•   0  (日程・名簿)
  •   1  議長(田口久義)
  •   2  20番(熊谷憲雄)
  •   3  議長(田口久義)
  •   4  市長(布施孝尚)
  •   5  議長(田口久義)
  •   6  教育長(片倉敏明)
  •   7  議長(田口久義)
  •   8  20番(熊谷憲雄)
  •   9  議長(田口久義)
  •  10  社会教育次長(鈴木均)
  •  11  議長(田口久義)
  •  12  20番(熊谷憲雄)
  •  13  議長(田口久義)
  •  14  社会教育次長(鈴木均)
  •  15  議長(田口久義)
  •  16  20番(熊谷憲雄)
  •  17  議長(田口久義)
  •  18  教育長(片倉敏明)
  •  19  議長(田口久義)
  •  20  20番(熊谷憲雄)
  •  21  議長(田口久義)
  •  22  社会教育次長(鈴木均)
  •  23  議長(田口久義)
  •  24  20番(熊谷憲雄)
  •  25  議長(田口久義)
  •  26  総務部長(佐藤順悦)
  •  27  議長(田口久義)
  •  28  20番(熊谷憲雄)
  •  29  議長(田口久義)
  •  30  総務部長(佐藤順悦)
  •  31  議長(田口久義)
  •  32  20番(熊谷憲雄)
  •  33  議長(田口久義)
  •  34  総務部長(佐藤順悦)
  •  35  議長(田口久義)
  •  36  20番(熊谷憲雄)
  •  37  議長(田口久義)
  •  38  総務部長(佐藤順悦)
  •  39  議長(田口久義)
  •  40  20番(熊谷憲雄)
  •  41  議長(田口久義)
  •  42  総務部長(佐藤順悦)
  •  43  議長(田口久義)
  •  44  20番(熊谷憲雄)
  •  45  議長(田口久義)
  •  46  議長(田口久義)
  •  47  市長(布施孝尚)
  •  48  議長(田口久義)
  •  49  産業経済部長(秋山茂幸)
  •  50  議長(田口久義)
  •  51  8番(岩淵正宏)
  •  52  議長(田口久義)
  •  53  総務部長(佐藤順悦)
  •  54  議長(田口久義)
  •  55  23番(二階堂一男)
  •  56  議長(田口久義)
  •  57  産業経済部長(秋山茂幸)
  •  58  議長(田口久義)
  •  59  23番(二階堂一男)
  •  60  議長(田口久義)
  •  61  産業経済部長(秋山茂幸)
  •  62  議長(田口久義)
  •  63  23番(二階堂一男)
  •  64  議長(田口久義)
  •  65  産業経済部長(秋山茂幸)
  •  66  議長(田口久義)
  •  67  企画部長(田口俊郎)
  •  68  議長(田口久義)
  •  69  6番(浅野敬)
  •  70  議長(田口久義)
  •  71  6番(浅野敬)
  •  72  議長(田口久義)
  •  73  市民活動支援課長(星茂喜)
  •  74  議長(田口久義)
  •  75  6番(浅野敬)
  •  76  議長(田口久義)
  •  77  議長(田口久義)
  •  78  議長(田口久義)
  •  79  議長(田口久義)
  •  80  議長(田口久義)
  •  81  議長(田口久義)
  •  82  市長(布施孝尚)
  •  83  議長(田口久義)
  •  84  産業経済部長(秋山茂幸)
  •  85  議長(田口久義)
  •  86  議長(田口久義)
  •  87  議長(田口久義)
  •  88  議長(田口久義)
  •  89  議長(田口久義)
  •  90  市長(布施孝尚)
  •  91  議長(田口久義)
  •  92  市民生活部長(志賀尚)
  •  93  議長(田口久義)
  •  94  議長(田口久義)
  •  95  議長(田口久義)
  •  96  議長(田口久義)
  •  97  議長(田口久義)
  •  98  議長(田口久義)
  •  99  議長(田口久義)
  • 100  議長(田口久義)
  • 101  議長(田口久義)
  • 102  市長(布施孝尚)
  • 103  議長(田口久義)
  • 104  消防本部消防長(菅原輝雄)
  • 105  議長(田口久義)
  • 106  23番(二階堂一男)
  • 107  議長(田口久義)
  • 108  消防本部消防長(菅原輝雄)
  • 109  議長(田口久義)
  • 110  14番(伊藤栄)
  • 111  議長(田口久義)
  • 112  市長(布施孝尚)
  • 113  議長(田口久義)
  • 114  議長(田口久義)
  • 115  議長(田口久義)
  • 116  議長(田口久義)
  • 117  議長(田口久義)
  • 118  市長(布施孝尚)
  • 119  議長(田口久義)
  • 120  企画部長(田口俊郎)
  • 121  議長(田口久義)
  • 122  議長(田口久義)
  • 123  議長(田口久義)
  • 124  議長(田口久義)
  • 125  議長(田口久義)
  • 126  市長(布施孝尚)
  • 127  議長(田口久義)
  • 128  総務部長(佐藤順悦)
  • 129  議長(田口久義)
  • 130  12番(及川昌憲)
  • 131  議長(田口久義)
  • 132  農業委員会事務局長(阿部清喜)
  • 133  議長(田口久義)
  • 134  議長(田口久義)
  • 135  議長(田口久義)
  • 136  議長(田口久義)
  • 137  議長(田口久義)
  • 138  市長(布施孝尚)
  • 139  議長(田口久義)
  • 140  市民生活部長(志賀尚)
  • 141  議長(田口久義)
  • 142  16番(田口政信)
  • 143  議長(田口久義)
  • 144  市民生活部長(志賀尚)
  • 145  議長(田口久義)
  • 146  16番(田口政信)
  • 147  議長(田口久義)
  • 148  市民生活部長(志賀尚)
  • 149  議長(田口久義)
  • 150  議長(田口久義)
  • 151  議長(田口久義)
  • 152  議長(田口久義)
  • 153  議長(田口久義)
  • 154  議長(田口久義)
  • 155  市長(布施孝尚)
  • 156  議長(田口久義)
  • 157  社会教育次長(鈴木均)
  • 158  議長(田口久義)
  • 159  7番(關孝)
  • 160  議長(田口久義)
  • 161  社会教育次長(鈴木均)
  • 162  議長(田口久義)
  • 163  7番(關孝)
  • 164  議長(田口久義)
  • 165  社会教育次長(鈴木均)
  • 166  議長(田口久義)
  • 167  7番(關孝)
  • 168  議長(田口久義)
  • 169  社会教育次長(鈴木均)
  • 170  議長(田口久義)
  • 171  議長(田口久義)
  • 172  議長(田口久義)
  • 173  議長(田口久義)
  • 174  議長(田口久義)
  • 175  市長(布施孝尚)
  • 176  議長(田口久義)
  • 177  社会教育次長(鈴木均)
  • 178  議長(田口久義)
  • 179  議長(田口久義)
  • 180  議長(田口久義)
  • 181  議長(田口久義)
  • 182  議長(田口久義)
  • 183  市長(布施孝尚)
  • 184  議長(田口久義)
  • 185  社会教育次長(鈴木均)
  • 186  議長(田口久義)
  • 187  議長(田口久義)
  • 188  議長(田口久義)
  • 189  議長(田口久義)
  • 190  議長(田口久義)
  • 191  市長(布施孝尚)
  • 192  議長(田口久義)
  • 193  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 194  議長(田口久義)
  • 195  16番(田口政信)
  • 196  議長(田口久義)
  • 197  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 198  議長(田口久義)
  • 199  議長(田口久義)
  • 200  議長(田口久義)
  • 201  議長(田口久義)
  • 202  議長(田口久義)
  • 203  市長(布施孝尚)
  • 204  議長(田口久義)
  • 205  建設部長(鈴木俊夫)
  • 206  議長(田口久義)
  • 207  議長(田口久義)
  • 208  議長(田口久義)
  • 209  議長(田口久義)
  • 210  議長(田口久義)
  • 211  市長(布施孝尚)
  • 212  議長(田口久義)
  • 213  建設部長(鈴木俊夫)
  • 214  議長(田口久義)
  • 215  23番(二階堂一男)
  • 216  議長(田口久義)
  • 217  建設部長(鈴木俊夫)
  • 218  議長(田口久義)
  • 219  住宅都市整備課長(中津川源正)
  • 220  議長(田口久義)
  • 221  3番(佐々木幸一)
  • 222  議長(田口久義)
  • 223  住宅都市整備課長(中津川源正)
  • 224  議長(田口久義)
  • 225  議長(田口久義)
  • 226  議長(田口久義)
  • 227  議長(田口久義)
  • 228  議長(田口久義)
  • 229  市長(布施孝尚)
  • 230  議長(田口久義)
  • 231  建設部長(鈴木俊夫)
  • 232  議長(田口久義)
  • 233  議長(田口久義)
  • 234  議長(田口久義)
  • 235  議長(田口久義)
  • 236  議長(田口久義)
  • 237  市長(布施孝尚)
  • 238  議長(田口久義)
  • 239  建設部長(鈴木俊夫)
  • 240  議長(田口久義)
  • 241  議長(田口久義)
  • 242  議長(田口久義)
  • 243  議長(田口久義)
  • 244  議長(田口久義)
  • 245  市長(布施孝尚)
  • 246  議長(田口久義)
  • 247  社会教育次長(鈴木均)
  • 248  議長(田口久義)
  • 249  23番(二階堂一男)
  • 250  議長(田口久義)
  • 251  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 252  議長(田口久義)
  • 253  23番(二階堂一男)
  • 254  議長(田口久義)
  • 255  社会教育次長(鈴木均)
  • 256  議長(田口久義)
  • 257  12番(及川昌憲)
  • 258  議長(田口久義)
  • 259  教育長(片倉敏明)
  • 260  議長(田口久義)
  • 261  16番(田口政信)
  • 262  議長(田口久義)
  • 263  社会教育次長(鈴木均)
  • 264  議長(田口久義)
  • 265  社会教育次長(鈴木均)
  • 266  議長(田口久義)
  • 267  16番(田口政信)
  • 268  議長(田口久義)
  • 269  社会教育次長(鈴木均)
  • 270  議長(田口久義)
  • 271  市民生活部長(志賀尚)
  • 272  議長(田口久義)
  • 273  建設部長(鈴木俊夫)
  • 274  議長(田口久義)
  • 275  16番(田口政信)
  • 276  議長(田口久義)
  • 277  社会教育次長(鈴木均)
  • 278  議長(田口久義)
  • 279  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 280  議長(田口久義)
  • 281  12番(及川昌憲)
  • 282  議長(田口久義)
  • 283  社会教育次長(鈴木均)
  • 284  議長(田口久義)
  • 285  社会教育次長(鈴木均)
  • 286  議長(田口久義)
  • 287  12番(及川昌憲)
  • 288  議長(田口久義)
  • 289  社会教育次長(鈴木均)
  • 290  議長(田口久義)
  • 291  7番(關孝)
  • 292  議長(田口久義)
  • 293  社会教育次長(鈴木均)
  • 294  議長(田口久義)
  • 295  7番(關孝)
  • 296  議長(田口久義)
  • 297  社会教育次長(鈴木均)
  • 298  議長(田口久義)
  • 299  7番(關孝)
  • 300  議長(田口久義)
  • 301  市長(布施孝尚)
  • 302  議長(田口久義)
  • 303  議長(田口久義)
  • 304  議長(田口久義)
  • 305  議長(田口久義)
  • 306  議長(田口久義)
  • 307  議長(田口久義)
  • 308  市長(布施孝尚)
  • 309  議長(田口久義)
  • 310  福祉事務所長(千葉幸毅)
  • 311  議長(田口久義)
  • 312  議長(田口久義)
  • 313  議長(田口久義)
  • 314  議長(田口久義)
  • 315  議長(田口久義)
  • 316  市長(布施孝尚)
  • 317  議長(田口久義)
  • 318  医療局次長(千葉博行)
  • 319  議長(田口久義)
  • 320  議長(田口久義)
  • 321  議長(田口久義)
  • 322  議長(田口久義)
  • 323  議長(田口久義)
  • 324  市長(布施孝尚)
  • 325  議長(田口久義)
  • 326  福祉事務所長(千葉幸毅)
  • 327  議長(田口久義)
  • 328  議長(田口久義)
  • 329  議長(田口久義)
  • 330  議長(田口久義)
  • 331  議長(田口久義)
  • 332  市長(布施孝尚)
  • 333  議長(田口久義)
  • 334  建設部長(鈴木俊夫)
  • 335  議長(田口久義)
  • 336  議長(田口久義)
  • 337  議長(田口久義)
  • 338  議長(田口久義)
  • 339  議長(田口久義)
  • 340  市長(布施孝尚)
  • 341  議長(田口久義)
  • 342  福祉事務所長(千葉幸毅)
  • 343  議長(田口久義)
  • 344  議長(田口久義)
  • 345  議長(田口久義)
  • 346  議長(田口久義)
  • 347  議長(田口久義)
  • 348  市長(布施孝尚)
  • 349  議長(田口久義)
  • 350  総務部長(佐藤順悦)
  • 351  議長(田口久義)
  • 352  議長(田口久義)
  • 353  議長(田口久義)
  • 354  議長(田口久義)
  • 355  議長(田口久義)
  • 356  議長(田口久義)
  • 357  市長(布施孝尚)
  • 358  議長(田口久義)
  • 359  社会教育次長(鈴木均)
  • 360  議長(田口久義)
  • 361  議長(田口久義)
  • 362  議長(田口久義)
  • 363  議長(田口久義)
  • 364  議長(田口久義)
  • 365  社会教育次長(鈴木均)
  • 366  議長(田口久義)
  • 367  8番(岩淵正宏)
  • 368  議長(田口久義)
  • 369  社会教育次長(鈴木均)
  • 370  議長(田口久義)
  • 371  8番(岩淵正宏)
  • 372  議長(田口久義)
  • 373  議長(田口久義)
  • 374  議長(田口久義)
  • 375  議長(田口久義)
  • 376  議長(田口久義)
  • 377  社会教育次長(鈴木均)
  • 378  議長(田口久義)
  • 379  8番(岩淵正宏)
  • 380  議長(田口久義)
  • 381  社会教育次長(鈴木均)
  • 382  議長(田口久義)
  • 383  議長(田口久義)
  • 384  議長(田口久義)
  • 385  議長(田口久義)
  • 386  議長(田口久義)
  • 387  社会教育次長(鈴木均)
  • 388  議長(田口久義)
  • 389  7番(關孝)
  • 390  議長(田口久義)
  • 391  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 392  議長(田口久義)
  • 393  7番(關孝)
  • 394  議長(田口久義)
  • 395  社会教育次長(鈴木均)
  • 396  議長(田口久義)
  • 397  11番(佐々木一)
  • 398  議長(田口久義)
  • 399  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 400  議長(田口久義)
  • 401  議長(田口久義)
  • 402  議長(田口久義)
  • 403  議長(田口久義)
  • 404  議長(田口久義)
  • 405  社会教育次長(鈴木均)
  • 406  議長(田口久義)
  • 407  16番(田口政信)
  • 408  議長(田口久義)
  • 409  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 410  議長(田口久義)
  • 411  16番(田口政信)
  • 412  議長(田口久義)
  • 413  社会教育次長(鈴木均)
  • 414  議長(田口久義)
  • 415  議長(田口久義)
  • 416  議長(田口久義)
  • 417  議長(田口久義)
  • 418  議長(田口久義)
  • 419  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 420  議長(田口久義)
  • 421  10番(中澤宏)
  • 422  議長(田口久義)
  • 423  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 424  議長(田口久義)
  • 425  12番(及川昌憲)
  • 426  議長(田口久義)
  • 427  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 428  議長(田口久義)
  • 429  12番(及川昌憲)
  • 430  議長(田口久義)
  • 431  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 432  議長(田口久義)
  • 433  産業経済部次長(遠藤仁)
  • 434  議長(田口久義)
  • 435  12番(及川昌憲)
  • 436  議長(田口久義)
  • 437  産業経済部次長(遠藤仁)
  • 438  議長(田口久義)
  • 439  農産園芸畜産課長(大久保仁)
  • 440  議長(田口久義)
  • 441  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 442  議長(田口久義)
  • 443  議長(田口久義)
  • 444  議長(田口久義)
  • 445  議長(田口久義)
  • 446  議長(田口久義)
  • 447  議長(田口久義)
  • 448  社会教育次長(鈴木均)
  • 449  議長(田口久義)
  • 450  3番(佐々木幸一)
  • 451  議長(田口久義)
  • 452  社会教育次長(鈴木均)
  • 453  議長(田口久義)
  • 454  3番(佐々木幸一)
  • 455  議長(田口久義)
  • 456  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 457  議長(田口久義)
  • 458  3番(佐々木幸一)
  • 459  議長(田口久義)
  • 460  社会教育次長(鈴木均)
  • 461  議長(田口久義)
  • 462  25番(佐藤恵喜)
  • 463  議長(田口久義)
  • 464  社会教育次長(鈴木均)
  • 465  議長(田口久義)
  • 466  25番(佐藤恵喜)
  • 467  議長(田口久義)
  • 468  社会教育次長(鈴木均)
  • 469  議長(田口久義)
  • 470  25番(佐藤恵喜)
  • 471  議長(田口久義)
  • 472  社会教育次長(鈴木均)
  • 473  議長(田口久義)
  • 474  社会教育次長(鈴木均)
  • 475  議長(田口久義)
  • 476  10番(中澤宏)
  • 477  議長(田口久義)
  • 478  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 479  議長(田口久義)
  • 480  10番(中澤宏)
  • 481  議長(田口久義)
  • 482  社会教育次長(鈴木均)
  • 483  議長(田口久義)
  • 484  10番(中澤宏)
  • 485  議長(田口久義)
  • 486  教育長(片倉敏明)
  • 487  議長(田口久義)
  • 488  7番(關孝)
  • 489  議長(田口久義)
  • 490  社会教育次長(鈴木均)
  • 491  議長(田口久義)
  • 492  7番(關孝)
  • 493  議長(田口久義)
  • 494  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 495  議長(田口久義)
  • 496  社会教育次長(鈴木均)
  • 497  議長(田口久義)
  • 498  7番(關孝)
  • 499  議長(田口久義)
  • 500  社会教育次長(鈴木均)
  • 501  議長(田口久義)
  • 502  議長(田口久義)
  • 503  議長(田口久義)
  • 504  議長(田口久義)
  • 505  議長(田口久義)
  • 506  議長(田口久義)
  • 507  社会教育次長(鈴木均)
  • 508  議長(田口久義)
  • 509  16番(田口政信)
  • 510  議長(田口久義)
  • 511  社会教育次長(鈴木均)
  • 512  議長(田口久義)
  • 513  社会教育次長(鈴木均)
  • 514  議長(田口久義)
  • 515  16番(田口政信)
  • 516  議長(田口久義)
  • 517  社会教育次長(鈴木均)
  • 518  議長(田口久義)
  • 519  16番(田口政信)
  • 520  議長(田口久義)
  • 521  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 522  議長(田口久義)
  • 523  議長(田口久義)
  • 524  議長(田口久義)
  • 525  議長(田口久義)
  • 526  議長(田口久義)
  • 527  市長(布施孝尚)
  • 528  議長(田口久義)
  • 529  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 530  議長(田口久義)
  • 531  議長(田口久義)
  • 532  議長(田口久義)
  • 533  議長(田口久義)
  • 534  議長(田口久義)
      平成26年第1回登米市議会 定 例 会 会議録(第6号)
 平成26年3月6日(木曜日)
1.出席議員(20名)
   2番 日 下   俊 君       3番 佐々木 幸 一 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 岩 淵 正 宏 君
   9番 伊 藤 吉 浩 君      10番 中 澤   宏 君
  11番 佐々木   一 君      12番 及 川 昌 憲 君
  13番 佐 藤 尚 哉 君      14番 伊 藤   栄 君
  16番 田 口 政 信 君      18番 星   順 一 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君      21番 及 川 長太郎 君
  23番 二階堂 一 男 君      24番 八 木 しみ子 君
  25番 佐 藤 恵 喜 君
  議 長 田 口 久 義 君
1.欠席議員(6名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       4番 氏 家 英 人 君
  15番 浅 田   修 君      17番 沼 倉 利 光 君
  19番 相 澤 吉 悦 君      22番 庄 子 喜 一 君
1.遅刻議員(なし)
1.早退議員(なし)
   6番 浅 野   敬 君      20番 熊 谷 憲 雄 君
1.中座議員(1名)
  10番 中 澤   宏 君
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君   副  市  長  藤 井 敏 和 君
  総 務 部 長  佐 藤 順 悦 君   企 画 部 長  田 口 俊 郎 君
  市民生活部長   志 賀   尚 君   産業経済部長   秋 山 茂 幸 君
  建 設 部 長  鈴 木 俊 夫 君   市長公室長    神 田 雅 春 君
  財 政 課 長  加 藤   均 君   福祉事務所長   千 葉 幸 毅 君
  危機管理監    熊 谷   一 君   会計管理者    高 橋 清 彦 君
  環境事業所長   阿 部   信 君   教  育  長  片 倉 敏 明 君
  教 育 次 長              教 育 次 長
  (学校教育)   佐 藤 賀津雄 君   (社会教育)   鈴 木   均 君
  病院事業管理者  石 井   洋 君   水道事業所長   佐々木 秀 悦 君
  消 防 本 部
  消  防  長  菅 原 輝 雄 君   医療局次長    千 葉 博 行 君
  監 査 委 員              農業委員会
  事 務 局 長  千 葉 久 義 君   事 務 局 長  阿 部 清 喜 君
  人 事 課 長  大 森 國 弘 君   土木管理課長   首 藤 正 敏 君
  企画部次長    中 澤 和 志 君   下水道課長    吉 野 晴 彦 君
  住 宅 都 市              市 民 活 動
  整 備 課 長  中津川 源 正 君   支 援 課 長  星   茂 喜 君
  環 境 課 長  佐々木 修 一 君   生涯学習課長   佐々木 洋 一 君
                       農 産 園 芸
  子育て支援課長  小野寺 千 秋 君   畜 産 課 長  大久保   仁 君
  産業経済部次長  遠 藤   仁 君   生活福祉課長   菊 地 治 美 君
1.事務局出席職員氏名
                       議会事務局
  議会事務局長   佐 藤 昌 彦 君   次     長  佐 藤 真 吾 君
  議会事務局                議会事務局
  主幹兼議事                議事・調査係
  ・調査係長    高 橋 正 博 君   主     査  加 藤 善 己 君
  議会事務局                議会事務局
  議事・調査係               議事・調査係
  主     査  浅 井 顕 裕 君   主     事  稲 辺 大 裕 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 会議録署名議員の指名
  第2 一般質問
  第3 議案第21号 登米市南方大岳生活改善センター条例を廃止する条例について
  第4 議案第22号 登米市登米林業活動センター条例を廃止する条例について
  第5 議案第59号 登米市簡易給水施設条例を廃止する条例について
  第6 議案第60号 登米市簡易給水施設整備事業分担金徴収条例を廃止する条例について
  第7 議案第23号 登米市消防長及び消防署長の資格を定める条例の制定について
  第8 議案第24号 登米市東和多目的集会施設条例の一部を改正する条例について
  第9 議案第25号 登米市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例
           の一部を改正する条例について
  第10 議案第26号 登米市手数料条例の一部を改正する条例について
  第11 議案第27号 登米市社会教育委員に関する条例の一部を改正する条例について
  第12 議案第28号 登米市公民館条例の一部を改正する条例について
  第13 議案第29号 登米市ふれあいセンター条例の一部を改正する条例について
  第14 議案第30号 登米市公園条例の一部を改正する条例について
  第15 議案第31号 登米市道路占用料条例の一部を改正する条例について
  第16 議案第32号 登米市都市公園条例の一部を改正する条例について
  第17 議案第33号 登米市農業集落排水事業条例の一部を改正する条例について
  第18 議案第34号 登米市営住宅条例の一部を改正する条例について
  第19 議案第35号 登米市青少年問題協議会設置条例の一部を改正する条例について
  第20 議案第36号 登米市障害程度区分認定審査会の委員の定数等を定める条例の一部を
           改正する条例について
  第21 議案第37号 登米市医学生奨学金等貸付条例の一部を改正する条例について
  第22 議案第38号 登米市児童活動センター条例の一部を改正する条例について
  第23 議案第39号 登米市定住促進住宅条例の一部を改正する条例について
  第24 議案第40号 登米市緊急避難用住宅設置条例の一部を改正する条例について
  第25 議案第41号 登米市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正す
           る条例の一部を改正する条例について
  第26 議案第50号 指定管理者の指定について(登米市森公民館)
  第27 議案第51号 指定管理者の指定について(石森ふれあいセンター)
  第28 議案第52号 指定管理者の指定について(宝江ふれあいセンター)
  第29 議案第53号 指定管理者の指定について(上沼ふれあいセンター)
  第30 議案第54号 指定管理者の指定について(浅水ふれあいセンター)
  第31 議案第55号 指定管理者の指定について(登米市有機センター)
  第32 議案第56号 指定管理者の指定について(登米市米山体育館、登米市吉田運動場及
