•   0  (日程・名簿)
  •   1  副委員長(中澤宏)
  •   2  27番(熊谷憲雄)
  •   3  副委員長(中澤宏)
  •   4  土木管理課長(金正男)
  •   5  副委員長(中澤宏)
  •   6  27番(熊谷憲雄)
  •   7  副委員長(中澤宏)
  •   8  土木管理課長(金正男)
  •   9  副委員長(中澤宏)
  •  10  27番(熊谷憲雄)
  •  11  副委員長(中澤宏)
  •  12  土木管理課長(金正男)
  •  13  副委員長(中澤宏)
  •  14  27番(熊谷憲雄)
  •  15  副委員長(中澤宏)
  •  16  建設部長(齋藤輝雄)
  •  17  副委員長(中澤宏)
  •  18  27番(熊谷憲雄)
  •  19  副委員長(中澤宏)
  •  20  土木管理課長(金正男)
  •  21  副委員長(中澤宏)
  •  22  27番(熊谷憲雄)
  •  23  副委員長(中澤宏)
  •  24  土木管理課長(金正男)
  •  25  副委員長(中澤宏)
  •  26  27番(熊谷憲雄)
  •  27  副委員長(中澤宏)
  •  28  建設部長(齋藤輝雄)
  •  29  副委員長(中澤宏)
  •  30  27番(熊谷憲雄)
  •  31  副委員長(中澤宏)
  •  32  建設部長(齋藤輝雄)
  •  33  副委員長(中澤宏)
  •  34  6番(阿部正一)
  •  35  副委員長(中澤宏)
  •  36  道路課長(千葉郁郎)
  •  37  副委員長(中澤宏)
  •  38  建設部長(齋藤輝雄)
  •  39  副委員長(中澤宏)
  •  40  6番(阿部正一)
  •  41  副委員長(中澤宏)
  •  42  建設部長(齋藤輝雄)
  •  43  副委員長(中澤宏)
  •  44  6番(阿部正一)
  •  45  副委員長(中澤宏)
  •  46  24番(岩淵勇一)
  •  47  副委員長(中澤宏)
  •  48  都市計画課長(及川甚悦)
  •  49  副委員長(中澤宏)
  •  50  24番(岩淵勇一)
  •  51  副委員長(中澤宏)
  •  52  都市計画課長(及川甚悦)
  •  53  副委員長(中澤宏)
  •  54  24番(岩淵勇一)
  •  55  副委員長(中澤宏)
  •  56  都市計画課長(及川甚悦)
  •  57  副委員長(中澤宏)
  •  58  24番(岩淵勇一)
  •  59  副委員長(中澤宏)
  •  60  副市長(井林貢)
  •  61  副委員長(中澤宏)
  •  62  13番(相澤吉悦)
  •  63  副委員長(中澤宏)
  •  64  消防長心得(金和男)
  •  65  副委員長(中澤宏)
  •  66  13番(相澤吉悦)
  •  67  副委員長(中澤宏)
  •  68  9番(及川長太郎)
  •  69  副委員長(中澤宏)
  •  70  都市計画課長(及川甚悦)
  •  71  副委員長(中澤宏)
  •  72  9番(及川長太郎)
  •  73  副委員長(中澤宏)
  •  74  都市計画課長(及川甚悦)
  •  75  副委員長(中澤宏)
  •  76  副委員長(中澤宏)
  •  77  副委員長(中澤宏)
  •  78  2番(工藤淳子)
  •  79  副委員長(中澤宏)
  •  80  教育総務課長(及川一夫)
  •  81  副委員長(中澤宏)
  •  82  2番(工藤淳子)
  •  83  副委員長(中澤宏)
  •  84  教育総務課長(及川一夫)
  •  85  副委員長(中澤宏)
  •  86  2番(工藤淳子)
  •  87  副委員長(中澤宏)
  •  88  教育総務課長(及川一夫)
  •  89  副委員長(中澤宏)
  •  90  2番(工藤淳子)
  •  91  副委員長(中澤宏)
  •  92  教育総務課長(及川一夫)
  •  93  副委員長(中澤宏)
  •  94  2番(工藤淳子)
  •  95  副委員長(中澤宏)
  •  96  教育総務課長(及川一夫)
  •  97  副委員長(中澤宏)
  •  98  2番(工藤淳子)
  •  99  副委員長(中澤宏)
  • 100  教育総務課長(及川一夫)
  • 101  副委員長(中澤宏)
  • 102  2番(工藤淳子)
  • 103  副委員長(中澤宏)
  • 104  学校教育課長(伊藤勉)
  • 105  副委員長(中澤宏)
  • 106  2番(工藤淳子)
  • 107  副委員長(中澤宏)
  • 108  学校教育課長(伊藤勉)
  • 109  副委員長(中澤宏)
  • 110  2番(工藤淳子)
  • 111  副委員長(中澤宏)
  • 112  副委員長(中澤宏)
  • 113  教育長(佐藤壽昭)
  • 114  副委員長(中澤宏)
  • 115  6番(阿部正一)
  • 116  副委員長(中澤宏)
  • 117  教育総務課長(及川一夫)
  • 118  副委員長(中澤宏)
  • 119  6番(阿部正一)
  • 120  副委員長(中澤宏)
  • 121  6番(阿部正一)
  • 122  副委員長(中澤宏)
  • 123  7番(佐々木一)
  • 124  副委員長(中澤宏)
  • 125  活き生き学校支援室長(金野勉)
  • 126  副委員長(中澤宏)
  • 127  学校教育課長(伊藤勉)
  • 128  副委員長(中澤宏)
  • 129  生涯学習課長(千葉幸弘)
  • 130  副委員長(中澤宏)
  • 131  7番(佐々木一)
  • 132  副委員長(中澤宏)
  • 133  学校教育課長(伊藤勉)
  • 134  副委員長(中澤宏)
  • 135  生涯学習課長(千葉幸弘)
  • 136  副委員長(中澤宏)
  • 137  19番(佐藤恵喜)
  • 138  副委員長(中澤宏)
  • 139  学校教育次長(中津川定幸)
  • 140  副委員長(中澤宏)
  • 141  19番(佐藤恵喜)
  • 142  副委員長(中澤宏)
  • 143  学校教育次長(中津川定幸)
  • 144  副委員長(中澤宏)
  • 145  19番(佐藤恵喜)
  • 146  副委員長(中澤宏)
  • 147  学校教育次長(中津川定幸)
  • 148  副委員長(中澤宏)
  • 149  19番(佐藤恵喜)
  • 150  副委員長(中澤宏)
  • 151  教育総務課長(及川一夫)
  • 152  副委員長(中澤宏)
  • 153  19番(佐藤恵喜)
  • 154  副委員長(中澤宏)
  • 155  教育総務課長(及川一夫)
  • 156  副委員長(中澤宏)
  • 157  教育総務課長(及川一夫)
  • 158  副委員長(中澤宏)
  • 159  学校教育次長(中津川定幸)
  • 160  副委員長(中澤宏)
  • 161  19番(佐藤恵喜)
  • 162  副委員長(中澤宏)
  • 163  学校教育次長(中津川定幸)
  • 164  副委員長(中澤宏)
  • 165  19番(佐藤恵喜)
  • 166  副委員長(中澤宏)
  • 167  17番(關孝)
  • 168  副委員長(中澤宏)
  • 169  教育総務課長(及川一夫)
  • 170  副委員長(中澤宏)
  • 171  17番(關孝)
  • 172  副委員長(中澤宏)
  • 173  市長(布施孝尚)
  • 174  副委員長(中澤宏)
  • 175  17番(關孝)
  • 176  副委員長(中澤宏)
  • 177  社会教育次長(後藤建一)
  • 178  副委員長(中澤宏)
  • 179  17番(關孝)
  • 180  副委員長(中澤宏)
  • 181  生涯学習課長(千葉幸弘)
  • 182  副委員長(中澤宏)
  • 183  17番(關孝)
  • 184  副委員長(中澤宏)
  • 185  生涯学習課長(千葉幸弘)
  • 186  副委員長(中澤宏)
  • 187  17番(關孝)
  • 188  副委員長(中澤宏)
  • 189  社会教育次長(後藤建一)
  • 190  副委員長(中澤宏)
  • 191  17番(關孝)
  • 192  副委員長(中澤宏)
  • 193  生涯学習課長(千葉幸弘)
  • 194  副委員長(中澤宏)
  • 195  委員長(浅田修)
  • 196  学校教育次長(中津川定幸)
  • 197  委員長(浅田修)
  • 198  19番(佐藤恵喜)
  • 199  委員長(浅田修)
  • 200  市長(布施孝尚)
  • 201  委員長(浅田修)
  • 202  学校教育次長(中津川定幸)
  • 203  委員長(浅田修)
  • 204  19番(佐藤恵喜)
  • 205  委員長(浅田修)
  • 206  教育長(佐藤壽昭)
  • 207  委員長(浅田修)
  • 208  19番(佐藤恵喜)
  • 209  委員長(浅田修)
  • 210  学校教育次長(中津川定幸)
  • 211  委員長(浅田修)
  • 212  19番(佐藤恵喜)
  • 213  委員長(浅田修)
  • 214  学校教育次長(中津川定幸)
  • 215  委員長(浅田修)
  • 216  19番(佐藤恵喜)
  • 217  委員長(浅田修)
  • 218  教育長(佐藤壽昭)
  • 219  委員長(浅田修)
  • 220  19番(佐藤恵喜)
  • 221  委員長(浅田修)
  • 222  教育長(佐藤壽昭)
  • 223  委員長(浅田修)
  • 224  17番(關孝)
  • 225  委員長(浅田修)
  • 226  副市長(井林貢)
  • 227  委員長(浅田修)
  • 228  17番(關孝)
  • 229  委員長(浅田修)
  • 230  市長(布施孝尚)
  • 231  委員長(浅田修)
  • 232  18番(田口久義)
  • 233  委員長(浅田修)
  • 234  活き生き学校支援室長(金野勉)
  • 235  委員長(浅田修)
  • 236  18番(田口久義)
  • 237  委員長(浅田修)
  • 238  活き生き学校支援室長(金野勉)
  • 239  委員長(浅田修)
  • 240  18番(田口久義)
  • 241  委員長(浅田修)
  • 242  学校教育次長(中津川定幸)
  • 243  委員長(浅田修)
  • 244  28番(岩淵正宏)
  • 245  委員長(浅田修)
  • 246  生涯学習課長(千葉幸弘)
  • 247  委員長(浅田修)
  • 248  28番(岩淵正宏)
  • 249  委員長(浅田修)
  • 250  社会教育次長(後藤建一)
  • 251  委員長(浅田修)
  • 252  28番(岩淵正宏)
  • 253  委員長(浅田修)
  • 254  市長(布施孝尚)
  • 255  委員長(浅田修)
  • 256  28番(岩淵正宏)
  • 257  委員長(浅田修)
  • 258  社会教育次長(後藤建一)
  • 259  委員長(浅田修)
  • 260  10番(浅野敬)
  • 261  委員長(浅田修)
  • 262  学校教育次長(中津川定幸)
  • 263  委員長(浅田修)
  • 264  27番(熊谷憲雄)
  • 265  委員長(浅田修)
  • 266  教育委員会理事(及川登志郎)
  • 267  委員長(浅田修)
  • 268  27番(熊谷憲雄)
  • 269  委員長(浅田修)
  • 270  教育委員会理事(及川登志郎)
  • 271  委員長(浅田修)
  • 272  27番(熊谷憲雄)
  • 273  委員長(浅田修)
  • 274  教育委員会理事(及川登志郎)
  • 275  委員長(浅田修)
  • 276  27番(熊谷憲雄)
  • 277  委員長(浅田修)
  • 278  教育委員会理事(及川登志郎)
  • 279  委員長(浅田修)
  • 280  27番(熊谷憲雄)
  • 281  委員長(浅田修)
  • 282  教育委員会理事(及川登志郎)
  • 283  委員長(浅田修)
  • 284  生涯学習課長(千葉幸弘)
  • 285  委員長(浅田修)
  • 286  27番(熊谷憲雄)
  • 287  委員長(浅田修)
  • 288  教育委員会理事(及川登志郎)
  • 289  委員長(浅田修)
  • 290  27番(熊谷憲雄)
  • 291  委員長(浅田修)
  • 292  委員長(浅田修)
  • 293  委員長(浅田修)
  • 294  28番(岩淵正宏)
  • 295  委員長(浅田修)
  • 296  25番(中澤宏)
  • 297  委員長(浅田修)
  • 298  19番(佐藤恵喜)
  • 299  委員長(浅田修)
  • 300  5番(遠藤音)
  • 301  委員長(浅田修)
  • 302  委員長(浅田修)
  • 303  委員長(浅田修)
  • 304  委員長(浅田修)
  • 305  委員長(浅田修)
  • 306  委員長(浅田修)
  • 307  委員長(浅田修)
  • 308  委員長(浅田修)
  • 309  委員長(浅田修)
  • 310  委員長(浅田修)
  • 311  21番(佐藤尚哉)
  • 312  委員長(浅田修)
  • 313  委員長(浅田修)
  • 314  委員長(浅田修)
  • 315  委員長(浅田修)
  • 316  委員長(浅田修)
  • 317  委員長(浅田修)
  • 318  福祉事務所長(岩淵高雄)
  • 319  委員長(浅田修)
  • 320  委員長(浅田修)
  • 321  委員長(浅田修)
  • 322  委員長(浅田修)
  • 323  委員長(浅田修)
  • 324  委員長(浅田修)
  • 325  委員長(浅田修)
  • 326  委員長(浅田修)
  • 327  11番(菅原幸夫)
  • 328  委員長(浅田修)
  • 329  下水道課長(沼田一夫)
  • 330  委員長(浅田修)
  • 331  11番(菅原幸夫)
  • 332  委員長(浅田修)
  • 333  建設部次長(千葉信義)
  • 334  委員長(浅田修)
  • 335  22番(沼倉利光)
  • 336  委員長(浅田修)
  • 337  建設部長(齋藤輝雄)
  • 338  委員長(浅田修)
  • 339  5番(遠藤音)
  • 340  委員長(浅田修)
  • 341  建設部長(齋藤輝雄)
  • 342  委員長(浅田修)
  • 343  5番(遠藤音)
  • 344  委員長(浅田修)
  • 345  下水道課長(沼田一夫)
  • 346  委員長(浅田修)
  • 347  委員長(浅田修)
  • 348  下水道課長(沼田一夫)
  • 349  委員長(浅田修)
  • 350  委員長(浅田修)
  • 351  建設部次長(千葉信義)
  • 352  委員長(浅田修)
  • 353  建設部次長(千葉信義)
  • 354  委員長(浅田修)
  • 355  7番(佐々木一)
  • 356  委員長(浅田修)
  • 357  建設部長(齋藤輝雄)
  • 358  委員長(浅田修)
  • 359  委員長(浅田修)
  • 360  委員長(浅田修)
  • 361  委員長(浅田修)
  • 362  委員長(浅田修)
  • 363  委員長(浅田修)
  • 364  委員長(浅田修)
  • 365  委員長(浅田修)
  • 366  8番(田口政信)
  • 367  委員長(浅田修)
  • 368  水道事業所長(真山誠喜)
  • 369  委員長(浅田修)
  • 370  8番(田口政信)
  • 371  委員長(浅田修)
  • 372  水道事業所長(真山誠喜)
  • 373  委員長(浅田修)
  • 374  8番(田口政信)
  • 375  委員長(浅田修)
  • 376  水道業務課長(佐藤和哉)
  • 377  委員長(浅田修)
  • 378  8番(田口政信)
  • 379  委員長(浅田修)
  • 380  水道業務課長(佐藤和哉)
  • 381  委員長(浅田修)
  • 382  23番(佐藤勝)
  • 383  委員長(浅田修)
  • 384  水道施設課長(三條三喜夫)
  • 385  委員長(浅田修)
  • 386  23番(佐藤勝)
  • 387  委員長(浅田修)
  • 388  水道施設課長(三條三喜夫)
  • 389  委員長(浅田修)
  • 390  13番(相澤吉悦)
  • 391  委員長(浅田修)
  • 392  水道事業所長(真山誠喜)
  • 393  委員長(浅田修)
  • 394  委員長(浅田修)
  • 395  委員長(浅田修)
  • 396  委員長(浅田修)
  • 397  28番(岩淵正宏)
  • 398  委員長(浅田修)
  • 399  用度課長(千葉健一)
  • 400  委員長(浅田修)
  • 401  28番(岩淵正宏)
  • 402  委員長(浅田修)
  • 403  用度課長(千葉健一)
  • 404  委員長(浅田修)
  • 405  28番(岩淵正宏)
  • 406  委員長(浅田修)
  • 407  10番(浅野敬)
  • 408  委員長(浅田修)
  • 409  病院事業管理者(大橋章)
  • 410  委員長(浅田修)
  • 411  10番(浅野敬)
  • 412  委員長(浅田修)
  • 413  病院事業管理者(大橋章)
  • 414  委員長(浅田修)
  • 415  医療局次長(渡邊武光)
  • 416  委員長(浅田修)
  • 417  10番(浅野敬)
  • 418  委員長(浅田修)
  • 419  病院事業管理者(大橋章)
  • 420  委員長(浅田修)
  • 421  10番(浅野敬)
  • 422  委員長(浅田修)
  • 423  医療局次長(渡邊武光)
  • 424  委員長(浅田修)
  • 425  医療局長(石井洋)
  • 426  委員長(浅田修)
  • 427  10番(浅野敬)
  • 428  委員長(浅田修)
  • 429  病院事業管理者(大橋章)
  • 430  委員長(浅田修)
  • 431  10番(浅野敬)
  • 432  委員長(浅田修)
  • 433  病院事業管理者(大橋章)
  • 434  委員長(浅田修)
  • 435  10番(浅野敬)
  • 436  委員長(浅田修)
  • 437  医療管理課長(千葉博行)
  • 438  委員長(浅田修)
  • 439  10番(浅野敬)
  • 440  委員長(浅田修)
  • 441  副市長(井林貢)
  • 442  委員長(浅田修)
  • 443  10番(浅野敬)
  • 444  委員長(浅田修)
  • 445  副市長(井林貢)
  • 446  委員長(浅田修)
  • 447  10番(浅野敬)
  • 448  委員長(浅田修)
  • 449  豊里病院事務局長(佐々木武雄)
  • 450  委員長(浅田修)
  • 451  10番(浅野敬)
  • 452  委員長(浅田修)
  • 453  病院事業管理者(大橋章)
  • 454  委員長(浅田修)
  • 455  副市長(井林貢)
  • 456  委員長(浅田修)
  • 457  10番(浅野敬)
  • 458  委員長(浅田修)
  • 459  11番(菅原幸夫)
  • 460  委員長(浅田修)
  • 461  病院事業管理者(大橋章)
  • 462  委員長(浅田修)
  • 463  11番(菅原幸夫)
  • 464  委員長(浅田修)
  • 465  医療管理課長(千葉博行)
  • 466  委員長(浅田修)
  • 467  11番(菅原幸夫)
  • 468  委員長(浅田修)
  • 469  企画部長(佐藤順悦)
  • 470  委員長(浅田修)
  • 471  副市長(井林貢)
  • 472  委員長(浅田修)
  • 473  11番(菅原幸夫)
  • 474  委員長(浅田修)
  • 475  病院事業管理者(大橋章)
  • 476  委員長(浅田修)
  • 477  委員長(浅田修)
      平成22年第1回登米市議会 予算審査特別委員会 会議録
 平成22年3月1日(月曜日)
1.出席委員(29名)
   1番 金 野 静 男 君       2番 工 藤 淳 子 君
   3番 小野寺 金太郎 君       4番 武 田 節 夫 君
   5番 遠 藤   音 君       6番 阿 部 正 一 君
   7番 佐々木   一 君       8番 田 口 政 信 君
   9番 及 川 長太郎 君      10番 浅 野   敬 君
  11番 菅 原 幸 夫 君      12番 二階堂 一 男 君
  13番 相 澤 吉 悦 君      14番 浅 田   修 君(委員長)
  15番 伊 藤 吉 浩 君      16番 庄 子 喜 一 君
  17番 關     孝 君      18番 田 口 久 義 君
  19番 佐 藤 恵 喜 君      20番 及 川 昌 憲 君
  21番 佐 藤 尚 哉 君      22番 沼 倉 利 光 君
  23番 佐 藤   勝 君      24番 岩 淵 勇 一 君
  25番 中 澤   宏 君(副委員長)26番 伊 藤   栄 君
  27番 熊 谷 憲 雄 君      28番 岩 淵 正 宏 君
  29番 八 木 しみ子 君
1.欠席委員(なし)
1.遅刻委員(3名)
   4番 武 田 節 夫 君      14番 浅 田   修 君
  28番 岩 淵 正 宏 君
1.早退委員(1名)
   8番 田 口 政 信 君      24番 岩 淵 勇 一 君
1.その他出席
  議 長 星   順 一 君
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君  副  市  長  井 林   貢 君
  総 務 部 長  小 竹 秀 悦 君  企 画 部 長  佐 藤 順 悦 君
  市民生活部長   星   英 雄 君  産業経済部長   小野寺 富 雄 君
  建 設 部 長  齋 藤 輝 雄 君  建設部次長    高 橋 千 壽 君
                      産業経済部
  建設部次長    千 葉 信 義 君  次     長  秋 山 茂 幸 君
  産業経済部               産業経済部
  次     長  高 橋 真 一 君  次     長  佐々木 文 明 君
  会計管理者    阿 部 静 男 君  財 政 課 長  千 葉 雅 弘 君
  道 路 課 長  千 葉 郁 郎 君  土木管理課長   金   正 男 君
  建築住宅課長   鈴 木 俊 夫 君  下水道課長    沼 田 一 夫 君
                      消 防 本 部
  都市計画課長   及 川 甚 悦 君  消防長心得    金   和 男 君
  消 防 本 部
  消 防 次 長  星   耕 一 君  危機管理監    阿 部 力 郎 君
  消防総務課長   小野寺 良 雄 君  警 防 課 長  中津川 英 雄 君
  予 防 課 長  菅 原 輝 雄 君  防 災 課 長  村 上 昭 一 君
  指 令 課 長  鈴 木 伸 夫 君  教  育  長  佐 藤 壽 昭 君
  教 育 次 長             教 育 次 長
  (学校教育)   中津川 定 幸 君  (社会教育)   後 藤 建 一 君
  教育委員会
  理     事  及 川 登志郎 君  教育総務課長   及 川 一 夫 君
  活き生き学校
  支 援 室 長  金 野   勉 君  学校教育課長   伊 藤   勉 君
  生涯学習課長   千 葉 幸 弘 君  市長公室長    北 條 敏 夫 君
                      市民生活部
  税 務 課 長  米 倉 紳 児 君  次     長  佐々木 直 美 君
  市民生活課長   佐 藤 裕 孝 君  福祉事務所長   岩 淵 高 雄 君
  国保年金課長   菊 地 治 美 君  健康推進課長   高 橋 俊 朗 君
  長寿介護課長   熊 谷   一 君  総 務 課 長  高 橋 清 彦 君
  商工観光課長   神 田 雅 春 君  水道事業所長   真 山 誠 喜 君
  水道事業所
  次     長  菅 原   守 君  水道施設課長   三 條 三喜夫 君
  水道業務課長   佐 藤 和 哉 君  病院事業管理者  大 橋   章 君
  医療局次長    渡 邊 武 光 君  医 療 局 長  石 井   洋 君
                      佐 沼 病 院
  医療管理課長   千 葉 博 行 君  事 務 局 長  鈴 木   均 君
  米谷病院・上沼             豊里病院・豊里
  診  療  所  高 橋 憲 顕 君  老健・津山診療  佐々木 武 雄 君
  事 務 局 長             所事務局長
  よねやま病院              登米診療所
  事 務 局 長  高 橋 昭 喜 君  事 務 局 長  伊 藤 淳 弘 君
  用 度 課 長  千 葉 健 一 君
1.事務局出席職員氏名
                      議会事務局
  議会事務局長   星   富 雄 君  次     長  佐 藤 昌 彦 君
  議会事務局長              議会事務局
  補佐兼議事    佐 藤 裕 之 君  議事・調査係   蛇 好 芳 則 君
  ・調査係長               主     幹
  議会事務局               議会事務局
  議事・調査係   菊 池   亮 君  議事・調査係   高 橋 正 博 君
  主     幹             主     幹
  議会事務局
  議事・調査係   加 藤 善 己 君
  主     査
1.本日の会議に付した事件
  第1 議案第11号 平成22年度登米市一般会計予算について
  第2 議案第12号 平成22年度登米市国民健康保険特別会計予算について
  第3 議案第13号 平成22年度登米市老人保健特別会計予算について
  第4 議案第14号 平成22年度登米市後期高齢者医療特別会計予算について
  第5 議案第15号 平成22年度登米市介護保険特別会計予算について
