•   0  (日程・名簿)
  •   1  議長(及川昌憲)
  •   2  市長(熊谷盛廣)
  •   3  議長(及川昌憲)
  •   4  企画部長(佐藤裕之)
  •   5  議長(及川昌憲)
  •   6  総務部長(中津川源正)
  •   7  議長(及川昌憲)
  •   8  企画部長(佐藤裕之)
  •   9  議長(及川昌憲)
  •  10  福祉事務所長(鈴木文男)
  •  11  議長(及川昌憲)
  •  12  市民生活部次長(加藤均)
  •  13  議長(及川昌憲)
  •  14  福祉事務所長(鈴木文男)
  •  15  議長(及川昌憲)
  •  16  市民生活次長(加藤均)
  •  17  議長(及川昌憲)
  •  18  環境事務所長(末永隆)
  •  19  議長(及川昌憲)
  •  20  産業経済部長(阿部孝弘)
  •  21  議長(及川昌憲)
  •  22  建設部長(首藤正敏)
  •  23  議長(及川昌憲)
  •  24  教育部長(大柳晃)
  •  25  議長(及川昌憲)
  •  26  企画部長(佐藤裕之)
  •  27  議長(及川昌憲)
  •  28  2番(曽根充敏)
  •  29  議長(及川昌憲)
  •  30  2番(曽根充敏)
  •  31  議長(及川昌憲)
  •  32  商業観光課長(新田公和)
  •  33  議長(及川昌憲)
  •  34  2番(曽根充敏)
  •  35  議長(及川昌憲)
  •  36  商業観光課長(新田公和)
  •  37  議長(及川昌憲)
  •  38  教育部次長(佐藤嘉浩)
  •  39  議長(及川昌憲)
  •  40  2番(曽根充敏)
  •  41  議長(及川昌憲)
  •  42  商業観光課長(新田公和)
  •  43  議長(及川昌憲)
  •  44  2番(曽根充敏)
  •  45  議長(及川昌憲)
  •  46  商業観光課長(新田公和)
  •  47  議長(及川昌憲)
  •  48  3番(佐々木好博)
  •  49  議長(及川昌憲)
  •  50  文化財文化振興室長(小野寺和伸)
  •  51  議長(及川昌憲)
  •  52  3番(佐々木好博)
  •  53  議長(及川昌憲)
  •  54  教育部長(大柳晃)
  •  55  議長(及川昌憲)
  •  56  3番(佐々木好博)
  •  57  議長(及川昌憲)
  •  58  文化財文化振興室長(小野寺和伸)
  •  59  議長(及川昌憲)
  •  60  21番(相澤吉悦)
  •  61  議長(及川昌憲)
  •  62  総務課長(菅原和夫)
  •  63  議長(及川昌憲)
  •  64  子育て支援課長(小野寺悦子)
  •  65  議長(及川昌憲)
  •  66  21番(相澤吉悦)
  •  67  議長(及川昌憲)
  •  68  総務部長(中津川源正)
  •  69  議長(及川昌憲)
  •  70  子育て支援課長(小野寺悦子)
  •  71  議長(及川昌憲)
  •  72  1番(上野晃)
  •  73  議長(及川昌憲)
  •  74  文化財文化振興室長(小野寺和伸)
  •  75  議長(及川昌憲)
  •  76  1番(上野晃)
  •  77  議長(及川昌憲)
  •  78  1番(上野晃)
  •  79  議長(及川昌憲)
  •  80  文化財文化振興室長(小野寺和伸)
  •  81  議長(及川昌憲)
  •  82  1番(上野晃)
  •  83  議長(及川昌憲)
  •  84  教育部長(大柳晃)
  •  85  議長(及川昌憲)
  •  86  議長(及川昌憲)
  •  87  4番(須藤幸喜)
  •  88  議長(及川昌憲)
  •  89  4番(須藤幸喜)
  •  90  議長(及川昌憲)
  •  91  4番(須藤幸喜)
  •  92  議長(及川昌憲)
  •  93  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  94  議長(及川昌憲)
  •  95  4番(須藤幸喜)
  •  96  議長(及川昌憲)
  •  97  健康推進課長(佐々木秀美)
  •  98  議長(及川昌憲)
  •  99  4番(須藤幸喜)
  • 100  議長(及川昌憲)
  • 101  市長(熊谷盛廣)
  • 102  議長(及川昌憲)
  • 103  7番(熊谷和弘)
  • 104  議長(及川昌憲)
  • 105  文化財文化振興室長(小野寺和伸)
  • 106  議長(及川昌憲)
  • 107  7番(熊谷和弘)
  • 108  議長(及川昌憲)
  • 109  文化財文化振興室長(小野寺和伸)
  • 110  議長(及川昌憲)
  • 111  9番(佐々木幸一)
  • 112  議長(及川昌憲)
  • 113  子育て支援課長(小野寺悦子)
  • 114  議長(及川昌憲)
  • 115  9番(佐々木幸一)
  • 116  議長(及川昌憲)
  • 117  子育て支援課長(小野寺悦子)
  • 118  議長(及川昌憲)
  • 119  福祉事務所長(鈴木文男)
  • 120  議長(及川昌憲)
  • 121  9番(佐々木幸一)
  • 122  議長(及川昌憲)
  • 123  福祉事務所長(鈴木文男)
  • 124  議長(及川昌憲)
  • 125  19番(田口政信)
  • 126  議長(及川昌憲)
  • 127  総務課長(菅原和夫)
  • 128  議長(及川昌憲)
  • 129  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 130  議長(及川昌憲)
  • 131  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 132  議長(及川昌憲)
  • 133  クリーンセンター所長(小野寺友生)
  • 134  議長(及川昌憲)
  • 135  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 136  議長(及川昌憲)
  • 137  19番(田口政信)
  • 138  議長(及川昌憲)
  • 139  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 140  議長(及川昌憲)
  • 141  総務課長(菅原和夫)
  • 142  議長(及川昌憲)
  • 143  クリーンセンター所長(小野寺友生)
  • 144  議長(及川昌憲)
  • 145  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 146  議長(及川昌憲)
  • 147  19番(田口政信)
  • 148  議長(及川昌憲)
  • 149  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 150  議長(及川昌憲)
  • 151  クリーンセンター所長(小野寺友生)
  • 152  議長(及川昌憲)
  • 153  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 154  議長(及川昌憲)
  • 155  総務課長(菅原和夫)
  • 156  議長(及川昌憲)
  • 157  議長(及川昌憲)
  • 158  14番(岩淵正宏)
  • 159  議長(及川昌憲)
  • 160  道路課長(細川宏伸)
  • 161  議長(及川昌憲)
  • 162  14番(岩淵正宏)
  • 163  議長(及川昌憲)
  • 164  市長(熊谷盛廣)
  • 165  議長(及川昌憲)
  • 166  14番(岩淵正宏)
  • 167  議長(及川昌憲)
  • 168  商業観光課長(新田公和)
  • 169  議長(及川昌憲)
  • 170  企画政策課長(小野寺仁)
  • 171  議長(及川昌憲)
  • 172  20番(沼倉利光)
  • 173  議長(及川昌憲)
  • 174  総務課長(菅原和夫)
  • 175  議長(及川昌憲)
  • 176  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 177  議長(及川昌憲)
  • 178  20番(沼倉利光)
  • 179  議長(及川昌憲)
  • 180  総務課長(菅原和夫)
  • 181  議長(及川昌憲)
  • 182  市民生活部次長(加藤均)
  • 183  議長(及川昌憲)
  • 184  10番(氏家英人)
  • 185  議長(及川昌憲)
  • 186  健康推進課長(佐々木秀美)
  • 187  議長(及川昌憲)
  • 188  10番(氏家英人)
  • 189  議長(及川昌憲)
  • 190  市長(熊谷盛廣)
  • 191  議長(及川昌憲)
  • 192  10番(氏家英人)
  • 193  議長(及川昌憲)
  • 194  13番(關孝)
  • 195  議長(及川昌憲)
  • 196  環境事務所長(末永隆)
  • 197  議長(及川昌憲)
  • 198  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 199  議長(及川昌憲)
  • 200  13番(關孝)
  • 201  議長(及川昌憲)
  • 202  環境事務所長(末永隆)
  • 203  環境事務所長(末永隆)
  • 204  議長(及川昌憲)
  • 205  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 206  議長(及川昌憲)
  • 207  13番(關孝)
  • 208  議長(及川昌憲)
  • 209  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 210  議長(及川昌憲)
  • 211  13番(關孝)
  • 212  議長(及川昌憲)
  • 213  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 214  議長(及川昌憲)
  • 215  24番(八木しみ子)
  • 216  議長(及川昌憲)
  • 217  住宅都市整備課長(小野寺憲司)
  • 218  議長(及川昌憲)
  • 219  文化財文化振興室長(小野寺和伸)
  • 220  議長(及川昌憲)
  • 221  企画部長(佐藤裕之)
  • 222  議長(及川昌憲)
  • 223  教育部長(大柳晃)
  • 224  議長(及川昌憲)
  • 225  24番(八木しみ子)
  • 226  議長(及川昌憲)
  • 227  住宅都市整備課長(小野寺憲司)
  • 228  議長(及川昌憲)
  • 229  教育部長(大柳晃)
  • 230  議長(及川昌憲)
  • 231  副市長(渡邉誠)
  • 232  議長(及川昌憲)
  • 233  12番(武田節夫)
  • 234  議長(及川昌憲)
  • 235  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 236  議長(及川昌憲)
  • 237  12番(武田節夫)
  • 238  議長(及川昌憲)
  • 239  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 240  議長(及川昌憲)
  • 241  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 242  議長(及川昌憲)
  • 243  12番(武田節夫)
  • 244  議長(及川昌憲)
  • 245  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 246  議長(及川昌憲)
  • 247  18番(佐藤恵喜)
  • 248  議長(及川昌憲)
  • 249  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 250  議長(及川昌憲)
  • 251  議長(及川昌憲)
  • 252  住宅都市整備課長(小野寺憲司)
  • 253  議長(及川昌憲)
  • 254  16番(中澤宏)
  • 255  議長(及川昌憲)
  • 256  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 257  議長(及川昌憲)
  • 258  16番(中澤宏)
  • 259  議長(及川昌憲)
  • 260  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 261  議長(及川昌憲)
  • 262  16番(中澤宏)
  • 263  議長(及川昌憲)
  • 264  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 265  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 266  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 267  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 268  議長(及川昌憲)
  • 269  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 270  議長(及川昌憲)
  • 271  産業経済部長(阿部孝弘)
  • 272  議長(及川昌憲)
  • 273  15番(伊藤吉浩)
  • 274  議長(及川昌憲)
  • 275  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 276  議長(及川昌憲)
  • 277  15番(伊藤吉浩)
  • 278  議長(及川昌憲)
  • 279  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 280  議長(及川昌憲)
  • 281  15番(伊藤吉浩)
  • 282  議長(及川昌憲)
  • 283  商業観光課長(新田公和)
  • 284  議長(及川昌憲)
  • 285  教育部次長(佐藤嘉浩)
  • 286  議長(及川昌憲)
  • 287  商業観光課長(新田公和)
  • 288  議長(及川昌憲)
  • 289  議長(及川昌憲)
  • 290  議長(及川昌憲)
  • 291  議長(及川昌憲)
  • 292  議長(及川昌憲)
  • 293  市民生活部次長(加藤均)
  • 294  議長(及川昌憲)
  • 295  議長(及川昌憲)
  • 296  議長(及川昌憲)
  • 297  議長(及川昌憲)
  • 298  市民生活部次長(加藤均)
  • 299  議長(及川昌憲)
  • 300  議長(及川昌憲)
  • 301  議長(及川昌憲)
  • 302  議長(及川昌憲)
  • 303  福祉事務所長(鈴木文男)
  • 304  議長(及川昌憲)
  • 305  議長(及川昌憲)
  • 306  議長(及川昌憲)
  • 307  議長(及川昌憲)
  • 308  総務部長(中津川源正)
  • 309  議長(及川昌憲)
  • 310  議長(及川昌憲)
  • 311  議長(及川昌憲)
  • 312  議長(及川昌憲)
  • 313  議長(及川昌憲)
  • 314  建設部長(首藤正敏)
  • 315  議長(及川昌憲)
  • 316  議長(及川昌憲)
  • 317  議長(及川昌憲)
  • 318  議長(及川昌憲)
  • 319  産業経済部長(阿部孝弘)
  • 320  議長(及川昌憲)
  • 321  議長(及川昌憲)
  • 322  議長(及川昌憲)
  • 323  議長(及川昌憲)
  • 324  議長(及川昌憲)
  • 325  医療局次長(千葉勝範)
  • 326  議長(及川昌憲)
  • 327  19番(田口政信)
  • 328  議長(及川昌憲)
  • 329  医療局経営管理部企画課長(阿部桂一)
  • 330  議長(及川昌憲)
  • 331  医療局経営管理部総務課長(千葉裕樹)
  • 332  議長(及川昌憲)
  • 333  19番(田口政信)
  • 334  議長(及川昌憲)
  • 335  医療局経営管理部総務課長(千葉裕樹)
  • 336  議長(及川昌憲)
  • 337  19番(田口政信)
  • 338  議長(及川昌憲)
  • 339  医療局次長(千葉勝範)
  • 340  議長(及川昌憲)
  • 341  20番(沼倉利光)
  • 342  議長(及川昌憲)
  • 343  医療局次長(千葉勝範)
  • 344  議長(及川昌憲)
  • 345  20番(沼倉利光)
  • 346  議長(及川昌憲)
  • 347  医療局次長(千葉勝範)
  • 348  議長(及川昌憲)
  • 349  議長(及川昌憲)
  • 350  議長(及川昌憲)
  • 351  議長(及川昌憲)
  • 352  医療局次長(千葉勝範)
  • 353  議長(及川昌憲)
  • 354  議長(及川昌憲)
  • 355  議長(及川昌憲)
  • 356  議長(及川昌憲)
  • 357  議長(及川昌憲)
      平成30年登米市議会定例会 9月定期議会 会議録 (第6号)
 平成30年9月18日(火曜日)
1.出席議員(26名)
   1番 上 野   晃 君       2番 曽 根 充 敏 君
   3番 佐々木 好 博 君       4番 須 藤 幸 喜 君
   5番 岩 渕 正 弘 君       6番 佐 藤 千賀子 君
   7番 熊 谷 和 弘 君       8番 日 下   俊 君
   9番 佐々木 幸 一 君      10番 氏 家 英 人 君
  11番 工 藤 淳 子 君      12番 武 田 節 夫 君
  13番 關     孝 君      14番 岩 淵 正 宏 君
  15番 伊 藤 吉 浩 君      16番 中 澤   宏 君
  18番 佐 藤 恵 喜 君      20番 沼 倉 利 光 君
  21番 相 澤 吉 悦 君      22番 熊 谷 憲 雄 君
  23番 及 川 長太郎 君      24番 八 木 しみ子 君
  副議長 伊 藤   栄 君      議 長 及 川 昌 憲 君
1.欠席議員(なし)
1.遅刻議員(なし)
1.早退議員(3名)
   2番 曽 根 充 敏 君       3番 佐々木 好 博 君
  22番 熊 谷 憲 雄 君
1.中座議員(2名)
   8番 日 下   俊 君      21番 相 澤 吉 悦 君
1.説明のため出席した者の氏名
  市長           熊 谷 盛 廣 君   副市長          渡 邉   誠 君
  総務部長         中津川 源 正 君   企画部長         佐 藤 裕 之 君
  市民生活部次長      加 藤   均 君   産業経済部長       阿 部 孝 弘 君
  建設部長         首 藤 正 敏 君   市長公室次長       幡 江 健 樹 君
  財政課長         高 橋 一 真 君   福祉事務所長       鈴 木 文 男 君
  産業経済部次長      高 橋 一 紀 君   総務課長         菅 原 和 夫 君
  道路課長         細 川 宏 伸 君   健康推進課長       佐々木 秀 美 君
  産業振興課長       遠 藤   亨 君   企画政策課長       小野寺   仁 君
  住宅都市整備課長     小野寺 憲 司 君   子育て支援課長      小野寺 悦 子 君
  商業観光課長       新 田 公 和 君   農村整備課長       千 葉 昌 弘 君
  教育           高 橋 富 男 君   教育部長         大 柳   晃 君
  病院事業管理者      大 内 憲 明 君   医療局次長        千 葉 勝 範 君
  監査委員事務局長     阿 部   裕 君   農業委員会事務局長    田 辺 賢 一 君
  水道事業所長       羽 生 芳 文 君   消防本部消防長      鈴 木 秀 彦 君
  危機管理監        脇 本   章 君   会計管理者        大 森 國 弘 君
  教育部次長        佐 藤 嘉 浩 君   環境事業所長       末 永   隆 君
  クリーンセンター所長   小野寺 友 生 君   文化財文化振興室長    小野寺 和 伸 君
  工業振興課長       櫻   節 郎 君   長寿介護課長       永 浦 広 巳 君
  国保年金課長       伊 藤 幸太郎 君   下水道課長        星   洋 徳 君
  経営管理部次長      佐 藤   豊 君   医療局経営管理部総務課長 千 葉 裕 樹 君
  医療局経営管理部企画課長 阿 部 桂 一 君   医療局経営管理部医事課長 照 井 正 樹 君
                           豊里病院事務局事務長兼
                           豊里老人保健施設事務局
  米谷病院事務局事務長   高 倉   隆 君   事務長          高 橋 孝 規 君
1.事務局出席職員氏名
  議会事務局長       丸 山   仁 君   議会事務局次長      三 浦 徳 美 君
  局長補佐兼議事・庶務係長 後 藤 光 彦 君   政策・改革係係長     千 葉 敬 子 君
  議事・庶務係主査     菅 原   仁 君   議事・庶務係主査     主 藤 貴 宏 君
  政策・改革係主事     髙 橋 秀 人 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 会議録署名議員の指名
  第2 議案第67号 平成30年度登米市一般会計補正予算(第3号)
  第3 議案第68号 平成30年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
  第4 議案第69号 平成30年度登米市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
  第5 議案第70号 平成30年度登米市介護保険特別会計補正予算(第2号)
  第6 議案第71号 平成30年度登米市土地取得特別会計補正予算(第2号)
  第7 議案第72号 平成30年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第1号)
  第8 議案第73号 平成30年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第2号)
  第9 議案第74号 平成30年度登米市病院事業会計補正予算(第3号)
  第10 議案第75号 平成30年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第1号

          開会 午前10時00分
議長(及川昌憲君) おはようございます。
 ただいまから、平成30年登米市議会定例会9月定期議会六日目の会議を開きます。
 2番、曽根充敏君、3番、佐々木好博君、22番、熊谷憲雄君から早退の届け出があります。
 病院事業管理者、大内憲明君、監査委員事務局長、阿部 裕君から遅参の届け出があります。
 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりです。
 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第90条の規定により、15番、伊藤吉浩君、16番、中澤 宏君を指名します。
 日程第2、議案第67号 平成30年度登米市一般会計補正予算(第3号)、日程第3、議案第68号 平成30年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)、日程第4、議案第69号 平成30年度登米市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)、日程第5、議案第70号 平成30年度登米市介護保険特別会計補正予算(第2号)、日程第6、議案第71号 平成30年度登米市土地取得特別会計補正予算(第2号)、日程第7、議案第72号 平成30年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第1号)、日程第8、議案第73号 平成30年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第2号)、日程第9、議案第74号 平成30年度登米市病院事業会計補正予算(第3号)、日程第10、議案第75号 平成30年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第1号)、以上、9議案を一括議題とします。
 一括して提案理由の説明を求めます。市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) おはようございます。本日もどうぞよろしくお願いを申し上げます。
 それでは、議案第67号から議案第75号までにつきまして、提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、議案第67号 平成30年度登米市一般会計補正予算(第3号)から議案第75号 平成30年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第1号)までについて、各種会計予算の補正を行うものであります。
 一般会計については、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1億1,036万を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ539億2,420万円とするものであります。
 その主な内容として、歳出では児童扶養手当給付事業1,961万円、一般廃棄物処理施設整備事業2,000万円、農業用用排水施設等維持管理事業1,890万円、米川の水かぶりユネスコ無形文化財無形文化遺産登録記念事業175万円などを増額して計上しております。
 歳入では、児童扶養手当給付費負担金などの国庫支出金717万円、子ども・子育て支援交付金などの県支出金228万円、市債2,830万円などを増額する一方、財政調整基金繰入金3,154万円を減額して計上しております。
 また、債務負担行為補正として追加2件、地方債補正として追加1件、変更2件を計上しております。
 特別会計については、国民健康保険特別会計の歳出で事業の精算に伴う返還金1億7,288万円などを増額、後期高齢者医療特別会計の歳出では、後期高齢者医療広域連合への納付金2,120万円などを増額、介護保険特別会計の歳出では、事業の精算に伴う返還金8,880万円などを増額して計上しております。
 土地取得特別会計の歳出では、土地開発基金への繰出金47万円を、下水道事業特別会計の歳出では、一般会計への繰出金3,646万円を、宅地造成事業特別会計の歳出では、土地取得特別会計への繰出金47万円を増額して計上しております。
 企業会計については、病院事業会計で診療報酬改定に対応するための経費473万円を増額、債務負担行為補正として追加3件を、老人保健施設事業会計では、債務負担行為1件を計上しております。
 以上、各種会計の補正予算の概要を申し述べましたが、詳細につきましては関係部長等から説明させますので、ご審議を賜りご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。

