•   0  (日程・名簿)
  •   1  委員長(中澤宏)
  •   2  委員長(中澤宏)
  •   3  13番(佐藤尚哉)
  •   4  委員長(中澤宏)
  •   5  財政課長(加藤均)
  •   6  委員長(中澤宏)
  •   7  23番(二階堂一男)
  •   8  委員長(中澤宏)
  •   9  産業経済部長(秋山茂幸)
  •  10  委員長(中澤宏)
  •  11  市民生活部長(志賀尚)
  •  12  委員長(中澤宏)
  •  13  産業経済部長(秋山茂幸)
  •  14  委員長(中澤宏)
  •  15  23番(二階堂一男)
  •  16  委員長(中澤宏)
  •  17  産業経済部長(秋山茂幸)
  •  18  委員長(中澤宏)
  •  19  市民生活部長(志賀尚)
  •  20  委員長(中澤宏)
  •  21  19番(相澤吉悦)
  •  22  委員長(中澤宏)
  •  23  税務課長(新井誠志)
  •  24  委員長(中澤宏)
  •  25  19番(相澤吉悦)
  •  26  委員長(中澤宏)
  •  27  税務課長(新井誠志)
  •  28  委員長(中澤宏)
  •  29  3番(佐々木幸一)
  •  30  委員長(中澤宏)
  •  31  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  •  32  委員長(中澤宏)
  •  33  福祉事務所長(千葉幸毅)
  •  34  委員長(中澤宏)
  •  35  24番(八木しみ子)
  •  36  委員長(中澤宏)
  •  37  税務課長(新井誠志)
  •  38  委員長(中澤宏)
  •  39  24番(八木しみ子)
  •  40  委員長(中澤宏)
  •  41  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  •  42  委員長(中澤宏)
  •  43  24番(八木しみ子)
  •  44  委員長(中澤宏)
  •  45  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  •  46  委員長(中澤宏)
  •  47  11番(佐々木一)
  •  48  委員長(中澤宏)
  •  49  税務課長(新井誠志)
  •  50  委員長(中澤宏)
  •  51  学校教育次長(佐藤賀津雄)
  •  52  委員長(中澤宏)
  •  53  税務課長(新井誠志)
  •  54  委員長(中澤宏)
  •  55  22番(庄子喜一)
  •  56  委員長(中澤宏)
  •  57  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  •  58  委員長(中澤宏)
  •  59  22番(庄子喜一)
  •  60  委員長(中澤宏)
  •  61  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  •  62  委員長(中澤宏)
  •  63  委員長(中澤宏)
  •  64  委員長(中澤宏)
  •  65  23番(二階堂一男)
  •  66  委員長(中澤宏)
  •  67  人事課長(大森國弘)
  •  68  委員長(中澤宏)
  •  69  総務課長(丸山仁)
  •  70  委員長(中澤宏)
  •  71  23番(二階堂一男)
  •  72  委員長(中澤宏)
  •  73  人事課長(大森國弘)
  •  74  委員長(中澤宏)
  •  75  総務課長(丸山仁)
  •  76  委員長(中澤宏)
  •  77  23番(二階堂一男)
  •  78  委員長(中澤宏)
  •  79  4番(氏家英人)
  •  80  委員長(中澤宏)
  •  81  市民活動支援課長(星茂喜)
  •  82  委員長(中澤宏)
  •  83  4番(氏家英人)
  •  84  委員長(中澤宏)
  •  85  石越総合支所長(千葉一吉)
  •  86  委員長(中澤宏)
  •  87  津山総合支所長(佐々木文明)
  •  88  委員長(中澤宏)
  •  89  19番(相澤吉悦)
  •  90  委員長(中澤宏)
  •  91  市民活動支援課長(星茂喜)
  •  92  委員長(中澤宏)
  •  93  19番(相澤吉悦)
  •  94  委員長(中澤宏)
  •  95  市民活動支援課長(星茂喜)
  •  96  委員長(中澤宏)
  •  97  委員長(中澤宏)
  •  98  8番(岩淵正宏)
  •  99  委員長(中澤宏)
  • 100  市民生活課長(金野金一)
  • 101  委員長(中澤宏)
  • 102  8番(岩淵正宏)
  • 103  委員長(中澤宏)
  • 104  市民生活課長(金野金一)
  • 105  委員長(中澤宏)
  • 106  8番(岩淵正宏)
  • 107  委員長(中澤宏)
  • 108  市民生活課長(金野金一)
  • 109  委員長(中澤宏)
  • 110  8番(岩淵正宏)
  • 111  委員長(中澤宏)
  • 112  市長(布施孝尚)
  • 113  委員長(中澤宏)
  • 114  13番(佐藤尚哉)
  • 115  委員長(中澤宏)
  • 116  総務課長(丸山仁)
  • 117  委員長(中澤宏)
  • 118  13番(佐藤尚哉)
  • 119  委員長(中澤宏)
  • 120  産業経済部長(秋山茂幸)
  • 121  委員長(中澤宏)
  • 122  13番(佐藤尚哉)
  • 123  委員長(中澤宏)
  • 124  15番(浅田修)
  • 125  委員長(中澤宏)
  • 126  人事課長(大森國弘)
  • 127  委員長(中澤宏)
  • 128  15番(浅田修)
  • 129  委員長(中澤宏)
  • 130  財政課長(加藤均)
  • 131  委員長(中澤宏)
  • 132  24番(八木しみ子)
  • 133  委員長(中澤宏)
  • 134  市民活動支援課長(星茂喜)
  • 135  委員長(中澤宏)
  • 136  24番(八木しみ子)
  • 137  委員長(中澤宏)
  • 138  市民活動支援課長(星茂喜)
  • 139  委員長(中澤宏)
  • 140  24番(八木しみ子)
  • 141  委員長(中澤宏)
  • 142  24番(八木しみ子)
  • 143  委員長(中澤宏)
  • 144  6番(浅野敬)
  • 145  委員長(中澤宏)
  • 146  迫総合支所長(高橋巌)
  • 147  委員長(中澤宏)
  • 148  中田総合支所長(高橋充)
  • 149  委員長(中澤宏)
  • 150  25番(佐藤恵喜)
  • 151  委員長(中澤宏)
  • 152  企画政策課長(佐藤裕之)
  • 153  委員長(中澤宏)
  • 154  25番(佐藤恵喜)
  • 155  委員長(中澤宏)
  • 156  市長(布施孝尚)
  • 157  委員長(中澤宏)
  • 158  25番(佐藤恵喜)
  • 159  委員長(中澤宏)
  • 160  企画部長(田口俊郎)
  • 161  委員長(中澤宏)
  • 162  3番(佐々木幸一)
  • 163  委員長(中澤宏)
  • 164  総務課長(丸山仁)
  • 165  委員長(中澤宏)
  • 166  市民活動支援課長(星茂喜)
  • 167  委員長(中澤宏)
  • 168  3番(佐々木幸一)
  • 169  委員長(中澤宏)
  • 170  総務課長(丸山仁)
  • 171  委員長(中澤宏)
  • 172  19番(相澤吉悦)
  • 173  委員長(中澤宏)
  • 174  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  • 175  委員長(中澤宏)
  • 176  19番(相澤吉悦)
  • 177  委員長(中澤宏)
  • 178  税務課長(新井誠志)
  • 179  委員長(中澤宏)
  • 180  総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗)
  • 181  委員長(中澤宏)
  • 182  19番(相澤吉悦)
  • 183  委員長(中澤宏)
  • 184  総務部長(佐藤順悦)
  • 185  委員長(中澤宏)
  • 186  税務課長(新井誠志)
  • 187  委員長(中澤宏)
  • 188  19番(相澤吉悦)
  • 189  委員長(中澤宏)
  • 190  総務部長(佐藤順悦)
  • 191  委員長(中澤宏)
  • 192  税務課長(新井誠志)
  • 193  委員長(中澤宏)
  • 194  委員長(中澤宏)
  • 195  7番(關孝)
  • 196  委員長(中澤宏)
  • 197  市長公室長(神田雅春)
  • 198  委員長(中澤宏)
  • 199  7番(關孝)
  • 200  委員長(中澤宏)
  • 201  市長(布施孝尚)
  • 202  委員長(中澤宏)
  • 203  市長公室長(神田雅春)
  • 204  委員長(中澤宏)
  • 205  11番(佐々木一)
  • 206  委員長(中澤宏)
  • 207  市民活動支援課長(星茂喜)
  • 208  委員長(中澤宏)
  • 209  11番(佐々木一)
  • 210  委員長(中澤宏)
  • 211  市民活動支援課長(星茂喜)
  • 212  委員長(中澤宏)
  • 213  12番(及川昌憲)
  • 214  委員長(中澤宏)
  • 215  企画部長(田口俊郎)
  • 216  委員長(中澤宏)
  • 217  12番(及川昌憲)
  • 218  委員長(中澤宏)
  • 219  企画部長(田口俊郎)
  • 220  委員長(中澤宏)
  • 221  12番(及川昌憲)
  • 222  委員長(中澤宏)
  • 223  総務課長(丸山仁)
  • 224  委員長(中澤宏)
  • 225  市民活動支援課長(星茂喜)
  • 226  委員長(中澤宏)
  • 227  米山総合支所長(小野寺稔)
  • 228  委員長(中澤宏)
  • 229  米山総合支所長(小野寺稔)
  • 230  委員長(中澤宏)
  • 231  市民活動支援課長(星茂喜)
  • 232  委員長(中澤宏)
  • 233  12番(及川昌憲)
  • 234  委員長(中澤宏)
  • 235  市長(布施孝尚)
  • 236  委員長(中澤宏)
  • 237  3番(佐々木幸一)
  • 238  委員長(中澤宏)
  • 239  市長公室長(神田雅春)
  • 240  委員長(中澤宏)
  • 241  市民活動支援課長(星茂喜)
  • 242  委員長(中澤宏)
  • 243  3番(佐々木幸一)
  • 244  委員長(中澤宏)
  • 245  21番(及川長太郎)
  • 246  委員長(中澤宏)
  • 247  市民生活課長(金野金一)
  • 248  委員長(中澤宏)
  • 249  委員長(中澤宏)
  • 250  委員長(中澤宏)
  • 251  5番(工藤淳子)
  • 252  委員長(中澤宏)
  • 253  健康推進課長(千葉ますみ)
  • 254  委員長(中澤宏)
  • 255  5番(工藤淳子)
  • 256  委員長(中澤宏)
  • 257  健康推進課長(千葉ますみ)
  • 258  委員長(中澤宏)
  • 259  5番(工藤淳子)
  • 260  委員長(中澤宏)
  • 261  長寿介護課長(菅原登)
  • 262  委員長(中澤宏)
  • 263  5番(工藤淳子)
  • 264  委員長(中澤宏)
  • 265  市民生活部長(志賀尚)
  • 266  委員長(中澤宏)
  • 267  16番(田口政信)
  • 268  委員長(中澤宏)
  • 269  生活福祉課長(菊池治美)
  • 270  委員長(中澤宏)
  • 271  16番(田口政信)
  • 272  委員長(中澤宏)
  • 273  生活福祉課長(菊池治美)
  • 274  委員長(中澤宏)
  • 275  16番(田口政信)
  • 276  委員長(中澤宏)
  • 277  生活福祉課長(菊池治美)
  • 278  委員長(中澤宏)
  • 279  委員長(中澤宏)
  • 280  市民生活部長(志賀尚)
  • 281  委員長(中澤宏)
  • 282  16番(田口政信)
  • 283  委員長(中澤宏)
  • 284  市民生活部長(志賀尚)
  • 285  委員長(中澤宏)
  • 286  16番(田口政信)
  • 287  委員長(中澤宏)
  • 288  市長(布施孝尚)
  • 289  委員長(中澤宏)
  • 290  16番(田口政信)
  • 291  委員長(中澤宏)
  • 292  委員長(中澤宏)
  • 293  14番(伊藤栄)
  • 294  委員長(中澤宏)
  • 295  長寿介護課長(菅原登)
  • 296  委員長(中澤宏)
  • 297  14番(伊藤栄)
  • 298  委員長(中澤宏)
  • 299  長寿介護課長(菅原登)
  • 300  委員長(中澤宏)
  • 301  長寿介護課長(菅原登)
  • 302  委員長(中澤宏)
  • 303  14番(伊藤栄)
  • 304  委員長(中澤宏)
  • 305  福祉事務所長(千葉幸毅)
  • 306  委員長(中澤宏)
  • 307  市民生活部次長(小野寺良雄)
  • 308  委員長(中澤宏)
  • 309  14番(伊藤栄)
  • 310  委員長(中澤宏)
  • 311  企画部長(田口俊郎)
  • 312  委員長(中澤宏)
  • 313  14番(伊藤栄)
  • 314  委員長(中澤宏)
  • 315  総務部長(佐藤順悦)
  • 316  委員長(中澤宏)
  • 317  14番(伊藤栄)
  • 318  委員長(中澤宏)
  • 319  市長(布施孝尚)
  • 320  委員長(中澤宏)
  • 321  14番(伊藤栄)
  • 322  委員長(中澤宏)
  • 323  市民生活部長(志賀尚)
  • 324  委員長(中澤宏)
  • 325  14番(伊藤栄)
  • 326  委員長(中澤宏)
  • 327  環境課長(佐々木修一)
  • 328  委員長(中澤宏)
  • 329  1番(熊谷和弘)
  • 330  委員長(中澤宏)
  • 331  健康推進課長(千葉ますみ)
  • 332  委員長(中澤宏)
  • 333  環境課長(佐々木修一)
  • 334  委員長(中澤宏)
  • 335  1番(熊谷和弘)
  • 336  委員長(中澤宏)
  • 337  健康推進課長(千葉ますみ)
  • 338  委員長(中澤宏)
  • 339  1番(熊谷和弘)
  • 340  委員長(中澤宏)
  • 341  8番(岩淵正宏)
  • 342  委員長(中澤宏)
  • 343  健康推進課長(千葉ますみ)
  • 344  委員長(中澤宏)
  • 345  環境課長(佐々木修一)
  • 346  委員長(中澤宏)
  • 347  8番(岩淵正宏)
  • 348  委員長(中澤宏)
  • 349  市民生活部長(志賀尚)
  • 350  委員長(中澤宏)
  • 351  8番(岩淵正宏)
  • 352  委員長(中澤宏)
  • 353  5番(工藤淳子)
  • 354  委員長(中澤宏)
  • 355  子育て支援課長(小野寺千秋)
  • 356  委員長(中澤宏)
  • 357  5番(工藤淳子)
  • 358  委員長(中澤宏)
  • 359  子育て支援課長(小野寺千秋)
  • 360  委員長(中澤宏)
  • 361  5番(工藤淳子)
  • 362  委員長(中澤宏)
  • 363  6番(浅野敬)
  • 364  委員長(中澤宏)
  • 365  長寿介護課長(菅原登)
  • 366  委員長(中澤宏)
  • 367  企画部長(田口俊郎)
  • 368  委員長(中澤宏)
  • 369  6番(浅野敬)
  • 370  委員長(中澤宏)
  • 371  市長(布施孝尚)
  • 372  委員長(中澤宏)
  • 373  委員長(中澤宏)
  • 374  6番(浅野敬)
  • 375  委員長(中澤宏)
  • 376  病院事業管理者(石井洋)
  • 377  委員長(中澤宏)
  • 378  6番(浅野敬)
  • 379  委員長(中澤宏)
  • 380  環境課長(佐々木修一)
  • 381  委員長(中澤宏)
  • 382  6番(浅野敬)
  • 383  委員長(中澤宏)
  • 384  環境課長(佐々木修一)
  • 385  委員長(中澤宏)
  • 386  13番(佐藤尚哉)
  • 387  委員長(中澤宏)
  • 388  健康推進課長(千葉ますみ)
  • 389  委員長(中澤宏)
  • 390  13番(佐藤尚哉)
  • 391  委員長(中澤宏)
  • 392  健康推進課長(千葉ますみ)
  • 393  委員長(中澤宏)
  • 394  13番(佐藤尚哉)
  • 395  委員長(中澤宏)
  • 396  市長(布施孝尚)
  • 397  委員長(中澤宏)
  • 398  22番(庄子喜一)
  • 399  委員長(中澤宏)
  • 400  子育て支援課長(小野寺千秋)
  • 401  委員長(中澤宏)
  • 402  22番(庄子喜一)
  • 403  委員長(中澤宏)
  • 404  子育て支援課長(小野寺千秋)
  • 405  委員長(中澤宏)
  • 406  22番(庄子喜一)
  • 407  委員長(中澤宏)
  • 408  社会教育次長(鈴木均)
  • 409  委員長(中澤宏)
  • 410  22番(庄子喜一)
  • 411  委員長(中澤宏)
  • 412  環境課長(佐々木修一)
  • 413  委員長(中澤宏)
  • 414  22番(庄子喜一)
  • 415  委員長(中澤宏)
  • 416  環境課長(佐々木修一)
  • 417  委員長(中澤宏)
  • 418  市民生活部長(志賀尚)
  • 419  委員長(中澤宏)
  • 420  22番(庄子喜一)
  • 421  委員長(中澤宏)
  • 422  市長(布施孝尚)
  • 423  委員長(中澤宏)
  • 424  9番(伊藤吉浩)
  • 425  委員長(中澤宏)
  • 426  環境事業所長(阿部信)
  • 427  委員長(中澤宏)
  • 428  環境事業所長(阿部信)
  • 429  委員長(中澤宏)
  • 430  9番(伊藤吉浩)
  • 431  委員長(中澤宏)
  • 432  委員長(中澤宏)
  • 433  市民生活部長(志賀尚)
  • 434  委員長(中澤宏)
  • 435  9番(伊藤吉浩)
  • 436  委員長(中澤宏)
  • 437  市民生活部長(志賀尚)
  • 438  委員長(中澤宏)
  • 439  環境事業所長(阿部信)
  • 440  委員長(中澤宏)
  • 441  9番(伊藤吉浩)
  • 442  委員長(中澤宏)
  • 443  環境事業所長(阿部信)
  • 444  委員長(中澤宏)
  • 445  環境事業所長(阿部信)
  • 446  委員長(中澤宏)
  • 447  委員長(中澤宏)
  • 448  環境事業所長(阿部信)
  • 449  委員長(中澤宏)
  • 450  委員長(中澤宏)
  • 451  9番(伊藤吉浩)
  • 452  委員長(中澤宏)
  • 453  委員長(中澤宏)
      平成26年第1回登米市議会 予算審査特別委員会 会議録
 平成26年3月12日(水曜日)
1.出席委員(25名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君(副委員長) 4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 岩 淵 正 宏 君
   9番 伊 藤 吉 浩 君      10番 中 澤   宏 君(委員長)
  11番 佐々木   一 君      12番 及 川 昌 憲 君
  13番 佐 藤 尚 哉 君      14番 伊 藤   栄 君
  15番 浅 田   修 君      16番 田 口 政 信 君
  18番 星   順 一 君      19番 相 澤 吉 悦 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君      21番 及 川 長太郎 君
  22番 庄 子 喜 一 君      23番 二階堂 一 男 君
  24番 八 木 しみ子 君      25番 佐 藤 恵 喜 君
  26番 田 口 久 義 君
1.欠席委員(1名)
  17番 沼 倉 利 光 君
1.遅刻委員(なし)
1.早退委員(2名)
   2番 日 下   俊 君      18番 星   順 一 君
1.その他出席
  議 長 田 口 久 義 君
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君   副  市  長  藤 井 敏 和 君
  総 務 部 長  佐 藤 順 悦 君   企 画 部 長  田 口 俊 郎 君
  市民生活部長   志 賀   尚 君   産業経済部長   秋 山 茂 幸 君
  建 設 部 長  鈴 木 俊 夫 君   市長公室長    神 田 正 春 君
  財 政 課 長  加 藤   均 君   福祉事務所長   千 葉 幸 毅 君
  総務部次長
  兼収納対策課長  高 橋 俊 朗 君   税 務 課 長  新 井 誠 志 君
  総 務 課 長  丸 山   仁 君   環境事業所長   阿 部   信 君
                       教 育 次 長
  教  育  長  片 倉 敏 明 君   (学校教育)   佐 藤 賀津雄 君
  教 育 次 長
  (社会教育)   鈴 木   均 君   病院事業管理者  石 井   洋 君
  農業委員会
  事 務 局 長  阿 部 清 喜 君   水道事業所長   佐々木 秀 悦 君
  消 防 本 部
  消  防  長  菅 原 輝 雄 君   医療局次長    千 葉 博 行 君
  監 査 委 員
  事 務 局 長  千 葉 久 義 君   会計管理者    高 橋 清 彦 君
  企画部次長    中 澤 和 志 君   市民生活部次長  小野寺 良 雄 君
  市民生活課長   金 野 金 一 君   企画政策課長   佐 藤 裕 之 君
  契約専門監    菅 原 輝 吉 君   人 事 課 長  大 森 國 弘 君
                       市 民 活 動
  市長公室長    神 田 雅 春 君   支 援 課 長  星   茂 喜 君
  迫総合支所長   高 橋   巌 君   登米総合支所長  高 橋 英 広 君
  中田総合支所長  高 橋   充 君   東和総合支所長  千 葉 幸 弘 君
  米山総合支所長  小野寺   稔 君   豊里総合支所長  及 川 一 夫 君
  南方総合支所長  高 橋 美 守 君   石越総合支所長  千 葉 一 吉 君
  津山総合支所長  佐々木 文 明 君   検査専門監    可 野 嘉 裕 君
  選挙管理委員会
  事務局次長    佐々木 義 文 君   国保年金課長   菅 原   勉 君
  健康推進課長   千 葉 ますみ 君   環 境 課 長  佐々木 修 一 君
  衛生センター所長兼
  クリーンセンター
  所     長  千 葉 祐 宏 君   生涯学習課長   佐々木 洋 一 君
  長寿介護課長   菅 原   登 君   子育て支援課長  小野寺 千 秋 君
  地域医療対策
  専  門  監  片 岡 鉄 郎 君   生活福祉課長   菊 池 治 美 君
1.事務局出席職員氏名
                       議会事務局
  議会事務局長   佐 藤 昌 彦 君   次    長   佐 藤 真 吾 君
  議会事務局                議会事務局
  主幹兼議事                議事・調査係
  ・調査係長    高 橋 正 博 君   主     査  加 藤 善 己 君
  議会事務局                議会事務局
  議事・調査係               議事・調査係
  主     査  浅 井 顕 裕 君   主     事  稲 辺 大 裕 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 議案第11号 平成26年度登米市一般会計予算
          開議 午前10時00分
委員長(中澤 宏君) おはようございます。
 ただいまから、予算審査特別委員会2日目の会議を開きます。
 沼倉利光委員から欠席の届け出があります。
 説明のため本委員会への出席者は、市長及びその受任者並びに監査委員、農業委員会会長、教育委員会委員長、選挙管理委員会委員長の受任者であります。危機管理監、熊谷 一君から欠席の届け出があります。
 審査に先立ち、委員各位に申し上げます。予算審査特別委員会の審査は本日から3日間の予定です。質疑時間は会派別に配分していますので、ご協力をお願いします。また、質疑は要点を整理し、簡潔にお願いします。説明員各位も本委員会の進め方にご理解をいただき、答弁は要領よく簡潔に願います。
 これから議案審議を行います。
 本委員会に付託された事件は、議案第11号平成26年度登米市一般会計予算から議案第20号平成26年度登米市老人保健施設事業会計予算までの10議案です。
 各議案の内容説明は本会議で終了していますので、1議案ごとに、質疑、討論、採決を行います。
 これから、議案第11号平成26年度登米市一般会計予算の質疑を行います。
 お諮りします。議案第11号は、範囲が広いため、初めに歳入について質疑を行い、歳出は数款ごとに分割し質疑を行いたいと思います。これにご異議ございませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 異議なしと認めます。よって、議案第11号の質疑については、初めに歳入を行い、歳出は数款ごとに分割して行うことに決定しました。
 まず、歳入について質疑を行います。質疑ありませんか。佐藤尚哉君。
13番(佐藤尚哉君) 予算書の19、20ページに地方交付税ございまして、これから合併10年過ぎてからの一本算定化に向けて、それで緩和措置をとるということで、支所を要するところの算定であるとか。また、人口密度によるところの算定、面積要件等、いろいろあるかというふうに思いますけれども、どういうふうな見通しになっているのか、大分緩和されるのではないかという期待も大きいので、その辺の説明をいただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。財政課長、加藤 均君。
財政課長(加藤 均君) 地方交付税、具体には普通交付税の関係でございます。算定方法の見直しということで、現在総務省のほうで中身を検討しているようです。具体に明らかになっている部分につきましては、先ほど委員がおっしゃられたとおり、支所の関係の経費という部分では明らかになっております。具体に申し上げますと、支所1カ所につき2.4億円程度、ただし、本庁を設置する旧町を除くということでございますので、登米市で申し上げれば、迫の分を除きまして8カ所分ということで算定になります。現在の制度で支所経費ということで入っている部分もございます。そういった部分を除きますと、概算で17億円程度新たに入るのではないかというふうに考えております。
