•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(佐々木幸一)
  •   2  7番(熊谷和弘)
  •   3  委員長(佐々木幸一)
  •   4  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •   5  委員長(佐々木幸一)
  •   6  7番(熊谷和弘)
  •   7  委員長(佐々木幸一)
  •   8  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •   9  委員長(佐々木幸一)
  •  10  7番(熊谷和弘)
  •  11  委員長(佐々木幸一)
  •  12  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  13  委員長(佐々木幸一)
  •  14  7番(熊谷和弘)
  •  15  委員長(佐々木幸一)
  •  16  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  17  委員長(佐々木幸一)
  •  18  7番(熊谷和弘)
  •  19  委員長(佐々木幸一)
  •  20  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  21  委員長(佐々木幸一)
  •  22  7番(熊谷和弘)
  •  23  委員長(佐々木幸一)
  •  24  産業政策課長(遠藤亨)
  •  25  委員長(佐々木幸一)
  •  26  7番(熊谷和弘)
  •  27  委員長(佐々木幸一)
  •  28  産業政策課長(遠藤亨)
  •  29  委員長(佐々木幸一)
  •  30  7番(熊谷和弘)
  •  31  委員長(佐々木幸一)
  •  32  産業政策課長(遠藤亨)
  •  33  委員長(佐々木幸一)
  •  34  7番(熊谷和弘)
  •  35  委員長(佐々木幸一)
  •  36  産業政策課長(遠藤亨)
  •  37  委員長(佐々木幸一)
  •  38  7番(熊谷和弘)
  •  39  委員長(佐々木幸一)
  •  40  商業観光課長(新田公和)
  •  41  委員長(佐々木幸一)
  •  42  7番(熊谷和弘)
  •  43  委員長(佐々木幸一)
  •  44  商業観光課長(新田公和)
  •  45  委員長(佐々木幸一)
  •  46  12番(武田節夫)
  •  47  委員長(佐々木幸一)
  •  48  商業観光課長(新田公和)
  •  49  委員長(佐々木幸一)
  •  50  12番(武田節夫)
  •  51  委員長(佐々木幸一)
  •  52  商業観光課長(新田公和)
  •  53  委員長(佐々木幸一)
  •  54  12番(武田節夫)
  •  55  委員長(佐々木幸一)
  •  56  3番(佐々木好博)
  •  57  委員長(佐々木幸一)
  •  58  産業政策課長(遠藤亨)
  •  59  委員長(佐々木幸一)
  •  60  3番(佐々木好博)
  •  61  委員長(佐々木幸一)
  •  62  産業政策課長(遠藤亨)
  •  63  委員長(佐々木幸一)
  •  64  3番(佐々木好博)
  •  65  委員長(佐々木幸一)
  •  66  産業政策課長(遠藤亨)
  •  67  委員長(佐々木幸一)
  •  68  3番(佐々木好博)
  •  69  委員長(佐々木幸一)
  •  70  産業政策課長(遠藤亨)
  •  71  委員長(佐々木幸一)
  •  72  3番(佐々木好博)
  •  73  委員長(佐々木幸一)
  •  74  産業政策課長(遠藤亨)
  •  75  委員長(佐々木幸一)
  •  76  3番(佐々木好博)
  •  77  委員長(佐々木幸一)
  •  78  産業政策課長(遠藤亨)
  •  79  委員長(佐々木幸一)
  •  80  3番(佐々木好博)
  •  81  委員長(佐々木幸一)
  •  82  産業政策課長(遠藤亨)
  •  83  委員長(佐々木幸一)
  •  84  20番(沼倉利光)
  •  85  委員長(佐々木幸一)
  •  86  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  87  委員長(佐々木幸一)
  •  88  20番(沼倉利光)
  •  89  委員長(佐々木幸一)
  •  90  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  91  委員長(佐々木幸一)
  •  92  20番(沼倉利光)
  •  93  委員長(佐々木幸一)
  •  94  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  95  委員長(佐々木幸一)
  •  96  20番(沼倉利光)
  •  97  委員長(佐々木幸一)
  •  98  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  •  99  委員長(佐々木幸一)
  • 100  産業経済部長(丸山仁)
  • 101  委員長(佐々木幸一)
  • 102  16番(中澤宏)
  • 103  委員長(佐々木幸一)
  • 104  農村整備課長(千葉昌弘)
  • 105  委員長(佐々木幸一)
  • 106  工業振興課長(櫻節郎)
  • 107  委員長(佐々木幸一)
  • 108  16番(中澤宏)
  • 109  委員長(佐々木幸一)
  • 110  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 111  委員長(佐々木幸一)
  • 112  産業経済部長(丸山仁)
  • 113  委員長(佐々木幸一)
  • 114  16番(中澤宏)
  • 115  委員長(佐々木幸一)
  • 116  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 117  委員長(佐々木幸一)
  • 118  12番(武田節夫)
  • 119  委員長(佐々木幸一)
  • 120  工業振興課長(櫻節郎)
  • 121  委員長(佐々木幸一)
  • 122  12番(武田節夫)
  • 123  委員長(佐々木幸一)
  • 124  工業振興課長(櫻節郎)
  • 125  委員長(佐々木幸一)
  • 126  12番(武田節夫)
  • 127  委員長(佐々木幸一)
  • 128  工業振興課長(櫻節郎)
  • 129  委員長(佐々木幸一)
  • 130  12番(武田節夫)
  • 131  委員長(佐々木幸一)
  • 132  建設部長(中津川源正)
  • 133  委員長(佐々木幸一)
  • 134  委員長(佐々木幸一)
  • 135  10番(氏家英人)
  • 136  委員長(佐々木幸一)
  • 137  商業観光課長(新田公和)
  • 138  委員長(佐々木幸一)
  • 139  10番(氏家英人)
  • 140  委員長(佐々木幸一)
  • 141  商業観光課長(新田公和)
  • 142  委員長(佐々木幸一)
  • 143  10番(氏家英人)
  • 144  委員長(佐々木幸一)
  • 145  商業観光課長(新田公和)
  • 146  委員長(佐々木幸一)
  • 147  10番(氏家英人)
  • 148  委員長(佐々木幸一)
  • 149  商業観光課長(新田公和)
  • 150  委員長(佐々木幸一)
  • 151  10番(氏家英人)
  • 152  委員長(佐々木幸一)
  • 153  産業経済部次長(阿部孝弘)
  • 154  委員長(佐々木幸一)
  • 155  10番(氏家英人)
  • 156  委員長(佐々木幸一)
  • 157  工業振興課長(櫻節郎)
  • 158  委員長(佐々木幸一)
  • 159  10番(氏家英人)
  • 160  委員長(佐々木幸一)
  • 161  工業振興課長(櫻節郎)
  • 162  委員長(佐々木幸一)
  • 163  10番(氏家英人)
  • 164  委員長(佐々木幸一)
  • 165  工業振興課長(櫻節郎)
  • 166  委員長(佐々木幸一)
  • 167  10番(氏家英人)
  • 168  委員長(佐々木幸一)
  • 169  工業振興課長(櫻節郎)
  • 170  委員長(佐々木幸一)
  • 171  10番(氏家英人)
  • 172  委員長(佐々木幸一)
  • 173  産業経済部長(丸山仁)
  • 174  委員長(佐々木幸一)
  • 175  10番(氏家英人)
  • 176  委員長(佐々木幸一)
  • 177  商業観光課長(新田公和)
  • 178  委員長(佐々木幸一)
  • 179  10番(氏家英人)
  • 180  委員長(佐々木幸一)
  • 181  商業観光課長(新田公和)
  • 182  委員長(佐々木幸一)
  • 183  1番(上野晃)
  • 184  委員長(佐々木幸一)
  • 185  商業観光課長(新田公和)
  • 186  委員長(佐々木幸一)
  • 187  1番(上野晃)
  • 188  委員長(佐々木幸一)
  • 189  商業観光課長(新田公和)
  • 190  委員長(佐々木幸一)
  • 191  1番(上野晃)
  • 192  委員長(佐々木幸一)
  • 193  商業観光課長(新田公和)
  • 194  委員長(佐々木幸一)
  • 195  1番(上野晃)
  • 196  委員長(佐々木幸一)
  • 197  商業観光課長(新田公和)
  • 198  委員長(佐々木幸一)
  • 199  21番(相澤吉悦)
  • 200  委員長(佐々木幸一)
  • 201  農業委員会事務局長(佐藤真吾)
  • 202  委員長(佐々木幸一)
  • 203  21番(相澤吉悦)
  • 204  委員長(佐々木幸一)
  • 205  登米産食材販売促進専門監(木村健喜)
  • 206  委員長(佐々木幸一)
  • 207  21番(相澤吉悦)
  • 208  委員長(佐々木幸一)
  • 209  登米産食材販売促進専門監(木村健喜)
  • 210  委員長(佐々木幸一)
  • 211  21番(相澤吉悦)
  • 212  委員長(佐々木幸一)
  • 213  産業政策課長(遠藤亨)
  • 214  委員長(佐々木幸一)
  • 215  21番(相澤吉悦)
  • 216  委員長(佐々木幸一)
  • 217  産業政策課長(遠藤亨)
  • 218  委員長(佐々木幸一)
  • 219  14番(岩淵正宏)
  • 220  委員長(佐々木幸一)
  • 221  商業観光課長(新田公和)
  • 222  委員長(佐々木幸一)
  • 223  14番(岩淵正宏)
  • 224  委員長(佐々木幸一)
  • 225  商業観光課長(新田公和)
  • 226  委員長(佐々木幸一)
  • 227  14番(岩淵正宏)
  • 228  委員長(佐々木幸一)
  • 229  商業観光課長(新田公和)
  • 230  委員長(佐々木幸一)
  • 231  委員長(佐々木幸一)
  • 232  18番(佐藤恵喜)
  • 233  委員長(佐々木幸一)
  • 234  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 235  委員長(佐々木幸一)
  • 236  18番(佐藤恵喜)
  • 237  委員長(佐々木幸一)
  • 238  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 239  委員長(佐々木幸一)
  • 240  18番(佐藤恵喜)
  • 241  委員長(佐々木幸一)
  • 242  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 243  委員長(佐々木幸一)
  • 244  18番(佐藤恵喜)
  • 245  委員長(佐々木幸一)
  • 246  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 247  委員長(佐々木幸一)
  • 248  18番(佐藤恵喜)
  • 249  委員長(佐々木幸一)
  • 250  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 251  委員長(佐々木幸一)
  • 252  18番(佐藤恵喜)
  • 253  委員長(佐々木幸一)
  • 254  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 255  委員長(佐々木幸一)
  • 256  18番(佐藤恵喜)
  • 257  委員長(佐々木幸一)
  • 258  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 259  委員長(佐々木幸一)
  • 260  18番(佐藤恵喜)
  • 261  委員長(佐々木幸一)
  • 262  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 263  委員長(佐々木幸一)
  • 264  18番(佐藤恵喜)
  • 265  委員長(佐々木幸一)
  • 266  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 267  委員長(佐々木幸一)
  • 268  18番(佐藤恵喜)
  • 269  委員長(佐々木幸一)
  • 270  産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 271  委員長(佐々木幸一)
  • 272  4番(須藤幸喜)
  • 273  委員長(佐々木幸一)
  • 274  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 275  委員長(佐々木幸一)
  • 276  4番(須藤幸喜)
  • 277  委員長(佐々木幸一)
  • 278  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 279  委員長(佐々木幸一)
  • 280  4番(須藤幸喜)
  • 281  委員長(佐々木幸一)
  • 282  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 283  委員長(佐々木幸一)
  • 284  4番(須藤幸喜)
  • 285  委員長(佐々木幸一)
  • 286  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 287  委員長(佐々木幸一)
  • 288  4番(須藤幸喜)
  • 289  委員長(佐々木幸一)
  • 290  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 291  委員長(佐々木幸一)
  • 292  4番(須藤幸喜)
  • 293  委員長(佐々木幸一)
  • 294  8番(日下俊)
  • 295  委員長(佐々木幸一)
  • 296  工業振興課長(櫻節郎)
  • 297  委員長(佐々木幸一)
  • 298  工業振興課長(櫻節郎)
  • 299  委員長(佐々木幸一)
  • 300  8番(日下俊)
  • 301  委員長(佐々木幸一)
  • 302  工業振興課長(櫻節郎)
  • 303  委員長(佐々木幸一)
  • 304  8番(日下俊)
  • 305  委員長(佐々木幸一)
  • 306  商業観光課長(新田公和)
  • 307  委員長(佐々木幸一)
  • 308  8番(日下俊)
  • 309  委員長(佐々木幸一)
  • 310  商業観光課長(新田公和)
  • 311  委員長(佐々木幸一)
  • 312  8番(日下俊)
  • 313  委員長(佐々木幸一)
  • 314  商業観光課長(新田公和)
  • 315  委員長(佐々木幸一)
  • 316  8番(日下俊)
  • 317  委員長(佐々木幸一)
  • 318  商業観光課長(新田公和)
  • 319  委員長(佐々木幸一)
  • 320  24番(八木しみ子)
  • 321  委員長(佐々木幸一)
  • 322  農村整備課長(千葉昌弘)
  • 323  委員長(佐々木幸一)
  • 324  24番(八木しみ子)
  • 325  委員長(佐々木幸一)
  • 326  農村整備課長(千葉昌弘)
  • 327  委員長(佐々木幸一)
  • 328  24番(八木しみ子)
  • 329  委員長(佐々木幸一)
  • 330  農村整備課長(千葉昌弘)
  • 331  委員長(佐々木幸一)
  • 332  24番(八木しみ子)
  • 333  委員長(佐々木幸一)
  • 334  農村整備課長(千葉昌弘)
  • 335  委員長(佐々木幸一)
  • 336  委員長(佐々木幸一)
  • 337  委員長(佐々木幸一)
  • 338  11番(工藤淳子)
  • 339  委員長(佐々木幸一)
  • 340  住宅都市整備課長(小野寺憲司)
  • 341  委員長(佐々木幸一)
  • 342  11番(工藤淳子)
  • 343  委員長(佐々木幸一)
  • 344  建設部長(中津川源正)
  • 345  委員長(佐々木幸一)
  • 346  11番(工藤淳子)
  • 347  委員長(佐々木幸一)
  • 348  市長(熊谷盛廣)
  • 349  委員長(佐々木幸一)
  • 350  7番(熊谷和弘)
  • 351  委員長(佐々木幸一)
  • 352  土木管理課長(菅原和夫)
  • 353  委員長(佐々木幸一)
  • 354  7番(熊谷和弘)
  • 355  委員長(佐々木幸一)
  • 356  住宅都市整備課長(小野寺憲治)
  • 357  委員長(佐々木幸一)
  • 358  7番(熊谷和弘)
  • 359  委員長(佐々木幸一)
  • 360  住宅都市整備課長(小野寺憲治)
  • 361  委員長(佐々木幸一)
  • 362  17番(浅田修)
  • 363  委員長(佐々木幸一)
  • 364  住宅都市整備課長(小野寺憲治)
  • 365  委員長(佐々木幸一)
  • 366  17番(浅田修)
  • 367  委員長(佐々木幸一)
  • 368  住宅都市整備課長(小野寺憲治)
  • 369  委員長(佐々木幸一)
  • 370  17番(浅田修)
  • 371  委員長(佐々木幸一)
  • 372  市長(熊谷盛廣)
  • 373  委員長(佐々木幸一)
  • 374  17番(浅田修)
  • 375  委員長(佐々木幸一)
  • 376  住宅都市整備課長(小野寺憲治)
  • 377  委員長(佐々木幸一)
  • 378  17番(浅田修)
  • 379  委員長(佐々木幸一)
  • 380  17番(浅田修)
  • 381  委員長(佐々木幸一)
  • 382  土木管理課長(菅原和夫)
  • 383  委員長(佐々木幸一)
  • 384  17番(浅田修)
  • 385  委員長(佐々木幸一)
  • 386  土木管理課長(菅原和夫)
  • 387  委員長(佐々木幸一)
  • 388  委員長(佐々木幸一)
  • 389  25番(伊藤栄)
  • 390  委員長(佐々木幸一)
  • 391  道路課長(伊藤勝)
  • 392  委員長(佐々木幸一)
  • 393  25番(伊藤栄)
  • 394  委員長(佐々木幸一)
  • 395  警防課長(佐々木敬之)
  • 396  委員長(佐々木幸一)
  • 397  25番(伊藤栄)
  • 398  委員長(佐々木幸一)
  • 399  20番(沼倉利光)
  • 400  委員長(佐々木幸一)
  • 401  防災課長(富士原孝好)
  • 402  委員長(佐々木幸一)
  • 403  20番(沼倉利光)
  • 404  委員長(佐々木幸一)
  • 405  総務部長(千葉雅弘)
  • 406  委員長(佐々木幸一)
  • 407  防災課長(富士原孝好)
  • 408  委員長(佐々木幸一)
  • 409  20番(沼倉利光)
  • 410  委員長(佐々木幸一)
  • 411  16番(中澤宏)
  • 412  委員長(佐々木幸一)
  • 413  土木管理課長(菅原和夫)
  • 414  委員長(佐々木幸一)
  • 415  16番(中澤宏)
  • 416  委員長(佐々木幸一)
  • 417  道路課長(伊藤勝)
  • 418  委員長(佐々木幸一)
  • 419  16番(中澤宏)
  • 420  委員長(佐々木幸一)
  • 421  道路課長(伊藤勝)
  • 422  委員長(佐々木幸一)
  • 423  建設部長(中津川源正)
  • 424  委員長(佐々木幸一)
  • 425  16番(中澤宏)
  • 426  委員長(佐々木幸一)
  • 427  市長(熊谷盛廣)
  • 428  委員長(佐々木幸一)
  • 429  1番(上野晃)
  • 430  委員長(佐々木幸一)
  • 431  建設部長(中津川源正)
  • 432  委員長(佐々木幸一)
  • 433  5番(岩渕正弘)
  • 434  委員長(佐々木幸一)
  • 435  まちづくり専門監(小林和仁)
  • 436  委員長(佐々木幸一)
  • 437  5番(岩渕正弘)
  • 438  委員長(佐々木幸一)
  • 439  まちづくり専門監(小林和仁)
  • 440  委員長(佐々木幸一)
  • 441  5番(岩渕正弘)
  • 442  委員長(佐々木幸一)
  • 443  まちづくり専門監(小林和仁)
  • 444  委員長(佐々木幸一)
  • 445  20番(沼倉利光)
  • 446  委員長(佐々木幸一)
  • 447  土木管理課長(菅原和夫)
  • 448  委員長(佐々木幸一)
  • 449  20番(沼倉利光)
  • 450  委員長(佐々木幸一)
  • 451  4番(須藤幸喜)
  • 452  委員長(佐々木幸一)
  • 453  住宅都市整備課長(小野寺憲司)
  • 454  委員長(佐々木幸一)
  • 455  4番(須藤幸喜)
  • 456  委員長(佐々木幸一)
  • 457  住宅都市整備課長(小野寺憲司)
  • 458  委員長(佐々木幸一)
  • 459  4番(須藤幸喜)
  • 460  委員長(佐々木幸一)
  • 461  住宅都市整備課長(小野寺憲司)
  • 462  委員長(佐々木幸一)
  • 463  4番(須藤幸喜)
  • 464  委員長(佐々木幸一)
  • 465  住宅都市整備課長(小野寺憲司)
  • 466  委員長(佐々木幸一)
  • 467  4番(須藤幸喜)
  • 468  委員長(佐々木幸一)
  • 469  住宅都市整備課長(小野寺憲司)
  • 470  委員長(佐々木幸一)
  • 471  建設部長(中津川源正)
  • 472  委員長(佐々木幸一)
  • 473  4番(須藤幸喜)
  • 474  委員長(佐々木幸一)
  • 475  14番(岩淵正宏)
  • 476  委員長(佐々木幸一)
  • 477  営繕課長(小野寺友生)
  • 478  委員長(佐々木幸一)
  • 479  14番(岩淵正宏)
  • 480  委員長(佐々木幸一)
  • 481  営繕課(小野寺友生)
  • 482  委員長(佐々木幸一)
  • 483  14番(岩淵正宏)
  • 484  委員長(佐々木幸一)
  • 485  建設部長(中津川源正)
  • 486  委員長(佐々木幸一)
  • 487  市長(熊谷盛廣)
  • 488  委員長(佐々木幸一)
  • 489  委員長(佐々木幸一)
  • 490  10番(氏家英人)
  • 491  委員長(佐々木幸一)
  • 492  住宅都市整備課長(小野寺憲治)
  • 493  委員長(佐々木幸一)
  • 494  10番(氏家英人)
  • 495  委員長(佐々木幸一)
  • 496  住宅都市整備課長(小野寺憲治)
  • 497  委員長(佐々木幸一)
  • 498  19番(田口政信)
  • 499  委員長(佐々木幸一)
  • 500  防災課長(富士原孝好)
  • 501  委員長(佐々木幸一)
  • 502  委員長(佐々木幸一)
  • 503  委員長(佐々木幸一)
  • 504  2番(曽根充敏)
  • 505  委員長(佐々木幸一)
  • 506  教育部長(大柳晃)
  • 507  委員長(佐々木幸一)
  • 508  2番(曽根充敏)
  • 509  委員長(佐々木幸一)
  • 510  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 511  委員長(佐々木幸一)
  • 512  2番(曽根充敏)
  • 513  委員長(佐々木幸一)
  • 514  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 515  委員長(佐々木幸一)
  • 516  2番(曽根充敏)
  • 517  委員長(佐々木幸一)
  • 518  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 519  委員長(佐々木幸一)
  • 520  2番(曽根充敏)
  • 521  委員長(佐々木幸一)
  • 522  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 523  委員長(佐々木幸一)
  • 524  2番(曽根充敏)
  • 525  委員長(佐々木幸一)
  • 526  教育部長(大柳晃)
  • 527  委員長(佐々木幸一)
  • 528  2番(曽根充敏)
  • 529  委員長(佐々木幸一)
  • 530  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 531  委員長(佐々木幸一)
  • 532  2番(曽根充敏)
  • 533  委員長(佐々木幸一)
  • 534  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 535  委員長(佐々木幸一)
  • 536  2番(曽根充敏)
  • 537  委員長(佐々木幸一)
  • 538  教育部長(大柳晃)
  • 539  委員長(佐々木幸一)
  • 540  2番(曽根充敏)
  • 541  委員長(佐々木幸一)
  • 542  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 543  委員長(佐々木幸一)
  • 544  2番(曽根充敏)
  • 545  委員長(佐々木幸一)
  • 546  1番(上野晃)
  • 547  委員長(佐々木幸一)
  • 548  生涯学習課長(佐藤嘉浩)
  • 549  委員長(佐々木幸一)
  • 550  1番(上野晃)
  • 551  委員長(佐々木幸一)
  • 552  7番(熊谷和弘)
  • 553  委員長(佐々木幸一)
  • 554  教育部次長兼教育総務課長(佐藤豊)
  • 555  委員長(佐々木幸一)
  • 556  7番(熊谷和弘)
  • 557  委員長(佐々木幸一)
  • 558  教育部次長兼教育総務課長(佐藤豊)
  • 559  委員長(佐々木幸一)
  • 560  7番(熊谷和弘)
  • 561  委員長(佐々木幸一)
  • 562  教育部次長兼教育総務課長(佐藤豊)
  • 563  委員長(佐々木幸一)
  • 564  7番(熊谷和弘)
  • 565  委員長(佐々木幸一)
  • 566  教育部次長兼教育総務課長(佐藤豊)
  • 567  委員長(佐々木幸一)
  • 568  11番(工藤淳子)
  • 569  委員長(佐々木幸一)
  • 570  活き生き学校支援室長(菅原栄夫)
  • 571  委員長(佐々木幸一)
  • 572  学校教育課長(三浦徳美)
  • 573  委員長(佐々木幸一)
  • 574  11番(工藤淳子)
  • 575  委員長(佐々木幸一)
  • 576  活き生き学校支援室長(菅原栄夫)
  • 577  委員長(佐々木幸一)
  • 578  学校教育課長(三浦徳美)
  • 579  委員長(佐々木幸一)
  • 580  活き生き学校支援室長(菅原栄夫)
  • 581  委員長(佐々木幸一)
  • 582  11番(工藤淳子)
  • 583  委員長(佐々木幸一)
  • 584  活き生き学校支援室長(菅原栄夫)
  • 585  委員長(佐々木幸一)
  • 586  23番(及川長太郎)
  • 587  委員長(佐々木幸一)
  • 588  活き生き学校支援室長(菅原栄夫)
  • 589  委員長(佐々木幸一)
  • 590  学校教育課長(三浦徳美)
  • 591  委員長(佐々木幸一)
  • 592  23番(及川長太郎)
  • 593  委員長(佐々木幸一)
  • 594  活き生き学校支援室長(菅原栄夫)
  • 595  委員長(佐々木幸一)
  • 596  23番(及川長太郎)
  • 597  委員長(佐々木幸一)
  • 598  活き生き学校支援室長(菅原栄夫)
  • 599  委員長(佐々木幸一)
  • 600  23番(及川長太郎)
  • 601  委員長(佐々木幸一)
  • 602  活き生き学校支援室長(菅原栄夫)
  • 603  委員長(佐々木幸一)
  • 604  23番(及川長太郎)
  • 605  委員長(佐々木幸一)
  • 606  活き生き学校支援室長(菅原栄夫)
  • 607  委員長(佐々木幸一)
  • 608  23番(及川長太郎)
  • 609  委員長(佐々木幸一)
  • 610  活き生き学校支援室長(菅原栄夫)
  • 611  委員長(佐々木幸一)
      平成30年登米市議会定例会 2月定期議会 会議録 (予算審査特別委員会)
 平成30年3月5日(月曜日)
1.出席議員(23名)
   1番 上 野   晃 君       2番 曽 根 充 敏 君(副委員長)
   3番 佐々木 好 博 君       4番 須 藤 幸 喜 君
   5番 岩 渕 正 弘 君       6番 佐 藤 千賀子 君
   7番 熊 谷 和 弘 君       8番 日 下   俊 君
   9番 佐々木 幸 一 君      10番 氏 家 英 人 君
  11番 工 藤 淳 子 君      12番 武 田 節 夫 君
  13番 關     孝 君      14番 岩 淵 正 宏 君
  16番 中 澤   宏 君      17番 浅 田   修 君
  18番 佐 藤 恵 喜 君      19番 田 口 政 信 君
  20番 沼 倉 利 光 君      21番 相 澤 吉 悦 君
  23番 及 川 長太郎 君      24番 八 木 しみ子 君(委員長)
  25番 伊 藤   栄 君
1.欠席議員(1名)
  22番 熊 谷 憲 雄 君
1.遅刻議員(なし)
1.早退議員(なし)
1.中座議員(なし)
1.説明のため出席した者の氏名
  市長           熊 谷 盛 廣 君   副市長          栗 山 健 作 君
  総務部長         千 葉 雅 弘 君   企画部長         秋 山 茂 幸 君
  市民生活部長       新 井 誠 志 君   産業経済部長       丸 山   仁 君
  建設部長         中津川 源 正 君   産業経済部次長      阿 部 孝 弘 君
  産業経済部次長兼
  農産園芸畜産課長     高 橋 一 紀 君   財政課長         高 橋 一 真 君
  商業観光課長       新 田 公 和 君   産業政策課長       遠 藤   亨 君
  農村整備課長       千 葉 昌 弘 君   工業振興課長       櫻   節 郎 君
  ブランド戦略室長     浅 野 之 春 君   登米産食材販売促進専門監 木 村 健 喜 君
  教育長          佐 藤 信 男 君   教育部長         大 柳   晃 君
  農業委員会事務局長    佐 藤 真 吾 君   生涯学習課長       佐 藤 嘉 浩 君
  農業委員会事務局次長   芳 賀 勝 弘 君   会計管理者        冨士原   徹 君
  総務部理事兼
  次長兼市長公室長     佐 藤 裕 之 君   建設部次長        首 藤 正 敏 君
  防災課長         富士原 孝 好 君   土木管理課長       菅 原 和 夫 君
  道路課長         伊 藤   勝 君   住宅都市整備課長     小野寺 憲 司 君
  下水道課長        細 川 宏 伸 君   営繕課長         小野寺 友 夫 君
  用地専門監        佐々木 勝 彦 君   まちづくり専門監     小 林 和 仁 君
  消防本部消防長      鈴 木 軍 雄 君   消防本部消防次長     鈴 木 秀 彦 君
  消防総務課長       千 葉 淳 一 君   予防課長         佐々木 章 弘 君
  警防課長         佐々木 敬 之 君   指令課長         岩 澤 秀 明 君
  教育部次長兼教育総務課長 佐 藤   豊 君   学校教育管理監      伊 藤   浩 君
  学校教育課長       三 浦 徳 美 君   活き生き学校支援室長   菅 原 栄 夫 君
  教育企画室長       岩 渕 公 一 君
1.事務局出席職員氏名
  議会事務局長       伊 藤 隆 敏 君   議会事務局次長      田 辺 賢 一 君
  主幹兼議事・調査係長   後 藤 光 彦 君   議事・調査係主幹     千 葉 牧 恵 君
  議事・調査係主査     菅 原   仁 君   議事・調査係主査     三 浦 正 弘 君
  議事・調査係主査     主 藤 貴 宏 君

