•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(中澤宏)
  •   2  1番(熊谷和弘)
  •   3  委員長(中澤宏)
  •   4  警防課長(佐藤正満)
  •   5  委員長(中澤宏)
  •   6  1番(熊谷和弘)
  •   7  委員長(中澤宏)
  •   8  予防課長(高森忠信)
  •   9  委員長(中澤宏)
  •  10  1番(熊谷和弘)
  •  11  委員長(中澤宏)
  •  12  4番(氏家英人)
  •  13  委員長(中澤宏)
  •  14  土木管理課長(首藤正敏)
  •  15  委員長(中澤宏)
  •  16  4番(氏家英人)
  •  17  委員長(中澤宏)
  •  18  土木管理課長(首藤正敏)
  •  19  委員長(中澤宏)
  •  20  4番(氏家英人)
  •  21  委員長(中澤宏)
  •  22  警防課長(佐藤正満)
  •  23  委員長(中澤宏)
  •  24  消防総務課長(加藤勤)
  •  25  委員長(中澤宏)
  •  26  4番(氏家英人)
  •  27  委員長(中澤宏)
  •  28  消防本部消防長(菅原輝雄)
  •  29  委員長(中澤宏)
  •  30  5番(工藤淳子)
  •  31  委員長(中澤宏)
  •  32  防災課長(小野寺茂樹)
  •  33  委員長(中澤宏)
  •  34  5番(工藤淳子)
  •  35  委員長(中澤宏)
  •  36  防災課長(小野寺茂樹)
  •  37  委員長(中澤宏)
  •  38  5番(工藤淳子)
  •  39  委員長(中澤宏)
  •  40  防災課長(小野寺茂樹)
  •  41  委員長(中澤宏)
  •  42  5番(工藤淳子)
  •  43  委員長(中澤宏)
  •  44  6番(浅野敬)
  •  45  委員長(中澤宏)
  •  46  総務部長(佐藤順悦)
  •  47  委員長(中澤宏)
  •  48  11番(佐々木一)
  •  49  委員長(中澤宏)
  •  50  警防課長(佐藤正満)
  •  51  委員長(中澤宏)
  •  52  11番(佐々木一)
  •  53  委員長(中澤宏)
  •  54  警防課長(佐藤正満)
  •  55  委員長(中澤宏)
  •  56  11番(佐々木一)
  •  57  委員長(中澤宏)
  •  58  消防本部消防長(菅原輝雄)
  •  59  委員長(中澤宏)
  •  60  24番(八木しみ子)
  •  61  委員長(中澤宏)
  •  62  土木管理課長(首藤正敏)
  •  63  委員長(中澤宏)
  •  64  24番(八木しみ子)
  •  65  委員長(中澤宏)
  •  66  土木管理課長(首藤正敏)
  •  67  委員長(中澤宏)
  •  68  24番(八木しみ子)
  •  69  委員長(中澤宏)
  •  70  土木管理課長(首藤正敏)
  •  71  委員長(中澤宏)
  •  72  15番(浅田修)
  •  73  委員長(中澤宏)
  •  74  土木管理課長(首藤正敏)
  •  75  委員長(中澤宏)
  •  76  15番(浅田修)
  •  77  委員長(中澤宏)
  •  78  総務部長(佐藤順悦)
  •  79  委員長(中澤宏)
  •  80  15番(浅田修)
  •  81  委員長(中澤宏)
  •  82  警防課長(佐藤正満)
  •  83  委員長(中澤宏)
  •  84  15番(浅田修)
  •  85  委員長(中澤宏)
  •  86  防災課長(小野寺茂樹)
  •  87  委員長(中澤宏)
  •  88  15番(浅田修)
  •  89  委員長(中澤宏)
  •  90  総務部長(佐藤順悦)
  •  91  委員長(中澤宏)
  •  92  消防本部消防長(菅原輝雄)
  •  93  委員長(中澤宏)
  •  94  25番(佐藤恵喜)
  •  95  委員長(中澤宏)
  •  96  下水道課長(吉野晴彦)
  •  97  委員長(中澤宏)
  •  98  企画部長(田口俊郎)
  •  99  委員長(中澤宏)
  • 100  3番(佐々木幸一)
  • 101  委員長(中澤宏)
  • 102  土木管理課長(首藤正敏)
  • 103  委員長(中澤宏)
  • 104  3番(佐々木幸一)
  • 105  委員長(中澤宏)
  • 106  土木管理課長(首藤正敏)
  • 107  委員長(中澤宏)
  • 108  3番(佐々木幸一)
  • 109  委員長(中澤宏)
  • 110  土木管理課長(首藤正敏)
  • 111  委員長(中澤宏)
  • 112  3番(佐々木幸一)
  • 113  委員長(中澤宏)
  • 114  委員長(中澤宏)
  • 115  20番(熊谷憲雄)
  • 116  委員長(中澤宏)
  • 117  警防課長(佐藤正満)
  • 118  委員長(中澤宏)
  • 119  20番(熊谷憲雄)
  • 120  委員長(中澤宏)
  • 121  消防本部消防長(菅原輝雄)
  • 122  委員長(中澤宏)
  • 123  13番(佐藤尚哉)
  • 124  委員長(中澤宏)
  • 125  用地専門監(菊幸誠)
  • 126  委員長(中澤宏)
  • 127  19番(相澤吉悦)
  • 128  委員長(中澤宏)
  • 129  土木管理課長(首藤正敏)
  • 130  委員長(中澤宏)
  • 131  消防本部消防長(菅原輝雄)
  • 132  委員長(中澤宏)
  • 133  22番(庄子喜一)
  • 134  委員長(中澤宏)
  • 135  副市長(藤井敏和)
  • 136  委員長(中澤宏)
  • 137  22番(庄子喜一)
  • 138  委員長(中澤宏)
  • 139  副市長(藤井敏和)
  • 140  委員長(中澤宏)
  • 141  24番(八木しみ子)
  • 142  委員長(中澤宏)
  • 143  防災課長(小野寺茂樹)
  • 144  委員長(中澤宏)
  • 145  24番(八木しみ子)
  • 146  委員長(中澤宏)
  • 147  防災課長(小野寺茂樹)
  • 148  委員長(中澤宏)
  • 149  24番(八木しみ子)
  • 150  委員長(中澤宏)
  • 151  防災課長(小野寺茂樹)
  • 152  委員長(中澤宏)
  • 153  24番(八木しみ子)
  • 154  委員長(中澤宏)
  • 155  防災課長(小野寺茂樹)
  • 156  委員長(中澤宏)
  • 157  24番(八木しみ子)
  • 158  委員長(中澤宏)
  • 159  消防本部消防長(菅原輝雄)
  • 160  委員長(中澤宏)
  • 161  24番(八木しみ子)
  • 162  委員長(中澤宏)
  • 163  市長(布施孝尚)
  • 164  委員長(中澤宏)
  • 165  2番(日下俊)
  • 166  委員長(中澤宏)
  • 167  委員長(中澤宏)
  • 168  消防総務課長(加藤勤)
  • 169  委員長(中澤宏)
  • 170  2番(日下俊)
  • 171  委員長(中澤宏)
  • 172  消防総務課長(加藤勤)
  • 173  委員長(中澤宏)
  • 174  2番(日下俊)
  • 175  委員長(中澤宏)
  • 176  消防総務課長(加藤勤)
  • 177  委員長(中澤宏)
  • 178  2番(日下俊)
  • 179  委員長(中澤宏)
  • 180  消防本部消防次長(中津川英雄)
  • 181  委員長(中澤宏)
  • 182  消防本部消防長(菅原輝雄)
  • 183  委員長(中澤宏)
  • 184  2番(日下俊)
  • 185  委員長(中澤宏)
  • 186  総務部長(佐藤順悦)
  • 187  委員長(中澤宏)
  • 188  2番(日下俊)
  • 189  委員長(中澤宏)
  • 190  総務部長(佐藤順悦)
  • 191  委員長(中澤宏)
  • 192  2番(日下俊)
  • 193  委員長(中澤宏)
  • 194  防災課長(小野寺茂樹)
  • 195  委員長(中澤宏)
  • 196  8番(岩淵正宏)
  • 197  委員長(中澤宏)
  • 198  住宅都市整備課長(中津川源正)
  • 199  委員長(中澤宏)
  • 200  8番(岩淵正宏)
  • 201  委員長(中澤宏)
  • 202  総務部長(佐藤順悦)
  • 203  委員長(中澤宏)
  • 204  8番(岩淵正宏)
  • 205  委員長(中澤宏)
  • 206  委員長(中澤宏)
  • 207  6番(浅野敬)
  • 208  委員長(中澤宏)
  • 209  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 210  委員長(中澤宏)
  • 211  6番(浅野敬)
  • 212  委員長(中澤宏)
  • 213  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 214  委員長(中澤宏)
  • 215  5番(工藤淳子)
  • 216  委員長(中澤宏)
  • 217  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 218  委員長(中澤宏)
  • 219  5番(工藤淳子)
  • 220  委員長(中澤宏)
  • 221  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 222  委員長(中澤宏)
  • 223  5番(工藤淳子)
  • 224  委員長(中澤宏)
  • 225  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 226  委員長(中澤宏)
  • 227  5番(工藤淳子)
  • 228  委員長(中澤宏)
  • 229  16番(田口政信)
  • 230  委員長(中澤宏)
  • 231  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 232  委員長(中澤宏)
  • 233  社会教育次長(鈴木均)
  • 234  委員長(中澤宏)
  • 235  16番(田口政信)
  • 236  委員長(中澤宏)
  • 237  社会教育次長(鈴木均)
  • 238  委員長(中澤宏)
  • 239  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  • 240  委員長(中澤宏)
  • 241  16番(田口政信)
  • 242  委員長(中澤宏)
  • 243  社会教育次長(鈴木均)
  • 244  委員長(中澤宏)
  • 245  14番(伊藤栄)
  • 246  委員長(中澤宏)
  • 247  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 248  委員長(中澤宏)
  • 249  14番(伊藤栄)
  • 250  委員長(中澤宏)
  • 251  社会教育次長(鈴木均)
  • 252  委員長(中澤宏)
  • 253  14番(伊藤栄)
  • 254  委員長(中澤宏)
  • 255  教育長(片倉敏明)
  • 256  委員長(中澤宏)
  • 257  1番(熊谷和弘)
  • 258  委員長(中澤宏)
  • 259  活き生き学校支援室長(千葉整)
  • 260  委員長(中澤宏)
  • 261  1番(熊谷和弘)
  • 262  委員長(中澤宏)
  • 263  活き生き学校支援室長(千葉整)
  • 264  委員長(中澤宏)
  • 265  1番(熊谷和弘)
  • 266  委員長(中澤宏)
  • 267  活き生き学校支援室長(千葉整)
  • 268  委員長(中澤宏)
  • 269  1番(熊谷和弘)
  • 270  委員長(中澤宏)
  • 271  4番(氏家英人)
  • 272  委員長(中澤宏)
  • 273  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 274  委員長(中澤宏)
  • 275  4番(氏家英人)
  • 276  委員長(中澤宏)
  • 277  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 278  委員長(中澤宏)
  • 279  4番(氏家英人)
  • 280  委員長(中澤宏)
  • 281  11番(佐々木一)
  • 282  委員長(中澤宏)
  • 283  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 284  委員長(中澤宏)
  • 285  11番(佐々木一)
  • 286  委員長(中澤宏)
  • 287  委員長(中澤宏)
  • 288  1番(熊谷和弘)
  • 289  委員長(中澤宏)
  • 290  活き生き学校支援室長(千葉整)
  • 291  委員長(中澤宏)
  • 292  1番(熊谷和弘)
  • 293  委員長(中澤宏)
  • 294  活き生き学校支援室長(千葉整)
  • 295  委員長(中澤宏)
  • 296  1番(熊谷和弘)
  • 297  委員長(中澤宏)
  • 298  活き生き学校支援室長(千葉整)
  • 299  委員長(中澤宏)
  • 300  17番(沼倉利光)
  • 301  委員長(中澤宏)
  • 302  教育長(片倉敏明)
  • 303  委員長(中澤宏)
  • 304  2番(日下俊)
  • 305  委員長(中澤宏)
  • 306  社会教育次長(鈴木均)
  • 307  委員長(中澤宏)
  • 308  2番(日下俊)
  • 309  委員長(中澤宏)
  • 310  社会教育次長(鈴木均)
  • 311  委員長(中澤宏)
  • 312  2番(日下俊)
  • 313  委員長(中澤宏)
  • 314  社会教育次長(鈴木均)
  • 315  委員長(中澤宏)
  • 316  8番(岩淵正宏)
  • 317  委員長(中澤宏)
  • 318  教育総務課長(伊藤隆敏)
  • 319  委員長(中澤宏)
  • 320  8番(岩淵正宏)
  • 321  委員長(中澤宏)
  • 322  活き生き学校支援室長(千葉整)
  • 323  委員長(中澤宏)
  • 324  8番(岩淵正宏)
  • 325  委員長(中澤宏)
  • 326  社会教育次長(鈴木均)
  • 327  委員長(中澤宏)
  • 328  8番(岩淵正宏)
  • 329  委員長(中澤宏)
  • 330  市長(布施孝尚)
  • 331  委員長(中澤宏)
  • 332  9番(伊藤吉浩)
  • 333  委員長(中澤宏)
  • 334  社会教育次長(鈴木均)
  • 335  委員長(中澤宏)
  • 336  9番(伊藤吉浩)
  • 337  委員長(中澤宏)
  • 338  市長(布施孝尚)
  • 339  委員長(中澤宏)
  • 340  9番(伊藤吉浩)
  • 341  委員長(中澤宏)
  • 342  19番(相澤吉悦)
  • 343  委員長(中澤宏)
  • 344  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 345  委員長(中澤宏)
  • 346  19番(相澤吉悦)
  • 347  委員長(中澤宏)
  • 348  社会教育次長(鈴木均)
  • 349  委員長(中澤宏)
  • 350  7番(關孝)
  • 351  委員長(中澤宏)
  • 352  学校教育管理監(小野寺文晃)
  • 353  委員長(中澤宏)
  • 354  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 355  委員長(中澤宏)
  • 356  7番(關孝)
  • 357  委員長(中澤宏)
  • 358  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 359  委員長(中澤宏)
  • 360  7番(關孝)
  • 361  委員長(中澤宏)
  • 362  総務部長(佐藤順悦)
  • 363  委員長(中澤宏)
  • 364  7番(關孝)
  • 365  委員長(中澤宏)
  • 366  副市長(藤井敏和)
  • 367  委員長(中澤宏)
  • 368  7番(關孝)
  • 369  委員長(中澤宏)
  • 370  社会教育次長(鈴木均)
  • 371  委員長(中澤宏)
  • 372  委員長(中澤宏)
  • 373  15番(浅田修)
  • 374  委員長(中澤宏)
  • 375  総務部長(佐藤順悦)
  • 376  委員長(中澤宏)
  • 377  15番(浅田修)
  • 378  委員長(中澤宏)
  • 379  委員長(中澤宏)
  • 380  委員長(中澤宏)
  • 381  委員長(中澤宏)
  • 382  委員長(中澤宏)
  • 383  13番(佐藤尚哉)
  • 384  委員長(中澤宏)
  • 385  国保年金課長(菅原勉)
  • 386  委員長(中澤宏)
  • 387  13番(佐藤尚哉)
  • 388  委員長(中澤宏)
  • 389  国保年金課長(菅原勉)
  • 390  委員長(中澤宏)
  • 391  13番(佐藤尚哉)
  • 392  委員長(中澤宏)
  • 393  国保年金課長(菅原勉)
  • 394  委員長(中澤宏)
  • 395  13番(佐藤尚哉)
  • 396  委員長(中澤宏)
  • 397  19番(相澤吉悦)
  • 398  委員長(中澤宏)
  • 399  委員長(中澤宏)
  • 400  委員長(中澤宏)
  • 401  委員長(中澤宏)
  • 402  委員長(中澤宏)
  • 403  委員長(中澤宏)
  • 404  委員長(中澤宏)
  • 405  19番(相澤吉悦)
  • 406  委員長(中澤宏)
  • 407  長寿介護課長(菅原登)
  • 408  委員長(中澤宏)
  • 409  19番(相澤吉悦)
  • 410  委員長(中澤宏)
  • 411  長寿介護課長(菅原登)
  • 412  委員長(中澤宏)
  • 413  委員長(中澤宏)
  • 414  委員長(中澤宏)
  • 415  委員長(中澤宏)
  • 416  委員長(中澤宏)
  • 417  委員長(中澤宏)
  • 418  委員長(中澤宏)
  • 419  委員長(中澤宏)
  • 420  7番(關孝)
  • 421  委員長(中澤宏)
  • 422  下水道課長(吉野晴彦)
  • 423  委員長(中澤宏)
  • 424  7番(關孝)
  • 425  委員長(中澤宏)
  • 426  下水道課長(吉野晴彦)
  • 427  委員長(中澤宏)
  • 428  7番(關孝)
  • 429  委員長(中澤宏)
  • 430  建設部長(鈴木俊夫)
  • 431  委員長(中澤宏)
  • 432  7番(關孝)
  • 433  委員長(中澤宏)
  • 434  市長(布施孝尚)
  • 435  委員長(中澤宏)
  • 436  24番(八木しみ子)
  • 437  委員長(中澤宏)
  • 438  下水道課長(吉野晴彦)
  • 439  委員長(中澤宏)
  • 440  24番(八木しみ子)
  • 441  委員長(中澤宏)
  • 442  下水道課長(吉野晴彦)
  • 443  委員長(中澤宏)
  • 444  委員長(中澤宏)
  • 445  委員長(中澤宏)
  • 446  委員長(中澤宏)
  • 447  委員長(中澤宏)
  • 448  委員長(中澤宏)
  • 449  委員長(中澤宏)
  • 450  委員長(中澤宏)
  • 451  委員長(中澤宏)
  • 452  委員長(中澤宏)
  • 453  委員長(中澤宏)
  • 454  6番(浅野敬)
  • 455  委員長(中澤宏)
  • 456  経営管理課長(佐藤豊)
  • 457  委員長(中澤宏)
  • 458  6番(浅野敬)
  • 459  委員長(中澤宏)
  • 460  市長(布施孝尚)
  • 461  委員長(中澤宏)
  • 462  病院事業管理者(石井洋)
  • 463  委員長(中澤宏)
  • 464  6番(浅野敬)
  • 465  委員長(中澤宏)
  • 466  病院事業管理者(石井洋)
  • 467  委員長(中澤宏)
  • 468  6番(浅野敬)
  • 469  委員長(中澤宏)
  • 470  医療局次長(千葉博行)
  • 471  委員長(中澤宏)
  • 472  6番(浅野敬)
  • 473  委員長(中澤宏)
  • 474  市長(布施孝尚)
  • 475  委員長(中澤宏)
  • 476  9番(伊藤吉浩)
  • 477  委員長(中澤宏)
  • 478  医療局次長(千葉博行)
  • 479  委員長(中澤宏)
  • 480  9番(伊藤吉浩)
  • 481  委員長(中澤宏)
  • 482  委員長(中澤宏)
  • 483  委員長(中澤宏)
  • 484  委員長(中澤宏)
  • 485  16番(田口政信)
  • 486  委員長(中澤宏)
  • 487  医療局次長(千葉博行)
  • 488  委員長(中澤宏)
  • 489  16番(田口政信)
  • 490  委員長(中澤宏)
  • 491  医療局次長(千葉博行)
  • 492  委員長(中澤宏)
  • 493  委員長(中澤宏)
  • 494  委員長(中澤宏)
  • 495  委員長(中澤宏)
  • 496  委員長(中澤宏)
      平成26年第1回登米市議会 予算審査特別委員会 会議録
 平成26年3月14日(金曜日)
1.出席委員(25名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君(副委員長) 4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 岩 淵 正 宏 君
   9番 伊 藤 吉 浩 君      10番 中 澤   宏 君(委員長)
  11番 佐々木   一 君      12番 及 川 昌 憲 君
  13番 佐 藤 尚 哉 君      14番 伊 藤   栄 君
  15番 浅 田   修 君      16番 田 口 政 信 君
  17番 沼 倉 利 光 君      19番 相 澤 吉 悦 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君      21番 及 川 長太郎 君
  22番 庄 子 喜 一 君      23番 二階堂 一 男 君
  24番 八 木 しみ子 君      25番 佐 藤 恵 喜 君
  26番 田 口 久 義 君
1.欠席委員(1名)
  18番 星   順 一 君
1.遅刻委員(なし)
1.早退委員(なし)
1.その他出席
  議 長 田 口 久 義 君
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君   副  市  長  藤 井 敏 和 君
  総 務 部 長  佐 藤 順 悦 君   企 画 部 長  田 口 俊 郎 君
  市民生活部長   志 賀   尚 君   産業経済部長   秋 山 茂 幸 君
  建 設 部 長  鈴 木 俊 夫 君   市長公室長    神 田 雅 春 君
  財 政 課 長  加 藤   均 君   福祉事務所長   千 葉 幸 毅 君
                       総務部次長兼
  市民生活部次長  小野寺 良 雄 君   収納対策課長   高 橋 俊 朗 君
  建設部次長    千 葉 雅 弘 君   産業経済部次長  遠 藤   仁 君
  土木管理課長   首 藤 正 敏 君   用地専門監    菊   幸 誠 君
  住宅都市整備課長 中津川 源 正 君   下水道課長    吉 野 晴 彦 君
  防 災 課 長  小野寺 茂 樹 君   農村整備課長   千 葉   修 君
  市民生活課長   金 野 金 一 君   国保年金課長   菅 原   勉 君
  長寿介護課長   菅 原   登 君   健康推進課長   千 葉 ますみ 君
  危機管理監    熊 谷   一 君   新産業対策室長  佐々木 茂 光 君
  総 務 課 長  丸 山   仁 君   会計管理者    高 橋 清 彦 君
  税 務 課 長  新 井 誠 志 君   教  育  長  片 倉 敏 明 君
  教 育 次 長              教 育 次 長
  (学校教育)   佐 藤 賀津雄 君   (社会教育)   鈴 木   均 君
                       消 防 本 部
  病院事業管理者  石 井   洋 君   消  防  長  菅 原 輝 雄 君
                       消 防 次 長
  消 防 次 長  中津川 英 雄 君   兼指令課長    佐々木 建 待 君
  消防総務課長   加 藤   勤 君   警 防 課 長  佐 藤 正 満 君