           び登米市中津山運動場)
  第33 議案第57号 指定管理者の指定について(登米市南方武道伝承館、登米市南方総合
           運動場及び登米市南方中央運動広場)
  第34 議案第58号 指定管理者の再指定について(中田農産物直売所及び中田農産物加工
           所)
          開会 午前10時00分
議長(田口久義君) おはようございます。
 ただいまから平成26年第1回登米市議会定例会6日目の会議を開きます。
 1番、熊谷和弘君、4番、氏家英人君、15番、浅田 修君、17番、沼倉利光君、19番、相澤吉悦君、22番、庄子喜一君から欠席の届け出があります。
 20番、熊谷憲雄君から早退の届け出があります。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第90条の規定により、13番、佐藤尚哉君、14番、伊藤 栄君を指名します。
 日程第2、3月4日に引き続き、一般質問を行います。
 通告の順序に質問を許可します。
 20番、熊谷憲雄君の質問を許します。20番、熊谷憲雄君。
20番(熊谷憲雄君) 20番、熊谷憲雄です。今までこういうふうに日を隔てて一般質問するのは市議会になってから初めてかなということで、どうぞ我慢して聞いていただきます。
 1つ目といたしまして、「職員の定員適正配置」について。平成の大合併による登米市誕生から9年目を終えようとしております。行財政改革のもと、職員の削減は当初計画どおりの成果は上がったと思うのでございますが、次の点についてお伺いいたします。
 1つ、市民サービスの低下は。
 2つ、残業の増につながっていないか。
 3番目といたしまして、削減による職員の業務の負担がふえていないか。
 4番目といたしまして長期休職の実態はいかがになっておりますでしょうか。
 大きい2番目といたしまして「パークゴルフ場の建設」について。一般質問で数回私も質問いたしました。また、同僚議員も複数回質問されておりますが、現段階での計画はどの程度進んでいるのか、お伺いするものでございます。
 大きい3番目といたしましては「野球場の整備」について。合併前の旧町域でございますが、1カ所から3カ所ほど野球施設はあると思うんですが、どの施設もスコアボードがなかったり、あるにしても破損していたりしております。それは整備する必要があると思うんでございますが、いかがでしょうか。
 加えまして、硬式の野球をする、野球の試合をする球場もこの辺で考えてみてはいかがでしょうか。以上、ご質問いたします。
議長(田口久義君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、20番、熊谷憲雄議員のご質問にお答えさせていただきます。
 私からは、「職員の定員適正配置」についてお答えさせていただき、「パークゴルフ場の建設」「野球場の整備」につきましては、教育長より答弁させます。
 「職員の定員適正配置」についてでありますが、本市におきましては簡素で効率的な組織運営を図るため、定員適正化に取り組み、合併以後平成25年当初までに職員502人、人件費約126億円を削減するなど、組織の効率化や財政の健全化等に一定の成果があったものと認識しております。
 これら職員数の削減によります「市民サービスの低下は」とのご質問でありますが、職員が少なくなったことにより、市民の皆様との接点が少なくなったとの印象を持たれる方もいらっしゃることは事実であります。
 私どもといたしましては、職員数の削減により市民サービスの低下に陥らないようさまざまな施策を展開してきており、例えば指定管理者制度の導入や民間委託などを推進することにより、少ない職員数であっても事務事業を円滑に遂行できる体制づくりに取り組んでまいりました。
 また、市民の皆様と行政が互いに補完し、協力し合って公共サービスを担う協働の仕組みづくりにも積極的に取り組んできているところであります。さらには、職員数の削減により生み出された財源につきましては、本市独自で行っております子育て用品券の支給、また予防接種への助成、きめ細かな道整備事業などさまざまな市民サービスの維持・拡充を図ってきたところであります。
 今後においても、職員数の削減が行政サービスの低下につながることのないよう、創意工夫を凝らし、効率的で効果的な組織づくりを進めてまいります。
 次に、「残業増につながっていないか」また「削減による業務負担増は」についてお答えさせていただきます。
 職員数の削減に加え、地方分権による権限移譲事務などに伴い、従来より職員一人一人が担う業務量は増加傾向にあります。
 これらに対応すべく、事務事業の見直しやアウトソーシングなどによる業務の効率化と並行して多種多様な職員研修を実施するなど、職員の能力開発にも力を入れ、個々のスキルアップによる業務遂行力の向上にも取り組んでおります。
 消防、医療局を除く一般会計と特別会計に属する職員における過去5年間の時間外勤務実績の推移を見てみますと、選挙事務や東日本大震災など特殊な要因に係るものを除いた場合、職員1人当たりの時間外勤務における時間数は平成20年度から平成22年度までは減少、平成23年度から平成24年度にかけてはほぼ横ばいといった状況であります。職員の削減数に比例するような増加は見られないことから、事務事業の見直しによる業務の効率化や職員のスキルアップの効果があらわれているものと認識しております。
 次に、「長期休職の実態は」についてお答えさせていただきます。
 1週間以上の病気休暇を取得した職員は、直近の5年間を見てみますと平成21年109人から22年度は106人、23年度は78人、24年度は80人、本年度につきましては2月18日時点で72人と減少傾向にあります。
 また、このうち病気休暇の取得上限期間に達しても回復せず、引き続き休職となっている職員数につきましては、平成21年度の15人から平成22年度は14人、23年度は9人、24年度は8人、本年度は同日時点で5人と、こちらも年々減少傾向にあります。
 職員が健康で、その力を存分に発揮できることも市民サービス向上につながる重要な要素の1つと捉え、職員の健康管理にも一層配慮してまいりたいと存じております。
 私からの答弁は以上とさせていただきます。
議長(田口久義君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 「パークゴルフ場の建設」についてお答えをします。
 これまで、チャチャワールド石越隣接地、長沼フートピア公園内、米山地区開拓パイロット事業敷地の3カ所への建設要望を3団体よりいただいております。
 現段階の進捗状況といたしましては、基本計画策定に向け資料の収集や市内に向け整備状況の確認を行うなど、建設・福祉・観光及び生涯スポーツの関係部署による検討を行うとともに、近隣市の状況視察を行い、本市に必要な規模等の検討を行っている状況であります。
 次に、「野球場の整備」についてお答えします。現在、野球場として使用している施設は市内に10カ所あり、そのうち外野フェンスが設置されている球場が6カ所ございます。議員ご指摘のように、スコアボードがなかったり破損したりしている箇所の新設または修理につきましては、早急に修繕計画を立て、使用される皆様方が快適にプレーできるよう順次対処してまいります。
 市内野球場の利用状況はスポーツ少年団や中学校、一般を含めても軟式野球の利用がほとんどであることから、現段階での新たな硬式野球場の建設につきましては考えておりませんが、利用につきましてはこれまで同様現在の野球場をご活用いただけるよう配慮してまいります。
 以上、答弁とさせていただきます。
議長(田口久義君) 20番、熊谷憲雄君。
20番(熊谷憲雄君) それでは、「パークゴルフ場の建設について」から再質問させていただきます。
 この件につきましては、私も2回か3回議会で言っております。今、建設要望が3団体から出ているということで、基本計画の策定に向けて検討を行っている。なぜ、我々が最初に言った時点で計画の段階に入るとかできないんですかね。こういう要望がない限り、議会で言っても無意味なんですか。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 要望が今3カ所、議員のお話がありましたけれども、以前から何回かパークゴルフ場の整備についてはご要望がございました。その都度さまざまな部署とも調整会議をしながら検討はしていたのでございますが、今回正式に3つの団体の要望もございました。
 パークゴルフ場の整備につきましては、二通りの考えがあると思います。今、市内に6つほどパークゴルフ場がございます。今ある施設をどのような形で活用していくかという方法と、そのほかに新規の、答弁にもありましたように、近隣の状況等も踏まえながら新規に整備するという、それも検討しなくてはならないということも考えてございます。
 なかなか市内に6つあるんですが、民間含めて6つのパークゴルフ場につきましても全てが完全に管理されているとはなかなか私たちも言えないこともございましたので、その都度関係部署とも、管理部署が違いますので関係部署とも話しながら最良な管理を務めながらまた利用してもらっていますけれども、新規については今その中と一緒に検討中でございます。
議長(田口久義君) 20番、熊谷憲雄君。
20番(熊谷憲雄君) 今、次長が市内にも6つほどパークゴルフ場があると申しましたが、やはり公認コースみたいなことを検討すべきですよ。本当に中田の時代も河川敷に増水すると使えないという場所もあったんですけれども、やはり公認のコースをこれからは考えていかなくてはいけないと私は思うんですけれども、その線で計画はどうなんですか。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 今お話しされましたように、確かに6つのパークゴルフ場につきましては市内はほとんど9ホール、18ホールということで、公認コースとすれば36ホール以上というか、そのコースにすればまだまだ足りない面積ですし、コースでございます。ですので、今回の要望もございますように公認コースをぜひというようなパークゴルフ愛好者の方々のご要望もございましたので、公認コースが登米市としてどのような形で整備できるかという、その辺のところも今検討中でございます。以上です。
議長(田口久義君) 20番、熊谷憲雄君。
20番(熊谷憲雄君) 私も、一番最初にパークゴルフ場で質問したのは、私の友で大病をした人がいるんですよ。その人がパークゴルフを始めてから体調がものすごくよくなった。術後の体調ですね。これはいいものだという話を何回も聞かされましたので、その方にも登米市内でぜひパークゴルフ場を整備してくれないかというお話があって、私は質問した経緯があるんです。やはり、市長が言っている予防医学、それから健康のためにもかなり私はパークゴルフはいい施設なのかなという思いでおります。ぜひ、時間をかけないで整備する方向をお願いしたいんですが。
議長(田口久義君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 教育基本方針の中に、市民誰もが親しめるスポーツの推進及び健康、体力の増進といったものを掲げて取り組んでいるところでございます。そういった大きな重点施策とともに、このとおり高齢化社会が到来しているわけでございますので、今議員がおっしゃった内容については十分理解できるところがございます。しっかりした、つまり公認のコースといいますか、そういったものを、ある意味他に誇れるようなそういった整備の方向性を検討していきたいと考えております。
議長(田口久義君) 20番、熊谷憲雄君。
20番(熊谷憲雄君) それでは、今教育長が言ったように、他に誇れるような施設をつくっていただくようにお願い申し上げます。
 それから、野球場の整備についてでございますが、仙台市はかなりノンプロの球団もありますから、しょうがないですけれども、石巻にも仙台市民球場と同じくらいの、同等の施設がありますね。専修大学の近くにすばらしい施設だと思ったら、震災前につくったという話を聞きました。あれほどまででなくとも、どこか手直ししてでもやれるような施設はできないのかなと、1カ所ぐらいは。みんな軟式しかできないような今の施設でございますので、2軍のイースタンリーグの試合でも招聘できるぐらいの登米市野球場があってもいいのではないかと思っております。
 よく、桃生の何というところかわからないですけれども、山の上に野球場がありますけれども、あそことか歌津の平成の森、よくイースタンが来てやっておりますね。それもそういうプロの選手を登米市の子供たちに見せてやるということも私は教育の一環かなと。
 ぜひ、すぐにとは言いませんが、これを見るとこの答弁書はまるきり考えておりませんという、検討いたしますぐらいの答弁であってもよかったんじゃないのかなと。いかにもそっけない答弁書でございます。何もつくれかにもつくれということではございません。ただ考えてみてはということでございますので、ぜひ検討ぐらいはつけ加えていただきたいと思うんですが。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 硬式野球場なんですが、これまでも何回かご質問いただいた経過がございます。私たちも震災前、震災後、硬式野球場の使いようですか、使用状況を各野球場等を調査したんですが、今使っているのは石越の総合運動公園、それから中田球場が主に、中田球場の場合は佐沼高校の野球部が主に練習で使ったりしています。それから、石越の場合は、高校野球の練習に使っている部分、それも年に5回ぐらいでした。
 新規に硬式野球場は今後難しい部分はございますけれども、今ある施設を多少環境整備してもなるべく今の状態で使っていただくような方向でとりあえずは進めていきたいと考えてございます。南方球場等も使えるんですが、南方は今使っている状況ではありません。
 やはり、硬式といいますとボールがかたいですのでファールチップも物すごく遠くに飛ぶ。それは御存じのとおりだと思いますが、安全性をある程度配慮しないとなかなか球場の用途が限られるということがございますので、その辺も今後検討というか、今の施設を中心に考えていきたいと思ってございますので、よろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) 20番、熊谷憲雄君。
20番(熊谷憲雄君) 今度、高校野球でも東稜高校が春の選抜甲子園に行きます。今、登米市からもそのベンチ入りのメンバーで入っている子供たちもいます。ぜひ、来年再来年という話ではないんですけれども、そのように子供たちに夢を与えるような施設もあってもいいんじゃないかと。ぜひ、整備に向けて検討していただきたいと思います。
 それでは、1番の「定員適正配置について」に移らせていただきます。平成25年度当初までに職員が502人、人件費約126億円を削減という答弁でございます。
 そうすると、これは合併協議のときは約一般行政職で1,200人、それから450人を10年で削減という話でございましたが、このままでいくと10年間で大体どれくらい削減になると見込んでいるんですか。
議長(田口久義君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 今お話になりましたこの数字は全部署ですね、病院等も含めた中で502人、平成25年4月1日までに合併時から見て減員になったところでございます。定員適正化計画と行革大綱と、2つで今後の職員数の方向性を定めていますが、定員適正化計画では第2次定員適正化計画の目標を平成28年4月1日にしていますが、そこまでに計画上でいいますとあと139人というのが現時点での状況でございます。
議長(田口久義君) 20番、熊谷憲雄君。
20番(熊谷憲雄君) そうすると、あと139人ということは、職員の数は何人なんですか。
議長(田口久義君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) トータルでは、合併時点では1,997人でございましたが、平成28年4月1日の目標値は1,356人を目標値にしています。合併時は1,997人、約2,000人でしたけれども、これを1,356人、724人、失礼、差し引きした数字がわかりませんが、1,356人を目標値にしております。
議長(田口久義君) 20番、熊谷憲雄君。
20番(熊谷憲雄君) 一般行政職といいますか、これからの庁舎の建設も考えていかなくてはいけない。何か、当時、米沢とか北上をモデルにしてという話でございましたが、本庁舎があって、そこにほとんど職員の方がおるというところと、まだ私たち分庁舎方式をとっている登米市でございますので、本当に適正なのかなという思いがいたします。
 別に、減らせば減らしただけ行財政改革という思いでは私はございません。一番ベストな形の職員数はどれぐらいなのかなという考えでおりました。
 よく、前に残業している話が出たんですけれども、今一番1人で残業手当を受け取っている方は最高でどれぐらいになっているんですかね、時間数、金額的に。
議長(田口久義君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 時間外の関係でよろしいでしょうか。時間外の時間数ですね、金額。
 議会でもいろいろご質疑があったところなんですが、平成23年度は震災関連で大分時間外が支給になったんですが、平成24年度実績を見ますと一番、1人当たりの最終金額が出ていませんけれども、100万円から150万未満2人、これが一番高いところでございます。時間数にすると多い方で年間約270時間ぐらいになっております。平成23年度は、100万円以上というのが39人、40人ぐらいおったんですが、震災関係でおったんですが、昨年は2人という状況で20分の1ですか、40人から2人まで減ってきております。
 時間数につきましては、先ほどもお話ししたんですが、年間の時間数でお知らせしたいと思います。平均ですが、これは消防、医療局は除いた一般会計と特別会計の職員、これは年平均でお話ししますと1年間の時間外の時間数、平成20年度で56時間、年間です。平成21年度では53時間、平成22年度で45時間、平成23年度は46時間、24年度は49時間、若干ふえていますが、こういう数字が過去5年間の推移でございます。トータル的に一番多い方で100万円超えたから2人いるというのが実情でございます。
議長(田口久義君) 20番、熊谷憲雄君。
20番(熊谷憲雄君) 私も中田の庁舎も近いし、ここの迫の庁舎、よくこのあたりを夜間通るんです。そうすると、こうこうと明かりがついている。随分みんな真面目に残業しているなと。いつまでやっているのかな、10時までやっているのか、11時までやっているのか。結構よく、本当に我が家から南方までしょっちゅう夜間も通るわけですけれども、常に明かりがついている。毎日のように残業だなんて、少なくなったからやむを得ないのかな、職員の数がというような思いでおりました。
 もう少し、125億円の削減はあったんですけれども、職員の労務の軽減も考えなくてはいけないのかなという思いで通っておりました。
 次に、病気で休まれている方、取得上限の期間に達しても回復せず引き続き休職となっている職員数は平成21年度の15人から平成22年14人、9人、8人、5人と年々減っているということなんですけれども、これは辞めているということではないんですか。その人たちが職場復帰したということなんですか。
議長(田口久義君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 数字上では今お話しのとおり、平成21年109人から昨年は80人、ことしも2月28日現在70人というのが病気休暇。病気休暇は90日なんですが、そこで回復しないとここに答弁しているとおり休職扱いになります。休職。休職は3年間認められるんですが、最初の1年間は90日以後、90日間病気休暇した後、最初の1年間は給料は100分の80出るんですが、2年目以降は無給になります。
 そういう制度なんですが、今ご質問のお答えなんですが、皆さんが全部復帰したという状況にはないのが事実であります。中には、体調を回復せず何名かはやめられた方がいるのも事実でございますが、ただ7日以上の休み状況を見ればこういうふうに年々減ってきている。特に、議会でもいろいろお話があったんですが、メンタル関係、精神的な、合併直後にいろいろあったんですが、こういう方々の数字をどうも見ますと例えば平成21年ですとメンタルで休職した方が6名おったんですが、平成22年は5名、平成23年も5名、平成24年4名、平成25年、現時点でお二人ということで、こちらのほうも減ってきているということからして、合併して9年目になりますけれども、職場になれてきた、人的環境にもなれてきた、そういうところもあるのかなとは考えております。
議長(田口久義君) 20番、熊谷憲雄君。
20番(熊谷憲雄君) それから、人事面なので言っていいのかどうかわからないんですけれども、各総合支所の支所長さん。私はやはり町の出身者が支所長のほうが一番やりやすくなっているんじゃないかなという気がいたしますが。例えば、川を2つ越えて支所長になっているとか。災害時に例えば、そこのところに昼間勤務している状態での災害時ならいいんですけれども、夜間とかいうときに急遽その場所に出向くことができなかったなんてということが出てくるんでないかなと。一番私はとりあえず今のところ支所長さんは、その町の出身者の方がやっていただいたほうがベストなのかなという気持ちでいるんですが、総務部長、いかがでしょうか。
議長(田口久義君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) よく、合併してサービスが悪くなったという中の1つに、旧町時代に役場に行けば全ての業務をやってくれたし昔からの顔見知りの職員がおったんですが合併になって総合支所になって、職員も変わる、顔見知りの方も少なくなってくる、職員数も減ってくるということもサービス低下したと言われるゆえんかなと思っています。
 今お話しのとおり、私たちもその町域の出身者の方が支所長になり、あるいは市民課長になり、配置できればそれがベストだと思っています。その町域の地域のことがわかっているし、災害時ではあそこはいつも水かさが増すなとか、あそこは土のうを積まなくてはならないとかそういう状況をわかっている方々を配置すればベストだと思っています。ただ、町域によっては、支所長あるいは課長、そのクラスといいますか、その年代といったらいいんでしょうか、職員数が少なくて、ちょうどマッチした年代層の方がいないとか、そういう問題もあるのも事実です。
 そういうことからしまして、基本的には支所長さんも課長さんもその町域の方と考えておりますが、そういうことで必ずしも両方の方が配置できないときはどちらか必ず支所長なり課長なりがその町域の方という観点で今支所の職員配置については考えているところでございます。
議長(田口久義君) 20番、熊谷憲雄君。
20番(熊谷憲雄君) できるだけ、そういう方向で考えてもらいたいと思っています。
 一般質問を終わります。
議長(田口久義君) これで、20番、熊谷憲雄君の一般質問を終わります。
 これで、一般質問を終わります。
 ここで説明員入れかえのため、暫時休憩いたします。
          休憩 午前10時42分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時45分
議長(田口久義君) 再開いたします。
   日程第3、議案第21号 登米市南方大岳生活改善センター条例を廃止する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第21号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、登米市南方大岳生活改善センターを主として利用している関係行政区に対して無償譲渡を推進するため、本条例を廃止するものであります。
 詳細につきましては、産業経済部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) それでは、議案第21号 登米市南方大岳生活改善センター条例を廃止する条例についてご説明を申し上げます。
 議案書3ページ、提案理由説明書は4ページでございます。定例会資料として、別冊2の1ページにも関係資料を掲載してございますので、ご参照いただきたく思います。
 当施設の所在地は、南方町大嶽山9番地4でございまして、昭和58年度に南方町が地域農業者等の生活改善センター等を目的に農村地域定住促進事業で整備したものでございます。建築面積129平方メートルの木造平家建ての生活改善センターであります。整備後、主に大岳行政区の集会施設として利用されてきておりまして、利用開始となった昭和59年度から大岳行政区が光熱水費を負担の上管理を行ってきてございます。
 このたび、登米市集会施設適正化推進計画に基づき、本条例を廃止いたしまして行政財産から普通財産に用途を変更し、平成27年度の地域への無償譲渡に向けた取り組みを進めるものでございますので、よろしくお願い申し上げます。
 以上で説明を終わらせていただきます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。8番、岩淵正宏君。
8番(岩淵正宏君) 条例については、特に反対もするわけではございませんが、数多くこれまで各町で設置してきたこういう類の集会施設というか、無償譲渡がどんどん進むものと思ってございます。それで、ここだと大岳行政区ですか、例えば無償譲渡を受けるに当たって整備要望ですか、屋根がもうさびついていたり畳がささくれだっていたり、カーテンがぼろぼろだったりという集会施設もなきにしもあらずだと思うんです。市側として無償譲渡するに当たり、そういう整備の分を直してというか、補修してというか、そういう手を加えて無償譲渡に至るのか、それとも現有施設のままさびれても畳がこすれて切れていてもそのままどうぞ使ってくださいという方向で進むのか。そこのところを確認したいと思います。
議長(田口久義君) 総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 全体な話でございます。私からお答えさせていただきますが、行政財産から普通財産にして無償譲渡する際の考え方ですが、基本は現状のまま進めたいと考えています。改修して屋根をかえたり、外構をしたり、あるいは畳をかえたり、カーテンをかえたりして「無償譲渡いかがですか」という状況は考えておりません。今の状況でよろしかったらどうぞという考え方で進めたいと思っております。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。23番、二階堂一男君。
23番(二階堂一男君) 23番です。こういうスタイルは私は非常にいいことなんですが、以前というよりもこの部分の土地はどこの所有になっているか、まずそれを聞きたいんですが。
議長(田口久義君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 現状の土地については、名義は集落の方の個人名義となってございます。昭和58年度建設当時に、南方町で建設をしたわけでございますけれども、その際に寄附あるいはその後の町道改良の際の用地の交換という話も出てございましたが、その辺の整理が現状まで整理されないままに経過してございまして、その辺の整理も含めて今回普通財産化した後に譲渡までの間に調整を図っていきたいと思ってございます。
 それから、現状の個人の方の所有になっているわけでございますけれども、固定資産の課税等につきましては建設当時から免除という、非課税扱いということで経過をしているようでございます。
議長(田口久義君) 23番、二階堂一男君。
23番(二階堂一男君) 個人、行政区内の個人だと思いますけれども、その土地についても行政区に移管するというよりもそのまま賃貸なのか無償なのかはわかりませんが、その辺のことは行政区に任せるということなんでしょうか。その辺。
議長(田口久義君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 集会施設等の無償譲渡につきましては、建物のみを無償譲与ということで考えてございまして、このほかのいろんな集会施設等、市有地もあるわけでございますが、その部分につきましては無償貸付という形で考えているところでございます。
議長(田口久義君) 23番、二階堂一男君。
23番(二階堂一男君) 今までは市で借りていた状況ですね。今度は行政区に建物を譲渡するとなれば、下の土地については個人対行政区の話になるのか。その辺、3問目しかあとないと思うのでいいんですが、前にも何回もお話ししているんですけれども、土地については地元の負担だと、こういうことで企画部長には何回かはね付けられておりますが、それはそう決まっている部分ですけれども、しかしやはり私は逆にこういった状況であればむしろ個人から借りて行政区が使用している部分についても、やはり私はその辺少し見直してそういった格差がある部分、調整すべきだと思うんです。せっかくそのままこの行政区が個人からそのままということになるとは思うんですけれども、それでも何となく毎月毎年、個人から借りて土地代を払っている行政区はどうしても納得いかない部分があるんですけれども、どうしてもこれは企画部長からもお話をいただきたい。最初はその部分の話し合いは個人対行政区でやるのか、それとも市がちゃんとその辺まで話を通してやっているのか、その辺2つ聞きたい。
議長(田口久義君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 現在、建設する際の土地の権利関係等について、書類等もなくて、その辺調査を進めているところであります。ただ、集会施設の無償譲与をする際には、それまでには行政側として今の地権者とお話し合いをして、その辺のところを整理した上で行政区に建物の部分を無償譲与したいと考えています。
議長(田口久義君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 前に、二階堂議員さんからはそのような質問がございました。そのとき私がお答えしたのは、合併前に集会施設の所有のあり方が各町で全く異なっていたということでございます。各町によっては町で整備して使用させているところとか、全く自治会で負担して建設してきたところがある。そのほうが多いということでございました。
 その自分たちで仮に整備しても、その土地の歴史が自治会で購入したり、個人の寄附であったり、さまざまな形態もございました。そういう中で今回さまざまな調整という中で新たに取得する、あるいは個人から土地をお借りして経費を支払うので、市で何とかしてほしいと言われたわけですけれども、当時の自分たちで負担してきたところとかの調整をどう図るのか、それが図れないというところでの取り扱いとして、基本的にはその土地も含めて自治会で負担してくださいということでございます。そういうことでそのときは答弁したと思ってございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑ございませんか。6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) 今回のは産業経済部所管ですが、部が違っても同種の施設の譲渡が今いくらぐらい、パーセントでいくらぐらい進んでいるのか。そして全部計画どおり終えるのにおよそ何年ぐらい見込んでいるのかをお知らせください。
議長(田口久義君) マイク入れて、続けてください。
6番(浅野 敬君) 市の方針として地元に譲渡する計画だと認識しているんですが、ですからその市の所管が違っても同じ施設が、補助金の関係とかなんとかいっぱいありましたけれども、全部の施設を譲渡する計画だと受けとめているんですが。それで今段階でどのくらい進んでいるのか。そして、全部終わるためにあと何年ぐらいを見込んでいるのかという話です。