 総務省の考え方としましては、最終的に削減すると国の総額では9,300億円と言われておりますが、その5割から6割程度を戻したいというふうに考えているようです。これを登米市に当てはめますと、これまで50億円と言われてまいりましたが、これが25億円程度に圧縮されると。そういった情報です。ただし、これにつきましては、平成26年度から5年間程度かけて実施するという内容になっております。詳細はまだ明らかになっておりません。こういった情報でございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) 4点ほどお願いをいたします。
 31ページの国の補助金の関係なんですけれども、指定廃棄物保管委託金が1,637万2,000円ほど入っているわけですが、これらの基準というものはどのようになっているのか。その点について。
 それから2つ目は、34ページの県の補助金、衛生費の中に、再生可能エネルギー等導入補助金に2億5,318万8,000円が入っていますけれども、これもどういった基準でこれが入っているのかお願いをいたします。
 それから40ページ、雑入の部分で立木売払収入で2,500万円ありますけれども、これは場所がどこで、それから内容的にもう少し詳しくお願いしたいと思います。
 4点目、48ページの農林水産業費の雑入の中に、私有林のCO2の吸収売却収入が527万4,000円入っておりますけれども、これもどういった基準でどういった部分での雑入なのか、単価的なものも含めてご説明をいただきたい。以上です。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) まず、指定廃棄物の関係でございますが、これはご存じのとおり、稲わらの一時保管に関する経費でございまして、実費の部分を積算し、それで環境省のほうに申し出をしまして、それで環境省との間で契約の中でこちらに来るというふうなことでございます。基準というふうなことは特別明確ではなくて、主に実費に要する経費というふうなことでございます。ですので、例えば稲わらの保管に要する保管庫の地代の部分であったり、それから稲わら周辺の除草作業、それから補修等が生じた際の補修経費、そういった部分、あるいは見回りの管理の部分とか、そういった部分、もろもろの経費というふうなことで算出して、それで環境省のほうとやりとりをしているというふうな状況でございます。基本的な基準というふうなことではなくて、実費というふうなことでございます。
委員長(中澤 宏君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 34ページの再生可能エネルギーの導入補助金でございますが、これについては、太陽光の住宅への導入補助金でございます。毎年見込数量を立てまして、それについて設置数に応じて国の負担分と、それから県の分とがございましたが、その分について計上してございます。なお、公共施設への太陽光のいわゆるパネルの電源としての補助金についてもここで入ってございます。ちょっと箇所数については、後でお知らせしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) それから、二酸化炭素吸収量売払収入でございますけれども、これは市有林について、一般社団法人フォレストック協会とフォレストック認定を受けることによって、二酸化炭素吸収量クレジットの販売を行うものが1つでございまして、それにつきましては、今年度の見込みといたしまして、二酸化炭素吸収量996炭素トンを単価1,500円になってございますけれども、その見込みに対して149万4,000円。それからもう一つが市有林の部分で、平成21年度から23年度にその間伐を実施した杉の人工林について、その間伐促進森林吸収プロジェクトのJ-VER認証を受けてございます。これも同じ二酸化炭素吸収量クレジットの販売を行うものでございまして、こちらにつきましては、年間350二酸化炭素トンを予定してございまして。単価が1万800円でございます。それで、378万円を見込んでいるところでございます。
 それから、立木の売払収入につきましては、今年度3,470立米を予定してございまして、単価的には立米当たり7,200円を見込んでございまして、それで2,500万円というふうな見込みでございます。
委員長(中澤 宏君) 二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) 廃棄物の関係なんですけれども、これは稲わら保管、このままだと延びる可能性が非常に高いわけですけれども、これは単年度で、また次年度も同じような状況のときにはこれは期待できるものかどうか、その確認と。
 それから再生可能エネルギーの補助金2億5,000万円なんですけれども、太陽光発電住宅用の部分が多いというふうなことですが、これは歳出とも関係があるんですんですけれども、登米市では800万円ですね。だから、この差がかなりあるんですけれども、その辺は説明つくのかどうかなというふうに思います。以上、この2つでよろしいです。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) 環境省としては、ご承知のとおり、県内1カ所に最終処分場を設置するというふうなことで事業を進めてございまして、それまでの間の一時保管という取り扱いでございますので、次年度についても、同様の考え方でやっていただけるものというふうに見込んでございますし、また、そうしていただくように、私どもも要望等も重ねてまいりたいというふうに思ってございます。
委員長(中澤 宏君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 再生可能エネルギーの太陽光発電の導入につきましては、一般住宅用の設置費が年々下がってございますので、それに伴って単価的には下がってございます。平成20年から設置を勧めてまいりましたけれども、導入率については、だんだん件数については下がっているということもございまして、市の補助分については県と歩調を合わせて続けてまいりたいというふうには思ってございますが、国のほうについてはいずれ見直しがあるのかなというふうに思ってございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 15ページ、お願いします。15ページの軽自動車税についてお伺いします。
 昨年の今ごろだと思いますけれども、この軽自動車税の納入について一般質問をした経緯があります。そのときに、なぜかといいますと、4月30日に納めてもそこから連休に入ってしまうので、なかなか車検とる、あるいは証明書を出すのにも、その連休終わってからずっとたってからだというふうなことで、非常に不都合がでるというふうなことで、その有効期限を延ばしたらいいんでないのか。あるいは1カ月納入期限をおくらせたらいいんでないのかというふうなことがありましたけれども、さまざま精査して、そのような方向に進めたいというようなことを答弁したんですけれども、その後、どうなってでしょうか。また、その時期が来ているんですけれども、お願いします。
委員長(中澤 宏君) 税務課長、新井誠志君。
税務課長(新井誠志君) お答えいたします。
 その件につきましては、平成26年4月1日に向けまして、要綱を策定して、現在審査中でございますけれども、内容につきましては、委員ご存じのとおり、4月30日そのものの関係から1週間くらいゴールデンウィークに入るということで、車検に必要な証明書の発行の部分でかなり不都合が生じるということでございました。その部分の解消策といたしまして、5月15日まで現年度課税の部分の方につきましては、延長証明書を発行いたしまして、その車検を受検できるような体制を現在進めているところでございます。
委員長(中澤 宏君) 相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) そのような方向でお願いします。
 そしてまた、それをいち早く市民の方にお知らせ方お願いいたします。そうすれば、届きますので、そうでないと、幾らいい方向に進んでいても、知らないであったやということでは、進みませんので。すぐにいいことは教えて、広めて、広報でも何でもいいですから、毎戸に行くようにお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) 税務課長、新井誠志君。
税務課長(新井誠志君) そのとおりに早急に現在進めているところでございまして、各総合支所においても、この1週間におきまして、申告状況がもう終盤に来ておりますので、来週あたりに各総合支所のほうに出向きまして、事務手続の依頼を検討しているところでございます。(「どうもありがとうございました」の声あり)
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 2点ほど、お聞きしたいと思います。
 まず、概要書のほうの22ページなんですけれども、給食事業収入ということで、ことしの調定収納見込率が95.8%というふうに計算されているわけですけれども、他の自治体では、給食の滞納ですね。児童手当、本人の当然承諾を得てやっているわけですけれども、そういった対応をしているということなんですが、本市ではそういう対応をされているのかどうか、ひとつまずその点をお聞きしたいと思います。
 それから、予算書30ページなんですけれども、保育所運営負担金として2億9,000万円計上されているわけですが、3月9日の河北新報の社説に保育士の待遇改善という項目が出ていました。その中に国として今年度保育士の給与アップの予算を確保というような項目が載っていたんですけれども、この件についてはこれに反映されているのかどうか、その2点をお聞きしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 給食費の納入関係でございます。
 児童手当からの代理納付という関係でございますけれども、これも今年度徴収できるように手続をとりまして、現在本人の同意を求めているところでございます。既に、同意された方1名おられまして、代理納付を進めているところでございます。今後もこれを積極的に代理納付できるような形で、ぜひ推進をしていきたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) 福祉事務所長、千葉幸毅君。
福祉事務所長(千葉幸毅君) 保育所の運営費の負担金でございますけれども、これについては、保育所入所者の所得に応じた保育費の負担金ということで、収入を見ております。お話をいただきました国でお話しております保育士の処遇改善の分の内容についてはまだ国から来ておりませんが、平成25年度も国のほうで保育士の処遇改善の特別な補助金の交付の関係で民間の保育所のように繰り出しますけれども、これについてはまだ来ていません。来次第対応する形になると思いますので、よろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) 市民税の収納率についてお伺いをいたします。
 現年度の収納率97%、過年度は11.4%と一向に向上した経緯が見られません。そこで、この収納率を引き上げるための方策をどのように考えているか、お伺いをいたします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。税務課長、新井誠志君。
税務課長(新井誠志君) 市民税の部分につきましては、個人、法人税と区分されておりますが、市民税の個人分の現年課税の部分につきましては、現在特別徴収ということで、平成25年4月1日以降宮城県が中心となりまして、県下一斉に各事業所のほうにお願いを申し上げて特別徴収をしておるところでございます。現在、約十二、三%、昨年度比から各事業所の協力を得て増加傾向にありますので、その分につきましては確実に収納できる見込みとなっている状況でございます。
委員長(中澤 宏君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) この自己財源の確保というのは本当に大切になってくると思うんです。収納率が低ければ、必ずこれに伴うのが不納欠損になります。ですから、不納欠損になるということはやはり市民の負担公平の原則に反することになりますので、もっと努力して収納率アップにつなげるような方策をお願いしたいと思います。もう一度お願いします。
委員長(中澤 宏君) 総務部次長兼収納対策課長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) 今、税務課長が申し上げましたように、市県民税ございますので、県のほうでも宮城県の県民税の収納率が全国的にも低下の傾向にあるということから、県としても一生懸命その特別徴収の事業所を指定しまして、まずもって普通徴収ではなくて、特別徴収の事業所の数をふやしてほしいという、まずそういった要請がございました。そういった意味で、登米市もそれに対する協力をしているところでございます。そうは言いましても、県のレベルとしては、登米市はまだまだ低い状況にもございますので、今後ますます特別徴収事業所を増加させて、そうすれば未納が防げるわけでございますので、そういったことを進めてまいりたいというふうに思っております。
委員長(中澤 宏君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) 私言っているのは法人じゃなくて、個人の分を特に言っているんです。法人のほうはいろいろと本当は内容をもっと聞きたいんですが、時間がございませんからこの程度にとどめますが、とにかく収納率向上アップが毎年同じ率なんですね。ですから、過年度分だってもう少しいろいろ努力しているのはわかるんですが、もっと力を入れてやっぱり整理するというふうな感じで、不納欠損でない整理ですよ。そういったのに努力していくべきだということで質問しておりますので。
委員長(中澤 宏君) 総務部次長兼収納対策課長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) ただいま答弁申し上げましたのは、個人に係ります給与から天引きするという意味での個人住民税の特別徴収ということでございまして、法人税、法人部門の納入とはちょっと違うわけでございます。
 それから、滞納防止につきましては、従来からも申し上げますとおり、やはり財産調査、悪質的な財産があるにもかかわらず滞納をなされている方につきましては、やはり厳しく財産調査をしながら、負担の公平を確保するように努めてまいります。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) まず、市税で今回、前年度対比で3億1,890万円ほど増に見込んでいるわけですが、この中にはやはり現在震災絡みで市外から新たにこの登米市に移っていただいた方の税の分も見込んでいるというふうに思います。そういった方々までちょっと数字的にどの辺までつかんでいるかわからないんですけれども、新たに登米市に定住をしていただいた方の増税になった分といいますか、そういった分ざっとでいいですから、どれくらい考えておるのか、その辺をまず1点お聞きいたします。
 それと、次は市のたばこ税でありますが、これも前年度税制改革、あるいは値上げ等々があって、たばこ吸わなくなった方もかなり多いというふうに思いますけれども、その割には年々これは上昇して、今回も620万円ほど増の予算になっておるわけです。その理由といたしまして、震災復興に係る需要の増といったような理由があるわけですけれども、この震災復興に係る需要の増というのは、ちょっと内容的にどういったことをいっているのか、その点をお聞きいたします。
 それと、給食事業、さっきも質問あったわけですが、特に過年度分550万円、ずっと同じこれは金額なんですけれども、この未収金の改善策、これも不納欠損以外にこの金額を減らす改善策を考えておることがあれば、その点をお聞きいたします。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。税務課長、新井誠志君。
税務課長(新井誠志君) 現在のところの状況でございますが、委員ご存じのとおり、こちらのほうに、沿岸部のほうから転入されまして、そういった状況を加味しながら、積算のベース、どのような状況になっているかにということにつきましては、震災復興に伴いまして、土地の譲渡ということに関しましては、こちらのほうでも情報は入っておりますが、的確なその数値につきましては、現在お示しすることはできませんので、ご了承願います。
 なお、この土地の譲渡の部分については、国税絡みとも兼ね合いますので、被災復興に伴う分離所得の申告状況というのは、税務署当局にもそういった相談が結構あるということで、本市におかれましても、個人市民税の部分についても、その分については約積算上でございますが、予算ベースでは前年度対比よりも70%ぐらいの増を見込んでおります。
 さらには、関連いたしますが、固定資産税の部分につきます土地家屋の部分につきましても同じような状況でございますが、特に震災家屋の増加の部分につきましても見込まれるというふうなことをこちらでも推理しておりますので、特に市民税と固定資産税の部分については、沿岸部の被災者の方々の状況から見れば、若干の増額ということは見込んでいる状況でございます。(「たばこ税」の声あり)
 たばこの部分につきましては、予算ベースで申し上げれば、平成25年度の見込み本数に対しまして、人口減というふうな減少率を積算いたしまして、さらには震災の影響によります震災減少率ということを加味しながら考慮しておりまして、今後たばこ税の分については、約1%ぐらいの伸びの見通ししか現在のところ立っていない状況でございます。(「震災復興というのに関しても、なぜ震災復興なのか、震災復興と書いた理由」の声あり)
 大変失礼しました。先ほど申し上げております震災関係によりまして、市のほうに転入された方々の部分を示している状況でございます。
委員長(中澤 宏君) 学校教育次長、佐藤賀津雄君。
学校教育次長(佐藤賀津雄君) 給食費の過年度分の徴収対策ということでございます。まず、滞納にならないようにということで、現年度分の徴収率を高めるという取り組みもしております。この予算書の収入見込みということで、徴収見込率を95.8%ということにしておりますけれども、今年度の平成25年度の実績といたしまして、1月末現在の調定分で今98%ほどの徴収率になっております。まず、年4回徴収の強化月間ということで、学校のほうにもお願いをいたしまして徴収率高めるような電話攻勢をしたり、あるいは直接給食センターの職員が家庭訪問をさせていただくということで、まず、現年度分の徴収率を高めるという取り組みをしております。それから、過年度分の徴収でございますけれども、これにつきましては、徴収対策課のほうから現課のほうということで、教育委員会のほうで担当することになりました。それで、歳出の予算にも計上させていただいておりますけれども、徴収嘱託員2名を平成26年度教育委員会のほうで雇用いたしまして、過年度分の徴収率を高める取り組みを強力に推進してまいりたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) 税務課長、新井誠志君。
税務課長(新井誠志君) 先ほど佐々木委員のほうの回答に補足いたしますが、震災特需の部分で転入された方々の人数的なものとか、あとは震災復興の事業に伴う作業をされている方々の部分を見込んでの今回の積算ベースでございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) 税の徴収率アップについてでございますが、先般の外部評価の中で納税組合に対するご意見が出されてございます。この納税組合については、その徴収率のアップに大変貢献をいただいているわけですが、年々組合員の減少、あるいは組合そのものが減少しているんですが、その歯どめとか、今どういう状況に現在のところ納税組合のほうはなってございますか。お尋ねいたします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。総務次長兼収納対策課長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) 納税組合の減少、それから組合員の減少につきましては、例年の議会で議論されているところでございます。私たちといたしましては、例えばこの納税貯蓄組合法の成立が昭和26年の議員立法でできたということで、現在とでは、個人情報に対する市民意識の考え方が大きく変わってきたとか。あるいは口座振替、あるいはコンビニ納付などの利便性の高い納付方法が導入されまして、納税環境が著しく変わってきております。こうしたことから、多くの自治体でも納税組合が解散して、減少もしくは全く組合のない自治体も少なくない状況でございます。本市といたしましても、若者の組合離れ、あるいは高齢化に伴います役員の後継者不足など、組合数、組合員数の減少を防ぐため、納貯連だよりというものを毎年1回発行しているわけですけれども、これの全戸配布。それから、組合の総会、研修会等のときに納税組合の重要性についてPRを行っております。ただ、そうしたことにもかかわりませんけれども、減少傾向は改善しないという状況がございます。納税組合は大変納税の組合でももちろんございますけれども、組合員の親睦とか地域のコミュニティの活動としても重要な役割を担っておりますので、何とかしてその組合の活動、あるいは組合員数を維持するというふうなことを考えております。
委員長(中澤 宏君) 簡潔な答弁に工夫してください。庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) 重要性のことについて尋ねていたのではございません。これはみんな認識していることでございますので、その組合員の減少の傾向が今どうなっているか。あるいは、組合そのものが解散してなくなっているやにもあるんですが、その辺の動向はどうなっているか、その辺をお尋ねしたわけでございます。いろいろその内容については、外部評価でいただいておりますので、そのままご答弁いただいているから、そのことでなく、どういう傾向になっているかということをお尋ねしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。総務部次長兼収納対策課長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) 組合数につきましては、合併時から約50組合減少している状況でございます。組合員数の加入率も減少しているという実態がございます。ただいまご指摘されました外部評価委員からの意見でございますけれども、納税組合員に頼らない徴収方法を検討してはというふうな提案もございました。そういったことからしても、やはりもっともっと納税環境を改善して、なるべく納税しやすい、例えば郵便局での現金納付、それからクレジットカードの納付とか、インターネットを利用した納付とか、いろいろな方法を全国でやっておりますので、そういったことを検討しながら、登米市に合ったこれからも納税組合の減少は歯どめはかからないというふうには思っておりますので、そういった方法を検討せざるを得ないのかなというふうな考えも持っておりますので、検討してまいります。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) これで質疑を終わります。
 ここで、説明員の入れかえのため、暫時休憩します。
          休憩 午前10時36分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前10時39分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、歳出について質疑を行います。
 まず、1款議会費、2款総務費について質疑を行います。
 質疑はありませんか。二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) 2点ほどお伺いたします。
 概要書の26ページ、職員厚生費の中でメンタルヘルス職場復帰支援事業が108万円ほど、それからその上に人間ドックというのがありますけれども、これに関して各部局における現在の長期休業者何人いるか。
 そして、このメンタルヘルスですね。確認できる中で対象者は今何人ぐらいいて、この予算なのか、その説明をお願いしたいということ。
 それから、もう一つは、28ページ公有財産管理費の中で、エネルギーサービスのプロバイダーの関係があります。これは別冊にも載っておりますが、ほかの市町でもやっているところもあるんですけれども、今の東北電力よりも安い電力を購入すると。こういう内容のようですけれども、その電源は何の電源なのか。まさか原子力ということではないと思いますが、再生可能エネルギーが主なのか、その辺のここで買う電気の性質ですね。そういった部分がわかればお知らせをいただきたい。以上、2点です。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。人事課長、大森國弘君。
人事課長(大森國弘君) メンタル関係のことについてご質問をいただきました。まず、病気休暇のほうでございます。平成24年病気休暇、169名取得しております。うち、7日以上連続が79名でございます。うち、メンタル疾患ということで11名でございます。各部局ごとの割合、人数というのはすみませんが把握してございません。今の資料ではございません。それからあと、このうち、休職したのが7名でございます。そのうちメンタル疾患が4名でございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 総務課長、丸山 仁君。
総務課長(丸山 仁君) 電力につきましては、東北電力の送電線を通じまして供給をされることとなりますので、電力が届くこれまでの過程であるとか、品質、信頼性等については、これまでと同様でございます。ただ、現在調整を進めております新電力業者につきましては、主に天然ガスによる発電を中心とした環境負荷の少ない発電を主にしておりまして、そのほか太陽光であるとか、風力、それからバイオマス等の再生可能エネルギー、そういったものを機軸とした発電に取り組んでいる電力会社でございます。以上です。
委員長(中澤 宏君) 二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) 職員の厚生の関係なんですが、メンタルの関係ですね。4名がこういうことですが、その原因というものを市ではつかんでいるんでしょうか。その辺の専門家による診断だと思いますけれども、そういった何が原因だかというふうなことまで突っ込んで調べているのかどうか、そのことが1つ。
 それから、今、人間ドックの部分もありましたけれども、登米市民病院を活用して人間ドックをやると思うんですが、その辺はそうだと思うんですけれども、まさかほかの病院を紹介するわけじゃないと思いますが、これは何人ほどの予定なのか。ぜひそういったドックを十分にやることによって、私は職員の健康を守ることができるなというふうに思っていますけれども、その辺の考え方についてお伺いをしたいと思います。
 それから、新電力の関係は今言われましたように、再生可能エネルギーが中心だということでございますので、ここでは主な場所だけだというふうなことですけれども、これはもっとふやすということはできないんでしょうか。安くなればそれだけ市の財政も軽くなるわけですけれども、その辺の考え方についてお伺いいたします。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。人事課長、大森國弘君。
人事課長(大森國弘君) お答えさせていただきます。
