•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(伊藤吉浩)
  •   2  市民生活部長(神田雅春)
  •   3  委員長(伊藤吉浩)
  •   4  産業経済部長(高橋巌)
  •   5  委員長(伊藤吉浩)
  •   6  委員長(伊藤吉浩)
  •   7  8番(岩淵正宏)
  •   8  委員長(伊藤吉浩)
  •   9  健康推進課長(千葉ますみ)
  •  10  委員長(伊藤吉浩)
  •  11  1番(熊谷和弘)
  •  12  委員長(伊藤吉浩)
  •  13  生活福祉課長(鎌田信之)
  •  14  委員長(伊藤吉浩)
  •  15  3番(佐々木幸一)
  •  16  委員長(伊藤吉浩)
  •  17  生活福祉課長(鎌田信之)
  •  18  委員長(伊藤吉浩)
  •  19  3番(佐々木幸一)
  •  20  委員長(伊藤吉浩)
  •  21  生活福祉課長(鎌田信之)
  •  22  委員長(伊藤吉浩)
  •  23  3番(佐々木幸一)
  •  24  委員長(伊藤吉浩)
  •  25  生活福祉課長(鎌田信之)
  •  26  委員長(伊藤吉浩)
  •  27  3番(佐々木幸一)
  •  28  委員長(伊藤吉浩)
  •  29  生活福祉課長(鎌田信之)
  •  30  委員長(伊藤吉浩)
  •  31  21番(及川長太郎)
  •  32  委員長(伊藤吉浩)
  •  33  環境課長(木村達之)
  •  34  委員長(伊藤吉浩)
  •  35  21番(及川長太郎)
  •  36  委員長(伊藤吉浩)
  •  37  環境課長(木村達之)
  •  38  委員長(伊藤吉浩)
  •  39  21番(及川長太郎)
  •  40  委員長(伊藤吉浩)
  •  41  環境課長(木村達之)
  •  42  委員長(伊藤吉浩)
  •  43  13番(佐藤尚哉)
  •  44  委員長(伊藤吉浩)
  •  45  生活福祉課長(鎌田信之)
  •  46  委員長(伊藤吉浩)
  •  47  13番(佐藤尚哉)
  •  48  委員長(伊藤吉浩)
  •  49  生活福祉課長(鎌田信之)
  •  50  委員長(伊藤吉浩)
  •  51  13番(佐藤尚哉)
  •  52  委員長(伊藤吉浩)
  •  53  長寿介護課長(菅原登)
  •  54  委員長(伊藤吉浩)
  •  55  13番(佐藤尚哉)
  •  56  委員長(伊藤吉浩)
  •  57  福祉事務所長(熊谷一)
  •  58  委員長(伊藤吉浩)
  •  59  13番(佐藤尚哉)
  •  60  委員長(伊藤吉浩)
  •  61  長寿介護課長(菅原登)
  •  62  委員長(伊藤吉浩)
  •  63  16番(田口政信)
  •  64  委員長(伊藤吉浩)
  •  65  子育て支援課長(西條利光)
  •  66  委員長(伊藤吉浩)
  •  67  福祉事務所長(熊谷一)
  •  68  委員長(伊藤吉浩)
  •  69  16番(田口政信)
  •  70  委員長(伊藤吉浩)
  •  71  環境課長(木村達之)
  •  72  委員長(伊藤吉浩)
  •  73  16番(田口政信)
  •  74  委員長(伊藤吉浩)
  •  75  環境課長(木村達之)
  •  76  委員長(伊藤吉浩)
  •  77  16番(田口政信)
  •  78  委員長(伊藤吉浩)
  •  79  財政課長(加藤均)
  •  80  委員長(伊藤吉浩)
  •  81  16番(田口政信)
  •  82  委員長(伊藤吉浩)
  •  83  財政課長(加藤均)
  •  84  委員長(伊藤吉浩)
  •  85  16番(田口政信)
  •  86  委員長(伊藤吉浩)
  •  87  財政課長(加藤均)
  •  88  委員長(伊藤吉浩)
  •  89  1番(熊谷和弘)
  •  90  委員長(伊藤吉浩)
  •  91  健康推進課長(千葉ますみ)
  •  92  委員長(伊藤吉浩)
  •  93  1番(熊谷和弘)
  •  94  委員長(伊藤吉浩)
  •  95  健康推進課長(千葉ますみ)
  •  96  委員長(伊藤吉浩)
  •  97  1番(熊谷和弘)
  •  98  委員長(伊藤吉浩)
  •  99  11番(佐々木一)
  • 100  委員長(伊藤吉浩)
  • 101  クリーンセンター所長兼衛生センター所長(千葉祐宏)
  • 102  委員長(伊藤吉浩)
  • 103  11番(佐々木一)
  • 104  委員長(伊藤吉浩)
  • 105  環境事業所長(阿部信)
  • 106  委員長(伊藤吉浩)
  • 107  6番(浅野敬)
  • 108  委員長(伊藤吉浩)
  • 109  環境事業所長(阿部信)
  • 110  委員長(伊藤吉浩)
  • 111  15番(浅田修)
  • 112  委員長(伊藤吉浩)
  • 113  環境課長(木村達之)
  • 114  委員長(伊藤吉浩)
  • 115  15番(浅田修)
  • 116  委員長(伊藤吉浩)
  • 117  市民生活部長(神田雅春)
  • 118  委員長(伊藤吉浩)
  • 119  15番(浅田修)
  • 120  委員長(伊藤吉浩)
  • 121  産業経済部長(高橋巌)
  • 122  委員長(伊藤吉浩)
  • 123  15番(浅田修)
  • 124  委員長(伊藤吉浩)
  • 125  産業経済部長(高橋巌)
  • 126  委員長(伊藤吉浩)
  • 127  15番(浅田修)
  • 128  委員長(伊藤吉浩)
  • 129  産業経済部長(高橋巌)
  • 130  委員長(伊藤吉浩)
  • 131  24番(八木しみ子)
  • 132  委員長(伊藤吉浩)
  • 133  委員長(伊藤吉浩)
  • 134  24番(八木しみ子)
  • 135  委員長(伊藤吉浩)
  • 136  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 137  委員長(伊藤吉浩)
  • 138  24番(八木しみ子)
  • 139  委員長(伊藤吉浩)
  • 140  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 141  委員長(伊藤吉浩)
  • 142  24番(八木しみ子)
  • 143  委員長(伊藤吉浩)
  • 144  21番(及川長太郎)
  • 145  委員長(伊藤吉浩)
  • 146  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 147  委員長(伊藤吉浩)
  • 148  21番(及川長太郎)
  • 149  委員長(伊藤吉浩)
  • 150  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 151  委員長(伊藤吉浩)
  • 152  21番(及川長太郎)
  • 153  委員長(伊藤吉浩)
  • 154  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 155  委員長(伊藤吉浩)
  • 156  21番(及川長太郎)
  • 157  委員長(伊藤吉浩)
  • 158  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 159  委員長(伊藤吉浩)
  • 160  21番(及川長太郎)
  • 161  委員長(伊藤吉浩)
  • 162  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 163  委員長(伊藤吉浩)
  • 164  21番(及川長太郎)
  • 165  委員長(伊藤吉浩)
  • 166  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 167  委員長(伊藤吉浩)
  • 168  21番(及川長太郎)
  • 169  委員長(伊藤吉浩)
  • 170  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 171  委員長(伊藤吉浩)
  • 172  21番(及川長太郎)
  • 173  委員長(伊藤吉浩)
  • 174  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 175  委員長(伊藤吉浩)
  • 176  21番(及川長太郎)
  • 177  委員長(伊藤吉浩)
  • 178  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 179  委員長(伊藤吉浩)
  • 180  21番(及川長太郎)
  • 181  委員長(伊藤吉浩)
  • 182  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 183  委員長(伊藤吉浩)
  • 184  21番(及川長太郎)
  • 185  委員長(伊藤吉浩)
  • 186  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 187  委員長(伊藤吉浩)
  • 188  21番(及川長太郎)
  • 189  委員長(伊藤吉浩)
  • 190  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 191  委員長(伊藤吉浩)
  • 192  4番(氏家英人)
  • 193  委員長(伊藤吉浩)
  • 194  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 195  委員長(伊藤吉浩)
  • 196  4番(氏家英人)
  • 197  委員長(伊藤吉浩)
  • 198  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 199  委員長(伊藤吉浩)
  • 200  4番(氏家英人)
  • 201  委員長(伊藤吉浩)
  • 202  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 203  委員長(伊藤吉浩)
  • 204  14番(伊藤栄)
  • 205  委員長(伊藤吉浩)
  • 206  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 207  委員長(伊藤吉浩)
  • 208  14番(伊藤栄)
  • 209  委員長(伊藤吉浩)
  • 210  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 211  委員長(伊藤吉浩)
  • 212  14番(伊藤栄)
  • 213  委員長(伊藤吉浩)
  • 214  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 215  委員長(伊藤吉浩)
  • 216  14番(伊藤栄)
  • 217  委員長(伊藤吉浩)
  • 218  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 219  委員長(伊藤吉浩)
  • 220  14番(伊藤栄)
  • 221  委員長(伊藤吉浩)
  • 222  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 223  委員長(伊藤吉浩)
  • 224  14番(伊藤栄)
  • 225  委員長(伊藤吉浩)
  • 226  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 227  委員長(伊藤吉浩)
  • 228  14番(伊藤栄)
  • 229  委員長(伊藤吉浩)
  • 230  11番(佐々木一)
  • 231  委員長(伊藤吉浩)
  • 232  市長(布施孝尚)
  • 233  委員長(伊藤吉浩)
  • 234  11番(佐々木一)
  • 235  委員長(伊藤吉浩)
  • 236  市長(布施孝尚)
  • 237  委員長(伊藤吉浩)
  • 238  15番(浅田修)
  • 239  委員長(伊藤吉浩)
  • 240  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 241  委員長(伊藤吉浩)
  • 242  15番(浅田修)
  • 243  委員長(伊藤吉浩)
  • 244  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 245  委員長(伊藤吉浩)
  • 246  15番(浅田修)
  • 247  委員長(伊藤吉浩)
  • 248  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 249  委員長(伊藤吉浩)
  • 250  15番(浅田修)
  • 251  委員長(伊藤吉浩)
  • 252  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 253  委員長(伊藤吉浩)
  • 254  15番(浅田修)
  • 255  委員長(伊藤吉浩)
  • 256  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 257  委員長(伊藤吉浩)
  • 258  委員長(伊藤吉浩)
  • 259  15番(浅田修)
  • 260  委員長(伊藤吉浩)
  • 261  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 262  委員長(伊藤吉浩)
  • 263  15番(浅田修)
  • 264  委員長(伊藤吉浩)
  • 265  産業経済部長(高橋巌)
  • 266  委員長(伊藤吉浩)
  • 267  13番(佐藤尚哉)
  • 268  委員長(伊藤吉浩)
  • 269  市長(布施孝尚)
  • 270  委員長(伊藤吉浩)
  • 271  13番(佐藤尚哉)
  • 272  委員長(伊藤吉浩)
  • 273  産業経済部長(高橋巌)
  • 274  委員長(伊藤吉浩)
  • 275  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 276  委員長(伊藤吉浩)
  • 277  産業経済部長(高橋巌)
  • 278  委員長(伊藤吉浩)
  • 279  13番(佐藤尚哉)
  • 280  委員長(伊藤吉浩)
  • 281  3番(佐々木幸一)
  • 282  委員長(伊藤吉浩)
  • 283  農村整備課長(可野嘉裕)
  • 284  委員長(伊藤吉浩)
  • 285  3番(佐々木幸一)
  • 286  委員長(伊藤吉浩)
  • 287  農村整備課長(可野嘉裕)
  • 288  委員長(伊藤吉浩)
  • 289  3番(佐々木幸一)
  • 290  委員長(伊藤吉浩)
  • 291  農村整備課長(可野嘉裕)
  • 292  委員長(伊藤吉浩)
  • 293  3番(佐々木幸一)
  • 294  委員長(伊藤吉浩)
  • 295  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 296  委員長(伊藤吉浩)
  • 297  3番(佐々木幸一)
  • 298  委員長(伊藤吉浩)
  • 299  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 300  委員長(伊藤吉浩)
  • 301  24番(八木しみ子)
  • 302  委員長(伊藤吉浩)
  • 303  農村整備課長(可野嘉裕)
  • 304  委員長(伊藤吉浩)
  • 305  24番(八木しみ子)
  • 306  委員長(伊藤吉浩)
  • 307  農村整備課長(可野嘉裕)
  • 308  委員長(伊藤吉浩)
  • 309  24番(八木しみ子)
  • 310  委員長(伊藤吉浩)
  • 311  農村整備課長(可野嘉裕)
  • 312  委員長(伊藤吉浩)
  • 313  24番(八木しみ子)
  • 314  委員長(伊藤吉浩)
  • 315  農村整備課長(可野嘉裕)
  • 316  委員長(伊藤吉浩)
  • 317  6番(浅野敬)
  • 318  委員長(伊藤吉浩)
  • 319  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 320  委員長(伊藤吉浩)
  • 321  6番(浅野敬)
  • 322  委員長(伊藤吉浩)
  • 323  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 324  委員長(伊藤吉浩)
  • 325  委員長(伊藤吉浩)
  • 326  6番(浅野敬)
  • 327  委員長(伊藤吉浩)
  • 328  産業経済部長(高橋巌)
  • 329  委員長(伊藤吉浩)
  • 330  6番(浅野敬)
  • 331  委員長(伊藤吉浩)
  • 332  市長(布施孝尚)
  • 333  委員長(伊藤吉浩)
  • 334  2番(日下俊)
  • 335  委員長(伊藤吉浩)
  • 336  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 337  委員長(伊藤吉浩)
  • 338  委員長(伊藤吉浩)
  • 339  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 340  委員長(伊藤吉浩)
  • 341  2番(日下俊)
  • 342  委員長(伊藤吉浩)
  • 343  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 344  委員長(伊藤吉浩)
  • 345  2番(日下俊)
  • 346  委員長(伊藤吉浩)
  • 347  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 348  委員長(伊藤吉浩)
  • 349  12番(及川昌憲)
  • 350  委員長(伊藤吉浩)
  • 351  登米産食材販売促進専門監(佐藤嘉浩)
  • 352  委員長(伊藤吉浩)
  • 353  12番(及川昌憲)
  • 354  委員長(伊藤吉浩)
  • 355  登米産食材販売促進専門監(佐藤嘉浩)
  • 356  委員長(伊藤吉浩)
  • 357  12番(及川昌憲)
  • 358  委員長(伊藤吉浩)
  • 359  登米産食材販売促進専門監(佐藤嘉浩)
  • 360  委員長(伊藤吉浩)
  • 361  委員長(伊藤吉浩)
  • 362  登米産食材販売促進専門監(佐藤嘉浩)
  • 363  委員長(伊藤吉浩)
  • 364  12番(及川昌憲)
  • 365  委員長(伊藤吉浩)
  • 366  登米産食材販売促進専門監(佐藤嘉浩)
  • 367  委員長(伊藤吉浩)
  • 368  12番(及川昌憲)
  • 369  委員長(伊藤吉浩)
  • 370  登米産食材販売促進専門監(佐藤嘉浩)
  • 371  委員長(伊藤吉浩)
  • 372  12番(及川昌憲)
  • 373  委員長(伊藤吉浩)
  • 374  登米産食材販売促進専門監(佐藤嘉浩)
  • 375  委員長(伊藤吉浩)
  • 376  12番(及川昌憲)
  • 377  委員長(伊藤吉浩)
  • 378  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 379  委員長(伊藤吉浩)
  • 380  12番(及川昌憲)
  • 381  委員長(伊藤吉浩)
  • 382  農産園芸畜産課長(高橋一紀)
  • 383  委員長(伊藤吉浩)
  • 384  農村整備課長(可野嘉裕)
  • 385  委員長(伊藤吉浩)
  • 386  委員長(伊藤吉浩)
  • 387  23番(二階堂一男)
  • 388  委員長(伊藤吉浩)
  • 389  建設部次長兼道路課長(千葉修)
  • 390  委員長(伊藤吉浩)
  • 391  23番(二階堂一男)
  • 392  委員長(伊藤吉浩)
  • 393  建設部次長兼道路課長(千葉修)
  • 394  委員長(伊藤吉浩)
  • 395  23番(二階堂一男)
  • 396  委員長(伊藤吉浩)
  • 397  建設部次長兼道路課長(千葉修)
  • 398  委員長(伊藤吉浩)
  • 399  23番(二階堂一男)
  • 400  委員長(伊藤吉浩)
  • 401  建設部次長兼道路課長(千葉修)
  • 402  委員長(伊藤吉浩)
  • 403  23番(二階堂一男)
  • 404  委員長(伊藤吉浩)
  • 405  土木管理課長(首藤正敏)
  • 406  委員長(伊藤吉浩)
  • 407  23番(二階堂一男)
  • 408  委員長(伊藤吉浩)
  • 409  土木管理課長(首藤正敏)
  • 410  委員長(伊藤吉浩)
  • 411  23番(二階堂一男)
  • 412  委員長(伊藤吉浩)
  • 413  警防課長(鈴木秀彦)
  • 414  委員長(伊藤吉浩)
  • 415  23番(二階堂一男)
  • 416  委員長(伊藤吉浩)
  • 417  警防課長(鈴木秀彦)
  • 418  委員長(伊藤吉浩)
  • 419  1番(熊谷和弘)
  • 420  委員長(伊藤吉浩)
  • 421  土木管理課長(首藤正敏)
  • 422  委員長(伊藤吉浩)
  • 423  1番(熊谷和弘)
  • 424  委員長(伊藤吉浩)
  • 425  土木管理課長(首藤正敏)
  • 426  委員長(伊藤吉浩)
  • 427  1番(熊谷和弘)
  • 428  委員長(伊藤吉浩)
  • 429  土木管理課長(首藤正敏)
  • 430  委員長(伊藤吉浩)
  • 431  14番(伊藤栄)
  • 432  委員長(伊藤吉浩)
  • 433  土木管理課長(首藤正敏)
  • 434  委員長(伊藤吉浩)
  • 435  14番(伊藤栄)
  • 436  委員長(伊藤吉浩)
  • 437  土木管理課長(首藤正敏)
  • 438  委員長(伊藤吉浩)
  • 439  12番(及川昌憲)
  • 440  委員長(伊藤吉浩)
  • 441  土木管理課長(首藤正敏)
  • 442  委員長(伊藤吉浩)
  • 443  警防課長(鈴木秀彦)
  • 444  委員長(伊藤吉浩)
  • 445  土木管理課長(首藤正敏)
  • 446  委員長(伊藤吉浩)
  • 447  12番(及川昌憲)
  • 448  委員長(伊藤吉浩)
  • 449  3番(佐々木幸一)
  • 450  委員長(伊藤吉浩)
  • 451  土木管理課長(首藤正敏)
  • 452  委員長(伊藤吉浩)
  • 453  3番(佐々木幸一)
  • 454  委員長(伊藤吉浩)
  • 455  土木管理課長(首藤正敏)
  • 456  委員長(伊藤吉浩)
  • 457  13番(佐藤尚哉)
  • 458  委員長(伊藤吉浩)
  • 459  土木管理課長(首藤正敏)
  • 460  委員長(伊藤吉浩)
  • 461  24番(八木しみ子)
  • 462  委員長(伊藤吉浩)
  • 463  予防課長(高橋勝義)
  • 464  委員長(伊藤吉浩)
  • 465  24番(八木しみ子)
  • 466  委員長(伊藤吉浩)
  • 467  予防課長(高橋勝義)
  • 468  委員長(伊藤吉浩)
  • 469  委員長(伊藤吉浩)
  • 470  委員長(伊藤吉浩)
  • 471  20番(熊谷憲雄)
  • 472  委員長(伊藤吉浩)
  • 473  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 474  委員長(伊藤吉浩)
  • 475  20番(熊谷憲雄)
  • 476  委員長(伊藤吉浩)
  • 477  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 478  委員長(伊藤吉浩)
  • 479  20番(熊谷憲雄)
  • 480  委員長(伊藤吉浩)
  • 481  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 482  委員長(伊藤吉浩)
  • 483  20番(熊谷憲雄)
  • 484  委員長(伊藤吉浩)
  • 485  社会教育次長(志賀尚)
  • 486  委員長(伊藤吉浩)
  • 487  20番(熊谷憲雄)
  • 488  委員長(伊藤吉浩)
  • 489  教育長(片倉敏明)
  • 490  委員長(伊藤吉浩)
  • 491  20番(熊谷憲雄)
  • 492  委員長(伊藤吉浩)
  • 493  教育長(片倉敏明)
  • 494  委員長(伊藤吉浩)
  • 495  20番(熊谷憲雄)
  • 496  委員長(伊藤吉浩)
  • 497  教育長(片倉敏明)
  • 498  委員長(伊藤吉浩)
  • 499  4番(氏家英人)
  • 500  委員長(伊藤吉浩)
  • 501  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 502  委員長(伊藤吉浩)
  • 503  4番(氏家英人)
  • 504  委員長(伊藤吉浩)
  • 505  教育長(片倉敏明)
  • 506  委員長(伊藤吉浩)
  • 507  4番(氏家英人)
  • 508  委員長(伊藤吉浩)
  • 509  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 510  委員長(伊藤吉浩)
  • 511  4番(氏家英人)
  • 512  委員長(伊藤吉浩)
  • 513  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 514  委員長(伊藤吉浩)
  • 515  4番(氏家英人)
  • 516  委員長(伊藤吉浩)
  • 517  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 518  委員長(伊藤吉浩)
  • 519  4番(氏家英人)
  • 520  委員長(伊藤吉浩)
  • 521  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 522  委員長(伊藤吉浩)
  • 523  1番(熊谷和弘)
  • 524  委員長(伊藤吉浩)
  • 525  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 526  委員長(伊藤吉浩)
  • 527  1番(熊谷和弘)
  • 528  委員長(伊藤吉浩)
  • 529  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 530  委員長(伊藤吉浩)
  • 531  1番(熊谷和弘)
  • 532  委員長(伊藤吉浩)
  • 533  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 534  委員長(伊藤吉浩)
  • 535  1番(熊谷和弘)
  • 536  委員長(伊藤吉浩)
  • 537  社会教育次長(志賀尚)
  • 538  委員長(伊藤吉浩)
  • 539  1番(熊谷和弘)
  • 540  委員長(伊藤吉浩)
  • 541  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 542  委員長(伊藤吉浩)
  • 543  1番(熊谷和弘)
  • 544  委員長(伊藤吉浩)
  • 545  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 546  委員長(伊藤吉浩)