  第6 議案第16号 平成22年度登米市土地取得特別会計予算について
  第7 議案第17号 平成22年度登米市下水道事業特別会計予算について
  第8 議案第18号 平成22年度登米市宅地造成事業特別会計予算について
  第9 議案第19号 平成22年度登米市水道事業会計予算について
  第10 議案第20号 平成22年度登米市病院事業会計予算について
          開会 午前10時00分
副委員長(中澤 宏君) 皆さんおはようございます。
 ただいまから、予算審査特別委員会第4日目の会議を開きます。
 予算審査特別委員会委員長から所用のため遅参の届け出があります。委員会条例第12条第1項の規定により副委員長が委員長の職務を行います。
 遅参届け出委員、4番、武田節夫委員、14番、浅田 修委員、28番、岩淵正宏委員。
 説明のため、本委員会への出席者は、市長及びその受任者並びに監査委員、農業委員会会長、教育委員会委員長、選挙管理委員会委員長の受任者であります。医療局長石井 洋君より、診療のため欠席する旨の届け出があります。
 これより議案審議を行います。
 引き続き、議案第11号 平成22年度登米市一般会計予算についての質疑を行います。
 第8款土木費、第9款消防費について質疑を継続します。
 質疑はありませんか。
 27番、熊谷憲雄委員。
27番(熊谷憲雄君) 予算の概要97ページの河川維持費、説明では46団体という説明を聞いたんですけれども、実際に河川愛護団体というのは何団体あるんですか。46でいいんですか。
副委員長(中澤 宏君) 質疑は続けてください。いいですか。
 土木管理課長。
土木管理課長(金 正男君) お答えいたします。
 河川愛護会ですけれども、合併前の9町域からそれぞれ町ごとにございまして、町の中に細かく細分化されていまして、その合計が46団体ということでございます。
副委員長(中澤 宏君) 熊谷憲雄委員。
27番(熊谷憲雄君) それでは9町時代から愛護団体があったということで、46団体間違いないですね。その報償費595万円とあるんですけれども、この報償費はその46団体に補助金のような形でやっているお金なんですか。
副委員長(中澤 宏君) 土木管理課長、金 正男君。
土木管理課長(金 正男君) 報償費は、今ご質問のとおり各団体にそれぞれ愛護の事業の内容に基づきましてお支払いをしているということでございます。
 それで、今回のこの金額のうち、595万円のうち415万円が河川愛護会の報償費。それから、樋管の管理をしておりまして、そちらの方に180万円ほど出しているものでございます。
副委員長(中澤 宏君) 熊谷憲雄委員。
27番(熊谷憲雄君) 実は、私どもの行政区も昨年初めてこの河川愛護団体という団体に加入しまして、昨年から活動しているんですけれども、ことしの予算、去年の予算を見ると、全く事業費が同じなんですね、1,854万2,000円と。中身を見ると、委託料、報償費、いろいろあるんですけれども、工事請負費というのもあるんですけれども、毎年同じ金額で工事請け負いをするんですか。
副委員長(中澤 宏君) 答弁をお願いします。土木管理課長、金 正男君。
土木管理課長(金 正男君) 河川につきましては、本市で管理しております河川は3河川で、約3.9キロメートルですか、それから普通河川が160河川で、231キロメートルございますけれども、市の河川そのものにつきましては、県の河川と異なりまして小規模な河川ということで、河川の計画、河川の改修の計画とかそいういったものはございませんで、ほとんど水路的な、河川と申しましても、そういうところの維持の管理関係の補修での工事費ということで、十分、同額でございますけれども、これに対しては対応していくという状況でございます。
副委員長(中澤 宏君) 熊谷憲雄委員。
27番(熊谷憲雄君) 工事は小規模であっても、同じ金額を計上するというのもどうかなと。多少は予算的に1,800万円に上る金額であれば、50万円とか100万円は毎年違うような予算の計上でもそれは納得するんじゃないかなと思うんですけれども、何かぴったり1,854万2,000円と、去年の予算の計上も、来年度もまた同じ予算だというのは、何かいかにもただこれはこれぐらいの予算をつけておけという、計上しておけというようなやり方としか見えないんですけれども、私だけでしょうかね。
副委員長(中澤 宏君) 建設部長、齋藤輝雄君。
建設部長(齋藤輝雄君) 河川費の内容でご質問いただいておりますが、事業費等々については枠配分の中で置いているということもありますし、維持補修費ですので、この年間の使う上限を定めて、その範囲内で要望にこたえてやっていくというふうな形でございまして、補修を主にするということですので、支出予算は決算段階で変わっていきますけれども、上限の設定をしているということで、そういった工事費なりになっているというふうな状況でございますので、ご理解いただきたいというふうに思います。
副委員長(中澤 宏君) 熊谷憲雄委員。
27番(熊谷憲雄君) それでは、その河川愛護団体は、私たちが参加している団体は約760戸ぐらいの団体なんですけれども、最大の団体、それから一番小さい団体、何戸ぐらいの加入で、一番多いところでどれぐらいの報償費を出しているんですか。少ないところは幾らですか。
副委員長(中澤 宏君) 土木管理課長、金 正男君。
土木管理課長(金 正男君) 一番多いところで76万3,000円ということで、これにつきましては津山町域でございます。それから、一番低いところで迫の町域で13万5,000円ということでございます。これには、普通の報償費、それ以外に県からの委託金をもらいまして除草をしております。それの除草の作業委託も入ったものでございます。
副委員長(中澤 宏君) 熊谷憲雄委員。
27番(熊谷憲雄君) 津山町域で76万円、それから迫で13万5,000円、私たちの団体では、この春と、それから夏場に除草、それから野焼きですか、春には、やるんですけれども、1戸当たり少ない金額でありますが、会費を納めてそれで今運営しているような状況です。津山の76万円というのは、メーター数にしてどれぐらいあるんですか。
副委員長(中澤 宏君) 答弁お願いします。
 土木管理課長、金 正男君。
土木管理課長(金 正男君) 延長といたしましては、1万8,000メートルでございます。
副委員長(中澤 宏君) 熊谷憲雄委員。
27番(熊谷憲雄君) 本当にこの河川愛護団体、おのおの環境美化も兼ねての団体で、ボランティアのような形でやっているんでございますけれども、何か私たちの団体でも出た方には機械を持って出れば500円だとか、本当に微々たる金で、これはお金ではないんですけれども、1回につき3時間ぐらいの労働の時間なんですけれども、2回もやって、それに会費を納めてやっているような状態でございます。もう少し、何かだんだん聞いてみると私たちの団体でも出た方に支払うお金もなくなってきているというような記憶でございますので、もうちょっとだけでも市のほうからの助成もしていただけないのかなという思いでおりますが、そのところはいかがでしょうかね。
副委員長(中澤 宏君) 建設部長、齋藤輝雄君。
建設部長(齋藤輝雄君) 毎年それぞれの団体の実績報告なり決算報告なりをいただきながらやっておりまして、やはりその支払いの違いというのは、作業の中身であったり、管理延長であったりという部分で違っているというふうなことと、県管理の部分だと県の補助金ということできて、トンネル的なんですが、そういった形の配分をさせていただいているのが現状でございます。そういったいろんな会の運営の実態等々も調べながら、どのような形がいいのかについては、今後検討させていただきたいと思いますが、宮城県も最近はスマイルリバープログラムとかいうことで、スマイルロードと同じようにボランティアを中心にした形でもって管理をしようという方向にきております。そういった中では保険はそちらで持つとか、いろんな形が変わってきておりまして、そういったことも含めて、県の考え方もあわせながら実際にやっていただいている方々の実態も調査をさせていただきたいというふうに思っているところでございます。
副委員長(中澤 宏君) 熊谷憲雄委員。
27番(熊谷憲雄君) 部長ありがとうございます。ただ、このような本当にボランティアには違いないんですけれども、それで妥当だと部長はお思いですか。県の方からきているお金もわかります。ただ、本当にまた春にも、間もなく野焼きをする作業が私たちの団体にもあるんですけれども、その際の支払うお金もないというような、きゅうきゅうとした団体でやっておりますので、そこのところを少し考えていただけないかなというようなことです。
副委員長(中澤 宏君) 建設部長、齋藤輝雄君。
建設部長(齋藤輝雄君) 作業内容からして、先ほどお話しいただきましたように機械を持ち込んで、それについての実費もかかっているわけですし、損料もかかっている、危険もあるというふうなこと、あるいは汗を流す仕事ですからそういった意味での補給とかそういった部分も考えなきゃないと思います。そういった実態も含めて、どういう方向に行けばいいのかという部分を研究させていただきたいというふうに思っております。
副委員長(中澤 宏君) いいですか。(「はい」の声あり)
 ほかに質疑はありませんか。
 6番、阿部正一委員。
6番(阿部正一君) 所管でございますけれども、ちょっと時間がなくて聞き忘れましたのでお尋ねをいたします。
 96ページでありますが、道路改良費の関係でお尋ねしますが、駒見橋の件でありますが、23年度で完了ということになりますが、その後の国道に通じるまでの工事はどのようになっているか、そこまで完了するのかどうなのかお尋ねをいたします。
 それから、舟橋から工場団地に入るところの工事も入るようでありますが、この件につきましては、前にもお話しした経緯があると思いますが、あそこは工事用道路になっておりまして、大分道路が波を打っておるわけでありますが、それをどのように今後考えておられるのかお聞かせをいただきたいと思います。
副委員長(中澤 宏君) 道路課長、千葉郁郎君。
道路課長(千葉郁郎君) 駒見橋につきましては、きのうもお話ししたとおり、22年で宮城県との共同施工が完了予定であります。
 それから、泥内線につきましては、23年度に改良の予定であるということであります。
副委員長(中澤 宏君) 建設部長、齋藤輝雄君。
建設部長(齋藤輝雄君) 若干私の方からもお話しをさせていただきますが、泥内線につきましては、ご存知のとおり駒見橋関連の部分については県への委託ということで現在進めておりまして、ほぼ完成でございまして、その取りつけ部分の用地の関係でちょっと時間がかかったという実態でございます。それもほぼ解決の方向でございますので、現在進めていると。それから、前のよめごやさんの倉庫というかお店ですね、あそこのところを真っすぐ抜けて、今の北方小学校の方から来る部分と十字交差で駒見橋の方に向かうというという道路を現在進めておりまして、用地買収あるいは物件移転補償についてもほぼ終わりに近づいておりますので、それも含めて23年度というふうに考えております。
 それから、舟橋から工業団地に入ってくる道路、中沢線だと思うんですが、工事用でも使われまして、結構波打っているというか傾いている部分もありますので、22年度からかな、部分補修含めて入り口の改良等を計画してございます。
副委員長(中澤 宏君) 阿部正一委員。
6番(阿部正一君) この中沢線でございますが、この波打っている部分、大分距離があるわけなんですが、その件につきましては市としては県の方にどのようなお話をしているのかをお聞かせください。
副委員長(中澤 宏君) 建設部長、齋藤輝雄君。
建設部長(齋藤輝雄君) ダムの運搬路として使っている部分については、県が最終的にはきちっと直して市に返すというふうなことになっておりますので、そういった形で最終的にはやっていただきたいというふうに思っております。ただ、入り口の改良等々については、やはりそれは原因が違いますので、それは市の方がやるということでございます。
副委員長(中澤 宏君) 阿部正一委員。
6番(阿部正一君) ぜひ、将来的には工場団地の一番重要な道路になると思いますので、また市で直すようなことでなくて、ぜひ県で今波打っている部分は整備していただくようにきちんと要望していただきたいというふうに思います。答弁はよろしいです。
副委員長(中澤 宏君) ほかに質疑はありませんか。
 24番、岩淵勇一委員。
24番(岩淵勇一君) 97ページなんですが、やっぱり私今、この款項目の見分け方なんですが、1年生なものですから、今、伊藤吉浩議員に教えられたんですが、やはり同じように款がページによって前見たり後ろ見たり款を探して質問しようとすると困るので、これはやはり15番委員話したように企画部長答弁しておりますがよろしくお願いします。
 それで、97ページなんですが、都市計画総務費ございます、その中に都市計画の今回委託料として総括図作成業務にわたる件と、それから負担金とございますが、この事業の内容をお聞かせいただきたいんですが、委託料、これは総合計画は10年を結んで、そして5年の基本計画、3年の実施計画とあるんですが、それらとリンクをしながらこの都市計画総括図というのはどの期間で作成されて、また私たちの総合計画とはどのようにリンクをしているのか。また、この負担金がございますから、毎年のように恒常的にどこかの協会に負担されて、わが市の都市計画総括図なるものを何年に何回とか作成業務に当たられているんでしょうか。土地とかそういうのあまり変わらないと思うんですが、これはどのような性質で、どのような事業なものなのかお聞かせいただきたいというふうに思います。
副委員長(中澤 宏君) 都市計画課長、及川甚悦君。
都市計画課長(及川甚悦君) 都市計画総括図でございますが、都市計画総括図につきましては、都市計画区内の都市計画の概要を示した地図でございます。その地図には区域の用途地域あるいは都市計画道路、都市公園等の都市施設、その他の都市計画情報を図化するものでございます。都市計画総括図につきましては、今年度3月26日を持ちまして、登米都市計画区域が再編となってまいります。現在六つの都市計画区域を有してございますが、再編に伴いまして区域とすれば三つの区域に再編になってまいります。それに伴いまして、都市計画総括図を今回新しく作成をさせていただくものでございまして、委託料としましてその印刷、あるいは新しい図面の図化に伴う経費でございます。
 それから、都市計画総務費の負担金でございますが、全国都市計画協会初め5協会に対する会費ということで、毎年支出をさせていただいてございます。それから、西舘の揚水機場の期間外排水の負担金分80万ということになってございます。
副委員長(中澤 宏君) 24番、岩淵勇一委員。
24番(岩淵勇一君) そうしますと、今年の3月29日でこれまでの都市計画の総括図作成が終わって、3カ所ということは新たに我が本市でいろいろ協議をして、都市計画区域を新たに加わったとか、今回3カ所ということですが、そうしたときに、この計画図というのは委託をして、その都市計画区域のどのように都市計画地域を構築するというか、つくるというか、そういう部分で、そういうことを委託されるんですか。今説明されたんですが、これは別に委託しなくても本市の知識を持っている職員がいらっしゃいますので、本市は本市でその都市計画区域を定まった場合に、どのように計画づくりをするかということはできると思うんですが、それが何か都市計画法によっては国の出先の協会に負担金を納めながらその事業認可を受けるために総括図を作成するための業務なんですか。もうちょっとわからないのですが、もう少しお聞かせいただきたいと思います。
副委員長(中澤 宏君) 都市計画課長、及川甚悦君。
都市計画課長(及川甚悦君) 登米市の現在の都市計画区域につきましては、迫、登米、東和、豊里、津山、それから若柳都市計画区域として石越町域の一部が入ってございます。合併に伴いまして合併市町村の都市計画区域につきましては、一つにくくって一体的に開発整備をするということが望ましいとの指針がございまして、再編を進めてまいりました。その結果、どうしても地域、あるいは地形等の関係で一つにはくくることができませんで、迫、登米、東和を一つのエリア、それから豊里、津山は飛び地のままで登米都市計画区域ということに再編をさせていただくものでございます。面積につきましては、3,680ヘクタールが8,066ヘクタールということで、南方のイオン周辺、さらには三陸縦貫の登米インター周辺を拡大しながら三つに再編をさせていただくことになります。会費につきましては、都市計画総括図の作成とは関係なく、都市計画を進める上で国に対して、協会に対してお支払いをする会費でございます。
副委員長(中澤 宏君) 24番、岩淵勇一委員。
24番(岩淵勇一君) そうですか。そうするとこれは主に工業団地というか、そういうことの中で今都市計画の総括図作成かなというふうに思いましたが、都市計画、非常にこれは本市にとっては根幹を成すものでございます。本当にこれがその条件の中にその区域を当てはめて、的確に事業をするということは、これは大きい私たちの判断でもございますし、また先頭に立っている市長の判断もございます。本当にこのことが的確に時代の経済にマッチするか、あるいは時代を見た推移の中で事業を打ち立てていくかということは大切な判断かと思います。そういう部分では、今9町域の区域をことを話されましたが、市内を見た場合に、どのようにこのことをピシッと事業を施していくかということは、将来に関わる根幹のことでございます。このことについては、もっともっと議論をしてまいりたいというふうに思います。
 それから、この負担金については、私別に今も話を聞くと、協会に対して納めると、その協会を通り県・国の区域設定の許可を得るため、あるいはそうしたことの支援を仰ぐための負担金ということのように思うんですが、これは別して地域、私たちの本市の職員は知識がございますので、そういう部分については私はあまり必要ないのかなというふうに思いますが、ただ義務的にそういうふうになっておればということであればなんですが、別に課長今答弁いただきましたけれども、ずっと前にあったからこうじゃなくて、やっぱり変えるところは市でも地域がこれから自主的に、主体的にということを国でも話していますので、そういう国のつながりあることをわざわざ厳しい財源をそういう方面の負担金ということについては、考える余地ないんですか。もう一度ご答弁いただきます。
副委員長(中澤 宏君) 都市計画課長、及川甚悦君。
都市計画課長(及川甚悦君) 会費につきましては、都市計画協会の会費、それから全国街路事業促進協議会会費、それから街づくり区画整理協会、それから日本公園緑地協会、さらに全国都市公園整備促進協議会となってございます。この協会等につきましては、都市計画に関する調査研究を初め、研究成果等の広報による啓蒙活動、あるいは国・地方公共団体関係者の情報交換の場として活動するという中身になってございまして、本市の都市計画を進める上では必要であると考えてございます。
副委員長(中澤 宏君) 24番、岩淵勇一委員。
24番(岩淵勇一君) 今まさに新政権がそうしたさまざまな国の団体、外部団体というか協会というか、それを整理しようとしております。確かにこういう部分でさまざまに役所がする中には、外部団体ができて、そこに各都道府県、地方が会費を納めると、こういう状況になっておりますが、やはりこのことについては、私は一考を要するというふうに思いますが、施策的に、それから財政的なこともございます。県の財政の業務に携わってきました副市長、登米市の中でどのようにこうしたことを布施市政の中で財源を確立していきながら市民にこたえていくということは、副市長のこれまでの手腕、力量があると思います。その辺、この財源の持ち方、あるいはそういう国の協会に対する負担のあり方等々をどのようにお考えかお聞かせいただきたいと思います。
副委員長(中澤 宏君) 副市長、井林 貢君。
副市長(井林 貢君) 負担金のみならず、補助金もそうですけれども、新たにできた団体に負担金として納める場合も年に何件かございます。しかし一方では、目的達成とか、それから今議員ご指摘のとおり、時代の流れでその目的が薄れてきたと、そういったところにつきましては、やはり随時見直しは必要だろうと思います。それで、市長の答弁の中でも申し上げてございますけれども、行政改革の一環として補助金、負担金、受益者負担もありますけれども、そういった中でやはり22年度中に新たな行革を策定することにしてございますが、そういった中での見直しの柱にもすべきだろうというふうに考えてございます。
副委員長(中澤 宏君) ほかに質疑はありませんか。
 13番、相澤吉悦委員。
13番(相澤吉悦君) 100ページの常備消防士のことでお伺いします。
 前回の議会で、一般質問の中で消防署員の人数は大丈夫かというふうなことで質問いたしました。救急隊が7隊になるから足りないのではないかなというふうに、私なりに思ったんですけれども、大丈夫だというふうな答弁でございますので、そのとおりになりますからまず頑張ってやっていただきたいなというふうに思います。ですけれども、6分でこれから行くということでございますけれども、到着するのは6分であっても、患者さんを乗せてから搬送するに当たって受け入れ体制がすぐにいけばいいんですけれども、今のところなかなか難しいんじゃないかなというふうにも思っています。すっといくときもあれば、いかないときもあると思いますけれども、その辺のところを、普通何分ぐらい、受け入れ体制までにかかって、発車するまで何分ぐらいそこら辺が平均かかっていますかね。非常にこのところ早くばかり行ってもなかなか難しいんじゃないかなと思っていますので、お願いします。
副委員長(中澤 宏君) 答弁お願いします。
 消防本部消防長心得、金 和男君。
消防長心得(金 和男君) 現場に到着しましてから現場出発、それから収容する時間までということになりますと、平均しますと21年の統計からしますと大体39分ぐらいかかっておるというような状況でございます。これが県平均ではいくらかといいますと、36分ぐらいと、そんな形で早く現場到着して応急処置、それから病院の手配等をやっておるわけでございますけれども、病院の診療科目、それから患者さんの状態、そういう状況によっては管外搬送にもなるということで、一概に時間短縮というのは難しいというような状況もございます。
 以上でございます。
副委員長(中澤 宏君) 13番、相澤吉悦委員。
13番(相澤吉悦君) 私も救急で行ったことあるんですけれども、この間、血管が詰まって行ったんですけれども、そこの中で、そこの病院では24時間体制で私たちはやっていますので、紹介状も何もいらないから、いつでもいいからすぐ来てくださいというふうなことも言われてすごく心強かったなと思いますので、その辺のところをさまざまな対策の中でこういうふうな病院、こういうふうな病院、こういうふうな病院ということを、みんなそれぞれデータ取ってやってると思いますけれども、そうやって連絡を密にして今後進めていかないと、医師の少ない中でやっていくのにはなかなか大変でないかなと思いますので、そのような方向で何とか1分でも2分でも早くやってもらいたいなというふうに思います。お願いしますので、これ、答弁はよろしいので、このようなことで進んでください。
 まだまだ語りたいことはいっぱいあったんですけれども、時間がないのでやめますから、そういうことでひとつよろしくお願いいたします。
副委員長(中澤 宏君) ほかに質疑はありませんか。
 9番及川長太郎委員。
9番(及川長太郎君) 1点だけ、98ページの景観形成費の中で、景観地区指定検討業務と町並み景観整備事業の中身だけお知らせください。
副委員長(中澤 宏君) 都市計画課長、及川甚悦君。
都市計画課長(及川甚悦君) 景観計画につきましては、昨年から今年度の2カ年をかけて、ただいま策定に向けて進めてございます。景観計画策定後におきましては、行政のルールとなる景観条例、あるいは地域の特色を景観に位置づけるという意味で都市計画法と一体的に景観地区の指定を宮城の明治村周辺、登米を考えてございます。それの予定が23年度に予定してございまして、22年度にそれに向けた調査検討業務でございます。
副委員長(中澤 宏君) 9番、及川長太郎委員。
9番(及川長太郎君) そうすると、この街並み景観の中では将来的に交流人口、そういう図れる内容を事業等々に結びつけるいい景観整備事業になりますか。
副委員長(中澤 宏君) 都市計画課長、及川甚悦君。
都市計画課長(及川甚悦君) 景観計画の策定後に景観計画の中に位置づけさせていただきます。例えば重要景観建造物等々、あるいは景観形成事業等につきましては、国費の補助をちょうだいできるという中身になってございます。計画策定後にはそういった部分の活用を図りながら進めてまいりたいと思ってございます。
副委員長(中澤 宏君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
副委員長(中澤 宏君) 質疑ないと認めます。
 これで、8款土木費、9款消防費についての質疑を終わります。
 ここで説明員の入れかえのため暫時休憩します。
          休憩 午前10時41分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時45分
副委員長(中澤 宏君) 再開いたします。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 10款教育費について質疑を行います。質疑ありませんか。
 2番、工藤淳子委員。
2番(工藤淳子君) 一般質問でも給食費やったんですけど、聞き漏らした点があるのでお聞きしたいと思います。
 概要書の121ページ、今朝も資料として学校給食の委託料の資料が配られていましたけれども、ちょっとこれ見ただけでよくわからないので、この委託料、資料にも1億3,733万円あるんですけど、この委託料をもう少し詳しく、どういうふうに明細を、細かくちょっとお聞きしたいと思います。まずそこからお願いします。
副委員長(中澤 宏君) 教育総務課長、及川一夫君。
教育総務課長(及川一夫君) 学校給食の委託料でございます。これについては、今現在11カ所給食センターがございまして、平成22年度で5カ所を委託するものでございます。委託の内容につきましては、調理業務の委託でございまして、1億3,380万ほどということになっております。この内容につきましては、学校調理業務が主なものでございまして、中には配送の業務委託もしております。
 以上でございます。
副委員長(中澤 宏君) 工藤淳子委員。
2番(工藤淳子君) そういう中身だというのはわかるんですけど、委託されているこの学校給食何箇所かありますよね。そして、これ学校ごとにその費用はわからないでしょうか。
副委員長(中澤 宏君) 教育総務課長、及川一夫君。
教育総務課長(及川一夫君) センターごとの委託金額でございますが、中田学校給食センター調理業務につきましては、3,704万4,000円。米山学校給食センターの調理業務につきましては、3,546万7,000円。それから、津山学校給食センターにつきましては、2,106万8,000円。それから、東和学校給食センターにつきましては、2,715万4,000円。それから、22年度新規の委託でございますが、佐沼中学校の給食センターにつきましては、1,855万3,000円となっております。
 以上でございます。