 まず、メンタル疾患といいましても原因はさまざまでございます。まず、精神科の区分に入るもの、それからあとは心療内科、神経内科というような、科目によってはそういう大きく3つの課に分かれるのかなと思います。その原因の究明ということでございますが、まず、職場の上司が部下の管理監督責任ございますけれども、まず、毎朝出勤したときにそれぞれ表情を見て、ちょっと暗いなと思ったときは上司の方に声がけをしていただいて、おかしいなと思ったら即面談というような形で情報をまず収集していただきます。そして、これはちょっとメンタルヘルスケアルームを受けたほうがいいんじゃないかなというようなときは、課長さんから直接来る場合もございますし、また、ご本人からメンタルヘルスケアルームを受けたいというような申し出がある場合がございます。そういった形で、その情報を吸い上げておりますので、年々そのメンタル疾患の患者さんが少なくなっている状況でございます。
 それから、あと、人間ドックのほうなんですけれども、まず、健康診断、大きく分けまして2つございます。市の健康診断、それからあとは市のドックというのがございます。また、共済で主催するドックがございますけれども、その市のドックにつきましては、今100名予算化させていただいております。これは、市内の医療機関、市民病院とか、あとは米谷病院とか、豊里病院、そちらのほうでも受診できるようになってございますので、受診可能な機関を皆さんにお知らせして、受診していただいております。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 総務課長、丸山 仁君。
総務課長(丸山 仁君) 平成26年度から導入を予定しておりますのは、削減効果の大きい庁舎、学校、体育館などの33施設でございます。導入施設につきましては、今後の電気の使用状況等によって十分拡大が可能だということでございますので、導入施設の拡大に向けまして、今後とも電力会社と協議を進めてまいりたいというふうに考えております。
 ただ、新電力に切り替えることによって、電力が安くなるというわけでありますけれども、安くなるといって無制限に電力を使うということではなくて、引き続き節減対策にも取り組みながら、経費削減に取り組んでまいりたいと考えております。
委員長(中澤 宏君) 二階堂一男委員。
23番(二階堂一男君) 大体わかりましたが、職員の健康づくりについては、先ほどありましたように、職場の上司がやっぱり部下をいろいろとサポートしながら、そしてやっていただきたいと。そして明るく楽しい職場づくりにこれからも進めてほしいと思います。以上、終わります。
委員長(中澤 宏君) 要望でいいですね。ほかに質疑ございませんか。氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 概要の37ページから38ページです。各総合支所による協働のまちづくり事業費、協働のまちづくり地域交付金についての考え方でございます。9つの総合支所それぞれ一律100万円ずつ予算化になっておりますけれども、これは各町域、面積もあるいは人口も歴史背景もみんな違うんですけれども、どうしてこう一律でやり続けるのか、100万円一律という理由だけちょっと簡潔にお願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) すみません。支所費ではございますが、私のほうからお答えをさせていただきます。
 協働のまちづくりの地域づくりの交付金につきましては、今、ご質問のとおり、各町域、面積、人口等を問わず100万円を設定させていただいています。当初この交付金につきましては、地域型というのが従来ございました。その中で、地域づくり委員会を設置をしていただいて、その町域ごとにその事業を検証いただき、使っていただくというような制度に改めてございます。その中で議論とすれば、今お話しいただいたように、地域、あとは人口、面積等も加味し、その部分についてもある程度考えるべき部分もあったかと思います。ただ、現在におきましては、当初は2カ年、平成23年、24年という形の中で設定した交付金ではございますが、その中で各町域ごとの活用方法がかなり違う部分もございます。そういった形の中で、特にその金額を定めることなく、現在平成25年でございますが活用している状況であります。次年度におきましても、各総合支所に100万円ずつ計上しながら、各町域で活用していただければと思ってございます。以上です。
委員長(中澤 宏君) 氏家英人委員。
4番(氏家英人君) 各町域で有効に使っていただければ、それはそれでいいんだろうなというふうに思いますけれども、9月議会、決算議会のときにちょっと質問した経緯もあったので、改めて聞きますけれども、平成24年度かな、石越さんと津山さんですかね、多額の不用額を出しています。事業ができなかったということでございまして、そのときに答弁いただきました来年度はしっかり取り組むんだと。石越さんと津山さんに、その辺のことだけを聞いておきたいと思います。よろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。石越総合支所長、千葉一吉君。
石越総合支所長(千葉一吉君) 氏家委員には、昨年9月の定例会でご指導を賜りまして、ありがとうございました。おかげさまで平成25年度につきましては、4団体から申し出がありまして、事業も終わりまして、100万円不用額を出さずに利用させていただきました。ありがとうございました。
委員長(中澤 宏君) 津山総合支所長、佐々木文明君。
津山総合支所長(佐々木文明君) 平成25年度につきましては、津山ではちょっと備品事業に当たる事業だということで、事業執行等はございませんでした。ただ、協働事業の中でもパートナー型の事業がございまして、そちらのほうにおきまして水路、そちらのほうの整備をさせていただきました。今年度はぜひ事業を実施したいと思っております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 概要の32ページ、地域審議会についてお伺いします。
 地域審議会、これはさまざまな面で大きくなったからということで、設置されたと思うですけれども、これは年に何回ぐらいか。そしてまた、さまざまな審議をすると思うんですけれども、できればちょっと内容、何回ぐらい開かれているかお願いします。
委員長(中澤 宏君) 各支所の割合ですか。各支所、各町、全体でいいの。答弁を求めます。市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) すみません。それでは、地域審議会につきましては、各総合支所で設置をしていただいて、その都度協議をしていただいているわけでございます。予算措置につきましては、各総合支所ごとに年3回、開催予定として予算措置をさせていただいています。現在の状況につきましても、各総合支所、全ての地区において3回開催済み、または3回開催する予定となってございます。中身につきましては、基本的には諮問があって答申というような形になりますが、現在はその地区におけるさまざまな課題ございます。ですから、その課題について審議会の中で協議をしていただいて、あとは市の直接各担当部署が赴いて答弁をさせていただいたり、もしくは担当がいない場合につきましては、地域審議会から市のほうに意見書をこういう形で出していただいて、後ほど各担当部署からその意見についての答弁をさせていただく。文書でもって答弁をさせていただいていると。このような状況になってございます。
委員長(中澤 宏君) 相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) すばらしいその審議会だなというふうに思っております。もしかしたら報告、あるいは答申で終わっているのではないかなというふうに思ったんですけれども、さまざまなメニューで、各支所がそのような対応ということでやって、そしてまたそれぞれの地域のこと話してくれているということですので。恐らく今年いっぱいぐらいですか、これそうですから、目いっぱい皆さんにさまざまなメニューで意見を出してもらって、充実したことでやってもらいたいなというふうなことで、もう一度お願いします。これはことしで終わりなので、そうだと思うんですけれども、充実して、そしてまたこれからの登米市のことで最後というふうなことで、大いに語ってくれると思いますので。その辺のところを、ただ、報告、あるいは聞いて終わりじゃなくして、やってもらいたいなというふうに思います。お願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) 今、お話いただいたように、各町域におきましては、町域ごとにさまざまな意見がございます。例えば道路の整備であったり、地域づくり計画、あとは町ごとにある施設の活用方法等について、審議委員の皆様からさまざまな意見を出していただいています。それに基づいて、事務局も報告書というような形で当市民活動審議会に出していただきます。それに基づいて、当課は各担当部署にその意見を振りまして、お答えをいただいて、さらに、地域審議会へ回答している状況になります。お話しのとおり、合併後10年という機に地域審議会、来年の3月で、これをめどに終了するわけですが、現在も委員の方々からその部分についてさまざまな有益な意見を頂戴しています。各総合支所、当課においても重要な貴重な意見でございますので、それを十分活用できるような方向で進めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありますか。質疑の途中ですけれども、たくさんあるようでございますので、ここで10分間休憩します。
          休憩 午前10時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時06分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 質疑ありませんか。岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) 概要書39ページ、交通安全施設維持管理費の中で工事請負費、交通安全施設整備工事とあります。まず、どのような施設か、1点。
 それから、この施設を利用して、どのような交通安全の維持に効果が出されているのか、聞きます。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民生活課長、金野金一君。
市民生活課長(金野金一君) 交通安全施設整備の工事でございますが、カーブミラー及びガードレール、それから道路の警戒標識等を設置するものでございます。それによりまして、見通しの悪いところ、それから自動車が道路から外れる危険を防ぐということでございます。
委員長(中澤 宏君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) カーブミラー等をやっぱり経年劣化というか、大分鉄部分が腐るというか、酸化するのも各所に見受けられます。そういう工事に至るまで、恐らく把握というか調査したと思いますが、市内にそういう950万円を使って何箇所というか何基というか、そういう整備に充てる費用、予算なのかお聞きします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民生活課長、金野金一君。
市民生活課長(金野金一君) 予算の内容でよろしいですか。カーブミラーは25基、それからガードレール500メートル、あとはガードレールと区画線等は建設部に執行委任で対応させていただいております。
委員長(中澤 宏君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) それが調査して、例えば25基今回必要なのか。それとも、毎年25基ずつ予算措置しろやというような形のこの予算の計上なのか。やっぱり調査して、例えばそういうもう腐ってちょっと重い雪降ると倒れるとか、そういうのは調査した結果50基あると。そういうときは950万円でなく、こういう交通安全施設なんですから、その調査をもとに予算措置するのが当然と私は思うんですが。調査しての数字なのか、それとも前年もこの程度の予算組みをしていたから、これだけのせたのか。そこのところをお聞きします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民生活課長、金野金一君。
市民生活課長(金野金一君) 予算計上は毎年同じ金額ということで計上しておりまして、これにつきましては、年度初めに支所と建設部と私のほうで設置箇所を調査の上、実施しているということでございまして、全体的にも調査は現在のところ行っていないというところでございます。
委員長(中澤 宏君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) それでは、市長にお聞きします。
 こういう予算組みでいいでしょうかね。まず、それを。
委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) しっかりと現状を調査をし、予算要求をすることが基本だというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 概要の24ページの一番上なんですけれども、区長の設置に要する経費ということであるんですが、実は区長さんから各戸に配るチラシが多くてということを言われました。それで、先日はその大雪でもってハウスが倒壊したりという部分で補助がありますよということのお知らせのチラシだったんですが、これはこれで今から育苗ハウスや何かで大分活用する人たちも出てくるんですけれども、ただ、区長さんによっては、おらほには該当するところがない。町場でどうのこうのということで、その辺、区長さん方がやっぱり配布する少し工夫をしてほしいなというふうに思うんです。必要のない人にまでということで区切られない部分もあって、やっぱり広く知らせなければならないという部分と、あと区長さん方が「いや、こんなものまで」という部分でのギャップがあるので、その辺どうにか解決してほしいなというふうに思うんですけれども。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。総務課長、丸山 仁君。
総務課長(丸山 仁君) 区長配布についてのお尋ねでございます。
 区長配布につきましては、基本的には月3回ということになっておりますが、現在配布の区長さん方の負担軽減を図るために、広報が配布されます1日と20日を基準にして配布をさせていただいているところでございます。今後ともいろいろなチラシも含めて、広報等の集約化について検討しながら、負担軽減に取り組んでまいりたいと思いますので、よろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 各担当部で発行しているものなので、この間は産経の関係でありましたので、産経部長のほうからじゃあ少し、この関連についてお伺いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 産業経済部長、秋山茂幸君。
産業経済部長(秋山茂幸君) ただいま委員お話しのとおり、大雪によるハウス等の倒壊被害に対しての補助制度が急遽発動されたということで、お知らせをしたところでございます。基本的に農業関係の施設、育苗ハウス等の部分でございますので、そこに限定した配布の仕方が一番効率的で、区長さん方にもご迷惑をかけない部分だというふうに思ってございます。ただ、今回の事業ですね、一番直近では育苗ハウス等の関係が出てくるというふうなことで、取り急ぎ対応しなくちゃいけないというふうなことから、確実にそういった情報を急遽出た部分の情報をおつなぎ申し上げる手段として、区長さんのほうからの全戸配布というふうな形でさせていただいたところでございます。今後も、こういった部分も含めながら、より効率的で確実に届く、そういった方法がないか検討してまいりたいと思いますし、また、区長さんのそういった軽減の部分で適切なチラシの配布の仕方というふうなことを検討してまいりたいと思います。ただ、今回につきましては、今お話ししたとおり、短期間のうちに取りまとめの前のお知らせというふうなことでさせていいただいた部分もございますし、漏れのないように周知を図らなければいけないというふうなこともございましたので、ご理解をいただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) よくわかりますけれども、それで、区長さん方からすれば、結局必要ない方にとってはやっぱり無駄だということで、無駄なチラシというふうに捉えている方もいるんです。それで、各部、産経だけではなくて、ほかでも少し工夫しながらそうしたお知らせ等を出してほしいなというふうにお願いして終わりたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 他に質疑ございませんか。浅田 修委員。
15番(浅田 修君) 昨年、平成25年度中に職員の給与の削減が一部の職員の給与の削減された経過がありますけれども、登米市内では。ただ、削減の中でしなかった場合、何か政府ではいろいろな補助金の制裁を加えますよというような新聞報道等もありました。登米市の中ではどのように私たちが判断すればいいのか。一部の職員だったと記憶あるんですけれども。そういった場合、どのような影響があって、どのような状況なのかお聞かせいただければと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。人事課長、大森國弘君。
人事課長(大森國弘君) 給与削減をしない自治体へのペナルティということのご質問とお伺いいたします。登米市では、一般職の職員の給与の削減はしなかったんですけれども、管理職、それから市長、副市長の期末手当の削減、それから管理職の手当の10%削減ということで取り組ませていただきました。このことについては、国のほうでは削減をしない団体とは見ておらないようでございます。交付税のペナルティとしての削減については、該当しないものと私のほうでは考えてございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 浅田 修委員。
15番(浅田 修君) では、一部でも結構だったということで、考えていないということは、どのような状況なんでしょうね。こっちの勝手な見解でやっているような状態、何か答弁のようなんですけれども、どうなんでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 財政課長、加藤 均君。
財政課長(加藤 均君) ただいまお話のありましたペナルティの団体一覧表というのがありまして、その中には入っておらないということでございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありませんか。八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) 概要33ページの若者交流対策費についてお伺いいたします。
 結婚活動支援事業委託料259万円計上されておりますが、この事業につきまして、民間に委託しているのはわかるんですが、本当に何かどのように実施しているのか、その内容についてお伺いします。任せっぱなしなのか、行政がどこまでかかわりをもっているのかお伺いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) それでは、私のほうからお答えをさせていただきます。
 結婚支援活動につきましては、平成24年から実施してございます。その都度、プロポーザルによる公募を行いまして、団体を決定をさせていただいています。平成25年度におきましても、NPO法人に実施していただいております。その中身につきましては、まずは、自分みがきセミナーということで自分のスキルアップ、さらに出会いの場ということで、男女が今現在出会いの場が少ないということで、この創出を設けてございます。さらに、結婚相談ということで、各地域において結婚相談会を開催している状況にございます。それで、その中身なんですが、まず行政のかかわりというようなご質問もございました。その事業を展開する前に、NPO法人と当課の担当、私も含めて、その事業内容について検討させていただいています。例えば出会いのイベントをする際には、こういう方向でしますよと。終わってから、各参加者のアンケートを頂戴しています。その中で、こういう反省があった場合には次の機会に生かす。このような部分で実施してございます。
 一例を申し上げれば、年5回の予定であったんですが、その反省を踏まえて年代別、なかなか年代別のギャップがあって、うまく話ができない。このようなアンケートのご意見がございました。その中で、2月に大人恋という形の中で年齢をちょっと制限をさせていただきました。女性であれば35歳以上、男性であれば40歳以上、結果的にはかなり盛況裏にこの会も終了できました。次年度においても、今年度の反省であったり、参加者のご意見を頂戴しながら、よりよい結婚活動支援を展開してまいりたい、このように考えてございます。
委員長(中澤 宏君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) いろいろとこう人口も減っておりますし、それから少子化に歯どめをかけるということでは、本当に時代の要請に合った事業だと思います。これはどんどん進めていただきたいんですが、今実施された年度の様子をお聞きしましたが、それでは結果ですね。どのような結果が出ているかお願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) では、その結果ということなんですが、まず、最終目的は、当然のごとく結婚になります。大っぴらに結婚ということでは打ち出してはいないんですが、大人恋とか、春恋とか夏恋、このような形の中で、男女募集してございます。ただ、1回、2回、実はこの会に参加される方、リピーターの方もいらっしゃいます。ですから、2回、3回と参加していただく中で、今カップリング、このような手法をとって、例えば参加した男女の中で何組カップルが成立したかというようなことを1つの指標としてございます。現在の中では、2回、3回とやった中で12組ほどがカップル、このような一応の成果と言えば成果なんですが、上げてございます。ただ、そのように、カップリングなった方々について、こちらから直接的にお電話であったり、お手紙であったり、なかなかこの部分は難しい状況でございます。ですから、任意的にその方々について、その後の経過についてできれば報告をいただきたいと。このようなことも申し上げているんですが、なかなかやっぱりその後、現在のところ例えば成婚に至ったとか、結婚したとか、そういう部分の状況はございません。ただ、今言ったように、カップル、その都度カップルは誕生して、さらにその後のグループ、例えば20人男女参加すれば、その中の五、六人で、また改めて当イベントを通さないで、昔なら合コンという形の中で改めて会っている。このような情報もいただいているところです。以上です。
委員長(中澤 宏君) 八木しみ子委員。
24番(八木しみ子君) わかりました。この実施した結果については、やっぱり把握する必要があると思いますので、カップルができたようだということでございますが、その辺あたりをいろいろな形で、結果というふうなことで出していってほしいと思います。ぜひ効果あるような事業内容にしていただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めますか。
24番(八木しみ子君) いいです。
委員長(中澤 宏君) じゃあ要望ということで。ほかに質疑ございませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 概要35ページから38ページの関連で、本委員会に出席されております各総合支所長さんのうち考え方等について、ご自身で、ご自分の考えがまとまっている方であればどなたでも結構でございますので、これからお聞きすることにお答えいただきたいと思います。
 合併協議上、総合支所の扱いについては、当分の間、各町の旧町の役場内に置くとされてきたわけであり、各総合支所に配属される職員数も徐々に減じられ、かつ、余り権限のない立場で日常の仕事に追われているのではと私としては、各総合支所長さんにはお気の毒ではないかという気持ちを持っております。現時点では、登米市のトップの方針として、総合支所を3年後、ないしは5年後にはどのような形にするかの明言は今のところない。ただ、徐々に支所の受け持ち範囲を狭めて、窓口業務を主にしていくといったイメージなんだろうなと。このようなだらだらとしたプロセスをたどることは、各総合支所に配属される職員のモチベーションも上がらず、プラスの要素はあんまり私には考えられないでございますが、私が今お話ししたことに賛成にしろ、反対にしろ、それは結構でございますが、明確なご意見をお持ちの方がいらっしゃればぜひこの機会にお聞かせをいただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 気持ちの整った方。いきましょうか。いやいや、誰でもいいから。答弁を求められますか。大丈夫。答弁を求めます。迫総合支所長、高橋 巌君。
迫総合支所長(高橋 巌君) お答えしなければならないと思いますので、私の考えということでございますので。この間、合併9年、ことし平成26年は10年目ということで、それぞれ職員の削減、あるいは業務の見直しを実施をしながら、至っておりますが、大きくは職員が減る中でも相対的には支所の業務としては、そう減っておらないというふうに思っております。したがって、またこれからも職員の削減がありますので、このままの支所のあり方では、やはりならないというふうに考えております。新庁舎の建設についても、市長のほうから明言、新しい方針として打ち出されておりますので、その方針に沿って、支所のあり方というよりも、本所、いわゆる登米市役所のあり方について、基本的なところを考え、その上で、しからば支所をどうするのかというふうな考え方をしていったらいいのではないかと。今までは、どちらかといいますと、支所をどうするのかというふうな検討を私たちもしてまいりましたが、本所をどうするか、登米市役所をどうするのかというふうなところを基本に据えて、その上で支所のあり方、支所をどのように今後設置、運営していくのかというところを考えてほうがいいのではないかというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) 立派な答弁をいただきました。続きますか。ほかに。いいですか。時間もありますから、了承いただきながら。元気よく、中田総合支所長、高橋 充君。
中田総合支所長(高橋 充君) 総合的な考えにつきましては、迫の総合支所長と同じでございます。ただ、当地域、中田総合支所につきましては、やはり合併以来からの地域とのつながり、そしてまた学校関係、いろいろなつながりがただ多くございます。そういった中で、支所の重要性ということは、合併以前とほとんど変わっていない状況下にあるというふうなことでございます。そういったことを含めながら、今後の本庁のあり方、支所のあり方について迫総合支所と同じようにしっかりとその支所のあり方について中身についても十二分に検討して、今後も全体的な市づくりに生かしていただければなと考えてございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。佐藤恵喜委員。
25番(佐藤恵喜君) 30ページに総合計画に関する経費が計上されております。この関係でまず、支援業務委託料ですが、この相手先ですね。コンサルタント、どういうふうにして選定するものか。もうほぼ業者確定している段階なのか、お伺いしたいと。
 委員報酬20名分ありますが、恐らく6,000円等の報酬からすれば、数回、5、6回とか見ているんでしょうが、まずはちょっとそれだけを最初にお伺いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。企画政策課長、佐藤裕之君。
企画政策課長(佐藤裕之君) 総合計画の策定支援業務についてのお尋ねでございます。これについては、昨年度から平成25年、26年、27年の3カ年にわたり契約業務をしているところでございます。それで、支援業務の具体的な部分でございますが、大きく分けて基礎調査、それから、検討議案の作成等ということで考えております。それで、現在1月から住民にアンケート調査をしてございまして、その部分の集計作業等に従事していただいております。それから、当然総合計画をつくる段階に当たりまして、新市をとりまく社会経済状況等も重要な部分でございます。それらの把握等もこの中で行っているところでございます。