          開会 午前10時00分
委員長(佐々木幸一君) おはようございます。
 ただいまから、予算審査特別委員会三日目の会議を開きます。
 欠席の届け出が22番、熊谷憲雄委員、執行部からは、病院事業管理者、大内憲明君から、診療のため欠席の届け出があります。
 先週3月2日に引き続き、予算審査を行います。
 これから議案第11号 平成30年度登米市一般会計予算5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。7番、熊谷委員。

7番(熊谷和弘君) それではですね、概要の85ページの鳥獣被害対策に要する経費についてでございます。
 まず最初に、最近の現在の鳥獣被害または目撃などの状況について、簡単で結構でございますので、お伺いをいたします。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 鳥獣被害対策について、お答えをいたします。
 まず、被害状況ということでございます。平成29年度につきましては、鳥獣、鳥による被害がございます。それから、ツキノワグマこれがですね、目撃情報ということでございまして、箱わなは設置はしたんですけれども、捕獲には至らなかったということでございます。
 それから、ニホンジカの有害捕獲ということでですね、平成29年度につきましては、7頭個体数調整で捕獲してございます。

委員長(佐々木幸一君) 7番、熊谷委員。

7番(熊谷和弘君) それから、今、具体的にもうちょっと詳しくどのような種類の鳥、獣を対象にしているのか。あるいは猟も捕獲であったり、撃ったりとかですね、その辺あたりちょっと詳しくお伺いをいたします。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 鳥類につきましては、延べ111日出役してございます。延べ日数で111日出役してございます。具体的にはですね、カラスが1,044羽、それから、カルガモが177羽、失礼しました。これ28年。29年度につきましては、延べ出役日数が183日、カラスが1,016羽、カルガモが177羽、雀191羽、土鳩16羽となってございます。
 先ほど申しましたように、ツキノワグマにつきましては、28日間箱わなを設置したんですけれども、捕獲には至らなかったということになります。
 それから、ニホンジカにつきましては、59日出役をいたしまして、7頭個体数調整により捕獲してございます。

委員長(佐々木幸一君) 7番、熊谷委員。

7番(熊谷和弘君) それでは、隊員についてでございますけれども、実は1年前の予算審査特別委員会でも質問しておりまして、そのときにはですね、隊員の高齢化が課題であるというお話しでございましたけども、この1年間で引退された方、また、新たに入隊された方がいるのかどうか。その辺の状況をお伺いいたします。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 有害鳥獣駆除の隊員についてでございます。
 隊員につきましては、実員85名になってございまして、異動がですね、入隊、それから脱退等はございません。

委員長(佐々木幸一君) 7番、熊谷委員。

7番(熊谷和弘君) それから、昨年、石越の隊員が不在だということでしたけど、じゃあこれも解消されてないということでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 昨年、石越地区の隊員が不在というふうなお話しをさしていただいたところでございますけれども、本年29年度についてもですね、新たに入隊した方はいらっしゃいません。
 平成30年度につきましてもですね、現在のところ見込みが立っていない状況でございます。

委員長(佐々木幸一君) 7番、熊谷委員。

7番(熊谷和弘君) やっぱりですね、高齢化ということもありますので、新たに補充であったり、人材育成という部分が必要かと思いますけれども、その辺の今後やっていくよとかですね、あるいは予算措置とか、その辺必要だと思いますので、その辺あたりはどんなもんかお願いいたします。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) この被害対策の中でですね、狩猟者の確保対策事業という補助事業を実施してございます。これにつきましてはですね、狩猟免許の取得であったり、取得、それから防護柵等の設置に対して補助をするものでございまして、平成29年につきましては、この事業を使っていただいてですね、狩猟免許を取得した方が4名いらっしゃいます。そのうち3名につきましては、猟銃による狩猟免許とわな猟の免許を同時に取得してございますし、わなの免許のみを取得した方が1名いらっしゃいます。
 ただ、この方々につきましても1年目については、狩猟に従事をしていただきまして、2年目に有害駆除の講習を受け、3年目以降にですね、隊員に任命をしていただくというふうな内容となってございます。

委員長(佐々木幸一君) 7番、熊谷委員。

7番(熊谷和弘君) 次にですね、94ページの林業振興費の関係でございますけれども、原材料費ということで、ここに括弧ですね、オリンピック・パラリンピック競技大会提供木材購入費となっておりますけれども、この提供木材購入費という部分、これちょっと具体的に内容、簡単にで結構でございます。ご説明お願いいたします。

委員長(佐々木幸一君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) このオリンピック・パラリンピック競技大会提供木材ということでございますけども、2020年の東京オリンピックの選手村ビレッジプラザとういう、いわゆる選手団が使う飲食店・雑貨店、あるいは各国のマスコミの拠点となるメディアセンターなどが入る施設の木材で、大体施設が6,000平米の平屋建てという形で計画されておりまして、それの材料費として提供をするものでございます。

委員長(佐々木幸一君) 7番、熊谷委員。

7番(熊谷和弘君) これはどこからというか、誰から具体的に購入をするのでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) この提供木材については、認証材という形で提供するんですが、もともとの市有林、市の市有林から切り出した木材を製材して、そのものを買い戻すという形になります。

委員長(佐々木幸一君) 7番、熊谷委員。

7番(熊谷和弘君) この予算は来年度だけなんでしょうか。その辺は。

委員長(佐々木幸一君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) このビレッジプラザへの木材提供につきましては、30年度について、その木材を製材して準備をして、そして2019年度に組織委員会、東京のほうに送って、そして2020年度に東京オリンピックが開催された後にですね、その木材をこちらに戻していただいて、それをオリンピックレガシーとして活用するというようなことが一つの条件になっておりまして、そういった流れで事業展開してまいります。

委員長(佐々木幸一君) 7番、熊谷委員。

7番(熊谷和弘君) この予算、さらに増えるとか、その辺はいかがなんでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) 30年度につきましては、この木材提供費という形。そして31年度にその運搬費、そして32年度2020年度にそういったレガシーの取組費用という形になります。

委員長(佐々木幸一君) 7番、熊谷委員。

7番(熊谷和弘君) それから、97ページのですね、商工振興育成費で、空き家対策・・・空き店舗対策事業補助金ということでございますが、これ今年度は715万円ついておりまして、それで来年度が1,110万円ということで、約400万円増となってますけども、これ具体的にどのような事業が行われているのか、お伺いいたします。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 空き店舗対策のお尋ねでございます。空き店舗につきましては、市内いくつか散見されてございます。そちらの対策ということで、新たに起こす起業等でされる方々を対象として、補助金を支出するものでございまして、店舗改修費また家賃補助といったような内容のもので助成をしてございます。
 実績は、平成26年度で16件、平成27年度で15件、平成28年度23件と近年ニーズが高まっているという状況でございまして、平成30年度においてもですね、事業費をですね、増額したところでございます。

委員長(佐々木幸一君) 7番、熊谷委員。

7番(熊谷和弘君) 具体的にですね、例えば市内で、例えば佐沼であったり、中心部であるとか、あるいはそれ以外のところでも結構実績ありますとか、その辺の簡単でいいのでよろしくお願いします。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) やはり、その出店、起業される方がですね、ここの場所だと商売できるのではないかということで、選ばれて出店されるというところでございますんで、活用地区については、迫町への出店が7割と多くなってございます。
 活用業種とすれば、飲食サービス業が4割、あと理美容業が3割、小売業が2割というような順でございます。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑はありませんか。12番、武田委員。

12番(武田節夫君) 概要書のですね、82ページ5款労働費シルバー人材センターの運営に要する経費の中で、昨年も予算書見ると2,600万、市のほうで負担してますけども、これを今後ずっと同じぐらいの予算でやっていくものか、どうなのか。と申しますのは、以前私もこのシルバー人材センターの運営費に係る経費として、国、県も減ってきてるから、市のほうでもその辺予算の見直しもやっぱすべきでないかなとお話をしてるんですね。
 それで運営費に係るこの2,600万というのは、そこで働いてる職員だけの運営費なのか。と申しますのは、シルバーに登録している人たちに対して、確か6%か7%手数料として、請求してるわけなんですね。ですから、経営的にいえば、利用者が多ければ当然そこで管理料っていうか、手数料も上積みされていくと思うんですけども、それでもなおかつ、ずっと毎年2,600万を運営費に当てなくちゃならないものなのか。その辺補助金を出している関係上、経営的な部分は、市のほうに多分報告されてると思うんですけども、その辺どういうふうなお考えなのかお願いしたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) シルバー人材センターのお尋ねでございます。
 シルバー人材センターの現在の状況っていうことで、高齢化という中ではございますが、会員数の減少、また伴い平均年齢の向上というものがございます。
 やはり、まだまだ民間の雇用の環境という部分は、まだまだ不足しているということで、なかなかシルバーのほうに会員が増えていかないという状況だというふうには聞いてございます。
 補助金につきましては、当市の補助金を1人当たり、会員1人当たりの補助金額にした場合は、当市は3万と600円になってございます。県内の市の平均は3万円でございます。数年前よりですね、県内市の平均に近づけるということで、補助金額を調整した経緯がございまして、ここ数年同額となってございます。
 また、今後におきましても、シルバー人材センター、国のほうからも連合会のほうからも交付金等いただいておりますが、そちらのほうも制度が変わりまして、派遣事業のほうに重点をしたりというような内容もなってございます。そういった面からしても補助金につきましては、ここ数年はこの同額で推移するのかなというふうに思ってございます。
 なお、補助金の内訳といたしましては、運営費の補助事業ということで、人件費で4分の1なり、管理費で2分の1なり等々でございますし、あと会員数加算として1人当たり1,000円という形で助成交付等をしているものでございます。

委員長(佐々木幸一君) 12番、武田委員。

12番(武田節夫君) やはり、シルバー人材センターも、やっぱり経営努力をしなくちゃいけないですよね、当然。補助金だけに頼ってずっとしていいものか。例えばですよ、これを賃金上げるとか、今、かなり低い料金でシルバー人材センター、これ需給バランスですから、当然会員も減ってくれば、運営費もコストも多分かかると思います。管理費として。そうしたときに、管理、手数料を上げるとかね、人件費を上げてもらえば、同じ%でも手数料の全体の金額が上がると思いますよ、これは。ね、そう思いませんか。ただずっと毎年同じ運営費だけで果たしていいものなのか。極端に会員が減れば、その分の管理費っていうか、人件費が事務所にいる人たちも少なくて済むわけじゃないですか。やっぱり、そういうこともトータル的にやっぱり考えていく必要があると思うんですね。
 ですから、当初始まったときよりも、国、県が多分、補助金が減ってると思います。それおわかりですよね。にもかかわらず、昨年の予算書を見たら、今年も同じ2,600万計上している。やっぱり、それはシルバー人材センター側もやっぱり経営努力なり、経営改善なりやはりして、今よく働き方改革っていう今、国のほうでもそういうお話し出ていますけれども、やっぱり人件費を上げることによって、手数料も金額的には%が同じでも上積みなると思うんですよね。やっぱ、そういう経営的な部分でやっぱり、市としても補助金を出している以上は、そういう指導的なところにもやっぱり入っていってもいいんじゃないかなっていうふうに、そういう考えでございますけども、その辺については、今後あと来年もそういう形で運営費として計上していくものなのか。将来に向けての考えもお聞かせ願いたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 社協の事業、今後の見込みも含めてというお話をさせていただきますと、平成25年以降ですね、受託件数自体は増えているものの、受託金額が下っているという状況にございます。ただ一方で、このままではだめだというのは、シルバー人材センター幹部のほうでも十分認識してございます。例えば、女性会員の割合が登米市の場合低いということで、そういった会員の増加、また近年取り組んで、県全体でですね、取り組んでおります派遣事業、そちらのほうのシフトという部分もここ昨年よりですね、積極的に取組を進めているというふうに聞いてございます。
 議員のご指摘のとおりですね、今のまま市の補助金頼みという形でですね、運営することが望ましいということでは思ってございませんので、今後シルバー人材センターともですね、市も積極的に協議しながらですね、よりよい形に進んでいきたいというところを検討してまいりたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 12番、武田委員。

12番(武田節夫君) これは最後に要望になりますけども、やっぱり、経営改善してシルバー人材センター側も、この補助金運営費を減らす努力、やっぱそのために市としてもある程度のやっぱり、助言なりしていくべきだと思います。今、ご存知のように結構ですね、加入者が減って、みんな高齢化なって、なかなか出役する人が少ないって話は、かなり聞いております。当事者から。運営も大変なんだろうな。かといって段々規模が縮小してったときに、このまま運営費を同じ金額のベースでやってって、果していいものかどうなのか。
 厳しく言えば、そういう言い方になるかもしれませんけども、その辺も含めてですね、一つ検討していただきたいと思います。以上です。答弁いいです。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑はありませんか。3番、佐々木委員。

3番(佐々木好博君) 87ページの農業中間管理事業について、ちょっとお聞きをしたいんですが、今年もですね、集積協力金ということで、予算計上されております。これいつまで続くものか。最初にお聞きをします。

委員長(佐々木幸一君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) この農地中間管理機構の機構集積協力金につきましては、30年度までは継続されるという形では決まっておりますけれども、31年度以降は、まだ未定でございます。

委員長(佐々木幸一君) 3番、佐々木委員。

3番(佐々木好博君) 実はですね、いくら集めようとしてもですね、まず問題がいろいろありまして、受ける側がいるか、いないかというところがまず一つ問題があります。集まったのはいいが、再契約、地域に落としていく中でですね、なかなか条件が合わないっていうところもあってですね、進んでいないっていう状況があるっていうのは認識をしております。その中でですね、30年度、30年度までは、交付されるということですが、それ以降現状のままでもですね、再配分が進んでいない中で、非常にこのままになってしまうと、また荒廃農地等増えていくのかなと思って危惧をしております。
 今、荒廃農地、登米市の中では325.8ヘクタール。実はですね、利用可能はそのうちの1.8%しかないということで69ヘクタールしか計上されておりません。いわゆるこういった担い手不足の問題もありますが、市としてもですね、もっと積極的な取組が必要だと思いますし、県に対してもですね、または国に対してもですね、この地域集積協力金の延長、もしくはもっと周知をですね、高めていくという取組が必要だと思いますが、いかがでしょう。

委員長(佐々木幸一君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) 農地の集積の状況につきましては、ただいま佐々木議員がおっしゃったとおりでございます。この取組を今後確実に進めていくためにもですね、今、市と農業委員会と農協が一体となって、この事業を進めておりますので、30年度もですね、引き続きもう少し連携を強化しながら、進めてまいりたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 3番、佐々木委員。

3番(佐々木好博君) 集積にあたっての登米市の目標値っていうのが多分あると思うんですが、現在51.4%程度だと思うんですが、目標値というのがあれば教えていただきたいんですが。

委員長(佐々木幸一君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) 登米市の農業振興ビジョンにおきまして、平成37年の目標を90%においておりました。

委員長(佐々木幸一君) 3番、佐々木委員。

3番(佐々木好博君) かなり、現状でですね、毎年この集積協力金の金額がですね、下ってきている中で、今51%の実績しかない中でですね、37年までに90%以上目指すというのは、非常に困難な数値だと思うんですが、何かその辺具体策あるんでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) すいません。90%というのは担い手への集積という形でした。すいません。その集積の目標については、ちょっと確認をさせていただきます。

委員長(佐々木幸一君) 3番、佐々木委員。

3番(佐々木好博君) その担い手ですが、今、登米市で認定されてるその担い手というのは、どれぐらいの事業体、もしくは戸数があるんでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) 認定農業者として認定されている農業者については、888経営体でございます。そのうち法人が89の経営体となります。

委員長(佐々木幸一君) 3番、佐々木委員。

3番(佐々木好博君) そこで中間管理機構を利用して、集積を図っている方っていうのは何%くらいいらっしゃいますか。

委員長(佐々木幸一君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) すいません。それもちょっと確認をさせていただきます。

委員長(佐々木幸一君) 3番、佐々木委員。

3番(佐々木好博君) この間、林業の話をさしていただきましたが、農業についてもですね、先行して行ってるこの中間管理事業、なかなか制度だけが先行して、実務的なところはなかなか進んでいないという実情があります。ぜひそういったところをですね、問題点等を洗い出し、対応策を練って、登米市として対応していかなければいけないと思いますので、要望です。しっかり頑張っていただきたいと思います。以上です。

委員長(佐々木幸一君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) すいません。まだ。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑。20番、沼倉委員。

20番(沼倉利光君) 今回の市長の施政方針の中で、基本政策3の中に、生薬となる特定成分含有作物につきましてはということで、市長の思いが使われてどこの款項目でそのどの程度の予算の事業なのかお知らせ願います。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 平成30年度におきましてですね、園芸産地拡大事業において、その高収益が期待できるということでですね、日本薬局法に定められたその生薬の成分を含む作物を対象としてですね、特定成分含有作物生産支援事業というのをですね、園芸産地拡大事業の中に新たに制定してございます。

委員長(佐々木幸一君) 20番、沼倉委員。

20番(沼倉利光君) この園芸振興ということでですね。これって今言ったように事業費は実際この事業にどの程度の事業費を注入して、その生産技術の習得の支援という、具体的にはどういう方向のメニューつうかね、順序立ててやっていぐのか。その辺についてお知らせ願います。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 対象経費といたしまして、栽培による栽培に要するですね、検討会であったり、それから研修会、それから実証圃場の設置、これらに要する経費、旅費とかですね、謝金、委託料、役務費これらを対象としてございますし、それから種苗の購入、それから生産出荷調整等に必要な機械等の購入をですね、対象とさせているものでございまして、補助限度につきましては、補助率は40%でございまして、補助の限度額は400万としてございます。大体これのですね、一応補助限度額は100万としてございます。

委員長(佐々木幸一君) 20番、沼倉委員。

20番(沼倉利光君) ということは、100万、40%の中ですので、100万円を限度ということで、総事業費が100万てこと、それとも1単位にここは100万、こっちは100万ということで、ことなんですか。その総事業費はどうなんですか。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 補助金の限度額が100万でございまして、例えば補助の事業費が100万であれば、補助金はその40%ということで、40万というふうな形になります。

委員長(佐々木幸一君) 20番、沼倉委員。

20番(沼倉利光君) 全部で100万という予算なんですね。一つの団体がありました。こっち100万で40万、そういうことでいっぱい出たときに100万を超えるってこともあるのかないかですね、とても私たちも前に関心あってやった経緯があるんですけどね、なかなか残念ながら北海道の視察に行ってきました。メーカーとですね、行ってしたときに、かなりの面積がないと、このことについてはメーカーも動かないというような実態がありましたけども、せっかく取り組む事業ですので、どういうふうにするか、しっかりお知らせを願ってですね、なおかつ、できればこれ成功するような方向でお願いしたいけどいかがでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 補助金につきましてはですね、総額200万程度をですね、前提としてございます。
 それから、確かにその課題も多くございますが、それらのですね、クリアに向けてですね、取り組む方をぜひとも支援さしていただきたいというふうに考えてございます。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部長、丸山 仁君。

産業経済部長(丸山 仁君) 議員おっしゃるとおりですね、非常に生薬につきましては、取り組みに当たっては非常に課題が多いというふうなことは認識をしているところでございます。実は、昨年になりますけれども、市の農業振興協議会においてもですね、秋田県の八峰町、多分皆さん龍角散のコマーシャルでご存知だと思いますが、そちらのほうに視察をさせていただきまして、いろんな現状、それから課題等について調査をしてきたところでございます。
 やはり、そん中では、やはり栽培技術の確立、それから、生産量の確保ということで、非常に苦労なさっているというお話しを聞いているわけでございますが、議員おっしゃるとおり、一番はやはり生薬会社をどう確保するかというところでもございます。その辺も含めてですね、その生薬につきましては、安定栽培、それから有効成分の確保といった特定の課題もいっぱいあるわけでもございますが、時間はかかりますが、一定の成果を上げている自治体もあるというようなことでございますので、市としても参考事例を他の自治体のですね、状況をしっかりと参考にしながら取り組んでまいりたいと思いますので、ご理解をお願いします。

委員長(佐々木幸一君) 16番、中澤委員。

16番(中澤 宏君) 7款もいいんでしたっけ。委員長。6款から7款からちょっとお尋ねします。
 まず、6款ですが、別冊2のですね、37ページ環境保全型農業直接支払事業が載っております。
 新聞でこうした有機栽培とかですね、取組に今後GAPの取得というのが条件になってくるのでは、というような記事も見たような感じがしました。ことしについて、あるいは将来についてですね、そういうことが条件になってくるのか、ならないのか。知り得るところでお話しをいただきたいと思います。
 続けて、次はですね、同じく別冊の39ページです。
 39ページから企業立地促進事業について、お尋ねをいたします。
 下にですね、条例のなんだ交付、6番ですね、30年度奨励金交付内訳というのがあります。このまずは、企業立地促進奨励金ですが、これ国においてはですね、経営力向上計画というのをつくると、同じように3年間固定資産税がですね、2分の1減額されるという制度があります。
 今回、登米市にあっては、これを同じように全額こうした取組にするわけなんですが、このうちそうした要するに国のですね、そういう制度を活用して、そういう経営力向上計画を作成する。そうすると固定資産税が免除される。あるいは固定資産の一括償却ができるとか。あるいは所得税について軽減されるとか、さまざまな恩恵があるんですが、このこうしたその立地奨励金を出してるところでですね、そうした取組をされているところがあるか。ということですね。あれば、そういうのが置き換えることが、財源として置き換えることがもしかしてできるのかなと思いましたので、お尋ねします。
 続いてですね、企業立地投資奨励金というのがあります。
 これは、条例改正でですね、今までの固定、何て言うかね、税額から見たんですが、今度は投資額のね、全体の20%ということなので、かなり財政的にはですね、厳しいというか、多額になるなという感じをしておりますが、これ状況を見ますと、となり大崎も栗原も一関もね、みんな同じような条件でこうした取組がなされています。
 これですね、全国的にというか、あるいはもっと広く見たときに、こうした出し方が普通なのか。あるいはこの出し方は、要する、にこの辺の企業がなかなか来てくれないということの特別の地域なのか。というふうなことで、その状況についてお尋ねしたいと思います。
 続いて雇用促進奨励金でございます。
 雇用促進奨励金については、例えばその1人当たり20万とはなっておりますが、新設だと10人でうち5人が市内の方々、それから移設だと5人のうち3人とか、あるいは増設も同様でございますが、近年ですね、この条例をつくったときには、新たにとにかく雇用してもらうと。雇用をどうつくっていくかというのが非常に大きな課題であったわけでございますが、最近はですね、どこも人が足りなくて、例えばつい最近は、運賃がものすごく運転手さんがいなくてね、上がるとか、さまざまな人手不足がもう全国的になっております。状況はかなり変わったなと思うんですが、むしろ、企業の設備投資によって、効率を上げたり、品質を上げたり、まずは今いる職員の暮らしや経営を守んなきゃないということがまずで、さらにというのはその次のような状況に少しこう状況が変わってきました。この辺についてですね、企業の課題とか、あるいは市の考え方があればお尋ねしたいと思っております。
 まずは、その辺からお尋ねしたいと思いますのでよろしくお願いします。

委員長(佐々木幸一君) 農村整備課長、千葉昌弘君。

農村整備課長(千葉昌弘君) 初めに、環境保全型農業直接支払交付金のですね、GAPに関係してのお尋ねでございます。
 今、お話しのとおりですね、平成30年度のほうから、この環境保全型直接支払いのほうの取り組みの要件といたしまして、GAPに取り組むことが要件になってございます。
 これまではですね、エコファーマーを取得していることということが取り組みの一つの条件になってございましたが、30年からは、GAPですね、農業生産工程管理といわれるものですけれども、そちらのほうに取り組むことが要件となってございます。それで平成30年にすぐに認定を受けなくちゃないとか、受けていないとだめですよというようなことではございませんで、これから、そのGAPの認証に向けまして、勉強っていうかですね、取り組んでいくというようなことに、ことが条件というふうになってございますので、必ずしも認定を受けなければ絶対だめだというような、今状況ではございません。
 これはことしから30年から始まるわけでございまして、いろいろ詳細につきましては、県からいろいろな今、ある情報につきましては、来てることはあるんですけども、詳細に具体にどのような形でどうというようなことは、これから流れてくる部分もあると思いますので、そういった部分に関しましては、情報来次第ですね、取り組みされる方、考えてらっしゃる方のほうには、随時お知らせしていきたいというふうに思ってございます。

