•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(中澤宏)
  •   2  9番(伊藤吉浩)
  •   3  委員長(中澤宏)
  •   4  環境事業所長(阿部信)
  •   5  委員長(中澤宏)
  •   6  9番(伊藤吉浩)
  •   7  委員長(中澤宏)
  •   8  環境事業所長(阿部信)
  •   9  委員長(中澤宏)
  •  10  9番(伊藤吉浩)
  •  11  委員長(中澤宏)
  •  12  市長(布施孝尚)
  •  13  委員長(中澤宏)
  •  14  9番(伊藤吉浩)
  •  15  委員長(中澤宏)
  •  16  市長(布施孝尚)
  •  17  委員長(中澤宏)
  •  18  17番(沼倉利光)
  •  19  委員長(中澤宏)
  •  20  市長(布施孝尚)
  •  21  委員長(中澤宏)
  •  22  11番(佐々木一)
  •  23  委員長(中澤宏)
  •  24  市長(布施孝尚)
  •  25  委員長(中澤宏)
  •  26  11番(佐々木一)
  •  27  委員長(中澤宏)
  •  28  生活福祉課長(菊池治美)
  •  29  委員長(中澤宏)
  •  30  健康推進課長(千葉ますみ)
  •  31  委員長(中澤宏)
  •  32  25番(佐藤恵喜)
  •  33  委員長(中澤宏)
  •  34  市長(布施孝尚)
  •  35  委員長(中澤宏)
  •  36  25番(佐藤恵喜)
  •  37  委員長(中澤宏)
  •  38  市長(布施孝尚)
  •  39  委員長(中澤宏)
  •  40  12番(及川昌憲)
  •  41  委員長(中澤宏)
  •  42  市長(布施孝尚)
  •  43  委員長(中澤宏)
  •  44  12番(及川昌憲)
  •  45  委員長(中澤宏)
  •  46  市民生活部長(志賀尚)
  •  47  委員長(中澤宏)
  •  48  健康推進課長(千葉ますみ)
  •  49  委員長(中澤宏)
  •  50  市長(布施孝尚)
  •  51  委員長(中澤宏)
  •  52  12番(及川昌憲)
  •  53  委員長(中澤宏)
  •  54  健康推進課長(千葉ますみ)
  •  55  委員長(中澤宏)
  •  56  12番(及川昌憲)
  •  57  委員長(中澤宏)
  •  58  健康推進課長(千葉ますみ)
  •  59  委員長(中澤宏)
  •  60  12番(及川昌憲)
  •  61  委員長(中澤宏)
  •  62  市民生活部長(志賀尚)
  •  63  委員長(中澤宏)
  •  64  委員長(中澤宏)
  •  65  6番(浅野敬)
  •  66  委員長(中澤宏)
  •  67  6番(浅野敬)
  •  68  委員長(中澤宏)
  •  69  市民生活部長(志賀尚)
  •  70  委員長(中澤宏)
  •  71  6番(浅野敬)
  •  72  委員長(中澤宏)
  •  73  市民生活部長(志賀尚)
  •  74  委員長(中澤宏)
  •  75  7番(關孝)
  •  76  委員長(中澤宏)
  •  77  健康推進課長(千葉ますみ)
  •  78  委員長(中澤宏)
  •  79  7番(關孝)
  •  80  委員長(中澤宏)
  •  81  健康推進課長(千葉ますみ)
  •  82  委員長(中澤宏)
  •  83  7番(關孝)
  •  84  委員長(中澤宏)
  •  85  市民生活部長(志賀尚)
  •  86  委員長(中澤宏)
  •  87  市長(布施孝尚)
  •  88  委員長(中澤宏)
  •  89  7番(關孝)
  •  90  委員長(中澤宏)
  •  91  委員長(中澤宏)
  •  92  23番(二階堂一男)
  •  93  委員長(中澤宏)
  •  94  農村整備課長(千葉修)
  •  95  委員長(中澤宏)
  •  96  農林政策課長(岩淵俊明)
  •  97  委員長(中澤宏)
  •  98  23番(二階堂一男)
  •  99  委員長(中澤宏)
  • 100  農村整備課長(千葉修)
  • 101  委員長(中澤宏)
  • 102  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 103  委員長(中澤宏)
  • 104  23番(二階堂一男)
  • 105  委員長(中澤宏)
  • 106  農村整備課長(千葉修)
  • 107  委員長(中澤宏)
  • 108  農村整備課長(千葉修)
  • 109  委員長(中澤宏)
  • 110  8番(岩淵正宏)
  • 111  委員長(中澤宏)
  • 112  社会教育次長(鈴木均)
  • 113  委員長(中澤宏)
  • 114  4番(氏家英人)
  • 115  委員長(中澤宏)
  • 116  市長(布施孝尚)
  • 117  委員長(中澤宏)
  • 118  4番(氏家英人)
  • 119  委員長(中澤宏)
  • 120  ブランド戦略室長(渡邉誠)
  • 121  委員長(中澤宏)
  • 122  4番(氏家英人)
  • 123  委員長(中澤宏)
  • 124  ブランド戦略室長(渡邉誠)
  • 125  委員長(中澤宏)
  • 126  4番(氏家英人)
  • 127  委員長(中澤宏)
  • 128  16番(田口政信)
  • 129  委員長(中澤宏)
  • 130  新産業対策室長(佐々木茂光)
  • 131  委員長(中澤宏)
  • 132  16番(田口政信)
  • 133  委員長(中澤宏)
  • 134  ブランド戦略室長(渡邉誠)
  • 135  委員長(中澤宏)
  • 136  16番(田口政信)
  • 137  委員長(中澤宏)
  • 138  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 139  委員長(中澤宏)
  • 140  16番(田口政信)
  • 141  委員長(中澤宏)
  • 142  市長(布施孝尚)
  • 143  委員長(中澤宏)
  • 144  委員長(中澤宏)
  • 145  1番(熊谷和弘)
  • 146  委員長(中澤宏)
  • 147  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 148  委員長(中澤宏)
  • 149  1番(熊谷和弘)
  • 150  委員長(中澤宏)
  • 151  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 152  委員長(中澤宏)
  • 153  1番(熊谷和弘)
  • 154  委員長(中澤宏)
  • 155  21番(及川長太郎)
  • 156  委員長(中澤宏)
  • 157  農産園芸畜産課長(大久保仁)
  • 158  委員長(中澤宏)
  • 159  ブランド戦略室長(渡邉誠)
  • 160  委員長(中澤宏)
  • 161  農産園芸畜産課長(大久保仁)
  • 162  委員長(中澤宏)
  • 163  21番(及川長太郎)
  • 164  委員長(中澤宏)
  • 165  農産園芸畜産課長(大久保仁)
  • 166  委員長(中澤宏)
  • 167  21番(及川長太郎)
  • 168  委員長(中澤宏)
  • 169  農産園芸畜産課長(大久保仁)
  • 170  委員長(中澤宏)
  • 171  21番(及川長太郎)
  • 172  委員長(中澤宏)
  • 173  ブランド戦略室長(渡邉誠)
  • 174  委員長(中澤宏)
  • 175  21番(及川長太郎)
  • 176  委員長(中澤宏)
  • 177  農産園芸畜産課長(大久保仁)
  • 178  委員長(中澤宏)
  • 179  21番(及川長太郎)
  • 180  委員長(中澤宏)
  • 181  市長(布施孝尚)
  • 182  委員長(中澤宏)
  • 183  21番(及川長太郎)
  • 184  委員長(中澤宏)
  • 185  産業経済部次長(遠藤仁)
  • 186  委員長(中澤宏)
  • 187  21番(及川長太郎)
  • 188  委員長(中澤宏)
  • 189  産業経済部次長(遠藤仁)
  • 190  委員長(中澤宏)
  • 191  21番(及川長太郎)
  • 192  委員長(中澤宏)
  • 193  産業経済部次長(遠藤仁)
  • 194  委員長(中澤宏)
  • 195  21番(及川長太郎)
  • 196  委員長(中澤宏)
  • 197  産業経済部次長(遠藤仁)
  • 198  委員長(中澤宏)
  • 199  21番(及川長太郎)
  • 200  委員長(中澤宏)
  • 201  産業経済部次長(遠藤仁)
  • 202  委員長(中澤宏)
  • 203  21番(及川長太郎)
  • 204  委員長(中澤宏)
  • 205  産業経済部次長(遠藤仁)
  • 206  委員長(中澤宏)
  • 207  24番(八木しみ子)
  • 208  委員長(中澤宏)
  • 209  登米産米販売促進専門監(菅原貞治)
  • 210  委員長(中澤宏)
  • 211  24番(八木しみ子)
  • 212  委員長(中澤宏)
  • 213  登米産米販売促進専門監(菅原貞治)
  • 214  委員長(中澤宏)
  • 215  24番(八木しみ子)
  • 216  委員長(中澤宏)
  • 217  登米産米販売促進専門監(菅原貞治)
  • 218  委員長(中澤宏)
  • 219  24番(八木しみ子)
  • 220  委員長(中澤宏)
  • 221  8番(岩淵正宏)
  • 222  委員長(中澤宏)
  • 223  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 224  委員長(中澤宏)
  • 225  17番(沼倉利光)
  • 226  委員長(中澤宏)
  • 227  委員長(中澤宏)
  • 228  農産園芸畜産課長(大久保仁)
  • 229  委員長(中澤宏)
  • 230  17番(沼倉利光)
  • 231  委員長(中澤宏)
  • 232  産業経済部次長(遠藤仁)
  • 233  委員長(中澤宏)
  • 234  17番(沼倉利光)
  • 235  委員長(中澤宏)
  • 236  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 237  委員長(中澤宏)
  • 238  17番(沼倉利光)
  • 239  委員長(中澤宏)
  • 240  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 241  委員長(中澤宏)
  • 242  委員長(中澤宏)
  • 243  3番(佐々木幸一)
  • 244  委員長(中澤宏)
  • 245  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 246  委員長(中澤宏)
  • 247  農業委員会事務局次長(鎌田智之)
  • 248  委員長(中澤宏)
  • 249  3番(佐々木幸一)
  • 250  委員長(中澤宏)
  • 251  農産園芸畜産課長(大久保仁)
  • 252  委員長(中澤宏)
  • 253  3番(佐々木幸一)
  • 254  委員長(中澤宏)
  • 255  農産園芸畜産課長(大久保仁)
  • 256  委員長(中澤宏)
  • 257  3番(佐々木幸一)
  • 258  委員長(中澤宏)
  • 259  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 260  委員長(中澤宏)
  • 261  3番(佐々木幸一)
  • 262  委員長(中澤宏)
  • 263  農村整備課長(千葉修)
  • 264  委員長(中澤宏)
  • 265  3番(佐々木幸一)
  • 266  委員長(中澤宏)
  • 267  農村整備課長(千葉修)
  • 268  委員長(中澤宏)
  • 269  3番(佐々木幸一)
  • 270  委員長(中澤宏)
  • 271  農村整備課長(千葉修)
  • 272  委員長(中澤宏)
  • 273  3番(佐々木幸一)
  • 274  委員長(中澤宏)
  • 275  農村整備課長(千葉修)
  • 276  委員長(中澤宏)
  • 277  3番(佐々木幸一)
  • 278  委員長(中澤宏)
  • 279  農村整備課長(千葉修)
  • 280  委員長(中澤宏)
  • 281  3番(佐々木幸一)
  • 282  委員長(中澤宏)
  • 283  農村整備課長(千葉修)
  • 284  委員長(中澤宏)
  • 285  6番(浅野敬)
  • 286  委員長(中澤宏)
  • 287  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 288  委員長(中澤宏)
  • 289  6番(浅野敬)
  • 290  委員長(中澤宏)
  • 291  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 292  委員長(中澤宏)
  • 293  6番(浅野敬)
  • 294  委員長(中澤宏)
  • 295  15番(浅田修)
  • 296  委員長(中澤宏)
  • 297  農産園芸畜産課長(大久保仁)
  • 298  委員長(中澤宏)
  • 299  15番(浅田修)
  • 300  委員長(中澤宏)
  • 301  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 302  委員長(中澤宏)
  • 303  15番(浅田修)
  • 304  委員長(中澤宏)
  • 305  登米産米販売促進専門監(菅原貞治)
  • 306  委員長(中澤宏)
  • 307  15番(浅田修)
  • 308  委員長(中澤宏)
  • 309  登米産米販売促進専門監(菅原貞治)
  • 310  委員長(中澤宏)
  • 311  15番(浅田修)
  • 312  委員長(中澤宏)
  • 313  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 314  委員長(中澤宏)
  • 315  15番(浅田修)
  • 316  委員長(中澤宏)
  • 317  企画部長(田口俊郎)
  • 318  委員長(中澤宏)
  • 319  7番(關孝)
  • 320  委員長(中澤宏)
  • 321  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 322  委員長(中澤宏)
  • 323  生涯学習課長(佐々木洋一)
  • 324  委員長(中澤宏)
  • 325  7番(關孝)
  • 326  委員長(中澤宏)
  • 327  市長(布施孝尚)
  • 328  委員長(中澤宏)
  • 329  25番(佐藤恵喜)
  • 330  委員長(中澤宏)
  • 331  登米産米販売促進専門監(菅原貞治)
  • 332  委員長(中澤宏)
  • 333  25番(佐藤恵喜)
  • 334  委員長(中澤宏)
  • 335  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 336  委員長(中澤宏)
  • 337  25番(佐藤恵喜)
  • 338  委員長(中澤宏)
  • 339  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 340  委員長(中澤宏)
  • 341  委員長(中澤宏)
  • 342  12番(及川昌憲)
  • 343  委員長(中澤宏)
  • 344  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 345  委員長(中澤宏)
  • 346  12番(及川昌憲)
  • 347  委員長(中澤宏)
  • 348  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 349  委員長(中澤宏)
  • 350  12番(及川昌憲)
  • 351  委員長(中澤宏)
  • 352  農林政策課長(岩淵俊明)
  • 353  委員長(中澤宏)
  • 354  12番(及川昌憲)
  • 355  委員長(中澤宏)
  • 356  農業委員会事務局次長(鎌田智之)
  • 357  委員長(中澤宏)
  • 358  委員長(中澤宏)
  • 359  産業経済部次長(遠藤仁)
  • 360  委員長(中澤宏)
  • 361  12番(及川昌憲)
  • 362  委員長(中澤宏)
  • 363  産業経済部次長(遠藤仁)
  • 364  委員長(中澤宏)
  • 365  12番(及川昌憲)
  • 366  委員長(中澤宏)
  • 367  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 368  委員長(中澤宏)
  • 369  12番(及川昌憲)
  • 370  委員長(中澤宏)
  • 371  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 372  委員長(中澤宏)
  • 373  12番(及川昌憲)
  • 374  委員長(中澤宏)
  • 375  委員長(中澤宏)
  • 376  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 377  委員長(中澤宏)
  • 378  12番(及川昌憲)
  • 379  委員長(中澤宏)
  • 380  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 381  委員長(中澤宏)
  • 382  12番(及川昌憲)
  • 383  委員長(中澤宏)
  • 384  市長(布施孝尚)
  • 385  委員長(中澤宏)
  • 386  12番(及川昌憲)
  • 387  委員長(中澤宏)
  • 388  委員長(中澤宏)
  • 389  ブランド戦略室長(渡邉誠)
  • 390  委員長(中澤宏)
  • 391  12番(及川昌憲)
  • 392  委員長(中澤宏)
  • 393  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 394  委員長(中澤宏)
  • 395  13番(佐藤尚哉)
  • 396  委員長(中澤宏)
  • 397  ブランド戦略室長(渡邉誠)
  • 398  委員長(中澤宏)
  • 399  委員長(中澤宏)
  • 400  新産業対策室長(佐々木茂光)
  • 401  委員長(中澤宏)
  • 402  13番(佐藤尚哉)
  • 403  委員長(中澤宏)
  • 404  新産業対策室長(佐々木茂光)
  • 405  委員長(中澤宏)
  • 406  19番(相澤吉悦)
  • 407  委員長(中澤宏)
  • 408  商工観光課長(阿部孝弘)
  • 409  委員長(中澤宏)
      平成26年第1回登米市議会 予算審査特別委員会 会議録
 平成26年3月13日(木曜日)
1.出席委員(26名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君       4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 岩 淵 正 宏 君
   9番 伊 藤 吉 浩 君      10番 中 澤   宏 君(委員長)
  11番 佐々木   一 君      12番 及 川 昌 憲 君
  13番 佐 藤 尚 哉 君      14番 伊 藤   栄 君
  15番 浅 田   修 君      16番 田 口 政 信 君
  17番 沼 倉 利 光 君      18番 星   順 一 君
  19番 相 澤 吉 悦 君      20番 熊 谷 憲 雄 君
  21番 及 川 長太郎 君      22番 庄 子 喜 一 君
  23番 二階堂 一 男 君      24番 八 木 しみ子 君
  25番 佐 藤 恵 喜 君      26番 田 口 久 義 君
1.欠席委員(なし)
1.遅刻委員
   2番 日 下   俊 君       8番 岩 淵 正 宏 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君
1.早退委員
  18番 星   順 一 君
1.その他出席
  議 長 田 口 政 信 君
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君   副  市  長  藤 井 敏 和 君
  総 務 部 長  佐 藤 順 悦 君   企 画 部 長  田 口 俊 郎 君
  市民生活部長   志 賀   尚 君   産業経済部長   秋 山 茂 幸 君
  建 設 部 長  鈴 木 俊 夫 君   市長公室長    神 田 雅 春 君
  財 政 課 長  加 藤    均君   福祉事務所長   千 葉 幸 毅 君
  会計管理者    高 橋 清 彦 君   教  育  長  片 倉 敏 明 君
                       教 育 次 長
  病院事業管理者  石 井   洋 君   (学校教育)   佐 藤 賀津雄 君
  教 育 次 長              市民生活部
  (社会教育)   鈴 木   均 君   次     長  小野寺 良 雄 君
  環境事業所長   阿 部   信 君   市民生活課長   金 野 金 一 君
  国保年金課長   菅 原   勉 君   環 境 課 長  佐々木 修 一 君
                       衛生センター所長兼
                       クリーンセンター
  健康推進課長   千 葉 ますみ 君   所     長  千 葉 祐 宏 君
  子育て支援課長  小野寺 千 秋 君   長寿介護課長   菅 原   登 君
  生活福祉課長   菊 池 治 美 君   生涯学習課長   佐々木 洋 一 君
  地域医療対策               産業経済部
  専  門  監  片 岡 鉄 郎 君   次     長  遠 藤   仁 君
                       ブランド戦略
  農林政策課長   岩 淵 俊 明 君   室     長  渡 邉   誠 君
  農産園芸畜産
  課     長  大久保   仁 君   商工観光課長   阿 部 孝 弘 君
                       米販売促進
  新産業対策室長  佐々木 茂 光 君   専  門  監  菅 原 貞 治 君
                       農業委員会
  農村整備課長   千 葉   修 君   事 務 局 長  阿 部 清 喜 君
  農業委員会
  事務局次長    鎌 田 智 之 君
1.事務局出席職員氏名
                       議会事務局
  議会事務局長   佐 藤 昌 彦 君   次     長  佐 藤 真 吾 君
  議会事務局                議会事務局
  主幹兼議事                議事・調査係
  ・調査係長    高 橋 正 博 君   主     査  加 藤 善 己 君
  議会事務局                議会事務局
  議事・調査係               議事・調査係
  主     査  浅 井 顕 裕 君   主     事  稲 辺 大 裕 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 議案第11号 平成26年度登米市一般会計予算
          開議 午前10時
委員長(中澤 宏君) ただいまから予算審査特別委員会3日目の会議を開きます。
 日下 俊委員から欠席の届け出が、岩淵正宏委員、熊谷憲雄委員から遅参の届け出があります。
 審査に先立ち、もう一度申し上げます。質疑は、要点を整理し、簡潔にお願いします。特に、説明員各位については、答弁は要領よく簡潔に願います。
 それでは、これから審査を行います。
 議案第11号 平成26年度登米市一般会計予算の3款民生費、4款衛生費の質疑の途中でありました。引き続き、3款民生費、4款衛生費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) それでは、昨日に引き続き質疑を行いたいというふうに思います。
 それでは、ちょっと視点を切りかえてお話ししたいというふうに思いますが、まず、検討委員会におきまして、25日にストーカ炉の答申が出る予定だというようなお話をされておりますが、まずもって、この検討委員会にどういった内容のご提示をなされているのかお伺いします。
 ごみ処理全般から見た視点に立った内容での処理方法の検討なのか、その辺ご確認させていただければというふうに思いますし、メンバーはどういった方々なのか。
 それから、ガス溶融、それから炭化、RDF・RPF化、それから灰溶融、それから熱回収等々の専門的知識・技術を持った方々が何名ぐらい入っておられるのか、その辺からお聞かせいただければというふうに思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。環境事業所長、阿部 信君。
環境事業所長(阿部 信君) それでは、きのうに引き続きお答えさせていただきたいと思います。
 きのう、まず初めにお答えできなかった部分からちょっと回答させていただきたいと思いますけれども、昨日登米市のリサイクル率はというふうな問い合わせでしたけれども、現在平成24年度までのデータを持っておりまして、リサイクル率は25.7%でございます。
 それでは、きょう今の質問についてお答えしたいと思います。
 まず、この検討委員会についてなんですけれども、既に4回開催していますけれども、ここの委員の中の構成についてお答えいたします。
 ここの委員会におきましては、委員長に日野光兀さん、東北大学の名誉教授でいらっしゃいまして、高炉のほうの専門家でございます。それから、栗原英隆さん、全国都市清掃会議の技術顧問でいらっしゃいます。それから、登米市の環境市民会議の会長であります佐藤幸一さん、それから、みやぎ生協の地域代表理事の千葉淳子さん、登米市地域婦人団体連合会の会長の鈴木洋子さん、それから、登米市の青年団連絡協議会の会長の相澤宏さん、それから、豊里の庚申の区長の板倉さん、豊里審議会の会長の堀さん、あとそのほかに、登米南青年会議所の理事長の青年会議所の加藤さん、それから南商工会の会長の今野さんというふうな方々が委員に10名の委員でお願いしているところでございまして、技術的に詳しいのは、筆頭に挙げました日野先生と栗原先生でございます。
 それから、どのような形で検討していたかというふうなことなんですけれども、処理技術といたしまして、ごみの処理に対する12種類の種類があるよというふうなことで、全体を見回しまして、可燃ごみ処理について、それから、厨芥類処理というふうな形で検討をしております。
 粗大ごみについては、マテリアルリサイクルというふうな形で、別個検討したいと思いまして、この会議においては、あくまでも焼却処分というふうな形、それから、焼却以外でも生ごみがどういうふうに処理されるかというふうなところまで視点を置いておりまして、焼却技術につきましては、ストーカ方式と流動床方式、さらにその灰溶融の燃料式と電気式、ガス化溶融に関しましては、シャフト式とキルン式、流動床式、ガス化改質式、さらに、炭化ごみ燃料化のRDF化というふうな形で可燃ごみ処理について10種類、厨芥類処理としましては、高速堆肥化とバイオガス化というふうな2種類について第1回目の委員会で説明をしながら選択していったところでございます。