 それから、市の……、ちょっと後ほどお知らせさせていただきたいと思います。
 それからあと、審議会の予定でございますけれども、現段階では平成27年度まで含めまして、7回ほど予定しているところでございます。それで、本年度につきましては、4回を予定してございます。人数についてはその20名ということでございます。
委員長(中澤 宏君) 佐藤恵喜委員。
25番(佐藤恵喜君) それで、この総合計画策定の方法、なかなか正直難しい問題はあるなと思うんです。全国的にいろいろ見れば、例えば1,000人委員会をつくってだとか、いろいろな工夫もあるんです。それはきょうは省きまして、市長のこのコンセプトというんでしょうか、この基本的な考え方というんでしょうか。それは審議会に示して、それも一定のたたき台として進めているものなのか。それとも全くその白紙というか、市長の見解を示せないで、審議会というのは進んでいっているものなのか。どっちなんでしょうかね。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) まず、基本的な考えとして、やはり市民がいつまでも安らかに生活ができる環境と、そういった地域社会づくりを実現するためにどのような基本的な取り組みができるのかということについてお話をさせていただいております。
委員長(中澤 宏君) 佐藤恵喜委員。
25番(佐藤恵喜君) その程度という表現は悪いんですが、そのくらいは当然審議会の開会に当たってのご挨拶でも述べることだと思うんです。今、前委員から出ました例えば支所のあり方、本庁のあり方、どうなるか大きな課題ですよね。それは建物を建てるか新築するかだけではない、今後のまちづくりの方向の基本にもかかわるものです。そうした、あるいは農政の大転換に当たってどうするのか。医療はどうするかとか。私としては市長の思いをばんと出していただいて、審議会でも議論する。そして、議会としては、総合計画素案がまとまった段階で「はい、いかがですか」というのでなくて、同時並行的に議論するというか。立法府、行政府、その境はどうだとか、何とか。いろいろ難しい見解を申す方もあるかもしれませんが、少なくとも議会としても総合計画案ができた段階で、さて議会の議決要件なので提案するというのではなくて、今の段階からやっぱり市長の思いがきちんと示されて、それに対してどうなのかという。それは一般の一般質問なり、議案審議でももちろんやるわけですが、総合計画についてそういう議論の場というか、これはどうなんでしょうかね。全く考えられないものなんでしょうかね。今まではなかったですよ。町時代から含めて、執行部のいわば仕事として総合計画がつくられて、最終的に議会の意見を求めるというくらいなんですが、こういう手法ではなくて、市民参加をもっとコンサルタントは前のときにも触れて、部長からも決して、いわば補完業務にとどめるんだという基本的見解は示されておりますけれども、もっとやっぱり新たな仕組みというか、挑戦というか、これが必要でないかなと思うんですけれども、どんなものですかね。ちょっと言っているほうもちょっとコンパクトにしたいんですけれども、ちょっと長くどくなっておりますが、思いは伝わったと思うんですけれども。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 総合計画策定に当たっての多くの市民との意見をどう取り入れるかということだと思うんですけれども、基本的に各分科会を結成いたしまして、設置いたしまして、その分科会の中に審議の委員さんも入っていただくと。産業とか、保健、医療だとか、そういうふうに分科会に分かれて入っていただきながら、地域に実際にその委員も入っていただいて、意見交換をするという予定をしてございます。さらに、議会に対しては、その案ができてからという前に、さまざまに相談をさせていただくという予定で今のところ計画を立ててございます。現在の進行状況につきましては、まだアンケート調査の集計中ということで、実際にはその集計が終わった段階、新年度4月になってから、具体のスタートに入るということでございます。ただいまの意見をもちろん大事にしながら、これから計画を進めていきたいと思います。よろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) まず、28ページ、先ほど二階堂委員からも出たんですけれども、新電力の導入に関係しまして、これ業者の選定ということになると思うんですけれども、これはいつごろの時期をめどにというふうに確定するんでしょうか。
 というのは、そのこととまず1点なんですけれども、それとあわせて、指定管理施設についても、新電力事業者からそういった案内が来ております。そういった指定管理施設、当面は今33施設、公共施設ということで先ほど答弁あったんですけれども、今後も拡大する方向だという中で、指定管理施設も当然入ってくるんだろうなというふうに思いますが、そこら辺の今後の見通しについてまずお伺いしたいと思います。
 それから、概要の32ページですね。地域交通対策なんですけれども、市民バスの運行業務の委託料、ことしの委託料の額とそれから運賃の見通し、それについてお願いしたいと思います。
 それから、3番目、33ページの集会施設の整備事業補助金2件、600万円ということは、1件に対して300万円ということなんだろうなと思うんですが、これの建設の手法というか、いろいろなたしかどこからの補助金等も入ると思うんですけれども、ここら辺の手法をまずお聞きしたいというふうに思います。
 それともう1点なんですけれども、実は、議会の市民意見交換会の席で津山地区に行ったときに、集会施設を何か2地区だかで利用しているというような話が出ました。だから、今聞いた建設手法と含めて、登米市で今とられているこういった集会施設の建設手法というのはほかにもあるのかどうか、考えられるのかどうか。その点についてお伺いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。総務課長、丸山 仁君。
総務課長(丸山 仁君) 新電力の導入につきましては、平成26年4月1日から切り替えを目指しているところでございまして、現在エネルギーサービスプロバイダー、ESP業者と言われますが、これを介して業者との最終調整を行っているところでございます。年度内に早速契約について進めてまいりたいというふうに考えているところでございます。
 それから、指定管理施設の関係でございますが、平成26年度33施設について導入を予定しているところでございますが、そのうち8施設が指定管理者に委託をしている施設となってございます。新電力を導入することによりまして、電気料等も削減されることになりますけれども、1年間の実績等を踏まえて指定管理料のほうに、その削減額について反映させていただきたいというふうに考えております。
 なお、導入施設につきましては、今後使用状況を見て、拡大は十分可能でありますが、現時点でどの施設が次に新電力を導入するかということはまだ決まっていないところでございます。
委員長(中澤 宏君) 市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) それでは、私のほうから市民バスと集会施設の件についてお答えをさせていただきます。
 まず、市民バスの運行状況なんですが、12月末現在ということでまずお話をさせていただきます。末現在で、26万人ほど乗車をしていただいています。ご存じのとおり乗車につきましては、1回100円、このような料金設定をしてございますので、中には障害者であったり、あとはあしがる君を利用された方もいますので、掛ける100円まではいかなくとも、およそ2,400万円ほどの収入になろうかと思います。昨年が34万6,000人ほど乗車していただいています。今の状況から予測をすると、おおむね本年度につきましても、34万から35万人の方々が利用していただける。このような状況になってございます。
 委託料につきましては、平成24年、25年、26年3カ年契約をさせていただいています。今年度につきましては、1億1,000万円ほどの予算の中で委託をしてまいりたいと。このように考えてございます。
 続いて、集会施設につきまして、2地区600万円ということなんですが、こちらのほうにつきましては市の要綱がございます。登米市集会施設整備補助金事業交付要綱、こちらをもとに交付をさせていただいています。300万円というのは、その面積、建てた面積と、あとは建築資金、建築にかかった費用、こちらのほうを1平米当たり9万円、こちらのほうと、あとは低かった部分を計算しまして、最高限度額を300万円というような設定をさせていただいております。現在のところ、具体的な見積もりは頂戴しておらず、中江地区と登米の小島地区からは建設をしたいと。このような申し出がございますので、上限の300万円について予算措置を2地区させていただいているところです。それから、津山、2つの行政区が1つの集会施設を建築、このようなもしあれば、今現在につきましては、その1地区、2地区であっても1集会施設300万円というような交付要綱になってございます。ただ、登米市内の中でも例えば大きい行政区、小さい行政区さまざまございます。この辺も今鑑みながらこの要綱自体を、もしくは今後において改正、このような方向も今課の中では調整中、このように考えてございます。よろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) 1点目の新電力なんですけれども、この33施設の中に指定管理の8施設ということなんですが、そうすると今年度は一応この業者を選定して実施してみて、その状況を見て平成27年度にもし残る対象施設があればということなんでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。総務課長、丸山 仁君。
総務課長(丸山 仁君) さきに二階堂委員にもお答えいたしましたとおり、施設の導入の拡大につきましては、それぞれの施設の年間の使用実績、使用状況によって削減効果の大きいところ、つまり、業者にとってもそれから市にとってもメリットの大きい施設に導入を図っていくということでございますので、平成26年度については33施設でございますが、今後、拡大に向けて取り組んでまいりたいと思います。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) すみません。概要の41ページをお願いしたいと思います。これは税務嘱託員報酬とありますけれども、509人ですね。その下に納税嘱託員とあるんですけれども、この509人と3人と物すごい差がこの予算づけの差が大きいんですが、これは納税組合長だなというふうに思っておりますけれども、納税組合が今非常に少なくなっていくというか、やめていくのがあるというようなことで、非常に危機感を感じております。本当にこの予算づけでいいんでしょうかね、納税嘱託員については。私は、やっぱりこれではだめでないかなというふうに思っているんですよ。部落全部で、地域全部で、納税組合全部で一生懸命やろうというふうなことでやっていますので、納税組合の助成金はあるんですけれども、その組合長のなり手がないとなかなか消滅してしまうというふうなことですね。前にもこのことを言ったことあるんですけれども、このせっかく100%納めようということで努力して一生懸命やっていますので、これではちょっとなというふうに思うので、その辺のところ、市長、どうなんですかね。
 それから、もう一つ、先ほど納税組合からじゃなくして、軽自動車税のことを聞いたんですけれども、納税組合で軽自動車税も集めるんですが、その納税組合の納税証明書ですね。これ次の月の5月になるんですよね。5月の集めるときにまた納税集めるときに、5月20日過ぎになるんですけれども、市から来たものを今度は5月の時期ですよと。組合員に、班長さんに渡して全部集める。出していくのが恐らく市から来るのが20日ごろだと思うんですけれども、その後に出していくので、15日間の延ばしてよこされたんでは、その納税、せっかく延ばしてもらっても、そこまでかっつかれないんだよね。だから、できればこれは15日じゃなくして、1カ月というふうなことでやってもらうと非常にこの率的にはいいなというふうに思います。さっき言わなかったんですけれども、この辺のところを何とか納税組合、私だけじゃなくして、全部の組合員がそうだと思います。そういうようなことで、そうでないと欲しい方に渡して歩く、あるいはとりに来るという部分が非常にあるので、あれを知らなかったらば、とりに行かなきゃならないということもあるんですけれども、その辺の2つのところをお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。総務部次長兼収納対策課長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) 前段の税務嘱託員と、それから納税嘱託員の関係でございます。納税組合がだんだん減っているということで、本年度509名、これは平成25年度末の組合数でございます。それに対しまして、納税嘱託員のほうが少ないのではないかというふうなご質問だったと思いますけれども、納税嘱託員は国保会計を入れますとこの倍の6名でございます。6名で年間1億5,000万円ほど集めているわけでございますが、納税相談を実施しまして分納をなされる方がもちろん対象でございます。そういったことで、今後納税嘱託員の数が少ないのであれば増員ということも検討しながら、今後の推移を見たいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) 税務嘱託員のほうはね、上のほう……。いいの。相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 税務嘱託員の数が違うという、数が少ないというのではなくして、私はっきり言えばよかったんですけれども、509名で608万円ほどですね。納税嘱託員700万円と、毎年やっているからそうだということもあるんですけれども、ただ、納税組合員がなかなか今危機感があると。そしてまた、納税組合長になる人もないというふうなことで、せっかく地域を挙げて、納税組合を挙げて、100%納税しますよというふうなことで一生懸命頑張っているのだから、この六百何万円では足りないのではないのと。簡単に言うと。そうなんです。数が足りないというのではないですよ。だから、1カ月に勘定すると、1,200円ぐらいでしょう、早い話。それではなというふうに思うんですよ。だから、地域としてもさまざまな面において、部落会で集めてそれを組合長に独自で足してやったりなんだりするということも聞いていますので、その辺はどうかなというふうなことなんです。
 それから、さっきもう一つ言ったのは、納税の証明書のことなですけれども、一応2つお願いします。急いでお願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。税務課長、新井誠志君。
税務課長(新井誠志君) 先ほど軽自動車税の納入期限の延長の件につきましてお答え申し上げましたが、15日の設定については今の段階の考えでございます。これは限定といたしましては、口振の方々を対象にした方々がふぐあいを起こしているということでございますので、委員ご存じのとおり5日間の延長、要するに20日ぐらいまでの期限の部分につきましては、早急に検討してまいりたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) 総務部次長兼収納対策課長、高橋俊朗君。
総務部次長兼収納対策課長(高橋俊朗君) 納税組合長さんの報酬の件でございます。
 県内でいわゆる納税組合長さんに報酬を支給しているのは団体別では、登米市と気仙沼市だけなんでございます。あとは無報酬ということでございます。金額的には、登米市が平均で1万6,000円、気仙沼市が1万7,500円ということでほぼ同じでございます。そういった事情もございますし、確かに均等割1万円、世帯割、1世帯200円ということで積算しておりますけれども、報酬の増額につきましては基本的には支給しているところが少ないという現状もございますので、そういったことを加味しながらご理解いただければというふうに思っております。
委員長(中澤 宏君) 相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) そういうふうなことであれば、これをやめたって構わないんだよ、納税組合というのは。そういうふうな考えで述べてくるのであれば、ほかでは出していないからおらほではいいんだという、出さなくたっていいんだと。そういうふうなことで早い話、無報酬でやってくれというふうなことであるのでは、何も個人的に納めてもらえれば何にもないことだ。せっかくの組織があるんだから。そうではなくして、ほかでこうだああだって、そういうふうに強気で出られると、私税組合長、明日にやめますよ。申しわけないけれども。そういうふうな話じゃない。みんな一生懸命やっているんだよ。だから言う。もう1回聞くから。
 そしてまた、証明書も、20日でもそれはいいでしょうけれども、20日までいったら、やっぱり25日まで延ばしたほうがいいよ。たった5日の10日の駆け引きなんだから。そこまでいくと、20日に市から送られてきても、20日にみんなに渡すわけではないから。それを一つ一つのA3のやつに全部パソコンで打って、そしてあんたのは何ぼですよと、それで前回の納税の軽自動車税の領収書も入れましたので、ご確認くださいというふうなことを全部納税組合長がつくるんですよ、全部。紙代あてなんか全然もらったことないんだよ、それがおればかりでなく、全部おれの部落だけじゃなくして、全部の納税組合長がそうしてやっている。そういうことだから、無報酬だ。無報酬以上にこっちは銭出してやっているんですよ、今。簡単に言えば。70戸あれば、このA3のやつが毎回70枚かかるの。もっとかかるな、トータルのやつも出してやるから、2枚やるから、班長さんに。だから、そのようなことで一生懸命やっているのに、それにほかでやっているのはこうだから、無報酬だなんて。そんな話では全くだめだよ。市長、どんな思いです、こんなようならば。せっかく集めてくるんだよ、銭。ただ、そうやって「ご苦労さんでした」というふうなねぎらいの場だけでなくしてね、やっぱり何ぼかでも紙代ぐらいはね、私は出してほしいよ。ただ、切符持っていって、「はい、どうぞ」って、これでやりとりしてもらってくるのではないから。お願いします。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 納税組合長さんの報酬の件についていろいろお話をいただいたところです。さっき次長からもお答えしましたけれども、納税組合数、それから組合員、これは減少傾向にあるのは事実でございます。それから、先ほども質問の中でございましたが、外部評価、市民委員さん方からは、納税組合に頼っていた時期と今は違うので、とにかく頼らない体制、方法、徴収方法、これも市として考えるべきだというふうなことも言われたのは事実であります。そういうことからしまして、この減少している組合員の状況等を踏まえ、今後本当にどのような徴収方法を登米市として持っていくのか、それはもうきっちり整理しなければならないのかなと思っています。先ほどコンビニ納付等々の話が出ましたが、それだけでいいのか、今までの納税組合はじゃあ全く廃止していいのか、ここも本当に真剣に議論しなければならないと思っています。その上で、今これまでの経過もございますので、納税組合長さんの報酬、水準、どの程度がいいのか、また、どのくらいのウェートがあってどの程度報酬が必要なのか、そうしたところも総合的に検討させていただきたいというふうに思っております。いずれ、他自治体等の納税組合の動向を見ますと解消している自治体が多いんですが、市としましてはすぐそういう状況にございませんので、これから真剣に検討させていただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 税務課長、新井誠志君。
税務課長(新井誠志君) 15日の件につきましては、システムの金融機関からの消し込みの部分が10日前後かかるということで、当課のほうの部分については、15日というふうなことで若干余裕を持って設定をする方向で今検討しております。委員のご意見をさらに尊重したいというふうに考えておりますが、余り期限を延長するということについては滞納の部分にも影響いたしますので、再度検討させていただきたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) 相澤吉悦委員。
19番(相澤吉悦君) 滞納にはなりませんよ。納めるのは4月の30日まででいいんだから。4月の30日まででいいんだよ。ただ、前年の有効期限を5月31日までと、特例で延ばしてもらえればいいことなんですよ。納めるのは同じだよ。だから、滞納にはならないと思います。その納めるのは同じだから。延長するというのは、納めるのを延長しろといっているのではないよ。その証明書だよ。納めたのを4月30日まで納めるでしょう。それで納めて、次のやるのは、納税組合に回すのは5月20日過ぎに市から来るから、それに合わせて領収書を、納税証明書を一緒に入れてやって納めて、個々に配布するのだから、その間のことなんですよ。だから、私、言ったんです。だから、納税は滞納にはならない。そのようなことで何とかいい方向にやってもらいたいなというふうに思います。
 納税組合のことはせっかく一生懸命やっている人たちもあるので、今の部長の話を聞くとなくなるなというふうな感じも思いますので、なくなるんならあっさりなくなってもらえれば、それはうんと楽なことなんですけれども、そういうふうな話じゃなくして、みんなで納税というものは納める義務があるんだから。これはみんなで納めなければならないものだ。それをいかなる方法でやろうかなというふうなことで、苦慮して、みんなそれぞれ組合長も苦労してやっているんだよ。みんな出して、一生懸命どこの地域だってなる人いないで、お願いしてお願いしてやってもらっている。それを今後、そのいいとかノーとか語られてしまうと、何ても俺も言えなくなって、じゃあやめますかというふうになってしまうんですけれども。そういう話じゃなくして、何とかみんなで納めるように、そうでないと、登米市の滞納がいつまでも続くというふうなことで、どうしても税の徴収というのは、これは市の発展については一番なので、その辺のところなんです。俺はあとこれ以上は言わないから。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めますね。最後、総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) 今にも廃止するようなふうに受け取られたようですが、そういう考えはございません。納税組合のこれまでの役割、こうしたことも十分大きいことは承知していますので、今後の登米市のあり方としてどのような形にしていくのか、そうしたことを本当にもう1回考えなくてはならないということでお答えしたところでございます。
委員長(中澤 宏君) いいですか。税務課長からいいね。税務課長、新井誠志君。
税務課長(新井誠志君) ただいまのご質問ですけれども、先ほども申し上げたとおり、滞納の部分の影響というのは少ないというふうにこちらでも思っておりますが、口座振替の部分につきましての限定されている対象者の方々を見込んでおりますので、20日も月末も同じというふうなことで捉えればそれまでなんですが、利便性を考慮しながら検討してまいりたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ありますか。まだまだあるようですから、ここで昼食のため、午後1時まで休憩いたします。
          休憩 午後0時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 日下 俊委員から早退の届け出があります。
 1款議会費、2款総務費の質疑を続けます。質疑ございませんか。關 孝委員。
7番(關 孝君) 概要書27ページ、2款1項2目の広報、広聴費に関して、この中からホームページのメールの配信サービスについてお尋ねいたします。
 まず、ホームページにかかわる部分です。トップページにバナー広告が掲載されておりますが、10コマの広告枠のうち常に5コマ募集中ということで、なかなか登米市のトップページの広告がいっぱいにならないと。原因、どのようにお考えになっておるでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長公室長、神田雅春君。
市長公室長(神田雅春君) バナー広告につきましては、年度当初におきまして入札において決めてございます。その中で、バナー広告、それから広報の広告についても一緒にスポンサーを募集いたしまして、その中で再度別なスポンサーを探すというような形でやっております。ホームページのバナー広告、少ないというふうなお話しでございますが、原因としてはホームページの視聴率といいますか、実際見ていらっしゃる方が平成22年をピークにちょっと下がってございます。その関係でバナー広告そのものに応募されるスポンサーが少ないと考えてございます。あともう一つは、その辺の入札でとった方々が企業努力はされているもののみずからもバナー広告を載せているという状態ですので、なかなか全部埋まるというところまではいっていない状況にございます。
委員長(中澤 宏君) 關 孝委員。
7番(關 孝君) そのことに関しては、年間45万件のアクセスが平成24年度というふうなことであって、多くの方々が見ておられます。しかし、市としては公募して業者の方に、一括でその募集等々も含めて委託をしているから、市としては何も痛まないわけですね。あとは業者さんの努力によってそれを埋めるか埋めないかという話だと思うんですけれども、業者さんのお話を聞きますと、また、いわゆる1件当たりの広告の料金が他市と比べても若干高いからだというふうなお話も伺っておりますので、その辺十分精査して、いわゆるトップページの広告が埋まらないということは、それだけ魅力がないという、事業所からしてみれば魅力がないというふうに見られがちですので、その辺、再度中身の仕様等々ご検討いただきたいと思いますのと、実は、広告募集に関するお知らせが同じページに載っていますけれども、平成23年度のまま更新になっていないままで、平成23年度の募集がそのまま載っております。そうしたことが原因ではないかとは思いますけれども、その辺の更新の配慮もお願いしたいと思います。
 次に、メール配信サービスなんでありますが、昨年3月から緊急速報一括配信機能というのが加えられていました。さきの地震の際、津波注意報が発令されたときに、実は栗原市のほうから、それは携帯電話会社だと思うんですが、エリアメールが来て、津波注意報が発令されたので注意してくださいということだったんですが、登米市からの配信というのはありませんでした。また、さきの大雪のときですが、これもホームページでもメール配信サービスでもそうした注意を促すこと、あるいはさまざまな市の対応状況についてもお知らせが1つもありませんでした。せっかくこうしたツールがありながら活用されていないということに、非常に残念に思っておりますし、市民の命を守るという観点からぜひ大いに活用すべきだというふうに考えていますが、この運用の基準、それから先般の大雪のときに市民にお知らせする。そういった中での課題、今後の運営のあり方について、市長はどのようにお考えかお尋ねします。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) まず、この情報提供全般について、私の率直な考えをお話をさせていただきます。議員ご指摘のとおり、やはり緊急時のメール配信並びに災害が想定される、または市民生活に大きな支障が想定されるような事案につきましては、やはり迅速に市民の皆さんにその状況等についてご報告をすると。また、例えば大雪のような状況ですと不要不急な外出は控えるとか、そういったことなどにつきましても、配慮をすべきであったであろうというふうに反省をしているところであります。また、それぞれの取り組み等につきましては、担当のほうからご回答させていただきます。
