•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(金野静男)
  •   2  23番(佐藤勝)
  •   3  委員長(金野静男)
  •   4  健康推進課長(千葉ますみ)
  •   5  委員長(金野静男)
  •   6  23番(佐藤勝)
  •   7  委員長(金野静男)
  •   8  環境課長(佐々木修一)
  •   9  委員長(金野静男)
  •  10  23番(佐藤勝)
  •  11  委員長(金野静男)
  •  12  環境課長(佐々木修一)
  •  13  委員長(金野静男)
  •  14  市民生活部長(星英雄)
  •  15  委員長(金野静男)
  •  16  23番(佐藤勝)
  •  17  委員長(金野静男)
  •  18  市民生活部長(星英雄)
  •  19  委員長(金野静男)
  •  20  22番(沼倉利光)
  •  21  委員長(金野静男)
  •  22  市長(布施孝尚)
  •  23  委員長(金野静男)
  •  24  市民生活部長(星英雄)
  •  25  委員長(金野静男)
  •  26  22番(沼倉利光)
  •  27  委員長(金野静男)
  •  28  市民生活部長(星英雄)
  •  29  委員長(金野静男)
  •  30  22番(沼倉利光)
  •  31  委員長(金野静男)
  •  32  市長(布施孝尚)
  •  33  委員長(金野静男)
  •  34  24番(岩淵勇一)
  •  35  委員長(金野静男)
  •  36  長寿介護課長(熊谷一)
  •  37  委員長(金野静男)
  •  38  健康推進課長(千葉ますみ)
  •  39  委員長(金野静男)
  •  40  24番(岩淵勇一)
  •  41  委員長(金野静男)
  •  42  福祉事務所長(志賀尚)
  •  43  委員長(金野静男)
  •  44  健康推進課長(千葉ますみ)
  •  45  委員長(金野静男)
  •  46  21番(佐藤尚哉)
  •  47  委員長(金野静男)
  •  48  市長(布施孝尚)
  •  49  委員長(金野静男)
  •  50  21番(佐藤尚哉)
  •  51  委員長(金野静男)
  •  52  市長(布施孝尚)
  •  53  委員長(金野静男)
  •  54  21番(佐藤尚哉)
  •  55  委員長(金野静男)
  •  56  市民生活部長(星英雄)
  •  57  委員長(金野静男)
  •  58  21番(佐藤尚哉)
  •  59  委員長(金野静男)
  •  60  2番(工藤淳子)
  •  61  委員長(金野静男)
  •  62  生活福祉課長(青野孝)
  •  63  委員長(金野静男)
  •  64  生活福祉課長(青野孝)
  •  65  委員長(金野静男)
  •  66  長寿介護課長(熊谷一)
  •  67  委員長(金野静男)
  •  68  2番(工藤淳子)
  •  69  委員長(金野静男)
  •  70  福祉事務所長(志賀尚)
  •  71  委員長(金野静男)
  •  72  長寿介護課長(熊谷一)
  •  73  委員長(金野静男)
  •  74  2番(工藤淳子)
  •  75  委員長(金野静男)
  •  76  福祉事務所長(志賀尚)
  •  77  委員長(金野静男)
  •  78  長寿介護課長(熊谷一)
  •  79  委員長(金野静男)
  •  80  委員長(金野静男)
  •  81  26番(伊藤栄)
  •  82  委員長(金野静男)
  •  83  クリーンセンター所長(高橋秀広)
  •  84  委員長(金野静男)
  •  85  26番(伊藤栄)
  •  86  委員長(金野静男)
  •  87  市長(布施孝尚)
  •  88  委員長(金野静男)
  •  89  26番(伊藤栄)
  •  90  委員長(金野静男)
  •  91  市長(布施孝尚)
  •  92  委員長(金野静男)
  •  93  15番(伊藤吉浩)
  •  94  委員長(金野静男)
  •  95  生活福祉課長(青野孝)
  •  96  委員長(金野静男)
  •  97  15番(伊藤吉浩)
  •  98  委員長(金野静男)
  •  99  総務部長(小野寺富雄)
  • 100  委員長(金野静男)
  • 101  15番(伊藤吉浩)
  • 102  委員長(金野静男)
  • 103  福祉事務所長(志賀尚)
  • 104  委員長(金野静男)
  • 105  15番(伊藤吉浩)
  • 106  委員長(金野静男)
  • 107  4番(武田節夫)
  • 108  委員長(金野静男)
  • 109  子育て支援課長(小野寺千秋)
  • 110  委員長(金野静男)
  • 111  4番(武田節夫)
  • 112  委員長(金野静男)
  • 113  子育て支援課長(小野寺千秋)
  • 114  委員長(金野静男)
  • 115  4番(武田節夫)
  • 116  委員長(金野静男)
  • 117  福祉事務所長(志賀尚)
  • 118  委員長(金野静男)
  • 119  4番(武田節夫)
  • 120  委員長(金野静男)
  • 121  福祉事務所長(志賀尚)
  • 122  委員長(金野静男)
  • 123  4番(武田節夫)
  • 124  委員長(金野静男)
  • 125  福祉事務所長(志賀尚)
  • 126  委員長(金野静男)
  • 127  28番(岩淵正宏)
  • 128  委員長(金野静男)
  • 129  環境課長(佐々木修一)
  • 130  委員長(金野静男)
  • 131  28番(岩淵正宏)
  • 132  委員長(金野静男)
  • 133  市長(布施孝尚)
  • 134  委員長(金野静男)
  • 135  28番(岩淵正宏)
  • 136  委員長(金野静男)
  • 137  環境課長(佐々木修一)
  • 138  委員長(金野静男)
  • 139  副委員長(伊藤吉浩)
  • 140  5番(遠藤音)
  • 141  副委員長(伊藤吉浩)
  • 142  福祉事務所長(志賀尚)
  • 143  副委員長(伊藤吉浩)
  • 144  子育て支援課長(小野寺千秋)
  • 145  副委員長(伊藤吉浩)
  • 146  長寿介護課長(熊谷一)
  • 147  副委員長(伊藤吉浩)
  • 148  病院事業管理者(大橋章)
  • 149  副委員長(伊藤吉浩)
  • 150  財政課長(千葉雅弘)
  • 151  副委員長(伊藤吉浩)
  • 152  病院事業管理者(大橋章)
  • 153  副委員長(伊藤吉浩)
  • 154  5番(遠藤音)
  • 155  副委員長(伊藤吉浩)
  • 156  福祉事務所長(志賀尚)
  • 157  副委員長(伊藤吉浩)
  • 158  子育て支援課長(小野寺千秋)
  • 159  副委員長(伊藤吉浩)
  • 160  長寿介護課長(熊谷一)
  • 161  副委員長(伊藤吉浩)
  • 162  病院事業管理者(大橋章)
  • 163  副委員長(伊藤吉浩)
  • 164  5番(遠藤音)
  • 165  副委員長(伊藤吉浩)
  • 166  22番(沼倉利光)
  • 167  副委員長(伊藤吉浩)
  • 168  副委員長(伊藤吉浩)
  • 169  病院事業管理者(大橋章)
  • 170  副委員長(伊藤吉浩)
  • 171  副委員長(伊藤吉浩)
  • 172  病院事業管理者(大橋章)
  • 173  副委員長(伊藤吉浩)
  • 174  22番(沼倉利光)
  • 175  副委員長(伊藤吉浩)
  • 176  副委員長(伊藤吉浩)
  • 177  病院事業管理者(大橋章)
  • 178  副委員長(伊藤吉浩)
  • 179  9番(及川長太郎)
  • 180  副委員長(伊藤吉浩)
  • 181  生活福祉課長(青野孝)
  • 182  副委員長(伊藤吉浩)
  • 183  9番(及川長太郎)
  • 184  副委員長(伊藤吉浩)
  • 185  生活福祉課長(青野孝)
  • 186  副委員長(伊藤吉浩)
  • 187  9番(及川長太郎)
  • 188  副委員長(伊藤吉浩)
  • 189  福祉事務所長(志賀尚)
  • 190  副委員長(伊藤吉浩)
  • 191  9番(及川長太郎)
  • 192  副委員長(伊藤吉浩)
  • 193  福祉事務所長(志賀尚)
  • 194  副委員長(伊藤吉浩)
  • 195  9番(及川長太郎)
  • 196  副委員長(伊藤吉浩)
  • 197  7番(佐々木一)
  • 198  副委員長(伊藤吉浩)
  • 199  長寿介護課長(熊谷一)
  • 200  副委員長(伊藤吉浩)
  • 201  環境課長(佐々木修一)
  • 202  副委員長(伊藤吉浩)
  • 203  環境事業所長(佐々木秀悦)
  • 204  副委員長(伊藤吉浩)
  • 205  7番(佐々木一)
  • 206  副委員長(伊藤吉浩)
  • 207  環境事業所長(佐々木秀悦)
  • 208  副委員長(伊藤吉浩)
  • 209  長寿介護課長(熊谷一)
  • 210  副委員長(伊藤吉浩)
  • 211  環境課長(佐々木修一)
  • 212  副委員長(伊藤吉浩)
  • 213  7番(佐々木一)
  • 214  副委員長(伊藤吉浩)
  • 215  福祉事務所長(志賀尚)
  • 216  副委員長(伊藤吉浩)
  • 217  7番(佐々木一)
  • 218  副委員長(伊藤吉浩)
  • 219  6番(阿部正一)
  • 220  副委員長(伊藤吉浩)
  • 221  環境課長(佐々木修一)
  • 222  副委員長(伊藤吉浩)
  • 223  6番(阿部正一)
  • 224  副委員長(伊藤吉浩)
  • 225  環境課長(佐々木修一)
  • 226  副委員長(伊藤吉浩)
  • 227  市長公室長(北條敏夫)
  • 228  副委員長(伊藤吉浩)
  • 229  6番(阿部正一)
  • 230  副委員長(伊藤吉浩)
  • 231  病院事業管理者(大橋章)
  • 232  副委員長(伊藤吉浩)
  • 233  20番(及川昌憲)
  • 234  副委員長(伊藤吉浩)
  • 235  市民生活課長(目々澤義信)
  • 236  副委員長(伊藤吉浩)
  • 237  20番(及川昌憲)
  • 238  副委員長(伊藤吉浩)
  • 239  副委員長(伊藤吉浩)
  • 240  市民生活部長(星英雄)
  • 241  副委員長(伊藤吉浩)
  • 242  20番(及川昌憲)
  • 243  副委員長(伊藤吉浩)
  • 244  副委員長(伊藤吉浩)
  • 245  副委員長(伊藤吉浩)
  • 246  企画部長(佐藤順悦)
  • 247  副委員長(伊藤吉浩)
  • 248  20番(及川昌憲)
  • 249  副委員長(伊藤吉浩)
  • 250  市民生活部長(星英雄)
  • 251  副委員長(伊藤吉浩)
  • 252  市民生活課長(目々澤義信)
  • 253  副委員長(伊藤吉浩)
  • 254  20番(及川昌憲)
  • 255  副委員長(伊藤吉浩)
  • 256  13番(相澤吉悦)
  • 257  副委員長(伊藤吉浩)
  • 258  子育て支援課長(小野寺千秋)
  • 259  副委員長(伊藤吉浩)
  • 260  13番(相澤吉悦)
  • 261  副委員長(伊藤吉浩)
  • 262  福祉事務所長(志賀尚)
  • 263  副委員長(伊藤吉浩)
  • 264  副委員長(伊藤吉浩)
  • 265  副委員長(伊藤吉浩)
  • 266  24番(岩淵勇一)
  • 267  副委員長(伊藤吉浩)
  • 268  産業経済部長(真山誠喜)
  • 269  副委員長(伊藤吉浩)
  • 270  24番(岩淵勇一)
  • 271  副委員長(伊藤吉浩)
  • 272  産業経済部長(真山誠喜)
  • 273  副委員長(伊藤吉浩)
  • 274  24番(岩淵勇一)
  • 275  副委員長(伊藤吉浩)
  • 276  産業経済部長(真山誠喜)
  • 277  副委員長(伊藤吉浩)
  • 278  12番(二階堂一男)
  • 279  副委員長(伊藤吉浩)
  • 280  新産業対策室長(佐々木茂光)
  • 281  副委員長(伊藤吉浩)
  • 282  農産園芸畜産課長(高橋充)
  • 283  副委員長(伊藤吉浩)
  • 284  12番(二階堂一男)
  • 285  副委員長(伊藤吉浩)
  • 286  農産園芸畜産課長(高橋充)
  • 287  副委員長(伊藤吉浩)
  • 288  12番(二階堂一男)
  • 289  副委員長(伊藤吉浩)
  • 290  産業経済部長(真山誠喜)
  • 291  副委員長(伊藤吉浩)
  • 292  21番(佐藤尚哉)
  • 293  副委員長(伊藤吉浩)
  • 294  産業経済部長(真山誠喜)
  • 295  副委員長(伊藤吉浩)
  • 296  21番(佐藤尚哉)
  • 297  副委員長(伊藤吉浩)
  • 298  産業経済部長(真山誠喜)
  • 299  副委員長(伊藤吉浩)
  • 300  26番(伊藤栄)
  • 301  副委員長(伊藤吉浩)
  • 302  産業経済部長(真山誠喜)
  • 303  副委員長(伊藤吉浩)
  • 304  26番(伊藤栄)
  • 305  副委員長(伊藤吉浩)
  • 306  総務部長(小野寺富雄)
  • 307  副委員長(伊藤吉浩)
  • 308  市長(布施孝尚)
  • 309  副委員長(伊藤吉浩)
  • 310  副委員長(伊藤吉浩)
  • 311  6番(阿部正一)
  • 312  副委員長(伊藤吉浩)
  • 313  産業経済部長(真山誠喜)
  • 314  副委員長(伊藤吉浩)
  • 315  6番(阿部正一)
  • 316  副委員長(伊藤吉浩)
  • 317  市長(布施孝尚)
  • 318  副委員長(伊藤吉浩)
  • 319  6番(阿部正一)
  • 320  副委員長(伊藤吉浩)
  • 321  産業経済部次長(神田雅春)
  • 322  副委員長(伊藤吉浩)
  • 323  6番(阿部正一)
  • 324  副委員長(伊藤吉浩)
  • 325  産業経済部次長(神田雅春)
  • 326  副委員長(伊藤吉浩)
  • 327  6番(阿部正一)
  • 328  副委員長(伊藤吉浩)
  • 329  産業経済部次長(神田雅春)
  • 330  副委員長(伊藤吉浩)
  • 331  6番(阿部正一)
  • 332  副委員長(伊藤吉浩)
  • 333  産業経済部長(真山誠喜)
  • 334  副委員長(伊藤吉浩)
  • 335  6番(阿部正一)
  • 336  副委員長(伊藤吉浩)
  • 337  産業経済部長(真山誠喜)
  • 338  副委員長(伊藤吉浩)
  • 339  6番(阿部正一)
  • 340  副委員長(伊藤吉浩)
  • 341  産業経済部長(真山誠喜)
  • 342  副委員長(伊藤吉浩)
  • 343  6番(阿部正一)
  • 344  副委員長(伊藤吉浩)
  • 345  産業経済部長(真山誠喜)
  • 346  副委員長(伊藤吉浩)
  • 347  6番(阿部正一)
  • 348  副委員長(伊藤吉浩)
  • 349  産業経済部長(真山誠喜)
  • 350  副委員長(伊藤吉浩)
  • 351  18番(田口久義)
  • 352  副委員長(伊藤吉浩)
  • 353  新産業対策室長(佐々木茂光)
  • 354  副委員長(伊藤吉浩)
  • 355  農産園芸畜産課長(高橋充)
  • 356  副委員長(伊藤吉浩)
  • 357  18番(田口久義)
  • 358  副委員長(伊藤吉浩)
  • 359  農産園芸畜産課長(高橋充)
  • 360  副委員長(伊藤吉浩)
  • 361  新産業対策室長(佐々木茂光)
  • 362  副委員長(伊藤吉浩)
  • 363  18番(田口久義)
  • 364  副委員長(伊藤吉浩)
  • 365  産業経済部長(真山誠喜)
  • 366  副委員長(伊藤吉浩)
  • 367  18番(田口久義)
  • 368  副委員長(伊藤吉浩)
  • 369  産業経済部長(真山誠喜)
  • 370  副委員長(伊藤吉浩)
  • 371  10番(浅野敬)
  • 372  副委員長(伊藤吉浩)
  • 373  新産業対策室長(佐々木茂光)
  • 374  副委員長(伊藤吉浩)
  • 375  市長(布施孝尚)
  • 376  副委員長(伊藤吉浩)
  • 377  10番(浅野敬)
  • 378  副委員長(伊藤吉浩)
  • 379  新産業対策室長(佐々木茂光)
  • 380  副委員長(伊藤吉浩)
  • 381  市長(布施孝尚)
  • 382  副委員長(伊藤吉浩)
  • 383  10番(浅野敬)
  • 384  副委員長(伊藤吉浩)
  • 385  副委員長(伊藤吉浩)
      平成24年第1回登米市議会 予算審査特別委員会 会議録
 平成24年3月12日(月曜日)
1.出席委員(29名)
   1番 金 野 静 男 君(委員長)  2番 工 藤 淳 子 君
   3番 小野寺 金太郎 君       4番 武 田 節 夫 君
   5番 遠 藤   音 君       6番 阿 部 正 一 君
   7番 佐々木   一 君       8番 星   順 一 君
   9番 及 川 長太郎 君      10番 浅 野   敬 君
  11番 菅 原 幸 夫 君      12番 二階堂 一 男 君
  13番 相 澤 吉 悦 君      14番 八 木 しみ子 君
  15番 伊 藤 吉 浩 君(副委員長)16番 庄 子 喜 一 君
  17番 關     孝 君      18番 田 口 久 義 君
  19番 佐 藤 恵 喜 君      20番 及 川 昌 憲 君
  21番 佐 藤 尚 哉 君      22番 沼 倉 利 光 君
  23番 佐 藤   勝 君      24番 岩 淵 勇 一 君
  25番 中 澤   宏 君      26番 伊 藤   栄 君
  27番 熊 谷 憲 雄 君      28番 岩 淵 正 宏 君
  29番 浅 田   修 君
1.欠席委員(なし)
1.遅刻委員
  28番 岩 淵 正 宏 君
1.早退委員
   1番 金 野 静 男 君
1.その他出席
  議 長 田 口 政 信 君
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君   副  市  長  藤 井 敏 和 君
  総 務 部 長  小野寺 富 雄 君   企 画 部 長  佐 藤 順 悦 君
  市民生活部長   星   英 雄 君   産業経済部長   真 山 誠 喜 君
                       産業経済部
  建 設 部 長  高 橋 千 壽 君   理事兼次長    秋 山 茂 幸 君
  産業経済部                市民生活部
  次     長  神 田 雅 春 君   次     長  佐 藤 賀津雄 君
  環境事業所長   佐々木 秀 悦 君   財 政 課 長  千 葉 雅 弘 君
  市民生活課長   目々澤 義 信 君   国保年金課長   菊 地 治 美 君
  環 境 課 長  佐々木 修 一 君   健康推進課長   千 葉 ますみ 君
                       教 育 次 長
  教  育  長  片 倉 敏 明 君   (学校教育)   永 浦 敬 悦 君
  教 育 次 長
  (社会教育)   阿 部 静 男 君   病院事業管理者  大 橋   章 君
                       衛生センター
  福祉事務所長   志 賀   尚 君   所     長  濱 田 和 幸 君
  クリーンセンター
  所     長  高 橋 秀 広 君   子育て支援課長  小野寺 千 秋 君
  長寿介護課長   熊 谷   一 君   生活福祉課長   青 野   孝 君
  市長公室長    北 條 敏 夫 君   会計管理者    及 川 登志郎 君
  地域医療対策
  専  門  監  浅 野 雅 博 君   学校教育課長   萩 田 隆 児 君
                       農産園芸畜産
  農林政策課長   高 橋   巌 君   課     長  高 橋   充 君
                       新産業対策
  農村整備課長   阿 部 清 喜 君   室     長  佐々木 茂 光 君
  ブランド戦略               米販売促進
  室     長  佐々木 洋 一 君   専  門  監  菅 原 貞 治 君
  農業委員会                農業委員会
  事 務 局 長  金   正 男 君   事務局次長    鎌 田 智 之 君
1.事務局出席職員氏名
                       議会事務局
  議会事務局長   村 上 昭 一 君   次     長  佐 藤 昌 彦 君
  議会事務局長               議会事務局
  補佐兼議事                議事・調査係
  ・調査係長    佐 藤 真 吾 君   主     幹  蛇 好 芳 則 君
  議会事務局                議会事務局
  議事・調査係               議事・調査係
  主     幹  高 橋 正 博 君   主     査  加 藤 善 己 君
  議会事務局
  議事・調査係
  主     事  千 葉 三智子 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 議案第11号 平成24年度登米市一般会計予算
          開議 午前10時
委員長(金野静男君) おはようございます。
 ただいまから予算審査特別委員会3日目の会議を開きます。
 28番、岩淵正宏君から遅参の届け出があります。
 ここで申し上げます。本日、午前中、宝江小学校6年生21名及び引率の先生2名が社会科学習の一環として委員会傍聴の届け出があります。これを許可しております。
 これから、引き続き議案第11号 平成24年度登米市一般会計予算の質疑を行います。
 3款民生費、4款衛生費について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
 23番、佐藤 勝君。
23番(佐藤 勝君) 当初予算の概要の60ページ、予防費でございますが、まず検診事業が当市の場合、取り組みが非常に功を奏しまして、県内でも受診率が高いと、集団検診ですね、個人検診ともだと思いますが。概要の別冊2の14ページに集団検診のいろんな項目が載っております。この集団検診の受診の人口といいますか、市民の数はどれくらいで、高い率とは言いますが、何%ぐらいの受診率なのか、その辺をまずはお伺いしたいと思います。
 それから、受診率の向上対策、三つここで述べておられまして、非常に微に入り細に入りといいますか、大変な取り組みが載っております。きょう市民の方も聞いておると思います。私はこれを見れば大体わかりますが、かいつまんで市の対策事業、未検者対策あるいは若年者子宮がん検診、それからがん検診、この三つについての簡単な説明をお願いしたいと思います。
 それから、さまざまな予防接種が行われているようでございますが、特に肺炎とか、そういうので、ことし、かなりの方が亡くなっているというのをテレビの報道なんかでもあります。肺炎の予防接種、私も実は一度かかりまして、ひどい目に遭いまして、2年前に入院間際になりました。それ以来、肺炎球菌予防接種は受けましたが、こういったインフルエンザ予防とか肺がんの予防接種、そういった予防接種は、ことしは特に無料で、赤十字のお計らいで無料で肺炎球菌の場合は受けられるということでございましたが、こういった予防接種の状況をひとつ教えていただきたいと。以上お願いします。
委員長(金野静男君) 答弁願います。健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) ただいまのご質問にお答えしたいと思います。
 検診事業の実績につきましては、平成23年度すべての検診が終わってございます。検診の受診率につきましては県内でもがん検診につきましてはトップクラスと言われまして、1位、2位、大体30%から45%の受診率を保っております。特に胃がん検診につきましては、今年度、迫の保健センターで未検者対策を実施いたしまして、最終で36%といったような受診率になってございます。特定健診につきましては、国保の特定健診、39歳以下の市独自の健診につきまして、全体で約61%ほどの受診率になっておりますけれども、特定健診につきましては最終結果の集計が出ておりませんので、おおむね61%ということでご了解いただきたいと思います。そのほか大腸がん検診につきましては、今年度初めて市民病院の方で1次検診を実施しております。大腸がん検診につきましては40.9%、大体41%ほどになってございます。
 それから、二つ目のご質問にありました未検者対策をどのように実施しているのかといったようなご質問でございますが、それにつきましては説明書の(2)に受診率向上対策事業ということで説明させていただいていますけれども、主には通知による個別対応、二つ目といたしましては保健活動推進員等による地域ぐるみの働きかけ、三つといたしましては受診機会を広くするといったようなことで、市内どこでも受診可能な体制をつくっていくということで対応していきたいと考えております。