副委員長(中澤 宏君) 2番、工藤淳子委員。
2番(工藤淳子君) はい、ありがとうございます。
 一般質問でちょっと時間なくて聞き忘れたんですけれども、栄養士の配置の点で、アレルギーの子供、栄養士をセンター化した場合、要望化が進んでいる食べ物アレルギーに対する、対応しやすいという市長の答弁と教育長の答弁もありましたけれども、私がその中でも話したんですけど、登米、豊里の学校区内では、7人のアレルギーの子供いたということなんですけれども、それで対応していると思うんですけれども、こういう民間委託の場合、アレルギーの対応というのは具体的にどうされてるんでしょうか。ちゃんとやれるんでしょうか。
副委員長(中澤 宏君) 教育総務課長、及川一夫君。
教育総務課長(及川一夫君) アレルギーの対策でございますが、各単独調理場ならびにセンターでは、アレルギーの対策をしております。ちなみに、現在登米市では182名ほどのアレルギーの児童生徒がございます。これら、食べ物によって牛乳とか、卵、それから果物とか、いろんな主な原因があります。これに対応することで、例えば除去した給食を出すというようなこととか、牛乳を出さないとか、それらの対応をしております。単独調理場と同じように、委託も同じでございまして、栄養士を配置しております。これらの栄養士がその児童生徒に調査をしまして、調理場で除去が可能なものについては、そういう手段を講じているということで、委託調理場でも同じような処理をしているということでございます。
副委員長(中澤 宏君) 工藤淳子委員。
2番(工藤淳子君) 参考までなんですけれども、この各学校の委託先はどちらになっているか、その辺もちょっとお願いします。
副委員長(中澤 宏君) 教育総務課長、及川一夫君。
教育総務課長(及川一夫君) 21年度までの委託4カ所につきましては、全部ニッコクとなっております。
副委員長(中澤 宏君) 工藤淳子委員。
2番(工藤淳子君) それは市内じゃなくて全国的な委託業者なんでしょうか。
副委員長(中澤 宏君) 教育総務課長、及川一夫君。
教育総務課長(及川一夫君) このニッコクトラストは本社が東京にございまして、全国的に給食業務の受け入れをしているところでございます。
副委員長(中澤 宏君) 工藤淳子委員。
2番(工藤淳子君) 一般質問でもお話ししたんですけれども、何か時間なくてちょっとできませんでしたけれども、お金の採算だけ見ると本当に寂しいものになるので、ぜひ子供たち大事な市の宝だと思うので、そういう面からもこれから来年度、今年度、再編計画ができるんですけど、そういう点でぜひそういうことも考慮に入れていただきたいのと、もう一つは、こういうところには栄養士を配置しているというので、地産地消、地元の産材も使った給食も同じように取り入れられているんでしょうか。
副委員長(中澤 宏君) 教育総務課長、及川一夫君。
教育総務課長(及川一夫君) 地産地消でございますが、食育推進計画と一緒に取り組んでおります。ちなみに、各給食センターの対応でございますが、平成21年度で9月に調査した1週間の地場産品の使用割合でございますが、調査した結果では42.8%と、品目ベースでございますがそのような結果となっております。この品目ベースの管理は、献立とかの調査時期によって異なりますけれども、トータルで食材が年間均等に使われるというようなことで考えておりますのでよろしくご理解お願いしたいと思います。
副委員長(中澤 宏君) 工藤淳子委員。
2番(工藤淳子君) その辺はわかりました。
 もう一つ、もう1点お聞きしたいんですけど、概要書の109ページ、要保護、準要保護児童の就学援助に対する扶助費なんですけれども、小学校とそれから下の方の次のページには中学校の就学援助費が出てるんですけど、参考に、何人ぐらい対象の子供たちいるのかお願いします。
副委員長(中澤 宏君) 学校教育課長、伊藤 勉君。
学校教育課長(伊藤 勉君) 小学校、中学校合わせて360名になっております。内訳ですけれども、その月によってまた増加の傾向もありますけれども、あるいはその支給品目によっても違いますけれども、大体小学校が229、中学校が158、その月の集計でちょっと合計が合わないかも知れませんけれども、大体そういう人数になっております。
副委員長(中澤 宏君) 工藤淳子委員。
2番(工藤淳子君) その人数の中で、要保護と準要保護分かれていると思うんですけど、その割合はどういうふうになっていますか。
副委員長(中澤 宏君) 学校教育課長、伊藤 勉君。
学校教育課長(伊藤 勉君) 要保護につきましては、小学校で2人、それから中学校ではございません。大変申しわけございませんでした、小学校が要保護が21人でした。申しわけございません。中学校が要保護が10人でございます。残りが準要保護になっております。
副委員長(中澤 宏君) 工藤淳子委員。
2番(工藤淳子君) いろいろ子供たちの話を聞くと、やはりこうやってなかなか給食費払えない、この予算委員会の中でも給食費の滞納が随分ふえているんですけれども、ぜひ今回給食費がまるまる100%補助って、本当に親にとっては助かるので、こういう措置をぜひこれからも続けていただきたいなと思います。すいません、終わります。
副委員長(中澤 宏君) ここで休憩いたします。
          休憩 午前10時57分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時10分
副委員長(中澤 宏君) 再開いたします。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 給食関係第10款で12番二階堂一男君に対する答弁漏れを教育長から行います。
 教育長、佐藤壽昭君。
教育長(佐藤壽昭君) 6款の審査中に12番委員から学校給食環境保全米活用事業負担金にかかわって、米飯給食についてのご質問ございました。答弁が不十分でしたのでつけ加えさせていただきます。
 まず、市内11カ所学校給食センターございますけれども、3カ所で週5日の米飯給食を行ってございます。それから、残りの8センターでございますけれども、週4日米飯で残りがパン給食というようになってございます。ただ、パン給食でもコッペパンあるいは米粉パンを使っていまして、それが半々というわけでありまして、なるべく米を使うようなそういうような方向で進んでございます。それから、直ちに完全米飯給食をしてはいかがかということですが、子供たちの中にはパンを好むという子供もいますし、それから地元のパンを製造している業者等々のかかわりもございまして、直ちにということはなかなか難しいということでご検討いただきたいと思います。
 それから、一ついいですか、米飯の方が荒れる子供が少なくなるというようなご指摘でございました。私も一生懸命調べてみました。ただ、それはいろんな調査結果がございまして、その一つなんだろうと思いますけれども、私の知る限りではまだ定説化なっていないと。もし米飯の方がパン食よりも優位だと、優位性が定説となれば直ちに完全米飯給食になるんだろう、そう思っております。
 以上でございます。大変すみませんでした。
副委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。
 6番、阿部正一委員。
6番(阿部正一君) 先ほどの給食の関係でお尋ねいたしたいと思います。
 今度委託をするというようなことでございますが、実は先日電話をいただきまして、これは業者の方であります。病院の関係もそうでありますが、委託をすると地元の業者が廃業するという現象が起きていることはご存知だと思うんですが、どのように対応するのでしょうか、地元業者を。委託いたしましたそのまま、また病院のようにほっておいてしまうんでしょうか。それとも地元の業者を利用するようにというような話だけでなくて、何かしっかりとしたものを残すのでしょうか。その辺をちょっとお聞かせください。
副委員長(中澤 宏君) 教育総務課長、及川一夫君。
教育総務課長(及川一夫君) 学校給食の委託でございます。今回5カ所目の委託をするわけでございます。それで、今までですと、指名願いが出ている業者7社ほど選定いたしまして、業務委託の契約を、入札を行っております。ほとんどが仙台市ならびに東京の業者でございまして、市内業者の参画は……。それで、この委託ですけれども、市内業者の育成もしなければならないわけで、今後、産経部と連絡を取りながら進めてまいりたいと思います。
副委員長(中澤 宏君) 答弁続けます。教育次長、中津川定幸君。
6番(阿部正一君) 委託に伴う材料調達の件かと思いますが、学校給食の場合は栄養士が作成いたしました献立に基づいて市で材料を調達して、材料を現物支給するという形でございますので、これまで同様変わりございません。
副委員長(中澤 宏君) 6番、阿部正一委員。
6番(阿部正一君) もう一度念を押しておきます。そうすると、現在の状況のままで委託をすると。材料費は地元から取ると、そういうことでよろしいですね。病院とは違うということでよろしいですか。はい、わかりました。
副委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。
 7番、佐々木 一委員。
7番(佐々木 一君) 予算の概要の別冊に沿ってお聞きいたします。
 まず、登米っ子学習の推進事業でありますけれども、これは学力向上の手法の一つとしてある程度成果が上がっているようでありますけれども、今回500万の事業費でホワイトボードと登米っ子ノートの作成とありますけれども、この具体的な活用方法、ホワイトボードと登米っ子ノートの活用法方をまずお聞きいたします。
 そして、学力向上対策として今小中一貫教育やっている場所がありますけれども、それも約6年が経過するわけで、ある程度この実績といいますか、そういったものが見えてきているというふうに思いますけれども、この現在の6年間ほど経過したその実績どのようになっているか、これは教育長に聞きますとおそらく割り増しになって答弁になる可能性もございますから、教育次長の方にお願いいたします。
 続きましては、青少年ピースフォーラム派遣事業についてお聞きいたします。
 これは、長崎ですか、5名の中学生を派遣するようでありますけれども、この5名にした根拠、そしてまたこの5名の生徒の選考方法はどのようにするのかお聞きいたします。それと、これに負担金が生じるようでございますけれども、1人2,500円ですね、これは徴収どうしてもしなければならないものなのかどうか、その点をお聞きいたします。
 続きまして、登米アートトリエンナーレ2010事業についてお聞きいたします。
 これは、これから3年に1回開催するというふうなことでありますけれども、今回の9月ですか、予定されておりますこの事業ですね、幾何学的抽象作品というふうにありますけれども、幾何学的といいますとなかなか私芸術的な感性があまり高くないもので、どういったものか、図形、そういったものが私ある程度想像はできるんですけれども、どういったものなのか。そして、この運営する実行委員会、ここに500万円ほど補助するようでありますけれども、この実行委員会の構成メンバーはどういった方々がなっているのか、まずその点をお聞きいたします。
副委員長(中澤 宏君) 活き生き学校支援室長、金野 勉君。
活き生き学校支援室長(金野 勉君) それでは、登米っ子学習についてお答えいたします。
 最初にホワイトボード、それから登米っ子ノートということでしたけれども、そもそも登米っ子学習につきましては、子供たちが授業の前にある程度準備をして授業に臨むということで、ある程度の安心感を持って臨むというふうなことでございます。従いまして、ホワイトボードにつきましては、各教科で課題が出されるわけでございます。そういう課題をホワイトボードの中に示しておくということになっております。それから、ノートですけれども、子供たちがその課題を書き写して家庭に持って行くと、その中で簡単に答え等を記入できるものについてはそれを記入していくというふうなことでございます。加えて、学び合いというようなことで、そのノートをもとにこんな回答であると、こういうことを考えてきたと、いうふうなことで、お互いに勉強し合うというふうなために使うということでございます。
 続きまして、小中一貫について私からお答えをしたいと思います。
 学力については、大分上昇も見られていると、登米市内の中位ぐらいまでに成績が伸びてきているということでございます。それから、問題行動の発生ですけれども、大分不登校等が多かったわけですけれども、ほとんどなくなった時期もございます。現在は二、三件程度ということで、家庭の事情等もあって、そんな不登校が発生しているということでございます。それから、英語教育というふうなことで、小学校4年生から英語を取り組んでいるわけですけれども、一つの目標として英語3級が7割以上というふうなことでございましたけれども、これについてはかなりハードルが高いということで、現在は3割程度の合格率というふうなことでございます。
 以上でございます。
副委員長(中澤 宏君) 学校教育課長、伊藤 勉君。
学校教育課長(伊藤 勉君) 長崎ピースフォーラムについてお答えいたします。
 まず、5名の根拠ということでございますけれども、中学生の派遣を考えております。市内10校の中学校がありますので、5名ずつ2年ですべての中学校に割り当たるような形で5名ということで考えております。選考方法ですけれども、こちらの方で5校を選考いたしまして、あと学校の方で推薦をしていただく、そういうほう方を考えてございます。それから、負担金でございますけれども、これはこの日程の中で中学生の交流会といいますか、いろいろな懇談会等がございます。それへの参加の負担金でございまして、式への参加も大変参考になるところでございますけれども、やはり周りの中学生のいろいろな考え方で話し合いをするという非常に有効なものと考えますので、ぜひ参加させたいというふうに考えてございます。
 以上でございます。
副委員長(中澤 宏君) 生涯学習課長、千葉幸弘君。
生涯学習課長(千葉幸弘君) 3点目のアートトリエンナーレの関係でございますが、幾何学的抽象作品ということでご質問がありましたが、これは縦横というような直線を基本とした作品でございます。日本人には縦横の簡潔な構成が生活に満ちており、民族的に浸透しているものでございます。それから、実行委員会の構成でございますが、ミュージアムのボランティアの友の会、それから宮城北上商工会、登米市観光物産協会など、3月中に設立予定となってございます。
副委員長(中澤 宏君) 7番、佐々木 一委員。
7番(佐々木 一君) このピースフォーラムでありますけれども、懇談会費の負担金の方は予算なようでありますけれども、これは徴収しなければならないのかと私は聞いたんですけれども、これはやはり徴収しなければだめなんですか。これ子供たち参加するんですよね。まずそれが一点ね。
 それで、この2年で5名ずつ10校から、じゃあ10校が2年をかけて各一人ずつ出るような格好になるんですね。それで、この事業の概要で、報告会を通じ研修内容を各学校や地域へ発信しますということは、学校から参加したところはいいんですけれども、学校内でいろいろ、その出なかった学校、ほかの5校をですね、そういったところにはどういった手法で研修内容を皆さんにお知らせするのか、その点をお聞きいたします。
 あとは、このアートミュージアム、ちょっとまだ今説明を聞いたんですけれども、何せ芸術的感性が低いもので、理解しがたいところがあるんですけれども「地域特性を生かした文化コミュニティの創造をねらっています」このねらいをもう少しくわしくご説明を願います。
副委員長(中澤 宏君) 学校教育課長、伊藤 勉君。
学校教育課長(伊藤 勉君) 先ほどの負担金でございますけれども、この予算の中の全体の中に入っておりまして、子供たちからは徴収しない考えでございます。
 それから、今回参加しない学校についての広め方でございますけれども、学校ごとの報告会はもちろんでございますけれども、市全体で報告会というものを行いまして、参加していない学校からも何名か参加者を募りまして、全体の学校に報告をしたいというふうに考えております。
副委員長(中澤 宏君) 生涯学習課長、千葉幸弘君。
生涯学習課長(千葉幸弘君) 国内唯一の規模を持つこのミュージアムと収蔵作品をPRするとともに、町の中にアート作品を設置することによりまして、生活空間とアートとの一体感を醸成し、アートと町をつなぐ空間づくりによって、地域特性を生かした文化コミュニティの創造をねらいとするものでございます。
副委員長(中澤 宏君) ほかに質疑はありませんか。よろしいですか。
 19番、佐藤恵喜委員。
19番(佐藤恵喜君) 就学援助費、先ほどありましたが、先の議会で22年度予算に眼鏡購入費を反映したいという答弁ありました。今回給食費全額補助とか、通学用品費、校外活動費、国の基準であったものを入れてなかったものが新規に入れるとか、前進ありますけど、眼鏡購入費はどうなってるんでしょうかね。
副委員長(中澤 宏君) 教育次長、中津川定幸君。
学校教育次長(中津川定幸君) 先の一般質問で眼鏡購入費というご提案もいただきましたが、今回の新たな追加項目につきましては、子供たちが全員に該当する支給項目を優先して拡大したものでございます。
副委員長(中澤 宏君) 19番佐藤恵喜委員。
19番(佐藤恵喜君) ということは入っていないと。引き続き要求していきたいと思います。
 この援助対象者の認定基準というんですかね、生活保護費の1.3倍という説明だったと思うんですが、自治体によっては1.5倍という基準を設けているところもありますけれども、今回検討はしたんでしょうか。
副委員長(中澤 宏君) 教育次長、中津川定幸君。
学校教育次長(中津川定幸君) 受給資格の要件につきましては、見直しは行っておりません。受給資格要件に該当する方々への周知徹底をしてまいりたいと考えております。
副委員長(中澤 宏君) 佐藤恵喜委員。
19番(佐藤恵喜君) とにかく周知徹底、課題でありますので、とにかく努力してほしいと思います。
 概要書の108ページに、教育振興一般管理費があります。代表質問で触れて再質問する時間ありませんでしたが、資料もいただきましたけれども、学校、数校、若干先生の受けとめを聞いてみましたら、比較的規模が、生徒数少ない学校は、ほぼ教材費そろっておりますというか、要望したらきりがないのでというような答えもありました。一方で大きくなると、生徒数多くなるとなかなかやりくり、やりくりというんですかね、例えばビーカー一つ買って、生徒少なければいつでも使える。多くなればやっぱりそのビーカーを使うのに時間割とかいろいろしなければならないと、まあ簡単に言えばですね。先生はそうは言ってないけど、私の受けとめですが。それでいただいた資料を見ますと、この平成22年予算における市立小中学校教材教育用関連経費と、教育振興一般管理費分だけ見ますと、代表質問答弁ではコンピューター関係も入れて県内一、二位の予算配分なんだと、予算措置だと誇っていいという意味の答弁ありましたが、そのコンピューター分を除きますと、例えば佐沼小学校だと児童生徒一人当たり予算額が2,795円。一方、小さな学校、森小学校は1万3,811円、錦織小学校は1万4,651円ということで大きな開きが出ていると。中学校でいくと、佐沼中学校は一人当たり3,913円に対して新田中は小さい学校ですから1万3,842円、津山中は1万3,902円ということの開きが出ます。ある面ではわかる部分もありますが、しかしこれでいいというふうに満足するわけにいかないんでないかと、一言だけでいいんですけど、ちょっと考えをお聞きしたいと思います。
副委員長(中澤 宏君) 教育次長、中津川定幸君。
学校教育次長(中津川定幸君) 前回の一般質問で教育活動費について小学校は県内13の市のうち1位、中学校が13の市のうち2位ということを申し上げましたが、この教育活動費、学級活動あるいは児童会、クラブ活動、あるいは運動会の行事など、こういった活動費、それに副読本とか、授業のためのチョークとか黒板ふきとか、こういった教育活動全体に占める予算づけがどうなっているかというものを毎年決算ベースで都市教育長部会の方で分析しているものでございますが、それを見ると登米市の場合は小学校が3万1,000円ほど、中学校が4万円ほどということで、県内でも上位の方に位置づけされているというようなことで、この水準を確保できれば他に負けないような教育活動ができるものと、このように考えておりますのでご理解をいただきたいと思います。
副委員長(中澤 宏君) 佐藤恵喜委員。
19番(佐藤恵喜君) 全く答弁になっていない。全体の数字は代表質問でそういう答弁いただいたと。各学校ごとに生徒一人当たり幾らかと見ると開きがあると、どう考えるんだと、いうのには全く触れていないのでありますが、次にいきます。
 学校給食費です。今回民間委託の学校給食調理業務、佐中への拡大ということありました。それでですが、現在はニッコクトラストに委託をしていると。その契約の問題もあるんですが、最初にじゃあ一言だけいきますけれども、21年度の分の入札調書、これはホームページから取ったものですけれども、4校の分、4センターの分、先ほどありましたように全国展開7社指名願い出ているところを指名してやったらば辞退は4社と、応札したのは3社と、そして落札はニッコクトラスト、落札率97.1%ということで、そもそもこれで公正競争性という問題で、一体どうなのかという点が一つありますし、もう一つは、調理業務の設備、あるいは献立は栄養士さん、ほぼ市でお膳立てして民間業者はいわば派遣と同じですが、調理業を派遣してよこして調理をするということなので、全国展開チェーンでやらなくたって十分、例えば民間委託ベターでやむを得ないとした場合に、例えばの話でありますが、もっと地元だってやれるのになぜこんな程度の行政しかやっていないのかという問題でありますが、それの答えを聞くとまたあれなので、今回佐中の分はどういうふうに入札かけようと、業者選定していくんですかね。
副委員長(中澤 宏君) 教育総務課長、及川一夫君。
教育総務課長(及川一夫君) 平成22年度佐中を含めた給食センターの委託でございますが、市に指名をいただいている業者の選定となります。
 以上でございます。
副委員長(中澤 宏君) 佐藤恵喜委員。
19番(佐藤恵喜君) 調査しておりませんが、おそらく指名願い7社以上に出ているかどうかわかりませんが、ほぼ前年と同じような入札というふうになるんだろうと。もう少しやさしく言わなくてはいけないし、答弁も国会並みでなく言っていただくとありがたいのでございますが……。お聞きしますが、民間委託をして経費というのはどうなるんでしょうか。数字で示していただきたいと。直営であってこうだったと、民間委託の場合の経費、コストはこうだと、数字で説明をいただきたいと思います。
副委員長(中澤 宏君) 教育総務課長、及川一夫君。
教育総務課長(及川一夫君) 学校給食センターの委託でございます、これにつきましては、人件費と委託の関係が出ておりますけれども、委託の効果というのは人件費の削減ということにつながっております。調査はあれですけれども、平成17年度の学校給食費の総額につきましては、8億3,500万円ということでございます。平成20年度の当初予算の給食関係の経費は8億9,200万円ということで、大体6,000万円ほどの増になっております。その間、この委託の効果の部分につきましては、正職員の削減ということがキーワードになるわけでございますが、退職者の補充を今しておりまして、なかなか正職員を削減するまでに至っておりません。特に平成20年度につきましては……
副委員長(中澤 宏君) 課長、答弁ちょっとね、今は質問が直営でやった金額、それから委託に回したときの金額を数字で示してくださいと言われました。
教育総務課長(及川一夫君) 委託に回して、現在委託と人件費でございますが、6,000万ほどふえておりますが、内容について途中まで話しましたが、正職員の減がまだ効果があらわれていないというようなことがありまして、平成22年度以降退職者が各年度三ないし四名ほどございます、これらで委託の効果があらわれてくると思っております。
 以上でございます。
副委員長(中澤 宏君) 教育次長、中津川定幸君。
学校教育次長(中津川定幸君) 数字で具体的にというお話をいただきました。21年度から東和の給食センターを委託に移行しております。当初、試算で委託効果817万円を見込みました。しかし、20年度は原油高騰で大幅な補正予算を組んでおりますので、これらの需用費 関係の原油高騰分の補正分を平年ベース化に戻しますと、年間で256万円の削減効果を確認しております。さらに、今年度佐沼中学校の委託の関係では現在労務費2,139万5,000円ほどにしておりますが、これらを委託労務で積算いたしますと、約1,400万余りというようなことで、690万ほどの削減効果を期待しております。
副委員長(中澤 宏君) 佐藤恵喜委員。
19番(佐藤恵喜君) 原油高騰が人件費にどうなるのかちょっとわかりませんが、今説明、原油高騰までかかわるのかどうか。ガス燃料、洗剤等の委託分も委託業者にということで言っているのかどうか、あんまり意味がない。原油高騰は人件費には何ら関係ないことなんですが、なぜそんな時間をとるのかなと思っております。
 今ありました後の方で、佐中でいえば2,100万円の人件費、職員給与費減をこの予算で見ていると。それで、一方その分委託するので委託費の中の業者に払う分の人件費分は1,400万円だと。差し引き690万円の減だと、人件費削減効果というんですかね、見てるということの説明だと受け止めましたが、21年度については東和が入ったことによって817万円の想定をしたが原油高騰があって年間256万円の削減効果に終わったということでありますが、それは口頭なのですが、少なくとも、例えばあったとしてもこの程度なんです。今の答弁をそのまま受けたとしても200万円や何百万円程度で委託するという、何がメリットあるのかということです。そもそも私が調べたのでは、実は民間委託が低コストだというのは間違いだというのが品川だかどこかで、世田谷だったか、裁判やって、裁判の判決で経費増になるという判決があって、それはそこの事情なのでわかりませんが、登米市どうなのかと思って改めて数字を拾っておかしいなと出ました。教育委員会に飛んでいって職員にチェックしてもらおうと思っても土日だったもので、ちょっと勝手ながら私が数値を並べて見ました。そうしますと、平成17年は委託ありませんでしたので先ほどあったように学校給食費総額は8億3,534万円。そのうち、職員給与費は、ここには事務員も入るんですけど、含めてとにかく給与費、調理員の分が中心ですが、2億7,173万8,000円、平成17年。平成22年、今回の当初予算はどうなるかといいますと、総額で8億9,200万なので、まず学校給食総額で5,600万ふえます。生徒数が減少している中で、そして大きな工事請負費等がない中で、そもそも学校給食費総額が伸びている、これがどうなのかという検証。それからさらに今回のテーマである民間委託したことによって委託費として人件費は出るけれども市で抱えている正職員、あるいは非常勤嘱託職員の人件費は減ると、差し引き効果が人件費が浮くかどうかということなんですが、平成22年度の職員給与費、2億5,566万1,000円、ここにある、予算書にある概要にあるとおりですが、に足す委託料、業者に払う分は1億3,733万2,000円です。しかし、このうち500万円ほどはセンター化の統合の計画書づくり200万円とかあるので、差し引くと1億3,300万円のようですが、大した額ではないのでね、合わせますと3億9,299万3,000円になるんです、平成22年度。そうすると、17年度と比べると1億2,100万ほど給与費と、いわば市で抱えている職員給与費と、臨時職員含めてだよ、と委託の分足すと1億2,000万ほどの経費増となるわけなんです。今年度690万円の差、委託によって人件費コスト下がるとは言いますが、その説明では納得できないんです。しっかりとした検証をした上での民間委託というのをやっているのかと、これをもっと今言ったやつに対してきちんとした説明をいただきたいと思うんです。これは職員にチェックしていただいた数字、これは予算決算書から私拾ったのでほぼ、例えばワープロというかパソコン打ち間違いもあるかも知れないけれども、チェックしてもらったら今全部資料として配布しようと思っていたんですけれども。今口頭で言っただけでもわかると思います。当局にはこのコピーしたのはやっておりましたので。もう一回きちんとした説明をいただきたいと思います。