委員長(中澤 宏君) 市長公室長、神田雅春君。
市長公室長(神田雅春君) バナー広告等の仕様等につきましては、今後金額等も含めていろいろと交渉をしていきたいと思っております。
 また、平成23年度の表示のままだということにつきましては、再度確認をさせていただきまして、すぐ訂正させていただきたいと思います。
 あと、それから、メール配信の関係でございますが、昨年度から注意喚起という意味でこれまでやってこなかったんですが、低気圧とか台風16号、18号等についてやったわけなんですが、今回大雪の際はそれをやってございませんでした。その辺もちょっと明確な基準をもう少しつくりたいと思っております。
委員長(中澤 宏君) いいですか。ほかに質疑ございませんか。佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) この概要書からちょっとお聞きをいたします。33ページの12細目、まちづくり活性化事業費の中で、まちづくり活性化事業に要する経費ということで、報酬、地域おこし協力隊員報酬2名で339万6,000円計上になっているわけですが、これは前年度の何か地域振興の実証事業といったような、私記憶あるんですけれども、それで、去年は1名だったわけなんですね。この地域おこし協力隊員が、今回が2名計上になっているんですけれども、その2名になった理由ですね。それとまた、これはどういった事業なのか、もう1回お聞きをしたいというふうに思います。
 それと、14細目、若者交流対策費でございます。これも予算の割には大変重要な事業だというふうに私、期待するわけでありますけれども、これも前年度までは報償費として若者交流モニターの謝金が45万円ほど計上になっておったわけですけれども、今回、そういったものがなくなったわけであります。この交流モニターのなくなった理由も意味がないからなくなったんでしょうけれども、なくなった理由をお聞きをいたします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) それでは、2点についてお答えをさせていただきます。
 まず、12細目のまちづくり活性化事業の地域おこし協力隊でございます。委員ご指摘のとおり、昨年は東和の米川地区に1名配置をしてございます。1年間活動した中で、さまざまな問題点、地域活動に関する部分で地域おこし協力隊、女性なんですが、1名体制の中で、活動に際して課題であったり、もちろん成果もございました。その中で現実的には、東京のほうから登米市の米川のほうにお越しいただいて、地域、米川地区に在住をしながら活動をしていただいています。その中で、地域行事であったり、地域おこしの部分で携わっていただいているんですが、例えば、地域の中に入って、都会の方の意見、あと地域の方の意見、相互に違う場合多々あります。そのような形の中で、1人ではなかなかその地域に対して反映させることがちょっと難しい。あとは、地域の方ともちろん意見が違うわけですから、どの程度までそのご意見を申し上げたらよいのか、そういう部分で悩んでいるようなお話も頂戴しています。
 あとは、東和の米川ということで、かなり広範囲にわたる地域をカバーしていただいています。昨年は、米川公民館のほうに事務所を置かせていただいて、そちらを拠点に活動していただいていました。主に米川、あとは鱒渕とかあるんですが、もっと広範囲に2名体制にさせていただいて、広範囲な活動を米川地区において進めていきたいと。このような米川振興会も含めて、当市も含め見解を持ったので、今回2名ということで予算措置をしているところでございます。
 続いて若者交流の関係なんですが、モニターということで、確かにことし報償費を用意してございません。実はモニターに関しては、ずっと公募させていただいているんですが、その公募の状況が正直申し上げまして、うちのほうの公募についても多少問題、もしかしたらあったかもわかりませんが、実はゼロという状態が何カ年か続いていました。そういった形の中で、うちのほうからお願いしてぜひなっていただきたいとか、そういう部分も正直ありました。昨年度につきましても公募がゼロという形の中で、いろいろ前年度体験した方とか、そういう方にもお願いした経緯もございます。さらに、平成24年度からそのモニターの方々を中心にやっていただいた結婚対策事業、こちらのほうを委託事業ということで平成25年、次年度平成26年度も予算措置してございます。そういった形の中で、平成26年度におきましてはモニターの報酬については予算化してございません。以上です。
委員長(中澤 宏君) 佐々木 一委員。
11番(佐々木 一君) この協力隊員でありますが、1名を今度2名にするわけですけれども、この募集方法ですね。またやっぱり東京のほうからこの募集するのかどうか。
 それと、この予算的なものですけれども、これはやはりどこからの補助事業等々を活用すると思うんですけれども、この財源内訳といいますか、その内容をちょっとお聞きいたします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) まず、募集につきましては、ホームページ、あとは全国的な地域おこし協力隊を募集するホームページございます。「JOIN」というようなホームページでございますが、そちらで実は募集をさせていただいているところです。ただ、当市に限らず、今日本全国で平成25年度は900名以上の地域おこし協力隊が設置されてございます。そちらのホームページを見ても、正直なかなかそう手を挙げていただける方は少ない。このような状況になってございますので、当市とすれば、そういったホームページ、あとは全国的な組織の活用、さらには現隊員、東京のほうから来ていただいていますので、こちらの隊員の知り合いだったり、あとはFacebook、このようなものを活用しながらもう1名についても募集、現在1名が応募をしていただいているところです。
 大変失礼しました。財源につきましては、地域おこし協力隊は総務省の事業になってございます。お1人400万円までは総務省の財源で後ほど特別交付金の手当がございます。2名ですので800万円まで特別交付金の該当となりますので、後に交付の予定となってございます。以上です。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 隣、11番委員が、今そこを話しましたが、関連でございますので、今、説明がありましたように、米川地区に入っているわけでございまして、これは総務省が平成21年度から地域おこし、地域の活性化事業の中で、いわゆる都市から農村に入れる事業と、それからもう一つは集落の支援員制度、専業、専兼任型、それから復興支援員、それから外部アドバイザーとか4つの柱でこれをスタートさせてきた事業でございます。ですから、なぜこれを早く使わなかったのかなと、ずっと思っておったんですけれども、昨年度これを使ってやり始めたので、非常に関心を持っていましたし、その成果も期待するところでございます。それで、今回1人ふえて応募状況、全国で978人ほどやられているようでございまして、自治体も318自治体がそういったものに加盟しておって、なかなか来ないような状況のようですけれども、ぜひこの制度を活用して、広くやっぱり外部からの導入、そしてそこに定着させて地域をおこすなり、その人にそこに定住してもらったりというふうな幅広く次の展開が生まれてくるんだろうと思いますので、これを制度、この地域おこし協力隊、それから集落支援隊、復興支援はなかなか難しいかもしれなませんが、外部アドバイザーこういった3つのものについて、今後登米市として取り組む方向性をどのようにもし考えている、考えがあるのであれば、お聞かせ願いたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) まず、集落支援員制度ですね。これにつきましては、今担当課のほうに導入に向けた調査を今させてございます。これにつきましては、先ほどの地域おこし協力隊とは違って、地元の人間といいますか、人を使えるという点もございますので、今研究させているというところでございます。
 それから、先ほどちょっとお話がありました地域おこし協力隊、なかなか手を挙げていただけないという実情がございます。それから、実際11番議員が実証事業ということでお話がありました。平成23年、24年度と県の事業で受け入れて実証事業をしたわけですが、2名、毎年度1名ずつ交代して来ていただいたんですが、なかなか地域に溶け込むまで時間かかる。それから、何を期待されているのかよくわからないというようなことがあって、少し若干精神的にまいったというところもございました。そういうことを含めて、反省材料にしながら、現在、今の米川で新しい協力隊員さんに支援をいただいているということでございます。できれば、何をしていただくかということをはっきりと明確にやっぱり受け入れる地域で持てば、支援員もやりやすいのかなと、手を挙げやすいのかなというようなことで、今さまざまなその実証を通した中で、反省を踏まえて今後活用していきたいというふうに思ってございます。
委員長(中澤 宏君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 今、絞って集落支援員については、前向きに検討するようでございますけれども、協働社会論を今登米市掲げているわけでございまして、今回もまちづくり地域交付金、それから地域づくり計画推進交付金、なかなかどっちがどっちだか、受け取る側では非常にわかりづらい部分があります。このことはさて置きながら、やっぱり専任型1人350万円、兼任型で40万円の集落支援員制度、こういったものをしっかり地域を支える意味でも、ここに住む方々を中心にしてやっていくわけですから、こういった制度の確立を早急にお願いしておきたいというふうに思っています。
 あとは、外部アドバイザーについては全然話がなかったものですから、やっぱり外から見たアドバイス的なものがないと、なかなか協働のまちづくり地域社会づくり交付金、地域づくり計画推進についても、そういった外からの力がある一定量ないと、どうしても今の地域協働型の事業に関しては、どちらも同じような雰囲気、さらにこれに地域コミュニティが入ってきますとそこでも同じような事業内容、いずれこの辺の協働社会論を展開していくときに、部署が別々な部分があります。教育部局と企画部局もありますので、こういったものの協働のやっぱり具体的な手法、それから具体的な進め方、そういったものをしっかり共有して、ここに向かっていくんだというようなものを、お互いにしていかないと、地域から出たから尊重することはわかるんですけれども、それが教育委員会部局の雰囲気のものであったり、こっちの企画のものであったり、非常に不合理なところも、不効率的なところもありますので、協働論というものはしっかりどうなんだということを、互いに横串の中で通じ合うようなところでぜひ進めていただきたいというふうに思いますので、この辺含めてご回答願います。
委員長(中澤 宏君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) 外部アドバイザーにつきましては、正直なところまだ研究については指示してございませんでした。ただ、地域づくり計画推進におきましては、宮城大学の教授、あるいはその宮城大学でその進めているコンソーシアム構想というのがございまして、そのメンバーの方々に実は各コミュニティに入っていただいて、いろいろ支援をいただいていると。外部アドバイザー的な目線で支援をいただいているところでございます。ただ、総務省の事業としての取り組みはまだでございました。それにつきましては、研究させていただきます。
 それから、企画と教育委員会で両方からコミュニティの支援、どっちがどうなんだということも実はいただいてございますので、その辺も含めて研究をさせていただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) それでは、簡単にお願いしたいと思います。
 グリーン購入の調達方針というのが平成19年に登米市でも出されました。そのときの段階で8,100万円程度の調達額があったんですけれども、それが今の段階でどの程度まで伸びているのかということが1点。
 それから、国際交流でなくて、国内交流のほうを1つ。富山県入善町との交流事業がずっと行われています。私たちも行って、入善町を見る機会がありました。非常にすばらしいところなんですね。これが今の段階のレベルの中で、交流で済ませていくのか。広く非常に水から農業からすばらしい入善でございますので、そういったところのもっと交流の進化というものは、どういった形で今後捉えていくのか。その辺お願いしたいと思います。
 あとは、男女共同参画の関係でありますけれども、男女共同参画、協働では、こちらの協働のまちづくりは違う共同になりますけれども、そろそろ男女共同のほうも協働のまちづくりの協働を使えるような次のステップに来ているのかなというような感じがしますけれども、その辺の考え方について、伺っておきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます、総務課長、丸山 仁君。
総務課長(丸山 仁君) それでは、グリーン購入につきまして、答弁させていただきたいと思います。
 今、議員ご質問のとおり、平成19年にグリーン購入の調達指針を作成いたしまして、購入の必要性であるとか物品の選定、そういったものを1つの方針を策定いたしまして、基本原則のもとに取り組んできたということでございます。方針の中では、紙類、文具類等については、90%以上の調達を目指すと。それから、オフィス家具類等については80%以上というような目標を掲げさせていただいたところでございました。調達の購入金額については、今ここで資料を持ち合わせておりませんが、購入率で申し上げますと、全体で平成24年度については91.4%の調達率となってございます。この数字につきましては、平成22年と比較いたしますと、1.9%ほど伸びているというふうな状況でございます。以上です。
委員長(中澤 宏君) 市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) それでは、国内交流の入善町との交流事業について答弁させていただきます。
 この部分については、企画のほうに予算措置をさせていただいておりますが、現実的には、米山総合支所のほうで対応させていただいているところです。その件については、旧米山町、これはご存じかとは思いますが、短台地区が平成7年入善町と友好と促進する会を結成したと。そこから現在に至ってさまざまな共通点あります。チューリップであったり、あと入植とかそういう親密な関係が根底にあったというような形の中でスタートした。このような交流の市とはなってございます。詳細については、米山の総合支所から答弁をさせていただきますが、今後もこういった形の中関係を十分に保ちながら、継続をしてまいりたいと考えてございます。
委員長(中澤 宏君) 米山総合支所長、小野寺 稔君。
米山総合支所長(小野寺 稔君) 入善町との姉妹都市交流でございます。旧米山町時代の平成15年に姉妹都市交流の締結をいたしまして、今年度まで続いているというような状況になってございますが、事業内容としましては、小・中学生……。
委員長(中澤 宏君) 課長、どのように進化をさせるかだから、答弁簡潔に。
米山総合支所長(小野寺 稔君) これまでの事業内容からさらに発展をいたしまして、市民、さらに市民団体との交流も深めてまいりたいなというふうに考えてございます。
委員長(中澤 宏君) 市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) 続いて、男女共同参画社会づくりについて答弁をさせていただきます。現在、男女共同参画の当課にかかわる部分については、平成24年において作成をいたしました基本計画、もしくは行動計画に基づいて、当課に限らず全ての関係部署で実践をしてございます。ただ、新たにこの男女共同参画の部分について、見直しをしていただいて本部会議、幹事会議、あとは作業部会とございます。これらの部会を通じながら、さらに男女共同参画の意識を深めながらおっしゃるとおり推進をして、次のステップという形、現在のこの協働というこの字に即した形の中で推進できればいいのかなと思ってございます。
委員長(中澤 宏君) 及川昌憲委員。
12番(及川昌憲君) 平成24年の計画から進んできているようですけれども、やっぱりそれが実態として見えてこないという、男女共同参画の関係ですけれどもね。やっぱりそういったものがしっかり見えるようにしていかないと、計画倒れになっていって、これもなかなか本物が見えてこないのかなと。やっぱり日々の行政の動きの中、地域の自治の動きの中にこういったものがしみ込んでいくような、そういうものを具体的に見えてこないと、せっかくの計画も本物になっていかないんだろうと。成果になっていかないんだろうと思いますので、その辺が私常任委員会が別なものですから、そこは見えないのかもしれませんけれども、そういった実績をしっかりとお示し願いたいと思います。きょうはいいですから。
 それから、国内交流で米山に振られても、これは困るんだろうと思いますよ。米山で引き継いできたからそのまま米山でやっているということではなくて、常任委員会でも入善にも行ってきましたし、農業委員会も行ってきたりして、さまざまな形で交流を深めていますし、市長も多分行っているんだろうと思いますけれども。そうするんであれば、登米市として入善とどのように向き合って、付き合っていくかという、国内交流のやっぱり実をつくり上げていくことのほうが大切だろうと思いますので、確かに窓口は米山の総合支所なんだろうけれども、その辺の考え方からするといつまでも米山の総合支所のイベント型に終わってしまうというふうになっちゃう。この国内交流事業の本質的役割をしっかりと、せめて平成26年度の中では再構築するべきだというふうに思いますけれども、市長、いかがですか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 昨年、入善町が創立60周年ということで、記念の式典にご案内をいただき出席をさせていただきました。また、委員ご指摘のとおり、本当に非常に水がきれいで豊富、また、登米市のお米の取引のある大手の米卸の米飯の加工施設もあり、そういった意味では非常に共通項も多いというふうに認識をしているところでございます。そういった意味では、これからのつながり、かかわりというものにつきましては、委員からご指摘をいただいております地域の共通性、そこを相互に連携をとりながら、お互いが発展できるような協力関係もしっかりと構築をしてまいりたいというふうに考えております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) ページ、27ページ、先ほども關委員も質問されておったんですが、ホームページのことなんですけれども、私もある行事に参加しようとしてホームページを探したんですが、全然行事項目が見当たらないということで、結局担当課に聞いていろいろ日時、場所をもう1回確認したんです。なかなか正直、ホームページ、タイムリーに更新されていないんじゃないかなという思いがあったんですけれども、これを見ると日々の更新まで委託しているということになるんですか。その点をまずお聞きしたいと思います。
 それから、ページ33の市民活動プラザの委託料なんですけれども、あれば補助財源の出どころと、それから委託料の大枠の概要をちょっとお聞かせいただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。市長公室長、神田雅春君。
市長公室長(神田雅春君) ホームページの更新につきましては、全て自前で行っております。入力につきましては、各部局ごとにいろいろ入力は可能となってございます。
 それで、今お話あったイベント等の恐らく日程等の内容だと思いますが、一応市政モニターさんからも前の月ぐらいの次の月のイベント等を入れたらいいんじゃないかというお話もいただいておりますので、今その辺は検討させていただいているところでございます。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民活動支援課長、星 茂喜君。
市民活動支援課長(星 茂喜君) それでは、私のほうから市民活動プラザ運営業務委託料について答弁させていただきます。まず、平成25年度につきましては、市町村総合補助金、こちらのほうの50%の補助で運営をしてまいりました。これは1年限りですので、平成26年度につきましては、市単費の中で運営をしてまいりたいと、このように考えてございます。続いて、その運営委託料の中身なんですが、プラザにつきましては3名の職員が常駐してございます。この3名の人件費、さらに福利厚生にかかる経費、あとは事務所の管理、運営に関する通信費であったり、あとは機械リース、コピーであったり、印刷機、このようなものの経費となってございます。以上です。
委員長(中澤 宏君) 佐々木幸一委員。
3番(佐々木幸一君) ホームページ、自前で更新しているということなんですけれども、ぜひいろいろ探しても全然出なかったのでね。ですから、各部局、各支所でぜひタイムリーな情報を発信できるように、少し調整をお願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 要望でいいですか。ほかに質疑ございませんか。及川長太郎委員。
21番(及川長太郎君) 1番及川です。38ページの交通安全対策費のことで、先ほどガードレールとカーブミラーが出ましたけれども、市内におきまして信号機、大分取りつける箇所あるかなと思いますがその状況、そして、今後の方針といいますか、計画がありましたらお知らせを願いたいと思います。
 それから、標識が立てられない道路、文字盤とかでよく大きく「とまれ」とかありますが、その辺の箇所も合わせてお聞かせを願いたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民生活課長、金野金一君。
市民生活課長(金野金一君) すみません。信号機につきましては、要望は今のところ私のところにはないようですけれども、要望があれば警察と協議してまいりたいというふうに思います。
 それからあと、標識関係ですね。交差点の警戒標識等でございますけれども、これにつきましても、カーブミラー、ガードレールと同じように建設部、支所等と協議して必要な箇所には設置するようにしております。
委員長(中澤 宏君) いいですか。ほかに質疑ございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) これで1款議会費、2款総務費の質疑を終わります。
 ここで、ことし3月31日をもって退職される職員の方々をご紹介します。
 豊里総合支所長 及川一夫君、津山総合支所長 佐々木文明君であります。2人であります。長い間市勢発展のため、ご尽力をいただき大変ご苦労さまでございました。ありがとうございます。
 説明員の入れかえのため、暫時休憩します。
          休憩 午後1時34分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前1時37分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、3款民生費、4款衛生費について質疑を行います。質疑はありませんか。工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) ページ数がちょっと、検診について伺います。予防接種4款のところに定期予防接種の中にいろいろ奨励の予防接種があがっているんですけれども、その中で子宮頸がんについて。定例会資料の別冊1には、20ページに子宮頸がんが小学6年生から高校1年生相当の女子となっているんですけれども、これは昨年、新聞なんかで接種後に原因不明の慢性的な痛みや手足の震えが起きる患者が出たために、安全性について正確な情報提供ができないとして、6月から国のほうでは接種の推奨を停止しているとあるんです。ただし、希望者への交付金助成は継続するとなっているんですけれども、市としての子宮頸がんに対しての今後の考え方をどういうふうにやっていくのか。
 それから、その中に子供たちの風しんですね。子供たちの接種はあるんですけれども、昨年度妊娠を希望する女性に対して、それからその配偶者に対しても先天的異常の検査をたしか無料で実施されたと思うんですけれども、それはこれから今年度も実施されるのか。まず2点お願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) ただいまの子宮頸がんワクチンの積極的勧奨の見合わせに関して、今後、市としてどのような対応をしていくのかということについて…失礼しました。ただいまの子宮頸がんワクチンの積極的勧奨の見合わせに関して、市として今後どのような対応を行っていくのかといったご質問に対してですけれども、子宮頸がんワクチンにつきましては、昨年4月から小学校6年生、高校1年生相当の女子へということで予防接種の定期化が進められたわけでございますが、先ほどお話がありましたとおりその副反応によりまして、6月14日から積極的勧奨の見合わせが行われているところでございます。市民からの問い合わせについては、現在のところはそう多くはございませんが、対応のスタンスといたしましては定期の予防接種といたしまして、実施主体である実施主体である市町村が対象者やその保護者に対して、接種を受けるよう勧奨しなければならないとしておりますので、その責務に基づきまして、接種可能なワクチンや対象年齢を具体的に広報やポスター等でお知らせをしていくということはしておりますけれども、積極的な接種勧奨に当たります対象年齢前に個別に通知することは見合わせております。今後については、接種を希望する対象者については、基本的には子宮頸がんワクチンの予防接種の効果に対しての情報提供、あるいは接種医療機関の情報等を提供しまして主治医に相談の上、内容を理解した上で接種していただくといったようなスタンスで対応してきたいと思っております。現在、月10件前後の接種の実績がございます。
 あと、2点目の風しんの予防接種でございます。風しんの予防接種につきましては、現在、定期の予防接種ということで、1期、それから2期ということで、風しん、麻しんの摂取ということになっております。それで、麻しん、風しんの混合ワクチンにつきましては、現在99.7%ほどの接種率になってございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 大体わかりました。月10件というと、そうするとこの子宮頸がんワクチン受けている方は対象者にすると随分少ないことになるんでしょうね。その辺と、それから風しん。今聞いたのは子供の風しんじゃなくて、大人の分の接種についてちょっと伺ったんですよ、聞きたいんですけれども。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) 子宮頸がんワクチンの接種につきましては、お話がありましたとおり月10件程度ということで、接種を見合わせている保護者の方が多いと思っております。今後については、国の通知を待ちまして積極的勧奨が開始されましたら、こちらで個別通知等で対応していきたいと考えておりますので、よろしくお願いしたいと思います。
 それから、風しんの予防接種、成人でございますけれども、風しんの予防接種については、接種開始の年齢というところもありますが、今の成人20歳代、30歳代については免疫の獲得率が悪いといったようなデータもあります。平成26年度4月以降については、国事業の中で抗体化の検査も補助事業の対象としておりますので、それについては抗体化の検査とあわせて、今後再度検討していきたいと思っております。
委員長(中澤 宏君) 工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) わかりました。