  • 547  16番(田口政信)
  • 548  委員長(伊藤吉浩)
  • 549  社会教育次長(志賀尚)
  • 550  委員長(伊藤吉浩)
  • 551  16番(田口政信)
  • 552  委員長(伊藤吉浩)
  • 553  社会教育次長(志賀尚)
  • 554  委員長(伊藤吉浩)
  • 555  16番(田口政信)
  • 556  委員長(伊藤吉浩)
  • 557  社会教育次長(志賀尚)
  • 558  委員長(伊藤吉浩)
  • 559  16番(田口政信)
  • 560  委員長(伊藤吉浩)
  • 561  社会教育次長(志賀尚)
  • 562  委員長(伊藤吉浩)
  • 563  16番(田口政信)
  • 564  委員長(伊藤吉浩)
  • 565  13番(佐藤尚哉)
  • 566  委員長(伊藤吉浩)
  • 567  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 568  委員長(伊藤吉浩)
  • 569  13番(佐藤尚哉)
  • 570  委員長(伊藤吉浩)
  • 571  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 572  委員長(伊藤吉浩)
  • 573  17番(沼倉利光)
  • 574  委員長(伊藤吉浩)
  • 575  委員長(伊藤吉浩)
  • 576  学校教育次長(千葉一吉)
  • 577  委員長(伊藤吉浩)
  • 578  17番(沼倉利光)
  • 579  委員長(伊藤吉浩)
  • 580  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 581  委員長(伊藤吉浩)
  • 582  17番(沼倉利光)
  • 583  委員長(伊藤吉浩)
  • 584  教育長(片倉敏明)
  • 585  委員長(伊藤吉浩)
  • 586  17番(沼倉利光)
  • 587  委員長(伊藤吉浩)
  • 588  教育長(片倉敏明)
  • 589  委員長(伊藤吉浩)
  • 590  17番(沼倉利光)
  • 591  委員長(伊藤吉浩)
  • 592  教育長(片倉敏明)
  • 593  委員長(伊藤吉浩)
  • 594  17番(沼倉利光)
  • 595  委員長(伊藤吉浩)
  • 596  13番(佐藤尚哉)
  • 597  委員長(伊藤吉浩)
  • 598  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 599  委員長(伊藤吉浩)
  • 600  13番(佐藤尚哉)
  • 601  委員長(伊藤吉浩)
  • 602  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 603  委員長(伊藤吉浩)
   平成27年登米市議会定例会 2月定期議会 予算審査特別委員会 会議録
 平成27年3月5日(木曜日)
1.出席委員(25名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君       4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 岩 淵 正 宏 君
   9番 伊 藤 吉 浩 君(委員長) 10番 中 澤   宏 君
  11番 佐々木   一 君      12番 及 川 昌 憲 君
  13番 佐 藤 尚 哉 君(副委員長)14番 伊 藤   栄 君
  15番 浅 田   修 君      16番 田 口 政 信 君
  17番 沼 倉 利 光 君      19番 相 澤 吉 悦 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君      21番 及 川 長太郎 君
  22番 庄 子 喜 一 君      23番 二階堂 一 男 君
  24番 八 木 しみ子 君      25番 佐 藤 恵 喜 君
1.欠席委員(なし)
1.遅刻委員(なし)
1.早退委員(なし)
1.中座委員(3名)
   8番 岩 淵 正 宏 君      16番 田 口 政 信 君
  19番 相 澤 吉 悦 君
1.その他出席
  議 長 田 口 久 義 君
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君    副  市  長  藤 井 敏 和 君
  総 務 部 長  千 葉 博 行 君    企 画 部 長  秋 山 茂 幸 君
  市民生活部長   神 田 雅 春 君    産業経済部長   高 橋   巌 君
  建 設 部 長  千 葉 雅 弘 君    市長公室長    中津川 源 正 君
  財 政 課 長  加 藤   均 君    会計管理者    千 葉 幸 毅 君
  市民生活部次長  新 井 誠 志 君    福祉事務所長   熊 谷   一 君
  健康推進課長   千 葉 ますみ 君    市民生活課長   金 野 金 一 君
  環 境 課 長  木 村 達 之 君    環境事業所長   阿 部   信 君
  国保年金課長   千 葉   清 君    生活福祉課長   鎌 田 信 之 君
  長寿介護課長   菅 原   登 君    子育て支援課長  西 條 利 光 君
  クリーンセンター
  所長兼衛生センター
  所     長  千 葉 祐 宏 君    教  育  長  片 倉 敏 明 君
  教 育 次 長               教 育 次 長
  (学校教育)   千 葉 一 吉 君    (社会教育)   志 賀   尚 君
  病院事業管理者  石 井 宗 彦 君    生涯学習課長   佐々木 洋 一 君
  農林政策課長   岩 淵 俊 明 君    農産園芸畜産課長 高 橋 一 紀 君
  商工観光課長   阿 部 孝 弘 君    農村整備課長   可 野 嘉 裕 君
  ブランド戦略室長 渡 邉   誠 君    新産業対策室長  伊 藤 秀 樹 君
  登米産食材販売               農業委員会
  促進専門監    佐 藤 嘉 浩 君    事 務 局 長  阿 部 清 喜 君
  農業委員会                 建設部次長
  事務局次長    菅 原 貞 治 君    兼道路課長    千 葉   修 君
  土木管理課長   首 藤 正 敏 君    住宅都市整備課長 吉 野 晴 彦 君
  下水道課長    菅 原 和 夫 君    危機管理監    星  茂 喜 君
                        消 防 本 部
  防 災 課 長  小野寺 茂 樹 君    消  防  長  佐々木 建 待 君
  消 防 本 部
  消 防 次 長  尾 形 善 英 君    消防総務課長   加 藤   勤 君
  予 防 課 長  高 橋 勝 義 君    警 防 課 長  鈴 木 秀 彦 君
  指 令 課 長  猪 股 久 雄 君    学校教育管理監  小野寺 文 晃 君
  教育総務課長   伊 藤 隆 敏 君    学校教育課長   大 柳   晃 君
  活き生き学校
  支 援 室 長  菊   祐二郎 君
1.事務局出席職員氏名
                        議会事務局
  議会事務局長   佐 藤 昌 彦 君    次     長  佐 藤 真 吾 君
  議会事務局                 議会事務局
  主幹兼議事                 議事・調査係
  ・調査係長    加 藤 善 己 君    主     査  浅 井 顕 裕 君
  議会事務局                 議会事務局
  議事・調査係                議事・調査係
  主     事  庄 司 美 香 君    主     事  主 藤 貴 宏 君
  議会事務局
  議事・調査係
  主     事  稲 辺 大 裕 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 議案第15号 平成27年度登米市一般会計予算
          開議 午前10時00分
委員長(伊藤吉浩君) おはようございます。
 ただいまから予算審査特別委員会4日目の会議を開きます。
 昨日に引き続き、予算審査を行います。
 昨日の及川昌憲委員に対する答弁の訂正があるようでございます。市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 昨日、12番、及川昌憲委員さんから、森林環境税についてのご質問がございました。私のほうで環境税と勘違いして答弁させていただきました。森林環境税につきましては全く別物でございますので、森林環境税につきましては産業経済部長より改めて答弁させていただきます。どうも大変申し訳ございませんでした。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) まことに申し訳ございませんでした。
 森林環境税につきましては、その創設に向けまして、委員からお話のありました議員連盟と同様、全国の市町村においても全国森林環境税創設促進連盟という組織がございまして、登米市においてもその一員として創設に向けて働きかけをしているところでございますので、答弁を訂正させていただきます。
 どうぞよろしくお願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) それでは、議案第15号 平成27年度登米市一般会計予算の3款民生費、4款衛生費の質疑の途中でありました。引き続き質疑を行います。
 質疑はございませんか。
委員長(伊藤吉浩君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) 別冊1のほうで24ページ、ウオーキング推進事業についてちょっとお尋ねいたします。
 目的の中で、誰もが取り組みやすいウオーキングを市内全域に普及するという目的でございます。スマホ用のアプリを作成するということですが、誰もが取り組みやすいという点では、スマホだけでいいんでしょうか。いわゆるガラケー、またはよく私のほうでもスポーツクラブ等なんかではウオーキングをやるわけですが、働き盛りとはちょっと違うんですが、年配の方たちについてはその携帯を持っていない方も多数いると。概要では働き盛りということになっているんですが、全市民均しくこういう、何ていうんでしょう、サービスの恩恵というか、受けるためには幅広い年代で取り組んだほうがいいなと思うんですが、このスマホ用アプリに限定したわけ、またはこの620万円をかけてやるべき事業なのかなと。ウオーキングでございます。アプリの開発とは別に取り組む啓蒙等の考えはなかったのかどうかお伺いします。
委員長(伊藤吉浩君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) ただいまのご質問に対してですけれども、スマホのアプリケーションのみという想定ではなく、やはりスマートフォンをお持ちでない方もいらっしゃる、または高齢者の方もいらっしゃるということで、同じような企画を紙ベースでも作成していきたいということで2通り考えてございます。
 それから、この事業についての趣旨とかそれから考え方、事業費に見合っただけの効果はあるのかといったようなお話につきましては、従来健康づくりについて一番働きかけをしていきたいと思っておりました働き盛り年代については、なかなかこちらからの企画、それから事業に参加していただくという機会がございませんでした。それで、今回、特に20代から50代、30代から50代あたりを念頭にしておりますけれども、その方々にお勤めをしながら健康づくりに参加していただきたいということでの企画が一つと、あとそれからこの機能の中に、参加者に健康づくりの情報や市のイベントの情報をメールにより配信していきたいといったような、そういったような機能を持たせたいと考えておりまして、一方的ではありますけれども、こちらからそういったような情報も流させていただきたいといったような、総合的な企画にしていきたいと考えております。
 以上です。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 概要の48ページでございます。
 戦没者追悼式費ということで、今年は戦後70周年ということで、負担金、補助金及び交付金ということで300万円プラスになっておりますけれども、今年はこの300万円を増額ですけれども、具体的にどういった内容でどこが変わるのか、その辺のところをご説明いただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、鎌田信之君。
生活福祉課長(鎌田信之君) 戦没者追悼式本体は変わりございませんが、追悼式の後で記念の行事を遺族会が計画しております。それに要する費用としまして、海上自衛隊の音楽隊、この招致と、あと記念誌、遺族会で記念誌、今発行準備を進めておりますが、その記念誌の作成代、それと遺品の展示を予定しておりますので、この経費に充てるものでございます。交付するものであります。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに。佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 昨日も質疑が出たんですけれども、概要の49ページの生活困窮者自立支援費なんですけれども、まず一点、生活困窮者という定義はどういうふうにされているのか。その点を一つお聞きしたいということと、それから別冊で見ますと、相談窓口ということで、相談に来られた方に対応するという考え方なのか、基本はそうだと思うんですけれども、それからそこに早期把握と書かれているんですけれども、これは何かを働きかけるという手法をとるのか、そこら辺の入り口の問題をどう考えているのか。その2点をお聞きしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、鎌田信之君。
生活福祉課長(鎌田信之君) 対象者の方の想定なんでございますけれども、まず生活保護の相談のあった方のうちで、生活保護の開始に至らなかった方でございますとか、社会福祉協議会で行っております生活福祉資金、生活安定資金の貸付相談のあった方など、また広く考えますと、小・中学校の児童生徒への準要保護ということで、就学援助を受けている世帯なども相談される対象になる可能性があるのではないかと考えております。
 あと、相談の窓口でございますけれども、相談の窓口は事務所を構えていただきまして、そちらでまず受けていただくこともございますが、出前相談といいまして、そちらに出向いていったりとか、そういったこともする予定で考えております。
委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) そうすると、今、対象を先ほどいろいろ三、四項目挙げられたんですけれども、対象はどれぐらいになるかというような想定はまずしているんでしょうか。
 それから、今、相談に来られる方ということだけではなくて、出前相談というんですけれども、これはどういうふうに具体的に実際行くんでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、鎌田信之君。
生活福祉課長(鎌田信之君) 対象者の方の具体的な人数の想定でございますけれども、26年度末までの実績で、保護の相談件数が97件で、実人数が66人となってございますので、そのうち、生活保護開始が38件となっております。差し引きの方が28件おりますのでこの方と、また社会福祉協議会への貸付相談が110件ございましたので、110件プラス28件で138件程度の方が対象となるような可能性があるのではないかと考えております。
 出前相談でございますけれども、電話等で相談のありました方で、その方のうちへ希望された方のお宅にお邪魔しまして相談を受け付けるということで考えております。
委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) そういった形で相談をまずスタートするということで、実際これは具体的にちょっとわかりやすくどういった支援をしていくのかということを具体的にお知らせいただきたいと。
委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、鎌田信之君。
生活福祉課長(鎌田信之君) 金銭的な問題ですとか、家族の問題ですとか、さまざまな各種問題があると想定しておりますので、金銭的な問題ですと就労関係ですとか、そういったところに一緒につないでいくというようなことで支援を行っていきたいと考えております。
委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 就労支援ということになると、いろんな関係機関が当然必要なんですけれども、この具体的な支援というのはこの就労支援だけなんですか。
委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、鎌田信之君。
生活福祉課長(鎌田信之君) 就労支援は基本的には生活の根拠となるものでございますので、そちらはハローワークを中心に相談をしながらつないでいきたいと考えております。就労以外では生活相談、それといろいろ家族関係の相談ですとか、そういったことで生活困窮に至るという例もございますので、そちらの相談についてもあわせて考えていくというようなことで考えております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) 69ページの住宅用太陽光発電システムで800万円でございますが、この内容のお聞かせをお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、木村達之君。
環境課長(木村達之君) 住宅用の太陽光発電システムを設置する方に8万円を補助の上限として補助を行うものでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) 太陽光はパネルの向きを太陽光のほうに向けるソーラーシェアリング、これは対象にならないんでしょうかね。
 そして、場所的に農業委員会にも関係があるかなと思いますが、以前、農地に、高さ制限3メートル思っておりましたが、その辺の農地に取りつけてもこの太陽光の対象になるのかどうか、確認したいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、木村達之君。
環境課長(木村達之君) ソーラーシェアリングにつきましては対象外でございます。
 それと、農地に設置する太陽光につきましても対象外ということで、あくまでも住宅宅地内に設置する部分ということで対象としております。
委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) 内容はわかりましたが、それと供給、この電気料なんですが、最終的には取りつけ、これからますますふえると思いますが、買い上げの料金は最終的にどれぐらいになると想定、その辺わかりましたらお聞かせを願いたいと。
委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、木村達之君。
環境課長(木村達之君) 太陽光パネルにつきましては、当初よりも現在の価格で約2分の1くらいにまで価格は下がっているということになっておりますが、金額的にはちょっと今の段階ではわかっておりません。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 概要の49ページでお願いします。
 ここにボランティア協会の補助金として59万円ございまして、去年、外部評価の対象になりまして行いました。それで、主として地域福祉の向上を図るため、関係各課との間で検討会を開催し、地域福祉活動の担い手であるボランティアの育成及び活動強化について検討すると。そして、検討結果については登米市ボランティア協会に明示し、効果的なボランティアの育成及び地域における福祉活動の拡充に結びつけていくということで、こういう対応策をするということで書いてありました。どれほど進んでおりますでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、鎌田信之君。
生活福祉課長(鎌田信之君) 現在のところ、計画というか、予定は決めて進めているわけですが、具体的な会議ですとかそういったものはまだ開催してはございません。
委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) どのように進めようとしているのでしょうか、お伺いします。
委員長(伊藤吉浩君) 生活福祉課長、鎌田信之君。
生活福祉課長(鎌田信之君) ある程度の経験とか知識をお持ちの方の委員さん方で構成される組織を起こしまして、その中で検討を進めていきたいと考えております。
委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 同じくそのページの7細目に、社会福祉協議会の補助金1億1,199万7,000円とございます。この外部評価、同じくなんですけれども、ここの中でも指摘されておりまして、それで市の対応が平成23年度から27年度までの5カ年計画で補助金を削減していると。削減による不足分は介護保険事業等の収益から地域福祉事業にかかわる職員の人件費に充当している状況にあるということですね。5年間で11.9%削減すると、それをその介護保険事業で賄う対応をしたいということで書いてありまして、これで適切にいろいろと書いてあるとおり、本市において欠くことのできない重要な役割を担っている社会福祉協議会なんです。それが、こういう対応でいいのかどうかです。こんなに減らして事業に支障を来しているんではないかと思いますけれども、その辺の現状はどうなっているでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 社会福祉協議会、地域福祉を担う団体として、本市の中において非常に頑張っていただいてございます。この補助金につきましては、平成23年度から、今お話しのとおり一定の見直しをいただいてございます。ただいまのご質問、この減額によって支障が出ていないのかということでございますが、補助金の額につきましては一定の額が減ってございますが、職員数につきましては当時と変わりはございません。したがいまして、内容的にもそれぞれの職員の方々が頑張っていただいております。そうした中で、福祉の後退といったことにつながっているとは承知してございません。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) その辺がうまく伝わっていないのではないかなと思います、社会福祉協議会との間でね。もっとしっかりと意思疎通を図っていただきたいと思います。介護保険事業を今、社会福祉協議会の中でもやっておりまして、それが地域密着型もやっております。そうした中で、その利益が上がるような仕組みにはなっていないので、その辺は、社会福祉協議会が行うそうした事業に支障を来さないようにしっかりと見ていってほしいと思います。いかがでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) この社会福祉協議会の補助金につきましては、先ほど長寿介護課の課長が答弁しましたとおり、地域福祉に関する従事する職員の補助金ということで交付させていただいております。その中で、今回、5年間で1,500万円の減額については、これは社会福祉協議会から提出されました計画でございまして、市から減額について金額を示して補助金を減額してはございません。そういうことで、減額につきましては、先ほどもお話にありましたとおり、介護保険事業に従事する方のその割合を、地域福祉に従事する職員と介護保険事業に従事する方々の割合で、その職員の人件費については社会福祉協議会でその減額の基礎算定として、そういう形でその従事割合によってその補助金を減額しているようでございます。
 また、地域密着型特養につきましては、委員もご承知のとおり、22年、23年と整備を行ったわけでございます。その中で7つの施設を整備したときに、5事業所でしたかね、法人でしたか、整備を行っていただいております。当時の計画以降、介護保険報酬の改定等がございまして、若干収入的には減収があるわけでございますけれども、きちっとした対応をされている社会福祉法人がございますので、必ずしも収益が上がらないというような、決算書の提出をいただいているわけですけれども、そういうような状況ではございませんので、その辺はご理解をいただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) なぜこういうことを聞いたかといいますと、実は社会福祉協議会へ委託されている老人福祉センター、中田の老人福祉センターなんですけれども、当初予算で暖房費の予算がついておりまして、それがこの冬が終わろうとしているのにまだ暖房の工事が終わっていないというか、こういう状況なんです。そういうことで、何といいますか、ないがしろにされているというか、置き去りにされているというか、こういう状況をつくってはならないと思うんですけれども、その辺についてしっかりと対応していただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 社会福祉協議会には老人福祉センターの指定管理をいただいてございます。年度当初、いろいろな意見交換をしながら、例えば修繕箇所を含めて、諸修理を含めて打ち合わせ会を持った中で進めてございます。ただいまお話のあった暖房関係については、確かに少し期間がかかってございます。ただ、取り組み的には夏頃には一定の着手はしてございましたが、若干今回時間がかかっていた部分については大変申し訳なく思ってございます。先ほどの部分を含めて、今後とも十分に協議、連携をとりながら進めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに。田口政信委員。
16番(田口政信君) すみません。昨日聞いたんですが、4時で終わると思ってやめたところでございましたので、何点かお聞かせいただきたいと。
 まず1つ目は子育て関係ですが、保育所の給付あるいは施設給付だったり、地域型の保育所給付だったり、さまざまな事業をやっていらっしゃるんですが、どうも認定こども園の方向が少し見えないなと思うんですが、その予算的な配慮を含めて、どのように進もうとしているのか、それをお伺いします。
委員長(伊藤吉浩君) 子育て支援課長、西條利光君。
子育て支援課長(西條利光君) 認定こども園につきましては、質の高い教育と保育を提供する施設ということで、学校教育法に定める教育と児童福祉法に定める保育の一元的な提供ということで、最も今後の就学前の幼児に対する保育教育の提供にはふさわしい手法であるということで、4月1日から施行します子ども・子育て事業計画の中でも、認定こども園の……(「それは聞いていない。どういう方法で進むのかを聞いている」の声あり)28年度の募集までに28年度以降の計画をつくりまして、28年4月1日の募集に反映させるということで今作業を進めております。
委員長(伊藤吉浩君) 福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) 大変申し訳ございません。今の市の方向でございますけれども、実際、27年4月からの方向で検討してまいりました。ちょっと準備期間が足りないということで、28年の募集までには、市としての認定こども園化の方向で今、27年度中にその辺の方向性をきちっとどういう形で、幼保一体型なのか、そういうものも含めまして現在教育委員会と一体的にその調整を行っているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。
16番(田口政信君) 了解しました。というのは、南方保育所が4月1日からでしょうか、もう民間が実施するという状況の中で、市の方向がきちんと今示されましたので、ぜひスピーディーな形で、28年の4月からどの方向に行くかということをきちんと示していただきたいということをお願いします。
 それから、もう一点、もう一つはサンクチュアリセンターのリニューアルですけれども、今どういう段階ですか。今年のこの予算で全てが、サンクチュアリセンターのいわゆる工事といいますか、そのリニューアルというのが終了するのかどうか、それを確認させてください。
委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、木村達之君。