副委員長(中澤 宏君) 教育次長、中津川定幸君。
学校教育次長(中津川定幸君) 19番委員さんに17年度からの給食関連の経費を分析をいただきました。けさファックスで出がけに私もちょっと見たんですが、各年度の内容につきましては数字確認できかねましたので、ここでどうのこうのということは申し上げられませんが、ただ、20年度から実際に請負をする業務履行場所において直接必要とするいろんな経費、例えばガスとかあるいはボイラーの燃料、こういったものはすべて請負者側が負担して契約を進めていくと、契約内容に沿って進めていくということになりますので、委託料についてはそれの経費も大幅にふえております。その分一般の管理費の方で減らすということですが、そのように減ってないのではないかということについては、ちょっと時間をいただいてなお詳細を分析してみたいと思います。
副委員長(中澤 宏君) 佐藤恵喜委員。
19番(佐藤恵喜君) 今、20年度からこれは偽装請負だと、派遣業務だという問題があって、ここでも取り上げましたが、宮城の労働局ちょっと腰弱いんですけれども、ガス代だとか洗剤だとか燃料代、これは業者負担になればクリアできるみたいな指導あったということで今の答弁あったとおりなんですが、しかしそれは委託業者身銭切ってやるんですか。委託料に結局は委託するときはガス代もみんな入るわけです。その分が今言ったように給食センター管理運営費、一番目に出てくる一細目か何かの分が今度は減るというだけの話であって、何ら説明にならないので、委員長あとちょっと保留しますので、午後まで少しもう1回整理して答弁いただければと思います。
副委員長(中澤 宏君) 数字の効果ね、それでは5,000万ふえたことの原因、あるいは委託が確かな効果になっているか、このことの検証を数字で示すと。午後から数字で提出していただくようにお願いしたいと思います。それまで質問は保留とさせていただきます。
 ほかに質問はありませんか。
 17番、關委員。
17番(關 孝君) まずは概要書の110ページから、幼稚園バスの運行費に関しましてお尋ねいたします。今回の計上ですが、市内にはさまざまな、幼稚園によって委託の形態が違う、委託の形態というか、さまざまな幼稚園バスの基準の形態が違うようですが、今年度は幾らかそういった部分が拡大、あるいは改善されているのかどうか伺います。
副委員長(中澤 宏君) 教育総務課長、及川一夫君。
教育総務課長(及川一夫君) 市内の幼稚園バスでございますが、今15園あるうちの12園で運行しております。運行形態につきましては、幾分改善はしておりますが、その地区の現状を加味しながら今後検討するというようなことで合併時になっております。その後、バスの運行等については改善はされてきましたが、平均化した、均等化した対応にはまだ至っておりません。これについても近いうちに均等化を図っていきたいと思っております。
副委員長(中澤 宏君) 關 孝委員。
17番(關 孝君) このことで市長にお尋ねします。この質疑の中で再三にわたってできない理由を平等性、公平性というふうなことでお話をいただいてまいりました。市内の幼稚園の中にいろんな形態があって、2キロ以上であるとか、あるいはバスがなくて小学校のいわゆるスクールバスに一緒にあれして、それも4キロ以上という市内にはさまざまな部分がある。あるいは各部分を個の部分までバスが回っている部分があるというふうな部分に関して、これは市長の考え方とすれば早速予算づけをなされて、その平準化というか均衡化を図るべきと考えますがいかがでしょうか。
副委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 詳細については承知をしておりませんが、概要についてはいろいろと承知をしているところであります。そういった部分の整合性をしっかりとって、しっかりとした取り組みを進めたいというふうに思っております。
副委員長(中澤 宏君) 關 孝委員。
17番(關 孝君) 次に、112ページの社会教育に関する給与費にかかわってお尋ねいたします。9月の決算時に指摘をさせていただきました図書館の利用が大変多くなっているということで、4月から一人職員が減っていると。これはどういうふうな総括をして一人減らしたんだということで、答弁では早い段階でそれを手当てをしたいというお話をいただきました。また、博物館に関しても、副館長が高倉勝子美術館の方に異動になり、この部分に関しても同様の質問をいたしましたところ、早い段階でと、もう2月になりましたが全然その手当てがなされていませんが、新年度どのようにされる考えでしょうか。
副委員長(中澤 宏君) 教育次長、後藤建一君。
社会教育次長(後藤建一君) 図書館、それから博物館の人員配置につきましては、当然教育委員会内で調整を図っておるところでございます。なお、その配置の内容につきましては、現在人事の方と協議をしているところでございますが、先の9月議会でご指摘をいただいて、早速その辺は教育委員会内で十分話し合いをしてございます。特に博物館の部分については、1名減というふうな形が発生しておりますので、そういった部分についてやはりきちっとした対応をしてまいりたいというふうに考えております。また、図書館の部分については、若干その常勤職員というふうなことではなく、臨時職員で対応しておった経緯もございます。基本的には通常の業務に支障のないような人員配置と、あるいは緊急的なそういった臨時対応も考えながら進めてまいりたいというふうに考えてございます。
副委員長(中澤 宏君) 關 孝委員。
17番(關 孝君) この部分に関してはいわゆるサービスの体制でありますので、9月に答弁をいただいて我慢強くそれまでの経過をずっとあれしておりましたが、ここに至って全然改善されていない。議会での答弁の重さをしっかりと受け止めていただきたいというふうに思います。
 それから、116ページ、中田生涯学習センターに関してお尋ねをいたします。
 まず、報償費の中で昨年は運営委員の謝金5万4,000円だけだったんですが、ことしが116万2,000円、おおよそ110万円増になっている、この要因、内容をお知らせください。
副委員長(中澤 宏君) 生涯学習課長、千葉幸弘君。
生涯学習課長(千葉幸弘君) 中田生涯学習センターの報償費の関係でございますが、企画展の展示室の運営委員の謝金につきましては前年度と同額計上させていただいておりますが、この中で今回計上したものにつきまして、企画展の指導謝金、これまでボランティアの友の会の方が協力をいただいて実施してまいりましたが、今回企画展の展示指導謝金、それから学校関係の出前講座の謝金、そういったものを予算計上させていただいております。それから、企画展の展示作品の入れかえの協力者の謝金等、それから、ミュージアムの運営協力者への謝金等を計上させていただいてございます。
 以上です。
副委員長(中澤 宏君) 關 孝委員。
17番(關 孝君) そうしますと、これまで佐藤達先生がおいでになり、各学校に出前でという形の中でご指導いただいた部分に謝金を発生してその事業を行っていくという、そういった部分に理解してよろしいのでしょうか。
 それから、次に、委託料ですが、項目は清掃業務ほか13件ということでしたが、この部分に関しても昨年より150万増になっていますが、この内容についてお知らせください。
副委員長(中澤 宏君) 生涯学習課長、千葉幸弘君。
生涯学習課長(千葉幸弘君) まず、報償費の関係でございますが、企画展の展示指導謝金と学校関係の出前講座ということで、達先生の謝金ということで計上させていただいてございます。
 それから、委託料につきましてですが、今回この中で休日の管理の業務の関係で委託料が増加してございます。
副委員長(中澤 宏君) 關 孝委員。
17番(關 孝君) これまで休日の管理に新たに委託料が発生するという部分をどのように理解したらいいでしょう。これまでも休日は開館しておったはずですけれども、そこに委託料が150万も増するという部分、これは非常に疑問であります。もう一度お願いします。
副委員長(中澤 宏君) 教育次長、後藤建一君。
社会教育次長(後藤建一君) 委託料につきましては、これまで常勤職員が張りついた経緯がございます。今回委託というふうなことで計上させていただいたんですが、過去4年間の中田生涯学習センターの開業以来のいろいろな部分を検証させていただいた経緯がございます。その中でどうしても職員のやれる分と、それからさらに土日の管理運営状況において、現在の人数が若干不足しているというような部分をカバーをするために、そういった部分で今回計上させていただいたというような経緯でございます。
副委員長(中澤 宏君) 關 孝委員。
17番(關 孝君) 次に、アートトリエンナーレに関してお尋ねいたします。資料の中では学校教育部局では詳細に単価等々も出されて概要を説明されておりますが、補助金500万円の内容が全くわかりません。総事業費幾らで、またどういった部分にどのくらいのものが使われるのかなくして、これ議決するというのは非常に難しさを感じておりますがいかがでしょうか。
副委員長(中澤 宏君) 生涯学習課長、千葉幸弘君。
生涯学習課長(千葉幸弘君) 今回アートトリエンナーレ2010で補助金500万円を計上しておりますが、全体事業費は600万円で計画してございます。それで、支出の主なものでございますが、報償費関係で国内外から13名の作家を招聘する予定でございますので、これらに係る報償費関係が325万。それから、参加いたします作家の旅費、これが39万。それから、需用費関係で118万1,000円、これは消耗品、食料費、それから印刷製本費ということで、チラシ、ポスター等でございます。それから、役務費で通信運搬が4万9,000円。それから、委託料としまして13万円、これは作品のキャプションということで、説明板の製作委託料13万円。それから、この分までが事業費としての500万円。それから、事務局の運営費として100万。合わせて600万の予算を組んでございます。
 以上です。
副委員長(中澤 宏君) まだありますね。途中でございますが、ここで休憩いたします。
          休憩 午前11時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
委員長(浅田 修君) 再開いたします。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 6番、阿部正一委員、22番、沼倉利光委員、23番、佐藤 勝委員より一時中座の届け出があります。
 初めに、先ほどの19番、佐藤恵喜委員の答弁漏れがあります。答弁を求めます。
 教育次長、中津川定幸君。
学校教育次長(中津川定幸君) 先ほど給食センターの調理業務委託に絡んで、経費が減っていないのではないかということでございました。調理委託業務につきましては、18年度までは調理業務の部分的な委託でございました。19年度から13センターの調理業務を完全委託しております。19年度につきましては、正職員はそのまま給食センター調理員として残っておりまして、委託部分の人員が非常勤で減ることとなったために、全体では予算は減っておりません。さらに、20年度は3,000万円ほどふえておりますが、佐沼病院との人事交流、人事異動の関係で9名が転入しております。そういったことで調理員の正職員が37名から20年度は45名に正職割合が8人ほどふえました。そういったことで人件費につきましても3,500万円ほど増になっているということでございます。21年度も9人ほど調理員の数が減っておりますが、これらも非常勤で減っているために、3,100万円しか人件費の減につながっていないということで、委託した場合に非常勤のときよりも委託人件費の方は若干上がるわけですが、正職員との比較ではないためにそういったことになるというようなことで、単純比較ではふえたことになりますが、その人件費の状況でこのような予算づけになるということでございます。
委員長(浅田 修君) 19番、佐藤恵喜委員。
19番(佐藤恵喜君) 16分でほかもあるんですが、今の説明でほぼ全体像というか、わかったといえば、減っていないと、ふえてると、これは間違いないんです。その理由はいろいろ言われました。佐沼病院から9名編入になったと。いらないけど、遊んでるけど引き受けたというという話でないと。必要人員だから佐沼病院から引き受けたということなので、そうすると民間委託しても減ってないんだということになりますし、非常勤よりも委託の人件費はふえると。であれば非常勤職員で直営でやっていた方がいいのではないですか。それで、民間委託の場合の問題点として、本社の利益と管理経費等で何割か、これは正確には私もわかりませんが、3割だとか、中には4割だとか東京本社に持っていかれる。大型店の問題でもよく議論されるとおり、そうして登米市の金をほかに流す。そしてコストは削減にならないと。こんなことがよくやられるものだなと思うんですが、これは時間の関係なので市長、教育長と、本当に検討して提案してるものなのかと、お二人からお聞きしたいと思います。
委員長(浅田 修君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 19番議員からこの職員の問題についてはいろいろと多方面にご質問をいただいておるところであります。そういった意味では、非常勤職員の問題等も含め、正職員化をせよというようなお話もいただいたところであります。そういった意味では、雇用の安定性という面と、そしてそういった取り組みの中でこういった取り組みをさせていただいておりますのでご理解をいただきたいと存じます。
委員長(浅田 修君) 教育次長、中津川定幸君。
学校教育次長(中津川定幸君) 若干人件費で非常勤なんかより高くなるということについて、ちょっとお話しさせていただきますが、委託する場合の仕様書におきまして、業務リーダー、副業務リーダー、これらの各1名の配置を規定しております。そういった中で、学校給食協議会で行っております学校給食管理師、これらの資格認定を受けている者、あるいは栄養士資格のある者、こういった方々が学校給食、あるいは集団給食施設などで経験が1年以上ある方をそこのリーダーに据えて調理業務に当たっていただくというようなことで、衛生事故等のないように万全を記した形でその派遣先の方々についても誰でもいいというわけではございませんので、それなりの人件費を計上して委託する必要があるということをご理解いただきたいと思います。
委員長(浅田 修君) 19番、佐藤恵喜委員。
19番(佐藤恵喜君) 今、市長は勘違いしないでいただきたい。今、学校給食の調理員の非常勤職員を正職員にしろと言ってるんではないんです、今回のテーマは。そのことをまずそらさないでいただきたいのであります。結局市長まともに答弁はできないと思うんです。人件費下がっていないんではないかと。コストさがってないんではないかと。この事実をどうやって否定するかという話なので、それは無理だと思うんです。
 もう一つは、委託にすればリーダーが必要だということになる。だから委託の人件費は直営の非常勤職よりも上がるんだと。当然派遣業務、請負業とは一応言ってるけれども、派遣業ですね。派遣業、親分なくてはないんです。そして管理者もいなくてはないんです。本社経費も必要なんです。そうすると、単価としては上がるんです。ところが、実際に非常勤職員であったものが委託によって首になって、そして今度はこのニッコクトラストが再雇用している。そのときの賃金どうなるかというと、非常勤職員よりも下がってるんです。それはなぜかと。市で払う委託料はふえるけれどもなぜ下がるか。それは本社経費から、そして地元のリーダーから、そういう管理部門というのが当然出てくるんです。ということで、やっぱり何らメリットがない。そもそもの安全・安心の学校給食を顔見える形でとかという、そもそも論もありますが、経費の面からしたってコスト削減にならない。しかも百歩譲ってその地元の業者がだったらば、この調理業務に参加してるというならばまだ譲られる分もあるかもしれませんが、あとは討論になっちゃうので、ということで、いわばまともなそれこそ説明にはなっていないと思うんですね。
 教育長からも一言だけ、もっと真剣に教育者たるもの考えなきゃないと思いますが。
委員長(浅田 修君) 教育長、佐藤壽昭君。
教育長(佐藤壽昭君) 給食センターの運営につきましては、今委員からいろんな点でご指摘を受けました。私もよく理解しない部分もございまして、大変反省をしているところですが、ともあれ経費の削減が最終的な目標であろうと思います。もちろんその内容としていろんな充実した給食の提供等々ありましょうが、これからよく精査をして、議員ご指摘のことにこたえられるような、そういう給食センターの運営に努力をしてまいりたいと思ってございます。
委員長(浅田 修君) 19番、佐藤恵喜委員。
19番(佐藤恵喜君) 今度の予算では学校給食センター再配置計画策定業務200万円ありますが、この委託条件、まあどこかの業者にまた頼むんでしょうが、現状の8センターのままの選択肢もあるのかと。それから、センター数を幾らに減らすことでの前提条件をつけての計画策定委託なのか。それから全く無条件で業者の判断を仰ぐということなのか。そして、センター再配置をした後の業務委託についても前提条件等含めてこの再配置計画業務を委託するのかということをお聞きしたいと思います。
委員長(浅田 修君) 教育次長、中津川定幸君。
学校教育次長(中津川定幸君) ある程度基本的な考え方は市の方から説明をして作業をしてもらいたいというように考えております。基本的に11カ所あるうち、30年以上経過している施設があるわけですが、それらの再配置を主眼に据えた計画でございます。
委員長(浅田 修君) 19番、佐藤恵喜委員。
19番(佐藤恵喜君) ある程度の市の考えを提示してということですが、だから現状のままのこともあるんですかと。あるいはセンター数を幾らに下げると。ある程度というのは何ぼに下げるんですか。いわば今対象にするのは8センターだと、それを二つにするとか、三つにするとか、四つにするとか、一つにするとか、それを聞いたんですけれども。それは言えないんですか。
委員長(浅田 修君) 教育次長、中津川定幸君。
学校教育次長(中津川定幸君) 現状の箇所数では考えておりません。統合を考えておりまして、四千食から五千食程度ぐらいで考えております。
委員長(浅田 修君) 19番、佐藤恵喜委員。
19番(佐藤恵喜君) もう一つだけ、教育長一言でいいんですが、一人校長制の関係、これも代表質問で言いっ放しで答弁聞いて終わりだったんですが、いろいろ意見は考え方はあると思うんですが、大学教授等教育研究者からは、6・3制の学校システムよりもっといいという明確な研究というんですかね、そういうのは教育学研究の中で蓄積されているという話は聞いたことがないとか、世界的にも初等教育と中等教育を同一学校としても9年齢も違う生徒が生活を一緒にするのがよいという教育制度は公立の一般的な学校制度としてはほとんど聞いたことがないというような研究者の指摘もあるんですが、教育長は研究者の理論を待たずして、自らの長年の教員生活を踏まえての方向づけなのか、それとも参考として何かそういう、いわば研究論文的なものを持っておられるんでしょうかね。あればあとで私も勉強したいと思うんですけど。
委員長(浅田 修君) 教育長、佐藤壽昭君。
教育長(佐藤壽昭君) 小中一貫につきましては、いろんな見方ございます。それに反対する大学教授もいますし、一方ではそれに賛成だという大学教授もございます。全国的な流れとしまして、小中一貫全国サミットというところに全国の市町村の教育長が集まりまして、もちろん文科省も参ります、その中ではこの一貫教育の必要性というのは公的に認められている考え方だと思います。この理論は私個人的なことを言えば、当初は私のアイデアということだったんですが、そのことがそういう思いを一つにする教育長たちがそれぞれの地区でそれを立ち上げているということです。実は、外国ではこういうような区分けはないという話なんですけど、よく考えますと、実は初等教育という言葉は、実は小学校と中学校なんですね。中等教育というのは実は高校でして、本来は初等教育というのは小中一貫のことが根底にあるということでご認識をいただきたいと思います。
委員長(浅田 修君) 19番、佐藤恵喜委員。
19番(佐藤恵喜君) 教育長のいわばその考えを今披露いただきたいとお聞きしたのではなくて、参考としているもの、学術論文等あるんでしょうかと。余りないというのが私の情報なんですが、あるんですかと、それをお聞きしたわけなんです。小中一貫がなぜいいかというのを改めて聞いているわけでなくて、ということであります。それだけ聞きます。あとは時間ないので、給食センター経費削減最終目標と教育長言って、その最終目標が一つも達成しない、逆に経費増となるようなの、このまま議会説明になるというふうに理解でしょうかね。その点だけもう一度お聞きします。
委員長(浅田 修君) 教育長、佐藤壽昭君。
教育長(佐藤壽昭君) 小中一貫関係の学術論文ですが、実はその教育特区があったころに、本来6・3制をある意味で否定するという論文はございます。それから、早期の英語教育の論文もございます。それから、総合的な学習の時間、それがあるいは選択教科、このことについても疑問の論文はございます。
 その次の給食についてでございますが、このことにつきましては懸命に努力をして、私どもが目指すいわゆるいい給食の提供と同時に、経費のかからないようなそういう方法を今後懸命に考えていきたいと思ってございます。
委員長(浅田 修君) ほかに質疑ございませんか。
 17番、關 孝委員。
17番(關 孝君) 先ほどに続くものでありますが、まず006生涯学習センターに関する部分、改めて佐藤達先生にはこれまで出前教室という形の中で非常にご協力をいただいていたんだなということを感じたわけですが、今回それに対して110万円を増する、あるいはこれまで4年間ですか、生涯学習センター職員の皆さんがご苦労なされてやっていた部分に日・祝日の部分、それに委託料として約150万増するということ、さらにはこのアートトリエンナーレ2010の事業に関しては80%以上の事業費補助をすること、また中身については報奨金、13名の作家の先生に15万円ずつで195万、また滞在その他ボランティアの協力者には100万円の謝礼と、こうした部分を副市長は事業予算の査定の中でどこに視点をおいて、これらをどう評価されて提案をされたのかお尋ねいたします。
委員長(浅田 修君) 副市長、井林 貢君。
副市長(井林 貢君) 今回のこの事業につきましては、教育委員会の方から縷々説明がありました。まあ、私どもとしても、こういった事例、ほかの地方団体でも行ってございますけれども、まさに建物の中でなくて、町にさまざまな作品を展示して芸術といいますか、文化を皆さんが、数多くの方に楽しんでいただくというか、鑑賞していただく。そして、それが文化の向上になればということの判断でございます。初めての事業でございますので、さまざまな不安等もありますが、何としてもこの事業は成功させたいという考え方での結論ということでございます。
委員長(浅田 修君) 17番、關 孝委員。
17番(關 孝君) 最後に市長にお尋ねをいたします。新しい現代アートという文化を登米市に根づかせたいというふうな市長の政策予算であるというふうな認識をいたしております。しかしながら一方で、これまで既存の文化保持団体への補助金等々は一向にふえておらない。さらには、市民民族芸能大会等々の補助も一つもないという形の中で、あえて今回500万円の補助でこうした事業に取り組む、この事業の目的とその成果をどのように市長は判断をされておるのか、その点伺います。
委員長(浅田 修君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 芸術というものは、もちろん見ただけで感じるという部分もございますけれども、直接そういった制作にかかわっている皆さんとのかかわりによって、なかなか気づくことのできないその芸術の奥深さとか、そういったことを感ずることができるものではないのかなというふうに感じているところであります。そういった意味では、作品をただ展示するということだけではなくて、その作品の制作過程、そしてそういった展示、そういったものに多くの市民の皆さんにかかわっていただくことでむしろそういった芸術文化を直接肌で感じていただけるような、そんな取り組みにしていきたいというふうに感じたところであります。そういった意味では、市民の皆さんの多大なるご尽力もいただくような、そのような取り組みになろうかと思っておるところであります。特に、そういった作家の皆さんのいろいろなお世話、そしてサポート、そういったものにつきましては地域の方々のお力添えが多分に必要な部分が多々あるだろうというふうに感じておるところでございます。そういった意味では、実行委員会も早々に立ち上げるということと、そして一人でも多くの市民の皆さんにご参画をいただきたいというふうに感じているところでございます。
委員長(浅田 修君) 18番、田口久義委員。
18番(田口久義君) 私の持ち時間がまだありますので、1点は、登米っ子学習について、この500万の事業費が持たれていますけれども、あるとき教育長が何かの会議で教育委員会の目玉は何ですかという質問に対して、登米っ子学習であるというようなこと、私大変印象に残っておるわけなんですが、その登米っ子学習の事業の目玉としての考え方といいますか、その点について伺いたいということと、それから、この登米っ子学習は学力向上のための家庭学習とのタイアップだということでございますけれども、学年ごとにまた家庭学習の時間が目標設定されてて、その学年によっていろいろ勉強してるということのようですけれども、そういった部分でどの程度の実行が守られているのか、その辺も含めてお話をいただきたいということです。
委員長(浅田 修君) 活き生き学校支援室長、金野 勉君。