議長(及川昌憲君) 議案内容の説明、質疑、討論、採決は1議案ごとに行います。
 議案第67号について、議案内容の説明を求めます。企画部長、佐藤裕之君。

企画部長(佐藤裕之君) おはようございます。
 それでは、一般会計補正予算の詳細説明の前に、今回の補正全体についてご説明申し上げますので、補正予算の概要の7ページをお開き願います。補正予算の概要の7ページでございます。
 各種会計の予算総括表でありますが、一般会計の補正総額は(B)の欄でございますが1億1,036万5,000円の追加で、補正後の額は539億2,420万6,000円でございます。
 特別会計では、全ての会計で補正をお願いするものですが、補正額は3億9,237万9,000円の増額で、補正後の額は254億6,587万7,000円でございます。
 企業会計では、病院事業において増額補正となりますが、その補正額は473万4,000円の追加で、補正後の額は103億2,716万5,000円でございます。
 一般会計、特別会計、企業会計の総額といたしましては、一番下の合計欄になりますが、補正額は5億747万8,000円の追加でありまして、前回計の補正後の予算総額は940億7,423万6,000円でございます。
 それでは、次に補正予算書の7ページをお開き願います。補正予算書の7ページでございます。
 議案第67号 平成30年度登米市一般会計補正予算(第3号)でございます。
 第1条には、補正の額を記載してございますが、ただいまご説明申し上げましたので省略させていただきます。
 次の第2条では債務負担行為の追加を、第3条では地方債の追加と変更を行うものでございます。
 次に、11ページをお開き願います。11ページでございます。
 第2表、債務負担行為補正でございますが、上段は迫児童館の機械警備業務委託料としまして、平成31年度の限度額84万3,000円を、下段は今回補正予算で第四次LGWAN機器保守業務に係る経費を計上しておりますが、その委託料としまして、平成31年度から平成35年度までの5カ年の期間で限度額307万2,000円の債務負担行為をそれぞれ追加するものでございます。
 この債務負担行為に関する調書は30ページに掲載してございますので、後ほどごらんいただきますようお願いいたします。
 次に、12ページをお開き願います。
 第3表、地方債補正でございますが、追加1件と変更2件を行うものでございます。
 追加の林業機械整備事業は、林業木材産業成長産業化促進対策事業の財源として、合併特例債480万円の追加を行うものでございます。
 また、変更の塵芥処理施設整備事業は、仮称新クリーンセンター整備事業で整備に要する事業費の増額に伴いまして、合併特例債1,900万円を増額し、起債限度額を9憶310万円とするものでございますし、道路整備事業は道路新設改良に要する事業費の増額に伴いまして、過疎対策事業債450万円を増額し、起債限度額を13億7,300万円とするものでございます。
 なお、詳細の限度額見込みに関する調書を31ページに掲載してございますので、これも後ほどごらんいただきますようお願いいたします。
 次に、18ページをお開き願います。
 歳入の主なものにつきまして、事項別明細書によりご説明申し上げます。
 上段の13款国庫支出金1項国庫負担金1目民生費国庫負担金3節児童福祉負担金の説明欄、児童扶養手当給付費負担金653万7,000円の増額でございますが、制度改正による児童扶養手当給付費の増額に伴い負担金を増額するものでございます。
 次に、13款国庫支出金2項国庫補助金2目民生費国庫補助金3節児童福祉負担金の説明欄、子ども・子育て支援交付金145万7,000円の増額でございますが、体調不良児対応型病児保育事業の計上に伴う補助金を計上するものございます。
 その下の5目商工費国庫補助金1節商工費補助金の説明欄、東北観光復興対策交付金82万4,000円の減額でございますが、申請しておりました事業の一部が不採択になったことに伴い、補助金を減額するものでございます。
 次に、14款県支出金2項県補助金2目民生費県補助金3節児童福祉費補助金の説明欄、子ども・子育て支援交付金145万7,000円の増額でございますが、体調不良児対応型病児保育事業の計上に伴う補助金を計上するものでございます。
 次の3目衛生費県補助金1節保健衛生費補助金の説明欄、がん患者医療用ウィッグ購入助成事業費補助金30万円の増額でございますが、医療用ウィッグ購入助成事業に対する県補助金を計上するもので、その下の宮城県少子化対策支援市町村交付金52万5,000円は、宮城県少子化対策支援市町村交付金の交付要綱が改正され、本市では既に取り組んでおります特定不妊治療費助成事業が新たに交付対象事業となったことから、それぞれ補助金を計上するものでございます。
 最下段、17款繰入金1項特別会計繰入金1目国民健康保険特別会計繰入金から、次のページ20ページ及び21ページの4目下水道事業特別会計繰入金まででございますが、いずれも平成29年度の一般会計からの繰入金につきまして、事業費の確定により精算を行うため、特別会計から繰り入れを行うものでございます。
 その下の2項基金繰入金1目財政調整基金繰入金でございますが、今回の補正の財源調整のため、財政調整基金から繰入金3,154万5,000円を減額するものでございます。
 次に、20款市債1項市債3目衛生費4節の塵芥処理施設整備事業債から、6目土木債1節の道路整備事業債までについては、先に第3表の詳細補正においてご説明申し上げましたので、説明については省略をさせていただきます。
 次に、一般会計の歳入における補正前、補正後の自主財源と依存財源別構成比についてご説明申し上げますので、補正予算の概要11ページをお願いいたします。補正予算の概要11ページでございます。
 一般会計の歳入における補正前、補正後の自主財源と依存財源別構成比について取りまとめたものでございますが、今回の補正後の自主財源比率は24.5%でございまして、地方交付税や市債などの依存財源比率は75.5%という状況でございます。
 次の12ページには歳出の性質別構成比を、13ページには普通建設事業の内訳として補助事業分について整理しておりますし、14ページには単独事業分を、15ページには県営事業負担金等を掲載しておりますので、後ほどごらんいただきますようお願いいたします。
 一般会計補正予算(第3号)に係る歳入説明は以上でございます。
 歳出につきましては、各部長等から予算の概要の16ページからご説明申し上げますので、よろしくお願いいたします。

議長(及川昌憲君) 総務部長、中津川源正君。

総務部長(中津川源正君) それでは、概要16ページをごらんいただきたいと思います。
 2款総務費1項6目1細目公有財産管理費でございますが、これからの時代に必要な公共施設のあり方を市民等と行政が一体となり調査検討し、本市の公共施設の方向性を示していくことを目的に目的として、(仮称)登米市の公共施設を考える会を設置する予定としております。
 考える会の委員といたしましては、全体で18名を予定しておりますが、そのうち謝金支払委員15名、旅費等支払委員3名、本年度3回開催を見込んでおりまして、25万1,000円を計上するものでございます。
 また、公共施設マネジメント勉強会講師謝金旅費7万7,000円を計上するものでございます。
 別冊2の3ページに、公共施設等総合管理計画個別施設計画策定事業の概要を記載してございますので、お目通しをお願いいたします。
 同じく6目4細目基金管理費でございますが、ふるさと応援寄附金の基金への積立でございまして、平成30年3月補正予算計上した以降の、平成30年3月6日から3月31日までの寄附金49万円を積立するものでございます。

議長(及川昌憲君) 企画部長、佐藤裕之君。

企画部長(佐藤裕之君) 続きまして、8目電子計算費1細目システム管理費でございますが、現在運営しております第三次LGWANが終了し、第四次LGWANへの移行を平成31年2月まで実施することから、サーバーなどのLGWAN関連機器の更新業務や機器保守業務を委託料として595万3,000円を計上するものでございます。

議長(及川昌憲君) 福祉事務所長、鈴木文男君。

福祉事務所長(鈴木文男君) 続きまして、3款民生費であります。
 1項1目4細目介護保険安定対策費につきましては、介護保険特別会計への繰出金を補正するもので、認知症サポート医養成研修受講費負担金につきまして、介護保険特別会計の補正計上に伴うものでございます。

議長(及川昌憲君) 市民生活部次長、加藤 均君。

市民生活部次長(加藤 均君) 続きまして、9細目国民健康保険特別会計費につきましては、国民健康保険特別会計への繰出金を補正するもので、制度改正に伴う電算システムの改修に要する経費を繰り出すものでございます。

議長(及川昌憲君) 福祉事務所長、鈴木文男君。

福祉事務所長(鈴木文男君) 続きまして、17ページでございます。
 2項1目2細目児童福祉一般事業費につきましては、別冊資料でご説明申し上げますので別冊2の4ページをお願いいたします。別冊2の4ページでございます。
 体調不良児対応型病児保育事業でございます。
 まず、事業目的でありますが、保育中に体調不良となった児童に対し、看護師等が緊急的に対応することにより、安心して子育てできる環境の整備と保護者に対する仕事と子育ての両立の一助とするものでございます。
 続いて、事業概要でありますが、国の制度であります子ども・子育て支援交付金の事業の中の病児保育事業のうちの一つの区分でございます。体調不良児対応型を実施する事業所に対し、補助金として交付するものでありまして、事業実施要件でありますが、実施場所につきましては事業実施施設の医務室及び余裕スペース等安静が確保される場所で行うものでございます。
 職員配置につきましては、看護師等を一人以上配置し、看護師一人に対し体調不良児を二人程度見るというような基準になっております。
 補助対象経費につきましては、看護師等の人件費、それから需用費、通信運搬費、役務費、備品購入費等となっております。
 補助率につきましては、補助基準額437万1,000円を上限としまして、国・県・市でそれぞれ3分の1ずつの補助となっております。
 今回の補正額は、補助基準となります437万1,000円で、財源内訳につきましては記載のとおりでございます。
 続いてお戻りをいただきまして、補正予算の概要17ページのほうにお願いいたします。
 3目3細目児童扶養手当給付費でございます。
 児童扶養手当制度が改正によりまして、本年8月分からの手当てから全部支給の所得制限限度額が30万円引き上げられたことによりまして、全部支給となる対象者が増えまして、加えて一部支給者への支給額も増額するというようなことなどから1,961万1,000円を補正計上するものでございます。

議長(及川昌憲君) 市民生活次長、加藤 均君。

市民生活次長(加藤 均君) 4款衛生費1項1目1細目保健衛生総務費につきましては、別冊資料で説明しますので、別冊2、5ページをお願いいたします。5ページでございます。
 医療用ウィッグ購入費助成事業であります。
 まず、事業の目的でありますが、がん患者の就労や社会参加を促進するため、治療に伴う外見の変化に対する支援といたしまして、医療用ウィッグ購入費用を助成し、がん患者の精神的な負担の軽減と療養生活の質の向上、そして社会復帰を支援するものであります。
 続いて、事業概要であります。まず、助成の対象になる方でありますが、①市内に住所を有する方から、⑥市税の滞納がない方までについて、全ての要件を満たす方を助成対象といたします。
 なお、要件の④に市町村民税の所得割額が30万4,200円未満の世帯の方と規定しておりますが、これは県の要項に倣ったものでございます。
 次に、助成対象経費につきましては、医療用ウィッグ本体の購入費用といたします。
 続いて、助成金額につきましては、対象経費の全額といたしまして3万円をその限度額といたします。
 次に、この事業に対する県の支援でありますが、この事業に対しましては県からの補助がございまして、助成対象経費の上限額を2万円とし、その2分の1が県から市町村へ補助されるものでございます。
 続いて、事業費につきましては、近隣団体の状況等を踏まえまして、本年度における助成対象者を30人と見込みまして、事業費の総額として90万円を見込んだものでございます。
 医療用ウィッグ購入費助成事業につきましては、以上でございます。

議長(及川昌憲君) 環境事務所長、末永 隆君。

環境事務所長(末永 隆君) 続きまして、2項2目4細目一般廃棄物処理施設整備事業費につきましては、別冊資料でご説明させていただきます。
 別冊2の6ページをお願いいたします。
 建設中の新クリーンセンターで使用いたします電力は、稼働に伴い発生する熱を利用した蒸気により自家発電した電力に加え、設備の負荷に対する電圧を一定にする必要があることから、東北電力から購入する計画としておりました。
 新クリーンセンターで最大限に発電した場合、夜間等に余剰電力が発生する見込みでございますが、これまでの東北電力との協議では、「配線機器等の容量から余剰電力の逆潮流と売却はできない」との回答でございました。その後、実施設計を進める中で改めて協議を行ってきたところ、機器等の工事が必要となるが工事の負担金が発生するわけですが、余剰電力の逆潮流及び売却は可能であるとの回答を得ました。
 自家発電した電力を逆潮流した場合の効果でありますが、新クリーンセンターにおける使用電力料金はおよそ年間7,600万円と見込んでおります。
 このうち約4,200万円を自家発電で賄い、残りの3,400万円を東北電力から購入することとしておりましたが、別冊2の資料の下段、図①、図②に記載してございますように、逆潮流を行った場合、最大の発電出力で運転が可能となりますので、自家発電消費分が1,300万円程度増加し、これにより東北電力から購入する電力は、年間2,100万円程度に圧縮できます。
 さらに余剰電力を売却した場合は、年間190万円程度の収入が見込めますので、将来的に運営経費の財政負担軽減につながるものでございます。
 今回の予算補正につきましては、東北電力が行う既設電線の電圧や負荷を一定にする設備工事を実施するための工事負担金2,000万円を補正計上するものでございます。
 一般廃棄物処理整備事業につきましては、以上でございます。

議長(及川昌憲君) 産業経済部長、阿部孝弘君。

産業経済部長(阿部孝弘君) 18ページをお願いいたします。
 6款農林水産業費1項7目3細目農業用用排水施設等維持管理事業費でありますが、渋川樋管補修工事につきましては、石越町にある市所有の排水樋管に損傷が確認されたことから、緊急に損傷箇所の補修を行うため616万8,000円を補正するものであります。
 東和町にある川端揚水機場の電磁流量計更新工事につきましては、電磁流量計の機能停止により適正な水管理に支障があることから更新を行うもので、153万4,000円を補正するものであります。
 水利施設整備事業負担金につきましては、県営事業として実施する農業水利施設の緊急補修に対し負担割合に応じて負担するもので、南方揚水機場除塵機の補修及び登米町にあります金谷揚水機場の電動機の更新を実施するため、事業費の10%、1,000万円を補正するものであります。
 土地改良施設機能診断事業補助金につきましては、農業水利施設の補修や更新を行う土地改良区に対し、事業費の30%を補助金として交付するもので、新たに津山土地改良区が締切沼第一排水機場のポンプ修繕を実施するため120万6,000円を補正するものであります。
 次に、2項2目1細目、林業振興費につきましては、登米町森林組合が行う高性能林業機械ハーベスタの導入が国の林業・木材産業成長産業化促進対策交付金の対象となったことから、506万円を補正するものであります。
 本事業は、木材価格の低迷により森林施業の低コスト化を図る必要があることから、森林組合が行う高性能林業機械の導入に対し、県を経由して直接交付される国の交付金のほか、市が対象事業費の20%を交付するものであります。
 7款商工費2項1目1細目観光費につきましては、4市町連携事業として実施するインバウンド誘客事業について東北観光復興対策交付金の対象事業確定に伴う交付決定通知があったことから、102万8,000円を減額するものであります。
 次に、2項2目1細目公園等管理費につきましては、平成30年度の石越高森公園指定管理委託料から206万5,000円を減額するものであります。
 その内容につきましては、別冊2の7ページをお願いいたします。別冊2の7ページでございます。
 2、事業概要に記載しておりますが、パークゴルフ場整備工事の遅れのため、石越高森公園を平成30年度中は休園したことに伴い、管理に要する人件費や光熱水費等が変更となることから、(3)に記載のとおり指定管理委託料を減額するものであります。

議長(及川昌憲君) 建設部長、首藤正敏君。

建設部長(首藤正敏君) 19ページをお願いいたします。
 8款土木費2項3目1細目道路新設改良費の単独事業費でございますが、市道公民館東線につきましては、平成29年度の事業で登米北上こども園までの一部区間について整備が完了しておりますが、こども園の送迎のために通行する父兄等の方々の通行の安全性を確保し、利便性を高めるため、市道と市道を結ぶ通り抜け可能な路線となるよう、残る区間について整備を行うため、事業実施に係る測量設計業務委託料450万円について増額するものでございます。
 次に、6項1目4細目定住促進住宅管理費でございますが、平成29年度決算の確定に伴う歳入歳出の差額分について基金積み立てを行うもので、積立金1,156万3,000円の増額をするものでございます。
 次に、2目1細目市営住宅建設事業費でございますが、佐沼大網地区市営住宅の建てかえに伴う住宅入居者の民間賃貸住宅への一時住みかえにつきまして、対象者6人の入居者のうち3名の方から、「現在住んでいる住宅近くの市営住宅に仮住まいしたい」と強い要望がありまして、仮住まい先となる北大網住宅3戸の修繕委託料67万円を増額し、民間賃貸住宅の借り上げ料66万6,000円の減額をするものでございます。

議長(及川昌憲君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 20ページ上段、お願いいたします。
 10款教育費5項5目1細目文化財保護費の米川の水かぶりのユネスコ無形文化遺産登録記念事業に要する経費として、175万円を増額補正するものでございます。
 事業の概要につきましては、別冊2の8ページをお願いしたいと思います。別冊2の8ページでございます。
 1の事業目的でございますが、国指定無形民俗文化財米川の水かぶりは、全国10行事11自治体により、来訪神仮面仮装の神々として文化庁からユネスコに提案書を提出し、本年11月に開催される、無形文化遺産保護のための政府間委員会での審査を経て登録される見込みであることから、登録記念事業に要する経費を補正するものでございます。
 2の事業概要につきましては(1)の登録決定の周知を行うため懸垂幕やポスターの経費で29万5,000円。(2)の登録記念冊子などを作成する経費として53万円。(3)の米川の水かぶりの情報発信として、広報用看板の修正や動画情報等の発信ツール作成などの経費で92万5,000円。合計で175万円を増額補正するものでございます。
 続きまして、20ページ下段をお願いいたします。
 同じく6項5目1細目体育施設整備費のパークゴルフ場整備に要する経費として、石越高森公園指定管理者への休業補償費1,978万4,000円を増額補正するものでございます。
 経費の概要につきましては、別冊2の7ページをお願いいたします。別冊2の7ページでございます。
 2の事業の概要につきましては、パークゴルフ場整備工事の遅れにより、本年度、石越高森公園を休園としたことから、指定管理者へ休業補償を行うものでございます。
 (1)の指定管理の管理体制の変更による人件費の補償は、休園により施設の管理内容が変更となり、管理に要する常時雇用職員数が減少するための補償額として969万7,000円。(2)の自主事業分の補償は、自主事業において休園しなければ見込めた収益や、休園中も固定して支出が必要となる経費等の補償額として1,008万7,000円の補正を行うものでございます。また、(3)の指定管理委託料は、先ほど7款商工費での説明のとおり、指定管理委託料の減額分となります。
 なお、積算の詳細につきましては、追加資料として積算内訳を配布いたしましたのでご参照をお願いいたします。
 10款教育費の説明は以上でございます。

議長(及川昌憲君) 企画部長、佐藤裕之君。

企画部長(佐藤裕之君) 次に、21ページをお願いいたします。
 21ページには、今回の9月補正現在での基金の状況についてお示ししてございますので、お目通しをお願いいたします。
 以上で、議案第67号 平成30年度登米市一般会計補正予算(第3号)の説明とさせていただきますので、ご審議をいただき、ご決定くださいますようお願いいたします。

議長(及川昌憲君) 説明が終わりました。これから質疑を行います。
 質疑ありませんか。2番、曽根充敏君。

2番(曽根充敏君) 7款2項2目と10款6項5目に関してお伺いします。
 高森公園の指定管理料、所管でも調査いたしました産経部と教育部にも来ていただいて聞いたんですが、まだ釈然としない、わからないところがあるので、まずそこからお伺いします。
 まず、指定管理料の想定ということでお伺いしますけれども、これまで高森公園ですとか南方の花菖蒲さんとか、町の時代から委託管理をしてたところは、市が発足すると早い時期に指定管理に移行しました。そのときの金額で指定管理料を算出したものが基礎となっているわけですが、その後に公民館ですとか、運動場ですとか指定管理が始まって、直営から指定管理に動いていったところの指定管理料が算出されました。
 その過程でですね、あれと、前段で出していた、例えば高森公園は24ヘクタールあるわけなんですが、面積、いわゆる不動産ですよ。24ヘクタールの不動産管理をしている割には、指定管理料が安いのではないかという議論が過去の議会であったと記憶しております、当初の議会ですね。
 で、その際に説明としましては、「高森公園に関しましては、遊具があって、そっから利用料金が発生する。入園料で利用料金が発生する。そういった収益施設であると。その収益分を差っ引いているので、今の指定管理料で問題ないんだと」という回答をしていたかと記憶しております。
 現実にですね、今24ヘクタールの山を公園として、利用者の受け入れは行っていませんが、不動産の管理ということは行っているところで、草刈りですとかそういう作業が主な作業ですけれども、そういった際にですね、その24ヘクタールの不動産管理、現在の指定管理ですね、に関して、その裏から収益が上がってこない。そういったものを計算した場合に、裸にした場合の、収益というものを裸にした場合の指定管理料の想定というのは、いくらほどにされているのでしょうか。そういった想定はされてますか。

