•   0  (日程・名簿)
  •   1  議長(田口久義)
  •   2  市長(布施孝尚)
  •   3  議長(田口久義)
  •   4  福祉事務所長(熊谷一)
  •   5  議長(田口久義)
  •   6  市民生活部長(神田雅春)
  •   7  議長(田口久義)
  •   8  福祉事務所長(熊谷一)
  •   9  議長(田口久義)
  •  10  市民生活部長(神田雅春)
  •  11  議長(田口久義)
  •  12  産業経済部長(高橋巌)
  •  13  議長(田口久義)
  •  14  建設部長(千葉雅弘)
  •  15  議長(田口久義)
  •  16  消防本部消防長(佐々木建待)
  •  17  議長(田口久義)
  •  18  学校教育次長(千葉一吉)
  •  19  議長(田口久義)
  •  20  社会教育次長(志賀尚)
  •  21  議長(田口久義)
  •  22  5番(工藤淳子)
  •  23  議長(田口久義)
  •  24  福祉事務所長(熊谷一)
  •  25  議長(田口久義)
  •  26  5番(工藤淳子)
  •  27  議長(田口久義)
  •  28  5番(工藤淳子)
  •  29  議長(田口久義)
  •  30  福祉事務所長(熊谷一)
  •  31  議長(田口久義)
  •  32  5番(工藤淳子)
  •  33  議長(田口久義)
  •  34  福祉事務所長(熊谷一)
  •  35  議長(田口久義)
  •  36  19番(相澤吉悦)
  •  37  議長(田口久義)
  •  38  福祉事務所長(熊谷一)
  •  39  議長(田口久義)
  •  40  教育長(片倉敏明)
  •  41  議長(田口久義)
  •  42  19番(相澤吉悦)
  •  43  議長(田口久義)
  •  44  子育て支援課長(西條利光)
  •  45  議長(田口久義)
  •  46  教育長(片倉敏明)
  •  47  議長(田口久義)
  •  48  議長(田口久義)
  •  49  10番(中澤宏)
  •  50  議長(田口久義)
  •  51  子育て支援課長(西條利光)
  •  52  議長(田口久義)
  •  53  10番(中澤宏)
  •  54  議長(田口久義)
  •  55  福祉事務所長(熊谷一)
  •  56  議長(田口久義)
  •  57  10番(中澤宏)
  •  58  議長(田口久義)
  •  59  子育て支援課長(西條利光)
  •  60  議長(田口久義)
  •  61  8番(岩淵正宏)
  •  62  議長(田口久義)
  •  63  産業経済部長(高橋巌)
  •  64  議長(田口久義)
  •  65  8番(岩淵正宏)
  •  66  議長(田口久義)
  •  67  産業経済部長(高橋巌)
  •  68  議長(田口久義)
  •  69  8番(岩淵正宏)
  •  70  議長(田口久義)
  •  71  産業経済部長(高橋巌)
  •  72  議長(田口久義)
  •  73  6番(浅野敬)
  •  74  議長(田口久義)
  •  75  子育て支援課長(西條利光)
  •  76  議長(田口久義)
  •  77  産業経済部長(高橋巌)
  •  78  議長(田口久義)
  •  79  市民生活部長(神田雅春)
  •  80  議長(田口久義)
  •  81  産業経済部長(高橋巌)
  •  82  議長(田口久義)
  •  83  6番(浅野敬)
  •  84  議長(田口久義)
  •  85  17番(沼倉利光)
  •  86  議長(田口久義)
  •  87  産業経済部長(高橋巌)
  •  88  議長(田口久義)
  •  89  17番(沼倉利光)
  •  90  議長(田口久義)
  •  91  産業経済部長(高橋巌)
  •  92  議長(田口久義)
  •  93  17番(沼倉利光)
  •  94  議長(田口久義)
  •  95  市長(布施孝尚)
  •  96  議長(田口久義)
  •  97  16番(田口政信)
  •  98  議長(田口久義)
  •  99  福祉事務所長(熊谷一)
  • 100  議長(田口久義)
  • 101  子育て支援課長(西條利光)
  • 102  議長(田口久義)
  • 103  産業経済部長(高橋巌)
  • 104  議長(田口久義)
  • 105  学校教育次長(千葉一吉)
  • 106  議長(田口久義)
  • 107  16番(田口政信)
  • 108  議長(田口久義)
  • 109  福祉事務所長(熊谷一)
  • 110  議長(田口久義)
  • 111  子育て支援課長(西條利光)
  • 112  議長(田口久義)
  • 113  市長(布施孝尚)
  • 114  議長(田口久義)
  • 115  議長(田口久義)
  • 116  11番(佐々木一)
  • 117  議長(田口久義)
  • 118  産業経済部長(高橋巌)
  • 119  議長(田口久義)
  • 120  企画部長(秋山茂幸)
  • 121  議長(田口久義)
  • 122  11番(佐々木一)
  • 123  議長(田口久義)
  • 124  産業経済部長(高橋巌)
  • 125  議長(田口久義)
  • 126  24番(八木しみ子)
  • 127  議長(田口久義)
  • 128  企画部長(秋山茂幸)
  • 129  議長(田口久義)
  • 130  24番(八木しみ子)
  • 131  議長(田口久義)
  • 132  企画部長(秋山茂幸)
  • 133  議長(田口久義)
  • 134  24番(八木しみ子)
  • 135  議長(田口久義)
  • 136  市長(布施孝尚)
  • 137  議長(田口久義)
  • 138  1番(熊谷和弘)
  • 139  議長(田口久義)
  • 140  福祉事務所長(熊谷一)
  • 141  議長(田口久義)
  • 142  14番(伊藤栄)
  • 143  議長(田口久義)
  • 144  産業経済部長(高橋巌)
  • 145  議長(田口久義)
  • 146  市民生活部長(神田雅春)
  • 147  議長(田口久義)
  • 148  14番(伊藤栄)
  • 149  議長(田口久義)
  • 150  産業経済部長(高橋巌)
  • 151  議長(田口久義)
  • 152  市民生活部長(神田雅春)
  • 153  議長(田口久義)
  • 154  12番(及川昌憲)
  • 155  議長(田口久義)
  • 156  産業経済部長(高橋巌)
  • 157  議長(田口久義)
  • 158  12番(及川昌憲)
  • 159  議長(田口久義)
  • 160  産業経済部長(高橋巌)
  • 161  議長(田口久義)
  • 162  企画部長(秋山茂幸)
  • 163  議長(田口久義)
  • 164  12番(及川昌憲)
  • 165  議長(田口久義)
  • 166  市長(布施孝尚)
  • 167  議長(田口久義)
  • 168  9番(伊藤吉浩)
  • 169  議長(田口久義)
  • 170  市民生活部長(神田雅春)
  • 171  議長(田口久義)
  • 172  9番(伊藤吉浩)
  • 173  議長(田口久義)
  • 174  市民生活部長(神田雅春)
  • 175  議長(田口久義)
  • 176  9番(伊藤吉浩)
  • 177  議長(田口久義)
  • 178  市民生活部長(神田雅春)
  • 179  議長(田口久義)
  • 180  7番(關孝)
  • 181  議長(田口久義)
  • 182  産業経済部長(高橋巌)
  • 183  議長(田口久義)
  • 184  消防本部消防長(佐々木建待)
  • 185  議長(田口久義)
  • 186  7番(關孝)
  • 187  議長(田口久義)
  • 188  産業経済部長(高橋巌)
  • 189  議長(田口久義)
  • 190  市長(布施孝尚)
  • 191  議長(田口久義)
  • 192  7番(關孝)
  • 193  議長(田口久義)
  • 194  市長(布施孝尚)
  • 195  議長(田口久義)
  • 196  議長(田口久義)
  • 197  議長(田口久義)
  • 198  議長(田口久義)
  • 199  議長(田口久義)
  • 200  議長(田口久義)
  • 201  市民生活部長(神田雅春)
  • 202  議長(田口久義)
  • 203  市民生活部長(神田雅春)
  • 204  議長(田口久義)
  • 205  16番(田口政信)
  • 206  議長(田口久義)
  • 207  国保年金課長(千葉清)
  • 208  議長(田口久義)
  • 209  16番(田口政信)
  • 210  議長(田口久義)
  • 211  国保年金課長(千葉清)
  • 212  議長(田口久義)
  • 213  16番(田口政信)
  • 214  議長(田口久義)
  • 215  24番(八木しみ子)
  • 216  議長(田口久義)
  • 217  税務課長(冨士原徹)
  • 218  議長(田口久義)
  • 219  24番(八木しみ子)
  • 220  議長(田口久義)
  • 221  税務課長(冨士原徹)
  • 222  議長(田口久義)
  • 223  17番(沼倉利光)
  • 224  議長(田口久義)
  • 225  市長(布施孝尚)
  • 226  議長(田口久義)
  • 227  議長(田口久義)
  • 228  議長(田口久義)
  • 229  議長(田口久義)
  • 230  議長(田口久義)
  • 231  市民生活部長(神田雅春)
  • 232  議長(田口久義)
  • 233  議長(田口久義)
  • 234  議長(田口久義)
  • 235  議長(田口久義)
  • 236  議長(田口久義)
  • 237  福祉事務所長(熊谷一)
  • 238  議長(田口久義)
  • 239  議長(田口久義)
  • 240  議長(田口久義)
  • 241  議長(田口久義)
  • 242  議長(田口久義)
  • 243  総務部長(千葉博行)
  • 244  議長(田口久義)
  • 245  議長(田口久義)
  • 246  議長(田口久義)
  • 247  議長(田口久義)
  • 248  議長(田口久義)
  • 249  建設部長(千葉雅弘)
  • 250  議長(田口久義)
  • 251  議長(田口久義)
  • 252  議長(田口久義)
  • 253  議長(田口久義)
  • 254  議長(田口久義)
  • 255  産業経済部長(高橋巌)
  • 256  議長(田口久義)
  • 257  16番(田口政信)
  • 258  議長(田口久義)
  • 259  産業経済部長(高橋巌)
  • 260  議長(田口久義)
  • 261  24番(八木しみ子)
  • 262  議長(田口久義)
  • 263  産業経済部長(高橋巌)
  • 264  議長(田口久義)
  • 265  議長(田口久義)
  • 266  議長(田口久義)
  • 267  議長(田口久義)
  • 268  議長(田口久義)
  • 269  議長(田口久義)
  • 270  市民生活部長(神田雅春)
  • 271  議長(田口久義)
  • 272  水道事業所長(佐々木秀悦)
  • 273  議長(田口久義)
  • 274  7番(關孝)
  • 275  議長(田口久義)
  • 276  水道事業所長(佐々木秀悦)
  • 277  議長(田口久義)
  • 278  7番(關孝)
  • 279  議長(田口久義)
  • 280  総務部長(千葉博行)
  • 281  議長(田口久義)
  • 282  7番(關孝)
  • 283  議長(田口久義)
  • 284  市長(布施孝尚)
  • 285  議長(田口久義)
  • 286  19番(相澤吉悦)
  • 287  議長(田口久義)
  • 288  総務部長(千葉博行)
  • 289  議長(田口久義)
  • 290  19番(相澤吉悦)
  • 291  議長(田口久義)
  • 292  総務部長(千葉博行)
  • 293  議長(田口久義)
  • 294  議長(田口久義)
  • 295  議長(田口久義)
  • 296  議長(田口久義)
  • 297  議長(田口久義)
  • 298  医療局次長(浅野雅博)
  • 299  議長(田口久義)
  • 300  議長(田口久義)
  • 301  議長(田口久義)
  • 302  議長(田口久義)
  • 303  議長(田口久義)
  • 304  医療局次長(浅野雅博)
  • 305  議長(田口久義)
  • 306  議長(田口久義)
  • 307  議長(田口久義)
  • 308  議長(田口久義)
  • 309  議長(田口久義)
  • 310  議長(田口久義)
  • 311  総務企画常任委員会委員長(中澤宏)
  • 312  議長(田口久義)
  • 313  消防本部消防長(佐々木建待)
  • 314  議長(田口久義)
  • 315  7番(關孝)
  • 316  議長(田口久義)
  • 317  消防本部消防長(佐々木建待)
  • 318  議長(田口久義)
  • 319  7番(關孝)
  • 320  議長(田口久義)
  • 321  消防本部消防長(佐々木建待)
  • 322  議長(田口久義)
  • 323  7番(關孝)
  • 324  議長(田口久義)
  • 325  消防本部消防長(佐々木建待)
  • 326  議長(田口久義)
  • 327  19番(相澤吉悦)
  • 328  議長(田口久義)
  • 329  消防本部消防長(佐々木建待)
  • 330  議長(田口久義)
  • 331  19番(相澤吉悦)
  • 332  議長(田口久義)
  • 333  消防本部消防長(佐々木建待)
  • 334  議長(田口久義)
  • 335  19番(相澤吉悦)
  • 336  議長(田口久義)
  • 337  19番(相澤吉悦)
  • 338  議長(田口久義)
  • 339  19番(相澤吉悦)
  • 340  議長(田口久義)
  • 341  消防本部消防長(佐々木建待)
  • 342  議長(田口久義)
  • 343  議長(田口久義)
  • 344  議長(田口久義)
  • 345  議長(田口久義)
  • 346  市長(布施孝尚)
  • 347  議長(田口久義)
  • 348  市民生活部長(神田雅春)
  • 349  議長(田口久義)
  • 350  6番(浅野敬)
  • 351  議長(田口久義)
  • 352  市民生活部長(神田雅春)
  • 353  議長(田口久義)
  • 354  6番(浅野敬)
  • 355  議長(田口久義)
  • 356  市民生活部長(神田雅春)
  • 357  議長(田口久義)
  • 358  総務課長(丸山仁)
  • 359  議長(田口久義)
  • 360  6番(浅野敬)
  • 361  議長(田口久義)
  • 362  副市長(藤井敏和)
  • 363  議長(田口久義)
  • 364  22番(庄子喜一)
  • 365  議長(田口久義)
  • 366  市民生活部長(神田雅春)
  • 367  議長(田口久義)
  • 368  22番(庄子喜一)
  • 369  議長(田口久義)
  • 370  市民生活部長(神田雅春)
  • 371  議長(田口久義)
  • 372  22番(庄子喜一)
  • 373  議長(田口久義)
  • 374  市民生活部長(神田雅春)
  • 375  議長(田口久義)
  • 376  議長(田口久義)
  • 377  総務課長(丸山仁)
  • 378  議長(田口久義)
  • 379  17番(沼倉利光)
  • 380  議長(田口久義)
  • 381  市民生活部長(神田雅春)
  • 382  議長(田口久義)
  • 383  17番(沼倉利光)
  • 384  議長(田口久義)
  • 385  総務部長(千葉博行)
  • 386  議長(田口久義)
  • 387  市民生活部長(神田雅春)
  • 388  議長(田口久義)
  • 389  17番(沼倉利光)
  • 390  議長(田口久義)
  • 391  市民生活部長(神田雅春)
  • 392  議長(田口久義)
  • 393  19番(相澤吉悦)
  • 394  議長(田口久義)
  • 395  市民生活部長(神田雅春)
  • 396  議長(田口久義)
  • 397  19番(相澤吉悦)
  • 398  議長(田口久義)
  • 399  19番(相澤吉悦)
  • 400  議長(田口久義)
  • 401  19番(相澤吉悦)
  • 402  議長(田口久義)
  • 403  副市長(藤井敏和)
  • 404  議長(田口久義)
  • 405  16番(田口政信)
  • 406  議長(田口久義)
  • 407  総務課長(丸山仁)
  • 408  議長(田口久義)
  • 409  市民生活部長(神田雅春)
  • 410  議長(田口久義)
  • 411  16番(田口政信)
  • 412  議長(田口久義)
  • 413  市民生活部長(神田雅春)
  • 414  議長(田口久義)
  • 415  副市長(藤井敏和)
  • 416  議長(田口久義)
  • 417  23番(二階堂一男)
  • 418  議長(田口久義)
  • 419  副市長(藤井敏和)
  • 420  議長(田口久義)
  • 421  議長(田口久義)
  • 422  議長(田口久義)
  • 423  6番(浅野敬)
  • 424  議長(田口久義)
  • 425  議長(田口久義)
  • 426  議長(田口久義)
  • 427  議長(田口久義)
  • 428  議長(田口久義)
  • 429  議長(田口久義)
  • 430  市長(布施孝尚)
  • 431  議長(田口久義)
  • 432  総務部長(千葉博行)
  • 433  議長(田口久義)
  • 434  消防本部消防長(佐々木建待)
  • 435  議長(田口久義)
  • 436  19番(相澤吉悦)
  • 437  議長(田口久義)
  • 438  消防本部消防長(佐々木建待)
  • 439  議長(田口久義)
  • 440  19番(相澤吉悦)
  • 441  議長(田口久義)
  • 442  総務部長(千葉博行)
  • 443  議長(田口久義)
  • 444  19番(相澤吉悦)
  • 445  議長(田口久義)
  • 446  総務部長(千葉博行)
  • 447  議長(田口久義)
  • 448  議長(田口久義)
  • 449  議長(田口久義)
  • 450  議長(田口久義)
  • 451  議長(田口久義)
  • 452  議長(田口久義)
  • 453  総務企画常任委員会委員長(中澤宏)
  • 454  議長(田口久義)
  • 455  議長(田口久義)
  • 456  議長(田口久義)
  • 457  議長(田口久義)
  • 458  教育民生常任委員会委員長(二階堂一男)
  • 459  議長(田口久義)
  • 460  議長(田口久義)
  • 461  議長(田口久義)
  • 462  議長(田口久義)
  • 463  教育民生常任委員会委員長(二階堂一男)
  • 464  議長(田口久義)
  • 465  議長(田口久義)
  • 466  議長(田口久義)
  • 467  議長(田口久義)
  • 468  議長(田口久義)
  • 469  議長(田口久義)
  • 470  総務企画常任委員会委員長(中澤宏)
  • 471  議長(田口久義)
  • 472  教育民生常任委員会委員長(二階堂一男)
  • 473  議長(田口久義)
  • 474  産業建設常任委員会委員長(伊藤吉浩)
  • 475  議長(田口久義)
      平成26年第2回登米市議会 定 例 会 会議録(第5号)
 平成26年6月23日(月曜日)
1.出席議員(25名)
   1番 熊 谷 和 弘 君       2番 日 下   俊 君
   3番 佐々木 幸 一 君       4番 氏 家 英 人 君
   5番 工 藤 淳 子 君       6番 浅 野   敬 君
   7番 關     孝 君       8番 岩 淵 正 宏 君
   9番 伊 藤 吉 浩 君      10番 中 澤   宏 君
  11番 佐々木   一 君      12番 及 川 昌 憲 君
  13番 佐 藤 尚 哉 君      14番 伊 藤   栄 君
  15番 浅 田   修 君      16番 田 口 政 信 君
  17番 沼 倉 利 光 君      19番 相 澤 吉 悦 君
  20番 熊 谷 憲 雄 君      21番 及 川 長太郎 君
  22番 庄 子 喜 一 君      23番 二階堂 一 男 君
  24番 八 木 しみ子 君      25番 佐 藤 恵 喜 君
  議 長 田 口 久 義 君
1.欠席議員(なし)
1.遅参議員(なし)
1.早退議員(なし)
1.中座議員(なし)
1.説明のため出席した者の氏名
  市     長  布 施 孝 尚 君    副  市  長  藤 井 敏 和 君
  総 務 部 長  千 葉 博 行 君    企 画 部 長  秋 山 茂 幸 君
  市民生活部長   神 田 雅 春 君    産業経済部長   高 橋   巌 君
  建 設 部 長  千 葉 雅 弘 君    市長公室長    中津川 源 正 君
  財 政 課 長  加 藤   均 君    福祉事務所長   熊 谷   一 君
  建設部次長兼
  道 路 課 長  千 葉   修 君    下水道課長    菅 原 和 夫 君
  国保年金課長   千 葉   清 君    環境事業所長   阿 部   信 君
  子育て支援課長  西 條 利 光 君    総 務 課 長  丸 山   仁 君
  人 事 課 長  大 森 國 弘 君    税 務 課 長  冨士原   徹 君
  グリーンセンタ
  ー所長兼衛生セ
  ンター所長    千 葉 祐 宏 君    教  育  長  片 倉 敏 明 君
  教 育 次 長  千 葉 一 吉 君    教 育 次 長  志 賀   尚 君
  (学校教育)                (社会教育)
  病院事業管理者  石 井 宗 彦 君    医療局次長    浅 野 雅 博 君
  農業委員会
  事 務 局 長  阿 部 清 喜 君    水道事業所長   佐々木 秀 悦 君
  消 防 本 部               監 査 委 員
  消  防  長  佐々木 建 待 君    事 務 局 長  佐々木 義 文 君
  医療局企画課長  佐 藤   豊 君    会計管理者    千 葉 幸 毅 君
  危機管理監    星   茂 喜 君    警 防 課 長  鈴 木 秀 彦 君
1.事務局出席職員氏名
                        議会事務局
  議会事務局長   佐 藤 昌 彦 君    次     長  佐 藤 真 吾 君
  議会事務局                 議会事務局
  主幹兼議事                 議事・調査係
  ・調査係長    加 藤 善 己 君    主     査  浅 井 顕 裕 君
  議会事務局                 議会事務局
  議事・調査係                議事・調査係
  主     事  主 藤 貴 宏 君    主     事  稲 辺 大 裕 君
1.本日の会議に付した事件
  第1 会議録署名議員の指名
  第2 議案第73号 平成26年度登米市一般会計補正予算(第3号)
  第3 議案第74号 平成26年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
  第4 議案第75号 平成26年度登米市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
  第5 議案第76号 平成26年度登米市介護保険特別会計補正予算(第2号)
  第6 議案第77号 平成26年度登米市土地取得特別会計補正予算(第1号)
  第7 議案第78号 平成26年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第1号)
  第8 議案第79号 平成26年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第1号)
  第9 議案第80号 平成26年度登米市水道事業会計補正予算(第1号)
  第10 議案第81号 平成26年度登米市病院事業会計補正予算(第1号)
  第11 議案第82号 平成26年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第1号)
  第12 議案第88号 登米市火災予防条例の一部を改正する条例について
  第13 議案第98号 工事請負契約の締結について
  第14 議案第99号 財産の取得について
  第15       農業委員会委員の推薦の件
  第16 発議第4号 2015年NPT再検討会議に向けて日本政府に核兵器全面禁止のための
           決断と行動を求める意見書
  第17 発議第5号 生活再建に至らない東日本大震災被災者に対する医療費一部負担金免
           除及び介護保険利用者負担の減免措置に対する財政支援を求める意
           見書
  第18 発議第6号 東日本大震災で被災し、就学困難な幼児・児童・生徒に対する支援事
           業に係る意見書
  第19       議員派遣の件
  第20       常任委員会の閉会中の特定事件の調査の件
  第21       常任委員会の調査報告
          開会 午前10時00分
議長(田口久義君) おはようございます。
 ただいまから、平成26年第2回登米市議会定例会、5日目の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりです。
 日程第1、会事録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第90条の規定により、11番、佐々木 一君、12番、及川昌憲君を指名します。
 これから諸般の報告を行います。
 今定例会への付議予定追加案件は、市長から提出された議案2件、議員提出の意見書3件であり、別紙議事日程及び議案その3、その4のとおりです。本日までに受理した陳情、要望等は、別紙陳情・要望文書表のとおりです。
 これで諸般の報告を終わります。
 市長から6月18日の水道事業会計補正予算の提案理由説明での発言の訂正の申し出がありました。これを許します。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 皆さん、おはようございます。
 それでは、先日の提案理由説明書の誤りについておわびを申し上げたいというふうに思います。
 本日、提案理由説明書の正誤表を皆様のお手元に提出をさせていただいております。去る6月18日に、議案第73号から第82号までの提案理由を一括して説明させていただきましたが、水道事業会計の説明におきまして、一部誤りがありました。「業務の予定量の変更と債務負担行為補正として追加1件を計上しております。」とご説明を申し上げたところでございましたが、この債務負担行為補正として、追加1件の部分を削除させていただき、「業務の予定量の変更を計上しております。」と改めさせていただきたいと思うところでございます。発言につきましてご訂正させていただきましたこと、改めておわびを申し上げ、訂正をさせていただきたいというふうに思います。よろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 日程第2、議案第73号平成26年度登米市一般会計補正予算(第3号)から、日程第11、議案第82号平成26年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第1号)までの10議案を一括議題としています。
 議案第73号平成26年度登米市一般会計補正予算(第3号)の2款まで、議案内容の説明をしています。引き続き3款から議案内容の説明を求めます。福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) 皆さん、おはようございます。
 それでは、一般会計・特別会計補正予算の概要書で説明を申し上げます。9ページをお願いいたします。
 3款民生費でございます。1項社会福祉費1目社会福祉総務費1細目社会福祉総務一般管理費の賃金113万3,000円の補正につきましては、東和総合支所の特別休暇及び育児休業を取得する職員の代替事務補助員に要する経費で、1名分の賃金の補正をお願いするものでございます。3細目介護保険推進費につきましては、職員の異動に係る人件費分の繰出金です。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 引き続き、9細目国民健康保険事業特別会計費の繰り出しに要する経費につきましては、国民健康保険条例の一部改正に係る軽減額を新たに5,000万円見込んでおりまして、それに人事異動による人件費分の繰り出しを差し引いた3,809万7,000円を増額するものでございます。
議長(田口久義君) 福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) 3目障害者福祉費4細目障害者自立支援費の37万8,000円の補正につきましては、平成26年度の制度改正により、介護給付・訓練等給付費支給に係る帳票様式等の変更が必要となったことにより、障害者自立支援給付システム改修のための電算委託料の補正をお願いするものでございます。
 4目老人福祉費18細目後期高齢者医療特別会計費につきましては、職員の異動に係る人件費分の繰出金です。
 10ページをお願いいたします。
 2項児童福祉費1目児童福祉総務費1細目児童福祉一般管理費につきましては、子育て支援対策事業費補助金1億7,787万5,000円の補正をお願いするものでございます。
 別冊1の第2回定例会資料12ページを参照願います。
 事業目的は、子育て支援対策臨時特例基金特別対策事業費補助金を活用し、待機児童の早期解消を図ることを目的としております。
 初めに、保育所緊急整備事業費補助金です。錦保育園を運営しております社会福祉法人あすなろが、南方町大嶽地内に建設面積890.01平米、定員75名の認可保育所の整備に要する費用の一部、総事業費1億6,855万6,000円のうち、県市の補助金合計額1億2,417万6,000円を補助するものです。補助率は、補助基準額のうち、県が2分の1、市が12分の1、事業者が4分の1です。
 次に、小規模保育設置促進事業費補助金です。迫町佐沼大網にあります家庭保育つくしんぼ佐沼及びイオンタウン佐沼内にあります保育所ちびっこランド佐沼園が隣地や別の場所に地主が建物を建築し、賃貸契約を結び、利用定員19名以下の小規模保育事業を実施するもので、賃借料を補助するもので、補助基準額の上限が4,100万円とされております。
 補助金額は、県、市の合計金額で家庭保育つくしんぼ佐沼、賃借料15年間分2,295万円、保育所ちびっこランド佐沼園、10年間分3,074万9,000円を補助するものです。補助率は、補助基準額のうち、県が3分の2、市が12分の1、事業者が4分の1です。
 次に、保育緊急確保事業補助金4,646万3,000円の補正をお願いするものでございます。
 別冊1、第2回定例会資料13ページをお願いいたします。
 事業目的は、子供子育て支援新制度への円滑な移行を図ることと、待機児童の解消及び保育士の確保を目的としております。
 初めに、小規模保育運営支援事業費補助金です。利用定員19名以下の認可外保育施設が実施する小規模保育事業について、運営費の補助を行うもので、補助金は中田町宝江黒沼地内に整備しましたたんぽぽ保育園につきましては、運営開始の本年4月にさかのぼりまして、補助金1,782万1,000円、迫町佐沼大網地内に整備いたします家庭保育つくしんぼにつきましては、物件完成後賃貸契約を結び、事業開始予定の10月からの運営費の補助で732万円を補助するものです。補助率は、補助基準額のうち、国が2分の1、県、市がそれぞれ4分の1でございます。
 次に、保育士等処遇改善臨時特例事業費補助金です。保育士等の処遇改善のため、保育所運営費の民間施設給与等改善費を基礎に上乗せ相当額を市立認可保育所に対し交付するもので、市立認可保育所10施設分、2,024万2,000円を交付するものです。補助率は、補助基準額のうち、国が4分の3、県、市がそれぞれ8分の1でございます。
 次に、保育体制強化事業費補助金です。地域住民や子育て経験者など、地域の多様な人材を保育に係る周辺業務に活用し、保育士の負担を軽減することを目的に、市立認可保育所に対し保育支援者の配置に要する経費の補助を行うもので、南方町峯地内にあります白鳥保育園へ108万円を補助するものです。補助率は補助基準額のうち、国が2分の1、県、市がそれぞれ4分の1でございます。
 次に、4目児童福祉施設費3細目保育所管理運営費の賃金190万7,000円の補正につきましては、迫中江保育所、石越保育所のパート保育士2名分の賃金の補正をお願いするものでございます。
 続きまして、11ページをお願いいたします。
 3項生活保護費1目生活保護総務費2細目生活保護総務費一般管理費の備品購入費48万6,000円につきましては、平成26年7月施行の生活保護法改正により、創設されます就労自立給付金に対応するシステム、就労自立支援対応パッケージの購入費の補正をお願いするものでございます。
 以上です。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 引き続きまして、4款衛生費1項保健衛生費の1目1細目の保健衛生総務費につきましては、産休、育休の職員分を臨時職員の増員で対応するための226万3,000円を増額するものであります。
 3目予防費1細目予防接種費の予防接種に要する経費100万円の増額につきましては、平成25年度に全国的な風疹の流行があり、妊娠している女性のウイルス感染を防ぎ、子供の先天性の疾病を予防するため、緊急対策として風疹の予防接種費用の助成を行っております。平成26年3月31日までに883人に対して助成を行いました。その後、国から平成32年までに風疹を排除するという目標を示した指針が3月28日に示されたことに伴いまして、宮城県では7月1日から風疹の抗体検査を実施することになりましたので、その検査の結果、抗体がない方及び低い方について、先天性の疾病の予防を目的に予防接種費用の全額助成を実施するものであります。
 4目環境衛生費の2細目生活環境費市有共葬墓地災害整備事業に要する経費として970万円の補助金を計上してございますが、内容につきましては、別冊1で説明させていただきます。
 別冊1の14ページをお開き願います。