環境課長(木村達之君) 26年度事業といたしまして、太陽光パネル、これは設置済みでございます。それから、LED照明灯、室内、街灯、室内が47灯、街灯が11灯、こちらも交換済みでございます。それから、内外壁のタイル修繕、こちらは現在修繕中ということでございます。それで、27年度の事業でリニューアル事業が全て完了という形になっております。
委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。
16番(田口政信君) サンクチュアリセンターをリニューアルして、使えない状態から脱皮をしたわけですけれども、ここにどういうような役割を持たせて、どういうような方向づけをするかというものがきちんとあるんでございますかね。
委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、木村達之君。
環境課長(木村達之君) 伊豆沼・内沼の保全に関する取り組みにつきましは、これまで保全賛成に関するものが主で、交流学習の推進についての取り組みが少ないという状況でございました。このため、環境教育を推進することは環境保全の土台を築くものということでございますので、淡水魚館の機能、役割をベースとした上で、取り組みが希薄だった交流学習、これは環境教育でございますが、これらを環境教育に関する協定を結んでいる宮城教育大学の連携や市の教育委員会、地元住民の協力を得まして、環境基本計画に基づきまして、サンクチュアリセンターを本市の自然資源を活用した実践体験型の環境拠点施設として、施設の利活用と来館者の増加を図るという目的としております。
委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。
16番(田口政信君) ぜひ、今、発表なされた趣旨を十分発揮していただきたいと思いますし、いわゆる栗原、向かい側にあるサンクチュアリセンター、いわゆる財団でやっているセンターと連携をしながら、こちらのサンクチュアリセンター、リニューアルしたわけですから、機能を十分果たしていただくようお願いをしたいと思います。
  次に、72ページの病院事業の繰出金について、ここでちょっとお伺いを。というのは、ここで可決されますと、病院事業で聞いても予算が決まってしまうという認識を持つものですから、財政当局でこの操出金19億7,000万円という数字は、どういう位置づけにしているか、ちょっとお伺いします。
委員長(伊藤吉浩君) 財政課長、加藤 均君。
財政課長(加藤 均君) 病院事業に対する操出金ということで、平成27年度19億7,000万円ということで計上いたしております。まず、病院事業に対する操出金につきましては、基本といたしまして、総務省によりまして繰り出しの基準というものが設定されておるわけでございます。まずこれが基本と考えております。具体の数字で申し上げれば、27年度、基準に基づくものが16億1,000万円ほどということになります。それから、都市におきましては、この操出基準のほかに第2次市立病院の改革プランということで、この中で効率的な病院運営をしてもなお不足する部分につきましては、一定の範囲を基準替えの繰り入れとして一般会計が負担するといったような計画を持っております。この考え方に基づきまして、基準替え繰り出しということで計上いたしております。この金額が3億6,000万円ほどということで、27年度合わせまして19億7,000万円といった計上になっております。よろしくお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。
16番(田口政信君) 問題は、基準の部分はいわゆる法に基づく多分その繰り出しなんだろうと思いますが、その内容、繰り出しの内訳をいただきましたが、例えば各診療所の運営に関する経費とか、金額が小さいんですけれども、それから患者送迎バスの経費とか、例えばそういうものが繰り出しに値する数値なのかどうかと。あとは、それぞれの起債に対する償還は基準内なんだろうと思いますが、今お話しなされました3.6億円というのは改革プランで決めたということでございますけれども、病院経営にとって本当に3.6億円あるいはそれ以上の金額を繰り出すことが、いわゆる自立性を損なわない、自立性を欠落させるような状況にはならないのかという心配を、つまり、一般会計に泣きつけばいいんだという体質をずっと持ち続けているのではないかというような気がするんですが、その辺はどうですかね。
委員長(伊藤吉浩君) 財政課長、加藤 均君。
財政課長(加藤 均君) 基準額繰り出しの具体的な内容でございますが、主なものを申し上げさせていただけば、企業債の利息、それから元金の操出基準外の部分でございます。それから、建設改良費、具体には市民病院の南側の駐車場の整備とか、それから医学生の奨学金ですか、こういった部分の繰り出しということになっております。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。
16番(田口政信君) まず、順当な繰り出しだという財政性当局の判断でございましょうから、それはそれでいいんですが、どうもいわゆるこれまでずっと繰り出しに頼る病院経営のあり方にやっぱりどこかでメスを入れないと、いつまでも、今までは20億円強でしたので、今度は20億円弱になりましたのでそれは進化しているんだと思いますけれども、それをぜひ、いわゆる繰り出しをするときにチェックをいただきたいと思います。
 それで、建設改良に関する今、お話がございましたが、その1億6,000万円ほどの建設改良というのはどういう、今、駐車場がどうのこうのという話がありましたが、それをちょっとお知らせください。
委員長(伊藤吉浩君) 財政課長、加藤 均君。
財政課長(加藤 均君) 建設改良費の関係でございます。具体に申し上げれば、市民病院の関係で、南側駐車場の舗装改修というものが約2,000万円、それから空調冷却等設備の改修というものが300万円ですか、それから5階、6階のナースステーションの空調の設備更新ということで600万円ほど計上いたしております。それから、豊里病院の関係で、受変電設備の改修3,600万円、それから非常用自家発電設備の増設ということで1,600万円でございます。それから医療機器の整備ということで8,000万円、こういった内容で1億6,000万円ほどの計上となっております。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。1番、熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 概要の63ページ、AEDですけれども、リース料ほかということで載っておりますけれども、来年度、備品購入費にはないんですけれども、これは来年度は1台も購入しないということでよろしいんでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) 27年度につきましては、26年度に32カ所に新たに設置いたしまして、市が管理しております施設のうち現状で特に利用者が多いと思われます施設につきましては一通り完了ということで、来年度につきましては53機のリース料のみ予算計上しております。
委員長(伊藤吉浩君) 1番、熊谷和弘君。
1番(熊谷和弘君) そうしますと、置くべき、設置すべきところにはもう100%設置して、あとはもうどこも全部完了したよという見解でしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) ただいまお話ししましたのは、現状で特に利用者が多い、設置方針の中で、利用者の数等を精査いたしまして設置するということにしております。現状で利用者が多い施設については設置完了、今後利用者とそれから施設の状況と増設の可能性が全くないということではございませんので、ご了解いただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 1番、熊谷和弘君。
1番(熊谷和弘君) 何となくやっぱりいろいろ歩いていると、こういったところにもあったほうがいいのではないかなという部分もありますので、ぜひなるべくそういった施設にはよくご注意して置いていただくようにお願いいたします。
 以上、いいです。
委員長(伊藤吉浩君) ほかにございませんか。佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) この1点、一般廃棄物の第2処理施設に関してちょっとお伺いいたします。新クリーンセンターでありますけれども、これまで地元地域、そして希望する集落においてかなりの説明会を行ったようでありますけれども、それを通して最終的にこの地元の理解が得られたと感じているのかどうか。感じたならこれはもう進むんでしょうけれども、そこのところをちょっとお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) クリーンセンター所長兼衛生センター所長、千葉祐宏君。
クリーンセンター所長兼衛生センター所長(千葉祐宏君) 豊里地区におきます一般廃棄物整備に係ります説明会ですが、今のお話のとおり、昨年11月から今年2月まで豊里町内で11回開催をさせていただきました。その中で主な意見といたしまして、絶対反対だというような意見は特にはございませんでした。ただ、その説明会の時期が遅いというご意見ですとか、それからもっと地区に入って小まめに開催してほしいというような意見もございました。それから、さらに地元への還元策を検討してほしいというようなご意見もございました。そして、建設する際には、とにかく環境に配慮した工事を進め、施設を環境に配慮したものにしてほしいというような意見もございました。一方で、豊里地区以外に施設を建設するのは大変不便になるので困るというようなご意見もございました。ということで、一定程度のご理解はいただけたのではないかと解釈しているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) 強い反対意見はなかったということで、私もある程度安心はしております。
 それと、この設計に関することですけれども、これまでこの廃棄物を搬入する車の計量機、これが1カ所で荷物を落としてからまた空で量るんですけれども、また同じところに入って、あそこで今度かなり混み合っていた実情があるんですけれども、そういったところの改善策というのは、この新しいクリーンセンターではどの辺まで改善策を考えているのかをお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 環境事業所長、阿部 信君。
環境事業所長(阿部 信君) 現在、計量機1台で搬入とそれからお帰りになるときと2回計量を余儀なくされておりまして、1日200台を超えるときもありまして、ご迷惑をおかけしていることについて改良点だなと取り組んでおります。
 現在進めている基本設計なんですけれども、この計画において計量機を2台、できれば30トンクラスの計量機にしたいなということをただいま計画中でございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) ただいまの11番委員の関連でお尋ねします。
 説明会等で地元からは地元への還元策を何かというようなお話があったようですが、その件については聞きっ放しにするのか、何か前向きに考えるのか、その辺をお聞かせいただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 答弁を求めます。環境事業所長、阿部 信君。
環境事業所長(阿部 信君) 説明会の記録は全て残して報告した次第でございますけれども、これから具体的な対策を立てていかなければならないと思いますけれども、全部丸のみということはちょっといささか難しいとは思いますけれども、1点、2点と対応可能なものがありますので、一つずつ具体的に対応していきたいと考えております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。浅田 修委員。
15番(浅田 修君) 環境の件でございますけれども、サンクチュアリセンターのほうはどんどん進んでいるようでございますけれども、登米市の唯一の所有であります平筒沼のほうの環境がいまいち見えてこないという中で、どのような考えで今やろうとしているのか。なぜ、市の所有の部分が手つかずの状態なのか、その点をちょっとお聞きしたい。条例の中でもなかなか平筒沼の名前も入ってこないと、同じ湖沼の中でですよ。どうですか。
委員長(伊藤吉浩君) 環境課長、木村達之君。
環境課長(木村達之君) 平筒沼の環境部分につきましては、地元の吉田コミュニティと協力しながら25年度から初の駆除作業等で水質の改善等を図っているところでございます。今後も地元のコミュニティ団体と協力をしながら、いろいろな方策について検討していきたいと考えております。
委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) ハスの水質対策はいいんですけれども、いずれ地元のコミュニティでは一生懸命やられている状況なんですけれども、大変な現実、中身は大変なんですよ。区長さん方が一生懸命やっているという状態で、一般市民を巻き込んでというのはなかなか大変な中で、国の補助をもらっているからいいんだという市の丸投げのその気持ちですよ。もう少し何かしら、そのハス対策だけではなくして山のほうもあるという中で、どのように全体的な中で考えているのということなのさ。ハスもある、ヒシもある、それがコミュニティと話し合いをしてやっていきますと、それはもちろんそうなんですけれども、現実の中身は大変なんですよ。その点の考え方。
委員長(伊藤吉浩君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 確かに平筒沼につきましては、水の部分、それから公園部分、それから山の部分というような形で、市の中でも縦割りと語れば、管轄が違うところというのもございますが、コミュニティの皆さん方につきましては、先ほど環境課長が説明したとおり、一生懸命になって管理、それから清掃等について頑張っていただいているところでございます。その辺につきましては、コミュニティ、今実際にやっている方々からご意見を聞きながら、改善できることは早速改善してまいりたいと考えてございます。
委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) それから、一般質問の中でもちょっと触れましいたけれども、担当課が多岐にわたっているということで、本当に一体的な平筒沼を考えていく、どこに話し語りすればいいのやということがいまいちなのね。産経のほうもあるし、市民生活部もあるし、教育関係もあるし、一体どこなのやということ。何回ぐらいその点で話し合っていますか。今後、それで今年はどのような考えでやっていこうとしているの。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) お話のとおり一般質問の際にも答弁をいたしているところでございますが、産業経済部といたしましては、商工観光振興計画、27年度に策定をすべく準備に入るということでございますが、その中で、平筒沼も含めて観光公園、施設等の今後の整備の方向等についても、関係部署と連携をとって進めてまいりたいと思っております。窓口といたしましては、そういう意味では、全体的にどうなんだということであれば産経部が主と、全体的なことではですね、そうなろうかと思いますが、部分的にはそれぞれの部署も窓口になると考えているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) 全体的ないろんな窓口は産業経済部かと思うんですけれども、ハスの部分ではそれでは産業経済部が入っているのかなというと、なかなか入ってこない。水の中は、水の関係は今度産業経済部ですか。水質ではなくて、水を上げたり調整する分は産業経済部だよ。また豊里の利水組合ではないんですけれども、そういった関係もあるはずですよ、ね、違うの。だから、いろんなところでごちゃまぜに入っているものだから、だからもうちょっと一本化した中で、本当は産業経済部が一本になって今度はやっていくの、環境のほうも全部、だったらいいけれどもさ。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) ただいま申し上げましたのは、商工観光振興計画の取りまとめ、策定について産業経済部が主となって関係部署の参画も求めて策定をしていくということでございまして、内容的に、例えば環境もやるのかということにはならないということでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) だから、それをどのようにして、一緒になってそういう検討委員会みたいなのはあるの。全然ない中で、おらほうはこっち、おらほうはこっちというような感じなの。どこでこれが一緒になっているの、平筒沼という一つの関係の中で考えるときさ。一つの観光も含めてだよ。今から特に桜祭りも出てくるという中で、大変な人出が出てくる中で、そういった中で、何をどのように、時期的に桜のときは産業経済部、ハスのときは市民生活部、全然横の連絡がとられていないのではないの。その点、もうちょっと具体的にどのような構想を練っているのか聞きたいのさ。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) それぞれの取り組み事業につきましては担当の部署がございますので、現在もですけれども、そのように今後についても対応していくという考え方でございますので、よろしくお願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) 概要の73ページ、シルバー人材センターの運営費についてお伺いします。まだですか、失礼しました。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。
 それでは、これで3款民生費、4款衛生費の質疑を終わります。
 ここで、10分間休憩いたします。
          休憩 午前10時54分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時03分
委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 相澤吉悦委員から11時45分から中座の届け出があります。
 次に、5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費について質疑を行います。
 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) それでは、労働費のところのシルバー人材センターの運営についてお伺いいたします。
 このシルバー人材センター、もうしっかりした組織として今頑張っているところでございますが、この経営内容について。
 それから、この補助金でございますが、この方向性、去年と同額でございますけれども、これが下げどまりなのか、この方向性について。この2点についてお伺いします。
委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) シルバー人材センターの経営の内容、それから補助金の今後の方向性といったお尋ねでございます。
 経営内容につきましては、年度ごとに若干の違いはございますけれども、順調な経営をされていると認識をしております。
 それから、補助金についてでございますが、現在2,600万円の補助金ということで、26年度、27年度同額でございます。25年度の決算ベースで申し上げますと、登米市を除いた支部につきましては、平均1会員当たり2万8,400円でございます。登米市の26年度の1会員当たりといたしますと2万7,000円ということでございます。これからも、会員数、それから就業率の状況、他市の補助金の額、こういった動向を確認しながら補助金額については引き続き検討してまいりますが、現段階では適正な額ではないかと認識しております。
委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) 順調な経営で推移しているということで安心いたしました。
 そこで、他市と比べて標準的な額だということで、これは会員数によって決めているわけですか。そうすると、会員数はずっと変動はないんでしょうか。
 それからあと、いろいろと業者間とのトラブルといいますか、いろいろ単価面でのこともあると思うんですが、そういったことはございませんか。
委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 会員数の関係でございますが、毎年度若干の変動がございますが、26年3月31日現在では960人ということでございます。補助金と会員数の割合につきましてはほぼ一定程度の推移でございます。
 それから、業者の方とのトラブルということでございますが、私のほうで具体的なトラブルについては聞き及んでございません。
委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) それでは、高齢者福祉のためにもしっかりとサポートしていっていただきたいと思います。終わります。
委員長(伊藤吉浩君) ほかにございませんか。及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) 畜産振興費の中でいろいろ貸し付けがありますが、乳用牛、まずもってこれまで100頭の枠で今、乳製品が非常に不足しておる状態でございますし、上限が1戸5頭ということで、新規あるいは後継者が増頭する場合は、これは5頭ではなく最大10頭ぐらい、そういうような予算措置も必要ではないかなと思いますが、その辺の乳牛に対する考え方をお伺いします。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 畜産総合の優良乳用牛確保対策事業についてのご質問かと考えております。
 乳用牛の導入につきましては、現段階で多くの方々に取り組んでいただきたいということで、1戸当たりの年間を5頭以内と定めてございます。この拡大についても、今後検討させていただければとは思います。
委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) 検討ではなく、今、現実、乳牛は減っているし、戸数も減っているんですよ。その辺はどう捉えていますか。その辺からまず、基礎が減っているのに、入れたいという希望はこれはかなえてあげないと、経営をむしろ圧迫しているような。やりたい人のやはり意をそがないようなそういう頭数、10頭という制限があれば、倍にする人もあるでしょうが、戸数が減れば、頭数、全体的に減ると思いますので、やはりこういう手だてがないとできないと思いますので、これはぜひ検討ではなく実施の方向で進めていただきたいなと思いますが、やる気があるかどうか。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) やる気があるかということでございます。
 確かに、乳用牛の頭数につきましては、平成18年当時97戸であったものが、平成26年につきましてはもう69戸という形で、かなり減少しているとおりでございます。また、頭数につきましても、当時2,200頭ぐらいだった頭数が現在1,700頭という形で減少しているというのも事実でございます。ただ、現在この要綱等の改正も伴いますので、少々お時間をいただければとは考えております。
委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) わかりました。
 それから、肉用牛でございますが、繁殖・肥育、これは2年半後の宮城全共を目指していろんな手だてはやっておるようでございますが、これもいろいろ高齢者になって今戸数もかなり減ってきておりますし、この拠出金の中で高齢者等肉用牛貸付基金、後継者等肉用牛貸付基金があるわけでございますが、いつでも相場を、今は相場が高いんですが、いずれ下がる時期が来ると思います。これはわかりませんが、そういう中で、入れたいとき、買いたいとき、市場にいつ出てくるかわかりませんが、自分が欲しい血統とか、そういう値段的なこともありますが、いつでも買えるときにこの基金を利用できないか。そして、この基金の中で今、高齢者、後継者等、何頭ぐらいこの貸し付けがあって、年間の返還頭数といいますか、その辺の中身をお知らせ願います。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 高齢者貸し付け、後継者貸し付けについてのご質問かと存じます。
 希望する時期に導入できないかということでございますけれども、導入の申し込みにつきましては、年度当初に希望をとりまして、貸付決定があった方につきましてはその年度内に導入をしていただくという仕組みとしてございます。当初の申し込みをいただければ、その市場において本人の希望する時期の市場から導入をしていただけるという制度となっておるところでございます。
 あと、導入頭数についてでございますけれども、平成26年度につきましては、当初に高齢者につきましては40頭の貸し付けを募集してございますし、あとそれから後継者につきましては18頭の貸し付けの募集をいたしてございます。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) 40頭、高齢者だから、これからなかなかやめる人が高齢者は多いんですよ。この高齢者の貸し付けのシステムといいますか、これを、後継者は後継者であるんですが、婦人部も婦人部であると思いますが、この高齢者のこの部分を、高齢者というと年齢が何歳からか規制があるわけでございますが、いくらぐらいから、何歳からこれはやっているんでしたか、その辺、確認したいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 高齢者につきましては、貸し付けの条件が60歳以上となっているものでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) 4月に新規で申し込んでいた方がその対象ということでございますが、途中から変更して、あるいは園芸、そういう他から、今、牛の値段がいいからそれではやりたいというときは、該当、こういうフリーな立場の中でこういうのを利用できないのかなと思って。当初だと1年おくれますよね、来年の、最初に申し込んでいないと。いつでもフリースタイルのような形でできれば今のこの高い相場の流れに乗って、米の下がった分をカバーできるのではないかなと思うので、これらの中身を検討する考えがあるかどうか。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 希望する時期に貸し付けを受けることができないかということだと思います。
 基金の管理の中で貸し付けをするもので、その基金の残高等を把握する必要がございます。そのためにその希望どおりの、希望する時期にばらばらということであれば、その基金の残高等を調整する必要がございますので、なかなか希望する時期に借り受けをするというのは、年度当初の申し込みがなくて希望する時期に借り受けをしたいというのはなかなか難しいものと考えておるところでございます。
 ただ、60歳以上の方でなくても、畜産経営の拡大に意欲的に取り組む農業者であれば、高齢者等貸し付けという条件になってございますので、貸し付けを受けることは可能となっているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) ぜひそういう利用しやすいようなシステムにしてもらえればありがたい。
 それから、76ページの農産加工推進事業でございますが、これは6次産業化とどうかかわってきましたか、お伺いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 76ページ、農産加工です。農林政策課長、岩淵俊明君。
農林政策課長(岩淵俊明君) 農産加工の関係でございますが、現在、登米市の農産加工連絡協議会ということで、市一本化した形の中で、それぞれ加工品等の研究、それから作成にかかわっております。また、各町域におきましては、自主的に販売を目的としないで、それぞれ農産加工に会の方々が鋭意努力を重ねておるというような状況でございます。
 市のかかわりでございますが、市のかかわりとしましては、県等を含めましたそれぞれ関係分野の講師の先生の手配であるとか、それぞれ担当の係の職員がそれぞれの町域の単位協議会に出向いて、それぞれ事業に参画するというような形で市担当部署の係職員も積極的に出て事業に取り組んでおるというような状況となってございます。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) わかりました。