議長(及川昌憲君) 10款はいいの。

2番(曽根充敏君) 10款と7款、これ一緒になってるんで。ひとまずその企画なりの。

議長(及川昌憲君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 高森公園の指定管理料のお尋ねでございます。
 旧町から指定管理料をそのまま来ていて、見合った指定管理料なのかっていうようなことも含めてのお尋ねてございます。
 指定管理料については昨年、本年度の本来もらえるべきして管理料については、遊具等自主遊具の撤去も含め、市遊具の撤去も含め、減少したことから、これまでより300万円ほど増額をしたというところ経緯はございます。
 また、指定管理料、今回収入がないということで、最終的にどれくらいの経費がかかるのかということでございますが、私ども指定管理料、30年度、本来払うべき指定管理料を除く部分、指定管理料が1,386万6,000円ですので、トータル的な費用については2,743万1,000円を見込んでございました。その差額の部分については、議員先ほどお話しのとおり、収益施設ということもありまして、利用料金これについては自主事業も含みます。
 あと本当の自主事業も営業収入であるとか自販機手数料等々で、その差額を賄うというような施設ございます。よろしいでしょうか。

議長(及川昌憲君) 2番、曽根充敏君。

2番(曽根充敏君) 今の現実、2,700なんぼでしたっけ、そのくらいの数字で、指定管理料が本来ならば24ヘクタールの山に、山じゃないですね。山を公園とすることによって、かかっていく金額だという答弁だとは思いますけれども、そういった発想の中でですね、7款の指定管理料、今回減額して、10款で休業補償という言葉を使って、そちらで何でしょう補填というか、補償というかそういった表現でやるというのはいかがなものかなと。本来であれば、7款の指定管理料の増額で対応すべきものなのではないでしょうか。
 あとは、そのなんだろう、別冊2の7ページですね。2の(1)のところで、24ヘクタールの山を管理してるわけですけども、管理に要する常時雇用職員数が5人から1名に、5人から1人に減少するためとなってますが、現実に24ヘクタールの山を公園として維持、利用者の受け入れはしてませんよ。ただ、1年間ほったらかしにしてるわけにはいかないので、そこは維持作業というものは当然ついてきます。収益は利用者がいないので上がってきません。
 そういった場合に5名から1名、1人で24ヘクタールの山を公園として維持できるのですか。この辺の考え方もちょっとおかしいなあと思います。
 主たるところは、7款1本の指定管理料の増額で対応すべきなのではないか。10款の補償という考え方はおかしいのではないかというところなんですが、もう一度答弁いただきたいと思います。

議長(及川昌憲君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 全て指定管理料で対応できないのかというお尋ねだと思います。
 先ほどの答弁の中でもご説明いたしましたが、本施設は収益事業たる施設であり、通常指定管理者制度でいえば、収入と経費のその差額を指定管理料で手当てをするというようなものでございます。
 本市的に今回、当初1,300万円ほどの指定管理料を出して、4月からオープンということで当部としても動き出していたところでございますが、今回パークゴルフ場の工事の延期に伴いまして、急遽休園となったということで、これまでの運営する前提のものではなくて、あくまで休園をして、した中で最低限の維持管理というところで指定管理を見直したところでございます。
 指定管理料の内訳とすれば、光熱費等の管理運営費等の減、また、先ほどお話しが出ました常時職員については5人を1人。臨時職員については6人を1人と減額をさせていただきまして、伴い歳入のほうは全く入ってきませんので、その差異の中で最終的には206万5,000円の減額となったというところでございます。

議長(及川昌憲君) 教育委員会次長、佐藤嘉浩君。

教育部次長(佐藤嘉浩君) 指定管理料の増額ではなくて、どうして補償費の対応かというお尋ねかと思いますけれども、今回の休園につきましては、工事の遅れというところが気にしてございますので、工事を担当しております10款教育費のほうでその休業に伴う補償をしてということで考えたものでございます。

議長(及川昌憲君) 2番、曽根充敏君。

2番(曽根充敏君) その「1人で24ヘクタールの山を1年間維持できるんですか」というところは、もう一度お答えいただけますか。

議長(及川昌憲君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 申しわけございません。答弁漏れでございました。
 先ほど1人、常時職員の1人、あと臨時職員の1人2人の中で年間、この365日を運営していただくと。後除草等の業務委託もございますので、その中で対応していただきたいということでございます。
 あとは、残りの分については補償のほうの考え方ということになります。

議長(及川昌憲君) 2番、曽根充敏君。

2番(曽根充敏君) ちょっと変な方向に。
 メインのところを、メインというか、大きくお金がかかるところですね、管理人を1人置いて、あとは業務委託という状況なのであれば、直営でもいいわけですよ。わざわざ指定管理でやらなくても。指定管理でやらなくても直営でいいと思います。
 あとは4月の時点で、4月の時点でですよ。ことしは営業といいますか、利用者の受け入れをしないと決めた時点で、本来ならば指定管理での指定管理の枠の中で、こういった補償という考え方じゃなくてですよ。指定管理で2,700万円くらいかかるんじゃないかという想定があるのであれば、そういった話をすべきだったのではないのかなと思うのですが、最後そこの答弁をお願いしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) ただいま2点のご質問だと思います。
 直営ですべきではなかったのかというところが1点だと思いますが、直営につきましては、当初、本当にギリギリまで4月1日オープンするということで動き出しておりまして、我々も協議を重ねてきたと。何とかオープンできないのかなということで協議を重ねてきたところで、急遽休園となったと。工事の見込みも含めてですね、精査期間があったので、まず指定管理の中で、普通ですと議員おっしゃるとおりですね、運営をして、オープンして、お客様をたくさん入れる施設でありますので、そういったところでやるべきでありましたけども、どこまでという部分を含めてですね、当面の間は指定管理というとこで考えてございました。
 あと補償、指定管理料の減額の時期という部分についても、もちろん休園ということになりましたので、先ほどご説明した中での指定管理料の変更という部分についてはお話しをさせていただいておりましたけども、どうしても補償という部分も一方で考え出てきましたので、そちらの固まる時期といいますか、そこの部分まで我々としても協議を重ね、中止をしてきたところでございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑はありませんか。3番、佐々木好博君。

3番(佐々木好博君) 議案第67号関係でございます。
 米川の水かぶりユネスコ無形文化遺産登録記念事業の概要ということで、事業概要の1番にですね、懸垂幕作成とありますが、掲示場所が迫庁舎、中田庁舎、南方庁舎、東和総合支所とあります。ほかの庁舎には付けないんでしょうか。何でこの4カ所だけになってるんでしょうか。
 本来であればもっとですね、周知をしていくということであればですね、この本当に世界的なチャンスでありますので、全市を挙げて宣伝をすべきと思うんですが、いかがでしょうか。

議長(及川昌憲君) 文化財文化振興室長、小野寺和伸君。

文化財文化振興室長(小野寺和伸君) ただいまのご質問ですけれども、4カ所にした理由につきましては、本庁機能のある3庁舎と、それからと地元であります東和総合支所のほうに掲示すべきという判断で4カ所を設定させていただきました。
 そのほかの庁舎、支所並びに公共施設につきましては、文化財文化振興室のほうで周知ポスターを作成して掲示することにより、記念の、登録の周知に変えさせていただきたいと思いまして、このような予算化をしてございます。
 以上です。

議長(及川昌憲君) 3番、佐々木好博君。

3番(佐々木好博君) 基本的な考え方なんですけれども、今、インバウンドを含めてですね、本当に観光事業に力を入れなければいけない状況の中でですね、やはり少しでも多くの人の目に触れること、知っていただくことっていうのは非常に大事だと思います。
 そんな中でですね、限定した形でそういう掲示方法っていうか宣伝方法をとるっていうのはですね、逆に人の目に触れる機会を少なくしてるっていうことですので、本当に全体のインバウンドとか、米川の本当に大事なこの無形文化財をですね、大事に思っていこうという意識の高揚とかということを考えればですね、やはりそういったところはですね、もっともっと積極的に宣伝をしていくべきと思うんですが、もう一度お願いいたします。

議長(及川昌憲君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 懸垂幕につきましては、教育委員会でいろんなその応援メッセージ、これまでもやらせていただきました。例えば、その全国大会出場選手、甲子園出場、そういうときの今までのルールといたしまして、このような3分庁舎とその方々の出身支所というようなルールで進めてきた経緯があるものですから、そのルールに従った形で今回は補正計上をさせていただいたということでございます。
 不足分は、先ほど室長がお答えしたとおりですね、大型プリンタを活用しながらですね、各総合支所にもそのようなことをしっかり掲示するなり、それを補完するような取組をしっかりやらせていただきたいと思いますし、今ご意見いただいたことにつきましては、今後の対応の中でどのようなあり方がいいのかっていうことも、しっかり検討させていただきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

議長(及川昌憲君) 3番、佐々木好博君。

3番(佐々木好博君) 本当にね、せっかくの機会でございますので、ぜひ積極的な取組をお願いするものでございます。
 それにあわせてですね、登録記念祝賀会というのを予定しておるようでございますが、こちらの内容についても少しお話しをいただきたいなと思います。
 よろしくお願いします。

議長(及川昌憲君) 文化振興室長、小野寺和伸君。

文化財文化振興室長(小野寺和伸君) 登録の祝賀会でございますけれども、登録は部長からご説明申し上げましたとおり、11月に決定の通知がくるということを見込んで準備を進めているわけですけれども、本事業につきましては、平成31年2月の初めに米川地区で開催されることになっておりますが、その行事当日の日に地域の皆さんができるだけ参加できるような形で、米川地域内の公共施設で開催できればと考えております。
 以上です。
 祝賀会の内容ですけれども、市の関係者並びに教育委員会関係者からのお祝い、並びに団体のほうからのお話し。それから、あと関係の皆さんとの交流の場、そういうところを考えてございます。
 以上です。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。21番、相澤吉悦君。

21番(相澤吉悦君) 概要の16ページをお願いいたします。
 財産管理費の中で、公共施設等、これの考える会なんですけど、登米市の公共施設を考える会、委員は18名ですか、間違ったらごめんね。やるっていうことですけども、これあの公共施設を、全般を今後どうするか。あるいはどういうのに進むか、どういうな修理するか、これわかんないですけども、それを考えてもらうのか、あるいは調べてもらうのか、意見を聞くのか。
 そしてまた、これからの公共施設の建てる、あるいは壊すも同じことなんですけども、執行部からの考え方をこの人たちに諮って、考えてもらうとか、あるいは調査してもらうというふうなことかなと思うんですけども、もう少し詳しくお願いいたします。
 次1、7ページですけどもね、児童福祉総務費の中で、体調不良型のこの病児保育事業というふうなことでなってますけども、これあ護師さんを、准看護師さんとか看護師さんとかいろいろ載ってますけども、この事業に当たってですね、どこの施設がちょっと私わかんないとこあったんで、どこの施設をこれやるのが。あるいは学校、保育所、全てだかどうだかわかんないですけども、このところのですね、もうちょっとこの進めるに当たってのですね、説明をお願いいたします。

議長(及川昌憲君) 総務課長、菅原和夫君。

総務課長(菅原和夫君) 公共施設を考える会の内容でございますけれども、まず考える会の方々でございますが、学識経験者の方々からは、登米市にふさわしいその公共施設のあり方とか、削減方策についてご提言いただくと。
 それから市民団体の方、それから公募、それから有識者の方々からは利用者の視点、それから地域の視点というものを意見いただいて3、1年度の秋ぐらいには意見としてまとめていただくと。そして、市長なりの答申をいただくというふうに考えてございます。
 それから執行部側のその案といたしまして、これまでのその施設の老朽化とか、それから利用実績等、現状をまず知っていただくということ。それから施設の評価していただくと。それから複合化、それから集約化とか運営方法の見直し、方向性について検討していただくと。さらにその方向性について、いつの時期に実施するか、ロードマップ的なものをお示ししていきたいというふうに考えてございます。
 それは、執行部でお示しいたしますその施設ごとの資料でございますが、わかりやすい説明となるようにちょっと工夫してまいりたいというふうに考えてございます。

議長(及川昌憲君) 子育て支援課長、小野寺悦子君。

子育て支援課長(小野寺悦子君) 体調不良児対応型病児保育事業の実施予定施設ということでございますが、看護師等の配置が整いました中田町にあります認定こども園さくら幼稚園のほうで実施予定でございます。

議長(及川昌憲君) 21番、相澤吉悦君。

21番(相澤吉悦君) 最初にですね、もう一度お聞きします。
 公共事業を考える会、そのようなことで今後答申してもらう、あるいは考え方を精査してもらう。そしてまた、これからのことについても学識経験者、あるいは公募、市民団体から募った方に伺いをたてで、そして提言してもらう。あるいは意見を聞いてからというふうなことなんですけども、これから全てそのような方向に進むんですか。全部その人たちの意見を聞かなければ進められねえの。こういうふうなことつくると、そのようになってしまうんでないかなと心配あるんですけども。議会よりも何よりもそっちが優先してくんのかなというふうなことも考えられるんで、まずはその人たちが「うん」って語んなきゃだめでねえかなというふうなこともあります。
 そしてまた、提言されることについては、必、そのことについては、いい悪いははっきりしていかなきゃないので、ある程度の権限をですね、すぐ強くなってくっつど大変苦労してるんでないかなというふうに思います。
 そしてまた我々も、その人たちの意見を聞いてから審議するっていうな形になるんじゃないかなというふうなことがありますんで、その辺のところですね、ちゃんとした、分けていってやってもらわねえと非常にやりづらくなるんでねえかなというふうに思います。その辺のところどうなんでしょうかね。
 さくら幼稚園、次ですね、さくら幼稚園だけだよというふうなことですけども、今後このようなことで、看護師あるいは准看護師でもいいと思うんですけども、その整った施設については、このようなことで補助金を出して行くのですか。
 この2点もう一度お願いします。

議長(及川昌憲君) 総務部長、中津川源正君。

総務部長(中津川源正君) ただいまのご意見いただきました。ありがとうございます。
 公共施設総合管理計画につきまして、平成31年度までにこの実施計画をつくるというふうなことで現在進めておりまして、この検討会議についてはその実施計画をつくる段階でいろいろご意見を頂戴して答申をいただくっていうふうな流れでございます。
 実は、本年度3回実施させていただきまして、来年度も3回実施したいなっていうふうに考えております。
 実は、さまざまな立場からいろんなご意見をいただくというふうなことでございますけれども、1回ごとのその委員会の後にですね、公共施設のあり方調査特別委員会と、さらには、総務企画常任委員会のほうにこういったご意見をいただきました、こういったご意見いただいた内容について報告して、さらにそのそれぞれの特別委員会、常任委員会でもご意見をいただいて、素素案だったり、素案につなげていくという過程の中でもご意見をいただき、さらには全体的な部分で取りまとめいただいて、市長に答申いただくというような形になりますので、基本的には、さまざまなご意見をその都度頂戴したものを議会におつなぎさせていただきながらその制度を高めていくというふうな、この繰り返しを今後していきたいなというふうに考えております。
 以上であります。

議長(及川昌憲君) 子育て支援課長、小野寺悦子君。

子育て支援課長(小野寺悦子君) 今後体制の整いました事業者につきましては、補助していきたいと考えてございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。1番、上野 晃君。

1番(上野 晃君) 別冊2の8ページです。
 先ほど佐々木好博議員からも質疑のあったテーマなんですけれども、どうもあの事業概要を見ているとですね、本当に世界に知っていただく手法として耐えるものなのかということが非常に疑問なんです。
 先ほど指摘がありましたけれども、垂れ幕を作成とかあるいはパンフレットを1,000部作成、これでどうやって世界にPRできるんでしょうか。

議長(及川昌憲君) 文化財文化振興室長、小野寺和伸君。

文化財文化振興室長(小野寺和伸君) 情報発信のほうで、これまでにない手法を検討したいと考えてございます。
 具体的には、専用のソフトウェア活用して、短い動画の作成と配信を計画しています。
 QRコードを簡略化したようなマーカーというものを作成いたしまして、それをスマートフォンの専用アプリで読み込むと瞬時に動画再生できるような、そういうシステムを考えたいと思います。
 そのマーカーにつきましては、1センチ四方程度にも縮小して、印刷した形でも読み込めますので、そのままポスターとかチラシに直接印刷、あるいはシールのような状態で作成して、今、市内に張り出されております既存のポスターや看板、パンフレットそれからさまざまな商品のパッケージにも添付して読み込めますので、市内の各事業所やそれから道の駅のほうにも協力をお願いすることで、お土産品を買ったお客さんが全て登米市の営業マンになっていただくような、そういった形の情報提供を考えてございます。
 以上です。

議長(及川昌憲君) 2番、上野 晃君。

1番(上野 晃君) 1番です。

議長(及川昌憲君) 1番。

1番(上野 晃君) 要はですね、何だ、事業目的。ここと、要はその事業概要の整合性が取れてないっていうことも指摘したいんです。
 今の考え方ですと、もうちょっと市内の人にも周知したい、あるいは県内の人がそういう目的もですね、事業目的として入れるべきでないですか。いきなり1番ハードルの高い世界に目を向けてるんですけれども、先ほど申しましたようにQRコードつけても、それをまず第1回目はアナログで手に取らないと先に進めないですよね。結局ですね、そのチラシ、パンフレットとか垂れ幕をつくるのはもちろんいいと思うんですけれども、この中で事業目的に整合性があるのは、動画とソフトウェアの部分だけだと思うんです。
 で、これを英語でつくる考えってのありますか。英語でつくらないと、世界目を向けてないですよね。日本語の動画を世界に発信しても、日本語わかる人ってのは、ほとんどいないと思いますよ。ハワイの一部とか南米とか、そのあたりだけだと思うんですけれども。
 だから私が言いたいのは、この予算配分として、この動画に力を割いて、かつそれは英語でつくらないとだめだと思うんです。でないと、この事業目的との整合性が全く取れないと思うんです。この事業目的の中に、市民へのより高い周知、あるいは県内への知名度を高める、そういうものがないので、こういう質疑をしてるんですけれども、どうですかね。
 これは、根本的に事業目的と手法の整合性が取れてないと思うんですけれども。せめてこの事業目的を達成するためには、動画は英語版もつくる必要があると思うんですけれども、いかがでしょうか。

議長(及川昌憲君) 文化振興室長、小野寺和伸君。

文化財文化振興室長(小野寺和伸君) 先ほどお話しいたしました専用のソフトウェアでのショートムービーの作成と、あと配信ですけれども、そのスマートフォンのほうでのアプリで読み込む場合に、そのスマートフォンが設定をしております言語に合わせた形でスーパーとかそういうのが流れるようになってございます。それで専用のソフトウェアを活用という言葉は使わせていただきました。
 それからあと県内、市内への周知ですけども、そういうものにつきましては、ポスターなり行事紹介の仕方をもう少し工夫するぐらいで考えてきたいと思います。
 以上です。

議長(及川昌憲君) 1番、上野 晃君。

1番(上野 晃君) はいわかりました。とにかくですね、事業目的としては今回、市内への周知っていうのがないので、私はここにそれ書いてたほうがよかったと思うんです。
 事業目的としてどう考えてもこの、垂れ幕設置場所も庁舎ですから、対市民向けだと思いますし、恐らくこのパンフレット1,000部も市内を中心に配るんでないかと思うので、何でこう事業目的に市内への周知っていうのがないのかなっていうことで、そういうこの目的をもとに判断するわけですから、目的がしっかりしていないとですね、果たしていいのかなと思うんです。今後気をつけていただきたいということで、終わりますので。

議長(及川昌憲君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 事業目的についてのご指摘をいただいたところでございます。
 私たちとしてはですね、米川の水かぶりという部分については、市内、あるいは県内に十分認識されてる文化財であるというような認識からちょっと飛躍をいたしまして、世界というような言い方をさせていただいたところは反省点でございます。
 いずれにしろ、しっかり今回、受賞を予定されてるわけでございますので、それを改めてこの価値をですね、市民の皆さんがしっかり知っていただくような周知をあわせた形の中でやらせていただきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

議長(及川昌憲君) ほかにありませんか。
 10分間休みます。休憩いたします。
 
          休憩 午前11時06分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時15分
 

議長(及川昌憲君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 21番、相澤吉悦君から中座の届け出があります。
 議案第67号の質疑を続けます。
 なお、先ほど大柳教育部長のほうからの説明の中で、高森公園の休園に伴う休業補償積算内訳の別紙資料というのがありますけれども、タブレットのほうに配信されているということでございますので、タブレットのほう開いて確認のほうよろしくお願いしたいと思います。
 質疑ありませんか。4番、須藤幸喜君。

4番(須藤幸喜君) それではですね、私のほうからは、医療用のウィッグ購入費の助成事業について、ご質問させていただきます。
 まず最初に、がん患者の就労や社会参加を促進するためということで、大変よい事業であるということで思っておりますので、賛成する立場でですね、質問させていただくわけなんですけれども、まずこの中で市町村民税の所得割額が30万4,200円未満の世帯の方ということであったんですけども、この方、それに該当する所得っていうのは、まず最初、いくらがそれに該当するものなのかお聞かせていただきたいと思います。