 それでは、市有共葬墓地災害整備事業の概要についてご説明申し上げます。
 まず、事業の目的でございますが、東日本大震災で市有共葬墓地の兵粮山墓地が大規模に崩落したため、市の災害復旧事業によりのり面及び墓地敷地の復旧を行っております。この墓地を管理している迫兵粮山墓地管理組合が墓石等復旧を図るため、47区画の区画ブロック等の整備が必要となりまして、当該事業の経費の一部を補助することにより、組合の負担軽減及び早期の墓地復旧を図ることを目的としてございます。
 事業の概要につきましては、兵粮山墓地管理組合が行う墓地災害復旧整備事業の47区画ブロック新設設置経費と新設区画ブロックに係る舗装整備経費に補助を行うものでございます。
 事業費の内訳につきましては、表のとおりでございます。総事業費2,803万4,000円のうち、補助対象事業費といたしまして、表注括弧書きで対象と表示しているところでありまして、災害復旧で整地した箇所への47区画の区画ブロック新設設置費1,333万8,000円と、新設区画ブロックに係る舗装整備費128万8,000円及びこれらに係る諸経費、消費税といたしまして、480万2,000円の合計1,942万8,000円となってございます。今回の補正額につきましては、この対象事業費2分の1の970万円としたものでございます。
 また、補助金の交付要項につきましても、これまで市営共葬墓地の風水害に係る流出に加えまして、新たに地震等の崩落ということも加えまして、今後の大災害等の際に管理組合等による災害整備をする際に支援してまいることとしたものでございます。
 続きまして、予算書概要の11ページにお戻り願います。
 5細目環境保全推進費の環境保全推進に要する経費につきましては、環境マネジメントシステムに係る業務が企画部より市民生活部に移管されたことに伴い、27万円の予算の組み替えをするものでございます。
 また、生物多様性保全計画策定事業に要する経費につきましては、当初予算編成時には、25年度で国の委託事業が終了されることとなっておりましたが、経過後、完成されたため、一般財源で予算化しておりました。委託事業が平成26年度まで延長されることになりまして、国との協議により事業内容の見直しを行いまして、181万3,000円の増額と275万円の財源充当の補正を行うものでございます。
 5目1細目下水道事業特別会計費でございますが、これにつきましては、人事異動に伴う人件費の減少による繰出金の減でございます。
 以上でございます。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 13ページをお願いいたします。
 6款農林水産業費1項農業費3目農業振興費9細目経営体育成支援事業費1億308万6,000円の補正増でございます。経営体育成支援事業補助金として計上したものですが、詳細については、別冊1の15ページをお願いいたします。
 事業の目的でございますが、本年2月から3月の大雪によりまして被害を受けた農業用施設等の再建、修繕及び撤去事業に対して支援を行い、被災農業者の農業経営の維持を目的といたしております。事業の概要につきましては、目的と同様でございますが、(2)助成内容、被災した農業用施設等の再建、修繕経費については10分の9以内でございます。国が2分の1、県5分の1、市も同様の5分の1を助成いたします。また、撤去経費につきましては、10分の10、国2分の1、県、市ともに4分の1以内となっております。
 助成対象件数及び補助金額につきましては、表の記載のとおりでございますが、合計で延べ件数190件、対象事業費1億1,384万8,000円、補助金が1億308万6,000円となっております。内訳ごらんいただきたいと思います。
 実申請件数が101件となっております。棟数は記載ございませんが、123棟でございます。財源につきましては、経営体育成支援事業補助金県支出金と一般財源でございます。
 次に、11細目農業災害復旧支援費785万円の補正増でございます。放射性物質濃度低減対策事業補助金として計上いたしております。
 同じく別冊1の16ページをごらんいただきたいと思います。
 事業の目的につきましては、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う放射性物質の影響に伴い安全安心な農産物を安定的に供給するために、農業協同組合が行う放射性物質低減を図るための事業に対して、経費の一部を補助するものでございます。
 事業の内容につきましては、水稲と大豆の放射性物質濃度低減を図るために散布する塩化カリの配布事業の一部を補助するものでございます。補助対象者は、農協となっております。
 補助事業の内容、みやぎ登米につきましては、水稲は複田や山、山水等が流入する水田と大豆は全面積、南三陸農協につきましては、水稲全面積となっております。
 対象経費の4分の1以内を補助いたします。補助金算出内訳でございますが、みやぎ登米につきましては、水稲2,000袋、大豆1万3,000袋、経費としまして3,000万円。それから南三陸農協につきましては、水稲700袋、経費140万円。これら市補助金として785万円としております。この事業につきましては、これまで平成24年度、25年度と実施をしてきております。平成24年度につきましては、50%補助4,104万3,000円を助成いたしております。
 平成25年度につきましては、37.5%、1,002万3,000円を助成いたしております。本年については補助率を25%としたものでございます。
 次に、4目生産調整費1細目水田農業構造改革対策費39万3,000円を増額補正しております。農業再生協議会事業補助金でございます。農業再生協議会においては、経営所得安定対策の推進事業を行っておりますが、その内容につきましては、生産数量目標等に係る配分一般ルールの設定及び生産調整方針作成者別需要情報の算定、それから経営所得安定対策に係る現地確認及び各種事務手続等を行っております。当初予算で計上しておりますが、県より追加の内報があったものでございます。
 続いて、5目畜産振興費1細目畜産振興費3,674万円を補正増するものでございます。内容につきましては、放射性物質吸収抑制対策事務委託料2,856万円、別冊1の17ページをごらんいただきたいと思います。
 東京電力福島第一原子力発電所事故により放出された放射性物質の影響によりまして、平成24年3月に県から牧草の利用を自粛するよう要請されております。いわゆる草地除染でございますが、一般には畜産農家が行っておりますが、一部急傾斜や石れきが多い牧草地の除染につきましては実施困難な状況となっておりまして、市が事業主体となって、国の交付金を活用して除染困難地の除染を実施するものでございます。事業概要でございますが、反転耕起、再度整地、肥料散布、播種鎮圧等を業務委託するものでございます。対象戸数15戸、対象面積1,700アールとなっております。1アール当たり1万6,800円の経費でございます。
 この事業につきましては、平成25年度に実施をいたしておりますが、畜産農家からの希望面積は23ヘクタールとなっておりまして、そのうち平成25年度実施済みが6.69ヘクタール、残る17ヘクタールを今年度引き続き実施するものでございますが、この作業につきましては特殊車両で実施するため、単年度での実施が困難であるというふうな状況となっており、複数年度にわたるものでございます。
 次に、汚染稲わら保管庫設置事務委託料818万円でございます。こちらのほうも18ページをごらんいただきたいと思います。
 目的につきましては、これも福島第一原子力発電所事故に起因した指定廃棄物の汚染稲わらの保管に係るものでございます。現在、市内においては、集合保管、個別保管合わせまして24カ所、2,235トンを保管しているものでございます。このうち、個別保管9カ所ございますが、その状況については倉庫保管、パイプハウス保管、シート被覆保管となっております。シート被覆保管のうち2カ所について、農家の設置希望により、保管用パイプハウスを今回設置するものでございます。1カ所当たり409万円の委託費を見ているものでございます。
 財源につきましては、指定廃棄物保管委託金、全額国庫支出金となっております。
 次に、7目農村整備費8細目農業水利調査計画事業費270万円を増額するものでございます。内容としましては、土地改良施設機能診断事業に要する経費、第4旧迫川地区土地改良施設機能診断事業補助金でございます。
 事業の目的でございますが、経年劣化により機能低下が懸念される土地改良施設を対象に機能診断を実施する事業でございまして、劣化度を評価し、機能保全計画を作成するという内容でございます。事業の実施主体は迫川沿岸土地改良区でございます。第4旧迫川地区の対象施設でございますが、畑岡排水機場、古川排水機場、三方島排水機場、大袋排水機場、早稲田排水機場、中央排水樋管となっております。総事業費が900万円でございますが、そのうち県、市が30%ずつ負担し、補助し、事業主体の改良区が40%を負担するという内容でございます。
 次に、8目1細目下水道事業特別会計費915万3,000円を減額するものでございます。これにつきましては、下水道事業特別会計への繰り出しを職員の給与費の減により減額するものでございます。
 次に、7款商工費1項商工費2目商工振興費1細目中小企業振興資金融資費でございます。183万8,000円を増額いたします。中小企業災害復旧資金利子助成金183万8,000円でございますが、震災からの復旧、復興に係る融資を受けた市内中小企業者が金融機関に対し、支払った利子の一部を市が補給するというものでございます。事業の対象となる資金は、宮城県中小企業経営安定資金の災害復旧対策資金でございます。限度額1,000万円、利率1%以内となっております。利子助成の制度につきましては、宮城県の制度、それから登米市の制度ということで、平成23年度から実施をしてきております。宮城県の制度につきましては、3年間の期間ということで終了することとなります。それから、登米市につきましては、5年間の助成期間ということで、今回宮城県の利子助成を受けておった61件の部分を新たに市の助成対象として加えるというものでございます。利子の額につきましては、平均1件当たり3万118円を見込んでおりまして、61件分を見たものでございます。
 続いて15ページ、3細目企業誘致費でございます。504万8,000円を増額補正するものでございます。大洞地区事業に要する経費宅地造成事業特別会計へ繰り出しをするものでございますが、これは上水道施設の設計費として258万2,000円を見ているものでございます。
 続いて、長沼地区事業に要する経費としまして、同じく宅地造成事業特別会計へ繰り出しするものでございます。内容としましては、防災調整池及び周辺敷地の除草経費を見ているものでございます。
 次に、2項観光費2目公園等管理費1細目公園等管理費でございます。322万円を増額補正いたしております。観光公園施設整備に要する経費ということで、東和大関川河川公園臨時駐車場敷地借上料でございます。大関川河川公園、これは三滝堂でざいます。三滝堂につきましては、東日本大震災以降、来場者が急増しておりまして、駐車場が手狭となっております。今回、そのシーズンとなります最も混み合う7月から9月までの3カ月間、この夏休み期間を中心とした周辺道路の路上駐車等、交通渋滞等を防ぐ、解消を図るために、新たに借地をいたしまして臨時駐車場を設けるものでございます。工事請負費につきましては、この場所が傾斜地になっておりまして、そこに土盛り、あるいは砂利敷き等を行い、整備をしなければならないというふうなことで310万円を計上しているものでございます。借上料につきましては、12万円でございます。
 以上です。
議長(田口久義君) 建設部長、千葉雅弘君。
建設部長(千葉雅弘君) 続きまして、16ページをお願いいたします。
 8款土木費2項道路橋りょう費3目道路新設改良費1細目単独事業費でございます。今回の補正につきましては、長沼工業団地内へのスタンレー宮城製作所さんの移転に伴います中沢線の整備、それと大洞地区工業団地の造成に伴います大洞9号線の整備に要する補正でございます。
 別冊1の19ページをお願いいたします。
 中段の事業概要でございます。中沢線につきましては、企業の移転予定地に接します道路でありまして、開発許可の要件を満たすように9.5メートルの幅員で延長450メートルの整備を計画しているものでありまして、そのための路線測量設計委託料、工事請負費、公有財産購入費、物件移転補償費、合わせて9,370万円を補正するものでございます。大洞9号線につきましては、大洞地区工業団地造成地内の道路でありまして、中沢線同様に開発許可の要件を満たす幅員で整備する計画としているものでありまして、今回は公有財産購入費、立木補償費など、147万1,000円を補正するものであります。中沢線、大洞9号線、合わせまして9,517万1,000円を増額補正するものでございます。
 予算の概要17ページをお願いいたします。
 5項下水道費1目下水道整備事業費1細目下水道事業特別会計費でございますが、人事異動に伴います職員人件費分、それと公共下水道施設整備費分、合わせましての繰出金1,266万1,000円を増額するものでございます。
 以上でございます。
議長(田口久義君) 消防長、佐々木建待君。
消防本部消防長(佐々木建待君) 17ページをお願いいたします。
 9款消防費1項消防費でございます。2目非常備消防費2細目防火防災推進費地域防災組織育成に要する経費でございます。財団法人自治総合センターが行う平成26年度地域防災組織育成事業へ助成の申請を行っていましたところ、決定をいただくとともに、助成額通知されましたので、昨年に引き続き幼年消防クラブ育成事業として、クラブから要望のございます鼓笛隊セット購入をするための経費45万円の増額をお願いするものでございます。
議長(田口久義君) 学校教育次長、千葉一吉君。
学校教育次長(千葉一吉君) 18ページになります。
 10款教育費1項教育総務費2目事務局費2細目学校教育振興一般管理費でございますが、まず初めに、いじめ問題対策連絡協議会等に要する経費ということで、さきにご決定いただきました条例に基づいていじめ防止対策調査委員会委員報酬8名分の部分で43万6,000円、それから報償費はいじめ問題対策連絡協議会委員謝金ということで、保護者代表の方2名分を計上しております。旅費につきましては、防止対策委員会の費用弁償でございます。
 それから2番目は、みやぎ防災教育推進協力校事業に要する経費でございますが、これは加賀野小学校がことし平成26年度協力校の指定を受けまして、2年間の事業でございますが、県の100%の委託事業で行うものであります。講師謝金等に4万円の報償費、それから旅費を10万円、それから需用費、役務費という所要の予算を置いております。
 それから次に、コミュニティスクール推進事業に要する経費でございますが、これは新田小学校及び石森小学校、ことしで2年間の事業で2年目に入るわけでございますが、国の直轄の委託事業でございます。報償費の謝金27万円、新田小学校は8人で構成されていますし、石森小学校は15人の委員さん方でそれに対する報償費と、それから旅費につきましては、これは秋田県由利本荘市のほうに視察研修に行くための旅費を計上しておりますし、需用費、役務費等はこのとおりでございまして、使用料及び賃借料は高速料金の使用料というふうになります。
 次に、19ページでございますが、学力向上研究指定校事業に要する経費ということで、これは当初予算で計上しておりましたが、佐沼小学校が3年間の指定を受けておりまして、今年度2年度2年目に当たります。算数科の指定を受けております。当初27万8,000円の予算を計上しておりましたが、4月に30万円という金額が交付決定されました。したがいまして、2万2,000円、それから委託料にあります学力検査の部分で生徒数の減によりまして、2万8,000円の減が見込まれるということで、合わせまして5万円の部分について報償費、旅費、需用費にそれぞれ振り分けさせていただいたものでございます。
 それから、下になりますが、10款教育費2項小学校費1目学校管理費1細目小学校管理運営費でございますが、これは各学校、22の小学校があるわけですが、豊里の部分につきましては中学校に含むということで21校分の、いわゆる区長さんとかPTAの代表の方、それから民生委員の代表の方3名の部分に対する報償費を21校分見ておりまして、28万5,000円の補正予算をお願いしたいということでございます。
 それから20ページの3項中学校費1目学校管理費の1細目中学校管理運営費でございますが、小学校の管理費同様でございまして、3名の方の委員さんの謝金を見込んでの16万4,000円の補正でございます。
 以上でございます。
議長(田口久義君) 社会教育次長、志賀 尚君。
社会教育次長(志賀 尚君) 予算の概要21ページでございます。
 10款5項1細目の社会教育総務費の職員給与費の中で、職員の給与ということで臨時職員の賃金を補正してございます。これは病休の職員がございまして、その当初予算編成後に病休期間の延長の申請がございまして、不足分の来年の3月までの9カ月分について臨時職員1名分の賃金の補正をお願いするものでございます。
 以上です。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑に入ります。質疑はありませんか。5番、工藤淳子君。
5番(工藤淳子君) 別冊1の3款2項なんですけれども、子育て支援対策事業とあわせて保育緊急確保の関連でちょっとお聞きします。
 今、説明のあった待機児童のために小規模保育園の下のほうなんですけれども、2番目につくしんぼ保育園、それからちびっこランドあるんですけれども、小規模保育所としてつくしんぼは長年ずっとやっているところなんで、ちょっと大体わかるんですけれども、このちびっこランドのほうは、両方を含めてもいいんですけれども、この保育士さんたちは有資格の方がどのくらいいるのか、その辺と。
 それから、次のページの13ページにある保育士のための運営費ですか、待遇改善のための補助金が出ているんですけども、2番目の(3)のところに、このたんぽぽ保育園とつくしんぼは運営補助として出るんですけれども、さっきあったこのちびっこランドのほうには、こういった補助は出ないのか。その辺、お願いします。
議長(田口久義君) 福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) はい、まず1問目の保育所ちびっこランド佐沼の関係でございます。
 この今回小規模保育設置促進事業の中身については、A、B、Cと3つのタイプがございます。その中で今回ちびっこランド佐沼さんの事業につきましては、中間型のB型という保育計画で申請されております。この保育計画B型ですと、国が示している地域型保育事業認可基準では、職員数はゼロ歳児3名に対しまして保育士1名、それから一、二歳児6名に対して1名の基準でございます。それに、小規模事業であることに鑑み、保育所との同数の職員配置とせず、保育所の配置基準プラス1名ということでございます。計画による利用児童数から見ますと、有資格者は3名。それから無資格者2名というようなことになっております。というのは、このB型の場合、若干有資格者の職員配置が緩和されております。有資格者の人数は、全体の必要とする職員数の2分の1以上が有資格者というようなことでございますので、有資格者は3名以上が今回の事業では必要というようなことでございます。このようなことから、新たな保育士の確保が必要ということでございます。その辺につきましては、今回事業申請に伴いまして、めどが立ったというようなことで申請あったものと考えております。
 次に、2点目の次の保育所の設置促進事業の関係でございますけれども、今回整備いたしますちびっこランド佐沼さんにつきましては、地主さんが建設いたしまして、それから賃貸契約を結ぶわけでございます。その地主さんの工事が平成27年3月までの予定ということで、実際ちびっこランド佐沼さんの新しい小規模保育所につきましては、平成27年4月からスタートということで、平成27年度での事業費の支出ということで考えております。
 以上でございます。
議長(田口久義君) 5番、工藤淳子君。
5番(工藤淳子君) はい、わかりました。
 そうすると、このたんぽぽとか、運営費の中は保母さんのためのあれになるんですか。それとも園任せになるんでしょうか。
議長(田口久義君) 続けてください。
5番(工藤淳子君) 運営費、家庭保育のたんぽぽ保育園、つくしんぼ、運営補助として13ページのこの事業概要とすると、運営費補助するものとなっていますけれども、これは保育士の改善のためじゃなくて全体の運営費に当たるのか。
議長(田口久義君) 福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) はい、この1点目の小規模保育運営支援事業の関係だと思いますけれども、この部分につきましては、その運営費、国が定めました運営費の中である程度の一定の基準を満たす小規模保育園について、運営費の補助でございます。
議長(田口久義君) 5番、工藤淳子君。
5番(工藤淳子君) 公立も今有資格が、保育園の関係の方は資格を持っていても臨時の方が、非正規の方が随分多いんですけれども、ましてやこういうふうに小規模でこれからこの補助されるので、待機児童にとっては、やっぱり親にとっては欠かせない施設だと思うので、すごくいいことだなと思うんですけれども、今度のちびっこランドさんは、こうやって3名分有資格というんですけれども、やはり理想的なのは全員が有資格の方、保育士が今不足をしているので、しょうがないのかなと思うんですけれども、有資格の方で受け持つのがやっぱり私は普通なのかなと思うので、そういうための使えるお金があるのとないのでは随分違うと思うし、それから今後、これから子供子育て支援制度でいろいろな今、回はこの2カ所、3カ所なんですけれども、これからますます企業が進出してきて、本当に保育の中身、保育部屋の狭さとか、有資格の問題、保母さんたちのそういう問題とか、保育環境が随分心配されるんですよね。そして、大都市のほうでは、子供の死亡事故、本当にホテル、ビルの中でやっている保育所、いろいろなところ全国にあるんですけれども、そういうところで事故がふえているので、そういうときのためにも、そういうことがないように最善の努力を払うためにも、こうした補助が大切なことだと思うので、その辺をしっかりと市のほうもチェックしていただきたいなと思うんですけれども、その辺どうでしょうか。
議長(田口久義君) 福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) 今まず、最初の1点目ですけれども、確かに小規模保育設置促進事業の中で、運営費の補助ということでやっていくわけでございます。国が示す基準で先ほど説明しましたように、B型ですと2分の1以上の有資格者ということでございます。以上でございますので、3名でも、3名以上であれば4名でもいいわけですけれども、議員ご承知のとおり、なかなかお話の中にもありますように、有資格者の方を雇用すると、任用するというのは今不足がちで、大変なようでございます。そういうこともございまして、国の基準ではこのB型については2分の1以上の有資格者ということで基準を緩和しているようでございます。それにしても、今議員お話しのとおり、できれば有資格者を多く雇用していただきまして、事故のないようなその運営、保育をしていただくような指導はしてまいりたいと思います。
 以上でございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) さっきの12ページ、別冊第1の子育て支援のことですけれども、このことについては、目的というものは待機児童をなくしますよというふうなことが歓迎されておりますけれども、待機児童これでなくなるのですか、全部。もっといるのか、どのくらいいるのか。
 そしてまた、やっぱり待機児童というものは一日も早くなくしてやらないと、そのために生活に支障が出たり、働けなくなるというふうなことが非常にあるんですね。できるだけこういう事業はどんどん持ってきて、そしてまた待機児童をなくしてもらいたいというのがあります。預けるほうもここはだめで、預けるのをやめたというふうなことがありますけれども、やっぱりそのようなところをちゃんとお話を聞いて、納得してもらって割り当てたらいいなというふうに思います。その辺のところをお願いします。
 それから、概要の18ページ、コミュニティスクール推進事業というところで、新田と石森だということがありますけれども、この事業の非常にいい事業だということを聞いておりますけれども、さまざま支援している方があると思いますので、その辺の内容ですね。もう少し詳しくお願いいたします。
議長(田口久義君) 福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) まず、保育所の待機児童の関係でございます。
 平成26年4月1日現在、国の定義による待機児童数は57人おります。特に3歳児未満の待機者が多いわけでございますけれども、今回、平成26年度で4月7日に定員19名の小規模保育施設たんぽぽ保育園が運営を開始しております。今回の補正による児童の定員数が平成26年度で132名の定員の増が図られます。そういうことで、平成26年度の待機者児童につきましては解消できるものと考えております。また、来年度平成27年度以降にも今認可外保育所がまだあるわけでございますけれども、その保育所につきましても小規模保育設置事業を活用いたしまして、定員を拡大していく予定にしております。
 以上でございます。
議長(田口久義君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) コミュニティスクールの関係でございます。
 地域に開かれた学校づくり、そういったものをこれまでも進めてきたところでございますけれども、地域とともに歩む学校づくりをより一層進めるというふうな意味での1つの体制を整えていくというふうなものが、このコミュニティスクールの本当に簡単に言えばそういうふうな内容でございますけれども、これまで各学校には、学校評議委員制度といったものを導入しております。幼稚園まで導入しているところでございまして、さまざまな地域の方の意見等を反映しながら、そういったものを参考にしながら、園経営、あるいは幼稚園経営を行っております。
 その学校評議員制度の質をより高めていくといった姿が、このコミュニティスクールの狙いでございます。ということで、それぞれ地域のさまざまな教育力がございますけれども、その教育力を学校に取り入れていくと。それから逆に学校の持っている力を地域にも還元するということで、双方向の関係をつくっていきまして、そして地域コミュニティの活性化にも結びつけていきたいというふうなことで取り組みを今進めようとしているところでございます。現在は、新田小学校と石森小学校の2校で取り組みを進めておりますが、今年度も引き続き取り組みを今進めているところでございます。その成果をもとに、さらにこういった姿をもっともっと登米市の各小中学校に広げていきたいというふうなことで、今取り組みを進めているということでございます。
議長(田口久義君) 19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) 待機児童がなくなるということでございますけれども、来年のことは恐らく人数的には把握できると思いますけれども、それぞれの認可保育所、あるいは市の保育所があるわけですけれども、1つの定員の例えば100人というふうなことであれば、20人から10人が待機しているということもなれば、それは受け入れ態勢の人数を緩和するということはできないでしょうかね。2人か5人とか、あるいは100人規模には1割の10人、今までもそういうことがあったわけですけれども、それをちょっと緩和しただけですっかり緩和できるんじゃないかなというふうに思います。改めて、保育所を建設して認可保育所をふやしていくということで、ずっとふやしていくと何らかの障害が出てくるのではないかというふうに思う。心配されます。
 ですから、そのような緩和策ということも1つの考えではないかなというふうに思います。その辺のところですね。
 それから、今のコミュニティスクール、大変いいことですけれども、もしかして公民館で土日になるとよく、新田のことなんですけれども、学識経験者といいますかね、その人たちが土日出てきてれて、子供たちに勉強を教えているというふうなことで、子供たちも非常に喜んで行くんですよね、学校以外に。そしてまた学校にもそれなりの登録してくれた方が、父兄じゃないですよ、その方が、そういう方がいて放課後にそれぞれ勉強を教えているとか、あるいは宿題を見て一緒にやってくれているというふうなことを聞いておりますので、その取り組みもこの事業の中の取り組みですか、一緒にお願いします。
議長(田口久義君) 子育て支援課長、西條利光君。
子育て支援課長(西條利光君) 定数枠を流動的に拡大したり、縮めたりというようなお話でございますが、現在、国の制度の中で、流動的な定員の拡大が認められております。当市においても最大が20%の枠拡大でございますが、一部の保育所では活用しながら保護者のニーズに応えている状況でございます。
議長(田口久義君) 教育長、片倉敏明君。
教育長(片倉敏明君) 先ほど相澤議員が土曜日の学習のことをお話しされました。それは、土曜日学習教室というふうなことでございますけれども、退職した校長先生方等にお願いしているんですが、いわゆるコーディネーターとしてはお願いしておりまして、そして、実は全ての旧町域で公民館を利用しまして、土曜日、学習支援の活動を行っております。誰がじゃあそこで支援をするのかということになるんですが、学校では当然授業というふうな形でしっかりした教育課程に基づいて指導しているわけですが、そことはまた違った雰囲気で、学生とか、あるいは退職した教員のOBの方とか、あるいは地域の方、いろいろな方々がそこにかかわっております。今、実態をいろいろ調べておりますけれども、子供たちは非常に新鮮な雰囲気で、しかもその町域の学校ですので、いろいろな学年の枠を超えて、あるいは学校の枠を超えて、いろいろ友達もできる。そして土曜日も有効に使えるというふうなことで、例えば、中学校ですと部活終わってから土曜日学習教室に出向くとか、いろいろな形のものもあるようです。家庭のほうにも協力をもらっておりますので、土曜日にもちろん遊び等も大事なんですが、それ以外にもそういった場に出向いて学習の習慣を身に着けるというふうなことで、非常に好評でございます。
 なお、この件については、広報とめの7月号に何ページかもらっておりますので、大きくその内容について広報することにしております。
 なお、先ほどコミュニティスクールのことをちょっと触れたわけですけれども、やはりいろいろ学力の向上とか、そういったこともさまざま指摘されております。実は、そのコミュニティスクールに取り組んでいる先進地というのが、特に関東周辺、あるいは関西方面とかいろいろあるわけですけれども、そういったところの情報を仕入れてみますと、やはり先ほど言いました開かれた学校づくり、それからよりよい地域づくり、あるいは豊かな子供の育ち、子供の育ちといいますと学力の向上とか、あるいは豊かな社会性の育成とか、当然のことながら登米人の育成と、そういったこととの好循環を求めていくというふうなことで、ぜひこの取り組みは進めていきたいと。土曜日の学習支援の教室もそういった地域との関係というふうなことでのコミュニティスクールを、さらにこれを1つのその枠組みというふうに捉えてもらえればいいのかなというふうに思っております。
議長(田口久義君) ここで10分間いたします。
          休憩 午前11時03分
────────────────────────────────────────────
          再開 午前11時12分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 質疑を続けます。ほかに質疑はありませんか。10番、中澤 宏君。
10番(中澤 宏君) それでは、私も別冊1の12ページから子育てについてお尋ねをしたいと思います。
 今、福祉事務所長から、このたびの支援によって来年の春には待機児童が解消されるだろうという話がありました。登米市はずっとこう民間の皆さんが子育てに積極的に参加をしていただいて、大変すばらしいなと思ってきたんですが、それでは預かる児童数、総数のうち、市の保育園で預かっている園児の数、それから認可保育所で預かっている数、そして無認可で預かっている数、特に無認可の中でも今回の整備のように、規模が大きくなってきましたので、将来市の認証保育になるだろう、あるいはそういう一定の規模を有した無認可というところの規模、そういうところをちょっと教えていただきたいというのがまず1つ。
 それから2つ目は、待機児童が解消されると話されました。これは今の保育に欠けるという基準の中で、例えば家庭に誰か面倒を見る人がいるとか、そういう方については遠慮していただくというような形になっているかと思いますが、今後、親の就業支援というのも子育ての柱になってきます。働きたいので子供を預けたいと。今はそういう方は待機の数にも入っていないというようにも思いますが、そうした場合、それをカウントした場合、それらの需要を将来取り込んだとすれば、さらに今よりももっと待機、保育所の建設というのが必要なのかどうか、その見通しについてお尋ねをしたいと思います。
議長(田口久義君) 子育て支援課長、西條利光君。
子育て支援課長(西條利光君) 1点目の保育所の入所状況でございます。公立保育所につきましては606名、私立保育所においては849名、平成26年4月1日現在の人数でございます。
 認可外保育所の入所状況につきましては45名でございます。
 続きまして、2点目の平成27年度以降の待機児童の関係でございますが、先ほど事務所長のほうから平成26年度の待機児童57名に対して、民間保育施設の創設、あとは小規模事業の実施ということで、平成26年度の待機児童についてはクリアいたしますが、さきのニーズ調査、新制度に伴いましてニーズ調査を行った今後の新計画の目標数値、推計値においては、来年度も引き続きその需要な伸びていくという状況であります。大体毎年104%程度の伸び率で伸びていくと。それで市といたしましては、そのニーズに対応する対応として、小規模事業所の拡大等を行いまして、新計画は平成31年度までの計画でございますが、平成30年を目標にニーズに合わせた待機児童の解消を図るということで今考えております。
 以上でございます。
議長(田口久義君) 10番、中澤 宏君。
10番(中澤 宏君) まずは今公立が606人、無認可が45人、認可が849人と話されました。今回、この支援事業を行うことによって、こうした数字はどのように変わってくるのかということがまず1つ。
 それから先ほど平成30年をめどに解消すると。あるいは毎年4%ずつふえるというのは、これは先ほど私が質問しましたが、要するに今のその保育に欠けるという基準なのか、それとも、これから仕事を働くために、預けたいというそのそういうニーズを取り込んだ需要なのか。その辺を確認したいと思います。
議長(田口久義君) 福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) 1点目でございますけれども、今後全部で今入所者が1,500人というようなことでございますけれども、これからどのようにこの規模がなるのかということだと思うんですけれども、それでよろしいですか。この1,500人の。
 今回のやつで先ほど説明しましたけれども、今回の整備によりまして、総数で132名の方の定数がふえるわけでございます。実際現在先ほど課長がお話しましたように、ニーズ調査をしたところ、ことしその国の定義による待機者が57名ということでございますけれども、来年以降もニーズ調査によりますと入所希望者がふえるというようなことで、今回整備します132名を整備しても来年は新たなそのニーズがふえるということで、もしかしたら、待機者がふえる可能性もあるというようなことでございます。