委員長(中澤 宏君) 伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) 登米市全体から見たごみ処理計画というか、そういった全体像から見たこの処理施設のスタイルというふうな視点というのは持ちあわせたんでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。環境事業所長、阿部 信君。
環境事業所長(阿部 信君) はい。ごみの性質についても7年間のデータをごみ質測定実績をもちまして、種類別で紙布類とか、ビニール、合成樹脂、ごみ皮類とか、それから木竹わら類、厨芥類、不燃物と、そういうふうな形でそれぞれのごみ質を見きわめたうち、これらの燃焼についての検討を進めました。
委員長(中澤 宏君) 伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) ということは、登米市全体の分別とかリサイクルとか収集とか運搬とか、そういったこと全体の中での処理施設をイメージしたというふうなことではないというふうな解釈なんでしょうかね。
 じゃ、まあいいです。こういったことは、まず何かこうやっぱり私たちから受け取ると、最終処分場が単にいっぱいになったから、隣の沢につくればいいとか、この焼却施設が老朽化したから新しいものに、安くていいものを建てかえればいいとか、そういった、多分発想だけではだめなような感じがいたします。
 単なる単価コスト、それから維持コストの比較だけではなくて、やっぱり登米市全体を見た中での環境保全施設の面を持ったり、それから、産業振興施設の面を持ったり、エネルギー施設の面を持つとか、そういったような分野まで兼ね備えた施設があれば本当にいいのかなというふうに考えます。
 その辺は市長に伺いたいというふうに思いますし、つけ加えれば、本来環境基本政策の中にごみ処理のことが書かれているわけなんでございますけれども、本来的に言えばしっかりとしたごみ処理基本計画というようなものをトータル的にお示しいただければもっともっと理解度が高まるのかなというふうに思っているところでもありますし、今後そういったごみ処理全体像を私たちにご提示していただけるのか、その辺もあわせてご確認させていただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) はい。このごみの処理方式、また、最終処分場、これらの取り組みに際しましては、これまでも議会、各議員の皆様からさまざまなご指摘やらご意見、ご指導を賜ってきたところでございます。
 そういった意味では、もちろん最終処分場、できるだけ減容化を図りながら、焼却炭の排出量をできるだけ減らす取り組みなどもごみの分別収集の分類などもあわせて行ってきたところであるわけでございます。
 また、その燃焼方式等につきましても、先ほど環境事業所長のほうからもお答えをさせていただきましたが、ガス化溶融炉とか、そういったさまざまごみの減量化、そして焼却炭の減容化に対してのそのさまざまな焼却方法、そういったものについてもそのあり方とその状況等について検証をしてきたというふうに思っているところでございます。
 我々といたしましては、当然そういった部分もしっかりと検証しなくてはならないというふうに思いますし、もちろんコストだけの問題でこのことを議論すべきではないというふうにも思っております。
 しかしながら、その燃焼方式の中でやはりある意味燃焼するためのカロリーを確保するためにさまざまな燃焼材を使うということは、ひいて考えればそれも環境負荷を検討する内容の一つにもなってくるであろうというふうにも思っているところであります。
 そういった部分、総合的に勘案をしながら、判断がなされているものと我々としては認識をしているところであります。
 また、ご指摘をいただきました、そのごみ処理計画、全体に係る構想の策定というようなお話でございます。ごみ処理方式等につきましてもやはりその時代の変化、またさまざまな技術革新の中で恐らくどういう取り組みが進んでいくのかということについては、やはり技術は日進月歩であろうというふうにも思っているところであります。
 その時点、時点での最善の選択をしていく、またその取り組みを進めていく。それが我々にとって大切な取り組みではないのかなというふうに思っているところでございます。
委員長(中澤 宏君) 伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) 我々の会派では、基本的に農業分野の関係、それから環境分野の関係、子育て分野の関係、それから健康対策の問題についての分野の関係、さまざま常に議論しているわけでございますが、このごみ処理問題についてもずっとみんなで議論してきた案件の一つでございます。
  政務調査においても溶融炉の自治体も拝見させていただきました。灰溶融も見てきました。環境都市を目指しているところも見に行きました。それから、分別リサイクルの徹底しているところも拝見させていただきました。
 そういったことをトータル的に考えると、私的にはやはりごみの発生量をいかに減量していくかというふうなことがそもそも根本的な問題だというふうに思います。
 具体には、やはりしっかり生ごみを分別していく。そして、減量化を図っていく。そして、燃料効率の高いものだけを燃焼させていく。そして、熱回収効率を高めていくと。そういったことだろうというふうに思います。
 さらに、分別、リサイクルの徹底、もっともっとできるんではないかなというふうに考えます。
 ホワイトトレーなんかもまだですよね。その辺もまだまだ視点的には多数あるんだろうなというふうに思いますし、先行事例ではそういったリサイクルをしっかりやっていただいている自治会に対して褒賞金を出して、行政区と市民と協働の中でこのごみ処理全般を行っているというふうなところもあります。
 本市では各町ごとに共同交付金を交付しているわけでございますが、こういった本当の行政区に対してまで共同論が入り込むような、そういった施策がこれからは非常に大切なんだというふうに考えます。
 それから、減量効率の高い施設の導入、これはやっぱり必ずしていかなくちゃならないことだろうなというふうに思います。
  ストーカ炉の灰ごみは10%というふうなお話でございますが、溶融、灰溶融にした場合、二、三%で済むというような内容だというふうに思います。
 さらに、溶融関係、燃料費、コストがかかるというふうなお話でございますけれども、他自治体では農業用の廃プラ等なんかも燃料として受け入れて燃やして熱効率を上げていると。農業現場からすればただで処理をしてもらえる。自治体からすればただの燃料費をもらえるというような先行事例もあるというようなことでございます。
 さらに、溶融炉関係につきましては、誰でもわかるとおり、建設費、維持コストは完璧高いのは当たり前でございます。そういった中で、どこの分野でしっかりコスト低減をしていくのか、そういったことを各自治体が努力しているというような内容でございます。
 リサイクルや運搬業者の関係、その辺もしっかり民間委託の中でコスト低減をしっかりしていくというような視点も大切であるというふうに思いますし、ごみ全体の全体量が少なければ建設コストも非常に少なくて済むというようなことにつながってくるんだろうというふうに思います。
 それから、最終処分場のこれは絶対的に延命化を図っていかなければならないというふうな視点で物事を進めていかなければならないというふうに思います。
 今回豊里の皆さんの本当に温かいご理解とご協力の中でこの事業が行われているというように思うし、私も大変感謝していると状況でありますが、これをつくった場合、たった15年で満杯になるというようなことです。15年にまた7億円、10億円がかかる。そのまた15年後に10億円かかるというようなことを想定しておかなければならないというようなことです。
 そしてまた、今回豊里の皆さんがご理解していただいたわけでございますけれども、豊里にはもう用地がないと。次は東和か登米か津山かというような話に必ずなりますよね。なった場合、住民合意が果たして本当にできるのかと。できればいいでしょうけれども、今回の放射能の最終処分場を見てもわかるとおり、住民合意がなければ最終処分場の用地は確保できないし、全く進まないというようなことも想定内の中において行政は進まなければならないと私は思っておりますので、そういったことも考えながら、豊里の皆さんの想いをしっかり受けとめ、そして、これらか次世代の皆さんに対しても恥じないような、今できる私たちの全ての知恵を使って、技術を使って精いっぱいそういった処理事業を行う必要があるんだろうなというふうに思います。その辺これからもっともっと幹事長から会長がお話しすると思うので、そういったことで、市長もう一度よろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) ご指摘をいただいておりますごみの減容化、そしてまた、さまざまな課題の検証、当然必要なことだというふうに思っております。
 ご指摘をいただいた点、十分に踏まえながら、しっかりとその後世にきちんと引き継いでいく、そのような施設整備進めてまいりたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) それでは、成果表の61、62ページにかかわる健康づくりについて、昨日も質疑があったようですけれども、市長にお尋ねをいたします。
 市長、1月に宝江地区の新春懇談会の際に、健康寿命を宮城県でもトップクラスにしていきたいというようなお話をいただきました。そういうつもりで頑張るんだろうなというふうに思います。
 しかしながら、この今回の予算を見ますと、ノルディックという健康づくりのためのことだったり、それから代表質問の中でも今度は保健師の体質を変えるという、そういった話はありましたけれども、もっと市民にしっかりと本当のことをアピールすべきだというふうに思っております。
 例えば、健康寿命が宮城県で下から2番目じゃなくて、男性においては市町村の平均寿命そのものが宮城県で下から2番目という、35市町村中34位という、平均寿命がですよ。結局宮城県でほとんど短く男性はこの世から去っていくという、そういうことを考えれば、もっと危機的な形で頑張りましょうじゃなくて、もうどうしようもない状況に来ているということで、イエローカードからレッドカードになっているのかなという気がします。
 市町村別のSMR、総死亡という、そういったグラフがあります。その中にいきますと、大崎が109.49、登米市はその一番上で112.85、結局宮城県でトップなんです。そういうことを考えれば、頑張りましょうとか、何か健康寿命がちょっとほかより短いですよというレベルじゃなくて、平均寿命そのものが短いという、もっと危機的なことをもって対策をとってもらうためには、市長、目標を持ってほしいと思います。
 例えば、この特定保健指導率、平成20年は12.2%、21年は13.1になっていました。それが22年には7.2、23年には6.0、結果的にもう1桁台になってしまっています。それで10%を大きく下回っているので、この中ではしっかりとこの特定検診に基づいた保健指導を実施していく必要があるというふうに言っております。
 ですから、そのためにはこの指導を10%にするという、しっかりとした市長の目的を持っていかないと、検診はしました。保健指導は6%です。これでは何のための検診かわかりませんので、市長、これやっぱり市長トップになって、登米市の男性の平均寿命をまずもって上げるという、そういったきちんとした目標を持ってほしいと思います。
 そのためには、単に市民生活部だけでなくて、こちらの教育委員会の社会教育の分野で事あるごとに登米市の、残念ながら平均寿命、男性はもう宮城県で最下位ですよというぐらいのことを言って、そして、社会教育の分野でもいろいろ公民館活動の中でも一体的なチームをつくって、平均寿命を延ばすというような必要があると思いますけれども、市長のこの平成26年度に向かってのもう一度予算ない中でのチームをつくってやるというぐらいの考えがあるか、ないか、その点だけお伺いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 今ご指摘いただきました。そういう視点の中で、要するに検診を受けるという数字を重視をするのではなく、その効果を重視をするという視点の中で、今その取り組みを進めようとしているところであります。
 また、そういった意味では、例えばこのウオーキング、要するに歩くということが健康にどういうような影響があるかということで、1例ちょっとお話をさせていただきます。
 全身の筋肉200余りありますけれども、その中でも最も大きな筋肉が足にある筋肉でございます。全身の筋肉の50%以上が実は足にあるというふうにも言われており、そして、足の筋肉は第二の心臓というふうにも言われているところであります。
 そういった意味では、しっかりと日常生活の中で健康づくりを進めていく上で、やはり歩くという行為が実は日常生活に必要不可欠な行為というだけでなく、健康の維持増進、そして全身の血流の促進等につきましても大きな効果をあらわすというふうに言われているところでございます。
 ですから、その理屈から入るということではなくて、まず、その運動を進めるという取り組みの中で、結果として健康を進めていく。そのような取り組みとしてのまずアプローチを進めていこうということで、この取り組みがスタートしたということでございます。
 もちろん、委員ご指摘のように、市民生活部、健康推進課だけでこの取り組みをしているということではなく、もちろん教育委員会もその中に入ってございますし、また、建設部等においてもその環境整備というような視点の中でかかわっているのが実情でございます。
 そういった意味では、やはり我々自身が率先して取り組むということがまず何よりも肝要であろうというふうに思っております。
 また、そういった意味では、危機感をあおるといいますか、きちんと事実を伝えながら、やはり改善を求めていくということも当然必要だというふうに思っております。
 折に触れ、市民の皆様にしっかりとその意を伝えながら、そしてそのお取り組みぜひいただくようにお願いをしたいというふうに思っております。
 また、この健康寿命の中で非常に今危機的な状況として我々認識を持っておりますのは、平均寿命ということで、全年齢層しっかりと啓蒙しなくてはなりませんが、特に今危機感を持って取り組まなければならないのは、30代、40代の実は皆さんでございます。なかなか検診の受診という機会もなかなかないという中で、実は産業医である地元の開業医の先生からそういった年代層が非常に各種検診でボーダーラインの数値をあらわしている皆さんが非常に多いというようなお話をいただきました。
 年齢を重ねるにつれ、そういった傾向が強くなるということを考えますれば、実は非常に大きな問題だというようなご指摘もいただいているところであります。
 そういった意味では、今後医療局を初め、開業医の先生方ともそういった部分、しっかりと連携をしながら、あらゆる機会をもって市民の皆さんに啓蒙啓発、また危機的な状況等についてもお知らせをさせていただきたいというふうに思っているところであります。
 やはり、健康は何もしなくて与えられるものということではなくて、やはり毎日の生活の中で多少なりとも気をつけながら、管理をしていくことが何よりも肝要だという、その健康の意識づくり、しっかりと進めてまいりたいというふうに考えてございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) ただいまちょっと9番委員が言いましたけれども、最終処分場じゃなくて、新たな焼却施設、この燃焼方式に関しましては、説明ではこれまで4回の選定委員会、今月中に5回目の会合を開いて、その場で答申がなされるようでありますけれども、9番さんの質問の答弁を聞いておりまして、まずもってこの選定委員会に市長が諮問する段階で、これ登米市の課題としてこういったことを盛り込んで、何とか心に置いて検討してもらえないかといったような思いなど、要望といいますか、そういったことをこの選定委員会に何か打診したことがあるのかどうか、その点まずお聞きをいたします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 選定委員会並びに学識の先生方のほうにもその意をお伝えをさせていただきました。
 やはりごみ処理問題というのは、未来永劫市民の皆さんや多くの皆さん、そしてまた行政がしっかりとかかわらなければならない案件であるということ、そしてまた、その処理問題等については非常に大きな今後の将来にわたる関与することを考えれば、当然減容化は図らなければならないというようなこと、そして、何よりもやはりそういう技術的な裏づけをもってしっかりとした取り組みができるようでなければならないというようなこと、しっかりとその知見のある先生方からご指導、ご指摘をいただきながら、お取り組みをお願いをしたいということでお話をさせていただきました。
委員長(中澤 宏君) 佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) この減容化に関しては、当然考えなければならないことでありますけれども、先ほどの答弁ではこれまでのごみ、7年間ですか、トータル平均的なものをとって、その焼却処分について話し合ったように私は聞いたんですけれども、さっき9番さんが言ったように、これからのことを考えれば、これまでのごみじゃなくて、これから取り組まなければならない、特に我が登米市では、さっきも言いましたとおり、農業に関しての廃プラ関係ですね。この処理もかなり重要なことでありまして、全国的にはこういったものを燃焼の材料の一つとして有効に使っているところもございますので、そういった点、これから答申がされまして、これから内部いろいろ検討するというふうに思いますけれども、そういったこともいろいろ踏まえまして、ご検討いただくことをお願いしたいというふうに思います。
 それと、この別冊で言いますと生活保護、まず1点お聞きしますけれども、これでは保護人員が増加の一途をたどって、平成24年度に初めて減少したということでありますけれども、それでもやはり10億円以上の金がかかっておりまして、これも主に高齢者の方が多くて、本当に何ともならなくて困っている方がほとんどですけれども、できれば若い方で働ける方にはやはりどうしても自立していただきたいといったような思いがあるわけですけれども、この生業扶助ですか、こういったような制度もあるようで、月に7人の見込みをしているようでありますけれども、例年この生活保護から自立する方、大体何名ぐらいおられるのか、まずその点をお聞きをいたします。
 続きまして、予防接種ですけれども、予防接種には定期予防接種と任意予防接種があるわけでありまして、この任意予防接種です。登米市、ある程度独自でやっているというふうに思いますけれども、この任意予防接種の種類といいますか、量といいますか、これは近隣の他の市町村に比べて多いほうなのか、進んでいるほうなのか、まずその点をお聞きをいたします。以上です。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。生活福祉課長、菊池治美君
生活福祉課長(菊池治美君) 生活保護の就労関係での自立ということでございます。
 保護の受けている方で就労収入の増加開始等で自立した方は、平成24名は4名でございましたけれども、25年度に入りまして、現在3月1日までで9名ということで、就労関係についてはそういうことで増加しているというふうなことでございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) ただいまの任意の予防接種の今の助成状況ということでございますけれども、任意の予防接種につきましては、現在4種類について助成を実施しております。
 その4種類の任意の予防接種については、水痘、水ぼうそう、それからおたふく風邪、それから成人用肺炎球菌、それからロタウイルスに対しての助成でございます。
 任意の予防接種の助成の県内の状況でございますが、登米市におきましては、先にもご報告させていただいたところですが、県下では予防接種の助成状況はかなりトップクラスというか、先行しております。
 現在ロタウイルスにつきましては、七ヶ宿で実施しているだけで、ほかの市町村では実施していないという状況で、登米市のほうでは開始したところでございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。佐藤恵喜委員君。
25番(佐藤恵喜君) 市長にお伺いしますが、先ほど来取り上げられております一般廃棄物第二処理施設について、検討委員会からの答申が間もなくという段階まで来ました。これ、市長の姿勢としては、検討委員会からの答申をどう受けとめるというか、まだ中身を見ていないから云々ということもあるかもしれません。端的に言えば尊重するという立場に立っていると思うんですが、どんなものでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) ただいまさまざま各委員からご指摘をいただいております。そういった内容も踏まえて、しっかりとその内容が検討されているのか、それは当然我々としては注視をしなければならないというふうに思っております。
 また、そういった状況の確認の中でしっかりと検証され、答申が出されたということの確認をすれば、当然そのような形で尊重するということが基本的なスタンスだというふうに思っております。
委員長(中澤 宏君) 佐藤恵喜委員君。
25番(佐藤恵喜君) 次に、健康づくり、これも一般質問はじめ、相当話題になっております。
 所属、教育民生常任委員会でお願いしました長野県の日本一長寿県長野県の健康事業への取り組みについて、少し教えてほしいとお願いしたところ、担当のほうから分析的な報告書というか、短時間にもかかわらずいただきました。
 全部の紹介はもちろんできませんが、例えば長野県の保健師の配置は、平均で保健師1人当たりの人口で1,615人と。登米市の場合は2,347人と、長野県の平均の割合で登米市の保健師を逆算しますと、52人となりまして、現在36人ですので、16人長野から見れば少ないという、そういう基礎的データも示されました。平成22年の状況ですので、若干変動あるかもしれませんということです。
 それで、コメントとして、登米市における保健活動推進員と長野県の保健補導員の活動の目的、活動に大きな差はないというふうに捉えているようであります。
 違う点としては、補導員、長野の場合、その発足が自主的であったこと、そして、保健補導員が主体的に行動し、それぞれの担当地区の保健問題の発見や保健師等との連携を図っていることであるということで、この点については今後登米市の地区組織活動を進めていく際に学ばなければならないところであると。非常に分析的な調査報告だなと思って感心しております。
 そこで、市長にお伺いしますけれども、代表質問でも若干触れました。合併市町村への財政支援、一本算定後登米市で50億円も下がるだろうという中で、全国でも問題になって、地方交付税の算定方法が見直しされることになって、25億円にまで圧縮されるという、今の見込みだという答弁もいただきました。
 私は、それに対して単なる一般財源増えたと、増額になったという扱いで終わってはならないんだと。例えば総合支所の保健師の増員で、地域担当制を重視した業務に改善をするために活用するなど、この国の財政支援を生きたものにしなければならないんだと申し上げました。
 現在ブロック化の検討もされているようでありますが、単なる保健師の数が少ないので集約をするというような取り組みにはならないだろうとは思いますが、基本的に頑張れ、頑張れだけでなくて、体制をいかに整備するか。市長に端的に保健師の数、増員の方向でブロック化も考えるというような答弁をいただくとありがたいのですが。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) なかなかちょっと即答は難しいようなお話をいただきました。
 委員からご指摘をいただきました交付税の算定の見直しということでございました。これにつきましては、もちろんそういった状況の中で、今後の見通しが少し穏やかになるのかなというような今の現状というふうに我々としては捉えております。
 かといって、今までの予算を単に減額をして組み替えていくということだけでなく、やはり抜本的な見直しを含めた予算の編成のあり方等もしていかなくては、やはり今の現状の交付税額からおそらく25億円程度は下がるであろうというような状況でありますので、しっかりと検証しなければならないというふうに思っております。
 また、そういった中で、保健師の活躍、活動をどのような形で取り組むのか、そして、それについての課題の検証も我々としても現状しているところもございます。
 そういった意味では、現状として保健師の活動ということだけでなく、ほかの、例えば事務作業とか事務事業の部分においてもやはり労力がとられているというような状況もあることから、そういった部分をできるだけしっかりと本来の活動に従事できるような体制を組むべきというような認識を持っているところであります。
 また、そういった意味では、これから高齢化が進んでいくという見通しがある中で、やはりそういった皆さんに対するケアをどうしていくのか。それは大きな課題であるというふうにも認識をしているところであります。
 また、長野県の事例もご紹介をいただきました。保健活動推進員さんにおきましてもさらにしっかりとした取り組みをいただけるように我々としても意を用いてまいりたいというふうに思いますし、また、行政がしっかりとかかわる中で、保健活動をどのようにしていくのか、改めて再構築といいますか、再検証をしながら、その取り組みを進めてまいりたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 伊藤委員のほうから幹事長、会長というご指名もいただきましたので、登米・みらい21、ずっとこの問題は何年もかけてこれまで研究をしてきたところであります。最終的な確認になりますけれども、今あと恵喜さんもお話ししましたけれども、市長が最終的にそれを見きわめていくんだろうと思いますけれども、今回このご審議をいただくに当たって、市長が求める前提というものを提示なさったのか。いわゆる私が市長としてこういった方向で市政を運営していく。その上に立って、この施設というものの位置づけをこういった前提の中で考えていただきたいというふうな前提条件といったものをこのご議論する場にご提示申し上げたのかどうかを確認しておきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 文章等で明確にお示しをしたということではございませんが、さきに11番委員さんにもお答えをさせていただいたとおり、これから将来にわたるその施設として、しっかりと機能し、また有効に、また環境影響等も含めて、そういったものの影響が極力ないような形で施設整備を進めていきたい。また、それについての検証をお願いしたいということでお話をさせていただきました。
委員長(中澤 宏君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) そうすると、やっぱり機能的なものがしっかりしているということは大前提だろうと思いますけれども、そこに加えて、環境の負荷ということの考える判断、それから、さまざまにコストの問題等も含めてお話ししたということですけれども、今今までの話を考えますと、いわゆるコスト運営上の提言、それから環境負荷の判断、さらには答弁の中で答えられていたように、ごみの分別を含めてごみのありようのような条件、今後の条件、そういったことをご審議する方々に伝えたということでございます。
 さらに、話の中から酌み取れば、それに当たっては、プラス的な考え方の中では9番委員がお話ししましたように、もしかしたら協働社会の形成にもつながっていく運動体になっていくだろうと。
