

議長(及川昌憲君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 特にそのような決まりはございませんので、安心してご利用いただけるものと考えております。今までも、特にそういったものはございませんでした。

議長(及川昌憲君) 21番、相澤吉悦君。

21番(相澤吉悦君) んで、子供たちがそうやって行って、「さみがら、んでみんなしてここで宿題、勉強すっか」っていうふうなことで行っても、構わないということなんですか。それを「だめだ」と断られてんですよ、今は。今はだよ。まあ勉強って、俺みたいな人は勉強すんだと思うんだげっとも、ほかの人は何だかわかんないよ。なじょな勉強だかわがんねえげっとも、子供たちのごったから、みんなで、五、六人で行ったと思うんですよ。それが「ここは遊ぶどこでないよ」というふうなことで、だめだというふうなことで断られたというふうなことがありますんで、それが今度、指定管理それはない、ないというこことになってても、今現在がそのようなことになってるから、だからこれ指定管理するにあたっても、そのようなことで私物化でなくして、やっぱりみんなが自由に使えるように、そのために入館料もタダというふうなことでやってんのでしゃ。
 ただ、一つの団体の中で、んであそこで会議室もありますんで、んでそこで「会議するために貸してください」というふうなときにも、快く貸してもらえるように、地域の人たちがだよ。あるいは、ほかの団体でもいいんですけども、そのようなことで会議してみたいというふうなことで、借りたときにですね、今まではなにも銭かかんなかったんですけども、それがどうなのかなというふうに思っております。
 また、そしてこの年度ごとに、ほんのちょっとですけども高く、指定管理料が10万、20万高くなってるということは、その職員に対する年度のアップかなというふうなこともあるんですけども、その辺のところもわかんないんでお願いします。

議長(及川昌憲君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 入館の制限につきましては、特に指定管理を受ける団体のほうに説明しておきますので、ご了承いただきたいと思います。
 それからですね、管理料につきましては、今現在は管理人一人体制で開館しているところでございますが、今後は常時に2名体制ということで、その分の人件費が上がっているところでございます。

議長(及川昌憲君) 21番、相澤吉悦君。

21番(相澤吉悦君) 当時サンクチュアリセンターは、新田駅前売店組合ということが、迫町当時ですよ。それを指定受けましてですね、あそこジャーマンアイリス公園にしようというふうなことで、一人確か50万ずつの出資をしてですね、ものすごくきれいになって、ジャーマンアイリス祭りというふうなことで、東北放送まで来てですね、非常に栄えてですね、いい時期があったんですよ。それがだめになってしまって、またもとの市に返してしまったということがあるんですけども、そういうふうなことがありますので、まだいまだにジャーマンアイリスがあの中に咲き誇ってですね、なごりが多少あるなというふうに思っています。
 ただ、環境整備についても、指定管理、受けるほうがやるのだか、あるいはほかのほうが、市のほうで改めて計画して行くのだか、ここに書かってるけど思うんですけども、見てないんで、その辺のところお願いします。
 そしてまた、あそっから伊豆沼農産に続く道路が全部一体化してつながってるんで、どうせやるんだったらば、ずっと同じく公園のようにできればなあというふうに思いますんで、その思い、今語ったことお願いします。
 3回目ですので。

議長(及川昌憲君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) ジャーマンアイリスにつきましては、当時、新田地区の方々が中心となって地域の振興のために取り組んでいただいたことと記憶しておりまして、大変ありがとうございます。
 その後ですね、平成18年末に管理委託が伊豆沼観光売店組合のほうとの契約が終了いたしまして、その後、直営でうちのほうで管理していたところでございますが、今回リニューアルするにあたりまして、その思いを引き継いでいくために、ジャーマンアイリスの部分ということで庭園の中に約450平米弱植栽させていただいておりまして、毎年植え替え等、管理を継続しているところでございます。
 今後もこのような方針につきましては変わりございませんので、指定を受ける団体に継続してまいりたいと考えております。また、庭園管理につきましては、今回、管理人とソフト面の職員ということで二人体制になるということで、庭園管理につきましては、直営で管理していただくという計画にしております。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。23番、及川長太郎君。

23番(及川長太郎君) 23番です。
 45ページ、伊豆沼農産役員名簿あります。代表取締役から取締役まで、監事はどなたがやってるんでしょうか。監査は行うはずですが、監事さんがいれば、お知らせお願いいたします。

議長(及川昌憲君) 議案審議の途中ですが、ここで10分間休憩します。
 
          休憩 午前11時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時09分
 

議長(及川昌憲君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 23番、及川長太郎君の質疑に対し、答弁を求めます。環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 伊豆沼農産につきましては、任意団体ではなく、有限会社においては監事を置くことが義務づけられておりません。定款の中においては、そのような規定がございませんので、監事は特に置いていないものと。置いておりませんが、会計事務所のほうに経理のほうは、お願いしているということでございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。19番、田口政信君。

19番(田口政信君) 直営よりも、若干ですが経費増になるという試算を提示をいただいているわけですけれども、その辺の考え方がですね、いわゆる指定管理に係る経費的な考え方を、どのような基本的な考え方で今回この伊豆沼農産に、公募の中で多分1社しかなかったんだと思いますけども、この状況についてお伺いします。
 それから、伊豆沼農産の経理の内部について公募をいただいたわけですけれども、そのチェックはどこがどういうふうにしたのか、お伺いします。

議長(及川昌憲君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) それでは、私のほうからは指定管理料の積算について、お答えさせていただきたいと思います。
 伊豆沼・内沼サンクチュアリセンターにおきましては、今回、単なる施設管理にとどまらずに、環境教育施設としての役割を果たしていただくという前提で管理人ということと、それからソフト面で環境教育事業を行っていただく職員ということで、常時2名体制を配置しております。その関係から人件費のほうが上昇しておりますけれども、その分、今まで外部に委託しておりました庭園管理等の管理業務につきまして、直営で行うということで委託料のほうを下げてバランスをとっております。
 さらに、環境事業を行うということの事業費として約40万ほどを見込んでおりまして、それ相当額が今回の指定管理料の上昇分の40万円相当分にあたるものと考えております。

議長(及川昌憲君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 選定にかかりますチェックはどうだったのかというご質問だったと理解しているんですが、それにつきましては、副市長を委員長としまして有識者、それから各部長で構成します指定管理者選定委員会において、決定をしているところでございます。

議長(及川昌憲君) 19番、田口政信君。

19番(田口政信君) 環境教育施設としての役割を担っていただくため、これまでの指定管理料に上乗せをしてあることなのでございますが、それで自主事業の収入をですね、9万円見てますし、経費を5万円見てます。次年度は120万を見てますが、どういうものを自主事業として想定を、計画をしてこの提案がなされたか、お伺いをします。
 それから副市長、この貸借対照表、いわゆる試算を見てですね、どのようなご感想を持ったかをお聞かせをください。

議長(及川昌憲君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) それでは、自主事業につきましては、まず一つ目として風土フットパスというものの実施を計画しております。風土フットパスとは、森林や田園地帯、歴史的な景観、町並みなど、地域に昔からあるありのままの風景を歩く速さで巡り、食を通じて地域の方々との交流を楽しんでいただく体験プログラムとなっております。
 そのほかに、生き物調査やそれから関連商品ということで、生き物観察の簡易のパンフレット等の販売等を計画しているとのことでございます。

議長(及川昌憲君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) お答え申し上げます。
 指定管理者選定委員会の審査の段階で、申請団体の個別の損益なり、貸借なりを事細かに見るということではございませんでしたけれども、例えば、損益計算ごらんいただきますと、純利益を計上しておりますし、そもそもこの企業そのものが非常に積極的な企業活動をしているという認識は、私も含めて各委員もそういう理解をしておったところでございます。

議長(及川昌憲君) 19番、田口政信君。

19番(田口政信君) わかりました。
 それとですね、ぜひそういう計画についてね、指導していただきまして、この施設が有効に活用されるような目配りをお願いをしたいというふうに思いますし、それから一つ、通常、これ私の記憶が正しいかどうか。最近は5年がスパンとしてあるんですが、初年度なので3年ていうふうに理解をすればいいんですか。それをちょっと確認させてください。初年ですか、初回のいわゆる指定なので、3年という理解でいいのかどうか。
 それを確認させてください。

議長(及川昌憲君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) そのとおりでございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。1番、上野 晃君。

1番(上野 晃君) 1点の確認ですけれども、先ほど伊豆沼農産で監事がないというお話をされてましたけれども、監査役のことで間違いないでしょうか。

議長(及川昌憲君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 定款にはございませんし、社長自ら監事は置いていないということを確認しております。

議長(及川昌憲君) 1番、上野 晃君。

1番(上野 晃君) 議会での発言ですので、法律用語は適正に使っていただきたいんですけども、監事というのは、一般法人ですとか、財団に使うでの役職だと思うんです。特例有限会社において、監事を置くことはできないと思うんですけども。

議長(及川昌憲君) 環境課長、佐藤幸子君。

環境課長(佐藤幸子君) 大変申しわけございません。訂正させていただきます。監査役でございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 討論なしと認めます。
 これから議案第93号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、議案第93号 指定管理者の指定について(登米市伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター及び迫野鳥観察館)は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案94号について議案内容の説明を求めます。産業経済部次長、阿部孝弘君。

産業経済部次長(阿部孝弘君) それでは、議案書23ページをお願いいたします。
 議案第94号 指定管理者の指定について(石越高森公園(愛称名チャチャワールドいしこし))につきまして、ご説明を申上げます。
 公の施設の名称につきましては、石越高森公園、愛称名は、チャチャワールドいしこしでございます。
 指定管理者となる団体の名称は、株式会社いしこしでありまして、代表者は代表取締役、猪股(いのまた) 研(けん) 氏でございます。
 指定の期間につきましては、現在、本施設内に整備を進めております。パークゴルフ場の整備が平成30年度中の完成予定であり、平成31年4月からは、パークゴルフ場を含めた新たな管理形態として指定管理者を募集する予定でありますことから、平成30年4月1日から平成31年3月31日までの1年間とするものでございます。
 内容につきましては、別冊3の61ページをお願いいたします。別冊3の61ページをお願いいたします。
 募集の方法は、先ほど申し上げましたとおり、平成31年4月からは、パークゴルフ場と一体とした施設として新たに指定管理者を募集する予定でありますので、その間の暫定期間とするため、非公募としたものでございます。
 施設の概要につきましては、記載のとおりでございまして、指定管理者の名称及び団体の概要等につきましても記載のとおりでありますが、当団体につきましては、現在、当施設の指定管理者となっているものでございます。
 次に、62ページをお願いいたします。
 選定の理由でございますが、株式会社いしこしは、当該施設の所在地域を中心に事業を実施しており、遊園地としての施設の特性を理解し、適切な管理運営を安定して実施する能力と体制を備えております。
 また、ステージを活用したイベントの企画などによる利用者の拡大を図るとともに、利用者が安全に遊具を利用できるよう職員に遊具の安全運転の講習会を受講させることとしており、施設を有効に活用した効果的な管理運営が期待できますことから、総合評価により選定したものでございます。
 指定管理者提案の収支計画につきましては、記載のとおりでありまして、指定管理料につきましては1,386万6,000円となっております。
 63ページは役員名簿でありまして、65ページは選定基準評価調書でございます。
 66ページと67ページにつきましては、モニタリング結果表となっておりますので、ご参照をお願いいたします。
 説明は以上でございますので、ご審議の上、ご決定くださるようお願い申し上げます。

議長(及川昌憲君) 説明が終わりました。これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。20番、沼倉利光君。

20番(沼倉利光君) 62ページの指定管理料についてお伺いします。
 現在、チャチャワールドについては、パークゴルフ場の関係で遊具施設もかなり整理をしているというふうに思われます。
 そういった中で、28年度の全部の関係が1,013万3,000円というようなのに、今回は施設の管理するのが減っても逆に約300万ぐらい増えているんですけれども、この理由というのはどういうことなんでしょうか。

議長(及川昌憲君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 指定管理料が300万円ほど増えた理由というご質問でございます。
 施設の管理に要する経費につきましては、市から指定管理者に利用料金収入などを差し引いた額を指定管理料として支払うものでございます。石越高森公園につきましては、利用料金収入のほか、自主事業としての収入が見込める施設でございます。指定管理料は、施設の管理に要する経費から、施設利用料と自主事業で見込まれる収入分を差し引いて算出しているものでございます。
 なお、指定管理料の積算にあたっては、直近3カ年の実績の収入支出の平均を参考にしており、自主事業収入は、収入総額の約45%という状況になってございます。
 平成30年度につきましては、パークゴルフ場整備に伴う工事によりまして、市の所有遊具が減少すること、利用料が30%減少すると見込んでございます。また、入園料につきましても30%の減少を見込むなど、収入総額がこれまでより縮小することを想定してございます。
 一方で不要となる経費ということでは、例えばボート廃止による池の埋め立てなどの光熱水費を減額、人件費につきましても、ゴーカート場がパークゴルフ場エリアになる。また、遊具の減少ということで、常勤職員2名分などの減額を見込んでございますが、収入減の影響のほうが大きいということで、収支の差でございます指定管理料が300万ほど増額となったということでございます。

議長(及川昌憲君) 20番、沼倉利光君。

20番(沼倉利光君) 確かにですね、今パークゴルフ場の整備中ということで、いろいろなことが参酌されるわけですけれども、先ほど申しましたように、基本的にはですね、どのようなパークの管理システムになってるかわかりませんけれども、現時点では、30年度については先ほども申しましたように、施設そのものが減っていくという中で施設運営費が、これを見ると単年度で500万増えていくという、約ですね。480万ですか。そういう施設運営費が28年度は321万円、30年度は804万7,000円という形になってますよね。
 こういった形というのは果たして、もちろん運営するその側にも急にね、人件費を切ることもできないとか、いろんな事情はあると思いますけれども、何かいまいちわからない部分があるなと思います。この辺のことをもう一度お願いします。
 それから、自分は教育民生の中でこのチャチャワールドと、それからパークゴルフのことについて、いろいろと議論を委員会でしております。その中で、自分自身の意見としては、パークゴルフ場に来られた方が孫と一緒に、例えば加護坊山に行くとか、遠くにですね、孫を連れて歩いている姿はゼロだというふうに私たち見ております。
 ですから、利用者は全く異質の方がパークとチャチャワールドを使うという感覚に立ってやっていかないと、パークゴルフ場を利用する方が、幼児がですね、ゴルフで球が飛んでいく。それから、食事のときもいろいろ利用者の面で、必ず不都合が出てくるということで、その辺はしっかり教育委員会と担当部とされている部署とですね、話し合ってほしいということもお話ししてたんですけども、それについてもですね、今後の見通しについてですね、ぜひお伺いをしておきたいというふうに思います。

議長(及川昌憲君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) まず、1点目の指定管理者の候補者の提案の経費の内訳のお尋ねでございます。
 先ほどお話、ご説明をしましたとおり、人件費部分のほうもございます。市のほうで減額した人件費については、指定管理者の自主事業等のほうで、その部分を新たな遊具を設置することも視野に入れて積算してございますし、また、広報宣伝費、イベント等ということで、集客に努めるといった経費も新たに加えているものでございます。
 パークゴルフ場と市の、これまでは遊園地というところで、共存ができるのかというお尋ねでございます。
 再整備後の石越高森公園の全体ということであれば、パークゴルフ場と遊園地両方の機能を持った施設ということになります。子供から成人、高齢者まで幅広い世代の方の利用ということで、新たな公園のイメージ整備ということで進めてはございますが、やはりパークゴルフ場エリア、そして遊園地、遊具エリアについては、基本的には分かれてございます。その中で共用するような部分も一部ございます。食堂であるとか、一部ございますので、そういったところで双方の利用者に不便、混乱をかけないようにですね、どういった管理の方法が一番望ましいかということにつきましては、教育部生涯学習課のほうと協議・調整を重ねて、しっかり対応してまいりたいというふうに考えてございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) 平成31年4月からまた新たに指定管理を行うから、今回1年間だという説明でございました。
 その中で今度は、「今、造成中のパークゴルフ場も含めて」というような説明があったやにお聞きしましたが、これ1年、例えば通して、パークゴルフ場、例えば維持、あと施設管理、どのくらいかかっかつうのを検証しなくて、即指定管理でいいのかなというような感じしました。30年は10月か11月にできて、翌年の4月1日ね。たった5カ月間のやつで、冬場の管理だけ。逆に4月、5月、6月の新芽が吹いて、芝刈りもその辺がもう始まるような、管理料等も発生すんの、そこ確かめなくていいのかなというふうに感じたわけなんです。
 どのような形になるか、ご説明をお伺いしたい。