議長(及川昌憲君) 4番、4番。

4番(須藤幸喜君) はい。

議長(及川昌憲君) 賛成する立場は・・・。

4番(須藤幸喜君) いらないですか。失礼しました。
 賛成しねえっつうのもおかしいので、よい事業であるということで、その所得割額が30万4,200円であるというものの所得額をお知らせください。

議長(及川昌憲君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 県のを参考にさせていただきますと、910万ほどの所得となってございます。

議長(及川昌憲君) 4番、須藤幸喜君。

4番(須藤幸喜君) 私もですね、初めてこのお恥ずかしながら、その30万4,000という30万4,200円の該当するところ見たらば、おおむねそのぐらいですね、1,100万円以下とかということでありました。
 そのところでですね、いわゆる2分の1助成対象の上限を2万円として、県からはですね、その2分の1補助があると。そして、登米市でもそれに上乗せしてやるということなんですけれども非常に、がん患者につきましては非常にその重い病気であって、いろんな医療費もかかってるということもあってですね、大変だということもあるんですけれども、おおむね1,000万近い方もおられるし、果たしては本当に困窮してる方もおられるということであります。
 そこでその3万円という最終的なですね、ものを一律でも本当にいいのかなということで思ったんです。やは、所得の高い方についてと、それから低い方についてはいくらか、それについてその差をつける、差というかですね、その状況も見て3万円は3万円でいいですから、困窮してる人については、もっと多くの助成もあってもいいのかなということで思っております。
 というのは、ネットで見ました。安いものではありません。確かに6万とかそういったものの金額のものもあるかと思います。もう一つは、20万円以上かかるものも見ました。
 そこで3万円の根拠とはいいませんけども、今後そういったことの差をつけるということではないんですけれども、幅を持たせるやり方について検討する余地はないのかということです。どうでしょうか。

議長(及川昌憲君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 議員ご意見のとおりですね、なかなか金額については、最高はかなりの金額ですが、近隣の情報からですね、2万円程度からやはりあるという実態を、初めての事業でございますので、そのあたりを尊重しながら、まずは3万円という決定をさせて、お願いをしてるところでございます。

議長(及川昌憲君) 4番、須藤幸喜君。

4番(須藤幸喜君) 確かにその平等、公平というのが原則だということではあるんですけども、やはり困窮の方が、んじゃあ病気でどうしても買えなくて、そのまま病院に行ってもいいかっていうことでは一つもないんですね。だからって、あの帽子だけかぶっていっていいかということでもないんです。
 やはり人目がある限りはですね、そういった方々に、ぜひそういった制度によるウィッグの購入を勧めたいと思ってるから言うんですけれども、今後もしかすると県のほうもそういった状況もあわせて上がるかもしれませんし、それから今後のこともあわせて、ぜひ検討の余地があればして、そういったものの助成を図っていかれたいと思ってますけども、もう一度市長からお願いしたいんだけど、どうでしょうか。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) お答えをさせていただきます。今、須藤議員のお話しのとおりですね、今、報道等でも、これからは日本人の場合は、その50%の人が恐らくがんというような、その統計が今、出てきているかというふうに思います。
 私の身内でも、やはりそうしたそのがんを患った方が大勢いらっしゃいます。そしてあとやはり、その抗がん剤の種類にもよるんだろうと思いますけれども、頭の毛が完全に抜け落ちるということも私自身も目の当たりにしております。そうした中でのウィッグということでございますが、大変いい制度ができたなと、そういうふうに思っております。ただ、近隣の自治体とか、そうしたことの関連もあるし、県の意向もあるかとそういうふうに思います。
 ただ、今議員がおっしゃたようなことは確かにそのとおりだというふうに私自身も思いますので、今後におきましては、また県と少し相談をさせていただきたい、そういうふうに思いますので、まずはこれでスタートさせていただきたいと、そういうふうに思います。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。7番、熊谷和弘君。

7番(熊谷和弘君) それでは、米川の水かぶりの関係でお伺いをいたします。
 登録記念品が1,000個ということで、登録記念冊子1,000部と合わせて事業費53万円ということでございます。この登録記念品1,000個ということですので、そんなに高価なものではないというふうに思いますけれども、具体的にどういったものなのか。どういったものなのか、既にもし決まっているのか。予定でも結構でございます。お伺いいたします。

議長(及川昌憲君) 文化振興室長、小野寺和伸君。

文化財文化振興室長(小野寺和伸君) 登録記念品につきましては、登録祝賀会の際にお配りしたいと考えておりまして、行事の名称をできるだけ広く周知できるような形を取りたいと思い、名入りの手ぬぐいとかそういったところを想定してございます。
 以上です。

議長(及川昌憲君) 7番、熊谷和弘君。

7番(熊谷和弘君) その祝賀会ということは、そうすると例えば1人に手ぬぐいとか1本だと、タオル1本だとすると、じあ1,000人ぐらいのということになるんですかね。その辺あたり。

議長(及川昌憲君) 文化振興室長、小野寺和伸君。

文化財文化振興室長(小野寺和伸君) 登録記念祝賀会等に参加する方々はそれ以下だとは想定しておりますけれども、そのほかに機会を見て、もってPRとかに使えるように配れるような形のものを考えた次第でございます。
 以上です。

議長(及川昌憲君) ほかにありませんか。9番、佐々木幸一君。

9番(佐々木幸一君) 1点お聞きしたいんですけども、体調不良児対応型という事業のことなんですけども、あの先ほど説明の中でね、病児保育の一つっていうふうな表現されたと思うんですけども、この病児保育っていうのはもっといろんなパターンとか何かもあるんでしょうか。まずそのことを一つと。
 それからですね、資格の要件のところに、看護師さんから助産師さんまで四つの資格が書かっているんですけども、これはこの中のどれかの資格を持った人が1人その施設で確保できれば、この事業の対象になるということで考えてよろしんですか。

議長(及川昌憲君) 子育て支援課長、小野寺悦子君。

子育て支援課長(小野寺悦子君) 病児保育でございますが、先ほどお話ししましたが、3種類のあの病児保育がございます。
 今回お願いします体調不良児対応型病児保育のほかに、病児保育と病後児保育と3種類ございます。
 それから資格でございますが、看護師とか准看護師、助産師等の資格いずれか一つをお持ちであれば、職員として対応できます。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) 9番、佐々木幸一君。

9番(佐々木幸一君) すいません。さっきよく聞こえなかったんですけども、ほかのもう二つだかのやつ、もう1回ちょっとお願いしたいということと、登米市ではこういうの何か必要性っていうか、何かが今要望でもされてるんでしょうか。
 さっきの用語の説明と含めて、もうちょっと再度お願いします。

議長(及川昌憲君) 子育て支援課長、小野寺悦子君。

子育て支援課長(小野寺悦子君) それでは、病児保育事業についてご説明させていただきます。
 病児対応型ということで、児童の病気が回復期に至らない場合でありまして、当面の症状の急変が認められなくて、一時的に・・・病児保育と病後児対応病後児保育と体調不良児対応型の保育の三つがございます。
 それから今般体制が整いまして、看護師を配置できる事業所がございますので、そこの認定こども園に対しての助成を行うものでございます。

議長(及川昌憲君) 三つはわかったね。三つはわかったね。
 福祉事務所長さんどうぞ。そのままいいです。福祉事務所長、鈴木文男君。

福祉事務所長(鈴木文男君) 類型としましては三つございまして、病児対応型、それはもう一つは病後児対応型、それから今回補正お願いしてま、体調不良型と三つございます。
 病児につきましては、文字とおり病児中のお子さんを保育する事業でございまして、病後児については、回復期に当たっている子供さんを受けるということでございまして、病児病後児については特別専用室を設けるというような規定がございます。
 今回の体調不良型については、専用室がなくても安静的な部屋を確保できれば、資格職だけで対応できるというものでございましての今回の対応でございます。

議長(及川昌憲君) 9番、佐々木幸一君。

9番(佐々木幸一君) ようやく三つわかったんですけども、いろんな自治体で子育て支援の中でね、こういう病児保育の必要性っていうことで、いろいろ取り組まれてることは聞いたことあるんですけども、今回のじゃあ何だ、体調不良児じゃなくて、そのほかの二つの種類、例えばほかのいろんな施設でも必要だなって思ってるとこがあるんでしょうけども、そこら辺の声が担当課のほうに届いてるのか。これからどういうふうに対応しているのか、その辺わかればお願いします。

議長(及川昌憲君) ほかに要望等があるか。福祉事務所長、鈴木文男君。

福祉事務所長(鈴木文男君) 要望といいますか、保護者の方々からは病児保育、病後児保育あればいいねというお話しは聞いておりますけれども、何分にもその資格職という看護師の確保っていうのが必要でございまして、今回はその看護師を確保した保育施設ということで、その施設のほうから「こういった事業に取り組みたい」ということで要望が上がってきておりましたので、今年度から実施しているような状況で今回の補正になっております。
 近隣ですと、体調不良型・・・病後児・・・病後児保育というのを栗原、大崎のほうでもやっている民間、公立もございまして、将来的には登米市のほうでも病後児保育ぐらいまでには拡大していきたいなというふうには考えております。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。19番、田口政信君。

19番(田口政信君) 何点かお伺いします。
 まず初めに、公共施設関係ですけど、平成31年までに今のいわゆるワーキングチームが計画を骨子をつくっていぐんだっていう私、記憶してんですが、その前にその諮問にかける内容っつうのはいったい何なんですか。何のために、何を諮問かけんですか。それをまずお伺いします。
 それからウィッグ、医療用ウィッグのいわゆる補正でございますけども、この政策っていいますか、予算を取るに当たっての政策過程、いわゆる形成課程をちょっとお伺いしたいというふうに思います。
 宮城県内2、4、6、7市町村・・・町村でやって、市町でやってますが、これまでその各地域でやられたことを参考にし、県でもあるというのことで取り入れることになったっていうふうに思いますが、突然ここで補正するっていうことが急を要しているのかどうかっていうことをまずお伺いしたいということ。
 さらにですね、いわゆる対象と想定できる人っていうのが30人程度っていうのは、数字つかんでるんですか。それでこの30人の補正を出してんですか。
 それから条件の中に、就労や社会参加にかかわらなければ、この助成対象にならないんですか。例えば、自宅療養してる人はならないんですか。その辺のことを教えてください。
 それともう1点ですけど、い
 わゆるこのウィッグを導入する市町村の中には、いわゆるウィッグだけでなくて、胸のですね、補装具っていうんですか、つまり、いわゆる乳がんで取った塑像をカバーする器具があるそうですけども、それもセットでやってる、栗原とか東松島がそういうセットでやってんですが、そのことは考えつかなかったかどうか。それをお伺いします。
 それからですね、新クリーンセンター、年間190万円程度の収入が見込めるということで、今回2,000万の補正ですけども、10年かけて単純に償還したとします。そうしますとその器具、機械っていうものは、その耐用年数っていうのはどれぐらいあって、この2,000万投資が採算性から見てですね、十分に耐え得るのかどうか。それをお聞かせてください。
 それから、パークゴルフ場ですね。パークゴルフ場の、先ほど流されましたが、休業補償の積算ですけど、本当に休業補償しなきゃないんですか。それをちょっと最初に伺います。何でそういう理屈になるのかなっていうのがよくわかんないんです、私。委員会でも聞きましたけど、それを教えてください。
 以上。

議長(及川昌憲君) 総務課長、菅原和夫君。

総務課長(菅原和夫君) まず、公共施設の考える会のご意見、諮問ということでございますけれども、まず執行部のほうで、素々々案、それから素々案、素案ということで、段階的にその方針なるものをそのお示ししていきたい。その都度ご意見をいただきたいということでございます。
 それらは最終的に、市民との説明会のことも踏まえまして、まとめたものを施設ごとに、項目ごとにですね、意見ということでまとめたものを答申いただくというふうな流れで考えてございます。

議長(及川昌憲君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 今回のウィッグの形成過程ということでございました。
 1点目ですが、最初に私ども、登米市のほうでは、自主グループの支援をしているグループがございます。そちらのほうと協議をしていた段階はございます。その中でこういうものが欲しい、今現在、無料で自主活動としてやってございました。
 その中からのご意見を頂戴して、検討は今回、昨年度から始めておったところでございます。ですがその時点で、県のほうから30年度に補助事業が始まるという情報をいただきまして、少々条件等を協議する時間を設けたところでございます。その中で、県の30年度からの補助の要綱を受けとめまして協議した結果、今回の補正となったという状況でございます。
 ですので、急を要してかというところになりますと、急というところではございませんっていうのが回答になりますが、ですがなるべく早い時点で、今現在は議員お話しのとおり7町、市町村が行っておりまして、今回補正の予算に上げられているのが7市町と聞いております。ということで今回のうちに、できれば早めに実施に至りたいということで、今回の補正といたしました。
 30人という人数は実数をつかんでいるのかというご質問でしたけれども、これに関しましてはなかなか、この市の中での実数をつかむということはなかなか難しいところがありまして、29年度から栗原が始めております実績の情報をいただきまして、30人という人数を割り出してございます。
 もう1点、補正下着については検討しなかったのかというご質問でございますが、補正下着を1度検討はしておりましたが、ただ補正下着の基準がなかなか難しく、今回はウィッグで発進したいというのがこちらの意向でございます。今回の提案でございました。
 すいません。自宅ではだめなのかっていうところのご質問でございましたが、就労や社会参加等っていうところに含まれまして、社会参加というところは、必ずしも就労な対象ではないというふうに受けとめて、社会参加というところに含ませていただいてございます。

議長(及川昌憲君) 社会参加等っていうのないよ。ある。社会参加等ってどこに書いてんの。

健康推進課長(佐々木秀美君) 申しわけございません。就労や社会参加というところで含んだ表現としてございます。

議長(及川昌憲君) わかりました。根拠はないのね。クリーンセンター所長、小野寺友生君。

クリーンセンター所長(小野寺友生君) 今のご質問でございますが、新クリーンセンターにおきまして、蒸気発電ということで年間190万の利益が出るというようなお話しをいただきました。年間ですね、今お話ししました売却収入が190万、それとですね、蒸気発電を持つということで東北電力から買うですね、購入電力1,300万円程度の効果が今のところ予定しております。総額で1,490万のですね、年間のですね、効果が出るというような試算してございます。
 あともう一つのご質問でございますが、蒸気タービンによってですね、発電する電力、機器のですね、耐用年数でございますが、機器さまざまございますけども、主なところでお話しをさせていただきます。
 蒸気配管とですね、過熱管についてはですね、大体でございますが5年から15年くらい、あとボイラーの本体でございますが15年から20年、その他についてはですね、10年からですね、15年程度のですね、耐用年数があるとですね、今のところ試算してございます。

議長(及川昌憲君) 教育部次長、佐藤嘉浩君。

教育部次長(佐藤嘉浩君) 本当に補償が必要なのかというご質問でありますけれども、平成30年度につきましては、指定管理ということで遊具等を運営していく計画でございました。
 しかしながら工事の遅れによりまして、安全の確保など多くの課題があって、市の判断によって、1年間の休園を決定したところでございます。で、指定管理者にはなんら責任のないことでございまして、不可抗力に準じた扱いとして補償を行うこととしたものでございます。
 予定していた事業を行うことができない。それによってその従業員等の給与等も支払えないという状況になります。収益も上がらないということでありますので、昨年度、補正計上させていただきました休業補償と同じ考え方に基づいての補償費の計上でございます。
 なお、この内容につきましては、顧問弁護士さんの助言もいただいているところでございます。よろしくお願いいたします。 

議長(及川昌憲君) 19番、田口政信君。

19番(田口政信君) それじゃあ忘れねえうちに、佐藤次長さんにお伺いしますけど、従業員のいわゆる身分、いわゆる正職員かどうかってことをちょっと確認させてください。
 それともう1点は、このいただいた資料の自主事業分の補償ですけど、1,000万あるんですけども、いわゆる認定収益額をですね、3年間の平均をいわゆる補償額の数字にしてるんですが、それはなぜでございますかね。
 そのいわゆる、例えば28年だと55万円しかないですが、平均額だと200万超えでんですよね。そういう試算の仕方っていうのは本当にここだけが、ここだけど、ここだけが非常に私の目から見て不自然だなっていうふうに思ったんです。
 それからですね、前回1,874万5,000円のいわゆる移転補償料をもう既に払ってあるんですけども、それと同じ考え方で今回もまあ1,900万という数字が出てきたんですが、そのことについてですね、十分な前回とのバランスといいますかね、前回の補償の検証だったり、今回の補償の検証を十分やったのかどうかっていうことをお伺いをさせてください。
 それからクリーンセンターですけど、5年から10年機械はもつんだということで、15年なり20年たつともう一回その2,000万という銭がかかるというふうに見ていいのかどうかということと、これを管理するシステムっていうのは、いったいどういうふうに自動的に管理できるものなのか。人が発生するものなのか、人件費が発生するものなのか。それをちょっとお聞かせてください。
 それからウィッグですが、大方わかりました。ですけどね、私この補正の出し方ね、ごみ袋と似てんですよ。ごみ袋の補正の出し方ですよ。
 事業そのものは、かゆいところに手が届く事業としていいと思うんですけども、補正の出し方として、いわゆるその、こう何ていうか、政策の形成のね、過程がしっかり見えてこない。それはね、まずいと思うんですよ。確かにいい事業ですよ。早速やってもらいたい事業ですけど、そういう出し方しないでよ。しないでくださいってふうに思うんです。
 そういう意味で、その政策形成過程、予算の形成過程をお聞きしたいんです。ですから、十分これから注意してね、やってもらわないと、ただ単に思いつきでやってもらっては困るっていうことを申し上げておきたいというふうに思います。
 それから公共施設ですけど、どうもよく課長の説明わかんねかったので、それもう1回お聞かせください。
 つまり、いわゆる公共施設、今の時点で、んじゃ諮問をかけるのは、私たちが特別委員会にいただいた総合管理計画の冊子だけで、とりあえずやるんですか。そっから多分進んでないと思うので。それで、その1回のまず諮問をかけて、そしてワーキンググループがいわゆるなんつんですか、その過程がこれとこれをちょっと審査してよっていうふうに例えばピックアップしたとしますと、「このことについてはどうですか」って問いかけをしてくの。そういうふうに理解したんだけど、そんでいいんですかね。
 もう少し基本的な部分を市の方向、25でしたっけ。削減というような大目標があるので、それに向かう方法として、いわゆるこのPFIの関係者だったり、さまざまなその事業関係者からトータル的な、いわゆる総合的な、総括的な方向づけの意見を聞くっつんだら私もよくわかんですが、一つ一つチェックをしていただいて、その会議を進めていくというやり方、それが諮問に値するのかどうかっつうことなんです。
 それをちょっとお聞かせください。

議長(及川昌憲君) 教育部次長、佐藤嘉浩君。

教育部次長(佐藤嘉浩君) 従業員については、まず正職員かというご質問でありましたけれども、4月1日現在で9名の正職員の方がいらっしゃいました。それは確認してございます。
 それから、あの補償費の考え方、3年間平均とさせていただいた考え方なんですが、本来は直近の年度ということでございますけれども、直近であります平成29年度決算につきましては、年度途中までの営業期間だったという経緯があります。10月10日から休園に入ってございますので、年間を通したものではありませんでした。ということもございまして、株式会社いしこしのほうともですね、その取り扱いについて協議を行いまして、3年間の平均ということで今回は計上させていただいたところでございます。
 それから昨年度、補償費の支出があったわけですけれども、昨年度の分につきましては、1,800万なにがしという金額につきましては、あくまでも物件移転補償という内容でございます。今回は休業補償という内容で1,970数万という金額でございますので、まあ去年度それでも、去年、四百数十万円の休業補償を支出しておりますので、その辺との整合性をなるべく図れるようにという内容では考えたんですけれども、ただいまのような、そのいつの実績を取るのかというようなところでも若干の違いが出ておりますし、その考え方、それから細かいところでは、やっぱり年度途中ということもありますので、何点か違っている部分がございます。
 ただし、全体としては補償基準にのっとった形でということの基本的な考えでやってございますので、ご理解をいただきたいと思います。

議長(及川昌憲君) 総務課長、菅原和夫君。

総務課長(菅原和夫君) 先ほどの説明、ちょっと不足して申しわけございませんでした。
 現在、28年度に策定いたしました総合管理計画までは作成済みということで、現在個別計画の策定にそれぞれの各部署で取り組んでございます。
 それが今年度、それから31年度まであと残り2カ年ということでございまして、それらをこれから総務部のほうで主導するような形で、それぞれ各部署とお示ししながら削減25%目標にしていくということでございます。
 それぞれ現状とそれから課題、それぞれのこれからの勉強会を開いて、考える会の委員の皆様にお示ししながら、それぞれ段階を踏んで、小分類ごとに施設ごとのその評価をいただくというふうな格好でこれから考える会、何度か行いますけども、それぞれご意見はいただきますが、最終的にその答申ということは、31年度の最終的な段階でのご意見いただくというふうな考えでございまして、それぞれわかりやすく説明していきたいというふうに考えてございます。