 具体的には、1)の初回受診者、過去3年間未検者受診率向上対策といたしまして、今年度初めて検診対象になられます胃がん検診であれば35歳の方、大腸がん検診につきましては40歳の方、前立腺がん検診の50歳の方につきましては、申し込みにかかわらず受診票を送付するように手配してまいりたいと思っております。
 二つ目の若年者の子宮がんの未検者検診につきましては、3年前から20歳代の検診の受診率向上を図りたいということで、医療機関の協力を得まして、未検者全員に対して通知を差し上げております。
 三つ目のがん検診推進事業につきましては、これは国のがん対策推進基本計画の施策の一環として行われているものでございますが、胃がん、大腸がん、子宮がん、乳がんにつきまして、5歳刻みの年齢の方に、すべての方に受診票を送付しております。これを24年度も引き続き実施していくということにしております。
 三つ目のご質問でありますけれども、予防接種の状況であります。予防接種、先ほどご質問にありました高齢者の肺炎に対しての対応でございますが、これにつきましては従来から登米市におきましては高齢者の肺炎球菌の助成ということで3,000円の助成をしておりますが、今年度、災害支援ということで赤十字の方、日赤の方での特別事業といたしまして70歳以上の方については全額無料といったような形で接種を3月末まで継続してございます。これにつきましては今年度事業ということで、県の医師会事業として実施しております。
 市の予防接種事業につきましては、予防接種には大きく分けて二通りございますけれども、一つは予防接種法によります定期の予防接種、それから任意の予防接種ということで二通りあります。任意の予防接種につきましては、ここに書いてありますとおり、登米市におきましては県内に先駆けまして3,000円の助成ということで、任意の予防接種にも助成をしてございます。24年度につきましても、高齢者肺炎球菌、おたふく風邪、水痘につきましてはそれぞれ3,000円、小児肺炎球菌、ヒブ、子宮頸がんにつきましては全額助成ということで、事業を実施していく予定でございます。以上でございます。
委員長(金野静男君) 23番、佐藤 勝君。
23番(佐藤 勝君) 事ほどさように、かなり検診率向上について取り組んでいただいているということが若干わかりました。
 県内ではトップクラスと、非常に向上しているというお話でございますので安心しましたが、この向上策については本人通知もさることながら、これはなじむかどうかわかりませんけれども、例えば防災無線とか、その時期になったら防災無線あるいは「H@!(はっと)FM」などを通じても何か一言二言流していただければ、あるいは少しは役立つのではなかろうかということを検討していただければありがたいと思います。
 がん検診も非常に高いようですけれども、例えば子宮頸がんの検診は世界では約60%、58.8%の検診率になっているそうです。比べて日本は23%弱と、23.7%ですか、こういうことで、まだまだこの検診についても啓発する余地はあるということですので、よろしく取り組みをお願いしたいと思います。
 次に、衛生費についてお伺いいたします。
 ここでは瓦れきの処理について若干お伺いしたいと思いますが、よく今回の震災で沿岸部の方は通常の年の何十倍とか何年分とか、そういう瓦れきが出て、市内では処理できないということでございますが、登米市内はそれほどではないにしても、どれくらいの量になって、現在、処理はどの程度進んでおられるのか、その辺を確認させていただきたいと思います。
委員長(金野静男君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) それでは、市内での処理状況でございます。
 現在、可燃系、不燃系の廃棄物処理を行っているところでございますが、全体の発生見込み数につきましては14万トンを見込んでいるところでございます。現在の発生量につきましては、民間業者委託、市の施設での処理といたしまして9万3,000トンほどとなっております。今後につきましては、4万トンから5万トンほどの処理量が見込まれてくるという推計でいるところでございます。
委員長(金野静男君) 23番、佐藤 勝君。
23番(佐藤 勝君) 全体のトン数はわかりましたが、現在どの程度の処理が行われたかというのをお聞きしたいし、あと何年ぐらいかかればこれが終わるのか、その辺も簡単で結構ですから。
委員長(金野静男君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) 現在の状況としては9万トンほどでございまして、70%弱の処理量ということになっております。この事業につきましては平成24年の12月まで終了する予定で現在進めているところでございます。
委員長(金野静男君) 市民生活部長、星 英雄君。
市民生活部長(星 英雄君) 今、環境課長がご答弁申し上げましたのは、住家あるいは非住家等の解体の予定の部分でございまして、全体のごみについては先ほど申し上げましたように14万トンありまして、約7割弱、67%程度の処理が既に済んでおるということで、全体の期間としては約2年半ほど見込んでございまして、既に1年経過してございますから、あと1年半程度要するものと見込んでございます。
委員長(金野静男君) 23番、佐藤 勝君。
23番(佐藤 勝君) もう一度、今の数字はわかりました。もう間もないので安心しました。
 関連して、市内の何カ所かに沿岸部で流された車が積んでございます。これの処理は、当初だと去年の9月とか何かで終わるというようなお話を聞いた記憶がございますが、これはいつごろになれば全部なくなるものか、その辺もお尋ねしたいと思います。
 それからもう1点だけ、その瓦れきの処理は間もなく終わるみたいですが、全部焼却処分、木材は焼却処分だと思いますが、例えば活用などは、きょうのテレビで言ってましたけど、これはよその話ですが、活用して、例えば大量の熱を要する企業等にそれをリサイクルで使ってもらうというような取り組みもなされていると聞きます。こちらはもう終わりに近づいていることですので、その余地もどうかわかりませんけれども、一言だけ、検討の余地もあるなと思いましたので、申し上げておきたいと思います。以上です
委員長(金野静男君) 市民生活部長、星 英雄君。
市民生活部長(星 英雄君) 間もなくということでなく、これから1年半、全体で2年半かかりますので、1年が経過したということで、今後1年半程度を要するということで、もう少しかかるということで、ご理解をいただきたいと思います。
 それから、木材等の部分、極力リサイクルには回してございます。どうしても混合物になって焼却しなければならないもののみ焼却にやっているということで、大体リサイクル率で、ちょっと数字はあれですけど、65%程度はリサイクルしていると記憶いたしてございます。
 それから、被災車両の関係でございます。現在、搬出が進んでございまして、私どもの方に情報として入っている分については、およそ車についてはこの3月中をめどに搬出をしたいということで今取り組んでおると。多くは石巻市で委託した部分の車両が登米市に保管されているということでございまして、そういった情報でもございますが、そこには若干の差異があろうかと思いますけれども、現段階では年度内にぜひ搬出したいという意向でお伺いをしているところでございます。
委員長(金野静男君) 22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 今の佐藤委員と関連するわけですけれども、実は今回の震災に伴う瓦れきのことについて、9日に市長に対して請願がありました。沿岸部のことについて市長はどういうふうにするのかということがありましたけれども、市長のコメントは「沿岸部の支援をする中で、瓦れきについては市内の瓦れきを処理するだけで手いっぱいなのが現状」と説明した上で「どういう協力ができるか考えたい」というコメントでありました。
 実は、このことについては市長もご存じだと思いますけれども、3月6日の建設新聞によりますと、南三陸の81万トンを上回る震災ごみに対して県が委託した清水建設の委託契約が219億5,130万円でやったということで、このことについて、設置含めて、例えば沿岸部だけでなく、別の内陸の方に3基のうち1基ぐらいはつくってもいいような、そういったうわさもあるんですけれども、こういった中で登米市として南三陸に対して今までも市長をトップに一生懸命頑張ってきました。しかし、今、東京だ、どこだと言われている中で、本当にここで困っているのはやはり瓦れきだと思いますけれども、登米市としてこのことについてもう少し前向きに、こういった県の広域的な瓦れきの処理について、登米市ももう少し前向きにされてはいかがでしょうか。
委員長(金野静男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 詳細につきましては市民生活部長の方から答弁をさせますが、基本的な考えは議員と同じ考えであります。そしてまた、その取り組みの様相につきましては、詳細につきましては部長の方から答弁をさせますが、まず先日、請願をされた内容につきましては、市内の焼却施設での処理の中でまずお手伝いができないかというような提案でございました。そして、登米市のクリーンセンターの稼働状況等もご説明を申し上げ、市内の解体住家、家屋等の木質の瓦れきというか、ごみだけでも焼却するのに先ほどご答弁申し上げましたとおりまだこれから1年半の時間がかかるというようなことでありますので、新たなプラントの設置、そういったものでなければ我々としてはなかなかその対応は難しいということでお話をさせていただいたところです。
 詳細につきましては部長の方から答弁させます。
委員長(金野静男君) 市民生活部長、星 英雄君。
市民生活部長(星 英雄君) 今ほどありましたように、地元の商店街の皆さんが、近隣市にあって遠くに瓦れきを搬出するという対応ではなくて、近くで何とかならないものかという観点でのご要望があったところでございます。その内容について申し上げました、あるいは市長から申し上げましたように、特に燃やす方の瓦れきの量が非常に多いということでございます。そういった点では、登米市にあっても現在の焼却施設、民間にも2施設ありまして、あと市のクリーンセンターと三つの施設でフル回転をしながら対応いたしてございますけれども、まだ余力がある段階ではないということでございまして、現在、一部瓦れき、燃やす方の瓦れき以外の瓦れきについては若干市内でも余裕がありますので、そういった点での対応であったり、そのほか、今、焼却施設の設置については正式に要請があるわけではございませんけれども、ある施設の中で可能な範囲で対応、何ができるかという点を検討していきたいと思っているところでございます。
委員長(金野静男君) 22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 私は、こういった産業廃棄物と一般のごみの関係の処理、その辺については法的な一つの枠があって、例えば登米市で出たものについては登米市で、そちらの町では一つの町で処理するという一つの枠があるようにお聞きしております。しかし、今回の震災の中でそれだけではとてもやっていけないということで、今回、県では広域的な処理もいいのではないかという、そういったうわさも聞いております。その中で、さっき申しましたように、今回南三陸にかかわるごみについて、県の震災廃棄物対策室課の発注で、さっきもお話ししましたように委託先は清水建設で、委託料についても219億円であるという、その工事の中身については、この処理をする施設のやつを3基設置してやっていくという、そういった考えのようです。登米市でやるとすれば、もちろん1カ所の木質、木を燃やせる施設はたしか二つか三つぐらいしかないというようなお話を聞いております。ですから、そこであれば、そういったものをもし登米市にいいよということであれば、そのごみを受けるとか、やはり県とよく協議して、南三陸に協力できる現状の中で、このようなことについてもどのように対応したらいいか、もう少し前向きにその話し合いをしてもいいのではないかと思いますけれども、いかがでしょうか。
委員長(金野静男君) 市民生活部長、星 英雄君。
市民生活部長(星 英雄君) 今ありましたように、県でも広域処理ということで、既に何カ所かの処理施設の方にお声がけがあると聞いてございますが、登米市にあっては被災地であったり、あるいは今の稼働状況の報告もある点も含めてと思いますけれども、県からの要望等はまだ出てございません。ただ、委員からご指摘ございましたように、何ができるかという観点も含めてそういった点を検討してまいりたいと思います。
委員長(金野静男君) 22番、沼倉利光君。
22番(沼倉利光君) 今できることという部長の言うとおりだと思います。しかし、やはりこういった広域処理をという一つの法的な枠の中でやるとすれば、今回の南三陸の県の委託事業に、できれば、お手伝いできる分があれば、やはり前向きにやっていただきたいと思いますけれども、最後に市長のお考えをお伺いします。
委員長(金野静男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) もちろんそういった施設を設置するということになれば、地域の皆さんのご理解とご協力が何よりも必要であります。そういった意味では、そういった部分も含めて我々としては協力できるものはしっかりと協力をしてまいりたいと考えております。
委員長(金野静男君) 24番、岩淵勇一君。
24番(岩淵勇一君) おはようございます。
 3款、4款なんですが、民生費、一般会計当初予算の約4分の1、106億6,000万円と計上され、この3款、4款の事業内容を見ますと、民生部長を中心に課長等々がよくこうした事業をこなされているという昨年の決算の内容を見ておりますが、そこで今年の当初予算なんですが、3款1項の関係で1細目、ねんりんピック宮城・仙台大会登米市実行委員会の負担金としての計上があるようでございますが、このねんりんピック、所管ではあるんですが、このことについて教育委員会等々にそのことは尋ねた経過があるんですが、何月だと、10月だと、その大会規模はということで概略は聞いたんですが、この事業内容、10月ということですが、これからどのような規模で、どのような運営方法でやられるのか、まずその点をお聞かせいただきたいと思います。
 次に、4款1項1細目の里帰り妊婦の一般健診の補助費とか不妊治療費関係で約280万円ほど計上されておりますが、この事業なんですが、議案の説明では法的な根拠、保健法に基づいて健診をするんだということで、健診するには受診者の経済的負担を軽減するということもございます。その中で、この回数は14回程度というふうにございますが、委託している医療機関なんですが、登米市内の医療機関なのか、県内全部、里帰りを望む方がその医療機関が指定してあるのかどうか、その辺の点と、経済的負担を軽減するということは、当然確認されてから出産までということで、里帰りについては本当に都会に出た子供というか、社会人はお互いに2人で暮らして、そういうふうに2人で社会人となって勤めて、片方が赤ちゃんを産む状況になれば、どなたかの支えがありながら生活を送り、出産を迎えます。長期間にわたってあるので、当然里に帰って両親の支えを得ながら健診を受けながら出産を迎えるということになるんですが、このことについて当登米市では婦人科について今休止しております。そういうことで非常にこの需要が多いかと思いますし、またその立場になった者とすればそういう不安等々があると思います。この事業は非常に大切な事業と私は見ておりますが、一生懸命苦労されている民生部の職員の方々ですが、担当の方からこの辺の詳細をお聞かせいただきたいと思います。
委員長(金野静男君) 長寿介護課長、熊谷 一君。
長寿介護課長(熊谷 一君) それでは、1点目のねんりんピック宮城・仙台2012につきましてご説明申し上げます。
  このねんりんピック宮城・仙台2012につきましては、開催時期については平成24年10月13日から15日の期間で開催されます。委員ご存じのとおり、登米市におきましては卓球交流大会が開催されることになっております。大会の規模でございますけれども、参加チームにつきましては全国から72チームのご参加をいただきまして、選手といたしましては576人の選手団を迎えるわけでございます。このほかに各大会の役員、各大会に携わっていただきます競技団体、ボランティア等々の方々を含めまして、予想では800人近い参加者を予定しているところでございます。
 このねんりんピック宮城・仙台登米市卓球交流大会につきましては、昨年10月11日に登米市ねんりんピック宮城・仙台2012登米市実行委員会を立ち上げしております。震災の影響もございまして、この大会につきましては開催が危ぶまれたところでございましたけれども、最終的に宮城県の復興状況、全国の方々から支援をいただいた御礼等も兼ねまして、宮城県は頑張っているという姿を見せたいということで、県の実行委員会の方で開催が決定されまして、10月11日に市長を大会委員長といたしまして、55名の委員さん方にお願いいたしまして実行委員会を立ち上げたところでございます。
 なお、これから10月13、15日の本大会を前に、今月の3月4日に本大会が開催されます中田総合体育館(中田アリーナ)におきまして、県内、岩手、山形、福島の近県からのチームをご招待いたしまして、当初12チームの出席予定でございましたけれども、福島が棄権をいたしまして、11チームを招待いたしまして本大会会場であります中田アリーナでリハーサル大会を開催しております。選手、ボランティア、競技役員等の方200名ほどのご参加をいただきまして、リハーサル大会を開催したところでございます。
 以上でございます。
委員長(金野静男君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) それでは2点目のご質問にお答えいたします。
 妊婦健康診査の受診状況についてということでございますけれども、年間14回程度の健診を受診していただくということでこの事業はありますが、総額で14回受診いたしていただきますと大体11万円ほど実費でかかるような健診でございます。医療機関につきましては、県内の産婦人科については広域契約を結んでおりまして、県内産婦人科についてはすべて受診券で対応できます。この里帰りの妊婦健診助成につきましては、県外で出産される方、県外で健診を受ける方を対象といたしましての里帰りの助成となっております。
 現在、里帰りでこのような助成を利用されている方につきましては年々増加傾向にはありますけれども、ほぼ妊婦さん全員に対してこのような事業を該当できているというところで了解しております。県外に受診される方につきましては、出産後に申請をしていただく償還払いで対応させていただいております。この14回の妊婦の健康診査は望ましい、ぜひ受けていただきたいということでこちらでは設定してございますけれども、14回妊婦健診を受けるためには早目の妊娠届をしていただかなければいけないというような事情もございまして、まだ早期の妊娠届出といったようなところをPRしながらこの事業を進めていくということが大切かと思っておりますので、今後もPRには努めていきたいと考えております。以上です。
委員長(金野静男君) 24番、岩淵勇一君。
24番(岩淵勇一君) 1点目のねんりんピックの関係ですが、3月4日にリハーサル大会ということで、200名程度ということですが、本番の10月13日から15日までの参加チーム576ということで、およそ800人の選手、関係者があるだろうと話されておりますが、実行委員会ではこの大会には1,000名を超える1,500名、市民の方をまぜればそういう形になって大きい大会になるんじゃないかということで、県内に、仙台大会ですから、登米市以外にも他の種目の会場があるようでございます。そういう中で、そういう主催になった地は、私たちの地域は三陸町とか石巻市と隣接しているんですが、仙台市内を中心とする地域では被災に遭った1年もの状況の中で、復興された状況を各等々のつながりがいっぱいあったようです。そういう中で、ある市では本当にこのことに一生懸命力を入れて、宮城県のさまざまな社会人チームあるいはプロチーム等々も復興ということで県をアピールしてやっております。そういう参加する方々はその意向がかなり強いということで、市としても受け持った種目については恥のないようにと申しますか、粗相のないようにと申しますか、そういう参加された方々に宮城の状況を知っていただくということを大いにアピールしようじゃないかということで意気込んでいる市がございます。
 そういう中で、私たちのまちもそんなことで、そういう大会ですから、市長も当然このことについては意を持ってやらなきゃないんですが、実行委員会の方々が主に選手とプレーヤー等の精査をするわけです。こういう方々と今後またさらに会議を重ねていくかと思いますが、なおさらに綿密な連絡をとりながら大会がスムーズにいかれるように、その辺もう少し詳しく、リハーサル大会の反省とかいろいろあったかと思うんですが、その辺を含めて本番に向かってどのような考えなのか、もう一度だけ、短時間にお聞かせいただきたいと思います。
 それから、妊婦の関係なんですが、そのように健診される方が若干ですがふえているということで、人数は少人数かどうかわかりませんが、いずれにせよ登米市でそのことをやっているわけですから、問題はどのように出産を迎えていくかということなんです。やはり健診だけじゃなくて、そういう方向で県内の病院を選んで健診される方も、健診した場所で出産するということになると、例えば交通の便とか出産するについての郷土との連絡等々含める中で出産場所を考えるかと思います。それら等々まで踏み込んでというか、婦人科の医療先等とも相談されているんですか、そういうことにも事業として踏み込んで働いていますか。その辺についてももう少しお聞かせいただきたいと思います。以上2点。
委員長(金野静男君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) ねんりんピックについてのお尋ねでございますが、先ほどご紹介ありましたように、3月4日にリハーサル大会を実施いたしました。今、委員お話しのとおり、競技的にはやはりいろいろ課題がございまして、本番を迎えるに当たってのスタッフのためのリハーサル大会でもございましたので、リハーサル大会が終わった後に反省会を持ちまして、反省点が何点か出てきたわけですが、1点目はやはり参加者がかなりの数になるもんですから、試合数がかなりの試合数になる、それで一番は審判員が不足したという問題がございまして、市の卓球協会の方にご協力をお願いしているわけですけれども、他の地域から、いわゆる県の卓球協会に音頭をとっていただいて、全県から審判員の応援も要請してございますが、なるべく市内の方を確保したいということで、今後の資格講習についても参加をいただいて、まず審判員の数を確保するということがございました。
 もう1点目は、課題としてありますのは、先ほど委員からもお話ございましたけれども、せっかく登米市に来ていただくわけですから、登米市をこの機会にPRして、全市を挙げて、JAさん、観光物産協会等のいろんな団体の方々にも実行委員会に入っていただいておりますので、全市を挙げて歓迎を申し上げ、この機会に卓球を通じて登米市を全国にPRしたいというような思いもございますので、その点についても今後、おもてなし部会等設けてございますので、関係者との打ち合わせを入念に持って、本番の10月13日を迎えたいと思ってございます。
委員長(金野静男君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) それでは、2点目の妊婦健康診断、健診だけではなく、その他の支援どのようなものがあるのかということで了解してお答えさせていただきます。
 登米市では、健診を受けまして、どうしても市内の医療機関が少ないということもございます。市外の医療機関、県外での里帰りで出産された方、その方々につきましては、ご本人の希望を確認した上ではございますけれども、その出産状況、出産後の指導が必要な場合には連絡票といったような形で各病院の方から市の方に情報提供していただきまして、こちらにお戻りになりましたら早速訪問させていただくといったようなことにも対応させていただいております。
 それから、市民病院の方ではオープンセミナー的なオープン外来で、他の病院で健診を受けた方であっても安定期であれば先生方の紹介状を持ちながら市内の医療機関で健診を受けられる、相談を受けられるといったような外来も用意してございますので、それらの利用を妊娠届の際にお話ししながら周知を図っていて、妊婦の健康を保つといったようなところに働きかけているところでございます。
 それから、出産前のお母さん方の不安感というのはどうしても医療機関とか私どもの相談事業だけでは対応できないところもございますので、市といたしましては赤ちゃんサロンといったような事業も実施してございますけれども、その中でお母さん方の情報交換の場ということで、これから広くこの活動を進めていきたいと考えているところでございます。以上です。
委員長(金野静男君) 21番、佐藤尚哉君。
21番(佐藤尚哉君) 今もありましたけれども、子供をしっかりと産み育てられる環境づくりにいろいろ取り組んでいるんですけれども、施策はいろいろあります。本当に保育から出産から子供たちの放課後であるとか、さまざまな形で施策をやっているんですけれども、出生率を上げる成果に結びついているかという部分、要するに人口減少に歯どめをかけるということ、施策なんです。それは登米市をこれから先もしっかりとつくっていくということなんですけれども、そういった部分で出生率を上げる施策が十分なのかという部分で、これは市長にお伺いしたいと思います。