 すみません。132人は認可保育所が、先ほど説明しましたとおり私立の保育所でございます。132名全部が私立の保育所というようなことことでございます。
議長(田口久義君) いいですか、質問者、今の答弁。10番、中澤 宏君。
10番(中澤 宏君) 前者のときに待機はないというふうに話したので、多分今の保育基準からすれば、多分ないのかもしれませんが、その新たなニーズ、要するに働きたいので預けたいというニーズを取り込めば、こうした増加が考えられるのかなというように思います。それで平成30年までに、そうしますと毎年1,500人に4%掛けると、毎年60人ずつ新しい希望者がふえるというようにも聞き取れますが、そうすると60人が、平成28年、29年、30年と勘定しても180人新たに施設が必要というようにも思うんですが、こうした足りない施設に対して、不足するだろう施設に対して、その民間の皆さんは、私はもう少し複数園経営とか、あるいは新たな保育園に参入したいとか、そうした需要はあるのか。その辺をちょっとお尋ねをして終わりたいと思います。
議長(田口久義君) 子育て支援課長、西條利光君。
子育て支援課長(西條利光君) ニーズ調査の内容は、あくまでも定義待機者も含めて、潜在的に希望として、その保育に欠けるという意味合いでの調査でございます。それで調査の中で一番多かったのは、預かりの部分が多くありまして、いわゆる2号認定と言われる教育後にそのまま預かっていただきたいとか、そういう内容でございます。その分については、認可外小規模事業の拡大、あとは幼稚園のその預かりの部分の拡大等を図りまして、対応していくということで考えております。
 なお、認定子ども園の制度が新制度で国のほうでも推進しておりますので、その辺についても当然推進しながら、枠の拡大を図っていく必要があるかと思っております。
 以上です。
議長(田口久義君) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。8番、岩淵正宏君。
8番(岩淵正宏君) 私も別冊の資料から16ページ、放射性物質の濃度低減対策。まず、対策はいいことでしょうが、この対策の分、東電への賠償等は請求しておるのかどうか、それが1点。
 それから18ページ、汚染稲わらの処理事業なんですけれども、要望があったシート被覆で、要望があったからやりますよと。要望なければやらないのか。放射性物質の拡散防止のためには、シート被覆の分は全部このような方向で進めるべきと。二重にも、三重にもするべきと思うんですが、どのようになっているかまず2点。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 塩化カリ助成でございますが、損害賠償につきましては請求をいたしております。これはJA、それから市と両方請求をいたしております。JAについては、その賠償の実績がございます。市についてはございません。
 それから、汚染稲わらのハウスの関係でございますが、個別保管につきましては、いわゆる集合保管ができなかった部分ということで、これまで各自の所有地等に保管をいただいておったというふうなこと。実は、2年間の保管期間を延長せざるを得ないというふうな状況の中で、集合保管のみならず個別の保管の方々にも説明会においでをいただきました。その中で状況が、先ほど申しましたように、倉庫、ハウス、あるいはシート保管というふうなことで、一律ではございません。今回の2棟につきましては、本人の希望ということでございますが量的に多いものでございまして、後の方については、これは当然お話をしておりますが量の少ない方ということで、引き続きシートで密閉して保管をしていただくというふうな対応でございます。希望によってというふうなことでありますが、それのみならず期間がこれから経過をしていくというふうなことで、現在の施設、集合保管も含めて施設劣化、そういうことも当然心配されますので、常にそういった確認をしながら、市としては修繕、あるいは新たな対応をしていかなければいけないというふうに考えているところでございます。
議長(田口久義君) 8番、岩淵正宏君。
8番(岩淵正宏君) まず、塩化カリなんですけれどもJAのほうは賠償されていると。市の分はなっていないと。だったら、何でこう市が補助を出すのかなと。農協さんのほうだけでこれ対応して、農協さんが全額東電から賠償をもらえばいいんじゃないかと思うのが普通ではないかなと思うんですが、なぜ、市からの請求が通らないのに市では補助をださなければならないのか、その理由。
 それからシート被覆、今はとにかく、恐らく子供たちの通学路の近くではないところにはやっていると思うんですけれども、やっぱりこの風化というか、シートも年数がたてば、いわゆるすたれてくるというような状況なので、これは引き続き、今部長が言ったように、十分な見回りと適切な処置をお願いしたいものでございます。
 答弁のほうは塩化カリのほう、その賠償についての考えをお聞きします。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 損害賠償の状況でございますが、JAにおきましては平成24年度4,950万円を請求いたしまして、4,300万円の支払いを受けているというふうにお聞きいたしております。平成25年度も請求しておりますが、そちらのほうはまだというふうなことでした。市においても平成24年度請求しておりますし、平成25年度分についてもその予定ということでございますが、JAとしても3年目の取り組み、市としてもそれに応えるということで3年目の取り組みでございますが、考え方として損害賠償されるのであれば、事業実施主体のほうで全て対応できるのではないかというふうな当然のことでございます。しかしながら、市の立場とすれば、JA生産者団体が登米市の生産する米をより安全に確実な形で生産をしていきたいという前向きなといいますか、これは取り組みでございますので、それを支援をするというふうなことでございますが、賠償金で済ませていただきたいというふうな対応だけでなく、やはり可能な限り支援をしてまいりたいと。それが行政としてできる支援ではないかというふうに判断をいたしております。
議長(田口久義君) 8番、岩淵正宏君。
8番(岩淵正宏君) 何か納得いかないですよね。支援、いわゆる税金を使ってだんだん補助率が20%まで今下がってきたんですけれども、それを市が出すと。賠償で請求しても戻ってこないのをわかっていて出すと。かえって市民に迷惑をかけているのではないかなというような気持ちになりますよ。農協さんでやって、例えば農協さんが賠償を受けると。その塩化カリを使用する個々の農家については、どっちから来ても同じだと思うんですよ。そのカリをもらって、散布してと。市としては、東電から来ない賠償よりも出るような形の支援策を考えていいんじゃないですか。私と認識違うんでしょうか。部長のお考えをもう1回聞きます。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 登米市の損害賠償している部分については、東電からの支払いはございませんが、国のほうのこれまでの経緯で申しますと、財政的な措置、特別交付税での措置がこれまでなされてきておるというふうなことはございます。それから、税金の件でございますが、当然皆様の血税での支援でございますので、無駄というふうなことには考えておりません。できれば、今までの同等の額をというふうなことも考えますけれども、しかし、これまでの経緯もあります。あるいは今後の対応もございます。そういったことを総合的に勘案をしまして、今年度は対応をしたというふうなことでございますので、御理解をお願いしたいと思います。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) 4点についてお尋ねします。
 まず1番目、別冊1の13ページ、小規模保育支援事業の運営費の補助について、先ほど5番議員のお話に関連しますが、この使途は人件費以外にも該当するものか、何に使ってもいいのか、あるいは制限されているものは何もないのかについて、1つです。
 次に、2番目、同じく別冊1の17ページ、放射性物質吸収抑制対策事業、除染困難地の除染、この目標レベルの数値を教えてください。
 それから3点目、別冊1の14ページ、市有共葬墓地災害整備事業について、発災から既に3年3カ月が経過しましたが、これほど時間を要した理由は何でしょうか。また、今後の地震による被害の復旧は、今回つくったとされる要綱によると解釈してよろしいか、確認しておきたいと思います。
 それから、4点目、概要15ページの企業誘致費、誘致企業の立地するための環境整備に要する費用と認識し、理解するものであります。関連して、以前誘致したコールセンターのDIOジャパンの子会社については、何も心配することはないのか。この際、お話しできるなら承っておきたいと思います。
議長(田口久義君) 子育て支援課長、西條利光君。
子育て支援課長(西條利光君) 小規模保育運営支援事業についてお答えいたします。
 各団体から事業計画書が上がっておりまして、その内容は新規採用職員の人件費、職員に係る福利厚生費、燃料費、この事業では、特に使途目的については、規制はされておりません。よろしいですか。失礼しました。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 草地の除染の牧草除染の関係でございますが、目標レベルということでございますが、対象草地については、牧草中の値が100ベクレルを超えたものというふうなことでございますので、それを振興とか、あるいは資材の投入を行い100ベクレルを下回ると。それ未満にするというふうな目標、そうしていくわけでございます。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) それでは、兵粮山墓地、災害からもう3年以上経過しているということでございますが、これまでの経過といたしましては、災害復旧の手法につきましていろいろ二転三転いたしまして、まず一番最初につきましては、ある程度移転の必要もあるということも考えまして、組合側のほうとも一応相談させていただきながらやったわけですが、最終的には現地復旧をさせていただいて、今のところに区画を整備するというような形でまとまっております。また、実際工事する際、ボーリング調査した際に計画した工法でできないということで、またその工法も変わりましたので、時間がかかったということでございます。
 また、今後につきましては、以前平成18年前田沢でも墓地が流出して、補助をしておりますし、今度も地震で墓地の原地がなくなるというような大きな崩落が起きてございます。そのような大きな災害につきましては、今後につきましても同じような対応をしてまいりたいというふうな考えでおります。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) コールセンターの件でございます。
 連日のように報道されておりまして、本市にも東北創造ステーションございます。現在の状況について、聞き取りを行っております。その状況については、従業員96名、これは6月12日現在となっております。それから、いわゆる心配される点というふうなことでございますが、社会保険料の滞納がございます。それから、賃金の未払いも一時ございました。それから、現在の状況、最近聞き取りをいたしましたところ、各地で閉鎖や撤退等の報道をされておりますが、本市のコールセンターにつきましては、規模的に最も大きなセンターというふうに位置づけられているとなっているというふうなことでござました。本社のお話によりますと、その登米市の場合は核となるセンターなので、閉鎖はしないというお話は受けているところでございます。
議長(田口久義君) 6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) 最初の1、2、3点については了解しました。
 それで、多分これ議題外だからだめと言われるのではないかと思いながら聞きたいんですが、先ほど96名というのは現在の在籍者でしょうか。
 それとあと、いわゆる緊急雇用事業での雇用人数との関連はどうなんでしょうか。後で聞いてもいいんです。じゃあこれでやめます。いいです。
議長(田口久義君) ほかに質疑ありませんか。17番、沼倉利光君。
17番(沼倉利光君) 別冊1の16ページ、放射能の濃度の低減対策事業の概要について、先ほど前の8番議員から質問がありましたけれども、あえてもう一度お尋ねを申し上げます。東電に対しては、事業費の総額が返ってはきていないという状況の中での市での補助ということでありますけれども、この3,140万円の対象経費、これは全額農協では東電のほうに請求するのか、それとも、市の補助金は除いた形で東電に請求するのか。そこがちょっとわからない。もし、これを減額した形でやってしまうと、またなおそこに東電からの差し引きのお金が来るという形になりはしないか。その辺について、もう一度お願いします。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 先ほど申しましたJAの請求額でございますが、平成24年度4,950万円で4,300万円支払いを受けているというふうなことでございます。この金額でございますが、平成24年度のカリ散布に要する経費の金額を見ますと事業主体の負担が4,242万8,442円となっておりますので、この金額以上でございますから、いわゆる資材費、仮の経費にそれにプラスして、この事業費に要した経費を足しているものと思われます。したがって、市の補助分については、請求はしておらないということでございます。
議長(田口久義君) 17番、沼倉利光君。
17番(沼倉利光君) いや、平成24年度のお話をお聞きしているのではなくて、今回、事業という形の中で、3,140万円の経費をかけるということですよね。平成26年度で。平成26年産の水稲、大豆に対する対策ですから、この中で今言ったように農協では3,140万円の経費がかかりましたよという形で東電にその請求をして、それ以上来るのか、幾ら下がってくるのかわかりませんけれども、そういう形にするのか。いや、そうじゃなくて、やはり市から補助金を出しているので、その785万円を引いた形でやってしまいますと、何か東電からかえって低い請求額になってしまって、どうなのかなという。足りない分を市で補填するという形であれば、これは無駄なもちろん税金の投入でありませんので、大いに結構だと思いますけれども、その辺の東電の請求はどのようになるんですかと。変わらないのか。それとも、例えば4,300万円、平成24年度でかかりました。4,300万円に対して4,950万円を請求して、その差し引きで後で増になったという形になるのか。この辺、この平成26年産に対して、農協の対応と市の対応がどうも二重にならないかですね。いいんですよ。市で助成するのは。でも、東電にしっかりお願いをして足りない分を市で補填するという形であればわかるんですけれども、その辺のことについてもう一度、ちょっとわかりやすく説明してください。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 失礼しました。
 JAの損害賠償の請求額については、市の補助分を差し引いて請求をしていくということでございます。
議長(田口久義君) 17番、沼倉利光君。
17番(沼倉利光君) 市長、これおかしくないですか。あえて東電から来るべきお金を市でかわりに出すみたいな形に捉えてしまいますよ。あのさっき言ったように、私は農協が除染することが悪いと言っているんじゃない。東電にしっかり3,140万円の経費がかかりました。これを請求する。東電から幾ら来るかわからない。足りない分をそれでは農協大変だから市で除染しますというならわかるんですけれども、あえて市で補助を出した分は差し引いてやっちゃうと、本来東電から来る分が少なくなるということなんですけれども、これって何かおかしくないですか。さっき言ったように、何回も言いますけれどもね。農協に助成することは悪いことではないんです。ですから、そこはしっかり精査してやってもらわないと、本来、東電に請求すべきことはしっかり請求して、そうしてやるということが本来のあり方であるというふうに思うんですけれども、そこを支給の仕方、補助の出し方、その辺をもう1回精査してやっていただきたいんですけれども、私言っていることは間違いでしょうか、お願いします。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 私といたしましては、結局こういう低減対策を行ったということについては、我々もしっかりその損害賠償の請求をしておりますし、そのことが滞っているということ自体がそもそも我々としては問題だというふうに思っているところでございます。
 それから、もう一つ。決して我々としては、この損害賠償請求がされないということを肯定しているわけでもありませんし、しっかりとこれからもこの損害賠償は請求をしてまいります。
 それから、もう一つ、こういった取り組みについては、やはり生産者の皆さんの問題ということだけでなく、やはりこういった影響に対する市としての姿勢の中でしっかりと国、そして東京電力のほうに責任の所在を含めてこれからもその取り組みを求めていくということは、決してこれは怠ってはならないことだというふうに思っているところでございます。金額の多寡以上に地域に与えている影響というものをしっかりと国、そして東京電力のほうに、その自覚を促す意味でもしっかりとその取り組みはさせていただきたいというふうに考えております。
 それから、やはりこういった問題等については、地域の実情、また、この低減の実態等も正確に我々としては判断をしながら、その取り組みについては今後、取り組みを検証させていただいた上で、臨んでまいりたいというふうに考えております。
議長(田口久義君) ほかに質疑ありませんか。16番、田口政信君。
16番(田口政信君) まず、第1点は、随分出ましたけれども、子育ての件につきまして。
 今回の事業ですが、いわゆる全体の保育所のあり方等、待機児童施策の中で、どういう位置づけでこの事業の導入をなされたかというのがまず第1点。
 それとこの事業へ、いわゆる認可外の保育所の中で選択されて、市に幾らかあって、市の段階で選択をして申請してあるのか。それともこれは、全てのものは、いわゆる国、県に上がっていったというふうに理解していいのか、それをお聞かせください。
 それから、もう一つは、13ページの(2)番の保育士の処遇改善臨時特例事業というのがありますが、10施設というようなことでございますが、それは何年間の事業なのかということをお知らせください。
 さらに、事後調査、この事業がきちんとやられているかどうかということの確認ができるかどうか。前に介護のいわゆる従事者に対するこういう事業がありました。しかし、市ではそれをチェックができない状態で、3%だったというふうに記憶していますが、そういう事業がございました。それと同じように監督ができない、現実に保育士さんにきちんとこの事業が支払われるかどうかという確認ができるかどうかをお知らせください。
 それから、企業誘致費でお伺いしますが、一番最初にもらった資料には上沼の測量、あるいは道路等の関係がごさいまして、議運にかかっていわゆる差し替えになりました。その経過について、説明をいただいてもいいのかというふうに私思っています。というのは、各常任委員長、副委員長にも説明したそうですし、その地元にも何か説明会をやったように聞きます。この差し替えをしなければならなかった状況について、お聞かせをいただきたいというふうに思います。
 それからもう1点、教育総務費、先ほど相澤議員からございましたが、コミュニティスクールについてですが、2年間の事業だというふうに説明をいただきました。なのに、なぜ当初予算で出てこなかったのかなということが疑問です。それともう1点は、この補助事業後の対策というのはどのように組み立てていらっしゃるのかということと、それから新田、石森でしたかね、だけでなくて、これからどのようなコミュニティスクール事業について発展させていくのか。その3点をお聞かせください。
議長(田口久義君) 福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) まず、子育て関係の1問目、2問目について、私から答弁させていただきます。3問目、4問目につきましては、子育て支援課長のほうから答弁させていただきます。
 まず、今回の事業につきましては、平成27年度から行われます新制度に向けての前倒しの整備ということで、今回やらせていただいているところでございます。
 また、この事業につきましては、今回その前倒しの事業のメニューが国から示された時点で、関係する認可外の保育事業所等々に説明会を開催いたしました。この事業につきましては、事業者負担等もございますので、そういうことで事業所の説明をさせていただきまして、手挙げ方式によりまして、この事業メニューで進めたところでございます。
議長(田口久義君) 子育て支援課長、西條利光君。
子育て支援課長(西條利光君) 事業については手挙げ方式という形で、実施希望事業者に対しては、そのまま県のほうに申請を上げております。内容については、当然その補助基準に合致するかどうかについては確認した上での上申という形で処理しております。
 あと、処遇改善……。(「何年間の事業だったのか」の声あり)現在の事業ですか。処遇改善は、過疎化プランという形で、平成25年、26年で実施しておりますが、新制度のつなぎ事業ということでやっているんですが、新制度の中でもそれは引き継がれるというような情報を得ております。
 処遇改善の臨時特例事業については、国から示されたシートがございまして、そのシートに当てはめた形で申請を受けております。それを補助の実施後は実績報告を出していただきまして、その内容を確認しております。ということで、保育士にその処遇改善分はそういう形で確認しております。確認できます。
 以上です。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 3点目の企業誘致関係でございます。
 ただいまお話をいただきましたように、今回特に議案書、それから予算の説明概要書等、差し替えをさせていただきました。大変お手数をおかけし、申しわけなく思っております。旧上沼小学校への企業誘致の関係についてでございますが、これまで産業経済部のほうで今回に限らず、これ、過去にも跡地の有効活用というふうなことで企業誘致を進めてきた経緯がございます。したがいまして、今回についても同様の趣旨で企業立地を図るべく進めてきたものでございます。
 経緯につきましては、ことしの平成26年の初めに、1月に気仙沼市に本社を有しております企業さんから、登米市のほうに進出をしたいというふうなことでお話がございまして、上沼小学校の跡地を紹介し、ほかの場所も含めて検討した結果、よろしいというふうなことで、その準備を進めてきました。最終的には、今月の初めにスケジュール等の調整を何とかいたしまして、企業の希望に沿う形で事業が実施できればというふうなことで、その前に住民説明会をしようということで、6月12日の夜でございますが、場所は上沼のコミュニティセンターですね。ふれあいセンターで行ったわけでございます。上沼小学校、ご存じのように体育館の利用はございますが、教室等は書類置き場となっておりますし、あるいは体育館そのものにも机、それからシート等もなくて、椅子もなくて、説明会の会場、そこに設定をしたかったわけですができなかったわけでございます。また、当地域は、現在農業集落排水事業を実施しておりまして、グラウンドはその資材置き場、作業現場になっているというふうなこともございました。したがって、場所については上沼のふれあいセンターを設定しまして、当日は67名の方に出席をいただいております。その説明に出向くに当たりまして、当然、企業側にも同席をいただきまして、事業計画の説明をしながら、住民の皆さんの理解、ご協力をお願いしたいというふうなことでございましたが、住民の皆さんは、「余りにも急な話であると。もう既に決まったかのようなことだけれども、決まってから教えるのかと。説明するのかと」いうふうなお話をいただきました。
 また、旧上沼小学校については、合併当時、宿泊研修施設というふうなことで、地域政策事業の形で持ち込まれておりますが、それは実現に至っておらないと。したがって、跡地については利活用委員会等で何回か協議をしまして、企業誘致も含めて検討をしてまいりました。また、ネットでアイデア募集などもいたしているところでございます。
 したがいまして、それらの説明をいたしましたが、住民の皆さんについては急な話であるというふうなことで、到底今の状況では受け入れられないというふうなこと、したがって、事業の計画、企業の説明までには至らなかったというふうな状況でございました。
 市といたしましては、皆さんのお話を受けて、改めて総合的に調整を図りながら、再度説明にまいりますというふうなことで当日は終了しているわけでございます。
 以上でございます。
議長(田口久義君) 学校教育次長、千葉一吉君。
学校教育次長(千葉一吉君) まずは、なぜ当初予算にということでございますが、2年間の指定でございますが、これは毎年度毎年度の申請でございまして、計画書を出すということで、今年度は3月28日に申請し、4月中に決定されるということから、あえて今回の補正と。当初予算にのせないでというふうになったわけでございます。
 それから、今後はどうするんだということでございますが、先ほど教育長からそのコミュニティスクールの説明あったとおりでございまして、やっぱり学校評議委員制度と今回の学校運営協議会制度、いわゆるコミュニティスクールにつきましては、片方は一方通行的な、今現在あります評議委員制度、これはやっぱり校長のほうから、学校からお願いをして、そういう委員さん方にご意見等を賜るというような仕組みから、簡単に言いますと、双方向的な住民の方々、それから学校、そして、そういった地域の方々、こういった方々と双方向的に学校の運営のあり方を話し合っていって実行していくと。そういう意味では将来的には、市内全校、小学校、中学校にこのコミュニティスクールを導入したいという考えは持っておりますし、そのことについては、今検討中でございます教育振興基本計画、これにきちんとのせて、その考え方を明確にさせていただきたいと思います。その上で、新田小学校の取り組み、石森小学校の取り組みは非常に重要でございまして、こういたった2年間、ことしも2年目になりますが、そういった新田小、石森小の取り組みをきちんとして、そしてそれからさっき言った計画にのせて、そして市内各校に御検討いただくということでございます。長くなりますが、このスクールにはいろいろな問題、課題もございます。ぜひ検討させていただきたいというふうに思います。
 以上でございます。
 大変、毎回私、石森小学校と新田小学校でございます。失礼しました。
議長(田口久義君) いいですか。じゃあ16番、田口政信君。
16番(田口政信君) それでは、昼食を食べないで頑張るということでございますので、まず第1点の子育て関係については、ほぼ了解をしましたが、その2番目のチェックができるよという、ちょっとシステムを教えてください。何かシートが云々という話もありましたし、どういうふうにしてチェックを処遇改善がなされたかということをチェックできるのかということを、それをお教えください。
 それから子育て支援3法改正後の前倒しだというようなことの説明がごさいましたが、市でもきちんとその子育て3法を見据えた計画をきちんとつくっていただくように、県にも子育て幸せ計画だかというのがありますので、その辺のことを軸に、ぜひ登米市のいわゆる子育て支援の中の保育システムをどうしていくかということを、ぜひご検討いただきたいということを申し上げたいというふうに思います。
 それから、3点目の企業誘致関係ですが、議題外だというふうにお話が、野次も飛びましたが、説明をする時間をるる諸般の報告でもいいし、もしかしたら行政報告でもよかったので、市長にきちんとその説明をしてほしかったという意味。これは事前に事務局長にも議運の委員長にもこの話をしました。ですが、取り上げていただけなかったので、この本会議で今申し上げました。そういった意味で、事前にそのきちんと状況について、人から話が聞こえてくるのではなくて、市長の口からその状況について、ほぼ全部の差し替えの議案を提出したわけですから、そういう意味で説明がほしかったという意味でお聞きをいたしました。ぜひ次に、そういうことがあるのであれば、市長の口から説明をいただきたいというふうに思います。
 それから、コミュニティスクールですが、評議委員制度を進化させていくというふうに私は今理解したんですが、そういうふうに理解していいのか。それをきちんと各学校にそういう方向でいくんだということを教育振興計画にのせて、そういうふうにしていくということでございますので、ぜひ頑張っていただきたいということと、その2年間のいわゆる総括をきちんとしていただいて、全体化していくという方向をできないものか。できなければしなくていいのであって、いいものをとり上げていくというスタイルにしていただきたいというふうに、これは要望にかえます。
議長(田口久義君) 福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) 計画の関係については、私のほうから答弁させていただきます。
 計画につきましては、今、子ども子育て会議等々の意見を聞きながら、9月の県への説明に向けて本部会議等で計画を策定して、きちんとした形で議会のほうにも説明を申し上げたいと思います。
 資料につきましては、課長のほうから説明申し上げます。
議長(田口久義君) 子育て支援課長、西條利光君。
子育て支援課長(西條利光君) 補助金の申請段階で補助率シートに基づき申請を行っていくということになっております。国の定める様式でございますので、実績報告については、当然に国の実績報告書の様式に基づいて、市の上申の中でチェックして確認するということで、実績報告書の様式の中でチェックするということでご理解いただきたいと思います。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 議員から、さまざま不手際についてご指摘、ご指導をいただきました。こういったことがないようにしっかりとその事務手続きを怠りないようにするということがまず大原則でございますし、また、しっかりと機会を捉えて、議員の皆様にしっかりとご報告する取り組みをさせてさせていただきたいというふうに思っております。
議長(田口久義君) まだありますよね。3問目いいですか、16番。いいですか。
 ほかに質疑はごさいませんか。はい。
 それでは、ここで昼食のため、午後1時まで休憩いたします。
          休憩 午後0時09分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後1時00分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 質疑を続けます。ほかに質疑はありませんか。11番、佐々木 一君。
11番(佐々木 一君) 1点だけお伺いいたします。
 概要書の15ページの7款2項の観光費公園管理費の中の、東和大関川の河川公園の臨時駐車場ですね。(通称)三滝堂公園の臨時駐車場ですけれども、これは委員会の所管で説明を受けて、必要性は理解をいたします。ただ、この整備に関しまして、山間地の遊休の遊んでいる傾斜地を借り上げて、市で整備をして、その整備したやつを今度は賃貸料を払って借りると。こういったことは、産業経済部のほうは聞いたからいいんですけれども、財政のほうでちょっとお聞きをするんですけれども、こういった整備の手法ですね。買い上げて整備するならわかるんですけれども、借りて整備をして、その整備した土地に賃借料を払って、借りるといったような、こういった手法ですね。私は大変疑問に思うわけでございます。個人のこの資産の価値を上げ、その上げた価値に対して賃料を支払って借りるといったような、こういった手法をこれまでも、町場にはそういった案件もあるというふうには理解するんですけれども、これからもこういった手法で、いろいろな公園関係の駐車場なんかも必要であればこういった手法で整備するのは可能なのかどうか。その点を確認します。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) まずは、私のほうからお話をしたいと思いますが、先ほど説明もいたしましたが、ここ数年お客様が急増いたしているというふうな状況がありまして、こういった対応をとっているわけでございます。市が土地を借用して、借りた土地に盛り土をすると。価値が上がるというふうなことでございますが、そのとおりでございますけれども、行政の目的、いわゆる周囲の場所を選定をした際に見たわけですが、なかなかいい場所がございません。したがいまして傾斜地、あるいは雨が降りますとぬかるみ等も発生するというふうな場所で、どうしてもそこを整備しないと使えないというふうな状況でございます。したがって、駐車場として使用するために経費をかけて価値は上がるというふうなことでございますけれども、行政の目的でございます有効的に活用するというふうなこと。そういう手法もとらざるを得ないというふうなことで、法令とか、それに触れるものではないというふうに理解をしております。
議長(田口久義君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) ただいまの件については、財政的な観点からというふうなことでございますけれども、ただいま産業経済部長がお答えしたように、そこの場所について借りる側で投資をすれば、当然その土地の使用価値は上がるというふうに思いますけれども、その辺のところはその借主と、それから借りる側でのそのお互いの契約の考え方というふうなことで、やむを得ないものというふうに思ってございます。なお、こういった整備の手法について、特段抵触するものがあるかというふうなことについては、それは特別ないものだというふうに思ってございます。
議長(田口久義君) 11番、佐々木 一君。
11番(佐々木 一君) 確かにだからこの必要性は認めるんですよ。それで、何で、いや買い取ってやる分にはいいんですけれども、借りてまで、少し待っていても、私は買い取って整備して、市の所有物件として、それを利用して、そのあたりの整備をいろいろ全体的に整備するならいいんですけれども、夏場の本当の3カ月くらい利用するのに、個人の土地を借りて、それを造成してですよ、造成して300万円以上のお金をかけて、そのかけて整備した土地をまた賃借料を払って借りるといったようなのは、本当にちょっと理解苦しむんでありますけれども。買い取りは、説明では後々何か買い取るような話もちょっと伺ったんですけれども、そうであれば最初から買い取って、すっかり整備したほうが私すっきりしていいのではないかなと思うんですけれども、もう一度お願いします。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 現在のところは混み合う7、8、9、その時期的なものでスペースが確保できれば対応できるというふうな状況でございます。したがって、将来的といいますか、今年度あるいは来年度、状況を見て取得というふうなことも考えられないことはないというふうに思っておりますが、その辺は現在はお話はしておりませんので、当面借用という形で進めてまいりたいと思っております。
議長(田口久義君) いいですか。ほかに質疑はありませんか。24番、八木しみ子君。
24番(八木しみ子君) 私からは、総務費の中のまちづくり活性化事業についてお伺いいたします。
 別冊は11ページでございますが、この宝くじの助成事業でございますが、今回コミュニティ組織団体5つに交付決定が決まったというふうなことで、本当によかったなというふうに思っております。