議長(及川昌憲君) クリーンセンター所長、小野寺友生君。

クリーンセンター所長(小野寺友生君) 新クリーンセンターについて、先ほど蒸気発電のですね、お話しを受けました。
 その中でちょっと言葉、不足で申しわけございません。
 先ほど言いました蒸気発電に関する機器の耐用年数ということでご説明いたしました。そして、今議員さんからお話しいただきました2,000万円についてでございますが、これはですね、東北電力とこちらで発電した電気を売るということ、売電ということでですね、そちらでする工事がですね、当初ご説明いたしました、開閉器取りかえ、電圧調整器の取りかえ、あとうちから売電することで、電気がどれくらい東北電力に送ったかという計量器でございます。それはですね、東北電力で行う工事ということで、うちのほうから東北電力に行く負担金でございます。
 あともう一つでございますが、先ほど言いました業務についてはですね、今現在、古いクリーンセンターについては業務委託してございます。その中でですね、今後ですね、少し検討しながらですね、その方向性をですね、検討していきたいと考えております。
 また、業務の管理でございますが、今のところ最新の設備ということで工事の進めておりますので、できるだけ自動化ということで、人数等についてはですね、できるだけ削減できる方向で今、工事のほうを進めております。
 あともう一方でですね、施設の管理運営でございますが、今後ですね、皆さんのご意見をいただきながらですね、きちっとですね、管理をしてまいりたいと考えてございます。

議長(及川昌憲君) 質疑ですので、ウィッグの政策予算形成の過程について、ちゃんと答弁してください。健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 政策課程ということでございますが、自主グループとの協議がもとにございます。その中で協議を行ったり、こちらから支援を行ったりする中で、医療用ウィッグの要望は出てございました。その中では無料、自分たちで物を受け取りまして、無料で貸し出しするお手入れをしながら貸し出ししているという実態については、わかっておりましたので、そのあたりのスタッフとの協議を重ねながら、この事業をやっていこうというふうなところにまとまったところでございます。
 ですが、先ほど来申し上げましたとおり、県での補助という要項が30年度末に見え隠れしていた時期でございまして、そこでこのような時期の補正となってしまいましたことをおわび申し上げます。

議長(及川昌憲君) 19番、田口政信君。

19番(田口政信君) おわびいただいてもあれですけど。
 パークゴルフ場の件ですけど、どうもそのしっくり私の頭の中にその補償という概念が入ってこないのと、いわゆるその補償の、いわゆる計算の仕方にちょっと私の理解力不足で納得できない部分があるんですけども、みんな、例えばほかの地域でそういうことが発生したときに、こういうような形で、弁護士さんの指導もいただいたようでございますけど、という情報っていうのございましたですか。いわゆるこれを決める段階、提案する段階でそれをまずお聞かせください。
 今さら何言ってもなんか、佐藤次長にはちょっと負けそうなので、その辺の情報をお知らせください。
 それからですね、クリーンセンターですけど、ちょっと私の知識不足で多分おかしな、変な質問になってるというふうに思うんですが、いわゆる2,000万の分は、東北電力の工事をする分でお支払いをする分だというふうな理解をさせていただきました。
 それでその機器の分については、別にそのメンテとかそういうふうな年数とかってものにあんまりこだわる必要はないんだっていうふうに理解していいのかどうかっていうことです。
 それと、それからそれと190万と1,300万合わせて1,400万、1,500万ぐらいは節減と収入になるよっていうふうに理解をさせていただきましたが、それでいいかどうかを確認させてください。すいません。
 それから公共施設、ウィッグはですね、まあそういうことなのでお気をつけをいただきたいということと、それから県の補助事業だから取り組むというような政策形成過程でなくて、みずからが必要な事業をやっぱり形成をして、そして県に働きをかけていくぐらいの、何ていいますかシステムをつくり上げないと、なかなか住民に対応できるそういう事業っていうのは組めないっていうふうに思います。ぜひ頑張っていただきたいということと、それから、これはいつから、その例えば何ですか、募集、募集って言ったら語弊なんでしょうか。使用できるような体制になりますかということと、それから公共事業ですけど、よくわからんのは、31年までにいわゆる各部署が個別計画をつくるんだと。その前にこの審議会にかけて、いったい何をっていうのはよくわかんないんですよ。
 つまり、いわゆる公共施設の管理計画のあり方をこのメンバーで、「どうしよう、ああしよう」っていうことを、基本的な部分をそこで生み出すのか。さっき聞くっつど、途中でいろんなものが情報入ったときに、そこにも入れて、それも審議してもらうってな話だったので、で諮問の終結が31年に諮問するんだっつうようなことなので、その時間的なスペースの中でどれと何をやろうとしてるしてるのがよくわからん。なのでもう一度お願いします。

議長(及川昌憲君) 教育部次長、佐藤嘉浩君。

教育部次長(佐藤嘉浩君) 補償費の算出に当たりましてはですね、先ほど弁護士の助言をいただいているというお話もいたしました。
 弁護士先生にはですね、「こういった考え方で1年間の補償すべきかどうか」っていう、まず入口のところでの確認をいたしておりますし、それから「用対連基準を準用することについて構わないでしょうか」というような確認もしております。
 それで、そのじゃあほかの例は・・・。すいません。短縮系で言ってしまいました。あの用地対策連絡会の基準があるんですが、それに基づいて行っているということでございます。
 で、その基準の運用につきましては、昨年、物件補償の関係でコンサルに委託した経緯がございまして、そちらのコンサルから助言をいただきながら、私たちも勉強しながら、内容について確認をしながら積算を行っていたという内容でございます。
 以上です。

議長(及川昌憲君)クリーンセンター所長、小野寺友生君。

クリーンセンター所長(小野寺友生君) 先ほど申しました2,000万へのお話しでございますが、これは東北電力が行う工事、先ほど申しました開閉器、電圧器、計量器ですけども、それは東北電力、みずから東北電力が行う工事ということで、うちのほうの負担金という支払金額となります。
 あとその機器のですね、メンテナンス等、今後どうなるかということですけども、その機器ついては東北電力の持ちものということで、メンテナンスはかからないものと考えております。

議長(及川昌憲君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 実施にあたりましては、ウィッグ実施に至りましては、4月からにさかのぼりたいと考えてございます。
 啓発につきましては、各治療しております医療機関に各相談室というものが設けられてございますので、そちらのほうに情報提供いたしながら、こぼれることのないように受診に配慮しながら、情報提供しながら4月にさかのぼりたいと考えてございます。

議長(及川昌憲君) 総務課長、菅原和夫君。

総務課長(菅原和夫君) 個別計画で、今後2カ年で案を作成していくということでございますけれども、まず執行部のほうでそれぞれ素々案といったものを作成して、それら削減率とかですね、そういったものを書いたものを、案をご意見として考える会のほうにお示ししたいと。
 それからその後、各委員会等にお示しはいたしますけども、それらを、意見を踏まえまして、さらに次の素案ということで段階的にいいものつくり上げていくためにですね、ご意見をいただくというふうな内容でございますけども、最終的に31年度に、後半のほうになりますけれども、全体的なそのご意見をまとめて答申をいただくというふうな内容でございます。

議長(及川昌憲君) 漏れないですか。漏れないですね。
 ここで昼食のため、午後1時まで休憩します。
 
          休憩 午前11時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
 

議長(及川昌憲君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 8番、日下 俊君から中座の届け出があります。
 議案第67号の質疑を続けます。質疑ありませんか。14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) 概要19ページ、道路新設改良でございます。
 450万なぜ補正なんでしょうか。補正予算ね、私が言うまでもなく、当初予算の編成時にこう予期できなかったこと、または天変地異が発生して急に必要になった。または国、県の事業補助等ついたと。これ見ると全く単独であり、どんな理由でこの補正に出したのか。まず、そこを確認したいと思います。

議長(及川昌憲君) 道路課長、細川宏伸君。

道路課長(細川宏伸君) 公民館東線の今回の測量設計の補正を、なぜ当初ではなくて9月補正で行っているのかというご質問でございます。
 当初、公民館東線につきましては、開園時期までのですね、道路整備ということで最小限の区間で登米高校側から、こども園のところまでの区間を整備したところでございます。で、当初からの「通り抜けできるように整備したほうがいいのではないか」というような議論もあったわけでございますが、まず開園に間に合わせて、この道路を確保するという観点からですね、今、途中までの区間を施設までの片側の区間を整備したところでございます。
 その後ですね、こども園側からの要望等もありながら、やはり道路をより安全性、あるいは利便性を高くするためには通り抜けできるように整備したほうがよいんではないかとようなことございまして、当初から計画はすればよかったんですけれども、そういうことで見直しを行っているというところでございます。
 この当初の整備がですね、29年度一部繰越しをしながら、今ちょうど5月ぐらいまでかかって整備終わったところでございましたが、実際にこう開園をしてみますと、そこに通所する方々、通園っていうかですね、子供たちを送り迎えする方々が登米高校側から入って行きまして、あとまた戻っていくという経路になっておりまして、途中で登米小学校などに行く児童の方々と交差するとか、あるいは登米高校側の高校に通う方々と交差する部分もありまして、交通安全上やはり通り抜けられるように早急にしたほうがよいということになりまして、なるべく早く着手したくですね、今回9月補正で計上させていただいたというところでございます。
 そういうことであれば、もっと早く検討してですね、当初予算から上げるべきだったのではないかということでもあろうかと思いますが、そこの辺につきましては検討が遅いということであったと思いますので、反省をしているというところでございます。

議長(及川昌憲君) 14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) これが市の予算の決定の仕方でよろしいんでしょうか。
 やっぱり、その必要性は前々から言われてきたと。ね、あのやっぱり必要性が言われてきたんであれば、その着手する前にしっかりとこう精査、検証すべき。これ道路建設だけではありませんよね。まあ、この前否決になった条例もしかり、その何つうんでしょう、姿っていうか、その予算に対しての職員及びその担当の取組方に問題があるんではないかなというふうに感じたところです。
 市長、今後もこういうふうな形で行くんですか。1回やってみろと。足ねぐなったから、やっぱり要望も出た。だから補正とっぺっと。こういうことでよろしいんでしょうか。
 市長のご意見お聞きします。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) ただいまの道路の事情に関しましては、今、担当が申し述べたとおりでございますけれども、確かにできるだけその当初計画をしっかりと立てて、その中でその予算を置いてというのが常道だ、そういうふうに思っております。
 今般は、まあそうした事情の中での今の話ではございましたけれども、やはりその当初、あるいは私の所信表明、施政方針の中でそうしたことをしっかりとうたっていくような体制を、もう1回体制を立て直したいと、そういうふうに思いますのでご理解をいただきたいと思います。

議長(及川昌憲君) 14番、岩淵正宏君。

14番(岩淵正宏君) やってはだめと言ってるわけではないんで、取り組むべきね、仕方、しっかりとしていただくよう、そして補正にはやっぱり規定っていうか、規定あるかどうか市長が必要と認めてこう上程するんでしょうから、やっぱりこういわゆる基本的な、予期できなかった部分、それから本当に喫緊に対応しなければならない部分ということでの補正の上程としていただければなと思います。
 一つですね、これ聞くの忘れた。
 ちょっと予算は減額予算なんですけども、18ページの4市町連携インバウンド誘客事業委託料74万9,000円、これについて減額の予算なんですけども、この4市町連携のインバウンドの対策がくりこま高原駅行くと「栗(くり)登(と)一平(いっぺい)」云々かんぬんで、ポスター等も目に飛び込んでくるんですが、登米市内に当たっては、この4市長連携のこの誘客事業があんまりこう見えて来ないっていうかそのように感じます。どのような取組をなさっているのか。
 また、この「栗登一平」と命名したね、登米市にあっては「登栗一平」のほうがいいんでねえかなというふうにこう思って、いっつも感じてるんです。登米市だったら登米市の「登」が先、「登栗一平」そういうような形でやっぱこう持っていったほうがいいんじゃないかと思うんですが、いかがでしょうか。

議長(及川昌憲君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 4市長連携インバウンド事業の取組ついてお尋ねと、名称のお尋ねでございますが、私のほうから4市町村連携のインバウンド事業の取組ついて回答させていただきます。
 4市長連携の観光分野の取組ついては、28年度の東北観光対策交付金が最初でございますが、実質的には昨年のガイドペンの導入からが実質的な対応でございます。
 昨年については東北アンバサダークラブということで、東北大学の留学生等8名を市内の主要な施設等にお呼びしまして、モデル、モニターツアー等を行ったところでございます。
 また、ツーリズムEXPOジャパンと東京のビックサイトで行われる商談会等、あと台湾の台北市で行われる国際旅行博に昨年初めて出たというところでございます。
 ことしについても同じように、旅行商品の造成、新たなモデルルートの造成などを4市町の観光関係者集まってワークショップを開いて、今、平行した中でモデルルートも造成し、また観光の商談会と旅行博等にも出るということで、これまで遅れていた分ですね、やっと昨年から具体に取り組み始めたばかりでございまして、なかなかこうすぐ目が出ないというとこでもございますが、引き続き注力を注いででやっていきたいというふうに思ってございます。
 名称については、全体の統括してます企画のほうでのお願いしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 企画政策課長、小野寺 仁君。

企画政策課長(小野寺 仁君) 議員からお話しいただきましたとおり「登栗一平」、すばらしいなと心には感じ入りましたが、あの「栗登一平」につきましては、4市長でそれぞれ調整して生まれてきた名前でございますので、これで進めさせていただきたいと考えております。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。20番、沼倉利光君。

20番(沼倉利光君) まず、あの2款1項6目1細目のこの公共施設に関することでお伺いします。
 先ほどいろいろとお隣の19番議員が質問されましたけれども、これですね、今年度、半年のうちに約3回、来年度1年間に3回の予定だということでありますけれども、この考える会がですね、これがその何か一つずつやっていくというふうにお聞きしたんですけども、あの我々議会のほうでも特別委員会ありますけども、その総数で743数の1,549棟があって、延べ床面積が49万8,000から37万台まで減らすという、こういった25%のその目標がありますけれども、このことについてしっかりとした計画を、ついて答申するという場合に、この施設につきましては、もちろん削減もありますけれども、新築もあるわけですね。見方によって。
 そういった場合に、この施設の長寿命化であったり、資産の保有の最適化だったり、財産の有効活用利用という含めた全てのことをこの6回で割り切るという、そういった考えなのか。先ほども答弁を聞きますと、ワーキングの中でも31年までかかるという中ですね、同時に終わるというのは基本的にかなり大変だと私思うんですけど、やるっつうならやるでいいんでけども、このことについてどうなのかなというふうに思います。
 それから、同じ4款1項1目1細目のこの医療用ウィッグに関して、先ほどこのことについて答弁がありました。その中に、これと同じように乳がんの患者に対する補装具ですか、についてどうなんでしょうかというお話しをしたところ、まあこっちのウィッグのほうはまあいろいろ話しあってなったけれども、別のほうに対しては、いろいろ話に問題があるみたいなお話しだったですけども、私は聞いた情報なので全部調べたわけでないんですけども、ただ、宮城県内で隣の栗原ではもう既にやっている。それから石巻でもされている。そこは登米市とまた違った事情でですね、何か登米市でないような事情があって変更できたのか。登米市はほかの町のように、このですね、がん患者の就労や社会参加を促進するため事業目的、全部この乳がん患者にも該当するような気がすんですけども、登米市独自に、このことについて近隣の町のようにやるということについてはないんでしょうか。

議長(及川昌憲君) 総務課長、菅原和夫君。

総務課長(菅原和夫君) ただいまご質問の公共施設あり方、考える会の進め方でございますけれども、今議員お話しのとおり743の施設ございます。20年後、平成47年までの20年間で25%削減という目標もあります。
 そういった中で削減だけでなくて、いろいろなその施設、今後、新築等ありますので、それ等も加味して25%目標にということで考えてございます。
 現在の個別計画の策定はしてございますけども、なかなか各部署温度差ございまして、進み具合も違います。そういった意味で、ある程度その総務課のほうで音頭を取りながら、ある程度その案を持って、タイトなスケジュールでございますけれども10月以降に、それぞれ施設が維持なるのか、集約するのか、償却になるのかといったことも案を持っていろいろと進めさせていただくということでございます。
 それで考える会、6回ということでございますが、まずはその中でもある程度、その各部署とのやり取り、それから考える会にお話、その後その委員会、議会等のご説明ということになりますと、6回で足りるか足りないかってことございますけど、その計画の今後進める中では、かなりそのタイトなスケジュールなってるっていうことでございまして、そういった意味で、今年度ある程度のその案を、素案を持って来年度に市民の説明会を予定ございますので、そういったところである程度その時間取って、取ります。今年度まず早く進めていきたいというふうなことで考えてございます。

議長(及川昌憲君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 乳がんの補整下着のことについての種類を増やしてはいかがかというご質問でございますが、現在7市町村が実施しております。7市町村のうち4市町が補整用下着も該当に入れ、用具のほうに入れておるという現状を把握してございます。
 その中でですね、補整用肌着についてはなかなか、1点のみの用具というふうな認め方で、なかなかどの用具を認めていいのかとか、どこまでの肌着を認めていいのかっていう当たりがまだまだ確定されていない中での助成というふうに伺っておりまして、今後検討、前向きに検討してまいりたいと考えてございます。

議長(及川昌憲君) 20番、沼倉利光君。

20番(沼倉利光君) 先ほど申しましたように、この公共施設の関係ですけども、頑張ってやることについて何も異存はないんですよ。
 ただ、本当に市のワーキンググループの皆さんでさえも、31年までかかる中ですね、同時進行という形で本当に大丈夫なのかと。特にですね、この関係につきましてはご存知だと思いますけども、学校施設のことも入ってますんで、確かデータでは、学校施設は31%ぐらいあんのかな、全体でね。
 これですね、今、教育民生の常任委員会のほうに、学校統合の計画というか素案中の素案がね、示されました。これこれから議論していってですね、どうなってっか全く分かんない中で、来年度の3月までね、学校統合の中学校はこうだよ、小学校はこうだよというその目標がしっかりできればいいんですけども、そういった中、何もない中で、学校統合の関係まで学校教育の施設を決めるというのは、思いはわかんですけどもね、方向性を出すときに、「いや、ここは既存の学校でやります」、「いや、こっちは新築します」、そういったかなりですね、紆余曲折が学校教育の、特に小中学校統合にはあるような気がします。見せられました。
 ですから、なおさらこれから1年、2年、3年かかっていかないと、場所によっては学校統合の関係についてはね、意見が集約されていかないんではないかと思うんですけど、その約30%もあるこういった学校施設を含めた形の中でのね、議論を、いいんですよやってもらって。ですけども、来年度で終わるという考え方、あまりにもちょっと性急過ぎるのかなと思うので、そこはもっとしっかりと時間かけて、市民にも皆さんにもその周知してもらう都合あんので、しっかりと時間をかけたほうがいいのかなというふうには思いますけども、もう一度お願いします。
 それから、先ほどの医療用の関係ですけども、今の答弁の中では四つの市町村で現実にもう始めている町があるということで、前向きに検討するということでありますけども、やはりですね、まあ本当にこの髪の毛だったりね、女性の方の乳がんに対する皆さんの思いというのは、私たちにわかんないものがあると思います。
 ですから、やはり来年度に向かってですね、本当に前向きに精力的に検討して、できれば来年の4月の予算にですね、乗るような、そういった方向づけができないもんでしょうか。市長にお答えをお願いします。

議長(及川昌憲君) 総務課長、菅原和夫君。

総務課長(菅原和夫君) 今ご質問ございました。学校施設等が結構、全体のウエイトとして31%ということで、その方向性が見えない中でと。当時、進行どうなのかということでございます。
 確かに小学校、中学校の施設、まだ私どものほうにお示しいただいてるわけではございませんが、そういう意味で、総務課としてこれまでの計画等のいただいております。教育委員会のほうの分でたたき台として、案として示したいと思いますが、そういう意味で教育委員会のほうともを連携して進めたいと思います。
 個別計画の策定につきましては、平成31年度までということの期限もございますので、その辺はしっかりと対応していきたいと思います。

議長(及川昌憲君) 市民生活部次長、加藤 均君。

市民生活部次長(加藤 均君) 乳がんの装具の関係でございますが、実際に今7市町村のうちですね、あの4カ所、既にやられているということでございます。
 健康推進課長が申し上げましたとおり、なかなか判断が難しい部分があるということでございますので、今後ですね、当初予算編成に向けまして、他団体の状況と情報収集に努めながら、判断していきたいというふうに思ってございます。
 よろしくお願いいたします。

議長(及川昌憲君) ほかにありませんか。10番、氏家英人君。

10番(氏家英人君) 一つだけなんですけれど、医療用ウィッグ購入助成のことですけれども、対象者が30人ということで、4月にさかのぼって対応したいということでありました。
 中には男性もいるんだろうけれど、大体が女性なんだろうと思っているところですが、1人に1個なのですかね。女性はおしゃれですから、きょうはショート、あしたはロング。3年前にですね、個人的なことですけれども、姉をがんで亡くしたんですけれど、やっぱりあのね、治療のほうで髪の毛がなくなって、すごく落ち込んでたんですけれど、ウィッグを変えることによってね、すごく明るくなったなあというのをちょっと思い出したものですから。補装具もいんですけれど、例えば登米市なりに、ほかのまちと同じくすることはないので、1個目は県と市の補助が入るけど、二つ目は市単独で補助してあげるとかね。そういったふうな複数補助してあげるという考えはないんですか。