  予 防 課 長  高 森 忠 信 君   学校教育管理監  小野寺 文 晃 君
  生涯学習課長   佐々木 洋 一 君   教育総務課長   伊 藤 隆 敏 君
                       活き生き学校
  学校教育課長   大 柳   晃 君   支 援 室 長  千 葉   整 君
                       次  長  兼
  水道事業所長   佐々木 秀 悦 君   水道管理課長   佐 藤 和 哉 君
                       医療局長兼
  水道施設課長   及 川 甚 悦 君   登米市民病院長  石 井 宗 彦 君
                       医療局経営管理
                       部理事兼次長
                       兼登米市民病院
  医療局次長    千 葉 博 行 君   事 務 局 長  浅 野 雅 博 君
                       豊里病院・豊里
                       老人保健施設・
                       津山診療所・
                       登米市訪問看護
  米谷病院・上沼              ステーション
  診療所事務局長  阿 部   裕 君   事 務 局 長  千 葉 勝 範 君
  企画総務課長   目々澤 義 信 君   経営管理課長   佐 藤   豊 君
                       登米診療所・
                       よねやま診療所
  病院管理課長   千 葉 淳 一 君   事 務 局 長  佐 川 英 弘 君
  地域医療対策
  専  門  監  片 岡 鉄 郎 君
1.事務局出席職員氏名
                       議会事務局
  議会事務局長   佐 藤 昌 彦 君   次     長  佐 藤 真 吾 君
  議会事務局                議会事務局
  主幹兼議事                議事・調査係
  ・調査係長    高 橋 正 博 君   主     査  加 藤 善 己 君
  議会事務局                議会事務局
  議事・調査係               議事・調査係
  主     査  浅 井 顕 裕 君   主     事  稲 辺 大 裕 君
1.本日の会議に付した事件
  第 1 議案第11号 平成26年度登米市一般会計予算
  第 2 議案第12号 平成26年度登米市国民健康保険特別会計予算
  第 3 議案第13号 平成26年度登米市後期高齢者医療特別会計予算
  第 4 議案第14号 平成26年度登米市介護保険特別会計予算
  第 5 議案第15号 平成26年度登米市土地取得特別会計予算
  第 6 議案第16号 平成26年度登米市下水道事業特別会計予算
  第 7 議案第17号 平成26年度登米市宅地造成事業特別会計予算
  第 8 議案第18号 平成26年度登米市水道事業会計予算
  第 9 議案第19号 平成26年度登米市病院事業会計予算
  第10 議案第20号 平成26年度登米市老人保健施設事業会計予算
          開議 午前10時00分
委員長(中澤 宏君) 皆さん、おはようございます。
 ただいまから予算審査特別委員会4日目の会議を開きます。
 星 順一委員から欠席の届け出があります。
 昨日に引き続き、予算審査を行います。
 平成26年度登米市一般会計予算の7款商工費まで終了しています。
 8款土木費、9款消防費について質疑を行います。質疑はありませんか。熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 概要書103ページ、消防団運営費の中の消防団員報酬ということで、来年度1,700名ということで計上されております。現実には、26年1月1日1,629人、25年4月1日1,609人、24年4月1日1,627人という数字でございますけれども、この1,700人という数字は何としても来年度、ありとあらゆる手段を講じて1,700名確保していくという数字なのか、それとも目標として1,700人ということで掲げた数字なのか、この1,700人という数字についての考え方をお伺いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。警防課長、佐藤正満君。
警防課長(佐藤正満君) ただいまの質問でございますが、消防団員の報酬の関係で1,700名という来年度の団員の人数でございます。これの確保、あるいはその目標というふうなご質問と受けとめまして、委員ご存じのように、ただいまお話しいただきましたが、現在の人員として26年1月1日で1,629人というところで、これは17年4月の合併当初約1,773名でございました。そういった経過を踏まえながら、限りなく近づけようという努力はしてございますが、いかんせんなかなかこういう社会事情の中で新入団員が募ってもらえないという現状でございますが、だがしかし、消防力の基準からして登米市としてどれくらいの団員が必要なのかというところで、現在条例定数では2,053名という合併当初の数はございますが、これにつきましてはやはり消防力整備指針の算定基準からしてもちょっとかけ離れた数字でございます。その辺を含めながら、1,700名という目標の数字につきましては、退団、それから入団の数が毎年度一定の数でございますが、その1,700名に近づけた形での勧誘、そしてまた市民の理解を得ながら、そして消防団の協力事業を得ながら近づけようという形の見込みの数字でございます。そういったことでご理解いただきたいと思います。
 以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) ありがとうございます。数字を近づける、あるいは達成するということも非常に大事な目的でありますけれども、やはり最終的には本当に地域防災力を強化するという、そのためということでありますので、その辺でしっかりと取り組んでいただきたいと思います。
 同じく103ページで、防火防災対策に要する経費ということで、この中で原材料費、幼年防火まつり等材料費ということで2万円計上されております。私としては本当にこういう保育園、幼稚園あるいは小学校とか、そういった時点での防火対策とか防火教室だとか、そういったものは非常にやはり大事であると思っております。三つ子の魂百までと言いますけれども、これは読書であっても全てそうだと思いますけれども、そういった意味では非常に少ないなと実感をしているところでございますけれども、この幼年防火まつりということで、これは実際どういった内容でやっているのか、お伺いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。予防課長、高森忠信君。
予防課長(高森忠信君) お答えいたします。
 この幼年防火まつりにつきましては、年1回9月の第2木曜日を設定いたしまして、市内の幼稚園、保育所の園児に対しまして防火指導を行っているというような状況でございます。なお、原材料費につきましては前年の補修、あるいはその他必要なものを購入するということで、現在2万円ということにしておりますけれども、これで今のところ間に合っているということでございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) やはりこういった活動なんか全国を見ますと、女性消防団員がいろいろなことに指人形を使ったりとか、いろいろな工夫をして取り組んでいるという事例もありますので、ぜひ今後近い将来といいますか、こういった部分も非常に大事かと思いますので、しっかりと取り組んでいただきたいということで、これは要望ということで、以上終わります。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。氏家英人委員。
4番(氏家英人君) おはようございます。
 8款1項1目土木総務一般管理費の部分なんですけれども、約40年の歳月と約800億円の資金投入により、念願の長沼ダムが完工いたしまして、長沼ダム完成記念式典を行うということでございますけれども、私思うんですけれど、これは宮城県の事業ですよね。どうしてまず登米市が丸抱えで、式典を開催しなければならないのかなと思うんです。宮城県がすべきことじゃないかなと思うんですけれども、その辺の考え方お願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) ダムの完成式典の件でお答えをさせていただきます。
 この件に関しましては、県のほうから登米市及び栗原市に対して共催の形で実施していただけないかということでお話がございまして、今回登米市においても総額200万円という形での予算をお願いしているという内容になってございます。
委員長(中澤 宏君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 宮城県と登米市で共催というものの、でも例えば食糧費93万円、会場設営費65万、それからバスの借上料から何から何まで登米市が負担するのかなと思うんですよね。経費的な部分も折半ということなんですかね。そして、これはいつ予定しているんですか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 完成式典の予定については、5月末ということで伺ってございます。それから、経費の内訳でございますが、まだ県のほうと最終的な概定をした内容については、まだ協議は整っていない状況でありますが、三陸道の完成式典を一つの基軸として今回予算計上させていただいてございます。その中で式典本体については、県のほうで全体を行いたいという趣旨の申し入れがございました。それから、完成記念式典の後の経費ということで、祝賀会的なものを登米市と栗原市ということでのお話がございまして、そちらの部分をメーンとして予算をお願いしているところでございます。
委員長(中澤 宏君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) この部分につきましては、では了解ということで。
 続きまして、9款に行こうかなと思います。1項3目消防施設費の部分でございます。まず、消防施設設備維持管理費の部分で、これは多分毎年出ているんだと思うんですけれども、火の見やぐらの撤去数件、毎年出てますよね。それから、ホース乾燥塔設置工事、これも毎年少しずつ出ている。この火の見やぐらの解体、これはいつまで続くのかなと思うところでございます。その辺の計画というか、教えていただきたいと思いますし、5目の消防出張所整備事業の部分でございます。
 消防東出張所の新築工事、それから津山の出張所新築工事が出ております。私気になっているのは、東出張所の部分のお話でございます。昨年秋に、市民と議会で意見交換会を開催いたしました。市内21コミュニティで開催したんですけれども、私、東和町錦織地区担当で行ってまいりました。そのときのお話で、なかなか近隣住民からの理解が得られていないような、土地の部分あるいは予定地の近くにメンタル的にちょっと不安定な住民もいらっしゃるということで、その辺の部分きちんと住民説明会等々通してやってきた上での計上なのか、その辺お聞きいたします。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。警防課長、佐藤正満君。
警防課長(佐藤正満君) ただいまのご質問でございますが、火の見やぐらの解体計画はどうなっているのかということでございますが、この計画につきましては、23年から計画を実施しています。といいますのは、委員ご承知のように、市内にかつて火の見やぐらというものが、50年ほど経過したという物件が数多くありました。そうした中で、市民から危険なのでそういうことを要望されまして、23年度から27年まで40基を毎年8基ずつの解体計画を進めておるところでございます。それで26年と27年で16基の解体計画というふうな形を組んでございますので、ご理解いただきたいと思います。
 以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 消防総務課長、加藤 勤君。
消防総務課長(加藤 勤君) 東出張所の関係でございますが、東出張所の建設に当たりましては、昨年の7月22日でございますが、地元の住民の方々を対象にいたしまして説明会を開催いたしました。ただいま委員からお話ございましたが、近隣にメンタル面でのというふうなお話ございまして、その翌々日でしたか、家族の方とお話をする機会ができまして、ご了解をいただいておるというふうな状況でございます。そういうことですので、よろしくお願いいたししたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 東出張所の件でございますけれども、昨年7月22日に住民に説明をしたという話ですけれども、私が先ほど言ったのは11月だったか、秋に行った議会と市民との意見交換会の場で出た話でありますので、当時その地区の区長さんからのお話だったと思っています。しっかりこの辺、すごく重要な部分だと思いますので、なおさら慎重に住民理解、しっかりと確立しながら進めていただきたいなと申しつけておきたいと思います。以上です。
委員長(中澤 宏君) 消防長、菅原輝雄君。
消防本部消防長(菅原輝雄君) ただいまの件、総務課長が申しましたが、その中でいろいろとご意見をいただいております。委員おっしゃるとおり、そういうお話もいただきました。その上で、ことしも実は錦織区の区長さんだったり、会長さんだったり、みんな集まっていただきまして、その場で改めて今後の方針あるいは設計に関しての内容についてお話をさせていただきました。その中身についても、最後には皆さんからご同意をいただきまして、遺憾のないような施設、それから周囲の方々とのお互いの意思疎通を図るというふうなことをお互いにお話をいたしまして、その件に関しては解決済みというふうに解釈してございます。今後とも決して市民の方々に不安のないような対策を講じてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 105ページの災害対策費、太陽光発電設備蓄電工事なんですけれども、別冊1のほうに指定避難所の内訳が詳しく書いてあって、再生可能エネルギーを活用して指定避難所としての設備充実を図るものとなっているんですけれども、今回は市内の体育館、公民館などに設置となっているんですが、まず一般質問でもやったんですけれども、この指定避難所はこうした体育館、公民館だけなんでしょうか。これから災害に向けて指定避難所という施設になるように、どういうふうに考えているのか、その辺をお願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。防災課長、小野寺茂樹君。
防災課長(小野寺茂樹君) 指定避難所の再生可能エネルギーの導入に関して、他の指定避難所の対策ということでのご質問かと思います。今回指定避難所の再生可能エネルギーを導入する部分については、15カ所ということで比較的大きな避難所であるとか、各町域における中核的な避難所を予定してございます。そのほかの避難所につきましては、小中学校については発電機、投光器、防災倉庫等を47カ所設置してございます。あとそれ以外の部分については、全部の避難所というわけにはいきませんでしたが、92カ所ある部分については全部ということではなく、小中学校及び集約避難所として考えている避難所については、発電装置、投光器等を設置したということでございます。
委員長(中澤 宏君) 工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 小中学校47カ所はわかったんですけれども、後に言われた92カ所ですか、これはどこの施設なんですか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。防災課長、小野寺茂樹君。
防災課長(小野寺茂樹君) 当市で指定している避難所が92カ所ということでお話をしたところでございます。そのうち47カ所プラス15カ所については、現在非常用電源等については設置してあるという認識でございます。
委員長(中澤 宏君) 工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) その中には、地域のコミュニティセンターというか、会館とか、町内会の施設もあって、そこには何年か前に発電機が導入されていますけれども、そのほかにまだ会館がないところとか、この間も出ましたけれども2カ所で使っているとか、そういうところ、それから指定避難所としては比較的新しい施設はいいんですけれども、そうでないところもかなり指定されているところも老朽化している。本当にそこで指定避難所として大丈夫なのかという、そういうところもあると思うんですけれども、その辺はどうでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。防災課長、小野寺茂樹君。
防災課長(小野寺茂樹君) 先ほどお話ししたのは市の指定避難所ということでございまして、地区の自主防災組織等で一次避難場所として指定されている部分については、地域防災計画の中では地域避難所という位置づけにしてございまして、これらについては防災備品の整備事業において、各自主防災組織においては最低限度発電機であるとか、必要な機材の整備は行っているという考え方でございます。また、指定避難所については全て公共施設を指定してございまして、これらについては耐震診断等を行っておりますので、避難所としては最低限度の機能は満たしているという考え方でございます。
委員長(中澤 宏君) 工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) いつどういう災害が起きるかわからないので、もちろんまず先に市の指定避難所を整備すること大事だと思うんですけれども、全体を考えての避難指定所、一般質問でもやったんですけれども、大崎のようにどこの町内会はどこに行くとか、そういう詳しい避難所のあり方をぜひ検討していただきたいと思います。以上です。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めますか。(「いいです」の声あり)
 ほかに質疑ございませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 概要書の105ページ、5目1細目のコミュニティ委託料、コミュニティFM緊急割り込み装置設置業務委託料ほか4件で予算計上されておりますが、この後コミュニティFMのいわゆる機能を考えたとき、あとどのくらいの助成というか、お金がかかっていくのか。今予測できるものがあったらということが1つ。
 それから、今の防災無線は更新を多分しないんだろうと思いますけれども、市の情報伝達手段のメーンとして何を考えているのか。そして、4番氏家委員のこの間提案がありました、ホワイトスペースだったでしょうか、その活用等についてもう検討に着手されているかどうかということをお聞かせください。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 最初にFM関係でございますが、これまでもこの議会でいろいろとご意見をいただいたところでございます。防災無線については、今委員おっしゃるようにデジタル化云々ということを考えた場合に、これから事業費ということが見込まれることから、それにかわるものということで、いろいろ複数の手段を考えて進めているところでございます。それでFM関係なんですが、今回は緊急割り込み装置、これは災害が起きたときに自動的に放送に入るような装置なんですが、それをやると。まだ具体的に実施計画等には上げていませんが、FMを使った自宅で緊急時に告知できるような、例えばラジオの整備とか、そういうものも今後各世帯に検討していかなければならないのかなと。今、防災無線では米山とか一部の地域ではラジオがありますが、そういうものに検討しなければならないのかなというふうに思っております。そういうことからすると、今の防災無線が老朽化等がありまして、29年が新たな免許更新の時期でございますので、それを見据えた中で一方は整備していかなければならないと思っております。
 それから、先ほど出ましたスペース関係なんですが、それと同時にこの間一般質問でお答えしましたが、NHKのデータ放送、停電になればテレビもだめになりますが、一般的に地震とか台風が来ればテレビで一番画面が見られますが、そこに登米市からの情報を流して、ボタンを押せば登米市からの情報がすぐ知れるようなもの、これについては早速新年度に取り組みをしたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) 非常備消防費の件でお聞きしますけれども、26年度も過般の積載車等々の更新いろいろありますけれども、今回総務省の消防庁から26年ぶりに東日本大震災を教訓に、消防団の装備の基準を一新するということが決まったようでありまして、いろいろその中身は携帯用無線機あるいは機能つきタブレット、あるいはエンジンカッター等々、一般の消防隊員並みの装備をするといったような内容のようでございますけれども、これに沿った登米市の配備計画、これからこの計画をつくるというふうに思いますけれども、どの程度配備を大まかに見込んでおるのか。
 そして、また26年度予算ではこれに沿ったのはなかなか見えないんですけれども、それに沿った26年度予算に計上されている分あるのかどうか。
 それと、消防団の活動服ですね。2着目の整備を計画しているといったような話を受けまして、26年度に計画しているようでありますけれども、今回の当初予算にその予算が見えないんですけれども。この整備、26年度のいつごろ整備になる予定か、その点をお聞きいたします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。警防課長、佐藤正満君。
警防課長(佐藤正満君) ただいまのまず1点目でございますけれども、総務省から平成26年に示されました消防団の装備基準の一部改正というふうな中身のことかと思います。それに伴った登米市消防団へのそういうふうな装備の考えはどうなっているかというふうなご質問かと思いますけれども、今委員のお話にございましたけれども、この中で安全性の確保のための個人の貸与品とか、それから災害現場等々あるいは訓練等々で使用する伝達手段の装備、それから活動における特殊な機材の装備というふうな大きな項目3つが出ていたように思います。そうした中で、安全装備の関係につきましては、一部整備されたものもございます。そして、伝達手段の関係でございます。これにつきましては、トランシーバーの対応につきましては、昨年各出張所、消防署のほうに10台ずつ配備しました。これでもって、災害時における消防団の活用というふうな形で示してございます。それから、いろいろな救助資機材の考えでございますが、これらにつきましては現在の段階では26年度の予算という形は考えてございませんでした。
 さらに、活動服の配備の関係でございますが、これにつきまして予算の中では非常備費の団運営費の需用費、消耗品費、ここのところで消防団活動服1,700着分を予算化してございます。これでもって、従来1着の装備でございました活動服につきましては、2着目を配備するという形で予算を計上してございますので、ご理解いただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) 順調に整備はなっているようでありますけれども、今後ともよろしくお願いいたします。
 それと、今回この新基準に沿って備品、装備の中で、救助資材搭載型の消防車を消防団向けに配備するといったようなこともありますけれども、救助資材搭載型の消防車というのは、具体的に現在、我が登米市では分団に配備になっているところがあるのか。なければ、具体的にどういった消防車なのか。私もちょっとわからないもので、この辺ちょっと説明をお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。警防課長、佐藤正満君。
警防課長(佐藤正満君) ただいまの質問は、救助資機材等を搭載した消防車の配備ということでございますが、登米市消防団におきましてはこの車両の配備は現在1台もございません。よその事例を見ますと、この車両につきましては先ほどお話ししましたいろいろな救助資機材、エンジンカッターとか、あるいはAEDのセット、応急処置のセットとか、あるいは担架とか、救急資機材の担架とか、あるいはチェーンソー、そういったものを装備している。要するに、普通に災害で活用するポンプのほかに、そういうふうな機材を整備しているのが救助資機材を積載した消防団の車両というふうな形であるようでございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) 現在、その装備のなった車は配置はなっていないようでありますが、今後はどうなんですか。やはり登米市でもこういったものは、順次配備していく予定なのかどうか、その点をお聞きします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。消防長、菅原輝雄君。