委員長(金野静男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 出生率を上げる施策をというようなご質問であります。登米市でお子さんをお持ちのご家庭が非常に少ないということ、しかしながら統計をとってみればお子さんをお持ちの世帯の平均の子供の数は全国平均よりも高いというような状況があります。そういった意味では、出産をされるご家庭では全国平均よりも高い、多い人数のお子さんがいらっしゃる反面、そうではないご家庭もあるというような状況であります。
 また、この要因のもう一つとして考えておりますのは、結婚までなかなか至らない方が非常にふえてきているというような状況がありますので、そういった取り組みについても複合的に重ね合わせながらその取り組みをしていく必要があるのではないのかなと思っております。
 また、そういった意味では、今取り組んでいる取り組みだけで十分なのかと申しますれば、やはり正規雇用の割合を高くしていくための企業の誘致でありますとか各事業所の規模拡大を図るようなお手伝いもしていかなくてはならないとも考えております。これは一側面だけで解決ができる問題ではないと認識しておりますが、議員各位からもさまざまご指摘、ご指導もいただいております。それぞれ一つ一つしっかりと検証しながら実効性のある取り組みとして取り組むことができるよう、しっかり頑張ってまいりたいと考えております。
委員長(金野静男君) 21番、佐藤尚哉君。
21番(佐藤尚哉君) 今の答弁の中では、毎年1,000人を超える人口が減っているという危機感をもっと持つべきです。今のところは地方交付税や何かの措置も下がらずにいますけれども、このまま人口が減っていったときに、果たしてこれから先、本当に登米市が持続してやっていけるのかという問題がかかっているんですよ。そうした部分で、ほかの町でもいろいろと危機感を持ちながら、子育て、子供を産み育てられる環境づくりに一生懸命取り組んでおります。いろいろユニークな若者が定住するような施策、宅地を与えたり、子ども手当をつけたり、いろんなことで必死になってやっているわけです。
 今、ほかの町でもやっているのは子供の医療費の無料化などが有効だということで取り組んでいるわけなんですけれども、どうももう一つ、こうしたことに取り組むということに対して、単にお金がかかり過ぎる、かかるということだけの理由で二の足を踏んでいるようなんですけれども、果たしてそれでいいのかどうかという部分をしっかり検証していただいて、本当にこの先、私たちの郷土をしっかりと守っていく、登米市を築いていくという施策としてそうした事業を取り入れるということが大事だと思うんですけれども、その辺の考え方、医療費ということで言いましたけれども、どのように考えているかお伺いしたいと思います。
委員長(金野静男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) お金をかけるのを惜しんでいるつもりは毛頭ございません。そういった意味では、我々といたしましては病気になった場合に係る負担を軽減するという方向も確かにありますが、もう一つの方向としては、いかに病気をつくらないような取り組みをより拡大強化をしていくかという考え方もあります。そして、なかなか実は、特に所得の低い方々につきましてはそういった予防的な医療について実は十分にそのお取り組みがされていないというような状況もあります。そういった意味では、まだ今の現状として取り組んでいるありようがすべてということではなくて、さまざま、さきに一般質問の中でも6番、阿部正一委員からも予防接種の新しい取り組みについてというようなご提言もありましたが、そういった取り組み等について地元の医師会の先生方を初めいろんな関係者の皆様とご相談をさせていただきながら、より実効性の高い取り組みとしてしっかりと疾病予防の取り組み、そして病気の重症化を防ぐというような取り組みがなお一層進むことによって、結果的には医療費も下がりますし、もちろんそれに伴い子供たちが長期に病気で体調を崩すということがなくなるということであれば、翻って考えれば子育て世代の皆さんが緊急時にやむなく病気の看護等で仕事を休まなければならなくなるような状況も防ぐことができると考えているところであります。そういった意味では今後ともそういった部分しっかりと考えの中に、念頭に入れながら、実効性の高い、そして何よりも子供たちが健康ですくすくと育つ環境づくりを進めてまいりたいと考えております。
委員長(金野静男君) 21番、佐藤尚哉君。
21番(佐藤尚哉君) 子供たちがすくすく育つ環境づくりということですが、まず初めに結婚してという部分からなんですけれども、本当に本気になって考えていかないと、登米市の一番大きな課題だと思っております。そうしたことでは、私たちもいろいろ視察、研修をしながら調査をしながらやっておりまして、そうした部分で大いに各関係課でも危機感を持って取り組んでいただきたいと思いますが、市民生活部長、一言お願いして終わります。
委員長(金野静男君) 市民生活部長、星 英雄君。
市民生活部長(星 英雄君) 市長からありましたように、少子化対策、市の施策の重要な柱でございます。そういった意味では、委員からも紹介ありましたように、子育て支援策等については相当充実させていただいているという自負を持っている部分もございます。なおそれでも完全ではないという考えも持ってございますので、そういった意味ではいろんな事例等も調査しながらしっかりと対応してまいりたいと思います。
委員長(金野静男君) 21番、佐藤尚哉君。
21番(佐藤尚哉君) 危機感を持って対応していただきたいということで終わります。
委員長(金野静男君) 2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) 所管なんですけど、3点、聞き漏らしたので、お聞きします。
 1点は、概要書の47ページ、障害者の地域生活支援費の福祉タクシー券についてです。601万4,000円の予算がついていますけれども、わかれば、この助成は何人くらいの方に助成しているのか、ここ二、三年の実績、そして対象は障害を持つ高齢者の大人と、それから子供たちもいると思うんですけれども、その利用している割合はどうなっているのかお聞きします。
 2点目は、同じく概要書の49ページの老人福祉費の緊急通報体制の整備の中の緊急通報システムについて、説明では25台分と説明がたしかあったと思うんですけれども、この詳しい内容についてお願いします。
 もう一つは、同じ概要書の49ページ、低所得者対策利用負担費がのっているんですけれども、この中に入るかどうか私もわからないので、私の介護保険の一般質問の中でも福祉事務所長が低所得者の対策として、長いんですけど、高額介護合算療養費制度があるということもちらっと答弁をもらったと思うんですけれども、この詳しい制度の内容について、わからないので、この3点お願いします。
委員長(金野静男君) 生活福祉課長、青野 孝君。
生活福祉課長(青野 孝君) お答えいたします。
 福祉タクシー券の利用ということでございますけれども、平成21年度におきましては430名程度、22年度におきましては、交付部数でございますけれども365部というような形になってございます。以上でございます。
委員長(金野静男君) 続けて。
生活福祉課長(青野 孝君) 大人と子供の対象ということでございますが、この辺の資料等ございませんので、また後で提出したいと思います。
委員長(金野静男君) 長寿介護課長、熊谷 一君。
長寿介護課長(熊谷 一君) それでは、2点目の緊急通報システム事業につきまして、ご説明申し上げます。
 この緊急通報体制整備事業につきましては、対象者は在宅のひとり暮らし高齢者世帯、ひとり暮らし身体障害者等に対し緊急通報機器を貸与して、緊急の場合に電話回線等で委託しております受信センターの方に通報が入りますので、その通報に基づきまして、支援員さん3人専任していただいております。そういう方々に緊急時に対応していただくという制度でございます。
 緊急体制整備事業の対象者は、平成23年3月末、ちょっと古いデータでございますけれども、この対象者でございますけれども、ひとり暮らし高齢者等々で4,135世帯の方がこの事業の対象となっております。現在、本年1月末現在の機器の設置者は330名ほどでございます。全体の対象者から見ますと8%前後と少ない設置状態でございますけれども、毎年機器の購入ということで25台から30台ほど購入いたしまして、設置希望者に貸与しているわけでございます。この申請につきましては、現在、民生委員さん、地域包括支援センター等々がご家族の方々、地域の方々からご相談をいただきまして、この人にぜひ設置をしていただきたいというような要望を受けまして、民生委員さん、地域包括支援センターさんにご相談をしていただきまして、申請をいただいているところでございます。毎年、設置につきましては30人程度の設置状況でございます。
 それから、3点目の高齢者の社会福祉法人による減免の関係でございます。先ほど委員がお話ししましたように、これは介護保険での減免になりますけれども、今回この社会福祉法人等による減免につきましては、市内の社会福祉法人で通所、デイサービスとかショート、訪問看護等を利用した場合に、所得要件等もございますけれども、利用者1割負担の25%を軽減する対策でございます。本人が1割負担ですので、その25%を市、県の補助金で社会福祉法人に一たん立てかえていただきまして、改めまして年度末に社会福祉法人にその25%分を、市から社会福祉法人の方に交付する制度でございます。
 なお、対象につきましては、食費、居住費等サービスに係る利用者負担等の1割分相当でございます。以上でございます。
委員長(金野静男君) 2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) まず1点目の福祉タクシー券について、この実績、高齢者の主に利用している方、よくわかるのは、高齢者の方で病院に行くときなどに利用していることが多いと思うんですけれども、問題なのは子供たち、実数がわからないということなんですけれども、聞いてみると余り利用されてないようなんですね。なぜ利用しないのかというと、障害を持つ子供の場合だと1人でタクシーに乗ることはもちろんできないので親が一緒に乗るんですけれども、ほとんど自家用車で通っている実態があるようです。それなので、1カ月2,000円、月4回ですか、1回につき1区間500円だという限定があるんですけれども、こういう実態があって障害を持つ子供さんの家庭では使ってない。調べてみると、石巻、多賀城、仙台市、ここではタクシー券のほかにガソリン券という券、詳しくは私もまだ調べてませんけれども、そういう両方あって、どちらかを選べる、そういう制度になっているようです。登米市でももっと使いやすく、せっかくある制度なんで、もっと使いやすい制度となるように検討していただきたいのと、それから、先ほど人数も知らせてもらったんですけれども、まだまだこの制度があるということを知らない人たちも多くいると聞いています。こういう制度の徹底が必要でないか、この2点お願いします。
 それから、緊急通報システム、説明のあったとおりだと思うんですけれども、現在、登米市で設置しているシステムは、ひとり暮らしの方が障害を持っていたり、高齢者の方が主にトイレとか茶の間、ふだんいるところに設置されて、二、三日画面に動きがない場合に、先ほど言った委託されている警備会社ですか、そういうところから民生委員の方や近所の人に連絡が行くシステムになっているんですよね。今、仮設でも隣近所にだれが住んでいるのかわからない状態で、孤独死があちこちで出ていますけれども、重要な役割のあるシステムなので、登米市でもこのシステムを、どういうシステムなのか名前はわからないんですけれども、テレビで見たんです。放送されてましたけど、気仙沼市の人が避難している仮設住宅、岩手県の仮設住宅だったと思うんですけど、この緊急システムが登米市のこういうシステムじゃなくて、異変に気づかせるように玄関の外の方にサイレンが鳴るような形のシステムを紹介していたんです。私もそれを見てこれはいいなと思ったんですけれども、市内の方からも「今のシステムでも本当にありがたいんですけれども、できたらこういうシステムにできないか」という問い合わせがありまして、ぜひこの辺のことは検討できないか、お願いします。
 それから、高齢者の介護合算制度、1年間にかかった医療保険とこの内容とすれば、介護保険と自己負担合計額が高額になった場合に1割の25%が軽減になったんですけれども、これは具体的に減免される場合は本人が請求、申請しなくちゃないのかどうか、その辺もお願いします。
委員長(金野静男君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 最初に、福祉タクシーの件なんですが、ご案内のとおり、福祉タクシーについては障害を持った方の社会参加の機会というか、通院も含めてですけれども、交通手段の確保の一つとして福祉タクシーということで、初乗り料金、月2往復分を1月当たりで12カ月分の券を交付して現在使っていただいておりますが、その中で毎回出る分を完全に交通費を助成するということじゃなくて、できるだけ表に出る場合の交通手段の確保の助成の一部として活用していただいているということが趣旨でございますので、それについてはご理解をいただきたいと思います。
 ガソリン券についてですが、過去にも検討したことがございますけれども、ガソリン券の場合は、福祉タクシーの場合ですと発行した方のお名前が入っておりますので、それで特定の目的に使われるというのがわかるんですけれども、ガソリン券の場合ですと車自体が例えばご本人のご家族の車かどうかどうかわからない場合もございますし、他の用途に、いわゆる燃料費の直接の助成になっちゃうもんですから、用途が特定されないというような課題がございまして、当市では採用してございません。
 それから、緊急通報についてでございますが、緊急通報自体はセンサーがございまして、一定時間、例えばドアのところにセンサーをつけて、出入りがない場合に、仙台にセンターがございますので、センターの方から問い合わせをしてもなおかつ出ないという場合には、協力員さんと申しますか、近くに住まわれる親戚だったりご家族だったり、お隣さんだったり、その方に動きがないので様子を見に行ってもらえませんかということで連絡を入れるシステムになってございます。もしその方々が行って状態がおかしければ救急車を呼んでいただくとか、ご家族の方にさらに連絡するとか、そういうシステムになってございます。あらかじめいない場合は、長期間いない場合とか何かは逆にセンターの方にご本人から連絡をいただくことになっております。例えば長期間遠くにいらっしゃるご家族のところで過ごすとか、1週間とか10日とか1カ月とか長期間不在の場合は連絡をいただくようになっておりますので、できるだけシステム自体を、設置するときはそういう説明をするんですけれども、なかなか最近は協力者の方々のなり手も不足しているという問題もございまして、もう一つ広がってないのかなと思っております。できるだけ啓発をしてシステムの活用を図っていきたいと思っております。
 それから、最後の高額介護の合算の制度ですけれども、概要のところでもお話ししましたが、医療費と介護の自己負担の両方を1軒のうちで、例えば奥さんとだんなさんのお二人、家族で合わせて医療費と介護の自己負担が一定額以上を上回った場合に、その上回った分、限度額を超えた分、自己負担を超えた分を後で還付するという仕組みでございます。さっき予算で説明したのは、その前のもともと所得で自己負担を負担することが大変な方々に対しての軽減策についてはさっき課長が説明したとおりなんですが、高額医療と高額介護の合算のサービスについては、その家族の中で、1軒のおうちの中で限度額を超えた分の医療費にしろ、介護の方にしろ、オーバーした分については申請に基づいて、こちらからも連絡はしますけれども、申請に基づいてオーバーした分についての還付をするという仕組みになってございます。
委員長(金野静男君) 長寿介護課長、熊谷 一君。
長寿介護課長(熊谷 一君) それでは、今、所長が答弁いたしましたけれども、2点目の緊急通報システムの関係でございますけれども、今、委員がお話しされました一定期間、人の動きがない場合のシステムにつきましては、この緊急通報システム設置初期当時のシステムでございます。現在はペンダント式ということで、胸にペンダントとしてぶら下げてまして、何か緊急のときはそれにパッシブセンサーということで発信式のペンダントがございますので、それによって本人が体調が悪い、何かの支援をいただきたいというときはそういうシステムに今変わっておりますので、説明させていただきます。
 以上でございます。
委員長(金野静男君) 2番、工藤淳子君。
2番(工藤淳子君) タクシー券についてなんですけれども、確かにガソリン券となるとタクシー券と違ってよくわからないということなんですけれども、特に重度の子供を持つ親の方たちはほとんど市外の方に、仙台などの遠くに通ってますよね、特定の病院に。そうなると、もちろん全部そこで賄える額では、もっともっとかかっている中の一部分だと思うんですけど、それでもやはりこの2,000円という額は1年間にすれば大きな、親にとっては本当に助かる制度だと思うんです。ぜひこの辺はもう一回検討していただきたいなと思います。使いやすい制度、それから周知の徹底が先ほどはなかったので、ぜひこれも、わからない親とか高齢者もいるということを聞いていますので、ぜひこういう制度があるということをいろんな場面で周知徹底していただきたいと思います。
 それから、緊急システム、このペンダント式になったというのは、全部が今こういうシステムに、最初に設置した、私が言ったのは最初の方だということで、みんなペンダント式に変わっているのかどうか、その辺と、それから、高額療養費もぜひ、今本当に、今回の議会でもそうなんですけれども、県内どこでも介護保険料、後期高齢者医療保険、国保なんかもすべてにわたって値上げが見込まれて、本当に高齢者の負担が厳しくなっているので、ぜひこの制度も徹底して、利用できるようにしていただきたいと思います。その点をお願いします。
委員長(金野静男君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 私の方から福祉タクシーの件で、ガソリン券についても検討してはどうかということでございますので、それらについてほかの市との兼ね合いもございますので、それらも含めて検討させていただきたいと思います。
 それから、介護の方の高額の個人負担の軽減についてということだと思いますので、それらについて制度化されているものもございますし、市独自で取り組んでいるものもございますので、それらについてなお周知を図って、できるだけ所得の低い方についての利用者負担の軽減を図っていきたいと思ってございます。
委員長(金野静男君) 長寿介護課長、熊谷 一君。
長寿介護課長(熊谷 一君) それではお答えいたします。
 パッシブセンサーの緊急通報システムにつきましては、現在ほぼ9割近く旧型の設置されているものについても更新は終了していると思っております。ただ、もう何台かは旧型のドアセンサー式のやつが残っている状態でございます。これにつきましては随時更新していきたいと考えております。以上でございます。
委員長(金野静男君) 休憩いたします。
          休憩 午前11時13分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時22分
委員長(金野静男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 ほかに質疑ありませんか。
 26番、伊藤 栄君。
26番(伊藤 栄君) 前者に引き続いて、瓦れきの処理で関連して質問いたします。
 市内の処理状況、処理が3カ所で、あと1年半ぐらいかかるということでありますが、民間の処理施設は休みなしで処理しているということで、故障なく順調にやってもらえばいいんですが、クリーンセンター、けさお聞きしますと今休んでいるということを聞いたんですが、クリーンセンターの稼働状況はどうなっていますか。
委員長(金野静男君) クリーンセンター所長、高橋秀広君。
クリーンセンター所長(高橋秀広君) お答えいたします。
 クリーンセンターは、この震災の関係につきましては昨年6月から通常の週5日稼働から週6日稼働でずっと、さらに深夜も2炉とも24時間焼却ということでやってまいりました。最近休んでいるという今のお話ですが、それにつきましては、これまで年に2回ほど、2炉ありますので、片炉ずつ秋と2月、3月の時期にそれぞれのメンテナンスの時期がございます。今その2回目の片炉の方の年間の整備点検の方を行っているということで、ここ3月の上旬から予定としましては今週の半ばごろにそのメンテナンスが終わりまして、2炉稼働に復帰するという状況でございます。以上でございます。
委員長(金野静男君) 26番、伊藤 栄君。
26番(伊藤 栄君) 点検をしっかりしていただきまして、上旬からまた稼働していただきたいと思います。
 それから、きのうの新聞で、おとといですか、当会派の会長が申し上げたことでありますけれども、どうも最近の新聞、テレビ等を見ていますと、宮城県内の自治体の首長さん方は、自分の市、町の被災地の瓦れきの処理で手いっぱいである、だから被災地のを受け入れられないという状況はよく知っております。宮城県の状況を見ますと、ほぼ20年分の瓦れきで、まだ6%しかなってないという状況です。広域処理をお願いするとしているんですけれども、なかなかほかの都道府県では放射能の問題で前に進まないというのが現状のようでありますね。それで、私、実際に見たのはきのうなんですけれども、広域処理が進まない現状は放射能と言われる、いわゆる風評被害で、ここが本当に日本なのか、協力し合う精神というのはどこに行ったのか。単なる風評ですね。そういうことを思っているんです。
 それで、市長、自分の市でも手いっぱいなんですけれども、何か協力できることを考えたいということでありますが、私は先ほど会長が言ったように、登米市に市有地がなければ私は言いませんが、今プラントできるような市の市有地がありますね。そこに私はいち早く、今このような状況でありますので、市長が支援をする、そういう意思表示を出してみるのも私は一つの手なのかなと感じるんですが、いかがでしょうか。
委員長(金野静男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) まず、その処理場の例えば土地がないというようなお話を我々としてはまだ十分には承知をしておりません。あともう一つは、要するに市の所有する例えばクリーンセンターであれ、最終処分場であれ、そういった施設を設置するに当たってはやはり地域の皆さんのまず何よりもご理解とご協力を得る必要があります。もう一つは、今回の瓦れきの処理については、沿岸部の地域の中で短期間で処理をするという形の中で一時的なプラントを設置して処理をするというような方向が打ち出されております。そういった取り組みが今まさに入札が終わってこれから進むというような状況の中でありますので、その場所、環境等が十分に整わないというような状況であれば、我々の方でそういった部分を担うということは当然選択肢としてあるべきだろうと思っております。
 それから、もう一つは、昨年の暮れに環境省にお邪魔してそういったことについてもいろいろお話をさせていただきました。基本的には瓦れきの処理は既存の施設での処理ということをまず国では考えていたというような状況でありました。しかしながら、そういった状況の中で、本当に昨年の暮れの段階においても瓦れきの受け入れがなかなか十分には進んでいないというような状況がありましたので、既存の施設での処理だけではなくて、新設の施設をつくるというような形のものも沿岸部で発注をしたもの以外でもそういった取り組みが必要なのではないのかなと、そういうようなお話を実はさせていただいておりました。そういった中で、先週ですか、野田総理の方でそういった方向にも国の方から何とか予算をつけて支援をしていきたいというような話がやっと出てきたというような状況でありますので、当然そういった制度等も我々の方でも十二分に情報収集をしながら、登米市としてできる取り組みはしっかりと行ってまいりたいと考えておりますので、決して手をこまねいているというような状況ではないということは一言お伝えをさせていただきたいと思います。
委員長(金野静男君) 26番、伊藤 栄君。
26番(伊藤 栄君) 市長のただいまの答弁は、私も十分理解しております。それで、私なりにいろいろと検討してみますと、会長が言ったんですけれども、例えば三陸町、用地は決まっているんだそうです。しかし、用地を造成して落ちつかせて、建物をつくって稼働するまで1年とか1年半ぐらいかかるんだそうですね。だから広域処理を何とかお願いしたいと。今一番問題となっている燃えるごみ、燃えないごみは別なんですけれども、燃えるごみの処理が一番ネックであると。
 それで、登米市に土地が、私の感覚ではあるんですね。立派な5ヘクタール、6ヘクタールという土地がありますよ。そこにいち早く、市民のご協力をいただくというのが大原則かと思いますが、市長が意思表示をして、これからでもプラントをつくって被災地の瓦れき支援をやりますということを出せば、皆さんがその方向に向かって動くんです。それを登米市民は、あるいは私も期待しているんですね。さまざまな課題もあろうと思います。そして、きのうの野田総理の発言によりますと、特命で各都道府県に瓦れきの処理をお願いするということを何か私はニュースで見たんでありますけれども、その前に、三陸町と登米市は全くの隣の町でありますので、若干これからプラントを建設するというのも時間かかるんでありますけれども、こういうプラントをつくって支援しますよと、それぐらいの、市長、今回この機会にぜひ県なりに意思表示をして、若干時間かかりますが、支援したいということを出していただければ、登米市民も安心するんでないでしょうかね。
委員長(金野静男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 昨日、南三陸町の東日本大震災犠牲者追悼式に出席をさせていただいてまいりました。ご遺族代表のお話もお聞きし、本当に胸が締めつけられる思いで出席をさせていただき、心からご冥福をお祈りしてきたところであります。そういった意味では、我々登米市は南三陸町のすぐお隣でございます。もちろん市民の皆様の中にもご親戚、ご友人、知人たくさんいらっしゃるというような状況でありますので、しっかりとその意を酌みながら、我々としてできることを精いっぱい取り組みをさせていただきたいと思いますし、また県の方にもそういった働きかけ、しっかりとさせていただきたいと思います。