委員長(佐々木幸一君) 工業振興課長、櫻 節郎君。

工業振興課長(櫻 節郎君) 企業立地促進事業についてのお尋ねでございますが、まず一つ、1番目の企業立地促進奨励金でございます。固定資産税の相当額の課税免除というふうなところでございますが、今、市のほうでも取り組んでおりますが、これ以外にも現在、県のほうでも同様な奨励金がございまして、ちょっと今、奨励金を受けている企業数については、ちょっと資料を持ち合わせておりませんが、そちらのほうも活用しながらの対応というふうな状況で進んでございます。
 それから2番目の企業立地投資奨励金、本市においては、今現在、投資固定資産額に対しての20%の交付というふうなことをしてございます。近隣の市町村も今現在同様な状況でございます。ただ、県外というか、全国的なところでちょっと調査はしておらないのですが、宮城県内おおむね同じような率でですね、推移をしているというふうな状況でございます。
 それから、雇用促進奨励金でございますが、委員お話しのとおり、今現在、各企業においても人手不足というふうな状況で、この雇用促進奨励金がですね、一つの足かせになっているところも中にはあるのかなというふうなところもございます。
 人材確保に向けては、市としても全面的な支援を行うというふうなところも進めながら、今現在各企業訪問さしていただきながら、その人材不足というふうな部分、それから経営改善というふうな部分に対しても、いろいろお話しを聞きながらですね、奨励金の将来的な見直しも含めて、今後検討していきたいというふうに考えてございますので、よろしくお願いします。

委員長(佐々木幸一君) 16番、中澤委員。

16番(中澤 宏君) 続けて質問します。
 まずは、環境保全型農業の直接支払いです。GAPというのが将来的には取得というふうな方向だというふうなことを今お聞きしました。これ今まであまり皆さんにとってはなじみがないというか、なじみが薄いというかね、そういうことだと思いますが、しかし、私たちのなじみとはまた関係なく、これ急速にですね、このことがさまざまな部分の条件になってきそうだというような新しいGAP時代を迎えてきたようにも思います。
 そこでですね、GAPを取ることを推進するというかね、支援するというか、そうした事業も新たに設ける必要が出てきたのかなと。もう新しい時代というか、新しい変化に向かったそうした支援がこれからの市の事業になってきはしないだろうかと、いうように思っています。国においてもですね、そうした事業をかなり29年度の補正、30年度の事業においてもそうした傾向でもございますから、ぜひ私からもお願いしたいなと思っておりますので、あとでお話をいただきたいと思います。
 次にですね、企業立地促進事業でございますが、財源がね、企業立地促進奨励金については、もう一つ私が聞きたかったのは、この中で国でね、経営力向上計画というのがあるんですね、そうした取組にどのように望んでいるかというようなことをお尋ねしたかったんですが、わからなければわからないでいいです。あとでね、わかったら教えてください。
 そうした要するに国からの財源があったり、市だったり、あるいは課長説明のとおり、国のね奨励金だったり、活用していろいろとさまざまな支援をお願いしたいと思っています。
 それから、今の企業立地奨励金についても、宮城県下大体同じぐらいだろうというような説明がありました。県の奨励金にあっては、1億円以下とか、いろいろありますが、これは沿岸部だと3%、例えば内陸部だと6%というふうなことで、沿岸部は今いろいろとさまざまな支援がありますが、内陸にはなかなかその支援が薄いというふうなことで、県の奨励金も内陸部を厚くしているというのがあります。
 私はですね、例えば同じ内陸部であってもですね、仙台市近郊については、かなり企業の企業っていうのがたくさんこられますから、そんなにですね、企業、要するにその奨励金を厚くしなくてもですね、その有利性は打ち出せると。ところが、こうした私たちの地域になりますと、近隣、みんな同様でございますが、なかなか仙台市近郊のような企業立地というのは難しいというか、条件的に大変だということがあります。そういう意味では、奨励金を出してですね、企業が来てこられる企業ができるだけその負担の少ないところで立地していただこうというような施策でございますが、実は財政にとっても多額の負担だろうというように思ってるんです。
 そこでですね、市長、私はですね、ここ登米市だけでなくて、みんな周りもそうなんですが、ここにはかなりこうした多額の財政負担があるわけでございますので、県においても内陸一円という捉え方からですね、さらに県の周辺部に及んでは、なお一層大変だということも考慮していただきまして、県の奨励金の中でですね、こうした経営者的な支援を県のほうにもぜひお願いしてもらったらどうだろうかと、私考えているところでございますので、ご検討お願い申し上げたいと思っております。
 それから、雇用促進についてはですね、いろいろ検討しているというような話でございますから、ぜひ私も期待したいというようにこう思っております。新しい時代に向かってですね、いろいろ条例も直せるところについては直して、よりいい条例になっていただくようにご期待申し上げたいと思います。
 じゃあどうぞよろしくお願いします。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) GAP取得に向けた支援についてのお問い合わせでございます。
 環境保全型農業推進事業の中にですね、環境保全型農業認証検査等の支援事業というのがございます。こちらの中出ですね、国際水準であるグローバルGAP、それからJ-GAPの取得に向けた取組に対する支援を行わさせていただいているところでございます。
 ただ、残念ながらですね、ただいま市内におきましては、グローバルGAP、それからJ-GAPの取得者はない状況でございます。ただ、その取得に向けたですね、まあグローバルGAPの認証農場の視察研修であったり、それからJ-GAP取得のためのですね、指導員の基礎研修であったり、そういうのを受講する方がいらっしゃいますので、その方々に対しての支援を現在行っているところでございます。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部長、丸山 仁君。

産業経済部長(丸山 仁君) ご質問のですね、経営力向上計画につきましては、改めて確認させていただきたいと思いますので、ご了承願いたいと思います。
 それから、ただいま委員からもお話しがありましたとおり、なかなか人が十分なくらい集まらないというふうな課題、これは市長の市内企業を今、定期的に行っておりますが、その中でもいろいろとそういったご意見をいただいているところでございます。そういった中で今の企業の皆さんはですね、いかに人が集まらない中でもいかに生産の効率化を高めながら、頑張っていくかというところが一番大きな課題のようでございますので、その雇用の拡大というだけではなくて、例えば一定のその生産以上のですね、一定のその生産効率を上げるであるとか、あるいは他の企業への効果であったり、そういったものもですね、この奨励金の対象にできないのかなというようなことで検討を今しているところでございます。
 それから、国のほうでは、今年の5月から新たな投資にチャレンジをする中小企業者を対象としてですね、ものづくり商業サービス補助金というものを創設するという動きになってございます。で中小企業者の方がこの補助金を活用するためには、まずもって市が実行計画を実施基本計画をつくらなければならないということで、その概要が固まり次第、本市もですね、その計画を策定しながら、中小企業者の支援に役立てていきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。

委員長(佐々木幸一君) 16番、中澤委員。

16番(中澤 宏君) それじゃあGAPの取得、これはもう1回確認です。
 これは、例えば何でもいい、何でもいいというか、そのさまざまな要するに稲作でなく、野菜でなく、畜産で何でもそのGAPの取得については、今、次長説明の事業が使うことができるというように捉えていいんですよね、ということを確認させてくださいね。
 今回は、この入口は、稲作というか、環境保全型で入りましたけれども、GAPの取得というのは、私はこれからは、それだけにとどまらず、かなり広い分野でGAPというのが普通の取組の常識に普通になってくると。ですから、有機農業だけでなくて、全ての分野にわたってそうしたことになりますから、そうした分野の全ての皆さんがその事業でこれから新しい時代に進むことができるというか、進むお手伝いをすることができるというふうに解釈してよろしいのかということをお尋ねします。
 それから、企業については、部長、私も部長答弁と私も全く同じに思ってますから、ぜひ期待しておりますので、よろしくお願いします。
 市長にもあれですね、今、企業、市長には、その企業っていうか、働く場所っていうか、まちの元気な部分をつくってもらいたいという要望が大変あるように私聞いておりますので、ぜひ力を発揮していただきたいなというように思っております。
 なお、県との関係のお願いもいろいろしましたので、機会があればですね、ぜひそうした取組もお願いしたいというように思っております。
 最後にじゃあ、次長からお願いします。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) GAPにつきましては、認証機関の違いからですね、グローバルGAPであったり、J-GAPであったり、アジアンGAPであったりというふうな名称のものがございます。これらの取組に対してですね、どの部門であっても、対象としてですね、支援をさしていただきたいというふうに思っております。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑はありませんか。12番、武田委員。

12番(武田節夫君) 今の中澤委員さんのお話しした延長で伺います。
 別冊2の今、言った39ページの企業立地促進事業の概要について伺います。
 登米市の企業立地促進条例は、隣接市、つまり大崎とか、栗原と比較して、同じぐらいの条例なのか。まずその辺をお伺いしたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 工業振興課長、櫻 節郎君。

工業振興課長(櫻 節郎君) 企業立地奨励金でございますが、近隣の市町村と比較するというふうなところでございますが、まず一つはその雇用促進奨励金、こちらにつきましては、近隣の市町村、本市では1人当たり20万としておりますが、近隣の市町村だと10万円というふうなところもございます。こちらについては、本市については、若干高いというふうな状況でございます。
 それから、企業立地投資奨励金等ですね、近隣の市町村と比較するというふうなところでございますが、率とすれば一緒でございますが、上限額の定めが若干近隣とは違っていたりとかというふうなことになってございます。本市においては、その上限額を大崎、栗原よりは高く設定をしているというふうな状況ではございます。

委員長(佐々木幸一君) 12番、武田委員。

12番(武田節夫君) 一番の企業立地の促進に対する条例っていうのは、固定資産税の減免の期間だと思うんですね。前はよく3年間とか各町のころもそういう3年間減免措置、固定資産の減免措置とか、そういうのやってきたんですけれども、今、伺ったのは、なぜ、栗原、大崎市が企業が来て、登米市が来ないのか。少ないのか。あるいは今後、今年度平成30年度に企業が来る予定があるのか。何社なのか。その辺を伺いたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 工業振興課長、櫻 節郎君。

工業振興課長(櫻 節郎君) まず一つ、今栗原市で企業誘致相当数来ておりますが、工業団地の整備のタイミングというのが若干ずれておったのかなというふうに思っております。
 ただ、今現在もですね、本市においても長沼第二工業団地、それから今現在造成しております登米工業インター団地につきまして、誘致活動を行っているというふうなところでございますが、30年度明らかにですね、立地表明というふうな企業は、残念ながら今現在ではございませんが、長沼第二工業団地については、今現在1社が立地に向けて、前向きな表明をしていただいているというふうなところでございますし、市外3社に対してですね、今現在、照会をしていると。うち2社については、現地も一応確認をしていただいているというふうな状況でございます。長沼第二工業団地、これ以外にもですね、運送業であったりとか、そうした企業からの照会というふうな問い合わせも今現在行われているというふうなところでございます。
 それから、登米インター工業団地につきましても、今現在2社が前向きな表明をしているというふうな状況でございます。こちらにつきましては、30年度末、31年3月に登米インター工業団地については、竣工というふうなことでございまして、それ以降の立地に向けてですね、今現在交渉を進めているというふうな状況でございます。いずれにいたしましても、今現在、誘致を早々に行いたくて、行おうというふうなところでアンケート調査を行いながら、今現在5,735社のアンケート調査を行ってですね、そのうち興味を示した企業に対して、今現在は20社ほどでございますが、そうしたところに誘致活動、訪問活動を行いながら、取り組んでいるというふうな状況でございます。

委員長(佐々木幸一君) 12番、武田委員。

12番(武田節夫君) 今の説明を聞く限り、長沼工業団地がね、できてから誘致するんでなくてやっぱり計画立てた時点で、営業のほうもきちんとやっぱり早めに先駆けしてやるべきだと思うんですよ。
 それとあと今、お話しされた、あまりほかの自治体と変わりないというのは、何が原因で、登米市になかなか企業が来ないか。担当部は一生懸命営業努力PRして、これはアクセスだと思うんです。東北自動車道は、経済の発展している一番の道路だと思うんですよね。
 ですから、たまたま、たまたまでは失礼ですけれども、大崎さんも栗原さんもやはり、東北道に面してるから、企業が来やすい。今、どこも企業さんはリードタイム持ってません。物流です。いかに時間早くそこの企業にものを届けられるか。それによって決まるらしいんですね。聞くところによると。
 トヨタさんももう何百台、1日の生産に対しても、一つ一つの部品がもう運送屋さんが全部そこに並べて置く。無駄のない。部品もあんまり在庫持たない中で、今やっているというような状況のなかで、皆さんそれぞれ企業努力してやってるわけなんですね。
 ですから、やっぱり、そういった意味で不利なアクセスをどうカバーするかっていえば、やはり、私が最初に聞きたかったのは、企業立地促進条例の中で、固定資産の減免を思い切って倍ぐらい延ばすとか、そういう思い切った政策が来ない限り、来てからこういう奨励金、下水道の初期費に限ってはこういうのを出しますよとか、そういうのをいうんでなくして、もう最初からぼんとほかの自治体と違った特色のあるような、やっぱりそういう企業立地の条例を生み出さないと、私はなかなか登米市には企業が来ないとは言えません。来にくいかと思います。その辺将来に向けて、それでやはりただ企業くる中でですね、やっぱり余計雇用を生み出すそういう企業のほうが、望ましいと思うんですね。場所ばり取って、そんなに雇用も生み出さないところよりも、やっぱり雇用を多く生み出すようなそういうところをやっぱりこれから行政としてもやっぱり取り組んでいかないと、人がいないんでなくて、いるんだけれどもなかなかないから、みんな仙台圏とかね、あちらのほうに行かざるを得ない。皆さんみんな地元で通いながら暮らしたいんですよ。だけどもそういうところがないから、やむを得ずふるさとを出なくちゃいけないっていう、そういうジレンマもあると思うんですね。その辺について、今後、今言ったように登米の工業団地も来年でき上がるそうですけれども、やっぱりでき上がったころ、七、八割ぐらいの企業が来るようなやっぱりそういう条例なり、営業努力をやっぱりすべきだと思うんです。その辺についての考えだけをお願いしたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 工業振興課長、櫻 節郎君。

工業振興課長(櫻 節郎君) 今、委員ご指摘のとおりですね、確かにアクセスの問題が一つ大きいのかなというふうに思っております。登米インター工業団地、今造成中でありながらも、前向きに立地を表明していただいている企業がもう既にあると、そのほかにも問い合わせが相当数あるというふうな状況でございまして、アクセスの面が一番大きいというふうなところは明確ではあるのかなというふうに思って考えてございます。
 ただ、長沼第二工業団地につきましても、今現在、県のほうで進めておりますみやぎ県北高速幹線道路、合わせてそこにアクセスする工業団地からアクセスする道路の整備の計画もあるというふうな状況でございます。そうしたところも企業訪問の際には、積極的にアピールしながらですね、今現在、誘致に向けた取組を進めているというふうな状況でございます。
 奨励金のみならずですね、企業への立地のアンケート、その5,700社ほど行っているアンケート調査でもですね、実際立地するにあたっての条件としては、どういったことがありますかというふうな問いをしてございます。その回答では、やはり、多くは交通のアクセス、それから関連企業、取引する企業が近隣にあることというふうなことが条件として挙げられているようでございます。そうした面はございますので、今後そうした県北高速幹線道路等の整備に合わせながら、そうしたところもPRしながら、積極的に誘致に取り組んでまいりたいというふうに思います。

委員長(佐々木幸一君) 12番、武田委員。

12番(武田節夫君) 十分説明で理解をいたしました。やっぱり、これアクセスになるとやっぱり市長の方針ですよね。長者原のスマートからいかにやっぱり登米市に持ってくるか。そうすることによって、県北高規格道路よりも、むしろ新たなやっぱり計画を立てて、それに直結するようなやっぱり、アクセスをしていったほうが登米市の将来のために成り立つと思います。
 やっぱり、経済の発展はもう南、東京、仙台ってどんどん北に行くわけですから、県北高規格道路から来るよりも、今後のやっぱり整備計画を促進っていうか、実施することによって、登米市の将来が多分変わってくると思います。その辺についていろいろこの間も一般質問にもスマートインターのお話も市長から聞いてあるんで、その辺も含めてですね、やはり、登米市の雇用の一番の源は私はそこにあると思います。三陸道は否定しません。あそこは昔から、三陸沿岸の人たちの生活道路としてバイパスがないために、三陸道を整備した計画があります。ですから、あそこは無料になって、るんですよ。
 むしろ、せっかく登米も整備したわけですから、やはりもっと東北自動車道を活用したね、誘致をしたほうが効果があると思います。その辺市長の考えだけお願いしてこの款については終わりたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) ただいまの長者原のパーキングからのアクセスというふうな部分がこの企業立地も含めて、登米市の今後に大変影響を与えるというふうなことでございました。この中で私ども今、古川圏内とあと佐沼、古川佐沼間のこの幹線道路を整備していこうというふうなことで、期成同盟会つくって要望活動しておりますが、その中で現在、長者原インターのほうにアクセスする道路を基本的には、県道1号線を中心にしながら、整備をできないかというふうな具体的な中身について、関係する栗原市等々と含め、県とも合わせて相談をしているところでございます。
 ぜひ、その事業の着手についてですね、できるだけ早くできるようなこの取組について現在進めておりますので、よろしくお願い申し上げます。

委員長(佐々木幸一君) 予算審査の途中ですが、10分間休憩します。
 
          休憩 午前10時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時08分
 

委員長(佐々木幸一君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 予算審査を続けます。
 質疑はありませんか。10番、氏家英人委員。

10番(氏家英人君) 概要の97ページになります。
 商工振興育成費の部分で共通商品券運営事業の部分でございますけれども、これ「とめっこマネー」というやつだと思うんですが、今、加盟店はどれぐらいになっているのか。また、利用枚数はどんな感じになっているのかお尋ねします。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 共通商品券事業「とめっこマネー」についてのお尋ねてございます。
 現在、平成28年度ということで、組合数は168人、取扱店舗が184店舗、販売店舗が44店舗という状況でございます。
 大変失礼申し上げました。販売額としては2,521万7,000円でございますが、ちょっと利用枚数手元の資料にございません。販売額として2,521万7,000円ということでございます。

委員長(佐々木幸一君) 10番、氏家委員。

10番(氏家英人君) 聞きたいのはですね、その数。そうですね、利用枚数というか、販売額それから加盟店の数というのは、この商品券事業始まってもう10年たつんですけれど、どのような感じで推移しているのかなあと。要するに、どのように増えているのかなということです。そして、プラスして市民に浸透してるかどうか。お尋ねします。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 販売額で申し上げますと、平成26年度の実績では、2,454万円、平成27年度でいえば2,604万7,000円、で28年度が先ほど申し上げました2,521万7,000円ということで、年度によってちょっとばらつきがございます。
 実際市民に広く知れ渡っているのかということでございますが、さまざまな販売促進ということで、チラシを入れたり、さまざまな取り組みをされてございますし、例えば産業フェスティバルまた日本一はっとフェスティバル等での販売促進PRなども行っているとこではございます。

委員長(佐々木幸一君) 10番、氏家委員。

10番(氏家英人君) 市としてどういうふうに捉えてるのかなということを、じゃあ聞いてみます。
 毎年、毎年、同じ予算額なんですよね。それで販売額にしても横ばい。ほんとにね、地域活性化にこの事業を盛り上げようとするならばですよ。もうちょっと力を入れるなり、あるいは反対にっていうことだってあり得るのかなあと思うんですよ。この商品券、登米市内三つの商工会でも販売されていて、例えば登米中央商工会で販売されたその商品券の使える場所は、要するに登米中央商工会が所管しているというか、迫町そして石越町この中の加盟店の店でしか使えないんですよね。要するに、登米中央商工会で買った商品券、これをもって登米でお買い物しようと思っても、使えないですかね。どうなってんの。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) こちらの事業実施体は、登米市振興協同組合というところで事業を実施してございまして、それに市が助成補助をしているという形でございます。これについては、市内3商工会で組織して立ち上げたものでございますが、もちろんその中から加盟店、加盟している店舗、加盟していない店舗というところがございますので、加盟している店舗内では利用ができるということでございますが、市のスタンスということでお尋ねもございました。本年度行政評価の外部評価という部分でも厳しいご指摘をいただいたというふうに認識してございます。
 当日は、事業者、登米振興協同組合の役員の皆様も傍聴されていたということでございまして、昨年ですね、平成29年10月には、振興協同組合の役員の皆様と我々市とですね、意見交換会を重ねながら、どういった形で・・・よろしいですか。どういった形でですね、これから加盟店の増加、売り上げ増加という部分に広げていくかというところも検討したところでございます。

委員長(佐々木幸一君) 10番、氏家委員。

10番(氏家英人君) あのね、そのことはね、もうとっくにわかってることなので、要するに、もう1回言いますよ。登米中央商工会から買ったとめっこマネーを持って、登米の加盟店で使えますかということ。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) とめっこマネーについては、先ほど答弁申し上げましたけども、会員店舗であれば使用できるということでございます。

委員長(佐々木幸一君) 10番、氏家委員。

10番(氏家英人君) ここにチラシあるんですよね。じゃあ読みますよ。
 商品券は、購入場所の3商工会地内地域内でご利用ください。宮城北上商工会で購入の場合、中田町、東和町、登米町、津山町地区の加盟店のみで利用可ってなってるんですよね。ということは、使えないというふうに私はちょっとね思ったんですよね。ほかでは使えないというふうに捉えたんですよ。こういうものがあるから、なかなか浸透しないのではないかなと。流通しないのではないかなというふうに思うんです。どうでしょう。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、阿部孝弘君。

産業経済部次長(阿部孝弘君) 三つの商工会全体で使えないのではないか、加盟店で使えないのではないかというお話しでございます。
 あとで再度確認いたしますが、おそらくですね、振興協同組合のほうで独自に割り増しの商品券を作成した時期がございますので、そのときには各商工会のエリアでというふうな取り扱いをしたものと考えております。

委員長(佐々木幸一君) 10番、氏家委員。

10番(氏家英人君) だから、わかりにくいんですということなんですよ。事業主体が登米市振興協同組合なんですよね。そういうね、市民が惑うような、私なんかばかだからすぐ迷うんです。こういうふうになると。だから、しっかり地域活性化に結びつけようと思うならば、しっかり取り組むべきだし、毎年同じこと繰り返すなと言いたいんですよ。その辺しっかり取り組んでいただきたいというふうに思います。
 昔、福島県矢祭町というところに視察に行ったことがありますよ。私、商工会理事だったころの話ですけれども、そこでは地域活性化のために、職員の給料は現金、お金ですけど、手当の部分は、地元の商品券で支払ってました。それからさまざまな例えば区長さんの、区長さんに限らずだけど、費用弁償とかね、そういったものもさまざまな会議のそういう部分にその地域の商品券を使っていました。
 そういうことを学んできて、このとめっこマネー事業につながったんだろうというふうに思うんですね。だから、しっかり取り組むなら取り組んでほしいと繰り出しますけど。同じことを繰り返したままにしてほしくないということをちょっと言っておきたいなというふうに思います。
 続けてですね、同じページで、この企業訪問謝礼品っていうのあるんですけど、10万8,000円ですね。これはあれですか。読んで字のごとく会社に訪問するとき持っていくお土産ということですか。

委員長(佐々木幸一君) 工業振興課長、櫻 節郎君。

工業振興課長(櫻 節郎君) 企業訪問についてはですね、県外の企業のほうに訪問をさせていただいておりますので、登米市のお土産を持ちながらですね、PRしながら訪問しているというような状況でございます。

委員長(佐々木幸一君) 10番、氏家委員。

10番(氏家英人君) 何を持って行っているんですかね。
 企業を訪問するのに何を持って行ってるのかな。その予算が10万8,000円ということであります。
 ここにですね、昨年10月30日に行われた経営者協会登米支部、そのときに産業経済部で出された資料あるんですけど、これによると、先ほどの質疑の中でもありましたけれども、企業誘致に向けたね、アンケートを行ったと。この時点では4,228社。アンケートに答えてくれたのが567社、そして関心を示している会社が20社であると。その内訳は、県外9社、県内3社ということで、あれちょっと合わないけども、そういうふうになった。
 それで、聞きたいのはですね、市長、施政方針で言っているように、自らトップセールスでね、自分も企業訪問するんだということでした。この資料によると、平成29年10月30日時点で、市内企業訪問数が6社で、県外企業訪問数は4社であったというふうに記されていおります。で職員による企業訪問の実績は、市内31、市外30社ということであります。
 例えば、前にも僕言ったことがあると思うんですけど、企業訪問というのは、関心を示してくれた企業の中で、こういう企業に来てほしいというところに対して、1年で2回も3回も行くことだと思うんです。多分市長は、10社には行ってると思うけど、1回ずつのような感じじゃないかなと、この職員の訪問についてもそうだと思うんですけれども、どのような訪問の仕方をしてますかね。
 あとお土産は何か。

委員長(佐々木幸一君) 工業振興課長、櫻 節郎君。

工業振興課長(櫻 節郎君) 今、予算計上させていただいておりますのが、手土産として2,000円程度のお菓子であったりとかですね、あと市内のですね、木工品。特産の木工品であったりとか、そうしたものをですね、手土産としてお渡ししているというふうなところでございます。
 企業訪問につきましては、今、委員お話しのとおり、アンケートで興味を持っていただいた企業については、積極的にですね、本市のほうでも職員を中心にまずは企業訪問を行っているところでございますが、訪問した際に、具体な企業立地の計画であったりとか、そうしたものもお聞きしながらですね、より興味がある、あるいは計画に実現性があるというふうなところについては、何度も訪問するというふうな形にしてございます。

委員長(佐々木幸一君) 10番、氏家委員。

10番(氏家英人君) 私の言ってることはほんと簡単なことで、ちょっと関心を示してくるところに狙って何度も伺うと。お伺いを立てると。そのほうが結果的に恋愛もそうですよね。そういうもんだと思うんです。そういうふうな誘致活動に取り組んでほしいということだけ言っておきます。
 それから、同じところなんですけど、長沼工業団地第二長沼工業団地、この除草委託、除草業務の委託料なんですけれど、昨年に比べれば倍額ぐらいになってんですけど、それは第二工業団地ができたからということで、来年度、要は登米の蛭沢地区の仮称ですけれども、登米インター工業団地ですか、そこもかなりのね、のり面でてくると思うんですけれどもね。どうして登米市がこの除草をしてあげなければいけないのかな。要するにさまざまなですね、企業誘致に関する支援やってるじゃないですか。先ほども質疑ありましたけれども、こうやってどんどんどんどん増えていっていいのかなと思うんですよね。どう思いますか。

委員長(佐々木幸一君) 工業振興課長、櫻 節郎君。

工業振興課長(櫻 節郎君) この除草作業を行う部分でございますが、工業団地につきましては、全ての土地をですね、分譲するというわけではございませんで、のり面の一部、管理用敷地を維持するためののりについては、その企業に刈っていただくというふうにしてございますし、それ以外の部分で、管理用として残る土地がどうしてもございます。そちらについての除草作業というふうなことでどうしても出てしまうというふうな状況でございます。