消防本部消防長(菅原輝雄君) 消防団の装備関係でございます。実は今出ました車両につきましては、国が自治体対応というような形で一番最初に出てきたのが内容でございまして、その配備されている自治体にはこういう形で入ってきております。それを今回の改正に基づいて、それも一つの手段だというふうなことで示されているのも事実でございます。ただ、現状の中で、現在手引のポンプを積載式にかえていると、安全性の面を考えながら、その辺に全部切りかえているという状況でございます。その上で、さらにこれを取り入れるというふうな考えはなかなかすぐには難しいと。ただ、今後の考え方としては、そういう装備も必要になってくるというのは事実でございます。というのは、消防本部、それから消防団の2方向で消防力となりますので、そういう考え方は私も必要だなと思っています。現在、先ほどお話あったように、いろいろな面で装備品が示されております。そういう面で、今うちのほうで必要だというものに関しては、先ほど言ったようにライフジャケットだったり、トランシーバーだったり、これらの装備をさらに充実させるという方向で現在は進めたいというふうに思っています。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) 95ページの道路の維持補修費のところで、雪対策についてお伺いしたいと思います。ことし2月の大雪のときの登米市の対応は、必ずしも評価できるものではなかったと思います。随分と車両だけでなく、市民の通行にも迷惑をかけたということが、これは全町域において言えると思います。そこで26年度はそういった反省を踏まえて、しっかりした体制をとっていただきたいと思うんですが、どのようになさるおつもりかお伺いをいたします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) お答えをさせていただきます。
 今回、2月の大雪については、市民の多くの方にいろいろご迷惑をおかけしたところでございます。その中で皆さんからいろいろな要望等いただいてございます。約265件ほどの要望をいただいてございますが、まだ詳細について分析ができかねているところもございますので、その辺今現在、その資料関係を収集してございます。来年度に向けてその検討結果を反映してまいりたいと。
 また、来年度の予算については、これまで3,560万円ほどの予算で推移してございましたが、26年度においては5,500万円ということで約2,000万円ほどの増額をいただいて、これからの降雪に対して対応できるような形で取り組んでいるということでございますので、ご理解いただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) 予算も増額されているので、しっかりやるのかなと思っておりますが、ただ業者の方々との契約のときに、しっかりと作業について確認してほしいんです。まず機械がないとか、人手がないとか、あと技術者がいないとかということで、何かスムーズな作業が進まないということもございますので、業者との確認、そしてその業者との関係、機械を何か持っている方が少ないようですから、各町域しっかりした体制をとっていただきたいんですが、もう一度お願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 除雪に際しましては、毎年度11月に各町域の業者さん、それから支所の方等お集まりをいただいて、除雪に対しての準備体制を整えた上で対応させていただいてございます。今ご指摘いただいた機械の問題についても、今回、昨年度まではなかったんですが、リースということで機械の使用料350万円ほど上げさせていただいてございますけれども、そういう部分を含めて順次対応してまいりたいということで、機械が古くなった部分についての対応ということでございますけれども、そういう形で業者さんと調整をさせていただきながら、スムーズな除雪に向けて対応してまいりたいということで考えてございますので、よろしくお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) それでは、子供たちの歩道関係も、広い道路はいいんですが、歩道がちょっとなかなか雪払いなっておりませんので、そういったところもしっかりと対応していただきたいと思います。
 それから、ここにいろいろな砂利とか何か、砂利もいっぱい使うと思うんですが、いろいろと消費税の関係もございますし、砂利とか人夫賃、どれくらいアップして予算に反映しているのか、その分ちょっとお伺いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 砂利、それから人夫賃のアップということでございます。これらについては、毎年度、年度当初においてそれぞれの業者さんからお見積もりをいただいて、その上で単価の契約をさせていただいて対応させていただいてございます。来年度分については、まだ見積もり等いただいてございませんけれども、当然消費税アップ分については対応していかなければならないというふうに考えてございますので、その年度当初の契約において対応してまいりたいということで考えてございますので、よろしくお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。浅田 修委員。
15番(浅田 修君) 今の除雪の関係もあるんですけれども、本当に全て業者任せでやっていく方針でいくのか。どのような考えなんですか。ある程度地域力を生かした中での除雪対応ですか。そういったことを考えないで、全部全て業者任せなんですか。その点を。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 歩道の除雪等については、ここ数年議員の皆様方含めて市民の方からもいろいろな要望をいただいてございます。昨年度の段階で、機械のリースということで歩道用の除雪機を2台ほど用意してございまして、それで試験的に地域の方々にご協力いただけないかということで、体制の検討をさせていただいてございます。無償でのボランティア制度については、ゆいっこロードという制度を立ち上げて、応募いただいた方々にはボランティアでの除雪をお願いしてございますが、なかなかお受けいただいていないという実態がございます。その辺を含めて、機械をこちらのほうで用意した中で、地域の方々との協議をさせていただくような前提条件の、いろいろな今調整をさせていただいているということでございますので、全てを業者ではなくて、今後においては地域の方々のご協力もいただきながら対応していかなければならないのかなということで考えてございますので、お願いいたします。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) 全てやはり業者というのは大変なことでありまして、やはり地域の力をかりながらやっていくというのが本来の姿なのかなと。それこそ協働のまちづくりなのかなというふうに思うんですけれども、全てそういった、ではもう少し、そういったことに関してどうすればいいのかということをもうちょっと工夫してみてください。
 ちなみに、我々住んでいるところは、全部小学校の前歩道があるということで、全部手作業で除雪しておりますよ。ちなみに佐沼に来たら、全然歩道、自分たちの屋敷の分も払っていないと。そういったようなのが見られたということもございますので、ぜひそういった、もう少し工夫してみてください。お願いしたいと思います。
 それから、出ないおばけにたまげるわけではないんですけれども、登米市ではなくして、今後南海トラフとか、いろいろな地震が来るというようなお話もあります。登米市でも結構災害時点で応援いただいたという経過があるんですけれども、もし向こうのほうで災害があった場合のこちらの出方というのはどのように考えているんですか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 大震災の際には、多くの市町村から応援いただきました。あるいは物資等も搬送も直接してもらったところもあります。やはりいつ何時起こるかわかりませんが、そういう状況が発生した場合、やはり登米市としましても当時お世話になった御礼といいますか、そういう対応はしていかなければならないのかなと思います。ただ、その規模云々というのは災害の状況に応じますけれども、基本的にはやるという方向で考えております。
 それから、物資等の関係についても、今登米市が保管しているもの、どういうものがあるのか、災害時どういうものがすぐ、どのくらいの量を出せるのか、そうしたものを防災課のほうには常に指示をしているところでございます。物資の支援あるいは人的な支援、こうしたものはやっていかなければならないというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) どのような想定、災害時点ではいろいろな想定外がいっぱいあるんですけれども、どういったものができるのかなということをやはり想定しておくべきなのかなというふうに思います。結構応援いただいたということですね、お返ししなければならないのでないかなと、もし何かあった場合ですね。その点について、もうちょっとやはり、何か余り考えてないようだったから、今の答弁は。そういったことも含めて考えて、さらに消防の関係で、どこまで応援にいくにいいものなのか、県外まで行けるのだか、県内だけなんだか、あるいは登米市だけなんだか。登米市内というと全然行かないということになるね。どういうものなんでしょうね。その点。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。警防課長、佐藤正満君。
警防課長(佐藤正満君) ただいまの委員のご質問は、大規模災害そういった場合の応援体制というふうな形かと思います。これにつきましては、消防につきましては緊急消防援助隊というふうな全国組織でございます。そうした中で、宮城県につきましてもその組織がございまして、宮城県内の応援協定、そういったものも県内で結ばれております。
 あとは東北・北海道ブロックというふうな援助隊の組織もございます。ですから、南海トラフ、そうした場合の大規模災害になれば、まずもって北海道・東北ブロックのそちらの幹事、消防局のほうに、そういった指令なり、命令が来まして、そこから各県に要請が来ます。そして県から、今度はさらに登米消防、ちなみに登米消防としましては援助隊のそういう登録台数、消防自動車1台、それから救急自動車2台、それから後方支援隊1隊というような形で計画してございます。なお、今年度の救急車1台につきましては、そういった緊急援助隊の補助申請に基づきます整備でございます。それを含めて、救急車につきましては2台の援助隊の登録車両というふうな形でございまして、県内応援隊の中からそういうふうな要請が来た場合については、そういう対応をするというふうな現在の状況でございますので、ご理解いただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) わかりました。ぜひそういったいろいろな緊急時のときの応援体制、ぜひ確立していただければというふうに思っております。
 それから、防災ステーションの件でございます。米山地区につくられるということでございますけれども、この防災ステーションはいいんですが、この敷地全部の維持管理なり、どのような体制になっているのか。それから防災ステーションの使用のあり方というか、今後どのように活用していくのか。本当に防災のときだけのステーションなのか、その点お伺いしておきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。防災課長、小野寺茂樹君。
防災課長(小野寺茂樹君) 完成後の防災ステーションの管理ということで、ご質問だと思います。覚書によりますと、施設の管理区分については市と県の区分が定めてございますが、施設完成後において施設の管理区分等について再度協議をして、県と河川防災ステーションの管理協定締結ということになってございますので、よろしくお願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) まだやっておらないようでございますので、全て周辺管理も、これは県の施設だと思うんですけれども、どうなんでしょうね。全部全て登米市でやっていくのかどうなのか。これは国と県も入っての協議だと思うんですけれども、その点もうちょっと、登米市ばかりが全部全て管理していくという状況ではないと思いますので、お願いしたいと。
 それから、これからの水防の中の中身の充実なんですけれども、どのように考えているのか。ただ単にこの倉庫があって、どのくらいあるのか。土のう袋の設置とか、何かいろいろあると思うんですけれども、やはり今いざとなれば大水のときなんかは消防団員にはかっぱもございません。そうすると、この人が消防団員なんだか、一般の人なんだか、全然わからないで活動されているというような。今度消防団の服は新調されるようでございますけれども、やはりそういったかっぱ類の設備なんかも、もうちょっと考えていただければどうなのかなと。早く言えば、登米市消防団の名前が入っているだけでも結構でございますので、やはりそういったものもぜひ設置していただければいいのかなと思っております。その点。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 施設管理については、先ほど防災課長が答えたとおりなんですが、ただ平成16年合併前に宮城県と米山町で覚書を締結しているんですが、その際の資料を見ますと、堤防等についてはもちろん県管理なんですが、今回整備する防災センターあるいは倉庫、こうしたものの管理については米山町ということで、覚書は当時締結されています。ただ、今回整備が終わった段階で、改めてどうするのかという協議は検討してまいりたいというふうに考えております。
 それから、中身についてなんですが、皆さんの手元にこの倉庫の内容は配置図をお示ししていますが、資材倉庫等も整備いたします。水防団の詰所と兼ねるわけですが、その周りに棚等をつくりまして、当然緊急時に利用できるような雨対の準備であるとか、あるいは天気に当たっては事前に土のう、これをつくるスペースも52ページの図面にこの作業スペース等がありますが、そこでつくって保管するとか、いろいろな準備は事前にやはりやっていかなければならないのかなというふうに思っております。
 あとかっぱ等の整備も必要ではないかというお話ですが、それについては消防本部等の消防団の水防団についてのそういう整備については、消防本部のほうからお答えしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 消防長、菅原輝雄君。
消防本部消防長(菅原輝雄君) 確かに消防団には、まだかっぱは支給しておらないという状況でございます。水防団組織というふうな形では、現在の消防団はなってはおりませんけれども、ただ消防団の中で水防も全て実施しております。そういう面では、個人対応というのは難しいかもしれませんが、施設に必要な分だけ置くというふうな考え方は、今後検討を当然していかなければならないというふうに思っています。それについては、今後の計画の中にきちんとのせて対応していきたいなというふうに思います。以上です。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。佐藤恵喜委員。
25番(佐藤恵喜君) 施政方針で市長が合併浄化槽、個人管理型合併浄化槽の寄附申し出制度の啓発に努めてまいりますという姿勢を示しました。この制度は、かつて建設水道委員会で震災後、新潟市を訪問し、調査したことを受けて、本市でもと議会側からも働きかけてスタートしたものであります。例えば20トンの上水道使用の場合ですと、下水道の管理料が3,083円と。ところが、個人で管理委託している場合、5,700円ほどになるということで、その差が大きいものがあって、本当にこの施政方針のとおり力を入れてほしいということであります。あえてここにこのことを施政方針でも触れたというのは、やはりまだまだ知れ渡っていないし、そういう転換になっていないというのが結構多いんだという認識なんでしょうかね。一言。
 もう一つ、この款でないかもしれませんが、新田駅への東側駐車場から線路沿いへの歩道があります。これが私も知らなかったのですが、先日新田駅愛好者から電話をいただきまして現場を見ましたら、破損したままということなので、これは早急な手を打たなければならないのではないかと思いますので、その2点をお伺いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。下水道課長、吉野晴彦君。
下水道課長(吉野晴彦君) 合併浄化槽の寄附でございますが、これまで2カ年経過いたしましたが、現在26基ほどの寄附を受けてございます。皆様にまだ知られていないということでございますが、今後積極的に広報等で通知等をしたいと考えてございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 新田駅の歩道でございますが、2年ほど前からあそこの傷みが激しくて、設置については全部つけかえをしなければならないというような状況になってございました。それであそこを利用される方々にアンケート調査をいたしまして、基本的に解体ということで、地区の区長さん等々の了解も得てきたところです。ただ、その工事が実はJRの専門の技術者の指導がないと解体工事ができない、当然線路の近くということで、それからその技術者の方々が実は北海道の例の事故の関係で、全部向こうのほうに回ってしまったということで、こちらに配置できないということで少し工事期間が延びているということです。できれば早目にしたいということで、何回も小牛田駅のほうとJRさんのほうと協議しているんですが、できれば26年度中に解体したいということで、今申し入れしているという状況でございます。
 事故が起きないように、入れないような今措置もしているわけですけれども、あるいはこの間、倒木等もございましたし、それらの除去等にも対応してまいりました。できるだけ早く撤去ということで進めさせていただこうと思ってございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 今、お二人の方が除雪のことで質問されたんですけれども、私もその関連で質問させていただきます。
 ことしの予算なんですけれども、委託料と需用費と機械の借上料、合計で幾らになるんですか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 25年でしょうか。26年ですか。26年度の内容としまして、除雪の関係でございます。約6,000万円になります。除融雪作業委託が5,582万円、それから…融雪剤の購入費が700万円ほどございますので、6,640万円ほどになります。
委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) わかりました。それで2月の大雪のときに、支所にかなりクレームが来たということで聞いて、支所に行って除雪コースのあれを見せられたんですけれども、今市道、基幹道路からいろいろあると思うんですけれども、どれくらい除雪でカバーできるような体制になっているんでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 除雪のカバー率ということでご質問でございます。現在、道路については約2,700キロの延長のうち1,080キロほどの除雪を、第1優先から第3優先まで区分して行ってございます。それから、歩道については、国県道も一部入ってございますけれども、延長で207キロほどやっている状況でございます。
委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) そうすると、なかなか恐らく市道全部というのは当然無理だとは思うんですけれども、先ほど浅田委員も言ってるんですが、行政がもうなかなか全部全て今から除雪するというのは、難しい時代だなというふうにつくづく感じているんです。実はうちの行政区でもかなり坂が多くて、これは行政の除雪を待っていたのではとてもじゃないが毎日の生活に支障を来すということで、今回はちょうど2週間続けて土日だったんですよ。それで近隣でみんな出て、機械も私も出したんですけれども、その中で除雪をして、かなり平場よりいい状態になったなという結果が出てるんです。やはり、それから官民挙げての除雪体制をつくらないと、かなり難しいかなと思ってるんですが、そういったふうに取り組んでいる地区もあるというふうに聞いてるんですけれども、そこら辺今後検討する余地はあるんでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) さきの産業建設の常任委員会でも議員さんの方々にお話をいただいてございますが、ボランティア的に行っている除雪をいただいている方々、そちらについて、まだ実態を把握していない状況もございます。それを調査した上で、今後先ほど浅田委員さんにも回答していますが、そういう方向で地域の方々のご協力をいただきながら除雪に対応してまいりたいという方向で、調整をしたいということで考えてございます。
委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 地域ですと、かなり畜産農家の方々は大型の機械を持ってるんですよね。ご存じだと思うんですけれども。そういった中で、どういったときに基準として発動したり、そこの安全性とかいろいろ問題あると思うんですけれども、ぜひそこら辺は前向きに検討して、ことしの冬は市民からクレームが来ないようにぜひお願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 要望でよろしいですか。
 ほかに質疑ありませんか。まだあるようでございますので、ここで10分間休憩します。
          休憩 午前10時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時08分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 8款土木費、9款消防費の質疑を続けます。
 質疑ございませんか。熊谷憲雄委員。
20番(熊谷憲雄君) それでは、103ページの9款1項3目、防火水槽設置費についてお伺いいたします。
 来年も防火水槽の設置5基、それから撤去工事が1基ということで4,500万円ほど計上されております。この防火水槽、今何基あって、それから計画的にはどの程度まで何基ほど設置する計画で、ここのところ毎年5基ぐらいずつ設置ということになっておりますけれども、数をちょっと教えていただきます。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。警防課長、佐藤正満君。
警防課長(佐藤正満君) ただいまの委員のご質問でございますが、防火水槽の設置等の計画、そしてまた26年度の概要というふうに受けとめました。26年度の概要につきましては、5基の設置ということで、ここにも書いてございます。それから、1基の撤去と。この1基の撤去につきましては、市民からの要望によりまして、その土地を別な形で、そしてまた市道の改良なども含まれまして、その部分で撤去して近隣に移設というふうな考えでこの撤去のところはございます。
 さらに、現在の登米市内の防火水槽の設置状況ということでございますけれども、現在25年の3月末でございます、1,276基ほどの防火水槽の数になってございます。この数につきましては、旧9つの町の中で整備されてきた数の、そしてまた合併後にはこういった形で5基、23年からでしたか、5基ぐらいの整備でございました。これにつきましては、しからば目標はといいますか、これからの整備計画はというふうなことでございますが、委員ご承知のように充足率、これは消火栓とかその他の整備もございます。これを含めますと、大体66%ぐらいの充足率でございます。こういったことを勘案しますと、まだまだ今後もこういうふうな100%まではいかないにしても、近づけるためには整備が必要かなというふうには毎年度計画を持ってございますが、ただその中でも現在こういうふうに計画する場合にはほとんどが民地でございます。市有地とかはございませんので、地権者、住民の方々の協力を得ながら進めている状況でございますし、さらに震災後、老朽化した水槽等の整備改修等も今後出てきます。そういったことを含めながら、整備充実を図っていくというふうな計画でございますので、ご理解いただきたいというふうに思います。
 以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 熊谷憲雄委員。
20番(熊谷憲雄君) わかりました。そうすると、今現在1,276基、充足率で66%ということで、2,000ちょっと超えるぐらいが必要なのかなと、今単純に思ったんですけれども、今は40トンですか、水槽は。何かことしの、今年度25年度に火災が起きたところでも、火災となると、よく死亡という事故が登米市内でも何件か起きているわけでございます。こういうことからしても、特に冬場は用水なども枯れておりますので、防火水槽が唯一の頼りでないかと思うわけでございます。その点からいたしましても、まだ3分の1が未設置という。特に学校周辺、プールがあればいいという話も前にはございましたけれども、人のより多く集まるようなところには、優先的にこれは設置していくべきではないかと思います。大きな事故が起きてから、そこに施設を整備していくというようなことでなくて、予防的に防火水槽を、ぜひ充足率を高めるようにお願いいたしたいと思います。
 また、去年から見ましても、1基に係る経費が恐らくかなり上がっているなという感じがします。これは今の震災関連の建設費というのに、一過性のものかどうかわかりませんけれどもだんだん上がっていくのか、また鎮静化するのかわかりませんけれども、ぜひ26年度は5基、27年度はもう少し2基、3基とふやした形で設置されることをお願い申し上げまして、何かあれば消防長もおられる。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。消防長、菅原輝雄君。