 そこでお伺いいたしますが、1番下のほうのコミュニティセンターでございますけれども、これは豊里の下町町内会に1,500万円、これを額にしても随分大きいわけでございますが、本当にありがたい金額でございます。ところで、この総事業費につきましては、その倍以上経費を要するというふうな内容になっておりますが、これちょっと前に聞いたんですが、この下町地区の皆さんは、集会所をつくるために積み立てをしてきているんですね。積み立てをしてきて、それに宝くじのこのお金を合わせて、決まったらつくるというふうなことは聞いておったんですが、ここも前の部落につくるんだったらそんなにかからないと思うんですけれども、今度あそこに災害で被災された方々が100軒ぐらいできたんでしょうかね。この間の開通した跨線橋の下のほうなんですが、あの地区を全部入れて、コミュニティ組織にするというふうなことをお聞きしました。そこで、つくるのも元の部落の場所じゃなくて、新しい団地、そこにつくって古いほうが一緒に交流を図ってやっていくというふうなことなんですが、この内容から見ますと建物については何とか頑張るようでございますが、ちょっと心配になったのが外構関係ですね。この外構をつくるところまで金額も出ていないものですから、この部分に何か市のほうで支援する補助対象になる何か事業があるかどうかですよね。そして、どのように考えているか、ちょっとお聞かせいただきたいんです。外構部分ですね。お願いします。
議長(田口久義君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) 下町地区では、ただいまお話のように、生活センターの建設基金、それからこのたびの建設に関しての負担金というふうなことで、財源措置をしているようでございます。それで、ただいまお話になりました外構工事につきましても、今回の整備の中で一体的に実施する事業計画を提出していただいてございます。外構に318万円ほどかかるというふうなことでございます。ただ、この外構とか、それから既存の生活センターの撤去費、そういった部分につきましては、宝くじ助成のほうでも補助対象にはなってございませんし、それから市の単独の集会施設等の整備事業の補助事業がございますけれども、そういった部分につきましても対象にはなってございませんので、今のところは下町地区の財政計画、財源計画の中で対応するというふうなことになってございます。
議長(田口久義君) 24番、八木しみ子君。
24番(八木しみ子君) 対象になるものがないということですが、これ、被災者の方々が来ているということで何か特例とか何か、もしこの金額で全部外構も間に合えばいいんですが、もしどうしてもというときには、やっぱりこれ考えるべきじゃないかと思うんですね。被災された方々が来ての膨らんだコミュニティになりますから、その部分でぜひ大きな金額にはならないと思いますけれども、そこまでやっぱりしっかりと支援策を考えていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。
議長(田口久義君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) 市の単独の集会施設の建設事業等につきましては、国、あるいはこの宝くじ助成等の財源が入った場合には、市の補助事業は使えないというふうなことで、これまで要項を設置して対応してきてございます。それで、これまでの中でそういった要項の中で整備をされてきた団体等もございますので、その辺のところの整合性も図ることも必要だというふうに思ってございますので、私のほうでは難しいものと考えてございますのでよろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) 24番、八木しみ子君。
24番(八木しみ子君) だめだということですね。特例は使えませんか。その被災者の地区がふえたということで。これは一般的なことでしたら私も聞かないんですが、ああいうふうに膨らんだ、今の地区よりも、その地域よりも、何か世帯が多いような気がするんですね。それを1つにまとめて、そのコミュニティをつくるという旧下町部落の皆さんのことを考えますと、やはり市もそこをしっかりとサポートしてやるのが人情といいますか、普通ではないかと思うんですが、じゃあ市長いかがでしょう、そういう考えについてお伺いします。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 市内各地域でそのように、各旧来の行政区に新しい住民の皆さんがお入りになっている状況はいろいろ市内あっちこっちで見受けられる状況でございます。そういった状況の中で、どういった今現状になっているのか。その状況の把握をまずすることが肝要ではないのかなというふうに思っております。
 内容等につきましては、しっかりと調査をさせていただいた上で検討させていただきたいと思います。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。1番、熊谷和弘君。
1番(熊谷和弘君) 別冊1の13ページでございます。
 2の事業概要で、(3)保育体制強化事業「地域住民や子育て経験者などの地域の多様な人材を保育に係る周辺業務に活用した。」とありますけれども、この周辺業務というのは、具体的にこの保育に係る周辺業務、どういった業務になるのかお伺いをいたします。
議長(田口久義君) 福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) ここでいう周辺業務というのは、保育施設の遊ぶ場所、それから遊具等の消毒清掃、それから給食の配膳、後片づけ、それから寝具の用意、後片づけ、その他保育士の負担軽減に資する業務ということで国の基準では示されております。
議長(田口久義君) ほかにありませんか。14番、伊藤 栄君。
14番(伊藤 栄君) 2点ほどお聞きします。
 まず、別冊1の19ページ。この事業概要、中沢線はわかりますが、大洞9号線、これ用地買収のみでありますけれども、これだけでちょっとどうなのかなと。その後はないのかどうか。
 それから、概要12ページ。保健衛生の役務費、猛禽類調査、これどこに委託、頼むのか。それから、登米市内に猛禽類と言われる鳥ですか、何種類ぐらい確認しているのか、その点をお伺いしたいと思います。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) お答えをいたします。
 大洞9号線の用地買収補償ということでございますが、いわゆる大洞団地を整備する際に、開発協議において、道路の拡幅が必要となっております。今年度におきましては、その用地の買収をいたしまして、整備については来年度となるものでございます。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 猛禽類の調査については、これから委託するところでございます。
 それで、猛禽類の種類でございますが、以前に各地域で調べたものがございますが、ちょっとその詳細を持ってきてございませんので、後で報告させていただきますので、よろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) 14番、伊藤 栄君。
14番(伊藤 栄君) この大洞9号線ね、今年度は用地買収補償、来年度は整備すると。これはやっぱり中沢線と同様にすぐやるべきですよ。片方は備考では合併特例債ですね。下は当てはまらないということかと思うんですけれども、やはり来る企業が決まっているのわけですので、できる範囲で早速取り組んで体制を整えていただきたいと思います。
 それから、猛禽類なんですけれども、特に猛禽類と言えば、ご存じのタカとかイヌワシとか、何か市内に、私の聞いている範囲では「ここ四、五年見たことない」という声も聞こえるんです。それで、これは環境が変わったからなのかなと。あるいは震災後、全くこのいなくなった。さまざまな声ありますけれども、これはしっかり調査をしていただき、登米市内にやはりこれほど住んでいるんだということをぜひしてほしいと思います。
 それで、これどこに頼むんでしょうかね。これ委託ですか。どこで調査するんですか。それだけお伺いします。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 大洞9号線につきましては、大洞工業団地と一体に整備をするということにいたしております。したがいまして、今年度用地取得、あるいは補償費もございますが、実際の工事については団地造成と一体で行うものでございますので、よろしくお願いしたいと思います。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 猛禽類については、確かに特にイヌワシにつきましては、最近市内での目撃事例がなかなかないということでございますが、もう少し範囲を広くして、南三陸、気仙沼、それから牡鹿まで含めたなかでは、ここ数年間で何回かは一応目撃されたという報告はございます。
 それで猛禽類の調査につきましては、日本生態系協会のほうにお願いするような形になるというふうに考えてございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) それでは、6款1項7目8細目都市改良施設機能診断事業の概要ということで、国、農水省関係で建設された農業水利に関しては、ほとんどが県、市町村、改良区への管理委託という形で行われているわけであります。特にこの目的は、農業用水の安定的な供給、農村地域の農地排水、雨水、この排水を下流まで安全に流下させるという目的を持って、それぞれの施設があるわけでございます。さらに、農地の周辺の施設の住宅地の排水、そういったものを一体的に排水する。公益的機能をも発揮するということで、集中豪雨等の増加に伴う農業用水の施設の重要性が今非常に高まっていると、そういった考え方がされているわけであります。さらに、そういった状況の中で、管理の役割分担ということで、直接の受益者である農家が組織する改良区が基本的にやっているわけでありますけれども、このことについて、いわゆる突発的な事故の件数がふえてきたり、さらには経年劣化、局部劣化等が原因の事故が非常に多く出ているわけであります。それで、国はそういったものを含めて、長寿命化対策というものを出してきているわけでありまして、それで施設のライフサイクルコストの低減を図っていくということで、国が今いろいろと進めているように思います。
 それで、今回こういった状況の中で、機能診断と機能保全計画を策定するとあります。登米市として、国のこういった流れ、農業水利のこういった状況の中で登米市が果たす役割も非常に大きなところがあるわけであります。これからのこの重要性に鑑みたときに、この機能診断のこれまでの経過、それからこれからの診断計画、さらに機能保全の計画をつくって、今後どういった形でこれを登米市の農業水利長寿命化を含めて、どのように捉え、今後計画を実行していくのか。その辺の考え方をお聞きしたいのが1点です。
 それから、6款1項3目11細目、何人かの議員の皆さんが、このことについてお話しされました。平成24年、25年とこれが実施されてきたわけであります。この実施に伴う成果、具体的にどのような、塩化カリウムを使うことによって、成果としてその施用が有効に濃度低減対策になったのか。具体的にですよ、数字も含めて、それを示してください。
 それから、ちょっとわからなかった部分で、みやぎ登米農協は10アール当たり20キロ、水稲ですよ。南三陸、津山分は30アール当たり20キロ、この施用の仕方は何か意味するものがあるのか。とりあえずこれくらい。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) まず、第4迫川地区土地改良施設機能診断のほうでございますが、今回は先ほど申しましたように、畑岡排水機場ほか5排水機場、中央排水樋管も含めての機能診断ということでございます。これまでの経過ということでございますが、これからの計画も含めて、資料を今手元に持ち合わせておりません。したがいまして、経過、今後の計画等につきましては、後ほどお示しをできればというふうに思いますので、ご了承をお願いしたいというふうに思います。
 市として、どういう方向性で取り組んでいくのかというふうなことでございますが、こういった事業を積極的に活用しながら、施設の長寿命化、維持管理に積極的に取り組んでまいりたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いをいたします。
 それから、カリの関係でございますが、成果をお示しするというふうなことでございますが、これまでの取り組みの中では、おかげさまで米、大豆、ともに基準値を超すようなものは出ていないというふうなことでございます。具体的にJAのほうでは比較調査といいますか、いわゆる施用地、それから未施用地の比較等は、これはしておらないというふうな状況がありますので、登米市の実態、JAみやぎ登米、それから南三陸、両方について数字的お示しはできないわけですが、どういう効果、成果があるのかというふうなことにつきましては、最近平成26年1月、あるいは平成26年3月において、これは農水省のほうで福島、あるいは東北を含む7県の平成24年、25年産の米、それから大豆、その放射性セシウム濃度が高い大豆が発生する要因とその対策、あるいは高い米が発生する要因とその対策についてというふうなことで、要因解析調査と試験栽培等の結果の取りまとめを報告しているものがございます。それを見ますと、いわゆる塩化カリを施用することによって、前年度比較、いわゆる平成24年、25年を比較した場合に、確実にその効果が出ているという調査結果が出されております。したがって、これらの成果を参考にしながら、宮城県においては、具体的に地元の普及センターにおいては、例えば大豆であれば10アール当たり40キロの、その土壌のカリの成分量、これを目標とすると。それから米については、10アール当たり25キログラムの成分量を目標にするというふうな数字を示しまして、その土壌土壌で土壌分析をしまして、具体的にいいますと長期休耕田とかJAみやぎ登米で示している沢水等、ため池等、そういった使用する農地、田んぼについては、今回の塩化カリの施用地というふうなことで対象にしているというふうなことでございます。それらの国等の成果をもとに、今回のカリの支援についても、市としても判断をいたしているところでございます。
 それから、JAみやぎ登米とJA南三陸のこの数字の違いでありますが、これは具体的にいいますと各事業を実施主体の取り組みというふうなことでございますので、JAみやぎ登米の場合は10アール当たり20キロ、それから南三陸の場合は30アール当たりの20キロというふうなことで、反当の数量は違うわけですが、それについて市で多いとか足りないとか、そういったコメントは特にいたしておらないところでございます。
 その土壌土壌で、いわゆる通常含まれているカリ成分は当然違いますし、それを補う意味合いのカリ施用でございますから、それぞれのJAの判断でもって、取り組みをされているというふうに思っております。
 以上でございます。
議長(田口久義君) 12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) いや、できれば農業用水利の関係ですけれども、本当に重要というふうな捉まえ方をしているのであれば、やっぱり最低でも登米市としてこの国が示している長寿命化対策に向けた施設の適切なる維持費、それから管理、これはとっても重要な部分なんですよね。それをしっかり持っていないと、予算なり事業の執行というものがあって、いわゆるこの水田農業を守るための施設をきちんとそこに存続させられなくなるわけですから、もうちょっとここは、多分きょうは資料を持っていないだけで、持ち合わせているんだろうと思いますけれども、いずれそういうものでございますから、しっかりとこれについては補正だからいいものではなくて、こういう状況下の中でこういうことが今後とも計画的に進めていかなければだめなんだ、そのくらい今そういう施設が老朽化していて大変なんです。そういうことをしっかりと見つめて、登米市としてのやっぱりその計画をも練って、国、県ときちんと話をしていくということが大切なのかなというふうに思いますので、この基本的な考え方をまずそれは確認しておきたいと思います。
 それから今の塩化カリのことについては、多分今ここで聞いた人たちは、納得できないんじゃないですかね。こういう塩化カリがある意味、放射能の濃度を低減させるということは、最初からそういう目的で使うということは、平成24年のときからそれは皆さんに理解いただいて認めてもらって来ているわけですから、その福島の比較試験の話とかではなくて、登米市が放射性物質濃度を低減させるために、その補助金を出して、低減をしていくという、努めていくという基本的な考え方でありますから、それが数値的にどういった効果として、平成24年、25年としてなってきたのかを見つめて、そして平成26年もここまでこれ以上やりましょうという形で塩化カリという具体的な手法をもって、それをやるところに具体的に市としては補助金を出していくというふうな考え方だと思いますけれども、補助金を出す財政当局のほうでは、こういった形で簡単に部局から上がってきたものを認めるんですか。その補助を出す基準のときは、そういった精査はなかったのか。じゃあ、まず、2問目はこのくらいにしておきます。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 1点目の件につきましては、ご指摘、お話しいただきますように、市としても施設の維持管理、これから全く重要性を認識しておりますので、取り組みを進めてまいりますので、ご理解いただきたいというふうに思います。
 それから、2点目のカリの成果につきましては、これは、今JA、あるいは市のほうでこの塩化カリの成果、具体的なその数字というものは比較対象としておりませんので示せないわけでございますが、市のこれまでの支援に対する、支援という取り組みにつきましては、今お話しいただきましたように、登米市の安全なコメ生産、大豆生産を維持していくため、それを行政としてきちんと進めていくというふうな基本的な姿勢でございますので、ご理解をお願いしたいと思います。
議長(田口久義君) 企画部長、秋山茂幸君。
企画部長(秋山茂幸君) ただいまの塩化カリの件で、財政のほうとしてのいわゆる予算査定のお話のことかなというふうに思ってございます。今回、農協さんのほうからそういった申し出があって、産業経済部内の中でいろいろその検討をした結果、最終的にきょう提案しているような形でのその補助金の支出を予算化するというふうなことになったわけでございますけれども、その過程、経過の中では、補助金等の適正化検討委員会等も含めて検討した結果というふうなことで受けとめてございまして、それなりの、ただいまちょっと具体な効果というふうな部分についての検証は不足していたのかもしれませんけれども、総体的に行政としてもそこに放射能の提言対策に関与していくというふうな、そういった姿勢の中での最終的な予算の決定というふうに理解をしてございます。
議長(田口久義君) 12番、及川昌憲君。
12番(及川昌憲君) 企画部長は、24年、25年度、そこでやってきたから平成26年もつけないわけにはいかないような、まさかそういう形でつけたわけではないと思うんですけれども、お題目をきちんと言うんだったら、目的に沿った形での成果はきちんと把握しなさいよ、じゃあ。今、企画部長が話したことは、いわゆる放射性物質の濃度低減を図るために、市長は低減対策をしっかりしていると。そして、取り組みを検証しているという話したんですよ、さっき。さっき話したばかりなんです。じゃあ市長が言う取り組みの検証というものは、何をもってこの放射能物質濃度低減対策事業の塩化カリによる、大豆のことはまだ部分として、水稲の取り組みの検証は、どこで誰がどのようにしたんですか。それをもって、この補助事業を補正予算で立ち上げてきたんですか。誰も答え出していないじゃないですか。塩化カリをやることがいいとか悪いとかのことではなくて、いわゆる登米市の放射能物質の濃度を低減するために、みんな一生懸命頑張っているわけでしょう。それぞれのところで。その手法として塩化カリをやって、水田の濃度を下げようとしている。水田の濃度もわからないで水田の濃度を下げるなんていう話は、普通いくら考えても考えられない。
 例えば、山水が流れてきて、この流水する田んぼはやっぱりほかのところと比べてきちんと測定していくと、ここは高いから、やっぱりここは抜本的に下げていこうというふうな計画の中で、そこに塩化カリなり、前私言ったけれども、ゼロライト入れたほうがいいと言ったこともありますけれども、そういったものをきちんとやっていって濃度低減を図っていくということをやったらいいんじゃないですかと言ったのに、全体主義だったんですよ。いいですよ、まず最初は全体主義で。全体主義をやって、それからどんどん絞り込んでいって、そこでやっぱりこの登米市内の一番ひどい、そういうふうな濃度の心配のあるところはきちんとストップをかけていかなくちゃいけない。ただ、これをやったって、もしかしたら、濃度の高いところあるかもわからないじゃないですか。それで本当に濃度の低減対策が図れますか。と、まあそういう話になるんです。
 そうすると3回目ですから、市長、これは市長が先ほど取り組みを検証して、低減対策をしているとお話をしましたので、この塩化カリについては、非常にそういった意味では塩化カリを水に流して終わりにしてしまうんではないかと。そういうことも考えられるんですね。市長、今の私と執行部のやりとりを聞いて、どのようなご感想でこれを上程いたしたか聞きたいと思いますので。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 市として、この低減対策の効果、また圃場のセシウム濃度、係数については、その測定をして把握をしているということではございません。しかしながら、今春のそのJAさんからのこのお話の中で、我々としても市内の圃場の状況等について、いろいろと聞き取りをさせていただきました。そして、そういった中でこのJAみやぎ登米さんの取り組みの中で、ご説明、ご提案を申し上げておりますとおり、一般の圃場については、その低減対策については大きな影響というような状況には至っていないだろうというようなお話。そして、その中山間地、また復田等の圃場については、やはりそういった意味では、その濃度低減のおそれ、また比較的傾向として高い数値があるというような報告をいただいておりましたので、そういった部分についての取り組みは必要だというような認識を我々としても持たせていただいたということで、ご提案を申し上げておるというような状況でございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。9番、伊藤吉浩君。
9番(伊藤吉浩君) それでは、別冊1の14ページをお願いします。
 市有共葬墓地災害整備事業についてお伺いします。
 今回、迫の兵粮山の墓地が3年越しに災害復旧が進むというようなことは、大変喜ばしい限りでありますが、この辺の事業のあり方といいますか、これまでの墓地災害整備の基本姿勢、基本方針があったと思うわけでありますが、それと180度違う事業内容になっているというふうに解釈いたします。簡単にいいますと、これまで墓地が被災した場合、のり面復旧であったり、墓地の敷地を市が復旧するというような方針の中で進めてきたというふうなことは同じでありますが、それ以外の部分、管理組合でつくる区画ブロック等、それから道路整備については、全く補助対象にならなかったわけでございます。今回これが初めて補助事業というふうなことで上程されたというふうなことでありますが、その辺のこれまでと方向転換した経緯ですね。その辺どうなっているのか。
 それから、また、これまでとの整合性といいますかね。まるっきり違いますよね。その辺、どのようにこれまで災害復旧してきた皆さんに対して説明をするのか、その辺。
 さらに、補助率が2分の1というふうなことでありますが、その辺の根拠、その辺はどのようになっているのか。まずはその辺からお聞きしたいというふうに思います。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) それでは、今のご質問にご回答したいと思います。
 まず、これまでの墓地の災害、東日本大震災で被災した墓地との関係でございます。180度違うのではないということでございますが、これまで市と管理組合のそれぞれ災害復旧の分担をしておりましたのは、ただいま伊藤議員おっしゃったとおり、市では要壁の亀裂、剥離などによって土地の崩壊を招くおそれのあるもの、それから、隣の土地に影響を及ぼすおそれのあるもの等の2次災害の防止のための復旧を行っております。それで、墓地管理者につきましては、墓地内部の地割れ、区画ブロック等の破損で通常の墓地の利用上に支障のあるものについては、管理組合で復旧を行うということでございます。
 あともう一つは、大規模崩壊等でやるものについては、現行の補助制度で対処するということで、これにつきましては、平成18年の津山町の墓地の補助を参考にさせていただいてございます。それで、市といたしましては、これまでここの兵粮山以外にも市内で9つの墓地について災害復旧工事をさせていただいておりますし、墓地管理組合につきましての整備につきましては、今回兵粮山につきましても、今回補助事業としている部分については大規模に崩落した部分のみでございまして、それ以外にもそこの崩落した部分から隣、旧ウイングガーデン側ですかね。その辺につきましては、いまだに地割れや区画ブロックの破損等もある状態でございます。この部分につきましては、これまで多くの共葬墓地と同様に、この部分については補助の対象外として取り扱っておりまして、これまでのほかの墓地との取り扱いと特別相違しているものではないというふうに考えてございます。
議長(田口久義君) 9番、伊藤吉浩君。
9番(伊藤吉浩君) 津山関係は市営墓地ですよね。市有墓地じゃないですよね。その辺の取り扱いは違うような気はしますよ。今回、災害復旧の中で、多分多くの墓地、管理団体が多分こういった区画ブロックの整備を進めていますよね。その中で、何で今回だけこういったことが補助事業として起こされてきているのかということが、大変不思議でなりません。補助金要綱が平成26年5月1日からこれが施行されているわけなんですけれども、これも今回だけに限った補助要綱なんですか。この告示は平成29年3月31日限りで効力を失うと。余りにもここだけに特化したもののような受けとめ方をするんですが、その辺、どうなんですかね。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 津山につきましては、移転する前は市有でございまして、移転後条例で市営墓地としてございます。また、そのほかにも迫佐沼墓地と石越の赤谷という市営墓地がございます。
 それから、補助金等の要綱につきましては、先ほども6番議員にご説明させていただいたとおり、今後の災害等に、大規模な災害等ですね、崩落、それから流出等については、同じような取り扱いをするということで考えてございます。
 それから、先ほど2分の1の根拠ということで答弁漏れがありましたが、これにつきましても要綱の中で2分の1と、前の津山の共葬墓地のときからうたっているものでございます。
議長(田口久義君) 9番、伊藤吉浩君。
9番(伊藤吉浩君) こういったものが津山のときからあるというふうなお話でございますけれども、こういったことがあったら本当に今まで災害復旧してきた墓地があるわけなんですから、そういったことも生かせたんじゃないですか。そういった話は全然聞いていなかったと思いますよ、ほかの墓地の人たちは。全部ほかの管理組合は、自分たちの持っている基金とか会費を徴収して、全部事業に充てて災害復旧で取り組んでいるというふうなことでありますよ。
 あともう一つ、この補助交付要綱なんですけれども、交付対象額とか限度額なんていうのを全然うたわれていないですよね。1億円も2億円にもなった場合、いいということなんですか、これ。要綱自体ちょっと整備不良の面があるような感じがしますけれども、その辺市としてはどのようなお考えでしょうか。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 今回の災害復旧につきましての補助金につきましては、あくまでも大規模な災害ということで考えておりまして、要綱どおり流出または大規模な崩落、墓石だけではなくて、墓地そのものが崩落したような大規模な災害ということで想定してございます。それで、ほかの墓地につきましては、そのような状態ではございませんでしたので、市のほうで亀裂等ののり面部分についての復旧はさせていただいていますし、それ以外の区画については組合の負担ということで、これは災害後にそれぞれ説明していることと変わりはございません。兵粮山の当然組合につきましても、ここの大規模に崩れたところ以外につきましては、通常通りの負担という形で組合でやっていただくこととしてございます。
 それから、今回限度額につきまして、この要綱についてはないということでございますが、確かに津山の墓地の際は400万円という明示されてございました。そのことにつきましては、当時津山の災害復旧費用が800万円前後ということでございまして、その2分の1ということでの400万円を限度にしたという当時の経過がございます。今回、970万円の補助を予定してございますが、今後確かに何億というようなことも今お話しでございましたが、これよりもかかるという場合も想定されることでございますので、ある程度限度額につきましては撤廃させていただいたということです。ただ、補助要綱につきましては、一応3年に1回の見直しをすることとしてございますので、その辺の不備等につきまして、もしある場合につきましては、限度額をもし定めたほうがいいという話になれば、その辺は今後検討してまいりたいというふうに考えてございます。
議長(田口久義君) 3回で一応終わりですけれども、さっきの質問で欠けている部分があれば話をしていただいていいです。(「じゃあ一応終わります」の声あり)
 ほかに質疑ありませんか。7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 概要書15ページ、7款2項2目公園管理費に関してお尋ねをいたしますが、いわゆる今回は三滝堂の駐車場の利便性を図ること。それから道路にとめる車があるのでということで、いわゆる安全性の確保という緊急性を要するものと理解します。そういうことを考え合わせたときに、いわゆる市内の公園等の観光公園の中で、安全性の面から緊急性を要する修繕等々はほかにはなかったのか、お尋ねをいたします。
 それから、次のページ、17ページでありますが、9款1項2目防災推進費の中で、先ほどご説明ありました幼年消防用の鼓笛隊セット、配備というか、整備先の幼稚園のお名前が出てきませんでしたので、あえてお尋ねをいたします。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 関連ということでお尋ねがございました。このほかに急を要する、補正を要するものがなかったかというお話でございますが、急を要するもの、実はシーズン的にこのクーラーの関係とか実はございますが、既設の予算で対応するということにいたしております。
議長(田口久義君) 鼓笛隊、消防長、佐々木建待君。
消防本部消防長(佐々木建待君) 鼓笛隊セットの配備先でございますけれども、佐沼幼稚園ということになっております。
議長(田口久義君) 7番、關 孝君。
7番(關 孝君) それでは、具体的にお尋ねをいたしますが、長沼フートピア公園、いわゆるオランダ風車に接続する階段なんですが、以前からタイルが剥離しておる状況が震災前からございまして、再三にわたってその修繕の要望をいたしてまいっておりますが、いまだその整備改修がなされていない状況にあります。大勢のお客さんが参りまして通ったときに、もし万が一、転倒したらば大変な大きな事故、あるいは死亡事故にもつながるのではないのかという危惧をいたしております。そうした施設の安全管理に対する意識が、非常に低いのではないのかというふうに思います。この件に関して、なぜ工事が行われないのか、その理由をお尋ねするとともに、そういった部分に関して、いわゆる管理者としての市長としてそれでいいのかどうか。もし万が一事故が起きれば、市長が最後の責任を全て負わなくてはならないような格好になるわけですが、そうした部分についてどのような指示をなさっておるのかお尋ねします。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) ご指摘いただいております件、フートピア公園の具体的なご指摘でございますが、フートピア公園の階段、それから風車への階段、それから物産館の階段、あるいはトイレの入口の階段というふうなことで、修繕必要な箇所お話をいただいている点がございます。その都度、現場を確認をいたしまして、優先度を見ながら既設の予算で対応いたしているところでございますが、なお、ご指摘の点については再度確認をいたしまして、即対応してまいりたいというふうに思っております。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 管理者としての指示はというようなことでございました。議員からご指摘をいただいた折、また、私自身も長沼フートピア公園にいろいろな用向きでお邪魔をした際に、状態、確認をしております。特にことしの冬、ちょっと雪が多かったときに公園にちょっと赴いたところ、やはり階段等の中で小さなお子様連れの親御さんが手を引いて「気をつけて」ということでお話をされておったところ、間近に見たところでございます。やはり安全な施設管理、また特に階段等の段差の中でそういった状況があれば、特に足元がおぼつかないような状況になりやすいということもありますので迅速な対応と、それからやはり従前の復旧のあり方だけでなくて、長期的にきちんとしたメンテナンスが可能な、例えば施行の方法とかもちょっと内容等については検討をさせていただきたいというふうに考えております。
議長(田口久義君) 7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 市長の発言とは思えないんですが、そういう状況を知っておりながら、今まで放置をしておったというふうなことには大きな疑問を抱かざるを得ません。いわゆる例えば管理者として、そういうふうな状況があったのであれば、やはり閉鎖といいますか、それが修繕されるまでの間、危険性があるのであれば、当然ながらそこを通れないようにしておくとか、注意を促す看板を設置しておくとかということを最低限しておかないと、万が一けがをしたときの責任というのは免れないわけであります。
 ここで改めてお尋ねしますが、いつまでにこれを修繕する考えなのか。そこら辺を明確にお示しいただかないと、また3年過ぎて、また来年また来年というふうになったのでは非常に利用者に不安を与えることになりますので、ここで答えられるだけの明確ないつまでにどういうふうな検討をして、いつまでにどうするということを答弁を求めたいというふうに思っております。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) まず、やはり現状として、その注意喚起のお知らせをまずしながら、対応をするということ。それから、今お話をしたように、現状の復旧ということだけを考えてみますれば、やはりその部分的な補修ということになれば、また若干やはり老朽化している部分が早晩、そういうような状況になり得るということもありますので、その辺の長期的なメンテナンスも含めた維持管理のあり方をしっかりと精査をし、その取り組みを進めたいというふうに思っております。その調査については、恐らく工法等も含めて考えますれば、数カ月かかるかなというふうには思いますけれども、二、三カ月はやはりかかるんじゃないのかなというふうには思いますが、とは言いながら、その内容等を整理をし、報告も含め対応をしっかりと明示をしていきたいというふうに思っております。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。