委員長(金野静男君) 15番、伊藤吉浩君。
15番(伊藤吉浩君) それでは、概要書47ページ、3款1項3目7細目、障害者福祉関係について若干お伺いしたいと思います。
 ここに障害者の相談員が17名、知的障害者相談員2名計上されているわけでありますが、どういった方々がどういった相談業務をなされているのか、また相談内容はどういったものがあるのか、それから障害者福祉協議会との連携といいますか、その辺の関係はどうなっているのかお聞きします。
委員長(金野静男君) 生活福祉課長、青野 孝君。
生活福祉課長(青野 孝君) お答えいたします。
 身体障害者相談員の方でございますが、実際に家族に障害を持たれている方も相談員にお願いしているというようなことがございます。それと、相談の内容でございますが、細かにはこちらに報告はいただいてございませんが、生活の面で不自由な部分であるとかというようなことで相談を受けているというような状況でございます。
 知的障害者相談員でございますが、これもご家族に知的な障害を持たれている方でございまして、協議会との関係でございますが、その辺の連絡ということでございますが、この辺も相談員の中に委員が入っているというようなこともございますので、連絡等はしているというような状況でございます。以上でございます。
委員長(金野静男君) 15番、伊藤吉浩君。
15番(伊藤吉浩君) その辺もう少し相談内容などもしっかり福祉事務所としてある程度把握していただければと思います。
 それから、実は障害者協会の皆さんの方から若干ご相談がございました。最近でありますが、障害のない方が障害者用の駐車スペースに車を駐車してしまい、障害者の方々がなかなか利用できなくなっているというような相談が協会の中でも相次いでいるというお話でございました。現在、公共施設、市役所、支所あるわけでございますけれども、こういった関係の障害者用駐車場の管理状況といいますか、利用状況、どうなっているのか確認させていただければと思いますし、そういった課題が上がってきているものなのか、福祉事務所でもいいし、市役所関係でもいいし、支所関係でもいいのでお聞かせいただければと思いますし、そういった問題解決に向けての全体的な取り組み、そういったものはどの辺まで考えているのかお聞かせいただければと思います。
委員長(金野静男君) 総務部長、小野寺富雄君。
総務部長(小野寺富雄君) ご質問いただいてございます障害者の皆さんがおいでいただく際の駐車場のスペースについては、おいでいただく際、比較的すぐ駐車ができるような位置に確保させていただいてございまして、当然その表示、それから水色といいますか、色での表示等を行いながらその場所の確保に努めているところであります。ただ、どうしても役所の駐車スペースが混雑した場合、障害者以外の一般の方もとまるようなケースがございまして、協会の方からもそうしたことについては十分配慮していただくようなお話もございまして、庁舎を管理しているそれぞれの支所についてはそうした対応についてしっかり確認できるような指示をお願いしているというふうな状況になってございます。
委員長(金野静男君) 15番、伊藤吉浩君。
15番(伊藤吉浩君) こういった全体的な課題解決に向けた解決策として、全国的にはパーキングパーミット制度という取り組みがございます。佐賀県が始まりということでありますが、既にもう全国自治体の半分ぐらいが行っているということでございます。具体的な内容なんでございますが、地方自治体がまず主導的な役割を果たして、障害者の皆さん、高齢者で足の悪い方、さらには妊婦で歩くのが大変な方、それから足腰をけがした方などに駐車利用証を発行して、駐車時にその利用証をバックミラーに取りつけていただく、そうすることによって、だれが見ても正規の利用者なのか、そうでない方が駐車しているのか一目瞭然であるという取り組みでございます。そういった取り組みが協会からもぜひそういったことが必要ではないかということも言われておりますので、福祉事務所、総務でしょうか、その辺お考えをお願いします。
委員長(金野静男君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 現在の障害者自立支援法等障害者にかかわる法律については駐車場の規定までについてはございませんので、直接的な規定、関連する規定がございませんけれども、ただ、施策として障害者計画とか障害者の福祉計画の中で登米市は障害者があっても安全に安心して暮らせるまちづくりということを標榜しておりますので、当然それらの考え方からすれば、そういう駐車スペースについてもそういう配慮をなされるように、関係の部局として庁舎管理の方に要望してまいりたいと思ってございます。
委員長(金野静男君) 15番、伊藤吉浩君。
15番(伊藤吉浩君) こういった取り組みが市の公共施設関係だけではなくて、この登米市、社会全体、いわゆるスーパーであったり、病院であったり、ホテルであったり、JAであったり、さまざまなところに関連してくるわけでございます。そういったことがこういった制度を取り組むことによって地域社会全体が本当に安心して暮らせる優しい地域づくりになるのかなと思いますので、ぜひこういったパーキングパーミット制度、全国ではもう半分導入しておりますので、その辺ぜひ検討していただければと思います。よろしくお願いします。
委員長(金野静男君) 4番、武田節夫君。
4番(武田節夫君) 所管外で質問します。
 概要書50ページの3款2項1目の保育所緊急整備事業について伺います。
 この内容で3,400万円ほど予算を計上しているわけでございますけれども、この待機児童の解消のための2カ所の園についての予算をまずお願いしたいと思います。
 あともう一つ、それぞれ10人増という、これは前年度の待機者の人数に伴ってこの増を計画の中に入れたものなのか、その辺をまずお願いしたいと思います。
委員長(金野静男君) 子育て支援課長、小野寺千秋君。
子育て支援課長(小野寺千秋君) 今回の整備につきましては、南方地域にあります白鳥保育園と東和地域にあります錦織保育園の2カ所でございます。
 白鳥保育園につきましては、現在2部屋のみで保育をしていることなど、特に3歳未満児の保育室を確保して保育環境を整備することであります。恒常的に定員を上回る入所状況でございますから、あわせて定員の拡大のための増築を行うことが事業の実施目的でございます。
 また、錦織保育園につきましても、定員を大きく上回る入所状況がここ数年恒常化していることから、倉庫として使用しているスペースを保育室として増改築し、各年齢ごとの保育室の確保と定員の拡大を行うものでございます。
 事業費ですが、2施設合わせて3,431万9,000円が運営法人への補助金として計上されておりますが、内訳ですが、白鳥保育園分として2,850万円、錦織保育園分として581万9,000円となってございます。財源につきましては、県補助が2分の1、市負担、事業所負担がそれぞれ4分の1となってございます。以上でございます。
委員長(金野静男君) 4番、武田節夫君。
4番(武田節夫君) 錦織保育園、これを見ますと倉庫を保育室に増改築、これは平米数だと5坪しかないんですよね。この5坪で10人増をクリアできるんですかね。それは年齢によっていろいろ配分するんでしょうけど、すべて今回の事業費につきましては社会福祉法人なんですけれども、この認可保育園の中に学校法人のやつはどれぐらいの園数があるんでしょうか。
委員長(金野静男君) 子育て支援課長、小野寺千秋君。
子育て支援課長(小野寺千秋君) 錦織保育園の倉庫の増改築でございますが、これで10名分の定員、それから各年齢ごとに保育室を確保できるということで、目標はクリアできると考えてございます。
 それから、学校法人の運営につきましては、現在、さくら学園で運営しているみどりご園1カ所でございます。以上でございます。
委員長(金野静男君) 4番、武田節夫君。
4番(武田節夫君) 恒常的に待機者がふえているところにこういう手だてをしているようでございますけれども、今回仮設住宅者の方からも、一けたですけれども、そういう方がいるということで、40名ほど、私、一般質問の中で待機児童がいるということなんですけれども、40人の待機児童を解消するにはもっともっと早目に、毎年どれぐらいの待機者がどこの園にいるものなのか、その辺を察知して早目に予算措置あるいは補助をつけるなりして立てるべきだと思うんです。臨時職員についてはある程度手だてはできると思いますけれども、施設が足りないとこういったように待機児童がいることによって新年度予算で事業費を組まなきゃならない、それによって半年、1年おくれるんですよね、待機児童が。そういった意味で私が一般質問で言ったことは、ある程度アンケート調査をして、その中でどの程度これからどこの園が職場によって希望するものなのか、それに合わせてきちっとした形で待機児童の解消に努めるべきだと思うんですね。
 何か聞くところによると学校法人ではなかなか補助が出ないということなんですけれども、そうなると学校法人の園そのものも待機者がふえることによってのクリアするためには経費もかかると思うんですね。その辺、社会福祉法人と学校法人との補助の違い、それの差を縮めるために市で単独でも予算をつけるなりして、待機児童、もし、その学校法人が今後どうなるかわかりませんけれども、増員なった場合の対応を市としてクリアしてやるべきだと思うんですけれども、その辺についての考えをお願いしたいと思います。
委員長(金野静男君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 一般質問でもお尋ねがございまして、待機解消のためのアンケート等を早目にとってということの対策だと思いますけれども、その年によって年齢ごとの待機の偏りがございます。今、委員おっしゃるように、年齢ごとに、例えば乳児を預かる部屋の設備ですとか人の手当ても必要になってまいりますので、なかなかその年に設備を改築するとか人員を予定するというのは難しいもんですから、確かに申し込みの意向をとることはできるんですけれども、ただ、実際保育に欠ける要件が整うかどうかという判定も含めて、所得の判定も含めて判断できる材料が一定の時期にならないと整わないもんですから、その辺との兼ね合いも含めて、できるだけ早期に解消策がとれるようにこれから検討して進めてまいりたいと思っております。
委員長(金野静男君) 4番、武田節夫君。
4番(武田節夫君) 前年度と違って、ことしは相当ふえてますよね。なかなか所得も少ないけど、こういうご時世の中で保育所に預けたい、あとはいろんな話を聞きますけれども、無認可のところにも預けざるを得ない、そういう中で生活を余儀なくされている方がいることを福祉事務所の所長としてこれはきちっと認識していただきたいと思います。この40人の待機というのは児童生徒の中で相当な数ですよね。もし部長が逆の立場だったらどう思いますか。入れたくても勤められない、かといって、前にも言ったように第一、第二希望ぐらいならいいけど、第三希望だったらまるっきり西から東へ移ってくださいと言うわけに行政としてできないじゃないですか。ですから、園の施設だけは余裕を持っていた方がいいと思います。これからどうなるかわかりませんよ。例えば、ふえても減らないと思いますよ。その辺をトータルで考えていってほしいということと、あとその学校法人、一つしかないということなんですが、その辺に対するケア、これを見ると社会福祉法人だけに補助ができるみたいなんですけれども、その辺も行政として公平性を少しでも保つためにもそういうところの施設に対するケアはすべきだと思います。それは待機者がふえてなければいいんですけど、これからふえつつある、であればそれを事前に察知してそれなりのケアを行政としてやるのが果たす役割だと思うんですけれども、それだけお願いしたいと思います。答弁。
委員長(金野静男君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 委員からご指摘のありましたことについてはそのとおりだと思います。新しく今検討されております子ども子育て新システムの中では学校法人等についても補助が出る道が開かれるようでございますので、それらも含めて前向きに、待機解消のための有効な制度が整うように、市としても働きかけていきたいと思ってございます。
委員長(金野静男君) 4番、武田節夫君。
4番(武田節夫君) 働きかけでなく、その分を制度が変わる前に市で予算化してその差を縮めなくちゃならないと思うんですよ。それが行政じゃないですか。みんな国の制度が決まらないうちはやれない、やれないと言ってるけど、わずか1部屋、2部屋ふやしたって、そんなに市で予算化したって別に何でもないじゃないですか。それよりも待機児童を解消することが一番じゃないですか。それについてだけ答弁をお願いしたいと思います。
委員長(金野静男君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 各法人からの要望があれば、それについてはきちっと対応するようにしたいと思います。
委員長(金野静男君) 28番、岩淵正宏君。
28番(岩淵正宏君) 概要書62ページ、サンクチュアリセンターの備品購入費のペレットストーブでございます。何台購入して、そして燃料として使うペレット、これはどこから購入するものなのか。市長の施政方針では木質バイオマスエネルギーの積極的な利用を図るというようなことを表明しておりますが、市内にこのペレットをつくるプラントの考えは将来的にあるのか、ないのかお聞きします。
委員長(金野静男君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) それでは、サンクチュアリセンターのペレットストーブの関係でございます。ストーブにつきましては、現在2台を入れたいという予定でおるところでございます。
 それから、ペレットにつきましては、市内におきましては現在プラントはございませんので、栗原市の業者の方から入れて使用していきたいという考えでおります。
 それから、今後ペレットのプラントの関係でございますが、プラントを設置する際に問題となってくるのが消費量でございます。まずは消費拡大に向けて啓発活動を行っていく、それである程度の消費のめどがついたときにペレットプラントの設置が必要になってくるというような考え方で現在いるところでございます。以上でございます。
委員長(金野静男君) 28番、岩淵正宏君。
28番(岩淵正宏君) そこが政策につながるんじゃないかなと思います。下の段には太陽光発電システムの設置補助というのをやってますよね。ペレットストーブ設置補助しますよ、どうですか、どんどんつけてくださいと。利用者、使用者の人数を拡大して、だったら木材、林業のまち、林業の市、プラントをつくりましょうと。全然、ぼっぽりぼっぽりこっちにペレットストーブ一つ二つ置いて、全然施政方針と整合性ないんじゃないですか、市長、答弁ください。
委員長(金野静男君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) このペレットストーブについては、まず市民の皆様にもどういったものかということをしっかりと知っていただくことがまず必要だと考えております。そういった意味では、まずこのサンクチュアリセンターに設置をし、大勢の皆さんにお越しをいただいて、まずごらんいただける機会をつくる、その後の組み立てといたしましては、もちろんペレットストーブの設置に対する助成の取り組みを行っていきながら消費拡大を図っていくというような組み立てを考えてございます。
委員長(金野静男君) 28番、岩淵正宏君。
28番(岩淵正宏君) だったら何でサンクチュアリセンター、何万人行くんでしょうかね。人の多い場所に、行くところに設置して、例えばさまざまな、もくもくハウス、そこはつけるんだよね。水の里ホール、そうですね、そういうところに展示コーナーまたは実際そこで暖をとるというような政策があっていいんじゃないかなと思うんです。何かここというのがちょっと納得いきません。今後、ペレットストーブをサンクチュアリセンターに置くというのはいいとして、その後もっともっとこの普及を進める上で、他施設、人の出入りの多い施設、そこに設置の予定だけをお伺いしておきます。
委員長(金野静男君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) それでは、ペレットストーブの普及についてでございますが、現在、環境市民会議におきまして、事業者の方、市民の方々等でプロジェクトチームを立ち上げる準備をしているところであります。この中で検討をさせていただきたいと思います。それで具体的なこれからの普及活動等ここで柱になるものを固めていきたいと考えているところでございます。
委員長(金野静男君) ここで昼食のため休憩します。
          休憩 午前11時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
副委員長(伊藤吉浩君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。
 1番、金野静男君から中座の届け出があります。
 引き続き3款民生費、4款衛生費について質疑を行います。
 質疑ございませんか。
 5番、遠藤 音委員。
5番(遠藤 音君) まず、3款1項1目1細目に新規事業で認知症対策調査事業委託という形で1,000万円計上なさっていますけれども、どの方々が調査に当たられるか、この調査の結果をどのよう活用されていくかをお聞かせいただきたいと思います。
 あと、隣の武田委員が質問した中で、保育所の緊急整備事業の概要に平米数が出てきたんですけれども、片方は1人当たりにすると21平米、もう一方は1.7平米と12倍、1人当たりの施設に設置するに当たっての増改築にこれだけの開きがあると。幼児に対してそういう基準というのはあるのかないのか、そこをお聞かせいただきたいということと、あとは概要書の中で、これも毎回お聞きしているんですけれども、食の自立、いわゆる配食サービスなんですけれども、一つは、隣の栗原とか大崎の方で導入している所得割の利用料の徴収方法をとられているかどうか。それと、隣の大崎、栗原のように週5日なりという形での施策展開を図られるお気持ちはないのか。今のところ2日ぐらいですか、それをできるだけ、前から言っているように、安否確認も含めるならば利用したいという方々には毎日利用してもらうという施策の展開を図られる気持ちはないかどうか確認します。
 あとは概要の65ページ、衛生費3項の病院費になりますけれども、病院会計の方に19億2,692万8,000円繰り出しすると。その内訳として、収益と資本的という繰り出しの金額がのっていますけれども、改革プランの中では24年度の収益的収支の方は繰出金が14億4,200万円、こちらの方では15億1,000万円ということ、資本的な方では4億8,500万円、こちらで4億1,000万円という形のこの差異をどう読めばいいのか。そして、合併当初、こういう病院の方に繰り出していたのが大体7億4,000万円、17年度では7億4,000万円ほど一般会計から繰り出ししておりました。それが合併後、順次上がってきて、今では平均というか、年間20億もの繰り出しを行わなければ病院企業自体が立ち行かないという状況、これは根本的な原因をどう見ているのかをお聞かせいただきたいと思います。
副委員長(伊藤吉浩君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 最初に、認知症対策調査事業についてお答えしたいと思います。
 概要書の3ページに載せてあるとおりなんですが、基本的には東北大の医学部の教授のご協力を得て、登米市における認知症の発症比率とか傾向とかということで書いてございますけれども、大体200人程度のMRIの検査とか血液検査を実施するために、アンケート等については倍の400人ぐらいサンプル調査すると。その中で抽出して200人程度についてはMRIとか血液検査も含めて、登米市における認知症の傾向をまず把握したいということで、モデル事業的に考えてございます。調査に当たっては、各総合支所におります保健師等、高齢者の相談業務に当たっております地域包括支援センターの職員を含めてそれぞれチームを組んで調査に当たりたいと思ってございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、小野寺千秋君。
子育て支援課長(小野寺千秋君) 先ほどの白鳥保育園と錦織保育園の増改築の面積でございますが、まず錦織保育園につきましては既存の倉庫の面積が38.50平米、その周り15.92をさらに増築しまして保育室を拡張するという形でございます。白鳥保育園につきましては、全体で既存の施設から210平米を増築するということでございます。
 それから、基準の関係でございますが、児童福祉施設の最低基準というのがございます。乳児につきましては乳児1人当たり1.6平米とか、ほふく室、いわゆる乳児の部屋でございますが、幼児について3.3平米、それ以外の幼児につきましては1人当たり1.98平米という基準がございます。以上でございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、熊谷 一君。
長寿介護課長(熊谷 一君) それでは、3点目の配食サービスについてお答えいたします。
 配食サービスにつきましては、現在1食当たり850円の単価契約で社会福祉協議会に委託しているものでございます。単価契約で行ったことにより、他の配食サービス、希望があれば他の事業所等も参入できるように単価契約にしたものでございます。850円のうち利用者負担、先ほどお話ありましたけれども、栗原市、大崎市でも1食当たりの利用者負担をいただいているようでございます。栗原市については非課税世帯については300円、課税世帯には500円、利用者負担をいただいているようでございます。大崎市に当たりましては一律350円、利用者負担をいただいているということでございます。本市においても850円のうち食材相当額ということで350円の利用者負担を一律利用者からいただいているところでございます。
 それから、毎日の利用についてでございます。委員お話しのとおり、栗原市等々では週5日等のサービスを行っているようでございます。現在、配食サービスについてはボランティアさんの絶大なる協力をいただきまして、調理、配食についてボランティアさんの協力をいただいているところでございます。そういうことで、なかなかボランティアさんの体制が毎日提供した場合に難しい点もありまして、850円という単価契約をいただきまして、他の事業所の参加についてもお願いをして、毎日配食サービスができるような体制整備を行っているところでございます。
 ちなみに、安否確認ということでございますけれども、確かに配食サービスを持っていっていただいたときに、配食ボランティアさんについて、いない場合、再度行っていただきまして、その利用者の安否を確認していただくということを行っていただいております。そういうことで、市の方から1食500円の負担をして配食サービスをお願いしているところでございます。以上です。
副委員長(伊藤吉浩君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 大変申しわけございません。病院事業会計の繰り出しに要する経費、詳細の資料を実は手元に持ってこなかったので。
副委員長(伊藤吉浩君) 財政課長、千葉雅弘君。
財政課長(千葉雅弘君) ご質問のありました改革プランの繰り出しの収益的収支と予算の違いの関係でございますが、奨学金の貸付金につきまして7,420万円、24年度見てございますが、それを一般会計からの繰り出しにつきましては収益的勘定の繰り出しとして取り扱っていますが、病院の改革プランにおきましては資本的収支として取り扱ってございまして、その差が出入りしているということでございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 繰り入れがこれだけ大きくなった最大の要因ということでございますが、19年度、不良債務が16億円という形に経営が悪化してきておりました。その後、20年についても経営の悪化ということがあったわけですが、その不良債務を27年度までに解消していくということでの経営の改善計画ということで進めてきてございます。その中で、繰入金については総務省通知に基づく基準がございますが、それに加えて基準外の繰り入れ、内容としては改革プランにものせてございますが、借り入れに係る企業債の償還の利息、元金等についての基準外の繰り入れ等をこの再建に向けての取り組みの中で一般会計の方に繰り入れをお願いしているという状況がございます。それらが繰り入れの額が大きくなってきているということでございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 5番、遠藤 音委員。
5番(遠藤 音君) 最初の認知症の対策については了解しました。ただ、具体的にこれのデータがどういうふうな、ここにも書かれているんですけれども、もう少し具体的に、どういう体制づくり、認知症対策の体制づくりを進めるものとなっているんですが、わかりやすく言うと、認知症の調査をしてある程度のデータが集積されることによってどういうふうに変わっていくんでしょうかねということを質問したわけでございます。
 あと、保育所の方の面積については、最大で1人当たり3.3と言いますけれども、だったら白鳥保育園の方は通常で10人の増員を考えるならば33平米でいいのかなと。それが210平米になったら、要因というのはこの増員だけでないんでないかなという気がするんですが、そこらの実際はどうなんだということをお聞かせいただきたいということでございます。