消防本部消防長(菅原輝雄君) この充足率の関係は、確かに低うございます。ただ、当消防本部、それから市の考えとしては、先ほど委員おっしゃったとおり、水槽を重(じゅう)と考えるというふうなことで取り組んでまいりました。他の消防本部は充足率を上げるために消火栓を使ったり、そういうことで数では水槽の数としては非常に多い地区に登米市はなっているということも踏まえていただければなと思いますし、消火栓の設置につきましても今後も進めていくというふうな考えは、前の一般質問でもお話はしてまいりました。これは変わるものではございません。ただ、さっき言ったように、配管の150以下、これには消火栓には余り不適だということで、うちの考えとしてはしていないというところもございます。そういうことを含んで、今後委員おっしゃったとおり、我々も充足率を上げるために最大の努力はします。ただ、先ほどお話ししたように、工事費とかそういうものもかなり上がってきていますし、非常にこの地域はどうしても軟弱ということで、その関係で工事費も上がるのかなというふうには思っていますが、それらを含んで最大限設置できるような方法を含みながら頑張っていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 概要の95ページなんですが、道路維持費でございます。きのうおとといと大雨が降りまして、年に1回か2年に1回なんですけれども、石森の白地にずっと通っているそよかぜラインというのがあるんですが、冠水いたしまして200メートルから300メートルぐらいでしょうか、田んぼよりも低くなっているところがあるんですが、今現在通行ができないような状況になっておりまして、これをどのようにしていくのか、お伺いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。用地専門監、菊 幸誠君。
用地専門監(菊 幸誠君) 道路の冠水についてのお尋ねでございます。そよかぜライン、長根夏川線のことだと思います。昨日の雨で、一部冠水している状況は確認しております。本年度予算で盤上げによる冠水対策を行うこととしておりますので、よろしくお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 概要の94ページ、長沼ダム完成記念ということで完成しましたけれども、湛水防除も無事終わりまして、今ゲートが全部上がって、あれ以上水が下がらないというくらい私見て、長沼こんなに水なくなったかと思うくらいなくなりました。新田川から船をもう出すことは一切できません。そういう状態で、このままいきますと用水にも支障を来すなというふうなことありますので、いつまであの状態で置くのだか。そしてまた、今の水面から何ぼ、もし水入れるのであれば常時上がっていくのだか、お答えください。
 次に、相澤さん、消防のこと語りますかというから、時間ないですけれども103ページ、婦人防火クラブですけれども、前にも言ったんですが、やっぱり防火クラブにも何らかのはっぴ、はっぴ今幾らかありますけれども、やっぱりそろそろ同じようなものを支給すべきじゃないかなと。消防団も大切ですけれども、防火クラブもそれなりに一生懸命活動なり、そしてまた炊き出しのときなんかは本当に、うちのほうで何回かありましたけれども、本当にやっていただきました。そういうことで、やはり支援すべきじゃないかなと思いますので、この2点お願いします。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。土木管理課長、首藤正敏君。
土木管理課長(首藤正敏君) 長沼ダムの件についてお答えをさせていただきます。
 2月の段階で満水になりまして、現在、長沼ダム放水してございます。予定では本日で最低水位になる予定でしたが、昨日、一昨日の雨の関係で数日間、期間がもう少しかかるというお話を聞いてございます。
 それから、数字について、水面の高さですが、ちょっと資料を持ち合わせてございませんので、後ほど資料としてお渡ししたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 消防長、菅原輝雄君。
消防本部消防長(菅原輝雄君) 婦人防火クラブの関係でございますが、前にもお話をさせていただきましたとおり、なかなか全員というふうにはいかないということです。ただ、今お話しいただいたとおり、本当にいろいろな面で火災予防という面ではお手伝いをいただいております。そういうところで、これについては婦人防火クラブの役員の皆さんともう一度話し合って、全部にはいかなくても、その地区地区の扱いの中でどうできるか。これは検討させていただきたいというふうに思います。以上です。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) 先般代表質問で時間がなくなりまして、所管でございますが、道路改良関係についてお尋ねをいたします。
 今般、補助事業、単独事業100路線を超える路線を道路改良いただくわけでございますが、市長、副市長にお尋ねをいたします。市内をいろいろな行事あるいは100歳を迎えられた方々にお祝い、あるいはさまざまな行事、仕事で市内の道路をくまなく歩いておられると思いますが、この道路なして直さないんだべなと、がたがたっていうの何だい、さっぱりこいつにのってこないなという道路を、多分通ったことがあると思うんですが、そういう感じなされたことございますか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。副市長、藤井敏和君。
副市長(藤井敏和君) 率直に申し上げて、そういう路線があることは承知してございます。
委員長(中澤 宏君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) 承知なされておるならば、いろいろな道路のいろいろな事業あると思いますが、先般リフレッシュ事業の活用ということで、凍上災以外に漏れたところを活用したいというようなご答弁もいただいています。このごろ私も市内を歩いてみますと、先般の平成十何年でしたでしょうか、凍上災害で大きな災害で復旧工事をして、道路改良をなされたんですが、その凍上災害で復旧工事をしたところがまた地震災害等々、あるいは非常に道路を頻繁に利用する方があるからわだちがあってのことかと思うんですが、また新たに舗装をやられているというような路線も、細かい路線は申しません。そういう中に舗装がつぎはぎだらけの、しかも地震あるいは凍上災害があるのではないかと私ども判断するのにも、なかなかそこに手をつけられないような路線が見受けられますので、あそこかなというふうな市長あるいは担当者はご理解いただけると思うんですが、やはりそういうところを早急に改良に手をつけるべきではないかというふうに思うんですが、いかがでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。副市長、藤井敏和君。
副市長(藤井敏和君) 道路の路面につきましては、一つは震災でどうしても復旧がおくれるということで、暫定的にオーバーレイをさせていただいたという箇所もございます。そういうところも順次今解消してございますが、そのほか凍上災害に漏れた部分なんかもございますし、凍上災そのものでやはり傷んでいるという路線もございます。そういう意味でリフレッシュ事業あるいはきめ細か、やさしい道づくり、こういうような単独事業を含めて、地域のお話も十分伺いながら、可能な限り対応は早期にさせていただきたいというふうに考えてございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) 時間をもらいましたから、103ページなんですが、この防火防災推進費のところで、委託料です。山火事の監視業務委託料100万円という予算でございますが、まずこの内容をお聞かせいただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。防災課長、小野寺茂樹君。
防災課長(小野寺茂樹君) 本業務は東和地区と登米地区の羽沢地区において、東和地区においては蚕飼山の山頂からの観測所を設けまして、山火事監視をしておりますし、その他の地域については車両による巡視で山火事監視を4月から5月までと、あと3月16日から3月末までという考え方で実施をしているものでございます。
委員長(中澤 宏君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) 今、東和、登米地区ということでございますが、山の多いのは津山もございますね。津山はないんですか。それから、この委託先はどこなんでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。防災課長、小野寺茂樹君。
防災課長(小野寺茂樹君) 津山地区については実施をしてございません。
 あとは委託先については、市のシルバー人材センターのほうに委託をしてございます。
委員長(中澤 宏君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) 津山はないと。ないからこのままでいいということですか。やはり山がいっぱいあるところですから、しっかりと監視体制というか、整えていかなければならないと思うんですね。どうですか。やる気ないんですか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。防災課長、小野寺茂樹君。
防災課長(小野寺茂樹君) 大変申しわけございません。津山地区については、ちょっと私のほうも実態を把握してございませんでして、申しわけございませんでした。山林巡視員等による活動を行っているかと思われますが、この事業については旧東和町時代で実施していたものを引き継いだという考え方でございますので、ご理解をいただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) こういった対策は、私は総合的に考えてしっかり対策をとるべきだと思うんです。ですから、引き継いだものだけこのようにするじゃなくて、やはり地区全体を見て、しっかりした体制を整えてください。それで、シルバー人材センターに委託しているようでございますが、これは報告とか何か受けて巡視した結果、確認をしっかりとっているんですか。何か余り、ぽっつり100万ですから、どういった内容かなということで思っていますが。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。防災課長、小野寺茂樹君。
防災課長(小野寺茂樹君) 監視の方法につきましては、監視員1名と巡回監視員2名ということで実施をしてございます。これについては、監視状況は異状の有無に関係なく、1日5回総合支所のほうに定期的な連絡を行ってございますし、もし火災を発見した場合には、煙等を発見した場合については、支所のほうに連絡をして現地を確認していただくというような部分を行ってございます。
委員長(中澤 宏君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) それではこの体制の、まず登米市は山火事なくて、本当にほっとしているんですね。よく外国なんかで大きな山火事、テレビなんかで見るんですが、本当に怖い感じがします。山だけでなく、やっぱり住居もある部分もありますから、しっかりとこの体制もとっていくべきだと思います。
 そこで消防長、済みませんが、この東和、登米の分についてはしっかりした監視をしているようでございますが、津山町を含めた体制づくりについてどうお考えでしょうか。しっかりとしていただきたいと思うんですが。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。消防長、菅原輝雄君。
消防本部消防長(菅原輝雄君) 山火事の監視の関係でございます。
 津山に関しては、私の記憶の中では巡視で対応されているというふうに思ってございます。それから、山火事の発生は本当に大災害になりますので、この辺の対応は私たち消防の中で広報なりいろいろな活動はしてまいります。ただ、その体制以外の今言ったような監視とか、この業務に関しては防災課のほうでお願いをしておりますので、回答は控えさせていただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) こういうことで余りくどく聞きたくないんですが、市長この津山分ですね。まあいいと思うんですよ。どなたかやっていると思いますから、今の答弁を聞いてますと。ただ、これ思われるんじゃなくて、やはり津山も登米市の一部ですから、しっかりとこうしているんだというふうな状況把握ですね、こういった体制が必要かと思うんですが、市長どうでしょうね。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 委員ご指摘のとおりというふうに思います。その監視状況、チェック体制、その辺をまず確認をさせていただきたいと思っております。
 それから、蚕飼山での山火事の巡視、私も一度蚕飼山に登って、巡視員の皆さんからいろいろお話をお伺いをいたしました。山火事の防止、未然発見ということだけでなく、実は空気の状況がよければ、市内、伊豆沼、長沼方面まで見通せるというふうなことをお話を聞いてございます。そういった中で、遠距離の火災の発見、いち早く行っていただいたというような事例もございますので、しっかりとしたそういった体制については、我々としても意を用いながら、しっかりと協力をお願い申し上げたいと思っております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。日下 俊委員。
2番(日下 俊君) それでは、102ページ、常備消防一般管理費の中の需用費5,449万4,000円のうちの光熱費についてお伺いをしたいと思います。
 消防本部ができて数年がたつわけでございます。ここに来て光熱費等は、多分ランニングコストとして安定してきたと思うんですけれども、冷暖房で使っているGHP、バルク供給による冷暖房に係る使用料、今直近で年間幾らぐらい使っているか、お伺いをしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 休憩します。
          休憩 午前11時33分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時34分
委員長(中澤 宏君) 再開します。
 消防総務課長、加藤 勤君。
消防総務課長(加藤 勤君) 大変申しわけございませんでした。
 ただいま消防防災センターとそれから西出張所にありますが、おおむね300万円程度ぐらいかなというふうな状況となっております。
委員長(中澤 宏君) 日下 俊委員。
2番(日下 俊君) では、本部で何立米、それから西出張所で大体、まだ1年たってございませんので、概算で結構でございますので、お示しを願いたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。消防総務課長、加藤 勤君。
消防総務課長(加藤 勤君) 消防本部につきましては、年間で約9,600立米ほど見込んでございます。それから、西出張所につきましては1,600立米ほど見込んでおるところでございます。
委員長(中澤 宏君) 日下 俊委員。
2番(日下 俊君) 今、報告ですと、本部が9,600、西が1,600立米ということでございます。今、市役所の中で9,600立米年間使われているというのは、病院も含めて多分一番の使用料だと思ってございます。この本部の9,600立米と西出張所の1,600、これは去年から合わせて入札をしているわけでございますけれども、これはなぜ一緒に入札してやっているのか。市内でも一番の施設と合わせて、西の出張所もやっているのか。そういった理由をお聞かせいただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。消防総務課長、加藤 勤君。
消防総務課長(加藤 勤君) これまで同じ消防本部の管轄する施設ということで、特に分けることなく一括して入札、それから契約という形でお願いをしてきているところでございます。
委員長(中澤 宏君) 日下 俊委員。
2番(日下 俊君) 同じ出張所と同じカテゴリーの中の入札ということでございますけれども、間もなく南出張所もできます。そして、今後東出張所もできるわけでございますけれども、同じ仕様でいきますと多分同じようなシステムでいくと思うんですが、市内全てが同じ1社になったときに、危機管理としていかがなものかなと。こういった危険物を取り扱っている指定管理監督されているのが、実は消防署のほうでございます。そして、こういった施設には30分ルール、消防長も多分おわかりだと思います。30分ルールがありますけれども、そういったものにも対応できなくなるのではないかと思いますが、その辺はどう考えて今後進められていくんでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。消防次長、中津川英雄君。
消防本部消防次長(中津川英雄君) それでは、消防署の燃料の確保のあり方についてお話をさせていただきたいと思います。
 まず、今使用料の関係で消防防災センターの関係についてご質問がありました。メーンが全て冷暖房、それからこれがバルクタンクを使用したLPガスということで、実はそのほかにも灯油をした20キロタンクが1基埋設されております。これらについては、補助的なもの、それから他の暖房ということで、さらには電気ということで、その部屋の機能、機能で指令センターであれば電気とバルクタンク、それから灯油の3方式、一般の会議室にあってはバルクタンクといったような部屋の目的関係に沿って、部屋を網羅しているというような関係でございます。それから、使用料そのものにつきましては、ご承知のように24時間勤務でありますので、他の行政庁舎と違って使用料についてはふえるのかなというふうに考えております。
 また、出張所の関係につきましても、バルクタンクをメーンとしながらも、太陽光、これらの設置もしておりますし、さらには自家発電というような二重、三重の構築をいたしておりますので、東日本大震災以前から取り組んでおりますけれども、そういった感じでは二重、三重のそういった供給体制ということで考えております。
委員長(中澤 宏君) 消防長、菅原輝雄君。
消防本部消防長(菅原輝雄君) それから、最後にお話をいただきました契約の関係も含んで、30分ルールに関しては私も熟知はしております。現在は、消防防災センターと西出張所ということでの、その範囲の中での対応とされていますが、今お話いただきました本年は南がおかげさまで完成いたします。来年は津山、それから東というふうな体制になります。その場合に関しては、当然仕様の中でその30分ルールに関しても今後契約係と当然お話をして、そういうふうな内容で取り組んでいきたいというふうに思っています。これは数量的なものに考えれば、契約係のほうでお願いする案件でございますので、今後はその辺もきちんと入れた中での対応とさせていただきます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 日下 俊委員。
2番(日下 俊君) 今後、やはり次々と新しい施設ができるわけでございます。今の消防署の取り組みはすばらしいものだと私も思ってございますし、やはりいろいろな多種なそういったエネルギー施設を使って、有事には対応されているというのは、本当にほかの施設もやはりそういった取り組みは必要だなと思っているところでございます。
 そこで、今最後に消防長のほうから契約係ということであったんですけれども、こういった発想ですね、消防署における一元的な管理というのを推し進めていきますと、市内1カ所で入札が済むという考えなんですが、そういった考えというのはどういったところから来ているのか。総務のほうにちょっとお伺いしたいんですけれども、これは推し進めていきますと、何の施設でも病院管理も1カ所で済むと、学校管理も1カ所で済むといった関係ではちょっとまずいのではないかなと思うんですけれども、いかがでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 今、急なご質問で資料を全然持ち合わせておりませんが、確かにそういう緊急性のある、あるいは消防防災、あるいは病院みたいなところもそういう燃料確保等については重要でありますので、少し実態を調査させていただきまして、不都合が生じないようなやり方、進め方、こうしたものを少し研究させていただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 日下 俊委員。
2番(日下 俊君) 先ほど30分ルールと申しました。これは販売店からその供給しているところまで、30分以内にないとだめだというご指導でございます。これが適用になるかという話ですと、例えば米川の業者さんが南出張所に入れた場合に30分ルール適用になるのといったら、多分私はならないと思いますよ。登米市内一元的に広く入札出されるのはいいんですけれども、一つの業種を1社でさせるというのは、やはり少し乱暴でございますし、その根底にあるのがどうなのかなと。やはり3年前の震災の反省がまだ完全に総括できていない。そして、検証ですね。例えば第一線で頑張られた消防署の方々の、何が大変だったのか、何が必要だったのか、今後何をしたらいいのかという、そういった再発防止や総括がまだまだ足りないんじゃないかなと私は思うわけでございますけれども、そういった検証というのはされたことは、今までも多分されてきたとは思うんですけれども、総括という意味ではされたと思っていますか。お聞きします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) これについても議会でもいろいろありまして、石油商組合とのいろいろな覚書もこれまでありまして、その見直し等もいろいろ協議してやってまいってきておるところでございます。ただ、今30分ルール云々ということでございますが、ただ覚書の中にはそうしたところは明記してなかったように今記憶しておるんですが、いずれそうしたものがきちんと適用されるような形の中でやっていきたいなというふうに思っております。ただ、石油商組合のほうでも、災害時には必ずしも全て供給できるという状況では、この間の大震災でもなかったものですから、そうした問題が発生しないような形の中で、きっちりと事前に組合の方々とお話を詰めていって、災害時には不都合がないようにしてまいりたいと思います。
 それから、今この地域性のことをお話しされましたが、先ほど申し上げましたように、ちょっと実態を調べさせていきまして、どういう状況になっているのか、その上で問題が起きないような取り組みをさせていただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 日下 俊委員。
2番(日下 俊君) そのほかにもやはり総括という意味では、この登米市においては家屋の倒壊等、沿岸等に比べれば少なく、けが人、病人等もその意味からおいては少なかったと思います。しかしながら、阪神・淡路のような直下型でありますと、やはり市立病院等に運ばれる患者さんがかなりの数になると思います。そういった意味においては、やはり医師会や薬剤師会とも災害協定、これは早目にやるべきではないかなと思いますけれども、いかがでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。防災課長、小野寺茂樹君。
防災課長(小野寺茂樹君) 災害応援協定につきましては、登米市の医師会とも協定を結んでございますし、今年度は登米市の薬剤師会とも災害応援協定を締結しているところでございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) 1点。概要書100ページ、住宅管理費の中で報酬の部分で、住宅使用料徴収嘱託員報酬1名ございます。これは25年度というか、本年度もあった分なのか。あれば25年度の、これまでの実績をまずお知らせ願いたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。住宅都市整備課長、中津川源正君。
住宅都市整備課長(中津川源正君) 嘱託員の報酬でございます。この予算措置につきましては、来年度26年度からの措置でございまして、重点的にそういった債権の徴収について当たりたいというふうに考えてございます。
委員長(中澤 宏君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) それでは、これは総務部にちょっと関係するんですかね。住宅使用料嘱託員ということで、使用料を徴収に行くと。滞納であったり当月分であったり。滞納の分を徴収する。こっちの税金もちょっと来てるんだけれども頼むからとなったら、この嘱託員はそれは私の管轄外だからお断りしますというようなことで、住宅使用料だけ徴収してくるんでしょうかね。こういう体制にまずつくっていいのかどうか、お聞きします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) これにつきましては、市の対策課のほうに税外関係4債権を過年度分を徴収するということで進めてきたところですが、これも議会でいろいろございましたけれども、今収納対策で1本でやると、過年度分だけをやるということになると、現年度はどうなっているのか、あるいはこれまでの催告とか、あるいは督促とか、そうした状況がなかなか整理されていないというようなことから、そうしたものをきっちりまず所管部署でやってもらうということで返したということは、議会でも答弁いたしました。ただ、収納対策、全く手をつけないというわけではなくて、25年度も税外関係50件、約300万円ぐらいだと思います。それを今市の対策課で関連づけて、税と税外といろいろな、やはり未納者は関連しますので一括して徴収しています。
 今回、この住宅使用料、それから10款もそうなんですが給食、これについては収納対策課で一元化やっていたのを、まずそれぞれの部署でやってもらいましょうということで、ことし26年度市の徴収嘱託員を設置したところでございます。基本的には住宅使用料の嘱託徴収員ということであれば、住宅使用料ということになっていますが、ただそこで訪問して得たいろいろな保育料のことであれ、給食費のことであれ、あるいは収納対策課と、あるいは関係部署連携をとった中でスムーズに徴収事務ができるように、これは努めていきたいというふうに思っています。ただ、基本的にこの住宅使用料を担当する者が行って、税金も集める、あるいは給食費も集めるということまでは考えておらないところでございます。