 それから、生ごみの分別というような話の中からは、例えばエコフードといった、今農水省が一生懸命進めている、そういった循環型の活用の仕方、それから、エネルギーを新たにつくり出すという、バイオマスエネルギーを含めて、そういったことのいわゆる新しくそれを、そのものをつくってつくり上げていく社会、そういったもの、それからそのことによって環境という意味ではCO2の森林を整備する、森林を守っていくというふうな、こういったことに波及していくんだろうと思います。
 総じてこういったことを含めて、この審議会といいますか、ご相談、選定委員会の皆さんにはご議論いただく、そういった前提をお示しになったという理解でよろしいのか。と思いますので、いずれ、そういったことの含めての結論が出ることをご期待申し上げ、さらに市長の判断を最終的には求めていくんだろうと思います。
 我々もしっかり注視して、そのことについては議会としても、我々会派としても議論を深めてまいりたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。
 それから、今回の……、答弁も後でお願いします。市長の施政方針を含めて、各部局の内容を見ますと、どうしても食の教育の部分、そのことが見えてこなかったんです。それで、唯一食生活改善費の中で食育推進会議という部署があって、食生活改善に要する経費、4款1項4目の部分ですけれども、教育委員会、さらにはさまざまな関連機関、連携機関としての位置づけの中で、食育推進員が設置されて、この運動を進めていくんだろうと思います。
 それで、まず最初にお聞きしたいのは、食育推進員の任期が平成23年8月1日から25年7月31日まででございました。この後の経緯経過がどのようになっているかは、私ども全然ちょっと確認できない状況でございます。この食育推進員は、この推進計画を作成しながら、して、さらにそれは推進していくという立場にございます。そのほかに部会もあるようでございますけれども、この辺の動きがどういうふうになっていて、さらにそれをもってこの平成26年度こういった食生活改善に対する経費の中でこの、ここは市民生活部の部分でしょうけれども、ここの部分で聞くのであれば、この部局でどういった方向性を今見つけようと、探ろうとしているのか。この平成26年度の事業で実施しようとしているのかを確認させていただきたいとと思います。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 最初、食育の推進会議のメンバーについては、当然任期の終了に伴って新たに各団体の代表者ということで選出をしているというふうに思ってございます。
 メンバーについては、後で健康推進課長のほうからお話をさせたいと思いますが、基本的な考え方としては、やはり食育計画そのものが各団体、関係団体の役割分担を踏まえて、登米市全体としての食育がどうあるべきか、それから、その食育の課題を共有して、それらを市民挙げて解決していくということで計画づくりがされているというふうに思ってございます。
 なかなか各団体での取り組みについてのいわゆる数値目標ですとか、それの達成度合いの確認ですとか、総じて食育計画の中で狙いとされている部分の達成状況等の確認が数字で終わってみないと数字で出せないというふうなところがあって、わかりづらい計画になっているというふうな考え方もあると思います。
 できるだけ数値目標等も掲げておりますので、それらをわかりやすい形で成果として出していきたいというふうに思ってございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに答弁は。いいですか。健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) ただいまの登米市食育推進会議の委員でございますけれども、現在15名いらっしゃいます。任期につきましては、先ほどお話しありました任期以降2年任期で継続しておりまして、今期の任期につきましては、平成25年8月1日から27年7月31日ということで15名の委員さんにこの協議会を運営してもらっております。
 委員の構成メンバーにつきましては、学識経験者、それから登米市医師会、それから歯科医師会等、関係する市内の機関になります。そのほかに婦人会、それから農業協同組合宮城登米農業協同組合の組合長等の構成メンバーになっております。
委員長(中澤 宏君) ごみ処理関係についても答弁を求めますか。ごみ処理関係について答弁をお願いします。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 先ほどご質問、ご発言いただいた全ての内容に事細かにお話をしたわけではございませんが、ご指摘、お話をいただいた、そういった意を踏まえてお話をさせていただいたところであります。
 また、もちろんそういった取り組みの中でしっかりと検証を進めていきたいというふうに考えてございます。
 また、ごみの減量化、生ごみの減量化につきましてもコンポストの助成なども以前行っておりましたが、そういったものも含めて、また改めて再度ごみの減量化に向けた取り組みとそのありようについてしっかりと進めてまいりたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) それでは、そちらのほうはしっかりとよろしくお願いを申し上げたいと思います。
 きょう冒頭の中で委員長が的確に答弁のほうはしていただきたいというふうな話をしていたときに、私が何を求めてお話ししたのがわからなければわからないと言ってもらったほうが再度質問できますから、むやみに、例えば推進員の任期がこれこれこういう、私はきちんと7月31日に切れると言って話していますから、それ以降今度の任期がどうのこうのとか、誰が選ばれたとかというのは少なくとも当たり前議員やっていますから、どういった範囲の中から選ばれるかくらいは認識して進めているわけですから、私が話したのは、それ以降どういった事業を進めてきたかということですよ。そういったことを委員長、できればちゃんと注意してください。よろしくお願いします。
 それに向けてその答弁をお願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) ただいまのご質問ですけれども、どのような事業を進めてきたかという部分につきましては、この推進会議の中では委員会の中では関係機関で実施していく事業についてそれぞれの機関で了解しながら世代ごとの事業を進めていくということで委員会を開いておりまして、それぞれの機関におきましては、従来から実施しておりますそれぞれの食育に関係した、関連した事業について目的を共有して、そしてそれぞれの取り組みを実践していくことで食育本来の目的に向かうということで実施しておりますので、各機関の連携を密にするということを目的としております。
委員長(中澤 宏君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 各関係機関との連携を密にして、一体となって、いわゆるいつも言います横串になって一体となって食育を進めていくという取り組みで、この食育推進会議ができて、それを進めてきたというのは十二分に私どもこの推進計画、推進会議を設置するに当たってそれは当たり前のことであって、それがどのようになされてきたかということを今問うているわけでありますから、市民生活部長は全部やって、終了しないとわからない。判断がつかないという話をされました。じゃ、平成24年度に取り組んだ内容について、25年度まで任期のありました15名の方々が食育推進会議を設置して、25年度でその取り組みについての検証を行いましたか。
 横の連携を持って食育推進をどのように進めるかということ、平成25年度の中でさえもしっかりそれを検証して、どのように総括したかということも、これは今平成25年度中ですから、新しい方々が8月1日になったということ、少なくとも7月31日までの任期のあった方々がそれを進めてきたある一定の責任があるんですよ。それについての検証もしないで次に移行するという、全部が変わるわけではないでしょうから、いいんでしょうけれども、そういったことを横の連携、横軸をしっかり連携をしてやっていく割には実態というものがそれに追いついていないのではないか。
 そういった問題の検証は市民生活部がそこの取りまとめの機関であれば、そういったことについてどのような思いを持っているのか。いいですか。31日まで終わって、31日までは平成25年度の推進会議はしていないんですよ。
 年1回開く予定の方々。1回以上でしたか、この推進会議を開催する。ですから、もしかしたら、この方々は平成25年度の中では7月31日までの方々は推進会議をしないで、新しい会議の人も、まさかこれは委嘱しただけの会議じゃないでしょうね。ちゃんとやっぱりその推進会議なされたのか。そこ確認しておきます。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) 平成25年度登米市食育推進の取り組みについてということで、委員会の中で委員の中で協議していただきまして、平成25年度につきましては、目標を親子の健康づくりというところに置くと。そして、目的に、子供のみならず、親世代の健康づくりも重視して、子供の食習慣等の部分についても行動変容できるように働きかけていこうといったことが1つ目の目標として語られておりますし、2つ目といたしましては、人と人とのつながりによる食育を推進するということで、食育の大切さを関係機関が共有しながら協働で事業を実施していくということを本年度、平成25年度の中では申し合わせながら、おのおので事業を進めていっているというところでございます。
委員長(中澤 宏君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) そういう……、推進会議がどういった機能を果たしたかと今話しているんですよ。それによって実際のそれぞれの部局がどういう動きをしたかということを今聞いているんですから、それで、市民生活部、健康推進課になるんですか。市民生活部はどういう役割を果たしてやっていたか。
 ですから、全体の流れをまず話してくださいよ。どのようにそういうふうに流れがなってきて、どのような経緯をとって今なっているのか。
 もうそれは、平成23年度からの取り組みの事業報告を見ても、人と人とのつながりによる食育とかと、目標はずっと挙げているんですよ。皆わかっていますから、問題はそういったことを検証して、どのように平成26年度生かそうとしているかということについて今議論しなくちゃいけないのに、その前提が見えないから、今聞いているんですよ。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 全体的には、やはり一番食育の中でも先ほどからお話出ております健康づくりに関する部分がかかわり合いが一番深いということで、先ほどお話ししたように、食育に絡んでその健康づくり、減塩だったり、それから親子の、肥満傾向が、子供たちの肥満傾向等があるものですから、それらに対応したような事業計画だったり、そういう健康づくりに対するいわゆる食育の果たしている役割等の課題を共有していくということでずっと取り組んできたという認識でおります。
 ただ、それを成果というのがなかなか課題が課題なものですから、成果として皆さんが共有して次の目標にということが、会議の回数ではございませんけれども、もう少しきめの細かな計画づくり、それから課題の共有を図れればなという、私自体もそういうふうに感じてございます。
 委員ご指摘の部分については、食育計画全体にかかわる部分もございますので、それらの見直しも含めて部内でも関係部署と検討してまいりいたいというふうに思ってございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。
 それでは、まだ質疑があるようでございますので、ここで10分間休憩します。
          休憩 午前11時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時08分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 質疑ありませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 同じ款で昨日質疑を行っておりますが、もう一度よろしいでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 質疑を許します。
6番(浅野 敬君) 委員長の許可をいただきましたので、9番伊藤吉浩委員に関連しまして、概要書71ページの一般廃棄物第二処理施設整備事業でお願いします。
 登米・みらい21の皆さんのこの種の問題についての調査研さんの取り組みについては、目を見張るくらいのものがございまして、ぜひ市政に生かしていただきたいというのが会派を超えて私どもの願いでもあります。
 それで、市長にお尋ねしますが、答申が出されるのが25日とお聞きしましたが、議会にそのことをお知らせいだたくのがいつごろになるのかお聞かせいただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 答申いただく、その日に当然書類としてはいただくんですが、直近で議会等があれば、その機会を捉えて答申の内容については報告できると思います。
 ただ、毎回のあの会議録についてもホームページのほうに掲載をしておりますので、これまでの経緯についてはそちらでも確認できるという状況になってございます。
委員長(中澤 宏君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 確認でございます。どうも27日に臨時会があるようでございますので、そうすると、そのときということで受けとめてよろしいでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) そのようにしたいというふうに思ってございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。關 孝委員。
7番(關 孝君) 63ページの4款1項2目の食生活改善費、先ほどから健康にかかわる質疑が行われておりますが、当然ながらトータルで施策を展開しなければ健康寿命を延ばしていくことはできないというふうに思うわけです。
 特に、その中にあっても、いわゆる食生活、いわゆる食べ物というか、そういった部分にかかわる部分というのは非常に大きいんだろうと思います。お話を伺いますと、県内、登米市の疾患、いわゆる脳疾患とか、そういったものが非常に多いということを察しますと、言えることは、塩分の摂取量が県内でもトップというか、非常に多いというふうな調査が出ております。
 また、全国においても宮城県が非常に多いということを考えますと、全国的にも塩分の摂取量というのが日本一とは言いませんけれども、日本の中でも非常に多い地域になっているのは事実であります。
 そうしたことを考えますと、やはり食生活から改善をしていかなければ、この課題解決できないのではないかと思います。
 そうした視点でこの予算書を拝見いたしますと、例年と同じ予算措置、これは限られた予算の中でやっているということなのかもしれませんが、いわゆるこの303万円という中の予算は、ほぼ食生活改善員あるいは食育推進員等々の活動に限られている部分だというふうに思います。
 そうしたときに、今回市長は施政方針の中でも健康寿命上げていくんだと、そうした脳疾患とか、そうしたものの死亡率を下げていくんだということをことし特に明言をされておりますので、そうしたことを受けて、担当部局ではことしどのような取り組みをされていくのかお伺いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) ただいまの健康寿命の延伸のためにどのような事業を展開していくのかというご質問でございますが、今お話しありましたとおり、脳血管疾患の予防対策を重点的に推進していきたいということを大きな柱にいたしまして、まず、一人一人が自分の健康に関心を持って生活習慣におけるリスクを主体的に改善できるような健康づくりを支援する環境を整備していきたいと考えております。
 具体的には栄養、運動、休養、検診という形になりますけれども、栄養面にあっては、食生活改善推進員や地区組織の方々と一緒に減塩対策をまず推進していきたいと。
 それから、運動につきましては、先ほど来お話ししておりますけれども、動機づけとしての健康ウオーキングの推進事業を通して、日常生活に運動を取り入れていってもらいたいと。
 また、検診につきましては、検診受診率の向上を図りながら、要医療となった方々に対しての受診勧奨を個別に実施していく中で、重症化予防を図っていきたいと考えております。
 個々の状況に合わせた生活習慣の改善を図ってもらえるよう、今後も地域に出向き、生活の場で健康づくりを支援していきたいと考えております。
委員長(中澤 宏君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) ご丁寧にありがとうございます。
 食生活に係る部分について訪ねておりますので、特にあえてお尋ねすれば、その減塩の部分、これまで生活改善推進委員さんの普及事業ということで、年間、これ平成24年度ですけれども、112回で2,580人がそれに参加しているということであります。特に、これについては、減塩だけにとどまらずという、食生活の改善だと思うんですが、ことし、例えば食生活、減塩だけに特に力を入れて、減塩というか、それに特に力を入れていくんだということであれば、具体的にどのようなことに取り組んでいくのか、そこを聞きたかったんですけれども。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) 現在各総合支所単位に分会が食生活推進委員さん方には設置しておりますけれども、その分会を通して各地域に出向いた中での地域ごとの健康教室の中での減塩運動、それから保健活動推進委員さんにあっては、同じく食改さんと一緒になっての活動もありますけれども、保健活動推進委員さん独自での地域での伝達講習会等ありますので、地域につきましては、それらの地区組織の方々と保健師、栄養士のほうで出向きながら、地域に浸透できるような活動をしていきたいというのを第一にして考えております。
 あとそれから、皆さん方に広報のほうよくごらんいただけるということでしたので、広報を活用しがらの周知も図っていきたいと考えております。
委員長(中澤 宏君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) 今も具体例を出してお話し申し上げましたが、実施回数100回程度、そして、2,500人程度の参加者、これが例年だということであります。
 そうしたことを考えるときに、おそらく毎年参加している方同じ方々の参加というのが非常に多いんだろうと。では、なかなか市長が目指すような死亡率を下げていくとか、健康寿命を上げていくということにはつながらないのではないのかと。
 政策を展開するときに、前年度と同じ内容にしてもそうした中にあって、ことしはこういうことを工夫していこうという取り組みをしていかないと、なかなか課題解決にはならないのではないかと。
 で、あえてそういったことし特に市長が目標と掲げている部分を受けて、その部分の解決にこの分野でどのように取り組んでいくかとお尋ねをいたしましたらば、どうも前年と同じような取り組みになってはしまわないかという不安があります。
 例えば、目標を掲げて1割あるいは2割、3割増やしていくと。それから、食をつくっていただく方が特にメーンだと思うんですが、そういった方々が世帯数の1割になるように、あるいは2割になるように、3割になるように、あえて延べ市民と同じ数の方々がこの事業を何年間で受けられるようにというふうな目標を立てて推進をしていかないと、なかなかノルディックウオーキングのような運動だけの取り組みでは、この課題絶対解決していかないのではないのかと思います。
 交通死亡事故で亡くなる方というのは、おそらく1桁かというふうに思っております。春秋にわたって1週間ずつ、2週間大きなキャンペーンをしてその予防に努めているわけであります。
 それ以上にはるかに大きい数の方々がこの原因で亡くなっている、あるいは健康寿命が短くなっているということを考えれば、年間を通して力を入れていかない限り、その課題解決、市長が目指す施政方針の実現にはほど遠いのではないのかなというふうに思いますが、もう一度その辺の決意と最後に市長に伺いたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 食育に関して課題については、皆さん明確に、原因も含めて生活習慣病の一番の原因になっているのも食生活の改善ということが大きな部分がございますので、課題については明確になっているというふうに思ってございます。
 今委員ご指摘のように、できれば数値的な目標を掲げて、それを達成していくことで、一番は先ほど佐藤恵喜委員のご質問にもございましたけれども、長野の取り組みの一番の根幹は、市民みずからがその健康づくりに取り組むという意識が高まったということが原因でございますので、登米市もそれを目指して、そういう市民の中から健康づくりの意識が高まるような取り組みを目標を掲げてやっていきたいというふうに思ってございます。
委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) やはり、さまざまな健康推進の取り組み、今までと同じアプローチだけではなかなか市民の心に届くことは難しいだろうというふうに思っております。
 昨年実施をいたしました移動市長室の際に、各地区の例えばミニデーでありますとか、健康教室にお邪魔をさせていただきました。そして、その中でお話をちょっと私からもさせていただいんですけれども、実はこの減塩の取り組みとか、健康の取り組みというのは、皆さんの、ご参加いただいた皆さんの取り組みだけではなく、むしろ皆さんのご家族、お孫さんやらお子さんやら、そういった皆さんのほうがむしろその影響と効果が大きい取り組みであるということ、それから減塩については、やはりいかにおいしく楽しく食べながら、減塩の効果を高めていく取り組みとして、例えば事例の紹介をするとか、そういった取り組みを進めることで実は食に対して楽しむ、おいしく食べるという視点の中で健康づくりが進められるようなアプローチが必要だということ、これは現場でつくづく私も実感をしたところでございます。
 そういった意味では、そういうような研修会も私も一緒に参加して、また私からもそういった職員や保健活動推進委員、食生活改善推進委員の皆さんにも私のそういった事例もお話をしながら、しっかりと課題と認識を共有し、そして実効性のある取り組みに進めてまいりたいと考えております。
委員長(中澤 宏君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) 市長の言葉に尽きるんだろうと思います。市長は、いわゆるトータル的に決して一つ一つの部署の部分じゃないんだというお話をされたんだと思います。
 ぜひ、それを受けて各部署でうちのほうの部署ではそのために何が取り組めるのかという提言をぜひ市長にしていただいて、予算づけをしていただいて実践していく。それが足りないんだと思うんです。
 健康というとすぐ市民生活部、じゃ企画部は何も関係ないのかと。教育委員会は何も関係ないのかということじゃなくて、企画部にも総務部にも教育委員会にもほかの建設部にも、ほかの部局でもその健康寿命を上げるための取り組みというのは、必ず1つや2つあるはずですので、ぜひそういった部分の提言をしていただいて、市長先頭にぜひ取り組んでいただきたいということを希望して終わります。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。
 これで3款民生費、4款衛生費の質疑を終わります。
 ここで、本年3月31日をもって退職される職員の方をご紹介します。
 市民生活部参事兼生活福祉課長、菊池治美君であります。長い間市勢発展のためにご尽力をいただき、大変ご苦労さまでございました。
 ここで、説明員の入れかえのため、暫時休憩します。
          休憩 午前11時23分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時24分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、5款労働費、6款農林水産費、7款商工費について質疑を行います。質疑はありませんか。二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) 83ページ、6款1項7目の関係でございまして、農地・水保全関係でございまして、これも6,400万円ほど予算とっていますけれども、ことしは平成26年度はどれくらいの集落がこれに参加しているのか。それをまず聞きたいと思います。
 それから、86ページの6款2項2目林業振興費の中で地域産材の需要拡大補助金が2,000万円ありますけれども、これは住宅等だと思いますけれども、何屋ぐらいこれを産材を活用する内容なのか。
 それから、その下の同じ里山再生事業の補助金で200万円とっておりますけれども、この内容についてお伺いをいたしたいと思います。以上であります。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。農村整備課長、千葉 修君。
農村整備課長(千葉 修君) 農地・水の現在の取り組みの問い合わせ、質問でございます。今現在は、登米市内で98組織、面積にして農振農用地でございますが、6,876ヘクタールで取り組んでもらっています。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 手を挙げてください。農林政策課長、岩淵俊明君。
農林政策課長(岩淵俊明君) 2点目の地域材需要拡大支援事業の予算の計上の考え方でございますが、これにつきましては、平成26年度の予算計上といたしましては、これまでの実績戸数等勘案いたしまして40戸という計画戸数で予算を計上してございます。
 それから、3点目の里山再生事業の関係でございますが、これにつきましては、いわゆる私有林の身近な広葉樹のいわゆる植栽、それから除伐関係に対する助成事業の内容となってございまして、森林組合を想定しておりまして、2事業を当初予算では見込んでございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) 農地・水の関係でありますけれども、今98という現状だと思いますけれども、これ9町ごとに分析して、幾らぐらいずつあるかお聞きしたい。
 ということは、やっぱり環境保全の面からいえば、この農地・水の部分は、私は非常に重要な取り組みの1つじゃないかと思いますけれども、現状からして増えたり減ったりしているところがあるようですね。やめるところはどういった理由でやめるのか。そして、やめた後、この作業等については誰かが補完してやっているものかどうか。その辺どのように指導して、今後市内のこうした農地含めた環境の整備というものを進めていくのか。それをどのように捉えてどうしていくのかということをもう少し詳しく、できれば言った町ごとの参加地域をお知らせをいただきたいということであります。
 それから、地域産材でありますけれども、40戸ということでございますが、これは市で思っている40戸なのか、それとも民間の部分も含めて、その後にこれを建てる部分の量なのか、そのところがあればお知らせをいただきたいと思います。
 それから、里山の部分ですけれども、何か私有林というふうなことですが、これ「シ」というのは市のですか、それとも私のですか、どっちだったかわからない。私ですか。シティーの市ですか、私ですか。はい、そうすると、混合林をつくるためのこの広葉樹の植林だと思いますけれども、今雑木林なんか竹に押されて、竹の被害受けて大分広葉樹が浸食されている部分がありますけれども、この竹の除伐というふうなことも視野に入れたほうがいいのではないかというふうに思いますけれども、そうでないと、どんどん竹のほうが勢いがいいわけでして、雑木林が壊れるというふうな状況がありますけれども、その辺はどのように捉えて、今後考えていくのか、いかないのか、その辺についてお伺いをいたします。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。農村整備課長、千葉 修君
農村整備課長(千葉 修君) 農地・水の町域ごとの取り組みということでございますが、今平成24年度のデータはございますが、平成25年度のデータは申しわけなくて見当たらないんですけれども、代表的な町域のカバー率で申し上げたいと思います。