議長(及川昌憲君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) パークゴルフ場の今後の運営管理という部分のお尋ねだったかと思います。
 ご指摘にありましたとおり、30年の10月供用開始を目指して、今、工事のほうを急ピッチで進めていただいているという状況でございます。
 10月1日にオープンしてからですね、半年間しっかり直営管理の中で、その芝生の管理だったり、それから経営経費だったり、他のパークゴルフ場の実態も把握しながらですね、そのノウハウ、経理の内容というものを把握をさしていただいて、翌年4月1日から効率的な管理運営体制、いわゆる指定管理制度ということを視野に入れながら、直営管理で半年は進めていきたいと、今のところはそういう方向で検討を進めているということでございます。

議長(及川昌憲君) 14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) ですから、5カ月間の実際の管理だけでいいのかなと。
 10月以降、芝伸びませんよ。4月、5月、6月ですよ。梅雨になってね、そこからの管理が一番かかるとこなんで、どのようにほかのパークゴルフ場を参考にすんだか。他のパークゴルフ場よりも日の当たり具合、それ参考に、日の当たる具合も違うしね、気候も違うでしょうから、やっぱ私は、このチャチャワールドはもう2年ぐらい指定管理ね、やって、こっちはもう1年半、パークゴルフ場はどのくらいの指定管理がかかるか、しっかりと検証してからの指定管理で、慌てなくていいんでねえがなと思うものですが、その4月、5月、6月、7月、8月、一番の草の伸びる時期、どのように試算するのでしょうか。

議長(及川昌憲君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 管理経費の試算という部分のお尋ねでございました。
 現在、工事業者のほうがですね、供用開始に向けまして、その芝生、いわゆる伸びていく過程、活着するまでの過程という部分の管理を業者さんのほうでやっていただくということでございますので、石越の地のいわゆる気候だったり、あるいはその傾斜だったり、地形だったり、その芝生がどのような形で伸びていくかという部分もつぶさに工事日誌等で観察しながら、情報共有をしながら、しっかりその情報は入手していきたいというふうに考えてございまして、指定管理に出す段階でそこらに迷いがないかどうかっていう部分をしっかり判断した上で、最終的な判断をしていきたいなというふうに思ってございます。

議長(及川昌憲君) 14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) 夏場、春から夏にかけてのその管理、大柳部長の話だと、「しっかりそれは計算できるんだ」というような答弁で受け止めていいのかなというふうに思ったわけですが、実際やってみてから、指定管理出しました。思った以上にね、管理、草出る。何かにの作業が大変だと。指定管理料、足りなくなりましたよと言ったら、もうこれで渡すからやってくれというような、受けたほうがね、かえってひどいんでないかなというふうに思ったわけなんです。
 ですから当面ね、1年以上、できれば2年ぐらい、ほんとは新しいパークゴルフ場については直営でやって、それからでもいいんでねえがなというふうに思ったわけだから聞きました。
 どうぞしっかりと、たんなくなんないような、「4月1日にもうやる」って決めたんだべがら、そういう指定管理料、精査して依頼できればなというふうに思います。
 終わります。何かあれば。

議長(及川昌憲君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) ただいまご指摘の件ですね、十分意を用いて、関係団体から情報収集も行いながら、しっかりした試算に向けた取組を進めてまいりたいというふうに思ってございますので、よろしくお願いいたします。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。13番、關 孝君。

13番(關 孝君) 確認をさしていただきます。
 30年度ですから、31年度からパークゴルフ場と一体管理する予定であることからというふうなことだったんですが、そのことついては政策会議で決定したものなんでしょうか。
 この間の委員会ではそういったお話し、方向性は聞きましたけれども、教育委員会のほうの所管ではなかったもんですから、そういったお話しが聞けなかったもんですから、その辺は政策会議で決定されたものというふうに理解してよろしいでしょうか。

議長(及川昌憲君) 産業経済部次長、阿部孝弘君。

産業経済部次長(阿部孝弘君) 政策会議で決定したものではございません。

議長(及川昌憲君) 13番、關 孝君。

13番(關 孝君) 非常に心配、心配というか、しておったんですが、この施設整備に、パークゴルフ場も含めてですけれど、実は所管の違う部分がそれぞれ担っておる。そもそもの高森公園は産業経済部の持ち物、そこに遊園地が整備されている。一方に、そこにパークゴルフ場、今度は教育委員会の部局で整備をしている。それを指定管理に出すというふうなときに、果たしてどのような形になるのかなというふうに思ってございました。
 これまでの経緯、計画からしても、二つの部局がある部分を進めていくのに、なかなかそこで調整するのにも進めていくのにも、さまざまな課題があって、これまで時間を要してきたというふうな部分があると思いますので、やはり今後においては、例えば施設整備が完了した段階においては、そういったその管理という部分に関しては、やはり一つの部局で行うべきだというふうに考えますが、その点についてはいかがなものでしょうか。
 それから、こういった指定管理を出す前提においてですね、そういった一体管理を目指すので、する予定だから、その1年間、いわゆる随意契約といいますか、公募をしない非公募でやるんだというふうなことがございました。
 しかし、そのことについては、あくまでも予定であって、政策的、市としてはね、政策として、そういうふうなことを目指すんだという決定に基づいてやられるものであれば、それは理解できるものなんですが、そうした決定を見ずして、あくまでも予定というような中で非公募で行ってしまうという。あるいは、もしかしたらば、またそれが先に1年延びたり、このことについても、実は今年度までというふうなことの予定。その先には、パークゴルフ場の整備がというかも考えられるというふうなことで期間を短くして、3年だったでしょうか。期間を短くしてやってきたわけですよね。
 それがまた、はっきり市としての決定を待たずして、こうした1年間の非公募による指定管理に出すということに対して、果して適正なのかどうか。
 その辺についての見解をお尋ねします。

議長(及川昌憲君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) まず一つ目のご質問ですが、一つの部局で対応していくべきというふうなお話をいただきました。
 私どももですね、たたいまお話しいただきましたように、産経部所管分と教育委員会所管、そこにですね、教育委員会の所管の社会教育体育施設が入るというふうなことで、今、工事も進めてございますが、その辺のですね、エリア設定であったり、持ち分設定であったり、そういった部分がなかなか複雑に絡み合ってくることもございますので、そういった部分については十分協議してですね、お互いに進めるようにというふうなこと、考えているところでございます。
 ただ、そのこれからのその管理の形態でございますが、それについても当然、指定管理の制度から申しましてもですね、同じ地域に、あるいは同じ建物に二つの指定管理の積算の中で部署が入っていくというふうなこと、これも大変わかりにくいし、混乱が生じるもととなるというふうなこともございますので、その辺につきましてはですね、現在、産業経済部の観光公園というふうな位置づけにもなってございますけれども、公園そのものの位置づけを社会体育なのか、公園なのか。その辺のところの議論を進めながらですね、明確にしていかなければならないというふうに感じているところでございます。
 それから、今回、非公募で1年というふうなことでございましたが、将来的には、公園ができ上がった後はですね、当然その管理の形態によって、先ほどのサンクチュアリのように1回目は3年なり、あるいは、それを経て5年というふうな今、スパンで標準期間としてございますけれども、それに向かってですね、今回、工事の完成まで至る期間も、その一部遊具を使ってのそういった営業もあるわけでございますので、それについてはですね、どうしてもやっぱり現在の指定管理者に1年という限定期間の中で対応していただくというふうなのが、一番、話としてと言いますかですね、取組として混乱がなくできるものだろうというふうなことでの1年間の指定をさせていただいたものでございます。
 その将来に向けてはですね、ただいまお話しいたしましたように3年、あるいは5年というふうな、そういったスパンでの指定管理に移行していくというふうに思っているところでございます。

議長(及川昌憲君) 13番、關 孝君。

13番(關 孝君) 公園の規模が縮小されて指定管理になって出すわけなんですが、例えばですね、利用者の、指定管理を受けている団体もあるからですが、そのことにも配慮はしなくちゃならないのは当然だろうというふうに思うんですが、例えば、10月までオープンするのであれば、10月までの期間、いわゆる閉園をして、その遊園地部分についてもリニューアルというか、大規模でなくても、あるいは色を塗りなおすとかね。そういう形でパークゴルフ場と一緒にリニューアル、あるいはパークゴルフ場を開園するという。そうすれば、食堂部分であるとか、さまざまな共用部分についても、いろいろ新しい形の中での取組ができたのではないのかというふうに、ここに来てからのお話しですけれども、そういった検討はなされなかってこなかったのか。
 利用者からしてみると、ある程度そういった形で一時休園をして、スタートを一緒にしてというふうなことになれば、新しい施設というふうな形の中でスタートができたのではないのかなとうふうに思いますが、その辺の検討はなさらなかったのか。その辺の考え方について、副市長にお尋ねをしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 副市長、藤井敏和君。

副市長(藤井敏和君) お答えいたします。
 最初のちょっと質問のほうから一部答えさせていただきますが、政策会議という形はとっておりませんが、私と栗山副市長、それから6部長で構成する内部の事業調整会議というのがございまして、この中では、ここのあり方については何度か、当然、両部局絡みますんで、議論をさせていただいております。
 その流れの中では、先ほど企画部長申し上げましたように、行政財産と市の管理の主体がそれぞれ教育部と産業経済部、二つでいいのかと。それはもう、むしろ一つの部局で整理すべきだろうという方向での整理をさせていただいております。
 それから、その後の管理のあり方というのも、両部それぞれ主体的に言うのではなくて、お互いの話を聞きながら、現在、今進めてるようなスケジューリングをしているところでございます。
 この辺のあり方全体をじゃあどう考えるのかということでありますが、今申し上げましたように、基本的には事業を所管する部局の考え方を伺いながら、それが妥当かどうかという判断をさせていただいているのが現状でございます。

議長(及川昌憲君) 産業経済部次長、阿部孝弘君。

産業経済部次長(阿部孝弘君) パークゴルフ場がオープンするまで休園する考えがなかったのかというお尋ねかと思います。
 現在、平成29年10月10日から、チャチャワールドいしこしについては休園しておりますけれども、ゴールデンウイーク前まで、来年のですね、までは遊園地の工事は部分完了させることで、工事を進めております。
 その後に管理棟の増築等による断続的な休園など、9月のオープンまでに休園する場合があることは、指定管理者募集仕様書にも記載しているところでございまして、そういった点を踏まえまして、オープンするまでの休園という考え方は取らなかったということでございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 討論なしと認めます。
 これから議案第94号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、議案第94号 指定管理者の指定について(石越高森公園(愛称名チャチャワールドいしこし))は、原案のとおり可決されました。
 ここで、説明員入れ替えのため暫時休憩します。
 
          休憩 午前11時47分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時48分
 

議長(及川昌憲君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、議案第95号について議案内容の説明を求めます。教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 議案第95号 指定管理者の指定についてご説明申し上げます。
 議案、24ページをお願いいたします。
 公の施設の名称は登米市迫B&G海洋センター、登米市中田B&G海洋センター及び登米市米山B&G海洋センターの3施設に、新規に指定管理者制度を導入するものでございます。
 指定管理者となる団体の名称につきましては、特定非営利活動法人登米市体育協会で、代表者は会長、佐々木(ささき) 猛(たけし) 氏でございます。
 公募を行ったところ応募があったのは、この1団体となってございます。
 指定管理の期間につきましては、新たな施設の指定管理ということから、平成30年4月1日から平成33年3月31日までの3年間とするものでございます。
 別冊3の68ページをお願いいたします。
 3海洋センターの各施設の概要を記載してございますので、ご参照をお願いいたします。
 69ページに、登米市体育協会の活動等の概要を記載してございますので、ご参照をお願いいたします。
 下段には、選定理由を記載してございます。
 特定非営利活動法人登米市体育協会は、当該施設の所在する地域を拠点とする社会体育団体であり、管理運営を適切に実施する能力と体制を備えており、利用者の意見を積極的に取り入れ、とめ漕艇協会及び登米市B&Gスポーツ協会など関係団体と連携して大会を開催するなど、本市における海洋性スポーツの普及と効果的な管理運営が期待できることから、総合評価により選定したものでございます。
 70ページから71ページには、指定管理候補者の提案による収支計画でございます。
 3施設の収支計画総括表で3年間の指定管理料合計額9,708万3,000円とするものでございます。
 72ページには役員名簿、92ページには、選定に当たっての選定基準と評価調書で、所管課及び選定委員会の評価総得点と選定理由が記載されてございます。
 73ページから91ページまでは、登米市体育協会の定款や平成28年度の事業報告収支決算、29年度の事業計画や収支予算でございますので、ご参照をお願いいたします。
 説明は以上とさせていただきますので、ご審議を賜り、ご決定いただきますようにお願い申し上げます。

議長(及川昌憲君) 説明が終わりました。これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。13番、關 孝君。

13番(關 孝君) 当該施設には、確か育成士を配置するという資格要件っていうふうなことがあったというふうに記憶いたしておりますが、今指定管理に出すに当たってのその契約事項に、仕様にですか、そうした資格要件はどのような形で行われているものか、お尋ねをいたします。
 また、予算等々を拝見したときに、この施設、どれだけ人員が配置されたり、あるいは常駐であったり、そうでなかったりっていうふうなことになるんだろうというふうなことの視点で見ますと、人件費もさほど変わりないっていうふうなことを考えれば、多分、察してものを言うわけではありませんが、逆に、こういうふうに聞けばいいんだね。
 指定管理になった場合に、各施設には職員が常駐されるものなのかどうかというふうなことをお尋ねしたいと思います。
 それから、それにあわせて、いわゆる旧町では、この施設を誘致してできあがったときに、職員をそこに常駐をして、あるいはそのための資格を取るために、毎年計画的に職員を研修に派遣をして、資格を取得していただいたりということをやってまいりました。
 特に、このスポーツ、水辺スポーツっていう部分に関しては、長沼のボートで代表されるように、登米市を代表するそのスポーツということになって、それを担う機関施設とゆうふうなことになってくるんだろうと思うんですけれども、そうしたときに、指定管理にどの程度のそのレベル、レベルというか、そのサービス環境を整えて出すかっていうことが非常に大切だと思うんですけれど、今回のこの指定管理に出す内容は、果たしてどのレベルにあるんだろうと。旧町のように、きちっと職員を常時、その設置して、出されているものなのか。それとも、なかなか合併してから人も足りない、何もしないということで全部引き上げて、そのレベルで今回の指定管理に出されておるのか。
 その辺、確認したいと思います。

議長(及川昌憲君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) まず育成士についてのお尋ねでありますけれども、仕様の中で「有資格者を配置すること」というふうにいたしております。それで当初、4月からオープンした際には、なかなかその有資格者も難しいだろうということで、実は研修のほうが5月の末から7月の頭ごろまで沖縄のほうで開催されますので、それに参加できる費用を計上して、資格を取っていただきたいということでやっているところであります。
 で、予算、人の配置なんですけれども、迫の艇庫には季節限定、ハイシーズンですね、4月から10月までを臨時の方、一人置くと。で、資格を持った方々につきましては、各施設に一人ずつついていただくようなスタイルになります。
 これについては、B&G財団とのですね、資産を譲渡されたときの約束でもありますので、その辺は市の規則に従ってセッティングをしたいというふうに考えておりました。
 それにプラスして、体育館のある中田、米山につきましても、体育館に臨時の方が一人常駐できるような形で人の配置を考えてございます。
 それから、今言ったようなですね、ことで考えておりますので、サービスレベルということにつきましては、今以上のものができるのではないかなというふうに考えているところであります。

議長(及川昌憲君) 13番、關 孝君。

13番(關 孝君) 指定管理者との、今度は市との連携という部分で事業のすみ分けがあると思うんですが、これまで市が行っていた事業等々、この指定管理者に対してどういった、事業も多分、委託というふうな部分も出てくるのかなと思うんですが、具体的にどういった部分を指定管理者にお願いするようになるのか、お尋ねいたします。
 それとあわせて、実は登米市から多くのボートの選手が全国、世界の大会で活躍をしている現実があります。その根底には、やはりこうしたB&Gのスポーツ活動というか、そういったところで育まれた子供たちが非常に多いわけで、そのきっかけとなっております。
 常時その職員を置けなくなってからなかなか、その一生懸命、職員の方たちはやっていただいてるんですが、なかなかそうした、例えばそのスポーツクラブとかですね、の支援というのがなかなかできなくなってきた現実があります。
 そうしたことを考えると、この機会に、やはりそうした部分の充実を図っていかなくてはならないのではないかというふうに思うわけなんですが、その辺の海洋クラブとかの支援の部分については、指定管理者との話し合いの中で、どのような選定の中で、どのような提案がなされておるものなのか。ないといたしましても、市としてはどのような考えを持ってそれらを育成していくお考えであるのか、お尋ねします。