委員長(中澤 宏君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) まず26年度、所管に戻してということなので、実績を見て収納対策で取り扱ったらいいのか、そこのところはよく精査して、今後の収納対策に努めていっていただければと思います。以上。答弁要りません。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。
 これで8款土木費、9款消防費の質疑を終わります。
 ここで本年3月31日をもって退職される職員の方々を紹介します。
 消防本部消防次長、中津川英雄君。参事兼予防課長、高森忠信君。参事兼警防課長、佐藤正満君であります。長い間、市政発展のためご尽力をいただき、大変ご苦労さまでございました。(拍手)
 1時まで休憩します。
          休憩 午前11時50分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 10款教育費について質疑を行います。質疑はありませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 概要書の5ページの教育費の予算を見ても全体の10.7%でございまして、決して少なくはないわけでございますが、この傾向につきましてはそれはそれとして、教育委員会のあり方としてというか、教育費の政策立案のスピード感というか、そういった観点からお尋ねをいたします。
 概要書111ページの小学校費の学校トイレ環境整備事業、また同じく113ページの中学校の分でも同じようにございますが、これがなぜ今ごろなのかと。もうとっくにこのくらいのことはしておかなければならないのでないかというのが、率直な考え方であります。いつぞや5番の工藤委員が話をしなければ、またこうしたことが日の目を見ないようなのかと。というと、教育委員会のほうの何か職員の感度が特に鈍いのか、あるいは徹底した指示とか施策の打ち合わせの会合が少ないのか、現場からの、学校現場なり社会教育団体の現場からの要望とかを聞く耳があるのかないのか、その辺の実例について教育長に手短にお話をいただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 学校の改修につきましては、これまでも取り組んできたところでございます。合併以後も耐震の問題であったり、いろいろな壁材とか、壁面に含まれている物質を取り除いて撤去をしたりとか、そういった対応に追われてきたということもございます。それから、さきの震災でもほとんどの小中学校、幼稚園が被災を受けたということで、これまでそういった耐震改修でありますとか、そういった事業に人員も予算もとられてきたというのが実情でございます。
 各学校からさまざまな要望があって、それを毎年度予算化をしてきたところでございます。このトイレにつきましても、以前から要望があったところでございますけれども、昨年度改めて幹部職員が全小中学校幼稚園を訪問いたしまして、改修要望のある場所について、さまざまなところから意見を伺ってきたところでございます。その中で、こういったトイレの要望も多数寄せられておりますし、一般の保護者の方からも要望があったということで、今回全校を対象に50%まで高めたいということで、今回予算措置をさせていただいたところでございます。
委員長(中澤 宏君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 説明は今聞かなくても、大体そのくらいのことはわかってるんですよ。この事業、遅きに失したと感じているのか、ちょうどいいタイミングだと思っているのか、まだ早いと思っているのか、その辺3つから1つ。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) もう少し早い時期に実施できていればという反省もございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 2点お伺いしたいと思います。107ページの学校の一番下の学校施設非常構造部耐震化事業と、説明の中ではたしか体育館という説明を聞いたような気がするんですけれども、具体的にどこの学校なのか、少しその辺の内容と、112ページの一番下の3細目の学校建設費の中の校舎大規模改造費、今回石森小学校の校舎、それから米岡小学校校舎、体育館の経費がのっているんですけれども、今もちょっと関連するんですが、校舎などの改築なんかの計画もあると思うんですけれども、その計画はどういうふうになっているのか。2点お願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) ただいまの工藤委員からのご質問にお答えをさせていただきます。
 まず1点目、学校施設非構造部材耐震化事業の関係でございますけれども、この件に関しましては、東日本大震災におきまして大規模空間を有する建築構造物、学校でいえば体育館などのそういった建物での天井、特につり下げ天井などの落下が相次いだ経験の反省に立ちまして、建築基準法の施行令が先般改正されたところでございまして、26年4月から適用になります。これを受けまして、文科省のほうからそういった天井材、つり下げ天井、それからつり下げられているところの照明とか、いわゆる非構造部材についても耐震性をチェックする必要があるというお達しが参りまして、それに基づいて今回900万円の予算化をさせていただきまして、全施設の点検をさせていただくものでございます。もしこの検査に応じまして改修の必要性が出れば、速やかに27年度中までにその改修を終えるような考えでもございますので、よろしくご理解をいただきたいと思います。
 それから、112ページの石森小学校、米岡小学校の大規模改修関係に関してでございますけれども、いずれの学校施設にも、例えば石森小学校は建築以来45年を経過してございますし、米岡小学校につきましては35年を経過している古い建物でございます。これは市の実施計画の中にも既に計上してございまして、26年度中にこういった大規模改修の実施設計を組み、翌年度27年度にはそれに基づいた改修工事をするという計画をのせてございますので、その計画に基づいての実施でございます。そのほかの施設の改修計画につきましても、市の実施計画のほうに掲載をしながら、逐次計画的に取り組んでまいる予定でございます。よろしくお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) 工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 耐震化のほうですけれども、そうすると体育館そのものの耐震化は大丈夫なんですかね。そのことと、それからその他の石森とこっちの大規模改修、これはやはり必要な設備でそれについてはいいんですけれども、例えば私が登米小学校なんですが、近くに行ったときに、今回の検査の中で先ほど要望を聞いたと言って、その中に入っているかどうかわかりませんけれども、行ったときに震災後に体育館が校舎よりも少し高くなっているんですけれど、そこが斜めになっているんですね。そういうところ、校長先生の話だと震災後すぐでなくて、大分たってから気づいたということなんですね。だから、震災対応にはのってなかった部分だと思うんですけれども、そういう箇所がないのかどうか。そして、その後の計画、具体的にこれから上げるというんですけれども、その後の計画はどういうところが計画されているか、そういうのもわかればお聞きします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) ただいまのご質疑にお答えをしたいと思います。
 体育館についての耐震性はというお尋ねでございますが、体育館本体につきましては、耐震性は現在の基準に全て合致しているものと判断してございます。
 それから、登米小学校を訪問されて、震災の影響ではなかろうかというようなお話でございましたが、先ほど教育次長からも前者のご質疑に対する答弁の中でお話ししましたとおり、多くの学校、ほとんどの学校におきまして震災の影響を受けてございますが、その後大金を投じまして、全ての施設、今回の東日本大震災に対応した震災の復旧、一部石越中だとまだ100%完成を見ていないところもございますけれども、ほぼ100%対応できているものと判断してございます。よろしくお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) 工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 石越のほかにも、前に南方とか北方小学校なんかも体育館の改修で、教育常任委員会で見てきたんですけれども、自分の家もそうなんですが、震災過ぎてから後でそんなに大規模じゃなくても、いつの間にひびが入っていたんだろうと見つかる箇所が結構あるんですよね。学校の関係も、体育館もそういう部分で震災後でも今の現状でそういうところが何カ所か私はあるんじゃないかなと。登米のほかにもあるんじゃないかなと思うので、そういう点検をぜひしていただきたいなと思うんです。体育館は午前中の審議にもありましたけれども、学校の体育館というのは地域の中でも重要な避難場所になると、公民館などとあわせて大きな指定の避難所になると思うので、特に体育館なんかは必要なので。そして毎日子供たちも使用している体育館なので、その辺をあわせて点検していただきたいなと思うんですけれども。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) ただいまのご質疑にお答えしたいと思います。
 学校施設は有事の際、そういった地域の方々の避難場所、そのとおりでございます。非常に重要な位置づけにございます。その辺、私どもも強く認識してございます。冒頭先ほど佐藤教育次長からもお答え申し上げてございますが、昨年、教育委員会の事務局の職員が手分けいたしまして、学校施設、幼稚園施設も含めまして、全ての施設に訪問し、それぞれ校長先生、園長先生初め先生方のお声を聞きながら、施設を実際に確認しながら、老朽化の状況やら、これから手当てしなければならない、そういった潜在的なというんでしょうか、そういった部分を一つ一つ確認させていただいたつもりでございます。
 既にご案内のとおり、どの施設も一様に老朽化が進んでございますので、維持修繕経費も毎年かかり増しているのが実態でございます。子供たちの安心・安全な学校生活を確保し、そしてまた有事の際の地域の方々の避難場所としても、その成果を遺憾なく発揮できるように、常に学校と距離感なくお話を、耳を傾けながら、細かい部分についても逐一修繕を手を加えながら、施設の良好な維持、活用を図ってまいりたいと思いますので、ご理解をいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) 工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 予算も学校関係は大規模なので、本当に大変だと思うんですけれども、でも大事な部分なので、ぜひ点検のほうをよろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) 要望でいいですね。田口政信委員。
16番(田口政信君) ちょっと視点を変えてトイレの話をしたいと思うんですが、全体の計画を50%水準にというようなことで、表を見ますとそうなんですが、いわゆる経年、30年、40年たっている学校も同じ水準の50%で、今の時点でいいかということを私は疑問に思います。つまり将来、今30年、40年の建物を耐震あるいはリニューアルして使っていくのであればそれでいいんですが、恐らくこれから学校の統合だったり、学校施設の改修というのが大テーマになるのに、全ての学校を50%水準のトイレにする必要は私はないというふうに思います。そういった意味で、ぜひご検討いただきたい。その見解をお伺いしたい。
 それからもう1点は、豊里公民館の施設改修、いわゆるロールバックの再提案というふうになるんでしょうか。建設時にこれはいろいろな経過を経て、これは必要ないんだという判断をして建設をした経過がありますが、その経過の中で今回出てきたことは一体何事なのかということを思います。特に今回は豊里の予算が非常に多いように私も見てますので、4人の議員さんになったのでそうなのかなというふうに思ってます。そういった意味で、ぜひお聞かせをいただきたいと思います。以上。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 50%といいますのは、今登米市内の水洗化率が57%というふうに聞いております。水洗化イコール、私は洋式化されているものというふうに思います。学校の中も一般家庭と同じような環境で、トイレ環境が整備できればというふうに考えておりますし、今回の整備につきましては、学校のトイレの全面改修をするという意味ではございません。今の和式の便器部分を洋式化をするということでございまして、必要最小限の改修というふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) 社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 豊里公民館の中ホールのロールバック方式の整備でございますが、2006年1月16日ですので、平成18年に豊里公民館複合施設としての整備方針が示されまして、2007年から4回入札をしたんですが、これは不調だったです。それで、2009年ですので平成21年なんですが、教育民生委員会というか、議会のほうに請願書が上がってまいりました。今お話あったんですが、その中では本来今補正予算が認められて、もう工事発注済みだと、豊里複合施設の工事発注済みだということで、その中で事業の円滑な進行ということは、それを今採択した場合には、補助金の申請だったり、さまざまな手続的になかなか難しいので、現状では趣旨の実現は困難である。ただし、当初計画されているロールバック方式による座席整備については、地域住民の願いでもあり、時期を見て検討されたいという請願申請の報告書を私たちもいただいていましたので、その辺もございました。
 それで、実際4回入札が不調だったというのは、当然ご存じのとおり外溝を見直ししたり、3,200万円の設計の見直しをしたり、郵便入札等々で大分工事費を落とさざるを得ないような状況でした。北京オリンピックの関係で鉄鋼の需要がふえているということがございましたし、交渉しているということだったので、そういうこともございましたので、今回はロールバックを外さざるを得ないというような、その当時の判断だったと思ってございます。それで、その後、平成25年なんですが、音響等、ロールバックはそもそもする予定でつくったホールにロールバックもしなかったですし、予算の関係で音響等も壁面関係もなかなか整備できなかったということもございましたので、やはり音響的なところが大分悪いというような、利用者の方から苦情をいただいていました。その音響調査等も私たちも調査したんですが、その中でやはり2009年ですか、平成21年に請願になった審査報告書にもありましたように、地域からの要望、利用者からの要望もございましたので、このほうは今回新たに中ホールの整備をするということで報告をさせていただきました。
委員長(中澤 宏君) 田口政信委員。
16番(田口政信君) 佐藤次長さん、私聞いたのは、将来的な学校のあり方の中で、将来壊すところもあるのでないかと。平たく言うと。そこは20なり30ぐらいでしておいて、とりあえずですよ、今の段階でそういう判断ができるものはそうしておいて、全て50にする必要はないのでないかという私の主張です。それに対して、平準化するというのは、それは大切なことだけれども、例えばというとその小学校にあれですから言いませんが、そういう考え方をきちんと持っていただきたい。
 それから、豊里の件ですが、一度そういうふうに建設をし判断したものを、今経過をお話しいただきましたが、それを翻す理由というのは一体何ですかということを聞いているんです。経過の中で判断をしたんですから、判断したときに今の時点でそれをロールバック、音響はいいですよ、ロールバックをつけるというふうな判断をしたのは何ですかと、その起因は。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 先ほどもお話ししましたように、音響のこともありましたし、ロールバックの整備なんですが、一つはやはり価格交渉による入札不調で中ホールに設置する予定の移動式観覧席が、仕様書からその経過の中で、1回目の整備の中では除かれた経過があるということと、それからやはり現在の中ホールの音響については、そこから除かれたことがございまして、壁面等が未整備だったということが一つ。それから、文化施設としての拠点としての重要な施設ということで、年々利用者もふえていると。それから、音楽ホールとしての整備を求める要望が、地域審議会だったり、さまざまな場所からあるということもございましたので、その辺を判断して、今回の整備ということに考えてございます。
委員長(中澤 宏君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 「全部50%にする必要も」というご意見でございますけれども、特に将来統合が想定される学校もございます。ただ、そういった現状で小規模校ですと、現実にはトイレの数も小規模でございます。例えば4つしかないトイレを3割といっても1個しか直せないことになってしまいます。それを3割にするということであれば、どうしても2個改修しなければならない。そうすると必然的に50%になってしまうと、そういう学校も含まれているということもご理解をいただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 田口政信委員。
16番(田口政信君) 私は二重投資を心配しているので、その辺はきちんとこれからの計画の中で見据えてください。
 それから、豊里の件ですが、そういう詭弁を使わないで、今の時点でどういう、その当時いわゆる予算、あるいはそういう工事事情でできなかったからそういうふうにするのか、新たな経過の中で要求があってそういうふうにするのか、それをきちんと言っていただきたいんですよ。だから、その要因は何ですかということを聞いてるんです。当時できなかったから、今回上げたのか。あの当時、ある程度の結論を出してロールバックを廃止したんですからね。そういう説明をしたんですから。そっち側で。そういうことです。だから、きちんと端的にお答えください。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 今お話しされましたように、当時は入札等でどうしても整備費を下げざるを得ないという経過があって、この分を除いたというような経過がございます。先ほどもお話ししましたように、請願の審査の内容も見させていただきましたし、さらに一番は音響の精度がものすごく今アンバランスな状態で、さまざま音響をどうしなくてないというような要望は大分ありまして、ここ2、3年ずっと、どのような方法で直せるかというようなことも考えてございました。それで、音響の設計の業者さん立ち会いのもとで見せていただいたんですけれども、やはり可能性としてロールバックを前提として音響のセッティングされたのが、なかったのでこういうこともあるということは可能性としてあるというご指摘もございました。さらに今、壁面がそもそも音楽ホールでないというような設計の整備でございましたので、その辺のことを考えて。それからあとやはり利用関係が多くなったということもございまして、地域審議会等も大分要望ございましたので、その辺を検討の結果ということです。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) 社会教育の概要117ページ、委託料、成人式の件でお伺いしたいと思います。
 合併後、私も成人式をずっと眺めているんですけれども、合併初年度あたりは体育館いっぱいの成人者のようでした。1,300人ぐらいと言われていたんですけれども。今は800人ちょっとぐらいですね。それで、会場などそろそろ私は見直してもいいのではなかろうかというのが一つ。
 それから、せっかく晴れ姿の成人者、親もいっぱい来るんですけれども、式典がわずか1時間ぐらいで終わりますね。この経費は実行委員会等にやってるんですけれども、市として何かアトラクションのようなものを考えられないものかなと。せっかくのいわゆる記念するような、それいつも思っているんです。それはどうなのかなということですね。
 それから、116ページ、青少年の海外派遣事業随行旅費ほか518万円とっているんですけれども、これは今アメリカ、カナダ、オーストラリアに行ってるんですけれども、訪問国によって負担者のいわゆる負担額というんでしょうか、それが違うということを認識してるんですけれども、ことしはどうなんでしょうか。
 次、121ページの公民館類似管理施設、これはどうやら話を聞きますと、ふれあいセンター指定管理、この中に夜間の警備を本年度からお願いしますということのようでありますが、夜間警備はこの中に幾ら入っているのか。お願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 4点。まず初めに、成人式の関係でお答えさせていただきます。
 会場を見直したらといったような内容で、ことしの成人式、皆様方にもご臨席いただきましてありがとうございました。848名の対象者に対して、ことしは参加者が696名、82%の参加でございました。これまでどれぐらいだったんだということで、前の話を聞きましたら、大体85%前後でしたといったような内容でしたが、例えばその中ではございませんけれども、蔵ジアムの2階のところに大体600人ぐらいのお父さんお母さん方がいらしたんじゃないだろうかというようなことを想像しまして、そのほかにスタッフ、来賓とありますけれども、今回の会場の中では大体1,400人ぐらいは入ったんじゃなかろうかということで報告をいただいておりました。その中で、仮にスタッフ100人あるいは150人除いても、1,200~1,300人の方々はお越しになるのかなと。そうしたとき今度来年は、再来年はというようなことを考えてみたとき、今ここ何年かデータを見てみたんですけれども、来年は686名ということで、私たちも水の里ホールだったらいいのかなとは思ってはおりますけれども、果たして対応が可能なのかなというようなこと。それから、写真撮影ということで今記念品を差し上げておりますけれども、果たしてそういったようなものもどうなのかなというようなことで、今後は検討してまいりたいなと思っています。
 2つ目でございます。式典の内容というようなことで、ことしも厳粛のうちに終了させていただきました。ありがとうございますということで、最後の実行委員会の皆様方に御礼申し上げましたけれども、ここら辺もまた考えなければならない内容なのかなということを考えております。
 それから、青少年の海外の関係でございます。よろしいでしょうか。失礼しました。先ほどお話しいただきましたけれども、今アメリカ、オーストラリア、それから隔年で実施しておりますけれどもカナダということで、例えば今お話ししました最後のカナダ。合併前は、東和とさまざまな形で交流されていたという話は聞いておりますけれども、今子供たちだけというようなこともございますし、今度は隔年で交流というようなこともございます。そういったような意味で、間もなく10年になろうとしておりますけれども、これまでさまざまな形でご検討いただいた内容で今あるのかなとは思いますけれども、原点に戻りまして、例えば子供たちだけではなく、あるいは成年の方々一緒にといったような形もあるのかなというようなことを今考えております。そんな中で、ことしは特に今まで随行が1人だったんですけれども、今度2人にさせていただいて、随行は子供たちの責任でさせていただいて、もう1人随行を用意させていただいて、今後の課題ということで何とか行く前に、もちろん私たちも勉強会しますけれども、そういったような形で今後5年後、10年後、あるべき姿を何とか。
 最後の4つ目でございます。今オーストラリアへ親善大使みたいな形で5万円の負担金で今実施しております。あとほかのところにつきましては、かかる経費の2分の1というような形で補助しております。これも先ほどお話ししましたような形で、果たして今までの姿でいいものかどうかというようなことで反省しておりまして、検討したいという考えでおります。(「ふれあいセンターの夜間警備」の声あり)
 夜間の警備の関係でございます。ほかの施設につきましては、夜間警備、例えば企業のほうにお願いしたり、あるいはシルバーのほうにお願いしたりというような形でやっておりました。実施していただいております。ただ、ふれあいセンターに関してはというようなことで、鍵をお貸しして、そしてその鍵を後日、あるいはその日にポストのほうに入れていただくとかいったような形で対応していただいておりました。これを何とか事故を防ぎたいというようなことと、決して同じ地域の方々だけの利用ではないというようなことを考えまして、何とかほかの地域と同じように代行業務をお願いしたいというような形で、2度、3度打ち合わせさせていただいておりました。かかる経費、大体240万円ということで考えております。
委員長(中澤 宏君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) 私は海外派遣、その訪問する国によって経費の2分の1あるいは5万円ですと、こう違うというのは薄々わかっているんです。中身は同じですよ。向こうに行って、子供たちが、アメリカもカナダもオーストラリアも中身は同じ。なぜ片方は5万円で、片方が個人負担大体25万円なのか。ここなんです。おかしいでしょう。名前が親善大使、あるいは何だか大使。これだけでこの差。これはぜひ、予算とってますけれども、今年度改めてください。同一にすべきです。これは約束してくださいよ。おかしいでしょう。やっていて思いませんか。ぜひそれはお願いしたいと思います。
 それから、成人式はわかりました。これ検討してくださいということであります。