議長(及川昌憲君) 健康推進課長、佐々木秀美君。

健康推進課長(佐々木秀美君) 現状では、今回お出ししたとおりに1台という考えでおりましたが、現在、自主グループで実施、運営しているグループもございますので、そちらのほうの意見も考え合わせながら、今回は1台というままで実施しますが、検討、話し合いを進めてまいりたいと考えております。

議長(及川昌憲君) 10番、氏家英人君。

10番(氏家英人君) 自分の家のことをちょっと出しましたけれども、本当にですね、明るくなるもんだなっていうふうに感じました。繰り返して言いますけど、隣の町でウィッグ1台、そして補装具も。じゃあ私の町もやりましょうっていう考え方をするのではなくて、登米市なりのウィッグ購入費の助成っていうことを考えてもいいんじゃないかなというふうに思います。
 課長からは、「登米市は複数台まで考えてもいいかな」というような前向きな答弁と受けとめましたけれども、市長はどうですか。市長の考えをちょっとここでお聞きしたいと思うんですね。
 1人に1台というふうにしないでですね、ぜひね、あのきょうはショートだけど、あしたはロングヘアにして海までドライブに行こうかなとかね。どうですか、市長。

議長(及川昌憲君) 市長、熊谷盛廣君。

市長(熊谷盛廣君) お答えをさせていただきたいと思います。
 ただいま氏家議員のほうから、自分のお姉さんのお話しがございました。実は私も、息子が幼いときにそういう病気にかかりまして、息子でしたけれども頭の毛があっという間に抜けたわけでございまして、部屋の鏡というものを全て片づけました。やはり幼な心にも多分傷つくんだろうと、そういうふうな思いがありますので、私自身にとりましても決して人ごとでないんだ、そういうふうに思います。
 ですから氏家議員今おっしゃることは、私自身も検討に値するとそういうふうに思いますので、少し時間をいただきたいそういうふうに思います。

議長(及川昌憲君) 10番、氏家英人君。

10番(氏家英人君) ありがとうございます。
 ぜひですね、前向きに考えていただいて、登米市らしいウィッグ助成っていうかね、医療用ウィッグ購入費助成制度というものを確立するよう、頑張っていただきたいというふうに思います。

議長(及川昌憲君) ほかにありませんか。13番、關 孝君。

13番(關 孝君) 資料別冊2の6ページから4款2項2目4細目の新クリーンセンター整備事業の関係ですが、実施設計後に東北電力の協議において、そういった逆潮流というふうなことが考えられたというふうなことなんですが、基本設計の段階ではそういった部分の検討というのはなされなかったのか確認をいたします。
 それからこれを拝見いたしますと、既に東北電力から購入することとしていたということでございますが、いつ東北電力から購入することを決定され、あるいはこの選定に当たっては、どのような経過をたどって東北電力から購入することとしていたのかお尋ねします。
 二つ目、次の7ページ10款6項5目、資料では1細節となっておりますが、これは誤りかと思いますので訂正願いたいというふうに思いますが。
 これ、恐らく来年の3月、年度内の補償であるというふうに理解するわけなんですが、現在、株式会社いしこしの雇用社員というのは、何名おられると確認をいたしておりますか。お話しを伺った限りでは退職された方がある。あるいは、退職を予定してる人があるというふうなこともちょっと聞き及んでおりますので、確認の意味で確認をさせていただきます。

議長(及川昌憲君) 環境事務所長、末永 隆君。

環境事務所長(末永 隆君) 新クリーンセンターの発電電力の逆潮流の件でご質問頂戴いたしました。
 基本設計の時点では、内協議ということで、これまで受電して既存の施設でも利用しております東北電力さんのほうと事前協議をしております。
 その際に、逆潮流並びに売電ですね、これは困難であるということで、内協議では返事をいただいておりました。その後、ただいま建設しております施工者、こちらは設計施工という形で発注しておりますので、自主設計をしながら施工を進めているという状況でございます。
 その中で、逆潮流をすると経費的な効果もかなりありますので再度、東北電力さんのほうと、窓口を東北電力ということでご相談してきました。経産省の資源エネルギー庁関係の再生エネルギー買い取り制度、この制度にのっとってできないかという協議をしたところ、「そのために若干の電気工事が発生しますが、可能である」というような回答を得たところで、こういった形でお願いしたわけでございます。
 それから、なぜ東北電力かということでございますが、それにかわる第3の電力会社はございますが、基本設計入った当時、これまで利用してたのも東北電力ということもございましたし、窓口お客様センター、そちらのご相談できるところがそちらしかなかったということで、やってきた経過がございました。
 以上でございます。

議長(及川昌憲君) 教育部次長、佐藤嘉浩君。

教育部次長(佐藤嘉浩君) 正社員の数につきましては、先ほど19番議員の質問に対しまして、4月1日現在で9名というふうにお答えをしております。
 それでは、6月末に1名退職されたという話を聞いておりますので、現在は8名であるというふうに認識をしております。

議長(及川昌憲君) 13番、關 孝君。

13番(關 孝君) これまでの経過については理解するものですが、やはりそうしたことができるのであれば、やはり基本設計というか、そうした段階において、やっぱりあらゆる情報収集され、例えば1業者との事業者との協議だけでなくてですね、やっぱりさまざまな他市、あるいはさまざまな施設の部分の情報を共有しながら進めるべきではなかったかと思っております。
 それから、電力会社との購入する契約ですが、契約を結ぶに当たって、たまたまそことしかお話しできなかったというか、そこと話を進めてきたことによって、契約というものは結ばれていいものなのかどうか。
 例えば、第3の新電力会社があるっていうんであれば、当然そことお見積もりを比較したりというふうなことっていうのは必要なかったのかどうか。あるいは逆に言いますと、こういった逆潮流というふうな部分では、いわゆるその同じ事業者でなくてはできないものなのか。いわゆる売電と購入というものは分離することはできないものなのかどうか、そういった検討、十二分になされてこうした概要ということのお示しなのかどうか。その辺を伺いたいと思います。
 それから、6月に1名退職したというふうなお話しでございますが、その辺の部分に関しては、この積算の中でどのように反映をされておるのか。いわゆるその、それ以降実態がないというふうなことになるんだとすれば、そこまでを補償する必要はないのではないのかと私自身は考えるものでありますが、積算にどのように反映されているのか。
 あと、今後退職される、退職が見込まれるというふうな部分があった場合ですね、これらはどのように対応されるお考えなのかお伺いします。

議長(及川昌憲君) 環境事務所長、末永 隆君。

環境事務所長(末永 隆君) 基本設計時に十分検討するべきだったろうということでございますが、そのとおりだと思います。
 ただ、基本設計の時点では、本当の仕様といいましても、これからという段階でございましたので、人口規模、それから人口の推移、そういったもので施設の大きさ、そういったものを選定、決めていきましたので、なかなかそういう細い点までは、見通しがつかなかったっていうところがございました。
 それから、東北電力ありきではないかということではないんですが、ではないんですが・・・
 (「すみません。今の発言、訂正してください」の声あり)

環境事務所長(末永 隆君) あ、わかりました。
 東北電力も一つの電力会社っていうことで、訂正させていただきます。
 今後ですが、まだ東北電力さんのほうと契約を結んだわけではございません。10月以降にという予定でおりましたが、今、電力さんのほうの架線、こういったものを使って逆潮流しようということで、そのための電気工事を電力さんの負担のもとにやると、電力さんへの負担のもとに実施していただくというようなことで、売電の行為については、まだ決まっておりませんので、単価的なものとか、そういったものも複数あれば検討、比較しまして、より有利なほうに売却したいなというふうな考え持っております。
 よろしいですか。すいません、続けさせていただきます。
 買うほうの買電ですね、こちらについても、まだ電力さんと直接その買うほうの契約結んでおりませんので・・・
 (「わかってんの」の声あり)

議長(及川昌憲君) 教育部次長、佐藤嘉浩君。

教育部次長(佐藤嘉浩君) 補償につきましては、積算と協議のほうで時間を取ってしまいまして、本来はもう休園が始まる前あたりに、普通でありますと補償契約がなされております。で、その時点でその普通、このこういった補償につきましてはですね、渡し切りということが普通に行われてるようであります。
 本来はその、そういうことですので、今後途中でやめたらどうなるんだというようなご質問でありましたけれども、第三セクターといたしましては、その9人、最初に申し上げました9人がその会社を運営するのに必要な人員というふうに捉えているようでありまして、できれば雇用もしたいんだというような考え方を持っているようであります。
 そういったことからいたしましても、あと4月1日現在ということがあります。んで、今回補償の対象にしている人員なんですけれども、ご説明申し上げましたとおり、指定管理料の中でみているのが1人ございますので、それ以外指定管理の分で大体4人が対象にしてます。自主事業として3人。4足す3足す指定管理としてみた分1人ということで、8人がその市費の対象になっているというような状況でございます。

議長(及川昌憲君) 13番、關 孝君。

13番(關 孝君) それでは、議長として執行部にお願いしたいんですが、私たちの手元にいただいている6ページの資料については、訂正をしてお示しをいただかなくてはならないのではないかと思います。
 1点は、2の(2)の中で、残りの3,400万円を東北電力から購入することとしていた。
 それから、その次の次の行ですが、これにより東北電力から購入する電力は年間2,100万円程度に圧縮できるというふうなことで、既にこの資料では東北電力という言葉がここに記載をしてる。今の答弁では、まだ決定をしていないというふうな説明でありますので、まずもって資料を訂正されるように求めたいというふうに思います。
 それからパークゴルフの関係です。
 補償の関係ですが、渡し切りというふうな話をされていました。例えば現実的に今後、従業員が退職をされたり、いわゆる補充をできないというふうなことが現実起きてきたときに、それでも渡し切りというふうな今、言葉を使われましたが、渡し切りで、現実そこで働いている雇用がないのにもかかわらず、以降ですね、現実に3月までないというふうなことを仮定したときに、そういったものまで渡し切りで補償をしなくてない根拠を、ぜひお示しをいただきたいと思います。

議長(及川昌憲君) 資料につきましては、議長の名で訂正して、訂正して提出するようにしてください。教育部次長、佐藤嘉浩君。

教育部次長(佐藤嘉浩君) 補償の考え方であります。
 補償は、事前に補償するというのは普通の考え方でありまして、今回先ほど申し上げましたとおり、ちょっと遅くなってしまって、9月補正になってしまってる経緯があります。通常は渡し切りだそうです。これもコンサルにも確認してあります。
 ただし、その關議員おっしゃるとおりですね、今回につきましては、私たちもこの先、例えばいろんな事情が発生して、株式会社いしこしのほうでですね、職員が何かほかの収益事業に従事できるようなことが生じるかもしれません。そういった可能性もあったと思います。そういったときには、その渡し切りなんですけれども、協議をさせていただきたいということでは申し入れてはあります。協議をした上で、お互いにその市費を投入するわけですから、納得できるような補償費になれるように、ぜひお願いしたいということで、それについては了解をいただいているという状況でございます。

議長(及川昌憲君) 質疑の意図が伝わってない分であれば許します。

13番(關 孝君) 根拠、いわゆるそれをしなければならない根拠は、ただいまの答弁ではコンサルタントのお話しだというふうなことでございます。市は全てコンサルタントのお話しを根拠として、行政を進めるのでしょうか。きちっとそこに法的な根拠がない限り、進められないのではないのかと思いますので、しっかりその法的な根拠お示していただきたいというふうに思いますが、いかがでしょうか。

議長(及川昌憲君) 教育部次長、佐藤嘉浩君。

教育部次長(佐藤嘉浩君) すいません。補償基準等見ましても、そういったところまでは実は掲載がないという状況でありまして、では全国的にどういったことで運営してるのかという話になるかと思います。
 そういったところでの全国的な運営の、補償費の運営の仕方ということでございますので、ご理解をいただきたいと思います。

議長(及川昌憲君) ほかにございませんか。24番、八木しみ子君。

24番(八木しみ子君) まず10ページですね、住宅費のところでお伺いします。
 今回、積立金が計上されてます。こういった積立金はどういった考えで、この時期の問題でちょっと気になってるんですが、計上なさったのかお伺いしたいと思います。
 それからですね、市営住宅を修繕して、3名の方がね、借りた住宅に入るのいやだっていうことで、この何ですか、使えなくなった市営住宅を修繕して、その入れたというふうな、入居させたというふうな答弁でございましたが、もう少しここんとこね、あの説明をもう少しお願いしたいと思います。
 それから20ページの米川の水かぶりの予算でございますが、まだ登録が決定してないところで計上ということで、かなり攻めの予算計上だなというふうな感じを受けてます。
 まあ、これが登録されれば、この登米市のまちづくりにも大きな弾みがつくんじゃないかと期待もしております。
 そこで伺いますが、先ほどの懸垂幕の掲示場所でございますけれども、答弁の中で、ルールにのっとってこの掲示場所を決めたというふうな答弁がございました。このルールはどのようになってるか、お伺いしたいと思います。
 それからですね、予算の計上のあり方でございます。いろいろと今回出ましたのは、この補正予算の計上の仕方が多かったなっていうふうに感じました。まあ皆さんご存知のように、当初予算、そして補正予算は年に4回ございます。3月、6月、9月、12月と。この補正予算の計上のあり方は、ある程度決まったものが計上されてきます。何か当初予算でですね、しっかりしたその計画を持っていないような、そういった感じがしますので、このことについてもお伺いしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 住宅都市整備課長、小野寺憲司君。

住宅都市整備課長(小野寺憲司君) お答えいたします。
 定住促進住宅の基金への積立てでございます。これにつきましては、平成28年度分の住宅使用料等の歳入、それから修繕等にかかります支出分を差し引いた差額分の額を積立てするということでございまして、額の確定に伴いまして、今回決算等の議会も行うということで9月に、補正予算で基金繰入れをしたいという考えでございます。
 それから、市営住宅の建てかえに伴います3名の方の内容でございますけども、今回3名の方につきましては、1名が70代の方、それから2名が80代の方でございました。
 この方々は住宅当初から、そこに市営住宅を借りて住んでいた方ということございまして、既にですね、地域の方々とそのコミュニティができてたっていうところがありまして、できればお友達等ともを離れたくないという話が1点と、それから何よりも日常生活に必要な食品、それから日用品等の購入ができる近くにスーパーがあるということで、歩いて1分程度のところにあるものですから、できるだけその近くに住みたいということございました。
 こちらといたしましては、当初、萩洗とか江合のほうにちょっとお勧めをしたわけでございますが、そちらではどうしても無理があるということで、今回、市営住宅、同じ団地内の市営住宅のほうに仮の移り住みをお願いしたといったところでございます。

議長(及川昌憲君) 文化財文化振興室長、小野寺和伸君。

文化財文化振興室長(小野寺和伸君) 懸垂幕の設置ですけれども、これまで本庁機能を有する迫、中田、南方、この場所に懸垂幕の設置をするのは通例であったと記憶してございます。
 それに地元でございますので、東和総合支所も加えさせていただきまして、今回の予算とした次第でございます。
 以上です。

議長(及川昌憲君) 補正予算の計上のあり方、誰がやんの。企画部長、佐藤裕之君。

企画部長(佐藤裕之君) 補正予算の計上の仕方でありますけども、当初につきましてはですね、当然その当該年度におけます1年間の事業なり等を行う所要額をしっかり精査した上で計上してるところでございますが、補正予算につきましては、当初予算編成の中で、当初見込めることができなかった場合、あるいは災害等によって新たなその予算措置が必要だったというような場合について、予算計上するものだっていうふうに考えてございます。
 今回ですね、議員からお話しあった補正予算のですね、ちょっとあり方とは違うんじゃないかという部分もご指摘されましたが、それらについてもですね、今後しっかり当初予算、それから補正予算ということで、それぞれの考え方をしっかり整理した上ですね、そういう疑念が持たれないような、予算計上の仕方に努めていきたいというふう考えてございます。

議長(及川昌憲君) 答弁で、懸垂幕に関して、部長答弁はルールにのっとって今、通例という部分で振興室長が答弁してます。しっかり整合性取ってください。教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 懸垂幕のですね、掲示につきましては、内部で要項持ってございまして、例えば全国大会に出場するんだとか、それは文化、運動も含めてっていう一定の基準の中で作成をして、掲示をさせていただいてるっていうルールというお話しをさせていただいたところでございました。
 先ほど室長のほうが前例という言い方をいたしましたけれども、その掲示する場所については、3カ所の本庁舎、それから分庁舎の3カ所と、その例えば選手で全国大会っていう1名の方であればですね、出身支所というような形でこれまでやってきたというようなことでございますので、よろしくお願いしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 24番、八木しみ子君。

24番(八木しみ子君) 先ほどルールっていうことでですね、どういった決め方をしてるのかと思ったのでお聞きしたわけでございますが、これ、市長がですね、文化の薫り高いまちづくりということで進めてございます。こういったまちづくりの弾みになるような、水かぶりっこ、米川の水かぶり、ユネスコに登録されるということは、これは町全体を挙げてですね、やっぱりお祝いしなければならないと思います。
 先ほどもいろいろ出てますから、簡単に申し上げますが、とにかく各総合支所にですね、しっかりとしたその掲示をしていただきたい。そして、みんなで祝って「ああ、よかったよかった」っていうことで、この盛り上がりがやっぱ大事だと思うんですね。
 それでこのルールとか通例とかって言いますが、やっぱ全体を考えて取り組む事例だって出てくるはずでございますから、そこをしっかり考えてやっていただきたいというふうに思います。
 それから、この住宅3名の方ですね、まあ高齢の方ですから、住んだとこ離れたくないのは本当にそのとおりだと思います。いろいろと知り合いもいるようでございますが、一層ですね、これいつまで入居なさってるかわかりませんが、新しい市営住宅ができるまで、時々こう市のほうも様子を見に行くとか、そういったことをやっぱすべきだと思いますので、そういった考え方もお聞かせください。
 それで次、予算の編成のあり方ですが、これはやっぱり副市長の役割ではないかと思います。しっかりとですね、職員もこう若返ってきてますので、合併からもう13年経過して14年目でございますので、いろいろとそういったこと、勉強会ですか、していただいて、しっかりしたこの予算計上に向かっての心構えといいますか、そういったのを勉強会していったほうがいいんじゃないかと私は思うんです。
 そういったことにつきまして、まず副市長にもお聞きしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 住宅都市整備課長、小野寺憲司君。

住宅都市整備課長(小野寺憲司君) 住み替えについてでございます。
 当然ながら、地元の区長さん始めとした自治会のほうにも加盟をしていただくわけでございますので、そちらのほうと連携を取りながら、十分ですね、身元の確認はしていきたいというふうに思っております。

議長(及川昌憲君) 教育部長、大柳 晃君。

教育部長(大柳 晃君) 周知、PRのあり方について、いろいろご指摘ご意見をいただいたところでございます。
 市内全体がですね、その内容を十分把握できるようなそのPRのあり方、表示のあり方という部分について、工夫をしていきたいなっていうふうに思ってございますのでよろしくお願いいたします。

議長(及川昌憲君) 副市長、渡邉 誠君。

副市長(渡邉 誠君) 補正予算の編成ですね、議員ご指摘のとおりですね、安易に考えてはならないというふうに思っているところでございます。
 予算編成については、あくまでも当初予算が基本でございますので、その辺の考え方につきましてですね、予算編成の担当課の会議などございます。そういった場を通じましてですね、改めて徹底してまいりたいというふうに思います。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。12番、武田節夫君。

12番(武田節夫君) パークゴルフ場の整備に要する休業補償費について伺います。私、所管外なんでまだ詳しいことわかりませんけれども、確認のため伺います。
 これは、休業補償費については、教育委員会と株式会社いしこしとの合意がなされた上での提案だと思うんですけども、その確認をお願いしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 教育部次長、佐藤嘉浩君。

教育部次長(佐藤嘉浩君) 補償の内容等につきまして説明を行いまして、了解を得たものというふうに考えてございます。

議長(及川昌憲君) 12番、武田節夫君。

12番(武田節夫君) それは委員会のほうで十分審議されたと思うんですけども、その辺了解を得たという、納得のいくような審議は委員会でなされたんでしょうか。
 あるいはもう一つ、教育委員会側の提案する補償費の内容と株式会社いしこしとのやつが全て合致したとは思わない、思えないんですけども、その辺の食い違いが若干どの部分であったのか、その辺の説明をお願いしたいと思います。

議長(及川昌憲君) 教育部次長、佐藤嘉浩君。

教育部次長(佐藤嘉浩君) 教育委員会につきましては、協議が固まりまして、予算計上の際にご説明を申し上げているという状況でございます。
 なお、補償費については、産業経済部とも一緒に連携をいたしまして、株式会社いしこしのほうに説明を行っているという状況であります。
 内容的には、最終的にはご理解をいただいたというふうに考えてます。あの若干、その何ていいますか、もちろんその不満な部分も少々あるかと思いますけれども、やはりあのこの基準等に準じる必要があるということの説明をいたしまして、ご理解いただいているというふうに考えてございます。