委員長(佐々木幸一君) 10番、氏家委員。

10番(氏家英人君) そうですか。じゃあのり面は、企業側で除草しているということですね。わかりました。
 じゃあ98ページなんですけれど、産業フェスティバルについて考え方をお尋ねしたいと思います。
 私はね、毎年産業フェスティバル楽しみにしていますけれども、いつも思うのがですね、毎年同じような企業側の展示だということなんです。ちょっと聞くところによると、毎年、毎年、出すもの考えるのが大変だというであったりね。ゲーム系に走ってしまってたりと。悪いことをしているという意味ではなくて、今ここで言いたいのは、アートトリエンナーレのように、3年に一度大きくやって、3年に一度大きくやって、来年と再来年は小さくても、その翌年は大々的にやるみたいなめり張りをつけたほうがいいんじゃないかと思うんです。どうでしょう。

委員長(佐々木幸一君) 工業振興課長、櫻 節郎君。

工業振興課長(櫻 節郎君) 産業フェスティバルについてでございますが、まずは市内の企業をより多く皆さんに知っていただくというふうなことでですね、毎年開催させていただいておりますが、こちらについては、産業フェスティバル実行委員会等を構成してございます。そちらも含めて実行委員会のほうで今後検討させていただきたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 10番、氏家委員。

10番(氏家英人君) 実行委員会に投げるんじゃなくて、市としての考え方はどうかな。市長はどう思われますでしょうか。産業フェスティバル。3年に一度僕はね、大きくやったほうが非常にいいと思うんですけれども。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部長、丸山 仁君。

産業経済部長(丸山 仁君) 議員おっしゃるとおりでございまして、我々も毎年、毎年、同じ形になっておりますので、出展する企業さん側もあんまりその言葉が悪いかもしれませんが、代わり映えのしないところも大分出てきているということで、在りようについては、今年度開催、29年度開催に当たってもですね、いろいろと検討させていただきました。
 そういった中で今年度については、産業、製造業とかですね、ものづくりだけではなくて、第1次あるいは6次産業の方々にも出展をしていただくというふうな機会を今回設けさせていただいたところでございます。
 ただ、議員おっしゃるとおりの部分もございますので、その分についてはですね、しっかりと今後実行委員会の中でも検討させていただきたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 10番、氏家委員。

10番(氏家英人君) 続きまして・・・すいません。にぎわいセンターの管理、この部分なんですけれどもね、要はですね、27年、28年、佐沼大通り商店街協同組合が指定管理者となって、その指定管理料は309万8,000円だったんですね。ところが、この協同組合、去年解散してしまったんですね。指定管理受けれなくなったために。そして急遽、市が直営でここを管理しているわけです。直営で管理したほうが、管理料安くなるんですかね。241万4,000円の予算ですけれども。直営のほうが安くなるもんなんですか。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) にぎわいセンターの管理経費についてのお尋ねでございます。
 241万4,000円につきましては、現在、臨時職員1名、パート2名で行っています賃金に係る部分でございまして、そのほか需用費であるとか、役務費、委託料等々が153万8,000円かかってございます。合わせまして395万2,000円の運営事業維持管理費用ということでございます。

委員長(佐々木幸一君) 10番、氏家委員。

10番(氏家英人君) それじゃあ全体的な管理費というふうに考えれば、直営のほうがやはり管理費はかかるということですね。いいんですね。
 じゃあこのですね、にぎわいセンターの管理、今後もですね、直営でやって行くのか。あるいは昨年11月ごろだったでしょうか。新たなこのにぎわいセンターが立地する通りにですね、新たな商店街、登米市神社通り商店街というのが発足しましたけれども、どのようにこの施設の管理運営を考えているのか。今後も直営を続けるのかどうか。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 議員ご案内のとおり、平成29年度から直営管理ということで管理をさせていただいておりますし、平成30年度の予算につきましても同様に直営ということでさせていただいております。もちろんその施設のありようという部分も引き続き検討しながら、今後ですね、民間の経営ノウハウ等を活用したほうがよりよいということであれば、そういった部分も指定管理制度の再導入も視野に入れながら、取り組みは進めていかなければならないなというふうに思ってございます。
 ご紹介いただきました神社通り商店街、設立のほうにも私も顔を出させていただきましたが、立ち上げた平成29年11月に発足したばかりということで、これから具体な事業計画等々役員の皆様ともお話しをさせていただきながら、取り組みも含めてですね、今後判断していきたいなというふうに思います。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑はありませんか。1番、上野委員。

1番(上野 晃君) 7款の1項3目ですね、すいません。概要の99ページの中にあります多重債務者法律相談業務委託料についての質問なんですけども、これはまず、いわゆる法テラスと連携しているものなのか、登米市独自のものなのかというところです。
 3月の広報とめを見ると、あのですね、この件についての紹介があるんですけど、二つにわかれていて、ひとりで抱え込まないで多重債務者無料法律相談、それからですね、下の段に法テラス南三陸というのがあるんですね。だからこの二つは別物なのか。それとも、同じものなのか。
 で、法テラスともし連携しているとしたら、多重債務に限らず、いろいろな法律相談を受けられるものなのかどうかというあたりを伺います。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 消費生活相談多重債務相談に関するお尋ねてございます。
 多重債務に関連するケースに対応するためということで、無料法律相談会を市で開催をさせていただいております。そこには弁護士または司法書士など専門的な立場から問題解決を支援している状況でございます。もちろん議員お話しのですね、法テラス登米のほうにも仙台弁護士会の法律相談等々ございます。そちらとも内容案件によっては、連携を図りながらということになりますが、さまざまな相談の機会を市としても設けているというものでございます。

委員長(佐々木幸一君) 1番、上野委員。

1番(上野 晃君) その市でやっているのと、それからその広報に載ってる南三陸の法テラス、これは別の事業なんでしょうか。3月号のとめ広報なんですけど。
 それから、その市でやってるものについても、個人の多重債務以外の法律相談というのも受けられるんでしょうか。例えば司法書士宛てに登記の相談をしたりですとか。
 それから、その債務に関しても、例えばその担当が司法書士だけの日もあると思うんですけど、そのときに総額140万以上の相談が来たらどうするんでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 先ほども答弁をさせていただいてましたけども、市で設置している無料法律相談会と法テラス等々のほうで、仙台弁護士会でやってる登米法律相談センターまたは南三陸等々の法律相談については、それぞれ別に開催をしているものでございます。もちろん内容によっては、関連するものでございますので、そちらと連携を取りながら、または登米市の部分で先ほど申し上げましたけども、司法書士では解決できない場合もありますし、そういった部分については、ほかの相談日程または相談会場をご紹介する場合もあるのかなというふうには思ってございます。
 金額の多寡ということで、必要なものについても弁護士のほうにご紹介すると、法律相談を経由しないでご紹介する事例も通常の相談窓口の中でもございますので、弁護士に直接もしくは他の法律相談のほうに県のほうでも行っておりますので、ご紹介する場合もケースによってはあるというふうに認識してございます。

委員長(佐々木幸一君) 1番、上野委員。

1番(上野 晃君) あとは例えば多重債務の問題について、相談があった場合にこれはどの程度まで対応してもらえるんでしょうか。例えば3回まで相談無料ということで、話を進めていって、いざ着手してもらう場合には、その担当の弁護士なりが引き受け、受任するんでしょうか。それとも、また連携で違う人にもなり得るかということと。
 あと法テラスも確か10年ぐらい前にできたと思うんですけど、その当時は一般的な相談しか受けてなかったと思うんですけど、最近ではどうやらそのまま受任のほうまで話は持っていけるような制度に変わったと思うんですけども、そのあたりのことをちょっとお伺いできますか。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 当市の相談員につきましても、国家資格を有して今3人とも活動してございます。無料法律相談会においても、弁護士、司法書士が対応していると申し上げたところでございますが、月の回数の限定もございますし、通常の日中の相談窓口の中でも多重債務について消費生活相談員が対応しているというところもございます。もちろん深い次の手段というところに入った場合については、もちろん弁護士の皆様のほうにご紹介をしているという状況になります。

委員長(佐々木幸一君) 1番、上野委員。

1番(上野 晃君) では最後にしますけれども、この多重債務の相談の件なんですけれども、64万ぐらいですね、実はですね、実はっていうほどでもないんですけれども、その多重債務を抱えている人っていうのは、非常に苦しいという状況でありまして、私もですね、1回そのシングルマザーでですね、多重債務でもうどうしようもないんだよっていう話を相談受けたことがあるんですね。だから私も一般的な範囲でお答えして、もちろん報酬なんか取ってないんですけども、最後に「法テラスのほうにですね、相談したらいいですよ」ということを言ったんですね。そしたらですね、ほんとに破産のほうに進んだんですけれども、ほんとに助かりましたと。内心自殺するしかないかなと思ってましたということを言われたんですね、後々。
 ですからですね、この多重債務っていうのは、やはり、経験したことがない人ではわからないですね、深い苦しみがあると思いますので、ぜひここはですね、もっと予算をとってでもですね、その法律を相談をする機会を増やしていただいて、あと広報のほうでもですね、ちょっと私この二つの仕組みですね、その多重債務相談と法テラス南三陸のこれの違いがちょっとわからないような状況だったので、要はですね、もうちょっとせっかくいい仕組みですから、PRをですね、してほしいと思うんです。
 特に法律の話ですとちょっと難しいので、一般人の感覚からすればですね、この法律相談というものと、いわゆる自分が今直面している多重債務の問題がイコールでないと思ってる人も多くいると思うんですよ。つまり、多重債務の問題は、法律相談の問題だよっていうのをもうちょっと知ってもらいたいと思いますし、あとはですね、いわゆる破産に対するやっぱりイメージも全然世の中では違うんですね。もう破産をしたらもう何もかにもですね、失って人間らしい生活もできなくなるんでないかということで、躊躇する方っていうのは非常に多いので、破産はですね、今後の人生を歩む上での第一歩なんだよっていうことをその入口あたりはですね、もうちょっと専門家に相談する前の段階から、こういう可能性もあると。これはもう新たなスタートなんだということをもうちょっと例えば広報の中でもですね、周知していただいて、「ほんとに苦しいなら法律相談だよ」っていうことをですね、もうちょっと入口の部分からわかるようにですね、していただいてそういう方向での予算組みを今後していただけるといいなと思いますので、よろしくお願いいたします。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 議員ご心配のとおり、窓口うちのほうの消費生活相談の中でも、販売解除や販売勧誘、それについて多重債務というのは、ここ数年ずっと大きなウェイトを占めているというところでございます。仙台弁護士会等で行っています法律相談のほうと登米市との関連、違いも含めてですね、もっと丁寧にですね、利用される市民の皆様にわかりやすいようなPRに努めてまいりたいというふうに思います。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑はありませんか。21番、相澤委員。

21番(相澤吉悦君) 所管でありますが、しばらく休んでたんで一言だけ聞かせてもらいます。
 81ページなんですけども、農業委員会費用弁償、そしてまた農地利用最適化推進委員費用弁償載ってますけども、これ所管のときもちょっと聞いたんですけれども、今、農地をですね、どのように使ってるんだというふうなことで、さまざま調査してると思いますけども、その中でですね、今までは前にも言ったんですけども、今まではいがったんですけども、まあ今でもいぐはねがったんだべね、おそらく。その中で非常に田んぼ荒れてるというふうなことで、これ直しなさいというふうなことでですね、再三に渡って検査を注意を受けたっていうふうなことが、それができないと今度は、誓約書みたいに何月何年までですね、これ刈ればいいですよと。それができなかったらば、地名変更って語るんですかあれ。地目変更って言うのすか。その辺のところをですね、地域の人たちがよくわかんないで、推進委員が代わったら、農業委員が代わってきたっけ、ものすごいやかましくなって大変なことになってしまったっていうようなことがこうさまざまあっときあるんですよ。ただ、その地目変更、地名変更どっち、どっちっしゃこいつ。地目変更すか。地目だべね。それが変えたらいいんだよというようなことがあるんだそうですが、その変えたときにですね、今後のそのあるいは田んぼにもうなんないのだか。課税のときどうなるのだか。その辺のところをですね、ちゃんと説明していかないとだめでねえがなというふうに思うんで、その辺のところから聞きます。

委員長(佐々木幸一君) 農業委員会事務局長、佐藤真吾君。

農業委員会事務局長(佐藤真吾君) それではですね、その件に関しましては、利用状況調査というのを農地法の規定に基づいてですね、1年に一度調査をしなさいということでですね、それで調査をした中で、いわゆる農地以外に利用されていたものに対してと、後はですね、ちょっと荒れてはいるけれども、機械等を入れてですね、耕起すればすぐ農地に代わるものというところの二通りのですね、種類がございます。それで、一応直してほしいというのはすぐいわゆる耕起してもとに戻る農地になるものであれば、農地としていわゆる利用してほしいということでお話しを申し上げますし、あとですね、申し上げる前にですね、新たにですね、そういう状態になったものに関して、その農地についてどのように使っていきますかという意向を調査するというのが、農地法の中に決まりがございまして、それで、いついつまでっていうか、1年後ということで一応お話しは聞いておるわけですけれども、どのように使いますかと。その農地を中間管理機構にいわゆる貸し付けをします。それとも自分でつくります。農協さんを経由して円滑化事業ですけれども、地域の担い手に貸し付けしますかと。いろいろ項目、6項目ほどあるんですけれども、それに回答をしてもらうというところが、いわゆる推進委員さんにですね、お願いして調査をしていただいているところであります。
 その調査に行ってですね、それを出してくださいという話をしたときに、やはり、いわゆるもう荒れてんだから私は使わないんだということなんですけれども、改めてその中で使わないという回答は実際的にはないというごどなんで、ちょっとその農家の方々については、ちょっと厳しいものがあるのかなということもありますけれども、ただ、農地法の中でですね、その遊休農地にならないように、いわゆる活動しなさいよということが、農地利用最適化推進委員ですか、の方々に使命づけられたものですんで、推進委員の方々がそういう指導をして歩いてるということでございます。
 そして、先ほど言ったいわゆる農地にもう戻らない農地につきましては、非農地証明というものを私のほうにですね、出していただいて、それがもういわゆる農地に戻りませんよということで、20年という経過、いわゆる過ぎたものですね、農地でなくなって20年を経過したものに対しては、いわゆる非農地証明という形で、証明をすると。それで、それを基づいて、いわゆる登記書のほうのですね、地目を変更していただいて、農地でなくなるという形になるということでございます。
 課税のほうはですね、登記をしていただいた段階でですね、そのものがですね、農地以外のいわゆる山林であれば山林の課税、それから宅地並みいれるになっているものであれば、その宅地並みの課税になるということでございます。
 それでですね、あと農業委員会が職権でですね、もう完全にこれは山林になっている等のものであれば、職権でいわゆるこれは非農地ですよという農業委員会の総会等で決定しまして、農家の方にですね、これはもう非農地としてみなしましてよということで、通知を差し上げて登記はこのような書類で登記できますよというですね、ほんとに何ていうんですか。様式をですね、きちっと示してその様式に基づいて出していただければ登記がなされるという状況でございます。

委員長(佐々木幸一君) 21番、相澤委員。

21番(相澤吉悦君) わかりました。そういうことでね、これ今、私言ってんのは、開田とかそういうのでなくして、休田、本田でもこういうことが起きてるんですよ。今ね。だから、本田の中さ、んで山つくんねえのかと、そういうことになってしまうから、その辺のところですね、十分推進委員とも話し合って、うまく進めてもらえたらなというふうに思います。
 次にですね、登米市次の86ページですけれども、登米市産食材利用促進販売経路拡大事業というふうなことでですね、これ私ちょっとこの体調崩して休んでで、新聞見たんですけども、宮城県産登米市産がですね、ひとめぼれが特Aに上がってきたというふうなことでね、非常に私、「あれ寝てる暇でねえな」と思ったんですけども、ほんとにですね、そんで近隣のね、近隣の非常に力を入れてきたそれこそ目玉商品で売ってきた米がですね、特Aから下がったと。これはですね、それに対して今度は新潟のね、それこそブランド品だ。あれも俺は名前は言わねえよ、ほだげっとここで。あれもですね、特Aから落ちてしまったというふうなことで、もっとそっちのほうの県もあるんですけども、この宮城県産ひとめぼれ環境保全米、これはですね、ほんとに今こそチャンスが来たんでねえがなと、こう思うんですね。その辺の拡大この意気込み、あるいは去年あたりまで特Aから落ちてしまったというふうなことでですね、非常に気持ちの中で暗いところみんなあったと思うんですけども、農家そのもの市民そのものもですね、あの記事見たら何となくわくわく来たんでねえがなと思うんで、その辺のところお願いします。

委員長(佐々木幸一君) 登米産食材販売促進専門監、木村健喜君。

登米産食材販売促進専門監(木村健喜君) 食味のですね、ご質問を頂戴しました。
 十数年ですね、特Aというふうなことで、ずっとこう続けてきて、昨年落ちてしまったというふうなことで、非常に残念に思ってたところでございます。東京等のですね、ホテル等に行った際もですね、そういったことで残念だねというふうな声も伺ってたところでもございますし、今回そういったですね、特Aを奪還したというふうなことで、非常にうれしくですね、思っておりますし、それを一つのきっかけとしまして、米のですね、販売のほうにもですね、いい影響が出てくるのかなというふうに思いますし、我々ももっと積極的に進めていきたいなというふうに思っているところでございます。

委員長(佐々木幸一君) 21番、相澤委員。

21番(相澤吉悦君) そのくらいだったら俺も語んにいんでねえがなと思うんですけども、ごめんね。私言ってんのは、市つうのは、一番トップセールス市長だと思うんですけども、農協は組合長なんですよね、ただ、市の違うところ、農協と組合どこ違うんだと語つうど、市にはたまがないんですよね。たまがないって、早い話、米がないんですよね。いっても「んでなんぼで売りますか」って言われでもできないわけだ。米持ってないから。それを持ってんのがJAみやぎ登米、農協なんですけども、んだがら今こそ(聞き取れず)として、あるいは登米市として、一緒になってやるべきでねえがなってこう前からずっと言ってんですけども、なかなかこの農協とね、市つうのは、売り方というものはそれぞれたま持ってねえがら違いがあんのかなと思うんですけども、この連携がね私うまくいってねえんでねえがなと思うんですよ。なにかにのことでですね、行動をともにしていけばこれがら売る。そのようになったから高ぐ売れんでねえがと、あるいはそのようなことで進んでいくと思います。そういう話でねくして、行動的なことで、早速ですね、このことについては、一緒にやりましょうとか、こうでねえべかというふうなことで、自主米のごともこうやってまとめてんのだがら、まずこれからのことについてお話し合いをしてくださいというふうなとっから、私、出発してもいいと思うですけども、いかがですかね。ほかの今までのことは語っごとねえがら、そこだけでお願いします。

委員長(佐々木幸一君) 登米産食材販売促進専門監、木村健喜君。

登米産食材販売促進専門監(木村健喜君) 失礼いたしました。先ほど若干ですね、お話しをさせていただいたところでございますが、いろんな我々がですね、東京等に販路拡大というふうなことで伺った際、いろんな情報もいただいてございます。そういった、もちろん市としてはたまがないというふうな状況にもございますので、そういったところにつきましては、農協の米穀課と繋いでというふうなことで、現在もお話しもしているところでございます。もちろんこれからもですね、もっと積極的につながっていきたいというふうに考えているところでございます。

委員長(佐々木幸一君) 21番、相澤委員。

21番(相澤吉悦君) これ言われだがらよろしく、早速行動に移してですね、私は今がチャンスだと思うんで、よろしくお願いします。
 次にですね、87ページなんですけども、中間管理機構このことについてもですね、前にも言ったんですけれども、平場の田んぼはいいんですけれども、この山間部の田んぼ、開田でないですよ。開田でないんだげっとも、さまざま堤がなくてポンプアップとかって、こうする非常に難しいところの人たちが今、非常に困っているなというふうなことで、相手を見つけでこねげればだめだよっていうふうなことが今あるんですけども、ただ、相手を見っけでも今度は3町やってんだげども私やめたとなれば、反当3万円でしたかね、これが離農というふうなことで、助成金としていただけるというふうなことが、ただその受ける方が認定農業者だよということになるんですけども、認定農業者って、受付つうのはいつまでなんだか。まだ今月ことしから始まったね、私が例えば今年からが頼むというふうなことでやれば、受ける方は、「俺、認定農業者なってねえがら、今から申請すっから」ということになっても、間に合うんでしょうかね。その辺のところ一つと、まずこの今までのうまく平場では来たなと思うんですけども、これから出てくるこの山間部についてもですね、多少どうしたらいいかというふうなことを考えてもらえればなと、あるいはその(聞き取れず)の中で受ける側がとにかく人がいねえのだがら、広いとこは受けねえんですよ。このことについてですね、一つの解決策がさっとでいいから語ってけらいん。いいから。お願いします。

委員長(佐々木幸一君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) 今、農地中間管理事業について、2点の質問がありました。
 一つは、受け手という形ですが、これ基本的に認定農業者等になります。そして、2点目のやはり山間部の取り扱い、やっぱりこれが一番今の大きな課題というふうになっておりますので、その山間部いわゆる耕作不立地をどういうふうに受けていただくのかといったところは、これから検討させていただきます。

委員長(佐々木幸一君) 21番、相澤委員。

21番(相澤吉悦君) もう時間あっかねえがわがんねえげっとも、この中間管理機構ですね、前に私も認定農業者だったんですよ。前には。ただ、認定農業者は、今まで軽くこうなれたなとふと思ったんですけども、私、去年書き換えがあって、そのときにですね、パソコンで全部やりますから、パソコンの講習に来てください。そしてまた、それを毎年更新、パソコンでいってよこさねげれば、認定農業者を外しますよと、そのようなことが私に通知来たんですよ。「そんなんだら俺、受けねくたっていいわ」と思って出さなかった。だから、それがなぜほういうふうにすんのかなっていうふうなことで非常に私に対してわざとそうなんだかなんだか、それはないと思うんだげっとも。ほんとにですね、この講習に来なさいっていったって、パソコンもねえのになじょして講習受げってやって思うんだげっとも、ほんとにね、大変申し訳ねえ話なんですけども、これ私みんなの代表、言ってんですけども、今ね、認定農業者になってる方、ほんでみんなパソコン通しますかというと、俺だち上の人だちいっぺいいるんだから、やってねえでしょう。んだから、そのようなことで、この問題についてもね、多少なりとも今までやって来たのだから、この(聞き取れず)ずんずん上げてきていたっだんですけども、非常に残念に思いました。その辺のところもあったんでしてね、緩くしてとにかくみんながいいようにお願いします。

委員長(佐々木幸一君) 産業政策課長、遠藤 亨君。

産業政策課長(遠藤 亨君) パソコンができなければ、その認定農業者から外すということでは全くありませんけども、その辺のところ、丁寧にパソコンの指導も含めてですね、行っていきたいと思います。よろしくお願いします。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑はありませんか。14番、岩淵委員。

14番(岩淵正宏君) 99ページ、概要書。観光費の中で、観光振興ね、ここに地域おこし協力隊員報酬2名409万7,000円。ちょっときのうっていうか、金曜日ですね、やりました40ページにもこっちはまちづくり活性化事業費の中に地域おこし協力隊員報酬3名、この観光費のほうとの、あとはまちづくり活性化事業、どのように違う協力隊なのか、ご説明いただきます。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 地域おこし協力隊のお尋ねでございます。
 登米市において、今、地域おこし協力隊については、企画部市民協働課で従来選考して、地域づくりのためにその制度を導入しております。その後ですね、本年度については、企画政策課のほうで移住定住推進員という形で導入をしてまいりました。こちら7款の予算につきましては、観光振興支援員ということで、この協力体制度を活用したいということで、計上したものでございます。

委員長(佐々木幸一君) 14番、岩淵委員。

14番(岩淵正宏君) 新たに別物で市役所に配置つうか、中田庁舎に配置すると。公民館に配属でねぐ。そういう形で理解していいんだね。
 その地域おこし協力隊、使用料の中で99ページね、活動用パソコン借り上げということで、この239万の中には、例えば協力隊が使用する例えば車であったり、そういう部分も含まれてるんでしょうかね。事務所の中のデスクワークだけでないんでしょう。そこんどごちょっと聞きたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 経費の内訳のお尋ねでございますが、もちろんパソコンの借上料のほか車両代の借上料、住宅家賃等など含んでございます。報酬のほか活動費というものが残り全体で400万の特交措置のほか、残り200万円は活動費に充ててございますので、事業の性質上もですね、観光誘客に努める観光振興支援でございますので、外に出て例えば農家を回って体験できるようなものを探したりとか、地域資源掘り起こしてですね、出歩くというのが主たる業務になりますので、当初はもちろん我々のほうから登米市の全体像を示す中では、デスクワークもあり得ますけれども、基本的には外に出て活動して初めて効果を発揮されるものだというふうに認識してございます。

委員長(佐々木幸一君) 14番、岩淵委員。

14番(岩淵正宏君) そうですね、期待するところです。ほんでちょっと委員長、さかのぼって申しわけないんですけどね、2款の中のまちづくり活性化の地域おこし協力隊、こっちはね車ないんですよね。今言ったような自車であっち行ったり、こっち行ったりしてんでねえべが。そこんとこのね、違いっていうか、しっかりしねげどうなのかな。いかがなものかなというふうにこう思うところですが、30年度車与えるよというんであれば別ですけども、そこんとこ聞いていいべがね。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) すいません。補足ちょっと私の説明不足の分もあろうかと思います。公用車をあてがるということではなくてですね、例えば自車部分を活動に使った場合は、その車両代ということで、それを借り上げるということでございますので、多分、先例といいますか、市内の今までの状況を組んでおりますので、同じ対応をされているというふうに認識してございます。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑は・・・ない。まだありますね。
 予算審査の途中ですが、昼食のため午後1時まで休憩します。
 
          休憩 午前11時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
 

委員長(佐々木幸一君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 予算審査を続けます。18番、佐藤委員。

18番(佐藤恵喜君) 概要88ページにあります。指定廃棄物並びに汚染廃棄物の関係で何点かお伺いします。
 まず、汚染廃棄物のこの牧草、堆肥、ほだ木、何カ所に分散して保管されているもんなんでしょうか。いつか聞いてからそのデータすっかり見失ってしまいましたので、まずそれをお願いします。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 汚染牧草、堆肥、ほだ木の保管についてのお問い合わせでございます。
 まず、牧草につきましては、77戸の農家で保管をしている状況でございます。堆肥につきましては、18戸の農家と三つの有機センターで保管してございます。ほだ木につきましては、31戸の農家が保管している状況となってございます。