 ふれあいセンターは、1館で250万円かかるということですね。240万円ね。施政方針にもありますように、協働のまちづくりで市長は4ページとって、市民と協働でまちづくりをしていきましょうということ、これ4ページありますよ。そこで中田のふれあいセンターは合併前から今日まで、つまりモデルケースとして私は見ているんです。コミュニティの役員の方々も今までどおり自分たちが責任を持ってやりますよ。むしろほかの公民館は中田方式でやったほうが、これからの財政を考える場合、あるいは地域の独立性、責任を考えた場合、そのほうが最もベターではないのかと私言われたんです。それで今回発言するんですね。1館で250万円です。委託して、されたほうは雇用の観点からいいでしょう。しかし、4館で1,000万円。今まで地域でちゃんとやってきたんですよ。何ら問題なかった。役員の人たちも今までどおり、私は市長が協働のまちづくり、とうとうと話しているんですけれども、片方は違う。ただ、市内と一緒に合わせる。これだけですよ。これどうも私納得いかないんですね。むしろ登米市内の公民館、今全て指定管理に頼んでいるんですから、夜間も難しいんですけれども、お願いしますよというのが本来の私は協働のまちづくりの姿ではないのかと、こう思っているんです。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 海外研修、青少年海外派遣につきましては、今ご指摘いただきましたように、定額方式と、それから渡航経費の2分の1というような補助金の補助率がばらばらになっている部分も確かにあります。私たちもそれで、例えば2分の1の場合は円高だったり円安、さまざまな関係で1人当たり20万というときもありますし、14万ということもあります。そういうこともありましたので、方法については今ご指摘いただきましたので、当然実行委員会の方式、さまざまな方式として検討するというような方式に考えてございますので、それをちょっと検討させていただきたいと思います。
 それから、中田のふれあいセンターの関係につきましては、条例の改正でもお願いしましたけれども、月曜日が休館だったのを開けたということと、夜間についても実は今まではいろいろな協力をいただきながらしていたんですが、鍵を、先ほど課長がお話ししたように、管理が誰もいないところで使って、いないところで帰っていったのが実情でした。ですので、安全上、火事、さまざまなその辺のことがあるので、その必要のとき、申し込みあったときには、夜間はきちんと責任者を置きましょうということですので、決して…その分は指定管理料で補填させていただきましたということです。月曜日開館で大体40万円ぐらい、それから夜間において20万、30万ぐらいですかね。70万ぐらいの指定管理料の増加になったんですが、完全に人がいて管理するということなので、その辺はぜひお願いしたいということで、館長会議、会長会議でお願いしました。240万円というのは、全てで240万円でしたので、その部分だけを考えれば60万か70万ぐらいですので、ご理解いただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) では確認しますが、4館で240万だというのね。1館が240万円なんですか。まあ、いいです。これはいい。
 実は、私この海外派遣の件ですけれども、ここにいる議員、合併後から中田町の時代はわからないんですけれども、予算づけした箇所というのはおおむね常任委員会とか、あるいは会派とか、あるいは個人の政務調査でほとんど、大体おおむね見て歩いてるんですね。特に新規の事業など。それで、目をつぶって考えてみますと、子供たちがこうして合併後もずっと行っている3カ国、ここに議員が誰も行ったことがないんですね。それで、私はさて予算づけして認めて、これまで動いてきているんですけれども、このことに対してどうそちらで考えているか、我々に対して。もしよければ、所管の長である教育長あたりに一言コメントいただければいいと思います。あとはおります。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 私、昨年、オーストラリアのほうに訪問させていただきました。その訪問の目的は、今後の交流のあり方、その方向性を探るというふうなことが大きな目的でございましたが、初めて訪問したわけですけれども、大変歓迎を受けました。そして、中田町時代からの交流があったわけでございますが、日本語教育の充実、それから日本文化の理解ということで、要は今後も友好関係を強化していきたいという声がたくさん聞こえました。それで、ぜひこれからの国際的に活躍できる人物といいますか、そういったものを育成するという観点、あるいは小学校にも英語の教科化が今さまざま議論されているようなことも踏まえると、子供たちをできるだけ多く国際感覚を小さいうちから磨いておくというのは大事であります。そういう意味では、友好確認書といいますか、そういったものを教育委員会とあちらで取り交わしをしまして、そして今後よりその方向を強めていきたいというふうに考えております。そういった意味では、今議員からも指摘がありましたように、ぜひ議員も直接訪問されまして、そしてこういった国際交流の後押しをぜひお願いしたいなというふうに思っております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 概要114ページ、青少年ピースフォーラム派遣事業についてでございます。来年度予算で86万7,000円計上されております。
 市内中学生5名、長崎に派遣ということで伺っておりますけれども、この派遣される生徒の人選はどういった形で決定されているのか、まずお伺いをいたします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。活き生き学校支援室長、千葉 整君。
活き生き学校支援室長(千葉 整君) 選出の方法ですが、初年度につきましては教育委員会のほうである程度条件を示しまして、各学校のほうに選出をお願いしたんですけれども、各学校のほうから希望者が非常に多くて、なかなか選出が難しいということで、学校のほうに任せていただけないだろうかというお話がありました。ですので、2回目以降は学校のほうに選出を委ねております。
委員長(中澤 宏君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) そうしますと、市内中学校持ち回りでという形でしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。活き生き学校支援室長、千葉 整君。
活き生き学校支援室長(千葉 整君) 市内現在10校の中学校がございますけれども、5校ずつの2つのグループに分けて、5名ずつ派遣しております。今年度がちょうど2サイクル目が終わったところでございます。
委員長(中澤 宏君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) それで、実は意外とこの派遣事業がいつ行われたとか、あるいは誰が行きましたとか、どういった内容だとか、そういったものが余り市民に対して情報発信とかされてないんじゃないかなというふうに感じております。せっかくこれだけ87万円近いお金をかけてやっていますので、その辺、現状今どのようになっているでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。活き生き学校支援室長、千葉 整君。
活き生き学校支援室長(千葉 整君) 本年度の報告につきましては、はっとFMさんのほうのご協力を得まして、1カ月間で4回だったでしょうか、4週にわたって放送させていただきました。1時間番組を。
委員長(中澤 宏君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) まあほかにも、例えば広報であるとか、なるべく多くの市民の方に認知されるような形でぜひそういった活動もお願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 概要の108ページになります。職員給与費に関係するのではないかという部分で、1点だけ確認させていただきたいなと思ってございます。
 昨年の12月議会時に私、教育委員会に質問させていただきました。障害者の法定雇用率の部分でございました。事業者としての登米市は、法定雇用率2.3%をクリアしておりましたけれども、教育委員会にあってはここ数年間、障害者の法定雇用率を満たしていなかったということがわかりましたので、そのときの答弁で、来年度しっかり法に照らして法定雇用率を守っていきますという答弁をいただきましたけれども、しっかりその辺は大丈夫なんでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) ただいまのご質疑にお答えをさせていただきたいと思います。
 委員からご指摘のありました108ページの職員給与費の欄には入ってございません。ここの欄では、非常勤の部分ございますが、実はこの春から26年4月1日からの新年度のスタートに合わせまして、いろいろと我々教育委員会でできる部分、具体的に申し上げますと、そういった障害をお持ちの方にも安心して働いていただける現場はどういったところがあるのか、いろいろそれぞれの所属の長などと確認したところでございます。具体に申し上げますと、図書館、それから博物館、こういったところで直接市民の方々をお迎えするような窓口業務でありましたり、それから中のさまざまな蔵書類やら遺物、お宝、こういったものの片づけ、整理、管理、そういったものでお力をいただけるんじゃないかということの判断をいたしまして、4月1日からの非常勤に障害者枠といたしまして、別に面接等を行いながら、3人の方でございますけれども雇用をしてまいりたいと考えてございます。したがって、さきに委員からご指摘のございました率に関しましては、来春からはクリアするものと判断してございます。
委員長(中澤 宏君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 障害を持つ人も、そうでない人も一様に幸せに暮らせるまちが登米市だというふうに思っておりますので、しっかり今後も継続して頑張っていただきたいなと思っております。
 それから、124ページになります。給食センター一般管理費の部分でございまして、給食センター運営審議委員会というのがございまして、来年度も委員会を開くための予算が計上されておりますけれども、先月の話でありますけれど、給食センター運営審議会委員の一人からこんなことを言われました。「まだ1回も今年度開かれてないんですけれども」と。一体どうなっているのかなというふうに思うわけでございまして、どうも登米市、教育委員会に限らずかもしれませんが、ほにゃらら委員会というのが多過ぎるような気がします。市民の意見を聞いたのだと、そのほにゃらら委員会に諮ったのだという形づくりのためだけの、もしかしたら委員会じゃないのかなというふうに感じた次第であります。その辺どうなっているのか、お尋ねします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) ただいまのご質疑にお答えいたしたいと思います。
 まず給食運営審議会の開催状況でございますが、25年度につきましては11月28日木曜日でございましたが、午後から新しくできました西部学校給食センターのほうで開催してございます。中では、委員さん方11名いらっしゃいますけれども、出席いただきましたのは9名の委員さんでございました。審議した内容につきましては、まずは本26年度の新予算にも計上してございますけれども、市内全ての幼稚園にひとしく給食を実施してまいりたいということで、これは27年4月からでございますが、26年度はその整備期間という形で、その整備約4,000万円の経費でございますが、計上させていただいておりますけれども、その市内全域に対する全幼稚園に対する給食をこれから提供していくんだという計画につきまして、提示させていただきご審議いただいたところでございます。
 そのほかには、当時問題となってございました消費税増税に対する教育委員会としての給食費の考え方、その辺につきましても値上げしない方向でまいるということを提案させていただいて、ご了解をいただいたところでございます。さらにせっかくの機会でございますので、委員さん方からさまざまなご意見を頂戴したところでございます。逆に委員さん方からいただきましたのは、「給食費の滞納が多いのではないか、どうなっているんだ」ということでご意見をいただきましたので、これからの取り組み、現在の状況なども報告したところでございます。そういったところでございます。よろしくお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) わかりました。ちょっと私ももしかして勘違いだったかもしれません。一度も開かれていないのは、どういうことなんだというふうな話があったわけでした。ただ、開いたのは、では1回だけだということですよね。逆に言えばね。さまざま消費税の問題、それから幼稚園の給食の問題等々、さまざまな問題を多分抱えていると思うんですよね。1回ではちょっと足りないと思うんです。やればいいという問題ではないんです。そこのところだけはしっかり伝えておきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) 私は歳入のほうでもお聞きしたんですけれども、給食費の過年度分、この徴収の改善策ということで聞いたんですけれども、ここに徴収員、今回2名、教育委員会独自で2名を配置して徴収率を上げるようでありますが、これはよろしいんでありますが、わざわざ2名を配置して、予算的に見ますと私、2人で約320万円ほどこの嘱託員にかけるのではないかなと思いますけれども、この予算をかけて収入のやる気、本気度がこの予算の数字には見えないんですよね。歳入で言いますけれども、550万円ずっとなんですよね。ここ5、6年。何でここに2人も嘱託員を今回つける予定で、せめて当初予算の効果を見込んで幾らかでもこの歳入を私は多くして当然だというふうに思うんですけれども、ずっと550万円というこの考えですね。さっき住宅使用料出ましたけれども、住宅のほうもやはりこの嘱託員つけた分だかわからないですけれども、前年度よりも何百万か上げて計上してますよね。何で教育委員会だけずっと同じなのか。ちょっとそこをお願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) ただいまのご質疑にお答えいたします。
 佐々木委員からのご指摘、まさしくそのとおりでございまして、そこはちょっと反省をしたいと思います。嘱託員の経費を計上しておきながら、歳入のほうは努力の跡が見えない。まさにそのとおりでございまして、実は大変申しわけないんですけれども、非常に石橋をたたいて遠回りして回るような、慎重には慎重の、余りにも安全面な数字の計上をしてしまった嫌いがございます。これまでの決算を見ますと、これまでの嘱託員のご努力もありまして1,000万円超の過年度分の歳入を見てございますが、残念ながら25年度7月から事務を移管いただきましてから、そういった部分の直接市民の方、給食費を納めていただく方々との接点がちょっと薄くなったせいがあるのかなという思いで、非常に25年度の過年度分の徴収状況が思わしくない状況にございます。そういったこともございまして、我々も5月、9月、12月、2月と滞納解消重点行動を、それぞれ現場と給食センターの職員と合わせて行っておるわけではございますけれども、それに合わせて25年度はこういった嘱託員を新たに人員を加えまして、その辺強化してまいりたいと考えてございます。
 これまでの嘱託員、実績を積み重ねてこられた方々ともちょっとお話をさせていただく機会がございましたが、やはり……、頑張ってまいります。よろしくお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) 佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) これからの推移を私、見守っておりますので、どうかよろしくお願い申し上げます。終わります。
委員長(中澤 宏君) 要望とさせていただきます。
 では、まだ質疑が続くようでございますので、10分間休憩します。
          休憩 午後1時56分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時06分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 10款教育費について質疑を続けます。質疑ありませんか。熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 概要114ページ、居心地のよい学級づくり支援事業ということで、教育心理検査委託料202万4,000円ということでのっておりますけれども、まずこの事業内容、それから委託先についてお伺いをいたしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁者に申し上げます。答弁は簡潔に願います。答弁を求めます。活き生き学校支援室長、千葉 整君。
活き生き学校支援室長(千葉 整君) 中身でございますが、年2回、6月と11月に心理検査を行って、子供たちの心の内側を探るというものでございます。委託業者につきましては、栗原の業者さんを委託しております。
委員長(中澤 宏君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) これはちなみに、全国一斉に行われているものなのか。それとも登米市だけやっているものなのか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。活き生き学校支援室長、千葉 整君。
活き生き学校支援室長(千葉 整君) 全児童生徒を対象に実施しているというのは、県内で登米市だけだと思いますが、あとは徐々にお隣の栗原さんであるとか、自治体がふえているところでございます。
委員長(中澤 宏君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 実際に例えば目に見えていろいろな成果なり、そういったものは実感されておりますでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。活き生き学校支援室長、千葉 整君。
活き生き学校支援室長(千葉 整君) 全部で満足群、それから非承認群、それから侵害行為認知群とか、不満足群とか4つの分野に分かれているんですが、これ不満足群に属していた児童生徒が、1回目のときよりも2回目のときのほうが減っております。学校生活に満足しているという子がふえております。それが成果かと思います。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 概要書の115ページの幼稚園費についてお尋ねをいたします。
 教育長、現在幼稚園14施設あります。その中で町域で1カ所というのは5町域あります。北方の幼稚園とか新田の幼稚園については、地理的なものがあってなかなか難しいと思いますけれども、他の幼稚園について、近くの幼稚園と合わせても定員に満たない状況があります。職員の体制、いろいろなことを考えると、小学校ならず幼稚園についても幼保一元化を待たず、しっかりとした幼稚園の統廃合についても本気になって考える時期だと思いますけれども。保育所のように満杯であればいいんですけれども、幼稚園についての考えについて、簡潔に答弁願います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 今、議員からご指摘ありましたように、今後の幼稚園の入園状況を見てみますと、確かに定員割れが続いているわけでございます。そういったことを考えますと、やはり統合とか、あるいは町域ごとにもう一回見直しをしていくというふうな、検討する時期に来ているなという認識をしております。
委員長(中澤 宏君) 質疑ありませんか。日下 俊委員。
2番(日下 俊君) 概要書121ページ、公民館類似施設管理費についてお伺いをいたします。
 ここに委託料、宝江ふれあいセンター屋根天井改修工事調査・実施設計業務委託料ほか342万9,000円、そしてその下に工事請負費、同じような形で968万9,000円ございます。ほかとなっていますけれども、この中で宝江ふれあいセンターの調査改修に係る金額は幾らか、お伺いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 委託料の関係ですが、浅水ふれあいセンターの関係のテニスコートと宝江ふれあいセンターの屋根、天井等が入りまして、委託料については宝江ふれあいセンターは150万円程度予定してございます。それから工事費でございますが、320万円ぐらいの工事費をとりあえず見込んでございます。
委員長(中澤 宏君) 日下 俊委員。
2番(日下 俊君) そうすると、この宝江ふれあいセンターに関しては、工事の調査が大体150万円ということですけれども、これは済んでいるんですか。これからですか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 来年、26年度に設計をお願いする予定でおります。宝江ふれあいセンターにつきましては、風の関係というか、設計的に風が吹き込むというようなご要望もございましたので、その辺も一緒に見たいと考えてございます。
委員長(中澤 宏君) 日下 俊委員。
2番(日下 俊君) この中田町域のふれあいセンターにおいては、屋根の改修部分については多分ホールの屋根の改修ということで理解しておりますけれども、この宝江のふれあいセンター以外の浅水、上沼、石森に関しては、体育施設として町域合併前に整備したものでございますけれども、この宝江のふれあいセンターに関しては隣にB&G、それから中田総合体育館がございますので、文化施設としての設計で建てたものでございます。よって、天井を見ますと真っ白い建材で非常にきれいでございました。ただ、今見ますと、雨が吹き込んで、かなり大きな跡がついてございます。ぜひそれも、いつからだかちょっとわかりませんけれども、地震の影響かどうかわかりませんが、先ほど次長からお話あった風についても、やはり文化施設としてあのようにステージの上の垂れ幕、それから下の椅子収納のところから、あのようにすきま風どころかドア1枚が開いているぐらいの風が吹き込んできてございます。ぜひその辺も十分見ていただくとともに、地震との関連も含めてやっていただきたいと思いますけれども、現地のほうは1回ぐらいは行っていただいたでしょうかどうか、確認します。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 浅水ふれあいセンターというか、中田地区のふれあいセンター、浅水、宝江、上沼等も含めて、随時回ってございますので、その辺は適宜対応してまいりたいと考えてございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) まず、学校トイレでございます。具体に目標のパーセンテージを出して取り組まれた唯一の事業でございます。事業費3億円を超えるということで、大変いい事業だなというふうに思ってございます。そこでぜひこの金額を市内に循環させれば、なおいいかなと。入札方法は地域限定にするのか、どのような形をとるのか、まずお聞きします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。教育総務課長、伊藤隆敏君。
教育総務課長(伊藤隆敏君) ただいまのご質疑にお答えいたしたいと思います。
 これだけの事業、大規模な事業に取り組むわけでございますので、スピード感を持って年度内に完成するがためにも、一括発注ではなくて分割が一つの手法かなと考えてございますので、その意味では地域の方々の、業者さんの力強いご尽力を賜りたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) 続きまして概要書107ページ、学力向上緊急指定校についてお聞きいたします。
 学力調査の委託料だけなんですね。算数の指導方法について、学力調査するというだけのようでございます。実際に学力向上に向けて、過日テレビ等でやっていました佐賀県武雄市の反転授業、タブレット端末を使っての取り組みが報道されておりましたが、それは算数と理科の授業についてはそれに取り組む、全市を挙げて武雄市では取り組むというような形になりますが、ぜひ学力向上研究については、何らかのそのようなITを駆使した授業もこれからは必要になってくるんじゃないかなと思いながら見たわけでございますが、学力向上に向けての教育委員会の取り組み、お伺いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。活き生き学校支援室長、千葉 整君。
活き生き学校支援室長(千葉 整君) ありがとうございます。現在、佐沼小学校で算数科を中心に学力向上に取り組んでいるところでございますが、ご指摘のようにIT化も含めて、現在登米市内、県内を見ましてもIT化先進と言っていいぐらいに、いろいろなものを入れていただいている状況でございますので、それらを使いながら今後努めていきたいというふうに思っております。以上です。