 それから、77ページの鳥獣被害対策、実施隊のことでお伺いしたいと思います。
 95人ということでありますが、この年齢構成、かなり今有害鳥獣が出ておりますが、どのような年齢構成になって、今後高齢だと減る、数は減ってもふえるということはないと思いますが、その辺のこれからの実施隊の方向づけはどう考えているかをお伺いします。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 鳥獣被害実施隊、防止実施隊についてのお問い合わせでございます。
 確かに平均年齢につきましては、現在つかんでいる平成25年度の状況でございますけれども、平均年齢で66歳になってございます。61歳以上の方で全体の83%程度を占めるという状況となっているところでございます。鳥獣被害につきましては、これまで任意組織であります有害鳥獣駆除隊で実施をいたしておったわけでございますけれども、その身分保証、それから災害補償がないということもあって、なかなかなり手がなかったという状況でございます。そのため、今回非常勤特別職という位置づけをもってきちっとした身分保証をする中で、隊員の身分を保証し、それから新たな隊員を募集していきたいと考えているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) 年間あと一斉駆除は5月と9月に4日間ずつですか。一応その予定の中ではあるようでございますが、延べ8日間でいろんな5月と9月で限っても、鳥獣はその季節に関係なく、特に今イノシシ等もかなり出て、いつ出てもおかしくないと言われておりますが、そういう緊急のときの体制といいますか、その辺の体制等はどのような考えで実施隊になっているかお聞かせ願います。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 8日間という形で計画をいたしておるところでございます。この8日間につきましては一斉駆除ということで、追い払い効果が高いものと考えておるところでございます。今までは旧町域ごとにばらばらに実施しておったところでございまして、Aという地域で駆除を実施した場合に、その地域からBという町域のほうにただ一時避難をするという状況であったと感じております。そのために、今回につきましては、全域で一斉に行うことによって追い払い効果が高くなると考えておるところでございます。
 それから、大動物についてでございますけれども、平成26年度につきましてイノシシの目撃情報も寄せられてきたところでございます。今までそういう情報はなかったんですけれども、初めて寄せられてきたという状況でございます。これらにつきましては、現在のところ駆除の態勢はとっておらない状態ではございますけれども、万が一被害等が発生した場合については、その被害の実施隊という設置になった場合につきましては、その実施隊の中で対応していただけるよう補正等を考えながら対応させていただきたいと感じておるところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) やはりそういう緊急を要するときはこの4日間に関係なくやらなければと思いますので、その辺はよろしく対応をお願いしたいなと思います。
 それから、同じページの環境保全米ステップアップ事業ですが、前々から各委員も話ししていましたが、環境保全米、一般米とかいろんなタイプがありますが、環境保全米はいくら高く、環境保全米という名目の中で高く売れてきた、そういう実績がどう反映されてきたか把握していましたでしょうかね。どういう環境保全米の位置づけになっていますか。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 環境保全米ということでございますけれども、通常のCタイプとかであればわかるんですけれども、大変申し訳ございません、Aタイプ、Bタイプの価格については把握しておらないところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) だから、環境保全米というそういう中で作っていた米だから普通よりも高く売って当たり前ということですが、その価格はちょっとわからないということでしょうかね。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 申し訳ございません。販売価格については承知していないところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) それに関連して、それでは多様な米づくりの技術向上支援事業、多様な米づくり、いろんな米づくりの用法というか、あると思いますが、これはどう生かされてきましたか。この耕種、どういうような中身でこの耕種をやって、この多様な米づくりに技術が生かされましたか。そして、これがすなわち、こういう環境保全米とか、そういうつながりも持っていなければならないのではないかなと思いますが、その辺の技術向上支援事業の内容をお知らせ願います。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 多様な米づくり技術向上支援事業についてのご質問かと感じております。この事業につきましては、大きく分けて2つございます。一つにつきましては、ササニシキの復活プロジェクトの支援でございます。それから、もう一つにつきましては直播栽培用米のえみのわきの栽培実証についての検証ということでございます。ササニシキの復活プロジェクトにつきましては、その食味をよくするための計算肥料の散布試験などを実施しているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) ササニシキ、3割増、JAでも話していますが、そうするとササニシキの面積といいますか、こういう復活事業でやっていますが、どれぐらいふえて、需要といいますか、値段的には同じなんですか。やはりこういうササニシキは品質もなかなか1等米になる確率が少ないと言われておりますし、作り方も今難しくて、むしろ減る傾向にある中で、そういう復活ということであればやはり需要もさることながら価格が一番だと思いますが、その辺はやはり普通のものよりも、値段的にも差がなければ復活と名は打ったものの、なかなか取り組みづらいのかなと思いますが、その辺の反響といいますか、作る人の考え方はどうなっていますかね。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) この事業につきましては、5件の農家に参加していただいてございます。面積につきましては5.3ヘクタールという取り組み面積となっているところでございます。価格的には通常のササニシキと、現在は実験段階という状況でございますので、価格的には通常のササニシキと同一価格となっているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 概要の93ページにありますけれども、7款商工費2項観光費の部分でお尋ね申し上げます。
 本市における観光客の入り込みの部分なんですけれども、震災発災後なかなか戻らないという状況が続いておることはご存じのとおりかと思います。今定例会初日、市長から市民に対して施政方針が語られて、その中でも平成27年度は震災前の観光客の入り込み水準に戻すよう頑張るんだという力強いお話でしたが、この予算書を見る限り、あまりその意気込みが感じられないんですけれども、どこに市長のその思いが反映されているのか。新年度予算と施政方針というものはある程度合致していなくてはだめなんだろうと、整合性が図られていないとだめなんだろうと思うわけでございますので、その辺の部分で答弁願います。
委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 観光客の入り込み数を震災前に戻すということにつきまして、新年度どのように考えているかということでございます。
 お話しのようにまだ震災前の状況には戻っておりませんが、さまざまな取り組みの中で徐々に入れ込みは回復しております。そういった中で新年度でございますが、まず春先、今回登米市も共催いたしまして東北風土マラソンを実施いたします。これについては多くの皆様のエントリーもいただいておりますし、さまざまなツアーを現在検討しております。それから、桜が咲く季節に入っていまいりますけれども、そういった桜、何カ所か市内に名所がございますので、そちらをつなぐバス、桜の周遊バス、それは予算には反映しておりますし、それからエージェントさんにツアーを組んでいただくといったようなことも実施の運びとなっております。予算的に見ますと、とりわけ前年度から見てこれがというものはございませんけれども、そういった取り組みの中で観光客を地道にふやしていきたいと考えております。
委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 予算にしっかり反映させなくてはだめだと思うんですよね。具体的な数字でいえば20万人減っているわけで、その数を戻すというは徐々に徐々にという考えではどうなんだろうと思っています。
 この中で強いて挙げれば、観光施設整備費の部分でしょうかね。道の駅、三陸自動車道地域活性化施設整備事業となるんだろうと思うんですけれども、これは平成27年度予算化になっていますけれども、実施設計業務等も1,700万円という金額まできちんと盛り込まれております。要するに、以前一般質問等々でも多くの議員が質問していましたけれども、どういった規模でやるのかという話でございまして、本市には、ご案内のとおり津山もくもくランド、南方道の駅、そして東和森のほたる、それから米山道の駅、4つ似たような規模の道の駅が存在していますし、あるいは類似施設としても長沼フートピア公園における物産販売所、それから中田町、旧加賀野小学校跡地の愛菜館等々あるんですよね。これは全国でもまれだと思うんですよ。こんなに類似施設がある市ってあるのかなと思っているんです。
 そういうことで、私はやはりもうちょっとひねった考えでいかないとだめなんだろうと思っています。具体的にとは言いませんけれども、どのような施設にしようと考えているんですかね。
委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 三陸自動車道に設置を予定しております道の駅の関係のお尋ねでございます。
 まず規模でございますけれども、当初森の茶屋程度と申し上げておりましたが、さまざまな検討の中でもっと大きな規模が必要だと現在では考えております。
 それから、どのような機能を持たせる、どのような道の駅を考えているのかということでございますけれども、現在基礎調査で検討をしておりますけれども、現段階で申し上げることのできる内容といたしまして、例えばここでしか買えないもの、ここでしか食べられないもの、そのようなものを提供して目的地として認知される道の駅にしたいと。それから、登米の名物を戦略品目として選定いたしました登米ブランドコーナー、こういったものも設置をいたしたい。それから、市内4つの道の駅があるというお話でございますが、それらの売れ筋のものはその道の駅で買えるようにもしたい、そんなふうに考えております。それから、内陸部と沿岸部を結ぶゲートウエイとしての機能もございますので、道路、観光、復興の情報、そういったものをデジタル・アナログ両方で発信したいと。それから、三陸沿岸道につきましては、昼夜問わず走行が予定されておりますので、一部営業時間の延長、こういったものも検討したいと。それから、広域的な関係で、東北のセンターラインプロジェクト、そういったところとの連携も図っていきたい。そのような考え方に基づいて現在方向性を定めているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 三陸道の延長線上に東部道路がありまして、そこに春日パーキングがありますよね。はやっていますよね。それから、鳴子方面に行く国道沿いにあ・ら・伊達な道の駅、大変繁盛していますね。私、いつも思うんですけれども、コンビニの力が大きいのではないかなと思っています。コンビニがあるといいのではないかと思っているんですね。その施設の中にコンビニを入れるというような考えも持っていただきたいななんて提案しておきたいと思うんですけれども。一言だけ、時間がないので。
委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 先ほど申し上げました営業時間の延長という点で、委員のご意見につきましても現在検討をさせていただいております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) 氏家委員と同内容で質問ですが、まず7款2項4目の1細目、この今の答弁で、現在この建物、道の駅等については、基本調査、基礎調査中であるということであります。基本調査は昨年の9月に業者発注しています。それで、去年12月に私の質問で2月中に出ますよということですが、まずその基本調査はいつ出たんですか、まだなんですか。
委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 基本調査でございますが、当初2月25日までの工期ということで発注しておりましたが、まだその時点で検討を要する事項があるということでございまして、3月20日まで工期を延長しているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) これは委託していますよね。委託先で検討を要するということですか。これね、おかしいのではないですか。工期がちゃんと決まって、こちらでお願いしましたよ。基本調査が出たからこそ、この事業概要も出ているんでしょう。3月20日以降ですというと、この議会、少し休会してもらわないとならないですね。どうなっているんでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 説明不足だったかと思いますが、検討を要するというのは業者側からではなくて、国とそれから市の調整ですとか、さまざまな点で市のほうで検討を要するということで工期を延長したところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) そう言えば納得すると思っていると思うんですけれども、今度の基本調査で何を知りたいのかということがまず一点。基本調査で何を知りたいんですか。私どもには同様の施設の調査、施設の計画条件の整理、適正規模にやるということですけれども、それから本線の交通量、これらを基本調査で知りたいと。私ね、本当はこの具体的な数字を今日聞きたかったんですけれども、今申し上げました、持っている範囲でお願いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 現段階で申し上げられる内容についてお話をいたします。
 まず規模でございますが、先ほども申し上げましたが、当初計画しておりました400平米では小さいということで、それよりも2割、3割程度大きな内容になるかということで今検討しております。
 それから、その大きさを決める上で、全体としての国との調整、これは国と市で買収の区画を決める必要がございますので、そういったところもまだ確定はしておりませんので、施設の規模と国と市の買収の区割り、そういったものもかかわってくるということでございます。
 それから、予想交通量でございますが、こちらは平成42年を目標といたしまして、1万1,000台程度、そのような予想交通量を現在見込んでございますので、これらについても施設の規模に関係してくるというところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) 規模は若干ふえたのかな、2割、3割。予想交通量も1万1,000台程度、これは上下線だと思いますね、上下線ね。それで、3月になってから三陸常磐道が福島開通しまして、何と登米インターを越えて米谷のインターまで東京直結になりました、全線開通になりまして。それで、2年前も、2年前の数字ですけれども、前に申し上げましたとおり奥松島で、料金所があそこは一番正確ですから、上下線約2万5,000台、そして、春日のパーキングは2つあるんですけれども、1日3,000人、レジを通った方ですよ。それを前に申し上げましたね。そのことを申し上げて、変わったのかなと思いますけれども、私は規模を、正直に申し上げますと、春日パーキング上り線は造ってから大失敗したそうです。いわゆる駐車場が狭くて、土日等はもう本線まで漏れる、あれは大失敗。ところが、下り線は何とかかんとかね、多分聞いていると思いますけれども。
 それで、面積はどのくらいか。建屋は、下りですよ、春日、1,700平米、敷地は登米市で八千六百、七百平米だから敷地はいいんですけれども、建屋はやっぱり400の2割、3割といってもたかが知れたもの。その交通量だって1万1,000台が42年にどうなるのか、これは私はまだまだ全線開通を見込んで調査、これはちゃんと国とのいわゆるビッグデータで持っているはずですけれどもね。そういうのを知りたかったんです。どういう客層が何を目的で、そしてどれぐらいお金を使うのか、それらをちゃんとビッグデータで持っているんだそうです。それらをこれにぜひ使ってくださいということ。ところがまだ出ないということで、私も言いっ放しになってしまうんですけれどもね。
 それで、今回実施設計をやるということで、これは大変スピーディーに進んでいて、私は応援するんですけれども、もう少し、もっともっとビッグデータ等を基本調査等を精査して取り組んでいただきたいと思いますよ。いかがですか。
委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 国からいただけるデータについてはいただくようにしておりますし、先ほどの交通量につきましても国から想定したデータをいただいたというところでございます。
 それから、スピーディーにということでございますが、基本調査、若干かかりますけれども、新年度予算に用地買収費、それから実施設計費を盛り込んでおりますので、しっかりとスピーディーに実施をしていきたいと考えております。
委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) ビッグデータ等をしっかりと照らし合わせて、造ってから小さかったとか、そういうことがないようにしてください。
 それから、施政方針にちゃんとありますように、林業振興でありますね。ここに、市が行う公共施設の建設や市内産材を積極的に活用するということを市長がしっかりと申し上げております。この道の駅、登米市でやるのでありますので、どういう構造にするのか、それらも基本調査で出てくると思うんですけれども、まだだということでございますので提言します。市長、建物自体、ああ登米市だなと、木は杉、100%木材、地元産材を使うくらいの意気込みでやってください。これはもう一度申しますよ。高速道路にある道の駅というのはほとんど同じ建物なんです。イメージ、わかりますね。それはほとんど日本道路公社がつくってやっていますから。ところが、全国にはやっぱりその地域だけの建物というものがありますので、東和にいる同僚議員は常にこういうことを言っていますよ。あそこにコンクリートとか、何か合わないよ、ここは宮城のアルプス、東和だ。ここに合ったようなやっぱり建物を造って、建物自体が観光地になるように。それをぜひ市長、考えてみてくださいね。どこにもあるようなものではだめですよ、これから造るんですから。それをぜひお願いしておきます。要望ですけれども、一言いただければ、どういうふうに造っていくのか。ここにありますので、市で使う公共施設の建設。どうなんですか、どうでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 今お話しの点でございますが、先ほどご説明で漏れましたけれども、地場産木材を活用した木のぬくもりを感じられる道の駅ということで、地域産木材の積極的な活用はもとより、木材利用の新たな提案を盛り込むといったようなこともその基礎調査の中に盛り込んでいく考えでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) ぜひお願いしたいと思います。
 それから、確認をします。この道の駅は本線に直結するとなっておりますが、間違いなく上下線に直結になるんでしょうね。これを確認します。下りだけではないでしょうね。
委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 上下線ともに直結いたします。
委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) ぜひ3年後ですか、完成まで起債をし、その建物自体が登米市のいわゆるカラーをしっかり出した、そしてお客さんをさばける建物に造っていただきたいと。当然、地場産品とか、あるいはここの登米市でできたものが全国に発信できる施設に当然期待をしております。
 以上です。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) 1点ほどお聞きいたします。
 この予算書にはちょっと計上が見当たらないということでお聞きしたいんですけれども、というのは、この放射能に汚染された8,000ベクレル以下の堆肥、牧草、しいたけの原木などなど、これらは市町村で処理をすることになっておるわけですけれども、この汚染一般廃棄物の処理については、これまでの市の考えとして伺っておるのは、今現在3市町にわたって最終調査といいますか、詳細調査を行う予定になっていますけれども、なかなか進まないこの最終処分場にお願いをしていくと、要請をしていくといったようなずっと考えでおったようでありまして、今回私どもの会派の代表質問に対しましてもその考えは変わっていないようでありますけれども、現在もこの最終処分場の設置については進展がないわけであります。そこにお願いをするというのは現実的ではなく、何らかのやはり方策、隣の市でも市長が今任期中には責任を持って処分を完了するといったような表明もしております。そこで、担当部にはいろいろ聞いておりますから、市長のこのことに関する思い、考えをちょっとお聞きいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 指定廃棄物のみならず、市の管理の中で処理を今現状行わなければならない8,000ベクレル以下の汚染牧草、また原木しいたけのほだ木等が多々あるわけでございます。これらの状況等、管理等についても、やはり特に牧草等につきましては劣化等も危惧されるところでもあり、そういった意味では本年度の補正の中でも再ラッピング等の取り組み等もさせていただいているような状況でございます。
 また、これらの処理、処分ということにつきましては、やはりその周辺環境への影響というものにつきましても十分に配慮しなければならないということで、長期的な管理ということも含めて、市単体のみならず県にもさまざま取り組み等について協議を行わせていただいているというような状況でございます。しっかりと安全な管理をしながら、そしてもちろん混焼とかそういった形の中で処理をするというような考え方も一部の市町の中にはあるようでございますが、我々といたしましては、まずやはり周辺環境にきちんと配慮した対策をとれる取り組みをしっかりと見定めながらその取り組みを進めてまいりたいと考えてございます。
委員長(伊藤吉浩君) 佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) 今の答弁を伺いますと、しばらくは現状のままとにかく保管をすると。処理に関しましては全然前向きな考えはないということですね。この河北新報にも載っていましたけれども、今年度予算に隣の市では検討費用として1億6,000万円ほど計上しておるようでございます。そういったことで、まずもって我が市でも現状把握といいますか、現在の放射能の濃度をもう一度測定して、やっぱり現状把握、せめてそれぐらいはしておいたほうが私はいいと思うんでありますけれども、それによってほかの市町を聞きますと、かなりこの放射能の種類によりますけれどももうだいぶ下がっているといったような状況があるようでございます。そうなりますと、やはり処理方法もおのずと見えてくるのではないかなと思いますので、せめてこの市町を支持して再測定、せめてそれぐらいやってもらいたいんですけれども、その考えはいかがでございますか。
委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) もちろん、その現況の確認、そしてまたその状況等につきましては、しっかりと調査をさせていただきたいと考えております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。浅田 修委員。
15番(浅田 修君) 今の続きなんですけれども、東電の関係でございまして、収入の分にも全然上がってこなかったんですけれども、いろいろな補償があると思いますけれども、その点、その金の流れはどのように、いくら入ってどのように流れているのかちょっとお聞きしたいなと思います、補償関係でございますけれども。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 原発事故に伴う損害賠償についてのご質問かと思っております。
 これにつきましては、農家が損害賠償をする際につきましては、現在は農協が窓口になって申請をしているわけでございます。今年の1月末現在になりますけれども、52億円ほどの請求で8,700件ほどの請求件数になっておるところでございます。そのうち交付になったものが、44億5,000万円ほどの交付となっているところでございます。交付率で85%という状況となっているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) 市の関係でございますけれども、補償の分は直接農協からあと個人に入るというような状況なんですか。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) これにつきましては、東京電力に農協が代理という形で請求をしているものでございまして、これにつきましては市を経由することなく個々の農家に交付になっているものでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) わかりました。
 それから、塩化カリ、登米市の場合は散布するということなんでございますけれども、この点は今まで毎年やってきている中でどのような効果があったのか、ちょっとお知らせいただきたいと。何ぼが何ぼぐらいに下がったのか。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) カリの効果ということでございます。
 水稲につきましては、震災後、米から放射性物質が検出されたということはないわけでございます。ただ、現在も土中に放射性物質が残っておるわけでございまして、昨年農協が市内の農地、田んぼの放射線量を測定したところ、平均して104ベクレルという状況となっているところでございます。ただ、平成25年度につきましても118ベクレルだったんですが、水稲からは一切放射性物質は検出されていないということで、一般の水稲に対するカリ配付については実施をしていなかったということになるわけでございます。
 ただ、大豆につきましては、平成24年から継続してずっと検出されておるわけでございます。26年度につきましても市内1カ所から5ベクレルほどの放射性物質が検出されているところでございます。そのため、大豆につきましては引き続きカリ肥料の配付を行っていきたいと感じておるところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) これは支援費として市で2,600万円ほど上げているんですけれども、これは東電から来るお金なんですか。東電から来るお金かどうなのかちょっとお聞きしたいと。
 それからあと、この散布なんですけれども、農家が全部散布しているという中で、散布料というのの請求というのはどのようになっていますかね。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) この散布の2,600万円につきましては、東電から来る経費ではございませんで、東日本大震災農業生産対策交付金ということで、農協が申請をして国からの交付金で事業を行いたいというものでございます。