委員長(佐々木幸一君) 18番、佐藤委員。

18番(佐藤恵喜君) すき込みの予算計上されているわけですが、二、三の農家から問い合わせもあってですね、やっぱり、特に酪農家、抵抗感結構あるなと。「うちでは無理ですよ」という方、あと和牛の方でもせっかく除染したのに、再度すき込むというのはどうしてもというのもあって、いわばもちろん強行して私有地に入り込むということはできるわけではないですけども、既に予算は、新年度だとしても一定の調査なり、意向調査まで行ってるかどうかわかりませんが、そういう動向を掴んでいるのかお伺いしたいのと。
 このすき込みの草地等については、全て市有地ということではないでしょうから、市有地の面積、いわば公有地、国県有地も含めて、そして市有地で用意できる面積は、どのくらい見込んでいるものなのかですね、お伺いします。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) すき込みの動向についてで、1点目の動向についてでございます。
 現在、九つの町域単位にですね、説明会を開催をいたしているところでございます。現在まで津山、石越、中田の地域の説明会が終了した状況となっているところでございます。その段階の中でですね、やはり、その風評であったり、心配だということで、取組を見合わせるという方もいらっしゃいますけれども、現在、ぜひ取り組みたいというふうにおっしゃっていただいている方もある状況となっているところでございます。
 それから、市有地、公の土地ということでございますけれども、現在進めているのはですね、農家個々が所有している草地にすき込みということで進めさせていただいているところでございます。
 さらにですね、占用河川敷等のですね、占用している方についても説明会のほうにお出でをいただいて、現在すき込むかどうかの判断をしているところでございます。

委員長(佐々木幸一君) 18番、佐藤委員。

18番(佐藤恵喜君) 公有地、どの程度の面積あるものなんですか。相当それで処理可能なのかどうか。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 現在検討されているのがですね、農家個々が所有している私有地を検討しておる状況でございまして、市有地、市の土地についてはですね、現在検討からは外してございます。
 面積はございません。今のところ面積はございません。

委員長(佐々木幸一君) 18番、佐藤委員。

18番(佐藤恵喜君) そうすると、今、見合わせる人も、そしてオーケーな人もいろいろおられるということです。それは当然だと思うんですけど、基本的には了解いただいた方からすき込んでいくということになっていぐものなんでしょうか。
 一斉にスタートしなきゃないということを頭にしながら進めているものなのか。具体的な対応策をお聞きしたいわけです。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 実際のスケジュールについてでございますけれども、現在説明をしておる段階でございまして、その後3月22日までにですね、そのすき込みを希望する方の届け出がですね、3月22日を締め切りとしておるところでございます。
 それ以降ですね、その牧草を所有している方を優先的にですね、すき込みのスケジュールを、すき込みを始めたいというふうに考えているところでございます。

委員長(佐々木幸一君) 18番、佐藤委員。

18番(佐藤恵喜君) いろんな努力をして最終的には、すき込み完了期間っていうんでしょうか。必要な期間、そして、何年後にいわば同じことですけど、完了させたいんだという見通しでしょうか。それもちょっと聞かせてください。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 平成30年度の予算につきましては、当面20ヘクタールを予定させていただいてですね、予算要求をさせていただいたところでございます。
 現在、400ベクレル以下のですね、牧草につきましては、約2,000トンというふうな状況となってございます。現在のところではですね、面積が大体20ヘクタールということで進めてございますけれども、翌年度以降、その取組の面積であったり、すき込む面積等のですね、業者にも寄りますけれども、面積等が拡大できればですね、五、六年以内にはですね、終了させていきたいというふうには考えてございます。

委員長(佐々木幸一君) 18番、佐藤委員。

18番(佐藤恵喜君) もう一つは、今度の予算では堆肥化の実証試験費用も計上されていると、栗原市の取組状況、もちろん調査した上でのこの予算計上だと思うんですけれども、私も詳しくは私わかりませんけども、市が市自体がですね、いわば堆肥化の実証試験に当たっての費用を環境省に請求をしていると。
 しかし、一向に国のほうからは、環境省からは何の返事も来てないということで、当初予算にそのための費用は計上してないと私聞いてるんですけども、堆肥化というのは、栗原市の実証でも明らかになったんですが、結構費用かかるし、3カ月とかの堆肥化になる期間が必要だとかですね、そして量が減るとはいうものの、ほかの堆肥と一緒にしてやるもんですから、やっぱり何ていうか、堆肥そのものがやっぱりね、そんなに減んないで新たに生産されるということで、そこまでするならば、何年かかるかわからないというような意見もあってですね、少なくとも費用、やっぱり環境省、環境省が東電に請求すっかどうかよくわかりませんが、市独自でというのは無理でないかと思うんですけどもね。その辺はどういうふうな考え方で、この予算化したのか。伺いたいです。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 堆肥化についてのお問い合わせでございます。
 この堆肥化につきましては、現在、農研機構にですね、堆肥化の実証試験の依頼をしてございます。それでまだその結果はいただいてはおらないわけでございますけれども、その農研機構さんで牧草の堆肥化の成果の結果をいただいてですね、それはあくまでもその実験上の話でございますので、それをですね、実際の有機センターを用いまして、堆肥化による試験をしたいということで、本年予算要求をさせていただいたものでございます。
 ただ、今回につきましては、実際の処理ではございませんので、処理であればですね、環境省の加速化補助金が使えるんですけれども、現在の場合、まだ実証試験でございますので、その辺についてはですね、環境省となお今後詰めさせていただきたいというふうには思ってございます。

委員長(佐々木幸一君) 18番、佐藤委員。

18番(佐藤恵喜君) 加速化事業対象になると断言してましたけど、栗原のホームページで見たんですが、栗原は環境省と協議を開始したと、去年の11月ころなんですがね、んで農業系廃棄物の処理加速化事業の交付対象にするように、今、環境省にお願いしてんだと、協議をしてんだということなんですが、じゃあ間違いなくあれですか。対象にはなるということで捉えていいんでしょうか。
 そしてもう一つは、堆肥にしてそれを今度は販売すると、あるいは無償配布だってあるかもしれませんが、そういうのってのも考えてるんですか。
 これも栗原なかなか買い手がないというか、そういうわざわざそのような堆肥を購入しなきゃないという、もちろん切迫性っていうかないもんですからね。あくまで協力してくださいとお願いで行かなくちゃないんですけど、そういうのの見通しも踏まえての今回の予算なのかなあと。それ国の補助と環境省の。確認をもう一度します。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 栗原市の例を取っていただいたところでございますけれども、現在の段階で環境省と話をしておりますのは、堆肥の希釈、要は薄めて濃度を下げるというふうな対応であれば、それは加速化事業の対象にはならないというふうな説明をいただいているところでございます。なので、登米市としてはですね、今、その希釈によらないで要は農研機構さんのほうにどのような方法があるかを現在、研究要請をですね、依頼をしているというふうな状況でございます。
 あとは発酵によってですね、今どのように変化をするかというふうな内容について、検証をいただいているところでございます。さらに、その堆肥できた堆肥については、販売するのかということでございますけれども、堆肥につきましては、その指定管理者である農協さんの対応となってございます。それらの対応についてですね、今後協議をさせていただきたいというふうに考えてございます。

委員長(佐々木幸一君) 18番、佐藤委員。

18番(佐藤恵喜君) 希釈ではだめだと、そうすると汚染牧草なり、稲わらなり、そのものだけで、もちろんあと腐熟化促進のなんか何か入れなくちゃないんですが、もちろん水をかけんのもそうですけれども、そういうことだけならいいっていうことなんですか。いわばほかの牛舎から出た堆肥も入れながら、発酵促進のために、そして草と混焼、混焼でない。混ぜながら堆肥化をすると、そういうほかのものを入れてはだめなんだと、そういう今の説明なの。そういう受け止め方でいいんでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 今回想定、うちほうで農研機構に試験を依頼したのはですね、牧草にその牧草単体ではなかなか発酵しにくいというふうな状況もございましたので、それに堆肥を入れて発酵を促進させるというふうな状況をですね、検証していただいてるところでございまして、その牧草にですね、さらに多量の堆肥等を混ぜてですね、希釈をして堆肥化するということではないので、その点については環境省とさらに協議をしていきたいというふうに思ってございます。発酵を促進させるためであれば構わないということでございます。

委員長(佐々木幸一君) 18番、佐藤委員。

18番(佐藤恵喜君) どの程度かっていうのは、すっかり3割だとか、1割とか決まってはいるわけなのかどうか、それは時間ですのでやめます。
 市長、答弁でですね、工藤議員のときもそうだったと思うんですが、長期保管、安全な長期保管を国の責任で行うようにと、これからも求めていきますということで、長期保管という考え方は私も大事だと思っております。それをどうのこうのはそういう姿勢持ってるわけで、あるいは県の市議会議長会も国への要望書、陳情書を毎年出してますが、私もその一角に参加したときのあったんですが、同じようにことしの意見書っていうか、要望書と同じようにその下りがあるわけなんですけども、その際ですね、ちょっときょうお聞きしておきたいのは、その8,000ベクレル以上、以下とにかく指定廃棄物が汚染廃棄物だろうが、長期保管とした場合に、どの程度の体積ってなるか。例えば中田アリーナだと何個分ほしいんだとか。ちょっと計算していただけないでしょうか。私もロール数だのあるんで、かければ大体1メーター半、直径が1メーター20、高さなんぼということで、体積は計算できるわけですが、私よりは皆さんにやっていただいたほうが遥かに市民の皆さんから信頼されますので、今日でなくていいんです。東京ドームでもいいんです。東京ドーム行ったことないんで、中田アリーナがいいかと思うんですが、例えばの話でね。そういうのを、いやこれからほんとに考えていく上で、長期保管という観点がますます、(聞き取れず)ねがなあとこちらは思ってんですが、ぜひそれはそんなに無理でない計算、電卓おいていただければいいと思いますので。次長に伺います。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 中田アリーナ何個分かということでございますけども、なかなかちょっと手元に数字掴んでないもので、大変申しわけございません。ただ、参考になるかどうかわからないんですけれども、石越に保管庫がハウス10棟ほど建っているのはご存知かと思いますけれども、あの10棟でですね、重量にして400トンの保管になっているということでございます。登米市内のですね、指定廃棄物は、2,235トンでございますので、その約5倍というふうにご理解を指定廃棄物についてはですね、約それだけの量だというふうにご理解をいただければと思います。

委員長(佐々木幸一君) 18番、佐藤委員。

18番(佐藤恵喜君) 2018年、今年のですね、水稲生産実施計画書っていうのは、各農家から上がってきて、ほぼ集約なったんでしょうか。どうだいね。知りたいのはやっぱり、そして心配なのは、私はもう餌米やめて、主食用米にやんだと。うちの部落でもこの間座談会農協説明会あったときにも、そういう声もあってですね、果たしてどうなのかというその動向がやっぱ気になるもんだから、わかった時点でデータで紙ベースで示してもらえればと思うんですが。

委員長(佐々木幸一君) 産業経済部次長、高橋一紀君。

産業経済部次長兼農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 本年度の生産調整に対するご質問でございます。
 現在ですね、実施計画書を取りまとめ作業中でございまして、なかなか現在の状況でどれだけというふうな数字はお示しはできないところでございます。ただ、各地区の説明会のほうに出向きましてですね、説明をさせていただいた際に、その極端にですね、面積をつくるよというふうな方もなかなかあまり多く見かけられなかったというふうな状況でございます。この生産の目安を守れば、きちっと生産調整が達成されるのかというようなご質問は多々ございましたけれども、これを守っていただければ、一定のルールのもと、成立するというふうな説明をさせていただいたところでございます。
 なお、数値はですね、まとまり次第提供させていただきたいというふうに考えてございます。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑はありませんか。4番、須藤委員。

4番(須藤幸喜君) お疲れさまでございます。私は概要書のですね、91ページです。
 9目にあります農村環境改善センター維持管理費についてであります。この改善センター現在条例では、五つのものがあり、そしてそのうちの四つに対して指定管理の委託というようなことで示されております。
 そこでですね、ちょっとお伺いしたいんですけれども、現在この四つの改善センターに限りますけれども、国からの何か改善センターということでの補助金とか、等々があるのか。どうか。まず、それをお願いしたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 91ページにある四つの農村環境改善センターがありますけれども、このうちのですね、三つは公民館として使っている施設でありまして、その分につきましては、国等からのお金は一切入っていないという状況であります。

委員長(佐々木幸一君) 4番、須藤委員。

4番(須藤幸喜君) そのですね、三つ、もう一つはどのものを示してますか。

委員長(佐々木幸一君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) すいません。南方公民館の付帯施設として、南方の農村環境改善センターがございます。直接公民館ということではなくてということで申し上げました。すいません。

委員長(佐々木幸一君) 4番、須藤委員。

4番(須藤幸喜君) 何も今のところ何もないということでありまして、いわゆる今公民館という話も出たということで、皆さんご存知のとおり、この改善センター、改善センターが主のところで、公民館が使ってるところと、それから公民館がですね、公民館があって、それに改善センターが使ってるというところもあるように思っておりますけれども、いわゆる同じ公民館という形で市民は思ってるんですけども、改善センターという名前のものでも運営されているというところであります。
 一つ言わせていただきたいのは、もう既にもし適化法がある等々があってですね、これを名前を変えられないんだというものであればですけれども、そういったものがない場合については、もう公民館と一体にしていただいて、条例も廃止していただくなりして、公民館としての機能で持っていくという考えでいけないのかということです。まず、それをお願いします。

委員長(佐々木幸一君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 現在2枚看板ということで、条例も二つに載ってるという状況であります。今、すいません。補助金の適正化法のお話しも出ましたけれども、そういったことも含めて、内容を確認させていただきまして、確かに今のお話しもありかと思いますので、将来に向けましてちょっと検討させていただきたいというふうに思います。

委員長(佐々木幸一君) 4番、須藤委員。

4番(須藤幸喜君) そのような考えであれば、あとは何も言うことないんですけれども、ただ一つはですね、今、10款のほうにももちろんその予算も出てるということです。ありますので、それはそちらでも話を聞けばいいんでしょうけれども、いずれここで考えるならばですね、いわゆる募集をする際に、改善センターと、それから公民館とその審査をされる場合に、一括でやっているということだと思うんです。そういうものもありながら、そして例えば提出するモニタリングであり、何であり、全部それぞれがその名前でもって出してるやに思うんですけれども、そういった場合に、その指定管理と受けるほうとすれば、わざわざ仕事を増やさなくても済むのかなというようなことで思っております。ならば、一つの公民館としての考えを一つにしてもらってですね、それで運営のしやすい指定管理であってほしいなというようなことで思っておりますけれどもどうでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 指定管理の提案をいただく際には、公民館施設として使っているものは、もちろんその機能として公民館施設としての提案をいただいているということでございますが、付帯施設としてその公民館の隣にあるような改善センターにつきましては、それの目的としてのということで、提案をいただいているという状況でありますので、わざわざ二つつくったりというような状況ではないということでご理解をいただきたいと。

委員長(佐々木幸一君) 4番、須藤委員。

4番(須藤幸喜君) ちょっともう一回確認したいんですけれども、いわゆる提出する書類は改善センターであるから、改善センター用のモニタリング、それから公民館という施設だから公民館という施設のモニタリング、そういったものを出しているということではないということですか。

委員長(佐々木幸一君) 4番、生涯。もとい。生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) モニタリングにつきましては、施設一つ一ついただくんですけれども、公民館として、あくまでも公民館として使ってる施設については、公民館のモニタリングとしていただいているという状況になっております。

委員長(佐々木幸一君) 4番、須藤委員。

4番(須藤幸喜君) んだからですね、いわゆる公民館にしましょということです。要は。ですので、検討するということであれば、そちらも考えた上でぜひ進んでもらえば指定管理者も楽でないかなということであります。以上です。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑は。8番、日下委員。

8番(日下 俊君) それでは概要の97ページ、企業誘致費について、お伺いしたいんですけども、別冊2のほうで下のほうに平成30年の奨励金交付内訳ということで載ってございます。下にですね、交付対象企業社数は延べ22社と書いてありますけども、その次に実企業者数というのが8社となってるんですけども、さまざまなこの交付奨励金を持ってる中で8社全部この受け取っている奨励金はないんですけれども、何も受け取ってない企業が1社あるという理解でいいのかどうか。

委員長(佐々木幸一君) 工業振興課長、櫻 節郎君。

工業振興課長(櫻 節郎君) 企業立地奨励金でございますが、この奨励金に関しては、複数ですね、受給している企業がございまして、企業立地促進奨励金と例えば投資奨励金とか、重複して受給をしている企業様がございます。延べ22社とありますが、実際8社、8社でこの合計の4億2,400万の奨励金の交付をしているというふうな状況でございます。

委員長(佐々木幸一君) ほかに。まだ答えてない。工業振興課長、櫻 節郎君。

工業振興課長(櫻 節郎君) 例えば今お尋ねですと、雇用奨励金であったりとか、企業立地促進奨励金が今現在7社とありますが、これ・・・上水料金のみの受給になっている企業があったりとかですね、というふうなところで、総体では全体ではですね、実交付企業は8社ということになってございます。

委員長(佐々木幸一君) 8番、日下委員。

8番(日下 俊君) 通常こういった奨励金だと誘致した企業が全て使えるような奨励金全部あるような気がするんですけれども、この中で8社全部受け取ってる奨励金というのは一つもないので、1社は一つもこうやってないのかというお尋ねなので、もう一回お聞きします。

委員長(佐々木幸一君) 工業振興課長、櫻 節郎君。

工業振興課長(櫻 節郎君) この該当する奨励金全て受け取っている企業は1社ございますし、あと先ほども言いました上水道のみというふうな企業様が1社だけでございますが、こちらについては、促進奨励金、それから投資奨励金、雇用奨励金を受給してないというふうな企業でございます。こちらについては、雇用が確保できなかったというふうなことで奨励金対象になっていないというふうな状況でございます。

委員長(佐々木幸一君) 8番、日下委員。

8番(日下 俊君) 通常、地方に企業が進出するときは、やはり、何かかにかこの奨励金があったり、さまざまな特典があるので、当然来るとは思うんですけれども、この実企業8社でこの全て8社全部いただいている項目がないというのがちょっと不思議だなと思ってお聞きしたわけでございます。後で、個人的に聞きたいと思います。
 次に、96ページ、中小企業振興資金について、お伺いします。
 この資金融資は、28年度から本年度になって、制度どのように変わったかお伺いをしたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 制度資金についてのお尋ねでございまして、特にその28年度、29年度の違いということでございますが、一番大きな違いについては、貸付利率を2.2%が1.7%と県内一番に引き下げたところでございます。

委員長(佐々木幸一君) 8番、日下委員。

8番(日下 俊君) 2.2から1.7ということで、やっと下がったかなということで、評価するわけでございます。
 中小企業にとってこの振興資金というの非常に大切でありまして、やはり、これがないとなかなか設備投資が進まない。そして設備投資が進まないということは、省力化したり、人材不足を補えないということであります。やはり、ここが充実すると法人税アップにつながりますし、さまざまな税収がアップになります。
 そこで、30年度のこの予算を3億3,765万と貸付金の預託金ですね、をしておりますけれども、この算出根拠ちょっとお聞かせください。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 預託金額の算出根拠ということでございます。
 基本的にはですね、これまでの実績をもとに算出をしていると、シミュレーションかけてですね、算出をしてございます。貸付金全体のですね、基本的な融資、失礼しました。預託金の10倍強調倍率10倍として、提携金融機関の協力のもとに、制度を運用して貸し付けをしているところでございます。そういった貸し付けの状況などを踏まえて、預託金額を設定しているというところでございまして、28年度は3億2,100万円、29年度については3億2,800万円、30年度については3億3,700万円と年々増加傾向になってございます。

委員長(佐々木幸一君) 8番、日下委員。

8番(日下 俊君) 今の説明で徐々にこの資金需要は、高まってきているということでございます。
 それでですね、この3億3,765万円を、今さまざまな金融機関を通して中小零細企業に資金需要を賄っているところでございますけれども、おそらくこの預託金を各金融機関、例えば市中銀行だったり、労働金庫だったり、信用金庫だったり、JAだったり、さまざまな金融機関を通して、これ貸付けてると思うんだけども、これはどのようにしてこの配分というか、各金融機関されているのか。その辺お伺いしたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 基本的にはですね、融資、これまでの融資の実績をもとに、配分をそれぞれさせていただいてございます。

委員長(佐々木幸一君) 8番、日下委員。

8番(日下 俊君) 市内の例えば中小零細企業の皆様方は、全てのこの金融チャンネルと取引きがあるわけではない。多分、メインバンクといわれるところですね。属にいうお得意さんって言うんですかね、一番メインにしているところがあると思います。多分こういった中小資金、振興資金というのは、そういったところからお借りするのが常でございます。そうした場合に、この預託金のこの実績の中で配分していると、多分徐々にこの資金需要があるということは、もう少し伸びるんではないかなというふうに思いますけども、この金融機関によっては、この預託金がなくなった場合には貸付けができないという状況も考えられます。そしてある金融機関は満額なんだけど、ある金融機関はまだ残っているよというような状況も考えられますけども、その辺の調整っていうのはどのようにされているんでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 制度資金ですが、ある一定のルールの中で先ほど申し上げました実績配分等でさせていただいているものの、もちろんどこかの金融機関が当初の割合というよりも不足するという事態もございますが、それについては金融機関同士調整を図りながら、そういったことのないように対応させていただいてるところでございます。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑は、24番、八木委員。

24番(八木しみ子君) 93ページのですね、農村公園管理費について、維持管理費についてお伺いいたします。
 この農村公園なんですが、毎年この800万というふうな金額が計上されているようでございますが、これは何カ所、今現在、何カ所あって、利用頻度につきましてまずお聞かせください。

委員長(佐々木幸一君) 農村整備課長、千葉昌弘君。

農村整備課長(千葉昌弘君) 農村公園についてのお尋ねでございます。
 現在市内には51カ所の農村公園がございます。
 それで利用頻度という質問でございますけれども、農村公園につきましての利用人数は、集計っていうか、押さえてない状況でございます。

委員長(佐々木幸一君) 24番、八木委員。

24番(八木しみ子君) 人数、遊んでるのあまり確認できないということに解釈してよろしいでしょうか。
 何かこれね、ほんとに51カ所、何かもったいないような気がするんですね、毎年このようにね、800万という金額がかかって、使っていないのを見ると、経費の無駄かなというふうな感じをします。
 そこで、この今からですね、特に人口が減ってまいりますし、ますますその無駄な経費というふうになっていくんじゃないか心配するわけなんです。
 ですから、もし公園使えるような環境にあるんであれば、もう少し活用するPRをするとかですね。いろいろとその使い道を考えるべきだと思うんですが、いかがでしょうか。そしてこの管理のあり方についてお伺いします。

委員長(佐々木幸一君) 農村整備課長、千葉昌弘君。

農村整備課長(千葉昌弘君) 農村公園の管理のあり方という内容でございます。
 農村公園につきましては、観光公園とかと違いまして、ほかから観光客の方とか、そういった市の観光の部分で使ってる公園ではなくて、あくまでも設置の目的がですね、農村地域の住民の方の地元の方々の憩いの場っていうかですね。そういったふれあいの場というようなところを主たる目的として設置されておる公園だと認識してございます。
 管理の経費でございますけども、委員さんおっしゃるとおり、少なからず毎年維持管理経費かかってございます。その中で電気料であるとか、遊具の保守点検、修繕、そういった部分の経費がかかってるわけではございますけれども、その中でですね、あくまでその公園、農村公園といいましても、51カ所のうち、もしかしたらば比較的利用頻度が低いところもあるかもしれませんけれども、基本的には地域の中で必要な公園であるというふうに認識してございますので、そういった部分の安全を確保するための経費につきましては、予算のほうをですね、計上して地域の方々の憩いの場というようなところで管理していきたいなとそういうふうに思ってございます。

委員長(佐々木幸一君) 24番、八木委員。

24番(八木しみ子君) その地域の方々の憩いの場はいいんですが、じゃあどの程度ね費用対効果というのもやっぱり考えるべきだと思うんですよ。この多分農村公園となってますから、いろいろと縛りのある公園かなとも思うんですが、例えばですね、何かに転用するとか、やっぱり利用価値を高めるような管理のあり方というのは考えられないんですか。

委員長(佐々木幸一君) 農村整備課長、千葉昌弘君。

農村整備課長(千葉昌弘君) 費用対効果と管理のあり方ということでございますけれども、農村公園の中に少なからず今39カ所ほど遊具が設置してございます。その遊具もですね、老朽化が進みまして、当然そのメンテナンスに対しましては、お金がかかるというような状況で、遊具については、ここ数年、新たに設置してるという状況ではなくて、地元の区長さんとか、そういった地元の方と相談しながら、ちょっと直すまではいかなくても、撤去とかもしても大丈夫だよというような部分に関しては、撤去というふうな形でやってございますし、あと中にはやはりその子供たちが使うので、ちょっと撤去じゃなくて、修繕という形で何とかできないかというような地元の方と協議しながらやってるというような状況になってございます。

委員長(佐々木幸一君) 24番、八木委員。

24番(八木しみ子君) やっぱり、公園というのはね、どこにでもですけど、空間のそういった場所が必要なのはわかるんです。ですが、このようにある程度、先ほども言いましたが、費用対効果っていうか、そういう観点から、もう少し管理する場合ね、目配り気配りしていただきたいと思って今、お話ししてるんですが、そういった例えば転用はできないんですか。ほかのものに何かに転用とかですね、そういったいろんな角度から、管理する場合考えていただきたいというふうなことです。

委員長(佐々木幸一君) 農村整備課長、千葉昌弘君。

農村整備課長(千葉昌弘君) 一つのやり方として、転用はできないかということでございますけれども、転用につきましては、全くできないわけではないのかなとちょっと思ってございます。もうかなり農村公園につきましては、整備されてから、大分年数もたってますし、ほとんどが、ほとんどというか市の土地であるというようなことで、今後のですね、目的等がですね、別な部分で利用が可能であって、そちらのほうが有効的に活用できるということであれば、転用という部分もですね、一つ視野に入れながら、管理のほうも考えて行きたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑はありますか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(佐々木幸一君) 質疑なしと認めます。
 5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費の質疑を終わります。
 ここで説明員の入れ替えのため、暫時休憩します。
 
          休憩 午後1時43分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時44分
 

委員長(佐々木幸一君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に8款土木費、9款消防士について質疑を行います。質疑はありませんか。11番、工藤委員。

11番(工藤淳子君) 概要書の104ページ、一番下の日根牛地区総合事業整備に関する、この登米町の北上川整備促進同盟会の補助金が載ってるんですけども、毎年この北上整備おかげさまで大分進んできて、盛土がされて、形が大分見えてきたなと思うんですけども、移転している方からちょっと何人からか聞かれたんですけども、私たち登米の町域の議員、それからこの期成同盟会の委員の、そして建設部長と職員の方にも毎年土木事務所や県のほうに要望活動行ってきてるんですけども、問題なのは、羽沢川堤防の改修工事がまだ手が、まだってわけじゃないんですけど、国道の北上川の道路から羽沢川に向かって100メートルか200メートルはコンクリートで整備されてるんですけど、残りの北沢周辺までの区間の堤防がまだ改修されてないんだけど、これが県との調整はどういうふうになってるんだって聞かれています。なぜかというと、その整備された部分はいいんですけども、残された部分のその堤防が、未整備になってる800メートルくらいあるということなんですけど、そこから何箇所か水漏れしていて、大雨のときなど、そのたびに消防団の方が出ていって対応してるっていうことで、もともと湿地地帯で何回か今までも水没とかのあれがあったんで、新しく堤外地から移転した方たちが本当に不安だって声が出てるんですけど、この辺の状況お願いします。