 それともう一つ、このページ数どこで伺っていいかわからないんですけれども、介護の保険外のサービス事業の1つとして、私も最近わかったんですが、平成16年度までにあった訪問理容・美容サービスの実施業務という制度があって、一覧表を最近手に入れたんです。その中で県内では14市町村が実施されていて、登米市はまだ実施されていないということなんですけれども、市町村が実施する介護保険外の事業として、国庫補助によって実施されていたこのサービス事業なんですが、国の三位一体改革で市町村事業とされたものになっているんです。ぜひこの県内の、先ほど市民生活部長を通して資料をお渡ししたんですけれども、これを見ると1回の17市町村の中では、主に仙台とか石巻、気仙沼、市には多いんですけれども、1回当たりの補助が市の負担として2,000円、利用者が2,000円から1,500円、1,000円とばらばらなんです。おおむね要介護3から5ぐらいの認定者とか、市によって町によっていろいろ対象者、それからサービスの中身は違うんですけれども、ぜひこういう制度、高齢者はなかなか寝たきりになる。高齢化になると歩けなかったり、寝たきり状態とかになっている。在宅、それから施設の中でも多いと思うんですけれども、そういう高齢者にとっては必要な制度じゃないかなと思うんですけれども、その辺の考えをお願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 今、生活支援という観点からも住みなれた地域、在宅でのこの生活の継続という視点からもいい事業だなというふうに思います。ただ、今後利用の需要の状況、あとは当然そのサービスを提供する側の事業者の皆さんの状況等もあろうかと思います。そういった点を含めて、今後研究をさせていただければというふうに思います。
委員長(中澤 宏君) 工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 先ほどお昼前に元福祉部長だった志賀部長にお話を聞いたら、「豊里のほうでは施設の中でボランティアでやっていた施設もあるんじゃないかと、あったと思う」という話しも聞いていますので、そういうことも含めてぜひ取り上げてもらいたいのと。
 それから、サービス提供する業者の方たちの意見もあると思うんですけれども、業者の方にとっても活性化、お店の活性化にもなるいい支援だと思うので、ぜひ前向きな検討をお願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁求めますか。答弁を求めます。市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 今、資料についても見せていただきまして、さっき長寿介護課長より答弁させていただきましたが、やはりサービスの必要性については、今の、次の時期の高齢者福祉計画並びに介護保険計画を立てるために、ニーズ調査等もやってございます。それを含めて、関係者の方々の当然ご要望についても聞きたいし、先ほど申し上げた業界の方々についての実施体制についても確認をしたいというふうに思ってございますので、お時間をいただいて検討させていただきたいというふうに思ってございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。田口政信委員。
16番(田口政信君) まず第1点、3款1項6目障害者地域生活支援費、障害者自動車燃料費助成金、議会側から要望があって予算をつけたようでございますが、ちょっと制度的に大丈夫かなということがまず1つあるんです。つまり年間最大2万4,000円分を助成するという、障害者が普段の生活に供する自動車の運転に係る燃料費助成というふうに解釈していいのか、つまり福祉タクシーは病院に行くとか、そういうときのタクシー券ですので、これはある程度判別が可能なんですが、障害者を持つ家族が障害者を乗せた実態がないときにも使えるということになると、非常に管理上大丈夫かなということがあるんですが、これをまず第1点にお伺いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。生活福祉課長、菊池治美君。
生活福祉課長(菊池治美君) 自動車燃料助成の関係につきまして、制度的に大丈夫かということでございます。まず、この制度につきましては、障害者の社会参加の促進ということを目的としてございまして、対象につきましては福祉タクシーと対象者は約同じでございますけれども、まず所得制限という部分で若干の縛りをかけております。それで、別冊資料の17ページにその見込み数等について記載してございます。障害者の中の大体手帳所持者は2,300人ほどございますけれども、その中の所得制限で450人ぐらいの見込みがございまして、さらにその中で自動車、自家用車を所有している方々を調べましたところ約8割ということで、そうしたところでこの17ページのところにありますように、見込み件数として360件程度というふうに見ているわけであります。
 それから、もう一つの公平性の問題でございますけれども、車両を登録していただきまして、その登録したものを手帳の一番見やすいところに車両番号を記載してございます。それとあと手帳とそれを持っていただいて、それをスタンドでそれを提示して、確認するというふうな方法で提出するというふうなことになっています。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 田口政信委員。
16番(田口政信君) 確認をしますが、自動車税を障害者自身が申請をして免除をいただいている。そしてしかも非課税世帯というふうに解釈していいんですか。それをちょっと確認したい。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。生活福祉課長、菊池治美君。
生活福祉課長(菊池治美君) ただいま要件についての話でございますけれども、手帳要件としまして先ほどお話しましたとおり、身体障害者手帳、それから療育手帳、それから精神保健福祉手帳の所持者でございまして、その家庭の非課税世帯を対象にするというふうな考え方でございます。
委員長(中澤 宏君) 田口政信委員。
16番(田口政信君) 障害者が個人が運転する場合もあるし、1級、2級、3級だと運転ができないというのがほとんどだというふうに私は思うんですが。そうしますと、どこで判別をするかというが非常に難しいのではないかというふうに思うんです。ざっと考えて。そうではないんですか。例えば障害者の両親、親が買い物に行くときも、その燃料はそれに該当するというふうになりますよということですね。それでいいんですか。そういう制度ですか。それをちょっと確認をさせてください。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。生活福祉課長、菊池治美君。
生活福祉課長(菊池治美君) 先ほども申しましたように、申請をしていただきまして、その段階で車両を登録していただきます。そして、その対象者となる方は、今委員がお話しのとおり家族が運転する場合もございまして、その場合その手帳を所持して、その車両番号を提示し、さらにその障害者が一緒に乗っておりまして、その手帳を確認するということで実施するという予定でございます。
委員長(中澤 宏君) 休憩します。
          休憩 午後1時53分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前1時53分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 委員ご指摘の点については、月額2,000円の助成が費用の全額ではございませんので、福祉タクシーもそうなんですけれども、基本的に社会参加を促進するという意味の一部助成の考え方でございます。例えば給油するときに手帳をきちんと示して給油を受けて、その後に例えば対象者の方をおろして、ご家族の方がどこかに行かれる場合も車のことですのであるというふうに思いますが、当然その定額で受けている部分については、その障害者の方の社会参加に使われているという趣旨で要綱をつくってございますので、そういうふうにご理解いただければというふうに思います。
委員長(中澤 宏君) 田口政信委員。
16番(田口政信君) おおむね了解しました。周りから見て、それが不均一というか、そういうものにならないような、制度設計したときにきちんと考えていただきたいということです。
 それからもう一つ、3款2項1目の児童福祉総務費の子ども子育て会議委員20名、60万円ほどの、あるいはさまざまな予算があるんだろうと思いますが、子ども子育て会議を条例をつくりましたので、これから動き出すというふうに思いますし、さまざまなスタッフが必要になろうというふうに思います。特に国は総務省、あるいは文科省、厚労省、3省でこの子ども子育てについて消費税の改定を含めて、これからどういう政策をするかという今おおむねの方針が出て、今市町村におろしている段階だというふうに思っています。その体制づくりはこの子ども子育て会議だけで、市民生活部だけでやっていくのか。それとも新たなこれから教育部局、あるいは文科省と厚労省といいんですね。あと総務省ですね、総務部局と一体となったそういう指令システムをつくっていくのか。しかも、今の子ども子育ては市民生活、あるいは福祉事務所、あるいは教育部局にかかわる部分で分散して、特に子どもたちの預かり保育だったり、児童館だったり、それから児童クラブだったり、さまざまな組織があり指令も別々にあるわけなんですが、これを機会に一体化させる取り組みというものは、予算的にちょっと見つけられなかったものですから。その辺の考え方をちょっとお伺いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 子ども子育て支援会議については、ご案内のとおり子ども子育て支援事業計画を策定するために、市内全般にわたって子育てにかかわる方々、市民の代表を含めて委員に選任をさせていただいて、現在、計画づくりに委員会を開催してございます。委員ご指摘のとおり、子ども子育て支援法の法律の考え方からすれば、直接的な子供の育成だけではなくて母子保健も含めて、それから子供を取り巻く環境の循環も含めて、全て保護者だけではなくて地域も含めて支えていこうというような考え方だというふうに、私いつも理解してございます。当然、市民生活部の中でも子育て支援課だけではなく福祉事務所、それから健康推進課並びに国民健康保険も含めて、保険の部分も含めて、医療費助成等も含めて、全て関係する部署、それから教育委員会も含めて市を挙げて子育て支援について考えていくという、そういうことでの計画作成だというふうに思ってございます。当然、子ども子育て支援会議の下に市長を本部長とする本部会議を立ち上げてございますので、登米市を全部を挙げて、子供子育てについて計画を策定していくという考え方で取り組んでまいりたいというふうに思ってございます。
委員長(中澤 宏君) 田口政信委員。
16番(田口政信君) 今までも各事業、そういうような連携をとるというようなスタイルでやってきたというふうに思うんですが、余り実を上げていないというふうに私思っているんです。せっかくこの機会に子ども子育てについて、さまざまなハード、ソフト面のことを一体化しようとしているので、やっぱり市側としても国自体が文科省に籍を置きながら、総務省への派遣というんですか。そういうところで一室で検討しているわけですから、そういう体制づくりをしていったらいいのではないかと思いますが、市長、どうですか。
委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) そういった意味ではその取りまとめ、基本的なイニシアチブをとるという部分につきましては、市民生活部ということで我々は認識をしながら、その取り組みを進めておるところであります。
委員長(中澤 宏君) 田口政信君。
16番(田口政信君) そういうのはこれまでもやってきたと私、思っているんです。ですから、どこかに缶詰にして、その言い方は悪いんですけれども、どこかに1室を置いて、そこで連携をとれる、あるいは出向でもいいですので、出向先と連絡が常にとれるような1つのエリアの中にその人数を置いて、やっていったほうがいいのかなと思った次第ですが、どうぞご検討ください。答弁はいいです。
委員長(中澤 宏君) ここで暫時休憩いたします。10分間休憩いたします。
          休憩 午後2時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前2時09分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 3款民生費、4款衛生費の質疑を続けます。質疑ありませんか。伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) 概要52ページ、老人福祉費No.9の緊急通報体制整備システム、これ過日の予算の説明で40台新規に買うということですが、これで今までの分と合わせて何台が独居老人世帯に配置されるのか。まずそれからお伺いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 緊急通報の設置の関係でございます。12月末現在で365台の設置となってございます。設置率にいたしますと、高齢者世帯4,017世帯ほどございますので、9.1%の設置率ということでございます。今回のこの機器の購入40台の考え方でございますが、これにつきましては、大分長く使っておりますと老朽化をいたしますし、そういった部分の更新、あとは新規要望への対応、あとは現在の機器が以前使っていたものはドアにセンサーをつけたものだったわけでございますが、このドアセンターの場合ですと誤作動がたまにあるということで、最新式のパッシブセンサーという形式に現在随時交換をしてございます。そういった交換に要するこの機器購入という考え方でございます。
委員長(中澤 宏君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) 何か世帯は去年と全然変わっていないようですね、独居世帯ね。それで、何か聞き方間違ってしまいましたが、独居世帯のうち必要と思われる独居世帯の何%かということなんですね。必要と思われる方の世帯の何%なのか。
 それから、このことですけれども、この判定というのはどなたがするんですか。手挙げ方式なんですか。それとも第三者の方が認定をするということなんでしょうか。その点をお伺いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) まず、対象世帯の4,017世帯でございますが、私、申し上げたこの数字につきましては、平成25年3月末現在の数字で申し上げさせていただいております。あとはこの設置する際の設置の仕方はという部分でございますが、基本的に手挙げ方式でございます。地域包括支援センター、または民生委員さん等の相談の過程の中で必要ではないかという方々に声をかけていただきながら、必要だということで申請をされた場合、申請の際にモニタリングをしまして、それを踏まえて要綱に合致する方について設置をしていくという形でございます。
委員長(中澤 宏君) 数値で、パーセントで聞いているんだから、詳しく数字で挙げて答えてください。もう1回。
長寿介護課長(菅原 登君) 失礼いたしました。必要とする方々が何名かということについては、この事業の対象となります独居高齢者、高齢者世帯の方々の数値については先ほどお話しました4,000世帯ということでございます。その方々が全て必要とされているかどうかということについては、その数値については把握をしてございません。あくまで必要と考える方々の手上げ方式ということでございます。先ほど9.1%というふうに申し上げましたのは、この全世帯から比較しての現在の設置台数で9.1%の設置率になっているということでご説明をさせていただいたところでございます。
委員長(中澤 宏君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) 私は、今現在365台ありますね。新たに40台やると。多分1割ぐらいの方だと思うんですけれども、実際必要とされている方やっぱりつかむべきですよ。つかむべきだと思いますよ。全世帯は独居世帯はこのくらいですけれども、これからますますふえるでしょうし、それから遠くに行っているご家族の方、やむなく離れている方、やっぱり心配なんですね。それで、地域の方々も1週間に2回とか毎日見ていくということも不可能ですので、万が一のためにこれありますので、必要と思われる方に、なるべく全世帯にやっていただくように、私はやるべきですよ。それが安心な高齢者の住みやすい地域になるのではなかろうかと思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。まず、実数をつかんでいただきたいと思います。
 それから、同じく高齢者福祉なんですけれども、運転免許の自主返納制度ってありますね。それはいわゆる市民バスの1年の無料パス券をやるということを私聞いているんですけれども、その予算措置はないんでしょうか。私ちょっと見つけかねたんですが。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。福祉事務所長、千葉幸毅君。
福祉事務所長(千葉幸毅君) 高齢者の緊急通報システムの事業につきましては、今課長話したとおり、必要な方には随時包括とか、民生委員さん方を通じて申請をいただいて設置しております。今ご案内をいただいたとおり、高齢者の方々の世帯がふえている。そういう心配の方には、ぜひ設置というようなお話をいただいていますので、今後包括とか、民生委員さんに心配な方はぜひそういう方々の把握とか、何かもこちらでお話して努めながら、設置のほうは検討させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) 市民生活部次長、小野寺良雄君。
市民生活部次長(小野寺良雄君) 担当につきましては市民生活課担当でございますけれども、免許証の自主返納につきましては、総合支所を通じて返納していただくという届けになってございます。それにつきましては、無料パスの交付ということで、予算的なものは伴っておらないというのが現実でございます。
委員長(中澤 宏君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) 無料パスは、住民バスならわかりますよ。これ市民バスじゃないですか。市民バスに無料パスやるということは予算措置がつきまとうと私思うんですけれども、それ平成26年度はゼロなんですか。そういうことないですね。市民バスに委託するんですもの。無料ということはないんじゃないんですか。今市民バスはワンコインですね。それでも無料なんでしょうかね。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) バスの利用ですけれども、普通の方であれば1回100円ということですが、障害者の方につきましては、障害者手帳を見せていただければ無料で乗れると。この免許の返納された方については、市民生活部のほうからあしがる君というパス券を実は交付されまして、それを提示して無料で乗れるという、こういう制度になってございます。
委員長(中澤 宏君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) はい、了解しました。なかなかこの無料あしがる君はあっても、買い物とか病院離れている地域の方は無理しても運転免許を返納せずやっているんですね。そういう実態です。それで、今後のことは後でまたお聞きしたいと思います。
 それから、ページ、68ページ、この今度サンクチュアリのリニューアルをするということですけれども、1点だけお伺いしたいと思います。去年、平成25年度かと思うんですけれども、公共施設の再配置計画というのが今動いていますね。それで各地域には、その策定計画に伴って委員さん方がおりますね。その委員さん方、委員の報告というんでしょうか、話し合いの中でこのサンクチュアリはどういうことを話ししたか、それをお伺いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。総務部長、佐藤順悦君。
総務部長(佐藤順悦君) まだ委員会が継続中でございます。そこで、サンクチュアリセンターにつきましては、その必要性等についていろいろご意見出たところでございます。市民の皆さんでの委員会での方向性を今月末までにまとめて、市長に報告するという状況でございます。それで、今サンクチュアリについてどういう結果だったかちょっと今手持ちにございませんが、来週24日に最終的な委員会を開いて、報告書をまとめて今月末までに市長に報告するというような状況でございます。サンクチュアリについての方向性については申しわけございませんが、今持ち合わせておりませんので後ほどお答えいしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) つまり再配置計画のサンクチュアリについては、再配置計画策定委員会の報告を待たずに、こちらで動いているということなんですね。私は、そもそもこのサンクチュアリの役割はもう終わったのではないかと、こう思っているんですよ。というのは、あの近くに県の施設ありますね。あれで私は十分だと思うの。今、公共施設再配置計画の中で、この手の建物いっぱいありますね。いかにこれを見直しするか、これは大事業だと思います。それをそういう最中でこれをまたリニューアルして、私は何か市長の話していることと逆ではないのかなと。市長は常々言っていることと逆ではないのか。ここに出て、私も思うことはいっぱいなんですけれども、このリニューアルする目的はわかりますよ。でも、登米市として近くに県の施設あるんですよ。あれを十分利用して、私はそれで目的は十分果たせるのではないかと、こう思っていたんです。市長、どうでしょうかね。これをお伺いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 委員ご指摘の県の施設というようなご指摘ですけれども、あれは栗原市の施設ということだというふうに思います。伊豆沼・内沼のサンクチュアリセンターということですよね。あれは栗原市の施設だというふうに認識をしています。伊豆沼・内沼環境保全財団が指定管理の受託をしているということではないのかなというふうに思っております。
 また、今ご指摘をいただいておりますこのサンクチュアリセンターの設立の意義、目的というものに関して、その役割を果たしたのではないかというようなご指摘をいただきました。これにつきましては、やはりこの機能をどのような形で使うのであれば生かしていくのかというような視点は、当然のごとく必要だというふうに考えております。そして、このサンクチュアリセンター、実は伊豆沼・内沼周辺に3カ所整備をされております。野鳥の観察館としての機能を持つサンクチュアリセンター、先ほどご指摘をいただいた施設。そして、登米市新田に設立をしておりますこのサンクチュアリセンターにつきましては、伊豆沼・内沼に生息をする淡水魚等の観察施設というような位置づけ。そして、築館のサンクチュアリセンターが、伊豆沼・内沼周辺に生息をする昆虫等の観察をする施設というような位置づけというふうに我々としては認識をしているところでございます。そういった意味では、伊豆沼・内沼の環境保全につきましては、主に伊豆沼・内沼環境保全財団がその取り組みを行っておるところであり、そういった意味では、ブラックバス、ブルーギル等を含めた外来魚対策なども行っているというのが伊豆沼・内沼の環境保全に対する今のかかわりというような状況があるわけでございます。
 そういった意味では、華美な整備ということではなくて、やはりこの伊豆沼・内沼の環境についてきちんと地域の皆様、もしくは登米市内外の皆様にもそういった状況等についてご理解をいただく、そういった意義はあるのではないのかなというふうに、我々としては考えておるところでございます。もちろん、内容等については、その事業の内容やそのあり方などにつきましても、我々としても十二分に精査をさせていただく中で、そういった役割を一定程度果たすような施設として活用したいということでご提案を申し上げているところであります。
委員長(中澤 宏君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) 私は、公共施設の再配置計画のほうを重点に言うんですけれども、合併前は隣の町に競って大体つくりましたね。それが今お荷物になって、それらが全て老朽化になって、これからどうしようかというのが一大事業だと思うんです。そういう中でサンクチュアリもつくって30年になるんですけれども、近くに私は県の施設だと思っていましたのは、高台にあれ1つでこの地域、伊豆沼地域は十分用が果たせるのではないかと思っているんですね。今市長はいろいろなことを話しましたが、あればいいですけれども、確かにここに4,000万円ですか、ことし。ここの中にこれからもっともっとかかりますね。単年度、これもいつ出すかわかりませんけれども、維持管理費、これは900万円ぐらいで今まで来たんですが、10年とか、20年ぐらいのスパンで考えたらば莫大な予算なんですね。そういうことを考えてやっているのかなと。片方は公共施設再配置、ところが一方ではリニューアルをして太陽光まで入れて、これ何か言っていることが全く別でないのかと私は思いますよ。10年スパンとか、そういうのを考えた場合に、大金をそこに投じられるんです。このぐらいでやめて、もし意見があればいただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 今サンクチュアリセンターのリニューアルについての委員のご指摘をいただいた点を十分に施設のリニューアル並びに今後の運営に当たっては留意してまいりたいというふうに思ってございますが、このリニューアルも含めて、その公共施設の再配置についても、当然このサンクチュアリセンターについては、上の段にございますけれども、生物多様性の登米戦略の策定も含めて登米市の自然環境、ここならず平筒沼もございますし、ほかの地域もあるわけでございます。それらの全体の中での今の環境学習の1つの拠点施設ということでの位置づけでリニューアルを図るものでございますので、今回予算がたまたまここに計上されたために目立ったような形になってございますが、全体的には登米市全体の自然環境の保全だったり、動植物の保全であったりということを生物多様性の登米戦略の中で考えてまいりますので、それに伴って必要な事業については年次計画で実施してまいるという中の1つだという位置づけでございますので、ご理解をお願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 伊藤 栄委員。
14番(伊藤 栄君) すみません。肝心なことを忘れました。完成後、何年後で総事業費幾らかかるんですか。それだけお聞かせください。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) サンクチュアリセンターの整備事業の計画でございます。現在、予定しておりますのは平成26年度が改修を主にしております。東日本大震災で施設が傷んだことなどによる改修を中心に行う。それから、平成27年度におきまして、館内あるいは圃場のビオトープ環境教育事業用として、そのような整備をしてまいります。それから平成28年度におきましては、舗装、駐車場等の整備をすると。そのような3カ年計画でいるところでございます。現時点で概算でございますが、3カ年で7,000万円ほどという見積もりでいるところでございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございますか。熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) 概要62ページ、AEDについてでございますけれども、リース料とそれから備品購入費ということで2つの方式取り入れておりますが、このリース料と購入と両方やっている理由について、これが1点目でございます。
 それからあと、それと備品購入費ということで725万1,000円ですね。これは既に、例えば設置先ということで、ある程度決定しているのかどうか。それからあと何台かということですね。
 それから、68ページの住宅用太陽光発電システム設置事業費ということで800万円ですけれども、今年度のこの補助金の実績は現在どのくらいであるかについてお伺いをいたします。