議長(田口久義君) 市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) それでは、私のほうからお答えをさせていただきます。現在、集会施設につきましては行政財産と普通財産、二通りございます。その中で集会施設、全てがそうではないんですが、集会施設として使われている行政財産につきましては28ございます。ただし、どうしても集会施設だけではなくて市の用途も使ってございますので、その部分を踏まえて考えますとまず23が行政財産のうち譲与可能なのかなという判断をさせていただいています。そのほかに、普通財産、こちらは36ございます。こちらにつきましても、行政財産と同様に無償譲与を今後進めていきたいと考えております。その期間なんですが、昨年から譲与の関係の説明を行っている地区もございます。これから進める地区もございますので、平成26年度、27年度、この2カ年の間で推進を行ってまいりたい、このように考えてございます。
議長(田口久義君) 6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) とてもわかりやすい説明をいただいてありがとうございました。
 59施設、あと2年ぐらいでほぼ決着をつけたいということですので、頑張っていただきたい。それから、いろんな個別の事情があるときはぜひ地域の誰かというか、キーマンに協力していただくようにすればいいかと思います。よろしくお願いします。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りをします。ただいま議題となっております議案第21号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第21号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第21号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第21号 登米市南方大岳生活改善センター条例を廃止する条例については原案のとおり可決されました。
 ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午前11時01分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時10分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 日程第4、議案第22号 登米市登米林業活動センター条例を廃止する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第22号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、登米市登米林業活動センターを主として使用している関係行政区に対して無償譲渡を推進するため、本条例を廃止するものであります。
 詳細につきましては、産業経済部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) それでは、議案第22号 登米市登米林業活動センター条例を廃止する条例についてご説明を申し上げます。議案書4ページ、提案理由説明書4ページ、定例会資料は別冊2の2ページをご参照願います。
 この施設につきましては、昭和56年度に登米町が林業グループ等の活動の拠点施設として林業後継者育成事業の活動拠点施設整備事業を活用して整備したものでございます。
 所在地は、登米町大字日根牛上羽沢32番地4でございまして、建築面積が49.686平方メートルの木造平家建てでございます。利用の状況でございますが、当初林業グループの活動に活用しておりましたが、その後主に羽沢行政区の集会施設として利用されてきてございます。この施設においても登米市集会施設適正化推進計画に基づきまして、関係行政区への無償譲渡を進めるに当たり、本条例を廃止いたしまして、行政財産から普通財産に用途がえを変更しようとするものでございますので、よろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第22号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第22号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第22号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第22号 登米市登米林業活動センター条例を廃止する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第5、議案第59号 登米市簡易給水施設条例を廃止する条例について、日程第6、議案第60号 登米市簡易給水施設整備事業分担金徴収条例を廃止する条例についての2議案を一括議題とします。
 一括して提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第59号並びに議案第60号につきまして提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、登米市東和町米川字合ノ木及び字大綱木に設置しております簡易給水施設について平成26年4月1日付で登米市水道事業へ統合することに伴い、登米市簡易給水施設条例及び登米市簡易給水施設整備事業分担金徴収条例を廃止するものであります。
 詳細につきましては、市民生活部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 一括して議案内容の説明を求めます。市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 議案第59号並びに議案第60号の詳細説明を申し上げます。議案書につきましては第1回定例会議案その2の1ページ及び2ページでございます。説明資料は別冊5の議案第59号、第60号関係の表紙の次のページでございます。その資料でご説明をいたします。
 該当の簡易給水施設の整備経過についてでございますが、合併前の東和町合ノ木地区及び大綱木地区におきましてこの区域が上水道の給水地域外であったことから、当該地区の生活の利便の向上を目的に簡易給水施設を当時の東和町で整備したものでございます。整備に関しましては、平成15年、16年の2カ年で新山村振興等農林漁業特別対策事業を導入して整備されたものでございます。合ノ木、大綱木地区の両地区におのおの取水施設、浄水施設、排水施設を整備したものでございます。利用状況につきましては、中段の記載のとおりでございます。
 条例の廃止の理由でございますが、現在の指定管理者でございます合ノ木大綱木水道施設管理組合から組合員の高齢化によりまして、今後の施設管理が困難とのことで申し出がございましたことから、同施設の運営管理を登米市水道事業に統合するため、本条例を廃止するものでございます。ご審議を賜りご決定いただきますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりました。質疑、討論、採決は1議案ごとに行います。
 議案第59号について質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第59号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第59号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第59号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第59号 登米市簡易給水施設条例を廃止する条例については原案のとおり可決されました。
 次に、議案第60号について質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第60号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第60号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第60号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第60号 登米市簡易給水施設整備事業分担金徴収条例を廃止する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第7、議案第23号 登米市消防長及び消防署長の資格を定める条例の制定についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第23号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律による消防組織法の一部改正に伴い、消防長及び消防署長の職務に必要な資格の基準を定めるため、条例を制定するものであります。
 詳細につきましては、消防長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。消防本部消防長、菅原輝雄君。
消防本部消防長(菅原輝雄君) それでは議案第23号 登米市消防長及び消防署長の資格を定める条例の制定についてご説明をさせていただきます。議案書5ページ、提案理由説明書は4ページ、第1回定例会資料別冊2の3ページとなります。ご参照をお願いいたします。
 まず、提案理由でございますが、平成25年6月14日に地域の自主性及び自立性を高めるための改革推進を図るための関係法律の整備に関する法律が公布され、消防組織法第15条が平成26年4月1日付で改正されます。
 この改正内容ですが、改正前の第15条第2項では、市町村の消防長及び消防署長は政令で定める資格を有する者でなければならないと規定されており、これを適用してまいりました。今回の改正で、消防長及び消防署長はこれらの職に必要な消防に関する知識及び経験を有する者の資格として市町村の条例で定める資格を有する者でなければならないと改正され、さらに同条に第3項が新たに追加されました。追加条文では、市町村が条例を定めるに当たって、消防に関する知識及び経験を有することが前提であり、その程度について政令で定める基準を参酌して条例制定を行う必要があると規定されました。
 これらの改正を受け、資格は事柄の性格上必要最小限のものを基準として定めている政令基準を十分に参酌して、登米市消防長及び消防署長の資格を定める条例を制定するものでございます。
 それでは、制定内容をご説明いたします。お手元の議案書5ページ、第1回定例会資料別冊2の3ページ、議案第23号関係、登米市消防長及び消防署長の資格を定める条例の条文と解説をごらんください。
 第1条は趣旨規定でございまして、提案理由で説明のとおり消防組織法の一部改正を受けて消防長及び消防署長の基準を市の条例で規定すると定めたものでございます。
 第2条では消防長の資格を定めてございます。消防長は消防を統括して指揮監督する説明者としての地位を占めており、住民の生命、身体、財産を災害から守るという大きな責任が課せられているとともに、消防法では私人の権利の制限にかかわる強い制限が与えられている一方、財務管理、人事管理など幅広い見識を持った者を定めております。
 まず、第1号は消防職員で消防事務に従事し、第一線の活動期間の長である消防署長の職と、消防署長の職務内容、責任から見て同等以上の職と認められる消防本部の消防次長や消防学校の副校長などの職の者を資格として指定しております。
 次、4ページをお願いします。第2号は消防団長を資格要件に規定しております。消防団は消防防災を担う重要な役割を果たしている組織で、消防団事務を統括する最高階級位に当たる組織の長であること、また経験年数を2年以上として規定しておりますが、統率力、判断力、責任力を向上するための経験期間が必要とのことから規定してございます。
 第3号は、市町村長の直近下位の内部組織の長の職にある者としております。これは、行政事務はもとより防災業務等における役割や市民を災害から守るという大きな責任が課せられるなど防災に関する知識及び経験や管理能力を有していること。また資格を満たす期間として2年以上として規定しておりますが、第1号に規定するものと比較すると災害時の消防指揮判断能力などの経験期間が必要とのことから在職年数を規定しております。
 次に、第3条では消防署長の資格を定めております。5ページを見開きでお願いいたします。消防署長は火災の予防、警戒、鎮圧、その他災害の防除や及び被害の軽減を図るため、第一線の活動機関としての専門知識や事務を統括する者として、階級及び服制を有している消防吏員を指定しております。
 第1号は、消防吏員で消防事務に従事し、消防に関する専門知識経験ある階級として消防指令以上の職に1年以上あった者を規定しております。また、括弧書きで規定しておりますのは管理職員研修を国の研修期間である消防大学校において教育を受け、知識、技能、能力の向上を図れることから、市長が定める教育訓練の各課程と各機関を在職期間1年以上の中に含んで計算ができることとしたものでございます。なお、市長が定める教育訓練の課程と期間につきましては消防告示第15条に規定されている要件を附則で定めることとしております。
 第2号では消防階級を消防指令以上として規定しております。消防吏員の階級は、消防組織法上に基づき消防長官が後日定める消防吏員の階級の基準で消防士から消防監までの10階級となっております。さらに、基準では消防本部の職員数や人口数に応じて消防長の階級が決められております。
 現在の登米市消防長の階級は、職員数100人以上もしくは人口10万人以上の基準を適用し、10階級中7階級目に示されている消防官となっております。したがって、消防署長の階級の消防指令長となっておりますが、今後の職員数、人口数などの情勢を考慮し階級に2階級の幅を持たせて規定したものでございます。また、職に3年以上とあった者と規定したものは、第1号で規定した指令以上の階級を有する者との職務能力を比較し、より多くの経験期間が必要とのことから規定しております。
 括弧書きにつきましては、第1号で説明のとおりでございますので、割愛いたします。
 第3号では、消防防災を担う重要な役目を果たしている消防団事務に従事し、消防団事務を統括する団長職を補佐する副団長職と、副団長職と同等職と規定しましたのは、登米市消防職では師団長、副団長が想定されること、また職に3年以上あった者と規定したのは、団長職との職務能力を比較し、第2号で示した消防指令補以上の同様により多くの経験期間が必要とのことから規定したほか、さらに消防大学校で消防団長科の課程による教育を受けた者と規定しております。
 第4条は委任規定を設け、必要事項は規則で定めることとしております。
 次に、附則でございますが、施行期日を平成26年4月1日から施行するものといたします。
 以上で、議案第23号の説明を終わりといたしますので、よろしくお願い申し上げます。以上でございます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。23番、二階堂一男君。
23番(二階堂一男君) 大体はわかったんですが、具体的に現在の登米市の消防団関係の中で、この消防長と消防署長の資格を有する方々、それぞれ何名ぐらい該当しているかわかればお知らせをいただきたいと思います。
議長(田口久義君) 消防長、菅原輝雄君。
消防本部消防長(菅原輝雄君) 消防長の資格といたしましては団長が1名ということでございます。
 それから、消防署長の資格としておりますのは、師団長9名、副師団長の方々に該当するとなっています。以上でございます。
議長(田口久義君) ほかに。14番、伊藤 栄君。
14番(伊藤 栄君) 消防長と消防署長の資格を定める条例は、組織法で今回出たわけですけれども、市長にお聞きしますが、消防長の資格は第2条の2項、3項ですね。消防署長は3条3項、このことによって消防団は団長等、あるいは市長の直近下位の内部組織の長、いわゆる部長、この方たちが一定の教育訓練を受ければなれるということかと思いますが、これを制定して市長はいわゆる団長あるいは部長クラスの教育をさせて消防長あるいは消防署長に登用するということは考えられるんでしょうか。それだけです。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 議員がご懸念のとおり、やはり消防業務というものは非常に危険を伴う業務であるということと、災害におけるさまざまな想定をしながら指示、指揮命令をしなければならない大変重要な役割を担っている職務であると認識をしてございます。
 そういった中にあって指揮命令を十分に機能させるためには、この第2条の第1項として第1号関係でまず規定をしております資格要件が最優先されるべき要件だと認識しているところであるわけでございます。そういった意味では、そういった取り組みの中で基本的に人の配置、職務職権を果たせる体制づくりを考えてまいりたいと考えておるところであります。
 また、こういった状況の中で、もちろん登米市にはなかなか想定はし得ないということはございますけれども、こういった資格要件につきましてはやはり大災害時等の中で的確な人の配置がもし万が一機能しない場合にはこういった要件も含めて任命をしなければならないという意味で、私としてはこの条例につきましては認識を持ってその取り組みに当たってもらいたいと考えているところであります。
議長(田口久義君) よろしいですか。
 ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第23号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第23号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第23号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第23号 登米市消防長及び消防署長の資格を定める条例の制定については原案のとおり可決されました。
 日程第8、議案第24号 登米市東和多目的集会施設条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第24号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、東和、相川・平倉地区多目的集会施設等を主として利用している関係行政区等に対して無償譲渡を推進するため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては、企画部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) それでは、議案第24号 登米市東和多目的集会施設条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。議案書は7ページ、提案理由説明書は4ページでございますが、新旧対照表同じく説明書13ページにございます。新旧対照表でご説明申し上げますので、提案理由説明書13ページをお開きいただきたいと思います。
 先ほどの議案第21号、22号同様に集会施設として利用している行政財産を関係自治会へ無償譲与を進めるために、条例の一部改正を行うものでございます。なお、今回の条例改正では、国庫補助事業で建設した集会施設のうち、補助金の適正化法の財産処分制限から外れる集会施設を普通財産化とするというものでございます。新旧対照表の右側が現行、左側が改正になります。
 改正のほうをごらんいただきますが、3施設ございます。東和馬の足集会所、東和大沢吉田コミュニティセンター、東和綱木集会所、この3施設を残して右側の表をごらんいただきますが、上から東和相川・平倉地区多目的集会施設、東和飯土井集会所、2つ飛んで東和大清水農業作業準備休養施設、東和城内集会所、1つ飛んで、東和西上沢地区多目的集会施設、東和錦織ふれあいセンター、東和機織沼多目的共同利用施設、東和細野集会所、この8つの施設を表から削除して普通財産とするものでございます。
 なお、この普通8施設につきましては県との協議において財産処分の承認をいただいたところでございます。現在、自治会等で譲与の協議を進めているところでございます。
 それから、残る3施設左側でございますが、東和馬の足集会所につきましては平成28年度に、東和大沢吉田コミュニティセンター、これは宝くじ協会の助成事業ということで緩和措置がなくて平成36年まで、それから東和綱木集会所につきましては平成26年度に財産処分が可能となってございます。
 以上を説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第24号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第24号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第24号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第24号 登米市東和多目的集会施設条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第9、議案第25号 登米市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第25号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講じるための関係法律の整備に関する法律による障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するため法律の一部改正に伴い、障害程度区分認定審査会の名称を改めるとともに、農業委員会の委員の報酬を改定するため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては、総務部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由とします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) それでは、議案書8ページをお開きいただきます。資料別冊2の6ページ。新旧対照表につきましては提案理由説明書14ページ、15ページとなります。議案内容の説明につきましては別冊2の6ページでご説明申し上げますので、ごらんいただきたいと思います。
 今回の条例の一部改正については大きくは2点でございます。まず、1点目ですが、第1条関係でございます。審査会の名称の変更でございます。法の改正に基づきまして、従来の障害程度区分が障害支援区分に改められたことに伴いまして、組織の名称を変えるものでございます。これまでは障害程度区分認定審査会としておりましたが、これを登米市障害支援区分認定審査会と改めるものでございます。これについては施行日は本年4月1日ということでございます。
 2つ目でございます。第2条関係でございます。農業委員の報酬を改定するものでございます。農業委員会の報酬関係につきましては合併直後平成17年7月に改正が行われた際に、当時旧町時代に155名の農業委員さんがおったわけですが、7月の改選で48名になったところでございます。公選40人、選任8人となったところでございます。
 合併前と比較しましておよそ3倍の担当区域あるいは農業者を担当することになりまして、負担の軽減あるいは農業委員の業務を補完する目的で業務推進協力員制度をつくって、これまでは協力委員との協力で業務をやってきたところでございます。
 しかし、本年7月23日、今の任期の最終日まででその以降はこの制度は廃止したいという考え方でございまして、それと伴って農業政策の変革あるいは農業委員の業務量の増加、こうしたことから報酬の改定を提案するものでございます。
 2の改定内容でございます。会長、職務代理者、部会長、委員と4区分になっております。現行と改正案を出しております。この改定に当たりましては、別紙でA4の横でけさほど机にお渡ししていましたが、宮城県内農業委員会の状況ということで、大崎市、栗原市、石巻市、そして登米市の農家数とか示しています。これらを見まして農業委員1人当たりがカバーする担当する農業者数、あるいは耕作面積の規模、こうしたものを勘案しまして近隣市の状況も勘案しまして今回の提案をするものでございます。合併協議の際は、当時の古川市、こちらの報酬を参考に決定しようという合併協議の協議でございましたけれども、推進協力員の制度をつくったことによりまして、報酬月額については大崎、栗原からは低い額で抑えてきたところでございます。今回は、この協力員制度を廃止することに伴いまして改定ということでございます。
 審議をいただきまして、ご決定いただきますようよろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) 農業委員会のこれからの中間管理、農地バンクを含めて新しい農業政策の中で非常に重点を置かなければならない分野になろうかと思います。それで、今回業務推進協力員を廃止するとしました。こういう時代の中で、逆にこの業務推進協力員をフルに活用して地域それぞれの願いを、それから地域の声を酌み上げていくことの重要性というのが増してくるんだろうと思いますけれども、そういったところの判断の確認は農業委員会としてどういった形にされているのかを確認させていただきたいと思います。
議長(田口久義君) 農業委員会事務局長、阿部清喜君。
農業委員会事務局長(阿部清喜君) 今回の任期、7月23日までということで、農業委員会の業務協力員のあり方についていろいろ検討してまいりました。今回、今までもですが、農業委員会の見直しに当たり協力員では対応できない業務、かなり出てきております。協力員ではということで、それから、農家の対応も農業委員が直接対応するということがかなり多くなってきております。そういうことで農業委員さんとも協議した結果、業務協力員としては置かないということで協議を進めております。ただ、あくまで7月23日までは置くということでございます。
 それから、平成26年度から想定されます中間管理機構絡みの業務ということでございますが、これを含めて農業委員さん方で進めていくということになると思います。
 それからもう1つ、直接これとはあれなんですが、農用地の利用状況調査、これに関しましては基本的にこれまでどおり同じような体制で行っていきたいと考えております。以上です。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第25号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第25号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第25号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第25号 登米市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第10、議案第26号 登米市手数料条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第26号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、住民基本台帳カードの交付に係る手数料について、特別措置として平成20年10月1日から平成26年3月31日までの間無料としているものを、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律第19条の規定の施行の日の前日までの間延長するもの及び別表中住民基本台帳法第30条の44の規定による住民基本台帳カードの交付を行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律第19条の規定の施行の日の前日までとするもの並びに地方公共団体の手数料の標準に関する政令の一部改正に伴い、消防法第11条第1項前段の規定により、危険物の製造所設置許可手数料及び取扱所設置許可手数料を変更するため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては、市民生活部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) では、議案第26号 登米市手数料条例の一部を改正する条例についての詳細説明を申し上げます。
 大きく2点ございまして、住民基本台帳カードの発行手数料に関する部分と、消防法に規定する危険物の取り扱い許可に関する審査の手数料についてでございますが、一括して私のほうからご説明をしたいと思います。
 まず、住民基本台帳カードについてでございますが、新旧対照表でご説明をしたいと思います。提案理由書の16ページに新旧対照表がございますので、そちらをごらんいただきたいと思います。現行と改正案がございまして、まず現行の欄でございますが、条例の附則の中で住民基本台帳カードの発行につきましては、現在平成26年3月31日までの期限でその普及と拡大を図るために交付手数料の500円を徴収しないこととしてございます。
 今回、改正案の欄にございますとおり、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律いわゆる「マイナンバー法」でございますが、この施行に伴う関係法律の整備に関する法律というのがございます。その19条で住民基本台帳に法に規定されている住基カード自体が、マイナンバー法の施行日をもって新たな発行というのができなくなって、いわゆる個人番号カードに置きかわる扱いとなるものですから、その時点で施行の日から住民基本台帳法の規定の中に住基カードの記述が削除されるわけでございます。
 したがいまして、本条例ではマイナンバー法の附則で定める公布の日から3年6カ月を超えない範囲で、政令で定める日が施行日となるわけでございますけれども、それが確定してございませんので、いわゆる文章表現で政令で定める日の前日までという表現でその住基カードを発行する分については、引き続き手数料を徴収しないことと規定するものでございます。なお、本改正規定の施行は公布の日からとしております。それが住基カードのほうでございます。
 次に、下段の改正案の別表第2条関係でございますが、17ページ消防法第11条第1項前段の規定に基づく危険物の製造所、貯蔵所または取扱所の設置許可の申請に関する審査の欄でございますが、それにいわゆる指定数量の倍数が200倍を超える製造所についての製造所設置許可手数料の改定を行うものでございます。
 改定の理由でございますが、本年1月29日付で地方公共団体の手数料の標準に関する政令の一部が改正されたことに伴いまして、本市もこの手数料の標準に関する政令を準用してございますので、その手数料が人件費それから物件費の変動の影響を反映してもなお現行の額の標準に比して、いわゆる増額が必要ということの判断でその政令が改定されてございますので、それをそのまま準用して改正するものでございます。改正規定の施行については、平成26年4月1日でございます。
 以上2点について、ご審議を賜り、ご決定くださいますようよろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。16番、田口政信君。