委員長(佐々木幸一君) 住宅都市整備課長、小野寺憲司君。

住宅都市整備課長(小野寺憲司君) 日根牛地区の河川整備でございますが、期成同盟会を設けまして、国あるいは県のほうに要望活動を続けてきてるところございます。今のご質問があった羽沢川でございますが、事業区間については、200メーター区間について、一部区間については事業化されているところでございますが、今、議員からご指摘をいただいた点については、まだ事業化にはなっていないといったところでございます。
 この件については、期成同盟会を通じまして、県のほうにも要望はしているんですが、その先については具体的な話はちょっと来ていないといったような状況でございます。
 それから堤防管と漏水というお話でございました。大変申しわけませんが、ちょっと我々のほうにもちょっとそういった話、ちょっと来ていなかったところもございますので、その辺については早急にですね、箇所等を確認をさせていただきまして、早急な対応について県のほうにお願いをしてまいりたいというふうに思います。

委員長(佐々木幸一君) 11番、工藤委員。

11番(工藤淳子君) 工事本体と一緒にやってほしいってことは毎回毎回毎年ね、挙げてるんですけどなかなか回答が得られないということなんで、ぜひ市のほうからも、こういうお願いをね、ぜひやってほしいっていうこともあるようです。
 それから確か、ことしだかその前のときには、今の北上川の整備が終わるのが、終着、終るのが32年度ですか。それが確か終わってから、この羽沢堤防に手をつけるっていう回答がどこかであったと思うんですけども、そうすっと今30年度で、32年度終わってからだと、あと二、三年たつ。今の全国各地で大雨による洪水何かでね、被害を受けてるとこが多くなってる中では、本当にせっかく堤外地から移転して、新しい大金をかけて、補助金もいただいてるんですけども、大金をかけて移転した方たちは本当に不安だろうなって私も思うので、その漏れる箇所等もあわせて、こういう市民の不安解消にね、対応していただきたいと思うんですけどその辺どうでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) ただいまの羽沢川の堤防が私どももやはり懸念しておりまして、かなり脆弱とまではいかないんですが、相当弱いというふうな状況でございます。この羽沢川につきましては、基本的に県管理の河川というふうなことで、事業化になるには県のそういった事業化に手を挙げていただき、県に代行して国で整備するというやり方もございますので、ぜひそういったやり方でこう進めていただきたいっていうふうに、県のほうにもお願いしておるところでございます。
 先ほどお話の中で32年に、この日根牛の堤防が完了してるというふうなことでございますけれども、その後に、この羽沢川の改修というふうなお話も聞いたことがあるというふうなお話でございましたが、基本的にはこの県管理の羽沢川の事業化については、その国ともまた違うものですから、その32年で仮に完了したにしてもすぐ国で手をつけるっていうふうな段取りにはなってございませんで、やはり地域の期成同盟会の皆さんと私どもタックになりながら、この事業化について、どんどん進めるようにしてまいりたいというふうに思っておりますし、あわせて移転いただきました皆様には、相当ご苦労をかけて移転いただいております。この事業につきましては、やはり羽沢川がしっかりし堤防をきちんとならないと、安全を確保できるってことではありませんので、ぜひ力を入れて今後進めてまいりたいというふうに考えています。

委員長(佐々木幸一君) 11番、工藤委員。

11番(工藤淳子君) 堤防が完成すると、今度は高くなって羽沢川にかかる水が流れていく量もね、かなり負担がこれまでとも違って、大きくなんのかなと思って、ぜひその辺、もちろん県の事業なんでね、市だけでできることじゃないですけど、そこで市長も県に、市長からも、市長も毎日あそこの大橋付近は通る、通って工事の進捗状況はよく見てらっしゃると思うんですけども、市長のほうからも県に対して要望していただきたいと思うんですけどどうでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 工藤委員の質問にお答えをさせていただきます。もちろん私はあそこを毎日通勤をさせていただいておりまして、工事の進捗状況が大分進んできたなと、そういうふうには見ておりますけども、羽沢のほうには行く機会が少ないもんですから、今のお話しをしっかりと噛み砕いて建設部のほうからもいろいろ説明をいただきまして、県庁に行った折にはその話を持ってさせていただきたいとそういうふうに思います。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑はありませんか。7番、熊谷委員。

7番(熊谷和弘君) それでは概要の102ページでございます。
 道路の維持補修に要する経費でございますけれども、来年度は今年度よりも少し増えておりますけれども、ほぼ同額でございます。この中でですね、原材料費というのがございますけれども、今年度の比較で3分の2に減っております。この括弧の中を見ますと、今年度には載ってるんですが、道路機能向上対策材料というのがないんですけれども、これが載ってないということが理由となるんでしょうか、お伺いをいたします。

委員長(佐々木幸一君) 土木管理課長、菅原和夫君。

土木管理課長(菅原和夫君) 道路維持に伴います原材料の関係でございますが、昨年度よりも若干減っているということでございます。道路機能向上対策事業につきましては、コンクリートの側溝に蓋をかけて行なっていく事業っていうことで、一定程度29年度で終了したということでその分の減ということでございます。
 あとそのほかについては、昨年度とおよそ同等ぐらいの原材料費を計上してございます。以上です。

委員長(佐々木幸一君) 7番、熊谷委員。

7番(熊谷和弘君) それでは次に移らしていただきます。概要107ページの住宅管理に要する経費で、報酬として住宅使用料徴収嘱託員ということで載っておりますけれども、現在ですね、本市においていろいろありますけども徴収嘱託員という方は、全体で何人、正確にじゃなくても大体何人ぐらいでも結構ですので何人ぐらいいるのか。また、その徴収内容は何々を徴収しているか、お伺いいたします。

委員長(佐々木幸一君) 住宅都市整備課長、小野寺憲治君。

住宅都市整備課長(小野寺憲治君) お答えいたします。徴収嘱託員につきましては、住宅都市整備課が1名でございまして、そのほか徴収のほうで5名、それから教育委員会のほうで2名で覚えておりました。合計8名でということで記憶をしてございます。

委員長(佐々木幸一君) 7番、熊谷委員。

7番(熊谷和弘君) 滞納されてる方はですね、複数種類にわたっている方も少なくないのではとも思いますけども、そういった場合いにですね、徴収嘱託員が入れかわり立ちかわりっていいますか交代でですね、訪問されるという場合も多いんじゃないかと思います。そういった場合に、それよりはやはり来られる側も同じ人に来られたほうがいいんじゃないかというふうにも思います。また、全ての徴収をですね、かえって徴収、町域ごとに担当していただいたほうが、効率がいいんではないかというふうにも考えますけど、その辺の考え方はいかがでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 住宅都市整備課長、小野寺憲治君。

住宅都市整備課長(小野寺憲治君) 徴収嘱託員の全体の考え方については大変申しわけないんですが、詳しくちょっと答えられない部分があるんですが、住宅の部分の徴収嘱託員について1名ということで、市内全域のですね、未納あるいは滞納者の方々をリンク訪問、あるいは納付指導、相談をするといったような対応を図っているところでございます。

委員長(佐々木幸一君) 17番、浅田委員。

17番(浅田 修君) 前の款でお話ししましたけども、定住促進住宅ですか、その件についてお聞きします。
 米山に建ってってるんですけども、造成してるんですけども、これ重点戦略事業ということでございますんで、特別ななんかこの若者に対してのこの考え方があってのだと思うんですけども、どのようなこの募集要項考えながらですね、分譲するのにもいろんな特典があるのかなと思いますけども、その点をお聞きしたいというふうに思います。

委員長(佐々木幸一君) 住宅都市整備課長、小野寺憲治君。

住宅都市整備課長(小野寺憲治君) 今回の分譲の対象者につきましては、市内定住、それから市外から移住を希望される方ということでございまして、具体的には例えば40歳未満の子育て世帯であるとか、そういったものではなくて、どなたでも移住・定住ができるというふうな格好で対象者を考えているところでございます。
 なおこの点につきましては、今の売払いの要領等をちょっと作成してるところでございますので、その中で具体的に示してまいりたいというふうに考えてございます。

委員長(佐々木幸一君) 17番、浅田委員。

17番(浅田 修君) 誰でもいいの。定住促進それは誰でもいいんだけど、どこを目標にしてんの、80歳70歳でもいいということ、もちろん、言いかえれば。そういうことなの。それが定住促進につながるという、もちろん定住促進にはつながるんだけっども、今後のその地域の発展なり、登米市のすんだったら前の答弁には、やっぱ働く世代のもののターゲットにして今後考えていくって話なんだけども、現実そういう話と、現実違うんじゃないの。じゃあ何が重点戦略なの。造成すんのが重点戦略なの。その考え方全然なってないよ。その点。

委員長(佐々木幸一君) 住宅都市整備課長、小野寺憲治君。

住宅都市整備課長(小野寺憲治君) 今回の対象者につきましては、移住あるいはUIJターン者でありますとか、それから市内の方でありますとか対象にしているところでございますが、その辺の考え方につきましては、ちょっとまだ詰め切れていないところもございますので、今の売払要綱を策定しておりますので、その中で詳しく考えてまいりたいというふうに思います。

委員長(佐々木幸一君) 17番、浅田委員。

17番(浅田 修君) こんではね、とっても何の戦略なってんだが、何が戦略になってんだがさ全然わかんないね。市長、前にも言ったんですけども、この分譲を分譲でもいいんだけどもさ、もちろん分譲でその価格ね。ほとんど、ただで、んで若いものだったら子育てできるような世代を来て子供つくって、そこであど一生懸命働いてもらうっつうんだったら、ただでもやっからやとかっさ、そういった考え戦略ないの。ただつくってんの。その点市長の考えをきちっと、やはり出すべきだなあと思うんですけどどうでしょう。

委員長(佐々木幸一君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 浅田委員の質問にお答えをさせていただきたいと思います。確かに、いろんな自治体でそういったその移住あるいは若い人たちが定住をするための、そうした住宅のいろんな施策を打っておるということは私自信も承知をいたしております。
 今、課長の答弁でもございましたけれども、これからいろいろ要項そうしたものを決めていくということでございますので、その辺少し検討させていただきたいとそういうふうに思います。できるのであれば、確かに売れ残らないでということもまず第一にありますので、その辺も踏まえながらいろいろ検討させていただきたいそういうふうに思います。
 ただ今、浅田委員がおっしゃるように、できるだけこれから登米市に移り住んで、しっかりここで子育てをして、ここで頑張っていきたいというそうしたその、いわゆるUIJターンの、そうした方たちの、そうしたお気持ちというものをしっかり推しはかってみたいなとそういうふうにも思いますので、少し検討させていただきたいとそういうふうに思います。

委員長(佐々木幸一君) 17番、浅田委員。

17番(浅田 修君) 本当よく考えてっさ、やはり新婚世帯向けの補助なりなんだりっていう感じもいろいろ手法あっと思うんだから、まずはその1年とか2年とか3年どかっさ、期間を何して、新婚、若い人たちをまず呼びましょう。次は、ちょっと余ってきたからもうちょっ年代上げるとかっさ、何かそういう、最初っから70代80代もそこでも買えますよと、住めますよと。それはもちろん定住はあんだけども、そういった問題ではねえど思うんだね。もうちょっとさ、地域の活性化のために、登米市の活性化のためにどうすればいいのかって考えてやってくださいよ。よろしくです。
 いつごろまでになるのだが、その点もちょっと時期的に教えてもらえればいいのかなと思うんですけども、どうでしょう。

委員長(佐々木幸一君) 住宅都市整備課長、小野寺憲治君。

住宅都市整備課長(小野寺憲治君) 今回の分譲地の販売に当たりましては、今考えておりますのが3月下旬に特別議会があるというふうなお話しでございまして、その際に財産処分の議会の議決をいただきたいというふうに思っております。それまでに、それらの要項それから要領等については、策定をしてまいりたいというふうに思います。

委員長(佐々木幸一君) 17番、浅田委員。

17番(浅田 修君) もう決まってんだべっちゃ、ほんで。決まってないの本当。素案もねえの。素案ぐらいはあるべげっとね。大体決まってんだべね。3月下旬で何するっつうんだったらね。もうちょっとやっぱそういったとこで、市長政策入れてくださいよ。よろしくお願いします。

委員長(佐々木幸一君) まだありますよね。17番、浅田委員。

17番(浅田 修君) 河川敷の木の関係なんですけども、伐採なんですけども、登米市の管轄じゃないところもあるんですけども、私見てんのは常に迫川、常に行ったり来たりして見てんだげっともさ、あいづ木は何センチなれば何十センチなれば切んねげねえっつうなにあんだべがね。どうなんだべ。少すいだますいからまだ切んねえのだが、どういう考えでそういった管理をやっているのか、県だからっしゃということだべげっとも、そういう問題でねぐっしゃ、県とどのような協議してるのかちょっとお聞きします。

委員長(佐々木幸一君) 土木管理課長、菅原和夫君。

土木管理課長(菅原和夫君) 県の河川の伐採関係でございますが、どの程度なればということにつきましては、全体でその河川の閉塞率ということで20%を超える場合を、特に伐採等を行なっているというふうなことでございます。現在、登米土木管内でおきましては20%超えるとこはないんですが、ただ少しずつ計画を立てて、支障木を伐採してるというふうなことでございますし、さらに河川構造物等の付近、それから要するに阻害となる箇所につきましては重点的に伐採関係を行ってるというふうに考え、というふうに伺っておりますし、私どもとしましてもそういったところ見受けたときには、県のほうにしっかり伝えていくということでございます。

委員長(佐々木幸一君) 17番、浅田委員。

17番(浅田 修君) 我々から見て閉塞率がなんぼなんだが、どれくらいでどう繁茂すれば20%だがなんだがってのはわがんねえのさね。だげっども、やはりなんかさ使うべって大きくすんのかなってのはね、何ぼダム造ったって同じでがすと。こんでは。本当もうちょっと県と協議、何回ぐらいこいなのやってるもんだか。菅原課長さんが見ればさほどでねえがもしれねげっども、俺たちから見れば何だべやあと思うんだよね。もうちょっとその点、県と協議しながらっさ、やってみてけらっしゃい。そして、都会のほうはね、きれいに河川敷になってんのね。なんでこっちのほうに来っつど森林ではねえげっとも木、山ある割には木おがってるなってなね、こう意識してるんだけどもさ、もうちょっとその点。今後の考え方、もちょっと示してください。

委員長(佐々木幸一君) 土木管理課長、菅原和夫君。

土木管理課長(菅原和夫君) 私ども、登米地域事務所のほうとは、いろいろとその調整会議等でいろいろと協議させていただいておりますし、そういったとこで要望させていただいております。さらに、河川の期成同盟会等でも同様にご要望させていただいております。そういった意味ではいろいろな私ども、住民の方から、ご要望等をいただいたたび、それから私どもがいろいろパトロール等で気づいたところは、機会を捉えていろいろとお話しさせていただいてるっていうことでございます。確かに、場所によっては繁茂しているところもございますので、そういった意味ではこれからもしっかりと県のほうにお話ししてまいりたいというふうに思います。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑ありますか。
 議案審査の途中ですが10分間休憩します。
 
          休憩 午後2時06分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時15分
 

委員長(佐々木幸一君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 議案審査を続けます。25番、伊藤委員。

25番(伊藤 栄君) あまり自分の地域のことを話したくないんですが、実は、おかげさまで4月、この4月1日めどにして、登米のこども園が開園の運びとなっております。たまたま今朝見て来なかったんですけども、そのこども園の東側に、公民館東側線ということで、市道の改良をしてもらってたんですけれども、誰がどう見てもですね、途中までつくって、道路は300メーター400メーターぐらいあるんですけれども、途中までつくって終わりの計画であります。それでなぜこのようなつくり方するのかなということ。そして、今後計画はどうなってるのか。

委員長(佐々木幸一君) 道路課長、伊藤 勝君。

道路課長(伊藤 勝君) 公民館東線、登米こども園の隣の公民館東線の整備の関係でございます。
 こども園、法人側からはですね、全線の改良の要望を受けてございます。現在改良を進めております、その先線につきましては一部狭い部分がございまして、改良が難しい状況でございます。しかし、道路の機能として、路線として途中でその改良をやめるといいますか、とめるということは、道路の性質上も好ましくないという状況は認識してございます。
 市道から市道へ通ずる道路の整備は、必要と考えておりますので、現在整備の手法につきまして、検討しているところでございまして、その整備の考え方を早目に、その整理をいたしまして、事業化に向けて取り組んでまいりたいというふうに考えております。

委員長(佐々木幸一君) 25番、伊藤委員。

25番(伊藤 栄君) 了解。
 次、概要書110ページ。消防団運営費のですね、市町村非常勤消防団員補償報償組合負担金4,500万。実は昨年の9月か10月条例改正によりまして、消防団員の定数が1,530名となったわけであります。それで、4,500万というのは、昨年までの条例定数と同じ金額でありますので、定数が減ったのになぜ同じなのかなということですね、お願いしたい。なぜなのか。

委員長(佐々木幸一君) 警防課長、佐々木敬之君。

警防課長(佐々木敬之君) 非常勤消防団員の補償報償組合負担金についてご回答させていただきます。この負担金につきましては、前年度ですね、いわゆる平成29年10月1日を基準日といたしまして、算定されているものでございまして。平成30年の4月にお支払いをする負担金ということであります。
 平成29年の10月1日につきましては、消防団員の条例定数が2,053名でありました。先にお話しのありました、消防団の条例改正、一部改正が12月議会でご承認をいただきまして、施行日が平成30年の4月1日ということになっております。
 そのために、昨年同様の金額ということで、これの新しい算定につきましては、次年度平成31年からということであります。以上です。

委員長(佐々木幸一君) 25番、伊藤委員。

25番(伊藤 栄君) 実はね、ただいまの説明を聞いて、なるほどなと。この組合は、組合の構成員は、確かに登米市に入ってまして、消防団の消防のほうから行っていろいろ審議してると思うんですけども、私はですね、なんていうんでしょうかね、説明をいただいて、納得したわけでありますが、了解しました。わかりました。

委員長(佐々木幸一君) 20番、沼倉委員。

20番(沼倉利光君) 成果表の112ページにあります、全国瞬時警報システム、このJアラートの保守点検ということでありますけども、このことに関してお伺いします。
 このJアラートについてですね、鳴りました。前にも話しましたようにいろいろな、その誤差が指示されます。ことについてJアラート鳴って、何か起きたときのさまざまな場合についての、国・県からの避難であったり、処理方法について各市町村でどのようになっているのか、そういった検証はどこまで進んでいるのかをお伺いします。

委員長(佐々木幸一君) 防災課長、富士原孝好君。

防災課長(富士原孝好君) Jアラートの関係でのご質問でございます。Jアラートを鳴りました場合、登米市では、Jアラートと連動して、防災行政無線等でお知らせしているところでございますけれども、今お伺いいただいたのは、避難等の検証と、避難の検証といったことでしたでしょうか。
 Jアラートの際にこないだのミサイルとか、そういったときのお話しということでよろしいでしょうか。
 その後に、国のほうから避難された方等の人数等の照会というものございまして、そういった形では報告させていただいているところではございますけれども、そういった質問・・・。

委員長(佐々木幸一君) 20番、沼倉委員。

20番(沼倉利光君) とってほしぐねえんですけれどもね。鳴らすのはいいんですよ。Jアラートで、たまたまね、太平洋側に落下したという状況ですけども、これが万が一の万が一ですね、日本の国土地内、例えば東北地域に本当に落下しそうな雰囲気になったときにですね、ただ鳴らすだけだったら誰でもできんですよ。過ぎてから鳴らしてもらっても結構ですからね。今までの状況を聞くと。そうじゃない、緊急的な警報なはずですよ。書いてあるとおり。そのことについて、何も指示がない、何もどこまでも詰めてないというのは、私的なちょっとね、鳴らすだけじゃないのって、それではこのJアラートは。その辺のこと検証しっかりしてほしいと思います。
 それからこれ市長にですね、これお願いっていうかなんていうかですね、この前確か、議会でこのことね9月決算の最後お話ししました。危機管理監がですね、6カ月間、この登米市で代理で課長がやってるという、この危機的なことをですね、大変申しわけないですけど本当に何もなかったらいいんですけども、これがお話ししたようにお訪ねすれば、いや総務部長です、いや副市長です、それでは最後は市長ですなんていうのではなくて、今までの機器管理監は本当に24時間、土曜日曜もなくですね、政治的にいろいろご苦労をかけたと思いますけれども、そういったことを踏まえての危機管理監であったはずです。それをですね、今のお三方にね、絶えずいつあるかわかんないことについていくってのはこれは、全く無理な話でありますので、そこはやっぱりですね、本来であれば年を越した時点で何らかの対応をしてほしかったなと思うんですけど、その辺についてもお伺いします。

委員長(佐々木幸一君) 総務部長、千葉雅弘君。

総務部長(千葉雅弘君) 危機管理監の関係でございますが、確かに昨年の11月末から病気休暇で休んでございまして、その間いろんな緊急時の対応等につきましては、それぞれ防災課長が、防災課が中心となりまして、市長であったり、副市長であったり、私に対してそういういろんな状況報告なり、それから相談もしながら危機管理に当たってきてたということでございます。
 本来であればもっと早目に、その辺の人的な対応というようなご質問だと思うんですが、いかんせん病気休暇ということで、2カ月間の病気休暇の状況を見ながら対応をということでもございましたので、そういう意味で結果的には今年度いっぱい、3月いっぱいの休暇になってしまうということでありましたんで、そういう状況から、人的な対応はできなかったということでございます。

委員長(佐々木幸一君) 防災課長、富士原孝好君。

防災課長(富士原孝好君) Jアラートにつきまして、ミサイル通過してから鳴ったりということでは遅いんではないかということでございます。国のほうで今最大限取り得る対応ということで、早く出しているということではございますが、今議員おっしゃられますように、若干私達にとっては遅いというふうに感じているとこでございますんで、そういった部分についてもこちらからもできるだけ早目にご連絡をいただけるような形で要望していきたいっていうふうに思います。

委員長(佐々木幸一君) 20番、沼倉委員。

20番(沼倉利光君) 市長ですね、このJアラートについては、やはり各町でほおっておけないことだと思います。たまたまですね、本当に難を逃れている状況でありますので、本当に万が一に万が一のことを考えると、やっぱり首長として、宮城県として、全国的なものに、しっかり鳴らすだけの警報なら誰でもできんですよ。鳴ってる、着弾してからね、こういう結果になりましたっつうのでは何のためのJアラートかわかりませんので、その辺はぜひですね、国に対してのしっかりとした市としての要望をお願いしたいと思います。いいです。

委員長(佐々木幸一君) そのほかに。16番、中澤委員。

16番(中澤 宏君) 概要の103ページ。補助事業だね。道路橋りょう費の中のですね、道路新設改良費補助事業についてお尋ねします。
 この梅ノ木・平柳線については、市長施政方針の中で、早期開通を掲げられて具体的にこう言及されたところでございます。また、先の議会においては、道路認定をするというふうなことで、一歩踏み出したなというような感じがしておりますが、改めてお尋ねします。
 この道路については、今建設されております、県北高規格道路第1工区、第3工区のですね、インターとなる加賀野インターにつながる。結束する。重要な道路だと思っております。改めてですね、この県北、県北高規格道路のですね、2期工区の完成、あるいは3期工区の完成というのがいつなのか、お尋ねしたいと思います。
 もしわかればですね、工事費はどの程度なのかというふうなこともわかればね、わからなければわからなくたっていいよ、まずはお尋ねします。

委員長(佐々木幸一君) 土木管理課長、菅原和夫君。

土木管理課長(菅原和夫君) 宮城県北高速幹線道路の関係でございますけれども、3工区ですか、中田工区の分については、県のほうで平成30年を供用開始したいということで今お話しを受けてございます。平成30年中でございます。
 それから2工区の佐沼工区のほうにつきましては、当初からお話しの平成32年度中と、供用開始を目指してるというふうに伺ってございます。
 それから事業費につきましては、誠に申しわけございません。持ち合わせておりません。後ほどお知らせたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 16番、中澤委員。

16番(中澤 宏君) 今説明が、課長から説明がありました。2工区については30年度中というからもうすぐ開通の運びなんだなぁというように思いますね。80億とも90億とも言われておりました。あるいは3工区についてももう2年後にはもう開通なのかと。みるみる工事が進むんだなと思っております。100億で予定した工事費が、もう120とも30とも言われてますから、両方合わせると200億を超す本当にすごい工事になるわけですね。その県北高規格道路の効果、これを最大限に生かすための今、道路整備が今始まるというようにこう思っています。改めてですね、この梅ノ木・平柳線の効果、要するにそういう大きな道路があって、開通の運びにあって、この道路の効果について、どのように捉えているのか、この事業の重要度についてまずご説明をいただきたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 道路課長、伊藤 勝君。

道路課長(伊藤 勝君) 梅ノ木・平柳線の事業の効果というご質問でございます。今お話しのとおり、仮称佐沼インターチェンジから直結する、それでもって築館・登米線の県道を経由いたしまして、終点はその国道346号、迫川堤防に続く道路でございます。
 現在、平成37年度目標に、整備を進めているところでございますけれども、整備の効果といたしましては当然、その登米市の中心部を迂回する、そういった環状的な要素もございますけれども、やはりそのコンパクトシティネットワークの観点から、やはりその都市、幹線を、幹線的道路と、それからその環状的道路とその持ち合わせた重要な道路であるというふうに認識してるところでございます。

委員長(佐々木幸一君) 16番、中澤委員。

16番(中澤 宏君) 幹線としての機能というのは、豊里・米山方面から来る方については、本当にその重要な道路ですね。あるいは市内の皆さん、市内っていうか佐沼市内っていうか、中田の皆さんからすれば環状的な非常に重要な道路というように、私も思っております。そこで今課長説明の中で、平成37年度に開通の予定だというような話がありました。今もうインターが30年2工区が開通し、3区は2年後に開通するのに、今から5年後にですねこの道路がでる。このことの事業の取り組みのスピード感については、どのように思っていらっしゃるかお尋ねします。

委員長(佐々木幸一君) 道路課長、伊藤 勝君。

道路課長(伊藤 勝君) その事業の進捗の関係でございます。確かに委員おっしゃるとおり、その県北高速幹線道路の事業の進捗に比べて若干遅いではないかというご指摘でございます。現在このほうに平成26年度から事業は開始してますものの、国からの補助事業でございますので、国からの配分率が50%弱という、なかなか低い状態が続いております。しかしながら、その国への要望までできるだけ工夫をいたしまして、重点配分をしつつ、できるだけその前倒ししつつ、事業の促進を図ってまいりたいと、ここ数年そういった形で要望させていただいているという状況でございます。