議長(及川昌憲君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) その件につきましては、仕様の中で「海洋レクリエーション事業の推進に関する業務を行ってください」ということを言っております。
 それで一つには、その海洋レクレーション体験会教室の開催、それから海洋クラブの育成及び指導でありましたり、あと小中学校の行事、スポーツクラブ事業、市町村交流事業等での指導及び安全対策等々、盛り込んでございますので、まずこれが4月1日からすぐできるというのはなかなか難しいと思いますので、当面の間ですね、生涯学習課のほうにも有資格者がおります。そして、各教育事務所にもそういった者がおりますので、当面の間は連携を図って、指導をしながらということで話をしているところであります。

議長(及川昌憲君) 13番、關 孝君。

13番(關 孝君) このことによって、それらが、サービスが充実していくよというふうな形で見えますので、そこら辺は期待をしたいというふうに思っています。
 一方そうしたときに、今度は市の教育委員会は、こういった部分に関してどういった役割を果たしていくかっていうふうなことが非常に重要であると思うんです。「指定管理に全てお任せしたから、それでいいんだ」というふうなことにはならなくて、むしろそれとあわせて、今度はさらに市がさまざまな部分でそれらを支援していく、人を育ててっていうふうな部分を一緒になってやっていかなくちゃならないという、今度は大きな責任が出てくるんだろうと思うんですが、そうした考え方に立って、これから市として、そういった指定管理に出す、指定管理に出すことを指定して、新たな指定管理なので、これは大変結構なことだというふうに思うんですが、それとあわせて、この指定管理の団体とですね、そういった人を育てること、そうしたことも含めて、どういったことに意を用いて取り組んでいかなければならないというふうにお考えなのか、最後にお尋ねします。

議長(及川昌憲君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 指定管理団体のご協力をいただきながら、今まで以上の質の高いサービスを展開していきたいという方向性についてでございますけれども、基本的には協定書の中で、指定管理団体が果たすべき役割、それから市が果たすべき役割っていうことを明記して、それをお互いが自覚をした上で、しっかりそれを取り組むということが事故のない安全な施設運営、事業になってくるんだろうというふうに思ってるところでございます。
 教育養成、学校教育から社会教育まであるわけでございますが、一言で申し上げれば、最終的には「人づくり」ということを目標にしてるものでございます。人づくりということになれば、地域の団体がですね、自主的に継続してその事業、あるいは自分の生き方っていうことをしっかりできるような、その企画運営、それからその支援というものをこれからの社会教育の中でも検討していきたいというふうに思ってございますし、それから施設の老朽化という部分、大きな問題がございます。
 この施設のあり方とあわせて、ソフト・ハードの位置づけっていうものをしっかり考えあわせて、今後の社会教育のあり方という部分についても整理をして進めていきたいというふうに考えてるところでございます。

議長(及川昌憲君) 議案審議の途中ですが、ここで昼食のため午後1時まで休憩します。
 
          休憩 午後0時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
 

議長(及川昌憲君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 23番、及川長太郎君から中座の申し出があります。
 議案第95号の質疑を続けます。
 ほかに質疑ありませんか。19番、田口政信君。

19番(田口政信君) 第1点は、特に米山のB&Gセンター、海洋センターについては一度、何年前か記憶、定かでございませんが、否決した経過があったわけでございますが、その後、その否決の理由の中に、育成士っていうんですか、資格者が用意できない部分だったり、運営の状況がはっきりしなかったために否決されたと記憶してございますが、その後どういう改善策が、その条件としてあるものの改善策というものは、体育協会でどのような提案があったのか、ということが第1点でございます。
 それから、先ほども若干説明あったんですが、現在の直営の金額に対して938万、引き算間違いなければそれぐらいだというふうに思いますが、その主なものといいますか多くは、施設運営費ということなんだね。全体で777万4,000円のうち、それをその181万9,000円ですので、約600万円ぐらいのその運営費の増に提案がなされてるんですが、そのことについてお伺いをいたします。
 特に、特にですね、一番米山がその運営費の差額がですね、決算との差額ですよ。結構あるので、その辺の理由についてお聞かせをください。

議長(及川昌憲君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 米山B&Gの体育館につきましてはですね、隣に中津山公民館があるということでの、その運営の仕方ということだと思いますけれども、B&G海洋センターにつきましては、艇庫と体育館が二つでワンセット、そしてB&G海洋センターというふうな名称になっております。
 B&G財団のほうにも、これをわけて指定管理に発注することはだめですよというふうに言われてますので、そういった本来は考え方もちょっとあったんですけれども、それはなくしましてですね、体育館はやっぱり今回の指定管理の中に含めてということで考えました。
 その中で、体育館のほうにも、臨時の職員さんですけれども常駐した形、それから夜間の管理も入れる形の中で、管理をしていこうという内容でございます。
 それから、経費でありますけれども、特に米山ということでございましたけれども、管理運営費の中にはですね、特に30年度がほかの年度よりも大きくなってますけれども、資格を取るために必要な旅費、それから研修経費等これらを含めております。
 ということで、すみません、その金額なんですが、研修を取るための旅費が53万7,000円、研修費が21万2,000円、これ1人分ですので、各海洋センターにこれぐらいずつあるという内容です。
 それから、これまでと違う点では、消費税のほうを算入しておりまして、3施設で約100万ほどになってしまうという計算してございます。
 と、そんなところでありますし、あと傷害保険、これも今までにはなかったような経費でございます。傷害保険につきましても、3施設で60万を超える金額になっているというような内容もございますし、それから修繕経費につきましても各施設ですね、必要な部分で指定管理者の候補者のほうから提案をしてきているというような状況であります。
 それらを合わせますと、そのような金額になっているという状況であります。

議長(及川昌憲君) 19番、田口政信君。

19番(田口政信君) 提案されたその体育協会でどのような、それをクリアするための条件としてあれですか、今の研修旅費等の金額を指定管理料の中に埋め込んできて、受けたいんだというふうな提案の仕方ですね、そうすると。自分たちがその資格者がいるから受けたいんだっていうんではないんですね、わかりました。その事情についてはわかりました。
 それで、改善されたとみて指定管理の応募をしてきたんですが、その辺の判断ですね、そこまで見込んだ指定管理料を払ってまでも、指定管理に出さなければならない状況なのかってことが1点と、もう1点は、いわゆるほかでも、これまでも問題になってきているように、その隣に別の管理をしているコミュニティ協議会だったり、スポーツクラブがある。しかし、またそこに別な指定管理者を同じ敷地内に入れるっていうスタンスは、そろそろ検討を加える時期に来ているんでないですか。
 その辺の考え方もちゃんと整理して、このいわゆる指定管理の分配といいますか、それを今回したのかどうか。
 その辺を2点お伺いします。

議長(及川昌憲君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 「それまでを指定管理にするのか」ということでございましたが、くどいようですけれども、この施設の設置目的につきましては、生涯スポーツの推進や健康増進などを図るものでございます。
 特に、B&G海洋センターの特徴でもあります海洋スポーツの普及を行いながら、という点ですね、まあ水辺で安全に活動するために正しい知識と技能を学ぶことで、生きる力を高めて行くことができるのではないかなっと考えておりまして、このような施設の設置目的が最大限に発揮されるように、その指定管理を導入するということにしたものであります。
 これまで、その各総合支所の職員が教育事務所の職員を兼ねて、さらにB&G海洋センターの職員を兼務してきた状況でありますけれども、海洋性スポーツの普及に力を入れることがなかなか難しい状況でありましたので、このことによって、これらを解決していきたいというふうに考えてございます。
 それから、「隣に別な種類の施設があるのに」ということでありましたけれども、現在、隣の中津山公民館については、コミュニティのほうで指定管理を行っておりますけれども、先ほども説明させていただきましたように、艇庫と体育館、B&Gの施設セットでないとなかなかこの指定管理に出すことを認めていただけないというような状況でありますので、これにつきましては、今回は苦渋の決断といいますか、そのような判断でこのようになっているということであります。
 そのB&G絡みではないものにつきましては、そういった例もございますので、今後もそのような例に基づいて検討していくということになろうと思います。

議長(及川昌憲君) 19番、田口政信君。

19番(田口政信君) せっかく指定管理に出す方向で検討したんでしょうから、その状況を改善できないまま、体育協会っていう中田に本部があるところに管理をさせるというのは、どうも私は納得いかないんですよね。
 それともう1点は、そのB&Gの財団の呪縛といいますか、その規制といいますか、それは永遠に続くものであるのかどうかですね。普通の補助金ですと、適化法の範囲内とかそういうものがあるんですが、その辺はどうなんですか。
 それとですね、せっかく指定管理に出すのに、利用者が、その例えばコミュニティのところに行って受付をするのか。コミュニティの事務所の中に、その体育館の・・・B&Gじゃない、体育協会の職員が一緒にいらっしゃるのか。いらっしゃって、そっちの分はその体育協会の職員が受付をするというシステムになりますか、そうすると。その辺のところを、そういうなんとかゆがんだその状況をつくっていただくことが、いいのかどうかっていうことです。
 今、南方で問題なんですよ。目の前の野球場は別なとこ、後ろにある体育館、別なとこ管理しているんですよ。そういう状況があるんですから、その辺のねじれ現象をやはり改善する方向のほうがむしろいいんでないかって思うんですが、その辺の考え方はどういうふうに整理したんでしょうか。

議長(及川昌憲君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) B&Gの縛りということだったんですけれども、その無償譲渡を受けておりまして、その際の契約書の中に、そのB&Gの名称を使っていて、その設置の目的にのっとって行う、行なってくださいよと。それから、「育成指導も配置してくださいよ」等々の縛りがあります。
 施設の、その例えばこの前、27年度、28年度でしたか、プールを、米山のプールと中田のプールを解体したんですけれども、その際にもその財産の滅失ということで、財団とは協議を繰り返して承認をもらってと、解体にこぎつけているということもありますので、なお、やはり譲渡されて登米市のものにはなっているんですけれども、B&G財団のほうとは協議をつけなければならないという状況であるということで、ご認識をいただきたいと思います。
 受付の方法なんですけれども、体育館のほうにも事務室がございますので、そちらのほうに体協のほうで入るというふうなことで考えてございます。
 改善する方向なんですけれども、議員おっしゃったこと、南方のほう、私も状況わかっておりますけれども、なんて言うんでしょう、あそこの問題はですね、現地に管理する人がいないという問題が一番おっきいと思うんですね。
 それが、その公民館には人もいるのにという不便さがあるということだと思うんですけども、最近、公民館のほうとタイアップしながら、そういった受付のほうは・・・貸し出しのほうですか。やっていただいてるっていうことも聞いておりますので、やり方を工夫すれば改善はできるのではないかなっていうこともございますし、こういった課題もあるということも存じ上げておりますので、なお皆様とその機会をつかまえて、話をしていきたいというふうに考えております。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。2番、曽根充敏君。

2番(曽根充敏君) 2番、曽根でございます。この指定管理自体に物申すわけではないのですが、別冊3の92ページでですね、採点の評価がございます。
 指定管理、全てにおいての評価表がついておりまして、そういった意味では、全体的なところになるんですが、ここの案件が一番指定管理料が大きいので、ここでお伺いしますけれども、この評価項目、大きな項目3番、「公の施設の設置目的を達成するために事業計画等に沿った管理を安定して行う能力を有しているものであるか」で、(1)で・・・(2)ですね。(2)で、安定的な運営が可能となる経理的基盤。そして①として、団体の財務状況とあります。今回の場合ですと3点、3点。所管課、選定委員会とも3点とつけているのですが、まさしくこの評価、必要だとは思うんですね。指定管理を運営してもらうために、指定管理施設を運営してもらうために、指定管理料でプラマイゼロの収支になるように指定管理料を算定しているわけですが、多分ここの項目は、運営するためにそれをいかほど弾力的に運営できるか。そういった団体の懐ぐあいを評価するところだと思うのですが、例えばですね、ここの指定管理をするために、その懐ぐあい、どのくらいが妥当だと思って、その「おおむね仕様書の水準どおりである」と評価しているのか。
 所管課と選定委員会と、両方で評価しているようですので、両方の立場の見解を聞きたいと思いますが。

議長(及川昌憲君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 評価に当たりましては、評価の基準のほうを作成いたしまして、それによって評価をしております。
 「3点っていうのが普通ですよ」という内容なんですけれども、この3点につきましては、「経理に係る規定が整備されて会計責任者を定めており、内部監査の体制がある」と、このような体制があれば3点の評価を行うというような話になっておりますので、3点と評価したわけであります。

議長(及川昌憲君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 担当部署のほうの評価と、それから指定管理選定委員会の評価ということでございまして、その選定委員会の評価につきましては、先ほどもありましたとおり、任意団体の場合につきましては、「負債のほうがない」というのが基準になってございまして、その基準に基づいて判断しているところでございます。

議長(及川昌憲君) 2番、曽根充敏君。

2番(曽根充敏君) ごめんなさい。まず今、所管のほうの話ですが、所管で今説明あったのは、小さな評価項目、小の②の部分の経理及び監査の体制の部分じゃないですか。私は、上の①のほうの団体の財務状況の判断基準を聞いたわけでございますので、もし訂正あればお願いします。
 そして、全体的なところなんですが、その団体の財務状況、その基準でいいんですかね。実際にどのくらいの弾力性を持った、この指定管理を運営するために、どのくらいのお金、遊び金を持ってるのか、の基準なんじゃないですか、普通は。この聞き方でありますと。その社会的な、経理的な信用状況とかではなくて、実際に指定管理施設を運営するために、その弾力性を持たせるために、どのくらいのお金が必要だったと、そういった意味なんじゃないんですかね。と思いますが、回答お願いします

議長(及川昌憲君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 大変失礼いたしました。
 ①団体の財務状況ということでの採点基準でありますが、法人の場合は、自己資本比率が15%以上50%未満で、任意団体の場合は負債がない、ということがその3点の基準でございます。

議長(及川昌憲君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) その施設におきます運営の弾力性というお話でございますが、公民館等につきましての施設におきましては、主な業務が当然、その施設の管理ということになりますので、収入源のその手段といいますか、確保も大きく限られてまいります。
 そういった中で、負債を抱えないこと。また、累積負債等につきましても、そういったことがないことというのは、大きな判断基準になるんだろうと思っております。
 弾力性につきましては、当然そういった施設管理の中で生み出されていく、その余剰金といいますか、利益の部分で対応してもらうということになろうかと思います。

議長(及川昌憲君) 2番、曽根充敏君。

2番(曽根充敏君) 所管の部分はオーケーです。わかりました。
 その負債がないという発想なんですが、違うくないですか。違うんじゃないですか。
 例えば、資本金10万円の団体が100万円持ってると。懐ぐあいは、90万の余裕がありますよね。資本金1,000万のところが500万円持っていると。そこでは400万円、運営に対して回す、金として回せると。そういったことを聞いてるんじゃないんですかね。
 評価の基準、ひと貫きにしてこの評価表を使ってるので、どこにでも通用する話だとは思うんですが、これで、いわゆる採点していくわけですから、ある程度この辺は調査項目に書いているとおりの言葉を、日本人として読んでわかるとおりの評価をしてあげなきゃだめなんじゃないのかなとは思うのですが。
 将来的にどっか見直すときのタイミングでも構いませんので、その辺のことを次のときには考慮していただきたいなと思いますが、よろしくお願いします。

議長(及川昌憲君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 審査委員会の中でですね、評価基準につきまして、いろいろ議論しながらこういった形になってきてですね、今現在、これでやらさせていただいてるところでございます。
 ただいま、ご意見いただきましたのでですね、そういった部分つきましても審査委員会の中には市内での会社経営者、それから銀行の支店長出身の方であったり、あるいは社会保険労務士、大学のですね、公共施設のほうの研究をされている先生等も含めて選定委員会をもってございますので、その中でですね、よりいい方向になれるように、それは随時検討していきたいというふうには思ってございます。
 ただ、今お話しいただきましたように、その評価基準についてさまざまな施設がある中で、一つの評価基準で任意団体等の違いはありますけれども、基本的なところは一つの評価基準でやってございますので、厳密に見て行くとちょっとこうそれているかなというふうな部分も、確かにそれは現実的にあるんだろうと思います。
 ただ、その辺のところをですね、施設個別に設定していくのも、なかなか基準のつくりとしては大変なところもございますので、おおむねどういったところにも適用できる、そういった視点でですね、これまでやってまいりましたので、その辺について検討の余地があるかどうかも含めて、選定委員会等の中でもですね、検討してまいりたいというふうに思ってございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶものあり)

議長(及川昌憲君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。
 これから討論を行います、討論ありませんか。
 (「なし」と呼ぶものあり)