 ただいま議題となっています議案第73号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第73号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第73号を採決します。
 お諮りします。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第73号平成26年度登米市一般会計補正予算(第3号)は原案のとおり可決されました。
 ここで、10分間休憩いたします。
          休憩 午後2時04分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後2時14分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 ここで、先ほど9番の伊藤吉浩君に対する答弁の訂正がございます。市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 大変申しわけございませんでした。
 先ほど伊藤議員から、「津山も市営墓地じゃないか」ということでお話がございました。津山につきましては、移転する前は市有でございまして、移転後条例で市営墓地としてございます。また、そのほかにも石越の赤谷という市営墓地がございますので、それを訂正させていただきます。
議長(田口久義君) 次に、議案第74号について議案内容の説明を求めます。市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) それでは、議案第74号平成26年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてご説明を申し上げます。
 予算書につきましては37ページでございます。
 今回の補正につきましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ2億2,169万円を追加し、歳入歳出それぞれの予算の総額を106億3,053万8,000円とするものでございます。
 歳入につきましては、補正予算書43ページからの事項別明細書でご説明いたします。
 まず、1款1項1目一般被保険者国民健康保険税につきましては、税率等の変更はございませんが、平成25年中の農業所得等が大きく落ち込んだことから、2億961万4,000円の減少を見込んでおります。
 2目退職被保険者等国民健康保険税につきましても、同様に1,292万6,000円の減少を見込んでおり、合わせて2億2,254万円を減額補正するものでございます。
 3款1項1目療養給付費負担金につきましては、保険給付費に対し国から交付されるものであります。今回医療費推計の結果、保険給付等が増加しましたが、保険給付等から控除される前期高齢者交付金、それから保険基盤安定繰入金が増加したことにより、5,501万3,000円の減額補正となります。
 3款2項1目普通調整交付金につきましては、療養給付費負担金と同様に保険給付費等から控除される前期高齢者交付金等の増により、2,063万1,000円の減額補正となったものであります。
 4款1項1目療養給付費交付金につきましては、退職被保険者の医療費に対し、社会保険診療報酬支払基金から交付されるものでありまして、保険給付費の増により883万8,000円の増額を補正するものであります。
 5款1項1目前期高齢者交付金につきましては、前期高齢者である被保険者の数の割合に応じて交付されるものでありまして、今回社会保険診療報酬支払基金から通知された金額に合わせ、1億9,958万5,000円を増額補正するものであります。
 45ページをお願いいたします。
 6款2項2目都道府県調整交付金につきましては、療養給付費負担金と同様に保険給付費等から控除される前期高齢者交付金等の増により、1,375万2,000円の減額補正であります。
 7款1項1目共同事業交付金につきましては、レセプト1件当たり80万円を超える医療費に対し、国保連合会から交付金を受けるものであり、289万3,000円の減額補正をするものであります。
 9款1項1目保険基盤安定繰入金につきましては、国民健康保険税の軽減分を一般会計から繰り入れするものでございます。今回の補正は、税条例の一部改正により、軽減される要件が緩和されたことや平成25年分の所得が落ち込んでいることなどから、軽減額5,000万円の増加を見込んだものでございます。それから人事異動に係る人件費1,190万円3,000円の減少分を差し引いた3,809万7,000円を減額するものでございます。
 9款2項1目財政調整基金繰入金につきましては、医療費が増加したこと等によります国保税の急激な負担増を軽減するため、財政調整基金から5,000万円を繰り入れするものでございます。
 10款1項1目繰越金につきましては、平成25年度会計決算により、2億4,000万円を前年度繰越金として計上するものでございます。
 次に歳出につきましては、予算の概要で説明させていただきます。23ページをお願いいたします。
 1款1項1目1細目職員給与費つきましては、4月の人事異動に係る人件費の減でございます。
 2款保険給付費につきましては、医療費の推計に基づく補正でありまして、1項1目1細目一般被保険者療養給付費につきましては、前年比7.13%の伸びを見込み、1,945万7,000円の増を見込んだ補正でございます。
 2目1細目退職被保険者等療養給付費につきましても、前年比2.77%の伸びを見込み、5,410万8,000円の増を見込んだものでございます。
 3目1細目一般保険者療養費につきましては、190万1,000円の減と見込んでございます。
 24ページをお願いいたします。
 同じく2項1目1細目一般被保険者高額療養費につきましては、5,019万4,000円の増、2目1細目退職被保険者等高額療養費で1,690万8,000円の増を見込んだものでごさいます。
 3款1項1目後期高齢者支援金2目前期高齢者関係事務費拠出金8,641万5,000円の減額及び4款1項1目前期高齢者納付金、2目前期高齢者関係事務費拠出金40万1,000円の減額につきましては、社会保険診療報酬支払基金から通知された額に補正するものでございます。
 6款1項1目1細目介護納付金4,287万8,000円の増額につきましても、介護保険に対する2号被保険者の負担分でありまして、社会保険診療報酬支払基金から示された額に補正するものでございます。
 11款1項5目償還金につきましては、平成25年度療養給付費等負担金、平成24年度特別調整交付金、平成25年度高齢者医療費制度円滑化運営事業補助金の精算による返還見込額1億3,876万5,000円の増額補正をするものでございます。
 歳出については以上でございます。26ページには、財政調整基金の見込み等を記載しておりますので、お目通しをお願いいたします。
 説明は以上でございます。ご審議を賜り、ご決定いただきますようよろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。16番、田口政信君。
16番(田口政信君) 今回補正の、今まですと6月に再調整をしてきたんですが、当初予算、推計で当初予算を立てているわけですが、1人当たりの医療費の自然増は6.92%で当初予算を見ています。そして、登米市全体の伸びを前年対比で1.76%見ているというふうに運営方針の中で記載してございますが、この推計値はもうそろそろ確定してあるんだというふうに思うんですが、その変化というのはどういうふうになっていますか。
 そして、今回の補正に当たってどういうふうにお考えになったのかをお伺いします。
議長(田口久義君) 国保年金課長、千葉 清君。
国保年金課長(千葉 清君) 医療費の推計でございますけれども、当初予算では6.9%ということでございますが、当初予算の編成段階が11月から12月にかけてということでございますので、平成25年度の医療費につきましては、9月診療、5カ月分くらいの診療で平成26年度を見込むということになりますので、どうしても変動が大きくなってしまいます。今回は、前年度の医療費が確定したのを受けて、新たに今年度の医療費を見込みまして推計をしたところです。その推計ですけれども、一般被保険者については、伸びは7.1%として見込んでおります。そして、退職被保険者については2.77%増、それで医療費全体としては被保険者数の減も見込みますので、医療費全体としては一般で2.47%増、退職で4.23%増、全体で2.61%増として見込んでおります。
 以上です。
議長(田口久義君) 16番、田口政信君。
16番(田口政信君) 全体に伸びているというふうに今報告いただいたんですが、それでもなおかつ賦課基準をこのままでしていくという、この要因というのは何ですか。普通だとこれぐらい伸びると賦課を改定しないとやっていけないのではないかと。賦課されないことはいいことですが、政策的な意図を持って、ことしは賦課増をしないんだというふうになったわけですか。
議長(田口久義君) 国保年金課長、千葉 清君。
国保年金課長(千葉 清君) 保険税につきましては、年間医療費を見込みまして、それに国、県とかの支出金がどのくらいあるかということを見込みまして、残りを税のほうで算出するという手法をとっておりますけれども、今年度につきましては、平成25年度の決算剰余金が約5億5,000万円ほど見込めると。それから繰越財源もあるということもございますし、基金からの繰り入れを見込めば、何とかことしは予算が組めるんではないかということもございましたので、今年度に関しましては、不足分5,000万円については基金からの繰り入れということで対応させていただきました。
議長(田口久義君) 16番、田口政信君。
16番(田口政信君) わかりましたけれども、つまり私、去年言ったのは、高過ぎるのではないかということを去年言ったんです。その推計のとり方が、少しおかしいのではないかという話をしたような記憶があるんです。ですから、この今の数値の話を聞くと、本来であれば上げなくてはならないのに、5.5億円と2億3,000万円ぐらいの余り金が出たということは、去年の推計値が、賦課を保険税を算出するときの根拠が曖昧だったと言うふうになるわけです、結果的に。そういうことのないように、今後は、ことしは賦課増になっていますので、非常に喜ばしいことなので、推計するときにそういうことのないような推計をぜひしていただきたいというふうに要望いたしまして終わります。
議長(田口久義君) 答弁何かありますか。
 ほかに質疑はありませんか。24番、八木しみ子君。
24番(八木しみ子君) 国民健康保険税、歳入のほうなんですが、新年度予算を編成しまして、議会を通しまして、まだそんなに何カ月もたっていないんですが、ここで2億2,000万円以上の減額を見たということは、今、前者の質問とちょっと似たようなところあるんですが、この減額した理由をもう一度詳しくお願いしたいと思います。
 それから、この部分と滞納がございますよね。滞納の収入額をどのように見たのか、あわせてお願いいたします。
議長(田口久義君) 税務課長、冨士原 徹君。
税務課長(冨士原 徹君) まず1点目でございます。当初予算と今回の予算2億2,000万円ほど違うという理由でございますが、この理由につきましては、今回税率改正は行いませんけれども、基準総所得が約18億9,000万円ほど前年と比べれば下がっております。内容につきましては、農業所得が大きくてございまして、13億円ほど落ちております。そのほか営業等も減額しておりまして、トータルで18億円総所得が減ったことと、あとは被保険者が約1,000人ほど減っております。そういった中身で、税率改正を行わなくても今回は2億円ほど落ちたと。当初予算につきましては、前年のこの時期の本算定の調定額を計上しておりますので、今回実際算定した結果としてそういうふうになりました。
 あともう1点でございます。滞納の関係でございますが、前年、平成25年度の収納率でございます。こちらにつきましては、ことしにつきましては、現年分で92.08%というふうなことになってございます。これにつきましては、平成24年度と比較しまして、約0.56%下がったんでございますが、今後の徴収努力等を勘案しまして、今年度につきましては、税を算定する際は91.5%という収納率を使っております。前年までは91%でございましたが、より現実に近い部分ということで91.5%の部分の収納率で計算してございます。
 以上でございます。
議長(田口久義君) 24番、八木しみ子君。
24番(八木しみ子君) そうしますと、所得が確定したので、このように減額補正になったということですね。そうしますと、この所得が農業所得もですが、いろいろ減っているというのは去年のうちからわかっていましたよね。そうすると、当初予算で見るときに過大見積もりしたというふうなことも言えると思うんですが、やはりこういった被保険者の負担にかかわる問題でございますから、税率が変わったわけではございませんが、やはりもっとしっかりした数値を算定していただければというふうに思います。
 それから、滞納額、国保だけでも十何億円かあると思うんですが、そのことについてはどうですか。91.5%と言いますが、今度現年度分だと思うんですが、このいろいろ対応策を講じてやっているのはわかるんですが、やはりもっともっと力を入れるべきだと思うんですが、もう一度お願いします。
議長(田口久義君) 税務課長、冨士原 徹君。
税務課長(冨士原 徹君) まず1点目の当初予算の関係でございます。こちらにつきましては、当初予算編成が今話されましたとおり去年の大体10月から11月の時点でございます。その際は、去年度の所得、下がりそうだというふうなことはわかりますが、幾ら下がるかというふうなものは、今年度の申告相談、ことしの普通徴収も課税が今月終わったばかりでございます。その時点でことしの基準総所得が決まりますので、当初予算につきましては、あくまで前年度の試算時点での数値というふうな形になってしまいますので、この辺についてはご理解をいただきたいというふうに思います。
 続いて、滞納の関係でございますが、滞納につきましては、去年につきましては、若干一昨年よりも下がったんでございますが、これにつきましては、今お話ししたとおり、基準総所得がちょっと前年よりも19億円も下がったというふうなことでございまして、なかなか支払いが大変だということで下がっておりますが、それまでは毎年収納率は上がってごさいます。今後もその収納対策には十分力を入れて取り組んでまいりたいというふうに思ってございます。
 以上です。
議長(田口久義君) ほかに質疑ありませんか。17番、沼倉利光君。
17番(沼倉利光君) 今回、国保の見直しということでありますけれども、これもう一度市長にあえてお尋ね申し上げます。
 平成23年、24年、25年、26年、一般被保険者の1人当たり医療費、昨年は29万7,000円、ことしの見込みは31万8,000円、1人当たりの医療費が確実にふえております。退職者のほうも同じであります。これ、健康づくりに直結する1つの指数だと思っております。市長、これをやはり前年度並みにするか、本当に微増程度にするかという、そういった努力がないと結果的には国保税ということで、市だったり、市民に負担が増してくるわけですから、この医療費のやはりできるだけかからないそういった健康な体をつるくためにも、この数値というのは大切だと思いますけれども、市長は昨年よりもまた医療費が1人当たり上がるということについて、どのような考えで今後対応するか1回だけでいいですから、答弁をお願いします。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) この問題につきましては、国保税という市民の皆さんに直接かかる負担ということにもなるわけでございますが、もう一つは議員からもご指摘をいただいたとおり、市民の健康度をはかる指標というふうな見方もできるわけでございます。そういった意味では、今回特に国保税のあり方等についてというだけではなく、各部局において、やはり共通の認識を持って市民の健康づくりをどのように取り組むのか、そしてこの目安として、この国保の医療費の部分というのはそういった目安になるというようなお話もしておるところでございます。全組織を挙げて市民の健康づくりを進め、この医療費の増嵩を抑制をするというよりも、結果的に病院にかからないで医療費が低減をするような、そんな積極的な考え方と取り組みを持ってこれから進めてまいりたいと考えております。
議長(田口久義君) ほかに質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。
 ただいま議題となっています議案第74号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第74号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第74号を採決します。
 お諮ります。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第74号平成26年度登米市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第75号について議案内容の説明を求めます。市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) それでは、議案第75号平成26年度登米市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。
 予算書につきましては53ページをお願いいたします。
 今回の補正につきましては、歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ313万5,000円を減額し、歳入歳出それぞれ予算総額を8億1,076万2,000円とするものでございます。
 歳入につきましては、補正予算書59ページからの事項別明細書でご説明させていただきます。3款1項1目一般会計繰入金につきましては、人事異動による人件費の減に伴います一般会計からの繰出金313万5,000円を減額するものでございます。
 歳出につきましては予算の概要でご説明させていただきます。
 予算の概要27ページをお開き願います。
 1款1項1目2細目職員給与費につきましては、4月の人事異動により313万5,000円の人件費を減額するものでございます。
 説明は以上でございます。ご審議を賜り、ご決定いただきますようよろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。
 ただいま議題となっています議案第75号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第75号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第75号を採決します。
 お諮りします。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第75号平成26年度登米市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第76号について議案内容の説明を求めます。福祉事務所長、熊谷 一君。
福祉事務所長(熊谷 一君) それでは、議案第76号です。平成26年度登米市介護保険特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。
 補正予算書は65ページです。
 今回の補正は、歳入歳出それぞれ730万1,000円を減額し、歳入歳出の総額それぞれ79億641万円とするものでございます。
 歳入につきましては、事項別明細書71、72ページをお願いいたします。
 7款1項2目その他一般会計繰入金でごさいます。730万1,000円の減額は、職員の異動に伴う人件費で一般会計からの繰り入れでございます。
 歳出につきましては、補正予算書概要書28ページをお願いいたします。
 1款総務費1項総務管理費1目一般管理費は、職員の異動に伴う人件費分730万1,000円を減額補正するものでございます。
 説明は以上でございますので、よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。
 ただいま議題となっています議案第76号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第76号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第76号を採決します。
 お諮りします。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第76号平成26年度登米市介護保険特別会計補正予算(第2号)は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第77号について議案内容の説明を求めます。総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) それでは、議案第77号平成26年度登米市土地取得特別会計補正予算(第1号)の説明でございます。
 議案書につきましては77ページ、予算の概要につきましては、29ページでございます。
 補正(第1号)は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億818万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億1,132万9,000円とするものでございます。
 予算書83ページをお開き願います。
 歳入でございます。2款1項の他会計繰入金につきましては、宅地造成事業特別会計繰入金でございます。180万1,000円の減額でございます。これは長沼工業団地にございます株式会社I Love ファーム登米への貸付面積の減によりまして、貸付料の減額に伴うものでございます。歳出では、同額を土地開発基金への繰出金で減額をしております。
 それから、2款2項の基金繰入金でございますが、土地開発基金繰入金で2億998万2,000円を土地開発基金より繰り入れまして、歳出で同額を宅地造成事業特別会計に繰り出すものでございます。これは大洞地区工業団地造成に伴う用地取得費並びに開発許可申請に要する経費等々となります。
 説明は以上でございます。ご審議賜り、ご決定くださいますようお願いいたします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。
 ただいま議題となっています議案第77号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第77号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第77号を採決します。
 お諮りします。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第77号平成26年度登米市土地取得特別会計補正予算(第1号)は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第78号について議案内容の説明を求めます。建設部長、千葉雅弘君。
建設部長(千葉雅弘君) それでは、議案第78号平成26年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、ご説明を申し上げます。
 補正予算書87ページをお願いいたします。
 歳入歳出予算の補正でありますが、予算の総額に歳入歳出それぞれ4,666万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ47億1,685万1,000円とするものでございます。
 次に、地方債の補正であります。
 90ページをお願いいたします。
 第2表地方債補正でありますが、限度額の変更でありまして4,810万円を増額しまして、7億5,480万円に限度額を変更するものでございます。
 次に、歳入につきまして説明を申し上げます。
 94、95ページをお願いいたします。
 6款繰入金1項1目1節の一般会計繰入金でありますが、公共下水道事業繰入金につきましては、人事異動に伴います人件費分の増と公共下水道施設整備費分の増によるものでありまして、農業集落排水事業と浄化槽事業の繰入金につきましては、人事異動に伴います人件費分の減でありまして、合わせて143万5,000円を減額するものでございます。
 9款市債1項市債1目1節公共下水道事業債でありますが、公共下水道施設整備に伴います事業債でありまして、4,810万円を増額するものでございます。
 次に、歳出につきまして補正予算の概要で説明を申し上げます。職員人件費につきましては総務部長から一括説明がありましたので、省略をさせていただきます。
 概要の32ページをお願いいたします。
 2款事業費1項下水道施設整備費1目公共下水道整備費2細目公共下水道施設整備費でありますが、長沼工業団地内へのスタンレー宮城製作所さんの移転に伴います公共下水道管路整備のための設計委託料と工事費3,977万1,000円の増額、それと大洞地区工業団地造成にかかります公共下水道管路整備のための設計業務委託料994万1,000円の増額でありまして、合わせて4,971万2,000円を増額するものでございます。
 それから、予算書100ページに年度末の地方債現在高に関する調書をつけておりますので、ご参照をお願いしたいと思います。
 説明は以上でありますので、ご審議を賜り、ご決定いただきますようお願いいたします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。
 ただいま議題となっています議案第78号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第78号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第78号を採決します。
 お諮りします。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第78号平成26年度登米市下水道事業特別会計補正予算(第1号)は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第79号について議案内容の説明を求めます。産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 予算書の101ページをごらんいただきたいと思います。
 議案第79号平成26年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第1号)でございます。平成26年度登米市宅地造成事業特別会計補正(第1号)は、次に定めるところによる。歳入歳出予算の補正、第1条歳入歳出の総額に歳入歳出それぞれ2億1,322万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億1,592万9,000円とする。
 次に、歳入につきまして107、108ページをごらんいただきたいと思います。
 歳入1款財産収入1項1目財産貸付収入でございます。180万1,000円の減額でございます。土地貸付収入でございますが、長沼企業用地の賃貸借変更契約によりまして、これはI Love ファーム様への貸し付けでございますが、変更前5万4,999.79平方メートル、変更後は1万8,996.46平方メートルとなっております。金額にいたしまして、180万1,241円の減額になるわけでございます。
 続いて、3款繰入金1項1目一般会計繰入金でごさいます。一般会計からの504万8,000円の増額でございます。一般会計繰入金ですが、1つは長沼地区調整池ほか、環境整備に対する繰り入れ、2つ目に大洞地区上水道施設設計に要する経費合わせて504万8,000円を繰り入れするものでございます。
 2目土地取得特別会計繰入金、土地取得特別会計からの繰入金ですが、大洞団地造成用地取得費ほかで2億998万2,000円を繰り入れするものでございます。
 歳出につきましては、概要書をごらんいただきます。概要書の34ページでございます。
 まず、1款諸支出金1項1目1細目土地取得特別会計繰出金でございます。歳入で説明申し上げました土地、長沼企業用地貸付面積の変更に伴う貸付料の減額180万1,000円でございますが、土地貸付料の繰り出し金、土地取得特別会計への繰り出しが同額を減額するものでございます。
 次に、2款事業費1項1目1細目大洞地区事業費でございます。2億1,256万4,000円を増額するものでございます。こちらにつきましては、別冊1の20ページをごらんいただきたいと思います。大洞地区工業団地につきましては、今回整備区域の詳細設計委託用地取得、立木等の物件移転補償、開発許可申請等を行うものでございます。事業計画といたしましては、造成計画面積12ヘクタール、平成25年度から27年度までの事業実施年度期間となっております。内容につきましては、用地買収予定面積11万8,440平方メートル、1億7,733万7,000円でございます。立木、物件移転補償一式で3,119万3,000円、道路内埋設施設設計、これは上水道でございますが延長350メートル、258万2,000円でございます。
 次に、開発許可手数料ほかとなっておりますが、公共土木積算システム賃借料、それから印紙代合わせて145万2,000円となっております。合計で2億1,256万4,000円となっております。
 続きまして、2目1細目長沼地区事業費でございますが、長沼地区事業に要する経費といたしまして、長沼企業用地除草業務委託料、防災調整池及び周辺敷地の除草を委託するものでございます。
 以上、ご審議いただきまして、ご決定いただきますようよろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。16番、田口政信君。
16番(田口政信君) すみません。1つだけ確認させてください。
 大洞地区事業というふうに名称がございますが、大洞地区でこのまま行くんですか。それを確認させてください。つまり、私は全協かどこかで申し上げましたとおり、あの地区の名称については経過があるので、その経過を踏まえてこの名称で行くのかどうかお伺いをいたします。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) (仮称)とつけてはおりませんけれども、特に名称についてこれから検討をしてまいりたいというふうに思いますが、今のところは大洞地区というふうなことで考えておりますので、ご了承をいただきたいと思います。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。24番、八木しみ子君。
24番(八木しみ子君) この工業団地の整備、早くできればいいなというふうに思うんですが、工事は平成27年度で何か終わるような計画のようですけれども、これに合わせて今もその企業誘致の活動をなさっていると思うんですが、その企業誘致活動はどのような今状況にあるのかお知らせいただきたいと思います。
議長(田口久義君) 産業経済部長、高橋 巌君。
産業経済部長(高橋 巌君) 企業誘致の活動についてということでございますが、この間、立地等に関する問い合わせというふうなことで平成25年度につきましては5件、具体的にございまして用地の紹介等も行っているというふうなことでございます。
 それから、企業の訪問活動のほうでございますが、平成25年度については市内の企業数22カ所に63回、それから市外につきましては8企業所に述べ10回、合計で30企業所に73回の訪問活動というふうなことになっております。これは、平成26年1月末現在の数字というふうなことになっております。今年度につきましては、市内の企業との調整、それから気仙沼市との企業との調整、そういった活動を継続して実施しております。今後、関東方面のほうも含めて、企業誘致活動を継続して実施してまいります。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。
 ただいま議題となっています議案第79号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第79号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第79号を採決します。
 お諮りします。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第79号平成25年度登米市宅地造成事業特別会計補正予算(第1号)は原案のとおり可決されました。
 ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午後3時02分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時12分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 ここで14番、伊藤 栄君に対する答弁漏れがありましたので、市民生活部長から答弁をさせます。
市民生活部長(神田雅春君) 大変申しわけございませんでした。
 市内で確認された猛禽類ということでご質問がありました。平成25年に北上川の左岸のほうを調査させていただきまして、確認された猛禽類につきましては、ミサゴ科のミサゴ、それからタカ科ではハチクマ、トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、サシバ、クマタカ、それからハヤブサ科ではハヤブサ、チゴハヤブサの2種類が確認されております。平成26年度については、右岸のほうの調査を行う予定でございます。よろしくお願いします。
議長(田口久義君) 次に、議案第80号について、議案内容の説明を求めます。水道事業所長、佐々木秀悦君。
水道事業所長(佐々木秀悦君) 議案第80号平成26年度登米市水道事業会計補正予算(第1号)でございます。別冊の補正予算書をお願いいたします。1ページでございます。
 今回の補正でございますが、平成26年4月1日付の人事異動に伴います職員1名の減、それと会計間の移動に伴います人件費の補正でございます。
 第2条業務の予定量の補正です。主な建設改良事業のうち、配給水利施設整備事業403万円減額し、15億302万8,000円とするものです。
 第3条収益的収入及び支出の補正です。第8款水道事業収益、これは退職給付引当金の戻し入れでございますが、1,848万8,000円を増額し、補正後の総額を26億3,784万1,000円とするものです。
 第9款水道事業費用は1,021万7,000円を減額し、補正後の総額を27億9,811万7,000円とするものです。
 第4条資本的収入及び支出の補正です。第11款資本的支出は403万円を減額し、補正後の総額を24億2,863万2,000円とするものです。第4条の括弧書きでございますが、収入額が支出額に対して不足します9億3,446万7,000円は、過年度損益勘定留保資金と当年度分消費税及び地方消費税、資本的収支調整額で補填するものでございます。
 次に、2ページお願いいたします。
 第5条議会の議決を経なければ流用することができない経費でございます。これは、職員の給与でございまして、7,290万2,000円を減額し、5億7,785万8,000円とするものでございます。
 次に、7ページをお願いいたします。
 職員給与費についてご説明いたします。給料で595万8,000円、職員手当で6,075万6,000円、法定福利費で618万8,000円、人件費総額で7,290万2,000円の減額でございます。職員手当が大変大きくなってございますが、8ページの増減額の明細にありますように、会計制度の改正に伴って計上しております退職手当引当金の関係でこのようになってございます。