議長(及川昌憲君) 合致してるの。

教育部次長(佐藤嘉浩君) はい。

議長(及川昌憲君) 本当だね。12番、武田節夫君。

12番(武田節夫君) みんな基準、基準でばっかりいっても、やっぱり相手が休業補償を請求する側ですから、その辺はきちっとね、やっぱり柔軟な対応を持っていかないと。ただ、多分しょうがないじゃあ、これを認められないと多分ですよ、合意しないと、社員に給料払えないって、そういう崖っぷちに立たされてる部分もないわけではないと思うんですね。
 ですから、そういった意味で私が今聞きたいのは、本当は2回目で答弁いいただきたかったんですけれども、どういった部分で食い違いがあったのか、その根拠。
 そしてまた、これだったらやむを得ないかなっていう形で多分、株式会社いしこしのほうでも妥協せざるを得なかった部分も、多分ないわけではないと思うんですね。その辺の内容を説明、言っちゃだめな部分あると思うんですけど、許容範囲の中で説明をいただきたいと思います。

議長(及川昌憲君) 教育部次長、佐藤嘉浩君。

教育部次長(佐藤嘉浩君) 一例を挙げますとですね、先ほど収益の減少分の補償というのがありました。あれにつきましても、その協議の中で3年平均というふうなことにいたしました。その辺でも合意を得てるという内容でございます。
 それから、補償率が80%というところがあります。人件費、給与、給与満額ではなくて、80%の補償率になるんですけれども、その辺につきましてどうして80%なんだというご意見をかなりいただいたんですけれども、その辺のところにつきましても、実は6月末でおひと方やめているという状況もございますので、その辺も加味していただきながら、了解をいただいたという内容になってございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。18番、佐藤恵喜君。

18番(佐藤恵喜君) パークゴルフ場の休業補償の関係で、ここまで積算して結果出たと。その過程では、用地対策連絡協議会の考え方、基準を使い、あるいはコンサルタント業者の積算もあってとかという説明あったわけでありますが、この用対連っていうんですか、ついての組織の・・・組織の内容っていうんですか、どういう形でつくられていて、そして本市のさまざまな道路拡張工事、改良工事でもこの考え方が使われているということだと思うんですが、用対連の関係、コンサルタント業者はこれも関係なく積算するんではないと思うんですが、その関係なども繰り返しの説明になるかと思いますが、ちょっとまとめて説明いただきたいと思います。

議長(及川昌憲君) 教育部次長、佐藤嘉浩君。

教育部次長(佐藤嘉浩君) 関係の法律なんですけれども、公共用地の取得に伴う損失補償基準要綱の施行についてということで、昭和37年6月に閣議了解がなされている要項があります。これに基づきまして、37年10月の12日に用地対策連絡会が補償基準を決定してございます。
 今、全国組織があるんですけれども、今のその全国用地対策連絡会全国協議会というのがございます。会長が関東地方整備局長、事務局長が関東地方整備局長の用地部長ということで、各地域にその、例えば東北地区用地対策連絡会等ございます。東京だったり北海道だったり。その下に、例えば宮城県用地対策連絡会等ありまして、その会員としてその市町村等も入っているという状況でございます。
 コンサル等につきましてもこの基準に基づいて、補償等を積算しているという内容になっております。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。10分間休憩します。
 
          休憩 午後1時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時08分
 

議長(及川昌憲君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 議案第67号の質疑を続けます。
 先ほどの24番、八木しみ子君の質疑に対する答弁について、住宅都市整備課長から訂正の申し出がありますので、これを許可します。住宅整備課長、小野寺憲司君。

住宅都市整備課長(小野寺憲司君) 先ほど、定住促進住宅の基金の積立ての関係で答弁した内容に一部誤りがありましたので、訂正をさせていただきたいと思います。
 先ほど、28年度決算の歳入歳出の差額分について積立てを行うという答弁をしてございましたが、これは平成29年度、いわゆる前年度の歳入歳出の差額分ということでございました。
 大変申しわけありませんでした。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。16番、中澤 宏君。

16番(中澤 宏君) それではですね、10款教育費5目体育施設整備費1,978万4,000円の補正に係る件について、お尋ねをしたいと思います。
 タブレットのほうに入れていただいた常任委員会の資料1というのがありますが、この資料に基づいて、まずはお尋ねしたいと思います。
 この補償・・・いいでしょうか。
 それでこれ、わかるようでわからないのはですね、この自主事業ということですよね、この自主事業はその2番の自主事業分の補償というのがあります。この補償の額の補てん、補償ですね、利益から見ると約半分はいしこし全体の、チャチャワールド全体の利益から見た自主事業の規模というのは、大体半分ぐらいの事業になります。その半分の事業というのですね、普通だったら自主事業ってあんまりこう聞いたことないんですけれども、このチャチャワールドにおける区分しなければならない自主事業というのは、どういう事業なのかということをまずお尋ねしたいと思います。
 それから、続いて二つ目でございます。
 次の(2)の中にですね、固定的経費への補償というのがあります。これは事務機器、リースありますね。これは、もうリース料だからすぐわかると思います。それから、軽自動車税っていうのは91.3なので、なぜ91.3なんだろう。自動車保険料、すぐわかりますよね。それから、固定資産税もすぐ切符を見ればわかると思います。
 さて、その次です。減価償却費というのが94万8,426円になっております。これはきのうです、きのうっていうか前回議会の株式会社いしこしさんのこの貸借対照表の資産の部があります。この資産の部に照らしてですね、このときは前年度がね、120万ぐらいのこれ全体の償却費なんですね、いしこしさん。今回これは95万ぐらいの償却になってますが、これに、どこの金額にですね、これ対応した償却費なんだろうということです。
 事業の規模からすれば、収益の規模からすれば半分の規模ですけれども、償却資産から見るとほとんど、9割近い償却資産がこの自主事業のほうになってるんですが、これをどのように見たらいいんだろうということです。
 それから諸会費9万3,000円となってますが、会費にすれば少し高い金額ですが、これはどういう事業なのか、自主事業でね。
 それから地代36万2,000円、よそから土地を借用してるようですが、チャチャワールドのほかにもっと土地をですね、よそから借用して事業を展開してるんだなあというのが、ここから見るとわかりますけれども、参考までにですね、どういう土地を借用して、どんな自主事業を展開してるのか。
 まずはご紹介いただきたいと思います。よろしくお願いします。

議長(及川昌憲君) 教育部次長、佐藤嘉浩君。

教育部次長(佐藤嘉浩君) まず、区分しなければならない自主事業はどんなものというお尋ねでございましたけれども、例えば食堂の運営でありましたり、それから売店、あるいはですね、ビアガーデン等もやっているようでございます。そういったこと、それから自主・・・遊具をみずから設置した分での事業、そういったものは自主事業というふうに区分をしてございます。
 それから、軽自動車税の91.3%っていうのは何かということでありましたが、これにつきましてはですね・・・すいません。外に出て営業した分の売り上げと全体の売り上げを比較した場合に、この程度のもの、要は外に出て営業した分で100%・・・8.7%しかないというような売り上げの額からすれば、そういったことで、金額で分けてこういうようにしました。
 では、なぜ自動車保険料はそのまま100%なのかと思いますと、これについては園内を走るチューチュートレインっていうのがあるんですが、あれにかかってる保険料ということでございます。なのでこちらは、そこのところに置いてあるものですから100%補償しているという内容でございます。
 償却資産の分でありますけれども、94万8,426円を計上してございますが、平成30年度の償却予定の金額でございます。すいません、この100%というふうにあらわしてるんですが、車両の価格等につきましても先ほどの自動車の軽自動車の保険税という同じような考え方で、91.3%内容では見てるという内容になってます。大変申しわけございません。ちょっと表現が違うかと思います。
 それから諸会費なんですけれども、諸会費につきましてはいろいろございまして、例えば食品衛生協会の会費でありますとか、登米中央商工会の会費、社会保険協会の会費、それから労働基準協会の会費などなど、1年分の諸会費を計上したものでございます。
 それから土地の借上料あるんですけれども、これについては駐車場の用地を、混み合ったときのための駐車場用地ということで、チャチャワールドの道路向かいにあるんですけれども、そこを借用しているという状況があります。
 それから減価償却の分なんですけれども、これにつきましては、期間損益計算のための会計処理の手段であるということで、「減価償却については、固定的経費として計上して構わない」というような基準になっているということでございますので、ご理解をいただきたいと思います。

議長(及川昌憲君) 16番、中澤 宏君。

16番(中澤 宏君) そもそもそういった一体的なことが、本来であれば株式会社いしこしが一体的にやってて、その自主事業とも、自主事業とも本来であったら分けなくて、全部指定管理でいいんでねえかなあと思うんですね。なぜこういうことを、自主事業という形の中でこうして分けたんだろうと改めて今思ってるんですけども、同じところでやって自主事業とも、自主事業でないとも。よそに出向いて行ったら、それは自主事業でなくなるとか。かなりその、この事業っていうのは、専門の人でないとよくわからないなあというようにこう思っておりますが、指定管理をするに当たってもこうしたことを検討されて、こうした仕訳をされたのかなと思いますが、改めてその件についてもお尋ねをしたいと思います。
 さて、委員会でもですね、項目は、今ね、減価償却もいろいろご指導いただいて、これに項目を設けたという話でありますから、項目そのものについてどうのこうのというふなことはございません。ただ、積算に当たって、そうした金額に誤りはないのかという視点で、さらにお尋ねをしたいと思います。
 さて、今ですね、自主事業の中で、例えば食堂、売店とかそういうある意味で大きな固定資産、建物を使っての事業もあると思います。それで先ほどお尋ねしましたが、株式会社いしこしの中での固定資産の状況、この状況とですね、これ、ここに書かってる97万何がしの100%となってますが、これはことしの30年度決算の全額をここにあらわしたものなんでしょうか。
 そのときにね、利益からすれば、半分という利益になってるし、固定資産からすれば全額となってるし、固定資産というか減価償却からね、何だか利益は半分で費用は全額だとかってね、何かどうとったらいいんだろうなというようにも、こう思うんですね。うまくなじんでんでしょうか。全体の建物、多分使い合ってんだと思いますけれども、利益の補償は半分にしましたよと。だから利益から見れば、自主事業の規模っていうのは多分、半分なんだろうなと思うんですね。でも、減価償却すると「100%自主事業に充ててますよ」というのはいいんでしょうか、というようなことなんですね。だからそういうことをちょっと説明していただきたいなと、いうようにこう思っております。
 あと、残り3問目になりますからね。このね、聞きたいのは、条例のこともあるんですが、これ特別ですよね、これだけ自主事業という。要するに、もしかしたら株式会社いしこしの皆さんの所有物で営業しているこの資産、要するに資産の規模からすれば、ほとんどがもうその人たちの持ち物にもうなってで、それらを利用した事業展開なのかなあというようにも思っているんです。
 で、このあいだ提案された条例は、市が所有する何個かのものですけれども、これから見ると大半がですね、何だろ、株式会社いしこしの皆さんの所有物だということで、なかなかですね、条例の提案と今回の補償とよくわからないところがあるんですけれども、そうしたその償却費から見たですね、そういうふうなことも、ぜひ説明をお願いしたいなというふうに思います。

議長(及川昌憲君) 教育部次長、佐藤嘉浩君。

教育部次長(佐藤嘉浩君) すいません。説明の都合上ですね、指定管理に係る分、自主事業に係る分というふうに分けて資料を作成してございますが、全体として考えれば、指定管理の事業の中の自主事業という一環でございます。
 それでですね、資産の状況なんですけれども、全額かということでございました。株式会社いしこしが保有している資産については、かなりの割合で、ここでいう減価償却の金額になると思います。
 実は登米市で所有している資産については、こういった償却資産の台帳等がございませんので、その分は全く出てきていないという状況です。なので、そこの分の比較がちょっとできないような状況にあるというのが本当のところであります。
 なおですね、株式会社いしこしの償却資産の中身のほとんど大部分、90%を超えるぐらいの金額にはなっているんですけれども、先ほど申し上げましたように、対象外とした部分につきましては、今もいくらか外に出て営業できる部分がありますので、そういった部分で使う部分ということは抜いてあります。ただ、敷地の中にあって、固定費としてやはり支出されるようなものにつきましては、減価償却としてここに計上させていただいているという内容です。

議長(及川昌憲君) 16番、中澤 宏君。

16番(中澤 宏君) それでね、これ常任委員会でも、実は減価償却があるということは、固定資産の取得台帳とかね、固定資産台帳というのあるはずだと。導入したとき、あるいは修繕を加えているとき、いろいろあって今の帳簿価格が出てると思うんですけども、そういった、ぜひそういう資料を出してほしいという宿題を出したんですが、きょうになってもまだ出てないというふうなことですね。さらには今聞くと、「よくわからない」という話でもありました。
 ここにですね、固定資産が計上されてます、産経部長。この台帳、建物とか何かね、わからなくて、これかけんのかなあというふうにも思うんですけれども、だからこれをあるということは、多分これに基づいてやってるということだから、出せないっていうことはどういうことなんだろうというように思うんですね。
 だから、ということなんですよ。客観的にこう見て、「大丈夫だなあと思うもの」と、それから「本当にこれ大丈夫なのかなあ」というものがあるわけですね。だから本当に大丈夫なのかなあというものについては、「こういうわけだ」というような説明をいただければ、大変いいということなんですよね。
 それでね、例えば高森公園の基金を持ってきました、5,000万。今ずっと基金使ってきましたよね。最後の質問になりますよ。
 これ、産経部のほうかもしません。いろいろ修繕とか、いろいろやってきました。やってきましたからね。例えばテントの修繕とかいろいろありましたね、何年か前にもいろいろ。それはそれで、基金持ってきて使って、とっても結構だと思います。
 ところがここにくっと、「自主事業だ」、「自主事業でない」というふうに分けるなんていうの頭を、最初からそういうことやってるときに頭にありませんでしたから、もうそのままのつもりでやってきました。まあ、いいことですよね、基金持ってきたんだら、うまく使って公園全体の管理のためにうまく活用してもらえればいいなと思ったんですよ。
 ところがここにくると、「自主事業だ」、「自主事業でない」という分けて、その補償にも対象になるというふうなことになると、その基金で使ったやつが、要するに何だろうね、本当にいしこしの皆さんが純粋に支払った財産なのか。それとも、途中修繕をすることで、その財産っていうのは減ってて、市のほうが肩がわりしたとかね、そういうふうなことまで今回は調べねぐなってきたということなんですね。
 だから産経部長、お尋ねしますが、この減価償却費、ここに書いてる減価償却費っていうのは、まさしく補償に値する公平な公正な減価償却でありますかというふうなことをお尋ねして終わります。

議長(及川昌憲君) 教育部次長、佐藤嘉浩君。

教育部次長(佐藤嘉浩君) すいません。前の答弁で、私のちょっと答え方が悪いと思うんですけれども、台帳につきましては、株式会社いしこしは台帳、しっかりと整備しております。これはもちろん経費として、決算のときには見るわけですので、そういった台帳はきちんとあると。
 ただ、「よくわからない」って言ったのはですね、市の物件については、そういった減価償却という台帳がないので、市の物件はわかりませんということを申し上げました。補償対象外でもあるということでもありますし、今回には、そのわからない部分については、対象のほかだろうということでございます。
 それから、私のほうの資料でですね、ちょっとご説明をさせていただければ、減価償却の内容はどんなものなのかということだと思います。株式会社いしこしの・・・
 (「あんだったら資料、出したらいいっちゃ」の声あり)

教育部次長(佐藤嘉浩君) 資料そのままつければよかったんですが。
 (「なして出してないの」の声あり)

教育部次長(佐藤嘉浩君) 建物であったり、構築物であったりですね、それから車両関係でございます。そういったものがありますということです。
 (「入ってるの出したらいいっちゃ。何してすぐ隠す」の声あり)

教育部次長(佐藤嘉浩君) 隠したつもりはなくて、追加資料の中での説明で、去年もそういった資料をちょっと出してた経緯があったもんですから、それでかえさせていただいたということでございます。すいません。

議長(及川昌憲君) 去年出してたの。去年出してたの。去年、それ出してたのかって。

教育部次長(佐藤嘉浩君) いや、去年はそういった内容を詳しくまでは、やっぱ出てないです。固定費の経費の補償ということで、「減価償却費いくら」っていう形で資料を出させていただいてました。それに倣った形になってます。

議長(及川昌憲君) 産業経済部長、阿部孝弘君。

産業経済部長(阿部孝弘君) 固定資産の関係のお尋ねでございます。この固定資産台帳に掲載されているものにつきましては、株式会社いしこしの所有ということでございますので、今回の減価償却費の積算の基礎となるものについては、これで正しいと考えております。
 それから、これまでですね、5,000万円、石越高森公園の基金ということで運用してまいりました。遊具関係につきましては、平成7年度に公園が設置されたときにですね、そのほとんどの遊具も購入して整備をしたということでございまして、それらの登山電車でありますとか、マッハコースターでありますとか、そういった遊具について、その修繕・・・基金のほうから繰り入れをして、修繕を続けてきたということでございます。
 市の所有遊具について、修繕をしてきたということでございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。15番、伊藤吉浩君。

15番(伊藤吉浩君) じゃあ、1点。中澤議員4回目の分というふうなことで、私から確認させていただきたいと思いますが、この固定資産税、取得金額の大きいものはどういった物件だったのか。さらに残存価額、今ある中で一番大きいものというか順番、その辺ちょっと確認させていただければというふうに思います。
 それから、もう一つなんですが、皆さん今、タブレット開いてる中の休業補償の部分、二つ目、自主事業分の補償の関係の欄、ごらんいただければというふうに思います。(1)の欄、これが3年の平均を割り出して算出した根拠というふうなことになっているんだろうというふうに思いますが、下段から2行目、自主事業収入の割合、0.5417ということは、総事業の中で約54%が本来事業以外で収入を得てるというふうなことになっておりまして、本来事業については46%ぐらいの事業というふうなことでよろしいのか。
 そしてこの54.17%の、ここが大事だと思うんですよ。この辺の根拠、その辺確認させていただきたいと思います。

議長(及川昌憲君) 教育部次長、佐藤嘉浩君。

教育部次長(佐藤嘉浩君) 私の今持ってる資料でですね、すいません。予定償却額の資料ございますので、それの大きいものをちょっとご紹介させていただきたいと思います。
 まず一つには、野外ステージ屋根の分でございます。これで53万1,657円。あとは、大きいのは車両でございます。車両が、補償対象額が・・・すいません。
 償却予定額が27万1,138円です。これが補償対象額といたしまして、先ほどの91.3%というのがありましたが、これで24万7,548円という金額です。あとはですね、ステージの屋根工事で5万7,274円、それからアスファルト舗装工事で4万7,153円などとなっておりまして、あとはもう3万円、それから1万円ぐらいの金額のもの数点あるという内容なっております。
 それから、自主事業費の54.17%でありますけれども、これにつきましては、遊具の利用料に着目をしてございます。
 それから、販売収入附帯収入とあるんですけれども、遊具の売り上げを市の遊具の分と分けまして、自主事業と遊具、市有の分と分けて、自主事業分にはさらに販売、食堂の収入でありますとか、自動販売機の附帯収入とかをプラスしたもの。そういった収入の割合が54.17%あるという内容でございます。根拠についてもその数字から持ってきているという内容です。
 以上です。

議長(及川昌憲君) 15番、伊藤吉浩君。

15番(伊藤吉浩君) 私もちょっと忘れてしまいましたけども、屋根の関係はまるきり単独事業として張りかえしたというような状況でしたっけか。その辺ちょっと確認したいというふうに思います。
 それから、本来であればこの辺の算出、26年度が何%、27年が何%、28年が何%。
 それから、直近というふうなことでございますので、その辺の直近の状況の月割りとかそういったことが、なんだろうなというふうに思います。
 それから売上総利益の割合とか、そういった関係には入れ込まなくてよろしいのかなというふうに考えますが、その辺確認させていただきます。

議長(及川昌憲君) 教育部次長、佐藤嘉浩君。

教育部次長(佐藤嘉浩) 資産台帳の写しをいただいたときに確認をさせていただきました。「市の補助金とか、そういったものはないですよね」という確認をしておりますので、返答いたしましては「ありません」という答えをいただいております。それを信用した形になってます。
 それから、売上総利益の割合といいましたけれども、総利益になってしまうとですね、管理費用を全部差し引くんですけれども、その割合をどういうふうに配分したらいいか難しいところでございますので、それはちょっとできなかったと。
 なので、売り上げのところでの、その率で判断したという内容になってます。

議長(及川昌憲君) 15番、伊藤吉浩君。

15番(伊藤吉浩君) その辺ちょっと屋根の関係、産経部、そうだったでしょうかね。私もちょっと記憶が薄いので、その辺確認させていただければというふうに思います。
 それからパーセントの根拠、売上総利益はなかなか難しい、営業利益というふうなのことで算出したというふうなこと理解したわけでありますが、年度年度の収入割合とか、そういったのってのは出す必要がないでしょうか。その辺の疑問と本来、本来というそういったこまい事業別自主積算、その辺がしっかり行われているのかというようなことが確認できればよろしいのかなというふうには思うわけなんですが、その辺確認させていただければと。

議長(及川昌憲君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) パラソルステージのお尋ねでございます。
 ビニールハウスの骨組みとビニールと、同じようなイメージで思っていただくとわかりますが、チャチャワールド・・・株式会社いしこしとすれば、その躯体骨組みの部分、野外ステージの屋根の躯体、建物の分を持ってございます。
 そして、今お尋ねの部分については、屋根の張りかえ、テント生地等の屋根の張りかえのことだと思いますけれども、手元の資料では、平成13年に市の補助金を投入して、屋根の張りかえは平成13年にしてございます。