 カバー率では取り組みの割合でございますが、多いところ、南方町域が一番多くて、約80%取り組んでおります。それから、少ないところにつきましては、登米町域でございまして、13%台でございます。
 それから、今後の取り組み等のお問い合わせでございますが、ご存じだと思うんですが、農地・水保全管理制度につきましては、平成26年度から日本型直接支払いと、その中の多面的支払い制度というふうに変わります。その関係で、今推進をしているところでございますが、農地・水で取り組んでいない組織で地域であっても個人の田んぼの周辺の農道、それから水路の草刈りは、奉仕活動、ボランティアでやっているのがほとんどでございます。これらの作業につきましては、今回の多面的制度であれば、農家だけでも組織がつくれますし、その制度取り組みができることになります。
 それらの制度を活用して、今までボランティアでやっていたのが共同作業でやれば交付金の対象になりますので、その辺につきまして説明会等でお知らせをして、普及を図っているところでございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 農林政策課長、岩淵俊明君。
農林政策課長(岩淵俊明君) 地域材需要拡大支援事業の関係でございますが、この事業につきましては、あくまでも建主が市のほうに事業申請して補助金を支援する制度でございますので、あくまでも民間事業という中での制度でございます。
 一定の採択要件がございまして、簡単に申し上げますと、市内産材を主要部材に50%以上使用する住宅等という枠の中で該当要件に該当すれば補助金の限度額いっぱい50万円を支払うというような制度の内容となってございます。
 それから、3点目の里山再生事業の関係でございますが、委員さんのお話にございました竹という捉え方につきましてでございますが、里山再生事業はあくまでも森林機能の増進を図るというような観点の事業でございまして、あくまでも広葉樹の植栽、それから下刈り、除伐関係という事業に対して補助金を交付するものでございまして、その事業を実施する中に、例えば竹が混在しておるというようなことであれば、それは事業の中での対応ということになりますけれども、頭から竹林的な考えでの事業の取り組みというのは、現実的には難しいというふうな判断を私どもでしております。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) あと5分の合図が出ましたので、簡単に、せっかくですから、南方と登米だけでなくて、あとの残りもちょっとパーセント持っているようですから、お知らせお願いしたいということと、それから、やっぱりこの農地・水の組織の中でやっぱり会計の担当がいないと、こういうことで非常にやめるところもあるというふうに聞いていますので、この辺の事務局務める方の部分の負担を軽くするために、やっぱり指導とかかわってやるところ、そういったところやっていかないと増えないんじゃないかと思いますけれども、その辺についてやっぱりもっと考えてほしいと。
 それから、地元産材の部分については、大工さんにもぜひ教えていただいて、大工さんに勧めるような形の中でやれば、私はよく進むのかなというふうに思いますので、この部分は時間がないので要りませんから、上の部分だけでお願いします。以上です。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農村整備課長、千葉 修君
農村整備課長(千葉 修君) 農地・水支払いの関係の事務の関係等のご質問でございます。
 今農地・水対策につきましては、第2期目でございます。先ほど委員がおっしゃるように、第1期目で取り組んだ組織の中で何組織か第2期に活動中止したところがございます。その組織の状況を聞きますと、委員がおっしゃるように、やっぱり事務が煩雑で、なかなか手間がかかるという関係、それから、作業したくても高齢化でなかなか作業ができないというような意見があって、その方々については今活動を中止しているところでございます。
 ただ反対に、その前に、それらを解決するためには、組織を広域化して事務局を、そして役員を少なくする方法もあるんでしょうけれども、反対にやめるその1つの理由として、なかなか隣接組織とのコミュニティが図られない、それから個々の組織のコミュニティがなかなかうまくいかなくて、取りやめをしたというような意見を聞いてございます。
 それらについては、今後新しい制度に合わせて取り組みを検討していきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 各町の数字、町ごとの数字、割合。他の7町の割合。
農村整備課長(千葉 修君) それでは、カバー率でございますが、迫が34.6%です。登米が12.5%、東和が46.8%、中田が20%、豊里が29.2%、米山が28.8%、石越が39.7%、南方が79.6%、津山が28.4%となっております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) 5款の労働諸費の中で勤労青少年ホーム管理運営費、東和勤労青少年ホーム、空調設備の改修が165万円あります。これ、前にも何回か修理した経緯がございます。改修でこのくらい出すか、それとも部屋ごとの個別ごとの空調設備の設置とか費用面で比較等してこの改修に至ったのか。二、三回たしか私の記憶では繰り返しているんですね。改修だけを。
 そこの面で、またこのくらいかけてまた二、三年したらまただというようなことになるよりも、部屋ごとの空調にしてもいいんじゃないかなという思いではあるんですが、その費用比較とか、なさっているのかどうか。そこのところお聞きします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 東和勤労青少年ホームの空調の関係ですが、廊下にある空調が物すごくここ二、三年、震災以降というよりも、その前から少し不調だったんです。それをだましだまし使っていたんですが、それで、会議室に個別の空調等もございますので、その辺のと、あと一番大きいのは調理室と調理室の脇の日本間、あの辺の空調をどのようにしようかと今考えています。
 基本的にはその廊下の分については、今の空調を直すと。それからあとは、その部屋の部分は個別のものということを考えていますけれども、ちょっとその辺はもう一度検討してみたいと思います。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 所管ですけれども、概要の90ページになります。商工振興育成費の部分でございまして、商工会、ほかに対する補助金出ていますけれども、考え方を教えていただきたいなというふうに思っているんです。
 商工会法によれば、1つの町に1つの商工会というふうなことがうたわれています。
 ご案内のとおり、本市におきましては、9つの町が合併し、9つの商工会が存在していましたけれども、激変の緩和ということで、一時的な措置として今現在3つの商工会に分かれているわけでございます。
 ことしもまた、その3つに分かれたままの商工会にそれぞれ補助金等々予算計上されておりますけれども、僕は1つにすべきだと思っている1人であります。
 市長にお尋ねしたいのですが、商工会、市内唯一の経済団体であります商工会をどのように捉えているか。このまま3つに分かれたままでよろしいとお考えか、やはり1つにしてきちんとした組織に、もう合併して10年もたっている。10年たとうとしておるので、どうお考えなのか、その考えをお聞きしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) この全体の体制づくりということでご質問をいただきました。
 このことにつきましては、種々いろいろ関係者の皆様ともいろいろ意見交換をさせていただいているというような状況もあります。
 市内共通商品券の取り組みなど、市内全体としてのその商工行政のあり方と、効果等についても当然のごとく検証をしているところでございます。
 また、そういった意味では、関係者の皆様とも意見交換をしながら、一体感のある、そして全体として商工行政を考えていく、そのような体制づくり、我々としても必要というふうにも考えているところでございます。
委員長(中澤 宏君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) そのように市長お考えならば、ぜひ3つの商工会に対しまして補助金を出している立場から、1つの商工会にまとめるよう促していただきたいなと、話しかけをしていただきたいなというふうに思うわけです。よろしくお願いいたします。
 じゃ、もう1つだけ、ちょっとおもしろいので、概要の77ページから79ページにかけまして、食材・物販販路拡大事業費ということで、さまざまな地元の食材等々を販売するための政策が打ち出されておりまして、一つ一つどうのというのではありません。ただ、78ページの登米市伝統野菜復活プロジェクト、ここの部分なんですけれども、考え方と目のつけどころはすごくいいなと思っております。
 平成25年度、私も自分の事務所に「地種たねでます」ね。これね。「地種たねでます」のポスターを張らせていただいておりましたが、平成25年度も終わろうとしている中、新しい発見があったのかなというふうに思っていまして、その辺ちょっとだけお聞きしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。ブランド戦略室長、渡邉 誠君。
ブランド戦略室長(渡邉 誠君) 伝統野菜復活プロジェクトについてお尋ねいただきました。
 氏家委員の事務所を通るたびにあのポスター張っていただいているなというのを見せていただいております。
 山形のほうでは、150品目ほど見つかっているというのを聞いておりましたけれども、登米市で果たしてどれぐらいあるのかというところで、平成25年度やってまいりました。その結果、現時点で20品目ほど生産の継続が確認されております。
 昨年12月末に全国放送されました虹色ジーンという番組で観音寺セリ、こちらは全国てきに有名になりましたけれども、これまでほぼ絶滅しただろうと言われておりました石越のナゲタウリ、こちら88歳の千葉さんというおばあさんとともに、生存と生産が確認されたというようないろいろな発見でしたり、出会いがございまして、このあたり、平成26年度におきまして、市民の皆様にも知っていただくような形で取りまとめをして、ホームページ等々でも公表のほうをしてまいりたいと思っております。
委員長(中澤 宏君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) ぜひそれ広めていただきたいなというふうに思います。
 20品目見つかったんですか、地種。よかったですね。
 ただ、ホームページを製作してお披露目していくんだというふうな予算づけもありますけれども、今ホームページ作成委託するのに30万円かかりますかね。30万円もかかるのかなというふうに思います。
 フェイスブックあるいはブログ等々無料でどんどんお知らせするツールもある中で、30万円かけるということはどうかなというふうに思っていて、この部分だけに30万円かけたホームページのページをつくるんでしょうかね。その考え方というのはどういうものなのかなというふうに思います。
 今現在登米市のホームページでもこのプロジェクトのことはちゃんとお知らせになっておりますし、観音寺セリあるいはナゲタウリ、その他の部分につきましても現在でもホームページで実はお知らせしているのではないのかなと。ぶんと別枠でこの地種プロジェクトのためだけに30万円をかけてホームページをつくりというふうな考え方でよろいんですか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。ブランド戦略室長、渡邉 誠君。
ブランド戦略室長(渡邉 誠君) ホームページの製作でございますけれども、こちらの実は来年度の予算要求の中でも市役所の中でも議論になった点でございますけれども、今までほとんど知られていなかったこの伝統野菜を、先ほど議論にございましたが、食育でしたり、地元を知っていただくような地元学、また教育現場でも活用可能なように、プリントアウトをすればそのまま教材として使えるような、そういった形で取りまとめをしたいというふうに思っておりまして、単にハイパーテキストで文字を打ち込むということであれば、我々でも可能なんですが、そのあたりの記念碑的というか、記録をする意味でも、このあたりの金額をかけましてホームページを作成したいと考えているところでございます。
委員長(中澤 宏君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) じゃ、期待したいと思います。よろしくお願いします。頑張ってください。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。田口政信委員。
16番(田口政信君) 73ページの労働費の失業対策についてお伺いします。
 一般失業対策事業、これまでさまざまな事業取り組んでいただいたわけでございますが、今回は事業復興型雇用創出事業ということが1項乗っています。先般補正予算の質疑の中でありました1億4,900万円の減額のときに乗っている状況を見ますと、生涯現役全員参加の事業だったり、あるいは震災緊急雇用対策に十何項目の、あるいはその前に震災対応人材育成事業委託料含めてさまざまな事業があるわけですが、そのことしの取り組みというのは、国の事業の推移もあるんでしょうけれども、どういう雇用対策を考えていらっゃるのか、お示しをいただきたいというふうに思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。新産業対策室長、佐々木茂光君。
新産業対策室長(佐々木茂光君) 平成26年度の緊急雇用対策事業につきましては、当初予算ての計上は今ご指摘いただいた事業のみでございます。
 これは、平成25年から始まって26年度以降も終了するということで、既に配分をされている金額ということで、額が確定している分のみ今回予算計上をさせていただいております。
 ご指摘いただいたその他の緊急雇用事業につきましては、配分がその時点では当初予算計上時ではまだされておりませんでしたので、今回は計上してございませんが、補正予算の中で計上していくように、現在準備中でございます。
 今年度と同程度の事業費は配分される予定となってございます。
委員長(中澤 宏君) 田口政信委員。
16番(田口政信君) そうしますと、昨年と同様の事業が考えられるというふうに補正の中で想定をしていいということなので、例えば個人の部分と、いわゆる後は委託料の部分と同等のものが出てくるというふうに解釈してよろしんですか。それでは安心しました。
 それと、もう一つは、このビジネスチャンス事業ですけれども、いわゆるさまざまな事業名があって、それに取り組む現時点でのいわゆる状況といいますか、その事業者からのアプローチの状況というのはどれぐらいあって、この予算の組み立てをしていらっしゃるるのか、ちょっとお伺いをさせてください。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。ブランド戦略室長、渡邉 誠君。
ブランド戦略室長(渡邉 誠君) ビジネスチャンス支援事業につきましてお答えをいたします。
 ビジネスチャンス支援事業、平成19年から実施してまいりましたけれども、現在は平成25年度におきましては、2,000万円の予算規模で実施をしております。近年の執行率でございますが、こちらソフト事業といわゆる商品開発でしたり、パッケージの開発などを支援するソフト事業とハード事業、施設の整備を行うハード事業を行っておりますが、こちらあわせた形で毎年大体もう100%を超える執行率ということになっておりまして、現在市におきまして6次産業化を進める上での非常に大事な事業であるというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) 田口政信委員。
16番(田口政信君) ビジネスチャンス事業十分生かしていただいて、登米市の商工業者だったり加工業者だったり、さまざまな人たちがうまく開店できるような、いわゆる構築をしていただきたいということと、それから、前段とも絡むんですが、雇用対策全般でいわゆるこの補助状態が緊急雇用だったり災害の復興だったりのいわゆる雇用対策の部分の事業が消滅したときに、市としてどのような位置づけでこの雇用対策を取り組んでいくかということを考えたときに、相当のお金が必要になってくる。それは、一体将来的にどういうふうにお考えになっていらっしゃるんですかね。
 このいわゆる国の事業、選択をして市独自で続けていくのか、国の事業あるいは県の事業が途絶えたときにはそこで切るよと。つまり、農業法人なりが雇用している場合がありますが、そのときに切られたときに、農業法人がそれだけのスキルアップをして、経済的にも裕福になってその雇用体制がとり切ればそれでよしとするんですが、多分ほとんどのいわゆる今事業として取り組んでいらっしゃる雇用の場面は、多分助成がなくなったら切るよというようなスタンスが八、九割はあるんじゃないかというふうに思いますが、その方向づけについてちょっとお伺いをします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 緊急雇用対策事業につきましては、毎年度、次年度継続というふうなことが確定しているわけではございませんので、その都度その都度の県、国とのつながりの中で予算を計上して実施させていただいてございます。
 そういった中で、現在国内的には総じてこの間先日も発表になりましたけれども、労働賃金の上昇であったりというふうな部分で経済的な上向き志向というふうなことで捉えてございまして、そういった中で雇用環境がどう変化していくのかというふうな部分で、今後の国の政策等も決まっていくのだろうというふうに思ってございます。
 そういった中で、市においてそういう景気回復の中で緊急雇用対策が減じたときについては、今国で国から国の事業として対応している全てを市でカバーできるというふうな予算額では総じてございませんので、それはその状況を見据えながら、市としてできる範囲の中での取り組みは継続させていただきたいと思いますけれども、そのときの市の雇用情勢なりを分析した中で、効果的な事業が展開できればそういった取り組みを進めたいというふうには考えてございます。
委員長(中澤 宏君) 田口政信委員。
16番(田口政信君) 基本的な雇用対策というのは、本当は市独自のものも1つ持たなくければならないというふうに思いますので、せっかくこういう、いわゆる最初の着火点が国県で出てきたわけですから、それが定住といいますか、継続するような事業を組み立てていくというのがやっぱり市の役割なんだろうというふうに思います。
 ただ、どこまでやれるかといったら、まだ今部長おっしゃるとおり、相当の予算がかかるというふうに思いますので、それは選別をしながら、いわゆるせっかく雇用をいただいて、その仕事に定着していらっしゃるわけですから、しかも市内に定着していただいているわけですから、そういうものを継続していくということが大切だというふうに思います。
 特に、市役所は、毎年何十人、今までで400人近い人数を削減しているわけですから、400人世帯からのいわゆる人間を養う場をやっぱり市としても考えていかなければならない。これは、アウトソーシングするときにアウトソーシング側をきちんと育成をしていくというスタンスをとらないと、雇用状態がばらばらになりますので、その辺のところを見据えて、このいわゆる今災害関連で雇用状況が非常に好転しているように見えますが、そういう不安定な状況にありますので、その辺も見据えて今後の施策を組み立てていただきたいというふうに思います。市長からちょっと最後に伺いまして……。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) ご指摘いただいておりますこの緊急雇用対策、さまざま震災対応の雇用の解釈、我々としても非常にこの行く末、またこういった状況で雇用を守るということだけでなく、やはり継続して安定して就労ができる環境を整えることが何よりも肝要なことだというふうに思っております。
 そういった意味では、今後さまざまこの就労環境の改善でありますとか、新しい起業するための支援策等も含め、しっかりとその意を用いながら、やはり政策的にそういった雇用の場を自主的に有機的に関連づける中で雇用がふえていくような取り組みをぜひ進めてまいりたいというふうに考えております。
 そういった意味では、今後ともそういう取り組み、また、起業をしたいという、そういった意欲ある人々の人材育成も含め、しっかりと対応を進めてまいりたいというふうに考えております。
 やはり、自立した人づくりと自立した産業をどう地域に根づかせるのか、大きな課題だと認識しております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございますか。まだ質疑があるようでございますので、ここで昼食のため、午後1時まで休憩いたします。
          休憩 午前11時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に続き、会議を開きます。
 日下 俊委員、欠席の届け出を遅参に訂正いたします。
 田口政信委員から中座の届け出があります。星 順一委員から早退の届け出があります。
 5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費について質疑を続けます。質疑ありませんか。熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 概要、92ページ、観光費についてでございます。委託料ということで180万円、これは、登米風土博覧会等事業委託料ということになっておりますけれども、この博覧会等、詳しい内訳と、それから、事業委託先ですね、これについてまずお伺いをいたしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 観光費の委託料についてのお尋ねでございます。登米風土博覧会事業等の委託でございますが、風土博覧会、それから当日ライスグランプリですとか、スイーツパラダイスですとか、関連の事業がございまして、そういった関係の事業委託でございまして、これは登米市観光物産協会のほうに委託する予定でございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) それで、内容的には何回かやっておりますけれども、やっぱり例えば実際にイベントの目的ということで、何となく何か毎年同じ内容じゃなくて、例えばきちんとしたこういう目的だとか、あるいは何か期待するだとか、そういった明確なものをきちんとして、あるいは例えばこれだけの人を集めるとか、そういった部分しっかりと持って開催されているのかなということ、まず確認させていただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 風土博覧会の関係でございますが、先ほども申し上げた内容に加えまして、花見の巡回バス運行、これを行う予定でございます。昨年も2万人ほどの入れ込みがございました。そこで、花見のほうで昨年の反省を踏まえまして、コースの変更ですとか、そういったところを調整いたしまして、現在委託の方向で検討してございます。
 それから、風土博覧会にあわせまして、せっかく多くのお客様がおいでになりますので、関連のイベントということで、さまざまなイベントを用意しているところでございます。
 博覧会の狙いでございますが、おいでいただいた方々に長沼の景観を見ていただくのとほかに、登米市で生産されておりますさまざまな産品、そういったものをその場で食していただくといったようなことも狙いとして開催しているものでございます。
委員長(中澤 宏君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) やっぱり結構登米市の場合だと、いろいろ食に関するイベントなんかもやっぱり多いかと思いますので、ぜひやっぱりその辺あたり季節に合ったとか、そういったところ、ぜひ特色を生かして開催をしていただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 要望でいいですね。(「はい」の声あり)ほかに質疑ございませんか。及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) 及川です。ページ76ページの農業振興費の中から農産物防除協議会の補助金の内容、それから、農作物生産流通対策に要する経費の内訳、内容ということで。
 それから、ページ78ページの登米ブランド推進事業に要する経費、商談会ブースの借り上げ料内容についてと。
 それから、都市部進出型直売活動(地産都商)ということで、促進事業について。
 それから、畜産振興費の中から各種家畜導入事業全般いろいろあります。その内容、これまでと変わりがないか。
 それから、水田の有効活用ということで、基盤整備が大体終わっている中で、ほとんど今何をつくってもいい条件になったと思います。市では健康長寿社会あるいは攻めの農林水産業として実現を目指しているわけでございますが、新たな産地形成に取り組む地域特産の開発とありましたが、そういう考えがあるかどうか。
 それから、77ページの宮城県食品輸出促進協議会、5,000円の予算ですが、今までどうかかわって、これからこの食品輸出に関してどうかかわっていくか、この辺をお聞かせ願いたいと。以上です。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。農産園芸畜産課長、大久保 仁君。
農産園芸畜産課長(大久保 仁君) まず、第1点目の防疫事業でございますが、予算のほうは計上しておりませんが、これについては家畜保健所とか、農協とか市とかというところで共同で事業を実施しているものでございます。
 アカバネ病を初めとした各種予防注射の申し込みの取りまとめなど、事務的な業務と実務的な業務としては、牛のヨーネ病の抗体調査については、宮城県に協力し、職員も従事しているところでございます。
 予算については、職員の業務として実施しており、予算は計上しておりません。
 また、口蹄疫などの法定伝染病発生した際には消毒等の経費がかかりますが、……、農作物防疫協議会については、各町域で8月の中旬ごろ実施しております航空防除、地上防除への事業の補助金等が主なものでございます。
 それから、農産物流通対策については、迫川沿岸の米に関してカドミウムが発生した場合には、市としてそれを全量買い上げということで、処分するというような内容でございまして、カドミウム0.4ppm以上発生した場合には、そういった米を市で買い取って処分するというような内容でございます。
 それから、登米ブランドづくり推進協議会につきましては、登米市産の和牛の普及PRを……、すみません。
委員長(中澤 宏君) ブランド戦略室長、渡邉 誠君。
ブランド戦略室長(渡邉 誠君) 登米ブランド推進事業の中におきます商談会ブースの借り上げについてお答えをいたします。
 こちらでございますけれども、日本政策金融公庫が主催して開催しております我が国最大級のビジネスマッチングでございます。こちらの8月下旬に毎年東京のほうで行われております。
 また、別途2月は、大阪のほうで行われているわけでございますが、我々は、この8月末の東京都で開催されます東京ビッグサイトを会場に開催されますこのエキスポのほうに市内の登米ブランド認証事業者を中心とした方々を出展をしていただいて、首都圏のバイヤーさんとのビジネスマッチングの接点を持ちたいというふうに思っているものでございます。
 続きまして、地産都商推進事業、こちらについてお答えを申し上げます。
 本年度の新規事業として実施してきたものでございます。こちら、従来あまり行われてきませんでした首都圏における小売り活動の採算性などを検証するために、市内農業法人やJAさんのご協力を得まして、実証事業として実施してきたところでございます。
 その結果、物流面では利益率の高い品目を中心に、品目の絞り込みを行うことですとか、販売金額に占める配送経費の割合の低減化が必要であること、また、営業面におきましては、催事販売よりも常設販売のほうが採算性が高いなどといった、貴重な戦勲を得ております。