 配食サービスについては、ご答弁いただいて、できれば毎食というか、今よりもふやしていくということでしたらば、予算の上でもそういう予算のとり方というのが本来必要なんじゃないかなと思うんです。そして、1年間でそういう事業者を募って、1回でも2回でもふやすような予算を計上しなくてないのに、これを見るとそういう予算の組み方をしているんですか。言ってることとやってることが違うという形になるから、もう一回聞きます。例えば、今2回やっているのを3回、4回やれるだけの予算の組み方をしているのか、それともちゃんと順次そういう団体を公募して補正で組むとか、そういうやり方なのか、改めてもう一回確認させていただきたいと思います。
 病院につきましては、収益、資本の考え方、会計間で違うということでの差異なんだということは、そうなのかと、そういうもんだと言われればそうなんでしょうけれども、最大の例えば返済する部分を、当然総務省からの指導もあってという話ではありますけれども、その前でも一般会計からの繰り出しが先ほど言ったように17年でいけば7億、それが今や来年も19億と、それも収益的な部分については15億も1年間で繰り出ししている、そして累積欠損金も106億、その前は50億手前と。倍までふやして一般会計からこれだけの繰り出しをしているということは、ただそれだけの理由でないんでないですか。こんなに経営が悪化するということは、合併前だって何とか各町域で曲がりなりにもやってきたのが、合併した途端にこれだけ収益が悪化するということは別な要因があるんでないかと、そこら辺のちゃんと分析はなさってますかという質問なんです。もう一回お聞かせいただきたいと思います。
副委員長(伊藤吉浩君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 認知症対策についてですが、委員からご指摘ありましたように、今回の調査で得たデータをもとに登米市なりの認知症の傾向等がある程度わかると思ってございますので、予防まで行くかどうかあれですけれども、予防とか、やはり一番大切なのは早期発見ということが言われておりますので、早期発見のヒントになるようなものを項目化して、それを各世帯に、対象者のいる各世帯にPRできるようなリーフレット的なものを最後にはつくって、それで啓発なり予防なりをできればいいなと思ってございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、小野寺千秋君。
子育て支援課長(小野寺千秋君) 白鳥保育園でございますが、前段でも申し上げましたが、今回は特に3歳未満児の部屋を確保するということの増築が大きな目的でございます。
 それから、既存の施設が193平米ございますが、その施設につきましても大きくリフォームをいたしまして、特に3歳児以上の部屋と職員室、一部2階を増築いたしまして、会議室、医務室等を設置するというような、いわゆる保育環境を整備するというような大きな目標もございますので、よろしくお願いしたいと思います。
副委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、熊谷 一君。
長寿介護課長(熊谷 一君) 予算的には23年から本来であれば配食数をふやすという計画にしておりました。そういうことで、民間の4事業所からその希望がございまして、そういうことで若干23年度から増額していたところでございます。現在週2回、中田地区で3回配食サービスをやっているわけでございますけれども、24年度につきましてはその部分を全市内3回の配食サービスということで予算措置をさせていただきまして、随時その参加事業所等をお願いしていきたいと考えておりますし、提供回数ということよりも、登録者数が伸びてきた場合にはそれぞれ補正をお願いした形で予算獲得をしたいという考えでございます。以上でございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) これだけの繰り入れを行うような形で経営改善を進めるようになった原因というか、理由は何なのかというご質問だと思います。それで、一番大きな要因が何かといいますと、医師の不足という形と、産科についてのセミオープン施設、それも医師不足ということがありますが、そういうことで、医療の体制が大きく変わることがあったということが一つございます。もう一つは、診療報酬のマイナス改定というのが重ねて経営に大きくかぶさってきたということがございます。そんなことで、先ほどお話ししました平成19年度に不良債務を16億抱えるような経営悪化につながってきていたということです。
 その中で、病院事業としてどういう形で経営健全化に向かっていくかということについては、医療のニーズ、特に入院機能なりについての効率化を進めていくということで、病院から診療所へ移行したり、または市民病院の病床を休んだりという形の中で、医師を初めとする医療資源を使って運営が効率的にできる病床の効率的な利用ということの取り組みもしてきたということでございます。そういうことで、今年度のことをお話ししますと、医療のニーズからすると効率的な病院運営ができる病床の規模になってきて経営の効率化も図れるようになってきたという状況がございます。大きく申しますと、先ほど言った大きな要因がそこに二つあったということでございます。それで、一般会計の繰り入れについても、病院事業を継続してやっていく、地域の医療を支えていく、担っていくという形の中で、経営の赤字になる部分、その部分について、救急なんかについての繰り入れなんかについても強化をしていただいたということでございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 5番、遠藤 音委員。
5番(遠藤 音君) 各質問でとりあえず了とするところもあるんですけれども、病院についてもいろんな物の考え方があるでしょうから。今、大きく2点言われたことが要因なんだということでございます。それは病院管理者の方の認識ということで聞いておきます。あとはいろんな考え方があるでしょうから、それが恒常的にこれだけ一般会計から繰り入れすることがいかがな状況なのかということはまた別な機会でお話しさせていただきたいと思いますので、お聞きはいたしました。ありがとうございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 22番、沼倉利光委員。
22番(沼倉利光君) 概要の65ページ、病院会計費の19億2,692万8,000円についてお伺いします。
 この中で、前年度より繰り出しを少なくしていることについてはよろしいんですけれども、考え方として、医業外収益の中の病院の改良に要する経費の利子、基準外というのはどの程度なものか。それから、特別利益の不良債務の補助金についての基準内とありますけれども、これではどの程度出しているのか。それから、資本の出資金の中で病院の建設改良に要する経費の中の基準外、これについてはどの程度出しているのかお伺い申し上げます。
 なお、この改革プランの中でわからないのでお伺いしますけれども、50ページで一般会計からの繰入金の見通しの中で、基準外について収益的収支は8,400万円、資本的収支は2億3,400万円となって、これで合計というのは上と下を合わせて合計だと思ったら、合計で2億6,500万円というのは、私、単純に計算すると3億1,800万円になるんですけれども、この考え方の違いについてお伺いします。
副委員長(伊藤吉浩君) 暫時休憩いたします。
          休憩 午後1時24分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時26分
副委員長(伊藤吉浩君) 再開いたします。
 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) それでは、3条予算、収益的収支の方に入っている利息の基準外について、額は幾らかということでございました。5,400万……、済みません、申しわけございません。
副委員長(伊藤吉浩君) 暫時休憩いたします。
          休憩 午後1時27分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時28分
副委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 済みませんでした。
 24年度建設改良の利息の分でございますが、基準外が1億4,400万円になります。
 それから、資本的収支のところで4億8,500万円と予算の4億1,000万円が合わないという話でしたね、一つ。これについては、医学奨学生等の貸付金が私たちの方の病院事業会計の予算または改革プランでは資本的収支に入っていますが、予算の概要の方では収益的収支の方に入っているということで、その仕分けの関係で違っているということ。
 それから、基準外……。この合計額が合わないというところですね。これはあと精査させていただきます。大変申しわけございません。
副委員長(伊藤吉浩君) 22番、沼倉利光委員。
22番(沼倉利光君) 一般会計の考え方の基準内、基準外については、これは数字ですので、後で聞かせていただいて結構です。ただ、こういったことが結果的に登米市の一般会計からの繰り入れの一つの大きな要素になっていますので、そこをできるだけ圧縮するという考え方を会計側、病院側にぜひ、今も頑張っていますけれども、やってほしいということと、後でと言われましたけれども、改革プランの50ページの基準外という分が、周りの前後は全部合っているのに、ここだけ合わないという、ここがちょっと私にはわからなかったので、何と申しましょうか、そこだけここで答えてもらわないと、19億の根拠、もとにならないのでお願いします。
副委員長(伊藤吉浩君) 暫時休憩いたします。
          休憩 午後1時31分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時32分
副委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 大変申しわけございませんでした。合計額を間違ってプランの方は記載しております。3億1,800万円になります。
副委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑ございませんか。
 9番、及川長太郎委員。
9番(及川長太郎君) 生活保護費の各扶助費についてお伺いいたします。
 生活保護世帯が5年間で180戸、1年間に約36世帯ずつふえていますが、この間に恐らく生活保護の方々それなりに大変な方で、今まで生活保護を打ち切られた家庭はあったんでしょうか。その他、世帯の中で可働年齢層にありながら就労できない世帯、面接なり話を聞いていて、本当に働く、職業を選んで、どういう仕事ならつけるとか、そういう調査なんかもしていろんな各扶助費に当てているんでしょうか、生活保護についての何といいますか、考え方、これからもまだふえる可能性があるのでしょうか、お伺いします。
副委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、青野 孝君。
生活福祉課長(青野 孝君) お答えいたします。
 生活保護から脱却されたというか、仕事を見つけられまして生活保護を抜けたという方が二、三ございます。それと、一時的な収入がございまして、生活保護から該当外になったという方もございます。その他ということございますが、可働年齢15歳から64歳の方につきましても166世帯ほど当初予算で見ております。この件につきましては、毎年、可働年齢者実態調査票というもので把握してございます。その中で、医療的な措置が必要であるとかというときには医師に診断書を書いていただくとかということで、それの確認を毎年1回ずつ行っております。その辺で可働できないという確認、あるいは可働できる場合には就労指導ということになってまいります。
 最後に、これからふえていくのかということでございますが、傾向と申しますと、やはりふえる傾向にあるということで認識してございます。殊に、今回の大規模な震災によってかなり生活が圧迫されているという方もございますので、その辺でふえる可能性もあるということで認識してございます。ただし、今のところ支援金、義援金で賄っているとかということで、こちらで想像していたよりも増加数はふえていないというような状況でございます。これらの傾向ということでございます。以上でございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 9番、及川長太郎委員。
9番(及川長太郎君) 704人の内訳で、仮に年代別だと20代、30代、40代、50代、60代それぞれの内訳といいますか、可働年齢層というのは60ぐらいまで、15歳からそういう年齢層であると思いますが、やはり仕事の内容、仕事を嫌っていればなかなかいつまでたってもそういう、そういう相談といいますか、何件ぐらい1年にやってますでしょうか。先ほどの年代別の人数、わかったら教えていただきたいと。
副委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、青野 孝君。
生活福祉課長(青野 孝君) お答えいたします。
 年代別というものにつきましては特段実施してございませんが、ただしその他における可働年齢15歳から64歳に関しましては把握してございます。年齢区分で申しますと18から64歳で88件ございます。その辺で年代ごとには統計はとってございません。
 お仕事の関係でございますが、ハローワークの方と今年度から連絡をとっておりまして、協議会を開催してございます。それで、目標でございますが、毎月何名と、5名あるいは6名というような形で目標を設定してございます。ただし、ご本人の状況あるいは条件に合致しなくてなかなか就労できないというような状況になってございます。しかし、ハローワーク等の調整において各資格を取得していただいたり、あるいは就労する事業所を探していただくというような作業は進めてございます。以上でございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 9番、及川長太郎委員。
9番(及川長太郎君) 生活保護を給付しているんですから、年代別がわからないという、データを押さえてないというのはちょっと解せないんですが、20代、30代、40代、50代、やはり一番稼ぐ年代ですよね。その辺で本当に、もちろん体が悪い人は働かないのもわかるんですが、その辺で、職業、これなら働くにいいとか、そういう取りまとめた人数はわかりませんか。その辺と先ほどの年代別の構成比を教えてもらいたいんです。
副委員長(伊藤吉浩君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) お尋ねの生活保護世帯の年代別の調査はしてないのかということでございますが、生活保護の制度自体が世帯の種類については高齢者世帯、母子世帯、障害とか傷病を持った世帯、その他世帯の五つの区分でしかやってございません。この区分ごとにそれぞれ扶助、手当というか、加算の種類があるもんですから、その加算の種類に応じての区分はやっているんですけれども、委員お尋ねの世帯主の年齢ごとの区分というのは特にやってございません。ただ、可働年齢層ととらえているのはさっき申しましたように15歳から65歳までと。その中で、実際働けるかどうかについては医師の診断で働けるとされた方についてはハローワークを通じて求職活動をさせるということの目標でやってございます。当然個人の資格だったり免許等の所持の状況にもよりますので、基本的には個人の希望に応じた職種を、できるだけそういう職種につけるようにあっせんはいたしますが、今ままでですと求人数が少なかったもんですから、なかなか職業をあっせんしかねたんですけれども、この震災以降、求人率が上がってきてございますので、それに応じた職業というか、ハローワークの方からご紹介もございますので、できるだけマッチした職業に就職して自立できるようにこれからも指導してまいりたいと思ってございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 9番、及川長太郎委員。
9番(及川長太郎君) 524世帯704人、1世帯で1人あるいは2人、何人ぐらいまで最低おりましたでしょうか、1世帯で。何戸ぐらいありましょうか、1人以上の生活保護を受ける家庭は。
副委員長(伊藤吉浩君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 524の内訳で申し上げてよろしいでしょうか。524のうち22年度で高齢者世帯が221世帯、これはお一人の世帯もございますし、65歳以上の夫婦の方の世帯も全部高齢でくくってございます。母子世帯が20世帯、障害が41世帯、傷病が85世帯、可働年齢層も含みますその他の世帯が157世帯ということでございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 9番、及川長太郎委員。
9番(及川長太郎君) 最後に、やはり就労してもらうような、そういう努力をこれからもお願いしたいなと思います。終わります。
副委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんでしょうか。
 7番、佐々木 一委員。
7番(佐々木 一君) まず、この概要書でいきますと44ページの1款1項1目社会福祉総務一般管理費の中に今回石碑等の復旧事業補助金として119万円計上されておりますけれども、これの説明を見ますと補助対象期間が平成24年度となっております。この意味合いはどういったものなのか、24年度からの事業でないとこの補助金は対象にならないのかどうか、まずその点をお聞きいたします。
 次に、61ページの3細目の市営墓地管理費でございます。これは前にも伺ったわけですけれども、今回303万8,000円で委託と工事請負費があるわけですけれども、手数料として今年度251万2,000円、収入としてあるようですけれども、それを上回る303万8,000円の経費であります。これはそのくらいかからない年度もあるからいいとしましても、この市営墓地、前にも言ったんですけれども、何で直営で市が窓口になって墓地の管理をやらなければならないのかと、素朴な疑問でございます。これは前には管理組合等々を立ち上げていただいて管理を移行したいといったような答弁をいただいたような気がしますけれども、いまだかつてずっと同じでございます。どうしてこの管理を市でやらなければならないか、市でやらなければならない理由、変えられない理由をお伺いいたします。
 それと、次が63ページでありますけれども、一般廃棄物処理施設整備事業費で3,500万円あります。これは最終処分場に係るいろいろ調査のようでありますけれども、この最終処分場、先ほど来から瓦れきの処理に関して出ておりますけれども、その燃やした灰の最終処分でありますけれども、当初は平成30年ごろまで大丈夫だといったことでありますけれども、それが今回の震災で27年度で満杯になるといったような予定でございます。それに加えまして、このごろ宮城県の2月の定例議会で東日本大震災で発生した災害廃棄物の焼却灰を県内の各市町村の最終処分場に処理を依頼するといったようなことが発表になったようであります。そうなりますと、27年度、これまでの予定がかなり早まるのではないかなといったようなことが懸念されるわけですけれども、県からそういったことが正式に来た場合、前倒しでこれは恐らく事業をやらなければならないと思いますけれども、そういった前倒しでやった場合、いろいろ市のこれまでの持ち出しの金額等々が恐らく大分緩和されるのではないかなといったような私は思いがするんですけれども、その点はどうなるのかお聞きをいたします。
副委員長(伊藤吉浩君) 順次お願いします。長寿介護課長、熊谷 一君。
長寿介護課長(熊谷 一君) お答えいたします。
 24年度事業かということでございますけれども、この事業につきましては3款、10款ということで、教育委員会予算にも出てくる事業でございます。3款につきましては戦没者の慰霊碑等が対象になるわけでございますけれども、慰霊碑等については41件の調査を行いました。その結果、6件の台座からの落下、基礎にクラックなどの被害を受けた慰霊碑がございました。そういうことで、早急に修繕を行うために、これは市独自の事業でございます。そういうことで、早急な修繕を目標に24年度ということで、単年度の事業としたものでございます。以上でございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 次に市営墓地関係。環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) それでは、市営墓地の管理組合への移管ということで、現在、市営墓地の使用区画につきましては1,247件の利用となっているところでございます。このようなことから、望ましいのは管理組合で運営していくということでございますが、使用されている方々が1,200件ほどとなっているということから、なかなかその移行が難しい状況がございます。今後もそのような方向に向けて検討してまいりたいと考えているところでございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 環境事業所長、佐々木秀悦君。
環境事業所長(佐々木秀悦君) 一般廃棄物の最終処分場の関係でございます。委員ご指摘のように、当初、今の最終処分場につきましては平成30年ごろまで埋め立て可能という予定でございましたが、震災廃棄物の増加によりまして平成27年度で満杯になる予定でございます。それで、今のご質問でございますが、前倒しで実施した場合ということでございますが、この建設事業ですが、事業の実施までは実施の計画から完了までおおむね5年、期間がかかるわけでございまして、その5年の中で実施すべく、23年度では基本計画を策定しまして、来年24年度、これで基本設計と環境アセスメント、影響評価ですけれども、これを実施して、26年、27年の建設事業の計画という形で進めてございますので、前倒しというお話でございますが、そのような期間がかかるということでご理解を願いたいと思います。
副委員長(伊藤吉浩君) 7番、佐々木 一委員。
7番(佐々木 一君) 最終処分場ですけれども、調査から建設までこのぐらいかかるからこれ以上は前倒しできないということですよね。ということは県のやつは受けられないということですね、うちの方では。うちの方のだけで27年にいっぱいになるんですから、これが県のやつをいいですよとなれば当然早くなりますよね。これが26年に本格的に工事が始まって完了するのが27年ということは、やはり最終処分場の許容のあれが限界、県のやつは当然受けられないと私は思うんですけれども、もう一回そこのところお願いいたします。
 それと、石碑の関係ですけれども、3款の分で5件、今回予算計上なっているわけですよね。それが41件を調査して6件修理をしなければならないという、それはわかるんですけれども、今まで修理が恐らく自力で、皆さんからお金をいただいてやったところが結構あると思うんですよ。そういったところはこの対象になるのかならないのか、私はそこを聞いたわけですけれども、もう一度お願いいたします。
 それと、市営墓地に関しましては、管理組合の方になるべく移行したいといったわけですけれども、これはずっと前から言って、なかなかならないわけですよね。そこで、斎場が指定管理になっていますよね。それと敷地も恐らく一体的なんです、あそこね。斎場と一緒に指定管理みたいな格好で委託できないものかどうか、その辺お聞きをいたします。
副委員長(伊藤吉浩君) 環境事業所長、佐々木秀悦君。
環境事業所長(佐々木秀悦君) 今の推定、予想では27年度末ごろということで考えてございます。それで、これより受けられないのかということでございますが、最終覆土が計画では1メートルの最終覆土を考えてございまして、その量が約6,000立米ございます。この最終覆土につきましては50センチ以上という規定がございまして、当市では1メートルということで計画してございますので、その分で約3,000立米の受け入れができると考えてございます。まだ被災住家等の解体もこれからということでもございますので、これらの推移を見守りながら対応してまいりたいと考えてございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、熊谷 一君。
長寿介護課長(熊谷 一君) お答えいたします。
 今お話ししました修繕箇所につきましては、各遺族会、総合支所、それから被害があった分についてはこちらから実際現場に行きまして確認をしているところでございます。その報告あった慰霊碑等についてはまだ修復されていない状況でございます。また、修復に際しましては、当時の建立者が不明の部分もございまして、その辺も若干課題は残っておりますけれども、まだ被災に遭った慰霊碑等については修復をされていないということで報告を受けております。
副委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) それでは、市営墓地の指定管理ということで、まだ指定管理の関係については私どもの方では検討はしていないところでございます。その辺を含めこれから可能かどうかというものを検討していきたいと思います。
副委員長(伊藤吉浩君) 7番、佐々木 一委員。
7番(佐々木 一君) 大体わかりましたけれども、慰霊碑、この説明によりますと「事故や戦争、災害などで亡くなられた人の霊を慰めるために建立された石碑」、その次に「その他上記以外の石碑」となっているから、私は範囲がうんと広いんだと思っていたんですよ。よく各お墓あたりにありますよね、万霊燈みたいな格好で、戦没者の方のですね。ああいったものも対象に私はなるんだかなと思ってましたけれども、ああいった関係はならないんですか。この文章を見るとほとんどのやつが私はなると解釈したんですけれども、もう一回お願いします。