議長(及川昌憲君) 討論なしと認めます。
 これから議案第95号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。 
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、議案第95号 指定管理者の指定について(登米市迫B&G海洋センター、登米市中田B&G海洋センター及び登米市米山B&G海洋センター)は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第96号について議案内容の説明を求めます。教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 議案第96号 指定管理者の再指定についてをご説明いたします。
 議案、25ページをお願いいたします。
 本件につきましては、平成28年12月定期議会の議案第114号において、登米市登米総合体育館、登米市登米総合運動公園並びに登米市登米武道館の3施設をとよまスポーツクラブ蔵っこを指定管理者に指定することについて、議決をいただいたところでございましたが、社会的信用の向上を図り、スポーツ振興活動をより効果的に展開するために、本年9月に法人化を行ったものでございます。
 この法人化により法人格の変更があったことから、指定管理者の再指定の決定をお願いするものでございます。
 別冊資料93ページを用意いただきたいと思います。
 公の施設の名称につきましては、登米市登米総合体育館、登米市登米総合運動公園及び登米市登米武道館の3施設でございます。
 指定管理者となる団体の名称等でございますが、法人化が左、法人化前が右でございます。
 所在地は、登米町寺池目子待井10番地で変更はございません。
 名称及び代表者については、現行のとよまスポーツクラブ蔵っこ、会長、早坂(はやさか)彰則(あきのり)氏から、法人化後は、特定非営利活動法人とよまスポーツクラブ蔵っこ、理事長、早坂彰則氏となります。
 指定の期間につきましては、先に議決行いただいております29年4月1日から平成34年3月31日までの5年間のうち、残りの期間となります。平成30年4月1日から平成34年3月31日までの4年間でございます。
 別冊3の93ページをお願いしたいと思います。詳細な資料につきましては、93ページから掲載しておりますので、ご参照をいただきたいと思います。
 組織の設立目的、事業内容等を掲載してございます。
 法人化を機に、事業対象地区を登米町内から登米市内に拡大をしている内容等も記載されているところでございます。
 94ページには、役員名簿を掲載してございます。
 役員については、法人化前17名全員が法人化後も全員就任しているところでございます。
 95ページから106ページには設立趣旨書、全部証明書、定款などを添付してございますので、お目通しをお願いしたいと思います。
 説明は以上とさせていただきますので、ご審議を賜り、ご決定いただきますようにお願い申し上げます

議長(及川昌憲君) 説明が終わりました。これから質疑を行います。
 質疑ありませんか。20番、沼倉利光君。

20番(沼倉利光君) この中身について何も異論はないんですけども、今までの、これから来年度に向けてのことについて、あえてお伺いします。
 この委託の期間が3年、5年というふうになってる中で、これ、こちらに聞けばわかる。来年度、年号が変わった場合のこういった文言の整理については、既に、例えば5年、3年後に変わった場合についての色んな事務的なことについては、既に準備ができてるのかどうかお伺いします。

議長(及川昌憲君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 年号が変わったことによりですね、ただいまの現状契約しているその指定管理の契約のあり方についてというふうなことだと思いますが、年号が変わったというふうなことによってはですね、その年号の読み替えというふうなことでございますので、特別その契約書の変更なりというふうなことの必要性はないものというふうに認識してございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。
 (「なし」呼ぶものあり)

議長(及川昌憲君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶものあり)

議長(及川昌憲君) 討論なしと認めます。
 これから議案第96号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、議案第96号 指定管理者の再指定について(登米市登米総合体育館、登米市登米総合運動公園及び登米市登米武道館)は、原案のとおり可決されました。
 ここで、説明員入れ替えのため暫時休憩します。
 
          休憩 午後1時29分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時30分
 

議長(及川昌憲君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 日程第10、議案第76号 平成29年度登米市一般会計補正予算(第4号)、日程第11、議案第77号 平成29年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)、日程第12、議案第78号 平成29年度の登米市介護保険特別会計補正予算(第2号)、日程第13、議案第79号 平成29年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第3号)、日程第14、議案第80号 平成29年度登米市水道事業会計補正予算(第1号)、日程第15、議案第81号 平成29年度登米市病院事業会計補正予算(第3号)、日程第16、議案第82号 平成29年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第3号)、以上7議案を一括議題とします。
 一括して提案理由の説明を求めます。市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) それでは、議案第76号から議案第82号までにつきまして、提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、議案第76号 平成29年度登米市一般会計補正予算(第4号)から議案第82号 平成29年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第3号)までについて、各種会計予算の補正を行うものであります。
 一般会計については、歳入歳出予算の総額にそれぞれ 5,342万円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ484億5,824万円とするものであります。
 その主な内容として、歳出では、道路新設改良事業1億3,598万円などを減額する一方、住まいサポート事業1,500万円、地域型保育給付事業4,056万円、台風21号で被災した公共施設等に係る災害復旧事業2,307万円などを増額して計上しております。
 歳入では、社会資本整備総合交付金などの国庫支出金860万円、市債5,130万円を減額する一方、地域型保育給付費負担金などの県支出金2,599万円に加え、繰越金8,086万円などを増額して計上しております。
 また、債務負担行為補正として追加13件、地方債補正として追加2件、変更3件を計上しております。
 特別会計については、国民健康保険特別会計の歳出で一般被保険者療養費など792万円の増額と債務負担行為1件を、介護保険特別会計の歳出で保険給付費など905万円の増額を、下水道事業特別会計では、下水道施設整備事業など4,870万円の減額と地方債補正として、変更2件を計上しております。
 企業会計については、水道事業会計で債務負担行為1件を、病院事業会計で医業費用1,984万円の増額と債務負担行為補正として追加5件を、老人保健施設事業会計では債務負担行為補正として追加2件を計上しております。
 以上、各種会計の補正予算の概要を申し述べましたが、詳細につきましては、関係部長等から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。

議長(及川昌憲君) 議案内容の説明、質疑、討論、採決は、1議案ごとに行います。
 まず、議案第76号について議案内容の説明を求めます。企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) それでは、一般会計補正予算の説明の前にですね、今回の補正全体についてご説明申し上げますので、補正予算の概要12月8日提出のものでございます。その7ページをお開き願います。補正予算の概要の7ページでございます。
 各種会計の予算総括表でございます。
 一般会計の補正総額は、Bの欄の一番上でございますが、5,342万5,000円の追加で、補正後の額は484億5,824万4,000円となります。
 特別会計では、(1)の国民健康保険、(3)の介護保険、(5)の下水道事業の3会計において、補正総額は3,172万1,000円の減額で、補正後の特別会計の総額は268億5,648万9,000円でございます。
 企業会計では、病院事業において1,984万円の増額補正で、補正後の額は89億7,240万7,000円となりますので、企業会計の補正後の総額は137億2,530万8,000円となります。
 一般会計、特別会計、企業会計の総額といたしましては、一番下の合計のところとなりますが、今回補正額は4,154万4,000円でございまして、全会計の補正後予算総額は890億4,004万1,000円でございます。
 このほかに、下水道会計、水道事業会計、老人保健事業会計、それと一般会計において、債務負担の補正もお願いする内容となってございます。
 それでは、次に12月8日提出の補正予算書の7ページをお願いいたします。補正予算書の7ページでございます。
 議案第76号 平成29年度登米市一般会計補正予算(第4号)でございます。
 第1条には、補正の額を記載してございますが、ただいまご説明申し上げましたので、省略をさせていただきます。
 次の第2条では債務負担行為の補正を、それから第3条では、地方債の補正を行うものとしてございます。
 次に、11ページをお開き願います。
 第2表、債務負担行為補正ですが、13件の追加でございます。
 内容は、結婚活動支援事業など、平成30年度当初から取り組む必要がある委託業務に関するものの6件で5億2,109万円、石越高森公園などの指定管理の委託業務に関するもの7件で6億2,133万1,000円の追加でございます。
 この債務負担に関する調書については、37ページに掲載しておりますので、後ほどご参照をお願いいたします。
 続いて、次のページでございますが、12ページをごらん願います。
 第3表、地方債補正ですが、追加2件と限度額の変更3件を行うものでございます。
 まずは、1の追加の農林水産業施設災害復旧事業ですが、これは今年の10月23日の台風21号により被災した林道復旧事業に、災害復旧事業債220万円を充当するものでございます。続いての公共土木施設災害復旧事業についても、台風21号によるもので、道路橋梁復旧事業として、迫町新田の市道糠塚線の復旧に災害復旧事業債430万円を充当するものでございます。
 次の2の変更の児童福祉事業は、(仮称)佐沼こども園施設整備事業において、通園児童の送迎等に支障となる石碑や、電力、NTT柱の移転に要する経費の増額計上に伴い、合併特例債の限度額を950万円増額するものでございます。
 続いての道路整備事業は、国の社会資本整備総合交付金が減額となったことから、交付金以外の財源としていた合併特例債の限度額を引き下げる一方、過疎対策事業債の増額充当の差額分として4,220万円減額するものでございます。
 次の社会教育施設整備事業は、(仮称)新登米懐古館整備事業の財源として申請をしておりました国の地方創生拠点整備交付金の交付決定がありましたので、既決予算の合併特例債2,510万円を減額するものでございます。
 なお、地方債の残高見込みに関する調書を38ページに掲載してございますので、後ほどご参照願います。
 次に、歳入について、事項別明細書によりご説明いたしますので、少し飛びますけれども、18ページ及び19ページをお開き願います。18ページ、19ページでございます。
 上段の11款分担金及び負担金の1項分担金1目農林水産業費分担金8節農地災害復旧費分担金34万8,000円でございますが、9月12日に発生した大雨により被災した農地の災害復旧工事4件に係る農家受益者分担金を補正計上するものでございます。
 次の表、13款国庫支出金1項国庫負担金1目民生費国庫負担金3節児童福祉費負担金の説明欄でございますが、障害児通所給付費等負担金1,437万5,000円は、新規事業所の増加等に伴い、障害児通所給付費の増額に対し、国庫負担金分2分の1相当額を増額補正するものでございます。
 その下の施設型給付費負担金884万1,000円は、認定こども園の施設及び事業所の加算率処遇改善等について、給付費が増額となることにより、国庫負担金の増額を補正するものでございます。
 また、次の地域型保育給付費負担金1,597万9,000円ですが、市内各小規模事業所等の施設及び事業所の加算率や処遇改善等に係る給付費の増額に対して、これも国庫負担金の増額を計上するものでございます。
 次の3目災害復旧費国庫負担金1節公共土木施設災害復旧費負担金870万7,000円でございますが、これも台風21号により被災した市道糠塚線と長沼ダム湖1号線の災害復旧工事に係る国の負担見込額を補正計上するものでございます。
 次に、13款国庫支出金2項国庫補助金の1目総務費国庫補助金1節総務管理費補助金の地方創生拠点整備交付金2,644万4,000円ですが、地方債補正でご説明いたしました(仮称)新登米懐古館整備事業の財源として申請していた登米市みやぎの明治村拠点整備プロジェクトが、地方創生拠点整備交付金の交付対象事業に決定したことに伴い、国庫補助金を計上するものでございます。
 その下の社会保障税番号制度システム整備費補助金84万2,000円ですが、平成30年7月から介護保険システムなどで社会保障税番号制度、いわゆるマイナンバー制度の運用が開始されることに伴い、システム改修が必要となりますが、その改修費用に対する国庫補助金を計上するものでございます。
 次に、その下の2目民生費国庫補助金2節障害者福祉費補助金障害者総合支援事業費補助金105万8,000円でございますが、障害者総合支援法及び児童福祉法の一部改正により実施される障害者福祉サービス等報酬改定に対応するための障害者総合支援システム改修の経費として、国庫補助金分を計上するものでございます。
 その下の3節児童福祉費補助金保育所等整備交付金723万5,000円は、民間保育所等が防犯対策強化整備事業として実施するフェンスや非常通報装置等の設置に対する国庫補助金を増額補正するものでございます。
 続いて、その下の5目土木費国庫補助金1節道路橋梁費補助金社会資本整備総合交付金活力創出基盤整備でございますが、国の社会資本整備総合交付金の交付決定に基づき9,208万2,000円の減額補正となりますが、主には、道路整備事業で9,104万2,000円の減額となってございます。
 次に、このページの一番下の表14款県支出金1項負担金1目民生費県負担金4節児童福祉費負担金障害児通所給付費等負担金710万7,000円でございますけれども、これは国庫負担金でもありましたが、障害児通所給付費の増額に伴って、県負担金分も増額補正するものでございます。
 その下の施設型給付費補助金442万円と次の20ページ、21ページの地域型保育給付費負担金798万9,000円ですが、これらも国庫負担金同様給付費の補正により、給付費等の県負担金をそれぞれ増額補正するものでございます。
 続きまして、この20ページ、21ページの上から二つ目の表になりますが、14款県支出金2項県補助金5目農林水産業費県補助金の2節農業委員会費補助金669万5,000円は、農業委員会交付金25万1,000円と農地利用最適化交付金644万4,000円、合わせて669万5,000円について、県からの交付決定、交付見込みにより計上するものでございます。
 次に、その下の9目教育費県補助金1節教育総務費補助金の被災児童生徒就学支援事業費補助金17万6,000円ですが、東日本大震災により被災した平成30年度入学予定者の保護者に対し、新入学児童学用品等の購入費用について、入学前に支給するため増額計上するものでございます。
 その下の施設型給付費等補助金325万2,000円の減額でございますが、これは市内の認定こども園さくら幼稚園に対する給付費の見込額の精査により、減額補正するものでございます。
 その下のみやぎ子どもの心のケアハウス運営支援事業費補助金20万5,000円は、ケアハウスの設置にあたり専用通信機器の確保と事務用備品を追加要望したところ、県の交付決定がありましたので、増額計上するものでございます。
 次に、その下でございますが、10目災害復旧費県補助金1節農林水産業施設災害復旧費補助金250万円は、台風21号による被災した林道の災害復旧事業に係る災害復旧費補助金見込額を計上するものでございます。
 次の14款県支出金3項委託金1目総務費県委託金4節統計調査費委託金の住宅土地統計調査委託金7万8,000円は、住宅土地統計調査委託金について、県からの交付決定に基づき増額するものでございます。
 次に、ページの最下段となりますが、16款寄附金1項寄附金1目一般寄附金は、小学校と中学校の教科用図書等に関連する図書を充実し、児童生徒の学習効果を高めるとともに、持続的な読書の習慣化を図ることを目的として、本定期議会で基金条例の改正を提案し、ご決定いただいておりますが、その上杉文庫基金に対する寄附金500万円を計上するものでございます。
 次に、22ページ、23ページをお開き願います。
 上段の18款繰越金ですが、財源調整として前年度繰越金808万・・・800・・・すいません。8,086万2,000円を計上するものでございます。
 次に、19款諸収入4項受託事業収入3目農林水産業費受託事業収入1節農業者年金業務受託手数料46万円は、独立行政法人農業者年金基金から交付決定を受けまして、増額補正するものでございます。
 次に、その下の5項雑入3目雑入2節民生費雑入一時保育事業利用者負担金は、当初計画を上回る利用人数で推移していることから、利用者負担金54万円を増額補正するものでございます。
 その下の5節農林水産業費雑入宮城県青果物価格安定相互補償協会負担金返還金は、平成28年度末時点での負担金の残高が平成29年度負担額を超えていることにより、その超えている11万8,000円分を返還金として計上するものでございます。
 次に、一番下の表、20款市債1項市債の2目民生費から10目災害復旧債までについては、先に第3表地方債補選においてご説明申し上げましたので、ここでは省略をさせていただきます。
 一般会計補正予算(第4号)に係る歳入の説明は、以上でございます。
 続きまして、歳出の概要となりますが、予算の概要の15ページからとなりますので、お開きをいただきたいと思います。
 補正予算の概要の15ページでございます。
 まず、2款総務費1項総務管理費7目企画費14細目移住定住促進事業費ですが、1,500万円増額補正でございます。昨年度より実施してきております登米市住まいサポート事業の住宅取得補助金の増額となります。
 当初予算の編成時点の申請件数は42件、申請額は約3,000万円でありましたので、平成28年度後期の申請分も含めて、平成29年度の年間申請額を1.5倍の4,500万円と想定して予算措置したところでございました。
 しかし、本年10月までの申請状況を見てみますと、別冊1の3ページをお願いいたしますが、別冊1の3ページでございます。
 2の事業概要の(1)の合計欄ですが、交付申請件数は85件で、4,500万円の現計予算に対して交付決定見込額は4,415万円となってございますので、年度末に向けた見込額として1,500万円の追加補正をお願いするものでございます。
 なお、ここに掲載しておりますが、10月末までの申請の状況は、2の(1)の表の一番下の合計の行にありますとおり、移住は27件、市内の定住は58件でございまして、移住者数は83人、定住者数は219人となっている状況でございます。
 また、その下の表でございますが、移住者の移住前の住まいでございますが、多い順に南三陸町12件、仙台市3件、そのほか大崎市3件、岩手県3件などという状況でございます。
 続いて、8目、また予算の概要のほうでございますが、8目電子計算費1細目システム管理費126万4,000円の計上ですが、これは社会保障税番号制度に対応した業務システムの改修を行うものでございます。
 このマイナンバー制度については、平成28年1月1日から運用開始されましたが、平成29年11月13日からは、行政の各種手続きで提出が必要であった書類の一部を省略することができる情報連携の本格運用が開始されることとなります。
 そして平成30年、開始されてございます。そして、平成30年7月からは情報連携できる項目がさらに追加となりますので、それに対応するための業務システム改修の経費について、国の平成29年度の補助金交付対象となったことから、制度の円滑な施行ができるようシステム改修とそのテストを行うものでございます。