 散布につきましては、農協が大豆を作付している農家にカリ肥料を配付するということでございまして、散布につきましては個々の農家で対応していただくという状況となっているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) 前にこの散布料はと言ったら、それはもちろん請求していきますというような答弁をいただいた記憶があるんですよ。それが全部農家負担になってきている中で、どういうものなんでしょう、これ。勝手に振れというような話、何で振るのと。放射能の関係はそれはわかるよ。だけれども、負担になっているのは農家の負担になっているのではないの。これは何袋分、それで反当いくらで、1反当たりの面積の散布量を計算したらいくらぐらいになっているの。そういったことも計算したことないの。そういったことも東電に請求するべきではないかなと思うのさ。ただ単に農家が全部負担しているんだよ。その労力、ボランティアでやっているの、これは、その点。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) カリ肥料につきましては、反当10アール当たり20キログラムの塩化カリ1袋という考え方でございます。東電への賠償請求につきましては、個々の農家が農協を通して請求をしていただいておりますので、対応するということであれば、個々の農家で対応していただきたいと考えておるところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 質疑の途中でありますが、ここで昼食のため午後1時まで休憩いたします。
          休憩 午後0時02分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に続き、会議を開きます。
 岩淵正宏委員から午後1時から中座、田口政信委員から午後2時からの中座の届け出があります。
 引き続き質疑を行います。
 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) この事業は、東電の了解を得てやっているという話ではないのですか。どのような、例えば勝手にやっている事業ということなんですか。東電の了解をもらってやっている事業ではないということなんですか。どうなんでしょう。そうしたら、そういった労力まで払ってきてもいいのかなと思うんだけれどもさ。例えば農協独自で市と勝手にやっているのかどうなのか。他の市町村はどのようになっているのか。その辺、農家が全部ボランティアでやっているのかどうなのか、その点の状況はどのようになっているんでしょう。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) この放射能の低減対策につきましては、事前に東電と協議をして実施するというものではございませんで、27年度であれば、農協が主体的にやりたいということで、そのために東日本大震災の農業生産対策交付金を利用してやりたいということでございまして、事前に東電と協議をした上で実施をするというものではございません。
 それから、他の自治体の例ということで、あまり広い段階でちょっと把握はしていないんですけれども、栗原市におきましては継続して実施しているとは伺ってございます。
委員長(伊藤吉浩君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) この事業に対して悪いというのではないんだけれども、もちろん多分いいんだろうなと思っているんだけれども、振っているからね。ただ1,300ヘクタールの大豆なの、その中で散布量が1反当たり今農業委員会でしているのはだいたい750円ですか、700円にしたとしても900万円の請求をするにいいということなのさね。それをただそういう転作農家だけ負担しているということはどういうことだ。カリ肥料をやっているからいいでしょうという意味ではないはずだよ。無駄な作業をやっていると、我々から見ればだよ、農家から見れば。それなのに、これは全部肥料計算だよという話ではないはず。労力的にもやっぱり、我々は農家として誰にその労力を請求すればいいのということなのさ。市に対してすればいいの、農協にすればいいのということなのさ。農協だって、肥料を売ればメリットがあるはずなんだ。だから、そういった中で、散布料も積算して、あと肥料代も積算して予算づけをするというのならわかるよ。全然肥料代だけ予算づけして、農協としてこうやって、農家が放射能が出なければいいべというような判断では何だということなのさ。勝手に、いいから東電で来て振ってもらうとか、それで東電と全然話ししていないというんだったら、農協で来てやってもらうとか。市の産業経済部のほうでやってあげるとか、そんなのだったらいいです。その考え、どうなんでしょうね。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) おっしゃることは十分理解いたすところでございます。これまで、市とJAで塩化カリ、米も含めて実施をしてきたところでございますが、27年度についてはこれまでの取り組み、そして実際に大豆の状況を見て、大豆についてJAみやぎ登米といたしましては引き続き散布をしていきたいと、するということで、その際に、今まで風評被害等を心配してこの交付金の使用については控えてきたという経緯があるわけですが、今回についてはこの交付金を充てるということでございました。したがいまして、市としては一般会計でこれを受けて、農協に交付をするというそういう流れでございます。
 ただいまの散布に要するいわゆる農家の方々の負担になるということにつきましては、これはこの事業は事業として、さらにこれに伴うさまざまな経費、そういったものについては東電に請求をするという基本的な考え、私どもも持っておりますが、先ほど実は農協さんに確認をしてきたところ、今まで請求をしてきたというその中に、農家の方々が作業に当たったその労賃分といいますか、経費については請求の中には入っておらなかったと。おらなかったといいますか、お話では対象となる経費ではないんだという話を実は受けたところでございます。合点する、納得いくわけではございませんけれども、そういうことでございますので、請求は請求として、これは農協さんにやっていただかなければいけないなと考えているところでございますので、ただいまお話しいただいている内容については市から農協に確実に伝えていきたいと思っております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 市長の施政方針の中で、登米市の基幹産業は農業であるという部分が入っておりませんで、その部分、以前と変わりないかどうか、一言お願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 登米市の基幹産業は農業でございます。しっかり重く受けとめております。
委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) そうであれば、今の農家の置かれている状況、本当に米価の下落で、今まで規模拡大と言われて進めてきた人たちが大きな痛手をこうむっております。これまで農産物をどんどんと輸入してきたことによって国内の食料自給率がどんどん下がっていくというこうした責任を、やっぱりしっかりと追求しなければならないんだろうと思います。
 そうした中において、やっぱり登米市でもその基幹産業と位置づけるのであればしっかりと価格保障なり所得補償、ヨーロッパのようなそうした施策をやっぱり盛り込むべきだと思います。これについては、市長の所信表明演説の中で、「水田、農業経営の体質強化は国を挙げて取り組むべき課題でもあることから、国に対して強く要望していく」とそういうことを言っておりまして、これで大丈夫かなという思いがあるので、その辺はしっかりと対応していただきたい。家族経営をやっている人たちがほとんどなので、そういった人たちをしっかりと守る施策こそが求められるのではないかと思いますので、その点で一言お願いしたいと思います。
 それから、78ページ、5細目の原油価格の高騰対策なんですが、確かこの項目でやっていいのかどうかわからないんですけれども、免税軽油が継続されているかと思うんですけれども、今年はこれに対してどのように取り組むのか、お伺いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 1点目について、私からお答えしたいと思います。
 一般質問でもお話をいただいている件でございますので、本当に重く受け止めているということでございます。国等への要望、働きかけにつきましては、これは確実に今後も継続して続けてまいるということでございます。したがいまして、基本方針等でも述べているように、水田農業のいわゆる体質強化につきましては、これは登米市の問題ではありますけれども、全て国を挙げてそういうきちんとした下支えをしていく、そういったセーフティーネットと言われる制度をきちんと確立をしていかなければ、これはなかなか改善といいますか、農家の経営を維持する、あるいは向上させるものにはならないのではないかと認識をいたしているところでございます。市としての考えは基本的にはやっぱりそこにありまして、一時的なあるいは単年度的な対策では、これは来年度以降の継続性につながるものにしていかなければいけないということで考えているところでございます。
 農家の経営もこれからやはり非常に激動の中で変わっていくと思っております。そこで、今後稲作を担っていただく、担い手と言われる方々に対するきちんとした支援策を、きちんと市独自のものとしてもつくっていかなければいけないと考えているところでございますので、よろしくお願いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。
農林政策課長(岩淵俊明君) 2点目のご質問でございますが、5細目の原油価格高騰対策事業費の関係でご質問がございましたが、今年度予算としてお願いしてございます21万6,000円という関係につきましては、平成20年度にいわゆる原油、肥料等の高騰に伴います関係で、JAみやぎ登米とJA南三陸が貸し出した緊急資金に対して実施する利子補給事業の予算措置内容となってございます。したがいまして、委員からご質問がございましたいわゆる原油に対する免税云々という部分に関する事業の部分ではございませんので、その関係については私どもから何ともご回答いたしかねますので、ご理解をお願いしたいと思います。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) うろ覚えのような答弁になるかもしれませんが、お許しをいただきたいと思います。
 いわゆる県に申請をするという形ではなかったかなと思っておりますが、支所の窓口で免税を受けるための書類を調えて、県の出先のほうで手続をされると認識しているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) いろいろ経費節減があるんですけれども、こういったこともあるよということをぜひお知らせしていっていただきたいと思います。
 以上です。
委員長(伊藤吉浩君) ほかにございませんか。佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) ページ83の多面的支払事務事業に関することなんですけれども、今回、賃金として事務補助2名ということの予算をとっているんですけれども、これは昨年度と事務体制が変わったということなんでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 農村整備課長、可野嘉裕君。
農村整備課長(可野嘉裕君) お答えいたします。
 昨年の6月に新しく日本型直接支払制度の関係の法律が法制化されまして、国、県の補助の分の金額を今までは協議会へ申請して、協議会を通して各取り組みの組織へ交付されていたわけなんですが、法制化されまして、国、県の補助金の分、交付金の分を一括して市で受けまして組織の皆さんへ交付することになりましたので、申請の関係から全て交付まで一切の業務、事務手続を現地確認も含めて市でとり行うことになりました。その関係で、事務量がかなりふえるということでございます。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) そういうわけですか。実はこれは、昨年その制度改正でかなり各組織に対する交付金の支給が遅れて、かなり各組織からクレームが行ったと聞いておりますけれども、そうすると、今年はスムーズな交付がなされると考えてよろしいんですか。
委員長(伊藤吉浩君) 農村整備課長、可野嘉裕君。
農村整備課長(可野嘉裕君) 努力をしてできるだけ早く組織の皆さんに届けられるようにしたいと思うわけなんですが、今国会で国の予算等の年度内成立がかなり難しいということになってきている事態が生じておりますので、国と県を含めた県からの内示前に交付していいかどうかは、これから予算成立後に直ちに組織の皆さんから申請書をいただいて、できるだけ早く交付できるように国と県に要望していきたいと思います。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) そのようにぜひ努力していただきたいと思います。
 次、2点目なんですけれども、次のページの84の中山間地域等の直接支払の交付金なんですけれども、今年はこの318万円というのはどれだけの組織と面積なのか、それをお聞きしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 農村整備課長、可野嘉裕君。
農村整備課長(可野嘉裕君) お答えいたします。
 津山町地内の前田沢集落、地志貝集落、宮沢集落、孫山集落、沢田集落、5組織合わせて19万5,158平米に対して交付されることになっております。
委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 5集落ですね、はい。
 もう一点、88ページのふるさと林道のこれは林道登米東和線ということで延長が4,380メートルという、前に説明いただいたわけですけれども、この関連で、林道に関して全体的な整備延長距離というんでしょうか、そういったものというのは市としては持ち合わせているんでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。
農林政策課長(岩淵俊明君) ご質問がございましたのは、市が所管している林道の総延長等の数値を把握しているかという理解でよろしいでしょうか。総林道延長というようなご質問という理解でよろしいでしょうか。
 林道を管理する台帳が私どものほうにございますので、現在資料を手持ちとして持ってきてございませんので、後ほどご回答したいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 例えば各いろんな森林組合とか何かに整備の要望とか、そういったものが今実際あるのかどうか。それに対して、今回はこのふるさと林道ということなんですけれども、全体的なそういう林道開発計画というものがあるのかどうかお聞きしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 農林政策課長、岩淵俊明君。
農林政策課長(岩淵俊明君) 市が所管しています林道に関します、いわゆる林道としての道路整備という部分に関する具体的な整備計画というようなものを年次計画ごとに立てているというような計画書は、現在作成したものはございません。しかしながら、ふるさと林道という県営事業で整備しておりますが、それ以外の林道と称される林道の管理のありようにつきましては、いわゆる森林組合にお願いしまして、毎年度定期の時期に、いわゆる当該年度のそれぞれ刈り払いから始まって、路面の不陸整正であったり、それからその他維持修繕に要する関係につきましては、それぞれ前年度に私どものほうで報告を受けまして、それに沿って急ぐものについてはその都度緊急的に対応し、それからそれ以外のものについては翌年度のいわゆる経費で計上するというような対応の仕方にしてございまして、それがいわゆるふるさと林道の上にございます林道補修事業に要する経費という中の委託料、それから修繕料という形の中でそれぞれ対応する形で毎年度計画を進めておるところでございます。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) 83ページの日本型直接支払事業についてお伺いします。
 この事業につきましては、農地・水、そういった地域資源を保全管理するということで、地域の共同作業を指しているんだなと思います。なかなかいい事業なので、これをもっと広範囲に広げるべきではないかということでお伺いするんですが、説明では、市内144組織を対象にした予算ということで説明を受けております。ですが、集落ごととなりますと、集落市内302ということになっておりますが、この144組織というのは適正な数字なのか、それとも何か対象組織となっていますから、その対象という決まりがあるのかどうかお伺いします。
委員長(伊藤吉浩君) 農村整備課長、可野嘉裕君。
農村整備課長(可野嘉裕君) お答えいたします。
 対象組織は一緒に活動される方が対象となりますので、集落単位というわけではございません。その地域の任意で集まっていただいて共同作業をしていただくということで、平成26年度は144組織・団体の方々から申請をいただいて交付したわけでございます。27年度予算につきましては、将来の目的を80%と定めておりますので、農地維持支払の分で約5%、2,100ヘクタール分を一緒に予算計上させていただいております。
委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) そうしますと、まだまだ地域内には、この市内のね、こういった組織をつくる可能性はあるんですか。やはり、あるとしたならば、もっと先ほど交付金のことで質問がありましたが、やっぱり周知して、これはとってもいい事業だなと思うんです。まず、国の施策なわけですから財源もしっかり確保されるということと、それから共同作業というのはやはり地域のコミュニティを推進する上でもすごく効果的な事業だなと思います。それから、農地・水環境整備というふうな、とっても3拍子、いや5拍子とか10拍子で本当にそろった事業なので、ぜひ幅広く広げるべきではないかと思いますが、今後の取り組みをどうするかお伺いします。
委員長(伊藤吉浩君) 農村整備課長、可野嘉裕君。
農村整備課長(可野嘉裕君) お答えいたします。
 広報とめの1月号に、2月2日までということで新規の取り組みをしていただく組織の方々に申請していただくように、報告していただくように、掲載させていただきました。それから、現在活動している組織の方々に面積の拡大等の要望はございませんかということで、2月10日から2月12日までの間で周知させていただいております。それから、産業経済部の農業施策にかかわる説明会を2月9日から2月17日に5日間、21会場において、日本型直接支払の説明をさせていただいております。今後も引き続き周知を行い、説明会等を行い、拡大に努めてまいりたいと思います。
 以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) では、ぜひしっかり取り組んでいただきたいと思います。
 それから、86ページ、農村公園の関係なんですが、この公園の役割といいますか、もうずっと同じような状態で管理運営しているんですが、これは農村公園としての役割はしっかりと維持されているんでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 農村整備課長、可野嘉裕君。
農村整備課長(可野嘉裕君) お答えいたします。
 各集落にアンケートをとらせていただきまして、平成25年度にかなりの集落から、ほとんどの集落でございますが、今後も集落の公園としてぜひとも必要ですので存続をお願いしたいということで結果を受けております。それに基づいて点検等を行い、適切な管理をしながら整備していきたいと思ってございます。
 以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) そうしますと、このまま継続するということで、それは地域の希望は当然だと思うんですが、実際に結局経費がかかるわけですから、しっかりした農村公園としての機能を果たすように、そういった管理指導、これはやっぱり必要だと思うんですよ。そういった面でちょっとどうなのかなというところもありますので、もっとしっかりした目で見て、うまくないところはやっぱり何かに転用するとかいろいろあると思うので、その辺あたりどうですか。
委員長(伊藤吉浩君) 農村整備課長、可野嘉裕君。
農村整備課長(可野嘉裕君) 今後とも、各集落の方々と協議をさせていただいて、あり方について今後検討してきたいと思います。
 平成26年度にある公園の集落から木の伐採をしていただきたいと、その後は将来、転用も考えてもいいという集落がございましたが、実際、木の伐採をしたところ、集落のほうで公園というか、スポーツ活動ですね、そういうふうに利用したいという逆にそういう意見も、木を伐採したことによって出てきている集落もございますので、集落の方々と今後とも引き続きよく協議をさせていただいて、農村公園の管理に努めさせていただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 概要書の77ページ、多様な米づくり技術向上支援事業に要する経費、わずか31万5,000円でございますが、この内容についてもう少し説明していただきたいことと、事業効果にどのような期待をしているか、そのお答え次第で、多分前列にお座りの方々の見解をただすと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 多様な米づくりについてのご質問でございます。
 これにつきましては、さきの委員さんにもお答えしてございます。大きく分けて2つでございます。一つがササニシキ栽培に係る食味向上試験というのが一つ、あとそれから直播栽培向きのえみのわきという品種があるんですけれども、この栽培試験を行っているということでございます。
 1点目のササニシキの食味の向上試験につきましては、ケイ酸肥料を配付いたしまして、田んぼに散布していただいて、その結果の食味を測定するという内容でございます。この結果、農協さんで行っているササニシキのコンクールというところまで結びついているという考え方を持ってございます。
委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 対象になる農家さんというのは何軒くらいなんでしょうか。
 そして、こうした同種の施策でもっていわゆる危機的な状況にあります農家の生活を守るということが多分市の責務だと思うですが、その辺についてどこにどういう予算が計上されているのかお聞かせいただきたいと。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) ササニシキの食味向上試験につきましては、取り組んでいる方全員というわけではございませんで、試験補助ということで5軒の農家に取り組んでいただいているところでございます。面積について、5.3ヘクタールの面積で取り組んでいただいておるところでございます。このケイ酸肥料を配付したことによって、食味が向上しているということで、先ほどコンクールに結びついているというお話をさせていただきました。平成25年当時でございますけれども、そのときに豊里の稲作部会等にこちらの試験に参加していただいた結果、栽培コンテストにおいて上位入賞に結びついたという結果もございます。
委員長(伊藤吉浩君) 暫時休憩します。
          休憩 午後1時34分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時35分
委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 意味のないことではないので大いにやっていただきたいと思いますが、必ずしもこれで十分だとは考えられませんし、どうしても同僚議員のお話を聞いていても、当局のいわゆる危機感が薄いのではないかという感じを持っております。6次化産業だけで動くわけではないというのが私の考えでありまして、大多数の多くの農家並びに商家もそうですが、そうした人たちがいわゆる希望を持ってといいますか、かろうじてでも結構ですが、何とかこの登米市に残っていただけるような全体的な政策を進めるべきだと思っております。その辺について、どなたか発言いただけるならお聞かせいただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 現在の農業の情勢、特に米をめぐる情勢ということで、農業登米市の基幹産業ということで位置づけている我々でございます。そういう中で、特に稲作の体質強化ということで、現在国でも進めようとしているところでございます。先ほど来答弁しているところでございますが、そういう状況を今後どう打破していくのかということにつきましては、今回の米価下落によって、特に危機感といいますか、強く感じておりますのは、やはり稲作の偏重からの転換がどうしても必要であろうと思っております。その稲作の中でも主食用米、あるいは主食用米の中でも多様な米づくりというものが今後模索していく点であろうと、いわゆる需要に伴うような生産の体制づくりというものも強く感じているところでございます。また、主食用米に限らず、飼料用米、加工用米、そういった面への取り組みについても、これは農業再生協議会の中で、特に今年についてはそれらにシフトしていただけるような産地交付金の体制なども意を用いているという点でございます。
 また、稲作に次ぐ畜産・園芸、畜産につきましても、これは生産高で申しますと、今や米をしのぐ金額にはなっているものの、やはり農家数、あるいは頭数についても今までのような増というよりも、これは減という傾向にもありますので、その辺の基盤を何とか支えていく、そういう施策がぜひ必要だと思っております。
 それから、園芸につきましても、これは従来から園芸の振興をうたってきておりまして、市としては多様なメニューを設けて、金額的にも相当の予算措置をしているつもりでございますが、残念ながらその内容に不十分さがあるんだと思います。予算の額からいいますと、半分程度の利用が去年あるいは今年も続いているような状況でございます。そういう状況も何とか農家の皆さんに利用していただけるような内容の見直し、充実というところも今回は見ているところでございます。
 畜産についても、園芸についても、新たに今年はこれをという予算措置は今のところないわけでありますけれども、今までの内容を充実させながら、これも農家の皆さんと膝を交えた話をしながら取り組みを進めていく以外にないのではないかという気持ちもありますので、確実にそれを進めていくという考え方でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 登米市の基幹産業が農業だという以上、ただいまお答えいただいたことであるいは結構かもしれませんが、実際にそれをやるかどうかだと思うんですよね。ですから、市長の施政方針を文字どおり達成させるためには、職員組織として一体となって政策形成を推進しなければならないというのが、前々からこれは指摘されていたと思うんです。ですから、その辺について、最後に市長の心構えといいますか、決意のほどをお聞かせいただきたい。
委員長(伊藤吉浩君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) やはり、農業の大きな取り組みの転換というものもこれからしっかりと進めていかなくてはならないと考えております。また、対象の農家の皆さん全てが一斉にそういった取り組みが当然できるわけでもございませんので、しっかりとした支えの仕組みとあわせた、ある意味これまで以上の大きな取り組みが求められると思っているところであります。そういった意味では、委員からご指摘をいただいておりますとおり、職員一丸となってこの危機的課題に取り組む体制づくりをしっかりと構築してまいりたいと考えております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。日下 俊委員。
2番(日下 俊君) 概要書の90ページ、商工振興育成費についてお伺いしたいと思います。
 90ページの一番下に負担金、補助金及び交付金がございます。共通商品券運営事業費補助金外6件、549万8,000円でございます。この6件についてご説明をお願いしたいと思いますし、予算の配分はどうなっておりますでしょうか。お願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 商工振興育成費の共通商品券運営事業補助金外6件と、その内容ということでございます。共通商品券運営事業補助金につきましては180万円でございます。ほかの5件でございますが……。
委員長(伊藤吉浩君) 暫時休憩します。
          休憩 午後1時43分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時45分
委員長(伊藤吉浩君) 再開します。