16番(田口政信君) マイナンバー法の前日までにこの現行法が生きると解釈していいんですか。その後はマイナンバー法による、いわゆるここを削除するわけですから、すると住民基本台帳に係るカードの交付とはどうなる、マイナンバー法に移管されると解釈していいんですか。それを確認させてください。
議長(田口久義君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 現在の住民基本台帳カードについては発行から10年有効になってございます。
 このマイナンバー法の施行自体が公布の日から3年6カ月を超えない範囲で政令で定める日ということで、現在の予定ですと平成28年1月1日が予定されてございますが、その時点で施行日が決まった時点で住民基本台帳カードそのものが住民基本台帳の規定から削除されることになっております。住民基本台帳法の記載が、記述がなくなるものですから、それで根拠としております法律が根拠がなくなるということで、ここは削除させていただくということだけでございます。
 機能的にはマイナンバーカードにその住民基本台帳カードの機能については置きかわるということで規定をしてございます。まだ、住民基本台帳カードの発行の手数料についての規定についてはまだ検討してはございませんので、これについては徴収しないかどうかについては、また改めて検討して必要があれば改正をしたいと思ってございます。
議長(田口久義君) 16番、田口政信君。
16番(田口政信君) 住民基本台帳法30条44というのは抹殺になるということを確認。
 それと、忘れた……いわゆる市民にとってどういう手続というものが発生するのか。今までのようにマイナンバー法で登録されているカードは発行システムになるのか、申請してもらうのか、そういうものというのはどう変化しますか。
議長(田口久義君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 住民基本台帳法の記述につきましては34条の規定が削除されるということでございますので、そのとおりでございます。カードの取り扱いにつきましては、現在のところ仮に平成28年1月1日から施行された場合には、その前日の平成27年12月31日までに発行された住民基本台帳カードにつきましては発行日から10年間有効でございますので、それはそのまま使えます。1月1日からは新たな住民基本台帳カードの発行はございませんので、マイナンバーカードに全て置きかわるということでございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第26号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第26号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第26号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第26号 登米市手数料条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 ここで、昼食のため午後1時まで休憩いたします。
          休憩 午後0時03分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 6番、浅野 敬君から早退、10番、中澤 宏君から中座の届け出があります。
 日程第11、議案第27号 登米市社会教育委員に関する条例の一部を改正する条例についてを議題にします。
 提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第27号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律による社会教育法の一部改正に伴い、社会教育委員の委嘱の基準を見直しするため本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては、教育次長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) それでは、議案書11ページ、新旧対照表につきましては提案理由説明書20ページをお開き願いたいと思います。
 議案第27号 登米市社会教育委員に関する条例の一部を改正する条例についてでございます。本条例の改正につきましては、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の施行に伴いまして、社会教育法の一部改正が行われ、これまで法律で定めていた社会教育委員の委嘱の基準が削除され、委嘱の基準は文部科学省令で定める基準を参酌して条例で定めることとされたため改正するものでございます。
 内容は、提案理由説明書の20ページの新旧対照表のとおり、文部科学省令で定める委嘱の基準に基づきまして第2条第2項第2号第3号を表のとおり改めるものでございます。家庭教育の向上に資する活動を行う者の委嘱の基準につきましては、これまでも社会教育法第15条第2項において社会教育委員は学校教育及び社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動を行う者並びに学識経験のある者の中から教育委員会が委嘱すると条文として示されておりましたが、その部分が削除され、文部科学省令で定める基準を参酌して条例で定めることとされたため、委嘱の基準を改めるものでございます。
 施行は、平成26年4月1日でございます。
 以上が、改正内容でございますが、よろしくご審議いただき、ご決定くださいますようよろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 改正案の中での家庭教育の向上に資する活動を行う者というのは、具体的にどういう方々を示されるのかお尋ねいたします。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 今回の改正で国から通知がございまして、社会教育委員、さらに公民館運営審議会の関係で委嘱範囲の拡大の中での解釈でございます。今ご質問がございました家庭教育の向上に資する活動を行う者、例えば子育てサークルのリーダー、子育てサポーター等みずからの子育て経験を生かすことなどにより家庭教育に関する悩みや不安を抱く親からの相談に対応したり情報提供を行う者、家庭教育に関する相談員や児童福祉等、子育てに関する親からの相談に対応している者、以上具体的にはこの3つの方々の経験者の中から委嘱するということを示されてございます。以上でございます。
議長(田口久義君) 7番、關 孝君。
7番(關 孝君) そうしたときに、この改正は4月1日からということなんですが、恐らく社会教育委員の任期というものは平成26年度中まであるのではないかと推察いたしますが、そうしたときに、条例としてこういったものを設定するということは当然入れなくちゃならないのが4月1日の施行となります。現状は恐らく多分こういった部分が入っていないのだろうと推察するわけなのですが、その辺はどのような対応をされるのかお尋ねいたします。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 現行の社会教育法の中で、その文がうたってございまして、社会教育委員の構成ということが社会教育法の15条の中にございます。この中では、社会教育委員は学校及び社会教育の関係者、さらに先ほどお話ししましたように家庭教育の向上に資する活動を行う者並びに学識経験者の中からということで社会教育法にうたってございました。これまではそれを参酌して委嘱してございましたので、内容的には実質変わらないことと解釈してございます。
議長(田口久義君) 7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 現行の3条でいわゆる教育委員会の独自性という部分では教育委員会が必要と認める者という項目がありました。国の定めたものを参酌してということなんですが、個人的な考え方からすればこうした1項を残しておくことによって、これからの変わり行く社会の中でさまざまな観点から社会教育委員の選考、委嘱というものができるのではないかと推察するわけなんですが、なぜこの項目を残さなかったのか、残すべきでなかったのかという、すごい有効性のある1項だと思うんですけれども、その辺についてはどのような解釈なんでしょうか。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 基本的には、国から示された参酌して示すようになりますが、3号にございます学識経験のある者ということで包含されるのかなということで考えてございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第27号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第27号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第27号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第27号 登米市社会教育委員に関する条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第12、議案第28号 登米市公民館条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第28号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、東日本大震災で使用できなくなった森公民館の機能を旧森小学校に移転することに伴い、所在地及び施設使用料を変更するため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては、教育次長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) それでは、議案書12ページ、新旧対照表につきましては、提案理由説明書21ページをお開き願いたいと思います。
 議案第28号 登米市公民館条例の一部を改正する条例についてでございます。
 森公民館につきましては、東日本大震災で基礎ぐいの座屈等により建物を解体いたしましたが、森小学校校舎1階部分を公民館の代替機能として整備を進めておりました。その改築工事が本年2月末で終了し、平成26年4月より供用開始することに伴いまして、森公民館の位置、施設使用料の改正を行うものでございます。
 改正内容は、提案理由説明書の21ページの新旧対照表にありますように、第2条第2項の森公民館の位置を登米市迫町森字木戸脇58を登米市森字西表195番地に改めるものでございます。
 また、別表第9条関係になりますが、22ページにありますように施設使用料についてこれまで3区分だったものを体育館を含め6区分で設定するものでございます。施設使用料の積算に当たりましては、施設の面積等を基準に算定している類似施設の使用料等を参考に同等規模の施設使用料を設定してございます。打ち合わせ室、和室、調理実習室につきましてはこれまでの施設と同規模の設定ですが、体育館につきましては旧学校施設で規模がやや大きく、また建物西側の多目的ホールにつきましては2教室を1つのホールとして整備してございますので、施設使用料は改定してございます。施行は平成26年4月1日でございます。
 以上が改正内容でございますので、よろしくご審議いただき、ご決定くださいますようよろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第28号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第28号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第28号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第28号 登米市公民館条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第13、議案第29号 登米市ふれあいセンター条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第29号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、登米市ふれあいセンターの利用者の利便性の向上を図ることから、休館日を公民館と同様にするため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては、教育次長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) それでは、議案書13ページでございます。新旧対照表につきましては、提案理由説明書23ページをお開き願いたいと思います。
 議案第29号 登米市ふれあいセンター条例の一部を改正する条例についてでございます。
 本条例の改正につきましては、地域住民の自主的活動や相互交流を深める場として設置した中田4地区のふれあいセンターについて、利用者や公民館運営審議会等の要望もございましたので、休館日を公民館や他の社会教育施設と同じ休館日とするため、条例の一部を改正するものでございます。
 改正内容は、提案理由説明書23ページの新旧対照表にもありますように、現行では月曜日を休館日としており、また指定管理者が必要と認めるときには臨時に開館、閉館することができるようと規定されておりましたが、この第4条部分を見直し、公民館と同じく休館日を12月29日から翌年1月3日までとし、また、ただし書きを改めるものでございます。施行は平成26年4月1日です。
 以上が改正内容でございますが、よろしくご審議いただき、ご決定くださいますようよろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認め、質疑を終結をいたします。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第29号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第29号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第29号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第29号 登米市ふれあいセンター条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第14、議案第30号 登米市公園条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第30号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、津山柳津谷木公園用地について消防署津山出張所用地として活用するため用途変更が必要なことから、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては、産業経済部長から説明させますので、ご審議の上、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) それでは、議案第30号 登米市公園条例の一部を改正する条例についてご説明を申し上げます。議案書14ページ、提案理由説明書6ページ、関係資料は定例会資料別冊2の7ページでございます。
 初めに、定例会資料別冊2の7ページでご説明を申し上げます。このたびの改正につきましては、登米市公園条例の中で農村公園として規定してございます津山柳津谷木公園を廃止するものでございます。
 所在地は津山町柳津字谷木195番地4でございまして、消防署津山出張所に隣接しており、昭和46年度に設置されたものでございます。廃止の理由といたしましては、消防署津山出張所の改築に伴いまして、隣接している同公園用地を消防出張所用地として利用することによるものでございます。公園用地としての廃止につきましては、地元行政区と協議したところ、消防署敷地として有効に活用してほしいとのご意見を賜ってございます。
 条例の改正案の内容につきましては新旧対照表を提案理由説明書の24ページに掲載してございますので、ご参照願います。表左側が改正案、右側が現行でございます。登米市公園条例第2条において、公園の名称及び位置を別表第1として掲載してございますが、(2)の農村公園52カ所を連ねているところでございますが、そのうちの津山柳津谷木公園について削除をするものでございます。公布の日から施行するものでございますので、よろしくご審議をお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑ありませんか。16番、田口政信君。
16番(田口政信君) この谷木公園の現実的な利用状況といいますか、どれぐらい利用されているのか。
 それから写真を見ますと非常に遊具があるようでございますけれども、代替地などは地元との折り合いの中で考えているのか。それともそのまま廃止をしていくのか。その辺のことをお聞かせください。
議長(田口久義君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 利用の状況につきましては、行政区長及び消防署、隣接している現在の消防署津山出張所への聞き取り等ということで調査をさせていただきましたところ、月に1、2名程度ということで、遊具はございますが、ほとんど利用されていないような状況でございます。
 それから、代替地というのは特に考えてございませんけれども、近くに津山幼稚園がございまして、その隣に公園というか空き地がございますが、そちらが主に利用されているような状況のようでございますので、ここの代替ということで今回は考えてございません。
 それから、現在の谷木公園につきましては国道342号線に面してございまして交通量も多く、児童、子供たちが遊ぶには安全性の面からも若干心配があるということもございまして、地域のほうでも消防署の敷地として有効に活用してほしいということでのお話を説明会の折にいただいております。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第30号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第30号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第30号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第30号 登米市公園条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第15、議案第31号 登米市道路占用料条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第31号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、道路法施行令の一部改正が平成25年9月2日に施行され、国有林野事業を例外として道路占用料が免除となっていた国の事業について例外規定がなくなったこと。また、平成26年4月1日から施行される同法施行令の一部改正により、地価の平均により分類されて定められていた占用料の額が変更になることから、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては、建設部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。建設部長、鈴木俊夫君。
建設部長(鈴木俊夫君) それでは、議案第31号 登米市道路占用料条例の一部を改正する条例についてご説明を申し上げます。
 議案書につきましては15ページから18ページ、新旧対照表でございますが、提案理由説明書25ページから33ページでございます。今回の条例改正につきましては、登米市道路占用料条例で準用してございます道路法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整理が行われたことに伴う改正でございます。
 新旧対照表でご説明を申し上げますので、提案理由説明書25ページをお願いいたします。
 今回の改正につきましては2点ございまして、1点目でございます。登米市占用料条例の第2条、次ページ第3条の下線部分ですが、これまで国の事業のうち道路占用料を徴収することができるものとして国有林野事業がございましたが、平成25年4月に国有林野事業の企業形態が廃止されたことによりまして、道路占用料を徴収できなくなったことから下線部分の減免規定を削除するものでございます。
 それから、27ページをお願いいたします。2点目でございますが、平成26年4月1日施行の道路法施行令改正に伴いまして、登米市占用料条例別表の占用料の額と率の改正を行うものでございます。
 現在の道路占用料の額につきましては、所在地によりまして甲乙丙の3区分に定められておりまして、登米市は乙地として占用料と率を定めているところでございます。それが、今回の道路法施行令の改正によりまして平成24年度の固定資産税評価額の評価がえ、地価水準の変動を反映いたしました占用料の額に改められ、所在地を第1級地域から第5級地までの5区分に細分化されたところでございます。改正後、登米市におきましては第5級地の金額と率が適用される区分となるものでございます。
 占用物件のうち、代表的な電力柱、電話柱でご説明を申し上げますと、27ページ改正前、右でございます。別表第2条関係の2行目でございます。第2種電柱、いわゆる電力柱の占用でございますが、現行条例では1本860円でございます。左側に記載してあります480円になります。第1種電話柱、その下の下でございます。500円から280円となるものでございます。別表第2条関係の金額と率を改正するものでございます。
 以下、別表の改正につきましては、新旧対照表33ページまで記載しておりますので、お目通しをお願いいたします。
 説明は以上でございますので、ご審議の上、ご決定いただきますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第31号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第31号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第31号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第31号 登米市道路占用料条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第16、議案第32号 登米市都市公園条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第32号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、準用している登米市道路占用料条例の一部改正に合わせて都市公園の使用料を改定するとともに、都市公園内の自動販売機設置に係る使用料を設定するため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては建設部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。建設部長、鈴木俊夫君。
建設部長(鈴木俊夫君) それでは、議案第32号 登米市都市公園条例の一部を改正する条例について説明を申し上げます。
 議案書につきましては19ページ、新旧対照表は提案理由説明書34ページから36ページでございます。新旧対照表で説明いたしますので、34ページをお願いいたします。
 今回の条例改正につきましては2点ございまして、1点目につきましては都市公園に自動販売機を設置した場合の使用料について新たに区分したものでございます。自動販売機につきましては、公園の便益施設に当たりまして、公園管理者以外がこれを設置した場合、別表第2の使用料が適用されるものでございます。これまで、1月100円の使用料ということで取り扱ってまいりました。しかし、自動販売機につきましては、一定の収益を生む施設でございまして、今後売り上げの多寡に応じた使用料の設定や公募抽選方式、競争入札方式を導入していくため、上限額を別に定めるものでございます。
  2点目でございますが、都市公園を占用する場合の使用料につきましては、登米市道路占用料条例を準用してございます。議案第31号でご審議をいただいた登米市道路占用料条例の一部改正に合わせまして、公園占用の使用料の改正を行うものでございます。
 説明につきましては以上でございますので、ご審議の上、ご決定いただきますようよろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。23番、二階堂一男君。
23番(二階堂一男君) 前の条例と同じなんですが、このことによって市に入る使用料等がかなり減ると思うんですが、トータルでどれぐらいのマイナスになるのか、試算できていればお示しをいいただきたいと思います。
議長(田口久義君) 建設部長、鈴木俊夫君。
建設部長(鈴木俊夫君) 道路関係の占用のお金につきましては40%減の約1,000万円でございます。
議長(田口久義君) 住宅都市整備課長、中津川源正君。
住宅都市整備課長(中津川源正君) 都市公園の使用料でございますけれども、電話柱、電柱合わせまして90本ほどございまして、今回の改正によりましておよそ7万5,000円の見込みであったものが4万5,000円程度に減額になる予定であります。
 あわせまして、自動販売機の使用につきましては月額100円というものを改めまして、今度この条例の改正とあわせて、登米市都市公園自動販売機設置にかかわる使用料に関する要領を定めまして、基本的には売上額の8%を頂戴するということで計画してございまして、現在使用料として年に7台の自販機がございますが、8,400円の収入に対して今後は7万円程度の収入を見込んでございます。以上であります。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。3番、佐々木幸一君。
3番(佐々木幸一君) これは、都市公園内の自販機の設置ということなんですけれども、例えば市有地の中の都市公園以外の自販機もこういうふうに準用するということになるんでしょうか。
議長(田口久義君) 住宅都市整備課長、中津川源正君。
住宅都市整備課長(中津川源正君) 実は、既にこの本庁舎を含めた施設につきましてはこの制度を採用してございまして、現在現時点で19台の自販機を競争入札または公募抽選方式によって今回提案申し上げる内容にさせていただいておりましたが、若干私どもの都市公園条例の整備については少しおくれて整備させていただいたという状況にございます。よろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) ほかに質疑はございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第32号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第32号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第32号を採決します。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第32号 登米市都市公園条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第17、議案第33号 登米市農業集落排水事業条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第33号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、平成18年度に米川地区農業集落排水事業により着工した排水処理施設が平成26年4月1日から供用開始するため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては建設部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。建設部長、鈴木俊夫君。
建設部長(鈴木俊夫君) それでは、議案第33号 登米市農業集落排水事業条例の一部を改正する条例についてご説明を申し上げます。議案書21ページ、新旧対照表は提案理由説明書37ページでございます。新旧対照表で説明いたしますので、37ページをお願いいたします。
 今回の改正につきましては米川地区の農業集落排水事業が平成18年度に着手し、今年度で完成となるものでございます。この完成に合わせまして、本年4月1日から処理施設が供用開始となることから、本条例で定める処理施設の中に米川地区農業集落排水処理施設を加える条例改正をお願いするものでございます。
 説明は以上でありますので、ご審議の上、ご決定いただきますようよろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第33号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第33号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第33号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第33号 登米市農業集落排水事業条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第18、議案第34号 登米市営住宅条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第34号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律の一部を改正する法律及び福島復興再生特別措置法の一部を改正する法律の施行、登米市災害公営住宅整備事業に伴う市営住宅並びに共同施設の新たな設置、市営住宅使用料債権の取り扱いを最高裁判例に基づき、公債権から私債権へ改めるため及び豊里上屋浦集会室を主に利用している関係行政区等に対して無償譲渡するため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては建設部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。建設部長、鈴木俊夫君。
建設部長(鈴木俊夫君) それでは、議案第34号 登米市営住宅条例の一部を改正する条例について説明を申し上げます。議案書につきましては22ページから24ページ、新旧対照表は提案理由説明書38ページから42ページでございます。新旧対照表で説明いたしますので、38ページをお願いいたします。
 今回の条例改正につきましては、6点の改正がございます。