副委員長(伊藤吉浩君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 今回予算化いたしました分については、例えば建立者等が明確にされていた場合であっても、宗教色の薄れているものというか、いわゆるメモリアル的な石碑になっているものについては公費で負担したいということで考えてございます。ただ、特定の神社とか寺院等の中にある特定されるものについてはそこの宗教法人なり団体の責任で直していただけるということで解釈しておりますので、特定の公園等でもメモリアル碑的なものになっているというようなものについて今回公費で修復するという考え方でございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 7番、佐々木 一委員。
7番(佐々木 一君) わかりました。宗教色が余り濃くないやつということですけれども、じゃここに少しそういったことで入れてくださいよ。危なく私は地域に行って説明するところだった、全部ここに入れますからと。よろしくお願いします。終わります。
副委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。
 6番、阿部正一委員。
6番(阿部正一君) 61ページですが、環境保全推進費でお尋ねをいたします。
 河川と湖沼の水質調査委託料とありますが、放射能の調査などはしておりますでしょうか、その1点、まずお尋ねをいたします。
 それから、環境問題でいろいろ温暖化ということで電気の節電とか温暖化対策とか今までやっておりますが、その対策について何か具体的にわかりやすく説明をしていただければ助かるんですが、できますでしょうか、よろしくお願いいたします。
副委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) それでは、初めに放射能の関係の調査費でございます。
 現在、空間放射線量につきましては市の方で行っているわけでございます。それから、個別に簡易測定で賄えないものは専門の機関に委託しているという状況で対応しております。したがいまして、それぞれの部署におきましてそれは対応しているということでございます。
 それから、温暖化対策を進めるに当たっての体制ということでございますが、柱となって進めてまいりますのは登米市環境市民会議の中で進めていくと、市民との協働で進めていくということにしているところでございます。その中で、再生可能エネルギー、特にバイオマス、木質バイオマスなどをこれから普及していこうというところまで来ているところでございます。以上でございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 6番、阿部正一委員。
6番(阿部正一君) 答弁になってないと思います。湖沼とか河川、その関係は、担当課はどこですか。専門の部でやるということですが、この分は今答弁した方々の部ではないんでしょうか。
 それから、環境市民会議と言いましたね。市として数字的にあらわせるものなどはないのでしょうか。大分前から取り組みをいたしているわけでありますから、何かそういうものがデータが出てきていいのではないかということで今質問させていただいております。
 それからもう一つは、「ノーカーデー」とかということの取り組みをしておりましたね。それは今でも継続されているかどうかお聞きいたします。
副委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) 湖沼の調査についてでございますが、この調査につきましては県の方で行っている公共用水域以外の湖沼、長沼川でありますとか旧迫川でございますとか、湖沼で言えば機織沼でありますとか、そういうところの調査を行って、現状の把握をしているところでございます。
 それから、市民会議と数値的にあらわせるものということでございますが、現在、温暖化対策の中で地域推進計画というものがございますが、今後取りまとめを行いまして、数値化していく、それから年度ごとに環境報告書を作成しているわけでございますが、本年度におきましては震災の関係でまだ作成していないところでございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 市長公室長、北條敏夫君。
市長公室長(北條敏夫君) 「ノーマイカーデー」でございますが、現在も実施をいたしております。以上でございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 6番、阿部正一委員。
6番(阿部正一君) 今の湖沼の放射能の件なんですが、県とかどうでなくて、県でやっているんであればその数字が出てくると思うんですよ。そういうことを聞いているので、そのような答弁されますと、じゃどこでやっているんだということになりますね。私は市でどう対応しているのかと。市でやっているんですから、市でどう対応しているのかということをお聞きしているので、しっかりその辺は答えいただきたいと思いますし、それから温暖化の関係も、大分前から取り組みをしているわけでありますので、ある程度数字的にも出せるのではないかと私は思います。
 それから、「ノーカーデー」ですが、今取り組みをしているということでありますけれども、もう少し詳しく聞きますと、今、職員どのくらいこれに協力をしているかということもお聞きいたしたいと思います。
 それから、温暖化、お聞きしますと多分答弁は返ってこないと思いますが、私が言いたいのは、行政で本気になって取り組んでいるのかということをお聞きしたいんです。夏には公用車でクーラーをかけている方もいるし、夏にスタッドレスタイヤを履いている公用車もあるし、本気になって温暖化対策とか、もう一つは節電ですか、こういうものに取り組んでいるのかなと、大変疑問に思います。ぜひ行政の方からしっかりやらないと、節電も環境の温暖化も、何もかも実現できないと思うんですよ。ぜひ職員の方々からしっかりと、もう何年もたっていますので、取り組んでいただきたいなと思っております。「ノーカーデー」も多分返ってくる答弁は大体わかりますので、ぜひその辺はしっかりと取り組んでいただきますようにお話をして、終わります。答弁は要りません。
副委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑ございませんでしょうか。
 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 22番、沼倉委員の方にお答えした建設改良の利息の額ですが、誤ってお話ししましたので訂正させていただきます。
 1億4,400万円というのは総額の利息の支払額でございまして、基準外は5,000万円になります。基準外の繰り入れは5,000万円になります。
副委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑ございませんでしょうか。
 20番、及川昌憲委員。
20番(及川昌憲君) それではお伺いいたします。
 概要書45ページ、民生費の団体育成費ということで、いろんな団体ありますけれども、例を挙げてご質問させていただきます。
 ここに登米南三陸保護司会登米分会ということがありますけれども、登米市更生保護団体補助金交付要綱というのが登米市にあります。その中で、「次に掲げる市内の団体とする」という中で一番最初に保護司会という名称があります。保護司会とはこの登米市分会もその対象になるのかどうか。
副委員長(伊藤吉浩君) 答弁願います。市民生活課長、目々澤義信君。
市民生活課長(目々澤義信君) お答えいたします。
 登米南三陸地区の中の登米分会ということですので、保護司会という形で該当するということでございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 20番、及川昌憲委員。
20番(及川昌憲君) 要綱で保護司会と書いているのに、分会まで認める定義というのはどうなんでしょう。これは保護司法の中で保護司会というものを認めているんですけれども、分会の存在の文章記載はないんです。
副委員長(伊藤吉浩君) 暫時休憩いたします。
          休憩 午後2時08分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時09分
副委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 市民生活部長、星 英雄君。
市民生活部長(星 英雄君) 要綱で保護司会に分会が該当するかというお話でございました。保護司会活動という観点で、従来ですと南三陸、登米市ということで、それを統合した組織が一つございます。そういった中で、登米市を管轄する保護司会という観点の中で分会構成がされておるということでございまして、そういった観点からしますと要綱で言う保護司会に合致をするという観点で助成を行っているところでございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 20番、及川昌憲委員。
20番(及川昌憲君) 個人的な見解は困りますよ。部長の見解を聞いているんじゃないですからね。この要綱が定めるところに分会という定義づけがあったんですかということです。22年6月16日にこの補助金の適用がありますけれども、登米市補助金等交付適正化審査会、副市長が座長ですね、会長ですね。こういったことは、この席でそういうふうな認識をとっているということですね。
副委員長(伊藤吉浩君) 暫時休憩いたします。
          休憩 午後2時10分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時11分
副委員長(伊藤吉浩君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。
 ここで、休憩いたします。
          休憩 午後2時11分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時21分
副委員長(伊藤吉浩君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。
 答弁願います。企画部長、佐藤順悦君。
企画部長(佐藤順悦君) お話のように、平成22年4月に補助金について補助金適正化審査会で協議しておるところでございます。当時、この補助金要綱がない中でございましたが、補助金の審査願の中には団体名としましては三陸地区保護司会登米分会、それから登米地区更生保護助成会、この2団体に対する補助金を交付してよろしいかという審査願が出ておりまして、審査会ではこの団体への補助金ということで審査しているところでございます。今お話しのように、保護司会との違いはあったんですが、当時、要綱がなくて、この分会の中で適正化審査会では協議したところでございます。その際に、要綱がなければおかしいんじゃないかということで、適正化審査会の中でも協議したところでございます。ただ、交付要綱の中では、ご指摘のとおり分会とすべきところを保護司会、更生保護助成会というような中身で当時は要綱を22年4月1日から施行していた経過がございます。中身的には違っている内容となっておったところでございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 20番、及川昌憲委員。
20番(及川昌憲君) 結果的に、保護司会というのは保護司法の中で定める保護区ごとに保護司会を組織するというふうになっているんですね、これは保護司法の中で。それを分会にまで落としたという意図が何でなっているのか。そうであれば、この団体交付要綱の中にそれをきちんと明記しておかなければ、本来から法務省の関係で定めているものと違ってくるのではないかというのが第1点。
 それから、その活動の中で、聞くところによると寄附金を集めているという話を聞きます。これは担当部の中では掌握していると思いますけれども、それがどういった形で処理されているか、この団体の収支決算の中では明確になっていないということ。ただ、支出の中でわからない項目がありまして、事業費の中で協会還元金というのが8万5,200円、22年度の決算にありました。これは備考欄で「各町域」とうたっています。そうすると、この分会の中に組織的に町支部とかそういうものが結成されていて、そこに協会からの還元というお金が流れていっている。それがよくわからないので、その流れをお伺いしたいと思います。
副委員長(伊藤吉浩君) 市民生活部長、星 英雄君。
市民生活部長(星 英雄君) 保護区の今お話がございました。南三陸と登米市で一つの保護区として設定されまして、登米南三陸保護司会という団体に交付されてございまして、その中で行政単位での活動という中では登米分会ということでなってございます。したがいまして、これまでの考え方からしますと、要綱で保護司会という大きなくくりの中で該当団体という解釈をさせていただいたところでございます。これまでの議論あるいは企画部長の答弁にもありました。今回、さらに補助金の審査会で付議する案件にもなってございますので、そういった点も含めてしっかりと精査をしたいと思ってございます。
 なお、団体の決算の中につきましては、課長の方から答弁申し上げます。
副委員長(伊藤吉浩君) 市民生活課長、目々澤義信君。
市民生活課長(目々澤義信君) 協会還元金ということのご質問がございましたが、その辺は掌握をしかねておりましたので、お調べして後ほどご報告したいと思います。
副委員長(伊藤吉浩君) 20番、及川昌憲委員。
20番(及川昌憲君) 問題は、平成22年度の予算に係る補助金から提供されているわけですから、審査会で審査して確認している話ですからね。しっかりその審査会が機能を果たしているかが今回の問題なんです。保護司会が悪いんではないんですね。ですから、その機能をしっかりしているかはもう一度確認させていただきますけれども、整理して、きょうでなくてもよろしいですから、しっかりと検討を加えて、さらにその分会という扱いも、市民生活部長の単独の判断じゃなくて、審査会がそう認めているんであれば、なぜ「分会」と入れなかったんですかと言いたいところですよ、これ。そういったことも含めてしっかりとした精査をお願いしたいと思います。以上。
副委員長(伊藤吉浩君) 答弁はよろしいですか。ほかに質疑ございませんか。
 13番、相澤吉悦委員。
13番(相澤吉悦君) 概要の54ページ、放課後児童健全育成事業ということで、これは学童クラブのことだと思うんですけれども、学童クラブ、一部校舎、学校、新田では中学校ですけれども、借りてやっているということですけれども、あれは借りていれば、正面からじゃなくして、ああいうふうに裏からしか入れないんですかね。大変危険なんですよ。私はこの間行って初めてわかったんですけれども、裏から上がって、ライトもないところを鉄のはしごをおりてくるんですよ、子供たちが、裏だから。だから、借りているから正面から行けないのかなということで、非常にあれは危険なんですよ。電気もないから、ライト一つ置いているんだけれども、今、新田一部のことを言ったんですけれども、こういうところが恐らく学校を借りているところはもっとあるかもしれないんですけれども、堂々と正面から行けないもんだべかね。事故が起きなければいいけれども、ほかにももしあればだけども、それはどうなんですか。
副委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、小野寺千秋君。
子育て支援課長(小野寺千秋君) 放課後学童クラブにつきましては、土曜日等の日もございます。それで、警備の関係もございまして、現在、新田の小学校につきましては裏の方から入ってございますが、夜間等足元が暗い場合は、現場を確認させていただいて何らかの方策をとっていきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
副委員長(伊藤吉浩君) 13番、相澤吉悦委員。
13番(相澤吉悦君) 非常に危険なんで、きょうみたいに雪が降って、歩く、雪がたまって凍るので、全部、それはきょうにした方いいよ。本当に、夏になってからやったって何の役にも立たない。この間行って初めてわかったんだけど、何で正面から来られないんだと、うんと不思議に思ったのね。やはりだめなんですか、正面からでは。正面から来るように、子供たちが入ったり出たりするにいいように、そのようにしてもらったらいいんでないかと思うんですけれども、お願いします。
副委員長(伊藤吉浩君) 福祉事務所長、志賀 尚君。
福祉事務所長(志賀 尚君) 本日中に学校の方にお邪魔をして、対応したいと思います。
副委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑ございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
副委員長(伊藤吉浩君) それでは質疑なしと認めます。
 これで、3款民生費、4款衛生費についての質疑を終わります。
 ここで説明員の入れかえのため暫時休憩いたします。
          休憩 午後2時29分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時32分
副委員長(伊藤吉浩君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費について質疑を行います。
 質疑ございませんか。
 24番、岩淵勇一委員。
24番(岩淵勇一君) 1点だけ。商工費なんですが、1款2項1目で中小企業振興資金の融資事業なんですが、今議会の補正で25番議員と産経の部長と議論し合った様子を見て、私もちょっと、今年当初予算にこの部分、約3億3,200万円ほど計上されておりますが、その中でも融資預託金として2億9,200何がしということですが、部長、23年度の代位弁済の台帳、そこに持ってますか。係がいるから持っていると思いますが、その中で補正で751万4,000円を代位弁済するんだよと、市の負担だよということなんですが、この調書を見て本年度の事業のことを言いますから、この調書を見ると代位弁済した金額が、保険会社と市があるんですけれども、ここに751万4,000円、この金額の左側に合計で差引残高という金額ありますよね。これがもしかすると次年度の代位弁済する金額にならないんですか。そのことが前に議論したときに補正ではなってなかったので、これをお尋ねしたいんです。ということは、この企業、下に10社、No.10番まで書かれて11社あるんですけれども、私が不思議だなと思ったのが6,425万7,489円と書かれている金額が合わないなと思って実は計算して出したんですよ。そうしたら10番目までだったので、なるほどなと、その上の欄までだということで、この数字は合ったので確認したんですけれども、この企業について、すべて年次が18年度から保証した、契約した周期もあるんですが、健全な企業であれば代位弁済する金額に回ってこないと思うんですが、そうしますとこの企業については大体経営がそうした、いわばグラフで言えば右肩下がりの企業になっているので、今後もこの数字が続くんじゃないですか、まずこの件について回答いただけますか。
副委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) さきの補正でお願いした部分でございまして、今、委員ご指摘のとおり、こういう経済環境でございますので、このたぐいの部分は今後もできるだけ出てこないような企業活動あるいはそういった部分での融資ということに心がけてはいるんですが、融資についてもやはり必要な、人間で言えば血液でございますので、反面こういいった情勢だからこそ融資の部分についてかなり積極的な部分も金融機関も含めてございます。そういったことからすれば、今後についても、できるだけそうならないように努力はいたしますけれども、あり得ることだという認識をしてございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 24番、岩淵勇一委員。
24番(岩淵勇一君) あり得ることだという答弁ですが、これはもしかすると、合計欄の総金額、私、出したんですが、来年度1,400何万になるんですよね。これの一番右側の備考に90、60、80、60と書かれていますが、これは保険会社と市の割合がそういう割合になっているわけでしょう。その合計金額のこの企業ごとに何%かは必ず代位弁済、額として多分次年度ものってくると私は解釈しているんです。その辺、そうでなければ否定してください。
 それで、今回2億9,250万円ほどまた融資預託して事業するんですが、これどうでしょうね、毎年、中小企業育成のためとはいえ、こうした金額がずっと恒常的に私はなりはしないかという心配しているんです。そういうことで、この企業を育てる、支えてやる仕方をもう少し金融関係を調べられた方がいいのかなと。もう少し実施する方法はないのかということを、知識ある部長、課長がそろっていますから、この辺をもう少し効率のあるというか、効果がある、こういういろんな職種にいろんな補助金を出していますけれども、やはりこれは企業側からしても困ったときに自助努力なしで金融機関に仰ぐということになって、最終的には採算がとれなくてということで自分の事業ができなくなるという温床にもなりはしないかと、ある部分では思っているんです。そういうことからすると、この事業、今回継続されるようですが、保証協会、保険会社も約5,000何万ほど負担していますから、保険会社も何かを話すと思うんです、この中小企業金融機構と。これを日本全国そういう形でやったならば保険会社はもたなくなりますので、ですからそういう方向は金融機関との話があると思うんです。そんなことをちらっとさきの補正のときに気づいたもんですから質問するんです。ご答弁いただきます。
副委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) まず、少しご質問の趣旨の部分で、流れでございますが、当該企業あるいは中小企業の事業者、そこが市の主な取引金融機関といろいろ資金等の相談をいたします。金融機関では当該企業あるいは事業者の経営内容、必要とする資金の是非、そういったものを審査いたします。その結果、貸せる状況にあるという部分で、今度これを各商工会の方に上げてきます。商工会の推薦を持って私どもの方に来ます。その際、金融機関等で審査した内容、添付する資料等もかなりついてございますので、そういった部分を私どもの方でもすべてチェックさせていただきます。そういった中で、妥当であるという判断のもとで信用保証協会の方に「いいよ」という中身で対応してきます。
 次の60とか90、これは毎年債務負担行為でお願いしてございますけれども、信用保証協会が代位弁済した際のこれは金融機関との話し合いの中で毎年その割合が決まってございます。近年は金融機関の責任も結構重いということで、そういった割合になってございます。少し古い部分についてはそういった部分の責任が軽いということで、割合が違ってございます。
 それから、民間の保険ではございませんで、保険機構、そういった部分での対応でやっているということでございます。
 それから、すべてではございませんが、これは今回仮に代位弁済したとしても、その債務がすべてゼロになるわけではございません。今後この回収に当たっていきますので、額は全額ではございませんが、毎年幾らかずつ歳入の方にも入ってきている部分もございますから、そういった努力は努力で一方においてやっていくということでございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 24番、岩淵勇一委員。
24番(岩淵勇一君) そうですかね。私はこの借入金額、総合計を足すと9億8,000万円、約10億なんですよね。この金額、1企業ごとに見ると返済している金額が微々たるもので、保険会社と市当局の代位弁済金額に回ってるんですよ。つまりその企業は50%返ってきて、あと50%はない。返したのがたった10%やそこらなんですよ。あと全部代位弁済にのるんですよ。そういうことなんで、この辺、融資の仕方についてもう少し私は研究した方がいいと思うんですが、その辺、今回予算がのっていますが、その辺を担当官によく注視させながら、あるいはどの方向でどういうふうに行政として介入するかということも研究しながらこの事業を施してもらいたいと思いますが、いかがですか。
副委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 市の一つの大きな制度としての融資制度でございますので、委員ご指摘の点、十分検討いたします。さらに、震災等による融資もございます。そういった部分を含めまして、関係する商工会あるいは金融機関との懇談会、話し合い、そういったものも持ってございますから、ご指摘の点を踏まえて十分に対応を検討してまいります。
副委員長(伊藤吉浩君) 12番、二階堂一男委員。
12番(二階堂一男君) 66ページ、67ページの緊急雇用対策費の中で空間放射線測定業務補助臨時職員12名、1,000万幾らですね。それから、稲わら一時保管庫の放射線測定業務10名、800万何がしとありますが、これらの業務内容と、特に稲わらの保管の部分は、保管庫の中まで調べるとなりますとかなり放射線量が高くなるということを考えると、防護対策や、あるいは年齢というものも考慮しなくてないんでないかなということを思うんですが、その辺についてはどのように考えているかお伺いしたいと思います。
 それから、71ページだと思いますが、6款農林水産業費の直播推進事業、これを市長は「ちょくは」事業と言われてますが、どっちだか、私も今までは「ちょくはん」だと思ったんですが、どっちかきちっと統一していただきたいなと、どっちでもいいんですけれども、何となく聞くときに「ちょくは」なのか「ちょくはん」なのか、その辺のことを確認したいのがまず一つ。
 それから、別冊の18ページに詳しくこの内容を書いております。これからはコスト軽減のためには苗をつくらない中身が必要だと思いますので、この辺は重要だと思いますけれども、この中で、機械に対する整備事業で、新設で、田植機のアタッチメントに対する補助が5台分で100万円ということになっていますが、これは田植機そのものについてはどのようになっているのか一つ。