 最後に17ページお願いします。
 損益計算書でございますが、補正(第1号)後の準損失は、B案、25列に記載のとおり、2億6,894万7,000円となります。
 説明は以上でございますので、ご審議の上、ご決定くださいますようお願いいたします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 職員の減による人件費の補正というふうなことでありますが、いわゆる当初予定していた分よりも職員が今減員になっているという事実だと思うんですが、それで業務に何ら支障を来たしていないのかお尋ねします。
議長(田口久義君) 水道事業所長、佐々木秀悦君。
水道事業所長(佐々木秀悦君) 業務に支障はないのかという質問でございますが、当初予算では29名の予算計上をしてございましたが、平成26年度の採用の内定者の辞退者が多かったということによりまして、本年度補充できかねたということでございます。業務に支障がないわけではございせんが、水道事業所職員の2月末日での中途退職がございまして、そういうふうな事情でございますので、今年度については事業所も総力をもって対応してまいりたいと考えてございます。
議長(田口久義君) 7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 事業所では支障がないわけではないけれども、みんなで力を合わせて何とか乗り切っていきたいということではありますが、これは人事を担当する総務部のほうにお尋ねします。こういった現実があって、それをいわゆる職員の採用が思ったように行かなかったということが大きな原因になるんでしょうけれども、これは一般質問でもありましたけれども、そういったいわゆる市としての課題ですね。そういったものがあるのにもかかわらず、これ今年度人事というか、人員の手当てというものはしない考えなのか。それで果たして市としてそれでいいのかどうか。どういった考えを持っているのかお尋ねをします。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 水道事業所の人員につきましては、29名体制で平成25年度お願いしていたところですが、ことしの2月ですか、急に1名が退職されたということで、それまでに採用の予定だったり、人事の配置についてはもう決まっておったということで、ちょうど速やかな対応はできなかったわけです。現在は1名欠いた状態でやっていただいておりますけれども、来年度その埋めるべく採用の募集の中にはその人員分を見込んでいるということで、今年度だけ何とかお願いしたいということでお話をしております。
議長(田口久義君) 7番、關 孝君。
7番(關 孝君) これは最終的に市長の考え方を聞かなくちゃならないのかも知れませんが、業務に見合った定数、定員になっているんだろうというふうに思います。それが明らかに事実1名足りない現実がそこに発生している状況を、そのまま放置していていいんですかということをお尋ねしましたらば、何とか来年はそれを手当てするので、その間とにかく今年度何とか頑張ってそのままやってほしいということなんですが、そういった体制で果たしていい仕事いうふうな表現がいいかどうかわからないんですけれども、通常やらなくてはならない仕事を多分今若干みんなで無理してやっているような状況がそこに発生しているんだと思うんです。それをいわゆる1年間そのまま我慢してやってけろという話にはならないんだろうというふうに私は思うんですが、市長はこれをどのように捉えて、例えば年度内途中であっても、いろいろな形で人事の手当てをする考えはないのかどうかお尋ねします。
議長(田口久義君) 市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) 全ての部署の中で結局、今春の採用の状況等については、欠員が今出ているというような状況でございます。そういった意味では、内部でのやり繰りだけで本当にこれが解決するかと言えば、決してそうではないだろうというふうに思っています。そういった意味では、やはり業務のあり方等の整理と精査の中で一時的な、例えば臨時職員とか、そういった形の中でまずは埋める方策、またはどのような形でそれをその業務として振り分けることができるのか。そういったことも含めて検討をさせていただきたいというふうに考えております。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) この人事の問題については、さまざま私も一般質問した経緯があるんですけれども、水道なら水道ばかりじゃなくして、やっぱり必要な人員だけは確保しなければ、事務職と一緒に兼務してそれをやればいいんだというふうなこともありますけれども、消防も同じことなんですけれども、同じ体制で同じように行くと。それは人員が減らされると、それだけさまざまなどこかにしわ寄せが行くんですよ、必ず。そうすると、万が一、何もないからいいんだけれども、万が一前みたいに事故が起きたと。知らなかったと。そういうことは人が足りなかったとか。そういうふうなことでは、やっぱり重大な事故につながるんですよ、これだけは。
 だから、人員を少なくていい、一、二名足りなくても大丈夫だというふうなことだと、やっぱりこれだけは同じくやっていかなきゃだめだというようのがあると思います。そのところをやっぱりわきまえていかないと、万が一となってしまうと大変なことになる。職員が採用してもやめられたからだというふうな答えなんですけれども、そもそもそこの採用の人数について、人員を減らしていくから、ことしは20人やめたけれども10人しか採用しなくたっていいんだというふうな話の中でいくとこういうことが起きるんですよ、必ず。だから、ある程度見込んでいればそれなりの大切なところだけはやっぱり確保していかなければ。これで1人ぐらいならいいんだけれども、それが採用が何人もやめられてしまうということであれば、そして特に水道企業なんていうのは、やっぱりある程度の経験がないと、あの職だけは私はだめだと思う。急に水道企業に行って、こうやれ、ああやれって言ったって。消防なんか、1年くらい学校に行って教育されてくるからいいけれども、そういうところがあるから、やっぱりそれなりの知識があって、それなりの行動ができる方たちがやっぱり飲み物ですから、そこに行くべきだ。そのほかに事務職ならばいいんだけれども、それはそれとしてやっぱり確保するべきだと思いますよ。もう一度お願いします。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 職員の採用、それから配置等については、定員適正化計画といものを定めまして、それに従ってその運用をさせていただいているということであります。今回水道事業所1名減ということ、その計画よりも2名実質的にはなっているんですけれども、技師1名、事務1名ということで今減員でございます。定員適正化計画を策定する上では、全て業務量等、毎年度調査した上で、どれぐらいの人数が必要かということで算出してございますので、確かに一部不足している部分も多少ございますけれども、それは計画していた年度に勧奨者が多かったと。当初予定よりもその年度多かったということもありますし、なかなかその採用とリンクできない部分が多少あったりしまして、そのようなことになっております。
 ただ、今回は年度末、調整ちょっと難しい時期でのご退職ということでしたので、今回ちょっとなかなか対応できなかったということでありますが、いろいろな対応の仕方あるかと思うんですが、例えば再任用の方だったり、あるいは非常勤の方だったり、ただ業務の内容によってそれが可能かどうかというものも含めまして、なお検討させていただければと思います。
議長(田口久義君) 19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) そういうふうに検討するとかなんだとか、それはそれでいいんだけれども、やっぱり技師とかそういう大事なところの人たちは、9月の異動でもいいでないの。俺は対応すべきだと思うよ。何か起きたときに、前回何だか起きたときには、かえただしょう、すぐに。そういうことではなく、だから、やっぱり絶対ここにいる執行部の人たちみんな部長さんたち、課長もそうだと思うよ。「おたくの人員配置は大丈夫ですかと、この人数で大丈夫ですか」って、一人ずつもし聞いたならば、みんな「大丈夫だ」って言うんだから。「私のところは大丈夫です」って。誰かに聞いてみますか、俺が今。そういうことでね、例えば議会事務局だってそうだ、減らされれば大変だ、みんな。そういうことで、やっぱりみんなしてそれを助けていきましょうというふうなことで一生懸命やっているの。ただ、それ以上に減らしてくると、減らしていいときと悪いときがあるということをずっと言っているんですけれども、そこのところをやっぱりわかってくれなければ。
 やめられたからそのままでいいんだと。勘違いされたら困るからね、水道所長がこういうことを言ってほしい、ああいうことを言ってほしいというのはうそだからね。私の気持ちで言っているんだよ。そいつは何も勘違いされると困るんだけれども。ただ、やっぱりそういうふうなことでは、話していかなければなというふうに思います。9月でもいつでもいいんだけれども、来年までただずっとこのままで行くというから、私こう言っているんですよ。だからそのようなことではなく、さまざまな面においてその辺のところもよく考えて対応してくれたほうが、私はああよかったなというふうに思われると思いますよ。もう一度お願いします。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 人員の配置といいますか、それは各部署4月異動になって、今何とか落ち着いてきているというようなところで、9月の異動というお話もありましたが、それらもその状況、全体を見回して、それで可能であればというような対応させていただければと思います。どうぞご理解をお願いいたします。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。
 ただいま議題となっています議案第80号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第80号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第80号を採決します。
 お諮りします。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第80号平成26年度登米市水道事業会計補正予算(第1号)は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第81号について議案内容の説明を求めます。医療局次長浅野雅博君。
医療局次長(浅野雅博君) それでは、議案第81号平成26年度登米市病院事業会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。
 別冊補正予算書1ページをお願いいたします。
 まず、第2条収益的収入及び支出でございますが、支出の予定額に5,849万8,000円を増額し、支出の総額を89億8,560万8,000円とするものでございます。
 次に、第3条につきましては、職員給与費の補正に伴いまして、議会の議決を経なければ流用することのできない経費を増額するものでございます。詳細につきましては、9ページ、10ページをお願いいたします。
 収益的収入及び支出でございますが、1款病院事業費用1項医業費用1目給与費5,744万6,000円の増額につきましては、人事異動や医師等の新規採用に伴う4月1日現在の職員数に基づく再積算や退職手当組合への特別負担金の確定等に伴い増額を行うものでございます。
 3目経費105万2,000円の増額につきましては、米山診療所の応援医師報酬の支払い方法の変更により、給与費の報酬から同額を経費の委託料へ予算の組み替えを行うものでございます。
 続きまして、給与費の詳細につきまして4ページ、給与費明細書をお願いたします。
 まず、職員数でございますが、行政職で1名減、医療職で1名増により、補正前と同数でございます。
 次に、報酬、給料及び手当でございますが、先ほどもお話しさせていただきました米山診療所応援医師報酬の支払い方法の変更により、報酬で105万2,000円の減額、人事異動や新規採用に伴い、給料で195万3,000円の増額、手当では2,204万3,000円、退職給付金で1,803万5,000円、合わせまして4,007万8,000円を増額するものでございます。
 また、法定福利費につきましては、共済組合負担金1,646万7,000円を増額するものでございます。これらを合算し、給与費として総額5,744万6,000円の増額をお願いするものでございます。
 次に、補正予算書6ページ、平成26年度登米市病院事業予定損益計算書をお願いいたします。
 今回の補正による予定損益につきましては、4医業外費用の(3)雑損失の下段になりますが、今回の補正後の当該年度経常損益につきましては、2億97万7,000円の損失を見込むものでございます。
 説明につきましては以上でございます。ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。
 ただいま議題となっています議案第81号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第81号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第81号を採決します。
 お諮りします。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第81号平成26年度登米市病院事業会計補正予算(第1号)は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第82号について議案内容の説明を求めます。医療局次長、浅野雅博君。
医療局次長(浅野雅博君) それでは、議案第82号平成26年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第1号)についてご説明をいたします。
 別冊補正予算書1ページをお願いいたします。
 第2条収益的収入及び支出でございますが、支出の予定額に162万3,000万円を増額し、支出の総額を4億5,854万5,000円とするものでございます。
 次に、第3条資本的収入及び支出でございますが、支出の予定額に213万6,000円を増額し、支出の総額を4,498万円とするものでございます。また、資本的収入につきましては、支出総額と同額4,498万円を過年度分損益勘定留保資金で補填するものでございます。
 次に、第4条につきましては、職員給与費の補正に伴いまして、議会の議決を経なければ流用することのできない経費を増額するものでごさいます。
 詳細につきましては、9ページ、10ページをお願いいたします。収益的収入及び支出の支出でございますが、1款老健事業費用1項事業費用1目給与費162万3,000円の増額につきましては、人事異動等に伴う職員の4月1日現在の職員数に基づく再積算に伴い増額を行うものでございます。
 続きまして、給与費の明細につきましては、4ページの給与費明細書をお願いいたします。
 まず、職員数につきましては、補正前と同数でございます。
 次に、給料及び職員手当でございますが、人事異動に伴い給与で18万円の増額、手当では81万6,000円、退職給与金で3万5,000円、合わせまして85万1,000円を増額するものでございます。
 また、法定福利費につきましては、共済組合負担金59万2,000円を増額するものでございます。
 これらを合算し、給与費として総額162万3,000円の増額をお願いするものでございます。
 再度9ページ、10ページをお願いいたします。
 資本的収入及び支出の支出でございますが、今回の補正につきましては、利用者送迎用福祉車両のリース契約期間満了に伴い購入するもので、車両購入費213万6,000円の増額をお願いするものでございます。
 補正予算書6ページ、平成26年度登米市老人保健施設事業予定損益計算書をお願いいたします。
 今回の補正による予定損益につきましては、4事業外費用(2)雑損失の下段になりますが、今回の補正後の当年度経常損益につきましては、2,777万6,000円の損失を見込むものでございます。
 説明は以上でございます。ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願いいたします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 お諮りします。
 ただいま議題となっています議案第82号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第82号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第82号を採決します。
 お諮りします。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第82号平成26年度登米市老人保健施設事業会計補正予算(第1号)は原案のとおり可決されました。
 本日の会議時間は、議事の都合により、あらかじめ延長します。
 日程第12、議案第88号登米市火災予防条例の一部を改正する条例についてを議題とします。本件について、総務企画常任委員会の審査が終了していますので、委員長の報告を求めます。総務企画常任委員長、中澤 宏君。
 暫時休憩いたします。
          休憩 午後3時38分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後3時41分
議長(田口久義君) 再開します。
 委員長、中澤 宏君。
総務企画常任委員会委員長(中澤 宏君) 総務常任委員会に付託を受けました登米市火災予防条例の一部を改正する条例については、委員会におきまして慎重審議しました結果、原案のとおり決定することにいたしました。
 以上、報告いたします。
議長(田口久義君) 委員長の報告が終わりましたので、これから委員長報告に対する質疑を行いますが、その前に本案の内容の追加説明を求めます。消防本部消防長、佐々木建待君。
消防本部消防長(佐々木建待君) それでは、概要を説明させていただきます。
 平成25年8月京都福知山花火大会の火災を踏まえ、火災予防上の指導体制の確立、それから初期消火の重要性を鑑み、消防法の施行令を改正し、条例制定規準として火気取り扱い者に消火器の準備を規定したものでございいます。
 大きく分けまして4点、消火器の設置規定、それから2番目になります。大規模な屋外の催しにおける防火管理、この部分については、屋外催しの指定、それから防火担当者の選任、火災予防業務計画の作成、提出というような項目がございます。ただし、この部分、市内には今のところ該当なしというようなことで……、わかりました。
 それでは、別冊5、第2回定例会資料議案第88号関係で説明させていただきます。
 今回は、消火器を準備した上で、火気器具等を使用する必要がある催し物について、それから消火器を準備する基準、それから3番目に条例改正の周知について、3点で説明させていただきます。
 第1に、消火器を準備した上で、火気器具を使用する必要がある催し物についてというようなことで、1番目に消火器の設置義務、祭礼、縁日、花火大会、展示、その他多数の者が集合する催しにおいて、火災が発生した場合に初期消火は極めて重要であることから、このような催し物に対して対象火気器具等を使用する者が消火器を備え置くことを定めたものでございます。
 2番目になりますが、消防署等への届出になります。消火器を設置する業者において、露店等の開設をする開設届出というようなことが必要になります。
 3番目になりますけれども、多数の者の集合する催しというような形で説明させていただいております。一時的に一定の場所に人が集合することにより、混雑が生じ、火災が発生した場合の危険性が高まる催し物にあってと。祭礼、縁日、花火大会、展示会のように、一定の社会的広がりを有するものを指してございます。
 4番目、消火器の設置が必要のない催し物でございます。集合する範囲が個人的なつながりにとどまる場合、近親者によるバーベキュー、それから幼稚園等で父母が主催する餅つき大会等、相互に参加する全てが面識ある者が参加する催しなどは対象外というような形になります。
 その例示になります。箱書きになりますけれども、例の1番。行政区内の秋祭りなどで、地域の人たちを対象に焼き鳥や焼きそばをつくって提供するようなものは、行政区内という面識のある方たちの集まりというような形で考えまして、消火器の設置義務がありません。というような形になります。
 それから、例の2番目になります。花火を見ながらバーベキューする場合、これも面識のある方々が集まっているというようなことで、消火器、それから届出の義務はありません。というようなことでございます。
 それで、3ページをお開き願いたいと思います。「イベントごとの指導について」というような形でイベント名が入った図表でございます。この場合、開設届出の関係でございますけれども、あらかじめ主催者が把握している場合は、主催者が一括して届出、露店等の開設届出を提出するというようなことであります。
 また、主催者が把握していない露店等の開設の場合は、主催者が行う必要はありません。それは個人が届出をするというような形になります。ここに主なイベントというような形で例示を挙げていますけれども、登米市産業フェスティバル、日本一はっとフェスティバル、佐沼秋のフリーマーケット等、この部分については主催者が届出をいただく、それで主催者が把握していない露店等の開設につきましては、個人が届出を実施するというような形になります。それで、前回ご質問のありましたもっこりの牛まつりの関係でございます。バーベキューは露店等というような形からは該当しないという形で結論づけております。露店、屋台等、これらに類するものを開設し、物品等を販売する。または提供するというようなことから、これは該当しないというような形で、この部分だけはバーベキューの場合だけには1台に1つというようなことではございません。ここにはバーベキューのところには消火器の設置は、義務設置はありませんけれども、やはり火災予防上何かあった場合というようなことで、指導的に何カ所かに消火器具を設置していただくというような形で考えてございます。
 それから1ページに戻っていただきます。消火器の準備の関係でございます。消火器は2ページの上に図表がございます。基本的には、1テント1つというような形になりますけれども、1テントに2つが入っている場合は共同して真ん中に1個つけても構いませんよというような形になります。
 それから、(2)の関係でございますけれども、消火器には業務用、それから家庭用の消火器が区分されています。というような形で記載されておりまして、4ページに消火器の種類というようなことで例示を挙げさせていただいております。
 2ページ、3、条例改正の周知等についてというような形でございます。市民等への周知は、市広報紙やホームページを通じながら実施していくというような形で、5ページをお開き願いたいと思います。5ページには、ホームページの掲載(案)というような形で改正例文がそのままのっかっております。これを掲載する予定でございます。
 それから、露店経営者等への周知になりますけれども、これは福知山花火火災、昨年の8月にありましたけれども一番最後の7ページを見ていただきます。これは去年の9月ごろから露店等の関係で、このようなチラシを持って指導というような形で行っておりました。その中では、火災の原因でした携行缶の取り扱いの注意、それからLPガス等の取り扱い注意、そして消火器を設置しましょうというようなパンフレットでございます。これで露店等に指導を実施していくというような形になります。
 それから、届出に関する周知になりますけれども、これは主催者を通じ指導していただくものと、主催者が把握していない露天等には消防本部、消防署が現地にて実際に指導を行うというような形で考えてございます。
 以上でございます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。7番、關 孝君。
7番(關 孝君) ただいま説明をいただいた説明の内容について、質疑させていただきたいと思います。
 まず1ページ目ですが「対象外の例」ということで、例の2番、花火を見ながらバーベキューする場合もそれ以下からなんですが、面識のある方々が集まっているので消火器の設置届出の義務はないということなんですが、例えば長沼の花火を考えたときに全国からお客さんが来ております。その人たちがおのおのバーベキューを持ってきてやっているわけであって、地区内の子ども会のような花火大会とは違って、面識のある方々というのはほとんどいなくて、面識のほとんどない方々がおのおの集まってきているものですから、なぜこの面識のある方々というふうな設定をするのかどうか、その根拠をお知らせください。
 それから3ページ目、イベントごとの指導ということで、いわゆる主催者が一括して露店の開設届出を提出してくださいというふうなことが、把握している場合ということがありますが、例えば仮に、この間長沼の花火の例をお話しいたしましたが、長沼の花火のときにフートピア公園に露店を出す場合には、どなたが届出を出すような格好になるのか。例としてお知らせください。まず、その2点をお願いします。
議長(田口久義君) 答弁を求めます。消防長、佐々木建待君。
消防本部消防長(佐々木建待君) バーベキュー大会の面識のある方というようなことでございますけれども、まず同じバーベキューを囲む人たちは、大体は面識のある方かなと思っております。
 また、露店等の定義でございますけれども、あくまでも「開設し、物品等を販売し、それから提供する」というような形に考えておりますので、バーベキューは提供しないと。もし、バーベキューでそこで売っている部門であれば、それは該当しますけれども、普通に家族、それから知人、それからそういうグループでそれを囲みながらやる場合は該当しないというような形で考えてございます。
 それから、開設届出の関係でございます。基本的には、主催者の把握している部分、主催者がその管理を任されている部分の届出は、主催者が行うというようなことで指導したいと考えております。ただし、それ以外、主催者が把握できないものは、個人で届出をしていただくというような形でございます。
議長(田口久義君) 7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 設置の義務、あるいは届出の義務ということに対しては、こういうふうな決まりだと言うことなんで、それはそれでいいと思うんです。まず、例えばそのバーベキューの場合でもいいとは思うんですが、ただ現実として、この条例の目的は大勢の人たちが集まるときに、火災、その他の危険性を回避するための条例だという大きな大前提があるわけであります。そうしたときに、例えばそういった花火大会とかで、バーベキューを囲む人たちは顔見知りで、それは安心できる人たちだということでいいですけれども、例えば背中に、そのそばにやっている人たちは全く面識のない方々たちが一定の場所に集まっているわけであって、危険性というのは何ら変わりはない状況が発生しているのではないかと。それなのに、設置しなくてもいいんですよというようなことを条例でうたってしまった場合、例えばですよ、仮に万が一事故が発生したときには、登米市の火災予防条例で設置の義務はありませんでしたということになってしまわないかということがあるので、なぜこの面識の方が集まっているので必要ないのかというふうなことで、なかなかどのように理解したらいいのかと思って非常に困っておりました。
 それから、届出の部分に関しては、例えば長沼花火の場合ですと、フートピア公園は、いわゆる登米市としてその場所を貸し出して、登米市が受け付けを行ってやっているので、仮定とすれば、いわゆる登米市が申し込みを受けているので、市としてこの届出をするというふうな考え方でよろしいのかどうか。
議長(田口久義君) 消防長、佐々木建待君。
消防本部消防長(佐々木建待君) バーベキューの関係でごさいます。まず、ここの面識のある方が集まっている場合というようなことでございますけれども、この場合、火災の危険性、やはり面識ある、面識ないは変わりませんけれども、一声かけて連携した活動ができるというようなことで面識があるなしというような形で取り扱っているのかなと思ってございます。
 それから、フートピア公園の露店の開設届出の関係でございますけれども、これは主催者というようなことであれば、市の駐車場の貸し出しというような形であれば、市が一括して許可を与えているというようなことであれば、消防本部のほうから市のほうの関係に届出をしていただくと、もし市でもただ許可を与えているだけというのであれば、個人というような形で指導したいと考えております。
議長(田口久義君) 7番、關 孝君。
7番(關 孝君) 最後にもっこり牛まつりの例を出されて、バーベキューの場合は面積に対して何本置くかというふうなお話がありましたが、例えば長沼花火のときには、そういった場合には広大な面積なんですが、どれくらい消火器を準備すれば、バーベキューをやっている人たちがあるものですから、ということになってしまうんですけれども、そのほうまでは考えておられるのか、これから検討、具体的に実行委員会に指導されるお考えなのかお尋ねします。
議長(田口久義君) 消防長、佐々木建待君。
消防本部消防長(佐々木建待君) 消火器の指導の関係でございますけれども、屋外の場合、規定的には何メートルに1個置きなさいというようなことではありません。建物内であれば、20メートル歩行距離というような形が出てきますけれども、今回は露店であれば、テント1つに1つですよというような形と。あくまでも、バーベキューの場合ですけれども、容易に消火器具、消火器であれが取り出せる距離というような形で何カ所かに分けて置くとか、そういうことで指導を考えてございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑ありませんか。19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) 紛らわしいので聞きます。紛らわしいんだよね。行政区等の、これは対象外だよ。行政区等の秋祭り、それから行政区内という面識のある方々の集まりだよ。秋祭りだとか、こういうようなのっていうのは行政区内ばかりでなく、みんな来るんですよ。その中でバーベキューしている人みんな顔見知りかというと、俺はそうでないと思うよ。その例えば、私が長沼花火でバーベキューをやるね。そのときに、私というのはその辺にいる方たちに「あなたは仙台から来たの。こういうのやっているの。みんな連れてきなさい」ということで、俺面識一向ないよ。そういうこともあるんだというの。理屈になるかならないかわからないけれども、だから、ここに面識、面識ってこだわって書くというとこういうふうに言われるときがあるよというの。
 だから、規制は規制でそれは規制をかけられてもしょうがないんだけれども、紛らわしくなくバーベキューの場合はこうやって、秋祭りとかこういうことは対象外ですよと。そうなら俺はいいんだけれども、長沼花火でも長沼周辺でみんなやっているから、どこまでも規制とかないですよというふうなことで、グループでやるのについてはいいですよというふうなことだと、何らスムーズに俺いくと思うんだけれども。これでだめですか、お願いします。
議長(田口久義君) 消防長、佐々木建待君。
消防本部消防長(佐々木建待君) 対象の関係でございますけれども、そのとおりでございまして、行政区内、あくまでも対象が固定している場合、対象が決まっている場合、行政区内の人たちだけの対象であれば消火器の設置、それから届出の必要がないですよというようなことで、議員おっしゃっているとおり、ほかから来るような祭り、そういう催し物であれば、それは消火器、それから届出の義務がある催しというような形で考えております。
議長(田口久義君) 19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) そういうふうに言うと、花火なんか全部来るんですよ、ほかから。催し物。だから、催し物ある中でグループグループはそれぞれ違っても、みんな面識はないんだよ。隣の人と隣の人と面識はないから、どこまで規制だかわからないけれども。だから、行政区内ばかりと言っても、催し物しても行政区内ばかりというのはないでしょう。だって例えば、みんなに案内出すんだから、ほかにも。地域というのは、どこのことですか。地域というのは新田内ですか。登米市内というふうな感じで話せば、それはいいかもしれない。行政区というのは小さいんでしょう。私の行政区は60戸ないんだよ。だから、それでほかからも来るんでしょう、祭りやれば。例えば私の隣の部落に行くようなもので。全くだんだんとわからなくなってくるよ、申しわけないけれども。
 だから、ちゃんとしたきっちりこう書いてしまうと、面識のある方というと、こだわるわけではないんだけれども、面識、面識と言われると、こういうふうに質問するしかない。俺面識ない人来たらじゃあどうしようかと思うんだもの。面識ないから、あなたは言われても、申しわけない、面識がないからだめですってことはいかないと思うよ。そこをお願いします。
議長(田口久義君) 消防長、佐々木建待君。
消防本部消防長(佐々木建待君) まず、消火器の義務の関係でございますけれども、あくまでも露店等、火気使用器具を使う露店でございます。その場合に、部分に消火器、それから届出の義務が発生してくるというような形でございます。
 それから、面識の関係でございますけれども、あくまでも固定された地域の人たちがやる場合、それからここに例示がありますけれども、幼稚園等での父母が主催するというような形で対象が固定されている場合のことを指してございます。
議長(田口久義君) よろしいですか。19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) 大変申しわけないけれども、一向よくないよ。そういうふうにきっちりすると、固定してたからって、それならば地域内でお祭りするのに固定するんですか。そういうことはないと思うよ。誰でもいいから来てくださいというふうなことで案内出すんだよ、みんな。例えば何かご馳走するにしろ、こういうようなことで催しやるから、あるいは抽選会やるからとか、こういうようなバーベキューありますよ、こういうのもありますよというふうなことで、みんなに案内出すと思うよ。まして、ここの花火を見ながらバーベキューをする場合もね、面識のある方が集まっているので消火器は要らないと。だから、花火に集まっている人たち、みんな面識あるのですかとなるわけだよ。
 例えば、もっこり牛まつりだってそうだと思うよ。みんな券を発行しているんだから。券を発行して、俺が券を1枚買ってだよ、そこで焼いて食うからって買って、同じところで焼いたって面識一向にないかもしれないよ、その人と。そういうことは、そこに集まってから会えば面識だからいいと言われればいいんだけれども。そうではないでしょう、だって。これ以上俺言われないから、あと誰も言わないと思うんだけれども、そういうことだから、面識とここに書かれると、こういうふうにしか言われなくなるよと私は思うんです。決めた方から見ると、何理屈言っているのかと思うかもしれないけれども、我々それを守ろうとするから、こういうところ違反したらだめだと思うから俺は言うんだよ、私たちは。実際バーベキューは必ず長沼花火のときにはものすごい数になるんだから、あそこでやるんだから。私は行ってやるけれども、不特定多数わからない人にも俺はご馳走するよ、みんな。それで面識はお前ないからだめだとかというわけには行かないんだな、これだけは。だから、そういうことで面識面識となるというと、何かおかしくなるよというふうなことなんです。