 こうした教訓、戦勲を踏まえまして、次年度におきましても市内の民間事業者の首都圏へのチャレンジを支援してまいりたいというふうに考えております。
 引き続きまして、食品輸出協議会、こちらについてお答えをさせていただきます。
 こちらでございますが、宮城県庁が事務局となっておりまして、登米市とのかかわりという面では、平成25年度、本年度から登米市のこのブランド戦略室が幹事ということで加盟をさせていただいております。
 なお、この協議会、会長は地元伊豆沼農産の伊藤社長でございまして、また、仙台市さんなども事務局に入っているものでございます。
 市内の今後輸出に対する取り組みといったお尋ねでございますが、現在食品輸出の関係では、先ほど申し上げました伊豆沼農産などが香港への輸出をここ10年継続しております。こちら、香港の高級レストランなどへの販路を10年間キープしているというのは、非常にこれは大変なことだなというふうに私としては思っております。
 また、ササニシキを東南アジア方面に輸出をしたいということで頑張っている農業法人もございます。また、幾つか我々のところにも食品輸出にチャレンジしたいという相談を受けておりまして、6次産業化の推進施策の中などにおきまして、こうした意欲ある事業者を支援してまいりたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) 農産園芸畜産課長、大久保 仁君。
農産園芸畜産課長(大久保 仁君) 畜産総合振興対策事業の関係だと思いますが、これについてご説明申し上げます。
 平成26年度については、優良乳用牛の確保対策事業として90頭、北海道産でございます。それから、県外10頭ということで、100頭を予定しております。
 それから、繁殖素牛導入事業については、200頭、それから茂洋加算で150頭を見込んでおります。
 それから、肥育牛導入事業については、登米市産種牛が1,500頭を予定しております。
 それから、系統造成豚の導入事業については、130頭を予定しておりまして、トータル6,050万円の予算を計上させていただいております。
 次に、水田活用の件でございますが、転作の作付面積が増加したということで、これまで同様、麦、大豆等の作付をこれまでどおり行うとともに、米粉用、飼料用米、それから加工用備蓄米のほうも積極的に取り組んでいかなければならないと考えております。
 そのほかに、野菜関係とか産地交付金で活用できる部分については、そういった制度を活用しながら、農家の所得安定に制度を活用してまいりたいと思います。
 また、野菜関係については、団地化普及センターとか、県のほうとも協議をしながら、現在団地化を今進めているところでございまして、例えば施設であればキュウリ、それからキャベツ等、そういったところを規模拡大、団地化を図っていくような、今検討は実証圃場で検討しております。
 また、そういった規模拡大に必要な農地集積については、今後の中間管理機構を活用して集約型の園芸作物の取り組みにも推進してまいりたいと思っております。
委員長(中澤 宏君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) 防疫のほうで、確かにヨーネとかいろいろなインフルあります。今の世界的にはまだ口蹄疫が大分出ている状況でございますし、これは登米市だけの問題では決してないと思います。県踏まえた中、あるいは鳥インフルエンザにしてもそうでありますし、今豚の流行性下痢ですか、いろいろな病気がはやって、これが本当に市内では大規模な、何千頭という畜産農家がかなり出ておりますし、万が一に備えてのやはり1回シミュレーションはやっておいたほうが、県とのこれも協議が必要だと思いますが、その辺の考え方、この防除協議会の中で毎年でなくてもいいですから、その辺はどれぐらい、県との話は1回かやったことがありますが、やはり何千頭、何万頭規模だと確かに机上ではわかると思いますが、いろいろな、それこそ交通規制から警察とか、そういう方面まで関連してきますので、ぜひ出てからではパニックになると思いますので、その辺出ないうちにきちんとやってもらいたいと思っております。
 その辺の考え方を聞きます。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農産園芸畜産課長、大久保 仁君。
農産園芸畜産課長(大久保 仁君) 口蹄疫については、平成15年度に口蹄疫発生を想定した防疫演習を行ってきました。19年度に口蹄疫の防疫演習を行って、行動体制や消毒体制の行動を確認してきました。
 今後についても県と協議しながら、防疫体制について協議してまいりたいと思います。
 なお、現在流行している豚流行性下痢PEDにつきましては、家畜保健衛生所で各養豚農家へ消毒や畜舎への侵入防止対策の徹底について、2月下旬に通知をしたところでございます。
委員長(中澤 宏君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) ぜひ口蹄疫のときには各戸に石灰まいて、もう3年以上たったらころっと忘れて、そういうやはり継続することによって、こういう病気は防げると思いますし、今かなり外国からの旅行者も多いので、誰がいつそういう菌を持ってくるかわかりませんので、もう一度再確認の意味で、石灰とそういう各組織の中で進めたらいかがかなと、こう思っております。その辺の考え方もあわせてお聞かせ願います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農産園芸畜産課長、大久保 仁君。
農産園芸畜産課長(大久保 仁君) 防疫協議会で近々総会がありますが、その席上でもそういった防疫体制について議題というか、協議事項として話し合いを進めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) ぜひそういうことは伝えてもらいたいと思います。
 それから、商談会のブースなんですが、これによって登米ブランドという形でどういう製品といいますか、商品が発信なったか、その辺数字的なことがありましたらお知らせを願いたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。ブランド戦略室長、渡邉 誠君。
ブランド戦略室長(渡邉 誠君) こちらのアグリフードエキスポでございますが、こちらまだ我々挑戦したことがございませんで、ことしの8月に初めて挑戦するということになります。
 それで、登米ブランドでございますが、ことしの1月にリニューアルをいたしまして、新しい品目につきましては、今後近いうちに認証品目を決めまして、その上でそうした品目を中心に登米地域の食材と地域の魅力を伝えると、そういった思いでアグリフードエキスポに行ってまいりたいというふうに思っております。
委員長(中澤 宏君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) ぜひ登米市の物産を発信していただきたいと思います。
 それから、水田の利活用でございますが、ここ数年ずっと麦、大豆、飼料作物等々品目は同じなようでございますし、新たな取り組みといいますか、健康、先ほど健康長寿社会、先ほど登米市は平均寿命が県内でもワースト3と言われております。
 そんな中で、やはり水田活用からして、今ほとんど漢方とか、そういう薬草は中国から8割以上輸入していると言われております。新たな戦略として、やはり製薬会社とかいろいろな発信の方法があると思いますが、新たな農水の事業として出ているようでございますので、こういうような、やはり先取りといいますか、そういう事業の今までと違った形で発信する考えがありませんかね。
 今までやった作物が踏襲してよいということではないと思いますので、新たな取り組みとして、この水田、今基盤整備ほとんど進んでおりますので、いかようにも活用できると思いますので、この辺新たな発想でやる気があるかどうか、確認をしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農産園芸畜産課長、大久保 仁君。
農産園芸畜産課長(大久保 仁君) 特に、中国のほうからの薬草の輸入が激減したというか、そういった話は聞いております。
 そういった中で、ある農協の職員とも話ししましたが、そういった薬草の取り組み、自分みずからやってみようかなというような考えの方もいらっしゃいました。
 そういった方々と話し合い、また農協とも話し合いながら、導入できるかどうか、取り組めるかどうか、ちょっと話し合いたいと思いますので、よろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) 結構時間はかかると思いますが、これはぜひ水田活用には生かしてもらいたいなと。いろいろな手間ひまはかかると思いますが、それが新しい取り組みのスタートになって、幾らかでも所得の向上につながればいいと思いますので、ぜひこの分野には積極的に取り組んでいただきたいと思っております。
 それから、輸出促進協議会の中で、いろいろ伊豆沼農産の地元の伊藤さんが会長ということで、みずからもドイツのほうにハムの共進会ですか、品評会にも優秀な成績ということで入った経過がありますし、震災前には日高見畜産が香港、マカオのほうにですか、牛肉のほう輸出しておりましたし、震災を契機にちょっと途絶えて、まだそれからこれから復活するという構想がありますが、登米市には世界に通用するものが多く眠っていると思います。これを発掘して、外国に発信するのがやはりこのいろいろな輸出促進協議会、この働きではないかなと。5,000円の予算の中で、これはただ組んだ、本当に協議会の参加だけかなと思いますが、やはり登米市の産物を外国に発信するということは、非常に、先ほどササニシキも輸出という、そういう牛肉と米と、それからいろいろな野菜とか加工品もいろいろ6次産業化がどんどん進んでいる中で、そういう製品が出たらば、やはりこれからTPPも絡んでくることと思いますので、先んじてこういうのをやったほうがいいのではないかと思います。
 市長、そういう外国に向けての発信の考え方、あったら市長の考えをお聞かせ願いたい。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 農産物、また加工品の輸出につきましては、我々だけでなく、東北農政局とか、いろいろなところとも連携をしながら、情報収集をし、対応をしているというような状況であります。
 また、個別の生産者、農家の皆さん初め、多くの皆さんがそういった意欲を持って今取り組まれております。そういった皆さんからの情報もいただきながら、我々としてはタイムリーに、そして速やかに対応ができるようにしっかりと取り組んでまいりたいと考えております。
委員長(中澤 宏君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) ぜひ実現するように頑張っていただきたいと思います。
 それから、平成29年には全国和牛共進会、宮城全共が候補地、夢メッセに場所は決まりました。これに向けて、今非常に頭数が高齢化のために戸数、頭数が激減しておる状況でございます。3年後、今入れても子牛増えるのが3年後なんです。今やっておかないと、現状維持は難しいと思います。
 その辺の手だて、どう考えているか。
 それから、乳牛も一応100頭の、乳牛の戸数も減っております。今優秀なETという体外受精の優秀な卵で1個10万円とか、そういう価格で酪農家も取引されているところでございます。県の補助はあるにしても、やはり市でも酪農きちんと残ってもらうのには、そういう手だても放牧料だけでなく、頭に入れて、優秀な乳牛を残すような、そういう方向づけもしていただきたいなと思っております。
 まず、和牛のその増頭計画ありましたら。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部次長、遠藤 仁君。
産業経済部次長(遠藤 仁君) 平成29年度に宮城県で開催されます全国和牛能力共進会につきましては、登米市の和牛能力を全国に広める大きなチャンスだというふうに認識してございます。
 その中で、登米市の取り組みとして、そのときに種雄となる茂洋の産種の導入を上乗せ助成を行いながら、これまで取り組んできたところでございます。
 また、その茂洋にかわる次の世代の新しい種雄牛につきましても県内で造成がされておりますので、今後それらの導入支援に力を入れながら、29年度の全共でいい成績が残せるように努力してまいりたいというふうに考えております。
 また、乳牛につきましても農家、頭数減少しております。いい種雄牛といいますか、雌牛の導入、資源の確保ということが重要であります。北海道導入、それから県内導入というふうな事業を進めておりますけれども、今後も継続しながら取り組んでまいりたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) ぜひそういうスタイルで、今までは茂洋で通用してきたんですが、茂洋も安定して頭数大体1,000頭とか、そういう基盤ができたと思います。その後にまた好平茂と勝洋というのが上がりました。これらの今までの保留対策、茂洋に続いて保留選定ということで考えをしていただきたいなと思いますが、そうでないと、3年後にやはり間に合わないんですよ。今茂洋の種も何か調子が悪くて、とっていなくて、そろそろ平成13年生まれですから、もう年齢的にも使用不可能ということで、次の世代に切りかわるので、継続してやはりこの増頭を考えないと、3年後の宮城全共、本当に大丈夫かと。登米市が県内の畜産を支えている、8割がそういう、8割の地区でもそう見ていますので、今後登米市の位置づけというのは非常に大切な頭数確保しないと、そういう何だとならないような、そういう対策をぜひ必要だと思いますので、その辺もう一度お聞かせ願いたい。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部次長、遠藤 仁君。
産業経済部次長(遠藤 仁君) その辺の牛の資源確保というふうなところは、今後とも重要な課題でございますので、農協あるいは和牛改良組合などと協議をしながら取り組んでまいりたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) ぜひ宮城全共は経済効果がおそらく80億円、100億円、未知数でございますが、長崎全共以上と言われる、そういう規模になると思いますので、ぜひ力を入れていただきたいと思いますし、その人材のほうにも牛ばかりでなく、やはり人的な、牛は確保できた。しからば、それを育てる後継者がきちんしないと、その時期というものが9月だと、わら上げとか、そういう農作業とかち合うので、人的なきちんと支えをしないと、本当に共励会が成り立つのかということでございますので、その人的要員の考え方をお聞かせ願いたい。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部次長、遠藤 仁君。
産業経済部次長(遠藤 仁君) 人の育成というふうなことでございますが、人づくり、牛づくりというふうなことで、両輪でいかないと進まないというふうに認識してございます。
 その人的な育成という面で、昨年でございますけれども、若い畜産農家の後継者の方々を宮崎県のほうに研修に派遣をして、向こうの取り組み、先進地の取り組み等も研修をしてきてございます。
 そういう取り組みを図りながら、今後もその共進会を担う若い後継者の方々の育成に努めてまいりたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) いろいろ補助導入事業がありますが、その中の見直しというものもやはり農家が利用しやすいような、そういう条件といいますか、そういう変える、変えるにいいところは変えたほうがよろしいですし、いろいろな県あるいは農協、JAみやぎとのかかわりもありますが、その辺の協議ですか、JAとのおそらく県の補助事業を使うと補助金の関係で規制があると思いますが、独自の流れ、事業というもの、そういうものを考えられないかどうか、確認したいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部次長、遠藤 仁君。
産業経済部次長(遠藤 仁君) さまざまな畜産の事業がございますが、それらの必要性については、農協、私たちともに必要だという認識で一致をしております。
 まだ具体的な事業と、どのような事業を組むかというふうなことは決定しておりませんが、近いうちに新たな畜産の振興策というふうな方向を協議しながら、新しい方向性を打ち出して進めていきたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) ぜひ今やらないと、本当に3年後には間に合わないと。「今でしょ」という言葉がありますが、本当に早速これには取り組んでいただきたいと思います。
 それから、養豚も大体大きくなって、公害等はほとんど出ていないと思いますが、養豚のその個々の状況はどうでしょうかね。公害問題についてはありませんか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部次長、遠藤 仁君。
産業経済部次長(遠藤 仁君) 養豚農家も戸数的には減少してきておりますが、価格面では一定の価格が保たれておりまして、今のところ安定した経営が保たれているというふうに認識しております。
 畜産の公害関係というふうなことでございますが、産経部のほうに公害として届いている状況については、ただいまのところございませんが、今後もそのような適正に畜産のふん尿管理等が行わえるように指導してまいりたいというふうに思います。
委員長(中澤 宏君) 及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) それから、肥育の方でかなり頭数が多い方は、堆肥問題で今かなり苦労していると聞いております。新たな堆肥センターの設置、そういう事業をやはり困っている、今放射能でも困っているし、そういう置き場のない、そういう方が出ておりますので、多頭化は進める中で片手落ちな、それじゃどこに処理するんだと。やはりどこかでつくっていただかないと、増やすに増やされない。米はこのとおりだと。やはり、所得を上げるには、耕畜連携の中で畜産をマッチするのが一番ではないかなと。
 その辺の有機センターのない方の考え方も取り組みをどうするか、お聞かせ願いたい。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部次長、遠藤 仁君。
産業経済部次長(遠藤 仁君) 家畜排泄物処理法におきまして、10頭以上の農家につきましては、堆肥舎の設置というふうなものが義務づけられておるところでございます。
 しかしながら、有機センターを活用するというふうな方法も一つの方法として認められておりますので、有機センターの稼働率がまだ余裕がございますので、今後そちらのほうにもっと誘導しながら、利用率を高めていきたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) 本日登米産米の販売促進専門監がいらしていますので、菅原専門監にお聞きしたいと思います。
 概要の77から78にかけて、食材、それから物産販路拡大事業費、総額で1,460万4,000円計上されておりますが、78ページのその中の登米産米販路拡大事業に要する経費ということで300万円、このいろいろ細かい数字が乗っておりますが、トータルしますと300万円になります。これだけの計上でございます。
 登米産米は、この産出量、県内でも上位を誇っておりますのに、この内容を見ますと、昨年と同様、お試しパック、この作成業務委託料、これだけが大きな事業として計上されているんですね。ですから、この販路拡大事業という銘打っているのにもかかわらず、ただこれだけの方策しかないのか、まずここからお聞きいたします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。登米産米販売促進専門監、菅原貞治君。
登米産米販売促進専門監(菅原貞治君) 登米産米販路拡大事業についてお答えしたいと思います。
 この事業につきましては、登米産米のイメージアップを図る事業としまして、主に首都圏でのホテル等でのPRを行っているところでございます。
 それで、ただ昨年度の中でホテル関係の食品偽装関係、そちらがございまして、そういったホテルの協力をいただきながら、こういったものを進めているところでございますけれども、なかなかちょっとそういったものが減少しているということもありまして、これまでご協力をいただいているホテル等を中心にやらせていただくというふうなことで考えて予算を計上したところ、こういった300万円というふうな数字で計上しております。以上です。
委員長(中澤 宏君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) この事業、ホテルを中心にやっているということなんですが、成果はどうなんですか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。登米産米販売促進専門監、菅原貞治君。
登米産米販売促進専門監(菅原貞治君) この事業の成果と申しますか、この事業自体、平成22年度から行っております。
 それで、この事業につきましては、これまで約3,000万円ほどの事業費をかけております。その間に米の食材として使用していただくといいますか、そういったものを主にやってきておるところでございますけれども、約その利用量といいますか、利用金額でいきますとほぼ同じぐらいの金額で取引をしていただいているところでございます。
 さらに、主食用のお試しパックですか、そういったものをホテル等で配りまして、アンケートもいただいております。そのアンケートの中では約60%を超える方が今現在自分が食べている米よりもおいしいということで、購入したいという方などもおります。
 さらに、インターネットで登米市内で販売しているところも紹介しておりまして、そういったところの販売もあるものと思っておりまして、事業の効果は高いものと思っております。以上です。
委員長(中澤 宏君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) それなりにいろいろと成果は出ているようでございますが、実は先日お米のおいしさのコンクールですか、何かあったようでございますが、その中に登米市産が入っていなかったですね。上位のほうに。いろいろと私もちょっとがっかりしたんですよ。登米市の米は最高だと思っていますから、それがよその町のお米が上位を占めていたということで、ちょっとがっかりしたものですから、この登米産米、何かPR不足があるんじゃないかと。
 例えば、この登米市で一番力を入れてきたのが環境保全米だと思うんですね。今いろいろとよそもやってきていますから、何か最初やった人が引っ込んでいるような、そんな感じもいたします。
 ですから、このサンプルのお試しパックのこの業務もいいとは思いますが、もっともっと力強く明るい農村はお米からというふうな気持ちで、誇りと自信を持って、そしてPRをしていけばいいんじゃないかと、このように思います。
 やっぱり発信を続けることが大切でございますので、自信を持って明るい農村、本当に肝に銘じて進めるべきだと思うんですが、いかがでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。登米産米販売促進専門監、菅原貞治君。
登米産米販売促進専門監(菅原貞治君) お答えいたします。
 食味鑑定コンクールというのが本年七ヶ宿町で行われました。それで、市内からもそういったものに参考出品されている方がおりました。ただ、残念ながら入賞する方は誰もおりませんでした。
 それで、主には、長野県とか、新潟とか、そちらのほうがメーンでございまして、私もその場所に行ったわけでございますけれども、なかなか入賞は厳しかったようでございます。
 それで、やはり今おっしゃられましたように、登米市の魅力としまして、やはり面的な環境保全米の栽培の活動といいますか、そういった環境をキーワードにしたものが必要かなと思いますので、それらを中心に食味だけでなくて、そういった活動もやっているというふうなことでPRをしていきたいなと思っております。以上です。
委員長(中澤 宏君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) それでは、いろいろとご苦労はわかるんですが、この環境保全米、本当に体に大事なんだと、安全・安心なんだよというふうなことで、特に登米市は先駆けて取り組んできておりますので、そういったことをもっともっと前面に出して、先ほどもお話ししましたが、自信と誇りを持ってPRに努めていただきたいと思います。よろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) 要望でよろしいですね。(「はい」の声あり)ほかに質疑ございませんか。岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) 1点、概要書92ページ、観光費、観光振興に要する経費の段で一番下の貸付金、市で行うべき事業なのかどうか。利率は幾らで貸し付けるのか。
 また、貸付予想される件数は何件なのかお聞きします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 旅行業登録支援貸付金についてのお尋ねでございます。
 旅行業の登録を行うためには、登録業務範囲に応じた基準審査を有しまして、また、取り扱い金額に応じた額の営業保証金を供託する必要がございます。
 そこで、登米市では登米市観光物産協会に対しまして第三種旅行業登録に必要な最低営業保証金、いわゆる供託金300万円を貸し付けることといたしております。
 この貸し付けでございますが、5年ということで、無利子で貸し付けをいたす計画でございます。
 このことによりまして、登米市及び隣接自治体の範囲において募集型の企画旅行、いわゆる着地型商品が開発されますので、本市が目指す滞在型観光が促進されるものと考えております。
 他市の事例で申し上げますと、よろしいですか。
委員長(中澤 宏君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 成果表の79ページの生産調整についてお伺いします。
 昨年の米の餌米についてお話をしたところ、収量について見直しすというようなことでありましたけれども、昨年から見ると幾らか減っているようですけれども、この減った基準はどういったことで、4キロぐらいずつ減ったのか、その辺お願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。
 休憩します。
          休憩 午後1時46分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時47分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 農産園芸畜産課長、大久保 仁君。
農産園芸畜産課長(大久保 仁君) 基準単収のことについてかと思いますが、去年より例えば中田町の基準単収は4キロ減収しているというふうなことでございます。
 この基準単収の考え方については、国の数量調整実施要領により、まず第一点が農政局の統計を使うこと、それから第二点目が農業共済組合の定める水稲共済のデータを用いるということで、この2つの客観的なデータに基づいて基準単収を定めることになっております。
 それで、その国のデータについては、過去7年間のうちの最高年と最低年を除いた5年間の平均収量に基づいて、宮城県がその平均数量を市町村に提示するというような内容でございます。
 それによって、その計算方法によって中田町の場合ですと、基準単収が4キロ減収して557キロになったというふうな結果でございます。
委員長(中澤 宏君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 部長、昨年の3月6日、特別委員会、委員長は同じ中澤委員長でありました。その際にこのことについて、国のデータを示して共済組合のデータと大分差異があるということでお話を申し上げました。昨年は、中田は581キロということでありました。
 それで、見直しをしたというわけでありますけれども、実際は4キロずつ減らしただけという、どうもみんなの思っているものと全然違うのではないかという気がします。