活き生き学校支援室長(金野 勉君) それでは、登米っ子学習の考え方ということでまずお答えしたいと思います。昨年度、学力、全国の調査を行ったといったところ、課題として家庭学習の時間が子供たちがかなり少ないというふうな実態が浮かびました。それから、子供たちが授業をもっとわかりたいというふうなこともございます。そういった中で、授業をわかる、きょうわかったぞというためには、ある程度の授業をわかるための前提条件が必要でございます。算数の計算をするためにはその前の単元のこの内容が分かっていないときょうは理解できない。理科の学習、実験をするときにこういう基本的な操作を、技術を身につけいていないとできないといったような条件が必要でございます。そういったものを家庭学習の課題として子供たちに与えるということで、ある程度の前提条件をそろえることができます。あるいは、関心を持ってその授業に臨むことができるということでございます。そういうことを登米っ子学習の課題というようなことで、子供たちに与える。そして、グループでそれをお互いに確認し合う。私はこういうふうな考えであるよというふうなことでございます。その結果として、子供たちは自信を持ってきょうこんなことをやってきたんだというようなことで授業での発言がふえているというふうなこと、それから結果としておもしろいなと、授業がわかるなというふうなことでございます。それから、教員については、一つの単元というか、つながりがあって学習するわけですけれども、当然その教材研究といってどういうふうな展開をするかというのは考えるわけですけれども、その中に、きょうはこのことがわかっていないと授業が成立できないよというふうなことを当然考える必要があります。それを課題として子供たちに提示していくと。結果として教員が見通しを持って授業できるようになるというふうなことでございます。以上が登米っ子学習の考え方ということでございます。
 それから、家庭学習ですけれども、昨年度ですが、小学生については学年掛ける10分というようなことで、子供たちに家庭に目標として提示してございます。そのことについての学習時間の調査をいたしましたところ、目標値を100としたときに115というふうな数字が出てまいりました。というのは、その目標よりも子供たちが学習時間が多いということでございます。ただ、全国的に見た場合に、その数字がどうかというと、全国の100よりは少ないというふうなことで、数値の目標を全国の標準の学習時間にあわせているというふうなことにしております。小学校につきましては、今年度ほぼ100%、102ポイントぐらいだったと思います。小学生については全国の標準時間よりもややふえていると。ただ、中学校の場合はかなり少なくございまして、82、3%というふうなことでございます。そのようなことでございますので、学習時間については中学校について今後また登米っ子学習を通じながらもっとふえるような方策を考えていきたいというふうに思っています。
委員長(浅田 修君) 18番、田口久義委員。
18番(田口久義君) この学力向上については、学力向上推進委員会というのがあるようですけれども、その構成メンバーとその成果についてはどのようになっているか簡単でいいですのでお願いします。
委員長(浅田 修君) 活き生き学校支援室長、金野 勉君。
活き生き学校支援室長(金野 勉君) 構成メンバーは全部で11名でございます。まず登米地域の教育事務所から1名、それから校長先生方の代表が2名、小中1名ずつです。教頭もそれぞれ1名ずつ。それから教諭の方々が6名と。今年度登米っ子学習ということで3校指定をしてございますので、教員の中に3校からの代表が来ているということでございます。それから、成果ということですけれども、今年度の学力向上の取り組みについて各学校にアンケート調査をしてございます。その中で登米っ子学習について主になりましたけれども、成果については先ほどお話ししたような子供たちが意欲的になっているとか、あるいは教員の見通しが持てるというふうなこと。それから、課題につきましては、宿題の内容が随分左右するというようなことで、そういう部分についてもっと検討していくというふうなことで話がありました。具体的には短時間でできる内容であるとか、みんな取り組めるような簡単な内容であるとか、そういったものが必要であるというふうなご提案をいただいております。また、校長会議がございますので、その中でご指摘いただいたことを各学校に伝えながら進めてまいりたいと思います。
 以上でございます。
委員長(浅田 修君) 18番、田口久義委員。
18番(田口久義君) 次に、学校給食センターについてお尋ねいたします。事業費として200万円、これ前者のいろいろ質問があったわけですけれども、この予算書の中でこの200万円というのはどの部分に当てはまるのか、その点をまず1点お伺いしたいということがあります。
 それから、この再配置構想ですけれども、先ほども質問がありましたけれども、この再配置とともに、いろいろやっぱり地産地消の問題、あるいは食育の部分が大きな部分となると思うんですけれども、こういった再配置と合わせて、こういった部分についてはどのような、何か構想といいますか、考えがあれば、あくまでただ設備を縮小して何箇所に建てるんだという考えだけでなくして、考えるところがあれば伺っておきたいということです。それで、例えば食育の観点からした場合には、地元の農産物の収穫とか調理の体験を生徒たちに体験させるとか、あるいは食べ残しのリサイクルなどはどのようにするとか、そういったことも含めて、例えば食油の環境のバイオディーゼル関係は実施されておると思うんですけれども、そのほかにも食べ残し関係のリサイクル等についても考えるところがあれば伺っておきたいということでございます。
委員長(浅田 修君) 教育次長、中津川定幸君。
学校教育次長(中津川定幸君) まず最初に委託料の予算箇所でございますけれども、学校給食費の給食センター管理運営費の委託料、ここに施設管理委託料等となっていますが、この中に200万円入っております。
 次に、地産地消の関係でございますが、センター方式ですと、地産地消に取り組みにくいのではないかというようなお話もいただきました。統計数値から見てもそうではございません。単独の調理場では各調理場ごとに大きな人手と手間が必要になるわけですが、既に登米市では農業団体とか地産地消推進店との連携の取り組みを行っております。さらに、その調達のお世話をいただく組織の立ち上げも産業経済部の方で進んでおりまして、地産地消の推進計画で定めた数値目標に向けた努力をしておりますので、これからもセンター方式になっても十分に取り組んでいけるものと感じております。
 後段でご質問の食育の関係でございますが、今でも給食を通した食育に取り組んでおりますが、学校行事などと連携をしながら今後も取り組むものでございます。センターになりましても、学校栄養教諭の配置、あるいは栄養教諭を学校現場に派遣するなどいたしながら、各学校での活動の中で各学校の児童生徒と十分栄養士らも触れ合いを深められると思っております。(「リサイクル関係、残渣の関係」の声あり)
 残渣の関係でございますが、残渣についても各年度、1年間の統計を取りながら資源をむだにしないような工夫をしているところですが、利活用につきましては、現在一部家畜の餌に回しているセンターがございますが、大半のところはごみとして焼却ごみに回っているという状況でございます。それについてもリサイクルできるような、一部畜産農家への提供がございますが、そういった形を広めてまいりたいと思っています。
委員長(浅田 修君) ほかに質疑ありませんか。
 28番、岩淵正宏委員。
28番(岩淵正宏君) 概要書119ページ、保健体育活動費の中にあります委託料の中での登米市駅伝大会の委託料、別冊で資料もらってましたが、この事業費200万円、その内訳、そしてなぜ駅伝なのか。それと、この冠大会の名前で第1回登米市駅伝競走大会概要ということになっています。2回、3回続ける気なんだなというふうに理解しますが、来年も再来年も継続するものなのかお聞きします。
委員長(浅田 修君) 生涯学習課長、千葉幸弘君。
生涯学習課長(千葉幸弘君) 登米市駅伝競走大会の200万円の委託料の内容でございますが、まず、報償費関係で参加賞ということで300人を見込んでおりまして、これが15万円。それから、商品等で55万円を見ております。それから、傷害保険料等役務費で30万円。それから、トイレ、机、いす等の借り上げ料で30万円。それから、コース設計、音響等で委託料で20万円。それから、印刷費、消耗費、食料費等で65万円。合計で200万円でございます。
 それから、2点目のなぜ駅伝かということで、市政施行5周年記念事業ということで、市民がスポーツに親しみ、健康の維持と心身の充実を図るとともに、市民の一体感醸成を図ることを目的に開催します。
 それから、3点目の第1回となっているが、ということですが、これらにつきましては、22年度を1回目としまして、継続をしていきたいと現在のところ考えてございます。毎年やりたいというふうに考えてございます。
委員長(浅田 修君) 28番、岩淵正宏委員。
28番(岩淵正宏君) 5周年記念事業で、これ1回まずやってみるというのであれば、まだ実績も何も出てないのに、2回、3回もやるという予定でいるというのはどんなものなのかなと。そして、参加人数300人を予定してると、市内いろんなスポーツ団体ございます、野球、テニス、バレー、バスケット、剣道、柔道、逆にこの登米市内では各団体が登米市交流大会というのをどの団体競技も持っております。それにこの5周年記念をやって、その子供たち、または選手たちに記念品を配るくらいのことをやった方が一体感、こっちの方がよっぽど1,000人、2,000人軽く1競技、そういう大会行えれば出るというふうに思いますが、ですからなぜ駅伝を選択したのかお聞きします。
委員長(浅田 修君) 教育次長、後藤建一君。
社会教育次長(後藤建一君) まず、駅伝の、今回事業として取り組む考え方でございますが、先ほど担当課長の方から話したように、一つの一体感というふうなことでございますが、一つには、駅伝競技、その競技について、今回想定しているのは小学生から40歳以上の一般の方々が交流もかねて、それから中学生の部というふうなことで設定してございますが、これは部活、あるいは陸上競技以外の部で構成して出場していただくというふうなことから、体力の向上というふうなことを考えてございます。それから、もう一つは、世代間の交流というふうな大きなテーマがございます。これにつきましては、各種年代を問わず参加をいただくというふうなこと。それから、もう一つは、競技力の向上というふうなことで、三つの大きなテーマを設定してございます。したがって、これは先ほど後段でご指摘をいただいたように、他の、現在85のいわゆる体育大会の種目があるわけでございますが、それに対して1,900万円ほど予算を出してございます。他のそれぞれの目的と同じように、この新規事業につきましても今お話ししたような目的を持った事業でございますので、それに進めてまいりたいというふうに考えております。
委員長(浅田 修君) 28番、岩淵正宏委員。
28番(岩淵正宏君) これ、実行委員会組織をつくって委託するというような形、競技力向上というのも今説明ありましたが、各協会ありますよね、体育協会の中にも陸上競技の協会、あとは球技それぞれの……、そうやって市から体協を通していくか、そういう補助あるんですから、各その団体、団体でどうぞ企画してくれと、予算、登米市金がないだと、こういうたびに「500万円けっからやってみろや」というのはいかがなものかなと思うんですよ。それで、今後ますます財政逼迫してくるおりに、1回、2回継続してやる、500万円ずつ毎年、どういう認識かちょっとわかりません。市長答弁お願いします。
委員長(浅田 修君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) まず、第1回というこの取り組みであります。これにつきましては、まず5周年の記念事業としてしっかりと実施をしていきたいというふうに考えておるところであります。また、そういった意味では、昨今いろんな意味でやはり運動に親しむという環境が市内にも大分普及をしてまいりました。また、そういった中でやはり合併の5周年の記念事業としてどういった形のものが取り組むことができるかということも想定をさせていただきました。そういった状況の中で、数多くの市民の皆さんが参加しやすいということと、そして参加するだけでなくて、実は参加していない皆さんも積極的に応援をしていただきながら、さまざまなかかわり方を持っていただける、そういうような一体感を持つための事業としてどういったものができるのかということを多角的にいろいろと検証し、判断をさせていただいたというような状況であります。また、各競技種目ごとのさまざまな取り組み等につきましては、議員からご指摘、ご指導いただいた内容、そういったことも踏まえながら、さらに各分野の中で運動・スポーツ競技に親しむ人、そしてまた競技力の向上をというものに意を尽くしてまいりたいと考えております。
委員長(浅田 修君) 28番、岩淵正宏委員。
28番(岩淵正宏君) あと私3分ほどあるので、これで使い切りたいと思います。
 こういう多くの人にということで、先ほど500万円と言ってしまいました、ごめんなさい200万円でございますが、今月の大会、ちょっと私たちの団体も企画してご案内状差し上げたところですが、予算は参加費だけで十分賄えるんです、記念品も含めて。これ、参加費特にないんですよね。こういうお金の使い方がおかしいというふうに言ってるんです。ただもらうだけ、こういうのを改めなければいずれ本当にパンクしますよ。スポーツどころでなくなる。せめて、やるというような意向のようですから、第1回というのはぜひ取ってほしい。登米市5周年記念駅伝大会でいいから。それで、ことしの、22年度の実績を見て、やっぱりやったほうがいいな、そういうところで、参加費も取った方がいいと、一人100円、200円、それだけでもいいんですよ。そういう考えの方向に転換する気あるかどうかだけ聞いて終わりにします。
委員長(浅田 修君) 教育次長、後藤建一君。
社会教育次長(後藤建一君) 基本的な取り組み方につきましては、先ほどお話しした内容でございます。今後競技団体、あるいは関係者の方々とさらにいろいろな調整をしていく必要があるだろうというふうに思っております。基本的な考え方は、その内容といたしまして、課題問題点につきまして各種団体の方々と協議をさせていただきたいと、その中で取り組んでまいりたいというふうに考えております。
委員長(浅田 修君) ほかに質疑ありませんか。
 10番、浅野 敬委員。
10番(浅野 敬君) 先ほどの学校給食センター再配置計画に関連しまして、中津川次長の答弁ですと、望ましい規模が4,000食というふうなことをおっしゃいましたが、この概要の別冊の53ページには再配置計画対象外を除けば6,000食しかないわけなんですよ。そうしますと、どう考えても市の基本方針でいわゆる業者さんに提示するのは2センターとしかならないのではないかと思って、その辺心配な余り今お尋ねするわけでございますが、いかがでございましょうか。
委員長(浅田 修君) 教育次長、中津川定幸君。
学校教育次長(中津川定幸君) 大体2センターぐらいあれば十分対応できると思っております。
委員長(浅田 修君) いいですか。ほかに質疑。
 27番、熊谷憲雄委員。
27番(熊谷憲雄君) 私は公民館のことについてちょっとお伺いいたします。今議会で米山の米山公民館、それから吉田公民館、中津山公民館、指定管理になりまして、それぞれ指定管理の委託料が払われることになりましたが、その中で、人件費として854万8,000円という各公民館に予算計上されておりますが、これは正職員が2名、それから臨時職員が1名という3名体制だと思うんですが、それぞれの報酬というんですか、人件費は幾らぐらいにしておるんですか。
委員長(浅田 修君) 教育委員会理事、及川登志郎君。
教育委員会理事(及川登志郎君) それでは、指定管理者の雇用する職員の人件費の積算根拠についてご説明を申し上げたいと思います。
 まず、公民館長でございますけれども、月額の額が15万2,000円で12カ月の支払いでございます。それから、事務職員1名当たりでございますが、採用時の月額が14万3,000円、それから期末手当を月額の3カ月分見てございます。それから、時間外手当を年間の支払額の5%見込んでございます。額にしますと8万5,800円ほどになります。3カ月分の期末手当が42万9,000円ほどになります。それから、前歴の経験年数の加算、それから勤務後の経験年数の加算で、1年当たり1,500円ずつ加算をさせていただくということに積算をしてございます。さらに、上限額を設定してございまして、上限額については職員のみでございますけれども、17万3,000円の上限を定めております。さらに、社会教育主事の資格を得て雇用する側がその資格を認めるということになった場合に、月額5,000円の社教主事の手当てを加算するという考え方でございます。ただし、指定の期間が5年でございますので、5年間はこれで固定をして運用していただきますけれども、指定期間満了時にはその時期の賃金の状況によって改定を加えていくという考え方でございます。それぞれ予算につきましては、限度額をもって計算をしております。館長は同額ですけれども、事務職員については限度額で設定をしております。
委員長(浅田 修君) 27番、熊谷憲雄委員。
27番(熊谷憲雄君) 昨年、やはりこの予算の委員会で私は中田の4ふれあいセンターの人件費について質問した経緯がございますので、今回米山地区の3公民館が指定管理者制度に移行したということでの質問でございます。それでは、この給与体制は中田にも当てはめるんですか。
委員長(浅田 修君) 教育委員会理事、及川登志郎君。
教育委員会理事(及川登志郎君) 説明不足でございました。中田の方も残り指定期間4年ございますけれども、同じ積算根拠を使わせていただくということでございます。
委員長(浅田 修君) 27番、熊谷憲雄委員。
27番(熊谷憲雄君) 何か去年は私が中田のことをと言ったらあまりいい答えは出てこなかったんですけれども、今回他地区の公民館、指定管理制度になるということで、若干去年言ったことにプラスされたのかなというような気もいたしております。本当にこの概要書を見ても、112ページの職員給与、一般職で81人、この総額で6億1,954万円、単純に割ってみても一人の給与が764万円と、そういう中で今回の指定管理者制度で公民館長、私の方ではセンター長なんですけれども、それから職員含め3名で上限額ですか、854万というのは、いかにも人件費削減のためというような感じも否めないわけではございません。ここに社会教育指導員の資格を持って勤めている若者も、生活給で勤めているわけでございますので、ぜひそこのところは職員の給与と比較して、少しでも改善していただけたらなと思っている次第です。
 それから、委託料、決算で余った場合に、例えば500万で委託して450万しかかからなかったというようなとき、その50万を返却させておるというような話も聞いたんですけれども、それは正しいんですか。
委員長(浅田 修君) 教育委員会理事、及川登志郎君。
教育委員会理事(及川登志郎君) まず初めに、指定管理者の雇用する職員の積算根拠についてのご要望がございました。いろんないきさつがあって改定に踏み切ったわけでございますけれども、改定する際にいろいろ県内外の同じような施設の賃金情報をまず実態として調べさせていただきました。それから、さらには市内の求人者の賃金、それから雇用側の賃金、それらもいろいろと情報としてハローワークの協力をいただきました。そんな中で、いろいろ数字的なものを試算したわけでございますけれども、他の自治体、隣接県を含めた状況の中では、県内の白石市が月額、事務員の報酬等が18万円ということで、単価的に1位でございました。ただし、これは12カ月、時間外もございませんし、賞与もないという、そういう待遇でございます。私どもは、まず月額の14万3,000円については、ハローワークの同業種の月額賃金に近いということで、これをまず採用させていただきました。その次に、隣接県だけの調べでは他に例はございませんが、時間外とそれから期末手当と、これを加えさせていただきますと、現在のところ県内では、隣接県を含めて一番の待遇となってございます。それで、ご要望の内容につきましては、先ほど申し上げましたけれども、5年の指定期間満了時にその時点での検討が必要なときは検討するという考え方でございます。
 それから、2点目の剰余金が発生したときに精算をするような、そういうふうなお話でございますけれども、指定管理者につきましては、そういう剰余金が発生しても返還する必要はございません。それから、その逆の場合であっても、原則市が補てんをするというようなこともございません。そういう制度でございます。
委員長(浅田 修君) 27番、熊谷憲雄委員。
27番(熊谷憲雄君) 私は確かそういう事実があったというようなことを聞きまして、ちょっと違法なことではないのかなというような気持ちで今質問したわけでございます。それから、ハローワーク等で同業種の賃金を調べてと、こういうふうなので同業種ってあるんですか。公民館事業みたいな感じで。
委員長(浅田 修君) 教育委員会理事、及川登志郎君。
教育委員会理事(及川登志郎君) まず、委託料の返還の部分について、過去にそうしたことを聞いたことがあるというお話でございますが、公民館の指定管理は、22年の4月から初めてでございまして、それ以前につきましては類似施設の中でふれあいセンターと、これについては、まず事業補助金という形で支出をしておりますので、補助金であれば当然実績に基づいたそういうことが必要になるかとも考えられます。そういうことだろうというふうに思います。
 それから、ハローワーク等の調査で、同業種とは公民館と全く同じような業種があるかと、こういうことでございますけれども、まずは受付業務であるとか、それから帳簿等の事務をつけたり、それから事業の執行と、そういう幅広い業務でございますので、市内のそういう似たような業種、それを同じようにとらえたということでございます。
委員長(浅田 修君) いいですか。ほかに質疑ありませんか。
 27番、熊谷憲雄委員。
27番(熊谷憲雄君) 類似した業種なんですか。
 それから、今までの中田のふれあいセンターね、これは去年の予算でも委託料になってますよ。補助金じゃないですよ。
委員長(浅田 修君) 教育委員会理事、及川登志郎君。
教育委員会理事(及川登志郎君) ふれあいセンターの管理等については、指定管理者委託料でございます。しかし、事業については補助金という支出で変わっておりません。
 それから、似た、類似した業種といいましても、ずばり公民館というような施設は公にしかないということでございますので、主として、主眼としたのは事務系の、事務職の賃金を基準として検討させていただきました。
委員長(浅田 修君) 生涯学習課長、千葉幸弘君。
生涯学習課長(千葉幸弘君) 中田のふれあいセンターの関係でございますが、17年の3月に指定管理を委託してございますが、20年度までの指定管理については、剰余金が出た場合は精算する、返金するという指定管理の委託内容でございました。それを21年度、今度更新したわけでございますが、21年度からはその委託料の精算はしないということに改めてございます。
 以上でございます。
委員長(浅田 修君) いいですか。
 27番、熊谷憲雄委員。
27番(熊谷憲雄君) 私もそこのところの20年度までのその委託料の返還については、返還するというような事務手続きをしたかどうかは確認しておりませんので、これ以上言うことはございませんが、ただ、同業種、事務系のと言いますけれども、公民館、それから中田のふれあいセンターの職員は、月曜日休んで火曜日から日曜日まで社会教育指導員としてずっと勤務しているわけです。普通の事務系の労働されてる方とはちょっと意味合いが違うと思うんですけどもね。まあ、わかりました。
委員長(浅田 修君) 答弁はいいですか。
 教育委員会理事、及川登志郎君。答弁を求めます。
教育委員会理事(及川登志郎君) 公民館にというか、中田のふれあいセンターにご勤務されている職員の皆さんの状況、それから内容については、私も公民館経験者でございます。十分承知しているところでございます。今後、委員の意見を十分に検討しながら進めてまいりたいというふうに思っております。
委員長(浅田 修君) 27番、熊谷憲雄委員。
27番(熊谷憲雄君) よろしくお願いいたします。
委員長(浅田 修君) ほかに質疑ありませんか。
 質疑なしと認めます。
 これで10款教育費についての質疑を終わります。
 ここで、説明員の入れかえのため暫時休憩します。
          休憩 午後1時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時10分
委員長(浅田 修君) 再開いたします。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 11款災害復旧費、12款公債費、13款予備費について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
 質疑ないようですので、質疑なしと認めます。
 これで11款災害復旧費、12款公債費、13款予備費についての質疑を終わります。
 ここで申し上げます。ただいま審議しております議案第11号に対し、岩淵正宏委員から修正の動議が提出されております。その写しを配布しますので暫時休憩いたします。
          休憩 午後2時10分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時14分
委員長(浅田 修君) 再開します。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 本案に対して岩淵正宏委員からお手元に配布のとおり修正の動議が提出されております。よって、これを本案とあわせて議題とし、提出者の説明を求めます。
 岩淵正宏委員。
28番(岩淵正宏君) 28番、岩淵正宏でございます。
 議案第11号、平成22年度登米市一般会計予算に対する修正動議を提出いたします。
 上記の議案に対する修正案を別紙のとおり地方自治法第115条の2及び会議規則第17条の規定により、別紙の修正案を加えて動議を提出します。
  説明をいたします。
 1枚目お開きいただきます。
 この22年度一般会計当初予算の中で、第1条歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ394億9,268万9,000円と定めるとするものでございます。以下同じでございますので、説明の都合上、一番最後のページのところで、減額する項目でございますが、広報公聴費の中で斜線を引いた部分でございます。その中の委託料、コミュニティFM市政情報等放送委託料326万4,000円を減額するものでございます。その減額に対しての歳入部分の訂正は、2枚目に記しております、繰入金の中から歳入の部分の基金繰入金を同額減額するものでございます。