 それから、下の方に目的ということで、24年、25年度となっていますが、この事業は2年間継続するのかどうか、その件について確認をしたいと思います。以上です。
副委員長(伊藤吉浩君) 新産業対策室長、佐々木茂光君。
新産業対策室長(佐々木茂光君) それでは、私の方からは放射線の測定業務の臨時職員の関係をお答えさせていただきたいと思います。
 現在、放射線の測定につきましては環境課さんの方で平成23年度も実施してございまして、引き続き24年度も実施する、増員して実施するということになってございまして、募集に際しましては、放射線測定の業務もあるということで、募集はハローワークの方、それから毎戸に配布させていただくチラシの方についても出してございますので、それに基づいた応募があるものと思ってございます。以上です。
副委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋 充君。
農産園芸畜産課長(高橋 充君) 稲わら保管庫の管理の業務内容でございますが、まずは定点での放射線量の測定、これを1週間に1回の割合で行います。その他、同時に、保管庫はビニールハウスが主でございますので、あたりを回りながら鳥獣に対する損害に関する調べ、あとはガムテープ等々の補修を行う業務でございます。
 あともう1点の「ちょくは」か「ちょくはん」かのお話ですが、これは「ちょくは」でございます。「は」でございます。
 あともう1点、3点目でございますが、今回の水稲直播機械整備事業の中身でございますが、基本的には多目的田植機といいまして、普通の通常の移植田植機から直播というか、種をまく田植機、あとは除草作業をミックスした多目的田植機に対するものでございます。今回はアタッチメントという後ろの部分の種まきをする部分に対する支援でございます。
 2カ年といいますのは、同一圃場の直播に対する、取り組みに対する支援に対して同じ圃場では2カ年という意味でございまして、事業年度ではございません。事業年度につきましては平成23年から25年ということで、3カ年でございます。以上でございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 12番、二階堂一男委員。
12番(二階堂一男君) 事業の年度についてはわかりましたが、先ほど言いましたように、稲わらの放射線の測定については防護態勢をとらないのかということです、全く素手でやるのかどうか。恐らく外の問題ですね。中の機械じゃないと思いますが、かなり高い放射線も予想されますので、頻度が高くなると殊に若い人たちがこういった業務にもし携わった場合にはいろんなことも考えられますので、その辺を心配しての話ですので、健康に被害のない対応をスタイル的にやるのかということをもう一度お願いしたいということで、1年間やるということでございますが、できれば、いろいろなところで数字があらわされておりますのでよくわかるんですが、できれば放射能の高い、はかった部分、地図で示してもらうと非常にわかりやすいと、こういう声もありますので、ぜひ考えていただきたいと思います。
 それから、一つ忘れました。同じ6款の中の直播の下に水田農業生物多様性確保対策補助金が50万円あるんですけれども、これの詳しい内容をもう一度お知らせいただきたいと思って、追加も含めてお願いします。
副委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋 充君。
農産園芸畜産課長(高橋 充君) まずは保管庫の管理に対する防護態勢でございますけれども、ご存じのとおり、セシウムに関しては放射線量の強度と時間という考えが人体に影響するという問題でございまして、今回の管理の中にまず一つは温度計でハウス内の温度管理をしなければならないという業務が1点加わっています。それについては中に既に温度計が設置されていまして、外で中の温度を常態するようなシステムの温度計の管理体制にしてございます。ですから、直接中に入っての温度の管理じゃなく、外での管理、あとは若干あけて、屋根が、光が入っているか入ってないかの管理というような形でございまして、そういう防護服の防護態勢につきましては、そういった意味では別状、防護服等は身につけないで、短時間の管理、周辺注意の管理というのが主でございます。
 あと、地図で示すということでございますが、各保管庫には定点ということで決めておりまして、区長さんとのお話、住民とのお話の中で定点を1カ所の保管庫当たり10点前後を設けてございます。そういったものを定点として観測して、場所と観測内容を明記しながら公表していくという内容になってございます。
 あと、生物多様性でございますが、中身につきましてはビオトープといいまして、田んぼのまくら側に自然的な池をつくって、植物または魚類の観察ができるようなシステム、あとは冬期湛水できるような態勢、あとは魚道関係の態勢について生物多様で50万の計上いたしてございます。昨年につきましては7カ所該当なってございます。
 以上でございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 12番、二階堂一男委員。
12番(二階堂一男君) ぜひ、一時保管するわけですから、この部分は住民によくわかるような方法と、今言った係員が大量の被曝をしないような対策を十分とってこれを進めていただきたいということを申し上げて、終わります。
副委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 緊急雇用等でお願いする分については、あくまでも、当然必要なゴム手袋とかマスクとか、そういった装備はします。委員ご指摘の防護服、そういったものは装着いたしません。なぜかというのは、今、課長がご答弁申し上げましたように、ハウスの中には入りません。せいぜい一番近いところで温度計、ハウスの外にございますから、そういったものをチェックする程度でございますから、あとは一般的な空間放射線量でございますから、そう大きく、言われているような被曝という部分はないものということでございます。
 それから、そもそも稲わらそのものも、福島の第一原発にあるような、あそこの近くの線量にはなっていないことも、ぜひこれは全体的な部分で基本の理解をお願い申し上げたいと思ってございます。なぜかというのは、今、ロールすべてをはかったわけではございませんが、高いものでも1キログラム当たり8,000ベクレル前後のセシウムだということでございますから、それが数メートルとっただけで空間放射線量としてはかなり高い数字にはなっていないというのが現状でございますので、よろしくお願い申し上げます。
副委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑ございませんか。
 21番、佐藤尚哉委員。
21番(佐藤尚哉君) 今の部長の答弁を聞いてちょっと心配になりました。稲わらの保管についてなんですが、絶対に流通に乗らないようにしてほしいということですね。私が心配しているのは、そういうふうにして8,000ベクレルであるとか敷きわらにする分は基準が緩いとか言いながら、結局は循環してしまう、汚染が広がってしまうということを心配しておりまして、絶対にそういうことのないようにしっかり対策を立ててほしい。これは登米市からそういったものが、4月から基準が新しくなることによりまして、そういうことが出ますと完全にこれは大きな風評被害につながるわけでございますので、万全を期して対策をとっていただきたいということでございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) ただいま申し上げましたのは、全委員に申し上げましたのは、稲わらの一時保管庫にかかわる測定、産経部緊急雇用を使った測定はどうやるのだということに対するお答えでございます。
 今、委員ご指摘の点は、稲わらにつきましては、登米市としてきちんとほかのものと分離するということで今やってきているわけでございます。ただ、残念ながら現時点ですべて一時保管できている状況ではない、もう少し残っているという状況についてはこの間申し上げてきたことでございます。そういうことで進めてございますので、何か緩めて田んぼに戻してしまえとか、そういったことはいささかも考えてございませんので、既定方針どおりきちんと一時保管を行っていくということで進めてございますので、よろしくお願い申し上げたいと思います。
副委員長(伊藤吉浩君) 21番、佐藤尚哉委員。
21番(佐藤尚哉君) 十分わかりました。ただし、広範囲に放射能がまき散らされているということだけは事実でございますので、そうしたことでの扱いをしてほしいと考えております。
副委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) きょうのいろいろと質疑についてもネット等を通じて全国に行ってるわけでございまして、どういう意味での今の表現か私は理解できないんですが、扱いとして稲わら等を例えば一時保管庫に持っていくとか、そういった際にいろんな2次的な被曝とかそういったものがならないような措置で行えということについてはそのとおりでございますから、そのようにいたします。それ以外の部分で何か登米市の農産物とか、あるいはこういった処理にかかわってまき散らしているという実態はございませんから、これはぜひ本当にご理解をお願い申し上げたいと思います。
副委員長(伊藤吉浩君) ほかにございませんか。
 26番、伊藤 栄委員。
26番(伊藤 栄君) これは前者に関連して、稲わらの保管についてであります。
 市内ではまだ町域に一部この保管庫ができないということでありますが、早く風評被害等なくして、つくっていただければいいなと思っております。
 今、前者の方で明らかになっているのは、あえて申し上げますが、当地域は全国で一番の稲わらの放射線被害であるわけですね。それで、若干古くなって、私も大変なんですが、昨年の12月20日、今から3カ月前です。この放射線の被害は福島県が断トツをしており、宮城県がおくれているということで、県知事が先頭になって東京に強烈な要望活動に行ったわけでありますが、このとき私も、おら方の市長は必ず行ってっぺなと思っておりましたらば、市長が参加していなかったということでありますが、なぜ参加してなかったという、これで何も問題はなかったのかなという感じなんです。その点まずお伺いしたいと思います。
副委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) さきにご質問あったように、これは市長会等の取り組み、あるいは宮城県と市長会、そういった部分の取り組みでございまして、決して登米市の市長が行きたくなかったとかそういうことではございません。そういう部分になかったと。当然前の日ぐらいにはどういったことをやるのかという情報は入りましたけれども、それはそもそも東京に行く用務がそういう用務であったということの中身でございますから、登米市としてもいろんな課題、問題を抱えてございましたら、機会あるたびに関係省庁あるいは大臣等も含めてお願いすべきことはお願いしてきたという経緯でございますので、そこは少し分けて考えていただくとありがたいなと思ってございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 26番、伊藤 栄委員。
26番(伊藤 栄君) 確かにこの20日に市長が参加しなくても、稲わらの保管については県内いち早く取り組んで、それなりに行かなくともしっかりやっているということで評価しております。
 しかし、間違いなくこの登米地域は宮城県で最大の被害の地域であります。12月、11月ころはなかなか解決が見えない。それで県知事が先頭に立って、そのときは県内の首長さん方に全部ご案内を出しましたね。今、県と市長会との取り組みで行ったということでありますが、市民から見れば「おら方の市長さん、こういうのさ行って、これだけ被害があるんだから、ぜひ行ってもらえればよかったのや」というのが正直なところだと思いますよ、当日これ以上忙しい行事があったと思いますが。それで、多分市長はその日の土曜日とか、その日の行動は1人で歩いているとは思っていません。多分、部長とか副市長等で決めて動いていると思うんですが、いわゆる危機管理というんでしょうか、このとき何が一番大事なのか。というのは、その都度その都度大事なものがあろうかと思いますが、やはり市民の立場から見れば、これにぜひ参加して、市長も関係機関の大臣とか、あるいは東京電力の長に言ってもらいたかったな。今後こういうことはたびたびこれから出てくると思いますので、ぜひ関係部局あるいは副市長ともども、何が一番大事なのかというものをしっかり念頭にして行動していただきたい、こう思っております。
 実は当時、皆さんもご存じかと思いますが、ちょうどその20日ぐらい前にブータンの国王が来ましたね。ほほえみの国、幸せの国世界一ですね。そのとき、歓迎晩餐会というんですか、それに出席しなかった某国務大臣がおりましたね。このときだって問責決議に値するぐらいだったんですよ。私は、原発と登米市が、宮城県が随分騒いでいる中で、私自身は市長の行動が本当に問題あったと思っておりますので、これからいろんなことがあろうかと思いますが、しっかり危機管理あるいは自分の行動というものは何を重点にして行動するのかよくわきまえてやっていただきたいと思います。以上です。
副委員長(伊藤吉浩君) 総務部長、小野寺富雄君。
総務部長(小野寺富雄君) 今、26番委員から原発に係る国あるいは電力に対する要望活動についてのご質問をいただいてございますが、この要望活動については宮城県と宮城県市長会と宮城県の町村会、3団体の連携で行われたものであります。それで、各市長会、町村会の出席につきましては、特に市長会については仙台市が事務局となってございまして、当日の要望活動に出席する事務調整を行っていただいてございまして、この際については岩沼と名取と白石と、そして栗原の4市町村の首長さんが出席するということで県の仙台市の事務局の方からご連絡いただいてございます。こうしたことで、すべての自治体の首長が出席するというのはなかなか難しい状況でございますので、それぞれの事務局が調整をし、ローテーションを組みながらこうした要望活動に参加しているということでありますので、このとき登米市がみずから欠席したということではございませんので、ぜひその点はご理解をいただきたいと思ってございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) いろいろご指摘いただいております。今、委員からご指摘をいただいている日程につきましては1月20日でございます。12月20日ではございません。そして、委員からご指摘をいただいておりますとおり、11月、12月、そういった稲わらの汚染の問題が発覚した7月、8月、こういった時期において私自身も県の市長会等にもさまざま働きかけをいたしましたが、なかなか全体での取りまとめがうまくいかないという状況もあった経緯もあって、そういった部分につきましては私自身がそれぞれ動ける範囲の中でさまざま、内閣府でありますとか農林水産省でありますとか環境省の方にもいろいろと回ってまいりました。そして、委員からもご指摘をいただいております11月議会終了後、速やかに上京いたしまして、そういったところにつきましても関係方面に働きかけをさせていただいております。
 それから、知事、県市長会、町村会合同要望ということの内容につきましては、我々の方からは稲わらの管理、最終処分、そういったものについては必ずやるようにということでの強い申し入れもさせていただきながら、登米市の重要課題である案件につきましてはすべてその中に盛り込みをさせていただいているというような状況であります。もちろんそういった意味では、テレビ、新聞等で報道されるような取り組みでありますので、そういった部分に顔が見えないということで、市民の皆様にも行動力についていかがなものかというようなおしかりの声は確かに聞いております。そういった意味では、委員からもご指摘をいただいておりますので、そういった部分を十二分に踏まえながら今後しっかりとした行動をとってまいりたいと考えております。
 ご指摘をいただきまして、感謝申し上げます。
副委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑ございませんか。
 それでは、ここで休憩いたします。
          休憩 午後3時09分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時19分
副委員長(伊藤吉浩君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。
 質疑ございませんか。
 6番、阿部正一委員。
6番(阿部正一君) 時間が大分あるようなので、少し質問させていただきます。
 まず、稲わらについてお尋ねをいたしたいと思います。
 前にも質問させていただいておりますが、いま一つだけ教えていただきたいんですが、たまたま私の資料があるんですが、先ほどハウスの中と外では安全性が違うんだというお話でありましたが、よくわかりませんけれども、ベータ線とかガンマ線とかありますが、アルミ板も通すと書いてあります。これはどのように違うのか、その辺がよくわかりませんので、まずそれを一つ質問させていただきます。
 それから、稲わらの保管場所であります。これは前にもお話をしまして、市長から謝罪を受けました。同じような方法でまだ取り組みをしてませんでしょうか。私はそれを聞きましたときに、私はここで何を質問したのかなと感じました。私が聞いたのが間違いかどうかはわかりませんけれども、やり方は同じようなやり方をしております。まず一つは、保管場所を決めて、そこと交渉して補償の話をして決めて、それから区長さんや周辺の住民の方に説明をしている、その間に資材を運んでいる、区長さんはまた大変心を痛めている、地域の方々から言われるし、そしてまた市の方からも区長さんの判断次第だというようなご提案もいただいているということです。区長さんも一生懸命どこかいい場所がないかと探してもいるようでありますけれども、今、電話が鳴るのも、電話機をとるのもノイローゼになるようだというお話を聞きましたので、いまだにそのようなことをしているのかなと。確かに担当の方々が大変なのはわかるんです。でも、それを足を運んで、誠意をもって対応するのが私は行政であり我々だと思っております。本当に情けなくなって聞いてまいりましたが、これは本当かどうかわかりませんけれども、そういうやり方をまだやっているのかどうなのか。私は一例としてこの間それはしっかりと話をさせていただきました。まだやっているのかやっていないのか、その辺をお聞かせください。
副委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) まず第1点目は放射線にかかわるご質問でございます。
  アルファ線、ベータ線、ガンマ線、これは市で設置している保管庫のビニール、そういったものはすべて透過します。ただし、周辺条件等によって土のうを設置していますから、これについてはかなりの遮へい効果があるということでこの間申し上げてきました。このとおりでございます。
 2点目、基本的な進め方は委員お話しのとおりです。まず場所が具体的に決まらなければ、どこにつくるのかも説明できませんので、それはそのようにやっています。前の議会でこの手順ずれがあったことについて市長がおわび申し上げた場所については、北方の三方島と申しますか、泥内、この場所でございます。これ以外の場所で資材等を運んでとかという、そういう部分はございません。すべて手順に従った説明会をやって、一定のご理解を得た中で進めていくという中身でございますから、もし反対にそういった場所があれば具体的にお知らせいただいた方がよろしいかなと思ってございます。
 それから、周辺の皆さんの理解という部分で言うと、例えば100人が100人すべて「いいよ」という話になっていない部分もこれは確かにございます。ただし、およその部分で一定のご理解がいただけたという中で、地域の代表する区長さん、そういった総合的なご意見も伺いながらこの間進めてきたというのが今の現状、実態でございます。まだご理解が得られなくて設置場所が決まっていない部分が何カ所かございますという話もこの間申し上げてきたところでございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 6番、阿部正一委員。
6番(阿部正一君) 今の保管場所につきまして、後で確かめてみます、お話を聞いただけですので。ただ、やはり前と同じようなやり方をしているということは事実のようであります。場所を決めてから、それはわかりました。でも、こういう言い方をしているそうです。これは前もそうです。「稲わらを放置してたらば、これは置いておいたらば、だれの責任ですか。最後に決めるのはその地域であって、放っておけば大変ですよ」というようなお話をしている。圧力ですよ、その地域に対しての。区長さん方はそれを言われましたらどうしますか。やはりそういう話し方は、前もそうです。前の三方島の件も、市の職員の話を聞いたけれども、ああではなかったと言っているんですから。それで「大変ご迷惑をかけた」と言って涙ながら話をした区長さんがいるんです。その責任がわかりますか。みんなの前では言わないんでしょうけれども、現に私どもが話ししたところはいますので、議員もそこに参加しております。うそを言っているわけではないんですよ。ですから、またそういうお話を聞いたとき、皆さん苦労しているんです。職員も苦労しています。大変なんですよ、これ。国でやるべきものを一生懸命やらなきゃない。でも今はやらなきゃないんです。ぜひそういうところがありますので、私は現に言われましたので、ぜひ圧力をかけるような言葉だけはやめていただきたい。そして、区長さんがまとめるのはわかりますけれども、区長さんではないんです。市でまとめてください。区長さんがまとめるのではないんですよ。市の職員が行ってしっかりと話をしていただきたい。区長さん方もそれなりに動いているようであります。ぜひその辺をしっかりと踏まえて対応していただきたいと思いますが、これは市長からいただきます。
副委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 委員からご指摘をいただきまして、そういった意味では地域の皆様に広くご理解をいただくようにというような指示をして今までも取り組んでまいりました。また、そういった中で、そういう話は聞いてはいるものの、一部ご心配があってお心苦しくされている方もいらっしゃるということは確かにわかります。影響を受ける受けないということよりも、これは本当にお一人お一人の心情の部分の中でご理解をいただくという作業でありますので、大変に難しい取り組みだとも認識をしているところであります。そういった意味では、あくまでもきちんと誠意をもって我々としてもご対応申し上げ、そしてご理解をいただくように最大限の努力を重ねてまいりたいと考えております。
副委員長(伊藤吉浩君) 6番、阿部正一委員。
6番(阿部正一君) ぜひよろしくお願いをいたしたいと思います。
 次に、83ページの商工振興育成費でお尋ねをいたします。
 ここには東日本大震災による被災の事業の関係でのっておりますが、8,100万円、これは前と同じ事業をそのまま継続するということでよろしいですか。
副委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、神田雅春君。
産業経済部次長(神田雅春君) 委員のおっしゃるとおりでございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 6番、阿部正一委員。
6番(阿部正一君) 次に、公園管理についてお尋ねをいたします。
 これは前にもお話しした経緯がありますが、10月9日、10日だったと思います。あそこでイベントをいたしたと思いますが、貸し料というのはどのくらい取るものかお聞かせをしていただきたいのと、前にも駐車場に入れなくて困っている状況がまたありました。ちょうど芋煮会の時期だったと思います。一度言っておりますので、それをどのように判断しながらあの場所を貸しているのか。またおしかりを受けました。どのような状況になっているのか私も行ってみましたが、やはり入れませんでした。ちょうど三陸の方々が間違いでなければ集まって芋煮会をするという状況もありまして、私もたまたま行っておりましたので、確かに大変な状況がありましたので、イベントをやっておりました。だからほかの方々が入れないというような、いっぱいだったんですね、駐車場が。どういう考えのもとでやっているのか、もう一度、前にもお聞きしておりますが、お聞かせください。
副委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、神田雅春君。
産業経済部次長(神田雅春君) 長沼フートピア公園の駐車場でございますが、以前にも委員の方から、昨年でしたか、同じようなお話を受けまして、貸す際には一般的な皆さんの邪魔にならないようにということで十分注意させていただいております。おととしですか、やはりお金を取って駐車場に入れないということがありましたので、昨年についてはそういうことのないようにということで十分注意をした上で貸しているところです。
 賃借料につきましては、条例で出店の分しかございませんので、1件当たり500円というような賃料で貸しているところでございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 6番、阿部正一委員。
6番(阿部正一君) そのとき現場にどなたか行って見ていますか、まずそれを確認します。
 それと、1区画借りても500円、全部借りても500円ですか。そういうやり方をしているんでしょうか。そういうのをもう一度お聞かせください。
副委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部次長、神田雅春君。
産業経済部次長(神田雅春君) まず、賃借料につきましては、お店1件につき500円ということでございますので、ご理解いただきたいと思います。