議長(及川昌憲君) 総務部長、千葉雅弘君。

総務部長(千葉雅弘君) 続きまして、9目2細目登米総合支所維持管理費でございますが、登米総合支所において臨時職員1名を任用するための賃金38万5,000円の増額と、乗合バス運行回数の減による運転業務パート職員賃金20万6,000円の減額を行うものでありまして、合わせて17万9,000円を計上するものでございます。

議長(及川昌憲君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 続きまして、下段の5項統計調査費2目委託統計調査費4細節住宅土地統計調査費の7万8,000円の増額計上でございますが、これは平成30年に行われる住宅土地統計調査に先立って、調査員が担当する調査区域を明確にするために、平成30年2月1日現在で実施する単位区設定に係る業務について県委託金の交付決定がありましたので、その業務経費について所要の補正を行うものでございます。

議長(及川昌憲君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 続きまして、16ページをお願いいたします。
 3款民生費1項1目4細目介護保険安定対策費であります。
 介護保険特別会計への繰出金を補正するもので、平成29年度介護給付の見通しに基づきまして、一般会計負担分として繰出金を追加するものでございます。

議長(及川昌憲君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 同じく9細目国民健康保険特別会計費につきましては、国保制度の改正に伴う電算システムの改修費に対して、国庫補助金の交付額が確定したため、国民健康保険特別会計への繰り出しを32万4,000円を減額するものでございます。

議長(及川昌憲君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 続いて、3目1細目障害者福祉諸費につきましては、障害者総合支援法が改正され、平成30年4月に施行されることに伴い、この法改正に対応するため、障害者総合支援システム改修業務委託料を追加するものであります。
 続いて、2項1目2細目児童福祉一般事業費につきましては、別冊資料にて説明いたしますので、別冊1、4ページをお願いいたします。別冊1、4ページでございます。
 保育所等整備事業防犯対策強化でございます。
 まず、事業目的でありますが、保育施設における防犯対策の一層の強化を図るため、国の補助制度を活用し、防犯対策に取り組む認可保育所や小規模保育事業所を支援し、安全な保育環境の整備を推進するものであります。
 続いて、事業概要でございます。国の交付金を活用し、認可保育所等の保育施設に門、フェンス、防犯カメラの設置など、防犯対策に取り組む事業者に保育所等整備事業補助金を交付するもので、補助対象となる事業所は、認可保育所及び小規模保育事業所でありまして、対象事業としましては、門、フェンス、防犯カメラの設置などの事業で、補助率は対象事業費の4分の3、事業費の負担割合につきましては、国が2分の1、市、事業者がそれぞれ4分の1でございます。
 今回、補助対象となる事業につきましては、表に記載のとおりでありますが、延べ9施設が実施する防犯対策強化事業に対して、合わせて1,085万円を補助するものでございます。
 続いて、お戻りをいただきまして、補正予算の概要16ページをお願いいたします。概要の16ページでございます。
 6細目障害児対策費であります。
 障害児の通所サービスに要する経費として、障害児通所給付費を追加するものでありますが、給付費のうち、放課後等デイサービスや児童発達支援において、サービス料が増加していることから、今後の利用見通しに基づいて給付費を追加するものであります。
 なお、別冊1、5ページに事業の概要を記載しておりますので、お目通しをお願いいたします。
 続きまして、7細目認定こども園等施設整備事業費につきましては、別冊資料2で説明いたしますので、別冊1、6ページでございます。6ページをお願いいたします。6ページでございます。
 (仮称)佐沼こども園周辺敷地共用通路等整備事業でございます。
 まず、事業目的であります。
 佐沼こども園につきましては、現在、平成30年4月の開園に向けて、担当する法人により施設整備が進められておりますが、登米中央商工会事務所前の共用通路内に設置している石碑や電柱等が施設利用にあたり支障があることから、移設を行い、施設利用の安全確保を図るものでございます。
 次に、事業の概要であります。
 まず、(1)石碑(銘艦の碑)移設工事であります。
 登米中央商工会西側共用通路内に設置している石碑(銘艦の碑)でありますが、こども園の施設利用にあたって支障があることから、登米中央商工会事務所南側、堤防側へ移設を行うもので、送迎時などの安全確保を図るものでございます。
 続いて、(2)石碑(師魂碑)修復工事であります。
 石碑(銘艦の碑)の移設先として予定している商工会事務所南側には、石碑(師魂碑)が設置されておりますが、この石碑が老朽化により傾きが著しい状況となっており、このため、今回実施する銘艦の碑移設工事の影響により倒壊の恐れがあることから、銘艦の碑移設工事にあわせまして、石碑(師魂碑)の修復を行うものでございます。
 さらに、(3)電柱・NTT柱移設補助費でありますが、今回実施する石碑の移設工事にあわせて、共用通路の利用にあたり支障があることから、電柱・NTT柱、合せて3本について、それぞれ支障のない場所へ移転を行うものでございます。
 以上、平成30年4月の佐沼こども園開園に向けて、安全安心な施設利用を確保するため、佐沼こども園周辺敷地共用通路等整備事業といたしまして、合わせて1,148万8,000円を追加するものでございます。
 続いてお戻りをいただきまして、補正予算の概要17ページをお願いいたします。概要の17ページでございます。
 2目2細目児童手当給付費でございます。
 児童手当給付費につきましては、平成28年度事業費の確定に伴いまして、国庫負担金の精算を行うため、返還金を補正するものでございます。
 続いて、3細目施設型給付費でございます。
 施設型給付費につきましては、認可保育所や認定こども園の利用に対して給付を行うものでございますが、本年4月に開園した認定こども園さくら幼稚園におきまして、給付単価の高い保育所機能分の利用が多くなっており、このため今後の給付見通しに基づいて、施設型給付費を追加するものであります。
 なお、別冊1、7ページに事業の概要を記載しておりますので、お目通しをお願いいたします。
 次に、4細目地域型保育給付費であります。
 地域型保育給付費につきましては、3歳未満の児童を保育する小規模保育事業所の利用に対して給付を行うものでありますが、給付単価の高いゼロ歳児の利用が多くなっていることから、今後の給付見通しに基づいて地域型保育給付費を追加するものであります。
 なお、別冊1、8ページに事業の概要を記載しておりますので、お目通しをお願いいたします。
 続いて、5目2細目一時保育事業運営費につきましては、児童の保護者が疾病や災害などにより、家庭での保育が困難な場合に、保育施設において一時的に児童を預かり、保育をするものでありますが、利用児童の増加に伴いまして、委託料に不足が見込まれることから、今後の利用見通しに基づいて一時保育事業委託料を追加するものであります。

議長(及川昌憲君) 議案説明の途中ですが、10分間休憩いたします。
 
          休憩 午後2時02分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時10分
 

議長(及川昌憲君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 議案第76号の議案説明を続けます。4款衛生費から。市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) それでは、4款衛生費1項5目浄化槽事業費1細目下水道事業特別会計費でございますが、浄化槽事業に係る受益者分担金一括納付報奨金の確定に伴いまして、下水道事業特別会計への繰出金15万4,000円を減額するのでございます。

議長(及川昌憲君) 農業委員会事務局長、佐藤真吾君。

農業委員会事務局長(佐藤真吾君) それでは、18ページお願いいたします。
 6款農林水産業費1項1目1細目農業委員会運営費の補正ですが、農地利用最適化交付金を活用した農業委員等の報酬、644万4,000円を補正するのです。
 これは、先日ご決定いただきました農業委員等の報酬、年額実績額部分の補正となります。
 事業概要につきましては、別冊1の9ページをお願いいたします。
 事業目的ですが、農業委員会による農地利用の最適化に向けた積極的な活動を推進するため、新体制に移行した農業委員及び農地利用最適化推進員の上乗せ報酬の財源となる農地利用最適化交付金が創設され、この交付金を活用し、農業委員等の活動に対し、報酬を支給するものです。
 事業概要につきましては、国の農地利用最適化交付金事業実施要綱に規定する活動をした農業委員等は、日時、場所、活動内容を記載した活動記録簿を報告し、その活動記録に記載された日数に7,000円、または4,000円を乗じて得た額の合計額を年額の実績額として支給するものです。
 ただし、交付金を財源とすることから、交付金の交付額が支給額の合計額に満たない場合は、支給額の合計額が交付額と同額となるよう、減額調整することになります。
 また、交付金の交付額が支給額の合計額を超える場合は、超えた部分を委員の人数で除して、各委員の活動実績の額に均等に加算して支給することとなります。
 この交付金の財源につきましては、全て県支出金となっております。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) 産業経済部長、丸山 仁君。

産業経済部長(丸山 仁君) 続きまして、同じく6目1細目園芸振興費につきましては、宮城県青果物価格安定相互補償協会負担金につきまして、平成28年度末補給準備金の残高が本年度の負担金を上回りましたことから、一般青果物価格補償事業業務方法書の規定に基づきまして、前年度の残額を本年度の負担金に充てることとなりますことから、本年度負担金の全額、181万1,000円を減額するものでございます。
 7目3細目農業用用排水施設等維持管理事業費につきましては、迫川沿岸土地改良区が整備いたしました石越南部第一揚水機場の排水ポンプにつきまして、経年劣化により適正な水管理をすることができない状況から、揚水機場ポンプの更新を行うものでございます。
 なお、今回の補正につきましては、土地改良区を事業主体とする県単事業の土地改良施設機能診断事業でありますことから、市が総事業費の30%を補助するものでございますが、当該機場の受益地が本市と栗原市に及んでおりますので、本市受益地分に係る補助金、144万円を補正するものでございます。
 次に、8項1目1細目下水道事業特別会計費につきましては、農業集落排水事業への繰出金として40万2,000円を増額するものでございます。

議長(及川昌憲君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) 18ページ下段、8款土木費でございます。
 2項道路橋りょう費3目2細目補助事業費でございますが、市道石打坂西舘線ほか8路線につきまして、社会資本整備総合交付金が当初予算計上額の約79%の交付決定となりまして、総額で1億3,598万5,000円を減額するものでございます。
 次に、19ページをお願いいたします。
 4目1細目橋りょう維持補修費でございますが、橋りょう長寿命化事業につきまして、工事施工管理業務委託料について請負差額が生じたことから、中埣線補修補強工事の事業進捗を図るため、90万円を委託料から工事費へ組みかえを行うものでございます。
 次に、5項下水道費1目1細目下水道事業特別会計費でございますが、公共下水道事業への社会資本総合整備交付金の増額及び消費税額の確定などに伴いまして、下水道事業特別会計への繰出金につきましては、2,177万3,000円を減額するものでございます。
 次の6項住宅費1目4細目定住促進住宅管理費でございますが、平成28年度の決算の確定に伴う歳入歳出の差額分について基金積立を行うものでございまして、積立金1,118万3,000円の増額をするものでございます。

議長(及川昌憲君) 消防本部消防長、鈴木軍雄君。

消防本部消防長(鈴木軍雄君) それでは、20ページ上段をお願いいたします。9款消防費でございます。
 1項1目1細目常備消防一般管理費でございます。常備消防一般管理費としまして、需要費、新規採用消防職員被服貸与品等にかかります金額、126万4,000円を計上させていただいております。
 内容につきましては、平成30年度に新規採用を予定しております消防吏員に貸与いたします制服、活動服、火災などの災害に着用いたします防火衣などを購入するための経費でございます。

議長(及川昌憲君) 総務部長、千葉雅弘君。

総務部長(千葉雅弘君) 続きまして、5目1細目災害対策費でございますが、昨年度、既存の防災行政無線の音声到達範囲等について調査を行った結果、女川原子力発電所の緊急時防護措置を準備する区域、UPZ避難対象地区の豊里町内において放送が届かない区域が確認されたことから、防災行政無線子局1カ所を整備するものでありまして、整備に要する経費としまして工事請負費、469万2,000円を計上するものでございます。

議長(及川昌憲君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 20ページ、下段をお願いいたします。
 10款1項2目2細目学校教育振興一般管理費で、上杉文庫基金積立金として500万円を補正するものでございます。
 基金の使途などの事業概要につきましては、別冊1の10ページをお願いいたします。
 事業目的については、上杉氏の篤志寄附をもとに児童生徒の学習効果を高めるため、小学校及び中学校用図書の充実を図るものであります。
 事業の概要につきましては、平成30年度から200万円を目途に、児童生徒の読書活動の習慣化を図るため、図書の購入と啓発事業を予定しているところでございます。
 次に、同じく3目4細目でございます。
 活き生き学校支援費で、子どもの心のケアハウス設置に要する経費として20万5,000円を増額するものでございます。
 本年度から不登校対策の強化を目的に、宮城県から補助を受け、子どもの心のケアハウス設置事業を実施しておりますが、本事業の充実を図るため、指導相談員の通信費や学習支援の教材等を保管するキャビネットなどの事務用備品の経費を補正するものでございます。
 なお、財源につきましては、全額県支出金でございます。
 次に、補正予算概要書21ページをお願いいたします。
 10款2項2目2細目小学校費の就学援助に要する経費、368万6,000円。
 10款3項2目2細目中学校費の同経費といたしまして、290万1,000円を増額するものでございます。
 経済的理由により就学困難な児童生徒の保護者に支給しております学用品や通学用品、給食費などの就学援助費のうち、新入学学用品費について支給対象を入学予定者の保護者に拡大し、入学前に支給するために補正を行うものでございます。
 事業の概要につきましては、別冊1の11ページをお願いしたいと思います。
 事業の目的でございます。新入学学用品費につきましては、これまで入学後の7月に支給しておりましたが、ランドセルや制服などを購入する入学前の2月に支給することで、児童生徒の保護者に対する経済的負担の軽減を図るものでございます。
 新入学学用品費の支給単価は、小学校においては4万円と600円、中学校においては4万と、4万7,400円であります。
 支給対象者数は小学校におきましては94名、中学校におきましては79名を見込んでおります。
 なお、財源につきましては、県支出金が17万6,000円、一般財源が641万1,000円でございます。

議長(及川昌憲君) 産業経済部長、丸山 仁君。

産業経済部長(丸山 仁君) 続きまして、11款災害復旧費1項1目1細目農業用施設災害復旧事業費につきましては、本年9月12日の大雨及び10月に接近いたしました台風21号により、農地や林道等が被害を受けまして、復旧工事を実施いたしましたことから、今後の災害に備えまして、災害復旧に要する経費500万円を増額補正するものでございます。

議長(及川昌憲君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) 22ページをお願いいたします。
 2項公共土木施設災害復旧費1目1細目道路橋りょう災害復旧工事費でございますが、当初予算におきまして災害に備えまして、2,000万円を措置してございましたが、降雨による道路災害の復旧などを進めてきたことから、今回、今後の災害に備えまして1,000万円の補正を行うものでございます。
 また、台風21号による道路、道路等の災害復旧に要する経費といたしまして、市道川前4号線の業務委託料と糠塚線の用地取得費合わせまして、94万1,000円を補正するものでございます。
 次に、2目1細目河川災害復旧事業費でございますが、同じく台風21号による河川等の災害復旧に要する経費といたしまして、山根川ほか9河川などに業務委託料として、336万7,000円を補正するものでございます。
 次に、3目1細目都市計画施設災害復旧事業費でございますが、同じく台風21号によります迫鹿ヶ城公園北側ののり面の災害復旧に要する経費といたしまして、工事請負費377万円を補正するものでございます。

議長(及川昌憲君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) 続きまして、このページの一番下となりますが、13款予備費1項予備費1目予備費で2,000万円の増額補正でございます。
 この予備費については、当初予算で5,000万円の枠を措置しておりましたが、本年度においては、台風21号などによる応急復旧作業等で約3,000万円もの充用を行ってございますので、今後の除雪等の緊急対応的な事案に対処できるよう2,000万円の増額補正をお願いするものでございます。
 次の23ページは、この12月補正現在での基金の状況についてお示ししてございますので、お目通しをお願いいたします。
 以上で、議案第76号 平成29年度登米市一般会計補正予算(第4号)の説明とさせていただきますので、よろしくご審議いただきまして、ご決定くださいますようお願いいたします。