商工観光課長(阿部孝弘君) 大変申し訳ございません。ほかの補助金につきましては、みやぎ地場産品開発流通研究会負担金、これが2万円、迫町商店街振興補助金、迫町の5商店街につきまして243万円、南方町の高石商店街美化事業補助金が6万円、石越町朝市事業補助金が16万円、中田町朝市事業補助金が16万円、迫たばこ販売協同組合、それから石越町たばこ小売組合補助金、合わせまして86万8,000円でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 日下 俊委員。
2番(日下 俊君) 今、合わせて約550万円の補助金の内容をお聞きしたんですけれども、その費用対効果と申しますか、経済効果はどのようにお考えであるか。そしてまた、いろんな今、事業がありましたけれども、この金額で大丈夫なのかどうか、その辺をお伺いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 補助金の費用対効果ということでございます。
 こちらの補助金につきましては、合併前から交付されている補助金が主なものでございます。共通商品券は別途でございますけれども、その地域といいますか、交付団体ごとに事業をしっかり行っておりますけれども、その補助金の額につきましては適正な額かどうか、これにつきましては引き続き検討していきたいと考えています。
委員長(伊藤吉浩君) 日下 俊委員。
2番(日下 俊君) この共通商品券というのは、とめっこマネーということでよろしいのかどうかをまず一つ。
 それから、今、消費者の購買行動が非常に変わってきておりまして、以前は大型店嗜好というのが一番問題になっていたんですけれども、今、大型店で買うというよりも、実は通販で手軽に買うという金額が非常に大きくなってございます。いろんなこういった地場の商店街の育成には、やはりいろんな知恵を出していろんな工夫をしていかないと、なかなかそういった大手さんについていけないということですけれども、そういったいろんな施策に対しては対応する考えがあるかどうかお伺いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) お話のように、消費者の購買のありようが変わっているということでございます。こういった内容につきましては、商工会と毎年意見交換をしております。そういった中でも話題になっておりますし、それから来年度策定いたします商工観光振興計画、そういった中でもこのような内容についてしっかりと議論をしてまいりたいと考えております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 農業振興費、食材物産販路拡大事業費についてお伺いさせていただきたいと思います。
 この中で、昨年まで登米市食材フェア促進事業というものが行われていました。それが27年度には事業計画がないように見受けられます。これは、登米市食材フェア開催の事業の目的が達成されたという理解をすればいいのか。あとそれから、25年においては、この食材フェアで3,160万円程度の事業実績がありましたけれども、参考までに26年度においてはどの程度の事業実績があったのか。
委員長(伊藤吉浩君) 登米産食材販売促進専門監、佐藤嘉浩君。
登米産食材販売促進専門監(佐藤嘉浩君) お答えします。
 登米市産食材フェア開催促進事業につきましては、実施計画の期間が終了となったことから26年度で終了とさせていただきました。なお、フェアの26年度の実績でございますけれども、今時点把握しておりますところでは、1,200万円を超える金額の実績がございます。
 以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) ということは、この食材フェアというものに関しては、終了の時期が来たというよりも、いわゆる私が言いましたように、目的がこれで達せられたのかという問いをしたわけであります。25年の登米市食材の購入実績が3,100万何がしでしたけれども、ことしは26年度現在のところ1,200万円でしかないということは、撤退というふうに私は見るんですけれども、その辺の総括をどのように持っておるか。
委員長(伊藤吉浩君) 登米産食材販売促進専門監、佐藤嘉浩君。
登米産食材販売促進専門監(佐藤嘉浩君) 撤退ということではございませんで、本事業につきましては本市産の食材の販路の開拓につながっております。仙台におけるPR拠点づくりにもつながるなど、初期の目的を果たしたと考えられることから、平成26年度をもって終了することとしたものであります。
委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 私的に見れば、実績が上がらなくて撤退というふうにしか映らないのでございます。
 それで、販路事業をやられておりますけれども、そのほかにその中で生産現場、登米市産食材利用促進販売拡大事業の実施ということで、生産現場見学会等を実施しておりました。25年も26年もでありますけれども、そういった拠点が生まれつつあるということでございまして、販売の拡大が見受けられると自分たちでは整理しているようでありますけれども、では25年、26年を含めて、この現場見学会を含めたこの販路拡大事業の実績はどのようになっていますか。
委員長(伊藤吉浩君) 登米産食材販売促進専門監、佐藤嘉浩君。
登米産食材販売促進専門監(佐藤嘉浩君) 26年度の取りまとめにつきましては、まだ途中でございます。先ほどの金額につきましては、フェアの開催ということで、仙台ロイヤルパークホテルのものを示したものでございます。
 なお、25年度につきましては、すみません、ちょっと時間をいただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 暫時休憩します。
          休憩 午後1時53分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時54分
委員長(伊藤吉浩君) 再開いたします。
登米産食材販売促進専門監(佐藤嘉浩君) 平成25年度の実績につきましては、1,164万円相当がこの実績に当たると考えております。26年度につきましては、現在のところなんですけれども1,300万円ほどとなっております。
委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) それは確認させていただきますけれども、東京ドームホテルとか、メルパークとか、カフェクリエイトとか、横浜ベイホテル東急とか、そういった方々への販売実績という理解でよろしいですか。
委員長(伊藤吉浩君) 登米産食材販売促進専門監、佐藤嘉浩君。
登米産食材販売促進専門監(佐藤嘉浩君) 大変申し訳ございません。まだフェアが終わっていないものもございますので、それらのもの全部を含めた金額ではございません。現在把握している金額ということでご理解をいただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 今はフェアの話ではなくて、いわゆる生産現場見学会、販路拡大事業の中で実施していますよね、生産現場見学会。そこの方々との関係の中の実績はどの程度なのか。食材フェアに関しては、この3月にロイヤルパークホテルで予定しているという状況だと思いますので、そうですよね。ですから、各販路拡大事業の実施の状況の中でどういった実績が上がったかということです。
委員長(伊藤吉浩君) 登米産食材販売促進専門監、佐藤嘉浩君。
登米産食材販売促進専門監(佐藤嘉浩君) フェア開催経費の中で、現地見学会等に来ていただきました事業者さん、ホテルさん等、その後でフェア等を開催するわけですけれども、実際に食材を使うという場面は、そのフェアの開催とこちらの生産現場見学会を終えてからということになってございます。したがいまして、先ほども申しましたように、東京ドームホテル、あるいは横浜ベイホテル東急につきましてはこれからということですので、東京ドームホテルと、今現在でわかっている金額が1,300万円ほどという現状でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 一生懸命頑張っていただきたいと思いますけれども、フェアはもうやめて、今度はその登米市食材利用促進販路拡大事業ということで27年度お示しされておりますけれども、目標としてどの程度の販路拡大のもくろみがあるのか確認させていただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 登米産食材販売促進専門監、佐藤嘉浩君。
登米産食材販売促進専門監(佐藤嘉浩君) あくまでも目標でございます。大きな目標を掲げております。5,000万円ほどということで考えておりました。
委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) では、5,000万円を目指して頑張っていただきたいと思います。
 それから、先ほど来から米価の関係でいろいろありましたけれども、ならし対策の関係がなかなか見えてこない部分がありまして、ならし対策の加入人員が24、25、26と年々減っている状況でございます。非常にならし対策についてはこれから重要な部分になっていくんだろうと思いますので、想定される登米市内におけるならし対策の対象者と27年度のならし対策加入促進についての考え方について伺いたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) ならし対策についてお答えさせていただきます。
 ならし対策につきましては、ご指摘のように加入者が年々減っているという状況でございます。26年度につきましても、25年度に比べ三、四十人という形で減っていると捉えてございます。また、27年度につきましては、加入対象者が認定農業者、それから新規就農者に限られるという条件もございますので、対象については約900名程度になろうかと捉えて……、プラス集落営農ということもございますので、九百ちょっとという対象となろうと見込んでおります。
委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) もっとどのように進めるかも質問したんですけれども、そこが大切でございますので、それで終わります。
委員長(伊藤吉浩君) 農産園芸畜産課長、高橋一紀君。
農産園芸畜産課長(高橋一紀君) 大変失礼いたしました。
 ならし対策につきましては、今回のように大幅な米の下落等がございます。このような場合について10%減収加入、それから20%減収加入という状況となってございます。市といたしましても、今後このような大きな減収等があるということに備えて、積極的な加入をするように啓蒙を図ってまいりたいと考えてございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございますか。農村整備課長、可野嘉裕君。
農村整備課長(可野嘉裕君) 訂正をお願いしたいと思います。大変申し訳ございません。
 先ほど八木委員の日本型直接支払事業についてのご質問に対して、農地維持支払の拡大の予算計上について、「5%増、2,100ヘクタール」とお答えしてしまったと思うんですが、正しくは「700ヘクタール分、2,100万円の増」でございます。
 ここに深くおわび申し上げますとともに、ご訂正のほどよろしくお願いいたします。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかにございませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)
 それではこれで、5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費の質疑を終わります。
 説明員入れかえのため、10分間休憩いたします。
          休憩 午後2時01分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時10分
委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、8款土木費、9款消防費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) 8款について2点、それから9款について1点をお伺いします。
 まず最初に、8款の2項3目1細目道路改良の関係で、単独事業であります。この中で、単独事業費として14億3,600万円ほど計上されております。その中にきめ細とやさしい道づくりの関係で10億700万円ということでございますが、この中で、この56路線がノミネートされているわけでありますけれども、これは恐らく各区長さん方から上がってきたもの、それから支所から上がってきたものがあると思いますけれども、全体的にこの部分について上がってきているものは何件ぐらいあるのか、それからこのきめ細だけに限る予算は幾らなのかお知らせをいただきたいと思います。まずそれから行きましょう。
委員長(伊藤吉浩君) 建設部次長兼道路課長、千葉 修君。
建設部次長兼道路課長(千葉 修君) 現道舗装でありますきめ細事業のご質問でございます。
 きめ細事業につきましては、平成22年度から事業を進めておりまして、26年度末見込みで235路線ございます。いろいろ要望いただいておりまして、まだ残っている路線が159路線ございまして、27年度につきましても、このうち56路線計画してございます。
 それから、予算でございますが、予算につきましては27年度予算については1億5,000万円という金額で予定してございます。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) このきめ細の部分につきましては、道路幅がだいたい2.3メートルから3.5メール、そして長さが50メートルから550メートルまであるわけでありますけれども、ちなみに26年度もこれくらいの路線の数だと思いますけれども、繰越明許が出ていませんから、恐らくは順調に進んでいるなと思いますけれども、その件、進捗状況がどのようになっているか。26年度分をまず聞きたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 建設部次長兼道路課長、千葉 修君。
建設部次長兼道路課長(千葉 修君) 26年度の状況でございますが、当初55路線予定したわけでございますが、受け差、それから現場調査の関係で路盤材を施工しなくて済む箇所等がございまして、結果的には89路線を行っております。予算につきましては、2億1,000万円という金額でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) そうすると、55の予定が受け差等があって八十何ぼということで、当初よりも多く事業ができたということの確認でよろしいですね。そうすると、今2億5,000万円、それから今度のやつはきめ細に限ると1億5,000万円ということですけれども、地域ではやっぱり、一般質問でも申し上げましたけれども、高齢者が手押し車を押して運動しようとしても砂利道では大変だということも申し上げましたし、そういった箇所がまだまだあるわけでありまして、1億5,000万円というこの金額は、私は少ないのではないかと思いますけれども、この部分をふやす、実質的には26年度も30ぐらいふえていますけれども、今年もこの56以上ふやすという考えでいいのか。そして、この1億5,000万円は私は少ないと思いますけれども、その辺の考えについてお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 建設部次長兼道路課長、千葉 修君。
建設部次長兼道路課長(千葉 修君) 今年度につきましても1億5,000万円という予算を有効に使って受け差、それから現場調査で施工が省略できるものは省略いたしまして路線数をふやしたいと思っております。
 それから、先ほど申し上げました要望があって残っている路線が159路線ございますが、そのうち27年度で計画しているのは56路線で、残りが103路線、27年度事業完了すれば103路線になりますが、この103路線につきましては、田んぼの中の道路、それから沿線に民家のない道路がほとんどでございますので、まずは27年度につきましては予算の範囲内で路線数をふやし、沿線に住家のある道路、これをある程度めどをつけたいとそう思って今おります。
委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) 26年度の部分で見ますと、私、石越しかよくわからないのですが、要望の部分が十分取り入れられていないという部分が感じられます。例えば、150ぐらい欲しいのに30ぐらいで終わっている部分があるんですけれども、そういった部分の配慮というのはないんでしょうかね、その辺。
委員長(伊藤吉浩君) 建設部次長兼道路課長、千葉 修君。
建設部次長兼道路課長(千葉 修君) このきめ細の要綱といいますか、やる方針につきましては、2.3メートル以上の市道で沿線に住居があるところというのを基本としてやっております。これらの整備につきまして進めておる関係で、沿線の中の住家のあるところまでの整備、それからその先の能動的な関係につきましては、それらの沿線に住家のあるところがある程度決まった時点で集落間を結ぶ道路等について手がけていきたいと、そう思っております。
委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) いずれ区長さん方から、私はもっともっと出てくると思っていますので、生活のところをきちっと捉えていただきまして、これからもこの部分については的確に私はやっていただきたいと思います。そのことを言っておきます。
 それから、8款3項1目の1細目の集落排水路15カ所となっていますけれども、これは何カ所の希望があって15カ所に区切ったのか、これについてお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 集落排水についてお答えさせていただきます。
 こちらに関しては、議会の別冊1の資料、44ページをお開きいただきたいと思います。
 こちらの市内全体で見ますと、集落排水についてはさまざまなご要望等をいただいている状況がございます。その中で、ある程度整理ができたものからこういう形で今年度、継続と新規とそれぞれ取り組みをさせていただいてございますけれども、要は事業の調整が調ったものから順次取り組みをさせていただいているという捉え方をさせていただいてございます。
委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) もっともっと要望は出ていますね。そのこと、15で終わっていませんね、もっとありますよね、これね。その辺、確認できますか。
委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 集落排水に係る要望については、さまざまな形でいただいているのは事実でございます。ただ、今回主に取り組んでおりますが、例えば流末が底地が民地であったり、そういう部分とかを含めて順次取り組みをさせいただいてございまして、要望総数についてはちょっと現在数字としては押さえてございませんけれども、そういう課題のあるものを順次一つずつ解決していきたいということで取り組みをさせていただいているところであります。
委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) ぜひ、この部分についてはまだまだ私は要望があるし、取り組まなくてはならないところも現認していますので、ぜひ細かい配慮をお願いしたいと思っております。
 あまり時間がないので、次、9款に行きます。
 105ページ、消防費の1項3目2細目工事請負費の部分で、火の見やぐら解体撤去工事が8基になっています。そして、ホース乾燥塔設置が4基とこうなっていますけれども、だいたい要らなくなった火の見やぐらを解体することはいいんですが、今までこのホースの乾燥場として使っているはずでありますけれども、8基外して4基しか乾燥の塔をつくらないということでありますけれども、残りの4カ所については、そのかわりになるものがあっての部分なんでしょうか。その辺について確認したい。
委員長(伊藤吉浩君) 警防課長、鈴木秀彦君。
警防課長(鈴木秀彦君) ただいまのご質問でありますけれども、火の見やぐらの解体の数とあとはホース乾燥塔の設置の依頼の数と思います。
 8基の解体につきましてはかなり老朽化が進んでおりまして、ホース乾燥塔として現在使用されていないもの等をこちらで確認しております。それを解体するというところで、あとは4基さらに設置するわけでございますけれども、現在8基のうち、どうしても分団のない範囲内で必要だというところに検討しまして、再度4基を設置するものでございます。4基不足分というのではなくて、従前同じ分団の中で同じ班の中で2つも3つもあった、例えば、そういうところに関しましては、集約して1基でいいという地元の意見も取り入れまして4基の設置となっております。
 以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) 私に入った情報では、今まで使っていたんだけれども今回ないと、こういうことでございましたけれども、その辺は十分に意見聴取したんでしょうか、その辺。
委員長(伊藤吉浩君) 警防課長、鈴木秀彦君。
警防課長(鈴木秀彦君) ただいまご質問がありました件につきましては、多分、石越地区の2カ所と私も確認しております。その1カ所につきましては、道路拡張でかなり大きい火の見やぐらの解体になったところだと思いますけれども、その場所とあとは再度設置する場所と協議をいたしまして、さらに若干離れた場所に再度1基建てるということでその辺の調整はしております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 概要の96ページの道路維持補修費の委託料でございます。除融雪作業委託料としまして4,754万円なんですが、これは今年度と比較しますと828万円の減額ということになっております。単純に考えると、予算が減って来年度市民サービスが低下するのではないかとか、出動回数が減少になるのではないかとそういうふうに考えますけれども、まずこの減額の理由についてお伺いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 除雪の委託料の減額ということでございます。
 本年度、26年度までにおいては、同じ道路維持の96ページの委託料の下に使用料と賃借料とございますが、こちらの1,283万円、27年度計上してございます。除雪機械の待機料をこれまで委託料で持っていたものを、こちらの使用料のほうに予算を位置づけたことから減額されているように見えますけれども、委託料総額としては変わらない形での計上をさせていただいてございます。
委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 同じく下に行きまして、工事請負費の中で、ソーラー型LED街路灯設置工事というのが入っておりますけれども、これは今年度はなかったんですけれども、このソーラー型LED街路灯設置工事はこの請負費の中でどのぐらいの金額になっているのか、まずお伺いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 今回、概要書に記載してございますソーラー型のLED街路灯でございます。こちらについては、市内の2カ所の路線を対象として予算をお願いする内容となってございます。内容といたしましては、市道に電力の電柱、そちらを立てることができない2カ所を想定してございます。豊里の小麻鴇波線、迫の田代小友線の2カ所に対してソーラー型のLEDを設置したいということで事業を予定している内容でございます。工事費については約1,000万円ほどを見込んでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) やっぱりこういう電柱がなくてソーラー型が必要だというところはかなりあると思いますので、今後の見通しとして例えば結構ふやしていくとか、その辺あたりは、計画とかについてお伺いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 先ほど申した2カ所については、河川区域内と、河川の中ということで、電柱の申請をしても電柱を立てることができない箇所ということでございますので、市内で私のほうで今の段階で確認している箇所についてはこの2カ所と捉えてございますので、例えば堤防に付随した部分であれば法尻の民地の土地をお借りするとかで電気の供給は可能でございますので、実際、電気の供給が難しい箇所ということで今回2つの路線を対象にさせていただいたということであります。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) 8款2項1目1細目除融雪作業委託料でお聞きします。
 今年は例年になく雪が少なかったろうと私は感じているんですけれども、同じ市内でもその地域によって差があると、降雪の量が違うということは事実であります。それで、山間部に住む地域にとって、委託されている業者が来るのがなかなかその日に来られない、そういうのがわかって、地域ではいわゆる農機具、トラクターとかあるいは重機を持っている方、ボランティアでやっているという実例があります。どこかといえば、登米、米山の山間部なんですけれどもね。そういう地域の方々は1日ぐらいは何とか我慢しますよ。ところが、次の日も来ない。それで、支所の方々は雪が降ると、電話ひっきりなしに来ると思うんですけれども、これはやっぱりその地域にみんな同じく降りますので、なかなか主要市道最優先で、地域の本当の道路はなかなかその日まで来ない。それで、今きめ細かな道路と前者が言ったんですけれども、きめ細かな除雪をしていただくために何とかならないものか。つまり、このような委託料がちゃんとありますので、また除雪貸借もありますので、そういう重機を持っている方にきめ細かくお願いできないものかということなんですが、いかがでありましょうかね。
委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 早期除雪についてのお問い合わせでございます。
 それについては、26年度の昨年の常任委員会等でもお話をいただいてございまして、27年度の予算にどういう形で計上できるかということでちょっといろいろ調査をさせていただきました。その中で、今お話しいただいた例えば農業機械等で市道を除雪する場合については、道路交通法上の課題があるということがちょっと確認されてございます。それらの整理について構造改革特区を含めて、27年度からちょっと取り組みをさせていただいて、それらの解決ができないかということで調整させていただきたいと考えてございます。
委員長(伊藤吉浩君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) 農業機械は道交法の課題で構造特区というんでしょうかね、そういうのをよく調べて、多分山間区域はこういう特区を申請すれば私はいいと思います、農機をね。それから、農業機械以外に建設機械を持っている方がいるんですね。そういう人たちも待っていられないからということで、毎回毎回除雪していただくんです。わかりますかね、どういうことだか。市で委託しているグレーダーが来ないがために待っていられない。それで、建設機械を持っている方もやっているんですね。そういう方々は全くのボランティアで、ずっと見ているんですけれども、今回議会で有害駆除隊員も出ましたね。非常勤の特別職でちゃんと手当てしますよと。または、集落支援が出ましたね。協働のまちづくり精神でありまして、皆さん協力していますから、やっぱりそういう意味合いから、この除雪ももっときめ細かにやっていただきたい、山間部はもう大変なことですから。市長はよく実情をご存じかと思いますが、担当部、しっかり27年度、農機だけでなく建設機械を持っている方もおりますので、ぜひ取り組んでいただきたいと思いますよ。
委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 今お話しいただいた件を十分踏まえまして、27年度に特区の申請をさせていただいて、早期にその特区の区域になるように取り組みを進めさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 概要書でございます。土木費道路維持費歩道リメーク事業についてでございます。
 ちょっと読み取れないものですから、これは施政方針にも載っかっておりました。歩道リメーク事業を行うことによって、ウオーキングの関係、健康推進課でしたか、でやっています、これはセットといいますか、一緒の一体的な進め方だと思いますので、この事業とのかかわりの中で歩道リメーク事業の長さとか場所的なものがあるのであればお教え願いたいと思います。
 それから、103ページ、概要、消防費でございます。