委員長(中澤 宏君) それぞれ答弁を求めます。健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) ただいまのAEDのリース料とそれから備品購入費の内容についてということでございますが、リースにつきましてはこれまで設置しておりました53台分のリース料となります。それから備品購入費のほうにつきましては、来年度新たに23台のAEDの配備を行うということで、新たに配備いたします23台につきましては、購入ということで備品購入費ということで計上しております。リース料と、それから備品購入費に分けた理由といたしましては、設置当初AEDの単価は非常に高かったということがありまして、5年リースということで対応させていただいたところですけれども、現在、再設置23台の設置を検討した際に、単価が非常に安くなったという見積もりがとれるということで、今回備品購入ということで対応させていただくということになっております。
 それから、23台の配備についてということでございますが、23台の配備につきましてはこれまで設置開始から8年ほど経過しておりまして、施設数や管理、利用形態も変わってきているということで、設置方針の中で設置基準を定めまして、配備するということで新たに設置されていなかった体育施設、集会施設等の14カ所、そのほかに各総合支所のほうに持ち出し用といたしまして、現在ある設置型のAEDのほかに9台の持ち出し用のAEDを設置するその予定で23台を新たに設置するものでございます。
委員長(中澤 宏君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) それでは、住宅太陽光の設置実績でございます。本年度におきましては、設置件数につきましては、73件となっております。それから補助金額にいたしましては、564万4,000円でございます。設置73件の総出力につきましては、367.46キロワットとなっているところでございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 熊谷和弘委員。
1番(熊谷和弘君) AEDについてでありますけれども、今回新たに今お話しありました設置する場所に関して、やっぱり結構市民の皆さんだとか、いろいろな要望もかなりその辺も考慮されての配置というふうに判断されておりますでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) 今回新たに設置いたします14カ所につきましては、設置基準ということでこちらで一応設置方針を立てさせていただきました。AEDの設置基準といたしましては、学校、小中学校、それからスポーツ関連施設、あとそれから市が管理する施設のうち特に利用者が多い場所等に設置するということで検討させていただいた結果といたしまして、年間の利用実績等を一応1つの基準としております。新たに設置予定をしております体育施設6施設、それから市が管理する公共施設については8施設となっております。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑、熊谷和弘君。
1番(熊谷和弘君) 太陽光発電システムについてですけれども、結構これから需要とかあると思うんですが、ぜひやっぱり市民でもわかっていないといいますか、意外と見落としていたりとか、そういったところも結構私も話を聞きますので、ぜひ積極的にこういった補助事業をやっているということもしっかり広報とか通じてPRをさらにしていただきたいなと思っております。これは要望で結構でございます。
委員長(中澤 宏君) 要望ということで、ほかに質疑ございませんか。岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) 概要書61、62になります。保健衛生費の中で、委託料の中でノルディックウォーク教室開催129万円。これ開催、どこでどういうふうに開催する予定なんだか。
 それで同じく備品購入費でノルディックポール30組と。購入までしてやるんだなというのはわかりましたが、今登米市のスポーツ祭りとか何かで、各町持ち回りで開催しています。その体協がメーンになってやるウォーキング、その中で今、毎年ノルディックウォーキングも同時に開催されております。わざわざここで予算化してやるべきものなのかなというふうに思いますので、その点お聞きします。
 それからサンクチュアリ、これまでの利用頻度というか、1日に大体何名ぐらいここのサンクチュアリセンターに訪れているのか。平成25年度はまだ終わっていません。平成24年度の実績で構いませんので、お知らせいただければなと。いわゆる観光施設の見方かと思います。やっぱり観光施設であれば、これまでの利用頻度からやって、どこまで利用者ふやそうという目標値があるのかどうか。目標値もないまま、ただリニューアルしましたでは、これは何ともならないなというふうに私も感じたところでございます。まずその2点お伺いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) ただいまのノルディックウォーキングの教室の開催についてということでございますけれども、これにつきましては、登米健康ウォーキング推進事業ということで来年度から事業を展開していきたいという中の一環で実施するものでありまして、ノルディックウォークについては、予定しておりますのは各町域にございます総合型スポーツクラブとの連携の中で進めていきたいというところで事業を計画していきたいと思っております。ノルディックウォークを今実際にクラブの1つの教室として実施している箇所もあれば、これから取り組むといったクラブもありますので、そのクラブとの連携の中で、まだ開始していないクラブについて一緒に実施していく予定でありますし、スポーツ祭り等で現在進められておりますノルディックウォークの大会等との連携も考えております。
 それからポールの購入でございますが、これにつきましてもポール自体を健康推進課で管理するという形ではなくて、総合型スポーツクラブで実施していくときに、一緒にそれを貸し出ししながら実施するといったような予定をしております。今後この健康ウォーキング等、健康事業を進めていくに当たっては、単課でできるといったような事業は本当に少なく考えております。各関係機関との連携の中で進めていくという方針でございますので、ご理解をお願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) それでは、サンクチュアリセンターの利用頻度、それから目標でございますが、現在サンクチュアリセンターにおきましては、年間1万5,000人から多いときで2万人を超えているところでございます。したがいまして、平日と土曜、日曜でも若干違うのでございますが、1日当たり40人から50人平均というような数字になってまいります。
 それから、現在、目標値については、定めてはいないところでございます。したがいまして、このサンクチュアリセンターのリニューアル、いわゆる環境教育施設、それからエコ・ツーリズムなどの拠点施設として整備する予定でございますので、それらのことにつきまして、現在、生物多様性登米戦略策定中でございます。その検討委員会の中で、サンクチュアリセンターの利活用、環境教育事業とか、それからエコ・ツーリズムなどの地域おこしに絡めた取り組みなども検討していただいて、その目標値などもしっかりと明確にしていきたいと考えているところでございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) やっぱり目標があっての整備計画でないかなというふうに思いますよ。ここに向かって、さっきの一般質問でも關委員のほうからありましたが、栗原では観光客を何十万人ふやそうという目標を立てて、そのためにはこれをやれというふうな取り組みなんですよ。隣の町では。うちのほうは何をふやすんだかわからないけれども、とにかくやっぺやというのでは、ちょっとうまくないなと思います。もし、その目標値ないのであれば、とりあえず施設だけでいいんでないかなと、私は思いますよ。しっかりつくって、そのリニューアル分の整備事業は、その目標値を定めてから整備計画なり、ビオトープの計画なり、それが順番ではないのかなというふうに思いますが、これは担当でも、市長でもどっちでもいいです。お聞きします。
 それからもう1点、一般廃棄物第2処分場、埋立期間、別冊資料でちょっといきます。計画埋立期間15年と、新たにつくる場所も15年後にはまた再度、今度は第3処分場までつくるというような形になろうかと思います。その次候補の予定地、もしそこまで先を見ているのであればお伺いしたい。やっぱり最終処分場、ここいっぱいになったからそっちというよりも、若干施設をつくるのにかかるかもしらないけれども、第2処理施設、24ページにありますがその燃焼方式ですね。溶融炉方式というのも前に提案された方もおりますし、極力廃棄物というか、少ないようなのを環境面からも考えれば、これ検討必要だったのではないかなと。今回当初予算で出たので、どのようにしようかちょっと悩んでいるところなんですが、その方向性を。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 1点目のサンクチュアリセンターのリニューアルについてでございますが、前については、迫町時代にジャーマンアイリス等を含めて観光的な施設ということでの位置づけで施設が運営されたというふうに思ってございます。今回のリニューアルの目的については、先ほどご説明したとおりでございますが、リニューアルの目的を明確化して、環境学習の拠点にするということでの整備計画を立てたところでございます。当然市内の小中学生、あわせてご利用いただくということで見込むわけでございますが、その数字について年度計画等で何人というふうに定めていないということでの説明になってしまいましたけれども、基本的には使用目的を環境学習の拠点施設ということで定めて、今回のリニューアルをさせていただきたいということでございます。
 それから一般廃棄物のごみの焼却施設並びに処分場の件でございますが、先般最終処分場の説明会で地元の豊里の説明会を開催した際にもご説明をしておりますが、基本的に現在の使用している処分場を建設する際に、当時東和町域と豊里町域と候補地が2つあって、その中で次の処分場の候補地まで豊里の場合は確保できる見込みがあるということで、現在の地に最終処分場を立地したというふうなことの経緯もあって、今回については新しい処分場を計画させていただいたということでご説明をしております。その次についてはということだと思いますけれども、それについては、現在、特に申し送られたものもございませんし、なおさら焼却施設についてはいろいろ技術の革新も当然あるでしょうし、我々もできれば最終処分場についても出るごみの量も当然少なくするというようなことで、長く使いたいというようなこともございます。ただ、焼却施設については当然機械のほうの償却ですね、燃やすほうの焼却じゃなくて。当然年数が経過すれば老朽化して、施設の更新というのは必要になってくるというふうに思います。それらもあわせて、ごみの焼却技術は登米市ならず日本全国での、全国的に多分課題になるというふうに思ってございますので、その技術の革新も含めて、これまでの経緯ですと、25年後か、30年後に新しい施設も建設を検討するようになると思いますので、それに間に合うように、その時点での担当の方に鋭意検討していただくということで考えてございます。
委員長(中澤 宏君) 岩淵正宏委員。
8番(岩淵正宏君) まず、サンクチュアリセンター、その実践体験型にするからリニューアルするんだというようなご答弁でございましたが、そこがちょっとやっぱり私と認識違う。だから、今回実施設計までですのでね。それが出て、実際本当にこれでいいかどうかは次の議会になるか、来年の議会になるか、そこで判断をさせていただくかなというふうに思っておりますが、やっぱり順序立ててやる。代表質問でやると行き当たりばったりの感が否めないんですね、どうしても。やっぱりしっかりとした計画を持って、リニューアルにしろ、新築にしろ、今後しっかりとその計画を密にやっていただくということをお願いして、これは要望で構いませんのでお願いしたいと思います。終わり。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 先ほどちょっと1点聞き漏らしたのでお伺いします。先ほども出たんですけれども、概要の54ページの子ども子育て会議委員の20名ありますが、どういう方たちが委員になっているか、まずその辺をお願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。子育て支援課長、小野寺千秋君。
子育て支援課長(小野寺千秋君) それでは、お答えいたします。
 子ども子育て会議につきましては20名の委員で構成しておりまして、平成25年度につきましては、現在2回開催してございます。それで構成メンバーでございますが、委員として子供の保護者の代表ということで5名の方、それから事業主の代表の方、それから労働者の代表の方ということで各1名の方、それから子育て支援を行う団体の関係者ということで児童館の母親クラブ、子育てボランティアなどの方3名、それから社会福祉団体の関係者ということで社会福祉協議会、それから民生委員、児童委員協議会などの方から4名、それから教育関係者ということで私立幼稚園などの園長さんが3名、それから学識経験者、これは学校長等を経験された方2名ということでございます。ちなみに委員の方で女性の方は全部で10名となってございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 2回今まで開催されたということで、その中の委員の方から、なかなか保育の現場が、幼稚園とか、母親クラブとか参加している方もあるんでしょうけれども、例えば学識経験者2名ですが、こういう方たちは何か子育て、保育の中身がわからない方たちがいて、議論にならないという声が出ています。そういう点は大丈夫なんでしょうか。これからの本当に保育、子育てのあれをつくっていく大事な会議なので、その辺は現場の意見が十分反映されるものになっているのか、ちょっとだけその辺。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。子育て支援課長、小野寺千秋君。
子育て支援課長(小野寺千秋君) 現在2回実施してございますが、今の段階では実際のこの会議の大きな目的は子供・子育て支援事業計画の策定が主な大きな仕事でございます。現在はニーズ調査の結果等の分析等を具体的に、まだ本筋の計画の内容には入ってございませんが、確かに委員おっしゃるとおり、なかなか専門的な用語があったり、制度上のいろいろな複雑な制度もございます。それから新しい制度へ移行するというようなこともございますので、そういったことは逐次いろいろな国からの情報等をわかりやすいような資料等を提供させていただいて、今後各委員さん方に提供させていただいて、よりよい議論になるように図っていきたいと思います。よろしくお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) 工藤淳子委員。
5番(工藤淳子君) 制度の中身については、ほとんど保育園とか幼稚園、現場のことの中身が多いので、その中には今現在でも民間の保育所長さんたちが2名入っていると思うんですけれども、それでもやっぱりそういう状況があるということは、大変なことなのではないかなと思います。特に今この制度がどういうものになっていくのか、本当に民間の幼稚園とか、保育園の方、園長さんたちが特にその動向を心配しているので、ぜひこの現場の声が本当に反映できるような中身にしていただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 要望でいいですか。(「はい」の声あり)ほかに質疑ございませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 先ほどの14番委員のサンクチュアリセンターではなく、概要書の52ページの緊急通報体制整備事業のうちの備品購入費、緊急通報機器40台の購入でございますが、対象者が何名、本当に必要な方が何名いるかわからないのに、おおよそこれまでの成り行きでやっているのかなと思って、非常に不安に思うんですよ。ですから、この際再調査、適任の方々にお願いをして、本当に必要なのが1,000人なのか、1,500人なのか。そこら辺をはっきり出して、以前LED防犯灯の例のように、一挙にその方々には設置をして、社会不安を少しでもなくしていくということが考えられると思うんですが、そういう調査をやる気があるかないか。
 そして、その担当のほうでやると仮定して、予算をつける市長のほうではどう考えるか、それだけお聞かせ、まずいただきます。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。長寿介護課長、菅原 登君。
長寿介護課長(菅原 登君) 緊急通報システムの関係でございますが、まずもって先ほど来お話はしておりますが、必要とされる方々には基本的には設置をしていくというスタンスで臨んでおるということはご理解をまずお願いをしたいというふうに思います。
 あとはその対象世帯4,000世帯ほどございますが、必要とする方の、思われる方の人数の把握ということでございますが、これについては例えばひとり暮らし世帯の方々が大分多く設置をしておるわけでございますが、そういったひとり暮らし世帯の方々につきましては、地域包括支援センターのほうで目配りをしてございますし、あとは地域の民生委員さんの方々にも目配りをしていただいてございます。そういった方々の状況を踏まえた形でご本人の方々に設置のお勧めをし、申請という流れになってございますので、必要な方々には行き届いているのではないかというふうには思います。ただ、なお今後ともそういった方々の洗い出しと申しましょうか、必要な方々の人数の把握には、包括支援センター民生委員さん方のご協力を得ながら把握には努めてまいりたいと思いますので、ご理解をお願いします。
委員長(中澤 宏君) 企画部長、田口俊郎君。
企画部長(田口俊郎君) そういうことで必要機器について一斉に購入するということにつきましては、今回消費税増税に絡めて地方消費税が入ってまいります。その使途については、社会福祉費に使いなさいということもございますので、そういう手当てにも十分使えるかなというふうに思ってございます。
委員長(中澤 宏君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) そうしますと、40台で十分だよというようなふうに言っていらっしゃると同じように聞こえるんですね。もう必要なところには原則として全部つけるのだから、この40台を見込んでいるということは全部をカバーしているというふうに言っているのと同じだと思いますよ、今の言い方ですとね。だから、そうではないだろうと。だから、包括支援センターなり、民生委員さんに再度協力をいただいて、この際心配を少なくするようにされたほうが担当してもいいのではないかというふうな、私から言えば親心で言っているつもりなんですが、そこはそのとおりやる気があればその後やるでしょうからよしとして、次に行きますから、もし市長で何かコメントございましたら、お願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 今、課長のほうからもお答えさせていただきましたが、関係者の皆さんのご協力をいただいて、必要な方にはしっかりとケアをするということで取り組みたいというふうに思います。
委員長(中澤 宏君) じゃあ質疑の途中ですけれども、ここで10分間休憩します。
          休憩 午後2時59分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時08分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 星 順一委員から早退の届け出があります。
 3款民生費、4款衛生費の質疑を続けます。質疑ありませんか。浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 概要の65ページ、別冊1の資料の20から21ページの予防接種に要する経費でお伺いします。
 このように予算措置されておりますが、ドクターという立場で病院事業管理者、どこか不十分と思われるところはないでしょうか。念のためにお聞かせいただきたいと思いますが。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。病院事業管理者、石井 洋君。
病院事業管理者(石井 洋君) 予防接種に関しては、全て完全に安全だというものがない限り必ず副作用を伴っていますので、以前は国で自動的に受けるようにということになっていたんですけれども、一時期そういう副作用が問題になりまして、なかなかそういうことができなくなったと。そういうことになったために、風しんとかいろいろな問題がまたまた生じてまたもとに戻りつつあるんですが、全く安全だということがない限りでは、必ず不都合な部分が出てくるのはやむを得ないことなので。どこまでそれで完全か、不完全かというのは非常に難しくて、先ほど言った子宮頸がんワクチンも打たなければ感染を起こす人が出てくるわけですし、かといって副作用の部分が果たしてあれが本当に原因かどうかってまだ定かでない部分がありますので、私からとやかく言うとややこしくなりそうなのでこの辺で答弁を終わらせていただきます。
委員長(中澤 宏君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) そのくらいにしておきますが、次に、じゃあ66ページのアメリカシロヒトリ駆除対策に要する経費、当初でこのように措置されましたが、昨年ないし、その前の年の経験からしてこれでまず十分なのかどうか。
 そして、補正対応するということであるとどうしても後追いになるような気がするんですが、その全体的な考え方について教えていただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) アメリカシロヒトリ対策についてでございますが、昨年、それから平成24年度、25年度の事業費につきましては160万円、それから180万円程度で予算化して対応してきたところでございます。しかしながら、捕殺駆除を一番の基本として進めてきたわけでございますが、まだまだ市民の皆様にその捕殺駆除の関係につきまして浸透していなかったという点がまず挙げられます。そのようなことから、平成26年度におきましても、その捕殺駆除に重点的に力を入れていきたいと考えているところでございます。そのようなことから、高枝切りばさみの配備をまた180本総合支所等にふやしていく。それから、捕殺駆除が地域の中で大量発生して、なかなか不十分な状況となった場合にその捕殺駆除等に対して、シルバー人材センターにお願いして捕殺等を実施していく、それにつきましては、2人で日数的には300日ほどとっているところでございます。したがいまして、その捕殺駆除を重点にして発生抑制を図っていく。昨年捕殺駆除でいい効果が出たところもございました。中田町の石森の仲町地区でございますが、6月の第1カ期発生時期におきまして捕殺駆除を地域内で実施したところ、2カ期の発生が抑制されたという実績もあるわけでございます。したがいまして、この捕殺駆除について、来年度も周知徹底を図りながら地域全体でできるような形を進めていきたいと。それでこの高枝切りばさみについて、これについても市民皆様方が使えるような形をとっていきたいと考えているところでございます。昨年は、公衆衛生組合などの地域防除に際しての貸し出しでございました。そのような形に変えて、捕殺駆除を徹底していきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。
委員長(中澤 宏君) 浅野 敬委員。
6番(浅野 敬君) 詳しく教えていただきまして、本当にありがとうございます。ぜひ後手に回らないように、進めていただきたいということだけお願いしておきます。
 あと、次ページの67ページのバイオディーゼル燃料推進事業に要する経費は、ほとんどゼロみたいなものですが、このことの減少といいますか、事業的には順調に進んでいるのかどうかだけお聞かせいただきたい。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) それでは、バイオディーゼル燃料の推進事業についてでございます。現在、廃食油の回収量つきましては、平成24年度におきまして7万266リットルでございます。それからBDFの使用量につきましては、6万3,494リットルとなっているところでございます。それで、このバイオディーゼル燃料の推進事業が本格的に始まりましたのが、平成19年度からになるわけでございます。その平成19年度におきましては、回収量が6万3,597リットル、それから、使用量につきましては5万1,148リットルでございました。回収量が平成24年度で10%の増、それからBDFの使用量については20%の増となっているところでございます。それで使用している車でございますが、市民バス、宮城交通の1台、それから公用車1台、それから民間事業者の15台、はんとく苑のトラックでありますとか、ごみ収集車で活用しているところでございます。それから、廃食油の収集箇所につきましては、公民館等で定期的に収集、それからウジエスーパー等の店舗でのご協力をいただきながら集めているところでございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 以上でいいですか。ほかに質疑ございませんか。佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 61ページなんですけれども、下から4つ目に健康管理システム保守管理業務委託料ということでのっていますけれども、これはどういうふうなものなのか説明いただきます。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) ただいまの健康管理システムについてでございますけれども、健康管理システムにつきましては、各種検診結果、それから予防接種履歴の管理、それから乳幼児健診の結果の管理等々の保健事業に対しての全体事業の管理を行っているシステムでございます。システムにつきましては、平成22年度から27年度の6年間の保守管理契約料として、今回170万7,000円の計上をしております。このシステムを導入することによりまして、各種事業についての診断異動がありましても支所間でタイムリーな対応が可能になっておりますし、また検診の未受診者や予防接種の未接種者への個別通知等の対応も可能としております。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) この健康管理システムということなんですが、今回は健康なまちづくりということでウォーキングによる健康づくりをやるということなんですけれども、その他いろいろなかかわりで、健康なまちづくりの業務というのはいろいろあるんです。そうしたところもしっかり働いていくためには、やっぱり地域に対して、例えば健康活動推進委員であるとか、食生活改善委員とかという、その地域の人たちいるんですけれども、こういった市民が参加している委員の皆さん方がどのように実際地域の中で具体的な役割というのは果たせるものなのかどうなのかということでお伺いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。健康推進課長、千葉ますみ君。
健康推進課長(千葉ますみ君) 保健活動推進委員さん、それから食生活改善推進委員さん方の地域での活動ということでお答えさせていただきたいと思います。
 現在、保健活動推進委員さんにつきましては、登米市保健活動推進委員設置規則の中で、定数については550人以内ということで、各町域、それから行政区内でその人数を決めていただいていまして、498名の方に現在活動をしていただいています。保健活動推進委員さんにつきましては、地域の方々の健康課題を共有しながら、母子保健活動、それから成人、高齢者の保健活動ということで、主にはこんにちは赤ちゃん訪問等、それから地域に子育て情報を提供していく、それから検診事業の啓発とか、検診会場での啓発、それから地域の健康づくり事業の企画といったような地域に密着したところでの活動を行っていただいております。