 1点目でございますが、いわゆるDV法の一部改正に伴うものでございまして、これまでは配偶者からの暴力が法の対象でございましたが、今回交際相手からの暴力も法の対象となり、DV法の名称、条項が改正され、市営住宅への入居資格の特例に反映させるため、新旧対照表38ページ第7条第1項第2号を改正するものでございます。
 2点目でございます。39ページをごらん願います。福島復興再生特別措置法の一部が改正され、被災者支援に係る条項が追加となりました。同法の規定が第21条から第31条に繰り下げられたことに伴いまして、第7条第1項第6号を改正するものでございます。
 3点目でございます。保証人、連帯保証人の条文統一でございます。登米市営住宅条例第12条では、市営住宅へ入居する際の連帯保証人について規定しておりますが、第11条第1項第1号の条文中には保証人としており、条項により不統一となっていることからこれを連帯保証人に統一し改めるものでございます。
 4点目でございます。これまで市営住宅使用料の債権につきましては公債権として取り扱ってまいりましたが、最高裁での判例の契約行為に基づくため私債権として取り扱うべきということから多くの自治体で私債権での取り扱いとなってございます。平成26年度から私債権に取り扱いを改めるため、家賃の延滞金について定めてあります第19条第2項及び第3項について削除するものでございます。
 5点目でございます。現在、市内4町域に整備を進めております災害公営住宅60戸について別表第1項に規定するものでございます。あわせまして、別表第2項に災害公営住宅の駐車場についても規定し、使用料の額を定めるものでございます。なお、駐車場使用料の額につきましては他の市営住宅と同額の月額2,000円としてございます。
 6点目でございます。豊里上屋浦集会室について、使用の実態を考慮し、行政財産から普通財産へ変更するため、別表2、共同施設から削除するものでございます。
 説明については以上でありますので、ご審議の上、ご決定いただきますようよろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第34号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したが、これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第34号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第34号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第34号 登米市営住宅条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第19、議案第35号 登米市青少年問題協議会設置条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第35号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律による地方青少年問題協議会法の一部改正に伴い、青少年問題協議会委員の資格要件等を定めるため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては教育次長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由とします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) それでは、議案書25ページ、新旧対照表につきましては提案理由説明書43ページをお開き願いたいと思います。
 議案第35号 登米市青少年問題協議会設置条例の一部を改正する条例についてでございます。議案書25ページでございます。新旧対照表については20ページをお開き願います。
 本条例の改正につきましては、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の施行に伴いまして、地方青少年問題協議会法の中でこれまで国が一律に決定し自治体に義務づけてきた基準が削除され、自治体が条例の制定等によりみずから決定し実施するように改められたことから本条例を改正するものでございます。
 法で削除される部分は2点で、1点目は会長は当該地方公共団体の長を立てると、委員は地方公共団体の議会の議員、関係行政機関の職員及び学識経験者のうちから当該地方公共団体の長が任命するの部分であります。そのため、本市では法の規定に基づき青少年問題協議会委員を選任していることから、当該条例で規定している委員の要件を改正するもので、改正後の第2条は法で削除された部分を基本に、第2条において青少年問題協議会の会長は市長とし、委員は市議会の議員、関係行政機関の職員及び学識経験がある者、その他特に市長が必要と認める者と改正するものでございます。施行は平成26年4月1日でございます。
 また、第5条関係で字句の整理を行ってございます。
 以上が改正内容でございますが、よろしくご審議いただき、ご決定くださいますようよろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。23番、二階堂一男君。
23番(二階堂一男君) 今の説明では、今までもあったという話なんですが、余り聞いたことがなかったんですけれども、きのうの常任委員会でも説明はなかったわけで。それで聞くんですけれども、具体的にどういった話し合いをどのような頻度で今現在的にはどういったメンバーで話をしているのか。そしてその効果などは、今まであればお話をいただきたい。
議長(田口久義君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 前回の会議は平成25年3月15日の開催でございました。この中で警察関係、各種団体の代表者の方々にご参集いただきまして、例えばコンビニの文書、雑誌等の閲覧の関係とかあるいは表示の仕方とか、それから例えば子供会の運営、校長先生方からの例えば学校ではといった形で情報交換という中身でございまして、決して何々を決議するといった内容でございませんでした。今後も、さまざまな情報交換を得ながら各種団体あるいは学校、地域といった形で子供たちを見守るような内容で実施されるように今のところ考えております。以上でございます。
議長(田口久義君) 23番、二階堂一男君。
23番(二階堂一男君) そういった状況の中で新しく議員が入るという内容でございますけれども、もちろん問題ないから入るんだと思いますが、市の部分でこれまで議員は余り市長の行政機関の中に入らないという内容があったので、それとはこれは別の問題になるんでしょうか。その辺の見解を。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) これまでも、地方青少年問題協議会法の中ではそのような規定がございましたので、これまでも議会の教育民生の委員長さんがこれまでも入っていただいてございました。警察署の署長さん、学校関係、それから子供会等入ってございますけれども、新しく常任委員会を設置してからまだ1回もしていないので、今回新しい委員長さんにはまだご案内を差し上げてございませんけれども、第4条の中に相互の連携というのがございまして、地方青少年問題協議会は相互に関係機関綿密な連絡をとらなければならないという条項が入ってございますことから、さまざまな機関の方々に入っていただきまして青少年の問題についてさまざまな情報交換をしているというのが現状でございますので、ご理解いただきたいと思います。
議長(田口久義君) いいですか。12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) 新しくなってから連絡しないっていう話、ないですね。会議するときだけこの会議あるの。そんなこと、形式的だか、形骸的になるでしょう。なおかつ、常任委員会でもいっこも話もしないで。教育長。一言。
議長(田口久義君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 青少年問題についてはしっかりと情報を共有するということが極めて大事な部分でございまして、その件について今議員のご指摘があった点、反省してしっかりと今後対応していきたいと思います。
議長(田口久義君) 16番、田口政信君。
16番(田口政信君) 前の条例にはこういう4種類の委員の基準というか書き込みがないんですが、なぜ今回それが必要なのかというのがよくわからないということと、国がこの青少年問題協議会法というものをどういう認識で通達を出してよこしたんですか。それを説明をいただきたいということと、もう1つは議会が執行機関の協議会あるいはそういうものに参加しているというのは私の記憶では余りないんですが、国保の会議は議会、あるいは児童・民生委員の選考のときに議長が入ったような気がしますが、そういうもののほかに何があるか教えてください。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 法改正の経過でございますが、第3次の一括法の概要の中で70法律が一括改正になりまして、第4次見直しの関係で直ちに施行するものについては公布の日、平成25年6月14日。今回の地方青少年問題協議会委員資格要件の廃止につきましては、当然地方自治体の条例とか体制整備の必要なものがということなので、平成26年4月1日を基準にそれぞれ検討するということの法改正の指示がございました。このような経過になってございます。
 それから、市会議員さんが入っているのは教育委員会では青少年問題協議会だけでございます。
議長(田口久義君) 3号に明記した理由というか、委員の。続けてください。
社会教育次長(鈴木 均君) それにつきましては、改正前の地方青少年問題協議会の法の中に組織の第3条の中に、地方青少年問題協議会は会長及び委員若干名で組織、それから会長は当該地方公共団体の長をもって立てるという法律の規定がございましたが、これが削除になりましたので、登米市の条例でこれを定めたということでございます。
議長(田口久義君) 16番、田口政信君。
16番(田口政信君) 一括法というのは何ですか。地方分権一括法ですか。それに基づく地方青少年問題協議会法の改定ということになるんですか。その辺がわかりませんでした。
 それからもう1点は、そこの中に議会議員を入れたというのはどういう理由なのかというのもひとつあわせてお答えください。新たにそういう関係行政機関の職員あるいは学識経験者、その他市長が、そのほかに議会議員というのがあるんですが、それをなぜあえて入れたかという理由をお聞かせください。
 こちらで議員がかかわっている協議会とか、そういうものがあったらこちらで、そっちは今聞きましたので、お願いします。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 理由でもお話ししましたが、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律、これが平成25年6月成立した、それを第3次一括法というんですが、それの通知届け出関係、それから先ほどの社会教育委員の関係もこの改正の一部なんでございますが、その中の第4次見直し関係の地方からの提言等に係る事項の中にこの部分は入ってございましたので、改正の部分に入ってございます。
 それで、先ほど課長からもお話ししましたけれども、青少年問題協議会そのものがさまざまな情報交換だったり、さまざまな団体の皆さんに集まっていただいて子供たちを守りましょうという趣旨でございましたので、これまでも議会議員さん方も入っていただいていましたし、それを継続して今回改めて条例で規定したということでございます。
議長(田口久義君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 市民生活部の関係では、民生委員、児童委員の推薦委員会の委員の構成員として、民生委員の推薦に係る法律の定めの中に議会議員を構成員とするように規定があって、それで教育民生の委員長さんと副委員長さんを歴代委員にお願いしております。そういう経過でございます。
議長(田口久義君) 建設部長、鈴木俊夫君。
建設部長(鈴木俊夫君) 建設部関係では都市計画審議会委員に産業土木の委員長さんをお願いしてございます。失礼しました。産業建設常任委員長さんでございます。
議長(田口久義君) ほかの部局はないですね。16番、田口政信君。
16番(田口政信君) その記述をするという段階になったときに議員が必要かという論議をしたのかということ、早い話が。それで、そういう問題について議会が、別に拘束力もないのでいいという判断。今までの経過の継承的な部分でそういうふうに掲載を、この条例に記載をしてしまうというのは私はちょっと疑問があるんです。というのは、執行機関の中の条例に議会が協議会の委員となることが。上位法で、先ほど都市計画なりそういうもののなかでそういうものがあるのであればいいんでしょうけれども、これには多分ないんだと思うんです。独自の判断でされたと思うんですけれども。
 ちなみに、20人というのはどういう人たちですか。ちょっと教えてください。3問目ですので、それだけ教えてください。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 20名の名簿がございますけれども、教育民生委員会の委員長さん、登米南三陸地区の保護司会の登米分会長さん、社会教育委員会の議長さん、子供会育成会連合会の協議会会長さん、青少年のための登米市民会議の会長さん、防犯指導隊員の隊長さん。登米市社会福祉協議会の会長、登米市民生児童委員協議会の会長、登米青年会議所の理事長、登米市PTA連合会会長、宮城県東部地方振興事務所の登米地方事務所長、東部教育事務所登米地域事務所長、佐沼警察署長、登米警察署長、小中学校校長会、高等学校の代表、市長、教育長、市民生活部長ということです、委員は。以上、20名でございます。
議長(田口久義君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 先ほど、上位法があるのかといったような内容でお問い合わせだったように記憶していましたが、上位法につきましては先ほど次長がお話ししましたように平成25年6月14日ということで地方青少年問題協議会法という法律がございます。この中で都道府県及び市町村に附属機関としてそれぞれ都道府県青少年問題協議会及び市町村青少年問題協議会を置くことができるということで、第1条がございまして、その組織第3条に委員は地方公共団体の議会の議員、関係行政機関の職員及び学識経験がある者等がございましたので、ここを引用させていただきました。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) タイミングが悪くて、そちらに行ってしまいましたけれども、そうするといまの段階ではまだ中澤さんが委員という認識でよろしいのか。それと、議員ということでございます。こちらのほうの話を聞くと、役職を決めてやっておったようですけれども、議員ですから、議員の中から改めて選出するという認識の仕方でいいのか。委嘱はどういった形でされるものなのか。理解不足でございますのでよろしくお願いします。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 手続等、大変おくれて大変申しわけありませんでした。現時点でもこれまでの同じように教育民生の委員長さんをお願いしたいと思って考えてございます。
議長(田口久義君) 現在も。
社会教育次長(鈴木 均君) はい、まだ常任委員会が変わってから新しい会議をしてございませんでしたので、現時点では中澤委員長さんということで新しい委嘱状を交付してございませんでしたので、そのような解釈になると思います。
議長(田口久義君) 12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) 3回目ですので、今委嘱は誰がどういうふうにするのかという話をしたのにそこはちゃんと答えていないし、それから規則で例えば常任委員長さんがなるということ、それは次長の段階でそういうことを、それが規則でそう決まっていればいいんですけれども、今お話ししたようにお願いしますという話ですと次長さんの権限、教育委員会の誰かの権限でそれはお願いするとなるんですか。それはこちらから選ぶという、例えばそういうものではないという理解でよろしいんですね。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君)会長が委嘱するということですので、市長でございます。今回、どのような形で市会議員の方々からということで、条例等を改正させていただきますので、その辺の照会は議会にいたしたいと思って考えてございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 同様の質問になるかもしれませんが、まず条例改正に当たって第3条1項の部分、これは改正に当たって市議会との協議はなされたのかどうか、まずお尋ねします。
議長(田口久義君) 市議会の協議はなされたか。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) してございません。
議長(田口久義君) 7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 今、数々の課題を指摘された部分、やはり条例改正の中に市議会議員という部分が明文化されるということに当たっては、やはり事前に市議会代表する議長に当然ながら協議をされて後に条例制定されるべきではなかったかと指摘をさせていただきたいと思います。
 先ほど、前者、質問だけして回答がなかったわけですが、4項の部分なんですけれども、先ほど社会教育委員にかかわる部分については残したらよかったんじゃないのかとお話し申し上げたら、学識経験者のある者に包含できるという部分でありましたが、あえて逆な質問をさせていただきますが、ここに市長の裁量を残しておるのは先ほどの答弁と相反する部分だと思いますが、これはなぜでしょう。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 先ほどもお話しいたしましたが、青少年の指導、育成、保護、矯正に関する総合的な施策の自立、それから適切な実施という大きな協議会の目的がございましたので、さまざまな関係機関のさまざまな方々に加入の委員になっていただくというその部分を残した部分がございますので、このような条項が入ってございます。
議長(田口久義君) 7番、關 孝君。
7番(關 孝君) あえて、反論をさせていただきますが、そういった意味合いであるのであればいわゆる社会教育委員の会議に当然ながらこの青少年問題も大きくかかわる部分である。いわゆる上位といいますか、どちらかというとそういった問題も包含している社会教育委員の会議であるということを考えるならば、市長が会長になる部分だけに市長が必要とするものだけ残して、であるならばきちっと先ほどの部分にも教育長、教育委員会の長は教育委員長で、教育長の裁量もきちっと残しておくべきではなかったかと、あえて感ずるわけなんですが、その点について市長の見解を伺いたいと思います。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) まず、この青少年問題に関しましてはもちろん教育部局との連携協議が何よりも必要と考えてございます。そういった意味では、私が必要と認めるということにつきましては市長部局としての認識ということだけでなく、教育委員会ともしっかりと連携をした中で必要性を認め委員の就任をお願いすると考えておるところでございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第35号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第35号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第35号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第35号 登米市青少年問題協議会設置条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 ここで、10分間休憩いたします。
          休憩 午後2時14分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時23分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 日程第20、議案第36号 登米市障害程度区分認定審査会の委員の定数等を定める条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第36号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律による障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律の一部改正に伴い、障害程度区分が障害支援区分に見直されることから、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては、福祉事務所長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。福祉事務所長、千葉幸毅君。
福祉事務所長(千葉幸毅君) 議案第36号 登米市障害程度区分認定審査会の委員の定数等を定める条例の一部を改正する条例についてご説明を申し上げます。定例会議案書26ページをお願いします。また、あわせて提案理由説明書44ページに新旧対照表を掲載してございますので、ご確認をお願いします。
 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律、通称障害者総合支援法が平成25年4月1日から施行されております。今回、一部施行につきまして平成26年4月1日からとなっております障害程度区分が障害支援区分に見直されることから、登米市障害程度区分認定審査会の委員の定数等を定める条例の一部を改正するものであります。
 見直される内容につきましては、これまで障害者の方の程度を重い、軽いという判断でなくて今後は支援の必要の度合いを示す区分であることがわかりやすいということから、名称を障害程度区分から障害支援区分と名称変更することになったものでございます。
 なお、このことについてはこれまで障害者の知的障害、精神障害の方につきましてはコンピューターによる一次判定で低く認定されていた経緯があったということで、医師等による審査会の二次判定で引き上げられたというケースが高かったことから、国ではこれまで判定に反映されにくかった知的障害者の方、精神障害者の方の多様な特性や心身の状況等なども加味しながら必要な支援の度合いを反映できる区分としていくということに示されてございます。
 そのようなことで、今回障害程度区分から障害支援区分に名称が変更になったことから、登米市の障害程度区分認定審査会の委員の定数等を定める条例を登米市障害支援区分認定審査会の委員の定数等を定める条例に名称を変更するものでございます。施行につきましては平成26年4月1日からとするものでございます。
 以上、よろしくご審議くださり、ご決定くださるようよろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第36号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第36号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第36号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。ご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第36号 登米市障害程度区分認定審査会の委員の定数等を定める条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第21、議案第37号 登米市医学生奨学金等貸付条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第37号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、看護師奨学生の奨学金の償還を免除する就学後の従事期間を貸付額に応じた期間になるよう変更すること。また医学奨学生の専門医資格取得等により市立病院での勤務がおくれる場合、奨学金の償還を一定期間猶予するため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては医療局次長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。医療局次長、千葉博行君。
医療局次長(千葉博行君) それでは、議案第37号 登米市医学生奨学金等貸付条例の一部を改正する条例についてをご説明いたします。議案書につきましては27ページ、新旧対照表につきましては提案理由書45ページでございます。お開き願いたいと思います。
 本案につきましては、2つの点についての改正をお願いするものでございます。まず、1つ目の改正点につきましては看護師奨学生の奨学金の償還を免除する終業後の従事期間いわゆる必要勤務時間でございますけれども、それを貸付総額に応じた期間になるように改正するというものでございます。
 看護学生の奨学金の貸し付けにつきましては、近年の看護師不足の解消の一助とする目的で平成23年6月に制定したものでありますが、当初は看護専門学校の生徒に対する貸し付けということで想定しておりましたが、貸付金額も月5万円、年額にしますと60万円というものを上限としてございました。
 しかし、最近は4年制大学の看護学科の入学がふえてきているということで、入学金や学費も高額になってきておりまして、現在の貸付額では賄い切れない状況であるということで、この際貸付金額を引き上げるとともに、それに伴う必要勤務期間の変更をお願いしたいということでございます。
 貸付金額につきましては、登米市医学生奨学金等貸付条例の施行規則で規定いたします。そういったことから、本条例の改正と同時にそちらも改正する予定であります。第2条で貸付金額を定めてございますが、その上限を現行の月額5万円から月額10万円、2倍に引き上げたいというものでございます。
 そして、その必要勤務期間、いわゆる義務年限につきましては現行の年額60万円を基本といたしまして、総額を60万円を除して得た数とするというものでございます。例えば、従来どおり月額5万円を3年間借りた場合ですと借りた年数の3年間であったものが、改正後は月額10万円を3年間借りた場合は総額360万円となりますので、60万円で除して勤務必要期間は6年間としたいというものです。
 また、同じように10万円ではなくてこれは上限ですので、7万円借りたという場合は総額が252万円ということですので、60万円で除しますと4.2年。この場合は端数を切り上げますので、5年ということの勤務期間をしていただくということになります。
 次に、2点目の改正点ですが、これは医学生の奨学金に係るものでございます。専門資格の取得などの事由で市立病院の勤務がおくれる場合、奨学金の償還を一定期間猶予できるよう関係条文を改正とするというものでございます。
 医学生奨学金につきましては原則的には償還いただくものでございますが、一定年数を市立病院等で勤務いただくなどの条件を満たせば償還免除することとしているものです。
 また、その償還の猶予につきましては、条例第12条に規定しております3要件のみということになっております。具体的にお話ししますと、1つは奨学金の貸し付けを途中で辞退してなお在学中の場合、2点目として看護師奨学金を受けていたときに属していた養成施設を卒業してからさらにほかの養成施設へ進学して在学中の場合、3点目としては心身の故障、災害その他、やむを得ない事由により償還が困難になったと認められるとき。
 この3点が今規定されているわけでありますが、現在奨学金を貸し付けている奨学生の中には既に初期研修を終えまして勤務開始可能となった医師も出てきたわけですが、専門医の資格取得など、予定の期間内に勤務が開始できない場合も想定されるようになってきました。現行制度ではそのような事由での償還の猶予はできないために、今回4つ目の要件として市長が特に必要と認めるときという条文を追加するものでございます。
 当然、本条項を適用できる場合は、専門医資格の取得だったり研究施設の要務ということで資格の有効性だったり有用性、猶予に要する期間などを厳正に判断した上で決定していきたいと考えております。なお、本条例の施行は平成26年4月1日ということにしてございます。
 説明は以上でございます。よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第37号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第37号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第37号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第37号 登米市医学生奨学金等貸付条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第22、議案第38号 登米市児童活動センター条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第38号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、従来米川児童活動センターで実施していた米川児童クラブの放課後児童健全育成事業を米川小学校内において放課後子供教室として実施していることから、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細については福祉事務所長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。福祉事務所長、千葉幸毅君。
福祉事務所長(千葉幸毅君) それでは、議案第38号 登米市児童活動センター条例の一部を改正する条例についてご説明を申し上げます。議案書につきましては28ページをお願いします。あわせて、提案理由説明書46ページに新旧対照表を掲載してございますのでご確認をお願いします。
 放課後児童健全育成事業につきましては、米川児童活動センターで実施してきました米川児童クラブについて、平成25年度から米川小学校の児童数が減っているということで児童クラブの対象の申し込みが現在10人以下となっている状況でございます。そのため、米川小学校の余裕教室を利用して現在実施しております放課後子供教室と連携して、今後実施していくということになりました。
 なお、米川児童活動センター、その施設につきましては、昭和55年に東和町立米川幼稚園として建てられた施設でございます。築33年たっており、施設そのものが老朽化しているということから、今回廃止をお願いするものでございます。