議長(田口久義君) 19番、面識のないという人たちまで全て届出とか設置をすると、大変だから考え直したほうがいいという意味で今発言されているんですね。
19番(相澤吉悦君) 俺言わないでしまったんだけれども、とまってしまったんだけれども、議長のそのようなことで言われると、俺言ってしまうんだけれども、いいですか、話してそれなら、もっと。
議長(田口久義君) いいですよ、続けてどうぞ。答弁者、よくその辺ストレートに答えてください。
19番(相澤吉悦君) あのね議長、申しわけないけども議長と話をするから、それならば。そういうふうに言われたならば。だから、議長がこう言ってくれたなら俺言うよ。
 私の面識というものは、地域内でやろうとも花火でやろうとも、面識のある方たちがやるんだから、消火器は要らないよということなのね。だけれども、その中には面識のない人もいるんだよというの。そうでしょ。例えば、俺が關さんのことを呼んでも關さんが全く知らない人を連れてきて、そこに面識ないんだよというの、俺は。だから、そういうことであんまり面識にこだわるというと、全てがおかしくなってくるんじゃないですかということで言ったの、今。行政区内でやっても、行政区内だけだよというだけでないでしょう、お祭りというのは知らない人も来るんだから。
議長(田口久義君) わかりました。それでは、答弁を求めます。消防長、佐々木建待君。
消防本部消防長(佐々木建待君) バーベキュー大会の関係でございますけれども、バーベキューであれば該当外というような形で考えてございます。ただし、その会場、長沼花火、今例に挙がっておりますけれども、長沼花火の露店等は消火器、それから露店の届出が必要だというような形でございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第88号を採決します。
 この採決は起立によって行います。
 本案に対する委員長の報告は可決です。議案第88号は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
   (賛成者起立)
議長(田口久義君) 起立多数です。よって、議案第88号登米市火災予防条例の一部を改正する条例については委員長の報告のとおり可決されました。
 日程第13、議案第98号工事請負契約の締結についてを議題とします。
 本案について、提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第98号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、登米市一般廃棄物第2最終処分場浸出水処理施設建設工事の工事請負契約を締結するに当たり、地方自治法第96条第1項第5号及び登米市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 詳細につきましては市民生活部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) それでは、議案第98号工事請負契約の締結についてご説明させていただきます。議案書につきましては、第2回定例会議案その3でございます。1ページをお願いいたします。
 契約の目的につきましては、登米市一般廃棄物第2最終処分場浸出水処理施設建設工事でございます。契約の方法につきましては、総合評価一般競争入札でございます。金額については7億6,788万円でございます。契約の相手方でございますが、扶桑建設工業株式会社・株式会社渡辺土建特定建設工事共同企業体でございます。代表者につきましては、仙台市青葉区一番町四丁目6番1号、扶桑建設工業株式会社仙台支店、支店長、八巻 恵でございます。構成員につきましては、登米市迫町佐沼字大網399番地、株式会社渡辺土建、代表取締役、渡辺光悦でございます。
 それでは、第2回定例会資料別冊4をお願いいたします。1ページをお願いいたします。
 今回の案件でございますが、第2最終処分場浸出水処理施設建設工事の概要でございます。目的につきましては、記載のとおりでございます。工事の概要についてご説明申し上げます。工事の箇所につきましては、登米市豊里町笑沢地内でございます。施設面積は、3,000平方メートルでございます。施設の規模につきましては、1日当たり45立方メートルの処理能力と1,300立方メートルの浸出水調整槽を備えたものでございます。主要施設につきましては、地下浸出水調整槽、水処理設備、水質モニタリング設備、建屋、防災調整池で構成されたものでございます。
 以降2ページにつきましては、処理施設の位置図と計画平面図、3ページには放流管路配置図、4ページには施設建設工事平面図となってございます。
 次に5ページでございますが、入札の状況でございます。価格につきましては、参加されました4企業体全て予定価格内でございます。
 次に6ページにつきましては、総合評価の結果一覧表でございます。評価につきましては、100点を満点とし、技術評価に60点、価格評価に40点を配点し、評価を行ったものでございます。評価につきましては、5人の評価審査委員が当たり、評価を行う際には公正を期すため各企業体からの提案書には受付番号と承認番号のみの記載とし、プレゼンテーションにつきましても企業体名を伏せた状態で実施し、評価審査を行ったものでございます。
 7ページからは仮契約書でございます。10項でこの仮契約書は、登米市市議会において議決された場合にのみ議決年月日をもって地方自治法第234条第5項の規定に基づく契約書とみなすということで、特約条項を入れてございます。以下、32ページまでが仮契約書の写しとなってございます。ご参照をお願いしたいと思います。
 説明については以上でございます。ご審議を賜り、ご決定いただきますようよろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) 少々お尋ねします。
 この総合評価方式になったのは、何かいわゆる心配なこと、あるいはよりよい工事をという意味だと思いますが、どなたがこういうふうなことをお考えになったのか。
 また、この配点方法ですが、通常は技術点50、価格のほうが50とかというのが一般的ではないかと思いますが、それがこのようになったのはどういうわけか。
 それから、いわゆる価格以外の評価の項目でもって、1、2、3、4とございますが、1番の不測の事態に備えた危機管理に対する技術提案以下、ここだけ10、10、10となっていますね。40点。そして、2番目についても4、3とか、点数が大分ばらつきがあることは、どのような根拠のもとにこういう配点にしたのか。
 それから、各特定の企業体の名前は伏せてやったということで、A、B、C、Dと仮にしましょう。それでもって評価が甚だしく2.5対7.5というのは、いわゆる3倍、逆に言えば3分の1ということになります。そしてこの総合評価結果一覧表については、請求があれば公開するものかどうか。まずそこからお聞きをします。
議長(田口久義君) 答弁を求めます。市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 「総合評価方式になったのは」という、まず最初の質問でございますが、これにつきましては、総合評価方式につきましては、一番談合とかそういうのが入りにくいというのが言われておりまして、まず一番安全な方法として総合評価方式をとったものでございます。
 配点につきましては、他自治体で既に総合評価を実施している団体がございまして、そちらのほうを参考にさせていただいた配点をしてございます。
 それから、価格以外の評価で1から4番までについての点数の根拠ということでございますが、これについてもある程度ほかの自治体を参考にさせていただいておりますが、内容についてはこれまでの東日本大震災等で停電、それからそういうのに備えて調整槽の水が順調に調整できるかというようなことを踏まえまして、施行計画に関する事項ということで、そこが点数が高くなってございます。
 あとそれから「企業体の評価2.5から7.5まで非常に分かれている」ということでございますが、これにつきましては、評価をその項目ごとにA、B、C、D、Eというふうなランクに分けてそれぞれ評価させていただいておりまして、それぞれ各その項目ごとに4社を比較した中で点数をつけてございます。それぞれ項目にのっとりまして、いい提案があった場合には高い点数、標準的なものは割かし低い点数というような感じで点数をつけさせていただいております。
 あと、公開につきましては、議決後につきましては、全て公開するというような内容でございます。
議長(田口久義君) 6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) 今、A、B、C、D、Eとおっしゃいましたが、いいところは点数が高い、それは当然でしょうが、ただ標準的な普通のやつの配点は1対10の点数のうち、何点なんでしょうか。2.5でしょうか、あるいはここに一番上のところにある5.0はないんですが、そういう説明でよろしゅうございますか。もし……、いやいや、3問しかないからちょっともう少し続けます。
 それから、価格のほうがこの配点とは全く違うのではないかと。一番札が例えば40点であれば、2番札がこの39.25とほとんど差がないようなやり方は、ちょっと解せないんですよ。その辺の考え方についてじゃあ2つ伺います。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) それでは、A、B、C、D、Eの点数の中で標準的なところということで、A評価については10点満点であれば10点ということでございます。B評価につきましては75%ということで10点満点でれば7.5、それからC評価が5.0、それからD評価が2.5というような状況でございます。Eについてはゼロということでございます。
 それから評価……(「価格についての配点」の声あり)すみません。
議長(田口久義君) 総務課長、丸山 仁君。
総務課長(丸山 仁君) 本市の総合評価につきましては、国土交通省のほうから推奨されております地方公共団体向けの総合評価実施マニュアル、これに則した形で基本的な評価項目、それから評価基準等を設定しているところでございます。基本的には、その対象となる工事の目的や内容に応じて、それぞれの自治体の判断で設定できるとことになっているところでございますが、本市の場合その価格点のみの、価格点の計算方法につきましては、この総合評価実施要領第6条の中で、最低の入札価格と各入札者の入札価格の割合に応じて配分した点数をもとに点数化すると。つまり分母に入札価格、分子に最低価格、それに配点の40点を乗じまして点数化するというふうな計算方法をとっているところでございます。基本的には、宮城県、それから大崎市さんとも同様の考えとなってございます。
 以上です。
議長(田口久義君) 6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) この議決後公開するということでございましたが、そうしますと例えば、いわゆる価格以外の評価が標準以下の会社、恐らく企業イメージダウンすると、こういうことになろうかと思います。その辺もたえられる入札だったかというような、市にとってですね。そこを一番心配するわけなんです。この指名委員会の責任者というのは、副市長でしょうか、総務部長でしょうか。その責任者のこの入札がベストだったということで今もお考えか、それともちょっと直すべきところはあったと考えているか、それを伺って終わりにします。
議長(田口久義君) 副市長、藤井敏和君。
副市長(藤井敏和君) 先ほどからご質問ございましたが、なぜ総合評価方式をとったのかからスタートいたしまして、全て入札委員会の中でそのやり方を決めてございます。したがいまして、この結果につきましても適正なものであったというふうに考えてございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑ありませんか。22番、庄子喜一君。
22番(庄子喜一君) 総合評価の中で、A、B、C、D、Eまでで10点から2.5刻みなんですが、この中で評価された中でやはり0点というのが見られますね。やはりこういうものがあったらば、これは失格だよとか、0点のものをあったら、全部足したら総合評価になるわけなんですが、そのことについてはいろいろマニュアルの中でのご指導というものはないのか。何かほかのものはいいだけれども、どこかBさんのところですか、工事実績がない人がここに出てきて大丈夫なのかな、技術はいいけれどもというような疑いが出てくるんですが、この0.0という評価がこの総合評価ので含まれた際の取り扱いとか、判断の材料というものがいかがなものか、どのように捉えておられるか。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) ただいまご質問のあった、例えばBの0点ということでございますが、これにつきましては大きな項目の配置予定者、技術者の能力に関する事項ということで、まず配置主任技術者の同工事の実績ということで0点であっても、これにつきましては、会社そのもので主任技術者等の資格等があって工事することが可能、工事を遂行することに支障がないということであれば、ここのトータルの中で一応考えていくということでございます。
 それに、例えばこの3番目ISOの承認ということで取得していないところが0点になってございますが、説明の中でも、例えばISOを所得していなくとも、それなりの環境マネジメント等について実施しているということがございますれば、それは企業の技術力の中でも失格にするような内容ではないのではないかということで、一応判断して0点であっても失格というような要項は入れてございません。
議長(田口久義君) 22番、庄子喜一君。
22番(庄子喜一君) 総合評価の中の配点の5点しかないところが0点ということ、何点であってもそれはトータルして総合評価でございますので、ですから、そう判断したということですが、やはりご指導いただいたところ、先ほど説明を受けたのでは、いろいろマニュアルあって、それぞれの中であったときに0点の場合どうするというようなことなどは、やはり0点ということは、2点でも1点でもあれば何かで補完するということも出ると思うんですが、最初から0点のものというのがここに評価あったものを総合評価の中に加えるときに、ただ1でないから、0点だから、あとは全部足していいんだというのでなく、その0点というふうに評価したこと自体のことを私は重きを、何かそこら辺はチェックするとか、あるいはその中で取り入れたときにこういう場合どうですかと、どうなのというふうなものは、なかったのかお伺いします。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) ISOの場合のときにもちょっとお話をさせていただきましたが、この工事、同工種の施工実績ということで同種の工事そのものには実績はない主任技術者でございますが、ほかの工事等につきましては主任技術者等は経験されているというようなことでございますので、その辺につきましてはご理解をいただきたいと思います。
議長(田口久義君) 22番、庄子喜一君。
22番(庄子喜一君) だから、最終的に判断したんですが、この中でこれを決定する際の0点の場合はどうだったのというようなお話はなかったんですかということですよ。やはりこの0点のものについては、やっぱりしっかりと検討するべきではないかと思うんですが、いかがですか。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 今回の総合評価の中で、一応0点を失格にするというようなことの話までにつきましての委員会等での話はございませんでした。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。ちょっとじゃあお待ちください。
   ここで10分間休憩いたします。
          休憩 午後4時32分
────────────────────────────────────────────
          再開 午後4時39分
議長(田口久義君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 先ほど6番の浅野 敬君の質問に対する答弁の訂正の申し出がありますので、答弁をお願いいたします。総務課長、丸山 仁君。
総務課長(丸山 仁君) 先ほど6番、浅野議員さんの質問に対しまして、価格点の計算方法につきまして、「分母に最低の価格、分子に入札価格」というふうにお答えいたしましたが、正しくは、「分母に入札価格、分子に最低の価格」の誤りでございましたので、訂正させていただきます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はございませんか。17番、沼倉利光君。
17番(沼倉利光君) 今回の総合評価というのが加わったということですけれども、このやり方については他に例があるということですけれども、この採点方法についてほかの例を、後で結構ですからどういうふうになっているか、他の団体のやり方について資料でいいからいただきたいというふうに思います。
 それから、この中で施工計画に関する事項が計画のほうが40点、それから、お金をある程度入札価格で、問題は技術がどうあるかというほうが私的には、一般的に大切だと思うんですけれども、その配置する予定技術者、そこにいる現場の予定の技術者の配点は8点、それから企業全体の技術に対しても7点という、こういった配点方法というのは一般的なのかどうか。私は1と2も3もほぼ同じくらいの同等的な配点だと素人的には思うんですけれども、その辺の考え方についてお伺いをします。
 次に、この応札価格とこの総合評価をやりますと、このことについては一番最初で入札する段階で、最初からこのことに決めて公示したのかどうか。その辺についてもお伺いします。
 なぜかというと、もし、この総合評価という配点方法を公表した上でやるのであれば企業も考えますから、ある程度予定価格ぎりぎりのところへ持っていって、そしてこの総合評価の点数を俄然よくすれば、例えば入札価格が4社のうち4番目であっても、高い金額で落札することができるという、そういった戦術が加わってくるんですけれども、そういったことについては一向に気にしないでやるということが今回の入札の方法なのか今後ともこういったことについては、いや金額の問題ではないと、いい建物、いいものをつくるためには、予定価格内ぎりぎりであってもいいんだというのであれば、やはりそういったことをしっかり公表して、これからの建築物に対しても総合評価方式で、そうすると企業は入札価格はそこそこ、総合評価を高くするための配点方法を考えて応募してくるというふうに思うんですけれども、そういったことについてはどういった考えを持っているか、以上の点についてお伺いします。
議長(田口久義君) 答弁は誰ですか、市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) まず、総合評価の他団体の資料の件につきましては、後ほど出させていただきたいと思います。
 それから、点数について7点、8点、それから40点の差ということでございますが、我々としてもこちらの40点の中のこの一つ一つ、例えば維持管理費の削減、それから耐久性、それから環境対策ということについて、一つ一つがこちらの2番目、3番目、4番目等の大項目の1つと同じ程度の重要性があるというふうに考えておりますので、このような配点になったということでございます。
 それから総合評価の点数の前公表ということだと思いますが、これにつきましては、募集する際に項目、点数等につきましても公表はさせていただいております。その中でこのような方法でいいのかということでございますが、総合評価の考え方としては、価格よりもどちらかといいますと性能とか、そういうものについての技術的なものを余計求めたということでございますので、例えば価格だけ安くてもすぐ耐久性がなかったりとか、そういうものをつくられた場合には、かえって長い目で見た場合、安くてもいいものではないというふうに考えておりますので、このような形でさせていただいてございます。
議長(田口久義君) 17番、沼倉利光君。
17番(沼倉利光君) 最初から公表してということでありますので、その辺はフェアであったとは思います。
 そこで、その今後の考え方なんですけれども、今後ともこういった総合評価方式をどんどんと取り入れていくのかどうかですね。
 それから、そのもう一つお聞かせを願いたいのは、これだけの専門的な施工計画という問題、それから企業の技術力というプロ的な話、施工技術者の能力という、ある程度かなり本職に近い方たちのそういった評価をどういった形でどなたがされるのか。それから中身によって、そのときによって評価をするその人は変わるのかどうか。その辺についてお聞かせを願いたいというふうに思います。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 1点目のこの総合評価方式、今後どうなんだということなんですが、これは価格だけの内容ではなくて技術的なものを、そういったものの評価をする必要があるだろうというようなことで、この方式については最近ふえてきてございます。平成25年度ですと28件、この方式での契約をしておりますし、今年度もこれまで10件契約しておりますし、今後こういった方法では、件数がふえるのかなというふうな考え方をしております。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 今回の浸出水処理施設につきましては、議員お尋ねのとおり専門的な技術評価が必要ということでございまして、専門家という立場で公益社団法人全国都市清掃会議の技術顧問の方、それから一般社団法人日本環境衛生センターの課長職の方、それから宮城県の東部土木事務所の登米地域事務所の技術担当の次長様の3人を専門家としてこちらの評価委員のほうに入れさせていただいております。今後につきましても、専門的な分野が違えば評価する委員も変わってくるというふうに考えてございます。
議長(田口久義君) 17番、沼倉利光君。
17番(沼倉利光君) はい、わかりました。今回もそこは慎重にやったということでありますから。ただ、やはり先ほどの22番の質疑と同じようなことありますけれども、このゼロという、それからほかよりもかなり低くしているという、これだけの差が本当にあるのかどうか、その辺についてはちょっと私たちにはわからないんですけれども、ゼロというのはマイナス以下ではないですけれども、全くゼロというそういった総合評価の項目の中で、何かでも1つ、1項目ゼロがあった場合については、やはりその時点で何らかの周りがどんなによくても、やっぱりゼロを掛ければ全てがゼロになるという、足し算でなくてですよ、掛け算で言えばゼロ1つあれば、その時点で答えはゼロになるわけですから。やはり私は、このゼロという項目についての入札者については、何らかのやっぱり考えるものがあるのではないかという気はします。
 例えば、たまたまほかはないんですけれども、この40点の中に何かもっと低い点があったと。ゼロに限りになくゼロに近い状態だったと。こういったことになった場合、本当にその時点でその企業全体がこの入札に参加できる資格を持っているのかという気がしますけれども、さっき言ったように予定技術者だったり、それから同種の工事の施工技術がゼロだったりという、結局はやったことがないということなんでしょう。それをかなり今回高く評価しているということについても、やはり今後、このゼロということに対して、もう少し考える必要があると思いますけれども、いかがでしょうか。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 確かに評価の中にゼロというものがございましたが、このゼロにつきましても、一応提案書等の比較をさせていただいた中で、工事を進捗していく中、遂行する中で、特に問題となったということではございません。進捗する関係につきましては、ほかの事業経験、それから会社の技術者の保有資格等で十分遂行できるということで、問題がないということで判断させていただいております。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) この点数方式、評価方式、これはどこを基準にしてどうだという、項目はありますけれども、この会社の出してくるさまざまな実績等の書類があると思うんですけれども、そのもの自体が誰も見たことがない。誰も聞いたこともないことで、この点差が出ているというようなことで、このさまざま不安を抱く、あるいはこれは本当なのかということでみんな聞いていると思います。私もそうだから。
 ただ、1つの今の0点というふうなことは、ISO9001というふうなことで、それはISOをとっていないなということは私たちはわかるんですよ、これは0点というのはね。ただ、その中のISOというのは、まず技術的なことではなくして環境の整ったところ、あるいはきれいにしているという、そういうことがISO9001でなかったかなというふうにこう思っています。その辺のところは0点でもない、何ら技術面には支障ないとは思うんですけれども、あとの2つについては、さまざまこの0点というのがあるんだよね。ただ、これが本当にこの0点というふうなことは、この項目にかかっているのが全くだめな評価なのか、どうかというふうなところ。あとの3社ですか、1つずつみんなどの会社にもこの0点というのあるんだよね、1つずつ。その辺のところ、説明願いますか。本当にみんな、本当にだめだからだめなんだろうけれども、その項目というのがここにあるけれども、その評価の仕方、あるいは会社に出している実績等というようなことを、何回も言うけど誰も見たことないから不安なんですよ。価格が同じで、そして落としていくならまだしもいいんだけれども、ずれているからこう騒ぐんだと思いますよ。お願いします。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) この評点0点につきましては、評価委員がそれぞれ審査して0点をつけるということではなくて、提案書の中に記載されてあります主任技術者のさまざまな工種の経験の中で、この浸出水処理施設の工事をその技術者がやったことがあるかどうかということだけの判断で、機械的に0点とされているものでございます。それから会社の資格についても、その中での資格何人とか、いろいろな資格あるというようなことの評価でございまして、決して0点だからといって工事はだめだというような内容ではございませんので、あくまでも先ほどお話しましたとおり、大きな3番については、それぞれ技術者個人のこの浸出水工事の実績、それから会社の主任技術者の保有する資格というようなことで、ここは2つトータルの中で考えていただければというふうに考えていただければというふうに考えてございます。
議長(田口久義君) 19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) 入札なら入札って、価格でやって落札されるならね、誰もすぐわかるんだけれども、この方式というのはこのように出されてくると、前にも確かこういうことが2番目が1番目になったというふうな記憶があったんですけれども、このようなことになってくると私だけじゃなくして、さまざまな市民の方、これを見ている方もいると思いますけれども、疑惑を持っている方がいるなというふうに思っております。
 議長、許してもらえるなら、一言言いたいんだけれども、いいですか。
議長(田口久義君) 何ですか。
19番(相澤吉悦君) いや、ちょっとこれからずれることはないと思うんですけれども、さまざまな関連があるので一言だけ言いたいなと思うんですけれども、議長の許しを得れば、しゃべるんだけれども、ここで。
議長(田口久義君) 関連づけて、簡潔に。
19番(相澤吉悦君) いいですか。おそらく市民の方だと思うんですけれども、さまざまな手紙をいただきました。これを言うとおかしくなるなと思いますけれども。そしてまた、2回目ですね。おとといだったか、このことについて2回目に、これは私は全く信用していないんですけれども、ただ、私なら私に対して、「市長、県議の圧力があってしゃべられないのか」とか、「私は一市の職員であって、この職を辞しても私は覚悟だ」とか、そういうようなことでしゃべっているのでね。もし、この今の私が言っているビデオ、これ流れているのをその人が見ているであれば、辞するというそのくらいの覚悟があるのであれば、私もそのときには力になるから、それなら私の家に来て話をしてくださいよ。
 私、こういうふうなことでね、「これをしゃべらならければ、市民から選ばれた議員として全く資質がだめだよ」とか、そんなことまで書かれていますので、私のほうからお願いします。どうか来てお話をいただきたいなというふうに思います。そういうようなことで、大変申しわけない話なんですけれども、この入札については、さまざまなそういうふうに思っている方もいるよというふうなことで、これは、私は正当なことでやってきたなというふうに評価していますけれども、そのように思っている方もいます。ですから、大変申しわけないけれども、もう一度この評価について私は、市ではこのような評価でやって、絶対に間違いない。そして。また正当なやり方ですというふうなことで説明をお願いします。もう1回。
議長(田口久義君) 副市長、藤井敏和君。
副市長(藤井敏和君) 私はいろいろな形でご意見をいただいた中で、市の組織として、これについては調査をさせていただきました。例えば、この技術評価のやり方についても、個別の事業者を特定して評価しているわけでもございませんし、あるいは1人の委員なりが誘導したという事実もございません。それぞれの各4企業体の提案に対して、1項目ずつ各委員が協議して評点をつけていったという結果でございますから、私は正当な評価であったというふうに現在も思ってございます。
 以上です。
議長(田口久義君) ほかに質疑ありませんか。16番、田口政信君。
16番(田口政信君) 二、三お伺いしますが、総合評価方式にした時間的な、いつそういう判断を、いわゆるこの事業を行うと、進めるに当たって、いつの時点で総合評価にしようというふうに思ったのか。
 それとこの評価基準は、過去の評価基準と同一性であるかどうか。それは、今何人かの議員からその配点の部分についてお話があったので、それをちょっと確認させてください。
 それから通常ですと、総合評価方式ですと、ここの冒頭にも書いてございますが、地域貢献度だったり、社会性だったりというものも評価点の中に含まれるというふうに私は認識しているんですが、その評価分類からすると、その配点が全然ないということはなぜなのかということです。
 それから、施工計画に関する事項、40点の配点がしてございますが、ここの差が7.5と2.5というのがあるんですが、どういうことでこのような差がつくのか。それをちょっと教えてください。ただ、ねじが1つ足りないから、2.5なのか。例えばだよ、その施工計画の考え方がちょっとまずいから2.5で、そこを7.5のほうは大体よくできているから7.5なんだというような、例えばそういうふうな説明をぜひお願いしたい。
 それから評価者、外部3人、内部たしか2人だというふうに聞いてございますが、評価の仕方として、一人一人が点数をつけてこの総合点が出るのか。それとも一つ一つの項目について5人で評価点をつけて、この評価点を出していくのか。5人が公開というと語弊があるんでしょうか。話し合ってつけるのか。それともテストみたいにということかをお知らせください。
議長(田口久義君) 5点ほどございます。総務課長、丸山 仁君。
総務課長(丸山 仁君) それでは、私のほうから総合評価にするのはいつ決めたのかということでございますが、これは今年の1月20日の指名委員会で共同事業体方式による総合評価一般競争入札での執行ということを審議決定をしたものでございます。
 それから、この評価、過去のこれまでの評価とどう、同じなのかということでございますが、先ほどもお答えいたしましたが、本市の総合評価につきましては、国土交通省から示されておりますマニュアルに基づきまして実施をしているものでございます。この国から示されている内容につきましては、技術的な工事の、技術的な工夫の余地が小さい、一般的な工事に活用するというふうな方式でございまして、本市ではこのマニュアルに基づきまして、土木一式、建築一式、舗装工事については一定の基準を作成して、共通の取り組みを行っているところでございます。しかしながら、今回のこの水処理施設につきましては、設計と施工を一体的に発注をするということ、それから水処理という特殊な建設工事でもあるというふうなことから、先ほど市民生活部長答弁いたしましたとおり、先進事例であります静岡県の例を参考に取り組んだというものでございます。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) 地域貢献がないのはなぜというようなご意見でございましたが、企業体を構成している浸出水処理の企業につきまして、登米市のほうで実績がなかなか見つからなかったのと、それから今後地域貢献というようなことも考えられましたが、それをどうやって担保していくんだというようなこともございまして、ここは除かれてございます。
 それから、どういう違いがあって評点に差が出るのかということでございます。それでここにつきましては、1,300立方メートルの貯水調整槽等がございまして、コンクリート工事なんかが非常に重要になってきて、例えば施工について2月とか、そういう極寒のときにやる場合は、ちょっとまずいんじゃないのというような審査委員からのお話もございましたし、それから震災等について、例えば感震器等のものを設置したりとか、そういう提案についてもございました。それから、環境という点では、例えばいい提案としては、例えば太陽光発電とか光触媒とかというような形での提案もございましたし、耐久性に関しては、ポンプの塗装圧や水槽の鉄筋かぶりというようなことも評価されておりましたし、それから内部の基礎構造等についても評価させていただいて比較をさせていただいてございます。
 それから提案書とプレゼンテーションでの内容がちょっと違っているというようなことについては、評価が悪くなるというようなこともございまして、そういうこともございました。
  それから調整槽といいますか、その中には一番将来的に負担となってくるのがカルシウム化して、壁とか何かに張りついて、それがとれなくなると。それをとるのが大変だということで、それについての改善策というものが提案されておりまして、そういうものの評価についても評価が分かれてございました。
 それから、最後に評価者について、一人一人点数をつけるのか合議制かということでございますが、これにつきましては、5人の審査委員で各項目ごとに4社を比較して合議制で決定してございます。
議長(田口久義君) 16番、田口政信君。
16番(田口政信君) 大体わかりましたが、つまりここの一番冒頭に、地域貢献度の部分ですけれども、確かに特殊な業態なのでこれから地域貢献をしていただくということなんでしょうけれども、だとすれば、総合評価を適用する理由の中に応札者の技術的能力や労働福祉などの社会性、災害支援等の地域貢献というくだりがあるんですよ。総合評価方式を取り入れる理由としてこれを挙げている以上、その評価の中にその1点もないというのは、総合評価方式を導入するという理由にはね、なっていないというのが普通の考え方です。なので、そういうことがあってもよかったということと。
 それから、そのそんなにその施工計画提案書に関するものというのは、そんなに差が出るものなのかということ。片一方は75点で、片一方は25点ですよ、ある意味。100点満点中。つまり同じ業態で、これまでもどこかで仕事をしてきた業態にそんなに差が出るものかというのが素人の見方です。そういうことを考えたときに、そういうふうに見えたと、評価をしたと言われればそれまでなんですが、その辺の説明がきちんとできるのであれば、それでいいんだというふうに思いますし、あとは最後に、自信を持って、この総合評価方式で選定をした結果に自信があるかどうか、ちょっと確認をさせてください。