 なぜこの減額の修正を出したかという理由について説明いたします。まず、執行部の提案によります内容では、このコミュニティFMの室内可聴エリアが20%台で一部市民だけに偏ったサービスであるということでございます。市は市民平等に同じ情報を提供すべきであると思うものであります。可聴不可地域への対応の計画が今のところ全く見えません。二つ目に、事業者による今後の可聴エリアの拡大計画が不鮮明であり、そのための財源確保の綿密な計画がないことであります。三つ目、市のタイムリーな情報提供を主眼とするのであれば、現在行っている携帯情報メールサービスを充実すれば済むことであり、その方が多くの市民に確実に伝達でき、十分対応可能であると思うものであります。四つ目に、災害情報の伝達にも使用するということでありますが、市では防災無線、そして防災ラジオの普及に努めてあることで、それに十分災害時の対応は可能と判断するものであります。五つ目に、326万4,000円をかけて委託することにより、市及び市民の利点といいますか、利益が見えてこないということであります。あえて言うなら、現時点では特定の事業者への優遇としか見て取れない予算措置でございます。コミュニティFMは個人的には応援したい事業ではございますが、上記の、今言った理由から、このような状態のまま議会として承認するのには時期尚早と判断しなければならないと思います。情報行政の充実を目指すのであれば、まず今市が取り組まなければならないことは、新たなFMより防災無線、防災ラジオの難視聴地域を解消することがまず第一番目のことであるというふうに確信しております。どうぞご賛同いただきますよう、よろしくお願いし、提案理由の説明といたします。
委員長(浅田 修君) これより修正案に対する質疑を行います。
 質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
 ないようですので、質疑なしと認めます。
 これより討論を行います。討論ありませんか。
 討論は原案賛成者、次に原案及び修正案反対者、次に原案賛成者、修正案賛成者の順序で行います。
 討論ありませんか。
 まず、原案賛成者に対し25番、中澤 宏君。
25番(中澤 宏君) 25番、中澤 宏でございます。平成22年度一般会計当初予算に賛成の討論を行います。
 歳入歳出総額394億9,595万3,000円の予算内容について賛成の理由を申し上げます。
 まず、歳入については、個人市民税、法人市民税が前年対比85.7%、4億1,301万円の落ち込みなど、自主財源の減少から歳入不足も懸念されましたが、地方交付税3億6,700万円を初め、地方特別交付税、国庫支出金、県支出金等、依存財源がそれぞれ前年に比較し大幅に増額され、前年並みの規模を確保することができ、安堵したところでございます。このことは、市民の幸せのための施策実施のための最も大切なものであります。
 次に、歳出についてでございますが、定員適正化計画に基づき人件費が抑制され、国の子ども手当ての創出、不況の社会情勢を反映し、生活保護が増加するなど、扶助費が前年対比10億4,889万円増額されることが大きな特徴となって見えます。また、4月開局を目指す民間FM会社コミュニティFM活用事業に年間放送委託料として326万4,000円、自らの地域は自らの力でとする協働のまちづくりには九つの総合支所に各100万円、計900万円を交付すること、民設・民営で29床の地域密着型特別養護老人ホームを市内3カ所の設置を計画し、基準事業費の約55%に当たる交付額の総額は4億7,500万円、保育所の待機児童解消を目指し、二つの民間保育園に総事業費の4分の3となる5,411万1,000円を施設整備費として補助、新たな仕事を起こして雇用を創出するふるさと雇用再生特別基金事業は100%国の補助金を活用し、農産物流通システム構築、地産地消システム構築、特産品開発、バーチャルショップ運営、畜産物消費拡大、観光商品等開発、商店街整備事業などに1億877万4,000円で民間に委託する。地域住民のボランティア協力による放課後子ども教室を6カ所に拡大し、事業費1,011万4,000円を計上した。サービスの受け手としての市民が、サービスのつくり手として動き出すための支援であり、新しい公共を市民とともにつくろうとする政策がよく見えます。さらに、環境政策として住宅用太陽光発電システム設置補助事業として160件、2,000万円。南方庁舎と消防防災センターに太陽光発電装置を導入。LED蛍光灯設置に8,000万円。市政施行5周年記念事業に513万3,000円。新型インフルエンザ対策として約2,000人からなる保育所等子供施設54カ所に191台の空気清浄機を購入、総額989万5,000円。小学校1年生から3年生までの465人を対象とする17施設の放課後児童クラブ運営費に8,085万8,000円。がん検診受診率向上対策として前年比2,028万3,000円を増額。新規高卒者を採用した事業主に交付する交付金制度を創設し、50人分1,500万円。離職者の教育訓練受講料補助として200名分200万円を計上、21年分と合わせると600万円ともなります。地域材需要拡大支援事業として新築住宅に主要構造の50%以上に地域材を使用した場合、50万円を限度として30戸分1,500万円を、資金繰りに苦しむ中小業者に2,000万円まで融資限度を引き上げ、総融資枠32億5,500万円に拡大するための金融機関への預託金を2,500万円拡充。ビジネス商談会、人材確保支援、企業誘致促進事業に832万9,000円。農産物の新たな販路拡大対策として870万3,000円。市民要望の多い道路を新設改良工事には68路線、18億4,700万円を計上し、社会情勢や地域の課題、市民の苦しみ、希望に対応したメリハリある予算になっており、職員の英知、市民サービスの変化と進化、議会における議論の成果を感じられます。4月開局を目指すFM局に対する放送委託費については、可聴エリアが狭いことから、FM活用事業のよしあしも含め、質疑により詳細を追求したところです。小さく産んで育てるように、経営の開始時は最も人口の密度の高いところから始まり、実績を積み、市民の支持を得、本放送を通じて確実な可聴エリアを把握し、可聴エリア拡大、事業拡大と発展してほしいと期待します。逆に、急速な事業拡大、過大な設備投資は経営の硬直化を招き、経営危機に陥る場合があり、心配するところです。将来的には市内全域が可聴エリアとなれるよう、資本的な支出も考えなければならないと思いますが、今般の支援は適当であると判断するものです。
 以上、原案賛成の討論といたします。皆さんのご賛同よろしくお願い申し上げます。
委員長(浅田 修君) なお、討論でありますけれども、この案に対しての、特化して討論をしていただきます、時間の都合上。
 次に、ちょっと聞いてくださいね、原案及び修正案に反対の方ということで、原案も反対、そして修正案も反対という方でございます。そのあとに、もう一度説明しますけれども、次には原案賛成者ということでまた戻りますけれども、その次に修正案賛成者という形で戻ります。いいですか。
 それでは、次に原案及び修正案反対者の意見を許します。
 19番、佐藤恵喜委員。
19番(佐藤恵喜君) 議案第11号 平成22年度登米市一般会計予算に、そして修正案に対する反対の討論を行います。日本共産党市議団を代表して行います。
 昨年の総選挙で国民は政権交代を選択しました。国民は自立自助、自助自立、小さな政府などを掛け声にした社会保障制度の改悪や官から民という公共サービスの削減など、貧困と異常なまでの格差社会を生み出した新自由主義構造改革路線の政治にノーの意思表示をしました。政権交代になったものの、市民の暮らしは依然として深刻な事態から抜け出せていません。今日の経済状況がデフレスパイラルと言われるもとで、国も自治体も国民・市民の暮らしをいかにして暖めるかが問われていると思います。こうした立場から、本市の一般会計予算案を見た場合、さまざまな点で評価すべきことがあります。登米市緊急新規高卒者就職促進交付金事業などの雇用対策、地域材需要拡大支援事業、児童生徒就学援助費補助事業の拡大、市立病院の繰出金増額など、いいものはいいと率直に認めるものです。
 しかし、次のような問題点を抱えていることを率直に指摘しなければなりません。新年度予算編成に当たって、今までと大きく違うのは、国の平成21年度第一次補正と、特に第二次補正予算については、新年度予算と同時並行で編成されるということがありました。しかも、その補正予算の規模は過去に例がないほどの大きなものであり、その中でも登米市への交付金は第二次補正だけで見ましても6億2,100万円。これは県内第1位は栗原市で7億4,373万円、第2位が仙台市の7億2,960万円、に次ぐ第3位の大きな額となっています。国からの交付金で浮いた財源というのでしょうか、軽減が図られた一般財源を生かしたソフト事業、具体的には子供医療費無料化の拡大、この無料化拡大については、コンビニ受診がふえるなどという反論、珍論もあるようでありますが、東京都を初め全国的に、そして県内の少なくない自治体に広がってきている大切な子育て支援になぜ目を向けないのでしょうか。高すぎて払いたくても払えない国保税引き下げのための一般会計からの法定外繰り入れや、新規就農者支援金支給事業の見送りなどは市民の願いから外れていると考えます。小泉構造改革の一環としてつくられた集中改革プランによる非正規職員の待遇改善や、正職員化が一向に進まない予算になっていることも問題です。保育士として正職員として同じ仕事をさせておきながら、月給は14万1,900円の報酬だけというような官製ワーキングプアをつくり出していることは問題であります。市内への若者定住促進、雇用拡大の面からも、雇用政策を改めるよう求めるものであります。
 そして、何よりも官から民への構造改革の政治によって、登米市の教育が真っ先に犠牲になっていることは見逃せません。公民館の指定管理者制度の導入もその一つです。しかし、この点は地域コミュニティ協議会が管理運営の担い手として人づくり、地域づくりのために頑張っていただくという方向になりました。条例審議で相当議論しました。市長もそのとき前向きの答弁しておりましたが、今回の予算で期末手当、社教主事経験年数加算等盛り込まれたと、その点ではこうした方向をもっともっと強めて、市の支援をしっかりと果たすべきということを申し上げておきたいと思います。
 学校給食の調理業務民間委託の拡大や、給食センター化をさらに一層進める政策には反対です。先ほどの質疑で既に明らかになりました、平成17年度はすべて直営であったものが平成18年度から部分委託が始まり、平成19年度から3センター、そして東和が21年度からでしょうか、ということで、佐藤教育長が、経費削減が最終目標という命題を掲げておきながら、実際は正確な数字は残念ながら準備不十分で申し上げられませんが、平成17年度直営時点と比べて主に人件費だけでありますが、1億円も経費増となっています。非常勤職員よりも委託の場合の人件費単価はふえると次長も答弁したように、全く自ら立てた方針と相反する事態を招いている。それを一つも検証していないと言っていいでしょう。今度はさらにその問題を佐沼中学校まで22年度は拡大するということであります。この点ではそもそもの果たして民間委託でいいのかという議論も必要でありますし、さらに百歩譲って民間委託だとした場合によっても、単なる調理員の派遣業務になっている、これを指名願いが出ている全国展開の7社、これを指名して請け負わせると、これもおかしなことではないでしょうか。市内から、登米市から、いわばお金が本社に、東京に何割になるかわかりませんが、吸い上げられると。地域内循環、地産地消、そして安全安心、市の、市長の掲げている市政の理念からしても大きくかけ離れております。再配置計画、ことし策定するということでありますが、8センターの現状維持にはならないというのも答弁ではっきりいたしました。センター化すれば建設コストは直接的には下がるかも知れません。問題はその後、配送業務含めてランニングコスト、現在佐沼中学校は給食調理員は正職員3名と非常勤1名、そして栄養士、栄養士は委託しても残りますが、ということで、いわば配送業務がない分職員は少なくて済んでおります。こういう点で長期の視点でランニングコストも十分に検討すべきだというふうに思います。食育の推進や地場産物の利用拡大など、学校給食の役割が大きく発展していると改めて位置づけた学校給食法の改正、さらに国は学校給食業務を合理化するために、共同調理場方式への移行や民間委託を進めてきましたが、食育推進計画ではこの合理化を見直し、単独調理場方式への復帰を求めていること、文部省、少し古くなりましたが、保健体育審議会がセンター化よりも自校直営が望ましいとの姿勢を打ち出すなど流れは変わってきています。布施市長ならびに佐藤教育長はこうした新たな学校給食の理念にしっかり立つことを求めます。
 最後に一言ですが、市立病院の医師確保対策に妙薬、特効薬はありませんが、工場誘致に関しては新産業対策室を設けて市長部局挙げて専門に取りかかっているということを考えると、今登米市が最も優先して取り組まなければならない医師の招聘を図るために、そして市立病院の再建を図るために、医師招聘対策室を市長部局に設置し、市を挙げて全国を駆け回ると、こうした予算化もあってしかるべきだったなとつくづく残念に思い、今からでも遅くありません、それを実現していただきたいということを求めて討論といたします。
 以上でございます。
委員長(浅田 修君) 先ほど25番委員への賛成討論に対する委員長発言は撤回いたします。
 次に、原案賛成者の発言を許します。いませんか。原案の賛成でございます。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
 次に、修正案賛成者の発言を許します。
 5番、遠藤 音委員。
5番(遠藤 音君) 遠藤でございます。修正案に対する賛成という立場から意見を述べさせていただきます。
 このFM局の事業に対する委託については、今定例会で最初20番委員から関連の資料の請求ということで事業計画書を初めてこの議会に提出されておりました。本来このような新規政策に対しての予算づけは、所管の委員会がきちっと精査をして審議すべきところ、残念ながらこの計画に対しても所管の委員会で議論をなされたというふうなことは聞いておりません。
 次に、この事業者からの計画書を見させていただいた中で、事業収支を見ますと1年目で出ております損益1,046万円が本来2年目、3年目以降に反映されなくてはならないものが、計画書には載っていないと。これを議会に提出する執行部側の対応、体制に大変失望するとともに、疑念を持つものでございます。そして、初年度1,050万円の放送料を見込んでおる中で、この登米市が委託する金額が352万と、この登米市の収益がなければ本来この事業が成り立たないというくらい脆弱であると。この計画自体が今お話ししたように損益の計算もきっちりされていない、放送料の収益もきちっと裏づけされた資料がないという中で、我々にこれを審議しろということ自体があまりにも無茶であると。25番委員が言われた新しい町づくり、協働のまちづくり、市民も一緒にサービスの担い手になる、そのとおりではございますが、我々議会は予算の番人としてチェックを、一人一人議員はしていかないとという観点から見ればあまりにもずさんな出し方であると。これを我々は可とするならば、何をもって予算を審議しなくてはならないんだろうかと。税金を投入する審議の立場から今回のこの理念は正しくてもまだまだ審議が未了であるという観点から、今定例会では可とするべきではないという思いから修正案に賛成するものでございます。どうぞご理解よろしくお願いいたします。
委員長(浅田 修君) 次に、原案賛成者の発言を許します。ございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
 次に、原案及び修正案反対者の発言を許します。ございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
 次に、原案賛成者の発言を許します。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
 なし。ないようですので、次に、修正案賛成者の発言を許します。ございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
 討論なしと認め討論を終わります。
 これより議案第11号について採決いたします。
 まず、本案に対し岩淵正宏委員から提出された修正案について採決いたします。
 この採決は起立によって行います。
 お諮りいたします。本修正案に賛成の方は起立願います。
   (起立少数)
 起立少数です。よって本修正案は否決されました。
 次に、原案について採決いたします。
 この採決は起立によって行います。
 お諮りいたします。議案第11号 平成22年度登米市一般会計予算は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願いまず。
   (起立多数)
 起立多数です。よって議案第11号 平成22年度登米市一般会計予算は原案のとおり可決されました。
 ここで暫時休憩いたします。
          休憩 午後2時46分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時47分
委員長(浅田 修君) 再開いたします。
 入れかえのためここで休憩いたします。
          休憩 午後2時47分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時57分
委員長(浅田 修君) 再開いたします。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 24番、岩淵勇一委員より早退の届け出があります。
 これより、議案第12号 平成22年度登米市国民健康保険特別会計予算について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) ないようですので、質疑なしと認め、質疑を終わります。
 これより討論を行います。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) 討論なしと認めます。
 これより議案第12号を採決いたします。
 お諮りいたします。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) ご異議なしと認めます。
 よって、議案第12号 平成22年度登米市国民健康保険特別会計予算については、原案のとおり可決されました。
 これより議案第13号 平成22年度登米市老人保健特別会計予算について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) ないようですので、質疑なしと認め、質疑を終わります。
 これより討論を行います。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) 討論なしと認めます。
 これより議案第13号を採決いたします。
 お諮りいたします。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) ご異議なしと認めます。
 よって、議案第13号 平成22年度登米市老人保健特別会計予算については、原案のとおり可決されました。
 これより議案第14号 平成22年度登米市後期高齢者医療特別会計予算について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) ないようですので、質疑なしと認め、質疑を終わります。
 これより討論を行います。
 討論ありませんか。
 まず、原案に反対者の発言を許します。
 21番、佐藤尚哉委員。
21番(佐藤尚哉君) 議案第14号 平成22年度登米市後期高齢者医療特別会計予算に反対の討論を行います。
 民主党政権は、昨年、後期高齢者医療制度の廃止を4年間先送りし、それまでは現行制度を存続させる方針を打ち出しました。差別制度を速やかに廃止し、老人保健制度に戻すことを掲げていた総選挙前の路線からの重大な後退であります。この先送りよって、75歳という年齢で高齢者を区切って差別する制度の根幹は温存されます。高齢者の人口増、給付費増に応じて保険料がはね上がる自動値上げの仕組みもことし4月から発動し、大幅値上げが高齢者と市民に重くのしかかります。こうした値上げにならないように、財政措置を取るという民主党政権の約束も守られず、結局国庫補助は行わず、自治体で保険料抑制に努力せよというものであり、各地の自治体関係者からあまりに無責任という声が上がっています。この法の速やかな廃止という選挙前の公約を破って、後期高齢者医療制度を温存した上に、差別制度の害悪を拡大させないという選挙後の公約もほごにするのは国民の願いを裏切る、まさに二重の後退であります。本予算は、後期高齢者医療制度を存続させるものでもあり、なおかつ値上げを認めてくれというものであり、とても賛成できるものではないと判断し、討論いたします。
委員長(浅田 修君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。ございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) 次に、原案に反対者の発言を許します。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。
 ほかに討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) 討論なしと認めます。
 これより議案第14号を採決いたします。
 この採決は起立によって行います。
 お諮りいたします。
 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
   (起立多数)
委員長(浅田 修君) 起立多数です。
 よって、議案第14号 平成22年度登米市後期高齢者医療特別会計予算については、原案のとおり可決されました。
 これより、議案第15号 平成22年度登米市介護保険特別会計予算について質疑を行います。
 暫時休憩します。
          休憩 午後3時03分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時03分
委員長(浅田 修君) 再開いたします。
 これより、議案第15号 平成22年度登米市介護保険特別会計予算について質疑を行います。
 質疑の前に修正箇所の説明を行います。
 福祉事務所長、岩淵高雄君。
福祉事務所長(岩淵高雄君) 大変申しわけございませんが、予算の概要に一部誤りがございました。修正をお願い申し上げたいと思います。
 正誤表差し上げてございますが、ページは148ページでございます。保険給付費の真ん中あたりに小計欄ございますけれども、その下の欄でございます。介護予防サービス給付費負担金、これの平成21年度の数値でございますけれども、22億9,626万9,000円という数値になってございますが、誤りでございまして、2億2,926万9,000円になります。従いまして、真ん中の6の字が余計な部分でございます。
 あわせて、構成比が35.6%になっておりますが、3.6%の誤りでございます。対前年度比較で、20億6,677万5,000円になっていますけれども、22万5,000円、225という数字になります。それから、構成比でございますけれども、マイナス90.0%になっておりますけれども、0.1%に訂正をお願い申し上げたいと思います。
 誤りがありまして大変申しわけございませんでした。お詫びを申し上げます。
委員長(浅田 修君) 質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) 質疑ないようですので、質疑なしと認め、質疑を終わります。
 これより討論を行います。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) 討論なしと認めます。
 これより議案第15号を採決いたします。
 お諮りいたします。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) 異議なしと認めます。
 よって、議案第15号 平成22年度登米市介護保険特別会計予算については、原案のとおり可決されました。
 これより、議案第16号 平成22年度登米市土地取得特別会計予算について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。
 これより討論を行います。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) 討論なしと認めます。
 これより、議案第16号を採決いたします。
 お諮りいたします。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) 異議なしと認めます。
 よって、議案第16号 平成22年度登米市土地取得特別会計予算については、原案のとおり可決されました。
 これより、議案第17号 平成22年度登米市下水道事業特別会計予算について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
 暫時休憩します。
          休憩 午後3時08分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時11分
委員長(浅田 修君) 再開いたします。
 これより、議案第17号 平成22年度登米市下水道事業特別会計予算について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
 11番、菅原幸夫委員。
11番(菅原幸夫君) 170ページの2細目の農業集落排水事業の施設整備費についてちょっとお聞きしますけれども、これ今、米川地区で工事をやっているわけですが、この終末処理場の施設について、いろいろ公害等を心配する一部の市民がいるわけなので、その方々からいろいろと市の方にも問い合わせをしているというようなこと、そしてまた、用地取得も終わったというようなことなんですが、そういった地域市民の方々に説明会、あるいはそういった具体的に公害の出ないように努力しているかどうか、その辺をお願いします。
委員長(浅田 修君) 下水道課長。
下水道課長(沼田一夫君) 米川地区の農集排につきまして、施設の関係のご質問でございます。米川地区の農集排の施設の箇所でございますけれども、米川地区につきましては、平成17年度に事業採択を受けまして、平成18年度より実施しているところでございます。それにつきまして、市になりましてから、米川地区の地域の方々とご相談ということでございますけれども、用地を取得に当たりまして、平成17年度に総合支所の方々と地元の要望されている予定箇所につきまして検証したところでございます。そのときのお話だと思いますけれども、当初の計画につきましては、高圧線などが配置されてございますし、排水につきましても二俣川に流れるということで、当初は346号線の右側の、東側の方に予定したところでもございました。その関係で、地域の方々に言われまして、それではあまり配置がうまくないということで、今度は西側の方に設定いたしました。西側につきましては、また同じく二俣川に排水するものですから、満水時において結局樋門が埋まるということで反対だというようなお話を受けました。その関係で土木事務所の方に二俣川の方に放流していいかということにつきまして平成21年の7月ですけれども、土木事務所の方と協議をいたしましたところでございます。それで、重ねまして平成21年の12月14日ですけれども、東土木の方から排水につきましては許可をいたしますというような形の中で、大筋の許可をいただきまして、平成22年の2月14日に間違いなくいいですよという承諾を受けまして、2月17日に申請の結果、許可をいただいたところでもございます。