 以上、よろしくご審議くださりご決定くださるようよろしくお願いします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第38号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第38号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第38号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第38号 登米市児童活動センター条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第23、議案第39号 登米市定住促進住宅条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第39号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、登米市営住宅条例の一部改正に伴い、定住促進住宅使用料債権を同条例の取り扱いに準じ、公債権から私債権へ改めるため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては建設部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。建設部長、鈴木俊夫君。
建設部長(鈴木俊夫君) それでは、議案第39号 登米市定住促進住宅の一部を改正する条例についてご説明を申し上げます。議案書につきましては29ページ、新旧対照表につきましては提案理由説明書47ページでございます。新旧対照表で説明いたしますので、47ページをお願いいたします。
 議案第34号でご審議をいただきました市営住宅使用料と同様に、定住促進住宅使用料につきましても取り扱いを公債権から私債権へ改めるため家賃の延滞金について定めてあります第14条第2項、第3項について削除するものでございます。
 説明については以上でございますので、ご審議の上ご決定いただきますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第39号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第39号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第39号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第39号 登米市定住促進住宅条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第24、議案第40号 登米市緊急避難用住宅設置条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第40号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律の一部を改正する法律が平成26年1月3日から施行され、法律の題名が見直されたことに伴い、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては、福祉事務所長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。福祉事務所長、千葉幸毅君。
福祉事務所長(千葉幸毅君) それでは、定例会議案書30ページをお願いします。あわせて、提案理由説明書48ページに新旧対照表がありますのでご確認をお願いします。
 議案第40号 登米市緊急避難用住宅設置条例の一部を改正する条例につきましては、配偶者の暴力の防止及び被害者の保護に関する法律の一部を改正する法律が平成25年7月5日に公布され、平成26年1月3日から施行されております。
 改正の内容につきましては、これまで対象とされていた配偶者の暴力及びその被害者に加え、生活の根拠をともにする交際相手からの暴力及び被害者についても法の対象とすることになったものでございます。このことから、法の題名が改称が行われることとなったために今回登米市緊急避難用住宅設置条例の第3条に規定し、定めております配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する条例、この名称が保護に関する法律が配偶者の暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律に改めるものでございます。
 以上、よろしくご審議くださりご決定くださるようよろしくお願いします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第40号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第40号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第40号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第40号 登米市緊急避難用住宅設置条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決されました。
 日程第25、議案第41号 登米市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正、もとい、日程第25、議案第41号 登米市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第41号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、平成25年の人事院による職員の給与等に関する報告を踏まえ給与構造改革における昇給抑制の回復措置を実施するため、本条例の一部を改正するものであります。
 詳細につきましては総務部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) それでは、議案書は31ページをお開きいただきます。新旧対照表につきましては提案理由説明書49ページになりますので、あわせてごらんいただきたいと思います。
 今回の一部改正でございますけれども、公務員の給料につきましては民間との格差是正のために平成18年に給与の構造改革が実施されました。このときは4.8%引き下げという状況でございました。一部にこの引き下げができると影響が大きいということで、激変緩和措置をとりまして、当分の間現給を保障してまいりましたけれども、反面現給を補助することによって不足する原資、これがありまして、これらを確保するために昇給を抑制してきたという状況でございました。こうしたことは平成22年以降の人事院勧告によりまして、平成24年度から段階的に現給保障を廃止する、減額していくという状況にした一方、抑制された昇給、号俸、これを回復しましょうということでこれまで取り組んできたところでございます。
 計画では平成25年4月までで終わる予定で進められてきたところでございます。号俸回復させるに当たっては、民間よりも給与水準が下回っている傾向が見られる若年、中堅層、予定では43歳以下の方々でございますが、この号俸を回復の対象とすることにより、世代間の給与格差の適正化を図るということを趣旨としまして今まで進められてきました。本市においても人事院勧告に基づいてこれまで取り組みをしてきたところです。
 こうした中、本当は昨年4月で回復が終わる予定だったんですが、国におきましては震災によりこれに対処するための国家公務員の給与を2年間下げました。平成24年度、25年度7.8%、下げたことによりまして、本当は昨年4月に終わる予定がことし4月まで号俸回復がおくれたと、国ではおくれました。そういうことからしまして、国では平成26年4月、これまで43歳以下の者の号俸回復してきたんですが、国では44歳の職員をさらに1号回復させるということになりまして、昨年の人事院勧告におきまして自治体においても44歳の職員を1号俸アップするべきという勧告がなされたところでございます。今回の措置につきましては本市独自のものではございませんで、昨年の人事院勧告に基づきまして、4月1日44歳の職員について1号アップという内容でございます。漏れて、ポケットになっていた分を今回上げるという内容でございます。
 これを実施する対象人員は38名になります。影響額については50万6,000円という状況でございます。新旧対照表につきましては49ページから出ていますが、今お話ししたやつを第4条としてつけ加えたところで、挿入したところでございます。
 それから条文を若干整理したという内容でございます。よろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第41号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第41号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第41号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第41号 登米市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例については原案のとおり、可決されました。
 ここで、10分間休憩いたします。
          休憩 午後2時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時07分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 日程第26、議案第50号 指定管理者の指定について(登米市森公民館)、日程第27、議案第51号 指定管理者の指定について(石森ふれあいセンター)、日程第28、議案第52号 指定管理者の指定について(宝江ふれあいセンター)、日程第29、議案第53号 指定管理者の指定について(上沼ふれあいセンター)、日程第30、議案第54号 指定管理者の指定について(浅水ふれあいセンター)、日程第31、議案第55号 指定管理者の指定について(登米市有機センター)、日程第32、議案第56号 指定管理者の指定について(登米市米山体育館、登米市吉田運動場及び登米市中津山運動場)、日程第33、議案第57号 指定管理者の指定について(登米市南方武道伝承館、登米市南方総合運動場及び登米市南方中央運動広場)の8議案を一括議題とします。
 一括して提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、提案理由を述べさせていただきます。
 議案第50号 指定管理者の指定について(登米市森公民館)から、議案第57号 指定管理者の指定について(登米市南方武道伝承館、登米市南方総合運動場及び登米市南方中央運動広場)までにつきましては、地方自治法第244条の2第3項及び各施設の設置条例の規定に基づき、各施設の管理を行わせる法人その他の団体を指定するに当たり、同法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。
 詳細につきましては関係部長等から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明、質疑、討論、採決は1議案ごとに行います。
 議案第50号 指定管理者の指定について(登米市森公民館)の議案内容の説明を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 議案書77ページ、議案説明資料は別冊3の1ページになります。議案第50号 指定管理者の指定について(登米市森公民館)でございます。
 1の施設の名称については同様でございます。
 2の指定となる団体の名称等でございますが、所在地が宮城県登米市迫町森字木戸脇58番地、名称は森地区コミュニティ推進協議会でございます。代表者は会長 鈴木 香 氏でございます。
 3の指定の期間は平成26年4月1日から平成28年3月31日までの2年間でございます。公民館は原則5年の期間で各地区のコミュニティ団体をお願いしている経過がございますが、森地区につきましては迫地区の他のコミュニティ推進協議会が受託している施設の終期と合わせ2年間に設定してございます。
 別冊3、1ページをごらん願いたいと思います。施設の名称については同様でございます。募集の方法は非公募でございます。
 1施設の概要でございますが、根拠条例等は登米市公民館条例で、所在地は登米市迫町森字西表195番地で社会教育法に基づき設置した施設になります。
 施設内容は、敷地面積2万1,831平方メートル、建物面積は旧森小学校の2階3階部分を除いた1,654.8平方メートルで体育館、多目的ホール、和室、調理実習室等を備えた施設になります。主な管理業務の内容につきましては、利用許可、利用料金等に関する業務、施設及び設備の維持管理等に関する業務等になります。
 2の指定の期間につきましては記載のとおりでございます。
 3の指定管理者の名称及び団体の概要等につきましては記載のとおりでございますが、公募者であります森地区コミュニティ推進協議会はこれまで長年地域コミュニティ活動を実践してきた団体で、迫町森地区のコミュニティ団体として昭和55年12月13日に設立された団体になります。
 2ページに活動の概要を記載してございますが、組織を構成する団体には子供会、防犯協会、PTA、婦人会、スポーツ振興会など各種関係団体が加盟しておりまして、地域の関係機関や団体と円滑な連携のもとに利用者を初めとした地域住民の意見を的確に反映したサービス向上や利用拡大が期待されます。さらに、奥州森邑十三講祭り、伊達なおいとこ踊り宮城大会など豊かな地域資源の活用を念頭に置いた体制も期待されるところであります。これらのことから、4の選定理由にもありますとおり、団体の安定性、信頼性において評価できるものであります。
 5は候補者から提案されました収支計画でございます。平成26年度には収支管理業務に係る収入として、指定管理料として1,915万4,000円、施設利用料として4万円、その他の収入としてコピー使用料6,000円を見込んでございます。
 業務に係る主な支出として電気、水道につきましては、これまで学校として利用してまいりましたので、公民館としての実践がございませんでした。積算が困難であることなどから2年間は市が直接支払うことにしておりますので、積算はございません。他に、施設管理、清掃等の施設管等委託費として707万4,000円、モップ、マットレンタル、印刷機のリース代等の使用料として86万5,000円、通信費、消耗品、公課費等の施設運営費として159万4,000円、事業費として80万円、常勤の職員とそれに伴う社会保険料等の人件費として866万3,000円、その他として保険料等の20万4,000円でございます。平成27年度は資料のとおりでございます。
 3ページについては定款等に定める事業内容、4ページは役員名簿、5ページ以降は会則、平成24年度事業報告、収支決算、平成25年度事業計画、収支予算を添付してございます。
 以上のことから、総合的に判断しまして候補者として選定したものでございます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第50号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第50号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第50号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第50号 指定管理者の指定について(登米市森公民館)は原案のとおり可決されました。
 議案第51号 指定管理者の指定について(石森ふれあいセンター)の議案内容の説明を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 議案書78ページ、議案説明資料は別冊3、16ページになります。議案第51号 指定管理者の指定について(石森ふれあいセンター)でございます。
 1の施設の名称については同様でございます。
 2の指定管理者となる団体の名称等でございますが、所在地が宮城県登米市中田町石森字茶畑7番地、名称が石森コミュニティ運営協議会でございます。代表者は会長 熊谷 慧 氏でございます。
 3の指定の期間は平成26年4月1日から平成31年3月31日までの5年間でございます。
 別冊3、16ページになります。施設の名称については同様でございます。募集の方法は非公募でございます。
 1施設の概要でございますが、根拠条例等は登米市ふれあいセンター条例でございます。所在地が登米市中田町石森字茶畑7番地でサークル活動やクラブ活動を通じて地域住民が自主的に活動し、相互の交流を深めるために設置した施設になります。
 施設内容は、敷地面積2万1,000平方メートル、建物面積634.75平方メートルの施設で、和室、研修室等を備えた施設になります。主な管理業務の内容につきましては、利用の許可、利用料金等に関する業務、施設及び設備の維持管理等に関する業務等になります。
 2の指定の期間につきましては記載のとおりでございます。
 3の指定管理者の名称及び団体の概要等につきましては記載のとおりでございますが、候補者であります石森コミュニティ運営協議会はこれまで長年地域コミュニティ活動を実践してきた団体で、中田町石森地区のコミュニティ団体として平成17年3月に設立された団体になります。
 当協議会は、これまでの当施設の指定管理者で地域コミュニティにおける住民の自主管理、自主運営の理念のもとに定期的に施設の自主点検等を行い、施設の適切な管理と環境美化に務め、維持管理業務も計画的に実施しております。このような状況からも、利用者を初めとした地域住民の意見を的確に反映したサービス向上や利用拡大を図る体制になっております。17ページの4の選定理由にもありますとおり、石森コミュニティ運営協議会は今後においてもさらに地域の活動拠点としてのさまざまな工夫を施しながら安定的な管理運営を遂行する能力と実施体制を備えておりますので、評価できるものであります。
 17ページ下段につきましては候補者から提案された収支計画でございます。平成26年度の収支管理業務に係る収入として指定管理料として2,373万9,000円、施設利用料として52万1,000円を見込んでございます。
 業務に係る主な支出として、電気、水道、ガス等の光熱費483万9,000円、施設管理、清掃等の施設管理委託費として578万円、コピー機、印刷機のリース代等の使用料として40万9,000円、燃料代、通信費、保険料等の施設運営費として240万2,000円、事業費として80万円、非常勤の館長、常勤の職員2名、それに伴う社会保険料の人件費として906万3,000円でございます。公課費等その他として96万7,000円でございます。平成27年度以降は資料のとおりでございます。
 18ページについては規約に定める事業内容、19ページは役員名簿、21ページ以降につきましてモニタリング結果表を添付してございます。
 以上のことなどから、総合的に判断し候補者として選定したものでございます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。8番、岩淵正宏君。
8番(岩淵正宏君) 1点だけです。
 公民館、先ほど森公民館を最後に全て公民館が指定管理になったんですけれども、中田地区についてはふれあいセンターということで旧公民館ですが、今後ふれあいセンター条例で根拠条例、運用されておるんですが、公民館条例と2つ市内で根拠条例を使って、中身は似たようなものとは思うんです。今後現公民館と呼ばれる施設について、例えばふれあいセンターに持っていくのか、またはふれあいセンターの実績を見て公民館にしたほうがいいというのか、今後の方向性、名前の統一とか含めた考えはあるのかどうか、1点だけお聞きします。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 名前の統一なんですが、合併前の整備した経過もございますので、名前の統一については現在のところ考えてございませんけれども、これからさまざまな地域活動が進んでいった段階で公民館だったりふれあいセンターがどのような形で管理運営するかということについては、見きわめながらその辺は検討してまいりたいと思います。当分はこのままの施設目的で運営していきたいと考えてございます。
議長(田口久義君) 8番、岩淵正宏君。
8番(岩淵正宏君) 一番は、利用者が本当にそこに行って社会教育なり催される事業を楽しんでというか地域の親睦を図りながらやっていくのが目的かとは思います。検討していくということですが、やはりちょっと角度は違うんですが、教育委員会、小学校の学校のあり方なり公民館の考え方なりやはりどれが一番ベストなのか、そこは方向性をつかんでいくべきでないのかなと。片やふれあい、片や公民館。いつまでって今答弁はできないと思うんですが、教育委員会制度も後に変わりそうな気配なので、そこのところは肝に銘じて将来を見据えて統一化に向けて取り組んでいってほしいということを要望しておきます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第51号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第51号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第51号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第51号 指定管理者の指定について(石森ふれあいセンター)は原案のとおり可決されました。
 議案第52号 指定管理者の指定について(宝江ふれあいセンター)の議案内容の説明を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
 (「もっと説明内容を簡潔にできないか」の声あり)
社会教育次長(鈴木 均君) 議案書79ページ、議案説明資料は別冊3、23ページになります。議案第52号 指定管理者の指定について(宝江ふれあいセンター)でございます。
 1の施設の名称については同様でございます。
 2の指定管理者となる団体の名称等でございますが、所在地が宮城県登米市中田町宝江黒沼字浦38番地3、名称が宝江コミュニティ運営協議会でございます。代表者は会長 及川 義雄 氏でございます。
 3の指定の期間は平成26年4月1日から平成31年3月31日までの5年間でございます。
 別冊3、23ページになります。施設の名称については同様でございます。募集の方法は非公募でございます。
 根拠法令等は登米市ふれあいセンター条例でございます。所在地、敷地面積等については、資料をごらんいただきたいと思います。
 主な管理業務の内容につきましては、利用の許可、利用料金等に関する業務、施設及び設備の維持管理等に関する業務等になります。
 指定期間及び名称及び団体の概要等については記載のとおりでございますが、宝江コミュニティ運営協議会はこれまで長年地域コミュニティ活動を実践してきた団体で中田町宝江地区のコミュニティ団体として平成17年3月1日に設立された団体になります。
 当協議会は、これまでの当施設の指定管理者で地域コミュニティにおける住民の自主活動と各種機関との連絡調整を図り、施設利用が前年より約2割の増加が見られるなど地域特性を生かした事業運営も期待するところでございます。
 これらのことから24ページ、4の選定理由にもありますとおり、宝江コミュニティ運営協議会は安定的な管理運営を遂行する能力と実施体制を備えておりますので、団体として評価できるものでございます。
 24ページ下段につきましては、候補者から提案された収支計画でございます。平成26年度の収支管理業務に係る収入として主なものは、指定管理料の2,081万9,000円、施設利用料59万6,000円と見込んでございます。
 業務に係る主な支出として、電気、水道等の光熱水費217万6,000円、施設管理委託費として445万8,000円、使用料の45万8,000円、燃料等の施設運営費として349万5,000円、事業費として80万円、非常勤の館長等人件費として916万3,000円でございます。公課費等その他として86万5,000円でございます。27ページ以降は資料をごらんいただきたいと思います。
 以上のことなどから、総合的に判断いたしまして候補者として選定したものでございます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。8番、岩淵正宏君。
8番(岩淵正宏君) 済みません、何回も。1点だけです。
 支出の分で人件費、この今の宝江だけ他3つのふれあいセンターより10万円高く支出、何か理由があるんでしょうか。ほかが906万3,000円、宝江だけ916万3,000円となっているんですが、理由があればお知らせください。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 宝江コミュニティにつきましては、指定管理者の中に社会教育主事の資格取得者がいまして、その方の給料の手当分が足されてございますので、この分が若干高くなってございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第52号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第52号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第52号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第52号 指定管理者の指定について(宝江ふれあいセンター)は原案のとおり可決されました。
 議案第53号 指定管理者の指定について(上沼ふれあいセンター)の議案内容の説明を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 議案書80ページ、議案説明資料は別冊3、29ページになります。議案第53号 指定管理者の指定について(上沼ふれあいセンター)でございます。
 1の施設の名称につきましては同様でございます。
 2の指定管理者となる団体の名称等でございますが、所在地が宮城県登米市中田町上沼字弥勒寺大下90番地1、名称が上沼コミュニティ運営協議会でございます。代表者は会長浅野 盛志 氏でございます。
 3の指定の期間は平成26年4月1日から平成31年3月31日までの5年間でございます。
 別冊3、29ページになります。施設の名称については同様でございます。募集の方法は非公募でございます。
 1施設の概要、所在地、施設内容については、資料をごらんいただきたいと思います。
 主な管理業務の内容につきましては、利用の許可、利用料金等に関する業務、施設及び設備の維持管等に関する業務等になります。
 2の指定期間及び3の指定管理者の名称及び団体の概要等につきましては記載のとおりでございますが、候補者であります上沼コミュニティ運営協議会はこれまで長年地域コミュニティ活動等を実践してきた団体で、中田町上沼地区のコミュニティ団体として平成17年3月1日に設立された団体になります。
 当協議会は、これまでの当施設の指定管理者で地域コミュニティにおける住民の自主管理と各種機関との連絡調整を図り、施設利用が前年より約2割の増加が見られるなど積極的な新規事業の計画立案など地域特性を生かした事業運営も期待するところであります。
 このことからも30ページ、4の選定理由にもありますとおり、上沼コミュニティ運営協議会は安定的な管理運営を遂行する能力と実施体制を備えておりますので、団体として評価できるものでございます。
 30ページ下段につきましては候補者から提案された収支計画でございます。平成26年度については収入に係る分として、指定管理料として2,056万6,000円、施設利用料として19万8,000円等を見込んでございます。
 業務に係る主な支出として、光熱水費264万7,000円、施設管理委託費として405万9,000円、使用料として41万7,000円、施設運営費として293万6,000円、事業費として80万円、非常勤の館長、常勤の職員2名、それに伴う社会保険料等の人件費として906万3,000円、公課費等その他として84万2,000円でございます。平成27年度以降は資料をごらんいただきたいと思います。
 31ページについては定款等に定める事業内容、32ページ、33ページは役員名簿、34ページ以降につきましてはモニタリング結果表を添付してございます。
 以上のことなどから、総合的に判断いたしまして候補者として選定したものでございます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 2点についてお尋ねいたしますが、まず1つはモニタリング結果表の中で施設の適切な管理に係る実績A評価というのが特にこの上沼なんですが、どういった部分がA評価というか、よその施設よりも特によい管理をしている部分なのかお知らせをいただきたいと思います。
議長(田口久義君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) こちらの団体につきましては、顕著に各種団体の育成ということで、例えば園芸関係、詩吟関係あるいは短歌、それから社交ダンスといったことで育成されていまして、それらが今度は例えば文化祭の発表会につながっているとか、あるいはこちらのところにつきましてはほかのところにないくらい減免率の高い、隣に小学校、それから児童館等ございまして、ほかのところにない減免率というんでしょうか、高率なんですけれども、さまざまな工夫をされて顕著に運営されているということを評価させていただきました。
議長(田口久義君) 7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 済みません、ただいま質問した内容と違うお答えをいただいたんですが、もう一度聞いてよろしいでしょうか。
 いわゆる施設の適切な管理に係る内容、施設の適切な管理に係る内容について特にこの施設はA評価をされておりますので、よそでも適切な管理をなされているですが、特に上沼のふれあいセンターの管理というものはどういった部分が特によく管理されているのかということをまずお尋ねをいたしました。
 それから、もう1点お尋ねいたしますが、先ほど岩淵正宏議員のお答えになったことについてですが、改めてモニタリング調査表等を確認いたしますと実は宝江はことしこれから取得する、よそはもう取得済みということで相反する、いわゆる人件費の先ほどの答えと相反する全く逆の部分が発生しておるんですが、もう一度的確な答弁をお願いいたします。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 1つ目の管理業務に係る特別なA評価というご質問をいただきました。いろんなサークルが、今課長がお話ししましたようにサークル活動の方々のいろんな管理のご協力をいただきながら節水だったり節電、光熱費の節減に努めるということが、それから両面印刷も積極的にしているということなどもありましし、清掃等も行き届いているということでA評価をさせていただきました。
 社教主事の関係につきましては、中田町はことしで平成25年度、26年度でほとんどの事務員は社教主事に派遣する予定でいるんですが、それで先ほどの宝江については平成25年度で行った職員ですので、平成26年度については高くなる見積もりをしているという状況になってございます。
議長(田口久義君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。11番、佐々木 一君。