 それから食生活改善推進委員さんにつきましては、これは保健活動推進委員さんが委嘱されてというような立場と違いまして、全くのボランティア活動ということで、現在、市内については340人ほどの方に活動していただいています。食生活改善推進委員さんについては、食生活を通して市の健康づくりを担うということで、独自の各町域ごとに分会をつくっていただきまして、その中で活動を実施していただいています。今後につきましては、地区組織との一体となった活動が重要ということで認識しておりますので、健康課題を共有するそれから事業を企画するといったところから、一緒に共同でこの健康づくりを進めていきたいと考えております。
委員長(中澤 宏君) 佐藤尚哉委員。
13番(佐藤尚哉君) 市長今聞いたとおり、やっぱり地域の人たちの役割というのは非常に大きいわけです。そうした中で、市長が今度ウォーキングによる健康づくりをするということで掲げましたので、やっぱりこれは先頭に立って本気になってやっていかなければならないかというふうに思うんですけれども、市長のその決意のほどを伺っておきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) もちろんそういった各種取り組みについては、私からの各委員の皆様方に積極的にご協力をお願いを申し上げるとともに、その取り組みに一緒になって当たってまいりたいというふうに考えているところであります。そういった意味では、特に健康なまちづくりを進めていく上で、ご指摘をいただいております保健活動推進委員さん、食生活改善推進委員さんの果たす役割は非常に大きいというふうに思っておりますので、そういった委員の皆さんがお集まりいただく会のときに、私からもその思いをしっかりお伝えをさせていただき、ご協力をいただくようにしっかりと取り組んでまいりたいと考えております。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) 3款2項の児童福祉費でございまして、保育所の現在、市が8カ所、あとは民間保育所は11カ所、非常に保育所の待機児童が多いというように考えるわけですが、現在どのような待機児童があるのか。
 また、町域によって少しバランスというか、多い、少ないとあるというふうなことも耳にするところでございますが、その現状はどうなっているでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。子育て支援課長、小野寺千秋君。
子育て支援課長(小野寺千秋君) それでは保育所の待機の関係でございますが、現在、認可保育所の定員でございますが、公立が600、これは公立が8カ所でございます。私立が定員が788ということで、これが11カ所でございます。合併のときから比較して全体の定員が295人ほど増加させてございますが、入所児童につきましては国の運用基準を満たす範囲内で各施設が2割増しぐらいのところで受け入れてございまして、平成26年1月時点では1,505名を受け入れてございます。それで平成25年度につきましては、30人程度の国の基準の待機児童となってございますが、平成26年度につきましては、現在も調整を行ってございますが、全体の申し込み数が入所判定会議開催の1月末時点で前年度対比で67人の増加となっております。最終的には、平成25年度当初の待機児童数の22名を上回るのではないかなというようなことで考えてございます。待機児童対策につきましては、合併以来、私立、市立保育所の定員等の拡大を図ってございますが、ここ2年特に出生数は減少してございますが、入所申し込み数は予想を上回る状況で増加してございます。最終的には昨年の、平成25年度は30人程度の待機ということでございますが、平成26年度につきましては、それを上回るような形で推移するのかというふうなことで当初は考えてございます。以上でございます。
 ただ、あと待機の地域的なバランスでございますけれども、どうしても市の中心部、それから通勤の利便のよいところ等に立地している保育所につきましては、入所を希望される方が多くなってございます。以上でございます。
委員長(中澤 宏君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) これまで待機児童をなくすようにということでいろいろなさまざまな施策がとられたわけですが、ただいまのご答弁をいただきますと、平成26年度はさらに待機児童がふえていると。出生数が少ない中でそういう背景があるわけですが、再来年、その次のことについては見通しもいろいろさまざまあろうかと思うんですが、このふえているという実態を解消するには何かどのような方策が必要と考えられてございましょうか。例えば、今中心部のお母さん、あるいはお父さんの仕事の関係上、中心部にということもありますけれども、なかなか入りたいところに入れないので、「ちょっと少し遠隔地なところにまでだったらいいですよ」というようなご父兄が希望するところでないところの紹介されて、非常に困惑しているというような話も聞くわけなんですが、その辺の調整、あるいは30人をさらにふえるというような状況の解消の施策についてお伺いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。子育て支援課長、小野寺千秋君。
子育て支援課長(小野寺千秋君) 待機となった皆様には、逐次施設の空き状況等をお知らせして利用調整を今後とも進めてまいります。
 あと認可外保育施設を利用される方につきましては、平成25年度から保育料の助成等も実施してございますが、あとは平成27年度に向けた新しい制度に向けた事業計画の策定の中で、具体的な需要に対する供給体制を整備していくわけでございますが、喫緊の課題としては平成26年度中の考え方といたしまして、国では待機児童解消の加速化プランというのを実施してございます。平成26年度中にある程度の財源確保の見通しが立った段階で、小いわゆる規模保育施設、これは特に低年齢児を対象とした認可外保育施設さんに対応してもらうような事業でございまして、そういった事業を導入することによって、幾らかでも低年齢児の待機児童の縮減に寄与できればなというふうに考えてございまして、そういった事業も今後検討させていただくという予定にしてございます。
委員長(中澤 宏君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) 国もそういう政策の中でちゃんと手当てをしているということでございますので、やはり積極的にそれを取り入れてやるべきではないかと。低年齢児、ゼロ歳児からというのは非常に待機児童が多いというふうに聞いてございますので、そういうふうな対策を積極的に取り入れて、待機児童の解消に努められたいというふうに思ってございます。
 次に、施政方針でウォーキングのいろいろお話をいただきました。健康づくりの推進については、ウォーキングの環境整備等の対策を行うと。あるいはスポーツ振興の中でも日常生活で気軽に取り入れられるウォーキングというようなことで施政方針でお示しをいただきました。先ほどノルディックウォークですか、そういうこともございますが、健康づくりの関係からいきましてパークゴルフのウォーキングというのは、非常に芝生の上を歩いて、ひざとか、さまざまなところに非常に健康のためにも効果があるというふうに思ってございますが、担当のほうではどのように捉えてございましょうか。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。社会教育次長、鈴木 均君。
社会教育次長(鈴木 均君) 今パークゴルフ場の関係につきましてご質問いただきました。やはり歩数もパークゴルフ場の場合は1万歩、2万歩というような、そのような歩数も歩きますので、健康づくりには有効な手段だと考えてございます。ウォーキングにつきましては、先ほどもお話が出ましたけれども総合地域スポーツクラブ、さらに公民館でもウォーキング、その辺を進めてございますので、パークゴルフ場についてはこれまでもお話をしたように、今市民生活部も当然入ってございますけれども、さまざまな分野でその辺の有効性をちょっと今調査してございますので、その辺の検討が出次第、いろいろな形でお示ししたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
委員長(中澤 宏君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) 市民生活部の健康のほうからのご答弁をいただくかと思ってでございました。スポーツ振興の中でということで、後でこの件については触れさせていただきますが、今次長からご答弁をいただいたんですが、やはりいろいろさまざまな健康づくりにあえてウォーキングの健康づくりの推進について市長が2つの項目の中で述べられているということで、しっかりそのノルディックウォークのみならず、今非常に歩け歩け運動も各部落でやっております。健康の増進のためのパークゴルフ場の要望が非常に多いわけでございますが、そこら辺もちょっとご検討があってしかるべきではないかというふうに思ってございます。
 次に、4款1項保健衛生費の太陽光発電システムについて、個人の住宅に設置する際には補助金を出して、これまでも、今度平成26年で3年目になるんでございましょうか。そういうところでございますが、それを全体の先ほどは平成25年の部分については377.6キロワットでございますか、そういうご報告もいただいたところでございますが、市内にはメガソーラー等々、あるいは個人で補助金に頼らず売電、あるいは自家用消費を兼ねて残ったのを売電するというような、ほぼ大きく太陽光の発電システムが整備されております。また、2016年でございますか、4,000キロワットのメガソーラーの計画もあるように伺ってございますが、一応登米市の市内でこういう太陽光発電は補助金を出したのみならずどの程度の発電能力があるのかというのは把握しておくべきではないかと。と申しますのは、いずれ近々女川原子力発電所の再稼動がいろいろ議会でも答弁されてございますが、これまでも節電の要請もなく、何とか原子力発電所がなくてもやってきたと。さらにこういうふうに太陽光発電がどんどんと伸びておる中で、そのときの再稼動に対するときの判断の材料にもなるというふう思慮されるところでございますが、それへのお考えをお尋ねいたします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) 太陽光発電の現在の登米市での状況ということでございますが、現在、市内におけるまず電力の使用料でございますが、これは平成21年度の登米市地域新エネルギービジョンで調査したものでございますが、4億5,423万4,000キロワットの電力使用量でございます。その中で太陽光の発電設置出力に基づく年間発電量推計でございますが、791万7,000キロワットでございます。あくまでも推計値でございますが、その中で、太陽光発電の占める割合というのは、現在1.74%になると、私どものほうで捉えているところでございます。以上のような状況でございます。
委員長(中澤 宏君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) ですから、これは平成21年度でございます。今は平成26年の予算を審議してございます。東日本大震災発災以降、この太陽光発電ということが国の政策等々でも非常に奨励してございますので、やはり平成21年度のデータでは何らこれからのところには参考にならないのではないかと。急激にふえていると。また、さらに2016年には、大きなメガソーラーもある業者がされると。非常に市内では大きく発電施設を整備したところが多く見受けられるわけですから、現状がこの古い資料に頼ることなく、やはりしっかりと捉えておくべきではないかと。先ほども申しましたように、いずれその原子力発電所が再稼動に向けてのときのやはりこれだけの登米市内では発電の能力があるというようなことの判断の材料になるのではないかと、先ほど申しましたがそのことについてはお答えがないのでございますが、再度質問させていただきます。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。環境課長、佐々木修一君。
環境課長(佐々木修一君) 現在、その全体的な発電量の把握と申しましょうか、その平成21年に行ったエネルギービジョンでの把握というところで、これからのことにつきましては、また再度調査していければと思っております。
委員長(中澤 宏君) 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) ちょっとデータが古くて大変申しわけなかったんですが、基本的には委員のご指摘のとおり、再生可能エネルギーの比率を高めていくということの方向性でこれからも導入について積極的に進めてまいりたいというふうに思ってございます。
委員長(中澤 宏君) 庄子喜一委員。
22番(庄子喜一君) ですから、現在、あるいは計画されている太陽光の発電の量というんですか、最大に何キロワットの発電能力があるかというのを調べておかなくてはないと思いますよ。それを調べますかと言っているんですよ。調べた結果にまたいずれ来るときあろう判断しなければならないときには、その判断の材料になるから私は調べるべきではないかということなですが、いいです。市長に聞くから。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 今現在ということだけなく、今計画をしている見込み、その可能性も含めてしっかりと精査し、調査をさせていただきたいと思います。
委員長(中澤 宏君) ほかに質疑ございませんか。伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) それでは、概要書71と、別冊の23、24の関係について質問したいというふうに思います。
 現在、ごみ処理事業につきましては、日本全国、各自治体、大変大きな課題事業の1つだというふうに考えるわけであります。ごみ処理全体からすれば、まずは分別、それから収集、中間処理、そして最終処分というような工程を経て、一体的な事業というふうになっておりますが、基本的にはまずはごみの発生量を減少させること。それから減量効果の高い施設を導入し、処理を行うこと。それから最終処分量をできるだけ削減して、処分場の延命化を図っていくこと。そういったことが基本的なスタンスだというふうに思うわけでございますが、そういった観点の中でまずはごみの排出量の現状と、今後の見通しはどのように捉えているのか。
 2点目、生ごみの発生量、パーセントでもいいのでその辺と、プラ系のごみの発生量のパーセント。それからわかれば廃プラ関係の発生量、その辺の処理の考え方をお聞かせいただければというふうに思います。
 それから、3点目でございますが、資源ごみのリサイクル率は、現在どのように推移しているのか、今後の見通しを含めて説明していただければありがたいというふうに思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。環境事業所長、阿部 信君。
環境事業所長(阿部 信君) それでは、ごみの収集についてお答えさせていただきます。
 現在、震災以降、ごみの総搬入量はクリーンセンターにおいてふえておりまして、平成22年度から23年度にかけて37%、その後30%で、平成25年度分として見込みで約2割程度平成22年比でふえているのではないかなというふうなことで、現在平成26年度のごみの搬入量の見込みといたしまして、年間2万2,140トンほどのごみの量を見込んでおります。
 ごみの種類についてですけれども、すみません。ごみの細別までについては、現在資料を持ち合わせておりませんけれども、予測として数字的なもので申し上げますと……。すみません、散在していまして、手持ちにあることはあるんですけれども、今歳入のほうの明細の中にあります可燃ごみ、それから資源ごみの中の売払収入というふうなところにありまして、これで申し上げます。アルミで6万5,000キログラム、スチール……、生ごみですか。全体量としまして、可燃ごみの中に含まれるものですので、ちょっと年間の2万2,000トンの中に対しまして、ちょっとすぐトータルでは出ませんので、申しわけございません。後からの資料にさせていただきます。
委員長(中澤 宏君) 資料はあるんだ。
環境事業所長(阿部 信君) 率というふうな形ではなく、資源売払収入として、現在のところでは1,600万円というふうな形で金額では押さえております。率というふうな形でといいますと、ちょっと何を分母というふうな形もありますので……、ちょっと答えようがないので申しわけございません。
委員長(中澤 宏君) 伊藤委員、資料の提出を求めますか。要するに今答弁がなされないようですが、いいですか。伊藤委員。
9番(伊藤吉浩君) まず、その資源ごみの関係もなんですけれども、リサイクル率30%ぐらいの目標だったと思うんですが、そういった解釈でよろしいんですかね。その辺は確認させていただきたいというふうにも思いますし、まず、今回最終処分場の工事費、それから施設の基本設計、提案されているというふうなことでございますが、今回単品提案というような形をとったわけでございますけれども、本来的にはこういった分野はトータル提案というような形の中で、一体的な事業提案されるべきが本当なんではないかなというふうに思いますし、そういったことで提案していただければ、もっともっと事業効果なり、事業評価なり、判断材料がふえてくるというふうに思いますが、その辺の見解よろしくお願いします。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。休憩します。
          休憩 午後3時45分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時47分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 大変申しわけございませんでした。
 この一般廃棄物の最終処分とそれから焼却施設につきましては、同じ環境推進交付金の中で事業計画を、今委員からご指摘あったようなリサイクルも含めて一般廃棄物の全体の処理、人口等を基礎にして、量それから廃棄物の種類まで含めて、全般の処理計画を立ててその上で必要な施設の計画ということにはなってございます。たまたま最終処分場についての埋め立てのほうは、震災の沿岸部の焼却灰の受け入れで早まった関係で、最終処分場のほうを先行してということで現在に至っております。今後、今度は焼却施設のほうについて、地元の説明も含めてこれから計画していくということでございますので、その一体的な、画上は1つの流れの中で整理はしてございますが、建設の詳細等については、建設年次がちょっと長期間にわたるということで分断したような形になっておりますが、当然整合はとる形で計画をしたいというふうに思ってございます。
委員長(中澤 宏君) 伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) 市当局的にはしっかり内容を分析されて、事業計画を立てているという不に思いますが、どうしても私たちが勉強不足でありまして、そういったことをしっかり提案していただければありがたいというふうに思います。
 それから、まず最終処分場を先ほど部長がお話ししたわけでございますが、埋立完了が15年ぐらいと、その後は次世代の方々でどうするか頑張ってくださいというような答弁に聞こえたわけでありますが、それはちょっと原発推進の論と同じような考えではないかと。非常に危惧するわけであります。やっぱりしっかり将来的にまた最終処分場を3つ目を建てる方向なのか、それとも今回の最終処分場をずっと延命化していくのか。それとも最終処分場をなくしていくのか、そういったことをやっぱり今考えるべきなんだろうなというふうに思います。その辺の見解も改めてお聞かせ願いたいというふうに思いますし。
 あとそれから、焼却方法、形式等は既におおむね決定さているのか。これからもっともっと検討を加えていくのか。その辺のお考えをお聞きしたいというふうに思いますし、先ほどもお話しした生ごみ関係の資源化の考え、そういったことを含めたごみの減量化の考え、その辺ご答弁いただければと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。市民生活部長、志賀 尚君。
市民生活部長(志賀 尚君) 私のほうから将来計画も含めての整備について考え方ということでお答えをしたいと思います。今進めております新しい最終処分場の設置についての考え方については、その当時の経過をそのままお話ししたところでございます。ただ、その次については、新しい第3処分場とか今の最終処分場を計画して、これから工事に入ろうとしている最終処分場がいっぱいになった場合の次の計画については、現在持ち合わせておりませんということだけでございます。ただ、委員ご指摘のとおり、立地についてのいろいろな課題が当然生じるということが考えられますので、それについては早い時点で埋め立ての終了を見込みを立てて設置するわけでございますので、それに合わせて早い検討が必要だろうというふうに思っているところでございます。
 あとそれから、焼却施設については、先ほども申し上げたのは機械設備でございますので、減価償却が当然あって、その延命化についても技術革新があれば、なお長く使えるというようなこともありますでしょうし、最終処分場に焼却灰を埋め立てできるということが前提での焼却施設の検討になってございますので、それらとの兼ね合いも出てくるんだろうなというふうに思ってございます。今の時点でそれこそ新しくどうこうするというような計画自体がございませんので、発言についてはそれ以上はないということのご理解でお願いしたいというふうに思ってございます。
 それから、生ごみ等については、環境事業所長のほうから答弁させたいというふうに思います。
委員長(中澤 宏君) 環境事業所長、阿部 信君。
環境事業所長(阿部 信君) それでは、生ごみについてなんですけれども、家庭から出される可燃ごみの袋に入っております台所からの生ごみというふうに解させていただきますが、これは現時点でも焼却炉において乾燥、細かく粉砕、あるいはピットの中での紙類等の混合というふうなことで、水分調整を図りながら焼却炉のほうに投入、その際には粉砕をして、投入して燃やしているというふうな状態でして、これを堆肥化するとか、そういうふうなところまでの施設ではございませんので、完全に燃やしているというふうな形でございます。(「方式だって方式」の声あり)
 それから、ただいま検討しております第4回目までの処理方式検討委員会において、委員会においてはストーカー方式というような形で、これが一番登米市に合った焼却方法ではないかなというふうなことで方向づけがなされておりまして、この24日、第5回目の処理方式検討委員会を予定しております。その中で市長に答申する最終の案を決定したいというふうに考えておりまして、その後、その結果において方式が最終決定されるものというふうに認識しております。
委員長(中澤 宏君) 伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) まず答申が出されて、それから再検討に入っていくというふうなことでございますが、それまでに至った評価基準とか評価比較、そういったものなんかもいただけるんでしょうかね。その辺の関係。
 それから生ごみの関係なんですけれども、今回は全く考えていないというふうなお話でございますが、ごみの減量化を考えればやっぱり分別した中で、しっかり処理していくことがごみの減量化にもつながるというふうな視点をしっかり持つことが大切なんではないかなというふうに思いますので、その辺をぜひ検討の余地があるのではないかというふうに考えます。
 それから処理施設のサーマルリサイクルの考え方、その辺の基本的な考え方とRPF、RTFリサイクルの考え方、その辺を教えていただければというふうに思います。
 それからあと廃プラ関係、先ほどもご答弁なかったわけでございますが、現在市内でも結構出ているというふうに認識するわけでございますが、それをエネルギー化にかえる方法、考え方、そういったことは考えていないのか、現時点でその辺もお聞かせいただければと思います。
委員長(中澤 宏君) 答弁を求めます。環境事業所長、阿部 信君。
環境事業所長(阿部 信君) 廃プラのほうなんですけれども、うちのほうに入ってくるプラスチックといたしましては、現在粗大で入ってくるプラスチック、それから可燃で入ってくるプラスチック、それから資源回収で入ってくるプラスチックというふうな形になっておりまして、ほとんどのクリーンセンターに入ってくるプラスチックに関しましては、粗大に入ってくるものは粉砕した後、焼却炉のほうに。それから可燃で入ってくるのはごみの指定袋に入ってきますので、そのままピットに入って焼却炉のほうに送られていくというふうな形になっております。
 それからあとリサイクルのほうなんですけれども、このプラスチックに関しましては日本容器包装協会というふうなところに排出先を決めておりまして、そちらのほうで毎年行き先を決めて処理しているというふうな格好で、有価物扱いになって処理をされているというふうな形になります。ちなみに本年度、平成25年度においては、千葉木更津における某製鉄所のほうのコークスの原料になっているというふうに聞き及んでおります。
委員長(中澤 宏君) 生ごみ、続けてください。
環境事業所長(阿部 信君) サーマルといいますと、温度に関することと解してよろしいんでしょうか。
委員長(中澤 宏君) 休憩します。
          休憩 午後3時58分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時59分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 阿部 信君。
環境事業所長(阿部 信君) 新しい処理方式での熱回収方式というふうなこととご理解させていただきますけれども、新しい処理方式においての熱回収はまずは発電に使えるのが一番いいだろうというふうなことが1つ。それから、施設の熱利用というふうな形での方法、給湯とか、暖房とか、そういうものへの利用が大まかなものという形で今のところ方針はありますけれども、発電方式につきましてはいろいろな業者からの提案も見えておりまして、原案というふうな形で今取り扱っておりますので詳細までにはちょっと及びませんけれども、小型の発電機を3台置くとか、1台だけでなく、小発電にも対応できるような工夫とか、そういう熱回収というふうな形で考えて補助対象にしていきたいというふうに考えております。
 RTFということについてはちょっと認識がないものですから、すみません、お答えできません。
委員長(中澤 宏君) 休憩します。
          休憩 午後4時00分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後4時02分
委員長(中澤 宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 伊藤吉浩委員。
9番(伊藤吉浩君) RPFとかRTF、わかっているのかなと思ったんですけれども、これも処理方法の1つだというふうに考えます。これも廃プラ関係を利用した中で、固形燃料化を図るような施設というふうなことも、現在全国的に進んできているというふうに思いますので、その辺もこういった処理事業の中でしっかり比較検討されたのか、その辺確認したいなというふうに思います。
委員長(中澤 宏君) じゃあ続くようですから、ここでお諮りします。本日の会議はこれで延会したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
委員長(中澤 宏君) 異議なしと認めます。よって、本日はこれで延会することに決定しました。
 本日はこれで延会します。
 ご苦労さまでした。
          延会 午後4時03分

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>