委員長(佐々木幸一君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) つけ加えましてご説明させていただきたいと思います。
 ただいま交付金事業につきましては、道路課長申し上げましたように、なかなか全体的なこの配分が、震災前と比較して相当こうしてしまっているというふうな状況でございます。私どももこの震災復興、平成32年完了すると、元の状態、今の倍ぐらいですね。戻してほしいというふうな取組を今後してまいる予定でございます。
 それとあわせまして、ただいま道路課長申し上げましたように、路線に重点的に配分していきたいというふうな考え方でございますが、現在鴻ノ木・薬師寺線と、そして西舘、石打坂・西舘線に事業費を特に配分しながら、この環状線だったり、幹線道路だったり、整備してございますので、それらにつきましても平成31年ごろにほぼほぼめどが立ってまいります。
 そうした際には特に今回のお話しのこの、梅ノ木・平柳線のほうに重点的に配分をしながら事業の促進を図っていきたいというふうに考えております。

委員長(佐々木幸一君) 16番、中澤委員。

16番(中澤 宏君) 今、補助金の、補助事業だからね。補助事業なので、その補助がいくら出るかと、いうふうなことに大きく影響するんだというような説明を受けました。
 補助事業は、このほかにも今言われたような、鴻ノ木・西舘線とかね、これも十七、八億ぐらいの事業費だったですかね。大分工事としては見えたなと。31年までかと。いうに思ったんですが。
 それでね、実は市長、過去にも予算は計上しましたが、実は予算のとおり補助金がつかなくて、ようするに補正で減額してしまうという例もあったんですね。ですから、私が心配するのはその37年も、もしかして遅れはしないかというような心配です。今部長力強く説明してもらったんで、できるだけ37年がですね、前倒しになるように、期待はしたいところですが、そこで市長。これですね、今職員も実は一生懸命かかってもらってんですが、何としても県とか国とかこの状況が非常に大きく影響します。今重要度については今、職員説明してもらったとおりだと思いますし、私はこの事業が、大変この登米市の発展のために、交通の要所として伸びる登米市。これから未来に開かれる登米市の重要な路線だというに思ってますので、市長にもですね、一肌二肌ぜひ脱いでいただいて、これ頑張っていただきたいなと思います。
 今後ですね、これ用地買収がありますが、要するに買収の先には民家だったり、いっぱいありますね。遅れれば遅れるほどですね、事業費がかかります。かかるということはもう補助金がついてもついてもですね、なかなか前に進まないというような状況にもなります。
 早くやることが市民の皆さんの利便を高める、あるいは総事業費を安くすると。いずれにしても、遅れればいいことないっていうことですね。一刻も早くですね、施政方針のとおりですね、開通に向かって、全力を挙げて頑張っていただきたい。特に、市長の働きは非常に大きいというように思いますから、改めて施政方針の決意をですね、お聞きしたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 中澤委員の質問にお答えさせていただきます。公共事業数を多くありますけれども、特に道路と河川は時間とお金がかかります。なかなか予定どおりに進まないのはこの二つの事業だと、私自信も痛切に感じておるところでもございます。
 今申し上げていただきましたように、県北高速幹線道が早目に全線が供用開始になることがまず第一だってそういうふうに思いますけども、それに今委員がおっしゃっていただきました、私どもが計画しているこの道路、これもやはりそのやはりその同時期、あるいは遅れてもほんの少しというところでの完成がやはり大きな経済効果、あるいは町民の、市民の皆様方のいろんな面での便利さを生むんだろうとそういうふうに思います。
 財特法も、道路の財特法もどうも一時は終わってしまうのではないかなと思ってずっと市長会などでもとおしてお願いをしてきた経緯がございますけども、これもなんとか延長になりそうだというようなお話しも聞こえてきておりますので、何とかこれもしっかり早く確定してほしいなと、そういうふうに思います。交付金あるいは補助金、助成金、そうしたものはいろんな面から国、県にお願いしていく立場は、私自信の仕事だと、そういうふうに思っておりますので、東京にいては必ず国交省のほうに伺いさせていただきますし、あるいは地元、あるいはその国交省に強い議員さんたちにも必ず顔出させていただきまして、登米市の要望はきっちりと伝えておりますけども、なお一層力を入れてそうした活動を続けさせていただきたい、そういうふうに思います。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑ありませんか。1番、上野委員。

1番(上野 晃君) 8款2項2目1細目道路維持補修費なんですけれども、この中でですねいわゆる市長の抱いているその総合支所の権限強化の、いわゆる熊谷カラーが一番あらわれているのはどのあたりなのかっていうことを伺いたいと思うんですが。

委員長(佐々木幸一君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) 道路維持の中で、支所で担っていただくような、この予算の見え方はどのようにしてんのかっていうふうなお話しだと思いますが、実は先日第5回目の支所のあり方検討委員会が持たれまして、そして支所への答申というのを受けたばっかりになって、まだですね。失礼しました。5回の検討委員会が開かれたというふうなところになっておりまして、それから、答申を受けて、いろいろな施策についてこの反映させるというような状況になってございまして、現在はまだ昨年と同様の内容の維持の考え方での整理の予算かというふうなことでのお願いでございます。今後反映させていくというふうな考え方になろうかと思います。

委員長(佐々木幸一君) 5番、岩渕委員。

5番(岩渕正弘君) 予算のほうの概要104ページ。土木工事費の都市計画費なんですけども、この中でマスタープランのほうで質問させていただきます。
 本市のね、登米市都市計画まちづくりの基本的な方針を示す重要な事項なんですけども、旧石越は隣接する栗原市との一体都市計画地域ですと、いうふうになってるんで、その辺のなんていうか、登米市でありながら、ちょっとこう除外されたっていうか、形になるのかなっていうような形なんですけども、これの経緯についてちょっとご説明のほうをお願い、伺います。

委員長(佐々木幸一君) まちづくり専門監、小林和仁君。

まちづくり専門監(小林和仁君) 石越地域の栗原都市計画に入っている経緯ということなんですが、合併前の若柳都市計画っていうのがあるんですが、これが昭和13年に若柳都市計画として区域設定されております。その中で、石越区域、地域につきましては、若柳地区と一体的な土地利用というか、市街地形成を図っておりまして、JR石越駅を中心として、そういう主要な都市交通施設ともリンクしてるという部分から、若柳都市計画として、当初は統一的な区域に指定されまして、合併後の平成22年には栗原都市計画といって名称を変えているんですけど、一体的な利用になってるということでございます。
 まず、それで都市計画の区域の設定の考え方でございますけど、市町村の行政区域に捉われないということで、町と町が一体的に指定も可能となっております。そういう意味で、あと土地利用の状況とか将来的な市街化の形成の計画とか、交通施設の配置とかも含めまして、区域の一体性そういう部分から区域の設定がされたものと想定されます。

委員長(佐々木幸一君) 5番、岩渕委員。

5番(岩渕正弘君) 説明のほうはよくわかりました。
 それでですね、やっぱり栗原市とですね、やっぱ登米市が交わるところで、栗原市のほうではどういうふうな考えてんのは資料はありますかね。

委員長(佐々木幸一君) まちづくり専門監、小林和仁君。

まちづくり専門監(小林和仁君) 栗原市の区域のマスタープランという計画が登米市でも同じようなマスタープランが持ってるんですけど、その中で、石越駅の周辺地区につきまして、鉄道駅を中心としたまちづくりということで、都市機能の集約っていいますか、集中といいますか、業務とか医療福祉の施設について、石越駅周辺に集約させて住みやすいまちをつくっていくと、いうような内容の計画になってるところでございます。

委員長(佐々木幸一君) 5番、岩渕委員。

5番(岩渕正弘君) あのですね、空洞化になったような可能性があるんですね。合併したことによって。ちょっと私もあの何て言うか石越駅が、あんまり何て言うか進歩がないって言うかね、ちょっと疑問に思ってたもんで、いろいろこうなんていうか、調べていく間にこういったようなことができたんで、言わば12年間は何やってたのかなっていうところもちょっとあるなと思って、これからちょっとてこ入れしたいと思いますので、その辺、私もですね頑張りますので、執行部のほうも一緒にですね、このなんというか地域をですね、活性化できるようなまちづくりということで考えているんですがいかがですかね。

委員長(佐々木幸一君) まちづくり専門監、小林和仁君。

まちづくり専門監(小林和仁君) 議員のご指摘のとおりですね、そのような状況が見受けられてるのは重々承知してるところでございます。そういった部分を含めまして、今年度と来年度で、登米市のマスタープランの見直しも今手続きを進めてるという状況でございますけど、しっかり地域の拠点として、重要な位置づけになっている地域でもございますので、しっかりと検討してまいりたいと考えております。

委員長(佐々木幸一君) ほかに。20番、沼倉委員。

20番(沼倉利光君) 公共道路についてみやぎ県北高規格道路ですね出ましたので、総務の一般管理費という形の中で質問をおっしゃいます。確か昨年の1月か2月ころにですね、宮城県の新しい高規格道路のインターと橋の命名の募集をして、そして建設部で取りまとめて、そして県のほうとどのようにするかというような、確かそういった形でですね、区長さん方、私の知っている中田町域の区長さん方、ほかの町はともかくその自分たちの地域のインターであったりについては、やはりみんなで名前をつけたいということで、皆さん何か一生懸命ですね、力を添えたみたいですけども、これって県のほうでいつごろ発表されて、地元の皆さんの気持ちは生かされるのかどうかお伺いします。

委員長(佐々木幸一君) 土木管理課長、菅原和夫君。

土木管理課長(菅原和夫君) 今、委員お話しのみやぎ県北高速幹線道路のインター、それから交差点等の名称の関係でございますが、県のほうでお知らせはいただいたんですが、まだ公表の時期についてははっきりと申して、伺っておりませんので、そういう状況でございます。
 応募いただいたもの、それから市としての考え方あわせて、県のほうには名称としてはお知らせしておりますが、まだ県のほうでの公表時期は未定ということでございます。近々だとは思いますが。

委員長(佐々木幸一君) 20番、沼倉委員。

20番(沼倉利光君) ということはほぼ内定してるということでいいんですね。はい、わかりました。
 市内、中田町域のですね区長さん方確かこぞってとにかくみんなが納得できるような名前ということでですね、みんなでいろいろ協議してなんか命名を統一したみたいですので、ぜひ生かされるようにお願いして終わります。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑はありませんか。4番、須藤委員。

4番(須藤幸喜君) それではですね、概要書の106ページです。街なみ景観整備に関するちょっと質問させていただきます。
 委託料の小公園の案内看板の製作とあります。それの設置の委託ということで、49万9,000円とありますけども、これはどこにつけたのかなということと、あと大きさはどのくらいなものかっていうこと教えてください。

委員長(佐々木幸一君) 住宅都市整備課長、小野寺憲司君。

住宅都市整備課長(小野寺憲司君) この事業につきましては、ふるさと応援寄附金をいただきまして、それを充当しながら看板を設置するといったものでございます。
 看板の設置位置については、小公園のほうに、設置をするものでございまして、大きさ等については幅で1メートル50、高さ1メーター50程度というふうな格好で今考えてございます。

委員長(佐々木幸一君) 4番、須藤委員。

4番(須藤幸喜君) 小公園っていうと、何て言ったらいいでしょうね、前にも看板ありましたよね。その隣に建てるんですか、これは。前になかったべが。

委員長(佐々木幸一君) 住宅都市整備課長、小野寺憲司君。

住宅都市整備課長(小野寺憲司君) お答えします。小公園ということでお話しをさせていただいたんですが、実は昨年、ことしと整備をいたしました古民家がございまして、その古民家の部分もその小公園っていうちょっと位置づけにしてございました。大変申しわけございません。そちらのほうに看板を設置する予定としてございます。

委員長(佐々木幸一君) 4番、須藤委員。

4番(須藤幸喜君) わかりました。それもなぜ聞いたかっていうと後で出んですけど、街なみのですね景観事業の補助金なんですけれども、昨年っていうか29年度って言っても大体そうでしょうけれども、28、29その実績の件数を、金額はそれぞれでしょうから件数をちょっとお知らせいただきたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 住宅都市整備課長、小野寺憲司君。

住宅都市整備課長(小野寺憲司君) 件数につきましては、28年度が4件、それから29年度は実は3件ほどご相談があったんですが、最終的には1件と、の実施ということでございます。

委員長(佐々木幸一君) 4番、須藤委員。

4番(須藤幸喜君) であるから30年度は600万ということで、聞くと最高額300万円までと。いうことで、2棟分ということでの考えでよろしいですね。そうですね、そうですね。
 そこでです、街なみをですね、守るということは大変必要なことであって、これからもぜひそのみやぎの明治村、その代表である、代表とされている道路のところ、それからいわゆる武家屋敷通り、それから町屋もある、それから商家通りですか、商家地区。それから等々あるわけなんですけども、そういったものを守るための一つの手だてとして、街なみ景観による補助金があって家が建だるということになるかと思うんですけれども、そこでその考えてみるとですね、1.5メーター掛ける1.5メータの看板がですよ、設置込みで50万すんですね。そうなると例えばその街なみを形成するときにそこを守っていくときに、へがさ一つとっても、本当に300万の補助金でそれが満足するようなものができるんだろうかということが疑問なんです。いくら出してもいいってわけではありません。ただ、一つの基準として、300万円っていうのはなぜそこでできたのかと。それが500万でも1,000万でもいいんでしょうけども、そのなんで300万円だったのがっていうことでお願いしたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 住宅都市整備課長、小野寺憲司君

住宅都市整備課長(小野寺憲司君) この街なみ景観事業につきましては、平成5年度から、登米町で始まった事業でございまして、これまでトータルで53件ほど実証されているような状況でございます。
 本事業につきましては、平成26年、すいません28年度まで対象区域をもう少し広げまして、それから上限額を3分の1、いわゆる100万上限ということにしてございました。ただ、この100万上限であればどうしても個人の負担が非常に多くなるということにおきまして、平成28年度から1年だぶる時期があるんですが、それで上限を300万円にいたしまして、なおかつ対象区域をある程度絞って、個人の負担軽減につなげたといったような状況でございます。
 この事業につきましては、まだ2カ年の事業でございますので、今後ですね、ちょっとその効果的なものは当然検証しながら、どうあるべきか等については検討しながら進めてまいりたいというふうに思っております。

委員長(佐々木幸一君) 4番、須藤委員。

4番(須藤幸喜君) それではお願いしたいんですけど、もう一回確認しますけども、100万から300万に上がったという経過については、やはり100万ではなかなかその思ったものができないと。こちらからお願いしてもいいものができない。だから300万にしとということであります。
 さっきも言ったんですけども、1.5掛ける1.5の看板がですね50万かかるどこで、そういう中での300万でいいのかということをもう少し考えていただいてぜひ前向きな検討をお願いしたいということであります。以上です。いいです。

委員長(佐々木幸一君) 住宅都市整備課長、小野寺憲司君。

住宅都市整備課長(小野寺憲司君) 今回の看板の割にはちょっと金額が高いんではないかというふうなお話しもあるんですが、あ、安い、すいません。今回のスレート等を利用した見栄えのいい看板をちょっと今考えてるところでございます。

委員長(佐々木幸一君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) 大変この景観に対して、登米のまちの皆さんも、関心を持ちながら何とかしていきたいなというふうな思いで進めて、進めさせていただいているところでございまして、工藤議員さんがおっしゃるようにできるだけ・・・須藤議員さんがおっしゃるように失礼しました。大変失礼しました。できるだけお使いいただくのに、手をすぐ挙げやすいような環境を整えるというようことは大変大切だと思います。そういった意味では3分の1で100万円、300万円ですと100万円っていうふうな上限から、この2分の1、600万円ですと300万円というふうなこの補助の内容に変えたものですから、これを、これが本当にコンプリートされたものではございませんけれども、やはりこの利用の状況とかですね、やっぱり反応をよく確認しながら改めるべきものは改めていきながら、この街なみの景観をきちんと守っていきたいというふうに考えております。

委員長(佐々木幸一君) 4番、須藤委員。

4番(須藤幸喜君) 特にこのことについては、いわゆる地区の方々の大きなその理解がなくてはできないと思うんです。ぜひそういった意味でですね、啓蒙、いわゆる啓発ということもないですけど、啓蒙のほうもよろしくお願いして、いいものにしていただきたいなと思っております。以上です。いいです。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑ありませんか。14番、岩淵委員。

14番(岩淵正宏君) 最初にきました。概要書107ページ。負担金補助金及び交付金、危険ブロック塀除去。29年度何箇所補助交付、補助金交付して、今回この50万という予算立て、何基除去する予定で予算立てしたのか。そして、今把握されてる、「ああここ危険だな」というような場所は市内に何箇所あるか。

委員長(佐々木幸一君) 営繕課長、小野寺友生君。

営繕課長(小野寺友生君) 29年度の危険ブロックの状況の実績でございますが、ゼロ件ということでございます。それで、今現在危険個所という場所の把握でございますが、スクールゾーン内4カ所ということで押さえております。

委員長(佐々木幸一君) 14番、岩淵委員。

14番(岩淵正宏君) 4カ所あると。その4カ所のところに、アプローチしてんですか。ちょっと、今、二、三日前の風でも、そのコンクリートっていうかね、ブロック劣化すれば当然危険なるんですよと。倒れた場合は、その所有者の責任になりますよ、そういうこと言ってんだいがね。あのね28年度、中澤委員長が産経所管だったときにも、委員会調査でブロック塀、補助実績はないものの、通学路付近危険箇所として把握しているケースも存在しているはずである。子供たちの安全・安心を守る観点から、教育委員会と連携し、該当者に改めて働きかけを行うことを願うと、いうようなね所見も出してるんですけども、どのように対応してますか。

委員長(佐々木幸一君) 営繕課長、小野寺友生君。

営繕課(小野寺友生君) 委員さんおっしゃるとおりですね、この危険ブロックについてはですね、県の建築基準法施行令のほうにですね、きちっとした基準がございます。それでうちのほうはですね、その指導等についてはできませんので、県のほうのですね、建築、建築係のほうとですね、一体となってですね、今年度についてはですね29年8月21日前ですね、県のですね、建築主事とうちの職員2名と一緒にそういった指導をしております。そのときですね、今お話しいたしました、危険ブロックの状況事業の市で持っている補助のですが、補助の内容についてでご説明してですね、こういうわけでこういう補助もございますので、よろしくお願いしたいということで一緒にですね、市のほうしてございます。

委員長(佐々木幸一君) 14番、岩淵委員。

14番(岩淵正宏君) 最後に、ブロック塀だけなのかというどこまでですね。板塀、木製の木のね。または斜めになってるフェンス。ブロックじゃありません。これは登米市独自に、その特に通学路管内の歩道についてはね、私はやるべきこれ施策でねえがなと思います。
 プラス、木。樹木。風で倒れますよ。老木なれば。そういうとこまで考えて対処すべきでないかなと。何かあってからでは遅いというふうに思いますんで。その方向性、これは市長なんだべね。よろしくお願いします。

委員長(佐々木幸一君) 建設部長、中津川源正君。

建設部長(中津川源正君) 最初に私のほうから、この交通安全っていいますか、小学校、中学校、さらに教育委員会、私どもその道路管理者とあわせて毎年交通安全点検をしております。通学路の関係ですね。改めてそういった視点で、その通学路点検の際に、危険な箇所があるのかないのか、ある部分は大体、総点検のときにつかんではおりますけれども、今お話しいただきました、木、塀の視点というのがもしかするとちょっと欠けてるかもわかりませんので、それらをしっかり調査して件数を把握した上でやっぱ実施していかなければないものは実施していかなければないというふうに考えますので、検討してまいります。

委員長(佐々木幸一君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) 岩淵委員の質問にお答えします。今部長が言ったとおりだとそういうふうに思いますけれども、加えましてやはり今申し上げましたように、特に通学路に対しましては視点をもう少し視野を広げて点検をさせていただきたい、そういうふうに思います。

委員長(佐々木幸一君) 議案審査の途中ですが10分間休憩します。
 
          休憩 午後2時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時08分
 

委員長(佐々木幸一君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 議案審査を続けます。質疑ありませんか。10番、氏家委員。

10番(氏家英人君) それではですね、別冊2のほうからの資料から、56ページ8款6項2目1細目です。
 ちょっと確認のためみたいな感じになるんですが、市営住宅建て替え事業についてでありますけれども、このたびですね3年間で、佐沼大網地区のですね市営住宅、3カ所に分散しているわけですけど、それをこう一つにまとめるんだということで大変いいなというふうに思っています。確かに本当に老朽化が進んでいてですね、本当に危険だし、さまざまな問題もあったところだったので、なかなか期待できる事業だなと思っているところです。
 それでですね、聞きたいのは、これらを一つにまとめると、まとめて4棟32戸になると。全て間取りは同じなんだろうと思うんですけれど、55平米で。どういう感じの部屋なのかなということと、それから家賃の変更は発生するのかなと。同じ人が住むんでしょうからね。その辺だけちょっと聞かせていただきたい。

委員長(佐々木幸一君) 住宅都市整備課長、小野寺憲治君。

住宅都市整備課長(小野寺憲治君) まず、住宅の間取りということでございますが、今回3団地41戸、いわゆる39戸にですね、確認を取って最終的にはこちらのほうに移り住みっていうのが32戸ということになってございまして、その整備と。
 32戸につきましては、 お住まいになっている方が約7割が高齢者、単身高齢者となってございまして、家賃にも非常に心配を持っているような状況でございます。
 それで部屋の間取りにつきましては、基本的には1DK、2DK、3DKを今ちょっと計画を考えてるところでございますが、いわゆる部屋の大きさによりまして、家賃に非常に跳ね返りが大きいものですから、それぞれの入居の状況に応じまして、部屋を一つに絞るわけではなくて、何種類かにちょっと分けて整備をしたいなというふうに考えているところでございます。
 それから家賃につきましては、当然新しくなりませば、利便性係数とかそういった係数がちょっと上がりますので、どうしても価格が高くなってしまうもんですが、公営住宅のほう、公営住宅法によりますと、家賃の軽減措置というものがございます。急にですね家賃が高くなってしまうとそれなりの負担が生じてございますので、5年間の軽減措置というものがあるんですが、先ほど申し上げましたとおり、低所得者が非常に多いものですから、果たしてそれでいいのかと、市独自の軽減策も必要ないのかどうかというところもございますので、それにつきましてはこれからちょっと検討をしてまいりたいというふうに考えてるとこでございます。

委員長(佐々木幸一君) 10番、氏家委員。

10番(氏家英人君) そうですね、家賃のほうはですね、これからまだ時間もあるので、しっかりちょっと考えていただきたいというふうに思います。
 それからやっぱりこういうふうな事業で一番よく問題になるのは、じゃあ跡地をどうするんだという話だと思うんですね。佐沼のまちの中、大網住宅、ここは住宅街でありまして、住宅街にかなり、住宅街とすればかなり広い土地が2カ所にできるということになりますけれども、その辺の跡地利用のことについての何かお話し等々ありませんでしたでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 住宅都市整備課長、小野寺憲治君。

住宅都市整備課長(小野寺憲治君) 今回集約すれば、今回は西大網住宅のほうに集約ということでございますので、いわゆる北、それから東棟等については、土地が空くわけでございます。移動後には住宅については解体をするということでございますので、非常に有利な場所にですね、大変よい場所に、更地化ができるのかなというふうに思っています。
 その跡地のその利活用につきましては、今現在の公営住宅等整備計画ということで、市営住宅の整備のほかに、移住・定住者向けの住宅等の整備についてもちょっと今計画の中で検討してるとこでございますので、最終的にはそういった用途で使うことができないかということで、今現在検討しているといったような状況でございます。

委員長(佐々木幸一君) 10番、氏家委員。
 ほかに質疑はありませんか。19番、田口委員。

19番(田口政信君) 1日黙ってましたので、ちょっとだけ聞きます。
 別冊2の57ページの指定避難所の看板設置ですけど、新設10カ所更新89カ所という説明がございますが、既に29年度に作成する洪水ハザードマップということでございますが、作成するってことは、もう10日ぐらいで作成するということですか、ということと。作成してあって、場所が確定してあるので、この数値なのかということと。この場所については、誰がどのようにして設置箇所を決めたのか。更新の部分はあれでしょうけど、新設の部分についてお伺いします。

委員長(佐々木幸一君) 防災課長、富士原孝好君。

防災課長(富士原孝好君) 1点目、ハザードマップ作成するということでいつかということですが、データのほうについては作成が完了しまして、今印刷のほうに入ってるところでございます。
 ハザードマップそのものについては、4月になり次第、皆さんのところにお届けするということで、今年度中に完了する予定でございます。
 それから、看板の数という部分でございますが、未設置の避難所10カ所という部分につきましては、原子力避難計画作成の際に、新たに追加されました9カ所、それから登米総合産業高校こちらの1カ所という部分の看板の部分でございます。

委員長(佐々木幸一君) 19番、田口委員。すみません。
 ほかに質疑はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

委員長(佐々木幸一君) 質疑なしと認めます。8款土木費9款消防費の質疑を終わります。
 説明員入れ替えのため暫時休憩します。
 
          休憩 午後3時15分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時18分
 

委員長(佐々木幸一君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、10款教育費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。2番、曽根委員。

2番(曽根充敏君) 2番、曽根でございます。概要の123ページ、社会教育費の石越公民館指定管理料から伺っていきます。
 この件についてですね、1月22日、教育委員会の定例会の会議録、私拝見させていただきました。まず、この会議録ですが、公式な記録でしょうから、文言の整理は当然されているとは思いますが、これ以上でもこれ以下でもほかに意味するところもないと考えてよろしいですか。

委員長(佐々木幸一君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 定例教育委員会における議事録ということでございますか。それにつきましては、教育委員の確認を取って計上させていただいているということでございます。

委員長(佐々木幸一君) 2番、曽根委員。

2番(曽根充敏君) ではですね、中身に記載している内容から伺ってまいります。
 この議事録でですね、石越公民館で実施してきている事業内容を確認したということで、記載があります。読みますね。
 まず、委員から指定管理者更新施設指定書交付のため、関係する6施設を訪問したということです。その中で石越公民館から要望があったということですが、社会教育費について、どのようなことを要望されたのですか。
 あと教育長の答弁で、以前から以前から意見が出されていたようですが、1町域に1カ所しかない公民館と1町域に複数の公民館がある場合、一律に同額の社会保障費を設定するのはどうなのかという内容でした。公民館としての事業内容はどちらの場合も同じですが、1町域に1カ所しかない公民館に対しては、事業費を上乗せしてほしいということのようですと。で委員から続けて、1町域に1カ所しかない場合と、1町域に複数の施設がある場合と公民館としての事業規模はどのようになっていますかという問い合わせについて、課長から、石越公民館で実施してきている事業内容を確認したのですが、要望をされているような事業費の上乗せを必要とする理由が見いだせなかったので、これまでは要望にお答えできませんでした。委員から実施されている事業量から見ると、現在の金額は妥当であるということですかということで、最後課長が、実施されている事業量については、1町域に1カ所しかない公民館でも、1町域に複数の施設がある公民館でも現在の金額で不足しているという理由が見つけられなかったということですと。こういう話のやり取りなんですよ。
 でですね、まず課長の最初の段の答弁で、この会議録で石越公民館で実施してきている事業内容を確認したのですが、その後点点点と続くわけですが、ここの前段の部分ですが、これまでの事業内容を調べたという意味でよろしいでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) モニタリング等で、その公民館の事業の実施状況等ご報告をいただいておりますので、それ等を見ておりました。