 昨年申しましたように、10年間の平均出しますと、中田では大体569キロという、豊里では564キロ、米山では565キロということをこの前お話ししております。
 そういった中において、まだこれだけの差異がある。このことについて、当時真山部長はこう申しました。統計の部分でそういった部分については、今ご指摘いただいた部分については十分受け止めまして、ぜひ農家の方々の実際の感情、そういった部分の違いがないように、今後とも努力していきたいという結果がこのことだというふうに思っています。
 データをいただきました。餌米、ことし飼料用米のみやぎ農協で出した件数は127軒の方がお願いをしたようであります。実際はこの127人中90人が1回目全部出荷するとき足りないよということで、何と70%の方が出荷したにもかかわらず足りないと、そういったデータなんですよ。昨年の作況指数100を超えていました。にもかからわず足りない。平均単収、迫は502キロ、それから登米は527キロ、中田がやや多くで530キロ、平均514キロ、これ今減らしたと言っている登米市の平成26年度産のこの慣行栽培基準よりもなお低いんですよ。
 こういった状況で、今後この飼料米をやっていくということは大切な重要なこれからの稲作において戦略になっていくわけです。にもかかわらず、これだけの収量の格差がある、なおかつ昨年確か103かそこらの中で餌米があったにもかかわらず、登米市の10アールあたりの餌米の飼料米の平均収量は514キロですよ。単純計算で40キロ以上違うんですよ。
 収量で予定よりも約90%なっている。結局市が認めたよりも昨年は10%ぐらい皆減収して足してくれという、そういった内容でした。
 これが平成26年度産で見直したということに本当になるんですか。もう一度お願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部次長、遠藤 仁君。
産業経済部次長(遠藤 仁君) 今の単収の件でございますが、餌米の出荷数量につきましては、契約のくらい出せなかったというふうなことが多数の農家にあったというふうなことは認識をしてございます。
 その中で餌米の制度としてでございますけれども、これまで昨年その前まで、昨年までですか、昨年までは餌米を作付する水田を指定をして、そこから出てきた生産された餌米を全て出荷していただくというふうなものが基準になっておりまして、農家経営体の中での増減といいますか、差異があるわけですけれども、それについては特に問題はなかったということでございます。
 その後、ことし平成25年産米ですか、の餌米から総体な1筆方式ではなくて、別の全体の中で何キロを出荷するというふうな契約に基づいた餌米の出荷方式に変わりました。
 そういこうとで、反当五百何キロというふうな契約のもとに出荷をしていただいたんですが、それは個別の生産圃場を指定するものではなくて、全体の経営の中でその出荷数量を出荷していただくというふうなことになったところでございます。
 その中で契約のくらいまで至らなかったというふうなのが実情、現状がございます。
 その中で、町域ごとの基準単収の見直しというふうなことで、水田農業再生協議会の中で検討してきたわけでございます。
 その中で、考え方でございますが、登米市に県、国、県のほうから転作の配分面積が来るというふうなことで、面積で割り戻しますと、登米市の単収、平均単収が出るということでございます。
 その平均単収を達成するために、各町域ごとに農業共済組合が持っている何等級、何等級という農地基準、それに基づいて係数を掛けまして町域ごとの単収を見出していくというふうな手法をとっておりました。
 その手法を例えば中田が高いというふうなご意見を頂戴しておりますが、さまざまな手法がないかというふうなことで検討をさせていだたきました。
 まず1つは、登米市1本で同一単収にできないかという検討をさせていただきました。その検討の結果、一番高いのは中田ですけれども、最も低いのが津山でございます。そこの町域ごとの単収の差が53キロというふうに、1俵弱の差があるということでございますので、そこを一本化にするというふうなことは難しいのではないかという判断になりました。
 それから、2つ目の検討で、単収の低い地域、津山、登米、東和、北上川の東側の地域、中山間といいますか、そちらの地域と北上川の西側の地域に2つに分けて単収を設定したらいいのではないかという方法も検討させていただきました。
 その中では、東側の中山間の地域、3町の平均というふうなこと、あと西側についても残りの9町の平均というふうな数値を仮に用いる方法等も検討いたしましたが、平均というふうになりますので、中田地区については下がりますけれども、他の地区については上がるというふうな矛盾といいますか、その別の地区から言わせればこれは納得できないというふうな話などもあります。
 さらに、その3地区、上位3つに区分してというふうな方法、上位3町域、それから中位の3町域、低い地域の3町域というふうなことでも同様の考え方をして、試算等もしてみましたが、なかなか今お話をさせていだたきました理由によって見直しをすることはできないと。
 再生協の中では今の公的といいますか、国の平均単収、それから共済組合の基準単収等を用いながら積算をしていくのが最も公正平等なやり方だろうというふうな結論に達しまして、今回これまでと変わりはないんですけれども、同じような方法で配分をさせていただいたというふうなことでございます。
 ただ、その結果4キロ下がったというふうなことでございます。
委員長(中澤 宏君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 検討はしたということですけれども、実際は、この慣行栽培基準単収、例えば中田町の人たちは577キロ、慣行栽培で皆さん9俵半とっているということですよ。昨年よりも見直して4キロ低くした。そうすると、慣行の方は去年中田町域の方はみんな9俵半以上とっているという、すごい、私には信じられないような単収なんですけれども、このような数字が現実的にじゃ平成25年度産で皆さん9俵半以上とったと本当に思っていますか。
 そういうことをしっかりともっと実態に合った平均単収を出してくださいよ。各町域みんなそうだと思うんですよ。どこ、平均で9俵半とるなんて、今どき信じられませんよ。追肥を3回か5回するなら9俵、10俵皆とります。今周りはほとんどが環境保全米になっていますね。誰も追肥なんかしている人本当にまれですよ。
 そういう中で、誰も追肥している中で9俵半以上とる、何もしないでとるなんていうのは、至難の技です。
 そういうことを平気で何か机上でやっているようにしか思えない。やはり、もっとしっかりとしたこの慣行栽培で本当にどれだけとれたのか、昨年さえも102か103のあの作況指数現実と大分違うと言われていますよ。
 そういう中で、そこ私はあえて否定する根拠ないからいいですけれども、しかし、現実に私たちは9俵半以上平均とっている方は、昨年本当にまれだと思います。
 そういうことを考えると、このこれから先餌米、この飼料米をどんどんとやって、いって米の政策が変わっていく中でここをしっかりやっていかないと、いやとってもやってられないと、8万円もらっても大変だよというお話になっちゃうんですよ。
 そこのやっぱり差異がないような、もう少し平成26年度ももう25年度産終わったものを検討しろと言っても無理かもしれませんけれども、平成26年度産米については、北上川の西でも東でも結構です。それから、各町域のキロごとに何カ所かの数点の記録をとって、本当に実際1.9、1.75でどの程度の米の普通栽培でとれているか、そういったデータに基づいてやっていかないと、だんだんに餌米やっていく方少なくなりますよ。どうですか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 基準単収の設定等の考え方については、ただいま次長が申し上げたとおりでございます。
 ただ、今いろいろご意見を賜りまして、確かに55年産につきましては、実際の収量とそれから東北農政局等で発表いたしました収量等の開きがあるというのは、確かに農家の皆さんの声として現実に私どもにも届いてございます。
 ただ、現状の転作についての基準収穫量の考え方につきましては、合理的な単収を採用しろというふうなのが1つの基準でございまして、その基準となるものが地方農政局の統計部あるいは統計部の統計情報センターが毎年発表する市町村別収穫量、それに基づいて、あるいは農業共済組合等が定める水稲の共済の単位当たりの基準収穫量、そういった部分での配分の、あるいは基準単収の設定の仕方というふうなことがうたわれてございますので、市として、あるいは市の農業再生協議会においてそもそもの基準の部分をこれ以外の部分で採用するというふうなことはなかなか難しいというふうなこともございますし、実質そういった数字というのは例えば平成26年度から27年度に向けて実施する際に町域ごとに調査ポイントを市で独自に定めて、それに基づいた設定をしていくというふうな場合においても、過去何年間かの蓄積というふうなものも必要となってきます。
 そういったところからしても、現状としてこういった基準とされてございます地方農政局統計部あるいは農業共済、そういった数値を使わざるを得ないというふうなところが現状でございますので、ご理解をお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) 沼倉利光委員。
17番(沼倉利光君) 昨年も申しました。この栗原登米地域の類型の統計、昭和50年から平成16年までのデータしか私は去年入手できなかったんですけれども、そのデータを平均すると、例えば中田町域では564キロですよ。どこから持ってきて五百七十何キロなんて、みんな9俵とるなんていうのはどこから出てくるんですか。本当にこのデータお読みになったんですか。
 ほかの町もそうですよ。やっぱりもっとしっかりとした国の基準に基づいたこのデータをしっかり前から出ていますから、何も平成26年度産米だけでなく、前からこれからやろうとすることもあわせてやれば、ちゃんした別なデータが修正できると思います。やはり、農家がこれから、さっき言ったような、2回目でもう一回収量よくしてください。もう一回くださいなんていうことをやると、これから先飼料米をどんどんとしなくちゃならないこういった時代のときに、農家と考え方にギャップがあると困ると思います。
 やっていく産経部も大変だと思いますけれども、そこについてしっかりとした農家が納得できるような、やはり努力をしてほしいんですけれども、いかがでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) ただいま委員のお示しいただいた部分につきましては、その合併前の平成16年度までの数字ということで、これは町域ごとに出てございます。
 それから、その後平成17年度合併いたしまして、25年度までは登米市1本で農政局のほうでは発表してございます。それの参考までに申し上げますと、平成17年度で577、それから高いところで申し上げますと、平成22年が573、23年度569、24年度588、25年度577というふうに、登米市1本としてなって以降、農政局公表の市町村別の収穫量が数字が上がってございます。ですので、16年までをとってみると、確かに委員お話しのとおりでございますけれども、合併以後の数値を比べてみますと、この今の570というふうな幾らというふうな部分に数字の出し方といいますのは、先ほど次長等が申し上げましたように、5年の中の最低と最大を除いた中間の部分の平均ということになれば、今の数字というのが農政局が発表した数字そのものでございます。
 それで、農政局のほうに私どももどういった調査の上でこういった市町村別収穫量が出ているのかというふうなことをお聞きしたところ、宮城県北については、170カ所の調査ポイントがあるそうでございます。それで、登米市の中でははっきりとこれは公表されていないわけでございますけれども、45カ所程度登米市内に調査ポイントを持っていると。そして、そこでそのものを調査を算出して、そしてふるい目については1.7以上で算出をして、いわゆる3等米以上ですね。3等の品以上というふうなことになっていますけれども、そういったことで調査をしているんだというふうなことでございまして、私どもといたしましては、多分農政局もきちんと調査の上で出しているわけではございますけれども、その農家が実感を捉えられるような、もう少し精度の高い、そういった調査を行っていただけないかというふうな申し入れはいたしてございますけれども、現状としてその数字として使用できる部分というのは、先ほどそしてただいま申し上げましたこういった中身になってございますので、よろしくお願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。
 質疑がまだあるようでございますので、これから10分間休憩いたします。
          休憩 午後2時06分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時13分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に続き、会議を開きます。
 5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費の質疑を続けます。質疑ありませんか。佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 大きく分けて4点ほどありますので、1点ずつお伺いしたいと思います。
 まず、1点目なんですけれども、ことし国の農政の転換で、その大きな柱として、農地中間管理機構、そのことが言われております。10年間で全農地の8割を集積したいという方向らしいんですけれども、国はその政策の基本としてこの機構を捉えているというふうに聞きました。
 その中で、今回市の予算の中にどこら辺がその部分について反映されているのか、ちょっとお聞きしたいと思います。
 おそらく今ちょっとわかる範囲では、農業委員会の電算化の関係なのかなというふうに思うんですけれども、そこら辺もしわかりましたらまずお願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農林政策課長、岩淵俊明君。
農林政策課長(岩淵俊明君) 平成26年度に新たに農地中間管理機構という機関が新設される計画でございます。現在宮城県の予定でございますと、来月に設立されるというような予定になっておるようでございます。
 それで、ただいまご質問ございました新年度予算での予算の計上はどの辺にというご質問でございますが、宮城県に1つ機構が設立されまして、その機構からいわかゆる市町村をはじめとして関係機関にどのような内容で業務委託されるかまだ決定されておりませんが、機構が担当する業務のうち市町村あるいは関係団体に業務委託されるものというような項目がかなり多くございます。
 その項目をどの部分を市町村に、あるいはどの部分を関係機関にというものがまだ機構も設立されておりませんので、まだ決定はされておりません。
 したがいまして、現在の予定ですと、4月に機構が設立された後に、具体的にその辺の内容が詰められてくるというのが6月までかかるというような、現在の予定となってございます。
 したがいまして、登米市のみならず、宮城県下の自治体にどういうもが業務委託されるということが原案が決まれば、当然議会の議決を仰いで受委託の契約という運びになりますので、それらの事務の進捗を見据えて市の予算計上もしてまいりたいというように現在考えておりますので、この機構の関係につきます新年度予算への計上というのは、現時点では実施はしておりません。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 答弁を続けます。農業委員会事務局次長、鎌田智之君。
農業委員会事務局次長(鎌田智之君) ただいまのご質問のありました農業委員会が所管いたします農地情報データでございますけれども、こちらにつきましては、農地台帳の一部をシステム化いたしまして、情報公開をするというふうなことになってございます。
 ただ、このシステム改修に伴います経費等につきましては、今現在全国農業会議所のほうで検討が始まっているというふうなことでございまして、今後そのシステム改修に伴います、もし経費が必要だというふうなことであれば示されてまいりますので、平成26年度の当初にはそのシステム改修に伴います予算につきましては、計上はしていないというふうな状況でございます。
委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) わかりました。これは、6月以降ということですので、その時点でお聞きします。
 2点目なんですけれども、概要の76ページに環境保全型農業の推進の中で、鳥獣被害認定委員の謝金とありますけれども、まず、その中での1点ですけれども、被害額の推定というのはどのぐらいの額になるんでしょうか。
 それから、2点目ですけれども、鳥獣被害、たしか去年の暮れかことしの初めかちょっと忘れましたけれども、何か一斉に駆除期間として設定してやられたようなんですけれども、そこら辺の成果はどうだったのかお伺いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農産園芸畜産課長、大久保 仁君。
農産園芸畜産課長(大久保 仁君) まず、第1点目の鳥獣被害認定委員謝金でございますが、これについては、伊豆沼周辺(「被害額」の声あり)被害額については、昨年はちょっと把握していませんが、平成23年度ですと、被害額65万2,000円といったような形で、大体毎年このぐらいの鳥獣被害額が発生しているものと思います。
 ただ、被害が出てもこちらのほうに報告とか連絡とかございませんので、それ以上の被害が出ているものと思われます。
 それから、自治体の有害駆除の状況でございますが、9町域ありますが、それぞれの有害鳥獣駆除隊においては、多いところで6回、少ないところで3回というふうなことで実施しております。
 ちなみに、実績でございますが、9町域では例えばスズメが731羽、カラスが1,707、キジバトが82、カルガモが277、ドバトが43ということで、平成25年度の実績状況でございます。
委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 今各9町域で駆除隊という話があったんですけれども、9町域で駆除隊員として登録されている方はどのぐらいの人数になるんでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農産園芸畜産課長、大久保 仁君。
農産園芸畜産課長(大久保 仁君) 9町域で現在のところ104人の方が隊員として登録されております。
委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) それで、国としては鳥獣被害にハード面も含め、ソフト面も含めてかなり事業は用意されているようには聞いているんですけれども、なかなかそこら辺登米市として今今後どういうふうなスタンスでいくのか、なかなかこの中では見えないんですけれども、その点について、ちょっと部長からお聞きしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 国のほうでは特措法でこれまでソフト事業が主だったんですけれども、それに加えて、囲いとか、そういったハード面についても対象になるような制度に変わってきてございます。
 そういった中で、登米市の現状といたしまして、ただいま課長がお話ししたとおり、ただいま104名の有害駆除隊員がございますけれども、かなり高年齢化してございまして、この先減ってはいくものの、なかなか増えてこないというふうな実情の形だというふうに思ってございます。
 そういったことから、市として有害鳥獣隊を組織化を再編いたしまして、できれば有害駆除の実施隊というふうなことで再編成を図っていければというふうなことを考えてございます。
 その内容等につきましては、これまで有害鳥獣に当たった段階で例えば事故があった際の公的扶助とかもございませんので、そういった駆除隊員として身分をきちんとした上で当たられるような、そういった制度に移していきたいというふうなことで予定しているところでございます。
委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 3点目お聞きしたいと思います。
 概要の82ページの中山間地の問題なんですけれども、登米市で中山間地に指定というのか認定というのかちょっとわかりませんけれども、どれだけの地域が指定されているのかお聞きしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農村整備課長、千葉 修君
農村整備課長(千葉 修君) 登米市で中山間地域に当たるのは、東和、登米、津山、この3町域でございます。
委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) これは、町ごとの指定なんですか。それで、例えば町全体ということで、面積も含めてそういうふうに捉えてよろしいんでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農村整備課長、千葉 修君
農村整備課長(千葉 修君) 過疎地域に指定されている町域ということで、ただいま申し上げました3町域になります。
委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) それで、この実際の事業の内容、これはおそらく圃場整備関係なのかなと思うんですけれども、事業の内容について簡単に説明お願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農村整備課長、千葉 修君
農村整備課長(千葉 修君) 概要の82ページの中山間地域総合整備事業でございますが、これにつきましては、県営の圃場整備事業、それから農道事業、集落道事業、それから排水路事業とメニューがたくさんある事業でございまして、県のほうで事業を進めてもらっております。
委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) これは、農家負担はどれぐらいになるんですか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農村整備課長、千葉 修君
農村整備課長(千葉 修君) これにつきましては、それぞれメニューによって補助率が違いますが、生産基盤圃場整備事業でございますが、これについては国50%、県32.5%、市が7.5%、農家が5%の負担となります。
 それから、生活環境ということで、集落道等の整備でございますが、これが国が50%、県費が32.5%、市費が12.5%、農家負担はございません。
委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) この中山間地の基盤整備事業なんですけれども、ちょっと農林省に聞いたときに、ことし新しい事業ができたということで聞いていたんですけれども、農業競争力強化基盤整備事業という情報は入っているんでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農村整備課長、千葉 修君
農村整備課長(千葉 修君) その事業については聞き及んでおります。基盤整備促進事業、この事業につきましては、中山間といいましても既に区画整理がされている水田の畦畔の除去で区画を大きくする、それから、暗渠排水等で排水をよくする、それから、老朽した施設の更新、用水路の増設等の水利事業でありまして、このような性質の事業の関係で、改良区のほうで、土地改良区のほうで取り組んでおります。
 迫川沿岸、それから豊里、登米吉田のほうで取り組んでおります。
委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) そうですか。これ、じゃ改良区で今事業として。
 これ聞くと、12.5%農家負担がゼロになるというふうに聞いていたんですけれども、そういうことでよろしいですか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農村整備課長、千葉 修君
農村整備課長(千葉 修君) この関係につきましては、定額と定率ということでスタートしたんですが、途中で事業の制度等が変わってございます。はっきりした関係はございませんが、暗渠排水等につきましては、迫川沿岸等については農家負担なしで、ただし、その事務が手間かかりますので、事務費程度負担して事業を進めていると、そう聞いております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 概要の78ページの登米ブランド推進事業に要する経費にあるいは該当してくるのではないかと思いつつ、農水省の新規事業についてお尋ねをします。
 平成26年度予算概要要求の概要の33番目に薬用作物等地域特産作物産地確立支援事業、金額は小さいんですが、4億6,800万円がございます。これ、私どもの会派でも農水省のほうに出向きまして研修してきたとき出た話題でもございますが、今薬用、いわゆる漢方薬の原料といったものが国内生産がほぼなくて、輸入に頼っていて、非常にメーカーとしても困っているような状況がありまして、漢方薬メーカーの事業情報の取りまとめ提供とか薬用作物の新たな育種、栽培、生産技術に関する研究の推進が農水省の役割だというふうに聞き及んできております。
 そこで、こうしたことにいわゆる一大産地がないわけですので、いち早く登米市が取り組んだ場合、トップの産地としての地位が確立できるのではないかと思いますので、その辺の対応の仕方等についてお尋ねしておきたいと思いますし、これの研修会が3月20日に東京でございます。それにはある議員は行くそうでありますが、ぜひかかわる所管課としても対応していただければよろしいのではないかと思いますが、いかがでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) ただいまの薬用作物等地域特産物産地確立支援事業というふうなことで、農水の新規政策というふうなことでございますが、これにつきまして、事業の詳細についてはまだ何も入ってきていませんで、そういった予算の概要書だけの今情報の提供というふうなことになってございます。
 先ほども委員さんからお話しいただきましたように、薬用の栽培について、これまで登米市としての取り組みというのは市内にほとんどない状況でございますので、そういった取り組みについては、まるっきりの新規というふうなことの取り扱いになるかと思います。
 そういった中で生産を進めていく中で、どういった流通でどういった出口の部分があるのかというふうな部分も含めて、関係機関と調査をしながら、そして意欲のある生産者がおれば、そういった取り組みも進めていくべきものというふうに考えてございますけれども、現時点でまだその研究等にも入ってございませんので、今後そういった可能性も含めて関係機関と協議してまいりたいというふうに思ってございます。
委員長(中澤 宏君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 日本全国どこの地方でも多分まだそうした取り組みや傾向がないと思います。ですから、私の肌感覚として最も有望な作物ではないかというふうに思っているものですからお聞きをしたわけですが、このいわゆる研修に出向くと結構なお金かかるんですよ。ですから、向こうのいわゆる専門家の大学教授なりなんなりをこちらに招聘するというのが一番いい方法ではないかと思っているんですが、そうしたことも可能でしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 農協、共済あるいは改良区等、関係団体で構成しておる協議会も持ち合わせているところでございますので、そういったところの中でそういった研修の部分も含めて事業を行っている部分もございますので、そういったことを含めて対応について協議してまいりたいというふうに思ってございます。
委員長(中澤 宏君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 余り乗り気ではないようですが、あのとき知恵をつけたのにということのないように、ぜひ対応していただきたいと思います。