議長(田口久義君) 市民生活部長、神田雅春君。
市民生活部長(神田雅春君) それでは地域貢献について、あってもよかったのではないかということでございますが、残念ながら今回は評価にのせていなったということはありました。
 それで、こんなに差のつくのかということでございますが、提案書の中で先に事前配布しておりまして、それぞれで見てきておりまして、プレゼンテーション等を通した中で明らかに大きな差は出てきたものは多くありました。例えば、かなり点数の低いところにつきましては、仕様書とちょっとかけ離れているんじゃないのというようなところもありまして、そういうのについては点数が非常に低いというような状況になってございます。
議長(田口久義君) 自信があるかないか。副市長、藤井敏和君。
副市長(藤井敏和君) 再三申し上げてございますが、今回の総合評価に伴います評価につきましては、適正に行われたものというふうに確信してございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。23番、二階堂一男君。
23番(二階堂一男君) 確認になろうかと思いますが、副市長にお伺いいたします。
 今回総合評価方式を採用した理由には、ここに書いてありますけれども、前者の言うように、私も社会貢献度をもう少し重視するべきだったなというふうには思いますが、今後、この総合評価方式をどれくらいの頻度で取り入れていくのか。こういった入札方式の中で。
 それから、この中では技術点と価格の部分が6・4になっていますけれども、これは固定になっているのか。例えば5・5とか、そういうのはあり得ないのか。あるいは、そういったことが果たして可能なのかどうか。それは指名委員会でどちらに重きを置くかというふうなことになると思いますけれども、その辺のことはあるんでしょうか。この6・4というのは、こういった今後も動かないのかどうか、その辺を確認したいと思います。
議長(田口久義君) 副市長、藤井敏和君。
副市長(藤井敏和君) 総合評価方式の今後の方向性については、先ほど総務部長も答弁申し上げましたが、基本的には、いわゆる価格競争だけではない、その技術能力を評価するという方式のほうがベターだろうという工事も随分ありますので、方向性としては拡大していく方向にあるんだろうと思ってございます。
 あとは、技術点と価格点の割合でございますが、これはその工事の内容によりまして多分差があるんだと思います。今回のケースにつきましては、先進事例を参考にいたしまして、60・40という比率にしてございますが、例えば逆に技術は20、価格が80という決め方もありますし、総合的には50・50というものもあるでしょう。多分工事の内容によって、どの程度技術力を問うかによって、その割合は変わってくるんだろうと思ってございます。これは私どもも含めて、自治体として少し勉強材料にしていきたいというふうに考えてございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。
 ただいま議題となっています議案第98号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第98号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 まず、原案に反対者の発言を許します。6番、浅野 敬君。
6番(浅野 敬君) 工事請負契約の締結について反対します。
 市の発注業務については、発注者、受注者双方が対等の立場で立つ市民を重んじで行わなければならないと考えるものであります。特に感じることは、価格以外の評価の項目で標準と申しますか、普通以下の著しい評価の低い応札者がおられた結果になっております。企業イメージの低下で、会社にとって死活問題にも発展いたしかねません。評価項目の配点の仕方についても、私には合点がいきません。何らかの恣意さえ覚える資料がもとになっているこの議案については、可決すべきではないとするのが私の反対の根拠であります。
 議員各位のご賛同をお願いし、反対討論を終わります。
議長(田口久義君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。ございませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 次に、原案に反対者の発言を許します。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) ほかに討論はありせんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで討論を終わります。
 これから議案第98号を採決します。
 この採決は起立によって行います。
 議案第98号は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
   (賛成者起立)
議長(田口久義君) 起立多数です。よって、議案第98号工事請負契約の締結については、原案のとおり可決されました。
 日程第14、議案第99号財産の取得についてを議題とします。
 本案について、提案理由の説明を求めます。市長、布施孝尚君。
市長(布施孝尚君) それでは、議案第99号の提案理由を述べさせていただきます。
 本案は、高規格救急自動車の購入契約を締結するに当たり、地方自治法第96条第1項第8号及び登米市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 詳細につきましては総務部長から説明させますので、ご審議を賜り、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。
議長(田口久義君) 議案内容の説明を求めます。総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) それでは、私のほうから説明を申し上げます。
 議案第99号財産の取得についてでございます。議案書につきましては、議案書のその3の2ページをお開き願いたいと思います。契約の目的でありますが、高規格救急車1台の購入でございます。随意契約により購入するものでございます。契約金額につきましては、3,448万4,400円であります。契約の相手方については、宮城県仙台市の宮城トヨタ自動車株式会社、代表取締役、後藤 誠であります。
 定例会資料別冊4でございますが、その33ページから59ページまでに事業概要、それから見積調書、仮契約書並びに仕様書等を添付してございます。なお、その事業概要等の詳細については、消防長から説明をいたします。
議長(田口久義君) 消防長、佐々木建待君。
消防本部消防長(佐々木建待君) それでは、事業概要についてご説明申し上げます。
 第2回定例会資料別冊4、33ページをお願いいたします。
 議案第99号高規格救急自動車購入の概要について、ご説明申し上げます。
 事業概要でございますが、本年度に整備いたします消防本部の高規格救急自動車は、救急救命士の資格を要している者が高度な救急救命処置を行うために必要な構造及び設備を有し、普通救急車をベースに開発、企画した総務省消防庁が認定した車両でございます。
 更新する高規格救急車は、平成15年度に導入し、10年が経過し、総走行距離数25万キロに達していることから、消防本部車両更新計画に基づき更新するものでごさいます。購入は高規格救急車1台、配備先は登米市消防署でございます。
 34ページは、車両諸元及び業務機器の配置でございます。
 35ページは、見積調書でございます。
 36ページから物品購入仮契約書でございます。特約条項といたしまして、この契約書は登米市市議会において議決された場合のみ議決月日をもって地方自治法第234条第5項の規定に基づく契約書とみなすものでございます。
 42ページから、59ページまでは仕様書となっておりますので、お目通しをお願いいたします。
 説明は以上とさせていただきます。ご審議を賜り、ご決定いただきますようお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) くどいと思われるけれども、前にもここを聞いたことあったんですけれども、CD-1は指定されないけれどもこれは指定できるんですか、車種ですよ。メーカーです。これは見積書にメーカー載っているから言うんだよ。だから、できるんですか。
議長(田口久義君) 消防長、佐々木建待君。
消防本部消防長(佐々木建待君) 救急車は、現在つくっていますメーカーが2社となっております。今回仮契約しておりますトヨタ、それから日産でございます。メーカーの指定でございますけれども、現在も……、契約の関係はCD-1と同じでございまして、仕様というような形であげさせていただいております。
議長(田口久義君) 19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) はい、わかりました。CD-1で同じだというふうなことで、メーカーは2つしかないんですよね。だから、2つメーカーがそろって、日産とトヨタしかないですよというのであれば、日産とトヨタに入札してもらえればいい。辞退するかしないかそれはわからないけれども、ただ、そうするとおかしくなるんだよね、2つしかないのを入札するというのは。それしかないんだもの、どっちかなんだもの、これ。その辺はどうなんですかね。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 今回、ただいまご説明したように、この救急車については、随意契約という形に最終的にはなりました。その理由といたしましては、最初は特殊車両、救急車ということで登録している業者が全部で6社ございますので、その6社のほうに御案内をして入札の通知を差し上げたんでございますが、当日になって、その以前に3社が辞退届を前日までに出しまして、当日2社が欠席したというようなことで、残ったのは1社だけだったということであります。それで、その残った1社しかないと、結局6社しか登録していませんので、残った1社しかないということで、最終的には随意契約ということになったんですが、以前はトヨタ、日産、両方で生産していたようなんですが、最近はどうも日産のほうは生産をしていないようだということで、今回も残ったのはトヨタ1社ということでございました。
 以上でございます。
議長(田口久義君) 19番、相澤吉悦君。
19番(相澤吉悦君) 2社しかないということだったんですけれども、6社があったという、6社に案内したけれども最終的には1社だけで、あとはみんな辞退してだめだったというふうなことでね、これ、足し算引き算すればすぐわかることだけれども、こういうのがそれで随意契約ですよというふうなことなんですけれども、それならそれでかえって入札などしないで、自分の好きなところに。見積もりとって、市とその人たち交渉して買ったほうがいい、直接に。しないんだもの、絶対。それが随意契約だって言うんだろうけれども、1回は公募してね。だから、随意契約したんだよと言うんだけれども、これが話せばおかしくなってくるんだけれども、こんなことでいいのでしょうか。最後にみんなやめて。
 なぜこう言うかというと、受けたほうとしては、案内もらったほうとしては、6つしかないというならばみんな頭に入っている、誰なのか。普通の工事はいっぱい業者がいるから、どこに誰が指名出されているか誰もわからないことだけれども、これだけはわかると思うね。だからそいういうようなことで、これを防ぐことこそ、それこそ評価方式ですよ、さっきの。点数、評価方式、それを導入すれば変わってくるよ。お願いします。
議長(田口久義君) 総務部長、千葉博行君。
総務部長(千葉博行君) 今後、いろいろその辺は検討すべき事項かと思いますけれども、現段階では指名競争入札という制度の中で、しかもその6社が登録しているということになりますと、それをその別の方法でやるという何物もないのかなと。ですから、今回につきましては、今までどおりその6社を指名させていただきまして、結果的には辞退だったということになったということでございます。
議長(田口久義君) ほかに質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。
 ただいま議題となっています議案第99号は、会議規則第39条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第99号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから議案第99号を採決します。
 お諮りします。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議案第99号財産の取得については原案のとおり可決されました。
 日程第15、農業委員会委員の推薦の件を議題とします。
 お諮りします。
 議会推薦の農業委員は4人とし、登米市迫町北方字塒ケ崎20番地、佐々木まき子さん、登米市東和町錦織字大木沢81番地、小野寺伸光さん、登米市登米町寺池辺室山31番地2、北條茂雄さん、登米市豊里町新田町61番地、佐々木武雄さん、以上の方を推薦したいと思います。これにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議会推薦の農業委員は4人とし、佐々木まき子さん、小野寺伸光さん、北條茂雄さん、佐々木武雄さん、以上の方を推薦することに決定しました。
 日程第16、発議第4号2015年NPT再検討会議に向けて日本政府に核兵器全面禁止のための決断と行動を求める意見書を議題とします。
 本案について、趣旨説明を求めます。総務企画常任委員会委員長、中澤 宏君。
総務企画常任委員会委員長(中澤 宏君) 発議第4号
      2015年NPT再検討会議に向けて日本政府に核兵器
      全面禁止のための決断と行動を求める意見書
   上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条第2項の規定により提出します。
                                  平成26年6月23日
   登米市議会議長  田 口 久 義 殿
                      提出者 総務常任委員会委員長、中 澤 宏
   趣旨説明を朗読して説明をさせていただきます。
      2015年NPT再検討会議に向けて日本政府に核兵器
      全面禁止のための決断と行動を求める意見書
 2010年5月の核不拡散条約(NPT)再検討会議は、「核兵器のない世界の平和と安全を達成する」ことに合意し、「すべての国家は核兵器のない世界を達成し維持するために必要な枠組みを築く特別な努力をする必要がある」と強調した。次回2015年NPT再検討会議を前に、いま、世界のすべての国の政府と市民社会には、この目標を現実に変えるために協力し、行動することが強く求められている。
 しかし、それから4年がたったいまも、「核兵器のない世界」を達成する具体的な道筋は見えていない。米ロ両国間の合意を含め、一定数の核兵器が削減されたとはいえ、世界にはなお1万7,000発の核兵器が貯蔵、配備され、他方では朝鮮半島をめぐる緊張に見られるように、新たな核開発の動きも続いている。意図的であれ、偶発的なものであれ、核兵器が使われる危険は現実に存在している。この状況を打開し、核兵器をなくすためには、国際社会が一致して核兵器を全面的に禁止する以外に方法はない。国際司法裁判所も断じたように、核兵器の使用は「国際人道法の原則と規則」に反するものであり、世界で唯一国民が核の惨禍を体験した日本には、核兵器の非人道性を訴え、その全面禁止を主張する道義的根拠と重い責任がある。いま、核兵器を持つわずかな数の国が決断すれば、核兵器禁止条約の交渉を開始することができる条件が生まれている。この決断と行動を遅らせることは、第2、第3のヒロシマ、ナガサキにつながる危険を放置することになる。
 さらに、北朝鮮の核開発をめぐって軍事的緊張が高まっているなかで、国際紛争の解決手段としての武力行使と威嚇を憲法で放棄した日本が核兵器全面禁止のために行動することは、朝鮮半島の非核化、日本と東アジアの平和と安全を促進する上でもきわめて重要である。
 2013年10月「核兵器の人道的影響に関する共同声明」が125カ国の連名で発表された。この声明は、「核兵器の残虐性、非人道性」を告発し、「核兵器のない世界」へ前進することを目指しており、「核兵器がいかなる状況の下でも決して使われないことが人類生存の利益」であると述べ、核兵器が使用されないことを「保障する唯一の道は、その全面廃絶である」とし、すべての国が核兵器使用の阻止、核軍縮などのために「責任」を負っていることを強調している。
 共同声明に日本政府も賛同したことは、唯一の被爆国であり、憲法の平和原則と「非核三原則」を掲げる国として当然の姿勢である。
 しかし、これで問題が終わったわけではない。核兵器は全面的に禁止されるべきである。
 2015年NPT再検討会議に向って、「核兵器のない世界」へ行動が直ちに開始されるよう、ジュネーブの軍縮会議をはじめ、核軍縮・廃絶と安全保障にかかわる諸機関で、「共同声明」の署名国として日本政府が核兵器全面禁止条約の交渉開始のために努力をするよう要望する。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 朗読して、趣旨の説明とさせていただきました。ありがとうございます。よろしくお願いいたします。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから発議第4号を採決します。
 お諮りします。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、発議第4号2015年NPT再検討会議に向けて日本政府に核兵器全面禁止のための決断と行動を求める意見書は原案のとおり可決されました。
 本意見書は、議長名をもって直ちに関係機関に送付いたします。
 日程第17、発議第5号生活再建に至らない東日本大震災被災者に対する医療費一部負担金免除及び介護保険利用者負担の減免措置に対する財源支援を求める意見書を議題とします。
 本案について、趣旨説明を求めます。教育民生常任委員会委員長、二階堂一男君。
教育民生常任委員会委員長(二階堂一男君) 23番、二階堂一男です。
 発議第5号を提案申し上げます。
   発議第5号
      生活再建に至らない東日本大震災被災者に対する
      医療費一部負担金免除及び介護保険利用者負担の
      減免措置に対する財政支援を求める意見書
   上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条第2項の規定により提出します。
                                  平成26年6月23日
   登米市議会議長  田 口 久 義 殿
                  提出者 教育民生常任委員会委員長、二階堂 一 男
 別紙であります。
 生活再建に至らない東日本大震災被災者に対する医療費一部負担金免除及び介護保険利用者負担の減免措置に対する財政支援を求める意見書でございますけれども、被災して3年以上経過した現在でもいまだ生活再建に至らない、東日本大震災被災者に対する医療費一部負担金免除及び介護保険利用者負担の減免を被災市町村の負担によらず、継続するための財源措置を国、県に対し求めるものでございますので、議員諸侯のご賛同をよろしくお願いを申し上げ、提案理由とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから発議第5号を採決します。
 お諮りします。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、発議第5号生活再建に至らない東日本大震災被災者に対する医療費一部負担金免除及び介護保険利用者負担の減免措置に対する財政支援を求める意見書は原案のとおり可決されました。
 本意見書は、議長名をもって直ちに関係機関に送付いたします。
 日程第18、発議第6号東日本大震災で被災し、就学困難な幼児・児童・生徒に対する支援事業に係る意見書を議題とします。
 本案について、趣旨説明を求めます。教育民生常任委員会委員長、二階堂一男君。
教育民生常任委員会委員長(二階堂一男君) 発議第6号をご提案申し上げます。
 東日本大震災で被災し、就学困難な幼児・児童・生徒に対する支援事業に係る意見書でございます。
 上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条第2項の規定により提出いたします。
                                  平成26年6月23日
   登米市議会議長  田 口 久 義 殿
                   提出者 教育民生常任委員会委員長 二階堂 一男
 別紙であります。
 東日本大震災で被災し、就学困難な幼児・児童・生徒に対する支援事業に係る意見書でございます。
 被災地に対する就学支援事業が2014年度で終了することになっております。しかし、今後の復旧、復興を担う子供たちがたくましく、健やかに成長するよう、支援事業の延長を国、県に求めるものでございます。
 議員諸侯のご賛同をよろしくお願い申し上げ、提案理由とさせていただきます。
議長(田口久義君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行います。質疑はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 討論なしと認めます。
 これから発議第6号を採決します。
 お諮りします。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、発議第6号東日本大震災で被災し、就学困難な幼児・児童・生徒に対する支援事業に係る意見書は原案のとおり可決されました。
 本意見書は、議長名をもって直ちに関係機関に送付します。
 日程第19、議員派遣の件を議題といたします。
 お諮りします。
 来る7月15日、16日、23日、24日の4日間、市内の21会場で、市民と議会の意見交換会を開催しますので、本意見交換会に議員全員を派遣することとします。
 また、7月、市内で登米市議会議員研修会を開催しますので、本研修会に議員全員を派遣することとします。
 なお、意見交換会、研修会ともに、決定していない事項や変更がある場合の取り扱いは、議長に一任することとしたいと思います。ただいま申し上げましたとおり決定することにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、議員派遣の件は原案のとおり可決されました。
 日程第20、常任委員会の閉会中の特定事件の調査の件を議題といたします。
 各常任委員長から、所管事務のうち会議規則113条の規定により、お手元に配布いたしました特定事件について閉会中の継続調査の申し出があります。
 お諮りします。
 各常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
議長(田口久義君) 異議なしと認めます。よって、各常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。
 日程第21、常任委員会の調査報告を行います。
 本件については、各常任委員会から提出された調査報告書の写しを配布しておりますが、各常任委員長から報告を求めます。初めに、総務企画常任委員長、中澤 宏君。
総務企画常任委員会委員長(中澤 宏君) 大分時間も押してございますので、きょうは手短に報告をさせていただきたいと思います。
 まず、2月14日から5月21日まで5回、5日間の常任委員会を開催してございます。きょうはその主な点、2つをご紹介申し上げたいと思います。資料の12ページをごらんいただきたいと思います。
 このときは当初予算の審査でございましたが、その中で情報が寄せられましたのでご報告を申し上げたいと思います。所見をごらんいただきたいと思います。
 13ページでございます。
 合併算定替えの終了を控え、総務省が検討している交付税の算定方式の見直し(情報)について説明を受ける。
 合併算定替えの終了に伴い国全体として9,300億円が減額されるが、特に合併前の支所が住民サービスの維持、向上や災害対応に重要な役割を果たしていることに着目し、支所に要する経費として3,400億円を復元するというものです。登米市においては、平成28年から減額が始まり、1本算定となる33年度には50億円程度の地方交付税の減額が見込まれておりましたが、今般の見直しが現実となれば25億円程度に軽減される見込みだという情報でございます。
 地域振興の要となり、市民がつくるまちづくりの拠点としての支所の姿を早期に示す必要があります。復元された交付税は、地域に権限と財源を与え市民がよりまちづくりの主役になれるような重要な財源にしてほしいと期待するところでございます。
 もう一つだけ紹介をさせていただきます。14ページでございます。14ページ、5月21日には、公共施設の適正配置計画、それから新庁舎建設に向けたスケジュールについて説明を受けたところでございます。
 16ページをごらんいただきたいと思います。
 所見を申し上げます。新庁舎建設については、4月15日に庁内に検討組織、5月に来庁者アンケート調査、9月を目途に基本構想、10月に新庁舎建設市民会議設置の予定が示された。この機会に将来の財政を学び、施設老朽化の現状を認識し、明るい未来のための新しい公共の全体像をともに考える好機としなければならないとする意見があったと。
 また、旧庁舎の活用を図るべきとする意見や、新庁舎建設を見直すよう求める意見もあった。
 こうした多くの議論を踏まえ、または比較検討を積み重ね、市民みんなの英知を結集した新しいまちがつくられることを期待するものでございます。
 今後は、新庁舎建設賛成、反対のさまざまな視点を検討議題と捉え、議員間討議を深めてまいりたいと考えます。
 最近の委員会におきましては、議会における特別委員会の設置も視野に入れ、その設置と設置時期を議長と相談されるよう、多くの議員各位から申し出があったということを報告いたしまして、委員会の報告とさせていただきます。
 ありがとうございます。
議長(田口久義君) 次に、教育民生常任委員長、二階堂一男君。
教育民生常任委員会委員長(二階堂一男君) それでは、教育民生常任委員会の報告を申し上げます。
 ここに記載のとおり、会議を開いておりますけれども、前段の3月4日とそれから3月5日につきましては、それぞれ市民生活部、医療局、教育委員会の当初予算についての説明でありますので、内容的に記載していますし、あとは短くコメントをしておりますのでお読みをいただきたいというふうに思います。
 3月11日の部分につきまして申し上げますが、この日は米谷病院の現地視察、それからパークゴルフ場の視察というふうなことで、そして帰ってきて書類審査と。こういう形にしたところでございます。
 それで8ページの米谷病院の件につきましては、所見として平成28年、このときは平成28年であります。その後、きのう3日前のときには若干1年、平成29年の開院予定というふうなことであります。このまま読ませていただきますが、平成28年度の開院予定で進められている米谷病院の建て替え場所となる現在地周辺の調査を行いました。一般病床40、療養病床50の計90床規模の建物となりますが、現病院を稼動させながら隣接地の用地取得を視野に入れた計画となっております。登米市は療養病床は非常に少ないことからも、計画どおり事業が進められるよう望むところでございます。
 それから次のページは、パークゴルフ場の件についてでありますけれども、これにつきましても所見として、現在、設置要望が出されている石越高森公園、長沼フートピア公園、米山パイロット山の3カ所について現地調査を行いました。市民の健康増進や登米市の活性化にもつながるパークゴルフ場の設置に向け、市として早急に取り組むよう強く申し入れを行いたいという内容でございます。
 それから、次は4月23日と5月19日、これにつきましては、主にクリーンセンターにおける燃焼方式について、市民生活部の中で調査を進めたところでございます。それで、4月23日の所見につきまして申し上げますが、一般廃棄物第2処理施設処理方式検討委員会の結果報告書に基づき、処理方式の比較、試算の説明をいただきました。調査において、委嘱している検討委員会の委員長、副委員長がこれまで携わってきた自治体での処理方式の傾向、実績、そして農業用ビニール、廃プラの燃料化が可能かなどの質疑あったほか、試算においても判断材料として不足感が否めず継続調査とし、次回に回答をもらうという形にして、そして5月19日の部分では、これもまたクリーンセンターの部分で追加の調査をしました。
 15ページであります。今後の最終処分場の問題もあることから、残渣率の小さいガス化溶融方式との比較において、いろいろ調査したところでありますけれども、登米市のように1日70トンの量の場合、補助燃料費が多くかかることや4%ぐらいの飛灰排出量があることなどがわかった関係上、なお一層の検討をするということで、これもまた再度継続調査としたところでございます。
 以上、この間の報告とさせていただきます。
議長(田口久義君) 次に、産業建設常任委員長、伊藤吉浩君。
産業建設常任委員会委員長(伊藤吉浩君) それでは、産業建設常任委員会の調査報告をいたしたいというふうに思います。
 2月14日から6月2日まで行政視察を含め計7回開催しております。ページ数につきましては、全27ページに及んでいますが、かいつまんで報告を申し上げたいというふうに思います。
 それでは、まず4ページをお開きいただければというふうに思います。農業委員会と水道事業所、補正の関係と当初予算の関係であります。まず、農業委員会、平成26年度から県内に1つ「農地中間管理機構」が設置されることとなるが、いまだに詳細な説明がなされていない。
 農業委員会としても、優良農地保全と担い手への利用集積、農地の有効利用という視点に立ち、機構と連携を図りながら、農業者に対してきめ細かな対応をしていく必要がある。
 耕作放棄地については、原野化や農業外利用が目立ってきているので、農地再生とあわせ有効利用の促進を図る必要がある。さらに、農業委員会活動の「見える化」についても、「農の広場」等を利用しながら活動のPRを行い、より多くの方々から農業を理解してもらうため、さらなる努力を期待するというようなことです。
 水道事業でございます。現在、水質検査については179項目あるが、自前検査が137項目、外注が42項目となっている。今後、機械の更新や費用対効果、専門的技術員の確保・育成等の課題も考えながら、新しい「水道ビジョン」の策定とあわせ、包括委託の検討を進めることも必要と考える。
 また、今回新たに迫町新田地区に配水池が整備されることにより、迫川西部地区の3万2,000人に対して、応急給水の体制が整うことになる。今後の大規模災害時には、大きな役割を果たすものと期待する。
 緊急時連絡整備につきましては、平成27年度整備予定であり、完成すればさらに災害時において安定した給水体制が整うことになる。
 「水道ビジョン」についてはこれまでのビジョンの目標、達成状況に対しての評価・検証をしっかり行い、時代の変化や災害時に対応した新たなビジョンを策定する必要がある。
 将来にわたって、安全で安心な水道水を供給できる体制に期待する。
 続きまして8ページごらんいただければというふうに思います。
 補正についてであります。特に産経部について読み上げます。もくもくランド木質バイオマス発電施設については、地域の森林資源を活用し、電力、熱源供給を主な目的として進められてきた事業であるが、入札の不調の連続とあわせ設計価格の積算の問題により事業の中止が決定した。中止の要因は、市における政策事業としての熟度の低さと精査の甘さが原因と考えられる。
 木質バイオマスの利用については、全国的にもさまざまな形で積極的な取り組みがなされている。今後もどういった利用方法があるかと再検討し、森林整備とあわせ林業の活性化を図っていく必要があると。
 続いてであります。11ページでございます。平成26年度当初の関係は、建設部をお話したいというふうに思います。市道の道路改良につきましては、いまだに多くの要望が積み上げられているが、「きめ細かな道整備事業」や「やさしい道づくり事業」は市民から高い評価を得ている。さらに今年度から「道路機能向上対策事業」が行われているが、これも有効な事業と考える。
 今後とも要望路線についてはしっかり優先順位をつけながら、早急な整備が進められるよう期待する。
 下水道につきましては、行財政改革の一環で「包括委託」の調査が平成23年度から進められてきておりますが、早急に運転、維持管理における導入コストの削減効果の比較検討を行い、結論を導き出していく必要があるというふうに考えます。
 続きまして、16ページです。
 雪害対策であります。平成26年2月8日の大雪に伴う雪害は、主に育苗ハウスが中心で160件、被害額約1億3,000万円となっており、全国的にも農業に多大な被害をもたらせております。
 今回、国及び県から支援事業があり、農家負担はほとんどない状況でありますが、支援に対する通達のおくれや申請のおくれが発生したと。
 今後はしっかりとした情報収集と情報伝達を図る必要がある。
 また、被害調査につきましては、共済組合頼りの面が大変大きく実態把握に長期間を要している。
 今後は、迅速な被害調査のあり方について再検討を行い、きちんとした対応マニュアル等も整備する必要がある。
 さらに、今後は雪害の教訓を生かして再発防止対策の検討を重ね、被害の軽減を図っていく努力に期待をします。
 次でございます。21ページごらんください。
 国県道の事業進捗状況について調査しておりますが、この中で4)番目を読み上げたいというふうに思います。一般県道新田米山線新田梅ヶ沢地区と。
 本路線の懸案箇所はJR東北本線の横断ボックス部分である。
 本来は長沼ダム事業として整備する計画であったが、道路事業への変更により、現在も取り残された状況になっていると。
 県のアクションプランには位置づけられているものの、事業着手の目途はいまだに立っていない。
 懸案箇所の改良は、地域住民の長年の要望であると同時に、県道としての機能確保と安全性の確保の面で非常に重要なものと考える。
 早期の跨線橋整備が必要と考える。というようなことであります。
 どこかと申しますと、23ページの中段の写真になっております。所見はごらんのとおりというふうなことです。
 それでは、最後になりましたけれど災害公営住宅について、27ページ、最終ページであります。
 これは現地調査を行ったというふうなことでありますが、特に迫地区の2)番目、大網団地についてお話をします。
 工期は平成26年7月31日となっておりますが、開発許可などの事務手続に時間を要し、現在土地の造成工事のみが終了という状況になっております。今秋9月末までの完成を目指しておりますが、事業のおくれは被災者の新たな生活に不安感を抱かせる。市当局におきましては、請負業者との連絡を密にし、これ以上のおくれが発生しないよう、さらなる努力を期待いたします。
 以上であります。
議長(田口久義君) これで常任委員会の調査の報告を終わります。
 これで本日の日程は全部終了しました。
 会議を閉じます。
 平成26年第2回登米市議会定例会を閉会します。
          閉会 午後6時01分
 上記会議の経過を記載し、その相違ないことを証するためここに署名する。
       議会議長  田 口 久 義
       署名議員  佐々木   一
       署名議員  及 川 昌 憲

<発言者>

 

<キーワードにヒットした発言>