委員長(佐々木幸一君) 2番、曽根委員。

2番(曽根充敏君) 句読点から後ろの部分で、要望をされているような事業費の上乗せを必要として必要とする理由が見いだせなかったとありますけど、過去を調べたけれどもその過去から現在まで調べたけれども、その内容を見る限りでは上乗せする理由はないというふうに現場で判断したということを、いわゆる定例会の場で委員に向かって説明したということでよろしいですか。

委員長(佐々木幸一君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) はい。そのとおり記憶しております。

委員長(佐々木幸一君) 2番、曽根委員。

2番(曽根充敏君) あのですね、多分、石越のコミュニティは、これから予算をちょっと増やしてくれということを要求してたと思うんですよ。これ過去のものを見てもですね、これから必要としている内容がくみ取れますかね。多分これから違うこともやってみたいから、予算を増やしてくれって言ってきたんだと思うんですよ。それに対して過去の資料を見て、資料はちょっと読み取れないと思うんですけどね。これが民間であればですよ、指定管理者が民間であれば、自己資金の先行投資ということがあります。
 そういうものでアピールするということも考えられますけど、コミュニティは指定管理料以上のことはできませんよ。もらってる指定管理料。過去のデータから、これから創造しようとしている事業がわかりますかね。

委員長(佐々木幸一君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 指定管理者に社会教育事業としてお願いしている事業ということで、一律なんですけれども、80万円の事業費で各指定管理者さんには、公民館事業の展開をお願いしているところであります。
 その内容につきましては、基本事業ということで、5事業ございます。世帯別事業、家庭教育事業、課題学習事業、趣味的講座、それから健康増進スポーツ事業とそれからその中で、地域のニーズに応じて、いずれかの事業種別を選択して事業を三つ追加してくださいということで、各5万ずつこれだけで全部で60万であります。
 それから、地域特性事業ということで1事業、地域の理解だったり、それから文化祭等の事業だったりということで、全部で80万円の事業費でお願いしているという状況でございます。
 石越さんにつきましては、このとき確か過去2年見たと思うんですけれども、80万円の中でその事業費をしっかりと納めてくれていたという実績がございました。この80万円につきましてはですね、基本的な考え方といたしましては、公民館の事業を行うために、80万円の中で主に使うものはおそらく講師謝金等だろうというふうに考えてます。その中で先ほどの言ったような1事業5万円であるとか、そういった金額が出てくるわけなんですけれども、個々人が使用する教材等にかかる経費につきましてはですね、その適切な受益者負担を設定などしていただきまして、対応していただきたいなというふうに考えているところというのが基本的な考え方でございます。

委員長(佐々木幸一君) 2番、曽根委員。

2番(曽根充敏君) 多分ですね、多分ですよ。石越のコミュニティさんは、多分先ほど五つの事業プラス三つやって80万円で今まで納めてくれてたという話ですけども、石越のコミュニティさんは、過去のお金が足りないから、上乗せしてくれと言ってるんじゃないと思いますよ。これからさらにいろんなことに挑戦したいから、もう少し上乗せしてくれないかという趣旨だと思うのですが、上乗せをですね、何をしようとして求められたのか。しっかり聞き取ってですね、委員会で確かな情報を上げて判断させるっていうのをそういった仕事が求められるんじゃないですかね。
 もしかすると何をしようとしてるかの目的が曖昧かもしれません。コミュニティさん。そういうものであれば、そこで上乗せしてくれと言ってくるということは、不信とか、不平とかそういったものがもとになってる可能性もあります。
 そういった場合でもですね、例えば上乗せしたらどのようなことができますかとか、そういった前向きな調整のやりとりっていうのはあったのでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) お話しの中では、1町域1コミュニティということなのでという前提の中でのお話しだけしかされませんで、例えばこういった事業をしたいからという話が全くなかったのでですね。こういったことを説明しながら、これまでに至っているということでございます。

委員長(佐々木幸一君) 2番、曽根委員。

2番(曽根充敏君) 多分ですね、対話がちょっと欠けてたのかなと思うところでございます。既存のね、指定管理料と先ほど言われましたような仕様書の枠組み、この中でやってるとですね、あまり期待のない当初予算になっちゃうんですよ。かわりばえのない。違いますかね。
 当初予算の段階でですね、めり張りつけてこういうものがあるんであれば増額しようと。ここはちょっと今成果が出てないから減額しようとか、そういったことをしない限りですね、市長が言ってるように政策予算、自治振の政策予算が出てこないような状況になると思うんですね。その辺どのようにお考えでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) ただいまご指摘いただいております地域の声、あるいはその指定管理団体の声ということにしっかり耳を傾けていくという必要性は改めて感じてるところでございます。ただいまご指摘の部分については、不十分なところもあったんだろうなあというふうに思っております。
 今後の事業推進の中では生かしていきたいというふうに思ってございます。
 先ほど生涯学習課長がご説明申し上げましたとおり、社会教育法に規定されている事業と、地域づくり事業という部分で、大きく二つにわかれている部分がございます。どうしてもその地域の中でこの事業をしたいという要望が非常に高いところ、あるいはなかなかそれができないというところもございます。今回、コミュニティの育成の中でも地域づくり計画という部分もございますので、その辺との連携の中で、この社会教育いわゆる人づくり、そこでしっかり活躍をしていただける人間をつくっていくという活動になってまいりますから、そこいらの組み立ての仕方などもですね、しっかり検討させていただきたいなというふうに思います。

委員長(佐々木幸一君) 2番、曽根委員。

2番(曽根充敏君) 多分ですね、コミュニティさんとはですね、ちょっと対話が足りないというところがあるとは思いますので、その辺はしっかりとしたコミュニケーションとられるようにお願いします。
 次なんですが、教育委員会の旅費のあり方ですね。今回の当初の旅費のあり方で質問をさせていただきます。そうして予算ベースでは旅費は減額されているようなんですけども、社会体育施設整備でですね、長沼のボート場クラブハウスなどハードの整備が進んでいますよね。
 一方で、先般の代表質問、その代表の質問では、2020の事前合宿地として、国内有数の水路を持ちながらですよ、この我が登米市の長沼は、教育委員会の言葉を借りれば、一点勝負にしていたカナダのナショナルチームの誘致に失敗しました。
 私はですね、この失敗はオファーがあった、カナダ来たわけですから、オファーがあったにもかかわらず、他の自治体がやってきたような積極的なアプローチをしなかったからと考えています。少なくともですよ、少なくとも、まだ、その誘致をしたいと思ってるんであれば、相模原市やですね、神奈川県に出向いてどのようなアプローチや交渉、情報収集を行ったのか、誘致成功の秘訣をですね、精査してくるぐらいの気持ちは必要だと思いますよ。我々が持つ失敗の経験ですね、これと噛み合わせて何をやったら、時間のない中で多分3カ月くらいしかないと思います。時間のない中で、必ず成功する誘致活動をしなければならないかが見えてくると思います。
 でもですね、この旅費を削ってる当初予算からはですね、その意気込みが感じられないんですよ。本気になってナショナルチーム誘致しようと思ってますか。

委員長(佐々木幸一君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) すいません。誘致に係る予算というふうには、そういった題名を掲げては計上していないんですけれども、例えば、東京で会議があったとき等ですね、市長にも例えば足を運んでいただいたということもございますし、部長についても東京での会議のときには、情報収集に当たっていただいているというような状況もございます。
 既存の予算の中でそういった旅費の対応等をさせていただいているという状況でございますので、今おっしゃいましたように限られた時間の中で、そのいろいろと情報収集しながらですね、それから、こちらからも積極的な情報発信しながら、進めて行きたいというふうに考えているところであります。

委員長(佐々木幸一君) 2番、曽根委員。

2番(曽根充敏君) そのとおりです。今までは行って上京してね、努力してきたんだと思うんですよ。今回失敗して、ちょっとふんどし締めなおしてやり直さなけりゃいけないとなったときに、旅費これ削って大丈夫ですか。去年より随分減額してますよね。少なくとも旅費で今、話をしてますけど。これはどういうことなんですかね。財政に例えば、教育委員会、財政には当初予算の交渉のときに、交渉でお願いしたけど、説得させるだけの熱意が伝わらなくて、予算が取れなかったということなんですかね。それとももうマイナスシーリングでバツと切っちゃったんですか。

委員長(佐々木幸一君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) すいません。先ほども申し上げましたとおり、既存の予算の中である程度動ける部分、それから、会議の途中等、そのときに寄ってくるようなやり方、そういったものを組み合わせましてやっているということでありまして、予算を要求したけれども切られたというような話ではございません。

委員長(佐々木幸一君) 2番、曽根委員。

2番(曽根充敏君) 多分、登米市にいてもどこの国も誘致もできないでしょうから、積極的に出て行って何だったら補正すぐ出してもらっても構いませんよ。6月で。
 そんなことでもいいので、とにかく頑張ってもらいたいんですが、長沼のこの事前合宿地に関しては、どこぞの政治家さんのパフォーマンスのようにとられてる面もございますが、現実はですね、小池都知事、そしてジョン・コーツですね、ジョン・コーツIOCの副会長兼調整委員会の委員長、そして森喜朗、大会組織委員会の会長です。そして、丸川珠代オリパラ担当大臣この4者、完全なトップ会談ですよ。トップ4者の会談の合意事項です。その4人がですね、それぞれのボタンの掛け違いをただすために、その落としどころにした初めての合意事項なんですよ。長沼を事前キャンプ地にしましょうってのは。それ私4者協議の発言記録持ってますけど、すごいですよこれ。
 まず最初、小池さん。先ほどコーツ委員長ともコーツ委員長はご承知のように、ボートの選手でいらっしゃいまして一番よくご存知でございます。そして、これにつきましては今回宮城の長沼のボード場、これは即使えるということでございますけれど、こちらをぜひ事前キャンプの場として活用することをセキュア、セキュアってセキュリティのセキュアですね。保障するということです。と言ってます。
 でその後、コーツさん、IOCの副会長ですね、また、ボート選手として私は約束しますと。長沼は事前キャンプ地として各国のチームが来た際に、トレーニングに使わせていただくことを確約いたします。4者協議の中でですよ。
 それは、県にとってもよい解決案だと考えるところであります。日本語で書いてますけど、多分英語でしゃべってるんだとは思います。
 さらに、森さん。森さんの場合は、ちょっと若干ニュアンス違うんです。横浜アリーナに絡めての話なので、若干違いますが、でも森さんも言及してるんですよ。コーツさんの配慮で、事前キャンプ地に長沼がなったことはとてもよかったと思いますが、「が」の後ろは横浜アリーナの件に入っていきます。
 この3者がですね、あそこはもう事前キャンプ地で落そうということで合意してるんですよ。これ結構泣きつくとこだと思うんですけどね。どうですかね。それこそね、かなり図々しく協力を訴えていってもいいと思いますよ。ほかの都市は東京にある大使館にまで行ってるんですよ。そういった行動までしてます。どこだったい豊岡市だったかな、豊岡市は、9月の24日アメリカであったボートの世界大会に行ってます。我々どこに行ってたかと言いますと、その日は由利本荘でボート大会見てました。これだけですね、時間軸と差があるんですよ。残り3カ月くらいしかないと思いますよ。いろんなところに泣きついて、どんどん予算を取って交渉すべきと思いますが、いかがですかね。

委員長(佐々木幸一君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) いろいろご指摘いただきました。現在ボート競技ですね、国内の事前キャンプが決定している自治体というのが、国と言うのが、現状3カ国になってございます。
 これからどうなっていくんだという部分でございますが、全体枠といたしましては、IOC枠として550人の選手が入ってくるんだと。14種目で215クルー、国の数にして50から70カ国だというふうに言われております。
 今後、どうそれは決まっていくのかということになりますけれども、来年度予定されております世界選手権大会4大陸予選、あるいは2020年の5月のオリンピック最終予選、その中で最終的な選手枠は決定されていくという流れになっているようでございます。
 ただし、強豪国につきましては、当然出場することを前提といたしまして、選手の環境の整備を図っていくということで、事前のキャンプ地候補の視察を行ってきたという部分がございます。今回ご指摘いただいたとおりですね、カナダに絞ってですね、私どもの長沼の競技場のすばらしさ、それから登米市民のいわゆる競技に対してのサポート力、あるいはおもてなし力という部分をアピールしたつもりでございましたが、最終的に神奈川県のほうに決定されたということでございます。
 今後はですね、1点に絞ってきたわけでございますけれども、逆にヨーロッパも含めた強豪国に全体にですね、アプローチをしていきたいというふうに思ってます。そういう中で私どもが人脈を持ってる方もいらっしゃるわけ、おるわけですけれども、その辺につきましては、東京都あるいは宮城県、それから漕艇協会、ボート協会などからですね、お力をお借りいたしまして、その人脈を伝えながらですね、しっかり我々のメッセージが届くような形で今後しっかり取り組んでいきたい。その際ですね、直接市長がですね、海外に渡って協議をするような段階になれば、またそいうときにおいては、補正予算もまたお願いしたいなというふうに思ってございます。とにかく総力戦でですね、強い気持ちを持って成功させたいというふうな思いがございますので、よろしくお願いしたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 2番、曽根委員。

2番(曽根充敏君) 今、部長からすごい力強いお言葉をいただいたので、すごく安心はしたのですが、いかんせん東北人、交渉力ないですからね。その辺は、図々しく交渉してください。相手国にも、相手国っていうか、交渉相手にもですね、多分キーパーソンがいると思います。早くキーパーソンの情報を掴んで、接触するようにお願いします。
 あとごめんなさい。1点だけちょっと聞き忘れました。
 これはホストタウンには手を挙げなくても大丈夫な話なんでしょうか。お願いします。

委員長(佐々木幸一君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) ホストタウンには手を挙げようということは考えておりますけれども、相手方がある程度決まってからというふうに考えておりました。そういった手順で私たちは今、考えているところであります。

委員長(佐々木幸一君) 2番、曽根委員。

2番(曽根充敏君) 最後にしますけど、そのホストタウンの時間軸、私も最近です。ホストタウンという言葉でわかって調べ出したんですけれども、そこは時間軸しっかりとしたものを持って、やっていただきたいと思います。以上です。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑はありませんか。1番、上野委員。

1番(上野 晃君) 私からも長沼の件なんですけれども、長沼・・・すいません。別冊2の62ページになりますが、長沼ボート場クラブハウスがいよいよ使用開始まで半年を切ったわけでありますが、この件については何か進捗の遅れですとか、何か水面下で問題が起きていたりですとか、そういうことは現時点でありませんでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 生涯学習課長、佐藤嘉浩君。

生涯学習課長(佐藤嘉浩君) 長沼に関しては、特にそういった話はございません。順調に進んでいるものと考えております。

委員長(佐々木幸一君) 1番、上野委員。

1番(上野 晃君) ここ最近いろいろ事業が遅れているということが多々ありましたので、もし遅れるならですね、例えばこの先梅雨にも入りますし、想定外のことも起きるかと思いますので、遅れることでかつ不可抗力なら仕方のないことなんですけれども、早くですね、情報が上がって来れば、それなりに対応というのも変わってくるかと思いますので、なるべく早い段階でもし何かあった場合には、議会のほうにご報告いただければなと思いますので、その点強く要望しますので、よろしくお願いいたします。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑は。7番、熊谷委員。

7番(熊谷和弘君) それではですね、概要115ページの仙台学寮の管理について、お伺いをいたします。
 仙台学寮、あと何年で学寮としての役目を終えることになるんでしょうか。お伺いいたします。

委員長(佐々木幸一君) 教育部次長、佐藤 豊君。

教育部次長兼教育総務課長(佐藤 豊君) 仙台学寮につきましては、平成30年度末をもって、退寮さんが出ますので、その時点で学寮としての任務を終えたいというふうに考えてございます。

委員長(佐々木幸一君) 7番、熊谷委員。

7番(熊谷和弘君) そうしますと、来年度寮を学寮を利用する学生は何人になりますでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 教育部次長、佐藤 豊君。

教育部次長兼教育総務課長(佐藤 豊君) 来年度4月1日現在で、4名の予定でございます。

委員長(佐々木幸一君) 7番、熊谷委員。

7番(熊谷和弘君) この概要からちょっと予算が見えないんですけれども、仙台学寮の分の来年度予算、総額でいくらになっておりますでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 教育部次長、佐藤 豊君。

教育部次長兼教育総務課長(佐藤 豊君) すいません。今、ちょっと持ち合わせございません、失礼します。

委員長(佐々木幸一君) 7番、熊谷委員。

7番(熊谷和弘君) 本当は、内訳もですね、お伺いをしたかったところではございますけれども、やはり、実質あと1年余りということで、学寮としての役目を終えるわけですけれども、私が申し上げたいことはですね、つまり、最後の1人までですね。あと1年余りですけれども、快適までといかなくても、必要なところには、しっかりとですね、経費をかけていただきたいというふうに思っておりますので、その辺のお考えをいただきたいと思います。

委員長(佐々木幸一君) 教育部次長、佐藤 豊君。

教育部次長兼教育総務課長(佐藤 豊君) 失礼しました。現在もですね、小規模ではありますけども、快適に暮らしていただけるように、地元の業者を使いながら、迅速に対応してまいってるところでございます。あと1年でございますけども、継続をしたいという考えでございます。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑はありませんか。11番、工藤委員。

11番(工藤淳子君) 概要の113ページの一番下の学び支援コーディネーターに関する経費で、時々は行ってるっていう子供さん聞いたことあるんですけど、各町域でやられて、どういうふうにやられているのか。その中身についてと、その次のページの114ページの要医療行為通学児童生徒の学習支援についての予算が載ってるんですけども、どのぐらいの子供、児童がいて、いるのか、その内容についても、ちょっと説明お願いします。

委員長(佐々木幸一君) 活き生き学校支援室長、菅原栄夫君。

活き生き学校支援室長(菅原栄夫君) 学び支援コーディネーター事業でございますが、市内の10カ所の公民館で実施してございます。昨年度までですと、12月現在で6,200名ほどです。今年度は、5,486名の参加がございました。以上です。

委員長(佐々木幸一君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 学習支援の事業委託、要医療行為等の学習支援でございますが、対象者は、小学生5年生1名でございます。1名に対する事業費でございます。

委員長(佐々木幸一君) 11番、工藤委員。

11番(工藤淳子君) 学び支援のほうは、確か土曜日とか、普通の日なんですかね。確かそういう時間帯使ってやってるのか。そして子供さんは、希望する子供さんとかって聞いたことあるんですけど、その辺と。
 それから、養育、5年生の子供さん1人、これは要医療なので、こちらからその児童のところに行って指導学習するんですか。その辺もちょっとお願いします。

委員長(佐々木幸一君) 活き生き学校支援室長、菅原栄夫君。

活き生き学校支援室長(菅原栄夫君) 土曜日学習を5月から3月まで毎週実施してございます。施設の都合により、土曜日行事等で使えない日もございますが、定期的に1年間継続して実施しております。
 また、夏休みについては、2週間ほど時間をとりまして、今年度でございますと、7月の下旬から8月のお盆まで、2週間継続的に実施いたしました。

委員長(佐々木幸一君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 要医療行為でございますが、こちら医師の指示のもとに訪問看護ステーションに委託いたしまして、看護師を学校に週5日、1日基本的に2回派遣していただいて、要医療行為をしていただいているという内容でございます。

委員長(佐々木幸一君) 活き生き学校支援室長、菅原栄夫君。

活き生き学校支援室長(菅原栄夫君) 先ほどのご質問でございますが、希望者というふうなことで、4月の学校がスタートしましたらば、学校のほうに教育委員会のほうから文書を流しまして、それで希望者を募っております。ただ、年度途中でもとにかく1人でも学習をしたいという希望者がおれば、学校現場からの要望を聞き入れて、希望者を受け入れている状況でございます。

委員長(佐々木幸一君) 11番、工藤委員。

11番(工藤淳子君) 一つだけ、この年度途中でも希望者がいればっていうことなんですけども、やってみてのこの効果って言うかね、どういうことが出てるんでしょうか。

委員長(佐々木幸一君) 活き生き学校支援室長、菅原栄夫君。

活き生き学校支援室長(菅原栄夫君) 学び支援のコーディネーターの先生方5名おりますけれども、その先生方のほうから、夏休みあるいは冬休み終わった後に、生徒のほうにアンケートをとってございます。まず、難しい問題ができるようになったというふうなことで、個別指導を確実にやってもらっている状況が伺えます。また、特にわからなかった算数などがよくわかるようになったというふうな声が上がっております。以上二つですけど、お話いたします。以上です。

委員長(佐々木幸一君) ほかに質疑。23番、及川委員。

23番(及川長太郎君) 23番、116概要書116ページ。活き生き学校支援費子どもの心のケアハウス設置に関するこの内容をお知らせください。
 それから、118ページ。教育振興一般管理費居心地のよい学級づくり支援する事業に関する経費。以上2点お願いします。

委員長(佐々木幸一君) 活き生き学校支援室長、菅原栄夫君。

活き生き学校支援室長(菅原栄夫君) 心のケアハウスについてお話いたします。
 心のケアハウスにつきましては、なかなか学校に登校できない児童・生徒につきまして、スーパーバイザーと呼ばれる先生1人、また、学習サポーター2名というふうなことで3名で対応してもらっております。
 年間を通じまして、家庭訪問を37日、通所指導、通所生徒への支援を42日、保護者の面談等を25日実施してございます。以上です。

委員長(佐々木幸一君) 学校教育課長、三浦徳美君。

学校教育課長(三浦徳美君) 居心地のよい学級づくりでございますが、こちら児童の学校での状況を調査する心理の内容を調査する調査でございます。
 こちら小学校から・・・全校ですね、全児童生徒に対して、年1回実施するものでございます。消耗品費については、教員用の手引き、それから委託料については、調査の委託料でございます。

委員長(佐々木幸一君) 23番、及川委員。

23番(及川長太郎君) わかりました。子どもの心のケアの、そうすると不登校、小中この生徒が小学校何人、中学校何人なのか。
 そしてこのような状況の中で、回帰といいますか、戻って心のケアでどういう状況でなったか原因もあると思いますが、その辺わかりますか。

委員長(佐々木幸一君) 活き生き学校支援室長、菅原栄夫君。

活き生き学校支援室長(菅原栄夫君) スーパーバイザーの先生、学習サポーターの先生方には、丁寧に子供たちに時間をかけて、寄り添っていただいております。家庭と学校の中間役を担っていただいております。学校に行けずに苦しむ子供や親の支えになっていただいているというふうな状況でございます。
 それで、不登校の数でございますが、今年度は、小学校が1月現在で9名です。中学校について82名です。ただし、26年度、7年度、8年度とずっと増えてきておりまして、この数字といいますのは、昨年度から比べますと、小学校については、10名少ない状況になっております。また、中学校につきましては、14名少ないというふうな状況になってございます。以上でございます。

委員長(佐々木幸一君) 23番、及川委員。

23番(及川長太郎君) 少なくなってんのは、喜ばしいことですが、この不登校の原因、おそらくいろんな今、問題になっているいじめ等々絡んでいるのかな、それで心が病んでいるのかなと思います。その辺の早期に発見といいますか、そういう手だてというものも、おそらく保護者このスーパーバイザーという方々がプロ中のプロだと思いますが、その辺、子供たちには接してると思いますが、その監視機能といいますか、いじめをやっているとかって、そういう気づいた時点でどういうような手だてをしてるかお聞きします。

委員長(佐々木幸一君) 活き生き学校支援室長、菅原栄夫君。

活き生き学校支援室長(菅原栄夫君) 学校のほうにですね、朝、昼、夕方とですね、生徒指導の先生方を中心に巡視をお願いしてございます。それで、よく見ていただいて、おかしいなと思ったらば、早期に対応していただくようにお話しをしているところでございます。

委員長(佐々木幸一君) 23番、及川委員。

23番(及川長太郎君) わかりました。ぜひ、減っていることは喜ばしいことでございます。
 それから、居心地のよい学級づくり、全校生徒、全学校ですかこれ。対象にして年1回ということでございますが、いろいろな意見、居心地のよいですか、居心地の悪いというそういう状況といいますか、そういう項目、いろいろ調べていると思いますが、その辺はどういう項目が出てますか。

委員長(佐々木幸一君) 活き生き学校支援室長、菅原栄夫君。

活き生き学校支援室長(菅原栄夫君) 満足群というふうに今の学級で満足しているかという調査をしておりますが、5月の段階では62.7%、これは小学校です。中学校においては、満足群が66.5%で、平均は64.6%でございます。これは昨年度は63.7でしたので、若干満足していると、学校楽しいというふうに回答してございます。
 また、中学校については、5月は満足群が64.9%、11月については63.8%ございました。平均は64.3%ですが、失礼しました、平均が64.3です。昨年が63.4ということで、0.9ほど上昇していますので、子供たちはやはり学校が昨年度よりも楽しいというふうに、満足群そしてなかなか満足できないという群もありますし、あと要支援というふうに大きく三つ四つわけられるというふうなことでございます。

委員長(佐々木幸一君) 23番、及川委員。

23番(及川長太郎君) 今、子供の心のケアの問題とこの居心地のよいっていうのは、反比例といいますか、居心地が悪いと子供の心のケアがでてくるのかな、そういう事態が発生して、不登校とか、そういう面に達していると思いますよ。この60おおむね良好というのは8割がおおむね良好と私は捉えておるんですが、やはりもう少し上げるとか、そういう手だても必要ではないかなと今後の方向をお聞かせ願いたい。

委員長(佐々木幸一君) 活き生き学校支援室長、菅原栄夫君。

活き生き学校支援室長(菅原栄夫君) 5月と11月、年に2回実施しまして、来年は1回になるわけですけども、その調査で先生方で適切な指導をその後していただいている状況だというふうに思います。
 なおですね、もっと個別によく子供たちの姿を見ていくように学校のほうには働きかけてまいりたいというふうに考えておるところでございます。

委員長(佐々木幸一君) 23番、及川委員。

23番(及川長太郎君) そして保護者からは、どういう評価、この数字見るとそこそこの評価は得てると思いますが、どういう問題点といいますか、今後指導とかの中で、どういう方向がありますか。方向づけはどういうふうにしてるかお聞きします。

委員長(佐々木幸一君) 活き生き学校支援室長、菅原栄夫君。

活き生き学校支援室長(菅原栄夫君) これは、学校と家庭がよく話をしていただくのが最良の方法だと思います。そして、何か子供たちがサインを、これはおかしいぞというふうなのを発したときに、すぐに学校が捉えて、そして対応していただくのが一番早期発見、早期対応というふうな言葉がございますが、それが一番ではないかというふうに思っておるところでございます。

委員長(佐々木幸一君) そのほかにも質疑ありますか。
 審査の途中ではありますが、本日の会議はこの程度とし、これで散会したいと思います。
 本日はこれで散会します。
 
          散会 午後3時58分
          
────────────────────────────────────────────

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>