委員長(浅田 修君) 11番、菅原幸夫委員。
11番(菅原幸夫君) その施設に対して、県から許可を得たということは、今ご答弁でわかったんですが、実は市民が心配しているのはその最初に計画していた場所、その場所で大きな雨が降った場合、いわゆるその辺が全部冠水してしまうので、1年に二、三回はかならず冠水するというような状況なので、その場所から排水をされるというと、田んぼにみなその水が入ってしまうと。浄化した水とはいえ、そういうものが田んぼにみないっぱいになったのではうまくないと。それで、できればその田んぼの囲いの一番下の方につくってもらうか、できる限りそういった田んぼに増水したときに排水にならないようにしてほしいというようなことが、地域で要望しているし、そういう意見が必ずこっちへきているはずなんです。ところが、先日地権者の方に聞いたら、いや実は前の計画のとおりのその用地が売買終わりましたというような地権者からのお話を聞いたので、ああ、何だ、それでは説明が後手になったなと。まあ、私の方では、私もぎりぎり反対をしようという質問ではないんですが、やはりそういった公害が予想されるというような場合には、ある程度地域の皆さんに説明会などを持つ必要があるのではないかと。私はそういうふうに思っているわけです。東和の米谷の三滝堂の終末処理場においても、万全を期してつくったというつもりでも、いまだにその水が、排水がある程度増水のときかかる一部の耕作者が、「いや、保証してもらわなくてない」というようなことを話しているようなので、やはりつくる前に、事前に説明をして了解を得ておくということはうんと重要なことではないかと思うわけですが、そうした点についてどう配慮していくか、もう一回お願いします。
委員長(浅田 修君) 建設部次長、千葉信義君。
建設部次長(千葉信義君) それでは、ただいまの課長が答弁したことに対してちょっと補足させていただきたいと思います。
 土木の方から、施設の許可じゃなくて直接二俣川の方に配管によって直接放流するというような計画を持ってございます。その許可を得たということでございます。ただいま議員さんからお話あったとおり、排水によって地域の水田等に影響を与えるということは、これは避けて通らなくてはないことでございますので、その影響をなくすためにそのような方策をとったと。ただ、ご指摘あったとおり、この問題について住民の方々から提起されたことでございまして、それに対するこちら側からの住民に対する説明については、いまだ行っていないのが実状でございます。ただ、やっとその許可が下りたので、早急に担当とお話し合いを持って、早急にその場を持ちたいと思っております。
 以上でございます。
委員長(浅田 修君) いいですか。22番、沼倉利光委員。
22番(沼倉利光君) 公共下水道のことでお尋ねするわけですけれども、起債もあって、年次計画がずれているということもわかります。ただ、市民の方から「うちの方にはいつごろ来るんですか」と聞かれたときに、宝江地区であれ、石森地域の人たちに聞かれても、どうも我々も説明つかないので、いちいち当局の方にお尋ねしないとわからないような状況になっているので、できれば5年以内にはこの辺に行きますという、多分計画が年次によってあると思いますので、そういったものを議会の方にいつの時期かお示ししていただくと、我々聞かれても説明がつきやすいのかと思いますけれども、いかがでしょうかね。
委員長(浅田 修君) 建設部長、齋藤輝雄君。
建設部長(齋藤輝雄君) 下水道事業につきましては、17年、18年と全体見直しをしまして、来年その公共下水道の認可の関係の見直しの時期に当たっておりまして、前回副市長の方からもお話し申し上げましたように、大幅な見直しを考えております。そういった中で、それが全体的に固まった時点でぜひ議会にお示しをしたいというふうに考えておるところでございます。今までの経過でございますが、18年、19年と、やはり大きな投資をしてきたわけでございまして、18年には22億、19年には17億ということで、21年から8億規模の投資に抑えてございます、事業費全体を。そういった関係もあって、全体の見直しを現在検討中でございますので、それが固まった時点でお示しを申し上げたいというふうに考えております。
委員長(浅田 修君) いいですか。ほかに。
 5番、遠藤 音委員。
5番(遠藤 音君) 数字の確認だけお願いします。この概要の163ページの使用料及び手数料ということで、受益者負担の原則でいくと今定例会、ことしから、使用料が増加するということで、4億9,989万3,000円が6億3,206万5,000円と、構成で言うと26.5%の増収というふうになりますけれども、本来受益者負担すべき金額の総額はどう推移したのか、21年度、22年度対比でその数字だけお示しください。
委員長(浅田 修君) 建設部長、齋藤輝雄君。
建設部長(齋藤輝雄君) ちょっと逆の質問というのは何だと思いますけれども、ちょっと計り知れないというか、わかりづらかったので、その受益者負担をすべき分というのはどういう数字を……。
委員長(浅田 修君) 5番、遠藤委員。
5番(遠藤 音君) 本来、この歳出の科目でいきますと、総務費と、私の考えでは公債費というか、いままでつくったぶんは受益者負担の利用料で賦課するべきなんでないかなと思うんですけれども、その考え方が正しいかどうか、どう考えてるかも含めて。
委員長(浅田 修君) 下水道課長、沼田一夫君。
下水道課長(沼田一夫君) 受益者負担金のお話でございますけれども、農集と公共とございまして、農集につきましては、(「使用料」と呼ぶ者あり)すみません、使用料でございますか、間違いました。
委員長(浅田 修君) 暫時休憩します。
          休憩 午後3時23分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時23分
委員長(浅田 修君) 再開いたします。
 下水道課長、沼田一夫君。
下水道課長(沼田一夫君) 使用料の考え方でございます。一応公共下水道でございます。前年度で約3億7,574万3,000円を見てございました。それに1.13倍の伸び率を掛けまして、4億2,459万円ほどになりまして、それの収納率ということで、0.975を掛けました4億1,600万を公共下水道で見てございます。また、農業集落排水でございます、前年度1億7,043万円でありまして、約1.09倍、伸び率を掛けまして1億8,585万3,000円といたしました。それに収入率の0.975を掛けまして1億8,120万ほど見てございます。浄化槽につきましては、前年度の2,569万5,000円に約伸び率の1.33倍を掛けまして3,081万円といたしまして、それの収納率の0.975を合わせまして、2,932万8,000円というような形の中で手数料の使用料を見ているところでもございます。
委員長(浅田 修君) 暫時休憩します。
          休憩 午後3時25分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時29分
委員長(浅田 修君) それでは、再開いたします。
 答弁を求めます。建設部次長、千葉信義君。
建設部次長(千葉信義君) 大変失礼しました。その金額でございますが、1億4,913万6,000円という数字になります。
 以上でございます。
委員長(浅田 修君) 5番委員さん、わかりましたか。
建設部次長(千葉信義君) 7億8,120万1,000円となるわけでございますが、それを今回の予算を引きますと、先ほどお話し申し上げました1億4,913万6,000円という数字になるわけでございます。
 以上でございます。
委員長(浅田 修君) ほかに質疑ありませんか。
 7番、佐々木 一委員。
7番(佐々木 一君) この財政見通しのこれに沿ってちょっとお聞きをいたしますけれども、ただいまの説明では、計画の大幅な見直しがあるといったようなことでありますけれども、これを見ますと、公共下水、農集排、浄化槽あるわけですけれども、公共下水、浄化槽は整備率が年々これからも伸びる予定でありますけれども、農集排は21年度からずっと整備率84.6%ですか、これでずっと止まっているわけですけれども、これからの方向性としてはやはりもう農集排はこれで手をつけないといったような方向でいくんでしょうか。
委員長(浅田 修君) 建設部長、齋藤輝雄君。
建設部長(齋藤輝雄君) 前回の見直しで、6地区を浄化槽地域に変えまして、現在計画しております大泉のものが22年度から入りますけれども、それの完了で農集排につきましては終了となります。
委員長(浅田 修君) ほかに質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) ないようですので、質疑なしと認め、質疑を終わります。
 これより討論を行います。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) 討論なしと認めます。
 これより、議案第17号を採決いたします。
 お諮りいたします。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) 異議なしと認めます。
 よって、議案第17号 平成22年度登米市下水道事業特別会計予算については、原案のとおり可決されました。
 これより、議案第18号 平成22年度登米市宅地造成事業特別会計予算について質疑を行います。
委員長(浅田 修君) 質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) ないようですので、質疑なしと認め、質疑を終わります。
 これより討論を行います。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) 討論なしと認めます。
 これより、議案第18号を採決いたします。
 お諮りいたします。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) 異議なしと認めます。
 よって、議案第18号 平成22年度登米市宅地造成事業特別会計予算については、原案のとおり可決されました。
 これより、議案第19号 平成22年度登米市水道事業会計予算について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
 8番、田口政信委員。
8番(田口政信君) 会派の配慮によりまして時間をいただきましたので。
 水道事業の概要の中でお伺いをさせていただきます。有収率の決算見込みというようなことで、21年度は昨年に比して4.10%の有収率の伸びの見込みだというふうなデータがございまして、そして、22年度はワンポイントアップの85.02%という2,500万円の効果があるというご説明をいただきましたが、その要素ですね、いわゆる21年度の決算見込みの要素と、これからまた1%を上げるという、至難のわざだと思うんですが、その要素をちょっとお伺いしたいというふうに思います。
委員長(浅田 修君) 水道事業所長、真山誠喜君。
水道事業所長(真山誠喜君) この概要の中にも記載してございますけれども、主たるものは漏水調査でございます。これを20年度から計画的に行ってきてましたので、主にこの結果として数値が上がってきております。22年度につきましても、この右側にありますように、豊里、米山、東和、米川地区、こういったところを行いながらこの数値を達成してまいりたいという考えでございます。
委員長(浅田 修君) 8番、田口政信委員。
8番(田口政信君) 幾らぐらいこの有収率が上がれば、金額といいますか、水道使用料に反映できるという数値になりますか。
委員長(浅田 修君) 水道事業所長、真山誠喜君。
水道事業所長(真山誠喜君) この款の説明の中でも申し上げておりましたけれども、昨年の8月に登米市地域水道ビジョンというものをつくりました。いわば水道としての28年度までの長期の計画でございます。この達成目標は、有収率92%でございます。財政的にはかなり寄与するわけでございますが、仮にこの姿になっても、料金の方にまではなかなか上げない努力はいたしますけれども、下げるというところまではいききれないという状況でございます。
委員長(浅田 修君) 8番、田口政信委員。
8番(田口政信君) その下の部分ですが、料金徴収管理を民間委託するということでございますが、5年間の計画にした理由をまずお知らせください。
 さらに、1年でこれは約1億円ぐらい、9,400万ぐらいになるんだろうというふうに思いますが、本当に大丈夫でございますかということと、この業態、確か市内のあれと共同事業体というようなふうに書いてございますが、その内容についてちょっとお知らせください。
委員長(浅田 修君) 水道業務課長、佐藤和哉君。
水道業務課長(佐藤和哉君) 水道事業料金徴収等管理業務に関するご質問でございます。まず、第1点目の5年間の理由ということでございますが、5年間でやるということの一つの理由としては、水道システムも一緒にあわせてお願いをするということがございます。そのシステムの経過の年数というということも第1点の考慮事項でございました。また、5年間でありますと、業務にも習熟するということが考えられまして、あまり短い期間ですと、習熟期間が短く、ご心配されている業務の遂行が難しいということから5年間ということにいたしました。それから、この業者の委託によって、徴収業務が大丈夫かということでございますが、まず第1点は、料金の収納率、それから口座振替率、これに関しましては、ある程度制約を設けまして、これをクリアするということが一つの条件としたいと思っております。また、お客様サービスに関しまして言えば、当初の目的であります民間の機動性や柔軟性を活用して、我々が今やっているより以上の需要者のサービスを求めるということにしてございます。
 それから、共同企業体の件でございますが、フジ地中情報株式会社とテクノマインド株式会社の共同企業体でございます。テクノマインドに関しましては、現在我々の水道の方のシステムを委託しているという事業体でございます。
 以上でございます。
委員長(浅田 修君) 8番、田口政信委員。
8番(田口政信君) 公募型プロポーザルによってこの共同企業体に委託をするわけですが、何社ぐらい応募あったのでございますか。そして、ここを選んだ理由といいますか、それをちょっとお聞かせください。
 もう1点は、今私青申の整理をしてるんですが、水道事業だけはいわゆる引き落とし日がばらばらなんです。1カ月に2回引かれたり、月末、月頭に引かれたりしてるんですが、今度はそういうことはないんでございますか。
委員長(浅田 修君) 水道業務課長、佐藤和哉君。
水道業務課長(佐藤和哉君) 公募型プロポーザルで参加企業を募集したところ、単独2社、共同企業体では2社、合計4社でございます。内、共同企業体の1社は市内業者の共同企業体でございました。
 それから、選考の方法ですが、これは選考する前にあたって、各業者さん方にもお示ししましたが、配点表をあらかじめ業者にも出してございましたし、公表もしてございました。これが全部で54項目、そしてプラス見積もり金額の合計55項目を選考委員の合議により配点をしてございます。この配点によって最高点を取りましたフジ地中情報、それからテクノマインドの共同企業体が取ったということでございます。
 それから、口座振替でございますが、現在基本的には30日と20日ということで口座振替をしてございます。ただし、今度の委託によりまして、これを6月からではございますが、毎月5のつく日、5、15、25日の3回のうちいずれかで引き落としができればよいというふうに……。それから、料金が今ですと2回で落ちないという場合につきましては、お客様の要望によって30日、20日ということで、不定期な振りかえをしてございます。
 以上でございます。
委員長(浅田 修君) いいですか。ほかに質疑。
 23番佐藤 勝委員。
23番(佐藤 勝君) 23番です。水道事業の概要書3ページに、老朽管の改良工事、これがありますが、更新ですか。これは敷設して何年ぐらいたってるものなんでしょうか。
委員長(浅田 修君) 水道施設課長、三條三喜夫君。
水道施設課長(三條三喜夫君) お答えいたします。老朽管と呼ばれるもの、現在うちの方では3種類ほどございます。大きく石綿セメント管、二つ目が接着剤を使うビニル管、三つ目が高級鋳鉄管と名前は高級そうでございますが、実際は鉛と麻で接合したもの、この三つを老朽管と呼んでございます。そのほとんどのもののうち、石綿管は昭和40年代、それからビニル管につきましては昭和30年代から、それから最後の高級鋳鉄管は昭和20年代の後半に敷設されてございまして、使い終わってるのは昭和50年のちょっと少し前ぐらいまでと解釈していただきたいと思います。
委員長(浅田 修君) 23番佐藤 勝委員。
23番(佐藤 勝君) 今年度はこの一覧表にあるとおりのようですが、これは何年間ぐらいかけて終了する予定なのか、それだけ教えてください。
委員長(浅田 修君) 水道施設課長、三條三喜夫君。
水道施設課長(三條三喜夫君) 石綿セメント管につきましては、平成22年度を持ちまして完了したいということで、ただし一部下水道とかほかの他工事との重なる場所ありまして、やりたくてもそちらの計画にのらなければならないという場所もございますので、その分1.2キロメートルほど残ります。それから舗装工事は来年度にどうしても制度上ことし掘るものでございますから、来年度回しということになります。それから、高級鋳鉄管、俗に言う登米の町中と、それから佐沼の町中にございますが、この分につきましては平成24年度と25年度に実施したいと思っております。それから、最後のビニル管でございますが、昨年度より補助事業として採択なっておりまして、平成20年度の予算につきましても、補助事業として計上してございますが、この数が400何キロか、480キロほどございますので、(「短めにお願いします」の声あり)年次をかけてやりたいと思っております。
委員長(浅田 修君) ほかに質疑ありませんか。
 13番、相澤吉悦委員。
13番(相澤吉悦君) 水道は私たちの所管でございますけれども、一言だけ、登米の北上川から水道山に上げている水中ポンプですね、こんな大きいやつ4機というふうなことで、1機がメカニカル修理でしたかね、故障してなかなか直らないというふうなことで、それもかなり古いのでもうつくってないんだというふうに伺いましたけれども、今3機でフル稼働して上げているというような状態で、これは今のうちから何とか対策を打って、準備をしていかないと多きなお金の掛かる工事になるなというふうに思っておりますので、そのときじゃなくして、今のうちから何らかの対策をしていた方が私はいいと思います。ですから、今のままでいくのか、あるいはさまざまな別な角度から持っていくのか、その辺検討に入ってもいいのではないかなというふうに思いますので、一応この場で一言言っておこうかなというふうに思いましたので、言いました。ひとつよろしくお願いします。
委員長(浅田 修君) 水道事業所長、真山誠喜君。
水道事業所長(真山誠喜君) 過般の建設水道委員会の中でもご説明申し上げたところでございます。今、議員ご指摘のとおり、現在のメーカーでは今後この種の水中ポンプは生産しませんという通告を受けているところでございます。現在1機は補修に出してございますけれども、そういったことで他メーカーでできないのか、できるのか、そういった部分の今調査もしてまして、どうもできそうだというふうな情報が一つございます。あと、もう一つは、保呂羽浄水場の創設は広域水道始まったときでございますので、昭和50年代の初頭でございます。これも年数たってございますから、まだ耐用年数にはなっておりませんが、取水の形態も含めまして、今調査等を行ってございますので、そういったものをまとまった資料ができ次第総合的に基本的な取水のあり方も含めて検討してまいりたいという考えでございます。
委員長(浅田 修君) いいですか。ほかに質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
 ないようですので、質疑なしと認め、質疑を終わります。
 これより討論を行います。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) 討論なしと認めます。
 これより、議案第19号を採決いたします。
 お諮りいたします。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) 異議なしと認めます。
 よって、議案第19号 平成22年度登米市水道事業会計予算については、原案のとおり可決されました。
 ここで、説明員の入れかえのため暫時休憩します。
          休憩 午後3時48分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後4時00分
委員長(浅田 修君) 再開いたします。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 これより議案第20号 平成22年度登米市病院事業会計予算について質疑を行います。
 質疑を求めます。質疑ありませんか。
 28番、岩淵正宏委員。
28番(岩淵正宏君) 前にも予算だったかで語ったことあるんですけれども、説明書の中で、3ページの債務負担行為でございます。これについては23年度からというふうになっています。一番上の防炎カーテン、このカーテン、登米市内の事業者からの利用ができれば一番もってこいだなと、前回聞いたときに何か市外の業者から借り入れてるという話もございましたが、今現在どうなってますでしょうか。そしてこの23年度以降は市内の業者さんからの債務負担で可能かどうかお聞きします。
委員長(浅田 修君) 用度課長、千葉健一君。
用度課長(千葉健一君) 防炎カーテンにつきましては、現在市外の業者に賃貸を契約しているところでございます。23年の部分については、債務負担とってございますけれども、11月以降の賃貸契約になりますので、今後業者の登録関係等々で指名委員会の中で審議いたしまして発注という形になろうかと思います。
 以上です。
委員長(浅田 修君) 28番、岩淵正宏委員。
28番(岩淵正宏君) ということは、市内業者からのそれに加わりたいという意思があれば、そちらは前向きに進めるということにとらえてよろしいんですね。
委員長(浅田 修君) 用度課長、千葉健一君。
用度課長(千葉健一君) あくまでも指名委員会の中で市の登録業者の部分で選定するわけでございますので、現在市内の登録業者が登録されているかどうか確認してございませんので、今後、帰ったならば、確認をさせていただきたいと思います。
委員長(浅田 修君) 28番、岩淵正宏委員。
28番(岩淵正宏君) 確認してるんでなければ、また市外にいくというふうにとらえるんですけれども、ぜひ、それは登録してくださいというような働きかけ、必要でないかなと思うんですよ。こういう経済状態ね、こういうのについては、難しいことでないので、そういうことを求めて質問といたします。答弁いりません。
委員長(浅田 修君) ほかに質疑ありませんか。
 10番、浅野 敬委員。
10番(浅野 敬君) 平成22年度の予算上において、市立病院全体の医師数は、常勤医として前年度同様38名を見込んでおられますが、本日3月1日時点で変動があるかないか、まずお聞かせください。
委員長(浅田 修君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 確定ではありませんけれども、今まだ調整中のこともありますが、退職が2名、採用が2名ということでございます。
委員長(浅田 修君) 10番、浅野 敬委員。
10番(浅野 敬君) 現在、少ない人数であるため、過酷な勤務を強いられておりますドクターの皆さんには頭の下がる思いをしている一人であります。このような状況下で、今後も病院経営が安定して続けられるかとは思えず、ドクターの招聘が喫緊かつ最大の課題ではないかと思います。そこで伺いますが、その医師招聘の役割を担うのはどなたなのか、開設者なのか、事業管理者なのか、はたまた医療局長なのか、またそれ以外のどなたになるか、またその活動に要すると思われる費用について、どの項目に予算措置されているのか教えていただきたいと思います。多分予備費なのかなと感じたところですが、どうでしょうか。
委員長(浅田 修君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 医師の招聘、確保については、最終的に責任者ということでありますから、当然人事権の持っている私がということになりますが、その招聘関係の活動についての役割につきましては、ここにおりますけれども医療局長、それから次長、あと病院の院長、それから事務局長等にもかかわってもらって、いろいろと人的ネットワークなんかも活用させていただいて取り組んでいると。それから、市長、副市長にもいろいろネットワークを活用して医師招聘に取り組んでいただいているという状況でございます。
委員長(浅田 修君) 活動費用の方。
 医療局次長、渡邊武光君。
医療局次長(渡邊武光君) 医師招聘に要する経費がどこにあるのかということでございましたけれども、これにつきましては、あくまでもお土産程度ということで、交際費の中から対応させていただいてございます。
委員長(浅田 修君) 10番、浅野 敬委員。
10番(浅野 敬君) ドクターがいないと仕事にならないので、そういうお土産程度でいいのでしょうかという思いはいたします。人的ネットワークを活用して招聘を行うというのは、やっぱり効果あると思うんですが、そのネットワーク等はちゃんと組み立てられているのでしょうか。十分ではないような、私は気がしているんですが、どうでしょうか。忌憚のないところでお聞かせいただきたいと思います。
委員長(浅田 修君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 人的ネットワークということでお話し申しました。具体的には大学の医局であるとか、それから関連というか、病院・医療関係者、それから県、そういうところ、それから登米市の出身者・関係者への働きかけとか、そういうことで人的ネットワークということで取り組ませてもらっております。それで十分かということなんですが、議員の方からもいろいろお話をいただいて、そういう部分でもいろいろ広く活動をさせていただいていますが、なかなかネットワークによっても登米市への医師の招聘、なかなか結びつかないという現実はございます。
委員長(浅田 修君) 10番、浅野 敬委員。
10番(浅野 敬君) 酷な言い方をしているのは大変つらいところでございますが、2年たっても3年たってもできないことが、局面がぱっと変わって招聘できるというのもあまり期待できないのではないかと思いますが、これ以上申し上げてもしょうがないことですので、ぜひ最大限の努力をされて、招聘、そして少しは今いるお医者さんを楽にさせていただきたいなと思うばかりであります。
 次に、改革プラン改定の結びに記述されております事柄に関してお尋ねいたします。
 ほとんど納得できる結論ではあります、文言上はです。中段に「今回の改訂に当たりましては、改めて地域に必要な医療体制を見直し、それをどう確保・維持していくかという視点を第一に、収支改善の障害になっている要因の分析や、財政負担のあり方も含め改定しました」とございます。そこで、分析された結果、障害になっている要因は具体的にどのようなことなのか、すべての要因を網羅して教えていただきたいと思います。