 15番議員が非常に熱心でございますので、そちらにあと譲りたいと思います。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。浅田 修委員。
15番(浅田 修君) 薬草とは全然関係ないんですけれども、水稲直播の件で伺います。
 水稲直播で奨励金を出しているような状況でありますけれども、どの直播の手法が一番いいのかなというデータはつかんでいるのでしょうか。
 どういった、これから何年間続くかちょっとわかりませんけれども、この件について、どのようなデータつかんでいるかお伺いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農産園芸畜産課長、大久保 仁君。
農産園芸畜産課長(大久保 仁君) これまでの直播の収量でございますが、展示圃での収量を調査したところ、乾田直播で8俵、湛水直播で6俵から7.5俵というふうな収穫の結果が出ました。
 それで、乾田直播のほうもかなり収量がとれるということで、そちらのほうの機械整備のほうの支援も現在予算のほうに盛り込ませていただいています。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) そういったデータをつかんで、今後は乾田直播がいいのかなというような、もうちょっとその点皆さん方に、農家の皆さんにどのような周知徹底されているのか。ただ単にメーカー任せの中でやっているような嫌いがあるようです。
 でありますので、やはり乾田直播はこのような手法で、技術的な面ではこうですよ。肥料設計はこうですよ。やはりもうちょっとデータをつかんでいるんだったら、そういったものを流して、そういったものを今後生かしていただきたいというような、やはり農家に対してのPR、そういったことをぜひやっていただければというふうに思いますが、その考え。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 水稲直播については、毎年収穫して、そして各データが出そろった段階でその検証のための研修会を開催してございます。そういった際に、普及センター、農協、それから展示圃あるいは取り組み、そういった農家も含めて、そのほか水稲部会等通じてご案内してやっているところでございますけれども、その中でこういったデータもお示ししながら、検討会を実施しているわけでございますけれども、なお、一般のその他の農家さんの部分に関しての情報の伝達については、今後考えてやってまいりたいというふうに思ってございます。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) ぜひ今後大規模化を言っている登米市農業であればこそ、やはりそういった面でもうちょっと力を入れていただければというふうに思います。
 それから、先ほどもお話あったんですけれども、登米産米の販路拡大事業なんでありますけれども、市長、トップセールスで頑張りますよというようなお話でありました。昔ですか。成果、数字的に幾らぐらい上がりましたかね。市長が一生懸命頑張って。その点お聞きします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。米販売促進専門監、菅原貞治君。
登米産米販売促進専門監(菅原貞治君) 先ほどもお答えいたしましたけれども、この事業でのお米の販売、そういったホテルでの販売ですけれども、約120トンほど販売しております。
 その他、牛肉等の畜産物関係も同時に購入もいただいております。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) なかなかちょっと見えないんですね。これぐらい、何年より販売戦略一生懸命やって頑張ったらこのぐらい出てきましたというようなことが全然なかなか比較検討が全然されていないという中で、120トンというとどこを基準にして120トンなのか全然わからないんですね。
 その点、もうちょっと詳しいデータでいいですから、後で……、できるの。お願いします。その点伺います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。米販売促進専門監、菅原貞治君。
登米産米販売促進専門監(菅原貞治君) 年度ごとにホテル等で購入していただいた分の取りまとめをしているものがございますので、後で資料で提出したいと思います。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) なかなかどこの地区でも米の販売戦略やっているところなんですけれども、もうなかなか頭打ちのところはそれは重々知っているところでございますけれども、なお頑張ってやっていただければというふうに思います。
 それから、もう1点でありますけれども、地域産材の件でございます。
 50%以上使用すればということで、40戸で2,000万円の予算つけているところでございますけれども、1戸当たり50万円ですか、使用すれば。それで、いろいろな大工さん等の中でもお話聞いたんですけれども、そういった地元産を使うとなると高いと。50万円以上の価値があるんだか、普通の相場より高いというふうな話なんです。
 どうなんでしょうね。そういった情報は入ってないでしょうか。
 そして、そういった話、1カ所ばかりじゃなく聞いておるので、ではということで、やはり地元産使った、そして木造の新築ができたという中で、固定資産税の軽減を図っていったほうがいいのかなと。早く言えば地元産を使ってもいいから、固定資産税の軽減を図っていく。早く言えば地元産の木材使えば高くなっている。固定資産の評価も高くなると。そういう悪循環、木材販売としては悪循環ではないんですけれども、そういった考えもあるのかなと思いますけれども、その点の考え方ありますかね。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農林政策課長、岩淵俊明君。
農林政策課長(岩淵俊明君) ただいま地域材需要拡大支援事業の件でお話しいただきましたが、現在いろいろなハウスメーカー等の進出でいろいろな建物の建て方が種々広く、そして経費もいろいろございます。
 この事業につきましては、木造軸組み工法と、いわゆる昔から古来からある木造の基本の工法でございまして、確かに建坪あるいは階層、ほとんど2階ですけれども、住宅であれば。そういう、いわゆる建坪によってやはりこの補助金を得るよりも他の工法と比べてかかりますというふうなのも若干私どもは聞き及んでいる部分はあります。
 制度の趣旨とすれば、いわゆる市内産材を使用した住宅の新築、増築に用いる経費に対して助成するというようなことですので、その個々建主の建坪等の考えがおのおの違いますので、その中で種々建主の方にはこの補助金制度が有利なのか、他の工法がどうなのかという広い検討の中でそれぞれご判断して、使われる方はこの助成制度を使っていただいているというような現状にございます。
 したがいまして、平成22年度からこの制度運用してまいりましたが、震災後ということも影響したかと思いますが、ここ複数年補助金の交付戸数というのは伸びてきておるというような状況下にございますので、個々事案見ればそういうこともあるかもしれませんが、私どもとすれば古来からある木材の軸組み工法の中で一定の基準に沿った形でこれまでどおり助成してまいりたいというように考えてございます。
 なお、税制関係との兼ね合いにつきましては、私のほうからの答弁は控えさせていただきたいと思います。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) 税のほうは、そうなれば税のほうは動くんでしょうけれども、その中で、定住促進どこで話せばいいか、ちょっと遅れた感もあるんですけれども、そういった新築する場合も登米産材も使う、そして定住、生産人口が来てくれるという中で、登米市は果たしてどのような事業展開を今されているのか。そういった、もうちょっとそういった地元産材なりなんなり使って、そういった家を建てればいろいろな面で補助してあげますよというのが隣町ではやっているんですよね。
 だから、やはりそういったものも含めて、総合的に考えていただければいいのかなと思うんですけれども、どこからも答弁出ないでしょうかね。今の款違いますか。款違うというんだったらいいです。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 定住に向けた取り組みは、ただいまのそういう地域産材の活用に対する助成であったり、あるいは多分若者定住に向けた税の軽減であったりと、さまざまな方法があろうかと思います。
 そういうさまざまな方法に向けた総合的な取り組みは、私どもこれから必要だなというふうに思ってございます。
 ただいまのご示唆を参考にして、今後研究させていただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。關 孝委員。
7番(關 孝君) 概要書92ページ、7款2項1目の観光費から、観光キャンペーンにかかわって登米風土博覧会に関連してお尋ねをいたしますが、4月の26、27日、長沼フートピア公園を会場にということでございますが、これにあわせて東北風土マラソンというのが開催されるというふうに聞き及んでおります。27日の開催だそうですが、市と教育委員会が共催という形になっております。
 まず、市と教育委員会のかかわり、どのようにかかわっていくのかお尋ねをいたしますとともに、これを計画するに当たって、先般ようやく新聞報道でその開催を我々地元としては知ることになったわけなんですが、2,000人のランナー、それからフルマラソンということで、長沼の湖周道路がメーン会場になるわけなようでありますが、多くの観光客あるいはこの出場者を迎えるに当たって、準備体制といいますか、その辺については課題はないかどうかお尋ねします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 東北風土マラソンについてのお尋ねでございます。
 まず、共催のかかわり方ということでございますが、このマラソンにつきましては、民間の団体あるいは首都圏のボランティア団体の皆様、それから民間企業の皆様、そういった方々が被災地とのかかわり合いの中でぜひ宮城のほうでフルマラソンを実施したいと。登米市のほうで実施したいというような考え方があったようでございます。
 我々といたしましては、12月に正式にこういった取り組みをしたいんだといったようなお話がございました。そこで民間のほうで盛り上がっているのであれば、市としても応分のご協力をしたいということで申し上げましたが、ただ、なかなか話をしていく中で、準備が少し不足しているような状況もお聞きしましたので、市がかかわるのであれば、しっかりとした市のかかわり方を検討させていただきたいということで、何度か打ち合わせをいたしまして、こういった状況まで進んでいるのであれば、市も共催をさせていただきたいと、いただきたいといいますか、共催を求められましたので、共催をいたしますというふうにお答えいたしました。おそらく教育委員会も同じような考え方だと思います。
 それから、準備体制でございます。準備体制につきましては、先ほど申し上げましたように、若干遅れているようなところもございます。例えば、コースでございますけれども、警察とも何度も打ち合わせをいたしまして、実はきょうの午前中警察も含めまして、現場のコース確認をしているところでございます。
 それから、選手2,000名でございますが、数日前の段階で400名ほど申し込みがあったというふうに聞いております。
 それから、ボランティアの関係でございますが、こちらはなかなか民間、ホームページ等で呼びかけてもなかなか思ったようには現在集まっていない状況でございますが、市内の企業等から30人ですとか、50人ですとか、そういったまとまった数で事務局のほうに申し出があるというふうに聞いております。
 開催まであと1カ月足らずということでございますので、市としてもしっかり大会が成功に終わりますように取り組んでいきたいと考えております。
 フルマラソン……、よろしいですか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を続けます。生涯学習課長、佐々木洋一君。
生涯学習課長(佐々木洋一君) 先ほどの関係でございます。教育委員会にご相談ございましたのは、子供たち、メーンスポンサーの会社が小学生、中学生を無料でご招待したいと。私どものほうにつきましては、なかなかその連絡先がわからないということで、教育委員会のほうでひとつそちらのほうにご案内いただけませんでしょうかというような依頼ございまして、そちらのほう担当しているところでございます。よろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) 昨年、一昨年風土博覧会が開かれて、長沼周辺、特におととしは好天に恵まれまして、県道が非常に渋滞を起こして会場に入れなかったというのが実情であります。
 そうした中で、さらに2,000名の選手あるいはスタッフを迎え入れるということになりますと、当然駐車場等々に、あるいは交通渋滞大きな影響を与えるのではないかというふうな懸念があります。
 それから、何よりもよそからさまざまなボランティアを迎えられてやるのも一つの方法かもしれませんが、地域の方々の協力、そして地域の方々のボランティアあるいは理解をいただけない限り、大会の成功はあり得ないのだろうと思います。
 お話では地域に対する説明会が開催されるということでありますが、今後短い期間の中でこの大会、1人参加料5,000円だったかと、参加料ということでもありますし、長沼をPRする絶好の機会でもあります。
 しかしながら、大会を開催して、さまざまな課題あるいは5,000円相当なかったと、何だというふうなことになったのでは、大変危惧するものですから、大会の名誉会長としての市長の決意を伺いたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 委員からご指摘をいただいている内容、もちろん我々としてもそういった部分十分に危惧をし、また内容の精査をさせていただいておるところであります。
 そういった意味では、まだまだその地域の皆さんに対する働きかけ等について十分ご理解をいただけている方々、またまだそういった内容等について十分にご承知おきをいただいていない方々もいらっしゃるというように聞き及んでおります。
 そういった意味では、早急にまず多くの皆様にそのありようについて知っていただきながら、そしてご協力をいただくような体制づくり、しっかりと整えてまいりたいというふうに考えております。
 また、このマラソン、走る、競技をするというだけのマラソンではなくて、要するにその地域の特産物等を食べたりしながら、楽しみながらマラソンをするという、フランスで開催されておりますメドックマラソンというマラソンの日本版というようなことでのマラソン大会ということだそうでございます。
 そういった意味では、実は登米市のみならず、この東日本大震災で被災をした岩手、宮城の沿岸各地の自治体の特産物等の提供も協力もいただいているというようなお話も聞いておるところであります。
 そういった意味では、登米市のみならず、近隣市町村挙げて協力をいただきながら、しっかりと盛り上げ、またご参加いただいた皆さんにご満足をいただけるような、そのような大会にしなければならないというふうに思っております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。佐藤恵喜委員。
25番(佐藤恵喜君) 簡潔にお伺いします。
 大都市学校給食への食材供給もという代表質問に対して、現在豊島区内小学校年1回宮城米給食の日に登米産米提供していると。魅力ある登米市産農産物を認知していただき、学校給食等に利用されることへの下地づくりを進めてまいりますという答弁でした。
 可能性はあるんでしょうか。
 下地づくりと段階でなくて、直接もうずばり取引スタートと、そういう交渉というか、そういう段取りというのがいくものなんでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。登米産米販売促進専門監、菅原貞治君。
登米産米販売促進専門監(菅原貞治君) 豊島区と宮城県は連携協定を平成17年度に結んでおります。その関係で豊島区のほうでは震災以前は結構宮城県産米、登米産米を中心とした宮城産米が利用されておりましたけれども、震災を機に一斉に全部使われなくなってしまったんですね。それで、今般宮城県の東京事務所の紹介もありまして、登米産米を実際あちらのほうで味わっていただいて、そちらのほうの有名なシェフの協力をいただきまして、そういった利用の親子料理教室という形で現在やっております。
 それで、県と一緒にその中でかつてのように豊島区を中心に学校給食の中で宮城県産米を使っていただくように、いろいろな働きかけをやっております。
 その一環としまして、宮城米給食の日ということで、宮城米マーケティング推進機構とも連携しまして、特に去年なんかは全部登米産米を全ての学校のほうに提供しましてPRをしているというふうなことでございます。
 それで、現時点で商談までいっているかというふうなことでございますけれども、まだそこまではちょっとなっていない状況でございますけれども、県と一緒の考え方としましては、それをかつてのようにやっていきたいというふうな同じ考え方で進んでおります。以上です。
委員長(中澤 宏君) 佐藤恵喜委員。
25番(佐藤恵喜君) それから、これも代表質問で取り上げましたが、米単作からの脱却ということで、先日河北新報でも県議会でもこの農政の大転換に対しての質疑が結構交わされたということであります。
 その一つに、本市も園芸振興に力を入れるということで、5,700万円ほどの直接的な経費ですか、ありますが、部長として新年度こうした事業展開して、そういういわば園芸振興、飛躍的前進への一歩が踏み出せるという年になるんでしょうか。どんな見通しなんでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 園芸振興については、特に予算の拡充は平成25年度から実施してまいりました。
 そういった中で、補助事業も支援の中で大分拡充して、平成24年度と比べて25年度拡充して取り組んできたわけでございますけれども、そういった中で、その推進方法としては、各部会等に出向いて、その事業内容をお知らせしたり、あるいは取り組みを今後どうしていくか。そういったことの聞き取りを含めながら、取り組んできたところでございます。
 また、しかしながら、新たな取り組みというふうな部分はなかなか発掘ができかねている状況でございます。そういったところも含めて、特に施設園芸あるいは花卉栽培等もそういった状況になってございまして、ですけれども、今後もさらにそういった部分も推進してまいりたいというふうに考えてございます。
 そういったことで、これまでは外張りカーテンというふうなことだったんですけれども、ハウスの内張りカーテン等についても今年度から平成26年度からそういった支援等の見直しも一部行わせていただいてございます。
 あとそのほかに、路地の野菜というふうなことで取り組みも進めてございますけれども、特に、本市の主要な園芸作物であるキャベツ等については、重量物野菜ということで、高齢化に伴って、その栽培面積も縮小に通じているというふうなこともございますので、そういったところの機械化体系だったり、そしてあと集約的にこなせるための土地の集積であったり、そういった部分も含めて、普及センター、農協等と一緒になって、平成25年度検証事業を実施してきてございます。
 そういったことも含めて、今後拡大に向けて頑張ってまいりたいというふうに思ってございます。
委員長(中澤 宏君) 佐藤恵喜委員。
25番(佐藤恵喜君) 登米市の場合、稲作水稲収入に次いで畜産、特に肉牛なんですが、飛躍的にこの肉牛経営がこの登米市に定着した、前進してきたというのは、水田単作と経営的に条件的がいろいろな面が合うとか、さまざまな要因あります。
 私一番思っているのは、いわば今新マルキン事業と言っているんですが、肉牛の価格補償ですよね。平成25年度は1月、ネットで検索して調べてきましたが、1月ごろまでで、後は比較的価格回復で、対象はなっておりませんが、間違いなく四、五万とか価格補償なるということで、農協の担当者もこれがあるから頑張れるんだと。最低手間賃くらいにはなると。
 もう一つは、租税特別措置ですよね。所得税、住民税への課税の免除ではないんですが、軽減措置というか、正確には何ていうかありますが、とにかく租税に対する特別措置、いわばこの2つというのは、やっぱり直接農家所得にはね返るものですよね。価格補償であり、そして税金対策ですから。私はそういう点では、やっぱり登米市水田単作からの脱却というとき、これは並大抵のことでない。畑地帯が少ない。そして、今は圃場整備で乾田化にはなっていますが、低湿地が広がっている。歴史的にも米単作で来ざるを得なかった面もあるんです。農家なり農協なり、当時の役場が努力が足りないというようなものでない。置かれた条件があると思うんです。
 そこからいかに脱却するか。このままの米の面積維持というのは不可能でしょうから、そういうときに、畜産で肥育牛、肉牛経営がこのように飛躍的に前進した背景に今言ったようなことがある。
 そうすると、園芸振興というならば、例えばこれも繰り返しでありますけれども、例えば価格補償だと400万円だと。せめて1,000万円単位に乗せるとか、もっともっと思い切った手を打たない限り、園芸振興なんていうのは言葉だけで終わっちゃうと思うので、これは当初スタートはしながらも、本物の振興策に持っていくように努力してほしいということを1つと、そして、単作からの水稲単作からの耕作部門ですよ、について、これは本市のこれからの農政の面を占うというか、そして、本市が産業基盤としての農業を本当に持続させていく上での大転換の年、その一歩になるだろうと思いますので、代表質問で申し上げましたが、農業関係者ならず、消費者も含め、そして大学やさまざまな研究機関の力も借りた、本当に水田単作脱却のための市民会議みたいな、例えば、名称は別としても、そうした大きな構え、取り組みというのがなければならないのではないかと思っておりますけれども、この2つの点、ちょっと長いんですが、答弁優秀な方ですので、コンパクトにお願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) さきのご質問にも市長のほうでお答えしてございますけれども、価格安定補償につきましては、出荷の予定数量とか、あるいはJAとの協議、市だけでやっているわけじゃございませんので、JAとの協議、市の価格政策については、安定補償についてはそういったところも含めての問題もございますので、ただ、そういった条件がクリアできるというふうな部分については、私どももどんどん広げていくことに、これは何もちゅうちょしている部分ではございません。
 ただ、現実的に全体の数量と、あるいはその価格補償として成り立つかというふうな、その部分がまず検証していかないといけないかのかなというふうに思ってございます。
 それから、その税の特別措置については、これは国税の、所得税の関係でございますので、私どものほうからはちょっとあれですけれども、それから、水稲単作からの脱却というふうなことで、そういった全体の市民会議等というふうなことでございますが、これまでの産経部の各種計画等の策定につきましては、農業団体、それから農業者等で構成する部分で見直し等の検討をしてきてまいりました。
 ただ、そういった中で、全体の消費者も含めたというふうなところになれば、農業再生協議会のほうでは実需者、消費者も含めた組織になってございますけれども、それをもうさらに全市民的なというふうになると、少し検討せざるを得ない部分があるのかなというふうに思ってございますので、よろしくお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。
 まだ質疑があるようでございますので、3時15分まで休憩いたします。
          休憩 午後3時04分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時13分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に続き、会議を開きます。
 5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費の質疑を続けます。質疑ありませんか。及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) それでは、5款、6款を中心に、5款はいかないのかな。6款中心にお話を申し上げたいと思います。
 まず最初に、この3月1日、いや農地中間管理機構が実施する事業などを規定する法律がこの3月1日から、そして、農地法などに関連法の一部改正が4月1日から施行されていくわけでありますけれども、今回農地中間管理機構の内容については、詳細等についてまだ明確に示されていないからということで、予算組みがされていないということでありますけれども、想定される方向性の中で、若干ご意見を申し上げたいと、お話を聞きたいと思います。
 まず最初に、農地中間管理機構が県段階で1本出てくるわけでありますけれども、その受け皿をどこにしようとしているのか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農林政策課長、岩淵俊明君。
農林政策課長(岩淵俊明君) 機構からの業務関係に関する登米市としての受け皿はというようなご質問でございますが、先ほども予算の関係でお話ししましたけれども、全容がまだ示されていないことと、機構でやる分、それから市町村、それから関係機関へ委託する分と、それもまだ今後ということで、予算組みはその業務の振り分け等見て今後していくというようなお話をしました。
 それで、具体的に現在4月に創設される機構から素案的な部分として、事業の具体的な事務名を取り出して、登米市の場合はどこでというような部分を原案は4月までに関係機関と打ち合わせしながら、本市の取り組み方について決定してまいりたいというふうに考えております。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 答弁は簡潔に願います。及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 想定されるところというお話をしたんですけれども、想定されるところもないということですか。そこまでお話を我々にも話をしないで、そこまでずっと黙ってやるんですか。部長。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) これまでの農地集積については、農協さんがメーンで取り組んでいただいてきてございました。
 それと、農業委員会、それから市のかかわりもそれぞれあるわけでございますけれども、それで、今回の農地中間管理機構につきましては、全農サイドでは全農として取り組むというふうな、そういった方針も出されてございますが、ただ、個々の一つ一つの事務については、まだそれはそれぞれの地域の事情等も含めて、その法的にきちんとやるところが定まっている部分以外の部分については、地域の実情で決定していくというふうな方向性も一部県から示されてございますので、その個別の対応について今後農協あるいは農業委員会さんと協議をしていくというふうなことでございます。
 ただ、その中で、私どもといたしましては、これまでの農地集積の関係でいろいろなノウハウ等も蓄積されている部分もございますので、農協さんのかかわりもお願いしてまいりたいというふうに考えているところでございます。
委員長(中澤 宏君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) そうすると、農地保有合理化事業をやっている農協にお願いするという方向性はある程度持っているという理解でよろしいんですね。
 それで、県の中間管理機構が農地のさまざまなことを実施するに当たり、農地利用配分計画の原案を作成しているんだろうと思います。その上に立ったときに、それが例えば市町村がその原案作成に当たり、そういった計画の必要性を求められる可能性があるわけですね。