議長(及川昌憲君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。7番、熊谷和弘君。

7番(熊谷和弘君) それではですね、別冊1の6ページのですね、佐沼こども園周辺敷地の関係でございますけれども、初めに、石碑の修復工事ということで伺いますけれども、この修復する石碑はですね、誰が建立して、現在、誰が管理をしているのか。お伺いいたします。

議長(及川昌憲君) 3款、誰ですか。子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 修復の必要な石碑についてでございますけれども、その石碑につきましては、昭和52年9月に建立されたものでございまして、「島田先生の遺徳を偲ぶ会」という会が建立したようでございます。
 その・・・そういった会が建立したようでございます。

議長(及川昌憲君) もう少し丁寧にできないですか、説明。どうぞ。

子育て支援課長(鈴木文男君) その島田先生でございますけれども、昭和19年に今、佐沼中学校・・・すみません。佐沼高校に赴任した先生でございまして、水泳の練習中に生徒が溺れて、それを助けて島田先生が亡くなってしまったというようなことの経緯があった石碑でございまして、その先生を偲ぶ会が建立したという経過になっております。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) 7番、熊谷和弘君。

7番(熊谷和弘君) まず、1点目ですね。どの程度の修復をするのか。耐震程度なのか、しっかり100年ぐらいもつようにするのかということと、その修復をする判断っていうのは、市のほうで独断で決めたのか。その辺をお伺いいたします。

議長(及川昌憲君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) その施工の日でございますけれども、今、震災等、老朽化にもよりますけれども、南側のほうに傾いているというような状況でございます。その隣に今回の名鑑の碑、約30棟ぐらいだろうという想定でございますけれども、それを移すことによりまして、傾きがより大きくなったり、もしくは倒壊するという恐れもございますので、そういったことがないような修復をするということでの今回の予算措置でございます。
 以上です。

議長(及川昌憲君) 判断は。

子育て支援課長(鈴木文男君) その判断につきましては、子育て支援課のほうに技術的な職員もおりますので、その辺と技術的な部分で相談しながら、その修復が必要ということで・・・そうですね、あとその石碑を管理する総務部財産のほうにも相談した結果、そういった方向で取り扱うということになったところでございます。

議長(及川昌憲君) 7番、熊谷和弘君。

7番(熊谷和弘君) あと電柱のですね、移転の関係ですけども、この図面で見ますと一番下の電柱がですね、移設後も何か半分ぐらいはこの通路にかかってるんですけれども、これは何か通路の外に、こうどうしても移動できないという理由があるのかどうか。
 この辺をお伺いします。

議長(及川昌憲君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 大変申しわけございません。
 この図面の丸の点、点の丸でございますけれども、基本的には全部商工会の敷地内に入るという予定でございます。このミスといいますか、半分出ているっていうことはございませんので、ちょっと訂正方よろしくお願いしたいと思っております。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ございませんか。2番、曽根充敏君。

2番(曽根充敏君) 私も今の、別冊1の6ページの案件なんですが、商工会に聞きますとですね、「ここの土地、しばらく使ってていいよ」と、商工観光課からは言われていると。今回、子育てのほうから、「いや、ちょっと駐車場のスペースに明け渡してくれ」というふうな話が、何か二通りの話があるそうですが、その辺の段取りをどのようにしてつけているのか。
 あと商工会の駐車場のスペースですね、今回通路となるようですので、その辺の安全管理等も含めた今後の管理のあり方について伺います。
 あとはですね、あとすいません。単純なところで、11ページ。
 別冊1の11ページで、要保護児童生徒等で小学生94名、中学生が79名ということで報告を受けておりますが、全体の人数どのくらい、1学年、今いらっしゃるんでしょうかね。その中の何パーセントぐらいが対象者になっているのか伺いたいと思います。

議長(及川昌憲君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 商工会で使用している駐車場の関係でございますけれども、商工会さんのほうとは何回か、数多く協議させていただきました。その結果、その商工会議の敷地の中の駐車場で、まあ通常の業務であれば足りるという了解も得ております。
 さらに、その何か会議とかなんか行事ある際には、この通路のほうにも片側に駐車スペースを設ける予定でございますので、そういった部分の活用もしていただくことも可能ですので、そういった部分については園側のほうと話しをしながら、「使ってもらっても結構ですよ」というようなことで、商工会さんのほうには了解を得たところでございます。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 全体の人数でございますが、小学生が約3,900、中学生が合わせて2,000・・・
 (「対象の学年だけでいいです」の声あり)

学校教育課長(三浦徳美君) 対象の学年・・・申しわけございません。対象学年ですね。

議長(及川昌憲君) 再確認します。質問、もう一度そこの部分。ちょっと言ってください。

2番(曽根充敏君) 質問の仕方が悪かったです。対象となる学年、今度入学する学年、いわゆる分母の部分ですね。そこに対して、94人、79人だという数字だと思いますので、今度の30年度小学校入学予定の数、そして中学校の予定の数をお願いいたします。

議長(及川昌憲君) 全体の数でいいんですね。全体の数だそうです。学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 申しわけございません。小中学校とも約600名でございます。

議長(及川昌憲君) 約でいいですか。2番、曽根充敏君。

2番(曽根充敏君) 人数のほうはざっくりなので構いません。
 その通路の、商工会の通路の部分なんですが、これは明確に通路と、いわゆる車路とほかの共用スペースはわかれてるんですかね。今の状況だと、ずどんとした広場の真ん中を勝手に車が走るような感じなんですが。その辺の確認お願いします。

議長(及川昌憲君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 通路を含めました共用部分ということで、先般6月議会の際に、この部分の整備の補正をさせていただきました。
 そんで今、もう着工に入ってるんですけれども、基本的には入って行きまして左側のほうに、今もまとまっているんですが、それをさらに、あの辺の伸びている木等も、植栽も伐採した上で、とめやすい形で斜めにとめながら、送迎のほうにも活用してもらいますし、送迎につきましては朝晩だけですので、日中の会議については、そこを商工会さんのほうで、「園と協議しながら使ってもらってもいいですよ」というようなことで話合いしてるところでございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。4番、須藤幸喜君。

4番(須藤幸喜君) それではですね、今の6ページのことについて、ちょっと基本的なことでお伺いしたいと思います。
 今、通路についてということでお話を受けたんですけれども、基本的に子供らの安全は完全に守られるということの担保があって言ってるんですよね。お願いしたいと思うんですけれど。まず、それが1点。
 それから、石碑であります。
 名鑑の碑を師魂の碑の隣にもっていくということでありましたけれども、その内容としてですね、(2)に「移設工事により」という、「倒壊の恐れがある」ということなんですけれども、この名鑑の碑の移動先は、必ずそこでなくてはいけなかったのかっていうことなんですね。それを移動することによって倒壊の危険が出て、また200万円以上のお金がかかるということと解釈したんですけれども、まず、その2点お願いしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 通路につきましては、そういった形で白線を引いて明確に上わけた上で、活用していただくということで、子供の安全は守られるというふうに考えております。
 さらにその石碑の移設で、そこのスペースも生まれてきますので、通行の妨げには極力ならない形で園児の送迎ができるのかなと考えているところでございます。
 それから、名鑑の碑の移設先でございますけれども、この名鑑の碑、そもそもここの場所に迫町の旧庁舎、があったということでございますので、この場所でこの名鑑の碑があることによって、初めて生きてくるということでございます。というような観点から、この敷地の内で移動ということで考えたところでございます。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) 4番、須藤幸喜君。

4番(須藤幸喜君) 言ってることは大体わかるんですけれども、私が言っているのは、結局この師魂の碑の隣でなくてだめなのかということなんですよ。「それ以外のところの検討はしたんですか」っていうことです。これを移動することによって、200万の負担が出てくるっていうことですよね。もちろんその師魂の碑の所在のほうについては、それはもう今、先ほど総部課、総務部と話ししたということなので、総務部のほうでもしそれをやんなければ、やるんでしょうけれどね。傾きがあった場合については、やるんでしょうけれども、これを移動することによって、傾きが大きくなって倒れるかもしれない。今、移動しなければ傾きはそれ以上にならなくて、お金をかけなくても済むんじゃないかという解釈で今お話をしてるということです。
 それから、もう一つです。
 この道路については、ちょっと私も総務企画、別な常任委員会だったということもあって、なかなかこのことの細部についてはちょっと把握してないんですけれども、この道路の幅は一体いくらで、万が一、もしかするとこの別な側道があるので、一方通行だということだったかもしれませんけれども、万が一道路で車は交差できるのかと。そのぐらいの幅はあるのかということですね。
 万が一のときの緊急車両が入れるスペースも、もちろん確保できるんだなということをお聞かせいただきたいと思います。
 2問目です。

議長(及川昌憲君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) この師魂の碑の隣でなければだめなのかということでございますけれども、この敷地の、旧迫町の庁舎があった敷地という部分から考えますこと、この師魂の碑の隣しかないという状況で判断したところでございます。
 そのほかには、駐車場として活用しておりますので、かえってそこにはちょっと移設することは難しいと。この端のこの部分、ここしかないという判断でございます。
 それから、傾きにつきましては、自然の傾きで今も傾いております。今後、何もしなければ、そのまま過ごすんじゃないかということでございますけれども、そういったことで、今回はそこに移設するということで、その傾きをそれ以上なくすということが必要になってくるという状況でございます。
 それから、道路の幅なんでございますけれども、片側にその駐車スペースを設けたとしても、5メートルの通行部分が確保できます。この名鑑の碑を動かすことによりまして、この部分でも5メートルの通路部分が確保できますので、その交通安全的な部分では、確保できるというふうに考えおります。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) 4番、須藤幸喜君。

4番(須藤幸喜君) 多分、きちんと検討したということですよね。その検討したってことをやっぱり言わないとですね、やはり「なぜ、そこにもっていったんだか」っていうこともわからないですしですね、迫の庁舎が昔あったのも私も存じております。商工会が後から立ったんですよね、これね。その前の、前の視聴覚センターってときもわかんですけれども、そのところでなぜそういうような、前の庁舎があったのだけれども、そこでなければいけないってことがちょっとわからなかったので聞いたんですけれども。そこしかないと、検討したんだと、ということですよね。わかりました。
 それではですね、一つ安全に、絶対に、っていうのは、いずれその石碑も今後、手をかけるんですけれども、何十年先にはやはりその状態も、もしかすると危うくなる可能性もあります。今後、あと手をつけないような形で、しっかりとした移転をしていただきたいなと思っておりますし、もう一つは、「5メートルの道路があるということで、間違いなく大丈夫だ」ということでありますが、なお、子供たちの安全、それと保護者の安心をですね、より以上担保するようにですね、努力していただきたいと思います。
 以上です。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。13番、關 孝君。

13番(關 孝君) 今、関連してお尋ねをいたします。
 今、建設している用地の西側に、県道からの通路ございますけれども、こちらの、震災なのかそれ以前なのか、下水道か上水道かちょっと確認をいたしておりませんが、道路が陥没・・・ではない、下がって舗装が既にへこんで、そこに砂か何かうって応急処置をしているような状況にありますが、今回の補正でそういったものの修繕費が出てきておりませんけれども、そのままにされておくものなのでしょうか。それとも、開園にあわせて修繕をなさる計画でおられるのか確認いたします。

議長(及川昌憲君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 今回の補正、6月補正も含めてですけれども、それでは確かにこの修繕部分は出てきておりませんが、状況等確認しながら、対応していかなければならないかなとは考えているところではございます。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) 大丈夫か。市民生活部で直すの、福祉事務所で。もう一回、そこの細かいとこ、もう一回ちょっと話してください。わかんないべがら。

13番(關 孝君) 市民生活部の予算で直せるもんだらいいですけれども、そうじゃなければ関連部と調整をして、直して、直す。直すっていうことは明確になっていたと思うんですけれども、そういった答弁をいただければ正確なのかなというふうに思いますが、市民生活部で道路まで、舗装まで直すんであればいいですけど。その辺の確認です。

議長(及川昌憲君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) ちょっと確認しないとわからないんですが、多分、道路認定された道路ではないというようなことでございますので、状況がどういった状況になっているか私もちょっと見ておりませんので、状況を確認した上で、対応方法を考えてまいりたいと思います。

議長(及川昌憲君) 13番、關 孝君。

13番(關 孝君) 道路認定された道路ではないとかっていうことは、関係ないんです。関係ないの。関係ないの。
 今回の部分で、「こうしたことで活用する」というふうなことがこの図面に示されておりますので、そういった部分も踏まえて、それを修繕するということでよろしいんですか。道路認定云々はでなくて。はい、そこを確認したいのです。

議長(及川昌憲君) 福祉事務所長、加藤 均君。

福祉事務所長(加藤 均君) 私が申し上げたのですね、道路認定されておれば、当然、建設部の管理になりますので、建設部にやっていただくという方法もありますが、道路認定されていない、私たちが使うという前提であれば、当然、私たちが確認の上、整備しなくちゃいけないという背景がありますということでございますので、まず現場を確認させていただきたいというふうに思っております。
 よろしくお願いします。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) 上杉文庫基金事業について、別冊1のほうからちょっとお聞きしたいんですが、図書1セット、40冊を小学校の数の27学級分、1,000冊を超える部分を購入するんだというような形でございます。で、毎年度1学年分、その上にね、平成30年度から購入始めて、まずは、高学年のほうから購入するというような形でございます。
 そこで、この40冊、27学級分、同じ種類っていうかのを27学級分そろえるのか、バラバラにそろえるのか。まず1問目、そこお願いします。

議長(及川昌憲君) 教育企画室長、岩渕公一君。

教育企画室長(岩渕公一君) 40冊は同じもの、同じものっていますか、作者は同じなんですけれども、テーマが違うものを40冊、9セットずつ同じようにしたいと考えております。

議長(及川昌憲君) 14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) そうすると、この9セットは同じもの、これが迫図書館で管理をしていただいていると、ね。学校から要請あれば、そっから持っていくというような形なんですかね。申請を受けて各校に貸し出しを行う。
 で、心配するのはですね、学級、もう二、三年で一桁になる学級も出てまいりますが、同じものを、この本を読ませたいんだよ。そういうときは、一桁学級だったら同じものを読んで、「これいい本だ」ってなりますけれども、多い人数、例えば二学級あります。学校の教育上のどこで、そういう場合は、「このグループはこっちの本、このグループはこっちの本」というようなわけ方するんでしょうけども、その部分で今度、同じく5年、4年と下がってね、いくわけなんですが、そこも今説明のあったように9セットは同じ分、そういう購入方法でそろえていくのか。
 私は、かえってバラバラで、いろんな本に携わったほうがいいんではないかなと思ったんです。1,000冊、全部違うやつ。同じ種類のをそろえるよりも、多くとにかく触れ合うってことで、どういう方針っていうかね、考えで、その9セットを同じにしたのか。その理由をお聞きします。

議長(及川昌憲君) 教育企画室長、岩渕公一君。

教育企画室長(岩渕公一君) 実は、9セット掛ける3っていうことで、27学級っていう形なんですけれども、9セット、一つの作者に対して9セット、二人目の作者に対して9セット、3人目の作者に対して9セットっていうことで、単学級でありますと三つの学校さんを一つのグループとしまして、1学期ごとにローテーションさせるっていう形で考えております。
 もう一つの、「なぜセットという形で、同じものを9セット用意するのか」っていうことなんですけれども、中学校に上がったときに、同じ種類の本に全員触れて中学校に上げたい。登米市の子供たち全員が同じ本に触れたいっていう思いで、同じような種類の本ということに決めさせていただきました。

議長(及川昌憲君) 14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) わかりました。いいことですね。
 それで、その③の「ポップ創作コンクールを行う」というような理解でよろしいですね。確認ですから。

議長(及川昌憲君) 教育企画室長、岩渕公一君。

教育企画室長(岩渕公一君) そのとおりでございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。20番、沼倉利光君。

20番(沼倉利光君) 概要の15ページで、電子計算費の中で、番号制に関する業務委託で126万4,000円ということでありますけれども、住基ネットというのはかなり、あまり評判よくなくて、発行枚数、カード少なかったですけど、現在この登米市内でマイナンバーをですね、全市民に、ある程度の方に発行しているカードの発行状態は、どのようになっていますか。

議長(及川昌憲君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 今、手持ちの資料ございませんが、私の記憶ですと5,000枚くらいの申請件数が来ておりまして、約その、大体4,000枚くらいは各市民の方に届けている状況でございますので、なお正確な部分については、後にお話し申し上げます。

議長(及川昌憲君) 20番、沼倉利光君。

20番(沼倉利光君) わかりました。
 本来であれば、これって市民の、8万以上の中で何名の方にこのマイナンバーを発行する状況が本来なのか。成人以上なのか、18歳以上のなのか。それとも全員なのか。その辺についてお願いします。