 常備消防費の中で、負担金があります。宮城県消防学校教育訓練負担金、これはさまざまな形で研修したり、訓練をしたりするところだろうと思っています。このことについて、消防学校等においてはこういった訓練がされるんだろうと思いますけれども、日常、本部の中でどういった消防の方々のスキルアップなり訓練、研修等が行われているのかということでございます。さまざまな場面で消火活動に当たるわけでありますけれども、実践の中でなかなか基本どおりの判断なり実行ができなかったりするということは多々プロであってもあるんだろうと思いますので、そういった意味でのスキルアップ訓練、こういった方がどういった形でそういったことに対処しているのか。特に、夜間等についてはそういったことがなかなか大変なときもあるんだろうと思いますので、その実態なり、それに対する対応についてどういった形でやられているのか。
 さらに、どうしても火災がありますと、地域住民なりの方々、さらにやっぱり助けなくてはいけないということで、消火に協力する方々も非常に多いんだろうと思います。それは助かることなんですけれども、ある意味危険という部分も兼ね備えている部分があります。そういった意味で、市民等の消火協力者に対する安全対策等の配慮というものはどういった形でなされているのか、その辺をお教え願いたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 歩道のリメーク事業でございます。
 こちらについては、迫町の庁舎の周辺、それから萩洗の部分、そちらの市道とあと一部県道等を利用して案内看板等を設置させていただきながら、既存の市道の部分の舗装の段差等、歩行に支障のある箇所の補修をさせていただきたいということで取り組みをさせていただく事業と考えてございます。今年度と来年度で予定をしている事業でございまして、27年度については約500メートルほどの延長の段差を解消したいということで考えてございます。
委員長(伊藤吉浩君) 警防課長、鈴木秀彦君。
警防課長(鈴木秀彦君) ご質問の内容につきまして、一点は消防本部においての訓練の体制、さらにもう一点は消火活動途中における消火協力者の安全管理対策と思われます。
 まず1点目につきましては、現在消防本部で訓練といいまして、実動訓練は実際現場のほうを対応しております消防隊及び救急隊による実災害に対応した訓練を行っているところでございます。その中で、過去3年間のまず手元にある資料でございますけれども、俗に言います基本訓練といいますものを、ここ数年間かなり多くの回数を実際に行っております。なぜかといいますと、団塊の世代の大量退職を迎えまして、部隊がかなり若くなっております。数年前まではベテランが多かったので、応用訓練、想定訓練を7割やっていたところを、それを逆転しまして、今現在のところは7割を基礎訓練、あとは想定訓練を3割というような形で行っているのが実情でございます。その中には、実災害のときに実際起きた、正直なところ小さいミスであったり失敗もありますので、その辺の検証訓練もあわせて実際繰り返しながら行っているところが訓練の実態でございます。あと、夜間訓練につきましても、出張所においてはなかなかできませんので、不定期ではありますが、消防防災センター、夜間照明もありますので、そういうところも活用しながら訓練をしております。
 もう一点です。消火活動時における消火協力者等、あとは付近住民の方々への安全に対する配慮ということでございますけれども、通常、火災があれば現場近くの消防隊が車両に積載しております立入禁止のテープを張ったり、もしくはあとはよく工事現場である三角のカラーコーンというのを設置して明示はしているものの、やはり協力者の方々、もしくは消防団の関係者の方々がどんどん、どんどん中に入ってくるというのが実情でございます。その際、どうしても消防本部職員だけでは足りませんので、地元の団員の方に協力をもらいながら行っているところですけれども、今後はさらにそういう安全対策のために例えば火災現場であれば火事の燃えているところだけではなくて、周囲の安全管理を図りながら現場対応してまいりたいと思います。
 以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 先ほど、リメークの件で多少説明不足がございますので、追加をさせていただきたいと思います。
 対象路線6路線について補修を行う予定としてございますが、コース設定等については、市民生活部と調整をさせていただきながらコースを認定した上で、例えば市道に対して看板、国県道に対しても看板という形でコースをご説明させていただきながら設定をしてきたいということで考えてございます。
委員長(伊藤吉浩君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) そのウオーキングコースの整備を掲げておりますので、健康推進の観点からぜひ一体となってこのリメーク事業については進めていただきたいと思っています。
 それから、消防の関係でありますけれども、住民の安全管理、万全を期するようにお願いを申し上げたいと思いますし、さらに7割、3割の内容で若者がふえてきたということでありますけれども、そういった訓練のしっかりした対応と、実践でそういったものに対応できるような訓練、その辺の充実を図っていただくようお願い申し上げたいと思います。
 以上です。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 今の質疑で、除融雪の関係で特区申請という言葉を今初めて聞いたんですけれども、これは登米市全体を特区として捉えるのか、それとも地域を限定するのか、ちょっとそこら辺の見通しをお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 特区申請については、既存の法律の中でさまざまな制約があって事業に取り組めないものについて区域を除外するという捉え方をしてございます。その意味では市内全体と捉えてございますが、例えば交通量が相当多いところに関して、そういう要は道路維持をするということは低速で作業したり、停車をするという作業が伴うものですから、一定程度の幅員であったり何らかの規制をかけた上で、市内全体を対象にして早期に除雪ができる体制の整備をしたいということでの取り組みをさせていただきたいと思ってございます。
委員長(伊藤吉浩君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) そうした中で、もし仮に特区申請が通ったとき、いろいろ先ほども前々者も言ったんですけれども、かなり農家の中で民間の中でもボランティアでやっていただいている方が確か去年、40とか50とかという数字を聞いたとは思うんですけれども、その方たちに対して例えば保険とかいろんなそういった面でのフォローとかは考えているんでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 先ほど、27年度の当初に向けて何か対応できないかということで確認をしたというのは、その部分、保険であったり例えば燃料費であったりというお話もいろんな方からいただいてございます。それらの対応についてするためには、当然適法な形の中で作業いただく必要性があろうと捉えてございますので、それら、ご協力いただく方については、市から確認をさせていただいて、相手方の同意をいただいた中でさまざまな条件の整理をさせていただいた上でご協力をお願いしようということで考えてございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐藤尚哉君。
13番(佐藤尚哉君) 今ありました歩道リメークなんですが、私、一般質問で取り上げまして、それで障害者や高齢者も安心して歩けるようにということで、この事業、ことしと来年度ということなんですが、この後続けてやっていくのか、その辺をお伺いします。
委員長(伊藤吉浩君) 土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 現段階で先ほどお話をさせていただいた迫庁舎の付近、それから萩洗ということでエリアを設定させていただきたいと捉えてございます。その他の地域について、健康推進課を含めて連携をとりながら必要性のある箇所については取り決めをさせていただきたいと思ってございます。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) 消防費のところでお伺いしますが、概要の104ページに防火防災推進費ということで予算化されています。経費は微々たる経費なものでちょっとお伺いするんですが、火災予防活動についてであります。ただいまもちょっと火災が発生いたしましたが、登米市も各消防署、地区に対する消防署が完成したわけでございますが、やはり火災状況、今までのを見ますと、地域に偏ったところで火災が発生しているという感じを受けています。そこで、こういった要望活動、どのようにして啓蒙活動を行っているか。
 あと、いろいろとごみを燃やしたりとかと、そういったのも見受けられるんですが、そういったことに対する監視体制といいますか、どのようになさっているかをお聞きします。
委員長(伊藤吉浩君) 予防課長、高橋勝義君。
予防課長(高橋勝義君)それではお答えします。
 火災予防運動期間中等の行事、合わせて一般の防火に関する事業についてお答えします。
 今回行っています火災予防運動につきましては、登米市は、委員がおっしゃるとおり、特にその他火災が多い地域でございます。枯草火災とかが多い地域でありますので、国では3月7日までの1週間の火災予防運動期間中でありますが、今年から登米市は3月31日までの春の最中の枯草火災を防ぐために期間を伸ばして運動を実施することにしました。内容につきましては、消防車の広報活動、消防団夜間の広報活動、あとはマスメディアを使った広報等を実施しております。あとは、消防団婦人防火クラブのご協力を得まして一般家庭の防火診断、あとは電力、NTT、ガス協会さんの協力を得まして、高齢者の防火診断等を実施しまして、広く広報活動を実施して防火を訴えている所存でございます。
 あと、町域の火災の偏り等と思われるんですが、どうしても人口割に比例した火災が多い地域となっておりますので、その分に関しては重点的にその地域の部分に関しましては広報活動等を実施して見回り活動を実施しております。あとは、煙等も産業廃棄物の関係もございますので、登米市の広報を使って注意喚起を行ったり、あと煙が上がっている際は消防車が実際に現場に向かって現地指導を実施しております。
 以上でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) 一生懸命やっているのはわかるんですが、何かちょっと足りないような気がするんですよ。去年の火災も随分あったんですが、多いほうではないですか。多いか少ないか、どこに基準を当てたらいいかわからないんですが、ゼロが一番いいことなんですが、いろいろ広報とか見回りとかしているということでございますけれども、やはり人命、そして財産、これを守らなければいけないわけですから、しっかりした体制をつくって、やっぱり対応に当たっていただきたいと思うんです。
 そこで、ごみ焼きのほう、ただ見回っていると言っていますが、少し啓蒙活動が足りないのではないですか。広報に載せるのもいいんですが、やはりその特定の時期に、焼く時期ってだいたいありますから、パンフレットを各家庭に回すとか、やはりそういった少し強い姿勢で臨まないと、こそこそ随分ありますので、そういったところ、そこだけで済めばいいんですが、やはり大事に至っては大変なことですので、そういったきめ細かな、道路ばかりではなくて、きめ細かな対応をお願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 予防課長、高橋勝義君。
予防課長(高橋勝義君) 火災件数でありますが、昨年度は50件でした。前年比としましては、マイナス10件という形で火災は減っております。建物火災も前年と比べてマイナス2件という形になっています。負傷者数におきましても、昨年度はゼロということで死者は発生していませんでした。委員がおっしゃるとおり、登米市の出火原因は放火、放火の疑いに続いて、たき火、火入れが大変多くなっています。この部分に関しましては、委員がおっしゃるとおり時期的なものでございまして、その部分は十分うちのほうでも把握しましてその部分を強化して、天候にもよりますので、きょうのような風の強い日、あとは晴れが続いている日等については、やはり農家の皆さんも農作業の準備に入ることもありますので、その部分を十分うちのほうでも把握しながら巡回広報の強化をしていきたいと思っております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(伊藤吉浩君) それでは、これで8款土木費、9款消防費の質疑を終わります。
 ここで、10分間休憩いたします。
          休憩 午後2時50分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時58分
委員長(伊藤吉浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、10款教育費について質疑を行います。
 質疑はございませんか。熊谷憲雄委員。
20番(熊谷憲雄君) それでは、1件についてお尋ねいたします。
 概要書の124ページ、体育施設整備費、パークゴルフ場の建設に伴う市民会議委員謝金8名分、それから市民会議有識者旅費とありますけれども、これはこれから人選するわけなんですか。まず、そこからお尋ねいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) とりあえず、各課、横断的に打ち合わせはしておりますけれども、広く意見をいただきたいというようなことで、27年度募集をしてみたり、あるいは人選していただいたりということで、これから開催したいという計画でございます。
委員長(伊藤吉浩君) 熊谷憲雄委員。
20番(熊谷憲雄君) それは、市民からの公募というか、お願いしてというような委員なんですか。それから、有識者というのはどういう方が有識者に当たるんですか。
委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) この市民会議につきましては、今のところ、関係者だけではなくというような形で何とかお願いしたいなという考えでおりますし、それからあと、有識者といいますのは、こちらのほうで専門的にということで、体育施設関係で主に学習されている方をお願いしたいなというようなことを考えています。
委員長(伊藤吉浩君) 熊谷憲雄委員。
20番(熊谷憲雄君) ですから、職員というか、こっちの執行部側からも入る、それから市民からも募ってという会議ですかということ。
委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 職員の参加については考えておりません。
委員長(伊藤吉浩君) 熊谷憲雄委員。
20番(熊谷憲雄君) まず、私も何回かパークゴルフ場の建設について今まで一般質問していますのでお聞きしたいんですけれども、去年の6月でしたかの際に、3カ所だったのではないかなと記憶していたところ、そのとき4カ所というような話が出ました。それで、今回また要望書、平筒沼ふれあい公園隣接地にパークゴルフ場を整備する要望書ということで出ているようでございますけれども、いつごろ選定するのか。それから、何か前に6億いくらで整備するというようなことも耳に入っておりますが、どういう規模でどこにどのように候補地、こうなるともう5カ所というような感じになりますけれども、その選定時期はいつごろでいつ整備する予定なんですか。
委員長(伊藤吉浩君) 社会教育次長、志賀 尚君。
社会教育次長(志賀 尚君) これまで、委員がご案内のとおり、4カ所について施設整備の要望ということで出されておりますし、ご紹介のように今般新しい場所については要望書が出されたということでございますが、それも含めまして、教育委員会の内部の検討の中では、スポーツ振興審議会だったり、関係の機関には考え方の整理をしていただいておりますけれども、教育委員会だけの視点ではなくて、いわゆる全市的な視点で市民の皆さんからいわゆるパークゴルフ場の整備についての考え方を、意見をいただくという意味で、今年度市民会議を設置したいと思ってございます。27年度中に意見を集約して、それに基づいて建設が必要という意見になれば、当然それに伴ったスケジューリングをして前に進めていくというようなことになると思ってございます。具体的に建設計画には当然載せてございますが、総合計画の実施計画のほうについては、まだそういう方向性もスケジューリングも決まっておりませんので、29年までの実施計画についてはまだ載せていないということでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 熊谷憲雄委員。
20番(熊谷憲雄君) 去年質問した際にも、私はできるだけ早くということで話はやめたんですけれども、何かこうして見ると、去年の6月時点から全然進展していないような感じに見受けられるのね。何か決断というか、なかなか一つのことを進めるのもどのようなことが支障になってこのように遅れているのか。また、27年度中になんて、ではいつ整備しようとしているのか。
委員長(伊藤吉浩君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 前に委員からも一般質問でご質問がありました。整備していくということでお答えをしているわけでございます。さまざまな要望が上がってきているところも含めまして、視察等も含めて、内部的にはいろいろと次の段階ということで今進めているわけでございます。その内容が平成27年度にその市民会議を立ち上げるということで前に進めていこうということでございます。具体的な日程等については先ほど次長が答弁したとおりでございまして、間違いなく整備していくということにおいてはそのとおりでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 熊谷憲雄委員。
20番(熊谷憲雄君) 教育長ね、ですからもう何年も前から、私だけでなくほかの委員さんたちも言っているわけね。去年の時点ですぐにでも立ち上げるようなことを言っていて、27年度にこの市民会議を立ち上げて、そうするともう28年度中にもなるかならないか。その皆さん方の意見を聞いてやるというようなことであれば、また先延ばしになるような気がするのね。もうほかの町でも、恐らくパークゴルフ場は健康の増進、地域のために、観光にと恐らく整備を考えていると思う。私の場合の答弁の中でも、他に誇れるような施設を造ると。私も心待ちにしていたんですけれども、何かまたここに来て来年度の市民会議を立ち上げて、それからまた考えていくと。もう少しスピーディーにやれませんかね。もう一回お願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 委員のお考え、全くそのとおりでございまして、今年度中には一定の結論は出せるようにスピーディーに進めてまいります。
委員長(伊藤吉浩君) 熊谷憲雄委員。
20番(熊谷憲雄君) 来年度の立ち上げでなく、すぐにでも市民会議を立ち上げて27年度中にも整備計画を立てて実施するというような形でないと、どこまでも何か先送りされるような気がするんですけれども、ぜひ皆様方も熱望しておりますから、またこれが先へ先へと行くと、今度はうちのほうにもと手と挙げるところが出てくると思うのね。そうすると、なかなか難しくなるよ。できるだけ早くやるように、答弁をお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 整備については、先ほど次長が一つのスケジュール的なものをお話ししました。その辺についてさらに内部で検討しまして、前倒しできるものはどんどん進めていって、委員のおっしゃるような内容に近づくように努力はしていきたいと思っております。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 今、20番熊谷委員の質疑にちょっと続けさせていただきますけれども、全く熊谷委員が言ったとおり、ぐずぐずしているとまた要望書が出されまして、おらほうの町に造ってけろと、こういうふうになっていくんだろうと思っています。
 それで、27年度に市民会議を設置するという話でございましたけれども、それではこの市民会議、何を検討する組織になるのか。また、庁舎の部分でも市民会議を立ち上げたようですけれども、場所とかも含めて、教育委員会として市民会議に委ねるつもりなのかどうか、そこだけ。
委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 先ほどお話ししましたように、26年度については横断的に打ち合わせをさせていただきました。それらをもとにといったような内容で進めさせていただきたいなということで今考えております。ゼロからスタートという内容ではございませんで、もしよろしければ、今言われるようにということで、回を重ねながら、場所等ももう選定していきたいなという考えでおります。
委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 教育長に聞きますけれども、教育長として、例えば今まで5つ挙がっている建設予定地、どこが教育長としていいと思っているんでしょうね。何もないんですかね、教育長として。そこだけちょっと。
委員長(伊藤吉浩君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) これまで要望として挙がってまいりました場所全て視察をしております。あわせて、今回平筒沼近辺ということで挙がってきておりまして、そのことについては内容的にはだいたいわかりますので、特色がそれぞれありますので、今こちらで考えている、前に答弁しておりますように、非常に大きな72ホールぐらいの公認の一つのパークゴルフ場ということで考えた場合に、どこが適切なのかということについては、もちろんまだ検討段階ではございますけれども、それに合うような場所ということで何とか煮詰めていきたいなと思っております。どの場所が一番今適切なのかということについては、まだ結論に至っていないということでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 新庁舎のこともそうなんですけれども、トップとして自分はここに造ったほうがいいと思うということを提案することで初めて議論というのが成り立っていくんだろうと。市民会議を設置するのもいいけれども、その教育長の考え方に対して意見をもらっていくんだろうと思うんです。全く反対なことをやっているなと。市長も庁舎の建設場所は決められない、示せない。教育長も全く同じと……(「そのとおりだ」の声あり)いうような感じでいいのかと思っています。どうですか、教育長。教育長の任期は何月までですか。5月で任期切れになるのかなと思いますけれども、どうして自分の思いを言えないのかと思うんです。そこだけはちょっと、答弁も何も要りませんけれども、強く言っておきたいなと思います。
 では、続きまして、小学校管理運営費の部分でちょっとお尋ねしたいと思います。概要112ページになります。
 佐沼小学校ネットフェンスの設置工事ということで115万円の予算が計上されています。これはきっと昨年6月議会でしたか、私、一般質問の中で、新しくできた校舎、それからきちんと整備がされたグラウンド、しかしながら校庭と駐車場を隔てるフェンスも何もないし、校舎から見て北側の部分は民家との境が、ちょっとブロックはあるんですけれども、えらい低いままで、そんな感じでいいのかと。要するに、ボール遊びができない、サッカーができない、野球ができない状況。これはやはり改善すべきではないかというお話をさせていただきました。これに対する対応なのかなと思っていますけれども、116万円の予算でどこまでそこが改善できるのか答弁。
委員長(伊藤吉浩君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) ただいまのご質問でございますけれども、佐沼小学校のフェンス、校庭の西側、そして東側に、ただいまの積算上の想定では延長100メートル強を考えてございます。よろしくお願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 私の質問に対する答弁で、一般質問のときですけれども、子供たちのボール遊びに関する安全対策として、教育長は、「ボール遊びを制限することで子供たちの安全対策を図る」という答弁でしたけれども、それは全く間違いだと思いますね。思う存分ボールで遊んでほしいなと思うんですね。今の課長の答弁でそれは可能な感じですか。延長100メートルのそのフェンスを設置することで、サッカーなり野球なり普通にできるものと理解してよろしいんですね。
委員長(伊藤吉浩君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) 学校を整備する際も、校庭の整備、こういった方針でと、方向でということで学校現場の先生方とも相談はして整備してまいったつもりでございます。なお、委員さんからもご指摘のありました後も、学校現場の先生方とも打ち合わせをさせていただいて、その上で予算計上させていただいたものでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 聞くところによると、先月迫地域審議会で佐沼小学校を視察しに行ったようですね。そのときに学校側から、今私が言ったような、きれいにはしていただいたけれどもこういうところがだめなんですと、子供たちもボール遊びもできません、させることができませんというお話を受けたという話も聞いています。しっかり確認して対応していただきたいと思っているわけです。
 加えて言いますけれども、それでは校舎から見て南側、東佐沼幼稚園、児童館等々、元の消防本部の跡、それからTAT学院、あの辺みんな解体してすごくからっとなりましたね。だけれども、駐車場としてきちんと機能させるには、やはり病院の北側駐車場ではないですけれども、アスファルトできちっとするなり、何らかの対応をすべきだと思うんですけれども、その辺のことは考えたことはないですか。すみません、ちょっと外れるかもしれませんけれども。
委員長(伊藤吉浩君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) 南側でございますが、確かにがらんどうといいますか、かなり視界が広い状態になりました。現在は砂利敷きの駐車場として、ご父兄の方々にご利用いただいておりますけれども、アスファルト舗装、簡易舗装というんでしょうか、そういったものの検討はというお話でございますが、正直申し上げましてそこまでは検討しておらない段階でございます。ただし、かなり面積的に広うございますので、整然と駐車いただくように直営工事ではございましたが、我々職員で協力し合って、いわゆるトラロープというんですか、ロープを張って地面に固定して区画線を見える形、はっきり分かるようにして整然と効率よく並べていただくような整理をさせていただいたところでございます。よろしくお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 今の答弁どおりの現状となっていれば、あえて私が今言わなくてもよかったんであって、トラロープがきちんとなっていないですよね。なっていないんです。ちゃんとすればもっと多くの車を駐車することが可能です。その辺をしっかり見ていただきたいなと思っているところでございます。
 それから、最後になりますけれども、もう時間がないので、118ページの迫公民館指定管理料ですか、これには、一つの考え方なんですけれども、軽運動場の電灯が切れました。それを交換するのに、蛍光管は1万円だとしても、とりかえることができないので足場を組んで一々やらなくてはいけないんですね。そうすると5万円も8万円もかかるんですよ、1本替えるのに。これは街路灯、防犯灯、LED化に本市は一生懸命でありますが、LEDに変えていく方法、考え方というのはどう思いますかね。あるいは、この指定管理料にそういうのは含まれるというか、どうですか。
委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 公民館の指定管理の中でということで、申し訳ございませんが、今計画は立てておりませんが、随時計画していきたいなという考えではおります。(「では、よろしくお願いします」の声あり)