 職員につきましては、その日には行ってございませんで、管理人の方にお願いしていたところです。その辺は十分管理人の方に注意して指示はしていたところでございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 6番、阿部正一委員。
6番(阿部正一君) 店1件というと、イベントすると全部使っても1件ですね。そうなるんですよ。そういうふうになってしまうんです、あなた方は来て見ないからわからないんですけど。手を振ってもだめです、私は行って見ているんですから。そればりでない、前もそうなんですよ、同じことを言っているわけですから。そして、職員が前にも注意されていて見に来ないのは、それはどういうわけなんですか。たまたま芋煮会をしていて、私も行ったついででしたが、聞かれました。ある人から「芋煮会ができないので、どこか世話をしてください」と、これはまた別で、兵粮山を世話しました。「兵粮山は入れない」と、どうしたんですかと言ったら、車がいっぱいだというわけ。なぜいっぱいなんですか、これは言わなくてもわかると思うんです。これは真山部長はわかると思います。なぜいっぱいなのか。やるところはあるんだけど、車をとめられない。はすまつりもことしやりまして、言われました、「何で、あそこさ車を置きたいのに車がいっぱいだ」と。
 そこでお聞きしますが、公園の敷地、祝祭劇場もそうですが、駐車場、一般の方がトラックでも何でも自由にとめていいのかどうなのか、その辺もお尋ねをいたします。
副委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 少し足らない部分があると思います。まず、特殊なイベント、そういった分についてはできるだけ私どもの部署でもその催し物等々を含めてきちんと現場を見るようにしたいと思います。
 それから、過半、委員からご指摘をもらった部分のことで進めているわけですが、さらに昨年の秋ごろについてもあったということでございます。基本として、長沼フートピア公園の駐車場はイベント等の部分で貸し出しするスペースではございません。ただし、周辺に、今、次長が答弁したように、出店、そういったものは置けますよということでございますから、それを拡大解釈して、あそこの駐車場を全部占拠してしまうということは、長沼花火、そういった部分もとらえて、ないことでございますから、あるという話でございますから、そうならないようにしたいと思ってございます。
 それから、駐車の問題ですが、特に制限はしてございません。以前、問題等になったのは、例えば運送事業を行っている方が車の空き時間をあのフートピア公園の駐車場に置いていたと。それは本来の部分があるわけでございますから、それは適切な使い方ではないということでございます。したがって、例えば長距離のトラックの運転手さんがあそこで休む、そういった部分も含めて特に制限等はしていないという状況でございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 6番、阿部正一委員。
6番(阿部正一君) 今お話ししているのは、現場とあなた方の話とで全然違いますよね。前にも話してますよ。前も全部使っているんですよ。今回もそうなんです。それをこれからまたやるというので、それはだれがやるんですか。管理人に頼んだから、また管理人さんに頼みますからということですか。前に同じようなときに指摘されているわけですから、きちんとやはり職員が行って見るべきではないかと思うんですが、まずその点もう一回お聞きします。
 それから、フートピア公園に駐車して仮眠をするとか休むとかの問題じゃないんですよ。駐車場として使っていいのか、自分がこれから車を置いてうちに帰るからそこを使っていいのかということを今聞いているんです。駐車場に使っていいのかということです、自分は帰って、また朝来て車を取りに来る。そういう今お話をしたので、そういう営業的に利用していいのかどうなのか。フートピア公園だけではありません。その点をお聞きします。何度も皆さんに言われるもんですから、やはり言わなきゃないなと。恐らく知っていてもやらないのですから、ここでお話しさせていただきます。
副委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) まずもって現場の方をきちんと担当部署で見ろということでございますから、それはそのようにいたします。
 それから、先ほど申し上げたように、特殊なイベント、そういったときについては必ず現場を見ますので、今、受け付け、管理等をお願いしているシルバー人材センター等々ときちんと連携の上で配慮してまいります。
 それから、次に、事業としてあそこを駐車場として使うということについては、これは委員ご指摘のとおりでございますから、これはこのフートピア公園に限らず、どこであろうが、基本的にはそういうことでございますから、そういう車両があるのであれば排除すると申しますか、ご遠慮してもらうような内容の措置を講じてまいりたいと考えてございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 6番、阿部正一委員。
6番(阿部正一君) 営業として常に利用することはできるのかどうか、その辺ももう一度お聞きします。ほかの方々は、市の財産を借りて、駐車場も借りてお金を払ってますね。営業として使っている方もおられるんです。そのために今回もとめられなかった。私が向こうがありますよと、あそこはいっぱいでとめられませんでしたと、また戻ってきた。これは今始まったことではないんです。恐らく知っていると思うんですが、全然手つかずでいるようでありますが、今お話しした場所、知っていると思いますが、借地料を取っていますか。
副委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 兵粮山公園の方の駐車場のことだと思います。ここについては特に借地料とかそういった部分は取ってはございません。ただし、いろんな今までの歴史等もございますので、一方的にそこで事業等を行っている事業者が使っているとみなすことはなかなか少し難しい部分もあるのかなと思ってございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 6番、阿部正一委員。
6番(阿部正一君) 今の部長のお話ですと、ほかの駐車場もそういう使い方をして構わないと受け取ってよろしいですか。前から多分わかっていると思っているんですよ。私も皆さんから言われて、近くなもんだから、言えないでいたんですが、全然それを改善しようとしていません。「おれは市の土地を借りて金を払っているのに、何でっしゃ」と。今の答弁の歴史的なこと、何が歴史なのか、それを答弁してください、どういうことが歴史的なのか。
副委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) まずもって、市全体の施設にかかわって基本的な考え方、私どもが担当している部分以外での考えについては先ほど申し上げました。具体的に兵粮山公園にかかわる駐車場のことだと思って前問もお答えしてございます。ここに駐車場があって、そこにどういった向きで御用があるのか、それはそれぞれ異なるわけでございますので、なかなか特定して、例えばどこかのお店屋さんに行くとか、そういったことはなかなか難しい部分があるのではないかという部分でお話し申し上げたところでございます。
 それは、兵粮山公園は自然公園的な考えの中で、あそこに駐車場があって、途中、合併前の迫町において一定の舗装するとかそういった整備が行われてきた、あるいは隣接する公園等についても一定の整備をしてきた、そういった等々の歴史があるということで申し上げたところでございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 6番、阿部正一委員。
6番(阿部正一君) それは歴史的なものが何もないんですよ。それはちょっと言いわけなんで、ぜひ、もう大分前から知っていることですので、しっかりと、使ってはだめだということはないんですよ、営業で使うのであればお金をもらうとか。部長が今言いましたね、どこに行っているかわからないと言うけど、あそこにそんなに行くところがありますか。そういうような答弁はしない方がいいです。きちんと調べて対応する、そのような答弁をしてくれるならですが、今みたいに、あそこに駐車してどこに行っているのかわからないと言ったって、1件しかないもの、どこに行くかわかるでしょう。そういうことを言ってはいけないと思います。迫町時代からわかっている場所ですので、ぜひしっかりと対応していただきたいと思いますが、いかがでしょうか。
副委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 私も毎月のようにすべての施設、現場を見ているわけでありませんから、改めて議会終わった後、現場に行ってみたいと思ってございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 18番、田口久義委員。
18番(田口久義君) 別冊2の28ページ、工業団地適地調査事業についてお尋ねをしたいと思います。
 この工業団地の調査については、私は物流の観点あるいは人的移動の観点からは高速道のインターが近いことが一番有利でないのかなと思っております。また、人的な部分では新幹線の駅が近いということだと断然誘致に有利な要件となると私は思っておるわけでございますけれども、本市はややそういった意味ではハンディがあるのかなというような感じもしておるわけなんですが、今後この団地適地調査を進める上でそのハンディ等についてはどのようにとらえて、どんな点に留意をして団地を選定していこうとしているのか、まずその点、基本的な考えについてお尋ねをしたいと思います。
 それから、別冊2の21ページですけれども、畜産経営復興総合支援事業補助金でございますけれども、(3)において件数が記載されているわけでございますが、既にこの補助金については交付先は決まっているのか、また畜産農家すべての被害状況を調査の上この件数しか補助要件に該当しなかったものなのか、それとも補助交付該当者はもっとたくさんいたんだけれども、予算の関係上、上記12件となったものなのか、まずその点についても伺います。
副委員長(伊藤吉浩君) 新産業対策室長、佐々木茂光君。
新産業対策室長(佐々木茂光君) それでは、私の方からは工業団地適地調査事業についてお答えさせていただきたいと思います。
 委員ご指摘のとおり、高速道路の近くが工場としては進出する上で有利であるということは重々承知しておりますので、今回の工業団地適地調査事業につきましても三陸縦貫自動車道、東北自動車道のインターチェンジ付近を中心に一定程度の面積が確保できるところということで選定をさせていただこうかと思っております。そのほかに、栗原あるいは一関、大崎等のインターチェンジより多少離れているという部分につきましては、なるだけ造成費のかからない平たんな丘程度のところ、造成費のかからないところを中心に選定をしていただくというような考え方でございます。当然、適地調査の中に概算事業費まで含めて報告をいただこうと思っておりますので、そういう中で単価の面で有利性を発揮できないかどうかという調査まで含めさせていただこうかと思っております。以上です。
副委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋 充君。
農産園芸畜産課長(高橋 充君) 畜産経営復興総合支援事業に関する内容等でございます。
 この事業につきましては、23年から市の単独事業でも行ってございます。そういった意味で、県の方でこの事業を立ち上げまして、市としては11月24日に農家へ全戸通知をいたしましたところ、数量的なものを把握してございます。その中で、23年度で取り組んだものと24年度でしか取り組めないものということでありまして、今回に上げたものについては24年度分としての取り組み内容の件数でございます。
 事業的には県単独事業でございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 18番、田口久義委員。
18番(田口久義君) 後のやつ、要するにもっと応募者が多かったのかどうだか、その辺も聞きたかったんですが、その点と、それから工業団地については、東北道、三陸道を見据えた形で今後選定をしていくと、また造成費も安い単価でできるところということでございますけれども、それでは本市には東北道あるいは三陸道のアクセスがあるわけなんですが、どちらを選定の要件としては優先していこうと考えているのか、あるいは両方優先しようとしているのか、その点についてまずお伺いしたいのと、あともう一つは、私はこの税的優遇の問題もありますけれども、本市に企業さんが来ていただけるメリットというのは地価の問題もあるのかなと、そういった考えを持っておるわけですけれども、そういった意味でこの地価等についても極力安価な形で提供していくということが大事な点かなと私なりに解釈をしておるわけでございますけれども、その点についてもう一度お伺いさせてください。
副委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋 充君。
農産園芸畜産課長(高橋 充君) 該当者につきましては、畜産農家全戸に希望をとりまして、その全戸の方々が対象になってございます。希望者全戸が対象になってございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 新産業対策室長、佐々木茂光君。
新産業対策室長(佐々木茂光君) それでは、工業団地適地調査事業の関係でございますが、三陸道か東北道かというご指摘ですが、三陸道につきましては沿岸部からの被災企業が登米市に、内陸部に移動するであろうということも想定した中で、三陸道の近く、インターの近くというとらえ方をしておりますし、自動車産業につきましては当然セントラル自動車さんと関東自動車さんの中間に位置しております関係上、自動車産業関係につきましては東北自動車道のインターチェンジ付近という考え方でございまして、どちらも選定をするという可能性はございます。以上です。
副委員長(伊藤吉浩君) 18番、田口久義委員。
18番(田口久義君) 畜産の補助金については、そうするとこのくらいの応募しかなかったという解釈でよろしいわけですね、対象要件が。そういう答弁だと思ったんですが、それでよろしいんでしょうか。
 いずれにいたしましても、私の言いたいことは、言ってみればこの補助金というのは大金を市民におあげするわけでありますから、対象要件はありますけれども、すべての人にそのチャンス、機会を平等に与えるということがまず前提となるのではないかなという思いがするわけです。また、補助金の運用には極力公平公正を期した運用を考えるべきと思いますが、そのようにしていないという意味ではございませんけれども、逆にその辺は自信を持って運用していると言えるかどうか、イエス・ノーで結構ですので、お答えをいただければと思います。
 それから、工業団地についてでございますけれども、これについては先般、工業用地造成民間活力促進事業奨励金ということが新聞報道にあったわけですが、団地造成がなるまでの事前措置とは思いますけれども、この施策については企業に来ていただける見通しはどのように考えているのか。例えば5,000平米以上の造成に40%の補助率ということでありますけれども、もっとこの補助率を上げてもいいような私は気がするわけなんですが、その点についても伺っておきたいと思います。
副委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) まず、畜産経営復興総合支援事業補助金にかかわってのご質問でございますが、過半の補正の際に23年度で一定の補正をお願いしてございます。仕組みは課長が答弁したことと同じでございますが、件数的には被災家畜緊急避難輸送管理支援対策事業、これが1件でございます、23の補正の分です。それから畜舎等の施設整備が23件、経営再建家畜導入支援が63件、自給飼料生産基盤復旧支援事業が1件という内容で補正予算をお願いしたところでございます。したがって、件数的には相当程度の件数になってございます。
 これは補助金として公平な扱いとなっているのかということでございますが、それは当然のことでございますから、そうです。ただし、私どもの補助とか助成、そういった分については今度は産業の振興、いわゆる所得のアップ、そういったものに結びつかなければ、こういった補助金は余り効果がなかったと言われるわけでございますから、そうなるように取り組んでいきたいということでございます。なかなか市の関与する部分が、ほとんどこれは全額県の支出金でございまして、市が関与するところが余りないんでございますが、すべての補助金、そういった考え方で執行している状況でございますので、よろしくお願い申し上げたいと思います。
 それから、次の工業団地、あるいはすぐに市としての団地ができないので、民間活力を使った事業ということで、40%、平米9,000円、そして最大面積5ヘクタール、これを上限としてございますが、40ということでございます。この部分をある程度要綱化するに当たって、全国的な状況を私どもも調べてみました。40という数字は決して低い方の数字ではございませんで、今まで登米市がなかったように、ほとんどの自治体はこういった制度はございません。したがって、今回、震災ということで非常に時間的な猶予がない、市の団地を整備するまでに少し時間がかかるということのつなぎということで、24年度、25年度、2カ年に限った措置ということでございますので、今申し上げたようなことでぜひご理解を賜りたいと考えてございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 18番、田口久義委員。
18番(田口久義君) 補助金事業については間違いなくやっているということですから、今後ともそうした公平公正を念頭に入れて実施していただきたいということでございます。
 それから、工業団地については、今まで豊田鉄工さん初めあるいは豊里にはシンコーさん、あるいは及善さんとか、いろいろラッキーといいますか、来ていただいている。それにはそれなりの理由があってのことだと思います。今後またそのように来ていただけるかと言えば、必ずしもそういった保証はないのかなと。そういった部分で登米市として大きなメリットを持った形で工業団地造成を進めていく必要があるのかなと。そういった意味では、今、団地がないわけですから、その辺早急にこういった対策を進めていく必要があると思いますので、その点についてもう一度、一言で結構ですから、考えをお願いいたします。
副委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、真山誠喜君。
産業経済部長(真山誠喜君) 別冊にも上げているとおり、今まさしく委員ご指摘のとおりのことなんです。そういった課題を抱えていく中で、登米市の優位性あるいは有利性、そういったものをいかに出していくかということを今やはりもう少し詳細に調査して、場所も含めて分析する必要があるということでこの300万円の事業費をお願いしているわけでありますから、そういった中で当然明らかにしていかなきゃならないし、私どもとして次の考え方をきちんと持って、当然議会の皆様ともそういったものを共有しながら次のステップに踏み出してまいりたいという考えでございます。
副委員長(伊藤吉浩君) そのほかございませんか。
 10番、浅野 敬委員。
10番(浅野 敬君) 概要の68ページ、生涯現役全員参加世代継承型雇用創出事業に関しまして、商店街における地域住民とのコミュニティづくり事業、物産振興実証事業委託料4,100万円、全員参加型雇用機会創出事業委託料7,851万4,000円、この内容についてご説明いただきたいこと、それから74ページの汚染稲わらに関しまして、先ほどの市長のお話からちょっと確認させていただきます。目に見えないところで市長がご努力されていることは評価したいと思います。そして、やはり政治家といいますか、行政は結果責任を求められるわけですので、国の省庁との面談といいますか、お話し合いの中で、農水省よりも内閣府との関係で何らかの進展といったものが感じ取れたかどうかについてお聞かせいただきたいと思います。
副委員長(伊藤吉浩君) 新産業対策室長、佐々木茂光君。
新産業対策室長(佐々木茂光君) それでは私の方から、生涯現役全員参加世代継承型雇用機会創出事業についてお答えさせていただきたいと思います。
 この事業のうち、商店街における地域住民とのコミュニティづくり事業、この部分につきましては、現在想定されております大通り商店街のまちの駅、中央商店街の友遊館、この事業を新たな形で存続していこうという事業が一つ、それから物産振興実証事業の部分につきましては、観光物産協会の方で今回の震災でかなり観光客が少なくなっているということで、新たな物産振興についての実証事業を進めるということで、9名の雇用をするということでございます。
 次の全員参加型雇用機会創出事業につきましては、国の要綱にあります生涯現役全員参加世代継承型雇用事業の要綱に沿った事業を実施していただく方を公募で選びまして、28名の雇用を創出しようという内容でございます。以上です。
副委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 稲わらの問題にかかわらず、震災復興等について、宮城県の当初の現地対策本部長でありました末松衆議院議員が内閣府で首相補佐官をなさってございます。今は復興庁の副大臣ということでありますけれども、そういったことの中で今回のいろいろな対応等についての課題ということでいきますと、現場の省庁という中で、その省庁のばらばらな対応と一貫性がないということが非常に大きな課題だと認識をしております。そういったそれぞれの矛盾や課題の整理を我々としても認識を持ちながら、そういった部分についての提案を積極的にしていくこと、そういった提案の中から実は内閣府の方から逆に関係省庁の方に働きかけをして横ぐしを刺していく、そういった取り組みが今少しずつなされようというところでありますけれども、とは言いながら、今回の登米市の関係といたしましては牧草の問題等の中で、厚生労働省の食品安全の基準と農林水産省の現場での対応等の中で事前のすり合わせ等がないというような状況も実は今回改めて感じた次第であります。そういった意味では、やはり復興庁につきましてもなかなか横ぐしを刺すというところまではまだまだ至っていないのかなという思いもいたしておりますので、そういった部分につきましては政治的な活動をしっかりと進めながら、連携のとれたしっかりとした迅速な対応とワンストップのできる国の体制づくりにつきまして、我々としても強く働きかけをしてまいりたいと考えております。
副委員長(伊藤吉浩君) 10番、浅野 敬委員。
10番(浅野 敬君) さっきの全員参加型雇用機会創出事業についてはこれからの公募だということですが、大体どういう方々が資格があるというか、なんでしょうか、その点と、それから汚染稲わらと、あと牧草ですか、そういったこと、多分国の方ではどうやっていいかまだわからないんだろうなという思いがしますので、こちらから逆提案をすると話が進むのかなという思いがするんですが、その辺の見解はどうでしょうか。
副委員長(伊藤吉浩君) 新産業対策室長、佐々木茂光君。
新産業対策室長(佐々木茂光君) 全員参加型雇用機会創出事業の公募の関係でございますが、対象者につきましてはNPO法人、企業、団体ということで、通常の委託業務ができる事業者ということで、特に制限は、暴力団だとかそういう法的な規制はありますが、それ以外についてはございません。
副委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 稲わらの問題について、我々がまず一番危惧をしているのは、一時保管を我々はしておりますが、その後の最終処分に至る道筋が全く見えないということであります。そういったことにつきましても具体的な形で提案をしているものもございますし、また国のそういった考え方等も含めて我々としてまたさらに一工夫を重ねなければならないような要件もございます。そしてまた、去る3月8日でございます。議会休会中ではありましたが、東京に出張をいたしまして、牧草等の管理、保管、施用等につきましては、私と田口議長とJAみやぎ登米の榊原組合長と三者で直接農林水産省の方にお邪魔をし、現場のお話も聞きましたし、また施用しております繁殖農家の皆さんの粗飼料の現状等もお話をさせていただきながら、いろいろな提案もさせていただいたところであります。
 その前の昨年暮れに国の方にお邪魔をした際につきましても、我々としても現状としての具体的な対案をお示しをさせていただきながら提案を申し上げているところであり、またそういった中におきましては、先ほど22番、26番委員からもお話がありました瓦れき処理等のプラント、そういったものについて既存の施設ではなかなか処理が進まないという現状がありますので、さらに新設等も含めた中においての国の予算措置も強く要望してまいりまして、そういったことが少しずつ形になってきているのかなという思いをしているところでございます。
副委員長(伊藤吉浩君) 10番、浅野 敬委員。
10番(浅野 敬君) 私も同じ考え方でありますので、プラントの件につきましては一生懸命進めていただきたいということをお願いして、終わります。
副委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑ございませんか。あと何人でしょうか。
 それではお諮りします。
 本日の会議はこれで延会したいと思いますが、ご異議ございませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
副委員長(伊藤吉浩君) 異議なしと認めます。
 よって、本日はこれで延会することに決定いたしました。
 本日はこれで延会いたします。
 大変ご苦労さまでございました。
          延会 午後4時04分

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>