議長(及川昌憲君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 対象のその制限というよりも、このマイナンバーカードの部分の背景には、これまでご説明申し上げましたが、社会保障等の問題とか、税の問題とかっていう情報の部分の、そういったその行政事務の効率化を求めるっていうことになりますので、これも確認なんですけれども、確認というよりも、成人とか老人とかっていうふうな部分じゃなく、市民が活用できる内容の部分を網羅しておりますので、そういった制限はないっていうふうに感じております。

議長(及川昌憲君) 20番、沼倉利光君。

20番(沼倉利光君) 実は、我が家の家族ね、息子含め、それからうちの91歳のおふくろもですね、マイナンバーのカードの数字はいただきました。
 ですから、その今、言ったように、対象者はね、今でも5,000ぐらいいるんですけれども、本来は、例えば8万のうち5万人に発行する予定だったのか、どの程度の、本来のマイナンバーを国から、その何ていうんですかね、ナンバーを指名された方がいるものかわからないので、その辺もし今わかればお願いします。

議長(及川昌憲君) 市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) この部分、登米市の人口に対してのいくらかというふうな部分については、正確な数値、持ち合わせておりますので、後にご回答申し上げます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。19番、田口政信君。

19番(田口政信君) 76号の11ページ、要保護児童生徒等就学援助について。
 7月のやつをですね、就学前に行うということでございますが、いわゆるこの使途について、限定ができるんでしょうかということを教えてください。
 それから、もう一点は、県支出金が異様に少ないんでございますが、どんなわけだがということをお知らせをください。

議長(及川昌憲君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) まず、一点目のご質問の「使途について限定ができるのか」というご質問でございますが、領収書等を確認するものではございません。
 で、これまでも7月に支給している内容について、入学用品を購入したかどうかということについては確認行為を取っておりませんので、あくまでもそれは入学前用品のその対象者の方、認定された方については、それを購入するという判断を持って支給させていただくということでございます。
 それから、県支出金が異様に、大変少ないというご質問でございますが、こちらは被災児童生徒ということで、被災証明が発行された世帯に対して所得判定を行った保護者ということで、現在、入学予定者が限定されておりますので、確認できてございます。
 その方たちに対して支給するものと想定しておりまして、そこの17万という、17万6,000円という予算額になってございます。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) 19番、田口政信君。

19番(田口政信君) これまでも、7月に支給時点でもこの使途については確認をしてないということで、その辺のことは大丈夫なんでございますかね。早く支給しすぎると、それに使われない可能性っていうのは非常に考えられにくいんですか。私は考え、人をあんまり信じないもんですから、考えにくいなと思っているんです。
 それからですね、いわゆる所得判定といいますか、被災者の中で所得判定っていうのは、いわゆる市といわゆる県の基準が違うということで、このいわゆる財源内訳が違うんだっていうふうに理解をしたんですが、市ではそれを越えて、いわゆる就学要保護の規定に基づいた、県ではそのふるいをかけてるっていう意味ですね。要保護の人たちを所得判定、震災児童、あるいは取得判定でふるいをかけて、何人かに絞り込んでるっていうふうに理解していいですか。

議長(及川昌憲君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 説明不足でございました。
 まず、平成26年度までは、被災証明のある認定を受けた保護者につきましては、県のほうで全額予算措置をされてございました。27年度からは、かつ市と今、一般の要・準要保護の判定と同様の判定をした保護者に対して、県のほうで予算を担保するというものでございます。ですから、判定基準は同様でございます。
 まず、申請をされた方について判定をいたします。その判定をした中で、保護者で被災証明がある方について、県のほうで予算措置をされるということで、100分の100でございます。

議長(及川昌憲君) もうひとつ。

学校教育課長(三浦徳美君) 最初のご質問の件でございます。
 まず、2月に支給をいたしまして、確実にその新入学学用品を購入されない保護者の方がいらっしゃるのではないかというご質問かと思いますが、まずこれまでの、準要保護の申請をされた保護者の方から、「入学用品を購入した後の7月では、やはり準備に大変だ」というお声を反映しての、今回の入学、新入学学用品の前倒し支給でございますので、そちらは信用して支給させていただきたいと思います。

議長(及川昌憲君) 19番、田口政信君。

19番(田口政信君) どうも理解できないんですが、26年までは被災証明のある方に全額、全額。そして27年度以降は、いわゆるその基準に基づいた支給なのに、県の、いわゆるこのパーセントとは一体、その27年度以降は、いくらのパーセントなんですか。この17万6,000円っていうのは。
 基準が同じであれば、その、何。という理解なんですが、ちょっと私の理解力が不足で申しわけございませんが、もう一度お願いします。

議長(及川昌憲君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 私の説明不足で申しわけございません。
 申請をされた方について、被災証明を受けている方について、27年度までは、こちらの生活困窮と判定しなくても、県のほうで財源が担保されてございました。100分の100でございます。
 そちらが27年度以降は、市で判定をしたうち、被災証明を持っていらっしゃる保護者に対して、こちら県のほうで予算措置をしていただいているという状況です。
 26年度の参考までにですが、6年度までは、小学校で115名。それから、中学校で68名でしたが、29年度は、小学校で16名、中学校で8名という、こちらは新入学用品に限ってではなく、全ての準要保護就学援助費の対象ということでございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。
 議案審議の途中ですが10分間休みます。
 
          休憩 午後2時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時07分
 

議長(及川昌憲君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 議案第76号の質疑を続けます。
 13番、關 孝議員に対する答弁の訂正が子育て支援課長から求められていますので、これを許可します。子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 先ほど關議員さんからの園西側の細い通路の部分の修復と言いますか、そういった関係でございますけれども、確認しました。
 6月補正で、その部分まで舗装の打ち替えをするということで予算措置しているということでございましたので、正させていただきます。
 大変申しわけございませんでした。

議長(及川昌憲君) 続いて、市民生活部長から、20番、沼倉利光議員のマイナンバーの数字についての報告がございます。市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) 先ほど沼倉議員のほうからご質問ありましたマイナンバーの申請件数と発行件数でございますけれども、現在は、申請件数については、7,012名の方、そして実際に市民の方に交付した枚数につきましては、5,391人の方に交付している状況です。
 それから、マイナンバーの交付対象につきましては、ゼロ歳児から全ての市民対象になっておるところでございますし、これからこの交付見込みというふうなことについては、より皆さんにですね、有効的に活用していただくっていうふうなこともございますので、特別な目標というふうな数値は捉えていない状況でございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。24番、八木しみ子君。

24番(八木しみ子君) 移住・定住促進事業についてお伺いをいたします。
 今回、住まいサポート事業補助金ですね、住まいサポート事業補助金。これが増額されるということで、頑張った成果だろうなというふうに思っております。
 この予算なんですが、できれば当初にもっと思い切ってね、増額した形で取っておいたほうがよかったんじゃないかなと思うんですが、なんか今、ここに来て増額とは、もう少し見込みが、不足したんじゃないかなと思いますので、この当時の考え方をお聞かせください。
 それから、これからもですね、この登米市のよさといいますか、いろいろとPRして、もっともっとこの事業が成果を上げるようにしていただくためには、いろいろと取り組んでいることはわかるんですが、例えばシティプロモーション、これの成果もかなりあると思います。こういった市民を巻き込んだPRのあり方、これも今後もいろいろ研修等々で続けていくと思うんですが、私このほかにですね、登米市はなんかこうPRの仕方が少し足りないんじゃないかなっていうふうに思うんです。
 と申しますのは、まずですね、登米市のこの将来像、つくりました。その将来像の「あふれる笑顔 豊かな自然 住んでみたいまち とめ」、この看板がどこにもかかっていないというふうな感じがしております。この看板ぐらいはですね、将来像ぐらいは、やはりこう公共の施設等々に何かこうあったほうが、例えばイメージですね、登米市のイメージ、それから地域資源等々これをイメージする上で、そのなんかこうタイアップすれば、もっともっとこの評価が高まってですね、いいんじゃないかなって私は思うんですが。この将来像の用語、せっかくつくった将来像ですから、もっともっと活用する方法をどのように考えていらっしゃるか。「書類だけでいいんだ」って言うんだったら、それでもいいんですが、やはり表に出したほうが私は効果のあるような気がします。
 それから市のですね、いろんなところにお知らせするのに看板が足りないと。このように案内看板ですね、そういった地域資源等々、皆さんにわかってもらうためにも、看板の設置がぜひとも必要だというふうに思うんですが、このことについて企画部長にお願いいたします。

議長(及川昌憲君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) まず、最初のですね、今般1,500万円の増額補正をさせていただきましたが、そのことについて、当初からですね、思い切った予算化が必要ではなかったかというふうなことでございますが、先ほどもご説明申し上げましたが、その当初予算の編成時点、29年度当初予算の編成時点ですので、28年の11月ぐらいの時期でございますが、その際にですね、申請件数は42件で、申請額が約3,000万ということでございましたので、その時点からですね、今年の3月までの予測の中で、「せいぜい1.5倍程度だろう」というふうなことで、4,500万円というふうな当初予算を組んだわけでございます。そしたらですね、ただいまお話しいただきましたように、現時点で大体4,500万円に達しているというふうなことでございまして、当初からの見込みが甘かったなというふうなことでは思ってございます。
 そういったことでですね、今回措置をさせていただくことでございますが、次年度に向けてはですね、その辺のところはより実績としても、年間を通じて初めてつかまえることができましたので、検討して措置をしたいなというふうには思ってございます。
 それから、移住・定住、あるいはシティプロモーションのその成果を上げるための取組というふうなことで、市民の方々を巻き込んだPRがより必要ではないかというふうなご提言をいただきました。
 これにつきましても、特にそのシティプロモーションについては、ご承知のとおり、そのPR動画の作成であったり、あるいはこれまでのキャッチコピー、あるいはデザイン、マークのデザインですね。そういったことについて市民、あるいは登米市の出身者の方々等も含めた、登米市に興味を持っていただいてる方々のウエブでの投票等、あるいはワークショップの開催等で参画をいただきながら、形づくってこれまで取り組んできたところでございます。
 今後におきましてもですね、ウエブを活用した、例えば、「登米市をPRしてあげたい」というふうな、そういったサポーターをウエブ上で、ネット上で募ってですね、そういった方々の一人一人のツイッターなり、そういったSNSを活用した取組で情報発信をしていただくというふうな、そういった取組も次年度に向けては考えたいなというふうに思ってございます。
 それからキャッチコピー、あるいは、そのマークにつきましても、市民の方々がですね、より自分たちの想像の中で使っていただけるような、そんな制度も考えてみたいというふうに思ってございます。
 それから「あふれる笑顔の看板」についてでございますが、確かにそのあふれる笑顔のロゴ、その文章も含めてですね、市内看板を設置してるっていうふうなことではございません。
 現時点での活用というふうなところでは、特にですね、メディアへの露出というふうなことを考えて、毎月市長が定例記者会見を開催してございますけれども、そのバックボードにですね、使って、そのテレビ等の撮影の際には必ず映るようにですね、そういった仕組みも取り組んできてございますが、ただいまお話しいただきましたように、その将来像のものについては、さまざまな印刷物、あるいはポスターに使用しているところでございますが、今後ですね、そういった市内での、市民の方々と一体となった登米市の将来像の共有という観点からですね、そういった取組も必要ではなかろうかというふうなことで、今お話しをいただいて感じてございますので、今後ですね、その辺のところも考えていければというふうに思ってございます。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) 24番、八木しみ子君。

24番(八木しみ子君) この事業についてはですね、本当に企画部長が先頭に立って取り組んできた、今ここに来て成果が出てきたというふうに思っております。
 ぜひですね、今の答弁でも十分でございますから、しっかりとね、あるものは活用するほうがいいと思いますので、今後もしっかり取り組んでくださることを期待しながら、質問を終わりたいと思います。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。16番、中澤 宏君。

16番(中澤 宏君) 私から一つだけお尋ねをします。建設部長にお尋ねします。
 道路新設改良についてでございます。今、画面が消えましたが、平柳・梅ノ木線についてお尋ねしたいと思います。
 社総交の予算がね、予定どおりにつかなかったというようなことでの変更のようでございますが、それでこの梅ノ木・平柳線については、今、県北高規格道路が第2工区、第3工区と順調に進んでおるところでございます。
 平成32年には、加賀野・佐沼仮称インターが乗り入れが可能なのかと、いうようになっておりますが、この新たな道路整備は、このインターの乗り入れ口に通ずる新たな道路の新設という予定になっていると思うんですが、今回、用地の取得費が入っておりますけれども、その始まりからですね、どの程度の、今まで道路の用地を取得されたのか。その全長というのは、将来、全長のですね、予定するところの何パーセントぐらいまで取得されることになったのか、お尋ねしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 道路課長、伊藤 勝君。

道路課長(伊藤 勝君) 梅ノ木・平柳線の進捗状況でございますけれども、今の手持ちの事業量等、手持ちの資料がございませんので、後ほど提供させていただきたいというふうに思います。

議長(及川昌憲君) 16番、中澤 宏君。

16番(中澤 宏君) あんまり大ざっぱなんで、私も質疑にちょっと続くの大変ですけれども。
 じゃあ質問を変えて、この道路改良については、社総交40%、国の補助金だと思っておりました。残りの6割について、合併特例債が活用されるということになりますと、おおよそ8割を超す、全体的な補助金がですね、活用されるという大変、今、有利な時期にあって、将来を見通した道路づくりには最高の時期だと思っております。
 このいい時期にですね、期待されるこの道路整備を順調に行うことができるか、できないかというのは、このまちの将来ビジョンにとって大変、その重要な路線になるのかなと思っております。
 今後のですね、完成に向けたその取組についてお尋ねします。
 そこで社総交がですね、大変少ないということが、要望した、要するに事業に対する国の補助金が大変少ないということが、その進捗を遅くしているということで、知りてはここにもありますが、梅ノ木・平柳線、それから石打坂・西舘線、あるいはその下在線とか主要な道路に絞って、できるだけ道路を早く完成させるようにということがあるんですけれども、それでもなお少ないということですから、さらにその政策的なですね、絞り込みというものは今後あるのかないのか、ということをまずはお尋ねしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) ただいまの政策的なそういった今後の方向性というふうなご質問でございました。
 やはり震災前と比較しまして、その社総交の交付金につきましては、当時、震災前のと比較すると約40%程度から50%程度に落ち込んできておりました。そういったことがあるにもかかわらず、各自治体では、やはり「やりたい、やりたい」っていうふうなことで過剰気味になってきたことが、さらに補助率を下げている原因になってきております。
 そういったことを長く続いてきておりますので、市といたしましても、やはりこの工業団地に通ずる道路とかですね、そういった早く効果を上げたい道路に特化しながら、傾斜配分しながら、事業を進めてまいるっていうふうなことで進めてございまして、そういった意味で、今お話の石打坂・西舘線等々ですね、傾斜配分して今進めておるところでございます。
 そういった考え方に同じくさせていただきまして、現在お話しいただいております梅ノ木・平柳線につきましても、できる早く進めたいっていうふうな位置づけにしてございまして、そういった事業の進捗をさらに早めるために用地測量をして、畦畔盛土の分をまでをですね、買収して畦畔盛土をつくっていくっていう作業をまず今、進めさせていただいております。
 そういった中で、実は鴻ノ木・薬師島線等々につきましては、だんだん事業が完了に近づいてきておりますので、それら石坂も含めて、事業完了にあわせまして、特化した事業化に進めてまいりたいというふうなことで、用地のほうを進めながら、本格的な工事に向けた準備を今、進めているというふうな流れでございます。

議長(及川昌憲君) 16番、中澤 宏君。

16番(中澤 宏君) わかりました。
 そうすると、今、西舘線とか大分道路の状況が見えてきました。完成に近づいてきたなと思うんですが、そうするとそういう事業が一つ一つ終わることで、今度は梅ノ木・平柳線のほうに特化して、こっからも加速的に道路整備が進むというふうにこう思っていいんですかね。
 完成の見込みというのを、どの程度に想定しているのかお尋ねして、質問の最後にしたいと思います。
 よろしくお願いします。

議長(及川昌憲君) 道路課長、伊藤 勝君。

道路課長(伊藤 勝君) 梅ノ木・平柳線の完成予定年度でございますけれども、実施計画上で平成35年度と現在なっておるところでございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。17番、浅田 修君。