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 概要の120ページの文化財保護費の中で、委託料ということでニホンカモシカ死体処理業務委託料外ということですけれども、このニホンカモシカ死体処理業務、この委託先はどこかまずお伺いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 現在、仕様書を作成しましてお願いしているところで2社でございますが、1社にお願いしているところでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) そうすると、来年度からということで、これは今年度とかは実績はないということでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) どうも失礼しました。
 26年度補正も協議していただきまして、今確か26頭だったように記憶しております。
委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) これ、契約内容、例えば1頭いくらとか、そういう例えば距離がどのぐらい離れているとか、大きさとかそういうのがあるので、もしあればお伺いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 仕様に関しましては、距離等あるいは重量等は加味しませんで、1頭の処分というような形でお願いしております。
委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) もしよければ、ちなみに金額は。
委員長(伊藤吉浩君) 社会教育次長、志賀 尚君。
社会教育次長(志賀 尚君) 1頭当たり1万円で、死体1体につき1万円ということでお願いをしています。
委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) それで、その死んでいる場所に関しては、例えば田んぼだとか畑とか、川とか道路とか、全部オーケーというか、対象になるんでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 場所を問わずお願いしております。その前にということで、まずは文化庁に届け出をしなければならないということで、大きさ、それから重量がどれぐらいなのか、あるいは年齢はといったような推察でもって私たちも記録させていただいて、それを報告しているというような内容ですので、すぐ川の中からお願いしますとか、あるいはやぶの中からお願いしますということではなく、何ていうんでしょう、広場のほうに搬出させていただきまして、結果あと死体処理をお願いするというような状況です。
委員長(伊藤吉浩君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 実は、例えば道路に、国道でも県道でも市道でもいいんですけれども、道路に死んでいる場合、当然交通の障害になりますので、この間ちょっと警察の方と話をしたときに、道路に関してはいわゆる交通障害になるので、もう警察に電話すればもうすぐ撤去といいますか、処理しますという、ちょっとそう記憶しているんですが、その辺、何でもかんでもやらないで、例えば警察に頼むものは警察に頼めば当然委託料も減りますし、その辺あたりの見解は。
委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 道路の中央にとかいったような場合は、端のほうに寄せていただいておりますけれども、警察の方々が処理していただくというようなことはございませんで、死体につきましては、必ず私どものほうに連絡が入りますし、あるいはけがをしているということでまだ生存というような状況では、あと別のところにというようなことで連絡をとっている状況です。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。田口政信委員。
16番(田口政信君) まず一つは、タブレット端末についてお伺いいたします。
 いわゆる豊里小・中・高で40台導入と私の資料にはあるんですが、その成果というものはどういうものが見出せたのか。そして、今回小学校7校、中学校3校ですか、に導入するという予算でございますが、そのいわゆる選択の基準、あるいは導入に至った経過。
 そしてもう一点伺うのは、先日、教育研修所で出しました学習報告の中にも、そのタブレットに関する研究の報告等は見つけることができなかったんですが、どういういわゆる経過を経てこの導入に至ったか、それをまずお伺いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。
社会教育次長(志賀 尚君) それでは、初めに豊里中学校に導入していますタブレットの効果についてご説明いたします。
 平成24年度末に導入されまして、その導入と同時に市内の小学校、中学校の情報教育に詳しい先生方で検証チームをつくりました。それで、豊里中学校の活用と同時に、その結果をまた検証してきたという経緯がございます。その結果によりましては、数学の授業で特に子供たちの学力が向上していると、それから活用した子供たちに学習がよくわかった、満足したと、そういうような意識も向上していると、そのような結果が出ているところでございます。
 それから、来年度、小学校に7校、中学校に3校導入する、その導入までどのような形でということでございますけれども、検証チームでの話し合いの中で一番やっぱり心配されることが職員の技能でございました。機器が入っても、実際使う職員がそれを使いこなせなければ学力の向上には向かっていかないということでありまして、今年度導入に当たりまして、市内全ての小学校、中学校に調査をいたしました。内容といたしましては、導入されたときにどのような活用方法を具体的に計画を立てているか、立てることができるか、それからもう一つは、現在、タブレットを活用できる職員がどれぐらいいるか、その辺で調査をかけまして、小学校7校、中学校3校を絞り込んだというところでございます。
 それから、研究所の今年度の報告の中に、タブレットについては一つも入っていなかったということでございますが、先ほど言いましたように、研究所とは別にタブレットの検証チームでの検証ということで進めてまいりましたので、研究所の中には、今年度の報告には入っていないということでございます。
 以上です。
委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。
16番(田口政信君) 文部科学省が平成23年にいわゆる教育の情報化ビジョンというものを出して、その後、IT化に向けた取り組みが全国各地でやられているんですけれども、本市では豊里で24年ですか、導入をして、宮城県でただ1校なんですよね、その導入をしたのが。その研究成果をきちんと踏まえて多分今回お出しになったと思いますが、今のお話を聞きますと、学校によって差があるということは、先生方は異動して歩きますので、また差が出てくるのではないのかという、いわゆる今の段階でその導入が適切かどうかという判断をする事態としては、まだ早いのではないかという印象を私は持ちました。というのは、先生方、詳しい方もいらっしゃるでしょうけれども、全体のスキルがないのに導入をして、いわゆる宝の持ち腐れになりはしないかということと、あともう一つは去年、コンピューターを全市挙げて全て整備をしたわけです。そのコンピューター利用の実態も検証していない状況の中で、今度はタブレットかということは、子供たちにおもちゃを2つも3つもあてがうような話になりはしないかと。
 もう一つは、タブレット自体がいわゆるセキュリティーの問題だったり、子供たちへの情報の伝達の仕方をきちんとしないと、これは大変なことになるということ、そういう検証といいますか、そういうルール化できたものができてこの導入に至っているのかどうかということが心配なんですけれども、それはどうですか。
 それと、もう一点は、残った学校は年次計画で全部やっていくのか、先ほどお話があったように体制ができた学校からやっていくのか、その辺をお伺いします。
委員長(伊藤吉浩君) 活き生き学校支援室長、菊 祐二郎君。
社会教育次長(志賀 尚君) ただいまの委員のご指摘のことを我々も大変初めに心配したところであります。まず、先ほど言いましたように、職員のスキルがどの程度あるのかと、本当に宝の持ち腐れになりはしないかということを一番危惧したところでございます。それで、先ほど言いましたように、現在の学校の中にどの程度使える職員がいるのかということをまず大きなポイントとして捉えてきたところでございます。調査の結果、1人や2人ではなくて、多いところでは本当に15人、16人使えると、そのような学校もございますし、今回導入する学校は皆5名以上の職員が使えるというような報告でありましたので、まず宝の持ち腐れにはならないだろうと判断をしているところでございます。
 それから、現在、タブレット以外にパソコン教室のパソコンを更新計画をして更新をしているところでございますけれども、基本的にはパソコン室のパソコンとタブレットと使う目的は異なるのかなと考えてございます。という意味では、パソコン室のパソコンはそれとして活用いただけるかなと、そのように思っています。ただし、その活用の実態、どの程度把握しているのかということでございますが、現在その調査は行ってございませんので、その辺はただいま明確にお答えすることはできかねるところであります。
 それから、情報モラルということでございますが、これにつきましても、タブレットでなくてもふだんのパソコンもインターネットにつながってございますので、情報モラル等につきましては各学校でしっかり指導していただいているところでありますし、検証チームの中でもその辺の指導の必要性を再確認しているところでありまして、導入した際にはその辺をしっかり指導していくというところで進めてまいりたいと考えてございます。
 それから、年次計画でございますが、現在、来年度に10校、仮に入ったといたしまして、その後ということでございますが、国の方針もございますし、後々はタブレットを導入してまいりたいと考えてございますが、まずは先ほど言いましたように、うまく市内で活用できるということを見定め、その検証をした上で今後のことを考えてまいりたいと、そのように考えているところであります。
委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。
16番(田口政信君) 実効性が伴うのであればすばらしい取り組みだと思いますが、果たしてそうなのかという疑問が拭えないので、ぜひあとは予算の判断をさせていただきますけれども、ぜひ、もし可決をいただいて導入する経過に至った場合には、今お話しいただいたところを十分注意をいただいて実施をしていただきたいと思うところでございます。あと誰かあると思いますので。
 次に、歴史学習資料館について方向性をお伺いします。この資料館はいわゆる建設予定地が3,000万円で、基本設計業務が3,000万円ですけれども、どういう規模、どういう方向性にあるのか、いわゆる文化財の保存施設としてどのような状況にあるのか、ちょっとお伺いします。
委員長(伊藤吉浩君) 社会教育次長、志賀 尚君。
社会教育次長(志賀 尚君) 別冊1の概要のご説明の時点でちょっとペーパーに出していない部分で追加説明をさせていただきましたが、基本的な考え方として、まず最初に市内全体の文化財施設のあり方、それから今後の方向性について検討いたしております。いわゆる既存の歴史博物館初め、懐古館、それから南方歴史民俗資料館、平筒沼農村自然学習館等、文化財施設があるわけでございますが、それがいわゆるどういう位置づけでどういうふうに今後使っていくべきかということがあって、それを受けてこの歴史学習資料館の整備の考え方を整理してございます。
 基本的には、これまでのその検討の結果を踏まえまして、整備しようとする施設に必要な機能として、指定文化財、いわゆる国、県レベルの指定文化財になり得るものを適正に保存、展示できる設備と面積を有する施設にしたいということと、それから児童生徒の歴史学習の場としてのさらに市民の共同学習の場で交流機能も有する施設というようなことで考えてございます。
 それから、懐古館に収蔵されてございます文化財の保存と伝承、それから建てかえした施設をいわゆる市民協働による持続的な活動のよりどころとなるような施設にしたいと。現在、歴史ガイドボランティアですとか、郷土史研究会の方々がいらっしゃいますので、今度建てかえる施設についてその方々の活動の拠点にもなり得るのではないかと考えてございます。
 それから、最後の視点として、既存の街なみ景観ですとか文化財施設、登米の尋常小学校等の歴史資料館ですとか、水沢県庁ですとか、現在登米の町域にございます文化財との調和のとれたいわゆる施設位置であるべきだろうということで考え方をまとめてございます。
委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。
16番(田口政信君) 質問の仕方が悪くてごめんなさい。長く答弁いただきましたが、私が聞きたいのは、いわゆる登米の懐古館のリニューアルなのか、今お話しになった登米市全体の文化財を包括できるような施設なのかということ、それだけお聞かせください。
委員長(伊藤吉浩君) 社会教育次長、志賀 尚君。
社会教育次長(志賀 尚君) ベースにございますのは、「みやぎの明治村とよま」のまちづくり計画の中での懐古案整備ということがベースになってございますけれども、先ほどお話ししたように、基本は登米市の全市的な視野でその文化財の保存、展示の施設として必要な機能等を考えているということでございます。
委員長(伊藤吉浩君) 田口政信委員。
16番(田口政信君) その全体のエリアをカバーできる施設であるならば、私は将来的には登米の総合支所をリニューアルしていくという手法が、もしかしたら方向性としては何年か後には正しい方向になるのかなと思うんです。そういうことも含めて、ぜひご検討いただきたいということを申し上げて終わります。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 概要の112ページ、ここに石森小学校の大規模改修が見えないんです、計画に載っていたんですけれども。私、地域に行きまして、大規模改修をやるようになっているのにということで言われて、雨の降るときに来てみろと語られました。教育長が語られたのでなく、私が語られたのね。これはどういうふうになっているのか、どういうふうにしていく計画なのかお願いしたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) 石森小学校の大規模改修、ご指摘のとおり平成27年に工事に着工するようなスケジュールでこれまで取り組んでまいりました。そのため、26年度で調査設計を進めてまいったところでございます。ですが、昨年の12月暮れから今年にかけましてなんですけれども、国から県を通じまして、この大規模改修に関しましては3分の1の国庫補助が交付される段取りになっておる事業でございますが、県を通じまして、国の予算どりといいますか、補助金の確保の方向性につきまして、説明が特別にございました。と申しますのは、国の段階におきまして、まだまだ耐震性の乏しい、耐震性の措置が施されていない学校がまだまだあると。確か26年当初の段階では全国で92%ちょっとというような数字だったと思います。これを何とか、東日本大震災のこともございましたので、何とかもっと引き上げたいという国の強い意向がございまして、27年度の予算措置に対しましては、そういった大規模改修、耐震性への予算を重点的に使っていくというような方針が出されまして、今ご指摘のありましたような大規模改修、校舎の改修の工事に対する予算措置補助の手当てにつきましては、非常に厳しくなったというお話がございました。
 伴いまして、大変残念ではあったわけでございますが、その27年度の計画をちょっと断念させていただきまして、後年度へ繰り延べさせていただいている今のところでございます。ですが、その大規模改修につきましては、米岡小学校も同様でございますが、手をおろした、申請を取り下げたということではなくて、引き続きその辺は28年度以降になりますけれども、取り込んでいただけるように引き続き強く要請をしてまいりたいところでございます。よろしくご理解をいただきたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 大規模改修どうのこうのではなくて、雨の漏らないようにしてもらいたい。とにかくそういうひどい状況にあるということなんです。いかがでしょうか、もう一回お願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) 市内、石森小学校さんのみならず、いろいろ経年劣化で傷みが出て、さまざまな要望が出てございます。そういったところは毎年毎年調査をしながら、また学校現場、地域の方々からの情報もいただきながら速やかにその現状を把握して対応しているつもりでございます。ご指摘にありました石森小学校に関しましてのいわゆる雨漏り、これは私どもといたしましても以前から承知はしておるんですが、原因がなかなかつかめないと。この辺であろうというところはそれなりに手当てはしておるのですが、完全にそれを防御できないという状況にございました。今後も大規模改修、残念ながら今見送っている状況にございますが、学校の校長先生にもお話はしておりますが、できる限り手当てするようにこれからも望んでまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 児童に対する肥満のことについて、今年度の27年度にどのように取り組むかという内容等、26年度の実績はいかがでしたか。簡潔明瞭にお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 答弁を求めます。
 暫時休憩します。
          休憩 午後3時48分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時49分
委員長(伊藤吉浩君) 再開します。
 学校教育次長、千葉一吉君。
学校教育次長(千葉一吉君) ただいまのご質問でございますが、おわかりのとおり、先日3款でもお話ししましたが、健康推進課と一緒に2校……(「結果を聞いてるの。」の声あり)というような、保護者と児童も含めた調査をしておりますが、その結果についてはまだ報告されておりません。
委員長(伊藤吉浩君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) ここに実施要綱がちゃんとあるんです。8月下旬、結果に基づく事後指導、どうやって事後指導するんですか、結果に基づいて。ちゃんと実施要綱であって、8月下旬には、昨年の結果に基づく事後指導、もう3月になる、事後指導の結果どういうふうになっているか、できていて当然。
 それから、もう一つ言います。この指定が上沼小学校と新田小学校、昨年の登米市の保健委員会の養護教諭の方たちが作成した26年度の資料によると、この小学校は10%を切っている肥満度、10%ちょっと。それよりも40%、50%のところがある。そういうところをしっかりどのように27年でやるか。大した問題のないところを一生懸命指定してやってどうするんですか。この資料によると、平均30%、中にはある小学校の5年生では50%のところもあるんですよ、肥満度。一体このことについて27年はどうなんですか。しっかり答弁をお願いします。
委員長(伊藤吉浩君) 学校教育管理監、小野寺文晃君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 今、沼倉委員からご指摘いただいたところですけれども、学校保健委員会の統計につきましては5年生という限定でございます。全学年も含めて再度調査をかけて、多い学校に特化した形で進めてまいりたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) もともと低くてあまり結果の出ないところを指定しているんですよ。だから、結果がどうだったのと聞いているの。もともといいところだもの、そんなに改善できるわけがない。結局、やる気がないんだよ、はっきり言えばね。子供の肥満を将来、生活習慣病で大きい病気にならないように本当に教育委員会で考えているんですか。私は、平成27年度2校でなくて、もっといろんなところにしっかり半年後にこの程度肥満度が改善しました、そういう姿勢が欲しいんですけれども、教育長いかがですか。
委員長(伊藤吉浩君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 市内の特に小学校の5年生、6年生とかの肥満度、確かに数値は高いというのが実態でございます。先ほど管理監も答弁しましたように、まず実態をしっかりと捉えて対策を練らなくてはならないということですが、まず学校には当然のことながら校庭があるわけですので、よく校庭をしっかり使うこと。そしてあと校長会議等でいつも話はしているんですが、実はそういった肥満とか、あるいは体力とかを含めて維持向上させるには、毎日のいわゆる通学というのは非常に大事でありまして、今、通学の実態などもいろいろ見てみますと、車での送迎とかがかなり多いです。そういったことも含めて、可能な限り徒歩、あるいは自転車、そういったことで通学等を進めるようにということで指導もしているところでございます。いずれにしても、体を十分動かすというようなことが何より肥満度、あるいは食育の件からの一つのアプローチもあるかと思いますが、まず体を十分動かすということで、特に小学校等では遊具等の使用、そういったことにもぜひ積極的に取り組むようにということでの指導をしているところでございます。
 もう一方は、養護教諭部会と連携しながら、あるいは栄養士との連携とか、そういったことを通したいわゆる食育指導、健康教育指導、そういった観点から迫っていかなければいけないのかなというように考えております。
委員長(伊藤吉浩君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) これ、市民生活部の保健の担当のほうから資料をいただいたんですよ。残念ながら、教育委員会としっかり連携がとれていない、現実は。だから、やったという話はあるけれども、結果がどうだったか、どれだけ肥満度が改善したか何にもない。本当は、今、教育長がいるのであれば、一般質問で言ったように、各学校1日10分間、みんなで校庭を走る、そういった運動を、本当にどうも危機感がないのかなという気がします。学年によって50%を超えている、今5年生でですよ、40を超えている、44というところもある。こんなにひどいのに、本当に子供たちは健康なんですか。もっと勉強はもちろん大切だけれども、心も体もしっかり健康じゃないと困るんですよ。だから、言っているんです。しっかりと全小学校の校長先生に1日何分間運動場でみんなで先生も一緒になって汗を流す、そういった目標がないと、ただ単にさっきのパークゴルフと同じで言いっ放し、結果は何も出てこない。これ、数字で出ているんですよ。ぜひお願いします、もう一度。
委員長(伊藤吉浩君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 各学校での取り組みというのは、実はいろいろ、例えばこの時期ですと縄跳びを使った運動とか、そういったのを定期的にやって、目標を決めて取り組んでいる学校もございます。肥満度の解消といいますか、解決に当たっては、この数値を下げていくには、家庭の協力も実は必要でありまして、そういったことも含めてなお一層、今、委員のおっしゃった内容をしっかりと受けとめて取り組んでまいりたいと思います。
委員長(伊藤吉浩君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) こっちの左側と違って、教育委員会の場合は、学力も点数、肥満度もちゃんと数字で出ているんですからね。数値でしっかり改善してください。
 次に、ちょっと時間がなくなったけれども、文化振興について、成果表で118ページかな、お伺いします。
 内容は、文化振興についてであります。この文化振興、うたい文句はとてもいいんですけれども、最近、例えばなかだの秋まつり、いろんな文化関係を展示する、文化事業については趣味という見方をされているんですけれども、結果的には社会教育として文化事業を全然育てていっていない実態がある。ですから、どこの文化関係に行っても、どんどんと内容が縮小されている。ほかの町ははっきりわかりませんけれども、中田にとっていろんな文化事業、教室、どんどんと縮小されている。これが登米市にとって将来本当に趣味というふうに文化を定義づけてよろしいんですか。教育長、これですね、しっかりと誰かが核になって教育委員会で社会教育という分野でこの文化振興をやっていかないと、将来はどんどんとなくなっていきますけれども、そういった危惧は教育長はないんですか。
委員長(伊藤吉浩君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 文化振興も教育委員会の非常に大事な取り組みを進めている分野でございます。今年度もさまざま取り組みを進めてまいりまして、具体的にその反省点なども踏まえて、次年度の計画を立てたりしているところでございますけれども、そのための一つの取り組みとして、まず教育委員会内部の組織での文化振興係といいますか、その部分をもっと集中的に取り組めるような組織化を図ろうというようなことで、教育委員会の組織を来年度大きく改めております。その中に一つに、その文化振興に関するいわゆる質といいますか、そういった取り組みをするセクションを設けておりますので、もちろん予算の範囲内での取り組みにはなりますが、内容的には充実できるような一つの見通しはつくかなと考えております。
委員長(伊藤吉浩君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) ぜひ内容を見せていただきます。というのは、ありとあらゆるものの中に、誰かが入っていかないと、文化振興を誰かがやっていますというだけでは、本当にやっているそのグループに職員が入っていかないと、ただかけ声だけ。それでは教育長、困りますので、しっかりと組織をつくるのであれば、あらゆる文化団体の中に職員が顔を出す、どのように活動しているかを見る、そういったことをぜひやってください。これはお願いです。答弁要りません。
委員長(伊藤吉浩君) ほかに質疑はございませんか。佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 指定管理について、公民館であるとか公民館類似施設、または体育館、こうしたところ、人件費等でかなり浮いているかと思うんですけれども、その施設、例えばなかだアリーナですと、冬場に事業をやる。そのときに雪が降ってきて、駐車場がかなり広いんですけれども、その雪かきをする予算がないので頼めないというか、こういう事態が発生したり、またそのトレーニング機具等が故障して使えなくなって、更新しなければならない。これもやっていただけないんでしょうか。そういうふうに突然に雪が降ってきて支障を来すわけですから、こういう事業、これが支障なくやれるような手だては講じられないでしょうか。
委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 常々ご迷惑をおかけしているところでございます。クラブにおいては、クラブ員総出でトラクターを持ってきてみたりとかいったような形で、自分たちで活動しているところもございます。その緊急というようなやつについてですけれども、これまでは考えもしておりませんでした。年間よろしくお願いしますというような状況でございまして、今後面積が大変な面積でございます。除雪といっても本当に大変な状況でございます。何回かお話をお伺いしておりますけれども、今後検討してまいりたいというような考えでおります。
委員長(伊藤吉浩君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) トレーニング等のそうしたものについては。
委員長(伊藤吉浩君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) どうも失礼しました。トレーニング機器も、例えば5万円、10万円ぐらいだったら何ということもないんですけれども、結構多額なトレーニング機械でございます。体育館、雨漏り一つ、それからあとは何一つというとき、なかなか低い建物だったらいいんですけれども、そうして小さい金額だったらいいんですけれども、結構金額がかさみますので、これも相談させていただいて、計画的にというような形で今考えておりまして、大きなところというようなことで登米、それからあと中田、今年度あと迫を重点的にというようなことを考えております。
委員長(伊藤吉浩君) 質疑の途中でありますが、本日の会議はこの程度とし、これで散会したいと思います。
 なお、次の会議は、あす3月6日午前10時から行います。
 本日はこれで散会します。
 大変ご苦労さまでございました。
          散会 午後4時03分

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>