委員長(中澤 宏君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) 次、概要書122ページ、保健体育総務費一般管理費でございます。負担金補助金の中で、登米市体協、それから登米市スポーツ少年団本部補助金というのがのってございます。今回、甲子園に出場する東陵高校、当市からも10名の選手が出場するということで、本当に大変喜ばしいニュースでございました。広報等にも取り上げていただき、その関係者は大変喜んだんじゃないかなというふうに思います。その子供たちは、全員小学校からスポーツ少年団活動をして入りました。登米市の取り組みとして、今本当に子供が少なくなってまいりました。イコール、スポーツ少年団活動も大分人数が減ってきているのが現状です。私は、ここに大いにてこ入れして、将来甲子園なりオリンピックなり、そういうものを目指す子供たちがたくさん出てほしいなと思うわけですが、毎年この補助金については変わっておらないのが現状でございます。どうかてこ入れするという意気込みで、今回この補助金、26年度提案ですから、今後そこに力を入れる気があるかどうかだけお聞きします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 東陵高校の野球部の関係もございます。補助金の増額等は26年度予算についてはこのまま、実は17年から体育協会もスポーツ少年団も補助金は変わってございません。その辺は今後どのような形で支援をしていくかということについては、検討させていただきます。
委員長(中澤 宏君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) やはりこれも、例えばスポーツ振興のまちとか、そういう一つの政策なのでないかなというふうに思います。ウオーキングで健康づくりも政策かと思いますが、将来を担う子供たちのスポーツに親しむ心、またはそういう体験というのを含める意味、育てる意味でも、市長、ぜひこれは教育委員会と念入りに相談していただいて、登米市、スポーツ振興のまちというような形で取り組んでいただきたいというふうに思うわけですが、市長のご感想を聞いて終わります。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) そういった意味では、先日スポーツ講演会も開催をさせていただいて、大変にお出でいただいた皆さんには、非常にいろいろな意味で感銘を受けていただけた講演だったのかなというふうに思っております。そういった意味では、やはり地域の環境づくり、大変な課題だというふうに認識をしております。ご指摘いただいた点、十二分に踏まえたいと思っております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) それでは、概要書119ページ、文化財保護の関係についてお伺いしたいと思います。
 現在、市内全般を見れば、災害復旧ほぼ完了する見込みというようなご報告を受けているところでありますが、指定文化財、未指定文化財の災害復旧の状況はどうなっているのか、確認したいと思います。
 それから、前の答弁いただいた際には、まず1つ目、「被災した文化財、未指定文化財の保存が必要かどうなのかを現地調査を行っていきたい」というふうなお話をいただきました。次に、「市指定文化財候補リスト登録を行っていきたい」というようなお話もいただきました。次に、「未指定文化財の関係は、どのような支援のあり方がふさわしいかを検討していきたい」というような内容で答弁を受けております。その辺どうなっているのか、確認させていただければと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 災害の関係の文化財の修復でございますが、指定文化財で2件ほど修復が残ってございましたけれども、今その修復に向けまして準備を進めてございます。華足寺でございますが、その辺も今まとまりつつございますので、その辺は県等の補助金等で対応してまいりたいと考えてございます。
 それから、今お話しされました、一般質問でもご質問いただきました。リストをつくって何カ所かリストアップをして、今文化財保護委員さん方と相談している部分もございます。ただ、まだ準備してございませんというよりも、検討しているのは震災時に石碑等も含めて65件ほどだったと思うんですが、石碑等も私たちが把握していたんですが、どうしても個人負担等がございまして、そのうちの一部しか補助金で石碑等を直していないということもございますので、それについては引き続き検討している最中でございますので、ご理解いただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) そういった方向で頑張っていただければというふうに思いますし、しっかり復興計画の中では、市指定文化財などは早急に復旧するというようなことがうたわれています。それから、修理修復する経費の一部を補助するというようなことも記載されております。被災所有者の支援を行うというようなこともうたわれておりますが、市長はその辺の強い思いを、教育委員会のほうにどういった内容で指示しているのか、その辺をお伺いさせていただければと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 市内あまたある文化財の震災による被災、またその修復、復旧ということにつきましては、当初文化財の修復の一般的な修復の補助というような形で、当初試算をしておったところでございました。とはいいながら、このような重大な事案になった際に早急に復旧をする必要があるということ、そしてまたそれは一般的な修復の場合には、一定程度の期間の中で、かかわる皆さんのいろいろなご尽力をいただいて修復をするというのが前提ということで試算をしておりましたが、今回の東日本大震災等の被災の場合にはそういうような形での修復ではなく、緊急的に早急に復旧をしなければならないというような状況があったことから、市としての補助もかさ上げをして一刻も早くしっかりと復旧、修復ができるような取り組みをしたいということで、取り組みをさせていただいているというのが状況でございます。しっかりとそういった意味は伝えながら、その取り組みを求めてまいっているところでございます。
委員長(中澤 宏君) 伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) 文化庁におきましても、「指定、未指定を問わず、文化財は我が国はもとより人類が未来にわたって共有すべき貴重な財産であり、これらを後世に伝えていくことが現代に生きる私たちの責務だ」というふうなことがうたわれておりますので、どうかアクセルをふかしていただければというふうに思います。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 118ページ、公民館費、これ確認したいと思いますけれども、議会で意見交換会ということで方々歩いたんですけれども、夜間日直がいるところと、いないところと、鍵かけられているところと、かけられていないところとずっとあったんですよね。これ何でそういうふうになってるのかなとずっと思ってたんですけれども、先ほど来の話で、今回何か皆、全部なるんですか。ここのところだけ確認します。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 今回の内容等々につきましては、ふれあいセンターだけでなく、ほかの施設もというような形で考えております。
委員長(中澤 宏君) 相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) だから、ここにある公民館全てがなるんですかと聞いているんです。お願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 今、委員お話しのように、さまざまな管理の方法がございました。それを直接代行員なりがきちんと管理するような方法に、全施設を改めるということで方向を考えてございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありますか。關 孝委員。
7番(關 孝君) 概要書107ページ、震災復興教育再生に要する経費にかかわってお尋ねいたしますが、震災から丸3年がたちましたが、やはりあのときの震災、記憶が薄れかけてきている。さらには風化してきている感がいたしております。そういった中で、防災教育、非常に重要だと思っております。今年度、学校教育の中でどのような取り組みをなされるのか、1点。
 それから、社会教育におけるいわゆる防災教育、生きる教育をどのようにされていくのか、お尋ねします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。学校教育管理監、小野寺文晃君。
学校教育管理監(小野寺文晃君) 今、ご質問ですけれども、学校教育の場面では、平成26年度の事業ということでご質問であったと思いますのでお答えいたしますが、各中学校区の取り組みとして、引き渡し訓練を市内で全ての中学校区で実施したいというふうなことで、今考えております。ただ、それぞれの中学校区で状況が違いますので、多くは6月に集中してございます。さらに学校規模によっては一斉に行うことで交通混乱を招くということもありますので、その辺を勘案しながらより適切な引き渡し訓練ができるように、幼小中を含めて一斉にやりたいというふうに考えてございます。
委員長(中澤 宏君) 生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 社会教育においては、例えば公民館をベースにしまして、今まで行政区でつくっていた防災計画が全然役に立たないというような反省を踏まえておられるところがあります。もう既に計画をつくっておりますというようなところで、社会教育につきましては公民館を中心とした形で、避難、それから防災という形で何回となく声がけしていきたいと思っています。
委員長(中澤 宏君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) ぜひ各分野において、なくすことなく継続して取り組んでいただければと思います。
 116ページでありますが、ここに社会教育主事の研修旅費にかかわってお尋ねします。市では年次計画で社会教育主事をふやしていくというふうなことを、議会の場でお話をされております。26年度の取り組みについてお尋ねします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 25年度については、10名予算を見ていただきました。その中で参加できたのが4名でございました。申しわけございませんが、学校でもというようなことがございまして、行政に割り振りいただいたのが4名でございました。ことしは5名というような形で、何とか5名ぐらいずつは維持してまいりたいなと、あるいは受講していただきたいなと考えております。
委員長(中澤 宏君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) これは総務部長にお尋ねいたしますが、公民館を指定管理する際、各教育事務所に社会教育主事を1人以上置くというふうなことを明言されて、その体制に入ったわけなんですが、新年度確実にそれが実施されると理解してよろしいでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 公民館を指定管理している中で、社会教育主事を全部置いているかどうか、正直言ってちょっと今資料を持っておりません。26年度、実際4月からの新たに契約して……教育事務所ですか。100%、全部置ける状況にはないのかなと思っています。できる限り置きたいというふうに思っておりますが、今社会教育主事の関係、今何人、他の部署にも行っている方おりますので、その辺は全体的な見方をしていかなければならないと思います。ただ、公民館を所管している生涯学習課の中で、どういう考え方をしているか、その辺は人事課とすり合わせしているので、その辺は教育次長から話します。
委員長(中澤 宏君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) 議会の場で公民館を指定管理していく際、それを指導というか助言、さまざまにしていくために、各教育事務所に1人以上社会教育主事を置くというお話の中で、指定管理が進んでいきました。そういったことが議場の場でお話しされているわけなので、それを受けて26年度確実に配置されるのかとお尋ねしましたので、この点については副市長にお尋ねします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。副市長、藤井敏和君。
副市長(藤井敏和君) 大変申しわけございません。ちょっと私ももう少し確認させていただければと思ってございます。すみません。
委員長(中澤 宏君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) 確認というよりも、確認ではなくて、恐らくやりますというふうなお話をされるのが当然だというふうに思っております。これはこれまでの議会の中でも配置されていない教育事務所があって、指摘をさせていただいております。ぜひこれは守っていただくようにお願いいたしたいと思います。
 それから、すばらしい登米市をつくる協議会の負担金の中で、これは3年同じ質問をさせていただきますが、今年度はいわゆる庁舎の西側から警察署まで花いっぱい運動、土づくりから花づくり、そして枯らすことのない取り組み、これぜひ実現してほしいと思うんですが大丈夫ですか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 3月上旬に、すばらしい宮城の役員の方々ともその辺話をしましたので、実現するような努力はしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。
 これで10款教育費の質疑を終わります。
 ここで、説明員入れかえのため、暫時休憩します。
          休憩 午後2時34分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時36分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、11款災害復旧費、12款公債費、13款予備費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。浅田 修委員。
15番(浅田 修君) 災害復旧がほとんど終わり加減というような状況でありますけれども、そういった中で教育部局から何からいろいろな施設を持っているわけでございます。いろいろな修理、修繕なり営繕ですか、そういったことも大変多くなってきているという中で、全て業者任せということではなくて、やはり市職員の中でやれるところはやるというようなシステムを、ぜひ構築していただければなというふうに思います。いわゆる小さなユンボなり、小さな機械を使って、少々のところの要求を満たしていくというのが、一つの手法もあり得るのかなと思いますけれども、その点どうでしょうか。総務部長。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 今、自前ということでございますが、そういう重機の、あるいはユンボの資格を持っている、持っていない、いろいろいらっしゃると思います。安全面のこともあると思います。今、自前でというのは、現時点でちょっと考えておらないところで、そうしたところは専門の方々にお願いして、安全を確保しながら進めてまいりたいというのが現時点での考え方でございます。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) いろいろな機械の安全、どうのこうの言いますけれども、やはりそういった資格も取れる一つのシステムもございます。そういった中で安全教育を受けながら、そういった資格を取らせて、そういった地域内でやっていくというような一つの行政の中でやっていくということが、ある程度やっていってもいいのではないかなと。自分の家を修理するのと同じなの。そういったこと全然考えられないべかね。全部業者任せですか。
委員長(中澤 宏君) 時間切れとなりました。要望にとどめておきます。
 ほかに質疑ございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 質疑なしと認めます。これで11款災害復旧費、12款公債費、13款予備費の質疑を終わります。
 これで一般会計予算の質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 討論なしと認めます。
 これから議案第11号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 異議なしと認めます。よって、議案第11号 平成26年度登米市一般会計予算は原案のとおり可決されました。
 ここで、説明員の入れかえのため、暫時休憩します。
          休憩 午後2時39分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時41分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、議案第12号 平成26年度登米市国民健康保険特別会計予算について質疑を行います。質疑はありませんか。佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 運営方針の中でも国のこの制度の改革とかということをのせてありますけれども、具体的なことがなかったもので。大きくは70歳から74歳の患者負担の特例措置であるとか、低所得者に対する財政支援制度ですね、7割、5割、2割の軽減策があります。それから、限度額の引き上げですね、77万から88万円になるということなんですけれども、この辺の説明はいつされるのかということを最初にお伺いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。国保年金課長、菅原 勉君。
国保年金課長(菅原 勉君) 国の動きでございますが、今議員さんお話しされたように、低所得者に対する支援の拡充というようなことでございまして、その中につきましては保険料の軽減、2割、5割の軽減の拡大ということで、基準額の引き上げがございます。
 さらに短期労働者に対する被用者保険の拡大というのがございまして、こちらのほうにつきましては28年10月から実施予定でございまして、現在従業員510人以上の企業で1年以上、現行ですと30時間以上働く方ということになっているようでございますが、それが24時間以上と、労働賃金が8万8,000円以上という方が被用者保険のほうに拡大になるというようなことでございます。
 そのようなことで、議員さんがお話しされた内容に今のような内容がプラスされるというようなことでございます。
委員長(中澤 宏君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) いつ説明するのかということです。
 次、それを答えていただいて、登米市で短期被保険者証の交付と、資格証明書の交付世帯数なんですけれども、これはどのようになっているかお伺いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。国保年金課長、菅原 勉君。
国保年金課長(菅原 勉君) 資格証明書の交付状況でございますが、25年10月1日現在で308世帯、414人となってございます。それから、短期証の交付状況でございますが、25年10月1日現在で1,125世帯、2,538人ということになってございます。
委員長(中澤 宏君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 今、数字ということで言われましたけれども、要するに県内でも非常に登米市の割合というのは多いんですよね。短期証で1,538人、資格証明で414人ということで、すごく大変なことだなと。医療を受けられないということなので、やはりこれをどのように捉えているのかということなんですよ。それでいいのかということなんです。特に、この国保税を納めるのに関係のない子供たち、これに全て行っているのか。また、病気の方であるとか、高齢者というのは保険証はどうなっているのかということでお伺いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。国保年金課長、菅原 勉君。
国保年金課長(菅原 勉君) 短期被保険者証資格証でございますが、国保税、納税をしていただく観点から、公平性の観点でこれはやむを得ないものかなというふうに思っているところでございます。
 それから、18歳以下の子供の方とか、心身障害者、母子、父子、それから乳幼児医療費の方につきましては、資格のほうから短期のほうに改正していただきまして、医療を受けられるような体制にしておるわけでございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 今の話の中でも、要するに県内でどういうふうになっているかということを見てみますと、実は資格証明書を発行していないというところで、大きいところでは石巻なんかゼロなんですよね。市で言えば、あと角田市とか、岩沼市、こういったところは要するに全て保険証を渡しているわけです。近くでは東松島市であるとか、南三陸町、ここでも要するに資格証明書というのはゼロなんですよ。そうした中で、登米市が414人ということで多い。
 それから、短期証につきましても、要するに短期証を発行しておりますよということなんですけれども、結局届かないという方、直接届いていないという方がおるかと思うんですが、わかりますか。これも登米市が多いんです。要するに、短期証が手元まで届いていないという方もかなりおりまして、栗原市なんかでは19世帯なんですけれども、登米市は断トツの83世帯がそういうふうになっている。すごく今国保が大変になっているときに、一体こういうふうな状況を、やっぱりもっと命にかかわることなので、どうなのかという部分、やはりしっかり検討してもらいたいということなんです。
 先ごろ新聞に載りましたけれども、今税の公平性の観点からそうだなんていうことを言ってましたけれども、本当に悪質な滞納者は何%か、ごくわずかですよね。1割もいるかいないかだというふうに思うんですけれども、どうですか。その辺はつかんでいますか。要するに、今、払いたくても払えないという世帯がほとんどなんです。鎌倉市の元課長さん、黄金丸 良さんという方なんですけれども、この人が書いた本が紹介されてありまして、「払う金があるかないかを確かめずに差し押さえると、生活基盤を壊す。生活保護をふやすなどの逆効果さえある」と、こういうふうに話しておりまして、生活状態を考慮した徴収が必要だというふうな指摘をされております。
 国保税をこの間ずっと問題にしてきまして、一般会計からの繰り入れ等を求めてきましたけれども、今払いたくても払えない、こうした正社員から非正規で働くようになる、こうした方が国保加入しているということを鑑みて、一般会計からの繰り入れについてやはり必要ではないかなと思うんですけれども、市長いかがでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めたいところでございますが、時間切れになってしまいましたので、要望にとどめさせていただきたいと思います。
 ほかに質疑ございませんか。相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 150ページをお願いします。介護予防住宅改修資金とかそういうふうなことあるんですけれども、このことについて……国保ですか、すみません。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 討論なしと認めます。
 これから議案第12号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 異議なしと認めます。よって、議案第12号 平成26年度登米市国民健康保険特別会計予算は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第13号 平成26年度登米市後期高齢者医療特別会計予算について質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 討論なしと認めます。
 これから議案第13号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 異議なしと認めます。よって、議案第13号 平成26年度登米市後期高齢者医療特別会計予算は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第14号 平成26年度登米市介護保険特別会計予算について質疑を行います。質疑はありませんか。相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 大変失礼いたしました。150ページでございますけれども、在宅介護福祉用具購入負担金あるいは住宅改修費負担金とのっていますけれども、これは買うほうもつくるほうもそうですけれども、買うほうは値段ありますが、つくるのにもたしか10%ぐらいが個人負担でないかなと思っています。この改修するに当たっても、業者の見積もりだけじゃなくして、行政のほうからもさまざまな指導がなされているのかなと思っています。業者の言いなりにただつくっているのかなということも私思っていますので、その辺のところ、どうせ10%しか負担しないからいいんだというふうなことで、さまざまなものを使っているのでないかなというふうなことも、なきにしもあらずなので、その辺のところどうですかね。ないですか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 住宅改修の給付の関係でございますが、基本的に20万円を限度として1割の負担で住宅改修ができるということでございます。この改修に当たりましても給付サービスを受ける場合、ケアマネジャー、ケアプランの中で計画をして取り組むものですから、その段階でケアマネジャー等から適切な助言等があった中でやっているものというふうに理解しております。