 そういったときに、利用配分計画については、登米市としてはその取りまとめ、それからその提案の仕方はどのように考えておるのか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農林政策課長、岩淵俊明君。
農林政策課長(岩淵俊明君) 農地の受け手側の農用地の利用計画の配分計画案の作成については、現段階の考え方としますと、市か農業委員会、いずれか連携をしながら事務の対応になるというふうな想定をしてございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) そうすると、そのときの対応の仕方として、農業委員会、万全な対応ができるのかということが第1点。
 それから、前にお話ししましたけれども、農地利用改善団体というものを集落の全てにおいてつくっていくという、それはその地域の合意形成を受けながらそれを進めていくということが前の登米市の進め方の中で明記しておったわけでありますけれども、この辺との整合性をどのように考えているか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。農業委員会事務局次長、鎌田智之君。
農業委員会事務局次長(鎌田智之君) この法律関係で確認いたしますと、市町村は必要があると認めるときは、農業委員会の意見を聞くものとすると、これは農用地利用配分計画案を作成する際に当たってはというふうなことでございます。
 こういうふうなことで、聞くものとするとされておりますけれども、これまでの円滑化事業等で事業の計画が立てられた際には農業委員会のほうに意見を聞くというふうなことになってございますので、平成26年度以降につきましても農業委員会の意見を聞くことを基本とするというふうなことになろうかと考えているところでございます。
 あと、農業委員会の役割というふうなことでございますので、農業委員会で持っております農地基本台帳等の情報等を活用しながらというふうなことになりますので、この辺もあわせて万全な体制をとっていきたいと考えているところでございます。
委員長(中澤 宏君) 休憩します。
          休憩 午後3時21分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時22分
委員長(中澤 宏君) 再開します。
 答弁を求めます。産業経済部次長、遠藤 仁君。
産業経済部次長(遠藤 仁君) 農地の集積関係、農用地利用改善団体というふうなところで詰めていくというふうなお話でございますけれども、一番大切なのは、地域において担い手をどのような担い手像の中で農地を集積していくかというふうなことが最も大切だというふうに認識をしております。
 そのような話し合いの場、農協で言えば地域営農ビジョンというふうなものを策定するというふうなこともありますので、そちらと力を合わせて進めてまいりたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 質問は笑顔でやれと言われましたので、笑顔でやりたいと思います。
 いわゆる今次長が言ったように、担い手と位置づけられるのが認定農業者。その認定農業者率は登米市の場合は一番多いんですよ。少ないのが集落営農といわゆるグループ的な部分が少ない。
 それで、そこを何とかかさ上げしようとしているんでしょう。そうでしょう。そうするときに、集落営農の推進の中ではいわゆる農地利用改善団体を設立しながら、その推進を図っていこうということを皆さんが決めたんですよ。
 それは一体何なんですか。これと今度中間管理機構から出てくるこういった土地利用を含めてさまざまな国の政策、非常にこれはうまくどっちも、こっちがちゃんとしていればうまく合致していってすっといくんですよ。
 これは登米市が農業の基盤を強化しようとして掲げていった目的、目標だったんですよ。これはそれが今どうなっていて、今度の中間管理機構どのようにあわせ持って推進していくのかということを今聞いているんですよ。そこ答えてください。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部次長、遠藤 仁君。
産業経済部次長(遠藤 仁君) 農地の流動化の中で農地利用改善団体、地域によっては転作組合なり、さまざまな名称の中で言われているところもあると思いますが、そういう中での話し合いというふうなところは重要なところだというふうに認識をしております。
 それらについて今後どのように推進をしていくのかというふうなことだと思いますが、それらにつきましては、農協さんが地域の中で集落ごとに集落営農ビジョンというふうなものを作成して、そこで担い手等を明確にするというふうな考え等もございますので、それらと協力して進めていくと。
 それから、すみません。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 私の言い方がだめなのかもしれないんですけれども、いわゆる登米市が集落の全てにおいてそういう団体を構築しながら進めていこうという考えを出したんですよ。それを進めているものと私は理解しているんですよ。もしされていないのであればされていないというふうな答弁をしてくださいよ。今の段階で。
 農協は農協のビジョンですから、それは今ここで私は農協の理事でありませんから、その辺を議論するつもりはありませんし、さらに、地域内での話をするということは、これは一般質問でもやりましたけれども、例えば平成25年度農業委員会の基本方針の事業計画の中で、人・農地プランは本市では作成済みとなっています。しかしながら、一番情報を必要としている農家に対する周知が徹底されていないこともありというふうに評価しているんですよ。農地の動きをしっかり見ている団体がこういう評価をしていたんですよ。
 それで、平成25年度は、平成25年度のこれは基本の方針、これをちゃんとやっていこうと。平成25年の3月にまとめて、登米市では農業の集落営農の推進の中で利用改善団体の設立を目指していこうという話しているんです。
 それで、今次長が話したように、集落、いろいろな話し合いのもとでということなんです。だから、私が言ったように、人・農地プランがいかに農家の方々に浸透していないかということを一般質問でも申し上げました。でもやっていると言っているんですよ。
 農業委員会ですらもうそうやっていないという認識持っているんですよ。
 だから、徹底して話をしていかないと、水田フル活用含めて、そのために農地をどのようにするかというふうな、今度法律としてこの中間管理機構出てきているわけですから、これをしっかり定着させるか否かは、非常に農業にとって大きな問題なんですよ。
 中途半端な形で登米市農業もこれに基づいてやってもらっては困るんです。しっかりやってもらわないと。どうでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 人・農地プランにつきましては、委員ご承知のとおり、登米市は一本の計画というふうになってございます。
 その経過につきましては、ご承知のことと思いますけれども、先んじてそういった取り組みをする中で、農地の流動化の中で出し手、受け手のメリットの部分をできるだけ早く取り組もうというふうな展開の中での一つの取り組みでございました。
 そういったことでの中で、補完的に農地集積を担う、現在担っております農協において、営農センターごとにそういった一つの協議の場を設けまして、これまで実施してきたところでございます。
 ただ、集落ごとの利用改善組合につきましては、現在のところ全てのところに設置されているわけではございませんけれども、ただ、そういった組合の名称というふうな中ではなくて、その地区地区の通常といいますか、これまでにある組織の中で協議をしながら、実施してきているところもあるかというふうに思ってございます。
 ただ、そういった統一性の中で設立を目指してきたというふうな部分については、私どものほうで努力が足りなかった部分というふうなことを思ってございます。
委員長(中澤 宏君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 私は団体の名前を言い過ぎたからもしれませんけれども、最後に話したのは、いわゆるきちんと話が地域の中でなされていない現実だということなんですよ。もう少ししっかりと皆さんにこの政策的意図を含めて、登米市がそれに対してこういうふうな方向で行くんだよと、皆さんはどう思いますかとか、どのような方向にしていったら具体的にはいいんでしょうかという、そういう話し合いをもっともっと徹底的にしていったほうがいいのではないかということで、あえてこういう、実態はどうなっているかと聞いているんですから、直にそう思ったらそういうふうに考えますと言ったほうがいいんじゃないですか。実際やってないだから。
 最後に怒ってしまいますけれども、それは怒っているわけではございませんので、そういったことで、農地利用は中間管理機構がさまざまな形で出てくるんだろうと思いますけれども、しっかりとその取り組みを行っていただきたいと思いますし、農業委員会に関しても耕作放棄地等の所有者などへの機構の貸し付けがあるかないかの確認、利用意向調査等の実施も農業委員会の中でも出てくるだろうし、さらには、農地台帳の法定化に向けた対応も望まれてくるんだろうと思いますので、しっかりとその辺の対応をお願い申し上げたいと思います。
 それから、市長の話の中で、農家所得の低下懸念というものが心配されるということがありました。それで、直接支払い交付金の削減のため、そういった農家所得の低下懸念が心配されるということでございます。それで、低コスト化等を含めて、その対応に当たっていきたい等々お話ししておりました。
 宮城県でも農家所得の関係に関しましては、この程度、新しい政策と前の政策ではこの程度だというふうな話を出しました。登米市として、どの程度の算定をもって農家所得の低下懸念というものを集約しているのか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) さきの一般質問の際の農業収入というふうなことでたしかお話しさせていただいていたと思いますけれども、比較の部分につきましては、戸別所得補償の1万5,000円の半減というふうなところでの比較というふうなことで、具体な所得に対しての算定資料は持ち得てはおりません。
委員長(中澤 宏君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) それでは、米の生産費幾らに見ていますか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。
 休憩します。
          休憩 午後3時33分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時33分
委員長(中澤 宏君) 再開します。
 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 登米市農業再生協議会の地域とも補償の算定単価というふうなことで算出している部分がございますけれども、生産費につきましては、10アール当たり6万1,408円というふうな試算でございます。
委員長(中澤 宏君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) いわゆる直接支払い交付金の削減ということは、これは戸別所得補償方式の中での算定を意味しているんですよね。それがお金が1万5,000円から7,500円に減って、そういったことが今回そういった削減によって農家所得の低下が懸念されるというふうな表記を市長答弁をしたんでしょう。
 そうすると、10アール当たり13万円、13万五十何円かでした。戸別所得補償方式の生産費は。
 私何が言いたいかというのは、本当に直接支払い交付金の削減によって農家所得の低下懸念がされるという危機意識を本当に持っているんですかということです。今の生産費単価では所得の低下懸念、農家生活が厳しくなるというようなのは見えてこないよ。部長、もう一回そこ確認しておくから。
 今の登米市の農業、いわゆる所得のありようというものは、その程度の物の考え方の中でこういった所得低下の懸念という文言の集約になっているんですか。認識ですよ。
 それに対して政策が出てくるんですから、平成26年度。だから、平成26年度の政策方針が薄っぺらなものになっているんじゃないですか。こんなこと語ったら失礼ですけれども。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 先ほど申し上げました生産費6万1,408円というふうなことでございますけれども、それに対しての10アール当たりの収入の試算につきましては、米の所得補償の7,500円を含めて10万8,753円という試算でございました。それに、前の7,500円に半減される前の部分含めれば、11万六千何がしというふうなことになるかと思います。
 そういった部分で所得のほうにも影響するというふうな、そういった判断でございました。
委員長(中澤 宏君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) そこで余り突っ込みはしません。
 いわゆる農家所得が低下していくのは、再生産まで補償されない単価まで下がってきているということですよ。13万50円、生産費、地代と利子を除いて生産費で10万9,500円かかるということの戸別所得ではそういうところで1万5,000円、それでもやっと再生産ができるというところで補償してきたわけですから、だから、厳しいんです。正直言うと。
 それはよしとして、それで、なぜ薄いかと言ったのは、平成26年産の主食用米の生産目標を減少することから、引き続きとも補償事業をするということで、主食用米から備蓄米、加工用米、飼料用米への作付転換を図り、需給に応じた生産調整の推進を図ってまいりますと言っています。これがメーンですよ。農業振興の。
 生産調整のために我々は農業しているんじゃないんです。こういった状況下の中で、例えば備蓄米、加工用米、飼料用米の作付けに行ったとしても、飼料用米をどのように地域戦略として生かしていくかということの、その戦略がなければ農業の発展なんていうのは、振興なんていうのは言われないですよ。
 ですから、それに基づいた政策なり予算の立案がなされなくて、国の示されたものの皆さんへの配分の事業しかないんです。
 市長、この辺の政策的農業振興の捉え方についてどのように感じますか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 農業の生産状況の非常に危機的な状況ということでご指摘をいただきました。
 我々としては、決して安閑としているつもりは毛頭ございません。また、こういった中で本当に今5年後に生産調整が撤廃をされ、より厳しい産地間競争にさらされる状況にもあるわけでございます。
 また、25番委員からもご指摘をいただいておりますが、園芸振興という大きな柱もつくっていかなければなりませんが、やはりその作物の適地適作ということで考えますれば、やはり登米市は水稲がどうしてもやはり大きな柱となることは間違いのない事実だろうというふうに思っているところであります。
 そういった意味では、今後ともさまざま諸課題るるございますし、また、その内容についてまだまだ不十分というようなご指摘もいただいておるところあります。
 そういった意味では、しっかりとその内容もまた精査をしながら、また、年度途中であったとしても必要な事業はしっかりと盛り込みをしていくような、そのような決意を持って取り組まなければならないというふうにも思っているところであります。よろしくお願い申し上げます。
委員長(中澤 宏君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 時間使い過ぎると怒られますので、そろそろにしたいと思います。
 それで、平成25年度ブランド戦略を平成25年度作成するということでございました。今回はそれを受けて、平成25年度のブランド戦略が展開されようとしています。
 まず最初に、平成25年度につくり上げたブランド戦略の作成されたものをお示ししてください。それをお示ししないで、ブランド戦略をすぐ事業として展開するということ、余りにも親切じゃないんじゃないですか。
 新たなブランド戦略構築するために、平成25年度ブランド戦略を作成したわけでしょう。その辺の思いをしっかりと我々にも伝えていただければ幸いかなというふうに思っています。
 その中で、特にアグリフードエキスポというふうな話が出てきました。このことについては、平成22年度の特産品開発実施認証業務の中で商品開発ということで1,451万7,468円をあるところにお金を出しているわけであります。その中で、マーケティング調査としてアグリフードについての調査が行われています。今回が初めてじゃないわけです。その調査の結果はどのように出ていますか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。
 休憩します。
          休憩 午後3時41分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時42分
委員長(中澤 宏君) 再開します。
 答弁を求めます。ブランド戦略室長、渡邉 誠君。
ブランド戦略室長(渡邉 誠君) 登米ブラントについてお答え申し上げます。
 先ほどお問い合わせのございました特産品等開発支援事業でございますが、平成25年度実施してまいりました、こちら、商品開発などのアドバイザーの派遣と2月に実施しました商品開発の実践研修会を宝江ふれあいセンターのほうで開催したわけでございますけれども、そうした予算を計上させていただいたところでございます。実施をしてまいりました。
 なお、この事業につきましては、平成26年度予算の中におきましては、ビジネスチャンス支援事業の中でアドバイザーの派遣などを行うような形で見直しを行っております。
 また、登米ブランドでございます。ことしの1月にリニューアルをいたしまして、市長のほうから記者会見の場で発表していただいて、また、市の広報でしたりホームページのほうで情報提供のほうはさせていただいてはいたんですけれども、ややちょっとそれ以上の丁寧さというところではちょっと不足していたのかなというふうに思いまして、今後ともさらなる情報提供のほうを進めてまいりたいというふうに思っております。
 それと、登米ブランドの戦略でございますけれども、従来平成19年からこの登米ブラントをやってきたわけでございますが、認証の品目数を増やすというところに一番の力点を置いてきたところがございました。最終的には500品目を目指すという中でやってきたんですけれども、やはり品目を増やすだけではブラント価値の向上にはつながらなかったといった反省を我々しております。
 それで、これを見直しまして、新しいブランド戦略、新しい登米ブランドでは登米市の持ち味でございます環境保全型農業、こちらをさらに進めまして、こちらに一生懸命取り組んでいくということと、今まで登米市産の食材であれば、これからできた加工品なども全て認証してきたところでございますが、こういったところはやめまして、首都圏でも勝負のできる品目だけを選定をして、その上で認証をしていくということで見直しを図っているところでございます。
委員長(中澤 宏君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) それはもう何回も説明したでしょう。みんなに。そういうブランドではだめだから、新しいブランドを、別なブランドをつくるということをみんなに説明したら、また何回説明しているんですか。
 だから、平成25年度にブランド戦略を作成するというから、今改めて聞いているんです。それをどのようになったかわからないから、前のいっぱい出てきたブランドの検証はされて、総括して、余りよくなかったというような話で、別な次元のものをつくると24年からか手がけているわけでしょう。予算づけして。25年もやってきて、25年にブランド戦略の作成をするということだから、今聞いているだけの話。そうでしょう。違いますか。部長そうだよね。そういうふうな説明でこれはブランド戦略は流れてきた。新しいブランドをつくっていこうということで、それはそれでいいです。
 それで、さっぱり私が質問した分は答えていないよ。今度アグリフードエキスポやると言っていたものの調査研究してきた、アグリフードエキスポ何ぼだか、今度新規でいくとかと、新規でも何でもなくて、前にマーケティング調査しているから、それどのようになっていたのということを今聞いているんだよ。さっぱりこんなに時間ばかり過ぎていって困るので、そういったことも含めて、このブランド戦略どういうふうにこれ構築するか、もうちょっと明確に出してもらってから政策予算として上げてくださいよ。平成26年度。
 例えば、今までビジネスチャンス事業だって4年間で126件、農商工連携6次化で8件、補助金7,000万円今までつぎ込んでいるんですよ。
 どんどんこういう、何ていうか、成果がちゃんと我々に伝わってこない形でどんどん補助金だけ流し込んでいく。品を変え、手を変え。見えないです、すっかり。はっきり。ちゃんと成果は成果としてやったことは出してください。誰、それもしないで、いつの間にか忘れ去った事業あって、あああれどのようになったにか。例えば楽天の球場、クリネックススタジアムに看板掲げたのも、いつの間にかなくなっているわけでしょう。あの成果は何百万円かけてどのようになったのという話も出てこないわけです。
 ちゃんとその辺を説明して、このようにしてお金使っているんだよというようなことを、費用対効果で言うけれども、そういうことをちゃんと出してもらわないととっても困る。これ以上追求されて答え出てこないから、このことはちゃんと確認していてください。
委員長(中澤 宏君) 要望にとどめさせていただきます。答弁いいですね。答弁もらう。答弁を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 年度年度の決算審査においてきちんとそういった部分、数値的にも表示できるように努めてまいります。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 資料の別冊1の25ページと26ページ、まだこの事業、雇用創出は被災地域でのほうの安定的な雇用創出するということ。それから、事業主に対してという部分がありますけれども、この部分、この予算が来年、ことしと同じぐらいつくということで期待できるものだと思いますけれども、次のビジネスチャンスの支援事業とのコラボで、支援対象者ということではおおむね3人以上の組織する団体とか法人、商工業者については団体及び個人でもいいというふうな枠で広がっております。
 例えばこの地域での食材を使ってのお弁当屋さん、お惣菜屋さん、おにぎり屋さんとか、こういったものを立ち上げるというときに、その商業やっているお弁当屋さんと一緒になって農家の方や何かが食材を提供しながら、新しくビジネスをやりたいというふうな、そういうふうな方向でも活用できるのかということですね。
 そうすると、この地域でも非常に多くの方々が地域ごとに参加できる、そうした広くやっぱり企業だけではなしに、私たちも一般のお母さん方や何かも含めて雇用が生まれ、この地域経済を活性化していくことにもつながっているんじゃないかなということで、その可能性についてお伺いしたいというふうに思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。ブランド戦略室長、渡邉 誠君。
ブランド戦略室長(渡邉 誠君) 今お尋ねのございましたお弁当屋さんなどとそういったコミュニティビジネスのような形への支援につきましては、ビジネスチャンス支援事業で支援は可能でございます。
 そのお弁当屋さんが農家が実施するのであれば、6次産業化という形にもなろうかと思いますし、ぜひそういった案件が具体的にございますのであれば、私のほうまでご紹介をいただければと思います。
委員長(中澤 宏君) 休憩します。
          休憩 午後3時52分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時52分
委員長(中澤 宏君) 再開します。
 答弁を続けます。新産業対策室長、佐々木茂光君。
新産業対策室長(佐々木茂光君) 別冊の25ページは、事業復興型雇用創出事業の概要となってございます。これは、ここに記入してございますように、被災者を雇用した事業主に対する助成金ということで、その後に平成26年度についても平成25年度の緊急雇用の事業と同じような事業が実施できるというお話をいたしましたが、その中にはことしと同じように企業型というタイプの人材育成事業を実施する予定でございますので、ビジネスチャンスを一緒にコラボできるような事業とはなっておりません。単独で緊急雇用は走らせたいと思っておりますので、その後にビジネスチャンスを使った事業を実施していただければというふうに思っております。緊急雇用は、全ての経費について委託料として支払えるという事業でございます。
委員長(中澤 宏君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) せっかくあるのに、事業主という部分がついたので、何とか事業主になれるようなこのビジネスチャンスの支援事業でもやっていただけるともっと広く活用ができるんじゃないかというふうに思います。
 その辺、もう少し研究していただいて、もっともっと広く復興につなげられるような事業にしていっていただきたいなというふうに思いますけれども、いかがでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。新産業対策室長、佐々木茂光君。
新産業対策室長(佐々木茂光君) 事業復興型につきましては、支給要件がございます。既存の事業主さんが新たに雇用をした場合にことしの5月まで雇った場合に支給すると。1人目を雇った場合に支給するという要綱になってございます。
 現在国のほうでそのことしの5月までという期間を延長しようとする動きはございますが、その中で新たに起業された、ビジネスチャンスなんかで新たに起業された方が当然5月までに、今の状況ですと5月までに新規で雇用すれば最大で250万円の助成金が支給されるということでございますので、時間的制限あるいは延長あればもうちょっと延びますが、その中でご活用いただければというふうに思っております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございますか。相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 概要の92ページ、観光費について。先ほど来長沼の管理道路を主体にしたマラソンというふうなことでありましたけれども、今現在あと少しでレース始まると思うんですけれども、観光じゃない、管理道路歩いたことありますか。皆さん。今どのようになっているか。
 すごく環境が整備しないと、走られないんじゃないかなというふうに私思っています。毎日私歩いているので。雪で倒れた竹もなっていたり、すごく今荒れていて、あのままでは走られる状態ではないと。
 地域の方が歩けないから刈っているところあるんですけれども、それは一応やっぱり点検して、最高のところでやるように、主催者がどっちか私わからないけれども、あと2分ぐらいしかないから、1回ぐらいさっと語ってください。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。商工観光課長、阿部孝弘君。
商工観光課長(阿部孝弘君) 管理道路につきましては、私も現地確認いたしましたが、おっしゃるとおりでございます。きょうの午前中、その管理道路についても確認をしておりますので、しっかりした形で大会ができるように頑張っていきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
 これで5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費の質疑を終わります。
 本日の会議はこの程度とし、これで延会したいと思います。
 なお、次の会議は、あす午前10時から行います。
 本日はこれで散会します。
          散会 午後3時58分

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>