11番(佐々木 一君) このモニタリングの結果の総合評価で、指定管理者による総括自己評価の中で、震災後使用できなかった一部施設も利用可能になり利用頻度が増加したとありますけれども、一部が利用可能になったということはまだ利用できない箇所があるのかどうか、またはそれは全部解消したのかどうかお聞きいたします。
議長(田口久義君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) こちらについては大変ご迷惑をおかけいたしましたが、クラックというんでしょうか、駐車場関係、中の建物関係、皆滞りなく終了しております。
議長(田口久義君) ほかに質問はありませんか。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第53号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第53号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第53号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第53号 指定管理者の指定について(上沼ふれあいセンター)は原案のとおり可決されました。
 議案第54号 指定管理者の指定について(浅水ふれあいセンター)の議案内容の説明を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 議案書81ページ、議案説明資料は別冊3、36ページになります。議案第54号 指定管理者の指定について(浅水ふれあいセンター)でございます。
 1の施設の名称については同様でございます。
 2の指定管理者となる団体の名称等でございますが、所在地が宮城県登米市中田町浅水字荒神堂150番地2、名称が浅水コミュニティ運営協議会でございます。代表者は会長大内直人氏でございます。
 3の指定の期間が平成26年4月1日から平成31年3月31日までの5年間でございます。
 別冊3、36ページになります。施設の名称については同様でございます。募集の方法は非公募でございます。
 1施設の概要、2指定期間、3指定管理者の名称及び概要については記載のとおりでありますが、候補者であります浅水コミュニティ運営協議会はこれまで長年地域コミュニティ活動等を実践してきた団体で、中田町浅水地区のコミュニティ団体として平成17年3月1日に設立された団体になります。
 当協議会は、これまでの当施設の指定管理者で地域コミュニティにおける住民の自主管理、自主運営の理念のもとに定期的に施設の自主点検等を行い、施設の適切な管理と環境美化に務め、維持管理業務も計画的に実施しております。
 このことからも37ページ、4の選定理由にもありますとおり、安定的な管理運営を遂行する能力と実施体制を備えておりますので、団体として評価できるものでございます。
 37ページ下段につきましては候補者から提案された収支計画になります。平成26年度につきましては収支管理業務に係る収入として、指定管理料として2,013万4,000円、施設利用料として44万円を見込んでございます。
 業務に係る主な支出として、光熱水費268万5,000円、施設管理委託費400万6,000円、使用料として59万8,000円、施設運営費として258万7,000円、事業費として80万円、非常勤の館長等の社会保険料等の人件費として906万3,000円、公課費等その他として83万5,000円でございます。平成27年度以降は資料をごらんいただきたいと思います。
 38ページ以降については定款等に定める事業内容、39ページは役員名簿、40ページ以降につきましてはモニタリング結果表を添付してございます。
 以上のことなどから、総合的に判断しまして候補者として選定したものでございます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。16番、田口政信君。
16番(田口政信君) 1つは事業費を80万円。森公民館もそうですが、80万円と設定しております。この内容というのは指定管理受託者から提示があった80万円だと思いますが、その事業の割にはそれぞれの金額が固定をされているんです。その精査というのはしているのかということと、先ほど岩淵議員が申し上げましたけれども、ふれあいセンターという存在を公民館と違う存在になるわけですから、その事業費の考え方と公民館の考え方をお示しをいただきたいんです。
議長(田口久義君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) これまでは公民館それからふれあいセンター事業につきましては直営のときの積み重ねでまいりました。その結果、事業内容等につきましてもばらつきが生じまして、80万円につきましては何ていうんでしょう、逆行しているかどうかわかりませんけれども、最低何とかこの事業だけは実施してほしいということで13事業を選択させていただきましてそれを提示いたしました。それで、公民館あるいはふれあいセンターともども80万円の事業だけは何とか、もしできかねる場合は差し支えございませんといったようなことで、どこの公民館に行っても選択する事業は違っていても課題となっている事業だけは何とか実施してほしいということで、この80万円というものを提示させていただきました。
 2つ目、ふれあいセンターと公民館の事業等につきましてということで、ふれあいセンターにつきましてはこれまで歴史がありまして、一番最初は生産方式、補助金方式という形で実施しておりましたけれども、さまざまなことで平成26年、それ以外のと言いますと大変恐縮ですけれども、コミュニティ事業から、それからあと公民館の何ていうんでしょう、カルチャー的なといった内容でいえば失礼になりますか、趣味的な事業等につきましては今度は一括交付金の中でという考え方で何とか平成26年度は進めていきたいなと。ほかの市町村につきましては、もうコミュニティセンターとかあるいは何々センターといった形で公民館とは少しずつずれてきているのかなという考えがありますけれども、何とか登米市につきましては今落ち込んでいるといえば大変失礼ですけれども、家庭教育とかあるいは青年教育とかいったところも何とかこの80万円のところで実施してほしいとお願い、あるいは何回となく協議させていただいておりました。
議長(田口久義君) 16番、田口政信君。
16番(田口政信君) 概要はわかりましたけれども、つまり社会教育法上の公民館とふれあいセンターとは行政組織ですから、その中の事業費の割り振りをきちんとしないとおかしいですよということを私、ひとつ言いたいんです。
 それと、13事業を最低メニューにしたということは、市内の社会教育を平準化させる意味ではある意味ではいい方策なんだろうと思いますが、そのコミュニティ独自性の中の事業をバックアップすることも考えないと、その13事業に固執した、それを消化主義になってしまうということの危険性があるので、その辺はきちんと見据えてほしいということです。
 ですから、各地域が同じようなメリットがあるようなシステムをつくり上げてほしいんです。つまり、今のふれあいセンターと公民館という2つのスタイルを持ちながらこれをやるのが難しいのであれば、全部ふれあいセンターにするとか、全部公民館にするとかしたほうがやりやすいのではないかと思うんです。その辺のところを考えたときにどうですか。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 今、80万円の基本事業というのはやはり社会教育法に基づく社会教育事業、公民館がおのずと責務とある事業等を基本にして80万円の項目を設定してございます。今お話がありましたようにそのとおりだと思いますが、当然中田につきましては公民館というのがふれあいセンターに変わったということで、ただ公民館がございませんので、当然社会教育事業の公民館事業は今まで教育事務所で担っていた部分があります。その部分もコミュニティの推進協議会、ふれあいセンターで担っていただいている部分もございますので、その部分の基準としての事業として80万円を事業費で設定してございました。
 それ以降の各コミュニティの独自の活動については、まだまだ中田もありますし、ほかの地域もございますけれども、それについては今課長もお話ししましたように今後の交付金等の事業の中でさまざまな独自性だったり、さまざまのことについては検証していきたいと考えてございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第54号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第54号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第54号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第54号 指定管理者の指定について(浅水ふれあいセンター)は原案のとおり可決されました。
 本日の会議時間は議事の都合によりあらかじめ延長します。
 議案第55号 指定管理者の指定について(登米市有機センター)の議案内容の説明を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) それでは、議案書82ページをお願い申し上げます。議案第55号 指定管理者の指定について(登米市有機センター)でございます。
 この施設の公の施設の名称は迫有機センター、登米有機センター、中田有機センター、豊里有機肥料センター、石越有機センター、南方有機センターの本センター及びサブセンターでございます。
 2の指定管理者となる団体の名称等でございますが、みやぎ登米農業協同組合でございまして、代表者名は代表理事組合長、榊原 勇氏でございます。
 指定の期間につきましては平成26年4月1日から平成31年3月31日までの5年間でございます。
 それでは別冊3、定例会資料42ページをお願い申し上げます。
 まず、募集の方法につきましては非公募でございます。
 1施設の概要につきましては(1)の迫有機センターから44ページ上段の(6)南方有機センターまで掲載してございますが、根拠条例は登米市有機センター条例でございます。有機センターの設置目的は、家畜のふん尿等による畜産公害を未然に防止し、生活環境の整備と畜産振興を図るとともに、地域資源を有効活用した地域循環型農業を推進するものでございます。
 主な管理業務の内容等でございますが、施設及び設備の維持管理等に関する業務、施設の運営に関する業務、ほか条例の目的を達成するために必要な業務でございます。
 また、44ページ中段には指定管理者の名称及び団体の概要等についても掲載してございますので、お目通しをお願いいたします。
 45ページ上のほうの選定理由でございますが、みやぎ登米農業協同組合は市の有機センター6施設、南方のサブセンターを含めて7カ所でございますが、これらの指定管理者として管理運営を行ってきているほか、同農協が所有する米山有機センターを運営してきておりまして、施設の設置目的を認識した管理運営実績を有しており、また利用者組合を組織し、耕畜連携による資源循環型農業の一層の推進が期待できるものでございまして、団体の安定性、信頼性など総合的に評価して選定したものでございます。
 以下、迫有機センターから順番に収支計画を掲載してございますので、お目通しをお願いいたします。
 指定管理料につきましては同じく45ページ中段の迫有機センターから48ページの南方有機センターまで6施設5年間の総額2億375万円でございまして、うち使用料相当分として6,945万円を見込んでいるところでございます。
 以上説明とさせていただきますので、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。10番、中澤 宏君。
10番(中澤 宏君) 施設によって利用件数に大きく差があります。数が多くても少量ずつ利用することもあるだろうし、あるいは件数が少なくとも1件当たりの利用が大量であったりしますので、この数字だけでは全能力、施設全体の能力に占める稼働の割合というか、どの程度生かされているものかというのがわかりませんので、各施設のそうした全施設に対する使っている利用の実態というのがどういうものなのか教えてください。
議長(田口久義君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 平成24年どの利用率で申し上げさせていただきたいと思います。まず、迫有機センターが69.51%でございます。登米が24.07%、中田が45.64%、豊里が75.30%、南方が54.70%、石越が59.62%でございます。
 稼働率が低迷している部分につきましては、汚染堆肥等の処理が製品在庫の部分に堆積していまして、滞留していまして、それを今登米あるいは石越についてフレコンバッグに詰めて敷地内に出す作業をしてございますけれども、そういったことで若干搬入制限等もございました。
 それから、一番高いところでも75%台くらいなんですけれども、実際100%の稼働というのは搬入してきてそれを切り返ししながら製品化していくわけでございますので、実質100%の稼働というのはございませんので、現状の施設としては75からあるいは80ぐらいが100%に近い稼働率なんだろうと見てございます。
議長(田口久義君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) 今、稼働率から出ましたので、稼働率から聞いていきたいと思います。
 75%の稼働率を望めればその施設は約100%の稼働の実質的な状態になり得るんだろうと思います。目標の中では一番低いところで登米でしたら稼働率30%を想定してやられているようですけれども、そういうのを見たときに例えば収支の積算なんか見た場合、例えば水道光熱費で登米が900万円とか非常に豊里が450万円とか、中田はもっと低かったりして、さらにあと材料費の関係も非常に有機センターごとによってばらつきがあるんですね。それから、業務費の関係なんかもそうなんですけれども、それと販売収入の計上の仕方も積算根拠が非常に我々が見ていてわかりにくい状況になっているんですね。その辺の根拠の出し方を一定の数式を持ってやられているのか。どうしても稼働率が多いからその分水道光熱費が高いともなっていない状況のようでございますので、その辺の考え方、どういうふうにしているのか。
議長(田口久義君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 稼働率と運用コストということなんだろうと思います。
 実質、市内の6つの有機センター、それぞれ合併前に各町で整備したこともございまして、その設置のスタイルといいますか、処理方式等がそれぞれ違います。特に、登米の有機センターについては現状のところどうしても電気料がよそのセンターと比べて高額な電気料がかかるようなシステムというか、そういった施設になってございます。
 そういったことから、今年度の10月に電気料の削減をどういう形でできるかということで実証実験というか実証の取り組みをしていまして、そういった経費の削減等についても実証を含めながら今後さらにコストの圧縮に努めてまいりたいと考えてございます。
 それから、材料費等につきましても水分調整の仕方がそれぞれの有機センターの入ってくる堆肥等によって、あるいは主に水分の状況等によって水分調整資材の違いもあったりして若干経費等の分布が分散というか、格差が見受けられるということでございます。その辺のところにつきましても今後可能な限り圧縮に努められるように搬入時の水分調整も生産者に依頼をするとか、そういった取り組みも含めて取り組んでまいりたいと考えてございます。
議長(田口久義君) 12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) 部長、若干じゃないの。極端なの。極端だから話しているんですよ。何百万円と何十万円ぐらい違うんですよ。項目によって。はい。だから、積算が我々どうしても理解できないんですよ。若干ならわかりますよ。水分調整くらいの部分では。水道光熱費含めて材料費、例えばあとは販売なんかも稼働率30%なのに、販売金額で登米は一番470万円と多く見込んでいるんですよ。だから、何か我々理解できないんですよ。だから、積算根拠がしっかり、指定管理に出すというならこの数字が大丈夫なのかなと疑問を持つのは私だけでしょうか。もっと、ついでに言っておくからね、3回しか話せないからね。まずはそれをしっかりするということ。
 それから、評価は全部A評価なんです、モニタリング。みんなAだったらAでいいんだけれども、本当にこういう評価の仕方でいいのか。結構前の指定管理のほうがしっかり見ているんじゃないかと、指定管理者も指定管理者所轄部局も全部A評価になっていますけれどもそんなにA評価を与えられるくらいの評価ができるような状況では、これまでの経緯を見たらないんじゃないかと私は思うんですけれども、モニタリングの評価についての評価をどう思うか。
 それから、いわゆる構造的な部分の中でペレットシステムの機械が迫と南方にあります。平成26年度に向け、これはフル稼働がきちんとできる状態になって今回指定管理に出しているのか。さらに、こういった要望要求等はほかの有機センターではないのか。A評価であります迫の堆肥の問題、放射能汚染の部分、この辺もちゃんと努力すると話ししていますけれども、明確に処理についてのお答えがあるのか。それをもって指定管理に手配しているのか。
議長(田口久義君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 電気料金につきましては先ほどお話し申し上げましたようにそれぞれの施設の違いによって差が出てきているということはお話ししたとおりでございまして、それについて今後電気料金の下げていく、そういったことがどうやったらできるのかということを既に取り組んできてございますけれども、そういったことを今後さらに取り組んでいくということでございます。
 材料費につきましては、基本的に水分調整材ということでございまして……そうか、石越、中田…
 (「中田120万」の声あり)
 それについては後で次長からお答えをさせていただきます。
 それから、ペレットのシステムにつきましてはただいまお話しいただいたとおりでございますが、現状のところ、他の有機センターのほうでペレットのそういった設備の要望等は私どものほうでは把握してございません。
 それから、放射能の関係でございますが、汚染堆肥につきましては迫と石越と登米に汚染堆肥が滞留しておったわけでございますけれども、迫については全て製品保管庫から外に、フレコンバッグに詰めて敷地内に出して今管理をしているところでございます。
 それから、石越と登米は今その作業を実施しているところでございます。
議長(田口久義君) 産業経済部次長、遠藤 仁君。
産業経済部次長(遠藤 仁君) 材料費の件でございますが、中田につきましては……。
 (「材料費だけでない」の声あり)
 高いところと安いところがあるということでございますが、材料費についてもみがらが主に水分調整材として使われております。できるところはカントリーエレベーターから農協の内部で無償で調達をしているところもありますが、どうしても調達できない分については指定管理者のほうで有償で購入している部分もあると聞いております。
 それから、電気料、光熱水費の施設によってまちまちというお話もございましたが、これにつきましてはこれまで主に電気料という、かかる部分でございますけれども、堆肥に空気を送るブロア装置、脱臭装置、それらの運転経費が主な電気料というところで、それから攪拌機の運転、これらが主に電気料というところで計上になる部分でございます。
 登米につきましては、オープンロータリー方式、比較的高い電気料がかかるということでございます。迫についても電気料がちょっと高いんですが、これについてはパドル方式という方式でございまして、ほかと比較してみますと比較的高い経費がかかる、ランニングコストがかかるという施設でございます。他の施設につきましては基本的にはスクープ方式というものでございまして、その2施設よりは経費はかからないという状況になってございます。
 ただし、これまで運転をしてきたわけでございますが、ブロアの送風時間、当時事業を終わりましてメーカーから引き渡しを受けた運転マニュアルに基づいて運転をしてきたところでございますが、空気を送る送風についても24時間送風という指導等がマニュアルに記載されておりました。それに基づいて運転をしてきましたが、結構量がかかると、金額がかさむということもございまして10月以降試験的にでございますけれども、そのブロアの送風時間を短縮した中でどのようなきちっと完熟した堆肥ができるかどうかという検証をしながら今経費の節減に取り組んでいるところでございます。
議長(田口久義君) 12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) どうしても全体のことを話しているのにそれを特化した話をされる。例えば、業務費で最高140万円かかっているところもあったり、片一方23万円しかかかっていないところがあったり、材料費だってさっきの話ししたように、販売のことも稼働率が30%なのに登米は428、何百万円を見込んでいる。その辺の答えも全然ない。収支の根拠はそういうものを見て積算して出していくわけでしょう。それをちゃんと説明できるようにしておかなきゃだめですよ、やっぱり。
 あと、部長、どこからも何もなかったから造粒機はいらないという話じゃないですよ。循環型の農業を目指すために大変大切な有機センターだというならば、造粒機を必要とされるかされないか、積極的にこちらからアプローチしていかなくちゃいけない部分じゃないですか。
 それから、質問しておった南方と迫の造粒機は、きちんと稼働できるようになっていますかという質問をしたんですよ。ですから、最後ですので、やはりなかなか受け手も迷惑的に受けているという部分もあるかと思いますけれども、やはり循環型農業を推進するときに市内にこれくらいの施設を持っているのは全国にはないわけですから。耕畜連携を含めて循環型農業を推進していくためにも、しっかりと農協と行政一体となってこれを進めていくという使命もあるんだろうと思いますので、その辺、もう少し精査していただきたいと思いますよ。
議長(田口久義君) 答弁ありますか。産業経済部次長、遠藤 仁君。
産業経済部次長(遠藤 仁君) 迫と南方有機センターにつきましては、ペレットの製造装置がございます。迫につきましては一度ダイスといいますか、ペレットを絞り出す装置に故障を期しまして、交換をしたということもございますが、運転できる体制になっております。南方についても同様でございます。
議長(田口久義君) ほかに答弁があれば、挙手。農産園芸畜産課長、大久保 仁君。
農産園芸畜産課長(大久保 仁君) 登米の有機センターについて稼働率が低い割には販売量とかが多い理由なんですけれども、利用者数はほかのところより少ないんですけれども、一件あたりの搬入量がほかのところより多いということ。それから販売で不足しているところには、例えば中田の有機センターに登米の堆肥を回すとか、そういった要因で登米の販売量が多いという状況でございます。
議長(田口久義君) ほかに。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) それからペレットの部分についてでございますけれども、今後そういった要望等も含めて調査してまいりたいと思ってございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第55号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第55号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第55号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第55号 指定管理者の指定について(登米市有機センター)は原案のとおり可決されました。
 ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午後4時15分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後4時24分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 議案第56号 指定管理者の指定について(登米市米山体育館、登米市吉田運動場及び登米市中津山運動場)の議案内容の説明を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 議案書83ページ、議案説明資料は別冊3、62ページになります。議案第56号 指定管理者の指定について(登米市米山体育館、登米市吉田運動場及び登米市中津山運動場)でございます。
 1の施設の名称については同様でございます。
 2の指定となる団体の名称等でございますが、宮城県登米市米山町西野字的場181番地、よねやまスポーツクラブでございます。代表者は会長 山家 忠 氏でございます。
 3の指定の期間は平成26年4月1日から平成29年3月31日までの3年間でございます。
 別冊3、62ページになります。施設の名称については同様でございます。募集の方法は公募でございます。
 1施設の概要、2の指定期間、3の指定管理者の名称及び団体の概要等については記載のとおりでございます。候補者でありますよねやまスポーツクラブは、平成24年2月26日に設立した団体になりますが、米山地区におけるスポーツ活動の振興を図り、各種教室、各種研修会、各種大会やイベントを開催している団体になります。役員数は24名で66ページの別紙1に役員名簿をつけてございますので、ごらんいただきたいと思います。
 活動の概要、決算等の状況は資料のとおりでございます。
 これらのことからも4の選定理由にもありますとおり、よねやまスポーツクラブは地域生涯スポーツの活動拠点としてのさまざまな工夫をしながら、安定的な管理運営を遂行する実施体制を備えておりますので、団体として評価できるものでございます。
 64ページ以降につきましては候補者から提案された収支計画でございます。1の米山体育館になりますが、平成26年度には指定管理料として1,062万4,000円を見込んでございます。支出等についてはごらんいただきたいと思います。
 2の吉田運動場になりますが、平成26年度には指定管理料として566万円を見込んでございます。支出等についてはごらんいただきたいと思います。
 65ページをごらん願いたいと思います。3の中津山運動場になりますが、平成26年度には指定管理料として116万円を見込んでございます。支出等についてはごらんいただきたいと思います。
 66ページについては役員名簿、67ページ以降については規約、平成24年度の事業報告、収支決算、25年度の事業計画、収支予算を添付してございます。
 以上のことなどから、総合的に判断し候補者として選定したものでございます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。3番、佐々木幸一君。
3番(佐々木幸一君) 別冊3、64ページ。仮に、例えば米山体育館の施設利用料、6万6,000円、これは恐らく前年の実績なのかなと思うんですけれども、そこと仮にこれ施設減免しなかったときどれくらい利用料というのが入るようになるんですか。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 米山体育館になりますが、88%ぐらいの減免率になりますので、今計算します。お待ち願います。
 88%ぐらいになります。
議長(田口久義君) 3番、佐々木幸一君。
3番(佐々木幸一君) なぜ施設利用のことについてお聞きしたかということです。指定管理を受けているいろんな現場の声から、実際ほぼ恐らく減免対象ですよね。そうした結果、当初は恐らく施設のいろんな稼働とか利用の向上のためには有効だったと思われるんですけれども、逆にそのことが施設の利用の公平性に問題が出てきていると現場から声が出ています。そこら辺はお聞きでしょうか。
 実際、早く言えばただだから早目に予約すると、土日も予備として予約する。時間的にもかなり、半日とかそういった形で予約している状況があるらしいんです。実際使いたい人が使えないという苦情が大分来ているということで、利用料についてはやはり受益者負担の原則からいってある一定の負担は必要じゃないかという現場からの声が出ているんですけれども、その点についていかがでしょうか。
議長(田口久義君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 減免団体につきましてはということで、もう既に何団体ということで、明示しておりまして、例えば早い者勝ちということで、これからというのでしたらばあり得るかもしれませんが、もう既に何回となくされているところにつきましては調整会議を開いてみたり、あるいは1回まではオーケーですよといったような形ではやっていますけれども、極端な発想では2回目、3回目までの予備日を確保するといったようなことはしていないようです。よろしくお願いします。
議長(田口久義君) 3番、佐々木幸一君。
3番(佐々木幸一君) ただ、現場からはそういう話じゃなくて、かなり実際使いたい人が使えない状況が出ているということは担当者が言っているわけですよ。
 その公正な利用のこととあわせて、指定管理団体で一番問題になっているのは職員の人件費ですよね。なかなか職員の待遇改善が図れないということで、今の登米市の指定管理の体制だとなかなか自分たちが自主努力して自主財源を獲得するという方向性が閉ざされているわけですよ、いろいろ制約がありまして。その1つの中に利用料があるわけですよね。
 だから、団体がいろんな形で利用料を見込める団体を誘致したり、いろんな利用向上を図ろうとしても減免でただだとなれば努力する必要もないわけですよ。そういった、今言ったように公正な利用の観点と団体の自主財源の獲得の面からも、利用料の減免の見直しは必要ではないかという声が出ているんです。そこら辺、今後検討する気があるかどうか先にお聞きします。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) やはり、使用料の関係なんですが、登米の総合体育館では72%ぐらいの減免率ですので、結構有料の使用料の団体が入っているということもございます。
 ただ、使用料の検討につきましては体育施設だけではなくて、いろんな公民館だったりさまざまな施設の減免対象は登米市全体で決定している部分もございますので、その辺のご意見等も考慮しながら今後所管課とも話し合いをしながら検討していきたいと思ってございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。25番、佐藤恵喜君。
25番(佐藤恵喜君) 説明を受けて気づいたんですが、64ページの収支計画で米山体育館、人件費402万円。前の63ページは職員数は1名ということですね。この1名の方の人件費がこのくらいということなんでしょうか。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 63ページの職員数は現在よねやまスポーツクラブの職員数のクラブマネジャー分でございます。今回、指定管理で人件費として402万円計算しているのはこのほかに2人分を見込んでございます。運営、指定管理用の職員として人件費2人です。63ページは今独自にスポーツクラブで雇用している職員が1人ということです。現在雇用している。クラブマネジャーのことなんですが、1人ということです。