17番(浅田 修君) 住まいサポートの件でお聞きします。
 この交付なんですけども、多分アンケート取ってるかどうかちょっと知りませんけれども、交付が、「こういった補助金があるから建てる。移住定住するんだよ」ということだったのだか、「たまたま入ったんだけども、こういった補助金があるよ」ということだったのか、ちょっとその点お願いしたいと思います。
 それから、登米市に転入はわかるんですけど、転出された方は何名ぐらいいるんでしょうね、こういった形で。
 それから、転入してきた方々が、南三陸町のほう結構多いんですけれども、どこに。登米市、魅力あるっていうけれども、9町に全部うまくこう、ぱらっとなっているのか。便利なところさ集中してんのかですね、その点お聞きしたいと思います。
 あと、もう1点。転入される方は、何人でも大歓迎なんですけれども、一人当たりの交付税措置ってうのはいくらぐらい。ちなみに、ちょっと教えていただければと思います。

議長(及川昌憲君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) まず、最初のアンケートを取っているかっていうことでございますが、アンケートは取ってございません。
 ただ、交付なり申請の相談の際に、お話を聞かせていただいておりますが、市としましては、その移住、もしくは定住の誘発となるように考えてございますが、制度のでき上がったころにつきましては、やはり「ちょうどあった」というようなお話でございましたが、現時点におきましては、その交付金、補助金の活用を一つの念頭にしているというケースなどもお聞きしているところでございます。
 それから、移住・・・順番あれなんですが、市内、三陸町などから、こちらに来た場合に、どちらで住まわれているのかというようなご質問もあったかと思いますが、例えば、迫ですと南三陸町から来てる方が4軒。それから、中田町に5軒、米山町に1軒、南方に1軒、津山に1軒というふうになってございます。
 それから、交付決定の内容の、1軒当たりの内容ということでございますが、平均しますと・・・交付税。すみません。

議長(及川昌憲君) 財政課長、高橋一真君。

財政課長(高橋一真君) 一人当たりの、人口一人の交付税の額ということでございますけど、確か、手元に資料ないんですけれども、10万からの十一万、二万あたりだったような気がします。
 すみません。

議長(及川昌憲君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) それから、登米市からの転出者の人数ということでございましたが、ちょっと今、手元にですね、ございません。
 ただ、今回このサポート事業の概要の中でお示ししてございます移住につきましても、この住まいサポート事業を活用して移住、または定住した方というふうな捉え方でございますので、実質ですね、登米市のさまざまな理由で移住して来られる方もございますが、それはこの人数よりも上回ってるというふうなことでございます。
 そのうちですね、転入、移住者については、このサポート事業を活用した方だけをここで数字として拾って、ご紹介して申し上げてるところでございます。
 それから、転出につきましてはですね、今お話ししたように、手元にちょっと資料持ってございませんので、後ほどお知らせしたいというふうに思います。

議長(及川昌憲君) 17番、浅田 修君。

17番(浅田 修君) 「住宅を取得し」となったりなんだりしてるだからだけっどもね。で、そういった方でない方は、もっともっといるということなんですか。ああ、そうなの。
 その点も、ちょっとあとで教えてもらえれば、なお結構だと思うんですけど。個人の住宅なんかもあろうかと思いますけれども、その点もですね、何かこんでは、ただこの事業を使った人がなんぼっつうだけではちょっと、あまり意味ないっつうわけではないんですけれども、登米市として、本当に魅力あるまちづくりしていくのには、やはりそういったことも含めて大きくですね、データをつかみながら、やはり分析しながらこうやっていったほうがいいのかなと。
 いわゆる、こういった補助金、出したって、各まちにもあるはずなんだけどもさ。「そういったことに比較しても、登米市は有利なんだよ」とか、大体どういう位置づけになっているんでしょうね。
 やはり、そういった補助金ばりじゃない話なんですけれども、そういったことも含めて、もうちょっとやっぱり分析、必要なんじゃないかなと思うんですけど、どうなんでしょう。

議長(及川昌憲君) 企画部長、秋山茂幸君。

企画部長(秋山茂幸君) お話のとおりですね、確かにこの住まいサポート事業だけで、移住・定住を推進しようというふうなことではございませんで、少子化対策であったり、そのほかのですね、さまざまな支援対策もとってございます。そういうものトータルで移住・定住を推進したいというふうなことで、今進めてるところでございます。
 それから、今回ここにお示ししたのは、先ほど申し上げましたように、この事業を使って生み出されたものというふうなことでございますが、第二次総合計画の重点施策の中でですね、こういった移住・定住の施策によって、その生み出す人数っていうふうなものが一つの目標値としてございましたので、今回その住まいサポート事業ということもあって、こういうふうな数字の捉え方をしてございます。
 また、当然、今お話しいただきましたように、移住・定住を進めるに当たっては、一つの事業の実績というふうなことではなくて、全体としてどうなのかっていうのが最終的な成果なりですね、目標になりますので、その辺については逐次ですね、状況を把握しながら取組を進めていきたいというふうに思ってございます。

議長(及川昌憲君) ほかにありませんか。21番、相澤吉悦君。

21番(相澤吉悦君) 概要のですね、17ページなんですけれども、地域型保育給付費というふうなことで、小規模保育事業所の運営に当たって、3歳未満は二百何人とかいるんですけども、3歳以上、そっから出た方たちはですね、うまくこうバランスよく、ほかさ行ぐにいいんだいが。行ってんだべが、今、現在ですよ。そのために今の事業が、こども園をつくってると思うんですけども、今現在どうなんだべがね、そこら辺が。うまく3歳以上が、うまくこう上さ上がって、別な保育所さ移って、うまく回ってんだべが。
 そこお願いします。

議長(及川昌憲君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 小規模の卒園児ということでございますけれども、やはりその3歳児の部分で数名、ちょっと詳しい数字、持ってきておりませんが、数名待機状態になっているという子供さんも今時点でおります。
 今後もそういった認定こども園、それから幼稚園でやっております預かり保育事業、そういった部分での誘導を図りながら、できるだけ解消していきたいというふうには考えているところです。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) 21番、相澤吉悦君。

21番(相澤吉悦君) 数名っていうふうなことで、数名っていうのは10人以下だね。10人以下でこのっけで回ってるってことは、228人ですか、へってるってのはね。
 その中の3歳児が、まだゼロ歳児が多いということですので、全員ではないんで、ほだらば逆にこの次の、16ページの認定こども園。これのことについてもお伺いしますけれども。
 認定こども園が今、二つ目が完成しようとしていますけれども、これ最後に、今も、佐沼東、佐沼さでるね、もう一つね。それから、豊里さもおいおいにはでっと思う。石越さもでっと思う。
 そういうことでですね、これ増やしていったとこによって、今現在ですよ、増やしていって、十何名しかないんだらば、ほかにも入って来る人たちあると思うんですけども、これ全部できあがっていって、逆にこども園のほうが多くなってくるってことはないですかね。
 今、生まれてくる子供が、登米市でいくらくらいですか。500人ぐらいいるんですか、恐らく。

議長(及川昌憲君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 今の登米市の子ども・子育て支援事業計画という中で進めておりまして、保育のピークを31年というふうなことで捉えております。
 これから認定こども園を年次計画でつくっていくわけでございますけれども、その際、今、幼稚園、公立幼稚園のほうでは四、五歳児の幼稚園という形でやってます。認定こども園になった際には、3、4、5と3歳児からの幼稚園ということで考えてますので、潜在的な3歳児の幼稚園希望者は、ほかにもいるのかなということで若干の伸びも検討しておりますので、施設が多くなるという状況には、当分の間ならないのかなというふうには思っております。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) 21番、相澤吉悦君。

21番(相澤吉悦君) 当分の間ならないということでございますけれども、この子育てが、何回もみんなも心配してんのは、施設がいっぱいになるくらいに、いくらつくってもいいから、いっぱいになってければ人も増えて来るんで、その31年がピークだって言うんであれば、そのピークが過ぎないように、その方法もですね、さまざまこれから検討していかなきゃ、今のうちから検討していかなければ、本当にいねぐなってしまうなと思うんで、その辺の対応はまだわかんないと思うんですけれども、意気込みなどを聞いて終わります。

議長(及川昌憲君) 子育て支援課長、鈴木文男君。

子育て支援課長(鈴木文男君) 今、新しい来年開所の認定こども園っていうのを募集しておるところでございますけれども、保護者からすればそういった形で、新しいこども園への入所申し込みはかなり集まっております。
 そういったことで、保護者の期待にも応えられということでございますので、そういった今後の人口減少対策、少子化対策には、資するのかなというふうに考えているところでございます。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。
 なしなようですけれども、保留答弁の関係は、16番、17番いいですか。後でもいいですか、17番。何だっけって。
 転出はどれくらいあるかという。ちなみに、2,000人くらいですか、27年実績で。
 いいっつうがら、後でやってけらいん。
 ほかに質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。
 これから討論を行ないます。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 討論なしと認めます。
 これから議案第76号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、議案第76号 平成29年度登米市一般会計補正予算(4号)は、原案のとおり可決されました。
 ここで、説明員入れ替えのため暫時休憩します。
 
          休憩 午後3時38分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時40分
 

議長(及川昌憲君) 再開いたします。
 16番、中澤 宏君から早退の申し出があります。
 議案第77号について、議案内容の説明を求めます。市民生活部長、新井誠志君。

市民生活部長(新井誠志君) それでは、議案第77号 平成29年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)につきまして、ご説明申し上げます。
 補正予算書につきましては41ページから、予算の概算につきましては27ページからとなりますので、よろしくお願いいたします。
 まず、補正予算書41ページをお願いいたします。
 平成29年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)につきましては、第1条で歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ792万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ111億7,874万7,000円とするものでございます。
 また、第2条で、債務負担行為といたしまして、補正予算書44ページの第2表で、平成30年度における特定健康診査並びに特定保健指導委託料の限度額を8,307万8,000円と定めるものでございます。
 歳入につきましては、予算の事項別明細書でご説明申し上げますので、予算書50ページ、51ページをお願いいたします。
 初めに、3款1項1目1節療養給付等交付金、現年度分219万円の増額でございますが、歳出の一般被保険者療養費の増額に伴う補正でございます。
 続いて、3款2項1目1節普通調整交付金、82万1,000円の増額につきましても同様に、歳出の一般被保険者療養費の増額に伴う補正でございます。
 2項2目1節国民健康保険制度関係業務準備業務費補助金32万4,000円の増額でございますが、6月補正で計上しておりました国保制度の改正に伴う電算システムの改修費に対しまして、国の補助金が交付されることになりましたので、予算計上をするものでございます。
 6款2項2目1節都道府県財政調整交付金1号交付金につきましては、41万円の増額でございますが、歳出の一般被保険者療養費の増額に伴う補正でございます。
 続いて、9款1項1目4節給与費等繰入金32万4,000円の減額につきましては、電算システムの改修費には国の補助金を充てることとしたため、一般会計からの繰入金を減額するものでございます。
 続いて、2項1目1節財政調整基金繰入金450万3,000円の増額補正につきましては、財源調整のため基金の取り崩しを行うものでございます。
 続いて、歳出につきましては、予算の概要で説明させていただきますので、予算の概要27ページをお願いいたします。
 2款1項3細目1細目一般被保険者療養費684万3,000円の増額につきましては、これまでの給付実績から今後の支給見込み額を算出したところ、不足が見込まれることから増額補正するものであります。
 2款1項5目1細目審査支払手数料108万1,000円の増額についても、これまでの手数料の支払い実績から今後の支払い見込み額を算出したところ、不足が見込まれることから増額補正するものでございます。
 なお、28ページには、国民健康保険事業財政調整基金の状況を記載しておりますので、お目通しをお願いいたします。
 説明につきましては以上でございます。ご審議をいただき、ご決定くださいますよう、よろしくお願いいたします。

議長(及川昌憲君) 説明が終わりました。
 これから質疑を行います。質疑はありませんか。18番、佐藤恵喜君。

18番(佐藤恵喜君) 財政調整基金9億、そうですね、約10億円まで達する見込みということであります。
 簡単に言えば、税率算定するときの医療費の見込み、過大だったのかどうなのかちょっと事情を説明いただきたいと。
 それで、補正予算ですので、あんまりくどくはできませんが、予算書の51ページに制度改正に伴う補助金も計上になっておりますので。この関係ですが、県1本化になって、どうなるか、先ごろ河北新報で県内の市町村ごとの数値が示されておりました。
 端的に言って、登米市の見込みはあのとおりなのかどうなのか、お聞きします。

議長(及川昌憲君) 国保年金課長、幡江建樹君。

国保年金課長(幡江建樹君) まず、財政調整基金の残高でございますけれども、現在9億8,000万ほどとなってございます。
 ご存知のとおり、国保の財政調整基金につきましては、一度、大分残高が少なくなったということで、平成25年に税率を改正させていただきまして、上げたという経緯がございます。
 その後、財政調整基金が復活をしてまいりまして、残高が高くなってまいりまして、堅調な財政運営ができるということから、昨年、それから今年度ということで税率を引き下げ、税率の引き下げをさせていただいたというところでございます。
 今後につきましても、税率を検討する際には、財政調整基金等も財源の一部と考えながら調整を図ってまいりたいというふうに考えております。
 それから、来年度の県単位化についてでございますけれども、9月に県のほうから納付金の試算結果が公表されて、新聞のほうに掲載されたところでございます。
 あの数値につきましては平成29年度、いわゆる今年度に、来年度の県単位化が行われた場合に、どのような数字になるかというふうなものでございまして、来年度の数値、30年度の数値ではないということではあるんですが、この間、新聞のほうで報道された数字が今年度の新制度の場合だとあの金額で、実際に現行制度で、現制度でどのくらいの数字なのかということで試算をしてみたんですが、ほぼ県が試算した数字と現行制度の数字、同じというふうな形になりました。
 我々といたしましては、このまま医療費にですね、例えば流行性の疾患ですとか、あるいは、薬価の大幅な改定があって医療費そのものに大きな変動がなければ、国保税率につきましては、現行の水準と同じような形で来年も実行できるというふうに考えているところでございます。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) 18番、佐藤恵喜君。

18番(佐藤恵喜君) 県の試算とほぼ同じ、見込みだということであります。
 それで、県一本化になってもですね、それぞれの県の納付金額は示されますが、市独自の判断も当然、今までどおりやれるわけなんでしょうね。
 だから、もっと後に備えて基金を、もっとこの積み増しておきなさいとか、そうした指導は県からは来てないと思うんですけれども、それの確認と、そして、こんなに貯める必要ありませんので、しっかり新年度、税率改正に当たっては、28年、9年度、2年間引き下げをしてもまだ余裕ありますので、私は、しっかり反映させると、活用するということも頭に入れて執行していただきたいと思っております。
 以上の点、お聞きします。

議長(及川昌憲君) 国保年金課長、幡江建樹君。

国保年金課長(幡江建樹君) まず各市町村の基金につきましては、議員からお話のとおり、特に県のほうから「もっと貯めなさい」というふうな指示は来ていない状況でございます。
 それから、国のほうからは、今ある各市町村の基金につきましては、「今後も有効に使っていただいて構わない」ということでございますので、基金の活用は、県単位化になっても引き続き行えるということでございます。
 それから、来年度以降の国保税率の算定に当たりましても、基金の活用を視野に入れながら、被保険者の軽減となるように配慮しながら進めてまいりたいと思います。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) 18番、佐藤恵喜君。

18番(佐藤恵喜君) これから、見込みがほぼ県の試算どおりでいくだろうという答弁ありましたけど、担当として何か、いわば心配なことっていうか、こういうことが降りかかってくるというか、ということで、予定してたよりは狂ってくるんじゃないかと。そういうものって、今あるものなんでしょうか。

議長(及川昌憲君) 国保年金課長、幡江建樹君。

国保年金課長(幡江建樹君) 現時点で具体的な懸念事項っていいますと、なかなか、なかなか想定、難しいんですけども、ただ、将来的に県内で全ての税率を統一したいという、大きな目的が県単位化にございます。
 その県内を統一する時期というのは、まだ明確にはなってはいないんですけれども、県内統一になった場合に、どのような保険税率になるのか。「もしかすると上がるかもしれない」というところで、そういったところが懸念されるところでございます。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 討論なしと認めます。
 これから議案第77号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、議案第77号 平成29年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)は、原案とおり可決されました。
 お諮りします。本日の会議はこれで延会とし、明日12月20日は広報広聴、議会改革、政策企画の各委員会と、公共施設のあり方調査特別委員会の開催のため休会としたいと思います。
 これにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、本日はこれで延会とし、明日12月20日は広報広聴、議会改革、政策企画の各委員会と、公共施設のあり方調査特別委員会の開催のため休会とすることに決定しました。
 なお、次回の会議は12月21日、午前10時から開催します。
 本日はこれで延会します。ご苦労さんです。
 
          散会 午後3時52分
 
 
 上記会議の経過を記載し、その相違ないことを証するためここに署名する。
 
 議会議長  及 川 昌 憲
 
 
 署名議員  須 藤 幸 喜
 
 
 署名議員  岩 渕 正 弘

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>