議長(及川昌憲君) 教育部次長、佐藤嘉浩君。

教育部次長(佐藤嘉浩君) 年度ごとに出す必要だというご質問でありましたけれども、これにつきまして先ほども説明いたしました。本来は直近の年度1年間で見るのが正しいっていうか、本当のやり方なんですけれども、今回、直近の29年度につきましては、途中から休園ということになっておりますので、通年のものではないということから、29年度を含まない直近3年で判断したと、の平均で判断したということをしておりますので、あえて各年度ごとにというのは、計算すればすぐ出てくるんですが、そこの部分は気にしなかったというところでございます。
 それから事業別ということにつきましては、遊具の利用料でありますとか、販売収入、それから附帯収入というふうには分けてございます。そのような区分はした中での積算になってございます。

議長(及川昌憲君) 商業観光課長、新田公和君。

商業観光課長(新田公和君) 先ほどのパラソルステージの部分、ちょっと説明不足というか訂正になりますけども、平成13年、合併前にですね、テント生地でやった際については、先ほどのような話でございましたが、その後、株式会社いしこしのほうでテント生地ではなくて本当の、スチールの屋根のほう整備してございます。
 申しわけございませんでした。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 討論なしと認めます。
 これから議案第67号を採決します。
 お諮りします。お諮りします。本案は、原案のとおり決定することに異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、議案第67号 平成30年度登米市一般会計補正予算(第3号)については、原案のとおり可決されました。
 ここで説明員入れ替えのため、暫時休憩いたします。
 
          休憩 午後2時40分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時41分
 

議長(及川昌憲君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 議案第68号について議案内容の説明を求めます。市民生活部次長、加藤 均君。

市民生活部次長(加藤 均君) それでは、議案第68号 平成30年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてご説明いたします。
 補正予算書につきましては35ページであります。補正予算の概要につきましては、25ページからになります。それぞれご準備をお願いいたします。
 それでは、まず補正予算書35ページをお願いいたします。予算書の35ページでございます。
 今回の補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1億9,354万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ90億2,851万4,000円とするものであります。
 続きまして、歳入予算の補正につきまして事項別明細書でご説明いたしますので、補正予算書44ページをお願いいたします。44ページであります。
 まず、5款繰入金1項1目一般会計繰入金につきましては、制度改正に伴う電算システム改修費を繰り入れるものであります。
 続いて、2項1目財政調整基金繰入金につきましては、今回の補正予算に伴う財源調整といたしまして財政調整基金繰入金を減額するもので、6款繰越金につきましては、平成29年度決算に伴いまして、前年度繰越金を追加するものであります。
 続きまして、歳出予算の補正につきましては補正予算の概要で説明いたしますので、補正予算の概要25ページであります。25ページをお願いいたします。
 1款総務費1項1目2細目総務一般管理費につきましては、国民健康保険の都道府県単位化に伴う、電算システムの改修に要する経費を補正するものであります。
 続いて、8款諸支出金でありますが、平成29年度国民健康保険事業費の確定に伴いまして、各種負担金等の精算を行うための返還金、さらに平成29年度一般会計繰入金の精算を行うための一般会計への繰出金を計上しております。
 続きまして27ページにつきましては、国民健康保険特別会計に属する基金の状況について記載をいたしております。
 説明は以上であります。よろしくお願いいたします。

議長(及川昌憲君) 説明が終わりました。これから質疑を行います。
 質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 討論なしと認めます。
 これから議案第68号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、議案第68号 平成30年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第69号について議案内容の説明を求めます。市民生活部次長、加藤 均君。

市民生活部次長(加藤 均君) それで、は議案第69号 平成30年度登米市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。
 補正予算書につきましては51ページから、補正予算の概要につきましては31ページでございます。それぞれご準備をお願いいたします。
 それでは、まず補正予算書51ページをお願いいたします。予算書の51ページでございます。
 今回の補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額にそれぞれ2,503万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ8億5,855万4,000円とするものであります。
 続きまして、歳入予算の補正につきましては、事項別明細書でご説明いたしますので補正予算書の60ページであります。60ページをお願いいたします。
 まず、1款後期高齢者医療保険料につきましては、平成30年度保険料の本算定に伴いまして保険料を追加するもので、4款繰越金につきましては、平成29年度決算に伴いまして前年度繰越金を追加するものであります。
 次に、5款諸収入につきましては、延滞金及び保険料還付金の収納見込みに基づきまして、それぞれ追加するものであります。
 6款国庫支出金につきましては、後期高齢者医療電算システムの改修に対する国庫補助金といたしまして、高齢者医療制度円滑運営事業費補助金を計上しております。
 続きまして、歳出予算の補正につきましては、補正予算の概要で説明いたしますので、補正予算の概要31ページでございます。31ページをお願いいたします。
 まず、2款後期高齢者医療広域連合納付金でありますが、宮城県後期高齢者医療広域連合への納付金を追加するもので、平成30年度本算定に伴う保険料及び延滞金の追加、さらには平成29年度納付金の精算に伴う追加分を計上しております。
 続いて、3款諸支出金でありますが、平成29年度事務費等の確定に伴いまして一般会計への繰出金を計上しております。
 説明は以上であります。よろしくお願いいたします。

議長(及川昌憲君) 説明が終わりました。これから質疑を行います。
 質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) これから議案第69号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、議案69号 平成30年度登米市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第70号について議案内容の説明を求めます。福祉事務所長、鈴木文男君。

福祉事務所長(鈴木文男君) それでは、議案第70号 平成30年度登米市介護保険特別会計補正予算(第2号)についてご説明いたします。
 補正予算書につきましては67ページからです。補正予算の概要につきましては、35ページからになります。ご準備をお願いいたします。
 それでは、まず補正予算書67ページをお願いいたします。67ページでございます。今回の補正につきましては、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1億3,637万8,000円を追加して、歳入歳出予算の総額をそれぞれ103億2,987万5,000円とするものであります。
 続きまして、歳入予算の補正につきましては事項別明細書でご説明いたしますので、補正予算書76ページをお願いいたします。76ページでございます。
 3款国庫支出金5款県支出金及び7款繰入金につきましては、歳出予算におきまして地域支援事業に認知症サポート医養成研修受講費負担金を計上することから、それぞれ定められた負担割合に応じ、補正するものであります。
 8款繰越金であります。繰越金につきましては、平成29年度介護保険特別会計の決算剰余金確定に伴いまして、前年度繰越金を計上するものでございます。
 続いて、歳出予算の補正につきましては補正予算の概要でご説明いたしますので、補正予算の概要35ページをお願いいたします。35ページであります。
 4款地域支援事業費3項8目1細目認知症総合支援事業費につきましては、認知症の方の支援において、かかりつけ医や専門医療機関、地域包括支援センター等との連携の推進役となります認知症サポート医を確保するため、2名分の研修受講費負担金を計上するものであります。
 5款基金積立金1項1目1細目介護保険事業財政調整基金積立金につきましては、今回の予算補正に伴う財源調整のため、財政調整基金積立金を増額するものでございます。
 7款諸支出金1項2目1細目償還金につきましては、平成29年度介護給付費等の確定に伴います国、県等に対する負担金補助金の返還に要する経費を計上してるものでございます。
 次の36ページです。
 3項1目1細目他会計繰出金につきましては、平成29年度介護保険事業の確定に伴います一般会計への繰り出しに要する経費を計上するものでございます。
 続いて37ページにつきましては、介護保険特別会計に属する基金の状況についてでありまして、内容は記載のとおりでございます。
 説明は以上であります。よろしくお願いいたします。

議長(及川昌憲君) 説明が終わりました。これから質疑を行います。
 質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 討論なしと認めます。
 これから議案第70号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、議案第70号 平成30年度登米市介護保険特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第71号について議案内容の説明を求めます。総務部長、中津川源正君。

総務部長(中津川源正君) 議案第71号 平成30年度登米市土地取得特別会計補正予算(第2号)につきましてご説明申し上げます。
 補正予算書は83ページをお願いいたします。83ページでございます。
 歳入歳出の予算の補正でございますが、予算の総額に歳入歳出それぞれ47万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億4,735万3,000円とするものでございます。
 歳入の事項別明細書につきましては予算書の89ページ、歳出につきましては、補正予算書の概要41ページでございます。
 今回の補正につきましては、宅地造成事業特別会計の平成29年度決算に係ります補正でございまして、歳入につきましては、宅地造成事業特別会計からの繰入金を、歳出につきましては、土地開発基金への繰出金をそれぞれ47万7,000円増額するものでございます。
 予算の概要42ページに土地開発基金の状況をお示してございますので、お目通しをお願いいたします。
 説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。

議長(及川昌憲君) 説明が終わりました。これから質疑を行います。
 質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 討論なしと認めます。
 これから議案第71号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、議案第71号 平成30年度登米市土地取得特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決されました。
 議案審議の途中ですが、ここで10分間休憩させていただきます。
 
          休憩 午後2時53分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時01分
 

議長(及川昌憲君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、議案第72号について議案内容の説明を求めます。建設部長、首藤正敏君。

建設部長(首藤正敏君) それでは、議案第72号 平成30年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明を申し上げます。
 補正予算書99ページ、補正予算の概要45ページをお願いいたします。説明については、初めに補正予算書の99ページで行いたいと思いますので、ご準備をお願いいたします。補正予算書99ページでございます。
 今回の補正でございますが、予算の総額に歳入歳出それぞれ3,646万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入算出それぞれ49億1,871万6,000円とするものでございます。
 歳入につきましては、事項別明細書で説明を申し上げますので、補正予算書の108ページをお願いいたします。108ページ、109ページでございます。
 7款繰越金1項1目1節前年度繰越金でございますが、平成29年度決算に係ります繰越金でございまして、・公共下水道、農業集落排水、浄化槽の3事業合わせまして3,646万6,000円を増額するものでございます。
 次に、歳出につきましては、補正予算書の概要で説明を申し上げます。概要の45ページをお願いいたします。補正予算書の概要45ページでございます。
 1款総務費1項1目2細目公共下水道一般管理費でありますが、平成29年度決算に係ります繰越金相当額を一般会計繰出金として、2,074万3,000円を増額するのでございます。
 2目2細目農集排一般管理費につきましても、繰越金相当額を一般会計繰出金として1,024万円を増額、それと3目2細目・・・失礼しました。
 農業集落排水金につきまして、繰越金相当額、一般会計繰出金として1,240万円を増額、それと3目2細目の浄化槽一般管理費につきましても、繰越金相当額を一般会計繰出金として332万3,000円を増額するものでございます。
 それから次のページ、46ページに基金の状況を掲載してございますので、お目通し願います。
 説明は以上でございますので、ご審議賜り、ご決定いただきますようお願い申し上げます。

議長(及川昌憲君) 説明が終わりました。これから質疑を行います。
 質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 討論なしと認めます。
 これから議案第72号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、議案第72号 平成30年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第73号について議案内容の説明を求めます。産業経済部長、阿部孝弘君。

産業経済部長(阿部孝弘君) それでは、議案第73号 平成30年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。
 補正予算書115ページをお願いいたします。
 歳入歳出予算の補正でありますが、予算の総額に歳入歳出それぞれ47万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億8,286万5,000円とするものであります。
 歳入の事項別明細につきましては、予算書の124ページ、125ページ。歳出につきましては、補正予算の概要49ページでございます。
 今回の補正につきましては、平成29年度事業確定による補正でありまして、歳入につきましては前年度繰越金を、歳出につきましては、土地取得特別会計への繰出金をそれぞれ47万8,000円増額するものでございます。
 説明については以上でございますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願いいたします。

議長(及川昌憲君) 説明が終わりました。これから質疑を行います。
 質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 討論なしと認めます。
 これから議案第73号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、議案第73号 平成30年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決されました。
 ここで説明員入れ替えのため、暫時休憩いたします。
 
          休憩 午後3時07分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時08分
 

議長(及川昌憲君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 議案第74号について議案内容の説明を求めます。医療局次長、千葉勝範君。

医療局次長(千葉勝範君) それでは、議案第74号 平成30年度登米市病院事業会計補正予算(第3号)についてご説明を申し上げます。
 別冊、登米市病院事業会計補正予算書をご準備お願いいたします。補正予算書3ページをお開き願います。
 第2条収益的収入及び支出でございますが、支出におきまして473万4,000円を追加するものでございます。詳細につきましては、補正予算書12ページの収益的収入及び支出明細書でご説明申し上げます。
 収益的収入及び支出の補正予算の内容でございます。
 支出におきましては、第1項医業費用3目経費に473万4,000円を追加するものでございます。これにつきましては、平成30年4月の診療報酬改定において、従来の一般病棟入院基本料10対1相当を維持する要件といたしまして診療実績データの提出が必要になったことから、米谷病院、豊里病院でこれらに対応するため、診療情報管理士の業務を行う人材の派遣を受けるための委託料473万4,000円の追加をお願いするものでございます。
 恐れ入りますが、3ページにお戻り願います。第3条債務負担行為でございます。
 内容といたしましては、米谷病院の給食業務委託について、平成31年度から33年度までの3カ年で限度額を6,776万8,000円、登米市民病院、米谷病院、豊里病院の施設管理業務委託につきまして、平成31年度から33年度までの3カ年で限度額を3億8,759万6,000円、米谷病院のカーテン等賃借につきまして、平成31年度から35年度までの5カ年で限度額を1,218万3,000円として設定をお願いするものでございます。
 補正予算書15ページをお願いいたします。15ページには損益計算書の推移、あわせまして、16ページには貸借対照表の推移を掲載してございます。
 今回の補正によります増減につきましては、いずれも診療情報管理士業務に係ります経費分でございますので、お目通しをお願いいたします。
 説明は以上でございます。ご審議を賜り、ご決定くださいますよう、お願い申し上げます。

議長(及川昌憲君) 説明が終わりました。これから質疑を行います。
 質疑ありませんか。19番、田口政信君。

19番(田口政信君) 15ページの見方わかんないですけど、15ページに損益計算書あるんですが、経費費用として438万3,000円と医業外費用として35万1,000円雑損失で出て、それを合計が473万4,000円っていうふうに見たんですが、雑損失っていうのは、いったいどういうふうに見ればいんですか。経費として438万3,000円と、雑損失っていう区分けはどういうふうに。こっちの支出の明細書には一本で書いてあるんですが、そのわけ。
 それともう1点は、米谷病院と豊里病院のいわゆる給食業務の債務負担行為が、カーテン等が掲載され・・・管理費とね。掲載されておりますが、債務負担行為をやるに当たって、どのような手続きをされたか。いわゆる、きっと競争が働いて、施設管理もそうですが、競争性をちゃんと担保しているかどうか。
 それと、市民病院の給食の債務負担行為はいつ出すんですか。それを伺います。

議長(及川昌憲君) 医療局企画課長、阿部桂一君。

医療局経営管理部企画課長(阿部桂一君) それでは、私から1点目の15ページの損益計算書の金額の関係でございます。
 これにつきましては、総額473万4,000円は税込みの経費でございます。この損益計算書15ページに掲載してございます医業費用の分につきましては、税抜きの金額438万3,000円。医業外費用の雑損失に掲載してございますのは、全体の消費税の分の掲示ということになってございますので、よろしくお願いいたします。
 それから、債務負担行為の競争性ということでございますが、今回お願い申し上げております債務負担の設定につきましては、今後契約を行うための限度額の設定ということでございますので、この金額につきましては、現在お願いしています業者のほうから、今後の見込みも含めまして見積もりを通した中で、限度額ということで設定をしているものでございますので、今後入札の中で競争性を担保しながら進めていくということでございますので、よろしくお願いいたします。

議長(及川昌憲君) 医療局総務課長、千葉裕樹君。

医療局経営管理部総務課長(千葉裕樹君) 市民病院の給食については、昨年度、29年度に債務負担を承認いただきまして、30年から3年間の給食の委託ということで契約をしております。

議長(及川昌憲君) 19番、田口政信君。

19番(田口政信君) 実態、把握してなくて申しわけございません。前段は了承しました。
 つまり給食費ですね、特に市民病院のいわゆる今の債務負担行為の状況っつうのは、私もちょっと認識してないので、ちょっと教えていただきたいんですけども。お願いします。

議長(及川昌憲君) 医療局総務課長、千葉裕樹君。

医療局経営管理部総務課長(千葉裕樹君) 30年度からの契約なんですが3年間、30年から32年まで3年間の契約を行っております。
 質問につきましては、現在委託している業者さんは富士産業さんでございます。給食の業務を委託してるというふうになっております。
 金額、委託料につきましては、基本料金です。年間で6,207万8,400円と。
 繰り返します。6,207万8,400円、年間ベースです。1年間の年間ベースです。これの業務委託ということで契約しております。

議長(及川昌憲君) 19番、田口政信君。

19番(田口政信君) 業務委託はいいんでしょうけども、今のスタイルをずっと続けるって意味で理解していいんですか。
 つまり給食ってのは今、外部ですよね。そのスタイルをずっと続けるっていうふうに理解していいんですか。もう何年・・・3年契約したのでそこまでは続けて、その後どうするとかっていうふうに考えてますか。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、千葉勝範君。

医療局次長(千葉勝範君) 平成29年度に契約が整いませんで、いろいろとございました。それで29年度の9月に債務負担行為をお認めいただいて、今の業者さんと契約を結ぶという経緯がございます。
 基本的には、給食につきましては、給食業務委託の方向で考えてまいりたいというふうに考えております。ですので、今回の契約以降のその後の形態につきましても、基本的には業者委託というふうなところで考えておるところでございます。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。20番、沼倉利光君。

20番(沼倉利光君) 今回の補正にですね、登米の診療所に関係にしては、3カ月間の送迎のバスということでありますけども、八、九、十と、あとは12月しか議会ないんですけども、11月、12月については何かこのここで補正を、次の事業のためにとる必要はないという判断で今回ないということなのか。それとも別な何か考えるのか。
 そこだけお聞かせ願います。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、千葉勝範君。

医療局次長(千葉勝範君) 7月の特別議会で補正をお認めいただきました。その内容というのが、8月、9、月10月の3カ月間の試験運行というところでお認めをいただいたところでございます。それに基づきまして、8月の利用実績、患者さんの送迎バスの利用実績等を今、中身を精査しております。相当、利用率が低いということもございまして、現在その方向性、10月までにつきましては、お認めいただいた内容で継続してまいりたいというふうには考えておりますが、それ以降の対応策というところは、現在のところ検討中というところでございます。
 しかしながら、11月から利用者が増加するというふうな見込みも今んところ立っておりませんので、その辺を加味しながら検討させていただいているという状況です。

議長(及川昌憲君) 20番、沼倉利光君。

20番(沼倉利光君) 利用実績については、あえてここで申し述べる必要もないと思いますけども、ほんとに全くなしという形にするのか。その判断については、そうすっと今時点ではまだわからないということなんでしょうかね。
 というのは、登米の方からね、「一体どうなってんだ」という問い合わせがあったもんですから、あえてお伺いしますけども、そうすっと11月、12月については、今のところ予算措置は考えてないというふうによろしいですね。

議長(及川昌憲君) 医療局次長、千葉勝範君。

医療局次長(千葉勝範君) その辺も含みまして、現在、中身を精査させていただいております。利用実績、8月の利用人数を見ますと、マイクロバスはなかなか走らせるための理由が立たないというふうな内容です。
 これにつきましては、また来週中にもいろいろと常任委員会もございますので、その中で報告等させていただければというふうに考えております。

議長(及川昌憲君) ほかに質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) これで質疑は終わります。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 討論なしと認めます。
 これから議案第74号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、議案第74号 平成30年度登米市病院事業会計補正予算(第3号)については、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第75号について議案内容の説明を求めます。医療局次長、千葉勝範君。

医療局次長(千葉勝範君) それでは、議案第75号 平成30年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第1号)についてご説明を申し上げます。
 別冊、登米市老人保健事業会計補正予算書をご準備願います。補正予算書3ページをお開き願います。
 第2条でございますが、予算第5条といたしまして債務負担行為を定めるものでございます。内容といたしましては、豊里老人保健施設の施設管理業務委託につきまして、平成31年度から33年度までの3カ年で限度額を1,687万4,000円として設定をお願いするものでございます。
 説明は以上でございます。ご審議を賜りまして、ご決定くださいますようお願い申し上げます。

議長(及川昌憲君) 説明が終わりました。これから質疑を行います。
 質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 討論なしと認めます。
 これから議案第75号を採決します。
 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、議案第75号 平成30年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決されました。
 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 お諮りします。あす9月19日は議事の都合により、また9月20日と25日は常任委員会開催のため、9月21日は全員協議会開催のため休会としたいと思います。
 これにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)

議長(及川昌憲君) 異議なしと認めます。よって、9月19日は議事の都合により、また9月20日と25日は常任委員会開催のため、9月21日は全員協議会開催のため休会とすることに決定しました。
 なお、次回の会議は9月26日午前10時から開催します。
 本日はこれで散会します。ご苦労さまでございました。
 
          散会 午後3時25分
 
 
 上記会議の経過を記載し、その相違ないことを証するためここに署名する。
 
 議会議長  及 川 昌 憲
 
 
 署名議員  伊 藤 吉 浩
 
 
 署名議員  中 澤   宏
 
 
 

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>