議長(田口久義君) 25番、佐藤恵喜君。
25番(佐藤恵喜君) 反論でありませんけれども、そうしますと今まで公民館、ふれあいセンターでは職員数が3名でセンター長1名、事務職員2名、この3名分が人件費として計上されているのでないかと思っていたんですけれども、そうすると見方は全く違う話だということなんですね。そうなんですね。なぜ、そういうふうにわからないように、書くんだよね。でないと、1人で400万円、ああ、いよいよ改善に向かったんだと思って喜んで。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 公民館の関係については非常勤の館長さんと事務員2名ということで、3名という体制なんですが、総合型、どこのクラブもなんですが、クラブマネジャーは今の段階で雇用は1人おります。あとは指定管理はその業務によって2人なり1.5人という計算がされますけれども、今回の64ページにあります米山体育館については2人分の人件費として402万円なんですが、常勤2人とそれから夜のシルバーだったりなに受付業務等も臨時職員の中の人件費もこの中に含まれてございますので、詳細については。
 (「公民館と違うから」の声あり)
 公民館と条件が違いますのでそのような話になってございます。
 職員の給料分が348万円の計算ですし、社会保険料の事業者負担、事務、その分を含めて402万円の計算になっています。ちょっと公民館とは計算が違いますので、あくまで体育施設については指定管理の事業量に応じて職員数を計算しており、事業量が多ければそれなりの人件費もつけてございます。
議長(田口久義君) 25番、佐藤恵喜君。
25番(佐藤恵喜君) なかなか、素直に言わないものなんだよね。公民館のときと様式はほぼ同じだと思うんだけれども、公民館は職員数、館長ほか事務員2名、3名で900万円になると。同じように見ていったら1名で400万円と、違うということなので、そのとおり違うんですと、書き方は違っていますと。なんて言うんだろうね、素直に説明したほうがいいと思うんですが。私、これ今何か問題にしようとかこれにもっと指定管理制度云々を根本に反対とか一向ありませんので、全く素人から見れば突如と書き方が違うわけでしょう。それともこっちの1名分でないというなら、ないなりに人件費の説明がないと、こういうのは余り聞きたくないんですよね。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 説明が悪くて申しわけありません。63ページの米山スポーツクラブの今の職員数は指定管理前の職員数でございますので、指定管理者分、この上に入っていないんです。今回、よねやまスポーツクラブは初めての指定管理でございますので、これまでの職員の中には1名分は指定管理分ではありませんので、スポーツクラブが独自に雇用した1名です。
 64ページは、平成26年度から新たに初めて指定管理する団体でございますので、今回64ページの人件費2人分プラスで将来的にはスポーツクラブは3人という、平成26年から3人という話になると思います。
議長(田口久義君) 続けてください。
社会教育次長(鈴木 均君) 1ページにあります森公民館については、職員数は館長1名、事務員2名を平成26年度から雇用予定です。今森では当然直営ですので、森公民館では雇用していませんから、ここは本来ゼロで雇用予定という言い方をしてございます。大変書き方が申しわけありませんでした。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。10番、中澤 宏君。
10番(中澤 宏君) それでは、私からは今までもこういう体育館についてはスポーツクラブとかそういうことに指定管理をお願いしてきました。そういう意味では、今までの教育委員会の方針をこうした形になったということなんですが、そこで議会が市民との意見交換会をした際に南方で近くにコミュニティが指定管理をする、すぐ近くにこうした施設があって、要するに申し込みをするにも鍵を返すにもとても不便なんだという話がありました。
 ここも実はそうなんです。例えば、米山体育館であれば、近くに地元のコミュニティ団体があったり、あるいは吉田運動場であればすぐ近くに吉田コミュニティが管理する公民館があったり、あるいは中津山運動場もそうだと思います。地元、使う市民の立場というものに立てば、十分そういうものを参酌したんだろうと思います。以前からそういう声もありましたから。そういう声にどのように応えるか。このことについて説明いただきたいと思います。
議長(田口久義君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) こちらにつきましては、現在米山体育館に事務局を構えてそこで例えば吉田の体育館、中津山の体育館を管理したいという話を伺っております。ということで、南方とは若干異なってくるかと思います。
 南方でございますけれども、今受け付け、例えばこれまでは南方の総合庁舎の前の事務局でということだったんですけれども、西郷の運動場ででもといった形で今調整させていただいておりまして、実際問題、市民の立場からということでは「どのような管理になっているんだ」といったおしかり等は受けておりませんでした。たまたま、外を使う、それが急遽中を使いたいといった形のところについては、現場で対応していただいているという内容でございます。
議長(田口久義君) 10番、中澤 宏君。
10番(中澤 宏君) 聞き方を変えますね。
 地元の人からすれば、すぐ近くに借りられるところがあって、相談できるところがあったほうがいいわけですよ。これを市が地元の、地域の施設についてはコミュニティに、あるいはこういう地域に限らず広域的に使うものについては、こうしたところにということであるんですけれども、大半は地元にあって地元の人たちが使う部分が結構あって、そういう人たちからすれば管理するのも申し込むのもいろいろ近くにあったほうが便利でないかと思うんです。コミュニティに委託するよりも、頼むよりもこういう3つを1つにして頼むというところのよさって何だろうということなんですね。
 さっきの、例えばマネジャーがいてスポーツの指導を徹底的にやるので、これはこうだとかいろいろあると思うんです。ただ、中身を見ると貸館業務ということなので、単純に公民館の施設を貸すのと体育館を貸すのと何ら変わらないような施設にも見えるのですが、その仕事あるいは機能と委託先の関係、この辺をもう少しお尋ねしたいと思います。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 今のご指摘なんですが、やはりスポーツクラブ総合型とコミュニティの建物で多少そのような利用調整をする必要がある場所もございます。例えば、宝江ふれあいセンターもそうなんですが、あれは中田の総合体育館の敷地内にある建物ですし、西郷、今回ですと米山。宝江とか米山は今後利用調整会議をしていただいて、その中でどのような貸し付けがいいか、借り入れがいいかという話し合いをしながらその辺で調整してもらってございます。
 私たちも今までもこれまでもなんですが、やはりスポーツクラブだったりコミュニティにも活動拠点という気持ちもございましたので、そういう方法で推進したんですが、やはりそのような市民の利用の状態からいうと多少遠くに行かなければ借りられないのかと、そのようなことがありますので、管理はきちんと受託団体にしていただいて、市民が借りる受付団体には公民館とか連携をとって近くで、そのようなことも含めながら利用調整してもらってございます。
 西郷については、スポーツクラブと西郷のコミュニティの関係についてはなかなか調整がつかない部分がございましたので、今調整中でございます。それから南方については、もともとは体育施設で、合併前からあの部分は総合運動公園ということであの中に西郷の公民館がございましたので、その流れで来たんですが、西郷のコミュニティ推進協議会でも活動拠点が必要だということで、西郷関係についてはあの部分については西郷コミュニティが受託してもらっているということなんです。その辺の利用調整等をしながら市民の方々が迷わない、そのような調整はその都度にさせてもらってございます。
議長(田口久義君) 10番、中澤 宏君。
10番(中澤 宏君) 要するにコミュニティの人たち、市民の不便を解消するために、結果としてはまだそっちのほうに委託をするということなんですよね。
 それで、この米山は大きいまちですし、あるいは南方も佐沼も中田も大きいまちなんですけれども、例えば小さいまちでもコミュニティとスポーツクラブがそれぞれ2つを持つというのはそれぞれどうなんだろうと、そんなやりとりをやるんだったら最初から1つでもいいんでないかとも思うんです。これも、教育委員会の方針は1つのコミュニティをつくり、あるいは1つのスポーツ団体をつくるということではありましたけれども、そうしたことが本当によかったんだろうかということは、ここが根本なんですね。それは場所によっては機能するところもあれば、場所によってはそれが弊害になるところもあるという点検も私は必要なのかなと思っておりました。
 今までは、コミュニティは何かの作業を頼むという作業を委託するわけです。要するに、貸館業務という定型的な、ある意味で極端に難しくない作業をお願いするわけでしたので、賃金というのもそれほど大きくは払えなかったということになりますが、例えばスポーツクラブのようなマネジャー、知識あるいは技能、そういうものが持っていて、そうした知識や技能を生かした職員については400万円という、例えば、そういう賃金を支払っている実績があるわけです。そうした、どんな団体に機能があるか、力があるかということなんですけれども、逆に言えばコミュニティにそういう力を剥いでしまって、単純に単純にしてしまうことが果たして地域を支える力になるだろうか。むしろ、これからのまちづくりの担い手、受け手として育てるのであれば、むしろそういう機能を付加することで賃金の高いさまざまな皆さんに入っていただいて、しっかりとした地域をつくる、あるいは公民館をつくる、あるいは地域をつくる、そういう仕事をしていただくということもこれからもう1回考える必要があるのかなと思います。
 今回は、初めてなので動き出さないとわからないところがありますから、私も今回賛成します。将来にわたっては地域、場所、ところによってはさまざまな方法もあっていいのかなと思いますので、ここは教育長、今後の風邪を引いているところ、大変恐縮ですが、一言、要するにただ3年間何もないと思うのではなくて、さまざまな機関にさまざまな思いを考えて、さらに次の将来を考えるということについてはいかがでしょうかというお尋ねをさせていただきたいと思います。
議長(田口久義君) 教育長 片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 今後の地域づくりのあり方といいますか、非常に根幹にかかわるような内容のご意見かなと思っております。
 現在、コミュニティ運営協議会があって、そしてスポーツクラブの立ち上げがあってということで進んでいるわけですが、その辺をどのように融合していくかということも恐らく今後これが進む、それぞれの動きの中で多分課題として出てくるんだろうなと思っております。決して、2つをきれいに切るということではなくて、場合によってはこの辺は一体となって地域づくり、地域の活性化といいますか、そういったところに結びつけるといいますか、そういった役割を果たすといった機能の方向に持っていかなくちゃならないんだろうなと思っております。ということで、少し活動の期間を見て、十分に検証して今後の地域づくりに生かしていきたいと考えております。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 私の考えも前者の発言に尽きるわけなのですが、1点だけ次長の発言が前後しているので、確認をしたいんですが、これまで議会の中でも南方を例に同様なお話がありました。運動場を申し込むのに公民館では受け付けられないといったようなことで、もっと効率よくサービスできないのかという住民の声が多かったのです。そうしたときに、議会の中で答弁とすれば、次の指定管理までの間に十分その点を協議、あるいは精査させていただいて次の指定管理に臨みたいというお話がありました。米山については今回初めての部分なんですが、だからこそ例えば今のお話ですけれども、米山の公民館と体育館、スポーツクラブ、これまでにこうしたすみ分けというか利用の窓口というか、こういった部分の協議はこれまでされてきたのか、あるいはこれからしようとしているものなのか。
 そして、次の議案になるかもしれませんけれども、南方の部分でありますが、そのことについても次の指定管理までにと、次長からはうまく話し合いができなかったという部分がありますが、その辺をしっかり答弁願いたいと思います。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 米山の関係につきましては、役員名簿が66ページにございますけれども、この中には中津山と西野と吉田のコミュニティの会長さんもこの中に入ってございまして、指定管理に向かっては何回か話し合いをしてございます。結果的に、今回のような多少隣り合わせという施設もありましたので、どのような管理体制が一番いいかということもお話し合いをさせてもらって、今回の指定管理の選定に私たちも踏み切ったということです。ですので、その辺の内容的なところは話し合いを何回も持ってございます。
 それから、西郷の関係なんですが、やはりどうしてもコミュニティは地区ごと、例えば登米とか豊里のコミュニティ推進協議会は協議会の組織の中に総合型もきちんと位置づけされているんですね。1町1コミュニティの場合は。なかなか、コミュニティが3カ所、2カ所となると、その辺が全体の調整が難しい部分が私たちも今までありました。やはり、全体としてのコミュニティのあり方だったり町域の、そのような内容の部分がありまして、南方の部分は調整がおくれてというよりも今調整の最中でございます。
議長(田口久義君) 7番、關 孝君。
7番(關 孝君) そうしますと、これまで話し合いがなされてのこういった指定管理になったということを捉えれば、そうした南方で発生しているようなさまざまな課題についても当然ながら話し合われてきたと受けとめてよろしいものなんでしょうか。
 それから、市の方針として公民館はコミュニティ、その他体育施設はスポーツ型というすみ分けをした中でやってきています。課題は先ほど将来的な課題は、中澤議員がお話ししたとおりだと思うんですが、これまで一体管理をしてきた費用といいますか、維持管理。今回同じところにありながらすみ分けをして管理することになって、新たな費用負担というか、一体管理をしたのと別々の団体がおのおの施設管理をすることになるということになって、恐らく費用負担がふえてくる施設、施設管理がふえてくるんだろうということも予想されると思うんですが、その辺の試算はどのようにされていますか。
議長(田口久義君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 先ほど次長がお話ししましたように、協議の中で公民館あるいは体育館といったところでまだ結論には至っていませんけれども、間もなく結論が出る予定でございます。何回となく打ち合わせさせていただいております。
 例えば電気料、光熱水費等について費用負担、同じような形で協議させていただいております。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 積算の仕様書の作成の段階で、基本的に今の直営でしている部分の経費を基本にしてございますので大幅な負担はございませんが、ただ人件費的なところが多少割り増し分になっているのかなという感じはします。
議長(田口久義君) 7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 結果的に、例えば米山の公民館と体育館を一体で管理すれば、そこに1人で済んだわけですね。それが今度はおのおのということになっているわけですから、確実にそこにまたふえるという部分があって、そうなってきますと市の方針で進めてきたわけですからそれはそれとして理解するわけなんですが、一方では不効率性というのもそこに出てくる場所もあるわけですね。
 そういったことをあれすれば、やはりさっき中澤議員がおっしゃったとおり将来に向けて登米市の基準として公民館、スポーツ施設というくくりを、分け方をしましたけれども、やはり将来に向かってはその辺をしっかり見直しというか検証していった形の中でどういった施設管理が一番地域にとってもふさわしいのか。また目指す行政経費の負担というか、そういった部分がどうやっていったらば一番効率よくできるのか。地域サービスが最もいいようにするにはどうしたらいいのか。ということを今後3年ごとではなくて、しっかりその辺を見据えながら今後の方針を考えていっていただきたいと思うんですが、その辺についてお尋ねします。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 確かに、総合型スポーツクラブ、9つございますけれども、指定管理をしていない、受託していないスポーツクラブもございます。やはり、今お話しされましたことについてもじっくり検証する時期なのかなと。総合型を各町に1つずつつくる、それから、公民館の自主管理、自主運営というのは当分前の教育方針の中でずっと進めてまいりましたけれども、やはり一通り、今回米山スポーツクラブが最後になります。この辺のこともさまざまな検証もそろそろする時期なのかなということも考えてございますので、その辺はご指摘いただいた分についてはじっくり検証したいと考えてございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第56号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第56号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第56号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第56号 指定管理者の指定について(登米市米山体育館、登米市吉田運動場及び登米市中津山運動場)は原案のとおり可決されました。
 暫時休憩いたします。
          休憩 午後4時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後4時59分
議長(田口久義君) 議案第57号 指定管理者の指定について(登米市南方武道伝承館、登米市南方総合運動場及び登米市南方中央運動広場)の議案内容の説明を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 議案書84ページ、議案説明資料は別冊3、78ページになります。議案第57号 指定管理者の指定について(登米市南方武道伝承館、登米市南方総合運動場及び登米市南方中央運動広場)でございます。
 1の施設の名称については同様でございます。
 2の指定管理者となる団体の名称等は宮城県登米市南方町新高石浦130番地、いきいき健康づくりスポーツクラブみなみかたでございます。代表者は会長 佐瀬 均 氏でございます。
 3の指定の期間は平成26年4月1日から平成29年3月31日までの3年間でございます。
 別冊3、78ページをごらんいただきたいと思います。募集の方法は公募でございます。
 1施設の概要、2指定期間、3指定管理者の名称及び団体の概要等については記載のとおりでございますが、候補者でありますいきいき健康づくりスポーツクラブみなみかたはこれまでの当施設の指定管理者でもあり、南方地区におけるスポーツ活動の振興を図り、各種教室、各種研修会、各種大会イベントを開催している団体になります。
 このことからも4の選定理由にもありますとおり、いきいき健康づくりスポーツクラブみなみかたは今後においても地域と密着した管理運営が期待でき、団体の安定性、信頼性、管理運営の実績においても評価できるものでございます。
 80ページ以降につきましては候補者から提案された収支計画でございます。1の南方武道伝承館になりますが、平成26年度には指定管理料として920万4,000円を見込んでございます。
 2の南方総合運動場になりますが、平成26年度には指定管理料として1,191万3,000円を見込んでございます。
 3の南方中央運動広場になりますが、平成26年度には指定管理料として57万1,000円を見込んでございます。支出等についてはごらんいただきたいと思います。
 82ページ、83ページは役員名簿、84ページ以降につきましてはモニタリング結果表を添付してございます。
 以上のことなどから、総合的に判断しまして候補者として選定したものでございます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。16番、田口政信君。
16番(田口政信君) 前段で前者が前案件で、南方の実情についてお話をいただきました。それをどう受けてこの指定管理の指名になったのか。それをお伺いしたいということと、南方には南方体育センターさらに東郷運動広場があります。いわゆる体育施設と思われる。それはどうしていくのか。その2点をお伺いします。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 前段でお話がありました使用の関係について、使用願い等をさまざまな不都合があるというご指摘をいただいておりました。その分につきましては、今回の指定管理の選定の前に南方コミュニティの会長さん、西郷の会長さん、スポーツクラブの会長さん等もいろんな話をしまして、利用調整会議をその中で開いていただくこと、それから、簡易的な連絡については西郷の公民館でその辺をしていただくこと等の連絡調整をしていただきまして、この辺を指定管理の申請書にございましたので、この辺を評価して今回の選定になりました。
 それから……。
 (「運動広場」の声あり)
 東郷については、東郷コミュニティ推進協議会で指定管理している施設になります。今後、先ほどもお話ししましたように全体的な調整については、やはり全体の公共施設の、教育委員会の体育施設、公民館施設、さまざまな社会教育施設等の全体の構図もやはり必要があるのかなということで考えておりますので、その中の検討の中でしていきたいと考えております。
議長(田口久義君) 体育施設、体育センター。南方体育センター、元のレクリエーションセンター、続けてください。
社会教育次長(鈴木 均君) 南方の体育センターについては、平成26年度で公共施設の適正化の委員さん方にもお話し、ご意見をいただきましたが、南方中学校敷地内にあるということで、学校施設の中でその辺を運用していくと。ただ、大分老朽化が進んでございますので、その辺の今後のあり方については修繕の方法等、その辺をもう少し経過を見せていただいてから将来的には決定したい。当分の間は中学校の体育館というか、第2体育館的なことで学校施設の中で運用させていただきたいということで考えてございます。
議長(田口久義君) 16番、田口政信君。
16番(田口政信君) ちゃんとコミュニティの協議会の皆さんと協議をしたということなので、それは了解しますが、依然として不満は残っていますので、その辺は全体的に先ほどのお話の中澤さんのお話のように、きちんとつくり上げなければならないと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
 それと、体育センター、学校に今管理をお願いしているんですか。学校ですか。
 もう1つは東郷のコミュニティに広場をお願いしている。基本的な考え方を、どこに立ち位置を置いているのかということがはっきりしないんですよ。このスポーツクラブが管理できそうなところ、3つ挙げて管理させるのか、それともスポーツ施設全体をスポーツクラブにさせていくのか、地域資源にするのかということをはっきりしないと、トラブルがいつまでも続くんです。基本的な方針をきちんと出すこと。それが一番早道だと思いますよ。
 それともう1つ、別な問題としてスポーツクラブに指定管理を持たせなければならない社会教育上のポリシーというか、それが本当にあるのかということかどうかということもちゃんと伝授しなければだめだと思いますよ。
 スポーツクラブ自体の目的というのは、施設を管理することではないですから。競技力の向上だったり、市民スポーツのそこへ参加型のスポーツをつくり上げることがメーンですから、施設管理がそのメーンになるようなスポーツクラブではだめだと思うので、その辺を調整してください。
 そうしないと、それで、そっちはそうする、こっちはこうするでなくて、市内全体をコミュニティ協議会、地域主義にするのか、何ていうのか、スポーツ施設はそういう団体が持つのか。元来9つのスポーツクラブを持つ登米市は私はおかしいと思うんだよ。それを考えたとき、ちゃんと整理をしてください。そこら辺の考え方を聞きます。
議長(田口久義君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) ご指摘いただきました分ですが、体育施設が公民館より2年ほど早目に指定管理が始まった部分がございまして検討も、長沼の艇庫の次の年に登米市関係の体育施設は指定管理が始まりました。多少、終期の関係でさまざまなこのような問題も今出ている分ということで考えてございます。
 やはり、今ご指摘がありましたようにきちんとした方向性、その辺は施設をどうするかということもきっと絡んでくると思いますので、その辺の内容については全体の施設の中でどのような方向でということは総合的な調整は今後していく必要があるのかなと思ってございますので、ご理解いただきたいと思います。
 体育センターについては今直営で事務所が管理してございますので、そのまま学校のほうにということで考えてございます。
議長(田口久義君) 16番、田口政信君。
16番(田口政信君) つまり、南方の教育事務所が管理をして、学校に、何ですか、学校にお願いをしているんですか。例えば使用願いはどこに出しますか。そして、鍵はどこに返しますか。そういうこと、ちょっと具体的に教えてください。
議長(田口久義君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 現段階では、教育事務所ということで事務所で管理しています。
 再編計画の中でということで、先ほど次長が話ししましたように今後は学校の管理下でお願いできないだろうかといったような内容で今検討していますという内容です。現在は総合支所の事務所で対応しています。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第57号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第57号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第57を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第57号 指定管理者の指定について(登米市南方武道伝承館、登米市南方総合運動場及び登米市南方中央運動広場)は原案のとおり可決されました。
 日程第34、議案第58号 指定管理者の再指定について(中田農産物直売所及び中田農産物加工所)を議題といたします。
 本案について提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第58号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、地方自治法第244条の2第3項及び登米市中田農産物直売所条例第3条並びに登米市中田農産物加工所条例第3条の規定に基づき、指定した指定管理者が法人化したことにより、指定管理者として再度指定するため、同法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。
 詳細につきましては、産業経済部長から説明させますので、ご審議を賜りご決定くださいますようよろしくお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) それでは、議案書85ページをお願いいたします。議案第58号 指定管理者の再指定について(中田農産物直売所及び中田農産物加工所)でございます。
 本件は、さきの平成25年第4回議会の議案第134号において、中田農産物直売所管理運営組合を指定管理者に指定することについての議決をいただいたところでございましたが、この管理運営組合においてはこれまで着実に売り上げ向上や販路の拡大を図ってまいりましたが、取引の多様化に伴う信用力の向上や事業継続拡大のための経営基盤の強化等を図るために、組織力の強化が必要であるとの判断から法人化への組織転換を行ったものでございます。このことから、指定管理者の再指定の決定をお願いするものでございます。
 議案書2の指定管理者となる団体の名称等の表でございますが、法人化前が左、法人化後が右でございます。
  所在地は中田町石森字本町95番地1で変更はございません。名称及び代表者については現行の中田農産物直売所管理運営組合組合長 門間 一郎 氏から、法人化後は協同組合産直中田愛菜館理事長 門間 一郎 氏となります。
 指定の期間は、さきの議決同様平成26年4月1日から3年間でございます。
 より詳細につきましては定例会資料別冊3、90ページから掲載しておりますので、ご参照をお願いいたします。このページの表につきましても法人化前が左、法人化後が右でございます。ただいま申し上げましたほかに、組織設立の目的、事業内容等を掲載してございます。中段の資本金または出資金でございますが、法人化後の出資金は670万円でございます。組合員数は法人化前、126名に対し99名となってございますが、これは設立時の人数でございまして、今後農産物の出荷時期等を迎えることから増加を見込んでいるとのことでございます。
 また、法人化を機に事業対象地区を中田町内から登米市内に拡大してございます。
 91ページは役員名簿でございます。役員名簿につきましては、前回の組合の役員、組合長以下幹事まで12名ございましたが、そのうち8名が同じく法人化後も就任してございます。
 92ページ以降は設立趣意書、組合の履歴事項、全部証明書、定款等を添付してございます。
 説明は以上でございますので、よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第58号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第58号は、委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第58号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第58号 指定管理者の再指定について(中田農産物直売所及び中田農産物加工所)は原案のとおり可決されました。
 以上で本日の日程は全部終了しました。
 本日はこれで散会します。
          散会 午後5時17分
 上記会議の経過を記載し、その相違ないことを証するためここに署名する。
       議会議長  田 口 久 義
       署名議員  佐 藤 尚 哉
       署名議員  伊 藤   栄

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>