委員長(中澤 宏君) 相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) それはわかるんですけれども、示されたのに対してこれは適当な値段だかどうだかというふうなことが、なかなか素人としては判断できないですよ。ただ、このようなことを言うときあるんですよ。1割だからいいでしょうと。例えば10万円のことだったら、1万円だからいいでしょうというふうなこと、実際にあったもんだから、いやそうじゃないよということがあるので、そういうところをやはり指導がてらたまには見たほうがいいんでないかなと思います。これは実際にあることですから。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) その辺確認しながら、対応してまいりたいと思います。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 討論なしと認めます。
 これから議案第14号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 異議なしと認めます。よって、議案第14号 平成26年度登米市介護保険特別会計予算は原案のとおり可決されました。
 ここで本年3月31日をもって退職される職員の方をご紹介します。
 市民生活部次長、小野寺良雄君であります。長い間、市政発展のためご尽力をいただき、大変ご苦労さまでございました。(拍手)
 ここで、説明員の入れかえのため、10分間休憩します。
          休憩 午後2時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時7分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、議案第15号 平成26年度登米市土地取得特別会計予算について質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 討論なしと認めます。
 これから議案第15号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 異議なしと認めます。よって、議案第15号 平成26年度登米市土地取得特別会計予算は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第16号 平成26年度登米市下水道事業特別会計予算について質疑を行います。質疑はありませんか。關 孝委員。
7番(關 孝君) 歳入の分担金及び負担金に関してお尋ねをいたします。
 24年度の決算議会の中で、いわゆる4,500万円だったでしょうか、大きな金額の不納欠損を出し、それを承認したわけなんですが、その際お話を申し上げました、いわゆる負担金の賦課の課題について、これまでどのような検討をなされてきたのか、お尋ねをいたします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。下水道課長、吉野晴彦君。
下水道課長(吉野晴彦君) 負担金の賦課に対しまして、24年度で不納欠損等したわけでございますけれども、それまで負担金の収納に対しまして催告書等による通知の一方通行でございましたが、25年度につきましては催告書についても3段階に分けた通告方法と、個別に訪問しまして、下水道の負担金に対しての理解も求めながら、納付の相談、それから分納誓約等、現在行っているところでございます。現在、収納件数にいたしまして、実際には944件ほど収納実績が上がっていますので、そういう方向での滞納の整理を積極的に進めているところでございます。今後もそういうところで努力していくところでございます。
委員長(中澤 宏君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) 収納に対してはそういう取り組みをされてきたという部分なんですが、いわゆる賦課をする部分、いわゆる接続をしなくても払わなければならないというふうな課題に対して、その部分に対してはどのような検討をなされてきたんでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。下水道課長、吉野晴彦君。
下水道課長(吉野晴彦君) 下水道の条例上、公共下水道でありますと、これまで合併前からの経緯でいきますと、強制的に網をかけまして負担金が発生しているところもございます。そういうところで、言い方は悪いんですが焦げついている部分も多く残っておりましたが、現在といたしまして、その条例の改正も含めましての検討はしてございまして、ただ今供用開始の区域というのが大分少なくなってきてございますので、今は直接建物があって下水道につなげる排水設備のあるところ、農地については猶予というところで、なるべくお客様とお話をしながら賦課を決めていくということに、公共升の設置要綱等今整備しているところでございます。
委員長(中澤 宏君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) 条例改正の部分についても検討しているということでありますが、では最後に、市長は慎重とはいいながらスピーディーな判断の中で検証したいということで6カ月経過いたしておりますが、条例改正を検討しているということですが、いつまでにそれを提案される予定なのか、お尋ねします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。建設部長、鈴木俊夫君。
建設部長(鈴木俊夫君) ただいま下水道課長が申し上げましたのは、現在今検討中というふうなことでございます。できるだけ早く議会のほうに出したいというふうに、今検討中でございますので、内容的にはこれからというふうなこともございます。よろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) 市長のスピーディーはこれでよろしいんでしょうか。課題は認識しているということであったんですが。市長から見解をお尋ねします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 結局今までの課税の状況とか、そういった部分について今その整備をしているというふうに認識をしているところであります。要するに決断は早いほうがいいんですけれども、その辺の課題の整理と、そしてそれぞれの諸問題、そこら辺のところを今検討中でございます。検討終了後、速やかに検証しながら議会にもその取り組みをお諮りをしたいというふうに思っております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) 下水道料の歳入のところで、使用料及び手数料が2.8%、前年比で増額になっておりますが、今回消費税率の引き上げで下水道料金も改定したというふうなことがございます。この改定した上げた分ですね、これは本当に消費税分なのか。本当に上げたこと、金額が適正な使用料であるかどうか、まずお聞きします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。下水道課長、吉野晴彦君。
下水道課長(吉野晴彦君) 今回の使用料の改定に伴いましての増額分も加味してございまして、公共下水道の使用料でありますと前年度の収入の伸びプラス3%ということで5%の伸びを、昨年度実績から5%伸びで計上してございます。
委員長(中澤 宏君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) そうしますと、これは下水道事業というのは投資的規模がかなり高いわけでございますが、この経営状況を見る場合、受益と負担、それを原則としているようでございますが、水道の給水単価と下水道処理の単価、これは違いはありますか。ほぼ同じなのがいいというふうなのを前聞いておりましたが、今回この改正でどのように、水道との格差はございますか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。下水道課長、吉野晴彦君。
下水道課長(吉野晴彦君) 水道使用料との格差でございますか。給水単価。基本的には水道のほうも消費税が上がってございますので、下水も税率分のアップでございますので、格差についてはこれまでと変わってはいないところでございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 討論なしと認めます。
 これから議案第16号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 異議なしと認めます。よって、議案第16号 平成26年度登米市下水道事業特別会計予算は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第17号 平成26年度登米市宅地造成事業特別会計予算について質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 討論なしと認めます。
 これから議案第17号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 異議なしと認めます。よって、議案第17号 平成26年度登米市宅地造成事業特別会計予算は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第18号 平成26年度登米市水道事業会計予算について質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 討論なしと認めます。
 これから議案第18号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 異議なしと認めます。よって、議案第18号 平成26年度登米市水道事業会計予算は原案のとおり可決されました。
 ここで、説明員の入れかえのため、暫時休憩します。
          休憩 午後3時20分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時21分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、議案第19号 平成26年度登米市病院事業会計予算について質疑を行います。質疑はありませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) まず、11ページの損益計算書の中の特別損失10億5,686万5,000円の内容につきまして、もう一度ご説明いただければありがたいのですが。これ26年度以降は全くないと思っていいんでしょうか。その辺からお尋ねします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。経営管理課長、佐藤 豊君。
経営管理課長(佐藤 豊君) それでは、特別損失についてご説明申し上げます。
 特別損失は会計制度見直しのために出てまいりました内容でございまして、引当金でございます。まず初めに、引当金でございます。退職給与引当金、これが7億6,000万円。それから賞与引当金2億5,000万円。それから貸倒引当金500万円。あとはその他特別損失ということでございまして、これらにつきましてはことしということでございますが、退職給付引当金、それから賞与引当金、貸倒引当金につきましては、翌年度も引き続き引き当ててまいります。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) それでは、全般にわたりまして質問いたします。
 医業収益、医業費用も少々の増の26年度予算でありますが、当局としての経営の手応えはどう感じておられるでしょうか。経営実態としては、当分の間、繰入金頼みの経営が続くと見ざるを得ないわけですが、市長の見方として、医療局の経営努力は十分なされていると見ているのか、あるいはまだ不十分だと考えておられるの。改善すべき点があるとしたら、どんな点に努力すべきと考えておられるか。また、医療局にそうしたことを適宜適切に話されているかも、お答えいただきたいと思います。
 聞くところによりますと、現石井管理者は今月いっぱいでご退任されるとのこと。今後新設される医学部へのかかわりを持たれる予定になっているのか、管理者において今お話しできる範囲で結構ですので、お知らせいただきたいと思います。
 また、県議会のほうでもさまざまな議論がなされているように報道もされております。そこで、医学部新設の問題で市長にお尋ねをいたします。県議会での議論で、市長が現時点で最大の関心を持っておられるのは、5名の議員さんが質問しているようでございますが、そのうちどなたのどの部分でしょうか。それと、2つのグループが名乗りを上げているわけですが、2つのグループからは登米市に何らかのアプローチがあったものか、あるいはこちらからの働きかけとは何らか行ったのか、お知らせいただければありがたいと思います。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) では、まず病院全般の経営についてお答えをさせていただきます。
 私のほうから具体的に今どんな話、どんな指示があったのかということでございます。ご承知のとおり、医療行為は診療報酬制度の中で行われている状況であります。また、そういった中で、やはり適切な診療行為の請求というものをしっかりと我々としては留意しながら、その取り組みを進めなければならないということであります。要するに、適切な医療行為をし、その医療行為をした内容をしっかりと請求をしなければ、収入につながらないということでありますので、そういった意味でのしっかりと精査をし確認をする、そのような取り組みが必要だろうということでお話をさせていただきました。そういった意味では、今後そういった部分における、特に医療部分の経営部門にかけるそういった部分の人的な養成等も必要ではないのかなということで、お話をしているところでございます。
 それから、この医学部新設に当たっての市でのかかわり、また考え方ということでお答えをさせていただきたいと思います。
 そもそも今回政府のほうから医学部新設の決定がなされた経緯といたしまして、やはり医師不足の解消、そして東日本大震災被災地がそういった意味での、大きな人員不足に陥っている喫緊の課題を解消するというような強い総理の意思の中で、東北に医学部を新設をするという方向性が打ち出されたわけであります。また、その中において、特に宮城県、特にこの県北地域、そして岩手県南地域が非常に医師不足が懸念される状況であるということ、そういったことを踏まえて考えれば、やはり我々としてしっかりと声を上げなければならないというふうに考えてございます。
 また、県議会のほうでは、栗原、登米、気仙沼の県議の皆さんが、そういった形での県北地域に医学部をというような形で、お取り組みをされているというようなお話を聞いているところでございます。我々といたしましては、まずやはり県内で医学部を新設をする、そしてその適地はこの県北地域というような認識をしているところでもあり、またそういった意味では、一つ仙台厚生病院と東北福祉大学のほうで栗原市に連携をした中で設置をするという構想が発表されたところであります。また、そういった意味では、そのほかにも開設に向けた大学との取り組みもあるというふうに聞き及んでいるところでもありますし、またその候補地として、やはり県内各地さまざまな諸課題もあるというふうに認識をしているところであります。
 そういった状況の中で、我々としてやはりこの県北地域の医療の状況等を抜本的にしっかりと改善ができる取り組みという中で、我々としてできる取り組みは最大限取り組みをしていきたいというふうにも考えておりますし、そういった意味では関係する皆様とのアプローチも含めて、しっかりと取り組みをしながら、そのありようについて考えてまいりたいというふうに考えているところであります。よろしくお願い申し上げます。
委員長(中澤 宏君) 病院事業管理者、石井 洋君。
病院事業管理者(石井 洋君) ご存じのように、病院というのは患者さん、家族に信頼されなければ、当然患者さんは来ないことになります。そのためにはやはり人的要因という面がものすごく強くて、いわゆるいいドクターですね、患者さんとか家族に信頼される医師をどのくらい連れてくるかということと、それから職員全体が患者さん家族に、この職員だったらいいなと思うような職員をいかにして育てていくかということだと思います。そのために努力は怠らないでいきたいと思いますし、そうしなくてはいけないと思います。また一方で、震災復興のために、私からの印象も含めてもらいますと、震災直後、3年前に震災があった後に、職員が非常に身を粉にして働いてくれました。ああいう精神がずっと続けば、すごくいい病院になるんじゃないかなと今でも思っているんですけれども、それをいかにして持ち続けるかということを、いかに植えつけるかということが、まず大事だと思います。
 それから、医学部の新設問題なんですけれども、これは非常に微妙な問題で、両方とも関係があるのでちょっとうかつに言えないのですが、いずれにしろ安倍首相が目指しているのは、震災復興の名のもとに、とにかく医学部を新設したいということですので、当然全国的にも医師不足にあえいでいる栗原、登米の地域に何か協力を求めて、一緒に何かをしなければいけないということには、いずれにしろ、どういう形にしろ、つながってくるものだと理解しています。
委員長(中澤 宏君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 管理者は、そうしますと今現在、何か東北薬科大のほうの関係はお持ちというふうには聞いてますが、決してそちら一方的にかかわっていくということでもないんですか。
委員長(中澤 宏君) 病院事業管理者、石井 洋君。
病院事業管理者(石井 洋君) 私は東北薬科大学の医学部新設に当たってのカリキュラムとか、何といいますか、方針とかの委員をやっていまして、それはもう既に2年ぐらい前に書き上げて、全部できちゃっているんですね。方針は全部成っています。また一方で、私、厚生病院の客員部長をやっていまして、部長になっているんですけれども、ご存じのように目黒理事長と同級生で、いろいろな意見交換はしてるんですね。医師不足が大変だからということで、何とかそういうことでやってほしいということで。
 ですから、いずれにしろ、こちらの医師不足で大変なんだという認識はどちらも持っている。そういう関係で、あとは福祉大学とは全然接点がないんですけれども、厚生病院ではそういう関係だし、薬科大学ではそういう関係でもう既に委員は終了していますので、今直接的なかかわりは、公的上ありません。
委員長(中澤 宏君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) その2つのグループのうちどちらかが選ばれるものと思いますので、当然登米市としては、両方のグループの財務内容等については既に調査済みだと思いますが、そう受けとめてよろしいでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。医療局次長、千葉博行君。
医療局次長(千葉博行君) 財務上といいますか、詳細の財務の調査ということはしてございませんけれども、一般的にといいますか、今の各方面からの情報によりますと、事経営に関して言いますと、薬科大学のほうが資金的には潤沢であるというお話はちょっと伺ったことがありますし、一方厚生病院さんのほうは、それなりに大変なところもあるというようなお話も聞いております。詳しい情報ではございませんが、そういうお話は聞いています。
委員長(中澤 宏君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) いずれにしろ、議員がいろいろなほうに出しゃばっていくのは決して好ましいことではないというふうに自覚しておりますので、いわゆる北朝鮮の拉致問題でも我々は少し一歩でも二歩でも下がりながらも、執行部の対応について支援していきたいと思っているんです。ですから、できるだけ話せる内容については話していただきたいなという思いで、今聞いたところであります。
 私もできるくらいの情報収集につきましては、もう既にしておりまして、どちらかに必ず決まるものだと思っていますので、ぜひしっかりとした対応を求めて終わりたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) いろいろご指摘をいただきました。財務内容等についても、もうちょっと詳しく我々のほうでは調査をしておるところであります。また、委員ご指摘のとおり、どういった形で決まるにせよ、恐らく今名前の上がった2つの大学等の中から選ばれるものと我々も認識をしているところであります。そして、それらの諸課題についても調査をさせていただいておるところでありますので、そういった中でその課題解決に向けて我々が協力できる部分があれば、最大限協力を進めたいというふうに考えてございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) それでは、まず昨年入院した際には、石井管理者を初め整形外科の皆さんには大変お世話になりました。改めて御礼を申し上げたいというところであります。
 現在、石井管理者を中心に、病院改革一丸となって進められているというふうなことでございますが、先ほど市長の答弁にもありましたが、経営には診療報酬支払い制度をもとにしっかり請求をしていくことが大切なんだというふうなお話でありますが、この点1点だけDPC導入の関係と、それからベンチマーク分析関係、その辺の考え方についてよろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。医療局次長、千葉博行君。
医療局次長(千葉博行君) そのDPCも含めまして、そういった財務の改善といいますか、取り組みにつきましては、これまで行ってきておらなかったわけなんですけれども、26年度市民病院でも電子カルテの導入、あとオーダリング等のシステム化を進めるということになります。それから、7対1を今後も取得し続けるためには、DPCのデータが必要だということになってきておりますので、新しい診療報酬の改定の中で、その7対1を維持するのに必要であればDPCのデータの整備、あるいはそのベンチマークを使った経営改善というものに、本格的に取り組む必要があるというふうに考えています。
委員長(中澤 宏君) 伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) やはりこの辺しっかりデータ分析をしながら改善していくというふうなのが基本的スタンスだろうというふうに思いますので、そういった観点の中で頑張っていただければというふうに思います。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
   これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 討論なしと認めます。
 これから議案第19号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 異議なしと認めます。よって、議案第19号 平成26年度登米市病院事業会計予算は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第20号 平成26年度登米市老人保健施設事業会計予算について質疑を行います。質疑はありませんか。田口政信委員。
16番(田口政信君) 1点だけお伺いします。
 老人保健会計の予算を組み立てる上で、どのような点について注意をし、損益計算書さらにはそういう対比の部分の配慮をいただいたか、ご説明をいただきます。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。医療局次長、千葉博行君。
医療局次長(千葉博行君) 老健事業につきましては、入所、そして通所という形で運営してございますけれども、診療報酬の改定に伴いまして在宅といいますか、自宅の復帰率ですか、そういったものを前回の改定からカウントされるようになりまして、それの重視といいますか、重点的にその辺をやってきましたが、ちょっとその辺で点数がとれないというようなことで、今回さらに報酬の改定はなりましたけれども、在宅復帰率との絡みを調整しながら収支均衡を図れるように運営をしていきたいというふうに考えて、今回の予算を編成いたしました。
委員長(中澤 宏君) 田口政信委員。
16番(田口政信君) ぜひいつか2,000万円近い補正もしましたので、その辺のいわゆる事務体制あるいは財務の状況について監視をいただいて、せっかく立てた予算でございますので、予算執行がスムーズにいくような取り組みをお願いいたしたいというふうに思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。医療局次長、千葉博行君。
医療局次長(千葉博行君) 病院事業も含めまして、その辺の事務執行体制については十分留意して進めていきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 討論なしと認めます。
 これから議案第20号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 異議なしと認めます。よって、議案第20号 平成26年度登米市老人保健施設事業会計予算は原案のとおり可決されました。
 これで本委員会に付託された議案第11号 平成26年度登米市一般会計予算から、議案第20号 平成26年度登米市老人保健施設事業会計予算までの10議案の審査は、全部終了しました。
 各議案とも原案のとおり可決されました。この結果は議長宛てに報告します。
 お諮りします。委員会報告書の作成は、委員長に一任願いたいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 異議なしと認めます。よって、委員会報告書の作成は、委員長に一任することに決定しました。
 これで予算審査特別委員会を閉会します。
 長時間審査にご協力をいただき、まことにありがとうございました。
          閉会 午後3時42分

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>