委員長(浅田 修君) 医療局次長、渡邊武光君。
医療局次長(渡邊武光君) まず、今回の見直しに当たりましては、まずただいまご質問でもちょうだいいたしましたけれども、医師の数が少なくなったことと、それから救急をいかに守っていくかということと、それから職員の給与費で、年齢構成が高くなってきた中での人的なものをどのように改善していくかということでございました。それで、第一番目に、当初改革プランを策定させていただいた中では、医師の集約化をしてとにかく佐沼病院で救急体制を整えようという考え方でございました。まずそれらが、この前にもご説明申し上げたとおりでございますけれども、それが達成できなかったということがございます。それらとあわせまして、当然ながら給与比率が高くなってきたわけでございまして、それらの改善をいかに図るかということで、職員構成等見ながら、どういう方法をとるかということをいろいろ調整してきたわけでございます。そうした中で、一挙に職員の給与費の削減ということも中では議論いたしましたが、一回ではいかないということで、それらのものをいろいろ分析した中で、これまで努力した中で、今回の見直しの中でその負担的なものを、まず救急分の負担と、それから赤字分の補てん分、2分の1ということで、お願いした最大の要素でございます。ただ、これらについては、我々としても今後ずっとこのような形じゃなくて、病院事業としてとにかく最善の努力を払っていかなくてはならないということでもございますので、この辺については一応そういうことでございましたので、ご理解を賜りたいというふうに思います。
委員長(浅田 修君) 医療局長、石井 洋君。
医療局長(石井 洋君) 障害となっている要因で、今登米市というか、日本全国どこもそうなんですけど、抱えている問題は、毎年、人間なので医師が一つずつ年をとっていくということです。若い人が来ないということは、毎年年齢を経ていくわけですから、去年までできた救急の当直なんかが、次の年になるときつくなっていくという、負担が体力的に問題になってきます。それで、人数的に同じ人数をずっと保つということは、これから2年後、3年後というのはもっときつくなるということです。人数が変わらないからいいんじゃないかということじゃなくて、体力的な問題が出てきます。それで、今一番必要なのは、若手をいかに呼んで、救急体制を維持してもらおうかということが非常に大切になるんですけど、いかんせん今皆さんご存知のように、大学が、東北大学もそうなんですけど、大学院大学となりまして、卒業して研修終わって大学に戻ると大学院の学生になるわけです。昔は入ってすぐアルバイトに来たり、交代で来たんですけど、今、学生なのでそういうことできないというふうになりましたので、医者が大学に戻ると、4年間そういうことができなくなります。卒業するまで4年間さらに延びちゃって、医師の確保が非常に難しいという状況になってきてるわけですね。そのためには、登米市の場合にはどうしたらいいかということで、やはり年齢がみんなたっていくと体力的にかなり厳しいものですから、若いドクターがいっぱいいるところから救急を応援してもらうというシステムがないと、とてもじゃないけど多分やっていけないだろうと思っています。そのために、実はつい先ほど、大学では大学院の関係でなかなか泊まりにきてくれないということで、今、国立病院機構の仙台医療センターに頼んで、佐沼病院で救急体制のために週1回、若手にレジデントとかいっぱいいるわけなので、教育の一環として地域医療を見るということの名目で、何とか循環してもらえないかということを頼みにいっています。それで、前向きに検討するということは、なるべくほとんど出してくれると同じだと、私は受け取っているんですけど、そういうふうにして外から若い医師を呼んでもらって、そのドクターに救急の面をある程度担当してもらうというような方式をやっていかないと、とてもじゃないけど大変だろうと思います。それで、今月の26日の金曜日に今度地域医療再生計画で、県で、私も出ますけれども、どのようにして医師の循環の配置をどうするかという会議があります。そこでも私、一生懸命になって頼んできて、そういう地方の、登米地域というかなり高齢化していますので、医師も人口もそうなんですけど、それをいかに対処していくかということを、ぜひ会議に取り入れて、それが地域の医療再生になるんだということを強調してきたいと思っていますし、宮城県全体としても、登米市というのはかなり開業医含めてみんな高齢化しているということをみんな認知してますので、非常に注目されている地域になっています。ですから、県を挙げて、県の医療整備課とも一緒になって、大学、それから医療センター、それから石巻赤十字病院とか、大崎市民病院も含めて、連携を広くとってやるという機運は今盛り上がっている最中ですので、ぜひそれをやって、今いるドクターが負担にならないように、先ほど浅野さんが言いましたように、負担がかなりかかるということをできるだけ軽減して、今いるドクターができるだけここに長くいられるような環境整備に努めたいと思っています。そういう意味では、医療局長は、そういう面でほかの病院の院長とかと協力しながら医師の循環の体制づくりの責任者は私ではないかと考えておりますのでよろしくお願いします。
委員長(浅田 修君) 10番、浅野 敬委員。
10番(浅野 敬君) 今のお話、期待しておりますので、ぜひ進めていただきたいと思います。
 また、自衛隊のルートもあるように聞いておりますが、そちらの方はどうでしょうか。
委員長(浅田 修君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 自衛隊の方の関係については、直接はまだ私当たっておりません。これからいろんな形で自衛隊の方にも当たっていきたいなと、働きかけていきたいなということで考えてはおります。
委員長(浅田 修君) 10番、浅野 敬委員。
10番(浅野 敬君) どうも危機感が乏しいように感じておりました。ぜひその辺は積極的に進めていただきますよう、私も協力できる面は協力したいと思いますので、よろしくお願いします。
 次に、改革プラン改定案の資料19ページにございます医業収益の中の負担金の考え方についてお聞かせいただきたいと思います。
 まず、救急医療の確保のために要する経費のうち、救急医療に係る収入をあててもなお不足する部分に相当する額として拡充すると記されております。これは当然十分に配慮した方がいいという考え方なんですが、20年度の実績1億8,250万円に対し、今22年度の予算審議なんですが参考のために平成21度は金額どのくらいを見込んでおられるか。
 また、新規の項目、地域医療の確保に要する経費として、経営努力してもなお発生する医業収支損失額の2分の1を限度として一般会計が負担するという記述があります。これはどなたの発想なんでしょうか、お聞かせください。そして、経営努力の度合いを評価するのはどの部局なのかをあわせてお聞かせください。
委員長(浅田 修君) 答弁の前に、8番、田口政信委員より早退の届け出がありました。
 答弁を求めます。病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) まず、救急医療の確保のために要する経費のうち、救急医療に係る収入をあててもなお不足する部分に相当する額ということで、拡充地域医療の繰り出し基準の拡充ということでそこに入れさせてもらっております。これについては、今でも救急医療の確保に要する経費ということで、19ページにも書いておりますけれども、医師の待機に係る経費であるとか、空きベッドの分の経費であるとか、そういう部分については、繰り出し基準に今までも入れていただいておりました。それで今回の改革プランの見直しに当たって、救急医療の収支の関係でいろいろ分析をした結果、なお不足する部分があるということで、それについて繰り出し基準に入れさせてもらったということです。それで、21年度、22年度の数字については、担当課長の方から説明させます。
 それから、経営努力してもなお発生する医業収支損失額の2分の1を限度として、一般会計が負担する額ということで、地域医療の確保に要する経費、これ新規ということで入れさせてもらってますが、これについては医療局側の方で繰り出し基準ということで、こういう形でお願いしたいという形で市長部局の方にお話をさせていただいたと。これについては、これから23年度の経営の黒字化ということ、そらから27年度までに不良債務を解消するという中で、こういう経営健全化のための繰り出しをお願いしたいということで、ここに繰り出し基準という形でいれさせてもらったということでございます。それで、それの、経営努力してもというその部分について誰が評価するのかということになりますが、これについて、第一義的に私たちのところで経営努力したという、当然繰り出しについては予算の措置ということが必要になってきますので、その中で私たちの方でこう努力して、こういう結果だったという説明が納得していただけるような説明が必要になりますし、それについて市長部局の方で予算の編成の中でいろいろ評価をいただけるのでないかというふうに考えてございます。
委員長(浅田 修君) 10番、浅野 敬委員。答弁いいですか。
10番(浅野 敬君) もらいます。
委員長(浅田 修君) 医療管理課長、千葉博行君。
医療管理課長(千葉博行君) 救急部門で、既に、例えば21年度のお話でございましたので、21年度では、救急部門として参入されておりますのは約1億7,000万円ほどでございます。それを入れてもなお収支が赤字になるという部分を算出しまして2億4,300万円ぐらいということになります。それから、佐沼病院に、米谷病院、豊里病院、これも年間およそ1,500万から2,000万ぐらいの赤字分が見込まれるということで、22年度につきましては、それらすべて合わせまして計算いたしますと、約2億7,000万ぐらいが不足する部分ではないかというふうには算出してございます。
委員長(浅田 修君) 10番、浅野 敬委員。
10番(浅野 敬君) 経営努力を見定めるのは、私は外部の目が必要だと思ってる方なんですが、繰り出す側の市長部局の皆さんは、それは必要ないとお考えなのかどうか、端的に教えてください。
委員長(浅田 修君) 副市長、井林 貢君。
副市長(井林 貢君) いろんな形での精査の仕方というか、査定の仕方あろうかと思いますが、私どもとしましては、医療局側でしっかりと精査していただいて、その内容を説明していただいて、予算査定の段階で決めていきたいというふうに思います。将来ともそういう形でいいかどうかということは、今後の検討課題だろうというふうに思ってございます。
委員長(浅田 修君) 10番、浅野 敬委員。
10番(浅野 敬君) 私は、結果的に同じ金額を繰り出すことになるとしても、やっぱり最初から見込んで出す方が医療局でも励みになるというか、安心するということになるのではないかと。そして、結果として赤字が出たから、その2分の1を補てんするというのは、赤字補てん以外の何ものでもないような気がするんですが、その考え方とは間違っているんでしょうか。お聞かせいただきたいと思います。
委員長(浅田 修君) 副市長、井林 貢君。
副市長(井林 貢君) 赤字補てん、2分の1ということになってございますけれども、2分の1そのもの出せるかどうかということも相当の議論をしていかなければならないと思います。それで、最初からということが、どちらがいいのかというのは議論もあります。しかし、出す側とすればやはり病院側の最大限の努力を促して、その結果を踏まえてというのが原則だろうというふうに思ってございます。
委員長(浅田 修君) 10番、浅野 敬委員。
10番(浅野 敬君) そこが考え方の違いですので、これ以上してもしょうがないですので、別の面からお尋ねします。合併時に病院全体で累積欠損費が約55億だと思いましたが、これは40年もかけてこうなったところなんですが、それが4年間でほぼ倍増し、以前より比較的安定した経営がなされておりました豊里病院にしても、米谷病院にしても、18年度と19年度、大きな赤字になったこと、そして、両病院とも20年度、21年度は収支改善がなされている傾向が見て取れますが、この背景についてどのようにお考えになっているか、代表してと豊里病院の佐々木事務局長さんお聞かせください。
委員長(浅田 修君) 豊里病院事務局長、佐々木武雄君。
豊里病院事務局長(佐々木武雄君) 確かに合併時点よりも医師の数は減っております。それを補うのに大変努力をしました。それで、合併になってから今経営改善しているというようなことですけれども、やはり合併して、病院と診療所の連携、それと各福祉施設の連携、そういうのが取れてきました。そして、夜間もやっている先生方、24時間体制でやっている先生方もおります。その人方のご協力を得て21年も収支を改善してきておりますし、22年度も当初予算では単年度収支で黒字予算を組んでおります。これは、合併しなかったらなし得ないことだと思います。訪問看護の方でも一生懸命職員の方が努力していただけます。そういうような医療に従事する方、そして介護施設でいろいろ働いている方、そういう方の総力をもって経営改善した成果だと思います。そういうつながりを大事にしながら、そして地域の医療を大切にしながら私たち病院関係の者は進んでいきたいと思います。今後とも皆様方の協力を得ながら、病院改革に取り組んでいきたいと思います。
 以上です。
委員長(浅田 修君) 10番、浅野 敬委員。
10番(浅野 敬君) 大変ありがとうございました。
 最後に、不良債務比率につきましてお尋ねします。
 22年度の不良債務比率、私の計算では多分30%を超える、そして21年度につきましては、私の計算では24.63%になるはずなんですが、先日聞いたところによりますと20%以下になるというようなお話でしたが、どこで計算が違うのかなと思ってるんですが。そして、私の計算が合ってるとすれば、20%以下にするには多分この予算を可決されたあとに、年度内に21年度は専決処分をして繰り出すのかなという思いがしたんですが、いかがでしょうか。
委員長(浅田 修君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 不良債務の比率の話でございますが、改革プランをご覧になって、また予算を見てという話でご質問だと思うんですが、改革プランに示している不良債務比率、その不良債務比率を出すに当たって、収入のところには先ほど繰り出し基準の関係でお話をいただいております救急医療の拡充した確保分、それから地域医療確保のための2分の1の限度の分ですね、そういう部分をシミュレーションというか、試算した額を入れて収支を出し、それで不良債務比率なりに反映させているということでございます。ですから、22年度の当初予算については、そういうものが入っていない中での状況になりますので、22年度の当初予算の状況からは不良債務比率は高い比率が出てくるということになります。
委員長(浅田 修君) 副市長、井林 貢君。
副市長(井林 貢君) 今後の繰り出しの件だろうというふうに思いますが、今のところ、今月の30日に臨時議会をお願いすることを予定してございます。いずれ正式に決まり次第また調整をさせていただきたいと思ってございますが、それはこの繰り出しだけでなくて、一般会計の補正しなければない部分、場合によっては22年度の当初予算の補正も一部出させていただくことも今検討しているところでございます。その際に、登米市は専決処分することなく、正式に議会で議決をということになってございますので、本当に自治法で認められているいとまがない積極的な理由があれば行うということ以外は議会にお願いするということで、その際に改革プランに載せてございます救急医療でまかないきれない経費について、いずれ精査して議会にご提案申し上げ、お願いしたいなという考え方でおります。
委員長(浅田 修君) 10番、浅野 敬委員。
10番(浅野 敬君) 救急医療は市民のニーズが強いので、ぜひこれは守っていただけるように、少し多くても議会は承認すると思いますので、どうぞその辺は堂々と出していただければと。ただ、結果として赤字補てんになると見られるのはぜひご遠慮いただきたいものだと思っております。
 私の持ち時間消化しましたので、これで終わります。ありがとうございました。
委員長(浅田 修君) 答弁いいですね。もう少々やりたいと思います。
 ほかに質疑ございませんか。
 11番、菅原幸夫委員。
11番(菅原幸夫君) ちょっと私所管なんですけれども、ちょっとお聞きしておきたいと思いまして。実は、この22年度の予算書の中で、2ページで、一時借入金の限度額を40億円と定めるというところで、ちょっと私も思ったんですが、実はことしになって改革プランの改訂版というやつを出したわけですが、それによると、平成22年度は22億5,000万の一時借り入れということになって、予算書の中には28億円の一時借り入れと、こういうことになっているわけです。これは40億までは借りられるということだと思うんですが、この40億円借りる相手ですね、借りる一時金、これの借りる相手がどこから借りるのかと。一般財源から借りるということもなんですが、その他も借りているようなので、18、19、20年度の一時借り入れのを私も見せていただきましたが、多方面から借りているようなので、どこどこから借りるというような考えで今いらっしゃるか、その点を。
委員長(浅田 修君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 一般会計の方からということと、それから指定金融機関である金融機関の方から一時資金の借り入れを行いたいということで考えてございます。
委員長(浅田 修君) 11番、菅原幸夫委員。
11番(菅原幸夫君) だから、今まで借りてたところですね、老人会計とかというそういう名前もありますし、いろいろありますので、その借りる場所をお願いします。
委員長(浅田 修君) 医療管理課長、千葉博行君。
医療管理課長(千葉博行君) まず、一時借り入れの借り入れ先でございますけれども、20年度につきましては、基本的には一般会計からの繰り替え運用をお願いしたところでございます。それから、老健会計からの運用、それから、今年度末民間の金融機関からの借り入れも予定してございます。それで、予算書の金額と改革プランとの誤差でございますけれども、基本的に予算書に計上しております22年度につきましては40億円なんですけれども、これは借り入れを何回かやる場合に、返済するために借り入れをした場合、その時期高く残高が残るわけなんですが、その上限額を定めたのがこの予算書ということで理解をお願いしたいと思います。
 それから、もう一つ予算書の予定貸借対照表の中に、一時借入金28億円、これは現段階、当初予算の段階で見込んでおります年度末の状況なんですが、これは今後の資金繰りの関係で、これはさらにこれから減少していくことが見込まれますので、今後補正するたびにこの辺の一時借入金の額も変わってまいります。
 それから、最終的には改革プランに盛り込んでおります22億5,000万円程度の最終的な年度末の残高に落ち着くものだろうというふうに今計画してございます。
委員長(浅田 修君) 11番、菅原幸夫委員。
11番(菅原幸夫君) いや、そうですか。随分多方面、これ老健のお金まで借りなければならないというような状況だと。これは、大変なことではないかなと思うんですが。
 それから、この40億という一時借り入れというようなもの、これどうですか、40億、先日聞いたのによると、一般会計から25億借りているというような、15億の5億ですか、20億の5億、何せその辺のように聞いたんですが、この一時借り入れという特徴から言って、これ3月になると金融機関から借りる、あるいは老健から借りる、別なところから借りて一般財源を返すと。4月になるとまたそれを借りると。しかもその金は無利子で貸している。そしてこういう一時借り入れとは何かの特殊な事情、あるいはいろんな要素で一時的に借りるといいますか、対応するといいますか、そういった特徴を持っているはずで、私聞くところによると、その一時借り入れで借りかえ、借りかえというようなことは、本来やるべきことではないというようなお話も聞いているんですが、私たちから考えると何か常時一時借り入れというのは残高として借りているのいいんだというような今の答弁もいただいたようなんですが、こういうふうな借りる人の考えで財政では、企画では貸しているんですか。これはどのような資金の中から、こうやって貸していてもし焦げついた、なかなか出ないということになれば、これ一般財源にも影響することになってくるんだけれども。今度は40億円という金になれば、大変なことで、今度は他の金融機関だってこれからはこういうふうな財政状況では、例えば今回の予算書の中で、一時借り入れ40億円、そしてその第9条の職員の給与、10条の購入限度額、こういうふうなもの、これは実質平成22年度に支払わなければならないいわゆる職員給与でもあり、現実にこのままの金額が予算に載って買うわけなので、そういう収支から見てそれぞれ足した場合にはこれは大変な金額になるわけですよ。62億にもなる。現実の医療収入というものは、どうですか、62億なりますか。例えばそういうふうなことになってるわけなんですよ。
 それから、一時借り入れの場合どうのこうのと言いますけれども、先日の18年度から19年度、その年は累計にすると一時借り入れが90億円にもなっているというようなことで、大変な、そっちから借りてこっちへやる、そっちへやる、収支ゼロになったときはないんですよ。これは一時金というのはやはり期限を設けて常時借り入れの残高になるという性質のものではないと思うんですが、その辺どうですか、企画部長あたりはどのように思いますか。
委員長(浅田 修君) 企画部長、佐藤順悦君。
企画部長(佐藤順悦君) ご質問の一時借り入れ関係でございますが、会計管理室の方で、いろんな手続き等をしてますので、管理室さんの方からお願いしたいと思っています。
委員長(浅田 修君) 副市長、井林 貢君。
副市長(井林 貢君) 何点かご質問ございますけれども、病院会計が計上しております一時借り入れ40億は、一般会計から貸す限度額ではなくて、病院自体が総額で40億まで借りることができるという規定でございますので、その点はまず一つご理解いただきたいと思います。それから、一般会計のどの金から貸してるのかというお話だったかと思いますが、一般会計の場合でございますと、通常我々は歳計現金と称してるんですが、交付税とか定期的に入ってございます、税も入ってございます、その場合の余剰資金があれば、貸し付けをするということで、ただ一時貸し付けなものですから、年度を越えて貸し付けすることはできませんので、仮に年度を越えて貸し付けするということになりますと、議会に提案申し上げて、貸付金として予算計上しないとできないということでございますので、現行制度で可能な部分ということでございます。それから、前回の総括質疑の点でも申し上げたかもしれませんが、病院会計が非常に厳しいということでございますので、無利子にして貸し付けをしているということでございます。病院会計自体も、これまでにも金融機関から借り入れもしてございます。極力利子のつかない形での貸し出しをして、病院の負担軽減を図るという観点からそういう取り扱い方をしてるわけでございます。よろしくお願いします。
委員長(浅田 修君) 11番、菅原幸夫委員。
11番(菅原幸夫君) いや、確かに利子のつかないお金を貸しておくということもいいんですが、やはりそれもただいま医療関係のさっきの事務長さんから非常に努力しているというようなこと、確かに努力はしていると思います。これだけの状況ですからね。私もね、これいじめようと思って言ってるわけじゃなくて、私どもも同罪になるから何とか市民のために病院を建て直さなければならないと、こういうことを言ってるわけなんですよ。先日もね、先月の4日と10日と、やっぱり補正予算を組んで、そして3月にはまた新たな補正を組むというような状況、その3月の補正においては、患者において2万数千人、3万人減って、そして歳入においても4億数千万減ったというようなことですね。そういう、やはりこれ数字でだけとらわれてはいけないというかもしれませんが、努力をしている姿なのかどうかということなんだね。落ちたから下ろして数字を出してきたというだけでないんですか。どこに努力するという姿が見えないですよ。具体的に、本当に努力しているというのが、そういう姿見られないんですが、やはりいろんな事情がある。お医者さんが減ったために当然患者も減ったと言いますが、極論を言うと何ですよ、先日の一般質問でもあるんですが、古川にバスを出したらいいんでないかというような話まで出ているわけですよ。そしたら皆さんが、これから連携をして云々と言いますがね、その連携の中でおいしいところを取られて、いつも暇だれして苦労して汗流して儲けが残らないような連携は指定されて困るわけですよ。その辺などをしっかりやってるのかどうか、この22年度はそういう点をがっちりやってもらわないとね、骨折り損のくたびれ儲けっていう話もあるんですがね、やはり私は本当にそういったものを緻密な積み重ねによって、やはり数字の改善もやってほしいと思うんですが、どうですか。
委員長(浅田 修君) 病院事業管理者、大橋 章君。
病院事業管理者(大橋 章君) 努力の姿が見えないということでお叱りを受けたわけでございますけれども、決して何もしないでいるというわけじゃなくて、当然患者の数とか、そういう病院事業の中での事業量に見合った職員の配置ということについても、そういう対策をとりなから、職員がそれぞれの部署で頑張って、そして取り組んできた姿ということで、また3月、まだひと月あるわけです。そういう中でも、経営努力をさせていただいて、3月の30日には繰り入れ、繰り出しの関係でまた補正等お願いしなくてはないという状況にありますが、そういうことで頑張っているということにつてはご理解をいただければと思います。
 なお、連携の話で大崎の話がございましたけれども、産科・小児科の問題、それは登米市だけの問題じゃなくて、県全体の中での県の政策に基づく集約化という中で出てきておりまして、それが佐沼病院の経営なり何なり、大きな課題になったというか、経営収支の問題でも収支の均衡を欠くような原因にもなったということですが、決してマイナスだけの連携ということじゃなくて、当然こちらの方として担えない分の高度な医療分であるとかそういうものについて、大崎なりに担っていただいてる。そして大崎で一定の治療を受けたあとに、また佐沼病院の方で受け入れて、ご自宅に戻っていただくとかという、そういう連携の中でやっているので、必ずしも連携がマイナスということではございませんのでご理解を賜りたいと思います。
委員長(浅田 修君) 11番委員さんの質疑の途中ではありますけれども、お諮りしたいと思います。
 本日の会議はこの程度にとどめたいと思います。延会したいと思いますので、これにご異議ございませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(浅田 修君) 異議なしと認めます。
 したがって、本日はこれで延会したいと思います。
          延会 午後4時47分

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>